FC2ブログ

妖怪キッシンジャー

BUSH’S SECRET ADVISOR HAS BLOODY PAST


BILDE

RBERG LUMINARY NOW HAS EAR OF THE PRESIDENT




By Richard Walker




As more U.S. soldiers die in Iraq, and President Bush tells Americans he will “stay the course” even if his only supporters are his wife and their dog, Barney, reports have come out that Bush is getting advice from a man who knows all about failure.



That man is Henry Kissinger, 88, who served as national security advisor and secretary of state under Richard Nixon and then Gerald Ford.



According to Washington Post editor, Bob Woodward whose new book State of Denial is giving the White House a political headache, Kissinger has been advising Bush behind the scenes for some time during his regular visits to the White House.



The presence of Kissinger within the Bush White House should be no surprise to those who have studied his political career, including his influence on the neo-conservative movement and his membership in the shadowy group known as Bilderberg. His role as advisor to this president may help explain some of the president’s view about the war in Iraq and also some of his language.



One of Kissinger’s favorite sayings is, “the absence of alternatives clears the mind marvelously.” In other words, never seek alternatives, or as he told some of the most notorious regimes during his stint as a national security advisor, “succeed and get the job done quickly.”



According to Woodward, Kissinger thinks he is fighting the war in Vietnam all over again, except that this time he intends to win it. Likewise, Bush has made it clear that he will seek victory in Iraq?whatever that may mean?no matter how many American soldiers lose their lives.



Kissinger has emerged from the background this year to make a series of statements furthering the neo-conservative agenda about rebuilding the Middle East and creating a new world order. He has been especially active in articulating views that dovetail with Israel’s perceptions of how America should develop its Middle East strategy.



Born a German, of Jewish origin, Kissinger has made no secret of his support for Zionism and his close links to Israel. On Sept. 3, he publicly declared that European nations should put aside their differences with the United States because both sides were facing a possible “war of civilizations” that “dwarfed transatlantic mistrust left over from the war in Iraq.”



Mankind was facing a “global catastrophe,” he warned, and that meant America and its allies had to start constructing a “new world order.”



If Kissinger’s past teaches anything about his “new world order” it is that he will get into bed with dictators and the cost of his policies in human lives lost will not mean too much to his sensibilities. A brief examination of his days as national security advisor and secretary of state under Nixon and Ford, confirm his taste for dirty, clandestine wars, as well as an ability to hide the truth from Congress and the American people.



In 1969, he advocated the secret “carpet” bombing of neutral Cambodia that led to the killing of half a million innocent lives and is believed to have contributed to the subsequent rise of the dictator, Pol Pot whose Khmer Rouge militias massacred millions in what became known as “the killing fields.” In 1973, he was awarded the Nobel Prize for Peace for negotiating a ceasefire with North Vietnam, even though the war in Vietnam continued for another two years.



If Cambodia was an example of his ability to operate in the shadows so was his support for the invasion of East Timor by the corrupt Indonesian regime of General Suharto. Documents have now surfaced showing that a day before the invasion on December 7, 1975, Kissinger told the dictator:



“It is important whatever you do, do succeed quickly.” Kissinger was concerned American public opinion would not favor a brutal or prolonged occupation of East Timor that nine days earlier had declared independence from Portugal. The invasion led to the death of almost a quarter of a million Timorese and a subsequent occupation killed almost a third of the population in what Amnesty International called genocide.



Richard Walker is the nom de plume of a former mainstream news producer who now writes for AFP so he can expose the kinds of subjects that he was forbidden to cover in the controlled press.


(Issue #42, October 16, 2006)





ブッシュの秘密のアドバイザーは血まみれの過去を過ごします。BILDERBERG発光体は現在大統領の耳を持っています。リチャード・ウオーカーによってより多くの米国の兵士がイラクで死に、ブッシュ大統領がアメリカ人に、彼の唯一のサポーターが彼の妻と彼らの犬、バーニーであっても、彼が「最後までがんばる」であろうと言う時に、リポートは出ました(ブッシュが、すべて、故障を知っている人からアドバイスを取ってきます)。その人は、リチャード・ニクソン、それからジェラルド・フォードの下で状態の国家安全保障アドバイザーと秘書として勤務していたヘンリー・キッシンジャー、88です。ワシントン・ポスト編集者(否定の新しい本状態がホワイトハウスに政治的な問題を与えているボブ・ウッドワード)によると、キッシンジャーはホワイトハウスへの彼の定期的訪問の間にしばらくの間舞台裏でブッシュを勧めていました。低木ホワイトハウスの中のキッシンジャーの存在は、全然、新保守主義の動きへの彼の影響とBilderbergとして知られている暗いグループでの彼のメンバーシップを含めて彼の政治的なキャリアを勉強した人々への驚きではないべきです。この大統領へのアドバイザーとしての彼の役割はイラクの戦争についての大統領の見解のいくらかと彼の言語のいくらかも説明することに役立つかもしれません。キッシンジャーの好きなことわざの1つはそうであり、すなわち、「選択肢の不在は不思議に精神をクリアします」は決して選択肢を捜さないか、彼が国家安全保障アドバイザーとしての彼の期間の間に最も有名な政権のいくつかを話したので、「成功し、迅速に仕事をやります」。ウッドワードによると、キッシンジャーは、今回、彼が、それを勝ち取るつもりである以外、彼がもう一度ベトナムで戦争をしていると思います。その上、ブッシュは、彼が、多くのアメリカの兵士が命を失う?no matter howを意味しているかもしれないイラク?whateverの勝利を捜すことをクリアにしました。キッシンジャーは、中東を改造し、新しい世界秩序を作成することについて新保守主義の課題を促進している一連の声明を出すために今年背景から出現しました。彼は、どのようにアメリカがその中東戦略を開発するべきであるかのイスラエルの認知にぴったりはまる眺めを明瞭に発音することにおいて特にアクティブでした。ユダヤ人起源のドイツ人として誕生して、キッシンジャーはシオニズムへの彼の支持とイスラエルへの彼の近いリンクを秘密にしませんでした。9月3日に、彼は、ヨーロッパの国家が米国とそれらの違いをわきへ置くべきであると公然と宣言しました。なぜなら、両面が、可能な「文明の戦争」 that 「小型化された大西洋横断の疑惑は、イラクの戦争から残しました。」 に直面していたからです。人類は「グローバルな大災害」に直面していて、それは、アメリカとその同盟国が、「新しい世界秩序」を構成し始める必要があったのを意味していたと彼は警告しました。

キッシンジャーの過去が彼の「新しい世界秩序」について何かを教えるならば、それは、彼が独裁者とベッドの中に入るであろうということであり、失われた人命における彼の方針のコストは彼の感度へのあまりにも多くを意味しないでしょう。議会とアメリカ人に真実を隠す能力と同様に、国家安全保障アドバイザーとしての彼の日の短い調査とニクソンとフォードの下の状態の秘書は汚く、内々の戦争のために彼の味を立証します。1969年に、彼は、50万の無実のライフの殺害に通じていて、独裁者(1973において「キリング・フィールド」として知られたものの中で、クメール・ルージュ民兵組織が数百万を虐殺したポルポト)のその後の高台に寄付したと信じられるニュートラルなカンボジアの爆撃している秘密の「カーペット」を主張し、ベトナムの戦争が後2年続いていても、彼は、北ベトナムによって停戦を協議するために平和のためにノーベル賞を授与されました。カンボジアが、影において働く彼の能力の例であったならば、スハルト将軍の堕落したインドネシア政権による東チモールへの侵略への彼の支持もそうでした。

文書は今や、1975年12月7日の侵略の1日前に、キッシンジャーが独裁者に話したことを示して浮上しました:「あなたがし、する何でも迅速に成功することは重要です」.キッシンジャーは、アメリカ世論が、9日早く、ポルトガルからの独立を宣言した東チモールの野蛮な、または延長した職業に賛成しないであろうということを心配しました。アムネスティ・インターナショナルが大量虐殺と呼んだものの中で、百万人のチモール人のほとんど4分の1とその後の職業の死に導かれた侵略は人口のほとんど3分の1を殺しました。リチャード・ウオーカーは、現在、彼が、彼が、コントロールされたプレスで報道することを禁じられた種類の主題を露光することができるように、AFPのために書く前の主流ニュースプロデューサーのペンネームです。(2006年10月16日の問題#42)




スポンサーサイト



真珠湾の詐欺

PEARL HARBOR

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER



真珠湾の詐欺


太平洋の劇場で、第二次世界大戦のスタートの合図は実際数年前に始めました。

スタンダードオイルの灯油価格が高すぎたので、中国は、日本がいくつかの省のオイルのためにドリルで穴を開けることを可能にしました。

中国政府の接触で、スタンダードオイルは、だれでも穴をあけるのを妨げることができるでしょう、日本人が来て、巨大な分野を開発するまで。 スタンダードオイルはそれらを押し出しましたが、日本人は、戻ると誓いました、彼らが彼らの油の投資を取り戻すために中国を差押えると言うのと同じくらい遠くに行きさえして。


日本人が1930年代に中国に侵入したとき、彼らの最初の行為の1つはスタンダードオイルの特権を破壊することでした、彼らが彼らの追放に原因となったので。

1931年に、取り引きをするために、ヘンリーL.スティムソン(国務長官(ロックフェラー弁護士とエージェント))は啓蒙主義者のためにハーバート・フーバー大統領と出会いました。

フーバーが、日本に宣戦布告し、スタンダードオイル特権を保護するために軍隊を送り込むならば、国際銀行家は、不況を終えると約束しました。

フーバーが、多くの場合に銀行家を適応させても、これは、彼が断った1件の取り引きでした。

従って、ジョージアのウォーム・スプリングズで彼の博愛の操作のため彼らに恩を受けていたフランクリン・ルーズベルト(彼の家系図の中に1ダースU. S.大統領を持っています)知事に、スティムソンはアイデアを売り込みました。

ルーズベルトは1882年においてハイドパーク、ニューヨークで誕生しました。

彼はハーバードを卒業し、コロンビア・ロー・スクールから法律程度を受け取り、1910年に、ニューヨーク州上院(1912年に再び選ばれます)に選ばれました。

彼はCol.家からのオーダーの上で1913年にウィルソンによって海軍の次官補に任命されました。

議会伝記作家アーサーD.ホーデン・スミスによると、Col.議会は1920年の大統領選挙の中「信頼できる政治家・」.「ずっと前ででも自然な大統領候補としてルーズベルトを選び」、ルーズベルトはジェームズ・コックスの副大統領候補であったけれども、民主主義のチームはウィルソン政権の誤りに苦しみ、みじめに、ハーディング・クーリッジに負けました。

ルーズベルトは後でニューヨークの2期の知事になりました。

シカゴ(そこで、ルーズベルトは党の指名された人になりました)の1932年の民主党の大会の後で、彼は彼のマサチューセッツ家でCol.家と出会いました。

家は1938年に別の伝記作家、チャールズ・シーモアに話しました:

「私は、ルーズベルトを指名した動きに近かった…」

彼は助言している(国務長官、コーデル)ハルの中で私に自由裁量を与えました。

「すべての大使は頻繁に私に報告しました」。

彼を選ばせるために、啓蒙主義者はすべてのそれらの政治権力をルーズベルトの後ろに置き、1940年に、彼が共和党員であっても、ルーズベルトはスティムソン(CFRメンバー)を陸軍長官のポストに任命しました。

75歳であった彼は、ルーズベルトの役割が、別のウィルソンアドバイザー、バーナード・バルーク〈ルーズベルトと銀行家の間の連絡になった〉により満たされた『第二の我。』になりませんでした。

FDRのおじ、フレデリック・デラノは連邦準備制度理事会のメンバーであり、1925年に、国際連盟委員会の会長になりました。

1934年に、彼は国家資源局の会長として任命されて、1936年に、リッチモンド、バージニアで連邦準備銀行の会長になりました。

ルーズベルトは32級メーソン、テンプル騎士団員、および神社のメンバーでした。

彼が、社会主義者クリントンB.ルーズベルト、彼が世界政府についての計画を明らかにした自然法において政府設立の科学を書いたニューヨーク議員により持たれていることと下降する直接的。

クリントン・ルーズベルトとホラス・グリーリー(ニューヨークトリビューンとニューヨーカーの雑誌の創立者とオーナー)は社会工学の研究のパイオニアでした。

エンパイア・ステートのメーソン(ニューヨークのグランド・ロッジの公式な出版)の1953年2月の版において、1世界政府がかつて発生したならば、FDRがクレジットの多くを得るべきであるという主張はされました。

veterans)? 保持フランクリンルーズベルト 囚人 、および除去 もし独裁権においてそれらの操り人形として勤務するのの彼による断り彼 彼らが、課すことを計画したこととcontrol."バトラーが、プロットを暴露することを選んだこと、リードにおいて たぶん彼の愛国心による 。

または、彼が、ルーズベルトが国家的緊急事態の間独裁権を課すことであったそれらの真の目的を認めていたので政府が完全なコントロールを取ることができたので、それでした。

バトラーは言ったこととしてレコードの上にいます:

「戦争は主として金銭問題でした」。

「銀行家はお金を外国に貸し、彼らが返すことができない時に、大統領は、それを得るために、海兵隊員を行かせます」。

計画された反乱が具体化しなかった時に、他の計画は展開されました。

フランシス・パーキンズ、労働省長官は報告しました:

「初閣議で、その後、大統領は1933年、ルーズベルト、バーナード・バルークへの財政家、およびアドバイザーに就任し、米国復興局の頭になることになっていたバルークの友人、ヒュー・ジョンソン将軍はキャビネットの各メンバーのためにジェンティーレ、イタリアの極右の理論家の本のコピーに加わり、私達すべては注意してそれを読みました。」未来計画は、政府が革命なしでファシズムと政府統制に動くことを要求しました。

彼らは、最もよい方法が戦争とジム・ファーリー、ルーズベルトの郵政公社総裁を通り抜けていたと決めたとそれは1933年に2番目の閣議の間に言いました:

「新しい大統領は再び日本の戦争の可能性に向きました」と将軍ジョンソンは書きました:

「私は、ルーズベルトさんが選ばれる(1940年に)ならば、彼が最初の機会で私達を戦争に引きずり込むであろうし、どれも出席しないならば、彼が進むであろうということを確信しないどのよく知らせられたワシントンのオブザーバーもを知っていません」。

ルーズベルトは、インドシナから引き戻す日本だけでなく中国(満州)も望んでいました。

彼の要求を実施するために、彼はこの国にすべての日本の資産を凍結し、1911年の通商条約をキャンセルしました。

彼はそれらの燃料供給品を切らせて、出入港禁止命令を、それらの軍隊に必要であった11個の原料に置きました。

1939年12月に、これは軽いスチールに拡張されました。

イギリスで、ウィンストン・チャーチルと後で、オランダ政府はそれにならいました。

ハーバート・フーバー前大統領は様々な政治的なマニピュレーションを観察し、1941年8月に言いました:

「アメリカ人は、議会が宣戦布告なしの戦争の中に米国のステップ・バイ・ステップの投射をやめさせたことをあくまで要求するべきです…」

1940年9月28日に、日本、ドイツ、およびイタリアは三国間条約にサインしました(それは、3のいくつかが攻撃されたならば、すべて3カ国が、反応する必要があったことを言明しました)。

従って、日本が米国を攻撃し、米国が日本に対して宣戦布告するならば、それらはまたドイツとイタリアとの戦争にあるでしょう。

1940年10月に、日本を、明白な戦争行為を行うことに駆り立てるFDRの戦略の一部は、アメリカの太平洋の群団をカリフォルニアの外に移動させて、それを真珠湾で固定させることになっていました。

ジェームズ・リチャードソン提督(太平洋艦隊の司令官)は、危険な所に群団を置くことへの彼の強い反対をルーズベルトに表現しました。

彼は彼の指揮者の地位を解かれました。

リチャードソンは後で、ルーズベルトが言うことを引用しました:

「よりすぐまたは後で、日本人は米国に対して明白な行動を取るであろうし、国家は、快く戦争に入ることにでしょう」。

ルーズベルトとチャーチルは、すでに、アメリカを、ヨーロッパで戦争に入らせる計画に取り組んでいました。

進行中でした。

軍備の状態に入るように日本人に勧めるために、ジョセフC.Grewは日本に米国の大使として彼のポストを使いました。

それらはニューヨークの6番目の大通りエレベーター鉄道全体からの出荷されたスチールスクラップでした。

太平洋問題調査会は、200万ドルの補助金を通して、日本人が米国で打ち返すことを説得するのを手伝うことになっていた共産主義のスパイに出資しました。

それ以来、攻撃が、それが、あると主張された驚きではなかったことは常識になっています。

1941年1月27日に、以下を報告するために、Grewは国務長官に電報を打ちました:

「ペルー人大臣は、彼が日本のソースを含む多くのソースから、米国と日本の間で突発することにおける場合に、日本人が、真珠湾に対して攻撃させるつもりであったと耳にしたことを私のスタッフのメンバーに知らせました」.(ソース:米国、国務省、出版1983、平和、および戦争:米国外交方針、1931年-1941年、ワシントンD.C.:米国、政府印刷局、1943年、ページ617-618)

1941年8月に、マーティンDies下院議員(非アメリカ活動についての国家委員会の会長)は、日本人が、真珠湾を攻撃するために計画していた証拠を収集しました。

はっきりと、真珠湾を攻撃するそれらの計画を示した日本帝国軍事情報部部門によって準備されて、委員会は戦略地図を所有しています。

Diesは、彼の情報を公開しないように命じられました。

極東の軍隊諜報部員は、真珠湾攻撃についての、そして攻撃に先がけて計画が3つの別個のメッセージを計画を詳説するワシントンに送ったと気づきました。

ソビエト連邦エージェント リヒャルト・ゾルゲはロシア政府に、「日本人は、次の60日で真珠湾を攻撃するつもりです」と1941年10月に言い、情報がルーズベルト大統領の上に手渡された彼の上司から、反応を受けました。

ダスコ・ポポフ、英国の二重スパイは日本の計画についてのドイツからの情報を受け取り、ワシントンの上に情報を通過しました。

それは決して従われませんでした。

早くも1944年、大統領候補(ニューヨーク知事トーマスE.デューイ)は、それが起こる前に、ルーズベルトが真珠湾への攻撃を知っていると言いました。

1981年に国家安全保障局によって機密種別からはずされた文書の中で、アメリカは日本人の青色で(外交的です)、紫色の(海軍)秘密のコードを壊し、攻撃のすべての詳細と日本の群団の所在を知っていました。

1941年9月から、攻撃自身まで、すべての日本の通信はアメリカ・インテリジェンスによって傍受されて、記録されて、真珠湾への差し迫った攻撃を示しました。

1つのトランスミッション に含まれている日本の要点ウェーブステーションで放送された偽造の天気予報 言葉“higashi kaze ame”「どの 方法 」東風 雨 、すでにアメリカ人が知っていたことが、米国との戦争のための日本語のコードでした。

トップ軍幹部は、「風」メッセージが存在していて、その受け取りのすべての形跡を消すことを試みたことを否定しました。

1941年11月に遅く、以下のオーダーはすべての米国の軍事司令官に発せられました:

陸軍長官スティムソンに従って、「日本が最初の明白な行動を取るという米国要望」.このオーダーは直接ルーズベルトから来ました。

スティムソンの日記によると、戦時内閣、すべての軍隊の人々中の9人の人々が「挑発のFDRの計画」を知っていました。

国務省は、最も大きな日本の航空母艦の含まれた4つがハワイに率いていた海軍とこの情報が11月27日に真珠湾に手渡されたと11月20日に知っていました。

しかし、ハワイのアメリカベースはこの情報を与えられませんでした。

攻撃の3日前に、オーストラリアインテリジェンスはハワイに向かっている日本の群団を見分けました。

彼らは警告をワシントンに送ったけれども、それは、それが共和党員によって流された政治的に動機づけられた噂であると言ったルーズベルトによって退けられました。

1941年12月1日に、米国海軍知能の極東部門の責任者は太平洋艦隊の頭への彼のリポートを書き込みました:

「米国と日本の間の戦争は最も近い将来から始まるでしょう」(それが‘偶然’彼の上司によって足止めされたので司令官の机に決してそれにされなかったリポート)。

12月に早く、軍隊インテリジェンスは、ワシントンの日本大使館の外交官が、すべてのコードを破壊し、日本に戻るように命じられたと知っていました。

ワシントンはまた、それらが、戦争のために兵士と供給品を輸送することが必要であろうので、日本が国家でその商船のすべてをオーダーしたと知っていました。

12月5日に、彼が受け取った情報に基づいて、米軍通信からのCol. Sadtlerは以下の電報を彼の上司に送りました:

「日本との戦争は直ちに始まるでしょう;」

「2番目のポート・アーサーのすべての可能性を除きます」.この電報は決してその目的地に到着しませんでした。

1932年に、アメリカ海軍は、それが、それを検出することができずに60マイルの向こうからの攻撃に無防備であったことを示した真珠湾でのテストを実施しました。

それらに戦争のために不適切に人員を配置したので、そしてエリアが露出しすぎたので、J. O.リチャードソン提督(太平洋艦隊のチーフの司令官)は米国の西海岸に引っ込まれた群団を望んでいました。

それはされませんでした。

1941年1月に、リチャードソンは彼の指揮者の地位を解かれました。

ルーズベルトが彼に、反応の中にそれらを怒らすために日本のまわりで海上封鎖を作成してほしかったので米国が宣戦布告することができたことは後で明らかにされました。

彼は、それが戦争行為であったと言って、それをすることを断りました。

さらに真珠湾のベースのセキュリティ弱さを知り、急迫についての前の知識を持つことは攻撃し、ルーズベルトは、彼がアンソニー・ヒルダーとのインタビューにおいて、‘サボタージュの行為。’少将ロバートA. Theobold、USN、Retired、真珠湾の最終的な秘密の作者、およびCol.カーティスB.ドール、FDRの女婿からそれらを保護したかったと主張したので、飛行機をそれに命じることによる虐殺が、それらのプロペラが中に直面する状態で円の中でグループにされると保証していました。

彼のワシントン、認められたその軍事的指導者のために、それが起こる前に、彼らは真珠湾攻撃を知っていました。

Theobold(真珠湾のすべての破壊者の司令官)は、それが起こる21時間前に、ルーズベルトが攻撃を知っていると彼の本の中で言いました。

そう、彼らがバックギアを持っていなかったことによる、彼らが円を出て、空中の上づらくそれを作られる、航空機のこのポジショニングの結果。

Theoboldは書きました:

「真珠湾の真実の履歴の中の明白な事実は、極めて重要な軍隊の情報をキンメル提督とウォルターのC.Short(海軍と軍隊は真珠湾で命じます)将軍からの繰り返された源泉徴収税です…」

「司令官が、彼の国が数時間以内に戦争中にあるであろうし、彼の力がおそらく日の出で攻撃の最初のオブジェクトになるであろうということを知らせられなかった時に、歴史において一度もケースがあったことがありません」。

Theoboldはまた、キンメル提督に日本の事実上の宣戦布告を明らかにしなかったハロルド・スターク(ワシントンの海軍本部の頭)提督の証拠を引用し、マーシャルがStarkより位が高くなかったので、彼が、ルーズベルトに関して、「より高い権限」からのオーダーに従っていると言いました。

マーシャルは単に12月4日のルーズベルト指令を手渡しました(それは、それがマーシャルによってきれいにされない限り、どの通信も真珠湾に送られることができなかったと伝えていました)。

1941年11月26日に、ルーズベルトは、日本人がすべての彼らの軍を撤収することを強く主張して最後通牒を送りました。

ジョセフGrew(CFRメンバーとロックフェラーエージェント)、日本への大使が、そのようなミーティングが日本人との戦争を防止するであろうと言っても、彼はプリンスKonoye、日本総理大臣とのどのような交渉でも断りました。

「紫色のコード」において暗号化された東京から日本の大使館までの日本の反応は海軍によって傍受されて、12月6日の夕方デコードされて、ルーズベルトにされました。

13ポイントコミュニケは明らかにし、経済制裁の強烈なプレッシャーのため、米国との外交関係が12月7日日曜日に午後1:00の東部標準時に終わっていました。

あらゆる点で、これは宣戦布告であり、それを読むとすぐに、ルーズベルトは言いました:

「この戦争方法」.それは真珠湾コマンドの上に通過されなく、攻撃が始まったのはその時間でした。

FDRが、日本を、最初の血を流させることに駆り立てている間、彼は彼の1940年の有名なキャンペーンステートメントの中でアメリカの一般大衆に話しました:

「私があなた、母、および父と話している間、私はあなたにあと1つの保証を与えます」。

私は前にこれを言い、私は何度も、再びそれを言います:

「あなたの少年は、どのような対外戦争にも追いやられようとしていません」(彼が、そのとき私達が攻撃されない限り戦争するために私達の少年に送らないであろうと後で言った)。

アーサー・マッカラム海軍少佐はワシントンの海軍知能のために働き、FDRのために通信ルーティング役員でした。

すべての傍受された日本語のメッセージは、ルーズベルトにその時それらを発送するであろうマッカラムに行くでしょう。

1940年10月に、彼は、日本人を、真珠湾で攻撃することに駆り立てることについてのFDRの計画のための基礎を含んでいたメモを書きました。

それはルーズベルトの最も親密なアドバイザーの2人に与えられました。

覚書は、日本とアメリカが戦争になっていたのが必然的であったという、そしてドイツが、アメリカのセキュリティへの脅威になろうとしていたという彼の意見を明らかにしました。

彼は、アメリカ人が、戦争に行く必要があると言ったけれども、彼はまた、世論がそれに対してであったと理解していました。

従って、世論は、動かされる必要があり、日本は、それを刺激して、アメリカを攻撃することを強いられる必要がありました。

アメリカが、それらを、私達を攻撃することに最終的に駆り立てて、日本を私達により敵対的にするためにするべきである事のために、彼は8つの具体的な提案を名付けました。

それは戦争の準備の後ろに国を結集するでしょう。

彼が日本で生まれて、育ったので、彼は、彼が日本のメンタリティを理解していると言い、どのようにそれらが反応するであろうかを知っていました。

これは、太平洋艦隊をハワイに移動させて、出入港禁止命令によって日本の経済の多くを殺すのを含みました。

マッカラムは言いました:

「あなたがこれらの方針を採用するならば、日本は明白な戦争行為を行うでしょう」全然、FDRが実際このメモを見たという証拠ではなく、彼は、マッカラムのポイントのすべての8つを実施するのを最終的にしました。

管理は、1941年に、日本の海軍士官が偽名の下でホノルルの日本の領事館で働いていたと気づきました。

彼らは彼について行き、日本に彼のメッセージを傍受しはじめました(それは、日本人が攻撃のために時刻表を開発し、プロットを爆撃しさえすることを可能にしました)。

彼らは決して彼を止めなく、それは、日本人が私達への攻撃に心構えをすることを可能にしました。

海軍元師ハルゼーは書きました:

「私達の知能データはフィリピンまたはオランダ領東インド諸島への日本によるありそうな攻撃について話しました」。

真珠湾が議論から除外されなかったけれども、私達に中継されたすべては攻撃の他のオブジェクトを示しました。

「私達が、日本人が、真珠湾(傍受されたリポートによって明らかにされます)の私達の軍艦の正確な位置とムーブメントについての詳細情報を継続的に収集していたと知っていたならば、私達は自然に、私達の努力を、真珠湾への攻撃をはねつける準備に集中したでしょう」。

陸軍長官ヘンリーL.スティムソンは、1941年11月25日にルーズベルト政権を経験した後に、彼の日記を書き込みました:

「議論はまわりで、どのように私達が、自身をあまりにも大変な危険にさらさない間に最初の弾丸を発射することを日本人に強制するために演習するべきであるかでした;」

「これは難しい仕事になるでしょう」。

Husband E.キンメル提督は彼の回想録を書き込みました:

「どの警告もハワイ諸島に送られないことはルーズベルトの計画の一部でした」。

意図的に、真珠湾で私達の軍隊に知らせなかったワシントンの私達のリーダーはどのような点でも正当であることができません。

真珠湾コマンドは、日本大使に配達された1941年11月26日のアメリカ注について、どれが事実上さらに交渉を除いたか、そして必然的な太平洋で戦争したかを全く知らせられませんでした。

「ハワイ諸島の軍隊と海軍コマンドは、6番目の上のワシントンの関係者と12月、1941の7日に転送された傍受されて、判読された日本の電報についてのヒントを受け取りませんでした」。

太平洋艦隊は9つの戦艦、3隻の航空機巡洋艦、およびいくつかのより小さな船から成りました。

ルーズベルトが、それらが海で戦争のために必要であろうと知っていたので、航空母艦とより小さく、よりモバイルの船は攻撃に先がけて始動しました。

11月28日に、海軍元帥ウィリアムF.ハルゼー(キンメルの指揮の下)は運送人Enterprise、3人の重い破壊者、および9人の小さな破壊者とウエーク島に帆走しました;

そして、12月5日に、レキシントン、3つの重巡洋艦、および5隻の駆逐艦はミッドウェイに送られて、サラトガは太平洋の沿岸に行きました。

それらが第一次世界大戦の間に、そしてに先がけて生産されたので、他の戦艦はなくても済むと考えられて、古く、時代遅れであるとみなされました。

それらは、犠牲にされることになっていました。

[および、船員は消耗でした。]

1941年12月7日に、彼らが元々、するつもりであった時に、ロシアを攻撃する代わりに、日本人は真珠湾で米国群団を攻撃しました。

‘奇襲’はルーズベルトに、日本に対してアメリカの軍事力の完全な力を向ける理由を与えました。

次の日、ルーズベルトは議会に、日本に宣戦布告するように頼みました:

真珠湾への攻撃は2,341人のアメリカ兵士の死を招くことになり、あと2,233は傷ついたか、行方不明でした。8つの戦艦、2隻の駆逐艦、2つの支隊掃海艇を含む18隻の船が沈むか、重く破損しました;

そして、177機の飛行機が破壊されました。

国で反日感情を作成し、日本に対するアメリカ行動を正当化するだけこれのすべて。

ワシントンのジョージC.マーシャル(米国陸軍の最高指令官)将軍とハロルドR.Stark(アメリカ海軍の最高指令官)提督は、ハワイベースがとても多くの傍受された日本語のメッセージを受け取ったので、別のものはそれらを混乱させたであろうので、攻撃についてのメッセージがキンメルと要点に転送されなかったと証言しました。

真実において、彼が、何も攻撃を妨げることを必要としていなかったので、マーシャルは15時間の間情報に座っていました。

攻撃が始まった後に、メッセージは送られました。

1944年の内部の陸軍と海軍の問い合わせは義務のキンメルと短い遺棄物を見つけたけれども、真実は一般大衆に明らかにされませんでした。

太平洋艦隊から約100個の軍艦を送られて、催された11月23日、キンメルの攻撃の2週間前に、そうであると判明したもの、日本正確な位置は、それらの攻撃をスタートすることを計画しました。

疑いなく、彼は、奇襲の可能性を防止すると考えていました。

管理が彼の行動を知った時に、彼は、「状況を複雑にします」について批判されました。

攻撃の11日後に、最高裁判所裁判官オーウェン・ロバーツによって主宰されたロバーツ委員会は、公開審議を許されなく、公然と破滅し、退職することを強制されたキンメルと要点をスケープゴートにしました。

要点は1949年に死に、キンメルは1968年に死にました。

ロバーツ委員会を反復した共同の議会上院の調査は8回の調査の中で最も信じられなかった。

マーシャルとStark両方は、彼らが、宣戦布告が入った夜、彼らがどこにいたかを思い出すことができなかったと証言しました。

フランク・ノックス、海軍長官の仲の良い友人は後で、爆撃が始まるのを待って、硬直しているノックスとマーシャルがホワイトハウスでルーズベルトとのその夜のほとんどを過ごすので彼らが戦争に入ることができたと言いました。

ジョン・トーランド歴史家によると、マーシャルは彼の一番上の役員に話しました:

「紳士、これは私達と墓に行きます」。

1995年に、国防総省研究は、「ワシントンの陸軍と海軍の役員は、…、戦争の切迫の重要な確認を与えた傍受された日本の外交の通信に内々関与していました」と断定しました。

詐欺のまるまる範囲は偽りの本日の出版と一緒に最前線に来ました:

ロバートB.Stinnett(第二次世界大戦中に太平洋で勤務していた辞めたオークランド・トリビューン写真家)によるFDRと真珠湾についての真実。

退職の後に、前のアメリカ軍隊の通信人員にインタビューし、国家安全保障局に情報要求の自由を提出することによって、彼は彼の調査を開始しました。

17年の間、日本人から傍受された以前に分類されたメッセージのボリュームを通して、彼は拾いました。

Stinnettは、1941年11月25日に、日本の提督ヤマモトがラジオメッセージを、真珠湾を攻撃するために使われるであろう軍艦のグループに派遣したと気づきました。

それは部分で読みました:

11月17日から25番目まで、「そのムーブメントを厳密に秘密にしていて、終わりが潜水艦と航空機を警戒し、ハワイ水域の中に進むこととし、交戦状態のまさしくそのオープニングに、ハワイで米国群団の主力を攻撃し、致命的な打撃をそれに与えることとすると主張しているタスク・フォース」.、アメリカ海軍は、ヤマモトが彼のキャリアに送った83のメッセージを傍受しました。

この真珠湾シナリオはアメリカ戦艦‘メーン’の繰り返しでした(それは、1898においてハバナのポートの中のスペイン鉱山による、‘沈められます’でした)。

「メーンを覚えます」の結集叫び声は、スペインで私達が宣戦布告するのを正当化するようにアメリカの反スペインのヒステリーの上で動くために用いられました。

数年後、船が試験された時に、殻が船の中から爆発によって爆破されたことは設立されました。

第二次世界大戦は啓蒙主義者のためにそう何を遂行しましたか?

日本人が、1945年2月に降服する心構えをする状態で、戦争は、放火の原子爆弾の破壊的な空襲によって日本の工業地域の多くを破壊するために延長しました。

これは、グラウンドが、啓蒙主義者が新産業によって日本を改造するのでそれらが、アメリカ市場に安い商品をあふれさせるために安い労働力を使うことができたようにきれいにされることを可能にしました。

これは、米国を、それよりもっと、生み出されて、作成する失業と財政的不安定を消費した国家に変えるでしょう。

ヨーロッパ正面の上で以前に述べられるように、戦争は、ロシア人が国連のために方法で舗装された東ヨーロッパ、促進された共産主義のコントロールとイスラエルの国家の作成を得ることを可能にしました。

約4000億ドルのコストで、戦争は2200億ドルまで私達の国債を上げて、私達をより深く啓蒙主義者の国際銀行家の手中に駆り立てました。

この衝突に関係しているすべての繁雑な角度のため、第二次世界大戦がたぶんアメリカの歴史において最も高価なイベントであったと言うことは控えめな表現ではないでしょう。

私達は勝ったかもしれないけれども、長い目で見れば、私達は負けました。


イルミナティの走狗・政治家

Bosse Ringholm Swedish Errand Boy for the Illuminati

2006 09 12


By Fredrik Palmgren | red-ice.net








Bo 'Bosse' Ingvar Karchimirer Ringholm

First of all, the author of this article would like to make it clear to you “the reader” his own personal view of politics and Big Business in general and that is basically this: It’s a Scam. This article is not aiming at rearranging furniture on the Titanic, but rather shine a light on some of the dirt, and by doing so hopefully getting a better understanding of the problems, thereby making it easier to find the solutions. Finding the dirt is a good thing, because now is the time for solutions.


With or without his own knowledge Bosse Ringholm, the Swedish “Minister for Sport and Deputy Prime Minister” is aiding the ancient and modern “Bloodline Crime Families” in their goals, one in particular being the creation of a “Global Fascist Control Grid”, a “One World Government”. He is now attempting to censor the internet under the cloak of “Gambling Laws”. Blocking websites “The State” sees unfit and peoples ability to use their credit cards online. In short, Swedish Law says gambling surplus can’t go to privateers and Bosse Ringholm having such a big hart and love for the Swedish people naturally want to protect the people from it self. Or maybe its more like this, namely that the Swedish state is losing “its” money to foreign gambling cartels, and this presents a wonderful opportunity of stopping that, and at the same time aiding his masters in getting their control grid in place. This in turn gets people used to giving their freedom away, all for the good of the state of course.


IlluminatiのためのBosse Ringholmのスウェーデン人の使い走りの少年


フレドリック・パルムグレン|




ボー'Bosse'イングバルKarchimirer Ringholm

まず、この記事の作者はあなたへの「読者」のために彼自身の政治と一般に、Big Businessの個人的な視点を通過させたがっています、そして、それは基本的にこれです: それは詐欺です。 この記事はいくらかの土と、問題の希望をいだいてあまりに回復している理解をすることによって光をむしろ照らすのを除いて、家具をタイタニックに再配列するのを目的としていません、その結果、解決策を見つけるのをより簡単にします。 現在が解決策のための時間であるので、土を見つけるのは、良いものです。


彼自身の知識Bosse Ringholmのあるなしにかかわらず、「スポーツのための大臣と代理人内閣総理大臣」というスウェーデン人は彼らの目標で今昔の「血族犯罪者一家」を支援しています、1つが特に「グローバルなファシストの制御グリッド」、「1つの世界政府」の創造であり。 彼は、現在、「ギャンブル法」の外套の下でインターネットについて検閲するのを試みています。 ウェブサイトを妨げて、「状態」は、オンラインで不適任な状態で見て、それらのクレジットカードを使用する能力を住ませます。 短くて、スウェーデンの法言いたい事ギャンブル余分では、自己はスウェーデンの人々に対するそのような大きい雄ジカと愛がそれから自然に国民を守りたがっているのをさせに私掠船とBosse Ringholmに行くことができません。 または、多分このような以上、すなわち、スウェーデンの州が「its」のお金を外国ギャンブルカルテル、およびこれになくしているのが彼らの制御グリッドを適所に手に入れる際にそれを止めて、同時に支援する素晴らしい機会に彼の主人を紹介します。 これは人々をすべて状態の利益のためにもちろん彼らの自由をあげるのに順番に慣れさせます。


あなたはbettingmarket.comでこれに関する以上を読み通すことができます: 選挙は、スウェーデンのギャンブル独占の終わりを示して、また、ギャンブル産業規制のパラドックスを見るかもしれません。


それはすべて、私たちが理解する必要があるよりすばらしいパターンを作るまとめられた、これらの小さいステップであり、そこに画像を徐々に遠ざけて縮小して、より大きい絵を到着させるいつもトライはいつもより大きい絵があなたを信じているということです。私。 私は、ジョージ・オーウェルの「1984」が、集合的なマインドコントロールの大きさに関する1984の実際の年とそれがコントローラのためにどれくらいよく働いていたかを説明したと個人的に感じます。


1984がどれくらい怖いかに関して人々は話します、そして、しかし、彼らは、私たちが現在今までのところそれを超えているとわかりません、そして、私たちがまさしく野獣の中に生きるのが彼らの最も突拍子もない幻想でさえ彼らにわかり始めないでしょう。 私にとって、それは仕事における強い操作、高い黒魔術またはなどの最も良い証拠です。


したがってそれの政治上の人形が、近日中にシフトインが赤から青にもかかわらず、赤い説得の存在が圧迫から反対へ移すBosse Ringholmにもかかわらず、「本当のパワー」がそれをオーダーしたので提案が自分の立場を固守するという彼の法則まで着色するのをたぶん見る「選択スウェーデン」。 私はオフィスから悪い人々を幾重にも外す意味が全くわかりません、新しい死んでいるヘッドがただ表面に浮き続けるとき。 私は、私たちが、私たちの自由と私たちの不思議な超大国を妨げているマインドコントロールを取り除くのに私たちのエネルギーの焦点を合わせる必要であると思います。


立ち上がってください、そして、ひざで人々を手に入れてください。


平和/fredrik




NWO

BUSH CALLS FOR A NEW WORLD ORDER ON 9-11-1990








Bush's father speaking of the "New World Order"9-11-1991?

http://video.google.com/videoplay?docid=-7933921211538654442&q=New+world+order&pl=true




?


?

THE NEW WORLD ORDER DENVER AIRPORT

ダボス会議

ヘ(゚∀゚*)ノ


Kinder capitalists in Armani specs

by Will Hutton

The Observer, Sunday 1st February 1998, p22

The quintessence of globalisation, writes Samuel Huntingdon, is Davos Man. [in The Clash of Civilizations and remaking of World Order] Every year in the last weekend of January there is an extraordinary tribal gathering in the Swiss Alps of the high priests of globalisation. They have their own thought system, shared rituals and even their own dress code - complete with large Armani spectacles. Davos has become a temple to the verites of free markets, inward investment, democracy and privatisation peopled by men and women in very expensive suits.


Yet it can't be mocked too much. Along with the Trilateral Commission and the Bilderberg Conference, this is one of the key meetings of the year. No policy is made here; it is all talk, some of it banal and platitudinous. But the consensus established is the backdrop against which policy is made worldwide - and this is why Chancellor Gordon Brown should have come, rather than cancelling at short notice. The Left should not allow the international conversation to be dominated wholly by the Right; if there is to be any regime change worldwide - whether on the sustainability and necessity of the welfare state or the need to act over destabilising capital flows - it will only emerge if meetings like this accept that such issues are on the agenda and have powerful backers. The voices of even the pragmatic Left that Brown represents are not strong here. It was an important missed opportunity.


That is not to say that Davos ideology is uniformly conservative. The meetings became important in the second half of the 1980s when it became clear that the system in Eastern Europe and the former Soviet Union was breaking down - and when the Asian economies joined the hunt for inward investment. Davos, founded in the early 1970s, found itself propelled to prominence - it was where political leaders, especially those from Eastern Europe, desperate for inward investment and a platform to show their attachment to the credo of economic liberalisation, could parade before international businessmen and financiers.


But the events in Asia over the last six months have shaken the Davos view to its core. Nobody foresaw that those apparent paragons of the world it sought to build, the Asian tigers, would prove to have such clay feet. But like priests of any religion, Davos is suffering only a temporary loss of faith - and in ways which show its better side. Asia went wrong because too many of its governments were non-democratic, corrupt and authoritarian, running a system of crony capitalism; in Britain only writers such as Paul Foot match the contempt in which Davos holds, for example, Indonesia's President Suharto.


Davos's globalisers want democratic government, the rule of law, transparent rules, fair play for all and, in Asia, extraordinarily strong social-security nets. Nor does their prescription stop there. For example, Davos deplores the US trade embargo of Cuba, declaring it absurd; it believes Cuba should be opened up to the world system and to the liberalising impact of inward investment. And even the welfare state attracts defenders. As the South Korean delegation has repeatedly explained, the price that must be paid for labour-market flexibility and volatile exchange rates is a powerful safety net underwriting the fall-out from such economic rigour and large-scale industrial restructuring. They intend to build a European-style social security system.


But in the round, Davos is unflaggingly committed to capitalism, yet not that is paralleled by its commitment to democracy and human rights. Some businessmen can surprise you by their liberalism and social concern. They are developing a new value system around their capitalist beliefs that is much more attractive than the slash-and-burn, short-termist approach of the Anglo American Right, and you can see how intriguingly it connects with New Labour. Blair and Brown are onto something.


Closer to home even critics of the personal journalism inquiring into the dynamics of relationships should be aware that Davos has never laid on so many sessions about the personal. Like Western culture generally, it is being de-masculinised. There is also the beginning of a new argument about how to refashion the international financial system, although on Friday the organisers laid it on two miles from the conference centre. It's still not quite pukka.


But the core of Davos remains its attachment to what it sees as hard economics. It is axiomatic, for example, that privatisation is always good, and stories abound of newly privatised companies that have increased output with a fraction of their old workforce. A group of French and German business leaders argued the European economic and social system has broken down. The French want a more 'flexible' labour market; the Germans more investor activism to shake up sleepy companies. But New Labour should note, it is not so much a strong social security system that is criticised but its interaction with sclerotic companies and powerful unions. This has Thatcherite overtones, but is not quite Thatcherism. Social values count, even for self-styled business 'revolutionaries'; the aim is to create more employment in Europe.


In sum, Davos is groping towards championing a more humane capitalism -a development it knows it must make if the market system it believes in is not to be de-legitimised by violent international oscillation and sudden, unnecessary, brutal economic restructuring. Globalisation is moving on, and Davos with it.





アルマーニスペックの中のより親切な資本家

ウィル・ハットンによって

オブザーバー、1998年2月1日日曜日p22

サミュエル・ハンティントンは、世界化の本質はダボスの人であると書く。

[文明の衝突と世界秩序の改造において]毎年、1月の最後の週末に、世界化の大祭司のスイスアルプスに並みはずれた部族の集まりがある。

彼らは彼ら自身の考えたシステム、共有された儀式、および彼ら自身の服装規定さえ持っている - 大きなアルマーニスペクタクルによって完成しなさい。

ダボスは非常に高価なスーツを身に付けた男性と女性によって植民された自由市場、対内投資、民主主義、および民営化の真実描写手法に寺院になった。

それでも、それはあまりにも多くあざけられることができるわけではない。

三極委員会とビルダーバーグ会議とともに、これはその年の重要なミーティングの1つである。

どの方針もここでされない;

それのいくつかが平凡で、平凡に、それはすべて話である。

しかし、確立されたコンセンサスは、方針が世界的にされる背景である - および、そんなわけで、ゴードン・ブラウン首相はすぐにキャンセルするというよりも来るべきであった。

左は、国際的な会話がまったく右によって支配されることを可能にするべきでない;

世界的に--福祉国家の持続可能性と必要またはキャピタル・フローを不安定にする上で作動する必要上かどうかにかかわらず--政権交代があることになっているならば、このようなミーティングが、そのような問題が課題にあり、強力な後援者を持っていることを認めるならば、それは出現するだけであろう。

ブラウンが表している実用的な左さえの声はここで強くない。

それは重要な逃された機会であった。

それは、ダボスイデオロギーが均一に保守的であると言うことではない。

ミーティングは、東ヨーロッパおよび前者のソビエト連邦のシステムが故障することがクリアになった1980年代の後半に重要になった-そして、アジアの経済が対内投資のための狩猟に参加した時。

1970年代の初期に設立されたダボスは自身が卓越性に推進されていることに気付いた - それは、政治指導者、東ヨーロッパからの特にそれらが、経済の自由化の信条に彼らのアタッチメントを示すために対内投資とプラットフォームが欲しくてたまらず、国際的な実業家と財政家の前で行進することができた所であった。

しかし、最近の6ヶ月の間のアジアのイベントはそのコアにダボス眺めを振った。

誰も、それが、築くことに努めた世界のそれらの明白な模範、アジア虎が、そのような粘土足を持つと判明するであろうと予知しなかった。

しかし、どのような宗教の聖職者のようにでも、ダボスは信頼の一時的な損失だけを被っている - および、そのよりよい側を示す方法の中。

クローニー・キャピタリズムのシステムを実行して、その政府のあまりにも多くが民主主義でなく、堕落していて、独裁的であったので、アジアは悪くなった;

英国で、ポール・フットなどの作家だけが、ダボスが例えばインドネシアの大統領スハルトを押さえる軽蔑とマッチしている。

ダボスのグローバル化推進者は民主的な政府、法の支配、透明な規則、すべてのためのフェアプレー、およびアジアの、異常に強い社会的なセキュリティのネットを望んでいる。

また、それらの処方薬はそこに停止しない。

例えば、それを不合理であると宣言して、ダボスはキューバの米国貿易禁止を嘆く;

それは、キューバが世界システムに、そして対内投資の自由化インパクトに広げられるべきであると信じる。

そして、福祉国家さえディフェンダーを引き付ける。

韓国の派遣が繰り返し説明した時に、労働市場柔軟性と不安定な為替相場に対して支払われなければならない価格はそのような経済の厳格と大規模な産業のリストラクチャリングから放射性降下物を承諾している強力な安全ネットである。

彼らは、ヨーロッパスタイル社会保障制度を構築するつもりである。

しかし、ラウンドにおいて、ダボスは資本主義を衰えないで約束するけれどもそれは民主主義と人権へのその関与によって並行されない。

何人かの実業家は彼らの自由主義と社会的な懸念によってあなたを驚かすことができる。

彼らは、英のアメリカ人の右の焼き畑式で、短期的アプローチよりずっと魅力的なそれらの資本家信念のまわりの新しい価値観を開発していて、あなたは、どれほど興味をそそってそれが新しい労働と接続するかをわかることができる。

ブレアとブラウンは何かの上にである。

家のより近くで、関係の力学を調査している個人的なジャーナリズムの批評家さえ、ダボスがパーソナルについて一度もそんなに多くのセッションを課したことがないことに気づいているべきである。

西洋の文化のように、一般に、それは非雄性化されている。

金曜日に、組織者が会議センターから2マイルの所でそれを課したけれどもどのように国際金融システムを作り直すかについての新しい議論の最初がまたある。

それはまだまったく本物なわけではない。

しかし、ダボスのコアは、それが難しい経済学と考えるものへのそのアタッチメントであり続ける。

それが公理であること例えばその民営化はいつもよく、物語は、それらの高齢の労働力の小数部で、アウトプットを増大させた新しく民営化された会社でいっぱいである。

フランスとドイツの財界の指導者のグループは、ヨーロッパ経済の、そして社会的なシステムが故障したと主張した。

フランス人はもっと‘柔軟である’労働市場を望んでいる;

眠い会社を振り混ぜるドイツ人より多くの投資者行動主義。

しかし、新しい労働は言及するべきであり、批判されるのはそんなに多くの強い社会保障制度ではなく硬化症の会社と強力な組合とのそのインタラクションである。

これはサッチャーの支持者含蓄を持っているけれども、なかなかのサッチャーリズムであるわけではない。

自称のビジネス‘革命家’のためにさえ社会的価値に価値がある;

目的は、ヨーロッパでより多くの雇用を創出することである。

合計において、ダボスは、それが、それが信じている市場組織が、激しい国際的な振動と突然で、不要で、野蛮な経済のリストラクチャリングによって不合法化されないことであるならば、それがしなければならないと知っているより人道的な資本主義-開発を擁護することに手探りしている。

世界化が前進していること、およびそれを持つダボス。





蛇足


ダボス会議について(World Economic Forum
考えましょう・・・。パンダ

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR