FC2ブログ

良いお年を・・。

本年はまことにありがとうございました・。来年もよろしくお願いします。





この地球は我々人間が幸せに生きる権利を有するところ・。

スポンサーサイト



眼に見える陰謀・。?

SAVEtheMALES.ca?? http://www.savethemales.ca/index.html


New World Order:


Conspiracy Too Monstrous To Conceive

理解するためにあまりに恐ろしい陰謀


By Henry Makow Ph.D.

ヘンリーMakow博士によって

June 08, 2003

2003年6月08日


G.W.ブッシュ - G.W. Bush"The individual is handicapped by coming face-to-face with a conspiracy so monstrous he cannot believe it exists." J. Edgar Hoover

「個人は、陰謀と直面して彼がそれが存在すると思っていることができないように恐ろしくなることによってハンディキャップを負います。」J.エドガーフーバー


The world is in the malignant grip of a satanic cult.

世界は、悪魔のカルトの悪質な旅行カバンの中にあります。


People recoil at the suggestion but proof stares us in the face every day.

人々は提案を見てひるみます、しかし、証明は毎日我々の目前に迫ります。


George W. Bush, President of the "Free World" is a member of "Skull and Bones" a chapter of the Illuminati order. His father, grandfather and uncle are also members.

ジョージW.ブッシュ、「自由世界」大統領は、「頭とBones」のメンバーです∥Illuminati順序の章。彼の父、おじいさんと叔父は、また、メンバーです。


In his autobiography, "A Charge to Keep" Bush writes, "My senior year I joined Skull and Bones, a secret society so secret I can't say anything more." In Aug. 2000 he said his "heritage is part of who I am."


彼の自叙伝(ブッシュが書く「KeepへのCharge」)では、「私の最終学年IはSkullとBonesに加わりました。そして、秘密結社が私がより多くの何も言うことができないように秘密でした。」2000年8月に彼が彼のものを言ったこと、「遺産は、私が誰であるかという一部です。」


Isn't this a conflict of interest?

これは、利害の対立ではありませんか?


Hello! Can a man hold any public office, let alone the most important, and belong to a "secret society"? If this society were benign, would it have to be secret?

こんにちは!男性は、最も重要なものは言うまでもなく、官公庁を占拠することができて、「秘密結社」に属していることができますか?この社会が穏やかならば、それは秘密でなければならないですか?


What a secret society it is! The Illuminati is the hidden hand behind all modern cataclysms, including the French and Russian Revolutions, Communism, the Depression and Nazism. To affect the course of history only takes money. The people behind the Illuminati have plenty.

それは、なんと秘密結社であるでしょう!Illuminatiは、フランスでロシアのRevolutions、共産主義、Depressionとナチズムを含む全ての現代の大変動の後の隠れた手です。歴史のコースに影響を及ぼすことは、お金をとるだけです。Illuminatiの後の人々は、たくさんを持ちます。


It's time we faced reality. Murphy's Law applies to humanity. "If it can go wrong, it will."

我々が現実に直面した時です。マーフィーの法則は、人類に申し込みます。「それがうまくいかなくなることができるならば、それはそうします。」


It has. The world is ruled by a satanic cult.

それはそうします。世界は、悪魔のカルトによって支配されます。


THE ILLUMINATI AND THE SKULL & BONES

啓蒙主義者と頭と骨


The Illuminati originates in the Jewish Kabala, Babylonian mystery cults, the Templars, Freemasons and assorted interests dedicated to Satan worship and absolute power. On May 1 1776, Adam Weishaupt, a professor at the University of Inglestadt in Germany, founded "The Order of the Illuminati." Many people believe Weishaupt was sponsored by Prince William of Hesse Casel and his banker Meyer Amschel Rothschild, the wealthiest man in the world.

Illuminati は、サタン崇拝と絶対の大国に捧げられるユダヤ人のカバラ、バビロニアの謎のカルト、テンプル騎士団員、フリーメーソンと多彩な利益から始まります。 1776年5月1日に、A・ワイスハウプト(大学のドイツのInglestadtの教授)は「Illuminatiの勲位を設立しました。」、Many人々は、ワイスハウプトがヘッセカーゼルと彼の銀行家マイヤーAmschelロスチャイルド(世界で最も裕福な男)のウイリアム王子が後援したと思っています。


The Illuminati's goal was to destroy Western Civilization and to erect a new world order ruled by them. Its method was to dissolve all social ties (employer, nation, religion, race, family) by exploiting social discontent and promising a golden age of "human brotherhood." This is now called "globalization."

Illuminati のゴールは西洋のCivilizationを破壊することになっていました、そして、新しい世界秩序を立てることは彼らによって支配しました。その方法は社会的不満を利用して、「人間の兄弟の関係の黄金時代を約束することによって全ての社会的関係(雇い主、国、宗教、人種、家族)を解消することになっていました。」、Thisは現在呼ばれます。そして、「国際化。」


Attracted by the promise of power and change, people served without realizing who or what they were supporting. Weishaupt urged his followers to "practise the art of counterfeit." New recruits were told the Illuminati expressed the original spirit of Christianity. Weishaupt marvelled that even churchmen could be gulled. "Oh! Men, of what cannot you be persuaded?" (Nesta Webster, World Revolution, 1921, p. 27)

力と変化の見込みによって引きつけられて、人々は彼らが誰か何を支えていたかについて理解することなくサーブしました。ワイスハウプトは彼の支持者をせきたてました、「偽物術を練習してください。」、New新人はIlluminatiがキリスト教の最初の精神を表すと話されました。ワイスハウプトは、聖職者さえだまされることができると驚きました。「ああ!男性、何の、あなたは説得されることができませんか?」(ネスタウェブスター、World革命、 1921、27ページ)


The Illuminati had a hand in every so-called "progressive" movement of the past 200 years. Women, said Weishaupt, were to be enlisted with "hints of emancipation." They "can all be led toward change by vanity, curiosity, sensuality and inclination." (Webster, 29)

Illuminati は、過去200年のあらゆるいわゆる「進歩的な」変化で、手がありました。女性(言われたワイスハウプト)は、「解放のヒントで徴募されることになっていました。」They、「全ては、うぬぼれ、好奇心、好色と傾向によって変化の方へ導かれることができます。」(ウェブスター(29))


William Huntington, an American who had studied in Germany, founded the "Skull and Bones" (Chapter 322 of the Bavarian Illuminati) at Yale University in 1832. The members wore a death's head on their chests and were sworn to secrecy on pain of death. "The Order" became the preserve of the leading New England families, many wealthy from the Opium trade. These include the Whitneys, Tafts, Buckleys, Lowells, Sloans, Coffins, and Harrimans. The Bush family was dependent on these interests.

ウィリアムハンティングトン(ドイツで勉強したアメリカ人)は、1832年にエール大学で「頭とBones」(バイエルンのIlluminatiの第322 章)を設立しました。メンバーは死の頭を彼らの胸につけていて、死を覚悟しろと秘密を誓わせられました。「勲位」は、主要なニューイングランド家族(Opium取引からの多くの富裕層)の保存食品になりました。これらは、Whitneys、Tafts、Buckleys、Lowells、 Sloans、CoffinsとHarrimansを含みます。ブッシュ家は、これらの利益に依存していました。


For over 150 years, "Bonesmen" have run the world from positions in banking, intelligence, media, law and government. Members included Presidential handler Averell Harriman, anti war leader William Sloan Coffin, Time-Life magnate Henry Luce, Truman war secretary Henry Stimson (responsible for dropping the atomic bomb), pseudo conservative William F. Buckley and many more.


150 年以上の間、「Bonesmen」は銀行業務、知性、メディア、法律と政府の職から、世界を走らせました。メンバーは、大統領のハンドラーAverell ハリマン、反戦争リーダーウィリアムスローンCoffin、タイムライフ大物ヘンリーリュース、トルーマン戦争秘書ヘンリースティムソン(原子爆弾を落とす役割を果たす)、疑似保守的なウィリアムF・バックリーとより多くを含めました。


"THE BATTLE IS NOT BETWEEN LEFT AND RIGHT"

「戦いは、左右の間にありません」


アントニーサットン - Antony SuttonIn the 1960's British-born Dr. Anthony Sutton was a Fellow at Stanford's Hoover Institute when he discovered that, in spite of the Cold War, the US was supplying the USSR with its technology, including weapons used against American soldiers in Vietnam. Sutton dug deeper and discovered that Wall Street had sponsored both the Bolshevik Revolution and the rise of Nazi Germany. The resulting books which are on line
cost Dr. Sutton his academic career.

彼が、冷戦にもかかわらず、米国がソ連にヴェトナムでアメリカの兵士に対して使われる武器を含むそのテクノロジーを提供していたということを発見したとき、 1960年代の英国の生まれのアンソニー博士で、サットンはスタンフォードのフーバー研究所のFellowでした。サットンはより深く掘って、ウォール街がボルシェビキ革命とナチドイツの高まりを後援したということを発見しました。境界上にある結果として生じる本は、サットン博士の彼の学歴を犠牲にしました。


In 1983, Dr. Sutton received a list of Skull and Bones members and immediately recognized the names of many men who controlled American policy. He published a book entitled "America's Secret Establishment: An Introduction to the Order of Skull and Bones" (1986). He updated and republished this book
just before his death last June at age 77. Here are some of his conclusions.

1983 年に、サットン博士はSkullとBonesメンバーのリストを受け取って、すぐに、アメリカの方針をコントロールした多くの男性の名前を認めました。彼は名称を与えられる本を出版しました。そして、「アメリカは、Secret Establishmentです:命令への頭と骨の導入」(1986)。彼は、77歳でこの6月、彼の死の前にちょうどこの本を改訂して、再発行しました。彼の結論の一部は、ここであります。


  • "The Order" is " a purely American phenomenon with German origin." Dr. Sutton compares it to the Round Table, Cecil Rhodes' secret society at Oxford also known as "The Group." The American and British entities consist of 20-30 dynastic families each. Jewish banking interests connect them.

    「勲位」は、「ドイツの起源による全くアメリカの現象です。」、サットン博士は、それを円卓(オックスフォード(別名「Group)のセシルローズの秘密結社)と比較します。」、米国と英国の実体は、各々20-30の王朝の家族から成ります。ユダヤ人の銀行業者は、彼らをつなぎます。

    "The links between 'The Order' and Britain go through Lazard Freres and the private merchant banks... 'The Group' links to the Jewish equivalent through the Rothschilds in Britain... 'The Order' in the US links to the Guggenheim, Schiff and Warburg families." (23)

    「『勲位』と英国の間の連絡は、ラザールFreresと民間のマーチャントバンクを通り抜けます...『Group』は、英国でRothschildsを通してユダヤ人の等価物とつながります...米国の『勲位』は、グッゲンハイム、シッフとヴァールブルク家とつながります。」(23)


    As Dr. Sutton notes, the "Order" had definite anti Semitic tendencies but by the 1960's, many Jewish names started to appear among the 15 annual inductees. See list of Skull and Bones members.


    サットン博士メモとして、「命令」には確かな反セム族の傾向がありました、しかし、1960年代までに、多くのユダヤ人の名前は15人の一年の徴集兵の中に現れ始めました。SkullとBonesメンバーのリストを見てください。




  • Dr. Sutton believes the "left" versus "right" split is fraudulent and used to control the debate and condition citizens to think along certain lines. Left-wing magazines like the "The Nation" and "The New Republic" and right-wing magazines like "The National Review were "artificially set up." The former were financed by Whitney money while the latter by Buckley. Both are "The Order."

    サットン博士は、割られる「左」対「正当」が詐欺的で、議論をコントロールしたもので、市民に特定の線に沿って考えると条件づけると思っています。「Nation」と「ニューリバブリック」と右翼の雑誌のような左翼の雑誌は好みます。そして、「ナショナルレヴューはそうでした、「人工的に、準備してください。」、バックリーによって後者の間、前者はホイットニー金によって融資されました。両方とも、「命令です。」

    Dr. Sutton states: "Sooner or later people will wake up. First we have to dump the trap of right and left. This is a Hegelian trap to divide and control. The battle is not between right and left; it is between us and them."


    サットン博士は、述べます:「遅かれ早かれ、人々は起きます。最初に、我々は正当の罠を投げ捨てなければならなくて、去りました。これは、分けて、コントロールするヘーゲルの罠です。戦いは、正当と左の間にありません;それは、我々と彼らの間にあります。」


    Similarly, in the international field left and right political structures are artificially constructed and collapsed in the drive for one-world synthesis, i.e. authoritarian socialism controlled by monopoly capital.

    同様に、国際的なフィールドでは、左右の政治機構は人工的に造られて、一つの世界合成(すなわち独占資本によってコントロールされる権威主義的な社会主義)への衝動で崩壊しました。


    College textbooks present war and revolution as accidental results of conflicting forces. This is nonsense, says Dr. Sutton. They are created and financed by Wall Street to create a new world order. But you won't read this in history books.

    大学教科書は、矛盾する軍隊の偶然の結果として、戦争と革命を提示します。これはナンセンスですと、サットン博士が言います。彼らはつくられて、新しい世界秩序をつくるために、ウォール街のそばで融資されます。しかし、あなたはこれを歴史本で読みません。


    "Our Western history is every bit as distorted, censored and largely useless as that of Hitler's Germany or the Soviet Union or Communist China..." (122)

    「ヒトラーのドイツまたはソビエト連邦または共産中国のそれとしてゆがめられて、検閲されて主に役に立たないように、我々の西洋の歴史はあらゆるビットです...」(122)




  • Dr. Sutton believes The Order has many weaknesses resulting from an inbred gene pool, a shallow power base and a limited worldview. In any future conflict between the authoritarian state and the individual, he believes opposition will take "a million forms."

    サットン博士は、勲位が生まれつきの遺伝子給源、浅い支持母体と限られた世界観から生じている多くの弱点を持つと思っています。権威主義的な国と個人のどんな将来の対立ででも、彼は反対が必要とすると思っています。そして、「100万はできます。」

    " No one is going to create the anti-The Order movement. That would be foolish and unnecessary. It could be infiltrated, bought off, or diverted all too easily. Why play by the rules set by the enemy?

    「誰も、anti-The勲位運動をつくりそうではありません。それは愚かで、不必要です。それは浸透することができたか、離れて買われることができたか、あまりに簡単に変えられることができました。なぜ、規則による遊びは、敵をとっておきましたか?


    The movement that will topple The Order will be extremely simple and most effective. It will be ten thousand or a million Americans who come to the conclusion that they don't want the State to be boss, that they prefer to live under the protection of the Constitution. They will make their own independent decision to thwart The Order and it will take ten thousand or a million forms." (55)

    勲位を倒す運動は、とても単純で、最も効果的です。それは、彼らが州が彼らが憲法の保護の下で生きるのを好むボスであることを望まないという結論に達する、 1万人か100万人のアメリカ人です。彼らは勲位を妨害するという彼ら自身の独立した決定をします、そして、それは1万か100万の形式になります。」 (55)






COGNITIVE DISSONANCE

認知的不協和

Bizarre as it sounds, our world is the product of a multi generational satanic conspiracy.

それが鳴って、奇怪です、我々の世界は、複数世代の悪魔の陰謀の製品です。

(Believe me I would give everything I own to be wrong.)

(私を私と信じる私が間違っているために所有するすべてを与える。)


When we compare this disturbing conclusion with the comforting picture purveyed by Illuminati controlled-mass media and education, we experience "cognitive dissonance," or psychological stress. This is usually resolved by evading reality, dismissing it as "conspiracy theory."

我々がこの不穏な結論をIlluminati制御されたマスメディアと教育によって供給される慰める絵と比較するとき、我々は「認知的不協和」または精神的ストレスを経験します。これは通常、現実を避けることによって解決されます。そして、それを「陰謀論として退けます。」


One reader, stirring in his sleep, wrote: "You sir are T-TOTALLY the biggest story teller I have ever heard. If I ever get really bored I will read some of your concockions."

1人の読者は、彼の睡眠において動いて、書きました:「あなたはサーと呼びかけます。そして、T-TOTALLYは私がこれまでに聞いた最も大きい物語出納係です。私が本当に退屈するようになるならば、私はあなたのconcockionsの一部を読みます。」


In fact, conspiracy is very plausible. People who control a grossly disproportionate share of the world's wealth will take measures to consolidate their position. They will destabilize the public by inciting a series of wars and other mind-boggling hoaxes (communism, lesbian feminism, multiculturalism). They will subvert faith in a loving God and promote violence and depravity (Satan) instead.

実際、陰謀は非常にもっともらしいです。世界の豊富のはなはだしく不相応な株式をコントロールする人々は、彼らの位置を強化するための処置をとります。彼らは、一連の戦争と他の肝をつぶすようないたずら(共産主義、レスビアンのフェミニズム、多文化主義)を奨励することによって、市民を不安定にします。彼らは愛する神に対する信仰を破壊して、その代わりに暴力と堕落(サタン)を進めます。


The government-inspired 9-11 atrocity
proves a satanic cult controls the US. Bush and his accomplices are criminals, traitors and impostors. But don't look to the Democrats for salvation. Leading contender Sen. John Kerry is also Skull and Bones (Class of 1966.)

政府の感化を受けた9-11の極悪さは悪魔のカルトが米国を支配するということを証明します。ブッシュと彼の共犯者は犯人、裏切り者と詐称者です。しかし、救済のために民主党に目を向けないでください。主要な競争相手ジョンケリー上院議員は、また、SkullとBones(1966年のクラス。)です


The "War on Terror" is obviously designed to forestall domestic opposition and condition people to further subjugation and new world order. What can we do?

「Terrorとの戦い」は、明らかに、国内の反対勢力に前もって対処して、更なる支配と新しい世界秩序に人々の調子を整えるように設計されています。我々は、何をすることができますか?


Antony Sutton had it right when he said opposition should be individual in character. It should "take ten thousand or a million forms."

彼が反対が性格的に独特でなければならないと言ったとき、アントニーサットンは正しくそれを持ちました。それはそうしなければなりません。そして、「1万か100万の形式になってください。」



--------------- - ---------------




Henry Makow, is the inventor of the board game Scruples, and the author of A Long Way to go for a Date
. He received his Ph.D. in English Literature from the University of Toronto. He welcomes your feedback and ideas at henry@savethemales.ca
.






蛇足


陰謀ではなく、陽謀と呼べるほど・・表に出ているのですが。しかし、代表者の横(フォローする人物)が秘密結社などの人物なのである。こちらは表には出ていない・。?

財政・政治・経済破綻後の世界を画策する者達

日本人が知らない 恐るべき真実http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/


財政破綻後の世界



■とりあえずの「まとめ」

さて、これまで『ラコフスキー
調書』『ユダヤ
の告白』『ローゼン
タール文書』そして『悲劇と希望』と“インサイダー”の“証言”をみてきました。他にもいろいろと“証言”はありますが、似たような内容ですので省略します。これらの“証言”からみて、国際金融資
本がその“金融力”を使って「世界を支配しよう」と、長年、暗躍してきたことは確かなようです。


 私たちは、民主主義
社会の先進国
に住む大衆は、自由な世界で、自分の意思で生きている、誰にも支配や搾取
などされていないと思っているかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?私たち大衆は知らない間に支配・搾取
されてきているのではないでしょうか?それを考えるために、ちょっとデータをあげてみましょう


 日本税制改革協議会
が、毎年『納税者の日』を定めています。『納税者の日』は元旦
から数えて平均的な国民
が納税のために働かなければならない日をいいます。ちなみに今年の『納税者の日』は5月12日
でした。また日本
の場合、40年近くも均衡財政
を損ない続けています。将来世代にツケをまわさないように政府
の支出を負担するために働く日数を『政府
支出を考える日』といいます。今年の『政府
支出を考える日』は6月14日でした。ほぼ半年を政府
のために働かなければなりません


 また、第四章のお金の秘密「利子の問題点」
でみたように、私たちが消費のために支出するお金の中で、利子ないし資本に対して支払う割合は、平均して価格の20%~40%です。


 さらに、もし、自分の家を持っていない人ならば、住宅のために支払う費用(賃料、住宅ローン
を含む)を支払わなければなりません。所得の低い若者であれば、支出の中に占める家賃の割合は20%以上になります。(住宅のために費用を支払うのは当然であると思われるかもしれませんが、もともと土地は誰のものでもないはずです。その誰のものでもないはずの土地を「自分のモノである」と主張した人が“地主
”の起源であり、その根拠のない“権利”を主張することによって不労所得である“地代”を稼いできました。)


 これらには当然、重複する部分もありますが、それにしても私たちが労働して得たお金のかなりの部分が、実は自分個人のためには使用できない状況に置かれています。


 ちなみに貨幣のない時代、例えば縄文時代
の労働時間は、だいたい4時間くらいであったと想定されています。当時は、分業をしながら、極めて少ない労働時間で生活し、他の時間は歌ったり踊ったり酒を飲んだりと、気楽に遊んで暮らしていたようです。現在、1日の法定労働時間は8時間ですが、それだけの労働時間で済んでいる社会人
はそう多くはないと思います。私のように社会の底辺で生きる人間は、もっともっと長時間労働をし、それでも決して生活は楽ではありません。そう考えると、私たちはまるで奴隷
と変わらない生活をしていると言っても過言ではないのではないでしょうか?


 《彼ら》の持つ至高の武器は“お金”。無から作り出す“お金”によって、あらゆるものを所有し、支配してきましてた。国家という枠組みを超越した存在である“お金”を武器に、国政や企業、メディア
教育
等、あらゆるものを操る国際金融資
本家の視点から見れば、国家間や民族
間、宗教
間、資本主義
共産主義
、そしてテロ
との争いなど、すべて“茶番劇
”にみえてしまいます。


 そして、彼らがもっとも効率的に利益をあげ、支配力を強められる方法が“戦争
”。戦争
を利用して支配下の企業に資源を独占させるのみならず、政府
軍産複合体
を支配する彼らは、武器を売って儲け、情報で儲け、マネーゲーム
で儲け、戦後
復興
で儲ける。また、国家に“お金”を貸付けて、戦勝国
から融資
した莫大な戦費の利子で儲け、敗戦国からも抵当や賠償金、そして、紙くず
同然となった株券や債券を買い集めて、復興
後に支配し、儲ける。まさしく無敵。完全無欠。「神以上に多くのことをする」と自負したくなる気分もわからなくはなりません。


また、彼らが戦争
を起こしても自らが戦場に赴くわけではありません。現場で“捨て駒”として戦うのは大衆です。でも、大衆が好き好んで戦場にいく理由はほとんどありません。大衆にとって戦争
とは自らの利益になることはほとんどなく、失うものばかり大きいのですから。強制的に“駒”を戦場に送ったところで、その兵士は役に立たないでしょう。そこで“駒”を自主的に戦場に向かわせるために必要となるのが経済
破綻。経済
破綻により生活が困窮すれば、不満や怒りが充満し、後はメディア
が先頭して、その矛先を他国(現在ではテロリスト
か?)に向ければ、戦争
が成立します。


 日本
財政
破綻に始まる経済
危機は、かつてない規模で世界中
を巻き込み、大衆を戦場に向かわせることになるでしょう。かつてない規模の戦争
は、明確な勝者がいない(見えないだけですが)まま、世界中
の大衆を疲弊させ、平和
をもたらしてくれる絶対的な権威を持つ明主を待望するようになるでしょう。そのとき、国際金融資
本とその同盟者であるエスタブリッシュメント
たちが、長年、待望していた“新世界
秩序”がもたらされることになるのかもしれません。


 確かに、大衆は彼らに比べると愚かかもしれません。与えられた情報を鵜呑みにし、現実を見ようとせず、深く考えない。自分の生活だけで精一杯で、国家や社会、他人のことなど考える余裕がないのかもしれない。野放しにされたら秩序が保てないのかもしれない。


 もしかすると、キグリー
博士
や他のエスタブリッシュメント
たちが言うように「一部のエリート
が支配・管理する世界こそ“希望”」なのかもしれない。


 しかし、それでも尚、私には彼らの理論
が“地まわりヤクザ
”の屁理屈に思えてしかたありません。私が若い頃、アルバイト
をしていたバーに、よく地まわりのヤクザ
が来ました。彼らの“シマ”で、対抗する組のヤクザ
が暴れるかもしれない。それを「守ってやるから」とお金をせびるのです。しかし、敵対するヤクザ
も地まわりヤクザ
も結局は同業者。ヤクザ
が暴れなければ、そんな問題は始めから起こらないのです。エスタブリッシュメント
の言い分も、私には地まわりヤクザ
の言い分と同じように聞こえます。つまり、彼らが原因となる“問題”を起こさなければ、それほど大した“問題”は起こらないのではないでしょうか?なぜなら、一般大衆には戦争
を起こせるだけの権力も軍事力
も資金力も持っていないのですから。


 今年も残りあとわずかとなってきました。この“神のごとき”強力な国際金融資
本に対し、いったいどんな抵抗ができるのか?運命
2008年
まで後二年。私ひとりではまったく勝ち目がありません。大勢の人たちの協力が必要です。


 このブログ
は、例えるなら、絶海の孤島から「Help」と書いた紙を瓶に詰めて流すような気持ちで書いています。決して大げさではなく、全人類
の命運がかかっていると思います。私たちができることは、すでに第一章の終わりに「新しい貨幣システムを実現しよう!」
と題して書きました。


共闘してくれる人を待っています。



蛇足


支配層の彼らは、人間の顔をした異星人の血を引く者たち(低層4次元から憑依されている)となるでしょう。彼らの武器は、人間が作り出す知識・知恵を独り占めにしている事です。国際金融資本家は支配統治を国家組織や国際機関という知識層で固め、彼らは牛や羊のように我々大衆を見ているのであろう。BSEに犯された牛に恐怖を持つように、処分しても何ら良心など痛まない可能性がある。彼らこそがこの世界の上層に位置しているのである。彼らの数千年に及ぶ歴史の改ざんは、地球乗っ取りのアジェンダなのであろう・。氷の心を持つと言うより、我々の生命については興味がないだけでなく、人間恐怖エネルギーが彼らのエネルギー源であろう。しかし、彼らは眼くらましなのである。人間の姿だけの者や神秘的能力に欠ける生命体としては弱い存在なのであろう・。人間が目覚めるのが非常に拙い事で危険な事であるが、姿は見えている。




NWO(new world order)

=世界新秩序の構築を恐怖と共にマスコミにも登場させている。


スマトラ沖津波犠牲者・・・人工地震?



幕引きに懸命?

< マンション耐震強度偽装 >

「非姉歯」152棟、改ざんなし なお149棟調査

2005年12月28日21時11分朝日新聞


 耐震強度偽装事件で、木村建設と平成設計、ヒューザーの3社が手がけたホテルやマンションのうち、姉歯秀次元建築士が関与していない301棟について関係自治体が構造計算書を点検したところ、26日までに結果が出た152棟すべてで改ざんがなかったことがわかった。国土交通省が28日午後発表した。残りの149棟は調査中。


 現時点で偽装が判明したのは姉歯元建築士がかかわった物件だけにとどまっており、「『第2の姉歯』に事件が拡大する最悪のシナリオ」(国交省幹部)は避けられている。


 姉歯元建築士による偽装物件の増加を受け、国交省は今月、木村建設の98年以降の建物など、3社が手がけた「非姉歯」物件について、構造計算書の改ざんの有無の調査・報告を要請した。26日までに国交省に報告があったのは計301棟。うち152棟は構造計算書を再計算した結果、「改ざんなし」と判定された。


 残る149棟は、自治体が外部の設計事務所などに再計算を依頼しており、1月10日ごろに結果が出そろう見通しだ。


 ただし、今回、報告された物件以外に、偽装のあったホテルの開業指導をした総合経営研究所が関与したホテルや、木村建設の98年以前の施工物件についても別に調査しており、すべての確認作業を終えるには、かなり時間がかかるとみられている。



民間検査機関、見逃しなど6件 建築確認で国交省調査

2005年12月29日02時01分


 耐震強度偽装事件で、国土交通省は28日、国指定の民間確認検査機関50機関のうち5機関で、構造計算書と設計図の不一致を見逃したまま建築確認を出すといった「審査上重要とされる問題点」が計6件見つかったと発表した。いずれも最終的に問題点は解消されたが、国交省は民間機関の審査方法を再調査し、重大な怠りがあった場合は行政処分する方針。また、都道府県による知事指定73検査機関の検査でも、2件の問題点が確認された。


 国交省は今月8~20日に50機関への立ち入り検査をし、建築確認を出した物件について調べた。


 10階建て以上の建物を中心に計429物件を抽出し、構造計算書などをもとに担当者から詳しく聞き取ったところ、5機関で、(1)耐震強度が基準を満たしているかを確認せず(2件)(2)構造計算書と設計図が合っていないことの見過ごし(2件)(3)エラーメッセージが記載されるページの欠落の見逃し(2件)――の計6件の問題点が見つかった


 6件はいずれも姉歯秀次元建築士がかかわった建物ではなかった。強度が基準を下回ったまま建築確認を出したと指摘された兵庫県の機関が「構造計算書は作業途中のもの」として、新たに正規の書類を提出するなど、それぞれ対応をしたため、現在は安全が確認されている。


 横浜市の機関は「必要な書類が欠落している」とされたが、「実際には書類はあり、安全性を確認していた。『重大な問題点』との指摘は心外だ」と話している。



イーホームズ、偽装指摘取り合わず…国も大臣報告遅れ

 マンションなどの耐震強度偽装問題で、民間の指定確認検査機関最大手「日本ERI」が1年半前、構造計算書偽造の疑惑を指摘されながら放置していたことが明らかになったが、
今年10月に同様の指摘を受けて国土交通省に通報していた検査機関「イーホームズ」も、当初は「問題なし」として取り合っていなかったことが5日、わかった。


 一方、通報を受けた国土交通省側も大臣への報告が約3週間後になるなど、一連の問題では、偽装情報に関する関係者の“感度”の鈍さが目立っている。


 姉歯秀次・1級建築士(48)による強度偽装の疑いをイーホームズに指摘し、一連の問題発覚のきっかけを作った東京都渋谷区の構造設計事務所社長(44)によると、社長が最初に通報したのは今年10月14日。


 「ヒューザー」(東京都千代田区)が開発を進めていた「グランドステージ北千住」(足立区)について、「構造設計がおかしいので見て欲しい」と知人から相談が寄せられたのがきっかけだった。社長は「チェックした方がいい」と、建築確認を出したイーホームズに通報。だが、約1週間後に返ってきた答えは「チェックしたが、おかしくない」というものだった。


 社長がその日のうちにイーホームズを訪れ、構造計算書の異常さを直接説明したことで、イーホームズはようやく内部調査に着手したという。


 一方、イーホームズは内部調査の過程で、別のマンションでも偽造の疑いがあることに気づき、建築確認を出した指定確認検査機関「東日本住宅評価センター」にも10月28日、物件名を挙げて「改ざんの疑いがある」と指摘したが、同センターも当初は「改ざんは見つからなかった」と回答。


 こうした経緯について、国交省は、ERI、イーホームズ、東日本に報告を求めているが、その同省自身も10月26日、イーホームズの藤田東吾社長から「計算書が設計者により意図的に改ざんされた事実が発覚した」と担当者がメールを受けながら、いったんは「個別の案件は報告の必要がない」と返信し、藤田社長から面談で事情を聞いたのは2日後だった。北側国交相にも11月15日まで報告しておらず、偽造情報に対する“初動”の遅れが判明している。


(2005年12月5日15時39分 読売新聞)




「責任論は不思議」イーホームズ社長主張…緊急調査委


緊急調査委員会に出席したイーホームズの藤田東吾社長(右端)と日本ERIの鈴木崇英社長(左端) 耐震強度偽装問題について行政の対応を検証する「構造計算書偽装問題に関する緊急調査委員会」(国土交通相の私的諮問機関)の第2回会合で、26日、偽装を見逃した民間の2指定確認検査機関と2自治体に対するヒアリングが行われた。


 この中で、35物件の偽装を見逃した「イーホームズ」(東京都新宿区)の藤田東吾社長は、「確認検査機関の見逃しが問題となっていることが不思議でならない」「(鉄筋が多い少ないといった)設計上の視点は必要なく、構造審査では設計図と構造計算書の整合性を見ればいい」などと、独自の主張を展開した。


 これに対し、会合終了後、委員の一人は「設計が法の求める強度を満たしているかをチェックするのが検査機関の仕事のはずだ」と指摘。国交省幹部も「書類の不備をチェックするだけでいいなら、検査機関は必要ない。国民の求めているものとはかけ離れた議論だ」と批判した。


 この日のヒアリングには、「日本ERI」(港区)の鈴木崇英社長と、愛知県の担当理事や東京都台東区の担当部長も出席し、「現行の建築確認制度では偽装は見抜けない。早急に制度を見直してもらいたい」と訴えた。


(2005年12月26日23時20分 読売新聞)



蛇足


耐震構造は壁でも変わるらしい、鉄筋の入ってないコンクリートなど、JR新幹線の崩落事故と何も変わらない。震災時はただの泥の塊だ・。よほど、木造の方が弾力性がある。泥棒が泥棒で調査する茶番。そんな、調査など信用できるのか?


また、偽装を指摘したイーホームズに対して、何もしない対応が遅い国交省。にも拘らずチェック機関の責任を被せてきた。役人の無作為はどうなったのか?自民党も社保庁の役人に対して公務員法を適用して懲戒免職にするらしい・。ならば、国交省の役人の1年以上もほったらかし無作為も同じことだ・組織的隠蔽ではないのか?。無作為官僚も国家公務員法の適応で刑事罰懲戒免職で厳格処分しろ。


姉歯、イーホームズ、木村建設をメインにヒューザー、総研をサブにして終わりにするのだろうか?


新たな数百倍の物件については無かった事にする構えか??




日本国憲法

第十五条
【公務員の選定罷免権、公務員の性質】


 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。


 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない

国家公務員法



第82条 職員が、次の各号のいずれかに該当する場合においては、これに対し懲戒処分として、免職、停職、減給又は戒告の処分をすることができる。

1.この法律若しくは国家公務員倫理法又はこれらの法律に基づく命令(国家公務員倫理法第5条第3項の規定に基づく訓令並びに同条第4項及び第6項の規定に基づく規則を含む。)に違反した場合

2.職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合

3.国民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合



表現の自由がない国に論説を教えてもらうマスコミ

?


株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/
 



毎日と朝日が中国共産党の意向を受けた瓜二つの社説を書いた件で論説室が大騒ぎ。朝日毎日は中国の広報紙




2005年12月29日 木曜日



追悼施設 世論は賛成なのに  12月28日 朝日新聞




小泉首相の約束は結局、口先だけだったのか。自分の在任中はもう検討しないと表明した、新たな国立戦没者追悼施設の建設のことである。


 安倍官房長官は、ふたつの理由を挙げた。一つは「世論が割れている」というものだ。だが、それは公平な見方とはとても言えない。


 ことし10月、首相が5度目の靖国神社参拝をした後の世論調査の結果を見てみよう。毎日新聞では新施設の建設に賛成が66%、反対が29%、共同通信では賛成が63・7%、反対が26・4%、朝日新聞の調査でも賛成が51%、反対は28%。いずれも賛成が反対を大きく上回った。


 東京で発行している新聞では読売、毎日、東京、朝日の各紙が賛成の立場だ。


 首相の宿願だった郵政民営化は、当初は世論の支持が少なかった。それを突き動かし、実現させたのは首相の説得であり、気迫ではなかったか。新施設の問題ではまったくの受け身に終始した。


 「世論の分裂」を言うなら、首相の靖国参拝の方ではないか。多くの世論調査で賛否が拮抗(きっこう)している。全国紙の論調で言えば、参拝支持は産経新聞だけだ。


 もう一つの理由は「外国に言われてつくるものではない」というものだ。


 だが、首相は忘れたのだろうか。4年前、最初に新施設の構想を打ち上げたのは、首相自身だったことを。


 01年8月、就任後初めて靖国神社を参拝した後、首相はこう述べている。「内外の方が戦没者に対して追悼の誠を捧(ささ)げる。批判が起きないような、何かいい方法がないか。今後議論していきたい」


 その秋、首相は韓国の金大中大統領に直接、新施設の検討を伝え、ことし6月の盧武鉉大統領との会談の際にも、「国民世論など諸般の事情を考慮し、検討していく」ことで合意した。


 検討するとは約束したが、つくるとは言っていないということだろうか。なんとも不誠実な対応というほかない。


 日本には戦没者を悼み、平和を祈るための公式な施設がない。これをつくろうというのが首相の初心だったとすれば、私たちも大いに共感する。こじれにこじれた韓国や中国との関係をなんとか好転させたいという外交的なメッセージ、という効果も期待できたに違いない。


 せっかくの構想だったのに、首相が投げ出してしまったのは残念である。その理由には納得がいかない。期待をもたせて裏切った首相の言動は、日本に対する信頼を損なうものと言わねばならない。


 先月、山崎拓氏らベテラン議員たちが新施設を求める超党派の議員連盟を旗揚げした。だが彼らも含め、首相に面と向かって意見する動きはない。聞こえてくるのは「反小泉と見られても……」「首相はどうせ人の言うことは聞かない」といった嘆きばかりだ。


 靖国参拝が深刻な外交問題になってしまったことへの心配は広く共有されている。なのに、打開のためにだれも動こうとしない。この不作為の責任は重い。




社説:視点・戦没者追悼施設  石原進(論説委員) 12月28日 毎日新聞




 自らまいたタネなのだから、自らの手でけじめをつけるべきだったのではないか。

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝に絡んで浮上していた無宗教の戦没者追悼施設の建設問題だ。


 政府は結局、新年度予算への調査費計上を見送った。小泉首相はその理由を「いろいろ議論があるから、今の段階では(調査費を)付けない方がいいのではないか。もう少し時間をおいた方が冷静になるのではないか」と語った。


 世論が割れている中では冷静な議論ができないから、調査費は付けない方がいいと言いたいようだが、国民が聞きたいのは首相自身が追悼施設についてどのような考えを持っているかだ。


 何しろ議論を投げかけたのは首相の方なのだ。2001年8月13日に靖国参拝後の談話で「内外の人々がわだかまりなく追悼の誠をささげるにはどのようにすればよいか、議論をする必要がある」と問題提起した。その2カ月後に開かれた日韓首脳会談では、金大中大統領に追悼施設建設を検討する懇談会の設置を約束した。


 約束どおり福田康夫官房長官の私的懇談会を年内に発足させ、約1年後に報告書をまとめた。報告書は首相の靖国参拝の是非には触れず、A級戦犯を追悼の対象にするかどうかもあいまいにしたままだったが、ともあれ「国立の無宗教の恒久的施設が必要」との結論を導き出した。


 しかし、小泉首相は「靖国と懇談会は別だ」と、靖国参拝を継続した。ただ、参拝は04年には「初詣で」になった。今年6月には国会答弁で「私的参拝」であるとの認識を明らかにした。10月の首相として5度目の参拝では「チャリーン」と一般の参拝客のようにさい銭を投げ込んだ。


 自民党総裁選の公約のうち「年1回参拝」だけは続けているが、首相の靖国参拝はまさに手詰まり状態のように見える。


 6月4日付の読売新聞は社説で小泉首相が衆院予算委でA級戦犯は「戦争犯罪人」だとの認識を示したのをとらえ、「“犯罪人”として認識しているのであれば、『A級戦犯』が合祀(ごうし)されている靖国神社に、参拝すべきではない」と首相を批判し、「国立追悼施設の建立を急げ」と主張した。


 大手紙で首相の靖国参拝を支持するのは産経新聞だけになった。


 山崎拓・自民党前副総裁らが無宗教の新たな国立戦没者施設の建設を目指す超党派の議員連盟を発足させたことで、中国や韓国だけでなく「内からの圧力」も強まった。首相がより身動きがとりにくくなったことも事実だろう。


 首相にとって靖国問題は想定外の方向にカーブを切っているようにみえる。仮に首相が言うように「心の問題」だとしても、国家的見地から追悼のあり方を自らの言葉で語るべきだ。ポスト小泉に託す問題ではない。




毎日と朝日が中国共産党の意向を受けた瓜二つの社説を書いた件で、論説室が大騒ぎだった模様  12月28日 mumurブログ




《 人づてにこのブログに来ましたが面白いですね。

記者の間では読売、朝日、毎日、中日、北海道各紙の論説トップと中国の駐日大使の定期懇談会が毎月開催されていることは有名です。

今月は26日水曜日がその日でした。

朝日と毎日が日時とフレーズのブッキングをやってしまい、論説室は今日一日大騒ぎでした。

Posted by 記者魂 at December 28, 2005 17:18 》





つまり、毎日の社説子も朝日の社説子も自分の考えで靖国反対を唱えているわけではなく、
中共様のご意向を受けた宣伝屋であると。

駐日大使の説法をありがたく拝聴し、一字一句メモメモしてると。

それが本日の社説でバレバレになっちゃったと。




なんか、サボリーマンが、風俗の待合室で同僚と鉢合わせしちゃって気まずい感じ?

風俗行ったこと無いから分かんないけど。



もうさ、「社説」という名前を捨てて「漢説」とか「中説」とか「外説」とかにしちゃったほうがいいんじゃないの。



内部情報ありがとうございました>記者魂様





(私のコメント)

日本の知性を代表する朝日新聞と毎日新聞の論説委員が中国の王毅大使の会見をほぼそのまま「社説」にしてしまったらしい。普段からやっている事だから今更とは思うのですが、朝日新聞や毎日新聞は中国政府の広報機関紙として購読者から金を取って毎日配達しているのだ。



どうせなら中国の王毅大使の会見として記事にしたらと思うのですが、懇談会と言う形で朝日や毎日や読売新聞など特定な新聞社と毎月定例懇談会を行なっているらしい。読売がなぜ靖国参拝反対派に回ったのか不思議だったのですが、これで裏が取れた。中国は特派員の追放から大使の懇談会にまで便宜を図ることで日本のマスコミをコントロールしているのだ。



朝日新聞や毎日新聞が中国の広報紙化しているのならば、系列のテレビ局も同じような事だろう。テレビの報道番組には系列の新聞記者出身のコメンテーターが解説しているが、テレビの放送局は国の許認可で放送法で中立公正な報道が要求されていますが、靖国問題や女性天皇問題など世論調査結果を何度も流しては世論誘導している。



新聞やテレビの役割はこのような世論誘導する事ではなく、判断するための情報を提供する事が目的のはずだ。しかし靖国問題や女性天皇問題は歴史を検証しなければならない問題であり、十分な情報を提供することなく世論調査をしても意味が無いだろう。そのような状況で社説として中国の王毅大使の発言をそのまま載せるとは意図としては露骨だ。



中立公正なスタンスを保つためには賛成論と反対論とを公正に伝えて、判断は読者に任せるべきであり、新聞社の社説として意見が別れる問題について一方の意見だけを伝えるのは公正ではない。どこかの政党の機関紙なら主義主張は有るべきですが、一般紙としては中国政府の見解をそのまま社説とするのは問題だ。



「株式日記」では最近の新聞記者の質も低下してきたと何度か書きましたが、主義主張が同じであるにしろ、それなりの独自性を持たせて自分の主張にアレンジできるのでしょうが、今回は懇談会のメモ書きをそのまま社説にしてしまった。そうでなければ朝日と毎日とがほとんど同じ社説を載せるわけがない。



戦前から戦後の大新聞社の記事を見ると、日本の大新聞社には主義主張と言うものが無く、単なる宣伝広報屋でしかない事が分かるだろう。戦争を煽った新聞社が同じなら、反戦平和を訴える新聞社も同じなのだ。ただその時々の風潮を煽っているだけの広報屋ならチンドン屋と変わりがない。



「株式日記」では中国や韓国にも厳しい意見も書きますが、バランスをとってアメリカにも厳しい意見を書き続けている。もちろん日本政府に対しても一番激しく書いていますが、日本の大マスコミにかけているのはこのバランス感覚と批判精神だ。



「株式日記」ではイラク問題にしてもインド洋にイージス艦を派遣せよと主張したり陸上自衛隊の派遣には反対したり、核武装せよと言ったかと思えば大陸には手を出すなと主張している。ハト派とタカ派の意見が混在していますが、それが現実的バランス感覚なのだ。







   パァッ・・・ ∧_∧ *   中国の軍備増強を危惧する声が囁かれている。

      * r(@∀@∩    中国が日本進出を狙っているのではないかという声だ。

       _ヽ_朝___i  *  だがそれは的はずれというほかない。ことの本質はそうではない。

      /旦/三/ /|    中国はアジアの平和をより確固たるものにしたいと考えている、

    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   そうみることはできまいか。

    | 二重基準 |     21世紀はアジアの世紀と言われている。その主役である我らがアジアを

                 守ろうとする中国の姿勢を評価する者もいるのが当然の道理ではないか。


蛇足


中華共産主義市場経済の中共様に媚び諂うみっともないマスコミである。風が吹けば、拠って立つ位置が左よりなのはどうしてだろう・。第二次世界大戦後のアメリカ共産主義政策の一貫で行われた洗脳政策が現在も占めている。日本人から金を巻き上げて、中共様に尻尾を振る姿は格好のいいものではない・。

ズビグネフ・ブレジンスキー

ブレジンスキー1977年
2002年


ズビグネフ・ブレジンスキー(ズビグニェフ・ブジェジニスキ)(Zbigniew Kazimierz Brzeziński, 1928年
3月28日
-)は、ポーランド
出身の政治学者
、戦略家。カーター
政権時の国家安全保障担当大統領補佐官


ワルシャワ
で生まれ、外交官の父の赴任に伴い1938年
カナダ
へ移住。マギル大学
卒業後、1953年にハーヴァード大学
より博士号取得。コロンビア大学教授として、共産主義圏の政治・外交の研究に従事するとともに、日米欧三極委員会の創設や民主党
のアドバイザーなど実務面でも行動力を発揮し、同様の経歴を持つヘンリー・キッシンジャー
と並び称されることが多い。


1976年
の大統領選挙においてカーターの外交政策アドバイザーを務め、カーター政権発足後に大統領補佐官(国家安全保障担当)に就任。政権内では、外交政策について、サイラス・ヴァンス
国務長官と対立することが多く、1979年のイラン
の米国大使館占拠事件の対応をめぐって、対立は決定的になった。結局、カーターの信任を勝ち取ったのはブレジンスキーで、ヴァンスは辞任することになった。その後も、戦略国際問題研究所顧問として「チェチェンに平和をアメリカ委員会」の共同代表を務めるなどアメリカの外交政策に一定の影響力を与える立場にある。




切込隊長 機能移転候補地(ただし更地)

http://d.hatena.ne.jp/kirik/


米中新冷戦時代の情報戦

 キッシンジャー以降の外交、とりわけ安全保障と経済政策決定の軸を担ってきたNSCの話。日本で言うならば外務省と内閣調査室と警察庁外事、防衛庁、それに経済産業省の一部を全部合わせたうえにシンクタンク機能までつけたような組織になってるのがNSC。実質的な閣僚級であり、大統領に対して直接重要政策の決定と、実行のイニシアチブまでも握っている頭脳の中枢と言っていい。

"Running the World" David Rothcopf

で、この本は批判されることも多い。大概は「そこまで重要な組織でもねえだろ」という話である。極端に言えば、平和の配当理論もソマリア失敗もアフガニスタンも最終的にNSCが国益の判断を見誤って米政界に多大な影響力を持つネオコン派の政策追認機関でしかなかったんじゃねえのということだ。日本以上に大物政治家が闇で握って政策を決める傾向の強いアメリカの場合、この手の超党派機関がそのときどきの政治的風向きに合わせて理屈を変えるのはありがちなことではある。

しかも、NSCの決定は多岐にわたる。安全保障と銘打ちながらも、昨今の中国によるユノカル買収にいち早く反応したのは、比較的早期にNSCが「中国は潜在的覇権国家」であるとしたことによる。米欧日三極という”世界新秩序”から米中対立という”新冷戦”へアメリカの長期戦略を提唱したのがほかならぬNSCだったからである。

そして、事実上決裂した対北朝鮮六カ国協議の修正を米朝と中朝の二本の二国間関係問題へと収斂させる作戦もNSCの意向と言われる。世界の紛争地帯の収拾や方向性を決めているのはNSCとやや誇大妄想気味に考えるのも問題だが、それらのパラメータの変化を受けて政策が揺らぐのは当の日本である。拉致問題は追いやられ、日中対立は実質的な米中防波堤という位置づけに否応なく向けられてブッシュJr政権の小泉追認、米日関係のなし崩し的強化という日本にとって重要な政策の影響を受ける際、日本にイニシアチブはあまり存在しない。

本書では、キッシンジャー→ブレジンスキー→スコウクロフト→レイク、そしてライスという外交イニシアチブを握り続ける閣僚級の大物政治家にNSCが与えてきた影響力、とりわけ長期の安全保障と経済外交のあり方について、とりあえず網羅してある。事実関係のひとつひとつは当たり前すぎることなのだが、それをNSCの戦略計画の策定という横串で貫いたとき、日本のなかの議論とはまた違った安全保障に対する議論が山ほど成立しうることを知ることになる。




日本軍事情報センター

-激動する世界の最新軍事情報を発信

http://www.kamiura.com/new7_2k2.html


イラク攻撃後は米軍の長期駐留もブレジンスキー元大統領補佐官 (読売 2002年7月27日 朝刊) ブレジンスキー氏はイラクが大量破壊兵器の査察に応じないなら、軍事攻撃が必要になるという。その効果的な査察体制作りに、攻撃の実否がかかっている。その際、軍事攻撃が行なわれた場合、地域全体が不安定になり、米軍のイラク長期駐留が必要になる。ただし紛争解決のメドもなし(長引けば)にイラク攻撃を始めれば、米国とイスラエルが共謀してアラブ世界に侵攻を始めたと映り、米国への反発が強くなるだろうと語った。


イスラム教の聖地サウジに米軍が駐留するより、イラク駐留は反発が少ないかもしれない。が、それはそれで第二次大戦後、日本に米軍が駐留したような温和な駐留状態にはならない。そのことで、さらなる大規模テロを引き起こす可能性があることも指摘しておくべきだ。


韋駄天迷宮  

情報迷宮 
http://www.idaten.to/meikyu/a081.html


ブレジンスキー一族と、トランスコーカサスのグレートゲーム


ブレジンスキーの地政学

カーター政権の安全保障顧問をしていたズビグニュー・ブレジンスキーは、『壮大なチェス盤』という著作と、『フォーリン・アフェアーズ』の最近のいくつかの号で、地理学を“地政学”という宗教に変形させている。

ブレジンスキーは、イギリスのハルフォード・マッキンダーや、ドイツのカール・ハウスホーファーが提唱したのと同じ地政学理論を提唱している。

 イギリスは、第一次世界大戦と第二次世界大戦を主導して、ユーラシアの経済統合を妨げた。マッキンダーとハウスホーファーの理論は、それを覆い隠すのに使われていたのである。

ブレジンスキーは、著作と商取引の中で、「トランスコーカサスと中央アジアを取り巻く“不安定ゾーン”が存在する」という考え方を奨励している。ブレジンスキーは、パーマストン卿や、“イスラム友愛団体”を創設したオックスフォード出のアル・アフガーニーが行っていたように、「種族や民族の不安定な状況を操作する」というホッブス的なアプローチを行っている。

 このような手法によって、第三次世界大戦は勃発する可能性があると思われる。

“グレートゲーム”は、特にイギリスとロシア、それと、傾きかけていたオスマン帝国の3ヶ国を、“不安定ゾーン”の支配権を巡って、お互いに断続的に戦わせた。ブレジンスキーはそのようなグレートゲームを再び復活させている。

また、それと同時に、ブレジンスキーの一族は、イギリスとアメリカの石油業界に加わり、石油、天然ガス、金など、“不安定ゾーン”で産出する重要な天然資源を、セシル・ローズ式に手に入れた。

ブレジンスキー地政学の中心的なテーマの一つは、かつてはソ連の領土だったこの地域を、新たに登場したロシアには支配させないということである。たとえ、軍事的にどんな結果が出たとしても。

ブレジンスキーは、トランスコーカサス、中央アジア以外の地域についても、狂気の地政学理論を展開している。

ブレジンスキーは、カーター政権内の一部の人たちに、“ウッディ・ザ・ウッドペッカー(森のキツツキ)”と呼ばれていた。そのような彼が、エドワード7世と相性の良かったハルフォード・マッキンダーと同じ“イギリス地政学”の流れにあることは明らかである。

イギリス地政学は、ユーラシア大陸が「科学と技術を発展させる原動力」として統合されるのを妨害するように構成されている。

ブレジンスキーは、『壮大なチェス盤』の中で、カール・ハウスホーファーの地政学を讃えている。ハウスホーファーは、親英派のトゥーレ・ソサエティの神秘主義者だった人物である。

ハウスホーファーの“ドラング・ナッハ・オーステン(東への勢力拡大)”という概念は、ヒトラーの『我が闘争』の中に、ハウスホーファーから直接取り入れられた。その概念は、“辺境の領主”としてのヒトラーのドイツが、“レーベンスラオム(生活空間)”とヒトラーが呼んだものを求めて、ソ連と戦うことを意図して使われていた。

ここにおいてもまた、地政学の目的とするものは、ユーラシア大陸が統合されて、発展するのを妨害することだったのである。

ブレジンスキーは、『壮大なチェス盤』において、第一次と第二次世界大戦のベースとなった地政学的観点と同様の観点から、次のテーマについて述べている。

すなわち、「トランスコーカサスと中央アジアを不安定に保ちつつ、また天然資源も獲得しながら、その上でロシアが再びその2つの地方に再び支配権を行使しようとするのを、いかにして妨害するか」というのである。


2004年10月27日  田中 宇

http://tanakanews.com/e1027america.htm


30年間アメリカの世界戦略を練ってきた民主党系のズビグニュー・ブレジンスキーがそうである

ブレジンスキーは10月25日のニューヨークタイムスに寄稿した。それによると、アメリカが今後採り得る世界戦略には2つある。イスラム教徒を敵視するテロ戦争の枠組みを続けてロシアや中国などと「反イスラム同盟」を組むか、もしくはイスラム世界に対する敵視をやめて、イラク再建問題・パレスチナ問題・イランの核兵器問題という中東の3つの問題を一本化し、アメリカとヨーロッパが協力して融和的に解決する国際協調体制の復活か、という選択肢である。前者は世界の多極化(分裂)とアメリカの孤立を招くので、後者の方が良いとブレジンスキーは主張している。

ブレジンスキーはパレスチナ問題について「レバノン、シリア、ヨルダンなどにいるパレスチナ難民のイスラエル領土内への帰還権は放棄させる」「イスラエルがヨルダン川西岸地区の占領地の中に作った入植地のうち、イスラエルとの境界線(グリーライン)に近い地域のものは、パレスチナ側に返還せずイスラエルに編入してしまう」といった、イスラエル国家の生存権を保障する現実的な条件を出している。パレスチナ問題が解決されれば、イスラエルでは右派が弱くなり、右派とつながったアメリカのネオコンも力を失う。そのため中道派のブレジンスキーは、イラク問題とパレスチナ問題を一体化したいのだろう。

ブレジンスキーが主張するパレスチナ和平案には「エルサレムを分割し、イスラエルとパレスチナ双方の首都とする」という項目がある。福音派キリスト教の伝道師パット・ロバートソンが「エルサレムの分割は許さない」と発言したのはこのことであろう。つまりブレジンスキーの提案は、すでにアメリカの中枢ではかなり検討が進んでいると思われる。 ブレジンスキーはフランスのフィガロ誌のインタビューの中で「ブッシュが再選されたら、ネオコンは自分たちのやり方が米国民に支持されたと主張し、次はイランを攻撃して政権転覆し、中東全域を混乱に陥れるだろう」と述べてケリーを支持するとともに「アメリカが中心的な役割を果たさなかったら、世界秩序は守れないだろう」と主張し、次期大統領は国内的には財政赤字を減らし、国際的にはアメリカに対する嫌悪感や不信感を消していく必要があると述べている。ブッシュがやった失策の尻めぐいをケリーがすべきだということである。

ブレジンスキーの主張は理想的だが、実現は難しいと私には思える。アメリカが自ら乱した世界秩序を元通りにする中道派の戦略は、おそらく部分的にしか成功しない。ブレジンスキーの分析が正しいとすれば、ブッシュが再選された場合、アメリカは中東をさらなる混乱に陥れつつ自滅する「ハードランディング」の道をたどって世界は一気に多極化する。ケリーが大統領になったら、ヨーロッパとの協調関係が模索されつつも、協調体制は完全には復活できないまま、世界はゆっくり多極化し、アメリカの縮小にやや歯止めがかけられる「ソフトランディング」の道をたどる可能性が大きい。その意味で11月2日の大統領選挙は、今後の世界のかたちを決める分岐点となりそうである。




書評:ほら貝http://www.horagai.com/www/book/rev/rev037.htm


ブレジンスキー 『大いなる失敗』

加藤弘一

ファシズム(国家社会主義)とマルクス主義(科学的社会主義)、どちらが自国民をたくさん殺したか?

ファシズムについてはナチスのユダヤ人虐殺が有名であり、犠牲者は6百万人に上るとされている。この数字は多目のものらしいが、他にジプシー、身体障害者らを大量殺害しているし、はるかに小規模とはいえ、イタリア、スペインでも自国民殺しをやっているので、すべてあわせて六百万人という数字はほぼ実情に近いものだろう。

科学的社会主義は?

ブレジンスキーは五千万人という数字を上げている。ブレジンスキーはキッシンジャーとならぶ国際政治の専門家だが、ポーランド出身という経歴からもわかるように、ソ連・東欧やマルクス主義の実態について、単なる文献的理解以上の理解をもっている。

単に国民を食べさせるためだけなら、あのような強権を発動する必要はなかった。科学的社会主義の科学性を証明するために無理を重ねた結果が、あの大虐殺と大飢饉であり、そのつけは慢性的な食糧不足として今日に暗い影を投げかけている。

ゴルバチョフはペレストロイカの一環として、事実上の農地私有を認めようとしているが、いくら個人所有になったからといって、農業技術の伝承は途絶えたうえに、気骨のある農民は家族ぐるみ根だやしにされてしまっている。一部の商品作物の増産は可能かも知れないが、肝腎の穀物増産は望み薄だろう。

中略

このようなスターリンの罪業が明らかになるたびに繰返される論法がある。いわく、五ヵ年計画の輝かしい成功のためには多少の犠牲はやむをえなかった。いわく、スターリン時代の重工業発展がなかったなら、ナチスの侵略によってさらに大きな犠牲が生まれただろう、云々。

ブレジンスキーはこうした弁護に決定的な反証をつきつける。

第一に、五ヵ年計画の成功は凡庸なものでしかなかったということ。20世紀初頭には同じようなレベルにあった日本やイタリアの方がはるかに少ない犠牲ではるかに高い経済成長を行なっているし、決定的なことは、「一八九〇年から一九一四年にかけての帝政ロシア時代の方が、あれだけ大きな犠牲をともなったスターリン時代よりも、高い経済成長を維持していた」。

第二に、ドイツに経済復興と再軍備の余裕をあたえたのは、他ならぬスターリンだったということ。ドイツの軍事技術の温存に重要な役割を果たしたラッパロ条約にはじまる両者の親密な関係は、ポーランド分割を決めた独ソ不可侵条約の締結にまで発展する。ヒトラーはレーニンやスターリンから多くの手法を学んでいるが、ソ連を事実上の協力者ともしていたのである。

だが、ソ連のナチス協力はスターリン一個人の気まぐれの結果ではない。本書の白眉は、マルクス主義(科学的社会主義)とファシズム(国家社会主義)の同質性を論証したくだりである。両者がともに全体主義の一形態であり、ドイツ観念論の系譜から生まれた双生児であることは、ハンナ・アレントや、最近ではグリュックスマンによって指摘されているが、ブレジンスキーはそうした研究の成果をこう要約する。

二十世紀における政治勢力としての共産主義の出現は、ファシズムとナチズムの台頭と切り離しては考えられない。実際、共産主義とファシズム、ナチズムは歴史的に関連があり、政治的にも類似している。いずれも、工業化時代の深刻な問題──何百万という根なし草のような労働者の出現、初期の資本主義がもたらす不公平、そこから生じた階級対立など──への答えとして生まれたものである。第一次大戦の結果、帝政ロシアとドイツ帝国の価値観と政治秩序が崩壊した。……こうした状況の下で、社会的な憎しみを社会正義という理念でくるみ、社会を救済する手段として、国家の組織された暴力を正当化するにいたるのである。

わたしなりに補足するなら、両者は疑似科学を最大限利用した点においても共通する。ファシズムは民族の純血性という過去の神話を人種遺伝学で補強したが、マルクス主義は共産社会という未来の神話に現実味を与えるために、
マルクス経済学という疑似経済学を科学の位置に祠りあげた。普遍的な真理という含意を持つ「科学的社会主義」という名称は、共産党だけが正しく、他党派の意見は非科学的で劣ったものだという独善をまねく。

疑似科学による党派的主張の神秘化は、党中央が最高の頭脳を結集して導きだした結論は科学的真理で、下部組織はただ党中央の方針を忠実に実践すればよく、科学的真理に反対する人間は頭がおかしいのだから、矯正労働収容所で精神を鍛えなおすか、それでもたてつくなら精神病院で飼い殺しにしろという結論にいきつく。優生学であきらかなように、科学は残虐行為を正当化するのだ。

「科学的社会主義」という洗脳的な名称は、民主主義の多元的価値観とは絶対にあいいれない。そして、その迷妄を押し通そうとしたところにソ連型社会主義や中国型社会主義、カンボジア型社会主義、北朝鮮式社会主義の悲惨が生まれた。そして、「科学的社会主義」という妄想に固執する限り、これからも形を変えた悲劇がくりかえされるだろう。失敗したのはソ連型社会主義で、マルクス主義自体には可能性があるなどという感傷趣味は本書によって根本から否定されたのである。


「オレンジ革命」と米ロの影

ジャン=マリー・ショーヴィエ(Jean-Marie Chauvier)

ジャーナリスト

訳・岡林祐子、斎藤かぐみ
 
http://www.diplo.jp/articles05/0501-2.html


かつてカーター大統領の安保担当補佐官を務めた米国人戦略家、ズビグニュー・ブレジンスキーは、大国ロシアの現在の「巻き返し」を当時から予見し、その準備を進めようとした。そこで決定的な役割を担うと考えられたのがウクライナである。「欧州・大西洋勢力圏の拡大には、ソ連から独立した新しい国々、中でもウクライナを取り込むことが不可欠だ」と彼は述べている(1)。我々は現在まさにそういう局面にある。迫りくる地政学的な変動は、ソ連とユーゴスラヴィアの崩壊以来、最も重要なものとなるだろう。フランスよりも広い国土と4800万人の人口を抱え、シベリア産天然ガスの9割を欧州に送り込む強力なパイプライン網を備えた国が、欧米の勢力圏に引き入れられることになるだろう。幕はすでに上がっている。


ライジング・チャイナをめぐる議論

2005年01月14日(金)

萬晩報通信員 園田 義明

萬晩報

http://www.yorozubp.com/0501/050114.htm


■トライラテラリストの主張

ブレジンスキーは米中の衝突は避けられると説く。その理由として、中国首脳が軍事的に米国に挑戦しようとは思っておらず、中国はあくまでも経済発展と大国としての仲間入りを目指すものであり、対立的な外交政策をとれば、経済成長を崩壊させ、中国共産党を脅かすことになるため、特に2008年の北京オリンピックと2010年の上海万博に向けては慎重な外交政策が優勢になるだろうとしている

確かに、中国の地域における役割が増し、その勢力範囲が発展すれば必然的に摩擦が生じる。また、米国のパワーが後退する可能性と日本の影響力の免れがたい衰退は、中国の地域における優越性を高めることになるものの、中国は米国に対抗できる軍事力は有しておらず、最小限の戦争抑止力程度でしかない。米国による封鎖によって石油の供給が止まれば、中国経済は麻痺することになるために衝突するとは思えないとした。

明らかに中国はインターナショナル・システムに同化しており、中国の影響力の慎重な拡がりこそがグローバルな優越性実現に向けた最も確かな道のりであると中国首脳は理解しているとブレジンスキーは見ている。

トライラテラル・コミッションの創設に関与した国際派ブレジンスキーならでは議論が繰り広げられ、日本政官財界のグローバリストも大喜びしそうな内容となっている。中国に対する「政冷経熱」は日本だけの現象ではないらしい。

■ミアシャイマーのゴジラ論

これに対して、その究極のゴールを世界のパワー・シェアを最大化し、システムを支配し、覇権を目指す攻撃的な存在として大国を位置付けるジョン・ミアシャイマーは、自らのオフェンシブ・リアリズムを中国に適応させ、中国は平和的に台頭することができないと断言する。そして、中国が来るべき2~30年の間に劇的な経済成長を続けるならば、米国と中国は戦争への可能性をともなう程の緊張した安全保障上のライバルになると説く。その時、インド、日本、シンガポール、韓国、ロシア、ヴェトナムを含めた大部分の中国の隣国は中国のパワーを封じ込めるために米国と結び付くだろうと予測する。

そして、ブレジンスキーに対して一撃を加えるのである。インターナショナル・システムにおけるメイン・アクターはアナーキーの中に存在する国家であり、このシステムで大国が生き残る最良の方法は、潜在的ライバルと比較してできるだけ強力であることだ。国家が強力であればあるほど、他の国家が攻撃を仕掛ける可能性は少なくなるのだと言い切る。

追い打ちをかけるように、「なぜ、我々は中国が米国と異なる行動をとることを期待する?」「中国人は、西洋人と比べて、より理にかなっていて、より良心的で、より国家主義的ではなく、彼らの生き残りにも関心がないのか?」と冷徹に疑問を投げかけ、そんなことはありえないとしながら、「中国が米国と同じやり方で、覇権を目指すに決まっているではないか。」と断じるのである。

そして、中国がアジアを支配しようとすれば、米国の政策担当者がどのように反応するかは、明らかである。米国はライバルを寛大に扱うことはしないのだ。従って、米国は中国を封じ込め、最終的にはアジアを支配することがもはやできないぐらいにまでにパワーを弱めようとするだろう。米国は冷戦時代にソ連にふるまった同じ方法で中国に対処する可能性があるとした。

また、「中国首脳と中国人は過去一世紀に何があったかについて覚えている。日本は強力で中国は弱かった時のことだ」とした上で、名言が飛び出してくる。「国際政治のアナーキーな世界では、バンビちゃんであるより、ゴジラでいるほうがいいのだ」と。

■圧倒するミアシャイマー

誤解無きように付け加えれば、ミアシャイマーはゴジラのように中国が暴れ回り、他のアジアの国を征服する可能性は低いと見ている。

そして、ブレジンスキーへの攻撃の手は緩めない。経済分野における相互依存関係に対して、戦前のドイツと日本の事例を示しながら、経済に損害を与える時でさえ、時には経済的な考慮を無視し、かつ戦争を引き起こす要因が存在すると指摘しながら、ゴジラとなった中国はアジアから米国人を追い出し、地域を支配することになるのだと語る。

これに対して、ブレジンスキーは特に日本から米国を追い出すことが可能かどうかを指摘しながら、たとえ追い出すことができても、中国が強力かつ国家主義的で、核武装した日本が待ちかまえており、中国はそれを望まないと反論する。

しかし、ミアシャイマーは汚くて危険なビジネスとしての国際政治の世界で、ミアシャイマー自身が描く情勢はそんなかわいいものではないと締めくくるのである。

詳しくは原文を見ていただきたいが、ミアシャイマーが理論面でブレジンスキーを圧倒していることがわかる。これはブレジンスキーと違ってビジネスに毒されず、理想やイデオロギーや白人優位主義的な希望的観測を排除し、リアリストに徹する姿勢から生まれ出るものだろう。

しかし、ライジング・チャイナが将来の米国にとっての地政学的な脅威となることは、ふたりに共通しているのである

■二匹のゴジラとキングギドラ、そしてモスラの大乱闘

ミアシャイマーはゴジラが日本生まれであることを知ってか知らずかはわからないが、ミアシャイマーに敬意を払いながらも、ここでは強引にその姿形から中国をキングギドラに変身させてみたい。現在はバンビちゃんに見える中国もミアシャイマーが言うようにキングギドラになるのだろうか。ブレジンスキーも指摘するように、その時日本は核兵器を手にしたゴジラになっているのだろうか。

かつてゴジラは水爆実験のよって眠りから覚めた。日本ゴジラは2025年、あるいは2030年にはキングギドラの存在によって再び自ら目を覚ますのだろうか。日本自らの意志でゴジラに変身したように見せかけながら、実際には米国によって叩き起こされてしまうのだろう。従って、獲物を狙う鋭い視線で「キングギドラ対日本ゴジラ」を見つめるトカゲのような米国ゴジラの存在も確認できる。

米国ゴジラはその時に備えて日本核武装論を本格的に仕掛けている。米国の刺客が多数送りこまれている日本でも、その議論は北朝鮮問題も絡めて今後嵐のごとく吹き荒れるだろう。一方で、米国に次ぐ世界第二位の石油消費国となったバンビちゃんは、尻尾を振りながら、その巨体を維持するためにサウジアラビア、イランはおろか、米国の裏庭であるカナダやベネズエラにまで触手を伸ばし始めた。

キングギドラと二匹のゴジラの衝突を世界中が固唾を飲んで見守っている。しかし、ふと頭上を見上げれば、遙か彼方にモスラがゆっくりと旋回しているのが見える。怪獣のくせに平和の使者を気取りながら、モスラはキングギドラに入れ知恵しているようだ。

中国の三大石油メジャーであるCNPC(中国石油天然ガス集団公司)、SINOPEC(中国石油化工集団公司)、CNOOC(中国海洋石油総公司)の取締役会を覗くと、キングギドラから招かれたモスラの頭脳集団の存在も見出せる。

CNPCのフランコ・ベルナベはフランク・ベルナベ・グループの会長やフィアットの取締役などを務め、CNOOCにいるケネス・S・コーティスはゴールドマン・サックス・アジアの副会長である。そして、この二人は共にビルダーバーグ会議のメンバーであることに誰も気付いていない。

ブレジンスキーの予測通りに米国のパワーが衰退し、キングギドラとモスラと日本ゴジラが連合を組むことになれば、実は米国ゴジラにとって極めて手強い相手になる。なぜなら、石油以外に戦争に必要な重要資源が中国周辺に存在しているからだ。この資源をめぐって中国・日本・米国・北朝鮮が血みどろの死闘を演じてきた裏面史が今なお刻まれ続けている。この存在も米中衝突を回避させる抑止力につながるとするのが、私の見解である。

とはいえ、モスラが信頼できない平和の使者であることを歴史が物語る。バック・パッシング(責任転嫁)を得意技とするモスラは、いざとなれば米国を自由自在に操りながら相手にぶつけてくるのである。中国は日本やサダム・フセインの経験からこのことを学ぶべきだ。ここで甘えは許されない。また同時に、米国が核兵器を実戦使用した唯一の国家であることを忘れてはならない。

当面の間、世界情勢を冷静に見極めながら、日本は中国に対して現在の「政冷経熱」状態を適度に維持することが賢明である。その時が来るまで、選択肢の一つとして「バンビちゃん戦略」も位置付け、その骨格としての憲法九条も温存しておくというシナリオも描いておくべきだろう。

(2005年1月12日記)



蛇足


カーター政権時代の国家安全保障担当大統領補佐官
という存在である 。国務長官と対立して、持論の地政学的な政策を唱えた・。現在も、キッシンジャーなどの論客の中に入る。上記をいろいろ分析すれば、共和党と民主党の差はほとんど見えず。まして、民主党にして現政策を認めている。若いときは、かなり世界新秩序(電子工学の檻)に拘った様に見えるが、昨今は次世代に任せているように見える(イルミナティの長老になったのか?)。

NWO=世界人間牧場とは

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


西洋文明の死滅のあとにイルミナティによって用意されるNWO=世界人間牧場の正体。




更新 平成17年12月25日22時50分


平成十七年(二〇〇五年)十二月二十五日(日)

(第一千五百三十四回)


○鬼塚英昭著「二十世紀のファウスト」。


○この大著は、ゲーテの「ファウスト」から出発する。


○ところで、この本には引用されて居ないが、シュペングラーの

 「西洋の没落」によると、


○西暦九世紀、カール(シャルルマーニュ)大帝と共に成立したヨーロッパ

 (ザ・ウエスト=西洋)文明の精神は、ファウスト的魂である、とされる。


○ジョン・コールマン博士のタヴィストック研究所についての新しい著作

 原稿によると、


○一九一三年、

 三百人委員会によって設立されたタヴィストック研究所の首脳部は、


○NWO=新世界権力(と言う名の世界人間牧場)構築のためのシナリオ作成

 のたたき台として、


○C・ウォルシュの「文明の究極」(一九一七年)と共に、

 シュペングラーの「西洋の没落」をも、「三百人委員会」は採用した、

 と言う。


○ファウスト的精神=ファウスト的人間は、西洋文明の没落=死滅のあと、

 どう成るのか。


○ファウスト的人間もまた、西洋文明と共に消滅する他ないであろう。


○それでは、そのあとは、イルミナティが構築せんとするNWOに於て、

 いかなる人間型が予定されて居るのであろうか。


○そのことが、「二十世紀のファウスト」の次に問題とされねばならない。


○二十世紀のファウスト=アヴェレル・ハリマンは、

 一九七〇年代、カーター米民主党政権下で、ブレジンスキーの存在に強い

 嫌悪感を抱いた、とある。


○キッシンジャー、ブレジンスキーは、アヴェレル・ハリマンの一世代あと

 である。


○この二人は、ベトナム戦争期に、世界政治の主役クラスとして登場する。


○ジョン・コールマン博士は、ブレジンスキーの「高度電子工学の時代」

 (一九七〇年)をしばしば引用する。


○この著作が暗示するNWOの人間像は、あきらかに、ファウストの時代

 とは異なる。


○この世界は、


 (1)全知全能絶対神の如き支配者階級と、


 (2)命令通りに行動する魂なきロボット人間に限りなく近付いて行く大衆と。


○この二つの層によって構成される。


○オルダス・ハックスレイは「すばらしき新世界再論」の中で、


○来るべきNWOを、

 「科学的独裁体制」と名付けて居る。


○これを、もはや「シビリゼーション」と呼ぶことは出来ない。


○それは、人間のシビリゼーションではなくて、


○バイスハウプトが預言したところの全知全能の支配者階級=神によって管理

 される蜜蜂のコロニー、


○の如きものであろう。


 (了)




地球はどこか狂っている。その現況は我々個々人の生活態度や生き方に根ざしているのであろうか?平和を求めても、遠ざかるだけ。宗教心や人類の科学知識や生活水準向上しても、不幸は減らない??我々の問題なのか、はたまた地球は収容所、マトリックスの中に我々は居るのではないかと思う。人類は奴隷種なのではないかと考えると古代シュメール文明はハイブリッドの遺伝子操作で誕生したことになる。人類は爬虫類人の文明の僕として作られたとある。爬虫類人は現在の支配層の中にその血脈を受け継いでいる可能性がある。これは神や仏など守護と悪魔などで区別をされているが、本質は二重支配の体制に組み込まれているのかもしれない??




イメージ 白人女性の便器となる日本人の末裔「家畜人ヤプー」世界人間牧場


地球外の知性「エイワズ」が語る「アイオーン」の真相とは?新しい「アイオーン」に、人類は「蜂の秩序」に服する神人と家畜人間のみで構成される「世界人間牧場」社会.


人類80パーセント殺処分の効果的布石は、世界経済体制の全面的崩壊




蛇足


彼らは、我々の眼に見える新聞やTVなどのマスコミに姿を現している。それに気づかないだけであろう。彼らの目標「世界人間牧場」とは、北朝鮮型支配体制や共産主義的独裁体制(収容所国家)が理想系として存在する。アメリカ型自由主義支配体制は時間と効率において、行き詰まりを見せた。二重支配体制の一方のソ連型社会は崩壊した。彼らはアジア型の支配体制において、実験を繰り返している。特定アジアにおいて、満足いく方策が示されている・。この戦いは日本民族性の発露がこの世界(人間社会)を守る砦である。


体内に埋め込まれる異物・。




映画 インプラント (They)


ジュリア(ローラ・レーガン)はある晩、幼馴染のビリーから呼び出しをうけます。彼はどうも神経を患っているようで、「奴らが来る」と言い残して、拳銃自殺を図ります。ショックを受ける彼女の前に、ビリーの友人だったというサムとテリーがジュリアの前に現れます。二人はビリーが恐れていた何かをやはり恐れているように見えます。そして、それからというもの、ジュリアの周囲でも不思議な物音や人影のようなものがうごめき始めるのです。「奴ら」とは何者なのでしょう。


子供は暗闇を怖がります。大人だって怖いと感じるときはありますが、子供にとっての暗闇はそれ以上の存在となります。後、半開きの扉の向こうに見える闇も怖かったです。そういう視点から始まるこの映画は、なかなかいいところ突いてくるなあって、感心しながら観始めたのですが、そこから先がほとんど物語が進展しないのです。その昔の「13日の金曜日」と同様、設定だけ見せたら、後は恐怖シーンを並べただけという感じの映画になってしまいました。これは脚本の責任だと思いますが、謎を振っておいて、何の説明も解釈も見せないってのは、映画としては、観終わった後の満腹感がまるでなくなってしまうのです。謎についての伏線すら見せてくれないので、冒頭で「奴らが来る」と言わせた、「奴ら」の正体が見当もつかないまま終わるってのは、精神衛生上あまりよくないです。


これが、「奴ら」の存在を最後まで曖昧にしてくれるのならまだしも、「ゴジラ」のパトリック・タトポロスによる「奴ら」が画面の中で実際に動き回ってくれるので、だったら自己紹介くらいしろよと思ってしまうのです。


暗闇の中から何者かがやってくるというのは、一種の都市伝説でもありまして、去年の「ジーパーズ・クリーパーズ」では、都市伝説レベルから話を始めて、それをモンスター映画として仕上げることに成功しています。(「インプラント」はその2匹目のドジョウなのかも)ただし、「ジーパーズ・クリーパーズ」では、その「モノ」の正体については、様々な解釈の余地を与えてあって、観客のイメージが膨らむ工夫はしてあったのです。ところが、「インプラント」における「奴ら」は解釈の余地を与えられずに、「さて何でしょう」のままで終わってしまっているのです。だから、怖さが身近なところまで伝わってきませんし、「だから何なの?」という気分で映画館を出ることになってしまいます。


しかし、ロバート・ハーモンは恐怖演出で手堅いうまみを発揮し、「奴ら」の実態の見えそで見えない演出など、いいところ多いのですよ。また、ローラ・レーガンのちょっとモノセックス風な風情がなかなか魅力的でした。それだけに、脚本のつまらなさが際立ってしまったように思います。“何か”は何故存在するのか?

“何か”は一体何者なのか?

“何か”の動機や目的は?


、といった核心部分がこの映画では描かれていません。

観た方の率直な感想として、


「え、つまり、この化け物は何なの?」




というものが多いはずです。そんな印象が強いため

映画〔インプラント〕はクソ映画とされる傾向があ

るような気がしてなりません。ただ、その点が残念

です。




だからといって、この“何か”に明確な存在を当てる

のもいかがなものでしょうか?


宇宙人、幽霊、UMA(未確認動物)…。







映画 ファイナルカット(Final Cut)


近未来社会では、人間の全生涯が脳に埋め込まれた小さなチップに記録されている。人が死ぬとチップは摘出され、編集者が故人の人生を切り貼り、感動的な編集映像が記念式典で上映されるのだ。それはあたかもセレブの特権のように広がっていった。ゾーイ・チップ業界随一の<編集者=カッター>だったアラン・ハックマンは、自分の感情を排して他人の人生を覗き見ることができる才能ゆえにすねに傷を持つ顧客からの依頼が絶えなかった。しかし、ある人物のメモリーを編集している時、アランはずっと自分を苦しめ続けていた幼い頃の記憶を蘇らせる映像を発見する。彼は必死になって過去の真実を捜し求めようとするが・・・。


葬送の『カッター』として


ASSOCIATED PRESS | LIONS GATE FILMSFLASHBACKChip-implant technology allows Alan Hakman (Robin Williams) to make even sordid lives look virtuous. But one job links him to memories that haunt his own past in The Final Cut.

ASSOCIATED PRESS | LIONS GATE FILMSFLASHBACKChip-注入技術は、アランHakman(ロビンウィリアムズ)が不潔な命さえ良く見えさせるのを許します。1つの仕事が、彼を彼自身の過去に中で取りつく記憶に結ぶ決勝Cut.



Cast: Robin Williams, James Caviezel, Mira Sorvino

投げます:ロビンウィリアムズ、ジェームズカビーゼル、ミラソルビーノ


Director-screenwriter: Omar Naim

ディレクター-シナリオ作家:オマールナイム


Now showing: at area theaters

現在示すこと:地域劇場で


Rated PG-13: for mature thematic material, some violence, sexuality and language

評価されるPG-13:円熟した主題の資料、若干の暴力、性的関心と言語のために


Running time: 104 minutes

実行タイム:104分



body begins here-->Robin Williams' new movie, The Final Cut, is set in a time and place that look much like our own. It differs in one important way, however. In this film's world, the technology exists to plant chips in the brains of unborn children that will record their experiences; their eyes, in effect, become movie cameras.

体はここで始まります?>ロビンウィリアムズの新しい映画、決勝Cut、非常に我々自身のもののように見える時間と場所を凝り固まっています。しかし、それは1つの重要な方向において異なります。この映画の世界で、テクノロジーがチップを彼らの経験を記録する生まれていない子供たちの脳に植えるために存在します;彼らの目は、実質的に、映画カメラになります。


After death, families hire "cutters" to shape the images into whatever narrative they choose. Invariably, cutters excise the ugly bits. The results of their labors, set to music and projected onto screens, become the centerpiece of "rememory" services in which loved ones honor fiction shaped from fact.

死の後、家族は「切る人」をイメージを彼らが選ぶどんな物語の形にでも作るために雇います。常に、カッターは醜いビットを削ります。彼らの労働(音楽にセットされて、スクリーンに映される)の結果は、愛されるものが事実から作り上げられるフィクションを守る「rememory」サービスの目玉になります。


Williams plays Alan Hakman, a lonely, funereal figure with a reputation as the best cutter in the business. He makes even the most sordid lives look virtuous.

ウィリアムズは、アランHakman(ビジネスで最高のカッターとしての評判をもつ孤独な、葬送の人物)をします。彼は、最も不潔な命さえ良く見えさせます。


Other cutters who can't bear to look at "the ugly stuff" pass these projects to Hakman. As a friend says: "If you can't bear to look at it, he will."

「醜いもの」を見るのに耐えることができない他のカッターは、Hakmanにこれらのプロジェクトを渡します。友人が言うように:「あなたがそれを見るのに耐えることができないならば、彼はそうします。」


After Insomnia and One Hour Photo, you'd think Williams would be tired of these sorts of roles. Hakman is remarkably similar to the photo developer in the latter movie. Both are outsiders given privileged access to the lives of others via their own self-made images.

Insomnia とOne Hour Photoの後、あなたはウィリアムズがこれらの種類の役割にあきていると思うでしょう。Hakmanは、後の映画の中で写真開発者と著しく類似しています。両方とも、彼ら自身の自分で作ったイメージを通して他の人の命への特権的な接近を与えられる部外者です。


But The Final Cut is a richer film. Perhaps this is why Williams' performance feels fuller -- the character, as written, is more well-rounded, more real.

しかし、決勝、Cutはよりリッチな映画です。おそらく、これはウィリアムズのパフォーマンスがよりいっぱいであると感じる理由です?書かれて、性格はより円熟していて、より本物です。


Hakman is haunted by an incident from his youth. He can't erase it, as much as he'd like to. Perhaps his guilt and shame are why he's so good at editing the lives of others.

Hakmanは、彼の青春期から事件に取りつかれます。彼がその他を持ったほどあまり、彼はそれを消すことができません。おそらく、彼の罪の意識と恥は、彼が他の人の命を編集するのがとても得意である理由です。


Problems develop when he's hired to edit the life of an executive with the firm that created the Zoe chip, which makes rememory possible. Militants who oppose the process demand the executive's chip. James Caviezel plays a former cutter who leads the activists. Hakman starts to fear for his life.

彼がゾーイチップをつくった会社とともに役員の人生を編集するために雇われるとき、問題は生じます。そして、それは可能な限りのrememoryを作ります。プロセスに反対する闘士は、役員のチップを要求します。ジェームズカビーゼルは、活動家をリードする元切る人をします。Hakmanは、彼の人生に対する恐怖に始まります。


Mira Sorvino plays Hakman's lover, the one person he allows into his life, but she has problems with what he does for a living.

ミラソルビーノはHakmanの恋人(彼が彼の人生に許す1人の人)を演じます、しかし、彼女は彼が生計のためにするものの問題を抱えています。


While sorting out the executive's life, Hakman sees a figure from his own distant past, a figure tied to the memories that haunt him. He has to find this man. The film becomes a detective story that builds to an exciting, and morally complex, climax.

役員の生命を整理している間、Hakmanは彼自身の遠い過去から数字を見ます。そして、数字が彼を悩ます記憶と結びつきます。彼は、この男性を見つけなければなりません。映画は、刺激的な(そして、道徳的に複雑な)クライマックスまで高まる探偵小説になります。


This first feature from writer-director Omar Naim is unusually accomplished. In addition to a top-notch cast, he's assembled a distinguished crew, including respected cinematographer Tak Fujimoto (The Sixth Sense, Signs, The Silence of the Lambs) and veteran editor Dede Allen (Bonnie and Clyde, Serpico, Dog Day Afternoon).

作家-ディレクターオマールナイムからのこの最初の特徴は、異常に堪能です。超一流のキャストに加えて、彼は尊重された映画撮影技師タクフジモト(Sixth Sense、Signs、羊たちの沈黙)とベテランのエディタデデアレン(ボニーとクライド、Serpico、Dog Day Afternoon)を含む優秀なクルーを集めました。


The weakest link is Caviezel, not so much because of his performance -- though he is miscast -- but because he wears a mustache and beard that look so phony it's hard to pay attention to what comes out of his mouth.

それほどでない彼のパフォーマンスのため ? 彼がミスキャストであるけれども ? 最も弱い関連はカビーゼルです、しかし、彼がとても偽に見える口ひげとあごひげをたくわえるので、彼の口から出てくることに注意を払うのは難しいです。



蛇足


どちらの映画も、体に何か埋め込まれる話です。インプラントでは、子供の頃に、ファイナルカットは赤ん坊の頃に・。インプラントは宇宙人の実験として知られているが、そんなバカなということが多い・。


サイバー奴隷化http://ameblo.jp/kane55/entry-10005468162.html


アブダクション現象は、

昔からの科学技術上の謎にもっぱら新たな要因を加えてきた。たとえば、エイリアンはどうやって壁を通り抜けるのか?物理世界に対する従来の理解の範囲でしかものごとを見ない者にしてみれば、このような疑問はばかばかしく思われるか、見問違いや精神病の可能性をほのめかすだけだろう。カルロスは一種の幽霊のような形態を背後に残し、光線によって運ばれるあいだ細胞が振動して分解する感覚を説明している。

しかし、この変身プロセスは具体的にはどんなものなのか、わたしたちにはまったくわからないのである。



切り傷やほかの損傷が見たところたちまち治癒されるのは、どのようなメカニズムなのか?ある男性は、アブダクション体験後に脚にできた、深さ数インチもの傷について話してくれた。だが、この切り傷は24時間でほぼ消えたというのだ。アブダクティーは追跡されていて、エイリアンたちは好きなときにいつでもどこでも彼らを見つけられるようだが、それはどんなプロセスによってなのか?これにはインプラントが関係しているのだろうか?エイリアンたちは、さまざまな技術に精通していることにかけては人問より何千年も進んでいると指摘されてきた。おそらくそうなのだろう。



●“全員の耳の後ろにチップ”


 例えば、ハイテク管理システムのトップメーカーであるキュービック社の副社長、ロナルド・ケーンが、インプラント式バイオチップの利潤の可能性について、最近発言したに違いないと思われる内容を考えてみよう。ケーンはこのように言った。「もし好きなようにやれるとしたら、産婦人科病棟で、すべての赤ちゃんの耳の後ろに、チップを埋め込むでしょう。」


 最近では、人間をサイバー奴隷にするための事業は、非常に儲かる仕事になっている。人間をサイバー奴隷にする仕事は、ほんとにほんとに金になるのである。人間を管理するコンピューター技術、例えばスマートIDカード、アイリス・スキャニング装置、DNA血液分析装置、指紋デジタル化ビデオディスプレイなど、これらの技術を政府に提供できる企業に対しては、兆単位のドルが投資されている。


 株式市場(ナスダック)の記録を見れば、シリコンの檻を作る仕事によって、いかにボロ儲けできるかということがわかる。最近の話だが、ある小さな会社、コンパレーター社の株が、たった3日間で何と2900%上昇した。この現象が起きたのは、コンパレーター社の最高経営責任者が、「我が社は、最新式のポータブル式生物測定学指紋認識装置を開発した」と発表した後のことだった。



彼らはイルミナティならば考えられる事であろうか・・その兆しは確かにある。


「最近もう1人の別のが人を殺せと勧める」とい意味の文章を書いてます。”殺せとお告げがあった”とか言ってる


殺人者の耳の裏側をスキャニングすれば何か埋め込まれているのではないか?


イルミナティについてのアイクの概説

イルミナティは世界を支配しているものたちだが、爬虫類人の血脈からなり、人間との混血である。彼らの力は、三次元にはなく、低層四次元にある。彼らは自分達の能力を保つために、同族結婚をくりかえしている。世界の王族など上流階級に入り込んでいる。イルミナティがシンボリズムと宗教的行事に執着しているのは、爬虫類人の脳からきている。人間の爬虫類の脳の働きを考えるとわかる。また、彼らの宗教的行事は、人間の意識に根本的な影響を与えるため、地球のエネルギー場、エネルギー・グリッドを書き換えるためにある。


筋を通せよ日本人・。

勝谷誠彦の××な日々。http://www.diary.ne.jp/user/31174/


この国がおめでたい有権者の方々によって支那か北朝鮮ばりの人民共和国になった今年をまことに象徴する昨日の風景であった。<首相、無派閥「チルドレン」忘年会>http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20051220i219.htm?from=main2
。詐欺師どもにバッタマンションを押しつけられてこの寒空の下に行きどころのない方々がいる。折しも事件への強制捜査が行われ列島はそれを注視し被害者の方々が口々に窮状を訴えているその夜に首相公邸にどこぞの場末のキャバレーのような格好をした女どもを呼び集めての忘年会。今日のニュースで二つの映像が並んで流される事など考えもしないのか。絶対権力を手にした独裁者の振る舞いである。浅田真央ちゃんを巡る発言はもっと象徴的だ。<首相、トリノに浅田選手「出てもらいたい」>http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20051219i417.htm
。私は彼女の出場を求める世論の雪崩をあの選挙の時の愚民踊りを思い出しながら見ている。<「真央を五輪へ」働きかけ求めるメールが400通も>http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20051218i414.htm?from=main4
。糞業者が偽装をするかと思えば国民は自国のスケート連盟まで加わって決めたルールを平気で破れという。今年一年私はずっと書いてきた。法を守れよ。せめてまともに。そりゃあイタリア人の連盟会長の思惑もあれば常に黄色い猿の活躍の前にルールを変えてきた欧州貴族が支配する五輪マフィアの横暴もあるだろう。しかしルールはルールだ。もしここで真央ちゃんが特例を認められたならば年齢制限のために最初からあきらめて4年後に向けて練習を重ねてきた他国の優秀なアンダー14たちはどう思うだろう。例えばアメリカが同様な横車を押したなら日本の世論は沸騰するに違いない。しかし小泉さんは衆愚の論に乗っかるのである。今年荒れ狂ったポピュリズムとは何かということを歳末にこれほど象徴的に見せてくれるとはね。更にその尻馬に乗ったのが全国の通学路にカメラをつけたい小坂憲次文科相。読売新聞によれば<五輪会場で何らかの形で(真央ちゃんを)見ることができれば嬉しい>だと。あんたね子供に「約束はちゃんと守りましょう」と言う立場でしょうが(笑)。大日本帝国が国際社会で認められてきたのは日清日露戦争で徹底的に国際法を遵守したからだった。国家とは金によってではなく行動と義によって尊敬されるものなのだ。



蛇足


ちょっと、可愛い優秀な選手が出てくれば、ルール無視で世界唯一のように振舞う・・国民とは。決まりはきまりなので、例外を一々認めていたらキリがない。偽装事件もその本質において、ルール無視でもなあなあですます。この事を認めたら、なんでもありだ・。筋を通せよ日本人・。

経済圏で統一できるほど民度は上がっていない・。





”東アジア共同体”という妖怪 ~日本が直面する悪夢とは~


中国主導で徘徊する「東アジア共同体」という妖怪~「EU」とはいかに条件が異なるかを整理せよ~:日経BP
名称だけはだれもがわかったように口にするが、その正確な実態はだれも語らない。実態を知ろうとすれば、するほどわからない。まさに妖怪なのである。(中略)

 こんな共同体構想が東アジアでたとえ理論的にも可能だろうか。ごく簡単な事例から考えてみよう。共同体となれば、各国の国民が他国に自由に出入りできる。中国の国民が自由に日本に入ってくるわけだ。なにからなにまで異質の十三億の中国人民が小さな日本列島に自由に入国できる状態を想像してみよう。悪夢というほかない。そもそも共産党独裁下で自国内での移住や移動の自由が制限されている中国人が日本には自由に入ってよいなどとは、子供の理屈にも合わない、おかしな話である。

 欧州共同体を形成した西欧諸国はみな自由民主主義の国家である。相互の領土紛争も解決した。経済は市場経済で所得や発展の水準も均質、しかも法の統治が徹底した市民社会ばかりである。政治的な価値観は共通している。その一方、東アジア諸国は中国のような共産党の一党独裁やシンガポールのような専制の開発独裁から日本のような自由民主主義体制まで、あまりに異質である。竹島や尖閣諸島のような領土紛争も絶えない。経済水準もまるで異なる。そもそも中国は世界貿易機関(WTO)の判定でもまだ市場経済に認定されていないのだ。日本とでは共同体の前の前の段階となる自由貿易協定の結成さえ難しいのである。



 東アジア諸国の人間レベルでの差異となると、ギャップはさらに広がる。長年の反日教育を受けてきた中国人たちが日本人をどれほど忌み嫌うか。二〇〇五年春の中国主要都市での反日暴力デモの光景を想起すればよい。韓国の人たちの間でも建前と本音の差を考慮してもなお「親日」は糾弾の的となる。そんな現状で日本が中国や韓国と単一の統合国家になるような「共同体」構想などとは、まるで悪質のジョークのようにも響いてくる。 (中略)



 このように中国が推進する東アジア共同体はアメリカ排除、そして結果よりもプロセス重視というわけである。となると、中国の真の意図が実像を少しずつみせてくる。近隣諸国に対しては「共同体」の名の下に微笑外交を展開して、安心させ、自国の協調的、平和的イメージを広めながら、アメリカのアジアからの後退を促すという外交戦略が浮かびあがるようなのだ。



 日本としてはこのように東アジア共同体の隠れた狙いや動機を直視する必要がある。もし背後や背景をみないで、公式の額面どおりに受け取るならば、東アジア共同体が共同体として機能する場合の状況を現実的に考えるべきである。今回の東アジア首脳会議でも明白となった日本と中国との間の諸問題をめぐる対立や、共同体がもしできた場合の日本国民の生活の変化など、まず国論と呼べる議論が先立つべきだろう。 (一部略)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~引用ここまで

 長文の為、かなりの部分を省略しました。是非全文を読んでみてください。当Blogでも指摘していた、東アジア共同体というものへの危機感をわかり易く説明しています。この記事にある通り、この構想には、大きく分けて2つの点で大変な問題を抱えています。



 まず一点目は、東アジアが共同体となる基盤が全くできていないことです。東アジア共同体とは、聞こえのいい言葉です。EUと同じようなものをイメージする人も多いかもしれません。しかし、EUは自由主義国家であり、法治国家であり、経済格差もあまりありません。文化的背景も近く、領土紛争もなく、共同体たる政治的基盤も経済的基盤もできていました。それでも慎重に慎重を重ね、最後は各国が国民投票まで行って決定を行ったのです。しかしそれを東アジアに重ねて見れば、あまりに状況が違うことがわかります。この状況でEUと同じような共同体が形成されたとしたら、文字通り日本は悪夢のような状況に陥る可能性があります。記事中では大量の反日中国人、韓国人が流入することを「悪夢という他ない」と表現していますが、これは決して言いすぎではありません。



 二点目に、この構想の中国においての目的は、その覇権主義を完成させるプロセスに過ぎないということです。中国が推し進める覇権主義にとっては、アメリカは大変邪魔な存在です。東アジアから完全にアメリカを排除することで、中国は横暴さを増し、東アジアの様々な国家に対する影響力を強めることで、東アジア共同体は中国の衛星国家連合体と成り下がるでしょう。



 具体的な議論が始まりだした東アジア共同体に対して、日本は上記のような問題を孕んだものにしない為に、リーダー的役割を果たす必要があります。今月のマレーシアでの会議で、日本は中国の動きを牽制する発言を繰り返した他、水面下でインドなどとも接触しており、評価できる点もありますが、日本独自の戦略外交というものは、戦後日本においてはあまり経験がない分野です。各国に対して、中国外交の上をいく戦略外交が展開できるのか非常に心配なところではあります。

 この東アジア共同体という構想の展開は、アメリカ追従ではなく、日本が世界の中で生きていく為に、独自の外交力を求められる戦後初の事態であり、この構想をどういう方向へ誘導できるかで日本の未来は大きく変わるでしょう。



蛇足

東アジアでなく被害者アジアと謝罪日本の東アジア共同体など・・悪夢でしかない・。経済産業省が率先して行動しているように見える。小泉外交の反対には常に、被害者ずらした特定三ヶ国とその出稼ぎ国という構図・。人的に癒着すれば、良いような経済だけの問題ではない・。50年ほど民主主義も自由主義も遅れている地域で経済圏を作ることなど夢物語だ・。

罪を憎んで、人を憎まず・。

「非姉歯」拡大なら底なし 国交省、木村の169件重点調査

警視庁などが建築基準法違反の容疑で関係先の一斉捜索に着手した耐震偽装事件は、十一月十七日の国土交通省による公表以降、深刻さの度合いを深める一方だ。偽装確認された「姉歯物件」は七十八件。しかし国交省は偽装が姉歯元建築士が関与した物件以外に拡大する事態を恐れており、木村建設の物件を重点調査。「姉歯以外の木村物件」から偽装が確認されれば、問題は“底なし”の最悪事態に陥る。

 コストダウンが売り物の総合経営研究所。その手法に習熟した木村建設が、総研と離反し、ホテルからマンションへと受注の軸足を移動させたことが、偽装の拡散を招いたのではないか-との見方を国交省などは強めているようだ。

 総研譲りの格安施工を拡散させた木村建設は、一連の偽装問題の“キーマン”ともいえる存在。問題が姉歯氏の個人的な色彩が強いものか、それとも木村建設の主導が認められるかの見極めには、木村建設が関与した全物件の状況を調査することが不可欠だ。

 国交省が木村建設を立ち入り検査したのは十四日。この中で、同社が昭和六十二年以降、建築工事を約三千件手がけていたことをつかんだ。だが、資料がそろっていないものが多く、物件種類や施工時期といった基礎情報が特定できているのは二百二十九件のホテルやマンションだった。

 二百二十九件のうち、姉歯氏が構造計算にかかわった「姉歯物件」は六十件。「非姉歯物件」は百六十九件と分かった。

 国交省は「非姉歯物件」百六十九件を重点調査対象に指定。偽装がないかどうか、再検査して二十六日までに報告するよう求めた。

 一方、十四日の証人喚問後、木村建設は施工した三十一ホテルの「積算対比表(ホテル)」を提出した。対比表によると、姉歯氏を含め五設計事務所が構造計算をしていたが、「非姉歯」十三ホテルでも「姉歯並み」の鉄筋量しかないことが判明。木村建設が他の設計士にも鉄筋量削減などコストダウンを迫っていた疑いが浮かんだ。

 このため国交省は、「非姉歯」十三ホテルの再調査を最優先調査対象とし、他の「非姉歯物件」に優先する形で、ホテルが所在する九都県に指示している。

 このほかにも国交省は、(1)「木村」以外の「総研物件」(2)「姉歯」以外の「平成設計物件」「ヒューザー物件」-についても調査に着手、「姉歯以外」での偽装の有無確認を急いでいる。「姉歯以外」での偽装が確認されれば、問題は姉歯固有のものではなく一般的な構図に広がってしまうことになり、日本の建築の信用が完全に崩壊する事態となる。偽装をめぐる状況はまだ沈静化にはほど遠い。

 

(産経新聞) - 12月21日2時47分更新


耐震偽装に別ルート?「木村・総研」以外11件


 耐震強度偽装事件で、姉歯秀次・元1級建築士(48)が構造計算書を改ざんした物件のうち、「木村建設」(熊本県八代市、破産)もコンサルタント会社「総合経営研究所(総研)」(東京都千代田区)も関与していない物件が11件以上あることが、20日わかった。


 うち6件は、開発会社「ヒューザー」(同)が建築主で、「スペースワン建築研究所」(港区)か「森田設計事務所」(世田谷区)が設計を元請けしていた。


 警視庁と神奈川、千葉両県警の合同捜査本部は20日、ヒューザーと2設計事務所も捜索しており、今後、この3者と姉歯元建築士の接点についても解明を進める方針だ。 これまでに国土交通省が公表した強度偽装物件は計78件。うち木村建設が下請けを含めて施工した物件は42件。総研がホテル開業を指導した物件は24件で、双方が関係した物件は10件になる。残り22物件のうち少なくとも11件は、木村建設も総研も関与していなかった。


 この11件のうち、ヒューザーが建築主となった分譲マンションが6件(未着工1件)を占める。元請け設計は4件をスペースワン、2件を森田設計が担当しており、姉歯元建築士はその下請けとして構造計算を行っていた。


 木村建設は、篠塚明・元東京支店長(45)が姉歯元建築士に対し、鉄筋減らしを強く要請したことが、国会証人喚問などで明らかになっている。総研も、四ヶ所猛・チーフコンサルタント(67)が鉄筋減らしを促すメモを元請け設計会社に示していたことが判明している。


 だが、ヒューザー、スペースワン、森田設計の3者と姉歯元建築士との接点は、明確にはなっていない。森田設計の森田信秀社長(55)は読売新聞の取材に、「ヒューザーの人から姉歯さんを紹介された」と話したが、問題発覚直後の先月26日に自殺。スペースワン側も姉歯元建築士に下請け発注した経緯などを一切、説明していない。


 この3者の組み合わせによる耐震偽装物件は、ヒューザーなどと姉歯元建築士との関係を解明する糸口にもなるとみられ、合同捜査本部でも、ヒューザーと2設計事務所からの押収資料などの分析を急ぐ。


          ◇


 合同捜査本部は20日午後も、姉歯元建築士の建築基準法違反容疑で、100か所以上の捜索を続け、建築物確認申請書や関係図面など多数の関係資料を押収した。


 このうち千葉県市川市の姉歯元建築士の自宅兼事務所からは、ノートパソコンとプリンター、段ボール箱11個分の資料を押収した。


 姉歯元建築士は、受注した業務の概要や出納状況などを過去5年にわたってA4判ほどの大きさのスケジュール帳に書き留めていたことが、千葉県の立ち入り調査でわかっており、捜査本部はこのスケジュール帳も押収したとみられる。


 捜査本部は21日も、木村建設などに対する捜索を引き続き行う。

(読売新聞) - 12月21日3時6分更新



蛇足


姉歯だけが、認めて捜査がはじまりましたが・・。逃げれると踏んで、知らぬ存ぜぬを決め込む事が・・墓穴を掘っているのです・。さっさと罪を認めないと・・乾いた草原に火が回るように、止めれなくなりますよ・。


人を憎んで、罪を憎まずが、今回の事件だ・。

本末転倒

株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/





特別会計の闇はあまりに深く、その闇の暗さは、

“姉歯事務所”を、日本国政府も演じているのだ。


2005年12月19日 月曜日



「 建築業界だけではない “姉歯事務所”を日本国政府も演じている審査能力欠落社会 」 12月10日 櫻井よしこ




 「日本には真の意味の審査能力がありません」



これは首都大学東京学長の西澤潤一氏が語った言葉だが、姉歯建築設計事務所がマンションなどの構造計算書を偽造した問題から見えてくるのは、まさに西澤氏の指摘した審査能力の欠落である。プロフェッショナリズム、専門家の責任感と誇りの欠落と言ってもよいだろう。



構造計算の偽造物件は調査が進むにつれて増えつつある。最終的にどこまでいくのかは不明だが、確かなことは、現場でかかわった多くの人びとが構造計算のおかしさに気づいていたことだ。業界の人物らに尋ねると、業界の人間ならひと目見てわかるおかしさがあるという。



たとえば、高層建築物を支える鉄筋の量が一階から上層階まで同じであることなど、本来は考えられない。そのような配筋になっていれば、施工業者は“一発で見抜ける”というのだ。



現に千葉県船橋市のマンション「セントレジアス船橋」を施工した工事責任者は、工事中に一階部分の鉄筋量の不足を設計会社に指摘していたと報じられた。その指摘に対して設計会社は、「姉歯さんはこういうところが売り」であり「建築確認は取れているから、大丈夫」と返答したという(「朝日新聞」一一月二九日夕刊)。



構造計算の偽造は、建築の専門家である設計事務所や施工会社が半ば以上知っていたとしか思えない。問題は、偽造を検査機関がまったく見抜けなかったことだ。かつて行政側で構造計算書などの審査を担当した人物が語った。



 「建築物の耐震性など、一連の強度計算書を見せられて理解できるかといえば、できないと思います。われわれはその部分で設計事務所が虚偽の報告をするとは考えていません。いわば性善説に立って、信頼関係に基づいて審査します」



行政には真の審査能力がなく、姉歯事務所のような性善説を裏切る“専門家”の前にはお手上げだということだ。審査機能が働かず、専門家が専門家たる責任感と誇りを捨て去ったとき、問題は解決されなくなる。そのような解決不能の問題が、各分野で発生しているのが日本の現状である。



一例が財政である。財務省は税の徴収には熱心だが、使い方についてはほとんど無責任だ。専門家としての責任感と誇りを欠くがゆえに、たとえば、三二もの特別会計を設け、一般会計の五倍弱にも上る膨大な資金をそこに流し込んできた。しかも、それは各省の各局が所管するために、国会の審査機能が働かず、国民から徴収した種々の名目のおカネの野放図な浪費につながった。特別会計の闇はあまりに深く、その闇の暗さは、審査機能が働かないというより、働かせないように狡猾に仕組んだ構造だと言わねばならない。“姉歯事務所”を、日本国政府も演じているのだ。



この種の“騙し”を許容する社会は恥ずべきものなのだ。それは、各分野の専門的能力を備え、かつ、心ある人びとが社会の中枢に存在すれば、必ず防ぐことができることだ。人材育成には教育しかない。だが、現在の大学を見よ。国立大学は法人となり、高度教育は痩せ細りつつある。私立大学は、今春三割が定員割れだ。短期大学も合わせて七〇〇に上る大学群は、いまや経営破綻の回避に追われがちで、教育内容の充実とはほど遠い。それでも、文部科学省は大学の内容を審査できず、新設校を次々と認めるのだ。



日本の抱える病は教育の失敗に始まる。戦後六〇年の、その失敗の積み重ねの根は深い。姉歯事務所の偽造計算書に多くの人びとが群がったように、また、日本の財政が破綻状況にあるように、教育の失敗は文字どおり、この社会の崩壊をもたらす。急がば回れである。今こそ、国民教育に最大の力を注ぐべきであろう。





日本人の変質 12月19日 経済コラムマガジン




構造計算書偽装事件だけでなく、世の中の人々が信用できない社会になってきた。筆者も法律や行政の仕組を「性悪説」に基づいたものに変えることに賛成である。賛成せざるを得ないと言った方が正確であるが。治安も悪くなっている。警察官の数も増やす必要があろう。さらに警察関連の法律、例えば警察法、警察官職務執行法の改正も視野に入る。



筆者は、構造改革を進めれば、管理が厳しい抑圧的な社会になるとずっと述べてきた。特に日本はデフレ下で構造改革を進めたため、一気にそのような国になった。そのうち日本中監視カメラで埋め尽されるであろう。とんでもない世の中になったものであるが、人々の安全を守るにはこのような方法しかないのである。



構造改革派の人々は「改革を進めれば落ちこぼれる者が出るが、その人達にはちゃんとしたセーフティネットを用意する必要がある」と心にもないことを言う。「小利巧さん」の模範回答である。しかし日本社会にこれまで存在していたセーフティネットを破壊して来たのが、まさに構造改革なのである。





「建築確認」とはあくまでも「確認」である。建築に携わる者は間違ったことをしないということを前提に、建物の安全を「確認」する行為である。たしかに今回の事件では、設計図を見れば、偽装は簡単に分かったはずという意見がある。しかし設計図と出来上がったの建物が一緒という保証はない。それこそ建築確認機関の者は毎日建築現場を見に行かねば、設計図通りの建築がなされていることを確認したことにならないという話になる。



構造計算書プログラムの問題点も指摘されている。しかし意図的に現実にはない「壁」や「柱」を想定した入力がなされてしまった場合、それを見つけることは至難の技であろう。見つかっても「ケアレスミス」と言い逃れされそうである。しかし考えて見れば、全ての世の中の製品が完全に「安全」だと確認を受けて流通しているわけではない。「生産者は間違ったことはしない」という暗黙の了解で世の中は動いているのである。



「性悪説」を基本に据えた世界では、必要な法律も膨大なものになる。罰則も強化される。人々の行動は厳しい監視の元に置かれる。
他人を信用しないというとても窮屈な世界である。当然コストも大きくなる。「安全」を金で買うということである。つまり軽々しく「性悪説」を前提にした社会改革を行うなんて言えないのである。





(私のコメント)

姉歯ショックやジェイコムショックは小泉総理の言う構造改革を進めていけば起こりうる事件であり、急ぎすぎて欠陥だらけの改革が歪となって現れてきている。改革自体は必要なのですが、十分な検討もされずに民営化や合理化を行なったためにシステムが機能しなくなって事件や事故となって現れてきたのだ。



姉歯ショックにしても自民党や公明党は早く幕引きをしたがっているが、自分が住んでいるマンションが欠陥かどうか分からないような状態になっては幕引きどころではないだろう。「民間にできる事は民間に」と小泉首相は言っているがそれは正しいスローガンなのだろうか。郵政の民営化も全てそれで押し切ってしまったが、国会で問題点が指摘された事が事件となっていずれ表面化するまで放置されるのだろうか。



昨日の株式日記でも阪神大震災の教訓が建築行政に活かされずに逆に確認業務が民間に丸投げされてしまった。ビル建設コストが安くなったと言う事で坪単価100万円するはずのものが最近では50万円で建てられていると聞いて私は疑念を持っていたのですが、姉歯ショックでその正体が始めて分かった。



建物の建築コストの半分は人件費ですが、姉歯物件に関しては鉄筋を半分にして工期を半分にしたのだから坪50万円でもマンションやホテルを建てることは可能だろう。鉄筋を組む事は機械化は出来ないから職人が組まなければなりませんが、鉄筋が半分なら工期も半分に出来て人件費も半分以下に出来る。しかしそれではとても耐震基準を満たす事はできない。



櫻井よしこ氏のコラムに書いてある通りに途中で現場サイドで設計に疑問が出されていましたが建築確認が通ったと言う事で押し切られてしまった。つまり専門家によるチェックが利かなくなってしまったのですが、図面や現場をみればわかるような偽装が見逃されて審査の意味がなくなっていた。民間に丸投げされて役人は無責任体制となり、事件が起きても処分される人はいない。



在のような無責任体制にしてしまったのは行政改革と言う名の改革ですが、建設族の議員さんが業界に頼まれてしてしまったようですが、改革の名の下に改悪が行なわれて役人たちの無責任体制は拡大する一方だ。国会議員の無能と役人の無責任が日本をダメにしている原因であり、マスコミの無能と無責任がそれを拡大している。



「株式日記」では大蔵省の役人や日銀の役人たちがいかに政策を間違えてきたか指摘してきましたが、株価や土地の値段を回復させれば不況も不良債権の処理も出来る事を指摘してきましたが、税収不足も景気回復させれば自然増収でプライマリーバランスが取れるようになると主張しています。しかし財務省の役人はバカだからサラリーマン増税で景気回復の芽を摘もうとしている。



蛇足


役人などボランティアですれば良い事だと思う。金の対価や仕事の対価なのではない・。官僚組織はいかに無駄に凝理屈をつけるかが仕事だ。国民を勝手気ままに、行動させれば、国と言う組織は崩壊すると思っているが、まったくの逆である。民間は健全な消費者によって企業は社会性を発揮する。役人は、結果責任をとる体制にするべきだ。未だに、事前審査に時間をかける割には、事後の処理が曖昧のままである。国民の政官業監視社会こそ重要なキーワードなのだ・。


31本の特別会計については、第二の税金なのです。所得税や法人税などは一般にわかっているが、県民、市民税までは監視が行き届くのであが。健康保険、介護保険、年金保険、自動車税、自動車重量税、取得税、労働保険、労災保険、酒税、ガソリン税、揮発油税、消費税、印紙税などなどは個別に獲られているのです。その総額412兆円、重複を省いて230兆円前後である。GNPの約半分が日本政府(役人支配)の予算である。よって我々が稼ぎ出すお金が国・地方を通じて持って行く金は、収入の50%を越す勢いである・。また、郵政民営化で簡保、郵貯の350兆円の金が湯水のように、貸し込まれて返済不能(不良債権)になっている。それ以外に、財務省が国債以外の財務短期債が数百兆円ほど順繰り回しているのです。役人のつけは国民の信用の創造でなんとか回っているのです・。役人はボランティアで行っても罰は当りません・。しかし、なぜ、この国は破綻しないのか?疑問を持っている方が多いはずです。この国の信用創造(金融資産、不動産は除く)は実に6000兆円(内、個人資産1400兆円)を軽く超えるのですから(アメリカと同じ)・・破綻しないのです。役人がイラン事しなければ、世界の半分を席巻するのです・・。実は恐ろしいことですが・。わけのわからん経済学者が国債の暴落などとアホなこと言うけど、当ったためしがないのです。*政府紙幣の発行http://ameblo.jp/kane55/entry-10004542010.html


このように、役人が政策を考えなくとも、この国は健全に運営できるのです・。

封建的業界の規制緩和導入の失敗。

ベンチャー革命2005年12月18日

                           山本尚利

タイトル: 耐震偽装:拒否できない日本



1.耐震偽装事件を予言していた「拒否できない日本」

 政治評論家の森田実氏が絶賛する関岡英之著「拒否できない日本」(文春新書、2004)では今、話題の耐震偽装事件がすでに予言されています。関岡氏が本著を上梓するきっかけは、1998年の建築基準法の改正とは、あの悪名高い米国の対日要求書「年次改革要望書」の要求に屈服した結果ではないかという疑惑にあります。本著には驚くべき記述があります。1998年、日本政府は半世紀ぶりに建築基準法を改正したそうですが、それまでの仕様規定が、性能規定に変更されたとのこと性能規定とは、「国民の生命、健康、財産の保護のための必要最低限のもの」だそうです。関岡氏は、この「必要最低限」は「必要最大限」の間違いではないかと、はじめは自分の目を疑ったそうです。この改正(規制緩和)によって、建築業界には国民の生命無視の業界エゴ的なコストダウン意識が瞬く間に蔓延していったと思われま

す。今日の耐震偽装事件は、その延長上で起こるべくして起きたといえます。

 一方、国土交通省の建設官僚は、今回の耐震偽装事件が1998年の建築基準法改正に根本原因があることを国民が気付くのを何より恐れているでしょう。先の、国会証人喚問で姉歯設計技師が、偽装を始めたのは1998年と証言しましたが、建築基準法の改正時期とピタリ一致します。



2.規制緩和に伴うチェリーピッキングの怖さ

 上記の建築基準法の規制緩和は、マイナス面ばかりではありません。今回の耐震偽装事件の黒幕といわれている内河氏が、コストダウンを売りに建設コンサルビジネスを伸ばしたのは当然です。一介の中小企業であったヒューザーは広くて安いマンション販売で業績を伸ばし、大手デベロッパーと互角で競争できるようになりました。そして東京駅前に本社を構えるほどの今太閤企業となりました。また、熊本県の一介の中小建設会社であった木村建設が、なんと東京進出を果たし、熊本県一の高額納税企業に成長できたのもこの規制緩和のおかげでした。さらに、建築検査の民営化が認められ、イーホームズのような若手ベンチャー企業にビジネスチャンスが回ってきたのです。これらの事実は、規制緩和のプラス面です。

このように規制緩和は確かにベンチャー活性化を促進します。しかしながら、規制緩和は一方で極めて危険な副作用を内包しています。それが「チェリーピッキング」です。規制緩和のおいしいところだけいただく悪徳業者が出現するリスクです今回の耐震偽装事件はまさにその典型です。特に、建設業界は、日本の中で政官財の癒着がもっともひどい封建的業界です。耐震偽装事件は起きて当然でした。民主主義モラルがもともと欠落している封建国日本の社会に欧米型規制緩和を無条件に受け入れたらどうなるかを如実に示してくれました



3.規制緩和と自己責任意識は不可分である

 日本の活性化のために規制緩和や公益事業の民営化は、一般論としては決して悪いことではないと筆者は思います。ただ、規制緩和には、その前提条件として国民の意識改革が絶対に必要です。つまり国民の「自己責任意識」の徹底です。イラクで日本人人質事件が起きたとき、小泉内閣はこのときだけ「自己責任」を言い出して、日本中で大議論が起きました。規制緩和社会では私的利益追求のために競争原理が働くので、悪徳業者がはびこり、個人は常に、騙されるリスクが高まります。広くて安いマンションには、安い分だけリスクが高まっていると考えるのが、規制緩和社会における国民の基本的な自己責任意識です。米国がなぜベンチャー社会を実現させているかといえば、米国では多くの国民に自己責任意識が徹底していて、住宅購入などで取引する相手企業を、世間の評判で判断せず、己の自己判断でその企業を評価・識別する習慣が身についているからです。彼らは、取引先が名もないベンチャー企業であっても己の眼力でその企業の真贋の目利きができるのです。ところが、お上意識の抜けきれない多くの日本人には、このような目利き能力が育っていない。だから、悪徳業者に簡単に騙されてしまうのです。しかしながら、規制緩和社会では、私的取引で騙された人々を公的資金(税金)で救済するのは、根本的な大間違いです。その姑息な政策の本質は決して被害国民のためではなく、1998年の建築基準法の改正が、国民の安全を無視するものであったことが国民にばれることが、建設官僚にとってまずいからということでしょう。今回の耐震偽装詐欺の被害者を公的資金で救済するという国家政策は、医者が苦しむ患者を麻薬で治療するに等しい悪魔の処方箋です。日本の国民のみならず、政官財の指導者までもが、米国から輸入している規制緩和の本質がまったくわかっていない。この日本人のお粗末な底の浅さは欧米の狡猾企業に見透かされて、またもや、われわれが彼らの次の餌食にされる原因をつくってしまいます。



3.解体不要の画期的処方箋の提案

 筆者はかつてプラントの耐震設計をやっていた経験があります。その経験から画期的提案をしたい。それは、耐震偽装の対象マンションとビジネスホテルに、有限要素法(FEM)による耐震構造解析法(コンピュータ・シミュレーション)を適用して、再計算することです。鉄筋コンクリート脚注構造とパネル壁を合体構造でモデル化して、もう一度、耐震解析する。そうすれば、構造計算上は有利となります。この解析結果を特例で尊重するならば、多くの震偽装ビルは、いちおう住民の強制退去をせずに救済できるはずです。もし、FEM解析しても強度不足であれば、外観は見苦しくなるが、H型鋼で外部補強すればよい。耐震偽装ビルをわざわざ、あわてて解体する必要はないと思います。ところで木村建設の施工物件で構造計算を手がけた、姉歯氏以外の設計事務所は、耐震パネルを考慮すれば、鉄筋量が少なくても耐震構造計算上はセーフとなると主張しています。この言い分は必ずしも間違っていない。ちなみに極限設計が常識の航空機は、機体を骨組み構造でモデル化して建築構造計算を適用すれば、構造安全上は、みんなアウトです。航空機をもし、建築基準法で設計したら、重くなりすぎて、空を飛ばないでしょう。



4.地震外力は複雑で気まぐれ

 一般的な静的震度外力による鉄筋量計算は、現実の複雑な地震外力に十分に対応できているとはいえません。そのために一般的には耐震構造計算には、一定の安全率がかかっています。その安全率は、まず鉄筋の許容強度(弾性強度)に含まれます。鉄筋は基準の許容強度を越えても、塑性変形を起こすだけで、簡単には破断しません。今回、悪徳業者が姉歯氏に鉄筋量をギリギリまで減らすよう強制していたのは、法的基準には多少安全代が含まれていることを知っていたからでしょう。悪徳業者の肩をもつつもりはありませんが、単純な手抜きの強要とはいささか異なるでしょう。脚注に固定される壁面パネルは耐震構造計算に含まないのも、安全率考慮のためです。一方、航空機やプラント構造物の構造計算で一般的なFEM構造解析ならば、建築構造物の一部を構成する壁面パネルも耐震壁として考慮できます。極限設計の必要な構造物では、パネルも強度部材に動員するため、FEM解析は不可欠です。さらにいえば、もし真剣に耐震安全性を考えるなら、実際の地震波を入力して動的構造解析シミュレーションすることが必要です。あらゆる構造物は固有振動数をもっています。これが問題です。一般的に地上構造物の低次固有振動数と、地震波の振動の主要成分は共振することが多いのです。さらに地震波には、水平動と垂直動があり、しかも短周期波動(高振動波)と長周期波動(長周期波)が存在します。この複雑怪奇な地震波動と構造物が運悪く共振すれば、どれほど鉄筋を増やしてもたいして効果はないでしょう。耐震強化のため構造物を単純に剛にすればよいというものでもありません。地震に限って鉄筋量の大小は五十歩百歩でしょう。高層ビルの耐震設計をマジメに実行したいならば、基本構造を鉄筋コンクリートではなく、鉄骨構造とすべきです。しかも、共振させないような構造設計をすべきです。場合によっては柔構造となります。この場合、大きく揺れるが倒壊しない。しかしながら、構造物の耐震設計でもっとも問題なのは、上部構造よりも、むしろ構造物基礎の耐震強度です。この部分の設計は、立地地域の設計地震係数よりも、立地の地盤条件に大きく影響されます。地震多発地域の関東地区でも、地盤の耐震強度に関しては、筆者の住む習志野台地と東京湾岸埋め立て地区では天と地ほどの差があります。単純な耐震設計ではいくら法的基準に達していても、本質的に決して安全とはいえません。 このように、魔物のような地震外力の特性を知れば、鉄筋量が法的基準に達していないからといって、すぐに、強制退去とか、解体、公的資金での救済云々とかいって騒ぐのは、無知のなせる過剰反応でしょう。結局、この過剰反応とは、監督官庁が、大地震が起きたとき、自分に責任が来ないようにするための逃げにすぎません。悪徳業者に騙されたお人好しのマンション購入住民はたまったものではありません。監督官庁がほんとうにマジメに耐震安全構造を考えているなら、高層マンションや高層ホテルは、水平せん断外力に弱い鉄筋コンクリート構造ではなく鉄骨柔構造を推奨するのが一番です。さらにマスコミ報道における大きな誤解は、鉄筋量をケチれば、建設コストが大きく下がると信じている点です。一般的に、このようなケチり方は、単なる目先の、ケチで姑息なコストダウン方法です。たいしたコストダウンにはならない。それよりは、鉄筋コンクリート構造を止めて鉄骨柔構造にチェンジした上で、コンピュータ・シミュレーションして安全設計したほうが、耐震設計上は抜本的コストダウンになると思います。このような柔構造は地震で大きく揺れますが倒壊せず、鉄筋コンクリートよりはるかに安全です。もちろん構造物の基礎がしっかり耐震設計されていることが大前提ですが・・・。



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm





蛇足


仕様規定が性能規定に規制緩和策で変更になった。その結果、官僚は天下り先が確保でき。政治家は官へ口利きで献金と票が見込め。民間は性能面を追及すれば、コスト削減して儲けがでると判断したのであろう。また、発想の転換で、おっしゃるように、柔よく剛を制すと言われるが、耐震にも当てはまるかは疑問です・。?・基準を作ったのであるから、その基準を守るのがまずもって筋でしょう・。

バレバレの構図

あれが噂の 「情 報 源」!~ リベラル http://plaza.rakuten.co.jp/jyohougen/diary/200512060000/


 □    □    □    □    □    □


姉歯や、ヒューザーをあげつらう、マスコミの論調を見ていると、(一般の方たちのブログの記事もそうだが)、笑ってしまう。


 週刊ポスト 12月16日号に、98年公布、99年施行の建築基準法改正に関わった自民党幹部の話として、建築物の確認検査の民間への開放は、最初から国交省OBと自治体の天下り先の確保が目的だった。検査に問題が生じるのではないかという声があるにも関らず、国交省がゴリ押しして通してしまった、と紹介されている。「確保」という言葉が、ひじょうに事の本質をよく表しているように見える。


 また、この共同通信の記事12月4日http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051204-00000127-kyodo-pol
「国交省OB4人が天下り 民間の指定確認検査機関」を見ても、実際に民間の確認検査機関が、国交省OBの天下り先として利用されているのが分かる。


 週刊ポスト、同12月16日号によると、日本ERIの検査員のうち、なんと160人中、100人が都の元建築担当職員だ、ということだ。週刊ポストは、これではまるで、都の建築課がそのまま引っ越してきたような組織ではないか?、と書いている。他にも、メモを取らずに読んだ他の雑誌等も含めると、この12/4の民主長妻議員が見つけたのは、全体の一部で、実際は、もっと多数の、国交省や、自治体OBが、役員や検査員として入っているようだ。


 同週刊ポストの記事によれば、元々国交省の天下り先だった公益法人が、そのまま確認検査機関になったものも、検査機関の中に、かなりの割合であるようだ。


 自民党幹部もゴリ押しというが、同罪だ。いくら国交省が「ゴリ押し?」しようと、官僚は、国会での議決権は1票たりとも、絶対にない。自民党の身内に、官僚と共同歩調をとり、党内をまとめてしまう議員と、それに従う議員がいなければ、絶対に法案は通らない。50年も、首相と大臣をほぼ独占し、ほぼ50年上司であったのに、部下にゴリ押しされました。そんな上司はありえない。自身の責任である。与党自民党と国土交通省の責任だ。


 考えてもみて欲しいが、たくさんの民間検査機関があれば、金利がかからないように、検査が早くて緩(ゆるい)ところに、注文が集中するのは、3秒考える暇もなく、瞬時にして明らかだ。例えば、御自身が、建築会社の担当者で、熾烈な競争の元で、リストラの心配にもさらされながら、日夜沢山の仕事をこなし、そして会社の経費節減も上司からキツク求められている立場であると想像されてみて欲しい。


 検査が厳しく、何度も文句を付けられ、書類を書き直さなければならない可能性のあるところと、検査が早く、いろいろ文句を付けられることの少ないところと、どちらを使うだろうか?。きつい民間機関、というのは、そもそも、よほど大きな地震がたびたび起きて、検査が緩いところが淘汰されでもしない限り、ビジネスモデルとして成り立たないものなのだ。


 雑誌の記事等を見ても、専門家も関係者も皆これと同様のことを言っている。国土交通省は、開成、灘高、東大卒がゴロゴロいるような所である。そんなことが分からないはずがない。知っていたやった(民間開放した)のである。しかも、その危険に見合うだけ、検査体制を整え、監督を厳しくする、という方策も無しに、である。


 今日の日経12月11日でも、『「制度そのものに欠陥がある」との見方が強まっている。』と書かれている。当たり前である。『「権限がないのに責任だけとらされる」(横浜市)との不満が漏れる。』とも書かれている。これも当たり前だ。『国が指定する民間検査機関への監督権限は今は国土交通省にしかなく』。ホラ、民間検査機関に検査を開放する法案を作り通したのは、与党と国土交通省で、しかも民間検査機関の監督権限は与党自民党の組織する政権の指揮下にある、国土交通省にしかない。


 どこの地方自治体も、専門家も、構造計算書の再計算は、現在の審査期間で行うことは事実上、不可能だと言っている。10人に聞いて、10人がそういう答えなのだ。国土交通省は、そもそもチェックが不可能なチェック体制を敷いていたのだ。結局ザルでフリーパスで通すことを強制していたにも等しい。完全チェックしようとすれば、業務が滞るからだ。そもそも不可能なことをやれと言っているのだ。国土交通省は。


 そして、国土交通省認定ソフトは、コピペで計算結果のエラーメッセージが取り消せ、また大臣認定番号が入れられてしまうという噴飯ものだ。


 欠陥マンションの建て替えは自治体の責任で?、購入時に欠陥の可能性をよく検討せずに買ったマンション住民の自己責任もある? バカ言うんじゃない! こんな国辱もののザル検査体制を作り出した、与党と国土交通省の責任だ。中国でも、このだらしない日本の検査体制は、構造設計、マンション、偽造でgoogle検索すると、18500件もヒットしてしまう程、報道されている。


 この偽装事件の根本は明らかだ。与党、国土交通省、業界が、典型的な政官業の癒着の中で、それぞれが自分の利益に走り、結果として誰も責任を負わないような、ザル、というより、過失としてのミス以外は、ノーチェックフリーパスの体制が出来上がり、それが大口開いて、ここ攻めてください。ここ、が秘孔ですよ!、と自ら宣伝していたようなところを、あらゆる時代に常に必ず存在する、いかがわしい集団が、「では」ということで、それを利用した、という事件である。


 姉歯氏とかは、罪は重いものの、本質的にはどうでもいいのである。本質は、国境警備隊が、守るべきところを昼寝をしていて、それも昼寝を義務づけられていたようなものだからだ。そして、昼寝をするような国境警備隊になったのは、国土交通省が天下り確保のために、マンションの安全性を犠牲にしたからである。また業界は、これは推測だが、チェックを甘くするために、民間開放へロビー活動(陳情)をかけたものと思われる。


 日本人は、江戸時代から、何か問題が起こると、為政者のせいなのに、自分たちの責任だと思わされ、仲間内で、足を引っ張り合わされるようなマインドコントロールを受けてきた。早く目を覚ましたい。


 今回も、こんな業者がはびこるようになったら、どうしたらいいのか? 業者のせいで、またマンション購入者の自己責任なのに、国が支援していいのかなどと言っている。まったくどうしようもない世の中だと嘆いている。どうしようもない!、というのだ。ビックリマークを付けたが、こっちがびっくりだ。


 国土交通省が天下り先確保のために、検査体制が甘くなることを100%尻ながら、検査の民間開放に動いたことには悪意さえ感じられ、まったく支離滅裂としか言いようのない、検査体制をしいてきて、且つ、日刊ゲンダイDailymail Digest 2005年11月29日号が、『「ヒドイのは国交省も一緒です。偽造発覚前の10月24日、問題の民間検査機関、イーホームズに抜き打ち検査をしていますが、審査体制の不備に気づかなかった。改めて調べたら、イ社が建築確認した10階建て以上のビル98件(500件から抽出)のうち89件が建築基準法に違反していた。何のための検査だったのか……」(国交省事情通)』、と書いているのにである。


 これだけ、国土交通省と与党の責任が明かでありながら、誰も責任を問わず、姉歯だ、とんでもない世の中だ、高い金を払い、国費の補助も受けた、有名大学を出た、大手マスメディアの論説委員やコメンテーターも含め、ビーチクパーチク言っているのだ。


 みんな、ちょっと考えようよ。ほんとに。



 ◆今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。


 □    □    □    □    □    □


これまでに報道等で明らかになった、今回の耐震性偽装事件の渦中企業より、自民党所属議員と自民党派閥への献金、および自民党所属議員と自民党派閥主催のパーティー券購入代金をすべて合計すると、1693万円になります。


 これは、これまでで報道等で明らかになった分、ということであります。


 明かでない分を含めると、もっと多いかもしれません。


 また、可能性としては、低いものの、報道各社の報道に誤りがある場合、これより少ないかもしれません。但し、報道を見る限り、議員や派閥の政治資金報告書をもとにした報道のようですので、これより少ない可能性は小さいと思います。


 また、偽装問題で取り沙汰されているからといって、取り沙汰されている企業が必ずしも悪いとは言い切れません。今のところ、警察の捜査が入っていない段階です。


 さらに、献金をもらったからといって、それだけで悪いということもないと思います。献金を通じた議員と企業の間に、よからぬ、関係がないかというところが、問題であると思います。


 ということで、これは、単に自民党派閥と所属議員への献金、およびパーティー券の購入金額の合計額が報道が正しい限り、最低1693万円である、ということのみお伝えするものです。




 ただ、これは、献金が悪いか、個別企業が悪いかどうか、というようなことよりも、自民党という政党が、どういうところとつきあいがあり、どういう性格の政党なのか、ということを、はっきりと説明してくれているように思います。性格としては、こういう党だ、ということだけ分かる、と思います。


 個別の議員が良いか、悪いか、個別の企業が良いか、悪いか、よく分かりません。


 小泉チルドレン。ただのCMのようなものだと思います。有名俳優さんが、企業のCMに出ています。本当の企業とはあまり関係ありません。小野真弓さん、アコムのコマーシャルに出ています。爽やかです。でも小野真弓さんは、アコム、ではありません。(彼女の場合は、社員でもありません)


 本当の企業とは違う、イメージキャラクタが使われます。太蔵さん、とか、佐藤ゆかりさん、とか、よくテレビに写されています。自民党に使われています。たしかに、こういう人たちは、現在自民党所属衆議院議員です。でも、1年生議員ですし、党内でたいしたことはしていないと思います。


 それにひきかえ、園田博之議員(自由民主党政調副会長) (当選7回) 伊藤公介議員(自由民主党住宅土地調査会会長) (当選9回) 上野公成前議員 (元内閣官房副長官)(当選2回 この人は、参議院ですから、12年です。前回の参院選で落選)です。誰が、本当に自民党を動かしているのか、明らかだと思います。本体は、こちらです。こういった、ひとたち、方々が地道に動いているからこそ、自民党が機能しているのだと思います。森派が政治資金パーティーを開きます。そしてこうやってお金を地道に集めて、所属議員に配っているからこそ、自民党は安定して運営されているのだと、思います。


 各議員、派閥への献金とパーティー券購入の詳細は、以下でご覧ください。


 なお、この記事の上に掲げた写真は、単なるイメージで、本物は、一つも含まれていません。上の方に赤く覆ってある下に見える写真は、伊藤公介氏著の「なんてったって小泉純一郎」の巻頭にある、単なる伊藤氏と小泉首相が握手をしている写真です。ヒューザーの小嶋社長などは、まったく映っていませんので、この点誤解のないようにお願いします。




 国民の皆さんの、生命と財産を守る。自●党と皆さんの約束です。民間に出来ないことも民間に。マンション購入は自己責任で。行政責任は、「ありません」。(自●党 directed by 小●●一●)




・ERI社長 自民党森派と森派上野前議員に【計700万円】 ~ 上野前議員に、献金 300万円 森派にも献金100万 森派パー券300万分購入http://plaza.rakuten.co.jp/jyohougen/diary/200511300001/


・イーホームズ社長 自民党吉原都議に【401万円】 ~ 自民党伊藤議員 元秘書の自民党吉原都議に計401万円を献金http://plaza.rakuten.co.jp/jyohougen/diary/200512030000/




・ヒューザー → 自民党森派/伊藤議員【332万円】~ 伊藤議員パー券100万円分購入、伊藤議員に32万円献金、森派パー券200万円分購入http://plaza.rakuten.co.jp/jyohougen/diary/200511280000/




・偽装物件建築主 東日本住宅 自民党伊藤議員に【60万分】~ 伊藤議員パー券60万円分購入http://plaza.rakuten.co.jp/jyohougen/diary/200512040000/




・自民党 園田議員に木村建設 【200万分】~ 自民党議員のパー券200万円分を購入


総計1693万円http://plaza.rakuten.co.jp/jyohougen/diary/200512050003/




■お詫びと訂正 ヒ社→伊藤議員は132万円 ~ 332万円は誤り。200万分は森派パー券購入。




この記事終わり。


 □    □    □    □    □    □


(読売新聞)- 12月2日http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051202-00000001-yom-soci
、によると、次のようです。(私自身による内容要約)


 国土交通相公認の構造計算用プログラムでは、不自然な入力を行うと、計算書にエラーと印字、且つ、大臣認定番号を打ち出さず、ミスを防ぐ仕組み。しかし、ERIや国交省の調査で、出力データは、MSワードなどの一般的ワープロソフトに貼り付けした上で、エラー文字の消去と大臣認定番号の書き込みなどの編集ができることが分かった。


 これ見て、みなさんどう思われますか。


 こんなこと、調べないと分からないのか? 調査、じゃないよな、と思いますけれども。これだと、ミスを防ぐ効果はあっても、意図的偽造はまったく防げないことが分かります。これで防げると思っていたとしたら、地震で、耐震構造計算書偽造されたマンションの居住者が亡くなった場合、業務上過失致死、的なことだと即座に言えるほど、重大なズサンでしょう。


 ワードで、大臣認定番号書き込めるってなんなんでしょう。量販店で売ってる1万円くらいの安いソフトでも、そういう改竄を防ぐ機能のあるものあるような気がするんですが。


 意図的に、改編可能なものにした可能性さえ疑ってしまいます。親しくしている業界の人たちが、すこし甘く作れるようにと。だって、ワードでコピペでしょ。高度なハッキングソフトとかそんなんじゃないですもの。日本ERIが、ソフトの欠陥といいたくて調査と称して、元々知っている編集可能を公表(パラ)して、国交省も「ERI」に公表されたから、知っていたけれども渋々、知らなかったふりをして、自分でも調査したことにして公表、とかいうことではないかと疑ってしまいます。


 ただし、これは単に計算間違い防止用のものだった、という可能性もあるかとは思います。


 しかし、この場合は、ソフトでは意図的偽造のチェックは出来ないのは明かですから、ソフトではなくて、出力されたものを計算も含めてチェックすることが必要なのは、これも明かだと思います。


 だから、そういうことをきちんと担保した検査態勢を整えていなかったとしたら、これはもう業務上過失致死、であって、当然やっているべきことをやっていなかったので、人が死ぬ、人が亡くなる、ということですから、地震で人が亡くなった場合、国土交通省と、政府与党の責任ということになると思います。




 確かに、ヒューザーも、木村建設も、総合経営研究所も、姉歯氏も、イーホームズも悪いでしょう。しかし、今回だけでも5つの組織が悪かった、ということで、悪い奴は、今もいる、昔もいる、この先もいる、ということで、常にいるもので、根絶は不可能です。ゴキブリは、1匹見つけたら100匹いると思えとか。今回ゴキブリが5家族もいたのですから、やたらといると思われます。悪い奴は、人口に対して一定の比率で常時存在します。


 ねづみとゴキブリの根絶はそもそも不可能だとするなら、そういうねづみやゴキブリが、ワードのコピペくらいで簡単に通り抜け、しかも検査も何十物件もフリーで通ってしまうような検査態勢を敷いていたザル国土交通省と、ザル与党に、大勢の人が死ぬかもしれない責任は、あるの明らかだと私は思います


 検査を通してしまった自治体の責任を問う声があります。これは、まったく本質をみない見方ではないかと思います。


 耐震計算偽造 に関するyahooのニュースを検索すると、○○市が検査態勢強化を検討、というようなニュースがいっぱい出てきます。そもそも、これだけ手間のかかる、難しいチェックを、平塚市とか、姫路市、とか、そんなちっちゃなレベルでやっているのか。しかも全国津々浦々バラバラになっているのかと。


 もっと大きな単位で、出来れば一ヶ所でやるようになっているべきではないでしょうか?建築確認申請は山形県の場合で、年間7000件ということですから、数的にあまりまとめるのは無理なのかもしれません。しかし、市役所でやるべきレベルの仕事ではないのではないかと思われます。


 はっきり分かる専門家が数少ない仕事は、出来るだけ一ヶ所でまとめてやらないと、チェックの技術や専門知識が、集約伝承されず、チェックしているのは素人ばっかりになってしまうのは、当たり前だと思います。知識の浅い人が携わるのは致し方ない部分が仮にあっても、詳しい人が常駐している場所であれば、不明点は問い合わせられるし、チェックレベルはまったく違ってくると思います。集約的にやるべきでしょう。少なくともこれからは。


 ほとんど素人であって、時間もない中、分厚い書類を渡されて、自分で、一目見て、これは、全部チェックすることは、はなから不可能、と思いながら任命されたら、そこそこにチェックして、目立つような不備が内限り、通していくより他ないと思いますよ。空想的完全チェック、なんていうことを想定して話しをしてもしょうがないと思います。検査場所を集約する、人を増やす、ソフトを改善する、公的検査のみに戻す、検査期間1ヶ月以上を法定化する等必要でしょう。


 問題は、そういう体制を引いた、政府与党と、国土交通省にあると思います。だいたい、ソフトはザルソフト、検査は小規模自治体まかせ、大臣認定番号は、ワープロソフトで簡単に書き込める、そんな状況の中で、従来役所で、約1ヶ月半かかっていた検査を、2週間で可能なような形で民間に解放したのが一番の問題だと思われます。


 国土交通省は、官僚で、首相や与党は政治家だから別物、なんて違いますよ。指揮命令系統は、首相(自民党総裁)→国土交通大臣(自民or公明)→国土交通省なんですから。




 


 この民営化を推進したのが、小川忠男という旧建設省(現国土交通省)の住宅局長(その後、国土交通省初代事務次官、と思われる。昨年退職済み)で、その陰に、自民党の族議員と業界を含めた三者の癒着があったようです。検査を短くするために、業界が、族議員と官僚に働きかける、という。




 □    □    □    □    □    □


今回、総合経営研究所(所長内河健)、ヒューザー(社長小嶋進)、姉歯氏、木村建設(社長木村盛好)、イーホームズ(社長藤田東吾) が関わった、マンションの耐震強度偽装問題 (偽造構造計算書) 問題、は、


 その本質を一言で表現するなら、

国の敷いた、ザル検査態勢によって、

1000人以上の人が、命の危険にさらされたばかりか、多額の経済的損失

を被った、という事件である。


 マスコミが真っ先にその責任を問うべきは、国(国土交通省と与党自民党)である。


 マスコミがその責任の追究に熱を上げている、ヒューザーや姉歯氏らは、大口開けてその脇腹を無防備にさらし、「ここを突いてください」と言わんばかりなあまりにも分かりやすい検査態勢の欠陥を、ごく原始的な方法で突いたにすぎない。


 もし彼らがやらなくても、別の誰かが、やっていたか、または、今後やる可能性は相当に高い。姉歯氏は、一般的ワープロソフトに、国土交通省公認のソフトの出力結果を貼り付けて、エラー文字を消去したり、大臣認定番号を挿入したりしていたという。 (読売新聞)- 12月2日


 それらしい数字を入力するのは、確かに専門知識が必要だ。しかし、コンビューターでデータをコピーして、ワードに貼り付けて、書き直す、なとどいうことは、今時、小学校2年生でも出来る。ERI社は「姉歯建築士が編集ソフトを巧妙に利用していた可能性は否定できない」と言っているという。笑止である。小学生にも出来る単純なやり方で、偽造できた、というべきであろう。どこが「巧妙」なのか?


 国は、姉歯氏を告発する予定という。これも笑止である。自分こそ、告発されるべきだ。


 姉歯氏やヒューザーが、ひじょうに込み入った、とても通常では考えられない方法で、書類を偽造し、その偽造は、通常の検査では、とても見抜けるものではなかったという必然性が、客観的に認められるのであれば、国の責任は限りなく小さいだろう。


 しかし、今回の事件では、計算結果の数値ばかりか、「大臣認定番号」なるものまでが、ワープロソフトの単なるコピペで、偽造されてしまっているのだ。国土交通省大臣の印章がワードのコピペで偽造されているようなものだ。馬鹿である。


 自治体は、この「大臣認定番号」が入っているから大丈夫だ、と考えたようだ。だから、そもそもこういう紛らわしい、誰でも偽造できる「大臣認定番号」などというものを作ったこと自体が決定的間違いだ。


 国交省は、「認定番号が入っているから、計算を確認しなくてもいい」、というものではない、自治体と民間検査会社の責任だ、と抗弁するかもしれない。しかし、自治体の立場から見れば、「国土交通省公認ソフトで、大臣認定番号が出ているからには計算結果は正しい」、と考えるのも無理からぬところだろう。国交省から、計算が間違っている場合、エラーという表示が出て、且つ、大臣認定番号が印字されない、という説明を受けていたかもしれない。




 まさか、国土交通省公認のソフトが、単なるワードのコピペで、「大臣認定番号」まで書き込めるようになっているという可能性まで、自治体のほうで予見しなければならないのか? 難しい国家公務員I種試験を合格した中央の官僚が、そんなアホな、ザルなことをやっているという可能性まで疑う義務があるのか?


 そして、今回、民間の検査機関が主なターゲットにされたのは、阪神大震災後の建設ラッシュで、マンションの建設にかかる期間を短くしようと考えた業界からの陳情や圧力で、政府が元々役所で1ヶ月半ほどかかっていた検査を2週間でも可能なような形で民間に開放されたことが元々の原因のようだ。


 また、真偽のほどは分からないものの、検査の民間への開放時の決定の背景に、業者と当時の建設省住宅局長との間に、饗応を含む癒着があったと書いている他のブログもある。また、日本ERIを見ても、ミサワホーム、大和ハウス工業、パナホーム、三井ホーム、積水化学工業が、それぞれ3.9%で株主として出資している(日本ERIホームページ→IR情報→株式状況)。 もし、検査機関が株主企業の建築物について、検査する態勢になっているとすれば、このような法案を通した国および国会にも大きな問題が感じられる。


 さらに、国土交通省は、これらの民間検査機関に対して、本来行うべき十分な監督義務の履行を怠ってきていることは、国会でのイーホームズ社長の答弁内容を聞いても明かだろう。また日刊現代は、以下のように書いている。


 『「ヒドイのは国交省も一緒です。偽造発覚前の10月24日、問題の民間検査機関、イーホームズに抜き打ち検査をしていますが、審査体制の不備に気づかなかった。改めて調べたら、イ社が建築確認した10階建て以上のビル98件(500件から抽出)のうち89件が建築基準法に違反していた。何のための検査だったのか……」(国交省事情通)』 日刊ゲンダイ Dailymail Digest 2005年11月29日号


 ネット上で、同種の報道をうまく見つけられないので、真偽のほどが確認できないが、事実だとすれば、国の責任はますます重くなる。


 そもそも、国土交通省が、どのようにして検査の確実性を担保しようとしていたのか?、私は一度も同省が説明しているところや、マスコミから問いただされているところの報道を目にしていない。異常なことである。公認ソフトの出力結果により担保しようとしたのか?、それでは偽造は防げないから、民間検査機関と自治体に、すべての計算結果を検算するよう義務付けたか、または指導依頼したのか?実効性のある検査態勢を敷くとしたら、そのどちらかしかないはずだ。


 恐らくその何れでもないだろう。では、検査を受ける側の良心に期待したのか?。そんな検査はないだろう。国の検査に対する態度についての疑念は深まるばかりである。




 もう一度繰り返したい。今回の事件は、


 その本質を一言で表現するなら、

国の敷いた、ザル検査態勢によって、

1000人以上の人が、命の危険にさらされたばかりか、多額の経済的損失

を被った、という事件である。


 さらに、機能する確認体制なしに、検査を民間に開放したという、国の直接的責任もある。


 休業に追い込まれたホテル等も含め、今回の被害者が国に賠償を求めた場合、なんらかの賠償責任が国に認められる可能性を私は認める。司法が行政に支配されている今の現実がなければ、確実に認められると言いたいところだが、現状では限界はある。しかし、今回の事件の本質的責任は、全きに、国にある、ということについては、私は疑いを入れない、と思う。




 ◆今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。




蛇足


出るは、出るは・・?。疑獄事件に発展しそうな雲行きですね・。三文役者のフライングで、闇にスポットライトが当ってしまった。国民の空爆は止め処も無く・・続く事になりそうだ。??


偽装ではなく、偽詐だ・。

<耐震偽造>鉄筋不足、「姉歯」以外も13棟 70キロ未満 


耐震データ偽造問題に絡み、姉歯秀次・元1級建築士(48)以外の構造計算で、1平方メートル当たりの鉄筋量が70キロを下回る「姉歯物件」並みのビジネスホテルが全国に少なくとも8都府県に13棟あることが、毎日新聞の入手した資料などで分かった。いずれも経営コンサルタント「総合経営研究所(総研)」が指導したゼネコンが施工を担当していた。姉歯氏が手がけて耐震性が基準値の3割未満だった物件よりも鉄筋量の少ないものがほとんどで、事態を重く見た国土交通省は調査を急ぐ。

 ◇総研が指導

 入手したのは、建物の延べ床面積や鉄筋、コンクリートの量などを一覧表にした積算対比表。それによると、うち12棟は木村建設(熊本県八代市)が96年12月以降に施工した7~14階建てのホテルで、九州地方と中国地方の設計事務所が構造計算した。篠塚明・同社取締役(元東京支店長)が衆院に提出した資料中で、鉄筋量が少ないとみられる9棟を含んでいる。

 12棟の1平方メートル当たりの鉄筋量の平均は60.13キロ。国交省の調べで耐震強度が基準値1.0に対し0.26しかなかった京王プレッソイン茅場町(東京都中央区)の63.22キロを大きく下回っている。さらに、うち6棟は50キロ台しかなく、最も少ない九州地方のホテル(11階建て)は51.14キロだった。

 残り1棟は、今年に入って中部地方にSG(総研グループ)会員のゼネコンが施工した11階建てホテルで、関東地方の構造設計事務所が計算しており、鉄筋量は1平方メートル当たり69.55キロだった。

 この積算対比表にある姉歯氏が手がけた偽造確定物件15棟の平均鉄筋量は、1平方メートル当たり63.08キロ。いずれも70キロを下回っていた。姉歯氏は証人喚問で、篠塚氏から「80~100キロを60に落とせと指示された」と証言。表を見た日本建築構造技術者協会の大越俊男会長は「100キロ超の物件が二つしかないが、これが正常のはず。それは問題があるだろう。自分の判断で設計すれば鉄筋量はもっとばらばらになるはずで、何か目標値に当てはめて作ったものではないか」と話している。【大平誠、西脇真一】


(毎日新聞) - 12月17日3時10分更新

2005年12月17日朝日新聞


木村建設物件の設計2社が偽装否定 塩見と中山構造研


木村建設が手がけ、姉歯秀次元建築士以外が構造設計をした建物の中に鉄筋の量が少ないホテルが14棟あり、国土交通省が調査を指示している問題で、このうち6棟を担当した広島市の設計会社「塩見」が17日に記者会見し、「不正行為は全くない」と表明した。この問題ではやはり6棟を請け負っている熊本市の中山構造研究所も朝日新聞の取材に偽造を全面的に否定している。


 14棟の構造計算を担当した設計業者は計4社。両社のほかに二つの業者が1棟ずつ構造計算している。


 塩見の難波清孝社長は同社が柱の代わりに耐震壁を使う手法を採用しているとし、「鉄筋量が少なくても安全性は保たれている」と強調した。


 中山構造研究所は偽造や耐震強度不足を文書で強く否定し、「バランスのとれたデザインにすれば耐震強度を満足する建物が(1平方メートルあたりの鉄筋量)60キロ程度でも設計できる」と説明している。姉歯元建築士については「勉強不足の建築士がきちんと検討されている合理的な設計の結果をまねしただけ」と批判した。



基準値の2割でよく言うよ??


蛇足


何処を弄れば、耐震強度があがるのか??己の構造設計では重力で建っているに過ぎないのではないか??横揺れ縦揺れの地震ではただの砂上の楼閣だ・・。コンクリートなどただの泥に戻る・。鉄筋は申し訳程度では洒落にもならんですたい。ここらの厚顔無恥に比べたら、姉歯の方が正義の味方に見える・。






株主様並びに取引様各位

(株)塩 見

代表取締役 難波 清孝

構造計算書の偽造報道に関する報告



弊社は、構造設計及び耐震診断業務で年間約23億(平成16年度)の売上をしている国内大手企業です。多くの取引先があり、その中に現在、報道されております平成設計との取引もありましたが、当社が担当致しました物件については、建築基準法に則って構造計算書を作成しており、何ら違法行為はしておりません。

現在、建設会社やデべロッパー様より既存マンション等の構造検討業務の依頼を頂き、業界では信頼の高い会社として好評を頂いております・

尚、一部報道機関において弊社が総研グループの一員であるかの誤解を招く様な組織図が公表されておりましたが、その様な事は事実無根であり当該報道機関に厳重に抗議いたしました。

 株主様並びに取引先の皆様方に多大のご迷惑とご心配をお掛け致しましたがご安心くださいませ。


蛇足


ステークホルダーだけに謝っても、詮無いことだ・。こんな態度では業界に波及するのは眼に見えている。



追及

<耐震偽造>証人喚問「追及が甘い」 自民党に抗議殺到


 衆院が14日行った耐震データ偽造問題をめぐる証人喚問で、自民党本部に「姉歯秀次元1級建築士らに対する追及が甘い」などの抗議が殺到している。14~15日で数百件。久間章生総務会長は15日の記者会見で「矛盾点、問題点にきちんと迫るというやり方を本来すべきだ」と苦言を呈した。


スメルマン | 渡辺具能とかいう自民党のタコ議員から・・


http://floom22.blog13.fc2.com/blog-entry-148.html


自民党渡辺具能衆議院議員


本会議でテトリスに夢中)。

衆・本会議中に携帯電話ゲームをした問題で自民・渡辺議員が謝罪(
WWW.NNN24.COM




昭和16年生まれ


議員が審議中にテトリスを遊ぶ、自民党 渡辺議員

“自民党改革派として改革を志す同志たちと力を合わせ、日本の未来のため責任ある政治を命を賭けて実行する!”と立派な宣言をしたのにも関わらず、国会審議中に携帯ゲームのテトリスに没頭していた渡辺大先生!テトリスに命を賭けちゃ駄目ですヨ!

“政治家の自己保身劇に国民が呆れている”と嘆いていたくせに、公共事業の入札の際に談合を行った疑いが持たれている複数の地元企業からン十億円にものぼる献金を受け取って当たり前のような顔をしていた渡辺大先生!(ソースA
http://web.archive.org/web/20040303003546/http://www.373news.com/2000picup/2003/02/picup_20030228_1.htm
・ソースB


http://64.233.167.104/search?q=cache:g5VX8caXpfIJ:www.ne.jp/asahi/ombuds/fukuoka/saisin.html+%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E5%85%B7%E8%83%BD++%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%B3%B6%E5%B7%A5%E4%BA%8B&hl=ja
・ソースC


http://jcp-nihi.web.infoseek.co.jp/200404kouwankouji-yutyaku.htm
)。国民が呆れているのは、まさに貴方のような政治家だと思いますヨ!

“不健全なゲームが青少年の心を蝕んでいる”と憂慮して、青健法案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1591336.htm
の成立に臨んでいる渡辺大先生!どうやら大好きなテトリスしか健全なゲームだと認めていないようですヨ!



蛇足


さすがは、国交省出身(運輸省港湾技術研究所長) は、やる事が違う・


2005年7月、郵政民営化
法案の衆議院決議に於いて法案に不備があるとして棄権した。2005年12月、構造計算書偽造問題
における元建築士の証人喚問に於いて、偽造設計の具体的解説等の技術的セソスある質疑を展開するなど、既に知られている内容を延々と話して証人から貴重な情報を取得する時間を浪費した(持ち時間42分の質疑のうち、証人が発言した時間は計約7分)。翌日、2005年
12月15日
の関西圏のローカル放送関西テレビ
14:00~15:30放送の2時ワクッ!
では、木曜レギュラーの浅草キッド
が同氏に対して「渡辺無能」「渡辺不能」と言い放ち問題となっている。当選させた選挙民の責任も今後問われるであろう。




きっこの日記からhttp://www3.diary.ne.jp/user/338790/



■2005/12/14 (水) 馬淵議員VS内河健 1


紅白歌合戦よりも、遥かに視聴率がいいと思う国会の証人喚問の生中継だけど、残念ながら平日の昼間だったので、あたしは最初の40分くらいしか見られなかった。それで、アトは3倍速で録画して、そのままお仕事に行って、帰って来てから、お茶をいれて歌舞伎揚げを用意して、さっそく巻き戻しして見た。で、今、長い長い録画をやっと見終わったんだけど、まずは、それぞれの証人に対するあたしのヒトコト感想から。


 姉歯秀次(元1級建築士)


構造計算書の偽造問題よりも、髪の毛の偽造問題のほうが重要だと思ったのか、ロクヨンだったヅラの分け目が、今日はシチサンに変わってた。それも、向かって右側にあったハズの分け目が、左側に移動してて、あまりにも不自然だった。だけど分け目が変わっても、相変わらずエリアシの部分が浮き上がってて、例の「離陸寸前のジェット機」みたいになってた。


 木村盛好(元木村建設社長)


前回に引き続き、天然ボケ炸裂で、人のいいおじいちゃんを演出してたけど、ここまでボケられると、アメリカ産の牛肉でも食べたんじゃないかって心配になって来る。


 篠塚明(元木村建設東京支店長)


髪の毛に関しては姉歯よりも数倍イサギイイんだけど、それ以外の部分については、誰よりも往生際が悪い。だけど、往生際も悪い上に生え際も無いから、単なる電球にしか見えなかった。国会までのタクシーの中で必死に打ち合わせしたことを木村盛好が忘れちゃって、ポロポロとヤバイことを言っちゃいそうなので、木村盛好に質問が向けられるたびに、ハラハラしながら目クバセをしてたのが印象的だった。嘘ばかりついてノドが乾くのか、ヤタラとお水を飲んでいた。


 内河健(1級ペテン師)


昔から、ペテン師ほどペラペラと良くしゃべるって言われてるけど、今日の内河健は、まさしくその通りだった。現在、入院中で面会謝絶だとは思えないほどの元気ハツラツぶりで、カン高い昆虫チックな奇声を張り上げてた。だけど、聞かれてることにはマトモに答えず、論点をすりかえたトンチンカンな自論を展開しまくり、まるで、お得意のインチキ洗脳セミナーを開催してるみたいなイキオイだった。でも、饒舌になればなるほど嘘つきだってことが露呈して来て、中継を見てた全国の人たちが、このキリギリスみたいな顔したクソジジイこそが、今回の悪質極まりない詐欺事件、殺人未遂事件の黒幕だったってことを確信したことだろう‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


■2005/12/14 (水) 馬淵議員VS内河健 2


‥‥そんなワケで、今日の証人喚問を最初から見てた人の多くは、「自民党の議員たちって、何でこんなにバカばっかりなの?」って思ったハズだ。自民党は、誰よりも長い時間をタップリともらっていながら、今さら聞く必要なんかないこと、すでに週刊誌などで報じられてるようなことをクドクドクドクドと繰り返してるだけで、屁の役にも立たなかった。一番最初に姉歯に質問をした自民党の渡辺具能(ともよし)なんて、名前の「具」って字を「低」とか「無」とかに替えてやりたいと思うほどのお粗末さで、誰でも知ってる周知の事実を得意満面に大演説し続けただけで、ロクに質問もしないで40分もの持ち時間をすべてムダにしてた。これって、自分たちの親分に火の粉が降りかからないようにするための時間稼ぎじゃないの?って思えるほどだった。それで、あまりにも怪しいと思って調べてみたら、この渡辺具能って、コイズミの大親友にしてニポンイチの変質者、山崎拓の愛弟子だった。なるほどね、そう言うことか(笑)


まあ、コイズミの側近中の側近、伊藤公介をはじめ、伊藤の元秘書で自民党の都議の吉原修も、ヒューザーの小嶋進とベッタリ癒着してるし、園田博之や上野公成など、ヒューザーや木村建設、イーホームズや日本ERI株式会社などと癒着してる自民党議員はアトを絶たない。自民党、特に森派には、今回問題になった建設会社から献金を受けてる議員が勢ぞろいしてるから、今さらアセッて献金を返したところで、その癒着の構図は隠せない。だから、この癒着の構図を解明しなければ、ホントの意味での全貌は見えて来ないだろうし、すべてが明らかになれば、2年前の「今宿ダイアパレス事件」の時に、日本ERI株式会社に根回しをした自民党議員の名前も明らかになるハズだ。そう考えれば、今日の証人喚問で、たくさんの持ち時間をもらった自民党議員たちが、次々に無意味なパフォーマンスを繰り返して、ことごとく時間をムダにしてた理由も分かるだろう。


■2005/12/14 (水) 馬淵議員VS内河健 3


‥‥って言うか、民主党の三日月タイゾーとか言う議員も、声だけは低くてシブイんだけど、「‥‥‥‥なぜ‥‥‥‥あなたは‥‥‥‥鉄筋を‥‥‥‥」なんて、オペラみたいなしゃべり方をしてて、まるで、牛歩戦術をやってるみたいだった。民主党の議員なのに、何で自民党を助けるようなことをしたんだろう? 「タイゾー」って名前が悪いのか、それとも、あるある探検隊でオナジミの「レギュラー」の気絶しちゃうほうの人みたいな顔してるのが悪いのか、これほど使い物にならないヤツも久しぶりに見た。三日月タイゾーの持ち時間をあたしにくれたなら、百万倍くらいのすごい質問をサイボーグ・クロちゃんのガトリング砲のごとく連射して、ドイツもコイツもカタッパシから撃沈してやったのに‥‥。


‥‥そんなワケで、あまりにも使い物にならない税金ドロボーたちの茶番劇によって、あたしのイライラがレッドゾーンを振り切ろうとしてた時に、ようやく、前代未聞の1級ペテン師、総合詐欺研究所の内河健が登場した。どこも悪くないのに、聖路加病院の最高級の個室に緊急入院して、今日の証人喚問をバックレル作戦でいたクセに、弁護士から「出ないとよけいにマズイことになる」って助言されて、急きょ出席することにした内河健。そして、事前に弁護士と、「姉歯とのことを聞かれたらこう答える」、「離婚のことを聞かれたらこう答える」って、綿密な打ち合わせをして、余裕マンマンで臨んだってワケだ。


そして、せっかくのボスキャラ登場だって言うのに、またまた自民党議員たちのマト外れなアホ質問の連発で、貴重な時間がどんどんムダに過ぎて行った。内河健は、不勉強な自民党議員たちをアザ笑うかのように、次々に論点をすりかえて、デタラメな欠陥工法の解説まで始めちゃう始末。吉田六左ェ門とか言う、沖縄のシーサーみたいな顔した自民党議員なんて、「ウチカワ」のことを「ウチムラ」って言ってみたり「カワウチ」って言ってみたり、証人の名前すらマトモに言えなくて、質問どころの騒ぎじゃなかった。他にも、自民党議員のノーナシぶりは全開で、「総研ビーエイチ企画」のことを「総研エイチビー企画」って言ってみたり、あまりにも不勉強、準備不足で、長い持ち時間をすべてムダにしてた。


■2005/12/14 (水) 馬淵議員VS内河健 4


だから、自民党議員の質問時間は、もはや内河健の独壇場で、口先だけで多くの人たちを騙し続けて来たペテン師の本領発揮って感じになった。唯一、自民党議員のひとりが、「朝倉育英会」と「奥村眞吾」の名前を出してくれたとこだけは「おおっ!」って思ったんだけど、それだって、ただ名前を出しただけで、ぜんぜんツッコミを入れなくて、そのまま尻切れトンボで終わっちゃった。それだったら、分かりきってる質問なんかに長い時間を割かないで、この「朝倉育英会」と「奥村眞吾」のネタだけで持ち時間をぜんぶ使ってくれれば、コイツラのバックの自民党議員の名前が出て来たかも‥‥‥‥あっ!そうなったら自分たちが困るから、ワザと持ち時間が終わるギリギリに名前を出したのか(笑)


‥‥そんなワケで、くだらない自民党議員たちの消化不良な質疑が終わり、やっと、今回の問題を唯一マトモに調査してくれてる民主党の馬淵澄夫議員が登場した。馬渕議員は、早い時期から内河健の悪事を徹底的に調べてたし、今日の木村建設に関する質疑でも、大嘘つきの篠塚明なんかには目もくれず、ポロポロとホントのことをしゃべっちゃう木村盛好ばかりに質問を浴びせて、「平成設計は総研の仕事に関しては100%総研の言いなりでした」って言うオイシイ証言を聞き出してた。そして、この点だけを聞き出すと、スッと身を引いたから、こりゃあ完全に馬淵ミサイルの照準はすべての黒幕、内河健ひとりに向いてるな!って感じて、あたしはワクワクして来た。


そして、いよいよ、馬淵議員VS内河健の対決が始まったんだけど、病室で弁護士とコッソリ作戦会議をして来ただけの内河健の付け刃と、膨大な時間を掛けて徹底的に調査、裏づけを重ねて来た馬淵議員とでは、最初から勝負は見えていた。口先だけのデタラメと知らぬ存ぜぬのオトボケで、必死に逃げ回るペテン師は、二重にも三重にも証拠を用意して来た馬淵議員の作戦によって、ジワジワと追い詰められて行く。その上、いくら優良コンサルタントの仮面をかぶってても、姉歯が関わった物件のことを「姉歯が噛んだ物件は」って言ってみたり、全国にいる自分の手下が持って来た地主のことを「拾ってきたネタを」って言ってみたり、言葉のハシバシに悪徳企業の独裁者としての顔が見え隠れしてた。きっと普段から会社でも、「おい!姉歯が噛んでる物件の書類は破棄しておけよ!」とか、「お前の拾って来るネタはウマミが少ないからな!」とか言ってんだろうな(笑)


■2005/12/14 (水) 馬淵議員VS内河健 5


そして、馬淵議員の追及の手はゆるむことなく、次々に新しい手札を出して、さらにペテン師を追い詰めて行った。それは、まるで、プロ棋士の将棋を見ているようだった。そして、質問のたびに二転三転してた内河健のイイワケは、ついに逃げ場を失い、将棋で言えば「詰み」、チェスで言えば「チェックメイト」って感じになった。逃げ場を失ったキリギリスは、見たことがないワケのない自分の会社の書類やファクスなのに、「今初めて見ました」なんて言う見え見えの大嘘をつくしかなくなったのだ。


これで、このペテン師がすべての黒幕だったってことは、ニポン全国へ生中継されたってワケで、あたしが11月23日の日記、「本当の黒幕は?」で、「総合経営研究所」と「内河健」の名前を挙げてから、わずか3週間と言う短期間で、本来は絶対に逃げ切るハズだった元凶を吊るし上げることができたのだ。奇しくも今日は12月14日、赤穂浪士の討ち入りの日だ。こんな日に、自民党とベッタリ癒着してるペテン師のひとりに鉄槌を加えることができたのは、これもヒトエに、色んな情報を提供してくれた多くの協力者や、コイズミの圧力に屈せずにギリギリのラインで報道し続けてくれたマスコミ各社、そして何よりも、寝る時間を削ってまで徹底的な調査を続けてくれた馬淵澄夫議員のオカゲだろう。


それにしても、今日の馬淵澄夫議員、いや~~~~~~! ホントにかっちょ良かったぁ~~~~~~! あたしゃ思わず拍手しちゃったよ! まるで、刑事コロンボとか古畑任三郎とかが、最後に犯人を理論で追い詰めてくシーンを見てるみたいで、次々に突きつけてく証拠によって、饒舌だった内河健の口数が減って行き、口元がプルプルと小刻みに震え始めた時には、手に持ってた歌舞伎揚げを思わず握り潰しちゃったほどだ(笑)


■2005/12/14 (水) 馬淵議員VS内河健 6


どんなドラマを見るよりも、ドキドキして楽しかった馬淵議員VS内河健のタイマンだったけど、これですべてが終わったワケじゃなくて、ここからがスタートなのだ。今後は、内河健を刑務所にブチ込むために、総研の取締役、「四ヶ所猛(しかしょたけし)」を証人喚問しなくちゃならないからだ。何しろ、今日の馬淵議員の質問に対して、内河健は、「四ヶ所は一応は1級建築士ですが、今のコンピューターを使った計算はできないし、実際には構造のことなど分からないのです」って答えてた。だけど、12月3日の日記、「そうです、変なおじさんです(笑)」で紹介したけど、これが、事件発覚後にソッコーで削除された総研のホームページに書いてあった四ヶ所猛の紹介文なのだ。


「四ヶ所猛」 チーフ・コンサルタント 総合経営研究所取締役


「大手ゼネコンを経て長年複数の会社の役員として経営に参画し、優れた技術手法で優秀な企業を育て上げた実績を持つ。実施工に極めて強く、構造にも識見の高いものを持っている。指導企業では素人を型枠大工、躯体工に仕立て上げるなど地道な活動も目立つ。設計企画面も強く、特に近年は開発新技術等について国内業界の第一人者と目されている。」


‥‥そんなワケで、消された総研のホームページによれば、四ヶ所猛って男は、「実施工に極めて強く、構造にも識見の高いものを持っている」だの「設計企画面も強く」だのって紹介されてる「国内業界の第一人者」なんだそうだ。コレって、今日の内河健の発言とぜんぜん違うじゃん!‥‥てなワケで、NHKは、紅白歌合戦なんか中止にしちゃって、大晦日の夜に、内河健と四ヶ所猛の「ダブルたけし」による証人喚問の生中継をやったほうが、絶対に視聴率を取れると思う今日この頃なのだ(笑)




まぶちすみお日記から


No.201 内部告発者の苦悶

 党のアピールにもつながるとのことで、連日のマスコミ報道に求められれば、出演を重ねる。
しかし、14日の証人喚問を前にして、「内部事情に詳しい」関係者からの事情聴取や資料提供をお願いしている関係で、マスコミの求める「新事実のチラ出し」はなかなか難しい。しかし、そこはマスコミの皆さん、そうは言っても果敢にアプローチをされてくる。それ自体、お仕事と理解しているので別に気にはならないのだが、露出が高まり「新たな事実判明か!。」みたいな期待をあおる報道となると、お願いしている関係者の方々へのプレッシャーが相当に高まるようでもある。今日も、帰寧中の新幹線で、携帯が鳴る。やはり、出せませ...、の連絡。そうか、難しいか...。内部告発者ももはや、外堀埋められて炙り出されかけているようだ。無理ないわな。逆に守ろうと必死の側は、内部の人間から洗い出すわな。しかしまぁ、おしいなぁ、証拠があるのわかってるのに。しかたない。やれる範囲で、全力尽くす以外にない。そういえば、今日もサンプロの最後に、田原さんから「新たに政治家の名前が上がってきますか?!。」と聞かれ、苦笑いしてたら、「やっぱり。今は、言えませんか?。」とニヤッとされた。言えんわ。さすがに...。


http://www.mabuti.net/html/fuekijuku/index.html
まぶちすみお




■■ニュース  木村建設施工のホテル、姉歯以外の9棟も鉄筋量不足か


 耐震強度偽装問題で、「木村建設」(熊本県八代市、破産手続き中)が施工したホテルのうち、姉歯秀次・元1級建築士(48)が構造計算に関与していない9棟のホテルで、鉄筋使用量が「姉歯物件」並みに少ない可能性があるとして、国土交通省は15日、実態解明に乗り出した。


 木村建設が施工した物件の構造計算は、姉歯元建築士以外、特定の2、3社に集中していることから、同省では、木村建設関係者からの聴取と並行して、これらを含む設計事務所数社からも事情を聞く。


 ホテル9棟の強度不足の疑いは、14日の衆院国土交通委員会で証人喚問された木村建設の篠塚明・元東京支店長(45)が提出した内部資料から浮上した。1996年12月~04年11月にかけて着工したとする31棟のホテルの「積算対比表」で、各ホテルの階数や床面積などのほか、1平方メートル当たりのコンクリート使用量や鉄筋量を記載している。


 個々のホテル名と、姉歯事務所以外の構造設計担当者名は黒塗りされているが、姉歯元建築士が構造設計した14棟は、1平方メートル当たりの鉄筋量が59・2~102・5キロで、大半が70キロ以下だった。


 これに対し、姉歯事務所以外が構造設計を担当し、すでに完成しているホテルは14棟。このうち、98年11月に着工したとされるホテルなど2棟の鉄筋量は、最も鉄筋量の少なかった「姉歯物件」を下回っていた。


 構造設計の専門家によると、10階建て程度のホテルであれば、通常、鉄筋量は1平方メートルあたり90~110キロなければならず、「70キロ以下は常識外の数字」だとしている。


 14日の証人喚問で篠塚元支店長は、「鉄筋量などのコストダウンは姉歯元建築士以外にも求めていた」「会社として1平方メートル当たり70キロ以下でやってもらっている」などと証言。この証言通り、積算対比表では、鉄筋量が70キロ以下で、建築基準法の定める耐震強度を下回る可能性のあるホテルが、「姉歯物件」以外にも9棟列挙されていた。


 同省では、木村建設が施工し、姉歯元建築士の関与が不明な169棟をリストアップし、関係自治体を通じて耐震強度不足の建物がないか調査している。当初、調査結果の報告期限は今月26日としていたが、「対比表」に挙げられたホテルの特定を急ぎ、耐震強度が不足していないか、緊急調査することにした。同省幹部は「実際に耐震強度不足のホテルが建っていたら、大変な事態。実態解明を急ぎたい」としている。

(読売新聞) - 12月16日10時56分更新



蛇足


追及が甘いと渡辺自民党議員以下は新聞に書かれる始末・・身に脛に傷持つ御仁では・。国交省当時から何も目立たない性格で来ましたが・。テトリスで遊んでいる認知症のようなお姿では・・追及などできる訳がございません・。自民党の底上げ議員の資質がバレバレになってしまった。それに引き換え、民主党の新人にして、ボディビルマンのシュワちゃん以上に頭も行動も体でも「カカッテきなさい!」がビシビシ出ています。名を上げるとは、こういう風にするもんだ・不能さん。追及は本丸に到達する事で効果抜群になるのです・。仲間ではできんか???

勝手な言い分・。

アジアの真実http://blog.livedoor.jp/lancer1/



・中国は歴史上一度も他国を侵略したことはない ~嘲笑に値するその発言~ 


前原民主代表の「軍事力脅威」発言に反論:毎日

 民主党の前原誠司代表が中国の軍事力について「脅威を感じる」と述べたことに対し、中国の秦剛外務省副報道局長は13日の記者会見で「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」と反論した。秦副局長は「昨年の中国の軍事費は256億ドルだが、日本はその約1.62倍だ」と強調した。


弁明する発言が出ていますが、その内容がおもしろいです。過去に何度か聞いたことがある言葉ですが、「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」非常に面白い冗談です。歴史上と言っているのは、第二次大戦の終結後、現在の共産党国家ができてからと捉えて歴史年表を紐解いて見ると・・・

------------------------------------------------------------

1949年 ウイグル侵略

1949年 東トルキスタン占領

1950年 朝鮮戦争参戦

1951年 チベット侵略(チベット大虐殺)

1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領

1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突

1979年 ベトナム侵略(中越戦争)

1992年 南沙諸島と西沙諸島を軍事侵略

1995年 フィリピン領ミスチーフ環礁を軍事侵略

2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘

------------------------------------------------------------

 この他にも、細かいのを数えればいくらでもあります。いったいどの国が歴史上一度も他国を侵略したり、殺人をしたことがないのでしょうか?”他国に対しては”と枕詞を付けていますのが、国内に対しても一貫して武力や弾圧によって自国民も数千万という単位で静粛しています。中国は第二次大戦後、一貫して武力で領土拡張を繰り返し、主な紛争をことごとく武力で解決してきた、恐るべき国家です。そしてその覇権主義は近年ますます顕著になってきています。

 また、軍事費についても”日本の方が多い”などと言っているようですが、中国の軍事費は透明性がなく、実際は公表額の3倍以上とも言われており、日本や米国はその透明性を要求しているのです。それに対し、自国の過小申告の数字と日本の数字を比較しても何の説得力もありません



あの国とかを観察blog


http://suzuhito.blog5.fc2.com/blog-entry-13.html


チベット批判は内政干渉~中国外務省

 中国外務省の秦剛副報道局長は1日の記者会見で、チベット自治区の独立運動を 封じ込めている中国の姿勢に海外から懸念の声が上がっていることについて「中国 の内政問題で、いかなる国家、個人の干渉も許さない」と述べ、一切受け入れないと の姿勢を示した。


 また「チベット人民は中国憲法によって与えられた各権利を十分に享受している。公 正、客観的な立場に立つ人なら、こうした事実を認めるべきだ」とし、チベット政策は順 調に推移していると強調した。


http://www.sankei.co.jp/news/050901/kok094.htm


他国には内政干渉しまくりで自分はダメとは

頭に蛆でも湧いてんのかなぁ?

そのチャイナがひた隠しにしている問題がこれね

こんなことやってる国が常任理事国やってるとは世界の7不思議


平和の祭典オリンピックが開かれるなんてまさに奇跡





蛇足


マレーシアの中国系新聞も「中共は他国を侵略した事が無い、平和な国家だ・・」と寝ぼけた事を喋っていた。まあ、ニュース23だから、当てには為らないが・。盗み取った国なので・・ファシズムと呼ばれてもしょうがないな・。


これまで歴史上に現れたファシズム国家は次のような共通点を持っている。今の中国の情勢はどうであろうか。


1)強力な国家主義が継続する。

2)人権を認めることに対する軽蔑。

3)敵またはスケープゴートを明示することで、求心力を得ようとする。

4)軍隊が何物にも優る力を持つ。

5)性差別がいたるところで見られる。

6)管理されたマスメディア。

7)国家の安全に対する固執。

8)宗教と政府の密接な関係。

9)企業が保護される。

10)労働側は抑圧される。

11)文化人や芸術家の蔑視。

12)犯罪とそれに対する刑罰への固執。

13)えこひいきと汚職がはびこっている。

14)選挙結果を工作する。




前原代表に強い風当たり 鳩山、菅両氏が相次ぎ苦言

2005年12月15日20時57分http://www.asahi.com/politics/update/1215/006.html


 民主党内で前原代表への風当たりが一段と強まっている。


 鳩山由紀夫幹事長は15日の記者会見で、前原氏が米国での講演で中国の軍事力を「現実的脅威」とした点について「先制攻撃はしないというのが中国の方針だ。その意図も考えれば、党の方針ではそのような(現実的脅威という)考えは取っていない」と語った。


 鳩山氏は同日、前原氏に電話し、講演前に内容を小沢一郎、菅直人両氏ら党内の有力議員に説明すべきだったと忠言したことも明らかにした。前原氏は「これから配慮します」と答えたという。


 また、菅氏は14日付の自身のホームページで「昨今の言動が、自民党との差がなく、二大政党としての存在理由が無くなっているという多くの人の指摘に、前原代表自身、真摯(しんし)に耳を傾けてもらいたい」と指摘した。


 その前原氏は15日、沖縄を訪ねて稲嶺恵一知事や岸本建男名護市長らと会談。那覇市での記者会見で訪米、訪中の成果が上がらなかったことを指摘されると、「日本の国会議員として日本の国益に照らした発言をし続けることは、与野党にかかわらず重要なことだ。小泉さんは議論すらできない。(首相と)同列視されるのは筋違いだ」と不快感を示した。



蛇足


中国様に文句を言えばこの通り苦言など・・どっちに顔を向けているのやら・。鳩山・菅・小沢の中国利権組にとっては眼の上のタンコブですが・・国民は前原を応援してますけど・。

甘く無いで・

きっこの日記からhttp://www3.diary.ne.jp/user/338790/


2005/12/12 (月) ムカツクお知らせ!


煮ても焼いても食えない前代未聞の守銭奴クソジジイ、内河健が、アサッテの国会の証人喚問をバックレルために、ナナナナナント! 今度は、どこも悪くないのに「仮病で入院」して、最高級の個室で「面会謝絶」だと!

ここまでナメられても、行政は指をくわえて黙って見てるだけなのか?



誰か、病室まで行って、首ねっこをつかまえて引きずって来ーーーーーーい!!


捕らぬジジイの皮算用 1


12月7日の国会の参考人招致を仮病でバックレたクセに、翌日の8日には、ナナナナナント! 奥さんと離婚をしていた内河健って、ホントにマレに見る守銭奴クソジジイだ。ここまで自分の犯罪がオオヤケになり、今後、自分に対する莫大な損害賠償が起こることを想定しての行動だってことは一目瞭然だ。つまり、損害賠償が起こる前に離婚をして、自分の財産を慰謝料の名目ですべて奥さんに渡しておくってスンポーなのだ。内河健の個人資産は、概算でも100億円を超えると言われていて、このまま捜査が進み、内河健本人の責任が立件されれば、資産の差し押さえも十分に考えられる。そのための対策が、今回の「偽装離婚」なのだ。



何しろ、こんな状況下で、大慌てで離婚することも不自然だけど、何よりもおかしいのは、離婚した奥さんはどこへも行かずに、離婚後も今まで通りに、同じ家で一緒に生活して行くって話なのだ。ようするに、完全に「書類の上だけの離婚」であり、実際には、今までの生活と何ひとつ変わらない。ただ、ひとつだけ大きく変わることは、内河健の莫大な財産のほとんどが奥さんの名義に変わり、誰も手を出せなくなるってことなのだ。相続と違って、離婚に関する慰謝料ってのは、それが何億円でも何十億円でも、1円の税金も掛からない。つまり、内河健は、1円も課税されずに、莫大な自分の資産を守ることができるってワケだ。サスガ、守銭奴!どこまで腐りきったクソジジイなんだろう。



内河健は、全国に200棟以上もの欠陥ビジネスホテルを建てたと言う前代未聞の詐欺事件の黒幕だから、今後、すべてのホテルオーナーたちから損害賠償の民事訴訟を起こされることは必至だ。そのために、総合経営研究所のブレーンである「奥村税務会計事務所」の奥村眞吾が、内河健に入れ知恵したことは誰の目にも明らかだと思うけど、「偽装離婚して財産を奥さんの名義にする」って言う、あまりにも見え見えだけど誰も手を出せなくなるヒキョウ極まりないコソクな手段に出た今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


捕らぬジジイの皮算用 2


‥‥そんなワケで、これまでさんざん悪事を働いて来たクセに、テメエラの犯罪が明るみに出たトタンに、必死に自分の財産を隠しまくる守銭奴どもって、ホントに今すぐに地獄に堕ちて欲しいと思うくらい醜いクズ野郎ばかりだけど、今回の事件が発覚した当初は、内河健は、まだノンキに構えてた。つまり、自分のところまでは来ないだろうってタカをくくってたのだ。それでも、自民党のクズ議員どもや外務省のクズ官僚どもに対する「献金リスト」など、表に出るとマズイコトになる書類の数々は、トットと海外へ持ち出したけど、資産に関してはノータッチだった。だけど、早い時期から根回ししてたコイズミの側近たちが、思ったほど動いてくれなかったどころか、コトの重大さを察知して、すぐに自分たちの保身に回っちゃったもんだから、内河健としては、自分の身は自分で守らなくちゃいけなくなった。ようするに、これまでずっと癒着して、お互いに甘い汁を吸い続けて来た政治家と企業なのに、その悪事がバレたトタンに、お互いに自分の保身しか考えなくなったってワケだ。



地元で幅を効かすヤクザの親分と手を組んで、庶民を騙してお金を巻き上げ続けて来た越前屋が、何で今まで捕まらなかったのかって言うと、それは自分とベッタリくっついてる悪代官に「黄金色の贈り物」を欠かさなかったからだ。悪代官は、ワイロをもらう見返りとして、越前屋に有利なように法を作ってやったり、庶民からの訴えがあっても耳を貸さなかったりと、そこには絵に描いたような薄汚い癒着の構図があった。これは、「水戸黄門」でも「遠山の金さん」でも、どんな時代劇にでも出て来るオナジミのパターンだけど、時代劇の場合には、番組の最後、10分くらいのとこになると、黄門様や金さんなど、必ず正義の味方が登場して、越前屋も悪代官もヤクザの親分もぜんぶマトメて捕まえてくれる。だけど、黄門様も金さんもいない現実の世界では、越前屋は自分の財産をトットと隠し、悪代官は越前屋との癒着の証拠をトットとインペイし、越前屋の手足となってオコボレに預かって来たヤクザの親分はトットと逃げちゃって、アトに残されたのは騙された被害者だけってワケで、結局は庶民だけが泣き寝入りするって言う図式なのだ。


捕らぬジジイの皮算用 3


‥‥そんなワケで、内河健に限らず、今回の事件の加害者どもは、ドイツもコイツも資産隠しに余念が無い。真っ先に自己破産の手続きをして、自分だけ逃げようとした木村建設の木村盛好は、本名が「李盛好」って言う韓国人なんだけど、韓国に建てた高級マンションにサクサクと資産を運び出し、親戚とかも韓国へ引越しさせて、すでに韓国で生活する準備も終わってるのだ。だから、木村建設の倒産のトバッチリを受けて連鎖倒産した数々の下請け業者や、100人以上の債務者たちが死ぬほどの苦しみを味わってるって言うのに、数え切れないほどの欠陥マンション、欠陥ホテルの建設に加担してた木村盛好は、老後は韓国の高級マンションで、何の不自由も無い悠々自適の生活を送るって作戦なのだ。



これは、木村建設の木村盛好に限らず、窪田建設しかり、豊国建設しかり、ようするに、総研の手足として大掛かりな詐欺事件に加担して来た悪質な建設会社は、どこでも似たような資産隠しをしてるってことだ。何しろ、何億円もの建設費のビジネスホテルが欠陥だったと言うことは、建設費の弁済のみならず、広告に掛かった費用や休業中の売り上げ、従業員たちに対する弁済なども当然生じるワケで、たった1社から訴えられただけでも、中規模の建設会社など一発でフッ飛ぶだろう。それを何棟も建ててたってことは、どう考えたって倒産は免れられない。そんな状況下で、こう言った人間のクズどもが考えることは、被害者のことじゃなくてテメエの財産のことだろう。



‥‥そんなワケで、総研の悪事に加担してた全国の数え切れないほどの建設会社の社長たちは、被害者たちの手の届かないところで、今、必死になって、自分の財産を誰かの名義に変えてみたり、海外に持ち出してみたり、ゴールドプレートに代えてトイレのタンクの中に隠してみたりと、まるでドリフのコントみたいなドタバタ茶番劇を繰り広げているのだ。そして、そんな現実には目も向けず、相変わらずのんびりしてるのが行政ってワケだから、あたしとしては、せめて14日の証人喚問では、内河健に対して、「あなたは12月8日の国会の参考人招致を仮病でバックレたクセに、翌日の9日に大慌てで奥さんと離婚したのは、財産隠しのためですか?」って質問して欲しいと思うし、できれば、「財産隠しのためですか?」じゃなくて、「財産隠しのためですよね?」って聞いて欲しいと思う今日この頃なのだ(笑)





http://blog.so-net.ne.jp/spiraldragon/2005-12-06
12月2日の夕方に、内河健とその仲間達(総合経営研究所の面々)が連なって、よりによってで国土交通省に乗り込んで行った記者会見で、自らの口から詐欺罪で逮捕されるきっかけとなる次のような発言をしていたからです。

蛇足


悪人は、本人が悪いと思わない神経の持ち主だけにたちが悪い。戦前の教育を受けたジジイでさえ、守銭奴なのである。厚顔無恥などといったところで詮無いことだ・。金銭欲がいつまでも続くことが、所詮、破綻してしまった訳である。このジジイと在日木村など高飛びできるほど、日本国民は甘くはないで・。



 「・・・私がこの建物の延べ床面積㎡当たり鉄筋量いくら、型枠量いくら、コンクリートがいくらというというところまで計算し、設計の指示をします。・・・」


 内河健は一級建築士の資格を持っていないのに、建物の大きさで鉄筋の量を、建設会社又は設計士らに指示していたことを、自分の口から発言していたのです。


 ちなみに、この情報は12/6の株式日記と経済展望ブログ
から得ました。


 この発言から(株)総合経営研究所と内河健に対して「組織犯罪処罰法
」を適用できる道が見えてきたと思った善良な警察関係者は、心の中で小躍りした筈です。

ゾンビ法案「人権擁護法案」

ブログ鷹森
より


ビートたけしのTVタックル 「人権擁護法案特集」(2005/4/11放送)


ご存じTVタックル
で人権擁護法案が取り上げられましたので、ご紹介します。


なお、人権擁護法案を取り上げられたTVタックルおよび番組スタッフの方々にこの場で謝意を申し上げます。以下TV番組をできるだけ忠実にテキスト化したものです。耳で聞いており、結構聞こえにくい場面も多いので、もしかしたら聞き間違い等あるかもしれません。なお、()は私の個人的コメントです。


出 演 ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと、江口ともみ

ゲスト 片山虎之助、浜田幸一、三宅久之、舛添要一、安住淳、福岡政行

ナレーター 郷里、広中(このコーナーの担当がどちらかは不明)





江口ともみ「差別や虐待から人権を守ることを守ることを目的とした人権擁護法案、この法案第二の郵政と呼ばれるほど大きな火種を抱えているようです」


※発言者名省略は総てナレーション


人権擁護法案、差別や虐待など社会の陰に潜む人権侵害を、国が法律で救済しようとしている



法務省は再び、人権擁護法案の成立に動き始めた。



前回批判の強かったメディア規制は凍結、だが人権委員会はあくまで法務省の外局にすると譲らなかった。


人権委員会の権力は強大だ






人権委員会は差別の申し立てがあった場合、令状無しで家宅捜査、資料の押収、出頭要請まで行うことが出来る。



従わない場合は、30万円以下の罰金を科し、加害者の実名を公表すると言った社会的制裁まで加えることが出来る。


そんな法案の再提出にGOを出したのが、与党人権問題懇話会






推進派の筆頭には古賀誠氏





古賀氏「カメラさんこれでおわり」


 古賀氏が推進する理由、それはかねてから法案成立を目指す公明党と補選での選挙協力を引き替えに、成立を既に約束してしまったのだとか・・・。




また人権擁護法案は、戦友・野中氏がやり残した最後の政治課題。


それを託された古賀氏。まさに、今もって老兵は死なず。


だが、そんな古賀氏の前に、この男が立ちふさがった。






安倍氏「最近自民党が、少しほんとうの保守党とは思えないような政策を展開しているではないか、という批判がございます。その中の一つが、例えば人権擁護法案でございますが」(カット入る)「法案を提出をし、そして成立させてはならない。こう思います」


安倍氏が問題にしたのは、国籍条項




法案では、人権侵害を調査する人権擁護委員を日本人に限定するという国籍条項が無い。つまり、在日外国人でも人権侵害の調査に加わることが出来る。





安倍氏「例えば、北朝鮮 出身者の方々の人権を守っているのは、朝鮮総連という事になって、その方々がですね、人権擁護委員になる、という事になります。そうなれば、私なんか真っ先に、人権侵害を行っている事にされる危険性と言うのはですね、これは、やはり、ま”ある”んですね」


この問題に与党は揺れた


古賀氏「未だ法務部会の最初の関門を突破できずにいる訳でございます。大変、一緒にやらせていただいております与党公明党の皆様方には、申し訳なく思っております」




劣勢の古賀氏

さらに思わぬ相手から反対の狼煙が上がった

古賀氏の同志、平沼赳夫拉致議連会長が反対に回った。




今月4日、都内で開かれた緊急集会では市民1300人を前に平沼氏は気勢を上げた。




平沼氏「北朝鮮の国籍を、それを有する人たちがですね、正当な言論を封殺する、そういう危険性がある訳でありまして」




翌日、平沼氏は自らが会長となり、人権擁護法案に反対する勉強会を立ち上げた。会には、安倍氏も顧問として参加をしており、古賀氏に対して安倍・平沼の共闘態勢ができあがったことになる。



渦中の平沼氏が、古賀氏との関係について語った。


平沼氏「いやぁ私しとね、えー古賀元幹事長はですね、同期当選ですしね、それからまぁ年は私が一つ上で、彼が一つ下です。それから志士の会で同志として、ほんとに連携を密にしてやってます。だから、私は古賀氏のですね、たいへん苦労もよく分かる訳です。彼は彼で、一つは使命感を持って一生懸命やってますから、私しもそういう中で、あのー私の考えをですね、彼には伝えながら、整合性を求めてね、そしてしっかりした案が出来れば最善だと思う。だからまぁ、古賀氏の苦労も私は非常によく理解しています。」(カット入る)「まぁ、二人合意してますから、目くじら立てて対立なんてそういう事じゃないです」



蛇足


この人権擁護法案に似たような法案は各党にありますが、唯一日本共産党だけ反対なのです・。自民党も選挙で多数を占めたことにより、反対派が多数となっているようだが、相変わらず社民、公明、民主左派、自民左派は虎視眈々と狙いを定めている・まるでゾンビのように。利権拡大と強権発動、うるさいマスコミやネットのアホドモを規制し、取締る事を目的にしている。自分らにとって都合のいい情報操作が可能になる。が、後で利権屋のお出ましにより、外国籍の人間にいい様に利用される。日本などという国籍などどうでもいい輩に利用されるのである。宗教は心の問題だ、人権や利権を広げる為のものではない。不正を自ら行い、売国を働くものなどもっての他の所業である。外国人は郷に入れば郷に従うことだ・嫌なら帰国すればいい訳である。日本よりましな国があれば、そちらに行く事である。そんな能天気な国など無いと知るだろう・。ところで、TVタックルのスポンサーはなぜか在日系と言われる企業ばかり、リーブ21やアイフルなど・。


いずれこの話に触れなくなるのかい・??

共通世代・・。

取締役社長

代表取締役兼最高経営責任者:堀江貴文

昭和47年10月29日生



平成08年04月:有限会社オン・ザ・エッヂを設立し、代表取締役就任

平成09年07月:株式会社ライブドア代表取締役就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:宮内亮治

昭和42年08月19日生



平成07年12月:税理士登録

平成11年07月:株式会社ライブドア取締役就任

平成16年10月:株式会社ライブドア取締役辞任

平成16年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:山崎徳之

昭和46年11月17日生



平成07年04月:デジタルテクノロジー株式会社入社

平成08年11月:株式会社アスキー入社

平成09年10月:ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社入社

平成12年05月:株式会社ライブドア入社

平成13年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)

平成15年03月:エッジテレコム株式会社代表取締役社長就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:岡本文人

昭和42年11月17日生



平成02年04月:株式会社リクルート入社

平成09年08月:株式会社メガ入社

平成12年09月:株式会社アライブネットを設立し、代表取締役就任(現任)

平成15年03月:株式会社イーエックスマーケティングを設立し、代表取締役就任(現任)

平成15年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:熊谷史人

昭和52年11月24日生



平成12年04月:未来証券株式会社入社

平成14年01月:株式会社ライブドア入社

平成15年08月:株式会社ライブドア経営企画管理本部担当執行役員副社長就任(現任)

平成16年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)



【会社名】株式会社ライブドア

【英訳名】livedoor Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】代表取締役社長兼最高経営責任者:堀江貴文

【本店の所在の場所】東京都新宿区歌舞伎町二丁目16番9号

【電話番号】03(5766)7211(代表)

    (注)同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄の連絡場所」で行っております。

【最寄りの連絡場所】東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階

【電話番号】03(5788)4753(代表)

【事務連絡者氏名】執行役員副社長経営企画管理本部担当:熊谷史人

【縦覧に供する場所】株式会社東京証券取引所




【役員】

(社長)堀江貴文 33歳

(
取締)宮内亮治 38歳

●(取締)山崎徳之 34歳

(取締)岡本文人(ライブドアマーケティング) 38歳

●(取締)熊谷史人 28歳

●(常勤監査)櫻井四郎

●(監査)大橋俊二

●(監査)笹村正彦


●野口英昭(エッチエス証券)38歳


中村長也(ライブドアファイナンス)38歳


蛇足


昭和42年生まれ、38歳世代が表舞台で活躍して居ることになる。宮内、岡本、中村。そして野口は38歳である。堀江を御輿に担いで、4人が38歳とはいかにも・・・??その中でNO1は宮内、2番野口、3番岡本、中村。の順であろうか?野口を消せば、ライブドア周りを固めればすむ・。1月16日の地検特捜は、宮内の留守に入り込んだのであろう・。キーマンは宮内だろうか?

歴史の演出者

ヘブライの館(THE HEXAGON)

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc631.html


ヒトラーの周囲は裏切り者でいっぱいだった?


 


 


●戦後南米に逃亡した元ナチスの高官は、次のように語っている。参考までに。


「ヒトラーは第三帝国内の裏切り者たちに随分と幻滅を感じていた。戦況が不利に展開し始めた頃、ヒトラーの直接命令によって裏切り者をマークするプロジェクトが結成されたことがあった。このプロジェクトにはヒトラーが真に信頼するSSメンバーとゲシュタポメンバーが入っていた。私もその1人だった。我々は徹底した調査を行ない、その結果をリストに仕上げた。


そのリストにはフィギャライン、カナリスなどの大物の名前が書き込まれていた。フィギャラインはSSの将軍でヒトラーの義弟でもあった男だ。カナリスは諜報部のトップだった。この他に我々はヒムラーの名前も加えた。彼がヒトラーに本当の事を報告していないことが度々あった。これではヒトラーが戦況について正しい判断ができるわけがない。一種の裏切り行為だ。


不幸にしてこの予感は適中した。敗戦が決定的になった時、ヒムラーはいろいろな手段を使って連合国側にアプローチしようとしていた。自分の身を守るため何とか敵と話し合おうとしたのだ。SSの長官ともあろう者が情けないことだ。ドイツは負けるべくして負けたのかもしれない。


ちなみに、私個人の意見としてはヒトラーが自殺したとは考えられない。ヒトラーの性格から言って絶対に自殺志向ではないからだ。ヒトラーを知っている者なら誰しもそう思うだろう。」


 





SS長官ハインリッヒ・ヒムラー


ロスチャイルド金融勢力の一員である

シュローダー男爵が組織した「ヒムラー友の会」は、

親衛隊を介してナチ党指導部と財界首脳が直接交流する

機会を提供するとともに、シュローダー男爵の銀行に

設けられた秘密口座を通じて、財界の資金を

親衛隊へ流すパイプとしても機能していた。


大戦末期、ヒトラーはヒムラーの裏切り行為を

察知すると、彼を解任し逮捕しようとしたが、

ヒムラーは警官に変装して逃亡した。

その後、イギリス兵に捕まると、

服毒自殺してしまった。


 


●ヒトラー研究の本を出している濱田政彦氏は、著書『彼らはあまりにも知りすぎた』(三五館)の中で、次のように述べている。


「第二次世界大戦当時、ファシスト・フランコ将軍下のスペインで、ナチス・ドイツに協力していたスペインのトップ・スパイ、ベラスコは、スパイ活動を通じて幾度となく奇妙な光景に遭遇した。敵味方を超えた次元では、奇妙にも両者は同じ目的(共通の利益)の下に動いていたのである。それはこの対立が茶番劇であることを意味していた……。


彼はドイツ国防軍情報部、そしてSS情報部(親衛隊情報部)の下で、MI5、MI6と激しい抗争を繰り広げたが、そこで多くの“裏”を見ている。SS情報部は国防軍情報部とは違って、『全世界に網羅した驚異的な情報網組織』を敗戦後も持っていた、とベラスコは語る。これらの狂信的なナチストらが、戦後も世界の舞台裏でヒトラーを屈服させた“だれか”と密かなる暗闘を続けているのだ。


だが一方で、“だれか”に内通する裏切り者も数多かったらしい。ベラスコに言わせるならば、ヒトラーの周囲は裏切り者で満ちており、彼はほとんど一人で絶望的な闘いをしていたというのである。 〈中略〉


……にわかには信じ難い話のオンパレードだが、これらはベラスコの一人よがりではないようだ。CIA防諜担当上級幹部のレナード・マッコイは、CIAの長年のパートナーであるイギリス情報機関MI5内に、ロスチャイルドをはじめとする系列の超富豪たち“門外漢”が自由に出入りして機密情報を目にしているのを目撃して驚愕しているが、事情を知る者に言わせれば、この場合、本当の“門外漢”とはマッコイのほうである、となるのだろう……」


 





ベラスコによると、ヒトラーはほとんど一人で

絶望的な闘いをしていたという…


 


●また濱田政彦氏は、その後に出した『神々の軍隊』(三五館)の中で、もっと詳しく次のように述べている。


「日本の場合と同じくドイツの場合も、まず中小財閥がヒトラーとナチスを援助して育て上げ、その後ナチスの勢いに目を付けた大金融資本家が、相乗りしてヒトラーを煽り、東西対立ショーの役者に仕立て上げたのである。だがヒトラーの本質を全く理解していなかった彼らは、手下であるはずのヒトラーが、力をつけたとたん、自分たちに牙を向いてきたことに愕然とした。ヒトラーの裏切りがわかったらあとは早い。皆でヒトラーを包囲してよってたかって潰すだけである。」


「……ともすると我々は国際金融資本を、一致団結した一つの集団として認識しがちだが、ヒトラーを取り巻く投資家グループを見てもわかるように、彼らは常に『誰に投資すれば一番儲かるのか?』という貨幣投資の能率を基準にして動いており、その先物投資の理論からすれば、投資先の政治信条や思想信念は二次的なものでしかないのである。早い話、儲けのためなら敵にすら投資するのだ。


“彼ら”の徹底した儲け主義の現れを象徴する一例をあげれば、次のような実例がある。ナチス・ドイツの金庫番・蔵相シャハトが、ロンドンの金融中心地シティにおいてロスチャイルド財閥をはじめとするユダヤ系銀行家たちに、ドイツ国内のユダヤ人を引き取るように取引を持ちかけたところ、この銀行家たちは一般ユダヤ人に課せられたドイツ出国税が高すぎると言って、これを値切り始めた。結局、交渉は決裂し、このために国外に脱出できなくなった数百万のユダヤ人が、強制収容所で殺される運命となったのであるが、こうした出来事は『貨幣』の前には自民族や国家の理念などどうでもいい、という彼らの本質がよく現れているように思われる。


ヨーロッパ情勢は、ナチス・ドイツに加担する金融グループと、英米の反ナチス陣営に与する金融グループの間で起きた、戦争を伴った通貨競争(マネーゲーム)の投影であった。この両者は、それぞれ敵国内に支店を持ち、平時には国際金融市場で共存していたために、これら両グループの支援と指示を受けている各国の政府は、『こちらに協力しろ!』というふうに両陣営から圧力を受け、板挟みの中で身動きできなくなってしまったのである。


2つの椅子を前に迷ってしまった各国の政府は、初期のヒトラーの行動については目をつむり、どっちつかずの傍観する姿勢をとるという、いわば2つの椅子に腰掛ける態度をとることにしたのであるが、結果としてこれが『ヒトラーの奇跡』を生むこととなったのである。かくしていい気になったヒトラーは、勝利への幻想に酔い始め、独ソ戦という無謀な“逸脱”に走っていったのである。


こうしてみると政治的な反ユダヤ主義が、いかに欺瞞に満ちたものであるのかがよくわかる。“彼ら”は親ユダヤ、反ユダヤ、などという政治・宗教・民族的な枠組みとは何の関係もない、無国籍・無定見・無機質な存在で、実体のない記号である『通貨』と同じ存在なのだ。我々が真に問題にすべきは、国境を越え、一国の国政や民族のアイデンティティを大きく飛び越して広がる、顔のないこうした“彼ら”の増殖なのである。」


 


 



(左)『神々の軍隊』濱田政彦著(三五館)

(右)『億万長者はハリウッドを殺す』

広瀬隆著(講談社)


 


●これに似たようなことを、広瀬隆氏は著書『億万長者はハリウッドを殺す』(講談社)の中で、次のように述べている。


「“パール・ハーバー”から間もない頃、スイスの首都ベルンに『OSS』と呼ばれるアメリカの戦略局の諜報機関がオフィスを開き、ここに『サリヴァン=クロムウェル法律事務所』のアレン・ダレスが派遣された。この首都ベルンの近くにバーゼルの街があるが、ここはスイスとドイツとフランスの三国が接し、戦略上はピラミッドの頂点をなす重要拠点だった。


この三角基地バーゼルに『国際決済銀行(BIS)』があった。第一次世界大戦のドイツ賠償金の全てを取り仕切る、という名目で1930年にジャック・モルガンが設立させた特異な銀行である。この銀行は、銀行家の間で“バーゼル・クラブ”と呼ばれ、完全な秘密主義を守り抜く異様な社交場となっている。」


 





第一次世界大戦後、ドイツの賠償問題処理のために

1930年にスイスに設立された「BIS(国際決済銀行)」。

しかしこの銀行は、ヒトラーの政権掌握以降、アメリカとイギリスの資金が

ヒトラーの金庫に流入する窓口の役目を果たすようになり、

正反対の機能を持つ銀行になった。


 


「バーゼル・クラブの真相は、あまりに複雑であるため、読者に手際よく説明できるという自信はない。この当時のドイツとアメリカの関係は、イギリス、ベルギー、カナダ、スイス、アフリカを加えた7ヶ所にまたがる謀略が渾然一体となって、利権を追及するシンジケートに支配されていたからである。


バーゼル・クラブの総裁を務めていたトマス・マッキトリックは、モルガンが所有するニューヨークの『ファースト・ナショナル銀行』の取締役であった。バーゼル・クラブの重役陣には、ヒトラーを首相にしたナチ党員、クルト・フォン・シュローダー男爵と、『I・G・ファルベン社』の社長ヘルマン・シュミッツと、『ドイツ国立銀行』の総裁ヴァルター・フンクが名前を連ねていた。


ナチスの資金源を取りまとめたクルト・フォン・シュローダー男爵の『シュローダー銀行』は、敵国アメリカに支店を持って、ロックフェラーとアレン・ダレスに事業を任せていたばかりでなく、もうひとつの敵国イギリスの首都ロンドンにも支店を構え、『南アフリカ・アングロ・アメリカン投資会社』の取り引きを引き受けていた。


このシンジケートのメンバーは、戦争中の敵味方であるため公然と会合することが許されなかった。密談することができる唯一の場所こそ、治外法権に守られたスイスのバーゼル・クラブだったのである。」




「ベルン情報網の本部長としてスイスに派遣された(親ナチス派の)アレン・ダレスは、実は70キロ先のバーゼル・クラブに絶えず出入りしていた。彼は、この銀行(BIS)に毎日のように顔を出し、ルーズベルトとヒトラーの作戦について情報を交換していた。これは半ば戦争の情報という性格を持っていたが、今日では、ダレスがワシントンに送った情報はどれもこれも周知の事実だったことが明らかにされている。ダレスは、連合軍の情報官ではなく、シンジケートの情報係と呼ばれるべきであった。そのために彼はよく働き、戦火は日増しに大きく燃え上がり、シンジケートの金庫はみるみる膨れ上がっていった。」


 





スイスのOSS支局長に就任したアレン・ダレス。

彼はスイス・バーゼルの「国際決済銀行(BIS)」に

毎日のように顔を出し、情報交換していた。

戦後、CIA長官に就任する。


 


「しかし、1943年2月6日から、バーゼル・シンジケートにとって思いがけない事態が持ち上がった。イギリスとアメリカの爆撃機が、ドイツの都市に空襲を開始したのである。ここでシンジケートにとって戦争の性格が変わったことはいうまでもない。


アメリカとドイツの投機業者が仕組んだシナリオ通りには戦争は推移しなかった。いまやクルト・フォン・シュローダー男爵自身の体が危険にさらされているばかりか、『ドイツ国立銀行』、『I・G・ファルベン社』、『アダム・オペル社』、『クルップ製鋼』、『ポルシェ』といったシンジケートのドイツ同胞が爆撃されるようになっていた。ここまで火をつけてしまった以上、いずれかの政府が“参った”と宣言するまで、殺し合いを続けなければならなかった。ヒトラーとルーズベルトは、いずれも相手の絶滅を国民に約束して戦闘に踏み切っていた。」




「アレン・ダレスに関する書物によれば、ちょうどこのドイツ空爆からわずか1週間ほどあとに、ナチス親衛隊(SS)の秘密工作員2名が、シューデコッフ博士とホッヘンロー二皇太子の偽名を使ってスイスに潜入し、アレン・ダレスと会談している。


このときのアレン・ダレスが伝えた結論は、『ヒトラーに退いてもらい、ドイツ帝国を別の人間が継承する』というものだった。しかしこれはナチス親衛隊向けの、やわらかい表現である。実際には、シンジケートの意向は、もはやヒトラーを利用する時期は終わった、できる限り早く奴を抹殺し、ドイツの工業界が破滅するのを食い止めるべきだ、というものだった。


1944年5月12日には、アメリカの第8空軍機が935機ドイツ上空に現われると、この一千機近い爆撃機がドイツの中央部と東部にある重油工場を壊滅させ、ドイツ軍需産業の終わりを決定づけた。」


 





ヒトラーは自らを現代のメシア(救世主)だと考えていた。

世界の危機を理解しこれを救うことができるのは自分しかないと

信じ込んでいた。しかし「バーゼル・シンジケート」にとって、

ヒトラーの存在は単なる「戦争代理人」でしかなかった。


 


「アメリカの超富豪、モルガンとロックフェラーが手を組んだのは、初めからヒトラーではなかったのである。彼らはドイツの銀行家や工業家と手を組み、全員で寄ってたかってヒトラーを利用し、ファシズム旋風を巻きあげ、いまそれが行き過ぎだったと気づいた。盟友の『クルップ鉄鋼』は工場の3分の1が爆撃で破壊されていた。このシンジケート団はファシストでなく、投機業者である。ファシストを利用する時もあれば、逆の力を利用する時もある。


だがヒトラーは、自分を神だと感じはじめていた。ムッソリーニがたちまち逮捕され、ヒトラー批判がいよいよドイツ上層部で火を噴きはじめても、ベルリン空襲のなかでヒトラーは独裁者の地位をおりなかった。1944年6月16日、ドイツがロンドンにV1ロケットを発射したとき、自分の支店をロンドンに構えていたシュローダー男爵の驚きは、いかばかりだったろう。


『あのヒトラーという奴は何も分かっていないのだ!』


ヒトラー暗殺未遂事件が起こったのは、その1ヵ月後のことである。」







「ところで、ドイツの絶滅を譲らなかった(反ナチス派の急先鋒である)ルーズベルト大統領が、1945年4月12日に急死したのは、本当に病死であろうか。頭痛に襲われ、心臓病の薬を注射されたが効なく、ウォーム・スプリングで世を去った。最も重要な勝利を目前にして、このような最高指導者の地位にある人間が病死するということは、人間の精神力と生理から考えて、なかなか起こり得ない現象に思われる。その死に方は、ヤルタ会談の旅からはじまった急激な憔悴に見られるごとく、ハーディング大統領のアラスカ旅行後の急死と、きわめて似たパターンである。ドイツの無条件降伏を主張し続けたルーズベルト大統領の急死……。


ルーズベルト大統領が消えると、謎の副大統領トルーマンが昇格した。それからわずか16日後の28日、ムッソリーニがゲリラに捕らえられて銃殺される。さらにわずか2日後の30日、ヒトラーが銃弾を口の中に撃ち込んで自殺。ヒトラーの遺体がその後どこで処分されたか、誰ひとり知る者なく、今日まで深い謎に包まれている。仮にこの3人の急死が、何者かに仕組まれたものであれば……」




「この答えを知っている人物は、J・R・ディーン少将であろう。彼は、死亡2ヵ月前のルーズベルト大統領がヤルタ会談に臨んだとき、ヤルタ島に同行し、連合国の首脳会談に立ち会った。次いでトルーマン新大統領が7月17日にポツダム会談に臨んだときにも同行し、またしても首脳会談に立ち会った。この2つの最重要会談で顧問役を務め、この両会談の中間で、ルーズベルト、ムッソリーニ、ヒトラーが死亡し、ドイツが降伏した。


J・R・ディーン少将は、大戦後の東京軍事法廷の証言台に立ち、大日本帝国の軍人を弁護する雄弁をふるった。『ロシアが日本を侵略したのだ。そのロシアを日本が攻撃したのは当然の結果である』と。


枢軸国側に立つこの異様なアメリカ人の正体は、経歴が明らかではない。どこから派遣された使者か。トルーマンの支援者ジョージ・アレンがナチスに結びつき、もうひとりのエドウィン・ポーレーがダレスに結びつく事実は、スイスのバーゼル・クラブを思い起こさずにはおかない。」



蛇足


ディーン少将なる人物には行き当たらない。架空か?真実か?ところで戦争の前後で既に駒が動き出している。日本では官僚組織が陸海軍部の崩壊より、国をコントロールする仕組みを得た・。GHQのコミュニストたちにより、各界に人材を送り込み、社会主義的な国の復興へ向けて再構築して行った。歴史は大きく振れたが元に戻る振り子のようには、日本は行かなかった。コミュニストたちが勝手に統制資本主義になりこの国を仕切った事が、現在まで続いている。これはある種作られたものであろう。だが、打ち破る事も可能であるが、染み付いた考えは容易には変えられないのだ・。

地獄の沙汰も不正から

きっこの日記からhttp://www3.diary.ne.jp/user/338790/


■2005/12/08 (木) 政・官・民の三位一体 1


今や、民放のヘタなバラエティー番組よりも、視聴率が良さそうなNHKの国会参考人質疑だけど、昨日はカンジンの2人、姉歯秀次(元1級建築士)と、内河健(1級ペテン師)がバックレちゃって、日本ERI株式会社の鈴木崇英社長、イーホームズの藤田東吾社長、アトラス設計の渡辺朋幸社長って言うサエナイ3人組しか出演しなかった。だけど逆に、ホントのことを言ってる藤田東吾と渡辺朋幸とによって、鈴木崇英の大嘘が露呈した形になった。ただ、質問する側の議員たちが、あまりにも調査不足、準備不足で、問題の核心に迫る質問をしてたのは民主党の馬淵澄夫議員だけだった。


まあ、自民党やナンミョーホーレン党は、この問題については厳しくツッコムと自分たちもヤバイことになるから、色んなことを知ってても、あえて質問しなかったんだろうけど、それにしても、どの党も、主役の姉歯秀次と内河健に対する質問しか用意してなかったのが見え見えで、せっかくオロオロしてた鈴木崇英に大きなダメージを与えられなかったのはもったいなかった。たとえば、アトラス設計の渡辺朋幸が、日本ERI株式会社の窓口で「姉歯建築士の設計はおかしい」と伝えたのにも関わらず、その事実を1年半もホッタラカシにしてた件に対して、鈴木崇英は、「当時は偽造という認識は持っていなかった」「重要な変更とは認識できなかった」と無責任極まりない発言をした。その上、この件だけが特別であって、他の検査はキチンとやってるってニュアンスのことを抜かしたのに、みんなコレをスルーしちゃった。


あたしから見たら、何でココで誰ひとり、「ダイア建設の今宿ダイアパレス事件」のことを言わないの?って感じだった。わずか2年前に、ダイア建設とサンユニオン設計って言う、ようするに、木村建設と平成設計と同じような関係性の企業が、日本ERI株式会社とグルになって犯したトンデモナイ事件で、未だに裁判中なのに‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


■2005/12/08 (木) 政・官・民の三位一体 2


‥‥そんなワケで、皆さんお楽しみの内河健のネタについては、今回もトッテオキのテポドンを用意してあるので、後半でゆっくりご紹介するとして、まずは日本ERI株式会社から叩いて行こうと思う。この「ダイア建設の今宿ダイアパレス事件」のことを知らない人のために、ものすごく簡単に説明すると、福岡市の今宿で、どこからどんな根回しがあったんだか知らないけど、マトモじゃ絶対に通らないようなデタラメな建築計画を日本ERI株式会社がホイホイと通したことによって、建築基準法に違反した巨大マンションが建設されて、地域住民たちに多大なる被害を与えていて、ずっと裁判が続いてるって言う事件だ。


このマンションは、「耐震設計」と「100年保障」って言う、今考えると大笑いできる謳い文句の「ダイアパレス」なんだけど、この事件のすべての鍵を握ってるのが、あまりにも異常な日本ERI株式会社の動きなのだ。日照権などの問題によって、地元住民から反対運動を起こされていたこの建設計画は、反対の声を無視して、サクサクと進められた。だけど、いくら計画を進めようとしても、カンジンの建設許可が下りなければ、着工することはできない。そのため、ダイア建設は、サンユニオン設計を使って虚偽の書類を作成して、日本ERI株式会社へ持ち込んだ。つまり、ここにも、姉歯建築士みたいな役割の、上からの言いなりに動く下請けがいたんだろう。そして、今回のヒューザーの問題と同じように、プロが見れば1秒で見抜けるような偽造なのに、ナゼが日本ERI株式会社は、スンナリと通しちゃったのだ。


そして、地元住民側からの指摘で違反が発覚して、福岡市の建築審査会がこの設計を取り消しにした。そしたら、ダイア建設側は、同じ設計で、今度は別の箇所を偽造した書類を作って、日本ERI株式会社へ持ち込んだ。建築審査会がキチンと審査して、「これじゃあダメ!」って取り消しにした設計なんだから、同じ設計を持ち込んでも通るハズなんかないのに、ナゼか不思議なことに、これがまたまたスンナリと通っちゃった。それで、また建築審査会が調べたところ、虚偽の記載が見つかって、この書類も取り消しにされた。そしたら、懲りないダイア建設側は、またも同じ設計で、別の箇所を改ざんした書類を作って、日本ERI株式会社に持ち込み、これがまた通っちゃった。そして、住民の反対を無視して、裁判中だって言うのにも関わらず、どんどん工事を進めちゃって、裁判の結果が出る前に、トットとダイアパレスを建てちゃったのだ。


■2005/12/08 (木) 政・官・民の三位一体 3


で、このマンションの問題自体に触れると、それだけで終わっちゃうので、ここではあくまでも、日本ERI株式会社って言う、あまりにもアチコチと癒着してるデタラメ検査機関について書くだけにする。ここまでの流れだと、日本ERI株式会社は、誰が見ても1秒で発見できるような虚偽記載のあるインチキ書類を平然と通し、それが建築審査会で取り消しにされても、またまた通し、またまた取り消しにされても、またまたまたまた通し、またまたまたまた取り消しにされても、またまたまたまたまたまたまたあたたたたたたたたたたぁーーーーーーっ!北斗百烈拳‥‥って感じで、あまりのデタラメさに、「ひでぶ!」とか言いながら、あたしは倒れちゃいそうになる。その上、日本ERI株式会社は、建築審査会から3回もダメ出しを食らい、地元住民からも大反対されてるこの建築基準法に違反してる設計に対して、さらに2回もの建築確認を出していて、1つの建物に対して合計で5回もの、これでもかこれでもかの建築確認を出してるのだ。どこからどれだけの根回しがあれば、これだけデタラメなことができるんだろう? 昨日の参考人質疑でもツッコマれてたけど、こんなんじゃ検査機関なんか必要ないじゃん。


‥‥そんなワケで、あたしとしては、昨日の質疑でこの前例を挙げて、鈴木崇英に北斗百烈拳をブチ込んで欲しかったんだけど、こんな有名な事件に誰も触れなかったのは、この時に日本ERI株式会社に根回ししたのが、ダイア建設とベッタリ癒着してる自民党議員なんじゃないかって思えて来る‥‥って言うか、ハッキリ言っちゃえば、そうなんだけど(笑)‥‥なんてことも言ってみつつ、そろそろ皆さんお楽しみの内河健のネタに行くけど、このペテン師が様々な悪行三昧を行なって来たのに、今までまったく告発されずに涼しい顔をして来られたのは、自民党森派の政治団体「清和政策研究会」との癒着と、外務省の官僚たちとの癒着があったからだ。ようするに、このクソジジイが悪いことをやって金儲けするのを国会議員や役人どもが手伝ってて、自分たちもたくさんの分け前をもらってたってことだ。


■2005/12/08 (木) 政・官・民の三位一体 4


この辺の構図は、政界から財界から広域ホニャララ団から創価学会まで巻き込んでて、あまりにも巨大な組織になっちゃってるから、とてもぜんぶを書くことはできないけど、とりあえず今回は、内河健と外務省との癒着の一端を解説しようと思う。今までに何度も書いて来たように、内河健はデタラメな洗脳セミナーを繰り返し、利潤を追及するだけで安全性を無視した欠陥建設を全国に広めて来た悪魔の教祖だけど、このセミナーで洗脳されちゃったのが、木村建設の木村盛好や窪田建設の窪田雅則をはじめとした全国で約60もの建設会社の守銭奴社長たちだ。ちなみに、12月3日の日記、「そうです、変なおじさんです(笑)」で紹介した「株式会社クリテックジャパン」てのは、この内河教の洗脳信者たち約60社の共同出資による会社なので、この会社に出資してる建設会社を調べれば、第二、第三の木村建設や平成設計どころか、ものすごい事実が見えて来るだろう。その上、マンションやビジネスホテルだけじゃなく、ついに、一戸建てでも手抜きの欠陥住宅が発見されちゃったから、「自分の家は一戸建てだし、今回の事件で名前の出てる建設会社や設計事務所とは関係無いところで建てたから安心だ」なんて言ってられないワケなのだ。


さて、ちょっとダッフンしちゃったけど、内河健と言えば、ニポン国内のみならず、世界をマタにかけたペテン師としてオナジミで、そのひとつとして、カナダと台湾とを舞台にしたビジネスマンション事業が挙げられる。内河健は、木村建設や窪田建設などの社長をはじめとした内河教の洗脳信者たちに呼びかけ、法外な参加費を徴収して、数え切れないほどの海外視察ツアーを行なって来た。その中のひとつが、1995年から1999年の間にヒンパンに行なっていた「カナダ視察ツアー」なのだ。


これは、カナダで製造されているプレハブ製の組み立て式住宅やビジネスホテルを自分の洗脳信者たちに推奨するためで、内河健は一度のツアーで億単位の利益を上げていた。このツアーは、カナダのバンクーバーに事務所を持つ台湾系のカナダ人が窓口になっていて、その橋渡しをしていたのが、外務省の「北米第1課」なのだ。ようするに、カナダ側としてみたら、内河健率いる総合経営研究所ってのは、ニポンの政府が紹介して来た優良企業ってワケで、現地の住宅メーカーには、ニポンの外務省を通してカナダ政府がジキジキに紹介してるのだ。


■2005/12/08 (木) 政・官・民の三位一体 5


それで、ニポンでも、このカナダの組み立て式住宅が輸入されるようになったんだけど、マトモに輸入、販売してても、それほどの利益は望めない。そこで守銭奴内河が思いついたのが、組み立て式のビジネスホテルのシステムをパクッて、もっと安い建材を使い、もっと手抜きをした設計にして、外見だけ立派で構造はメチャクチャなビジネスホテルのプランだったのだ。そして、自分の洗脳信者たちを利用して、世界一の地震大国ニポンに、耐震強度がぜんぜん足りない欠陥ホテルが林立するって言う、前代未聞の大掛かりな詐欺事件へと発展したってワケだ。


それからもうひとつ、内河健は、このバンクーバーに事務所を持つ台湾系のカナダ人を利用して、カナダの組み立て式のビジネスホテルを台湾へと輸出する事業をスタートさせるとともに、今回、ニポンで問題になっている、内河お得意のデタラメ工法の欠陥ビジネスホテルまでも、台湾に建て続けさせたのだ。つまり、今回の事件は、ニポン国内だけじゃなく、中国や台湾をはじめ、世界中に広がった悪質極まりない国際的な犯罪であり、今、ニポンの司法が内河健を厳しく立件しておかないと、前代未聞の国際問題へと発展することは必至なのだ。そうなったら、もはや外務大臣のクビを飛ばすくらいじゃ収まらなくなるから、自民党の癒着議員どもも、今の利権や足元のことばかりに気を取られて大局を見失うと、大変なことになるだろう。


‥‥そんなワケで、今のうちに内河健にすべての罪をなすりつけて徹底的に糾弾しとけば、癒着してた議員や官僚たちは、自分たちも助かるし、国際問題に発展した時にも、とりあえずはイイワケができるってことだ。だけど、間違っても内河健をオトガメ無しなんてことにしたら、近い将来、中国や台湾をはじめアジア各国から責任追及の総攻撃を食らって、最終的に大打撃を受けるのは、内河健を利用して甘い汁を吸い続けて来た橋本龍太郎、森喜朗、池田行彦、河野洋平の4人を頂点にした金権癒着ピラミッドと、そして、何と言ってもコイズミなんだから、あたしとしてはこっちのほうが嬉しいけど(笑) まあ、どっちにしても、低脳コイズミが推進して来た「三位一体の改革」ってのものの正体が、実は「政・官・民が三位一体に癒着して、ひと握りの者たちだけが甘い汁を吸うための改革」だったってことが証明できたんだから、それだけでも大きな収穫だろう‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


株式日記からhttp://www5.plala.or.jp/kabusiki/


総研に不明朗手数料2400万円…総研は否定

このようにして作られた裏金は政界にばら撒かれた?


2005年12月9日 金曜日


◆総研に不明朗手数料2400万円…総研は否定


耐震強度が偽装されていた奈良市の「サンホテル奈良」を巡り、ホテル開業を主導した「総合経営研究所(総研)」(東京都千代田区)が、元請け設計の「平成設計」(同)と施工主の「木村建設」(熊本県八代市、破産手続き中)から約2400万円を手数料として受け取っていた疑いのあることが8日、分かった。


 総研には、正規のコンサルタント料を合わせ、ホテルの総事業費の1割にあたる約7000万円が流れた計算だが、ホテルのオーナーには、こうした金の流れは知らされていなかったという。総研側は、「そうした金を受け取った形跡はない」と否定している。


 馬淵澄夫衆院議員(民主)が入手した、同ホテルの工事予算資料などから分かった。この資料は、ホテル敷地内の木村建設の工事事務所に保管されていたのをオーナーが見つけた。


 それによると、今年10月に作成されたとみられる同ホテルの「工事予算管理表」に、「雑経費」として、約1850万円が計上されていた。ところが、4月に作成したとみられる「実行予算書」には、同じ金額が「追加工事・その他」の欄に書かれ、手書きで「仲介手数料」と記されてあった。その横に「総研」を意味する「総」の字が書かれていたため、疑問に思ったオーナーが先月、総研側に「総研への手数料ではないのか」との趣旨で問いただしたところ、「その件は内密にしてほしい」と言われたという。


 手数料とみられる金額は、木村建設が受け取った総工費約6億3000万円の約3%にあたる。


 さらに今月5日、平成設計がオーナーを訪ねた際には、複数の関係者を前に「設計料の20%以上を総研に払うことになっている」と説明した。設計料は2700万円で、540万円以上が流れた計算になる。


 オーナーは2004年夏以降、総研の内河健所長らに「資産運用になるから、ホテル経営をやりましょう」などと誘われ、今年1月に建設に合意。総研にはコンサルタント料として4600万円が支払われる契約だった。しかし、コンサルタント料以外にも総研に手数料が渡るとは聞いていなかったといい、「支払う必要のない金だったのではないか」と疑問を感じているという。


 これに対し、総研は「通常、手数料を取ることはなく、通帳や帳簿類を調べたが、そうした金を受け取った形跡は一切ない。個人的に受け取った事例などがないかどうか、今後、内部調査して確認したい」としている。


 また、同ホテルは先月5日にオープンし、同7日には建築費の残金を木村建設に振り込んだ。しかし、強度偽装の発覚で、開業からわずか3週間で営業中止に追い込まれており、「7日の時点で、関係者の間では偽装が問題になっていたはずなのに」と、金の支払いを受け付けた木村建設を批判している。

(読売新聞) - 12月9日3時8分更新




◆<耐震偽造>ホテルや賃貸マンション解体費補助せず 政府


 耐震データ偽造問題で、政府は8日、耐震強度が偽造されたホテルや賃貸マンションには解体費用の補助など公的支援を実施しない方針を明らかにした。政府は分譲マンションについて解体費用の全額負担や自治体による建て替えなどの公的支援策を決めたが、ホテルや賃貸マンションの所有者は「設計者、施工者を選んだ自己責任がある」と判断した。ただ、地震で倒壊する危険性は、分譲マンションだけでなくホテル・賃貸マンションにもあるだけに、論議を呼びそうだ。


 国土交通省は、分譲マンションについては「多くの所有者が区分所有し、周辺住民の危険もある」として解体は公共性が高いと判断、公的支援を決めた。これに対し、ホテルや賃貸マンションの場合、「施工者などを選べない分譲マンションの住民とはケースが異なる」と位置付けており、佐藤信秋事務次官も8日の会見で「解体などは自己責任でやってもらうのが基本」と述べた。


 同省は、偽造が見つかったホテルや賃貸マンションの事業者には速やかな処理を要請しているが、事業者は解体や営業休止で経営的に大きな打撃を受ける。京王電鉄は耐震強度不足が判明し営業休止中の2ホテルを年明けにも解体する方針で、総費用は約22億円を見込む。名鉄不動産も偽造が見つかったホテルの解体を決めた。いずれも設計士らに損害賠償を求める考えだが責任の所在が明確ではなく、ホテル・賃貸マンションへの公的支援を求める声が強まる可能性もある。【瀬尾忠義】

(毎日新聞) - 12月9日3時7分更新


◆<耐震偽造>ヒューザーなどの献金660万円返還 自民森派


自民党森派は8日、耐震データが偽造されたマンションを販売した建築主のヒューザー(本社・東京都千代田区)など、耐震データ偽造問題に関連する3社と個人から政治献金計660万円を受領しており、これを返還したと発表した。

 森派事務局によると、同派の政治団体「清和政策研究会」はヒューザーから、パーティー券代として、03年と04年にそれぞれ100万円、計200万円の政治献金を受領。このほか、国指定の民間確認検査機関の「日本ERI」の鈴木崇英社長から100万円(04年)▽鈴木社長が大株主の「ユージー都市建築」(東京都港区)から計300万円(01~03年)▽偽造物件の建築主「東日本住宅」(東京都新宿区)から60万円(04年)――の献金を受けていた。返還理由について同派は「(耐震データ偽造問題は)国会で事実関係の解明を進め、政府が適切な措置を検討している。返還した政治資金は被害者救済に役立てて頂くようお願いしたい」とのコメントを発表した。

(毎日新聞) - 12月8日20時33分更新




(私のコメント)

14日に国会の証人喚問として姉歯氏や内河氏や木村建設の二人が証人として喚問されるようですが、ヒューザーの小嶋社長はどういうわけか証人喚問されない。日本ERIの鈴木社長も呼ばれないが森派への政治献金が効果を発揮したのだろうか。総合経営研究所の内河所長の政界への金の流れが解明されていませんが、詐欺事件や脱税事件として警察や国税庁の調べはまだ入っていない。


新聞で報道された三つのニュースを組み合わせてみれば、キックバックで裏金が作られて、領収書の要らない政治献金として政界に流れた可能性が伺われます。日歯連の一億円の献金も領収書も帳簿にも記載がなく一種の裏金として献金されましたが、政治家にとっては領収書の要らない献金は税金を払わなくていい使い勝手のいい金だ。


日本の政治家はこのような献金に弱いから、いかがわしい団体や人物からの献金を受けてしまう。外国の団体などは絶対ばれない献金だから政治家は大抵引っかかってしまう。自民党だってCIAから金をもらっていたし旧社会党もソ連共産党から金をもらっていた。アメリカの情報公開やソ連の崩壊で秘密文書がどんどん出てきているからだ。だから総研の内河氏からも裏金と言う形で政治家に渡っているのだろう。


だから公的資金を使ってまで問題の沈静化に公明党の北側大臣も必死なのですが、公明党の場合は創価学会に直接献金したほうが効果的なのだろう。創価学会の場合はお布施という事で税金も払わずにうまい事が出来るのだろう。このような状況がなぜ許されるのかと言うと、公明党が政権に参画して税務署や警察に関与しているからであり、マスコミも創価学会の報道はされることはない。




◆税制から創価学会・池田大作問題を論ず 北野教授(日大法学部)


 さて、いろいろなテーマを抱えている創価学会問題において、なぜ税金問題が重要かと申しますと、税金問題が一番はっきりしているからです。


 あの、自民党の副総裁を務めました金丸信さんも、結局、税金問題で捕まりました。税金問題は、ゴマ化しようのない問題ですから、創価学会・池田大作問題を解決する、一つの方法として、ぜひ御検討いただきたいと思います。


 そもそも、日本という国は、アメリカなどと同じように、税金だけで国家の政治を運営する体制であり、これを租税国家というわけであります。したがって、どういう税金を取って、どういうふうに使うかということが、一番大事なことなのです。


 日本の憲法の条項というのは、税金の取り方と使い方を決めたものです。それに関連して、政治と宗教を分離すべきであるということで、政教分離原則も出てきております。


 政教分離といいましても、宗教法人が政治活動を全くしちゃいけない、ということじゃないんですよ。問題は、宗教団体が政治権力を握るとか、政治権力を行使するとか、あるいは宗教団体が国家権力と一体になって、皆さんの信仰の自由、内心の自由の生活を弾圧してはいかんということで、政教分離原則が主張されておるわけです。


 そのことを憲法では、二十条と八十九条を使って、一円たりとも宗教的な組織には税金を使い込んではいかん、ということを明らかにしております。


 これは、民主主義を守るための租税国家体制における、もっとも重要な憲法原則です。政教分離原則では、隠れた補助金のような目に見えない補助金をも含めて一円なりとも注ぎ込んではいかんと、言っておるののであります。


 例えば、現行法のもとで、宗教法人非課税の原則を前提とした場合においても、法人税法で一定の営利事業――それを収益事業といっておりますが、収益事業を行なっている場合には、その分についてはキチッと課税をしなくてはいかんのです。法人税としての国税を課税しなくてはいけません。 また法人税を前提といたしまして、法人の住民税、あるいは法人の事業税も納税しなきゃいかんと、考えられます。


 では実際の創価学会はどうなのか、収益事業に対して課税すべきであるのに、ほとんど税務調査が行われていないといわれています。学会ウオッチャー達から、課税漏れの件について大変な疑いがある、ということが指摘されておりまして、もしそうであるならば、取るべき税金を取っていないことになるわけですね。


 これは隠れた補助金に当たります。取るべき税金を取らずに、相手に贈与してしまったのと同じですから。これは、何千万円、何億円、いや、兆に達するかもしれません。


 つまり日本政府が、創価学会という怪しい団体に、何億あるいは何兆円と、補助金を出しているのと同じなんです。それを隠れた補助金と言っているのです。(後略)




(私のコメント)

ここまで問題を広げると、問題が根深すぎて私一人ではとても手に余るのですが、ネットにおいても「創価学会」の名前を聞いただけで、一切触れようとしない臆病なブロガーが非常に多い。今回の耐震強度偽装マンション事件でも「きっこの日記」だけが問題に切り込んでいますが、その他のブロガーは我関せずで、GOOGLEで検索しても出てくるのは「きっこの日記」と「株式日記」ばかりだ。それは記事を一部コピーしているからですが、じゃんじゃんコピーしてネットにばら撒けばマスコミも動かざるを得ないだろう。


公明党の北側国土交通大臣の行動はいかにも怪しい。分譲マンションは救済するがホテルや賃貸マンションは公的資金の対象外だそうですが、何がどう違うのか。分譲マンションを買う人だって物件の良し悪しはいくらでも調べようがある。不自然に安ければ手抜きを疑っていいはずですが、それでも公的資金の対象なのだろうか。テレビでも次のように報道している。



 (テレビ朝日ワイドスクランブルより)

消費者の視点が間違っていたのだ


専門家に相談することも出来たはずだ


これくらいの鉄筋が入ってなければおかしいのだ


数千万円もの買い物にはこの程度は調べるべきだ



蛇足


国民はネットで多くを知る事になった。複雑に絡む、不正についてあちらことらと何処でも発生している様相を呈している。一連の改革などとは日本国政府の政官に業が癒着している構図に新たに、宗教団体所属の設計士と業者に外国企業と在日(木村建設は金持って高飛びか?)とも参加とは、地獄の沙汰もなんとかやら・・資本主義は如何なる精神の基に行われるのであろうか??正しい事を行うのに不正をしていては説得力がない・。いちから出直す事しか疑惑は払拭しないだろう。

第二次世界大戦とは何だったのか?

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


平成十七年(二〇〇五年)十二月五日(月)

(第一千五百十四回)


○十二月中旬刊

 ジョセフ・マッカーシー上院議員著

 「共産中国はアメリカがつくった-騙された東アジア、翻弄された日本-」

  成甲書房、本原俊裕 訳 

       監修解説 副島隆彦


○この邦訳本は、

 マッカーシー米上院議員の著作の、日本で始めての翻訳である。


○マッカーシー上院議員が、米国上院で行った演説、討論を集めた著作が

 米国で発行されて居るが、


○一九五一年六月十四日、

 米上院でマッカーシーが行った、マーシャル陸軍元帥弾劾の大演説の記録は、

 前述の演説集の中で最長のものである。


○このマーシャル弾劾演説は、一冊の単行本としても発行されて居り、

 半世紀後の現在でも、米国内で古本が容易に入手できる。


○日本人は、マッカーシー上院議員が、米国政治の表舞台に登場した

 一九五〇年以降今日まで、


○一方的に、イルミナティサタニスト世界権力とその手先たちによる、

 マッカーシーに対する誹謗中傷、悪罵のみを刷り込まれて来た。


○米国史上、恐らくマッカーシーほど長期に、

 全マスコミ、全政界、全エスタブリッシュメントによって、人格殺害的破壊

 的キャンペーンの対象と成った公人は、他に一人も存在しないであろう。


○本書は、日本民族の前に始めて出現する、マッカーシー自身のことばである。


○マッカーシー上院議員はここで、ジョージ・C・マーシャル陸軍元帥を、

 事実上、米国を裏切ってソ連共産陣営に多大な利益を与えた売国奴、と

 して告発する構えを示して居る。


○これは当時の米国に於て、大いなる勇気を要する発言である。


○マーシャルは、F・D・ルーズベルトの首席補佐官格のホプキンス、及び、

 F・D・ルーズベルト体制に於て、決定的に重要な役割を果したエレノア・

 ルーズベルト夫人と、


○この二人に認められ、

 

 一九三九年、米陸軍参謀総長に。

 そして戦時中、米陸軍元帥、

 一九四五年秋まで、参謀総長の位にあり、

 一九四六年、トルーマン大統領の特使として中国に派遣され、


○それから、米国務長官(次官は三百人委員会のアチソン)、


○次に米国防長官。


○かくの如き経歴を持つG・C・マーシャル元帥を俎上に乗せて、


○マッカーシーは、


○縦横無尽に、共産勢力のエージェントそのものの如きその売国奴ぶりを

 斬った。


○G・C・マーシャルは、共産党員でもなければ、共産主義同調者でもなく、

 共産陣営の工作員でもない。


○マーシャルは、共産陣営のその上に位置するイルミナティサタニスト世界

 権力の奥の院に直結する工作員、政治軍人であった。


○日本人は、フォレスタル、マッカーシー、この二人の真価を深く理解しな

 い限り、戦後はもちろん、第二次世界大戦そのものについて、その意味が

 皆目分らないままであろう。


 (了)


【注】


○ホプキンスは、ジョン・コールマン博士によれば、三百人委員会の超有能

 な工作員の一人、と評価されて居る。





Anti-Communism ジョセフ・マッカーシー上院議員

McCarthy brandishing one of his lists.

From 1950 to 1953 , McCarthy continued to press his accusations that the government was failing to deal with Communism within its ranks, which increased his approval rating and gained him a powerful national following. His finances were investigated by a Senate panel in 1952 ; its report cited questionable behavior in his campaigns and irregularities in his finances, but found no grounds for legal action. He married Jean Kerr, a researcher in his office, on September 29, 1953.


McCarthy's charges of "Communist influences" within the government probably aided the Republican Party's fortunes in the 1952 elections; it is probable that the defeat of more than one Democratic candidate for national office in 1952 was due at least in part to accusations against him by McCarthy. The party leadership, recognizing his immense popularity and his value as a stick with which to beat liberal Democrats, appointed him chairman of the Senate Permanent Subcommittee on Investigations . His unreliability and evasiveness, however, meant he was never completely trusted by the party (and particularly by President Dwight Eisenhower , who once said privately that he didn't "want to get into a pissing contest with that skunk!") One of McCarthy's higher-profile targets was General George C. Marshall . McCarthy and Senator William Jenner of Indiana accused Marshall of treason . Eisenhower wrote a speech in which he included a spirited defense of General Marshall, but he was later convinced to remove this passage. Truman turned bitterly against Eisenhower because of this, calling Eisenhower a coward because he owed his career to General Marshall.


McCarthy's committee, unlike the House Committee on Un-American Activities and the Senate Internal Security Subcommittee , focused on government institutions. It first made an investigation into bureaucracy at Voice of America , then forced the withdrawal of supposedly pro-Communist literature from the State Department's overseas information library. Meanwhile, McCarthy continued to make accusations of Communist influence within the government. This angered Eisenhower, who, while not criticizing the popular Senator publicly, began behind-the-scenes work to remove him from his position of influence.


Several noted persons resigned from the committee fairly early into McCarthy's administration of it. These resignations led to the appointment of one "B. Matthews" as executive director of the board. Matthews was a former member of several "Communist-front" organizations, in which he claimed to have joined more than any other American. However, when he fell out of favor with the radical groups of the 1930s , he became a fervent anti-Communist . Matthews was an ordained Methodist minister and was therefore often referred to as a "Dr. Matthews," although he held no degree. Matthews later resigned due to his portrayal of Communist sympathies among the nation's Protestant clergy in a paper called "Reds in Our Churches ," which outraged several Senators. Through this critical period, however, McCarthy maintained control of the subcommittee and of whom it employed or chose not to. This course of action resulted in several more resignations.



1950年 から1953年 マッカーシーは、政府が内部にいる共産主義者を扱うことに失敗しているという非難をし続けたが、一方で彼が一夜でスターダムにのしあがったことは、力ある国民的追随者とかなりの収入を得ることになった。彼の収入は上院の委員団により調査され、その結果、彼のキャンペーンにおける問題ある行動と財政的な不正行為が明らかとなったが、法律的行動に出るための根拠を見つけられなかった。彼は彼の事務所の調査員であるジーン・ケールと1953年 9月29日 に結婚した。


1953年 における共和党の選挙勝利には彼の攻撃が助けとなった。敗北した民主党候補者の内、最低でも一人は、マッカーシーによる非難に原因の一端がある。選挙勝利後、党の指導者は彼の人気の大きさをリベラルな民主党員を攻撃するための武器と認め、彼を上院政府活動委員会常設調査小委員会の委員長に任命した。しかし彼が信頼できないところ、及び言い逃れしようとするところは、決して党により完全には信用されていないことを意味した(特にドワイト・D・アイゼンハワー 大統領 に)。


彼の委員会は、下院非米活動調査委員会と上院内部安全小委員会とは異なって、政府機関に焦点を合わせた。それは最初「アメリカの声 」の官僚 組織への調査を行い、そして国務省の海外情報図書館から親共産主義的文献と考えられるものを強制排除させた。その内マッカーシーは、政府内部における共産主義者の影響への非難を始めた。今や政権は共和党の手にあるにも拘わらず、である。これはアイゼンハワーを怒らせた。彼は今も続いている人気からマッカーシーに公然と反対しようとはしなかったが、しかし今やマッカーシーを危険なルーズ・キャノン(自分勝手で信頼できない人物)と考え、彼を影響力ある位置から引き離すために、舞台の裏で仕事を始めた。


マッカーシーは、ジョン・ホプキンス大学 の教授であるオーエン・ラティモア を合衆国におけるソビエト のNo.1スパイだとして告発した。



ジョージC.マーシャル将軍


第2次世界大戦 勃発によって1939年 には少将 となり、フランクリン・ルーズヴェルト 大統領より第15代陸軍参謀総長に指名される。参謀総長就任にともない、あわせて大将 に昇進。ヨーロッパ侵攻作戦 の作戦計画を指導し、これを成功に導いた。1943年 には、タイム誌 の「マン・オブ・ジ・イヤー」にも選ばれている。1944年12月、元帥 となり、1945年 には陸軍参謀総長の職を辞して軍を退いた。


1947年 、国務長官 に就任。同年6月5日 にハーバード大学 で講演し、後に「マーシャルプラン 」として知られるようになるヨーロッパ復興計画の概略を発表した。1949年 、国務省 を退き、アメリカ赤十字社 総裁に就任。1950年 には国防長官 となるが、翌年辞任し、公務を引退した。マーシャルプランの立案・実行により、1953年 にはノーベル平和賞 を受賞。1959年 に死去した。



GENERAL GEORGE C. MARSHALL,
COMMUNIST

George Catlett Marshall (1888-1959) was a failed Army man starting in 1902 until 1933 when he came under the protective wings of KGB "Agent 19" Harry Hopkins and pinko Eleanor Roosevelt. In 1933 he was promoted to Colonel. In 1939 he was appointed Chief of Staff and four-star General of the Army over more than 400 hundred more qualified and senior individuals.


Marshall was deeply involved in the treason at Pearl Harbor and is the person who committed the most massive perjury about it and was the primary person responsible for ordering the destruction of Army documents concerning it (See John Toland's Infamy, 1982).

Marshall's order of October 18, 1941, to MacArthur to fight on the beaches was the basis for sacrificing 31,095 Americans at Bataan.

Marshall allowed Karl Marx to win the war. Marshall was largely responsible for the incompetent handling of the war including the second front, lack of fuel to Patton, the failure to take Berlin and Prague. See the brilliant Retreat From Victory by Senator Joseph McCarthy, Devin-Adair, 1951.

Marshall was a primary advisor to FDR during the treason at Yalta. He advised giving all concessions to Russia so it would enter the war against Japan after we had done all the dirty work. See Kubek pages 134 and 140.

Aid to the Communist takeover of China. After FDR, Marshall was the man most responsible for giving China to the Communists. Truman sent Marshall on a mission to China November 27, 1945. This mission was "one of the major factors contributing to the Red conquest of that nation" (Kubek, page 323). Marshall had been the person who appointed the American Communist General Stillwell to be Chiang Kai-Shek's Chief of Staff. Marshall favored a coalition government giving Communists power and enforced an embargo against the Nationalists. The net result of Marshall's 15 month mission was summed up in this sober epitaph by General Chennault: "The trend of a gradually stronger central government was reversed and the military balance shifted again in favor of the Chinese Communists" (page 343, How the Far East Was Lost, Dr. Anthony Kubek, 1963). When Marshall went to China the Communists had 300,000 badly equipped troops confined to a small area of China. He left them as 2,000,000 well equipped troops.

Truman appointed Marshall Secretary of State 1947-1949. His first order of business was to engineer the firing of anti-Communists like J. Anthony Panuch from the State Department. Communist agents flourished.

On June 5, 1947, at the Harvard Commencement he announced the "Marshall Plan" which was aid to developing countries. At the time this was the primary directive of Stalin to the Communist Party, USA - to get the U.S. to give aid to developing countries. By having Communist agents at the State Department direct the aid, the Soviet Union was able to conserve its resources while achieving all of its objectives. Marshall was Stalin's tool.


ジョージC.マーシャル将軍 共産主義者

--------------------------------------------------------------------------------

ジョージ・マーシャル(1888-1959)は、彼がKGB「エージェント19」ハリー・ホプキンズとエレナー・ローズヴェルト共産主義者の保護する党派の管轄にあった時に1933年まで1902年に出発する失敗した軍隊人であった。

1933年に、彼は大佐に昇進した。

1939年に、彼はもっと有資格であった400より多くの百とシニアの個人の上で陸参謀総長と四つ星の陸軍元帥に任命された。

マーシャルは真珠湾で反逆罪に深く関わっていて、それについて最も大規模な偽証を犯し、それ(1982年のジョン・トーランドの悪評を見なさい)について軍隊文書の破壊を注文することについて責任がある主要な人であった人である。

ビーチの上で戦うマッカーサーへのマーシャルの1941年10月18日の注文は、バターンで31,095人のアメリカ人を犠牲にするための基礎であった。

マーシャルは、カール・マルクスが戦争に勝つことを可能にした。

マーシャルは、主として、2番目の正面、パットンへの燃料の不足、ベルリンにかかる失敗、およびプラハを含む戦争の無能力な取り扱いに責任があった。

1951年ジョセフ・マッカーシー上院議員による勝利からの見事な退却を見なさい、Devinアデア。

マーシャルはヤルタで反逆罪の間FDRへの主要なアドバイザーであった。

私達がすべての汚い仕事をした後に、それが日本に対する戦争に入るであろうように、彼は、すべての譲歩をロシアに与えるように勧めた。

Kubek134と140ページを見なさい。

中国の共産主義の乗っ取りに援助しなさい。

FDRの後で、マーシャルは、中国を共産主義者に与えることについてとても責任がある人であった。

トルーマンは1945年11月27日中国に任務においてマーシャルを派遣した。

この任務は「その国家の赤い戦利品に寄付している主要なファクターの1つ」(Kubek、323ページ)であった。

マーシャルは、アメリカ共産主義将軍Stillwellに、蒋カイShekの陸参謀総長であるように命じた人であった。

マーシャルは共産主義者に権限を与えている連立政府に賛成していて、国家主義者に対して出入港禁止命令を強制した。

マーシャルの15ヶ月の任務の正味残額はこのまともな碑銘の中でシェンノールト将軍によって合計された:

「徐々により強い中央政府の傾向は逆転されて、軍事的均衡は中国共産主義者に有利に再び変わった」(どんなに、極東は343ページ1963年失われたのか、アンソニーKubek博士)。

マーシャルが中国に行った時に、共産主義者は中国の小さなエリアに閉じ込められた300,000のひどく装備されている軍を持っていた。

彼は2,000,000のよく装備されている軍として彼らと別れた。

トルーマンは1947年-1949年マーシャル国務長官を任命した。

彼の最初の課題は、国務省からJ.アンソニーPanuchのように反共産主義者の射撃をたくらむことになっていた。

共産主義のエージェントは茂った。

1947年6月5日に、ハーバード大学の学位授与式で、彼は、開発途上国への援助であった「マーシャル・プラン」を発表した。

その時、これは共産党、米国にスターリンの主要な指令であった - 米国に、援助を開発途上国に与えさせるには。

国務省の共産主義のエージェントに援助を指示させることによって、その目的のすべてを達成する間に、ソビエト連邦は、その資源を保存することができた。

マーシャルはスターリンのツール(工作員)
であった。

マーシャル陸軍元帥


蛇足

1930年代のアメリカは共産主義者の大統領を初め、多くをコミュニストが占めていた。その中で、陸軍は特にルーズベルト大統領の意のままに動く、駒であった。イルミナティの世界2重支配体制構築という命題にとっては、共産主義に協力して2つの世界体制を作る事が、第二次大戦の本命ではなかったのか?共産ソ連を助け、共産中国を作る事がアメリカの中枢部で練られた戦略であった。それに異を唱えた海軍のフォレスタル、政治マッカシー、陸軍マッカーサー。は消されたり、退けられたのであろう。

日本はただ世界新秩序構築にとって邪魔な存在であり、抹殺の対象なのであろう。戦争を短期に終了させる戦略の日本海軍などは大嘘か馬鹿の集まりである。売国奴により利用されたのか、その仲間だったのであろう。現在の中共政権のルーツは共産ソ連とイルミナティアメリカの合作で成立した(マーシャルが30万の貧弱な中共軍を200万の精強軍に変えた。莫大な軍需品と予算と人材で)。それにも闇の13家系の結びつきを考えねばならないでしょうが・。

中高年の再就職

中高年の再就職



就職先も探さなければなりません。家族の不安は極限です。Sさんも高校生の2人の息子を抱えて悩みました。会社に来ている求人先を見ると、食品商社で営業経験を積んだ人材を求むとあります。「能力を評価し実力に報います」とあるのです。がSさんにはショックでした、ヤッパリそうかとの思いでした。どの求人先も「35歳以下」と特記してあるのです。35歳以上の人には能力も実力も無いのでしょうか。実力主義をうたう企業の正体を見た思いです。

  しかし、Sさんはへこたれません。専門職につく前にある教育会社の『人生再決断研修』を受けていたのです。迷いはありません。自分の今後はつぎの選択肢から選ぶだけと決めているからです。――(1) いまの会社が更生するまでこのまま頑張る (2) 多少給料が低くなってもいい、転職先を探す (3) 営業力を生かして小さな会社を始める

Sさんはつぶやきました。「世の中の変化や流れに対応することも確かに自分の意志による行動だが、流されていることには変わりがない。自らの責任の下に自分の流れを作り出すことこそ迷わぬ自己(主体的自己)を作ることだ」。

http://www.president.co.jp/pre/20030519/001.html


「40~50代のいわゆる普通の人が再就職する場合ですが、月収の額面が30万円あったら、それで良しとしていただきたい」

 ということは、再就職前の中高年サラリーマンの収入は、実際の市場価値をだいぶ超えているということなのか。これについては論はわかれるが、一つ確実にいえるのは、大手と中堅以下との間にはかなりの賃金格差があるということ、つまり中高年求職者の場合、そうしたいわば次元の違いを勘案したうえで、自分の市場価値を見るようにしないと、道は開けないのである。



 では、中高年の主な再就職先となる中小・中堅企業の特徴とは何か。

「特に中小企業にいえることですが、いくら頭が良くても手足が動かない人間は不要なんです。その意味で、前職が大手の部長職などといった人の場合、すでに実務から離れていますから、いざ中小で働くとなると切り替えは簡単ではない」 



ダブル契約社員


後藤昌之(45歳)は二つの名刺を持っている。仕事用とプライベート用を分けている、という話ではない。二つの会社の契約社員として、それぞれ別個に雇用契約を結び活躍しているのだ。

「自分にとって都合のいい働き方を追求したらこうなりました」

 特異な就業形態について、後藤は笑顔でそう語る。

 雇用契約を結んでいるのは広告代理店の電広エイジェンシーと、印刷物やWeb・マルチメディアコンテンツを企画制作するブレストの2社。肩書は前者が営業企画部M&Dディレクター、後者がインターネット事業部チーフディレクター・コピーライターである。現在は週2日、電広エイジェンシーで勤務し、残り2日はブレストで働く。

 この2社が全社員に特異な雇用形態を用意しているわけではなく、いずれの会社にとっても後藤はイレギュラーな存在だ。それが認められているのは後藤が長期にわたって粘り強く交渉し、かつ実績を残すことで勝ち取った成果なのである。

 学生時代、広告の世界を目指した後藤はメーカーの販促部、広告代理店のコピーライターを経て1986年、電広エイジェンシーに入社した。同社はデンソーをはじめ、トヨタ、中部電力など中部地方の有力企業と取引がある。

 自分の望んだ通りの仕事に従事し、優良クライアントと仕事をできる後藤の立場は幸福に見えたが、本人の中では鬱積した思いが積み重なっていた。

「だんだん役職が上がり、決して好きではない管理職の仕事が増えていきました。それでも92~93年頃まではある程度の売り上げが確保できていたので楽にマネジメントできたのですが、バブルがはじけて状況が厳しくなると、スタッフを減員する中で同じ量の仕事をしなければならなくなった」

 クリエーター志向の強い後藤は部下に質の高い仕事をしてほしいと思う一方で、同時に管理職として効率化を図らなければならなかった。その解決策は、雑務を自分が一手に引き受けることだった。しかし、その無理がたたり体に変調をきたすことになる。

「もともと体は弱いんですが、30歳を超えてかなりガタがきまして。忙しいときは週2日ほど徹夜で、そのまま出張に行くことも。そんな生活を続けていたら、ドンと喘息の発作が出た」

 悪いことに喘息治療の薬を使用し続けていると、今度は心臓に負担がかかり、心筋症の疑いがかけられた。

「君はもう無理のできない体になっているのだ」

 医師からそう宣告されるに及び、後藤は会社の決め事に従うのではなく、自分に合った働き方を獲得しようと動き始めた。ちょうどその頃、後藤は個人的にインターネットに取り組み始め、ホームページ制作や専門誌への寄稿をしていた。そこに自分の仕事をフォーカスしたい、と交渉を始めたのである。

「業務を抜本的に改革しようとするにはもっと権限がなければできないし、あっても体力が続かない。専門分野を極めたいと思っても、会社の仕組みの中では無理な話。そこで会社に対してこう伝えました。『管理職の仕事は向いていないからやりたくない。インターネット関係の仕事だけを、週4日勤務でやらせてほしい』と
」「以前と比べて面倒な管理の仕事をせずに済み、仕事の幅は確実に広がった。『もういらない』と、いつ言われるかわからない不安定さはありますが、現在は会社自体が不安定な時代。どちらも不安定なら、より自分にスキルが身につくほうがリスクマネジメントとしても正しいと思います


?



蛇足


景気が良くなったとは言え、末端の中高年には春はなかなか来ませんね・。??再就職の難しさは、面接以前の問題です。若年層が有利であるが、中高年の経験と能力を買ってもらえない・。数年も採用がなく、フラフラしているオッサンもいますが、働く能力や意欲はあるのに、試す機会が無いのです。





http://hanabusa7.blog39.fc2.com/
迷える中高年の仕事

面接までなかなか至りません。

二社へ申し込みをしましたが、時前に履歴書送付との事で、

面接まで至っておりません。年齢ではねられるのかもしれません。

今までも転職経験はありますが、ヘッドハンティングや紹介などで

苦労をしたことがないのですが、今回は苦戦しそうです。

また経過報告します。


面接、頑張ります。

今週は面接ラッシュの予定です。

どんな会社に縁があるのか楽しみです。

出来るだけ小さい会社で自由にやりたいと思っています。

目的は独立ですから、その足がかりにしたいのです。



どうかうまく行きますように。



米国の次なる標的は?我々の健康と安心が崩壊する。?

雑談日記(徒然なるままに、。)

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/11/post_ab17.html#z20051120


奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画

警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度、関岡英之(全文)


――ついに簡保120兆円市場をこじあけた米国の次なる標的は?我々の健康と安心が崩壊する。――


米国が要求し続けた簡易保険の廃止


いまからちょうど十年前、一九九五年十一月に米国政府から日本政府へ提示された『年次改革要望書』のなかに、郵政三事業のひとつ簡易保険に関して次のような記述がある。 《米国政府は、日本政府が以下のような規制緩和及び競争促進のための措置をとるべきであると信じる。……郵政省のような政府機関が、民間保険会社と直接競合する保険業務に携わることを禁止する。》


 それ以来、米国政府は簡易保険の廃止を日本に要求し続けてきた。一九九九年の要望書ではより具体的な記述になっている。

 《米国は日本に対し、民間保険会社が提供している商品と競合する簡易保険(カンポ)を含む政府および準公共保険制度を拡大する考えをすべて中止し、現存の制度を削減または廃止すべきかどうか検討することを強く求める。》

 「民にできることは民にやらせろ」、つまり官業としての簡保を廃止して民間保険会社に開放しろというロジックの淵源は、米国政府の要望書のなかにあったのだ。


 これらの要望はいずれも、保険分野におけるアジェンダ(協議事項)として提示されている。米国が十年来一貫して標的としてきたのは、郵政三事業のうちの簡易保険のみであり、郵便事業と郵便貯金にはほとんど関心を示してこなかった。なぜなら、米国政府の背後で圧力を加えてきたのが米国の保険業界だからである。これは機密事項でもなんでもない。


 米国生命保険協会のキーティング会長は本年二月に来日し、自民党の与謝野馨政調会長と会談し、郵政民営化について陳情している。二月九日付の朝日新聞のインタビューのなかで、郵政民営化についてキーティング会長は「米国の生保業界にとって最も重要な通商問題だ」と明言している。郵政民営化問題には、日米保険摩擦という知られざる側面がかねてから存在してきたのである。


 『年次改革要望書』という隠微なメカニズムによる米国の日本改造というテーマを世に問うた『拒否できない日本』を昨年四月に文春新書として上梓して以来、私は郵政民営化についてもさまざまな先からコメントを求められるようになった。その際、しばしば問いただされた二つの点についてここで確認しておきたい。


 ひとつは、小泉純一郎氏が政治家として郵政民営化を唱え始めたのと、米国からの要求とはどちらが先か、という点である。私が調べた限りでは、小泉氏の方が先である。簡保に関する米国政府の要望について米国の公式文書で確認できるのは一九九五年が最初である。初年度一九九四年版の要望書には簡保については記述がない。


 一方、小泉氏は一九九二年に宮澤内閣の郵政大臣に就任したとき既に郵政民営化を提唱しており、一九九四年には共著で『郵政省解体論』を上梓している。一九九五年以前から、日米の当局者が水面下で簡保について交渉していた可能性は排除できないが、少なくとも公表された文献に依拠する限りでは、小泉氏の方が米国より数年先行している。従って、小泉氏が郵政民営化を持論としたのは、米国の圧力がきっかけではないことは明白である。


 しかしそのことが、十年も前から米国政府が公式の外交ルートで簡保の廃止を要求してきたということの重大さを減殺するとは思えない。日本の郵政事業の民営化、つまり官業としての簡保を廃止して民間保険会社化することを、なぜ米国政府が執拗に要求しているのか。米国の国益にとって郵政民営化はどんなメリットがあるのか。郵政民営化の是非について国民の審判を求めるなら、少なくとも客観的な事実のひとつとして、簡保をめぐる日米交渉の経緯についても判断材料として公明正大に提供されてしかるべきであった。先の総選挙にあたり国民に対して説明責任が果たされなかったことは残念に思う。


日本は米国に次ぐ世界第二の保険大国


 いまひとつ困惑をおぼえるのは郵便貯金の扱いである。夕刊紙などの電話取材で、私のコメントとして「郵貯・簡保三五〇兆円をハゲタカ外資が狙っている」と記載してよいか、と同意を求められることがある。そうした場合、私は必ず断ることにしている。なぜなら、郵貯については米国の公式文書で言及されていないからだ。不思議なことに米国政府は歴年の『要望書』のなかで郵貯に対してはほとんど関心を示していない。なぜなのかその理由はよくわからないが、裏づけがとれない以上、郵貯と簡保を同列に論じるわけにはいかない。そこで「簡保一二〇兆円を米国の保険業界が狙っている」というコメントなら掲載してよい、と返事をすると大概、落胆の溜め息がかえってくる。それではインパクトがない、ということらしい。


 しかし一二〇兆円だけでもドルに換算すれば一兆ドルを超える。これはサミット参加国カナダのGDPよりも大きい。これほどの規模の市場が新たに開放されるなどということは数十年に一度あるかないかだ。日本人は日本が外からどう見えているか、わかっていないのではないか。簡保の話だけでは夕刊紙のネタにはならないかも知れないが、世界の保険業界にとっては空前絶後の商機なのだ。


 保険という商品は、毎月決まった金額の保険料を長期にわたって支払い続けることができるだけの収入の目処がある顧客がターゲットとなるため、国民の大多数がその日暮らしに明け暮れる発展途上国ではそもそも市場が成立し得ない。保険がビジネスとして成立する有望な市場は先進国に限られ、米国、日本、イギリス、ドイツ、フランスの五カ国のみで世界の保険市場の八割近くを占めるといわれている。


 なかでも日本は米国に次ぐ世界第二の保険大国である。日本人は農耕民族的メンタリティーからか、将来に対する備えのために現在の消費を犠牲にする、保険という商品に心理的抵抗感が希薄で、生命保険の世帯加入率が極めて高い(商業民族である華人、インド人、アラブ人はいざという時の備えとして保険よりも貴金属を選好する傾向がある)。日本は世界の保険会社にとって、まさに垂涎の的ともいうべき魅力的な市場なのである。


 このため日本の民間保険市場は早くから米国の市場開放要求のターゲットのひとつにされてきた。一九九三年、宮澤内閣の時に始まった日米包括経済協議の四つの優先交渉分野のひとつにも保険が選ばれている。翌九四年、日本政府は保険市場の規制改革を受け入れた。九五年、保険業法が半世紀ぶりに大改正され、保険新商品の開発と保険料率が自由化され、また生命保険と損害保険の垣根が撤廃されて相互参入が可能となった。


 ところがこの改革に抵抗勢力として鬨の声をあげたのは、意外にも、日本に既に進出していた米国系保険会社であった。理由は、第三分野と呼ばれる医療・疾病・傷害保険にあった。この分野は生命保険にも損害保険にもなかなか参入できなかった外資系保険会社がニッチ(すきま)として日本に開拓した市場だった。規制改革によって第三分野で国内大手保険会社との競争にさらされると、外資系保険会社の既得権益がおびやかされることになる。日本において、外資が改革に抵抗するという珍しい図式がうまれた。米国は規制改革・自由競争の錦の御旗をかなぐり捨てて、なりふりかまわず既得権益の擁護を要求した。


 米国の保険会社、とりわけアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)のモーリス・グリーンバーグ会長が当時のクリントン大統領に猛烈な圧力をかけ、日米間で一年間におよぶ再協議が行われることになった。当時、日本側の交渉当事者だった榊原英資氏は『日本と世界が震えた日』(中央公論新社)のなかで、グリーンバーグ会長の共和・民主両党にまたがる政治力はかなりのものだったと述懐している。


 日米保険協議は九六年に再合意が成立し、第三分野での外資の既得権益を保護するための「激変緩和措置」として、外資系保険会社にとって特に重要だったガン保険、医療保険、傷害保険の三つの商品について、日本の大手保険会社は二〇〇一年までの四年間、日本での取扱いを禁止または大幅に制限されることになった。


 米国系保険会社は、第三分野を事実上独占することで日本での知名度と営業基盤を固め、近年、保険市場の本丸である生命保険分野にも攻勢をかけている。今年六月二日の日本経済新聞の報道によると、AIG傘下の生命保険三社は二〇〇四年度、新規保険料収入でついに国内最大手の日本生命を抜き、首位にたったという。


 AIGはアリコジャパン、AIGエジソン生命、AIGスター生命という三つの生命保険会社、AIUとアメリカンホーム・ダイレクトの二つの損害保険会社を日本に擁している。米国の民間格付会社スタンダード・アンド・プアーズ社は、アリコジャパン、AIGエジソン生命、アメリカンホーム・ダイレクトを日本生命や東京海上日動よりも上位に格付けしている。このうち、AIGエジソン生命は一九九九年に経営破綻した東邦生命を、AIGスター生命は二〇〇〇年に経営破綻した千代田生命をそれぞれ買収したものである。


 日本の中堅・中小の生命保険会社は二〇〇〇年前後に経営危機・経営破綻が相次いだが、そのすべてが、以下の通り外資系保険会社に買収された。

・東邦生命→GE(米)→AIG(米)

・千代田生命→AIG(米)

・平和生命→エトナ(米)→マスミューチュアル(米)

・協栄生命→プルデンシャル(米)

・オリコ生命→プルデンシャル(英)

・第百生命→マニュライフ(加)

・日産生命→アルテミス(仏)

・日本団体生命→アクサ(仏)

・ニコス生命→クレディ・スイス(スイス)


 経営破綻の理由は、バブル崩壊にともなう株安や低金利によって運用利回りの逆鞘が恒常化したことが主因であったが、直接の契機となった一因として見逃せないのは、先にも触れた、一九九五年の保険業法の大改正である。


 改正保険業法では、保険会社の経営の透明性を高めるためという大義名分で、「ソルベンシー・.マージン」という新たな基準が導入された。これは、端的に言えば保険会社の保険金の支払い余力をはかるものさしである。支払い余力には、保険会社が保有する株や土地といった資産の含み益の一部も算入された。


 経営内容の透明性を高めること自体はけっこうだが、タイミングが最悪だった。株価や地価が底なしの下落を続けるバブル崩壊の真っ盛りにこのような基準を導入すればどういうことになるか、素人でも想像がつく。週刊誌やマネー雑誌などがさっそく特集を組み、生保各社のソルベンシー・マージンのランキングを喧伝した。支払い能力に不安ありとされた保険会社には解約が殺到し、次第に体力が弱まって数年後に次々と経営危機に陥り、最終的には外資に買収された。



日本の生保はベビーちゃん

保険業法の半世紀ぶりの大改正をうながしたのは米国の圧力だったことは既述の通りだが、ソルベンシー・マージンの導入も米国の要求によるものかどうかは文献では確認できない。しかしこの顛末から連想されるのは、銀行業界におけるBIS規制のケースである。



 BIS規制とは、銀行の自己資本比率規制のことで、これが八%を下回った銀行には国際金融業務を認めないとする国際協定である。ここでも自己資本に株式の含み益の一部を算入したため、バブル崩壊の過程で日本の銀行は自己資本比率の維持に苦慮し、国際金融市場から次々と撤退を余儀なくされた。日本国内においても貸し渋り、貸し剥がしといったクレジット・クランチ(信用収縮)を引き起こし、不良債権問題を拡大し、平成不況を長引かせた遠因となった。



 このBIS規制の導入が、日本の銀行を弱体化させ、国際金融市場での覇権を挽回しようとした米国金融界の高等戦術であったことは、東谷暁氏が『BIS規制の嘘』(日刊工業新聞社)で的確に論証している。この本は、同じ著者・版元による『グローバル・スタンダードの罠』とともに、私が銀行員から物書きに転身する上で、いわば認識の土台を築きあげる手引き書となった。刊行後数年を経た現在も、その価値をいささかも減じていない。「構造改革」が加速化されつつある現在こそむしろ、再読吟味されるべき文献である。



 それにしても昨今、日本の生保各社の存在感は見る影もない。一九八〇年代後半のレーガン、ブッシュ(父)二代の共和党政権時代、米国の巨額の財政赤字を支えるために米国債を大量購入して「ザ・セイホ」ともてはやされていた時代を直接知る者として隔世の感がある。当時、私も民間銀行の証券投資部門で米国債や円建て外債などの外債運用を担当していたが、米国債の入札があるたびに、大蔵省から生保各社に「今月はいくら応札されたんですか」とヒヤリングがあったと市場のこぼれ話として漏れ聞いた。護送船団方式の時代に御上からこうした電話が毎月かかってくればゼロ回答は難しかった。その頃、日本では、米大統領選挙で共和党のブッシュ(父)が敗れて対日強硬派が多い民主党政権が成立したら一大事だという危機感があったのだ。しかし日本側の秘かな願いも虚しく、民主党のクリントン政権が誕生。あたかも日本側の腹を見透かしたように、徹底的な日本バッシングを開始した。対日強硬派の急先鋒だった民主党のベンツェン上院議員が財務長官に就任するや、ドル安容認発言を繰り返し、日本を円高攻勢で締めあげてきた。



 生保各社が保有する米国の長期国債はたちまち為替含み損を抱えたが、売却すれば損失が表面化するため、売りたくても売れないジレンマに陥った。米国の市場関係者は当時、「飴玉をとろうとしてビンに手を突っ込んだら抜けなくなってべそをかいているベビーちゃんだ」と日本の生保を嘲笑した。



 思い返せば、日本の民間保険市場は、過去二十年以上にわたって米国にさんざん蹂躙されてきた。あらためて日本国内を見わたせば、カナダのGDPに匹敵する規模を有する簡易保険がまだ米国の手つかずのまま横たわっている。保険市場をめぐる日米間の過去二十年にわたる歴史を振り返ったうえで改めて考えれば、郵政民営化の本質は、一二〇兆円にのぼる官営保険の市場開放問題だということがわかる。



 しかしただ民営化しただけでは国内最大手の日本生命の三倍近い規模の巨大な民間保険会社が誕生するだけのことだ。もちろん、米国が望んでいるのはそんなことではない。米国は民営化後の簡易保険とその資産一二〇兆円を、どうしようと考えているのか。



 それを推測させる要求事項が、二〇〇四年十月十四日付の米国政府の日本政府への『規制改革要望書』に列挙されている。

《Ⅱ-A.郵便保険と郵便貯金

 日本郵政公社の民営化が、経済財政諮問会議の求める民間企業との間の「イコールフッティング」を完全に達成し、また日本の保険および銀行分野に公正な競争をもたらすために、米国政府は日本政府に以下の方策を取るよう求める。

Ⅱ-A-1.民間企業と完全に同一の競争条件を整備する。それには次のものを含む。

Ⅱ-A-1-a.郵便保険と郵便貯金事業に、民間企業と同様の法律、規制、納税条件、責任準備金条件、基準および規制監督を適用すること。

Ⅱ-A-1-b.特に郵便保険と郵便貯金事業の政府保有株式の完全売却が完了するまでの間、新規の郵便保険と郵便貯金商品に暗黙の政府保証があるかのような認識が国民に生じないよう、十分な方策を取る。

Ⅱ-A-1-c.新規の郵便保険、郵便貯金および他の関連業務との間の取引がアームスレングス(引用者注・従来不即不離だったものを完全分離すること。ここでは金融業務と非金融業務の完全分離を指している)であることを保証するため、完全な会計の透明性を含む適切な措置を実施する。また、日本郵政公社の金融事業と非金融事業の間の相互補助の可能性を排除する。そして

Ⅱ-A-1-d.新規の郵便保険と郵便貯金が、その市場支配力を行使して競争を歪曲することが無いよう保証するため、独占禁止法の厳格な施行を含む適切な措置を実施する。》




奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画 警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度(後半)


 「奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画 警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度、関岡英之(全文)
」の後半部です。

 僕は、今まで選挙で棄権したことはありません。さきの9・11選挙では小選挙区は民主党候補、比例区は新党日本に入れました。基準としては、死に票にしない。とにかく消去法でいく。自分の意にそわなくてもとにかく投票だけはするでした。結果は小選挙区では死に票にしてしまいましたが、、。(汗)

 
投票日前日には池袋西口に行き
田中康夫の小林こうき応援演説まで聞いてしまった。選挙運動フィナーレを見物に行ったのも初めてなら、終了後の人ごみの中で小林こうきと握手までしてしまったのだった。自民党と共産党にだけは投票しないことを誇りにしていたこの僕が元とは言え自民党籍にあった議員と握手をしたのである。

 下記文中の小林興起議員について書いてある部分を読むと、自分の直観的政治判断は間違っていなかったと思うのだった。(^^;


※コメント欄で、メールアドレスもリンクもなしの匿名氏が「素朴な疑問なのですが、これって著作権の問題はないのでしょうか。」

 で、以下が答え。(前半)でもご紹介しておきましたが、積極的に関岡英之さんの話題の本「
拒否できない日本
」を宣伝しておきます。関岡英之さんについては、気鋭の作家と注目するようになりました。僕もこれから図書館で借りるか、あるいは購入しようと思っています。本の購入パターンとして本屋で立ち読みして作家などに関心をもちファンになり購入するというのがあります。今回のも関岡英之さんのを僕自身の著述物として載せたのではなく、関岡英之さんの文章の積極的な宣伝と自分自身では認識しています。

 皆さんも関岡英之さんに注目し、できたら「
拒否できない日本
」を購入しましょう。文藝春秋もこれを読めて他にも面白そうな記事があるならお買い得だと思います。


タミフルのおかげで(株で)大儲けした・。

以下続きです。


はずされる日本社会の安定化装置


これらの記述から、米国側の狙いがおぼろげながら透けて見える。簡保の政府保有株式は完全に市場へ売却させ、「政府保証があるかのような認識が国民に生じないよう、十分な方策」を取らせる、つまり政府の関与を完全に断ち切らせる。純粋な民間会社となった簡保に対しては、外資系保険会社と「イコールフッティング」、つまり完全に対等な競争条件を要求していく。


 「民間企業と同様の……規制監督を適用」とは、簡保の所管官庁を現在の総務省から金融庁に移管させて、その立ち入り検査を受けさせるということである。また、「完全な会計の透明性を含む適切な措置」とはおそらくソルベンシー・マージンなどの公表を義務づけ、会計事務所の会計監査も受けさせるということであろう。金融庁が民間の会計事務所と連携しながら、金融検査や会計監査を通じて真綿で首を絞めるように、りそなを事実上の国有化へ、UFJを身売り同然の合併へと追い込んでいった経緯は記憶に新しい。


 さらに、簡保を独禁法の適用対象とし「その市場支配力を行使して競争を歪曲することが無いよう」公正取引委員会に調査させる、という筋書である。公取委は検察当局と連携しつつ、いままさに道路公団を追い詰めている。そう遠からず簡保と郵貯に対しても、民業圧迫・市場独占批判、会社分割要求などの情報戦が顕在化してくるであろう。要するに、米国にとって民営化はゴールではなく、簡保を弱体化させ、分割、解体、経営破綻に追い込み、M&Aや営業譲渡などさまざまな手段を弄して、簡保が擁している一二〇兆円にのぼる資産を米国系民間保険会社に吸収させることが最終的な狙いなのである。


 簡保は小口であることと、無審査という簡易な加入手続きを特色としている。もともと簡易生命保険制度は、民間の生命保険に加入できない低所得者にも保険というセーフティネットを提供することを目的として大正五年に創設されたもので、ビジネスと言うよりは日本社会の安定化装置なのである。それが米国人の目には単なる市場としてしか映らない。安定化装置をはずした後に日本社会がどうなろうと一切関心がない。


 「官から民へ資金を流せ」、「民にできることは民にやらせろ」というときの「民」は、日本国民の「民」ではない。日本社会の行く末に責任を負わない米国民間保険会社の「民」にほかならないのである。そう話すと「それのどこがいけないのか?」と真顔で問い返す人が必ずいる。深層心理の階梯まで無国籍化した日本人の増殖は、まさに占領以来のゆがんだ戦後教育の「天晴れな」帰結というほかはない。世を厭い隠棲したい衝動に駆られる。


 昨年六月三日、竹中平蔵大臣が取り仕切る経済財政諮問会議が採択した「骨太の方針二〇〇四」によって、小泉総理の長年の悲願であった郵政民営化が、正式に日本の国策となり、そのわずか三ヶ月後の九月十日に、四分社化を骨子とする郵政民営化の基本方針が、与党自民党の了解無しに閣議決定された。その十一日後の二十一日に小泉総理がニューヨーク国連総会の際に日米首脳会談に臨むと、ブッシュ大統領から郵政民営化の進展について質問された。この事実は外務省の公式サイトにも掲載されている。


 それをさかのぼること一年前の二〇〇三年八月上旬、竹中氏はワシントンに駆け込んだ。当時、竹中氏は金融担当大臣として大手銀行に不良債権比率半減を迫った「金融再生プログラム」や、りそな銀行の国有化の経緯における強硬姿勢のため、自民党から厳しい批判を浴び、更迭要求さえ突きつけられていた。しかしワシントンで米国政府高官から「竹中路線を支持」の言質を引き出し、「追い風」を受けて帰国する。


 八月九日の朝日新聞によると、訪米前、ある米財務省幹部が竹中氏周辺に対し「あまり強く『支持』を言うと、国内の政治状況に悪い影響を与えないか」と何度か念を押してきたという。なんとも玄妙な、阿吽の呼吸をしのばせるやりとりである。


 竹中氏はワシントン滞在中に朝日新聞の堀江隆特派員のインタビューのなかで「郵貯の資産総額は四大メガバンクの合計より大きい。それだけ大きい『国営企業』の存在は、市場経済に慣れ親しんだ(米国の)人たちには理解しがたいことだと思う」と発言している。民間銀行の不良債権処理の渦中という騒然たる時期において、郵貯の話はいささか唐突に響く。この竹中談話の二ヶ月後、二〇〇三年十月二十四日に提示された米国政府の『年次改革要望書』のなかに、次のような記述がある。

《V-D.民営化

 米国政府は、二〇〇七年四月の郵政民営化を目標に、小泉首相が竹中経済財政・金融担当大臣に簡保、郵貯を含む郵政三事業の民営化プランを、二〇〇四年秋までに作成するよう指示したことを特筆する。》


 「二〇〇四年秋」(九月)にニューヨークでブッシュ大統領が小泉総理に郵政民営化の進捗状況の報告を求めたのは、こういう事情だったのだ。そしてその二ヶ月後には、合衆国大続領選挙が迫っていた。


 郵政民営化法案をめぐる自民党内の攻防で、小泉・竹中側と党内反対派が互いに頑として譲らず、最後まで揉め続けた最大の争点が、郵政三事業のうち簡保、郵貯(金融事業)を分離して完全民営化(官営廃止)するか否かの一点だった。それは、まさに米国政府の対日要求事項、つまりブッシュ大統領の関心事の核心にかかわる部分であった。


 通常国会で岡田民主党は曖昧な姿勢に終始した。総選挙での歴史的敗北後、前原新体制となった民主党は郵政民営化の対案を出した。伝えられるところによるとその内容は、簡保を廃止し、既契約分は日本郵政公社の傘下につくる複数の保険子会社に分割譲渡し、五年以内に完全民営化するものだという。この通りの内容だとすれば、これはまさに米国政府の要望書から読みとれる目論見そのものだ。与党案よりも露骨に米国に擦り寄り、簡保の分割まで踏み込んで米国保険業界の狙いをむしろ先取りしている。前原民主党の正体見たり、の感がある。


 「対米迎合派」対「国益擁護派」の闘い


結局のところ、郵政民営化問題の本質を最も鋭く認識したうえで、日本国民の代表として誠実に行動したのは、郵政民営化法案に反対票を投じた自民党の国会議員たちであった。

例えば、中堅では旧通産省出身の小林興起前衆議院議員、若手では旧大蔵省出身の小泉龍司前衆議院議員である。出身母体からして、両氏は郵政族ではなかった。旧通産省と旧大蔵省といえば、むしろ旧郵政省と激しくつばぜりあいを演じていた役所である。両氏が地盤としていた関東は、郵便局の存続に対する住民の切実度が低く、民営化してもほとんど失うものがない。東京一〇区に属する小林興起前議員の秘書は「郵政民営化法案への反対を説いても、なかなか地元支持者に理解してもらえない。逆に『自民党員のくせになんで小泉サンの足をひっぱるの』と小泉ファンからたしなめられてしまう」と苦慮していた。運命の衆院本会議の一ヶ月ほど前のことである。こうした事情を知れば、小林興起氏が反対票を投じたのは利権のためでも選挙区事情のためでもなかったことが歴然としている。議席を維持する保身だけを優先するなら、おとなしく賛成票を投じていれば済んだのだ。


 一方、小泉龍司氏は五月三十一日の衆議院特別委員会で『年次改革要望書』を示して竹中大臣を追及し、その後、自民党副幹事長の職を辞して衆院本会議で反対票を投じた。


 小林興起氏と小泉龍司氏が郵政民営化法案に反対したのは、米国政府の『年次改革要望書』を自ら子細に検証し、郵政民営化法案の中身を吟味して、その背後にある米国の国家戦略と、日本の国益を損なう危険性を正確に認識したからである。


 両氏は、今年の通常国会で成立した新会社法の中の「外国株対価によるM&A」の解禁を一年凍結させるうえでも中心的存在として奮闘した。そのことは三月十二日の日本経済新聞が実名報道している通りである。この外国株対価によるM&Aが解禁されれば、世上を騒然とさせてきたライブドアの堀江貴文氏、M&Aコンサルティングの村上世彰氏、楽天の三木谷浩史氏ら日本人に替わって、いよいよ外資が日本の大手企業買収の主役に躍り出ることになる。ちなみにホリエモンのニッポン放送株取得騒動をきっかけに、放送局に対する外資の敵対的買収への懸念が急浮上し、外資の出資規制を強化するため電波法・放送法が改正された。このとき郵貯と簡保についても民営化後の外資の出資を制限することを総務省が検討したがだめだった。放送事業と違って金融業については、外資の出資規制がWT0(世界貿易機関)協定で認められていないからだ。外資による郵貯や簡保の買収を法律で禁じるとWT0に提訴されてしまうのである。


 小林興起氏と小泉龍司氏はともに元経済官僚だけに、この種の複雑な法律の条文の行間に潜む危険性を見抜くだけの高いリテラシーを持っていた。そして自らの信念を貫いて行動した結果、権力の逆鱗に触れ、見せしめとして徹底的にいじめぬかれた。


 郵政民営化を唯一の争点とした先の総選挙の真相は、官邸とマスメディアが演出したような「改革派」対「守旧派」ではなく、「対米迎合派」対「国益擁護派」の闘いだった、というのが私の理解である。しかし真の国益を守ろうとした自民党の勇気ある議員たちの警鐘は、単細胞的常套句の連呼にかき消されてしまった。我々国民は「小泉劇場」に踊らされ、これらの政策通の国会議員たちから議席を剥奪し、その穴埋めに、小泉総理にひたすら忠誠を誓う公募の新人を大量に国会に送り込んだ。


 小泉総理のワンフレーズに比べ、反対票を投じた自民党議員たちの説明は国民にわかりにくかったと、したり顔で指摘した識者が多い。だが「政治はわかりやすくなければダメ」などというのは衆愚政治の極みであって、成熟した民主国家なら本来恥ずかしくて真顔で言えるようなことではない。日米保険協議以来の長きにわたるいきさつのある大問題を、説明責任も果たさず、ただ「イエスかノーか」という二者択一に矮小化して国民に信を問う、などというのは容認しがたい欺瞞行為である。「自己責任」の名の下に、最終的につけを払わされるのは我々国民なのだから。


次なる主戦場は健康保険


 郵政民営化法案が成立した今、事情を知る者は次なる主戦場を凝視している。それは公務員数の削減でも、政府系金融機関の統廃合でもない。それらは真の葛藤から国民の注意をそらす当て馬に過ぎないのだ。この国には米国の手垢にまみれていない、もうひとつの官営保険が存在することを忘れてはならない。それは健康保険である。国民生活に与える衝撃は、簡易保険の比ではない。「民にできることは民にやらせろ」という主張がまかり通れば、健康保険も例外ではいられない。既に第三分野(医療・疾病・傷害保険)は外資系保険会社にとって、日本の保険市場を席巻する橋頭堡になっている。


 日米間には「日米投資イニシアティブ」という交渉チャンネルが存在する。二〇〇一年の小泉・ブッシュ首脳会談で設置されたもので、詳しい説明は外務省ホームページに譲るが、対日直接投資を拡大するという大義名分のもとに、外資の日本企業に対するM&Aを容易にするために日本の法律や制度の「改革」を推進してきた原動力である。毎年報告書が作成されており、経済産業省のホームページで閲覧することができる。二〇〇四年版の『日米投資イニシアティブ報告書』に、米国側関心事項として次のような記述がある。


 《米国政府は、日本における人口動態の変化により、今後、教育及び医療サービス分野における投資が重要になってくることを指摘した。そして、これらの分野において米国企業がその得意分野を活かした様々な質の高いサービスを提供できること、またそうした新たなサービスの提供が日本の消費者利益の増大に資するものであることを指摘した。米国政府はこれらの分野における投資を促進するため、日本政府に対し、当該分野における投資を可能とするための規制改革を要請した。》


 その具体的な要望事項のひとつとして、米国政府は混合診療の解禁を挙げている。また二〇〇四年三月十二日の日本経済新聞も、米国務省のラーソン次官が日本の医療分野への外国資本の参入拡大を期待する意向を表明し、混合診療の解禁を求めたと伝えている。


 米国が日本に解禁を求める混合診療とは、保険が利く「保険診療」と、保険が利かない、つまり厚生労働省が認めていない「保険外診療」(自由診療とも言う)を同一の患者に行うことである。現在は認められていないため、日本で未承認の薬などを使うと、本来保険が利く診察代や入院費などにも保険が適用されず、かかった費用全額が自己負担になってしまう。しかし混合診療が解禁されると、厚生労働省が認めていない部分のみは自己負担だが、診察代や入院費など通常の経費は保険でカバーされるため、日本で未承認の新薬や治療法をより利用しやすくなる。患者にとってはけっこうな話に聞こえる。


 しかし米国がなぜ日本に混合診療の解禁を熱心に要求しているかといえば、厚生労働省が認めていない薬や治療法を使う「自由診療」については、製薬会社や病院などが値段を自由に決められるため、収益性が高いからである。保険が利く「保険診療」のほうは、診療報酬の単価や薬の価格を政府が統制しており、高騰しないよう抑制されているのだ。


 混合診療が日本で解禁されれば、日本で未承認の米国の「世界最先端」の新薬や治療法がどっと参入してくるだろうが、それは米国側が自由に価格を設定できるため、日本の医療費の水準とはまったく異なる価格で提供されるようになる。利用できるかどうかは、患者の病状よりも所得水準によることになる。医療保険制度研究会編集『目で見る医療保険白書』(平成十七年版)によって日米の医療費を比べてみると次の通りである。

      一人当たり医療費   総医療費の対GDP比

 米国  五九一、七三〇円   一三・九%

 日本  三一〇、八七四円   七・八%


 米国は、一人当たり医療費でも、総医療費の対GDP比率でも世界一であり、その「世界最先端」医療は、同時に世界で最も高価な医療でもある。政府が「社会主義的」な価格統制を行っている日本より、市場経済にゆだねている米国の方が医療費が高いのだ。


 このため、混合診療が解禁されて米国の新薬や治療法が入ってきても、何らかの保険でカバーしない限り高くて受診できない、ということになりかねない。そこで、混合診療が解禁されると、民間保険会社にとって自由診療向け医療保険という、新たなビジネス・チャンスが発生するのである。つまり、公的医療保険がカバーしない領域が拡大するということは、民間保険会社にとっては新たな市場の創出にほかならないのだ。ここに、米国の製薬業界、医療サービス関連業界、そしてかの保険業界が三位一体となって、日本に対して公的医療保険を抑制しろと圧力をかけてくるという構図が成立するのだ。


 敵の出方を読むには、公的医療保険制度が日米両国でいかに違っているか、その径庭を知悉しておくことが重要である。私は米国に行ったことがないが、過去数年、様々な文献を学んできて最近思うことは、日本と米国とが、いかに懸け離れた価値観に基づいて運営されている国か、ということだ。彼此の懸隔を最も酷薄に思い知らされる機会は、恐らくかの国において訴訟に巻き込まれたときと、病気に罹ったときではないか、と想像する。


 日本は国民皆保険といって、すべての国民が公的保険でカバーされている。大企業に勤める人は会社ごとにある健康保険組合、中小企業に勤める人は国が直接運営する政府管掌健康保険、自営業者や退職者などは各市町村が運営する国民健康保険など、働き口によって手続きが分かれてはいるが、すべての国民が公的保険に加入できるようになっている。このため、誰でも保険証一枚あれば、どこの医療機関でも費用のことはあまり気にせずに安心して診察を受けることができる。これは、ひとの命にかかわる医療は、貧富の格差にかかわらず、すべての国民が平等にアクセスできなければならない、という価値観に基づいた制度である。ただしこれは高負担・高福祉、つまり「大きな政府」を前提としている。


 米国には、国民皆保険制度は存在しない。公的保険制度には加入制限があり、高齢者・障害者限定のメディケアと低所得者限定のメディケイドの二種類しかない。伊原和人・荒木謙共著『揺れ動く米国の医療』(じほう)によると、米国民のうちメディケアで約一三%、メディケイドで約一一%しかカバーされていない。しかもメディケアは薬代をカバーしていないため、高齢者は民間保険にも重複して入らなければならない。このため国民の約七〇%は民間保険会社の医療保険に加入しているという。医療に関しても、文字通り「小さな政府」、「民にできることは民にやらせろ」という米国流の市場原理主義的イデオロギーが貫徹されているのだ。


 民間保険会社の保険料は、もちろん市場原理が貫徹される。例えば大企業の社員は、会社が一括して保険会社と契約するので、大口顧客として保険会社に値引き圧力をかけることができるため保険料が割安となり、低負担で「世界最先端」の医療を受けられる。


 一方、保険会社は大口契約で削られたマージンを小口契約で補填しようとするため、自営業者、退職者など個人で保険に入ろうとする人などには割高な保険料を請求する。その結果、所得の低い人ほど保険料が重くなるという負担の逆進性が常態化している。「小さな政府」で個人の自己負担が小さくなるわけではなく、むしろ逆なのである。


 このため、メディケイドでカバーされている低所得者層と、民間保険会社の保険料を負担しうる富裕層との中間に、公的保険にも民間保険にも入れない無保険者層があって、二〇〇二年にはそれが四四〇〇万人、国民の約一五%にもなっているという。無保険者は費用を心配するあまり、よほどの重症にでもならない限り病院にも行けず、行ったところで診察を拒否されたり、診察代を払いきれなかったり、といったトラブルに陥る。米国では医療費負担にともなう個人の自己破産が、クレジットカード破産に次いで多いとも聞く。病気に罹ることはまさに人生の破局に直結する。


 長生きしたければもっとカネを払え


こうした事情の帰結なのか、0ECDの調査によれば、米国は世界最高の医療費を費やしながら、平均寿命、乳児死亡率、いずれも先進国で最低であり、WHOの二〇〇〇年の報告でも米国の医療制度の評価は世界第十五位と悲惨である。米国医療の実態は、「小さな政府」が国民経済全体的には高負担・低福祉をもたらすことを示唆している。一方、日本の医療制度は米国より安い医療費で、WH0から世界第一位の評価を得ているのだ。この歴然たる事実は、市場原理の導入による医療の効率化を喧伝する「改革」論者を顔色なからしめるものがあるはずだ。


 にもかかわらずその日本で、来年の通常国会に向け医療制度「改革」が推し進められている。昨年九月、小泉総理は唐突に、混合診療の解禁について年内に結論を出すよう関係閣僚に指示した。竹中大臣が仕切る経済財政諮問会議と、オリックスの宮内義彦会長が議長である規制改革・民間開放推進会議が連携して推し進めたものの、日本医師会と厚生労働省が激しく抵抗したため、昨年は本格的な解禁が先送りとなった。


 今年、経済財政諮問会議は戦術を変え、医療費総額の伸び率に数値目標を導入し、公的医療費を抑制する仕掛けを作ろうと画策している。そうなると公的保険の給付範囲をせばめる必要が出てくる。つまり、政府が価格や報酬を抑制している公的医療保険が利く分野が減らされ、外資を含む製薬会社や民間医療サービス業者が自由に価格や報酬を決められる「保険外診療(自由診療)」の分野が拡大されることにつながる。公的医療保険に代わって保険外診療分野をカバーする民間医療保険への二ーズも発生する。それは日本の医療制度に市場原理を導入し、公的医療保険を「民」すなわち米国の製薬業界、医療関連業界、そして保険業界に対して市場として開放することにほかならない。米国政府は初年度九四年以来一貫して、医薬品と医療機器分野を『年次改革要望書』の重点項目に位置づけているのだ。


 「長生きしたければもっとカネを払え。払えない年寄りは早く死ね」。ホリエモンは「人の心はカネで買える」と言い放ったが、「人のいのちもカネで買える」時代がまさに到来するのだ。


 かくも重大なテーマであるにもかかわらず、先の総選挙ではどの政党も医療制度問題をまともな争点にせず、逃げをうった。小泉圧勝を受け、経済財政諮問会議や規制改革・民間開放推進会議などの「改革」推進勢力はいよいよ居丈高となり、今や破竹の勢いである。すべては「民意」の名の下に正当化され、もはや誰にも止めることはできそうもない。その結果がどう降りかかろうと、決定を下した我々国民の自己責任というわけだ。


 『年次改革要望書』は今年で十二冊目を数える。すでに十年以上の長きにわたって、既成事実を積み重ねてきた。たとえ来年、小泉総理が退陣したとしても、『年次改革要望書』とその受け皿である経済財政諮問会議や規制改革・民間開放推進会議が命脈を保つ限り、米国による日本改造は未来永劫進行する。それを阻止できるものがあるとすればそれは、草の根から澎湃と湧き起こり、燎原の火の如く広がる日本国民の声のみである。


蛇足


戦後、郵貯・簡保などの政府金融が、不合理な官僚統制を強めてきた。財投は戦後一定期間にこそ役に立ってきたが、政府が商売をしてきたツケが1000兆円の国債となって跳ね返って来た。日本の官僚よりアメリカ業界の方がマシとは思う。ただ、健康保険などは公的性格を残すならば、医師会・薬業界などの意向で左右されずに、アメリカを反面教師として、官僚が良い制度を構築するべきだ。それもおのれ等の天下りだけを考える役人なら、官僚よりアメリカ政府の方が示した改革案がより合理的で良い。



戦略無き、暴走。

http://www2.tba.t-com.ne.jp/dappan/fujiwara/books/nihonnokiken.html


日本の危険1986年 馬野周二



kane55改筆


20XX年、米国支配層はいま東部首相の行動、日本政界の動きを、ジッと窺っている。騙し、蹴り上げた東部が、腹を立てて自ら辞職するか。首相の位置に恥も外聞もなくかじり付くか。日本の政治家が東部を袖にするか。そのまま凹んでしまうか。日本の政治家と国民の資質がいま問われているのだ。  これから衆参両院のダブル選挙が行なわれる。意見が通った首相だが、自民党は円高不況風が吹き込んで、議員数が減少するのを恐れて衆院解散に踏み切ったわけだろう。それは良いとしても、東部三選はよしたほうがよい。 東部氏は町人である。日本国民もまた、官僚高官の「町人国家論」といった聞くに耐えない妄言を、マスコミが担ぎ回っても平然としている。似たもの同士で、なるほど東部首相の支持率が高いわけだ。  今日の米国を動かしているのは、貧弱な日本国首相の頭で渡り合える手合ではない。戦前の、それなりに今日よりははるかに立派だった大日本帝国を、手玉に取って大平洋戦争に誘い込み、原爆を二発食らわした悪者どもの後裔である。生やさしい連中ではないのだ。  東部氏には日本人としての性根が欠けている。靖国参拝とか自衛軍増強をいくら力んでみても、それは関係がない。関西の商売人の息子、秀才の東大出の官僚は、本当の胆玉と教義を持っていない。そこでクリスピー大統領に阿諛してみたり、英語を使ってカッコを付けてみたり、外国人と立ち交わって得意になっている風が醜い。  日本の首相であれば、少なくとも英語は自由であってほしい。そのうえ、独仏語のいずれかが読めるくらいの語学力は必要だ。だが、公式の席で外国語を使ってはならぬ。フランス人もロシア人もドイツ人も、公式の席で外国語は使わぬ。東部氏は六十半ばをすぎて、いまだに軽薄才子ではないのか。  服装、態度は隙なくととのえる。だがこの人物は全くの田舎者だ。西洋文明は優れている、西洋人は偉い、彼らと対等に立混りたい、この辺がその心事であろう。  私はむやみに人を批判するものではない。この東部式西洋崇拝、アメリカ化が日本に及ぼしている惨害に、心が痛むからである。今の日本の物心両面の軽薄なアメリカ化は、東部首相登場以来急速である。日本人はてい順にエライ人を見習うのだ。いろいろの面で、これは日本を心の内面から打ち壊しつつある。  日本の文化と社会は、アメリカなどとは比較にならない、本源的に高度なものである。どうしでそれが、この学校秀才にわからないのか。  以前に首相であった小泉さんも、森さんも、私は好きである。田中首相は偉かったと思っている。竹下首相さえも私は弁護してきた。だが東条と東部首相だけは、彼らが出現した途端、私の心に突きささるものを感じた。一昨年暮から、私は東部首相に、なるべく早くおやめなさいと言ってきている。東条と東部両人の像が、私の眼底に二垂写しになるからだ。  東部首相は早く退陣する方が日本のためにも、本人のためにもよい。もし彼が手練手管で延命を計ってゆけぱ、大変な事態が起こりかねない。彼の歴史評価は東条をはるかに下回ることになる。  本を書く冥利と言えようか、私のところには読者からいろいろ手紙が来る。たいていは返事を出すが、その中には居所不明で返ってくるものもある。それらはきまって、米国はこういう陰謀を日本に仕かけている。これをあなたの筆で日本国民に知らせてもらいたい、とする趣旨のものだ。そんな方々の純真な気持ちを私は尊重するのだが、最近来たものの一つを次に掲げておこう。  先生にお便りをするのはこれが二度目なのですが、前回の手紙が届いたかどうか自信がありません。


アメリカ支配屈の総司令部、外交問題評議会(The Council for Foreign Affairsのこと、ただしこれは現在ではすでに公然機関になっていて、伏魔殿は別にある)とロックフュラー財閥の実体が描かれています。  アメリカエスタブリッシュメントは、日本をそっくりそのまま乗っ取って、アメリカ資本の支配下に置いてしまう戦略を開始しています。TOBよる日本乗っ取りこそ、アメリカ対日戦略の本番です。  アメリカはすでに日本国内のCIAエ-ジェントや、ロックフェラーが主宰する三極委員全を使って、日本国内でも日本乗っ取りの布石を着々と打っているのです。  行革の目的は日本の景気を悪くするというよりも、米国が日本に「再進駐」しやすいような環境作りにあります。役所を民営化してグローバル企業のネットに取り込む。反米勢力であるNHK、朝日などのマスコミ労組の力を弱める。農地を自由化して穀物メジャーによって日本の生命線を押さえる。官僚組織を攻撃して米国のような企業支配型社会に日本を変えていく。  その後に来るのがTOBです。  ロックフェラーと外交問題評議会は、日本を単に叩くのではなく、米国の体制の中にそっくり吸収しようと考えているのです。つまり米国の産業ソフトによって、日本産業のハードをそっくり支配下に置こうというわけです。  大統領は外交問題評議会ではなく、それに反対するライト・グループの首領です。しかし国防、国務といった連中はすぺてロックフェラー直属の部下てすので、クリスピー政権も内部はこの外交問題評議会に蚕食されていることになります。クリスピーが権力の座を退ぞいて、ケラリーが大統領になり、ロックフェラーの大番頭であるベーカーがふたたび権力の内部に復帰する峙が、米国の日本吸収策が発動される時です  米国の支配層が夢見る日本とは、米国と統合され、事実上そのマスコミと主要産業が、ロックフェラー財閥の支配下に入った国なのです。そしてその移行は日本国民がほとんど気付かないうちに行われるかも知れません。 ある著名な出版社、新聞社、通信社はCIAコネクションに通じるメディアで安全であると日本人に信じこませようとしています。これが彼らの手なのです。  日本は早くあの東部という売国奴を叩き出して、ロックフェラー財閥との戦いに備えないと、えらいことになります。今は目醒めた人間が全力で警鐘を打ち鳴らさねばなりません。  米国の支配者はロックフェラーと外交問題評議会は、空洞化した米国の生き残りを計るために、日本を吸収し、属州化する計画を進めているのです  現在米国に横行している日本アンフェア論は、日本に政治的圧力をかけるために外交問題評議会が煽動したものです。  彼らはまず、日本に対して市場開放の圧力をかけて、TOBと穀物メジャーによって日本の情報と食料を押さえることを狙っています。行革と「第三二のマッカーサー改革」と言われる日本改造計画がそれで、これは日本国内の日米欧三極委員会のメンバーとCIAエ-ジェントが、米国からの外圧と呼応して日本を米国支配下に組み込もうと策動しているのです。アレンによれぱ、外交問題評議会は日本と極東の産業を乗っ取るために、第三の恐慌を準備しているらしいということです。  最終的に彼らが考えているのは、日本に対して経済政策、金融政策で主権を放棄させ、日米の通貨を一つの単位に統一することだと思われます。これが米国の産業ソフトで日本の産業ハードを支配する、外交問題評議会の目標です。  そのために彼らは日本を米国にさらに強く結び付け、アジアと切り難す政略をとってくるものと思われます。この戦略が完了すれば、日米がひとつの経済圏として、米国資本の下で統一されることになりますが、これは日本が民主主義的主体性を失って、米国なみの暗黒国家になることを意味します。  私の考えでは、これを防ぐ方法は二つあると思います。一つは日本がみすみす全をドブに捨てるような米国への投資を止めて、日本国内での投資を増やすことです。そのためにはCIA政権である東部政権を早く叩き潰さねばなりません。  第二には円を決済通貨とする「日経済圏」を西太平洋に作ることでしょう。必要ならば中ロを入れても良いと思われます。日本が米国の日本吸収戦略を打ち破るには、これしか方法はないと思います。  さてお知らせの書はよく読んでいます。アレンの著書をすいせんした反ロックフェラーのマクドナルド下院議員は、航空機事件で亡くなりましたね。この機にはブッシュ元大統鎖も予約していたのですが、直前になって他の便に変更したという話もあります。航空機事件が、やらせであった可能性が高いことを、私は『アメリカは信頼できるか』で主張しています。新しいところでは、中国原発事故は西側機関の仕掛けた爆発物によるものという説も巷間にあるようです。  いざという時に、日本の原発がCIAの手先によって内部から爆破されたらどうなりますか。あるいは東京湾に入ってくるLNG船の場合も同様でしょう。  石油危機、原子力エネルギー、石油暴騰落、円ドル交換率の急変動、すぺては、その時々の状況を巧妙に利用した米国支配層の拵らえものでしょう。私は『石油危機の幻影』以来十数冊の本で、それを指摘して来ているのですが、正直な日本人は、そんなことを聞くのさえ嫌なのてす。日本人と言うのは、そういったことに対する感受力がありません。与えられたものを一途に信じ込んで、正確に守り伝えようとするのです。いじらしいものですね。  一つ真に驚愕すぺきことをお話ししましょう。  古事記、日本書紀と言えば「日本人と日本国家の根本聖典です。ところがこれらは完全な帰化人(あるいは当時の百済CIA)の造作物と断定してよろしい。以来千数百年、誰れ一人これらを根本的に疑った学者が出ていないのです。日本の伝統を護持すぺき神職が、今日でさえも記・紀の神聖をその存在の依りどころとして墨守している有様です。  記・紀の約百年前に、「先代旧事本紀」というものが作られたのですが、これは漢文で書かれた史書としては、もっとも浩瀚なものです。ところがこれがすでに完全に造作史です。ではなぜこんな恐るべきことが行なわれたのか。  理由は簡単です。時の権力者、旧事記の場合は蘇我馬子とその甥、聖徳太子の命令によるのです。もちろん当時は事実を知る人は多かったでしょう。しかし彼らは力で沈黙させられた。当時の排仏、崇仏の裏面には、この問題が潜んでいます。日本最古の歴史文書を保待して来たのは皇室と物部氏です。馬子と太子は外来のシナおよび仏教思想、そしておそらく三韓貿易による経済力を背景にして、外戚政策によって皇室を、武力によって物部氏を征圧し、日本国家を横領しようとした。  日本の本当の歴史書の存在は彼らの野心にとって邪魔なのです。そして物部守屋の滅亡を眼前に見た他の家の人達は、目を閉じてしまい、記・紀が金科玉条となって今日に至っている。旧、記、紀に書かれた古代日本は、まったくお伽ばなしの世界に作りかえられ、低劣、蒙昧な神話の世界に塗り込められてしまいました。よくもこんな出鱈目をイケシャーシャーと書けたものだと、変に感心させられるくらいです。当時の百済人は詐騙の天才を持っていた。  そのことは以来干数百年、民間に匿され埋もれてきた、皇室系統と物部系統の古代史書が、戦後になって明るみに出て来たことで、古代の実態が明らかになってきました。たとえば女神にされてしまっている天照大神は、じつは十三人の后姫を持つ天皇でした。晩年は長く伊勢に居住しています。今日の伊勢宮はその住居跡です。  この七世紀の事態を今日に引き写すとどうなるか。外来の思想に心酔し、外国との経済関係深入りして物心とも虜にされ、おおみたからとして大事にされてきた民衆は奴隷化される。私の『日米最終戦争』の表紙の絵をとくと御覧下さい。この日本人も、昔の百済人や今日の米英支配層のような本心からの悪党ではありません。日本の社会で育てば、悪党にはなれないのです。しかし権勢欲という魔物が心中に巣食い、事物を的確に透視しうる能力がない人は、知らずに悪党の走狗になる。  米国支配層の考えは、いくら勘ぐっても過ぎることはありません。牛肉を買え。しからばその中に含まれている女性ホルモンの量を監視すべきです。米国下層階級の青少年は近年無気力になってきたといわれています。現在の米国では体のよい給食所に変わりつつあるハンバーガー店で食べる牛肉の、飼料に入っている女性ホルモンのせいであるというのです。これは米国で問題になっています。  コーラ類のガブ飲みが、下層米人をむやみに太らせている。だが日本の食料品検査当局が、その中の徴量成分をチェックしているか。  あなたのいうソフトな手段による米国資本の日本企業乗っとりは、もちろん彼らの主要な作戦です。そして実際に発動してくるでしょう。だが私はそれは結局無理と考えます。経済は複雑な生きものですし、本書の第四部に見る太平洋戦争の時のように一刀両断にはゆきません。彼らの作戦は、どうしても途中で馬脚を表わして来ますし、日本人の集合的頭脳には、彼らの傲慢な少数者の力では結局勝てないでしょう。  もちろん倣慢は姦智を生むものです。決して油断すべきものではありません。しかし最も大きい問題は、アメリカ思想、すなわち拝金主義、物質主義の濔漫による日本人の精神的墜落です。これこそが、本当のトロイの木馬であり、獅子身中の虫でしょう。  日本の最終的な力は、いま言った日本人の精神的純粋さをあくまでも保持することと、他の一つは産業の健全性、生産性を常に上昇していくことです。今まで政府、国民に甘えた、きわめてルーズで非能率な組織でした。現在の状態は、この弱点を米国に衝かれているのです。自らを改革し得ないものは、他力によって潰されるし、その弱点に楔が打ち込まれます。黒船の時の徳川幕府のようにね。  太平洋戦争でも、重臣、軍の無能と思い上がりが、ルーズベルトの罠にかかる原因を作ったのです。では御気嫌よう。  右の手紙の中で、私は“日米最終戦争”における最終的楽観論を述べた。読者の大部分は、米国の善意、その社会の健全性、そしてその産業力の強大について、疑いを持ったことはないであろう。それが大きな錯覚であることを出来るだけ早く気付くことが、あなた方にとって大いに大切である。 一般の日本人は、アメリカとアメリカ人を根本から取り違えている。「敗戦と占領軍の恩恵によって、今目の平和で繁栄した日本の社会がある。あなたはなぜその立派なアメリカの悪口を言い、クリスピーと協力してうまくやっている東部さんを非難するのか。何かアメリカに個人的な怨みでもあるのではないか」と考える人もあるかも知れない。  私は善良な一般のアメリカ人に対して、親愛の情を持ちこそすれ、何のわだかまりもないし、米国に対して何の意趣があるわけではない。それどころか、多少の金銭的基礎を与えてくれたことに、非常に感謝しているのだ。  私の米国に対する厳しい見方は、彼らの中に巣食っている一握りの支配屈の思想と行動が、世界人道に反しているところに由来する。それは、紹介するドール大佐のそれと同じである。彼らの目指すところは、自国民と世界を奴隷化することであり、米国の第二ローマ帝国化である。私は一個の日本国民として、また世界市民として、これを座視することはできない。  米国支配層はその利己的哲学によっつてアメリカを腐敗させた。(『アメリカ帝国の大謀略』)その毒手はいまや日本に及ぼうとしているのだ。


これが日本社会の弱化と、米国による寄生を容易にし、日本社会内部に自らの友人、金持ち階級を作ることにつながると考えているわけだ。日本の高所得層を米国支配層の買弁化しようとする策略である。  アメリカに行って万遍なくその社会を観察すると、この四~五年来、貧民が非常に増えてきたことがわかる。もちろん彼らは日本からの訪問者の立ち回るところにはいない。だが市街の中心部を外れたハンバーガー店などを見ると、彼らの実情はよく見えてくる。素寒貧な部屋は借りていても、調理はできない。費用が掛かりすぎるからだ。そこでフードスタンブで支払いのできるファーストフード店を、朝・昼・晩家族を連れて回り歩く。今日のアメリカでは、ハンバーガーとコーラは貧民給食事業となっている。  この状態の下に、クリスピー政権は高額所得者の税率を大幅に下げようとしている。低所得層への課税は日本よりずっと重いのである。これは金持横暴の不逞な政策だ。それは米の力をますます弱め、おそらく数年後に到来する大不況においで、大きな社会不安どして噴出するであろう。戦前の日本の大きな弱点は、貧富の差の大きいことであった。これがために社会が近代化されず、国内市場が育たず、結局海外進出にハケ口を求めることになってしまった。戦後今日までの日本の進展は、戦後占領革命による富の平等化に負っている。いま米国の要求に盲従して高額所得者の税率を大幅に下げることは、戦前に戻ることである。すなわち日本の発展を阻害し、社会緊張を増す。  現在の米国は悪国の見本であり、この国は、明日は明白に中南米国化する。米国支配層の誘導に乗ぜられて、高額所得者減税などを導入して、昔の悪夢を蘇らせてはならぬ。戦後日本人の親米感情は、占領軍の諸改革が戦前日本の病根を剪除して、平等社会を作ってくたことに由来する。が、間連ってならないのは、占領革命を遂行したのは、三○年代の大不況が生んだニューディール派の人達であり、今日の米国を動かしている悪人とは対極に位置する。マッカーサーは正直な軍人、官僚であって、彼の考え方は当時のニューディーラーに近かったのであろう。  米国は極端に能力の異なる国民の集合である。したがって貧富の差は大きくならざるをえない。しかも上層富裕階級は貧民にまで課税している。これはもう人頭税と言ってよい。三○年代ニューディールアメリカは、今日では奴隷制アメリカに変貌したと言ってよい。米国支配層は日本にまでその思想と社会を拡げようとしている。  今も濃厚に残り、米国のみならず、日本の或る人達も大いに利用している日本人の親米感情は、もうとっくに消え失せているのだ。真実は、米国支配層は日本の敵であるのみでなく、世界文明の障害物である。不明にしてその姿が見えないにせよ、彼らと協力する徒輩は、まさしく、気付かぬうちに買弁化しているのだ。  さて前置きが長くなりすぎたようだ。







蛇足・・続き


同日選挙に打って出た東部首相は大敗し、野党政権が誕生し、政権は野党民共党が独裁を宣言した。そして中国及び朝鮮国と軍事同盟へと進んだ・・見返りに中国軍の沖縄、九州進駐に伴い、アメリカ太平洋軍と衝突してしまう。マスコミは統合され唯一の以前、反戦平和を謳っていたNHK朝日放送が連日、アメリカの原爆投下への謝罪キャンペーンを繰り返し、徴兵制で米国軍を潰す事を盛んに述べて戦争論を展開している。日本はアメリカとの貿易摩擦に発展し、経済は疲弊した。ついに、キレタ過激派が日本航空機のパイロットを脅しホワイトハウスに突っ込み、破壊してしまった。そのテロ報復の為、アメリカ・ライトグループは日本抹殺の計画を上述しそのミッションをクリスピー政権に出し議会の承認を得て、最後通牒を提出し、日本の民共政権はそれを拒否した。大統領は東京へのミサイル発射ボタンを押すことにした。東部元首相が終わりに見た街は「何も無い関東平野の瓦礫の東京」だった。

拷問の国でオリンピック

2 December, 2005

2005年12月2日

CHINAー UNITED NATIONS

中国ー国連

Torture still widespread in China



中国でまだ広範囲にわたる拷問



Manfred Nowak, UN Rapporteur on Torture who led the inquiry, accuses Chinese authorities of obstructing his work. Victims and witnesses were threatened in an atmosphere of palpable fear with constant surveillance during the hearings.

マンフレッドノワク(質問を導いたTortureの国連Rapporteur)は、中国当局を彼の仕事を妨げたとして訴えます。犠牲者と目撃者は、審理の間に不断の監視で明白な恐れの空気で脅かされました。





Beijing (AsiaNews/Agencies) ? The use of torture is widespread in China and many trials are not fair, top UN Special Rapporteur on Torture Manfred Nowak said on Friday after a 12-day inquiry into the country’s judicial and penal system.

北京(AsiaNews/Agencies)、拷問の使用は中国で広範囲にわたります、そして、多くの裁判は公平ではありませんと、Torture Manfred Nowakの最高の国連Special Rapporteurが国の司法で刑事上のシステムの12日の調査の後、金曜日に言いました。


Despite a certain decline, “torture remains widespread in the country,” he told a news conference.

特定の低下にもかかわらず、「拷問は、国で広範囲にわたるままです」。そして、彼が記者会見を話されます。


“There is much that still needs to be done, there is a need for many more structural reforms,” he added. “Criminal procedures need to come into line with international standards of fair trial”.

「まだされる必要がある多くがあります、より多くの構造改革の必要があります」と、彼が付け加えました。「犯罪的な処置は、公平な裁判の国際標準に同調する必要があります」。


Torture methods include use of electric shock batons, cigarette burns, submersion in pits of water or sewage and exposure to conditions of extreme heat or cold.

拷問方法は、感電棒、タバコ火傷、水または汚水のくぼみの浸水と最大の熱または寒さの条件への露出の使用を含みます。


Nowak’s visit also included stops in Tibet and Xinjiang, regions notorious for police violence against residents accused of separatism.

ノワクの訪問も、停止をチベットと新疆(分離主義で非難される居住者に対する警察暴力で有名な地方)に含みました。


His visit was the first one granted to the UN in a decade.

彼の訪問は、10年で国連に与えられる最初のものでした。


He complained that his team was under frequent surveillance, especially when meeting victims and their relatives. And government officials and security authorities tried to obstruct or restrict his fact-finding attempts.

彼は、特に犠牲者と彼らの親戚に会うとき、彼のチームが頻繁な監視の下にあったと不平を言いました。そして、官僚とセキュリティ権威者は、彼の実情調査の試みを妨げるか、制限しようとしました。


Nowak said he also received reports that victims’ family members were prevented from meeting him as they were either put under house arrest, stopped physically from seeing him, or simply intimidated.

ノワクは、彼らが自宅監禁中にされたか、身体的に彼に会うのを止められたか、とてもおびえたので、彼も犠牲者の家族が彼に会うことができられなかったというレポートを受け取ったと言いました。


There was “a palpable level of fear and self-censorship,” he said.

「恐れと自己検閲の明白なレベル」がありましたと、彼が言いました。


He and his team were not allowed to bring photographic and electronic equipment into the prisons. And all inspections were announced in advance.

彼と彼のチームは、刑務所に写真で電子機器を持ってくることは許されませんでした。そして、全ての点検は、前もって発表されました。


China has the largest prison population and is responsible for more than 90 per cent of all executions in the world.

中国は最もかなりの刑務所人口を持って、世界で全ての処刑の90パーセント以上に対して責任があります。


In early 2005 the National People’s Congress imposed mandatory punishment for police officers who torture prisoners during interrogation.

2005年前半に、全国人民代表大会は質問の間、囚人を拷問する警官に対する義務的な処罰を強要しました。


Still, China’s judicial authorities are often charged with extorting confessions from prisoners.

しかし、中国の裁判の当局は、しばしば供述書を囚人から強奪することの責任を負います。


In April, a man who spent 11 years in jail for allegedly murdering his wife was freed after the woman turned up alive. The man, She Xianglin, said he had confessed the crime under torture.

4月に、女性が生きていて現れたあと、伝えられるところでは彼の妻を殺害するために刑務所で11年を過ごした男性は自由にされました。男(She Xianglin)は、彼が拷問をうけて犯罪を自白したと言いました。


In June a woman showed up after her alleged murderer, Teng Xingshan, was executed despite his pleas of innocence. The man’s sentence read that “Teng confessed to the crime of his own initiative”.

彼女の嫌疑のかかっている殺人者(トウ興山)が無実の彼の申し立てにもかかわらず処刑されたあと、6月に、女性は現れました。男の文は、「トウは、彼自身のイニシアティブの犯罪を白状しました」とありました。


Although China is a signatory to the 1998 International Convention on Civil and Political Rights, a key treaty on human rights protection, it has not yet ratified it. (PB)

中国がCivilとPoliticalライツ(人権保護に関する鍵となる条約)の1998のインターナショナル大会への署名者であるけれども、それはそれをまだ批准しませんでした。(Pb)




25 November, 2005

2005年11月25日

CHINA

中国

UN official investigating torture unable to visit Shandong for lack of time

時間が無いために山東を訪問することができない拷問を調査している国連当局者



Millions of Falun Gong members are victims of relentless persecution in this province.

何百万もの法輪功メンバーは、この行政区での厳しい迫害の犠牲者です。




Beijing (AsiaNews/SCMP) ? UN special rapporteur on torture yesterday said he was unable to visit Shandong province to investigate claims of torture mostly against Falun Gong practitioners during his China tour because of time constraints.

拷問に関する北京(AsiaNews/SCMP)国連スペシャル報告者は、昨日、彼は時間制約のため、彼の中国旅行の間、法輪功開業医に対して大部分は拷問の主張を調査するために山東省を訪問することができないと言いました。


Manfred Nowak, the first UN official invited to visit Chinese prisons, said he cancelled yesterday's trip to Jinan, the capital of Shandong, because he needed to spend more time in Beijing and Tibet.

マンフレッドノワク(中国の刑務所を訪問しようと誘われる初の国連当局者)は、彼が北京とチベットでより多くの時間を過ごす必要があったので、彼が済南(山東の中心地)への昨日の旅行をキャンセルしたと言いました。


“I had to take this decision because there are so many people who want to see me in Beijing,” he said. “I really wanted to go to Shandong, but I think this was a good decision.”

「北京で私に会いたいそれだけの人々がいるので、私はこの決定をしなければなりませんでした」と、彼が言いました。「私は本当に山東に行きたかったです、しかし、私はこれが良い決定であったと思います。」


Falun Gong is a spiritual movement that involves meditation and practices inspired by Buddhism and Taoism such as callisthenics and breathing exercises to improve health and seek immortality, peace and harmony.

法輪功は、瞑想を含む精神的な運動と健康を増進して、不死、平和と調和を捜すために柔軟体操と呼吸するエクササイズのような仏教と道教の影響を受ける実行です。


On April 15, 19999, more than 10,000 adepts demonstrate peacefully in Beijing against the violation of their rights. But beginning in July of that year on the urging of the President Jiang Zemin a vicious persecution was launched against the group, which at the time had about 100 million followers, on the grounds that it was an “evil cult” that “threatened social and political stability”.

4 月15日、19999、名人が彼らの権利の侵害に対して北京で平和に示す10,000以上の上で。しかし、江沢民大統領をせきたてることにその年の7月に猛烈な迫害を開始することは、グループに対して開始されました、その時におよそ1億人の支持者を持っていました、それが「凶悪なカルト」であった、その「脅されている社会的・政治的安定性」。


Since then Falun Gong members have been defamed, imprisoned and tortured (more than 38,000 documented cases according to the Falun Gong); some have even been killed.

それ以来、法輪功メンバーは中傷されて、収監されて、拷問されました(法輪功に従う38,000以上の文書化されたケース);何人かが、死にさえしました。


Between July 1999 and April 2005 Falun Gong collected the names of 1,880 victims, including details about the circumstances of their death, often a result of physical and psychological torture. However, the total number is probably higher since such deaths are deemed state secrets and releasing any information about them constitutes a crime punishable by incarceration.

1999 年7月と2005年4月の間で、法輪功は彼らの死(しばしば身体的で精神的な拷問の結果)の状況について、詳細を含む1,880人の犠牲者の名前を収集しました。しかし、そのような死が州の秘密とみなされる、そして、彼らに関するどんな情報でも公表することが監禁によって罰すべき犯罪を構成する時から、総数は多分より高いでしょう。


Hundreds of thousands of followers, including whole families, are in fact in prison, and more than 200,000 have been sent without trial to labour camps for re-education.

何十万人もの支持者(全家族を含む)は実際刑務所にいます、そして、200,000以上は再教育のために強制労働収容所に裁判なしで送られました。


Many have been sent to mental hospitals and subjected to virtual “brainwashing” and medication dangerous to the nervous system in order to get them to forsake the movement.

多くは精神病院に送られて、彼らに運動を放棄させるために、神経系に危険な仮想「洗脳」と薬物投与を受けました。


After deciding against finding the truth in Shandong, Mr Nowak arrived today in Lhasa, Tibet’s capital, where he is scheduled to visit prisons, government staff and civilians. He will then travel from Lhasa to Xinjiang.

真実を山東で見つけないことに決めた後に、ノワク氏は今日ラサ(チベットの資本)に到着しました、そこで、彼は刑務所、政府スタッフと一般人を訪ねる予定です。彼は、それからラサから新疆まで旅行します。


The United Nations insisted on visiting these two autonomous regions known for the violence security forces visit upon local prisoners accused of separatism.

国連は、治安部隊が分離主義で非難される地元の囚人に与える暴力に知られているこれらの2つの自主的な地方を訪問すると言ってゆずらなかったです。


The UN envoy announced that he was going to stay on in Beijing because of statements received from different sources according to which people who were willing to testify were placed under house arrest or taken away.

国連使節は、彼が証言する気があった人々が自宅監禁中に置かれたか、連れ去られた異なる源から受け取られる声明のため、北京にとどまりそうであると発表しました。


“Such statements are hard to prove and I am trying to solve the problem with Foreign Ministry,” Nowak said.

「そのような声明は証明するのが難しいです、そして、私は外務省に関する問題を解決しようとしています」と、ノワクが言いました。


But the ministry itself has been co-operating with him since his arrival on November 21.

しかし、省は11月21日に彼の到着以来彼と協力していました。


The two-week trip is scheduled to end on December 2 when he will hold a press conference to take stock of the situation.

彼が状況をじっくり検討するために記者会見を開くとき、2週旅行は12月2日に終わる予定です。


A written report should be ready next year for the UN Commission on Human Rights.

報告書は、Humanライツの上で国連委員会のために来年準備ができていなければなりません。





蛇足


日本には日本の嫌いな日本人により、逆差別を国連にご注進する輩が多数存在します。人権・民主主義など無い国のように言われる。確かに、大手経営者の中には労働者を使い捨てにする事を生きがいにしている奴もいる。しかし、普通の日本人にはそんな感覚は無い。中国となると、人権については見て見ない振りをしても平気です。厚顔無恥でオリンピックを開催しますが、どうなることやら・・。

名将か大ペテン師か??




その時…昭和16(1941)年12月8日午前3時25分

    (現地時間7日午前7時55分)

出来事…日本軍、ハワイ真珠湾のアメリカ太平洋艦隊を攻撃




 太平洋戦争の火蓋を切った真珠湾攻撃。この作戦を立案・指揮した連合艦隊司令長官・山本五十六(いそろく)の生涯を描く前・後編の2回シリーズ。後編は、真珠湾作戦決行そのものを克明に描く。



航空隊で米軍の拠点・真珠湾を撃破するという山本の作戦。緒戦で敵に大打撃を与え、戦争を早期に終息させることが日本の唯一生き残る道と信じ、山本は作戦遂行に邁進する。しかし、そこには多くの困難があった。ハワイまで米軍に知られず接近できるか。水深12m程の浅い湾で既存の魚雷が使えるか。その難問を克服するため、山本は技術開発と極秘訓練を繰り返す。その一方で山本は、開戦回避に向けた外交交渉に最後まで望みをつないでいた。山本は交渉妥結の見込みがあれば、作戦を中止するよう指示していた。

しかし、外交交渉は決裂。12月8日(現地時間7日)、ついに真珠湾攻撃が開始された。百機を超える航空隊の徹底した攻撃は予想を超える大戦果をあげる。しかし、実際は、空母や軍事施設を攻撃できず、山本は作戦を全うできなかった。

アメリカはこの経験から航空戦力強化へ戦略を転換。当初の山本の狙いは外れ戦争は長期化し、多大な犠牲を生むことになる。

番組では、関係者の証言や防衛研究所の資料を読み解き、真珠湾攻撃と五十六の生涯を克明に描く。




番組の内容について

○「その時」について

昭和16(1941)年の1月7日、山本五十六が真珠湾攻撃の作戦書を海軍大臣・及川古志郎に提出した時


○山本五十六について

山本 五十六(やまもと いそろく)

1884(明治17)年4月4日生-1943(昭和18)年4月18日)没

大日本帝国海軍の軍人。26、27代連合艦隊司令長官。戦死時の階級は海軍大将で、死後、元帥。


○真珠湾攻撃の時刻について

日本時間で第1次攻撃がはじまった時刻として「12月8日午前3時25分」を表記。ハワイ現地時間だと「12月7日午前7時55分」となります


○「日米戦争は一大凶事(きょうじ)なり」という山本の言葉

※連合艦隊司令長官時代、山本が提出した意見書より


○山本五十六の名前について

山本五十六は、旧長岡藩士の家系・高野貞吉(さだよし)の六男です。しかし、大正5年33歳の時、旧長岡藩士の山本帯刀の養子となり家督を相続。以降、山本姓となりました。

日本海開戦時は高野五十六の名前でしたが、番組では混乱を避けるため、広く知られている「山本五十六」で統一しました。


○日本海海戦(日露戦争)の制服、親への手紙について

日本海海戦時に着用していた制服、および、療養中に親へと送った手紙ともに、

新潟県長岡市の「如(にょ)是(ぜ)蔵(ぞう)博物館」に所蔵されております。

*如是蔵博物館:住所 新潟県長岡市福住1丁目3-8


○療養中親へ送った手紙について

「微傷(びしょう)をもって、此(こ)の大勝の萬(まん)一(いち)に値せしことを思へば、むしろ感泣(かんきゅう)に不堪(たえず)」

(※一部抜粋)


○日米の仮想敵国について

日本は、明治40(1907)年に制定された「帝国国防方針」という国防対策の基本方針の中で、ロシア・アメリカ・フランス・ドイツを仮想敵国とし、これらの国に対抗するため陸海軍備の充実をはかっていった。

対する
アメリカも対日戦争計画「オレンジ・プラン」を1907年に策定し両国はお互いを仮想敵国と想定していました。


○アメリカを視察した山本の言葉

「日本の国力でアメリカ相手の戦争も建艦競争もやり抜けるものではない」

山本は大正8~10年米国駐在武官、大正14~15年米国在勤日本大使館付武官を勤め、米国各地を視察しています。


○軍縮条約について

山本が全権代表に任命されたのは、昭和9(1934)年第2次ロンドン軍縮会議の予備交渉です。

番組での表現「これまで定められていたアメリカ・イギリス・日本の主力艦の保有比率は、5対5対3」は、大正11(1922)年に締結されたワシントン海軍軍縮会議で決められた主力艦保有比率です。


○第2次ロンドン軍縮条約予備交渉に関して

日本政府(岡田内閣)は予備交渉に対し、差別比率主義の排撃、総トン数主義の採用、ワシントン条約の廃止などを骨子とする根本方針を決定していました。

日本国内で屈辱的条約破棄を主張する声は高く、日本政府は不平等条約破棄を主張していましたが、山本は日本側条件の譲歩を求めた請訓を2度ほどロンドンから日本政府へと送っています。しかし、日本政府はこの予備交渉の内容をよしとせず、1934(昭和9)年12月ワシントン条約を破棄、1936年1月ロンドン軍縮会議も脱退します。


○軍縮条約に関する山本の真意(考え方)について

「条約は、日本が3に縛られているのではない、米英を5に縛っている。

条約が消え、無制限の建艦競争が始まれば国力の差から、5対3どころか10対1に引き離される。」

※山本の発言をまとめた言葉です


○山本の言葉について

「海軍を退いて郷里の長岡に帰るか、モナコでばくち打ちにでもなるか」*なぜ、モナコか

※当時山本は周囲の人に上記のような言葉を語っていました


○「帝国国防方針」について

日露戦争後、1907年4月に制定された国防対策の基本方針


○「八八艦隊(はちはちかんたい)」について

「帝国国防方針」に付属する「国防所要兵力」中に示された戦艦8隻・装甲巡洋艦8隻を中心に艦隊を装備しようとした日本海軍の方針


○三国同盟について

正式には“日独伊三国同盟”。番組内では、当時山本たちが残した言葉でも使われることの多い、簡略化した“三国同盟”の表現を使いました。


○三国同盟に反対する山本の言葉

「日米正面衝突を回避するため、万般(ばんぱん)の策をめぐらすべきで、

 絶対に日独同盟を締結すべきではない」


○山本の遺書について

昭和14年5月31日付け、山本の遺書“述志”からの一部抜粋。

「この身(み)滅(ほろ)ぼすべし、この志奪(こころざし・うば)ふべからず。」

※防衛研究所に所収


○五十六の長男、山本義正さんの手紙について

今回番組では、山本五十六の長男・山本義正(やまもと よしまさ)さんに当時の家庭での山本五十六の状況をお手紙でお伺いすることができました。

下記、番組内で抜粋した義正さんの手紙の文面(※一部抜粋)

「父の帰宅は深夜に及びました。毎晩のように遅く訪れる客。

 刺客や暴漢が押し入ろうとすれば簡単に入ってこられる無防備な家でした。」

「何時修羅場が起きるかも分からない状況の中で母は毅然とした態度をくずさず、

 子どもたちに不安を抱かせるような様子は一切見せませんでした。」

「私は父の書斎の机の上の本を何気なく手に取りました。

 見開きを開けると毛筆で大きく父の字が躍っていました。」

「国(くに)大(だい)なりといえども 戦(いくさ)を好(この)まば必ず亡(ほろ)ぶ」

 (※「国大なり…」は、山本五十六がよく書いていた言葉です)


○三国同盟に対する方針を決める海軍会議における山本の言葉

「三国同盟が成立すれば、現状でも兵力は不足している上に、

 米英からの資材はこなくなる。一体これをどうするつもりなのか。」


○対米戦について述べた山本の言葉

「アメリカと戦争すると言うことは、全世界を相手にすることだ。

 東京辺りは三度くらい丸焼けにされ、惨めな姿になってしまう。」


○五十六の長男・山本義正さんの手紙内容について(スタジオでご紹介したもの)

「このころの世の中は、五・一五、二・二六、陸軍軍務局長の刺殺など殺伐とした事件が

次から次へと起きていた時代でした。私は、今も父の遺書を繰り返し読むとき、

武人として華々しく第一戦で戦死することでなく、世を挙げての亡国の風潮に抗して、

ここを死にどころとして戦い続けた父の姿を今も思い出します。」

(※一部抜粋)


○山本が友人へ送った手紙について

「個人としての意見と正確に正反対の決意を固め、

 其の方向に一途邁進の外なき現在の立場は、まことに変なものなり。

 これもさだめ(※命)というものか」

※友人とは、堀悌吉(ほりていきち)―海軍兵学校第32期の山本の同期。「兵学校創立以来、未だ見ざる秀才」といわれ、山本とは盟友であった。しかし、昭和9年山本が日本代表として、第2次ロンドン軍縮会議予備交渉に臨んでいるあいだに、“条約締結”“国際協調”派であった堀は、予備役編入という左遷人事を受けていた。山本は盟友・堀に何通もの心情を書いた手紙を送っている。(※一部抜粋)


○「漸減(ぜんげん)邀撃(ようげき)作戦(さくせん)」について

太平洋の日本側でアメリカ艦隊を待ち受け、駆逐艦などを使ってアメリカ艦隊を少しずつ減らし、戦艦決戦で勝負をつけるという作戦


○大艦巨砲主義に反対した山本の言葉について

「巨艦を造っても不沈はありえない。今後の戦闘で戦艦は無用の長物となる。

 飛行機の攻撃力が、非常なる威力を増大する」


○紹介した航空機について

山本が航空本部長就任の頃に活躍していたものとして96式艦上攻撃機、その後の飛行機(真珠湾攻撃にも使われたもの)として97式艦上攻撃機を紹介しています。

97式艦上攻撃機の航続距離は、魚雷などをつけず落下式の追加タンクをつければ2000km近くですが、今回は追加燃料タンクをつけず魚雷などを搭載した時の航続距離を1200kmとしています。


○「その時」で示した作戦書について

昭和16(1941)年1月7日、山本は、海軍大臣・及川古志郎(おいかわこしろう)に対米戦に関する作戦案を提出。この文面は防衛研究所に残されています。番組ではその内容から一部抜粋をしています。

*作戦方針

「開戦(かいせん)劈頭(へきとう) 敵主力艦隊を猛撃撃破して、米国海軍及米国民をして救うべからざる程度に

 その志気を沮喪(そそう)せしむる」

*具体的方策

「敵主力の大部隊真珠港に在泊せる場合には、飛行機隊を以って

之を徹底的に撃破し且つ同港を閉塞(へいそく)す」


○真珠湾攻撃に対する山本の言葉について

「私が長官であるかぎり真珠湾攻撃は必ずやる。そして、やるかぎりは全力を尽くす。」

 

○山本の生家について

場所:新潟県長岡市坂之上町3丁目、山本五十六記念公園内

(現在残っている家は復元されたものです)


○大黒(だいこく)古戦場跡について

新潟県長岡市大黒町

山本五十六が中将時代に書を揮毫した記念碑があります。


○長岡高等学校での山本の言葉について

山本五十六の母校・長岡高等学校(卒業当時は長岡中学校)での昭和14年の講演より

「私は諸君に対し、銃をとって第一線に立てとは決して申しません。

 あなた方に希望するところは、学問を飽くまで静かな平らかな心を持って勉強し、

 将来発展の基礎を造って頂きたいと熱望する次第であります。

 どこまでも気を広く持ち、高遠なる所に目標をおいて、日本のため進んでください。」

(※一部抜粋)



http://www3.ocn.ne.jp/~saigouha/paper04/taiheiyousensouhaiboku02.html
九州科学技術研究所


 3年9ヵ月の及ぶ大東亜戦争を論ずる場合、これを無謀な戦争と位置付ける考え方が一般的であるが、元々日本人は小兵力を以て大敵を敗る事に異常な情熱を傾ける国民である。太平洋を挟んだ大東亜戦争が、日本とアメリカの国力の差を論(あげつら)い、圧倒的大差の敵と戦ったから無謀であったと一概に否定すれば、鵯越え、千早城、桶狭間等の戦いから、日清、日露の戦争まで否定されねばならぬ。また朝鮮戦争も、ベトナム戦争も否定されねばならぬ。



 アメリカの強大な国力を思う時、大国に刃向う事は無意味であるから、朝鮮人民も、ベトナム人民も、戦わずして尻尾を巻き、アメリカの軍門に降るべきであったのか?

 そして何故大東亜戦争(太平洋戦争)だけを無謀と決め付け、その譏(そしり)を受けて、日本人はこれ程までに自虐的な立場に追い込まれ、一億総懺悔しなければならないのか?



 われわれ日本人は、この点に於て、本当に論ずるべき事を論じていないのではあるまいか。そして平和主義を唱え、戦争反対をヒステリックにシュプレヒコールして、大東亜戦争期の悲惨な状況に、生理的な反発だけを強めていても、何一つ教訓を得る事に努力していないのではあるまいか。

 真剣にその敗因を考えその中にこそ、真の平和は宿っているのである。




 
アメリカ政府が検討していた対日占領政策は、アメリカ陸海軍共にあった。各々で原典になる文書を制作していた。やがてこれらの諸文書は『民政ガイド』に絞り込まれ、同時にその占領下においてはそれを指導する占領軍総司令部の人員の大半を、左翼的思潮を持つニュー・ディーラーで掌握することが取り決められていた。



 彼等はアメリカ留学やアメリカに亡命経験を持つ日本共産党員と結び付こうとした。そして日本陸海軍の解体を始め、天皇制の問題、皇室の扱い、枢密院のメンバー、帝国議会の議員、政府閣僚、高級官僚、裁判所の判事、大政翼賛会の解散問題、公職停止、宗教団体及び結社や言論の自由化問題をも含めて広い範囲で研究がなされ、その総仕上げ反軍国化、反封建化、反独占化という日本の民主制作を日本共産党のメンバーに委ねようとしていたのであった。



 元々ニュー・ディーラーたちはニューディール政策で判るように、アメリカの共産化を図ろうとしたユダヤ人集団であった。彼等の描いたものはOSS(アメリカ戦略局)という地下組織活動とOWI(戦争情報局)という公然活動組織と結び付き、国務省や統合参謀本部の監督を受けて、『日本の戦後構想』に深く関与し、世界各地で反戦日本人を糾合しようという組織作りを検討していたのである。



 天皇制打破については日本共産党を合法的に発展させていかなければならないと考えていたのである。彼等の天皇制打破には二つの思惑があり、一つは天皇制と天皇を明確に区別すること。

 もう一つは戦前戦中における軍国主義者や軍隊官僚が天皇制をいかに利用し、活用してきたか、ということであり、その結果国民は苛酷な状況に追い込まれてきたという事実を自虐的に認識させることであった。

 しかがって大東亜戦争を太平洋戦争という名前に変更する必要があった。彼等の第一計画は日本人による反戦指導者の庇護と養成であり、第二計画は『機関』を作るという計画であった。そのためには延安いた日本共産党の野坂参三と接触する必要があった。



 OSSの情報将校たちは、盛んに毛沢東や野坂参三らと接触を開始しすることになった。

 やがて日本共産党に、連合軍が日本列島解放のための錯覚的映像を映し始めていたのである。これは終戦当時、日本の共産党員たちの目に、占領軍が解放軍と誤信したことからも容易に判る。



 太平洋戦争当時のルーズベルトとスターリンの関係は、毛沢東と蒋介石の関係からも判るように、彼等は国共合作を組織し、日本の帝国主義的侵略戦争を、共通の敵として絞り込んでいた。したがって日本の無条件降伏と、降伏後の日本の占領及び管理も共同作業の面で連合されていた。戦中も戦後も彼等は共同目的の輪を絞り込みながら、連合軍が統一行動をとる誓約を交していた。それが米英ソ中の四大連合国によるポツダム宣言であった。



 歴史を振り替えれば、第一次世界大戦までは過去の戦争処理方式は賠償金や領土分割などで解決されていたが、第二次世界大戦の処理方式は以前と一変して、賠償金や領土分割よりも、日本の国体やドイツの国体にまで関与して、徹底的にメスを入れ、再び軍備が持てないようにする戦略的戦争処理方式であった。そして何よりも、敗戦国の国民を自虐的な懺悔の土壇場にたせ、猛反省を促す自己反省方式をとらせた。そのためには戦争が如何に悲惨であるか、ということを思い知らさせるために広島長崎の原爆投下も必要であったし、天皇の統治権や統帥権を剥奪して、戦力否定や平和主義の思想も敗戦国の国民に植え付ける必要があった。



 これらは戦中は連合軍の名において、戦後は占領軍の強行命令によって実施されたが、彼等連合軍が目論んだことは東京裁判やニュールンベルク裁判からも判るように、徹底的に敗戦国の国民を総懺悔に追い込み、国体の変更や社会の変革までにメスを入れるものであった。

 戦後我々が教育の中で叩き込まれてきたものは非軍国化と民主化の占領軍による学校教育であった。しかしこれらの政策の裏には、左翼的思潮を持つニュー・ディーラーたちの思惑であった、労働者階級の意識と覚醒という国際ユダヤの戦略があったことに注目しなければならない。



 『民政ガイド』は、日本人の再教育の自虐的懺悔教育であり、発足以来の日本共産党の伝統であった天皇制の完全排除による共和制の樹立という、マルクス・レーニズムの最精鋭実践者たらんことを示唆し、当時の日本を「革命」にまで煽っていった。







日本が絶望的な敗戦の悪夢のプロセスに至るまでの主因となったのは、海軍の珊瑚海海戦とミッドウェー海戦、それに第一次ソロモン海戦と南太平洋海戦である。そしてこれらの海戦の敗北の主因は、全て指揮官の不手際から起こったものであった。殊に井上成美海軍中将の珊瑚海海戦における不手際は有名である。

 これらに比べれば、この時期、陸軍はむしろ常識的な判断で善戦したといえよう。ただし、中国大陸戦火拡大と、ガダルカナルの苦戦に見られた逐次投入という愚行を除けはの話である。


 「頭がよすぎて……」という悪評が付けられた提督たちは他にも沢山いた。その代表格が山本五十六であろう。真珠湾作戦では知将の名を欲しい儘にしたが、ミッドウェー作戦の大敗は一挙に凡将の最たるものに押し下げ、愚将の名すら周囲から飛び出す始末であった。


 山本五十六はミッドウェー作戦の実施に当たり、東条首相が、「近く、総選挙があるので大きな作戦は差し控えたい」と云った意見に対し、「海軍は政府の人気とりのために戦争をやっているのではない」と突っぱね、強引にミッドウェー作戦を強行した。


 陸軍の戦略家として知られる石原完爾は、太平洋戦争を、海軍の無謀な作戦に最後まで振り回された戦争であったと回想している。

 この大きな原因は、陸軍の軍首脳部が海軍の攻撃終末点を確認できなかったこと、陸軍の海空戦に対する認識が薄かったこと、更には海軍の局面的な陸戦隊のピンチに対して陸軍が航空兵力の援助をしなかったことである。陸海軍ともに縄張り争いを主張して足並みが揃わず、最後までそれに固執していたことが、戦わずしてアメリカに勝利を送った結果となったのである。


 さて、日本軍が最大の壊滅状態に陥った主因に迫ろう。

 日本を敗北に導いたのは、ミッドウェー海戦の敗北にあると云いっても過言ではなかろう。

 ミッドウェー作戦の失敗は、白村江以来の敗北といわれ、当時海軍で戦争を体験した人達は、これに触れられることを好まないようである。


 白村江の敗北は、『日本書紀』に記されており、この書物によれば、六六三年、白村江で日本と百済の連合軍と、唐と新羅の連合軍が戦った海戦であり、日本は友好国であった百済の王子・豊璋を救援するために進軍したが、途中唐と新羅の連合軍に遭遇して壊滅状態になり、これが原因で百済は滅亡した。この箇所が『日本書紀』の「白村江之戦い之条項」に記されているのである。


 平安時代、公家たちのテキストとして勉強会に使用されていた『日本書紀』は、親しく購読されていたが、斉明天皇紀のこの条項になると、いつも飛ばして読んだといわれる。それと同様に当時の人々にとっては、ミッドウェー海戦の敗北はショックな出来事であった。


 珊瑚海海戦の敗北を皮きりに、ミッドウェー海戦の敗北、第一次ソロモン海戦の敗北、南太平洋海戦の敗北、ガダルカナルの苦戦と撤退、マリアナ沖海戦の敗北、サイパン陥落、レイテ沖海戦の敗北、台湾沖海空戦の敗北、硫黄島玉砕、フィリピン陥落、沖縄玉砕と日本は一方的な負け戦ばかりを続けている。


 この一方的な負け方は何に起因するものなのであろうか。特に海軍の勝手に仕掛けた作戦が悉く失敗してしまったのは、過去の歴史から見ても空前絶後、前代未聞の失敗であった。

 
その作戦の悉くに失敗を願うかのような流れがあったことも事実である。海軍の流れから云うと、米内政光、山本五十六、井上成美の面々は、日米開戦不可説を唱えた人物たちである。


 彼等は「開戦は同時に敗戦」であるばかりでなく、「最初から負けるための戦争」、「日本を敵国アメリカに売り渡し、その支配下に入れるための手段」を実行したのではないかという疑問がしばし残る。

 その第一の理由として、彼等は戦争目的をはっきりさせなかったということが揚げられる。これを追及すれば、元々勝つための戦争を、わざわざ負けるように仕組んだ様にも窺われる。


 第二に、彼等はフリーメーソンのメンバーであった。負ける戦争をして、日本をその儘そっくりアメリカに明け渡す指令を何者(イルミナティ)からか受けていたのではなかろうかということである。そうでない限り、一方的な負けはなかったのではなかろうか。これは海軍に限らず陸軍にもいた。大本営の参謀であった服部卓四郎、瀬島龍三(戦後は伊藤忠商事会長を勤め、後に同社特別顧問)や辻政信(戦後は国会議員となり謎の失踪をする)らである。何れも統制派集団の軍閥に属していた。彼等は日本の戦局を一変する天王山とも云うべき作戦に全て関わり、大敗をするような作戦の立案をしたのである。


 太平洋戦争末期、海軍兵学校の校長をしていた井上成美中将は、兵学校の生徒に軍事学よりは普通学を重点において指導した。理由は敗戦を既に予知し、終戦工作を準備していたものと思われる。連合艦隊は戦う度に敗れて勢力を減少し、昭和二十年四月七日の戦艦『大和』の沈没で、日本海軍は壊滅状態になった。井上中将の思惑は、今更軍事学など無用だと思ったのであろうが、元々負ける戦いを仕組んだ集団の一員としては、終戦工作に尽力を上げ、積極的に軍隊解体に力を尽くした方がベストであった。


 そして何としても本土決戦を避け、一億玉砕を避けねばならなかった。双方が決戦を行えばいくら優勢のアメリカ軍でも無傷では済まされない。多くの人命が失われ、幾多の血を流さなければならなくなる。親米派の井上成美は、日本人の流す血より、アメリカの青年の血を惜しんだ観がある。その準備が海軍兵学校の外交や政治経済、英語などの普通学であった。


 では井上成美は海軍兵学校における指導教科を軍事学から普通学に変更したのだろうか。

 恐らくアメリカ政府の動向をこの時、既に何らかの手だてで入手していたものと思われる。元々負けるために始めた太平洋戦争である。

 米内光政、山本五十六、井上成美と並ぶこの人脈は海軍の親米派集団であった。彼等がアメリカによって日本は敗北の道を歩み、やがてアメリカによる占領政策が開始されるであろうという推測をしていた節がある。

 アメリカ政府は一九四二年(昭和十八年)八月、国務省内で対日戦後の政策が検討され、その研究が行われていた。


 日本軍はバターン半島を占領し、マッカーサーをフィリピンから追い出して以来、連戦連勝の勝利に酔い痴れた観があった。しかし山本五十六の強行に主張するミッドウェー作戦やガダルカナル中心のソロモン海戦などに敗北を重ね、連合艦隊が戦う度に敗れては勢力を少しずつ減少し始めた頃、アメリカは推測通りの各々の反攻作戦を見事に成功させていた。反攻作戦の成功は早くもアメリカ政府に対日戦の終結目的を考え出させ、日本の戦後処理の焦土と化した占領政策を研究させていたのである。


 もう既に、この時に負けるべき戦いは以外にも脆く敗北の方向に傾き、推測通りに運ばれていたのである。

 指揮官より軍政官の方が向いていた井上成美は、アメリカ政府で検討されていた対日戦の終結方式の特別情報を知っていたものと思われる。






http://www.abysshr.com/san/san_bk08.html


戦後、米内光政は対米戦争に反対した平和主義者としてもてはやされた。しかしながら、戦史をつぶさに検証していくと、米内光政が日中戦争を拡大し停戦の機会を失わしめた張本人の一人であることが判る。中国においての泥沼が無ければ三国同盟があったとしても対米戦争を避けられた可能性は高い。筆者は米内光政を痴呆と断じているが、米内光政はどうしようもない愚者であったか、そうでないならば、あえて利敵行為を行う売国奴であったと拙者も思う。


・引用始め

 彼等は陸軍に救出され、海軍に帰還することが出来た。従来の例からみて、捕虜の件、機密文書の件、どちらか一方だけでも、ただではすまない筈であった。しかしいずれも不問とされ、軍法会議にかけられることもなかった。そればかりか、二人とも栄転してしまうのである。福留は中将に進級して、第二航空艦隊司令長官に、山本は第二艦隊先任参謀に、それぞれ出世してしまった。前者はその後レイテの戦いで、大西瀧治郎第一航空艦隊司令長官と共に、特攻作戦の指揮をとり、自殺攻撃の命令を出しつづけるのだ。おなじ捕虜でも下士官兵は処刑され、高級将校は出世する。このダブルスタンダードは、帝国海軍のモラルの顧廃を明瞭に示すものではないか。当時の将星たちに、日露戦争の記憶は残っていた筈である。明治のヒューマニズムをすて去って、戦陣訓に迎合した、これが帝国海軍末期の姿であった。敗れるべき軍隊の姿であった。

・引用終わり


 戦陣訓は陸軍の汚点の一つと拙者は思う。

 「生きて虜囚の辱めを受けず」の言葉に従って、どれほどの将兵が死んだことであろうか。

 明治の時代にはあった「名誉の捕虜」という国際標準の思考が昭和軍人からは失われていた。

 
現代においてリベラルであったと美化されている海軍も例外ではなかった。むしろ本書にあるような異常な待遇差別のある組織であった。


・引用始め

 山本五十六海軍大将は、その最期から悲劇の名将といわれる。たしかに悲劇にはちがいないが、名将と呼ぶにはあまりにも疑問が多い。むしろ愚将とするのが穏当な評価であろう。それも並の愚将ではない。その判断の誤り、失敗の重大性から天下の愚将という名に砿じない軍人であった。例えばミッドウェー海戦で、山本は空母八(三百七十二機)、戦艦十一、重巡十七、軽巡十一、駆逐艦七十四、総計三百五十三隻、世界最強の連合艦隊を率いて出撃した。ニミッツはハワイで指揮してこれを遊撃した。空母三 (二百二十一機)、戦艦ゼロ、重巡七、軽巡一、駆逐艦二十一、総計五十七隻の太平洋艦隊である。普通の陣形で戦えば勝つのが当然という圧倒的な勢力差である。ニミッッは「あれほど航空優位を主張していた山本が、自分の指揮する艦隊を最も妥当な形に編成し運用できなかったとは信じられないくらいだ」とする (「ニミッツの太平洋戦史」恒文社)。この海戦に敗れた山本を愚将と呼ばずして、何と言っていいのだろうか。しかしその欠陥を逆手にとってまで彼をたたえ、粉飾して名将に仕立てる幇間的作家評論家たちはこれまで数知れず、今ものさばっている。旧軍人の中でも彼を正当に評価する者は少なく、彼をたたえる事によって、国運を傾けた拙劣な戦争指導を糊塗することが多いのである。

・引用終わり


 ミッドウェー海戦は、圧倒的戦力という戦略的優位と海軍機の高性能と搭乗員の高熟練度という戦術的優位がありながら、戦闘指揮の失敗で敗北した戦いであった。

 連合艦隊は山口多聞少将の索敵徹底に関する意見具申を入れなかった。山本五十六は大和の情報分析能力により敵機動部隊の動向を知りながら無線封鎖を理由に南雲部隊にそれを伝えなかった。大戦力を擁しながら空母部隊に十分な護衛をつけなかった。

 そのために空母部隊による敵艦隊の発見が遅れ、敵部隊の攻撃により空母四隻を失ってしまった。

 「運命の五分」は言い訳に過ぎない。

 海軍がミッドウェー海戦における戦果を偽ったことも罪が重い。それこそが早期停戦への道を閉ざし、あたら国民の犠牲を増やす結果を招いたのだ。

 もし山口多聞少将が連合艦隊司令長官であったならばあのような戦いにはならなかった。そう拙者は思う。


・引用始め

真珠湾第一撃の成功後、現地では第二撃を主張する山口多開少将はじめ、渕田美津雄中佐らの意見具申は、南雲艦隊司令部によって斥けられたが、連合艦隊司令部でもその是非で、激論が続けられた。その結果最終的には幕僚のほとんど全員一致で、第二撃の命令書をしたため、山本長官に意見をのべた。しかし山本は「いや待て、むろんそれをやれば満点だが、泥棒だって帰りはこわいんだ。ここは機動部隊指揮官にまかせておこう」「やる者は言われなくったってやるさ、やらない者は遠くから尻を叩いたってやりはしない。南雲はやらないだろう」と言って却下した。まるで他人事のような、傍観的な言辞である。南雲も南雲なら山本も山本だ。この将にしてこの部下あり。「鳴かぬなら鳴かせて見せよう時鳥」ほどの統率力も山本にはなかったのか。それとも戦果をあげた以上、フリート・イン・ビーイングという帝国海軍の保全主義が何よりも優先して、急にこわくなったのか。

ニミッツは「攻撃目標を艦船に集中した日本軍は、機械工場を無視し、修理施設には事実上手をつけなかった。日本軍は湾門の近くにある燃料タンクに貯蔵されていた四百五十万バレルの重油を見逃した。長いことかかって蓄積した燃料の貯蔵は、米国の欧州に対する約束から考えた場合、ほとんどかけがえのないものであった。この燃料がなかったならば、艦隊は数カ月にわたって、真珠湾から作戦することは不可能であっただろう」(「ニミッツの太平洋海戦史」恒文社)と書いているが、山本の戦術眼からは、重油タンクやドックは物の数ではなかったらしい。

・引用終わり


 ハワイは米国の太平洋における重要な戦略拠点であった。

 真珠湾攻撃の際にハワイの基地機能を破壊しておけば太平洋戦争の様相は大きく変わったであろう。

 山本五十六は軍事的合理性に基づいた部下の意見具申を斥けた。そして、それにより当然獲得できる筈であった太平洋における戦略的優位を失ったのだ


●アメリカ海軍の日本海軍に対する評価



米国海軍長官ノックスが言った。


 「日本軍とは近代戦を全く理解していないか、近代戦を戦う資格のない 軍隊である」



太平洋艦隊司令長官ニミッツが言った


 「日本は先っぽでは米国に勝ったが、戦略では無為にして負けた」

 
「古今の戦史に於て、主要な武器が、其の真の潜在能力を少しも把握されずに使用されたと云う稀有の例を求めるとすれば、其れは正に第二次大戦に於ける日本潜水艦の場合である」



南太平洋方面海軍司令官ハルゼーは言った。


 「心配するな。日本人は、勝ったと思ったら引揚げて行く。追撃して来はせぬ」


勿論、此等の全て帝国海軍に対する批評である。




 そして、敗戦後日本海軍が設けた組織に「史実調査部」なるものがある。連合国が終戦直後始めた作戦の質問に対する、調査及び回答をする為設置した部である。会員は富岡定俊(軍令部作戦部長)を部長とし、以下軍令部・聯合艦隊の参謀からなる10余人である。

 此の史実調査部の会員に、此の仕事を通じて知り合った米国海軍士官のみならず、GHQの軍人でもが、一様に聞く質問があった。即ち次の質問である。


 「日本海軍は何故同じ手を繰返して、其の都度叩き呑めされたのか」


そしてこうも言われた


 「日本海軍は、飛行機を向こう水に消費した。あれではどれ程あっても、 足りない筈だ」


蛇足


アメリカは最初から、占領政策「民政ガイド」があり、占領政策はもとから存在していた。その製作者はS&Bのエール大の秘密結社出身者で固めていた。ヒトラー包囲網からアジアの新秩序の構築に日本を引きずり込む政策であった。ルーズベルトたちのニューディラー派は何者であろうか?。彼らにとってのカウンターパートナーは海軍及び外務省である。また、反日の日本人を世界から集めた・。結果、共産党や社会主義者がマスコミをはじめ核となって、日本の復興へと向かうわけである。戦中の政治犯や裏切り者、売国奴が戦後に責任を回避されている。山本はアメリカ留学に2度言っている。また、交渉は纏めるために苦労したとなっているが、相手に対する妥協の産物でしかない。


●「凡将 山本五十六」から


山本は、軍政にかけては第一級のプロであったが、作戦にかけては岡目八目のアマチュアにすぎず、とうてい第一級のプロとはいえなかった。

開戦劈頭の真珠湾における大戦果は、時の連合艦隊司令長官山本五十六を英雄の座につけた。ミッドウェーの敗北もガダルカナルの悲劇も人びとに「真実」を知らせないことで、山本は〝英雄〟から〝敗軍の将〟にすべり落ちず、最前線での戦死により神格化され、日本敗戦後も声望は落ちることなく、山本提督といえば今や誰もが英雄、名将と信じている「常識」を根底からくつがえす本です(でも書いてある根拠は至って正論のように思う)。

山本は、自分がこうと思いこむと、他人のいうことはすべてロクなものではないと頭から決めてかかり、いっさい聞き入れようとしない。自分の料簡をたてて、中央(海軍省と軍令部)の命令に従わない」という日高壮之丞そっくりになっていた。

時の大臣が山本権兵衛であれば戦争を目前にしての山本連合艦隊司令長官はなかったかのもしれない。いや、いっそ山本五十六が海相なら戦争そのものが回避されていたかもしれない(ただし暗殺と陸軍との内戦は免れなかっただろうが)。

ミッドウェーのころの米国海軍は、日本海軍の暗号をすべて解読していた。何事にも合理的な帝国海軍なのだが、なぜか暗号だけは陸よりも劣っていたという。 山本も暗号を軽視していた。山本は、外交と軍政と航空は重視していたが、あとはこれというほどのものはなく、情報収集とか暗号になると、むしろ性に合わなかった。

「大和」以下の戦艦部隊が無用の長物となったのは、山本が「大和」に乗っていたからだ 似たような指摘は何度も目にしてきたが、こうハッキリ書かれると痛快です(^^;。

真珠湾奇襲作戦を考案し、訓練し、そしてこれを断行した山本五十六提督は古今の名将である。しかし、ミッドウェーで敗北した山本五十六提督は凡将中の最凡将といっても過言ではない。

●「フリーメーソン山本五十六」から


現代史最高の謎"真珠湾のトリック"について、一般の日本人は異口同音に「信じられない」という。一方、フリーメーソンの諸君は異口同音に「成程、そう言われれば確かに出来すぎている」と答える。その意味するところは、この謎を解くには、フリーメソンに関する深い知識が不可欠ということではないか。

●「フリーメーソン山本五十六」から

真珠湾の真相が白日に曝される日は近い。
第二次世界大戦の発火点―真珠湾事件山本五十六の真珠湾奇襲構想はルーズベルトも前から予言していた。




蛇足


イルミナティの戦略とは言え、あれや、これやで決して、名将とは程遠い、自分本位で、米国本位であったであろうか?状況証拠と結果がすべてを表している。




負けるべくして負けたのである。日本軍は末端の兵士と下士官は強く、士気も高いが、参謀・将校はボンクラだったか、敵に塩を送った確信的売国奴の集まりだったのかもしれない?


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR