FC2ブログ

科学的独裁体制の登場

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi




イルミナティサタニスト世界権力が、二度目の米中はさみ撃ち対日侵略戦争作戦を発動しつつあることに、日本民族は気付かなければ。




更新 平成18年01月30日23時02分


平成十八年(二〇〇六年)一月三十日(月)

(第一千五百七十回)


○「小泉」は、平成十七年十一月、ブッシュ米大統領と会談したとき、靖国神社問題への中共中国の介入がいかに不当であるかについて、三十分、とうとうと弁じた。


○ブッシュ米大統領は、機嫌を悪くしたが、「小泉」はそれに気付かず、まくし立てた、と言はれる。


○「小泉」としてみれば、


 (1)米国は日本の味方である。


 (2)米国は中共と敵対関係にある。


 (3)従って米国は日本と中共との対立に際して無条件で日本を支持する。


 (4)米国は、ここで靖国問題についての中共の対日干渉を批判し、日本を支持する立場を明らかにしてく れる筈である。


 (5)米国ブッシュ政権がそうしてくれれば、小泉政権の立場は更に強固なものと成る。


○と言った「計算」であったろう。しかし、「小泉」の予想もしないことが生じた

 即ち、米国政府内で、


 (1)日本が中国とモメることは、米国の国益に反する。


 (2)「小泉」が靖国神社参拝に固執して日中関係を悪化させることは米国の国益に反する。


 (3)更に、靖国神社の「遊就館」展示の内容は、日本の大東亜戦争までの戦争を正当化するものであって、これは米国は受け入れられない。


○と言った流れが出て来た、と。従って、「小泉」は米国の支持を失いつつあり、小泉政権崩壊の可能性も出て来た、と言う。ここには、二つの問題がひそんで居る。即ち、


 (1)米英国際金融閥エリート(イルミナティサタニスト世界権力)は、一九二〇年代から、ソ連共産政権樹立につづき、中国を中共の支配下に置き、そしてこの中共中国を世界的大国として育成することを彼らの戦略目標とした。


 (2)そして次に、これから、イルミナティ世界権力は、中共と日本を衝突させ、日本と米中はさみ撃ちにして、日本と言う国家を地上から抹殺する作戦をアジェンダに上げつつある、と言う。


○この問題については、 P・D・コリンズ著「科学的独裁体制の登場--十九世紀から二十一世紀にかけての認識論的独裁体制についての検討」(二〇〇四年、英文、未邦訳)


○とりわけ、その第二章、第三章が必読参考文献である。十年ほど前、李鵬中共政権首相(当時)が、外遊先で、二十年もすれば日本という国家は消えてしまうであろう。と公言したことを、日本の白痴的権力エリート政権と売国奴的マスコミは、日本人にしっかり伝えて居ない。これは、中共政府首脳のその場かぎりの放言ではあり得ない。米中はさみ撃ちで日本を抹殺する。これが、イルミナティサタニスト世界権力の主要な戦略目標の一つであることを、今、日本民族有志は、気付かなければならない。


 (了)


[参考文献]


○ THE ASCENDANCY OF THE SCIENTIFIC DICTATORSHIP 

  : An Examination of Epistemic Autocracy,

   From the 19th to the 21st Century

  

  by Phillip Darrell Collins and Paul David Collins

  二〇〇四年


○「共産中国はアメリカがつくった」(成甲書房)

  副島 隆彦 (監修), 本原 俊裕 (翻訳)



蛇足


 P・D・コリンズ著「科学的独裁体制の登場--十九世紀から二十一世紀にかけての認識論的独裁体制についての検討」


Ascendancy of the Scientific Dictatorship, An Examination of Epistemic Autocracy, from the 19th to the 21st Century


A. In the past, the elite manipulated the population through a more mystical belief system. In particular, there was the institution of Sun worship (typified by deities such as Osiris and Set). However, as antiquity gave way to modern history, this system of control began to lose its effectiveness. During the sixteenth century, the ruling class managed to co-opt a relatively new methodology of truth discernment...science. Over the years, they would contaminate this institution with their own virulent strains of thought...metaphysical naturalism, radical empiricism, Malthusianism, Darwinism, behaviorism, radical environmentalism, etc. Many of these paradigms were derivative of their own occult doctrines, thinly veiled to appear as objective science. All of these concepts correlate in some way and, at some point, coalesce. Together, they are gradually paving the way for the re-introduction of the hidden god of the Ancient Mysteries.


. 過去に、エリートはより神秘主義的な信念システムを通して人口を処理した

特に、太陽崇拝(オシリスとセットなどの神によって代表されている)の組織があった。

しかし、古代遺跡が近代史に崩れ落ちた時に、コントロールのこのシステムは、その有効性を失いはじめた。

16世紀の間に支配階級は、どうにかして真実認識…科学の相対的に新しい方法論を選挙した。

数年の間に、それらは彼ら自身の考えられた形而上の自然主義、根本的経験論、マルサス主義、進化論、行動主義、根本的な環境保護活動などの毒性の菌株によってこの組織を汚染するであろう。

これらの方法論の多くは、客観科学として出現するために薄く覆い隠された彼ら自身のオカルト主義のデリバティブであった。

これらの概念のすべてはある点で関係づけていて、いくらかのポイントで、融合する。

一緒に、彼らは古代ミステリーの隠れた神の再導入を徐々に可能にしている。


続く

スポンサーサイト



貧富の差、モラル崩壊・根は同じ・。

小泉政治とは官僚と金持ちだけが高笑いする国づくりhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1096280720/

◆庶民の年収は平均450万円、官僚の年収は2,500万円(退職金8,000万円)、ハゲタカファンドのサラリーマンは課長クラスで年収1億円、 その上司なら10億円というのが小泉・竹中改革の現実。

◆今の政策が続いたら庶民の生殺し必至。(中略)エラソーに何が「構造改革」か。一事が万事で、小泉政権になってから、「役人(官僚)天国」はひどくなる一方である。エコノミストの森永卓郎氏が、毎日新聞紙上で

「実は小泉改革とは、役人(官僚)と金持ちが高笑いする国づくりのこと」と指摘していたが、本当だ。 調べれば調べるほど、ハラが立ち、胸糞が悪くなってくる。(中略) 「国家公務員の“キャリア組”の年収は、40代半ば過ぎの主要課長クラスで1400万円程度、 その上の局長クラスで2000万円、トップの事務次官で約2500万円です。退職金は局長で6500万~7000万円、事務次官の相場が8000万~9000万円。

特殊法人などに天下りすれば、ほぼ同額程度の年収が約束されています」(霞が関事情通) 家賃だって税金負担でタダ同然だ。(中略) ちなみに国税庁の民間給与実態統計調査によると、02年の全サラリーマンの平均年収は448万円(男性548万円)。(後略)
http://gendai.net/


(前略)「羊のよう」と形容される日本の納税者は、所得税や住民税、消費税を一方的にムシり取られている。 だが、徴収された税金が自民党政権や官僚に食いものにされていることにはまったく無頓着だ。それをいいことに、与党政治家や官僚はやりたい放題である。 「与党の政治家は、国家予算の分捕りをして、地元に予算をバラまけば、自動的にその3%がフトコロに入るというのが政権内の常識になっています。

この国家予算の采配に力を持つのが族議員。…」(政治アナリスト・伊藤惇夫氏)

この族議員たちを束ねる参院・青木自民党幹事長を政権の後ろ盾にしているのが小泉首相だ。(後略)

http://gendai.net/(
「日刊ゲンダイ」03.10.1、04.1.30より一部抜粋)

982 :
名無しさん@3周年
:2005/12/30(金) 23:43:21 ID:PhfuCjID

自民党の売国政権が1985年に労働者派遣法を制定して、それまで禁止されていた「人材派遣業」を解禁した。さらに最近は小泉売国奴が法改正して、製造業の分野でも労働者派遣を解禁した。いまや日本の雇用情勢は、ニートとフリーターばかりで崩壊に瀕している。

ここでさらに外国人労働者を入れると、小泉・竹中のもくろみどおり「日本をぶっつぶす」の完成だ。

【小泉政権】 外国人労働者受け入れ、職種拡大検討へ★2

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135923164/


蛇足

ライブドアの錬金術の問題の本質的は、日本のアメリカ化の総仕上げなのだろうか?・。日本の資産を株式交換する動きの一部なのであろうか?アメリカ化とは民営化のことではない・私有化のことである。数百万人のホームレスと1000万人の無保険者、数千万人の無年金者。アメリカのNPOとしての宗教が日本では機能していない。低所得者にキリスト教などが、手を差し伸べる構造に無い日本ではアメリカ化はますます少子高齢化になるだろう・。介護などはサービスの低下が著しくなる。日本の産業再生は外人労働で日本の産業再生などと言うだろう。中国に労働力を頼む、経済界と与党、政府は中国の元の切り上げと景気減速を日本の外人労働化で乗り切る動きであろうか。中流中所得政策を復活すべきである。その為には所得倍増政策と累進課税と公務員・官僚の民営化。外資及び邦人企業の税率アップ。日本パスは起こらない事はこの15年で証明された・。 経済団体の脅しにはもう慣れた。

働く意欲を無くする(精神的にも、実質)・仕事を与えない政策・・・イルミナティ(啓蒙主義者)政策とはこういう奴隷化という事がわかる・。 人間性乗っ取り政策を破棄させよう・。


Svali Describes Illuminati Plan for Military Takeover?

Bigger Text | Default Text | Smaller Text | Send to a Friend



January 24, 2006

"When I was a child, I was taught we were chosen to rule over and make the world a better place. But as I got older, I saw the real intention of the "Chosen Ones," understanding it was nothing more than a ruthless plan to obtain money and power by any means possible, including torture and killing."



Like many others born into the Illuminati, from her birth in Germany Svali had no choice in her future, as her wealthy, rich and powerful parents charted her course as a "Chosen Child" from an early age.

Told she was "special and born to rule over the masses" to make a better world, Svali recalls going to regular Illuminati meetings with other "chosen children" at least three times a week after moving from Germany to Virginia and then finally to San Diego.



"I was born into it and long before the induction ceremony when I was 12, intensive training began to instill into me that I was special and the New World Order was good for the world," said Svali.



"When you grow up with wealthy parents like this, always being told you are special, it takes a long time to figure out the truth and a way out. I worked my way up the Illuminati ladder to the rank of head trainer, overseeing 60 other trainers. People have a hard time believing or understanding just how organized the Illuminati really are here in America, comprising about 1-2 percent of the total population.



"Yes, Bush, Rumsfeld, Cheney, Kerry, the Clintons and the others in power are all a part of it and they are in the governmental division of the Illuminati. However, I do not want to mention other members not in public office for fear of getting sued.



Saying that the Illuminati's main goal is to depopulate the world and create a unified, one world government, Svali said to fully understand Illuminati cult programming it's first important to comprehend the structure and philosophy of the worldwide organization as she learned it as a child growing up in the ranks.



In a manuscript from a book she is trying to publish, written after she ran from the Illuminati in San Diego, Svali explains:



"The Illuminati are a group of people who follow a philosophy known as "Illuminism" or "enlightenment". The Illuminati were named several hundred years ago, but trace their roots and history to the ancient mystery religions of Egypt, ancient Babylon, and even Mesopotamia. Out of these ancient religions, which were practiced secretly over hundreds and hundreds of years, there arose esoteric groups which continued to practice the rites, traditions, and enculturation brought in from the original groups.



"Over the centuries, these groups practiced openly in some countries, and covertly in countries where Christianity or other religions opposed their practices. Some of the groups which came out of these ancient roots included the order of the Knights Templar, Rosicrucian's, Baphetomism, and Druidic cults. These groups were the forerunners, or roots, of modern day Illuminism. The original Illuministic leaders chose to take what they felt were the best practices of each root religion, combine them into principles, then organized these principles according to specific guidelines.



"Modern day Illuminism is a philosophy funded by the wealthy, but practiced in all social strata. It is a philosophy whose tenets have spread across the world. It started with the German branch of Rosicrucian's, spread to England, then came to the United states with the first settlers."



Svali said during her 30 years with the Illuminati she witnessed a lot of violence from programs stemming from the CIA's MK ULTRA, as well as other mind control programs utilized by the cult.



Working a steady job in the day and then attending heavily guarded, secret meetings three times a week during the evening near San Diego, Svali said she learned "from the inside" the Illuminati plan to rule the world, also known as Novus Ordem Seclorum, is very real, very dangerous and being played out right before the eyes of Americans, as the cult's stepped up plans to take over the U.S. is underway and in full-throttle.



What better way to learn about the plan then to listen from an insider, trying to make amends with herself and the world. The following is from Chapter 3 of her yet to be published manuscript:



"All groups have goals, and the Illuminists are no exception. Money making is not their final goal - it is a means to an end. This end point, or goal, is no less than to rule the world. The Illuminati has a set plan similar to the Soviet Union's previous "5- year" and "10- year " plans. This is what the Illuminists themselves believe and teach their followers as gospel truth.



"Whether they will actually succeed is another matter altogether. The following is the Illuminist agenda at ALL levels of the Illuminati. As with any goal, the Illuminati has specific steps which it plans to implement to reach its objectives. Briefly, each region of the United States has "nerve centers" or power bases for regional activity. The United States has been divided up into seven major geographical regions. Each region has localities within it that contain military compounds and bases that are hidden in remote, isolated areas or on large private estates.



"These bases are used intermittently to teach and train generational Illuminati in military techniques, hand- to- hand combat, crowd control, use of arms, and all aspects of military warfare. Why? Because the Illuminists believe that our government, as we know it, as well as the governments of most nations around the world, are destined to collapse. These will be planned collapses, and they will occur in the following ways:



"The Illuminati has planned first for a financial collapse that will make the great depression look like a picnic. This will occur through the maneuvering of the great banks and financial institutions of the world, through stock manipulation, and interest rate changes. Most people will be indebted to the federal government through bank and credit card debt, etc. The governments will recall all debts immediately, but most people will be unable to pay and will be bankrupted. This will cause generalized financial panic which will occur simultaneously worldwide, as the Illuminists firmly believe in controlling people through finances.



"Next there will be a military takeover, region by region, as the government declares a state of emergency and martial law. People will have panicked, there will be an anarchical state in most localities, and the government will justify its move as being necessary to control panicked citizens. The cult trained military leaders and people under their direction will use arms as well as crowd control techniques to implement this new state of affairs. This is why so many survivors under 36 years of age report having military programming. People who are not Illuminists or who are not sympathetic to their cause, will resist.



"The Illuminists expect this and will be (and are BEING) trained in how to deal with this eventuality. They are training their people in hand-to- hand combat, crowd control, and, if necessary, will kill to control crowds. The Illuminati is training their people to be prepared for every possible reaction to the takeover. Many mind control victims will also be called into duty with preset command codes. These codes are meant to call out a new, completely cult loyal presenting system. Shatter codes programmed under trauma will be used to destroy or bury non-cult loyal alters.



"Military bases will be set up, in each locality (actually, they are already here, but are covert). In the next few years, they will go above ground and be revealed. Each locality will have regional bases and leaders to which they are accountable. The hierarchy will closely reflect the current covert hierarchy.



"About five years ago, when I left the Illuminati, approximately 1% of the US population was either part of the Illuminati, sympathetic to it, or a victim of Mind Control (and therefore considered useable). While this may not sound like many, imagine 1% of the population highly trained in the use of armaments, crowd control, psychological and behavioral techniques, armed with weapons and linked to paramilitary groups.



"These people will also be completely dedicated to their cause. The Illuminati firmly believes that it can easily overcome the other 99% of the population, most of whom are untrained, or poorly trained, such as "weekend hunters." Even the local military will be overcome as the Illuminati will have regional cell groups with highly trained leaders. They also count on the element of surprise helping them during their takeover. Many of the highest leaders in the militia branch of the Illuminati are or have been officers in the military, and so already have a good knowledge of which techniques will work best to overcome a region's or locality's defenses.



"After the military takeover, the general population will be given a chance to either espouse the Illuminati's cause, or reject it (with imprisonment, pain, even death being possible punishments). These people very much believe that the intelligent, or "enlightened" or Illuminated, were born to rule. They are arrogant, and consider the general population as "dumb sheep" who will be easily led if offered strong leadership, financial help in an unstable world economy, and dire consequences if the person rebels. Their utter ruthlessness, and ability to implement this agenda, should not be minimized.



"The Illuminati banking leaders, such as the Rothschilds, the VanderBilts, the Rockefellers, the Carnegies, and the Mellons, as examples, will reveal themselves, and offer to "save" the floundering world economy. A new system of monetary exchange, based on an international monetary system, and based between Cairo, Egypt, and Brussels, Belgium, will be set up. A true "one world economy", creating the longed for "one world order", will become reality."



Svali said this is the tip of the iceberg of the Illuminati agenda in America and she has been disowned by her family for leaving. Although recently offered $15,000 to return home, Svali has refused, saying her ministry to awaken the American people is her first priority.



Through years of special training, she learned members of the Illuminati are willing to give up their lives for their cause, as they believe their children are their legacy.



"I was told that my children's generation would see this takeover, sometime in the 21st century. At present, the Illuminati have quietly and covertly fostered their takeover plan by their goals of the infiltration of the media, the banking system, the education system, the government at all levels, the sciences and the churches," said Svali.

From Greg Szymanski's Arctic Beacon



Svaliは軍隊の乗っ取りのより大きなテキストにイルミナティ(啓蒙主義者)計画を記述する

|友人に送りなさい。

2006年1月24日

「私が子供であった時に、私は、私達が、統治し、世界をよりよい場所にするために選ばれたことを教えられた」。

しかし、私が年を取った時に、それが、ただの、拷問と殺害リンチを含めて、どうにかして可能なお金とパワーを得る無情な計画であったと理解して、私は「選ばれた1つ」の本音を見た。

啓蒙主義者の中に誕生した多くの他のように、彼女から、彼女の裕福で、金持ちで、強力な両親が早い時代から「選ばれた子供」として彼女のコースをチャートで示した時に、彼女の将来に全然ドイツSvaliにおける誕生に選択の余地がなかった。

彼女が、よりよい世界をする、「特別で、庶民を統治するために誕生する」であったと言われて、Svaliは、ドイツからバージニアに、それから最終的であるサンディエゴに引っ越した後に1週間に少なくとも3回他の「選ばれた子供」との通常の啓蒙主義者ミーティングに行くのを思い出す。

「私はそれの中に生まれて、私が12回の、集中的なトレーニングであった時の加盟式典が、それを私に教え込みはじめるずっと前に、私は特別で、新世界秩序は世界に良かった」とSvaliは言った。

「いつも、あなたが特別であると言われて、あなたがこのような裕福な両親と成長する時に、真実と出口を理解することに長い時間がかかる」。

60人の他のトレーナーを監督して、私は頭のトレーナーのランクに啓蒙主義者はしごの上に進んだ。

信じることについて、人々は苦労するか、まさにどのようにかを理解して、組織されて、総人口の約1-2パーセントから成って、啓蒙主義者は本当にここアメリカにいる。

「はい、ブッシュ、ラムズフェルド、チェイニー、ケリー、クリントン一家、およびパワーにおけるその他はすべてそれの一部であり、それらは啓蒙主義者の政治の部門の中にある」。

しかし、私は、訴えられることに対する恐怖のために官庁ででなく他のメンバーのことに言及したくない。

それを言って、啓蒙主義者は、ランクにおいて成長している子供の時に彼女がそれを学んだ時に、主要なゴールが、世界の人口を激減させて、一体化したもの、1つの世界政府、完全に、構造を理解するために重要に、それが最初にある啓蒙主義者カルトプログラミングを理解するそうであったSvali、および世界的な組織の哲学を作成することであることである。

彼女が、出版しようとしている本からの原稿の中で、彼女がサンディエゴの啓蒙主義者から走った後に書かれて、Svaliは説明する:

「啓蒙主義者は、それとして知られていることで人生観に続いている人々のグループである」イルミニズム"または「教化」。

啓蒙主義者は数百年前名付けられたけれども、エジプト、古代のバビロン、およびメソポタミアさえの古代のミステリー宗派にそれらのルーツと歴史をたどりなさい

これらの古代の宗派の(それは数百年の間にひそかに信奉された)外で、オリジナルのグループから採り入れられた儀礼、伝統、および文化化を行い続けた難解なグループが生じた。

「何百年の間に、いくつかの国で、そしてひそかに、キリスト教または他の宗派がそれらの習慣に反対した国で、これらのグループは公然と練習した」。

これらの古代の根から出たグループのいくつかがナイト法学院法律家(ばら十字会員、Baphetomism、およびドルイド僧のカルト)の注文を含んだ。

これらのグループは現代イルミニズムの前兆または根であった。

オリジナルのIlluministicなリーダーは、彼らが、各根宗派のベストプラクティスであったと思ったものを取ることに決めて、彼らを原則に統合し、それから、具体的なガイドラインに従ってこれらの原則を組織した。

「現代イルミニズムは裕福なものによって出資されたけれどもすべての社会階層で行われた人生観である」。

主義が世界中に広がったのは人生観である。

「それはばら十字会員のドイツ枝で始まり、イギリスに広がり、それから、最初の移住者と一緒に米国に来た」。

Svaliは、カルトによって利用された他のマインド・コントロール・プログラムと同様にCIAのMK ULTRAから生じているプログラムから彼女がたくさんの暴力に立ち会うと彼女の30年の間に啓蒙主義者と言った。

何が、自身との償いと世界をしようとして、インサイダーから聞くことを計画についてその時学ぶ方法を改良するか。

出版された原稿であるために、以下はまだ彼女の3章からである:

「すべてのグループはゴールを持っていて、光明会主義者は全然例外ではない」。

お金作りはそれらの最終的なゴールではない - それは終わりまでの方法である。

この末端またはゴールは、世界を支配することより全く少なくない。

啓蒙主義者はソビエト連邦の前の「5年」と「10年」計画に類似している設定された計画を持っている。

これは、光明会主義者自身が絶対の真理として信じて、彼らの追従者に教えるものである。

「彼らが実際成功するであろうかどうかはまったく別の問題である」。

以下は啓蒙主義者のALLレベルで光明会主義者課題である。

どのようなゴールと同様にでも、啓蒙主義者は、それが、その目的に達するために実施することを計画する具体的なステップを持っている。

簡単に、米国の各地域は地域の活動のための「神経中枢」またはパワーのベースを持っている。

米国は7つの主要な地理の地域に分割されている。

各地域は、辺鄙で、分離された地域または大きな私的な地所に隠される軍事基地とベースを含んでいるそれの中の局所性を持っている。

「これらのベースは、軍隊のテクニック、手渡すための手戦闘、群衆コントロール、アームの使用、および軍隊の戦闘のすべての面の中で世代的な啓蒙主義者を教えて、訓練するために間欠的に使われる」。

なぜ?

光明会主義者が、世界中のほとんどの国家の政府だけでなく、私達が知っている私達の政府が、崩壊するように運命づけられていると信じるので。

これらは計画された崩壊になるであろうし、それらは以下の方法に存在するであろう:

「啓蒙主義者は、最初に大恐慌をピクニックのように見えさせるであろう金融崩壊の計画を立てた」。

これは世界の大きな銀行と金融機関の移動を通して、株操作を通して起こるであろうし、利率は変わる。

ほとんどの人々は銀行とクレジットカードの借金などを通して連邦政府に恩を受けるであろう。

政府は直ちにすべての借金を思い出すであろうけれども、ほとんどの人々は、支払うことができないであろうし、倒産するであろう。

光明会主義者が堅く、財源を通して人々をコントロールすることを信じているので、これは、世界的に同時に起こるであろう一般化した金融恐慌を起こすであろう。

「政府が非常事態と戒厳令を宣言する時に、次軍隊の乗っ取りが地域毎にあるであろう」。

人々はうろたえているであろうし、無政府主義の状態がほとんどの局所性においてあるであろうし、政府は、うろたえた市民をコントロールすることに必要であることとしてその動きを正当化するであろう。

カルトは軍隊のリーダーを訓練し、彼らの指導のもとでの人々は、この新しい事態を実施するコントロールテクニックに群がるだけでなくアームを使うであろう。

そんなわけで、36歳未満のそんなに多くの生存者は軍隊にプログラムさせておくのを報告する。

光明会主義者ではないか、彼らの原因に同情的でない人々は抵抗するであろう。

「光明会主義者はこれを予期していて、どのようにこの不慮の事件を扱うかを訓練される(そして、BEINGである)であろう」。

彼らは、手渡すための手戦闘をそれらの人々に訓練していて、コントロールに群がり、必要なら、群衆をコントロールするために殺すであろう。

啓蒙主義者は、それらの人々が、乗っ取りに対するすべての可能な反応の準備をするように訓練している。

多くのマインド・コントロール犠牲者はまたプリセットコマンドコードによって義務の中に呼ばれるであろう。

これらのコードが新しさ、完全 カルト誠実提出システム を大声で呼ぶことは意図されている。

トラウマの下で計画された破片コードは、忠臣が変更する非カルトを破壊するか、埋めるために使われるであろう。

「軍事基地は、各局所性(実際、それらはすでにここにあるけれども、隠れている)において設定されるであろう」。

次の数年に、それらは地上に行き、明らかにされるであろう。

各局所性は、彼らが責任がある地域のベースとリーダーを持つであろう。

ヒエラルキーは密接に現在の隠れたヒエラルキーを反映するであろう。

「約5年前、私が啓蒙主義者と別れた時に、米国人口の約1%は、それに同情的な啓蒙主義者の部分またはマインド・コントロール(および使用可能であると考えられる)の犠牲者のどちらかであった」。

これが多くのように聞こえないかもしれないが、人口の1%が高く軍備の使用においてトレーニングし、群衆コントロール、心理学的で、行動のテクニックが武器によって武装し、準軍事団体に接続したと想像しなさい。

「これらの人々はまた彼らの原因が完全に専門になるであろう」。

啓蒙主義者は、それが容易に人口の他の99%に打ち勝つことができると堅く信じる(それのほとんどは「週末ハンター」など未訓練であるか、不十分に訓練される)。

啓蒙主義者が高く訓練されたリーダーと地域のセルグループを持つであろう時に、ローカルな軍隊さえ打ちのめされるであろう。

彼らはまた彼らの乗っ取りの間に彼らを助けている驚きの要素を期待する。

啓蒙主義者の民兵組織支店の中で最も高いリーダーの多くはそうであるか、軍隊の中で役員であり、従って、すでに、地域または局所性の防御に打ち勝つために、どのテクニックがもっともよく働くであろうかの、豊富な知識を持っていなさい。

「軍隊の乗っ取りの後に、一般の住民は、啓蒙主義者の原因を支持するか、それ(懲役、苦痛、可能な処罰である死さえによる)を拒絶するチャンスを与えられるであろう」。

これらの人々は、知的なものまたは「啓発される」またはIlluminatedが、支配するために誕生したととても信じる。

彼らは横柄で、人が反逆するならば強いリーダーシップ、不安定な世界経済における財政援助、および恐ろしい結果を提供されるならば、一般の住民を、容易に導かれるであろう「ばかな羊」と考える。

この課題を実施するそれらの全くの冷酷さと能力は最小化されるべきでない。

「例としてのRothschilds、VanderBilts、Rockefellers、Carnegies、およびMellonsなどの啓蒙主義者バンキングリーダーは、自身を明らかにし、四苦八苦している世界経済を「保存すること」を申し出るであろう」。

国際通貨制度に基づき、カイロ、エジプト、およびブリュッセル、ベルギーの間で基づいた貨幣の交換の新システムはセットアップされるであろう。

真実の「1つの世界経済」は、「1つの世界秩序」のために待ち望まれているものを作成して、現実インチになるであろう。

Svaliは、これがアメリカで啓蒙主義者課題の氷山の一角であり、彼女が、去るために彼女の家族によって自分のものと認めないと言った。

帰宅するために最近15,000ドルを提供されるけれども、Svaliは、アメリカ人を起こす彼女の省が彼女の最初の優先事項であると言って断った。

何年もの特別なトレーニングを通して、彼女は、彼らが、彼らの子供が彼らの遺産であると信じるので、啓蒙主義者のメンバーが彼らの原因のために彼らの人生を快く放棄することを知った。

「私は、私の子供の世代が、21世紀にそのうちこの乗っ取りを見るであろうと言われた」。

「現在、啓蒙主義者はメディア、銀行制度、教育システム、すべてのレベルの政府、科学、および教会の浸透のそれらのゴールによって静かで、ひそかにそれらの乗っ取り計画を養育した」とSvaliは言った。

グレッグSzymanskiの北極指針から

オウムとライブの同じような神隠し

世に倦む日日http://critic2.exblog.jp/


週刊文春の野口英昭「怪死」事件記事 - 秀逸なジャーナリズム


今週号(1/25)の週刊文春の記事は素晴らしい。取材も文章も文春らしい記事で、「文春文化」の真骨頂が提示されている。今週号のような記事を読むと、やはり朝日新聞だけでなくて週刊文春も必要だなという感慨を持つ。記事には、この時点で日本の大多数が知りたくてたまらない情報が、そのままズバッと正面から掲載されている。まず記事の前にデスクのファインプレーを評価したいが、それは二つの面からである。一つは、権力と癒着した新聞やテレビの怠慢と隠蔽によって疎外された「国民の知る権利」に正しく応えているという意義であり、二つ目は、ライブドア事件に関するあらゆる切り口の中で、野口英昭の「自殺」事件をトップ記事に選んだ戦略とマーケティングのセンスである。ライブドア事件を記事にしようとするならば様々な切り口が可能であり、株と錬金術の話が中心でもいいし、ライブドアの会社内部の暴露話でもいいし、堀江貴文の私生活や女関係のネタでもいい。何をトップにすれば雑誌が一番売れるかはデスクの判断だ。





今回の週刊文春の「ライブドア総力取材」はトップ記事である野口英昭「自殺」事件報道がメインであり、編集部がこの問題を中心にして全体を構成している。ネットの動きを見れば、一般大衆のライブドア事件への関心の軸がどこにあるかよく分かる。週刊文春の今週号は売れるだろう。デスクの感性もいいが、記者が非常にいい。文春らしい取材と記事作りをしている。一週間でよくここまで取材できたものだと感心するが、われわれが知りたかった勘所を外さず押さえていて見事である。この事件を記事にするためには現場である那覇へ飛ばなくてはいけない。われわれは那覇の生の現地情報に飢えていたのだ。だから記事を読みながら、自分が那覇にいるような気分になった。記者は那覇で二泊三日滞在して取材している。そしてカプセルホテルと那覇警察署と現地記者にあたって情報を取っている。この那覇取材が秀逸で、「そうか、やっぱりそうか、よく調べた」と頷くことしきりだった。記事の中には興味深い新事実が数多くあった。




その一つが、ホテルのフロントで現物確認した宿泊カードの記入住所で、そこにはあっと驚く住所が本人の手で記入されていた。詳しくは記事を読んでいただきたいが、これはミステリーである。それから、航空便の半券が財布の中に残っていた事実が紹介され、それによると搭乗機は18日のANA121便(午前10時50分那覇着)だった。さらに遺留品の中にタクシーの領収書があり、18日の朝に汐留から高速で羽田に向かった事実が明らかにされている。18日当日の野口英昭の行動がかなり詳しく明らかになった。午前11時半にホテルにチェックインした後、そこから50メートルほど離れた薬局に行き、そこで睡眠導入剤の「ドリエル」を買って部屋に帰って飲んでいる。また、疑惑を深める謎として、ベッドの脇に血塗れのサッカーシャツが落ちていた事実が指摘されていて、そのシャツは野口英昭の持ち物ではないと断言する夫人の証言も添えられていた。普通に考えれば、シャツは野口英昭を殺害した犯人がその場で脱ぎ捨てたものである。



記者は現場と関係者をよく取材しているが、記事を読んで分かってホッとしたことは、野口英昭の夫人がやはり今回の件を自殺とは思えないという心情を持ち、警察による自殺の断定を疑っていて、週刊文春の取材に対しても協力的に接している気配があったことだ。真相を明らかにしたいという姿勢で、気をしっかり持っている。動転したりとか、怯えたりとか、取材に拒絶的という感じがなかった。こういう場合に、事件の被害者の家族と情報を追う雑誌記者の関係というのは必ずしもうまくいかない場合が多いのではないかと思うが、今回の場合は幸いにもそうではないように見受けられた。事情を聴く方も聴き方が難しいし、取材を受ける側はさらに答え方が難しい。「そっとしておいて下さい」で収まるのが一般的で、今回、ここまでの記事になったのは、夫人と記者との二人の人間関係の幸運を感じさせる。夫人は真実を明らかにしようという意思を持っている。県警の「自殺」説明に納得していない。司法解剖して欲しかったというのが本心だろう。




記事の圧巻は、最後に書かれているカプセルホテル経営者とのやりとりの件で、経営者が警察の判断を覆すような証言はできないから勘弁してくれと言って記者の前で土下座をする。この場面には驚かされたし、記者も読者もさらに疑惑を深めただろう。沖縄県警は、現場を検視して他殺を疑いながら、それを強引に自殺と断定して固めている。そして事件関係者に対して口封じを行っている疑惑がある。沖縄県警が事件を自殺と断定して公表したのが、18日中ではなく19日の朝だという事実も明らかになった。18日の夜中の間、自殺にするかどうかで迷っていたのだ。恐らくこの間、本庁から本部長に指示があり、県警幹部が現場刑事を説得し、組織の論理に折れた刑事が関係先の口封じ(「自殺」の念押し)に動き、カプセルホテル側が地域権力の論理に素直に従ったということなのだろう。週刊文春にはぜひ取材を続けて記事の続編をお願いしたい。記者には現地に再び飛んで、関係者に粘り強く再取材を申し込んで欲しい。ブログが応援する。



久しぶりに面白い記事を読んだ。あまりに印象的な最後の部分を抜粋しよう。




事件当日、119番通報をしたホテル経営者にも再三、事実確認を求めたが、「警察の判断を覆すようなことはできないんです」と言う。それはどういうことかと問いただすと、突然、玄関先で土下座して、「どうかお引き取りください」と懇願された。こちらも正座してなおも取材のお願いをすると、「小さな地域です。私たちが生きていけなくなります。どうかお引取り下さい」。土下座をして頭を床にこすりつけたまま約二十分。その悲壮な姿に押し切られて、記者はその場を去った。ホリエモン逮捕は入り口に過ぎない。解明すべき「闇」はあまりに深いのだ。



週刊文春 2月2号 P.29 「野口”怪死”と堀江の”闇”」
蛇足
現場は全てを知っている??
なぜ??という疑問がつきまとう事件である。ホニャララ団ならというのも一方的な話である。組織から離れているものでなければ、組織犯罪処罰法でトップの使用者責任を問われる時代だ、今回の件なら先ず疑われる。まして素人さんであるし・そんなへまはしないだろう。一匹狼が金につられて起こす可能性もあるだろう(キッチリ仕事ができる人間でなければ無理な話だが)・・マークされる危険がある。やはり、これで得するものは誰かということであろうか・??。自殺偽装の線が強いのであろうか?・。
きっこの日記からhttp://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060128


警視庁の組織対策3課の刑事たちを応援に呼んだのだ。組織対策3課ってのは、単なるマルボーじゃなくて、通常は特定ホニャララ団の地下銀行や金融の捜査を専門にしてる部署だ。この事実から、今回のライブドア事件が、単なる証券取引法違反じゃなくて、広域ホニャララ団と共謀して行なって来た悪質な犯罪だってことが分かるだろう。そして、地検の特捜部が、組織対策3課の刑事たちに捜査協力を求めたのが、次の4点だ。
「沖縄で死亡した野口英昭に関するホニャララ」
「ライブドアがダイナシティを買収する過程で、イノシシ容疑者の指示でホニャララさせたことについてのホニャララ」
「1月の前半にダイナシティの株価を急上昇させたホニャララファンド主導の仕手に関するホニャララ」
「イノシシ容疑者のマネーロンダリングに関わっていたホニャララ」
‥‥そんなワケで、相変わらず「ホニャララ」ばっかりで申し訳ないんだけど、これも今は書けないことなので、ホニャララ以外の部分から推測して欲しい。
蛇足

きっこと言う謎の人物なのですが・・何人かの情報を持ち寄ったグループという噂・。ところで、ライブドア問題の本丸・・広域ホニャララ団への資金供給に警視庁が捜査に入ったことだ・。買収したダイナスティと言う会社は広域ホニャララ団のフロント企業なのですが、ここは関東系、またイノシシは以前から関西系の組織と付き合いがあったらしい・。どちらの組織からも恨まれることになるのやら?? ホニャララ団の財布なのか??

世界支配のための戦争に徹底的に反対するリバータリアンの政治評論家

副島隆彦の学問道場から・。http://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi



アメリカでロックフェラーと戦っているリバータリアンの政治評論家、


ジャスティン・レイモンド氏の文章を紹介する。


彼は、アメリカのエスタブリッシュメントの世界支配を


「秘密結社の陰謀論」に頼ることなく暴き立てた


「マレー・ロスバード主義者」である。


2006.01.23

アルルの男・ヒロシです。今日は2006(平成18)年1月23日です。

今日はアメリカで活躍する、リバータリアン評論家のひとりである、ジャスティン・レイモンドJastin Raimondo という人物が書いた文章を抄訳の形で紹介します。





ジャスティン・レイモンド氏


このレイモンド氏は、主にアメリカ(とイスラエルの)の世界支配のための戦争に徹底的に反対する人々が結集している、ポータルサイトである反戦ドットコム(Antiwar.com)の主要コラムニストのひとりである。彼は、時々、アイソレーショニスト(アメリカ国内問題優先主義者)のパット・ブキャナンが主宰している、政治雑誌の「アメリカン・コンサヴァティヴ」にもときどき文章を寄せている。


彼は毎週のようにブッシュ政権のイラク戦争や、シリア・イランに対するネオコン派の好戦的な挑発行動を徹底的に批判するコラムをインターネット上に発表している。その全ては「反戦ドットコム」で無料で読むことが出来る。私にとって貴重な情報源である。


彼は、2001年9月11日にニューヨークで起きた世界貿易センタービルに対する、「イスラム過激派」によるものとされる航空機テロと「ビル爆破テロ」事件にイスラエルとネオコン派が深く関わっていたという内容の著作をはじめ数冊の本を書いている。しかしながら、彼の存在はネット上では有名であるものの、「ニューヨーク・タイムズ」などの有力紙には登場しないので、日本では殆ど知られていない。





レイモンドの近著(未邦訳)




しかしながら、私は彼の文章を非常に高く評価しており、何度かこのサイトに併設されている「アメリカ政治情報メモ」掲示板の中で紹介してきた。この掲示板サイト常連のロシアチョコレート氏もこの人物に注目しているはずである。


彼は、オーストリア学派のリバータリアンで、1926年生まれのユダヤ人であるマレー・ロスバードという人物の伝記『統制国家の敵:評伝マレー・ロスバード』(An Enemy of the State: The Life of Murray N. Rothbard)という著作も書いている。レイモンド氏はその文章の反戦主義者ぶりから、まるで左翼の過激派ではないかと思うときがあるものの、保守派であるリバータリアン、ロスバードの伝記を書いている人物であり、れっきとした保守派である。ゴリゴリのパレオ・コンサヴァティブのパット・ブキャナンの雑誌に文章を定期的に書いていることからもそれは理解できる。





マレー・ロスバード教授





レイモンド氏のロスバードの評伝の表紙


マレー・ロスバードは、リバータリアン派の人々がその業績を紹介している。例えば、学者の森村進氏が監修している『リバタリアニズム読本』の中では、ロスバードの経済学者としての主著である『自由の倫理学』についての解説ページがある。


しかし、ロスバードは、独特な経済史を何冊も書いている。例えば、連邦準備制度理事会の存在に異議を唱えた”The Case against the Fed”(未邦訳)があり、今回レイモンド氏が解説文を書いている、“Wall Street, Banks, and American Foreign Policy”という大体英文で100頁くらいのパンフレットもその一つである。


http://www.mises.org/store/Wall-Street-Banks-and-American-Foreign-Policy-P149C0.aspx


ロスバードの経済史の特徴は、あくまで個人の動きを通して歴史を描き出すという手法に特化しているということだ。それをレイモンド氏は「方法論的個人主義」として説明している。前出の森村氏の著作によると、方法論的個人主義というのは、「社会的な集合を研究する際にその構成員である諸個人の行動を分析することで説明を試みる」(同書62ページ、原谷直樹氏の解説)ものである。


これは社会科学の一手法であるが、ぶっちゃけて言うと、このやり方は、人脈と血脈を解説したり、企業の重役兼任構成を解説することで利権の結びつきを説明しようというやりかたのことである。この手法に基づいて私も『ジャパン・ハンドラーズ』を書いたと言ってもいいかもしれない。


別の言い方をすれば、曖昧な国家の存在や秘密結社(例えば300人委員会とかフリーメーソン、イルミナティ)が、陰謀を巡らせて世界に混乱と戦争を引き起こしているというアプローチではなく、あくまで


「この財界人とこの政治家がこう繋がっているから、彼らが共通のこの利害を実現しようとして、こういう戦争を起こすように政権に働きかけた、そして市場を独占して大儲けしました、ひどいですねぇ、みなさん」


という風に解説するやり方である。まさに『赤い盾』の広瀬隆氏がやっているやり方そのものである。


だから、ロスバードの文章は、デヴィッド・アイクとかフリッツ・スプリングマイヤーといった陰謀論の大家たちで、とりわけ熱心なキリスト教徒である著者達の、過度なキリスト教特有の誇大妄想的な思いこみがない。純粋に事実で構成されているのである。


そもそも日本人には悪魔(サタン)というキリスト教特有の概念そのものが存在しない。だから、スプリングマイヤーの感情たっぷりにサタンとか悪魔の手先として、国際金融資本家たちを面罵する文章を読んでも今ひとつピンと来ないわけである。


それでも、スプリングマイヤー自身も、主著『イルミナティ:悪魔の13血流』(KKベストセラーズ)の中で、ロックフェラーやらロスチャイルドのようなサタンの系譜をひくとされる13家や、アダム・ヴァイスハウプトの思想を指しながら、「悪魔主義は力と自己利益のみをしんじるのである」(同書32頁)で書いている。そこから、「真実読み破り式」の理解をすれば、彼らが云わんとしていることが判るだろう、とは思う。


だから、あくまでロスバードは、国際金融資本の”陰謀”を、方法論的個人主義のアプローチで書いているわけだ。つまり、ユダヤ人のレイシオの考え方を、陰謀を暴くために援用しているわけだ。


ゆえに、ユースタス・マリンズのような、優秀ではあるものの、感情的な筆致もまた一方で多い著者からはロスチャイルドの走狗として認識されている側面もあるようだ。(しかし、マリンズが合衆国議会図書館の資料と蔵書を駆使して書き上げた、あまり奇矯ではない著書の幾つかは正当に再評価されなければならない)


だから、ロスバードの文章は、徳間系のユダヤ陰謀論の熱心な読者からは踏み込みが足りないという印章をもたれているはずだ。しかし、日本に置いて、ロックフェラー・ロスチャイルドをはじめとする国際金融資本が動かす世界史観が根付きにくいうえに、すこしでもそのようなことを口にすると陰謀論扱いされるのは、太田龍氏のようなユダヤ陰謀論のアプローチが、抱えていた決定的な欠陥であると思う。(しかし、私は太田氏の紹介する本の熱心な読者である)言ってみれば、導入部分で戦略を間違ったのかも知れない。





広瀬隆氏


また、ロスバードが広瀬隆氏のような左翼の反原発からスタートした人とも違う点は、彼があくまで統制経済を悪として捉えた上で、自分は自由主義経済の擁護者としての立場に立っている点だ。その前提で、アメリカ国民を騙しながら、国家統制を公然と推進している国際金融資本の行動を糾弾しているわけだ。反権力といえば、サヨク・朝日新聞・岩波書店という認識しか存在していない日本の言論界には、反体制の右翼が存在するということが理解できないかも知れない。


彼はあくまで、「真正自由経済主義者」の旗を降ろすことなく、ロックフェラー、モルガン、ロスチャイルドのような金融資本家を批判している。(ただ、ロスチャイルドに関してはあまり批判していない気もする。彼の名前が“ロス“バードであることも関係しているのか?)


以下に載せる文章は、私による試訳として、“Wall Street, Banks, and American Foreign Policy”の最後につけられた、レイモンド氏の解説を抄訳したものである。


ロスバードの全文はパンフレットとして、ミーゼス研究所が頒布しているが、リバータリアン系のウェブサイトの「ルー・ロックウェル・ドットコム」に転載されている。

http://www.lewrockwell.com/rothbard/rothbard-lib.html


残念ながら、私の英語力はそれほどのものでもないので、訳出にあっては、意図を誤らせないように心がけたが、あまり巧い訳ではない部分がかなりあるかも知れない。文章をそのまま訳すのではなく、内容をくみ取ってまったく違う日本語で表現したり形容詞をまったく省略した部分もある。


なかなか文章のいわんとしていることを理解していても、アウトプットで日本語に直す作業はかなり大変なものだと実感した。余力があれば、ロスバードの文章自体も訳してみて、「会員ページ」で随時公開していきたいと思います。


ロスバードは、南北戦争直後からレーガン政権までのアメリカ史を、ロックフェラー、モルガン、ロスチャイルドの権力闘争の姿として時系列に従って描いている。JPモルガン、ピーボディ、ジェイムズ・スティルマン、ハウス大佐、モンタギュー・ノーマン、バーナード・バルーク、ヘンリー・キッシンジャー、デヴィッド・ロックフェラーといった重要な登場人物について一通り網羅してある。


このロスバードの文章を通して、まずアメリカの金融財閥による世界支配の構図を理解しておくことによって、今後、さまざまな、厖大な人物が登場する、いわゆる「陰謀論」の著作や広瀬隆氏の著作を理解するための基礎体力をつけることが出来るようになる。


そして、この解説文の最後の方でレイモンド氏が、読者として他の大勢の御用学者に対して呼びかけている、「真実はいずれ露見する」というメッセージは私たち日本人の研究者にとっても非常に励みになるものである。レイモンドの論文を皆さんも是非読んで頂きたい。機会があれば、彼のコラムを定期的に紹介していきたい。


実は、このロスバードの論文から多くを学んだ上で書かれた本が、昨年の秋に草思社から出版された、『マネーを生みだす怪物』(エドワード・グリフィン著)なのである。しかし、グリフィンの本は、判りやすくするためにページ数を増やしすぎて、日本語訳は全部で700頁超、価格で2800円というどえらいものになってしまったので、あまり売れていないらしい。この本も熟読すれば非常に面白いものである。グリフィンは、ロスバードと同様に、貨幣制度は金本位制に基づくべきであり、ロックフェラーたちの生みだした「ドル紙切れ・刷り散らかし体制」に反対する立場のアメリカのゴリゴリの保守派(ジョン・バーチ協会)である。


この本を文春の『諸君!』という雑誌で、反竹中平蔵の言論を繰り広げている、東谷暁(ひがしたにさとし)氏が批評していたが、そのあまりの無理解、悪意に満ちた批評に私自身が唖然としてしまった、そのことを付け加えておきます。




アルルの男・ヒロシ 拝




“Wall Street, Banks, and American Foreign Policy”

あとがき:ジャスティン・レイモンド


マレー・ロスバード教授が書いた1984年の論考は、現代のアメリカの歴史を次のようなものとしてみている。


つまり、大富豪同士の権力闘争、モルガン家とロックフェラー財閥による争いとして描いているのである。


そして、教授は次のように結論づけている。


「権力を持った金融資本家たちは、誰が1984年の大統領選挙で勝とうが、安心して眠ることが出来るであろう。なぜなら、どの候補者にも彼らの息が掛かっているからである」


このロスバードの論考を最後まで読んできた読者の皆さんなら、この結論ですら幾分、真実を控えめに言っていると思われるのではないだろうか。


なぜならば、ここで私たちが読んできた論考は、パワー・エリートの視点から見た全般的で、簡潔に圧縮された、20世紀の政治史そのものだからだ。


この中に、ロスバードの持っている豊富な知識が極めて手短に、高度に専門化された形で示されている。それは、社会科学の分野における「方法論的個人主義」のアプローチに人生を捧げてきたロスバード教授の研究の結晶なのだ。


この論文の初出は1984年に発行された、「ワールド・マーケット・パースペクティブ」というコンパクトな経済雑誌の一論文としてである。その時期はレーガン政権のただ中にあった。


リバータリアン雑誌である「センター・フォー・リバータリアン・スタディーズ」読者向けに1995年に再版され、2005年にはネット上では初公開されたものである。


左翼と右翼の理論家達というのは、歴史上の物事のつながりを分析したり説明しようとするときには、えてして抽象的な”権力”というものを引き合いに出す。


しかし、ロスバードの用いた「方法論的個人主義」のメソッドを使う場合、全ての人間の営みは、個人としての主体のそれとして説明される。この方法論的個人主義のメソッドとオーストリア学派の経済学を援用することによって、ロスバードは、アメリカのエリート層と現代史をひとまとめにして論じる事に成功したのである。


ロスバードの分析手法を説明しよう。

一つ目は、オーストリア学派経済学の基本原則によって成り立っている。

特にルートヴィッヒ・フォン・ミーゼスによる、銀行業と景気循環(ビジネスサイクル)の起源についての研究の影響が大きい。


このテーマについての経済学的分析は、彼の晩年の著作である、『連邦準備制度に反対する』(The Case Against the Fed 、ミーゼス研究所から1995年出版)の中でも行われている。


この著作の中で、教授は、どのようにして連邦準備制度(FRS)が、疑うことを知らない善良なアメリカ人に精力的な銀行家達によって、無理矢理押しつけられるようになったのかを解説してくれている。


ロスバードの経済分析は、政府(の発行する)紙幣がどのようにして生まれたのかということや、本来的に不安定で(かつ本質的に不正な存在である)準備銀行というもの、さらに景気循環という現象が、何故20世紀の世界経済において起きるようになったのかというテーマ群について実に、明快で、簡潔で、広範囲にわたって説明している。


ロスバードが論文の中で書いているが、マネーというものが、他のものと同様にコモディティ(商品)であり、それゆえに市場原理にしたがうべきであると考えることは、その本質を理解する上で非常に重要なカギになってくる。


FRS(連邦準備制度)という形で政府が銀行家に特権として与えた、紙幣を刷り散らかすことで資本主義経済に流動性を提供する力というものは、インフレを生みだすばかりでなく、プルートクラット(富豪政治家)と呼ばれる永続的な大富豪による政治支配を生みだす原因にもなる。


この評論文のなかでも、彼は、『連邦準備制度に反対する』でやったのと同じように、パワー・エリートに付いて分析している。ロスバードのパワー・エリートの分析の腕が冴え渡るのは、連邦準備制度を設立するに到るまでの歴史を書いた部分である。


この論文が驚異的なのは、その分析が細部に到るまで詳しくされていることである。ロスバードは、詳細に社会、経済的な事実の提示、急激に拡大する「国際金融資本」たちの閨閥を検証可能な事実の形として提示している。そして、それを我々は、ロスバード理論に基づいて理解しなければならない。


そこで、ロスバードの「階級間の関係分析」の理論を理解する必要がある。


彼は、マルクス主義者の編み出した「階級闘争」の考え方を自分なりに再構成している。マルクス自身が、フランスの自由主義経済学者の理論を剽窃して階級闘争理論を作り出していた。マルクスは、リカードの労働価値説を剽窃して、曲解して、通俗化して自分の理論をつくったようなものだ。この前提に立って、マルクスは、労働者を所有者に対峙させる階級闘争の考え方に行き着いた。


ロスバードは、自由主義理論を、その理論のよって立つ根本のところに立ち返ることによって、リバイバルさせたといっていい。それが彼の偉大な功績の一つである。


自由主義理論では、人民と国家の対立関係で考える。

ロスバード理論では、政府と、その顧客とその権力執行者は、ものを生産する人々を、税金とか規制とか止むことはない戦争を手段に使って、搾取し奴隷化する、と考えられている。政府というものは国民にとっての重荷であり、寄生虫であり、自分の権力を使っては何も生みだすことが出来ない。宿り木のようなものである。


こう考えることが、リバータリアンの階級分析の完成型にむけてのまず第一歩である。


ところが不幸なことに、こういう風に考えた段階で、自称リバータリアンの多くは、思考停止してしまう。彼ら自称リバータリアンの面々にとっては、「国家は敵だ」とところまでの理解で納得するだけで十分なのだ。つまり、これ以上、踏み込んで考えなくても良いと彼らは安心してしまう。


イギリス首相だった、ウィリアム・ピットがいみじくも1770年に言っているとおりである。


「王様の玉座の背後には、王様以上に権力を持った本当の権力者達が控えている。」


そして、本当の権力者に対して気が付かないというのは彼ら自称リバータリアンの面々の理論的欠陥である。彼らリバータリアン左派たちは、社会科学の領域と空想的な計画を云々することに安住している。そんなことだから、彼らの存在は本当の権力者に安全パイだと思われているので、彼らの言論は放し飼いにされているし、時には意図的に経済的に支援を受けてもいる。


左派リバータリアンが、彼らの分析を今一歩先に進めることが出来なかったのは、多くの場合、彼らに真実を暴くという腹が据わっていなかったからである。リバータリアン理論とオーストリア学派の経済分析の洞察力があるならば、次に進むべき路は明らかである。


ここに至っては、経験に基づいた証明すら必要ではない。それどころか、真実というのは、純粋な理論、就中(なかんずく)、オーストリア学派によるマネーと銀行についての理解、それからミーゼス式の景気循環起源論を知っていれば、演繹的に導かれてくるものだ。


そうやって導き出された成果は、『ジャーナル・オブ・リバータリアン・スタディーズ』の創刊号(1977年冬号)の中で、ロスバードの二人の弟子、ウォルター・E・グラインダーとジョン・ヘーゲル3世によって発表されている。

「国家資本主義理論に向けて。意思決定と階級構造の究極の姿とは」という論文である。


「本当に自由な市場に置いては、銀行家による独占というものは生じ得ない。「しかしながら、市場経済システムにおいては、企業活動に勢力が注がれ、資本市場の中における意思決定というものが重要になる。それは、ある種の専門化によって報いられるかなりの多額の利益があるからである。」(論文の引用)


彼らによれば、この「専門特化された資本市場は、市場経済システムの本質的に統合的な性質によって、決定的な意思決定の座を占める」という。


経済的手段よりも政治的な手段を行使することを選ぶ人々がいることで、これらの巨額の財産を持った人々は、インサイダーとして、市場を独占するように動き、彼ら自身はリスクから遠ざかろうとする。銀行家達にとって、特に国家権力を自分の利益に合うように行使したいという誘惑はあらがいがたいものである。


なぜならば、そうすることによって、彼らは自分たちの財産を増やし続けることが出来るようになるからだ。これらのやり方によって可能にされた資産創造によって、銀行組織を、預金者たちの要求に従わないですむようになる。それゆえに、預金者に対する銀行家たちの意思決定権限を相当に強めることになる。


この産み出された資産に起因するインフレ傾向は、大企業による内部的手段による「直接金融」に基づく資金調達よりも銀行を介した「間接金融」への志向を増やすことになる。結果として、大銀行の意思決定力が、大企業の活動に対して及ぼす影響が強まることになるわけだ。


オーストリア学派の洞察は、周期的な景気拡大と不況につながる市場のシグナルをゆがめてしまう、中央銀行家たちの役割に焦点を当てている。この恐るべき景気循環は、本来は、完全市場経済に特有の矛盾として常に批判されているものである。


しかし、実際には、資本主義は本当の意味で自由な市場経済とはほど遠いものである。(そう思うなら、まず自分自身のプライベートバンクを初めてみるといい)

アメリカのバンカー達がもっとも嫌がるのは、完全に自由な銀行システムなのだ。


ロスバードは、景気循環というものを生じさせる原因となったそもそもの市場操作の濫觴(はじまりのエピソード)に触れるだけではなく、その市場操作の原因(と主な受益者たち)を探り当てている。ロスバードの師匠に当たるフォン・ミーゼスが、市場に一旦政府が介入すると、必然的に、その被害を「回復」するために泥縄式で介入を続ける羽目になるぞ、と最初に指摘した人物である。市場を歪めてきた政策を「修正」するために、さらなる攻撃が市場経済に加えられていく、ということは理の当然だ。グラインダーとヘーゲルが次のように書いている。




「アメリカでは、この政府の介入は当初は断続的なものだった。連邦レベルでも州政府レベルでもそうだった。


そして、その政府の介入によって、マネー・サプライが増大し、定期的に健全な経済活動を歪める結果となった。この景気循環を伴うマネー・サプライの操作は、アメリカで支配的なイデオロギーが、一般的にレッセ・フェールの自由主義的な教義から、政治的資本主義のイデオロギーに変容していく際に大きな役割を果たした。

政治的資本主義においては、国家が出しゃばることで、本質的に不安定な経済秩序を合理化させ安定化させるのだ、として捉えたところにその特徴がある。」


<資本家たちは、実は資本主義の敵である>


この考えを進めていくと、ロスバードは詳細に論じているように、ある奇妙な歴史的な事実について説明することが出来る。


それは、大資本家たちこそが、本当の資本主義にとっての最大の敵であったという事実である。


過去50年間に社会「改革」と称されてきた全ては、「理想主義的」な左翼によって推進されてきたばかりではなく、山高帽(シルクハット)を被った、でぶっとした腹をもった人物として風刺されているウォール街の「経済的王党派」たち、まさにその人達によっても推進されてきたのである。


ネオコン派は、「大きな政府」に対する闘いを、ゾロアスターとアフラ・マズダという善と悪の神々が戦うというマ二教の二元論の教義になぞらえて、光(つまり資本主義)と闇(つまり、もはや殆ど信用を失った左翼知識人の残党)の間の闘いであると捉える。


しかし、ロスバード流の理解は、より示唆に富み、複雑である。二元論で理解するのではなく、自由のための闘いというのは三すくみの構造で理解される。


なぜならば、ジョン・T・フリンとアルバート・ジェイ・ノック、そしてフランク・チョードロフといった学者が書いているように、資本家たちは、決して資本主義の擁護者ではないからだ。ノックが次のように書いている。


「実に興味深い話だが、アカたちにとっての敵であり、集産主義にたいしてもっとも精力的に対抗しているとされているはずの人物達が、まさに国家に対して賄賂を送ったり、困らせたりして、集産主義に対してまっしぐらに突き進ませている張本人であるということなのだ。(「アトランティック・マンスリー」、1936年の記事)」


ニューディール経済政策は、ロスバードが指摘しているように、ハーバート・フーバーという大企業の擁護者によって、そのさわりが実施されており、進歩的時代の改革を先取りしていた。

ガブリエル・コルコのような、修正主義の経済史学者が書いているが、進歩的「改革」の名の下に大企業に規制を加えた当のその人物達は、まさにそのカルテルとトラストの中から選び出されていた、ということになる。


もちろん、市場独占をしている人たちは、競争相手が規制によって骨抜きにされる限りにおいては、政府が大企業を規制したり、潰したりすることをむしろ歓迎するものだ。

この国において、国際金融資本という、もっとも巨大でもっとも政治的に影響力がある既得権をもっている者たちによってではなく、そうではない形で中央銀行や福祉国家、公民権運動、アファーマティブ・アクション(差別是正措置)といった、経済計画や集中化が行われていたらば、それらにむかっての動きは支持されていただろう。


モルガン家、ロックフェラー財閥、クーン・ローブ財閥といった面々は、第1インター、第2インター、第3インターナショナル(コミンテルン)といった、長年の自由主義の大敵と呼ぶべき連中と、まるで二人三脚で動いてきたといっていい。


巨大な多国籍企業、そしてそれらの経済的なパートナーは、政府と大銀行と連合しながら、地球的な規模でその影響力を拡大している。彼らの野望は、フィナンシャル・タイムズのコラムニストでビルダーバーガーのマーティン・ウルフの描くような「世界中央銀行」の創設であり、地球規模の計画経済であり、国際的な福祉国家の誕生である。その体制では、アメリカ軍が彼らの利益を保証するために安全保障維持を行っているだろう。


アメリカで中央銀行(FRB)を設立する長い闘いが終わったあとで、経済の「高位貴族」というべき人々は、いよいよ国内の経済政策を完全に統制下に置いてコントロールできるようになった。


あと彼らに残された仕事は、彼らの支配をアメリカ以外にも広げることであり、そのために、外交問題評議会を設立し、そして、しばらくした後に、デヴィッド・ロックフェラーによって日米欧三極委員会(トライラテラル・コミッション)を立ち上げるに到ったのだ。


CFRとトライラテラル・コミッションは、ポピュリスト右派の陰謀論者たちからは、パワー・エリートの具現化した姿として認識されており、むろん実際に彼らの考えるとおりである。しかしながら、ロスバードを読まなければ、このような考えを、歴史学的にの正しいパースペクティブに位置づけて捉えることは出来ないだろう。


なぜなら、ロスバードがいうように、CFRと三極委員会のネットワークというのは、アメリカの現代史に深く根ざした傾向が、最近はそのような形で現れている、というだけの話であるということなのだ。時代が変わっても彼らが別の姿をとって存在し続けることは間違いない。CFRとか三極委員会が生まれる前にも、パワー・エリートというのはこの国に存在していた。


そして、パワー・エリートたちは、CFRや三極委員会が無くなったり、別の形として存続するようになったとしても存在し続けるのだ。


ロスバードが暴露した歴史的・経済的なパターンは、これがCFRや三極委員会というグループに根ざした“陰謀“ではない、という点を理解することが重要である。


そうではなくて、彼が明らかにしたのは、アメリカ北東部で、上流階級の間に存在し、アメリカの歴史に深く根ざした、伝統的に存在するイデオロギー的傾向のことなのだ。


私が今、“陰謀“という風に、カギ括弧をつけて書いているのには理由がある。この言葉は、尊敬すべき右派と“過激派”である左派のお気に入りの愛用する悪口になってしまったからだ。


人間が自分の経済的、政治的、個人的な目的を実現するために、目的をもってある活動に関わることが、陰謀をめぐらすことになってしまうのであれば、合理的な金銭換算のできる人間というのは、誰もが陰謀を巡らせている犯罪者になってしまいかねない。その考えに立てば、人間にとっての選択肢は、目的のない、行き当たりばったりの、奇々怪々な行動を取るということしかなくなってしまう。


歴史というのは、この視点で見ると、不連続の活動の羅列としてしか捉えられなくなる。


だから、ロスバードによる世界観を、陰謀論であるとするのは間違っている。


国際金融資本は、実際にあからさまに出来る限りの計略を弄して、経済的・政治的な手段を駆使して、”全ての戦争を終わらせるための戦争”(第一次世界大戦)に我々アメリカ人を追いやったのだから、モルガン家がアメリカをこの戦争に引きずり込もうとしていたことを“陰謀”であると表現することは適切ではない。


これは、言ってみれば「公然たる陰謀」である。秘密結社の面々が、防音装置の整った企業の重役室で行った会合で決めたことではなく、そのような考えは公然と声高に表明されていたからだ。


(この点では、ロスバードの論文の中で、「ニュー・リパブリック」誌が、モルガン財界人とリベラル知識人の間で成立した、“戦争と国家統制主義の連合“を体現する意味で極めて重要な雑誌だった、という分析をお読み頂きたい。そのような現実は今もまったく変わっていないことに驚きを禁じ得ないではないか)


陰謀論者は、全ての社会問題をただ一つの「巨大な組織」のせいにする。急進フェミニズムは全ての社会悪を男性に押しつけるが、これも古典的な陰謀論と言っていいだろう。保守派の中の転向した共産主義者(つまりネオコン派)が、かつての同志を糾弾して、すべての社会悪はソビエト共産主義の害悪であるとする考え方も、陰謀論の一つであるといっていい。


ロスバードの理論が光っていて、他の学者達と決定的に違うところは、厖大な歴史的事実の裏付けがあるところである。


彼は、世界は何かの秘密結社だけの力によって動かされているわけではないと考えているし、全知全能の中央委員会が世界をこのように動かすぞ、という指令を出しているとも考えてはいない。


そうではなくて、多用な利益団体と政治派閥が利害の一致によって動いているというのが真実だという考え方をもっている、ということなのだ。


そして、彼らは、思想的に共通していると同時に、血縁的、社会的、経済的な連環によっても繋がっている。


ロスバードほど、この関係を探り当てて、わかりやすく解説してくれる学者は存在しないといっていい。彼は、米国の支配階級の国家に対する裏切りを余すところ鳴く書ききっている。


本論文「ウォール街、銀行、米国の外交政策」が書かれたのは、1984年のレーガン政権時代であるが、その内容はブッシュ政権の今に至っても、その内容に付け加えることは、本質的にはないといってよい。


レーガン政権というのは、出だしの段階では、東部エスタブリッシュメントに対抗する期待の星として出現したことになっている。ゆえにレーガンは、最初はパワー・エリートと、特にCFRと三極主義者の存在を否定することから始めた。


しかし、最終的には東部財閥でイエール大学のフラタニティである「スカル・アンド・ボーンズ」の典型的人物であるパパブッシュを副大統領とした段階で、やはり旧来のパワー・エリートに取り込まれてしまったのである。


パパブッシュは、長年のCFRの理事(ダイレクター)で、しかも三極委員会メンバーであった。ブッシュ父政権の閣僚の大部分は、統合作戦本部長のコリン・パウエルも含めて、CFRの会員だった。クリントン政権も似たようなものだった。大統領はCFRで三極委員会メンバー、政府高官のドナ・シャララ女史も、大統領首席補佐官のジョージ・ステファノプロスはCFRメンバーでローズ奨学生だった。国務省にはCFR出身者が蝟集(いしゅう)していた。国務長官のウォーレン・クリストファーに加えて、大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長のローラ・タイソン女史もCFRだったし、財務長官のロバート・ルービンも内務長官のブルース・ラビット、住宅都市開発省の長官のヘンリー・シスネロスも行政予算管理局のアリス・リヴリン女史も同様だった。


一方の共和党は共和党で、同様にエスタブリッシュメントとは党の主導部のレベルで協力し合っていた。ニュート・ギングリッチの右派ポピュリズムが後退を強いられた出来事に象徴されるように、東部エスタブリッシュメントの大物のヘンリー・キッシンジャー元国務長官の権力と威光は健在だった。政治家達が怖じ気づいたというのはもちろんだが、しかし、知識人階級のリーダーと共和党の自由主義経済“革命“のリーダーにも責任はあった。


どんなに説得力のある証拠を出してみたところで、このロスバードの論考で暴かれたような事実について真剣に考えることができない風潮があるというのは事実である。この構えがはびこるのは、ある種の臆病が蔓延しているからだ。


まず第一に、そんな陰謀論まがいのことを主張し始めると、誰にも相手にされなくなって、論壇で冷や飯を食わされるのではないか、誰が不安を抱く。


自分がカッサンドラの役回りを演じるのはご免だという風に考えているわけだ。カッサンドラというのは古代ギリシャ神話で出てくる予言者の名前で、彼は神様によって未来の凶事を予知する能力を与えられているのだが、その彼の警告には誰にも耳を貸さないのであった。


そんな目に会う位なら、権力者お抱えの御用歴史学者をやっていた方がどんなに楽な人生だろうか、と皆考えるわけだ。


ところが、このロスバードの論文を読んで、その内容に耳を傾けている人間は少なからず存在する。


なぜなら、真実というもの、あるいはそれを探求することは、公式の歴史や世間のその時代の社会通念よりもはるかに面白いものだからだ。


この論文を読めば、ロスバードが真実を解き明かしながら、非常に楽しんでいる、ということはよくお分かりいただけるだろう。彼はそのことによって、本物の学者に課せられた使命を果たしている。この論文だけでなく、彼の28にもわたる著作群や何千という雑誌記事や講演からもそのことを感じることが出来よう。


ロスバードは、カッサンドラと同じ運命をたどることを恐れてはいない。なぜなら、真実というのはそれ自体に価値があるのであり、それ自身のために維持され続けなければならない。そして、真実というのは幾ら隠していてもいずれ誰かによって暴露されるものだから。(おわり)


ジャスティン・レイモンド氏は、An Enemy of the State: the Life of Murray N. Rothbardの著者であり、「反戦ドットコム」のレギュラー・コラムニストである。


試訳:アルルの男・ヒロシ


蛇足


たしかに、陰謀論などこの世には存在しないかもしれない・。しかし、現実の世界は人類の進歩と調和を唱えた「大阪万博70」の頃より、ますます混迷しているように思う。経済大国のなれの果ての日本において、人間としての共存共栄などはマボロシになっている。歴史的に、欲深い西洋人が世界の秩序を崩壊させ、根こそぎそこの文化を滅ぼしてしまったことで、人類的視野に立てば「悪の塊」が世界へ拡散されている。ヨーロッパで生まれたローマ帝国とキリスト教を元に世界権力を行使する流れは、本当にあったのか、ただの幻想ではないか??西暦は数百年欠落していないか??など、歴史は断絶してはいまいか・・人間の歴史を消し去る所業に打って出ているように思う。我々は誰かに搾取されていないか・頭の脳内でイメージでよい方向に自分を向上できるなどと思えるほどバカではない・。世界中でその不可思議な構造を理解し、改革する動きがあるように見える。まず眼に見える悪行には手を貸さない事だ・。


衝撃の世界史2からhttp://www.asyura.com/2003/bd24/msg/490.html


1987年に亡くなったアルゼンチンのホルヘ・ルイス・ボルヘスの小説『伝奇集』の中に、興味深い短編がある。題名は『ト-レ-ン、ウクバ-ル、オルビス・テルティウス』


 ボルヘスの物語によると、“ト-レ-ン”とは、メンフィスに住むある常軌を逸した南部の貴族から資金援助を受けた、頭のいい男たちのグル-プが発明した架空の惑星である。

 彼らはト-レ-ンの言語、哲学、数学などの細部にわたる完璧な集大成ともいうべき不朽の作品『ト-レ-ン百科辞典』を刊行するため、自分たちの才能と各分野からの協力者の力を注ぎ込む。しかし、彼らは人のいい大衆には一度にほんのわずかなことしか明かしていかない。 発起人たちは、“オルビス・テルティウス”という秘密結社のメンバ-であるが、こうした企てのすべてを永久に秘密にしておくことを誓いあう。

 ト-レ-ンでは、我々が知っているような時間の概念はない。過去は現在の記憶としてのみ存在し、未来は現在の希望にほかならない。そのため、過去を手直しして未来を変えてしまうこともたやすい。 ト-レ-ンにはまた、あらゆる物体はそっくりの複製物をもっているという理論がある。物体を消失してしまっても、心の中で強くその物体を念じることで複製物として取り戻すことができるのだ。たとえば二人の人間が一本の鉛筆をさがしているとしよう。一人はそれを見つけるが黙っている。もう一人は若干違っているがほとんど同じ別の鉛筆を見つける。この二本目の鉛筆は“フレ-ニ-ル”と呼ばれる。 40巻に及ぶ『ト-レ-ン百科辞典』からなる秘密のメンフィス・コレクションが、徐々に発表されていくと、ますます多くの人間がト-レ-ンを信じるようになり、その信念は、世界中で発見される見慣れぬ物質でつくられたト-レ-ン人の物体によって強化されていく。 「ト-レ-ンとの接触やト-レ-ンの習慣は、この世界を崩壊させた。その統制にとら

えられると人間性は、それがチェスの統制であって天使のそれではないことを忘れたり、忘れつづけようとする。今や、ト-レ-ンの推測上の『原言語』は学校にまで侵入してきた。今や、その調和にみちた歴史、感動的なエピソ-ドにみちた歴史の授業は、わたしの幼年時代を支配した歴史を抹殺した。今や、すべての人の記憶の中で、仮構の過去が他のものの位置を占領している。われわれはそれについて確かなことは何一つ知らないし、それが虚構であることさえ知らないのである」(ボルヘス) 
オルビス・テルティウスと呼ばれる秘密結社が、我々の現実と彼らの現実を、ゆっくりとすり替え、合理的な正気の世界を完全に崩壊させてしまったのだ」

自分の事は棚に上げ・・。

Bush says Iran threatens world security


Thu. 26 Jan 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Jan. 26 ? United States President George W. Bush said on Thursday that Iran, as a “non-transparent regime” that threatens the security the world, must not be allowed to have nuclear weapons know-how.


Bush also expressed his opposition to enrichment of uranium inside Iran, saying that Tehran may divert the program to develop nuclear weapons.


“I don't believe non-transparent regimes that threaten the security of the world should be allowed to gain the technologies necessary to make a weapon”, Bush told a press conference at the White House.


The U.S president said that he supported a Russian proposal aimed at resolving the international standoff over Tehran’s sensitive nuclear work.


Bush insisted that Tehran should only be allowed to carry out nuclear activities under the condition that the material used to power its plants be manufactured in Russia and delivered to Iran under the watch of the International Atomic Energy Agency, and its waste be picked up by the Russians and returned to Russia. “I think that is a good plan. The Russians came up with the idea, and I support it”.


The U.S president said that Iranian officials had admitted that they wanted nuclear weapons. “And it's not in the world's interest that they have a weapon”.


He went on to say that the Iranian government’s “desires for a weapon are unacceptable”.


Asked whether he supported moves in Congress to hasten regime change in Iran, Bush said that Washington will support freedom movements all around the world.

ブッシュは、イランが世界セキュリティを脅かしていると言う。

2006年1月26日木曜日

イランフォーカス

テヘラン、イラン、1月26日?

世界が、核兵器ノウハウを持つために与えられてはならないセキュリティを脅かしている「透明でない政権」として、米国の大統領ジョージ・W・ブッシュは木曜日にそのイランを言った。

テヘランが、核兵器を開発するためにプログラムを転換するかもしれないと言って、ブッシュはまたイランの中でウラニウムの強化への彼の反対を表現した。

ホワイトハウスで記者会見に、「私は、世界のセキュリティが、武器を作ることに必要なテクノロジーを得ることを許されるべきであると脅迫する透明でない政権を信じない」とブッシュは言った。

U.S大統領は、彼が、テヘランの敏感な核の仕事の上で国際的なこう着状態を解決することに向けられたロシア提案をサポートすると言った。

ブッシュは、テヘランが、そのプラントに動力を供給するために使われた素材がロシアで製造されて、国際原子力機関の時計の下でイランに配達されて、その廃物がロシア人によって拾われて、ロシアに返されるという条件の下で核の活動を実行することを許されるだけであるべきであることを強く主張した。

「私は、それがよい計画であると思う」。

「ロシア人はアイデアを思い付き、私はそれをサポートする」。

U.S大統領は、イランの役員が、彼らが核兵器を望んでいたと認めていたと言った。

「そして、彼らが武器を持っているのは世界の興味でではない」。

彼は、続けて、イランの政府が、「武器への欲望は受け入れ不可能である」であると言った。

イランの政権交代を早めるために、彼が議会で動きをサポートしたかどうかを尋ねられて、ブッシュは、ワシントンが世界中で自由ムーブメントをサポートするであろうと言った。



Iran threatens to send Israel into “eternal coma”


Wed. 25 Jan 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Jan. 25 ?


Iran’s Defence Minister vowed on Wednesday that the Islamic Republic would send arch-nemesis Israel into an “eternal coma” if it attacked any of the country’s suspected nuclear weapons sites.


“Israel wouldn’t dare attack Iran, and if it makes such a huge mistake, the response by the defenders of Islamic Iran will put Israel into an eternal coma, just like [Israeli Prime Minister Ariel] Sharon”, Revolutionary Guards Brigadier General Mostafa Mohammad-Najjar told a press conference in Tehran.


“Of course, you can’t expect anything other than mischief and violence from the illegitimate state of Israel, which has been set up through murder, robbery, and terrorist acts. Their threats just show the violent and terrorist nature of this regime”, Mohammad-Najjar said.


The Defence Minister said that the “Great Satan and the Little Satan”, or the United States and Israel, had embarked on a psychological warfare against Iran.


Mohammad-Najjar, a veteran commander of Iran’s Islamic Revolutionary Guards Corps, is tied to the suicide bombing of the U.S. Marines compound in Beirut airport in October 1983, which killed 241 Americans.


He was in command of the IRGC expeditionary force in Lebanon when on October 23, 1983, at 6:22 a.m., a suicide bomber drove a large water delivery truck loaded with explosives into the Marine Barracks, killing 241 U.S. service members.


The Americans quickly withdrew their forces from Lebanon and the suicide operation became a turning point in the increasing use of terrorism by radical Islamic fundamentalists across the world.


Mohammad-Najjar also headed the IRGC’s Military Industries Organisation in 1985 which later developed the 320-mm “super mortars” that were intended for use by the Revolutionary Guards’ Qods Force for terrorist operations in Europe and the Middle East.



イランは、2006年1月25日水曜日にイスラエルを「永遠の昏睡」に追いやると脅す。

イランフォーカス

テヘラン、イラン、1月25日?


イランの防衛大臣は、それが国の疑われている核兵器サイトのいくつかを攻撃したならば、イスラム共和国がアーチ強敵イスラエルを「永遠の昏睡」に追いやるであろうということを水曜日に誓った。

テヘランで記者会見に、「イスラエルはイランを攻撃する勇気がないであろうし、それがそのような大きな誤りを犯すならば、イスラムイランのディフェンダーによる反応はちょうど[イスラエルの総理大臣アリエル]シャロンのようにユダヤ人を永遠の昏睡状態に陥らせるであろう」と革命ガード准将MostafaモハマドNajjarは言った。

「コースで、あなたはイスラエルの違法な状態から害と暴力以外の何かを予期することができない(それは殺人、強奪、およびテロ行為を通して設定されている)」。

それらの脅威はただこの政権"の暴力的で、テロリストの性質を示すとモハマド-Najjarは言った。

防衛大臣は、「偉大なサタンと小さなサタン」または米国とイスラエルがイランに対して心理戦に乗り出したと言った。

モハマドNajjar(イランのイスラム革命家Guards Corpsのベテラン司令官)は1983年10月にベイルート空港で合成の米国海兵隊の自爆攻撃に縛られる(それは241人のアメリカ人を殺した)。

1983年10月23日に、午前6:22に、自爆攻撃者が、241人の米国サービスメンバーを殺して、シーバラックの中に爆発物を積み込まれた大きな水商品配送車を動かした時に、彼はレバノンのIRGC遠征軍の指揮をしていた。

アメリカ人は迅速に彼らの力をレバノンから引き戻し、自殺操作は世界中の根本的なイスラム原理主義者によるテロの利用の拡大において分岐点になった。

モハマドNajjarはまた、後で、ヨーロッパと中東でのテロリスト操作のための革命ガードのQods力による使用のために意図されていた320mm「スーパーモルタル」を開発した1985におけるIRGCの軍隊産業組織を率いた。



蛇足


自分の事は棚に上げ・・。お前が悪い、おのれが悪いと非難すればするほど、戦いの雄たけびのようだ・・。まあ、戦争を仕掛けているのは、アッチだコッチだと騒いで仲裁が現れるのを待っているのかもしれないが??裏世界政府ではそうはいきませんけど・。




言論の自由か、不自由か

株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/


<与謝野担当相>マネックス証券の担保評価ゼロ問題に苦言


ユダヤの手先、松本大(マネックスCEO)が引き起こした暴落



2006年1月24日 火曜日


<与謝野担当相>マネックス証券の担保評価ゼロ問題に苦言




与謝野金融・経済財政担当相は19日の閣議後会見で、マネックス証券が、信用取引の際のライブドア株の担保評価をゼロにした問題について、「担保価値をどうするかは証券会社の判断であり、制度上は問題ない」とした。ただ、「投資家を大切にしない証券会社はいつかは投資家に捨てられる」と苦言を呈した。



(毎日新聞) - 1月19日12時35分更新





「古畑任三郎 ライブドアショックの謎を解く」 1月23日 溜池通信




え~~~古畑です。今回の事件はあのマネックスの松本氏がGSの手先となって市場操作したという疑惑についてです~~。



すでに明らかになっているように、ライブドアの証券取引法違反が発覚した翌日、前場まではそれほどライブドアショックの影響は無く、前場を終えた段階では+引けでした~~。と・こ・ろ・が・です。なんとマネックスが~



え~~~非常に由々しき問題なのですが、なんと場中にもかかわらずLD関連銘柄すべての信用の掛け目をいきなり0%にしてしまったそうです~~~。証券関係者の話ではこの決定はどう考えてもおかしいという意見ばかりのようですが~~え~~とにかくそんなバカのことをやってしまったものですから~~追証を払えない投資家が続出して、株を現金化する動きが活発になり、後場に入ると日経平均は暴落し、大引けには400円以上値下がりして取引を終えました~~。



ここで疑問が2つあります~~~。



ひとつはな・ぜ・マネックスはこんな非常識なことをしたのでしょうか~~という点ですが~~~え~~~松本氏は早期に投資家に注意喚起する目的だったと(笑)~~言っています~~しかしこれは注意喚起というよりも、追証を納めろ、できなければ持ち株を売れ!といっているに等しいんですねハイ~。当然多くの投資家はとりあえず持ち株を売ることにしたんです~~。



もうひとつの疑問は、掛け目をいきなり0%にしたことによって、日経平均が400円以上も値下がりするほど大きな影響力が果たしてあるだろうかという点です~~。これについては松本氏自らいい情報を提供してくれています~~。



かれのblogです~~~。1月18日つまり掛け目を0に変更した日の翌日ですが~~松本氏はGS系ヘッジファンドのJM氏と面会したと書いているんです~~。GSといえば、松本氏も過去に務めていたことがある証券会社ですが~~JM氏は米在住で、めったに日本には来ないそうです~~。何のために、松本氏と面会していたんでしょうか~~



そうです~これが今回の事件を紐解く最大のポイントでした~~。まずこれが、今泉君に調べてもらった、1月16日の日経先物プットの手口情報です~~。これによれば、GSは16日にプットを6000枚仕込んでいます~~。プットのみを~~売りだけですハイ。



さらに~証券関係者の証言から、1月17日の後場、掛け目を0にしてからすぐに、外資系ヘッジファンドからの猛烈な空売りが観測されています~~。まるで、掛け目を0にするのを知っていたかのようなタイミングです~~。追証に伴う投売りと、他の証券会社も追従するかもという連想売り、さらに外資の空売りと、ライブドア関連銘柄のストップ安が、この市場操作には必要十分な条件でした~~。すべてが同時に起こって、はじめて大きな利益になると~~考えたのでしょう。外資とぐるになって、混乱に乗じて個人投資家を食い物にした仕業、許されるものではありませ~ん。



ただしこの犯罪において、松本氏は掛け目を0にしただけです~~。これでは不法行為に問えませ~ん。しかも、掛け目を0にしたことと値動きとの因果関係を証明できませ~んから、松本氏は疑われても決して逮捕されない立場がはじめから約束されています~~。



わたしはこれほど完璧な証券取引法違反を知りませ~ん



以上 古畑任三朗でした~。





ユダヤの手先、松本大(マネックス証券CEO)が引き起こした暴落。 1月23日 日本ボロ株オンライン




それにしても、私はマネックス証券が大嫌いになりました。マーケットライダープレミアムというツールが使いやすいのでマネックス証券に口座を開き利用料を払っていましたが、同じQTP系のツールが利用できる松井証券やkabu.com証券に鞍替えします。内心ヤッテラレルカ。と思っています。その理由はマネックス証券のとある行動が17日から暴落した原因の一つとも思えるからです。(中略)



 以上が16日から19日までの日経平均の動きと事象です。マネックス証券がおこなったライブドア関連株掛け目0%の処置を境に暴落が始まっていることはライブドアだけが原因とは言えないとも分析できます。



 証券会社は現金や証券等の担保をもとにお金(証券を買うための)を貸しているわけですから、担保元の証券が担保の価値を失う可能性があるのなら、掛け目を下げること自体は問題ではありません。問題なのは強制捜査が行われ、疑惑がおきた翌日しかも前場と後場の間という場中に掛け目0%を発表したことです。ライブドアが管理ポスト入り、上場廃止と決まった時点で掛け目を0%とし、その段階まではじょじょに掛け目率をさげていけば、ここまで急激にさげることはなかったはずです。やくざがイキナリやってきて、「今日中に追加の担保よこせや」と言い寄ってくるようなもので、バブル崩壊時担保割れの可能性が見えてきた段階で一括返済を迫ってきた銀行とも酷似しています。

 ライブドアに捜査が入った段階で「上場廃止へのシナリオ」を世間は思い浮かべます。証券会社にとって担保価値が薄れていく可能性、最悪担保価値がゼロとなるケースが想定できるため、他の担保追加や返済を要求したくなる気持ちもわかります。しかし、マネックス証券の様に場中に掛け目0%とすることを発表した証券会社は他にないのです。なぜなら、パニックがおこり暴落が始まることが想像できるからです。

 むしろ、マネックス証券は急落させたかったという意図が、場中に掛け目0%を発表という行動から伺えます。では、なぜマネックス証券は日経平均を急落させたかったのでしょうか。



 その理由を見つけるには

・17日に日経平均が急落して徳をする者。

・17日に日経平均が騰がって損をする者。



 マネックス証券と関連があり上記二点をもちあわせている存在を見つける必要があります。マネックス証券と関わり合いがあるということはマネックス証券の社長『松本大』と関わりが深い存在とも言えます。

 では松本大とはどの様な人物なのでしょう。



 松本大。1963年生まれ、東大法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券(87年~90年)を経て、ゴールドマン・サックス証券(90年)に入社。30歳で同社史上最年少、共同経営者に就任(94年)。マネックス証券設立、代表取締役社長就任(99年)。

 輝かしい経歴の持ち主ですが、大きくかかわる存在が見えます。ユダヤ(ロスチャイルド)系であるソロモン、ゴールドマン・サックス(GS)という金融機関です。



 松本大とユダヤ資本との深いつながりを上記の二点に照らし合わせてみましょう。



・17日に日経平均が急落して徳をするユダヤ資本。

・17日に日経平均が騰がって損をするユダヤ資本。



 さて。シナリオがだんだんみえてきました。実際わかりやすい事象が確認できます。GS、リーマンブラザーズ(これもユダヤ系)が16日に日経平均先物の大量売りを行っているのです。GSは政府関係の情報収集能力に長けていると言われており、明らかにライブドアの強制捜査を事前に知っての売りです。

 他に先んじて大量に売ったものの、皮肉にも17日前場引けの段階では日経平均がプラスに転じていました。そのまま上昇を続ければ、先物を大量に売ったGS等は多大な損を抱えてしまいます。しかし『幸運』にも“マネックス証券によるライブドア関連の掛け目0%”の発表をしたことを契機に後場から急落に転じます。マネックス証券が短期間に日経平均が1200円も暴落する流れを産んだのです。



 誰が得していますか?あきらかにユダヤ資本を中心とする外資が徳をしています。誰が損していますか?日本人です。

 あきらかにマネックス証券をスケープゴートとしたユダヤ資本による株価操作です。さらには、ヘッジファンド界の超大物ジョン・メリーウェザー(JM)(松本大はかつてソロモンの副会長だったメリーウェザーと深い仲)が急遽17日に来日し松本大とコンタクトをとっている。(『松本大のつぶやき』の1月18日にも書かれている)ことは、ユダヤ資本による株価操作の信憑性が増す材料です。17日前場から急落していた場合もマネックス証券が同様の掛け目0%という処置を行ったかどうかはわかりませんが、東スポの記事の文面を借りれば「GSが情報をつかみ、マネックスが下げのきっかけを作り、ジョン氏の巨額の資金を使って売りを仕掛ける。」シナリオが展開されたのです。



 勿論ライブドアに罪がないわけではありませんし、今回の急落がなくても遅かれ早かれ、日経平均はじわじわ下げていたとは思います。しかし、故意に動かした存在もライブドアと同様に功罪を問われるべきです。ただ、残念ながら恐らく罪を問えてもマネックス証券及び、松本大止まりでしょう。それでも誰かが責任を問われないよりはましですが。

 ユダヤ資本とJMら一味が今回儲けた額は100億以上と言われています。実行役である松本大にも何らかの地位と財力のペイバックの保証がユダヤ資本から行われるのでしょう。やくざの抗争と似ていますね。実行役の組員は出所後の地位を約束されて犯行に及ぶのです。



 ここまで書いていてため息がでてきました。明確にしておきたいのは、ライブドア株を買った投資家の自己責任論とは別の大きな問題ということです。金の流れには記録がのこります。株式ならなおさらです。ライブドアに行ったことと同様にマネックス証券にも強制捜査を行うべきだと私は思っています。そのぐらいの罪を彼らは犯した可能性が高いのです。


今回真っ先に自己保身、利己的に動いたマネックス証券(松本大)という存在は心にとめておくべきと考えます。そして日本人の利益よりも自分たちの利益を優先する存在であるということも。個人投資家としては不買運動よろしく不利用運動ぐらいしか出来ないことが悔やまれますが、市場の自浄作用が働くよう祈りつつこの記事を投稿します。






(コメント)

一昨日も外資系保険会社の悪徳ぶりを書きましたが、外資系証券会社もそれに劣らず性質が悪くホリエモンとやっている事は大して変わりがない。ただホリエモンと違うのは外資系証券会社や外資系保険会社には国際金融資本家が関係しているから日本政府といえども、よほどの違反行為がないと外資系金融機関を取り締まる事はできない。



今回のマネックスショックも金融庁はマネックスの松本社長に注意しただけでインサイダーで取り締まる事はできないようだ。マスコミもライブドアの報道に隠れて株価が戻るにつれてほとんど触れられなくなった。ネットのニュースなどでは分かりますが二日間で1000円もの大暴落はマネックスの仕掛けによるものだった。



マネックス証券の松本大社長の経歴を見れば分かるとおりに、ソロモンやゴールドマンなどの外資系証券会社や有力ヘッジファンドのジョン・メリーウェザー氏などとも親交が深いようだ。つまりは彼も日本人の顔をしたアメリカ人と言うことであり、日本人の個人投資家の損失などは眼中にないのだ。



日本人の顔をしたアメリカ人といえば竹中平蔵をすぐに思い浮かべますが、彼がホリエモンと自民党とを繋げた張本人ですが、いずれも日本人の顔をした外国人と言うことで、ケイマンや香港やスイスの銀行などに財産を隠して日本には税金はほとんど納めない。竹中大臣などは住民票などを頻繁にアメリカに移して税金を納めていなかった。



外資系金融機関が強く日本の規制緩和や法律の改正を迫るのは彼らが日本で荒稼ぎをするためですが、小泉竹中内閣は民営化や構造改革と称して彼らが仕事がやりやすい舞台を整えている。ホリエモンはその先駆けでありホリエモンは検察にパクラレましたが、外資系証券会社は儲けた金はケイマンの本社に送金して日本には税金は払わず、法律違反がばれても日本支店をたたんで引き揚げるだけだ。



外資系金融機関と言うのは国際金融暴力団みたいなもので、アメリカ政府ですら彼らに使われる存在であり、彼らに逆らえば大統領選挙も落選するしケネディーみたいに殺されたりレーガンみたいにピストルで撃たれたりする。日本政界だって彼らの思いのままであり、ホリエモンではないが金と知恵で出来ない事はないのだ。



ホリエモンの元側近の野口英昭氏が沖縄で殺されたのも、彼らとのパイプ役だったからで野口氏を消せば彼らとの関連は断たれる。ホリエモンも昨日早くも逮捕されましたが自殺したり殺されるのを防ぐためだろう。国際金融暴力団は絶対にばれない手段で人を殺す。警察ですら彼らの支配下であり、暗殺されたのに自殺として処理されるようだ



外資系金融機関にかなり厳しい事を書いてきましたが、ジェイコムショックやマネックスショックなどでの外資系証券会社の「美しくない行為」は日本では認められない。税金も払わず事件を起こしても金の力でマスコミを黙らせる手段は暴力団と同じだ。これに対抗するには日本国民の一人ひとりが外資系金融機関を相手にしないことだ。





 


25日上記の件で


「株式日記」のホームページが見られなくなっていますが、「ぷらら」に電話して聞いてみたところ規約違反と言うことで私のホームページを閉鎖したと言うことです。メールを見ると24日に次のようなメールが「ぷらら」から来ていました。



◆「ぷらら」を運営しております株式会社ぷららネットワークスでございます。

いつも「ぷらら」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

突然のメールをお許しください。



 さて、貴殿が「ぷらら」上で開設されているホームページの内容を

確認させて頂きましたが、プライベートホームぺージ利用規約に違反して

おります。



■プライベートホームぺージ利用規約に違反しているファイル

 http://ww5.plala.or.jp/kabusiki/kabu111.htm


   



 プライベートホームページの開設にあたっては、「プライベートホー

ムページサービス利用規約」に同意いただくことを条件とさせていただ

いており、その中で「ぷらら会員規約」にしたがうことと規定しており

ます。「ぷらら会員規約」第20条では、



「ぷらら会員規約」第20条では、



 (1) 他の会員、第三者もしくは(株)Plalaの著作権又はその他の権利を

   侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。

 (2) 他の会員、第三者もしくは(株)Plalaの財産又はプライバシーを

   侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。

 (3) 上記(1)(2)の他、他の会員、第三者もしくは(株)Plalaに不利益

   又は損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。



ほかが禁止事項とされております。



「プライベートホームページサービス利用規約」

 http://www.plala.or.jp/access/community/phps/kiyaku.html


 http://www.plala.or.jp/access/community/phps/naiyou.html




「プライベートホームページサービス利用規約」に基づき、送信防止措置

を取らさせていただきました。現時点では、Webブラウザから閲覧が出来ない

ようになっております。



 つきましては該当ファイルを、2006年01月31日までに削除していただけ

ますようお願い申し上げます。

FTPによるアクセスは可能となっておりますので、FTPソフト等を使って

サーバから該当ファイルを削除いただきますようお願いいたします。



 もし、期限までに該当ファイルを削除していただけない場合には、「プ

ライベートホームページサービス利用規約」に基づき、プライベートホー

ムページサービスの解約措置を実施いたします。



 解約措置を実施する際には、事前にご連絡いたしません。

また、サーバ上のファイルはすべて削除されますので、ご了承ください。



 このような措置を取ることは弊社にとっても本意ではありませんので、

適切なご対応をお願いいたします。



どうか、趣旨をご理解いただき、ご対応いただけますようお願いいたします。



※本案内は電子メールにて2006年01月24日にお送り致します。



◆◆◆



私の場合、公人については批判しても憲法上の言論の自由を保障されているので、小泉首相を批判しようが政党の政策を批判しようが自由と思っています。また会社や社長の営業姿勢を批判しても、これも公人であり批判する事は自由のはずだ。それでも「ぷらら」は一方的に規約違反と言うことでサイトを閉鎖するのは憲法違反だ。



私人に関しては一切書いていないしプライバシーも侵害していない。著作権については以前に書いたように引用権が認められており(私のコメント)で必要だから引用しているのだ。



◆◆◆



「ぷらら」からの返事によるとテレビ画像が規約違反になるとの返事だった。もちろん著作権では認識しているのでテレビ画像は削除してサイトを閉鎖解除をしてもらいます。しかし重要な規約違反でもないのにいきなり閉鎖するのはどういうことなのかと「ぷらら」に抗議したが、人権擁護法案が成立したらプロバイダーは些細な事で次々とサイトを強制閉鎖する可能性があります






蛇足


人のを引用して自由に書いているが、著作権はまったく内容が同じであるモノを我が物のように書くことであろうが、同じ言語では似たような表現になるのは仕方の無い事ですね・。文字の羅列で意味を為している記号に過ぎないものを、イチイチ指摘するのも詮無き事だ。圧力をかけるとはこれいかに??何か裏でもあるのであろうか・と逆に勘繰られるな・・。やはりパシリが多いと言う事か??


我々は家畜だ・。

集団生活:「一夫多妻」の男を脅迫容疑で逮捕 警視庁



渋谷博仁容疑者


 東京都東大和市の自宅で集団生活に加わるよう誘った女性を脅したとして、警視庁捜査1課は26日未明、同市芋窪2、自称元占師、渋谷博仁容疑者(57)について脅迫容疑で逮捕した。渋谷容疑者は6年ほど前から女性と同居を始め、現在10人と「一夫多妻」生活をしていた。警視庁は集団生活の実態や背景などの解明を急いでいる。


 調べでは、渋谷容疑者は昨年11月ごろ、20代の女性を自宅での共同生活に加わるよう誘い、断られた際に「誘われたことを人に話すと危ないことになる」と脅した疑い。警視庁は、女性からの被害相談を受けて捜査していた。


 渋谷容疑者は毎日新聞などの取材に「女性を脅したり、暴力的に上から押さえつけるようなことは一切していない」と話している。同居女性のほとんどが「渋谷」姓を名乗っている。


 女性の一人は毎日新聞などに対し「占いの助手としてここに来た。(同居女性が)2、3人だったときは奪い合いみたいな感じもあったけど、これが5、6人になると女性同士で仲が良くなった。好きじゃなかったら出て行っている」と話している。


 渋谷容疑者の自宅は約200平方メートルの敷地に建つ3階建て。渋谷容疑者は20代の女性9人と50代の女性1人とともに生活し、1歳の女児もいるという。登記簿によると、03年10月~04年1月にかけて、自宅の土地を女性8人に贈与している。


 近所の住民によると、数年前には住み付いた女性の両親が「娘を返してくれ」と詰め寄ったり、渋谷容疑者が出した事務員募集の広告を見て面接に来た女性が、渋谷容疑者の言動を不気味に感じ、近所に助けを求めたこともあったという。


 ◇渋谷容疑者との一問一答


 渋谷容疑者は25日、東大和市の自宅で毎日新聞などの取材に応じた。主なやりとりは次の通り。


 --なぜ、こういうこと(集団生活)になったのか。


 子供のころから、ある夢を繰り返し見ていた。夢で見たことを実践したら、娘よりも若い人がこんなに集まってきちゃった。


 --夢とは。


 あるシチュエーションを想定し、ある呪文を唱える。もてるはずのない者がもてる、という内容の夢。00年1月ごろからこの家で占いを始めた。占いを受けに来た女性が(同年)4月ごろから一緒に住み始めた。最初は物好きな人もいると思ったが、5人、10人と増えた。


 同居の女性はみんな妻と認識している。私は最近、パニック障害などの症状を患うようになった。万が一のことがあったら彼女たちに家も土地も分割してあげるつもりだ。


 --仕事は。


 やっていない。(女性たちは)デパートやコンビニで働いている。


 --女性とのトラブルは。


 女性を脅したり、暴力的に押さえつけるようなことは一切していない。



蛇足


恐喝、脅し、マインドコントロールなどなど・・いかにも怪しい男である。が、一つだけ興味深い事を言った・。「この地球は宇宙人が支配者で、人間は彼らの家畜だと、どの道焼き殺される運命なのだと・」。>宇宙人の血族が支配しているのだろう・。当然歴史も操作されているのでしょう??


日本も「一夫多妻制」になる (ゲンダイネット)


 経済発展著しいロシアには、地方からの出稼ぎで成功した“勝ち組”による「一夫多妻制」が存在する――読売新聞(11日付)にこんな記事が載っていた。一夫多妻といっても重婚を認めているわけではなく、1人の男性が複数の女性との間に子供を持つという話。ロシアでは男性が郷里に妻子を残し、富の集中する大都市へ出稼ぎに行く。そこで成功した勝ち組が大都市にも現地妻を持ち、子供をつくってしまうケースが増えているようだ。ロシアの全国人口調査によると、「夫がいる」と答えた女性が、「妻がいる」と答えた男性を6万5000人も上回った。この“差”には、驚いてしまうが、実は日本でも同じような傾向が生まれつつある。勝ち組、負け組の格差が広がり、結婚できない男がいる一方で、特定の男には複数女性が群がる。シングルマザーも増えている。厚労省の人口動態調査によると、04年に生まれた子供の50人に1人は非嫡出子(婚外子)で、85年から2倍増。とくに、バブル後、シングルマザーは右肩上がりだ。「魅力も経済力もない男性と結婚するぐらいならしないほうがマシ。でも子供だけは欲しい。だったら優秀な遺伝子のほうがいいし、ある程度は物心両面で支えてもらいたい。そう考える女性は少なくありません。経済的に自立している女性は、なおさらです。結婚できない男性が増え、勝ち組に複数の女性が集まるのは理由があるのです。年収100万円台のニートやフリーターは結婚できないし、そもそも生身の女性に興味が薄い男性も少なくない。ますます一夫多妻に拍車がかかるわけです」(東京家族ラボ主宰の池内ひろ美氏)

500万人のニート、フリーターが“結婚難民”になり、全体の5%にも満たない年収1000万円超の勝ち組に富もオンナも集中しているのだとしたら、由々しき事態だ。

【2006年1月16日掲載記事】


行政は後からついてくる。

2006.01.26 WRN No.801 「認識が違うぞ」

http://www.technetjapan.com/contents/2006/html-20060126.htm


Weather Report Newsletter?

コラム「勝手に言い放題」

────────────────────────────────?

認識が違うぞ

読者様からも「ライブドア」「ヒューザ」、「総合経営研究所」を話題にしたコメントをいただいた。これら企業の問題点をお書きいただいただ。確かに、詐欺である。これらの企業は言うまでもなく悪徳企業というレッテルが貼られることに間違いはないが、このような企業がこの3社しかないのかというと、そうでは無いのではない。実質もなく事業をしているように見せている会社で上場している。または、会社の事業規模と比例しない株価で取引が行われている会社など読者様のなかにも知っている会社があることだと思う。しかし、それは大きな問題であることは言うまでもない。コストをカットしようとすることは企業としては当たり前。どこまでコストをカットするかと言う問題だ。そして超えてはいけない線を越えたときにその企業は罰せられなければならないのだ。


しかし、今回日本で発生した問題はそんなに簡単なことではない。まず、耐震規格にあわないマンションやホテル建設に関してだが、これは設計事務所の問題だが、もっと大きな問題はそれを許可した政府機関のずさんさにある。仮に設計事務所が間違った設計を出してしまったときでも、それをキャッチするのがお役所の仕事ではないのか。私の会社で購入したビルも、築30年のビルの内装工事にどれだけ面倒な許可が必要だったか。また、市から何度も検査官が来て確認をしていた。それを怠ったことが問題。政府のミスである以上、政府(国民)が修理費を出すのが当たり前。その上で違反した業者や個人から出費を政府が回収すればよい。もちろん許可を発行した担当にも責任をとってもらう必要がある。こうすることで政府の威厳も高まるし、今後の違反へ抑制にもなるというものだ。それを企業が悪くて行政には責任がない。結局買った人が損をするというのは意味がないのではないか。


ライブドアに関しては、企業が実際よりも業績をよく見せたいというのは決しておかしなことではない。しかしそれは個人企業の場合で、株式上場をしている会社はそういうわけにはいかない。それは公開企業のオーナーは株主であって、個人では無いからだ。だから、嘘の会計報告をすると言うことは、オーナーである株主をだますこと。まさに、詐欺行為ということだ。しかし、このような詐欺ができないように世の中にはシステムが存在する。そのセーフガードの一つが会計監査と言うことになる。会見監査は自社ではなく、第三者として会計監査会社が会社の経理報告を確認する機能を持っているのだ。しかも上場会社であれば会計監査は責任を持った監査会社が行っているはずだ。米国では、上場企業の監査は決められた数社しか実施することは許されていない。昔ENRONという企業が監査報告を当時のアンダーセン会計事務所と改ざんしたことがあった。そのときENRONが倒産しただけではなく、監査を担当したアンダーセン会計事務所も解体されてしまった。


ライブアの監査人は、港陽監査法人(http://koyo-audit.com/
)とサイトに書かれていた。社員数12人、1998年にできた企業。決して実績があって信頼できる会計監査会社とは言えないように見える。かといって日本には実績がない会計事務所が上場企業の監査をすることができないという法律がないから、港陽監査法人が監査をすることには何の問題もないだろう。もちろん、監査報告を改ざんしたなら大きな問題だが・・・ここで言える大きな問題は監査法人をモニタリングする仕組みが十分に存在しないか、稼働していないと言うことではないだろうか。これは株式公開にあって東証などの審査が十分でないことと、やはりこれまた上場企業(株式公開企業)を審査する行政機構が十分でないことだ。


日本には株主を保護するために機構が十分に存在しない。また、株主も株の危険性を十分には理解していない。このあたりに今回のライブドアの問題があるように思う。今回のライブドア株で発生した問題、米国では発生しない。きっと昔にこのような問題が発生したから、それにたいする防御ができているのだ。そういう面で日本の株式市場は米国と比較して成長していないと言うことが言える。


?蛇足


日本では行政はいつも後からついてくる。何か、犠牲者や事が重大になって、動き出す・。それまでは、見て見ぬ振りをする。だから、いつまでも行政は業界に甘く癒着し、業者は政治家を通じて行政に癒着する。ルールが出来れば、政治家など関与しなくてよいように、事細かく作る事だ。法律を官僚に任せていては、いつまで経っても律令制度から抜け出せなく・。規制緩和などにトラブルが発生し、被害者がでる。こんなアフォ、バカシステムは無くさねばならんでしょう。法律は公募制にすればよい・官民が競い合うようにすれば


後で癒着の素地はなくなる・。。

再建は身売りのシナリオ?

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


「ホリエモンの錬金術」(山根治)を読む。




更新 平成18年01月23日22時56分


平成十八年(二〇〇六年)一月二十三日(月)(第一千五百六十三回)


○山根治(ヤマネオサム)と言うひと(山根会計事務所所長)の、「ホリエモンの錬金術」。


○この論説は、二〇〇五年三月からインターネットに公表され続けて居ると言う。


○僅か数年間で、「ホリエモン」は、二〇〇五年三月の時点で七百四十八億円の資産を得たと。


○二〇〇六年一月十六日、 東京地検が強制捜査を開始する直前の時点では、


○「ホリエモン」資産は一兆円を超えたと言はれて居る。


○この資産を「ホリエモン」はどこから得たか。


○山根治と言うひとによれば、


○一般投資家から、「ホリエモン」への富の移転がなされた、とする。


○従って、東京地検の捜査が進行して、


○やがて「ホリエモン」が「無一文」になれば、


○つまり、ライブドアとその系列の会社の株式が紙クズに成れば、


○一般投資家の、何千億円かの自分の資産は、煙のように消えてなくなるわけである。


○結果はどう成るかと言えば、


○「だまされたヤツが悪い」、


○「だまされたヤツがバカだった」、


○「自業自得」、


○「自己責任」、


○それで終り。


○しかし、「ホリエモン」の場合には、それで終りにはならない。


○何故なら、「山根治」と言うひとが論証して居るように、このペテン芝居は、


○小泉「内閣総理大臣」を始めとする小泉政権と、そして日本の全マスコミと、さ0らにその他無数の売国奴たちが、「ホリエモン」を持てはやした、ことによってのみ、可能と成った、からである。


○「ホリエモン」の件については、東京地検が強制捜査の挙に出た。


「小泉」がこの捜査を抑止しようとしなかったと言うことは考えられない。


しかし、この問題は、今のところ明るみに出されて居ない。


○米国(イルミナティサタニスト世界権力)は、この二十年(一九八五年のいわゆるプラザ合意以後)、


尨大な額の日本の国富を、日本政府の合意のもとに、合法的に、秘密裡に、つまり日本国民には絶対に知らせることなく、日本民族から収奪しつつある。


この米国(イルミナティ)の合法的収奪に比べれば、もちろん、ホリエモンごときは、「些事」に過ぎないであろう。


そして、この収奪については、これを強制捜査する権力機関は、どこにも存在しない。


それは、日本国民自身の問題と成る。


日本の全マスコミは、米国(イルミナティサタニスト世界権力)の手先となり、エージェント=工作員となって日本の国富の米国(イルミナティ)による収奪、盗奪掠奪を推進しつつある。


○そしてこれは昭和二十年十月以降、今日まで、六十年余、續いて居るのである。


○日本に於ては、今こそ、日本のマスコミの、この極悪売国奴的正体に気付かなければならない。


 (了)




蛇足


ライブドア新社長に平松庚三氏

証券取引法違反の容疑で、堀江貴文社長ら4人が逮捕されるという非常事態が発生しているライブドアは24日、堀江容疑者が社長を退任し、子会社の会計ソフト販売「弥生」の社長を務める平松庚三(こうぞう)ライブドア執行役員上級副社長が、執行役員社長に就任すると発表した。

平松新社長は、AOLジャパン社長を務めたこともある経験豊かな人材。まずは、ライブドアの信頼回復に全力を尽くすことになる。

平松庚三氏の経歴

早稲田大学入学・・学生運動嫌で、米国ワシントンDC州アメリカ大学留学・・ジャーナリスト志望、読売新聞ワシントン支局でアルバイト・・支局長が渡辺恒雄で親しくなる。米国ソニー社入社・・本社海外事業部。在籍13年・・35歳ぐらいか?  アメリカンエキスプレス日本支社の出版責任者に・・米系IT企業IDG日本法人社長・・ AOLジャパン社長・・・米系会計ソフト会社インテュイット日本法人社長・・自社株買いで弥生会計社長・・・ライブドア傘下へ・・。「師と仰ぐ人は渡辺恒雄とソニー盛田」  外資系ザーッと25年と為る


ライブドアグループ上場企業


ライブドア(マザーズ)


ライブドアマーケティング(マザーズ)


ライブドアオート(東証2部)


メディアエクスチェンジ(マザーズ)


ダイナスティ(ジャスダック)


ターボリナックス(ヘラクレス)


セシール(東証1部)


その他グループ企業50社以上


1月16日グループ時価総額1兆円であったが、25日現在、2000億円弱で5分の1に目減り・・。


10分の1以下の可能性もある・。←ファンド(外資)が優先的に来るのではないか??


もともと、このスキームの為に、入り込んだ獅子身中の虫か刺客???平松氏


話が上手く出来すぎちゃうか??AOLジャパン時代・・規制緩和をしらなんだてか??。


全ては、米国対日年次要望書の要求で1996年規制緩和(投資ファンド、株式分割、株式交換)からはじまった・。

ホリエモンは外資のパシリか、反面教師か?

岩國哲人メールマガジン2006年 第3号をお届けします。最新の「一月三舟」です。

過去の「一月三舟」は、日本海新聞のホームページでもご覧いただけます。

http://www.nnn.co.jp/rondan/index.html



*************************************

「わが息子 ホリエモン」



              2006/1/23

*************************************



 日本という国家のあり方について、国民の暮らしを向上させる方策について、ライブドアの堀江社長がどういう考えを持っているのか、知っている人はほとんどいない。若くして会社を作った、次々と会社を買収して大金持ちになった、そのようなイメージしかない人を自民党が政治の世界へ送りこもうとしたことから、問題は大きく広がってしまった。





公認候補以上の扱い



 政治家に対する有権者の目が一層厳しくなっているというのに、最近の総選挙の候補者の選び方もいい加減だ。まるで国会議員の役割を、命令のままに賛成投票する自動投票機としか見ていないかのように、郵政民営化に賛成さえすれば国会の議席を与えようとする。



 その極端な例がホリエモン堀江社長の立候補と、それを自民党が支援したことである。



 自民党の公認候補ではなかったけれど、公認候補以上の扱い。まず党本部での立候補記者会見で小泉改革との一体感をしっかりと打ち出し、「改革」という二文字を大きく刷り込んだTシャツを着せて、若者を中心とする全国二十二万人のライブドア株主のみならず、何百万人ものIT愛好者層にしっかりとアピールして投票行動に結びつけていった。



 有権者を驚かせたり面白がらせたりした立候補騒ぎの中で、見落としてはならないもう一つの非常識は、金もうけと政治の二足のわらじを自民党が容認したこと。政治は専業であるべきという不文律の道徳観念を無視して、国会へ入ってからも自分が経営する会社の社長を続け、「金もうけのかたわら」政治をさせるなどという条件を自民党がのんだというから嘆かわしい限りである。自民党にその反省はないのだろうか。



 さすがに広島県民の良識というブレーキがきいて、「ホリエモン議員」は実現しなかったからいいようなものだが、国会議員のポストの安売り、投げ売りは自民党に限らずあらゆる政党が厳しく慎むべきことである。



 「カネさえあれば人の心まで買える」と豪語する人物を支援する自民党もまた、同じように人の心はカネで買えると考えているのだろうか。





竹中、武部氏が熱烈応援



 武部幹事長、竹中大臣など、小泉政権を代表する人たちが広島県で堀江候補を応援して次のように述べた。



 「われらがホリエモンです。小泉さんとホリエモンさんと私と三人で小さな政府を目ざします。構造改革を実現します」とマイクを持って叫んだのは竹中大臣。経済の専門家として重用され、小泉政権を代表するカオの一人がここまで持ち上げれば、投資家も安心して政府自民党保証のその株を買いたくなるのは当然のことだ。二足のわらじをはこうとする人を応援することがそのまま株価を持ち上げる効果につながったことを専門家の竹中さんが知らないはずはない。竹中さんは「風説の流布」の責任をとるべきだ。



 金融を担当しながらライブドアの不正取引を摘発できなかったばかりか、あろうことに政界に迎え入れようとした不明をどう説明できるのか。



 その程度の専門家が設計した郵政民営化は、私が再三指摘してきたようにまさに偽装設計そのものであり、百年、二百年にわたって国民の安心を支える設計にはなっていない。郵政民営化の仕組みには、株を売却したり、買い戻したりと、ややこしい擬装が各所に伏せられている。



 例えば、民営化の証(あかし)として政府所有の株式を完全に売却するが、その直後に買い戻すこともできるという条項は「まやかし」「ごまかし」そのものではないか。「連続保有」ではない、「連続的保有」だという無責任な詭(き)弁で国会を押し切っているが、これは問題となっているライブドアが投資組合を使って連続的保有で投資家と取引所をあざむいた仕組みと全く同じではないか。



 ライブドアが真似たのか、政府がライブドアを真似たのか、この点も明らかにしてほしい。



 「精神的にも全面的に応援したい」と最高級の激励を与え、続いて「わが弟です、わが息子です」とマイクを握って有権者に訴えたのは自民党の武部幹事長。ここまで支援したのであれば、ホリエモン裁判の時にはしっかりと無罪判決がおりるように全力を挙げるのが公党の責任であり、義務ではないか。





犯罪生んだ規制緩和の風潮



 私が勤務していたころの証券の世界は、株式を発行する「経営者」と、それを買う「投資家」と、引き受け責任を負って仲介する「証券会社・銀行」と、三者の役割は明確に分離されていた。



 それが規制緩和の風潮の中で、投資家が証券会社を兼ねたり、証券会社が投資家になったり、経営者が証券会社を持ったりなど、三者の役割があいまいになり、その極端で分かりやすい例がライブドアのホリエモン社長である。彼は会社の経営者であり、会社を買収する投資家であり、株式を売買する機関を持ち、要するに一人で三役を演じているから今までの規則や法律では処理しにくい面がある。



 小泉内閣の「三位一体」を演じる「三身一体」のホリエモンを認知するだけでなく、そのうえ政治家という四つ目のお面までかぶらせようとした自民党の考えが、今回のライブドア犯罪の温床になっていることを知らなければならない。



 株式市場を利用した犯罪を取り締まるためには強力な監視委員会が必要だ。銀行行政を一次方程式の世界と見るなら、ダイナミックに働く証券市場はスピード、情報力、決断、規模、戦略が左右する五次方程式の世界だ。日本の現状はいわば中学生に無理矢理に大学生の問題に取り組ませているような危うさともどかしさを感じる。



 こういう反省のもとに、私たちが国会に証券取引委員会設置法案を提出したのが昨年の四月のことだった。



 わが国の証券取引等監視委員会は、その規模、権限、独立性のすべてにおいて米国SECに見劣りしている。例えば米国SECは三千八百人を超える人員を擁しているのに対し、日本は四百人あまりに過ぎず、権限が小さいから事件が起きても、金融庁、法務省、検察庁などに一々お伺いを立てなければならない。捜査一つとっても、報道付き、予告付き、隠ぺい期間付き、手心付きの甘いやり方では、真相解明や犯罪防止効果に著しく欠け、投資家保護の目的を達成することはできない。



 ライブドア事件を契機に、一日も早く「日本的SEC」を「日本版SEC」に充実させる法案に超党派で取り組むべきだろう。



-------------------------------------------

衆議院議員 岩國哲人事務所

〒227-0054

横浜市青葉区しらとり台1-8

電話:045-982-0772 FAX:045-982-0773

〒100-8981 

千代田区永田町2-2-1衆議院第一議員会館706

電話:03-3508-3706 FAX:03-3597-2777

Web :
http://www.1892.jp


mail: mail@1892.jp



蛇足


アメリカ政府の手先の竹中だけの事はあるコメントです。3人しか分からん何かがあるのでしょう「われらがホリエモンです。小泉さんとホリエモンさんと私と三人で小さな政府を目ざします。構造改革を実現します」?とにかく、場当たり的に外圧を利用して、利益誘導を進めるやり方が、国民的にダメだしになった・。株式分割や株式交換,三角取引や四角や六角など数年後、アメリカ外資(株価が1万ドル対1.5万円ですからね・・100倍でんがな・。)に優先的に認められる制度だ。前哨戦でホリエモンなどに遣らせているフシがある。これで、株式監視機構ができて、厳しい取締りが行われるか、外資の本格参入を許すかであろう・。偽計や異型や詐欺などやり放題になりますので・・。ここらで・・地検に締めてもらう・なんとも不甲斐無い・金融庁に証券取引委員会・。独立行政で競い合えるようにしろ・。

共通世代・。逮捕

ライブドア


取締役社長

代表取締役兼最高経営責任者:堀江貴文

昭和47年10月29日生



平成08年04月:有限会社オン・ザ・エッヂを設立し、代表取締役就任

平成09年07月:株式会社ライブドア代表取締役就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:宮内亮治

昭和42年08月19日生




市立横浜商業高等学校卒。

平成07年12月:税理士登録

平成11年07月:株式会社ライブドア取締役就任

平成16年10月:株式会社ライブドア取締役辞任

平成16年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:山崎徳之

昭和46年11月17日生



平成07年04月:デジタルテクノロジー株式会社入社

平成08年11月:株式会社アスキー入社

平成09年10月:ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社入社

平成12年05月:株式会社ライブドア入社

平成13年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)

平成15年03月:エッジテレコム株式会社代表取締役社長就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:岡本文人

昭和42年11月17日生



平成02年04月:株式会社リクルート入社

平成09年08月:株式会社メガ入社

平成12年09月:株式会社アライブネットを設立し、代表取締役就任(現任)

平成15年03月:株式会社イーエックスマーケティングを設立し、代表取締役就任(現任)

平成15年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



取締役:熊谷史人

昭和52年11月24日生



平成12年04月:未来証券株式会社入社

平成14年01月:株式会社ライブドア入社

平成15年08月:株式会社ライブドア経営企画管理本部担当執行役員副社長就任(現任)

平成16年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)



【会社名】株式会社ライブドア

【英訳名】livedoor Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】代表取締役社長兼最高経営責任者:堀江貴文

【本店の所在の場所】東京都新宿区歌舞伎町二丁目16番9号

【電話番号】03(5766)7211(代表)

    (注)同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄の連絡場所」で行っております。

【最寄りの連絡場所】東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階

【電話番号】03(5788)4753(代表)

【事務連絡者氏名】執行役員副社長経営企画管理本部担当:熊谷史人

【縦覧に供する場所】株式会社東京証券取引所

【役員】

●(社長)堀江貴文 33歳

●(取締)宮内亮治 (株式会社ライブドアファイナンス会長)38歳

●(取締)山崎徳之 34歳

●(取締)岡本文人 (株式会社ライブドアマーケティング社長)38歳

●(取締)熊谷史人 28歳

●(常勤監査)櫻井四郎

●中村長也(株式会社ライブドアファイナンス社長)38歳

●野口英昭(エッチエス証券副社長)38歳死亡



は今回逮捕


蛇足

キーワードは38歳の4人、うち1人死亡・。この会社は、堀江を御輿に乗せた、38歳役員の会社ではないか?その中で、宮内が裏の代表だろうか(当然、裏社会と・・・)??b1986年から1995年まで税理士事務所で勤務して、資格は95年に税理士登録し、そこを辞めて堀江に会った。その頃、野口は証券会社で順風満帆に行ってるように見える。それに比べ、宮内は10年近く下積みをしている。生え抜きとしてはその差は埋められなかっただろうか??裏代表の鬩ぎ合いや確執があったのであろうか??。

野口英昭


明治大学
政治経済学部卒業


国際証券入社、企業部・公開開発部・公開引受
部・企業開発部に在籍し、一貫して未公開中堅企業に対する資本政策案の提言等公開支援業務に従事。 2000年、株式会社オン・ザ・エッヂ
(現在株式会社ライブドア
東証マザーズ
4753)に移り上場準備を行い同年4月東京証券取引所
マザーズ
上場。




その男の名前は“Li”

デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報http://icke.seesaa.net/
より



ムトーワ 2006年予言 ツル族のシャーマン、クレド・ムトーワより。




ロシアと中国の国境地帯に古代から続く場所があり、そこには世界中で最も危険な人間が住んでいる。その男の名前は“Li”で、“Lord of Light”(光の王)を意味している。南アフリカのシャーマンのうち多くの者がこの中国人のビジョン(映像)を幻視している。この男こそ、これから世界で起こる大騒動で大きな役割を果たす者だ。この大騒動は、慎重に計画され、中国といくつかの西南アジアの国々(some south eastern countries in Asia)を巻きこんで起こるだろう。 アフリカはいわゆる「対テロ戦争」の深みに一歩一歩引きずり込まれている。私(ムトーワ)の心はこれらのことに対する不安でいっぱいだ。2012年はアフリカやアメリカの原住民の予言が指している年であるが、2012年には人類を統治する全く新しい方法が確立されるだろう。いわゆる世界独裁が完成されているだろう。 私は来年(2006年)に対して不安を持っている。取り返しがつかないことになる前に、人々を目覚めさせなければならない。南アフリカに住む我々は、自分自身を救うことができない。あまりにも愚かで、何も見えていないからだ。取り返しがつかないことになる前に、南アフリカの人々も目覚めなければならない。 邪悪なものたちは善良な仮面をかぶっている。例えば、南アフリカではようやく政府がヒーラー(治癒者)を認めようとしているが、これらのヒーラーの多くはそのことでウキウキしている。しかし、その政府の行動は、シニシズム(冷笑)と偽善にすぎないのだ。 'On the border between Russia and China, in that ancient place, there hides the most dangerous human being in this whole world. This man's name is , which means 'Lord of Light'. Many South African shamans have had visions about this China man. He is the one who is going to take part in major disturbances in the world. These disturbances will be deliberately staged, involving China and some south eastern countries in Asia. Africa is being dragged deeper and deeper into the so-called 'war on terrorism'. My heart is deeply uneasy by all this and all I can say is that by the year 2012, the year mentioned in prophecies in Africa and in America by Native Americans and Africans, this is the year when a totally new way of ruling human beings will come into existence. The so-called world dictatorship will be established then. I am concerned about next year (2006). I say let humans be awakened before it's too late. We in South Africa can't save ourselves, we are too blind, too stupid. We need to awaken before it's too late. Evil things are being covered under a layer of goodness. For example, many healers in South Africa are excited by the fact that the government wants to recognise them at last. It is an exercise in cynicism and hypocrisy.'



●偽マイトレーヤ・反キリストはゴビ砂漠にいる。

 イルミナティ13血族の中に李家がある。

 共通してるような。。。


●ムターワの霊能力は信じるに足りると思います。Liは李と考えられますね。

 訳してから、この場所がどこか考えていたのですが、やはり、ゴビ砂漠でしょうか?

 中国の北方、昔の満州などはどうでしょうか?


●チベット北部にその入り口があり中央アジア一帯からゴビ砂漠にかけて広がる地下空洞に伝説の王国     「アガルタ」が存在し、その首都シャンバラに「世界の王」でありイルミナティの盟主であるマイトレーヤ(弥勒)が住むという。ヒトラーも彼に選ばれて操られていたらしい。ナチスにはチベットの僧侶団がいてヒトラーに助言を与えていた。いわゆる影の世界統一政府もシャンバラが母体となっている。というような情報があります。



●13血流のLIの説明(英語)

http://www.thewatcherfiles.com/bloodlines/li.htm



●ナチスの裏にいたチベット僧侶団は戦前の日本政府中枢にも影響力をもっていたとか。

戦前日本がドイツと同盟を結んだのもシャンバラから指令(霊的な?)を受けた宮内庁の偉いさんが

天皇を通して閣僚を操った結果だったとか。

当然地理的にロシアを挟み撃ちにする格好となるので、そのような理由も現実的には存在しますが・・・

ナチスのシンボルは仏教の卍を逆にし、日本の国旗を赤白逆にしたものであることから、ナチスと戦前日本はまるで双子の兄弟のような存在であったとも考えられます。

その親はシャンバラ・チベットか・・・



●「光を与える、光から来たもの」 これがイルミナティの和訳だそうです

光の王・李・シャンバラ・イルミナティ やばいですね・・・



蛇足

ホリエモンの株が「5倍に上がるわよ・・」と言った、どこぞの占い師ではなく、素朴であるが低層4次元に住む悪魔を見破る能力を持つ、ツル族のシャーマン ムトーワの今年のお告げなのであろう?信じるかどうかは個人の判断に待つとして・。イラン・ロシア・中国など紛争の火種にもっとも危険な人物Li(李)なる男が躍り出る・。まあ、戦争など無いに越した事はないが?


 「バットマン ビギンズ」に出てくるヒマラヤの悪の僧侶(渡辺謙が演じていた)と秘密結社が出てくる。裏世界政府の上層部は未開に住んでいるのやら??



ナチスの裏にいたチベット僧侶団は戦前の日本政府中枢にも影響力をもっていたとか。

戦前日本がドイツと同盟を結んだのもシャンバラから指令(霊的な?)を受けた宮内庁の偉いさんが

天皇を通して閣僚を操った結果だったとか。

当然地理的にロシアを挟み撃ちにする格好となるので、そのような理由も現実的には存在しますが・ナチスのシンボルは仏教の卍を逆にし、日本の国旗を赤白逆にしたものであることから、ナチスと戦前日本はまるで双子の兄弟のような存在であったとも考えられます。

その親はシャンバラ・チベットか・・・





どう見ても、不細工な日本国旗になりますね??日本の赤は朱で、ナチスドイツはワインレッドのような感じですな・。

日本を特定アジアの属国にしよう・。無防備都市宣言。

野良里蔵狸 -norakura


 無防備地域宣言をめざす京都?


 無防備地域宣言:条例制定求め、あす国際シンポ--京都市民の会/京都【Yahoo!/毎日】1/14  


 「平和都市条例」制定を目指す中京区で市民グループがシンポ【京都新聞】1/15


シンポジウムを行った「無防備地域宣言をめざす京都市民の会」(代表・澤野義一大阪経済法科大教授)は、戦争発生時に軍事支援活動を行わないことなどを自治体に義務づける「無防備・平和都市条例」制定を京都市に求めている市民グループ。  これを受けてか、京都市は23日に臨時議会を招集し条例案を審議するらしい。  市民グループのホームページには、 -------------------------------------------------------------------------------- 「私たちは一切の戦争に協力しません」-この「無防備地域宣言」を京都市が世界に宣言することにより、京都市は「無防備地域」として国際条約によって保護され、京都市への攻撃は一切禁止されます。 「武力」で市民の安全を守るのでなく、「非武装」によって私たちの安全と文化を守るものです。 --------------------------------------------------------------------------------  


と「無防備地域宣言」すれば京都は安全と宣言している。具体的には・戦闘員・移動兵器などの撤去   ・軍事施設の敵対的不使用紛争相手国に対し当局、住民が敵対行為をしない・軍事行動支援をしない  4条件を満たし宣言することで「無防備地域」に対する攻撃が禁じられるというもの。市民グループによればジュネーブ条約によるお墨付きもあるらしい。  この条例が可決されれば国と真っ向対立するのだが、それ以前として「無防備地域宣言」には大きな落とし穴があった。 --------------------------------------------------------------------------------   


この宣言を出したところで成功した実例とかあるんですか?【軍事板常見問題】  答えは「ありません」。日本政府公式見解でも無意味と言っているが、気になるのは「ジュネーブ条約追加第1議定書」。そこの59条に無防備地域についての記載があるらしいが、検索してもソースが見つからない。  防衛庁にジュネーヴ諸条約は見つかったが、追加議定書がなく片手落ち。ググると引用はいくらでも見つかるがソースがない。「こっちはこっちで煽動されてるのか?」と思いつつ、Wikiなどを頼りにようやく英文のソースが見つかった。赤十字国際委員会からの引用なので問題ないだろう。   Protocol Additional to the Geneva Conventions of 12 August 1949, and relating to the Protection of Victims of International Armed Conflicts (Protocol I), 8 June 1977.【International Committee of the Red Cross 】 -------------------------------------------------------------------------------- Art 59. Non-defended localities 1. It is prohibited for the Parties to the conflict to attack, by any means whatsoever, non-defended localities. 2. The appropriate authorities of a Party to the conflict may declare as a non-defended locality any inhabited place near or in a zone where armed forces are in contact which is open for occupation by an adverse Party. Such a locality shall fulfil the following conditions: (a) all combatants, as well as mobile weapons and mobile military equipment must have been evacuated; (b) no hostile use shall be made of fixed military installations or establishments; (c) no acts of hostility shall be committed by the authorities or by the population; and (d) no activities in support of military operations shall be undertaken. 3. The presence, in this locality, of persons specially protected under the Conventions and this Protocol, and of police forces retained for the sole purpose of maintaining law and order, is not contrary to the conditions laid down in paragraph 2. 4. The declaration made under paragraph 2 shall be addressed to the adverse Party and shall define and describe, as precisely as possible, the limits of the non-defended locality. The Party to the conflict to which the declaration is addressed shall acknowledge its receipt and shall treat the locality as a non-defended locality unless the conditions laid down in paragraph 2 are not in fact fulfilled, in which event it shall immediately so inform the Party making the declaration. Even if the conditions laid down in paragraph 2 are not fulfilled, the locality shall continue to enjoy the protection provided by the other provisions of this Protocol and the other rules of international law applicable in armed conflict. 5. The Parties to the conflict may agree on the establishment of non-defended localities even if such localities do not fulfil the conditions laid down in paragraph 2. The agreement should define and describe, as precisely as possible, the limits of the non-defended locality; if necessary, it may lay down the methods of supervision. 6. The Party which is in control of a locality governed by such an agreement shall mark it, so far as possible, by such signs as may be agreed upon with the other Party, which shall be displayed where they are clearly visible, especially on its perimeter and limits and on highways. 7. A locality loses its status as a non-defended locality when its ceases to fulfil the conditions laid down in paragraph 2 or in the agreement referred to in paragraph 5. In such an eventuality, the locality shall continue to enjoy the protection provided by the other provisions of this Protocol and the other rules of international law applicable in armed conflict. --------------------------------------------------------------------------------  Non-defended localities


(無防備地域)を定めた第59条全文。「軍事板常見問題」では第2項までの翻訳しかなかったが全文を取り上げてみた。「軍事板常見問題」の翻訳は正確なような気がする。3項は無防備地域の治安機能らしいし、4項以降は手続き的な事のようにも見えるが、英語が苦手なので何とも言えない(ツッコミどころがあればご指摘頂けると助かります)。  結局、無防備地域は第2項が示すとおり、ジュネーブ条約では「軍隊が接触し、敵対国に占領されるために開放されている地域」が必要条件で、日本内陸部にある京都市が外国に隣接するわけでもないし、平和時の今宣言しても何の効力もない仮にこんなのが可決されれば世界の笑い者になるだろう。  国際法に則っとれば無意味だとわかるのに、この団体は何をしたいのかさっぱりわからない。代表である澤野義一のプロフィールが大阪経済法科大学にあり、専門分野が「憲法(平和主義) 」らしいが、国際法すら解釈しようとしないで運動をするのは少々疑問を感じてしまう。「無防備地域宣言」をすれば京都の安全が保たれると信じて疑わないのだろうが、それではまるで(以下略)。プロ市民なんてそんなもんだろうけど。そこまで京都を平和に導きたいのであれば、日本から独立し「京都国」を建国するのが建設的だろう。その上で永世中立国宣言…って、書いててアホらしくなってきた。  「軍事板常見問題」では京都が大阪になっており、「全国無防備地域宣言運動」は大阪市の市民団体が発端になっているのがわかる。あまり報道されていないので全然知らなかった。  ちょっと調べると全国レベルで広がりを見せている。運動している人の何割がジュネーブ条約追加第1議定書第59条を理解しているのか心配になった。   無防備地域宣言運動全国ネットワーク  否決されたところ見ると、大半が反対票を投じる中、賛成票を投じているのは共産党や市民グループ、無所属ばかり。なんだかね(´・ω・`)  今後は京都市、東京都品川区で審議されるが、世界の恥にならないよう否決して貰いたい。 参考記事)  「無防備」記事【週刊オブイェクト】   ※ジュネーブ条約から無防備地域宣言を検証しています. 参考スレ)  【社会】 "占領してもOK"の無防備地域宣言、条例化求め国際シンポ…京都市民の会★2(ν速+板@2ch)   ※以下、一部抜粋(一部編集しています).




國民新聞http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H11/1111/111105osaka-keiho-college.html
?


北朝鮮
の手先といわれる大阪経法大
吉田康彦
教授は

? 「北東アジアの平和を考えるシンポジウム」(吉田氏
同僚:澤野義一大阪経済法科大教授)

? という
左翼
集会で、訪朝した際、拉致
を認め、生存者を帰せば、日本人の反応はどうだろうか、と打診され、 「戦前戦中、日本人は70~80万人の強制連行、強制労働をしているから、誠意を持って謝罪すれば日本人を許す。またアメリカが北を認知すれば、枕を高くして指導部は眠れる」

と得々と話している。


週間文春
」平成11年11月11日号によると、同誌が追求キャンペーンを展開している「金正日キム ジョンイル
直属」の大物スパイ、呉清達オ・チョンダルが副学長を務める大阪経済法科大学で8人の国会議員が客員教授として報酬を受けていたことを暴露している。文部省からも客員の大幅超過など管理・運営に「問題あり」と指摘されている同大に、客員教授と名を連ねる8人の国会議員は、

 
岩國哲人
民主党


 仙谷由人 (民主党)

 中野寛成 (民主党)

 樽床伸二 (民主党)

 山本孝史 (民主党)

 齋藤勁?? (民主党)

 谷畑孝?? (自民党)

 中村鋭一 (自由党)

 いずれも報酬は一律月額7万円を受け取っている。「橋本前首相の中国人女性スパイ疑惑」を追求するメンバーの一人の仙谷議員は、父母相手に記念講演をしただけで学生に一度も講義をした

ことがない。齋藤議員も一度も講義をしていない。呉は仙谷や岩國といった有名政治家を"隠れ蓑"として所属させ、本当の工作をカムフラージュしているとみられている。



蛇足


無防備都市宣言などと訳わからん・・いかにも言葉巧みに平和を装う・・テロ集団の方便にしか聞こえない・。日米安保条約を無力化すれば・特定アジアが進駐して傀儡政権を樹立するお役に起つことだろう・。売国奴などによって後進国に明け渡すわけにはいかない・。


民度の低い国々に囲まれた東アジアで、ヨーロッパと同じイメージを植え付けようなどと・・浅知恵。いっしょにすな・・。この特定アジア地域が自由主義になってから考えろ。それまで無理・・ゴメン被りたい。無防備都市宣言(防御されなかった地域性宣言で国土を接した国と武力衝突に巻き込まれた事実が前提なのだ・。)などやめとけ・・。



1949年8月12日のジュネーブ協定に追加で、国際的な武力衝突(プロトコルI)の犠牲者(赤十字】の1977年6月8日の.【International委員会)の保護と関連しているプロトコル

--------------------------------------------------------------------------------

アート59。

防御されなかった地域性

1。

それは、攻撃する衝突の当事者(いくらかはどうにかして防御されなかった地域性)のために禁止されている。

2.

衝突の当事者の適切な機関は、軍隊が、相手方による職業のために開いている接触にあるゾーンの近くまたは中のどのような住まれた場所でも防御されなかった地域性として宣言するかもしれない。

そのような地域性は以下の条件を果たすこととする:

(a) 移動兵器とモバイルの軍装備品だけでなくすべての戦闘員は避難させられたにちがいない;

(b) どの敵対的な有用も固定された軍事施設または施設で作られないこととする;

(c) 敵意のどの行動も当局によってや人口によって取られないこととする;

そして

(d)、軍事行動のサポートにおけるどの活動も引き受けられないこととする。

3.

存在は、この地域性において、会議とこのプロトコルの下で特別に保護された人の、そして維持法と秩序の唯一の目的のために保持されている警察の、本節2中で置かれた条件に反していない。

4.

本節2下でされた宣言は相手方に提出されることとし、可能な限り正確に防御されなかった地域性の限界を定義し、説明することとする。

宣言が提出される衝突の当事者はその受け取りを認めることとし、本節2中で置かれた条件が実のところ果たされなくない限り、防御されなかった地域性として地域性を扱うこととする(イベントの中で、それが直ちにそう宣言をしている団体に知らせることとする)。

本節2中で置かれた条件が果たされなくても、局所性は、このプロトコルの他の供給と武力衝突において適用可能な国際法の他の規則によって提供された保護を受け続けることとする。

5.

そのような地域性が本節2中で置かれた条件を果たさなくても、衝突の当事者は防御されなかった地域性の設立について合意するかもしれない。

協定は可能な限り正確に防御されなかった地域性の限界を定義し、説明するべきである;

必要なら、それは監督の方法を置くかもしれない。

6.

そのような協定によって制御された地域性のコントロールにある団体は、それらがはっきりと見える所で、表示されることとする他の団体にその周辺と限界の上とハイウェーの上で特に合意されるかもしれないそのような合図によってできる限りそれを特徴づけることとする。

7.

それが、パラグラフ2またはパラグラフ5において参照された協定において置かれた条件を果たすことを止める時には、地域性は、不防御であった地域性としてそのステータスを失う。

そのような不慮の事件において、地域性は、このプロトコルの他の供給と武力衝突において適用可能な国際法の他の規則によって提供された保護を受け続けることとする。

--------------------------------------------------------------------------------

防御されなかった地域性


なんでもヨイショ・・。

暴かれる錬金術:ライブドア強制捜査 活力門=ホリエモン?--上海・党機関紙が報道


◇「活力門」=live door=ホリエモン?--上海・党機関紙が詳細報道  


自由と活力象徴/反伝統のアイドル  【北京・大谷麻由美】


「ライブドア」グループに対する一斉捜索について、証券取引所を有する上海市の共産党委機関紙「解放日報」は19日、「ライブドアの醜聞が日本株式市場に重傷を負わせる」と株式市場の混乱ぶりを詳細に報じるとともに堀江貴文氏について分析した。  全体としては今回の騒動を「堀江氏の醜聞と失敗」としているものの、一方で「日本経済界の常識を覆し、日本金融市場の改革のために必要な自由と活力を象徴する人物であることは否定できない」と評価したほか、「多くの若者にとって一から財をなした企業家であり、反伝統のアイドル」とも位置づけた。  中国語では会社名「ライブドア」の発音に合わせた漢字をあてることが難しいため、「活力(live)門(door)」と表記。中国語で読むと「ホリエモン」に近い発音となる。 毎日新聞 2006年1月20日 東京朝刊



プロテクトX -傍観者たち-http://protect-x.seesaa.net/


中国主席 橋本会談など打診 「経済」悪影響回避狙う


 日中関係筋が二十日語ったところによると、中国の胡錦濤国家主席が三月に訪中予定の日本国際貿易促進協会会長の橋本龍太郎元首相ら日中友好団体の代表らと会談する意思を固めた。受け入れ側の中日友好協会がこのほど日本側に伝達、日程調整を打診した。

 胡主席が日本人と会談するのは、昨年九月末、日本経団連の奥田碩会長らと秘密会談して以来。日中の政治関係が停滞する中で、日本の民間団体との交流を拡大、経済関係などへの悪影響を食い止める狙いとみられている。

 胡主席が会談を予定している団体は、日本国貿促のほか、日中友好協会(平山郁夫会長)、日中協会(野田毅会長)、日中友好議員連盟(高村正彦会長)など。胡主席は三月二十日前後に各団体幹部とまとめて会談する予定で、各団体にはそれ以前の訪中が要請されている。

(中略)

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝を理由として、中国は平成十三年十月の首相訪中以後、両国首脳の相互訪問を拒絶しているが、中国側の招きで訪中する与野党の有力議員は後を絶たない。昨年春以降も、自民党の武部勤幹事長や橋本元首相、加藤紘一元幹事長、高村正彦元外相、公明党の冬柴鉄三幹事長、民主党の前原誠司代表らがそれぞれ北京を訪れた。(産経新聞=21日 2:15)



どう見ても媚中派だらけです。



蛇足


早速、活力門のホリエモンを誉めた中共様に追随して活力門をヨイショするのでしょうか??媚中派たち・。


あんたらの、納税者は自由主義の日本人なのよ、知ってる??

テロのサポーターか、悪のシオニズムか??

Iran’s president sees “final war” between Muslims, West



Sat. 21 Jan 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Jan. 21 ? Hard-line Iranian President Mahmoud Ahmadinejad told senior leaders of a radical Palestinian group in Damascus on Friday that the Middle East conflict has become “the locus of the final war” between Muslims and the West, Iran’s official news agency, IRNA, reported.


Ahmadinejad, who was speaking on the second day of his two-day trip to Syria, told the leaders of Hamas, “Today, victory in Palestine has become a matter of life and death for the Islamic world and for Global Arrogance (the West)”.


The Iranian president urged the Palestinians to reject moves such as Israel’s withdrawal from Gaza.


“Some point to the withdrawal of the occupiers from parts of Palestine, but this event has already been greatly detrimental to Muslims”, Ahmadinejad said.


“If the occupiers stay on even one inch of Palestinian soil, the goal of Palestine will not be realised”, Ahmadinejad told Hamas leaders, who included Khalid Mash’al, the head of the group’s political bureau.


“We must not let our guard down now for even one moment against the enemies’ plots. Belittling the goal of Palestine is a great plot that the enemies are after”, he said.


Ahmadinejad has called the Holocaust a “myth” and said that Israel must be “wiped off the map”.


イランの大統領は2006年1月21日土曜日の西のイスラム教徒の間で「最終的な戦争」を見る。
 テーブルの前に「The World without Zionism」 「シオニズム(ユダヤ主義)の無い世界を」という文句が貼ってある。



イランフォーカス

テヘラン、イラン、1月21日?

強硬なイラン人大統領Mahmoud Ahmadinejadはダマスカスの急進的なパレスチナのグループのシニアのリーダーに、中東粉争がイスラム教徒と西欧の間で「最終的な戦争の場所」になったと金曜日に言ったとイランの公式な通信社、IRNAは報告した。

シリアへの彼の2日間の旅行の2日目に話していたAhmadinejadはハマスのリーダーに、「今日、パレスチナの勝利はイスラム世界のために、そしてグローバルな傲慢さ(西欧)のために死活問題になった」と言った。

イランの大統領は、ガザからのイスラエルの撤退などの動きを拒絶することをパレスチナ人に勧めた。

「いくつかがパレスチナの一部から占有者の撤退を示すけれども、このイベントはすでにイスラム教徒を大いに損なった」とAhmadinejadは言った。

ハーリドMash'al(グループの政治局のトップ)を含んだハマスリーダーに、「占有者が1インチのパレスチナの土のさえ上に滞在するならば、パレスチナのゴールは実現しないであろう」とAhmadinejadは言った。

「私達は敵のプロットに対してちょっとの間のさえ間今私達のガードを下ろしてはならない」。

パレスチナのゴールを軽んじることは、敵が"後である大きなプロットであると彼は言った。

Ahmadinejadは、ホロコーストを「神話」と呼び、イスラエルが「マップから消され」なければならないと言った。

Cheney says Iran a nuclear and terror threat

Fri. 20 Jan 2006

Iran Focus


London, Jan. 20 ? United States Vice President Dick Cheney described Iran on Thursday as a “staunch” supporter of terrorism and said that Tehran was attempting to develop nuclear weapons.


In an interview with CNBC, Cheney said that the U.S. and the greater international community were opposed to a nuclear-armed Iran. “But I do think we need to prevent the proliferation of nuclear weapons to a nation like Iran”, he added.


The Vice President said that President George W. Bush should not take the military option off the table. “Let's leave it there”, he said.


He said that the consequences of hard-line Iranian President Mahmoud Ahmadinejad “armed with nuclear weapons, able to threaten virtually anybody he wants to threaten, and conceivably even contemplate the use of nuclear weapons” was significantly worse than a “spike” in the price of oil


Cheney said that the U.S. would support Israel if it were attacked by Iran.


“The United States wants to support the democracy proponents in Iran”, he said, adding that the outside world had an interest in seeing “true democracy come to Iran instead of the kind of system they have now”.


チェイニーは核と恐怖脅威2006年1月20日金曜日のイランを言う


イランフォーカス

ロンドン、1月20日?

米国の副大統領ディック・チェイニーはテロの「忠実な」サポーターとして木曜日にイランを説明し、テヘランが、核兵器を開発することを試みていると言った。

CNBCとのインタビューにおいて、チェイニーは、米国とより大きな国際社会が核を装備したイランに反対すると言った。「しかし、私は、私達が、イランのように国家に核兵器の拡散を防止する必要があると思う」と彼は付け加えた。副大統領は、ジョージ・W・ブッシュ大統領が軍隊のオプションをテーブルから取り去るべきでないと言った。「それをそこに置いていこう」と彼は言った。

彼は、強硬なイランの大統領Mahmoud Ahmadinejad「事実上、彼が、核兵器の使用を脅かし、多分熟考しさえしたい誰でも脅迫することができる核兵器によって武装する」の結果がオイルの価格において「スパイク」よりかなり悪いと言った。チェイニーは、それがイランによって攻撃されたならば、米国がイスラエルをサポートするであろうと言った。外の世界が、「彼らが現在持っている種類のシステムの代わりに、真の民主主義はイランに来る」を見ることへの興味を持っていたと付け加えて、「米国は、イランで民主主義提案者をサポートしたいと思っている」と彼は言った。



蛇足


911の提案者で世界を仕切る覇権主義者の幹部・・悪のシオニズムと名指しされている・チェイニー副大統領。また、テロリストのハマスなどに、最終戦争などとイスラエルの破滅を願ったテロのサポーター国家イランと名指しで言われているアフマネジャード大統領。過激な論争は収束しそうに無い・。そろそろ用意が始まっているのか?

目くそ、糞くそを哂う・。

手前ら、日本人なめんじゃあねぇhttp://yellow.ap.teacup.com/hide-tako/


「粉飾決算疑惑」 


?株の世界が荒れている。 ライブドアによるM&Aのやり方で、証券取引法違反の疑いがある。として、地検特捜部などの捜索があったようだ。それと同時に、株価は急落し,世界の株式市場にも影響を与えてしまったという。 さて、『風説の流布』という疑惑から、国土は、ライブドアの粉飾決算疑惑と出るわ出るわ・・・・ドラえもんの異次元ポケットか。 しかし、地検の捜索の異常性に疑問が出てきたのだが、今まで、この容疑で大々的なこれほどの捜索というものがあっただろうか。結局、日本の経済界の異端児に対する『嫌がらせ』ではないのか。古い経済人の頭の中には、自分たちが受け入れられない思考は全て異端児なのだ。 マスゴミの老害妖怪こと、読売のナベツネ・・・縛られることのない、若いホリエモンに嫉妬してなのか、球団買収騒ぎ時から嫌いまくっているし、やること全てが、反ホリエモンなのだから面白い。 プロ球界を私物化し、さも、全てが自分の思うとうりとなるのが当たり前だ。というようなセリフを聞くと、この人物のおぞましさがわかる。しかも、ここには、経団連の売国車屋が絡み、又、政界の群馬の妖怪が絡んでいるのを観ると、『反小泉』でもあるのかもしれん。 老害マスゴミ人は、己のよき理解者というか、お仲間の群馬の妖怪が、前々回の選挙で強引に引退させられ、政界には未練たらたらなのがテレビの上などで見られることに、小泉憎しで、たたく為の、小泉の支援を受けたホリエモンバッシングの一環なのかもね・・・・ しかも、ここには、超媚中売国車屋が、反中国を唱える小泉バッシングと合い、政治とマスゴミと経団連の連合軍による、東証の社長連への圧力の結果が、上場廃止だの、ポスト安倍だのをリンクさせた、ヒュ-ザ事件であり、粉飾決算疑惑ではないのかと疑念を持つ。 確かに、ライブドアによる株価操作と言われてもおかしくないやり方などは、株というものを買う、投資家たちに対しての背信では在るが、では、経団連の中で、又、上場している会社、全てが健全であるといえるのだろうか。結構、ライブドア以上の疑惑まみれの企業が多いと思うが・・・・・ 談合を必要悪だとのたまう経団連会長様の道徳観は、ライブドアの粉飾疑惑より軽いのか。いやももっと、悪質な思考だと思うがね・・・・・・・また、東証が偉そうにいうのならば、システム異常で多額の欠損を受けた一般投資家に対して、謝罪や補償をしたのか。口先では謝罪したようにのたまったが、腹の中では、大手の取引規模等しかでないから・・・として、簡単に切り捨ててきたではないか。 今回の東証の言い方を見ていると、自分たちのミスを隠すために、連合してのライブドアたたきにしか見えず、又、他の、ヒルズ族といわれる急成長のIT関連企業への脅しとなんら変わりはない。 もっとも、ここで言いたいのは、ライブドアの行為が実際に法に触れているのであれば、それ相応の指弾を受けるべきである。が、批判している老害連中が、政局を絡めての株式市場操作を行ったのであれば、腹を切るだけではすまず、全てを公開にしてもかまわない。 どうも、今回の報道は納得が行かないところがあるのだ。 しかし、この投稿には批判が多く来そうだなぁ・・・・





市民Ahttp://simin.seesaa.net/article/11900310.html


書き込みblog

 で、今日も「livedoor
社長
日記」を覗きに行きました。昨日よりも書き込みが増えてる!二千件も書き込みのあるブログなんて始めてみたよ。こんなに書き込みがあるのに全然重くならないのはさすがはライブドア!オレも「livedoor blog」に変えようかな、なーんて思わず感心してしまったよ。

 相変わらず書き込み記事ではホリエモン擁護が主流。中でも目に付くのが「出る杭は打たれる」って言葉、つまり
経済界
の重鎮達のやっかみ(陰謀)と言いたいのだろうね。ホリエモンに罪は無いとでも言いたげなニュアンスじゃねぇか。

 世間じゃ出る杭打つのは当たり前なんだよ!特にビジネスの世界はシビアなんだからよ。
ホリエモン
だって他人の弱みに付け込んでバッファローズやフジテレビを買収しようとしてたじゃねぇか。

 次に多いのが「国家の餌食」って言葉。何それ?今回の事件は国家的陰謀だってのか?発想の飛躍しすぎ、三文
小説
じゃあるまいし。

 そもそもホリエモンは自民党推薦…では無かったが、自民党の刺客として総選挙に出馬したんじゃ無かったけ?縁も所縁もない広島から出馬したのは広島カープ買収が目的だったってもっぱらの噂、自民党の偉いさんがカープ買収の口利きをしてるって話だぜ?
国家権力を利用するようなことはあっても、利用されるようなタマじゃ無いでしょ、ホリエモンは。


因果応報

 

 ホリエモン擁護の言葉で許せんのが「なんでホリエモンだけが?」って言葉!つまり風説の流布や粉飾
決済
なんてのは何処でもやっているのに、今回だけなんでこんなに大騒ぎになるんだとこういうこと言うやつがいるんだ! 犯罪は犯罪なんだよ!どんな微罪でも。いくら「判官びいき」と言えども犯罪に目をつぶっちゃいかんぜよ。 みんな違法行為をやってるっていうなら、これをきっかけに一斉に企業の不正を暴いて欲しいね!




蛇足


命を懸けてやってます・・?。とか言ってたが、自殺者?が出たとたん、ヒルズに引きこもり・。ホリエモンもエエ加減な人間です・。まあ、持ち上げれば、豚も木に登るという事でしょう。批判する人間も似たりよったりで、経済界の重鎮もただ、カビの生えた頭でも経営はできる見本みたいなもんです。ただの守銭奴を擁護してもしょうがないし、品性のない経済界に憧れてもしゃーない・。金儲けはリスクが伴うということで、いかにも立派な事を言うが、サラリーマン社長の団体などリスクなどないのに偉そうにしゃべるな・。

悪の連鎖・劇場。

若干蛇足



前段


大分方式によるコスト削減のホテル建設に総研が眼をつけ、接触を図るが失敗。


海外の安い資材と建築基準の改正による、性能評価制度による最低基準を適用・。コスト削減は手抜きになる・。







第一幕


総研の平河によるビジネスホテル建設指導、オーナー高利回りを謳い、コスト削減は手抜き指導。言う事を聞く木村建設を使う・平成設計から姉歯へ下請け・偽装が出来る目処が立つ。


総研・平河・四ヶ所、木村建設(熊本)、木村建設東京支店長、平成設計子会社設立、姉歯設計士。


木村盛好社長と篠塚元木村建設東京支店長、平成設計子会社設立から総研指導料、平河へのキックバックなどに嫌気がさしてきた。木村建設支店長は姉歯からキックバックを貰うようになってきた。しかし、総研へのキックバックを止める算段を画策。








第二幕


篠塚元木村建設東京支店長は総研の平河が邪魔な存在になってきた。そこで、木村建設はホテルではなくマンションのヒューザー小嶋と結託・。ヒューザーは国会議員などに便宜・。コスト削減手抜きマンション建設に励む・。


木村建設、平成設計、姉歯設計士、イーホームズで、巧妙なマンション建設シナリオを編み出した。その実行段階でも事がスムーズに運ばれて、総研の平河の介入を阻止して、支店長は姉歯などにキックバックを要求する。


ヒューザー小嶋、木村建設東京支店長、平成設計、姉歯設計士、イーホームズ(株)・ほにゃらら団。


小嶋→国土交通省の役人と、国会議員「株式会社フューチャービジネスネットワーク」と「株式会社融創国際」の便宜、パー券購入。







第三幕


木村建設を切り、首都圏でのヒューザーからの受注を増やす為、志多組(地場最大の中堅ゼネコン)から建築物の構造設計を依頼されているという一級建築士という立場のアトラス設計(東京都渋谷区)の渡辺朋幸代表などとヒューザー小嶋の合作で以下の画策。が途中で挫折・・・。


伊藤公介と一蓮托生の命運にある自民党と公明党 1月16日 らくちんランプ
 



渡辺朋幸代表が、昨年の10月18日にイーホームズ(株)に在職している知人対して、「グランドステージ稲城」の構造的に疑義あがるという情報提供を行ったことが始まりなのです。


ライバル企業である木村建設は最も邪魔な存在だとします。  そこで、志多組が木村建設を潰す算段を、ERI(株)と国土交通省の役人と、ある国会議員に持ちかけたとします。  そして、巧妙な木村建設潰しのシナリオを編み出しその実行段階でも事がスムーズに運ばれていると思っていた志多組に、想定外の事件が発生します。それはイーホームズ(株)の藤田社長が、シナリオ以外の動きをしてしまったことです。  困り果てた志多組は、ヒューザーの小嶋進社長に一端作戦中止のお願いをするはめになりました。  このもみ消し工作を上手くやれば志多組に恩を売れれると思ったヒューザーの小嶋進社長は、個人的にも付き合いの深い伊藤公介衆議院議員にお願いをしようと考え、事後のことも慎重に考えて、昨年の11月4日に公明党のある区議を通して、公明党の山口那津男参議院を通じた形で、元国土交通省の伊藤公介衆議院議員へともみ消し工作の話を持ちかけました。


 国の検査機関の問題であり、その所轄の国交省の管理不行き届きと言えばそれっきりだ それを認めているから、金融的な救済処置を決めるのが実に早かった 政府の報道管制はここでも成功したように見えるが・。このスキームで悪者は木村建設、平成設計、姉歯、イーホームズに擦り付ける算段が失敗・。



●アトラス設計(東京都渋谷区)の渡辺朋幸代表、●宮崎県の志多組(地場最大の中堅ゼネコン)、●ヒューザー小嶋進●ERI(株)●国土交通省の役人●国会議員●ほにゃらら団.





●ヒューザーの小嶋進社長→伊藤公介衆議院議員。ばれたら拙いので迂回で頼む。


迂回、小嶋進→(事後のことも慎重に考えて、昨年の11月4日)公明党ある区議→公明党の山口那津男参議院
→元国土交通省の伊藤公介衆議院議員へ。






倫理の無


倫理の定義なんて難しそうだが、「人として、していいことと悪いことのけじめ」ということであろう。当然、不倫は「悪いことのけじめのつかない犬畜生どもがやること」ということになる。

錬金術が逆回り。?

ベンチャー革命2006年1月18日

                           山本尚利
(早稲田大学大学院MOT教授)

タイトル: 光クラブ二代目の悲劇:ホリエモン



1.光クラブ事件とライブドア事件の類似性

 光クラブとは、戦後まもなく1948年9月に学徒動員帰りの東大法学部学生、山崎昇嗣氏(26

歳)によって創業された闇金融ベンチャーの名前です。月利13%の高配当を売りに、小金もち

から資金を集め、月利21%の高利で、中小企業などに短期貸付を行い大当たりしました。創

業4ヶ月後の49年1月には銀座に本社を置き、資本金600万円、株主400名、社員30人の成り上

がりベンチャーに急成長しました。現在のライブドアやヒューザーを彷彿とさせます。とこ

ろが、光クラブはご多分にもれず、ライブドアと同様に、早速、警察にマークされ、山崎氏

は49年7月に銀行法違反で京橋警察署に逮捕されてしまいました。9月にはいったん釈放され

ますが、株主から3000万円の債権取立てに遭い、11月に青酸カリ自殺で他界します。享年27

歳でした。

 あれから半世紀後、1996年、日本にもネットベンチャーが出始める頃、東大生、堀江貴文

氏が学生ベンチャー、オンザエッジを創業します。企業向けのホームページ制作企業でし

た。筆者は、当時SRIグループに所属していましたが、SRIも同時期、アトミックタンジェリ

ンというネットベンチャーを創業しました。業務内容はオンザエッジと同様に企業向けのホ

ームページ制作、およびウェッブ化コンサルティングでした。オンザエッジと同じビジネス

モデルのネットベンチャーが日本にも雨後の筍のように乱立していました。ところが2000年

春、ネットバブルの崩壊で、周知のように、日本のネットベンチャーの大半は消滅しまし

た。SRIのアトミックタンジェリンも同じ運命をたどりました。ところが、堀江氏のオンザエ

ッジはどういうわけか、ライブドアに改名して東証マザーズ上場に成功します。なぜ、堀江

氏の会社のみが大成功したのか?他のネットベンチャーと同じ陳腐なビジネスモデルなの

に・・・。筆者のこの疑問はいまだに解けていません。ライブドアで思い浮かぶのは、珍し

く東大生の創業したベンチャーというくらいです。さて、2006年1月16日夕刻、東京地検が六

本木のライブドア本社に対し、偽計取引容疑で大掛かりな強制捜査を強行しました。このニ

ュースを聞いたとたん、筆者は上記、光クラブを連想した次第です。

 ところで、上記と類似の事件は、その他に1988年に勃発したリクルート事件があります。

この事件は単なる未公開株の贈収賄事件ではなく、リクルートの江副浩正氏(東大生ベンチャ

ーの元祖)が、NTTと組んで、回線リセールビジネスを仕組んだことが、1985年に民営化され

たNTT乗っ取りを狙った米国覇権主義者の怒りを買ったのではないでしょうか。日本における

江副氏のような頭脳的戦略家の出現は、米国覇権主義者のうち、対日攻略担当のもっとも恐

れる出来事だったのでしょう。

 さてライブドアやヒューザーなどの無名ベンチャーが急成長しているのは、オンリーワン

技術をもっているか、法律すれすれのことをやっているか、どちらかです。日本のベンチャ

ーの大半は後者ですから、当局がその気になればいくらでも社長を逮捕できるし、会社を潰

すことができます。今回、ライブドアは光クラブと同じ悲劇に見舞われたといえます。



2.耐震偽装事件と偽計取引事件の仕掛け人は誰か

 耐震偽装事件のヒューザー小嶋社長の証人喚問も、偽計取引事件のライブドア強制捜査

も、一見、小泉内閣には打撃のようにみえます。いよいよ、小泉首相も今年9月に任期満了を

控えてレームダック(無力化した政治家)になったかという、観測もあります。まず、ヒュー

ザー事件では、小泉首相の所属する森派の政治家、伊藤公介議員との癒着、小泉内閣の官房

長官、安倍晋三氏の関与疑惑が俎上に上っています。一方、ライブドアの堀江氏は、2005年9

月11日の衆院選挙で、小泉首相の懇願により、反小泉の旗頭であった亀井静香氏の選挙地盤

(広島六区)に、亀井刺客候補として送り込まれ、大活躍したことはまだ記憶に新しいところ

です。勝ち組の代表、堀江氏の出馬で、堀江ファンの若者票が全国規模で小泉支持に回り、

民主党と反小泉の保守立候補者を惨敗に追いやったのです。小泉首相にとって、堀江氏は郵

政民営化選挙大勝利の恩人です。

 ライブドア強制捜査が、ヒューザー小嶋社長の証人喚問の前日であったことから、国民と

マスコミの関心を、小泉・森派に不利な耐震偽装事件からそらすために、無理やり、ライブ

ドア強制捜査が断行されたという見方は誰もが想像します。もしそうならば、あまりにミエ

ミエの国策捜査です。しかし、この第一の仮説には矛盾も生じます。小泉勝利の立役者、堀

江氏をワザワザなぜ血祭りに挙げるのか、という疑問が生まれます。小泉首相は堀江氏に対

し、恩を仇で返すようなことをしたことになります。

 そこで第二の仮説が立てられます。耐震偽装事件もライブドア強制捜査も、政官に残存す

る反小泉派の仕業ではないか、というものです。つまり小泉内閣を窮地に追い込むための謀

略ではないかという仮説です。これはかなり説得力があります。ライブドア強制捜査のニュ

ースで、反小泉の巨頭、亀井静香氏は、シテヤッタリとこみ上げる笑いをこらえきれないと

いう表情でしたから・・・。



3.第三の仮説

 さて筆者は、上記の二つの仮説はどちらも支持しません。そこで第三の仮説を立てます。

そのヒントとして、小泉内閣および日本政府を支配する米国覇権主義者の意思に注目した

い。今回の事件で、小泉首相は、米国覇権主義者の前に、もはやまったく無力なのではない

かという感覚がいっそう強くなりました。つまり米国覇権主義者からのヤミの指示が、小泉

首相にとって不利な内容であっても、また日本国にとって不利であっても、小泉首相は官僚

に対して命令を出さざるを得ない状況に立たされているのでしょう。この調子だと前倒しで4

月に竹中に首相の座を譲れと命令されたら、彼は従うしかないでしょう。株価が急落すると

わかっても日本証券市場を大混乱させることを止められない。なぜなら、ヤミで小泉首相に

命令する側は、日本の証券市場がどうなろうと知ったことではないからです。

 第三の仮説が正しいならば、一見、小泉内閣に不利な事件が次々仕掛けられても、いっこ

うに不思議はありません。ただ、今のところ小泉首相は、ヒューザー事件で森派がどれほど

不利を被ってもワレ関せずの心境でしょう。ヒューザー事件で小泉氏個人が失うものは何も

ないからです。筆者が前回投稿(No.183、ポスト小泉を占う)で触れているように、小泉首

相の意思にかかわりなく、竹中総理実現シナリオに向けて、安倍スキャンダル作戦が早くも

始動しているということでしょう。ヒューザー事件はその第一弾と位置づけられるでしょ

う。国民が安倍氏に抱くイメージを幻滅させるようなスキャンダル暴露作戦がこれから展開

されていきそうです。安倍氏自身の浮かない表情に、それが読み取れます。彼はすでに覚悟

しているのです。国民人気随一の君の出番は次の次だよと空手形を切られている。次は増税

内閣とならざるを得ないからねと・・・。ところが安倍氏のライバル、竹中氏は不思議なこ

とに増税に反対しています。郵便局、日本道路公団、NHKなど公的資産を市場に売却するのが

優先だと、米国覇権主義者が喜びそうな意見を吐いています。

 一方、ホリエモンは、最初から、米国覇権主義者から単に利用されるだけの存在でしたか

ら、いずれポイ捨てされる運命だったのです。サルが果物の甘い汁だけを吸って、食べカス

をポイ捨てするように・・・。ライブドアは日本国自身の未来を先取りしているかのようで

す。彼自身、うすうす気付いていたでしょう。ただ、米国覇権主義者のほんとうの怖さは知

らない。彼の父は、負けたら福岡の戻ってこいと言っていました。親の本能で、彼の父親

は、今日のホリエモンの悲劇を予感していたのです。ところでなぜ、今、ホリエモンは消さ

れるのか、筆者の推測では、彼は、小泉自民党大勝利の立役者を自認して、米国覇権主義者

をいらだたせるような身の程知らずの要求を出したからでしょう。知らぬが仏、怖いもの知

らずで、彼らにタンカを切った可能性があります。たとえば、民営化後のNHKの経営をやりた

いとか・・・。そこで、ゴッドファーザーの映画さながらに、青い目のドンから、用済みの

ホリを消せという命令がだされたのでしょう。彼はいずれ逮捕されてしまうでしょう。ホリ

エモンは欲を出さず、9.11選挙にて自民党公認で出馬していれば、広島六区で亀井氏には敗

れても、比例区で復活当選し、今頃は、小泉チルドレンの一員となって、杉村太蔵議員から

アニキと呼ばれる存在になって、タレント議員として人気沸騰していたでしょう
。その方が

シアワセだったかもしれない。ホリエモンは自分の能力を過大評価したことが、命取りとな

った例です。米国覇権主義者からみれば、ホリの手柄は、せいぜい、タレント議員にしてあ

げる程度だったよといったところか。米国覇権主義者も人の子です。彼らに貢献すれば、必

ず、それ相応のお礼はしてくれます。少なくとも、非情な小泉首相より、はるかに義理堅い

面をもっています。



関連投稿1:ベンチャー革命No.150『双頭の鷲:北朝鮮経済制裁とライブドアの関連性』

2005年2月19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr150.htm


関連投稿2:ベンチャー革命No.151『ホリエモン:丸山真男の遺言執行人』2005年2月27日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr151.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm







蛇足土足


ホリエモンの錬金術は、逆方向に回転しだした。金を生み出すのも早いが、無くすのも早い。この世の事はこの世で解決するだろう・。金満経営者でなければホリエモンの芸人、タレント、議員の素質はゼロでしょう・?。勘違いが命取り・。



町田の宗男・・リーチ?

株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/



森派の事務局長の伊藤公介は職権を乱用して、私腹を肥やすためにオジャマモンと癒着してたことは明らか


2006年1月17日 火曜日

伊藤公介と一蓮托生の命運にある自民党と公明党 1月16日 らくちんランプ


今回の事件が発覚した経緯を、冷静に分析されている方々なら既にご存じのことですが、アトラス設計(東京都渋谷区)の渡辺朋幸代表が、昨年の10月18日にイーホームズ(株)に在職している知人対して、「グランドステージ稲城」の構造的に疑義あがるという情報提供を行ったことが始まりなのです(詳しくは耐震強度偽装問題時系列参照)。  このアトラス設計の渡辺氏はどのような人物かというと、九州地域において木村建設のライバル企業である、宮崎県の志多組(地場最大の中堅ゼネコン)から建築物の構造設計を依頼されているという一級建築士という立場です。  さて、昨年の10月?日頃には、ヒューザー(株)が開発しようとしていた「グランドステージ北千住」の施工会社は未定であり、ヒューザーの担当者は木村建設以外にも、以前付き合いがあった(2003年2月28日に竣工したグランドステージ稲城の施工は志多組である)、志多組に見積依頼を要請していました。  さて、ここからは私の推測になりますが、志多組が首都圏でのヒューザーからの受注を増やす為には、ライバル企業である木村建設は最も邪魔な存在だとします。  そこで、志多組が木村建設を潰す算段を、ERI(株)と国土交通省の役人と、ある国会議員に持ちかけたとします。  そして、巧妙な木村建設潰しのシナリオを編み出し、その実行段階でも事がスムーズに運ばれていると思っていた志多組に、想定外の事件が発生します。  それはイーホームズ(株)の藤田社長が、シナリオ以外の動きをしてしまったことです。  困り果てた志多組は、ヒューザーの小嶋進社長に一端作戦中止のお願いをするはめになりました。  このもみ消し工作を上手くやれば志多組に恩を売れれると思ったヒューザーの小嶋進社長は、個人的にも付き合いの深い伊藤公介衆議院議員にお願いをしようと考え、事後のことも慎重に考えて、昨年の11月4日に公明党のある区議を通して、公明党の山口那津男参議院を通じた形で、元国土交通省の伊藤公介衆議院議員へともみ消し工作の話を持ちかけました。  小嶋進社長の意を全面的に受けいれた伊藤公介衆議院議員は、マスコミに対するもみ消し工作を、同郷の飯島勲総理秘書官に協力要請し、もちろん自民党の武部幹事長や公明党にも要請して、万全の体制で臨んだはずだったのですが、ここで想定外の「きっこのブログ」が登場したのです。  そして、「きっこのブログ」には、今回の事件の黒幕である総合経営研究所の内河健の情報や、伊藤公介の政治生命を抹殺しうる情報までもが次々と寄せられ、伊藤公介の当初の目論見は完全に敗れ去り、ついには明日国会でのヒューザーの小嶋進社長に対する証人喚問が実現し、20日から開催される本国会では政権基盤がボロボロになる流れが継続する運びとなったのです。  もし、ブログというツールが無かったら、今回の事件のもみ消し工作は、当初の目論見通りの結果をもたらしたことでしょう。  私が大嫌いな政治家の一人である自民党の世耕弘成(せこうひろしげ)参議院議員は、自分の力で先の衆議院選挙期間中にブロガー達を上手くコントロールできたのが、選挙結果における大量得票の要因だと思っているでしょうが、今になってみればその成功が、仇となって帰ってきたと感じていることでしょう。


 PS:先程始まったライブドアに対する東京地検特捜部による強制捜査の着手などは、明日の証人喚問関連の報道時間を少なくするための、首相官邸主導による稚拙なもみけし工作の一貫でしょう。 そして、株価操作のための風雪の流布程度の罪状ならば、証券取引等監視委員会が動くのが本筋であることをマスコミが指摘していないことからも、、マスコミが相変わらず大衆煽動の片棒を担いでいることも明白です。



とっとこハムスケ絶体絶命! 1月16日 きっこのブログ


さあ、明日17日は、いよいよ皆さんお待ちかねのオジャマモンの証人喚問が行なわれ、19日には、総研の四ヶ所猛、平成設計の山口時也と徳永豊、スペースワンの井上正一の参考人招致ってことになったけど、ここまで来ても、未だに、コイズミの側近中の側近にして、コイズミと建設業界とのパイプ役だった伊藤公介の参考人招致は、まったく受けつけない自民党。まあ、党員が必死になって党首を守るのは当然なんだけど、参考人招致の翌日の1月20日は、ナナナナナント! コイズミと同じ「学歴詐称」「年金未納」「闇献金」の三冠王、伊藤公介の議員生活が25年目を迎えるオメデタイ日なのだ。そして、何の問題もなくこの日を迎えられれば、伊藤公介は「永年勤続」の表彰を受け、国会に肖像画が飾られる。つまり、自民党は、コイズミを守るためと、伊藤公介の肖像画を国会に飾るために、度重なる野党からの参考人招致の要請を突っぱね続けてたってワケで、あまりのアホらしさに、議員生活25年‥‥じゃなくて、教師生活25年、「ど根性ガエル」の町田先生が泣き出しちゃうだろう。偶然にも、伊藤公介の地盤は、町田市だし(笑) なんてことも言ってみつつ、今日は書くことが多いから、マクラの部分からサクサク行くけど、明日行なわれるオジャマモンの証人喚問では、自民党も公明党も、飯島秘書官からの命令によって、最初から質問の内容が限定されている。これは、実際に明日の証人喚問を見れば一目瞭然だと思うけど、「小嶋社長は買い手にマンションを引き渡した時点で耐震偽装の事実を把握してたのか」って部分ばかりをダラダラと質問して、こんな司法に任せとけばいいようなムダな話で時間を潰して、決して「伊藤公介との関係」については質問しない。ま、こんなことは猫ひろしにでも容易に想像できるから、最初から与党の質疑なんかには、国民の誰ひとりも期待してないだろうけど、証人喚問や参考人招致のたびに与党がこんなことばかりしてれば、守りたいのが伊藤公介だけじゃなくて、その先の人物だってことの証明にもなるから、あたし的にはウェルカムだ‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか? ‥‥そんなワケで、コイズミのパトロンで、最初から最後までコイズミをホメタタエてるワンダホーな本、「なんてったって小泉純一郎」の著者としてもオナジミの伊藤公介、通称「とっとこハムスケ」、またの名を「町田の宗男くん」だけど、何でこんなヤツがコイズミに気に入られてるのかって言うと、党内イチの献金集めの天才だからだ。表の献金はともかく、迂回献金や闇献金までを合わせると、この25年間で集めた献金の総額は、総研の内河健の海外の隠し口座の残高にも匹敵するほどだ。さらに伊藤公介は、献金だけじゃなくて、自分自身のお金を集めるのも天才だ。あちこちの建設会社と癒着して、笑いが止まらないほど裏金を儲けてるクセに、それだけじゃ収まらずに、なんと、自分の会社まで作っちゃった。 伊藤公介の会社は、「株式会社フューチャービジネスネットワーク」と「株式会社融創国際」の2つで、両方とも同じ住所、「中央区銀座8?18?4」だ。そして両方とも、伊藤公介の三男、伊藤俊輔が代表取締役になってて、奥さんの伊藤久美子と次男の伊藤竜太郎が取締役になってる。そして、杉本聖仁って男が、両社の監査役をつとめてる‥‥って、あれ?杉本聖仁って、伊藤公介の公設秘書じゃなかったっけ? それから、次男の伊藤竜太郎も公設秘書じゃなかったっけ? 国から秘書給与をもらってる公設秘書が、別の職業に就く時って、国に「兼職許可申請」をしなきゃならないって昔から法律で決まってるんだけどこいつら2人とも申請してないじゃん! てことは完全なる法律違反だってことだ。ついでに言っとくと、代表取締役の伊藤俊輔も、橋本龍太郎か誰かの秘書で、伊藤公介が次男に「竜太郎」って名前をつけたのは、橋本龍太郎からとったものなのだ。やっぱり、闇献金が大好きな守銭奴は、自分以上の闇献金キングを尊敬するもんなんだね(笑) ま、そんなことはどうでもいいんだけど、問題なのは、この会社がやってる事業の内容だ。ひとつ目の「フューチャービジネスネットワーク」って会社は、不動産関係の会社なんだけど、ナナナナナント!グランドステージ大井町をはじめとしたヒューザーのマンションの管理を請け負ってたのだ。伊藤公介って、オジャマモンとは深いつながりはないって必死に弁解してたけど、実は自分の会社がヒューザーのマンションの管理を請け負ってたって、完全にベッタリじゃん!‥‥って言うか、面白そうだから、この会社のことをタップリと調べさせてもらったら、もっと楽しいことが分かっちゃった。この「フューチャービジネスネットワーク」って会社、ナナナナナント!マンション管理の資格を持ってなかったのだ! マンション管理の資格を持ってない会社が、マンションの管理業務をしてた。そして、その会社の取締役や監査役は、伊藤公介の公設秘書が、国に兼職許可申請を出さずにコッソリとつとめてたコレって、ダブルの法律違反じゃん! その上、もっと楽しいのは、この「フューチャービジネスネットワーク」って会社、伊藤公介がオジャマモンから「うちのマンションの管理を一括して任せたいので会社を設立して欲しい。これからも持ちつ持たれつで行きましょう。」って誘われて設立した会社だったのだ。だから、タマタマ伊藤公介がマンションの管理会社を持ってて、タマタマ知り合ったオジャマモンの会社のマンション管理を依頼された‥‥って話じゃなくて最初っから、オジャマモンの会社のマンションを管理するために設立された会社だったのだ。テレビの世界で言えば、ヤラセとかシコミってことだけど、現職の自民党議員と民間企業の社長とが、こんなことやってたらシャレになんないよな。 今回のヒューザー物件の問題が発覚してから、ヒューザー物件の管理会社として名前が報じられて来たのは、ハウジングキャピタルの高橋輝昭が代表取締役をつとめ、犬山正一が取締役をつとめる「グランドサービス」ばかりだった。だけど実際には、「グランドサービス」と並んで、この伊藤公介の会社、「フューチャービジネスネットワーク」も、ヒューザーの欠陥マンションの管理を請け負ってた。そして、この事実は、問題発覚当初に、伊藤公介本人の口から、自民党本部へと伝えられていた。それで、この話を聞いた自民党本部がどうしたのかって言うと、この事実を公表するどころか、ソッコーでインペイ工作を始めて、報道各社に対する圧力と情報操作を始めたのだ。だから、新聞やテレビで報じられるのは「グランドサービス」ばかりで、伊藤公介の会社、「フューチャービジネスネットワーク」の名前は出て来なかったってワケだ。サスガ、情報操作と洗脳を十八番にしてるコイズミ茶番内閣は、国民の目をアザムクのが巧いもんだ。 それから、もうひとつの会社、「融創国際」のほうは、とっとこハムスケ一家の他に、何人もの中国人が取締役になってて、中国でのビジネスを行なってる。どんな事業内容なのかって言うと、中国への旅行代理店みたいなことをやってる。そう言えば、伊藤公介って、オジャマモンをはじめとした建設業界のパトロンたちを引き連れて、中国ツアーに行ってたよね。その上、この会社の事業内容を詳しく調べてみたら、中国で安い建築資材を買いつけて、ニポンに輸入してるってことが分かった。コレって、どっかの黒幕のお手伝いみたいだけど、今日の日記の目的は、あくまでも、オジャマモンの証人喚問における民主党の質疑の援護射撃だから、この部分には触れない。とにかく、あたしは、マウンテンのような情報や証拠の中から、タイミング良く必要最低限のものだけを小出しにしてって、最終的にはコイズミを引きずり下ろすとこまで持って行きたいから、今日の日記に書くのは、伊藤公介の参考人招致を実現させるための材料だけってことだ。内河健に関しては、警察よりもマルサに叩いてもらったほうが遥かに重い罪にできるし、シッカリと隠し財産を押さえてくれるから、リトル方針を変えて、あたしのとっておきのロウソクやムチや三角木馬で、時間をかけてジックリと責めてやることにした(笑) (後略)


(私のコメント)


1月17日にはヒューザーの小嶋社長の国会の証人喚問が行なわれますが、これに対して官邸サイドも何らかの証人喚問つぶしをしてくる事が想定されていましたが、案の定、ホリエモンを証券取引法反の容疑で検察の家宅捜査が入った。そして想定どうりにテレビのワイドショーはホリエモンの報道一色になっている。もちろん証人喚問も報道していますが影が薄くなった。 ホリエモンの想定の範囲内であるかどうかは分かりませんが、国会の証人喚問つぶしのために自分にその矛先が向かうとは思ってもいなかったことだろう。とにかく官邸が必死に守ろうとしているのは森派の事務局長の伊藤公介議員であり、彼が捕まるような事があれば森派の闇献金まで全てがばれてしまう事になる。だから森派はあわててヒューザーからのパーティー券代や政治献金などを返してしまった。 1月の「朝から生テレビ」でも、ワイドショーなどが小泉劇場に利用されているのではないかと批判が出ていましたが、官邸はこれら全てを計算済みでワイドショーを操っているから、ワイドショー側が自覚していようがいまいが視聴率を高めるためには小泉劇場に乗らざるを得ないのだ。ホリエモンも小泉劇場のスターであり、証人喚問を潰せば彼の役割は果たした事になる。 今日の国会の証人喚問ではヒューザーと伊藤公介の関係がどの程度まで解明できるかどうかにかかっていますが、自民党と公明党の議員による質疑は当事者だから全く期待が持てない。関係のない自分の見解をとうとうと述べ立てて時間を潰して終わりだろう。問題は残る野党がどの程度まで真相に迫れるかですが、建設業界はヤクザとの関係が深いから野党も命がけだろう。民主党の石井こうき議員も伊藤白水という一人ヤクザに殺されましたが、こうした動きに対してもウェブサイトやブログで監視しておく事も必要だろう。



不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から35  2ちゃんねる


◆820 :闇の声:2006/01/17(火) 09:55:41 ID:cUTC6OOR


昨夜は全く寝ないで居た・・・来客もあったし、電話も相当あった 相当狼狽している人は、かなりいるし状況を把握出来ないまま朝になってしまったと 言う所が本当なのかも知れない 単純な推測は可能なのだが、それほど事態は単純じゃない その推測とは・・・検察の狙いは何で、何故今動いたのか??だね と言うのも、今回の動きをライブドアのスキャンダルと言う形にしなければ 言い換えればライブドアだけの特殊事情としなければ、IT関連企業全ての 業績に?が付いて、結果株価は急落するだろう IT企業とは名ばかりで、実は投資企業なのが実態でありその錬金術はライブドア同様 市場で自社株を吊り上げての融資引き出しだった その金を、今度は市場や不動産物件に還流させてそれら投機を煽ってミニバブルを招いているのが 真実なのだと思う この流れが逆流すれば、小泉構造改革の経済政策全てと言って良いだろう・・・に、赤ランプが 灯ってしまう さらに、三井住友の西川のように積極的にこれら企業のバックを認じている そそっかしい金融機関もあるので、これらも無傷では済まない それ故、今回の動きは小泉改革に真っ向から冷や水を浴びせかける形に成りかねないし 他のIT関連企業にも同じ目が向けられたらあっと言う間に不良債権の山が築かれる しかもこれらの企業は、具体的な資産が何もない 潰れたらそれっきりだ それ故、小泉内閣は総力を上げて検察を押さえに掛かるだろう 検察が反小泉に回ったとは思えない・・・だから、何か大きな取引があって その結果ライブドアを生け贄にする形で終息させる・・・しかし市場は生き物であり そんな官製報道を今回信用するだろうか??


◆最初は、ヒュ-ザ-問題なのかなとも考えたが、伊藤某のクビくらいどうって事はない 国の検査機関の問題であり、その所轄の国交省の管理不行き届きと言えばそれっきりだ それを認めているから、金融的な救済処置を決めるのが実に早かった 政府の報道官製はここでも成功して、しかも民主党の前原の政治センスの無さも救いになって 今回の喚問を最後に終息に向かいそうだ・・・せいぜい伊藤を離党させるか辞職させるだけだ しかも、ヒュ-ザ-の献金なんて金額が少ないし旦那気取りの車代代わり程度だ この疑惑を隠そうとしたけれども、それで動いたのは間抜けの伊藤一人だから(表向きは) それ以上には拡がらないだろう・・・だから、ヒュ-ザ-隠しには疑問符が付く そうなると、自分が思っている以上に反小泉の動きが急であり、反安倍の動きとも一緒になって 法務部門は既に反小泉陣営に与したのかとも取れる この場合、考えられるのはヒュ-ザ-どころではないもっと大きな政治スキャンダルか、あるいは 明らかな政治失策が予想されて急速な小泉離れが起きる可能性だね そうなると、一つ考えられるのは反小泉ではなくて反竹中なのではないか・・・だ 竹中がこれら新興企業家集団をバックにして、豊かな資金を持っているのはこれは 周知の事実だ ヘッジファンドなどの外資系がバックであるから、政治資金のような形ではなく 必要なときに海外で調達し、それを官邸の力で地下資金化して自民党をコントロ-ルしてきた 考えられるのは、これらのヘッジが手じまいを考え始めて・・・言い換えれば金融市場から資金を引き揚げて 冬眠に入る状況に成りつつあるのでは・・・だ そうなると、一挙に竹中の力はなくなるし、同時にバブルはクラッシュしてしまう その先手を打って、ライブドアにメスを入れて市場に出来るだけ衝撃を与えないで バブルを終息させる・・・これであれば日銀が言っているバブルに対する懸念とは 矛盾しない・・・そう言うことを色々考えてみている


(私のコメント)


以上の様な推測もありますが、ホリエモンの逮捕が反竹中陣営の巻き返しによるのもだろうか。検察だって小泉後を睨んでいるから官邸の意のままに動いてもいられない。だから政局は一気に動いて小泉・竹中内閣は既に死に体なのかも知れない。すでに小泉内閣はあと8ヶ月しかないから警察や検察やマスコミもポスト小泉で動き始めたのかもしれないが、このホリエモン逮捕がどちらの陰謀なのか動きを見ないとまだ分析できない。






蛇足


欲の皮が厚い人は、逃げ回るのも上手いとは限らない・。もう、バレバレなのだから・・本丸は遮断するだろうな?


asahi.com 1月16日


管理業務を受注したのは、04年8月に設立されたフューチャービジネスネットワーク(東京都中央区)。代表取締役は伊藤元長官の三男で、元長官の妻、公設第1秘書の次男も取締役に名を連ね、監査役には政策秘書の名がある。


 ヒューザー側の説明では、フューチャー社は昨年8月末、ヒューザーの関連会社グランドサービス(東京都世田谷区)を介し、グランドステージ大井町(東京都品川区)の管理組合との間で建物内の給排水設備や消防設備の点検などを請け負う契約をした。料金は年間51万円という。これに対しフューチャー社は「管理組合から過去に1件、排水ポンプの点検業務を2万3100円で受けたが、それ以外にはない」と答えた。


 マンションは昨夏に完成。構造計算は姉歯秀次元建築士が担当したとされるが、国交省が確認した強度偽装物件には13日現在、入っていない。


 小嶋社長によると、元長官の三男と「パーティーか何か」の場で名刺交換した際、フューチャー社の事業にビル管理があると知り、グランドサービスを紹介した。グランドサービスはヒューザーが販売したマンションの管理業務をしており、代表取締役は小嶋社長の義弟が務めている。


 小嶋社長は「(元長官の三男と自身の義弟を)私が引き合わせた。ヒューザーの事務所だと思う」と説明。「知っているところに頼むほうが、ありがたがられる」と話した。


 小嶋社長によると、業界団体の勉強会で、講師として招かれた伊藤元長官と知り合い、その後、元長官を囲む昼食会を開くようになったという。昨年9月の衆院選では、小嶋社長がヒューザー社員に伊藤陣営に行くよう呼びかけ、社員ははがきのあて名書きなどを手伝っている。


 また企業経営者らと伊藤元長官との旅行にも参加し、中国・大連や箱根を訪れている。


 伊藤元長官は耐震強度偽装問題が公表される2日前の昨年11月15日、小嶋社長が国土交通省課長と面会した場に同席していたことが分かっている。元長官の政治団体「東京公友会」の政治資金収支報告書によると、04年9月の政治資金パーティーでヒューザーがパーティー券100万円を購入、小嶋社長自身も、00~03年に各16万円を献金したとの記載がある。


     ◇

偽装・偽計・詐欺・嘘偽りは大同小異。

ライブドア堀江社長家宅捜索、事情聴取へ 子会社の不正関与か

 ホリエモンこと堀江貴文社長(33)率いる「ライブドア」の子会社に証券取引法違反(偽計取引と風説の流布)の疑いが強まり、東京地検特捜部が16日、東京・六本木ヒルズの同社本社や堀江氏の自宅などを家宅捜索した。プロ野球新規参入、ニッポン放送株買収合戦、衆院選出馬で“IT時代の寵児(ちょうじ)”となった堀江氏だが、急成長の陰で強引な手法に批判も噴出していた。特捜部は堀江氏の関与も含めて経営実態の解明を進める考えで、ホリエモンは「想定外」の窮地に追い込まれた格好だ。


ヒルズ騒然!


 六本木ヒルズが揺れた。16日午後6時半ごろ、報道陣や帰宅途中の会社員、遊びに来た若者ら100人以上が集結するなか、東京地検の係官10人以上が到着。カメラマンらにもみくちゃにされながら、ビルの中へ。警備員が「撮影はお断りします」と叫ぶなか、エレベーターでライブドア本社がある38階へ向かった。


 調べによると、ライブドアが約75%の株を持つ「バリュークリックジャパン」(東京、現ライブドアマーケティング)は2004年10月、株式等価交換による出版社「マネーライフ社」(東京)の完全子会社化を発表したが、この株式交換が不公正な取引だった疑いがあるという。


 またバリュークリックは同年11月に発表した決算短信で、売上高や経常利益などを水増しして経営状態が実際より良いように見せ、同社の株価を上げようとした「風説の流布」の疑いも持たれている。


 世間の話題を次々にさらってきたヒルズ族のなかでも、最も時代に“はまっていた”のが堀江氏。その強烈なキャラクターに引っ張られる形で、ライブドアも急成長。企業買収を繰り返し、株式時価総額は5000億円を超えた。業界の先輩格であるヤフーや楽天を追うように、昨年末には日本経団連に加盟していた。


 しかし、その急成長は「錬金術」とも言われた極端な株式分割や時間外取引によるメディア買収戦略によって支えられてきた。堀江社長は「法律の範囲内」と繰り返してきたが、「市場のルールの網の目をくぐって成長につなげている」と批判が上がっていた。


 捜索直前、堀江氏は複数の取材に「心当たりはない」と想定外を強調した。特捜部はライブドアマーケティング代表取締役を兼務しているライブドア役員の横浜市港北区にある自宅も捜索し、組織的に実行されたとみて、ライブドア本体や堀江社長の関与の有無についても捜査する方針。関係者からは「法令遵守できない企業は淘汰(とうた)を」と厳しい声も上がっている。


 ◆風説の流布 有価証券などの相場を変動させる目的で、事実の裏付けのない情報(風説)を流す行為。証券取引法158条で不公正な取引として禁じられ、虚偽の情報に限らず、うわさなどの不確かな情報などでも処罰の対象となる。罰則は5年以下の懲役または500万円以下の罰金。


◆各局番組変更へ


 ライブドア家宅捜索を受け、テレビ各局は16日、同社幹部出演番組の変更など対応に追われた。


 テレビ東京は同日午後8時の「月曜エンタぁテイメント 激論全国の人気占い師30人」を急きょ、過去の同番組の再放送に差し替え。乙部綾子広報が登場、今年の同社を占う部分があったためだ。


 フジテレビは、21日放送予定の「めちゃ×2イケてるッ!」が、堀江社長をゲストに招いて収録済みだが「対応は決まっていない」(広報部)。


 テレビ朝日も、乙部広報に出演依頼した18日放送予定の「愛のエプロン」が収録済みで、28日には「SmaSTATION―5」の生放送に堀江社長が出演する予定。テレ朝広報部は「捜査の行方を見守って対応」と話している。



2006年01月17日08時15分 スポーツ報知 / 提供元一




ヒューザー・小嶋社長泣いちゃった… 証人喚問前に社員9割退職、営業停止

 オジャマモン泣いちゃった―。耐震強度偽装問題で、マンション販売会社「ヒューザー」(東京・千代田区)を率いる小嶋進社長(52)が17日、いよいよ衆院国交委の証人喚問に登場する。同社は社員の大半が退職し、経営困難な状態に陥っていることが16日、分かった。近く正式に営業活動を休止し、会社資産と小嶋社長の個人資産を公開して、居住者への補償にあてるという。また、小嶋社長はテレビ朝日の取材に対し、涙ながらに心境を吐露した。


全資産70億円で補償 自家用機も手放す!?


 関係者によると、ヒューザーは昨年11月17日に偽装問題が発覚してからは新たな物件の販売が進まず、事実上営業ができなくなっていた。そのため30人以上いた社員の9割近くが退職。退職者にはヒューザー側が就職をあっせんした。現在は数人が残るだけという。


 今後は破産手続きはとらず、営業活動を休止して補償を中心に会社を存続させる考え。さらに指定確認検査機関や国に損害賠償請求を検討。被害住民に対しては連絡協議会の設置を求め、その合意に基づいて補償するなどとしている。


 小嶋社長はこの日までに応じたテレビ朝日のインタビューでも、補償について言及した。現在の資産を「負債もありますが、70億かそこらかと思います」とした上で、あらかじめ用意していた紙を読み上げ「すべての資産を被害者のために使用する」と宣言。東京駅近くのゴージャスなオフィスからの退去、お気に入りの自家用飛行機も手放すことも覚悟しているという。


 ただしこれまで補償方法を二転三転させてきた小嶋社長だけに、このプランが実行されるかは不透明。事実、複数マンションの居住者が「小嶋社長の言動はまったく信用出来ない」として、ヒューザーの破産申し立ての方針を固めている。


 テレビでのインタビュー冒頭では、家族の現状についても答えている。涙を押しとどめることができず「ちょっと、すみません。ちり紙、ちり紙…」と、ティッシュペーパーの箱を引き寄せて鼻をかみながら「子供たちがちょうど、孫を連れて出てっちゃったもんですからね」と、がけっぷちの男の悲哀をにじませていた。


 昨年11月29日の参考人招致ではイーホームズの藤田東吾社長(44)に「バカヤロー」と怒号を響かせるなど話題をさらったが「ここまで来ますと相当程度怒りも収まってきています。(証人喚問は)淡々とお受けしたい」と、心静かに大一番に臨む。


◆「偽装知り販売」認めた


 小嶋社長が昨年10月25日以降、販売中の物件に偽装の疑いがあることを把握しながら販売契約を結んだり、鍵を引き渡したりしていたことが16日、分かった。小嶋社長は「間違いない」と事実関係を認めている。


 ヒューザー関係者によると、指定確認検査機関イーホームズから偽装の指摘があった昨年10月25日、ヒューザーの設計担当役員が、姉歯秀次元1級建築士(48)から「(構造計算書の数値を)低減した」と説明を受けた。役員は姉歯氏を伴いヒューザー本社に帰り、小嶋社長に会わせた後、千葉・市川の姉歯建築設計事務所に同行。姉歯氏にパソコンで、構造計算書を偽造した8件のヒューザー物件を表示させ、名称や数値をメモにとったという。


 8件には販売中の「グランドステージ船橋海神」(千葉・船橋市)、引き渡しが近い「グランドステージ藤沢」(神奈川・藤沢市)が含まれていた。しかし同社は同26日に「藤沢」の1戸の販売契約を結び、28日に17戸を引き渡し、29日に「船橋海神」の1戸を契約した。


◆責任の所在明確にして 証人喚問に居住者期待


 小嶋社長の証人喚問を前に、東京・江東区の「グランドステージ住吉」居住者は16日、「問題の責任の所在がどこにあるか、少しでも明確にしてほしい」と期待を寄せた。喚問直前になって小嶋氏が偽装の可能性を知っていてマンションを売った事実を認めたことに「なぜ去年の11月に認めなかったのか。住民を軽視していると言わざるを得ない」と憤激。会社資産と個人資産を公開して補償にあてるというプランも「信用出来ない。証人喚問できちんと説明してほしい」と話した。東京・墨田区の「グランドステージ東向島」居住者も「補償方法の説明責任があると思う」と話した。



2006年01月17日08時15分 スポーツ報知 / 提供元一覧


蛇足




偽装

ある事実をおおい隠すために、他の物事・状況をよそおうこと


2 周囲のものと似た色や形にして姿を見分けにくくすること。特に、戦場などで行うもの。カムフラージュ。

?

偽計

?1 人をあざむく計略。詭計(きけい)。


?(詭計)人をだまし、おとしいれようとする計略




事実でないこと。また、人をだますために言う、事実とは違う言葉。偽(いつわ)り。


2 正しくないこと。誤り

3 適切でないこと。望ましくないこと。


詐欺

?1 他人をだまして、金品を奪ったり損害を与えたりすること。


法律で、他人を欺いて錯誤に陥れる行為。


大同小異

小さな違いはあっても、大体が同じであること。また、そのさま。

「私(堀江小嶋)は、事実を覆い隠して、騙し、欺いて他者に損害を与えたり、金品を奪い取ったりしてません・。」>それが偽装・偽計・詐欺・嘘偽りだ・・!

シナリオはすすむ?

イラン核:日本、国連安保理付託に賛成

 イランが核関連活動を再開した問題で、日本政府は15日、国際原子力機関(IAEA)緊急理事会で同問題の国連安保理付託に賛成したうえで、付託後も「対話による解決」を模索していく方針を固めた。欧米諸国と歩調を合わせつつも、日本は油田開発などイランとの「特別な関係」(政府筋)があり、米国が安保理で提案する可能性がある経済制裁は避けたいのが本音。政府はジレンマを抱えながら、引き続きイラン政府への働きかけを行う考えだ。


 政府は昨年9月のIAEA定例理事会で安保理付託を容認、非難決議にも賛成した。今回の事態を受けた緊急理事会への対応でも「反対する理由はない」(外務省幹部)と付託に賛成する方針。北朝鮮の核問題解決を目指す立場からも「北朝鮮は各国の対応を注視しており、イランと北朝鮮への対応で二重基準を取るべきでない」(同)という事情もある。


 一方、イランは昨年9月、非難決議の賛成国との「経済協力関係を見直す」と表明。イラン産が総原油輸入量の15%を占め、04年に中東最大級のアザデガン油田(埋蔵量約260億バレル)の開発契約を結んでいる日本は難しい立場に立たされることになった。


 このため、政府はイランとの外相会談などを通じて「賢明な判断」(町村信孝前外相)を再三求めてきた。麻生太郎外相も13日の記者会見で、安保理付託は容認したものの「核開発問題の解決には、さらなる外交努力が必要だ。安保理に出されて即制裁ということにはならない」と述べ、経済制裁には慎重に対応する姿勢を強調した。【山下修毅】


毎日新聞 2006年1月15日 18時22分



http://www.propagandamatrix.com/index.html



Russian Expert Says Israel Likely to Bomb Iran in Spring


Mos News | January 15 2006


Israel could launch a missile attack on Iran in the upcoming spring, Director of the Russian Political Research Institute Sergei Markov was quoted by Interfax as saying Saturday.


“Israel is in the state of a bitter cold war with Iran and might become the first victim of a nuclear weapon attack: therefore, I deem it very likely that the Israeli Air Force could launch missile strikes on military, nuclear targets in Iran as early as this spring,” Markov told Interfax.


This move, however, would create serious problems for Israel, Markov said. “This would lead to a significant destabilization of the situation in the Middle East, including a dramatic increase in [terrorist] attacks by Islamists on Israel,” he said.


At the same time, the international community will be increasing pressure on Iran, Markov said. In particular, Iran might be subjected to economic sanctions, “which would at first be mild but would then grow tougher and tougher, up to an embargo on purchasing Iranian oil,” he said.


春にイランを爆撃するために、ロシアエキスパートはたぶんイスラエルを言う。

Mosニュース|2006年1月15日

イスラエルは近く発表される春にイランへのミサイル攻撃をスタートすることができて、ロシアの政治的な研究所セルゲイ・マルコフのディレクターは、土曜日に言うこととしてインターファクスによって引用された。

「イスラエルはイランとの苦い冷戦の状態にあり、核兵器攻撃の最初の犠牲者になるかもしれない:」

インターファクスに、「従って、私は、イスラエルの空軍が早くもこの春軍隊、核の目標の上のミサイル攻撃をイランに乗り出させることができたことを非常にありそうであると考えている」とマルコフは言った。

しかし、この動きはイスラエルのために深刻な問題を生むであろうとマルコフは言った。

「これはイスラエルへのイスラム教徒による[テロリスト]の攻撃の劇的な増加を含む中東の状況の重要な不安定化をもたらすであろう」と彼は言った。

同時に、国際社会はイランへのプレッシャーを増大させているであろうとマルコフは言った。

特に、イランは、経済制裁(「最初は穏やかであろうけれどもイランのオイルを購入することにおける出入港禁止命令までその時ますますより丈夫になるであろう」)を受けるかもしれないと彼は言った。





Dinner Guest Ayman al-Zawahri Escapes Death


Kurt Nimmo | January 15 2006


For the sake of argument, let’s say a Canadian terrorist, set loose on the world by the Canadian Foreign Intelligence Service (I don’t know if the CFIS creates terrorists, but in this instance let’s say they do), escaped over the Canada-United States border and took refuge in International Falls, Minnesota. Canada and CFIS discover this terrorist?who they want to kill for political and propaganda purposes?is hiding out in a house, which they later describe as a “compound,” and send a CFIS drone bristling with missiles streaking over the border and bomb the house situated in a quiet neighborhood in International Falls, killing eighteen people, including women and children. Imagine the reaction. Millions of Americans, rightfully outraged by this murderous attack, would demand the United States immediately attack Canada, maybe nuke Ottawa, and string up every last member of the country’s parliament in retribution.


In essence, this is what happened in the Bajaur area in northwest Pakistan on Friday. “Pakistani officials on Saturday angrily condemned a purported CIA airstrike meant to target al-Qaida’s No. 2 man, saying he wasn’t there and ‘innocent civilians’ were among at least 17 men, women and children killed in a village near the Afghan border,” reports the Associated Press. “Counterterrorism officials in Washington declined to comment on U.S. media reports that CIA-operated drone aircraft fired missiles Friday at a residential compound in Damadola trying to hit Ayman al-Zawahri, Osama bin Laden’s top lieutenant whose videos have made him the face and voice of al-Qaida.”


Of course, since Ayman al-Zawahri is not in Pakistan?and may in fact be dead, as his boss is dead?the CIA attack served only to kill innocent Pakistanis and further outrage Muslims, who understand very well that the United States is engaged in a Crusade against Islam and Muslim lives can be had at discount price. As well, the significance that the attack took place on Eid ul-Fitr, an Islamic holiday that marks the end of Ramadan, is likely not lost on Muslims around the world.


In order to spread around the blame, the Washington Post, quoting a “source,” said Pakistani intelligence was involved in the attack. Moreover, the so-called source (probably a neocon in the Pentagon) said “that Zawahiri got out of the building before it was hit,” in other words the dead Pakistanis, including the women and children, have nobody to blame but themselves.


Bloomberg reports:


Zawahiri was known to use safe houses in a Pakistani area attacked by U.S. forces yesterday, and U.S. intelligence indicated he might be in the location or headed there, ABC reported. Five of those killed in the attack were high-level al- Qaeda figures and their bodies are undergoing forensic tests for identification, ABC said citing unidentified Pakistani officials.


Of course, we can’t believe anything we hear about al-Zawahiri or “al-Qaeda,” since the Straussian neocons in the Pentagon, the CIA, and their Pakistani intelligence friends make things up as they go along. Recall al-Zawahiri was supposedly killed by Pakistani mercenaries as he was riding in an ambulance after being wounded by an American bomb after airstrikes on a complex of caves near Jalalabad, Afghanistan, on December 3, 2001 (the attack allegedly killed al-Zawahiri’s wife, Azza, and their three children). And then, in May of 2004, al-Zawahiri was supposedly surrounded by the Pakistani military in a tribal area of Pakistan bordering the Afghan mountains. Although we are told a large number of “hardcore” “al-Qaeda” fighters were killed in the attack, al-Zawahiri escaped the dragnet just as the fighting commenced (another ruthless and mercurial al-Qaedaite, Abu Musab al-Zarqawi, also has the uncanny ability to elude capture). Thus, not unlike Orwell’s Emmanuel Goldstein, both al-Zarqawi and al-Zawahiri live another day to serve as bogeymen (and, like Goldstein, we are never sure they actually exist).


It’s my guess al-Zarqawi will live on in infamy for a very long time, or as long as he is useful to the Straussian neocons. In the meantime, more Muslims will die?and thousands may soon die in Iran if the neocons and the Zionists in Israel have their way?because, as the Washington Post and Bloomberg remind us, Muslim lives are cheap and, besides, they deserve whatever horrible fate they receive for serving dinner to Ayman al-Zawahri on Eid ul-Fitr.


ディナーゲストAyman al-Zawahriは死を免れる。

カート・ニモー|2006年1月15日

議論のために、カナダ外国情報機関(私は、CFISがテロリストを作成するかどうかを知らないけれども、この例において、彼らがすると言おう)によって世界にゆるく設定されたカナダテロリストがカナダ米国境界の上で脱出し、インターナショナル・フォールズ、ミネソタで避難をしたと言おう。

カナダとCFISは、このテロリスト?whoを発見する それら 殺し のために 政治的なおよび たい 女性と子供を含む18人の人々を殺して家に隠れて、後でそれらが「化合物」と評し、CFIS無人機を、ミサイルが密生し、境界の上で筋がついているようにし、インターナショナル・フォールズの静かな付近に位置させられた家を爆撃する宣伝目的?is 。

反応を想像しなさい。

この残忍な攻撃に公正に憤慨した数百万人のアメリカ人は、米国が直ちにカナダを攻撃し、たぶん、オタワを核攻撃し、罰における国の議会のすべての最後のメンバーを吊るのを要求するであろう。

本質において、これは、金曜日に北西のパキスタンのBajaurエリアで起こったことである。

「土曜日のパキスタンの役員は怒って、彼がそこにいなく、‘無実の民間人’がアフガニスタンの境界の近くの村で殺された少なくとも17人の男性、女性、および子供の間にあったと伝えて、アルカイダのNo.2の男性を目標とすることを意図されているCIA空爆と称されるものを非難した」とAP通信は報告する。

「ワシントンの報復テロ行為役員は、Ayman al-Zawahri(ビデオが彼のためにアルカイダの面と音声を作ったオサマ・ビンラディンの一番上の副官)に当たろうとして、CIAで操作された無人機航空機がDamadolaにおける居住地区に金曜日にミサイルを発射したという報告を米国メディアについてのコメントに辞退した」。

もちろん、Ayman al-Zawahriがパキスタン?になく、するかもしれないので、実のところ、死んでいなさい、彼のボスが死んだ?である時に、CIA攻撃は、米国がイスラム教徒に対して改革運動に従事していて、イスラム教ライフが値引き価格で催されることができると非常にうまく理解している無実のパキスタン人とさらに乱暴イスラム教徒を殺すだけに役立った。

その上、Eid ul-Fitr(ラマダンの終わりを示すイスラム休日)上で、攻撃に場所にかかった意義はたぶん世界中でイスラム教徒において失われない。

非難のまわりで広がるために、ワシントン・ポストは、「ソース」を引用して、パキスタンの知能が攻撃に関係していると言った。

さらに、いわゆるソース(たぶん国防総省の新保守主義者)は、女性と子供を含む、「それに当たる前に、そのZawahiriは建物を出た」、すなわち死んだパキスタン人が自身を除いた非難への誰も持っていないと伝えていた。

中略


al-Zarqawiが、非常に長い時間の間または彼がシュトラウス信奉者新保守主義者に有益な限り悪評において生き長らえるであろうということは私の推測である。

その間、より多くのイスラム教徒は?死ぬであろうし、ワシントン・ポストとBloombergが、私達に思い出させている時に、イスラム教ライフが安いので、イスラエルの新保守主義者とシオニストが彼らの方法で?を持っていて、さらに、Eid ul-Fitr上のAyman al-Zawahriにディナーを出すために、彼らが、彼らが受け取るどのような恐ろしい運命にでも値しているならば、数千はすぐイランで死ぬかもしれない。


蛇足


イラン核問題6カ国協議・・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・ロシア・中国でイランが核関連活動を再開した同問題の国連安保理付託に、賛成はアメリカ・イギリス・ドイツ・。慎重派はフランス・ロシア。反対は中国。日本は蚊帳の外ですから・・ドイツは技術援助なのかやはり、ドイツ系がアメリカには多いからか?6カ国に入っているのです。難儀な中国は棄権に回らしてでも、安保理付託に持っていくのか??イスラエルは数百発の核を持っていると言われるが・IAEAにも核問題にも査察などもまったく無い、ダブルスタンダードですけども?そこは旦那・・と言う事で・・。

イランことすな・?

デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報http://icke.seesaa.net/article/11714629.html


●ロシアがイラン非難へ

ロシアも態度を変えて、イラン非難の西欧側についた。


アイク(そのココロは=その時が近づいたということだ)


イスラエルとイランの関係についてのアメリカが取りそうな政策を前知したければ、このサイトを見るといい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Mossad.com

http://www.aipac.org/iran/




これは、アメリカ・イスラエル広報事業委員会だ。イスラエルは、自分の望むものは必ず手に入れる。

私(アイク)はこれをMossad.comと呼んでいる。

リンクのサイトは、Mossad.comのイランを扱った記事。写真があるのは、イランの大統領が、ホロコーストは起こらなかったと発言しているところで、画面の真ん中ほど、テーブルの前に「The World without Zionism」 「シオニズム(ユダヤ主義)の無い世界を」という文句が貼ってある。



記事の内容はイランが核を開発する前に止めなければならない。という記事。

これらの報道は日本のメディアでもあったと思うが、写真を見ると、不気味だ・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



http://www.kommersant.com/page.asp?idr=527&id=640497


Jan. 13, 2006

Russia Prepares for Evacuation

// As the U.S. and Iran prepare for war

Iranian nuclear crisis


The European Union decided to break off negotiations with Iran on its nuclear program. The final decision on the holding of an extraordinary meeting of the International Atomic Energy Agency and the forwarding of the Iranian dossier to the UN Security Council will be made next week in London at negotiations with representatives of the United States, EU, Russia and China. Moscow has already made it clear that it will no longer cover for Iran, which removed the seals from its nuclear facilities yesterday. Kommersant has learned that the Russian military delegation has Teheran, cutting off negotiations on the sale of S-300 complexes to it. An evacuation plan for the Russian specialists working in Iran is being developed in Moscow.


Russia Washes Its Hands



ロシアは避難の準備をする。

// 米国とイランが戦争の準備をする時

イランの核の危機

欧州連合は、その原子力計画の上のイランとの交渉を打ち切ると決めた。

国際原子力機関の臨時総会の保持とUN安全保障理事会へのイランの関係書類の転送についての最終決定は米国、EU、ロシア、および中国の代表との交渉でロンドンで来週されるであろう。

モスクワは、すでに、それがもうイランのためにカバーしないであろうということを明確にした(それは昨日シールをその核施設から取り除いた)。

Kommersantは、それにS-300コンプレックスの販売の上の交渉を切り離して、ロシア軍隊の派遣がテヘランを持っていることを知った。

イランで働いているロシア専門家についての避難計画はモスクワで展開されている。

ロシアはその手を洗う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


http://www.aipac.org/iran/


Iranian President Mahmoud Ahmadinejad again denied that the Holocaust ever happened, underscoring the threat of Iran's nuclear pursuit. | Reuters


イランの大統領Mahmoud Ahmadinejadは再び、イランの核の追跡の脅威を強調して、ホロコーストがこれまで起こったことを否定した。

|ロイター



Iran must be stopped before it develops nuclear weapons


Iran must be referred to the U.N. Security Council now, before time runs out for the international community to prevent the world’s leading sponsor of terrorism from developing nuclear weapons. Having broken international seals on key nuclear facilities and resumed sensitive atomic research, Iran has demonstrated that negotiations will not convince it to end its pursuit of atomic arms. The United States and its European allies must follow through on their recent pledges to push for Iran to be sent to the Security Council, which could impose economic sanctions on Tehran to stop its pursuit of atomic arms. Iran must face additional international pressure rather than further concessions for its continued flouting of international non-proliferation obligations.


それが核兵器を開発する前に、イランは停止しなければならない。

国際社会が、世界の導きテロ指導者が核兵器を開発することを妨げるように、時間切れになる前に、イランは現在国連安全保障理事会に委託されなければならない。

重要な核施設の上の国際的なシールを壊し、敏感な原子の研究を再開して、イランは、交渉が、原子のアームのその追跡を終えることをそれに納得させないであろうということを証明した。

米国とそのヨーロッパ同盟国は、安全保障理事会に送られるためにイランのために推進するそれらの最近の誓約においてやり抜かなければならない(それは、原子のアームのその追跡を止めるためにテヘランに経済制裁を課すことができた)。

イランは国際的な不拡散義務のその続いた軽蔑のためにさらに譲歩というよりも追加の国際的なプレッシャーに直面しなければならない。








蛇足


ロシアが引いた・。残るは中国だけだ・。ミサイル供与や核爆弾は子分の北朝鮮経由かもしれん・。アメリカが後押してイスラエルを挑発する。イランとその石油契約するまたしても中国が出現、中国と世界と言う構図が出来上がりつつある。イランを通じて、世界唯一の共産国の危険な賭けが起こるかも知れない??

中国共産の現実的脅威

勝谷誠彦の××な日々http://www.diary.ne.jp/user/31174/

年末に扱ったテーマが支那の空母だった。テーマパークの施設として展示されている空母が着々と実戦のためのそれに改造されているという話である。話の鍵はカタパルトにリニアを使うという射出装置であったと思うがしかと覚えてはいない。さすがに常日頃支那に魂を売っているだけあって昨日の国際面に朝日新聞が書いた支那の空母話は資料としては秀逸であった。何の問題意識もなく朝日だから入手できるデータに基づく記事は驚愕に満ちている。旧ソ連から支那が買い取った空母はワリャーク、キエフ、ミンスクの3艦。その中でもワリャークの改造ぶりが著しい。記事は本格的な改造にはロシアの協力などが必要と書いているが何しろ形から入るハリボテ国家であることは弟子の北朝鮮が証明している。とにかく支那は「空母が欲しい」という視点から見れば恐らくはこのうちの1隻がまもなく現役として出てくるであろう。朝日にしては珍しく現実的な識者のコメントを載せている。江畑健介さん。<空母は「力の象徴」としての視覚的効果も大きい。建造はいずれ行く道。いつ出発するかだ>。至言と言えよう。ならばわが国はどうするかを今から考えておかなくてはいけない。記事には各国の所有空母数が書いてある。米12。英3。が突出している。あとは1隻づつで露仏伊西にブラジル、インド、タイそれぞれの地域におけるパワーバランスを考えると極東にどこかが持っていなくてはおかしい。それをアメリカが肩代わりしていてその水兵が事件を起こすと日本は騒ぐ。一体どうすればいいのか。そろそろ考えていいころだろう。東シナ海のガス田。尖閣諸島。竹島。空母を実際に人殺しに使っているのはアメリカくらい。あとはそれが存在することによって自らの国土の保全と尊厳を守っているのである。戦艦大和の映画で涙を流しているのもいいがならば今回はあれほど追い詰められないうちにきちんと防波堤を築いておくという発想もあっていいのではないか。空母や核武装という論議が出てくることを私は小学生の時にずっと考えていた。未だ時は熟してはいない。しかし私は自分の勘を信じている。


中国共産航空母艦計画http://image01.wiki.livedoor.jp/n/2/namacha2/29bfb4d8.jpg





中国海軍は固定翼機24機程度を搭載する48,000トン級空母2隻を90年代末に国内建造して、2005年までに就役させる計画であった。空母設計に関してロシアが助言を求められた事もあったが、運用上や技術的な問題もあり、建造計画は2000年代に持ち越されている。また1番艦就役は大幅に遅れて2010年代には難しいだろうと言われている。



中国の軍需産業管理機関・国防科学技術工業委員会の張広欽・副主任は2005年6月の記者会見で、中国の将来の空母建造について「関係部門は真剣に研究、検討している」と語り、保有計画の存在を明らかにした。 ただ張副主任は、中国が「すでに初の空母を建造した」との見方については「まったく承知していない」と否定した。



中国海軍は空母建造の参考用にロシア海軍の退役空母、建造工事が中断された空母を購入している。クズネツォフ級(満載排水量67,000トン)の2番艦として1985年起工、1988年に進水したがソ連崩壊後にウクライナが取得し1992年に工事が中断されたワリヤーグや、キエフ級(満載排水量43,500トン)1番艦のキエフ及び2番艦ミンスクを中国は購入した。



これらの艦はカジノやテーマパークに改造されたりスクラップ化されたりと空母目的以外に使用されたことになっているが、空母建造計画にどの程度関与したかについての事実関係は不明である。




http://image01.wiki.livedoor.jp/n/2/namacha2/6f77a5aa.jpg





2005年8月17日のJDWによれば、マカオでカジノにされる予定だったクズネツォフ級2番艦のワリヤーグ(Varyag)が、大連造船重工有限責任公司に搬入されて海軍技術者により船体構造の調査が行われているようだ。その際にロシア人の空母設計技術者も協力して作業にあたっているという。また塗粧されなおして人民解放軍海軍の塗装が施されたほか、艦の状態を改善する作業が進められているという。




川村純彦



サブタイトル:

洋上防衛米空母のアジア配備が激減している今、シーレーンを守るにはこれしかない


タイトル:

2015年中国空母出現に備え日本も防衛型空母を持つべきだ


川村純彦(元海将補) + 伊藤靖之構成


 2000年の年明け早々、中国が航空母艦の建造に初めて着手するというニュー スが報じられた。香港紙によると、約43億人民元(550億円)を投じ、4万8000 トン級の軽空母を建造する計画とか。2003年に進水、2005年前後には正式配備されるという。中国政府は否定しているが、かねてから専門家の間で推測されているように、中国海軍によるの空母配備が実現すると、周辺地域の軍事バランスに大きな衝撃を与えることは必至だ。そのときに備え、日本はどのように対処したらいいのか。 それには、日本も空母を持つべきだという意見がある。元海将補で軍事アナリストの川村純彦氏に日本が空母を持つ必要性について聞いた。





 1980年代以降、中国海軍は海軍力の整備を積極的に推し進めている。戦略の柱は、周辺海域における敵の介入を阻止する能力、つまり、海洋拒否(シー・デナイアル )能力の整備と、広い海洋における自国権益の擁護の2つ。その結果として航空母艦(空母)を中核とする機動部隊を保有しようとしている可能性は高い。では、中国海軍は、空母に対してどのような役割を期待しているのか。 今のところの専門家の意見では、中国が保有を目指す空母は現時点での技術力から考えても、有事において、強大なアメリカの空母機動部隊との直接対決では勝算が全くないと考えられている。何故なら、中国の空母は、陸上基地の航空機によるエアカバ ーの下で、他の艦艇と一体となって動くことを主眼としていると考えられるからだ。そのため行動範囲も沿岸海域に限られるだろう。 一方で、中国はアメリカとの軍事対決を慎重に避けつつ、平時においては機会があるごとに、近隣諸国への圧力を加える道具として空母を使用する。そうしながら、しだいに海軍力を増強していき、米海軍と渡り合えるだけの戦力を造り上げていくだろう。


 この観点から、中国が考えている空母の任務は次の4点だといえる。


1、周辺海域における敵の海洋使用の拒否。


2、海洋資源確保のための海洋権益の擁護。


3、SSBN(弾道ミサイル搭載原子力潜水艦)の防護など、核抑止力の保護。


4、政治大国のシンボルとしての空母。


 空母の持つ能力について、中国海軍の認識を示す一例として、解放軍報の中に次のような一文がある。


「40機搭載の空母1隻の持つ空中支援能力は、陸上基地の戦闘機200~800機分に匹敵し、また、空母が率いる1個機動部隊がコントロールしうる海域は、駆逐艦だ けで編成した部隊の50倍の広さに該当する」


 中国は空母の能力を極めて高く評価しているということだ。


 中国の空母建造については、1987年4月、中国海軍航空部隊が中国北部の基地で、特設の模擬空母甲板を用いて、初めて発着艦訓練を行ったという情報を初めとしてさまざまに伝えられてきた。93年には、在マカオの中国系会社がウクライナから、未完成の空母ワリヤーグをスクラップにすることを前提として購入した。中国南部の会社 も、退役した空母ミンスクを娯楽施設にするという名目で、ロシアから購入している 。この背景には、購入した空母を解体して技術情報を得ようとする中国海軍の動きが あったのではないかとみられている。


 では、中国が計画している軽空母とはどのようなものなのか。


 まず、搭載航空機の面からいうと、中国はV/STOL(垂直、短距離離着陸)機の入手が期待できないため、空母にはCTOL(通常離着陸)機を搭載することになるだろう。


 V/STOL機としては、旧ソ連がキエフ級空母4隻に搭載させたYak38フォ ージャーがあったが、航続距離や搭載重量などに問題があった。その後、後継機YakーI41フリーハンドの開発に着手したものの、深刻な財政難のため打ち切られたままになっている。  現在、世界中で実用に供しうるV/STOL機は、イギリスのシー・ハリアーFRS・1とアメリカのV22オスプレイの2機種のみだ。これらの技術が中国にわたるとは考えられない。


 一方、中国の空母に搭載されるCTOL機については、米海軍情報部は、現在開発中の単座多目的軽量戦闘機Fー10の海軍型になるだろうと予測している。これは、陸上機のFー10に、着艦のための拘束装置を備えさせ、脚や機体の強度を強化、さらにエンジン出力を増大させて主翼を折りたたみ式にするなどの改造を加えたものだ。


 しかし、一般的にいって陸上機を艦載機に改造することは技術的に難しい。もし 、中国がFー10の改造に失敗した場合は、ロシアの空母アドミラル・クズネツォフに搭 載中のCTOL機と同一のSuー33、もしくはSuー25フロッグフットといった機種をロシアから導入する可能性もある。


 空母艦隊に不可欠な警戒と戦闘指揮を行う早期警戒機については、ハイテク機器が集中するため、かつてのソ連では開発に失敗している。現在実用化されているのはアメリカのEー2Cホークアイのみであるため、それが中国に渡るとは考えられず、中国は早期警戒機についても自国での開発に頼らねばならないだろう。


 空母本体の状況も、実は意外に前途多難である。というのも、CTOL機を安全かつ効率的に発着艦させるためには、発艦促進装置であるカタパルトが極めて重要になるが、中国の空母にこのカタパルトは期待できないのだ。なぜなら、現在、このカタパ ルト技術はアメリカの独占状況にあり、これも他の技術同様、中国に導入されることは あり得ないからだ。


 やはりカタパルトを導入できなかったロシアの空母アドミラル・クズネツォフの場合、300mの全長と、スキーのジャンプ台のような形状の甲板を使用してSuー33などを発艦させている。中国が同じような形式をとるとすれば、ロシア同様約300m の離陸滑走距離が最小限必要で、それに見合う船体は排水量5~6万トンで、搭載機数 は40~50機ぐらいになる。


 これらにかかる建造経費は、解放軍報の中では軽空母が約30億元(約3・8億ドル)中型空母で約45億元(約5・6億ドル)と報じられている。しかし、この見積も りはあまりにも安いといわざるを得ない。


 しかも、空母は当然のことながら搭載機が必要となる。1個航空群の機体合計価格と整備用機材を合わせた価格は、およそ空母1隻分の建造費に相当し、さらに、空母 を護衛する艦艇部隊などに要する費用は莫大なものになる。空母の建造は脆弱な中国経済を圧迫することは必定であろう。


 これらの諸問題を含みながらも、中国海軍の空母は出現するだろう。ただし、これまでに6隻の空母建造を実現させたロシアでさえ、アドミラル・クズネツォフの建造に 10年以上の歳月がかかっている。中国とって空母建造が初めての試みだということを考えれば、出現は2015年以降になるのではないか。


 しかし、時期はいつであれ中国が空母を所有することが現実となったとき、先述のように周辺地域に与える影響は計り知れないものがある。


 以前もこの誌面で中国の外交政策の基本原則について指摘したが、中国の安全保障には3つの柱がある。そのひとつは、ゼロサムゲームという考え方だ。相手が得ならば自分たちが損をしている。自分たちが得をしていれば、相手に損害を与えているというものだ。そこには、両方がお互いにハッピーで、協力し合って繁栄していこうという考えはない


 2番目は、自国のためなら他の国の国益を認めないという考え方。そして、3番目は、自国の国益を守るためには武力の行使をためらわない、むしろ、国際間の問題を解決するために、積極的に武力を行使するという政策だ。


 このような独特な安全保障の考え方を持っていることとともに見逃してはならないのは、中国が抱える人口問題だ。12億とも13億ともいわれる国民をどう食べさせてい くかという問題がある。そのための資源についても、国内には限界がある。そこで、資源を国外、それも海上に求めざるを得ないというのが今の中国の現状だろう。


 これらのことを見ても、中国は周辺海域の不安定要因になっていることは間違いない。先述の3原則がある限り、今後も中国と日本を含む周辺諸国との摩擦は続くと考えていい。


 そこで、重要なファクターになるのが、1996年4月に、当時の橋本首相とクリントン大統領との間で交わされた、日米安全保障条約の再定義だ。それまでの日米安保は、日本の国土防衛だけに機能していた。しかし、再定義によってこれからはアジアの平和と安定を守るという大命題が与えられたのだ。


 現状としては、日本国内の日米安保に対する認識は、相変わらず、日本の防衛のためという考え方が根強い。しかし、他国に対して圧力をかけ続ける中国の政策に対しては、1996年の日米安保の再定義の原点にたちかえり、平和と安定を乱すようなら 、なんらかの手段をとるというスタンスを明確に示すべきなのである。


 日本が具体的に何をしなければならないかというと、中国の軍事的脅威からシーレーンを守るということだ。


 シーレーンを守ることで、船舶の運航機能と港湾の機能、そして重要航路の安全を確保でき、ひいては比較的容易に世界各地にいたる大量輸送のネットワークを構築で きる。しかし、このネットワークは外部からの障害も受けやすく、極めて脆弱である。しかも、シーレーン全体が壊れるのではなく、部分的に壊れただけでも国民に与える心 理的影響は大きい。イラン・イラク戦争のとき、シーレーンが一部破壊されたことによって、国内の物価が上昇したのが良い例だ。


 このシーレーンを阻害する要因として最悪な事態は、ある国ないしはある勢力が 、他国の海洋利用を拒否しようとして行う意図的な妨害だろう。今や、シーレーンを守 るということが、世界各国の共通の利益だ。


 これまで日本は、シーレーンの防衛ということに関しては、攻勢的任務を担っている米軍に基地を提供したり、アメリカから技術提供されたイージス艦によって、飛んでくるミサイルを祓い落とすなど、もっぱらディフェンシブな役割が主だった。しかし 、飛んでくるミサイルを打ち落とすだけではおのずと防衛能力に限界がある。現在、中 国はSuー27、Suー30といった最新鋭機を製造している。それらの戦闘機が次々にミサイルを撃ち込んだ場合、いくらイージス艦があるとはいっても十分に対抗できるわけではない。


 これまでは、アジア周辺の海域には、アメリカの強大な空母群が配備され、海上自衛隊は、アメリカの空母と行動をともにしてきた。


 しかし、冷戦終結でソ連の脅威がなくなるとともに、米空母の主力は中東などに配備され、アジアにおけるアメリカの空母の数が極端に減った。その結果、洋上における防空能力に欠陥が生じてきている。


 それをカバーするためには、攻撃してくる相手を迎え打つ能力を高めねばならない。それには邀撃機が必要になる。また、相手の攻撃機を送り出す母体を叩く必要もでてくる。そのためのプラットフォームとして、空母の導入を日本は視野に入れなければならないだろう。


 一概に空母の導入といっても、中国の場合で説明したように巨額の費用が必要になるうえ、さまざまな技術的問題が生じるはずだ。しかし、必要とあれば費用は捻出できるはずだし、例えばカタパルトのような技術的問題にしても解決する道はある。かつて、ソ連がバックファイアーという長距離爆撃機を開発し、極東に配備したことによって、日本の洋上防衛能力が極端に低下したときに、アメリカが日本にだけイージス戦闘システムを提供したことがある。このことを見ても、共通の脅威は何かということを ふまえて、日米間で密接な対話をもてばアメリカの技術協力は得られると思う。逆に、アメリカの協力なくしては、空母の導入などはできないと考えていいだろう。


 日本が空母を導入するとしたら、規模などの面を考え、フランスが開発したシャルル・ドゴールという空母がモデルとなるのではないだろうか。全長261・5m、基準排水量、3万6600トン、満載時の排水量が4万550トンで、カタパルトを備え 、ラフォールM戦闘攻撃機40機を搭載できる能力をもっている原子力空母だ。とはいっ ても、日本では航続距離などの面からも、原子力空母の必要はない。


 確かに、日本が空母を配備するとなると憲法論議を含めた国内世論はもちろん、周辺諸国にも拒否反応は必ず起こるだろう。しかし、ここで重要なのは、あくまでも、シーレーン防衛という観点から、ディフェンシブな日本独自の防衛システムを構築するということだ。アメリカの空母は陸上を攻撃する爆撃機などを搭載するものだが、日本の場合考えられるのは、邀撃機を搭載する空母だ。そのことを明確にしておけば、中国は別として、国内および周辺諸国の理解は得られるのではないか。



蛇足


地政学的に、内陸国は海洋国のマネをしても上手くはいかない・・。ただ滅茶苦茶な使い方をするだろう。ソ連も海に勢力を伸ばそうとして失敗している。空母などは、イギリス、アメリカ、日本といった海洋国が持つものであるのに、中共軍が海洋覇権に打って出るとは問題を起こすことが眼に見えている。中狂の経済破綻も現実問題化しつつあり、上海万博までが限界線だろう。懸命なドイツ経営陣はシフトし始めている。これからは、インドなどが経済の主流になるだろう。韓国や中国などはこれから経済停滞から下降に向かうであろう。日本もシフトし始めている。インドや南米、東欧にシフトするのではないか?。中共は経済破綻を隠すために、敵対行為を繰り返す危険性があり、アジアの火薬庫になる要素は十分だ。

日本人を金儲けの手段としか考えない・・マスゴミとアフォ商売人。

謝る前にケツを出せ  http://wsn.31rsm.ne.jp/~chapel/





「政治が経済の足を引っ張ってる」ユニクロ会長
(1/10 ZAKZAK)



「なぜ靖国神社に行くのか分からない。個人の趣味を外交に使うのはまずいんじゃないか」と憤るのは

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(56)


中国の工場と直接契約し、高品質の商品を低価格で販売するビジネスモデルを確立した柳井会長。

「政冷経熱」といわれる日中関係の現状に危機意識は強い。

「隣国として日中は抜き差しならない関係。この関係が破滅的になれば、

日本という国だってなくなる可能性がある」と語気を強めた。



野菜販売事業が失敗したからってそんな。

しかし、自国を消す可能性のある国をアテにするっていうのは経営者のバランス感覚ってやつですかね。

中国がチベットに対して行ったホロコーストの事を言っているのなら、この社長は狂人ではないか、

とか思いますが、さすがにそれはないと思います。


考え方によっては、ユニクロは外貨を生み出す方向の企業ではないし、デフレの元凶みたいなもの。

中国人労働者でコストダウンを狙う手法は雇用拡大を阻害し経済に悪影響を及ぼしているともいえます。

つまり「日本がなくなる」という発言の真意が経済破綻による実質的崩壊であるとして、

ユニクロの社長がこんな事を言うのはかなりの疑問符がつきます。


まぁそれはユニクロに限った話でもないのでいいとして、

中国寄りの日経新聞でさえ、中国のカントリーリスクについて警鐘を鳴らす記事を書いた事があるほど。

人件費の安さだけがウリだったのに意外と費用がかかる事がわかってきたし、

中国のメーカー自体が、中国以外の発展途上国に進出し始めているという現実がある。

という事は進出対象は中国以外でも構わないという事になる。

今日明日でどうこうできるものでもないが中国神話を妄信する時期は過ぎているだろう。


もののはずみ程度の発言ならばいいのだけど、おそらく雇用契約上の関係で中国を切れないんでしょうね。

なお、11日の産経新聞にインタビューが載っており、



――海外展開をどう考えていくか

「韓国と香港では日本と同じ製品を発売し、好調だ。

中国の上海、北京の店舗でも、これまで中国向けに作っていた商品を見直し

香港や韓国と同じようにしたい。その方が効率的だし、ユニクロらしさが出る。欧米にも出店する。」



単に靖国参拝に苦言を呈したかったのか?



中国「日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」
(産経-共同)


中国外務省の崔天凱アジア局長は9日、北京での日中政府間協議で

「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と述べ、日本側に中国報道についての規制を強く求めた。


メディアを政府の監督下に置き、報道の自由を厳しく規制している中国当局者の要求に対し、日本外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らは「そんなことは無理」と説明したという。



そりゃ言論規制も共産党政権なら簡単に敷けるかもしれないけどさ。内政干渉以前の問題で言論の自由から説明しなきゃいけない訳ですが、「そんなことは無理」があまりにストレートすぎて笑える。

日本のマスコミはむしろ親中寄り。マイナス面しかないからそれを報道せざるを得ないという根幹的問題を

どうにかした方がいい。



関連記事:日本の「中国脅威論」に懸念表明 局長級協議で中国側
(朝日)



「脅威論」が独り歩きすると、日中関係改善の糸口を見失いかねない。

ある政府関係者はこう漏らす。

「現実的脅威というのは、外交の世界では、開戦前夜に初めて口にするようなせりふじゃないか」



この「開戦前夜に~」というのは現在削除(googleキャッシュで確認可能
)

大丈夫か、朝日。同じソースでこうなるから報道というのは面白い。



一方、中国国内では

真実を報道し始める中国メディア、対応に苦慮する中共政権
(大紀元新聞)



現在、中国では中共による報道の自由の制限に反発し、社会の暗部を報道するメディアが相次ぎ現れた。中国共産党はこうしたメディアに対し、発行停止処分、関係責任者の解任や逮捕などの強圧的手段で、事態の沈静化を図ろうとしている。

中共政権の圧力に屈し、報道路線を変えるメディアがある一方、多くの報道関係者は職業理念を堅持し、真実を報道しようとする報道機関も現れた。


インターネットの普及に伴い、中国共産党が報道の自由を封殺することは益々困難になるであろう。一部の共産党直系の報道機関も市場競争の圧力で、中共政権を激怒させるようなニュースを報じ始めている」と現状を分析した。



反日というつっかえ棒が無くなったら一気に瓦解しそうな雰囲気。

中国からしてみたらあっさりと国民を誘導できる米国とかが羨ましいんじゃなかろうか。

余所様に噛みつく暇があったら自国のマスコミをなんとかした方がいい。



翻って我が国の報道、

中国は『脅威』なのか
(東京新聞)



防衛関係者の中にはこんな声もあります。


「日本の海上自衛隊は装備の質の面でも近代化の面でも中国海軍をはるかに上回っている」日中比較すれば、日本の軍事力は中国を圧倒しているのです。それでも中国脅威論を言うのは、自衛隊の戦力向上が狙いではないか、とさえ中国はみています。



核は?

防衛関係者からすれば「いやマジうちの装備やばいんで」と言うわけにはいかない。

むしろ「遙かに」なら増強する必然性も少ない。

「関係者」も自分の発言がこんな風に使われるとは想像してなかっただろうなぁ。



そもそも日本が何主義か中国は理解しているんだろうか。敵思想なんだけど。

相手に礼節を説いておいて、自分たちはテロリストのように振る舞うのはいかがなものか。

ちなみに「矛盾」という言葉は、1600年頃の日本では「武器を取って戦う」という意味で使われていたそうで。






蛇足


日本の商売人とマスコミは日本人の事をまるで考えていない・・独善者であることがよく分かる。まあ、イスラムの宗教政権にしかり、共産大国主義の中国にしても報道も皆、言う事を聞く僕扱い。独裁・独善はそんな矛盾も気が付かなくなるから、崩壊に向かうのであろうか?中国が強権でなければ、五胡十六国の状態になるだろうか。すでに、1国数制度状態だし・・。





ゲーム

テロリスト皆殺しだ・・ゲーム



War On Terrorism 2


Smoke out the evil-doers. Be careful on the London Underground mission, you'll think at first the terrorists shooting at you are actually police, and just maybe there's a point in that.


悪人をいぶり出してください。ロンドン地下鉄任務で慎重です、あなたは最初は、あなたを撃っているテロリストが実は警察であると思います、そして、ちょうど多分、ポイントがそれにあります。



War On Terrorism


Help the Globalists round up their agents.


Globalistsが彼らのエージェントを集めるのを助けてください。




蛇足


はてさて、どちらの味方なのか??体制側??




番外



Bush Shoot Out


Help George W. Bush and Condoleeza Rice defeat the evil terrorists! Let's hope Bush isn't as scared of guns as he is of horses.


ブッシュの射撃

ジョージ・W・ブッシュとコンドリーザ・ライスが悪いテロリストを破るのを手助けしなさい!

今ある現実。

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi
?????


F・D・ルーズベルト米大統領暗殺疑惑と、そしてその意味。???




更新 平成18年01月13日00時04分


平成十八年(二〇〇六年)一月十二日(木)

(第一千五百五十二回)


○「操られたルーズベルト」

  カーチス・B・ドール著、

  馬野周二(訳・解説)、プレジデント社、一九九一年十月刊


○この本の英文原題は、

  FDR: My Exploited Father-in-Law

  By Curtis B Dall(一九六八年)


○本書の著者、カーチス・B・ドールは、

 F・D・ルーズベルト米大統領の娘と結婚して居る。


○従って、F・D・ルーズベルトは、ドールの義父であり、

 エレノア・ルーズベルトは、ドールの義母にあたる。


○そしてずっと後になって、ドールは、

 ウイリス・カートの主宰するリバティー・ロビーと言う政治団体の

 代表に就任した。


○本書は、

 シオニストユダヤ、ADLの一味に不法に乗っ取られる以前の

 IHR(歴史修正研究所)によって発行された。


○一九四一年十二月八日(七日)当時の米真珠湾海軍艦隊司令官で

 あった、キンメル海軍大将と、


○ドールは、一九六七年二月三日、対談した。


○そこでキンメル提督は、


○前任のリチャードソン提督が解任された、その後任として任命され

 た、一九四一年晩秋、


○ワシントン(米海軍省)は、

 主力艦数隻、輸送船を他の地域に派遣せよ、と命令してきた。


○更に、日本軍のパールハーバー攻撃の少し前、ワシントンの海軍省は、

 パールハーバーの航空母艦五隻を他地域に移せ、と命令して来る

 (前出、二百九十一頁)。


○つまり、そこで、パールハーバー米艦隊は、

 空母はゼロ、と成ったわけである。


○キンメル大将も、カーチス・ドールも、

 これは、ルーズベルト政権による日本を対米英戦争に引きずり込む

 大謀略の一部であることを明確に認識して居る。


○米国では、

 一九四一年十二月八日(七日)の「日本のパールハーバー奇襲」説が、

 米国政府によるペテンであることについて、無数の暴露と論評がなさ

 れて居る。


○にも拘わらず、日本では、このペテンにもとづく「東京裁判史観」が、


○ますます強国に日本人の意識を支配しつつある。


○朝日新聞社の月刊誌「論座」の平成十八年二月号に、


○ 朝日新聞論説主幹 若宮啓文

  讀賣新聞主筆   渡辺恒雄


○この二人の「対談」、


○なるものが掲載され、


○東京裁判の全面肯定にもとづく日本の軍、政府首脳の「戦争責任」なる

 ものについて、


○売国奴的発言が展開されて居る。


○カーチス・B・ドールは、一九四五年四月十二日のF・D・ルーズベルト

 の病死は、何者かによる「暗殺」(毒殺)ではないか、


○と疑って居る。


○このF・D・R暗殺疑惑は、

 米国では、かなり広範に、反陰謀陣営に流布されて居るにも拘わらず、

 日本人には、まったく、知らされて居ない。


○要するに敗戦後六十年来、


○日本人は、米国そして、世界の、


○まともな情報から、完璧に遮断されたままなのである。


○我々は、まさに、

 一から、やり直すしかないのだ。


蛇足


朝日と読売が結託して靖国や戦争責任を言い放つ・・戦前は煽りに煽って・戦争万歳していたのだが・。戦後のGHQに洗脳された共産主義政策は現在まで生きている。米国のイラク侵攻に日本が加担している事を朝日などは良く言い立てるが。ならば、悪いアメリカと太平洋で戦争して何故、批判するのだ?矛盾している。軍国主義ならば、特定アジア3カ国など徴兵制の国は軍国主義ちゃうのか??。ことの本質を無視し、場当たり的なモノ言いには反吐がでる。裏の裏を読んで新聞にしなはれ・。日本のマスコミに期待はしてないし、新聞は取ってないけどね・。



監視国家への道

ベンチャー革命2006年1月11日

                           山本尚利(早稲田大学院MOT教授)

タイトル: ポスト小泉を占う



1.竹中総理誕生のシナリオ

 筆者は、昨年の9.11衆院選挙の直後、小泉首相は年内、すなわち、2005年末までに、首相 の座を降りて、竹中総理が誕生すると予想しました(注1)。

 現在、2006年1月11日ですが、小泉首相はまだ竹中平蔵氏に首相の座を譲っていません。筆 者の予想ははずれました。しかしながら、筆者は、依然、ポスト小泉は竹中平蔵氏であると 予想しています。ところで、今の日本で起きていることは、マスコミにおけるポスト小泉の 予想合戦です。マスコミの報道によれば、「麻垣康三」という架空の総理候補が話題をさらっています。これは、ポスト小泉有力候補の麻生太郎・谷垣禎一・福田康夫・安倍晋三とい う4氏の略名です。ここには筆者の予想する竹中平蔵氏は入っていません。政治評論家で竹中総理シナリオを予想する人は少ない。国民人気は、安倍晋三氏が断トツですから、ポスト小泉の最有力者はやはり安倍晋三氏であるという見方が依然、根強い。小泉時代以前自民党であれば、国民人気のある安倍晋三氏をポスト小泉に据えるでしょう。したがって、自民党の体質を深く知る人ほど、ポスト小泉は安倍晋三氏、もしくは上記4氏の誰かであると予想するでしょう。しかしながら、筆者は、この見方をとりません。なぜなら、小泉時代になって、日本支配層の重要人事権は完全に、米国覇権主義者に掌握されたと読んでいるからです。ポスト小泉の次期首相人事はもちろん、米国支配下にあると筆者は思います。2005年のゴールデンウィーク、ポスト小泉と自他共に認める次期総理候補最有力者、安倍晋三氏はじめ、自民党などの有力政治家40人以上が、ワシントンDC詣で渡米していました。まるで、日本国家の次期総理候補者は米国連邦政府に指名されるのが当然であるかのように振舞っていました(注2)。

 筆者の見方は、この時点で、ポスト小泉に関する米国のハラは竹中平蔵氏ですでに決まっており、ポスト小泉は安倍晋三氏ではないと直観しました。その理由は簡単です。

外資系企業が、日本支社長を選ぶのと同様の発想で、米国覇権主義者は日本の次期首相を選ぶからで

す。米国本社の意を受けて、忠実に働くのはどちらかを想像すればよいわけです。米国留学経験のある竹中氏は、典型的な外資系企業の日本支社長タイプであり、米国人上司が何を期待しているかを察知して、全力投球する能力が抜群です。このような能力において、安倍氏は竹中氏に遠く及ばないでしょう。ところで、9.11選挙で、亀井静香氏や綿貫民輔氏が自民党から追放された理由は何でしょうか。それは彼らが何度も、小泉ブレーンの竹中平蔵氏を引き摺り下ろして、亀井氏ブレーンの植草一秀氏にチェンジしようと画策したからです。その画策が米国覇権主義者の逆鱗に触れたのです。



2.竹中総理誕生プロセス

 米国覇権主義者が竹中氏を日本国の次期総理に指名したとしても、竹中氏は日本国の総理大臣となるためには、まず自民党総裁選で勝利する必要があります。自民党議員の多くは、自分は自民党総裁を選ぶ権利を有していると思い込んでいます。常識的には、国民人気の高 い政治家が次期総理になるべきです。したがって、自民党総裁選で安倍氏と竹中氏が一騎打ちしたら、国民人気の高い安倍氏が勝利するはずです。国民人気において、竹中氏は安倍氏に遠く及ばないからです。

 ところが、2006年初頭、小泉政権の最重要課題は、ポスト小泉を誰にするかではなく、米国からすでに指名されている竹中氏をいかに合法的に総理に仕立てるか、です。小泉内閣の官房長官である安倍晋三氏は、このような裏事情をすでに知っているはずです。もし安倍氏が、竹中氏のライバルとして自民党総裁選挙で立候補したとしても、前回の米国大統領選挙で、ジョージ・ブッシュJr.の当て馬候補だったジョン・ケリーと同じく、安倍氏は単に竹中氏の当て馬候補にすぎません。安倍氏はジョン・ケリーと同じく、すべて承知で、当て馬候補にさせられるはずです。なぜなら、米国覇権主義者は、竹中総理の選出プロの小泉チルドレンを抱えています。彼らをうまく使えば、竹中総理を誕生させることは十分可能でしょう。しかしながら、米国覇権主義者は確実に竹中総理誕生シナリオを実現するために、代替案をすでに準備しているでしょう。運悪くシナリオどおりに行かず、安倍氏が竹中氏に勝ちそうになったら、次の手として安倍氏のスキャンダルが用意してあるはずです。



3.ネット上に渦巻く小泉批判

 上記のように、首相人事権まで米国に握られて、現代日本が完全に属国化したことを嘆く声はネット上に渦巻いています。その急先鋒は、政治評論家の森田実氏でしょう(注3)。

森田氏の批判は、小泉内閣は米国の傀儡政権となっており、日本の国益より、米国国益を優先している亡国内閣であるというものです。小泉を支持した国民よ、早く目覚めよ!と主張しています。このような批判、大手マスコミにとって完全にタブーとなっています。そのため、多くの国民は、日米関係の実態を知らされていない。ここが最大の問題でしょう。

実態は、首相の人事権まで握られているわけですから、確かに日本は実質的にもはや独立国 ではないことは確かです。森田氏の指摘は間違っていないと思います。しかしながら、森田氏の小泉批判に決定的に欠落しているのが、米国覇権主義者の対日観への配慮です。彼らは日本国民に3兆ドルもの借金をしている対日巨額債務者です。この対日巨額債務は返済不能だし、彼らはまともに返済する気もないでしょう。だから、自尊心の強い彼らはあの手この手で日本を押さえ込むしかないのです。一方、戦後の日本はこれまで、米国にモノを売ってドルを稼いできた。日本からモノを買ってやった米国は、何とかして、日本にたまったドルを還流させたいのです。ところが、日本にたまったドルが減るほど、日本は米国からモノを買わない。かつての米国は、日米貿易のバランス化を目指してきましたが、今は、あきらめています。その代わり、傀儡政権をつくって日本を支配することを考え、今、彼らの対日攻略シナリオが小泉政権の協力で見事実現しました。もし、日本が米国の対日支配に徹底的に抵抗したなら、米国の攻撃は果てしなくエスカレートしていきます。最悪、戦前の帝國日本やフセイン時代のイラクのように、ワナに嵌められ、因縁をつけられて軍事的に攻撃される危険があります。ところが森田氏の批判する小泉傀儡政権程度の属国化のレベルでは、日本国民が米軍の攻撃で殺されることはありません。戦前の帝國日本のように徹底的に米国に抵抗しない限り、さすがの米国も理由なく日本を軍事攻撃することはできません。

 日本の3兆ドルの対米債権が消えるまで、米国の日本への介入が続くのです。問題は、このような現実を日本のマスコミがまったく、国民に伝えないことにあります。国民は日米関係がすべてわかった上で、小泉政権を支持するか、支持しないかを意思決定すべきです。




注1:ベンチャー革命No.179、2005年10月1日『竹中総理大臣の誕生か』

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr179.htm


注2:ベンチャー革命No.161、2005年5月4日『JR西日本社員とビロンガー』

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr161.htm


注3:森田実氏ホームページ

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/


山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm




蛇足


属国化の成れの果てですが、傀儡政権でも良いではないか?中国の傀儡よりは・マシか?。どちらもポリス国家を目指すイルミナティ傀儡国家なのだから・。まず、世界中で目覚めねばならんでしょうから・。?日本は当分、逆らえないでしょう・。これに逆らえば、中国など特定3カ国にぶつけられる・。??


日本も監視国家へ向かうのだろうか?飼いならされた家畜同然に追いたてられるのか??


New Police State







オレゴン                オハイオ              FEMAキャンプ

蛇足

『快傑ハリマオ』は東南アジアの英雄
http://www.asahi-net.or.jp/~uy7k-ymst/tv2/min003.htm


 「真っ赤な太陽燃えている 果てない南の大空に……」加藤省吾作詞・小川寛興作曲、唄うは三橋美智也。テレビ主題歌の中でも名曲。私は今でも『快傑ハリマオ』の主題歌を歌詞カードなしにスリー・コーラスまで歌える。自慢することじゃないな。


 『快傑ハリマオ』は、『月光仮面』『豹の眼』で連続ヒットをとばした宣弘社の第三弾。国産カラーTV映画の第1号である。この番組が始まった1960年当時のテレビ普及率は、4~5百万台といったところか。殆どが白黒で、カラー受像機を持っている家庭は何軒あったのだろうか。それにしても低予算製作の宣弘社が思いきったことをしたものである。と、思ったら、カラーは第5話までで、後は白黒。


 『快傑ハリマオ』は、『豹の眼』の延長線上にある作品で、圧政で苦しむ東南アジアの某国の独立のために、現地人を助けて、秘密結社や死の商人と戦う日本人の冒険物語だった。


これまでの宣弘社の主人公と異なり、ハリマオには部下がいるが、普段の日々は単独行動。それでも、ドンゴロスの松や太郎少年、タドン小僧が身近にいて、ハリマオの活躍を助ける。太郎少年なんか、子どものくせに拳銃を持っていたんだぞ。タドン小僧というのは現地の少年で、色が黒いからそう呼ばれていた。今だったら、完全に差別用語だ。何しろ「ちびくろサンボ」だって差別用語になってるのだから。タドン小僧を演じていたのは、もちろん日本の少年。顔に黒いドーランを塗っているだけなのだから、誰がみても日本人だった。しかし、現地人を支配する統治庁の役人には外人が出演しており、国際スケールを思わせた。


 ハリマオのスタイルというのは、白いターバンに黒眼鏡。プリントのダボシャツに白のラッパズボン。腰には虎のマーク入りのバックルが付いたガンベルトをまいている。ハリマオとは、マレー語で虎のことだよ。主人公のハリマオには勝木敏之。大瀬康一はどこへ行ったんでしょうか。

勝木敏之という俳優さん、黒眼鏡をかけている時はいい顔なのだが、黒眼鏡を外すと“間延びした顔”という印象がある。


 ハリマオに対する敵は、植民地支配の統治庁の軍隊だけでなく、東南アジア征服を狙う秘密結社KK団に、死の商人の陳秀明。陰謀をめぐらし、背後から糸を引く 陳秀明は、それまでにない悪役タイプだったので忘れることができない。


 『快傑ハリマオ』の原作は、山田克郎の「魔の城」だよ。タイトルの魔の城というのは、KK団のアジトだったように記憶する。石森章太郎の手によりマンガ化され、「少年マガジン」に連載されていたが、桑田次郎の『月光仮面』ほど評判にならなかった。


 南半球でしか見ることのできない“南十字星”があることを知ったのは、この番組のおかげだったなあ。





冒険活劇の『豹(ジャガー)の眼』


 東洋的なテーマ音楽が流れ、砂漠を横切るラクダ隊がロングショットで画面に映し出される。『豹の眼』のオープニングだ。『月光仮面』終了後にはじまった新番組は、異国情緒満点で、私を期待させるのに充分だった。原作は高垣眸の冒険活劇小説。ジンギスカンの秘宝を秘めた三つの鍵を巡って展開する冒険ドラマだった。 第一部、第二部に分かれ、第一部は<海外編>。正義の熱血青年が、中国娘を助けて、東南アジアの港町や大海原を舞台に、海賊や“豹の眼”と名乗る秘密結社を向こうに回して闘うのだ。主人公の日本人青年・黒田杜夫に『月光仮面』の大瀬康一。彼が助ける薄幸の中国娘・錦華に童謡歌手だった近藤圭子。コメディ・リリーフとして海野かつおが出ていた。スポンサーも『月光仮面』に引き続き武田薬品だった。海野かつおがCMで「地球がまわる……」と言いながら千鳥足で歩く格好を、学校で友達と真似をしたものである。海野かつおといえば、『月光仮面』に五郎八役で出演していた谷勘一、それに関敬六とトリオを結成していたが、いつのまにか消えてしまった。


 <海外編>とはいうものの、低予算製作の宣弘社なので、鳥取砂丘をゴビ砂漠に見たてたり、伊豆半島や伊豆大島で撮影して、海外ロケは行われなかったとのこと。それでも蘇鉄の木があるだけで東南アジアの港町の雰囲気を感じたのだ。 秘密結社“豹の眼”のボスであるジャガーは、豹の面をスッポリかぶっていた。今でこそケバケバしい動物の面は珍しくないが、当時としては斬新なコスチュームであった。豹の面の下に、さらに黒覆面があったのにはもっと驚いた。ジャガーの正体がわかると思っていたのでね。動物の面が一般化するのは、『仮面ライダー』以降なので、10年以上早いことになる。また、主人公が少林寺拳法の達人という設定も、それまで柔道と空手しか知らなかった私には新鮮だった。


 少林寺拳法をつかって、南海の海上で海賊一味と死闘を演ずる船上シーン。さらにハリケーンの荒れ狂う海に展開されるアクション・シーンは、日活無国籍映画みたいで楽しかった。

しかし、第二部<日本編>になると、とたんにつまらなくなった。オープニングが三船浩の主題歌になり、白装束の“笹りんどう”が神出鬼没の大活躍をするようになってからは、もういけません。敵方の“紫の忍者”との、走る列車の上での死闘など、見るべきところはあったのだが、現代の世界へ時代劇を持ちこんで陳腐化してしまった。“笹りんどう”のスタイルは、快傑黒頭巾が白頭巾になっただけ。第一部が斬新だっただけに、第二部で終了しても惜しいとは思わなかったなあ。



蛇足


僕が少年の頃、隣家や我が家に入ってきた白黒テレビで見ました。ハリマオは「劇の方」は、さっぱり覚えていないのですが、「歌」は強烈にインパクトがあり覚えています。三橋美智也の伸びのある歌声は何十年経っても忘れられない・。日本語しゃべってるけど・・日本人かな??てハリマオを見ていました。また、ジャガーの眼もジンギスカンと義経伝説をごっちゃにしたような、訳分からん話でした。最初の方は知りませんが・・白装束のササリンドウが出てくる頃は少し覚えています。ジャガーも良いジャガーと悪いジャガーに白装束のササリンドウに少林寺拳法の使い手など何がなにやらわかりませんでした。また、ササリンドウは源氏の紋章であるから、義経伝説と関係があるのであろうが・。?ストーリーはさっぱり理解不能でした。しかし、ササリンドウがスポーツカーに乗っているのを見て、スゲーと思いました・。


ただ、この頃思っていたのは、アジアは悪い者に虐げられている所でハリマオなどの正義の味方が活躍していると、僕らは「正しい者に味方する」と正義と弱い立場の人にシンパシーを持ったものです。


ところが、中国が人民解放軍などと言う野暮ったい服で登場したもんですから・・中国娘・錦華なんて居らんとがっかりさせられたモンです。

素人など分かる筈がない??

商 号 株式会社 ヒューザー



本社所在地 〒 100-6231 東京都千代田区丸の内1-11-1

パシフィックセンチュリープレイス丸の内31階

TEL:03-3284-0123/FAX:03-3284-0120



設 立 1982年2月



資本金 2億8百万円



事業内容 都市型マンション「グランドステージならびにセントレジアスシリーズ」の企画・開発・設計・販売、マンションの管理・運営、建設請負業務、土地有効活用コンサルティング業務



役 員 代表取締役 小嶋  進

専務取締役 犬山 正一

常務取締役 中西 秀樹

取 締 役 曽我 勝範

取 締 役 飯田 幸保

取 締 役 清沢  寛

監 査 役 平林 良仁

監 査 役 山崎  豊



社員数 59名



免 許 宅地建物取引業免許 : 東京都知事(7)第41620号



許 可 建設業許可 : 東京都知事許可(特-14)第107899号



登 録 一級建築士事務所登録 : 東京都知事登録第42734号



所属団体 社団法人日本住宅建設産業協会会員

社団法人全国宅地建物取引業保証協会会員



関係会社 株式会社 グランドサービス

株式会社 ハウジングキャピタル



取引金融機関 みずほ銀行 りそな銀行

東日本銀行 東京都民銀行

八千代銀行 横浜銀行



法人株主 みずほ信託銀行 みずほキャピタル

りそなキャピタル SMBCキャピタル

東光 オリックスキャピタル



主要取引先 大平工業 木村建設

東鉄工業 丸運建設

志多組



ホームページ
http://www.huser.co.jp




Email
info@huser.co.jp
 







 世界中で「本当のゆたかさ」への模索が始まっています。

欧米はもとよりアジア諸国でも、150m2クラスのマンションが続々と作られている中、なぜ、日本だけが未だに60m2~80m2の住空間に甘んじなければならないのでしょうか。

 「地価が高いから仕方がない」と言われますが、はたしてそれだけでしょうか。私は長年この業界にあって、つくり手の都合、すなわち利潤追求を最優先する業界体質をつぶさに見てまいりました。

 私たちはそうした発想から脱却し、「広さを起点にすべてを発想する」という独自の開発手法で、マンションづくりに取り組んでおります。

 「100m2超マンションを、経済的にも無理のない価格で提供する」という明確な指針とそれを具現化したマンションは、多くのお客さまから驚きと共感を持って迎えられ、ヒューザーは100m2超マンションのリーディングカンパニーとなることができました。

 私たちにとって100m2はもはや目標ではなく、起点です。住む方が本当のゆたかさと癒しを感じられるような、家族が世代を超えて喜びを分かちあえるような「本物の家」づくりはここからがスタートです。

 お客さまの驚く顔と心からの笑顔を見るために、そして、地価の高い日本でも、世界レベルの広さと品質を備えた住空間が手の届く価格で実現できることを実証するために、私たちはこれからもイノベーションを続けてまいります。

 そして、できうるならば、ここから日本の住宅観や住宅政策に一石を投じ、喜びをもって次世代に受け継がれるような社会資産を築くいしずえとなりたい。……これが私の夢であり、「人間主義・理想追求型事業=ヒューマン+ユーザーカンパニー=ヒューザー」を社名に冠した私たちの企業理念です。


 ■ 2005年竣工

  名称 規模 戸数

 ・グランドステージ茅場町 RC造 地下1階地上13階 36戸

 ・グランドステージ梅島 RC造 地上7階 24戸

 ・グランドステージ住吉 RC造 地上11階

67戸



 ■ 2004年竣工

  名称 規模 戸数

 ・グランドステージ 川崎 RC造 地上11階 29戸

 ・グランドステージ 川崎大師 RC造 地上9階 23戸

 ・グランドステージ 東向島 RC造 地下1階地上11階 36戸

 ・セントレジアス 川口 RC造 地上10階 37戸

 ・グランドステージ 磯子 RC造 地上5階 39戸

 ・グランドステージ 稲城 RC造 地上9階 24戸

 ・グランドステージ 溝の口 RC造 地上7階 24戸

 ・グランドステージ 錦糸町 弐番館 RC造 地上10階 18戸

 ・グランドステージ 錦糸町 壱番館 RC造 地上10階 28戸

 

 ■ 2003年竣工

  名称 規模 戸数

 ・セントレジアス 鶴見 RC造 地上10階 37戸

 ・グランドステージ 狛江 RC造 地上11階 22戸

 ・グランドステージ 豊田 RC造 地上9階 49戸

 ・グランドステージ 千歳烏山 RC造 地上5階 31戸

 ・グランドステージ 東陽町 RC造 地上8階 29戸

 ・グランドステージ 両国 RC造 地上10階 26戸

 ・グランドステージ 下総中山 RC造 地上9階 23戸



 ■ 2002年竣工

  名称 規模 戸数

 ・セントレジアス 大森 RC造 地上11階 42戸

 ・グランドステージ 川口 RC造 地上11階 22戸

 ・グランドステージ 浮間公園 RC造 地上11階 32戸

 ・グランドステージ 船橋 RC造 地上10階 27戸

 ・セントレジアス 多摩川 RC造 地上11階 32戸

 ・グランドステージ 南品川 SRC造 地上11階 39戸

 ・グランドステージ 町屋 RC造 地上9階 30戸

 ・グランドベイ 大森 RC造 地上10階 27戸



 ■ 2001年竣工

  名称 規模 戸数

 ・グランドステージ 北小金 RC造 地上9階 31戸

 ・セントレジアス 船堀 RC造 地上8階 58戸

 ・グランドステージ 王子 RC造 地上7階 32戸

 ・グランドリーヴァ 田端 SRC造 地上12階 46戸

 ・グランドステージ 世田谷 RC造 地上7階 19戸

 ・グランドベイ 横浜 RC造 地上10階 47戸



 ■ 2000年竣工

  名称 規模 戸数

 ・グランドステージ 新小岩 RC造 地上8階 30戸

 ・グランドステージ 大和 RC造 地上7階 40戸

 ・アネックス 東品川 RC造 地上8階 29戸

 ・グランドステージ 鶴見 RC造 地上11階 37戸

 ・グランドステージ 赤羽 RC造 地上9階 18戸

 ・グランドステージ 糀谷 RC造 地上8階 30戸



 ■ 1999年竣工

  名称 規模 戸数

 ・グランドステージ 江川 RC造 地上7階 42戸

 ・グランドステージ 山王 RC造 地下1階地上3階 27戸

 ・グランドステージ 池上 地上9階建 27戸

 ・グランドステージ 海岸通り 地下1階・地上12階建 52戸

 ・グランドステージ 東品川 地上7階建 19戸

 ・グランドステージ 青木公園 地上8階建 22戸

 ・グランドステージ 芝公園 地上12階建 23戸



 ■ 1998年竣工

  名称 規模 戸数

 ・グランドステージ 初台 地下1階・地上13階建 54戸

 ・グランドステージ 中野 地上5階建 21戸

 ・グランドステージ 祐天寺 地下1階・地上9階建 29戸

 ・グランドステージ 蒲田 地上6階建 22戸



 ■ 1997年竣工

  名称 規模 戸数

 ・グランドステージ 荻窪 地下2階・地上7階建 33戸

 ・グランドステージ 多摩川 地上13階建 34戸

 ・グランドステージ 大森弐番館 地上6階建 14戸



蛇足


 世界中で「本当のゆたかさ」への模索が始まっています。

欧米はもとよりアジア諸国でも、150m2クラスのマンションが続々と作られている中、なぜ、日本だけが未だに60m2~80m2の住空間に甘んじなければならないのでしょうか。

 「地価が高いから仕方がない」と言われますが、はたしてそれだけでしょうか。私は長年この業界にあって、つくり手の都合、すなわち利潤追求を最優先する業界体質をつぶさに見てまいりました

 私たちはそうした発想から脱却し、「広さを起点にすべてを発想する」という独自の開発手法で、マンションづくりに取り組んでおります。


大変立派な目標ですが・・実態は旧態依然のままでした。ちょうど、98年の建築基準法改正のおり、上手く誤魔化す方法(ノウハウ)を手に入れますた。アメリカからは年次要望書なるものを突きつけられ、基準だけで日本だけは火事や災害を防げるのか?と頓珍漢な理論を振りかざして迫られた・。それを旧態勢力が加工した結果は「手抜き」という新しい工法を発明した・。なにしろ、最低基準できるようになったのであるから・素人などに分かるはずがない、第一地震なんか数百年や数十年先の話などとタカを括っていたのだろうか??概観とデザインと広さでコロリと参る、お客(政治、行政、審査機関)はカモにされたのか、同業者なのか??

新世界秩序を生き抜く

Surviving the New World Order

By Henry Makow Ph.D.

January 07, 2006


By Henry Makow, Ph.D. http://www.savethemales.ca/001374.html


[Memo to Myself]


This isn't about storing silver coins or canned food or getting an AK-47.


It's about saving your soul not your skin. It's about the tendency to obsess on the New World Order, get depressed and become unbearable.


The situation is depressing. A satanic cult controls the credit of the world and rules through myriad proxies. It is determined to destroy civilization and institute an Orwellian police state.


You spend hours every day addictively watching for new developments. Your face is pressed up against the store window of the world.


You are "externalized." You can't go into the kitchen without switching on the radio.


You try to squeeze your sustenance from the world. But much of what you imbibe is poisonous: depravity, corruption, duplicity and tragedy. (Is that the point of the mass media? To demoralize and brutalize?)


Mankind is in the grip of a diabolical force that constantly strives to legitimize itself through deception. You can't overcome this demon. But you still control your personal life. Ultimately, the battle is for the soul of humanity. Why not begin by defending your soul?


This means erecting a wall between the soul, and the world, and establishing a balance between the sacred and the profane. You need to shut out the world (the profane) for set periods of time and focus on what inspires you. That means turning off the TV, Internet and media in general.


Just as you nourish your body with food, you feed your soul with thoughts, sights and sounds. Your soul reaches out for beauty, grace, harmony, truth and goodness. You need to discover what lifts your spirit.


It might be a long walk, nature, music, sports, or music. It might be time with your family or friends. It might be the Bible, religious writing or meditation.


"Do what you love," Henry David Thoreau said. "Know your own bone; gnaw at it, bury it, unearth it, and gnaw at it still."


You agree with the mystics who say happiness is within. It involves the possession of your soul, and not wanting anything else. By looking outside your self, you displace your soul and become the thing you want. This is the source of addictive behavior and unhappiness.


The occult elite controls us with sex and money- the North-South of the mind. The courtship stage is a period when sexual feelings are strong so two people will bond and start a family. Sex/romance was not meant to become a permanent preoccupation and panacea. The cult uses it to distract and degrade us while it creates a police state (using the "War on Terror" as a ruse.)


The same is true of money. The stock market is a giant casino addicting millions. The central banking cult has unlimited funds. To make us feel good, (while it trashes civil rights and wages senseless war) it makes the market go up. To fleece us, it crashes the market. Don't be a puppet.


The diabolical powers have been here for a long time. You have discovered their existence only because they signaled the beginning of their endgame on Sept. 11.


Don't let them stunt or degrade you by obsessing on their iniquity. Restore balance by attuning yourself to the things you love. Be an outpost of happiness.


新世界秩序を生き抜く

ヘンリーMakow博士号によって

2006年1月7日

ヘンリーMakow、博士号によって

[自身へのメモ]

これは、銀貨または缶詰食品を蓄えて、AK-47を得ることについてではない。

それは、あなたの魂のためにあなたの皮膚を省かないことについてである。

それは、新世界秩序において取りつき、押し下げられて、たまらないようになる傾向についてである。

状況は憂うつである。

悪魔のカルトは世界のクレジットをコントロールし、無数のプロキシを通して支配する。

それは、文明を破壊し、オーウェル的な警察国家を設立すると決定されている。

あなたは毎日新しい開発をaddictively待ち構えることに時間を費やす。

あなたの顔は世界の店のウィンドウに直面して押される。

あなたは「具体化される」。

あなたは、ラジオのスイッチを入れずにキッチンに入ることができない。

あなたは、あなたの生計を世界から絞り出そうとする。

しかし、あなたが吸収するものの多くは有毒である:

堕落、堕落、二枚舌、および悲劇。

(それはマスメディアのポイントであるか?)

(困惑し、残忍にするには?)

人類は、常に、詐欺を通して自身を合法化するために努力する邪悪な力の支配下にいる。

あなたはこのデーモンに打ち勝つことができない。

しかし、あなたはまだあなたの私生活をコントロールする。

最終的に、戦いは人間性の魂のためである。

あなたの魂を防御することから始めてはどうか?

これは、魂と世界の間に壁を作り、神聖なものと世俗的なものの間で差額を設定するのを意味している。

あなたは、設定された期間の間世界(世俗的なもの)を締め出し、あなたにインスピレーションを与えるものに集中する必要がある。

それは、一般にテレビ、インターネット、およびメディアを消すのを意味している。

ちょうど、あなたが食物によってあなたの身体を養うように、あなたは考え、風景、および音をあなたの魂に供給する。

あなたの魂は美、優美、調和、真実、および良さのために手を伸ばす。

あなたは、何があなたの心を持ち上げるかを発見する必要がある。

それは長い歩行、自然、音楽、スポーツ、または音楽であるかもしれない。

それはあなたの家族または友人との時間であるかもしれない。

それはバイブル、宗教に関する著作、またはメディテーションであるかもしれない。

「あなたが愛していることをしなさい」とソローは言った。

「あなた自身の骨を知りなさい;」

「それをかじり、それを埋葬し、それを発掘し、まだそれをかじりなさい」。

あなたは、幸福が中にあると言う神秘家に合意する。

それは、あなたの魂と他の何も望まないことの所有に関係している。

あなたの自身の外で見ることによって、あなたはあなたの魂を取り替えて、あなたが望んでいる物になる。

これは常習行為と不幸のソースである。

オカルトエリートは性と精神のお金南北によって私達をコントロールする。

性的な感情が強い時に、求愛段階は期間であるので2人の人々がファミリーを接合し、始めるであろう。

性/ロマンスは、永久的な没頭と万能薬になることを意図されていなかった。

それが、警察国家(策略として「テロに対する戦争」を使う。)を作成する間、私達の気を散らし、低下させるために、カルトはそれを使う。

同じことはお金にあてはまっている。

株式市場は数百万をふけらせている巨大なカジノである。

中心的なバンキングカルトは無限の資金を持っている。

私達をよいと感じさせるために、それ(それが公民権を破壊し、非常識な戦争を遂行する間)は市場を上がらせる。

私達からだまし取るために、それは市場を破損する。

操り人形ではないでください。

邪悪な能力は長い間ここにあった。

単に、彼らが9月11日にそれらの大詰めの最初を信号で伝えたので、あなたはそれらの存在を発見した。

彼らに、それらの重大な不正の上で取りつくことによってあなたの発育を阻害し、低下させさせないでください。

自身を、あなたが愛している物に適合させることによって、バランスを回復しなさい。

幸福の前哨基地でありなさい。



蛇足


争いの無い、平和な世界は誰でも願っている。どうも、それでは困る者がいるらしい・。それはあまりにも当たり前すぎて、目立たなく、しかし、強大な力を持ち、社会を作り、指導している。破壊と再生は確実に向かってくる。それも目の前で・。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR