FC2ブログ

高い買い物

ベンチャー革命2006年2月9日

                           山本尚利(早稲田大学大学院MOT教授)

タイトル: 東芝のWH買収:高い買い物か?



1.大博打に打って出た東芝

 2006年2月9日付け日本経済新聞に、東芝による米国WH(ウェスチングハウス)買収の記事

が掲載されています。なお、WHは1998年、英国核燃料会社BNFLによって12億ドル(1560億

円)で買収されています。

 WHは、ゼネラルエレクトリック(GE)と並ぶ、米国の重電会社の老舗です。ちなみに日本

の家電メーカーとの競争に敗れて消滅したRCA(米国の家電企業老舗)はGEとWHの合弁企業で

した。このような事情から、日本企業が、米国の老舗企業を買収するときは十分すぎるくら

いの警戒が必要です。当初、WHの企業価値は2000億円程度といわれていましたが、東芝は

6400億円で買収する計画です。なんという高い買い物でしょうか。

 2005年7月時点では三菱重工(MHI)がWH買収に名乗りを挙げていました。(注1)この時

点で、筆者は、まさか東芝がWHを買収するとは夢にも思っていませんでした。なぜなら、MHI

の原子力発電プラント技術はWHのPWR(加圧水型原子炉)であり、WHを日本企業が買収すると

すれば、MHIをおいて他には考えられなかったからです。MHIも当初、東芝がWH買収に名乗り

を挙げるとは予想していなかったでしょう。なぜなら、東芝は日立と並んで、WHのライバ

ル、GEのBWR(沸騰水型原子炉)をライセンス生産していたからです。

 この買収劇でもっとも誤算だったのはMHIではないでしょうか。世界市場ではPWRの方が圧

倒的に優位(2004年統計:PWR65%、BWR22%、重水炉6%、その他7%)ですが、日本では東

電がBWRを採用し、関電がPWRを採用し、両タイプは日本市場で拮抗しています。近未来、日

本の原子力産業がグローバル市場に打って出るならば、PWR技術を持っている方が明らかに優

位です。その意味で、傍からみれば、MHIの原子力事業部門が断然、有利で、東芝の原子力事

業部門は非常に不利でした。そのため、これまで東芝の原子力事業部門には、非常なあせり

があったのではないでしょうか。しかし、あせってはコトを仕損じる。

 このような背景を考慮すれば、相場の3倍以上の高値で東芝がWHを買収したのは、MHIと日

立を蹴落とすことが隠された目的であったとしか考えられません。日本の原子力市場で行き

詰った東芝の原子力事業部門と、MHI(および日立)の原子力事業部門の一騎打ちが行われ

て、大方の予想を裏切って、東芝が先手を取った形です。ただし、このケースの場合、必ず

しも先手必勝というわけには行きません。これほどの高値で買収しては、あまりにリスクが

大きすぎます。東芝は将来、株主訴訟を起こされるかもしれません。



2.WHの高値買収に踏み切った東芝の決断は正解か?

 さて、もともと、WH買収劇の大本命であったMHIが、東芝の強気のおかげで危険なオークシ

ョンから降りざるを得なくなったのは、結果的に吉とでるしょうか、それとも凶とでるしょ

うか。その答えのひとつのヒントは、東芝が6400億円という高額でWHを競り落としたニュー

スの後、国際格付け機関が、東芝の長期債格付けを下げる方向で検討に入ったと報じられた

点です。つまり、専門筋は、東芝の大博打に否定的であるということです。言い換えれば、

MHIにとっては不幸中の幸いにみえます。筆者の見方では、東芝が競り落とした6400億円と、

WHの常識的評価額2000億円の差額4400億円(一種のオプション価額)は、東芝にとっての日

本の原子力産業のライバル、MHIと日立を苦境に追い込むための攻撃的投資額に相当するでし

ょう。

?ところで東芝、日立、MHIの社長ポストは、20世紀末まで代々、原子力事業を含む重電部門

から輩出されてきました。つまり、日本の三大企業の伝統的キャッシュカウ(利益を生み出

す中核事業)が原子力発電プラントを含む重電事業でした。ところが21世紀になって、脱工

業化社会の入り口に到達した日本市場において、重電事業は先細りとなりました。一方、中

国を含むアジアの開発途上国市場では、今後、上記3社にとって重電事業は再びキャッシュ

カウとなる可能性が非常に高いのです。なぜなら、一件、数千億円規模の原子力発電プラン

トは日本の誉れである総合電機や総合重工業の総合技術力(MOT技術経営力)が存分に発揮で

きるラストリゾートだからです。さすがの中国も、高度の技術力を要する原子力発電プラン

トを自前で建設することは当分難しいでしょう。戦後、原子力発電プラントの日本市場では

旧通産省(経済産業省)の采配で、3社の共存共栄が成立しましたが、グローバル市場では、

無論、経済産業省の指導力は及ばず、勝つか負けるかの弱肉強食そのものとなります。世界

的にみても、原子力発電プラントの実質的な製造技術力では、技術立国日本の東芝、日立、

MHIが世界一でしょう。その意味で世界市場を視野に入れた原子力発電プラント事業におい

て、東芝のライバルは、GEでもWHでもフラマトムANP(仏独合弁)でもなく、日本の日立であ

り、MHIです。それは間違いないでしょう。

 以上の分析から、東芝の大博打は、東芝、日立、MHIの三つ巴の競争舞台(闘牛場アリー

ナ)だけに限定すれば、東芝は大優位に立ったといえましょう。しかしながら、アリーナの

胴元、米国覇権主義者の意思の如何では、まったくの未知数です。



3.米国覇権主義者の不気味

 今回のWHの買収オークションには、GEやフラマトムも一応、参加したようですが、本気で

買収する気はなさそうでした。2000億円以下の価値しかない企業を6400億円もの高額で買う

企業はありません。WHはグーグルなどとちがって、大成長が期待される見込みは薄いし、第

一、そんなに有望な企業であれば売りに出ないはずです。本来、WHは買い叩かれるはずでし

た。世界の政治・経済をウラから支配している米国覇権主義者も、時価の3倍以上もの高値で

落札した東芝の意図を図りかねているでしょうか。それとも、シメシメでしょうか。穿った

見方をすれば、GEとの付き合いの長い東芝はウラで米国覇権主義者と話が付いている可能性

もあります。ところで原子力発電技術は、ブッシュ政権下では、完全なる米国覇権産業のひ

とつです。(注2)なぜなら、原子力発電プラント技術は核兵器技術への転用が可能だから

です。したがって米国覇権主義者が、原子力発電プラントの技術覇権を、米国の潜在的脅威

国である日本の東芝にだまって譲るとは到底考えられません。ところで2005年8月、中国海洋

石油CNOOCが、米国石油メジャー、ユノカルを買収しようとしましたが、米議会で反対されて

撤退しています。またIBMのパソコン事業が中国のレノボに売却されるときも、米議会から待

ったがかかりましたが、パソコンは今や、コモディティであり、米国覇権技術に該当しない

と判断されて、こちらの買収はOKでした。米議会は、米国覇権技術を保有するWHが軍事同盟

国である英国の企業に買収されても反対しないでしょうが、売却先が潜在的脅威国である日

本の大企業の場合は、米国の国益の安全保障の観点から、反対する可能性があります。



4.米国覇権主義者は素直にWHを東芝に譲るか

 東芝にとってのWH買収リスクの最たるものは、米議会からクレームをつけられるリスクで

す。ただ、ソニーのMGM買収(注3)と同様に、これだけ東芝に不利(不当に高い買収金額)

な買収条件なので、米議会からクレームの付く確率は低いでしょう。

?米国覇権主義者が100歩譲ってWHを日本企業に売却することを許すとしても、それはMHIでは

なく、東芝ならば許す可能性があります。その理由は、彼らが、対日戦略上、もっとも警戒

する日本発の軍事企業であるMHIに米国覇権技術を過度に集中させないためと推測できます。

MHIの場合、油断すればロッキードマーチンやボーイングを追い抜くほどの技術潜在力を有す

ると米国覇権主義者から強く警戒されています。したがって、対MHI牽制は、米国の軍事技術

覇権の維持という理由によります。ところが、80年代、日米貿易摩擦激化時代、米国覇権主

義者が、軍事ではなく、平和産業面での対日攻略上、もっともマークした日本企業は東芝で

した。その理由は、MHIと並んで、東芝の保有する技術群(原子力やIT)も、米国覇権技術に

抵触するからです。その証拠に、1988年、東芝機械ココム違反事件が発生しています。さら

に1999年、東芝が世界で初めて商品化したノートブック型コンピュータ、ダイナブック訴訟

で、東芝は1100億円の和解金を支払っています。また最近では2005年3月、メモリーカード訴

訟でカリフォルニア州サンタクララ郡の陪審から400億円の賠償命令を受けています。このよ

うな事例から、米国覇権主義者が東芝のWH買収を許したとしても、東芝への警戒を解いてい

るとは到底、信じられません。ところで、WHが米国電力会社に納入した原子力発電プラント

の多くが、老朽化しています。この更新(モダナイゼーション)プロジェクトが当面の、WH

買収企業への「馬の人参」となるでしょう。WHを買収した日本企業は東芝であろうが、MHIで

あろうが、米国内の更新プロジェクトに引きずり込まれる運命にあります。そうなった場

合、WH買収日本企業を煮て食おうが、焼いて食おうが、その選択肢は米国覇権主義者の手の

内に入ります。まさに飛んで火に入る夏の虫です。たとえば、米国内のBWRプラント工事は、

東芝と日立をGEのサブコントラクターとして競わせる。一方、PWRプラント工事は、東芝と

MHIをベクテルのサブコンにして競わせる。まさにグッドアイデアですね。ところで現ブッシ

ュ政権は、過去8年間のクリントン時代に原子力発電技術において、日本企業に追い抜かれた

と考えています。2006年1月31日、ブッシュ大統領は一般教書演説にて、石油依存経済からの

脱却を宣言しています。この意味は、エタノールなど代替燃料の普及などではなく、ズバ

リ、原子力発電の復活・強化と電気自動車社会の構築です。その国家エネルギー戦略上、原

子力発電技術において日本が米国を追い抜いた部分を、早急に取り戻す必要があります。そ

の意味で、WHの日本企業への高値売却は、追い抜かれた原子力技術の挽回と、WHを高値で売

りぬけるという一石二鳥の効果があります。要は日本人のマネーで米国の原子力発電プラン

トを修復するに等しいグッドアイデアです。なお、WHを保有するBNFLを牛耳る英国覇権主義

者とWHをBNFLに売った米国覇権主義者はウラでは一体化していると考えたほうがよいでしょ

う。



注1:ベンチャー革命No.169「軍事・防衛技術の日本型MOT」2005年7月7日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr169.htm


注2:山本尚利「日米技術覇権戦争」光文社、2003年

注3:ベンチャー革命No.119「MGM買収:ソニーの危険な賭け」2004年9月25日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr119.htm




 

山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



蛇足


アジア市場に打って出ると言っても、そうそう成長地域になりえるかどうか??上手く行くかどうか・未知数だ。高い買い物だと思うがね・。東芝と何処かが合併する方が早いかもしれん・。

イラン開戦間近



prisonplanet.com http://www.prisonplanet.com/articles/february2006/070206attackiran.htm


Russian MP Says US To Attack Iran Late March

Muslim riots a US psyop aimed at getting EU support for war


Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | February 7 2006


A top Russian parliamentary leader has told Ekho Moskvy radio station that an attack on Iran is inevitable and that it will occur on March 28th. The leader of the Liberal Democrats Vladimir Zhirinovsky also believes that the Muslim riots were orchestrated by the US to garner European backing for the military strike.


Rhetoric has heated significantly in the past week with Donald Rumsfeld yesterday warning
that a military option was on the table, echoing the comments of Senate Majority Leader Bill Frist
who said that the US was prepared to take military action.


Also, Israeli acting Prime Minister Ehud Olmert stated that Iran would pay "a very heavy price
" if the Islamic Republic defiantly resumes full-scale uranium enrichment to build nuclear weapons.


Zhirinovsky told
the Russian radio station that, "The war is inevitable because the Americans want this war. Any country claiming a leading position in the world will need to wage wars. Otherwise it will simply not be able to retain its leading position."


"The date for the strike is already known ? it is the election day in Israel (March 28). It is also known how much that war will cost,” said Zhirinovsky.




Commenting on the Muslim riots sweeping the Middle East and Europe, Zhirinovsky (pictured above) said that the publication of the offensive cartoons was a planned psyop on the part of the US and aimed to “provoke a row between Europe and the Islamic world”.


“It will all end with European countries thanking the United States and paying, and giving soldiers,” said Zhirinovsky.


The possible inorganic manufactured nature of the riots has to be seriously considered. The three most offensive cartoons that caused the outrage were not even printed in the Danish Jyllands-Posten newspaper but were added in and handed out by Danish imams who “circulated the images to brethren in Muslim countries,” according to the London Telegraph
.


It also appears highly suspicious that Muslims in Gaza City and other places had gained access to a plentiful supply of Danish flags to burn in front of the waiting world media as soon as the controversy broke out.


It now comes to light
that Merete Eldrup, managing director of JP/Politikens Hus, the company that published the cartoons, is the wife of Anders Eldrup. Anders Eldrup is a Bilderberg member who has attended the last five Bilderberg meetings. The Bilderberg Group is a shadowy organization that meets once a year to steer global policy. It is now widely acknowledged
that Bilderberg set the date for the March 2003 invasion of Iraq.


The violent demonstrations, on the back of last November's French riots
, are clearly having the effect
of hardening European sympathy towards Muslims, even as the governments of major European countries open the floodgates to mass immigration. This greases the skids for an accelerated invasion of Iran who yesterday announced
they were cutting trade with Denmark over the offensive cartoons.


Director of the Russian Political Research Institute Sergei Markov previously warned
that Israel was likely to conduct air strikes against Iran in the spring.


The window of opportunity seems to be forming for the US and Israel. The White House meeting memo
proves that UN consultations and possible sanctions are mere window dressing for a plan of action that has already been decided upon. What remains to be seen is if the US or Israel will attempt to manufacture a staged war provocation to goad the Iranians into signing their own death warrant. The memo, released by QC Philippe Sands, contained details of a discussion between Tony Blair and George Bush where a plan to paint a US spy plane in UN colors and fly it low over Iraq in the hope that Saddam would order it shot down was debated.


デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報
http://icke.seesaa.net/


イラン開戦間近

ロシア国会のリーダー格の一人がEkho Moskvyの放送で語ったところでは、イランへの攻撃は避けられないもので、3月28日に開始されるだろう、とのことだ。Liberal Democratsのリーダー Vladimir Zhirinovskyは、また、昨今のイスラムの暴動は米国によって糸を引かれていて、イランへの軍事攻撃を他のヨーロッパ諸国も認め、協力させるように仕組んだものだという。このような話がはじまったのは、この一週間で、議会の多数派のリーダーのBill Fristがアメリカは軍事攻撃を行う準備ができているとコメントしたことに対して、昨日ドナルド・ラムズフェルドも軍事攻撃も選択の一つだと言った。



また、イスラエルの首相代理Ehud Olmertも「イランがもし核兵器を製造するためにウラン濃縮をフル・スケールで再開するなら、大変高価な代償を支払うことになるだろう」と語っている。Zhirinovskyは、「戦争は避けられない。なぜなら、アメリカ人が戦争を欲しているからだ。世界の主導的立場にあると主張する国なら、どこの国も戦争をしなければならない。さもないと、その主導的立場を保つことができなくなるからだ」と語っている。

蛇足

マッチポンプで暴れまくる。仕掛け人は同じ人間だろう・。イスラム教徒にしては英語が上手すぎるな・。

新世界秩序(NWO)概観

The New World Order (NWO)

An Overview


By Ken Adachi <Editor@educate-yourself.org>

http://educate-yourself.org/nwo/



Introduction


There is a worldwide conspiracy
being orchestrated by an extremely powerful and influential group
of genetically-related individuals (at least at the highest echelons) which include many of the world's wealthiest people, top political leaders, and corporate elite, as well as members of the so-called Black Nobility of Europe (dominated by the British Crown) whose goal is to create a One World (fascist) Government, stripped of nationalistic and regional boundaries, that is obedient to their agenda. Their intention is to effect complete and total control over every human being on the planet and to dramatically reduce the world's population by 5.5 Billion people.
While the name New World Order is a term frequently used today when referring to this group, it's more useful to identify the principal organizations, institutions, and individuals who make up this vast interlocking spiderweb of elite conspirators.


The Illuminati
is the oldest term commonly used to refer to the 13 bloodline families (and their offshoots) that make up a major portion of this controlling elite. Most members of the Illuminati are also members in the highest ranks of numerous secretive and occult societies which in many cases extend straight back into the ancient world. The upper levels of the tightly compartmentalized (need-to-know-basis) Illuminati structural pyramid include planning committees and organizations that the public has little or no knowledge of. The upper levels of the Illuminati pyramid include secretive committees with names such as: the Council of 3, the Council of 5, the Council of 7, the Council of 9, the Council of 13, the Council of 33, the Grand Druid Council, the Committee of 300 (also called the "Olympians") and the Committee of 500 among others.


In 1992, Dr John Coleman
published Conspirators' Hierarchy: The Story of the Committee of 300. With laudable scholarship and meticulous research, Dr Coleman identifies the players and carefully details the Illuminati agenda of worldwide domination and control. On page 161 of the Conspirators Hierarchy, Dr Coleman accurately summarizes the intent and purpose of the Committee of 300
as follows:


"A One World Government and one-unit monetary system, under permanent non-elected hereditary oligarchists who self-select from among their numbers in the form of a feudal system as it was in the Middle Ages. In this One World entity, population will be limited by restrictions on the number of children per family, diseases, wars, famines, until 1 billion people who are useful to the ruling class, in areas which will be strictly and clearly defined, remain as the total world population.



There will be no middle class, only rulers and the servants. All laws will be uniform under a legal system of world courts practicing the same unified code of laws, backed up by a One World Government police force and a One World unified military to enforce laws in all former countries where no national boundaries shall exist. The system will be on the basis of a welfare state; those who are obedient and subservient to the One World Government will be rewarded with the means to live; those who are rebellious will simple be starved to death or be declared outlaws, thus a target for anyone who wishes to kill them. Privately owned firearms or weapons of any kind will be prohibited."


The sheer magnitude and complex web of deceit surrounding the individuals and organizations involved in this conspiracy is mind boggling, even for the most astute among us. Most people react with disbelief and skepticism towards the topic, unaware that they have been conditioned (brainwashed) to react with skepticism by institutional and media influences that were created by the Mother of All mind control organizations: The Tavistock Institute of Human Relations
in London. Author and de-programmer Fritz Springmeier
(The Top 13 Illuminati Bloodlines ) says that most people have built in "slides" that short circuit the mind's critical examination process when it comes to certain sensitive topics. "Slides", Springmeier reports, is a CIA term for a conditioned type of response which dead ends a person's thinking and terminates debate or examination of the topic at hand. For example, the mention of the word "conspiracy" often solicits a slide response with many people. (Springmeier has co-authored three books on trauma-based programming which detail how the Illuminati employs highly tuned and extrememly sophisticated Mind Control
(MC) training programs that begin the programming process while the intended victim is still within the womb
. Mind Control is a much greater problem than most people realize. According to Cisco Wheeler, a former Illuminati mind control programmer, there are 10 million people who have been programmed as mind controlled slaves using trauma-based MC programs with names like Monarch and MK Ultra. The newer, non-trauma, electronic means of MC programming that grew out of the Montauk Project, may include millions more. Al Bielek
, who played a principle role in the development of the Montauk Project, said that there likely 10 million victims of Montauk style mind control programming worldwide, the majority located in the USA. He also said that there are covert Montauk Programming 'Centers' in every major city in the U.S. )


What most Americans believe to be "Public Opinion" is in reality carefully crafted and scripted propaganda designed to elicit a desired behavioral response from the public. Public opinion polls are really taken with the intent of gauging the public's acceptance of the Illuminati's planned programs. A strong showing in the polls tells the Illuminati that the programing is "taking", while a poor showing tells the NWO manipulators that they have to recast or "tweak" the programming until the desired response is achieved. While the thrust and content of the propaganda is decided at Tavistock, implementation of the propaganda is executed in the United States by well over 200 'think tanks' such as the Rand Corporation and the Brookings Institute which are overseen and directed by the top NWO mind control organization in the United States, the Stanford Research Institute (SRI) in Menlo Park, California.


The NWO global conspirators manifest their agenda through the skillful manipulation of human emotions,
especially fear. In the past centuries, they have repeatedly utilized a contrivance that NWO researcher and author David Icke
has characterized in his latest book, The Biggest Secret
, as Problem, Reaction, and Solution.


The technique is as follows: Illuminati strategists create the Problem- by funding , assembling, and training an "opposition" group to stimulate turmoil in an established political power (sovereign country, region, continent, etc.) that they wish to impinge upon and thus create opposing factions in a conflict that the Illuminati themselves maneuvered into existence. In recent decades, so called "opposition" groups are usually identified in the media as 'freedom fighters' or 'liberators' (recently the KLA-Kosovo Liberation Army
).


At the same time, the leader of the established political power where the conflict is being orchestrated is demonized and, on cue, referred to as 'another Hitler' (take your pick: Saddam Hussein, Milosevic, Kadaffi, etc.). The 'freedom fighters' are not infrequently assembled from a local criminal element (i.e. KLA, drug traffickers). In the spirit of true Machiavellian deceit, the same NWO strategists are equally involved in covertly arming and advising the leader of the established power as well (the Illuminati always profits from any armed conflict by loaning money, arming, and supplying all parties involved in a war).


The conflict is drawn to the world stage by the controlled media outlets with a barrage of photos and video tape reports of horrific and bloody atrocities suffered by innocent civilians. The cry goes up "Something has to be done!" And That is the desired Reaction (note: the same technique is presently being used to bring about gun control
in the United States).


The NWO puppeteers then provide the Solution by sending in UN 'Peace Keepers' (Bosnia) or a UN 'Coalition Force' (Gulf War) or NATO Bombers and then ground troops (Kosovo). Once installed, the 'peace keepers' never leave
(Bosnia, Kosovo). The idea is to have NWO controlled ground troops in all major countries or strategic areas where significant resistance to the New World Order takeover is likely to be encountered.


East Timor, Indosnesia. (9/14/99) Virtually , the same strategy used to occupy Kosovo with UN/NATO troops was applied by the NWO manipulators to take military control of East Timor. Once again, the same morality play is trotted out for public consumption: the local evil and demonic Indonesian Army trained militias responsible for the slaughter of innocent civilians following the August 30 vote for Independence (from Indonesian control), must be stopped at all costs. This time, Australia (to keep up the appearance of an 'international' humantarian effort) will lead the charge with 'peacekeeping' troops. Of course, it didn't take long for Madeline Albright to announce that US 'support assets' will be part of the "UN Peacekeeping Team". In a front page story in the LA Times (9/13/99), Mike Jendrzejczyk of Human Rights Watch (an Illuminati front group) in Washington DC said that it's "crucial" that "peacekeepers have the authority to disarm militia forces and any Indonesian soldiers actively working with them". ]


The local, sovereign military force is either defeated (i.e. Yugoslavia) or, as in the case of the United States itself, replaced by foreign UN "Partnership For Peace" (PFP) troops who take over the jobs of US soldiers who have been sent overseas on 'peacekeeping' missions. In addition to being killed in ground conflicts on foreign soil, US military forces will likely be reduced in the next few years through disease induced attrition (i.e. from mandatory Anthrax Vaccinations required of all US military personnel). These vaccinations will, in all probability, eventually produce the symptoms of the so-called Gulf War Illness, which was acquired by a certain percentage of Gulf War soldiers who were given a "special" anthrax vaccine (intended by the Illuminati/CIA as a test run to ascertain how quickly (and fatally) the disease would progress with a substantial population of healthy young men and women).


The corporate portion of the NWO pyramid seems to be dominated by international bankers and the big pharmaceutical cartels, as well as other major multinational corporations. The Royal Family of England, namely Queen Elizabeth II and the House of Windsor, (who are, in fact, descendants of the German arm of European Royalty -the Saxe-Coburg-Gotha family-changed the name to Windsor in 1914 ), are high level players in the oligarchy which controls the upper strata of the Illuminati. The decision making Illuminati nerve centers of this effort are in the London (especially the City of London), Basel Switzerland, and Brussels (NATO headquarters).


The United Nations, along with all the agencies working under the UN umbrella, such as the World Health Organization (WHO), are full time players in this scheme. Similarly, NATO is a military tool of the NWO.


The leaders of all major industrial countries like the United States, England, Germany, Italy, Australia, New Zealand, etc. (E.g. members of the "G7/G8" ) are active and fully cooperative participants in this conspiracy. In this century, the degree of control exerted by the Illuminati has advanced to the point that only certain hand-picked individuals, who are groomed and selected by the Illuminati are even eligible to become the prime minister or president of countries like England, Germany, or The United States. It didn't matter whether Bill Clinton or Bob Dole won the Presidency in 1996, the results would have been the same (except maybe for Zipper Gate ). Both men are playing on the same team for the same ball club. Anyone who isn't a team player is taken out: i.e.President Kennedy, Ali Bhutto (Pakistan) and Aldo Moro (Italy). More recently, Admiral Borda and William Colby were also killed because they were either unwilling to go along with the conspiracy to destroy America, weren't cooperating in some capacity, or were attempting to expose/ thwart the Takeover agenda.


Most of the major wars, political upheavals, and economic depression/recessions of the past 100 years (and earlier) were carefully planned and instigated by the machinations of these elites.
They include The Spanish-American War (1898), World War I and World War II; TheGreat Depression; the Bolshevik Revolution of 1917; the Rise of Nazi Germany; the Korean War; the Vietnam War; the 1989-91"fall" of Soviet Communism, the 1991 Gulf War; and the recent War in Kosovo. Even the French Revolution was an orchestrated into existence by the Barvaian Illuminati and the House of Rothchild.


~省略~


To be Continued & Expanded...


This Page Last Updated: December 31, 2005








新世界秩序(NWO)概観


ゴールが、彼らの課題に従順な国家主義的で、地域の境界を取り除かれた1つの世界(ファシスト)政府を作成することである、ヨーロッパ(英国クラウンによって支配される)のいわゆるブラック貴族の一員と同様に、世界の最も裕福な人々、一番上の政治指導者と企業のエリートの多くを含む遺伝的に関連の個人(少なくとも最も高い梯列の)の極めて強力で、有力なグループによって統合されている世界的な共謀がある。

それらの意図は、惑星の上のすべての人間に関しての完全で、全体のコントロールをもたらし、ドラマチックに55億人の人々から世界の人口を減らすことである。

名前の新世界秩序がこのグループを参照する時に今日頻繁に使われた用語である間、エリート共謀者のこの広大な連動クモの巣を作る主要な組織、組織、および個人を識別することはより有益である。

啓蒙主義者は最も古い期間に、一般的に、このコントロールエリートの大部分を作る13の血統ファミリー(そしてそれらの枝)を参照するために使われる。

多くの場合に、まっすぐに、古代世界にさかのぼるたくさんの秘密主義で、オカルトの社会的な最も高い地位において、啓蒙主義者のほとんどのメンバーはまたメンバーである。

堅く分類された(情報適格性基礎)啓蒙主義者構造ピラミッドの上層レベルは、一般大衆がに関するほとんどまたは全然知識を持っていない実行委員会と組織を含む。

啓蒙主義者ピラミッドの上層レベルは秘密主義の委員会を次などの名前に含めている:

3の協議会、5の協議会、7の協議会、9の協議会、13の協議会、33の協議会、雄大なドルイド僧協議会、300(また「オリンポス山の神」と呼ばれる)の委員会、および他の間の500の委員会。

1992年に、ジョン・コールマン博士は共謀者のヒエラルキーを出版した:

300人委員会の話。

賞賛に値する奨学金と几帳面な研究によって、コールマン博士はプレーヤーを識別し、慎重に、世界的な支配とコントロールの啓蒙主義者課題を詳説する。

共謀者ヒエラルキーの161ページに、コールマン博士は正確に次の通り300人委員会の意思と目的を要約する:

「それが中世であった時に、封建制度という形でそれらの番号の中からセルフ選ぶ永久的な選ばれなかった遺伝的なoligarchistsの下の1つの世界政府と1ユニット通貨制度」。

この1つの世界エンティティの中で、人口はファミリーあたりの子供の数は上限によって制限されるであろうし、病気にし、厳密で、はっきりと定義されるであろうエリアで、支配階級により人々は戦争、飢饉で全体の世界の総人口として有益な10億人が残るだけである。

中流階級が全然いないであろうし、ルーラーと使用人だけである。

すべての法律は法律の同じ統合されたコードを行っている世界法廷の法律制度の下で均一になるであろうし、1つの世界政府警察によって後退し、どの国境も存在しないこととするすべての以前の国で法律を実施するために、1つの世界が軍隊を統合した。

システムは福祉国家に基づいていないであろう;

従順で、1つの世界政府に盲従している人々は、生きる方法によって報いられるであろう;

簡単な反抗的な意志では餓死するか、無法者(従って、彼らを殺すことを望む誰のための目標)とでも宣言されることである人々。

「あらゆる種類の私的に持たれている火器または武器は禁止されるであろう」。

この共謀に関係している個人と組織を取り囲んでいる偽りの本当のマグニチュードと複雑なウェブは最も私達の中で抜け目ないもののためにさえ精神的な驚きである。

彼らが、すべてのマインド・コントロール組織の母体によって作成された制度上で、メディアの影響によって、懐疑的に反応することに条件付けられていること(洗脳される)に気づかないトピックに、ほとんどの人々は不信と懐疑によって反応する:

ロンドンのタビストック人間関係研究所。

制作しなさい。そうすれば、プログラムされない。 フリッツス・プリングマイヤー(トップ13家系の啓蒙主義者血統)は、ほとんどの人々が、それが一定の敏感なトピックに来る時に、精神の綿密な調査が処理するその短絡を「スライド」に組み込んだと言う。

フリッツス・プリングマイヤーは、「スライド」は、人が袋小路を考えている反応の調節されたタイプのためのCIA用語であり、手近にトピックの討論または調査を終わらせると報告する。

例えば、言葉「共謀」に関する言及はしばしば多くの人々とスライド反応を求める。

(フリッツス・プリングマイヤーは、共同で、どのように啓蒙主義者が、意図されている犠牲者がまだ子宮の中にいる間、プログラムプロセスを開始する調整されて、extrememly洗練されたマインド・コントロール(MCの)教育プログラムを高く使用するかを詳説するトラウマ-ベースの計画の3冊の本を制作した。

マインド・コントロールは、ほとんどの人々が実現するよりずっと大きな問題である。

シスコホイーラー(前の啓蒙主義者マインド・コントロール・プログラマー)によると、精神が君主とMKUltraのような名前によってトラウマベースのMCのプログラムを使っている奴隷をコントロールした時に、計画されている1000万人の人々がいる。

Montaukプロジェクトから生じたMCのプログラミングのより新しく、非トラウマ、電子工学の技術はあと百万を含むかもしれない。

Montaukプロジェクトの開発で原則役割を果たしたアルBielekは、そこで、たぶん、Montaukの1000万人の犠牲者が世界的にプログラムしているマインド・コントロール(米国に置かれた大多数)をデザインすると言った。

(彼はまた、米国にすべての主要な都市で‘センター)’の(プログラムを作っている隠れたMontaukがあると言った)

ほとんどのアメリカ人が、「世論」であると信じるものは、慎重に精密につくられた現実と一般大衆から要求された行動反応を引き出すようにデザインされた台本を書かれた宣伝にある。

世論調査は、大衆の啓蒙主義者の計画されたプログラムの受容を正確に測定する意図を持って本当に作られる。

投票における強い意思表示は啓蒙主義者に、計画が「作られている」一方的なお粗末な結果がNWOマニピュレータに、要求された反応が達成されるまで、それらが鋳造され、または「ひねり」にプログラミングを持っていると言う事を知らせている。

宣伝の推力と内容がTavistockで決められる間、宣伝のインプリメンテーションは、監督されるランド研究所とブルッキングズ研究所などの200以上かなり‘シンクタンク’によって米国で実行されて、米国(メンロパークのスタンフォード研究所(SRI)、カリフォルニア)で一番上部のNWOマインド・コントロール組織によって指示される。

NWOグローバルな共謀者は人の感情、特に恐怖の熟練したマニピュレーションを通して彼らの課題を明示する。

前世紀に、それらは、繰り返し、NWO研究者と作者デイビッドアイクが彼の最新の本、最も大きな秘密中で問題、反応、および解決と見なした考案を利用した。

テクニックは次の通りである:

啓蒙主義者策士は、彼らが、衝突することを望む設立された政治権力(主権国、地域、大陸など)において騒動を刺激するために「反対」グループに出資していて、アセンブルしていて、訓練している問題過激に作成し、それから、啓蒙主義者自身が存在の中に操作した衝突において、反対派閥を作成する。

最近の数十年で、そう呼ばれた「反対」グループは‘自由の闘士’または‘解放者’(最近KLAコソボ解放軍)としてメディアの中で通常識別される。

同時に、衝突が統合されている設立された政治権力のリーダーは悪魔化されて、キューの上で、‘第2のヒットラー’(あなたの好きなものを選びなさい:サダム・フセイン、ミロシェビッチ、Kadaffiなど)としてのに差し向けた。

‘自由の闘士’はローカルな犯罪の要素(すなわちKLA、麻薬密売人)からほとんど組み立てられている。

真実のマキャベリ主義の偽りの心において、同じNWO戦略担当者は、その上部(戦争に関係しているすべての党を武装させて、供給して、お金を貸すことによって、啓蒙主義者はいつもどのような武力衝突からでも利益を得る)設定されたエネルギーのリーダーをひそかに武装させて、通知することに等しく関係している。

衝突は無実の民間人が被っている恐ろしく、血まみれの残虐行為の写真とビデオテープリポートのダムを持つコントロールされたメディア販路付近で世界の舞台に引き付けられている。

叫び声は、「何かが、される必要がある!」を打ち上げる。

そして、要求された反応(注:同じテクニックは、やがて、米国で銃砲規制を引き起こすために使われている)である。

UN‘平和管理者’(ボスニア)またはUN‘多国籍軍’(湾岸戦争)またはNATO爆撃機を提出することによって、NWO操り人形師はその時解決を提供し、それから、軍(コソボ)を接地する。

一度インストールされて、‘平和管理者’は決して去らない(ボスニア、コソボ)。

アイデアは、コントロールされたNWOに、軍を、すべての主要な国または新世界秩序への乗っ取りの重要な抵抗が、遭遇されそうな戦略上重要な地域に基づかせさせることである。

東チモール、Indosnesia。

(9/14/99) 事実上、UN/NATO軍とコソボを占めるために使われた同じ戦略は、東チモールの軍隊のコントロールを取るためにNWOマニピュレータによって適用された。

もう一度、同じ教訓劇は公的な消費のためにひけらかされる:

ローカルな悪い、悪魔のようなインドネシア人Armyは8月30日の独立賛成投票(インドネシアコントロールからの)に続いている無実の民間人の屠殺に責任がある民兵組織を訓練し、ぜひとも停止しなければならない。

今回、オーストラリア(‘国際的な’humantarian努力の外観を維持する)は‘平和維持’軍とチャージを導くであろう。

もちろん、マデリーン・オルブライトが、米国‘サポート財産’が「UN平和維持チーム」の一部になるであろうということを発表することは長い時間を必要としなかった。

LAタイムズ(9/13/99)中の第一面記事の中で、ワシントンD.C.での人権監視(啓蒙主義者正面グループ)のマイクJendrzejczykは、「和平監視者は、民兵組織軍隊と彼らとともに活動的に働いているすべてのインドネシア兵士の武装を解除する権限を持っている」が「重要である」と言った。

]

ローカルで、主権を有する軍事力は敗れる(すなわちユーゴスラビア)か、米国自身場合のため、‘平和維持’任務において海外に派遣されている米国兵士の仕事を引き継ぐ軍を外国のUN「平和のためのパートナーシップ」(PFP)と取り替えた。

外国の土の上の地上衝突において殺されることに加えて、軍事力が、病気を通して次の数年に減らされることをたぶん望んでいる米国は摩擦(すなわちすべての米国軍人に要求された義務的な炭疽菌予防接種からの)を引き起こした。

これらの予防接種はきっと結局いわゆる湾岸戦争病の徴候を引き起こすであろう(それは、「特別な」炭疽菌ワクチン(啓蒙主義者/CIAによって引き起こされ、どれほど迅速に(そして致命的である)病気が健康な若者と女性のかなりの人口について進行するであろうことを確かめるつもりである)を与えられた湾岸戦争兵士の一定のパーセンテージによって取得された)。

NWOピラミッドの企業の部分は、他の主要な多国籍企業と同様に国際銀行家と大きなカルテルによって支配されるようである。

この努力の意思決定啓蒙主義者神経中枢はロンドン(ロンドンという特に都市)、バーゼルスイス、およびブリュッセル(NATO本部)にある。

国連は、世界保健機構(WHO)などのUN傘下で働いているすべてのエージェンシーとともに、この計画においてフルタイムのプレーヤーである。

同様に、NATOはNWOの軍隊のツールである。

米国、イギリス、ドイツ、イタリア、オーストラリア、ニュージーランドなどのようなすべての主要な工業国のリーダー

(例えば「G7/G8」のメンバー)はこの共謀においてアクティブで、完全に協力的な参加者である。

今世紀に、啓蒙主義者によって及ぼされたコントロールの程度は、いくつかだけが個人を厳選したというポイントに進み、誰が啓蒙主義者によって手入れをされて、選ばれるかは、イギリス、ドイツ、または米国のような国の総理大臣または大統領になることに適格でさえある。

ビル・クリントンまたはボブ・ドールが1996年に大統領の地位を勝ち取り、結果が同じ(たぶんを除いたジッパーゲートのための)であったであろうかどうかは重要でなかった。

両方の人は同じボールクラブのために同じチームの上で遊んでいる。

チームプレーヤーではない誰でも連れ出される:

i.e. ケネディ大統領、アリ・ブット(パキスタン)、およびアルド・モロ(イタリア)。

より最近、彼らが、アメリカを破壊する共謀とともに行動をしぶっていて、いくらかの能力のために協力していなかったか、乗っ取り課題を露出することを/妨げる試みていたので、ボルダ提督とウィリアム・コルビーはまた殺された。

主要な戦争、政治的な動乱、およびこの100年(そしてより早い)の経済不況/景気後退のほとんどはこれらのエリートの陰謀によって慎重に計画されて、扇動された。

それらは米西戦争(1898)、第一次世界大戦、および第二次世界大戦を含む;

国際恐慌不況;

1917年のボルシェヴィキ革命;

ナチスドイツの上昇;

朝鮮戦争;

ベトナム戦争;

ソビエトの共産主義、1991年の湾岸戦争の1989年-91年の「落下」;

そしてコソボの最近の戦争。

フランス革命さえロスチャイルドのBarvaian啓蒙主義者と家による存在の中に統合されたものであった。

FEMA

アメリカで、連邦緊急事態の処理政権(FEMA)はカーター大統領のためにサミュエル教授P.ハンティントン、ハーバードの教授、および前のFEMA諮問委員会会長によって制作された大統領覚書32下で1979年に作成された。

ハンティントンは70の半ばにおける三極委員会のための独創的な平和を書いた(それにおいて、彼は旧式なアイデアとして民主主義と経済発展を批判した)。

本の共著者、民主主義における危機として、ハンティントンは書いた:

「私達は、経済成長には潜在的な望ましい限界があると認めるために来た」。

また、政治的な民主主義の限りない拡張には潜在的に望ましい限界がある。

「権限を欠く政府は、その人々に、必要であるかもしれない犠牲を課すためにほとんど大変動の危機が不足の能力を持たないであろう」。

ハンティントンのアイデアは国家安全保障決定指令#47(NSDD47)中に書き直された(それは1982年7月にレーガン大統領によって制定された)。

メディアによって現在の脚注とみなされて、この法律は、国防を維持するためにアップグレードされる合法なエリアを識別したけれども、緊急動員用意(既存のsocio/経済の規則または他の法律上の制約が国家的緊急事態の場合に放棄されるであろう計画)のために、それはまた土台を置いた。

この計画は公法101-647においてさらに強化されて、これは、それが煮詰まる1990年11月においてブッシュ大統領によってサインされる:

大統領がどのような理由(大きな地震から高まった国際的な緊張またはすべての縞の経済の/financial crisisまでの)のためにでも国家的緊急事態を宣言する場合に、FEMAはその時彼らの判断で10995から11005まで大統領命令を実施することができる。

これらの大統領命令はローカルで、州の、そして政府のFEMAによる乗っ取りと憲法の保証のサスペンションを許す。

FEMAは、それがアメリカの一般大衆に必要であると考えているどのような種類のコントロールでも及ぼす権限を持つであろう。

黒いユニフォームを着て、次から構成されていて、Multi司法上のタスク・フォース(MJTF)の名前によってフォーマルに参照された訓練された全国的な警察:

1. 特別に選ばれた米国軍人

2. 国連IDカードを運んでいる外国の部隊、および

3. 特別に訓練された既存の警察はより大きな首都のアメリカの都市から群がる。

MJTFのこれらのメンバーは指導とcontrolof FEMAのもとで戒厳令を実施し、実施するであろう。

大統領と議会はループの外にいる。

FEMAは、新世界秩序がアメリカ大衆に関しての明白で、警察状態のコントロールを実施するであろうトロイの木馬である。

薬の上の戦争

「薬の上の戦争」は残酷な冗談である。

米国政府、特にCIAは惑星の上の最も大きな‘麻薬王’である。

麻薬資金は、秘密の米国政府とともに働いている人とエイリアンの両方を収納している巨大な地下都市の建築を含めて、無数の‘極秘プロジェクト’代金を払うために使われる。

ナイト法学院法律家(シオンの小修道院として知られている啓蒙主義者秘密結社の軍隊の部門)と呼ばれる啓蒙主義者グループの9人のメンバーの中心的なグループだけが、1世紀半以上の間続いていたその改革運動を開始した時に、財産を貯蔵するためのカバーとしてのでっち上げた戦争の扇動は少なくとも12世紀への日付を書かれた後ろであるかもしれない。

エルサレムが1187におけるサラセントルコ人に失われた時に、裂け目は後で法学院法律家とシオンの小修道院の間で発展した。

1307において、フランスの王(フィリップ(フェア(メロヴィング朝Illuminati)))は富を切望し、法学院法律家のパワーに嫉妬していた。

シオンの小修道院の操り人形であるフランス王は、10月13日にフランスですべての法学院法律家を逮捕することを試みた。

多くの法学院法律家が、彼らのグランドマスター、ジャックdeモレーを含めて、つかまれて、拷問される間、多くの他の法学院法律家(密告された)は脱出した。

彼らは結局自由な石造建築のスコットランド儀礼としてポルトガルで、マルタ(マルタ騎士団としての)で、そして後でスコットランドで再浮上した。

いっそうより大きな富、天然資源、全体の政治権力、および他に関してのコントロールの獲得と合併は動機づけ力である(それが啓蒙主義者の決定を動かす)。

人間の苦悩と無実の命の損失における使用料は、非常に暗く、悪意を持った4番目の次元のエイリアンと位置合わせされるこれらの個人のための問題ではない。

人間のイルミナティをコントロールしていて、処理している4番目のディメンショナル悪意を持ったエイリアンの支配的なグループはDraconiansまたはDrakos爬虫類として知られている。

すべての異なった爬虫類はネガティブなスピリチュアルなオリエンテーションをもっているわけではない。

マインドコントロール

信仰が捨てさせられたイルミナティ(政府)マインドからの最近の意外な新事実は、アリゾナ・ワイルダー(最も大きな秘密)、コクチマス荷車引き人(検出できないマインドコントロール奴隷の合計を作成するイルミナティ定式)、キャシー・オブライアン(アメリカの夢中構成)およびBriceテーラー(ありがとう(メモリを))のような個人をコントロールしました、幼い子供の殺害、人間の血液および肉の消費することの飲酒および人間の器官を通常含んでいる魔王の儀式にイルミナティの上部のレベルが取るNO DOUBTを残す。イルミナティ共謀の詳細は、デービッドアイク(時間ループからの物語、マトリックスの子供、おとぎの国のアリスおよび世界は、中心災害(最も大きな秘密)をトレースします、真実はあなたを解放するものとします。また、私は私です、私は暇です;そしてジョン・コールマン博士(共謀者階層: 300の委員会の話; 一つの世界オーダー:社会主義の独裁政治; そして詐欺による外交)による3冊の本の中で)の本の中にぴかぴかとレイアウトされます。継続されること...(拡張すること)







炙り出された・・売国奴



2006年2月7日 火曜日 ◆秋篠宮妃紀子さま懐妊 第3子、秋ごろ出産予定


秋篠宮妃紀子さま(39)が懐妊されたことが7日、分かった。宮内庁関係者によると、経過は順調とみられる。秋ごろ出産予定という。秋篠宮ご夫妻にとっては、1991年10月に誕生した長女眞子(まこ)さま(14)、94年12月誕生の二女佳子(かこ)さま(11)に続くお子さまとなる。男子誕生ならば、皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに続く第3位。 天皇、皇后両陛下にとっては、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(4つ)に続く、4人目の孫となる。 今国会にも法案が提出される予定の皇室典範改正の論議にも影響しそうだ。秋篠宮ご夫妻は、ことし1月の歌会始で、ともにコウノトリを題材にした歌を詠まれていた。 (共同通信) - 2月7日14時50分更新



蛇足


日本の文化と歴史に懐疑的グループはこの機会に炙り出されてきた。


小泉・竹中・御用学者・森派(福田)・加藤・山崎・朝日新聞・公明・社民・民主左派などなど・・。言葉とは裏腹に売国致しますと言っているようだ・。紀子さま(39)の懐妊は謀らずも売国奴の踏み絵なのです。


何処を見て、政治を語っているのだ。日本のイルミナティと認定できる判断材料である。

官僚は宦官にすべきだ・。

官僚は宦官にすべきだ・。嫌なら、廃止せよ。


東奥日報 - 2006年2月2日(木)

防衛施設庁の天下り


 同庁の調べによると、空調設備の談合事件で、技術審議官河野孝義(かわの・たかよし)容疑者らの逮捕容疑となった3件の工事を受注した建設共同企業体(JV)の所属メーカー9社のうち、東洋熱工業、太平エンジニアリング、大成温調、大気社の4社に職員計6人(過去10年)が天下りした。また同庁技術審議官や防衛施設局長など経験者計16人が財団法人を経て、建設会社などに天下った退職2年後の再就職は把握できず、公益法人などを経て天下りした職員はさらに多いとみられる


東奥日報 - 2006年2月2日(木)

防衛施設庁の工事発注方法


 防衛施設庁による自衛隊と在日米軍施設の土木建設工事や空調設備工事などの発注は、随意契約が可能な250万円以下のケース以外は一般競争入札と指名競争入札で受注企業を決める。7億3000万円以上は資格を満たす企業すべてが参加できる一般競争入札、同額未満2億円以上は公募型指名競争入札、2億円未満は同庁が企業を選定する指名競争入札で、インターネットを使った電子入札が導入されている。発注者は各工事の地元防衛施設局長


東奥日報 - 2006年2月4日(土)

防衛施設庁談合/天下り封じの改革断行を


 防衛施設庁発注の空調設備工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は同庁ナンバー3の河野孝義技術審議官(57)ら三人を逮捕し、ゼネコン、空調設備企業など多数の関係先を家宅捜索した。


 空調工事受注先を主導して選定していたのは、大手空調企業大気社(東京)に天下った同庁OB(63)だった。


 成田空港に端を発した電機・空調設備談合は防衛施設庁幹部を巻き込んだ官製談合事件に発展した。背後には業者への特殊発注システムと独特の体質、天下り先確保の狙いがあった。


 官製談合防止法は、公共工事入札談合への官側関与防止のため二〇〇三年一月施行された。だが、橋りょう談合などで「官」の関与は後を絶たない。


 事件後、施設庁の解体-防衛庁との統合論が加速している。しかし、全容解明と抜本的再発防止策がまず急務だ。


 東京地検特捜部が刑法の談合容疑で逮捕したのは、河野審議官のほか前任審議官で財団法人「防衛施設技術協会」理事長生沢守容疑者(57)と同庁総務部施設調査官松田隆繁容疑者(52)。


 調べによると、河野容疑者らは自衛隊中央病院の新設空調工事二件と市ケ谷庁舎新設空調工事で、施設庁OBの天下り実績を基準に自ら工事配分を決めていた疑い。


 ゼネコン大手大成建設の複数の役員は病院工事での談合を大筋で認めた。特捜部は鹿島、大林組、清水建設、鉄道建設の他のゼネコンと五洋建設、東亜建設工業、若築建設、りんかい日産建設を捜索した。


 容疑事件以外にも、官製談合疑惑は施設庁が〇四年度に発注した山口県岩国基地の滑走路沖合移転工事や、〇三、〇四年度に発注した長崎県佐世保基地の岸壁工事でも浮上。際限ない様相を見せている。


 防衛庁は、木村太郎副長官をトップに再発防止策を話し合う検討会を新設した。施設庁の解体を視野に入れ、三カ月をめどに組織の在り方、人事、入札の見直しを柱に抜本策をまとめる方針だ。


 木村副長官は工事発注を通じ、現職職員とOBとが緊密になりやすい関係が事件の背景にあるとの見解を示した。


 額賀福志郎防衛庁長官は一九九八年、防衛庁旧調達実施本部(調本)の背任事件の際も長官として監督責任を問われ、辞任に追い込まれた経験がある。 長官は「国民の信頼を著しく裏切り、ざんきに堪えない。施設庁解体のつもりで新出発をすることが急務」とのコメントを出した。


 施設庁を舞台にした官製談合の根っこには、防衛庁職員の旧態依然の天下り問題が潜む。天下り先確保へ、施設庁幹部が企業側の受け入れ実績(人数)を基に受注業者を決めていた疑いが濃厚なのである。


 こうした現実を直視すれば、天下り問題と向き合い、天下り決別を抜きにした官製談合の抜本改善策はあり得ないことになる。


 防衛庁が今、最も問われているのは天下り封じを中核とした毅然(きぜん)とした改革だ。談合の土壌を改められるかどうか。そこがポイントである。


中国新聞 - 2006年2月1日(水)

防衛施設庁談合 許されない利権の体質

'06/2/1



 
またも、「官製談合」の発覚である。しかも、自分たちの天下りポストを確保するのが目的だ。言語道断。何を考えているのか。


 防衛施設庁が発注する空調設備工事をめぐり、同庁の技術審議官ら幹部三人が東京地検に競争入札妨害の疑いで逮捕された。同庁は国の防衛設備の調達や管理を行う官庁。技術審議官は長官、次長に次ぐ要職だ。その幹部が談合を主導していた。


 防衛関係の官庁は、軍事機密などを盾に普通でも閉鎖性が極めて高い。そうした体質の中で、組織の規律をただすことなく、自らの利権を連綿と求めていたのではないか。その姿勢は国民を欺くに等しい。


 国防の一端を担う官庁が不正を働いては、防衛外交など国の根幹の政策が信用できなくなる。


 逮捕された技術審議官、河野孝義容疑者(57)ら三人は、二〇〇四年十一月から昨年三月にかけ、同庁が発注した自衛隊の病院の空調工事など三件について、空調メーカー三社が加わる共同企業体に談合で落札させた疑いが持たれている。


 許されないのは、天下りポストを手放さない身勝手な利権意識である。談合では、メーカー側がどれだけ同庁OBを受け入れているかの実績を基に受注業者を割り振っていた、という。受注業者を決めた「配分表」も作られていた。逮捕の幹部だけでなく、歴代幹部が天下りの見返りとして受注調整を引き継いでいた、とみられる。いかにも組織自体の自浄力のなさを露呈している。


 談合の結果、落札額は約十億―十二億円余で、予定額に対する落札額の割合である落札率は最高96%と「高値発注」をもたらした。国の支払額が増える損失は全く顧みられていない。


 旧日本道路公団の橋梁(きょうりょう)工事や旧新東京国際空港公団の電気設備工事の談合に続く「官民の癒着」だ。


 求められる対応の一つは、法的な整備である。公共工事に絡む談合を防ぐため、〇三年に官製談合防止法が施行された。しかし発注者に改善措置を求めることはできても、罰則はない。その不備を補う法改正の動きが与野党から出ているのも、談合を放置すれば公平であるべき国の施策の基本が崩れるからである。


 談合体質を断つ一層の法整備は当然としても、次々に摘発される官製談合の教訓を全く生かせない規範の緩みは目を覆うばかりだ。各官庁の発注実態の刷新ができない政府の責任こそ厳しく問われる。


 防衛施設庁は、自衛隊や在日米軍関係の施設建設、整備を受け持つ。日米政府が昨年十月に合意した在日米軍再編の中間報告についても、関係自治体の調整を担当する。


 中間報告をめぐっては、岩国市や周辺自治体など全国の地元の多くが反対姿勢を表明し、機能移設などに疑義を唱えてきた。住民の生活に大きな変化をもたらす問題だ。地域の実情を意に介さない談合体質の発覚は、住民感情を逆なでする。


 額賀福志郎防衛庁長官は「解体的な出直しが急務」と述べた。防衛庁では八年前にも背任事件があった。今回こそ不正を一掃し、癒着構造から抜け出す姿勢を明確に示さねば、国防への国民の信頼は落ちる。


蛇足


官僚制度など廃止すればよい・。非営利の民間人は多数存在する。オンブズマンを活用すれば数十万人確保可能である。雇用確保と民間委託で無駄が省ける。そもそも天下りや手当て増額、家賃補助など優遇処置がある事のほうが不思議だ・。やる気の無い・・不正官僚は宦官にするか・即刻拘禁留置し公務員制度など廃止せよ・。民間ボランティアで出来る。




宦官の作り方


このくらいせねば・・


*


宦官(かんがん)とは、去勢
が施された官吏
である。「宦」は「宀」と「臣」とに従う会意文字で、その原義は「神に仕える奴隷」であったが、時代が下るにつれて王の宮廟に仕える者の意味となり、禁中では去勢された者を用いたため、彼らを「宦官」と呼ぶようになった。

敵は我にあり・。

ベンチャー革命2006年2月6日                           山本尚利


タイトル: イランの危険な抵抗


?1.イランの孤立化と戦前日本の孤立化との類似性 


2006年2月5日のニュースによれば、イランの核問題に関する国連安全保障理事会付託決定を受け、イランのアフマディネジャド大統領は2月4日、アガザデ原子力庁長官に5日から、国際原子力機関(IAEA)の強制的な査察を拒否し、本格的なウラン濃縮開始に向けた準備を始めるよう書簡で命じたそうです。 イラン指導者の恐れを知らない過激な行動は、戦前の日本の愚かだった指導者を彷彿とさせます。歴史は繰り返すと言いますが、デジャビュ(既視感)という言葉を思い起こします。幕末から明治時代初期、日本政府が欧米諸国と交わした数々の不平等条約の改定に奔走したのは、外交政治家の陸奥宗光や小村寿太郎などでした。1933年、松岡洋右全権大使は、国際連盟を脱退します。 昭和天皇が靖国神社への参拝を拒否していたのは、太平洋戦争のA級戦犯であった松岡洋右の慰霊が合祀されているからであるという説が根強く存在しています。1933年の松岡洋右の国際連盟脱退は、その後の日本に国際的孤立化の道を歩ませ、最終的に、1945年の太平洋戦争における無条件降伏という国家的悲劇のトリガーとなったと言われています。 筆者には、現在のイランの過激な指導者と、戦前の帝國日本の勇ましい指導者が重なって見えてしょうがありません。一国の勇ましい指導者は、国民の熱狂的な支持を得ることがあります。今のイランはまさにそうです。しかしながら、不幸にもイランの指導者は欧米列強国の罠に嵌っているかもしれません。


?2.なぜイランは核開発にこだわるのか 


イランのアフマディネジャド大統領も、イラン国民もなぜ、国連の要求やIAEAの査察を拒否するのでしょうか。彼らの言い分はこうです。欧米列強の核開発、核兵器の保有は許されて、なぜ、自分たちの核開発、核兵器の保有が国連やIAEAから禁止されるのか、理解できない。これは差別ではないか、不平等ではないか、という素朴な疑問です。この疑問が端緒となって、今日のイランは核開発を強行し、国際的孤立を招いています。 イラン国民の素朴な疑問は、戦前日本の国民の素朴な疑問とまったく同じです。 翻って現代の日本をみてみると、日本は原子力発電の技術開発は許されていますが、核兵器の保有は許されていません。日本は非核三原則で縛られています。ところが、隣国の中国は核兵器を保有しています。北朝鮮も2005年2月、核兵器を保有していると宣言しています。このことから、東アジアでは、中国と北朝鮮が核兵器を保有し、日本、韓国、台湾は核兵器をもたない状態、すなわち米国の核の傘に守られた状態で、緊張が続いています。つまり日本は自国の安全を米国に全面的に依存した状態に置かれています。独立国として、これほどの不条理はあるでしょうか。見方によれば、戦後の日本は、米国から完全な丸腰国家にさせられているのです。日本に自衛隊があっても、それは鍵のかかったケースに入れられて、発砲できないピストルに等しい。日本の護衛にならない。だから、ならず者国家である北朝鮮が丸腰日本の言うことを聞くわけがないのです。 ところで、中東においてイランと敵対するイスラエルは核兵器を保有していると言われています。イランもイスラエルに対抗して核兵器を保有していると言われています。一方、 2003年、イラクは核兵器を保有していると嫌疑をかけられ、米国の軍事的攻撃を受けたわけですが、結局、イラクに核兵器はなかった。警察が間違って、無実の人を誤認逮捕したに等しい。イラクに対し、意図的な誤認に基づく先制攻撃を行った米国の責任が問われないのも非常に不合理です。ムチャクチャです。これでは、もともとおとなしい中東の人が怒るのも無理ないのです。


?3.なぜ、イランの核開発は許されないのか 


イランの核開発は、表向き、平和利用ということになっていますが、実態は核兵器の技術開発でしょう。世界第4位の石油生産国には、原子力発電は不要です。欧米列強は、イランの核開発が平和利用であろうとなかろうと、絶対に許さないという姿勢をとっています。イランからみると非常に理不尽な要求です。俺様(欧米列強)が核を持つのは認めるが、貴様(中東諸国)が核を持つのは許さないという論理は、中学校の番長レベルの論理です。戦前の日本が受けた屈辱にそっくりです。合理性を重んじるはずの欧米人のこのような一方的論理は、いったいどうして生まれるのでしょう。単純な白人優位主義に基づくのでしょうか。筆者の見方では、彼らの論理は、民主主義国の核保有は許すが、非民主主義国の核保有は許さないというものです。この一方的論理は、欧米から非民主主義国とみなされているイランの国民を怒らせているわけです。戦前の天皇制日本も、当時の欧米列強からみれば、非民主主義国家ですから、彼らから見て野蛮国の日本が欧米列強に倣って、欧米列強並みに満州に対して帝国主義的行動に出ることは許されなかったのです。戦前の日本の指導者は当然、この欧米の一方的論理がまったく理解できなかったのです。今のイランは、戦前の日本と極めて似通った行動をとっています。非常に危険です。イランが、国連安全保障理事会付託決定に逆らって、核の技術開発を強行すれば、イランをたたきたいイスラエルの思う壺です。イランに対する先制攻撃に絶好の口実を与えてしまいます。そうなれば、イランには、かつての日本が辿ったと同じ悲劇が待っています。イラン全土が瞬く間に焦土と化すでしょう。そして、米国、イスラエル、英国と、ロシア、中国の間で、戦後のイランの油田の争奪戦が交わされるのでしょう。


?4.イラン大統領は愚かそのもの 


靖国神社の遊就館における太平洋戦争の戦争史観とは、日本は悪くない。米国に嵌められて、日本はやむにやまれず真珠湾攻撃をせざるを得なかったというもの。筆者は、この見方を支持します。戦前の日本が米国の罠に嵌められたのは間違いないでしょう。しかしながら、だからといって日本の真珠湾攻撃はまったく正当化されません。やはり、嵌められたほうが愚かだった。現在のイランも、愚かであった戦前日本と同じ運命を辿りそうです。現在のイランと違って、2003年時点のイラクのフセイン元大統領は9.11事件以降、米国覇権主義者の罠に嵌らないよう、極めて、慎重であったにもかかわらず、米軍から先制攻撃されてしまった。要するに、いったん米国覇権主義者からにらまれたら、いくら逃げても、逃げようがない。まさに蛇ににらまれたカエルです。この怖さをもっともよく知っているのは、イラクのフセイン元大統領と北朝鮮の将軍様です。むしろ、一般の日本国民のほうが、よくわかっていない。ところで、イランのアフマディネジャド大統領は愚かにも、イラクのフセイン元大統領に比べてあまりに易々と米国とイスラエルの罠に嵌っています。米国覇権主義者の前では、愚かイコール自殺行為です。やれやれ、愚か者のせいで、また悲惨な戦争が始まるのか。戦争とは、常に罪のない一般人が犠牲になる悲劇です。 山本尚利(ヤマモトヒサトシ) hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm




蛇足


そのように数十年前から仕組まれてますよ・・先生。敵は国ではなく、人間性などない組織なのだから・・。

また増える

中岡望の目からウロコhttp://www.redcruise.com/nakaoka/index.php?p=105


2005/4/18 Monday

突出する日本の米財務省証券への投資:外貨準備増加は何を意味するのか


2005年2月末の海外の国別の米財務省証券の保有額の順位は以下の通りです(単位:10億ドル。以下同じ)。


日本           702.0

中国           196.5

英国           171.0

カリブ海の金融センター  103.6

韓国            67.1

OPEC            65.3 

ドイツ           59.5

台湾            59.1

スイス           53.2

総額          1995.8

このうち、公的機関が

保有する額       1180.5


上の統計から、日本が圧倒的な額の財務省証券を保有していることがわかります。また、保有者の大半は中央銀行であることも明らかです。日本の財務省証券の保有額は絶対額で突出しているだけでなく、増加額も多国を圧倒しています。以下に2000年末以降の残高を書きます。2005年のみ2月末の数字です。この4年間で、日本の財務省証券の残高は倍以上増えています。これは、2002年から2003年に行なわれた膨大なドル買いの為替市場介入を反映したものです。2005年に入って減少していますが、これは日本のドル買い支えの市場介入がなかったためです。


2005年   702.0

2004年   711.1

2003年   550.7

2002年   378.1

2001年   317.9

2000年   317.7


では、膨大な対米黒字を計上している中国と、最近、原油価格の上昇で外貨保有額の増加が予想されるOPECの場合の財務省証券保有額はどうなっているのでしょうか。


         中国      OPEC

2005年   196.5   65.3

2004年   194.5   59.8

2003年   158.4   42.1

2002年   118.4   50.2

2001年    76.6   46.8

2000年    60.3   47.7


中国は絶対額では日本に遠く及ばないものの、4年間の増加率は3倍以上になっています。OPECは、原油価格上昇があるものの、増加率はそれほど大きくはありません。これは、最近、OPEC諸国が外貨準備の運用先としてユーロの比率を増やしていることを反映したものだと予想されます。また、増加額の中に財務省証券の金利は高いため、増加分のうちにかなりの額の利息収入が含まれています。


それにしても日本の財務省証券の保有残高の大きさに驚きます。よく「日本がアメリカ政府の赤字を賄っている」といわれます。全体の財務省証券の発行額からすれば、それはやや誇張でしょうが、それでも日本が財務省証券を購入しなければ、アメリカの長期金利は上昇しているかもしれません。こうした”投資”あるいは”運用”は、常に為替リスクが伴います。ドルが安くなれば、円ベースで為替差損が発生します。ドルが強くなれば、逆に差益が出てきます。変動相場制の元では、こうした外貨準備を累積する意味はあまりないのです。


為替市場への介入によってドルを買い支えるということは、2つの意味がありました。1つは、為替市場でのドルの受給に影響を与え、円高・ドル安を阻止することです。これは、短期的には円高は景気動向にマイナスの影響を与えるために、そうした為替相場の動きを阻止する狙いがありますもう1つは、市場でドルを買うことは、市場に円を注入することになります。通常のケースでは、為替介入で市場に注入した資金は、中央銀行が買いオペレーションを行なうことで吸い上げます。為替介入の国内への影響を中立化するのですが、これを”不胎化政策”といいます。しかし、ドル買いで注入した円資金を買いオペで吸収しないと、新たな資金を経済に注入したことになります。これは金融緩和を進めたことと同じ効果を持つことになります。日本は、為替市場介入による資金供給を吸い上げず、日銀のゼロ金利政策を結果的に支援してきたのです。


政府は「外国為替資金特別会計」で「資産」としてアメリカの財務省証券を持ちますが、ドルを買う円資金は「外国為替証券(通称「為券」といわれる)を発行して日銀あるいは短期国債市場から調達しているので、「負債」には日銀に対する債務が計上されます。ですから、日本政府の外貨準備が増えたということは、別に日本が「豊かになった」ことを意味するわけではないのです。ただ、輸出で得たドルを売った企業は円資金を得ているので、その分は企業の「資産」が増えたことになります。もし政府が介入してドルを買い支えなければ、ドル安円高が進み、企業の得る円資金の額が減っていきます。従って、金融当局が市場介入すること(ここではドル買い)は、結果的に輸出企業に”補助金”を与えていることに等しいのです。同時に、為替リスクを政府に転嫁することになります


為替市場への介入をどう評価すべきかという問題があります。円高は輸出企業の収益に影響を与え、短期的に景気にマイナスの影響を与えると議論されています。ですから、政府・日銀は懸命に円高を阻止しようとしているのでしょう。しかし、円高は日本の交易条件を改善することで、国民の実質所得を高めることになります。安い商品を輸入することができるので、今まで通りの所得でも、購買力が増えることになるということです。原油価格が上昇し、ガソリン価格が上昇していますが、円高であれば、円建ての原油価格上昇は大きくなく、その影響も少ないことになります。どちらが国民経済にとって好ましい効果を持つのでしょうか。また、円高は国内の産業構造の転換を進め、非能率な産業の淘汰を進める効果も持っています。が、同時に短期的には強制的な雇用調整を招くかもしれません。


外貨準備の増加という現象の背後にも、検討しなければならない大きな問題がいくつもあるのです。


ちょっと教科書的な話になりましたが、いずれにせよ、日本の米財務省証券保有高は少し異常な気もしますが、読者はどう判断されるのでしょうか。



蛇足


去年の3月時の78兆円の米国財務省証券(国債)は資産らしいが、日本の国債は借金ということらしい・。米国は短期債なので、6ヶ月から数年ののモノが混ざっているので、素人にはわかりにくい。残高はドンドン増えて行き・・今年は1兆ドルになるだろう・。アフガン・イラクと戦争費用に日本からの資金調達で賄った結果なのである。次のイラン戦にはまたぞろ・・20兆円分の資金を調達するだろうか?。円高圧力も無く・・どういう解釈で行うかが見ものです・。トヨタなどの輸出産業の補助金になっているだけで・・我々庶民には何のメリットも無い・。コスト削減は変わらず、その分、国内産業への転化されないのだから・所得へは反映されない。

金銭崇拝

副島隆彦氏のぼやき722で次の翻訳文があります。





「われわれイルミナティは、理性(りせい、reason , vernunft フェルヌンフト)

すなわち、利益欲望の思想、金銭崇拝の精神を、われわれ人間にとっての唯一

の法典(規則の体系)にするであろう。
これこそが、これまで人間(人類)

が解明できなかった最大の秘密なのだ。金銭崇拝(利益欲望の精神、すなわち理

性)が、人間にとって信じるべき信仰、宗教となる時に、
その時に、ついに、


われわれ人間が抱えてきた最大かつ唯一の大問題が、解明され、解決されるので

ある。」



離反者は詳述します



Illuminati Defector Details Pervasive Satanic Conspiracy



By Henry Makow Ph.D. October 14, 2002

If you detect the devil's hand in current events, you may be closer to the truth than you think.

イルミナティ離反者は浸透している魔王共謀を詳述します。ヘンリーメーコウ博士によって。2002年10月14日

悪魔の最新の出来事の手を発見すれば、あなたが考えるより真実に接近しているかもしれません。


イルミナティカルトの中で育てられた女性は、社会的慣行をすべて浸透させており、密かに軍事の乗っ取りを準備している米国の人口の1パーセントを含む強力な秘密組織について記述します。彼女の暴露はそれらの真実の光で「恐怖との戦い」および「母国セキュリティ」を鋳造します。「Svali」は、1996年までカルトのためにマインド「プログラマ」だった女性(年齢45)の匿名です。彼女はサンディエゴ支部中の第6の主任コーチで、彼女に報告する30人のコーチを持っていました。彼女は、イルミナティの隠密の力およびアジェンダの人間性を警告するために生活を危くしました。彼女は、最も裕福で最も強力な人々の世界で率いるサディスト的な魔王のカルトについて記述します。それは大部分は同性愛です、また、小児愛者は動物犠牲および儀礼的殺害を実行します。それは、CIAとフリーメーソン団の制度と「グローブ中の手」を動かします。それはインドヨーロッパ語の至上主義者(ドイツ語はトップで話されます)であるが、ユダヤ人の背教者を歓迎します。それは、薬、銃、ポルノグラフィーおよび売春の世界売買をコントロールします。それは、9月11日を含む政治的暗殺および「テロリズム」の陰謀、メリーランドの狙撃兵およびバリ爆風かもしれません。それは、地方で、州および国立レベルで政府に侵入しました

;教育と金融機関;宗教とメディア。

ヨーロッパに本拠があって、それは、その初期の試み、ドイツ国家社会主義および共産主義を行う「世界秩序」を計画します。

他の1つの詳細:

これらの人々は幸福ではありませんSvaliの勇敢な証言は、なぜ私たちの子供たちが市民生活をもはや教えられないか、また、なぜ彼らが同性愛と暴力に習熟しているか、また、なぜ私たちの「文化」がニヒリズムおよびセックスの堕落へ下っているか説明します。それは、ジョージ・W.ブッシュと政権が啓蒙主義者である可能性を高めていて、世界「エリート」に肝をつぶすような犯罪的陰謀に非常に従事しています。2000年3月に、Svaliは、Suite101.comでイルミナティの儀式の乱用の生存者のための毎月のコラムを書き始めました。2000年12月に、H.J.Springer、CentrExNews.comの編集者はSvaliと連絡をとり電子メールによる彼女との拡張18部インタビューを行ないました。それはオン・ラインで再生され、著作権を取られます。「私は、彼女が本物であると確信しています」とSpringerが私に書きました。「私は、他のメンバー(洗脳されて、儀式として乱用された、性的にレイプをした、それに名前を付けます)からの彼女への多数の電子メールメッセージを個人的に中継しました、それらのうちのいくつか、私に彼女の話を確認することまさに、私はそれを持っています。絶対にSvaliが幼年期以来ずっとイルミナティの一部であるという疑問がありません。」それが私の直観および集中的な研究を確認する中で、私はさらにSvaliの証言を信頼します。すべては次のものに合ます。

:なぜクリントンが中国のものに秘密技術を与えたか・・・人間性を抑えるように見える地獄讓渡から米国の強制収容所に関する執拗な報告書まで。

それは、なぜ私が知っている人々が共謀の方法で振る舞うか説明します。私はSvaliに私に世界の理解のぎょっとさせるが法外な鍵を与えてくれたことを感謝します。 友達は、いたずらに用心するように私に促し、Svaliの個人の物語を確認するのを支援することを申し出ました。私は受理しました。私は、彼女の全証言を読み、かつ自分の心を構築することをあなたに依頼します。リストの中間からスタートし、かつ徐々に進んで、最初に「18を分割する」ために「パート1」を読んでください。それらの許可で、ここに、SvaliのCentrExnews.comのH.J.スプリンガースパニエルとの一致のいくつかのハイライトがあります。私は持っています、さらに彼女の記事からの資料を含んでいた「世界に関してイルミナティ情報の獲得である?」


浸透している存在・Svali

:「イルミナティはアメリカですべての主な首都の中心の中にあります。 イルミナティはエリアをコントロールすることをよいと思う事によって、

:銀行および金融機関(多数がボードを積み上げて、上に座ります?驚くでしょう)。 地方自治体:いくつが地方都市会議に選ばれます。法律:子供は法律学校と医学校に行くように激励されます。

メディア:ジャーナリスト養成学校に行くように促進されます。また、メンバーは、地方紙に資金を提供するのを支援します。

確信・Svali:


「イルミナティは、「啓発」として知られている信頼の形式を実行するグループです。それは魔性です。また、それらは、バビロン、エジプトおよびケルトのドルイド派の教義の古代のミステリー宗教に根が続くことを追随者に教えます。それらは、各々の「最上」と考えるものをとりました。基本の実行、また強く不可思議な訓練へそれらをともに連結しました。地方レベル崇拝の多くのグループ「El」、「バール」および「Ashtarte」のような古代の神性、「イセトおよびオシリス」および「セット」と同様に....私は、これらの人々が悪を教えて実行することを知っています。」


WeishauptSvali:


「Weishauptはイルミナティを作成しませんでした、彼らは彼を表看板に選び、何を書くべきであるか彼に伝えました。ヨーロッパで初期の王に融資したテンプル騎士団員騎士の初期の銀行家にさかのぼる財政家は、イルミナティを作成しました。」


軍事乗っ取りSvali:


簡潔に、アメリカの各地域は、地方活動用の「神経センター」あるいは支持母体を持っています。アメリカは、7つの主な地理的地域に分割されました。各地域は、遠隔の分離されたエリアの中に、あるいは大規模な個人の土地上に隠されている。軍事の合成物および基礎を含んでいる、その内に地点を持っています。 これらの基礎は軍事の技術の世代へイルミナティを教えて訓練するために断続的に使用されます。徒手格闘(群衆整理)、アームおよび軍事の戦争のすべての面に使用します。なぜ?私たちの政府が、私たちが世界中のほとんどの国家の政府と同様にそれを知っているとともに、崩壊する運命であるとイルミナティ主義者が信じる。世界は計画された崩壊になるでしょう。また、それらが次の方法で生じるでしょう:


イルミナティは、偶然のように大恐慌を見せる金融崩壊のために最初に計画を立てました。これが、株価操作と利子率変化を通じて、世界の偉大な銀行および金融機関のシュミレーション演習によって生じるでしょう。ほとんどの人々は銀行、クレジットカード負債などを通って連邦政府に負債のあるでしょう。政府は負債をすべて直ちにリコールするでしょう。しかし、ほとんどの人々は払うことができず、破産するでしょう。これは一般化された金融恐慌を引き起こすでしょう。 イルミナティ主義者が財源を通って人々をコントロールすることを堅く「よい」と思うので、それが同時に世界的に生じるでしょう。楽しく思えない、それは行うであろう?私は、このすべてのための正確な時間枠を知らず、さらに推測したいと思わないでしょう。良いニュースは、人が負債がなく、政府か信用負債に何も負わず、自給自足して生きることができれば、それらが他のものより上手に行うかもしれないということです。もし収入を持っていれば、私はストックではなく金に投資するでしょう。金はもう一度世界標準になるでしょう。また、ドルはかなり役立たないでしょう(南北戦争の後に思い出すこと? 私たちのお金が、どの連合国資金が崩壊の後にあったかに関して価値のあるでしょう。)。次に、政府が緊急と戒厳令の状態を宣言するとともに、軍事の占領(地域による地域)があるでしょう。人々はパニックしているでしょう。ほとんどの地点には無政府状態の州があるでしょう。また、政府はパニックされた市民をコントロールするのに必要な処置としてその動きを正当化するでしょう。カルトは軍事指導者を訓練しました。また、それらの指導のもとの人々は、事務のこの新しい状態をインプリメントするために群衆整理技術と同様に武器も使用するでしょう。...軍事的基礎は、各地点(現実に、それらは既にここにあるが隠密です)でセット・アップされるでしょう。次の数年で、それらは地上で行き明らかにされるでしょう。各地点は、それらが責任のある地方基礎およびリーダーを持つでしょう。階層は緊密に現在の隠密の階層を反映するでしょう。約5年前に、私がイルミナティを残した時、米国人口のおよそ1%はイルミナティ、sympatheの一方の部分でした。それへのチック、あるいはマインドコントロール(したがって、使用可能であると考えられた)の犠牲者。これは多数のように聞こえないかもしれない、軍備の使用で高度に訓練された人口の1%を想像する、群衆整理、心理学・行動の技術、武器を備える、また民兵組織にリンクされた。」

リーダーシップSvali:

「国立会議からなる次のもののような昔からの金持ち有力な銀行家:

ロックフェラー、メロンファミリー、カーネギー家、ロスチャイルド家など一家、私は、名前を公表するべきでないことを知っています、しかし、私はしましょう。「最高の世界会議」は、NWOが出現する時規定するもののプロトタイプとして既に設立されます。それは、財源、方向、政策などについて議論し、かつできる障害を問題解決するために定期的に会います。もう一度、これらのリーダーは財界、旧い銀行業務金のトップです。英国の、およびフランスのロスチャイルド家、支配する座席を持っています。ハプスブルクの王朝の子孫は世代の座席を持っています。英国の支配する家族の子孫およびフランスは世代の座席を持っています。米国のロックフェラー家は座席を保持します。これは1つの理性です、イルミナティはこの数年にわたって「禁制の。」支配するメンバーは非常に豊富で強力です。私は、この情報が有用であることを望みます。私はどのようにしてこれを知りますか。私はローカルのリーダーシップ会議(主任コーチ)上にいました、しかし、私はそれらに話しかけました。上で、地方の上で、さらに、すべてのイルミナティ子供は、「リーダー」が誰か教えられ、それらおよび「来る新体制」に対する忠誠の宣言を行なうように命じられます。」

ロイヤルティ・Svali:

「それらがイルミナティリーダーシップ状態である、完全な不可思議な遺産にも王の血統にも由来しました。見られて、使用される「ロイヤルティ」の2つの定義がありました。今現在見られるロイヤルティおよび王の血統および極端な不可思議な力の「隠れたロイヤルティ」の欄を開いてください。時々、2つは英国皇太子ように同時的でした。私が単に忙しく仕事をする日雇い労働者だったので、どの国/ラインが最大の力が有りそうかと思いませんでした。しかし、私の理解は次のとおりでした:ハノーバー王家支持者/ハプスブルク子孫はBruderheistの上でドイツ内を支配します。それらは最も強硬な路線のうちの1つと考えられます。そのために、同様に不可思議な存在です。英国のラインは王室のちょうどそれらの下にあります。明確には、たとえば議会が国を公然と支配しても、それらは不可思議な領域のロスチャイルド一家の下に英国のラインを規定します。フランスでは、王室の再来の子孫はさらに不可思議な領域の力にいます。しかし、フランスのロスチャイルドは、それらのすべての上部を統治し、保持します。」

米国のランクSvali:

米国は、より低く、より若い、とヨーロッパのラインより考えられます。...ドイツ、フランスおよび英国は、ヨーロッパのカルトの中で規定する三頭政治を形成します。USSR(ソ連)は、重要であると考えられ、最も強い軍事のグループを持っています。USSRは、新世界秩序中の第4の位置を約束されました、以前、USSRが米国が持つ役割により、アジェンダの促進を備えた年にわたってより有用で、より協力的だった。そこに家族を規定する前者の子孫もより新しいものに加えて、不可思議なリーダーシップに関係します。カルトにマルクス主義はありません。中国はUSSR、次に米国の後に評価されるでしょう。しかし、変更が生じる時、現在の米国のリーダーシップの多くはヨーロッパにあるでしょう。また、多数がそこに家を持っています。それらはいわば夜通し「国籍を変更するでしょう。」これは私が思い出す少量のことです。私がこのソースのよりよい学生だったらと思ってください。しかし、私は忙しく私がその中にいた時、生きているように保つために試みていました。軍司令官(啓蒙主義者)が世界で最上と考えられる、ロシアはグループの軍事基地および発電所になるでしょう、そして(非常に)、非常に訓練しました。中国も、東洋の神秘学のその根およびその多くの人口のために、米国より高い力と考えられるでしょう。しかし、再び、実際の力はヨーロッパに駐在するでしょうとグループの一部に私は教えられました。

国連Svali:

国連は1つの世界政府...最も大きな障壁のうちの1つを克服するのを支援するために今世紀の初めに作られました、ナショナリズムの1つ、あるいは国の誇りです。このため、最初に導入された時ポピュラーな概念、それは、この数年にわたって(それほど微妙でない)メディア・キャンペーンによってメディア、および全国誇りの任意の感覚の破壊の中で数年間のカントリー・バッシングをとりました。国連は準備です。しかし、それは世界で実際の力でなく、NWOが出現する時、比較的些細でしょう。その後、実際の会議は前へ出るでしょう。しかし「国際社会」および「一つの世界コミュニティー」についての考えを受ける一般大衆を得る手段として、国連はNWOへのそれらのワーキング中の踏み石です。」

イスラエルSvali:

中東の矛盾はイルミナティ主義者の利点にのみあります。それら、HATEイスラエル、またある日それが破壊されたのを見たく、それらの時間を待っている。それが引き継ぐときに、国連によって提示されたオリーブの枝のうちの1つは、それらが中東で戦争を防ぐであろうということです。また、これは多数によって愉快に挨拶されるでしょう。同時に、イルミナティは矛盾により、燃料を供給しておくために両側に密かに銃と資金を供給します。彼らはまさに二枚舌の人々です。それらがパレスチナのUSSRによる銃を以前供給したこと、例えば、USSRとこの州の間の「友情」および他のアラビア人の国家を促進する名前の中で。その後、米国イルミナティ主義者は、同じ理由のために、イスラエルへの銃を供給するのを支援するでしょう。これらの人々は、チェスのそのゲームが好きで、混乱からのオーダーを作成するとして国家間の戦争を見ます。USSRは再びより強くなるつもりです。それも持っています、強い、1つの、軍事、サイドに静かにquiescientlyに座るために公然と密かに(全てのイルミナティの軍事のトレーナーは、それらから学習するためにロシアを訪れました)の両方。NWOでは、それらは私たちより強くなります。」

イルミナティはJEWISH共謀ですか。Svali:

絶対にない。実際、ヒットラーおよび彼の人々(特にヒムラーおよびゲッベルス)はトップのイルミナティ主義者でした。 イルミナティ、極端に子供として人種差別主義である、私は、ヴァージニアの農場での、およびさらにドイツの分離されたキャンプのヨーロッパの「強制収容所」をすることを強いられました。ユダヤ人は、歴史上、不可思議な(そこに作動していたバール、Ashtarteおよび他のカナンの地・バビロニアの神を崇拝した人々のような不可思議なグループの土地を浄化しようとユダヤ人の人々による神がどのようにしてしたようにことに関しては申命記と旧約聖書を参照。)ものと戦いました。(電子メールからヘンリー・メーコウまで)はい、このグループに何人かの非常に強力なユダヤ人の人々がいます。例えば、ロスチャイルド家は、文字通りにヨーロッパ(間接的に米国)で金融帝国を実行します。また有名なユダヤ人の家です。さらに、私は、その親がグループ中の、および毎レベルのユダヤ人のダイヤモンド商人だった人々を知りました。しかし、イルミナティの中へ動力を供給するために上昇すると、夜のユダヤ人の人は、彼らの信頼を放棄し、かつ悪魔およびイルミナティの確信にそれらの最初の忠誠を尽くすことを強いられるでしょう。この裏切りの代わりに、彼らは、力(金融)および報酬が来ると信じます;また、1つの感覚では、それらは行います、しかし高すぎる価格(それらの永遠の魂を失って)で。しかしながら、ナチ/強制収容所知能は非常に強い。また、私は、ヒットラー、ヒムラー、Goebelおよび他のものがグループ(ヒムラーは他の2つより高かった)の高く最高位のドイツのメンバーおよびMengeleであると聞いていました、よくとしてそれらの払われた操り人形、誰がその後南アメリカの中に隠れる彼の期間の間のアメリカの枝の高いトレーナーとして働きましたか。彼らは、ユダヤ人のレースを根絶するために「神」の代理人の役割をしていると正直に信じました。また、私はそのようでいます、このグループが地球上の(それで、私がそれを残して非常に嬉しい)非常に多くの恐怖を実行して非常に残念。私は、これがあなたを助けることを望みます。しかしながら、私はこれに常に驚きました、グループ(フランスの男爵ロロスチャイルドは、13人のヨーロッパの君主のうちの人、あるいはヨーロッパでグループを実行する「王」で、ワールド会議の一員です)で最も高い最高位の金融家族のうちのいくつかは、なぜかユダヤ人です。グループは、自分のレースに対する憎悪を採用します。」

彼らは人種差別主義者ですか。Svali:

多くのイルミナティ主義者が第4のライヒ・プログラミングを内側に行っています。 イルミナティ、人種差別主義で、1つの、まさに「インドヨーロッパ語の」外観。彼らは規則を強く信じます、その「純粋で」、それらの定義によって、およびそれらの式において「知的な」、式で殺された少数が時々あるでしょう。それらは、子供たちと子孫と、「遺伝学的に優れた」レースを規定するように育てようとしています。さらに、彼らはプラトンの共和国の追随者で、彼らがそれらの見解中のNWOを備えたこの「ユートピアの」規則の到来を告げるいくつかのものになるだろうと信じます。それらのユートピアでは、知識階級は規定されるでしょう。また、多く羊ようなそれらのリーダー(それは世界の彼らの視界である;不可思議なリーダーは「啓蒙される」そして平均人が鼻に括られ連れて行かれる「羊」である)に続くでしょう。」

フリーメーソン団の制度Svali:

フリーメーソンおよびイルミナティ一家はグローブの手の中です。私は、これが任意の足指を踏みつけるかどうか注意しません、それは事実です。アレキサンドリア(ヴァージニア)(都市はそれ自身アレキサンドリア(エジプト)にちなんで命名され、イルミナティ活動の温床です)のフリーメーソンの寺院は、イルミナティ奨学金および教えること用のワシントン(DC)エリアの中心です。私は、奨学金および高い式のために、1レベルを増強するためにそこに試験と折々考えられました。さらに、このフリーメーソンのグループ中のリーダーは啓蒙主義者でした。これは、私が住んでいるすべての大都市に該当しました。トップのフリーメーソンはさらにトップのイルミナティ主義者でした。私の母の祖父母は、両方ともピッツバーグの都市の高い最高位のメーソン、ペンシルバニア州(東の星および第33階位のメーソン大統領)およびそれら両方ともでした、さらにそのエリアのイルミナティのリーダーでした。

メーソンはみなイルミナティですか。

いいえ、特により低いレベルではちがいます。私は、それらがより大きな寺院で夜の中頃に生じる慣習の行事に参加している者は何も知らないと信じます。
多数が恐らく素晴らしいビジネスマンおよびクリスチャンです。しかし、私は知っていませでした。1つは32階位以上、この人はイルミナティでなかったが。また、グループは、それらの活動のための「フロント」としてフリーメーソン団の制度を作成するのを支援しました。」

CIA FBI、すべて浸透します。モルモンなどもそうです。Svali:

さらに、FBIの管理者および長官の多くはイルミナティ主義者です。CIAは、第二次大戦後にドイツの科学者上にもたらすのを支援しました。さらに、これらのうちの多数は自分の国のイルミナティリーダーでした。また、それらは米国のグループによって心から歓迎されました。さらに、それらは、イルミナティに学習していた情報をすべて露呈しました。 モルモン一家は数年前に1950年代にイルミナティリーダーシップとの会合で合併しました。同じことはエホバと証言します。」


冷戦Svali:

ロシアは実際に私たちに対する脅威ではありませんでした。資金はイルミナティによってマルクス主義に提供されました。また、そのマルクス主義は資本主義への平衡力として採用されました。 イルミナティ、反対間の引くことで、反対する力の平衡を保つことを強くよいと思います。彼らは複雑なチェス・ゲームとして歴史を見ます。また、結局、混乱および区分からいる間に、それらは1つのサイド、および次に別のサイドに資金を提供するでしょう。彼らは、政党を越えて結局あるので、彼らは笑っています。トップの西の財政家は、それらの年に東のロシアの「敵」に秘密に会い、「羊ども」がどのように惑わされていたかでよく笑うでしょう。私は教えられた。私(どんな)もここで共有することで、さらに、観察されます。それらは本当に国際的なグループです。また、グループのアジェンダはどんな国家主義の感情にも取って代わります。これらのグループの中にメンバーにさらに取引のロットが前後にあります。ロシアのトレーナーは米国へ来てもよい、のために、一時、仕事を終えて、次に、戻る、あるいは逆に。」

暗殺者トレーニングSvali:

「ここに、それがどのように終わるか(それは、どのように私に終わりましたか)があります:

[1] 子供が2歳である場合、付属の電極で金属かごにそれらを置いて、子供に厳しく衝撃を与えてください。

[2] 子供を連れ出して、その手に子ネコを置いて、子ネコの首を絞るように子供に命じてください。その子供は叫び拒絶するでしょう。

[3] かごの中に子供を入れて、それらが当惑し、もはや鋭い音を立てることができないまで、それらに衝撃を与えてください。

[4] 子供を連れ出して、子ネコの首を絞るようにそれらに再び命じてください。この時、その子供は至る所で震動するでしょう、叫び、しかし拷問を恐れて、それを行います。その後、大人が「そのようなよい仕事を行う」ことについてそれらを賞賛している一方、その子供は角に行き、後で吐くでしょう。これは第一歩です。


子供が年をとるので、動物は時間とともに、より大きくなります。それらは、あるポイントで幼児を殺すことを強いられるでしょう。1つのセット・アップされた、あるいはVR、あるいは実際には、それらは、ねらい、かつ目標とコマンドに発砲するために9歳までに銃を組み立てることを教えられるでしょう。その後、それらは現実的な小人上で実行するでしょう。その後、それらは動物上で実行するでしょう。その後、それらは「expendables」の上で、あるいはVRの中で実行するでしょう。彼らは、うまくやる場合、高度に賞賛され、それらが応じない場合、苦しめられるでしょう。より古い、子供、あるいはティーンエージャー、その、もっとトレーニングを進めました。15歳までに、ほとんどの子供も、渡すことを強いられるでしょう、観客(実行された古代の論客として「ゲーム」を非常に見るために来る、高い人々)の前に格闘を渡すために1人の子供が倒れるまで、これらのマッチはめったに最後まで通常行われません。それらはすべてのタイプの想像的な武器を使用します。またそれらの生命のために戦うことを学びます。子供が戦いを失えば、それらがトレーナー(この人は「面子」を失う)に極度に処せられます。彼らは、勝つ場合、あることについて再び賞賛されます。「強い」そして武器に熟達している21歳である時までに、それらは殺すべきコマンド・コードを備えたよく訓練された格闘/殺害機械です、また、それらはそれを証明するために何度もテストされました、それら、WILL、コマンド上で従います。このようにして、ドイツのイルミナティ中の子供は育てられます。私はそれを私自身が通り抜けました。」

家族に対する信用Svali:

「彼らは、それらを苦しめているとともに、子供たちに伝えます、「私があなたを愛しているので、これを教える。」それらに、最も大きな愛は、子供を強くし、グループの中でより高くリードするか移動するために適合することです。リーダーが子供に会い、売春婦としてそれを望めば、愛している親はそれをするでしょう、彼らの子供がステータスで起きて幸福。さらに、再び、それらは最も大きなものとして裏切りを見ます。公然と他のものを信頼しないことを彼らの子供たちに教えるためにセット・アップされた後セット・アップされて役立つでしょう。私は何百もの苦悶するセットを思い出します、そして裏切り行為、また私が裏切られたか負傷した時、聞くこと、「また、そのようなものは人の心です。」私にこれをするものは、それらは私にある程度の値(それは私を助けるだろう)を教えていると思いました。また、グループの悪く政治的な性質のために、1つの感覚では、それらは正しかった。素朴なものは傷つきます。私は、愛から彼らの子供たちにこのうちのいくらかを与えようとした親を知りました。しかし、しばしば、それらは他の家族(「弱く」、彼らの子供を教えるのに「不適当である」ものとして、彼らはこれらの親を見た)によって支配されました。」

士気Svali:


「それらのうちのほとんどは負傷した虐待された犠牲者(彼らはグループを残すことが可能であることを悟らない)です。ランクに多くの不満があります。また、もし外に出ること(そして生きている)が実際に可能だったとメンバーが信じれば、多量退去があるでしょう。私が知っていた(私は知っています、不正の苦しめる小児愛者)トレーナーの多くは、それらが行ったことに満足していないかった。それらは静かにささやくか、あるいはそれらが、それらが行わなければならなかったことと一致しなかったことを示すために見るでしょう。それらは、あきらめて前進を望んで仕事をするでしょう。グループの中で進む人々に提示された最も大きなニンジンのどんな1つがあるか知っていますか。人々をこれ以上必要はありません。また、虐待されることができません(それは真実です: あなたより高いそれらだけがグループの中であなたを虐待することができます。したがって、候補のプールがより小さくなるところで、誰でも上がりたい。)。もちろん、人々は、彼らの下の誰でも虐待することに決めることができます。また、それは動機づけます。 イルミナティは、1つの、非常に政治的、またグループ(「共食い」知能)を後ろに突き刺すこと誰でも上がりたい。これらはよい人々およびそれらが使用しないで、他のものを邪険に操作します。それらは、ステータス、力および金銭上の犬歯をカットします。

多くの場合、それらに記憶を失わせるように、それらは公然とアジェンダ、あるいはカルト活動を示しません。これらはそうです、よく尊重した、コミュニティーの「キリスト教の」現われる財界人。コミュニティーの中のイメージはイルミナティ主義者に必須です。それらは、何か正常な尊重されたファサードを維持することおよびDESPISE接触をするでしょう。....私が知ったイルミナティ主義者の無で、不親切で、あるいは悪く現われること、彼らの昼間生活でのペルソナ、いくらかはアル中患者であるように機能障害でしたが。イルミナティ主義者を運転する解離はそれらの最も大きなカバーです...これらの人々の多く(大部分ではないにしても)は、夜にそれらが関係する大きな弊害に完全に気づきません。」テレビさらに、数年前に「テレビ暴力は子供の振る舞いに影響しない」と述べた研究を思い出してください?


それらに資金を提供したゲスは それらはbullcrudの房です。人がDOESを見るものはそれらに影響を及ぼします。また、これはグループ中の行動学者によって有名です。実際、それらは、テレビが「多量」に影響を及ぼすためにそれらが故意に使用するツールであることを知っています。それは、一般市民の中で人格変化の合計を作成することができません。しかし、それは暴力、ポルノグラフィーおよび不可思議で、私たちをますます鈍感にし、幼い子供に対する理解力に影響を及ぼすことができます。ロック・ミュージックは、彼らが好きな(常に彼がネオナチの外観を着用していて、嫌悪歌詞を歌うという通知? これは偶然ではないのです。)歌詞を歌うために、それらによってブリタニー、エミネムおよび他のものが使用されていると信じます。実際、トップの人気歌手の多くは、「ミッキーマウス・クラブ」(その通り、よい年を取ったウォールト、イルミナティ主義者帝国)とのインターンから来ます。また、私は、忠誠かマインドコントロールと交換にそれらがスターの地位を提示されると信じます。どれだけの歌詞が、今日ポップ/ロック中の自殺、暴力、絶望あるいはニューエイジ精神性を主張しますか。あるいは、単語のコピーをただ得て、読んでください(しかし多数がマインドコントロールの生存者に恐らく引き金を引いていることに気づいている)。

イルミナティ弱点Svali:

「1.それらの尊大(私は、これに以前に言及したと思います)はそれらの弱さです。これらの人々は、彼らが禁制であると考えます。また、これはそれらを不注意にすることができました。


2. もし奇跡によって、十分な人々がこのSERIOUSLYをとり、イルミナティ取り分を上方へ行く事を止める方法を組織しはじめたならば、祈願および神のガイダンスと、恐らく、それらを止めることができるでしょう。私はそのように望みます、心のすべてで、


3. ポルノグラフィーおよび子供売春、および麻薬密輸および銃砲弾薬の密輸入を止めることは、それらの利益の巨大な塊を取り出すでしょう。恐らく、それらは速度を落とすでしょう。しかし、正直に、グループを止めるとして、上記のものを止めることは困難でしょう。」

社会の否認メカニズムSvali:

証拠は、私の見解の中であります。平均の人には知りたくありませんし、またそれに直面していた時さえ、顔を背けるでしょう。フランクリンの場合はポイントです。どれだけの証拠が現われましたか、あるいは、機密扱いが実際のものとして示されて解かれたか、MK-Ultraドキュメントおよび人々は、それを無視します。OK、私は石鹸箱を取り外しましょう。しかし、私は、平均の人の中の深い必要な儀式の乱用を軽視するメディアが潰していると信じる、現実を知っています。実際、人は、どのように大きなことの事実に直面することができるでしょうか、もしそれらが持たなければ、人類において有害、神に対する強い信頼、あるいは克服できない証拠に直面する?。私たち人間が最悪の事態ではなく私たちのレースのBESTを信じたい。私は、それらが知っていても人々がイルミナティに関して何かするだろうと実際に信じません。皮肉には残念、しかし、それは経験の一生に基づきます。 イルミナティ主義者は、誰がこの材料を印刷するか、それらがそうか注意しません「露出しました」それらがメディア電撃戦キャンペーン(最近ニューズウィークまたはタイムでどんな記事も参照、それは滑稽な陰謀説として以外にこれをアドレスする?タイム・ワーナーを所有するゲス)でのかなりよい仕事を行って、それを信じない大多数を当てにしているので。私は、それらが5年前にリーダーシップ会での、まさにものに関して彼らが笑うのを聞きました。また、私は、彼らの態度が非常にその時以来変わったかどうか疑います。人々がこれを信じる場合、処置を講ずることができるかもしれない場合、私は非常に驚き、全く幸福でしょう。」「Svali」はテキサスで暮らす正看護婦とフリーランスの作家です。

アメリカのイルミナティ。

The Illuminati in America

?

Exclusive Interview with an Ex-Illuminati Programmer/Trainer

By Svali with interviewer HJ Springer, Chief Editor CentrExNews.com <
centrex@looksmart.com
>

Copyright c 2000 CentrExNews.com. All rights reserved.

http://educate-yourself.org/mc/mcsvaliinterviewpt2.shtml


?


Part 2: Who and What is the Illuminati?


Q: Does it bother you to write about this?


Q: Svali, I think our readers are wondering 'Is the Illuminati a religion, secret society, satanism or is it a combination of it, or something different all together, or more sinister?


Q: How widespread would you say this group has infiltrated our society in terms of number of people? Are they present in every town or city throughout North America? Do they take or recruit outsiders? And how far does this group go to keep this knowledge secret?


略~


アメリカのイルミナティ

前イルミナティ プログラマ/トレーナーとの独占インタビュー:


インタビューアHJ Springer(編集長centrExNews.com<centrex@looksmart.com
>)


とのSvaliによって著作権?2000年CentrExNews.com。著作権保有。http://educate-yourself.org/mc/mcsvaliinterviewpt2.shtml


パート2:イルミナティは誰、また、何ですか?。

Q
: それは、これに関して書くようにあなたにせがみますか。

A: イルミナティのトピックに書くことは私の気を動転させません。私は、なぜペンネーム(それはすべてである)の下で私が書くか説明していました。略~私には、隠すものは何もありません。私の話は100%真実です。私はお金を獲得していません、略~代わりに、私の同僚が私の過去のことを知っていたならば、私は危険を冒して仕事を失ってみます。私には、何か失うすべてがあります、示す、何か暗黙のことにより獲得するすべて。しかし、さらに、私は、この種の児童虐待が止められるに違いないことを知っています。クリスチャンとして、および児童虐待を背に立つ人として、私は、それを露出する記事を書くことによりカルト乱用に反対を唱えることを決定しました。さらに、私は、公表したこのトピック上で率直な人々の数がいることを知っています。また、それらは恐らくあなたのためのバックアップ情報でありえます。自分の家族以外の他の生存者との接触を持たないので、私はそれらのうちのどれも知りません。しかし、それは可能性です。あなたの質問に、とにかく

:Q: Svali、私は、私たちの読者は驚いていると思います「イルミナティは宗教ですか、秘密結社(satanism)あるいは、それは、すべてあるいはもっとそのコンビネーション、あるいは異なるものですか、不吉?

A: イルミナティは、「啓発」として知られている信頼の形式を実行するグループです。それは魔性です。また、それらは、バビロン、エジプトおよびケルトのドルイド派の教義の古代のミステリー宗教に根が戻ることを追随者に教えます。それらは、各々の「最上」と考えるものをとりました、基本の実行、また強く不可思議な訓練へそれらをともに連結しました。地方レベル崇拝の多くのグループ「El」、「バール」および「Ashtarte」のような古代の神性、「イセトおよびオシリス」および「セット」と同様に。これは、無政府状態のもののより多くの「原始人」実行、あるいはより低いレベルをリーダーシップ会議が時々嘲笑すると言いました。私は、サンディエゴで会議上にいついたか思い出します、それらは、司祭長と尼僧を「スライサーおよびばくち打ち」(彼らは「より低いレベル」を幸福にしておいた)と呼びました。略~
これに向けての12ステップがあります、さらに知られていた、として「訓練の12ステップ」また、さらに、それらは星の飛行機、時間旅行および他の形而上の現象を旅行することを教えます。


Q:人々は実際にこれをしますか。それとも、それは薬に引き起こされた幻覚ですか。


A:私は判断することができません。私は、このグループ(私を怖がらせたもの)中にいる場合、合理的に説明することができないと信じるものを見ました。しかし、私は、それがカルト心コントロール、薬誘導、催眠およびある真実の悪魔の活動のコンビネーションかもしれないと単に言うことができます。どのように、非常に、各々に、私は推測し始めることができません。私は、これらの人々が悪く教えて実行することを知っています。より高いレベルでは、グループはもはやかがり火の前に歌うローブ中の人々ではありません。リーダーシップ会議は、財源を扱う管理者を持っています。残りがちょうど宗教家。リーダーシップ・レベルはビジネスマン、銀行家および地域コミュニティーリーダーを含みます。よく教育され、かつ、それらの教会において活発で、それらは知的です。ローカルのリーダーシップ会議上に、地方会議(彼らはそれらより下のグループに命令を与える)である、各地域の政策およびアジェンダを形成するのを支援する、そして彼らはローカルのリーダーシップ会議と対話します。

全国レベルでは、これらのゴールに融資し、他の国々のリーダーと対話する、非常に裕福な人々がいます。 イルミナティ、国際的です。子供が「家族、あるいはオーダー」から学ぶ最初のものはそうです「オーダーの第1の規則は秘密です。」このため、外に出る、より多くの生存者から便りをもらいません。略~(おお、はい、それらは偽の死などをセット・アップします。)ことを理解しました。それらは、これが反逆者(この人は明らかにした)であると伝えられます。また、今、彼は罰せられていますまた、彼らが大人である場合、も、それら、DOは去ります、このような場面は、トレースされず罰せられるように、彼らが多くの人々に伝えないだろうということを意味します


Q: どれくらい広範囲、このグループが人々の数の点から私たちの社会を浸透させたと言っていただけませんか。それらは、北アメリカの至る所でのすべての町あるいは都市の中にありますか。それらは部外者を連れて行くか募集しますか。また、このグループはどれくらいこの知識を秘密にしておくために大いに役立ちますか。

A: 私は、上記の秘密のうちのいくらかに答えたと思います。 イルミナティ、アメリカですべての主な首都の中心の中にあります。それらは、アメリカを7つの主な地方に分割しました。また、各々はそれらに報告する地方自治体の長と、その上に地方会議を持っています。それらは2か月に一度会合します、そして特別の場合上で。首都の地域は、その内の10~30ものグループを持っているかもしれません。また、田園地帯は、しばしば他の地域団体との会合およびメトロ・リーダーシップ会議への報告書を持つでしょう。それら、ほとんど新人、部外者いない、ocassionallyに、彼らは地方のマフィアから彼らの命を救う代わりにアジアから例えば子供または家族を買い、常時監視の下にそれらを置きますが。それらはそれらがいつか明らかにする場合に、このグループに返されることに直面しています。さらに、それらは、
証拠を隠すのを支援するためによく支払われる優れた弁護士を持っています。


物語が明らかにならないようにするのを支援するために払われたメディアにさらに人々がいます。私は、サンディエゴで結合トリビューンで働いた3人(正確な啓蒙主義者で、この人はさらにRA(儀式の乱用)を用いて仕事をした地方のセラピストを攻撃する頻繁な記事を書いた)のことを知っています[あるいはSRA、魔王の儀式の乱用]生存者。私は、それらがマスコミ攻勢のために「町を離れて何某を実行した」とリーダーシップが自慢しそれに全く満足していることを覚えています。

イルミナテイ、エリアをコントロールすることをよいと思う、によって、その:1. 銀行および金融機関 2. 地方自治体:いくつが地方都市会議に選ばれるか推測する。3. 法則:子供は法律学校と医学校に行くように激励されます。4. メディア:他のものは、ジャーナリスト養成学校に行くように促進されます。また、メンバーは、地方紙に資金を提供するのを支援します。

Q: これはドイツでアダム・ワイスハプトによって作成されたのと同じイルミナティですか。

A:
ワイスハプトはイルミナティを作成しませんでした、彼らは彼を表看板に選び、何を書くべきであるか彼に伝えました。ヨーロッパで初期の王に融資したテンプル騎士団員騎士の回の間銀行家にさかのぼる財政家は、イルミナティを作成しました。


Q: イルミナティの政治的なゴール(もしあれば)に関する情報を今は持っていますか。

A: 私がSuite101.comのために書いたこの記事はそれをアドレスします:「世界を占領するイルミナティである?」

Q: イルミナティメンバーはどのように互いを認識しますか。

A: それが世代であるので、その、容易。一つが成長した人の父親、母親、兄弟、および隣人および友達を認識するのは難しくありません。会合がそうである場合に、メンバーと連絡をとるイルミナティ使用電話連絡網が生じます。1か月や時間に先立つ2か月、リーダーシップ会議は日付、およびそれらの傘の下の異なるグループのための会のための場所を計画します。その後、それらは、時間(司祭長か尼僧)より進んで1週当たり地方のリーダーに電話します。これらの人々は彼らの頭メンバー(その後、彼らは彼らの下の人々に電話する)に電話します。人は、時間より進んで、それらがどれくらい遠くに会合期日を知るかによって、グループ中の彼らのステータスを知っています。より低い、グループの中で、より少ない数量、それらに、情報および会合の前のより少ない「遅延時間」が任せられます。時々、事前打ち合わせされた逢引で公開の場所に誰かに会う場合、ルビー輪あるいは楕円形のエメラルドのようなある数片の宝石は着用しているかもしれません。しかし最もアクセスすること、また、接触は家族あるいは親しい友達によって終っています。私がサンディエゴで暮らした時、起源の私の全家族および私の4人の最も親しい友達はすべてグループのメンバーでした。控えめに言っても私に連絡するのは難しくありませんでした。さらに、私の配偶者はメンバーでした。 イルミナティ、整えられたメンバーを信じて、それらのメンバーが非組合員と結婚することは可能にしない。彼らの配偶者がその中にいないと誰かが言えば、それらはイルミナティではありません。これは破れない政策でした。私の結婚は、別の最高位のメンバーへのローカルのリーダーシップ会議によって整えられました。私は、彼を愛さなかったので、彼と結婚したくありませんでした。また、私は、アテーナー(その時(彼女は会議上で第2の位置を占めました)のメンター)によって私が何を伝えられたか忘れないでしょう:「彼があなたを傷つけることができないか、あなたをコントロールすることができないので、それはそれでは最上向けです。」あるいは、私の母親は私が12歳だった時与えられた永遠の助言です:彼女は私がこのまさに政治団体の中でうまくやって決意して、控えめに言っても大志を抱いている女性でした。私は彼女のアドバイスに従いました。また、アテーナーは恋人で、サンディエゴでリーダーシップ上のSOBのうちのいくつかから私を特に保護しました、ジョナサン(主任コーチ)。彼女は私に彼の弱点、および彼を口説き落とす方法を教えて、私のために彼に抵抗しました。私はそうでなければ生き残っていなかったでしょう。

これらはよい人々およびそれらが使用しないで、他のものを邪険に操作します。それらは、ステータス、力および金銭で最初の経験を積みます。私は、許可までのそれをすべて与えており私は友達のうちの数人を恋しく思いますが、今、それから離れていて、嬉しい。また、時々、私は、リーダーである尊敬を逃します。しかし、私は、「家族」モニタリングの一定の背景のない全体の新しい生活を送ることを学んでおり、何を行うべきであるか私に伝えています。外に出る最も困難な部分は何だったか知っていますか。自由。何を行うべきであるか私に伝える誰を持っていないこと。私は、調節の期間を文字通りに通り抜けました、どんな私が行いたいか考えようとして、不安定に感じました。私が、リーダーシップとジョナサンを備えた私の決定および私の夫を反射的にチェックすることに慣れていたので、それは困難でした。自由は困難になりえます、それを信じる、あるいはない、また調節する全く期間をとりました。私は、それに対処する無力が人々をしばしば後ろに集めると信じます。私は、この情報があなたにとって有用であることを望みます。


蛇足


わからない??これから日本もネットワーク化されるのだろうか?

カモにされる。

Exclusive: Iran’s rulers amass fortunes through sleaze

Fri. 03 Feb 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Feb. 03 ? Iran Focus has obtained exclusive information from a reliable source in Iran throwing light on sleaze at the senior echelons of officialdom in the Islamic Republic.


The source has provided Iran Focus with a list of senior officials of the clerical regime and the personal fortune each one has amassed. Most of these officials have risen from lower middle class backgrounds to fabulous wealth gathered through corruption and embezzlement.


At eighth place is Ali Jannati, son of powerful cleric Ayatollah Ahmad Jannati and a senior official in Iran’s Interior Ministry. The Jannati family’s private wealth is estimated at two trillion Rials, the equivenlt of $220 million. Senior cleric Ahmad Jannati is the head of the powerful Guardians Council and a close advisor to Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei.


At seventh place is Ayatollah Abolghassem Khazali, former member of the Guardians Council. The powerful council whose members are handpicked by the Supreme Leader is comprised of six clerics and six senior judges and has the power to veto any Majlis legislation. Khazali’s estimated wealth is 2.5 trillion Rials, the equivalent of $275 million, coming mostly from sea trading, paper imports, and book sales.


At sixth place is Ayatollah Mohammad Yazdi, Iran’s former Judiciary Chief and another member of the Guardians Council. The senior cleric’s estimated wealth stands at three trillion Rials, the equivalent of $330 million.


At fifth place is Iraqi-born Ayatollah Mohammad-Ali Taskhiri, who for years headed the Islamic Culture and Communications Organisation (ICCO). Since 1995, the ICCO has been active in exporting fundamentalism and propaganda directed against Iranian dissidents outside of Iran. Khamenei himself is in charge of the organisation’s policymaking council and its meetings are held at his residence. Adding up the lands in his name and his cash flow, Taskhiri’s personal wealth is above three trillion Rials, the equivalent of $330 million.


Number four in Iran’s rich list is Ayatollah Ali Meshkini, Speaker of the Assembly of Experts, the exclusively clerical body that designates the country’s Supreme Leader. In a country where many of the theocracy’s ruling elite are in-laws, Meshkini is father in law to Mohammad Reyshahri, the Islamic Republic’s first Minister of Intelligence and Security. Meshkini’s personal wealth, coming in from mostly sugar trade and the industrial-scale printers, is well above three trillion Rials, the equivalent of $330 million.


Well ahead at third place is the former Commandant of the Islamic Revolutionary Guards Corps (IRGC) Mohsen Rezai. Rezai, a close aide to former President Ayatollah Ali Akbar Hashemi Rafsanjani, has amassed a personal wealth of six trillion Rials, or $660 million. While at the top of the IRGC, Rezai was known by many titles ranging from Major General to “darsadgir General” (literally, the general that takes commissions).


Number two on the list of officials who have become notoriously rich is Ayatollah Vaez Tabasi, known widely as the Sultan of Khorassan. Vaez Tabasi and his children have amassed an estimated fortune of seven trillion Rials, or $770 million. Their income primarily comes from sugar trade and the sale of real estate in Iran’s central Qods province.


At the top slot comes, unsurprisingly to Iran observers, Ayatollah Ali Akbar Hashemi Rafsanjani, whose family rules over a vast financial and business empire. From the pistachio farms of his hometown Rafsanjan to huge oil trading companies, the ruling theocracy’s former president has used his power and influence to expand his wealth. Conservative estimates put his fortune at well beyond the 10 trillion Rial mark, the equivalent of $1.1 billion.


Most of the powerful cleric’s enormous wealth is vested in the hands of his sons and daughters, as well as other close relatives such as his brothers, nephews, and bother-in-laws, and son-in-laws. One of his villas was sold in 2004 for roughly 29 billion Rials. His brother, Mohammad Hashemi, the former chief of the state broadcasting corporation, owns the company Taha, which imports industrial-scale printers.


The image of “rich ayatollahs driving around in bullet-proof Mercedes” has become the butt of many jokes and the cause of much resentment in a country where, according to World Bank figures, the per capital income has fallen to a fifth of its 1970s value. Despite Iran’s huge export revenues and unexpected surpluses from the giant oil market jumps in recent months and years, the country’s budget is constantly in a state of flux showing no signs that it will sustain any time soon, inflation is at 16 percent and rising, and the economic growth rate is projected to fall throughout 2006.


排他的です:イランの統治者は低俗によって富を蓄積します。金曜03 2月の2006イラン焦点テヘラン、イラン、2月03日?イラン焦点は、イスラム共和国で官僚の上級の階層で低俗を明確にするイランで信頼できる出所から排他的な情報を得ました。


その出所は、イラン焦点に事務員の政権、および各々が蓄積した個人の資産の上級職員のリストを供給しました。ほとんどのこれらの職員は、ロワーミドルクラス背景から腐敗と横領によって集められた素晴らしい富まで起きました。第8の場所に、アリJannati、強力な聖職者アフマド・ジャンナティー師の息子およびイランの内部の省の上級職員がいます。Jannatiファミリーの私有財産は、2兆リアル、2億2000万ドルのequivenltと見積もられます。上級の聖職者Ahmad Jannatiは、最高指導者Ayatollahアリ・ハメネイへの強力なガーディアンズ会議および親しいアドバイザーの長です。第7の場所に、Ayatollah Abolghassem Khazali(ガーディアンズ会議の前会員)がいます。そのメンバーが最高指導者によって手で摘まれる強力な会議は6人の聖職者および6つの首席判事で構成され、どんな協議会立法も拒否する力を持っています。Khazaliの評価された富は、2兆5000億リアル、ほとんど海取引から来る2億7500万ドルの相当物、紙輸入品および書籍の販売です。第6の場所に、AyatollahモハマドYazdi、イランの元裁判所のチーフおよびガーディアンズ会議の別のメンバーがいます。上級の聖職者の評価された富は3兆リアル、3億3000万ドルの相当物です。第5の場所に、イラク生まれのAyatollahモハマド=アリTaskhiri(この人はイスラム教の文化およびコミュニケーション構成(ICCO)を何年も率いた)がいます。1995年以来、ICCOは根本主義の輸出において活発でした。また、宣伝はイランの外部でイランの反体制派に対して指図しました。ハメネイは彼自身構成の政策決定の会議を担当しています。また、その会合は彼の住宅で開催されます。彼の名前と彼のキャッシュ・フロー中の国を合計して、Taskhiriの個人的財産は3兆リアル以上(3億3000万ド??a.相当物)です。イランの豊富なリスト中の4号は、AyatollahアリMeshkini、国の最高指導者を指定する排他的に事務員の身体エキスパートの議会の議長です。神権政治の支配層エリートの多くが姻戚である国では、Meshkiniは、モハマドReyshahriへの義父、イスラム共和国の知能の最初の大臣およびセキュリティです。Meshkiniの個人的財産、中へ入ること、からほとんど、砂糖貿易および工業規模プリンタはよく3兆リアル以上(3億3000万ドルの相当物)です。 第3の場所によく前方のことは、イスラム教の革命的な近衛隊団体(IRGC)Mohsen Rezaiの元司令官です。Rezai(元大統領アヤトラ・アリ・アクバル・ハシェミ・ラフサンジャニの親しい補佐官)は、個人に豊富な6兆リアル、あるいは6億6000万ドルを蓄積しました。IRGCの一番上にいる間、Rezaiは、少将から「darsadgir一般」(文字通りに任務をとる一般)まで及ぶ多くのタイトルによって知られていました。悪評高いほどに裕福になった職員のリスト上の2号はKhorassanのトルコ皇帝として広く名高いアヤトラVaez Tabasiです。Vaez Tabasiおよび彼の子供たちは、7兆リアルの評価された運、あるいは7億7000万ドルを蓄積しました。それらの収入は、主として、砂糖貿易、およびイランの中央のQods州の不動産の販売から来ます。トップのスロットで、イランの観察者に驚かずに来る、アヤトラ・アリ・アクバル・ハシェミ・ラフサンジャニ(その家族は支配する)の上に、1つの、広大、金融、また企業帝国。彼の故郷Rafsanjanのピスタチオ農場から巨大な油貿易商社まで、支配する神権政治の元大統領は、彼の富を拡張するために彼の力と影響力を行使しました。保守的な評価は彼の財産を置きます、で、10兆リアルのマーク、11億ドルの相当物を越えてよく。強力な聖職者の巨大な富のうちのほとんどは、彼の兄弟、甥および面倒姻戚のような他の親しい親類および息子姻戚と同様に彼の息子と娘の手に与えられています。彼の別荘のうちの1つはおよそ290億リアルで2004年に売られました。彼の兄弟(モハマド・ハシェミ)、企業を放送する状態の元チーフは会社ハタオリドリを所有します。それは工業規模プリンタを輸入します。「防弾のメルセデスの中で周囲を運転する、豊富なアヤトラ」のイメージは、多くの冗談の残部、および国の多くの憤慨の原因になりました、どこで、世界銀行の図によって、1つの資本所得当たり、その1970年代価値の5分の1まで落ちました。イランの巨大な油市場からの巨大な輸出収入および予期しない余剰にもかかわらず、最近の数か月および年にジャンプする、国の予算は、それが常にまもなく保持する表れを示さない流出の状態に絶えずあります、インフレは16パーセントであり上昇しています。また、経済成長率は2006の全体にわたって下がると計画されます。



Nuclear agency votes to report Iran to U.N. Council

Sat. 04 Feb 2006

By Mark Heinrich and Francois Murphy


VIENNA (Reuters) - The board of the U.N. nuclear watchdog voted on Saturday to report Iran to the U.N. Security Council because of suspicions it is trying to make atomic weapons, a diplomat who was in the session said.


Iran has threatened to respond to the move -- initiated by the United States, EU powers, Russia and China -- by curbing U.N. inspections of its nuclear facilities and scrapping talks on a Russian compromise proposal.


The diplomat said a European Union-sponsored resolution aimed at increasing pressure on Iran to improve its cooperation with an International Atomic Energy Agency probe of its nuclear programme was passed by the 35-nation IAEA board.


Twenty-seven members voted in favour of the motion, five abstained and three voted against, the diplomat said.


The vote had been delayed by a day of haggling between EU powers and 15 developing states from the Non-Aligned Movement (NAM). These tried to soften the resolution for fear it would antagonise Iran and curb their own nuclear energy options.


Diplomats said the EU rejected their attempts to delete a clause mandating that all IAEA investigative reports and resolutions, including one in 2005 declaring Iran non-compliant with nuclear non-proliferation rules, be passed to the Council.


"That was a 'no-no'. Paragraph 2 is the holy grail for us," one EU diplomat said.


Another Western diplomat said that to remove Paragraph 2 would have surrendered to Iranian intimidation. "The threat (to restrict inspections) is on everyone's minds but we consider it blackmail and if we give in to that, there's no end to it."


核機関は、国連理事会にイランに報告することを票決します。土曜04 2月の2006マーク・ヘンリックおよびフランソワ・マーフィーによってウィーン(ロイター)-国連の委員会、核番犬はそれが試みている疑いのために国連安全保障理事会にイランに報告することを土曜日に票決しました、原子兵器を作る、セッションにいた外交官は言いました。イランは、その核施設の国連の検査の抑制およびロシアの妥協案に関する会談の廃止により、動き(アメリカ、EUの力、ロシアおよび中国によって始められた)に応答しようと脅しました。外交官は、イランに対してその核プログラムの国際原子力機関の調査とのその協力を改善するように圧力を高めることを目指した、欧州連合が後援する解決が35か国のIAEAボードによって渡されたと言いました。27人のメンバーが、運動に賛成の投票をし、5が慎んだ、また、3が反対した、と外交官が言いました。その投票は、提携しなかった移動(NAM)からのEUの力と開発途上の15州の間に押し問答する一日遅れました。これらは、それがイランに反対せず、自分の核エネルギーオプションを抑制するであろうように対する決意を和らげようとしました。外交官は、EUがイランを核不拡散規則を備えた不承諾者と宣言する2005年のものを含むIAEA調査報告および決心がすべて委員会に渡されると命ずる節を削除する試みを拒絶したと言いました。「それはそうでした、1つの「無ない。」「パラグラフ2は私たちのための究極の目的です」とあるEUの外交官が言いました。もう一人の西側外交官は、パラグラフ2を削除することがイランの威嚇に降参していただろうと言いました。「脅威(検査の制限)は皆の心の上にあります、しかし、私たちはそれを考慮します、恐喝する、また、私たちがそれに屈服すれば、それに終了はありません。」



蛇足


イランを悪者にする情報が続々出てくる。悪の枢軸などと・・アコギな国が言う茶番。イラン指導部の民衆から搾取する報道が見えてきた・。いよいよ・イスラエルの出番ですか??IAEA免除国などダブルスタンダードなのです・まあ出番は後です。そこで代理戦争を仕掛けるには・・アメリカには金が無いのです・・。さてどうするか??→小泉政権のカモ国がいます


バブルの崩壊など所得転移にすぎないのです・・結果・中国とアメリカがノサバル羽目になった・。またか?

何故、同じ事(自殺)が起こるのか??

何故??


2006年01月22日みんなの感想文http://minnanokansoubun.seesaa.net/


全裸で自殺・・・の謎 耐震強度偽装問題

今や大問題となってしまった耐震強度偽造問題ですが、ついに死者が出てしまったようですね。


問題の姉歯建築設計事務所に構造計算を発注していた森田設計事務所の代表であり建築士でもあった森田氏が鎌倉市の海岸で遺体で見つかったそうです。ただ、ちょっと気になることが・・・。


「鎌倉署の調べでは26日午前11時半ごろ、鎌倉市稲村が崎の鎌倉海浜公園の海岸岩場の海面に、森田さんが浮いているのをサーフィンをしていた会社員(48)が見つけた。森田さんは高さ約17メートルのがけ下に、全裸で白色の肌着とYシャツが左手に巻きついた状態だった。」

【サンスポ】
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200511/sha2005112701.html


(リンクが切れてる場合はこちら↓保存画面をご覧ください

 
http://yohaku.up.seesaa.net/image/sansupo_gazou.html


自殺する時に全裸になるものでしょうか?水死の場合、長く海中などを浮遊しているうちに衣服が自然と取れてしまうこともあるようですが今回は「17メートル」上の崖から飛び降りた・・・ということまで明らかになっているわけで服が脱げるほど漂っていたはずはない・・・。11月も終わりというこの季節に全裸になって自殺するというのが、なんとも異様な感じです。可能性として高いのはサンスポの誤報でしょうね。私がほかの関連記事を読んだ限りでも全裸としているのはこのサンスポのみです。ほかは大体こんな感じ↓。


「 調べでは、二十六日午前十一時半ごろ、鎌倉市稲村ガ崎の鎌倉海浜公園のがけ下約二十メートルの海岸波打ち際で、サーフィンをしていた男性会社員(48)が岩場に挟まりうつぶせになっていた森田さんを発見し、同署に届け出た。


 森田さんは、白いワイシャツに黒いズボン姿で同署員が駆け付けた時は既に死亡していた。右足を骨折していたことなどから、がけから飛び降りたとみている。」

【東京新聞】
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20051127/mng_____sya_____010.shtml


なぜサンスポだけが全裸としたのかは疑問ですが、この報道に関しては実はもうひとつ、不可解と感じた

点があります。それは、自殺との断定が早すぎないか・・・ということ。各紙報道によれば遺体が発見されたのは26日の午前11時半頃です。そして同日の17時50分にはもう、自殺報道が出ています。

「 耐震強度偽造問題で、姉歯建築設計事務所に構造計算を発注し、行方不明になっていた東京都内の設計事務所経営の男性(55)の遺体が26日、神奈川県鎌倉市の海岸で見つかった。県警は自殺とみている。」

【徳島新聞】
http://www.topics.or.jp/Gnews/news.php?id=FN2005112601004114&gid=F01


(リンクが切れてる場合はこちら↓保存画面をご覧ください

 
http://yohaku.up.seesaa.net/image/morita_gazou.html


つまり県警(と警視庁)は、遺体を発見した段階で、ほとんど即座に自殺と判断し、そのように発表したのでしょう。森田氏の行動の経緯はおおむね以下の通りです



18日 読売新聞の取材に答える。 「建設費が安上がりで経済的な設計をしてくれる事務所があると、ヒューザーから紹介されたのが始まり」「正当だと思っていたから姉歯を下請けに使ったが、森田の名で建築確認を受けている以上、責任を感じている」など


22日 東京都の立ち入り検査。都に対し「偽造とは知らなかった」「これから仕事はこなくなるだろう」「電話恐怖症になっている」などと語る。


24日朝 乗用車で自宅を出た後、行方不明。午後9時ごろ家族が警視庁麻布署に捜索願を提出。事務所に「収拾がつかなくなった」「周囲に迷惑がかかってしまう」などのメモを残す。

 【読売新聞】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051126it13.htm


 自宅に「姉歯の関係で処理が追いつかない。ほかの設計事務所に迷惑をかけてしまう。もう無理です」というメモを残す。

 【TBS】
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3168882.html


25日 神奈川県茅ケ崎市内の駐車場で車が見つかる。


26日 11時半、遺体発見。


?


落ちた崖の高さが約17メートル(サンスポ)、17メートル以上(読売新聞)、約20メートル(東京新聞)、約20~30メートル(日経新聞)などとまちまちなのも気になりますが、たぶん、まだ情報が錯綜しているだけ・・・と見るべきでしょうね。亡くなった森田氏の行動を並べてみたのは、なぜ自殺と断定されたのか、を知りたかったからです。遺書はなく、メモだけ・・・。そのメモも、自宅(東京都狛江市)からと事務所(世田谷区)からと複数説が流れているようです。しかも誰が発見したかも明らかではありません・・・。探偵ごっこをするつもりはありませんが、ちょっとネット上を検索しただけでも、なんだかいろいろ気になる事件です。森田氏は本当に自殺なのでしょうか・・・?




気になるといえばこの発言も。

「自民党の武部勤幹事長は26日、北海道釧路市で講演し、耐震強度偽造問題に関して「悪者探しに終始すると、マンション業界つぶれますよ、ばたばたと。景気がこれでおかしくなるほどの大きな問題です」と述べた。自らが農相当時に牛海綿状脳症(BSE)問題への対処で批判されたことを引き合いに「対応を気を付けないといけない。寝られないでしょう、大きい地震が来たら自分のマンションがつぶれるという話ばかりされると」とも指摘した。」

【サンスポ】URLは上と同じ「マンション業界つぶれますよ」・・・って、いったい誰に向けて言っているのでしょう?なんだか脅迫に思えてしまうのですが(笑業界が潰れるより、高層マンションが地震で潰れることの方が重大、と感じるのが普通の感覚だと思います。


     ◇     ◇     ◇




【 ま と め 】 (27日13時補記)


森田氏が自殺でない・・・証拠など、素人の私にはもちろん提出することはできません。しかしもし、サンスポの報道が単なる誤報でないとしたら・・・?「全裸で白色の肌着とYシャツが左手に巻きついた状態」が「白いワイシャツに黒いズボン姿」など他紙の報道より妙に具体性があるのも気にかかります。

また「周囲に迷惑がかかってしまう」「ほかの設計事務所に迷惑をかけてしまう」というメモも森田氏が悩んでいた証拠と受け取れる反面同氏が口を割ることで「迷惑」を受ける人間が大勢いた、ことをも、示唆しています。武部幹事長の発言も、同じ趣旨でしょう。この問題が長引き、徹底的に調査をされると、どうやら困る人間がいるらしい・・・のですね。なんだか怪しい臭いがプンプンします(苦笑なんといっても建築業界・・・ですし。一方で、右足の骨折(つまり検死結果)から同氏が崖から飛び降りたことは証明できるとしても彼が自分の意思で飛び降りたのか、それとも誰かに突き落とされたのか、を判断するのはそんなに簡単なことでない・・・はずです。なにしろ目撃者もなく、遺書も見つかっていないのですからね。それなのになぜ、県警や警視庁は捜査らしい捜査もしていないわずか数時間後という早い時期に、
自殺と断定してしまうので

しょうか・・・? これも不可解です。




日本では昔から、大きな社会問題が起こると、時として渦中の方が自ら命を絶ってしまう、ということがあり。

そしてそうなった場合、犠牲者が出たという痛ましさからそもそもの問題を追求する矛先が、つい、いつのまにか鈍ってしまう、という傾向があるように思います。今回の強度偽装問題もそうなってしまいそうで嫌な気分になるわけですが、それとはまた別の問題として、
そもそも森田氏は本当に自殺なのかどうか・・・が疑問だということを私は指摘しておきたいと思います。




※関連エントリ

【耐震強度偽装問題・・・資料編】

【耐震強度偽装問題・・・意見・感想編】




blog::TIAO http://blog.readymade.jp/cgi-bin/mt/mt-comments.cgi?entry_id=1033


Comment: 偽装国家の偽装社会で偽装企業による偽装犯罪が起こって偽装捜査が行なわれているという偽装報道を聞かされているのか

「(自殺した)野口さんが主に考案し、自分達は言われるまま実行」 宮内取締役らライブドアの企業買収に関与し、18日に那覇市のホテルで自殺した同社子会社の元役員でエイチ・エス証券副社長の野口英昭さん(38)の告別式が22日午前、 東京都港区の増上寺で営まれた。 同証券によると、野口さんは国際証券(現三菱UFJ証券)を経てライブドア前身のオン・ザ・エッヂに入社。子会社のキャピタリスタ(現ライブドアファイナンス)の取締役を務めた後、同証券に移った。 関係者によると、野口さんはライブドアの宮内亮治取締役(38)らとともに、株式交換による企業買収で投資事業組合などを使い、自社株を高値で売却する仕組みを考案したとされるが、宮内取締役らは東京地検特捜部の事情聴取に「野口さんが主に考案し、 提案されるままに実行した」と供述しているという

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060122-00000034-kyodo-soci



ZAKZAK 2006/01/20

▽堀江元側近割腹自殺の波紋…首の両側、両手首に腹部

 野口氏の父「一番許せないのはホリエモン」


 ライブドアをめぐる証券取引法違反事件で、自殺したエイチ・エス証券の野口英昭副社長(38)は、ライブドアが行っていた巧妙な偽計取引のキーマンだったことが20日までに分かった。また自殺は両首、両手首のほか、割腹だったことも新たに分かった。堀江貴文社長(33)は絶句し、野口副社長の父親は「一番許せないのはホリエモン」と批判するなど、壮絶な死は大きな波紋を広げている。


【隠れみの】


 関係者によると、ライブドアが平成16年6月に出版社のマネーライフ社を事実上、買収する際に野口副社長がライブドア社の宮内亮治取締役(38)と協議し、「VLMA2号投資事業組合」という奇怪な名前の組合を設立。現金約4000万円での買収に関与した。


 同年10月、株式交換の形でライブドアの子会社、バリュークリックジャパン(現ライブドアマーケティング)がマネー社を完全子会社化すると発表したが、現金買収の事実は隠していた。


 昨年1月にバリュー株を取得し、大株主となった同組合が株売却益約8億円をライブドアに還流させたことにも野口副社長は深く関与していたものとみられている。


 このほか、結婚仲介サイトと消費者金融を子会社化した際にも同様の組合を設立。実質支配する組合が買収するという“自作自演”で数十億円にのぼる株売却益をライブドアに還流させていた疑いが濃厚になっている。


【血の海】


 錬金術を編み出し、ウラの金庫番ともいえる野口副社長が血まみれで発見されたのは、18日午後2時半。駆けつけた救急隊員は「首の両側、手首も両方切っていた。腹部も切り、血の海だった」と証言。壮絶な割腹自殺だったことを物語る。


 最後の場所として選んだのは、なぜか沖縄。しかも那覇市内の1泊2800円という激安のカプセルホテルで、部屋は1畳にも満たない狭さ。遺書はなかったというが、億単位のカネをいとも簡単に生み出していた青年実業家にはあまりにも不釣合いな場所だった。


【憤慨する父】


 「『お小遣いが足りないと振り込んでくれる』と母親が話していた。親孝行な息子だった」と証言するのは、東京都北区にある野口副社長の実家周辺に住む主婦。


 野口副社長の父親は、民放テレビの「一番許せないのは」とのインタビューに「ホリエモンだよね」と断言。「信じられないくらい、正義感が強かった。バカが付くぐらいまじめだった。なんでうちのが死ななきゃいけないのか」と怒りをぶちまけた


 訃報(ふほう)を聞いた堀江社長は、日本テレビの取材に「マジかよ。なんで」と絶句し、「彼とは長い付き合いだけど。もうだれも死なないでほしい」と憔悴(しょうすい)しきった声で語るのみだった。




TBS News (20日16:28)

▽自殺前日の元代表の様子を知人が証言


 エイチ・エス証券の野口英昭副社長が、自殺前日にIT企業の社長と会っていたことがわかりました。この社長が、自殺直前の野口副社長の様子をカメラの前で語りました。


 「(自殺前日、野口社長は)我々の仕事の話を淡々としていただけで、個人的な感情が入るとか弱音が出るとかはなかった」(前日に会ったIT企業の社長)


 エイチ・エス証券、野口英昭副社長が生前、親しくつきあっていたというIT企業の社長。この社長は、野口さんが沖縄のカプセルホテルで死亡しているのが見つかる前日、都内で野口さんに会ったといいます。


 この社長によりますと、野口さんは突然、「夜の会合をキャンセルしたい」と言いだし、その理由を明らかにしなかったということです。


 「証券会社の社長とか代表権がある役職に就くと、いろんな事件に巻き込まれて、ちゃんと最後まで勤務したというのは確率的に低くて、3割以下じゃないかと野口さん自身が話していた」(前日に会ったIT企業の社長)


 野口副社長は生前、しばしば、「証券会社の代表社員は、正しいことをやっていても傷つかないことはまれである」と話していたということです。

asahi.com 2006年01月20日

▽投資組合使った買収手法、運営会社が問題指摘


 企業買収をめぐって「ライブドア」本体にも偽計取引の疑いが持たれているが、実質的に支配する投資事業組合を使ったライブドアの買収手法が、組合を運営する会社から問題があると指摘されていたことが分かった。この指摘の2カ月後、ライブドアの関連会社は同じ手法で企業買収をして、証券取引法違反容疑で強制捜査を受けた。組合運営会社からの指摘で違法性を認識しながら、ライブドア側が関連会社の取引を強行していた疑いが強まった。


 問題を指摘したのは「日本M&Aマネジメント」(JMAM社)。


 組合は「JMAMサルベージ1号投資事業組合」で、JMAM社の小澤隆取締役らが19日、東京証券取引所で記者会見し、この組合設立の経緯などを説明した。


 それによると、JMAM社は04年5月、ライブドアに頼まれて同組合を作った。設立目的は結婚仲介サイト運営会社「キューズ・ネット」と消費者金融会社「ロイヤル信販」(現ライブドアクレジット)の2社を株式交換で子会社化することだった。JMAM社は組合を運用して、同年6月にキューズ社、7月にロイヤル社をそれぞれ買収した。


 JMAM社は組合の出資金集めには関与せず、当初はライブドアと関係のない第三者から出資を受けたとの認識だった。その後、出資金が実際にはライブドア側から出されていたことがわかったという。


 組合が事実上、ライブドアの支配を受けたままの仕組みだと、ライブドアが株式交換のために発行する新株が組合を経由してライブドアに還流する。このため、JMAM社は株式交換前の段階ですでに子会社化したことになり、問題があると指摘したという。


 その後の処理について、小澤取締役は「04年8月までにライブドアとは無関係の海外の投資会社などから出資を受け直し、ライブドア関連会社側には当初の出資金を全額返した」と説明した。しかし、新たな出資者については「書類や口頭で確認してライブドアとは関係ないと判断したが、間違いなく関係がないとは言い切れない」と答えるにとどまった。


 小澤取締役の説明によると、JMAM社の取締役だったエイチ・エス証券の野口英昭副社長から組合の設立や清算についてアドバイスを受け、小澤取締役が資金管理をしていた。野口副社長は18日、沖縄県で死亡し、自殺とみられている。


 特捜部が証券取引法違反容疑で強制捜査の対象としたのは、「ライブドアマーケティング」(旧バリュークリックジャパン)が04年10月に行った株式交換の発表。しかし、この2カ月前にはライブドアは同じ手法を使って子会社化していた。


 同組合は04年10月、ライブドアに2社の全株を譲り渡し、ライブドアの新株1260万株を受け取った。その後、海外投資会社にライブドア株を売却し、出資者に配分して清算した。


 小澤取締役は「組合の出資割合は企業の持ち株比率の考え方に近く、50%以上なら出資者の子会社のような扱いになって問題があると認識していた。運用そのものについては通常の商取引の範囲内で問題はない」と述べた。


 ライブドアの広報担当は「社内調査の結果を19日に公表しましたが、まだ調査を続けており、それ以上のことは回答を控えたい」としている。



蛇足


事件の対処方法を決める際の考慮点?

1:将来の自殺を防止する

   ・自殺は多くの人に迷惑をかけると理解させる

   ・自殺しても逆効果でしかない前例を作る

2:迷惑をかけたら償う

   ・迷惑をかけたほうが、それ相応の償いをする

   ・一番の被害者にとって、最良の対処をしてあげる

   ・精神的な重荷を少しでも減らすような対処を

3:アホな行為をさせない

   ・一番の被害者に心ない電話をかけるといった行為を防ぐ?

 この中の3番は、この種の事件で必ず起こる。誰かが死ぬと、死んだほうが加害者であるにもかかわらず、死ぬ原因(という考えもこじつけであるが)となった相手に文句を言う人が現れる。このような行動を起こす人は、物事を深く考えずに感情だけで動きがちで、さらなる迷惑をかけているのに気付かない。


本当に、自殺なのか?と言う事がでるが、ほとんど解決せずにうやむやになる。


その場合、じつは犯人(加害者)であるにもかかわらず、被害者に摩り替わる。


怪死(自殺)すれば口封じになるが、国民総出で犯人探しに躍起になる。


だが、よくよく考えると己の欲と駆け引きの末の、葛藤が脳の生理機能麻痺(プッツン切れる)で自殺という鬱的状況になるのだろう。


生きて攻められるより、死んで英雄や被害者に代わる報道で事件の核心者がますます死を選ぶ方向へ行ってはいないだろうか?


本当の悪人は誰なのか??、報道の加熱がますます複雑にし、分かりにくくする。


言い過ぎたか?



情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/01/post_2422.html


田原総一朗氏、“ライブドアの闇”発言で、右翼団体が猛抗議


 テレビ討論番組の「朝まで生テレビ」、「サンデープロジェクト」の司会等で知られる田原総一朗氏が、右翼に糾弾され、警視庁は万一、生命の危険もあるとして警護しているという。

 契機は、つい最近のテレビ番組(おそらく「朝生」だと思う)のライブドア事件勃発後の特集のなかで、田原氏はエイチ・エス証券副社長だった野口英昭氏の死について、暴力団関係者による他殺説もあり得ると述べただけでなく、関西系広域暴力団武闘派の名前を挙げるか、そうと特定できる発言をしたとされる。

 これに対し、激怒した同じ関西系広域暴力団とも親しい某右翼団体の構成員が直接、田原氏を訪問して抗議の意思を表明した模様だ。この右翼団体は武闘派として知られ、過去に襲撃事件も起こしている

  詳細は不明だが、右翼団体が田原氏に接触を図ったこと、それを受けて警視庁が警護していることは、警視庁筋からの情報であり、間違いないと思われる。


P・S 右翼団体側の情報によれば、事情は異なり、田原氏がライブドアの闇に関して発言した際、「右翼」と「暴力団」を同一視したことを怒っているのだという。


nikaidou.comhttp://www.nikaidou.com/column01.html


田原総一郎、全日空ホテルで脅える日々

【2/2(木)10:49】

 公安筋より


 「田原が右翼に狙われているんだが、全日空ホテルでこもりきりになっている。テレビではあんなに偉そうにしているのに、小心者でどうしようもない。『天皇に関して言ったが何か悪いか!タブーこそ言論統制だ』とでも言えば、まだ尊敬されるのに。あとでビクビク脅えるくらいなら、余計なこと言わなきゃいいんだよ。所詮電波芸者でしかないんだからな」


 という話を聞いた。テレビ朝日での発言が元で狙われているので、テレビ朝日がカネを出して守るという話になっているようである。経費の無駄だと思う。テレ朝はともかく、警視庁は、勝手にバカな発言した奴なんぞ、守りたくないだろう。税金の無駄である。


 田原を狙っている右翼団体とその個人まですでに判明しているが、何も田原の味方をしてやることもないので、名前はいわない。ただ、狙い打つ腕はある人間だ、とだけ言っておく。



國民新聞(平成14年9月)英霊を愚弄する不逞の小冠者 田原総一朗を屠れhttp://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1409/140910tawara.html
深澤成壽


  評論家 深澤成壽



 去る8月18日の昼過ぎ、ある知人から電話がかかつて来ていきなりかう言ふ。


「おい、あの小僧、なんとかならぬか」




あの小僧とはどの小僧だ。田原総一朗(写真右)の事か」「さうだ、その小僧だ。靖国の英霊を冒涜し、我ら靖国を崇敬し、 支援し、常に参拝を怠らぬ者全員に対する断じて許せぬ暴言である。世が世であれば狙撃手を差し向けて一発で仕留めるか、刺客を放つて直ちに屠るべき標的であるが、ここは罪一等を減じて、おい、訴訟を起こさう。直ぐに同志を募り、原告団を組織しよう。千人なら立ちどころだ。千人で千円づつ拠出すれば100万円になる。これを原資に、靖国の英霊と我ら靖国の崇敬者の名誉を傷つけ侮辱したこの痴れ

 者に名誉棄損の慰謝料として1人当り10万円を請求、総額1億円の訴訟だ。成敗は問うところではない。鉄槌を降ろしてこれを屠れねばならぬ。どうだ」

「さうだ、鉄槌を降すべきだ。早速、国民新聞の山田社主に相談してみよう・・・然し、その訴訟、成立するのかなあ・・・」「なんだ、どう云ふ事だ」「日本国民は全部馬鹿で助平で下品で憎らしい奴らだと、仮にその小僧が言つたとする。いい気になつて昇せ上がつた小僧のことだ。それくらゐの事は言ふかも知れぬ。然しだからと云つて、1億国民が全員原 告となつてその小僧相手に名誉棄損の訴訟が起こせるか、訴訟の技術上難しいかも知れぬ」「・・駄目か」「然し鉄槌は降ねばならぬ」「さうだ、鉄槌は降ろさねばならぬ。狙撃、刺客、鉄拳以外で何か巧い手はないか、考えてくれ」




 去る8月18日のテレビ朝日番組「サンデー・プロジェクト」で靖国神社に代わる施設は必要か否かと云ふ討論に、不要とする立場でただ1人出席した高市早苗氏(写真右)に対する司会者田原総一朗の暴言は到底許せぬものであつた。 田原はかう言ったのだ。「靖国に参拝するのはみんな下品で憎らしい奴らだ」と。


 これに対する視聴者の憤激はただならぬものであつたやうだ。私は直ちに「靖国に参拝する者がみんな下品とは如何なる根拠によるものか存念を問ふ」と短文をしたためて産経新聞に投じ、これが8月28日に掲載されると、全国ネットで8件の、共鳴同感激励の電話が来た。これが多いか少ないかは知らぬが、その真情は前記知人の怒りに共通するものであつた。


 何等かの制裁を加えねば熄まぬ憤怒の炎である。小僧を打擲せよ。小僧を屠れ。如何に我々に、焼き焦がれる程の靖国への想ひがあらうと、この無礼不遜の小童っぱを膺懲すべき訴訟の原告となる方途がないとすれば、宗教法人たる靖国神社自身、またはその奉賛会等がその当事者として、何等かの法的措置を検討すべきではないか。全国の多くの心ある人々が、これを鳩首して待つてゐる筈である。高市早苗は、その国家観、歴史観、確固たる真正の保守思想において我々が最も高く評価する数少ない貴重な議員である。彼女の発言で違和感を覚えたものは一つもない。これか稀有のことである。その高市の発言を不勉強と罵り、議員の資格がないとまで罵倒した。そしてなんと、自分(田原自身)の書いた本で勉強しろだと。笑はせてはいけない。その本とは、あちこちの参考書をかき集めて一丁上がりで丁雅あげた高校生のレポート程度の駄本のことだ。あれでひとかど勉強した心算だから、小僧のレベルも御里が知れようと云ふものだ。谷沢永一に懇々と諭されたのを忘れたか。あらゆる法理の組み立てを検討し、この不敬不遜の小童つぱに鉄槌を降さねばならぬ。有志法律家の奮起を期待する。時効にはまだ間があらう。末筆ながら、高市議員の一層の研鑽と活躍を心から願ひ、期待する。選挙区が遠いのが残念である。





蛇足


昔から、暴言、暴論を吐いた・・つけは現在、回ってきている?もともとバックは、そちら系なので偉そうな事言えたが・。最近、毒が回りすぎてもめているのだろうか?関西系とのつながりが切れたか??


日本●●連合 http://8723.net/enkaku.htm


このサイトの左側に書かれている、加盟している名前をご覧頂きたい。

特に上から3●番目 サンデ-プロジェク 鈴●裕美子3●番目 ジャーナリスト   田原総一●





欲の皮が厚い・。



世に倦む日日http://critic2.exblog.jp/2638676/


堀江貴文の罪と罰 - 証取法・組犯法・税法違反で懲役15年か


検察の捜査情報から、ようやく脱税」の二文字が出た。ずいぶん長い待ち時間だった。私は捜査開始から三日後の1/19の記事の中で「捜査の真の狙いは脱税にある」と書いたのだが、いつまで経っても検察からその容疑情報が出て来ず、ひょっとしたら例の野口英昭の「自殺」の件で捜査が暗礁に乗り上げていて、ライブドアの海外資金の流れが追跡できなくなっているのではないかと心配していた。二週間経って、やっと脱税容疑の捜査情報が新聞紙面に活字になり、正直なところホッと安堵している。海外の隠し口座と資金の流れを特捜が完全に掌握したということだろう。このリーク情報は、テレビ朝日がスクープした野口英昭が代表を務める香港の投資会社の話とも符牒が合う。投資事業組合からLD関連株を買った野口英昭の香港投資ファンドが、もう一度マザーズで株を売って、その売却益を香港で資金洗浄して、一部を日本国内に還流し、一部をスイスの銀行口座に送金して隠匿したのだ。無論、その間には何社かパイプを通通させているかも知れないが、基本的にそういう資金の構図である。


だから、香港の証券会社というのはLDのスキームの一部なのであって、その外部にある存在ではない。「クローズアップ現代」で最初に錬金術スキームが紹介されたとき、それはその時期の検察の説明情報をそのままNHKが正確に報道したものだが、投資事業組合(VLMA1号)は海外の市場でLDM株を売ったという説明になっていて、私はこれは不自然だなと感じていた。なぜなら、LDM株を取引できる市場は日本のマザーズだけであって、外国の証券市場で活動しているファンドがLDMの株券をわざわざ高い値段で買う理由がないと思ったからだ。説明の絵の中に登場する外国の投資ファンド(証券会社)というのは、間違いなくLDの息のかかった錬金術スキームの一部に違いないと確信していたし、そのNHKの放送から二日か三日でファンドの国籍と社名が開示されるだろうと予想していた。実は、その「クローズアップ現代」が放送されたのが1/19(木)で、野口英昭の一報があった日だった。


1/20(金)の毎日新聞の記事には外国の投資ファンドが香港の証券会社であるという記事が出たのだが、そこからスキームの情報開示は拡延を止め、LDの海外資金の話はピタリと止まって検察から流されなくなった。代わりに検察は逮捕に動き、それと並行して、日本国内での関連企業買収時の不正経理だの粉飾決算だのの情報が事細かく提出されるようになった違法行為を証拠づけるメールのコピーや関係者の証言が次から次に溢れ出て、スキーム(仕組図)の国内の中身は、情報がオーバーフローして整理できなくなるほど詳細で複雑なものに変わって行った。最初はマネーライフ1社だった不正買収は、すぐにロイヤル信販とキューズネットが加わって3社に増え、堀江逮捕の前後にはトラインとクラサワとウェブ・キャッシングが加わって6社に増えていた。また、捜査当初には2億円だったLDの不正株式取引金額は、いつの間にか40億円になり、一週間後の逮捕時点では総額90億円の規模に膨らんでいた。


これから海外資金ルートの全容が解明されれば、この金額はさらに増大するだろう。6社違法買収の90億円不正利益、ここまでが事前に特捜が証拠を掴んでいた容疑事実で、証券取引法違反(風説の流布・偽計取引・有価証券報告書虚偽記載)の構成要件の中身を埋める。ここから先が被疑者を取り調べながら明らかにする容疑で、特に野口英昭が実行犯として証言しなければならなかったところの海外を舞台にした違法行為だった。具体的には資金洗浄(マネーロンダリング)であり、スイスの銀行の隠し口座への不正蓄財(脱税)である。これらの不正行為は、組織犯罪処罰法違反と所得税法・法人税法違反の要件を構成するものとなるだろう。さらにそこに海外から国内への不正送金が絡んで、外国為替管理法違反の容疑が加わるのが通例である。論告時点で、最低でも4本から5本の法律の適用が確実視される大型の経済犯罪であり、これらの刑を単純加算すると、堀江貴文の場合は懲役15年になる。







株式日記と経済展望

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/


2006年2月2日 木曜日


◆ライブドア事件政界へ 2月1日 ポリスジャパン 勝谷誠彦

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/


前回の当コラムのトメは「激震、政界を巻き込んでまだまだ続きそうです」でした。一週間たつ間に、ホントにそうなってきちゃった。しかも、耐震偽装問題の人脈と、ライブドア事件のそれとが、絡み合ってきています。いまこそ週刊誌の出番で、ポストや現代ですら飛ばしているのに(笑)今日発売の『週刊朝日』は何なんだ。広告の右ハシラが「マンション建設反対運動のリーダーはあの桑田佳祐の実姉」ですよ。読者をバカにしているのか(爆笑)。


 まあ築地をどりとしては、ホリエモンを散々持ち上げてきたから、さすがに恥ずかしくて書きにくいんでしょうね。それに対して「天敵の」『週刊文春』は見事だった。誰もが書きたくてもビビっていた、堀江の側近の野口英昭氏の沖縄での死に重大な疑義を呈していました。もっとも、『週刊文春』よりも一日早く出た『アサヒ芸能』もブッチギリで凄い内容で、さすがにあちらの世界にお詳しいのはわかりましたが、わかってやっているのかと思わず心配になりましたよ。


 もちろん東京地検特捜部も黙ってはいない。ここへ来て、野口氏「自殺」は根本から洗い直す方向に向かっていると聞きます。そうなると恥をかくのが沖縄県警でありその上部組織の警察庁。こちらも東京には真っ当な正義の士がいます。「いいかげんにしろ」という動きがあるようです。


 一方で、政界に激震が走っているのは先の総選挙の堀江の役割がただの広告塔ではないとわかってきたからだ。いいですか。ここで、バカなマスコミに騙されないでモノの見方を180度変えてください。堀江は「出さされた」のではなく「出たかった」のです。それは今回の逮捕で明らかになった彼の発想法を見ればわかる。メディアに露出して騒がれれば騒がれるほど彼の「時価総額」とやらは膨れ上がる。しかも万一当選して代議士バッジをつけたなら、自分がやっていることに司直の手が入りにくくなる。どちらに転んでも損はしない、王手飛車とりというわけだ。


 つまり堀江は自民党に「お願いする立場」だったのです。お願いにはお礼が伴うのがこの国に利権談合共産主義の礼儀です。そこで堀江は、例の錬金術で金を用意した。自民党へ選挙資金を流し込んだのです。


 ある野党の幹部は私にこう言いました。「選挙の中盤から、突然自民党が強くなったのをすべての選挙区で感じた」。西村眞悟さんも以前私にまったく同じことを言っていた。その幹部はこうも続ける。「突然の解散で自民党の金庫は空っぽだったはずなのに、どこから金が出てきたのかあの時から不思議だったんだ」。武部さんの大はしゃぎは、もっと奥深い理由があったのかもしれない。彼は選挙の金庫番ですからね。突然の大タニマチが出てくりゃあ、そりゃ一緒に選挙カーくらいのりまっさ。わははははは。


 その莫大な総額も聞いていますが、まだ自民党全体としてどういう絵を書いていたかは確証がないので黙っておきます。民主党は相当なところまでつかんでいるようなので、やがて国会で明らかになるかもしれません。


 これはその絵の一部なのか、それとも単独のチンケな話なのかわかりませんが、個々の自民党議員も投資事業組合を通じて福の神ホリエモンの恩恵を被っているという話も、先週末から急速に永田町に流れている


 名前が出ているのはN代議士やM代議士ですが、N代議士について言えば、村上ファンドの村上世彰さんの、高校と通産省の後輩。ヒルズでのパーティにも参加しているとこれまでも報じられている。え?村上さんの後輩ならおまえも同窓だろうって。わははは。すみません。私の1年後輩です。もっとも、彼がそうした状況証拠から名前を出されているのか、民主党が具体的な何かを掴んでいるのかは、さて。


 まあ、こうした若手よりも、実はここへ来て大きな名前が上がってきました。竹中平蔵総務大臣。ライブドアは去年の前半に無線LANの認可を申請して総務省にけられている。ところが後半に改めて出すと認められるんですね。所管大臣は竹中さんです。それは何故なのか。ホリエモンが有名になったからか(笑)。もしそこに金銭の流れがあったとすればこれは立派な職務権限の問題になります。霞が関から聞こえてくる話では、そのことを小泉さんが聞いて激怒したという。


 その結果、武部竹中の二人がホリエモンと映っている映像が繰り返し流されて、盟友であるはずの竹中さんのイメージがどんどん落ちていくことも容認したとう。武部さん?あ、あれは捨てゴマですから(笑)。息子さんとホリエモンの関係がこれ以上出てこなければいいですねえ。


 「防衛線」をそこまで下げてでも小泉さんは自分がレイムダックにならないと思っている。そして安倍晋三さんを後釜に据えられると信じている。


 以下は途方もない話なのでこういうところでしか書けません。


 小泉さんは確かに任期一杯でやめる。しかし、そのあと安倍さんを挟んで「再登板」を狙っていると永田町スズメが私の窓へ来て言うのです。ライブドア事件などの余波がありながらそこまでの影響力を行使できるのは何故か。それは、任期までにもう一度超ウルトラCが既に準備されているからだと。


 内容については聞いていますが、まだちょっと書けない。でも、北朝鮮マターで実現すれば阿呆な国民が狂喜乱舞して、また支持率が70パーセントあたりまで上がり、ライブドア事件も耐震偽装事件も狂牛病も防衛施設庁事件も忘れ去るようなイベントだと言えば、だいたい想像がつくでしょう。


 もちろんそのこと自体は限りなくめでたいことですが、それであと数百人いるに違いない拉致被害者の方々は見殺しで国交正常化。金正日は何兆円か受け取って、核のオモチャ遊びにいそしむ。小泉さんはひょっとするとノーベル平和賞もらって再登板ってな筋書きは、私は許せませんなあ。(後略)




◆はじめてのおつかい 2月2日 きっこのブログ

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/


イノシシ捕獲のニュースに、ニポン中がバンザイ三唱した次の日、ライブドアの広告塔、乙部綾子は、某テレビ局の突撃取材に対して、ヘタクソな嘘泣きをして、「堀江はウソが大嫌いなんです。堀江を信じてください」みたいなことをノタマッてた。オジャマモンと同じに「少しでも人相の良く見えるメガネ」をかけて、必死にイノシシ容疑者の無実を訴えてたけど、相変わらずのテカテカなファンデーションは、そのブ厚いツラの皮を隠すためのカモフラージュだったみたいだ。ナゼかって言うと、沖縄での野口英昭の死が伝えられた直後の深夜、乙部綾子がコッソリと向かった先は、ライブドアのバックのホニャララ団のところだったからだ。そして、乙部の持っていたアタッシュケースには、数千万円の現金が入っていた。ようするに、乙部は、ホニャララ団に現金を届ける「お使い」をしたってワケだ。この数千万円が、何のためのお金だったのかは、今はまだ書けないけど、捜査はケッコー深いとこまで進んでるから、じきに明らかになるだろう。


さらに、乙部は、ある人物から、今週の頭からフィリピンのマニラへ飛ぶように、次なる極秘の「お使い」の指令を受けたのだ。それも、ダイレクトにマニラに飛ぶんじゃなくて、まずは、沖縄で殺された野口英昭が役員をつとめてた日本M&Aマネジメント(JMAM)のトンネル会社がある香港へ飛び、香港である人物と会うように言われた。乙部は、エジプト航空の客室乗務員時代に、香港ラインやソウルラインに乗ってたから、このヤバイ仕事を任されたんだろう。そして、香港経由でマニラへ回るんだけど、マニラと言えば、ライブドアのバックのホニャララ団の庭みたいなもんで、今までも数え切れないほどの保険金ホニャララとかの舞台になってる場所だ。そして、マニラで乙部がどんな仕事をしたのかについては、マスコミの報道が追いついて来たら書こうと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、殺された野口英昭が安倍晋三の後援会、「安晋会」の役員をつとめてたとか、自民党森派の大物議員が、野口英昭が役員をつとめてた日本M&Aマネジメントを利用して私腹を肥やしてたとか、色んな怪しい情報が飛び交ってるけど、マスコミがこんな噂に引っぱりまわされてる間に、乙部綾子は飛行機で香港やマニラを飛び交ってるってワケだ。それも、女性ひとりだと怪しまれるからって、不倫相手をご同伴でのマニラ行きなんだから、まるでコイズミ御用達の狂牛肉査察団みたいに、半分は観光気分なんだろう。ま、報道がバージン諸島やスイス銀行にまで辿り着いてるから、イノシシ容疑者の第二、第三のペーパーカンパニーの存在が露呈されるのも時間の問題だと思うけど、今回の乙部の「お使い」によって、ソートーな量の証拠が消えちゃったことだけは確かだろう。(後略)




(コメント)

ライブドア事件に対する二つのブログを紹介しましたが、このようなニュースは大テレビや大新聞では報道されず、週刊誌の独壇場だったのですが、いかんせん一週間に一回の発行なのでどうしても情報は遅れてしまう。その点ではネット情報は新聞やテレビよりも早く、週刊誌よりも内部の怪しい情報にまで踏み込んだ事が書かれている。


おそらく週刊誌でも発禁処分食らうような事は書けないから、ネットに流して反応を見るようなこともあるのかもしれない。ネットなら問題になりそうなら直ぐに記事を削除すれば済むが、週刊誌だと田中真紀子の時のように裁判所が仮処分で出版差し止めされる事もある。


もっとも最近ではネットでもプロバイダーなどに圧力をかけてサイトを削除してしまう事もありましたが、これに対抗するには記事をコピーしていろんなサイトやブログに掲載してしまえば、いくらプロバイダーに圧力をかけてサイトやブログを閉鎖させても、その情報が真実なら言論の統制は不可能だ。


「株式日記」でもいろいろ過激な事を書いているので、この前もプロバイダーにサイトを削除されましたが、政界や経済界などから露骨な嫌がらせもしてくるだろうから、サイト閉鎖の口実になるような事は出来なくなってきました。だから私も気をつけているのですが、合法的な範囲内での活動に止めなければならない。


「きっこのブログ」などは耐震強度偽装事件でも話題になりましたが、ライブドアショックでも話題を提供してくれそうな雰囲気だ。特別に情報を提供してくれるルートでもあるのでしょうが、大マスコミは素人の書いたブログを読みながら記事にしているようだ。


勝谷誠彦氏の日記やサイトも政界がらみの疑惑を書いていますが、ライブドアもヒューザーも暴力団がらみでかなり危ないところで自殺者まで出している。それらと政界とが絡んでいるようなのですが、安倍官房長官の安晋会というのは何なのだろうか。ライブドア事件にも耐震偽装事件にも名前が出てくるようになった。




http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006012101004219


自殺元役員悼み通夜 「責任押しつけるな」

 ライブドアによる企業買収にかかわり、18日に自殺した同社の子会社元役員で現エイチ・エス証券副社長の野口英昭さん(38)の通夜が21日夕から、東京都港区の増上寺で営まれた。雪が降る中、同証券関係者や知人ら約760人(同証券発表)が駆け付け、故人を悼んだ。

 「非常にまじめな人。本当に残念」と知人の男性。企業買収に関与した同証券関連会社「日本M&Aマネジメント」の角田幸治社長も「あれほどまっとうな男はいない。何でこんなことになったのか。(ライブドアの)堀江(貴文)社長には、野口さんに(責任を)押しつけるようなことはしてほしくない。真実を話してほしい」と語った。

 同証券関係者によると、参列者の中に堀江社長の姿はなかったという。



蛇足


TV朝日系では自殺説とゲンダイの二木氏が言っていた。まだ、まだ決着がついていない。ところが、この事件の登場人物は、ヒルズ族と政界と闇の話である。M&Aの時点で闇は手っ取り早いのである。がキックバックなどは必要だろう・。出てくる闇の部分が大きく膨らみ過ぎているように思う。眼に見える人物たちが、実行した可能性は無いのだろうか?。38歳カルテットが絵を描き、ブレーンの投資ファンド、証券会社、ヒルズ族など横へ広がった・展開になるだろう・。それが海外への利益移転をすることになる。役員個人の利益蓄積の事件なのではないか?

お札の謎?




皆様が今お持ちになっているお札を御覧下さい。一万円札、五千円札、千円札、みな菊の御紋章が無くなっておりますでしょ。五千円札の如きは菊の御紋を真二つにわけて、そこにユダヤのマークが入っている。五千円札の裏、富士山の山中湖に投影している姿、あれは富士山ではないんですよ。ひっくり返して御覧下さい。富士山とは似ても似つかない、シナイ半島のユダヤの神を表しているあの山です。



uskblog: 新渡戸稲造


新渡戸稲造がフリーメーソンだったという未確認情報をなんとかしてほしい。んなわけねぇだろ。たぶん飲み会のネタとかで徐々に広まっていった噂だろう。煙草の箱とかお金とかの謎とかって身の回りのモノでどこでも通用するネタだから広まりやすいのかな。よく聞く五千円札の噂。


一、夏目漱石、福沢諭吉に比べ知名度の低い新渡戸稲造が肖像となったのは彼がフリーメーソンという巨 大な闇財団の一員だったから。

二、五千円札の肖像が書いてある方、ここには「五千円」の文字の脇に天皇の象徴である菊の紋様をパックリ2つに避けるような書き方がなされている。フリーメーソンを象徴させるような権力の象徴だ。

三、
五千円札の富士山は、湖に映ってる方は実は「シナイ山」で、新渡戸稲造が書かせた。





新千円札の怪http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano041122.htm



これは新千円札の野口英世とアメリカの1ドル紙幣の裏にある米国国璽というものの絵です。野口英世の左目が何だか異常だと思いませんか。妙に不自然です。原画はそんなことはありません。たしかに左右がアンバランスですが、自然な感じがします。千円札の目は顔から浮き出しています。まるで、この目は独立して自己主張をしているようです。そして1ドル紙幣の目となんと似ていることでしょう。そっくりです。

 1ドル紙幣の目はAll Seeing Eye “全てを見通す神の目”と言われていますが、実はこれはルシファーの目です。このピラミッドはイルミナティという世界的な組織です。この下部組織をフリーメーソンといいます。

 エーリッヒ・ザウアーという有名な神学者は、その年表の中で「反キリスト」を表す印としてこの1ドル紙幣のピラミッドを書いています。

 実はアメリカのドルはアメリカという国家の貨幣ではありません。FRB(連邦準備制度理事会)という私的機関の証券なのです。アメリカ政府はそれを買って流通させています。言わば民間銀行の債権なのです。これについてはユースタス・マリンズという人の書いた「民間の所有する中央銀行」面影橋出版に詳しく書かれています。そしてこの機関はイギリスにある巨大な銀行によって支配されています。それらの人々はイルミナティという組織を通して世界を統一し支配する計画を立てているのです。

 この目は長年アメリカ国民を監視してきました。そして今や、日本の国民を監視し始めたのです。






新旧お札・逆さ富士の不思議(紙幣の富士山)http://www.navi-city.com/tokusyu/tokusyu_satsu.html
別ウィンドウで表示

新旧お札に描かれた富士山(逆さ富士)は誰の作品でしょうか?そのなぞに迫りました。 ... ところで、新千円札にも逆さ富士が描かれているのをご存知ですか?ところが、よ~~く見比べると、あらら?微妙 ... 取材は「旧五千円札と新千円札富士山は違うの?」という疑問からはじまりました ...

http://www.navi-city.com/tokusyu/tokusyu_satsu.html


結局…

この日は諦めて、翌日、天気と雲の様子を見ながら、また富士山は昼間はもやがかかり

やすいため夕方近くに再び山登りに挑戦し、前日の岩の上に立つことができました。

雲一つ無い快晴でした。



それがこの岩の上…そしてここから見えた富士山が↓







「湖畔の春」と見比べてみてください。

写真の出来ではなく

周りの風景の位置を見比べてくださいね(汗)ただ写真に撮った「湖畔の春」は額の

下からの撮影なのですこし富士山が低く見えます。(もちろん年に1~2回しか見えないと

言う逆さ富士も出てはいませんが… )また、旧五千円の富士山ともくらべて

みてください。今は秋なのでまだ富士山の頂上の雪が少ないですが、位置はほぼ間違いないの

ではと思います。これでやっと旧五千円札の富士山と出会うことができました!

…って…あれ? では新千円札の逆さ富士は?




山を降りて

新千円札については、どうやって調べようと考えました。

「そうだ!ストレートに造幣局に聞こう!」事務所に戻ってさっそく電話することにしました。

 ところが、造幣局っていうのは硬貨を作っているのだそうで、紙幣は国立印刷局が作って

 いるとのこと、知らなかったのはナビィスタッフだけ?(汗)


国立印刷局

電話に応対してくれた担当の方は、とても親切丁寧に教えてくれました。


ナビィスタッフ : 旧五千円札の逆さ富士は岡田紅陽さんが本栖湖で撮影された「湖畔の春」

ですよね。

担当の方 : はい、そのとおりです。ですが写真そのままではなく「湖畔の春」を

基にデザインしたものです。




ナビィスタッフ : ところで、新千円札にも「逆さ富士」がデザインされていますよね。

でも、どうも少しデザインが違うように思えるのです。周りの山の

形とか、位置とか…この場所はどこからみたものでしょうか?

これは他の方の写真なのですか?

担当の方 : いえいえ。新千円札の富士山のデザインも、岡田先生の「湖畔の春」を基にしてます。デザインですので微妙に違うのです。

新千円札は左下に「桜の花」をあしらってみました。




ナビィスタッフ : 新千円札も岡田紅陽なんですか!それは岡田紅陽の写真が良いから

ということですか?

担当の方 : そうです。岡田先生の「湖畔の春」は傑作です。こんなにすばらしい

富士山の写真はありません。ですからこの写真を使っているのです。


ナビィスタッフ2日間の取材

「新旧お札・逆さ富士の不思議」についてはこうして終了しました。

う~~む 人を感動させる作品を作り出すということは、ほんとに素晴らしい事だと学びました。芸術とは奥が深い!

今、急激に新デザインのお札が出回っています。来年を迎える頃にはきっと

新デザインのお札は全然珍しくないものになっていることでしょう。

もし、旧五千円札がなかなか見られなくなってきたとしても、岡田紅陽の愛した

富士山は新千円札にあり、いつまで人の手の中に、そしていつでも誰にでも

見られるわけです。このレポートを読まれた方が、時々思い出し、千円札の

「湖畔の春」を眺めてくれると嬉しいな…と思っています。




撮影: 岡田紅陽 「湖畔の春」




その上、当時の岡田紅陽本人を採った写真も拝見しました。


「浩庵」ご主人に伺った岡田紅陽との想い出

ご主人は小学校から中学校の頃の想い出があるそうです。

「麗峰富士と言われるように、『富士山は崇めるもの』という風潮の強い時代でした。けれど岡田紅陽さんは富士山の事を「富士子・・ふじこ」とまるで自分の娘か恋人のように呼んでいたことがとても印象深く記憶に残っています。ある時は『今日は富士子の機嫌が悪かったので逢う事が出来なかった」と言っては帰ってきました。富士山をとてもかわいがっていた人だと思います。また、紅陽さんは隠れた富士山を人一倍たくさん見ていた人だと思います。晴れている時の富士山よりも、隠れている富士山が顔を出す瞬間の方がとても感動的な場面に出会う事が多いからだそうです」

ご主人は、「岡田紅陽の写真は生活感があるとっても温かみのある写真で人間としてぬくもりの感じられる」そんなところがとても好きだそうです。


岡田紅陽(本名・岡田賢次郎) 


明治28年(1895年)新潟県、現在の十日町でお父さん、御祖父さん、曾御祖父さんとも

山水画の名手という芸術一家に生まれます。早稲田大学時代に、富士山の美しさに魅了され

写真を撮るようになりました。1972年に77歳で亡くなるまで富士山をこよなく愛した

富士山写真家としての一生を送りました。



蛇足


一万円札、五千円札、千円札、みな菊の御紋章が無く、五千円札は菊の御紋を真二つにわけて、千円札、五千円札の裏、富士山はひっくり返して見ると、シナイ半島のシナイ山・・モーゼの十戒で、神の啓示を受けたところです。しかし、今は、ただの岩だらけの丘にしか見えない。。2千年前には、富士山のようだったらしい。図柄は岡田紅陽本人が採った写真である。・・これを版画に起したらしい・・?


現在のシナイ山はこれです・・
。こちらは富士山の雪の無い時です・岩だらけに見える
。意識、無意識でお札を変えるのかどうかは分かりませんが・・。そのまま、印刷局に回した、だけのようだ。


野口英世の左目もそんなに差は無いように見える・。図柄が写真から取ったので、すこし強調されている。


でも、なんか納得がいかない・・・政府紙幣の発行http://ameblo.jp/kane55/entry-10004542010.html

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR