FC2ブログ

お隣は・・。







中国側、機密執拗に要求…自殺上海領事館員の遺書入手


 2004年5月、在上海日本総領事館の館員(当時46歳)が自殺した問題で、館員が中国の情報当局から外交機密などの提供を強要され、自殺するまでの経緯をつづった総領事あての遺書の全容が30日判明した。




本紙が入手した遺書には、情報当局者が全館員の出身省庁を聞き出したり、「館員が会っている中国人の名前を言え」と詰め寄るなど、巧妙かつ執拗(しつよう)に迫る手口が詳述されている。中国側が館員を取り込むために用いた中国語の文書も存在しており、これが、日本政府が「領事関係に関するウィーン条約違反」と断定した重要な根拠となったこともわかった。中国政府は「館員自殺と中国当局者はいかなる関係もない」と表明しているが、遺書と文書はそれを否定する内容だ。




 自殺した館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる機密性の高い文書の通信を担当する「電信官」。遺書は総領事と家族、同僚にあてた計5通があり、パソコンで作成されていた。総領事あての遺書は計5枚の長文で、中国側の接近から自殺を決意するまでの経緯が個条書きで記され、最後に「2004年5月5日」の日付と名前が自筆で書き込まれている。




 それによると、情報当局は、まず03年6月、館員と交際していたカラオケ店の女性を売春容疑で拘束。処罰をせずに釈放し、館員への連絡役に仕立てた。館員は同年12月以降、女性関係の負い目から当局者との接触を余儀なくされた。接触してきたのは「公安の隊長」を名乗る男性と、通訳の女性の2人だった。




 館員は差し障りのない話しかしなかったが、04年2月20日、自宅に届いた中国語の文書が関係を一変させた。文書は、スパイの監視に当たる「国家安全省の者」を名乗り、「あなたか総領事、首席領事のいずれかと連絡を取りたい」と要求。携帯電話番号を記し、「〈1〉必ず公衆電話を使う〈2〉金曜か日曜の19時―20時の間に連絡せよ」と指定してあった。




 館員は「隊長」に相談。すると約2週間後、「犯人を逮捕した」と返事がきた。文書を作った者を捕まえたので、問題は解決した、との意味だった。館員はこの時初めて文書は「隊長」らが作った可能性が高く、自分を取り込むためのでっちあげと気付いた。遺書には、「(文書は)彼らが仕組んだ」と悟った、と書いている。




 「犯人逮捕」を期に、「隊長」は態度を急変。サハリンへの異動が決まった直後の同年5月2日には「なぜ(異動を)黙っていたんだ」と恫喝(どうかつ)した。「隊長」は、総領事館の館員全員が載っている中国語の名簿を出し、「全員の出身省庁を答えろ」と詰め寄った。「あなたは電信官だろう。報告が全部あなたの所を通るのを知っている。館員が会っている中国人の名前を言え」と追い打ちをかけた。




 最後には、「今度会うとき持ってこられるものはなんだ」と尋ね、「私たちが興味あるものだ。分かるだろう」と迫った。




 約3時間、恫喝された館員は協力に同意し、同月6日午後7時の再会を約束した。館員は、「隊長」は次には必ず暗号電文の情報をやりとりする「通信システム」のことを聞いてくると考え、面会前日の5日に遺書をつづり、6日未明、総領事館内で自殺した。遺書には「日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました」などとも記している。




 「領事関係に関するウィーン条約」は第40条で、領事官の身体や自由、尊厳に対する侵害防止のため、受け入れ国が「すべての適当な措置」を取るとしている。遺書の内容は具体的で、それを裏付ける中国語文書も存在しているため、中国側の条約違反の疑いが濃厚だ。




          ◇




 外務省の鹿取克章外務報道官は30日夜、上海総領事館員の遺書の内容が判明したことについて「本件は、館員のプライバシーにかかわるので、コメントは差し控えたい」と述べた。




(2006年3月31日3時2分 読売新聞)


アジアのトンデモ大国http://ameblo.jp/hate-k-and-c


【韓国】 日本の歴史教科書わい曲、与野党も激しく反発


     


  日本の歴史教科書わい曲、与野党も激しく反発





 竹島
   竹島5


 日本政府が「竹島は日本の領土」とする内容を高校教科書に明示するよう出版社に求めたことと関連し、与野党が強く批判するととともに、外交当局に断固とした対応を求めた。 与党ウリ党の禹相虎(ウ・サンホ)報道官は聯合ニュースの電話取材に対し「歴史的真実は、一方的に教科書に盛り込もうと主張したからと真実になるものではない」とした上で、「日本は後世に新たな歴史わい曲と悲劇をもたらす愚を犯してはならない」と述べた。




国会の「独島守護特別委員会」で委員長を務めた金泰弘(キム・テホン)議員は「わが政府も相応の措置をとり、独島問題に触れれば韓日関係が困難になるということを見せなければならない」と政府の強硬な対応を求めた。




野党ハンナラ党の厳虎声(オム・ホソン)戦略企画本部長は「政府が実態を早急に把握し国会に報告の上、与野党は超党派で総力対応すべきだ」とし、与野党の議員で構成した抗議団を日本に派遣することを提案した。




李方鎬(イ・バンホ)企画委員長は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の言動に外交上の問題があると指摘、これが日本政府を刺激し「やれるものならやってみろ」と外交的な対抗を打ち出すことにつながったと分析している。




民主党の李相烈(イ・サンヨル)報道官は「真実をわい曲する民族に未来はない」とし、外交当局に日本の教科書わい曲が中断できるよう可能な限り全ての措置を取るよう求めた。




民主労働党の金成熙(キム・ソンヒ)副報道官も「独島を教科書に表記するのは東アジア全体に対する政治的、教育的挑発」との見方を示し、東アジアのすべての平和勢力とともに闘争すると述べた。




一方、与野党は活動期間を終えている国会独島守護特別委員会を、「独島守護・歴史わい曲対策特別委員会」として活動を再開する方針だ。




(聯合ニュース )






--------------------以上引用--------------------







 「独島は韓国領土」 法的根拠明文化へ







自国に都合の悪い内容であれば、論理的な証拠を提示せず、法的根拠も当然あるはずも無く、ただただ歪曲と騒ぎ出す。一向に進化を見せない民族です。




1905年、島根県に編入された際、竹島の領有を巡って日韓に争いはありませんでした。当時、韓国も存在してはいませんでしたが。




韓国では八道総図と呼ばれる、竹島が韓国の古くからの領土であった古地図が存在しているのですが、何故かその地図では鬱陵島の西部に韓国が竹島であると主張する干山島が鬱陵島と同じ位のサイズで描かれているのです。




実際の竹島は鬱陵島の東部に位置し、鬱陵島より遥かに小さいのです。




これで韓国は主張しているのですから、全く空想甚だしい限りです。




しかも、何と!!!




鬱陵島にある独島博物館にある八道総図のパネルでは、この位置の矛盾を国民に知らせないように鬱陵島と竹島と主張する干山島の位置を変えているのです。




古来の地図の矛盾を自分達も知っている為、国民にはあえて捏造した地図で、古来より韓国の領土であったと伝えているのです。韓国人は基本的に漢字も読めなければ、政府の提示した物はそのまま鵜呑みにし、さらに政府も都合が悪ければ隠したり、前述のように捏造しますから、




こんな捏造された地図だけで信じきっているんです。




基本的に何も考えずに行動する国民だから、日本関係の問題であれば、さらに冷静になれず、空虚な根拠でコロッと洗脳させるんでしょう。




愚かな民族だ・・・




本当の姿が少しずつ一般人の目に触れる機会が増え、これまで何故かタブーとされていた韓国批判も一部書物ではありますが、出来るようになりました。




遠慮しない事で初めて対等な立場で物を語れるのですから、むしろ両国にとっていい傾向かと。とりあえずは本日はこれまで。







スポンサーサイト



The Nostradamus Code: World War III

The Nostradamus Code: World War III


http://www.nostradamusonline.com/


嘘か真か、ノストラダムス・コード





わんわんサンプルパンダ


Chapter Four: The Time of Troubles

4章:問題のタイム



Crazed leader launches nuclear bombs on Mediterranean and Europe

気の狂ったリーダーは、地中海とヨーロッパ上で核爆弾を始めます。





(Century II, Quatrains 3 and 4)

(世紀II、四行詩3および4)

During continuing unrest in the Middle East, one of the leaders will be able to get a hold of an nuclear bomb. He will go to the greatest lengths over the smallest things and will not hesitate to use the weapon because his obsessions with deadly warfare. The people he is warring against retaliate with a nuclear weapon. The country has a coast on the Mediterranean.

中東で不安を継続すること中に、リーダーのうちの一人は、核爆弾のホールドを得ることができるでしょう。彼は最も小さなものに関する最も大きな長さに行き、武器を使用することを躊躇しないでしょう、ので、致命的な戦争への執念。彼が戦っている人々は核兵器で仕返しします。国は地中海の上に海岸を持っています。


One of the bombs will land in the Mediterranean instead of the land, poisoning all the fish. The passages of trade in the region will be disrupted so that the people on the other coast of the Mediterranean will be desperate for food and will eat the fish anyway. It will happen near the east coast of the Mediterranean in a region of dark-colored cliffs.

爆弾のうちの1つは魚をすべて毒して、土地の代わりに地中海に到着するでしょう。地中海の別の海岸上の人々が食物を得ようと必死になり、魚をとにかく食べるであろうように、地域の商売の可決は分裂するでしょう。それが、色が暗いつけられた崖の地域の地中海の東の海岸の近くで起こるでしょう。


The nuclear weapon being dropped by one of the Middle Eastern countries will spark off yet another war on top of that war. European and Western nations will try to interfere to diminish the threat to oil supplies. When the European countries try to interfere, the crazed leader who earlier dropped the nuclear bomb will use the rest of his arsenal on Europe, most striking the closer southern part.

中東の国々のうちの1つによって落とされている核兵器はスパークするでしょう、から、まだ、その戦争の上の別の戦争。ヨーロッパ・西側の国家は、石油供給に対する脅威を縮小するために妨げようとするでしょう。ヨーロッパ諸国が妨げようとする時、以前に核爆弾を落とした気の狂ったリーダーは最もより接近している南部を打って、ヨーロッパで彼の兵器製造所の残りを使用するでしょう。


The European Mediterranean coast, particularly that of Italy and France, will be almost uninhabitable, and Italy will get the brunt. This leader is not the Antichrist but helps to set the stage for the Antichrist to rise to power with little or no opposition. The Antichrist will wield great power and authority; no one can argue with him.

ヨーロッパの地中海の海岸(特にイタリアとフランスのそれ)はほとんど住居に適さないでしょう。また、イタリアは力を得るでしょう。このリーダーは、反キリストではなく反キリストが動力を供給するために上昇するためにほとんどない反対でお膳立てをする支援です。反キリストは大国と権威を振うでしょう;誰も彼と議論することができません。


Volcanoes, earthquakes, floods, droughts, famines, rioting

火山、地震、洪水、干ばつ、飢きん、暴動を起こすこと


(Century IV, Quatrain 67)

(世紀IV、四行詩67)


A very bright, previously unknown comet will appear and coincide with the time of great geological troubles, with earthquakes and volcanoes erupting and disrupting weather systems. This will cause widespread famines and droughts, and social upheavals in unexpected places. Nations that are considered prosperous and powerful, particularly western nations, will be weakened. They will be torn with civil strife and rioting as people migrate to areas that have water and can support crop-growing. The social upheaval and weakening of political structures will help the Antichrist come to power.

非常に明るく、以前に未知の彗星が、気象システムを噴出させて分裂させる地震と火山と共に、大きな地質学の問題の時間で現われて一致するでしょう。これは広範囲の飢きんおよび干ばつ、および予期しない場所の社会的動乱を引き起こすでしょう。成功し、強力である、と考えられる国家(特に西方の国家)が弱められるでしょう。それらは市民の競争で裂かれ、人々が、水および缶支援を、作物を育てることを持っているエリアへ移動するとともに、暴動を起こすでしょう。社会的動乱および政治機構の弱まることは、反キリストが政権を握るのを支援するでしょう。


A great and rich power will be subject to serious natural disasters, particularly earthquakes and flooding, and rend the nation from end to end, causing enormous conflict, despair, and misery. The wealthy power will be bankrupted attempting to deal with its disasters. Three other great nations will send aid to help the citizens survive.

大きく豊富な力は、重大な自然災害、特に地震および氾濫に従い、末端間から国家を奪い取るだろう、その結果巨大な矛盾、絶望および悲惨を引き起こすでしょう。豊富な力はその災害に対処することを試みて破産するでしょう。他の偉大な3つの国が、市民が残存するのを助けるために援助を送るでしょう。


(Century VIII, Quatrain 29)

(世紀VIII、四行詩29)


Earth changes will take place that will help the Antichrist's drive for world conquest. In central Europe, southern Europe, and in the Near East, particularly around the eastern end of the Mediterranean, there'll be severe floods. As a result of the disruption to local governments by the natural disasters, the Antichrist will move his troops in under the disguise of helping the people restore civil order, but really use this as a device to take over countries, and to use the populations like slaves.

地球変更は、反キリストの世界征服のための駆動を支援する場所をとるでしょう。中央ヨーロッパで、南ヨーロッパ、また、近東では、厳しい洪水が地中海のものの東部終了特にごろになるでしょう。自然災害による地方自治体への混乱の結果、反キリストは、人々が市民の秩序を回復させるのを助ける偽装の下で彼の軍隊を中へ移動させるだろうが、実際に、国々上にとり、かつ奴隷のような人口を使用する装置として、これ??a.。


Serious economic problems will persist along with great social unrest, contributing to the ease with which the Antichrist can seize power. The frightened and hopeful populace will be vulnerable to his demagoguery. The Antichrist will use the disasters as opportunities to overthrow governments and sneak spies into a country. Martial law will be declared in many areas to stop rioting and looting. The Middle East, the source of his power, will not be as devastated as the rest of the world. He offers assistance to other countries trying to recover but he will eventually stab them in the back.

重大な経済問題は大きな社会不安と共に固執し、反キリストが権力を奪うことができる容易さに寄与します。ぎょっとし有望な民衆は彼の民衆扇動の策動に弱くなります。反キリストは、政府を倒し、かつ国にスパイを潜り込ませる機会として、災害を使用するでしょう。戒厳令は暴動を起こし略奪することをやめるために多くのエリアで宣言されるでしょう。中東(彼の力の源)はその他の世界として荒らされた通りになりません。彼は回復しようとする他の国々へ援助を提供します。しかし、彼は結局後部の中でそれらを突き刺すでしょう。


Fiasco from communication breakdown between two superpowers

2つの超大国間のコミュニケーション・ブレークダウンからの大失敗


(Century II, Quatrains 35 and 48)

(世紀II、四行詩35および48)


Through a mistake by a leader an international incident will occur. The main problem will be a breakdown in communications between the two powers involved. The situation is a lot more complex than will appear on the surface. The chief, the leader involved, will feel great regret about what happened and will want to continue his career and help correct the situation, to help make up for the adverse affects of it.

リーダーによる誤りによって、国際的な出来事が生じるでしょう。主な問題は含まれていた2つの力の間のコミュニケーションでのブレークダウンになるでしょう。状況はずっと複雑です。チーフ(含まれていたリーダー)は、逆のものを補うのを支援するために何が起こったか、彼のキャリアを継続したく、状況を修正するのを支援したいだろうに関する大きな後悔を感じるでしょう、影響する、その。


But he will be hung, symbolically, by others wishing to take his position in the organization. He will be hung so far as politics and his career are concerned. It will almost be like committing suicide because in the end he will be a broken man and not be able to do anything about the situation. The entire event will be viewed as a fiasco from both sides. It will have very harmful and even cataclysmic consequences.

しかし、彼は構成の中の位置をとりたくて、象徴的に他のものによって掛けられるでしょう。政治と彼の経歴に関する限り、彼が掛けられるでしょう。それは結局、彼が故障した人になるので自殺をすることにほとんど似ているでしょう、そして状況に関して何でもすることができないこと全出来事は両側から大失敗として見られるでしょう。それは非常に有害で、大変動の結果を持つでしょう。


The situation develops when an enemy or one who is against the U.S. will take advantage of the incident in an unethical way, by sending a horde of agents working for their side into this area. The world will be outraged by the action.

米国に反対する敵か人が、彼らの側のためにこのエリアへ多数の代理人を働かせることにより、不道徳な方法でその出来事を利用する場合、状況は発展します。世界はアクションに憤慨するでしょう。


A breakdown in communications between the US and Russia will result in a misunderstanding and deep resentments between the Kremlin and the White House. Some will risk their careers to try to tame the situation but will be silenced, and "burned" such as by demotions to obscure positions.

米国とロシアの間のコミュニケーションでのブレークダウンは、クレムリンとホワイトハウスの間の誤解および深い憤慨に帰着するでしょう。いくらかは、状況を慣らそうとするためにそれらの経歴を危くするだろうが、沈黙させられ、位置を不明瞭にするために降職によってのように「燃えました。」


Death of world leader and revolt coincides with comet

世界のリーダーおよび嫌悪の死は彗星と一致します。


(Century II, Quatrain 62)

(世紀II、四行詩62)


The death of a world leader will coincide with the appearance of a comet. The comet will be clearly visible where the leader dies. The country is in the Middle East. The death of the leader and widespread crop failures and hunger in that year will provoke a revolt. It will start when the comet is visible but will continue for five hundred days. Also, a hundred people will contribute to the revolt in such a way that it will break forth and become open enough and wide-spread enough to capture the world's attention.

世界のリーダーの死は彗星の外観と一致するでしょう。リーダーが死ぬところで、彗星ははっきり目に見えるでしょう。国は中東にあります。リーダーおよび広範囲の凶作、およびその年の飢えの死は、嫌悪を刺激するでしょう。彗星が目に見えるが、500日間継続するであろう場合、それはスタートするでしょう。さらに、100人が、それが前へ壊れて、十分に開くようになるのと同じ方法、および世界の注意を引くのに十分な広範囲で嫌悪に寄与するでしょう。


Russian/American submarine/naval confrontation

ロシア語/アメリカ人潜水艦/海軍の対決


(Century II, Quatrain 48)

(世紀II、四行詩48)


In the southwest quadrant of the Atlantic Ocean, missiles will splash into the ocean near a partially submerged ship and a submarine. The submarine commander is antsy to engage fire. An American surface ship will be in danger. The Russian commander of the sub will have secret orders the rest of the crew is not aware of, which are to antagonize and provoke. He gets carried away.

大西洋の南西の四分円では、ミサイルは、部分的に水中の船および潜水艦の近くの海洋へはねるでしょう。海中の指揮者は火を取るのにそわそわしています。アメリカの水上船は危険な状態にあるでしょう。潜水艦のロシアの指揮者は秘密命令を持つでしょう、乗組員の残りは知っていません、の、それは反対し刺激することです。彼は夢中になります。


The American commander has been ordered to defend the coast of the US but to avoid starting a war. In the process of defending his ship from the submarine, he strikes the submarine and feels he may have sunk it, and agonizes that the action would be interpreted as starting a war and not an act of defense. The event will lead to the time of troubles and will have large historical significance when seen in retrospect.

アメリカの指揮者は、米国の海岸を防御することを命じられました、しかし戦争を始めることを回避すること潜水艦から彼の船を守る過程で、彼は潜水艦を打ち、彼がそれを沈めたかもしれないと思い、それを苦悶します、そのアクションは防御の行為ではなく戦争を始めると解釈されるでしょう。出来事は問題の時間に結びつき、考慮で見られた時大規模な歴史的意味を持つでしょう。


Third world country leader creates strife

第三世界各国リーダーは競争を作成します。


(Century III, Quatrain 60)

(世紀III、四行詩60)


A "young dark man" will arise as a leader in a Third World country; his main goal is to unite the other Third World countries to do battle with the superpowers. The area of conflict will be in Eastern Europe and the Middle East, particularly around he Adriatic and the Caspian seas and the eastern Mediterranean. No definite winner will emerge but the strife will help set the stage for the Antichrist. Some prophecies in the Bible refer to events in this region ( Israel will be involved).

「若い色黒の人」が、第三世界各国のリーダーとして発生するでしょう;彼の主なゴールは超大国と戦うために他の第三世界各国を統一することです。矛盾のエリアは、東ヨーロッパと中東に特にあるでしょう、のまわりで、彼、アドリア海およびカスピ海の海、また東部地中海。有限の勝利者は出現しないでしょう。しかし、競争は、反キリストのお膳立てをするのを支援するでしょう。バイブル中のいくつかの予言は、この地域(イスラエルは深く関わり合っているでしょう)の出来事を参照します。


Antichrist profits from radar research in Europe

レーダーからの反キリスト利益はヨーロッパで研究します。


(Century I, Quatrain 6)

(世紀I、四行詩6)


Research on a more sophisticated type of radar and sensing devices will give greater information to the operator, i.e. an airplane pilot. But the first experiments with the technology will fail in a disastrous accident, when the "sympathetic vibrations" emitted by the device cause the chassis of the plane to become weakened and dangerous due to dissolved bonds of the molecules in the metal. The scientists involved with the research will have to temporarily abandon the research because of diplomatic breakdowns, the threat of war, etc.

もっと精巧なタイプのレーダーおよび検出装置についての研究は、オペレーター(つまり飛行機パイロット)に、より大きな情報を与えるでしょう。しかし、装置によって放射された「共鳴」が飛行機のシャシーに、金属中の分子の溶かされた契約により弱められ危険だったためにならせる時、技術の第1の実験は災難の事故に失敗するでしょう。研究に関連した科学者は、一時的に外交のブレークダウン、戦争などの脅威のために研究を放棄しなければならないでしょう。


This will take place before the Antichrist comes to full power. It will happen in Europe at the time the Antichrist is strengthening his base of power in the Middle East. The devices are currently under development but have not been tested yet. But this is another historical event that will permit the Antichrist to take over Europe.

反キリストがフルパワーに来る前に、これは起こるでしょう。それが、反キリストが中東で力の彼の基礎を強くしている時にヨーロッパで起こるでしょう。装置は現在開発中であるが、まだテストされていません。しかし、これは反キリストがヨーロッパを占領することを可能にする別の歴史上の出来事です。


War game simulation by Britain in Europe leads to disaster

ヨーロッパの英国による対抗演習シミュレーションは災害に結びつきます。


(Century II, Quatrain 2)

(世紀II、四行詩2)

In a war-game maneuver involving Great Britain and European troops a malfunctioning circuit in a computer will cause the "real-world" situation to play out instead of the simulation. The teams are labeled "white" and "blue". As a result of the error actual defenses will be activated and real bombs will be

イギリスおよびヨーロッパの軍隊を含む対抗演習演習では、コンピューター中のよく機能しない回路は、「実際の世界」の状況をシミュレーションの代わりに外に遊ばせるでしょう。チームは「白」と呼ばれ、「青い。」エラーの結果、実際の防御物は活性化されるでしょう。また、本物の爆弾はそうでしょう。


American Electoral College voting stalemate

アメリカの選挙人団は行き詰まりを投票しています。


(Century VII, Quatrain 41)

(世紀VII、四行詩41)


The presidents of the U.S., a supposedly free country, have been abusing their power to an increasingly greater extent. During a time of social unrest even more so than the period of Vietnam and Watergate, the Electoral College will be evenly split over the election of the new president. The process will stalemate, with many people clamoring for whichever candidate they voted for, causing enormous tension in the country. Internationally it will be a sensitive situation.

米国(恐らく自由な国)の大統領は、ますますより大きな程度まで力を乱用しています。社会不安の時間の間もっとその上、したがって、ベトナムとウォーターゲート事件の期間より、選挙人団は、新大統領の選挙に関して平等に分割されるでしょう。多くの人々が、彼らが投票した、その結果国の巨大な緊張を引き起こしました候補を要求して騒いで、そのプロセスは行き詰まるでしょう。国際的に、それは敏感な状況になるでしょう。


Because of the split, and the extremely volatile and explosive social unrest, putting either candidate in office instead of the other could start a civil war or a revolution. After a long time of impassioned speeches invoking patriotism and the founding fathers, a compromise solution of holding another election will be taken, and a candidate will be installed without disaster.

分離したものおよび非常に揮発性・爆発性の社会不安のために、他方の代わりにオフィスに一方の候補を入れることは内戦または革命を始めることができました。愛国心と創立者を起動する熱情のこもったスピーチの長い時間、別の選挙が得られ??a.考える妥協解決手段および候補が、災害なしでインストールされる後。


Earth abuse causes agricultural devastation in U.S. and Britain

地球乱用は米国と英国で農業の荒廃を引き起こします。


(Century II, Quatrain 95)

(世紀II、四行詩95)


Man will upset the balance of the earth and cause great changes in the climate and seasons, causing much hardship and famine. Major agricultural lands producing a lot of grain and food for the world today will become frozen and will be unusable. The people who live on this land and grow the food will flee like rats leaving a sinking ship.

人は、地球のバランスをくつがえし、気候と季節の大きな変化を引き起こすだろう、その結果多くの困難および飢きんを引き起こすでしょう。今日の世界のための多くの穀物および食物を生産するメージャーの農地は、冷凍になり、使用不可能になります。この土地上で住んでおり、食品を育てる人々は沈む船を残すネズミのように逃れるでしょう。


There will be dissension and fighting over the land. As a result of the panic, incompetent decisions are made by the people in power under enormous stress. Poor decisions will escalate into major disasters. The U.S. and the United Kingdom in particular will experience the dissension and destruction.

不和および土地をめぐって戦うことがあるでしょう。パニックの結果、無能な決定は巨大なストレスの下の力で人々によって下されます。貧弱な決定は大惨事にエスカレートするでしょう。米国および項目中の英国は不和と破壊を経験するでしょう。



蛇足


いまさらのノストラダムスです・。9の年はどのようになったのでしょうか?ただの法螺吹きか?正義の勇者か?

あさひのあせり

アジアの真実http://ameblo.jp/lancer1/


2006年03月29日


・日本の経済発展の為に中国の歴史認識を全て受け入れよ 


~変革の中に取り残される朝日新聞~


テーマ:日本・マスコミの問題 日中関係:朝日ビジネスコラム


 我が国経済の回復が顕著である。的確な政策によりデフレがほぼ克服できたと政府は胸を張り、企業経営者は自らの戦略が功を奏したと自信を持って設備投資を拡大している。今や銀行は貸し出しに注力し、企業の業績は最高レベルを更新している。有効求人倍率は1.0を超え、賃上げが復活、株価も順調、三大都市圏の商業地と東京の宅地は地価上昇に転じたという。金利、為替の動向が気になるものの、しばらくは成長が続きそうである。  だが実は、我が国経済を最も力強く後押ししているのは隣国中国の経済成長である。ここ5年間で我が国の輸出入総額は30%以上も伸びたが、そのうちの4割近くが中国との貿易拡大によるものである。日中間の貿易額は5年前の2倍以上、今や米国に匹敵するものとなっている。  この日中の経済関係は、志ある日中両国の政治家や実業界に身を置く人たちの国交回復以前からの努力抜きには語れない。歴史的に難問を抱える日中双方にあって、彼らは隣国同士の発展と繁栄とを願いながら体を張って経済協力に取り組んできた。その結果として今日の関係がある。今後も中国の消費拡大にあわせ、両国間の輸出入と日系企業の中国進出は更に増えていくだろう。我が国にとって中国が一層重要な国になることに疑う余地はない。  にもかかわらず、政治の世界にあっては日中間のまともな外交ができていない。その原因の大宗は我が国の政治家にあると思う。今の我が国の政治、行政の仕組みでは世界に通用する大局観、国際的視野、識見と、それらに裏打ちされた的確な歴史認識を持つ政治家は出て来ない。国際社会を知らず歴史認識を語れなければ、当然、外交は行き詰まる。  足元の景況感極めて良く桜咲く季節であるにもかかわらず、「日中両国民の将来にとって取り返しのつかないことにならなければ良いが」という不安が頭から離れない。(啄木鳥)  



? 昨日の当Blogの記事において、日中関係の今後において、見なければならないものは目先の利益ではなく、その先を見据えた将来大局的な見地であり、目先の経済関係だけを見て、現在の日本の外交政策を批判するほどの愚言はないという趣旨のことを書きましたが、本日の朝日新聞の経済コラムに、その典型的な例を見つけましたので紹介します。  あまりに幼稚で、そしてあまりにストレートな文章です。このコラムでは、大局的な見方ができていないばかりか、的確な歴史認識ができている日本の政治家は存在していないと断じています。二国間の関係を語るのであれば、二国間の経済関係のみならず、その裏にある外交関係、そしてお互いの国の将来的な戦略も合わせて考えなければ語れるわけがありません。ところが文章では、経済関係と、中国の日本に対する主張のみが反映され、それ以外の分析が一切欠落しています。  この人物は、現在の日中関係ばかりか、中国共産党が行っている対日戦略、世界戦略の初歩の初歩も知らないのでしょうか。全国紙に書くにはあまりにも幼稚な文章です。本当に無知なのか、それとも事実を知った上で、あくまで中国は絶対正義であり、日本が悪いという文を書くことにより、自己満足と共に世論操作をしたいのか。おそらく後者だとは思いますが、今の世の中、いくら朝日新聞の読者と言えども、中国の世界戦略、対日戦略といった情報を全く知らない人は少ないでしょう。小中学生をだますのではないのですから、もう少し巧妙な文は書けなかったのでしょうか。数年前まではこの文章でも良かったのかもしれませんが、今では古臭ささえ感じてしまいます。  最近、強制連行という言葉を使わなくなった等、少しずつ変化の兆しも見える朝日新聞ですが、その一方でこんな文章を読むと改めて落胆します。これでは、従来の読者まで離れていくのではないでしょうか。このコラムには、何か変なあせりも感じられます。変わり始めた日本と世界の”流れ”についてこようとしているが、凝り固まった偏見は容易に変えられず必死であがき、混乱している。そんな朝日新聞の姿が垣間見れるようです。




中共様御用達新聞

remember050112.pngプロテクトX -傍観者たちhttp://protect-x.seesaa.net/

より借用・。



蛇足

朝ピーの野村社長の息子が薬物で再逮捕されて、10日の隠蔽か?ジャーナリズムが聞いて・・・。聞いてない・。スターリンソ連から金と思想を貰って、日本のイルミナティ左派を形づくる(そこはアメリカ資本主義の本丸イルミナティ様ともつながる)。根の無い、売国、反日思想は落日のモノとなりにけり・・。


マインドコントロール・。

Operation Open Eyes

How the United States Government Finds, Chooses and Creates "Sleepers"

!

by Gunther Russbacher






Mind-controlled, programmed zombies, also known as: Manchurian Candidates
An Overview of a Government Mind Control Program

How the Subjects are Chosen


The photos of family and friends will be of deep cover agency personnel. If ever a mission goes "sour" and the news media starts looking for his family, the "agency created family" will be produced for a news conference or an interview. Agency personnel have been well coached and are trained actors and actresses. They will fill their roles perfectly, usually letting the public know that the "Clear Eyes" subject has always had a deeply troubled and violent past. The media will present the "Clear Eyes" as a nut case who went on a tragic and senseless rampage. Within a month, the public will have forgotten the incident.


Completing the new life and home, will be souvenirs from trips the subject has never taken, but yet remembers. There will also be small mementos of a life he has never lived, yet believes he has. Upon the completion of Level 4 Programming, the subject and patient (one and the same) now has an agenda that he believes is his own.


In other words, if the subject is going to be used to infiltrate a patriot group, religious commune, political campaign or environmental movement, the subject will be given all the knowledge and beliefs that are commonly held by people in his targeted group. The subject will believe that his fervently held opinions are his own. He will be believable to other members of the group.


Many politicians and government officials on a world wide level have been given "new agendas" through the use of Level 4 programming. Their own beliefs are replaced with the agenda of the programmers. They are given super human talents such as a photographic memory, and the ability to lie convincingly.


President Clinton is an example of a world leader who has been programmed with this technique. Senator John McCain and Secretary of State Madeline Albright are two other examples of an "agenda overlay" being "overwritten" onto the subjects own personality. In the cases of these people, their own personalities and memories are still present, to a large extant, although childhood and early adolescent memories are sometimes erased when this technique is used.


Once the future government leader is programmed, he will be recalled on a yearly basis and given hypnotic reinforcement of the original programming, or new programming will be "inserted" to modify the original programs. If no new programming is needed, the reinforcement programming can be done on a mass scale. In other words, "programmed sleepers" who are part of a lecture audience or a "think tank retreat", can have their programming "reinforced" through a lecture or film. The rest of the audience, such as wives and children, will notice nothing out of the ordinary.


Upon completion of Level 4, the subject who has been chosen to become a "programmed sleeper assassin" is fully prepared for Level 5.


Level 5


At Level 5, the "trigger" which activates the program is inserted.


At Level 5, very carefully, a code word, sequence of numbers, or a voice imprint is "etched" into the subject’s brain. This is commonly known and referred to as the "trigger" which will activate the subject into action. At this time, the subject will also be implanted with a coded tracking device so that his location will always be known.


Once Level 5 programming is complete, the subject is released to live a very normal and sometimes useful life. The subject will have no memory of being involved with the intelligence community, and will have no memory of the hypnosis sessions.


The "sleeper" who has been given a complete new identity will have no memory of his "former" life, therefore he will never question who he is. The subject will live a normal life as a doctor, an airline pilot, a politician, an eccentric loner, or a movie star until the subject is required to perform the missions for which he was created.


These missions or programs were implanted/written into Level 4 hypnosis. Once the the Level 5, programmed "sleeper" assassin is finished with the programming , he is referred to as a "Clear Eyes". A "Clear Eyes" is a "sleeper assassin" who is capable of being triggered, i.e. activated.


Once a "Clear Eyes" is "triggered", accidentally or on purpose, the subject is beyond recall. A Level 5 "Clear Eyes" can only be approached after he carries out his program or operation.


Because of the programming, the subject will not be able to associate with the crime he has just committed. Such a programmed subject is Sirhan Sirhan, the assassin of Robert Kennedy. To this day Sirhan cannot recall anything about shooting Senator Kennedy.


Only psychiatrists trained in our method of sub mental behavior programming, overwrites and overlays, will be able to find any tracks leading to post Level 1 or 2 mind control. In other words, a regular psychiatrist may discover that the subject has been hypnotized in the past, and may even discover the original personality. But a regular psychiatrist will never be able to discover the location in the brain or memory, where Levels 3, 4 and 5 programs are stored.


Without an activation "key", a normal psychiatrist will never uncover the programming unless by accident.


If the programmed subject is told to walk into an armed camp and assassinate an enemy leader, the subject will carry out his program with no regard to his personal welfare, whether he lives or dies, or how he is supposed to escape. In most cases of programmed "Clear Eyes" who commit murders or assassinations, the subject is killed on the spot, either by an innocent bystander who kills only to end the killing, or by an agency operative who is on site to insure nothing goes wrong, in other words, that the subject "self destructs" or is killed.


In some cases the subject is captured and not killed. Due to the type of programming used in "Operation Open Eyes", the subject will not be able to divulge any information. Even if the subject is brutally tortured, he will not be able to remember the actual killing or terrorist act, let alone why he did it. This is because all programming is buried deep within long forgotten childhood memories which were recalled under Level 3 hypnosis. (This is the level where real childhood memories are accidentally destroyed in politicians and other officials who have agendas "overwritten" on their own personalities.)


Even under the ‘truth serum" drugs, the subject cannot reveal the truth because his conscious mind has no access to it. Using "Operation Open Eyes", the government can create the perfect assassin, saboteur or terrorist. One who will perform on cue, not be able to remember anything, or self destruct before being captured.

I have personally witnessed Levels 1-5 programming, and was myself a subject of level 3 programming. In Level 3 programming five different sets of primary aliases were created for me. It takes two years to fully create a new personality. All the small gestures, such as grimaces, laughs, smiles and frowns have to be created, as well as an accent, a specific way of walking and carrying himself... his bearing.


If a subject has a high IQ, around 130-140, the subject is very quick to learn anything fed to him/her during the programming sessions. All major patriot groups, government offices and. government contract corporations have at least one or more "sleepers" attached to them.






A preset group of our people (from the intelligence community) canvasses the county hospitals and immigration centers in order to find viable candidates. We locate and select people who have no close family or friends. Once they have been selected, they are put under heavy, Level One hypnosis. At this time a clear and definitive pattern of their usefulness is determined by our psychiatrists and field officers. If the candidate possesses a relatively high IQ, he will be filed in a category file, called "call file. "


Levels One and Two


If the tested applicant has more than 120 IQ, a "recall" command and an accompanying "trigger" word will be written into his personality during the Level One hypnosis session. This "trigger" will activate his recall program when we are ready for him. We then systematically do a background search and create a file for future reference.


If there are no relatives, to speak of, the subject will be "recalled" and taken to a location of our choice. Further tests for vulnerability will be conducted at this location. If he passes these tests, he is then brought to Level 2 hypnosis where specific instructions are "written" (placed through hypnotic commands and suggestions) into his personality and he is given diverse small orders.


If the subject, upon release, shows that he has retained the instructions which were "written" into his personality, and if he carries out the small and unimportant work duties which were assigned under Level 2 hypnosis, he will receive a "recall service notice".


The timing of a "recall service notice" depends on how quickly we can determine that the programming which was "written" into the subject’s personality has enabled him to complete his Level 2 work assignments properly. Once this determination has been made, a "recall service notice" will be given to him by a person, or "handler" to whom we have introduced him.


If the subject was not given a "trigger" word, the "handler" will use a quick and powerful form of hypnosis similar to Neural Linguistic Programming. The subject will be told when and where to report. The subject will have no memory of being given these instructions, he will just report on time to the proper location. IF the subject was given a "trigger" word or symbol. He will report to the designated location upon activation of the "trigger".


Level 3


The next step is Level 3 hypnosis, where the subject will become an "overwrite" upon his own personality. An "overwrite" is a new identity or personality. It is similar to having multiple personalities, except the original personality is repressed or hidden under the "overwrite" and will not surface for a set period of time which is determined by the Programmer.


The "overwrite" is not a complete new identity. There is just enough information written into the subject’s personality for us to determine his viability.


In the case of a Field Operative, Level 3 hypnosis is how the operative is prepared for a covert mission which requires a temporary new identity. Just enough information will be written in for the operative’s alias and story to be believable by everyone, including law enforcement officials. In the case of a field operative who will be using this alias for only one occasion, his normal personality is not repressed, it is made recessive, but left alert.


For the field operative who is being prepared for a deadly covert mission, a Level 3 "overwrite" can eliminate all fear and nervousness, and allow him to function under the nose of his enemies without the added stress of being discovered. All operatives have to go to, and through these 3 Levels before they are fielded! Sometimes they go through Level 3 many times.


During Level 3 programming sessions, the new subject is told that anything his "friends", i.e. programmers, ask him to do, is okay, even though it may be against all laws of the land. At Level 3, the subject is also programmed to believe that he must and can do everything his "friends" i.e., programmers ask him to do.


Once Level 3 Programming has been "overlaid" upon the new subject’s own personality, he/she is once again given a "recall service order" and is then discharged. The subject will be monitored to see how well he functions with his new personality. If everything goes well, he will be recalled for further programming.


The higher the IQ of a given subject, the further the programming goes! If the IQ is high enough we will study his abilities and our needs, and determine how the subject can be further used. Once this determination is made, the subject will be brought to "The Farm" or one of our numerous facilities throughout the U.S. and Canada for further and final programming. (Doctors Hospital in Dallas, TX is one of our main centers!)


Level 4


Once at the facility, we will put the subject into Level 4 hypnosis, a place where he no longer differentiates between right and wrong. The subject will be told he is a "Super Human" and all laws are written for other people. The subject’s moral code, respect for the law, and fear of dying is replaced with new "Super Human" feelings.


This is the Level that turns a subject into a "Clear Eyes", i.e., a fully programmed "sleeper" assassin, who can commit crimes as serious as murder, and afterwards have no shame, guilt, or remorse.


The Level 3 Super Human "overwrite" replaces the subject’s own morality and/or religious ethics with a program that makes him believe he is beyond all human laws. If the intent of the programming is to create a programmed assassin who will kill on cue, all morality, fear, and revulsion of bloody body parts must be eliminated. The Super Human "overwrite" eliminates both. The Super Human "overwrite" also gives the subject the feeling of immortality and invincibility.


If he has to perform a particularly suicidal or important assignment we do our job at Stoney Mountain facilities.


At Level 4, diverse programs can be written/or overwritten into the brain. Any command is accepted at this level. At Level 4 you can give the test subject a completely new personality and history. You are able to make him/her believe anything the program requires for the accomplishment of the desired project. In this case, a completely new person is being created, not just a partial personality as is Level 3.


Once the Level 4 programming is complete, the subject will be a different person with no memory of his former life. He will not be an amnesiac, he will have memories. Ones which we gave him. He/she will be relocated to a new state and town and given a new life. Everything to complete the construction of the new person will be provided. Items such as driver's license, car, bank accounts, passport, credit cards, and birth certificate will be created or supplied by us and will be valid and legal.


The subject will also be provided with all the small things that ordinary people have in their lives, such as photos of his family. His family won’t really exist, but he won’t know this. He will have all the feelings of love, hurt or anger that normal family members feel for each other.


操作オープンな目

どのように、米国政府は「眠っている人」を見つけるのか、選び、作成する!

ガンサー・ルッスバチャーによって

次としてまた知られている精神でコントロールされて、計画されたゾンビ:

傀儡

主体が選ばれる政府マインド・コントロール・プログラム、方法の概要

実行可能な候補者を見つけるために、我々(情報機関関係者らからの)のプリセットグループは郡病院と移住センターを精査する。

私達は、親しい家族または友人を全然持っていない人々を突き止めて、選ぶ。

それらが選ばれたら、それらは重量級選手、レベル1つの催眠下に置かれる。

今回、それらの有用性のクリアで、最終的なパターンは私達の精神医と補佐官によって決定される。

候補者が相対的に高いIQを所有しているならば、彼は「呼び出しファイル」と呼ばれるカテゴリーファイルの中でファイルされるであろう。

"

レベル1と2。

経験豊富な志願者が120より多くのIQを持っているならば、「リコール」コマンドと付随「トリガー」言葉はレベル1つの催眠セッションの間に彼の個性に書き込まれるであろう。

私達が彼の用意ができている時に、この「トリガー」は彼のリコールプログラムを作動させるであろう。

私達はその時系列的に背景検索をし、未来の参照のためにファイルを作成する。

あるならば、いいえ、話す親族、主題は私達の選択の位置に「呼び戻されて」、持って行かれるであろう。

弱点のためのさらなるテストはこの位置で実施されるであろう。

彼がこれらのテストに合格するならば、具体的な手順が、彼の個性に「書き込まれる」(催眠のコマンドと提案を通して置かれる)所で、彼はその時レベル2催眠に連れて来られて、彼は多様な小さな注文を与えられる。

主題が、リリースにおいて、彼が、彼の個性に「書き込まれる」手順を保持していたことを示すならば、そして彼が、レベル2催眠の下で割り当てられた小さく、重要でない仕事義務を果たすならば、彼は「リコールサービスノーティス」を受け取るであろう。

「リコールサービスノーティス」のタイミングは、どれほど迅速に私達が、主題の個性に「書き込まれる」プログラミングが、彼が適切に彼のレベル2作業割当を完遂することを可能にしたことにすることができるかに依存する。

この決意がされたら、「リコールサービスノーティス」は、私達が彼を紹介した人または「ハンドラ」によって彼に与えられるであろう。

主題が「トリガー」言葉を与えられなかったならば、「ハンドラ」は神経言語プログラミングに類似している催眠の迅速で、強力なフォームを使うであろう。

主題はリポートにいつか、そしてどこかを言われるであろう。

主題はこれらの手順を与えられた記憶を全然持たないであろうし、彼はまさに時間どおりに適切な位置に報告するであろう。

もし、主題は「トリガー」言葉またはシンボルを与えられた。

彼は「トリガー」の活性化を明示された位置に報告するであろう。

レベル3

主題が、彼自身の個性の上の「上書きしなさい」になるであろう所で、次のステップはレベル3催眠である。

「上書きしなさい」は新しいアイデンティティまたは個性である。

オリジナルの個性が、「上書きしなさい」下で抑制されるか、隠れて、プログラマーによって決定される時間の時代物のセットのために浮上しないであろう以外、それは、多重人格を持つことに類似している。

「上書きしなさい」は完全な新しいアイデンティティではない。

私達が彼の生存能力を決定するように主題の個性に書き込まれたちょうど十分な情報がある。

フィールドスパイの場合に、レベル3催眠は、どうスパイが、一時的な新しいアイデンティティを必要としている秘密の任務の準備をするかである。

ちょうど十分な情報は、法の執行役員を含めてスパイのエイリアスと話がみんなによって信じられるように書き込まれるであろう。

ほんの1つの機会のためにこのエイリアスを使っているであろうフィールドスパイの場合に、彼の正常な個性は抑制されなく、それは退行させられるけれども用心深いままにしておかれる。

必殺の隠れている任務の準備をしているフィールドスパイのために、「上書きしなさい」というレベル3は、すべての恐怖と神経質さを取り除き、発見されることの追加されたストレスなしで彼の敵の鼻先で彼が役目を果たすことを可能にすることができる。

すべてのスパイは、彼らが取られる前にこれらの3つのレベルに(を通して)行く必要がある!

時々、彼らは何度もレベル3を通り抜ける。

レベル3プログラミングセッションの間に、新しい主題は、それが土地のすべての法律に反しているかもしれなくても、するために、彼の「友人」、すなわちプログラマーが彼に尋ねるものがすべてOKであると言われる。

レベル3では、また、主体が、彼がすべて 彼の「友人」 をしなければならず、することができるかもしれずすなわち、プログラマーが、彼に、するように頼むと信じることが計画される。

一度レベル3プログラミングは新しい主題自身の個性の上で「薄く覆われていて」、彼/彼女はもう一度「リコール・サービス・オーダ」を与えられて、その時解任される。

主題は、どれほどよく彼が彼の新しい個性によって役目を果たすかをわかるために監視されるであろう。

すべてがうまく行くならば、彼はさらなるプログラミングのために思い出されるであろう。

与えられた主題のIQがより高いほど、プログラミングはより遠くなる!

IQが十分に高いならば、私達は、彼の能力と私達のニーズを勉強し、どのように主題がさらに使われることができるかを決定する。

この決意がされたら、主体は「農場」またはさらなるおよび最終的なプログラミングのための米国とカナダ中で私達のたくさんの設備の1つに連れて来られるであろう。

(ダラスの医師病院、TXは私達の主要なセンターの1つである!)

レベル4

施設でとなったら、私達は、主題を、レベル4催眠(彼がもう善と悪を区別しない場所)に入れる。

主題は、彼が「スーパー人」であり、すべての法律が他の人々のために書かれると言われるであろう。

主題の道徳律、法律への敬意、および死ぬことに対する恐怖は新しい「スーパー人」感情と取り替えられる。

これは、主題を、殺人と同じくらい重大な犯罪を犯すことができて、全然、その後恥、有罪、または自責を知ることができない「澄んだ目」(すなわち完全に計画された「眠っている人」暗殺者)に変えるレベルである。

3人のスーパー人が「上書きする」レベルは主題自身の道徳、および/または宗教の倫理を、彼に、彼がすべての人の法律の域を超えていると信じさせるプログラムと取り替える。

プログラミングの意思が、キューの上で殺すであろう計画された暗殺者を作成することであるならば、血まみれのボディ部分のすべての道徳、恐怖、および激変は取り除かれなければならない。

「上書きしなさい」というスーパー人は、両方を取り除く。

「上書きしなさい」というスーパー人は、主体に不滅性と無敵さの感覚も与える。

彼が、特に自殺的な、または重要な任務を実行する必要があるならば、私達はストーニー山設備で私達の仕事をする。

レベル4で、多様なプログラムは/を書かれるか、脳の中に上書きされることができる。

どのようなコマンドでもこのレベルで受け入れられる。

レベル4で、あなたはテスト対象に完全に新しい個性と歴史を与えることができる。

あなたは、彼/彼女に、プログラムが要求されたプロジェクトの成果のために必要としている何でも信じさせることができる。

この場合に、完全に新しい人は作成されていて、単に、レベル3がそうであるような部分的な個性ではない。

レベル4プログラミングが完成したら、主題は彼の前の人生のメモリーなしで違う人になるであろう。

彼は記憶喪失者にならないであろうし、彼はメモリーを持つであろう。

私達が彼に与えたもの。

彼/彼女は新しい州と町に再配置されて、新しいライフを与えられるであろう。


Go to fullsize image
Go to fullsize image
Go to fullsize image


マインド・コントロール

US Government Mind Control

How the United States Government Finds, Chooses and Creates "Sleepers"



by Gunther Russbacher


There is a huge effort to suppress any and all information regarding the United States government sponsored experimentation on human subjects for the purpose of mind control and ultimately assassination. Early US efforts at developing the methods of mind control date back to the 1950's project Monarch and the infamous Project MK-Ultra (The MK, in spy-speak sophistry, stands for Mind Control)













Through a combination of hypnosis and powerful drugs it was discovered that a human subject could in fact be programmed to kill at hearing a "trigger" word or command that had been planted in a subject's mind through intensive programming effort.


The subjects were often mental patients with a history of drug use. These made it easier to cover the trail of the mind control programming. Since they were already isolated and troubled no one would know and since they already had a history of mental trouble and drug use no one would care or even believe any strange revelations, should the experimentation go awry.


The massive archive of research on mind control was destroyed in 1970 by then CIA head Daniel Webster - Except for the most important documents regarding that research - The final method that was discovered to have worked. These most coveted methods are only available to the those in the very highest positions of control, CIA heads, and their bosses - The ruling elite at the Council of Foreign Relations, the Trilateral Commission and Bilderburg Group. Forty years later, the methods which have been given by these elite holders of man's dark secrets to their underlings for the purpose of creating mind controlled assassins, are leaking out. The following is one such account of the methods and applications of mind control.

米国政府は、どのように「眠っている人」を発見して、選んで、作成するかマインドコントロールに注意します。


ガンサー・ルッスベーチャーによって

何でも抑制する莫大な努力があり、米国政府についてのすべての情報はマインド・コントロールと最終的な暗殺のために被験者の上の実験のスポンサーになった。

1950年代のプロジェクトMonarchと悪名高いProject MK-Ultraへ過去のマインド・コントロールの方法を開発することへの早めの米国の努力(MKは、スパイ用語詭弁で、Mind Controlを表します)。催眠と強力な薬の組み合わせを通して、被験者が、実のところ、集中的なプログラミング努力を通して主題の精神に植え付けられた「トリガー」言葉またはコマンドを聞く時に殺すことを計画されることができたことは発見された。主題は、しばしば薬物使用の歴史をもつ精神病者でした。これらは、マインドコントロール・プログラミングの跡をカバーすることをより簡単にしました。彼らがすでに孤立して、煩わせられたので、誰も知りません、そして、彼らがすでに精神障害の病歴と誰もそうしない薬物使用を気にかけるか、どんな変な意外な事実でも信じていさえしてもらった時から、実験は不首尾にならなければなりません。支配が当時のCIAトップ・ダニエルウェブスターによって1970年に破壊されたというマインドの研究の大きい書庫 - その研究に関して最も重要な文書を除いて - 機能したとわかられた最終的な方法。これらの最も望まれた方法は、利用できるだけですそれらのコントロール、CIAトップと彼らのボスの非常に最も高い地位で -CFR、三極委員会とビルダーバーグ・グループの会議のコントロールするエリート。40年(マインドコントロールされた暗殺者をつくる目的で彼らの手下に男性の暗い秘密のこれらのエリートの保有者によって伝えられた方法)は、後で漏れています。以下は、方法のそのような報告とマインドコントロールの応用です。

続く・・・。

米国での人への医学的実験:その5





Human medical experimentation in the United States

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.



(1991) In the May 27 issue of the Los Angeles Times, former U.S. Navy radio operator Richard Jenkins writes that he suffers from leukemia, chronic fatigue and kidney and liver disease as a result of the radiation exposure he received in 1958's Operation Hardtack (Goliszek).

While participating in a UCLA study that withdraws schizophrenics off of their medications, Tony LaMadrid commits suicide (Sharav).


(1992) Columbia University's New York State Psychiatric Institute and the Mount Sinai School of Medicine give 100 males -- mostly African-American and Hispanic, all between the ages of six and 10 and all the younger brothers of juvenile delinquents -- 10 milligrams of fenfluramine (fen-fen) per kilogram of body weight in order to test the theory that low serotonin levels are linked to violent or aggressive behavior. Parents of the participants received $125 each, including a $25 Toys 'R' Us gift certificate (Goliszek).


(1993) Researchers at the West Haven VA in Connecticut give 27 schizophrenics -- 12 inpatients and 15 functioning volunteers -- a chemical called MCPP that significantly increases their psychotic symptoms and, as researchers note, negatively affects the test subjects on a long-term basis ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


(1994) In a double-blind experiment at New York VA Hospital, researchers take 23 schizophrenic inpatients off of their medications for a median of 30 days. They then give 17 of them 0.5 mg/kg amphetamine and six a placebo as a control, following up with PET scans at Brookhaven Laboratories. According to the researchers, the purpose of the experiment was "to specifically evaluate metabolic effects in subjects with varying degrees of amphetamine-induced psychotic exacerbation" ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").

Albuquerque Tribune reporter Eileen Welsome receives a Pulitzer Prize for her investigative reporting into Col. Warren's plutonium experiments on patients at Strong Memorial Hospital in 1945 (Burton Report).


In a federally funded experiment at New York VA Medical Center, researchers give schizophrenic veterans amphetamine, even though central nervous system stimulants worsen psychotic symptoms in 40 percent of schizophrenics ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


Researchers at Bronx VA Medical Center recruit 28 schizophrenic veterans who are functioning in society and give them L-dopa in order to deliberately induce psychotic relapse ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


President Clinton appoints the Advisory Commission on Human Radiation Experiments (ACHRE), which finally reveals the horrific experiments conducted during the Cold War era in its ACHRE Report.


(1995) A 19-year-old University of Rochester student named Nicole Wan dies from participating in an MIT-sponsored experiment that tests airborne pollutant chemicals on humans. The experiment pays $150 to human test subjects (Sharav).

In the Mar. 15 President's Advisory Committee on Human Radiation Experiments (ACHRE), former human subjects, including those who were used in experiments as children, give sworn testimonies stating that they were subjected to radiation experiments and/or brainwashed, hypnotized, drugged, psychologically tortured, threatened and even raped during CIA experiments. These sworn statements include:


a.. Christina DeNicola's statement that, in Tucson, Ariz., from 1966 to 1976, "Dr. B" performed mind control experiments using drugs, post-hypnotic injection and drama, and irradiation experiments on her neck, throat, chest and uterus. She was only four years old when the experiments started.

b.. Claudia Mullen's testimony that Dr. Sidney Gottlieb (of MKULTRA fame) used chemicals, radiation, hypnosis, drugs, isolation in tubs of water, sleep deprivation, electric shock, brainwashing and emotional, sexual and verbal abuse as part of mind control experiments that had the ultimate objective of turning her, who was only a child at the time, into the "perfect spy." She tells the advisory committee that researchers justified this abuse by telling her that she was serving her country "in their bold effort to fight Communism."

c.. Suzanne Starr's statement that "a physician, who was retired from the military, got children from the mountains of Colorado for experiments." She says she was one of those children and that she was the victim of experiments involving environmental deprivation to the point of forced psychosis, spin programming, injections, rape and frequent electroshock and mind control sessions. "I have fought self-destructive programmed messages to kill myself, and I know what a programmed message is, and I dona??t act on them," she tells the advisory committee of the experiments' long-lasting effects, even in her adulthood (Goliszek).

President Clinton publicly apologizes to the thousands of people who were victims of MKULTRA and other mind-control experimental programs (Sharav).

In Dr. Daniel P. van Kammen's study, "Behavioral vs. Biochemical Prediction of Clinical Stability Following Haloperidol Withdrawal in Schizophrenia," researchers recruit 88 veterans who are stabilized by their medications enough to make them functional in society, and hospitalize them for eight to 10 weeks. During this time, the researchers stop giving the veterans the medications that are enabling them to live in society, placing them back on a two- to four-week regimen of the standard dose of Haldol. Then, the veterans are "washed-out," given lumbar punctures and put under six-week observation to see who would relapse and suffer symptomatic schizophrenia once again; 50 percent do ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


President Clinton appoints the National Bioethics Advisory Committee (Sharav).


Justice Edward Greenfield of the New York State Supreme Court rules that parents do not have the right to volunteer their mentally incapacitated children for non-therapeutic medical research studies and that no mentally incapacitated person whatsoever can be used in a medical experiment without informed consent (Sharav).


(1996) Professor Adil E. Shamoo of the University of Maryland and the organization Citizens for Responsible Care and Research sends a written testimony on the unethical use of veterans in medical research to the U.S. Senate's Committee on Governmental Affairs, stating: "This type of research is on-going nationwide in medical centers and VA hospitals supported by tens of millions of dollars of taxpayers money. These experiments are high risk and are abusive, causing not only physical and psychic harm to the most vulnerable groups but also degrading our societya??s system of basic human values. Probably tens of thousands of patients are being subjected to such experiments" ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").

The Department of Defense admits that Gulf War soldiers were exposed to chemical agents; however, 33 percent of all military personnel afflicted with Gulf War Syndrome never left the United States during the war, discrediting the popular mainstream belief that these symptoms are a result of exposure to Iraqi chemical weapons (Merritte, et al.).


In a federally funded experiment at West Haven VA in Connecticut, Yale University researchers give schizophrenic veterans amphetamine, even though central nervous system stimulants worsen psychotic symptoms in 40 percent of schizophrenics ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


President Clinton issues a formal apology to the subjects of the Tuskegee Syphilis Study and their families (Sharav).


(1997) In order to expose unethical medical experiments that provoke psychotic relapse in schizophrenic patients, the Boston Globe publishes a four-part series entitled "Doing Harm: Research on the Mentally Ill" (Sharav).

Researchers give 26 veterans at a VA hospital a chemical called Yohimbine to purposely induce post-traumatic stress disorder ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


In order to create a "psychosis model," University of Cincinnati researchers give 16 schizophrenic patients at Cincinnati VA amphetamine in order to provoke repeats bouts of psychosis and eventually produce "behavioral sensitization" (Sharav).


National Institutes of Mental Health (NIMH) researchers give schizophrenic veterans amphetamine, even though central nervous system stimulants worsen psychotic symptoms in 40 percent of schizophrenics ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


In an experiment sponsored by the U.S. government, researchers withhold medical treatment from HIV-positive African-American pregnant women, giving them a placebo rather than AIDS medication (Sharav).


Researchers give amphetamine to 13 schizophrenic patients in a repetition of the 1994 "amphetamine challenge" at New York VA Hospital. As a result, the patients experience psychosis, delusions and hallucinations. The researchers claim to have informed consent ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


On Sept. 18, victims of unethical medical experiments at major U.S. research centers, including the National Institutes of Mental Health (NIMH) testify before the National Bioethics Advisory Committee (Sharav).


(1999) Adil E. Shamoo, Ph.D. testifies on "The Unethical Use of Human Beings in High-Risk Research Experiments" before the U.S. House of Representatives' House Committee on Veterans' Affairs, alerting the House on the use of American veterans in VA Hospitals as human guinea pigs and calling for national reforms ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").

Doctors at the University of Pennsylvania inject 18-year-old Jesse Gelsinger with an experimental gene therapy as part of an FDA-approved clinical trial. He dies four days later and his father suspects that he was not fully informed of the experiment's risk (Goliszek)


During a clinical trial investigating the effectiveness of Propulsid for infant acid reflux, nine-month-old Gage Stevens dies at Children's Hospital in Pittsburgh (Sharav).


(2000) The Department of Defense begins declassifying the records of Project 112, including SHAD, and locating and assisting the veterans who were exposed to live toxins and chemical agents as part of Project 112. Many of them have already died (Goliszek).

President Clinton authorizes the Energy Employees Occupational Illness Compensation Act, which compensates the Department of Energy workers who sacrificed their health to build the United States' nuclear defenses (Sharav).


The U.S. Air Force and rocket maker Lockheed Martin sponsor a Loma Linda University study that pays 100 Californians $1,000 to eat a dose of perchlorate -- a toxic component of rocket fuel that causes cancer, damages the thyroid gland and hinders normal development in children and fetuses -- every day for six months. The dose eaten by the test subjects is 83 times the safe dose of perchlorate set by the State of California, which has perchlorate in some of its drinking water. This Loma Linda study is the first large-scale study to use human subjects to test the harmful effects of a water pollutant and is "inherently unethical," according to Environmental Working Group research director Richard Wiles (Goliszek, Envirnomental Working Group).


(2001) Healthy 27-year-old Ellen Roche dies in a challenge study at Johns Hopkins University in Maryland (Sharav).

On its website, the FDA admits that its policy to include healthy children in human experiments "has led to an increasing number of proposals for studies of safety and pharmacokinetics, including those in children who do not have the condition for which the drug is intended" (Goliszek).


During a tobacco industry-financed Alzheimer's experiment at Case Western University in Cleveland, Elaine Holden-Able dies after she drinks a glass of orange juice containing a dissolved dietary supplement (Sharav).


Radiologist Scott Scheer of Pennsylvania dies from kidney failure, severe anemia and possibly lupus -- all caused by blood pressure drugs he was taking as part of a five-year clinical trial. After his death, his family sues the Institutional Review Board of Main Line Hospitals, the hospital that oversaw the study, and two doctors. Investigators from the federal Office for Human Research Protections, which is part of the Department of Health and Human Services, later conclude in a Dec. 20, 2002 letter to Scheer's oldest daughter: "Your father apparently was not told about the risk of hydralazine-induced lupus a?| OHRP found that certain unanticipated problems involving risks to subjects or others were not promptly reported to appropriate institutional officials" (Willen and Evans, "Doctor Who Died in Drug Test Was Betrayed by System He Trusted.")


In Higgins and Grimes v. Kennedy Krieger Institute The Maryland Court of Appeals makes a landmark decision regarding the use of children as test subjects, prohibiting non-therapeutic experimentation on children on the basis of "best interest of the individual child" (Sharav).


(2002) President George W. Bush signs the Best Pharmaceuticals for Children Act (BPCA), offering pharmaceutical companies six-month exclusivity in exchange for running clinical drug trials on children. This will of course increase the number of children used as human test subjects (Hammer Breslow).


(2003) Two-year-old Michael Daddio of Delaware dies of congestive heart failure. After his death, his parents learn that doctors had performed an experimental surgery on him when he was five months old, rather than using the established surgical method of repairing his congenital heart defect that the parents had been told would be performed. The established procedure has a 90- to 95-percent success rate, whereas the inventor of the procedure performed on baby Daddio would later be fired from his hospital in 2004 (Willen and Evans, "Parents of Babies Who Died in Delaware Tests Weren't Warned").


(2004) In his BBC documentary "Guinea Pig Kids" and BBC News article of the same name, reporter Jamie Doran reveals that children involved in the New York City foster care system were unwitting human subjects in experimental AIDS drug trials from 1988 to, in his belief, present times (Doran).


(2005) In response to the BBC documentary and article "Guinea Pig Kids", the New York City Administration of Children's Services (ACS) sends out an Apr. 22 press release admitting that foster care children were used in experimental AIDS drug trials, but says that the last trial took place in 2001 and thus the trials are not continuing, as BBC reporter Jamie Doran claims. The ACS gives the extent and statistics of the experimental drug trials, based on its own records, and contracts the Vera Institute of Justice to conduct "an independent review of ACS policy and practice regarding the enrollment of HIV-positive children in foster care in clinical drug trials during the late 1980s and 1990s" (New York City ACS).

In exchange for receiving $2 million from the American Chemical Society, the EPA proposes the Children's Health Environmental Exposure Research Study (CHEERS) to learn how children ranging from infancy to three years old ingest, inhale and absorb chemicals by exposing children from a poor, predominantly black area of Duval County, Fla., to these toxins. Due to pressure from activist groups, negative media coverage and two Democratic senators, the EPA eventually decides to drop the study on Apr. 8, 2005 (Organic Consumers Association).


Bloomberg releases a series of reports suggesting that SFBC, the largest experimental drug testing center of its time, exploits immigrant and other low-income test subjects and runs tests with limited credibility due to violations of both the FDA's and SFBC's own testing guidelines (Bloomberg).


Works cited:


Alliance for Human Research Protection. "'Monster Experiment' Taught Orphans to Stutter.". June 11, 2001.

Barker, Allen. "The Cold War Experiments." Mind Control.

Berdon, Victoria. "Codes of Medical and Human Experimentation Ethics." The Least of My Brothers.

Brinker, Wendy. "James Marion Sims: Father Butcher." Seed Show.

Burton Report. "Human Experimentation, Plutonium and Col. Stafford Warren."

Cockburn, Alexander and Jeffrey St. Clair, eds. "Germ War: The U.S. Record." Counter Punch.

"Donald Ewan [sic] Cameron." Wikipedia.

Doran, Jamie. "Guinea Pig Kids." BBC News. 30 Nov. 2004.

Drug Development-Technology.com. "SFBC."

Elliston, Jon. "MKULTRA: CIA Mind Control." Dossier: Paranormal Government.

Environmental Working Group. "U.S.: Lockheed Martin's Tests on Humans." CorpWatch.

Global Security. Chemical Corps. 2005.

Goliszek, Andrew. In the Name of Science. New York: St. Martin's, 2003.

Greger, Michael, M.D. Heart Failure: Diary of a Third Year Medical Student.

Griffiths, Joel and Chris Bryson. "Toxic Secrets: Fluoride and the Atom Bomb." Nexus Magazine 5:3. Apr. - May 1998.

Hammer Breslow, Lauren. "The Best Pharmaceuticals for Children Act of 2002: The Rise of the Voluntary Incentive Structure and Congressional Refusal to Require Pediatric Testing." Harvard Journal of Legislation Vol. 40.

"Human Experimentation: Before the Nazi Era and After." Micah Books.

Kaye, Jonathan. "Retin-A's Wrinkled Past." Mind Control. Orig. pub. Penn History Review Spring 1997.

"Manhattan Project: Oak Ridge." World Socialist Web Site. Oct. 18, 2002.

Meiklejohn, Gordon N., M.D. "Commission on Influenza." Histories of the Commissions. Ed. Theodore E. Woodward, M.D. The Armed Forced Epidemiological Board. 1994.

Merritte, LaTasha, et al.. "The Banality of Evil: Human Medical Experimentation in the United States." The Public Law Online Journal. Spring 1999.

Milgram, Stanley. "Milgram Experiment." Wikipedia. 2006.

New York City Administration of Children's Services. Press release. 22 Apr. 2005.

"Operation Plumbbob." Wikipedia. 2005.

"Operation Whitecoat." Religion and Ethics (Episode no. 708). Oct. 24, 2003.

Organic Consumers Association. "EPA and Chemical Industry to Study the Effects of Known Toxic Chemicals on Children". 12 Apr. 2005.

Pacchioli, David. Subjected to Science. Mar. 1996.

"Placebo Effect." Encyclopedia of Alternative Medicine. 2006.

"Project Paperclip." Wikipedia. 2005.

"Reviews and Notes: History of Medicine: Subjected to Science: Human Experimentation in America before the Second World War." Annals of Internal Medicine 123:2. July 15, 1995.

Sharav, Vera Hassner. "Human Experiments: A Chronology of Human Rsearch." Alliance for Human Research Protection.

Sauter, Daniel. Guide to MS 83 [Planned Parenthood of San Antonio and South Central Texas Records, 1931 - 1999]. University of Texas Library. Apr. 2001.

"Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D." News from the Joint Hearing on Suspension of Medical Research at West Los Angeles and Sepulveda VA Medical Facilities and Informed Consent and Patient Safety in VA Medical Research. 21 Apr. 1999.

University of New Hampshire. "Chronology of Cases Involving Unethical Treatment of Human Subjects." Responsible Conduct of Research.

University of Virginia Health System Health Sciences Library. "Bad Blood: The Tuskegee Syphilis Study." 2004.

U.S. Department of Energy. "Chapter 8: Postwar TBI-Effects Experimentation: Continued Reliance on Sick Patients in Place of Healthy "Normals." Advisory Committee on Human Radiation Experiments (ACHRE) Final Report.

Veterans Health Administration. Project 112/Project SHAD. May 26, 2005.

Willen, Liz and David Evans. "Doctor Who Died in Drug Test Was Betrayed by System He Trusted." Bloomberg. Nov. 2, 2005.

---. "Parents of Babies Who Died in Delaware Tests Weren't Warned." Bloomberg. Nov. 2, 2005.


Editors notes:

Originally Submitted by Anonymous to Newswire on Thu, 2006-03-09 20:37.

Originally published March 6 2006




(1991年) ロサンジェルス・タイムズの5月27日号の中で、前のアメリカ海軍無線通信士リチャード・ジェンキンスは、彼が1958の操作堅パン(Goliszek)中で受け取った放射線被曝の結果として、彼が白血病、慢性疲労、および腎臓と肝臓の病気に苦しむと書く。彼らの医薬品から精神分裂症患者を撤収するUCLA研究に参加する間に、トニーLaMadridは自殺(シャーラーヴ)を委任する。

(1992年) 低いセロトニンレベルが暴力的な、または攻撃的な行動と結び付くという理論をテストするために、コロンビア大学のニューヨーク州精神医学大学と医学のマウントシナイ半島学校は100人の男--6と10歳と非行少年のすべての弟のすべての間のたいていアフリカ系アメリカ人とヒスパニック--に体重のキログラムあたり10ミリグラムのフェンフルラミン(沼地沼地)を与える。25ドルのおもちゃ‘R’Us商品券(Goliszek)を含めて、参加者の両親はそれぞれ125ドルを受け取った。

(1993年) コネチカットのウェスト・ヘーブンVAの研究者は27人の精神分裂症患者--12人の入院患者と15人の役目を果たしているボランティア--に、かなり、彼らの精神病の徴候を増大させて、研究者注として、長期基礎(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)上のテスト対象に悪い影響を与えるMCPPと呼ばれる化学薬品を与える。

(1994年) ニューヨークVAの病院のダブルブラインドの実験において、研究者は30日の中央値のために彼らの医薬品から23人の精神分裂症の入院患者を取り去る。ブルックヘヴン研究所でPETスキャンを続けて、彼らはその時彼らの17人にコントロールとしての1つの気休め薬あたり0.5個のmg/kgアンフェタミンと6を与える。研究者によると、実験の目的は、「アンフェタミンによって引き起こされた精神病の悪化の様々な程度によって主題の中で特に代謝の効果を評価するため」(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)であった。

アルバカーキ・トリビューン・レポーター アイリーンWelsomeは1945年(バートンリポート)の強い記念病院の患者へのCol.ウォレンのプルトニウム実験の中に彼女の調査報道のためにピューリツァー賞を受け取る。ニューヨークVAのメディカル・センターの連邦政府により出資された実験において、中枢神経系興奮剤が精神分裂症患者(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)の40パーセントにおいて精神病の徴候を悪化させても、研究者は精神分裂症のベテランにアンフェタミンを与える。ブロンクスVAのメディカル・センターの研究者は、社会の中で役目を果たしている28人の精神分裂症のベテランを募集し、意図的に精神病の後戻り(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を引き起こすために、彼らにL-ドーパを与える。クリントン大統領は人放出実験(ACHRE)上の諮問委員会を任命する(それは最終的にそのACHREリポートの中の冷戦時代の間に実施された恐ろしい実験を明らかにする)。人への空輸した汚染物質化学薬品をテストするMITで後援された実験に参加するために、青白いニコルと名付けられた(1995年) A19歳のロチェスター大学生は死ぬ。実験は人のテスト対象(シャーラーヴ)に150ドルを支払う。人放出における3月15日大統領の諮問委員会で、子供として実験において使われて、彼らが放出実験を受けたし、および/または意識改革することを述べている誓われた証拠を与えて、催眠術をかけて、麻薬を飲み、心理的に、拷問し、恐れがあり、CIA実験の間に強姦しさえした人々を含めて、実験(ACHRE)、以前の人は服従させる。

これらの誓われたステートメントは以下を含む:

a..

ツーソン(1966年から1976年までのアリゾナ)で、「B博士」がマインド・コントロールを実行したというクリスティナDeNicolaの論述は、薬、ポスト催眠の注射、およびドラマを使って、実験し、照射は彼女の首、のど、胸、および子宮について実験する。

実験が始まった時に、彼女はわずか4歳であった。

b..

シドニー・ゴットリーブ(MKULTRA名声の)博士がマインド・コントロールの一部として化学薬品、放出、催眠、薬、水のおけの中の隔離、不眠、感電、洗脳、および感情の、性的で、暴言を使ったというクローディア ミューレンの証言は実験する(それが、「完全なスパイ」中にその時ただの子供であった彼女を回す究極の目的を持っていた)。

彼女は諮問委員会に、彼女に、彼女が、彼女の国に、「共産主義と闘う彼らの豪快な努力において」を出していたと言うことによって、研究者がこの乱用を正当化したと言う。

c..

「軍隊を退去した医師は実験のためにコロラドの山から子供をつかまえた」というスザンヌ・スターの論述。

彼女は、彼女がそれらの子供のひとりであり、彼女が強制された精神病、回転プログラミング、注射、レイプ、および頻繁な電撃療法のポイントに環境遮断に関係している実験とマインド・コントロール・セッションの犠牲者であったと言う。

「私は、自殺する自滅しているプログラムが作られたメッセージを争い、私は知っている プログラムが作られたメッセージは何である」「および それらの私女??t幕」「 」と、彼女は、彼女の成人期(Goliszek)にさえ、実験の長持ちする効果の諮問委員会に言う。

MKULTRAと他の精神コントロールの実験的なプログラム(シャーラーヴ)の犠牲者であった数千人の人々に、クリントン大統領は公式に謝罪する。

ダニエル博士P.バンKammenの研究(「精神分裂症においてハロペリドール撤退に続いている臨床安定性の行動対生化学の予測」)において、研究者は、彼らを社会の中で機能的にし、8から10数週間の間彼らを入院させるのに十分な彼らの医薬品によって安定させられる88人のベテランを募集する。

今回の間に、研究者は、ベテランに、彼らをハルドールの標準量の2から4週の養生に戻して、彼らが社会の中に住むことを可能にしている医薬品を与えるのをやめる。

そして、ベテランは「洗いざらしで」、腰椎穿刺を与えられて、誰がもう一度後戻りし、徴候となる精神分裂症を被るであろうかをわかるために6週間の観察の下に置かれる;

50パーセントがする(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)。

クリントン大統領は全国的な生命倫理諮問委員会(シャーラーヴ)を任命する。

ニューヨーク州最高裁判所のエドワード・グリーンフィールド裁判官は、両親が、治療できない医学の調査研究のために彼らの精神的に不適格にされた子供を自発的に申し出る権利を持っていなく、何のどの精神的に不適格にされた人でもインフォームド・コンセント(シャーラーヴ)なしで医学の実験において使われることができないと判決する。

(1996年) 述べて、責任がある世話と研究のためのメリーランド大学と組織市民の教授Adil E.Shamooは医学の研究におけるベテランの非倫理的な使用における書かれた証拠を政治仕事についての米国上院の委員会に送る:

「数千万ドルの納税者お金によってサポートされたメディカル・センターとVAの病院の中でこのタイプの研究は全国的に進行中である」。

これらの実験は高リスクであり、最も無防備なグループに、口ぎたなくその結果物質的で、精神の害を起こすだけでなく、また私達の基本的な人の値のsocietya??sシステムを低下させている。

「たぶん、数万人の患者はそのような実験を受けている」(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)。

国防総省は、湾岸戦争兵士が化学物質にさらされたと認めている;

しかし、湾岸戦争症候群によって苦しませられたすべての軍人の33パーセントが決して、これらの徴候がイラクの化学兵器(Merritte、 et al.)への露出の結果であるというポピュラーな主流確信の評判を悪くして、戦争中に米国を去らなかった。コネチカットのウェスト・ヘーブンVAの連邦政府により出資された実験において、中枢神経系興奮剤が精神分裂症患者(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)の40パーセントにおいて精神病の徴候を悪化させても、エール大学研究者は精神分裂症のベテランにアンフェタミンを与える。クリントン大統領はフォーマルな謝罪をタスキーギ梅毒研究の主体と彼らの家族(シャーラーヴ)に配付する。

(1997年) 精神分裂症患者の中で精神病の後戻りを引き起こす非倫理的な医学の実験を暴露するために、ボストン・グローブは、「害を及ぼす:」という表題を付けられた四部のシリーズを出版する。

「精神障害をもったものについて研究しなさい」(シャーラーヴ)。研究者はVAの病院の26人のベテランに、わざと心的外傷後ストレス障害(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を引き起こすためにヨヒンビンと呼ばれる化学薬品を与える。「精神病モデル」を作成するために、精神病の繰り返し勝負を引き起こし、結局「逆耐性」(シャーラーヴ)を生み出すために、シンシナティ大学の研究者はシンシナティVAのアンフェタミンで16人の精神分裂症患者を与える。中枢神経系興奮剤が精神分裂症患者(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)の40パーセントにおいて精神病の徴候を悪化させても、国立精神衛生研究所(NIMH)研究者は精神分裂症のベテランにアンフェタミンを与える。米国政府によって後援された実験において、彼らにエイズ医薬品(シャーラーヴ)というよりも気休め薬を与えて、研究者はHIV陽性のアフリカ系アメリカ人妊娠女性に治療を保留する。研究者はアンフェタミンをニューヨークVAの病院の1994の「アンフェタミン挑戦」の繰り返しにおける13人の精神分裂症患者に与える。結果として、患者は精神病、惑わし、および幻覚を経験する。

研究者は、インフォームド・コンセント(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を持つと主張する。

9月18日に、国立精神衛生研究所(NIMH)を含む主要な米国研究センターの非倫理的な医学の実験の犠牲者は全国的な生命倫理諮問委員会(シャーラーヴ)前で証言する。

人間モルモットとしてのVAの病院でアメリカベテランの使用における家に警報を出し、全国的な改革(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を要求していて、(1999年) Adil E.Shamoo、博士号はベテランの仕事についての連邦下院議会の家委員会の前で「ハイリスクの研究実験における人間の非倫理的な使用」上で証言する。ペンシルバニア大学の医師は食品医薬品局で是認された臨床試験の一部として実験的な遺伝子治療を18歳のジェシー・ゲルシンガーに注入する。彼は4日後死に、彼の父は、彼が実験のリスク(Goliszek)を完全に知らせられなかったと疑っている。幼児の胃酸逆流のためにPropulsidの有効性を調査している臨床試験の間に、9ヶ月の年齢のゲージ・スティーブンスはピッツバーグ(シャーラーヴ)の子供の病院で死ぬ。

(2000年) 国防総省は、シャッドを含めて、プロジェクト112の一部としてライブ毒素と化学物質にさらされたベテランを突き止めて、補助して、プロジェクト112のレコードを機密種別からはずしはじめる。

彼らの多くはすでに死ん(Goliszek)だ。クリントン大統領はエネルギー従業員職業病補償法を認可する(それは、米国の核防護(シャーラーヴ)を築くために、彼らの健康を犠牲にしたエネルギー省労働者に補償する)。米国空軍とロケットメーカー ロッキード・マーティンは、過塩素酸塩--癌を起こし、甲状腺を損い、子供と胎児について正常な発育を妨げるロケット燃料の有毒成分--の一服を6ヶ月の間毎日食べるために、1,000ドルを100人のカリフォルニア人に支払うロマ・リンダ大学研究を後援する。テスト対象によって食べられた一服はカリフォルニア州によって設定された過塩素酸塩の安全量の83倍である(それはその飲み水のいくらかにおいて過塩素酸塩を持っている)。このロマリンダ研究は、環境のワーキンググループ研究ディレクター リチャード・ワイルズ(Goliszek、Envirnomentalワーキンググループ)に従って水質汚濁物の有害な効果をテストするために被験者を使う最初の大規模な研究であり、「本来非倫理的である」。

(2001年) 健康な27歳のエレン・ロッシュはメリーランド(シャーラーヴ)のジョンズホプキンズ大学で挑戦研究において死ぬ。そのウェブサイト上で、食品医薬品局は、健康な子供を人体実験に含めるその方針が、「薬が意図されている」(Goliszek)で「ある条件を持っていない子供の中のそれらを含む安全と薬物動力学の研究についてのますます多くの提案をもたらしていた」と認めている。クリーブランドのケース西大学のたばこの産業で資金提供されたアルツハイマー病実験の間に、彼女が解かれた栄養補助食品(シャーラーヴ)を含んでいるグラス1杯のオレンジジュースを飲んだ後に、エレーンホールデンの可能は死ぬ。ペンシルベニアのスコット・シェール放射線学者は腎不全、ひどい貧血、およびことによると狼瘡で死ぬ--すべて、彼が5年の臨床試験の一部として飲んでいた血圧薬によって起こされる。彼の死の後で、彼の家族は、本線病院(研究を監督した病院)と2人の医師の施設内倫理委員会を訴える。保健福祉省の一部である人研究保護のための連邦政府機関からの調査者は後でシェールの最も年上の娘に2002年12月20日の手紙の中で終える:

「あなたのお父さんは見たところヒドララジンによって引き起こされた狼瘡aのリスクについて話されなかった?|OHRPは、主題または他へのリスクを伴うことにおける一定の予期しない問題が即座に適切な制度上の役員に報告されなかったと気付いた」(Willenとエバンス「彼が信頼したシステムによって裏切られた薬物検査Wasで死んだ医師」。)ヒギンズとグライムズvの中。ケネディクリーガー研究所、メリーランド控訴裁判所は、「個々の子供の最もよい興味」(シャーラーヴ)に基づいて子供への治療できない実験を禁止して、子供の使用をテスト対象とみなしている画期的な決定をする。

(2002年) 子供への臨床の薬試験を動かすことと交換に6ヶ月の排他性を製薬会社に提供して、ジョージ・W・ブッシュ社長は児童法(BPCA)のために最もよい調剤にサインする。

これはもちろん人のテスト対象(ハンマーBreslow)として使われた子供の数を増大させるであろう。

(2003年) デラウェアの2歳のマイケルDaddioはうっ血性の心不全で死ぬ。

彼の死の後で、両親が話された彼の先天的な心臓障害を修理する設定された外科の方法を使うことは実行されるであろうというよりも、彼の両親は、彼が5ヶ月の年齢であった時に、医師が彼に実験的な手術を行ったことを知る。設立された手続は90から95パーセントの成功率を持っているのに対して、Daddio赤ん坊に実行された手続の発明者は、後で、2004年(Willenとエバンス(「デラウェアテストで死んだ赤ん坊の両親は警告されなかった」))に彼の病院から解雇されるであろう。

(2004年) 彼のBBCドキュメンタリー「テンジクネズミ子供」と同じ名前のBBCニュース記事の中で、ジェイミ・ドランレポーターは、ニューヨーク市里親世話システムに関係している子供が1988年からの実験的なエイズ薬トライアルにおいて、彼の信念、現在の時(ドラン)において知らず知らずの被験者であったと明らかにする。

(2005年) BBCドキュメンタリーと記事「テンジクネズミ子供」に呼応して、子供のサービス(ACS)のニューヨーク市管理は、里親の世話子供が実験的なエイズ薬トライアルに用いられたと認めている4月22日のプレス・リリースを送るけれども、最後の裁判が2001年に行われて、それからジェイミ・ドランが主張するBBCレポーターとして、トライアルが続いていないと伝えている。それ自身のレコードに基づいて、ACSは実験的な薬試験の範囲と統計を与えて、「1980年代の末期と1990年代の間の臨床の薬試験において里親の世話におけるHIV陽性の子供の登録を考慮に入れているACS方針と実行の独立なレビュー」(ニューヨーク市ACS)を実施するために、公正のベラ研究所を契約する。アメリカ化学協会から200万ドルを受け取ることと交換に、デュバル郡、フロリダの貧しく、主に黒いエリアからの子供をこれらの毒素にさらすことによって、どのように幼少から3歳に及んでいる子供が摂取するか、吸入するか、そして化学薬品を吸収するかを学ぶために、EPAは子供の健康環境暴露調査研究(CHEERS)を提案する。活動家グループ、ネガティブなメディアの取材、および2人の民主主義の上院議員からのプレッシャーのため、EPAは結局、2005年4月8日(有機の消費者協会)に研究を落とすと決める。Bloombergは、SFBC(その時間の最も大きな実験的な薬テストセンター)が移民と他の低所得のテストを利用することを提案することがガイドライン(Bloomberg)をテストしている食品医薬品局とSFBCの両方の所有物の違反のため制限された信頼性によってテストを服従させて、実行するという一連の報告を発表する。

引用された作品:


~省略~


米国での人への医学的実験:その4



Human medical experimentation in the United States

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.


Go to fullsize image




(1968) Planned Parenthood of San Antonio and South Central Texas and the Southwest Foundation for Research and Education begin an oral contraceptive study on 70 poverty-stricken Mexican-American women, giving only half the oral contraceptives they think they are receiving and the other half a placebo. When the results of this study are released a few years later, it stirs tremendous controversy among Mexican-Americans (Sharav, Sauter).


(1969) President Nixon ends the United States' offensive biowarfare program, including human experimentation done at Fort Detrick. By this time, tens of thousands of civilians and members of the U.S. armed forces have wittingly and unwittingly acted as participants in experiments involving exposure to dangerous biological agents (Goliszek).

The U.S. military conducts DTC Test 69-12, which is an open-air test of VX and sarin nerve agents at the Army's Edgewood Arsenal in Maryland, likely exposing military personnel (Goliszek, Martin).


Experimental drugs are tested on mentally disabled children in Milledgeville, Ga., without any institutional approval whatsoever (Sharav).


Dr. Donald MacArthur, the U.S. Department of Defense's Deputy Director for Research and Technology, requests $10 million from Congress to develop a synthetic biological agent that would be resistant "to the immunological and therapeutic processes upon which we depend to maintain our relative freedom from infectious disease" (Cockburn and St. Clair, eds.).


Judge Sam Steinfield's dissent in Strunk v. Strunk, 445 S.W.2d 145 marks the first time a judge has ever suggested that the Nuremberg Code be applied in American court cases (Sharav).


(1970) A year after his request, under H.R. 15090, Dr. MacArthur receives funding to begin CIA-supervised mycoplasma research with Fort Detrick's Special Operations Division and hopefully create a synthetic immunosuppressive agent. Some experts believe that this research may have inadvertently created HIV, the virus that causes AIDS (Goliszek).

Under order from the National Institutes of Health (NIH), which also sponsored the Tuskegee Experiment, the free childcare program at Johns Hopkins University collects blood samples from 7,000 African-American youth, telling their parents that they are checking for anemia but actually checking for an extra Y chromosome (XYY), believed to be a biological predisposition to crime. The program director, Digamber Borganokar, does this experiment without Johns Hopkins University's permission (Greger, Merritte, et al.).


(1971) President Nixon converts Fort Detrick from an offensive biowarfare lab to the Frederick Cancer Research and Development Center, now known as the National Cancer Institute at Frederick. In addition to cancer research, scientists study virology, immunology and retrovirology (including HIV) there. Additionally, the site is home to the U.S. Army Medical Research Institute, which researches drugs, vaccines and countermeasures for biological warfare, so the former Fort Detrick does not move far away from its biowarfare past (Goliszek).

Stanford University conducts the Stanford Prison Experiment on a group of college students in order to learn the psychology of prison life. Some students are given the role as prison guards, while the others are given the role of prisoners. After only six days, the proposed two-week study has to end because of its psychological effects on the participants. The "guards" had begun to act sadistic, while the "prisoners" started to show signs of depression and severe psychological stress (University of New Hampshire).


An article entitled "Viral Infections in Man Associated with Acquired Immunological Deficiency States" appears in Federation Proceedings. Dr. MacArthur and Fort Detrick's Special Operations Division have, at this point, been conducting mycoplasma research to create a synthetic immunosuppressive agent for about one year, again suggesting that this research may have produced HIV (Goliszek).


(1972) In studies sponsored by the U.S. Air Force, Dr. Amedeo Marrazzi gives LSD to mental patients at the University of Missouri Institute of Psychiatry and the University of Minnesota Hospital to study "ego strength" (Barker).


(1973) An Ad Hoc Advisory Panel issues its Final Report on the Tuskegee Syphilis Study, writing, "Society can no longer afford to leave the balancing of individual rights against scientific progress to the scientific community" (Sharav).


(1974) Congress enacts the National Research Act, creating the National Commission for the Protection of Human Subjects of Biomedical and Behavioral Research and finally setting standards for human experimentation on children (Breslow).


(1975) The Department of Health, Education and Welfare gives the National Institutes of Health's Policies for the Protection of Human Subjects (1966) regulatory status. Title 45, known as "The Common Rule," officially creates institutional review boards (IRBs) (Sharav).


(1977) The Kennedy Hearing initiates the process toward Executive Order 12333, prohibiting intelligence agencies from experimenting on humans without informed consent (Merritte, et al.).

The U.S. government issues an official apology and $400,000 to Jeanne Connell, the sole survivor from Col. Warren's now-infamous plutonium injections at Strong Memorial Hospital, and the families of the other human test subjects (Burton Report).


The National Urban League holds its National Conference on Human Experimentation, stating, "We don't want to kill science but we don't want science to kill, mangle and abuse us" (Sharav).


(1978) The CDC begins experimental hepatitis B vaccine trials in New York. Its ads for research subjects specifically ask for promiscuous homosexual men. Professor Wolf Szmuness of the Columbia University School of Public Health had made the vaccine's infective serum from the pooled blood serum of hepatitis-infected homosexuals and then developed it in chimpanzees, the only animal susceptible to hepatitis B, leading to the theory that HIV originated in chimpanzees before being transferred over to humans via this vaccine. A few months after 1,083 homosexual men receive the vaccine, New York physicians begin noticing cases of Kaposi's sarcoma, Mycoplasma penetrans and a new strain of herpes virus among New York's homosexual community -- diseases not usually seen among young, American men, but that would later be known as common opportunistic diseases associated with AIDS (Goliszek).


(1979) The National Commission for the Protection of Human Subjects of Biomedical and Behavioral Research releases the Belmont Report, which establishes the foundations for research experimentation on humans. The Belmont Report mandates that researchers follow three basic principles: 1. Respect the subjects as autonomous persons and protect those with limited ability for independence (such as children), 2. Do no harm, 3. Choose test subjects justly -- being sure not to target certain groups because of they are easily accessible or easily manipulated, rather than for reasons directly related to the tests (Berdon).


(1980) A study reveals a high incidence of leukemia among the 18,000 military personnel who participated in 1957's Operation Plumbbob "Operation Plumbob".

According to blood samples tested years later for HIV, 20 percent of all New York homosexual men who participated in the 1978 hepatitis B vaccine experiment are HIV-positive by this point (Goliszek).


American doctors give experimental hormone shots to hundreds of Haitian men confined to detention camps in Miami and Puerto Rico, causing the men to develop a condition known as gynecomastia, in which men develop full-sized breasts (Cockburn and St. Clair, eds.).


The CDC continues its 1978 hepatitis B vaccine experiment in Los Angeles, San Francisco, Chicago, St. Louis and Denver, recruiting over 7,000 homosexual men in San Francisco alone (Goliszek).


The FDA prohibits the use of prison inmates in pharmaceutical drug trials, leading to the advent of the experimental drug testing centers industry (Sharav).


The first AIDS case appears in San Francisco (Goliszek).


(1981)


(1981 - 1993) The Seattle-based Genetic Systems Corporation begins an ongoing medical experiment called Protocol No. 126, in which cancer patients at the Fred Hutchinson Cancer Research Center in Seattle are given bone marrow transplants that contain eight experimental proteins made by Genetic Systems, rather than standard bone marrow transplants; 19 human subjects die from complications directly related to the experimental treatment (Goliszek).

A deep diving experiment at Duke University causes test subject Leonard Whitlock to suffer permanent brain damage (Sharav).


The CDC acknowledges that a disease known as AIDS exists and confirms 26 cases of the disease -- all in previously healthy homosexuals living in New York, San Francisco and Los Angeles -- again supporting the speculation that AIDS originated from the hepatitis B experiments from 1978 and 1980 (Goliszek).


(1982) Thirty percent of the test subjects used in the CDC's hepatitis B vaccine experiment are HIV-positive by this point (Goliszek).


(1984) SFBC Phase I research clinic founded in Miami, Fla. By 2005, it would become the largest experimental drug testing center in North America with centers in Miami and Montreal, running Phase I to Phase IV clinical trials (Drug Development-Technology.com).


(1985) A former U.S. Army sergeant tries to sue the Army for using drugs on him in without his consent or even his knowledge in United States v. Stanley, 483 U.S. 669. Justice Antonin Scalia writes the decision, clearing the U.S. military from any liability in past, present or future medical experiments without informed consent (Merritte, et al..


(1987) Philadelphia resident Doris Jackson discovers that researchers have removed her son's brain post mortem for medical study. She later learns that the state of Pennsylvania has a doctrine of "implied consent," meaning that unless a patient signs a document stating otherwise, consent for organ removal is automatically implied (Merritte, et al.).


(1988) The U.S. Justice Department pays nine Canadian survivors of the CIA and Dr. Cameron's "psychic driving" experiments (1957 - 1964) $750,000 in out-of-court settlements, to avoid any further investigations into MKULTRA (Goliszek).


(1988 - 2001) The New York City Administration for Children's Services begins allowing foster care children living in about two dozen children's homes to be used in National Institutes of Health-sponsored (NIH) experimental AIDS drug trials. These children -- totaling 465 by the program's end -- experience serious side effects, including inability to walk, diarrhea, vomiting, swollen joints and cramps. Children's home employees are unaware that they are giving the HIV-infected children experimental drugs, rather than standard AIDS treatments (New York City ACS, Doran).


(1990) The United States sends 1.7 million members of the armed forces, 22 percent of whom are African-American, to the Persian Gulf for the Gulf War ("Desert Storm"). More than 400,000 of these soldiers are ordered to take an experimental nerve agent medication called pyridostigmine, which is later believed to be the cause of Gulf War Syndrome -- symptoms ranging from skin disorders, neurological disorders, incontinence, uncontrollable drooling and vision problems -- affecting Gulf War veterans (Goliszek; Merritte, et al.).

The CDC and Kaiser Pharmaceuticals of Southern California inject 1,500 six-month-old black and Hispanic babies in Los Angeles with an "experimental" measles vaccine that had never been licensed for use in the United States. Adding to the risk, children less than a year old may not have an adequate amount of myelin around their nerves, possibly resulting in impaired neural development because of the vaccine. The CDC later admits that parents were never informed that the vaccine being injected into their children was experimental (Goliszek).


The FDA allows the U.S. Department of Defense to waive the Nuremberg Code and use unapproved drugs and vaccines in Operation Desert Shield (Sharav).


(1967年) 会社で後援されたダイオキシンが会社の知識または同意なしで勉強すると彼のDow Chemicalの上に続けて、ペンシルバニア大学教授アルバートKligmanは、彼が、7,500マイクログラムまでの10人の囚人の皮膚(ジェラルドK.ロウが、管理することについて彼に権限を与えた1回投薬量ダウ役員の468倍)に適用するダイオキシンの1回投薬量を増大させる。

結果として、囚人は、扇動的な膿疱と吹き出物(ケイ)に発展するにきび傷害を経験する。

飲み水にLSDと他の物質(コバーンとセントクレア、eds。)を混入することが可能であるかどうかをわかるために、CIAは化学薬品をワシントンD.C.の食品医薬品局本部の飲料水供給に置く。

臨床試験のジャーナルの中で発表された研究において、放射性物質が胎盤と交差し、胎児(Goliszek)に影響するかどうかを確かめるために、研究者は放射性のコルチゾルを妊娠した女性に注入する。

米国陸軍はKligman教授に、金を払ってために皮水ぶくれになり化学薬品をHolmesburg受刑者の顔と後ろに適用させて、Kligman教授の中で、「どのように皮が有毒化学物質、いわゆる焼き入れ法から慢性の猛攻撃から自身を保護するかを学びなさい」(米国軍隊(ケイ)のために不快で、防御用の両方のアプリケーションを持つであろう情報)と言い表す。

人の行動に影響することができる薬を開発するために、CIAとエッジウッドのアーセナル研究所は広いプログラムを開始する。

このプログラムは、プロジェクトOFTEN--動物で、人の主題の中で薬の毒物学、トランスミッション、および行動の効果を勉強する--とプロジェクトCHICKWITを含む(それはヨーロッパとアジアの薬剤開発情報(Goliszek)を集める)。

彼を大富豪(ケイ)に変えて、Kligman教授はにきびクリーム(結局そして小じわ用クリーム)としてレチンAを開発する。

研究者は、神経筋の複合した呼ばれたサクシニールコリンのためにカリフォルニアの64人の受刑者を麻痺させる(それは、溺れることに類似している感触をしている抑制された呼吸を引き起こす)。

5人の囚人が、医学の実験に参加することを断る時に、刑務所の特別な治療ボードは研究者に、彼らの意志(グレガー)に反して薬を囚人に注入する許可を与える。

(1968) 研究と教育のためのサンアントニオと南中心的テキサスと南西財団の家族計画は、70人の非常に貧乏なチカーノ女性での経口避妊薬研究を開始し、経口避妊薬のほんの半分を与えることによって、彼らは思う それらが受け取るおよび 1つの気休め薬あたり他の半分 。

この研究の結果が数年後リリースされる時に、それはメキシコ系アメリカ人(シャーラーヴ、ソーター)の間ですさまじい議論をかき立てる。

(1969年) フォートディートリックでされた人体実験を含めて、ニクソン大統領は米国の不快な細菌戦プログラムを終える。今までに、数万人の民間人と米国軍隊のメンバーは危険な生物剤(Goliszek)への露出に関係している実験における参加者として故意に、知らず行動した。

米国軍隊はDTCテスト69-12を実施する(それはメリーランドの軍隊のエッジウッドアーセナル(ありそうな暴露されてる軍人(Goliszek、マーティン))のVXとサリンの神経ガスの戸外でのテストである)。

実験的な薬は(シャーラーヴ)どのような制度上の承認でもなしで、ミリッジビル、ジョージアの精神障害の子供にテストされた。

「私達が、伝染病からの私達の相対的な自由を維持することを信頼している免疫学の、そして治療できるプロセスに」(コバーンとセントクレア、eds。)抵抗力があるであろう合成の生物剤を開発するために、ドナルド・マッカーサー博士(研究とテクノロジーのための米国国防総省の副ディレクター)は1000万ドルを議会に頼む。ストランクの中でサム・ステインフィールドの意見の相違を判断しなさい。

ストランク、445S.W.2d 145は、裁判官が、ニュールンベルグコードはアメリカ訴訟(シャーラーヴ)に応用されることを提案するはじめての事をマークする。フォートディートリックの特別な運用課とCIAで監督されたマイコプラスマ研究を開始し、希望的な合成の免疫抑制物質を作成するために、H.R. 15090下の彼の要求の後にマッカーサー博士は出資を受け取る。


(1970年)何人かのエキスパートは、この研究が、不注意に、HIV(エイズ(Goliszek)を起こすウイルス)を作成したかもしれないと信じている。また、彼らの両親に、彼らが貧血をチェックしているけれども実際特別なY染色体(XYY)をチェックしていると言って、タスキーギ実験(7,000人のアフリカ系アメリカ人若い頃からのジョンズホプキンズ大学コレクトコール血液サンプルの無料の育児プログラム)を後援した国立予防衛生研究所(NIH)からのもとでの注文は、犯罪への生物学的な傾向であるために信用した。プログラムディレクター、Digamber Borganokarはジョンズホプキンズ大学の許可(グレガー、Merritteなど)なしでこの実験をする。

(1971年) ニクソン大統領はフォートディートリックを不快な細菌戦ラボからフレデリックで国立がん研究所として現在知られているフレデリック癌研究開発センターに移転する。

癌の研究に加えて、科学者はそこでウイルス学、免疫学、および逆ウイルス学(含むHIV)を研究をする。

さらに、この研究所は、細菌戦のために薬、ワクチン、および対策を研究する米国軍隊医学研究会を保持しているので以前のフォートディートリックを凌ぐ(Goliszek)その細菌戦からずっとレベルが高い。

獄中生活の心理学を学ぶために、スタンフォード大学は大学生のグループにスタンフォード刑務所実験を実施する。その他が囚人の役割を与えられる間、何人かの学生は刑務所護衛官としての役割を与えられる。わずか6日の後に、提案された2週間の研究は、参加者へのその心理的効果がある為、終わる必要があった。「ガード」は、サディスト的にふるまいはじめた一方、「囚人」は、不機嫌と厳しい心理的なストレス(ニューハンプシャー大学)のきざしを見せ始めた。「人の中のウイルス伝染は取得された免疫学欠乏状態と結合した」という表題を付けられた記事は同盟議事録の中で出現する。マッカーサー博士とフォートディートリックの特別な運用課はこの時点で、再び、この研究がHIV(Goliszek)を生産したかもしれないことを提案して、約1年の間合成の免疫抑制物質を作成するためにマイコプラスマの研究を実施していた。

(1972年) 米国空軍によって後援された研究において、「自我力」(バーカー)を勉強するために、アメデオMarrazzi博士は精神医学のミズーリ大学大学とミネソタ病院の大学でLSDを精神的な患者に与える。

(1973年)「社会は、もう、科学の進歩に対する個々の権利の釣り合いを科学社会に任せる余裕がない」(シャーラーヴ)を書いて、その場限りの審議会はタスキーギ梅毒研究においてその最終報告を出す。

(1974年) 生物医学で、行動の研究の被験者の保護のために国家委員会を設けて、標準を子供(Breslow)への人体実験に最終的に設定して、議会は全国的な研究法を制定する。

(1975年) 保健・教育・福祉省は被験者(1966年)規制ステータスの保護のために国立予防衛生研究所の方針を与える。「共通の規則」として知られているタイトル45は公式に制度上の検討委員会(IRBs)(シャーラーヴ)を作成する。


(1977年) 諜報機関がインフォームド・コンセント(Merritte、 et al.)なしで人について実験することを禁止して、ケネディヒアリングは大統領命令12333にプロセスを開始する。

米国政府は公式な謝罪と400,000ドルをジャンヌ・コネル(強い記念病院でのCol.ウォレンの現在不名誉なプルトニウム注射と他の人のテスト対象(バートンリポート)のファミリーからの唯一の生存者)に配付する。

「私達は、科学を殺したくないけれども、私達は、科学に、私達を殺し、切り刻み、虐待してほしくない」(シャーラーヴ)と論述して、全米都市連盟は人体実験におけるその国内会議を催す。

(1978年) CDCはニューヨークで実験的なB型肝炎ワクチントライアルを開始する。

研究主題のためのその広告は特に乱雑な同性愛の人に頼む。公衆衛生のコロンビア大学学校のWolf Szmuness教授は、肝炎で感染した同性愛者の共同出資された血清からワクチンの伝染性の血清を作り、それからこのワクチン経由で人に譲渡される前にHIVがチンパンジーの中で始めた理論をもたらしてチンパンジー(肝炎Bに影響され易い唯一の動物)中でそれを開発した。1,083人の同性愛の人がワクチンを受け取った数ヶ月後に、ニューヨークの医師はニューヨークの同性愛のコミュニティの間でカポジ肉腫、マイコプラスマpenetrans、およびヘルペスウイルスの新品種のケースに気づきはじめる--共通の日和見疾患がエイズ(Goliszek)と結合した時に、アメリカの若者であるがそれの間で通常見られなかった病気は後で知られているであろう。

(1979年) 生物医学で、行動の研究の被験者の保護のための国家委員会はベルモントリポートを発表する(それは人への研究実験のために基礎を設立する)。

ベルモントリポートは、研究者が3つの基本原則に従うように命じる:

1.自治の人として主題を尊敬し、独立(子供などの)、2 のための制限された能力を持つそれらを保護しなさい。害、3を全然及ぼさないでください。

テスト主題を正しく選びなさい--必ずそれらのため一定のグループを目標としないので、テスト(Berdon)と直接関連した理由というよりも容易にアクセス可能か、または容易に処理する。1957の操作Plumbbob「操作Plumbob」に参加した18,000人の軍人の間で、(1980年) A研究は白血病の高い発生を明らかにする。HIVについて数年後テストされた血液サンプルによると、1978年のB型肝炎ワクチン実験に参加したすべてのニューヨークの同性愛者男性の20パーセントがこのポイント(Goliszek)によってHIV陽性である。

アメリカ医師は実験的なホルモンショットを、人に、女性乳房として知られている条件を開発させて、マイアミとプエルトリコの捕虜収容所に閉じ込められた数百人のハイチ人に与える(それにおいて、人はフルサイズの胸中(コバーンとセントクレア、eds。)を発展させる)。CDCは、一人(Goliszek)でサンフランシスコで7,000人を超える同性愛の人を募集して、その1978年のB型肝炎ワクチン実験をロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、セントルイス、およびデンバーに留まらせている。実験的な薬テストセンター産業(シャーラーヴ)の到来をもたらして、食品医薬品局は調剤の薬トライアルにおいて受刑者の使用を禁止する。

最初のエイズケースはサンフランシスコ(Goliszek)に出る。

(1981年)

(1981年 - 1993年)
標準の骨髄は移植にたえるというよりも、シアトルが本拠地の遺伝システム社は、プロトコルNo.126(それにおいて、シアトルのフレッド・ハッチンソン・ガン研究センターの癌患者は、遺伝系によって作られた8つの実験的なたんぱく質を含んでいる骨髄移植臓器を提供される)と呼ばれる進行中の医学の実験を開始する;

19人の被験者が実験的な取り扱い(Goliszek)と直接関連した複雑化で死ぬ。デューク大学の深いダイビング実験はテスト対象レナード・ホイットロックに、永久的な脳傷害(シャーラーヴ)を被らせる。CDCは、エイズとして知られている病気が存在していて、再び、エイズが1978年と1980年(Goliszek)からB型肝炎実験から起こったという憶測をサポートしている26の病気--ニューヨーク、サンフランシスコ、およびロサンゼルスに住む以前に健康であった同性愛者の中のすべて--の症状を立証すると認める。

(1982年) CDCのB型肝炎ワクチン実験において使われたテスト対象の30パーセントがこのポイント(Goliszek)によってHIV陽性である。

(1984年) SFBC マイアミ、フロリダで設立されたフェーズI研究クリニック

2005年までに、それは、フェーズIV臨床試験(薬Development-Technology.com)にフェーズのIを走らせて、マイアミとモントリオールのセンターによって北アメリカで最も大きな実験的な薬テストセンターになるであろう。前の米国の軍隊軍曹が、彼の同意または米国vの彼の知識さえなしで彼に使う薬のかどで軍隊を訴えようとする


(1985年) スタンレー、483米国669。

インフォームド・コンセント(Merritteなどなしで過去、現在、または未来の医学の実験においてどのような責任からの米国軍隊でもクリアして、アントナン・スカリア裁判官は決定を書く。

(1987年) フィラデルフィア居住者ドリス・ジャクソンは、研究者が医学研究のために彼女の息子の脳検死を取り除いたと気づく。

彼女は後で、患者が違った形で述べている文書にサインしない限り、器官除去のための同意が自動的に暗示されていること(Merritte、 et al.)を意味して、ペンシルバニア州が「黙示の承諾」の主義を持っていることを知る。

(1988年) さらにMKULTRA(Goliszek)のどのような調査でも避けるために、米国の司法省はCIAの9人のカナダ生存者と示談の中のキャメロン博士の「精神の運転」実験(1957年 - 1964年)ドル750,000を支払う。

(1988年 - 2001年) 子供のサービスのためのニューヨーク市管理は、約2ダースの子供の家に住む里親の世話子供が国立予防衛生研究所で後援された(NIH)実験的なエイズ薬トライアルに用いられることを可能にしはじめる。これらの子供--プログラムの終わりまでに合計465になる--は、歩く能力のなさ、下痢、吐き、増したジョイント、およびクランプを含む重大な副作用を経験する。

子供の家庭の従業員は、彼らがHIVに感染した子供に標準のエイズ治療(ニューヨーク市ACS、ドラン)というよりも実験的な薬を与えていることに気づかない。

(1990年) 米国は軍隊の170万人のメンバーを湾岸戦争(「砂漠のような嵐」)のためのペルシャ湾に、誰がアフリカ系アメリカ人であるかの22パーセント送る。これらの兵士の400,000人以上は、ピリドスチグミンと呼ばれる実験的な神経ガス医薬品を飲むように命じられる(それは、後で、湾岸戦争ベテラン(Goliszek; Merritte、 et al.)に影響している湾岸戦争症候群--皮膚病、神経の障害、失禁、制御不可能なひどくうれしがり、ビジョンの問題から及んでいる徴候--の原因であると信じられる)。一度も米国での使用のためにライセンスされたことがなかった「実験的な」はしかワクチンによって、南カリフォルニアのCDCとカイザーの調剤はロサンゼルスで1,500人の6ヶ月の年齢の黒く、ヒスパニックの赤ん坊を注入する。リスクに追加して、ことによるとワクチンのため害された神経の開発を結果として生じて、1年の年齢のとは言えない子供は彼らの神経のまわりにミエリンの適正量を持ってはならない。CDCは後で、両親が、決して、彼らの子供に注入されているワクチンが実験的であったこと(Goliszek)を知らせられなかったと認めている。食品医薬品局は、米国国防総省がニュールンベルグコードを放棄し、砂漠の盾作戦(シャーラーヴ)において非公認の薬とワクチンを使うことを可能にする。



米国での人への医学的実験:その3



Human medical experimentation in the United States

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.


Go to fullsize image



(1953 - 1974) CIA Director Allen Dulles authorizes the MKULTRA program to produce and test drugs and biological agents that the CIA could use for mind control and behavior modification. MKULTRA later becomes well known for its pioneering studies on LSD, which are often performed on prisoners or patrons of brothels set up and run by the CIA. The brothel experiments, known as "Operation Midnight Climax," feature two-way mirrors set up in the brothels so that CIA agents can observe LSD's effects on sexual behavior. Ironically, governmental figures sometimes slip LSD into each other's drinks as part of the program, resulting in the LSD psychosis-induced suicide of Dr. Frank Olson indirectly at the hands of MKULTRA's infamous key player Dr. Sidney Gottlieb. Of all the hundreds of human test subjects used during MKULTRA, only 14 are ever notified of the involvement and only one is ever compensated ($15,000). Most of the MKULTRA files are eventually destroyed in 1973 (Elliston; Merritte, et al.; Barker).


The U.S. Atomic Energy Commission (AEC) sponsors iodine studies at the University of Iowa. In the first study, researchers give pregnant women 100 to 200 microcuries of iodine-131 and then study the women's aborted embryos in order to learn at what stage and to what extent radioactive iodine crosses the placental barrier. In the second study, researchers give 12 male and 13 female newborns under 36 hours old and weighing between 5.5 and 8.5 pounds iodine-131 either orally or via intramuscular injection, later measuring the concentration of iodine in the newborns' thyroid glands (Goliszek).


Secretary of Defense Charles Wilson issues the Wilson memo, a top-secret document establishing the Nuremberg Code as Department of Defense policy on human experimentation. The Wilson memo requires voluntary, written consent from a human medical research subject after he or she has been informed of "the nature, duration, and purpose of the experiment; the method and means by which it is to be conducted; all inconveniences and hazards reasonably to be expected; and effects upon his health or person which may possibly come from his participation in the experiment." It also insists that doctors only use experimental treatments when other methods have failed (Berdon).


As part of an AEC study, researchers feed 28 healthy infants at the University of Nebraska College of Medicine iodine-131 through a gastric tube and then test concentration of iodine in the infants' thyroid glands 24 hours later (Goliszek).


(1953 - 1957) Eleven patients at Massachusetts General Hospital in Boston are injected with uranium as part of the Manhattan Project (Sharav).


In an AEC-sponsored study at the University of Tennessee, researchers inject healthy two- to three-day-old newborns with approximately 60 rads of iodine-131 (Goliszek).


Newborn Daniel Burton becomes blind when physicians at Brooklyn Doctors Hospital perform an experimental high oxygen treatment for Retrolental Fibroplasia, a retinal disorder affecting premature infants, on him and other premature babies. The physicians perform the experimental treatment despite earlier studies showing that high oxygen levels cause blindness. Testimony in Burton v. Brooklyn Doctors Hospital (452 N.Y.S.2d875) later reveals that researchers continued to give Burton and other infants excess oxygen even after their eyes had swelled to dangerous levels (Goliszek, Sharav).


The CIA begins Project MKDELTA to study the use of biochemicals "for harassment, discrediting and disabling purposes" (Goliszek).


A 1953 article in Clinical Science describes a medical experiment in which researchers purposely blister the abdomens of 41 children, ranging in age from eight to 14, with cantharide in order to study how severely the substance irritates the skin (Goliszek).


The AEC performs a series of field tests known as "Green Run," dropping radiodine 131 and xenon 133 over the Hanford, Wash. site -- 500,000 acres encompassing three small towns (Hanford, White Bluffs and Richland) along the Columbia River (Sharav).


In an AEC-sponsored study to learn whether radioactive iodine affects premature babies differently from full-term babies, researchers at Harper Hospital in Detroit give oral doses of iodine-131 to 65 premature and full-term infants weighing between 2.1 and 5.5 pounds (Goliszek).


(1954) The CIA begins Project QKHILLTOP to study Chinese Communist Party brainwashing techniques and use them to further the CIA's own interrogative methods. Most experts speculate that the Cornell University Medical School Human Ecology Studies Program conducted Project QKHILLTOP's early experiments (Goliszek).

(1954 - 1975) U.S. Air Force medical officers assigned to Fort Detrick's Chemical Corps Biological Laboratory begin Operation Whitecoat -- experiments involving exposing human test subjects to hepatitis A, plague, yellow fever, Venezuelan equine encephalitis, Rift Valley fever, rickettsia and intestinal microbes. These test subjects include 2,300 Seventh Day Adventist military personnel, who choose to become human guinea pigs rather than potentially kill others in combat. Only two of the 2,300 claim long-term medical complications from participating in the study ("Operation Whitecoat".)


In a general memo to university researchers under contract with the military, the Surgeon General of the U.S. Army asserts the human experimentation guidelines -- including informed, written consent -- established in the classified Wilson memo (Goliszek).


(1955) In U.S. Army-sponsored experiments performed at Tulane University, mental patients are given LSD and other drugs and then have electrodes implanted in their brain to measure the levels (Barker, "The Cold War Experiments").


(1955 - 1957) In order to learn how cold weather affects human physiology, researchers give a total of 200 doses of iodine-131, a radioactive tracer that concentrates almost immediately in the thyroid gland, to 85 healthy Eskimos and 17 Athapascan Indians living in Alaska. They study the tracer within the body by blood, thyroid tissue, urine and saliva samples from the test subjects. Due to the language barrier, no one tells the test subjects what is being done to them, so there is no informed consent (Goliszek).


(1955 - 1965) As a result of their work with the CIA's mind control experiments in Project QKHILLTOP, Cornell neurologists Harold Wolff and Lawrence Hinkle begin the Society for the Investigation of Human Ecology (later renamed the Human Ecology Fund) to study "man's relation to his social environment as perceived by him" (Goliszek).


(1956)


(1956 - 1957) U.S. Army covert biological weapons researchers release mosquitoes infected with yellow fever and dengue fever over Savannah, Ga., and Avon Park, Fla., to test the insects' ability to carry disease. After each test, Army agents pose as public health officials to test victims for effects and take pictures of the unwitting test subjects. These experiments result in a high incidence of fevers, respiratory distress, stillbirths, encephalitis and typhoid among the two cities' residents, as well as several deaths (Cockburn and St. Clair, eds.).


(1957) The U.S. military conducts Operation Plumbbob at the Nevada Test Site, 65 miles northwest of Las Vegas. Operation Pumbbob consists of 29 nuclear detonations, eventually creating radiation expected to result in a total 32,000 cases of thyroid cancer among civilians in the area. Around 18,000 members of the U.S. military participate in Operation Pumbbob's Desert Rock VII and VIII, which are designed to see how the average foot soldier physiologically and mentally responds to a nuclear battlefield ("Operation Plumbbob", Goliszek).


(1957 - 1964) As part of MKULTRA, the CIA pays McGill University Department of Psychiatry founder Dr. D. Ewen Cameron $69,000 to perform LSD studies and potentially lethal experiments on Canadians being treated for minor disorders like post-partum depression and anxiety at the Allan Memorial Institute, which houses the Psychiatry Department of the Royal Victoria Hospital in Montreal. The CIA encourages Dr. Cameron to fully explore his "psychic driving" concept of correcting madness through completely erasing one's memory and rewriting the psyche. These "driving" experiments involve putting human test subjects into drug-, electroshock- and sensory deprivation-induced vegetative states for up to three months, and then playing tape loops of noise or simple repetitive statements for weeks or months in order to "rewrite" the "erased" psyche. Dr. Cameron also gives human test subjects paralytic drugs and electroconvulsive therapy 30 to 40 times, as part of his experiments. Most of Dr. Cameron's test subjects suffer permanent damage as a result of his work (Goliszek, "Donald Ewan Cameron").


In order to study how blood flows through children's brains, researchers at Children's Hospital in Philadelphia perform the following experiment on healthy children, ranging in age from three to 11: They insert needles into each child's femoral artery (thigh) and jugular vein (neck), bringing the blood down from the brain. Then, they force each child to inhale a special gas through a facemask. In their subsequent Journal of Clinical Investigation article on this study, the researchers note that, in order to perform the experiment, they had to restrain some of the child test subjects by bandaging them to boards (Goliszek).


(1958) Approximately 300 members of the U.S. Navy are exposed to radiation when the Navy destroyer Mansfield detonates 30 nuclear bombs off the coasts of Pacific Islands during Operation Hardtack (Goliszek).

The U.S. Atomic Energy Commission (AEC) drops radioactive materials over Point Hope, Alaska, home to the Inupiats, in a field test known under the codename "Project Chariot" (Sharav).


(1961) In response to the Nuremberg Trials, Yale psychologist Stanley Milgram begins his famous Obedience to Authority Study in order to answer his question "Could it be that (Adolf) Eichmann and his million accomplices in the Holocaust were just following orders? Could we call them all accomplices?" Male test subjects, ranging in age from 20 to 40 and coming from all education backgrounds, are told to give "learners" electric shocks for every wrong answer the learners give in response to word pair questions. In reality, the learners are actors and are not receiving electric shocks, but what matters is that the test subjects do not know that. Astoundingly, they keep on following orders and continue to administer increasingly high levels of "shocks," even after the actor learners show obvious physical pain ("Milgram Experiment").


(1962) Researchers at the Laurel Children's Center in Maryland test experimental acne antibiotics on children and continue their tests even after half of the young test subjects develop severe liver damage because of the experimental medication (Goliszek). The U.S. Army's Deseret Test Center begins Project 112. This includes SHAD (Shipboard Hazard and Defense), which exposes U.S. Navy and Army personnel to live toxins and chemical poisons in order to determine naval ships' vulnerability to chemical and biological weapons. Military personnel are not test subjects; conducting the tests exposes them. Many of these participants complain of negative health effects at the time and, decades later, suffer from severe medical problems as a result of their exposure (Goliszek, Veterans Health Administration).

The FDA begins requiring that a new pharmaceutical undergo three human clinical trials before it will approve it. From 1962 to 1980, pharmaceutical companies satisfy this requirement by running Phase I trials, which determine a drug's toxicity, on prison inmates, giving them small amounts of cash for compensation (Sharav).


(1963) Chester M. Southam, who injected Ohio State Prison inmates with live cancer cells in 1952, performs the same procedure on 22 senile, African-American female patients at the Brooklyn Jewish Chronic Disease Hospital in order to watch their immunological response. Southam tells the patients that they are receiving "some cells," but leaves out the fact that they are cancer cells. He claims he doesn't obtain informed consent from the patients because he does not want to frighten them by telling them what he is doing, but he nevertheless temporarily loses his medical license because of it. Ironically, he eventually becomes president of the American Cancer Society (Greger, Merritte, et al.).

Researchers at the University of Washington directly irradiate the testes of 232 prison inmates in order to determine radiation's effects on testicular function. When these inmates later leave prison and have children, at least four have babies born with birth defects. The exact number is unknown because researchers never follow up on the men to see the long-term effects of their experiment (Goliszek).


In a National Institutes of Health-sponsored (NIH) study, a researcher transplants a chimpanzee's kidney into a human. The experiment fails (Sharav).


(1963 - 1966) New York University researcher Saul Krugman promises parents with mentally disabled children definite enrollment into the Willowbrook State School in Staten Island, N.Y., a resident mental institution for mentally retarded children, in exchange for their signatures on a consent form for procedures presented as "vaccinations." In reality, the procedures involve deliberately infecting children with viral hepatitis by feeding them an extract made from the feces of infected patients, so that Krugman can study the course of viral hepatitis as well the effectiveness of a hepatitis vaccine (Hammer Breslow).


(1963 - 1971) Leading endocrinologist Dr. Carl Heller gives 67 prison inmates at Oregon State Prison in Salem $5 per month and $25 per testicular tissue biopsy in compensation for allowing him to perform irradiation experiments on their testes. If they receive vasectomies at the end of the study, the prisoners are given an extra $100 (Sharav, Goliszek).


Researchers inject a genetic compound called radioactive thymidine into the testicles of more than 100 Oregon State Penitentiary inmates to learn whether sperm production is affected by exposure to steroid hormones (Greger).


In a study published in Pediatrics, researchers at the University of California's Department of Pediatrics use 113 newborns ranging in age from one hour to three days old in a series of experiments used to study changes in blood pressure and blood flow. In one study, doctors insert a catheter through the newborns' umbilical arteries and into their aortas and then immerse the newborns' feet in ice water while recording aortic pressure. In another experiment, doctors strap 50 newborns to a circumcision board, tilt the table so that all the blood rushes to their heads and then measure their blood pressure (Goliszek).


(1964)


(1964 - 1968) The U.S. Army pays $386,486 (the largest sum ever paid for human experimentation) to University of Pennsylvania Professors Albert Kligman and Herbert W. Copelan to run medical experiments on 320 inmates of Holmesburg Prison to determine the effectiveness of seven mind-altering drugs. The researchers' objective is to determine the minimum effective dose of each drug needed to disable 50 percent of any given population (MED-50). Though Professors Kligman and Copelan claim that they are unaware of any long-term effects the mind-altering agents might have on prisoners, documents revealed later would prove otherwise (Kaye).


(1964 - 1967) The Dow Chemical Company pays Professor Kligman $10,000 to learn how dioxin -- a highly toxic, carcinogenic component of Agent Orange -- and other herbicides affect human skin because workers at the chemical plant have been developing an acne-like condition called Chloracne and the company would like to know whether the chemicals they are handling are to blame. As part of the study, Professor Kligman applies roughly the amount of dioxin Dow employees are exposed to on the skin 60 prisoners, and is disappointed when the prisoners show no symptoms of Chloracne. In 1980 and 1981, the human guinea pigs used in this study would begin suing Professor Kligman for complications including lupus and psychological damage (Kaye).


(1965) The Department of Defense uses human test subjects wearing rubber clothing and M9A1 masks to conduct 35 trials near Fort Greely, Ala., as part of the Elk Hunt tests, which are designed to measure the amount of VX nerve agent put on the clothing of people moving through VX-contaminated areas or touching contaminated vehicles, and the amount of VX vapor rising from these areas. After the tests, the subjects are decontaminated using wet steam and high-pressure cold water (Goliszek).

As part of a test codenamed "Big Tom," the Department of Defense sprays Oahu, Hawaii's most heavily populated island, with Bacillus globigii in order to simulate an attack on an island complex. Bacillus globigii causes infections in people with weakened immune systems, but this was not known to scientists at the time (Goliszek, Martin).


(1966) The CIA continues a limited number of MKULTRA plans by beginning Project MKSEARCH to develop and test ways of using biological, chemical and radioactive materials in intelligence operations, and also to develop and test drugs that are able to produce predictable changes in human behavior and physiology (Goliszek).

Dr. Henry Beecher writes, "The well-being, the health, even the actual or potential life of all human beings, born or unborn, depend upon the continuing experimentation in man. Proceed it must; proceed it will. 'The proper study of mankind is man,'" in his "exposAc" on human medical experimentation Research and the Individual ("Human Experimentation: Before the Nazi Era and After").


U.S. Army scientists drop light bulbs filled with Bacillus subtilis through ventilation gates and into the New York City subway system, exposing more than one million civilians to the bacteria (Goliszek).


The National Commission for the Protection of Research Subjects issues its Policies for the Protection of Human Subjects, which eventually creates what we now know as institutional review boards (IRBs) (Sharav).



(1953年 - 1974年) CIAがマインド・コントロールと行動修正のために使うことができた薬と生物剤を生産し、テストすることについて、CIAディレクター アレン・ダレスはMKULTRAプログラムに権限を与える。

MKULTRAは後でLSDの上のその開拓研究のためによく知られる(それはCIAによって設定されて、経営された売春宿の囚人または後援者にしばしば実行される)。CIAエージェントが性行動へのLSDの効果を観察することができるように、「操作真夜中最高潮」として知られている売春宿実験はセットアップされた双方向の鏡を売春宿によって特集する。皮肉にも、政治の数値は、時々、MKULTRAの不名誉な重要人物シドニー・ゴットリーブ博士の手で間接的にフランク・オルソン博士のLSD精神病によって引き起こされた自殺を結果として生じて、プログラムの一部としてLSDを互いの飲み物に滑り込ませる。数百個の人のテスト対象がMKULTRAの間に使ったすべてで、ほんの14はこれまで関与を通知されて、ほんの1はこれまで補われる($15、000)。MKULTRAファイルのほとんどは結局1973年(エリストン;Merritte、 et al.;バーカー)に破壊される。米国原子力委員会(AEC)はアイオワ大学でヨウ素研究を後援する。最初の研究において、研究者は妊娠した女性にヨウ素131の100から200マイクロキュリーを与えて、それから、どんな段階で、そしてどの程度まで、放射性ヨウ素が胎盤の障壁を乗り越えるかを学ぶために、女性の未発達になった胚を調べる。2番目の研究において、研究者は36時間未満の年齢と口頭でまたは新生児の甲状腺(Goliszek)中でヨウ素の集中を測定することがより遅い筋肉注射経由で5.5と8.5ポンドのヨウ素131の間で圧迫していることの12人の男性と13女性新生児を与える。国防長官チャールズ・ウィルソンはウィルソンメモ(人体実験における国防総省方針としてニュールンベルグ規約を制定している極秘書類)を出す。その人が「実験の性質、期間、および目的;」を知らせられた後に、ウィルソンメモは自発的で、書かれた同意を人の医学の研究の主体に要求する。それが、実施されることになっている方法と方法;

予期されるために、すべては適度に迷惑をかけて、賭ける;

「そして、ことによると実験への彼の参加から来るかもしれない彼の健康または人への効果」。

それはまた、他の方法が失敗し(Berdon)た時に、医師がただ実験的な治療を使うことを強く主張する。

AEC研究の一部として、研究者は胃管を通してのネブラスカ大学医科大学ヨウ素131の28人の健康な幼児に授乳し、それから、24時間後(Goliszek)幼児の甲状腺の中でヨウ素の集中をテストする。

(1953年 - 1957年) ボストンのマサチューセッツ総合病院の11人の患者がマンハッタン計画(シャーラーヴ)の一部としてウラニウムを注入される。

テネシー大学でのAECで後援された研究において、研究者は約60radのヨウ素131(Goliszek)を健康な2 3にが一日中続いた新生児に注入する。

ブルックリン医師病院の医師が後水晶体線維形成症(彼と他の未熟児に未熟児に影響している網膜の不法行為)への実験的な高い酸素治療を実行する時に、生れたてのダニエル・バートンは盲目になる。

高い酸素が原因盲目を水平に調節することを示しているより早い研究にもかかわらず、医師は実験的な治療を実行する。バートンvの中の証拠。ブルックリン医師病院(452 N.Y.S.2d875)は後で、研究者が、彼らの目が危険なレベル(Goliszek、シャーラーヴ)に膨らんだ後にさえバートンと他の幼児に過剰酸素を与え続けたと明らかにする。「目的の評判を悪くしていて、使用不可にしている悩みのために」(Goliszek)バイオ化学薬品の使用を勉強するために、CIAはプロジェクトMKDELTAを開始する。臨床科学における1953年の記事は、研究者の中で、わざと、どれほど厳しく物質が、皮(Goliszek)をひりひりさせているかを研究するためのcantharideによって8から14まで年において及んで、41人の子供の腹部が水ぶくれになる医学の実験を説明する。AECは「グリーン・ラン」として知られている一連の実地試験を実行し、落ちることは無線でハンフォード、Wash.サイトの上で131とキセノン133とディナーを食べる--コロンビア川(シャーラーヴ)に沿って3つの小さな町(ハンフォード、ホワイトの絶壁とリッチランド)を含んでいる500,000エーカー。放射性ヨウ素が期間満了の赤ん坊から違って未熟児に影響するかどうかを学ぶAECで後援された研究において、デトロイトのハーパー病院の研究者はヨウ素131の経口量を2.1~5.5ポンド(Goliszek)の体重がある65人の時期尚早で、期間満了の幼児に与える。

(1954年) テクニックを洗脳している中国共産党を勉強し、CIA自身の疑問の方法を促進するためにそれらを使うために、CIAはプロジェクトQKHILLTOPを開始する。ほとんどのエキスパートは、コーネル大学医学校人間生態学研究プログラムがプロジェクトQKHILLTOPの早い実験(Goliszek)を実施したことを思索する。

(1954年 - 1975年)フォートディートリックの化学隊生物学研究所に割り当てられた米国の空軍医学将校は操作ホワイトコートを開始する--人のテスト対象を肝炎A、疫病、黄熱病、ベネズエラの馬脳炎、リフトバレー熱、リケッチア、および腸の微生物にさらすのを伴っている実験。これらのテスト対象は、戦闘において潜在的に他を殺すというよりも人間モルモットになることに決める2,300人のキリスト再臨論者軍人を含む。

研究(「操作ホワイトコート」。)に参加することからの2,300の主張長期医学複雑化のうちのほんの2つ

軍隊との契約の下の大学研究者への一般的なメモにおいて、米国陸軍の衛生監は、機密扱いのウィルソンメモ(Goliszek)において設立された人の実験ガイドライン--知らせられて、書かれた同意を含める--を主張する。

(1955年) チューレーン大学で実行された米国の軍後援された実験において、精神的な患者はLSDと他の薬を与えられて、それから、レベル(バーカー「、冷戦実験」)を測定するために彼らの脳に植えつけられた電極を持っている。

(1955年 - 1957年) どのように寒い天候が人間生理学に影響するかを学ぶために、研究者は、ヨウ素131(ほとんどすぐ甲状腺に集中する放射性トレーサー)の全部で200の一服をアラスカの85人の健康なエスキモー人と17のアサバスカ族インド人賃金に与える。彼らはテスト対象から血、甲状腺の組織、尿、および唾液サンプルによってボディの中でトレーサを勉強する。言語障壁のため、誰も、何がそれらにされているかをテスト対象に言わないので、インフォームド・コンセント(Goliszek)が全然ない。

(1955年 - 1965年) プロジェクトQKHILLTOPの中のCIAのマインド・コントロール実験を持つそれらの効果のために、人間生態学(後で人間生態学資金に改名される)の調査が、「彼によって気づかれているような彼の社会環境との人の関係」(Goliszek)を勉強するように、コーネル神経科医ハロルド・ウォルフとローレンス・ヒンクルは社会を開始する。

(1956年)

(1956年 - 1957年)
米国の軍隊潜伏所生物兵器研究者は、変質を伝える昆虫の能力をテストするためにサバナ、ジョージアとエイボン公園、フロリダ上で黄熱病とデング熱に感染した蚊をリリースする。

各テストの後に、効果について犠牲者をテストし、知らず知らずのテスト対象の写真をとるために、軍隊エージェントは公衆衛生役員のふりをする。これらの実験は数人の死者(コバーンとセントクレア、eds。)と同様に2つの都市の居住者の間で熱、呼吸困難、死産、脳炎、および腸チフスの高い発生を結果として生じている。

(1957年) 米国軍隊はラスベガスの65マイルの北西で工学事業協会で操作Plumbbobを実施する。結局、エリアの民間人の間で全体の32,000個の甲状腺の癌の症状を結果として生じることを期待されている放出を作成して、操作Pumbbobは29の核爆発から成る。米国軍隊の約18,000人のメンバーが操作Pumbbobの砂漠のような岩VIIとVIIIに参加する(それは、どのように平均的な歩兵が生理的に、精神的に核の戦場(「操作Plumbbob」、Goliszek)に反応するかをわかるようにデザインされる)。

(1957年 - 1964年) MKULTRAの一部として、CIAは精神医学創立者D.イーウェン・キャメロン・ドル69,000博士のマギル大学部門に、金を払ってアラン記念研究所でpost-partum不況と心配のようなちょっとした不調のために治療されているカナダ人へのLSD研究と潜在的に致命的な実験を実行させる(それはモントリオールに王室のビクトリア病院の精神医学部門を持つ)。CIAは、完全に、彼の、人の記憶を完全に消去し、精神を書き直すことを通して狂気を訂正する「精神の運転」概念を探究するようにキャメロン博士に勧めている。これらの「運転」実験は、最高3ヶ月までのために人のテスト対象を薬,電撃療法と感覚の剥奪によって引き起こされた植物状態に入れて、それから「消去される」精神を「書き直す」ために数週間または何ヶ月もノイズのテープループまたは簡単な繰返し文をするのを伴っている。キャメロン博士はまた彼の実験の一部として30から40回人のテスト対象に麻痺した薬と電気ショック療法を与える。キャメロン博士のテスト対象のほとんどは彼の効果(Goliszek「、ドナルド・ユーアン・キャメロン」)のために永久的な損傷を被っている。どのように血が子供の脳を通して流れるかを研究するために、3から11まで年において及んで、フィラデルフィアの子供の病院の研究者は健康な子供への以下の実験を実行する:

脳から血を倒して、彼らは針を各子供の大腿部の動脈(腿)と頚静脈(首)に挿入する。

そして、彼らは、facemaskを通して特殊ガスを吸入することを各子供に強制する。この研究における臨床試験記事のそれらのその後のジャーナルの中で、研究者は、実験を実行するために、彼らが、ボードに彼らに包帯することによって子供テスト対象のいくつかを制限する必要があったことに注意する。

(1958年) 海軍破壊者マンスフィールドが操作堅パン(Goliszek)の間に太平洋信託統治諸島の沖で30個の核爆弾を爆発させる時に、アメリカ海軍の約300人のメンバーが被曝する。コードネーム「プロジェクトチャリオット」(シャーラーヴ)下で知られている実地試験において米国原子力委員会(AEC)はInupiatsにポイント希望、アラスカ上の放射性物質を家に落とす。

(1961年) ニュルンベルク裁判に呼応して、彼の質問「それは、アイヒマンとホロコーストについての彼の百万人の共犯者がまさに注文に従っていたこと(アドルフ)であるかもしれないか?」に答えるために、エールの心理学者スタンリー・ミルグラムは権限研究に彼の有名な従順さを開始する。「私達はそれらをすべての共犯者と呼ぶことができたか?」20から40まで年において及んでいて、すべての教育背景から来る雄のテスト対象は、学習者が言葉ペアの質問に呼応してするすべての間違いの返事のために「学習者」に電気のショックを与えるように命じられる。現実において、学習者は俳優であり、電気のショックを受けていないけれども、重要なものは、テスト対象がそれを知らないことである。びっくり仰天させるように、彼らは、注文に従い続けて、俳優学習者が明らかな肉体的苦痛(「ミルグラム実験」)を示した後にさえますます「ショック」の高いレベルを管理し続ける。

(1962年) メリーランドのローレルの子供のセンターの研究者は子供への実験的なにきび抗生物質をテストし、若いテスト対象の半分が実験的な医薬品(Goliszek)のためひどい肝臓の損傷を発展させた後にさえ、彼らのテストを続けている。米国陸軍のデゼレット試験センターはプロジェクト112を開始する。

これはニシンダマシ(船危険と防衛)を含む(化学・生物兵器への海軍の船の弱点を決定するために、それはアメリカ海軍と軍隊の人員をライブ毒素と化学の毒にさらす)。

軍人はテスト対象ではない;

テストを実施することはそれらを露光する。これらの参加者の多くはその時ネガティブな健康効果について不満を言い、数十年後、彼らの露出(Goliszek、ベテランの健康管理)の結果として厳しい医学の問題に苦しむ。食品医薬品局は、それがそれを承認するであろう前に、新しい調剤が3つの人の臨床試験を受けることを必要としはじめる。1962年から1980年まで、製薬会社によって、この要件は、フェーズIトライアルを動かすことに満足する(補償(シャーラーヴ)のために彼らに少額の現金を与えて、それは受刑者に薬の毒性を決定する)。


(1963年) 1952年にライブ癌細胞をオハイオ州受刑者に注入したチェスターM.Southamは、彼らの免疫学の反応を見るためにブルックリンユダヤ人慢性疾患病院で22人の高齢で、アフリカ系アメリカ人の女性の患者への同じ手続を実行する。Southamは患者に、彼らが「いくつかの細胞」を受け取っていると言うけれども、彼らが癌細胞であるという事実を除外する。彼は、彼が、彼が何をしているかを彼らに言うことによって彼らが脅えたくないので、彼がインフォームド・コンセントを患者から得ないと主張するけれども、それにもかかわらず、彼は一時的にそれのため彼の医学のライセンスを失う。皮肉にも、彼は結局米国癌学会(グレガー、Merritteなど)の社長になる。精巣の機能への放出の効果を測るために、ワシントン大学の研究者は直接232人の受刑者の精巣に光をあてる。これらの囚人が後で刑務所を去り、子供を持っている時に、少なくとも4は先天的障害によって誕生した赤ん坊を持っている。彼らの実験(Goliszek)の長期効果を見るために、研究者が決して人を追求しないので、正確な数は未知である。国立予防衛生研究所で後援された(NIH)研究において、研究者はチンパンジーの腎臓を人の中に移植する。実験は失敗する(シャーラーヴ)。

(1963年 - 1966年) スタテン島(N.Y.(「予防接種」として示された手続のための同意書の上の彼らのサインと交換に精神的に遅れた子供のための居住した精神病院))のWillowbrook公立学校の中にニューヨーク大学研究者ソール・クルーグマンは精神障害の子供との両親に明確な登録を約束する。現実において、手続は、肝炎ワクチン(ハンマーBreslow)の有効性をふき出す時に、クルーグマンがウイルス肝炎の方針を勉強することができるように感染者の排泄物からのされた抜粋を彼らに与えることによって子供をウイルス肝炎に感染させるのを意図的に伴っている。

(1963年 - 1971年) 主要な内分泌学者カール・ヘラー博士はセーレムのオレゴン州刑務所の67人の受刑者に、1ヶ月あたり5ドルと彼が彼らの精巣の上の照射試験を実行することを可能にすることに対する補償における精巣の組織生体組織検査あたり25ドルを与える。彼らが研究の終わりにvasectomiesを受け取るならば、囚人は特別な100(シャーラーヴ、Goliszek)ドルを与えられる。精子生産がステロイドホルモン(グレガー)への露出によって影響されるかどうかを学ぶために、研究者は放射性のチミジンと呼ばれる遺伝の化合物を100人を超えるオレゴン州刑務所囚人の睾丸に注入する。小児科学において出版された研究において、カリフォルニア大学の小児科の研究者は、血圧と血流の変化を勉強するために使われた一連の実験における1時間から3日の年齢の年において及んでいる113人の新生児を使う。1つの研究において、医師は新生児の臍動脈を通して、そして彼らの大動脈の中にカテーテルを挿入し、それから、大動脈圧を記録する間に、新生児の足を氷水に浸す。別の実験において、医師は割礼ボードに50人の新生児をひもで縛り、すべての血が彼らの頭に急いで行くように、テーブルを傾けて、それから、彼らの血圧(Goliszek)を測定する。

(1964年)

(1964年 - 1968年)
7つの精神に変化をもたらす薬の有効性を決定するためにHolmesburg刑務所の320人の囚人への医学の実験を行うために、米国陸軍はペンシルバニア大学教授のアルバートKligmanとハーバートのW.Copelanに386,486(これまでに人体実験に対して支払われた最も大きな合計)ドルを支払う。研究者の目的は、どのような与えられた人口(MED-50)の50パーセントでも使用不可にするために必要であった各薬の最小有効量を決定することである。KligmanとCopelan教授が、彼らが、精神に変化をもたらすエージェントが囚人に及ぼすかもしれないどのような長期影響にでも気づかないと主張するけれども、後で明らかにされた文書は違う(ケイ)と判明するであろう。

(1964年 - 1967年)化学工場の労働者が塩素ざ瘡と呼ばれるにきび風の条件を開発していて、会社が、彼らが処理している化学薬品が責任があるかどうかを知りたいので、どのようにダイオキシン--枯れ葉剤の非常に有毒で、発がん性のコンポーネント--と他の除草剤が人の皮に影響するかを学ぶために、Dow Chemical会社は10,000ドルをKligman教授に支払う。研究の一部として、Kligman教授は、ダウ従業員が皮60囚人にさらされるダイオキシンの量を乱暴に適用し、囚人が塩素ざ瘡の徴候を全然示さない時に、がっかりする。1980年と1981年に、この研究において使われた人間モルモットは狼瘡と心理学的な損害(ケイ)を含む複雑化のかどでKligman教授を訴えはじめるであろう。

(1965年) 国防総省は、衣服を着せている物を身につけているマッサージ師とM9A1がエルクハント検査の一部としてのフォートグリーリー、アラバマ近くの指導35トライアルにマスキングする人のテストを使う(それは、VXで汚染されたエリアまたは接触汚染された乗り物を通って動いている人々の衣類に置かれたVX神経ガスの量とこれらのエリアから上がっているVX蒸気の量を測定するためにする)。テストの後に、主題は、湿り蒸気と高圧の冷水(Goliszek)を使って、浄化する。「大きなトム」とコードネームを付けられたテストの一部として、国防総省は、島コンプレックスへの攻撃をシミュレーションするための桿菌globigiiをオアフ(ハワイの最も密に住まれている島)に吹きかける。桿菌globigiiは弱まった免疫系を持つ人々の中で伝染を起こすけれども、これは時間(Goliszek、マーティン)に科学者に知られていなかった。(1966年) CIAは、限られた数のMKULTRAが、プロジェクトMKSEARCHを開始することによって、情報収集活動において生物学、化学の、そして放射性物質を使う方法を開発し、テストし、人の行動と生理学(Goliszek)の予測できる変化を引き起こすことができる薬を開発し、テストすることも計画すると続ける。

ヘンリー・ビーチャー博士は、「幸福、健康、誕生したか、胎内のすべての人間の実際のまたは潜在的なライフさえ、人の中に実験を続けることを当てにする」と書く。

取りかかりなさい。 それ しなければならない;

取りかかりなさい それ 意志 。人の医学の実験研究と個人(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)上の彼の「exposAc」において、「‘人類の適切な研究は人である’」。米国の軍隊科学者は、100万人を超える民間人をバクテリア(Goliszek)にさらして、換気ゲートを通して、そしてニューヨーク市地下鉄網の中に枯草菌で満たされた電球を落とす。研究サブジェクトの保護のための国家委員会は被験者の保護のためにその方針を出す(それは結局、私達が現在制度上の検討委員会(IRBs)(シャーラーヴ)として知っているものを作成する)。

(1966年) CIAは、限られた数のMKULTRAが、プロジェクトMKSEARCHを開始することによって、情報収集活動において生物学、化学の、そして放射性物質を使う方法を開発し、テストし、人の行動と生理学(Goliszek)の予測できる変化を引き起こすことができる薬を開発し、テストすることも計画すると続ける。

ヘンリー・ビーチャー博士は、「幸福、健康、誕生したか、胎内のすべての人間の実際のまたは潜在的なライフさえ、人の中に実験を続けることを当てにする」と書く。

取りかかりなさい。 それ しなければならない;

取りかかりなさい それ 意志 。人の医学の実験研究と個人(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)上の彼の「exposAc」において、「‘人類の適切な研究は人である’」。米国の軍隊科学者は、100万人を超える民間人をバクテリア(Goliszek)にさらして、換気ゲートを通して、そしてニューヨーク市地下鉄網の中に枯草菌で満たされた電球を落とす。研究サブジェクトの保護のための国家委員会は被験者の保護のためにその方針を出す(それは結局、私達が現在制度上の検討委員会(IRBs)(シャーラーヴ)として知っているものを作成する)。

米国での人への医学的実験:その2

Human medical experimentation in the United States


http://global-elite.org/?q=node/433

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.
1946年の暮れ、23人のドイツ被告がニュールンベルグで戦争犯罪法廷の前で起訴されて、罪状認否を問われた。被告の20人は、政治、軍隊、またはSS幹部として、第三帝国の医学のヒエラルキーのトップまたはトップに立った医師であった。被告は多種多様な極悪非道で、信じられない犯罪を被験者に関係している殺人的な、または危険で、痛い実験、または療法の他の犯罪として、人道の逸脱についての責任のために告発されて立っていた。この裁判は「ニュールンベルグ医学裁判」として広く知られている。米国が非人道的犯罪としてこれらの人の残虐行為を公然と非難している。しかし・。






(1946 - 1947) University of Rochester researchers inject four male and two female human test subjects with uranium-234 and uranium-235 in dosages ranging from 6.4 to 70.7 micrograms per one kilogram of body weight in order to study how much uranium they could tolerate before their kidneys become damaged (Goliszek).


Six male employees of a Chicago metallurgical laboratory are given water contaminated with plutonium-239 to drink so that researchers can learn how plutonium is absorbed into the digestive tract (Goliszek).


Researchers begin using patients in VA hospitals as test subjects for human medical experiments, cleverly worded as "investigations" or "observations" in medical study reports to avoid negative connotations and bad publicity (Sharav).


The American public finally learns of the biowarfare experiments being done at Fort Detrick from a report released by the War Department (Goliszek).


(1946 - 1953) The U.S. Atomic Energy Commission sponsors studies in which researchers from Harvard Medical School, Massachusetts General Hospital and the Boston University School of Medicine feed mentally disabled students at Fernald State School Quaker Oats breakfast cereal spiked with radioactive tracers every morning so that nutritionists can study how preservatives move through the human body and if they block the absorption of vitamins and minerals. Later, MIT researchers conduct the same study at Wrentham State School (Sharav, Goliszek).


Human test subjects are given one to four injections of arsenic-76 at the University of Chicago Department of Medicine. Researchers take tissue biopsies from the subjects before and after the injections (Goliszek).



(1947) Col. E.E. Kirkpatrick of the U.S. Atomic Energy Commission (AEC) issues a top-secret document (707075) dated Jan. 8. In it, he writes that "certain radioactive substances are being prepared for intravenous administration to human subjects as a part of the work of the contract" (Goliszek).

A secret AEC document dated April 17 reads, "It is desired that no document be released which refers to experiments with humans that might have an adverse reaction on public opinion or result in legal suits," revealing that the U.S. government was aware of the health risks its nuclear tests posed to military personnel conducting the tests or nearby civilians (Goliszek).


The CIA begins studying LSD's potential as a weapon by using military and civilian test subjects for experiments without their consent or even knowledge. Eventually, these LSD studies will evolve into the MKULTRA program in 1953 (Sharav).


(1947 - 1953) The U.S. Navy begins Project Chatter to identify and test so-called "truth serums," such as those used by the Soviet Union to interrogate spies. Mescaline and the central nervous system depressant scopolamine are among the many drugs tested on human subjects (Goliszek).


(1948) Based on the secret studies performed on Newburgh, N.Y. residents beginning in 1945, Project F researchers publish a report in the August 1948 edition of the Journal of the American Dental Association, detailing fluoride's health dangers. The U.S. Atomic Energy Commission (AEC) quickly censors it for "national security" reasons (Griffiths and Bryson).


(1950)


(1950 - 1953) The CIA and later the Office of Scientific Intelligence begin Project Bluebird (renamed Project Artichoke in 1951) in order to find ways to "extract" information from CIA agents, control individuals "through special interrogation techniques," "enhance memory" and use "unconventional techniques, including hypnosis and drugs" for offensive measures (Goliszek).


(1950 - 1953) The U.S. Army releases chemical clouds over six American and Canadian cities. Residents in Winnipeg, Canada, where a highly toxic chemical called cadmium is dropped, subsequently experience high rates of respiratory illnesses (Cockburn and St. Clair, eds.).


In order to determine how susceptible an American city could be to biological attack, the U.S. Navy sprays a cloud of Bacillus globigii bacteria from ships over the San Francisco shoreline. According to monitoring devices situated throughout the city to test the extent of infection, the eight thousand residents of San Francisco inhale five thousand or more bacteria particles, many becoming sick with pneumonia-like symptoms (Goliszek).


Dr. Joseph Strokes of the University of Pennsylvania infects 200 female prisoners with viral hepatitis to study the disease (Sharav).


Doctors at the Cleveland City Hospital study changes in cerebral blood flow by injecting test subjects with spinal anesthesia, inserting needles in their jugular veins and brachial arteries, tilting their heads down and, after massive blood loss causes paralysis and fainting, measuring their blood pressure. They often perform this experiment multiple times on the same subject (Goliszek).


Dr. D. Ewen Cameron, later of MKULTRA infamy due to his 1957 to1964 experiments on Canadians, publishes an article in the British Journal of Physical Medicine, in which he describes experiments that entail forcing schizophrenic patients at Manitoba's Brandon Mental Hospital to lie naked under 15- to 200-watt red lamps for up to eight hours per day. His other experiments include placing mental patients in an electric cage that overheats their internal body temperatures to 103 degrees Fahrenheit, and inducing comas by giving patients large injections of insulin (Goliszek).


(1951) The U.S. Navy's Project Bluebird is renamed Project Artichoke and begins human medical experiments that test the effectiveness of LSD, sodium pentothal and hypnosis for the interrogative purposes described in Project Bluebird's objectives (1950) (Goliszek).

The U.S. Army secretly contaminates the Norfolk Naval Supply Center in Virginia and Washington, D.C.'s National Airport with a strain of bacteria chosen because African-Americans were believed to be more susceptible to it than Caucasians. The experiment causes food poisoning, respiratory problems and blood poisoning (Cockburn and St. Clair, eds.).


(1951 - 1952) Researchers withhold insulin from diabetic patients for up to two days in order to observe the effects of diabetes; some test subjects go into diabetic comas (Goliszek).


(1951 - 1956) Under contract with the Air Force's School of Aviation Medicine (SAM), the University of Texas M.D. Anderson Cancer Center in Houston begins studying the effects of radiation on cancer patients -- many of them members of minority groups or indigents, according to sources -- in order to determine both radiation's ability to treat cancer and the possible long-term radiation effects of pilots flying nuclear-powered planes. The study lasts until 1956, involving 263 cancer patients. Beginning in 1953, the subjects are required to sign a waiver form, but it still does not meet the informed consent guidelines established by the Wilson memo released that year. The TBI studies themselves would continue at four different institutions -- Baylor University College of Medicine, Memorial Sloan-Kettering Institute for Cancer Research, the U.S. Naval Hospital in Bethesda and the University of Cincinnati College of Medicine -- until 1971 (U.S. Department of Energy, Goliszek).


American, Canadian and British military and intelligence officials gather a small group of eminent psychologists to a secret meeting at the Ritz-Carlton Hotel in Montreal about Communist "thought-control techniques." They proposed a top-secret research program on behavior modification -- involving testing drugs, hypnosis, electroshock and lobotomies on humans (Barker).


(1952) Military scientists use the Dugway Proving Ground -- which is located 87 miles southwest of Salt Lake City, Utah -- in a series of experiments to determine how Brucella suis and Brucella melitensis spread in human populations. Today, over a half-century later, some experts claim that we are all infected with these agents as a result of these experiments (Goliszek).

In a U.S. Department of Denfense-sponsored experiment, Henry Blauer dies after he is injected with mescaline at Columbia University's New York State Psychiatric Institute (Sharav).


At the famous Sloan-Kettering Institute, Chester M. Southam injects live cancer cells into prisoners at the Ohio State Prison to study the progression of the disease. Half of the prisoners in this National Institutes of Health-sponsored (NIH) study are black, awakening racial suspicions stemming from Tuskegee, which was also an NIH-sponsored study (Merritte, et al.).


(1953)


(1953 - 1970) The CIA begins project MKNAOMI to "stockpile incapacitating and lethal materials, to develop gadgetry for the disseminations of these materials, and to test the effects of certain drugs on animals and humans." As part of MKNAOMI, the CIA and the Special Operations Division of the Army Biological Laboratory at Fort Detrick try to develop two suicide pill alternatives to the standard cyanide suicide pill given to CIA agents and U-2 pilots. CIA agents and U-2 pilots are meant to take these pills when they find themselves in situations in which they (and all the information they hold in their brains) are in enemy hands. They also develop a "microbioinoculator" -- a device that agents can use to fire small darts coated with biological agents that can remain potent for weeks or even months. These darts can be fired through clothing and, most significantly, are undetectable during autopsy. Eventually, by the late 1960s, MKNAOMI enables the CIA to have a stockpile of biological toxins -- infectious viruses, paralytic shellfish toxin, lethal botulism toxin, snake venom and the severe skin disease-producing agent Mircosporum gypseum. Of course, the development of all of this "gadgetry" requires human experimentation (Goliszek).



(1946年 - 1947年) 彼らの腎臓が破損して(Goliszek)前に、彼らがどれくらいウラニウムを許容することができたかを研究するために、ロチェスター大学研究者は体重の1キログラムあたり6.4から70.7マイクログラムに及んでいる1回投薬量におけるウラニウム234とウラン235を4つの雄と2女性の人のテスト対象に注入する。

研究者が、どうプルトニウムが消化管(Goliszek)に吸収されるかを学ぶことができるように、シカゴの冶金の研究所の6人の男性の従業員が、飲むためにプルトニウム239によって汚染された水を与えられる。

ネガティブな言外の意味と悪いパブリシティ(シャーラーヴ)を避けるために医学研究リポートの中の「調査」または「観察」として賢く言葉で表現された人の医学の実験のために、研究者はテスト対象としてVAの病院で使っている患者を開始する。

アメリカの一般大衆は最終的に戦争省(Goliszek)によって発表されたリポートからフォートディートリックでされている細菌戦実験を知る。

(1946年 - 1953年) 栄養士が、どのように防腐剤が人体を通して動くかを研究することができるように、そして彼らがビタミンとミネラルの没頭を妨げるならば、米国原子力委員会は、毎朝放射性トレーサーによって犬釘で留められたFernald公立学校Quaker Oats朝食シリアルでハーバード・メディカル・スクール、マサチューセッツ総合病院、および医学のボストン大学学校からの研究者が精神障害の学生に供給する研究を後援する。後で、MIT研究者はWrentham公立学校(シャーラーヴ、Goliszek)で同じ研究を行う。

人のテスト対象は医学のシカゴ大学部門で砒素の76の1から4回の注射を与えられる。研究者は注射(Goliszek)前と後に組織生検を主題から取り去る。


(1947年) Col. E.E. 米国原子力委員会(AEC)のカークパトリックは1月8日付の極秘書類(707075)を出す。それの中で、彼は、「一定の放射性物質は契約の仕事の一部として被験者に静脈内投与のために準備されている」(Goliszek)と書く。4月17日付の秘密のAEC文書は、米国政府が、その核実験がテストを実施している軍人または近くの民間人(Goliszek)に提出した健康リスクに気づいていたと明らかにして、「どの文書もリリースされないことは要求される(世論の上に反対の反応を持つか、訴訟を結果として生じるかもしれない人と、それが実験を参照する)」を読む。CIAは、それらの同意または知識さえなしで実験のために軍隊と民間のテスト対象を使って武器としてLSDの可能性を勉強しはじめる。結局、これらのLSD研究は1953年(シャーラーヴ)にMKULTRAプログラムに発展するであろう。

(1947年 - 1953年) スパイに質問するためにソビエト連邦によって使われたそれらなどのいわゆる「自白薬」を識別し、テストするために、アメリカ海軍はプロジェクトおしゃべりを開始する。

メスカリンと中枢神経系の機能を低下させたスコポラミンは被験者(Goliszek)上でテストされた多くの薬の間にある。

(1948年) 1945年に始めているニューバーグ、N.Y.の居住者に実行された秘密の研究に基づいて、フッ化物の健康危険を詳説して、プロジェクトF研究者は歯学会のジャーナルの1948年8月の版においてリポートを出版する。米国原子力委員会(AEC)は迅速に「国家安全保障」理由(グリフィスとブライソン)のためにそれを検閲する。

(1950年)

(1950年 - 1953年)
情報をCIAエージェントから「取り出し」、「特別な質問テクニックを通して」個人、「メモリーを強化しなさい」をコントロールし、「催眠と薬を含む慣例に従わないテクニック」を使う方法を不快な手段(Goliszek)のために見つけるために、CIAと後で科学情報収集事務所はプロジェクト ブルーバード(1951年の新しく名前をつけられたプロジェクトチョウセンアザミ)を開始する。

(1950年 - 1953年) 米国陸軍は6つのアメリカとカナダの都市の上で化学の雲をリリースする。

カドミウムと呼ばれる非常に有毒な化学薬品が落ちるウィニペグ、カナダの居住者は後で呼吸器疾患(コバーンとセントクレア、eds。)の高いレートを経験する。

どれほど多感なアメリカの都市が生物兵器の攻撃にであるかもしれないかを決定するために、アメリカ海軍はサンフランシスコ海岸線の上で船から桿菌globigiiバクテリアの雲を吹きかける。

伝染の範囲をテストするために都市中で置かれた監視装置によると、サンフランシスコの8000人の居住者は5000個以上のバクテリア粒子(肺炎風の徴候(Goliszek)によって病気に多くの適している)を吸入する。

ペンシルバニア大学のジョセフStrokes博士は、病気(シャーラーヴ)を勉強するために、200人の女性の囚人をウイルス肝炎に感染させる。

クリーブランド都市病院の医師は、脊椎麻酔をテスト対象に注入し、針を彼らの頚静脈と上腕動脈に挿入し、彼らの頭を傾けて、大規模な失血が麻痺と卒倒を起こした後に、彼らの血圧を測定することによる脳血流の変化を勉強する。彼らはしばしば同じ主題(Goliszek)上で複数回この実験を実行する。

後でカナダ人への彼の1957年のto1964実験によるMKULTRA悪評のD.イーウェン・キャメロン博士は物理療法の英国ジャーナルの中で記事を発表する(それにおいて、彼は、最高1日あたり8時間までのために15から200ワットの赤いランプの下で裸に横になることをマニトバのブランドン精神科病院の精神分裂症患者に強制して伴っている実験を説明する)。

彼の他の実験は、精神的な患者を、華氏103度まで彼らの内部の体温を過熱させる電気のかごの中に置き、患者にインシュリン(Goliszek)の大きな注射を与えることによって昏睡を引き起こすのを含む。

(1951年) アメリカ海軍のプロジェクトブルーバードはプロジェクトチョウセンアザミに改名されて、プロジェクト ブルーバードの目的(1950年)(Goliszek)において説明された疑問の目的についてLSD、ナトリウムpentothal、および催眠の有効性をテストする人の医学の実験を開始する。

アフリカ系アメリカ人が、それにCaucasiansより影響され易いと信じられたので選ばれたバクテリアの種類によって、米国陸軍はひそかにバージニアとワシントンD.C.のナショナル空港でノーフォーク海軍供給センターを汚染する。

実験は食中毒、呼吸障害、および敗血病(コバーンとセントクレア、eds。)を起こす。

(1951年 - 1952年) 糖尿病の効果を観察するために、研究者は最高2日までのために糖尿病患者にインシュリンを保留する;

何人かの被験体は糖尿病昏睡(Goliszek)を検討する。

(1951年 - 1956年)航空医学(SAM)の空軍の学校との契約の下で、ヒューストンのテキサス大学医学博士アンダーソンガンセンターは、癌を扱う両方の放出の能力を決定するための癌患者--彼らの多く(関係筋による少数グループまたはindigentsのメンバー)--への放射能の影響と原子力飛行機を操縦しているパイロットの可能な長期の放射能の影響を勉強しはじめる。

263人の癌患者に関係して、研究は1956年まで続いている。

1953年に始めて、主体は、棄権証書フォームにサインすることを要求されるけれども、それはまだその年にリリースされたウィルソンメモによって設立されたインフォームド・コンセント・ガイドラインと会わない。

TBI研究自身は1971年(米国エネルギー省、Goliszek)まで4つの違う組織--ベイラー大学医科大学、癌の研究のための記念のスローンケッタリング大学、ベセズダの米国海軍病院、およびシンシナティ大学医科大学--に留まるであろう。

共産主義の「考えコントロールテクニック」についてモントリオールのリッツ・カールトンホテルで合っている秘密にアメリカ、カナダ、および英国の軍隊と情報部役員は高名な心理学者の小集団を集める。

彼らは行動修正における極秘の研究計画を提案した--人(バーカー)への薬、催眠、電撃療法、およびlobotomiesをテストするのを伴う。

(1952年) どのようにブタ流産菌とブルセラ・メリテンシスが人口に広がったかを決定するために、軍隊の科学者は、米軍生物化学兵器実験所--ソルトレーク・シティ、ユタの87マイルの南西に位置している--を一連の実験において使う。

今日、半1世紀以上後、何人かのエキスパートは、私達がこれらの実験(Goliszek)の結果としてすべてこれらのエージェントに感染すると主張する。

Denfenseで後援された実験の米国部門で、彼がコロンビア大学のニューヨーク州精神医学研究所(シャーラーヴ)でメスカリンを注入された後に、ヘンリーBlauerは死ぬ。

有名なスローンケッタリング研究所で、病気の進行を勉強するために、チェスターM.Southamはオハイオ州刑務所でライブ癌細胞を囚人に注入する。

タスキーギから生じている人種の疑惑を起こして、この国立予防衛生研究所で後援された(NIH)研究における囚人の半分は黒い(それはまたNIHで後援された研究(Merritte、 et al.)であった)。

(1953年)

(1953年 - 1970年)
「不適格にし、致命的な素材を備蓄する」ため「、これらの素材の配布のために小道具を開発するため、および動物と人への一定の薬の効果をテストするために」、CIAはプロジェクトMKNAOMIを開始する。

MKNAOMIの一部として、フォートディートリックの軍隊生物学研究所のCIAと特別な運用課は、CIAエージェントとU-2パイロットに与えられた標準のシアン化物自殺錠剤への2つの自殺錠剤代案を開発しようとする。彼ら(そして、彼らが彼らの脳の中で保持するすべての情報)が敵の手の中にいる状況において、彼らが自分自身を発見する時に、CIAエージェントとU-2パイロットは、これらの錠剤を飲むことを意図されている。彼らはまた「microbioinoculator」を開発する--エージェントが、数週間または月のさえ間強力であり続けることができる生物剤によって被覆された小さなダーツに点火するために使うことができる機器。

これらのダーツは衣類を通して点火されることができて、とてもかなり、死体解剖の間検知できない。

結局、1960年代の末期までに、MKNAOMIは、CIAが生物学の毒素の資材を持つことを可能にする--伝染性のウイルス、麻痺性貝毒素、致命的なボツリヌス菌中毒毒素、ヘビの毒、および厳しい皮病気産出エージェントMircosporum gypseum。もちろん、この「小道具」のすべての開発は人体実験(Goliszek)を必要としている。



米国での人への医学的実験:その1





Human medical experimentation in the United States


http://global-elite.org/?q=node/433

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.


Human medical experimentation in the United States: The shocking true history of modern medicine and psychiatry (1833-1965)

Introduction by the Health Ranger: The United States claims to be the world leader in medicine. But there's a dark side to western medicine that few want to acknowledge: The horrifying medical experiments performed on impoverished people and their children all in the name of scientific progress. Many of these medical experiments were conducted on people without their knowledge, and most were conducted as part of an effort to seek profits from newly approved drugs or medical technologies.

Today, the medical experiments continue on the U.S. population and its children. From the mass drugging of children diagnosed with fictitious behavioral disorders invented by psychiatry to the FDA's approval of mass-marketed drugs that have undergone no legitimate clinical trials, our population is right now being subjected to medical experiments on a staggering scale. Today, nearly 50% of Americans are on a least one prescription drug, and nearly 20% of schoolchildren are on mind-altering amphetamines like Ritalin or antidepressants like Prozac. This mass medication of our nation is, in every way, a grand medical experiment taking place right now.


But to truly understand how this mass experimentation on modern Americans came into being, you have to take a close look at the horrifying history of conventional medicine's exploitation of people for cruel medical experiments.


WARNING: What you are about to read is truly shocking. You have never been told this information by the American Medical Association, nor drug companies, nor the evening news. You were never taught the truth about conventional medicine in public school, or even at any university. This is the dark secret of the U.S. system of medicine, and once you read the true accounts reported here, you may never trust drug companies again. These images are deeply disturbing. We print them here not as a form of entertainment, but as a stern warning against what might happen to us and our children if we do not rein in the horrifying, inhumane actions of Big Pharma and modern-day psychiatry.


Now, I introduce this shocking timeline, researched and authored by Dani Veracity, one of our many talented staff writers here at Truth Publishing.


Read at your own risk. - The Health Ranger


The true U.S. history of human medical experimentation

Human experimentation -- that is, subjecting live human beings to science experiments that are sometimes cruel, sometimes painful, sometimes deadly and always a risk -- is a major part of U.S. history that you won't find in most history or science books. The United States is undoubtedly responsible for some of the most amazing scientific breakthroughs. These advancements, especially in the field of medicine, have changed the lives of billions of people around the world -- sometimes for the better, as in the case of finding a cure for malaria and other epidemic diseases, and sometimes for the worse (consider modern "psychiatry" and the drugging of schoolchildren).


However, these breakthroughs come with a hefty price tag: The human beings used in the experiments that made these advancements possible. Over the last two centuries, some of these test subjects have been compensated for the damage done to their emotional and physical health, but most have not. Many have lost their lives because of the experiments they often unwillingly and sometimes even unwittingly participated in, and they of course can never be compensated for losing their most precious possession of all: Their health.


As you read through these science experiments, you'll learn the stories of newborns injected with radioactive substances, mentally ill people placed in giant refrigerators, military personnel exposed to chemical weapons by the very government they served and mentally challenged children being purposely infected with hepatitis. These stories are facts, not fiction: Each account, no matter how horrifying, is backed up with a link or citation to a reputable source.


These stories must be heard because human experimentation is still going on today. The reasons behind the experiments may be different, but the usual human guinea pigs are still the same -- members of minority groups, the poor and the disadvantaged. These are the lives that were put on the line in the name of "scientific" medicine.


(1833) Dr. William Beaumont, an army surgeon physician, pioneers gastric medicine with his study of a patient with a permanently open gunshot wound to the abdomen and writes a human medical experimentation code that asserts the importance of experimental treatments, but also lists requirements stipulating that human subjects must give voluntary, informed consent and be able to end the experiment when they want. Beaumont's Code lists verbal, rather than just written, consent as permissible (Berdon).


(1845)


(1845 - 1849) J. Marion Sims, later hailed as the "father of gynecology," performs medical experiments on enslaved African women without anesthesia. These women would usually die of infection soon after surgery. Based on his belief that the movement of newborns' skull bones during protracted births causes trismus, he also uses a shoemaker's awl, a pointed tool shoemakers use to make holes in leather, to practice moving the skull bones of babies born to enslaved mothers (Brinker).


(1895) New York pediatrician Henry Heiman infects a 4-year-old boy whom he calls "an idiot with chronic epilepsy" with gonorrhea as part of a medical experiment ("Human Experimentation: Before the Nazi Era and After").


(1896) Dr. Arthur Wentworth turns 29 children at Boston's Children's Hospital into human guinea pigs when he performs spinal taps on them, just to test whether the procedure is harmful (Sharav).


(1900) U.S Army doctors working in the Philippines infect five Filipino prisoners with plague and withhold proper nutrition to create Beriberi in 29 prisoners; four test subjects die (Merritte, et al.; Cockburn and St. Clair, eds.).

Under commission from the U.S. surgeon general, Dr. Walter Reed goes to Cuba and uses 22 Spanish immigrant workers to prove that yellow fever is contracted through mosquito bites. Doing so, he introduces the practice of using healthy test subjects, and also the concept of a written contract to confirm informed consent of these subjects. While doing this study, Dr. Reed clearly tells the subjects that, though he will do everything he can to help them, they may die as a result of the experiment. He pays them $100 in gold for their participation, plus $100 extra if they contract yellow fever (Berdon, Sharav).


(1906) Harvard professor Dr. Richard Strong infects prisoners in the Philippines with cholera to study the disease; 13 of them die. He compensates survivors with cigars and cigarettes. During the Nuremberg Trials, Nazi doctors cite this study to justify their own medical experiments (Greger, Sharav).


(1911) Dr. Hideyo Noguchi of the Rockefeller Institute for Medical Research publishes data on injecting an inactive syphilis preparation into the skin of 146 hospital patients and normal children in an attempt to develop a skin test for syphilis. Later, in 1913, several of these children's parents sue Dr. Noguchi for allegedly infecting their children with syphilis ("Reviews and Notes: History of Medicine: Subjected to Science: Human Experimentation in America before the Second World War").


(1913) Medical experimenters "test" 15 children at the children's home St. Vincent's House in Philadelphia with tuberculin, resulting in permanent blindness in some of the children. Though the Pennsylvania House of Representatives records the incident, the researchers are not punished for the experiments ("Human Experimentation: Before the Nazi Era and After").


(1915) Dr. Joseph Goldberger, under order of the U.S. Public Health Office, produces Pellagra, a debilitating disease that affects the central nervous system, in 12 Mississippi inmates to try to find a cure for the disease. One test subject later says that he had been through "a thousand hells." In 1935, after millions die from the disease, the director of the U.S Public Health Office would finally admit that officials had known that it was caused by a niacin deficiency for some time, but did nothing about it because it mostly affected poor African-Americans. During the Nuremberg Trials, Nazi doctors used this study to try to justify their medical experiments on concentration camp inmates (Greger; Cockburn and St. Clair, eds.).


(1918) In response to the Germans' use of chemical weapons during World War I, President Wilson creates the Chemical Warfare Service (CWS) as a branch of the U.S. Army. Twenty-four years later, in 1942, the CWS would begin performing mustard gas and lewisite experiments on over 4,000 members of the armed forces (Global Security, Goliszek).


(1919)


(1919 - 1922) Researchers perform testicular transplant experiments on inmates at San Quentin State Prison in California, inserting the testicles of recently executed inmates and goats into the abdomens and scrotums of living prisoners (Greger).


(1931) Cornelius Rhoads, a pathologist from the Rockefeller Institute for Medical Research, purposely infects human test subjects in Puerto Rico with cancer cells; 13 of them die. Though a Puerto Rican doctor later discovers that Rhoads purposely covered up some of details of his experiment and Rhoads himself gives a written testimony stating he believes that all Puerto Ricans should be killed, he later goes on to establish the U.S. Army Biological Warfare facilities in Maryland, Utah and Panama, and is named to the U.S. Atomic Energy Commission, where he begins a series of radiation exposure experiments on American soldiers and civilian hospital patients (Sharav; Cockburn and St. Clair, eds.).


(1931 - 1933) Mental patients at Elgin State Hospital in Illinois are injected with radium-266 as an experimental therapy for mental illness (Goliszek).


(1932)


(1932-1972) The U.S. Public Health Service in Tuskegee, Ala. diagnoses 400 poor, black sharecroppers with syphilis but never tells them of their illness nor treats them; instead researchers use the men as human guinea pigs to follow the symptoms and progression of the disease. They all eventually die from syphilis and their families are never told that they could have been treated (Goliszek, University of Virginia Health System Health Sciences Library).


(1937) Scientists at Cornell University Medical School publish an angina drug study that uses both placebo and blind assessment techniques on human test subjects. They discover that the subjects given the placebo experienced more of an improvement in symptoms than those who were given the actual drug. This is first account of the placebo effect published in the United States ("Placebo Effect").


(1939) In order to test his theory on the roots of stuttering, prominent speech pathologist Dr. Wendell Johnson performs his famous "Monster Experiment" on 22 children at the Iowa Soldiers' Orphans' Home in Davenport. Dr. Johnson and his graduate students put the children under intense psychological pressure, causing them to switch from speaking normally to stuttering heavily. At the time, some of the students reportedly warn Dr. Johnson that, "in the aftermath of World War II, observers might draw comparisons to Nazi experiments on human subjects, which could destroy his career" (Alliance for Human Research Protection).


(1941) Dr. William C. Black infects a 12-month-old baby with herpes as part of a medical experiment. At the time, the editor of the Journal of Experimental Medicine, Francis Payton Rous, calls it "an abuse of power, an infringement of the rights of an individual, and not excusable because the illness which followed had implications for science" (Sharav).

An article in a 1941 issue of Archives of Pediatrics describes medical studies of the severe gum disease Vincent's angina in which doctors transmit the disease from sick children to healthy children with oral swabs (Goliszek).


Drs. Francis and Salk and other researchers at the University of Michigan spray large amounts of wild influenza virus directly into the nasal passages of "volunteers" from mental institutions in Michigan. The test subjects develop influenza within a very short period of time (Meiklejohn).


Researchers give 800 poverty-stricken pregnant women at a Vanderbilt University prenatal clinic "cocktails" including radioactive iron in order to determine the iron requirements of pregnant women (Pacchioli).


(1942) The United States creates Fort Detrick, a 92-acre facility, employing nearly 500 scientists working to create biological weapons and develop defensive measures against them. Fort Detrick's main objectives include investigating whether diseases are transmitted by inhalation, digestion or through skin absorption; of course, these biological warfare experiments heavily relied on the use of human subjects (Goliszek).

U.S. Army and Navy doctors infect 400 prison inmates in Chicago with malaria to study the disease and hopefully develop a treatment for it. The prisoners are told that they are helping the war effort, but not that they are going to be infected with malaria. During Nuremberg Trials, Nazi doctors later cite this American study to defend their own medical experiments in concentration camps like Auschwitz (Cockburn and St. Clair, eds.).


The Chemical Warfare Service begins mustard gas and lewisite experiments on 4,000 members of the U.S. military. Some test subjects don't realize they are volunteering for chemical exposure experiments, like 17-year-old Nathan Schnurman, who in 1944 thinks he is only volunteering to test "U.S. Navy summer clothes" (Goliszek).


In an experiment sponsored by the U.S. Navy, Harvard biochemist Edward Cohn injects 64 inmates of Massachusetts state prisons with cow's blood (Sharav).


Merck Pharmaceuticals President George Merck is named director of the War Research Service (WRS), an agency designed to oversee the establishment of a biological warfare program (Goliszek).


(1943) In order to "study the effect of frigid temperature on mental disorders," researchers at University of Cincinnati Hospital keep 16 mentally disabled patients in refrigerated cabinets for 120 hours at 30 degrees Fahrenheit (Sharav).


(1944) As part of the Manhattan Project that would eventually create the atomic bomb, researchers inject 4.7 micrograms of plutonium into soldiers at the Oak Ridge facility, 20 miles west of Knoxville, Tenn. ("Manhattan Project: Oak Ridge").

Captain A. W. Frisch, an experienced microbiologist, begins experiments on four volunteers from the state prison at Dearborn, Mich., inoculating prisoners with hepatitis-infected specimens obtained in North Africa. One prisoner dies; two others develop hepatitis but live; the fourth develops symptoms but does not actually develop the disease (Meiklejohn).


Laboratory workers at the University of Minnesota and University of Chicago inject human test subjects with phosphorus-32 to learn the metabolism of hemoglobin (Goliszek).


(1944 - 1946) In order to quickly develop a cure for malaria -- a disease hindering Allied success in World War II -- University of Chicago Medical School professor Dr. Alf Alving infects psychotic patients at Illinois State Hospital with the disease through blood transfusions and then experiments malaria cures on them (Sharav).


A captain in the medical corps addresses an April 1944 memo to Col. Stanford Warren, head of the Manhattan Project's Medical Section, expressing his concerns about atom bomb component fluoride's central nervous system (CNS) effects and asking for animal research to be done to determine the extent of these effects: "Clinical evidence suggests that uranium hexafluoride may have a rather marked central nervous system effect ... It seems most likely that the F [code for fluoride] component rather than the T [code for uranium] is the causative factor ... Since work with these compounds is essential, it will be necessary to know in advance what mental effects may occur after exposure." The following year, the Manhattan Project would begin human-based studies on fluoride's effects (Griffiths and Bryson).


The Manhattan Project medical team, led by the now infamous University of Rochester radiologist Col. Safford Warren, injects plutonium into patients at the University's teaching hospital, Strong Memorial (Burton Report).


(1945) Continuing the Manhattan Project, researchers inject plutonium into three patients at the University of Chicago's Billings Hospital (Sharav).

The U.S. State Department, Army intelligence and the CIA begin Operation Paperclip, offering Nazi scientists immunity and secret identities in exchange for work on top-secret government projects on aerodynamics and chemical warfare medicine in the United States ("Project Paperclip").


Researchers infect 800 prisoners in Atlanta with malaria to study the disease (Sharav).


(1945 - 1955) In Newburgh, N.Y., researchers linked to the Manhattan Project begin the most extensive American study ever done on the health effects of fluoridating public drinking water (Griffiths and Bryson).


(1946) Gen. Douglas MacArthur strikes a secret deal with Japanese physician Dr. Shiro Ishii to turn over 10,000 pages of information gathered from human experimentation in exchange for granting Ishii immunity from prosecution for the horrific experiments he performed on Chinese, Russian and American war prisoners, including performing vivisections on live human beings (Goliszek, Sharav).

Male and female test subjects at Chicago's Argonne National Laboratories are given intravenous injections of arsenic-76 so that researchers can study how the human body absorbs, distributes and excretes arsenic (Goliszek).


Continuing the Newburg study of 1945, the Manhattan Project commissions the University of Rochester to study fluoride's effects on animals and humans in a project codenamed "Program F." With the help of the New York State Health Department, Program F researchers secretly collect and analyze blood and tissue samples from Newburg residents. The studies are sponsored by the Atomic Energy Commission and take place at the University of Rochester Medical Center's Strong Memorial Hospital (Griffiths and Bryson).


Go to fullsize image


米国での人の医学的実験:

2006年-03月11日13:51土曜日にオン


現代医学と精神医学(1833-1965)の衝撃的な真実の歴史

健康レンジャーによる入門:

米国は、医学において世界的リーダーであると主張する。

しかし、ほとんどが、認めたくない西洋の医学への暗い側がある:

恐ろしい医学の実験は科学の進歩の名前においてすべて貧乏な人々と彼らの子供に機能した。

これらの医学の実験の多くは彼らの知識なしで人々に実施されて、最も多くは、新しく認可された薬または医療技術から利益を捜す努力の一部として実施された。

今日、医学の実験は米国人口とその子供の上に続いている。

精神医学によって発明された架空の行動障害によって診断された子供の多くが薬物を混ぜられ、嫡出の臨床試験を全然受けなかった多くの子供がマーケティングされた薬の食品医薬品局の承認まで、私達はちょうど今圧倒的なスケールの上の医学の実験を受けている。

今日、アメリカ人の約50%が極少な1つの処方箋麻薬を常用していて、学童の約20%がリタリンのような精神に変化をもたらすアンフェタミンまたはプロザックのような抗鬱病剤の上にある。

私達の国家のこの集団投薬は、すべての点で、ちょうど今起こっている雄大な医学の実験である。

しかし、どのように現代のアメリカ人へのこのマス実験が発生したかを本当に理解するために、あなたは、残酷な医学の実験のための人々の従来の医学の利用の恐ろしい歴史をよく見る必要がある。

警告:

あなたが、読みかかっているものは本当に衝撃的である。

あなたは一度もアメリカ医師会や製薬会社によるこの情報や夕方ニュースを話されたことがない。

あなたは公立学校やすべての大学でさえ決して従来の医学についての真実を教えられなかった。

これは医学の米国システムの暗い秘密であり、あなたがここに報告された実話を読んだら、あなたは二度と再び製薬会社を信頼しなくてもよい。これらのイメージは深く気がかりである。

私達が大きなファルマと今日の精神医学の恐ろしく、非人道的な行動の手綱を締めないならば、私達と私達の子供に起こるかもしれないことに対して、私達はエンターテインメントのフォームとしてではなく厳格な警告としてここでそれらをプリントする。

さて、ダニ・ベラシティ(真実出版のここの私達の多くの有能なスタッフ・ライターの1人)によって研究されて、制作されて、私はこの衝撃的な年表を導入する。

自分の責任において読みなさい。

- 健康レンジャー

人の医学的実験の真実の米国歴史

人体実験--すなわち生きている人間を、時々残酷で、時々痛く、時々必殺で、リスクである科学実験に服従させる--は、あなたがほとんどの歴史または科学の本の中で発見しないであろうし、米国歴史の大部分である。

米国は疑いなく最も驚異的な科学上の躍進のいくつかに責任がある。

これらの進歩は、特に医学の分野で、世界中で何十億もの人々のライフを変えた--時々、悪い方へ(現代の「精神医学」と学童の薬物を混ぜを考慮しなさい)マラリアと他の流行病のために、そして時々治療を見つける場合のようなさらによいもののために。

しかし、これらのブレークスルーはたくましい値札と一緒に来る:

これらの進歩を可能にした実験において使われた人間。

前の2世紀の間に、これらのテスト対象のいくつかがそれらの感情と肉体の健康に与えられた損害のために補償されているけれども、多くはしなかった。

多くは、参加されて、それらがしばしばしぶしぶ、時々知らず知らず平らにする実験のため命を失い、彼らはもちろん決して、それらの最も貴重な所有を失うことに対して補償されることができない:

それらの健康。

あなたとして、これらの科学実験を通読しなさい、あなたは、放射性物質、巨大な冷蔵庫に置かれた精神的に病気の人々、彼らが奉仕したまさしくその政府によって化学兵器にさらされた軍人、および肝炎にわざと感染している精神的に問題にされた子供を注入された新生児の話を学ぶであろう。

これらの話はフィクションではなく事実である:

各アカウントは、たとえどんなに恐ろしくても、評判が良いソースへのリンクまたは引用で裏付けされる。

人体実験がまだ今日続いているので、これらの話は聞かれなければならない。

実験の後ろの理由は違うかもしれないけれども、通常の人間モルモットはまだ同じである--少数グループ、貧しいもの、および損害を与えられたもののメンバー。

これらは、「科学的な」医学の名前におけるラインに置かれたライフである。

(1833) ウィリアム・ボーモント博士、軍医医師は腹部への恒久的に発砲傷口によって彼の患者の研究によって胃の医学を開拓し、実験的な治療の重要性を主張するけれどもまた、彼らが望んでいる時に、被験者が、自発的で、インフォームド・コンセントを与えて、実験を終えることができなければならないことを規定している要件をリストする人の医学の実験コードを書く。

ボーモントのコードは許すこと(Berdon)としてまさに書かれたことというよりも言葉の同意を考える。

(1845)

(1845? -? 1849)
「婦人科医学の父」として後で迎えられたマリオン・シムズは麻酔なしで奴隷にされたアフリカ女性への医学の実験を実行する。これらの女性は手術のすぐ後で通常伝染で死ぬであろう。

延ばされた誕生の間の新生児の頭蓋骨の動きが開口障害を起こすという彼の確信に基づいて、彼はまた、くつ屋の突き錐(誕生した赤ん坊の頭蓋骨を奴隷にされた母(Brinker)に移動させるのを練習するために革の中で穴を作るために、くつ屋が使う指し示されたツール)を使う。

(1895) ニューヨークの小児科医ヘンリー・ハイマンは、彼が医学の実験(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)の一部として淋病によって「慢性のてんかんを持つ馬鹿」と呼ぶ4歳の少年を感染させる。

(1896) 手続が有害である(シャーラーヴ)かどうかをテストするためだけに、彼が彼らの脊椎穿刺を実行する時に、アーサー・ウェントワース博士はボストンの子供の病院の29人の子供を人間モルモットに変える。

(1900年) U.S フィリピンで働いている軍隊医師は、5人のフィリピン人囚人を疫病に感染させて、29人の囚人の中で脚気を作成するために、適切な栄養を抑える;4つのテスト対象が死ぬ(Merritte、 et al.;コバーンとセントクレア、eds。)。


米国の軍医総監からの委員会の下で、ウォルター・リード博士はキューバに行き、黄熱病が蚊に刺されたあとを通して契約されることを証明するために、22人のスペイン移民労働者を使う。

そうして、これらの主題のインフォームド・コンセントを確認するために、彼は、健全なテスト対象を使う実行と書面契約の概念も導入する。

この研究をする間に、リード博士ははっきりと主題に、彼が、それらを助けるために、彼ができるすべてをするであろうけれども、彼らが実験結果として死ぬかもしれないと言う。

彼らが黄熱病(Berdon、シャーラーヴ)を契約するならば、彼は特別に彼らの参加のための金の中の100ドル足す100ドルをそれらに支払う。

(1906年) ハーバードの教授リチャード博士は、強く、病気を勉強するために、フィリピンの囚人をコレラに感染させる;それらの13人は死ぬ。彼は葉巻きとタバコによって生存者に補償する。

ニュルンベルク裁判の間、彼ら自身の医学の実験(グレガー、シャーラーヴ)を正当化するために、ナチス医師はこの研究を引用する。

(1911年) 医学研究のためのロックフェラー研究所の野口英世博士は、梅毒のために皮膚試験を開発する試みにおいて146人の病院患者と通常の子供たちの皮膚に不活性梅毒調合剤を注射することに関するデータを発表します。

後で、1913年に、申し立てによると彼らの子供を、梅毒(「レビューと注:医学の歴史:科学を受ける:第二次世界大戦の前のアメリカでの人体実験」)に感染させることについて、これらの子供の両親のいくらかがノグチ博士を訴える。

(1913年) 子供の何人かにおける永久的な盲目を結果として生じて、医学の実験者はツベルクリン注射液を持つフィラデルフィアの子供の家庭のセントヴィンセントの家で15人の子供を「テストする」。

ペンシルベニア下院が出来事を記録するけれども、研究者は実験(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)のために罰せられない。

(1915年) ジョセフ・ゴールドバーガー博士は、米国公衆衛生オフィスの注文の下で、ペラグラ病(病気のために治療を見つけるために試す12人のミシシッピの囚人の中で、中枢神経系に影響する衰弱させる病気)を引き起こす。

1つのテスト対象は後で、彼が「千の生き地獄」を通り抜けていたと伝えている。

1935年に、何百万もの人々が病気のために死んだ後に、U.S公衆衛生オフィスのディレクターは、役員が、それがしばらくの間ナイアシン不足によって起こされたと知っていたと最終的に認めるであろうけれども、それがたいてい貧しいアフリカ系アメリカ人に影響したので、それについて何もしなかった。

ニュルンベルク裁判の間に、強制収容所の囚人(グレガー;コバーンとセントクレア、eds。)への彼らの医学の実験を正当化しようとするために、ナチス医師はこの研究を使った。

(1918年) 第一次世界大戦の間のドイツ人の化学兵器の使用に呼応して、ウィルソン大統領は米国陸軍の枝として化学兵器戦争サービス(CWS)を創出する。

24年後、1942年に、CWSは軍隊(グローバルなセキュリティ、Goliszek)の4,000人を超えるメンバーへのマスタードガスとルイサイトの実験を実行しはじめるであろう。

(1919年)

(1919年? -? 1922年)
最近処刑された囚人とヤギの睾丸を生活の囚人(グレガー)の腹部と陰嚢に挿入して、研究者はカリフォルニアでサン・クエンチン州刑務所の囚人への精巣の移植実験を実行する。

(1931年) コルネリウス・ローズ(医学研究のためのロックフェラー研究所からの病理学者)は、わざと、プエルトリコの人のテスト対象を癌細胞に感染させる;

それらの13人は死ぬ。(クレア、eds.)。

(1931年? -? 1933年) イリノイのエルジン州立病院の精神的な患者は精神病(Goliszek)のために実験的治療としてラジウム266を注入される。

(1932年)

梅毒を持つタスキーギ、アラバマの診断400貧乏な黒小作人の中の米国公衆衛生局けれども決して公衆衛生局は彼らの病気を彼らに話す、彼らを扱う;(1932年-1972年)

代わりに、徴候と病気の進行に続くために、研究者は人間モルモットとして人を使う。

彼らすべては結局梅毒で死に、彼らの家族は、決して、彼らが扱われ(Goliszek、ヴァージニア大学の健康システム健康科学ライブラリ)たかもしれないと言われない。

(1937年) コーネル大学医学校の科学者は、人のテスト対象の上の気休め薬と盲目のアセスメントテクニックの両方を使う狭心症薬研究を出版する。彼らは、気休め薬を与えられた主題が、実際の薬を与えられた人々より改良の多くを徴候において経験したと気づく。

これは米国(「偽薬効果」)で出版された偽薬効果の最初のアカウントである。

(1939年) 吃る根についての彼の理論をテストするために、突出した言語病理学者ウェンデル・ジョンソン博士はダベンポートのアイオワ兵士の孤児院で22人の子供への彼の有名な「怪物実験」を実行する。

ジョンソン博士と彼の大学院生が子供を強烈な心理学的なプレッシャーの下に置いてその結果彼らを、重く吃ることと正常に話すことから切り換えさせた。

伝えられるところでは、ジョンソン博士は、時間、学生の何人かに、その、「第二次世界大戦の余波において、オブザーバーは被験者の上でナチス実験との比較を引くかもしれない(それは彼のキャリアを台無しにすることができた)」(人研究保護のための同盟)と警告する。

(1941年) ウィリアムC.ブラック博士は、医学の実験の一部として12ヶ月の年齢の赤ん坊をヘルペスに感染させる。その時、実験的な医学の雑誌編集者、フランシス・ペートン・ラウスはそれを、「続いていた病気が科学のために意味を持っていたので許されていることではなく権力の濫用(個人の権利侵害)」(シャーラーヴ)と呼ぶ。小児科学のアーカイブの1941年の問題の中の記事は、医師が口頭のモップ(Goliszek)によって病気の子供から健康な子供に病気をうつす厳しいゴム病気ヴァンサンアンギナの医学研究を説明する。Drs.フランシスとソークとミシガン大学の他の研究者は直接ミシガンの精神病院からの「ボランティア」の鼻腔の中に大量の野生のインフルエンザウイルスを吹きかける。テスト対象は時間(ミクルジョン)の非常に短期以内にインフルエンザを患う。妊娠した女性(Pacchioli)の鉄の要件を決定するために放射性の鉄を含むバンダービルト大学出生前のクリニック「カクテル」で、研究者は800人の非常に貧乏な妊娠した女性を与える。

(1942年) 生物兵器を作成し、彼らに対して防止方法を発展させるために働いている約500人の科学者を雇用して、米国はフォートディートリック、92エーカーの施設を作成する。

フォートディートリックの主要な目的は、病気が吸入、消化によってまたは皮膚からの吸収を通してうつされるかどうかを調査するのを含む;

もちろん、これらの細菌戦実験は重く被験者(Goliszek)の使用に依存していた。

米国陸軍と海軍の医師は、病気を勉強し、希望的にそれへの治療を開発するために、シカゴの400人の受刑者をマラリアに感染させる。囚人は、彼らが戦争の準備を助けていると言われるけれども、彼らが、マラリアに感染しようとしていると言われない。ニュルンベルク裁判の間、アウシュビッツ(コバーンとセントクレア、eds。)のような強制収容所の中で彼ら自身の医学の実験を防御するために、ナチス医師は後でこのアメリカ研究を引用する。化学兵器戦争サービスは米国軍隊の4,000人のメンバーへのマスタードガスとルイサイトの実験を開始する。何人かの被験体は、彼らが、1944年に、彼が、「アメリカ海軍夏服」(Goliszek)をテストすると自発的に申し出ているだけであると思う17歳のネイサンSchnurmanのように化学物質暴露実験に志願していることに気がつかない。アメリカ海軍によって後援された実験において、ハーバードの生化学者エドワード・コーンは雌牛の血(シャーラーヴ)をマサチューセッツ州刑務所の64人の囚人に注入する。

メルク調剤社長ジョージ・メルクは、戦争調査業務(WRS)(細菌戦プログラム(Goliszek)の設立を監督するために設計されたエージェンシー)のディレクターに任命される。

(1943年) 「精神障害への寒冷な温度の影響を勉強する」ために、シンシナティ大学病院の研究者は華氏30度(シャーラーヴ)の120時間の間16人の精神障害の患者を冷蔵されたキャビネットに引き留める。

(1944年) 結局原子爆弾を作成するであろうマンハッタン計画の一部として、研究者はノックスビル、テネシーの20マイル西のオークリッジ施設で4.7マイクログラムのプルトニウムを兵士に注入する。

(「マンハッタン計画:オークリッジ」)。

北アフリカで得られた肝炎で感染した見本を囚人に接種して、A. W.フリッシュ指導者、経験豊かな細菌学者はディアボーン、ミシガンで州刑務所から4人のボランティアへの実験を開始する。

1人の囚人が死ぬ;

2つの他が肝炎を患うけれども、生きている;

4番目は、徴候を現わすけれども、実際病気(ミクルジョン)を患わない。

ヘモグロビン(Goliszek)の代謝を学ぶために、ミネソタ大学とシカゴ大学の研究所労働者はリン32を人のテスト対象に注入する。

(1944年? -? 1946年)迅速にマラリア--第二次世界大戦について同盟した成功を妨げている病気--の治療法を開発するために、シカゴ大学医学校教授Alf Alving博士は、輸血、それから彼ら(シャーラーヴ)への実験マラリア治療を通してイリノイ州病院の精神病の患者を病気に感染させる。

原子爆弾コンポーネントフッ化物の中枢神経系(CNS)効果についての彼の懸念を表現し、これらの効果の範囲を決定するためにされるために動物の研究を要求して、衛生隊の中の指導者は1944年4月のメモをCol.スタンフォード ウォレン(マンハッタン計画の医務班の頭)に提出する:

「臨床の証拠は、ウラニウム六フッ化物がむしろ顕著な中枢神経系効果があるかもしれないことを示唆する…」

おそらく、[ウラニウムのためのコード]というよりもF[フッ化物のためのコード]コンポーネントが原因因子であるようである…

「これらの化合物との仕事が必須なので、どんな精神的な効果が露出の後に起こるかもしれないかを事前に知ることは必要になるであろう」。

次の年に、マンハッタン計画はフッ化物の効果(グリフィスとブライソン)上の人ベースの研究を開始するであろう。

現在不名誉なロチェスター大学放射線学者Col. Saffordウォレンによって導かれたマンハッタン計画医療チームはプルトニウムを大学の教育病院の患者、強い記念(バートンリポート)に注入する。

(1945年) マンハッタン計画を続けて、研究者はシカゴ大学のビリングズ病院(シャーラーヴ)でプルトニウムを3人の患者に注入する。米国(「プロジェクトPaperclip」)の空気力学と化学兵器戦争医学の上の極秘の政府プロジェクトの上の仕事と交換に免疫と秘密のアイデンティティをナチス科学者に提供して、米国の州部門、軍隊知能、およびCIAは操作Paperclipを開始する。

研究者は、病気(シャーラーヴ)を勉強するために、アトランタの800人の囚人をマラリアに感染させる。

(1945年? -? 1955年) ニューバーグ、N.Y.で、マンハッタン計画と結び付いた研究者は、これまでに、公的な飲み水(グリフィスとブライソン)にフッ化物を入れる健康効果についてされた最も広いアメリカ研究を開始する。

(1946年)きた人間(Goliszek、シャーラーヴ)の生体解剖を実行するのを含めて、彼が中国人、ロシア人、およびアメリカ人の捕虜に実行した恐ろしい実験のために起訴の免除をイシイ(注・731部隊)に与えることと交換に人体実験から集まった10,000ページの情報を日本人医師石井四郎博士との取り引きで、将軍ダグラス・マッカーサーは秘密を作る。

研究者が、どのように人体が吸収するか、配布するか、そして砒素(Goliszek)を排出するかを研究することができるように、シカゴのアルゴンヌ国立研究所の男性の、そして女性の被験体は砒素の76の静脈注射を与えられる。1945年のニューバーグ風の研究を続けて、マンハッタン計画は、「プログラムF」とコードネームを付けられたプロジェクトの中で動物と人へのフッ化物の効果を勉強することをロチェスターの大学に委任する。ニューヨーク州保健部のヘルプによって、プログラムF研究者はひそかにニューバーグ風の居住者から血と組織のサンプルを収集し、分析する。研究は原子力委員会によって後援されて、ロチェスター大学メディカル・センターの強い記念病院(グリフィスとブライソン)で起こる。

いい女・?


私たち・・いい女??

民主党ヒラリー・クリントン

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi
 




二〇〇八年米国大統領に選出される可能性が増大しつつある

民主党ヒラリー・クリントンは、ブッシュネオコン共和党政権と本質的には全く同じ、と(『アメリカン・コンサバティブ』誌)。




更新 平成18年03月23日23時57分


平成十八年(二〇〇六年)三月二十三日(木)

(第一千六百二十五回)

    

○パトリック・ブキャナンの主宰する「アメリカン・コンサバティブ」誌、 二〇〇六年三月二十七日号。


○ここに、ジャスティン・ライモンド(Justin Raimondo)


  Hillary the Hawk

  The Democrats' Athena only differs from Bush on the details.

  
http://www.amconmag.com/2006/2006_03_27/cover.html
 


  【タカ派としてのヒラリー(クリントン)―民主党のアテナ(古代ギリシャの女神。ヒラリーを示す)とブッシュの違いは、ごく小さな部分に過ぎない(本筋に於て、両者は同じである)―】


○二〇〇八年の米大統領選挙での、民主党の候補として、ヒラリー・クリントンがますます有力になって来て居る、では、ヒラリー・クリントンの政治路線はいかなるものなのか。


○このJ・ライモンドの論説は、ヒラリー・クリントンの外交政策が、ブッシュネオコン政権のそれと、殆んど全く同一である、と論証する。


○従って、二〇〇八年、米国の共和党系の孤立主義者は、共和党の国際干渉派と、民主党の国際干渉派と、その二者のうちの一方を選択する他ない立場に立たされる、と。


○ここで、「国際干渉派(インターベンション派)」と呼ばれる陣営の内容は、今の情勢では、イラクにつづき、イランに対する戦争を開始せんとする勢力を意味する。


○しかし、米国の今の国力では、イランと戦争して、勝利する展望は存在しない。


○「アメリカン・コンサバティブ」の前出号、十一頁以下に、スコット・マッコーネルの


  Mission Improbable

  Even the neocons, who long for war with Iran, concede it isn't feasible.

  
http://www.amconmag.com/2006/2006_03_27/feature.html
 


○と言う論文がある。


○米国のイランに対する戦争は、見通しが立たない、と言う。


○米国のネオコンでさえも、今、米国がイランと戦争を始めて、勝利する展望を示すことが出来ないと。


○これが今の状況である。


○しかし、枠組を別に立てれば、別の展望が見えるであろう。


○つまり、米国とイスラエルの核ミサイル数百発を発射して、


○イラン人民を全滅させるのである。


○米国とイスラエルはそのための暴力装置は保持して居るであろう。


○ヒラリー・クリントンは、イルミナティサタニスト世界権力ヒエラルキーの

 高位のサタニストであると、言われて居る。


○彼女はアテナ(古代ギリシャの女神)、と呼ばれるべきではないだろう。


○ヒラリーにふさわしい名前を、筆者は今思いつかないけれども、


○イルミナティが、ヒラリー・クリントンを、第三次世界大戦期の米国大統領

 たるべく育成して来た、と想定することは妥当なところであろう。


 (了)


●[注]


○テックス・マーズは、既に、

 ヒラリー・クリントンがユダヤ人、ユダヤ系であることを突き止めた、との

 調査報告を公表して居る(『週刊日本新聞』四二九号十五頁、その他)。





http://www.trosch.org/wom/hillary.html
 


Pro Abortion Feminist

Hillary Rodham Clinton

The woman behind the Monica events!

Is that a HIEL?

Believer in the One World Order




Title: HILLARY CLINTON WEARS NEW LAPEL PIN THAT REPRESENTS HER AS AN ILLUMINIST




Subtitle: Hillary Clinton and some Administration associates have been wearing a lapel pin that is clearly an ancient symbol used by the Masters of the Illuminati. This illustrates the contention that Hillary and Bill Clinton are practicing Illuminists. The public use if this pin gives credence to the concept that the New World Order is very, very close. The New World Order is coming! Are you ready? Once you understand what this New World Order really is, and how it is being gradually implemented, you will be able to see it progressing in your daily news!!


THE CUTTING EDGE


It has been reported that Bill and Hillary are practicing Illuminist witches, through the series entitled, "Clinton's Fatal Leadership". There have been reported many evidences of this phenomenon, but only after the Biblical foundation was set in NEWS1215, "Clinton Identifiable In Biblical Prophecy As One Of The 10 Kings of Daniel 2 & 7, and of Revelation 17." If you have not yet read this article you are encourage to do so now. Then read the full article and others in the series by clicking on the link on The Cutting Edge home page entitled, "Clinton's Scandals". click BACK to return to this web page.


PHOENIX BIRD ONE OF MAJOR SYMBOLS OF THE ILLUMINATI


The Phoenix Bird is one of the foremost symbols of the Illuminati, according to Doc Marquis. Therefore, since Hillary Clinton is wearing this symbol, we can know conclusively that she is an Illuminist. Further, since this Illuminist lapel pin was worn by two people very close to President Bill Clinton, we can know for certain that he is an Illuminist, too. [This lapel pin was seen being worn by: Donna Shalala, Secretary of Health and Human Services and Bettie Currie, Clinton's Personal Secretary, see U.S. News & World Report, 2/9/98].


Finally, this lapel pin was seen being worn by Conservative Republican Jeanne Kirkpatrick! This fact demonstrates conclusively that both Democrats and Republicans, Liberals and Conservatives, are equally committed to the New World Order! Now you are deceived no longer and you know the truth of what is really going on in Washington, D.C. President Clinton will not get removed from office because that is most definitely not the plan, as the Republican leadership is just as committed to the New World Order as is Clinton.




プロ中絶フェミニスト

ヒラリー・ロダム・クリントン

モニカ・イベントの影の女性!

それは神の生活であるか?



一方の世界秩序についての信者

タイトル:

ヒラリー・クリントンは、イルミナティとして彼女を見せる新しいラペルピンを身につけている。

サブタイトル:

ヒラリー・クリントンと何人かの管理仲間は、はっきりと、イルミナティのマスタによって使われた古代のシンボルであるラペルピンを身につけていた。

これは、ヒラリーとビル・クリントンがイルミナティを行っているという主張を説明する。

このピンが、新世界秩序が非常に、非常に近いという概念を信用するならば公用。

新世界秩序は来る!

あなたは用意できているか?

あなたが、この新世界秩序が本当に何であるか、そしてどうそれが徐々に実施されているかを理解していたら、あなたは、それがあなたの毎日のニュースについて進歩するのを見ることができるであろう!!

最先端

ビルとヒラリーが資格を与えられたシリーズ、「クリントンの致命的なリーダーシップ」を通してイルミナティ魔女を行っていることは報告されている。

そこで、この現象けれども聖書のファンデーションがNEWS1215、「それダニエル2&の10人の王の聖書の予言アズワンで同一視可能なクリントン 7 と暴露17の。」にセットされた後にだけ、多くの証拠が報告されなさい。

あなたがまだこの記事を読んでいないならば、あなたは、現在そうするために促進することである。

それから、資格を与えられた最先端ホームページの上のリンクの上で、「クリントンのスキャンダル」(このWebページに戻すクリックBACK)をクリックすることによって、シリーズにおいて完全な記事とその他を読んでなさい。

イルミナティの主要なシンボルのフェニックス鳥1

ドク・マーキュースによるとフェニックス鳥はイルミナティの最初のシンボルの1つである。

従って、ヒラリー・クリントンがこのシンボルを身につけているので、私達は、彼女がイルミナテであると明確に知ることができる。

より、このイルミナティラペルピンがビル・クリントン大統領と非常に親しい2人の人々によって身につけられていたので、私達は、彼がまたイルミナティであるといくつかのことで知ることができる。

このラペルピンは次によって摩耗させられていることを見られた:

ドナ・シャレーラ、保健福祉省長官、およびベティー・カレー、クリントンの秘書はU.S.ニュース&ワールド・リポート、2/9/98の]を見る。

最終的に、このラペルピンは保守的な共和党員ジャンヌ・カークパトリックによって身につけられていることを見られた!

この事実は、民主党員と共和党員、自由主義者、および保守主義者両方が新世界秩序を等しく約束することを明確に証明する!

さて、あなたはもう欺かれていなく、あなたは、共和党のリーダーシップが、ちょうど、クリントンであるほど新世界秩序を約束する時に、それがとても明確に計画ではないので、ワシントンD.C.クリントン大統領の中で本当に起こっているものの真実がオフィスから取り除かれないであろうと知っている。


HILLARY CLINTON RECEIVING BLESSING

FROM A SHAMAN

This picture is truly worth 1,000 words. Here, we see Hillary being "blessed" by a Native American shaman
, giving her a traditional American blessing. Native American spirituality is quite the rage these days, as you can see for yourself by going into a New Age bookstore, where you will find so many books touting their old religion. The reason New Agers and witches of all stripes are really "into" Native American spirituality is that the Native Indians practiced an Earth Mother worship very close to our current New Age. In fact, Native Americans are held up continuously as supreme examples of an entire nation "living close to Nature", in "perfect harmony and balance." Hillary would have had no trouble allowing a Native American shaman to bless her and pray over her.


The facts seem to be all in. Bill and Hillary Clinton are just what Doc Marquis said they were, telling me back in 1992 that they both were practicing Illuminist Witches, with Hillary outranking Bill in the occult world. Again, if you have not read our articles on the Clinton Scandals, we urge you to do so. After reading these articles, you will understand that our leaders are truly what the Bible says they will be at the End of the Age -- powerful, Black Magic witches, just as Antichrist will be when he arises. http://cuttingedge.org/articles/scandals.cfm



恩恵を受け取っているヒラリー・クリントン

シャーマンから

この写真は1,000の言葉に本当に値している。

ここで、私達は、彼女に伝統的なアメリカ恩恵を与えて、アメリカ先住民シャーマンによって「祝福されている」ヒラリーに会う。

あなたが、ニューエイジ書店に入ることによって自分でわかることができる時に、アメリカ先住民精神性は最近はなかなかの激怒である(そこで、あなたはそんなに多くの本がそれらの古い宗教を宣伝するのを発見するであろう)。

すべての縞のニューエイジ信奉者と魔女が本当に「中」アメリカ先住民精神性である理由は、ネイティブ インディアンが私達の現在のニューエイジに非常に近い地球母礼拝を行ったことである。

実のところ、アメリカ先住民は「完全な調和とバランス」における1つの国家全体「自然に近い生活」の最高の例として継続的に挙げられる。

ヒラリーは、アメリカ先住民シャーマンが彼女を祝福し、彼女について祈ることを可能にすることにおける苦労を全然抱えていなかったであろう。

事実は、全てであるようである。

ビルとヒラリー・クリントンは、まさに、ドク・マーキュースが、それらがあると言ったものであり、彼らが両方とも、ヒラリーがオカルト世界でビルより位が高い状態でイルミナティ魔女を行っていたという私に話すことは1992においてである。

再び、あなたがクリントンスキャンダルの上の私達の記事を読まなかったならば、私達は、そうすることをあなたに勧める。

これらの記事を読んだ後に、あなたは、私達のリーダーが、本当に、バイブルが、それらが年の終わりにあると伝えているものであると理解する--強力であることおよび黒魔術魔女 ちょうど反キリストがである 時 彼 アリセス. http://cuttingedge.org/articles/scandals.cfm


 偽メール事件の意味

ベンチャー革命2006年3月23日

                           山本尚利

タイトル:
日本政治の親米化促進:偽メール事件の意味



1.民主党偽メール事件の意味

 2006年3月22日、民主党偽メール事件の張本人、永田寿康衆院議員が、ライブドア堀江氏と

武部自民党幹事長をめぐる選挙資金スキャンダルにかかわる偽メール事件で釈明会見を行い

ました。予想通り、新しい内容はなく民主党の威信をさらに失墜させています。反小泉の急

先鋒、政治評論家の森田実氏は、小泉一派により自民党から追い出された亀井静香氏の発言

を引用し、民主党偽メール事件の闇について徹底究明を叫んでいます。(注1)

 この偽メール事件で、もっとも恩恵を受けたのは、結局、小泉政権でした。前原民主党執

行部は、意図的か、結果論かを別にして、「敵に塩を贈った」のは確かでした。

 筆者が、偽メール事件の顛末をみて直感したことは、日本政治の対立軸が、もはや自民党

vs民主党ではなく、実質、親米派と愛国派に明確に分断されることが鮮明になった、とい

うことです。(注2)

 小泉・前原両氏が親米派のシンボルだとすれば、亀井・森田両氏は愛国派のシンボルでしょ

う。小泉氏は2001年4月に総理大臣に任命されましたが、当時の自民党はまだ亀井氏のような

愛国派(ただし、単なる利権主義者を含む)が過半数を占めていました。自民党をぶっ壊す

と叫んで首相の座を射止めた小泉氏は、自民党内では異端政治家であり、まさに獅子身中の

虫のような存在でした。当時の自民党主流であった愛国派は国民から利権主義者とみなされ

毛嫌いされていました。この国民感情を巧みに利用して米国覇権主義者は、森氏(愛国派寄

り)をワンポイント・リリーフにして森派の小泉氏(親米派)に見事、バトンタッチさせたの

です。この首相交代サプライズの流れを実現するのに、2001年2月9日に起こった愛媛丸事件

(注3)が間接的にかかわっているのではないかと、筆者は個人的に感じています。愛媛丸

事件は森首相を短命で失脚させ、結果的に親米小泉首相誕生のトリガーとなりました。

 ところで、2005年末に立て続けに勃発した耐震偽装事件、ライブドア事件で窮地に陥った

小泉内閣を救ったのが2006年2月16日に勃発した民主党偽メール事件ではないか、というのが

反小泉の愛国派の一致した見方です。

 この見方が正しいとすれば、耐震偽装事件やライブドア粉飾決算事件は、反小泉の愛国派

官僚が、小泉親米一派にリベンジするために仕掛けた陰謀的事件ということになります。一

方、民主党偽メール事件は、小泉一派が、九死に一生を得るために仕掛けた危険承知の大バ

クチであったということになります。この陰謀事件説が正しければ、その効果は絶大であっ

たといえます。なお、筆者はこれらの見方にまだ一抹の疑問をもっていますが・・。

 しかしながら、耐震偽装事件もライブドア事件も、偶然起きた事件ではないのも確かで

す。なぜなら、両事件とも、事件そのものは過去に起きており、何者かが、タイミングを見

計らって、公にした国策捜査的事件だからです。その効果は絶大で、一時、小泉政権が確か

に危うくなりました。この事件で、2005年、9.11郵政民営化選挙で大勝利した小泉政権は決

して磐石の独裁政権ではないことが露呈されました。



2.レームダック小泉親米党を蘇生させた前原民主党への疑惑

 偽メール事件は、発表されている内容(要するに永田議員がフリージャーナリストにだま

された)が正しいならば、誰が何のために、永田議員をだましたのかさっぱりわかりませ

ん。このまま、この事件をうやむやにしたら、今後、民主党を支持する国民は大幅に減るは

ずです。このままでは民主党は再起不能です。前原執行部はなぜこんなミエミエの必殺オウ

ンゴール(自殺点)を放ったか?そこで、うがった見方が成立するのです。(注4)

 この事件は、小泉一派の仕掛けた大バクチの陰謀に、民主党若手が意図的に乗っかったも

のであり、結局、前原執行部は小泉政権の窮地を救った。その反動で、これほどまでに恥さ

らしものにされた前原・永田両議員は、小泉首相に大きな貸しをつくったといえます。前原・

永田両氏は、しばらく針のむしろで我慢してくれ、いずれキミタチの骨は拾うよと、誰かに

闇から囁かれているにちがいありません。

 偽メール事件における前原民主党執行部の一連の対処から類推するに、近未来、日本政治

に大再編が起きるのではないかという予感がします。いよいよ、親米二大政党時代が到来す

るのではないでしょうか。自民党も民主党もいったん分裂・再編されるはずです。その結果、

新たに生まれるニュー自民党もニュー民主党も親米派主流となって、米国覇権主義者の手の

ひらの中で、茶番劇を繰り返すパターンです。



3.小泉親米党のミッションとは

 2006年3月23日の新聞では、王ジャパンの日本プロ野球世界一のビッグニュースの影で、日

本政府の資産圧縮112兆円の記事がコッソリ載っています。政府資産売却は、小泉親米党のミ

ッションのひとつです。米国覇権主義者にとって、日本の郵政民営化が日本攻略の第一ステ

ップだとすれば、日本政府の資産売却は、日本攻略の第二ステップです。愛国派からみて案

の定、予想通りの展開です。この記事はわれわれ日本国民にとって極めて重要です。プロ野

球の王ジャパンの優勝に酔っている場合ではありません。自民党政権の傀儡化に成功した米

国覇権主義者の対日攻略の最終ターゲットは自民党の親米化ではなく、実は、愛国派の日本

官僚集団の攻略でしょう。現在、日本の官僚トップ集団の一部で親米化は実現しています

が、愛国派官僚もまだ相当数、潜在していると思われます。

 2006年1月16日、東京地検特捜部によるライブドアへの強制捜査は小泉政権への打撃を織り

込み済みで実行されており、米国覇権主義者の対日攻略に対する、愛国派日本官僚の反撃と

みなせないこともありません。一方、2006年3月22日発表の、日本政府の資産売却計画は、米

国覇権主義者が、小泉親米政権を介して、日本官僚の既得権益の奪取を開始した兆候とみな

せないこともありません。

 さて、日本国民は今後、売国的な小泉・前原親米派を応援すればよいのでしょうか、それと

も、米国覇権主義者による巧妙な対日攻略に抵抗する愛国派の政治家や官僚を応援すればよ

いのでしょうか。前者を応援すれば、日本はいったん崩壊する危険が大です。しかしなが

ら、後者を応援したからといって、日本国民が救われるとは限りません。米国覇権主義者に

抵抗する愛国派の本質は、国民の利益を守るためではなく、所詮、勝ち組の彼らの既得権益

の死守にすぎない、という側面が潜むのを否定できないからです。したがって、小泉新米党

が日本政府の資産を売却しようとしまいと、どっちにころんでも日本国民は「抑圧の委譲」

によって犠牲にされることに変わりありません。要するに、最後のツケはすべて国民に回さ

れるでしょう。



4.甘くない日米関係

 2006年3月12日、山口県岩国市で米軍基地再編をめぐる住民投票が行われ、日本国民が米軍

の日本駐留に本音では強く反対していることが露見しました。そこですかさず、3月16日、シ

ーファー米国大使が、横田めぐみさんの拉致された現場視察を行い、日本国民の反米化傾斜

に待ったをかけました。米国覇権主義者の見事な采配です。彼らは、日本国民が米国覇権主

義者の魂胆に気づくのを何より恐れていることの証です。日本国民が能天気でいてくれれ

ば、日本と戦争せずに、日本が保有する4兆ドル相当の米国債権を奪取できるからです。ケネ

ディ暗殺すら厭わない非情な米国覇権主義者とて、できるなら日本国民を殺したくはないの

です。戦前の日本のように、彼らに徹底的に抵抗すれば、わけなく戦争にまで発展するでし

ょう。

 たとえば2006年3月18日、マイク・ジョハンズ米国農務長官が、日本が米国産牛肉輸入の再

開をしないなら、とんでもないことが起きると恐喝的声明を出しました。この発言は要注意

です。日本の愛国派農林官僚が徹底的に抵抗すれば、米国は対抗措置として、日本の自動車

メーカーや電機メーカーの米国内ビジネスに深刻な打撃を加えるでしょう。日米関係は決し

て甘くない。この点をすべての日本国民は深く認識すべきです。

 ところで、米国においてプロのスポーツゲームは一種の擬似暴力と位置づけられていま

す。とりわけプロ野球は、低所得者層や虐げられたマイノリティの暴動を防止する安全弁と

みなされています。WBC(World Baseball Classic)は環太平洋地域での米国のヘゲモニーを既

成事実化するために米国覇権主義者が企画したのでしょうが、その意図に反して、日本の王

ジャパンが奇跡の優勝を成し遂げました。変わり身の早い彼らは、早速、ニューヨークタイ

ムズ2006年3月22日号に祝勝日本ヨイショの全面広告を掲載しているそうです。米国覇権主義

者は、国内におけるマイノリティのマインドコントロールと同じ感覚で、WBCでの日本優勝

を、日本国民のマインドコントロールに早速、利用しています。プロ野球世界一と日本国民

が能天気で喜んでいても、米国覇権主義者は常に冷静に計算して対応してきます。



注1:森田実日記

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/


注2:ベンチャー革命No.89「親米党と愛国党の対立軸の提案」2004年6月23日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr089.htm


注3:えひめ丸事件

http://www.shinnihon-net.co.jp/catalog/product_info.php?products_id=1584


注4:ベンチャー革命No.187「堀江メール事件:民主党若手の少年探偵団ごっこ?」2006年2月26日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


導火線に火がついているのか?

Iran daily warns of dangerous year ahead

Mon. 20 Mar 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Mar. 20 ? An Iranian state-run daily warned in an editorial that the coming Persian year beginning March 20 will be “full of dangers”.


The number one danger for Iran was over its nuclear project, which is facing international opposition, the daily Etemaad wrote in its Sunday edition, the last to come out before the Persian New Year.


“According to information we have obtained until now, it must be said that the coming year is perceived to be a year full of dangers for Iran”, the daily wrote.


“Considering the political and international status quo during the last days of the year, the coming year will be very hard for Iran”.


“The main danger for Iran is naturally focused on the nuclear dossier, but the main danger which threatens us in this regard and is more apparent to the people is the danger posed by the economy”, it added.


?イランは毎日これからの危険な年を警告する。

2006年3月20日月曜日

イランフォーカス

テヘラン、イラン、3月20日

イランの国営の日刊新聞は、3月20日に始まる次のペルシャの年が「危険でのいっぱい」になるであろうということを論説において警告した。

その日曜日の版(ペルシャの新年の前になるための最後)において、イランのためのナンバー・ワン危険は、その核のプロジェクトの(それは国際的な反対に直面している)上にあったと日刊Etemaadは書いた。

「私達が現在まで得た情報に一致して、次の年が、イランのために危険でいっぱいの1年であることに気づかれていることは言われなければならない」と日刊は書いた。

「その年の最後の日々の間に政治的で、国際的な現状を考慮するとすると、次の年はイランのために非常に難しくなるであろう」。

「イランのための主要な危険は核の関係書類に自然に焦点が合うけれども、この点で私達を脅かしていて、人々により明白な主要な危険は経済によって提出された危険である」とそれは付け加えた。


Bush warns Iran on Israel

Mon. 20 Mar 2006

CLEVELAND, Ohio, March 20, 2006 (AFP) - US President George W. Bush said Monday he hoped to resolve the nuclear dispute with Iran with diplomacy, but warned Tehran he would "use military might" if necessary to defend Israel.


The US president accused Iran of trying to develop atomic weapons and called that "unacceptable behavior" but stressed that "our objective is to solve this issue diplomatically."


Bush also referred to Iranian President Mahmoud Ahmadinejad's "serious threat" against Israel and warned that if necessary, "we will use military might to protect our ally, Israel."


ブッシュはイスラエルの上でイランに警告する。

2006年3月20日月曜日

クリーブランド、オハイオ、2006年3月20日の(AFP) - 米国大統領ジョージ・W・ブッシュは、彼が、外交とのイランとの核の論争を解決することを望むけれども彼が、必要ならイスラエルを防御するために「軍事力を使う」であろうということをテヘランに警告したと月曜日に言った。

アメリカの大統領は、核兵器を開発しようとしたことでイランを告発し、その「受け入れ不可能な行動」を呼んだけれども、その、「私達の目的は、外交上この問題を解決することである」を強調した。

ブッシュはまたイスラエルに対してイランの大統領Mahmoud Ahmadinejadの「重大な脅威」を参照し、それは、必要なら、「私達は、私達の同盟者、ユダヤ人を保護するために軍事力を使う」と警告した。

Japan wins Baseball Classic








Top of the World: Japan wins Baseball Classic
Japan got four in the first.


Japan got four in the first. (AP)
?Days ago Japan thought it would be going home early. On Monday, Japan beat Cuba 10-6 to win the World Baseball Classic. Recap

官僚廃止


官僚の天下り

 


http://www.kyudan.com/opinion/amakudari.htm


役所の局長室を訪ねた人が、秘書に面会を請うた。

秘書 「局長はおりません」。

客 「午前中は働かないのですか?」。

秘書 「午前中は出勤しません。働かないのは午後です」。

官僚の仕事ぶりを皮肉った外国の小話。



天下り、と言うのは公務員、もしくは公職につく者が退職後、職業に関連の深い法人や、協会と言った所に、たかる事を目的に再就職することです。 天下り先で金になる優良な公益法人や財団、協会を多く持つのは一番に国土交通省。 平成14年だけで321人が たいした仕事も無く、給料が高く、法外な退職金がもらえる傘下に就職してます。 次が厚生労働省、114人が再就職。 各省とも大体100人前後が天下り先に就職してます。



下のリストは各省庁で公開している天下り先のリストにリンクしてますが、ほとんどが簡単に流用できないようにPDF(アクロバットリーダー)です。 こちら
から無料で入手出来ます。 このPDFファイルを利用する場合はページ左上の●の保存でコピーします。 編集→すべて選択、編集→コピーしてWORDなどに貼り付けます。 フォントの変換できれいにコピー出来ます。



しかし、このリストで公開されているのは、差しさわりのないホンの一部で、悪事を働いて懲戒解雇の前に依頼退職しているような悪辣な官僚は公表されません。

































会計検査院
 
防衛庁
 
財務省
 
人事院
 
金融庁
 
文部科学省
 
内閣官房
 
総務省
 
厚生労働省
 
内閣法制局
 
公正取引委員会
 
農林水産省
 
内閣府
 
公害等調整委員会
 
経済産業省
 
宮内庁
 
法務省
 
国土交通省
 
警察庁
 
外務省
 
環境省
 


官僚の天下り、半数以下に 特殊法人などのトップ人事  特殊法人はこちら
 認可法人はこちら




中央省庁幹部による特殊法人や独立行政法人の天下り問題で、政府は、トップと常勤役員への官僚出身者の起用を全体の半数以下に抑える方針を決めた。 小泉が政府系金融機関トップへの事務次官経験者の起用をやめ、その他の特殊法人についても天下りを減らす意向を示したことに、各省庁で困惑や疑問の声が出ている。 小泉としては具体的な目標を定めることで、「官」の抵抗を排除するとともに、夏の参院選に向けて「官から民へ」をめざす姿勢をアピールだけでもしたい考えだ。



 福田官房長官が記者会見で「特殊法人、独立行政法人は公共性の高い業務を効率良く実施することが求められる。 事務次官などのポストからの任用を固定化させない。 法人の長、役員は官民のバランス良く適材適所で登用する。 長は長、役員は役員でそれぞれ半数以下に役人の天下りを抑える」と明らかにした。



 閣議了解が必要な特殊法人などのトップ人事は、福田を長とする首相官邸の閣議人事検討会議で最終的に決める。 福田は(1)民間からの起用(2)各法人の内部登用――をあわせて半数以上にする方針を示したうえで、「半数」を目安とした根拠については「合理的な理由はない。 その辺をまず目標にしようという考え方だ」と説明した。 つまり、選挙用に言ってみただけで、本心は何も変える気はないという事だ。



 これに関連して小泉は、「次官経験者は自分の役所の特殊法人などへの天下りは既得権と思っちゃいけない。 その一環だ。 当面半分を目標にしよう、ということです」と記者団に語った。 小泉は衆院予算委員会で、九つの政府系金融機関の大半のトップが次官経験者で占められている現状について「いまの人が辞めるときには次官経験者がなることはない」とした上で、自分が辞めてから、どのようになるかは責任がもてないとも明言した。



 一方、新東京国際空港公団が4月に民営化して発足する成田国際空港の社長には、元運輸次官の就任を認めた。 小泉周辺は、成田空港が過激派のゲリラ行為の標的となってきた経緯から「役所の人間もやりたがらないポスト。 まして民間人はやりたがらない」と天下り容認の理由を説明した。 



各省庁から官邸に判断を求められている人事案件は現在、特殊法人から独立行政法人に移行して4月に発足する海洋研究開発機構など22件。 まずはこれらの人事が試金石になる。 答弁書によると、両省庁を退職した幹部を受け入れたのは年金や医療に関連する62法人。 給与(本俸月額)は、結核予防会の理事長が約 116万円、厚生年金事業振興団の常務理事で 52万円など。退官時の退職金は、最も多い人で 9039万円、25人が 5000万円以上受け取っていた。



財団法人日本学術振興会 (この財団法人は文科省が所管する特殊法人) 理事長は月給約 105万円、年収約 2000万円の超高給取り。 理事長の任期4年をまるまる務めれば、この天下りだけで退職金も含めて1億円近くが転がり込む。



ヤマト福祉財団理事長(元ヤマト運輸会長)小倉さんが、こう言ってむくれていました(日経ビジネス2001/2/12)。

日本障害者雇用促進協会では、雇用促進法に定める1.8%の雇用をしていない企業から、一人当たり5万円を徴収し、基準以上に雇用している企業に報奨金を支払う作業をしている。

ところが、この協会はデラックスな事務所にいて、職員は700人、会長は元労働次官で年収三千万円。 ただ金を集めて配布するだけの仕事に、どうしてこんな仕組みが必要なのか。 
Go to fullsize image





蛇足


日本のイルミナティ上級公務員などいらない・・。官僚ポストは民営化しろ・。

虐待



Revelations add to picture of US torture



Eric Schmitt and Carolyn Marshall / SMH | March 19 2006


AS THE Iraqi insurgency intensified in early 2004, an elite US special operations forces unit converted one of Saddam Hussein's former military bases near Baghdad into a top-secret prison. There, US soldiers turned a former government torture chamber into their own interrogation cell, calling it the Black Room.


In the windowless room, soldiers beat prisoners with rifle butts, spat in their faces and used them for target practice in games of jailhouse paintball. Their aim was to extract information to help hunt down Iraq's most wanted terrorist, Abu Musab al-Zarqawi, US Defence Department personnel said.


The Black Room was part of a temporary prison at Camp Nama, the secret headquarters of the elite Taskforce 6-26. Located at Baghdad International Airport, the camp was the first stop for many insurgents on their way to nearby Abu Ghraib prison.


Pentagon personnel who worked at Camp Nama said prisoners often disappeared into a detention black hole, barred from access to lawyers or relatives, and confined for weeks without charges. "There were no rules there," one Pentagon official said.


The revelation adds to the picture of harsh interrogation practices at US prisons in Afghanistan and Guantanamo Bay, Cuba, as well as at secret CIA jails around the world.


The account of Taskforce 6-26 reveals the extent to which prisoners were mistreated months before and after the abuse at Abu Ghraib was made public in April 2004, and it makes nonsense of the original Pentagon assertions that abuse was confined to a small number of rogue reservists.


Taskforce 6-26 has had a high percentage of its troops punished for prisoner abuse.


At one point, a Defence undersecretary, Stephen Cambone, ordered his deputy, Lieutenant-General William Boykin to, "get to the bottom" of any misconduct.


A melting pot of military and civilian units, Taskforce 6-26 was formed in mid-2003. CIA officers, FBI agents and special operations forces from other countries also worked closely with the taskforce.


The unit had one priority: to capture or kill Zarqawi, the Jordanian militant operating in Iraq. "Anytime there was even the smell of Zarqawi nearby, they would go out and use any means possible to get information from a detainee," one official said. The harsh treatment of prisoners extended beyond Camp Nama to outposts in Baghdad, Falluja, Balad, Ramadi and Kirkuk.


At these some prisoners were stripped naked and had cold water thrown on them to cause the sensation of drowning, Pentagon personnel who served with the unit said.


In January 2004, the taskforce captured the son of one of Saddam's bodyguards in Tikrit. The man told army investigators he was forced to strip and that he was punched in the spine until he fainted, put in front of an air-conditioner while cold water was poured on him and kicked in the stomach until he vomited. Army investigators closed their inquiry in June 2005 after they said taskforce members used battlefield pseudonyms that made it impossible to identify the soldiers involved. The unit also claimed that 70 per cent of its computer files had been lost.


Despite the taskforce's access to a wide range of intelligence, its raids often failed, yielding little if any intelligence, Pentagon officials said. By early 2004, the CIA and the FBI had expressed alarm about the military's harsh interrogation techniques.


In the middle of 2004, Camp Nama closed and the unit moved to a new headquarters in Balad, 70 kilometres north of Baghdad. The unit's operations are now shrouded in even tighter secrecy.


The Justice Department inspector-general is investigating complaints of detainee abuse by Taskforce 6-26, a senior law enforcement official said.


新事実は米国拷問の写真に追加する.


イラクの暴動が2004年の初頭において強くなった時に、エリート米国特殊作戦部隊ユニットはバグダッドの近くのサダム・フセインの前の軍事基地の1つを極秘の刑務所に改造した。

そこで、それをブラック部屋と呼んで、米国兵士は前の政府拷問室を彼ら自身の質問室に変えた。


窓のない部屋で、兵士はライフルケツを持つ囚人を打ち負かし、彼らの顔につばをかけて、刑務所ペイントボールのゲームにおいて射撃演習のために彼らを使った。

それらの目的は、イラクの最も探されているテロリストを追い詰めるのを手伝うために情報を抽出することであったとアブ・マサブ・アル・ザカウイ、米国の防衛部門人員は言った。




ブラック部屋はキャンプ ナマ(エリート・タスク・フォース6-26の秘密の本部)で一時的な刑務所の一部であった。

バグダッド国際空港に置かれて、キャンプは近くのアブグレイブ刑務所に行く途中の多くの反乱者のための最初の停止であった。


キャンプ ナマ族で働いた国防総省の人員は、弁護士または親族へのアクセスを禁止されて、無料で何週間も閉じ込められて、囚人がしばしば引き留めブラックホールの中に消えると言った。

「そこに規則が全然なかった」と1人の国防総省役員は言った。


暴露は世界中の秘密のCIA刑務所でだけでなくアフガニスタンとグアンタナモ湾、キューバの米国刑務所で荒い質問習慣の写真に追加する。

タスク・フォース6-26のアカウントは、アブグレイブでの乱用が2004年4月に公表される数ヶ月前と後に、囚人が虐待された範囲を明らかにし、それは、乱用が少数の悪漢予備兵に制限されたというオリジナルの国防総省主張を無意味なものにする。


タスク・フォース6-26は囚人虐待のために罰せられたその軍の高いパーセンテージを持っていた。

あるポイントで、防御次官、スティーブン・カムボーンは、彼の代理人(どのような非行のでも、「底に到着しなさい」への副官将軍ウィリアム・ボイキン)を注文した。


軍隊と民間のユニットのるつぼ、タスク・フォース6-26は2003年半ばに結成された。

他の国からのCIA役員、FBIエージェント、および特殊作戦部隊はまたタスク・フォースと密接に働いた。

ユニットは1つの優先事項を持っていた:ザルカウイ(イラクで働いているヨルダンの闘士)を捕らえるか、殺すには。

「近くにザルカウイの臭いさえあったいつででも、彼らは、外出し、被抑留者から情報を得るために可能などのような方法でも使うであろう」と1人の役員は言った。

バグダッド、ファルージャ、バラド、ラマディ、およびキルクークの前哨基地にキャンプ ナマを越えて拡張された囚人の荒い扱い。


これらで、何人かの囚人は裸にされて、溺れる大評判となるために彼らに投げかけられた冷水を飲んだと、ユニットによって勤務していた国防総省の人員は言った。

2004年1月に、タスク・フォースはティクリットにおいてサダムのボディガードの1人の息子を捕らえた。

人は軍隊調査者に、彼が、脱ぐことを強制されて、彼が吐くまで、冷水が彼に注ぎかけられて、胃の中で蹴られる間空気調節装置の前に置かれて、彼が卒倒するまで、彼が背骨の中で殴られたと言った。

彼らが、タスク・フォース・メンバーが、関係している兵士を識別することが不可能にした戦場偽名を使うと言った後に、軍隊調査者は2005年6月に彼らの問い合わせを閉じた。

ユニットはまた、そのコンピュータファイルの70パーセントが失われたと主張した。


様々な知能へのタスク・フォースのアクセスにもかかわらず、どのような知能ならばもほとんど曲がりやすくないで、その急襲はしばしば失敗したと国防総省の役員は言った。

2004年初めまでに、CIAとFBIは軍隊の荒い質問テクニックについて驚きを表した。

2004年の半ばに、キャンプ ナマは閉まり、ユニットはバグダッドの70キロメートル北のBaladにおける新しい本部に動いた。

ユニットの操作はいっそうよりきつい秘密のベールに現在包まれる。

司法省監察官はタスク・フォース6-26による被抑留者虐待の不満を調査しているとシニアの法執行機関の担当官は言った。

新世界秩序(共謀) Wikipedia 2

New World Order (conspiracy) 2


Other theories

他の理論


Although the UN is often the central figure in these theories, conspiracy theory in the twenty-first century allows for the addition of many ideas that in the past might have been thought mutually exclusive. Extra-terrestrials
(either the " Reptilians
" or the " Greys
"), the Trilateral Commission
, the Illuminati
, and other groups may be included in the conspiracy, in more or less dominant roles. Some theorists say a secret annual conference of the Bilderberg Group
plans world events to establish the New World Order. Conspiracy theorists may explicitly disavow and denounce anti-semitism, or may place "the Jews" at the center of the conspiracy. Religious eschatology
, often featuring the anti-Christ
, is central to some theories, and irrelevant to others.

国連は多くの場合これらの理論の中心人物ですが、21世紀に陰謀説は排他的で、過去に相互に考えられたかもしれない多くの考えの追加を考慮に入れます。地球外生物(一方の"Reptilians"あるいはその"灰色になる")、三極委員会、悟達者および他のグループは、多かれ少なかれ支配的な役割に共謀に含まれているかもしれません。何人かの理論家は、新世界秩序を確立するためにBilderbergグループ・プラン世界の出来事の秘密年次大会を言います。共謀理論家は明示的に反semitismを否認し非難するかもしれないか、あるいは共謀の中心に「ユダヤ人」を置いてもよい。反キリストをしばしば特色とする宗教の終末論は、いくつかの理論の中心となり、他のものと無関係です。


NWO conspiracy theory is often presented as generated by political conservatives
, Christians
, and those on the right wing
who fear the loss of their ideological freedom and favorite policies. However, similar conspiracy theories about a sinister elite secretly planning for a new global order are not uncommon on the political left
either. Most of those who believe in the NWO conspiracy also believe that the left/right paradigm is a subversive creation of an NWO-controlled media, intended as disinformation
. see Information Operations Roadmap


それらのイデオロギーの自由および好きな政策の損失を心配する、政治的な保守主義者、クリスチャンおよび右翼のものによって生成されるように、NWO陰謀説はしばしば示されます。しかしながら、新しい世界的なオーダーのために秘密に計画を立てる邪悪なエリートに関する同様の陰謀説は、政治的な左側上でまた珍しくありません。NWO共謀を信じる人々のうちのほとんどは、さらに左/右パラダイムが誤報として意図されて、NWOにコントロールされるメディアの破壊的な生成であると信じます。情報命令道路地図を参照してください。


[ edit
]

[編集]



Annuit C?ptis Novus Ordo Seclorum

Annuit C?ptis世紀の新秩序


Some of those who believe that the Freemasons
are conspiring
to control the world claim[ citation needed
]
that the motto is inspired by
Freemasonry
, and is one of the clues to the True Masters of the World. By circumscribing the 6 pointed Star of David over the pyramid, 5 of the 6 apices (the 6th being the 'All-seeing eye'), point near letters spelling S-M-O-N-A, which can be rearranged to spell Mason (also monas
and moans, out of 120 combinations of letters). As any American dollar bill will show, the directions are not exact, and four of the apices point to empty space; the letters are at the ends of the nearest words.

それをフリーメーソン一家と考える人々のうちの数人は、モットーが励起される世界クレーム[必要とされる引用]をコントロールすることをたくらんでいます、フリーメーソン団の制度、また世界の真実の主人への手掛かりのうちの1つです。ピラミッド上の6つのとがっているダビデの星の限定によって、6つの頂点(「全マジックアイ」である第6つ)のうちの5つ、サドマゾヒズムの-ON-A(それはメーソン(さらに文字の120のコンビネーションからの単細胞生物およびうめき声)を綴るために再整理することができる)を綴る文字の近くのポイント。どんなアメリカのドル紙幣も示すように、指示は正確ではありません。また、頂点のうちの4つは空所を指します;文字は最も近い単語の終わりにあります。


The advocates of the theory also cite the 13 steps to ascend the pyramid, and the 72 visible blocks on the front. More conventional thinkers regard the thirteen steps as referring to the thirteen colonies
.[ citation needed
]
If the blocks are correctly counted and their number intended,
72
has other mystical meanings: it was sacred to the Egyptians
, as Plutarch
says; and both Jews and Christians use it as the number of nations on the Earth.

理論の主張者は、さらにピラミッドに登る13ステップおよび正面上の72の可視のブロックを引用します。考え方のより従来の人は13の植民地を参照するとして13ステップを尊重します。[引用は必要だった]ブロックが正確に数えられ、それらの数が意図した場合、72は他の神秘的な意味を持っています:プルタルコスが言うので、それはエジプト人を祭っていました;また、ユダヤ人およびクリスチャンの両方は地球上で国家の数としてそれを使用します。


[ edit
]

[編集]







蛇足


これほど、いろいろあると冗談ではないでしょう・。



新世界秩序(共謀)Wikipedia

?


New World Order (conspiracy)


From Wikipedia, the free encyclopedia

新世界秩序(共謀)Wikipedia、無料の百科事典から



New World Order (Novus Ordo Mundi) refers to a conspiracy theory
in which a powerful and secretive group ( Illuminati
, Freemasons
, etc.) has created a secret plan to eventually rule the world
via a unitary
(as opposed to federal
) world government
.

新世界秩序(Novus年間祭式規程書Mundi)は、強力で隠し立てするグループ(イルミナティ、フリーメーソンなど)が結局、単一の(連邦のことに反対だったとともに)世界政府によって世界を支配する秘密計画を作成した陰謀説を参照します。


Conspiracy theorists allege that the most powerful figures of the conspiracy are the owners of the world's largest banks
, partnered with others who are among the world's wealthiest people. Beneath this level are supposed to be the people in the highest levels of various governments
, military
and intelligence bureaus
, and the major media
.

共謀理論家は、共謀の最も実力のある人物が、世界の最も裕福な人々の一人である他の人と組んで、世界の最大の銀行の所有者であると主張します。このレベルの下に、様々な政府、軍事および情報局の最高水準中の人々および主なメディアであると思われます。


Reverse side of the Great Seal of the United States [アメリカの印章の裏面]

Enlarge[拡大します]
?

Reverse side of the Great Seal of the United States


アメリカの印章の裏面



The belief may stem ? at least partly ? from the political phrase "New World Order"
, which has been used in politics for much of the twentieth century. The phrase New World Order has its roots in the Latin phrases Annuit C?ptis
, meaning "He has approved our beginnings," and Novus Ordo Seclorum
meaning "A New Order of the Ages."

確信は生じるかもしれません?少なくとも部分的に?政治的な句「新世界秩序」から、どれがあったかは20世紀の多くのために政治の中で使用しました。句新世界秩序は、ラテン語の句Annuit C?ptisの中のその根、「彼は私たちの始めを承認した」ことを意味することNovus年間祭式規程書Seclorum意味「時代の新しい順序」を持っています。


Alternate names for the New World Order are Illuminati Bankers, High Cabal, Fourth Reich
, Synarchist International
, the Cryptocracy
and the Power elite
.


新世界秩序の代替の名前は、悟達者銀行家、高い陰謀、第4のライヒ、Synarchistインターナショナル、Cryptocracyおよび力エリートです。





Contents

内容


[hide
]





[ edit
]

[編集]



Ideologies

イデオロギー


There are a number of different ideologies related to this belief:

この確信と関係する多くの異なるイデオロギーがあります:


  • Some ideologies include a prominent religious element, based in the belief that the agents of Satan
    are involved. These beliefs often include explicit millenarianism
    . Other ideologies do not have a religious component, and view the concept of "serving Satan" metaphorically.

    いくつかのイデオロギーは、サタンの代理人が深く関わり合っているという確信の中で基づいて、顕著な宗教の要素を含んでいます。これらの確信はしばしば明示的な千年至福説を含んでいます。他のイデオロギーは宗教のコンポーネントを持っておらず、比喩的に「サタンに役立つ」概念を見ません。


  • The understanding of some believers is that the New World Order will be created by a military coup
    , using UN
    and American troops, against all the nations of the world to bring about a singular world government. Some conspiracists believed this process would be set in motion by the predicted Y2K
    computer crisis causing widespread social disorder.

    何人かの信仰者についての理解は、新世界秩序が、珍しい世界政府に関してもたらすべき世界のすべての国家に対して、国連およびアメリカの軍隊を使用して、軍事クーデターによって作成されるであろうということです。あるconspiracistsは、広範囲の社会不安を引き起こす、予言されたY2Kコンピューター危機によってこのプロセスが推進されるだろうと信じました。


  • Other believers say the New World Order is being implemented gradually, citing the foundation of the United Nations
    , the formation of the European Union
    , and the September 11th attacks
    as major milestones.

    他の信仰者は、一大重要事件として国連の基礎、欧州連合の構成および9??a.日の攻撃を引用して、新世界秩序が徐々にインプリメントされていると言います。


  • Another related set of believers maintains that the United States
    is itself to be taken over, by troops nominally loyal to the United Nations
    but in fact controlled by a trans-national group (sometimes referred to as Faction One
    ). The takeover is to include the detention of 'patriots' and those hostile to the conspiracy in secret internment camps in remote parts of the country, to which elements of the population will be taken for processing before being released as "work-units."

    信仰者の別の関連するセットは、国連に、だが越国のグループによってコントロールされた事実において名目上忠実な軍隊によって、アメリカがそれ自体連れて行かれることになっていると主張します(時々党派1と呼ばれた)。乗っ取りは、「愛国者」の拘留、および共謀に敵意のある人々を秘密に含むことです、国(それに「ワークユニット」としてリリースされる前に処理するために、人口の要素は持っていかれるだろう)の遠隔の部分の捕虜収容所。


  • Other components of the conspiracy may include the dispersal of chemicals into the atmosphere via aircraft in the Chemtrail theory
    , the semi-famous CIA
    ?mind control
    experiments performed under the code name MK-ULTRA
    , and envolvement by extraterrestials, as in the Dulce Base
    conspiracy theories.

    Dulce基礎陰謀説でのように、共謀の他のコンポーネントは、extraterrestialsによって、Chemtrail理論、コード名MK-ULTRAの下で行なわれた半有名なCIA心対照実験、およびenvolvementに航空機によって大気へ化学薬品の分散を含んでいるかもしれません。


[ edit
]

[編集]



Connections between theory and nationalism

理論とナショナリズムの関係


There are many theories which feature a plan to create a one world government. Most believers see this as being done against the self interest of the particular nation they happen to live in. Sociologists draw a connection between these theories and a more general sentiment of nationalism
or isolationism
. For example, prior to the rise of Neoconservatism
in the United States, conservative or Republican talk show hosts such as Rush Limbaugh
would criticize different politicians for internationalist positions they felt were not in the best interest of the United States. Commentators would allege unethical or conspiratorial conduct on by disfavored politicians in support of this criticism. These allegations might be similar to new world order conspiracy theories. New world order theories do not surmise that the believer's nation is working for world control, but rather that others, perhaps including powerful officials, are working to control that country and all countries.

一つの世界政府を作る計画を特色とする多くの理論があります。ほとんどの信仰者は、それらが偶然生きる特別の国家の利己心に対して行われることとしてこれを見ます。社会学者は、これらの理論と、ナショナリズムまたは孤立主義のより一般的な感傷の関係を引き寄せます。例えば、アメリカの新保守主義の昇進に先立って、ラッシュ?Eリンボーのような保守的共和党トークショー司会者は、彼らが感じた国際主義の位置のことで異なる政治家を非難するでしょう、アメリカの最大の利益にありませんでした。コメンテーターは、よく、この批判を支持する冷遇された政治家によって上に不道徳か共謀の行為を主張しました。これらの主張は新世界秩序陰謀説に似ているかもしれません。新世界秩序理論は、信仰者の国家が世界コントロールのために働いていると推測しません。しかし、やや恐らく強力な職員を含むその他のものはその国々およびすべての国々をコントロールするために働いています。


[ edit
]

[編集]



Historical manipulations

歴史上の操作


The conspirators thought to be responsible for the new world order are also suspected of staging many historical events such as World Wars and UFO sightings. New world order conspiracy theorists say that world leaders throughout history have successfully manipulated their people into wars. To support their assertion that the take-over they fear is possible, they cite what they consider to be previous examples of such manipulations:

新世界秩序に責任を負うと思われた共謀者も、世界大戦およびUFO観測のような多くの歴史上の出来事を行なった疑いをかけられます。新世界秩序共謀理論家は、歴史を通じての世界のリーダーが戦争へ成功裡に人々を操作したと言います。それらが心配する引き継ぎが可能であるというそれらの主張を裏付けるために、それらは、そのような操作の前の例であると考えるものを引用します:


  • The Nazis
    capitalized on the Reichstag fire
    by blaming the Communists for it, thus eliminating support for the Communist party in Germany, and leading to Nazi domination of the legislature.

    ナチ党はそのことで共産党員を非難することにより帝国議事堂火事を利用し、そ?黷ノより、ドイツで共産主義のパーティーの支援を除去し、立法部のナチの支配に結びつきます。


  • The United States knew in advance of the attacks on Pearl Harbor
    , and President Roosevelt
    used the attacks as a "legitimate" reason for entering World War II.

    アメリカは真珠湾に対する攻撃に先立って知っていました。また、ルーズヴェルト大統領は第二次世界大戦の入力のために「正当な」理由として攻撃を使用しました。


  • Operation Northwoods
    , a proposed series of false flag
    operations to be used as a pretext for an invasion of Cuba
    , was rejected by President Kennedy shortly before his assassination.

    オペレーションNorthwoods(キューバの侵入の口実として使用される誤りのフラグ・オペレーションの提案されたシリーズ)は、彼の暗殺直前にケネディ大統領によって拒絶されました。


  • The Gulf of Tonkin Incident
    , which declassified documents indicate was a fraud, led President Johnson to escalate U.S. hostilities in Vietnam

    トンキンの出来事(機密扱いが解かれたドキュメントはそれを示す)は不正行為で、ベトナムでジョンソン大統領に米国の交戦状態を拡大させました。


  • The September 11, 2001 attacks
    , engineered by elements of the conspiracy, was a sacrifice the United States government deemed acceptable, since it allowed them to declare war on Afganistan, and Iraq, a large source of oil. This in turn would let the United States take their oil under the fa?ade of anti-terrorism measures, giving the conspirators even more power.

    2001年9月11日の攻撃、共謀の要素によって巧みに計画実行された、受理可能で、アメリカの政府が認めた犠牲だった、Afganistanにそれらが戦争およびイラク(油の大規模な源)を宣言することをそれが可能にしたので。これは、共謀者により多くの力さえ与えて、アメリカにテロリズム対策のfa?adeの下のそれらの油を次にはとらせるでしょう。


Other new world order theorists see the conspiracy at work in globalization
and the various intellectual movements evolved from Marxism
, such as Social democracy
and Socialism
. These are thought to be intended to homogenize cultures and values by political normalization, as in the European Union
's gradual "communitarian construction" scheme of a common economic and legal framework.

他の新世界秩序理論家は、グローバル化に共謀、および、社会民主主義と社会主義のようなマルクス主義から発展した様々な知的運動を働いて見ます。これらは、徐々の欧州連合の'sに、「共産主義社会の一員構築」が共通の経済・法的なフレームワークに計画するので、政治的な正常化による、文化および値を均質化するように意図されると思われます。


[ edit
]

[編集]



Predicted socio-political changes

予言されたsocio-政治的な変更


New world order conspiracy theorists predict changes that will occur under the NWO:

新世界秩序共謀理論家は、NWOの下で生じる変更を予言します:


  • Important American documents such as the Constitution being rewritten along pro-UN lines;

    国連支持ラインに沿って書き直されている憲法のような重要なアメリカのドキュメント;

  • The abolition of private property rights and gun ownership;

    私財権および銃の所有権の廃止;

  • Interdiction of politically incorrect
    opinions by UN laws and charters, such as statements deemed discriminatory, critical of minorities, anti-feminist, anti-homosexual or illiberal;

    区別となるか、少数、反フェミニストに批判的か、反同性愛か、狭量だったと考えられたステートメントのような、国連の法律および憲章による政治上正しくない見解の禁令;

  • Loss of the Freedom of speech;

    言論の自由の損失;

  • Home schooling
    will be illegal and there will be a UN-approved public-school curriculum;

    ホーム学校教育は不法になります。また、国連に良いとされた公立学校カリキュラムがあるでしょう;

  • Only approved religions will be permitted ? as parts of the One World Religion
    , or alternatively mandatory secularism with all religions made illegal;

    単に良いとされた宗教が許されるでしょう?一つの世界宗教の部分、あるいは不法になったすべての宗教を備えた二者択一で義務的な非聖職主義として;

  • World-wide equalization under UN control;

    国連の管理の下で世界的な平等化;

  • All national and local elections controlled by the UN;

    国連によってコントロールされたすべての全国・地方選挙;

  • The US constitution replaced by the UN charter.

    国連の憲章と取り替えられた米国構成。


[ edit
]

[編集]






陰謀説 Wikipedia

?


Conspiracy theory


From Wikipedia, the free encyclopedia

Wikipedia、無料の百科事典からの陰謀説



For the 1997 film, see Conspiracy Theory (film)
.


1997年のフィルムについては、陰謀説(フィルム)を参照してください


A conspiracy theory attempts to explain the cause of an event as a secret, and often deceptive, plot
by a covert
alliance rather than as an overt activity or as natural occurrence.

陰謀説は、秘密として出来事の原因について説明することを試みます、そして多くの場合欺く、公然の活動として、あるいは自然な発生としてではなく、隠密の同盟によるプロット。

The term "conspiracy theory" is used by scholars and in popular culture to identify a type of folklore
similar to an urban legend
, having certain regular features, especially an explanatory narrative which is constructed with certain naive methodological flaws. The term is also used pejoratively
to dismiss allegedly misconceived, paranoid or outlandish rumors.

ある規則的な特徴を持って、都会伝説に似ている一種の民俗学を識別するために、用語「陰謀説」は、学者によって、および大衆文化(特にある素朴な方法論の欠点で構築される、説明の話)の中で使用されます。用語も誤認された(申し立てによると)噂、偏執狂の噂あるいは異国風の噂を捨てるために軽蔑的に使用されます。


Most people who have their theory or speculation labeled a "conspiracy theory" reject the term as prejudicial.

有害なものとして、彼らの理論または推測を「陰謀説」と呼ばれたするほとんどの人々は、用語を拒絶します。




[ edit
]

[編集]



Overview

概観


The term "conspiracy theory" may be a neutral descriptor for a conspiracy
claim. However, conspiracy theory is also used to indicate a narrative
?genre
that includes a broad selection of (not necessarily related) arguments for the existence of grand conspiracies, any of which might have far-reaching social and political implications if true.

用語「陰謀説」は共謀クレーム用の中立のディスクリプタかもしれません。しかしながら、陰謀説も壮大な共謀(真実の場合にそれらのうちのどれでも遠大な社会・政治的な意味合いを持つかもしれない)の存在に対する議論の(必ずしも関連づけられていなかった)広い選択を含んでいる物語のジャンルを示すために使用されます。


Many conspiracy theories are false, or lack enough verifiable evidence to be taken seriously, raising the intriguing question of what mechanisms might exist in popular culture that lead to their invention and subsequent uptake. In pursuit of answers to that question, conspiracy theory has been a topic of interest for sociologists, psychologists and experts in folklore since at least the 1960s, when the assassination
of US President John F. Kennedy
provoked an unprecedented level of speculation
. This academic interest has identified a set of familiar structural features by which membership of the genre may be established, and has presented a range of hypotheses on the basis of studying the genre.

多くの陰謀説が誤りです、あるいは真剣に受けとめられるのに不足の十分な証明可能な証拠、メカニズムが存在するかもしれないものの興味をそそる質問を持ち出すこと、大衆文化、それはそれらの発明および後の理解力に結びつきます。ジョン・F.ケネディ米国大統領の暗殺が先例がないレベルの推測を刺激した時、陰謀説は、その質問への答えを求めて少なくとも1960年代以来、民俗学の社会学者、心理学者およびエキスパートに興味のあるトピックでした。この学究的関心は、ジャンルの会員資格が確立されるかもしれないしと、ジャンルを研究する方式で一連ののを示した、1セットのよく知られている構造の特徴を識別しました。


Whether or not a particular conspiracy allegation may be impartially or neutrally labelled a conspiracy theory is subject to some controversy
. If legitimate uses of the label are admitted, they work by identifying structural features in the story in question which correspond to those features listed below.

特別の共謀主張が公平にあるかもしれないか、中立に陰謀説にラベルを付けたかどうかは、ある論争に従います。ラベルの正当な用途が認められる場合、それらは、下にリストされた特徴に相当する問題の物語中の構造の特徴の識別により働きます。


See also conspiracy as a legal concept
.

法的概念としてさらに共謀を参照してください。


[ edit
]

[編集]



Features

特徴


Allegations exhibiting several of the following features are candidates for classification as conspiracy theories. Confidence in such classification improves the more such features are exhibited:

次の特徴のいくつかのものを示す主張は、陰謀説として分類に対する候補です。そのような分類に対する確信はより多くのそのような特徴を改善します、示される:


  1. Initiated on the basis of limited, partial or circumstantial evidence;

    制限された、部分的あるいは情況証拠に基づいて始められました;

    Conceived in reaction to media
    reports and images, as opposed to, for example, thorough knowledge of the relevant forensic
    evidence
    .

    例えば適切な法医学的証拠についての完全な知識に対立するものとしてのメディア報道およびイメージへの反応で想像されました。

  2. Addresses an event or process that has broad historical or emotional impact;

    広い歴史上情緒的なインパクトを持っている出来事かプロセスをアドレスします;

    Seeks to interpret a phenomenon which has near-universal interest and emotional significance, a story that may thus be of some compelling interest to a wide audience.

    ほぼ普遍的な興味および情緒的な重要性(広い聴衆にとってこのようにある人を動かさずにはおかない興味があってもよい物語)を持っている現象を解釈するように努力します。

  3. Reduces morally complex social phenomena to simple, immoral actions;

    道義的に複雑な社会現象を単純な不道徳なアクションにします;

    Impersonal, institutional processes, especially errors and oversights, interpreted as malign, consciously intended and designed by immoral individuals.

    有害で、意識的に意図され、不道徳な個人によって設計されたとして解釈された客観的制度上のプロセス、特にエラーおよび見落とし。

  4. Personifies complex social phenomena as powerful individual conspirators;

    強力な個々の共謀者として複雑な社会現象を擬人化します;

    Related to (3) but distinct from it, deduces the existence of powerful individual conspirators from the 'impossibility' that a chain of events lacked direction by a person.

    (3)に関連づけられた、しかしそれとは異なる、一続きの出来事が方向を欠いた「不可能性」からの強力な個々の共謀者の存在を推定する、人。

  5. Allots superhuman talents or resources to conspirators;

    共謀者に超人的な才能あるいは資源を分配します;

    May require conspirators to possess unique discipline, never to repent, to possess unknown technology, uncommon psychological insight, historical foresight, unlimited resources, etc.

    ユニークな訓練を所有することを共謀者に要求してもよいが、未知の技術、珍しい心理学の洞察、歴史上の先見、無制限の資源などを所有するためには後悔しません。

  6. Key steps in argument rely on inductive
    , not deductive
    reasoning;

    議論の重要なステップは依存します、の上で、演繹的なのではなく誘導、推論;

    Inductive steps are mistaken to bear as much confidence as deductive ones.

    誘導のステップは演繹的なものと同じくらいの確信を運ぶために誤解されます。

  7. Appeals to 'common sense';

    「常識」への訴え;

    Common sense steps substitute for the more robust, academically respectable methodologies available for investigating sociological and scientific phenomena.

    常識ステップは、社会学・科学的な現象の調査に利用可能なより多くの強健な、学問的に相当な方法論の代わりになります。

  8. Exhibits well-established logical and methodological fallacies
    ;

    よく確立している論理的・方法論の誤った考えを示します;

    Formal and informal logical fallacies are readily identifiable among the key steps of the argument.

    形式上・非公式の論理的な誤った考えは、議論の重要なステップ中に容易に身元確認可能です。

  9. Is produced and circulated by 'outsiders', often anonymous, and generally lacking peer review;

    「部外者」によってしばしば作られ循環する、匿名、また一般に欠けている仲間評価;

    Story originates with a person who lacks any insider contact or knowledge, and enjoys popularity among persons who lack critical (especially technical) knowledge.

    物語は、インサイダー接触あるいは知識を欠き、重大な(特に技術的)知識を欠く人の間の人気を楽しむ人によって始まります。

  10. Is upheld by persons with demonstrably false conceptions of relevant science;

    適切な科学の明らかに誤りの概念を持った人によって支持されます;

    At least some of the story's believers believe it on the basis of a mistaken grasp of elementary scientific facts.

    少なくとも物語の信仰者のうちの数人は、基本の科学的な事実の誤った把握に基づいてそれを信じます。

  11. Enjoys zero credibility in expert communities;

    エキスパートのコミュニティーの中の0信用を楽しみます;

    Academics and professionals tend to ignore the story, treating it as too frivolous to invest their time and risk their personal authority in disproving.

    学者と専門家は、それらの時間を投資し、かつ論駁でそれらの個人の権威を危くするのに軽薄すぎるものとしてそれを扱って、物語を無視する傾向があります。

  12. Rebuttals provided by experts are ignored or accommodated through elaborate new twists in the narrative;

    エキスパートによって提供される反駁は、話で精巧な新しいねじれによって無視されるか提供されます;

    When experts do respond to the story with critical new evidence, the conspiracy is elaborated (sometimes to a spectacular degree) to discount the new evidence, often incorporating the rebuttal as a part of the conspiracy.'

    エキスパートが重大な新しい証拠を備えた物語に応?嘯キる場合、共謀は新しい証拠をしばしば割引するために入念に作られます(時々壮観な程度に)共謀の一部として反駁を組込むこと」


[ edit
]

[編集]



Origins of conspiracy theories

陰謀説の根本


Humans naturally respond to events or situations which have had an emotional impact upon them by trying to make sense of those events, typically in spiritual, moral, political, or scientific terms.

人間は、精神的な用語あるいはモラル、政治的か、科学的な用語に、それらの出来事の意味が分かろうとすることによりそれらに情緒的な影響を及ぼす出来事あるいは状況に当然典型的に応答します。


Events which seem to resist such interpretation?for example, because they are, in fact, unexplainable?may provoke the inquirer to look harder for a meaning, until one is reached that is capable of offering the inquirer the required emotional satisfaction. As sociological historian Holger Herwig found in studying German explanations of World War I
:

それらが実際unexplainable?mayであるので、調査者に必要な情緒的な充足を提供することができる1つが到達するまで、そのようなinterpretation?for例に抵抗するように見える出来事は意味にはより困難に見えるように調査者を刺激します。第一次世界大戦のドイツの説明の研究で見つかった社会学の歴史家Holger Herwigとして:


Those events that are most important are hardest to understand, because they attract the greatest attention from mythmakers and charlatans.

それらが神話伝説創作者と山師からの最も大きな注意を引きつけるので、とても重要な出来事は理解するのが最も難しい。


This normal process could be diverted by a number of influences. At the level of the individual, pressing psychological needs may influence the process, and certain of our universal mental tools may impose epistemic
'blind spots'. At the group or sociological level, historic factors may make the process of assigning satisfactory meanings more or less problematic.

多くの影響によってこの正常なプロセスを転換することができるかもしれません。個人の高さに、心理学のニーズを押すことはプロセスに影響を及ぼすかもしれません、そして私たちの普遍的な精神のツールにある、課してもよい、知識「盲点の。グループか社会学のレベルでは、歴史的な要因は、割り当てる満足な意味のプロセスを多かれ少なかれ問題にするかもしれません。


[ edit
]

[編集]



Psychological origins

心理学の起源


When conspiracy theories combine logical fallacies with lack of evidence, the result is a worldview known as conspiracism
. Conspiracism is a worldview that sees major historic events and trends as the result of secret conspiracies. According to many psychologists
, a person who believes in one conspiracy theory is often a believer in other conspiracy theories.

陰謀説が証拠の不足と論理的な誤った考えを組み合わせる場合、結果はconspiracismとして知られている世界観です。Conspiracismは、秘密共謀の結果主な歴史的な出来事および傾向を見る世界観です。多くの心理学者によれば、1つの陰謀説を信じる人は多くの場合他の陰謀説の信仰者です。


Psychologists believe that the search for meaningfulness features largely in conspiracism and the development of conspiracy theories. That desire alone may be powerful enough to lead to the initial formulation of the idea. Once cognized, confirmation bias
and avoidance of cognitive dissonance
may reinforce the belief. In a context where a conspiracy theory has become popular within a social group, communal reinforcement
may equally play a part.

心理学者は、それを大部分はconspiracismの中の意味深長さ特徴の捜索および陰謀説の開発と考えます。その要望はその考えの最初の公式化に結びつくように単独で、十分に強力かもしれません。一度、認知的不協和の認識された確認バイアスおよび回避は確信を強化するかもしれません。陰謀説が社会集団内にポピュラーになった情況では、公共の補強は等しく役割を果たすかもしれません。


Evolutionary psychology
may also play a significant role. Paranoid tendencies are associated with an animal's ability to recognize danger. Higher animals attempt to construct mental models of the thought processes of both rivals and predators in order to read their hidden intentions and to predict their future behavior. Such an ability is extremely valuable in sensing and avoiding danger in an animal community. If this danger-sensing ability should begin making false predictions, or be triggered by benign evidence, or otherwise become pathological, the result is paranoid delusions. A conspiracy theorist sees danger everywhere, and may simply be the victim of a malfunction in a valuable and evolutionarily-old natural ability.

進化心理学はさらに重要な役割を果たすかもしれません。偏執狂の傾向は、危険を認識する動物の能力に関係しています。高等動物は、それらの隠れた意図を読み、かつそれらの将来の振る舞いを予言するためにライバルと捕食動物の両方の考えプロセスの精神モデルを構築することを試みます。そのような能力は、動物共同体の中の危険を感じるおよび回避することにおいて非常に価値があります。万一この危険を感じる能力が誤りの予測を作り始めるか良性の証拠が引き金となって起きるべきか、他の方法で?a理学になるべきならば、結果は妄想性痴呆です。共謀理論家は危険をどこでも見て、単に価値があり、進化的に古い自然な能力中の不調の犠牲者かもしれません。


[ edit
]

[編集]



Epistemic bias?

知識のバイアス?


It is possible that certain basic human epistemic
biases are projected onto the material under scrutiny. According to one study humans apply a 'rule of thumb' by which we expect a significant event to have a significant cause. [1]
The study offered subjects four versions of events, in which a foreign president was (a) successfully assassinated, (b) wounded but survived, (c) survived with wounds but died of a heart attack at a later date, and (d) was unharmed. Subjects were significantly more likely to suspect conspiracy in the case of the 'major events'?in which the president died?than in the other cases, despite all other evidence available to them being equal.

ある基礎的な人間の知識のバイアスが調査の下の資料に投影されることはありえます。一つによれば、研究人間は、私たちが重要な出来事が重要な原因を持つことを期待する「経験法」を適用します。[1] 研究は、主題に出来事(外国の大統領はその中で成功裡に暗殺された(a)だった)の4つのバージョンを提供しました、(b)傷ついたが残存された、傷で残存された(c)、しかし後の日付に心臓発作で死に、無事だった((d))。主題は、共謀を疑う可能性が、著しくありそうでした「主なevents'?in、どれ、他の場合でのdied?than大統領、等しくて、それらに利用可能な他のすべての証拠にもかかわらず。


Another epistemic 'rule of thumb' that can be misapplied to a mystery involving other humans is cui bono
? (who stands to gain?). This sensitivity to the hidden motives of other people might be either an evolved or an encultured feature of human consciousness, but either way it appears to be universal. If the inquirer lacks access to the relevant facts of the case, or if there are structural interests rather than personal motives involved, this method of inquiry will tend to produce a falsely conspiratorial account of an impersonal event. The direct corollary of this epistemic bias in pre-scientific cultures is the tendency to imagine the world in terms of animism
. Inanimate objects or substances of significance to humans are fetishised
and supposed to harbor benign or malignant spirits.

他の人間を含むミステリーに誤用することができる、別の知識の「経験法」は、cui bonoです?(この人は増加するかもしれない?)。他の人々の秘密の動機へのこの感度はどちらかかもしれません、1つの、発展した、あるいは人間の意識のenculturedされた特徴、しかしそれが普遍的に見える一方の方法。調査者不足がその場合の適切な事実にアクセスする場合、あるいは含まれていた個人の動機ではなく構造の利益がある場合、質問のこの方法は客観的な出来事の偽って共謀のアカウントを生産する傾向があるでしょう。前科学的な文化中のこの知識のバイアスの直接の推論は、アニミズムでは世界を想像する傾向です。人間に重要な無生物あるいは物質は呪物として崇拝され、良性か有害な気分を保護することになっています。


[ edit
]

[編集]



Clinical psychology

臨床心理学


For relatively rare individuals, an obsessive compulsion to believe, prove or re-tell a conspiracy theory may indicate one or more of several well-understood psychological conditions, and other hypothetical ones: paranoia
, denial
, schizophrenia
, Mean world syndrome
[2]
.

比較的まれな個人のために、陰謀説を信じるか、証明するか、再度伝えるという固定観念の衝動は、いくつかのよく了解されている精神状態の1つ以上および他の仮説のものを示すかもしれません:偏執病、否認、精神分裂病(中間の世界症候群[2])。


[ edit
]

[編集]














子供に見せられない・・検索結果??

2006年03月17日

・「アジアの真実」は有害サイトの為子供には見せられません ~「キッズgoo」で行われる思想統制~


テーマ:日本・教育問題
 
?

「キッズgoo」インフォメーション
?


<本サービスの趣旨> これまでの "こども向け検索サービス"は、データの数が少なく必要な情報を得ることも難しく、結局のところこども達や教育現場では、"一般向けWWW検索サービス"を利用せざるを得ない状況でした。その結果、子供たちは読めない漢字がある等で情報を満足に得られなかったり、有害と思われるコンテンツを閲覧してしまうという危険を伴った環境でインターネットを利用する状況であったと認識しております。 こうした中、こども達が満足に利用できる充分なデータ量と使いやすさを備えた本格的な検索サービスが欲しいという切実な声が、こども達や保護者、教育現場などから弊社にも聞こえてまいりました。  このような声を受け、弊社は「キッズgoo」として、これからを担う子供たちが十分インターネットを活用できるように、こども向けにインターフェースを工夫した上で、一般向け検索サービスと同様のデータ量を持ち、かつフィルタリングを行うことで安全と思われるページのみを表示するという、実用性と安全性の両方を兼ね備えたインターネットへの入口をご提供したいということで、「キッズgooサーチ」の運営を開始いたしました。





 「mumurブルログ」
さんの記事で紹介されていた「キッズgoo」
ですが、当Blogも見事にフィルタリングに引っかかっています。つまりキッズgooの判断では「アジアの真実」は有害であり、安全ではない為子供には見せられないということです。当blogだけではなく、同趣旨の他のblogやサイトも軒並みフィルタリングされているようですが、どうもフィルタリングに偏向が見られるようです。


 


 例えば、「新しい歴史教科書をつくる会」は閲覧不可になっているのに対し、「子どもと教科書ネット」や「つくる会の教科書採択に反対する杉並親の会」のHPは閲覧可となっているようですが、教科書検定を通過している教科書の公式サイトが有害サイト認定され、それに反対する組織のHPが安全サイトとなっているのはどういうことでしょうか。また、「竹島」というキーワードで検索すると、竹島とは無関係な水族館が1件のみ検索されるます。つまり子供達が竹島に関心を持ったとしても、知ってはいけないということでしょか。しかし一方で。「独島」というキーワードで検索すると、35,600件もの検索結果が表示されます。これは何を意味するのでしょうか。




 アダルトサイトや暴力サイトを子供達の健全な発育の為に制限するというのはわかります。しかし、特定の政治的、思想的な言葉や表現が含まれるサイトを制限するということが果たして日本という民主主義の国において許されて良いことなのでしょうか。このあまりの結果に、goo側は別に特定の考え方を排除しようとしているのではなく、単に教科書の指導範囲を超えている情報についてアクセスを制限するという観点のみで行っているのかとも最初は考えましたが、それでは上記のつくる会のHPや、竹島についての説明がつきません。どのような基準でフィルタリングがなされているかは不明ですが、現状では”子供達の思想統制を行っている”と判断されても仕方がないでしょう。つまり、gooがやっていることは、世界中から非難されている中国共産党によるインターネット制限と同様です。今回、この国に巣食う病理の一旦を見た気がしました。



蛇足


この若干蛇足も表示されません???これも、イルチャンの作った左巻き思想に毒されているのであろうか??。



サダムもミロシュエビッチも・・。



Saddam Silenced For Fingering US In Iraq Bombings

One show trial ends prematurely, another begins




Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | March 15 2006

 


After the murder of Slobo Milosevic prevented the true Butchers of Serbia, Wes Clark and Bill Clinton, from being brought to justice, on the very first day of Saddam Hussein's testimony the judge turned off his microphone and ordered all media to leave following Saddam's comments that the civil war in Iraq is being deliberately fueled by the US.


Over the past few weeks we have highlighted
Israeli and US foreign policy documents that actually encourage not deter the break out of civil war in Iraq. Decades old blueprints document how inter-Arab conflict would be beneficial to the Neo-Cons, initiating ethnic cleansing in Iraq and drawing in Iran and Syria to provide a pretext to expand the war.


Several highly suspicious events over the past year, such as the Samarra Mosque bombing
and the
staged SAS attack
on Iraqi police, have brought this eventuality closer.


High profile trials like those of Milosevic and Hussein often backfire because top level criminality on the part of the US government and its international henchmen NATO and the UN is always exposed by the defendant.


The Hague were losing the case against Milosevic because he provided documented evidence of US government support of Al-Qaeda
and Bin Laden in the late 1990's and was about to call Bill Clinton as a witness.



 


Similarly, Saddam's defense consists of he fact that the chemical and biological weapons allegedly used to poison residents of Halabja in March 1988 were sold to him by the US government
and specifically Donald Rumsfeld.


Today, Hussein fingered the hidden hand behind the staged bombings in Iraq and his microphone was immediately shut off by the judge. From the AP
,


"What pains me most is what I heard recently about something that aims to harm our people," Saddam said. "My conscience tells me that the great people of Iraq have nothing to do with these acts."


"As Saddam continued reading from a prepared text, the judge repeatedly closed his microphone to prevent his words from being heard and told him to address the charges against him. Saddam ignored the judge and continued speaking."


"What happened in the last days is bad," he said, referring to the Feb. 22 bombing of the Askariya shrine in the city of Samarra. "You will live in darkness and rivers of blood for no reason."


"Finally, Abdel-Rahman ordered the session closed to the public, telling journalists to leave the chamber. The delayed video feed also was cut.


"The court has decided to turn this into a secret and closed session," he said."
 


Since all transcripts of the trial are edited before their release we have no idea of the full extent of Saddam's comments. To emphasize how much of a dog and pony show trial this is, it was also reported that the entire trial was subject to a practice run
before it even began, so the puppet judge is just working to a script and the whole farce has already been staged. Even the Financial Times of London remarked that this was "bizarre."


Neo-Cons and Globalists are sweating on the speculation that Saddam has cancer
and will die before any damaging testimony leaks out. If not, don't be surprised if Saddam gets 'Slobo'd'
and has a nasty accident or bizarrely decides to take the wrong drugs.




サダムはイラク爆撃での米国に抵触するため沈黙させられました。


1つの見せしめ裁判の終了は、時期尚早に、別のものが始まります。



ミロセビッチの殺人の後、ミロシェビッチについて、裁判官が彼のマイクロフォンから関心を遠ざけ、すべてのメディアが、イラクの内戦が米国によって意図的に仕組まれているというサダムのコメントに続くままにしておくように命令した。サダム・フセインの証言のまさに最初の日に裁判にかけられることからウエス・クラークとビル・クリントンの本当の毒に犯された病人の罪を防止した。



過去数週以上、私たちはイスラエル人を強調しました。また、米国外交政策はそれを現実にドキュメント化し、促進し、イラクの内戦からの破損を防止しません。アラビア人相互に矛盾が新反対意見にどのように有益なのか、戦争を拡張する口実を与えるために、イラク、およびイランとシリアの地域で民族浄化を始めて、古い青写真の文書で証明している数十年間だ。


サマーラ・モスク爆撃およびイラクの警察に対する行なわれたSASの攻撃のような去年にわたるいくつかの非常に疑わしい出来事は、この不測の事柄を閉じる人間をもたらしました。



米国の政府およびその国際的な従僕(NATOと国連)の側のトップレベル犯罪性が、被告によって常に暴露されるので、ミロセビッチとフセインのような注目を浴びる試みはしばしば裏目に出ます。



ハーグの裁判で、彼が1990年後半にアル=カイダおよびビン・ラディンの米国政府支援を示すドキュメント化された証拠を提供し、目撃者としてビル・クリントンに電話するところだったので、ミロセビッチに対する場合は負けていました。



同様に、サダムの防御は成り、彼の申し立てによると、1988年3月にハラージャの居住者を毒殺するために使用される化学・生物兵器が、米国の政府および特にドナルド・ラムズフェルドによって彼に売られたという事実。



今日、フセインは、イラクで行なわれた爆撃の後ろの隠れた手に触りました。また、彼のマイクロホンは裁判官によって直ちに止められました。APから.



「私を最も痛ませるものは私たちの人々を傷つけることを目標とするものに関して、私が最近聞いたものです。」とサダムが言いました。「私の良心は、イラクの偉大な人々が全くこれらの行為と関係がないと私に伝えます。」



「サダムが準備したテキストから読み続けるとともに、裁判官は、彼の言葉が彼に対する非難に取り組むために彼に聞かれ伝えられるのを防ぐために繰り返し、彼のマイクロホンを切りました。サダムは裁判官を無視し、談話を継続しました。」



「最後の頃に起こったことは悪いことだ。」と彼が、サマーラの都市のアスカリヤ・モスクの2月22日の爆撃に言及して言いました。「その理由のために、内部の暗さと、流れる川に生きるでしょう。」



「最後に、アブデル・ラーマンは、部屋を去るようにジャーナリストに命じて、セッションが公に終わるように命じました。引き伸ばされたビデオ送り装置もカットされました。」



「コートは、これを秘密のセッションに変えることを決定したと、彼は言いました。」



暴露の試みの記録がすべてそれらのリリースの前に編集されるので、私たちは、サダムのコメントの十分な範囲についての考えを持っていません。これが手の込んだ宣伝裁判を大いに強調するために、全裁判が、さらに始まる前に処理された実行に従ったことは、よく報道されました。したがって、操り人形裁判官はスクリプトの通り働いています。また、全体の茶番劇は既に行なわれました。ロンドンのフィナンシャルタイムズさえ、これが「奇妙だった」と言いました。



新反対意見およびグローバリストは、サダムが癌にかかっており、どんな有害な証言も漏れる前に死ぬだろうという推測で行動しています。そうでなければ、サダムが「ミロセビッチ死亡記事」を得て、重大事故にあうか、間違った薬を服用することを思いがけなくマスコミで見てしまう場合は、驚かないでください。



期は熟していない?



Congressman Says Iran War Delayed

Government still in propaganda phase of build-up



 

Paul Joseph Watson & Alex Jones/Prison Planet.com | March 16 2006

 


Congressman Ron Paul has contradicted other high profile warnings that a military strike on Iran is right around the corner by opining that any act of aggression is still some time away and that the build-up to another war is still in the propaganda phase of being sold to the American people.


Appearing on the Alex Jones Show, Paul speculated that the Iranian oil bourse issue
cannot be the only and most pressing reason for war because a similar situation arose before the Iraq invasion yet the Europeans' attitude was different.


Many speculate that the last straw for the US and Israel will be when Iran prices its oil in Euros and others follow suit.


"If they demand Euros for their oil it might not have a tremendous ramification immediately but if they do in other OPEC nations follow then they start trading oil in Euros it will have a lot of ramifications, said Paul."


"The only thing that doesn't add up is if the Europeans were opposed to what we were doing in Iraq because it was a contest between dollars and Euros, the Europeans now aren't offering any resistance whatsoever to the intimidation and the confrontation with Iran."


Paul said that he has tirelessly warned the State Department that a military strike on Iran will cause oil prices to double but that their response is mute. During last year's Bilderberg meeting
it was agreed upon that oil prices would almost double in a year and to a large extent that has happened.



 


"The only thing they hint at is taking out these nuclear sites which they can't even prove exist yet they're about ready to attack them with bombs. This will have a horrendous ramification on the price of oil and I don't think the Iranians are going to sit back and be defeated as easily as the Iraqi government was defeated, warned the Congressman."


While Russian parliamentarians such as Vladimir Zhirinovsky
have stated that targeted military strikes on Iran will commence around March 28th, the day of the Israeli election, Paul in more cautious in his assessment of the timetable for war.


"I don't think they're on the verge of doing it I think they're still in the propaganda phase."


"I think that what you hear now, all the noise and all the talk is to get the American people ready because they have to have a reason to go in and that's what they're preparing the American people for."


The Congressman said that the flames of war are being stoked by internationalists who have no loyalty to America and that their ultimate goal is complete control of the earth's resources.


"I think their ultimate goal is to have control of natural resources and the biggest resource that they're interested in is oil. In the process they want to control the banking system which means the dollar is very important to them. They also want to control the military power that dominates the world, which is of course our military power so they're very influential there, said Paul."



 


"I don't think they have any sense of loyalty to nations, they're internationalists in the worst sense. I don't think there's anything wrong with being an internationalist in the sense that you travel and trade with people and study and learn, but international in the sense of international control of resources is wrong."


Paul fears that the establishment left wing and the Democrats are even more eager to slit America's throat than they were before the Iraq invasion, saying that opposition to hostilities with Iran is significantly weaker than it was for the invasion of Iraq.


"It seems like the left is much more ready to do something about Iran than they were about Iraq so I see our opposition even weaker, said Paul."


The Congressman re-iterated his belief that Democrats would however endeavor to impeach Bush
following the 2006 elections, but more as a political stunt than any real interest in saving the country.



国会議員は、イラン戦争が遅れたと.


まだ、宣伝強化の過程中の政府と言います



国会議員ロン・ポールは、イランの軍事攻撃が、攻撃のどんな行為も今はまだ離れており、次の戦争への強化がまだアメリカ人に認めさすことの宣伝過程にある、と考えることにより、すぐ近くに危機あるというメディアの注目した警告を否定しました。



アレックス・ジョーンズ・ショーに現われたロン・ポールは、イランの油証券取引所問題がまだ起りえていないと推測しました。また同様の状況がイラクの侵入の前にも発生したので、単純に戦争の理由に為りえる事が、ヨーロッパ人の姿勢は異なっていました。


多数メディアが、米国とイスラエルの我慢の限界が、イランがいつユーロでその油に値をつけるかで(ユーロシフト)、他メディアも先例に従う、と推測します。



「彼らが、それが持たない(ドルでは)かもしれない油のためのユーロを要求する場合、すさまじい分裂、直ちに、しかし、それらが他のOPECの国家で行う場合、そのとき続く、OPECの国家は、ユーロで油を交換し始めます。それはOPECの国家の多くを分裂させると、ポールは言った。」


「合計が合わないただ一つのことは、それがドルとユーロの間のコンテストだったので、私たちがイラクで行っていたことにヨーロッパ人が反対だったかどうかです。ヨーロッパ人は今、威嚇およびイランとの対決に抵抗を少しも提示していません。」


ポールは、イランの軍事攻撃が原油価格を2倍にさせるだろうが、それらのレスポンスが無音であると国務省に辛抱強く警告したと言いました。原油価格を2倍にする昨年のビルダーバーグ会議に、意見が一致したことで起こった原油価格は、一年で、大いに上昇して約2倍になるでしょう。


「それらが暗示するただ一つのことは取り出すことです。それらがさらに証明することができない核サイトはまだ存在します。それに関して、爆弾でそれらを攻撃する準備ができている。これは油の価格の上昇にものすごい反応を持つでしょう。また、私はイラン人が元気な国会議員に警告されて、イラクの政府が破られたのと同じくらい容易にイランも破られるだろうと思います。」


ウラジミール・ジリノフスキーのようなロシアの議会人の意見では、イランのターゲットとされた軍事攻撃が3月28日のまわりで始まるだろうと述べた。イスラエルの選挙のその日、ポールの中で、戦争の予定表は彼の評価の中では、より用心深くなるだろう。



「私は、それらは攻撃を行う寸前ではないと思います、私は、それらがまだ宣伝過程にあると思います。」


「私は、あなたが今聞くこと、すべての雑音およびすべての話はそれらが納まる理由を持たなければならず、宣伝過程が、攻撃をアメリカ人に準備しているものの、アメリカ人の準備ができているようにすることであると思います。」


国会議員は、火がアメリカへの忠誠を持っていない国際法学者によって戦争の炎に包まれており、それらの最終のゴールが地球の資源の完全なコントロールである、と言いました。


「私は、彼らの最終のゴールは天然資源のコントロールを行っていることで、それらが興味を持っている最も大きな資源が油である、と思います。プロセスでは、彼らは、ドルがそれらにとって非常に重要であることを意味する銀行業務システムをコントロールしたい。さらに、彼らは、世界(それらがそこで非常に影響力のあるようにそれはもちろん私たちの兵力である)を支配する兵力をコントロールしたい、ポールは言った。」


「私は、それら(イルミナティか?)は国家に対して忠実のどんな感覚も持っていないと思います。それらは最悪の感覚の国際法学者です。私は、見聞きし、人々と研究と取り引きするという意味で、国際法学者であることは何でも調子が悪いとは思わ無いが、学習はしません。しかし資源の国際管理の感覚において国際的に、間違っている。」


ポールは、左翼および民主党員の上層はさらに、彼らの反対がイランとの交戦状態に、彼らがイラクの侵入向けだったより著しく弱いと言って、イラクの侵入の前にしたことより、アメリカ政治の喉を裂くことを熱望するのではないかと心配します。


「アメリカ政治は左がはるかにより多くであるように思われる。、私が私たちの反対をさらに弱く見るように、それらが(イル?)イラクに関係していたよりイランに関して何かをする準備ができていると、ポールは言った。」


国会議員は、しかしながら、民主党員が2006年の選挙に続くブッシュを弾劾しようと努力するだろうという彼の確信を再度繰り返しました。しかし国を救うことの中のどの実物利子より政治的な妙技としてより多くを持っています。







ドキュメンタリー「イルミナティ(啓蒙主義者)」


Here is the Documentary
"The Illuminati"
, from AIM, Australian Independent Media.



The Illuminati part 1of2
44 min 22 sec - Jan 1, 2005



The Illuminati part 2of2
1 hr 10 min 1 sec - Jan 1, 2005


AIM、オーストラリア英語の独立系メディアからここにドキュメンタリーの「イルミナティ(啓蒙主義者)」がある。



イルちゃんは(民主も共和も含む)続くよ




The Real Butchers Of Serbia: Clinton, Clark, NATO

Slobo death media spin intensifies, speculation rife that Milosevic was going to call Clinton as witness




Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | March 15 2006

 


The media coverage of Slobodan Milosevic's death has branched off into two distinct contexts. One is the desperate scramble to spin evidence and testimony suggesting Slobo was murdered and the other revolves around discussion that Milosevic was knocked off because he was about to call Bill Clinton as a witness at the Hague.


The consequence of 'The Butcher Of Serbia's' death remains the same. The only man in a position to legally implicate the real butchers of Serbia, Clark and Clinton, in war crimes that all but wiped an entire race off the map, is silenced.


Today both Milosevic's son
and his wife went public to say that in their opinion Slobo was deliberately poisoned by the cocktail of drugs that negated the effects
of his high blood pressure medicine, leading to his heart attack.


"They kept cameras and lights on in Slobodan's cell non-stop, so that he could not sleep. That is an officially recognised form of torture," said Mirjana Markovic. Which makes the UN's claim
that the drugs found in Slobo's body were smuggled into his jail cell all the more ridiculous. This is the biggest conspiracy theory of them all. Milosevic was under constant monitoring and surveillance yet we are led to believe he had a 'dealer' who was able to provide the goodies.


The truth is that the prosecution was losing the case against Milosevic and as the trial was wounding down to a close the only evidence regarding ethnic cleansing implicated Wesley Clark, Bill Clinton, NATO and all the other warmongers in chief who oversaw the 78 day bombing of Yugoslavia.
 


What of the U.S. bombing of Radio Television Serbia, the cluster bombing of the Nis marketplace, the use of depleted uranium munitions and the targeting of petrochemical plants causing toxic and chemical waste to pour into the Danube River, or the deliberate targeting of civilian transport? As Jeremy Scahill
adeptly points out,


"What the corporate media overwhelmingly ignores in Milosevic’s death is what they ignored in his life as well?his intimate knowledge of U.S. war crimes in Yugoslavia. While Milosevic was undoubtedly a war criminal who deserved to be tried for his crimes, he was also the only man in the unique position of being able to expose and detail the full extent of the U.S. role in the bloody disintegration of Yugoslavia in the 1990s. In fact, that is precisely what he was fighting to do at his war crimes trial when he died."


"Milosevic’s death means that those who bombed Yugoslavia for 78 days beginning 7 years ago this month, killing thousands, will be, once and for all protected from any public scrutiny for their crimes. However opportunistic Milosevic may have been, he would have been one of the few people to appear at the Hague that could have and would have laid out these crimes in great detail."


"To be sure, there will never be indictments of these U.S. war criminals at the Hague: Bill Clinton, Madeline Albright, Jamie Rubin, William Cohen, Sandy Berger, Richard Holbrooke and Wesley Clark. For many of Serbia’s victims of U.S. war crimes, Milosevic’s trial was a “Hail Mary” pass, as awful of an historical irony as that is, aimed at someone recognizing their forgotten suffering."


And what of the rather troubling little matter
of US government support for Osama bin Laden and Al-Qaeda' not fighting the evil Commies in the 70's and 80's, but helping the death squads of the KLA ethnically cleanse the last remaining Serbs and ethnic minorities from Kosovo, outnumbered nine to one by the ethnic Albanian colonizers, in the late 90's?


From the very opening statement of his trial, Milosevic had made his intentions clear by outlining the true power structure behind Al-Qaeda.


“In 1998 when [Clinton envoy Richard] Holbrooke visited us in Belgrade, we told him the information we had at our disposal, that in Northern Albania the KLA is being aided by Osama bin Laden, that he was arming, training, and preparing the members of this terrorist organisation in Albania. However, they decided to cooperate with the KLA and indirectly, therefore, with bin Laden, although before that he had bombed the embassies in Kenya and Tanzania [and] had already declared war.” Milosevic concluded that “one day all this will have to come to light, these links.”


The media fallout from Milosevic's death has predictably split down myopic partisan lines.



 


The establishment left press, who only cry bloody murder about a war if a Bush is in office, were quick off the mark to denounce questions about the nature of 'The Butcher's' death and rally round to defend their darling war criminals Clinton and Clark.


One example is Media Matters
, who called Rush Limbaugh's sanity into question, after Limbaugh suggested that Milosevic may have been the final victim of the Clinton Death List, whose previous members include Ron Brown and Vince Foster. Like others, Limbaugh speculated that Slobo was about to call Clinton as his last witness, implicating Clark and the rest of the NATO collaborators in the process


Although Limbaugh has about as much objectivity as a 9/11 Commission panel member
, he is right to make this connection. The Brown
and Foster
evidence lead right back to Clinton and for Media Matters to couch this in the context of another madcap Rush rant betrays the hypocrisy of the left.


It was Bill Clinton who turned Serbia into a DU ridden hellhole and it was Bill Clinton who initiated sanctions in Iraq that killed 500,000 children, a "price worth paying,"
according to his Secretary of State Madeleine Albright.


But to the left Clinton can do no wrong, so for them the blame must be pinned on Slobo. And when a Democrat gets in after 2008 and launches an unjustified and unconstitutional war against a defenseless sovereign nation, the majority of them will drop their Bush banners, line up in an orderly queue, and assume the position to lick government boots.


As Paul Craig Roberts
highlights, Serbia was a practice run for the ethnic cleansing we now see unfolding in Iraq. It doesn't matter what letter the Commander In Butchery has before his name, governments and terrorist henchmen are bought and paid for while American soldiers are used as cannon fodder for the New World Order's next imperial conquest. Any individual that has intimate knowledge and evidence of that fact, like Slobodan Milosevic, is a target for elimination.


The Real Butchers Of Serbia:


クリントン、クラーク、NATO ミロセビッチの死亡記事(メディア)の動きは強まります。


推測では、おびただしい事柄をミロセビッチは目撃者としてクリントンに電話するつもりでした。


ポール・ジョーゼフ・ワトソン/Prison Planet.com|2006年3月15日


スロボダン・ミロセビッチの死のメディア適用範囲は2つの別個の状況へ分れました。1つはミロセビッチが殺害されたと示唆する証拠と証言を暴露する絶望的な緊急事態です。また、他方は議論のまわりでそれを動かさせることです。ハーグ裁判で目撃者としてビル・クリントンに電話するところだったので、ミロセビッチは狙われました。「The Real Butchers Of Serbia」死の結果は同じのままです。法律上、クラークおよびクリントンのThe Real Butchers Of Serbiaを関係させる位置のただ一人の男、ミロシェビッチは、ほとんど全てを拭き払い、消滅させた戦争犯罪の中で、沈黙させられます。今日、ミロセビッチの息子および彼の妻の両方へ、それらの見解では、彼の心臓発作に結びつく、彼の高血圧薬の影響を否定した薬のカクテルによってミロセビッチが慎重に薬により毒されたと言う情報を公開しました。「それらはミロセビッチの房にカメラと明かりを使い続け、ノンストップ、その結果、彼は眠ることができませんでした。それは拷問の公式に認識された形式です。」とマンジャラ・マルコビッチが言いました。どれが、ミロセビッチの身体で見つかった薬が彼の刑務所房へ、なおさら、こっそり持ち込まれたという国連は要求を認めますか?、これはそれらすべての最も大きな陰謀説です。ミロセビッチは一定のモニタリングおよび監視の下にいました。しかし、私たちは彼には甘い物を提供することができた「提供者」がいたと信じるためにリードされます。真実は、検察当局がミロセビッチに対する事件で負けており、試みとして傷つけていたということです。接近している民族浄化に関するただ一つの証拠は、ユーゴスラビアの78日の爆撃を監視したチーフにウェズレー・クラーク、ビル・クリントン、NATOおよび他のすべての戦争挑発者を密接に結び付けました。




ラジオ・テレビ・セルビアの米国の爆撃の、ニーシュ市場のクラスター爆撃、石油化学プラントの劣化ウラニウム弾及びターゲットとする使用が、ダニューブ川へ流れ込む有毒・化学廃棄物を引き起こすこと、あるいは慎重にターゲットとすることは、民間輸送すると、ジェレミースカヒルが巧みに指摘する「企業メディアがミロセビッチの死の中で圧倒的に無視するものは、ユーゴスラビアでの米国の戦争犯罪について良い事か?彼の詳細の知識としてそれらが一生のうち無視したものです。ミロセビッチは確かに彼の犯罪の疑いで裁判にかけられて当然だった戦犯でしたが、さらに、彼は、1990年代にユーゴスラビアの血の分解における米国の役割の十分な範囲を暴露することができ詳述することができるユニークな位置のただ一人の人でした。実際、それは、正確に彼が死んだ時、戦争犯罪裁判で行うために、彼が戦っていたものです。」「ミロセビッチの死は、7年前のこの月に始まって、78日間ユーゴスラビアを爆撃した、何千人を殺す人々が、それらの犯罪のための任意の公の調査からこれを最後に保護されているだろうということを意味します。ミロセビッチがどれほど日和見主義だったかもしれなくても、彼は、責任を持つことができ、これらの犯罪を非常に詳しくレイアウトしていたであろうハーグ裁判で現われる少数の人々のうちの一人になっていたでしょう。」「なるほど、ハーグ裁判にこれらの米国の戦犯の起訴はないでしょう:ビル・クリントン、マドレーン・オルブライト、ジェーミー・ルービン、ウィリアム・コーエン、サンディー・バーガー、リチャード・ホルブルックおよびウェズレー・クラーク。セルビアの米国の戦争犯罪の犠牲者の多くについては、ミロセビッチの裁判が「天使祝詞」で、歴史上の反語に恐ろしいものとして通過するとして、すなわち、彼らの忘れられた苦痛を認識する誰かに向けられた。」




また(オサマ・ビン・ラディンとアル・カーイダの米国国庫補助を心配するには小さな扱いの問題の何か)戦わないこと、70年代と80の有害な共産主義者、しかしKLAの暗殺隊を民族的に助けること、コソボのセルビア人および少数民族の残りを最後に浄化する90年代の終わりの中で、アルバニア系植民地開拓者によって数で圧倒した?彼の試みのまさに冒頭陳述から、ミロセビッチは、アル・カーイダの後ろの真実の権力機構の概説により、彼は意図を明らかにしました。「1998年に、クリントン使節リチャード・ホルブルックがベオグラードで私たちを訪ねた時、私たちは彼に伝えた情報は、私たちに自由を持っていました。アルバニア北部では、KLAはオサマ・ビン・ラディンによって援助されています。彼は武装し、トレーニングおよびアルバニアでこのテロリスト構成のメンバーを準備することでした。しかしながら、その前に、彼はケニアとタンザニアの大使館を爆撃したことがありますが、それらはKLAと、および間接的にビン・ラディンと(したがって)協力することを決定しました。そして、既に戦争を布告していた。」ミロセビッチは「ある日、これはすべて光がさすであろう。」と結論を下しました。ミロセビッチの死からのメディアの消極的扱いは予想されるように、人々は下へと近視状態に置かれました。




圧迫を残し、ブッシュが大統領に出ていれば、戦争に関する単に叫び血なまぐさい殺人、「Butcher's」の死の性質に関する質問を非難し、かつ回復するのに反応が早かった、それらの大切な戦犯(クリントンとクラーク)を防御する円陣は誰なのか?。1例はメディア・マターズです。ミロセビッチがクリントン死亡者リスト(その前のメンバーはロン・ブラウンとビンス・フォスターを含んでいる)の最終犠牲者だったかもしれないことをリンボーが示唆した後、この人はラッシュ・リンボーの正気に疑いをさしはさみました。他のもののように、リンボーは、ミロセビッチが、プロセスにクラークおよびNATOの共同者の残りを密接に結び付けて、彼の最後の目撃者としてクリントンに電話するところであると推測しました。リンボーは、9/11委員会パネル・メンバーと同じくらいの客観性に関して持ちますが、彼がこの接続をすることは正しい。ブラウンおよびフォスターの証拠はライトバックにもう一人の無鉄砲なラッシュのコンテキストの中でクリントンへ、およびメディア・マターズのためにこれを寝かさせます。大言壮語する左の偽善を裏切ります。彼の国務長官マデレン・オルブライトによれば、セルビアをDUに悩まされたひどい所に変えたのはビル・クリントンでした。また、500,000人の子ども(「払う価値がある価格」)を殺したイラクで制裁を始めたのはビル・クリントンでした。




しかし、左翼にはクリントンは不正を行うことができません。したがって、それらについては、非難がミロセビッチにピンで留められるに違いありません。また、民主党員が2008年の後に入り、無防備な主権国家との不正で違憲の戦いを始める時、大多数のそれらはブッシュの旗を落とし、整然としたキューの中で並び、政府ブーツをなめる位置を仮定するでしょう。ポール・クレイグ・ロバーツ・ハイライトとして、セルビアは、私たちが今、イラクで展開するのを見る民族浄化のために実行された実行でした。それは重要ではありません、アメリカの兵士が新世界秩序の次の帝国の征服のための雑兵として使用されている一方、虐殺での指揮者が彼の名前、政府およびテロリスト従僕の前にいる、すべての文字が売買されます。詳細の知識およびその事実を示す証拠を持っているどんな個人も、スロボダン・ミロセビッチのように、除去の目標になるのです。

ミロシェビッチはやられた・。


Why Milosevic Was Murdered

Tinpot dictator blew the whistle on the New World Order



 

Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | March 13 2006

 


Slobodan Milosevic was a distasteful man with authoritarian Communist ideals. But the reasons for his obvious murder revolve around his evergreen willingness to blow the whistle on the global criminal masterminds who had made the mistake of giving 'Slobo' a speaking platform in the first place.


Just two days after Milosevic's death the evidence indicating murder has poured in.


- Milosevic wrote a letter one day before his death claiming he was being poisoned to death in jail. The lawyer who advised Milosevic during his trial, Azdenko Tomanovic (pictured below) , showed journalists a handwritten letter
in which Milosevic wrote: "They would like to poison me. I'm seriously concerned and worried."


- Blood tests
show that Milosevic's body contained a drug that rendered his usual medication for high blood pressure and his heart condition ineffective, causing the heart attack that led to his death.



- The media has spun this to make out as if Milosevic deliberately took the wrong drug so he could seek specialist treatment in Moscow and delay his trial. This is frankly absurd. Milosevic only had access to the drugs provided to him by UN appointed doctors and took them under close surveillance
. Are we to believe that Milosevic had managed to set up a secret drugs lab in his closely watched prison prison cell and then substituted the drugs while under constant monitoring?


- Milan Babic, a former Croatian Serb leader who testified against Milosevic was "suicided" just six days before Milosevic's death. According to the BBC
, tribunal spokeswoman Alexandra Milenov said he had given no indication that he was contemplating suicide. "There was nothing unusual in his demeanor," she said. Another Hague detainee, Slavko Dokmanovic, supposedly killed himself in 1998.


- Allegations of suicide were dismissed by British lawyer, Steven Kay QC, who said Milosevic had told him before he was found dead: "I have not come all this way not to see it to the end."


- The Globalists have wanted to eliminate Milosevic for a long time. Former MI6 agent Richard Tomlinson said he saw documents
in 1992 that discussed assassinating Milosevic by means of a staged car accident, where the driver would be blinded by a flash of light and remote controlled brake failure enacted to cause the crash. This exact same technique was utilized for real in the murder of Princess Diana.


Milosevic was a loose cannon with intimate knowledge of the criminality of the Globalists after the IMF/Bilderberg coup de 'tat in Serbia in the 1990's.


In March 2002, Milosevic presented the Hague tribunal
with FBI documents proving that the United States government and NATO provided financial and military support for Al-Qaeda to aid the Kosovo Liberation Army in its war against Serbia.


This didn't go down too well at the Pentagon and the White House, who at the time were trying to sell a war on terror and gearing up to justify invading Iraq.



Milosevic made several speeches in which he discussed how a group of shadowy internationalists had caused the chaos in the Balkans because it was the next step on the road to a "new world order."


During a February 2000 Serbian Congressional speech, Milosevic stated,


"Small Serbia and people in it have demonstrated that resistance is possible. Applied at a broader level, it was organized primarily as a moral and political rebellion against tyranny, hegemony, monopolism, generating hatred, fear and new forms of violence and revenge against champions of freedom among nations and people, such a resistance would stop the escalation of modern time inquisition. Uranium bombs, computer manipulations, drug-addicted young assassins and bribed of blackmailed domestic thugs, promoted to the allies of the new world order, these are the instruments of inquisition which have surpassed, in their cruelty and cynicism, all previous forms of revengeful violence committed against the mankind in the past."


Milosevic was far from an angel, but evidence linking him to genocides like Srebrenica, in which 7,000 Muslims died, was continually proven
to be fraudulent. In fact, Srebrenica was supposedly a 'UN safe zone', yet just like Rwanda, UN peacekeepers deliberately withdrew
and allowed the massacre to unfold, then blamed Milosevic.


Milosevic's exposure of UN involvement in the Srebrenica massacre was another reason why tribunal transcripts were heavily edited and censored, and another contributing factor towards his murder.



なぜ、ミロシェビッチは殺された。

安っぽい独裁者は新世界秩序において警告を発した。



スロボダン・ミロセビッチは独裁的な共産主義の理想を持つまずい人であった。

しかし、‘Slobo’を与える誤りをまず第一に話すプラットフォームにしたグローバルな犯罪の指導者の悪事を告発する彼の常緑の自発性のまわりで、彼の明らかな殺人の理由は回転する。

ミロシェビッチの死のちょうど2日後で、殺人を示している証拠は殺到した。


- 彼が刑務所で毒殺されていたと主張している彼の死の1日前に、ミロシェビッチは手紙を書いた。

彼のトライアル、Azdenko Tomanovic(下に描かれる)の間に、ミロシェビッチを勧めた弁護士はジャーナリストに、ミロシェビッチが書いた手書きの手紙を見せた:

「彼らは、私を毒殺したい」。

「私はひどく心配していて、心配している」。

- 血液検査は、ミロシェビッチの体が、彼の死をもたらしていた心臓発作を起こして、高血圧と無効の彼の心臓の状態に彼の通常の医薬品を報いた薬を含んでいたことを示す。


- ミロシェビッチが意図的に間違った薬を飲んだので彼がモスクワで専門家取り扱いを捜し、彼の裁判を延期することができたかのように、メディアは、作成するこれを回転させた。

これは率直に不合理である。

ミロシェビッチはただ医師に任命された国連によって彼に提供された薬にアクセスできて、綿密な監視の下で彼らをつかまえた。

私達は、ミロシェビッチが彼の密接に見られた刑務所の独房で秘密の薬局をどうにかして設立し、それから一定の監視の下の間に薬を代用したと信じることになっているか?


- ミラノ・バビック(「自殺した」ちょうど6日がミロシェビッチの死の前でミロシェビッチに対してであったと証言した前のクロアチアセルビアリーダー)。

BBCによると、裁判所スポークスウーマン アレクサンドラ・ミレノバは、彼が自殺を考えていたという情報を全然与えなかったと言った。

「彼の物腰において異常なものは何もなかった」と彼女は言った。

別のハーグ被抑留者、スラボコ・ドクマノヴィックはたぶん1998年に自殺した。


- 自殺の主張は、彼が死んでいるのを発見される前に、ミロシェビッチが彼に話したと言った英国の弁護士、スティーブン・ケイQCによって退けられた:

「私は、最後までそれを見ないようにすべてのこの方法で来なかった」。

- グローバリストは、長い間ミロシェビッチを取り除きたかった。

前のMI6エージェント リチャード・トムリンソンは、ドライバーが、衝突を起こすために制定された軽く、リモコン付きのブレーキ故障のフラッシュによって盲目にされるであろう所で、彼が、上演された自動車事故によってミロシェビッチを暗殺するのを議論した1992における文書を見たと言った。

この正確に同じテクニックはダイアナ元妃の殺人におけるリアルに利用された。


ミロシェビッチは、1990年代に、セルビアのIMF/ビルダーバーガー・クーデター・デタントの後に、グローバリストの犯罪の詳細な知識を持つゆるんだ大砲であった。

2002年3月に、ミロシェビッチは、セルビアを背景としたその戦争についてコソボ解放軍を援助するために、米国政府とNATOがアルカイダに金融と軍隊のサポートを提供したことを証明しているFBI文書をハーグ裁判所に贈った。

これは、その時、テロに対する戦争を売ろうとしていて、イラクを侵略するのを正当化するために備えていた国防総省とホワイトハウスであまりにもうまく降りなかった。


ミロシェビッチは、彼が、それが「新しい世界秩序」への道の上の次のステップであったので、どのように暗い国際主義者のグループがバルカン諸国でカオスを起こしたかを議論したいくつかのスピーチをした。

2000年2月のセルビア人議会スピーチの間に、ミロシェビッチは述べた。




「それの中の小さなセルビアと人々は、抵抗が可能であることを証明した」。

より広いレベルに適用されて、それは国家と人々の間で自由のチャンピオンに対する暴力と復讐の専制政治、覇権、独占状態、生成憎悪、恐怖、および新しいフォームに対する道徳的で、政治的な謀反として第一に組織されて、そのような抵抗は現代審理のエスカレーションをやめるであろう。

これらは、 ウラニウム爆弾、コンピュータマニピュレーション、薬ふけった若い暗殺者、および恐喝された国内の暴漢〈新しい世界注文の同盟国に昇進した〉の買収、 それらの残酷さと冷笑において、人類に対して過去に委任された執念深い暴力のすべての前のフォームをしのいでいた審理の機器である。」







ミロシェビッチは天使から遠かったけれども、彼を、7,000人のイスラム教徒が死んだスレブレニカのような大量虐殺と結び付けている証拠は、不正であると継続的に判明した。

実のところ、ちょうどまだ、展開するために、ルワンダ、国連の和平監視者が意図的に虐殺を撤収し、許し、そして、ミロシェビッチを非難したように、スレブレニカはたぶん‘国連安全圏’であった。

ミロシェビッチのスレブレニカ虐殺における国連関与の露出は、裁判所記録が重く編集されて、検閲された別の理由と彼の殺人への別の有力な要因であった。



誰の差金

デービッドアイクの情報http://icke.seesaa.net/article/14670130.html


2006年03月12日

米メディアの反イラン

FIX(FOX)ニュースのO'Reillyが「イランを地球上から吹っ飛ばすのは、良識のある行動だ」と発言した。


自分のラジオ番組で、 Bill O'Reillyは次のように語った。「良識のある世界では、すべての国が力を合わせてイランに対処し、イランを地球上から吹き飛ばすのだ。これこそが、良識のある行動だ」



アイク

もし、奴がイスラエルに対してこんなことを言ったなら、もう奴は仕事を貰えないだろう。

元記事


O'Reilly: Blowing Iran "off the face of the earth ... would be the sane thing to do"







On the March 8 broadcast of his nationally syndicated radio show, Bill O'Reilly stated: "You know, in a sane world, every country would unite against Iran and blow it off the face of the earth. That would be the sane thing to do." O'Reilly made the remark during a discussion of Iran's recent threat to cause "harm and pain" to the U.S. if it pursues sanctions against Iran in the U.N. Security Council because of Iran's developing nuclear program.


As Media Matters for America has documented, O'Reilly recently declared that "it's just a matter of time ... before we have to bomb" Iran.


From the March 8 edition of Westwood One's The Radio Factor with Bill O'Reilly:


O'REILLY: And let's do the No-Spin News. In Vienna, Iran has threatened the U.S.A. with, quote, "harm and pain" for its role in trying to get the United Nations to discipline Iran over the nuke issue. OK. It's the usual saber-rattling. You know, we'll hurt you, we'll do this, that, and the other thing. Now, what Iran is doing is they perceive that America is weakened because of the conflict in Iraq and the division at home, OK? So they're saying, "Hey, we'll just push the envelope as far as we can push it and see what happens. So we think that Bush is a damaged president, his approval ratings are low, Iraq is chaos -- we're helping that out, by the way." Iran is helping Iraq to be in chaos by allowing the terrorists to go through that country and arming them and teaching them how to make bombs and all of that.


You know, in a sane world, every country would unite against Iran and blow it off the face of the earth. That would be the sane thing to do, just go in and remove the government, because this is a terrorist state. But we can't do that, and now, the U.S.A. is basically has to take this kind of rhetoric. I mean, there's nothing else we can do but go to the United Nations and say to the Security Council, "Look, you can't let these people have nuclear weapons. If you do, there's going to be a war." So it's between war and sanctions.


Summary: On his radio program, Bill O'Reilly stated: "You know in a sane world, every country would unite against Iran and blow it off the face of the Earth. That would be the sane thing to do."

共産党支配

ナチスドイツと中国共産党の共通性http://list.jca.apc.org/public/aml/2005-June/002143.html


省港旗兵 shenggangqibing at yahoo.co.jp

2005年 6月 29日 (水) 00:43:11 JST




ナチスドイツ:オーストリアやチェコなどドイツ系の国を、ゲルマン民族の領土の復活といいながら強制併合

中国共産党:ウイグル、チベット、満州を「伝統的中国の領土」と宣言し併合。



ナチスドイツ:ユダヤ人を計画的に抹殺、民族浄化を企てる。

中国共産党:辺境の少数民族地域に計画的に漢族を移住させ、少数民族保護の建前とは裏腹民族文化の抹殺を図る。核実験は少数民族の辺境地帯で。



ナチスドイツ:メディアによる情報統制(ゲッペルズによるラジオ放送)

中国共産党:メディアによる情報統制(なんと、キーワード「6月4日」まで禁止、ウェブもブログもすべて登録制、「ダライラマ」も「民主」も禁句、外国の政党とかどう表現するの?、「靖国」もいまに禁止かも?)



#仕方ないから私は、skypeで中国人の若者に民主化を直接訴えかける運動を細々とやってます。トホホ。



ナチスドイツ:ユダヤ排斥運動を公認。ユダヤ商店が破壊される

中国共産党:日本人排斥運動を公認。大使館、日本商店が破壊される



ナチスドイツ:第一次大戦に対する被害者意識(第一次大戦の賠償金など)と暴動の正当化

中国共産党:日本に対する被害者意識と暴動の正当化



#日本の軍国主義が復活して中国を狙っている なんてデマを流してますね。

#自国がとんでもない軍国主義国家だということはほっかむりして、死んだ昔の姿ばかり強調する。

#この60年平和主義国家として一貫してきたりODAで貢献したりは一切教えない。



ナチスドイツ:経済政策の成功により、肥大化する右翼的民族意識。オリンピックを開催

中国共産党:同上



#でも、ドイツは化学工業の発明での高付加価値産業など地力がすごかった。

#中国は国内の奥地から安い労働力を使い、民工労働者を搾取しての経済発展。 

#労働者階級の代表、プロレタリアート革命が本業の「共産党」なんて聞いて呆れますね。

#おまけに外国の知的財産はパクりまくり、蝋筆小新事件、大笑い。



問題は、ナチスにおけるユダヤ排斥や第一次世界大戦の賠償金チャラ運動とかは国内経済の存亡に関わる点だったので十分情状酌量の余地がある点。ユダヤ「難民」がフランスなどで迫害にあい、国内が混乱しているドイツに大量に流入してきたおかげでドイツでは労働者が大量にクビになっていた。今のヨーロッパと似ていますね。


中国は真っ当な取引相手の日本を排斥しようとしている。在中日本人はなにもしないのに、在日中国人は外国人犯罪者の国別でダントツトップ。で、「昔日本人が中国にしたことを思えば、これぐらいたいしたことない」と開き直り。



ドイツは第一次世界大戦を正当化して、洒落にならん借金を帳消しにした。 これしか国家が独立国として存続する方法はなかったからだ。


中国は第二次世界大戦を正当化して、洒落にならん賠償金をゲットした。これしか働かないで豊かになる方法はなかったからだ。大躍進、文化大革命、昨今の環境破壊、民工問題、すべて中国共産党の責任

しかし第二次世界大戦を戦ったのは国民党で今の台湾政府。共産党自体には日本を駆逐したという抗日の正当性はない。国民党との内戦を一旦停止して共同で日本をやっつけただけのこと。



とあるサイトのこぴぺを加筆しましたけれど、全体主義国家のいやらしさは共通しますね。

尖閣が日本領土だという教科書を税関で没収したりして、あきれかえってしまいます。

金氏朝鮮の金親子を崇拝するような朝鮮学校の教科書を日本当局が没収したのでしょうか?

中国だけに都合のよい「日中友好」などいりません。



世界第一可笑的事是世界最大的?国主?国家批?60年前已??亡了?国主?省港旗兵でした。


The Li Bloodline


http://web.archive.org/web/20030617160855/www.thewatcherfiles.com/bloodlines/li.htm

--------------------------------------------------------------------------------Chapter1



THE LI FAMILY --CONTINUATION OF A SERIES OF ARTICLES ON THE TOP 13 ILLUMINATI BLOODLINES--THIS IS ARTICLE SIX.




David Rockefeller visits with his friend Li Chiang, one of Red China's Government Trade Officials.




The chinese character for the Li family is shown below in two different styles (fonts).





In writing about the Li family and Chinese secret societies, I am like the man who wakes up in the middle of the night while everyone else sleeps and then gropes around in the darkness trying to feel his way. I can share with you what I’ve learned, but undoubtedly there is a great deal more that can be learned.


When the year started I knew only a little about the Li family, and that only from what I had heard. I didn’t even know how to spell their name right. I was spelling it Lee (Actually the Li family name is spelled Lee in some areas such as Hokkien, Teochew, Singapore and by some chinese Americans.) Because I knew so little about the family, it was one of my primary areas of focus when doing



UNDERSTANDING HOW CHINESE NAMES ARE JOINED


A Chinese is name is made up of a family name (surname), which is written first, and then comes the personal name. In the chinese way of things my name would be Springmeier Fritz. Family names are usually of one character each, although there are exceptions like Ouyong and Situ. There are over 6,000 Chinese surnames for about I billion Chinese. The more frequent chinese surnames in English speaking countries such as the U.S., U.K., & Aust. are Chan, Lin, Li, Wong, Huang, Mei, Yang, Chin, and Fong. In mainland China the 5 top families are Chen, Li, Zhang, He, and Huang.



FAMILY NAMES ARE MORE MEANINGFUL FOR CHINESE (IN CHINA) THAN FOR AMERICANS


The chinese surname Li is a very popular name in China, perhaps not as widespread as Smith in this country, but certainly used as much as the name Brown is in America. Chinese who have the same surname have much more loyalty to someone else who has the same surname. For instance, two chinese with the Li name would consider themselves relatives even if they were total strangers. Even if two people knew no blood ties, if they had the same surname it has generally been considered incestuous to marry each other in China. In the U.S. if two Browns without any apparent blood ties met each other, they would not feel as if they were close relatives which two Chinese with the same surname would. The Li surname has a long history which goes back to a specific person named Emperor Zhuanzu who was the first Li and lived before 2000 B.C. This is according to the Xing Zuan, the chinese dictionary of surnames. The Li family has a long history in China with many stories. During the Tang Dynasty about 15 different surnames were given the honor of having the Li surname. Li Yuan was the founder of the Tang Dynasty which lasted from 618 to 906 A.D. His son who ruled after him was Li Shimin. In their dynasty, printing and paper money were introduced to China. (It’s interesting that the Li’s are connected the introduction of paper money.)



ARE THE DIFFERENT IMPORTANT LI’S RELATED?


In recent history three Li’s stand out as giants.


?The billionaire and de facto ruler of Hong Kong Li Ka-shing.


?Li Peng the ruler of Red China.


?Lee Kuan Yew President (& dictator) of Singapore



I don’t know which of the Li’s are closely related and which are not. I do know that Li’s control Red China, Hong Kong, and Singapore and have important positions in Taiwan. If the various Li’s which control these various nations are related, then we are certainly looking at one of the most powerful families in the world. In terms of power, they would be just as powerful as the Rockefellers. They also connect to secret occult societies, but the secret societies which the Li’s are major players in are the Chinese secret societies. Those will be covered elsewhere in this newsletter.



WHICH ONES ARE PART OF THE ILLUMINATI?


I have learned from a source that Li Ka-shing and the powerful Hong Kong Li’s are definitely part of the Satanic llluminati Li’s. in terms of whether the Li’s who run Red China are part of the Illuminati, I know nothing that directly connects them. However, there are clues that make one wonder. For instance, why do the Rockefellers and Rothschilds have such a cosy relationship with these Red Chinese Li’s. Why does the Premier (or Prime Minister) of the People’s Republic of China Li Peng visit with the Roc kefellers and other capitalists when he comes to New York City, if he is such a hard-line communist? Haven’t the Com munists named the CapitalIsts their major enemy? And then when we watch men who are in the Illuminati such as Skull & Bones George Bush treat the Chinese Li’s with such closeness, even when it was Li Peng that crushed innocent people at Tiennamen Square, it makes us wonder still. In fact, with other pieces of the puzzle that I have in place, I do know that Red China is already cooperating with and part of the New World Order. The only way that China could already be secretly part of the New World Order is for it’s leaders who are the Li family to be in favor of the New World Order. This strongly suggests that the Li family in China is also part of the Illuminati. From what I know the range of possibilIties range from them being only sympathizers with the NWO elite to them being outright members of the Illuminati. I lean toward the latter view.


Then there is Singapore. Singapore is lock stock and barrel in the New World Order. They went to a cash less Society before anyone else. One of the Li family who spells his name Lee, Lee Kuan Yew, a Cambridge-educated lawryer, was dictator of Singapore for decades. He has ties to the British elite. As an example of his dictatorship, Lee didn’t like long hair on men, and so men coming into Singapore with long hair would have their passports taken away and either got a haircut or went to jail. In 1959, when Brittain gave Sing apore its Independence the Li family (in this case also spelled Lee) controlled the People’s Action Party which ruled the country. In 1976, the Pe ople’s Action Party monopolized politics so much that they won all 69 seats for Parliament. Lee Kuan Yew was pla ced into the all-powerful position of President in 1965, where he remained I belIeve until 1991. Singapore’s leaders made Singapore very anti-communist during the cold war, and when Nixon began his trips to woo China., Singapore began making goodwill political mission to China. In 1975, Lee’s hench man Foreign Minister S. Rajaratnam went to China and met with Chou En-lai. Chou En-lai was the mentor and friend of Li Peng.



Li Peng’s early life.


Actually, to be more specific after Li Peng’s father, who was a leading communist, was shot by the nationalists in 1931, Chou Enlal more or less adopted Li Peng and raised him. Chou Enlal got Li Peng into Moscow’s school system, where, when the Russians finally realized his brilliance wanted to keep Li Peng and train him for their own purposes, and Li had to escape to back to China. For whatever reasons Li Peng was an advocate of the Soviet style of economics. Before being placed into his prominent position that he holds


today, Li Peng managed China’s economy for many years.



Lee met Mao


In 1976, Lee Kuan Yew himself met with Mao Tse-Tung (then the leader of Red China). Mao Tse-tuag himself is closely tied to the Li family. Li Ta-chao was the head of the communist party in Northern China during the fighting with the Nationalists. Mao’s bodyguard was a Li family mem ber Li Yinqiao. Mao’s mentor was Li Ta-chao, who had ties to the Red Spears Secret Society. Other early high ranking communists such as Chu Teh, Ho Lung, and Liu Chib-tan had memberships in the Red Spears Secret Society and Li Ch’l-han an early communist leader was a member of the Green Gang Secret Society. We will cover more about the Li family and Its relationship to Chinese Secret Societies later, as weil as explaining some about the various powerful secret fraternities. It may well have been Li Ta-chao’s guidance that lead to Mao Tse-tung writing the first systematic attempt by a Chinese Marxist to characterize the class basis of secret societies, and emp hasizing their importance for revolution. Mao cooperated with the Ko-Ino Hui, a secret society, that helped his revolution, but strangely the official collection of Mao’s works neglects to include Mao’s appeal to them for help. (This neglect is noted on pg. 4 of Popular Movements & Secret Societies in China. 1840-1950) Mao Tse-Tung is also a product of the Harlot Christian church. Mao as a boy had wanted to learn of Christ and attend a Missionary school, but when he went to it, they threw him rudely out because he was Chinese. Mao never forgot the bad treatment he received at the hands of Chris tians. That explains in part his hatred of Christianity.



A CLOSER LOOK AT THE LI ILLUMINATI FAMILY IN HONG KONG


The Rothschild, and the Rockefeller families have a very high respect for the Chinese and Japanese people in relation to some of the other peoples in the world. That is one reason why China and Japan are being given the chance to be important players in the New World Order. The powerful Li family in Hong Kong is part of the Illuminati This family maintains a good public rela dons. They are philanthropists. Billionaire Li Ka-shing donated money to create a University in Shantou in South China. The cost of the University & its teaching hospital were reported at 85 million U.S. dollars in Fortune Magazine 7/13/92, p. 107. The following chart shows Li Ka-shing’s financial empire, which extends worldwide. According to Fortune Magazine, 7/13/92, p. 106, Li Ka-shing is worth 4 Billion Us. dollars. Another article motes that he made HK$13.4 billion from real estate sales in 1991 alone. Li Ka-shing has lived in the same house on a hill Hong Kong for 30 years. Li Ka-shing had little to no formal schooling. He is self-taught. His sons have been weil educated at Stanford. Victor became an engineer, and his other son Richard majored in computer science and is running Star TV in Hong Kong. Other wealthy friends of Li Kashing get together with him regularly to play poker games. Li Ka-shing is chairman or chief executive of his four big companies in Hong Kong. He hires both chinese and western executives for day-to-day management. Simon Murray, a Dalton who served in the French Foreign Legion, is one of Li’s trusted managers. Murray had worked for Jardine Matheson, a business owned by one of the Committee of 300. Li has built global alliances with British companies, and has part ol Pearson, a British holding company which in turn as interest in Lazard banking Arms in N.Y., London, and Parts. As one can see Li Ka-shing is doing business with the big boys of International Banking. Li also has Joint ventures with MTV, AT&T, Motorola, and Time-Warner. Li’s Star TV broadcast 5 channels to viewers all the way from Israel to Indonesia. The programming comes from the BBC news, and MTV, and some minor pardners. Li is giving Madonna and the rest of Hollywood to the Asians. Li also invested in Vancouver, B.C. He bought the Expo 86 site which is 1/6th of downtown Vancouver. 27% of Vancouver’s 560000 citizens are of Chinese descent. Vancouver is a Triad stronghold. This will discuss elsewhere Li Ka-shing has been allowed by the elite to buy into Canada’s Husky Oil. He could not have done this without the elite’s tolerance. The Oil and Gas Journal, Nov. 18, ‘91, p. 36 states that Li now has 86 % of Husky Oil.





THE REST OF THE LI HONG KONG CLAN


The hugh Bank of East AsIa (BEA) is run by Li Kwok-po. BEA has gone into partnerships with such Illuminati-connected companies as G. Warburg. Li Kwok.po (also known as David Li) also serves in the Hongkong legislature as the councilor who represents the banking community. He is also a vice-chairman of the committee drawing up the future Chinese administrative region that Hong Kong will soon become. He was chosen for this position by the Red Chinese because ‘He was chosen by


the Chinese mainly because or his family background. The extended Li family, with most of its members holding British passports, is one of the territory’s rich and influential old families.’ (Far Eastern Economic Review, June 1989, p. 47) Li has been urging the Hong Kong people to trust the Com munist Chinese government. David Li did not comment on the Tienamen squa re massacre when asked. David Li holds a full British passport and can go anywhere be wants. Most people in Hong Kong have only a Hong Kong passport that gives them British citizenship but doesn’t entitle them to travel. David Li’s uncle is Simon Li, who was a justice of appeal in Hong Kong,, and also selected for the BLDC. His other uncle Ronald Li was the former chairman of the Hong Kong Stock Exchange and a member of the Basic law Consultative Committee. Ronald Li and his son got caught using their Stock Exchange positions in corrupt money making offenses, and were to be brought to trial. I don’t know how it turned out. Another uncle Li Fook-kow was elected in Sept. ‘88 to represent the Hong Kong financial community in the government.When the scandal broke concerning the elite’s BCCI, the Hong Kong branch-Bank of Credit and Com merce Hongkong (BCCHK) was shielded from investigation. BCCHK’s chief executive Tariq Jamil who could have been called upon to answer questions skipped the country. Hongkong authorities made no attempt to stop him. David Li got involved and suggested that the Exchange Fund be used to help his BEA acquire BCCHK.. Another key figure in the BCCHK,, was Louis Sau bolle, who was previously Bank of Ame rica’s chief contact with Red China. Louis Saubolle has travelled to mainland China regularly since the 1940s. He is rumored to have done dubious practices while chairman of BCCHK, but he left the country for destinations unknown.


?A Li heads up American Express International in the area.


?Li. Pel Wu was one of the five best paid chief executives in bank ing in 1990.


?Some of the Li family in Hong Kong have taken on the trappings of Christianity behind which are their other nefarious activities. One Li, Florence Tim Oi Li, has become a lady Catholic priest. (National Catholic Reporter, Oct. 19, ‘90, p. 12.


? Richard Li has become a media mogul for Asia.


?And Victor Li ran the East-West Cen ter in Hawaii.



RED CHINA


‘The real decislonmaking in China’s political system takes place within the Politburo, and particularly among the seven members of its standing committee, in consultation with retired Party elders.’ (The China Business Review, Jan-Feb. 1993, p. 22) This inner circle of seven men Includes two members of the Li family: Li Peng, who is the head of this inner circle, and Li Ruihuan, who is head of the CommunIst Party’s Propaganda. Li Ruihuan has been a member of this inner circle since 1989. The other men on the inner circle are Jiang Zemin, Qiao Shi, Hu Jintao, Liu Huaqing, and Zhu Rongji. As premier or Prime Minister of China Li Peng has met with a great many of the world’s leaders, and many of the Illuminati’s men. Here is a sampling of Li Peng’s meetings:


April 28, ’90-Soviet leaders around July, ’91-U.S.- China Business Council Officials which includes Illuminati members. Aug. 15, 91- Japanese Prime Minister Toshiki Kaifu Sept. 3, ’91- Great Britain’s Prime Minister John Major Nov. 16, ’91-Sec. of State James A. Baker Dec. 12-14, ’91 - Prime Minister of India P.V. Narasiaha Rao Feb. 1, ’92 - Pres. George Bush Peb. 3, ’92-top U.S. capitalists (Illuminati members) Feb. 10, ’92 -Yeltsin in Russia Do the world’s leaders confer with each other?



Li Peng is not the only important Li family member to be the President or Premier of China:


?Li Xlannian was involved in the power struggle after Mao’s death and was President of China. For a num ber of years Li. Xiannian was considered one of the four top leaders of Red China. For many years Li Xiannian did lots of travelling to places like Africa where he held high level meetings with other leaders.


?Li Desheng was a member of the Politburo, Central Committee of the Communist Party, and served in key military posts.


?Li Qiang was a member of the Central Committee of the Communist Party, and was appointed Minister of Foreign Trade in 1978.



CONTACT/COOPERATION BETWEEN THE ILLUMINATI & THE LI’S


General Li Mi fled to the Golden Triangle and was provided via CIA agents supplies. It was Li Mi who started up the poppy fields to produce drugs that would be marketed by the other top IllumInati families. It was not chance that Li began opium production. The whole affair was a carefully calculated event by the Illuminati who have made millions running drugs for centuries. In the 1960, another Li took over after Li Mi died. His name was Li Wen-huan.


The elite made room for the Li’s to open the Li Commercial Bank for business on Long Island, N.Y.


After Bush was ambassador to China, Carter selected 6° (Pilgrim Soc. mmbr) Thomas S. Gates to represent the U.S. to China. David Rockefeller gave his O.K. to the


selection of Gates, and Gates was trans ferred directly from working on the board ofJ.P. Morgan & Co. to Peking. The Illuminati’s banks have been lining up over the years making loans to Red China. One of the articles that I read to understand where Clinton was going with Red China was in the Jan-Feb ’93 issue of The China Business which had on its cover a picture of Clinton and Li Peng with the question “A NEW ERA?” As many of the eli te’s articles are it was long on rhetoric, propaganda. etc. I think the bottom line was that Clinton is going to follow the advice of his China advisors and that Clintom does not want to rock the boat in our relations with Communist China. The idea that is being planted by the question on the cover is about the size of things, the elite are moving us closer to their "new era."


共産党と李家


李家血統--------------------------------------------------------------------------------第1部


これがそうである李家(TOP 13悟達者血統上の一連の記事の継続)は、6を逐条的に述べます。


ディビッド・ロックフェラーは、彼の友達リ・チアン、赤い中国の政府貿易職員のうちの一人とおしゃべりをします。李家のための中国文字は、2つの異なるスタイル(フォント)で下に示されます。李家および中国の秘密結社に関して書く際に、私は、他の人すべてが眠り、次に手探りで進もうとする暗さの中でまわりに手探りする一方、夜の中頃に起きる人に似ています。私は、あなたと学習したものを共有することができます、しかし、確かに、大量がもっとあります、それは学習することができます。その年がスタートした時、私は少しLiに関してのみ家族、および私が聞いたものからののみそれを知っていました。私は、それらの名前権を綴る方法をさらに知りませんでした。私はそれを綴っていました、リー(現実に、李の姓はホッケイン(潮州)のようないくつかのエリアの綴られたリーです、シンガポール、そして何人かの中国系アメリカ人によって) 私が家族についてそれほどほとんどを知らなかったので、行うとき、それは焦点の私の主要なエリアのうちの1つでした。中国の名前がどのように連結されるか理解すること1つの、中国、名前である、姓(姓)(それは最初に書かれており、次に来る)から構成される?A個人名。事態のchinese方法では、私の名前はスプリングマイヤー・フリッツでしょう。オウヨンとシツのように例外がありますが、姓は通常1文字に各々あります。約10億人の中国人のための6,000以上の中国の姓があります。米国のような英国の話す国々のより頻繁な中国姓、英国、[チャン、リン、リ、ウォン、ホアン、メイ、ヤン、フオング]です。中華人民共和国では、5組のトップの家族はチェン、リ、チヤン、およびホアンです。姓は、アメリカ人より中国語(IN中国)にとってもっと意味があります中国姓李は恐らく中国のまさに俗称です、この国のスミスほど広範囲でないが、確かに使用された、名前ブラウンがアメリカにいるのと同じ量。同じ姓を持っている中国人は、同じ姓を持っている誰か他の人に対してさらにより多くの忠実を持っています。例えば、それらが見知らぬ人の合計でも、李の名を備えた2人中国人がそれら自身を親類と考えるでしょう。それらが、それがカイの中で互いに結婚するのに近親相姦であると一般に考えられたのと同じ姓を持っていた場合、血液が結ばないことを2人が知っていたとしても。米国で、もし明白な血液結束のない2人のブラウンが互いに会合すれば、あたかも同じ姓を持った2人の中国人がする、親しい親類かのように、彼らは感じません。李の姓は、最初李で、2000年紀元前の前に生きていた皇帝ツァンズという名の特定の人に戻る、長い歴史を持っています。これは、Xing Zuan、姓の中国辞書によってあります。李家は多くの物語で中国で長い歴史を持っています。15の異なる姓に関する唐王朝中に、李の姓を持っている名誉が与えられました。リ・ユエンは、西暦618年~906まで続いた唐王朝の創立者でした、彼の後に支配した彼の息子はリ・シーミンでした。それらの王朝では、印刷と紙幣は中国に紹介されました。(李が導入を接続されることは面白い、紙幣。)


違う重要な李は関連しているか?

最近の歴史の3李において、巨人として目立つ。

香港李家のシンの億万長者と事実上のルーラー。

赤い中国の李鵬、支配者。

シンガポールのリークアンユー大統領(独裁者)

私は、李のどれが密接に関連しているか、そしてどれであるかがそうではないと知らない。

私はその李のコントロール赤中国、香港、およびシンガポールを知っていて、台湾に重要なポジションを持つ。

様々な李が、どれがこれらをコントロールするかであるならば、様々な国家は関連していて、そして、私達は確かに世界で最も強力なファミリーの1つを見ている。

パワーで、それらはちょうどロックフェラーと同じくらい強力であろう。

彼らはまた秘密のオカルト社会と接続するけれども、李のが主要なプレーヤーである秘密結社は中国の秘密結社である。

それらはこのニューズレターの中で他の場所でカバーされているであろう。

啓蒙主義者の一部はどのものであるか?

私は、李の誰が赤い中国を運営するかが啓蒙主義者の一部であることであるかどうかにかかわらず、李家のシンと強力である香港李のが明確に悪魔のイルミナティ李の一部であるソースから学び、私は、直接、それらを接続することを何も知っていない。

しかし、1つの不思議を作る手掛かりがある。

例えば、なぜロックフェラーとロスチャイルドはこれらの赤い中国人李のとのそのような居心地よい関係を持っているか。

彼がそのような強硬な共産主義者であるならば、彼がニューヨーク市に来る時に、なぜ中華人民共和国の李鵬の首相(または総理大臣)はロックフェラーと他の資本家と雑談するか?

共産主義者は資本家を彼らの主要な敵と名付けなかったか?

それから、私達が、チエンナメン・スクェアで無実の人々を押しつぶしたのが李鵬であった時にさえ、頭蓋骨&骨格のジョージ・ブッシュなどの啓蒙主義者の中にいる人がそのような近さによって中国李のを処理するのを注意する時に、それは私達にまだ疑わせる。

実のところ、私が適所に持っているパズルの他の断片によって、私は、赤い中国がすでに協力している情報を知る者と新世界秩序の一部をなす。

中国がすでにひそかに新世界秩序の一部であるかもしれない唯一の方法は、新世界秩序に賛成していることが、李家であるリーダーであるのである。

これは、中国の李家がまた啓蒙主義者の一部であることを強く示唆する。

私が、可能な範囲が、彼らに排他的なNWOが啓蒙主義者の徹底的なメンバーである状態でただの同情者であって、それらから整列させると知っているものから。

私は後者の眺めに傾く。

そして、シンガポールがある。

シンガポールは新世界秩序においてロック株と樽である。

他の誰かの前に、彼らは現金のより少ない社会に行った。

彼の名前の物陰(リークアンユー、ケンブリッジで教育された弁護士)を綴る李家の1つは数十年の間のシンガポールの独裁者であった。

彼は英国のエリートへのつながりを持っている。

彼の独裁権の例として、リーは人への長髪が好きでなく、従って、長髪と一緒にシンガポールの中に来る人は取り除かれた彼らのパスポートを持つであろうし、どちらかが散髪を得たか、刑務所に行った。

1959年に、ブリテンが歌い胞子/芽胞にその独立を与えた時に、李家(この場合に、また、リーが綴った)は、国を支配した人民行動党をコントロールした。

1976年に、Pe opleの行動党は政治をとても多く独占したので、彼らは議会のためにすべての69の議席を勝ち取った。

彼が1991年まで信じ続けた所で、リークアンユーは1965年に大統領の全能のポジションの中にpla cedであった。

シンガポールのリーダーは冷戦の間にシンガポールをまさしくその反共産主義者にし、中国に求婚するために、ニクソンが彼の旅行を開始した時に、シンガポールは中国に親善を政治的な任務にしはじめた。

1975年に、リーの外務大臣S.ラジャラトナムは中国に行き、周恩来と出会った。

周恩来は李鵬の師と友人であった。

李鵬の若年期。

実際、主要な共産主義者であった李鵬の父が1931年に国家主義者によって撃たれた後により具体的なために、周恩来は李鵬を養子にし、彼を出世させた。

ロシア人が最終的に、李鵬を拘留し、彼ら自身の目的のために彼を訓練してほしかった彼の輝きを実現したことで、時に、周恩来はモスクワの学校制度の中に李鵬を入れて、李は、中国と裏続きのために脱出する必要があった。

経済学のソビエト連邦スタイルの支持者は、李鵬を論じる何のためででもあった。

彼が保持する彼のきわだったポジションの中に置かれる前

今日、李鵬は何年もの間中国の経済を管理した。

李は毛と会った。

1976年に、リークアンユー自身は毛沢東(そして赤い中国のリーダー)と出会った。

毛沢東自身は李家に密接に縛られる。

Li Ta-chaoは国家主義者との戦闘の中に北中国で共産党の頭であった。

毛のボディガードは李ファミリーmem ber Li Yinqiaoであった。

毛の師は、赤いスピアーズ秘密結社へのつながりを持っていたリ-タ-チャオであった。

チブ・タンは、 チューテ、ホウハイ、リューなどの他の早い高いランキング共産主義者 早い共産主義者リーダーがグリーンギャング秘密結社のメンバーであった赤スピアーズ秘密結社とリーチ・イーハンのメンバーシップを持っていた。

私達は、様々な強力な秘密の団体についていくつかを説明することとしてのweilとして後で李家と中国秘密結社へのその関係についてより多くをカバーする。

秘密結社のクラス基礎と革命のためにそれらの重要性をhasizingしているempを特徴付ける中国マルクス主義者による最初の体系的な試みを書いている毛沢東をもたらしているのはリ-タ-チャオの案内であったのももっともである。

毛は、彼の革命を助けたコイノフイ、秘密結社と協力したけれども、奇妙に、毛の作品の公式なコレクションは、助けのためにそれらへの毛の訴えを含むことを怠る。

(この無視はpgの上で注目される。)

中国のポピュラーなムーブメント&秘密結社の4つ。

1840-1950) 毛沢東はまた売春婦クリスチャン教会の製品である。

少年としての毛は、キリストを知り、ミッション・スクールに出席したかったけれども、彼がそれに行った時に、彼が中国人であったので、彼らは無礼に彼を捨てた。

毛は決して、彼がクリスチャンの手で受け取った悪い取り扱いを忘れなかった。

それはいくぶん彼のキリスト教に対する憎悪を説明する。

香港のリー啓蒙主義者家のよりよい観察

ロスチャイルドとロックフェラー家は世界の他の民族の何人かに関連した中国人と日本人への非常に高い敬意を持っている。

それは、中国と日本が、新世界秩序において重要なプレーヤーであるチャンスを与えられている1つの理由である。

香港の強力な李家は、啓蒙主義者このファミリーの一部がよい公的な地位を維持していることである。

彼らは博愛主義者である。

南中国でシャントウの大学を作成するために、億万長者李家のシンはお金を寄付した。

大学&その教育病院のコストはフォーチュン誌7/13/92、ページの8500万米ドルで報告された。

107.

以下のチャートは李家-シン達、金融帝国を見せる(それは世界的に拡張する)。

フォーチュン誌、7/13/92、ページによると

106、李家のシンは40億Us.ドルに値している。

彼が1991年だけに不動産販売から134億香港ドルをした別の記事ちり。

李家のシンは30年の間丘香港の上の同じ家に住んでいる。

李家のシンは無正式な学校教育にほとんど持っていなかった。

彼は独学である。

彼の息子はスタンフォードで教育されたweilであった。

ビクターはエンジニアになり、彼の他の息子リチャードはコンピュータサイエンスを専攻し、香港でTVスターを走らせている。

ポーカーをするために、リ・カシンの他の裕福な友人は定期的に彼と集まる。

李家のシンは香港の彼の4社の大企業の会長または取締役会長である。

彼は日々の管理のために中国と西のエグゼクティブの両方を賃借する。

サイモン・マレー(フランス外人部隊で役立ったドルトン)はLiの信頼されたマネジャーのひとりである。

マレーはジャーディン・マジソン(300の委員会の1つによって所有されているビジネス)のために働いた。

リーは英国の会社でグローバルな同盟を組み立てて、部分的に持っている ピアソン、どちらか交互 ラザールバンキングへの興味としてN.Y.、ロンドン、および部分に武装する の英国の持株会社 。

人が李に会うことができる時に、李家のシンは国際バンキングの大きな少年と取り引きしている。

李はまたMTV、AT&T、モトローラ、および時間ワーナーとジョイント・ベンチャーを持っている。

李のスターTVはイスラエルからインドネシアにずっとビューアに5つのチャンネルを放送した。

プログラミングはBBCニュースとMTVと何人かの小さな相棒から来る。

李はマドンナとハリウッドのその他をアジア人に与えている。

李はまた、バンクーバー(彼が、都心部のバンクーバーの1/6番目であるエキスポ86サイトに買った紀元前)に投資した。

バンクーバーの56万人の市民の27%が中国系である。

バンクーバーは三幅対要塞である。

これは、李家のシンが、エリートによって、カナダのハスキーなオイルを受け入れることを許されていることを他の場所で議論するであろう。

彼はエリートの寛容さなしでこれをしたはずがない。

オイルとガスのジャーナル、`9111月18日、ページ

36は、李が現在ハスキーなオイルの86%を持っていることを述べる。

再度、新世界秩序を生き抜く

Surviving the New World Order

By Henry Makow Ph.D.

January 07, 2006


By Henry Makow, Ph.D. http://www.savethemales.ca/001374.html
 




By Henry Makow, Ph.D.


[Memo to Myself]


This isn't about storing silver coins or canned food or getting an AK-47.


It's about saving your soul not your skin. It's about the tendency to obsess on the New World Order, get depressed and become unbearable.


The situation is depressing. A satanic cult controls the credit of the world and rules through myriad proxies. It is determined to destroy civilization and institute an Orwellian police state.


You spend hours every day addictively watching for new developments. Your face is pressed up against the store window of the world.


You are "externalized." You can't go into the kitchen without switching on the radio.


You try to squeeze your sustenance from the world. But much of what you imbibe is poisonous: depravity, corruption, duplicity and tragedy. (Is that the point of the mass media? To demoralize and brutalize?)


Mankind is in the grip of a diabolical force that constantly strives to legitimize itself through deception. You can't overcome this demon. But you still control your personal life. Ultimately, the battle is for the soul of humanity. Why not begin by defending your soul?


This means erecting a wall between the soul, and the world, and establishing a balance between the sacred and the profane. You need to shut out the world (the profane) for set periods of time and focus on what inspires you. That means turning off the TV, Internet and media in general.


Just as you nourish your body with food, you feed your soul with thoughts, sights and sounds. Your soul reaches out for beauty, grace, harmony, truth and goodness. You become what you think about.


What lifts your spirit? It might be a long walk, nature, music, hobby, sport, or music. It might be time with your family or friends. It might be the Bible, religious writing or meditation.


"Do what you love," Henry David Thoreau said. "Know your own bone; gnaw at it, bury it, unearth it, and gnaw at it still."


You agree with the mystics who say happiness is within. It involves the possession of your soul, and not wanting anything else. By looking outside your self, you displace your soul and become the thing you want. This is the source of addictive behavior and unhappiness.


The occult elite controls us with sex and money- the North-South of the mind. The courtship stage is a period when sexual feelings are strong so two people will bond and start a family. Sex/romance was not meant to become a permanent preoccupation and panacea. The cult uses it to distract and degrade us while it creates a police state (using the "War on Terror" as a ruse.)


The same is true of money. The stock market is a giant casino addicting millions. The central banking cult has unlimited funds. To make us feel good, (while it trashes civil rights and wages senseless war) it makes the market go up. To fleece us, it crashes the market. Don't be a puppet.


The diabolical powers have been here for a long time. You have discovered their existence only because they signaled the beginning of their endgame on Sept. 11.


Don't let them stunt or degrade you by obsessing on their iniquity. Restore balance by attuning yourself to the things you love. Be an outpost of happiness.



ヘンリーメコー博士によって

[自身へのメモ]

これは、銀貨または缶詰食品を蓄えて、AK-47を得ることについてではない。

それは、あなたの魂のためにあなたの皮膚を省かないことについてである。

それは、新世界秩序において取りつき、押し下げられて、たまらないようになる傾向についてである。

状況は憂うつである。

悪魔のカルトは世界のクレジットをコントロールし、無数のプロキシを通して支配する。

それは、文明を破壊し、オーウェル的な警察国家を設立すると決定されている。

あなたは毎日新しい開発を習慣性に待ち構えることに時間を費やす。

あなたの顔は世界の店のウィンドウに直面して押される。

あなたは「具体化される」。

あなたは、ラジオのスイッチを入れずにキッチンに入ることができない。

あなたは、あなたの生計を世界から絞り出そうとする。

しかし、あなたが吸収するものの多くは有毒である:

堕落、堕落、二枚舌、および悲劇。

(それはマスメディアのポイントであるか?)

(困惑し、残忍にするには?)

人類は、常に、詐欺を通して自身を合法化するために努力する邪悪な力の支配下にいる。

あなたはこのデーモンに打ち勝つことができない。

しかし、あなたはまだあなたの私生活をコントロールする。

最終的に、戦いは人間性の魂のためである。

あなたの魂を防御することから始めてはどうか?

これは、魂と世界の間に壁を作り、神聖なものと世俗的なものの間で差額を設定するのを意味している。

あなたは、設定された期間の間世界(世俗的なもの)を締め出し、あなたにインスピレーションを与えるものに集中する必要がある。

それは、一般にテレビ、インターネット、およびメディアを消すのを意味している。

ちょうど、あなたが食物によってあなたの身体を養うように、あなたは考え、風景、および音をあなたの魂に供給する。

あなたの魂は美、優美、調和、真実、および良さのために手を伸ばす。

あなたは、あなたが考えるものになる。

何があなたの心を持ち上げるか?

それは長い歩行、自然、音楽、趣味、スポーツ、または音楽であるかもしれない。

それはあなたの家族または友人との時間であるかもしれない。

それはバイブル、宗教に関する著作、またはメディテーションであるかもしれない。

「あなたが愛していることをしなさい」とソローは言った。

「あなた自身の骨を知りなさい;」

「それをかじり、それを埋葬し、それを発掘し、まだそれをかじりなさい」。

あなたは、幸福が中にあると言う神秘家に合意する。

それは、あなたの魂と他の何も望まないことの所有に関係している。

あなたの自身の外で見ることによって、あなたはあなたの魂を取り替えて、あなたが望んでいる物になる。

これは常習行為と不幸のソースである。

オカルトエリートは性と精神のお金南北によって私達をコントロールする。

性的な感情が強い時に、求愛段階は期間であるので2人の人々がファミリーを接合し、始めるであろう。

性/ロマンスは、永久的な没頭と万能薬になることを意図されていなかった。

それが、警察国家(策略として「テロに対する戦争」を使う。)を作成する間、私達の気を散らし、低下させるために、カルトはそれを使う。

同じことはお金にあてはまっている。

株式市場は数百万をふけらせている巨大なカジノである。

中心的なバンキングカルトは無限の資金を持っている。

私達をよいと感じさせるために、それ(それが公民権を破壊し、非常識な戦争を遂行する間)は市場を上がらせる。

私達からだまし取るために、それは市場を破損する。

操り人形ではないでください。

邪悪な能力は長い間ここにあった。

単に、彼らが9月11日にそれらの大詰めの最初を信号で伝えたので、あなたはそれらの存在を発見した。

彼らに、それらの重大な不正の上で取りつくことによってあなたの発育を阻害し、低下させさせないでください。

自身を、あなたが愛している物に適合させることによって、バランスを回復しなさい。

幸福の前哨基地でありなさい。





蛇足


幸福の反対はNWOだろう・。自由の反対もNWOだろう・。マスコミやニュースはNWOだろう・。共産もグローバリストもNWOだろう・。ノーベル学者の平和、経済、科学もNWOだろう・。世界の指導者もNWOだろう。NWOは人間が上層では無いだろう。支配者はドラコニアンの血を引く者・・ほぼ、憑依状態か?


民族浄化・世界新秩序構築・金儲け

Propaganda matrix.com


http://www.propagandamatrix.com/articles/march2006/090306oilbourse.htm
 



 


Iran War About Ethnic Cleansing, Not Oil Bourse

A red herring to distract from real long term agenda of full spectrum dominance





Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | March 9 2006


Noted author F William Engdahl is keen to warn that Iran's plans institute a Tehran oil bourse is a red herring that diverts attention from the real long-term geopolitical agenda to remove another Middle East pawn in the quest for Neo-Con world domination.


Arguments put forth by the oil bourse theorists state that the US is worried that if Iran shifts to selling its oil in Euros then the dollar will collapse as the world reserve currency and other nations will quickly follow suit and dump their dollar holdings, causing an economic meltdown in America to rival 1929.


In an piece for the Asia Times, Engdahl points out that the intended invasion of Iran was by no means a recent blueprint, but a decades old dream carefully laid out in strategy documents.


"In 1996, Richard Perle and Douglas Feith, two neo-conservatives later to play an important role in formulation of Bush administration's Pentagon policy in the Middle East, authored a paper for then newly elected Israeli prime minister Benjamin Netanyahu. That advisory paper, "A Clean Break: A New Strategy for Securing the Realm", called on Netanyahu to make a "clean break from the peace process". Perle and Feith also called on Netanyahu to strengthen Israel's defenses against Syria and Iraq, and to go after Iran as the prop of Syria.


More than a year before President George W Bush declared his "shock and awe" operation against Iraq, he made his now-infamous January 2002 State of the Union address to Congress in which he labeled Iran, along with Iraq and North Korea, as a member of the "axis of evil" trio. This was well before anyone in Tehran was even considering establishing an oil bourse to trade oil in various currencies."


Engdahl expands his article to underline the history of the dollar's relation to the oil market and why the bourse theory and its alleged economic ramifications is a red herring.





An economic collapse doesn't worry the families that own the Federal Reserve and America because they will be the only ones to benefit from it.


The ten major shareholders of the Federal Reserve are as follows.


Rothschild: London and Berlin; Lazard Bros: Paris; Israel Seiff: Italy; Kuhn- Loeb Company: Germany; Warburg: Hamburg and Amsterdam; Lehman Bros; New York; Goldman and Sachs: New York; Rockefeller: New York.


These families and others sell stocks at high prices during relative economic boom right before artificially instituting a crash, as in 1929, and then buy the same stocks back for pennies on the dollar.


Curtis Dall, son-in-law of FDR and a syndicate manager for Lehman Brothers, an investment firm, was on the N.Y. Stock Exchange floor the day of the crash. In "FDR: My Exploited Father-In-Law," he states: "...it was the calculated 'shearing' of the public by the World-Money powers triggered by the planned sudden shortage of call money in the New York Market."


Any financial panic brought on by Iran trading oil in Euros would have been adequately prepared for by the Globalists, if not engineered directly by them.





The agenda behind the Iran war is as simple as it is chilling and money-making, control of oil and no-bid reconstruction contracts are teardrops in the ocean compared to the depth and horror of the ultimate objective.


The megalomaniacs that control Israel wish to live in a world largely devoid of Muslims or Persians and they have embarked on a hundred year plus mission of ethnic cleansing to wipe them from the globe. This is why race-specific bio-weapons have already been developed for this purpose.They have made a pact to carry out this agenda in league with the Neo-Cons, and above them the Globalists, whose desire is also world population reduction and complete full spectrum domination and control over all countries and near-Earth space itself.


All these facets are openly discussed by the elite in their own public documents.


To fully realize this dark vision, the Globalists need to eradicate any rogue state that may become a focal point of organized opposition to the creation of a one world government. There will be no room for sovereign nations in the New World Order.





民族浄化(オイル証券取引所でない)についてのイラン戦争

完全なスペクトル優位の本当の長期課題から散らす燻製ニシン(現実の問題から注意をそらすことを意味している。)



有名な著者F・ウィリアムエングダールは、イランの計画がテヘランオイル証券取引所を開始すると警告することがネオコン世界支配の探索においてもう一つの中東駒を取り外すために本当の長期の地政学的な課題から注意をそらす燻製ニシン(で現実の問題から注意をそらすことを意味している。)あるのを切望しています。


イランがそのオイルを中で売ることに変わるならば、米国がそうであるオイル証券取引所理論家国によって出される議論がそれを悩ませてユーロ、それから、世界予備通貨と他の国が速く先例に従って、ライバル1929にアメリカで経済崩壊を引き起こして、彼らのドル持株をダンピングして、ドルは崩れます。


アジアタイムズのための部分において、エングダールはイランの意図された侵入が最近の青写真で決してなかったと指摘します。そして、わずかに十年古い夢が戦略ドキュメントの中に慎重に配置されます。


「1996年、リチャード・パールおよびダグラス・ファイトに、2人の新保守主義者、中東でブッシュ政権のペンタゴンの政策の公式化に重要な役割を果たすためにその後、論文を著した、のために、その後、新しくイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフに選ばれました。その諮問論文、「清潔な破損: 領域を安全にするための新しい戦略。」「和平プロセスからの清潔な破損」を作るためにネタニヤフ上で呼ばれました。パールとファイトは、さらにイスラエルのシリアとイラクに対する防御物を強くし、かつシリアの支柱としてイランの後に行くようにネタニヤフに要求しました。


1年前に、ジョージ・Wブッシュ大統領がイラクに対する「衝撃および畏敬の」オペレーションを宣言した以上に、彼は、「有害な枢軸国」トリオのメンバーとして、彼のものをイラクと北朝鮮に加えて、イランにラベルを付けた議会への今不名誉な1月の2002年一般教書にしました。テヘランの誰かが様々な通貨中の油を交換するためにオイル証券取引所を設立することをさらに考慮している前に、これは適切でした。」


Engdahlは、ドルのオイル市場との関係の歴史を強調する彼の記事を拡張します、そして、なぜ証券取引所理論およびその申し立てられた経済分枝は薫製ニシン(現実の問題から注意をそらすことを意味している。)ですか。


経済的崩壊は、それらがそれから利益を得るただ一つのものになるので連邦準備制度理事会とアメリカを所有する家族を心配させません。


連邦準備制度理事会の10人の大口株主は以下のとおりです。


ロスチャイルド:ロンドンとベルリン;ラザード・ブロス:パリ;イスラエル・シィーフ:イタリア;クゥーン・ローブ社:ドイツ;ヴァール・ブルク:ハンブルクとアムステルダム;ラーマン・ブロス;ニューヨーク;ゴールドマン・ザックス:ニューヨーク;ロックフェラー:ニューヨーク。


1929年でのように、人為的に衝突を実施する前に、これらの家族と他のものは相対的な好況権に高値でストックを売り、次に、ドル上の1セント銅貨用に同じストックを買い戻します。


カーティス・ダール、FDRの義理の息子およびリーマンブラザーズ(投資会社)のシンジケート支配人は、ニューヨーク株式取引所の床にいました、恐慌のその日。「FDRの中で:私の利用された義父。」彼は述べます:「...それはそうでした、ニューヨーク市場のコールマネーの計画された突然の不足が引き金となって起きた世界金銭力によって公を「刈る」こと、計算された。」


ユーロでイラン取引石油によって上にもたらされたどんな金融恐慌も、それらによってそうでなければ直接巧みに計画実行されて、グローバリストによって十分に準備をされていたでしょう。


イラン戦争の後ろの課題は、それが冷却していて、営利、オイルのコントロール、および無入札復元契約が究極の目的の深さと恐怖に比べて海洋で涙のしずくであるのと同じくらい簡単である。


イスラエルをコントロールする誇大妄想者は、イスラム教徒またはペルシア人が大部分は欠けている世界に住みたい。また、彼らは、地球からそれらを拭くために民族浄化の使命を加えて100年乗り続けました。レースにこのため特有の伝記という武器は、この目的のために既に開発されています。それらは、実行する協定を結びました、新反対意見と、および彼らの上の同盟しているこのアジェンダ、グローバリスト、さらに、その要望は世界人口縮小、およびすべての国々および地球(ほぼ)スペース自体での完全な十分なスペクトル優位およびコントロールです。


これらの面はすべて、自分の官庁出版物でのエリートによって公然と議論されます。


完全にこの暗いビジョンを実現するために、グローバリストは、一つの世界政府の設立への組織された反対の焦点になるすべてのならず者国家を根絶する必要があります。新世界秩序に主権国家の余地はないでしょう。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR