FC2ブログ

パートV - 経済問題

PART
V - ECONOMIC PROBLEMS


The American way of solving its immediate economic problems was always done with a downward trend in interest rates at the long term. This has permitted to Americans to endebt themselves and go on with consumption buying. We have seen this mechanism play in 1997, 2000. Every time when the mechanism is working, Americans are able to renegotiate their debts and diminish their debt, thus be able to buy again. American landscape is a real machine to give credit to the people. This is helping people with a house to take a credit advantage upon the increase of the value of their house.


But a lot of qualified Americans are without work , due to globalization consequences of delocalisation and outsourcing.


People who are recovering a job are non qualified people for at least 70 % of the job created. Concurrence from Mexican workers and outsourcing are allowing big business to put a brake on the wages. The biggest problem in the American economy are now the commercial and payments deficits. It is commonly accepted by international bankers that if chock happens it will be fatal to the US economy. As reported by R. Leuschel, a former ING Bank guru and other sources of informations, M3 will no more be published by the Federal reserve end of March.


This is meaning that this important figure showing the real inflation will no more given to the appreciation of bankers, or stock share holders. Bernbank is possibly a 2006 guest of Bilderberg.


This could be the answer to any major event which may come. Another powder keg !


EU-US RELATIONS


Under the auspices of the 'fight against terrorism' and secret agreements taken with USA, Europe is developing special laws which undermine democracy in Europe ,as in America. The fight for democracy is now a fight towards tyranny on the two sides of the Atlantic Ocean. The whole thing is placed in a common interest towards the dominance of the upperclass on the whole Society. In Europe as in America, flows of money are coming from the poorest towards the pockets of the richest. The 'new elite' [ as Napoleon should have said it, is looking like a silken stocking, full of shit] is considering charity as inutile, as the poors. [a great thought from mr Greenspan] because the poors do not deserve charity.


In Europe and in the USA , we are slowing going toward a fight between the fierce men and the new Fascist state practizing a new kind of morale that we last saw in the Republic of Salo, 1944.


The end of communism in 1990 was the beginning of this new turn, as in 1920 in England.


A future potential powder keg, even if these societies are condemned to fascism by the richer of them.


CONCLUSIONS


As far as it is difficult to give the exact future of the discussions, I presented the important themes of this year venue ( I did not spoke about 'Energy and Oil' because a real good idea of it was given last year by Daniel Estulin, although this theme will again be debated this year with new options in nuclear development and society new options.).


As a confirmation of all this, Suez under the menace of a OPA from Enel Italy, was obliged to make an alliance with Gas de France , under the auspices of the French governement. What is spiced in this story is that France will own 34% of the shares of the new company. So the Champion of Bilderberg and of neoliberalism, mr Davignon, is obliged to work with the French State! This is certainly not amusing for him in company of Mrs Mestrallet and JP Hanssen of Electrabel. Anyway as I previous told it, the energy future in Europe will deal with atomic electricity production, and new atomic centrales. This is a certainty!.


In any case, neo liberalism has proven his mephetic role in creating a lot of poverty worldwide but keeping safe the interests of the richers. Their ambition is to rule upon us, kept as poors and slaves of their willingness. If the cake is growing enough they surely will share it between them!(As usual)


As last year, my appreciation will be subjected to the subjects of the new conference as delivered in the official Bilderberg list. Last year I was not too far from the official topics ( I forgot the non proliferation problem spoken by Therese Delpech and her ideas about the new barbarians)... But you and me know who are the new barbarians!




部分
V--経済問題


即座の経済問題がいつも利益のためにおける下落傾向で行われた解決のアメリカの方法は長期に評価します。 これはendebtへのアメリカ人自身に可能にしました、そして、消費が買われている状態で、先へ進んでください。 私たちは、このメカニズムが1997年、2000年にプレーするのを見ました。 メカニズムが動作する毎回、アメリカ人は彼らの負債を再交渉して、それらの負債を減少させて、その結果、再び買うことができます。 アメリカの風景は人々を信じる実在しているマシンです。 これは、家をもっている人々が彼らの家の価値の増加にクレジット利点を持っていくのを助けています。


しかし、多くの適任のアメリカ人が反局所化とアウトソーシングのグローバル化結果による仕事なしでいます。


仕事を回復している人々は創り出される雇用の少なくとも70%非適任の人々です。 メキシコ人の労働者とアウトソーシングからの合意で、大手は賃金にブレーキをかけていました。 現在、アメリカの経済で最も大きい問題は、コマーシャルと支払い赤字です。 国際銀行家によってくさびが起こるなら米国経済に致命的になると一般的に受け入れられます。 Leuschelと元ING Bank導師と情報の他の源、M3がそうしないR.によって報告されるように、3月の連邦政府の蓄えの終わりまでに発行されてください。


株主を銀行員、またはストックの感謝に考えて、これはそうしないこの大物が、本当のインフレーションに示す意味です。 Bernbankはことによると2006年のBilderbergの客です。


これは来るどんな主要な出来事の答えであるかもしれません。 別の火薬樽!


EU-米国の関係


'テロに対する戦い'と米国、ヨーロッパと共に取られた密約の前兆で、ヨーロッパの民主主義をひそかに害する特別法を開発するのがあります、アメリカのように。 現在、民主主義のための戦いは大西洋の2つの端における圧制に向かった戦いです。 全体のものは全体のSocietyにおける、upperclassの支配に向かった共通の利益に置かれます。 ヨーロッパでは、アメリカのように、お金の流れがポケットに向かって最も貧しい最も金持ちから来る予定です。 ナポレオンが言うべきであったようにそれは絹のストッキングで、完全であるように見えることです。'新エリート集団'、[糞] チャリティーが困窮者として無益であるとみなしています。 [mrグリーンスパンからのすばらしい考え] 困窮者がチャリティーに値しないので。


ヨーロッパと米国では、私たちが、私たちがサロ共和国、1944年に最後に見た新しい種類の士気をpractizingしに激しい男性と新しいFascist状態との戦いに向かって行きながら、遅くなっています。


1990年の共産主義の終わりはイギリスの1920のようにこの新しい回転の始まりでした。


これらの社会がそれらの、より金持ちによってファシズムに非難されるので将来の潜在的火薬樽。


結論


議論の正確な未来を与えるのが難しい限り、私はこの年の開催地の重要なテーマを提示しました(それの本当の名案が昨年ダニエルEstulinによって与えられたので、私は'エネルギーとOil'の周りでどんなスポークもしませんでした、このテーマは今年、再び核開発と社会の新しいオプションにおける新しいオプションと討論されるでしょうが。)。


このすべての確認、EnelイタリアからのOPAの脅威の下のスエズがGas deフランスとの同盟を作るのが強いられたフランスのgovernementの前兆で。 この話で趣を添えられることはフランスが新しい会社の株の34%を所有するということです。 したがって、Bilderbergと「ネオリベラル-主義」のChampion(mrダビニョン)がフランスの州と共に働くのが強いられます! 確かに、これは彼のためにMestrallet夫人の会社とElectrabelのJP Hanssenで楽しませていません。 とにかく、I前である、それ、ヨーロッパのエネルギー未来が原子電気生産、および新しい原子centralesに対処すると言われます。 これは確実性です!


どのような場合でも、新自由主義には、多くの貧困を世界中作成しますが、richersの関心を安全に保つことにおける彼の立証されたmepheticの役割があります。 私たちの彼らの意欲の困窮者と奴隷として守られた規則には彼らの野心があります。 ケーキが十分になっていると、彼らは確実にそれらの間でそれを共有するでしょう!(いつものように)


昨年として、私の感謝は公式のBilderbergリストの中を果たされるように新しい会議の対象にかけられるでしょう。 昨年、私は公式の話題からあまりに遠くにいませんでした(私はテレーズ・デルペシュによって話された非増殖問題と新しい野蛮人に関する彼女の考えを忘れました)… 私、だれが新しい野蛮人であるかを知ってください!



スポンサーサイト



パートIV--開発--、近東と遠く

PART
IV - DEVELOPMENTS - NEAR EAST AND FAR


These are both non conclusive wars and Afghanistan is now demanding more and more Nato forces. To say that Europe is now embroiled in the heartland of Eurasia in the last preparations of a long, long war. A recent declaration of mr Karzai is speaking of a war of possibly ten years. This will be a Nato charge. The Great Middle East policy is now taking the straight road of failure. Mr Sharon is still incapacited and there are no big policy makers in Israel to impose some kind of peace. Hamas is the winner of 25th January elections in the Palestinian State. This may not help...In Egypt , the Muslim Brotherhood is the real winner of the last elections. In Lebanon , the Hezbollah is still keeping its weapons and sometimes using them upon Israel. Last elections in Iraq, which took a month to count, resulted in an inconclusive Shiites win.


This is not at the brink to help any democratic system. I have to say that all these countries know more about democracy than most. They all inherited parliaments from their colonisers before the Americans came.... In such a way, we may understand the despair of the State Department about this trend, where NGO money favours the rise of non democratic movements. To that, president Bush is answering that " these guys once in a parliament are obliged to accept the democratic system.". A recent declaration of Shtaransky says that: "Peace Will Only Come after Freedom and Democracy"


<http://www.meforum.org/article/666>


The Palestinians after Arafat: Democracy and Freedom from www.meforum.org


Sharansky: There is progress today in the Middle East because the most dangerous regime, that of Saddam Hussein, has been removed. Saddam Hussein's Iraq gave legitimacy to terrorist groups across the Middle East. Saddam's was a regime that used human life to break the will of the free world. That the West allowed Saddam's regime to continue to hold his people hostage for so many years, encouraged dictators and terrorists worldwide, and discouraged potential dissidents within Iraqi society. But today the situation has changed. The death of [Yasir] Arafat also creates new possibilities.


MEQ: How strong is the will for political change among the Palestinians? Sharansky: Whenever people are given an opportunity not to live in constant fear, not to live a life of doublethink, they choose freedom. If given the opportunity, the Palestinians can progress toward democracy. They have a strong middle class. They have special business opportunities in the free world. Palestinians are adroit observers of Israel and understand the functioning of democracy. The Palestinian diaspora is well educated. All of these factors provide hope for a speedier transition. There is no doubt that the change of leadership resulting from Arafat's passing creates opportunities. Whether Palestinians seize these opportunities is another question.


MEQ: In The Case for Democracy you write that "Palestinians, like every people, are capable of building a free society." Does Israel have any role or responsibility to help create the conditions for a free Palestinian society?


Sharansky: Israel has a special interest in Palestinian democracy because only with democratic development among Palestinians and in the Arab world will Israel enjoy peace and stability. We can complain as much as we want about the lack of freedom and the lack of democracy among the Palestinians and other neighbors, but we should never forget our role. Israel and other nations in the free world tried to turn a Palestinian dictatorship into a partner. Many Israeli and American policymakers thought that a Palestinian dictatorship would bring stability. We were not ready to support any form of dissent in the Arab world and among the Palestinians because we believed it would weaken the Palestinian Authority and any chance for peace. Israel, the United States, and other free nations need to realize that they can play a very positive role, but that their choices can also be harmful for democracy.


MEQ: You also wrote that free elections can only take place in an atmosphere devoid of fear and only after the basic institutions that protect a free society-such as a free press, the rule of law, independent courts, and political parties-are firmly in place. Can the Palestinian Authority elections meet these criteria?


Sharansky: We should have no illusions that the elections that will take place in January [2005] will have anything to do with democracy. Elections that are not free, that are not held in a free society have nothing to do with democracy.


MEQ: Are Palestinian elections at all worthwhile?


Sharansky: Elections are worthwhile, but casting votes in and of itself is not enough. Democracy can only start when the new leadership selected in these elections embraces reform. A lot depends on our policy. If we embrace a leadership that embraces reform, or if we refuse to give any legitimacy or support to a leadership that refuses to bring democracy and reform, then there is a serious chance for success. In the upcoming Palestinian election, different faction heads will decide the candidates in advance. Voters will not really have the freedom to express their opinions. The leadership selection has nothing to do with democracy, but it is important that this selection take place as soon as possible.


MEQ: What should happen then?


Sharansky: We should not pay too much attention to who will be the next Palestinian leader, but we should pay attention to what we demand of this leader. The first steps towards democracy will be after elections and not before.


MEQ: Is your opposition to the Gaza disengagement plan a matter of principle, or are you concerned over its practical implementation?


Sharansky: Questions of principle and practical matters are always connected for me. I was against the disengagement plan not because I believed we should stay in Gaza but because one-sided concessions could transform Gaza into a beachhead for a terrorist state. If a Palestinian democracy developed, then a Palestinian state would not be dangerous. As I said many years ago, it is very important that the depth of our concessions match the depth of democracy on the other side. If disengagement were linked to democratic reforms, I would be all for this plan. But I object to any plan that leaves territory for terror."


From that we are certain that the American administration with the help of the UE has a lot of work to do from the Palestinian mess .


As this file is still open, we may understand that it will yet figure in the agenda of Bilderberg 2006. The presence of mr Haass will be certain. After the Hamas results and the financial and political boycott which followed, we may only be certain that our political quibblers over the US domination will try to use the money donations to change the actual situation. As we see it a democratic vote is not forcibly democratic. Yet another conclusion: the Near East they were handling has become another powderkeg.


The Force of Liberty- and its opposite- Guantanamo and Abu Graïb


As last year's Bilderberg meeting had, as speakers, Mr Henry Kissinger and Anatoli Sharantsky talking about 'Expanding Freedom' This doctrine centered about the work of an NGO in central Asia has been legally blocked by the Russian Douma and the counter offensive of Moscow after the New Alliance forged inside the Shangai Organisation on July 2005 against the Zbrezinsky 'Eurasia' operation. On this occasion, Iran was invited as an Observer and will acquire this stature permanently in 2006.


What we have to understand is that this ploy has ended. More, the opening of such kind of discussion will be immediately counter balanced by the Guantanamo and Abu Graib problems with the 'rendition' program.


We may infer from that, this subject will not be open at Bilderberg 2006 because of the high potential of dissidence between Europe and USA. This will be meddled with the theme 'Russia'. As far as the complete legal resolution of Guantanamo Concentration camp is not legally solved although the demands of Angela Merkel and other Western heads, the subject could be dangerous for the 'Allies'.


Asia and China


As the defense of Taïwan is being the priority of Bush administration, China is going on with its quick rate of development. This rate demands China secure its raw material resources.


We have seen last year a lot of bilateral contracts between China and Africa countries as well as South American ones. In Africa, China is practicing the gift option, to say give a sum of money to help these countries, instead of giving under 'structural adhustment' conditions as the IMF is doing. In these conditions, African countries are willing to work with this sort of guys and China is becoming the first export destination at the detriment of France, for instance. This explain as well last year 'gift' by IMF towards commonwealth countries of Africa.


As China's sources of material and petroleum are only commercial ones, without political ideas, and that the general idea is about free trade and neo liberalism, not free-speech, nothing can be made to block the trade. Mr Snow, American secretary of the Treasury, wanted another revaluation of the Chinese Yuan. He got a big surprise: On January 7, 2006 by a declaration of the Central bank of China, written in Chinese on the bank's web site, the governor was quietly declaring that China will in the future not buy as much US dollars federal notes as it did in the past.


You may imagine the result of such declaration. Ten days after, the governor declared that it was a 'mistake' that was corrected. Let us call it an a 'friendly advice' towards the American intentions.


The fact is that today ONLY HALF of the Chinese reserves are in USD. The buyings of China plus the crisis of Iran is helping petroleum and associated material to get more expensive.




パートIV--開発--、近東と遠く

これらは両方のnon決定的な戦争であり、アフガニスタンは現在より多くのNato力を要求している。

ヨーロッパが長い、長い戦争の最後の準備において現在ユーラシアの中心地域に巻きこまれると言うには。

mrカルザイの最近の宣言はことによると10年の戦争を表している。

これはNatoチャージになるであろう。

大きな中東方針は現在故障のまっすぐな道路を通っている。

シャロンさんはまだincapacitedされて、ある種類の平和を課すイスラエルに、大きな政策立案者が全然ない。

ハマスはパレスチナ人国家の中で1月25日の選挙の勝者である。

これは助けないかもしれない...エジプトで、ムスリム同胞団は最後の選挙の現実の勝者である。

レバノンで、ヒズボラはまだその武器を保持していて、イスラエルの上で時々それらを使っている。

カウントするために、1ヶ月かかったイラクでの最後の選挙は決定的でないシーア派信徒勝利を結果として生じていた。

これは、どのような民主主義のシステムも助けるふちにない。

私は、すべてのこれらの国が最も多くよりもっと民主主義を知っていると言う必要がある。

アメリカ人が来る前に、彼らすべてはそれらの植民地開拓者から議会を引き継いだ…。

そのような方法の中で、NGOお金がnon民主主義のムーブメントの上昇に賛成している所で、私達はこの傾向について国務省の絶望を理解するかもしれない。

それに、ブッシュ大統領は、その、「これらの男は1回議会の中で、民主主義のシステムを受け入れることを義務づけられている」と答えている。。

Shtaranskyの最近の宣言は伝えている:

「平和は自由と民主主義の後に来るだけであろう」

<http://www.meforum.org/article/666
>

アラファトの後のパレスチナ人:

民主主義とwww.meforum.org
からの自由

Sharansky:

最も危険な政権、サダム・フセインのそれが取り除かれたので、中東に今日進歩がある。

サダム・フセインのイラクは中東を横切って合法性をテロリストグループに与えた。

サダムのは、自由世界の意志を壊すために、人命を使った政権であった。

西欧が、サダムの政権が、世界的にそんなに多くの年、激励された独裁者、およびテロリストの間彼の人々人質を押さえ続けることを可能にし、イラクの社会の中で潜在的な反対者を落胆させた。

しかし、今日、状況は変わった。

[ヤシール]アラファトの死はまた新しい可能性を作成する。

MEQ:

政変のための意志はパレスチナ人の間でどれほど強いか?

Sharansky:

人々が、二重思考の生活を送ることではなく絶え間ない恐怖を抱えながら暮らさない機会を与えられる時はいつでも、彼らは自由を選ぶ。

機会を与えられるならば、パレスチナ人は民主主義に進歩することができる。

彼らは強い中流階級を持っている。

彼らは自由世界に特別なビジネスチャンスを持っている。

パレスチナ人はイスラエルの器用なオブザーバーであり、民主主義の機能を理解している。

パレスチナの離散はよく教育される。

これらのファクターのすべてはより速い変遷のために希望を提供する。

アラファトが通過することに起因しているリーダーシップの変化が機会を生み出すことにちがいない。

パレスチナ人がこれらの機会をつかむかどうかは別の問題である。

MEQ:

民主主義のためのケースにおいて、あなたは、「パレスチナ人は、すべての民族のように、自由な社会を築くことが可能である」と書く。

イスラエルは、役割または自由なパレスチナの社会のために条件を作るのに役立つ責任を持っているか?

Sharansky:

パレスチナ人の間の、そしてアラブ世界意志における民主主義の開発によってだけ、ユダヤ人が平和と安定性を楽しむので、イスラエルはパレスチナの民主主義への特別な興味を持っている。

私達は、私達が自由の不足とパレスチナ人と他の隣人の間の民主主義の不足について望んでいるのと同じくらい多く不満を言うことができるけれども、私達は決して私達の役割を忘れないべきである。

イスラエルと自由世界の他の国家は、パレスチナの独裁権をパートナーに変えようとした。

多くのイスラエルのおよびアメリカの政策立案者は、パレスチナの独裁権が安定性をもたらすであろうと思った。

私達が、それが平和のためにパレスチナ自治政府とすべてのチャンスを弱めるであろうと信じたので、私達は、アラブ世界で、そしてパレスチナ人の間で意見の相違のどのようなフォームもサポートする用意ができていなかった。

イスラエル、米国、および他の自由主義国は、それらが非常にポジティブな役割を果たすことができるけれどもそれらの選択がまた民主主義のために有害であるかもしれないことに気がつく必要がある。

MEQ:

あなたはまた、自由な選挙が恐怖を欠いている大気の中で起こることができて、自由社会などを保護する基本的な組織の後だけに、出版の自由、法の支配、独立な法廷、および堅くインの政治的な党のありが置くだけであると書いた。

パレスチナ自治政府の選挙はこれらの基準を満たすことができるか?

Sharansky:

私達は、1月の[2005年]において起こるであろう選挙が、民主主義と関わりがあるであろうという思い違いを全然していないべきである。

自由でなく、自由な社会の中で行われない選挙は民主主義と関係がない。

MEQ:

いったいパレスチナの選挙はやりがいがあるか?

Sharansky:

選挙はやりがいがあるけれども、決定票であり、ひとりでに、十分でない。

これらの選挙において選ばれた新しいリーダーシップが改革を抱擁する時に、民主主義は始まることができるだけである。

たくさんは私達の方針に依存する。

私達が、改革を抱擁するリーダーシップを抱擁するならばまたは私達が、合法性を与えるか、民主主義をもたらすことを断るリーダーシップにサポートし、改良されることを断るならば、成功のための重大なチャンスがある。

近く発表されるパレスチナの選挙において、違う派閥頭は事前に候補者を決めるであろう。

有権者は、本当は、彼らの意見を表す自由を持たないであろう。

リーダーシップ選択は民主主義と関係がないけれども、この選択ができるだけ早く起こることは重要である。

MEQ:

何がその時起こるべきであるか?

Sharansky:

私達は支払うべきであるわけではない(あまりにも多くの注意が次のパレスチナのリーダーになるであろう)けれども、私達は、私達が何をこのリーダーに要求するかに注意を払うべきである。

民主主義への最初のステップは前ではなく選挙を求めるであろう。

MEQ:

ガザ解放計画へのあなたの反対は原則の問題であるか?または、あなたはその実用的なインプリメンテーションを心配するか?

Sharansky:

原則の、そして実用的な問題の問題は私のためにいつも接続される。

私が、私達がガザに滞在するべきであると信じたのでではなく不公平な譲歩がテロリスト国家のためにガザを橋頭堡に変えることができたので、私は解放計画に反対であった。

パレスチナの民主主義国が発展したならば、パレスチナ人国家は危険でないであろう。

私が何年も前に言ったように、私達の譲歩の深さが反対の側の民主主義の深さとマッチしていることは非常に重要である。

解放が民主改革と結び付いたならば、私はこの計画に大賛成であろう。

「しかし、私は、恐怖に向けて領域を出発するどのような計画にでも反対する」。

それから、私達は、UEの助けとのアメリカ管理が、パレスチナのめちゃくちゃからするたくさんの仕事を持っていると確信している。

このファイルがまだ開いているので、私達は、それがBilderberg 2006の課題においてまだ目立つであろうと理解するかもしれない。

mr Haassの存在は確実になるであろう。

続いていたハマス結果と金融の、そして政治的なボイコットの後で、私達は、米国支配の上の私達の政治的なあら探しをする人が、実情を変更するためにお金寄贈を使おうとするであろうと確信しているだけであるかもしれない。

私達がそれを見る時に、民主主義の票は強制的に民主主義でない。

また別の結論:

彼らが処理していた近東は別のpowderkegになった。

自由およびその逆グアンタナモとAbu Graibの力

昨年のBilderbergとして、新しい同盟がZbrezinsky‘ユーラシア’操作に対して2005年7月にShangai組織の中で鍛造した後に、この主義が中央アジアのNGOの仕事について集中させた‘拡大自由’について話しているスピーカー、ヘンリー・キッシンジャーさん、およびアナトリーSharantskyがモスクワの不快なロシアロシア帝国議会とカウンターによって法律上塞がれたので、ミーティングは持っていた。

この機会に、イランはオブザーバーとして招待されて、2006年に恒久的にこの高さを取得するであろう。

私達が、理解する必要があるものは、この策略が終わったことである。

もっと、そのような種類の議論のオープニングはすぐ反対に‘上演’プログラムについてのグアンタナモとAbu Graib問題によって釣り合わせられるであろう。

私達は、それから、この主題がヨーロッパと米国の間で意見の相違の高い潜在力のためBilderberg 2006で開かないであろうと推定するかもしれない。

これについて干渉する テーマ『ロシア』で 。

アンジェラ・メルケルと他の西洋の頭の要求であるけれども、グアンタナモ強制収容所の完全な法律の解像度が法律上解決されない限り、主題は‘同盟国’のために危険であるかもしれない。

アジアと中国

台湾の防御がブッシュ政権のプライオリティである時に、中国は開発のその迅速なレートを続けている。

このレートは、中国がその原料資源を確保するのを要求する。

私達は南アメリカのものと同様に中国とアフリカ国の間で昨年たくさんの双務契約を見た。

アフリカで、中国は贈り物オプションを行っていて、国際通貨基金がしているように‘構造のadhustment’条件の下で与える代わりにこれらの国を助けるために、言うことは合計金額を与える。

これらの条件において、アフリカの国はこの種類の男とともに快く働き、中国は例えばフランスの損害で最初の輸出宛先になっている。

これはその上昨年アフリカの連邦国に国際通貨基金による‘贈り物’を説明する。

ほんの商業用の1は政治的なアイデアなしで素材と石油の中国のソースとしてであり、概念が、自由スピーチではなく自由貿易とneo自由主義について、何も、貿易を妨げさせられることができないことである。

Snowさん(財務アメリカ長官)は人民元の別の再評価を望んでいた。

彼はあっと驚いた:

中国の中央銀行の宣言による2006年1月7日に、銀行のウェブサイトの上の中国語で書かれて、知事は、中国が未来に、それが過去にしたのと同じくらい多くの米ドルの連邦に注を買わないであろうということを静かに言明していた。

あなたはそのような宣言の結果を想像してもよい。

10日その後、知事は、訂正されたのが‘誤り’であったことを言明した。

私達にそれをan a と呼ばせなさい アメリカの意図への『友好的なアドバイス』 。

事実は、今日、中国の準備のONLY半分がUSDにあることである。

中国のbuyings足すイランの危機は、石油と関連した素材がより高価になることを手助けしている。

パートⅢ ロシア

PART
III - RUSSIA


Let us have now a deeper look in the backgrounds of Russia. This point will certainly be a central point in next Bilderberg meeting.


The daily Pravda http://www.pravda.ru/ was delivering a real interesting article : "Russia may lose its military influence on borders due to NATO's expansion" on January 26, 2005. We may read:


<http://english.pravda.ru/main/18/88/354/16801_arms.html>


"The West continues to put pressure on Russia, trying to make the country withdraw its troops from potentially dangerous territories. The Russian Defense Minister Sergei Ivanov stated during his recent visit to Baku that Russia could possibly pull out from the Conventional Armed Forces in Europe Treaty (CFE). According to the minister, Russia may end its membership in the treaty if the West continues to insist on the withdrawal of the Russian military contingent from Georgia and Moldova. The USA and several European countries accuse Russia of poor execution of obligations.


The treaty to restrict conventional armed forces in Europe was signed in 1990. According to the agreement between the members of NATO and the Warsaw Treaty the document stipulated a gradual reduction of arms deployed on the indicated territory. Russia has a right to have 6,350 tanks and 11,280 armoured vehicles on its territory. This quantity is enough to react to possible external threats. The treaty was revised in 1999 when certain quotations for the deployment of arms were fixed.


The new version of the treaty is highly important for Russia. The conditions of the treaty restrict the quantity of arms in the so-called flank zone. The unstable Caucasian region of Russia is included in this territory: it is obvious that Russia should concentrate more attention and weaponry in the region. The Russian military command would like to add 400 tanks and 2,420 armoured vehicles in the flank zone.


The new version of the document, however, which settles the discrepancies, is considered null and void until it is ratified by all member-countries. For the time being, the treaty has been ratified by Russia, Kazakhstan, Belarus and Ukraine. The question regarding the regulation of the old problem was raised at the end of 2005. The Russian Minister for Foreign Affairs Sergei Lavrov stated during the OSCE summit in Ljubljana that Russia and other countries participating in the treaty could lose the control over arms in Europe if the treaty remained unratified. "I do not think that someone of us would be interested in dealing with such a turn of events," the minister said.


NATO tries to postpone the solution of the problem, reminding Russia of the current problems in Georgia and Moldova, where Russian military contingents are deployed. According to Russian official, though, the alliance does not ratify the document but continues to expand eastwards setting up more and more army bases.


Russia and Georgia managed to overcome numerous problems in May 2005 and agreed to withdraw Russian bases from Batumi and Akhalkalaki. Russia undertook to complete the process by 2008.


About 1,500 Russian servicemen are still stationed in Moldova. The question of ammunition depots, which Russia will have to destroy, is much more important, at this point. Slovenia's Minister for Foreign Affairs Dimitry Rupel criticized Russia. The official stated that he could see no excuses for the ongoing neglect of duties: "We still argue about the agreements achieved in Istanbul in 1999 regarding the withdrawal of Russian forces from Moldova," Rupel said.


NATO's growing number of members (Lithuania, Latvia, Estonia and Slovenia have recently become members of the alliance) complicates the dialogue. New members do not participate in the Treaty on the Conventional Armed Forces in Europe. NATO may soon deploy its troops in the Baltic states against the background of its movement from Central to Eastern Europe. "


As we see it, homogeneity of the world is still practiced by America and Europe. More, although the broken illusions of Mr Thierry the Montbrial, it seems than the machine is going on to the course of a collision with Russia, in the name of a Global world. I will give you an evidence of this and I ask you to pay some attention to the evidence:


"SECURITY THROUGH DIALOGUE AND CO-OPERATION "


31/01/2006, Brussels.


As Belgium is president of OSCE in 2006, an inaugural conference organized by the government AND THE ROYAL INSTITUTE FOR INTERNATIONAL RELATIONS will take place on January 31, 2006."


As the old borders doesn't exist anymore and that the European and Eurasian landscape is moving quickly, the OSCE is heavily involved in a institutional reform mechanism...the conference is organized to make OSCE a regional chief in security matters, with its state members, may adapt its role in the new environment."


The speakers will be the secretary of foreign affairs from Ukraïne, M. Borys Tarasyuk. Panels will be presided by: Mr Etienne Davignon, Président of the belgian IRRI and by the professor Jan Wouters, of the catholic university of Leuven.


  • Chair : Mr. Etienne Davignon (President, Bilderberg Group)

  • Mr. Vladimir Chizhov, Ambassador, Permanent Representative of Russia to the European Union : "Reform and New Perspectives"

  • Prof. Victor-Yves Ghebali, Institute of International Studies, Geneva : "The Ljubljana OSCE Reform Agenda: Towards Brobdignac or Lilliput ?"

  • Mr. Marc Perrin de Brichambaut, Secretary general of the OSCE Closing address: Mr. Pierre Chevalier, Special Envoy of the Chairman in Office


As you may see it, Russia will be a central question to be treated not only by the Belgian of the OSCE in 2006, but by more powerful people who favour the 'worlds in collision' option because they stand to gain from it. A lot of evil may come from this situation.


I have here above described the mechanism at work with this central and important question and the views of the one and others. It is well known but terrible fact that what the Russians say is ignored by the Western media.


パートIII - ロシア

私達にロシアの背景に現在より深い表情を持たせなさい。

このポイントは確かに次のBilderbergミーティングにおいて中心点になるであろう。

毎日のプラウダhttp://www.pravda.ru/
は現実の興味深い記事を配達していた:

2005年1月26日に、「ロシアはNATOの拡張のため境界においてその軍事的な影響力を失うかもしれない」。

私達は読むかもしれない:

<http://english.pravda.ru/main/18/88/354/16801_arms.html
>

「西欧は、国にその軍を潜在的に危険な領域から引き戻させようとして、プレッシャーをロシアにかけ続ける」。

ロシア防衛大臣セルゲイ・イワノフは、ロシアがことによるとヨーロッパ条約(CFE)における従来の軍隊から出発することができたことをバクーへの彼の最近の訪問の間に述べた。

大臣によると、西欧が、ジョージアとモルダヴィアからロシア軍隊の派遣団の撤退を強く主張し続けるならば、ロシアは条約においてそのメンバーシップを終えるかもしれない。

米国といくつかのヨーロッパ諸国は義務のために運営のまずさのロシアを告発する。

ヨーロッパで従来の軍隊を限定する条約は1990年にサインされた。

NATOとワルシャワ条約のメンバーの間の協定によると、文書は示された領域の上で展開されたアームのゆるやかな縮小を規定した。

ロシアは、その領域の上に6,350台の戦車と11,280個の装甲車を持つ権利を持っている。

この量は、可能な外部の脅威に反応するのに十分である。

アームの展開のための一定の引用が固定された時に、条約は1999年に改訂された。

条約の新バージョンはロシアのために非常に重要である。

条約の条件はいわゆる側面ゾーンでアームの量を限定する。

ロシアの不安定なコーカサス地域はこの領域に含められている:

ロシアが地域でより多くの注意と武器を集中するべきであることは明らかである。

ロシア軍事機構は、400台の戦車と2,420個の装甲車を側面ゾーンに追加したい。

それがすべてのメンバー国によって批准されるまで、不一致を落ち着かせてしかし文書の新バージョンは無効で、空であると考えられる。

当面、条約はロシア、カザフ、ベラルーシ、およびウクライナによって批准されている。

古い問題の統制についての問題は2005年の終わりに提起された。

ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフは、条約が批准されなくあり続けたならば、ロシアと条約に参加している他の国がヨーロッパでアームに関してのコントロールを失うことができたことをリュブリャナでのOSCEサミットの間に述べた。

「私は、私達の誰かが、そのような事態の変化を扱うことに興味をもっているであろうと思わない」と大臣は言った。

NATOは、ジョージアとモルダヴィアで現在の問題のロシアに思い出させて、問題の解決を延期しようとする(そこで、ロシア軍隊の派遣団は展開される)。

しかし、ロシア役員によると、同盟は文書を批准しないけれども、より多くの陸軍基地を設定して、東に拡大し続ける。

ロシアとジョージアは2005年5月に、どうにかしてたくさんの問題を解決し、ロシアベースをバトゥーミとAkhalkalakiから引き戻すことに合意した。

ロシアは、2008年までにプロセスを完成することを請け合った。

約1,500人のロシアサービスマンがまだモルダヴィアに配置される。

ロシアが、破壊する必要があるであろう弾薬倉庫の問題はこの時点でもっとずっと重要である。

スロベニアの外務大臣Dimitry Rupelはロシアを批判した。

役員は、彼が義務の進行中の怠慢のために弁解を全然見ることができなかったことを述べた:

「私達はまだモルダヴィアからのロシア軍の撤退について1999年にイスタンブールで達成された協定を議論する」とRupelは言った。

メンバー(リトアニア、ラトビア、エストニア、およびスロベニアは最近同盟のメンバーになった)のNATOの増加する数はダイアログを複雑にする。

新しいメンバーはヨーロッパの従来の軍隊の上の条約に参加しない。

NATOはCentralから東ヨーロッパまでのその動きを背景としてバルト諸国ですぐその軍を配備するかもしれない。

"

私達がそれを見る時に、世界の均質はまだアメリカとヨーロッパによって行われる。

マシンがグローバルな世界の名前においてロシアとの衝突のコースに進んでいるより、ティエリーさん、Montbrialの破られた幻想であるけれども多数であるようである。

私はあなたにこれの証拠を与えて、私はあなたに、証拠にいくらかの注意を払うように頼む:

「ダイアログと協力によるセキュリティ」

31/01/2006、ブリュッセル。

「ベルギーが2006年にOSCEの社長である時に、政府AND THE ROYAL INSTITUTE FOR国際関係によって編成された就任の会議は1月31日の場所、2006を取るであろう」。

「その老人のように、境界は今はもう存在していなく、ヨーロッパとユーラシアの景色が迅速に動いていて、OSCEが、会議が、その国のメンバーとセキュリティ問題においてOSCEを地域のチーフにするために団結したことである制度上の改革メカニズム…に重く巻き込まれることは新しい環境においてその役割を適応させるかもしれない」。

スピーカーはUkraine、 M. Borys Tarasyukからの外務の秘書になるであろう。

パネルについて司会する 過ぎ :

エティエンヌ・ダビニョンさん(belgian IRRIの、そしてJanのウーテルス教授による、全般的なルーフェン大学の社長)。

椅子:

エティエンヌ・ダビニョン(社長、Bilderbergグループ)さん

欧州連合へのロシアのウラジーミル・チジョフさん、大使、常任委員:

「改革と新しいパースペクティブ」

ビクター教授-イブGhebali(国際的な研究の研究所、ジュネーブ):

「リュブリャナOSCE改革課題:」

「Brobdignacまたはリリパットに?」

マーク・ペリンde Brichambautさん(OSCE閉会の辞の事務局長):

ピエール・チェヴァリアさん(オフィスの会長の特使)

あなたがそれを見てもよい時に、ロシアは、2006年のOSCEのベルギー人によってだけでなく彼らが、それから増加する可能性があるので、‘衝突における世界’オプションに賛成しているより強力な人々によって扱われる中心的な問題になるであろう。

たくさんの悪はこの状況から来るかもしれない。

私はここで上でこの中心的で、重要な問題と一方とその他の眺めによって職場でメカニズムを説明した。

ロシア人が言うことが西洋のメディアによって無視されることはよく知られているけれどもひどい事実である。

パートⅡ 目標イラン

PART II - TARGET IRAN: A TERRIBLE DECISION IN A TROUBLED WORLD

In fact, these guys were calculating upon a major idea: the domination of the USA over all countries of the world and initially over all regions of the world. The world domination of American cultural values was a lure for all these people making decisions. They thought the world was intending to become one with a same mind and same sensations. The rose-smelling winds of Brzezinsky's policies were blowing upon Eurasia and the Great Middle East. Everything was going in their favor. Russia was weak and no more an Empire.


So the time was to lower all wages, moving businesses to the Far Eastern world. The last dams were open and wealth flowed from the pockets of their workers towards the rich owners. In same time than delocalising, taxes's cut were voted always in favor of the Upper Class while the mansion's funds were said not to be able to finance the boomers pension. The realty principle should led people without a job to bargain their work force. This was done under a lot of regulations, Bolkenstein's project in Europe being the bogeyman, while ordnances, regulations and sometimes votes are taken in a lot of country of Europe leading to this situation and consolidating it. In the same time, the US president was trying to force the US congress to vote laws in such a way to be applied to American workers. Steinbruck, secretary of economy of Germany (SPD- socialist) has said last week than in the future there was no more reason for the State to pay any money to people who lost their jobs and this after the socialist legislation voted against the left's people under the name of a infamous German unionist, Hartz IV. In these cases, socialists are more harder than conservatives! and more cruel.


As I already said it last year, the puppets in the European governments are dancing as their masters. (I do remember that Krotchov, former leader of USSR, was one night obliged to dance upon a table on order of Joseph Stalin, and never forgot it, but he was a communist. In place we see democratic men dancing on order of Washington, revolver being replaced by a bounty of corruption)


So, the marrionettes were doing as they were told. Enthused by the success of Brzezinky 's plans and the American plan, they followed the march to a world of full homogeinity.


On July 2, 2005 the organization of Shangai decided to oust all American forces out of Asia. After a few months, and a visit of the American Secretary of defense, Mr Donald Rumsfeld, Kyrghisistan agreed to tolerate the American presence up the moment the war in Afghanistan is finished. Neighbouring Uzbekistan has only German elements on its soil. Americans are away. Iran was given a position of observer. It is now clear than Asian Powers are accepting the role of Iran as a padlock for the entire region. And no pressures will make the organisation change its views about it.


Once the deal was understood in Washington, pressure was launched against Teheran to force this country to make the 'right' decision. Threats in disguise, etc.. Expectations were made on the vote of Rafhansdjani who is a rich man specialized in petroleum to become president. The people of Iran decided otherwise and chose the actual president who shares in common with president Bush a gloomy vision of The End of the World. One being 'inspired' by God, the other one thinking he is the 12th I man (hidden one) or Mahdi. But the choice was taken in accordance with democracy, thus a bad choice.. Once the trap was no longer working, the Iranian people chose the 'wrong' man, intelligent men should have taken the decision to change plans and even tactically moving towards discussion with the new Iranian regime. It's not what we may see. Acceptatance that the world has now multi poles is not even considered in Washington. We will see details of all this in our framework about Bilderberg 2006 hereunder, but I would like the readers to note the following:


In an analysis given to the paper "Le Monde"on January 24, 2006, Thierry de Montbrial gave the same appreciation about the 'homogenous world' and the 'heterogenous world' saying the second option seems to become the true issue of the future of the world. I detected a deep pessimism from him as he explained that the future of Iran is in the hands of ...China and Russia. As I see it Russia and China will not abandon Iran, even attacked by America or Israel. But the anguish of Therry de Montbrial could mean that a bad decision has been taken somewhere in the West. Some dates as early as 22nd March 2006 have been put forward for the US/NATO forces to attack Iran. Iran is now moving its rockets trucks everyday along the borders in place of once a week. The principle of an attack was already unveiled in December 2005 by the weekly 'Der Spiegel' and the whole NATO plan was stopped then . We will come back in the part III upon the consequences of the upperclass on our world (and theirs as well) after what they did to most of us.


What is astonishing in this story is that Mr Olivier Roy, a regular Bilderberg attendant, has wrote an article last month in the daily 'Le Monde' where he declares, that the muslim reaction about the caricatures are de facto the result of the European policy in the Middle East. The guiltiness is thus European and not a word about the US diplomacy which was indeed looking the protests as if they were innocent of all that. The idea ( with a lot of hypocrisy) of mr Roy is that, living in a dangerous Mediterranean world full of muslim terrorists will force the European to take their responsibilities in securing this world with an special force ready to intervene at any moment. As far I remember, even in the Israelian wars, never Europe was forced to send troops in the region ( after 1956, America came in the process, and since then, Europe was no more acting as a belligerant party after the independence wars in Cyprus (1964), Algiers (1962-1963), Tunisia (1956).


Now Bilderberg seem to push Europe to impose the new " Mare Nostrum" US policy for the profit of Washington, with European soldiers. Naturally will our political woodlouse's breeding conform their policy to the views of Washington.


パートII - 目標イラン:

問題の多い世界でのひどい決定

実のところ、これらの男は主要なアイデアを期待していた:

世界の諸国の上と世界のすべての地域の最初上の米国の支配。

アメリカの文化的な価値の世界征服は決定をしているすべてのこれらの人々のための魅力であった。

彼らは、世界が、同じ精神と同じ感覚を持つものになるつもりであったと思った。

Brzezinskyの方針のバラ匂い風はユーラシアと大きな中東に吹き込んでいた。

すべてはそれらの好意において行った。

ロシアは弱く、もう帝国ではなかった。

従って、時間は、ビジネスを極東の世界に移動させて、すべての賃金を下げることになっていた。

最後のダムは開いていて、富は金持ちのオーナーにそれらの労働者のポケットから流出した。

delocalisingするより同じ時間に、大邸宅の資金が、すごい奴年金に資金提供することができないといわれている間、税金ある切断は上流階級を支持していつも可決された。

不動産原則は、彼らの労働力を協定するために仕事なしで人々をすごしてするべきである。

砲、規則、および時々票がこの状況につながり、それを統合しているヨーロッパのたくさんの国で取られる間、これはヨーロッパのBolkensteinのプロジェクトがそのお化けであって、たくさんの規則の下でされた。

同じ時間に、アメリカの大統領は、アメリカ労働者に適用されるそのような方法で法律を可決することを米国議会に強制しようとしていた。

これらの場合に、社会主義者は保守主義者!よりもっとかたく、より残酷である。

私がすでに昨年それを言った時に、ヨーロッパの各国政府の中の操り人形はそれらのマスタとして踊っている。

(私は、Krotchov、ソ連の前のリーダーが、ある夜、ジョセフ・スターリンの注文の上のテーブルの上で踊ることを義務づけられていて、決して、それを忘れなかったことを覚えているけれども、彼は共産主義者であった。)

(適所に、私達はリボルバーが堕落の祝儀によって取り替えられて、民主主義の人がワシントンの注文の上で踊るのを見る)

従って、それらが言われたように、marrionettesはしていた。

Brzezinky 's計画とアメリカ・プランの成功によって血迷い、それらは完全なhomogeinityの世界に行進に続いていた。

2005年7月2日に、Shangaiの組織は、アジアの外ですべてのアメリカ軍を追い出すと決めた。

数ヶ月と防御、ドナルド・ラムズフェルトさんのアメリカ秘書の訪問の後に、Kyrghisistanは、アフガニスタンの戦争が終わる瞬間の上でアメリカ存在を許容することに合意した。

隣接しているウズベク共和国はその土の上にドイツ要素だけを持っている。

アメリカ人は不在である。

イランはオブザーバーのポジションを与えられた。

アジア能力が全体の領域のための南京錠としてイランの役割を認めているよりそれは現在クリアである。

そして、どのプレッシャーも組織にそれについてのその見方を変更させないであろう。

取り引きがワシントンで理解されていたら、プレッシャーは、‘正しい’決定をすることをこの国に強制するためにテヘランに対してスタートされた。

変装などにおける脅威。

予期は、大統領になるために石油の中で特殊化した金持ちであるRafhansdjaniの票の上でされた。

イランの人々は違った形で決めて、ブッシュ大統領と共通して、世界の終わりの陰鬱なビジョンを共有する実際の大統領を選んだ。

神による、‘引き起こされる’である1、彼が私が人員を配置する(隠れた一方)12番目であると思っている他の1、またはマハディ。

しかし、選択は民主主義、従って間違った選択に従って取られた。。

わながもう作動していなかったら、イランの人々は、‘間違った’人、聡明な人が、計画を変更し、新しいイランの政権との議論に接近して、戦術的に平らにする決定をするべきであったと決めた。

それは、私達が見るかもしれないものではない。

multiポールのため、世界が持っているAcceptatanceはワシントンで考慮されさえしない。

私達は以下にBilderberg 2006について私達の枠組の中ですべてのこれの詳細を見るけれども、私は、リーダに、以下に言及してほしい:

2006年1月24日に紙「ル・モンド」に与えられた分析において、2番目のオプションが、世界の未来の真実の問題になるようであると伝えている‘相同の世界’と‘異種性の世界’について、ティエリーde Montbrialは同じ理解を与えた。

彼が、イランの未来が...Chinaとロシアの手にあるのを説明した時に、私は彼から深い悲観主義を検出した。

私がそれを見る時に、ロシアと中国はアメリカまたはイスラエルによって攻撃されさえしたイランを捨てないであろう。

しかし、Therry de Montbrialの苦悶は、悪い決定が西欧のどこかでされていることを意味することができた。

2006年3月22日と同じくらい早いいくつかの日付は、米国/NATO軍がイランを攻撃するように出されている。

イランは1週間一度の代わりに境界に沿って毎日現在そのロケットトラックを動かしている。

攻撃の原則はすでに2005年12月に毎週の‘シュピーゲル’によって初公開されていて、NATO計画全体はその時停止した。

私達は、私達のほとんどに、それらがしたことの後の私達の世界(そしてその上それらのもの)上のupperclassの結果の上のパートIIIで戻る。

この話の中で驚かすことが、オリビエ・ロイさん、規則的なBilderberg付添人が持っていることであることであるものは、彼が宣言する毎日の‘ル・モンド’において、風刺画についてのイスラム教徒反応が事実上中東でヨーロッパ方針の結果であることを先月の記事に手紙で知らせた。

有罪は従ってヨーロッパ風で、彼らがすべてのそれに身に覚えがないかのように、実にその抗議のようであった米国外交についての言葉ではない。

テロリストが、今にも介在する用意ができている特別な力によってこの世界を守ることにおいて彼らの責任にかかることをヨーロッパに強制するであろうイスラム教徒でいっぱいの危険な地中海の世界に住んで、mrロイのアイデア(たくさんの偽善を持つ)はそれである。

同じくらい遠く、私は、決して、ヨーロッパが、1956年の後に地域(における軍を派遣することを強制されなく、アメリカがプロセスに入り、それ以来、ヨーロッパがキプロス(1964年)、アルジェ(1962年-1963年)、チュニジア(1956年)における独立戦争の後でbelligerantパーティーとしてもう作動していなかったことをIsraelian戦争においてさえ覚えている。

さて、Bilderbergは、ヨーロッパ兵士とのワシントンの利益のために新しい「領海」米国方針を課すようにヨーロッパを押すようである。

自然に、私達の政治的なワラジムシが繁殖することはそれらの方針をワシントンの眺めに対応させるであろう。

パートⅠ 西と東の衝突進路

The secret location of the 2005 Bilderberg meeting

Part I - East and West on Collision Course

Globalization is not from the XX th or XXI th century. It is as old as the XV th or XVI th century. Every move in Globalization has been about reshaping the World, or giving a global plan of control or a 'New World Order'. Behind the scenes, imperialism has been sharing the natural bounty of the world to the profit of its upper class, the Plutocracy. The rich who so much want to have one absolute rule of this world.


From this old, old experience of world domination, and this plan of the ages, the Upper classes were obliged to give some apparent democratic power to people in America and Europe in the late XVIII th century to replace the constitutional monarchy in England, after the Civil War of England during the XVIIth century and the reign of the Lord Protector Cromwell who gave an economic advantage to England against the Dutch, but was a dictator. Although different parts of the world were in touch during this phase of Globalization, no idea of shaping a common world in values was apparent. In fact all points of the globe were subject to the domination of European countries as contributing factors for the Western Economy. England was intent to destroy indigenous customs in the legislation inside these countries, for example imposition of the English concept of the private ownership of land, but other Western countries were applying their own legislation without restriction.


The infamous and abhorrent human slave trade, abolished in 1807, was a key contributor to maximum productivity and competitiveness of these regions. With the development of industry, colonies were kept as an hinterland which permitted certain plutocrats to carve themselves out mini-monopolies in the competitive global system, but this advantage was costing the nations too much in building the infrastructure of civilisation: roads, ports, schools, teachers, hospitals, medicine and so on...in the colonies. On the other side, some of these colonies were bringing soldiers to the fronts in World War I. (as in WWII).


World War I was a destructive conflict seeing the plutocrats of the World springing from the internal contradictions of capitalism. That helped the conflict to take place while the workers representatives were negotiating the entrance to war. Jean Jaures, the French socialist wanting an agreement between all the workers not to participate in the war was assassinated before the war, while Kautsky, ,German socialist counterpart of Jaures, negotiated the acceptance of the German war with the then " elite".


The result of this war was the entrance of the US economy in the world's sphere. The banque de France lost all its gold reserves while England was badly weakened. Germany was an economic ruin and the policy of reparations helped America to shape the German economy. As an example of that, let us say that before the first war, all the Chief countries of the world had currencies based on gold. The gold standard was a great gift of Providence. The war arrested and broke up this monetary cosmopolitanism. After the outbreak of the war some governments withdrew gold from internal circulation and replaced it with printed money. Each note was overprinted.


At the close of the war the practical monetary solidarity had disappeared and the overprinting of paper money continued. Each sovereign power was struggling with its own monetary problems and nobody was thinking of organizing an international conference about it. Each power was trying to get the better of the others. Each big money power resolved to get something kind of victory over the others. Up to there London banking was an international service centered in London . The City, through out its gold standard free trading period had existed not for Britain but for the world. All was now changed. These countries knew all about inflation! Impossible reparation payments in gold was imposed upon the Germans and the USA was building great hopes upon the debts reckoned in gold owing to her by its war allies for munitions supplied in the common effort.


America returned to gold standard in 1919. The more the price of gold came down, the more the repayments were onerous. In 1920, the prices in USA were 247% of those in 1913. In Britain the gold standard was still in suspense and Britain was using paper money; prices were 324 % of 1913 and the pound note was at a level of inferiority (247/324) to the gold dollar. In America there was a legal restriction of credit. At the end of the year, prices were then at 42% of what they had been in the month of May, 1920. Prices remained stable up to the year 1929...In England, there was such a credit restriction with the effect that the pound, in four years from 1920, got parity with the US dollar. This involved a restraint upon the business and a gigantic transfer of wealth from the producing to the creditor classes. The people who bought War loans, for instance, received interest in pounds of more than double the purchasing value. USSR crashed its creditors completely, through inflation. Germany Austria, Poland and Hungary were forced to follow the same path and destroy their creditor class.


In the course of about eight years countries were returning to something resembling previous conditions. Every country except the USA was saddled with big external debts for war expenditure, payable in gold, and the USA was carrying a big internal debt on the same account. This was the turning point of the Power of America in its ascendance. The second world war took place, giving the maximum of power to the United States of America in a divided Europe and divided world, thus giving predominance to Washington. In this phase, 'independence' movements appeared, many helped by Washington, in order to take a hand on the most richness of the world.


Note this: these events were occurring after the help of Asia and Africa, was needed by the allies to win the war. In a sense, American economy and policy was planting a knife in the back of its allies. Then Globalisation was entirely redefined around the center of Washington, some nations being previously centered around Paris or London. Bandoeng was the occasion for certain countries, most of them attracted by USSR or others sincerely socialists countries, to thwart an impossible choice (1956). At the end of the Western Independence movement, and with the end of the Bandoeng movement (with the coup against Sukarno in 1965) and the maximum influence of America in Asia with the involvement of the USA in Vietnam at the same period we may define the end of the 'independent phase 'around 1968. The policy of 'investment' was clearly defined in Washington after the war (1947) in a formula which applied to the past 'coups de force' and 'coups d'etat' and was drawing up plans for the future after being well tested in the past.


The central notion is to protect and let live the American investment without any constraint. In case a band of syndicalists, communists, etc. is threatening the American investment, the marines have to come in, applying the uppermore force with the communists "terrorists". This led to a lot of interventions in south America, Cuba, St Domingo etc... In an actual world without communists, you replace these one with 'terrorists' and you get something alike, because terrorism is a 'image' replacing the hatred 'communists'. But in the civilized Western world you apply the notion of AMI or OMC to protect your investments against 'ugly' environmentalists. Let us go back to the colliding worlds.


The doctrine of anti communism by America ground to a slow halt in 1975 with as prelude, the visit of US President Nixon to China and the end of the bloody war in Indochina. The involvment of USSR in Afghanistan war is the occasion taken by America to ruin USSR. The American secret services are cleaned of anti communists.(1975)


Then in 1990, with no enemy in view, the USA step up their politics to manage the world. Their politics are centered around de-localisation and petroleum politics around the Caspian sea. They priviledge Turkey and they operate in helping their allies of Saudia Arabia and neutralize Iraq with the division in three military zones and constant bombings. Although the Oslo agreement (1993) no real truce or beginning of peace is taking place in Israel. The Council on Foreign Relations (CFR) is expecting a lot from this peace. The Serbian war (1990-1999) is helping the Americans to stabilize the Balkans for the profit of the muslims to get their help in the Great Middle Orient policy defined for the South of Asia. The war in Iraq (2003) Was to be decisive. Their Afghanistan offensive in 2001 following the destruction of the Twin towers was immediately successful without carrying the germs of change.


I have to insist on this last phase, the more important of Globalism. For the first time in civilization, West has taken the terrible decision to transfer not A BIT of their industrial power, but MOST of it.... Before, investments were made into the 'colonies' but the industrial heartland was kept in America and in Europe and this should have happened because of the labour cost only and maximum profit policy. On the other side in America and Europe pressure is made to make the same profit upon the back of the remaining workers. Their policy is thought about finance maximization and exploitation of the mankind. The couple of force was acting politically together with the Eurasia policy in order to get the maximum effect of CFR man Brzezinsky's policy.


The destructive effect of that policy is under our present eyes and will be worse in the years to come. I have to develop certain concepts that will help the reader to understand that the decision maker is daily confronted with walls running against him and that a choice is to be taken every time this happens.These guys are reorienting the studies in such a way they fabricate the events and give the prepared solutions. If studied in a careful way ,and they do so, and the fact of knowing the issue is giving an extraordinary power (not only in finance) to these keymen.


2005年のBilderbergミーティングの秘密の位置。

パートI - 衝突進路の上の東と西


グローバリゼーションは世紀にXX thまたはXXI thからではない。

それは世紀にXV thまたはXVI thと同じくらい古い。

グローバリゼーションにおけるすべての動きは、世界を作り直すか、コントロールのグローバルな計画または‘新世界秩序’を与えることについてであった。

舞台裏で、帝国主義はその上流階級の利益への世界、金権政治の自然な祝儀を共有していた。

そんなに多く、この世界の1つの絶対の規則を持ちたい金持ち。

この老人(世界征服と年のこの計画の古い経験)から、上流社会は、XVIIth世紀の間のイギリスの南北戦争とオランダ人に対して経済上の利点をイギリスに与えたけれども独裁者であった護国卿クロムウェルの治世の後でイギリスで立憲君主政体を取り替えるために世紀に前のXVIII thにおいてアメリカとヨーロッパの人々へのいくらかの明白な民主主義諸国を与えることを要求された。

世界の違う部分がグローバリゼーションのこのフェーズの間に接触を保っていたけれども、価値において共通の世界を具体化するどのアイデアも明白でなかった。

実のところ、地球のすべてのポイントは、ファクターを西経済に寄与することとしてヨーロッパ諸国の支配を受けた。

これらの国(例えば土地の私有のイギリス概念の賦課)中で立法において先住の関税を破壊するために、イギリスは一途であったけれども、他の西欧諸国は制限なしで彼ら自身の立法を適用していた。

1807において廃止された不名誉で、ひどく嫌った人の奴隷売買はこれらの地域の最大の生産性と競争力への重要な貢献者であった。

産業の開発によって、居留民は、ある金権政治家が競合したグローバルなシステムの中の小型独占の外で自身を彫ることを許した奥地として拘留されたけれども、この有利さは、文明のインフラストラクチャーを構築することにおいて国家にあまりにも多くを必要としていた:

植民地…の道路、ポート、学校、先生、病院、医学など。

反対の側で、これらの居留民の何人かが、兵士を、World War I.(WWIIにおけるのような)における正面に連れて来ていた。

第一次世界大戦は世界の金権政治家が内部の資本主義の矛盾から現れるのを見ている破壊的な衝突であった。

労働者担当者が戦争への入口を流通させている間、それは、衝突が起こることを手助けした。

ジーン・ジョレス、すべての労働者の間の協定に、戦争に関与しないでほしいフランス社会主義者は戦前暗殺された一方、カウツキー(ジョレスのドイツの社会主義の対応するもの)はその時の「エリート」とドイツ戦争の受容を協議した。

この戦争の結果は世界の球の中でアメリカ経済の入口であった。

イギリスがひどく弱まる間、銀行deフランスはすべてのその金準備を失った。

ドイツは経済的な破滅であり、賠償金の方針は、アメリカがドイツ経済を具体化することを手助けした。

それの例として、私達に、最初の戦争の前に、世界のすべての主要な国が金に基づいた通貨を持っていたと言わせなさい。

金本位制は摂理の大きな贈り物であった。

戦争はこの貨幣の世界主義を阻止し、解体した。

戦争の勃発の後で、いくつかの政府は金を内部循環から引き戻し、それをプリントされたお金と取り替えた。

各注は刷り重ねられた。

戦争の終わりで、実用的な貨幣の団結は消えて、紙幣の刷り重ねは続いていた。

各主権はそれ自身の財政上の問題と格闘していて、誰も、それについて国際会議を組織することを考えていなかった。

各能力は、その他に勝とうとしていた。

各大金能力は、その他に対する勝利の何か親切なものを得ると決めた。

そこまで、ロンドンバンキングはロンドンに集中した国際的なサービスであった。

英国ではなく、世界のために、その金本位制自由取引期間の外で、断つことが存在した都市。

すべては現在変更された。

これらの国はすべてインフレを知っていた!

不可能な賠償金貨払いはドイツ人に課されて、米国は金の中で彼女のため共通の努力において供給された軍需品のためにその戦争同盟国によって計算された借金の上で大きな希望を築いていた。

アメリカは1919年に金本位制に戻った。

金の価格がたくさん下がるほど、もっと、返済は煩わしかった。

1920年に、米国の価格は1913年のそれらの247%であった。

英国で、金本位制はまだ不安にあり、英国は紙幣を使っていた;

価格は1913年の324%であり、ポンド紙幣は金ドルに劣等性(247/324)のレベルにあった。

アメリカに、クレジットの法的規制があった。

年末に、価格はその時、それらが1920年5月の月にあったものの42%にあった。

価格は上でその年までの1929年安定し続けた...イギリスに、効果とのそのような信用規制があったので、囲い込みは、1920年からの4年で、米ドルによってパリティを得た。

これは仕事での抑制と生産から債権者クラスまでの富の巨大な転送に関係していた。

戦時公債(例えば購入価値の2倍より多くの囲い込みへの受け取られた興味)を買った人々。

ソ連はインフレを通して完全にその債権者を破損した。

ドイツオーストリア、ポーランド、およびハンガリーは、同じパスをたどり、それらの債権者クラスを破壊することを強制された。

約8年のコースにおいて、国は前の条件と似ている何かに戻った。

米国を除いたすべての国は、金によって支払われるべきに軍事費のために大きな外債を背負わせられて、米国は大きな内債を同じアカウントの上に運んでいた。

これはその優勢の中でアメリカのパワーの分岐点であった。

分割されたヨーロッパと分割された世界でパワーの最大をアメリカ合衆国に与えて、従って支配をワシントンに与えて、2番目の世界大戦は起こった。

このフェーズの中で、‘独立’ムーブメントは出現し、世界の最も多くの豊かさの上で手を取るために、多くはワシントンによって助けた。

これに言及しなさい:

これらのイベントはアジアとアフリカの助けの後で起こっていて、戦争に勝つために同盟国に必要であった。

ある意味において、アメリカ経済と方針はナイフをその同盟国の後ろに設置していた。

そして、世界化はワシントン(以前にパリまたはロンドンに集中しているいくつかの国家)のセンターのまわりで完全に再定義された。

バンドンは一定の国のための機会であり、不可能な選択(1956年)を妨げるために、それらのほとんどはソ連または他によって心から社会主義者国を引き付けた。

西独立運動の終わりで、およびバンドン動き(クーデター)はである(スカルノに対して1965年に)の終わり、および同じ期間のベトナムの米国の関与を持つアジアのアメリカの最大の影響によって、私達は終わりを定義することができる 独立なフェーズ'約1968 。

‘投資’の方針は、はっきりと、過去の‘クーデターde力’と‘クーデター’にあてはまった式の中の戦争(1947年)後でワシントンで定義されて、過去によくテストされた後に未来のための計画を作成していた。

中心的な観念は、どのような強制もなしでアメリカの投資を保護し、残らせることである。

サンディカリスト、共産主義者などの集団がアメリカの投資を脅かしている場合に、海兵隊員は、共産主義者「テロリスト」とuppermore力を適用して、入る必要がある。

これは南のアメリカ、キューバ、Stドミンゴなどでのたくさんの干渉を引き起こしていた。。

共産主義者のない実際の世界で、あなたはこれらのものを‘テロリスト’と取り替えて、テロが憎悪‘共産主義者’を取り替えている‘イメージ’であるので、あなたは何か同じなものを得る。

しかし、文明化した西洋の世界で、‘醜い’環境保護活動家からあなたの投資を保護するために、あなたはAMIまたはOMCの観念を適用する。

私達を衝突世界に帰らせなさい。

アメリカの近くのanti共産主義の主義は、1975年 と に前奏曲、中国への米国大統領ニクソンの訪問、およびインドシナの血まみれの戦争の終わりとして、遅い停止に接地する。

アフガニスタン戦争におけるソ連のinvolvmentは、ソ連を滅ぼすためにアメリカによって取られた機会である。

アメリカシークレットサービスはanti共産主義者.(1975年)についてきれいになる。

そして、眺め(世界を管理するそれらの政治の上の米国ステップ)における敵のない1990年に。

それらの政治はカスピ海のまわりで不ローカライズと石油の政治に集中する。

それらpriviledgeトルコとそれらは、サウディアアラビアのそれらの同盟国を助ける時に、動作し、3つの軍隊のゾーンおよび一定の爆撃の部門とイラクを中立化する。

オスロ協定(1993年)であるけれども、平和のどの現実の停戦または最初もイスラエルで起こっていない。

外交問題評議会(CFR)はこの平和からたくさんを予期している。

セルビア戦争(1990年-1999年)は、アジアの南のために定義された大きな中間東洋方針においてイスラム教徒の利益が彼らの助けを得るようにアメリカ人がバルカン諸国を安定させることを手助けしている。

イラク(2003年)の戦争は、決定的であることであった。

双子のタワーの破壊に続いている2001におけるそれらのアフガニスタン攻勢は、変化の細菌を運ばずに直接成功していた。

私は、この最終段階(世界化のより重要である)を強く主張する必要がある。

初めて、文明において、ウエストは、少しそれらの産業のパワーではなくそれのほとんどを転送するひどい決定をした…。

前に、投資は‘植民地’中にされたけれども、産業の中心地域はアメリカに、そしてヨーロッパで保持されて、これは労働コストと最大の利益方針だけのため起こるべきであった。

アメリカとヨーロッパの反対の側で、プレッシャーは、残っている労働者の後ろの同じ利益を得るために作られる。

それらの方針は人類の財政最大化と利用について考えられる。

偶力は、CFR人ブレジンスキーの方針の最大の効果を得るためにユーラシア方針とともに政治的に行動していた。

その方針の破壊的な効果は私達の現在の目の下にあり、これから来る年により悪くなるであろう。

私は、リーダが、意思決定者が毎日彼と衝突している壁と対侍し、このhappens.These男がそのような方法で研究を新しい方向に向けているので、彼らはイベントを偽造し、準備された解決策を与えるたびに、選択が、取られることになっていると理解することを手助けするであろう一定の概念を展開する必要がある。

Ifは慎重な方法で勉強し、彼らはそうし、問題を知る事実は並みはずれた能力(財政におけるでない)をこれらの要人に与えている。

映画は事実か?奥の院の側か?
























『グッドナイト&グッドラック』

ジョージ・クルーニー入魂の監督作で、正義感あふれるジャーナリストの生きざまをじっくり


堪能しよう!





















『グッドナイト&グッドラック』



4月29日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて公開

>> 公式サイトへ
(外部リンク)






マッカーシーは悪者か??

http://ameblo.jp/kane55/entry-10006892962.html



















見どころマッカーシー上院議員による“赤狩り”の恐怖が


はびこる50年代のアメリカで、マッカーシーの


暴挙に敢然と立ち向かい、ジャーナリストとし


ての良心を貫いた伝説のニュースキャスター、エド・マローと


その仲間たちを主人公にした社会派ドラマ。言葉を武器に


巨大な権力と組織に挑んだ男たちの生きざまがドライな


タッチで描かれており、ニュースキャスターだった父のもと


でジャーナリズムを目の当たりにしてきたジョージ・クルー


ニーの情熱と真摯(しんし)な思いに満ちあふれた内容と


なっている。歴史的真実をドラマチックなものとして大仰に


とらえるのではなく、あくまでもスマートに見せていく独特


の語り口がポイント。さらには、50年代当時の雰囲気を完全に


再現し、アカデミー賞撮影賞候補に挙がったモノクロームの映像


も深い印象を残す。世界が不穏な動きに包まれ、報道の在り方


が問われている今だからこそ、大人同士でじっくりと鑑賞し、


意見や感想を交えながら観てほしい作品。(渡邉ひかる)


ストーリー:1953年のアメリカは、共産党主義者を弾圧する


“赤狩り”の嵐が吹き荒れていた。大手テレビ局に勤めるエド・マロー


(デヴィッド・ストラザーン)や同僚たちにも疑いの目は向けられ、


自由な報道すらままならない状況下に置かれていたが、ジャー


ナリストとしてあるべき姿を追い求めるマローらは、真実を報道すること


を決意する。






『グッドナイト&グッドラック』





予告動画を見る  動画 56k
| 300k
| 1M
 (WMP、約2分5秒、単位:bps)
?

















キャスト:

デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー、


パトリシア・クラークソン


監督・脚本:ジョージ・クルーニー
製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ
撮影:ロバート・エルスウィット













太田龍 時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


イルミナティ奥の院が、J・F・ケネディ米大統領公開死刑執行宣告を下した、その理由??










平成十八年(二〇〇六年)四月二十五日(火)

(第一千六百五十八回)



F・D・ルーズベルト以降、

 フリーメーソンに加盟して居ない米国大統領は二人だけ。

 即ち、

  J・F・ケネディ(暗殺)

  ニクソン(人格的暗殺)



ブッシュ(父子)は、二人とも、フリーメーソンよりずっと格上の、

 イルミナティ奥の院にも直結して居る、スカルアンドボーンズである。



J・F・ケネディは、米ソの核兵器軍拡競争の停止を政治課題とした。



更に、核兵器保有国の拡充を、絶対に阻止させようとした。



ここで、イスラエルの核兵器開発政策と衝突し、



そして、ケネディの方が「殺処分」されたのである。



つまり、

 イスラエルが勝利し、イスラエルは、中近東唯一の核兵器大国となった。



なぜ、このように事実は展開したのか。



その背景を知るためには、

 アルバート・パイクの一八七一年八月十五日付、マッチーニあての書簡を

 知らなければならない。



三つの世界大戦と、幾つかの世界的大革命によって、



NWOニューワールドオーダー=単一世界政府(実は世界人間牧場)を実現

 する。



これが、アルバート・パイクによって表現されたイルミナティサタニスト

 世界権力のアジェンダ(行動計画)である。



イルミナティ奥の院はこのアジェンダ=シナリオを承知して居る。



しかし、奥の院によって使役される、より下のクラスの人間は、

 それを知らない。



歴代米国大統領といえども、殆んど、それは知らされて居ないであろう。



このことは、

 ヴィクター・ソーン著「ニューワールドオーダー・エクスポーズド」、

 邦訳、徳間書店発行、副島隆彦訳「次の超大国は中国だとロックフェラー

 が決めた」、上巻、七十二頁以下。



「アメリカの大統領を支配して居るのは誰か」、



ここに、アメリカの大統領、その政策、その主要スタッフを決定するものは、



  外交問題評議会(CFR)

  日米欧三極委員会

  ビルダーバーグ



この三者である、と言う。



しかし、この三つの組織のメンバーのすべてが、イルミナティ奥の院

 (インナー・コアとでも言うべきか)のシナリオを知らされて居るわけ

 ではない。



これらの組織には中核体があり、その中核は、イルミナティ奥の院と直結

 して居るであろう。



米国大統領は、「小僧」(お飾り)に過ぎない。



こんなものは何者でもない。



しかし、

 米国大統領が、もしもイルミナティ世界権力の指揮系統から逸脱して、

 独自の判断によって行動し始めたら、



その場合には、

 イルミナティは、その米国大統領を消すことを命じるであろう。



イルミナティの最高次元シナリオでは、



第二次世界大戦終結後、



ただちに、次の世界大戦の準備に移行しなければならない。



トルーマンは、忠実な、傀儡、番犬として終始した。



アイゼンハワーもしかり。



ところが、ケネディは、イルミナティのヒモを断ち切り、



イルミナティからすれば、勝手に暴走し始めた。



つまり、

 イスラエル=シオニストユダヤとイスラムの全面衝突へのシナリオを、

 J・F・ケネディは破棄しようとしたのである。



かくして、イルミナティはケネディ米大統領の死刑執行宣告を発したのだ。



J・F・ケネディ暗殺を、



「一件落着」した大昔の話しだ、



などとほざく利口のフリをした痴呆はいないか。



 (了)



不可視のものたち(イルミナティ)の支配術の核心は幻想を作り出すことである、との説 ??


?




平成十八年(二〇〇六年)四月二十三日(日)

(第一千六百五十六回)



平成十年、日本義塾を始めたとき、毎週(夜)、筆者は講義をした。



或るとき、あるひとが筆者に、



イルミナティ問題の要点をひとことで言ってくれ、



と要求する。



そこで、筆者は、



それは、幻想である。

 幻想を作ることである。



と答えたところ、



その人は、



なんだそんなことか、バカらしい。



と言った態度を露骨に示した、そのことが印象に残って居る。



ヴィクター・ソーン著

 「ザ・ニューワールドオーダー・エクスポーズド」、

 第十九章「不可視のもの
弁証法」。



その第十一項(百二十三頁)に曰く。



  Insight 11:By saying one thing in the guise of another.

  the invisibles create an illusion where their outer layers

  conceal the true nature of their inner core.



  (大意)

  不可視の者たちは、或ることを、全く別のものであるかのように表現

  することによって、幻想を作り出す。この幻想は、物事の真相のその

  核心を外側の壁によって隠蔽するのである、と。



この「見えざる者」の著者も、匿名である。



この本を出版した実在の学者、フォックスは、

 その匿名の著者は、ハンガリーから亡命して米国に帰化し、のち、

 ゲームの理論によってノーベル経済学賞を受賞した人物であろう、

 と推測して居る。



不可視のもの、とは、



この世界の本当の支配者であるが、にも拘わらず、この支配者たちは、

 一般人間の目に見えない、不可視のもの、であると言う。



この「不可視のものたち」が、我々大衆を支配する方法は何か。



それは、幻想を作り出すことである、と言う。



単に幻想を作り出すだけではない。



一般大衆にその幻想は、現実であると信じ込ませなければならない。



そう。



まさしくそこに、この六千年来の西洋起源のサタニストイルミナティ権力

 支配の要点が存在する。



日本民族の歴史にはそんな伝統は存在しない。



日本では幻想は幻想と、幻術は幻術と、明確な用語で提示される。



故に、日本人は今日に至るまで、西洋の正体をつかみ得ないで居る。



幻想のひとつの役割は、



無価値なものを高価値のものと錯覚させること。



反価値的、マイナス価値的破壊的価値のもの。



それを、至上の価値あるものと思い込ませること、



である。



更に、真に価値あるものを、無価値のものとして、おとしめることも。



 (了)



[注]



ヴィクター・ソーンの前出英文原著の第十九章「不可視のもの」



この部分は邦訳本(『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』

 上下二巻、徳間書店)から省略されて居る。



現代の日本人の言語=精神=思想空間が、

 イルミナティの発射する無数の人工的幻想によって埋め尽されて居ること

 は心あるものにとっては自明である。




?




ヾ(@^(∞)^@)ノダボスだす。


ヾ(@^(∞)^@)ノ


We live in savage new times, where economic ruin can strike whole populations like a bird of prey dropping on a field mouse. This uncertainty begins and ends with the elite's propagation of a pseudoUtopia which they pompously refer to as the "New World Order." The future as they envision it lies in transnational corporatization, unburdened by the restraints of governments which remain to some extent accountable to the citizenry.


Take the United States, for instance. The citizens of the very nation which spawned much of this New World disOrder are no longer willing to play along, after feeling the scathing effects of NAFTA. Stock prices skyrocket; the corporate Brahmin get rich as the corporate media reinforce the delusion of mass prosperity; workers get shafted; workers start to organize. Clinton's "fast track" legislation was bludgeoned in Congress, denying the president the unconstitutional powers he sought to nego


以下省略


経済的な破滅が野ネズミの上に落ちている猛禽のような人口全体を打つことができる所に、私達は野蛮な新期間の中に住んでいる。

この不確実性は、エリートの、彼らが尊大に「新世界秩序」と称する偽りユートピアの伝播から始まり、終わる。

彼らがそれを想像する時の未来は、市民に対してある程度責任があり続ける政府の抑制によって降ろされて、国境を越えるcorporatizationにある。

例えば米国を取りなさい。

この新世界不注文の多くを産んだまさしくその国家の市民はNAFTAの手厳しい印象を感じた後に一緒にもう快く遊ばない。

株価は急騰する;

企業のメディアがマス繁栄の惑わしを補強する時に、企業のインテリは金持ちになる;

労働者はだまされる;

労働者は、団結し始める。

クリントンの「高速コース」立法は、アメリカ人の同意なしで貿易協約を協議するために、彼が捜した憲法違反の能力を大統領に許さないで、議会の所に殴られた。

そして、投資資本のために1世界システムを作成するであろう投資に関する多国籍協定は国際的な原点反対の上がる山に直面している。

それゆえ、新世界秩序を鍛造しているそれらに、統治権を電力方程式から取り除き、普通の人々が、彼らの計画をショートさせる方法を集めて、理解する前に完全で、問題にされない優位を確立することは活発である。

グローバリスト政治家と賢者が新植民地主義の変形の効果のために彼らの専門語として「民主主義」まわりでのたうち回ることはひどく皮肉である。

実に、ダボスの再発テーマは、新しい経済秩序に適するために既存の政府を「変換する」必要であった。

これは一般に、国際金融の意志に卑屈な役割を演じることを政府に要求する。

香港からJavaに損う経済効果を晴らした「アジア金融恐慌」まわりで、ダボスでの議論の多くは集中していた。

ニューヨーク、ロンドン、およびパリの金融会社はすべて急速に拡大する「アジア虎」経済への大きな投資を持っていた。

私達は、アジア危機における主要因の一つが、商品の生産が、彼らを消費する大衆の能力を追い越したことであったと言われる。

しかし、これらの、「過剰生産される」商品の多くは西洋の銀行によって出資された光った新しい工場で製造された--それらの投資者に返却する義務があった工場。

それゆえ、正確に、この「過剰生産」を起こしたものの説明は多少暗くなる。

これにもかかわらず、まさに、彼らの損失をカバーするために、数十億ドルの緊急援助を要求している国際通貨基金に彼らが走った時に、西洋の財政家はアジア政府による「悪い判断」に状況全体の責任を負わせた。

それらの十億の多くは米国の納税者の金庫から引かれるであろう。

アジア金融恐慌は経済のルービックキューブであるけれども、ダボスの出席者にとって、主要因は、危機が存在していることである(それが解決されなければならない)。

のために 大変動缶 全体の社会変換 だけ。

そして、あなたが、偶然解決を提供している人であるならば、作られるたくさんの増加がある。

同じくらい連邦準備銀行会長とダボスの規則的なアラン・グリーンスパンは最近、「アジアのイベントは、私達の急成長するグローバルなシステムが効率的で、生活水準への多大な寄与を世界的にする間、その同じ効率が迅速で、決定的に潜在的な経済の軽率さを露出し、罰するという事実を再び補強する」と論述した。

すなわち、自身が新世界秩序になめらかに組み込まれることを可能にする経済はそれらの生活水準への「多大な」(しかし不特定である)寄与を受け取るであろう;

それらの古い方法を維持することに努める人々は、エリートが21世紀にグローバル・ガバナンスのその乗り物として構成している財政とコントロールの電子インフラストラクチャーによって「迅速で、決定的に」罰せられるであろう。

そして、アジアの問題の提案されたソリューションは何であるか?

あなたの古代史教科書を開けて、同様な危機がメキシコを少しより小さなスケールにぶつけた時に、1995年に後ろでwaaaaayをはじきなさい。

メキシコは外国銀行への大規模な借金の重量の下で完全な崩壊の間際であった。

いつも信頼できる米国の納税者は、国際通貨基金を通していつものように銀行家を保釈するのを最終的にし、すさまじい合計金額を職業訓練プログラムに充当して、大幅に財政支出を変更するために、西洋の財政はメキシコの上で重く傾いた。

言うまでもなく、人々がのために訓練されている仕事は、海外投資首都のために条件を改善するようにデザインされた仕事である。

経済の反対者〈チアパスのZapatistasなどの〉は、例として、ただ黙り、仕事を得ることがどれほど望ましくあることができるかの他に準軍事的な暗殺隊に虐殺される。

1998年のダボスフォーラムの間の彼の意見において、経済の銃口で外国銀行によって注文されたこの根本的なシフトについてまったくメキシコ大統領エルネスト・セディジョは正直に話していた:

「私達は、勝利者と敗者を私達の貿易政策に捜そうとすることを控えた」。

私達が正しいことをしたので、私達は私達の経済政策の中で信頼性を取り戻し、これらの物は尊敬される。

「それはそれと同じくらい簡単である」。

従って、市民の一般的な福祉と有機の繁栄はもう新世界秩序において国家の経済のゴールではない。

経済のゴールは、単に社会的で、環境の小区分を無視して金儲けすることであり、そのゴールを永続させているものはすべてデフォルトでの人々に良い。

「それはそれと同じくらい簡単である」。

日本は、西洋の財政の命令を抱擁することにおいて多少不承不承で、ぶつぶつ言いながら日本の金融政策の世界経済フォーラムの無情な批判に挑んだ。

榊原英資(国際関係のための日本の副大蔵大臣)は、日本が、世界経済の変わる現実を適応させるために強健な改革に従事しても、アジア危機における多くのファクターがグローバルな資本主義自身中で定着したことをダボスパネルディスカッションで指摘した。

リュディガー・ドーンブッシュ(マサチューセッツ工科大学からの突出したエコノミスト)はサカキバラの重大な意見への熱烈で、誇張された反応をどなった。

「この危機はきっとグローバルな資本主義と関係がない」。

それはクローニー・キャピタリズムの危機、非常に、非常に悪政の危機である。

「これらは、政府がみんなの靴サイズを知っているけれどもそれらが沖合でいくらを借りたかを知らない場所である」。

しかし、自然に、海外の労働利用者ナイキがすべてのそれらの顧客の靴サイズのデータベースを保持するならば、それはOKである。

ドーンブッシュは完全に、危機と、西洋の財政が関わりがあったというアイデアに反駁した。

彼がそれを見る時の問題は、世界経済においてシフトを利用するために、毎年ダボスで集まるエリートとともにない--誰が全く新しい経済秩序と「調和する」ために完全に彼らの生活様式を快く変更しないかはそれらのうるさい国家とともにある。

グローバルな家畜収容場の中に誰でも集める世界的な経済危機によってよりよいそうどんな方法?

クラウス・シュワプ(世界経済フォーラムを設立したドイツ教授)は、世界が「2000年ごろに」深刻な資本不足に直面するであろうと断定した。

フォーブス雑誌(編集長、スティーブForbesは規則的なダボスの出席者である)とのインタビューにおいて、シュワプは彼の首都の上の大規模なグローバルなランの予測を中継した。

フォーブスによると、「これは、フォーラムに出席する政治家の多くのための凶報である」。

資本要点世界で、彼らは、首都を追い払う方針を避ける必要があるであろう。

「これは、特別な興味につけこむことによって彼らがパワーにいることを難しくする」。

労働組合、環境保護団体、外国人投資家の強制的な要求に付くために、彼らの社会の変化に反対する投票一般大衆、および他の誰かなどの「特別な興味」。


それをグローバルな共謀と呼びなさい;

それを資本家貪欲さの盲目で、道徳と無関係な野心の必然的な結果と呼びなさい;

たとえ、何があなたに意味をなしても、それを呼びなさい。

毎年、ダボス会議などのミーティングによって押し込まれて、この動物は前に突く。

そして、毎年、制御されたものの犠牲におけるエリートの強化のためにそれらをより効率的な機器に変換して、グローバルな首都のグリップは世界の政府ののどを締める。

状況がどうやら私達に大変不利であるらしい。しかし、新植民地主義への原点反対は、急速に団結し続ける。1998年の会議がダボスで「‘自由な’貿易とWTOに対する人々のグローバルな行動」を開いた時に、2000万の総計のメンバーシップを持つ54か国からの192の組織のグループは彼らの「みじめさのグローバル化推進者に対する宣言」(ダボスミーティングを弾劾しているステートメント)をリリースした。

「私達は世界貿易機関(WTO)など世界化と不思議で、非民主的な組織へのそのゆるやかなシフトによって起こされた政治的で、経済大国の早まる集中化に反対する」と人々のグローバルな行動宣言は論述する。

「ますます多くの人々が、空腹で、基本的な医療と教育のためのゆとりがなく、環境破壊に対処することを強制されるようになっている間、このプロセス(それはただ多国籍のビジネスエリートに役立っている)において、私達は「インフォーマルな」ビジネスグループ(世界経済フォーラムなどの)の役割を弾劾する」。

このステートメントのリリースの3週間後に、「統合、情報の交換、およびネオリベラル世界化によって打たれたすべてのそれらの苦闘への相互の支持のためのツールとして」いっしょに働くために、人々のグローバルな動作の600人の担当者がジュネーブで会った。

この最初のPGA会議(エリートダボス集まりに対する民族の答え)は食糧生産、文化、および経済学について世界貿易機関、投資に関する多国籍協定、および問題だけでなく「自由」貿易協定についての集中的な円卓会議とセミナーの間でポケットに入れられた。

多くの統合と会議で達成された知識の上で行動をとるために、個人の小集団を結合したセッションを計画することによって、集中的な活動の1週間は終わりに近づいた。

そして、2月27日に、エリートの「自由な」貿易政策に対して市民の不服従の大陸全体にわたるムーブメントをスタートするために、PGAはヨーロッパミーティングを後援した:

[「グローバリゼーションは、]それらの民族を、唯一の目的が利益と資本蓄積の抽出である巨大なシステムに組み込むことに努めている世界の社会とコミュニティの構造に広がる」。

「これにおいて、従って、グローバリゼーションがさらに自由な資本移動への障害の分解を暗示していると感知していなさい」。

人々のグローバルな行動は次を要求している:

WTOと「社会的で、環境に関して破壊的な世界化のアクティブなプロモーター」としての他の貿易自由化協定(APEC、EU、NAFTAなどのような)のクリアな拒絶。

「私達が、運動をすることがそのような偏っていて、非民主的な組織の中に主要なインパクトを持つことができると思わないので(それにおいて、国境を越える首都は唯一の現実の政策立案者である)」対決的な態度。

暴力的でない市民の不服従と「政府と企業の行動に対する答えとしての地元の人々によるローカルな選択肢の建築」への呼び出し。

分散化と自律性に基づいた組織的な人生観。

民族の動きを発芽させているこれの活動におけるアップデートのために、あなたは人々のグローバルな行動のメーリングリストに申し込むことができる。

詳細については、PGA Webページを見なさい。

苦闘においてアクティブな別のグループは、遊びフェアヨーロッパである!

(´0ノ`*)ダボスだす・。


(´0ノ`*)


From an interview with Council of the World Economic Forum co-chairman Maurice Strong, in which he outlines the plot of a novel "he would love to compose if only he could write":


"Each year, [Strong] explains as background to... the novel's plot, the World Economic Forum convenes in Davos, Switzerland. Over 1,000 CEO's, prime ministers, finance ministers, and leading academics gather in February to attend meetings and set economic agendas for the year ahead. With this as a setting, he then says: 'What if a small group of these world leaders were to conclude that the principle risk to the earth comes from the actions of the rich countries? ...In order to save the planet, the group decides: Isn't the only hope for the planet that the industrialized civilizations collapse? Isn't it our responsibility to bring this about?'


"'This group of world leaders,' he continues, 'forms a secret society to bring about an economic collapse. It's February. They're all at Davos. These aren't terrorists. They're world leaders. They have positioned themselves in the world's commodities and stock markets. They've engineered, using their access to stock markets and computers and gold supplies, a panic. Then, they prevent the world's stock markets from closing. They jam the gears. They hire mercenaries who hold the rest of the world leaders at Davos as hostage. The markets can't close...' This is Maurice Strong. He knows these world leaders. He is, in fact, co-chairman of the Council of the World Economic Forum. He sits at the fulcrum of power. He is in a position to do it. 'I probably shouldn't be saying things like this.'"


Source: Daniel Wood, "The Wizard of the Baca Grande," West Magazine (Alberta, Canada), May 1990.


以下省略



強い世界経済フォーラム同席議長モーリスの協議会とのインタビューから(それにおいて、彼は、斬新な、「彼だけが書くことができたならば、彼は、創作したい」のプロットを概説する):

[「Strongは、]毎年、世界経済フォーラムはダボス、スイスで会合するのを背景として小説のプロットに説明する」。

ミーティングに出席し、その年のための経済の課題を降ろすために、1,000人を超えるCEO、の総理大臣、財務大臣、および主要な大学関係者は2月に集まる。

設定としてのこれによって、彼はその時言う:

‘これらの世界的リーダーの小集団が、地球への原則リスクが豊かな国の行動から来ると断定することになっていたとしたら?’

... 惑星を救うために、グループは決める:

工業化された文明が、崩壊させる惑星のための唯一の希望はそうではないか?

‘それは、これを引き起こす私達の責任ではないか?’

「 『世界的リーダーのこのグループ、』 彼は続き、経済の崩壊を引き起こすために、秘密結社を成形する。

それは2月である。それらはすべてダボスにある。これらはテロリストではない。彼らは世界的リーダーである。彼らは世界の商品と株式市場の中で自身を置いた。彼らは、株式市場とコンピュータと金供給品、パニックへのそれらのアクセスを使って設計した。そして、彼らは、世界の株式市場が終了することを防止する。

それらは、ギアを詰まらせる。彼らは、人質としてダボスで世界的リーダーの残りを持っている傭兵を雇う。

‘市場は閉まることができない…’これは強くモーリスである。彼はこれらの世界的リーダーを知っている。

彼は実のところ世界経済フォーラムの協議会の同席議長である。彼はパワーの支点に座っている。

彼は、それをする立場にある。「‘私はたぶんこのような事を言っているべきでない’。」

ソース:ダニエル・ウッド、「Bacaグランデのウィザード」、ウエスト雑誌(アルバータ、カナダ)、1990年5月。

彼らは、人質としてダボスで世界的リーダーの残りを持っている傭兵を雇う。

‘市場は閉まることができない…’

これは強くモーリスである。

彼はこれらの世界的リーダーを知っている。

彼は実のところ世界経済フォーラムの協議会の同席議長である。

彼はパワーの支点に座っている。

彼は、それをする立場にある。

「‘私はたぶんこのような事を言っているべきでない’。」

ソース:

ダニエル・ウッド、「Bacaグランデのウィザード」、ウエスト雑誌(アルバータ、カナダ)、1990年5月。


チャールズ・オーベルベックによって

これらはダボス(1998年1月29日のスイス)の厳重にガードされたアルプスのリゾートにヘリコプターによって着陸させられた。世界の最も大きな企業の千人の代表。250人の重要な政治的なボス。250人の一番上の大学。世界の最も手ごわいニュース賢者とメディア・プレーヤーの250人。

そして、彼らが2月3日に去った時に、世界とそれの中のみんなの運命はもう一度変更された。

毎年、グローバルなエリートの判りはじめる新世界秩序のビジョンを補強し、伝達するために大物の中で最も重いものを呼び集めて、世界経済フォーラム(WEF)はダボスでその年次総会を主催する。

WEFの1998年のミーティング(「21世紀の間の優先事項」)は確かに全然例外ではなかった。

実に、WEFのホームページは、これらのリーダーが「一緒にグローバルな課題を具体化しに来ること」を徹底的に述べる--彼らが、彼らのそれぞれの会議室、政治局、およびニュース編集室を想い起こさせる課題。これらのリーダーはニュート・ギングリッチ、ヒラリー・クリントン、論争の財政家ジョージ・ソロス、および追跡マンハッタンからAOLへのSiemenへのGMまでの世界の最も大きな超国際企業、銀行、およびメディア複合企業の数百人の担当者を含む。

(注):(ParaScopeはアメリカ・オンラインの上のサイトを管理し、AOLとの進行中のビジネス関係を持っている。)(自然に、ダボスへの私達の勧誘が際立たなかった時に、私達は失望していた。)

マイクロソフトmonopolateurビル・ゲイツで(全世界の最も金持ち)は「デジタルの革命家」として1997年の年次総会で有名であった後に1998年にダボスに戻った。

一番上の英国の投資銀行家はフォーブスに、「私は地球を一周することに1年を費やすことができて、私は、私がダボスで会う重要な人々の10分の1を見ることにならないであろう」と言った。

人が想像するかもしれない時に、このマグニチュードのにぎやかなパーティーを上演することは難しい。

各ダボスフォーラムは1000万ドルより多く金がかかり、500の会議スタッフを必要としている。

WELCOMと呼ばれる洗練されて、安全なイントラネット/マルチメディアシステムは、すべての出席者(たぶん、WEFホームページの私的なメンバーエリアによって調和した?)の間の流動的なビジュアル・コミュニケーションを許す。

会議費は会費と出席料金によって容易にカバーされている。

各ダボスフォーラムは現在約1200万ドルを稼ぐ(それは「非営利的な」WEF基礎に再投資される)。

WEFにおけるメンバーシップは約12,000(銀行のための15,000ドル)ドルかかり、1997年のダボスフォーラムのための出席料金は7,200ドルで入った。

ジャーナリストと政治家が無料で招待されたけれども、1998年のフォーラムのための料金はこれまでより高かった。(そして、ダボスで親しく交際するために、どのようなジャーナリストでも無料チケットどころか無料ランチの意味を知っている。)(設立メディアからイベントのどのような重大な記事も見つけることを予定しないでください。)世界経済フォーラムのビジネスメンバーシップは地球上の最も大きな企業のために厳密に確保される。会社は、メンバーシップの資格を得るためだけに年間売上高の中で少なくとも10億ドルを一致させなければならず、銀行は資本の中で少なくとも10億ドルをコントロールしなければならない。

1,200人のメンバーの全体のメンバーシップシーリングがある。

ダボス課題は、80のWEFの永久的なプロフェッショナルなスタッフから引かれる8人「プログラム開発チーム」によって決定される。覇権のこれらの8人の大祭司は、毎年追跡と彼らが、ダボス課題において含める価値があると考えている問題を識別することの毎日を過ごし、議論のためのこれらの問題をフォーラムに突き付けるためにちょうどよい「エキスパート」を見つけるために、彼らはちょうど同じくらい熱心に働く。

ダボス98でスレートに蓋を付ける:

投資と「アジア危機」に集中している世界的な資本の流れにおけるグローバルな金融政策;

インターネット規則;

イスラム原理主義のそうと思われた「脅威」;

ヨーロッパの単一の通貨制度への抵抗;

ネオ自由主義(はっきりと、ダボスの出席者の#1はグローバルなdominationR製品のブランドを好んだ)と経済学のヨーロッパ国家統制論者モデル(ダボス課題によって認められている唯一の選択肢)の間の進行中の討論。

ダボスの出席者はまた都市国家、遺伝の倫理、アートと「教育的な問題」の未来、およびパワーの未来を討論した。

明らかに、これは、あなたの平均的なmaquilladora労働者または企業の薄給生活者の懸念に集中する会議ではない。

ダボスはグローバルな貴族階級の、による(のための)ミーティングである。

このエリートは、自身が地球の舵取りで安全にとまる状態で人間性に「良い」ものの非常に一貫した認知を持っている。

そして、彼らは、それらのビジョンを私達の現実に変えるためにこれまでより熱心に働いている。

ダボス会議

ヘ(゚∀゚*)ノ


Kinder capitalists in Armani specs

by Will Hutton

The Observer, Sunday 1st February 1998, p22

The quintessence of globalisation, writes Samuel Huntingdon, is Davos Man. [in The Clash of Civilizations and remaking of World Order] Every year in the last weekend of January there is an extraordinary tribal gathering in the Swiss Alps of the high priests of globalisation. They have their own thought system, shared rituals and even their own dress code - complete with large Armani spectacles. Davos has become a temple to the verites of free markets, inward investment, democracy and privatisation peopled by men and women in very expensive suits.


Yet it can't be mocked too much. Along with the Trilateral Commission and the Bilderberg Conference, this is one of the key meetings of the year. No policy is made here; it is all talk, some of it banal and platitudinous. But the consensus established is the backdrop against which policy is made worldwide - and this is why Chancellor Gordon Brown should have come, rather than cancelling at short notice. The Left should not allow the international conversation to be dominated wholly by the Right; if there is to be any regime change worldwide - whether on the sustainability and necessity of the welfare state or the need to act over destabilising capital flows - it will only emerge if meetings like this accept that such issues are on the agenda and have powerful backers. The voices of even the pragmatic Left that Brown represents are not strong here. It was an important missed opportunity.


That is not to say that Davos ideology is uniformly conservative. The meetings became important in the second half of the 1980s when it became clear that the system in Eastern Europe and the former Soviet Union was breaking down - and when the Asian economies joined the hunt for inward investment. Davos, founded in the early 1970s, found itself propelled to prominence - it was where political leaders, especially those from Eastern Europe, desperate for inward investment and a platform to show their attachment to the credo of economic liberalisation, could parade before international businessmen and financiers.


But the events in Asia over the last six months have shaken the Davos view to its core. Nobody foresaw that those apparent paragons of the world it sought to build, the Asian tigers, would prove to have such clay feet. But like priests of any religion, Davos is suffering only a temporary loss of faith - and in ways which show its better side. Asia went wrong because too many of its governments were non-democratic, corrupt and authoritarian, running a system of crony capitalism; in Britain only writers such as Paul Foot match the contempt in which Davos holds, for example, Indonesia's President Suharto.


Davos's globalisers want democratic government, the rule of law, transparent rules, fair play for all and, in Asia, extraordinarily strong social-security nets. Nor does their prescription stop there. For example, Davos deplores the US trade embargo of Cuba, declaring it absurd; it believes Cuba should be opened up to the world system and to the liberalising impact of inward investment. And even the welfare state attracts defenders. As the South Korean delegation has repeatedly explained, the price that must be paid for labour-market flexibility and volatile exchange rates is a powerful safety net underwriting the fall-out from such economic rigour and large-scale industrial restructuring. They intend to build a European-style social security system.


But in the round, Davos is unflaggingly committed to capitalism, yet not that is paralleled by its commitment to democracy and human rights. Some businessmen can surprise you by their liberalism and social concern. They are developing a new value system around their capitalist beliefs that is much more attractive than the slash-and-burn, short-termist approach of the Anglo American Right, and you can see how intriguingly it connects with New Labour. Blair and Brown are onto something.


Closer to home even critics of the personal journalism inquiring into the dynamics of relationships should be aware that Davos has never laid on so many sessions about the personal. Like Western culture generally, it is being de-masculinised. There is also the beginning of a new argument about how to refashion the international financial system, although on Friday the organisers laid it on two miles from the conference centre. It's still not quite pukka.


But the core of Davos remains its attachment to what it sees as hard economics. It is axiomatic, for example, that privatisation is always good, and stories abound of newly privatised companies that have increased output with a fraction of their old workforce. A group of French and German business leaders argued the European economic and social system has broken down. The French want a more 'flexible' labour market; the Germans more investor activism to shake up sleepy companies. But New Labour should note, it is not so much a strong social security system that is criticised but its interaction with sclerotic companies and powerful unions. This has Thatcherite overtones, but is not quite Thatcherism. Social values count, even for self-styled business 'revolutionaries'; the aim is to create more employment in Europe.


In sum, Davos is groping towards championing a more humane capitalism -a development it knows it must make if the market system it believes in is not to be de-legitimised by violent international oscillation and sudden, unnecessary, brutal economic restructuring. Globalisation is moving on, and Davos with it.





アルマーニスペックの中のより親切な資本家

ウィル・ハットンによって

オブザーバー、1998年2月1日日曜日p22

サミュエル・ハンティントンは、世界化の本質はダボスの人であると書く。

[文明の衝突と世界秩序の改造において]毎年、1月の最後の週末に、世界化の大祭司のスイスアルプスに並みはずれた部族の集まりがある。

彼らは彼ら自身の考えたシステム、共有された儀式、および彼ら自身の服装規定さえ持っている - 大きなアルマーニスペクタクルによって完成しなさい。

ダボスは非常に高価なスーツを身に付けた男性と女性によって植民された自由市場、対内投資、民主主義、および民営化の真実描写手法に寺院になった。

それでも、それはあまりにも多くあざけられることができるわけではない。

三極委員会とビルダーバーグ会議とともに、これはその年の重要なミーティングの1つである。

どの方針もここでされない;

それのいくつかが平凡で、平凡に、それはすべて話である。

しかし、確立されたコンセンサスは、方針が世界的にされる背景である - および、そんなわけで、ゴードン・ブラウン首相はすぐにキャンセルするというよりも来るべきであった。

左は、国際的な会話がまったく右によって支配されることを可能にするべきでない;

世界的に--福祉国家の持続可能性と必要またはキャピタル・フローを不安定にする上で作動する必要上かどうかにかかわらず--政権交代があることになっているならば、このようなミーティングが、そのような問題が課題にあり、強力な後援者を持っていることを認めるならば、それは出現するだけであろう。

ブラウンが表している実用的な左さえの声はここで強くない。

それは重要な逃された機会であった。

それは、ダボスイデオロギーが均一に保守的であると言うことではない。

ミーティングは、東ヨーロッパおよび前者のソビエト連邦のシステムが故障することがクリアになった1980年代の後半に重要になった-そして、アジアの経済が対内投資のための狩猟に参加した時。

1970年代の初期に設立されたダボスは自身が卓越性に推進されていることに気付いた - それは、政治指導者、東ヨーロッパからの特にそれらが、経済の自由化の信条に彼らのアタッチメントを示すために対内投資とプラットフォームが欲しくてたまらず、国際的な実業家と財政家の前で行進することができた所であった。

しかし、最近の6ヶ月の間のアジアのイベントはそのコアにダボス眺めを振った。

誰も、それが、築くことに努めた世界のそれらの明白な模範、アジア虎が、そのような粘土足を持つと判明するであろうと予知しなかった。

しかし、どのような宗教の聖職者のようにでも、ダボスは信頼の一時的な損失だけを被っている - および、そのよりよい側を示す方法の中。

クローニー・キャピタリズムのシステムを実行して、その政府のあまりにも多くが民主主義でなく、堕落していて、独裁的であったので、アジアは悪くなった;

英国で、ポール・フットなどの作家だけが、ダボスが例えばインドネシアの大統領スハルトを押さえる軽蔑とマッチしている。

ダボスのグローバル化推進者は民主的な政府、法の支配、透明な規則、すべてのためのフェアプレー、およびアジアの、異常に強い社会的なセキュリティのネットを望んでいる。

また、それらの処方薬はそこに停止しない。

例えば、それを不合理であると宣言して、ダボスはキューバの米国貿易禁止を嘆く;

それは、キューバが世界システムに、そして対内投資の自由化インパクトに広げられるべきであると信じる。

そして、福祉国家さえディフェンダーを引き付ける。

韓国の派遣が繰り返し説明した時に、労働市場柔軟性と不安定な為替相場に対して支払われなければならない価格はそのような経済の厳格と大規模な産業のリストラクチャリングから放射性降下物を承諾している強力な安全ネットである。

彼らは、ヨーロッパスタイル社会保障制度を構築するつもりである。

しかし、ラウンドにおいて、ダボスは資本主義を衰えないで約束するけれどもそれは民主主義と人権へのその関与によって並行されない。

何人かの実業家は彼らの自由主義と社会的な懸念によってあなたを驚かすことができる。

彼らは、英のアメリカ人の右の焼き畑式で、短期的アプローチよりずっと魅力的なそれらの資本家信念のまわりの新しい価値観を開発していて、あなたは、どれほど興味をそそってそれが新しい労働と接続するかをわかることができる。

ブレアとブラウンは何かの上にである。

家のより近くで、関係の力学を調査している個人的なジャーナリズムの批評家さえ、ダボスがパーソナルについて一度もそんなに多くのセッションを課したことがないことに気づいているべきである。

西洋の文化のように、一般に、それは非雄性化されている。

金曜日に、組織者が会議センターから2マイルの所でそれを課したけれどもどのように国際金融システムを作り直すかについての新しい議論の最初がまたある。

それはまだまったく本物なわけではない。

しかし、ダボスのコアは、それが難しい経済学と考えるものへのそのアタッチメントであり続ける。

それが公理であること例えばその民営化はいつもよく、物語は、それらの高齢の労働力の小数部で、アウトプットを増大させた新しく民営化された会社でいっぱいである。

フランスとドイツの財界の指導者のグループは、ヨーロッパ経済の、そして社会的なシステムが故障したと主張した。

フランス人はもっと‘柔軟である’労働市場を望んでいる;

眠い会社を振り混ぜるドイツ人より多くの投資者行動主義。

しかし、新しい労働は言及するべきであり、批判されるのはそんなに多くの強い社会保障制度ではなく硬化症の会社と強力な組合とのそのインタラクションである。

これはサッチャーの支持者含蓄を持っているけれども、なかなかのサッチャーリズムであるわけではない。

自称のビジネス‘革命家’のためにさえ社会的価値に価値がある;

目的は、ヨーロッパでより多くの雇用を創出することである。

合計において、ダボスは、それが、それが信じている市場組織が、激しい国際的な振動と突然で、不要で、野蛮な経済のリストラクチャリングによって不合法化されないことであるならば、それがしなければならないと知っているより人道的な資本主義-開発を擁護することに手探りしている。

世界化が前進していること、およびそれを持つダボス。





蛇足


ダボス会議について(World Economic Forum
考えましょう・・・。パンダ

中国の真の支配者。

Photo


エール大で講演する中国の胡錦濤国家主席。「中国の持続的な経済発展は、政治体制が中国の経済事情に合っていた証明だ」と述べ、一党独裁下による中国式の政治体制改革に自信を示した(21日、コネティカット州)(EPA=時事)10時04分更新





太田龍氏の時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





「科学的独裁体制としてのNWO=世界人間牧場構築についてのイルミナティの日程。」??




更新 平成18年04月20日22時27分


平成十八年(二〇〇六年)四月十九日(水)

(第一千六百五十二回)


○ヴィクター・ソーンの「ニューワールドオーダー・エクスポーズド」

 (邦訳『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』上下二巻、

 徳間書店、副島隆彦訳)。


○この本は、二〇〇三年に出版されたので、二〇〇四年に出版された、

  

  THE ASCENDANCY OF THE SCIENTIFIC DICTATORSHIP

  By P.D.Collins


○この本については引用されて居ない。


○P・D・コリンズのこの著作には、

 「十九世紀から二十一世紀に至る、認識論的専制政治(Epistemic Autocracy)」


○と言う副題が付いて居る。


○ Epistemic Autocracy


○これは「科学的独裁体制」と同じものを表現して居る。


○そしてそれは、太古の時代に由来する、「グノーシス主義」ともつながる。


○グノーシスとは、ギリシャ語で知識を意味するが、


○グノーシス教(Gnosis, Gnosticism)は、キリスト教会によって、


○危険な異端派として徹底的に弾圧された、と言はれて居る。


○しかし、この説明は、そのまま鵜呑みには出来ないであろう。


○ここで問題とされて居ることは、

 「知識」の、ごく少数のグローバルエリート権力者による独占、である。


○C・D・コリンズは、ニューワールドオーダーとは、つまるところ、

 グローバルな科学的独裁体制であると述べて居る(序文)。


○このようなものとしての「科学的独裁体制」については、これまで、

 何人ものイルミナティ奥の院に直結する人物が、重要な著作を出して居る。


○H・G・ウェルズの「公然たる陰謀」(未邦訳)


○オルダス・ハクスレイ「すばらしき新世界」


○ジョージ・オーエル「一九八四年」


○オルダス・ハクスレイ「すばらしき新世界再訪」


○そして、ブレジンスキーの

 「テクネトロニック・エージ : 21世紀の国際政治」(読売新聞社、1972) 


○最後に「沈黙の兵器」


○C・D・コリンズの前出著作は、

 科学的独裁体制の歴史を、


 (1)その誕生(十七世紀~二十世紀)

 (2)二つの科学的独裁体制間の衝突(二十世紀後半、二十一世紀初頭)

 (3)来るべき地球的科学的独裁制の未来


○と、三つの局面に分ける。


○問題は、現に進行中の二つの科学的独裁体制の衝突、である。


○衝突する二つの科学的独裁体制とは、


 (1)米国と欧米、いわゆる西側陣営と、

 (2)それに対抗すべく育成される中共中国と、


○を意味する。


○イルミナティは、この二つの陣営の矛盾、対立、闘争のいわゆる

 アウフヘーベン(止揚)によって、


○世界人間牧場=世界的科学的独裁体制を作り出す計画であると言う。


○この問題は、更に検証して行く。


 (了)




The Li Bloodline

「Li血統」  スプリングマイヤー著


?

?



David Rockefeller visits with his friend Li Chiang, one of Red China?sGovernment Trade Officials.

デービッドロックフェラーは、彼の友達李チアン、赤い中国政府貿易職員のうちの一人とおしゃべりをします。


____________________________________

____________________________________


In writing about the Li family and Chinese secret societies
, I am like the man who wakes up in the middle of the night while everyone else sleeps and then gropes around in the darkness trying to feel his way. I can share with you what I?ve learned, but undoubtedly there is a great deal more that can be learned.


の中でLi家および中国の秘密結社に関して書くこと、私は他の人すべてが眠り、次に手探りで進もうとする暗さの中でまわりに手探りする一方、夜の中頃に起きる人に似ています。私は学習したあなたと共有することができます。しかし、確かに、他に大量にあります、それは学習することができます。


WHICH ONES ARE PART OF THE ILLUMINATI?

どのものが、イルミナティの一部ですか?


I have learned from a source that Li Ka-shing and the powerful Hong Kong Li?s are definitely part of the Satanic illuminati Li?s. in terms of whether the Li?s who run Red China are part of the Illuminati, I know nothing that directly connects them. However, there are clues that make one wonder. For instance, why do the Rockefellers and Rothschild's have such a cozy relationship with these Red Chinese Li?s. Why does the Premier (or Prime Minister) of the People?s Republic of China Li Peng visit with the Rockefellers and other capitalists when he comes to New York City, if he is such a hard-line communist? Haven?t the Communists named the Capitalists their major enemy? And then when we watch men who are In the Illuminati such as Skull & Bones George Bush treat the Chinese Li?s with such closeness, even when it was Li Peng that crushed innocent people at Tiennamen Square, it makes us wonder still. In fact, with other pieces of the puzzle that I have in place, I do know that Red China is already cooperating with and part of the New World Order
. The only way that China could already be secretly part of the New World Order Is for it?s leaders who are the Li family to be in favor of the New World Order. This strongly suggests that the Li family In China is also part of the Illuminati. From what I know the range of possibilities range from them being only sympathizers with the NWO elite to them being outright members of the Illuminati. I lean toward the latter view.


私は李嘉誠および強力な香港Li家が明確に魔王のイルミナテイLi家の一部であることを出所から知りました。赤い中国を運営するLi家がイルミナティの一部かどうかの点では、私は、直接それらを接続するものは何も知りません。しかしながら、1つの驚異を作る手掛かりがあります。例えば、なぜロックフェラーおよびロスチャイルド(ロートシルト)の一家は、これらの中共人民Li家とのそのような快適な関係を持ちますか。そのような強硬路線の共産主義者ならば、彼がニューヨークへ来る場合、なぜ中国李鵬の人民共和国の第1の(あるいは首相)ものは、ロックフェラーおよび他の資本家一家に訪れますか。共産党員が資本家と命名しない、主な敵である。また、その後、天安門で無罪の人々を砕いたのが李鵬だった時さえ、スカル&ボーンズ・ジョージ・ブッシュのようなイルミナティにいる人がそのような接近で中国のLi家を扱うことに私たちが気をつける場合、それは私たちをまだ驚かせます。

実際、適所に持っている他の数片の難問で、私は、中国が既に協力しているその赤および新世界秩序の一部を知っています。既に中国が秘密に新世界秩序の一部でありうるただ一つの方法は、新世界秩序を支持しているLi家であり、リーダー向けです。これは、さらに、中国のLi家がイルミナティの一部であると強く示唆します。私が知っているものから、可能性の範囲、イルミナティの完全なメンバーである彼らへの、NWOエリートとの支持者だけで、それらから及びます。私は後の視界に傾きます。





外務省HP

竹島問題







1.我が国の一貫した立場







(1)竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土である。



(2)韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではない。

(注:韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていない。)









2.竹島領有権に関する我が国の主張














(1)竹島領有に関する歴史的な事実



 以下のような歴史的事実に照らして、我が国は、遅くとも17世紀半ばには、実効的支配に基づき竹島の領有権を確立していたと考えられ、1905年(明治38年)以降も、閣議決定に基づいて近代国家として竹島を領有する意志を再確認した上で、同島を実効的に支配してきた。

















(イ)日本は古くより竹島(当時の「松島」)を認知していた。このことは多くの文献、地図等により明白である。

(注:経緯線投影の刊行日本図として最も代表的な長久保赤水の「改正日本輿地路程全図」(1779年)では現在の竹島を位置関係を正しく記載している。その他にも明治に至るまで多数の資料あり。)



(ロ)江戸時代の初期(1618年)、伯耆藩の大谷、村川両家が幕府から鬱陵島を拝領して渡海免許を受け、毎年、同島に赴いて漁業を行い、アワビを幕府に献上していたが、竹島は鬱陵島渡航への寄港地、漁労地として利用されていた。また、遅くとも1661年には、両家は幕府から竹島を拝領していた。



(ハ)1696年、鬱陵島周辺の漁業を巡る日韓間の交渉の結果、幕府は鬱陵島への渡航を禁じたが(「竹島一件」)、竹島への渡航は禁じなかった。



(ニ)日本は1905年(明治38年)、1月の閣議決定に続き、2月の島根県告示により竹島を島根県に編入し、竹島を領有する意思を再確認している。その後、竹島は官有地台帳に掲載され、また、竹島でのアシカ漁は許可制となり、第二次大戦によって1941年(昭和16年)に中止されるまで続けられていた。




(2)1905年の日本政府による竹島編入の有効性



 1905年(明治38年)の、閣議決定及び島根県告示による竹島の島根県への編入措置は、日本政府が近代国家として竹島を領有する意志を再確認したものであり、それ以前に、日本が竹島を領有していなかったこと、ましてや他国が竹島を領有していたことを示すものではなく、また、当時、新聞にも掲載され、秘密裡に行われたものではないなど、有効に実施されたものである。

(注:領土編入措置を外国政府に通告することは国際法上の義務ではない。)



(3)日本占領及び戦後処理のための諸文書の中での竹島の扱い



 対日平和条約前の一連の措置(1946年1月29日付連合軍総司令部覚書第677号が、日本が竹島に対して政治上又は行政上の権力を行使すること及び行使しようと企てることを暫定的に停止したこと、及び、1946年6月22日付連合軍総司令部覚書第1033号が、日本漁船の操業区域を規定したマッカーサーラインの設置にあたり、竹島をその線の外においたこと)に関する文書は、いずれもその文書の中で日本国領土帰属の最終的決定に関するものではないことを明記しており、竹島を日本の領土から除外したものではないことは明白である。また、もとより我が国固有の領土である竹島は、1943年のカイロ宣言にある「日本は、暴力及び貪欲により略取したる他の一切の地域より駆逐せらるべし」の「暴力及び貧欲により略取した」地域には当たらない。



(注:1951年のサンフランシスコ平和条約において、日本がその独立を承認し、すべての権利、権原及び請求権を放棄した「朝鮮」に竹島が含まれていないことは、米国記録公開文書等で明らかである。)




3.国際司法裁判所への提訴











(1)1954年(昭和29年)9月、我が国は口上書をもって本件問題について、国際司法裁判所(ICJ)に提訴することを韓国側に提案したが、韓国はこれに応じなかった(ICJの強制管轄権を受諾することにあらかじめ同意しているか、または、別途同意の意向を表明すること等がない限り、ICJの管轄権は設定されない)。



(2)1962年3月の日韓外相会談の際にも、小坂善太郎外務大臣より崔徳新韓国外務部長官に対して、本件問題を国際司法裁判所に付託することを提議したが、これに対しても韓国側から前向きな反応は得られなかった。








【参考】竹島の現状



1. 地 誌











(1)島根県隠岐島北西85海里(北緯37度14分、東経 131度52分)に位置する。



(2)東島(女島)、西島(男島)と呼ばれる二つの小島とその周辺の数十の岩礁からなり、総面積は約0.23平方km(日比谷公園とほぼ同面積)。






2. 韓国の不法占拠の状況











(1)韓国は、昭和29年7月から現在に至るまで、竹島に警備隊員(警察)を常駐(昭和29年)させるとともに、宿舎、灯台、監視所、アンテナ等を設置、年々強化されている模様である。



(2)平成9年11月、我が方からの累次にわたる抗議にもかかわらず、500t級船舶が利用できる接岸施設を完工させた。更に、平成10年12月には有人灯台を完工させた。







【韓国本土からの竹島入域自粛について】

 我が国固有の領土である竹島に対する韓国による不法占拠が続いている状況の中で、我が国国民が韓国本土から竹島へ入域することは、我が国国民が竹島において韓国側の管轄権に服し、竹島に対する韓国の領有権を認めたとの誤解を与えかねません。この点につき、国民の皆様の御協力をお願い致します。



蛇足


実効支配を終わらせるのは「フォークランド紛争」のような決着しかないのか?日本の再軍備宣言をするのか?

既成事実の積み重ねても、嘘の積み重ねではね。

アジアの真実


4月18日


・竹島と東シナ海で同時に発生した海洋問題2~したたかな中国と自滅する韓国~


テーマ:韓国・竹島問題

中国、航行禁止海域は「誤り」 日本に修正説明:産経


 外務省は18日未明、東シナ海の石油ガス田拡張工事にからみ、中国海事局が航行禁止を通知した範囲に「技術的な誤り」があったと中国外務省から北京の日本大使館に説明があったことを明らかにした。

 外務省は修正により、中国の作業範囲は日中中間線の中国側水域になるとしている。





政府「拿捕など強力対応も辞さず」:韓国速報


 日本の海上保安庁に属する探査船が今週中に水路探査のため韓国側の排他的経済水域(EEZ)に含まれる独島(竹島のこと)周辺水域に進入を試みるものと17日明らかになり、韓日両国間の緊張の水位が高まっている。


 盧武鉉大統領はこれと関連して18日、青瓦台で開かれたウリ党、民主党、民主労働党、国民中心党など、与野党代表と院内総務、国会の関連常任委員長と夕食懇談会を持って、超党的な対処方法を論議する。しかし、ハンナラ党指導部は参加しないことにした。 政府の核心関係者は、「日本が独島周辺海域を含む韓国側EEZでの水路測量計画を今週中に強行することにしたと、政府は把握している」としながら、「しかし、海洋探査船何隻が進入するのかは、現在は分からない」と語った。 このため政府は同日午前、青瓦台で宋旻淳統一外交安保政策室長が主宰して潘基文・外交通商相、金ソンジン海洋水産相などが参加する関係省庁の閣僚級会議を行い、拿捕など武力対応まで含む3段階の対応法案を準備した。


 政府はまず、日本政府が水路測量計画を撤回するよう外交的圧迫を加え、第2段階として日本の船舶が韓国側EEZ境界付近で船首を回帰させるようにする。3段階として、日本の船舶が独島付近まで来て測量する場合、領土主権を守るという次元で、武力対応も辞さないという方針だ。



 昨日の記事の続報になりますが、中国は日本の説明要求に対してあっけないほど簡単に引いたようです。日本が本格的な抗議を行い、事が国際問題化することが自らの利益にならないと判断した故でしょうか。それに対して韓国側の様子が対照的です。国内では大した過熱ぶりで、拿捕や武力攻撃まで辞さないとしています。12海里の領海内でというのならまだしも、単なるEEZの中で他国の公的な船舶を武力攻撃や拿捕などしたとすれば、非常に大きな国際問題となります。両国が主張する竹島の領有権に関して、韓国は「領土問題など存在していない。国際司法裁判所にも出る必要はない」という態度を取り続けてきましたが、ここに明確な領土問題が存在していることが国際的に広く認知され、韓国は今までと同様の態度を取り続けることはできなくなるでしょう。また韓国が過去4年間、日本の抗議にも関わらず毎年のように竹島近海の日本のEEZ内で無断測量調査を行っている事実に対して、当然ですが日本は実力行使などを行っていません。それに対して韓国はEEZという公海上で他国の公的な船舶を武力攻撃や拿捕したという事実ができれば、国際的に立場が悪くなるのはどちらの国でしょうか。




 中国はおそらく日本が抗議をしなかったらそのまま日本のEEZ内で不当なガス田の施設工事を平気な顔をして行っていたでことでしょう。しかし日本が過敏な反応を見せたので、国連海洋法条約に違反している恐れもあり、強行して国際問題化するよりも引いたほうが得策と判断した点などを見ると、卑怯ながらも外交がうまいと言わざるを得ません。それに対して、毎度のことではありますが、韓国は自らの首を絞めようとしていることに気づいているのでしょうか。日本人に浸透しているとは決していえなかった竹島問題を広く日本人に認知させてくれたのも、島根県の竹島の日に対する韓国での異常なまでの抗議活動が原因でした。


 昨日も述べたことの繰り返しにはなりますが、日本がやらなければならないのは、韓国の抗議に屈して調査中止などという対応を取ることなく、毅然とした態度で日本の主張を貫くことです。しかし、わざわざこの時期に30年ぶりに竹島近海の海洋調査をする決定を下したということは、韓国側の反応を計算した日本政府の策のような気もしてきました。そうであればなかなかうまい戦略と言えると思います。頭を下げるだけであった日本の外交も随分変わってきたのかもしれません。







坤輿萬國全圖

(こんよばんこくぜんず)

 イタリア人のイエズス会士、マテオ・リッチ(1552-1610)が、中国でのキリスト教伝道にあたって作製した世界図。鎖国時代の日本にも舶載され、新井白石の『采覧異言』など、江戸中期の世界認識に絶大な影響を与えた


朝貢属国朝鮮の文字が見える。


歴史をちゃんと教えると、困るのは韓国政府なのだ・。





李承晩ライン


第一次日韓正式会談の直前となった昭和28年(1953)1月18日、李承晩韓国大統領は


洋主権の宣言、いわゆる、「李承晩ライン」を設定しました。


これは、広い公海に線を引いて、この海域内のすべての種類の天然資源を韓国以外の漁船が


採取することを禁ずるというものでした日本政府や漁業関係者は声明を発表して抗議し、撤回を強く要求しましたが「李ライン」が設定された翌年、昭和29年(1954)9月上旬から、韓国近海で操業するさば釣り漁船、延縄漁船が拿捕され、さらに近海を航行している底引き網漁船を臨検、連行、追跡するなどの事件が相次いで発生しました。


韓民国成立とともに初代大統領に就任した。以後12年間,李氏王朝の復活とまで呼ばれたほどの独裁時代をつくった。1960年4月独裁政と不正選挙に対する民衆の不満が爆発し,四・一九学生革命に発展すると追われて,かつての亡命先のハワイに再び亡命し,同地にて90歳で死去。




蛇足

第二次大戦後、日本の戦後復興のドサクサに紛れて、国際的に根拠の無い李承晩ライン

が勝手に引かれた。 日本の抗議は出来難い状況で、日本漁民、数十名が殺され数千名が抑留された。

その補償もなく、朝鮮戦争の終了とともに、ラインの韓国側という理屈で竹島を実行支配した。

その李は国を追われたのに、竹島を支配し独島と呼び続けている。


たかが弁護士の分際で・。

【光市・母子惨殺】 欠席の"死刑廃止論者"安田弁護士、「裁判長引かせる意図ない」と声明
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★
:2006/03/14(火) 23:52:30 ID:???0

★山口の母子殺害、弁護士欠席で口頭弁論開けず…最高裁



・山口県光市の本村洋さん(29)宅で1999年、妻(当時23歳)と長女(同11か月)が

 殺害された事件で殺人罪などに問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けた同市内の

 元会社員(24)(犯行時18歳)について、最高裁第3小法廷は14日、死刑を求める

 検察側の上告を受けた口頭弁論を開こうとした。だが弁護士が2人とも出廷せず、

 弁論を開くことができなかった。



 改めて4月18日に弁論期日を指定したが、死刑求刑の事件で弁護士の出廷拒否は

 異例。訴訟遅延行為に当たる可能性もあり、浜田邦夫裁判長は法廷で「極めて遺憾」と

 弁護士を強く非難する見解を読み上げた。



 この事件では、書面審理中心の最高裁が、弁論を開くことを昨年12月に決めたことで、

 死刑を相当とする判決になる可能性が出ている。死刑廃止運動を進める安田好弘、

 足立修一両弁護士が、今月6日に辞任した弁護士に代わって就任。「日本弁護士連合会が

 開催する裁判員制度の模擬裁判のリハーサルで、丸一日拘束される」との理由で、この日の

 法廷を欠席した。



 これに対し、検察官は法廷で、「審理を空転させ、判決を遅らせる意図なのは明白」

 と述べ、弁論を開いて結審するよう要請。浜田裁判長は「正当な理由のない不出頭」と

 述べたが、結審は見送った。



 安田弁護士らは今月7日付で、弁論を3か月延期するよう求める申請書も最高裁に

 提出しているが、翌日却下されていた。安田弁護士はこの日、「被告の言い分に最近

 変化があり、接見や記録の検討を重ねる時間が必要。裁判を長引かせる意図はない」

 とする声明を出した。

 
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060314i113.htm


 ※報道ステーションなどによると、安田弁護士は「死刑廃止論」のリーダー的存在とのことです。



※元ニューススレ

・【光市・母子惨殺】 「犬とやっちゃった。罪なの?」の元少年の審理で、弁護人不出頭→弁論開けず★5

 
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142347272/



山口・光市の母子殺害事件、最高裁が弁論を開き結審














山口・光市母子殺害事件の上告審が結審し、会見する本村洋さん

 

 山口県光市の本村洋さん(30)宅で1999年、妻弥生さん(当時23歳)と長女夕夏ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、殺人罪などに問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けた元会社員(25)(犯行時18歳)の上告審で、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)は18日、口頭弁論を開いた。



 死刑を求めて上告した検察側は、「犯行は冷酷残虐。反省も全くうかがえず、被告の年齢などを考慮しても死刑の適用を回避すべき事情はない」と述べた。



 一方、同小法廷から「出頭在廷命令」を受けていた弁護側は、今回は出席。「1、2審判決には重大な事実誤認がある」などと主張し、再度弁論を開くよう求めたが、浜田裁判長はこれを認めず、結審した。



 浜田裁判長は、弁護側に追加の主張があれば1か月以内に提出するよう求めた。判決言い渡しの期日は後日指定される。



 前回3月14日の弁論は、2月末から3月はじめにかけて新たに弁護人に就任した安田好弘弁護士と足立修一弁護士が欠席したため開けなかった。最高裁は、意図的な審理遅延行為を防ぐために改正刑事訴訟法に新設された「出頭在廷命令」を、2人に出していた。



 弁護側は弁論で、害者の傷と検察が主張する殺害方法が矛盾するとして、「被告に殺意はなかった」などと述べた。



 1、2審判決によると、元会社員は99年4月、本村さん宅に乱暴目的で侵入し、弥生さんと夕夏ちゃんの首を絞めて殺害。1、2審は、元会社員が前科のない少年だったことを重視し、無期懲役とした。





蛇足

権力に楯突くのでなく・・。弁護せねばならん市民を踏みつける悪徳弁護士制度・。

麻原の弁護に百億円の税金を投入して10数年が経過・・被害者には1億円も満たない額・。。・・引き伸ばし戦術(ただの金儲け)・・こんな子供でも分かる裁判に国選弁護士という税金泥棒がえらそうに・。安田という死刑反対など人権派(ご都合主義人権派)は・・どちらの方向で弁護しているのか??・・。今回の本村氏の言い分は・・もっともだ。弁護士などいらん・。この程度なら、誰でも分かる。市民による裁判員制度を拡充して、こんな裁判制度さっさと終わらせろ・。法律で免除してもらってる分際で偉そうに・。>常識がおかしすぎる・。イルミナティに洗脳された弁護士達








本村 洋もとむら ひろし1976年
3月
- )は、全国犯罪被害者の会
幹事。広島大学
工学部
卒。男性






999年
山口県
光市の自宅に侵入してきた少年
(当時18歳)に妻(本村弥生さん・当時23歳)と娘(本村夕夏【ゆうか】ちゃん)を殺害される。犯罪被害者遺族として、以下のような「理不尽な仕打ち」を受け、日本では「犯罪被害者の権利が何一つ守られていないことを痛感し」、同様に妻を殺害された元日本弁護士連合会
副会長・岡村勲
らとともに全国犯罪被害者の会
を結成し、幹事に就任。TVの生放送で「裁判所
が加害者を死刑
にしないのなら、自分が死刑にする」と殺人予告をし、波紋を呼んだ。


  • 犯人が未成年であったため、少年法
    の壁に阻まれ、事件の情報は何一つ開示されなかった

  • 法廷に遺影を持ち込もうとしたら、「被告人に動揺を与え、裁判の適正な進行を阻害する」などといわれ、却下された。

  • 損害賠償請求訴訟を起こすべく、犯罪被害者支援をしている「人権派
    弁護士
    」の事務所に相談に訪れたら、「君は、少年と父親に損害賠償請求を起こしたいと言いながら、少年にも死刑を望むのか」と非難された。

  • 犯人の家を訪れ、犯人の父親に抗議したが、謝罪を受けるどころか、「淋しいなら再婚しろよ」などと愚弄された。その後今に至るまで一切謝罪も賠償もないという。なお、この男は後に「本村が犯罪被害者の会を作るなら、こっちは犯罪加害者の会を作って対抗してやる」とマスコミに嘯いたそうであるが、事実かどうかは定かではない。


以後、犯罪被害者の権利確立のために、執筆、講演等を通じて活発に活動中。推定無罪
の原則論を元に、犯罪加害者
の人権の重要性を訴える浅野健一
菊田幸一
など一部の「人権派」、死刑廃止
論者などからは、激しい非難を受けている。


しかし日本
では死刑への支持が高く、「そのような批判は犯罪者の利益を擁護しているものだ」と本村を支持する意見も多いが同時に批判されてもいる。 「加害者天国」と皮肉られることもある日本の刑事法
の現状を変えようと日々運動を続けている。

イラン攻撃は冬か?無しか?






蛇足


イラン攻撃とイラク陸上自衛隊撤退の関係・・。


イラン攻撃Xデイはいつか??無しか?





(1)以前、イスラエルのシャロンの頓死でメタニヤフ台頭3月。。中道右派(シャロンの亡霊党)×


  自衛隊はオーストラリア軍とイギリス軍の撤退と同時期に撤退。3月。












 オランダ軍3月、サマワで警察官増員へ 撤退にらみ

自衛隊延長。撤退×







(2)IAEAの決議・・国連に付託・・中国・ロシアの仲裁失敗で5月攻撃・・。


毎日新聞:<イラク陸自>第10次支援群派遣へ 6月撤退を模索


共同:7月までの撤退で再調整 政府、イラク陸自部隊で



 自衛隊の延期が決まる。5月ごろ撤退予定・・×




(3)3月末イラン核保有を宣言。・・IAEAと国連決議とEU決議と・・・。イラン無視・。イラク・シリア・パレスチナ連携、EU反戦団体連携、南米の左傾化・アメリカ向け石油の供給停止警告。・・とても戦争できる状態にない・。?    


イラクの自衛隊撤退完了、秋以降にずれ込みも 麻生外相


 自衛隊撤退、秋まで延期・。×


時事通信:自衛隊の活動継続要望=ムサンナ州知事-サマワ

 

イラン攻撃は秋から冬か?さもなくば・・中止か?



税で教える側が、無国籍でエエの?

プロテクトX -傍観者たち


2006年04月14日


中途半端な教育基本法「改正」案(2)


本日、怒涛(!)の4本目(深夜に書いた1本を除くと3本目だけど)。なんだか最近やたらと書き過ぎな気がします ^^; あれこれ書いてしまう時って、精神的にあんまりイイ傾向ではないんだよなあ、これまでの経験からして(笑)。…いや、笑い事ぢゃないんだけど。「中途半端な教育基本法「改正」案
」で取り上げた教育基本法改正案について、今日、読売新聞以外の各紙の社説が出揃いました(日本経済新聞を除く)。それぞれ気になったところを引用します(全文は文末に)。



産経  教育基本法改正 「愛国心」はもっと素直に

 


自民党は「国を愛する心」という表現を主張していたが、「国」と「郷土」を併記し、他国の尊重もうたい、「心」を「態度」に変えるなど、公明党への配慮がにじむ妥協の産物といえる。「国を愛する」は明記されたものの、含みが多く、簡明な文案とはいえない。



「愛国心」の表現で、これだけもめる国は、おそらく日本だけだろう。愛国心は、どの国の国民も当然持っているものだ。そして、愛国者であることは最大の誇りとされる。
国の根本法規である教育基本法は、もっと素直な表現であってほしい。



異議なし!!!


自民党は「宗教的情操の涵養(かんよう)」の盛り込みを求めたが、これに反対する公明党の主張に譲歩し、条文化が見送られた。この文言は、現行の教育基本法が制定される前、日本側の原案にあったが、GHQ(連合国軍総司令部)の指示で削除されたものだ。



その結果、給食前の合掌や座禅研修などが次々と排除され、修学旅行では伊勢神宮などの神社仏閣が避けられるようになった。宗教的情操の欠如が、オウム真理教などのカルトに若者が入り込む一因になったといわれる。



やっぱり、「いただきます」に代表される日本特有の「宗教的情操」はきちんと伝えていくべきだと思うなあ…。神道とか仏教とか問わず、一宗教という次元を超えて日々の暮らしに溶け込んでいる大切な事柄(宗教的情操)を伝える「教育」こそが現在の日本に求められているはずです。


また、現行法の「教育は、不当な支配に服することなく」という規定は、残されることになった。だが、この規定は、国旗・国歌などをめぐる国や教育委員会の指導に反対する一部教職員らの運動の根拠に使われ、逆に、過激な教師集団による不当な支配を招いてきた一面を持っている。



「教育は、不当な支配に服することなく」という規定を根拠に国旗国歌に反対している教職員たちは自分たちが教育現場(そして生徒)を不当に支配している張本人であるということに気が付くべきです。やはりこの文言は削除するべきでしょう。それができないのであれば、公立学校の教職員が「国旗国歌に反対すること」を生徒に強制する不当行為を禁止する条文なり法律なりを定めるべきです。


これまでの与党合意には、家庭教育の充実など評価すべき点も多いが、現行法より後退しかねない部分は、なお修正が必要である。戦後教育の歪(ゆが)みを正し、子供たちが日本に生まれたことに誇りを持てるような格調の高い改正案に仕上げてもらいたい。



異議なし!!! さすが産経です。言うことが違うなあ。おかげで引用する箇所がうっかり増えてしまいました ^^;





読売  教育基本法 区切りがついた「愛国心」論争



 「中途半端な教育基本法「改正」案
」で取り上げたので省略。





朝日  教育基本法 「愛国」を教える難しさ


公明党はなぜ、「国を愛する」を避けようとしたのか。支持母体である創価学会は、戦前、国家から弾圧された経験を持つ。初代会長は獄死した。愛国心という言葉に戦前の国家主義のにおいをかぎ取り、最後まで抵抗したのだろう。



一宗教団体の肩を持つとはいい根性してますね( ̄^ ̄;


戦前の「忠君愛国」のスローガンは、自分の国だけを思うゆがんだ愛国心となり、アジアへの侵略をあおった。日本を大切だと思うなら、他国の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない。「他国を尊重する」という文言は愛国心の暴走を防ぐうえで、重要な意味がある。



>日本を大切だと思うなら、他国の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない。



これ、特定アジアにも言ってやってくれません?( ̄ー ̄) 例えば、中国には「中国を大切だと思うなら、他国(=例えば日本・笑)の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない」、韓国には「韓国を大切だと思うなら、他国(=特に日本・笑)の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない」って。
特定アジアは日本に対して「日本だけでなく他国(=自分たち・笑)も尊重せよ!」とか言うくせして、自分たちは他国(日本)を尊重したことが一度でもありますか? そして、朝日はこうした特定アジアの理不尽な姿勢を批判したことが一度でもありますか? …こんなことばっかり言ってるから「ダブルスタンダード」だってバカにされるんだってば( ̄^ ̄;


ただし、教育基本法を改正することについては、なおも疑問が残る。



第一に、急いで見直す必要が本当にあるのだろうか。基本法でうたっているのは理念である。改正しなければ実現できない教育施策や教育改革があるというのなら、どんなものかを聞きたい。



学校で事件や問題が起きるたびに、教育基本法を改正すべきだという声が政治家から上がる。しかし、本当に基本法が悪いから問題が起きるのか。きちんと吟味する必要がある。



日頃「改革改革」と言うわりにはずいぶん保守的ですねえ…。


第二に、「国を愛する」ことは自発的な心の動きであり、愛し方は人によってさまざまなはずだ。法律で定めれば、このように国を愛せ、と画一的に教えることにならないか。それが心配だ。



こうした不安が消えないのは、国旗・国歌法について当時の首相が「強制は考えていない」と答弁したのに、強制が広がっている現実があるからだ。



だが、心配のしすぎではないか。



国旗国歌法に関して「強制が広がっている」と言いますが、それって単純に公立学校の教職員に対して「(国旗国歌法に基づいて)職務命令に従え!」と言っているだけのことでしょう? 児童生徒に対して「強制」しているわけではないぢゃん。職務命令に従うのは当然であって、従わない教職員に「職務命令に従え!」と命じるのも当然です。それをもって「子供に国旗国歌を強制するな!」と騒ぐのは児童生徒をダシにする卑劣な行為です。この点は「教職員」と「児童生徒」を明確に分けて考えるべきです。





毎日  教育基本法改正 「愛国心」の本音がちらつく


今後の教育のあり方を決定づける法律の全面改正作業が、国民とは離れた「密室」で進められたことは残念だ。



異議なし!!!


来年の参院選をにらみ、早期に決着させたい両党の思惑が最後には一致した。70回に及んだ検討会での論争の中心は結局、「言葉探し」に費やされたとの印象が強い。



戦前の教育への反省から個人の尊厳を重視する理念を打ち出した現行基本法に対し、改正論は古くからあったが、教育勅語を再評価する森喜朗首相(当時)のもとで教育改革国民会議が00年、「郷土や国を愛する心や態度を育てる」との報告をまとめ、今日へのレールが敷かれた。自民党文教族らの本音はあくまでも「愛国心」であり、表現をいかに工夫しようとも、国民には小手先の修正としか映らないのではないか。



異議なし!!! 自公連立のために小手先の言葉遊びで教育基本法をイジッてほしくはありません。何度でも言います。国の根幹に関わる「教育」の問題をこんなに軽々しく決めちゃっていいはずがありません( ̄^ ̄;


いじめ、不登校、学力低下、ニートの問題など、教育現場に対する危機感が改正論議を後押ししたが、愛国心も含めた精神論だけでこうした問題の「特効薬」になるとはとても思えない。現に小中学校の道徳や小学校6年の社会科の学習指導要領には、既に「国を愛する心」を育てることが目標に掲げられている。本来は国民一人一人の自主性や見識に委ねられるべき精神的理念を法律に規定することにも疑問がある。



いや、やっぱり教育現場が一部の偏向教職員によって混乱している現状では、ある程度の「精神的理念」を法律で明確に定めておく必要があると思います。それを守れない教職員は即刻クビにするという仕組みも必要。だからこそ自公連立の「妥協」の産物などという中途半端な「言葉遊び」で終わらせてはいけないんです。





東京  教育基本法 あわてる必要はない


教育基本法改正の論点となっていた「愛国心」の表現が自公間で合意された。個人の尊厳を基本理念としてきた現行法は改正へ向け動きだそうとしている。教育は国家百年の大計。拙速は避けたい。



>教育は国家百年の大計。拙速は避けたい。



この部分には同意。


自公両党の妥協の産物である。前半で「国を愛する」という文言にこだわった自民党をたてた。「愛国心が戦前の国家至上主義的な考え方につながることを危惧(きぐ)」した公明党には、伝統と文化という文言を入れることによって、「国」という概念から統治機構を排除した配慮がうかがわれる。



この認識にも同意。


かつて国旗・国歌法が成立したとき、小渕首相(当時)が「児童や生徒に強制するものではない」と国会で答弁したにもかかわらず、現実には卒業式で国歌斉唱時に、起立を半ば強制している教育委員会もある。



朝日へのツッコミの繰り返しとなるので省略。「教職員」と「児童生徒」を明確に分けて考えるべき。





おまけ。今日の産経抄がステキヽ( ´ー`)ノ


場末のスナックで、一節うなって「いよ!名人」とおだてられ、一杯ビールをおごらされた経験のあるご同輩も多いだろう。カラオケのみならず、サボりの名人も居眠りの名人も数々あるが、将棋の「名人」となるとどうも格が違うらしい。



▼江戸時代は世襲制、明治以降は終身制だった名人位を実力制に改めたのが七十一年前の昭和十年。以来、木村義雄、大山康晴、谷川浩司らがその座についてきた。米長邦雄永世棋聖は、若かりしころ升田幸三名人と口論となり、「その台詞(せりふ)は、名人になってから言え」と一喝された(「勝負師」・朝日選書)という。



その名人戦の主催者を、毎日新聞から朝日新聞に移管させる案が明るみに出た。将棋ファンのみならず、小欄のようなやじ馬も驚かせているが、原因はどうやらおカネのようだ。



毎日が年三億三千四百万円を日本将棋連盟に払っているところに、朝日は五億四千五百万円出すと提案したとか。札束で顔をひっぱたくかのごとくで、一時のブームが去り、赤字体質に悩む連盟が朝日になびくのもわからぬでもない。



ただし、五億を超すという額は本紙や毎日の読者は知っているが、朝日の紙面には「新たな契約条件を提示した」とあるだけ。契約金の原資となる購読料を払っている朝日読者には、いくらを提示したか知らされていない。「ジャーナリスト宣言。」をした新聞とは思えぬ秘密主義ではないか。



▼毎日の編集局長は「日本の伝統を大切にする将棋連盟が信義よりも損得を重視するのでしょうか」との批判もしており、「日本の伝統と文化」の大切さは理解されているようだ。その趣旨を盛り込んだ教育基本法改正にもきっと賛成されるだろうから、今回は毎日の肩を持とうかな。



お茶目!O(≧∇≦)O 朝日と毎日を天秤に掛けてニヤニヤしている産経抄子の姿が目に浮かびます ^^;







蛇足

奴隷になれよと、戦後戦勝国(アメリカ、ソ連、中国)に解体された日本帝国が国民向けに、二度と逆らいませんと教育を通して、思想を植えつけられた。右や左から日本など愛するな、けど、ちゃんと税金払え・。自衛隊は日本人の為じゃない、国連のモンだ。バカバカしくて話にならん・。

右も左も何処向いて、しゃべっているのやら・。官僚・公務員の態度を反映しているのだろう「国など愛したら、国民の事ちゃんと考えねばならん・・・そんな事嫌じゃ・・」などと思って居るのではないか・

「国を愛する事はそこに住む国民を愛する事だ。

特に公務員は国とそこに住む国民に奉仕せねばならない」とちゃんと書け・・。












NWOの世界なのか?






映画 「V フォー・ヴェンデッタ」






独裁国家となった未来のイギリス。仮面で正体を隠した「V」と名乗る男(ヒューゴ・ウィービング)に、命を救われたおとなしく若い女性エヴィー(ナタリー・ポートマン)。優れた戦略とだましのテクニック、そして類まれなカリスマ性を持つ「V」は、暴政・圧政に反抗し、同胞市民に革命を発火させていた。「V」の謎に包まれた真実の姿を暴いたエヴィーは、同時に自分自身の真実を知る――そして、残虐で腐敗に満ちた社会に自由と正義を取り戻す「V」の計画に、加担していく。











思い出せ

11月5日の出来事を

火薬陰謀事件と反逆を

忘れることは許されぬ

人々の記憶の底にとどめておけ


独裁国家と化した近未来の英国。労働者階級の若きヒロイン、イヴィー(ナタリー・ポートマン)は絶体絶命の危機に見舞われたところを“V”とだけ名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に命を救われた。



 いくつもの顔をもつVは、華と教養を兼ね備えた紳士であり、恐怖政治に抑圧された市民を暴君の手から解放することに余念がない。しかし一方では、怨念にかられた血の復讐鬼でもあった。



 不正と暴虐にまみれた政府から英国民を解放するため、Vは国の圧制を糾弾し、同胞の市民に国会議事堂前に集結するよう呼びかける。決行は11月5日――“ガイ・フォークス・デー”だ。



 1605年の同じ日、ガイ・フォークスは火薬を詰めた36個の樽とともに、議事堂の地下道に潜伏しているところを発見された。フォークスをはじめとするレジスタンス一派は、ジェイムズ一世を君主とする圧政に反発し、政府の転覆を狙って“火薬の陰謀”をくわだてた。だが、一斉に摘発されたフォークスらは絞首刑、火あぶりの刑、四つ裂きの刑に処され、計画は未完に終わってしまったのだ。



 その反逆精神とあの日の記憶を胸に、Vはフォークスの計画を引き継ぐことを心に誓う。1605年11月5日に処刑されたフォークスに代わって、国会議事堂を爆破しようというのだ。



 謎に包まれたVの素性が明らかになるにつれ、イヴィーは自分自身についての真実をも知るようになる。図らずもVの協力者となったイヴィーはVの悲願をはたすべく、革命の火をともし、血も涙もない腐りきった社会に自由と正義を取り戻すために立ち上がった。





何処の利害を代表しているのか?

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報http://amesei.exblog.jp/m2006-04-01

2006年 04月 11日





竹中平蔵、宮崎哲弥に「格差社会」を語る。








竹中平蔵が、今月10日に発売された『文藝春秋』の登場し、格差社会についてのインタビューに答えている。聞き手は宮崎哲弥。この宮崎氏は、田原総一朗の代わりに何度か「朝ナマ」の司会を務めており、「田原の後釜」としてメディア界に君臨したいというのがミエミエ。宮崎哲弥程度の人物が大衆洗脳にはちょうど良いということか。



竹中は格差社会について、一言でいえば「根拠がない」と否定する。竹中はジニ係数など統計上の問題をあげつらうが、笑えたのが次の部分。



(引用開始)



しかし、私は経済の専門家としてどこに一番着目しているかというと、所得が一番低い層の動向です。



p120

(引用終わり)



竹中先生は、所得が一番低いクラスの生活レベルがそれほど下がっていないことをもって、「格差社会は存在しない」と仰っています。そうすると中間層の生活水準はどうでもいいということなのでしょうか。格差にはそれ以外にも東京と地方の格差、宮崎氏が挙げているような、正社員とパート(非正規社員)の格差など様々な格差がある。それについては、竹中先生は次のように仰います。



(引用開始)



竹中 たとえば現在、非正規社員は年金に加入できないと行った待遇の差があって、これらは当然改善されなくてはならないと思います。しかし、そういった待遇の差が改善されたとき、非正規社員より正規社員の方がいいのか、といった問題はなかなか答えるのが難しいでしょうね。



p120

(引用終わり)



「そういった待遇はまだ改善されていない」ので、はっきりしたことは言えないのに、「なかなか答えるのが難しい」となぜ言えるのか?そもそも、非正規社員を選ばざるを得ないという状況と、選べるのに、わざわざ税金の関係などからパート勤めをしている主婦(第3種被保険者)などの事情を分けて考えていないので論外。



それから、竹中先生、到るところでご自分の発言を「マスコミの貼ったレッテル」と仰っています。マスコミを統括する総務大臣というのはなかなかいい立場ですね。「不良債権処理で企業がつぶれる」という批判に関しても、そもそもご自分の「ツー・ビッグ・ツー・フェイル」という発言が原因になっていることをお忘れになっているようです。



それから、日本はカリフォルニア州のように、巨大な金融資産を運用して利回りで食っていく社会にならなければならないだとか、金融資本にリップサービスをしたのではないかと思われる部分、ポスト小泉について、「個別の人物評はできないなあ」と言っておきながら、「安倍官房長官は経済について大変くわしいですよ」と安倍氏をヨイショする発言・・・など、個性的な見解が多数みられます。



最後に、「私のどこかアメリカンなのか」と書かれた項では、次のように述べています。



(引用開始)



私は、じつは一番重要なのはインテレクチュアル・エクスチェンジ(知的交流)なのではないかと考えています。戦後の日米関係の五十年をみると、フルブライト奨学金事業で交換留学生となった人たちが、のちに主導的な地位について、日米の円滑な交流の礎になりました。政治においても、ジャーナリズムにおいても、主導的な立場につく人たちが若いときに交流していることは非常に重要です。



p128

(引用終わり)



なるほど、竹中先生。ウェストチェスターに家を購入したり、バーグステンのところへ朝日新聞の船橋洋一氏と一緒に教えを乞いに行ったり、ダヴォス会議でゼーリック国務副長官らと会談することが重要だと言っておられるわけですね。これからも日本の主導的な地位に就く人は政治家であれ、ジャーナリストであれ、アメリカで向こうのお偉いさんと知的交流しないといけませんよということですか。



単に交流するだけの五十年。気付いてみれば、洗脳されていました、ということに気が付いておられない様子。そこから、「アメリカの言いなり」を言いなりと思わないようになってしまったのではないのですか?



こういう発言を見ると、竹中平蔵自身が、「自分はアメリカの育てたエージェントである」という事に実は気が付いていないのではないかと思ってしまう。帝国の人材育成システムとしてのフルブライト奨学金はアメリカの国家戦略であり、エスタブリッシュメントの「青田買い」であるということは、私は何度も書いてきた。竹中は、ソフト・パワーについても表面的な理解しかしていないのではないか、と国会での質疑の議事録を読んで思ったことがある。



竹中自身、このインタビューで「『手先』どころか、アメリカそのものだという人までいますからね。すべて非常に無責任な議論だと思います」(p128)とも語っている。竹中平蔵の経歴を見たら、人は「アメリカのエージェントになっても仕方がない」と判断するのでは無かろうか。



竹中は、自分のことを「アメリカの手先」を呼ぶ人々について次のように述べている。



(引用開始)



それは規制緩和で既得権を失う人たちが、私のことを憎いと思って、そういう感情的なレッテルを無理矢理貼っている。これは抵抗勢力の常套手段です。



p128

(引用終わり)



ここで重要なのは、竹中の言っていることは実は正しいということである。



ところが、事実として正しいことと、政策論としてあるべき姿というのは違う。



問題は、「既得権」というのは抵抗勢力から奪い取ったら消え去ってしまうものではない、ということなのだ。単にべつの側に移転するだけである。



とすれば、どこにトランスファーされるかということは非常に重要である。郵政民営化で議論されたように国民の金融資産は国内で再投資されれば国民経済に資するが、アメリカの米国債を買い支えるための資金として使われるのであれば、確かにリターンが配当として与えられるが、日本国内で投資されないのであるから、配当以外のものは生みださない。それが実は問題なのである。



竹中はアメリカの意向を受けて、保険商品の販売は行わせないことはない、と反論しているが、資金の振り向け先については「市場原理で米国債に資金が流れることは何も不思議ではない」として反論するだろう。



金融資産の既得権を外資に渡して、その資産の運用権を日本政府から奪い取ることが郵政民営化の目的であるのに、「反対するのは既得権を守るための方便ですよ」というのは、全然反論になっていない。竹中を支持する「IQの低い主婦層」(スリード社資料)ならばこの程度の説得で納得すると思ったのだろうか?



コンビニエンスストアで新聞を買ったときに、バイト募集の張り紙が目についた。深夜の前のシフトが時給750円からと書いてある。私が学生の頃は、もっと高かったはずで、確か850円だったと思う。時給750円では高校生のアルバイトにしかならない。就職戦線も織田裕二の映画と同じようには「異常なし」ということもないということは、この間学生の人と話してわかった。就職できるのは理科系だけ。文系は目も当てあれない状況だそうだ。



竹中と宮崎哲哉が「猿芝居」をしている間も、東京以外の地域の景気は停滞したままである。




蛇足

日本の中で一番遠い和歌山出身の竹中大臣のおっしゃることは和歌山の事を言っているのだろうか?現在、大臣2人も出しているのに、和歌山地方の景気改善はされているのか?


正統に憧れる異形のキワモノの副島。

世渡り上手なヨイショの男宮崎。

(まさに空。関係だけが有るとも無いとも言える、

真の仏教徒(笑)ですな。)への哀しい嫉妬という感じだね。

何だか、昔読んだ隆慶一郎の松平忠輝を思い出しましたよ(w



翻訳に関しても、ブィキャナンに関しても、

思想的立場にしても、俺に話がくるべきなのに、

なぜあの坊ちゃんなんだと。

どいつも、こいつも俺のことを小馬鹿にしやがって

悔しいー!という感じですね。





蛇足

ヨイショは竹中先生の専売特許・。宮崎、松原など金魚の糞か??

イランはイランなのだ・。








ブタネコIrans Ahmadinejad: West will burn in nations’ fury

Irans Ahmadinejad:西洋はイスラム国家の激怒で燃えるでしょう。
Wed. 12 Apr 2006

水曜12 4月の2006

Iran Focus

イラン焦点



Tehran, Iran, Apr. 12 ? Iran?s radical President Mahmoud Ahmadinejad in a fiery sermon demanded that Irans enemies, or the West, bow down before Iran and apologize for having held back Tehran?s nuclear program for three years. He also warned the West that it would ?burn? in the ?fire of the nations’ fury?.

テヘラン、イラン、4月12日火の説教でのIransの急進的なMahmoud Ahmadinejad大統領は次のことを要求しましたIransの敵、あるいは西洋、イランの前で下へお辞儀し、3年間テヘラン核開発計画を抑えていたことことに対して謝罪せよ。西洋は国家の激怒の中で燃える。さらに、イランはそうするだろうと西洋に警告しました。



Those who insulted the Iranian nation and set back Iran?s movement for progress for several years must apologise?, Ahmadinejad said at a rally in the eastern town of Rashtkhar. His comments were aired on state television and carried by the official news agency.

イランの国家を侮辱した人々、また数年間進行のためにIrans移動を妨げていることに、謝罪しなければならない。とAhmadinejadはRashtkharの東部町の復興で言いました。彼のコメントは国営テレビ上で放映され、公式通信社によって伝えられました。



You must bow down to the greatness of the Iranian nation, he said, addressing the West.

イランの国家の巨大さにお辞儀しなければなりません、彼は西洋をアドレスして言いました。



He added that if the United States continued to seek to use ”bullying tactics then”every nation of the world would chant Death to America and Death to Israel.

アメリカが「いじめ戦術」を使用するように努力し続けたならば、その後、世界のすべての国家は歌うだろう「アメリカへの死神」そして「イスラエルへの死神」と彼はそれを加えました。



If you do not return to monotheism and worshipping god and refuse to accept justice then you will burn in the fire of the nations' fury, Ahmadinejad said.

もし、一神教および礼拝する神に戻らず、そのとき公正を受理することを拒絶しなければ、国家の激怒の火で燃えるでしょう。とAhmadinejadは言いました。



He once again accused the West of launching a psychological war against Iran.

彼は、もう一度、イランに対して心理作戦を始めたことで西洋を非難しました。



On Tuesday, Ahmadinejad declared that Iran had joined the Nuclear Club.

火曜日に、Ahmadinejadは、イランが核クラブに参加したと宣言しました。



I officially announce that Iran has joined the world’s nuclear countries, Ahmadinejad said in a speech that was broadcast on state television.

私は、イランが世界の核保有国に加わったと公式に発表する。Ahmadinejadは、国営テレビ上で放送されたスピーチの中で言いました。



The UN Security Council adopted a Presidential Statement unanimously on March 29 giving Iran 30 days to suspend all of its uranium enrichment activities and resume its cooperation with the International Atomic Energy Agency.

国連安全保障理事会は理事長のステートメントはそのウラン濃縮活動をすべて保留し、かつ国際原子力機関とのその協力を再開するためにイランに30日与えて3月29日に満場一致で行動計画を採用しました。。













Defence chief warns Irans enemies not to get in the way

防御チーフはIransの敵に警告します。その邪魔にならないことを
Wed. 12 Apr 2006

水曜12 4月の2006

Iran Focus

イラン焦点



Tehran, Iran, Apr. 12? Irans Defence Minister Mostafa Mohammad-Najjar warned the West not to stand up to the Islamic Republic over its nuclear program, the state-run news agency Fars reported on Wednesday.

テヘラン、イラン、4月12日


Irans防御大臣Mostafaモハマド=Najjarは、その核開発計画に関するイスラム共和国に抵抗しないように西洋に警告した、と国営の通信社ファールスが水曜日に報道しました。



[The West] must accept the reality that the Iranian nation will continue on the path it has begun and believes this to be its inalienable right as it has declared repeatedly, Mohammad-Najjar told reporters in eastern Iran on Tuesday.

[西洋]は、それが始めており、それが繰り返し宣言したようにその不可譲の権利であるためにこれと考えるパスをイランの国家が継続するだろうという現実を受理するに違いありません、モハマド=Najjarは火曜日に東イランでリポーターに伝えました。



The president announced this great step with decisiveness and power. If the enemies are wise they will never stand in the way of the Iranian nation, the Revolutionary Guards Brigadier General said.

大統領は、果断さと力を備えたこの一大進歩を発表しました。敵が賢明な場合、それらはイランの国家の道をふさぎません、革命的な近衛隊准将は言いました。



We have obtained the technology. Whatever reaction the enemies show is not very important for our nation?, he added.

私たちは技術を得ました。敵が示す反応は(何)でない、私たちの国家にとって非常に重要、彼は付け加えました。



On Tuesday, Ahmadinejad declared that Iran had joined the Nuclear Club.

火曜日に、Ahmadinejadは、イランが核クラブに参加したと宣言しました。



I officially announce that Iran has joined the world?s nuclear countries?, Ahmadinejad said in a speech that was broadcast on state television.

私は、イランが世界核保有国に加わったと公式に発表します。Ahmadinejadは、国営テレビ上で放送されたスピーチの中で言いました。





Separately, Irans top military commander said on Wednesday that the West was powerless to stop Tehrans nuclear activities.

別々に、Iransのトップの軍司令官は、西洋がTehransの核活動を止めるのに無力であると水曜日に言いました。



Iran has the ability to create hundreds of Uranium Conversion Facilities and thousands of centrifuges, Chairman of the Joint Chiefs of Staff, Major General Hassan Firouzabadi, said. His comments were carried by the state-run news agency ISNA.

イランは、何百ものウラニウム転換設備および何千もの遠心分離機を作成する能力を持っている、と統合参謀本部議長(少将ハッサンFirouzabadi)が言いました。彼のコメントは国営の通信社ISNAによって伝えられました。




山本尚利氏コラム

わんわんベンチャー革命2006年4月11日

                          早稲田大学院MOT教授 山本尚利

タイトル:小沢民主党新代表のミッションとは



1.小沢氏の対小泉戦略とは

 2006年4月13日つけ日刊ゲンダイによれば、小沢一郎民主党新代表が早速、民主党再建に動

き出しているようです。小沢氏は前々から、民主党内左派の支持をとりつけていました。さ

らに、小泉自民党内外の反小泉政治家や地方の保守的自民党員に向けて、アジア外交の修

復、格差社会のセーフティネット提案をアピールし始めました。この動きから、小沢氏は、

与野党含めた広域の反小泉包囲網の形成を狙っているようにみえます。小沢氏は自分のミッ

ションは民主党に政権をとらせることだと明言していますから、今のところ、言行一致の代

表のようにみえます。アンチ小泉の日刊ゲンダイも勇ましい小沢氏に非常に期待する論調で

す。また小泉氏から利用され、裏切られた田中真紀子氏も堂々と小沢支持を表明していま

す。さらに今後、元自民党所属で反小泉派の巨頭、亀井氏や平沼氏などの大物が反小泉の旗

印の下に、呉越同舟で小沢民主党に合流する可能性もあります。そうなれば小泉氏の任期期

限の今年9月までに、急速に、反小泉勢力が巨大化する可能性があります。そのときは、小泉

氏が誰を後継者に指名しても、その人物が国会の総理大臣選挙でトップ当選する保証はなく

なります。したがって、小沢氏は9月までに、与野党を巻き込む一大反小泉勢力の結集に成功

すれば、民主党が政権党ではなくても、氏が国会で総理大臣に選ばれる可能性がでてきま

す。ところで日刊ゲンダイの記事どおり、小沢氏はポスト小泉の総理大臣ポストを虎視眈々

と狙っているのでしょうか。筆者は、小沢氏は、必ずしも、このような単純でわかりやすい

シナリオで動いているのではないような気がします。



2.小泉・前原新党の旗揚げ画策ニュース

 週刊ポスト2006年4月21日号(小学館)によれば、小泉・前原新党が秘かに画策されている

そうです。すなわち自民党の小泉チルドレンと民主党親米派(前原前代表など)が合体する

計画が練られているそうです。このニュースは、去年10月に筆者が予測したシナリオと極め

て類似しています。(注1)上記のように、小沢氏が反小泉包囲網の形成に動けば動くほ

ど、この小泉・前原新党結成ニュースが現実味を帯びてきます。

 筆者の予測では、今年9月、小泉首相の自民党総裁任期満了に伴い、実施される自民党総裁

選挙で、小泉氏の懐刀である竹中平蔵氏が選ばれるであろうというものです。その根拠は、

小泉首相は、実質的に米国覇権主義者に牛耳られており、外資系企業の日本支社長タイプの

竹中氏が米国覇権主義者から小泉後継のベストチョイス総理として、暗に指名されているの

ではないかという仮説によります。

 ところが世間では、小泉氏の意中の後継者は安倍晋三氏とみなされています。しかしなが

ら筆者は、安倍氏をポスト小泉として喧伝するのは、小泉陣営の陽動作戦ではないかと思っ

ています。かつて小泉氏との総裁選競争に敗れた加藤紘一氏が「自民党総裁選で前評判の立

った政治家が総裁に選ばれたためしがない」と言っていました。このジンクスが当たってい

るなら、事前に本命視されている安倍氏は、皮肉にもポスト小泉の総理大臣にはなれないことになります。ところが、国民の大半も、全国の自民党員も、自民党議員の大半も、大手マ

スコミも、現時点では安倍氏をポスト小泉の本命と考えており、一方、竹中氏を次期総理候

補とはまったくみなしていません。小泉陣営にとって、そのような逆境の中で、竹中氏を次

期総理にする秘策こそが小泉・前原合併新党(新自民党)の実現なのです。そのためにはま

ず、民主党の解党が必要となります。近々、前原親米一派が脱党して新党を立ち上げ、実質

的にミニ第二自民党ができる可能性があります。この第二自民党は一時的に、竹中総理誕生

に寄与することになりますが、最終的には、ポスト小泉の新自民党と茶番劇を繰り広げる八

百長ライバル政党となるでしょう。まさに、米国の共和党と民主党の出来レースと同じパタ

ーンを日本政界で実現することが米国覇権主義者の願いだと思います。



3.民主党新代表、小沢氏のウラの役割

 偽メール事件で責任を取って、2006年3月31日、民主党の前代表、前原氏が辞任、(注2)

2006年4月8日、小沢氏が後任の民主党代表に選ばれました。彼は2006年9月までの短い任期中

に、表向き、小泉批判を繰り広げるでしょうが、一方、ヤミでは民主党を解党させるための

仕掛け人となるのではないでしょうか。まさにジキルとハイドです。小沢氏は、意図的に、

民主党内の左翼派閥と握手するポーズをとったり、小泉刺客によって、自民党を追い出され

た反小泉一派(亀井氏や綿貫氏のグループ)と連携するポーズをとることによって、民主党

内親米派である前原一派が嫌気を刺し、容易に離党できるよう仕向けるはずです。もうひと

つ、小沢氏の隠されたミッションとは、アジア外交建て直しの口実で世論を惹きつけて、民

主党を現在よりも反小泉化すること、すなわち非親米化することでしょう。そこに、旧自民

党の反小泉派の弱小政党を合流させる。最終的に、旧自民党内、旧民主党内に紛れ込んでい

た非親米派の政治家を、前原一派の抜けた新民主党に押し込めることが、隠れ親米政治家、

小沢氏の隠されたミッションではないでしょうか。長期的には、前原一派から切り離された

非親米化民主党を徐々に弱体化させていくと同時に、前原一派をコアとする親米の第二自民

党を徐々に成長させるシナリオです。

 小沢氏の今後の言動はしばらく、極めてわかりにくいことでしょう。なぜなら、小泉氏が

わかりやすいオモテの親米派であるのに対し、小沢氏はわかりにくい隠れ親米派だからで

す。彼は非親米派に意図的に迎合するために、一見、反小泉的なポーズをとることもあるで

しょう。しかしながら、小沢氏の究極のウラゴールはおそらく、日本に巣食う反米勢力を壊

滅させることにある可能性があります。2001年、小泉政権が誕生して以来、米国覇権主義者

の強引な日本政治への介入が目立っています。その一方、このままでは日本で反米勢力が増

殖するのではないかと米国覇権主義者は非常に恐れています。そこで、隠れ親米の小沢氏

は、日本で分散している反米勢力の限度を越えたモンスター化を回避するため、反小泉的言

動を振りまいて、まず反米勢力に迎合し、最後に与野党の反米勢力をまとめて劣化させる作

戦ではないでしょうか。



4.なぜ、こんな手の混んだことを

 さて米国覇権主義者はなぜ、これほどまでして日本の政治を闇から牛耳ろうとするのでし

ょうか。そのヒントは中国の最近の動きにあります。2006年4月5日の新聞報道によれば、

2006年2月末、中国の外貨準備高が8000億ドルを超えて、日本を追い抜いたそうです。この事

実から、もし、対米巨額債権国、中国と日本が結託すれば、米国のドル経済を崩壊させるこ

とが可能となることがわかります。米国覇権主義者からみれば、日本が中国と政治的に握手

することだけは絶対に許せないはずです。米国覇権主義者は国益遵守の観点から、日本政治

の反米化はいかなる手段を弄しても、絶対に回避しなければならないのです。

 ところで、根からの親米派、小泉氏も小沢氏も、白人コンプレックスを克服できていない

し、米国に対し先天的卑屈性をもっているように感じます。その結果、両氏とも基本的に福

沢諭吉型の脱亜欧入主義を信奉している売国的政治家のようにみえるのは確かです。両氏は

その売国的な政治行動についてこれまで、国民の目をごまかしてきても、その行動理由を国

民に正直に説明してきていません。ここが大問題です。ところで筆者個人は、両氏の隷属的

従米主義を必ずしも全面否定しません。なぜなら米国覇権主義者のあまりの内政干渉にがま

んならず、もし真正面から抵抗すればどうなるか、想像しただけで空恐ろしいことになると

考えるからです。日本が対米巨額債権国(3~4兆ドル)であるかぎり、彼らはおとなしく引

き下がる可能性は限りなくゼロです。最終的には、日本国民の生命が脅かされることになる

でしょう。したがって、小泉氏や小沢氏を売国政治家と批判しても米国覇権主義者の介入が

止まることは決してないでしょう。

 小泉氏も小沢氏も、いちおう米国覇権主義者のほんとうの怖さを知っているハズですか

ら、隷属的従米主義にはまっているのです。もし日本で反米勢力がモンスター化すれば、米

国覇権主義者は強権発動してくるでしょう。たとえば、米国は、戦前のように、日本に戦争

を仕掛けるまでもなく、単に石油と基本食糧を絶てばよいだけです。資源少国日本はそれだ

けで簡単にアウトです。それを正しく、全国民に知らしめる義務があります。そうすれば、

米国産牛肉輸入再開の問題や、在日米軍基地移転費の血税負担の問題に対する国民の理解が

格段に深まるはずです。小泉氏と小沢氏の最大の問題は、両氏の対米隷属主義そのものにあ

るのではなく、抜き差しならぬ日米関係を国民に正しく説明せず、何事もごまかして、納得

させようとする姿勢にあります。



注1:ベンチャー革命No.179「竹中総理大臣の誕生か」2005年10月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr179.htm


注2:ベンチャー革命No.189「偽メール事件が暴いた日本型キャリアの根本欠陥」2006年4月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr189.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



蛇足


米国覇権主義者は世界中から非難を浴びている・。この流れに日本は取り残されるのか?

イルミナティに叛旗の狼煙

NHK クローズアップ現代http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei.html




4月11日(火)放送予定

南米の反乱

~広がる反米・左傾化のうねり~


南米で「民主化ドミノ」ならぬ「左傾化ドミノ」が急速に広がっている。アメリカの政策に批判的な左派政権が登場した国は、すでに南米12カ国中、6カ国。その背景には90年代に実施された急激な経済改革に対する不満がある。アメリカの主導で進められてきた市場の自由化や規制緩和、民営化政策が貧富の差を拡大させる一方で、外国企業を潤してきたと南米の人々は反発している。親米政権が続いてきたボリビアでも今年1月、対米強硬政策を掲げるモラーレス政権が誕生。ボリビア国民の半数以上を占める先住民族出身の初めての大統領としても注目されている。天然ガスの国有化を打ち出したモラーレス大統領の政策は、エネルギー需要急増の中、原油やガスなど天然資源を武器にアメリカとの対決姿勢を強めるベネズエラのチャベス大統領の政策とも重なり、アメリカのブッシュ政権は危機感を強めている。チャベス、モラーレス両大統領との連帯を表明する左派候補が躍進するペルー大統領選挙(4月9日投票)を機に、南米で起きる政治の地殻変動を追う。

(NO.2224)


スタジオゲスト : 遅野井 茂雄さん

    (筑波大学教授

日本ラテンアメリカ学会理事長)

 







   

   

4月12日(水)放送予定

若者たちの拒絶

~フランス・100万人デモの深層~


2ヶ月以上にわたりフランス全土を揺るがした若者達の抗議活動。ドビルパン首相が導入しようとした新たな雇用対策に激しく反発したのだ。26歳未満の若者を、2年間の試用期間中は理由を説明しなくても解雇できるとした今回の対策は、手厚く保護され硬直化したフランスの労働市場の改革を目指したものだった。今月10日、政府は対策の撤回に追い込まれた。これまで獲得してきた既得権を手放すまいとする学生や労組と、労働コストを下げ競争原理の導入を目指す政府や企業との溝は残ったままだ。グローバル化が否応なくもたらす変化の波にどう向き合うべきなのか。学生・労組側と政権・企業側の双方を取材し、検証する。

(NO.2225)





スタジオゲスト : 渡辺 啓貴さん

    (東京外国語大学教授)

中継出演 : 伊藤 良司

    (NHKパリ支局長)

 





     



     

記念日の更新



阿修羅http://www.asyura2.com/
 投稿


http://www.asyura.com/sora/war1/msg/539.html


9月11日は大ブッシュの「世界新秩序」宣言記念日だった!

投稿者 佐藤雅彦 日時 2001 年 9 月 20 日 16:27:30:


●「sept 11 Bush announced his "new world order" in a speech to Congress」というキーワードで検索したら、トンデモないことが判りました。

 なんと、1990年の9月11日は――ペルシャ湾岸危機が起きて一ヶ月目のことですが――当時のアメリカ大統領だった大ブッシュが、連邦議会で「Toward a New World Order」(新世界秩序にむけて)という題名で演説を行なって、こんなことを唱え始めた日だったんですね――「ペルシャ湾岸危機は、一致協力を歴史的時代を実現させるための稀にみる好機を与えてくれた。この厄介な時期を抜け出せば、一大新世界秩序の出現を見ることができるだろう。我々は今、“連合国戦後世界管理機構”(a United Nations )が、その創設者たちが思い描いていたとおりに働いてくれる光景をこの目で見ることができるところまできている。」

(The crisis in the Persian Gulf offers a rare opportunity to move toward an historic period of cooperation. Out of these troubled times a new world order can emerge. We are now in sight of a United Nations that performs as envisioned by its founders.)


(注:the United Nationsを、日本の小賢しい売国奴たちは「国際連合」などと欺瞞的に呼んできましたが、これは第二次大戦中の「連合軍」[the United Nations]という呼称そのままであり、実体的にも歴史的にも「連合軍戦後世界管理機構」と呼ぶのが正確でしょう。

 ちなみにこういうインチキ誤訳をしているのは世界広しといえども恐らく日本だけ。おなじ漢字文化圏の中国では「the United Nations」を「聯合国[リェンフーグオ]」と正しく翻訳しています。

 なぜ、こういう名称になったかは、「国際連合」の歴史について書かれた法学専門書などに書いてあるので省略しますが、名称を決める議論のなかで当時のソ連が「世界連邦」を提唱したところ、米国側は終戦を待たずに死んだルーズヴェルトの遺志を実現したい、などと“泣き”をいれて、この「連合国」という名称に決まったのでした。……で、実際やってきたことも、ポツダム秘密会談を行なったボス猿国家を“お上”に据えて「連合軍」戦争当時の主従関係および国際関係を固定化するという、18世紀当時の世界「神聖同盟」とかわり映えしない体制維持機関ぶりを発揮してきたのでした。

 このあたりについて興味のあるかたは拙著『現代医学の大逆説』(工学社: 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/glance/-/books/4875932308/qid=1000968262/ref=sr_sp_re_1_11/249-8445431-7125951
 )を参照ください。

 ところで大ブッシュの演説のなかの「United Nations」は、定冠詞「the」でなくて単なる「a」なんですが、なぜ定冠詞をつけて「国際連合」と言明していないのか怪しいですな。

 従来の――米国のいうことを聞かなくなっていた――国連に見切りをつけて“多国籍軍”諸国による新たな「United Nations」[湾岸戦争後新世界秩序管理機構]を作ろうと考えていた可能性が垣間見えます。)


(なお、「大ブッシュ」という呼称の「大」は、「偉大」という意味ではなく単に親子の「親」の方を指す意味で、昔の英国の宰相親子「大ビット」「子ビット」にならった呼称です。だから、現職のダメパパ大統領は当然「小ブッシュ」です。

 日本でも、2世や3世で政治家になってる“存在そのものが民主主義の敵”の連中に「小」をつけて呼んだらイイと思うのですが。政治家の3代目の小泉純ちゃんは「小コイズミ」、外務大臣は「小タナカ」、官房長官は「小フクダ」、官房副長官は「小アベ」……おやおやこの国を動かしているのは「小人物」ばかりとな(笑)。 

 ……というわけで、お子ちゃまだというだけで政界デビューしてきた連中を「小」扱いすれば、カッチョ悪いのでデカい口を叩けなくなるのでは……。)


●さて、上記のキーワードでグーグル検索した結果、「新世界秩序の歴史」という有用な英文サイトが見つかりました。

URLはつぎの通り(下記はキーワードがカラーマーキングされているので、目当ての言葉を探しやすいです)。


http://www.google.com/search?q=cache:HF6rc6Rialc:www.worldnewsstand.net/2001/article/nwo_history.htm+1990++sept+11+Bush+announced+his+%22new+world+order%22+in+a+speech+to+Congress&hl=ja


●この「歴史」をみると「新世界秩序」という単語は近年では87年のゴルバチョフの演説に唐突に出てきますね。

 ……で、彼は何を思ったか、一生懸命にソ連解体を始めたわけですが。

 ゴルビーがソ連を葬り去ったあと、これまた唐突に「新世界秩序」と言い出したのは大ブッシュでした。そして、議会でこの大胆な構想をぶち上げ、戦争へと猛進していった契機となったのが、米国「テロ」襲撃からちょうど11年前の9月11日だったのです。

 ……偶然の一致にしては、きわめて興味ぶかいですなあ。なにしろ今回、すでに、休眠状態にあった――特にニュージーランドなんて非核政策で米国とケンカしてきたわけですから――ANZUS同盟と「一致協力」できたし、旧ソ連や中国も一応「一致協力」できるみたいだし、アラブ圏の諸国にも「一致協力」を持ちかけているわけで、十年前に大ブッシュができなかった“五族協和”(笑)を成し遂げようとしているわけですからね、あのダメ息子が……。

 おまけに外国政府要人暗殺許可法案も通りそうだし、エシェロンやカーニヴォーもますますパワーアップする勢いだし、インターネットの民間暗号通信の規制も強まりそうだし(インターネット刀狩りかよ)、バイオメトリクス監視体制も整備される趨勢になっているし、いよいよグローバル警察国家にむけて“新体制”づくりが始動した、ってとこなのでしょうか……。


●こうして考えてみると、9月11日以来、今もって毎日どこかで起きている――日本でもあちこちで――「どこそこが爆発するぞ~!」とか「どこそこにアラブのテロリストが突撃するぞ~!」という恫喝は、大局的には「新世界秩序」に向けて国民総動員態勢を作っていくための“国民に向けられた心理戦争”なのでしょうね。

 つまり、「4機のハイジャックとツインタワーへの激突とペンタゴンへの墜落とハイジャック機一機のペンシルヴェニア郊外墜落」以外のすべての恐ろしいテロ宣伝は、幻想のデマ宣伝なのですから、こうした被害に直接遭った人々は別として、少なくとも日本で流されているニュースや官製流言飛語のたぐいは全て「国民に対する情報・心理テロ」であり、その犯人は「政府と報道機関」ということになるでしょう。


 犠牲者の在米被害者には不謹慎だ、という人もいるでしょうが、他人の死を利用して危機感を煽って戦争を挑発している官製テロリストに対して、こんな俳句を聞かせてあげたくなりますな――


    このテロがいいネときみが言ったから

      9月11日は新世界秩序記念日。


■■■■@■■■.■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


A History of the New World Order

http://www.worldnewsstand.net/2001/article/nwo_history.htm


Nov. 2, 1987 - Mikhail Gorbachev addresses the Soviet Politburo: "In October 1917, we parted with the old world, rejecting it once and for all. We are moving toward a new world, the world of Communism. We shall never turn off that road!" He further reassures his Communist colleagues: "Comrades, do not be concerned about all that you hear about glasnost and perestroika and democracy in the coming years. These are primarily for outward consumption. There will be no significant internal change within the Soviet Union other than for cosmetic purposes. Our purpose is to disarm the Americans and let them fall asleep."


June 1988 - Lord Maitreya mysteriously appears before an audience in Nairobi, Kenya. [Maitreya has appeared to several groups in different parts of the world since that time. When Maitreya appears, it is claimed that water in the area is "charged" - that it takes on miraculous healing powers. Benjamin Creme's attitude toward those who refuse to accept this figure as the world's Messiah is seen in this statement: "When men see Maitreya they will know that the time has come to choose; to go forward with Him into a future dazzling in its promise - or to cease to be."]


Dec. 7, 1988 - In an address to the U.N., Mikhail Gorbachev says: "World progress is only possible through a search for universal human consensus as we move forward to a new world order."


1989 - Dr. Shirley McCune, Senior Director of the Mid-continent Educational Laboratory, addresses the 1989 Governors' Conference on Education: "What's happening in America today...is a total transformation of our society. We have moved into a new era...I'm not sure we have really begun to comprehend...the tremendous amount of organizational restructuring and human resource development...What we have to do is build a future...The revolution in curriculum is that we no longer are teaching facts to children."


May 12, 1989 - At Texas A&M University, George Bush states that the United States is ready to welcome the Soviet Union "back into the world order."


1990 - In his book "The Keys of This Blood," Catholic priest Malachi Martin quotes Pope John Paul II as saying: "By the end of this decade we will live under the first One World Government that has ever existed in the society of nations...a government with absolute authority to decide the basic issues of survival. One world government is inevitable."


1990 - Peter Kawaja, in charge of security for a company called Product Ingredient Technology in Boca Raton, Florida, learns to his dismay that the factory he was led to believe was manufacturing a cherry flavoring is actually producing chemical/biological agents to be shipped to Iraq. He also discovers that this is being done with the full knowledge and consent of the FBI, the CIA and the Bush Administration. When he attempts to alert authorities, government agents seize the documents he has collected and his wife is killed. [Hence, the mysterious Gulf War Illness which the Federal government refuses to acknowledge.]


★Sept. 11, 1990 - In an address to Congress entitled "Toward a New World Order," George Bush says: "The crisis in the Persian Gulf offers a rare opportunity to move toward an historic period of cooperation. Out of these troubled times a new world order can emerge. We are now in sight of a United Nations that performs as envisioned by its founders." [But who were the founders of the U.N. and what exactly were their intentions? At least 43 members of the U.S. delegation to the founding conference in San Francisco were also members of the CFR. The Secretary General at the U.N. founding conference in 1945 was a U.S. State Department official named Alger Hiss. It was later determined that Alger Hiss was a Soviet spy. He was convicted of perjury for lying about his pro-Soviet activities. And Hiss was not just an aberration. The U.N. has always chosen socialist one-worlders for leaders.]


Oct. 1, 1990 - In a U.N. address, President Bush speaks of the "...collective strength of the world community expressed by the U.N....an historic movement towards a new world order."


1991 - Brittney Settle, a ninth grader in Tennessee, is given a "zero" by her teacher for writing a research paper about the life of Jesus Christ. She is told that is "not an appropriate thing to do in a public school." Other students in that same class are allowed to write papers on reincarnation, magic and witchcraft.


1991 - President Bush praises the New World Order in a State of the Union Message: "What is at stake is more than one small country, it is a big idea - a new world order...to achieve the universal aspirations of mankind...based on shared principles and the rule of law...The illumination of a thousand points of light...The winds of change are with us now." [Theosophist Alice Bailey used that very same expression - "points of light" - in describing the process of occult enlightenment.]


1991 - On the eve of the Gulf War, General Brent Scowcroft, President Bush's National Security Advisor, proclaims: "A colossal event is upon us, the birth of a New World Order."


June 1991 - The CFR cosponsors an assembly, "Rethinking America's Security: Beyond Cold War to New World Order," attended by 65 prestigious members of government, labor, academia, media, military, and professions from nine countries.


July 1991 - The Southeastern World Affairs Institute discusses the New World Order in a program with topics: "Legal Structures for a New World Order" and "The United Nations: From Its Conception to a New World Order."


以上で引用終わり。


 以下が、20年前の拙著『湾岸報道に偽りあり』の内の「スコウクロフト」関係の部分である。


http://www.jca.apc.org/~altmedka/gulfw-12.html


『湾岸報道に偽りあり』

隠された十数年来の米軍事計画に迫る

(その12)第二章:毒ガス使用の二枚舌疑惑

CIAプロパガンダ作成者、スコウクロフトは何者か


[中略]


『司令官たち』の描写では、ブッシュとともに、国家安全保障会議担当の大統領補佐官、退役空軍中将ブレント・スコウクロフトが、最も好戦的であった。ブッシュの釣りの相手までつとめ、一緒に「世界新秩序」構想を立てたというが、この「男」は、いったい何者なのであろうか。一部のマスコミ報道では「上品な紳士」と評されていたが……。


 現在のアメリカ支配層の対イスラム・アラブ世界への姿勢を、最も正確に分析していると思われる本に、『イスラム報道』がある。ここでは、スコウクロフトを筆頭にあげる作業が「特記」されている。


 一九七九年、ホメイニ師のイスラム革命が中東を揺さぶっていた時、アメリカでは、さまざまな対イスラム政策の立案、宣伝が行われた。その中でも、「特記すべき例として、大西洋評議会の中東に関する特別作業部会(そこには、ブレント・スコウクロフト、……リチャード・ヘルムズ、……カーミット・ルーズベルト……らが含まれていた)があげられる。このグループが、一九七九年秋に発表した報告書の題名は、『石油と混乱┘─┐中東における西側の選択』であった」

 

文中、リチャード・ヘルムズはCIA生え抜きの元長官で、その後にイラン大使という経歴である。カーミット・ルーズベルト(現地の発音はローズヴェルト)は、セオドアとフランクリンの両大統領を出した名門に生まれながら、CIA作戦主任として、イランのパーレヴィ帝復活クーデターを指揮したことで有名な中東専門家であり、CIA引退後には石油メジャーの副社長に迎えられている。


 つまり、ブレント・スコウクロフトは、十数年も前からこれらのCIA人脈を率いて、中東での巻き返し政策を立案していたベテラン軍人なのである。


[後略]


 以上で引用終わり。


 以上。Go to fullsize image
Go to fullsize image
Go to fullsize image
Go to fullsize image

ビルダーバーグ・グループ

太田 龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


「ジム・タッカーのビルダーバーグ取材日記」(アメリカン・フリープレス)





更新 平成1804090026


平成十八年(二〇〇六年)四月八日(土)


(第一千六百四十一回)


  


Jim Tuckers' Bilderberg Diary


 One Reporter's 25 Year Battle to Shine the Light on the World Shadow


 Government


 By James P. Tacker Jr.


 Published by American Free Press.


 二〇〇五年七月


  ジム・タッカーのビルダーバーグ取材日記―


  世界の影の政府を白日の下にさらけ出させるための一記者の二十五年間の戦い。


  ジェームズ・P・タッカーJr著 


  出版 アメリカン・フリープレス 二百五十三頁。


○この本を数日前、著者から頂いた。


○ジェームズ・P・タッカーは


 「スポットライト」紙、「アメリカン・フリープレス」紙の古参記者である。


○同記者は、一九七五年、週刊「スポットライト」紙が創刊されてから今日まで、


 三十年間、継続して極秘のうちに開催されるビルダーバーグクラブの年次総会


 を取材し続けて居る。


○当「時事寸評」子は、この十年以上、


 「スポットライト」「アメリカン・フリープレス」紙上で同記者の


 ビルダーバーグについての記事を読み続けて居る。


○このたび、同記者の「ビルダーバーグ取材日記」が、


 「アメリカン・フリープレス」から出版され、これを通読した。


○この本は全二十四章から成る、


○第一章は、一九七五年から一九八二年まで、


 この時期、J.P.タッカーは、スポットライト紙のデスクに居て、


 ビルダーバーグ取材記者を指揮した。


○第二章は、一九八三年の年次総会。


 以下、第二十四章が二〇〇五年、ドイツである。


○付録第四章には、一九五四年五月二十九~三十一日、オランダ。


 二〇〇五年五月~八日、ドイツまで、


○年次総会開催の日時と場所が収録されて居る。


○これで見ると、一九七六年のみ、年次総会は開催されて居ない。


○年に二回、開催されて居る年は、一九五五年、一九五七年。


○開催月は、最近は五月、六月。


 最初のうちは、二月、三月、四月、五月と、バラバラである。


○はじめのうちは、J・P・タッカー、「スポットライト」、「アメリカン・フリー


 プレス」が独走して居たが、


○この数年来、J・P・タッカーの戦いに同調する現地ジャーナリストの取材が


 広がる形勢である。


○二〇〇〇年から、


 「アメリカン・フリープレス」紙の中東問題専門記者クリストファー・ボリンも


 ビルダーバーグ取材に参加するように成った。


○このボリン記者が、本書に少し長い序文を書いて居る。


○そしてこのボリン記者が掲載した、ビルダーバーグ会議の出席者の写真も何枚か、


 収録されてある。


○そのうちの一枚は二〇〇〇年、ベルギー。


○ここでボリン記者は、


 ジョージ・ソロスと、スエーデンもと首相カール・ビルト(Carl Bildt)の二人


 が談笑して居る場面を、バッチリ、写真に撮った。


○巻末に、ウィリス・カート(Willis Carto)のあとがきがある。


○本書は重要な記録である。日本民族有志に、なんとかして広く、紹介したい。


 (了)





The Bilderbergers

Bilderbergers http://www.jeremiahproject.com/newworldorder/nworder04.html


The Bilderbergers meet in secluded places, arrogantly plotting the subversion and silent takeover of constitutional governments everywhere. Their goal is a World Government run exclusively by their hand-picked puppets.

そのBilderbergersは、立憲政治の破壊および暗黙の乗っ取りを横柄にどこでも計画して、隔離した場所に会います。それらのゴールはもっぱらそれらの手摘みの操り人形によって実行される世界政府です。


Shrewd and calculating, their hearts are filled with lust for power and consumed by greed for money. Rich and aristocratic, they despise Christians and they loathe the lowly working class. They control the world's press and virtually all our banks and financial institutions. They screen and choose who America's leaders will be and even determine who will run on the Democratic and Republican Party tickets. It was shortly after attending the 1991 Bilderberger meeting, Governor Bill Clinton was selected to be the next President of the United States. Bill Clinton and White House advisor Vernon Jordan's relationship goes back to it's Bilderberger connections.

そつがなく、かつ計算して、それらの心臓は力に対する渇望で満たされ、金銭用貪欲によって消費されます。豊富で、かつ貴族で、それらはクリスチャンを軽蔑します。また、それらは謙遜な労働者階級を嫌悪します。それらは世界の圧迫および事実上私たちのすべての銀行および金融機関をコントロールします。それらは遮り、アメリカのリーダーが誰か決めます、また誰が民主党の公認および共和党の公認として立候補するかを決めます。1991年のBilderberger会に出席する直後、それはそうでした、ビル・クリントン知事はアメリカの次期大統領であるために選ばれました。ビル・クリントンおよびホワイトハウス・アドバイザー、ヴァーノン・ジョーダンの関係はそれに戻ります、Bilderberger接続です。


Among the elitist membership is David Rockefeller, Henry Kissinger, Lloyd Bentsen, Helmut Kohl, Prince Charles, Prince Juan Carlos, Katharine Graham, Alice Rivlin, and Gerald Ford.


エリート主義の会員の中には、ディビッド・ロックフェラー、ヘンリー・キッシンジャー、ロイド・ベンツェン、ヘルムート・コール、チャールズ王子、フアン・カルロス王子、キャサリン・グラハム、アリス・リブリンおよびジェラルド・フォードがいます。



"We are grateful to the Washington Post, The New York Times, Time Magazine and other great publications whose directors have attended our meetings and respected their promises of discretion for almost forty years. It would have been impossible for us to develop our plan for the world if we had been subjected to the lights of publicity during those years. But, the world is now more sophisticated and prepared to march towards a world government. The supranational sovereignty of an intellectual elite and world bankers is surely preferable to the national auto-determination practiced in past centuries." -- David Rockefeller

「私たちは、その管理者が私たちの会合に出席しており、ほとんど40年間分別の見込みを尊重したワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、タイム誌および他の大きな出版物に感謝します。もし私たちがそれらの年に周知の明かりにさらされていれば、私たちが世界の私たちの計画を展開することは不可能だったでしょう。しかし、世界は今もっと精巧で、世界政府に向かって行進する準備をしました。知的エリート層および世界銀行家の超国家的な主権は、数世紀に実行された国家自己決定手順より確実に好ましい。」――デビッド ロックフェラー



Bilderbergers Planned Kosovo War in 1996

Bilderbergersは1996年にコソボ戦争を計画しました。

1998 Bilderberger Meeting -

1998年のBilderberger会合-

War Planned on Cyprus if Kosovo Crisis Stalled

コソボ危機が止まった場合、戦争はキプロス上で計画されました


c Copyright 1998 by New World Order Intelligence Update. This article may be posted to Internet conferences and Web sites. - During and following the 1996 Bilderberg Conference, we asserted that Bilderberger Bill Clinton would be re-elected as U.S. president; that he would promptly break his promise to bring American troops home from Bosnia, but that he would re-position them in Hungary and the surrounding countries instead and pass command of the Bosnian operation to a German general and 3,000 German combat troops from Heidelberg [this later occurred, in October, 1996]; and that the Bilderbergers had thereafter arranged to inflame the Serbs by pursuing the war criminals in their midst for trial before a new International Court [the Serbs, a proud but experienced people, side-stepped this provocation by persuading the lower- and middle-level suspects to voluntarily surrender].

新世界秩序知能最新版による著作権1998。この記事はインターネット会議およびウェブサイトに記入されるかもしれません。―1996年のBilderberg会議に流れに続いて、私たちは、Bilderbergerビル・クリントンが米国の大統領として再選されるだろうと主張しました;彼は、速やかにボスニアからアメリカの軍隊が帰国撤退する約束を破るでしょう。しかし、軍隊の再配置を彼はするでしょう、それら、ハンガリーおよび周囲の国々で代わりに、そしてボスニアのオペレーションのパス・コマンドの1つドイツに一般的軍隊、そしてハイデンベルグからの3,000のドイツの格闘軍隊(これが、1996年10月に、その後生じた)そして、Bilderbergersは新しい国際コートの前に裁判用のそれらの中央の戦犯を追求することにより、セルビア人を興奮させるためにその後整えました(セルビア人、誇れるが経験を積んだ民族、任意に譲渡するように低いレベルおよび中央のレベル容疑者に説得することにより、この刺激を踏むであろう)。


If that failed to incite a Balkan war, then we pointed out that they were prepared to utilize Kosovo to bring one about:

それがバルカン半島の戦争を刺激しなかった場合、私たちはそれらが次のものに関する1つをもたらすためにコソボを利用する準備ができていることを指摘しました:


"When war comes, as expected, Kosovo, at the southern tip of the Serbian Republic, may be the flashpoint that ignites a wider war involving Greece, Albania, Bulgaria, Russia, and Turkey - in addition to the hapless U.S. and NATO troops caught in the middle. Kosovo, "the Jerusalem of the Balkans", is a self-proclaimed nominally independent "republic", presided over by "President" Ibrahim Rugova. It is, in fact, a province of Serbia, though its population is largely of Albanian descent. The United States, though on record as recommending more "autonomy" for Kosovo, treats the province to all intents and purposes as a de facto independent state, a fact which infuriates the Serbians. Twice - once in 1992 and again in 1993 - Presidents of the United States have threatened Serbian President Slobodan Milosevic with military retribution "in the event of a conflict in Kosovo caused by Serbian action." To add insult to injury, the U.S. now plans to establish an "official presence" in "the capital of Kosovo." Aggrieved by this, and rightly sensing the intent of the United States to encircle and contain them, the Serbians are likely to appeal to an increasingly-nationalistic Russia, their traditional protectors, for help and military assistance. As reported by Germany's DIE ZEIT, "Serbia is every place where there are Serbian trenches or Serbian graves", according to Serbian opposition leader Val Draskovic. That means that Serbia will fight to retain Kovoso, in spite of the fact that its population is 90% Albanian. The Albanian Kosovans, determined to be independent, will fight back. That will likely draw into the conflict the 3.4 million inhabitants of Albania proper, together with the Albanians of Montenegro and Macedonia. Albania also has openly-expressed designs on Macedonia's western provinces, largely populated by Albanians: at least one armed insurrection directed by Albania has been foiled by the Macedonian authorities, and the Albanians continue to openly support and encourage Macedonian Albanian separatist groups. Bulgaria, which considers Macedonians to be "western Bulgarians", may then go to war for the fourth time this century to seize the opportunity to finally settle its territorial claim there. Greece, already incensed by Macedonia's use of the Greek "Vergina Sun" symbol on its flag and suspicious of the Macedonian Republic's supposed intention to form a "Greater Macedonia" by inciting insurrection and separation in the Greek province of Macedonia, may well then take advantage of events to settle the issue once and for all. Turkey, acting in defense of its Muslim brethren in Bosnia, and infuriated by the actions of its traditional rival Greece against the Macedonian Republic, could then scarcely be refrained from joining the fray.

「戦争が起こる場合、予想通りに、コソボは、セルビアの共和国の南の先端で、ギリシア、アルバニア、ブルガリア、ロシアおよびトルコを含むより広い戦争に点火する引火点かもしれません。中間の中で捕らえられた不幸な米国およびNATOの軍隊に加えて。コソボ「バルカン諸国のエルサレム」は、「大統領」イブラーヒーム・ルゴバによって統轄された自称名目上独立した「共和国」です。その人口は大部分はアルバニア系でありますが、それは事実(セルビアの州)にあります。アメリカ、コソボのための推薦する、より多くの「自治」としてのレコード上で、すべての意図および目的にデファクト独立国家(セルビア人を激怒させる事実)として州を扱います。2度(かつて1992年に、および再び1993年に)、アメリカの大統領は、「セルビアのアクションによって引き起こされたコソボの矛盾の場合には」軍事の応報でセルビアの大統領スロボダン・ミロセビッチを脅迫しました。ひどい目にあわせた上にさらに侮辱を加えるために、米国は、今「公式存在」を確立することをコソボの首都の中で計画します。 "これで苦しめられ、かつ、正しくそれらを包囲し含んでいるアメリカの意図を感じて、セルビア人はますます国家主義のロシアに訴えるでしょう、支援と軍事援助のための従来の保護者。セルビアの野党党首ヴァルDraskovicによれば、ドイツのDIE ZEITによって報告されるように、「セルビアはセルビアの溝かセルビアの墓があるすべての場所です。」それは、Kovosoを保持するためにその人口が90%アルバニアであるという事実にもかかわらず、セルビアが戦うだろうということを意味します。独立しているとわかったアルバニアのKosovansは反撃するでしょう。それは、恐らく、モンテネグロとマケドニアのアルバニア人と一緒に、矛盾に適切なアルバニアの340万人の住民を引き込むでしょう。アルバニアは、さらにアルバニア語が大部分は居住して、公然とマケドニアの西部田舎の設計を示しました:アルバニアによって指図された少なくとも1つの武装暴動は、マケドニアの政府当局によって妨害されました。また、アルバニア人は、公然とマケドニアのアルバニアの分離主義者グループを支援し促進することを継続します。

その後、最後にそこにその領土のクレームを解決する機会をとらえるために、ブルガリア(それはマケドニア人を「西のブルガリア語」であると考える)は今世紀、4回目の戦争に行ってもよい。ギリシア、既にマケドニアのそのフラグ上のギリシアの「Verginaサン」シンボルの使用によって怒った、そしてマケドニアの共和国を疑う、マケドニアのギリシアの州の刺激剤の暴動および分離による「より偉大なマケドニア」を組織する想像されている意図、その後、これを最後に問題を解決するために出来事を利用するのはもっともです。その後、ボスニアでそのイスラム教の同志を弁護して行動し、マケドニアの共和国に対するその従来のライバル、ギリシアのアクションによって激怒したトルコは、騒ぎの連結からほとんど差し控えられないかもしれません。



The "Albanian issue", centered in Kosovo and overshadowed by the larger Serb-Bosnian tensions, is a powder keg waiting to explode. And when it does, the whole region will explode with it."

コソボに集中し、より大きなセルビアのボスニアの緊張によって暗くなった「アルバニアの問題」は、爆発するために待つ火薬樽です。また、行う時、全体の地域はそれで爆発するでしょう。」

- from our 1996 BILDERBERGER REPORT [almost three years later, these things are now happening!]

- 私たちの1996年からBILDERBERGER REPORT[ほとんど3年後に、これらのものは今出来事である]!



The Serbs, scenting the trap thus laid for them, have confined themselves to short, repressive police actions against the Kosovan Albanian population, none of which have been sufficient in duration, extent or intensity to provide the pretext necessary for the Bilderberger elite to rally Western European and American public support for a full-fledged military engagement of the Serbs. So their methodical preparation, financing and arming of the newly-revealed Kosovan Liberation Army has so far provided the Bilderbergers with no dividends at all...and the clock is running on their schedule. They need this war, and they need it soon.

セルビア人、それらのために置かれて、わなをしたがって嗅ぎ付けること、Kosovanのアルバニアの人口に対する短く抑圧的な軍隊治安活動に制限した。セルビア人の完全な武力衝突にBilderbergerエリートが西欧で回復するのに必要な口実および米国公的支援を供給する持続、範囲あるいは強度に十分でした。したがって、それらの順序正しい準備、新しく明らかにされたKosovan解放軍隊の調達資金および武装することは、Bilderbergersに配当をここまで全く供給しました...また、時計はそれらのスケジュール上で走っています。それらはこの戦争を必要とします。また、それらはそれをすぐに必要とします。

世界人間牧場

日本人が知らない、恐るべき真実http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051108


世界人間牧場計画 02:21


 長々と『シオンの議定書
』にお付き合いいただきましてありがとうございます。


 私が『シオンの議定書
』を読んで驚いたのは、マイヤー・アムシェル
ロスチャイルド
が発表した『世界革命
行動計画』と内容が酷似していて、さらに詳細に書かれていた点です。ロスチャイルド
が『世界革命
行動計画』を発表したのが1773年。『シオンの議定書
』が発表されたのが1897年。実に1世紀以上もの時を経ています。


 もし私がロスチャイルド
のことを知らずに『シオンの議定書
』だけを読んでいたら、ただのトンデモ本
として一笑に付したかもしれません。しかし、ロスチャイルド
一族は、まさに『シオンの議定書
』に書かれたような手法を実行しながら、『世界金融王朝
』と呼ばれる国家をも超越した支配力を獲得してきたのです。戦争
を利用し、国家にお金を貸し付け、従属させ、富を吸い上げる。使用人や代理人を国家の要職につけ、政策をコントロール
する。大学
学者
に資金提供し、教育
コントロール
する。マスコミ
を株主として支配し、世論
コントロール
する。恐ろしいほどに「計画」は実現されています。


http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20050903
 


 今では金融王朝
の覇権をロック
 フェラー
一族に譲渡し、かつての力を失っているといわれるロスチャイルド
一族ですが、一時は世界の富の半分以上を所有していたと言われ、一説によれば、米国
ロック
 フェラー
モルガ
連合
欧州
ロスチャイルド
=ウォーバーグ連合
を合わせると世界の富の90%を支配していると言われています。この事実から考えて『シオンの議定書
』を「偽物」として葬ることこそ愚かなのではないでしょうか?


※くどいようですが、私はなんでもかんでもユダヤ人
のせいにするつもりは毛頭ありません。


 さて、『シオンの議定書
』とほぼ同時に私の頭に浮かんだのが三百人委員会
の『世界人間牧場計画』です。


 この『三百人委員会』(
ジョン・コールマン
著)という本は、かなり前に買ったのですが、なんでこんな本を買ったのか、自分でもよくわかりません。たまたま本屋
で見かけ、その怪しさに惹かれ(^^;)、つい出来心
で買ってしまった本です。しかし読んでみて、あまりに馬鹿
 馬鹿
しい内容のため、途中で放り出していました。当時の私には「読むに値しない本」にしか思えなかったのです。


 その内容は、簡単に言えば、世界を陰から操る三百人委員会
が、大衆を家畜
のごとく飼い慣らす『世界人間牧場計画』を進めていて、いよいよその準備が整ったというものです。その『世界人間牧場計画』とは、どんなものか?




(1)三百人委員会
指揮のもと、教会
と金融システム
を統一し、ワン・ワールド政府
新世界
秩序を確立する。


(2)国民国家
アイデンティティー
と誇りを完全に粉砕する。


(3)世界の大宗教
、特にキリスト教
の壊滅を計画し、実行する。唯一自分たちの宗教
だけを認める。


(4)マインド・コントロール
やブレジン
 スキー
が提唱する「テクノ
トロニクス」によって人間を管理、コントロール
する手段を確立する。


(5)脱工業化ゼロ成長政策に基づき、すべての工業化と核エネルギー
による電力供給を廃止する。


(6)ドラックの使用を奨励し、最終的には合法化。ポルノ
芸術
として広く認めさせ、最終的には日常的なものにする。


(7)カンボジア
ポル・ポト
 政権
が実行した実験
を応用し、大都市
人口
を激減させる。


(8)科学
の発達は、三百人委員会
が必要と見なすものを除いて一切抑制する。


(9)先進国
に局地的な戦争
を起こし、第三国に飢饉
病気
を広めることによって、2050年までに彼らの言う30億人の「ムダ飯食いの人々」を殺す。


(10)膨大な失業者を生み出し、国全体の道徳心を低下させ、労働者
の生産意欲を失わせる。


最終的には家族という共同体
を根底から揺るがし、破壊する。


(11)意図的に危機的状況を次々に起こし、それを操作・管理して、自分たちを除く全人類
が自らの運命
に対して無力感しか持ちえないようにする。


(12)新たな「破壊的カルト
」を増産し続け、すでに役割を果たしている連中の後押しをする。


(13)イギリス
 東インド会社
奉仕
するダービー
卿がはじめたキリスト教
 原理主義
信仰
を後押しし続ける。


(14)ムスリム
同胞団、イスラム
 原理主義
、シーク教徒のような宗教
的・破壊的カルト
を圧迫し、マインド・コントロール
実験
をする。


(15)信教の自由という思潮を世界中
に輸出し、既存の真摯な宗教
、とりわけキリスト教
の根底を揺るがす。


(16)世界の経済
を完全に崩壊させ、政治
的混乱を生じさせる。


(17)アメリカ
の内外政策をコントロール
する。


(18)国連
国際通貨基金
(IMF
)、国際決済銀行
(BIS)、国際司法裁判所
のような超国家的制度を強化し、三百人委員会
の目的の障碍となる局地的な機関に関しては段階的に廃止させたり、国連
の影響下に置いて、その効力をできるだけ弱める。


(19)すべての政府
中枢に侵入し、打倒し、政府
が代表する国家主権を内奥から破壊する。


(20)世界的テロリスト
グループ
組織
し、テロリスト
活動が起きた際、テロリスト
当事者
の交渉に介入する。


(21)アメリカ
および世界各国の教育
コントロール
し、完全に破壊する。



 以上です。どうです?とんでもない内容でしょう?(苦笑)到底、信じるに値しない内容のように思えますし、否定するのは簡単です。しかし、『世界革命
行動計画』および『シオンの議定書
』にも通ずる内容になっていますし、三百人委員会
の名簿には世界を動かせる実力者たちが名を連ねています。また、現実と照らし合わせると、符合していることも多く、幾ばくかの真実
が含まれているような気がします。


 たとえば-


 「新世界
秩序の確立」というのは、米国
大統領
先進国
首脳そして国連
が、冷戦後、とくに湾岸戦争
以降、声高に叫んでいることです。


 マインド・コントロール
 技術
は、近年、飛躍的に研究
され、使用されています。また、あまり知られてはいませんが


 CIA
モサド
イスラエル
の諜報機関)がテロリスト
に資金や武器、軍事技術
を提供していることは公然の秘密となっていますし、これらの諜報機関が麻薬
取引に関与している(というよりは元締めといってもよいほど)ことも公然の秘密となっています。


 第二章
で触れた通り、第三世界では飢饉
病気
により、ものすごい数の人間が死んでいます。


 また、写真
『DAYS JAPAN』
2005年
2月号には、米国
スマトラ
沖での地震
を感知しながら各国への地震
情報には「これは津波警報
ではない」と書いていた、つまり故意に被害を増大させた痕跡があるとしています。


 8月末に米国
南部をハリケーン
カトリーナ
」が襲った時も、被災者
を助けようとする動きをFEMA(米連邦
緊急事態管理局)によって妨害されていた形跡があります。(参考 http://tanakanews.com/f0918katrina.htm


 アフリカ
で猛威をふるうエイズ
米軍
が作り出した生物兵器
との説もあります。


(参考文献は『悪魔の遺伝子操作―エイズは誰が何の目的でつくったのか』
がお薦め。


ネットで読めるエイズ
関連資料はこちら「エイズ・ミステリー」


 9.11
事件を機に、無理矢理こじつけた理由でアフガン
イラク
を攻撃し、まったく関係ない一般市民
の大量虐殺をおこなったのも記憶に新しいところです。また、その暴挙に対し、世界中
の良識ある声が反対したのにも関わらず、誰も押し止めることができなかったのも事実です。


 そして、第一章
で触れた通り、日本
 経済
の崩壊は時間の問題であり、それに伴う米国
 経済
の崩壊は、世界の経済
を崩壊させるはずです。


 これらのことが絵空事であるならば、それに越したことがありません。


 しかし-


(9)先進国
に局地的な戦争
を起こし、第三国に飢饉
病気
を広めることによって、2050年までに彼らの言う30億人の「ムダ飯食いの人々」を殺す。


(11)意図的に危機的状況を次々に起こし、それを操作・管理して、自分たちを除く全人類
が自らの運命
に対して無力感しか持ちえないようにする。


(16)世界の経済
を完全に崩壊させ、政治
的混乱を生じさせる。



というようなことが実際に行なわれようとしているのならば、これは大変なことです。


 何度か書きましたが、私も「陰謀論
」と言われると真実
味を失って、そこで探求することを止めてしまっていました。しかし、これは調べないわけにはいきません。


 ここから私はさらに迷宮へ入り込むことになります。




蛇足


君はサルの檻、僕はパンダの檻だ・。

ロートシルト


Since the late eighteenth century, however, the Illuminati have come under the leadership of the Rothschild family. The founder of the dynasty, Mayer Amschel Rothschild, ordered his sons to marry only their first cousins, continuing the careful intermarrying practiced by their predecessors.
18世紀後半以来(しかしながら)、イルミナティ、ロスチャイルド家のリーダーシップの下に入りました。王朝の創立者(マイヤーアムシェルロスチャイルド)は、結婚し続けて(注意深い、それらの前任者によって実行された)、彼らのいとこだけと結婚するように彼の息子に命じました。 However, the first exception was Hannah, the daughter of Amschel Mayer's son, the notorious Nathan Mayer Rothschild, who married the Rt. Hon. Henry Fitzroy, a direct descendant of Charles II Stuart King of England, the father of James II. しかしながら、第1の例外は、ハンナと結婚したアムシェルマイヤーの息子(悪名高いネーサン・マイヤー・ロスチャイルドの娘でした。ヘンリーフィツォロイ閣下(英国のチャールズ2世スチュアート・キング(ジェームズ2世の父親)の直接の子孫)。 Jacob Rothschild resigned from the family's bank NM Rothschilds in 1980, run by his cousin Evelyn,


Jacob Rothschild is chairman of Yad Hanadiv, the Rothschild foundation, which chairs the Jewish Policy Research, dedicated to promoting issues affecting Jews worldwide. Yad Hanadiv was also responsible for building and granting the Knesset government buildings, and the Supreme Court of Israel, which prominently features Masonic symbolism
and the pyramid and all-seeing eye
of the Illuminati.

ジャコブ・ロスチャイルドは、ユダヤ人に世界的に影響する、促進する問題に専心的で、ユダヤ人の政策研究の椅子につかせるヤド・ハナディブ(ロスチャイルドの基礎)の議長です。さらに、ヤド・ハナディブは、クネセト政府建物の建造およびイスラエルの最高裁判所判事でした。それは顕著にフリーメーソンの象徴主義およびイルミナティのピラミッドおよび全マジックアイを特色とします。


Jacob Rothschild was a close personal friend of the Princess Diana, and maintains strong personal and business links with Henry Kissinger. He knows Rupert Murdoch well, having been friends since the Australian newspaper proprietor first came to the UK in the 1960s. His country estate has been a regular venue for visiting heads of state including Presidents Ronald Reagan and Bill Clinton. Margaret Thatcher received French President François Mitterrand there at a summit in 1990. He hosted the European Economic Round Table conference in 2002, attended by such figures as James Wolfensohn, president of the World Bank, Nicky Oppenheimer, Warren Buffet and Arnold Schwarzenegger.

ジャコブ・ロスチャイルドはダイアナ妃の親しい個人の友人で、ヘンリー・キッシンジャーとの強い個人とビジネスリンクを維持します。彼は、オーストラリアの新聞社主が
1960年代に英国へ最初に来て以来友達で、ルパート・マードックをよく知っています。彼のカントリーランドは、ロナルド・レーガンとビル・クリントンの大統領を含む国家元首を訪ねるための規則的な現場でした。マーガレット・サッチャーは、1990年に首脳会議でそこにフランスの大統領ミッテランを受け入れました。彼は、ジェームズ・ウォルフェンソン、世界銀行の頭取、ニッキー・オッペンハイマー、ウォーレン・バフェットおよびアーノルド・シュワルツェネッガーのような有名人を伴って、2002年にヨーロッパの経済円卓会議を主催しました。


About the Author

著者に関して



David Livingstone
is an historian who lives in
Montreal, Canada. He is the author of The Dying God: The Hidden History of Western Civilization
.

デビッド・リヴィングストンはモントリオール(カナダ)で暮らす歴史家です。彼は死にかけている神の著者です:西洋文明の隠れた歴史。


ロートシルト

Rothschilds and the Grail Bloodline



- by David Livingstone ©, Aug. 22nd, 2005 
ロスチャイルドおよび聖杯血族- デービッド・リヴィングストンによって 





2005年8月22日


Jacob Rothschild, the current head of the Rothschild dynasty, has intermarried with the Sinclair family, forging an important alliance between the head family of the Illuminati, and the supposed descendants of the Grail family.


ジャコブ・ロスチャイルド(ロスチャイルド王朝の現在のヘッド)はイルミナティのヘッド・ファミリーの間の重要な同盟および聖杯ファミリーの想像されている子孫を作り上げて、シンクレア家と結婚しました。


As has been popularized recently by Dan Brown in the Da Vinci Code, or before him by the Holy Blood, Holy Grail, the Stuarts of Scotland are supposedly descended from King Arthur and Jesus Christ. These families are of course not descended from Jesus. The idea is preposterous. But they are related to the Holy Grail, and they are not Christians, but Kabbalists.


神聖な血液(聖杯)によるダ・ヴィンチ・コード中の、あるいは彼の前のダン・ブラウンによって最近通俗化されたように、スコットランドのスチュアート一家は、恐らく、アーサー王とイエス・キリストの子孫であります。これらの家族は、もちろんイエスの子孫でありません。その考えは不合理です。しかし、それらは聖杯と関係があります。また、それらはクリスチャンではなくカバーリストです。


In reality, they, like all the aristocratic bloodlines that form the core of the Illuminati, are descended from Guillaume de Gellone of the eighth century AD. Guillaume's father was Rabbi Makhir, among the Exilarchs who ruled the Jews in Baghdad, who was sent West after a dispute over the successorship. In France, he took the name Theodoric, married Alda, the aunt of Charlemagne, and was appointed “King of the Jews” in the region of the Languedoc, with his capital the city of Narbonne.


実際には、それらは、イルミナティの核心を形成するすべての貴族の血統のように、8世紀ADのギョームデゲローンから繋がっています。ギョームの父親は、バグダッドでユダヤ人(彼らは派遣された)を規定したユダヤ人共同社会の世襲統治者の間で、ラビ・マカヒルでした。後継者に関する論争の後の西洋。フランスでは、彼はテオドリック名前の男を連れて行き、アルダ(シャルルマーニュのおば)と結婚し、彼の首都ナルボンヌの都市のラングドック地域でユダヤの王と指定されました。


Narbonne then became the heartland of the Medieval Kabbalah. The Kabbalists of Narbonne seem to have been responsible for instigating the Crusades, in order to retrieve sacred texts that had been buried there, but which had been unaccessible because of first the rule of the Romans, and then the Muslims. Once Jerusalem was conquered, a Kabbalistic order of knights known as the Templars conducted excavations, and discovered the text of the Sepher ha Bahir, which revived the lost mystical tradition, and set off the cultural revolution of the Medieval Kabbalah.


その後、ナルボンヌは中世のカバーラの中核地域になりました。ナルボンヌのカバーリストは、そこに埋められたが、最初に、アクセス不可能だった聖なる書を検索するために十字軍をそそのかすこと原因だったように見えます、ローマ人そして次にイスラム教徒の規則。一旦エルサレムが征服されたならば、テンプル騎士団員として知られている騎士のカバーリスティク順序は遺跡を導きSepher ha Bahirのテキストを発見しました。それは失われた神秘的な伝統を復活させて、中世のカバーラの文化革命を引き立たせます。 Another aspect of the penetration of these Kabbalistic ideas was the heresy of the Cathars. The Cathar foothold was in the region of Tolouse, the bastion of the descendants of Guillaume, also known as the family of the Guilhemids, several of whom were ardent defenders of the heresy. However, the Cathars have been idealized by numerous Illuminati propagandists as having been innocent victims of Church persecutions, but the Cathars rejected the God of the Bible, in favour of the worship of Lucifer and practiced witchcraft. It was the Cathars who influenced the heretical aspects of the Templars, for which the order was disbanded in 1307.


これらのカバーリスティク考えの浸透の別の様相はカーサスの異教でした。カタリ派の信者足場は、トロウセの地域(グイヘミッドの家族として知られているギョームの子孫の稜堡)にありました。そのいくつかのものは異教の熱烈な支持者でした。しかしながら、カーサスは、教会迫害の無害な犠牲者だったとして多数のイルミナティ宣伝者によって理想化されました。しかし、カーサスは、明けの明星および実行された魔法の崇拝を支持して聖書の神を拒絶しました。テンプル騎士団員(オーダーはそれのために1307年に解散された)の異教の様相に影響を及ぼしたのはカーサスでした。


Part of this Kabbalistic revolution was the legends of the Holy Grail, which included Cathar and Templar themes, and formulated in the region of Aquitaine, another stronghold of the Guilhemids. The Holy Grail, or San Greal, should have been translated as Sang Real, or Royal Blood, because it referred to the sacred bloodline that supposedly issued from Guillaume de Gellone, and ultimately King David, but which in reality, was understood to represent the descendants of the Fallen Angels, and their leader, Lucifer.


このカバリスティク革命の一部は、聖杯(それはカタリ派の信者とテンプル騎士団員フテーマを含んでいた)の伝説でした。また、その革命は、アキテーヌ、グィゥヘミドの別の拠点の地域を中へ公式化しました。聖杯(すなわちサン・ギ-ル)はサーグとして翻訳されるべきでした、実際、王、血液、それがギョームデゲローンから恐らく出たことが神聖な血統を参照したので、そして結局、ダビデ王、しかし、実際には堕落天使の子孫およびそれらのリーダー、明けの明星を表わすために了解されました。


The Sinclairs were descendants of Guillaume de Gellone, through his great-great-granddaughter, Poppa of Bavaria, who married the Viking leader, Rollo Ragnvaldsson. Among Rollo's descendants was William the Conqueror of Normandy. The Sinclairs, or St. Clair, were given various other castles around France. However, they all went to England with the Conqueror. One Sinclair, though, named William, did not like the Conqueror, so with some other discontented barons, he went to Scotland and placed himself in the service of King Malcolm III of Scotland.


シンクレア一家は、彼の大きな曾孫娘(ババリアのお父さん(この人はバイキング・リーダー(ロロラグンバルデソンと結婚した))によって、ギョームデガローンの子孫でした。ロロの子孫の中には、ノルマンディーのウィリアム征服王がいました。シンクレア、あるいは聖クレア一家は、フランスのまわりの様々な他の城を与えられました。しかしながら、それらはすべてコンカラーを持った英国へ行きました。しかしながら、1つのシンクレアはウィリアムを指名しました、そのコンカラーが好きでなかった。したがって、他の何人かの不満な男爵と、彼はスコットランドへ行き、スコットランドのキング・マルコム3世のサービスに自分を置きました。 Malcolm III King of Scotland was the father of David I "the Saint" King of Scotland. In 1128, soon after the Council of Troyes, Hugh de Payens, the Templars' first Grand Master, met with King David I of Scotland. King David later surrounded himself with Templars, and appointed them as "the Guardians of his morals by day and night".


スコットランドの王マルコム3世は、スコットランドの王デーヴィッド1世「聖人」の父親でした。トロアの委員会の後に1128年にすぐに、ヒューデペーエンス(テンプル騎士団員の最初のグランドマスター)はスコットランドのダビデ王1世に会いました。ダビデ王は、その後テンプル騎士団員と自分を囲み、「日昼と夜までに彼のモラルの保護者」としてそれらを指定しました。


David married the grand-daughter of Lambert II, the brother of Godefroi de Bouillon, leader of the first crusade, and the sister of sister of William the Conqueror. Godefroi's younger brother, Eustace III, married David's sister, Mary Scots. Their daughter married Stephen I King of England, the son Adela de Normandie, the daughter of William the Conqueror. Adela's brother, Henry I King of England, married David's sister, Editha of Scotland. Their daughter, Mathilda Empress of England, married Geoffrey V, Comte d'Anjou, whose son Henry II married Eleanor of Aquitaine.


デービッドは、ランバート二世の壮大な娘、ゴデフロイ・デ・ブイヨンの兄弟、第1の改革運動のリーダー、およびウィリアム征服王の姉妹と結婚しました。ゴデフロイ・デ・ブイヨンの弟(イスタース3世)はデービッドの姉妹、メアリー・スコットランドと結婚しました。彼らの娘は、英国、息子アデラ・デ・ノルマンジー、ウィリアム征服王の娘のスティーヴン1世王と結婚しました。アデラの兄弟(英国のヘンリー1世王)はデービッドの姉妹(スコットランドのエディサ)と結婚しました。彼らの娘(英国のマティルダ女帝)は、その息子ヘンリー2世がアキテーヌのエリナーと結婚したジェフリー・V・コンテアンジョと結婚しました。


King David granted Hugues and his knights the lands of Balantrodoch, by the Firth of Forth, but now renamed Temple, near the site of Rosslyn. And, legend has it that, when the Templars came under trial, their leader de Molay arranged for the Templar to return to Scotland, where they assisted Robert the Bruce at the Battle of Bannockburn.


ダビデ王はヒューグスと彼の騎士を与えました、バラントロドッの国、フォース湾によって、しかし今、ロスリンのサイトの近くで、寺院を改名しました。また、伝説はそれを持っています。バノックバーンの戦いのブルースにテンプル騎士団員が試みの下に入った時、それらがロバート・ブルースを支援したところで、それらのリーダー・デ・モレイはスコットランドに返すテンプル騎士団員の準備をしました。


Robert the Bruce claimed the Scottish throne as a great-great-great-great grandson of David. Walter Stewart, the sixth High Steward of Scotland, also played an important part in the Battle of Bannockburn. Walter Stewart then married Majory, daughter of Robert the Bruce, and their son Robert II of Scotland was heir to the House of Bruce; he eventually inherited the Scottish throne after his uncle David II of Scotland died.


ロバートブルースが要求した、デービッドの大きな大きな大きな偉大な孫としてのスコットランドの王座。ウォルター・スチュアート(スコットランドの第6の大学裁判所判事)は、さらにバノックバーンの戦いに重要な役割を果たしました。その後、ウォルター・スチュアートはマジョリーと結婚しました、ブルースおよびスコットランドの彼らの息子ロバート2世が元あったロバートの娘、ブルースの下院の相続人でスコットランドの彼のおじデービッド二世が死んだ後、彼は結局スコットランドの王座を継承しました。


In Scotland, the Templars served Robert the Bruce as members of the Scots Guard, of which two prominent families were those of the Stuarts and the Sinclairs. Henry Sinclair was a supporter of Robert the Bruce, and one of his descendants, William Sinclair, designed Rosslyn Chapel, a church in the village of Roslin, replete with occult symbolism, and believed to be one of the sites where the Grail might be buried. Finally, the Sinclairs became the Hereditary Grand Masters of the Masons of Scotland.


スコットランドでは、テンプル騎士団員は、スコットランドの警護する(2組の著名な家族がそれにスチュアート一家およびシンクレア一家のものだった)のメンバーとしてロバートにブルースを配りました。ヘンリー・シンクレアはロバートの支持者でした、ブルースおよび子孫のうちの一人、ウィリアム・シンクレア(計画的なロスリン礼拝堂)、ロスリン(不可思議な象徴主義で充満している)の村の教会、また聖杯が埋められるかもしれないサイトのうちの1つであるために信じました。最後に、シンクレア一家はスコットランドのメーソン団の遺伝的なグランドマスターになりました。


After Queen Elizabeth died without an heir, she was succeeded by the son of Mary Queen of Scots, James Stewart I of England, also known as King James. It is for this reason that the Freemasons of the eighteenth century conspired to back the Stuart cause, after their last monarch, James II Stuart, King of England, was deposed, and replaced by William of Orange. The Stuart cause then became the essence of Scottish Rite Freemasonry, which regarded the Stuarts as the inheritors of the Templars, who had rescued the secret tradition of the East, otherwise known as the Kabbalah.


エリザベス女王が相続人なしで死んだ後、メアリースチュアートの息子(キング・ジェームズという英国のジェームズ・スチュアート一世)は彼女に続きました。彼らの最後の君主の後に、スチュアートの家系を支持することを18世紀のフリーメーソン団がたくらんだのはこの理由のためにです。ジェームズ2世スチュアート(英国の王)は退けられました。また、オレンジのウィリアムが後任になりました。その後、スチュアートの家系はスコットランド儀式フリーメーソン団の制度の本質になりました。それは、スチュアート一家をテンプル騎士団員(彼らは、カバーラとしてそうでなければ名高い東洋の秘密伝統を救い出した)の相続者と見なしました。

教育基本法改正

遠吠えと言いますか、徒然なるままに考えた戯れ言みたいなものの数々


http://www.geocities.jp/mackensen_class/my_essay/my_essay_20021201.html







ゆえに、我が国の教育の骨格たる教育基本法は、

『誰が見ても異議の無い納得のいくものでなければならない』

と思うのです。

しかしながら、今回の中間報告を見ると、すんなりと受け入れることの出来ない違和感があります。



私が問題とする中間報告のポイント。それは



『公共心や道徳心、郷土や国を愛する心』



を基本理念として押し出している一点に尽きます。





これ自体は大変結構なことです。

社会で生きていく以上、公共心や道徳心はどうしても必要なものです。

また、国際化が進み、世界で活躍する日本人が増えていけばいくほど、逆説的に言って日本人としてのアイデンティティーが必要になってくるでしょう。



しかしこれらは本来、教育基本法で掲げるべきものではなく、学習や生活を通じて身に着けていくべきものではないのでしょうか?



なぜこれを、わざわざ中間報告は掲げているのでしょう?

私の見解は、



『自己中な人間が増えすぎたから』



だと思います。

若者の風紀の乱れや定職に就かないフリーターの増加などを『自分勝手』、『我が侭』と捉えて眉をしかめる人たちにとってはむしろ歓迎すべきものに映るかもしれません。

だからと言って、諸手を挙げて賛同してしまって良いものでしょうか?



もともと現行の教育基本法は、戦前の個人軽視、国家重視の風潮に対するアンチテーゼとして誕生したものです。

いわば、個人重視の思想をそれまでになく取り入れたものでした。

国家主義的思想を含む戦前の教育勅語を否定したものであり、民主主義、平和主義を戦後日本に打ち立てるための礎となるものだったのです。

対して、問題の中間報告の内容は(表面的な見方しかしていないとの批判を覚悟で述べれば)これと相反するものです。

『個人よりも社会・国家重視』と解釈することも可能なものになっています。



さすがに口に出して言う政治家こそ少ないものの、為政者の立場からすれば

『政治に興味を持ちあれこれ言ってくる国民』よりも、

『政治に無関心で自分たちの決定をすんなり受け入れてくれる国民』のほうがありがたいでしょう。







『愛国心』



これ自体を否定などしません。むしろ、これを持てる人間に育ったならば日本人として誇らしいことです。



でも『愛国心』とは、政治家や官僚が音頭を取って教育基本法を改正して身に着けるものでしょうか?



『青少年有害環境対策法案』

『住民基本台帳ネットワーク』

『盗聴法』



本当に国民にプラスになるのかさえ疑わしく、憲法に抵触する可能性も高いこれらの法案を提出、あるいはすでに国会を通過させた彼ら。

クリントン政権の柔軟姿勢からブッシュ政権の強硬姿勢にアメリカの対北朝鮮政策が転換するまで、拉致された人たちの救助に何ら有効な打開策を打てなかった彼ら。



そんな彼らが叫ぶ『愛国心』とは、一体何なのでしょう?



政治家や官僚が叫ぶ『愛国心』 = 政府の方針に従順な国民を育成するためのモノ



なのではないか、という疑念が拭いきれません。





『日本古来の文化、伝統を重んじる愛国心』



こういう愛国心なら大いに結構じゃないですか。中間報告も表向きはそう謳っています。



『諸外国の不当な干渉に屈せず、自国にとって最善の舵取りをすることを良しとする愛国心』



これも大いに結構、大歓迎です。今の日本に必要なものです。



『太平洋戦争で散った人たちの死を悼み、平和な世にあってもそれを忘れまい、無駄にすまいとする愛国心』



異論もあるでしょうが、戦争を経て得た平和と自由を謳歌している我々としては忘れてはならないでしょう。



『欧米列強による植民地支配が進むアジアにあって日本の独立を堅持しようと、欧米に比し貧弱な生産力と経済力、技術力の枠組みの中で必死に零戦や長門・大和級戦艦を作り上げた技術者たちの愛国心』



これも否定すべきではないと思います。

軍事技術、それも旧日本軍というだけで否定的な色眼鏡で見る人は多いですが、このとき培われたノウハウは、戦後も造船業界で日本の高度成長を支えました。



『敗戦後の焦土の中から、一日も早く日本を復興させようと奮闘した技術者たちの愛国心』



日本人として大いに誇るべきことだし、そして感謝しなくてはならないでしょう。

彼らの努力が無ければ、今の技術立国日本は有り得なかったはずです。

政治家が(当時ではやむをえなかった一面もあるかも知れないが)アメリカに盲目的に付き従っていたころ、技術者たちはアメリカに追いつけ追い越せと奮戦していたのです。



こうした愛国心を培うというのが目的なのだとハッキリ納得できれば、誰も文句など垂れないでしょう。

でももし、



『若者たちを神風特攻に送る行為を正当化する愛国心』

『沈められるとわかっている大和とその乗員を送り出すことを正当化する愛国心』



こんな類の愛国心なら、まっぴら御免です。

政治家や官僚が、『愛国心』をお題目にして国民がこんな風に無条件に従ってくれればいいとわずかでも思っているんなら、改正にはあえて反対します!

ハッキリ言って、そんな『愛国心』は歪んでいる!

尋常な『愛国心』の持ち主なら、鈴木宗男議員のごとき人物を「愛国心に満ちた議員」などとは思わないでしょうね。

その鈴木宗男議員が所属していた自民党の、それも鈴木宗男議員寄りだった保守派(抵抗勢力?)が中心となって出来上がった、今回の改正案。

これを疑いの目で見るなと言われても、無理な話というものです。

要は、



『愛国心』を教える教育自体はあって良いかも知れないが、その『愛国心』を謳う政治家や官僚が胡散臭すぎ



ということです。



森総理の「神の国」発言のときは、森総理個人を軽蔑するだけで済みましたが、今回はそうも言っていられないようです。教育基本法改正という、より具体的、現実的な形を伴っているのですから。

にもかかわらず、この問題に無関心な大多数の国民の姿に危機感を感じます。



『愛国心』というと、右翼っぽいというイメージが付きまとっていた事は否めません。

それだけに、今までは声を大にして叫ぶには多少の勇気が要った感もあります。

でも今、我々一人一人が『愛国心』というものを、右翼や左翼といった類の枠組みにとらわれず考え直すべき時期に来ていると思います。

お上が振り回す『愛国心』に心を奪われること無く、日本という国、そして日本国民としての自覚を見直す時期に来たということです。



『愛国心』の無い日本人なんていません(多分)。

どれも『愛国心』無しには出来ないことですよ。

祖国の日本の将来を危惧し、日本をより良い方向に持っていこうという意識は誰もが持っています。

ただ、政治家や官僚が叫ぶ彼らに都合の良い『愛国心』を押し付けられて、昔のように個人がないがしろにされる可能性を危惧してるだけです。



雪印の牛肉偽装や、東京電力の原発トラブル隠し

これは『会社』という小さな社会での協調を、『国家』という大きな社会での協調よりも優先させてしまったことに起因する過ちです。

戦前、戦時の軍上層部は、特にこの傾向が顕著でした

残念ながら、こうした体質から日本人はまだ脱却し切れていません。地方在住の人間として言えば、地方では特にこの傾向が強いのです。

集団での無登録農薬使用問題や、公共工事の談合などがその典型例ではないでしょうか?

表向きの『協調』を重んじるあまり、公の場での『議論』から逃げ腰になる。

年配者や上位者の意見、感情論に引きずられ、『議論』そのものが敬遠されることもある。

個人間ならまだ我慢も出来ますが、職場での会議や地方自治体での人選、議会にまでこのような風潮が蔓延していると感じてしまうこともあり、ここまで来ると愚の骨頂という他は無いですね。

『社会との協調』といっても、そのバランス感覚が大切だということです。



『個人重視』を自己中にすり替える馬鹿がいるように、『社会重視』、『協調重視』を曲解する馬鹿は必ず出てきます。

それを見極める目が、とりわけ地方の人間には必要だと思えてしまうのですが。



(
執筆 2002/12/01)


教育基本法改正案の背景


日本社会臨床学会 佐々木賢(運営委員)


グローバル経済化の日本で階層構造が変化した。年収一億円以上のA層が十万人、年収一千万円前後のB層が三千万人年収三百万円以下のC層が八千万人いる。数値の違いこそあれ、この格差の構造は世界的な傾向になった。C層の貧困の原因はA層が出たことにあるが、C層の怨みはむしろB層に向けられる。なぜなら、A層の姿が見えにくく、B層は身近にいてよく見えるからである。


このきわどい状況の中で、ポピュリスト政治家(ブッシュ・小泉・石原等)はA層がさらに発展するような制作をしている。だから一方で、C層が反乱を起こさないような管理技術を考えなければならない。アントニオ・ネグリ(『帝国』の著者)はマルチチュードという概念を提唱した。単語の意味は「多数」だが、グローバル経済下では、反乱の主体となる「大衆」の意味をもち、家族を越え、国境を越え、国民意識を越え、ネットで連携し、捨て身の抵抗をする可能性を秘めている。さてそこで、C層がマルチチュードにならない管理技術とは何か。


情報管理・人口管理・コミュニケーション管理・身体管理・心の管理等のあらゆる管理が必要だが、それとは分からないような、隠された管理でなければならない。教育基本法の改正案には、その新しい管理技術が隠されていると思われる。改革案の言説を検証しながら、それを明らかにしたい。



蛇足


管理技術はじわっと、身近になって来た・。


?


?


What is the New World Order?

?


The Intelligent Student's Guide to the New World Order - By Erica Carle


知的な学生の新世界秩序のガイド-


?What is the New World Order?


新世界秩序は何ですか。


?The essence of the New World Order (NWO) or world management system is that it is management by social engineers, rather than government based on a written constitution. How you are affected by this management system depends on what the social engineers decide the system should do for you and require of you. The social engineers and system managers think of themselves as scientists applying the scientific method to the control of group behavior. Your behavior and your relationships are regarded as the subject of investigation and control by those who call themselves social scientists. You are among their test animals, and you have no say in, and often no knowledge of, experiments that involve you. If the NWO is totally implemented, your independence, individuality, and freedom will be gone.


新世界秩序(NWO)か世界運営(経営)組織の本質は、それが成文憲法に基づいた政府ではなく、ソシアルエンジニアによる管理であるということです。この経営組織によってどのように影響されるかは、ソシアルエンジニアが決定するものに左右されます、システムはあなたの身の回りの世話をし、あなたに要求するべきです。ソシアルエンジニアとシステム・マネージャは、それら自身を団体行動のコントロールに科学的研究法を適用する科学者と見なします。あなたの振る舞いとあなたの関係は、それら自身を社会科学者と呼ぶ人々によって調査とコントロールの主題と見なされます。あなたは彼らの試験動物とみなされます。また、発言権を言える立場にはありません。そしてしばしば、知識は持たない、あなたを含んでいる実験である。NWOが全くインプリメントされる場合、あなたの独立、特性および自由はなくなっているでしょう。


There is nothing new about the idea of managing others, or even of controlling the whole world. That has been the goal of social philosophers for thousands of years. However, we need not go back over ancient history. We are concerned primarily with what has been going on in our own generations. This we can understand quite well if we confine ourselves to the Nineteenth and Twentieth Centuries. 他のものを管理するか、全世界をコントロールする考えに関して新しいものは何もありません。(さえ)それは何千もの年の社会哲学者のゴールでした。しかしながら、私たちは古代史上に戻る必要はありません。私たちは、主として自分の世代に進んでいるものに関係があります。これ、19および20世紀に制限すれば、私たちは、とてもよく理解することができます。


?Goals of the New World Order


?新世界秩序のゴール


To begin to understand the New World Order (NWO) you need to forget what you have been told about philosophical differences between Republicans and Democrats; left and right; Socialists and Libertarians; business and labor; liberal and conservative; black and white, etc.. The planners of the New World Order know they must use, influence, and cater to all of these groups to accomplish the goals they are seeking, which are: 共和党員と民主党員の間の哲学的な差に関してあなたが何を伝えられたか忘れるために必要とする新世界秩序(NWO)を理解し始めます;左で右です;社会主義者と自由論者;ビジネスと労働;豊富で保守的です;黒、白など。新世界秩序の計画者は、それらが求めているゴールを遂行するこれらのグループのすべて(それはである(:))に彼らが使用し、影響を及ぼし、提供するに違いないことを知っています: We might call these goals the five Cs of the New World Order. If it is fully empowered, free speech, personality, personal goals and decisions, individual responsibility, private property, private business, morality, Constitutional government, national sovereignty; and religious freedom can no longer be tolerated. Everyone in every country will be subject to the NWO management system. To quote the French mathematician/philosopher, Auguste Comte (1798-1857), one of the most significant early planners of the world management system: 私たちはこれらのゴールを新世界秩序の5つのCsと呼ぶかもしれません。それが完全にできるようにされる場合、言論の自由、個性、個人の目標、個々の責任、私財、個人のビジネス、モラル、立憲政治(国立主権)および決定;また、宗教の自由はもはや許容することができません。すべての国の中の誰でもNOW経営管理組織に従うでしょう。フランスの数学者/哲学者、オーギュスト・コント(1798-1857)(世界経営組織の最も著しい初期の計画者のうちの一人)の引用: This means that to the NWO world management system planners you, as an individual, are considered to be without character or personality. Your personal life and personal goals are unimportant to them, unless those goals are consistent with the sociological, economic and religious goals of the New World Order. これは、NWO世界経営組織計画者にとって、あなたが個人として、文字または個性がないと考えられることを意味します。もしそれらの目標が、新世界秩序の社会学の目標、経済目標および宗教の目標と一致していなければ、あなたの個人的生活および個人の目標はそれらに些細です。


Grouping People to Control Them


それらをコントロールするために人々をグループ化すること


It is interesting to investigate how this takeover was accomplished. Like everything connected to the New World Order and the five Cs, CONTROL is accomplished by influencing groups, and most particularly group leaders. This is because people who are emotionally involved with groups respond to leadership. They also tend to feel CLASS loyalty. For example, when your elected officials CONSOLIDATE into groups and meet with elected officials from other areas, they frequently get carried away by the oratory and comradeship. Although they may not understand the full implications of the ideas the carefully-selected speakers and facilitators promote, the officials are maneuvered into feeling obligated to support what the group supports. By giving their loyalty to these secondary groups, the officials frequently betray the primary loyalty they owe to you and the citizens of the states, cities and counties they are supposed to serve. CONTROL of government officials, educators, congressmen, legislators, businessmen, city councils, school boards, etc. through organizations is part of the NWO plan for substitution of its system for the U.S. Constitution. この乗っ取りがどのように遂行されたか調査することは面白い。新世界秩序および5つのCsに接続されたものすべてのように、CONTROLはグループに影響を及ぼすことにより遂行されます、そして最も特に、グループ・リーダー。これは情緒的にグループと関連する人々がリーダーシップに応答するからです。さらに、それらは、CLASS忠誠を感じる傾向があります。例えば、いつ、グループの中へのあなたの選ばれた職員CONSOLIDATE、また他のエリアからの選ばれた職員に会う、それらは、弁説と友情によってしばしば運び去られます。それらは注意深く選ばれたスピーカーおよび手助けする人が促進する考えの十分な含意を理解しないかもしれませんが、職員は、グループが支援するものを支援するように義務づけられた感覚へ演習をさせられます。 これらの第二次集団にそれらの忠実を与えることによって、職員は、それらがあなたに負う主要な忠実、およびそれらが役立つと思われる状態、都市および郡の市民をしばしば裏切ります。政府高官、教育者、国会議員、立法者、ビジネスマン、市議会のCONTROL、教育委員会などは、組織によって米国の憲法に対するそのシステムの代用のNWO計画の一部です。 Through CONSOLIDATION into national or international ‘blanket’ organizations, one person or a small group of people can make decisions and set goals for hundreds of thousands, or even millions of people. They can set goals for you if you do not object. Always remember, whoever sets your goals or presents you with what they call a vision or a mission, CONTROLS your behavior. You had better understand fully any such commitment you are asked to make. 国立「blanket(毛布)」組織あるいは国際的なblanket(毛布)組織の中へのCONSOLIDATIONによって、1人あるいは人々の小集団は決定することができ、何百もの何千のためにゴールをセットすることができます、あるいは何百万(さえ、人々の)。あなたが反対しなければ、それらはあなたのためにゴールをセットすることができます。誰があなたのゴールをセットしても、常に思い出す、あるいはあなたを示す、で、いわゆる、ビジョンあるいは使命、CONTROLS、あなたの振る舞い。作るように依頼されるようなすべてのコミットメントを完全に理解したほうがよい。


Goal-Setting, Political Management


目標設定と政治的な管理


Setting goals, and designing visions and missions for groups of people is one of the favorite preoccupations of the New World Order philosophers and managers. In education, goal setting and visioning serve to CONSOLIDATE policies so the NWO/NCSS curriculum can be established in schools throughout the country. When you hear someone who uses the phrase, “We must. . .” or variations of it such as, “We need to. . .”, “It is essential that we. . .”, etc, without adding, “if we wish to . . ,” there is a pretty fair chance that person is trying to convince you to give up the idea of independent research and thinking so you will support whatever program or goals he or she might be promoting.ゴールのセットおよびグループの人々のためのビジョンおよび使命の設計は、新世界秩序哲学者およびマネージャーの熱狂的な先入観のうちの1つです。教育では、国の至る所での学校でNWO/NCSSカリキュラムを確立することができるように、ゴールをセットしvisioningしてこのCONSOLIDATE政策に貢献します。「私たちはしなければならないという句を使用する人の声が聞こえる場合。その."あるいは変化、のように、「私たちは必要とします、に。。."、「それは不可欠です、私たち。。."など、なしで、加える、「私たちが望む場合、に。。"、人が、プログラムがであるものすべて、あるいは彼または彼女が促進しているかもしれないゴールを支援するように独立した研究および思考についての考えを放棄するようにあなたに説得しようとしているというかなり公平な可能性があります。? It is unfortunate that few of our congressmen, state, county, and city legislators have been alert enough to detect the behavior management and CONTROL that have been directed toward them. Many of them have been deceived, flattered, coerced, bribed or blackmailed into surrendering their legitimate authority to New World Order decision makers. This, too, was planned. In 1906, sociologist Lester Ward explained how NWO legislation could be achieved.


私たちの国会議員、国、州および都市立法者のほとんどが、それらに向けられた振る舞いの政府関係者およびCONTROLを検知するために十分に警戒できないことは不運です。それらのうちの多数は偽善者か、あるいは強制されて、お世辞を言ったか、贈賄したか、新世界秩序へのそれらの正当な権威の譲渡へ意思決定者を恐喝しました。これも計画されました。1906年には、社会学者レスター・ウォードが、どのようにNWO立法を達成することができるか説明しました。“It must not be supposed that such legislation can be conducted to any considerable extent in the open sessions of legislative bodies. These will doubtless need to be maintained, and every new law should be finally adopted by a vote of such bodies, but more and more this will become a merely formal way of putting the final sanction of society on decisions that have been carefully worked out in what may be called the sociological laboratory.”


?「立法機関の公開会議での任意の相当な程度までそのような立法を導くことができることは仮定されてはなりません。これらは確かに維持される必要があるでしょう。また、すべての新しい法則は、そのような身体の投票によって最後に採用されるべきです。しかし、ますます、これは、社会学の研究所と呼ばれるかもしれないものの中で注意深く作り出された決定に対する社会の最終制裁を置く単に形式上の方法になるでしょう。」

洗脳のし過ぎ・・。







広告代理店というのは、「国民洗脳産業」である。





Gullible Japanese?



そろそろ売れなくなるころなので『ジャパン・ハンドラーズ』の宣伝、買ってね。




アルルの男・ヒロシです。



金曜日の朝に、普段から楽しみにしている「N響コンサート」を見ようと思ってBS2をつけたら、なぜか、国会中継をやっていました。この国会中継は、衆議院の懲罰委員会のナマ放送。例の「堀江送金メール」の問題で、民主党の永田寿康(ながた・ひさやす)代議士が、弁明を行うということで開かれたもので、このような懲罰委員会の模様がナマ放送されるのは非常に珍しいことであろう。世間の関心は、ネット言論界では既に誰もが知っている、「情報提供者」である、元週刊ポストの記者、西澤孝氏の名前が、永田氏の口から明かされるかに集まっていた。



永田氏は、かなりあっけなく、西澤氏の名前を明らかにしていた。自民党のオポチュニストで元警察官僚の平沢勝栄代議士の質問に答えて、その名前を答えた。



平沢議員は、去年の郵政民営化でも、最終的には小泉首相の側について、最初の衆院採決で賛成票を投じていた。風向きを読むのが非常に巧い“やり手”である。今回のメール問題でも、どこからか分からないが、永田氏が公表したメールを入手している。しかも、黒塗りの部分がないものをもっていたという。この事実は重要である。公式には民主党も認めたように、このメールは偽造であったとされている。



実際にこのメール自体でいえば、偽物であったと私も思う。しかし、武部毅(武部幹事長次男)と堀江容疑者の関係は相当に深く、堀江氏が武部次男に出資していたということもあって、父親としては「親バカ」だが「バカ親」だかわからないが、堀江容疑者のメディア戦略と自民党のメディア戦略を自らの利権に絡めることもあわせて、次男の恩人である堀江をバックアップしようという考えだっただろう。



質問の中で平沢議員はさかんに「デュモン」という西澤氏が立ち上げた会員制雑誌の永田氏側による「買い取り」が、西澤氏への「情報提供料」の隠れ蓑として使われていたのではないか、という風な質問をした。永田氏は勿論、否定したが、この程度のことは恐らく平沢氏もやっているはずである。というか、誰もがやっていることである。そういう低次元の金銭問題で政治家を追いつめることはやってはいけない。国民の民度が問われる。



百万円程度の裏金が動くのは政治の世界では当たり前のことであり、うすうす国民も気付いているのだが、テレビを見る層は、ワイドショーやバカ番組で判断力を失わされた、主婦層である。この主婦層が選挙では票を動かす大きな勢力になっていることに自民党は気が付いたのである。



自民党の選挙戦略はつくづく、このワイドショー・女性週刊誌しか興味がない主婦層、オタク族で反中国・北朝鮮一辺倒の「バカ・マゴ保守」に向けられて立てられている。去年の「郵政選挙」もこのシナリオに基づいて選挙戦略、広報戦略が立てられた。主流派マスコミは、完全に沈黙しているが、竹中平蔵の秘書と関係が深かった「スリード社」の「郵政民営化キャンペーン」の内部文書には、これらの主婦・ネットオタク族は「IQが低い」(ので説得しやすい)としっかりと書かれていた。



これら「広告代理店」(public relation company)という存在について、本質的なことを今日は書く。今から書くことは非常に重要であり、これを知っておけば、マスコミに騙されることはなくなる。



<広告産業のドン、ローゼンシャインBBDO会長が昨年の選挙で暗躍>



私たちは「広告代理店」というのは、新商品を売り込むために、CMやキャッチコピーを考えるという、何とも非常にカッコイイ職業だと思っている節がある。表向きはそういう仕事もある。しかし、彼らが売り込むのは何も具体的なモノとして存在している「商品」だけではないのである。



売り込むものは、モノとして存在しない、思想・イデオロギーであっても構わないし、何らかの現象であっても構わない。以前、「戦争広告代理店」という本が出て、一部の読書人階級で話題になったが、彼らにとっては「戦争」も商品である。



郵政選挙を売り込んだのも、小さなところでは竹中平蔵の利権が絡んだ、スリード社という小さな広告代理店であり、大きなところでは自民党をクライアントとしている、電通、BBDOである。



郵政民営化が参議院で一旦否決されて、総選挙となる8月5日の3日前の8月2日に、アメリカの広告代理店業界のドンである、
アレン・ローゼンシャイン Allen Rosenshine なる人物が、突如首相官邸を訪れ、小泉首相と極秘会談を持ったという事実を、いち早く指摘したのは実は私であった。
このブログに書いた内容を、何人かの人が「阿修羅」などの掲示板サイトに紹介してくれて、一気にブロガーの間でこの情報が広まった。私の尊敬する森田実氏も何度かご自分の情報網による情報とあわせて警告を発しておられた。





Allen Rosenshine



このBBDOという広告会社は、現在、日本では電通・博報堂とならぶ、アサツー系の広告代理店を吸収する形で日本に進出しており、正式にはI&S/BBDOという社名である。この会社のクライアントには、自民党もしっかりと入っている。森田実氏の話では、電通もこのBBDOに乗っ取られつつあるということだ。



<全ての広告会社がグルになって自民党大勝利のシナリオを描いた>



そして、ここからが重要なのだが、このBBDOの親会社であるアメリカのオムニコムOmnicom Group という広告代理店は、昨年の衆院選で民主党のアドバイザーとなった、フライシュマン・ヒラードというアメリカの広告代理店も傘下に収めているのである。つまり、このフライシュマンとBBDOは同じ資本で動いているということだ。8月2日のローゼンシャイン会長の訪問は、おそらくはアメリカの在日商工会議所などとの連携した動きだろう。







自民党の広報チームの世耕弘成などによれば、在日米商工会議所の系列の広告会社である、プラップ・ジャパンという会社が、公式には自民党の選挙戦略を立案したことになっている。ところが、今回の選挙に関しては、これらの広告会社が、共同してチームを作って動いていたというのが事実であろう。



つまり、電通、プラップ・ジャパン、
I&S/BBDO
、フライシュマン・ヒラードといった主立ったPR会社が、「アメリカの金融資本のための郵政民営化」を実現するために、大がかりなチームを組んでいて、その総責任者がアメリカの金融資本の命令を受けて動いている、ローゼンシャイン会長であったということだ。



<アメリカに骨抜きにされた日本のマスコミ関係者>



日本のマスコミ関係者は、社費でアメリカ留学をさせてもらって、アメリカの研究所・大学で、「日本の言論をリードするエリート」として育てられて、つまり、米国式に洗脳されて、送り返されてくるので、この重要な事実を報じようともしない。「アメリカと日本の同盟関係を壊すようなことは少しでも行ってはいけないし、そのような事実も報じてはいけない」というコトバをマントラのように唱えさせられるのが、日本のマスコミのアメリカ研修なのである。



当然、アメリカにはハーヴァードのライシャワー・センターやジョンズ・ホプキンス大学のSAISのライシャワー・センターのような、ライシャワー元駐日大使の「遺志」を愚弄するかのような、大学の研究所が、衰えたとはいえ、まだ残っており、そこでは、ケント・カルダー Kent Calderのような日本語の話せる”ジャパン・ハンドラーズ“がお目付役として、待ち構えている。異国の地において、日本語で親しげに身の回りの世話をしてくれる、アメリカ人。これだけで、もう日本人はイチコロだろう。日本に帰ってくるときには、忠実な「アメリカのカウンターパート」として、ブレイン・ウォッシュされているのである。そうでしょう?





Kent Calder



伊奈久喜 Hisayoshi Inaさん(日経新聞・編集委員)、古森義久 Yoshihisa Komori さん(産経新聞・元ワシントン総局長)、日高義樹 Yoshiki Hidaka さん(元NHKワシントン総局長)、船橋洋一 Yoichi Funabashi さん(朝日新聞編集特別委員)たちはこういうこいとを知っているどころか、向こうのかなり上のシンクタンクの要人と昵懇の中である。彼らの仕事は日本において、アメリカの国益を代弁する言論を書くことである。外国のエージェントである新聞記者は、何も親中国・北朝鮮だけではないのである。



この状況は、日本の政界においても同様で、自民・民主を問わず、アメリカのエージェントであることが疑わしい若手政治家が何人もいる。アメリカのエスタブリッシュメントの巣窟である、外交問題評議会(CFR)で、日本人初の主任研究員となったことを自慢し、ブレジンスキー教授のゼミでA評価をもらったことを誇らしげに自慢する、民主党の長島昭久 Akihisa Nagashima氏など、最近は少しぐらついているようにも見えるが、長島さん、お元気ですか?あと何を血迷ったが、歌手活動に専念して、安倍晋三首相を実現するために奔走している、自民党・参議院議員の山本一太 Ichita Yamamoto さん、ジョージタウンでの生活はいかがでしたか?



日本の言論界、出版界、政界はおもだったところは全て、アメリカのシンクタンクの「人材育成システム」に乗っかっているというのが私の見解で、それが出来るのも、アメリカのシンクタンクや大学は、アメリカの国益を代弁する企業(時には日本企業も!)から資金援助を受けていたし、ローズ奨学金を真似た、フルブライト奨学金や、その他、稲盛・アブシャイア・リーダーシップ奨学金など、様々な奨学金制度を使って、世界各国の「前途有望な若者たち」をアメリカ色に染めていっている。これが、ローマ帝国以来、世界覇権国たる「帝国」の権力維持装置になっている。



<広告業界のテクニックは人間心理操作の研究から生まれた>



民主党の永田偽メール問題は、ズバリ言ってしまうと、大手広告代理店が仕掛けた、自民東大勝利のためのキャンペーンの第二弾である。ライブドア堀江逮捕によって、武部幹事長周辺のカネの動きを探り始めた週刊誌マスコミ関係者の関心を民主党の不祥事に向けさせて、自民党を相対的に有利にたたせるという、明確な目標の下で作られた巧妙な広告戦略の一環なのである。



詳しくは過去の日記で書いたので、そちらをご覧戴きたいのだが、アメリカの共和党も、二〇〇四年の大統領選挙で、民主党のハワード・ディーン陣営やジョン・ケリー陣営の勢いを殺ぐために、テレビを使った印象操作を行っている。ハワード・ディーンは、貧乏な民主党支持層のリベル若者層によって支持されていて、このままでは本当に民主党の大統領指名を勝ち取る勢いだった。インターネットによるNGO(move on.org )を使った選挙運動のサポートもあって、スカル・アンド・ボーンズ出身のケリーを追い落としかねない勢いがあった。



ところが、二〇〇四年冬に民主党のある市民集会でハワード・ディーンが「ワシントンを我々の手の元に取り戻すぜ、イィーイ!」とラップ調で叫んだときから全ての歯車が狂い始めた。CNNやABCなどがこの大声で叫んだ部分を大々的に取り上げ、これをもって「ディーンの大統領候補としては軽すぎる資質」(おそらく叫んだのは麻薬でラリっているというイメージがあるのだろう)が取りざたされ、ディーンの勢いは失速した。



また、ケリー候補に関しても、ブッシュと同じく、ボーンズだったから初めから出来レースでブッシュを勝たせる事になっていたのかも知れないが、民主党全体にダメージを与えるために様々な広報戦略が打たれた。その際たる例は、ケリーのヴェトナムでの活躍を低めるためのキャンペーンである。勲章を得るほどには立派だったのか、彼も所詮は東部リベラル派のお金持ちのボンボンのように、少しだけ後方勤務で軍歴を作ったと偽っているのではないか、と思わせる狙いがあった。ケリーよりも、ブッシュの方が、州兵勤務だった上に、他の議員の選挙活動の手伝いなどでちょくちょく軍務をサボっていたので、よっぽど「弱虫」(ウィンピー)である。ところが、共和党は、謎の元ベトナム軍人の集団( Swift Boat Veterans for Truth )を選挙CMに登場させて、「ケリーは嘘つきだ」とレッテルを貼るなど、フル回転のネガティブ・キャンペーンを展開。ブッシュを無理矢理に「テロと戦うケリーよりも強い大統領」というイメージで作り上げてしまって、相対的にケリーを転落させた。



それ以外にも、ブッシュの軍歴に疑わしいところがあることを示している文書がある、と、CBSの「60ミニッツ」がすっぱい抜いたところ、実はその文書がベトナム戦争時代にはあり得ない、ワープロで作成された文書であったことが、60ミニッツ放送直後に、匿名の「ブロガー」から暴露された。ブッシュの軍歴が嘘ではないかという疑惑が高まっていた時期に、突如この文書が出てきたということで、ケリー支持のリベラル派メディアは、しっかりとしたファクトチェックもせずに、一も二もなく飛びついた。CBSが報道した直後に、「これはワープロで作った文書です。最近、作られたガセ文書である」という、キャンペーンが貼られた。



この事件は構図が、今回の永田偽メール事件とまったく同じではないか。今回も、武部幹事長と堀江容疑者の疑惑が「週刊文春」などで報じられ、竹中平蔵、武部幹事長の堀江の選挙応援のときのビデオがマスコミでジャンジャン流され、自民党としては、春の千葉の補欠選挙にあたえる影響を抑えるために、何か手を打たなくてはならなかっただろう。



そこで、広告会社に、戦略立案を依頼し、マスメディアを使った、カウンター・アタックとしてこの偽メールをでっちあげて、ゴロツキの西澤孝を使って、永田議員に売り込ませたのだ。おそらく作戦立案には、世耕議員、平沢議員が中心になって関わっており、彼らには自民党の人事で優遇されるなどの、報酬が用意されているはずである。永田議員の国会での暴走傾向は、つとに有名になっていたから、騙されやすい人間をターゲットにするということで、慎重に民主党議員の心理分析を行った上で、永田をハメるということになったはずである。(しかも、ここに公明党の意向も伺える。永田議員は急進的な反公明党だったからだ)



彼は見事に、自民党と広告代理店の仕掛けた「ダーティ・トリック」に引っかかった。その意味では永田議員は脇が甘すぎる。しかし、やはり悪質なのは広告代理店と自民党の世耕議員らであろう。



広告代理店に勤めている人ならわかると思うが、広告代理店の宣伝キャンペーンというのは、相手をいかに効果的に「説得」「納得」させるかという技術を高度に進化させたものである。そのようなことをやってのけるには、心理学のテクニックが必要不可欠だ。広告業界の先進国である、アメリカやイギリスでは、そのような「人間心理の動き」を研究する場所が沢山ある。例えば、映画「エス」のモデルになった、スタンフォード・リサーチセンターがそれであるし、それ以外にも二〇世紀半ばくらいから「~人間関係研究所」というような名前の研究所が何件が作られている。



これらの人間心理を研究する研究所では、具体的には戦争帰還兵の精神ケアを目的にした、心理学の実験などが行われており、表向きはそのような目的と心理学の研究をメインに学問的な研究を行っていたのである。



しかし、学問というのは政治に従属するということは、私が「ジャパン・ハンドラーズ」で書いたとおりである。心理学は人間心理の解明を目的にしている。人間心理がどのように揺れ動くかということを調べる目的でネズミの反射神経の実験を行っている。厳密に言えば、それを人間に応用できるのかといえば疑問だが、人間心理の動きを解明することを窮極の目的にしていたことは事実だろう。



ものごとのしくみを解明するということは、近代合理主義の精神である。物事を部品のレベルまで崩し、全てを数量化し、設計図を描く。設計図を描けると言うことは、自分たちで設計図を書き直すことが出来るということである。人間の心理を解明し、生来の気質とは別の人格を作り出すという科学信仰の一種がアメリカの社会科学の一分野である、行動科学(ビヘイビアル・サイエンス)である。広告業界のメソッドはつきつめると、この人間心理工学というべき行動科学に基づいている。また、アンソニー・ロビンズなどの自己啓発本(セルフ・ヘルプ)というジャンルの背後にある思想も同じである。



イギリスの元MI6のジョン・コールマン博士Dr.John Coleman の「タヴィストック洗脳研究所」という新著がこの三月末に出版された。







この
タヴィストック人間関係研究所 The Tavistock Instute of Human Relation
という研究所は実際に存在する研究所である。コールマン博士によれば、このイギリスの研究所にアメリカのメディア関係者は送り込まれて、「広告=洗脳技術」を教え込まれるのだという。当たり前であるが、この研究所のHPを見る限りでは、「私たちは洗脳をやっています」などというあぶないことは書かれていない。実際には次のように書かれている。





Tavistock Institute



(引用開始)

HISTORY



The Tavistock Institute of Human Relations, a novel, interdisciplinary, action orientated research organisation, was founded in London in 1946 with the aid of a grant from the Rockefeller Foundation. It was set up for the specific purpose of actively relating the psychological and social sciences to the needs and concerns of society. In sustaining this endeavour for more than fifty years, it has won international recognition.



The circumstances of World War Two brought together an unusually talented group of psychiatrists, clinical and social psychologists and anthropologists in the setting of the British Army, where they developed a number of radical innovations in social psychiatry and applied social science. They became known as the Tavistock Group because the core members had been at the pre-war Tavistock Clinic. Though only some of them continued their involvement with the post-war Tavistock organisation, those who did built on the war-time achievements to introduce a number of far-reaching developments in several fields. This style of research related theory and practice in a new way.



The objectives of the Institute were to study human relations in conditions of wellbeing, conflict or breakdown, in the family, the community, the work group and the larger organisation, and to promote the health and effectiveness of individuals and organisations.



Since that time, the Tavistock Institute has evolved into an organisation that does research and consultancy, evaluation and professional development work in support of change and learning. We try to contribute to the development of the social sciences by publishing our work. We also own and edit Human Relations, an international social science journal, and edit the journal Evaluation.



The Institute was located in the Tavistock Centre in Belsize Park, which we shared with the Tavistock Clinic until the summer of 1994, when we moved to our current office in central London.



More information about us, our publications, our work and our current interests can be found on this website. A more detailed account of our history can be found in The Social Engagement of Social Science - A Tavistock Anthology published by the University of Pennsylvania Press in three volumes between 1990 and 1997, (ISBN 081228912-6, 081228193-4 and 081228194-2). A history of the Tavistock Clinic can be found on the website of the Tavistock & Portman NHS Trust.



http://www.tavinstitute.org/

(引用終わり)



この引用を見てもらえば判るように、このタヴィストック研究所は、政府機関向けの仕事だけではなく、民間企業の社員教育なども行っているシンクタンクである。もともとは、タヴィストック・プラザにあったもので、戦後にはロックフェラー財団の資金援助を受けていることまであからさまに書いてある。余談だが、タヴィストックといえば、紅茶のアール・グレイの語源となった、グレイ伯爵(Earl Grey)の“所領”である。グレイ伯爵は、以前にも紹介した、ミルナー・グループの後継組織である、「円卓会議」(ラウンド・テーブル)のメンバーでもあったようだ。

(参考:http://watch.pair.com/cnp2.html)



実際にジョン・コールマン博士が書いているようには、このタヴィストック研究所がアメリカの社会現象のムーブメントの全ての青写真を描いているわけではないだろう。



ただ、重要なのは、人間心理工学という学問ジャンルが存在し、それが政治や国際金融資本と結びつくと、大衆洗脳に悪用されてしまうということである。人間というのは、感情に訴えられるとすぐに、おかしなプロパガンダでも受け入れてしまう傾向を持っている。人間心理を知り尽くした、タヴィストックやスタンフォード・リサーチセンター、電通などのような広告産業はそれを商品の売り込みにも利用するし、選挙キャンペーンにも利用するし、戦争の売り込みにも利用する。広告代理店と大手マスコミ関係者とアメリカの意向を受けた政治家たちはグルである。



彼らの次の宣伝キャンペーンは、安倍晋三を総理大臣にするという一大キャンペーンであり、憲法改正であり、日本をアメリカの替わりに中国にぶつける(そして、国際金融資本と死の商人が戦争利権で大儲けする)というシナリオだろう。これはもう間違いない。我々は、中国との戦いはアメリカに勝手にやらせておく位の「ずるがしこい」構えでいなければならない。世の中は騙しあいである。騙し抜いた方が最後に生き残るのである。広告産業に騙されるな!!



アルルの男・ヒロシ 拝



====

<本日の音楽>








さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~音楽集



-先週亡くなった、作曲家宮川泰(みやがわ・ひろし)氏の代表作、宇宙戦艦ヤマト音楽集シリーズの第二弾。ヤマトと石原慎太郎の関係については、いずれ書く。この音楽集は、私がクラシック音楽に関心を持つきっかけになった一枚である。何と言っても二曲目の「白色彗星」が圧巻である。私はこのレコードで初めてパイプオルガンというものを知った。アメリカのハリウッド映画でも、ここまで大がかりな劇伴音楽は無かったのではないか。ヤマトは、原案者のプロデューサーの西崎義展氏の代表作であるが、音楽の面で優れたモノがなかったら、あれほどまでに大ヒットすることはなかっただろう。西崎氏と石原慎太郎の関係についてもいずれ書く。  今日は2時から日フィルの宮川泰追悼コンサートがある。佐々木功氏も出演するので、涙の「ヤマト」大合唱となるだろう。




蛇足

彼らの欠点は、無意味に次々と情報を繰り出すから・一般ピープルは・嫌気がさしてくるのだろう。

人間はそんなに賢くないで・・。

東大は出たけれど・・。

ベンチャー革命2006年4月1日

                           早稲田大学院MOT教授 山本尚利

タイトル:偽メール事件が暴いた日本型キャリアの根本欠陥



1.民主党:シナリオ発想欠如

 2006年3月31日、民主党偽メール事件(注1)の責任をとって、前原代表が辞任を発表しま

した。本事件の張本人、永田寿康議員も、前原辞職が決まった直後、議員辞職を決めまし

た。この事件を通じて、民主党は、親方日の丸企業の日本航空も驚くほどのあきれた危うい

組織であることを露呈しました。永田議員の辞職に伴い、4月4日に予定されていた西澤孝氏

(永田議員をだまして偽メールを提供したと言われているフリージャーナリスト)に対する

国会証人喚問も中止されました。いったいこの事件は何だったのか、国民は開いた口がふさ

がりません。産官学を問わず、組織が危機に直面した際、その責任者は、組織の崩壊を避け

るため、さまざまな防衛策をとります。その際、責任者の最大の課題は、おのれの責任のと

り方をどうするか、また、どのタイミングで責任を取るかに集約されます。それには、シナ

リオ発想が不可欠です。ところが、前原代表の一連の挙動を観察するに、そのような、いわ

ば責任者に必須の基本能力がまったく欠如しているようにみえます。組織代表者の辞任は、

そのタイミングが最も重要です。同じ辞任でも、タイミングを失した辞任は、組織への信頼

を回復するどころか、さらに悪化させます。前原氏の3月31日時点での辞任発表は、まさに最

悪の辞任劇の見本でした。組織の責任者としては完全に失格です。彼は今回の事件で、自分

が辞任しさえすれば、問題は解決すると、能天気に考えているふしがあります。これは大き

な間違いです。なぜなら、第三者からみれば、これで偽メール事件の真相が隠蔽されると映

るからです。第三者の目が想像できない人材が、組織の責任者に就任するとその組織がどう

なるかを、今回の事件は見せ付けてくれました。



2.偽メール事件主人公:永田寿康氏とは

 今回の偽メール事件の張本人、永田議員は千葉2区(八千代市、習志野市)の衆院議員で

した。この区は筆者の居住する選挙区です。1969年生まれの彼は現在、まだ弱冠36才で

す。2000年に初当選し、現在3期目です。筆者は、過去3回とも、彼に投票してきました。そ

の理由は、民主主義政治の理想は、二大政党の拮抗的競合状況の実現にあると信じるためで

す。地方の国民が自民党を半永久的に勝たせるなら日本に民主主義は育ちませんか

ら・・・。その意味で筆者は、積極的な民主党支持者でもなく、永田議員の積極的な支持者

でもありません。千葉2区で彼が民主党から公認されているから投票してきたに過ぎませ

ん。千葉2区で民主党に投票した市民の大半は、筆者のような浮動層市民でしょう。永田議

員にとって千葉2区のかつてのライバルは、江口一雄氏でした。県会議員出身の江口氏は地

元の有力者で、典型的な利権主義的自民党候補者でしたが、小選挙区制度になって、永田氏

の登場で落選しています。その永田氏は、民主党候補者像の典型です。すなわち、東大卒、

大蔵省入省、UCLAのMBAホルダーという華麗なキャリアを持っています。地元利益誘導の江口

氏とは対照的な候補者でした。千葉2区は千葉都民といわれる新住民居住地域であり、民主

党の作戦はズバリ当たり、筆者のような浮動層を大量獲得して永田氏は江口氏に打ち勝って

きたのは事実です。

 都会住民には無縁の自民党利権主義を嫌悪する多くの千葉都民(1票の重みが地方国民の

5分の1でしかない)が、自民党利権主義の対極に位置するようにみえたクリーンイメージ

の永田氏に投票してきたのです。今回、彼はその千葉都民の期待を完全に裏切ったといえま

す。



3.末は博士か大臣かの幻想

 今回の偽メール事件でみえてきたことは、永田氏に代表される日本型キャリアの欠陥が露

呈した点です。戦後の日本人は、東大にさえ入ればその後の人生が保証されるような幻想を

与えられてきました。東大卒の永田氏の大蔵省入りは、国費で留学するためのステッピング

ストーンであったと思われます。政治家志望の彼にとって米国有力大学への留学は、単にお

のれのキャリアアップの手段でしかありませんでした。一方、キャリア至上主義の幻想にと

らわれてきた日本の民主党は、彼の華麗なキャリアに惑わされて、彼を千葉2区民主党公認

候補として指名したのです。この時点で民主党は永田氏の政治家としての能力をすでに見誤

っていたのです。その人選ミスのツケが今回の事件で一挙に回ってきたのです。さて、今回

辞任した前原誠司氏は、京大卒、松下政経塾出身です。こちらも民主党の若手エリート議員

の典型です。永田氏、前原氏ともに民主党議員の典型的キャリア人材で、利権主義自民党の

議員とは対照的です。民主党若手議員の多くは確かに、華麗なキャリアエリートであり、ク

リーンイメージをもっています。ところが、今回の偽メール事件では、そのクリーンさが仇

となったのです。クリーンにみえた彼らは、単に世間知らずのボーヤであったにすぎないこ

とが露呈しました。自民党利権主義者のアンチテーゼとして登場した民主党若手エリートと

は、単に未熟者であった。その証拠に、永田氏の実母だけは、彼は政治家に向いていないと

見抜いていたようです。(注2)さすが、母の直感はズバリ当たっていたのです。

 要するに、よく考えてみれば、華麗な学歴を磨く努力や能力と、政治家としての資質はま

ったく関係ないということです。ここに日本の民主党の人事戦略に決定的な誤謬が存在しま

す。



4.日本人学歴エリートの根本的欠陥

 2006年3月31日、民主党は偽メール事件にかかわる調査報告書を発表しました。それによれ

ば、西澤氏は最初から永田氏に的を絞り、意図的に彼に接近して、故意に偽メールをつかま

せたことがわかります。その目的が単に、金目当ての詐欺なのか、何らかの陰謀なのかまっ

たく不明です。仮に陰謀だとしても、小泉政権維持のための陰謀か、それとも、創価学会か

ら訴訟を起こされていた永田氏個人を失脚させるための陰謀かもまったく不明です。いずれ

にしても、永田氏が西澤氏にだまされたのは確かなようです。それならば、永田氏は心底、

能天気の人間であることになります。民主党でもっともだまされやすい能天気政治家として

彼は選ばれた。問題は彼の華麗なキャリアパスが、彼を簡単にだまされない大人の人間に仕

立てることはなかった点にあります。このことは、日本における学歴キャリアパスは、精神

年齢の成熟した大人として要求される基本的能力開発にほとんど寄与しないことを証明して

います。かつてダグラス・マッカーサー元帥が「米国人が45歳の大人だとすれば、日本人は12

歳の少年である。」と述べたそうですが、この一言に彼の対日本人観がすべて凝縮されてい

ます。(注3)筆者は、永田氏の人材としての根本的欠陥は、大なり小なり、日本の産官学

の学歴エリート人材の根本的欠陥につながると思います。永田氏に代表される日本の学歴エ

リート人材の根本的欠陥は、先の太平洋戦争で、日本国を敗戦の悲劇に導いた軍閥エリート

の根本的欠陥とも、なんらかの類似性があるような気がします。この意味で、日本の産官学

の学歴エリート人材の根本的欠陥は、戦前、戦後を通じてまったく改善がみられないと思わ

れます。

 この日本の産官学エリート人材集団(厳密には似非エリート)の構造的欠陥は、長年、米

国覇権主義者から徹底的に研究され、今日までの日本の統治に、計り知れないほど役立って

きたと思われます。



注1:ベンチャー革命No.188「日本政治の親米化促進:偽メール事件の意味」2006年3月23日

注2:週刊現代2006年4月8日号、34ページ、講談社

注3:ジョン・ダワー「敗北を抱きしめて」下巻、375ページ、岩波書店、2004年



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

小沢の出番

株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu116.htm




2006年3月31日 金曜日



いよいよ最新刊『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』が発売されました。 3月31日 今日のぼやき












アルルです。更にイスラエルについて、ソーンは次のように述べる。


(引用開始)


 イスラエルは、ロスアラモス研究所の秘密情報を手に入れた最初の国だ。それから、許しがたい行為だが、彼らはこのきわめて危険な機密情報を、中国-これからのアメリカの最大の脅威-にも提供した。その見返りに、中国はイスラエルに最新の軍事機密を提供した。そうすることで、イスラエルが常に敵対するアラブ諸国の一歩先を行けるようにした。


 ほかの人はどう思うか知らないが、わたしはモサドと中国秘密情報局が手を組んだというこの事実に震え上がっている。というのも、イスラエルは現に中東で漁夫の利を得ているからだ。彼らがこの数十年の間アメリカに味方しているのは、これまではアメリカが。“お山の大将”(キング・オブ・ザ・ヒル)だったからである。


 だが、今では中国がわたしたちに取って代わろうとしていることをイスラエルは理解している。だから、イスラエルは忠誠心を捧げる相手をわたしたちアメリカから中国へと切り替えながら、それなのにいまだにアメリカから多額の対外援助を引き出し続けている。  「上」(p17)


(引用終わり)


アルルです。このイスラエルの諜報機関と中国との連携は、アメリカのエスタブリッシュメントの公認のもとで行われている、というのがソーンの見方である。その根拠付けとして、中国に対して、アメリカが、いや具体的にはアメリカの上層階級=貴族階級であるところの、ロックフェラー・グループがそのように意図的に中国を強大化させているのだと述べている。さらに引用を続ける


(引用開始)


 ロックフェラー家のピラミッドの頂点はシティグループであり、五万店舗以上の支店や系列会社を世界中に有する、広範囲に勢力を張った金融ネットワークとなっている。.‘世界中“という言葉が鍵だ。というのも、ロックフェラー家の忠誠心は、決してアメリカ合衆国に対するものではなく、世界規模の利益に対するものだからだ。


それから、アメリカの銀行で初めてモスクワや北京に出店したのはチェース・マンハッタン銀行であったのを、知っているだろうか。さらに、史上最大のトラック工場建設に出資したのも、チェース・マンハッタン銀行である。ただ落とし穴は、それがアメリカではなく、旧ソビエト連邦のカマ川沿いに建設されたことだ。旧ソ連と言えば、アメリカ最大の敵、悪の帝国、共産主義、スターリン、冷戦である。


 こうした情報を念頭に置きつつ、わたしたちは自問する必要がある。ロックフェラー一族のねら真の狙いは何なのか、と。最良の答えが、ゲイリー・アレン著『ロックフェラー帝国の陰謀見えざる世界政府』(高橋良典訳、自由國民社).の中に見つかる。


 「一族の動機は競争相手をわざと作り出すためにアメリカの資金とノウハウを使うことである。同時に、この国を疲弊させるために、考えうるあらゆる不正な策略を用いることだ。(中略)ただしその目的は決してアメリカ合衆国を破産させることではない。そうではなくて、われわれ国民の生産力、ひいては生活水準をもっと落とすことにある」    「上」(p82、訳者注、原書英文表記は引用では省いた)


(引用終わり)


アルルです。ここの部分は、副島隆彦監修で昨年の12月に発刊されている、ジョゼフ・マッカーシー著の『共産中国はアメリカがつくった』とあわせて理解できるだろう。


同時期に発刊された、『国防長官は何故死んだのか』(コーネル・シンプソン著)にも書かれているのであるが、共産ソビエトに対して、アメリカから秘密核技術が計画的に流出していたという事実がある。原爆製造の最高責任者であった、ロバート・オッペンハイマー Robert Oppenheimer 博士(ロスアラモス Los Alamos 原子爆弾研究所長、=マンハッタン計画責任者)自身や、ローゼンバーグ Rosenberg 夫妻などが、ソビエトと内通して、アメリカの核技術を大量にソ連に流出させたことが今では明らかになっている。


 もっと上部のアメリカのエスタブリッシュメントの中の、ロックフェラー一族が頂点から操(あやつ)った、ハリー・ホプキンスやハリー・デクスター・ホワイトといったルーズヴェルト政権の重要閣僚達が、当時の連合国仲間(同盟国)であるソビエトにきわめて不可解な、非常に激甘の姿勢があった。この背景が無ければたやすく核技術は流出しないし、戦争で疲弊していたソビエトや中国で、あんなにも急速に核実験が成功しなかっただろう。

すべては大きく仕組まれていた。単に個々のスパイたちの核技術の盗み出し、で出来ることではない。それと同じことが、現在も続いている。


また、アントニー・サットン教授というフーバー研究所の研究員を務めていた学者が、なぜかアメリカの最新技術が大量にソビエトに流れ出しているのを発見し、そこからアメリカのエスタブリッシュメントのアメリカの国益に対する裏切りを発見している。(詳しくは、アントニー・サットン著『ベスト・エネミー・マネー・キャン・バイ』などに書かれている。この本は未邦訳であるが、一部がこの『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』に紹介してあった。) ソーンの次の文章を読んでみると良い。


(引用開始)


 その適例が中国である。中国は今や世界の次なる超大国として、アメリカに取って換わろうとしている。だからこの状況についてちょっと検討してみる。まず中国に「最恵国待遇」の地位を与えたのは誰か。アメリカ政府である。


 では、ハイテクノロジーのノウハウを提供して二一世紀へと向かわせたのは? アメリカ政府だ。そして、先端コンピュータ部品を供給したのは? これもアメリカ政府だ。中国製品はアメリカに大量に輸入されているのに、反対にアメリカ製品は中国政府から関税や政府の規制を受けている。こういう一方的な貿易協定を維持しているのは誰か? これもアメリカ政府だ。


このうえNAFTA(ナフタ)やGATT(ガット)が、いかにメチャクチャな協定(これもグローバリストたちが作り上げたものだ)かを知ったら、あなたは頭を掻きむしり、私たちのアメリカを意図的に弱体化させようとしている勢力は一体何なのかと考えるだろう。アメリカ合衆国、アメリカ国民がそれをしているのだろうか。それとも問題の背後に潜む怪物や蛇の仕業なのか。 

(上巻、p83)


(引用終わり)


 アルルです。以上が、本書の『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』の重要な核になる部分の一つ目である。それ以外にも本書は、既に私たちが何度も紹介した、アメリカ現代陰謀理論(=真実の言論)の最高峰であるキャロル・キグリー Carrol Quigley 教授の『悲劇と希望』' Tragedy & Hope 'の紹介や、それ以外の約100冊の、世界の裏側の秘密を暴いた名著が紹介され、一冊あたり10箇所ぐらいずつの引用がなされている。だから、この上下2巻を読むと、網羅的に、約100冊の、アメリカの重要な定評のある政治思想書を読んだことになる。(中略)


最後に、最新のアメリカ政治情報を。現在、アメリカ国内では一本のレポート(論文)を巡って、密かな大激震が起きている。


 それは、アメリカのシカゴ大学のリアリスト派の研究者である、ジョン・ミアシャイマー教授が、アメリカ国内における、「イスラエル・ロビー」の活動の内容を詳細に記述し、批判した論文である。


 つまり、ネオコン批判は、そのままイスラエル批判に繋がるのである。これは少しばかり、フランシス・フクヤマも触れていたことである。日本では、産経新聞の古森義久(こもりよしひさ)氏のような「生き方そのものがネオコン」のような新聞記者達が、「ネオコンとユダヤ、イスラエルは関係ない」という嘘の情報を書き殴っているために、ネオコンはただの軍事強硬派程度の理解しかかない。


古森氏は、ユダヤ人のマレー・フリードマンという歴史家が書いた、“The Neoconservative Revoltion”という本を知らないのだろうか。この本の中では、ネオコンとはユダヤ人の政治思想運動であるということが明確に認められており、むしろそれを自賛する雰囲気がある。


 アメリカ国内では、去年秋から、ペンタゴンの諜報機関のメンバーがイスラエルロビーのAIPAC(エイパック)のメンバー二人に、アメリカの情報を売り渡した問題が発覚した。このアメリカ人は、ネオコンのダグラス・フェイス国防次官補の部下であり、フェイス次官補とイスラエル・ロビーとの関係から非常に問題視されるべき事件である。


 今週に入ってからも、アメリカのブッシュ政権の大統領国家安全保障担当補佐官(以前はライス国務長官がつとめていた)であった、スティーブン・ハドレー補佐官が突如辞任、後任に予算畑の、ジョシュア・ボルテン氏が就任するなど、ブッシュ政権のネオコン路線に露骨な批判が集まっている。


 ヴィクター・ソーンの言うように、アメリカの諜報組織CIAとイスラエルの諜報組織モサドは、一見するところ、仲が良さそうに見えるが、裏側ではCIAがモサドのアメリカ浸透に対して常に警戒を怠っていないのである。ここは重要な視点である。ミアシャイマー教授の暴露論文の登場の背景には、そのようなアメリカの表向きの支配者層とイスラエルの支配者層の緊張関係があることを見逃してはならないのである。


アルルの男・ヒロシ 拝






(私のコメント)

一昨日にミアシャイマーのイスラエルロビー批判論文を紹介しましたが、その中でも次のような文章がありますが、アメリカと中国とではイスラエルを通じて軍事的な連携が作られているようだ。



《 イスラエルは細心の注意を払うべき軍事技術を中国のような米国の潜在的な対抗者に供与してきた。国務省の査察官はそれを「体系的で増大傾向にある、公的に承認されない供与」と呼ぶ。また、会計検査院によれば、イスラエルは「米国の全ての同盟国の中で米国に対し最も活発なスパイ活動を行って」いる。 》



クリントン政権時代も大陸間弾道弾の重要機密が中国にアメリカの軍需産業を通じてもたらされましたが、小さなニュースになっただけで消えてしまいました。、アメリカの中にはイスラエルを通じて中国と連携しているグループがあるようだ。このような非愛国的行為はばれたら厳罰に処せられることなのですが、そのようなニュースはなかった。つまりアメリカの奥の院は中国とつながっている。



なぜアメリカ政府はこのような行為を見てみぬふりをしているのか、それはアメリカ政府ですら手の出せない奥の院が行なっている行為だからである。同じような事はソ連に対しても行なっており、冷戦時代も奥の院はソ連との貿易を独占して巨額の利益を上げていた。中国に対しても真っ先に投資をしたのは奥の院であり、中国を通じて巨額の利益を上げている。



アメリカ人でもこのようなニュースを知っているはずなのに、どうして奥の院に対する非愛国的行為が批判にさらされないのか不思議だったのですが、ようやくミアシャイマーやウォルトなどの批判論文が出るようになりました。知識人の間でも触れてはならない問題だったのですが、イラク問題が泥沼化してゆくにつれて、見て見ぬふりができなくなってきたようだ。



フランシス・フクヤマあたりは洞ヶ峠を決め込んでいるようですが、ネオコンの主張する「次はイランだ」というタカ派には批判的だ。アメリカにはとてもそこまでの国力も軍事力もないのですが、イスラエルにとってはイランを攻撃してくれればイスラエルを脅かす存在はなくなる。石油が目当てだという説もありますが、石油の軍事支配はアラブ諸国を敵に回すだけだ。



最悪の場合にはアメリカは中東の石油確保に失敗して国の生命線は絶たれることになるだろう。地理的に見ればイスラエルと中国との同盟で中東を支配する事が地政学的には一番有利な選択ですが、アメリカの奥の院はそこまでの設計図を描いているのだろうか。日本も将来はイスラエルと中国の勢力に加わって石油を分けてもらうようになるのかもしれない。



アメリカの大衆は星条旗を振りかざしてUSA!USA!と叫んでいますが、愛国心だけではアメリカの繁栄は図れない。9・11も誰の仕業かわからないのにイラクのサダムフセインが犯人だというガセネタでイラク侵攻しましたが、まったくのデタラメだった。アメリカ人はいつになったら目が覚めるのだろうか。BSEの牛肉を食べて頭が既にスポンジ状態になっているのだろう。



だからこそミアシャイマーのような知識人がタブーを破るように論文を書いたのですが、アメリカの奥の院によって葬り去られるかもしれない。あるいはアメリカでもイスラエル批判やユダヤ人批判起こってネオナチ的な国家に変身するかもしれない。キリスト教右派にはそのような体質がある。そうなれば日本は米中の間に挟まって動きが取れなくなる。アメリカが没落する前に日本は自主防衛体制を固めて米中に翻弄されないようにすべきだ。



小泉内閣もアメリカの奥の院が作ったものですが、靖国神社を参拝させているのも、中国がそれを非難しているのも奥の院の指示によるものです。小泉総裁は首相になる前は靖国参拝する人ではなく、皇室典範を改正して天皇制を骨抜きにするようなことを企む左翼的な人物だ。奥の院にとっても女系天皇を認めさせて天皇家をユダヤが乗っ取る事も考えているのだろう。あるいは雅子妃自身が既に日系ユダヤ人なのかもしれない



蛇足


副島氏が言う次期皇帝ジェイ・ロッフェラーの僕、小沢一郎の出番か??


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR