FC2ブログ

Chapter III-3

PROFESSOR B. ON THE FUNCTION OF THE

CENTRAL BANK IN THE MATURE FINANCE CAPITALIST SYSTEM


In its pristine form a Central Bank is a private monopoly of a nation's money and credit issuance supported by the coercive power of the state. That the Central Bank be directly in our hands is vital until our new order is firmly established throughout the governmental, business, intellectual and political spheres of society. After our order is consolidated, formal nationalization of the Central Bank with great fanfare is usually advisable in order to dispel any lingering suspicion that it is operated for private gain. Of course only loyal agents of the dynasty are allowed to obtain high offices in the Bank and our power remains intact.


Obvious private monopolies are always the targets of sharp reformist agitators. Only the most paranoid, however, can see through the public facade to the private monopoly of the nationalized or quasi-nationalized Central Bank. The Central Bank is the primary monopoly on which all our monopoly power depends. The occult power of the Central Bank to create money out of nothing is the fountain head that fuels our far-flung financial and political empire. I will make a quick survey of a few of the ways this secret money power is brought to bear.

熟している財政資本主義的なシステムでの中央銀行の機能の教授B.


初期のフォームでは、セントラルBankは高圧的な国家権力によって支持された国の金融発行の私的独占です。 セントラルBankによる直接中では、私たちの新しいオーダーが社会の政府の、そして、ビジネスのインテリと政治犯球中でしっかり確立されるまで私たちの手が必要であるということです。 私たちのオーダーが統合された後に、通常、かなりのファンファーレがあるセントラルBankの正式な国有化は、それが個人的な利得のために操作されるというどんな頭から離れない疑惑も晴らすために賢明です。 もちろん、王朝の忠誠なエージェントだけがBankで高い地位を得ることができます、そして、私たちのパワーは元の状態のままになります。


いつも明白な私的独占は鋭いリフォーミストアジテーターの目標です。 または、しかしながら、最も多くのパラノイアだけが国有化の私的独占で公共の正面を見ることができる、準である、国有化、セントラルBank。 セントラルBankは私たちのすべての独占力がよる第一の独占です。 セントラルBankが無からお金を作成するオカルトのパワーは私たちの広範囲の財政的で政治上の帝国をあおる噴水口です。 私はこの秘密のお金のパワーが生かされる方法のいくつかの迅速な調査を作るつもりです。

Basically, the power of our Central Bank flows from its control over the points of entry into the economy of new, inflationary money which it creates out of thin air. Ordinarily, bills of exchange, acceptances, private bonds, government bonds and other credit instruments are purchased by the Central Bank through specially privileged dealers in order to put the new money, often only checking accounting entries, into circulation. The dealers are allowed a large profit since they are fronts operated by our agents. Our purchase of government securities pleases the government, as our purchase of private debt pleases private debtors. As a quid pro quo to assure "good management" our agents are given directorships, managerial posts, and offices in the corporations and governments so benefited. As the addiction to the narcotic of inflationary easy credit grows and grows we demand more and more control of our dependent entourage of governments and corporations. When we finally end the easy credit to "combat inflation" the enterprises and governments either fall directly into our hands, bankrupt, or are rescued at the price of total control. Also, we ruling bankers control the flow of money in the economy through the wide authority of the Central Bank to license, audit, and regulate private banks. Banks that loan to interests outside the loyal entourage are "audited" by the Central Bank and found to be dangerously overextended. Just a hint of insolvency from the respected Central Bank authorities is enough to cause a run on the disobedient bank or at least dry up its vital lines of credit. Soon the banking establishment learns to follow the hints and nods of your father's agents at the Central Bank automatically.

基本的に、私たちのセントラルBankのパワーはエントリーのポイントのコントロールからそれがどこからともなく作成する新しくて、インフレのお金の経済に流れます。 通常、交換、承認、借用証書、国債、および他の信用手段の請求書はにわか成金を置くために特に特権があるディーラーを通してセントラルBankによって購入されます、しばしば会計エントリーをチェックするだけであって、流通に。 大きい利益は、彼らが私たちのエージェントによって操作された前部であるので、ディーラーに許容されています。 私たちの個人債務の購買が民間債務者を喜ばせるとき、私たちの政府発行有価証券の購買は政府を喜ばせます。 「良い管理」を保証する代償物として、私たちのエージェントをそのようにためになられる会社と政府における任期、管理職、およびオフィスに与えます。 インフレの金融緩和の麻酔剤への中毒が成長して、成長するとき、私たちは私たちの政府と会社の依存する側近のますます多くのコントロールを要求します。 私たちが「インフレと戦う」ために金融緩和を最終的に終わらせるとき、企業と政府は、私たちの手、直接破産者になるか、または総コントロールの価格で救われます。 また、私たち支配的な銀行員はセントラルBankがプライベートバンクを認可して、監査して、規制する広い権威を通して経済における、お金の流れを制御します。 忠誠な側近を外の関心に貸与する銀行は、セントラルBankによって「監査され」て、危険に過度に拡張されるのがわかっています。 まさしく尊敬されたセントラルBank当局からの支払不能のヒントは、重大な融資限度額に反抗的な銀行で走行を引き起こすことができるくらい少なくとも乾いています。 すぐ、金融機関は、セントラルBankで自動的にあなたの父のエージェントのヒントとうなずきに続くのを学びます。

Further, the periodic cycles of easy money and tight money that we initiate through our control of the Central Bank cause corresponding fluctuations in all markets. Our inner circle knows in advance the timing of these cycles and, therefore reaps windfall profits by speculating in commodity, stock, currency, gold, and bond markets. Monopolistic stock and commodity Exchanges are a vital adjunct to our power made possible by our Central Bank power. We do not allow a fair auction market to exist, but make a great show of "tough" government regulation to create a false sense of confidence among small investors. With the aid of our regulatory charade and financial power we are able to maintain Exchanges tailored to our entourage's need to manipulate stock prices at the expense of independent investors. Our privileged specialists on the floors of our Exchanges, aided by the propaganda of our financial press and brokerage houses, continually play on naivete' and greed to drain the savings of the unwary into our coffers. The stock, commodities, and securities held in trading accounts by the Exchange and brokerage houses provides us with a clout far beyond our own actual holdings with which we can manipulate prices and win proxy fights for corporate takeovers.


Little danger to our lucrative racket exists from public spirited regulation. Our manipulations are so complex that only the most brilliant experts could comprehend them. To most economists our Exchange operations appear to be helpful efforts to "stabilize" the market. We ruling bankers, if able to keep peace among ourselves, become richer and richer as time passes without the annoyance of exerting productive effort of benefit to others.


The next speaker, Professor G. will discuss the secrets of social legislation and policy that do so much to cement our power.


Click here for conclusion of "The Occult Technology of Power"


さらに、私たちのセントラルBankのコントロールで私たちが着手する周期的なサイクルの金融緩和ときついお金はすべての市場での対応する変動を引き起こします。 そして、私たちの権力中枢部の側近グループがあらかじめこれらのサイクルのタイミングを知っている、したがって、商品、ストック、通貨、金、および公社債市場に投機することによって、意外の利潤を獲得します。 独占的なストックと商品Exchangesは私たちのセントラルBankパワーによって可能にされた私たちのパワーへの必要な付属物です。 私たちは公正な競り市場を存在させませんが、「厳しい」政府規制のすばらしいショーを作って、小口投資家の中で信用の誤った感覚を作成してください。 私たちの規定のジェスチャーゲームと財力の援助で、私たちは、Exchangesが独立している投資家を犠牲にして株価を操る私たちの側近の必要なことに適合したと主張することができます。 '私たちの経済新聞と仲介会社のプロパガンダで支援された私たちのExchangesの床の上の私たちの特権がある専門家は絶えず、無邪気でプレーし'て貯蓄から私たちの金庫の中への不注意を消す欲張り。 ストック、商品、および証券はExchangeで売買勘定で持ちこたえました、そして、仲介会社は遠くに私たちが法人の接収のために価格を操って、委任状争奪戦を得ることができる私たち自身の実際の持ち株を超えて勢力を私たちに提供します。


ほとんど、私たちの有利なラケットへの危険は公共の活発な規則から存在していません。 私たちの操作が非常に複雑であるので、最も才気あふれている専門家だけが彼らを理解することができました。 ほとんどのエコノミストにとって、私たちのExchange操作は市場を「安定させる」ための役立った努力であるように見えます。 自分達の中で治安を維持することができるなら、時間が他のものへの利益の生産的な努力を出すいらだちなしで経過するのに応じて、私たち支配的な銀行員はどんどん豊かになります。


次のスピーカー、G.がそう多くのことをする社会立法と方針の秘密について議論する教授は私たちのパワーをセメント付けします。


「パワーのオカルトの技術」の結論のためにここでクリックしてください。

スポンサーサイト



Chapter III-2

Human hierarchies, in contrast to the animal variety, are best sustained when the members are deluded regarding the oppressive nature, or better, even the very existence of the hierarchy! Visible rulers are highly vulnerable. Thus we see visible rulers claiming to be representatives of God, the common good, the material forces of history, the general will (either through vote or intuition), tradition, or other intellectual "spooks" that serve to lessen the envy of the ruled for the rulers. Encouraging such self-delusions among the masses of the ruled is universal for visible governments. However, such spooks are little protection for the leaders of such systems against their sophisticated elite rivals and no protection against men like your father. The Roman Empire was unquestioned by the mass of its subjects for centuries, but the Emperors lived in constant fear of coup and assassination. By embracing deception wholeheartedly at every level, finance capitalism, or rule through money, has fashioned the ultimate system yet devised for the secure exercise of power. Men like your father, the hidden masters of finance capitalism, govern those who govern, produce, and think through invisible financial tentacles, the operations of which will be elucidated later by my colleagues. Dominance in all aspects of society is surreptitiously accomplished while the great majority of the ruled, and even most of the visible leaders, believe themselves to be fairly autonomous, if harried, members of a pluralistic society. Nearly everyone believes major decisions to be the vector sum of autonomous pressures exerted by business, labor, government, consumers, social classes, and other special interests. In fact, the vectors of societal power are carefully balanced by us so that any net movement is in a direction chosen by us. The only fly in the ointment is the occasional, but extremely messy, interferences by competing financial dynasties. This disconcerting problem will not be a major topic for this weekend.


I now yield to Professor Q. who will elucidate the central secrets of your father's immense money power. 動物のバラエティーと対照して、人間の階層構造は、メンバーが圧倒的な本質に関して欺かれるとき、支えるか、最も良いよりまたは良いです、階層構造のまさしくその存在さえ! 目に見える定規は非常に傷つきやすいです。 したがって、私たちは、目に見える支配者が、定規のための統治の嫉妬を少なくするのに役立つ神の代表、公益、歴史の物質力、一般意志(票か直観による)、伝統、または他の知的な「幽霊」であると主張しているのを見ます。 目に見える政府に、統治の大衆でそのような自己幻想を奨励するのは普遍的です。 しかしながら、そのような幽霊は彼らの洗練されたエリートライバルにもかかわらず、あなたの父のような男性に対する保護に対するそのようなシステムのリーダーのための少ない保護です。 対象の固まりに従って、ローマ帝国は何世紀もの間疑いがなかったのですが、皇帝はクーデターと暗殺の絶え間ない恐怖に生きました。 あらゆるレベルで心から詐欺を迎え入れることによって、金融資本主義、またはお金による規則がパワーの安全な運動のためにまだ工夫されていた究極のシステムを作成しました。 あなたの父のような男性(金融資本主義の隠されたマスター)はそれの操作が後で私の同僚によって解明される目に見えない財政的な触手を通して治めて、生産して、考える人々を治めます。 支配しているコネ、統治の大多数、および目に見えるリーダーの大部分さえ、自分たちがかなり自治であると信じている間、社会の全面はこっそりと達成されます、侵略するなら、多元的社会のメンバー。 ほとんど皆は、ベクトルの和であるという主たる決定がビジネスによって加えられた自治の圧力と、労働と、政府と、消費者と、社会階級と、特別に他の関心であると信じています。 事実上、社会のパワーのベクトルが私たちによって慎重にバランスをとられているので、私たちによって選ばれた方向にはどんなネットの運動もあります。 唯一の玉に傷が、時々にもかかわらず、非常に乱雑であり、競争するのによる干渉は財政的な王朝です。 この混乱させる問題は今週末のために主要な話題にならないでしょう。


私は現在、なるあなたの父の莫大なお金のパワーの主要な秘密を解明するのにQ.を教授にもたらします。


PROFESSOR Q. ON OCCULT KNOWLEDGE AS THE KEY TO POWER


Throughout history, secure ruling elites arise through secret, or occult, knowledge which they carefully guard and withhold from outsiders. The power of such elites or cults diminishes as their occult knowledge is transformed into "scientific" knowledge and vanishes as soon as it becomes "common sense." Before analyzing the secrets of the finance capitalist money cult, let us glance for historical perspective at occult astronomy, the oldest source of stable rule known to man of which astrology is but the pathetic remnant.


As soon as men abandoned the life of wandering, tribal hunters to till the soil they needed to predict the seasons. Such knowledge was required in order to know when to plant, when to expect floods in fertile valleys, when to expect rainy seasons, and so on. Months of back- breaking work were wasted by the unavailability of the calendar, a convenience we take for granted. The men who first studied and grasped the regularities of sun, moon, and stars that presage the seasons had a valuable commodity to sell and they milked it to the fullest at the expense of their credulous fellowmen. The occult priesthood of early astronomers and mathematicians such as the designers of Stonehenge, convinced their subjects that they alone had contact with the gods, and thus, they alone could assure the return of planting seasons and weather favorable to bountiful harvests. The staging (predicting) of solar and lunar eclipses was particularly effective in awing the community. The general success resulting from following the priesthood's tilling, planting, nurturing, and harvesting time tables insured the priesthood's power.

動かすキーとしてのオカルトの知識の教授Q.


歴史中に、安全な支配層エリートは彼らが部外者から慎重に警備して、差し控える秘密の、または、オカルトの知識を通って起きます。 そのようなエリートかカルトのパワーは、それらのオカルトの知識が「科学的な」知識に変えられるのに応じて減少して、「常識」になるとすぐに、消え失せます。 財政資本家お金のカルトの秘密を分析する前に、歴史観のために、オカルトの天文学にもかかわらず、占星術がそうである男性にとって知られている安定した規則の最も年取った源にもかかわらず、哀れな残りはちらりと見ましょう。


男性が歩き回ることの人生を捨てて、現金箱への部族のハンターが土であるとすぐに、彼らは、季節を予測する必要がありました。 そのような知識が、いつかを植物、いつ肥沃な流域における洪水を予想するか、またいつ梅雨を予想するか、そして、などに知るのに必要でした。 何カ月もの逆壊れている仕事はカレンダーの使用不能、私たちが当然のことと思う便利で浪費されました。 季節の前兆となる太陽の規則性、月、およびスターが最初に研究して、握った男性は販売する貴重な商品を持っていました、そして、彼らは彼らの信じやすい同胞を犠牲にして最もふくよかにそれの乳をしぼりました。 初期の天文学者のオカルトの聖職とそれらだけが持っていた彼らの対象が取り入れられると神、およびその結果、彼らだけとの接触が、気前のよく好ましい季節と天気を植える復帰を保証するかもしれない確信しているストーンヘンジのデザイナーなどの数学者。 太陽の、そして、月の食の演出(予測する)は共同体を畏敬するのにおいて特に有効でした。 聖職に従うのがタイムテーブルを耕して、植えて、保育して、取り入れるのを生じる一般的な成功は聖職のパワーを保障しました。

Today's Christmas-holiday season continues the tradition set by ancient priesthood, who conducted rituals on the winter solstice to reverse the retreat of the sun from the sky. Their invariable success was followed by wild celebrations. Popular knowledge of seasonal regularities was discouraged by every manner of mysticism and outlandish ritual imaginable. Failures in prediction were blamed on sins of the peoples and used to justify intensified oppression. For centuries, people who had literally no idea of the number of days between seasons and couldn't count anyway cheerfully gave up a portion of their harvests, as well as their most beautiful daughters, to their "faithful servants" in the priesthood. The power of our finance capitalist money cult rests on a similar secret knowledge, primarily in the field of economics. Our power is weakened by real advances in economic science. (Fortunately, the public at large and most revolutionaries remain totally ignorant of economics.) However, we established money lords have been able to prolong and even reverse our decline by systematically corrupting economic science with fallacious and spurious doctrines. Through our power in the universities, publishing, and mass media we have been able to reward the sincere, professorial cranks whose spurious doctrines happen to rationalize in terms of "common good" the government supported institutions, laws, and economic measures upon which our money powers depend. Keynesianism is the highest form of phony economics yet developed to our benefit. The highly centralized, mixed economy resulting from the policies advocated by Lord Keynes for promoting "prosperity" has all the characteristics required to make our rule invulnerable to our twin nemeses: real private competition in the economic arena and real democratic process in the political arena. Laissez faire or free-market, classical economics was our original attempt to corrupt economic science. Its beautiful internal consistency blinded economists for many years to the fact that it had virtually nothing to do with current reality. However, we are so powerful today that it is no longer possible to conceal our imposing institutions with the appearances of free competition.

今日のクリスマス休暇の季節は古代の聖職で伝統セットを続けます。(その聖職は、空からの太陽の後退を逆にするために冬至に儀式を行いました)。 熱狂的な祝賀はそれらの不変の成功のあとに続きました。 季節の規則性に関するポピュラーな知識は想像可能な神秘説と風変りな儀式のあらゆる方法でがっかりしました。 予測における失敗は、民族の罪のせいにされて、以前はよく激化している圧迫を正当化していました。 何世紀もの間、季節の間に文字通り何日もの数の考えを全く持たないで、とにかく喜んで数えることができなかった人々が彼らの収穫の部分をあきらめました、彼らの最も美しい娘と同様に、聖職の彼女らの「忠実な使用人」に。 資本主義的なお金のカルトが主として経済学の分野で同様の秘密の知識で休ませる私たちの財政のパワー。 私たちのパワーは経済学における本当の進歩で弱められます。 (幸い、社会全般とほとんどの革命家が経済学に全く無知なままです。) しかしながら、私たちは、支配者が長持ちさせることができたお金を確立して、当てにならなくてうわべだけの主義で経済学を系統的に崩壊させることによって、衰退を逆にしさえします。 私たちが報酬を与えることができた大学、出版、およびマスメディアにおける私たちのパワーで、うわべだけの主義がたまたま「公益」に関する政府を合理化する誠実で、独断的なクランクは私たちのお金の権限を頼る団体、法、および経済対策をサポートしました。 ケインズ経済学は偽物の経済学の今まで私たちの利益に発生した中で最も高いフォームです。 非常に集結されている、「繁栄」を促進するために主のケインズによって支持された方針から生じる混合経済で、私たちのやり方を私たちの双子の強敵にとって傷つけられなくするようにすべての特性を必要とします: 経済アリーナでの全く個人的な競争と政界における全く民主的な過程。 無干渉か自由市場、古典派経済学が経済学を崩壊させる私たちのオリジナルの試みでした。 美しい内部の一貫性は何年間も実際には現在の現実と関係なかったという事実にエコノミストの目をくらましました。 しかしながら、私たちが今日非常に強力であるので、私たちが自由競争の外観で団体を課すのを隠すのはもう可能ではありません。

Keynesianism rationalizes this omnipotent state which we require, while retaining the privileges of private property on which our power ultimately rests. Although the interim reforms advocated by Marx in his Communist Manifesto such as central banking, income tax, and other centralizing measures can be corrupted to coincide exactly with our requirements, we no longer allow Marxist movements major power in developed countries. Our coercive institutions are already in place. Any real steps toward communism would mean our downfall. Of course, phony Marxism is an excellent ideological veil in which to cloak our puppet dictators in underdeveloped areas. Secondarily, the power of the lords of money rests on an occult knowledge in the area of politics and history. We have quite successfully corruptedthese sciences. Although many people are familiar with our secrets through such books as "1984" by the disillusioned George Orwell, few take them seriously and usually dismiss such ideas as paranoia. Since real politics is motivated by individual self-interest, history is viewed most accurately as a struggle for power and wealth. We do our best to obscure this self-evident truth by popularizing the theory that history is made by the impersonal struggles between ideas, political systems, ideologies, races, and classes. Through systematic infiltration of all major intellectual, political, and ideological organizations, using the lure of financial support and instant publicity, we have been able to set the limits of public debate within the ideological requirements of our money power. The so-called Left-Right political spectrum is our creation. In fact, it accurately reflects our careful, artificial polarization of the population on phony issues that prevents the issue of our power from arising in their minds. The Left supports civil liberties and opposes economic or entrepreneurial liberty. The Right supports economic liberty and opposes civil liberty. Of course, neither can exist fully (which is our goal) without the other. We control the Right-Left conflict such that both forms of liberty are suppressed to the degree we require. Our own liberty rests not on legal or moral "rights," but on our control of the government bureaucracy and courts which apply the complex, subjective regulations we dupe the public into supporting for our benefit. ケインズ経済学は私たちのパワーが結局かかる私財の特権を保有している間、私たちが必要とするこの全能の状態を合理化します。 当座の改革は中央であることのように彼の共産党員でマルクスでManifestoについて提唱しましたが、銀行業、所得税、および他の集結測定はちょうど私たちの要件と同時に起こるように崩壊することができます、と私たちがもう先進国でマルキシストの動き主要国を許しません。 私たちの高圧的な団体が既に適所にあります。 共産主義に向かったどんな本当のステップも私たちの失脚を意味するでしょう。 もちろん、偽物のマルキシズムは私たちの人形独裁者を発育不十分の部分として包む素晴らしいイデオロギーのベールです。 二次的に、お金の支配者のパワーは政治と歴史の領域でオカルトの知識にかかります。 私たちには、corruptedthese科学が全く首尾よくあります。 多くの人々が「1984」のような本を通して幻滅しているジョージ・オーウェルで私たちの秘密に詳しいのですが、わずかしか、真剣にそれらを受け止めて、通常、パラノイアのような考えを捨てません。 リアル・ポリティクスが個々の私利によって動機づけられているので、歴史は権力闘争と富として最も正確に見なされます。 私たちは、歴史が考えと、政治システムと、イデオロギーと、レースと、クラスとの非個人的な戦いで作られているという理論を平易にすることによってこの自明の理をあいまいにするために最善をつくします。 すべての主要な知的で、政治上の、そして、イデオロギーの組織の系統的な浸透を通して、資金援助と即時の宣伝からの魅力を使用して、私たちは私たちのお金のパワーのイデオロギーの要件の中に立会演説の限界を設定することができました。 Left正しいいわゆる政界諸派は私たちの創造です。 事実上、それは正確に偽物の問題における私たちのパワーの問題が彼らの心で起こるのを防ぐ私たちの人口の慎重で、人工の分裂を反映します。 Leftは市民的自由を支持して、経済の、または、企業家の自由に反対します。 Rightは経済的自由を支持して、市民的自由に反対します。 もちろん、どちらももう片方なしで完全(私たちの目標である)に存在することができるというわけではありません。 私たちがRightによる左の闘争を制御するので、自由の両方のフォームは私たちが必要とする程度に抑圧されます。 私たち自身の自由はどんな法的であるか道徳的な「権利」でも休息していませんが、複雑で、主観的な規則を適用する政府の官僚組織と法廷のコントロールのときに、私たちは私たちの利益のための支持に公衆をだまします。


Innumerable meaningless conflicts to divert the attention of the public from our operations find fertile ground in the bitter hatreds of the Right-Left imbroglio. Right and Left are irreconcilable on racial policy, treatment of criminals, law enforcement, pornography, foreign policy, women's liberation, and censorship to name just a few issues. Although censorship in the name of "fairness" has been useful in broadcasting and may yet be required in journalism, we generally do not take sides in these issues. Instead we attempt to prolong the conflicts by supporting both sides as required. War, of course, is the ultimate diversionary conflict and the health of our system. War provides the perfect cover of emergency and crisis behind which we consolidate our power. Since nuclear war presents dangers even to us, more and more we have resorted to economic crisis, energy shortages, ecological hysteria, and managed political drama to fill the gap. Meaningless, brush fire wars, though, remain useful. We promote phony free-enterprise on the Right and phony democratic socialism on the Left. Thus, we obtain a "free-enterprise" whose "competition" is carefully regulated by the bureaucracy we control and whose nationalized enterprises are controlled directly through our government. In this way, we maintain a society in which the basis of our power, legal titles to property and money, remain secure, but in which the peril of free, unregulated competition is avoided and popular sovereignty is nullified. The democratic process is a sitting duck for our money power. Invariably we determine the candidates of the major parties and then proceed to pick the winners. Any attempts at campaign reforms simply put the rules of the game more firmly under our government's control.

私たちの操作から公衆の注意を転換する無数の無意味な闘争はRightによる左のもつれの苦い嫌いにおける肥よくな地面に当たります。 権利とLeftはわずかいくつかの問題を命名する人種的な方針、犯罪者の処理、法施行、ポルノ、外交政策、ウーマンリブ、および検閲のときに和解できないです。 「公正」の名にかけて検閲が、放送で役に立って、やがて、ジャーナリズムで必要であるかもしれませんが、一般に、私たちはこれらの問題でどちらか一方の側につきません。 代わりに、私たちは、必要に応じて両側を支持することによって闘争を長引かせるのを試みます。 戦争は、もちろん究極の牽制的な闘争と私たちのシステムの健康です。 戦争は私たちがパワーを統合する非常時と危機の完全なカバーを提供します。 核戦争が私たちにさえ危険を提示するので、ますます多くの私たちはその欠陥を補うために経済恐慌、エネルギー不足、生態のヒステリー、および管理された政治劇に頼りました。 もっとも、無意味なやぶ火事戦争は役に立ったままで残っています。 私たちはLeftでRightと偽物の民主社会主義に関する偽物の自由企業説を促進します。 したがって、私たちは「競争」が私たちが制御する官僚制度によって慎重に規制されて、国有化された企業が私たちの政府直接を通して制御される「自由企業説」を得ます。 このように、私たちは私たちのパワーの基礎、特性とお金への法的なタイトルが安全なままで残りますが、自由で、調節されない競争の危険が避けられて、国民主権が無効にされる社会を維持します。 民主的な過程は私たちのお金のパワーのためのいいカモです。 不変的に、私たちは、大政党の候補を決定して、次に、勝者を選びかけます。 キャンペーン改革へのどんな試みも単によりしっかり私たちの政府のコントロールの下にゲームの規則を置きます。

Totalitarianism of the fascist or communist varieties is no danger to us as long as bastions of private property remain to serve as our bases of operation. Totalitarian governments of both Right and Left, because of the vulnerability of their highly visible leaders to party rivals, can be manipulated easily from abroad. Primarily, totalitarian dictatorships efficiently prevent new money lords that could challenge our power from arising in whole continents, civilizations, and races. Perhaps a few words on ideology proper are in order before I conclude.


The only valid ideology, of course, is rational egoism, that is, the maximization of the individual's gratification by whatever means prove practical. This requires power over nature, especially, when possible, power over other humans who are the most versatile and valuable tools of all. Fortunately, we do not have a society of egoists. Money lords would be impossible in such a society as the mental spooks and rationalizations by which we characteristically manipulate and deceive would be a laughingstock. Under such circumstances a policy of live-and- let live or true "laissez-faire" anarchy might be the only alternative. Certainly a hierarchical order would be difficult to maintain by force alone. However, in the current era, while minds are yet in the thrall of altruistic, collectivistic, and divine moralistic spooks, the egoist's rational course is to utilize such spooks to control others.


The next speaker, Professor M., will detail the key in situation of our power: Central Banking. 私財のとりでが私たちの操作のベースとして役立つように残っている限り、ファシストの、または、共産主義のバラエティーの全体主義は私たちへの危険ではありません。 彼らの非常に目に見えるリーダーのパーティーのライバルへの脆弱性のために、海外からRightとLeftの両方の全体主義政体を容易に操ることができます。 主として、私たちのパワーに挑戦することができたにわか成金支配者は全体主義の独裁で効率的に全部起きることができません。大陸、文明、およびレース。 私が結論を下す前に恐らくイデオロギーに関するいくつかの単語自体が整然としています。


唯一の有効なイデオロギーがもちろん合理的なエゴイズム(すなわち、実用的であると判明するどんな手段による個人の満足の最大化)です。 可能であるときに、これは自然に関してパワーを特に必要とします、すべての最も多能で貴重なツールである他の人間の上のパワー。 幸い、私たちには、エゴイストの交際がありません。 お金の支配者は私たちが特徴として操って、ごまかすもので精神的な幽霊と合理化のような社会で不可能であるのが、物笑いの種であるだろうということでしょう。 そして、これでは方針、ライブである、-、-唯一が代替手段であったかもしれないならライブであるか本当の「自由放任主義」無政府主義をさせてください。 確かに、階層的なオーダーは単独で無理矢理維持するのが難しいでしょう。 しかしながら、心がまだ愛他的で、collectivisticであって、神の道学的な幽霊の束縛にありますが、現在の時代では、エゴイストの合理的なコースは、他のものを監督するのにそのような幽霊を利用することになっています。


次のスピーカー、教授、M.、意志は私たちのパワーの状況でキーについて詳述します: 主要な銀行業。


PROFESSOR M. ON THE ECONOMICS OF CENTRAL BANKING


As you have a doctorate degree in economics from a great university, I will touch as lightly as my verbosity allows on facts accepted by economic "science" and proceed to occult aspects of Central Banking. Since the division of labor is the key to all human achievement and satisfaction, a system of exchange is crucial. Barter is hopelessly complicated. A command economy, in which each does and receives what he is told, is also hopelessly cumbersome and fails to take advantage of individual initiative, ability, and concrete knowledge. A medium of exchange, money, is the obvious solution. (Even our highly centralized economies on the socialist model now enthusiastically embrace money as an indispensable simplifying tool in their economic planning.) When left to themselves, people of a given geographical area settled upon a durable luxury commodity, usually gold or silver, to use as money. Because money is a store of value as well as a medium of exchange, people saved part of their gold income rather than spending it all. This gold was often stored in the vaults of a local goldsmith, the precursor of the modern banker, for safekeeping. The depositor received a receipt that entitled him to an equal quantity and quality of gold on demand from the goldsmith. At some point the goldsmith realized that there was no reason he could not loan out some of the gold for interest as long as he kept gold on hand sufficient to meet the fairly predictable withdrawal rate. After all, he simply promised to pay on demand, not hold the gold as such. Better yet, he could simply issue more receipts for gold than he had gold and the receipts, renamed notes, could circulate freely among the populace as money. However, he soon found that there was a definite limit set on this process by reality. Not all the extra notes issued circulated forever among the public. The rate of note redemption began to increase rapidly as the receipts passed into the hands of people unfamiliar with his reputation and especially when competitive goldsmiths, always eager for more gold reserves, came into possession of his notes. To prevent a disastrous run on his gold reserves, note issuance had to be kept within bounds. But the spending power of over-issuance was a grave temptation. Especially relished was the power over governments, industry, and merchants that the miraculous loan power of the goldsmith could obtain. Many succumbed to temptation, overextended themselves, and brought ruin to their depositors while others slowly became wealthy bankers by pursuing conservative loan policies. At this point, according to economic "science," Central Banks are instituted to protect the public from periodic financial catastrophe at the hands of unscrupulous fractional reserve bankers. Nothing could be further from the truth. Central Banks are established to remove the limitation on over issuance that reality places on competitive banking systems.

主要な銀行業の経済学の教授M.


あなたに経済学の博士号が偉大な大学からあるとき、私は、私のくどさが経済「科学」によって認められた事実に許容するのと同じくらい軽く触れていて、セントラルBankingのオカルトの局面に進むつもりです。 分業がすべての人間の達成と満足のキーであるので、交換のシステムは重要です。 物物交換は絶望的に複雑にされます。 指令経済(それぞれが、彼が言われることをして、受ける)は、また、絶望的に厄介であり、個人のやる気、能力、および具体的な知識を利用しません。 交換手段(お金)は明らかな解決法です。 (社会主義のモデルの私たちの非常に集結された経済さえ現在、不可欠の簡素化ツールとしてそれらの経済計画で熱狂的にお金を受け入れます。) 与えられた地理的な領域の人々は、長持ちするぜいたく商品、通常金または銀でいつが放っておかれたかに決着をつけました、お金としての使用に。 お金が交換手段と同様に価値の店であるので、人々はそれを皆、費やすよりむしろ彼らの金の収入の一部を節約しました。 この金は保管のために地元の金細工職人、現代の銀行員の先駆の金庫にしばしば格納されました。 預金者は金細工職人から彼にオンデマンドの金の等しい量と品質の権利を与えた領収書を受け取りました。 彼が貸出しすることができなかった理由が全くなかったという金細工職人がわかった何らかのポイントでは、彼がいるのに金をかなり予測できる退出を満たすことができるくらいままであった限り、関心のためのいくらかの金が評価します。 結局、彼は、そういうものとして金を保つのではなく、請求あり次第払うと単に約束しました。 さらに良く、彼は単に金のための彼が金を持って、注意に改名された領収書がお金として大衆を自由に循環することができたより多くの領収書を発行することができました。 しかしながら、彼は、すぐ、この過程に現実によって設定された明確な限界があったのがわかりました。 余分な注意が発行したというわけではないすべてがいつまでも、公衆を循環しました。 注意償却の速度は領収書が彼の評判になじみのない人々の手に入って、特に競争力があるいつもより多くの金保有高に切望している金細工職人が彼の注意の所有物に入ったときに時雨後の竹の子のように出始めました。 彼の金保有高に悲惨な走行を防ぐために、注意発行は範囲内に収められなければなりませんでした。 しかし、過剰発行の消費力は荘重な誘惑でした。 特に楽しまれているのは、金細工職人の奇跡的なローンパワーが得ることができた政府、産業、および商人の上のパワーでした。 多くが、彼らの預金者に誘惑に負けて、支払能力以上の債務を負って、他のものは保守的な借金政策を追求することによって、ゆっくり裕福な銀行員になりましたが、崩壊をもたらしました。 ここに、経済「科学」に従って、セントラルBanksは、無遠慮な部分準備銀行員の手の周期的な財政的なカタストロフィーから公衆を保護するために設けられます。 何もさらに真実からあるはずがありませんでした。 中央のBanksは、現実が競争力があるバンキングシステムに置く発行の上でオンな制限を取り除くために設立されます。

As early as ancient Babylon and India, Central Banking, the art of monopolizing the issuance of money, had been developed into a perfect method for looting the general public. Even today many bankers copy the traditions of the earlier exploitive priesthood and design their banks to resemble temples! Defenses of Central Banking are simply part of the deception that lies at the heart of all power elites. Let us look at the way a new Central Bank is created where none has existed previously.


We bankers approach the Prince or ruling assembly (both of whom always want more money to fight wars or to curry favor with the people and, typically, are ignorant of economics) with a compelling proposal: "Grant our bank a national Charter to regulate private banking and to issue legal tender notes, that is, force our notes to be accepted as payment for all debts, public and private. In exchange we will provide the government all the notes it prudently requires at interest rates easily payable with existing taxes. The increased government purchasing power thus created will simultaneously assure the power and prestige of the currently precarious nation and stimulate the sluggish, credit-starved economy to new heights of prosperity. Most important the violent banking panics and credit collapses caused by unscrupulous private bankers will be replaced by our even handed, beneficent and scientific management of money and banking. Our public-spirited expertise will be at the disposal of the state, while we remain independent enough of momentary political pressures to assure sound management."

古代のバビロンとインドと同じくらい早く、セントラルBanking(お金の発行を独占する芸術)は一般を略奪するための完全な方法で開発されました。 今日のさえ、多くの銀行員が、以前のexploitive聖職の伝統をコピーして、寺に類似するようにそれらの銀行を設計します! セントラルBankingのディフェンスは単にすべてのパワーエリートのハートにある詐欺の一部です。 新しいセントラルBankがなにも以前に存在していないところに作成される方法を見ましょう。


私たち銀行員は無視できない提案で王子か支配的なアセンブリ(その両方が、いつもより多くのお金に戦争で戦うか、または人々の機嫌をとって欲しく、経済学に通常知りません)に近づきます: 「プライベートバンキングを規制して、すなわち、兌換券、力に私たちの注意を発行する国家の憲章を私たちの銀行に与えて、公共の、そして、個人的なすべての負債のための支払いと受け入れてください。」 交換では、私たちはそれが用心深く既存の税金による容易に支払い満期の金利で必要とするすべての注意を政府に提供するつもりです。 このようにして作成された増加する政府購買力は、同時に、現在不安定な国のパワーと威信を保証して、のろくて、クレジットに飢える経済を繁栄の新しい高さまで刺激するでしょう。 最も重要である、無遠慮な個人的な銀行員によって引き起こされた乱暴な銀行パニックとクレジット崩壊を私たちの金融の均等な手渡されて、慈悲深くて科学的な管理に取り替えるでしょう。 「状態の処分には私たちの公共心に富んでいる専門的技術があるでしょう、私たちは健全経営を保証する瞬間の政治上の圧力から十分独立していたままでいますが。」

For a while this system seems to work remarkably well with full employment for everyone. The government and public does not notice that we issuers of the new notes are using the notes we create out of thin air to surreptitiously build economic empires at the expense of established interests. Because of the legal tender laws, few of the new notes issued by the Central Bank are returned for redemption in gold. In fact, private banks and even a few foreign banks may begin to use the Central Bank's notes as reserves for further issuance of credit. Soon enough, though, prices begin to rise as the added notes increase demand relative to the quantity of goods and services. As the value of their savings decline more and more, foreigners in particular begin to question the value of the Central Bank's notes and start to demand redemption in gold. We, of course, do not take responsibility for the rampant inflation when it comes. We blame inflation on evil speculators who drive up prices for personal gain, as well as the greed of organized labor and business who are promptly made subject to wage and price controls. Even the consumer can be made to feel guilty for agreeing to pay the high prices! Mistaking symptoms for causes the government accepts the banker's analysis of the problem and continues to give the Bank free reign in monetary policy. By slowing the rate of note issuance periodically the ultimate crisis stage is postponed until many decades after the original Central Bank Charter was granted. Before the rapidly dwindling gold reserves on which faith in our Bank depends is exhausted we abruptly contract our loan volume to private industry and government as well. With the contraction of the money supply a great deflationary crash begins in earnest with all its attendant unemployment, bankruptcies, and civil strife. We do not take responsibility for the depression. We blame it on evil hoarders who are refusing to spend their money and the prophets of doom who are spoiling business confidence. The government accepts this analysis and leaves monetary policy in our hands. If things go well we bankers channel the fury and unrest into puppet movements and pressure groups that carry our agents into full control of the government. Once in charge we devalue our outstanding bank notes in terms of gold and make them inconvertible for all but possibly foreign Central Banks and begin plans to restore a "prosperity" that will be totally ours. When lucky, we are able to confiscate the gold of private citizens as punishment for hoarding during the climax of the depression .


Once the old order is subdued during the chaos of the crash and desperation of the depression, the field is open for our full finance capitalist system to be realized. If the money lords behind the Central Bank can avoid lapsing into political and economic competition among themselves a new and lasting order can be established. A war timed for this period of consolidation provides the perfect excuse for the regimentation required to crush all opposition.


Professor B., a former Chairman of a Central Bank, will explain the functioning of the Central Bank in the typical, fully developed finance capitalist system. しばらく、このシステムは皆のために完全雇用で著しくよく働くように思えます。 政府と公衆は、私たち新しい注意の発行人が私たちがこっそりと確立した関心を犠牲にして経済帝国を建てるためにどこからともなく作成する注意を使用しているのに気付きません。 法定貨幣法のために、金における償却のためにセントラルBankによって発行された新しい注意のわずかしか返しません。 事実上、プライベートバンクといくつかの外国銀行さえクレジットのさらなる発行に蓄えとしてセントラルBankの注意を使用し始めるかもしれません。 もっとも、間に合うようにしてすぐ、加えられた注意増加が商品の、そして、サービスの量に比例して要求するように価格は上昇し始めます。 それらの貯蓄衰退の値として、外国人は、セントラルBankの注意の値に質問して、ますます、金の中で償却を要求し特に始め始めます。 それが来るとき、私たちはもちろん激しいインフレへの責任を取りません。 私たちはインフレーションを私利の価格、および即座に賃金物価統制を条件として作られている組織労働者とビジネスの欲張りで運転する不吉な投機家のせいにします。 消費者にさえ高い価格を支払うのに同意するために罪の意識を感じさせることができます! 兆候を原因に間違えて、政府は、銀行員の問題の分析を受け入れて、財政政策でBank行動の自由を与え続けます。 定期的に注意発行のレートを遅くすることによって、究極の危機ステージはオリジナルのセントラルBank憲章の後の数十年を与えるまで延期されます。 私たちのBankへの信頼がよる急速にやせ細っている金保有高が疲れ果てている前に、私たちは突然にローンボリュームを私設の産業とまた、政府に契約します。 通貨供給量の収縮で、すばらしいデフレのクラッシュはすべての伴っている失業、倒産、および内戦に伴うまじめで始まります。 私たちは憂うつへの責任を取りません。 私たちはそれを彼らのお金を使うのを拒否している不吉な買い溜めする人と企業心理を損なっている破滅の予言者のせいにします。 政府は、この分析を受け入れて、私たちの手に財政政策を残します。 ものがうまく行くなら、私たち銀行員は激怒と不安を政府の完全なコントロールまで私たちのエージェントを運ぶ人形運動と圧力団体に導きます。 私たちは、料金における一度、金に関して私たちの傑出している紙幣の価値を減して、それらをほとんどことによると外国のセントラルBanksにおいて引換え不能にして、完全に私たちのものになる「繁栄」を回復する計画を始めます。 幸運であるときに、私たちは憂うつの頂点の間、死蔵するための罰として一般市民の金を押収することができます。


古いオーダーがいったん控え目にクラッシュのカオスと憂うつの自暴自棄の間、なると、分野は、私たちの完全な財政資本家システムが実現されるために開いています。 セントラルBankの後ろのお金の支配者が、自分たちの中で政治上の、そして、経済の競争になるのを避けることができるなら、新しくて永久のオーダーを確立することができます。 この期間の強化のために調節された戦争はすべての反対をつぶすのに必要である編成の完全な口実を提供します。


B.(セントラルBankの元委員長)が望んでいる教授は典型的で、完全に開発された財政資本主義的なシステムにおける、セントラルBankの機能について説明します。

Chapter III

SEE The New U.S.<br />-British Oil Imperialism
Chapter III

The Occult Technology of


POWER?

"The people gaze fascinated at one or two familiar superficialities, such as possessions, income, rank and other outworn conceptions. As long as these are kept intact, they are quite satisfied. But in the meantime they have entered a new relation: a powerful social force has caught them up."




Hitler


The most secret knowledge, a science which outdates history, is the science of control over people, governments and civilizations. The foundation of this ultimate discipline is the control of wealth. Through the control of wealth comes the control of public information and the necessities of life. Through the control of news media comes thought control. Through the control of basic necessities comes direct physical control of people.


An Anonymous Transcriber

第3章

オカルトの技術

パワー


「人々凝視は1か2時に所有物や、収入や、ランクや他の古臭い概念などの身近な浅薄の心を奪いました。」 これらが完全に保たれる限り、彼らはかなり満足しています。 しかし、差し当たり、彼らは新しい関係に入っています: 「強力な社会の一勢力はそれらに追いつきました。」




ヒットラー


最も秘密の知識(歴史の「外-日付を入れ」る科学)は人々、政府、および文明のコントロールの科学です。 この究極の規律の基礎は富のコントロールです。 富のコントロールで、公開情報と生活必需品のコントロールは来ています。 ニュースメディアのコントロールで、考えコントロールは来ています。 基本的必需品のコントロールで、人々のダイレクト物的管理は来ています。


匿名の転記器


My Son,


In this thin volume you will find the transcripts of your initiation into the secrets of my empire. Read them again, not for the arcane knowledge which is now second nature to you, but in order to re- experience the shock and awe you felt twenty years ago when at age thirty the fabulous scope of my power was revealed to you by my trusted, and now, mostly departed advisors. Remember the surprise to the point of disbelief, with which you beheld the invisibly delicate, but invincible chains of deceit, confusion, and coercion with which we finance capitalists enslave this chaotic world, Remember the feats of will and strategy that have been required to retain our position. Then, inspect your retinue carefully. Your heir must be equal to and eager for the task, much as you were. Choose him carefully. As I lie here waiting for the end, I can afford to relish the thought of our empire lasting forever as I never dared while in charge. Rational power calculations, so easily disrupted by the thrills of power, are now entirely in yourhands.


THE TRANSCRIPTS


Introduction To Your Initiation


1. Professor A. on the Role of Fraud in Nature

2. Professor Q. on Occult Knowledge as the Key to Power

3. Professor M. on the Economics of Central Banking

4. Professor B. on the Functions of the Central Bank in the Mature Finance Capitalist System

5. Professor G. on Social and Business Legislation and Policy

6. Professor D. on the Role of Public Education

7. Professor X. on Prestigious Associations and Secret Societies

8. Professor Y. on Convert Operations and Intelligence

Closing Remarks


Afterward by the Transcriber

私の息子


この薄いボリュームでは、あなたは私の帝国の秘密へのあなたの開始の転写を見つけるでしょう。 もう一度それらを読んでください、しかし現在あなたへの私のパワーの素晴らしい範囲が30歳のときに私の信じられた、現在、ほとんど去られたアドバイザーによってあなたに明らかにされたとき、あなたが20年前に感じた衝撃と恐怖を再経験する第二の天性であるいずれの秘儀的な知識のためにも、そうしません。 不信まで驚きを覚えていてください、あなたが凝視したもので目につかないほど、私たちが資本家に融資する偽り、混乱、および強制のデリケートな、しかし、無敵のチェーンはこの混沌の世界を奴隷にして、Rememberは私たちの位置を保有するのに必要であった意志と戦略の功績です。 そして、慎重に随員を点検してください。 あなたの相続人は、あなたのようにタスクに等しくて、切望しているに違いありません。 慎重に彼を選んでください。 私が終わりの間、待ちながらここに横たわるとき、私には担当していますが、私が決して敢行しなかったとき私たちの帝国がいつまでも続くという考えを楽しむ余裕があります。 パワーのスリルで容易にあまりに混乱させた合理的なパワー計算が完全に現在、yourhandsにあります。


転写


あなたの開始に対する紹介


1. 教授、ネイチャーにおける詐欺の役割のA.

2. 教授、動かすキーとしてのオカルトの知識のQ.

3. 教授、主要な銀行業の経済学のM.

4. 教授、熟している財政資本主義的なシステムでの中央銀行の機能のB.

5. 教授、社会的、そして、ビジネス法律と方針のG.

6. 教授、公教育の役割のD.

7. 教授、名門の協会と秘密結社のX.

8. 教授、転向者操作と知性結びの言葉のY.


その後転記器で

INTRODUCTION TO YOUR INITIATION


My son, the time has arrived to make formal what you have confidently awaited for some years. Of all your brothers, sisters, and cousins, as well as the offspring of my close allies, I have chosen you to be heir to my empire. All the trust funds, foundations, and accounts through which my empire is controlled shall pass into your hands upon my retirement. All my alliances, understandings, and enmities with my handful of peers around the globe shall gradually become yours. Over the next twenty years we shall collaborate closer and closer, you and I, until, we finally act as one.

あなたの開始に対する紹介


私の息子であり、時間は造に正式な状態で来ました。あなたが数年間確信して待っていること。 私の近い同盟国のあなたのすべての兄弟、姉妹、いとこ、および子では、私は、私の帝国の相続人になるようにあなたを選びました。 私の帝国が制御されているすべての信託資金、地盤、およびアカウントはあなたの手に私の引退に入るものとします。 私の地球の周りの同輩の一握りがある私のすべての同盟、疎通、および敵意は徐々にあなたのものになるものとします。 私たちが、より近くと、そして、より近くで共同するつもりである次の20年、あなた、および私の上で務める、私たちは1として最終的に務めます。

For ten years you have toured my empire in a succession of managerial assignments and are now familiar with the outward operations of my crucial banking, foundation, governmental, and think-tank organizations. Until now, my advisors and I have deflected your questions as to how and if my diverse operations and holdings, which seem autonomous and even contradictory, are integrated into an organic whole to serve the dynasty's interests. The fact that you asked these questions, rejecting my carefully nurtured public image as an idle, coupon-clipping philanthropist, was a major factor in the high esteem in which I hold you. Most of your competitors found puppet leadership in any one of my organizations so awesome and gratifying that they immediately eliminated themselves from the contest for the top position which you have won. Such men of limited vision are necessary for my success. They bend unconsciously to the subtle pressures to which I expose them. They can be led in any direction I choose by simple-minded rationalizations aimed at their vanity without being privy to my motives which would be short- lived secrets in their undisciplined and envious minds.

10年間、あなたは、経営者の課題の連続で私の帝国をツアーして、今、私の重要な銀行業、基礎、政府とシンクタンク組織の外へ向かう操作に詳しいです。 今、私のアドバイザーと私があなたの質問から向きをそらした、どのように統合されるか、そして、私のさまざまの操作と持ち株(自治で相容れなくしさえし見える)は、王朝の関心に役立つように有機的な全体と統合されるのであるかどうか。 活動していなくて、クーポンを切り取る慈善家として私の慎重に保育された公共のイメージを拒絶して、あなたがこれらの質問をしたという事実は私があなたを保持する高い尊重で重要な要因でした。 貴社の競争相手の大部分はあなたが勝った最高位置のためにコンテストからいずれの人形リーダーシップに私のすぐに排泄したほどすさまじくて、喜ばしい組織の1つ自体を見つけました。 限られたビジョンのそのような男性が私の成功に必要です。 彼らは無意識に私がそれらをさらす微妙な圧力に傾けます。 それらを私が彼らの虚栄が私の動機に関与していなくて目的とされた純真な合理化で選ぶどんな方向にも導くことができます(彼らの未熟でうらやましい心で短い送られた秘密でしょう)。

Most important in your selection as my successor, however, was your psychological nature which has been faithfully reported to me over the years by my associates many of whom have advanced psychological training. A man in my position must have total mastery over his emotions. All actions affecting the power of the dynasty must be taken on the basis of coldly reasoned power calculations if the dynasty is to survive and prosper at the expense of its subjects and rivals. All power is impossible to those whose pursuit is ruled by sentimentality, love, envy, power-lust, revenge, prejudice, hatred, justice, alcohol, drugs, or sexual desire. Sustained power is impossible to those who repress all their irrational longings into their subconscious only to have them return in compulsive, out-of-control behavior that inevitably leads to their ruin. Although often clothed in the rationalizations of power calculation, compulsive behavior is, at root, the emotionalism of a frightened child, desperately projecting his inner agony into a reality he is afraid to understand, much less master. Although you now must begin to pursue it consciously, you have already displayed the alienation from your emotional nature that is so essential to achieving real worldly power. You must recognize your emotional nature as a primitive survival mechanism that was appropriate for the jungle and perhaps useful to common men, but useless for the tasks that confront us finance capitalists. Attachment to what you do, just because you do it, is the primary psychological characteristic of ordinary mortals. Such cognitive dissonance spells disaster for us. Our emotional mechanism makes our lives worth living, but is no guide to the occult arts of intrigue. So, continue to gratify your senses and emotions fully at your leisure. As long as the empire prospers you will have the resources to indulge in systematic gratification which will leave your irrational urges sated and, therefore powerless. You will never be in the unenviable position of the middle class strivers who must, from lack of resources, repress their emotional natures if they are to attain any power whatever during their lives. Typically, they end up taking their pleasure from the victories and cruelties of their struggle. Thus, their end ceases to be power and they eventually defeat themselves with reckless behavior in pursuit of dominant thrills.

しかしながら、あなたの選択で私の後継者として最も重要であるのは、数年間その多くが心理学的なトレーニングを進めた私の仲間によって私に忠実に報告されているあなたの心理学的な本質でした。 私の位置の男性には、総支配が彼の感情の上にいなければなりません。 王朝がその対象とライバルを犠牲にして生き残って、繁栄するつもりであるなら、冷たく推論されたパワー計算に基づいて王朝のパワーに影響するすべての行動を取らなければなりません。 すべてのパワーが追求が感傷、愛、嫉妬、パワー欲、報復、偏見、憎しみ、正義、アルコール、ドラッグ、または性欲によって統治されるそれらに不可能です。 持続しているパワーは自分達の潜在意識に彼らのすべての不合理な切望を鎮圧するそれらを必然的にそれらの崩壊に通じる強制的で、制御しきれない振舞いで戻らせる人々に不可能です。 パワー計算の合理化でしばしば着られますが、根では、強制的な振舞いはおびえた子供の情緒性です、絶望的に彼の内側の苦痛を理解して、習得するまして彼が恐れている現実のものに映し出して。 現在意識してそれを追求し始めなければなりませんが、あなたは既にあなたのとても不可欠の感情的な本質から全く現世のパワーを達成するまでの疎外を表示しました。 あなたは私たち財政資本家に立ち向かうタスクに、ジャングルに適切で、恐らく一般的な男性の役に立ちますが、役に立たなかった原始の生存メカニズムとして感情的な本質を認めなければなりません。 ただあなたがそれをするので、あなたがすることへの付属は普通の死すべき者の第一の心理学的な特性です。 そのような認知的不協和は私たちのために災害をつづります。 私たちの感情的なメカニズムは、私たちの人生を住む価値があるようにしますが、陰謀の秘術へのガイドではありません。 したがって、あなたの感覚と感情が完全に好きなときに満足させ続けてください。 そして、帝国が繁栄する限り、あなたにはあなたの不合理な衝動が十分満足させられる状態で残す系統的な満足で満足させるリソースがある、したがって、無力です。 それらが達するように、いずれか彼らの人生の間、何でも動かすということであるなら、あなたは財源不足から彼らの感情的な本質を鎮圧しなければならない中産階級努力者の誰からも羨まれない立場に決していないでしょう。 通常、彼らは結局、彼らの戦いの勝利と残酷な行為から楽しみます。 したがって、彼らの終わりは、パワーであることをやめます、そして、彼らは結局、優位なスリルの追求における無謀な振舞いで自分たちを破ります。

?I have brought you into seclusion with my most trusted advisors in order to inaugurate a new phase of your instruction. Your formal training in the "official" political-economic world is now complete. This weekend will mark the beginning of your training in the occult technology of power that lurks behind outer appearances. As your tutors will explain, "occult" or secret knowledge is the basis of all power in human society, so I use the word "occult" advisedly, in its pristine usage. As I am sure you are aware by now, productivity in itself does not secure power and therefore does not secure the gratifications of life. After all, slaves can be productive. None of my organizations in which you served so well are concerned with advancing the techniques of satisfying human needs and desires. Rather, all are dedicated to the surreptitious centralization of productive, but especially coercive, efforts in my hands or in creating the intellectual climate in which such veiled control would be tolerated in the future. I destroy or paralyze productive efforts that cannot be ensnared in my web.


After a break Professor A. will take the floor in order to put finance capitalism into full biological perspective. His short talk will be followed by similar abbreviated summaries by his six associates, all of whom you know well. The rest of the weekend will be devoted to forthright fielding of your questions. 私は、あなたの指示の新しいフェーズを就任させるために最も信じられたアドバイザーと共にあなたを隔離に運び込みました。 政治上の「公式」の経済界のあなたの正式なトレーニングは現在、完全です。 今週末は外側の外観の後ろに潜むパワーのオカルトの技術のあなたのトレーニングの始まりを示すでしょう。 あなたの家庭教師は説明するでしょう、「オカルトであること」や、秘密の知識が人間社会で、すべてのパワーの基礎であるように、私が慎重に「オカルト」という言葉を使用します、初期の用法で。 私があなたが今ごろ意識しているのを確信しているとき、生産性は、本来パワーを保証しないで、またしたがって、人生の満足を保証しません。 結局、奴隷は生産的である場合があります。 あなたがそれほどよく役立った私の組織のいずれも人間のニーズと願望を満たすテクニックを唱えるのに関係がありません。 むしろ、すべてが、私の手で生産的な、しかし、特に高圧的な努力の秘密の中央集権に捧げられるか、または将来、そのようなものがコントロールを覆った知的風土を引き起こす際に許容されるでしょう。 私は、私のウェブでわなにはめることができない実りの多い努力を破壊するか、または無力にします。


中断教授の後に、A.は、完全な生物学的見解に金融資本主義を入れるために起立するでしょう。 彼の6人の仲間による同様の簡略化された概要は彼の短い話のあとに続くでしょう。あなたはそのすべてをよく知っています。 週末の残りはあなたの質問の率直なフィールディングにささげられるでしょう。


PROFESSOR A. ON THE ROLE OF FRAUD IN NATURE


Organisms typically base their success primarily on deception and rely on actual force or mutually advantageous trade (symbiosis) as little as possible. This should be nearly self-evident, but is generally overlooked due to the moral codes we elitists foist on our subjects.


Let me give a few examples in case the moral culture has to some extent impaired your powers of objective observation. Camouflage is universal among predators and victims alike. Blossoms imitate fragrances and colors which are sexually attractive to certain insects in order to effect pollination. Dogs bark ferociously and feign attack on enemies of whom they are, in fact, terrified. The Venus Fly Trap plant lures flies to their deaths. Men proclaim their altruism to others and even themselves while they selfishly scramble for personal advantage. If you doubt that fraud is normal in nature you should read Section 3 of Chapter 1 of Robert Ardrey's "The Social Contract" for a wealth of fascinating examples. (Of course Ardrey fails to grasp the full application to contemporary human society of his brilliant insights into man's animal nature.) Human mental prowess and communicative powers have merely provided superb elaboration on nature's old theme of fraud, and added its own distinctive feature: self-delusion. Primitive animal hierarchies are based on bluff and bluster, and each member is well aware of and accepts, at least temporarily, its position in the hierarchy. The same wild enthusiasm and fascination for dominance and submission rages in human hearts. However, fraud is taken one step further. Not only is fraudulent bluff and bluster used to achieve dominance but fraudulent altruism and collective institutions are used to conceal dominance once achieved.

自然における詐欺の役割の教授A.


有機体は、できるだけ少ししか、それらの成功を主として詐欺に通常基礎づけて、実際の力か互いに有利な貿易(共存)を当てにしません。 これはほとんど自明であるべきですが、道徳律への一般に、見落とされた支払われるべきものは私たちです。精鋭主義は私たちの対象に追しつけます。


精神修養があなたの客観的な観測の権限をある程度損なったといけないので、私にいくつかの例を与えさせてください。 カモフラージュは略奪者も犠牲者の中でも普遍的です。 花は受粉に作用するように性的に、ある昆虫に魅力的な芳香と色を模倣します。 犬は、事実上、彼らが脅かされる敵の上でどう猛にほえて、攻撃のふりをします。 ビーナスFly Trapプラントは彼らの死にハエを誘い出します。 彼らが利己的に美貌を奪い合っている間、男性は彼らの利他主義を他のものと自分たちとさえ宣言します。 詐欺が現実に通常であると疑うなら、あなたは豊富な魅惑的な例のために「社会的な契約」をロバート・アードリーの第1章のセクション3に読み込むべきです。 (もちろん、アードリーは完全なアプリケーションを男性の動物本質への彼の輝かしい洞察の近代人社会に理解しません。) 人間の精神的な勇敢とコミュニケーションの強国は、単に自然の詐欺の古いテーマのずば抜けた労作を提供して、それ自身の顕著な特徴を加えました: 自己幻想。 原始の動物階層構造が断崖に基づいていて、吹きまくって、各メンバーは、意識していた状態で良く、少なくとも一時受け入れます、階層構造のその位置。 支配のための同じワイルドな熱意と魅力と人間の心での服従激怒。 しかしながら、1ステップより遠くに詐欺を取ります。 詐欺的なはったりと怒号が単に支配を達成するのにおいて使用されているのではなく、詐欺的な利他主義と集合的な団体は、一度達成された支配を隠すのに使用されます。

今年のビルダーバーグ会議

Bilderberg to Meet in Canada


By James P. Tucker Jr.


?


The secretive group known as Bilderberg will hold its annual secret meeting at the posh Brook Street Resort a few miles from Ottawa, Canada, June 8-11.



The location and part of the agenda was disclosed to American Free Press by a source inside Bilderberg’s inner circle.

Go to fullsize image
Go to fullsize image
Go to fullsize image


カナダで会うビルダーバーグ


ジェームスP.タッカーJr.




Bilderbergとして知られている秘密主義のグループはオタワ(カナダ)(6月8日?11日)から数マイル離れたところに豪華なブルック・ストリート・報告で例年の密会を保持するでしょう。


議題の位置と部分は情報筋によってBilderbergの権力中枢部の側近グループでアメリカのFree Pressに明らかにされました。


High on the Bilderberg’s secret agenda this year are oil prices and the political upheaval in Latin America. When meeting last year in Rottach-Egern, Germany, Bilderberg called for dramatic increases in the price of oil. Oil prices started climbing immediately from $40 a barrel to $70.


Whether Bilderberg will call for still higher prices is unclear, but Henry Kissinger and others had gleefully anticipated ultimate prices at $150 a barrel a year ago. Bilderberg is certainly concerned about supply, which is related to the “Latin American problem,” as one insider said.


Approximately 120 international leaders in politics and finance will also discuss the wars in Iraq and Afghanistan, which has caused a rare breach between American Bilderbergers and their European counterparts since the United States Iraq invasion in 2003. Whether the United States should invade Iran is also high on the agenda.

高くBilderbergの秘密の議題に、石油価格とラテンアメリカの政治動乱が今年、あります。 昨年Rottach-Egern、ドイツで会うとき、劇的に求められたBilderbergは油の価格を増やします。 石油価格はすぐ1バレルあたり40ドルから70ドルに登り始めました。


Bilderbergがまだ高値を求めているかどうかが、不明瞭ですが、ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャーと他のものは1年前に大喜びで1バレルあたり150ドルの究極の価格を予期しました。 確かに、Bilderbergは供給に関して心配しています。(1人のインサイダーが言ったようにそれは、「ラテンアメリカの問題」に関連します)。


また、政治と財政のおよそ120人の国際的なリーダーがイラクとアフガニスタンの戦争について議論するでしょう。(2003年の合衆国イラクの侵入以来アフガニスタンは、アメリカのBilderbergersと彼らのヨーロッパ人の対応者の間のまれな不履行を引き起こしています)。 また、合衆国がイランに侵入するべきであるかどうかも、議題で高いです。

Bilderberg is especially concerned about Venezuela, where as part of a plan to increase revenues from its petroleum industry President Hugo Chavez said May 7 he would impose a new tax on companies that extract oil from his country. Big Oil is represented at Bilderberg by Jeroen van der Veer of The Netherlands, chairman of the Royal Dutch/Shell Group and Franco Bernabe of Italy, vice chairman of Rothschild Europe, among others. “We are going to create a new oil tax, called the tax on extraction,”

Chavez said. “The companies that are pumping oil in Venezuela are making a lot of money.”



Chavez accused foreign oil companies of exploiting his country’s vast petroleum reserves without paying sufficient taxes. Venezuela is the world’s fifth-largest oil exporter but has troubled oil barons by sending cheap petroleum to needy American families and subsidizing domestic use so local citizens pay 12 cents a gallon.



Venezuela has voided oil-pumping contracts with private companies at 32 fields and replaced them with a mixed-company model that gave Venezuela’s state-owned Petroleos de Venezuela SA a minimum 60 percent stake. Chavez has also sharply raised royalties and taxes, and reduced potential drilling acreage by almost two-thirds. He is also resisting expansion of NAFTA throughout the hemisphere, a prime Bilderberg goal.



Chavez’s outspoken criticisms of the United States make it unlikely that American Bilderbergers can help smooth over the supply problem. However, banker David Rockefeller’s family has always had a heavy interest in oil and other investments in South America.


Bilderbergはベネズエラに関して特に心配しています。石油業界大統領のウゴ・チャベスから収入を上げる計画の一部が5月7日に言ったように、そこでは、彼が新しい税金を彼の国から油を抽出する会社に課すでしょう。 大きいOilはBilderbergに特にオランダのジョロエンバンder Veer、ロイヤルダッチシェルの議長とイタリアのフランコBernabe、ロスチャイルド・ヨーロッパの副議長によって表されます。 「私たちは抽出の税金と呼ばれる新しい油の税を作成するつもりです。」と、チャベスは言いました。 「ベネズエラで石油を汲み出している会社は多くのお金を稼いでいます。」


チャベスは、十分な税金を支払わないで彼の国の広大な石油蓄えを利用するので、外国油の会社を起訴しました。 ベネズエラは、世界の5番目に大きい石油輸出国ですが、安い石油を貧乏なアメリカ人の家族に送って、国内の市民が1ガロンあたり12セント支払うほど地方であることの使用に助成金を支給することによって、石油王を煩わしました。


ベネズエラは、32の分野の民間企業との油をポンプで送る契約を欠如させて、それらを60パーセントの最小の株式をベネズエラの州によって所有されているPetroleos deベネズエラSAに与えた混合会社モデルに取り替えました。 チャベスは、また、鋭くロイヤリティと税金を育てて、潜在的穴をあける面積をおよそ2/3減少させました。 また、彼は半球、主要なBilderberg目標中でNAFTAの拡大に抵抗しています。


チャベスの合衆国の率直な批評で、アメリカのBilderbergersが供給問題に関して滑らかに助けることができるのがありそうもなくなります。 しかしながら、銀行員のデヴィッド・ロックフェラーの家族はいつも南米に油への重い関心と他の投資を持っていました。




President Bush will have a top White House aide representing him at Bilderberg, and high officials of the state, defense and treasury departments will attend. Heads of state and other high officials in government and banking will attend from Europe and Canada.



Bilderberg’s agenda also includes the turmoil in the Middle East, nuclear proliferation, with an emphasis on Iran, North Korea and Pakistan, and global warming.



The Bilderberg group takes it name from the hotel in Holland where the group met in 1954, during the earliest period of its inception. Bilderbergers meet regularly, presumably on a once-a-year basis, at various locations around the world, always in extreme secrecy, often at resorts controlled by either the Rockefeller or Rothschild families. The Rothschild family is the leading European force within the Bilderberg Group, sharing its power with the American-based Rockefeller empire.

ブッシュ大統領は最高ホワイトハウスの補佐官にBilderbergで彼の代理をさせるでしょう、そして、州、ディフェンス、および財務省の高官は出席するでしょう。 政府の元首と他の高官と銀行業にヨーロッパとカナダから出席するでしょう。


また、Bilderbergの議題は中東での騒ぎを含んでいます、核拡散、イラン、北朝鮮、およびパキスタンへの強調、および地球温暖化で。


オランダでホテルからグループと命名するグループがどこを分かるBilderbergは1954年に会いました、始まりの期間最も前半の間。 Bilderbergersは定期的に会います、おそらく、年に一度ベースで、世界中の様々な位置で、いつも極端な秘密主義で、しばしばロックフェラーかロスチャイルド家によって制御されたリゾートで。 アメリカを拠点とするロックフェラー帝国とパワーを共有して、ロスチャイルド家はBilderberg Groupの中の主ヨーロッパ軍です。




Bilderberg maintains an extremely low profile and seldom, if ever, publishes reports or studies for the public, at least, under its own official aegis. Participants denied the groups very existence for decades until it was forced into the open by the glare of media publicity, generated largely by the now defunct Spotlight newspaper.


(Issue #22, May 29, 2006)


Bilderbergは非常に少ないプロフィールを維持して、かつてならめったにレポートを発表しないか、または公衆のためにそれ自身の公式のアイギスの下で少なくとも研究します。 それが主に現在死んでいるSpotlight新聞によって発生したメディアの宣伝のギラギラと眩しい光で戸外に強制されるまで、関係者は何10年間もグループに対してまさしくその存在を否定しました。


(2006年5月29日の問題#22)

Go to fullsize image
Go to fullsize image
Go to fullsize image
Go to fullsize image


所詮、忠犬ロック

ベンチャー革命2006年5月28日

                           
山本尚利

タイトル: 裏切り者ジャップ:キッシンジャー語録



1.キッシンジャーの怒り

 2006年5月28日付け、ジャパンタイムズに看過できない記事が載りました。1972年、当時の

米国ニクソン大統領政権の国家安全保障担当補佐官、キッシンジャー氏が、” Of all the

treacherous sons of bitches, the Japs take the cake! ”(ふしだら女の産んだ裏切り者

の息子のうち、よりによって、あのジャップめが、ぬけがけしてケーキを食らった!)
と叫

んで、怒りをあらわにしたことが、米国の国家安全保障公文書館(アーカイブ)によって、

2006年5月26日に公表されたそうです。キッシンジャーがなぜ怒ったか、そのワケは、1972年

8月にハワイで行われた、田中角栄首相とニクソン大統領の日米首脳会談の直後、同年9月、

田中首相は北京で周恩来首相と日中共同声明を発表したからです。米国は、日本が抜け駆け

して、中国と国交回復しないように釘を刺したのに、田中首相は見事に裏切ったのです。米

国覇権主義者からみて、田中首相は小泉首相と180度、異なった日本国首相でした。ところで

余談ですが、2001年4月、反田中派であった福田派出身、小泉首相(福田赳夫首相の自宅の書

生出身)の誕生の恩人が、田中首相の長女、田中真紀子氏であったのは、なんと言う皮肉でし

ょうか。その意味で、田中真紀子氏にとって、首相就任後、親米主義をあらわにした小泉首

相は『裏切り者』です。逆に小泉首相は、キッシンジャーの仇をとった。そこで、田中真紀

子氏は今、小泉氏の宿敵、小沢一郎氏を担いで、復讐にでている、という構図が描けます。



2.キッシンジャー語録に垣間見る米国覇権主義者の対日観

 上記、キッシンジャー語録ほど、米国覇権主義者の対日観(本音)を見事に証明するものは

ありません。筆者の16年半におよぶ、米国シンクタンクSRIインターナショナルでの経験

知で、キッシンジャーに代表される米国覇権主義者の対日観が手に取るようにわかります。

日本国の産官学を支配する親米主義者(有事には米軍が命がけで日本国民を守ってくれると信

じ込んでいるノーテンキ日本人エリートを含む)は、このような米国覇権主義者の本質がどこ

まで認識できているのか大変、疑問です。この認識がキッチリできていないと、日本国の針

路を誤らせる危険が極めて高くなります。

 ところで米国覇権主義者の対日観の根幹は、” Remember Pearl Harbor! “、すなわち

『目には目を!』です。そのとおり、1976年2月、田中角栄氏は、米国サイドからロッキード

収賄証拠を意図的にリークされ、前代未聞にも、首相の身分で、犯罪人の屈辱を受け、ライ

ブドア創業者、堀江貴文氏(ホリエモン)と同じく東京拘置所に入れられたのです。田中角栄

氏は、田中派政治家であった野中広務氏の名発言『毒まんじゅう』ならぬ『毒ケーキ』を食

らったのです。ちなみに上記、田中角栄氏の失脚に乗じて、1987年、自民党最大派閥であっ

た田中派をのっとったのが、竹下登氏(田中首相からみて裏切り者)でした。その秘書であ

った青木幹雄氏が、2003年自民党総裁選で、再び、寝返って、あろうことか、田中派の仇

敵、小泉支持に回って、自民党内の反小泉派の巨頭であった野中氏から『毒まんじゅう』を

食らったと批判されたのです。なんという因縁でしょうか。さて日本では、ポスト小泉の白

熱戦が熱気を帯び始めている昨今、米国覇権主義者が、タイミングよく30年以上も前のキッ

シンジャー語録を公表するのは、なんらかの政治的意図があるはずです。



3.シナリオ発想が欠落していた哀れな田中角栄氏

 独裁者的資質をもった田中角栄氏が、東アジアにおいて工業大国日本のさらなる発展を実

現するには、米国に従属するよりも、中国と国交回復したほうがよいと愛国主義的に判断し

たことに、筆者個人は賛同できないこともありません。その意味で田中氏は、決して思想的

な親中国派ではなく、その本質はナイーブな愛国主義者(郷土愛主義者)であったと思いま

す。ただし、田中氏を評価できるのは、米国という存在を忘れることができれば、という但

し書きの範囲内での話しです。もし日中国交回復後も、彼の権力が維持されていれば、日米

貿易で得た米ドル(貿易黒字分)を売って得た潤沢なる円資金で中国に大々的に投資して、今

頃は、東アジアで円経済圏(日本が東アジアでの経済的覇権国となる)が確立されていたは

ずです。日本は大変に繁栄し、アジア各国では日本語ブームが起きて、日本人が多数、日本

語圏となった広域アジア経済圏に移住していたはずです。もし、そうなっていれば、戦後日

本の膨張エネルギーは健全に発散されて、地方の衰退も、ニート問題も起きなかったでしょ

う。ところが、対岸のキッシンジャー氏にとって、田中角栄氏の描いたバラ色のシナリオこ

そ、許しがたい『裏切り』であったのです。つまり、田中角栄氏は、狭視野にも日本繁栄の

シナリオだけを夢見て、周恩来と歴史的握手をしたのです。キッシンジャーに代表される

『ルシファーの眼』(注1)の存在を甘く見た。さらに言えば、中国共産党が日本をどのよう

にみているかを、田中角栄氏は正しく認識できなかった。

 その結果、どうなったか。田中氏は、ケネディに次ぐ悲惨な最期を遂げたのです。キッシ

ンジャー氏に代表される米国覇権主義者を裏切るとどのような仕打ちが待っているか、田中

角栄氏は、その恐怖のシナリオが描けなかったのです。この点が、国際的視野の狭い田中氏

の、政治家としての限界だったのでしょう(注2)。残酷ですが、このような人物を首相に選

んだ自民党員、さらに、土建中心の田中利権体制を支えてきた日本国民の自業自得でした。

 さて、米国ではJFK(ケネディ大統領)、日本では田中角栄氏の悲惨な最期を目の当たりに

した日米の政治指導者は、その後、大きく変化したのです。ブッシュ・ジュニアと小泉首相

は、その象徴的指導者(実権のない単なるピエロ)です。

 以上の分析から、現時点におけるキッシンジャー語録の公表は、ポスト小泉の総理候補者

に対する、米国覇権主義者の強いメッセージであると解釈することができます。

 ところで、狭視野の田中氏と違って、小泉氏は『ルシファーの眼』を十分意識していま

す。誰がなんと言おうが、モルモットのように、せっせと靖国詣でを繰り返す小泉首相のや

つれた背中にそれが伺えます。上記、キッシンジャー語録を知れば、これまでの、不可解な

小泉氏の一挙手、一投足が手に取るようによくみえてくるでしょう。



4.完全に疎外されている小泉首相

 2005年4月8日、ローマ法王、パウロ2世の葬儀がバチカンで行われ、米国からブッシュ大統

領とクリントン元大統領が出席したのに、日本からは、川口外務大臣が日本代表で出席した

にとどまったことは記憶に新しいでしょう。これは、日本政府が失礼したのではなく、ルシ

ファーの判断によるものだったのではないでしょうか。要は、日本国の天皇も小泉首相も参

列を認められなかったのでしょう。この事実から、彼らが内心、日本をどのようにランキン

グしているかが伺えます。あれだけ、米国に尽くしても、小泉首相は彼らのインナーサーク

ルに入れてもらえないということです。このことを日本の親米主義者はわかっているのでし

ょうか。カトリック信者ではない米国大統領をわざわざ、パウロ2世(アウシュビッツのあっ

たポーランド出身)の葬儀に参列させたということは、パウロ2世がルシファーからどのよう

に位置づけられているかを物語っています。さらに4月8日に予定されていたチャールズ皇太

子の再婚式(キリスト教色のない異例の結婚式)の日程を9日に変更させたことも意味がありま

す。パウロ2世の葬儀日程よりチャールズ皇太子の再婚式日程の方が先に決まっていたはずで

すから・・・。要するに、パウロ2世の方が、英国王室より偉いということを示唆していま

す。

 イエス・キリストを冒涜していると、バチカンを怒らせたソニー映画『ダヴィンチコー

ド』(注3)の世界同時封切り直後、パウロ2世の後継のローマ法王、ベネディクト16世が2005

年5月25日より、ポーランドを訪問し、2006年5月28日、アウシュビッツを訪ねるそうです。

これらの動きは、ルシファーの何らかの強い意志を感じさせます。米国大統領より偉く、英

国王室より偉いローマ法王がかしずくのは、あのアウシュビッツ強制収容所(世界遺産に登

録)なのです。



注1:ルシファーの眼とは、FRB米国連邦準備銀行(米国の日銀に相当)の発行する1ドル札

   の裏に描かれたピラミッドの頂点に光る眼を指す。

注2:己の国際性のなさを十分、自覚していた田中角栄氏は、後継ぎの真紀子氏を米国に留

   学させている。ちなみに、第一次小泉内閣の外務大臣であった田中真紀子氏とコーリ

   ン・パウエル氏(非ネオコン)が非常に、親しそうだったのが印象的である。

注3:ベンチャー革命No.194『ソニー映画『ダヴィンチコード』のインパクト』2006年5月21

  日



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



蛇足


イルミナティ(大財閥ロック家)の大番頭のキッシンジャー氏、相変わらず元気ですが、引退する気配です。老後まで、よく財閥個人の為、他国を虫けらのような扱いをする御仁ですた。裏表を使い分けてるうちにどちらか分からんようになって本音(本性)がバレてしまった。



若干蛇足的、現在の俯瞰。

若干蛇足的、現在の俯瞰。








日本は私物化国家アメリカ合衆国の管理国である。


私物化国家は数世紀前から急速に整えられた。


王や皇帝は、現在、政治から遠く離れた存在であり、権威の対象でしかない。


実質は旧財閥と新財閥がこの世界の固定資産と流動資産をほぼ手中にしている。


世界の多くの国民は鳩のように豆をまくこれら財閥の餌に必死に取り合いをしている。


数多くの豆をとる守銭奴や売国奴は配る場所と時間をこっそり聞いている。


彼らの餌に洗脳する薬剤が混ぜられており、催眠状態の国会議員や政治指導者や官僚に支配を任せ、餌をついばむ。


もともと、すべての国民には行き渡らない量しか配られないのであるから、貧富の差が生まれる訳である。アメリカはヨーロッパ財閥の出先機関より生まれでて、エネルギーや食物、軍事力で金融部門をヨーロッパ財閥と分け合って、アメリカを創設したが、アメリカ生まれの財閥に取って代わられつつある。


現在はほぼ、1強5弱財閥の運営で行われている。


企業という牢獄組織は日々成長を続けるが、すでに別のシステムを考えねば行き詰まりを見せ始めている。


彼らは使命を全うして世界の国民を監獄国家へ押し込む政策を進めている。


彼らは如何にして、寡占独裁が敷く事ができたのであろうか?数千年の歴史を改竄し、作為的に乗っ取る事に成功している。


秘密結社はユダヤ人を生贄の羊に見立て、表に立てる事で後ろが見え難くしている。


数多くの秘密結社は悪行と蛮行を善意と宗教性に隠れて、行動を消している。


宇宙からの使命と信じ、宗教を創造してきた彼らの組織は暗闇からの支配なのだろうか?。


エイリアンエリートとの接触が、この世界の発展と統治を約束されている密約なのであろうか・。


アイク曰くシェイプシフトや憑依なのであろうか・。


人間世界を統治し続ける事が、彼らのアジェンダなのであろうか?、または、40万年前に訪ねてきたエイリアン起源のエリート血統と言われ、奴隷異種ホモサピエンスを作りだした創造主の血筋と考えているのであろうか?


何れエイリアン社会を招き入れる為に、世界を単一社会へと置き換える為の努力なのであろうか?


人間世界を恐怖と欲望でほぼ、完成の域に達した観があるエリート独裁が、しかし、この寡占支配体制(啓蒙主義者支配)は内外で穴を空けられている。


宇宙的規模で、その構造が崩壊しつつある前兆が見出せる。







Present Utsm.

Japan is a management country of the peculation nation United States. The peculation nation was rapidly straightened for centuries of several. The king and the emperor are people far away from politics now, and only the object of the authority and it exists. As for substance, an old financial clique and a new financial clique are almost making fixed assets and current assets in this world control. A lot of people in the world are scrambling desperately like the pigeon the food of these financial cliques that reel the bean. The miser and the traitor who takes a lot of beans quietly hear distributed place and time. The medicine brainwashed to their food is mixed, and rule is left to Diet member, a political leader, and the bureaucrat in the state of hypnosis, and food is .. Because Ryou alone is not distributed, it is a translation in straight and all the people where the disparity in wealth arises. spreadThe financial clique of an American birth is taking the place though the United States shares a financial section with a European financial clique by birth, energy, food, and military power by the branch office of a European financial clique, and founded it. It is being done almost by the management of numerical financial clique now. They are advancing the policy of completing the mission and pushing the people in the world into the prison nation. However, the hole is cleared in the inside and outside as for this system of the oligopoly rule (enlightenment person rule). The sign to which the structure is collapsing can be found on a space scale.




蛇足


社会主義や共産主義なども、もともとは個人の問題であり、資本主義の一形態でしかない。中国などが市場経済を取り入れる矛盾はもとから無い訳である。実質支配は旧財閥であろうか・。日本は本質において、ただの鶏状態なのであろう。監獄国家北朝鮮がノホホンとしているのも、彼らの意向の表れだろう。太平洋を1つにまとめる動きは経産省や外務省などでよく出てくる議論であるが。この地域をまとめる事、パシフィックユニオン(太平洋沿岸政治経済圏)は人間牧場への一里塚であろうか?

Chapter II 概要

"If the American people ever allow private banks to control the issue of their money, first by inflation and then by deflation, the banks and corporations that will grow up around them, will deprive the people of their property until their children will wake up homeless on the continent their fathers conquered."

Thomas Jefferson


NOTICE TO THE PUBLIC

Chapter II





Behind the Scenes,Lurks the BANK




"Give me control of a nation's money and I care not who makes her laws."

Meyer Rothschild




Before going into this little chapter, let it be known that in the present time there is no "conspiracy" operating in our "banking system". It is in fact a well oiled operating plan. ("Conspiracy" is a buzz word used by the "media" which throws our thinking process a little off course.) Most of the bankers that we common folks know and deal with are decent, regular people. They can be trusted and run a clean store. Very few of these folks know anything about the fraudulent institution they work for. We will always need them to handle our money matters. It is the OWNERS, the billionaire "banksters" (not bankers, but financiers), that we must learn about. For a complete history of our devious banking system, SEE The Money Masters.


By becoming familiar with the issues of CONTROL, MOTIVE and POWER (Chapter III covers how this works), plus learning a little history, one is able to recognize truth. Throw the nature of man into the equation and you will conclude that the people of the world have been swindled by a few self-serving aristocratic thieves (the "elite"). As in most stories of corruption, it is wise to sniff on the money trail to find the truth.


There are several ways to gain control over a nation beyond armed conflict. To quote John Maynard Keynes (1838-1946), a well known English economist, "Lenin was certainly right. There is no subtler, no surer way to overturn existing society than to debauch the currency. The process engages all the economic forces on the side of destruction which not one man in a million is able to diagnose."


The history made available on this site can be nit-picked apart forever by "scholars" and there are details from place to place that may be inaccurate. These details are the "trees". Examine the whole picture (the "forest") and evidence is overwhelming in showing fraud of a monstrous proportion. We are all victims of this international crime. The true wealth of all nations connected to the central bank cartels has been plundered.


There is an old saying that knowledge is power. Maybe so, but massive power requires massive wealth to go along with the knowledge. This may be a "ho hum" statement for you, the reader, at this moment. Finish this little book, and it will no longer seem unimportant. Bear in mind that us "cattle and sheep" have one strong card to play and that is that we outnumber the elitists. Hold on to this thought as we move along in this "little book".


Learn how the banking industry is using your signature to create money, and why you don't know about it




"The fact is that there is a serious danger of this country becoming a pluto-democracy; that is, a sham republic with the real government in the hands of a small clique of enormously wealthy men, who speak through their money, and whose influence, even today, radiates to every corner of the United States."




William McAdoo

President Wilson's national campaign vice-chairman,

wrote in Crowded Years (1974)


"Those who do not remember history are doomed to relive it" is an old quotation. In our modern America it is difficult not to relive it because a lot of it is kept away from us by distraction (ENTERTAINMENT and stress). It (history) IS available in publc libraries and even more so on the internet. People must search for it today as the important parts of history are no longer available in public schools and especially so in American history.


This chapter will fill in a lot of missing history. The topic of banks and money may seem a little dry, but if you go into the subsections (buttons at top left and bullets below), in addition to background history, you will find a story that is more exciting, "unbelievable", and incredible than any thriller book or movie. The issues of money and banking are the common denominators that tie all our history together. When this little fact becomes apparent, history becomes a much more vibrant subject.


In addition, this information is important to know, not only for ourselves, but our country, the world, and our children. What you don't know is hurting you and your future and especially your children's future. If you doubt this, click here.





US DOLLAR PURCHASING POWER DURING THE 20th CENTURY


U.S. Department of the Treasury (their site **It MONITORS YOU!)





ALFII

THIS BANK HONORS PRIVACY






Secrets of the Bank of England Revealed






CLICK FOR WALL STREET SCAM






「アメリカ人がいつか、プライベートバンクがそれらのお金の問題をコントロールすることを可能にするならば、彼らの子供が、彼らの父が征服した大陸の上のホームレスを起こすであろうまで、インフレによる、それからデフレーション(それらのまわりで成長するであろう銀行と企業)による一番目は彼らの特性を人々から奪うであろう」。

トーマス・ジェファーソン

一般大衆に気づきなさい。

第2章I

舞台裏で、潜む 銀行

「私に国家のお金のコントロールを与えなさい。そうすれば、私は、誰が彼女の法律を作らないかを気にしている」。

マイアー・ロスチャイルド

[警告のためにサメをクリックしなさい]

この小さな章になる前に、現在の時間に、私達の「銀行制度」において動作していない「共謀」があることを知られているようにしなさい。

それは実のところよく油を差された運用計画である。

(「共謀は、」コースから少し私達の思考プロセスを投げる「メディア」によって使われた流行語である。)

私達、普通の人々が知っていて、やりとりする銀行家のほとんどはきちんとし、普通の人々である。

彼らは信頼されて、クリーンな店を経営することができる。

彼らが働く不正な組織について、これらの人々のほとんどは何も知っていない。

私達は、私達の貸借事項を処理するためにいつも彼らが必要である。

私達がについて学ばなければならないのはOWNERS、億万長者「banksters」(銀行家ではなく財政家)である。

私達のよこしまな銀行制度、SEE Theお金マスターズの全記録のために。

CONTROL、MOTIVE、およびPOWER(これが働く方法で、章IIIはカバーする)の問題に精通することに加えて少量の歴史を学ぶことによって、人は、真実を認めることができる。

人の性質を方程式の中に投げなさい。そうすれば、あなたは、世界の人々が数人の利己的な貴族の泥棒(「エリート」)によって詐取されていると断定するであろう。

堕落のほとんどの話の中のように、真実を見つけるためにお金跡の上で嗅ぐことは賢明である。

武力衝突を越えて国家に関してのコントロールを得るいくつかの方法がある。

ジョン・メイナード・ケインズ(1838-1946)(よく知られているイギリスエコノミスト)を引用する、「レーニンは確かに正しかった」。

既存の社会を倒す、通貨を堕落させることより微妙で、全然より確実でない方法が全然ない。

「プロセスは、百万における1人の人も、診断することができない破壊の側の上のすべての経済力を引きつける」。

このサイトの上で入手可能にされた歴史は「学者」によって永久に別々に卵で選ばれることができて、あちこちに詳細がある(それが不正確であるかもしれない)。

これらの詳細は「木」である。

写真(「森林」)全体を試験しなさい。そうすれば、証拠は、奇怪な釣り合いの詐欺を示すことにおいて圧倒的である。

私達はすべてこの国際的な犯罪の犠牲者である。

中央銀行カルテルに接続しているすべての国家の真実の富は略奪されている。

知識がパワーであるという古いことわざがある。

たぶん、そうけれども大規模に、知識とともに行くために、パワーは大規模な富を必要としている。

これはこの瞬間にあなたのための「hoブンブン」ステートメント、リーダであるかもしれない。

この小さな本を読み終えなさい。そうすれば、それはもう非重要であるようでないであろう。

私達 遊ぶために、「牛と羊」が1つの強いカードを持ち、私達がエリートに数でまさることである精神に支えなさい。

私達がこの「小さな本」において進む時に、この考えを保持しなさい。

「事実は、pluto民主主義国になっているこの国の重大な危険があることである;」

「すなわち、彼らのお金を通して話し、影響が今日さえ米国のすべてのコーナーに放射する非常に裕福な人の小さな徒党の手に現実の政府をもつ偽の共和国」。

ウィリアム・マカドゥー

ウィルソン大統領の全国的なキャンペーン副議長は込んでいる年(1974年)を書き込んだ。

「歴史を覚えていない人々は、それを追体験することを運命づけられている」は古い引用である。

私達の現代のアメリカで、それの多くが私達から注意散漫(ENTERTAINMENTとストレス)によって遠ざけられるので、それを追体験しないことは難しい。

それ(歴史)はpublcライブラリで入手可能で、インターネットの上でよりいっそうそうである。

歴史の重要な部分が公立学校でもう入手可能でなく、アメリカの歴史において特にそうなので、人々は今日それを検索しなければならない。

この章はたくさんの行方不明の歴史を埋めるであろう。

銀行とお金のトピックは少し乾燥するようであるかもしれないけれども、あなたが背景履歴に加えて小分(左上のボタンと下の銃弾)中に行くならば、あなたは、どのようなスリラー本または映画よりも「信じられない」が興奮していて、信じられない話を見つけるであろう。

金融の問題は、すべての私達の歴史を束ねる公分母である。

この小さな事実が明白になる時に、歴史はもっとずっと振動した主題になる。

さらに、この情報は、自身だけでなく私達の国、世界、および私達の子供のために知るように重要である。

あなたが知らないものはあなたとあなたの将来と特にあなたの子供の将来を傷つけている。

あなたがこれを疑っているならば、ここをクリックしなさい。

階級社会化日本の固定化




太田龍氏の時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





階級社会化日本の行き着く先は、米国型でもなく、英国型でもない。

イルミナティサタニスト世界権力の日本処分作戦の究極目標は、日本完全解体と抹殺であることを知るべき時。




更新 平成18年05月27日00時52分


平成十八年(二〇〇六年)五月二十六日(金)

(第一千六百九十回)


○「日刊ゲンダイ」、平成十八年五月二十三日から、

 「ネオ階級社会、総中流日本崩壊」(林信吾)


○と言う記事が連載されて居る。


○この記事の著者、林信吾、と言うひとは全く知らない。


○英国で、或る程度、くらした経験があって、


○その「英国式階級社会」についての多少の知識がある。


○そして、日本もこの英国式階級社会に移行してゆく、


○と、警告するわけである。


○しかし、このひとのみでない、

 英国についてごく表面的な知識を持つ日本人には英国の全体像、

 英国の深層は全く見えて居ない。


○見えて居ないものの一つは、「英国労働党」なるしろものの正体である。


○英国労働党は、現在、英国の政権与党である。


○第二次世界大戦後の六十年。

 この六十年間の英国は、典型的な二大政党政治である。


○保守党と労働党が交代で政権を担当する。


○十九世紀には、英国は、

 自由党と保守党の二大政党政治体制であった。


○二十世紀に入ると、労働党が伸長して、

 一九二九年の世界経済大恐慌時、労働党は、自由党と拮抗し、


○第二次世界大戦後は、

 労働党が自由党から、二大政党の一角の座を奪取した。


○現在、自由党は、他の党派と合同して、第三党の位置にあるが、

 英国式完全小選挙区制度下では、その下院議席はごく少ない。


○英国には、米国のような「上院」はない。


○英国「上院」は「貴族院」であって、一般国民の選挙と関係がない。


○英国は、上中流階級と下層労働階級はまるで別の階級であると言う。


○しかし、それでは、なぜ、この労働階級を代表すると称する労働党が、

 英国の上流金持ち、地主、王家を代表する政権党として機能し得るのか。


○これは、手品であり、魔術であり、魔法である。


○日本の白痴的自称エリート権力者、白痴的学問奴隷官僚マスコミ人

 などは、


○この問題が全く見えない。


○この魔法の秘密は一八八〇年代に出現した、英国フェビアン協会にある。


○ジョン・コールマン博士は、

 この「フェビアン協会」が、三百人委員会(イルミナティ世界権力)の

 有力な下部組織の一つである、と述べて居る。


○ここでは、このフェビアン協会問題は説明しない。


○英国は又、秘密結社の支配する国である。


○しかし、この問題は、

 コールマン博士著「秘密結社全論考」(上下、成甲書房)に、ある程度、

 詳しく述べられて居るので、これも省略する。


○日本で今進行しつつある社会的変動は、米国型、又は英国型モデルの階級

 社会への移行を意味しない。


○日本に対して仕掛けられつつあるイルミナティサタニスト世界権力の作戦は、


○日本の解体であり、独立した民族、独立した国家としての日本の完全な

 抹殺である。


○日本をバラバラに分断して、ニューワールドオーダー(世界人間牧場)の

 直轄地とすること、


○以外の何者でもない。


 (了)





蛇足


階級社会化日本は上層、中層、低層、最下層にわかれるのだろうか・。すでに分かれているだろうが・。上層は、外国人と日本偽エリートだろう・。中層は上級公務員と大手企業のエリート社員なのだろうか・・。それらすべてを含んでも国民全体の5%までだろう・。あとは、無駄飯食いなのだろうか?最近、企業はコンプライアンスを声高に言われる。法遵守などと言うが・・そのままの意味、従順となぜに言わないのだろう。まあ、言うことを聞く、家畜(社畜)なのであろうか?。







フェビアン協会


From Wikipedia, the free encyclopedia


http://en.wikipedia.org/wiki/Fabian_Society


フェビアン協会はイギリスの社会主義の知的な運動です。(目的は革命であるよりむしろリフォーミスト(手段)でその運動のために社会主義の原因を進めることです)。 それは19世紀後半とそして、第一次世界大戦まで始まる初期の革新的な仕事によって最もよく知られています。社会で、労働党の地盤の多くがこの期間、倒れました; 次に、新たに独立しているイギリスの植民地、特にインドの方針に影響しました; そして、スチール写真は今日、現存していますか? 同様の社会はオーストラリア(オーストラリアのフェビアン協会)、カナダ(ダグラス-Coldwell財団、およびSocial ReconstructionのためのLeagueの先のコネ)、およびニュージーランドに存在します。


歴史

1883年に設立された社会の分枝がNew LifeのFellowshipを呼んだように社会は1884年1月4日にロンドンに設立されました。 親交メンバーは詩人のエドワードCarpenter、ジョン・ディヴィッドソン、sexologistハブロック・エリス、および将来のフェビアン協会員の秘書、エドワードR.Peaseを入れました。 他のもののための清潔な簡素化された生活に関する例に続くように設定することによって、彼らは社会を変えたがっていました。 しかし、また、何人かのメンバーが社会の変化を支援するために政治的にかかわるようになりたがっていたとき、また、別々の社会、フェビアン協会が設立されると決められました。 すべてのメンバーが自由に両方の社会に通うことができました。 New LifeのFellowshipは1890年代前半に解散しましたが、フェビアン協会はエドワード王時代の時代のイギリスで抜群の知的な社会になるようになりました。


すぐ始まりでは、社会主義の原因に引きつけられた多くのインテリを引き付け始めました、バーナード・ショー、H.G.ウェルズ、シドニー、ビアトレス・ウェブ、アニー・ベザント、グラハム・ウォラス、ヒュバートBland、イーディス・ネスビット、シドニーオリビエ、およびEmmelineパンクハーストを含んでいて。 バートランド・ラッセルさえ後でメンバーになりました。 2人のメンバーのケインズとハリー・デクスター・ホワイトは1944の国連MonetaryとFinancialコンファレンスで代表でした。


Webbsがフェビアン協会のコアに、ありました。--シドニーウェブと彼の妻、ビアトレス・ポッター・ウェブ(1892と結婚します)。 彼らは、一緒に、産業イギリスの頻繁な研究、首都に適用された代替の経済学を書いて、着陸します。 彼らのソビエトロシアの後の賛美は一部この使用料を取得することにおけるスターリンの「効率」に由来しました。


グループ(革命であるというよりむしろゆるやかな変化を支持した)は命名されるのと#8212でした; フランクPodmoreと#8212の提案によって; ローマ一般的なQuintusファビウスMaximus(「Delayer」を意味して、"Cunctator"と愛称で呼ばれる)の名誉で。 彼は有名な一般的なハンニバルBarcaの下のカルタゴの軍隊に対するまともな戦いよりむしろハラスメントと摩滅を伴う戦術を支持しました。


フェビアンの社会主義者は、自由貿易について批判的であり、国際競争から分野を保護することのために保護貿易主義を受け入れました。


また、フェビアン協会員は土地国有化を支持しました、地主によって集められた賃貸料が過分であったと信じていて、大いにアメリカ人のエコノミストのヘンリー・ジョージの仕事を引き出した考え。


多くのフェビアン協会員が1900年の労働党の構成に参加しました、そして、ショーによって書かれたグループの憲法はフェビアン協会の設立ドキュメントから大いに借りました。 1900年の労働党財団コンファレンスでは、フェビアン協会は、861人のメンバーを要求して、1人の代表を送りました。


2回の世界大戦の間の時代に、作家のR.H.Tawney、G.D.H.コール、およびハロルド・ラスキを含む「二世」フェビアン協会員は、社会的に民主的な考えへの主要な影響であり続けました。


このとき、第三世界の将来のリーダーの多くがフェビアンの考えにさらされたのは、そうでした; インドのJawaharlalネールでありだれが次にファビアンの上の人類の5分の1のために社会的に民主的に経済政策を縁どったかが最も著しく、立ち並んでいます。 それはパキスタンの創設者(後で主に彼にインドのPartitionの責任を負わせる何人かのイギリス人の自由主義者によって軽蔑されたBarrister Mahomedアリ・ジンナー)が1930年代前半のフェビアン協会の熱心なメンバーであったというほとんど知られていない事実です。 リー・クアンユ(第1代シンガポールの首相)は、彼の伝記に彼の初期の政治哲学がフェビアン協会によって強く影響を及ぼされたと述べました。 しかしながら、社会主義で理想的なフェビアン協会員が非実用的過ぎると信じていて、彼は後で視点を変更しました。


遺産

20世紀のコースを通って、グループはいつも労働党円の形で有力です、メンバーがラムゼィ・マクドナルド、クレマン・リチャード・アトリー、アンソニー・クロスランド、リチャード・クロスマン、トニーBenn、ハロルド・ウィルソン、より最近のトニー・ブレア、およびゴードン・ブラウンを入れていて。 故ベンPimlottは1990年代の委員長として役目を果たしました。 Societyは社会党員SocietyとしてPartyに所属します。 近年、1960年に設立されたヤングファビアングループは、より若い(31未満)労働党の活動家のために重要なネットワークと議論機構になって、労働党Leaderとして1994年のトニー・ブレアの選挙における役割を果たしました。 不活発の期間に続いて、スコットランド人のヤングフェビアン協会員は2005年に改革されました。


どの31がConstituency労働党Partiesであるかに関する294人の制度上の加入者、協力的な社会、または労働組合、190は、15他の#であって58法人の#であって、ライブラリと、#8212です; 2004年の社会の年次報告は、だれに関する1,010がヤングFabiansであった5,810人の個人会員(前年からの70の下側への)がいたのを示して、合計で6,104人のメンバーを作ります。 社会の正味財産は、あって、つきます; その8万6057、総所得、およびポンド; 48万6456、およびその合計費用とポンド; 47万5425。 1年の総合的な余分があって、つく、; 1,031。


National Biography(歴史中に有名であるか重要な英国人の細部をリストアップする参考資料)のDictionaryの最新版は174人のフェビアン協会員を含んでいます。


4人のフェビアン協会員(ビアトレス、シドニーウェブ、グラハム・ウォラス、およびバーナード・ショー)が、1894年8月4日に朝食パーティーにロンドンスクール・オブ・エコノミクスを設立すると決めました。


現在の組織体制

他のほとんどのシンクタンクと異なって、フェビアン協会は会員組織です。 それはイギリスの労働党に所属する社会主義社会です。


ほとんどのメンバーが、社会の正会員であり、選挙権を持っています。 正会員は個人です。だれにメンバーがいるか、そして、または適任であるのは、労働党のメンバーです。


より少ない数がAssociateメンバーである、これらは、Full会員資格を持ちたがっていない個々の人々であるかSocietyの正会員の資格に、ineligableです。 彼らは、選挙権を全く持っていませんが、そうでなければ、他の会員資格権利を持っています。 社会の副メンバーは、労働党から追放されたか、他の政党のメンバーであるそれらである傾向があります。 多くの客員が死んでいる社会民主党全国連合(イギリス)から引き継がれた自由民主党員のメンバーです。 最近まで、労働党に加わる彼らのineligabilityのために北アイルランドに住んでいたメンバーはAssociateメンバーでした。


地方のSocietiesがイギリスのフェビアン協会に所属するイギリスの多くの地域にあります。 これらのLocal Societiesの多くが1Constituency労働党Partiesに所属します。 個人はNationalイギリスのSociety、Local Societyか両方のどちらかに加わるかもしれません。


他の会員組織のように、それはAGMと国家評議会によって治められます。 国家評議会は郵便投票でanuallyに選出されます。


12の場所が選挙のために自分たちを指名する個人によって争われて、ヤングFabiansはこれらの2つの場所をいっぱいにしなければなりません。 さらに、個人は会計係のポストのために自分たちを指名するかもしれません。 4つの場所、(地元のSocieties代表)はそれら自身の地域社会によって指名された個人によって争われて、ヤングFabianはこれらの場所の1つをいっぱいにしなければなりません。 両方の地方の、そして、国家の社会のすべての正会員がこれらの選挙で投票することができます。


さらに、それぞれウェールズとスコットランドへの1Convenorが各Countryで正会員によって選出されます。


ヤングファビアン執行委員会は1人のメンバー、(コンベンションによるヤングフェビアン協会員の議長)を選出します。


また、Societyの支払われたスタッフは1人のメンバーを選出します。


少ない数の非選出されたメンバーがいます。 少ない数は毎年選出されます、そして、2人の副社長が執行委員会によって任命されます。


議長(現在のSeema Malhotra)は毎年国家評議会1によって選出されます。


Societyスタッフは、ウェストミンスターにダートマス・ストリートに拠点を置いていて、一般長官、Sunder Katwalaによって率いられます。 スタッフは、およそ1ダースに付番して、Researchディレクターのリチャード・ブルックス(Editorialディレクターのトム・ハンプソン)とEventsディレクタージェシカStuddertを入れます。


イギリスの君主制の改革のための推薦

↓これはSocietyが工夫したイギリスの君主制のいくつかのお勧めの改革です。 Monarchyの未来のフェビアンの委員会は2003年に報告しました、改革のための一連の推薦状をして、'役立つ新しいイギリスで適切を確実にするつもりであるなら、君主制は、歴史的な発展の長い過程を持続させる必要があります'と主張して。 推薦された憲法の条項の中に以下がいました:


継承


継承順位は将来、性にかかわらず長子に終わるべきです。

カトリック教徒と#8211のバー; 継承と、そして、結婚への両方と#8211; 1701年の王位継承法では、撤廃されるべきです、君主が英国国教会派の信頼を防御するという要件と共に。 要件は全くどんな特定のフォームの宗教信仰、または全くどんな信頼も保持するイギリスの元首のためにあるべきではありません。

1772年のロイヤルMarriages条例(君主の同意なしで結婚するので継承順位では王室のメンバーを禁じる)は撤廃されるべきです。

彼であるならAccession Oathへの変更が君主の自主退職を考慮すると行われるべきであるか、または彼女はそう願うべきです。


強国


法律への国王の裁可は元首側のもう自由裁量的措置の可能性を含むべきではありません。 既に考えないで、7日後に君主の賛成が与えられると考えられるべきです。

現在幹部社員によって運動させられている特権強国のすべてが法定の基礎に置かれるべきです、議会決定で、法案を可決する際に、それらの強国は、どう分配されて、運動させられるべきであるか。 これを反映するために、用語までに‘議会'で‘王権強国'という用語を廃止して、取り替えるべきです、そして、‘幹部社員'強国であり、どこによって、それらは見つけられるようになります。

議会の州Openingは毎年でないことの新しい議会の始めだけで行われるべきです。 女王のSpeechは新しい民主的な議会の始まりの時に関連している元首によるアドレスであるべきです、政府の立法上のプログラムが別々の議会セッションのときに首相によって提示されて、通常、討論されている状態で。

直接その人に関連する問題について討論することができる前に議会が君主の許可を尋ねるのを必要とするHumble Addressのコンベンションを取り除くべきです、議会がどんな問題についても討論する権利の正式な主張で。

有名なフェビアン協会員

クレマン・リチャード・アトリー

トニーBenn

テサ・ブラックストン

ヒュバートBlandです。

ロビン・クック

アンソニー・クロスランド

リチャード・クロスマン

ヒュー・ゲイツケル

ドニ・ヒーリー

ジョン・ヒューイット

ロイ・ジェンキンズ

ラムゼィ・マクドナルド

イアンMikardo

ロイド・モーガン

ハーバートモリソン

サラマムサ

Jawaharlalネール

E。 ネスビット

ジョージ・オーウェル

Emmelineパンクハースト

エドワードPease

ベンPimlott

バーナード・ショー

リチャード・ティトマス

ピーター・タウンゼンド

ビアトレス・ウェブ

シドニーウェブ

シンクレア・ルイス

H.G.ウェルズ

シャーリー・ウィリアムズ

ハロルド・ウィルソン

編集

今日の議会のフェビアン協会員

1997年の労働党の選挙の勝利以来、200労働党に関してフェビアンの社会のメンバーであるMPがいます。 議会の著名なフェビアン協会員は:


トニー・ブレア

デヴィッドBlunkett

ゴードン・ブラウン

クレアShort

ジャックStraw

Chapter I

Chapter I


The Wisdom Of Our Founders



"I think we have more machinery of government than is necessary,

too many parasites living on the labor of the industrious."

Thomas Jefferson Letter to William Ludlow, 1824


The roots of American history go back to the beginnings of man. Our country is the product of man's hopes, fears, desires, events, motives and a cast of thousands. In the many pages of recorded history are rich tapestries of heroes and villains. There is one thread, however, that is ALWAYS present in these tapestries which is seldom recorded, seldom seen, sometimes sensed, and that is greed. In the background of every new adventure, every war, someone or some group has staked wealth and power. This power is not visible to the masses. It is tightly held by the "elite" and denied to the public at large. Only the players and events themselves are recorded.


The buttons at the top left and the bullets at the bottom of this page will take you to facinating sites that have recorded our history. Chapter II will take you to the roots of our history that are a little harder to find and are today never shown in our public schools.




The Republic


"The falsification of history has done more to impede human

development than any one thing known to mankind"

Rousseau 1712-1778




It is interesting to note that many (probably most all) modern day accounts of this country's birth refer to it as a "democracy". This is one of the greatest misrepresentations that can be put in print. This country was formed as a REPUBLIC, not a democracy. As a point of historical FACT, a democracy has never worked and has ALWAYS evolved into a socialistic dictatorship.


While in Europe cultivating support of the revolution, Ben Franklin was asked what type of government the Americans were forming. Franklin replied, "A Republic, if we're vigilent enough to preserve it."


It was not until during the great depression that anyone referred to the United States as a democracy and only because certain villains with power brainwashed it into our psych. Say the "Pledge of Allegiance" to yourself and see which word is spoken. A Republic makes every citizen a "king", a king without subjects. A Democracy disolves us all into the body politic and destroys freedom.


Democracy is when two wolves and a sheep vote on what they will have for lunch.





REPUBLIC OR DEMOCRACY?




THE SOLDIER'S TRAINING MANUAL,... issued by the War Department, Novermber 30, 1928, set forth the exact and truthful definition of a democracy and republic - this manual was ordered destroyed by F.D. Roosevelt.


Democary:


1. A government of masses.

2. Authority derived though mass meeting or any form of dirrect expression.

3. Results in mobocary.

4. Attiude toward property is communistic-negating property rights.

5. Attiude toward law is that the will of majority shall regulate, whether it be based upond deliberation or government by passion, prejudice, and impules, without restraint or regard to consequences.

6. Results in demagogism, license, agitation, discontent, anarchy.


Republic:


1. Authority is derived through the election by the people of public officals best fitted to represent them.

2. Attitude toward propery is respect for laws and individual rights, and a sensible economic procedure.

3. Attitude toward law is administration of justice in accord with fixed principles and established evidence, with a strict regard to consequencces.

4. A greater number of Citizens and extent of territory may be brought by its compass.

5. Avoids the dangerous extreme of tyranny or mobocracy.

6. Results in statesmanship, liberty, reason, justice, contentment, and progress.


See U.S.A. The Republic Is The House That No One Lives In


第1章

私達の創立者の知恵

「私は、私達が必要以上の政治機構(勤勉なものの労働者の世話や暮らしているあまりにも多くの寄生虫)を持っていると思う」。

ウィリアム・ラドロー、1824へのトーマス・ジェファーソン手紙

アメリカの歴史の根は最初の人にさかのぼる。

私達の国は人の希望、恐怖、欲望、イベント、動機、および数千のキャストの製品である。

記録された歴史の多くのページの中にヒーローと悪人の豊かなタペストリーがある。

1つのスレッドがあり、しかし、それは、時々感知されてほとんど見られないで、ほとんど記録されないこれらのタペストリーの中のいつものプレゼントであり、それは貪欲さである。

すべての新しい冒険の背景で、すべての戦争、誰か、またはいくつかのグループは富と権力に杭を打った。

このパワーは庶民に見えない。

それは「エリート」によって堅く保持されて、全体として一般大衆には拒まれる。

プレーヤーとイベント自身だけが記録される。

左上のボタンとこのページの下部の銃弾は、あなたを、私達の履歴を記録したfacinatingサイトに連れて行くであろう。

第2章は、あなたを、もう少しより見つけづらく、私達の公立学校で今日決して示されない私達の歴史の根に連れて行くであろう。

共和国

「歴史の偽造は、人間の発達を妨げるために人類に知られているどのような物よりももっと行われた。」ルソー1712-1778。

この国の誕生の多くの(たぶんほとんどのすべて)現代アカウントがそれを「民主主義」と称することは実に興味深い。

これは、印刷されることができる最も大きな誤伝(偽伝説)の1つである。

この国は民主主義国ではなく共和国として結成された。

歴史上の事実の事として、民主主義国は一度も働いたことがなく、社会主義的な独裁権の中に発展した日常を持っている。

革命の支持体が洗練しているヨーロッパにいる間の、ベン・フランクリンは、アメリカ人が結成した政府はどんなタイプかをを尋ねられた。

フランクリンは、「私達が、それを保存することができるくらい用心深い共和国です。」と答えた。

それは、国民は誰でも民主主義国として米国に委託した大恐慌の間まで、そしてパワーを持つある悪人が私達の心理学の中にそれを洗脳したためだけではなかった。

国民自身に「忠誠の誓い」と言い、どの言葉が話されるかをわかりなさい。

共和国はすべての国民のために「王」、主題のない王を作る。

政治的統一体への民主主義国の除去と私達すべておよび自由を破壊する。

民主主義(民主政体)は、彼らが昼食に食べるであろうものについて、2匹のオオカミと羊が投票する時である。


(結果がすでに分かっている)

共和国または民主主義?

兵士の訓練教本(1928年戦争省、Novermber 30によって出された…)は民主主義国と共和国の正確で、真実の定義を記述した - このマニュアルはF.D.ルーズベルトによって破壊されるように命じられた。

Democary:民主政体(私有政体)

1. マスの政府。

2. 大集会または直接表現のすべての形式であるけれども、権限は引き出した。

3. mobocaryを結果として生じている。

4. 特性への態度は共産主義の取り消し財産権である。

5. 法律への態度は、それが抑制または結果を気にすることなしで情熱、先入観、およびimpulesによる基づいたupond熟考または政府であるかどうかにかかわらず、大多数の意志が調節することとすることである。

6. demagogism、ライセンス、撹拌、不平、無秩序状態を結果として生じている。

共和国:

1. 権限は、彼らを表すことに最もよく適合した公的な人々によって選挙を通して引き出される。

2. 共和国特性への態度は法律と個々の権利への敬意と賢明な経済の手続である。

3. 法律への態度は固定された原則と設立された証拠を持ち、結果についての厳密な尊重を持つ一致において法の執行である。

4. 多くの市民と領域の範囲はその羅針盤によって連れて来られるかもしれない。

5. 専制政治または暴民の危険な極端を避ける。

6. 政治家の資質、自由、理由、公正、満足、および進歩を結果として生じている。

米国、共和国が、誰も住んでいない家であるとわかりなさい。

その1-4

プロローグとコンテンツ

小さい巻II





知恵と自由の検索




"Politics is war without bloodshed while war is politics with bloodshed."

-- Mao Zedong






Artウルフ
で、写真を撮ってください。

Do you have a gut feeling that things are not quite right in the world today - that America is in decline just as the Roman Empire was centuries ago? Do you know anyone who doesn't? (You probably do.) Most conscious folks do sense that liberty and freedom are inexorably being swallowed up by unseen forces.



The purpose of this "little book" is to lead you to the truth of our current situation and to help you understand why you have been "in the dark". As you journey through our tome by clicking on the button and text links, you will begin to realize that you have been deliberately kept from TRUTH
, lied to by the government, media, and your elected politicians. You will discover that the corporate structure of your state and country have deceived you. (Enron is not the only outrageously fraudulent corporation)



You will discover that your elected government operates within two domains - a corporation (look up the definition of
United States
in any law dictionary), and a constitutional REPUBLIC. You will discover many truths that may change your life forever. Once you learn the truth about WHO YOU ARE
, you will be able to find the remedies to reclaim what you have lost.



You will learn why our education system produces very ignorant citizens - it is not by accident. The biggest failure is that the talent of learning to
THINK
is neglected. You will learn the difference between a sovereign free human being and a corporate fiction slave. You will discover why wars occur and how they are linked to the banking industry, how our courts operate and how they are supposed to operate (BIG difference).



Our "courts", which once defended our individual rights, have turned the pursuit of justice into a mission of using statutes to take our property for the benefit of the state. See
U.S. Legal History
if you find this hard to swallow.



Spend the time to carefully digest this "little book" and you will eventually KNOW what is broken and HOW to fix it. This applies to your own domain as well as your country's.



People who believe that
freedom
is free are lost souls. Freedom was never free, and never will be. One of the most disheartening truths today is the extreme gullibility of the American people to the point that even when confronted with facts, the lies are believed rather than the facts. This is not only with respect to the propaganda put forth by the government controlled media, but also in regards to the denial of statutes that state clearly (rare) to whom 斗aws・apply. The purpose of this website is to correct this little flaw - to succeed where our education system fails. Sheeple
get what they deserve and so do sovereigns
.



"Many, if not most, will scoff at the idea that America could ever fall to totalitarian rule預nd there is a sense in which even I find it incredible America will come to such a hideous end: I continue to hope a majority of Americans will eventually wake up, open their eyes, see the growing monster approaching us, reverse course and set America in a new direction of expanding freedom. But as matters stand now, they do not see what is coming and as long as they do not, we will continue to inch our way towards totalitarianism預nd this is not some awful fate to be suffered by generations to follow in some distant future."

Fulton Huxtable - FATAL BLINDNESS



Why We Are Losing: "The major shortcoming of the freedom movement all these years has been our ongoing failure to unite on a national scale. There is indeed "strength in numbers", yet many thousands of liberty-supporting groups -- most not even aware of each other's existence! -- continue to struggle, bravely yet indepedently, against seemingly insurmountable odds, in a disconnected effort to rescue our once vital Republic." - Liberty Leaque



The FBI, IRS, BATF, SSA, DMV, Justice Departments, and the rest of the alphabet soup agencies, their secretaries and commissioners, legal counsels, most judges and attorneys, the Federal Reserve and their member banks, those who wrote the U.S. Code, the Code of Federal Regulations, the Uniform Commercial Code, and all of those other codes, statues etc,, the mafia, and the 澱lue blood・wealthy families understand certain things that you don稚 (but you will).



They purposely withhold this information from you. Your incognizance of certain key information prevents you from successfully asserting your Rights. That is why, in court, you have no rights, but those they choose to lend you and why you must have an attorney to represent you. "They" seem to be unaffected, leading most of us to believe that privileged people can get away with almost anything. But not the rest of us.



What happened to our unalienable Rights? Want to know? Then read on.



The founders of our powerful nation understood how men driven by arrogance, greed and corruption could become tyrants and oppressors over the People. It had happened over and over throughout history and they had just fought the revolution for this very reason. They provided us, via the Organic Documents they created, tools with which to protect those Rights. Today's generations have failed to learn them and more importantly, to act accordingly to them.



"Are we a free people in the good old USA? Answer the questions and decide for yourself:





1. If told by license
whether you can get married or not, are you free?


2. If permitted by license to use your talents in an occupation, are you free?


3. If stopped on the street, whether driving or not, and asked to show your ID and answer questions about who you are, where you are going, and what you are going to do when you get there, are you free?


4. If your earnings, your fruits of labor, are taken, are you free? Currently, this amounts to half of your earnings. Thus who are you working for half the time?


5. When you buy an item, whether it be a car, truck, land, a house, and the State, county, and city tax your ownership produced through the fruits of your labor in order to dole it out to others, are you free?


6. When unconstitutional invasions on your private property are done by government agents, including law enforcement, are you free?


7. When government tells you what lawful business (any that do not interfere with the rights of others) you may start on your own property, are you free?


8. When government tells you whether you can build a shed on your property, are you free?


9. When government makes laws in direct contradiction to the Constitution of the united States of America, including arms and the God-given unalienable right of self-protection, are you free?


10. When the federal government is allowed to add on charges to a telephone company's equipment along with unlawful taxes which then are charged to its customers, is the company an unfettered private enterprise as it should be? Are you free to pay just for the company's service? Or are both in involuntary servitude to the government?


11. When government uses intimidation and coercion through threats of bodily harm, unlawful seizure of property, unlawful in-home invasions, heavily armed government trained troops (meaning any government employees trained to use firearms, unlawful stops, searches, seizures and make arrests using fraudulent or no evidence indicating wrong-doing), are you free?


12. When government tells you what lawful property (obtained through the fruits of your lawful labor) you can keep on your property, are you free?


13. When judges make rulings or force rulings from juries in direct contradiction to the Constitution, are you free?


14. When every government official, or nearly every government official, violates their Oaths of Office to protect your rights secured in the Constitution and make unlawful, unconstitutional statutes, ordinances and the like, are you free?


15. When your communiqu駸 are monitored by the government, especially the federal government, are you free?



Yes, Folks, unlawful acts you see in the movies are true - the government monitors every form of communication looking for key words that 奏rigger・them to take unlawful actions against law-abiding citizens. It is not fiction - it is fact."

-
Ed Lewis


Freedom, in the political sense, means exemption from the arbitrary exercise of authority in the performance of a specific action and the condition of being free of restraints. You are born free unless, and until, you choose not to be free by voluntarily accepting such restraints or by allowing such restraints to be imposed on you. Whether you actually choose to accept the restraints, choose not to oppose such restraints, or choose to believe such restraints are not optional, you have given up your natural born freedom and consented to be bound by the rule of the government; i.e. bondage to a master; i.e. a slave. If you did not consent, you would be free (dead or alive).



If you truly desire to achieve freedom, educate yourself in this "little book" and then act according to what you have learned.



Most people today would probably choose slavery over freedom, even if they did know the difference. After all, freedom is harder - it requires full unlimited responsibility and accountability for one's life. Most people today are too lazy to be free.







アメリカがちょうど何世紀も前のローマ帝国のように衰退しているのを感じさせますか? あなたはそう思わない誰かを知っていますか? (あなたはたぶん知っている。) 意識している人々のほとんどが、自由が見えない力によって冷酷になくされていると感じます。



この「小さい本」の目的は、あなたを私たちの現在の状況の真実に導いて、あなたが、「暗闇」には なぜいたかを理解しているのを助けることです。 私たちの大冊を通ってボタンとテキストリンクをクリックすることによって旅行するのに従って、あなたは、 故意に政府、メディア、およびあなたの選出された政治家によって嘘をつかれた TRUTH
から妨げ
られたとわかり始めるでしょう。 あなたは、あなたの州と国の事業形態があなたをだましたと発見するでしょう。 (エンロンは唯一の無法に詐欺的な会社ではありません)



あなたは、選出された政府が2つのドメインの中で作動すると発見するでしょう--会社(どんな法の辞書との
合衆国
の定義も見る。)
および本質的な共和国。 あなたはいつまでもあなたの人生を変えるかもしれない多くの真実を発見するでしょう。 WHO
に関していったん真実を学ぶことです。あなたが失ったことを取り戻すために療法をわかることができるでしょう。



あなたは、私たちの教育システムがなぜ非常に無知な市民を生産するかを学ぶでしょう-- それは偶然にそうではありません。最も大きい失敗は
THINK
に知る才能が無視されるということです。 あなたは主権を有している自由な人間と法人のフィクション奴隷の違いを学ぶでしょう。 あなたは、戦争がなぜ起こるか、そして、それらがどのように銀行業にリンクされるか、そして、私たちの法廷がどのように作動するか、そして、それらがどのように作動するべきであるか(大きな差)を発見するでしょう。



私たちの「法廷」(一度私たちの個人の権利を守った)は正義の追求のため法令を使用すると私たちの所有地が状況利益を取る任務に変えました。これが飲み込みにくいのがわかるなら、
米国Legal歴史
を見てください。



慎重にこの「小さい本」を読みこなす時間を過ごしてください。そうすれば、あなたは、結局、それを修理するためにKNOWに壊れていることとHOWを望んでいます。 これはあなたの国のものと同様にあなた自身のドメインに適用されます。



自由
が自由(タダ)であると信じている人々は地獄に落ちた魂です。 自由は、決して自由でないでしょう。 今日の最も落担の真の1つは事実で立ち向かわれていると、偽りが事実よりむしろ信じられているというポイントへのアメリカ人の極端なだまされやすさです。 政府の制御メディアによって差し出されたプロパガンダに関してだけではありませんが、明確に(まれな)だれにでも述べる法令の否定に関して、また適用してください。 このウェブサイトの目的はこの小さい欠点を修正することです--私たちの教育システムが失敗するところで成功するように導き。 Sheeple
は、それらが値するものを得るので、 主権者
をします。



「多く(大部分でなくても)がアメリカが全体主義の規則に落ちることができたという考えを軽視する、私さえそれを見つける信じられないアメリカがそのような見るも恐ろしい終わりに来させる感覚があります:、」 私は、アメリカ人の大部分が結局、目覚めて、目を開けて、増加している怪物が私たちに近づいているのを見て、コースを逆にして、自由の拡張、新しい方向にアメリカをはめ込むのを望み続けます。 「今の場合彼らが、何が、同じくらい長いかを考えないで、私たちが、全体主義に向かってしのび寄り続けるつもりである、これが何らかの遠い将来に続くように世代によって受けられるべきである第恐ろしい運命でない、」

フルトンHuxtable-- 致命的な盲目



私たちが損をしている理由: 「これらのすべての年の自由運動の主要な短所は私たちが国家のスケールで結合しない進行中のことです。」 本当に、「数における強さ」、しかし、何千もの自由支援グループがあります--互いの存在を最も意識してさえいません! -- 「勇敢に今までindepedentlyに私たちのかつてバイタリティにあふれた共和国を救うための外された努力における外観上打ち勝ちがたい可能性に対して戦い続けてください。」 - 自由Leaque



ほとんどの裁判官、弁護士、連邦準備制度理事会、および彼らの加盟銀行、米国Code、連邦政府のRegulations、Uniform商法とそれらの他のコードの像のすべてなどのCode、マフィア、および澱にlue血液?裕福な家族を書いた人々が、あるものを理解しています。彼らのFBI、IRS、BATF、SSA、DMV、司法のDepartments、アルファベットスープ代理店の残り、秘書、およびコミッショナー、法的である、カウンセリング、あなたは稚を身につけます(あなたはそうするでしょう)。



彼らはわざわざあなたからのこの情報を差し控えます。 あなたのある主要な情報の不認識は、あなたが首尾よくRightsについて断言するのを防ぎます。 それは法廷のあなたが権利がない、しかし、あなたの代理をするために貸す彼らがあなたとあなたが弁護士を持たなければならない理由を選ぶものを持っている理由です。 私たちの大部分が、特権がある人々がほとんど何でもうまくやることができると信じているように導いて、「それら」は、影響を受けないように思えます。 私たちの残りでない。



何が私たちのunalienable Rightsに起こりましたか? 知りたいですか? そして、読み続けてください。



私たちの強大な国の創設者は、傲慢、欲張り、および不正で駆り立てられた男性がPeopleの上でどうしたら暴君と抑圧者になることができるかを理解していました。 それは歴史中に再三起こりました、そして、彼らはちょうどまさにこの理由で革命と戦ったところでした。 彼らは彼らが作成したOrganic Documents、それらのRightsを保護するツールで私たちを提供しました。 より重要にそれらを学んで、今日の世代はそれらに善処していません。



「私たちは良い古い米国の自由な民族ですか?」 質問に答えてください、そして、自分の有利な判決を下してください:


1. ライセンス
によって結婚することができるか否かに関係なく、あなたが自由であると言われるなら?


2. 職業にあなたの才能を使用するライセンスによって受入れられるなら、あなたは自由ですか?


3. あなたがおよそだれであるかをあなたのIDと答え質問に案内するために運転か否かに関係なく、通りで止められて、尋ねられるなら、行くこと、そこに到着するときあなたがする者であるところでは、あなたが自由ですか?


4. あなたの収益(あなたの努力の成果)を取るなら、あなたは自由ですか? 現在、これは半分のあなたの収益に達します。 したがって、半分のために時間を扱いながら、あなたはだれですか?


5. 品物を買うとき、それがあなたの所有権がそれを他のものに分け与えるために勤労の成果を通して作成した車と、トラックと、陸と、家と、州と、カウンティーと、市税であることで、あなたは自由ですか?


6. 政府職員があなたの私財における違憲な侵入を完了したとき、法施行を含んでいて、あなたは自由ですか?


7. 政府が、あなたがどんな合法的なビジネス(他のものの権利を妨げないいずれも)を始めることができるかをあなたに言うとき、あなた自身の所有地では、あなたは自由ですか?


8. 政府が、あなたがあなたの所有地の上に小屋を建てることができるかどうかあなたに言うとき、あなたは自由ですか?


9. 政府が真っ向からの反対で兵器と自己保護の神によって与えられた「非-譲渡可能」権利を含むアメリカの結合したStatesの憲法に法律を制定するとき、あなたは自由ですか?


10. 連邦政府は、いつ次に顧客に請求される不法な税金に伴う電話会社の設備への告発で会社がそれであるべきであることのように束縛のない私企業であると言い足すことができますか? あなたは自由にまさしく会社のサービスの代価を払うことができますか? または、政府への不本意な隷属には両方がありますか?


11. 政府が脅威で威嚇と強制を使用するとき、あなたには、肉体的危害、資産の不法な差押え、家での不法な侵入、ずっしりと武装している政府訓練された軍(悪行を示す火器、不法な停止、検索、捕獲を使用して、詐欺的であるかいいえ、証拠を使用することで逮捕をするのが訓練されたどんな公務員も意味する)がありませんか?


12. 政府が、あなたがあなたの所有地の上にどんな合法的な特性(あなたの合法的な努力の成果を通して得る)を保つことができるかをあなたに言うとき、あなたは自由ですか?


13. 裁判官が真っ向からの反対における陪審から憲法まで判決をするか、または判決を強制するとき、あなたは自由ですか?


14. すべての役人、またはほとんどすべての役人が憲法で保証されたあなたの権利を保護して、不法で、違憲な法令、法令、および同様のものを作るためにそれらのオフィスのOathsに違反するとき、あなたは自由ですか?


15. あなたのcommuniqu駸が政府、特に連邦政府によってモニターされるとき、あなたは自由ですか?



はい、Folks、あなたが映画で見る不法な行為は正しいです--政府がキーワードを探しながらあらゆるフォームに関するコミュニケーションをモニターする、それ、奏索具装着者?法律に従う国民に対する撮影不法な行為へのそれら。 「それはフィクションではありません--それは事実です。」

-
エド・ルイス


政治上の意味で、 自由は特定の動作の性能と抑制から自由であるという条件における、権威の任意の運動の控除を意味します。 無料で生まれる、あなたは、自発的にそのような抑制を受け入れるか、またはそのような抑制があなたに課されるのを許容することによって自由でないことを選びます。 抑制を受け入れるのを実際に選ぶか、そのような抑制に反対しないのを選ぶか、またはそのような抑制が任意でないと信じているのを選ぶことにかかわらず、あなたは、あなたの生まれながらの自由をあきらめて、政府の規則で縛られるのを同意しました; すなわち、マスターへの束縛; すなわち、奴隷。 あなたが同意しないなら、自由でしょうに(生きていようと死んでいようと)。



自由を獲得するのを本当に望んでいるなら、この「小さい本」で独学してください、そして、あなたが学んだことに従って、次に、行動してください。



自分達が違いを知ったとしても、今日のほとんどの人々がたぶん自由に関して奴隷制度を選ぶでしょうに。 結局、自由は、より困難です-- それは人の人生のための完全な無限責任と責任を必要とします。 今日のほとんどの人々が自由であるように思えないほど怠惰です。







その1-3


7. Finally, the following tidbits are offered for you to embrace or disprove:



a) The success of the Bolshevik Revolution in Russia in 1917 was ensured by financing direct from New York capitalists. The communist/capitalist, East/West confrontation was always and continues to be an elaborate charade carried on for multiple reasons not the least of which has been the unimaginable enrichment of weapons industries of the "elite". This is not to say there was never any risk of a nuclear holocaust, simply that the "elite" managed the risks to within what they considered acceptable levels, given the available rewards.



b) Churchill ordered Roosevelt to enter World War II, and together they orchestrated the causes of and facilitated the carrying out of the attack on Pearl Harbor. Roosevelt was warned of the attack three days before it occurred. This is well documented, and gives one a small insight into the incredibly cynical and heinous mindset of the "elite".



c) Hitler was, in fact, originally bankrolled into power by British financial interests. It has been well documented that the munitions factories on BOTH sides of World War II were either owned outright or financed by the same families. Weapons factories in Germany were routinely avoided in bombing raids. Whoever was "calling the shots" seemed to prefer to bomb the worker housing and other civilian targets. (In case it hasn't occurred to you, these families who owned the munitions factories also happen to own the private corporation called the Federal Reserve which is winding up with all your tax money. Is it starting to chafe a little?)



d) So much has been made of Viet Nam, that people are bored with the subject, yet one of the primary reasons for the war had to do with drugs. It is a fact that the United States government (the "War on Drugs" notwithstanding) has been heavily involved in every aspect of drug trade for many years, and the Golden Triangle in Southeast Asia was not going to be disrupted without a sizable fuss on the part of good ole' Uncle Sam. The prolonged "conflict" (read "war, loss of life, destruction of a Third World country") provided a ripe opportunity for massive profits in the arms and transportation industries, as well as a perfect laboratory environment for all sorts of human engineering projects. The icing on the cake of Viet Nam was that it became the perfect tool for the demoralization and fractionalizing of the citizenry of the United States of America in preparation for the sabotaging of the American engine.



Drug money is still a major factor in "U.S. foreign policy". Where do you think much of the money for covert C.I.A. and OTHER secret government operations comes from? Iran/Contra is a classic example of this along with other operations which either Congress refuses to fund or which must be kept secret from the rest of the government.



A large portion of the fortunes of the British "elite" was obtained in the opium markets of the Orient. All sorts of wars, and unspeakable suffering has been brought upon the human race directly out of the desire of the "elite" to maintain, control, and protect this fabulously lucrative trade in drugs. It bears repeating that these are the same people who created the Federal Reserve, who create our money for us out of thin air and charge us interest on it (which interest can only be paid through the creation of yet more nonexistent, interest-bearing money), and into whose account all of your personal income tax dollars are directly deposited.



e) The Kennedy assassination has been made into an American obsession, a money-making media circus. That the simplistic, transparent, and utterly moronic Warren Commission Report is still defended as the truth, is merely an ongoing litmus test on the American frame of mind -- which can only be viewed as pathetic. Who killed JFK is as relevant as who killed Cock Robin. Even the most politically naive are beginning to understand that elected political officials above the level of dog catcher are "put up" to run for office. And, generally, both sides of the race are covered so that who wins only dictates small changes in the nature of the political charade. The people who put Nixon and Kennedy up for election and tolerated Kennedy's victory decided that Kennedy had to be taken out. WHY? That is the question! Answer that question and you will be well on your way to an intimate knowledge of the LIE, who is behind it, and what you must do to at least give your children a fighting chance against this force.



f) The web of fraud, deception, and unlawful control, in which the American people have allowed themselves to be ensnared, is as magnificent and awe-inspiring as the work of any large spider you may have viewed on a dew-covered, Fall morning. How could such an ugly little creature build such a beautiful, delicate structure and, with it, entrap the FREE and beautiful butterfly?



How, indeed, could we lose our knowledge of the meaning of Liberty and surrender our God-given, unalienable rights in exchange for "social" security? We have become a nation of wimps, preoccupied with our "emotional problems", coveting our pleasures, and terrified of losing even the least of our precious material possessions -- our "stuff".



So eager are we to be protected from each other (and from ourselves) that we allow the government to create laws and "statutes" the very nature of which would have been utterly repugnant to our forefathers. We complain about the bureaucracy, yet, when pressed on the specific issues, confess that we feel safer if the government requires licenses of all our fellow citizens to supposedly ensure that they will run their businesses "properly", build things "right", drive "safely", etc., etc.


Yet the Constitutional protections, miraculously, are still in tact and available to us, if we would but claim them. Were you aware that, in many states, there is no lawful basis for the requirement to obtain a driver's license or to license your automobile? In fact, if you investigate the definitions in relevant federal statutes, you will find that the definition of "driver" refers only to "persons" operating a motor vehicle for business purposes. A passenger is a "person" whose transportation has been paid for, and a vehicle is a conveyance being used for a commercial purpose. You can have even more fun looking up "person". The legal verbiage in most state code books is, in my opinion, wholy inadequate to require any citizen, travelling in his or her privately owned automobile, to possess a license to do so. Yet honest, courageous people who point out these facts in court and claim their freedom to travel are routinely fined and/or jailed. Whether or not you like the idea of the "driver's license" is not the point. The point is that we have long since descended into unabashedly dishonest government -- what might be best described as legislative and bureaucratic totalitarianism. This has not come about through human error or mistakes. The spider does not weave a web by mistake, and the butterfly flies into it primarily because it is not paying enough attention to where it is flying.


7. 最終的に、以下の一片はあなたが抱擁するか、または論駁すると申し出られます:


a) 1917年のロシアのボルシェビキ革命の成功は融資によってニューヨークの資本家からダイレクトに確実にされました。 共産主義者/資本家、東の、または、西の対立はいつもである精巧なジェスチャーゲームにそれの最少でないのが「エリート」の兵器産業の想像を絶する裕福である複数の理由で続けられたということであり続けます。 これは単に、「エリート」が彼らが合格水準であると考えたことに危険を管理したという核大虐殺のどんなリスクも決してなかったと言わないためのものです、利用可能な報酬を考えて。


b) チャーチルが、第二次世界大戦に入るようにルーズベルトに命令して、彼らは、真珠湾で攻撃について一緒に、原因を調整して、搬出を容易にしました。 起こる3日前にルーズベルトは攻撃について注意されました。 これがよく記録されて、わずかな洞察を1つに与える、信じられないほど、「エリート」のシニカルで凶悪な考え方。


c) 事実上、イギリスの投資関係者は元々、パワーにヒットラーの資金を出しました。 第二次世界大戦のBOTH側の上の軍需工場が完全に所有されていたか、または同じ家族によって融資されたとよく記録されました。 ドイツの兵器工場は空襲できまりきって避けられました。 「指揮していた」人なら誰でも、労働者住宅と他の民間目標を爆撃するのを好むように思えました。 (あなたの心に浮かんでいないといけないので、また、軍需工場を所有していたこれらの家族がたまたまあなたのすべての税金で終わっている連邦準備制度理事会と呼ばれる私法人を所有しています。 それは少し擦りむき始めていますか?)


d) とても多くがベトナムで作られました、その民族は対象に退屈していました、しかし、戦争の第一の理由のひとりがドラッグと関係がありました。 '良いole側のかなり大きい大騒ぎなしで混乱させられるのは、合衆国政府(「麻薬を撲滅しようとする闘争」にもかかわらず)が何年間も大いに麻薬取引のあらゆる局面にかかわっていて、東南アジアの黄金の三角地帯が行く予定でなかったという事実です'アメリカ政府。 長引いている「闘争」(「戦争、死亡、第三世界国の破壊」を読む)は大規模な利益に兵器と運送業に熟している機会を与えました、いろいろな人間工学プロジェクトに、完全な実験室環境と同様に。 ベトナムのケーキの上のアイシングはアメリカのエンジンのサボタージュに備えてアメリカ合衆国の市民の退廃とfractionalizingのための完全なツールになったということでした。


それでも、「米国外交政策」で麻薬を売って得た金は重要な要因です。 どこで、あなたは、ひそかなCIAとOTHERの秘密の官営のためのお金の多くが来ると思いますか? イラン/コントラは議会が資金を供給するのを拒否する他の操作に伴う政府の残りによって秘密に保たなければならないこの典型例です。


東洋のアヘン市場でイギリスの「エリート」の財産の大きい部分を得ました。 いろいろな戦争の、そして、言い知れぬ苦しみは直接「エリート」がドラッグの中にこの途方もないほど有利な貿易を維持して、制御して、保護する願望から人類にもたらされました。 それは、これらが連邦準備制度理事会を創設したのと同じ人々であることを繰り返すのに堪えて、だれが私たちのためにどこからともなく私たちのお金を作成して、私たちにそれの利息(しかし、より多くの実在しなくて、利付きのお金の創造で利息を支払うことができるだけである)を請求するか、そして、あなたの個人所得のすべてがだれのアカウントにドルに税をかけるかは直接預けられます。

e) ケネディの暗殺をアメリカの妄想、理財メディアサーカスにしました。 安易で、透明で、全く愚直なウォーレン委員会Reportは、真実が単に心(哀れであるとして見なすことができるだけである)のアメリカのフレームの進行中のリトマス試験であるので、まだ防御されています。 だれがJFKを殺したかは、だれがCockロビンを殺したかと同じくらい関連しています。 分かり始めるのが立候補するために「提供される」という最も政治的にナイーブなオフィスさえ。 そして、一般に、レースの両側は、だれが勝つかが政治上のジェスチャーゲームの本質でばら銭を書き取るだけであるように、覆われています。 選挙のためにニクソンとケネディを提供して、ケネディの勝利を許容した人々は、ケネディが取り出されなければならないと決めました。 なぜですか? それは問題です! その質問に答えてください。そうすれば、あなたはこの力に対してそれの後ろにいるLIEとあなたが勝ち目をあなたの子供に少なくとも与えるためにしなければならないことに関する詳細な知識へのよく行く途中になるでしょう。


f) 詐欺のウェブ(詐欺、および不法なコントロール)は、どんな大きいクモの仕事とも露で覆われたFall朝見られた状態で同じくらいすばらしくて、同じくらい恐れ多いです。(そこでは、アメリカ人の人々はわなにはめられました)。 それで、そのような醜い小さい生物は、どうしたらそのような美しくて、デリケートな構造を建設して、無料の、そして、美しい蝶をわなにかけることができますか?


本当に、私たちは、「社会的な」セキュリティと引き換えにどうしたらリバティの意味に関する私たちの知識を失って、私たちが神-当然のこと、「非-譲渡可能」権利を明け渡すことができますか? 私たちは、私たちの喜びを切望しながら私たちの「情緒面の問題」に気を取られた弱虫の国になって、私たちの貴重な物質的富の最少さえ失うのを脅かしました--私たちの「もの。」


とても切望しているのは、私たちです。互い(そして自分達から)から保護されるために、私たちの祖先には、私たちがどれについて法を作成する政府と「法令」にまさしくその自然を許すかは、全くいとわしかったでしょう。 私たちは、官僚制度に関して不平を言いますが、特定の問題で押されると、政府が私たちのすべての同市民が推定上彼らが「適切に」自分達のビジネスを経営しているのを確実にして、「正しい」ものを造って、「安全に」運転するなどライセンスなどを必要とするなら、より安全であると感じるのを自供します。


しかし、それらを要求するのを除いて、私たちが利用可能であるなら、Constitutional保護は、まだ気転には奇跡的にあって、私たちにとって利用可能です。 あなたは運転免許証を得るか、またはあなたの自動車を認可するという要件のどんな合法的な基礎も多くの州にないのを意識していましたか? 事実上、関連連邦法令との定義を調査すると、あなたは、「ドライバー」の定義がビジネス目的のために自動車を操作しながら単に「人々」について言及するのがわかるでしょう。 乗客は輸送が代価を払われた「人」です、そして、乗り物は商業目的に使用される運送です。 あなたは「人」にさらにおもしろい見ることを持つことができます。 私の意見では、ほとんどの州のコードブックにおける法的な多言は市民を必要とするように不十分なwholyです、そうするライセンスを持つためにその人の個人的に所有されている自動車を旅行して。 しかし、正直です、法廷でこれらの事実を指摘して、旅行する自分達の自由を要求する勇敢な人々が、きまりきって罰金を課される、そして/または、投獄されます。 あなたが「運転免許証」の考えが好きであるかどうかは、ポイントではありません。 ポイントは私たちは以来、長い間、平気で不正直な政府の中に降りています--立法上の、そして、官僚の全体主義として記述されている中で最も良いかもしれないことということです。 これは人為ミスか誤りを通して生じていません。 クモは間違っているウェブを張りません、そして、主としてそれが飛ぶ予定であるところに関する十分な注意を向けていないので、蝶はそれに飛び込みます。

g) If the point about the "driver's license" in the previous section seemed trivial or even "socially dangerous" to you, that is because you (like myself) are a product of an American education establishment which has systematically miseducated the nation's youth, purposely twisting, destroying, and deleting the truth about the nature of Liberty, the American Republic, and the protection of the Constitution.



If you will look up the Communist Manifesto in any good encyclopedia, and study it thoroughly (it is quite short), you should be impressed with how many of its ten planks are either law or de facto public policy in the U.S.A. Even more sad for the tattered cause of Liberty, is the possibility that you may actually feel the Communist Manifesto sounds pretty good, and feel that the "right wing" elements only deplore Communism because it hampers their greedy, capitalistic opportunities. This leads to the need for you to gain an understanding of the principles of thesis, antithesis, and synthesis. I must not expand this document to the extent that would be needed to deal with those principles, but, suffice to say, the "elite" deal at the level of synthesis. Both the thesis and the antithesis are in the realm of the Emperor's Clothes and the "Red Herring Derby".




g) 前のセクションの「運転免許証」に関するポイントがあなたにとって些細であるか「社会的に危険に」さえ見えたなら、すなわち、あなた(自分のような)がそうので、そうしたアメリカの教育設立の成果は系統的に国の若者をmiseducatedしました、わざわざねじれていて、リバティの自然、アメリカの共和国、および憲法の保護に関して真実を破壊して、削除して。


どんな良い百科事典でも共産党員Manifestoを見上げて、それを徹底的に研究するなら(それはかなり短いです)、10枚の板のいくつが、リバティのぼろぼろの原因には、より悲しい米国Evenの法か事実上の公共の方針のどちらかがあなたが、共産党員Manifesto音がかなり良いと実際に感じることができる可能性であるということであり、それらの貪欲で、資本主義的な機会を妨げるので「右翼」要素が共産主義を嘆くだけであると感じるかにあなたは感動するべきです。 これはあなたが論文、正反対、および統合の原則の理解を獲得する必要性に通じます。 私はこのドキュメントをそれらの原則に対処するのに必要である範囲に広げてはいけませんが、言うために十分にしてください、統合のレベルにおける「エリート」の取引。 論文と正反対の両方が皇帝のClothesと「薫製ニシンダービー」の分野にあります。


h) Has it ever occurred to you to question why the three major news networks all report virtually the same stories AND point of view night after night after night? Is your intellect flattered by the "expanded" reports of those VERY SAME STORIES on public television? Did you wonder why ONLY CNN was allowed to "report" on the Persian Gulf war? Have you never wondered why you are treated to such a steady diet of news about murder, rape, plane crashes, and other negativity which YOU can do nothing about? The news, friends, is worse than a lie. It is a calculated mixture of facts, lies, and distortions, creating a hypnotic fantasy which controls the masses as surely as if they had electrodes planted in their brains. The media lulls us to sleep or jolts us into carefully aimed paths of action, ACCORDING TO THE AGENDA OF THE "ELITE". I'm sorry. You may scoff at the idea. You may dismiss the idea. Nonetheless, unless you are soul-dead, I would bet that, deep in your heart, you are terrified that it may be true. You will never know for sure, however, unless you sincerely investigate the path illuminated for you by this document.



h) それは、今までに、3つの主要なニュースネットワークがすべて、なぜ夜の後に連夜、実際には同じ話のAND観点を報告するかを質問するためにあなたに浮かんだことがありますか? あなたの知性は公共テレビ放送でそれらのVERY SAME STORIESの「広げられた」レポートによってこびられますか? あなたは、なぜCNNだけがペルシャ湾戦争に関して「報告すること」が許容されたかと思いましたか? あなたは、なぜあなたが何もできない殺人、レイプ、飛行機墜落事故、および他の陰性に関するニュースのそのようなしっかりとしている食事に奢られるかと一度も思ったことがありませんか? ニュース(友人)は偽りより悪いです。 それは、事実の計算された混合物と、偽りと、ひずみです、同じくらい確実にまるで彼らには彼らの脳に植わっている電極があるかのように大衆を監督する催眠性の幻想を引き起こして。 メディアは、動作の慎重に目的とされた経路、ACCORDING TO AGENDA OF「エリート」に私たちを寝つかせるか、または私たちに衝撃を与えます。 すみません。 あなたは考えを軽視することができます。 あなたは考えを捨てることができます。 それにもかかわらず、あなたが精神死んでいない場合、私は、あなたの心で深いです、あなたがそれが本当であるかもしれないことが脅かされるのを賭けるでしょう。 しかしながら、心からあなたのためにこのドキュメントによって照らされた経路を調査しないと、あなたは決して確かに知らないでしょう。


i) You may be wondering why, if there is really such a diabolical reality facing the human family, your church leaders are not concerned or speaking out. Issues of the type addressed in this document are often placed in an elaborate context of religious tenets or spiritual values. As a result, urgent realities are often rationalized into oblivion. I am only interested in what is true, supportive of Liberty, and conducive to human caring.



As impacting these issues, the following occurs to me. Some leaders of small, independent churches have spoken out boldly and extensively. Leaders of large, powerful churches have little or nothing to say on these subjects, and, if you NEED to believe that they are unaware, then you have been snared in the spider's web. Churches which desire to be "legitimate and law-abiding" obtain a special tax status with the IRS. Shazam!!! Any statement which could remotely be construed as not "politically correct" is an open invitation to reprisals from virtually anyone in government as well as anyone having any influence with the IRS (i.e. the "elite"). Persons in high positions with the large and powerful churches know a great deal about the "elite". Some of them ARE the "elite". You will have to work out your own hang-ups on that subject. It can be very painful.


Even though obvious, it is very difficult to accept the reality that evil CAN shroud itself in mountains of good. Correlating my own experiences with evidence I have seen, it seems to me that virtually all large, powerful organizations (including churches and secret organizations such as brotherhoods) are covering up something -- ranging from misrepresentations to alliances with evil, to the LIE itself. Human consciousness being what it currently is, large, powerful organizations tend to be about control, power, and money. And if organizing people around otherwise true principles, to keep them (pre)occupied doing all sorts of good deeds, serves to keep them out of the way of the primary goals of the "elite", so much the better. That is hard to accept, isn't it? But it is true, nonetheless, and it stems from our human unwillingness to trust that which resonates in the soul and take responsibility for choosing what to stand for. As long as we continue to look for some outside authority to spoon-feed us life's basic issues, the ego-driven among us will gladly answer the call and manufacture the most magnificent, inspiring organizational structures (wombs) to heal our every insecurity. Thus we will continue to be so much cattle in the herd driven and guided by the "elite". Remember, the "elite" now believe there are too many cattle in the herd. Have you not noticed the direction in which the herd is being driven -- over the cliff?


i) あなたは、あなたの教会指導者が人類に直面しているそのような悪魔的な現実のものが本当にあればなぜ関係がないし、またははっきりと話していないかと思うことができます。 本書では宛てられたタイプの問題はしばしば宗教主義か精神的価値の入念な関係に置かれます。 その結果、緊急の現実はしばしば忘却に合理化されます。 私は本当の、そして、支持していてリバティを、人間の気にかけるのに役に立つことに興味を持っているだけです。


これらの問題に影響を与えるとして、以下を思い出します。 小さくて、独立している教会のリーダーの中には大胆に、手広くはっきりと話した人もいました。 大きくて、強力な教会のリーダーには、何も少しかこれらの対象の上に言うことがありません、そして、彼らが気づかないと信じるのが必要であるなら、あなたはクモの巣で陥れられました。 「正統で遵法であること」を望んでいる教会がIRSと共に特別な税金状態を得ます。 Shazam! 「ポリティカリーコレクト」でないのに離れて理解することができたどんな声明も実際にはIRS(すなわち、「エリート」)とのどんな影響も持っているだれもと同様に政府のだれからのも報復への開いている招待状です。 大きくて強力な教会がある高い地位の人々は「エリート」に関して多くを知っています。 それらのいくつかが「エリート」です。 あなたはその対象の上にあなた自身のハングアップを解決しなければならないでしょう。 それは非常に苦痛である場合があります。

明白ですが、悪がそれ自体を利益の山として包むことができるのは現実を受け入れるのが非常に難しいです。 私が見たという証拠の私自身の経験を関連させて、悪で誤伝から同盟まで及んで、ほとんどすべての大きくて、強力な組織(兄弟愛などの教会と秘密の組織を含んでいる)が何かを隠しているように私にとって思えます、LIE自身に。 現在人間の意識がそれが何であるかということであり、大きくて、強力な組織は、コントロール、パワー、およびお金に関してある傾向があります。 それらを保つためにそうでなければ、本当の原則の周りで人々を組織化する、(前、)、いろいろな善行、それらを「エリート」の第一の目標で辺ぴで、尚更良く保つためにサーブしながら、占領されます。 それは受け入れにくいんでしょう? しかし、それはそれにもかかわらず、本当です、そして、精神で共鳴するそれを信じて、何を表したらよいかを選ぶことへの責任を取る私たちの人間の気がすすまないことから、由来します。 私たちが、私たちをさじで食べさせる権威の外でいくつかを探し続ける限り、人生の初版、私たちの中の自我駆動の意志は、喜んで電話口に出て、私たちのあらゆる不安定を癒すために、最もすばらしくて、奮い立たせている組織体制(子宮)を製造しています。 したがって、私たちは、「エリート」によって運転されて、誘導された群れのとても多くの牛であり続けるつもりです。 覚えていてください、そして、「エリート」は、現在、あまりに多くの牛が群れにいると信じています。 あなたはがけの上で群れが運転されている方向に気付いていませんか?

j) One final point begs introduction which may strike closer to home for some of you. From a variety of reasons and impetuses, I have been interested in health, diet, and medical issues for many years. Although not an authority by any means whatever, I have been exposed to vast amounts of information on different sides of many of these issues. You should be aware that the "elite", the government, the American Medical Association, the Food and Drug Administration, virtually all pharmaceutical houses, the American Cancer Society, most major corporations in the food production sector, as well as many other entities ("institutes", societies, and associations) are involved in a Draconian conspiracy to suppress, distort and discredit information regarding diet, health, and so-called alternative medicine. There is simply no doubt of the conspiracy, although it is so complex that it can be more easily viewed as a collection of thousands of individual conspiracies of various sizes which just happen to support each other with an amazing degree of coincidence. What is this all about? The usual, of course -- money, power, and ego. What it is about at the higher levels of the "elite" is an entirely different matter -- having to do with the driving of the herd off the cliff.



In 1984 my mother died of cancer. Could her cancer have been prevented? Yes. Could her cancer have been cured? Most likely. But the information which would have given her the choice to prevent or cure her disease was and is ruthlessly suppressed and discredited. There is only one reason for this, again the money, power, and egos jeopardized by an informed public empowered to deal with their health issues largely ON THEIR OWN.


The love of money is, indeed, at the root of evil, and if honesty is going to cost someone a LOT of money (much less power and position), what do you think the odds are of the truth being willingly let out? I am personally acquainted with a nutritional consultant (Ph.D in biochemistry and nutritional pharmacology) who had, at last count, 33 A.I.D.S. patients, 30 of whom no longer show any symptoms of the disease. The American Medical Association will not communicate with him. No one in the government seems to want to talk to him. The Veterans Administration has refused to provide him with medical records so that he can authenticate these situations. In fact, there is reason to believe they have deliberately "lost" or destroyed records in some instances. There are probably hundreds of incidents of this nature and many books in print on related issues. Is there some bogus misinformation floating around that would discredit those promoting alternative viewpoints on diet and medicine? Of course. Enough to absolve the Establishment of the conspiracy charges? Not by a long shot!



j) 最終的な1ポイントはあなた方の何人かのために衝撃を与えるかもしれない序論を請います。 さまざまな理由と起動力から、私は何年間も健康、食事、および医学の問題に興味を持っています。 なんとかすべての権威ではありませんが、私はこれらの問題の多く異なる側の上の広大な量の情報に親しみました。 あなたは「エリート」、政府、米国医師会、食品医薬品局、ほとんどすべての製薬会社、アメリカ癌協会、食糧生産セクターのほとんどの大企業、および他の多くの実体(「研究所」、社会、および協会)が食事、健康、およびいわゆる代替医療に関する情報を抑圧して、歪めて、疑うDraconian共謀にかかわるのを意識しているべきです。 共謀の疑問が全く単にありません、それが非常に複雑であるので、驚くべき度の偶然の一致でただたまたま互いを支持する様々なサイズの何千もの個々の共謀の収集として、より容易にそれを見なすことができますが。 これは何に関しますか? もちろん普通である、--お金、パワー、および自我。 がけから群れの運転と関係があるので、それが「エリート」の、より高いレベルで関することは完全に異なった問題です。


1984年に、私の母は癌で死にました。 彼女の癌を予防することができましたか? はい。 彼女の癌は回復することができましたか? たぶん。 しかし、彼女の病気を予防するか、または治療するために選択を彼女に与えた情報は、あって、無慈悲に抑圧されて、疑われます。 この1つの理由だけ、再びお金があります、パワー、そして、彼らの健康に対処するのに権限を与えられた知識がある公衆によって危険にさらされた自我はON THEIR OWNを主に発行します。

本当に、金銭欲が悪の根にあります、そして、だれかがお金(まして、パワーと位置)のLOTを正直に費やすなら、あなたは多分どう進んで外に出される真実を思いますか? 私は個人的に最後のカウントで30そのがもう病気のどんな兆候も示さない33人のA.I.D.S.患者を持っていた栄養のコンサルタント(生化学と栄養の薬理学の博士号)と面識があります。 米国医師会は彼とコミュニケートしないでしょう。 政府のだれも、彼と話したいように思えません。 復員軍人援護局は、彼がこれらの状況を認証することができるように、カルテを彼に提供するのを拒否しました。 事実上、彼らが故意にある場合に記録を「失う」か、または無効にしたと信じる理由があります。 たぶん、関連する問題で印刷しているこの種と多くの本の何百件もの事件があります。 食事と薬で代替の観点を促進するものを疑う浮かぶ何らかのにせの誤伝がありますか? もちろん。 共謀の罪の特権階級を解放するためには十分? 大いにない!

Health issues are immensely complex. "Physical" "mental", "emotional", and "spiritual" may indeed be little more than our own crude definitions of aspects of human reality, which overlap in ways we have yet to discover. We will, however, never have the blessing of truth available to us as long as we cannot muster the courage to do battle with those of the LIE who would keep it from us. To accept the tyranny of an "elite" which dole out medical knowledge only when it is profitable for them to do so is to tolerate a state of humiliating vassalage which should be repugnant to the heirs of the American Republic. That is the only real issue here -truth, Liberty, and caring.



Well, I guess enough is enough. You may have already dismissed this document as the ravings of a deluded, paranoid alarmist. That is what I would have likely done five years ago. Hopefully, something contained herein is consistent with your own observations or suspicions, and you will go on from here. The reading list on the last page is only a very tiny portion of the information now available. Much of it is hard to find and difficult to study, much less absorb.

健康問題は非常に複雑です。 本当に、「物理的な」「感情的で」、「霊的な」「精神的」はただ私たち自身の人間の現実の局面の粗雑な定義であるかもしれません。(局面は私たちがまだ発見していない方法で重なります)。 しかしながら、私たちは私たちからそれを妨げるLIEの人々と戦うために勇気を奮い起こすことができない限り、真実の天恵を私たちにとって利用可能に決してするつもりではありません。 受け入れるために、彼らがそうするのが、有益であるときにだけ医学知識を分け与える「エリート」の圧制は家臣の身分を辱しめるアメリカの共和国の相続人にとって、いとわしくあるべきである状態を許容することです。 すなわち、本当だけがここで真実、リバティ、および気にかけることを発行します。


さて、私は十分が十分であると推測します。 あなたは欺かれて、パラノイアの心配性の狂乱として既にこのドキュメントを捨てたかもしれません。 それは私が5年前におそらくしたことです。 うまくいけば、この場所に含まれた何かがあなた自身の観測か容疑と一致しています、そして、あなたはここから先へ進むでしょう。 終面の推薦図書は現在利用可能な情報の非常に小さい部分であるにすぎません。 それの多くは、研究して、まして、吸収するのは、見つけにくくて難しいです。

Let me be very clear on one point. Any search for truth will involve sifting through mountains of misinformation (mistakes), disinformation (lies), and noninformation (distractions), in order to eventually come upon small pieces of information which then must be understood, analyzed, compared and eventually pieced together to arrive at a bit of truth. And then, hopefully, that bit of truth can be successfully used as a direction finder in the search for the next bit.



There is no doubt in my mind that I am mistaken about some of my "facts". My perceptions cannot all be flawless. As a matter of fact, I would love to be proved wrong on every count. But, alas, I have given some pretty important and powerful people -- people in positions of public trust, who should care-- every opportunity to set me straight, and, almost without exception, there is silence. That is the same silence which has answered the many many thousands of similar inquiries which I know have been made.



No. This scenario herein presented to you is, on the whole, very accurate, and I have now discharged my responsibility to make you aware of it to the best of my ability. The search for truth is a dangerous thing, indeed. The possession of truth, on the other hand, can ruin your whole day. If this has ruined your day, I want you to know that, although I myself fall just a tad short of Dale Carnegie in my positive outlook, some of the most optomistic, caring, courageous people I know are totally committed to this battle to expose the LIE. Living at a dark time in human history provides the maximum opportunity for even the smallest of flames to cast a lot of light. I am willing to discuss any of these issues with anyone as time will allow, and to refer anyone to sources of help and information. If, however, anyone has emotional baggage that cannot be shed, or axes to grind, or tender spots which may result in offense being taken, please remember that the search for truth is a dangerous thing. You embark on it of your own free will. If you really don't want answers, then don't ask questions, especially
not of people whose answers you know could be extremely painful.

私は1ポイントの上で非常に明確ににさせてください。 真実のどんな検索も、誤伝(誤り)、故意の誤報(横たわっている)、および「非-情報」(注意散漫)の山を調べるのを伴うでしょう、結局次に理解されて、比べて、分析されて、結局少しの真実に到着するように継ぎを当てなければならない小さい情報に出くわすために。 そして、うまくいけば、次のビットに方向探知機として検索に真実のそのビットを首尾よく使用することができます。


私が私の「事実」のいくつかについて思い違いしているという私の心における疑問が全くありません。 私の知覚はすべて疵がないはずがありません。 実は、私はあらゆるカウントのときに間違っていると立証されたいです。 ああ、しかし、私は私を直すあらゆる機会を何人かのかなり重要で強力な人々(公共の信用の位置の人々)に与えました、そして、沈黙がほとんど例外なしであります。位置は気にかけるべきです。 それは私がされたのを知っている同様の問い合せの多くの多くの数千に答えた同じ沈黙です。


いいえ この場所にあなたに提示されたこのシナリオは概して非常に正確です、そして、私は現在、できる限りあなたをそれを意識するようにする責任を放出しました。 真実の検索が危険物である、本当に。 他方では、真実の所有物はあなたの全体の日を台無しにすることができます。 これがあなたの日を台無しにしたなら、私は、私自らですが、デール・カーネギーより私の積極的な見解でちょうどほんの少し下回ってください、最もoptomisticのいくつかを知って欲しいと思います、気にかけます、LIEを露出するために完全に送られる私がこの戦いに知っている勇敢な人々。 暗い時に人間の歴史に生きるのは最も小さい炎さえ多くの光を投げかける最大の機会を提供します。 時間が許容するようにだれのこれらの問題のどれかについて議論して、私はだれでも助けと情報の源に差し向けます。 しかしながら、だれにもはじくことができない、感情的な手荷物、研摩する軸、または犯罪をもたらすかもしれない取られる穏やかなスポットがあるなら、真実の検索が危険物であることを覚えていてください。 あなたはあなた自身の自由選択についてそれを始めます。 本当に答えが欲しくないなら、特に非常に苦痛であるかもしれないあなたが答えを知っている人々に質問しないでください。

To those of you who have known me in any degree I express thanks for the sharing of that which was good between us and sorrow for any hurt or negativity that I may have brought you. Thank you for thinking enough of me to read this far.



Someone said once, "If you are bored with your life, find a good fight and get in it!" This is a good fight. I am in it. It is unlikely I will ever be bored again!



少しも私を知っていたあなたの人々に、私はいずれに関する私たちと悲しみの間で害を与えられている利益か陰性であったその共有の私があなたを連れて来たかもしれない感謝を申し上げます。 私を遠くにこれを読むほど思ってくださってありがとうございます。


「あなたは、身を捨ててくり抜かれて、健闘を見つけて、それに入りますか?」と、だれかが一度言いました。 これは健闘です。 私はそれにいます。 私が二度と退屈するのは、ありそうもないです!







その1-2


3. Power in the world resides not in governments (much less citizens), but in the previously alluded to group of families and secret organizations who have seized and ruthlessly guarded their power down through many centuries. These people view the rest of humanity as so much cattle -- or "useless eaters". These families have wielded power over centuries by orchestrating wars, famines, civil unrest and the propping up and throwing down of governments to suit their interests. Sadly, these "elite" are quite right in some of their operative assumptions. The masses have, for various reasons including the deliberate manipulations of the "elite", come to be largely dependent, ignorant, soft and lazy. It can be argued that they deserve what is happening to them. Volumes are written on all sides of this subject, but the bottom line of it all for me is that the "elite" are uncaring, dishonest, utterly selfish and wicked. They represent all that is dark and evil in the creation, and they must be opposed and defeated. If even a portion of the material I have studied is correct, there is no other conclusion to be reached for those who would preserve an atmosphere of caring and liberty for the human family.



3. グループが以前に止まって、何世紀も通しても無慈悲に彼らのパワーを警備している家族と秘密の組織について暗示されているところに世界のパワーは政府(まして、市民)にあるのではなく、存在します。 これらの人々は人類の残りをとても多くの牛と見なし、または「役に立たない無駄飯食い」であるとみなします。 政府が彼らの関心に合うように戦争、飢饉、市民の不安、および支柱を調整して、投げ落とされることによって、これらの家族は何世紀もにわたって勢力を振るっています。 悲しげに、これらの「エリート」は彼らの影響を及ぼしている仮定のいくつかで全く正しいです。 「エリート」の慎重な操作を含む様々な理由で、大衆は、彼らに依存して、無知で、柔らかく怠惰であることを余儀なくさせました。 それらに起こっていることに値すると主張することができます。 ボリュームはこの対象の四方で書かれていますが、私のためのそれのすべての結論は「エリート」が冷淡で、不正直で、全く利己的で悪いということです。 彼らが創造で暗くて、不吉なすべてを表して、それらに反対されて、破らなければなりません。 私が研究した材料の部分さえ正しいなら、他の気にかける事と自由の雰囲気を保存する人々のために達するべきである結論は全く人類のためにありません。


4. As was stated in the Grace Commission Report to then President Reagen, virtually NONE of the "dollars" collected by the personal income tax go to the support and functioning of the government. (The government has many sources of revenue, of course, some of which are actually legitimate.) Your personal income tax dollars go straight into the treasury of the Federal Reserve (check the back of your cancelled check which you sent the IRS) -- which is, again, a PRIVATE CORPORATION owned and controlled by a relative handful of the richest and most powerful families in the world. Your tax dollars go to pay the INTEREST ONLY on a federal debt which was unnecessary from the start and which should best be described as a flimflam and a fraud. It was set up as such, and has continued to be recognized as such all along by those "in the know". That "highly respected economists" continue to put forth elaborate (and incoherent) explanations for the necessity and workability of such concepts as "elastic money supply", central banking, and fractional reserve banking is simply a tribute to the work of institutions of social engineering and brainwashing such as Tavistock, Brookings Institute, and Stanford Research.


Given that a) there is no law requiring you to pay income tax and b) the income taxes that are being paid are being fraudulenty expropriated into the pockets of international gangsters (read "bankers"), it follows that c) YOUR WHOLE NOTION OF SOCIAL, ECONOMIC, AND POLITICAL REALITY IS A LIE! And a search for truth will prove to be a dangerous thing, because an honest attempt to disprove what you have been reading will lead you to the realization that you only pay income taxes for one reason -- and one reason only: FEAR.


Herein lie the discovery, the shame, the outrage, and the need for commitment. You have been had because you were too fat, dumb, and happy to pay attention to the abundant clues. You made sure you and your family got as big a piece of the pie as you could, and then closed your eyes to what the baker might be doing to the rest of the human family. Well, I have news for you. What the baker has been doing to the rest of the human family may very well be done to YOU in the relatively near future, and, I guarantee you, will be done to your children and their children in the next decade or two.




4. グレース委員会報告に次の、レーガン大統領に述べられたように、実際には所得税で集められた「ドル」のNONEは政府のサポートと機能に続きます。 (政府には、もちろんそれの或るものが実際に正統である収入の多くの源があります。) あなたの所得税ドルはまっすぐ連邦準備制度理事会(あなたがIRSを送った支払い済み小切手の裏をチェックします)(再び世界の最も豊かで最も強力な家族の相対的な一握りによって所有されて、制御された兵士の社である)の宝庫に入ります。 あなたの税金ドルは、興味の対象であり、よって不要であり、いんちきとして最も良い記述するべきである連邦政府の負債と詐欺に支払いに行きます。 そういうものとしてセットアップされて、そういうものとして認識され続けた、すべて、ずっと、「内情に詳しい」で。 「高く尊敬されたエコノミスト」が、「弾力的貨幣供給量」、主要な銀行業、および部分準備銀行業のような概念の必要性と加工性のための入念で(支離滅裂)の説明を差し出し続けるのは、単にソーシャルエンジニアリングと洗脳のタヴィストック、ブルッキングズ研究所やスタンフォード研究所などの団体の仕事への捧げ物です。


付与、そのa)賃金所得税とb) 国際的な悪漢のポケットに収用されたfraudulentyであることが支払われている所得税にあなたを必要とする法が全くなくて(「銀行員」を読んでください)、それがそのc)に続く、 社会的で、経済の、そして、政治上の現実に関するあなたの全体の概念は偽りです! そして、真実の検索は危険物であると判明するでしょう、あなたが読んでいるものに論駁する正直な試みがあなたをあなたが税金が個人的には推論する収入、および1つの理由だけしか支払わないという認識に導くので: 恐れます。


この場所に横たわってください。発見、恥、暴挙、および委任の必要性。 あなたが豊富な手がかりに注意を向けることができないくらい太っていて、馬鹿で、幸福であったので、あなたを持っていました。 あなたは、あなたとあなたの家族があなたが得ることができたのでパイの同じくらい大きい切れを得たのを確実にして、次に、パン屋が人類の残りにしているかもしれないことまで目をつぶりました。 さて、私はあなたにニュースを持っています。 私はパン屋が人類の残りにしていることを比較的近いところで非常に上手にあなたに将来でするかもしれなくて、次の10年間か20年間のときにあなたの子供と彼らの子供にするのをあなたを保証します。


5. In his book Behold a Pale Horse, William Cooper powerfully explains that whether information is true or false or whether you believe it or not makes absolutely no difference. If the people with the power believe it, then you WILL BE AFFECTED by what they decide to do. To deny this reality is a foolhardy abdication of responsibility -- which YOU may appear to get away with, but from which your children will not be spared.



Again, as related by William Cooper, sometime after World War II the "elite" became convinced (and they may be correct) that, the overpopulation/pollution problems had upgraded from a mere nuisance to a imminent calamity. As a result, there has been over the last three or four decades a direct conspiracy to depopulate the so-called Third World and to de-industrialize the Western World. There are, of course, many conflicting interests to be dealt with, and the advent of high technology has both helped and hindered the conspirators. Nonetheless, the clues and evidence of both the existence and successes of this effort are abundantly plain in their ugliness and horror.



The tools in the arsenal of the "elite" have evolved right along with technology, but their methods have not basically changed over the centuries. Everything they do is based upon ruthless self-interest, unabashed deception, and utter disdain for the lives and well-being of the rest of the human family. To accurately comprehend the thought processes of the "elite", it is necessary to grasp their view of "the rest of humanity" as literally so much cattle. The masses are seen as incapable of utilizing the truth even if they were given it, and fit only to be manipulated to suit the fancy and pleasure of the "elite".



The sophisticated seem to like the term "social engineering". The social engineering of the "elite" includes such devices as wars, famines, the intentional spread of disease, virtually total control and manipulation of ALL governments of the earth, the control of information (education, publishing, entertainment, and newsi.e., a monopoly on brainwashing), and the complete infiltration and compromising of the most socially and economically powerful institutions, such as law, commerce and banking, medicine, and religion. A careful study of public records reveals the not too surprising fact that ownerships and board of directorships of the vast majority of Corporate America are shared by a frightening and very incestuous network of families, cronies, "brothers" of secret societies, and people who are known to virtually own and control other members of "the group". Remember, if you can control something, what does it matter if someone else's name is on the ownership papers?



The systematic destruction of the industry and economy of the United States of America is currently a high priority for the "elite". Thanks to the greed, apathy, and stupidity of American citizens, the deed is nearly done. Without caring to debate the moral dilemma as to whether the American mindset is a product of the social engineering of the "elite", I would simply observe that our self-proclaimed enlightened, educated and "successful" upper middle class should share greatly in the responsibility for the pending suffering and deaths of countless poor souls who might have been spared and helped toward a more decent life. Though made into a tired cliche, it remains a fact that only a sobering up from our blinding materialistic orgy can make available the human resources needed to save and reclaim the liberty and dignity of a way of life which has always held the seeds of greatness and goodness.



If you doubt what you are reading because you never heard about it in school or on television, or because there isn't a book about it on the "best-seller list", you need to carefully re-read the previous two paragraphs. Then you need to search and study, as I have, to try to prove this wrong -- only to find that it is, in fact, a reality. I am fully aware how paranoid this sounds. Nonetheless, I firmly believe that almost all public "reality" (that which comes from beyond your immediate world of family, friends, and neightbors) is permeated with dishonesty and driven by an agenda belonging to the "elite" and the "would-be elite".



It cannot be overemphasized that virtually all sources of public information (from school textbooks to the evening news) are owned or controlled by the "elite". If you think you know what is going on because you read "Newsweek", watch "60 Minutes", or "Larry King", think again. So you have an advanced degree in economics, law, or political science? Sorry. You're all the worse off. Who do you think largely controlled the writing and, more importantly, the selection of your textbooks? Your brainwashing has simply been more lengthy and more sopisticated. In addition, you now have a massive ego problem which combines the arrogance of the "educated" with the insufferability of appearing to be just as duped as the "common man".



The "informing" and "educating" of the masses has purposely created within us an attention span which exceeds the thirty second "soundbite" only with the greatest of difficulty. While it may be merely a reality of the Age of Specialization, think about the significance of the following: SOMEONE ELSE prepares, packages, and delivers to us the house we live in, the car we drive, the clothes we wear, the food we eat, the music we listen to, the entertainment we watch, and the information to which we react or not. With the exception of our "job", virtually our entire reality is prepared, packaged and delivered to us FOR OUR CONSUMPTION. We do not truly create or even participate in the bulk of what we consider our reality. Further, we have virtually no way to even verify reality except through the avenues provided us by the very people who created, packaged and delivered it to us in the first place.



As for our jobs, the remaining facet of our reality over which we may have some control, it has been widely observed that jobs in the industrialized world continue to become more and more specialized, isolated, unfulfilling, and, in wide sectors of the economy, more unskilled and lower paying. Even in the professions, there is an increasing feeling of impotence, the result of faceless, bureaucratic controls, pressures, and social "issues" so loudly trumpeted by the media. Our abilities and opportunities to think clearly and profoundly and to act decisively and courageously continue to be emasculated.



"News" is all an elaborately orchestrated play, ESPECIALLY the controversy -- the juicy stuff which really makes you feel that they're on to something. If you regularly partake of the media, you are automatically entered in the "Red Herring Derby". When they get you all worked up over one of their "controversial issues", you are hooked up (preoccupied) with one of their pet red herrings. Those issues are created or managed so that they, generally, do not interfere with the primary agenda of the "elite", no matter which way the issue goes. Could the world ACTUALLY BE so overrun by evil? Would not the requisite cornerstone for such a condition be the people's disposition to deny the possibility? Is it not POSSIBLE that the current situation exists, in fact, largely because we "good" people have overestimated our goodness, our principles, our courage?





5. 彼の本の「日曜日には鼠を殺せ」では、ウィリアム・クーパーは、情報が本当であるか、誤っているか、またはあなたがそれを信じていることにかかわらず強力にそれについて説明する、または絶対に重要です。 大衆であるなら、パワーで、信じていて、次に、あなたは彼らがすると決めることに影響されるでしょう。 この現実を否定するのは、責任の無鉄砲な後退です--あなたの子供がならないかどれから割かれなかったあなたがしかし、持ち逃げするかもしれないように見えるもの。


ウィリアム・クーパーによって関係づけられる第二次世界大戦のいつか後に一方、「エリート」が確信するようになった、(それらは正しいかもしれません)、人口過剰/公害問題は単なる迷惑から差し迫っている災難までアップグレードしました。 その結果、ここ30年間か40年間の間、いわゆる第三世界を過疎化させて、反-西洋世界を工業化するダイレクト共謀があります。 対処されるために多くの闘争関心がもちろんあって、ハイテクの到来は、ともに陰謀者を助けて、妨げました。 それにもかかわらず、存在とこの努力の成功の両方に関する手がかりと証拠は豊富です。彼らの醜さと恐怖は、明瞭です。


「エリート」の蓄えにおけるツールは絶えず、技術で発展しましたが、それらの方法は100年間基本的に今まで変わっていません。 彼らがするすべてが人類の残りの人生と幸福のために無情な私利、恥ずかしくない詐欺、および全くの軽蔑に基づいています。 正確に「エリート」の思考過程を理解するために、文字通りとても多くの牛としてそれらの「人類の残り」の視点を理解するのが必要です。 大衆は、それを彼らに与えたとしても真実を利用することができないのを見ていますが、「エリート」の空想と喜びに合うように、操られます。


洗練は「ソーシャルエンジニアリング」という用語が好きであるように思えます。 「エリート」のソーシャルエンジニアリングは実際には戦争、飢饉、病気の意図的な普及、地球のすべての政府の総コントロールと操作、情報(洗脳の教育、出版、エンターテインメント、およびnews、独占)のコントロール、および完全な浸透のような装置と法や、商業や、銀行業や、薬や、宗教などの最も社会的と経済的に強力な団体の妥協を含んでいます。 公文書の慎重な研究は企業アメリカのかなりの大部分の任期の所有権と委員会が家族、親友、秘密結社の「兄弟」、および実際には「グループ」の他メンバーを所有して、監督するのが知られている人々の恐ろしくて非常に近親相姦のネットワークによって共有されるという驚異的過ぎるというわけではない事実を明らかにします。 所有権書類の上に他の誰かの名前があるなら、あなたが何かを制御することができるなら重要であったのを覚えていますか?


現在、産業の系統的な破壊とアメリカ合衆国の経済は「エリート」のための高い優先度です。 アメリカ国民の欲張り、冷淡、および無知のおかげで、ほとんど分からず行為をします。 アメリカの考え方が「エリート」のソーシャルエンジニアリングの製品であるかどうかに関して道徳的なジレンマについて討論するのを気にかけない、私が、私たちが開眼していて、教育されて「うまくいっている」中産階級が割いて、助けたかもしれない無数の不運な人の未定の苦しみと消滅への責任を大いに分担するべきであるのを単に観測するだろう。 より多くの人並みの生活 陳腐な決まり文句に作られていますが、私たちの目が眩むような唯物論の乱交パーティからしらふだけで生き方の自由と威厳を救って、取り戻すのに必要である人的資源が利用可能になる場合があるという事実のままで、どれがいつも偉大さと善良の種子を保持していたかとして残っています。


あなたが学校かテレビでそれについて決して聞かなかったか、またはそれに関する本が「ベストセラーリスト」にないので、あなたが読んでいるものを疑うなら、あなたは、慎重に前の2つのパラグラフを再読する必要があります。 次に、あなたは、これが間違っていると立証しようとするために私がそうしたように探して、研究する必要があります--事実上、それが現実のものであることがわかるためだけに。 私はこれがどれくらいパラノイアに聞こえるかを百も承知しています。 それにもかかわらず、私は、ほとんどすべての公共の「現実」(あなたの家族、友人、およ近隣の即座の世界から来るそれ)が「エリート」に属す議題と「ひとりよがりエリート」によって不正直に透過されていて、運転されると堅く信じています。


それを偏重することができません。公開情報(教科書から晩のニュースまでの)のほとんどすべての源が、「エリート」によって所有されているか、または制御されます。 あなたが、あなたが「ニューズウィーク」、腕時計「60ミニッツ」、または「ラリー・キング」を読むので何が起こっているかを知っていると思うなら、考え直してください。 したがって、あなたには、経済学、法、または政治学における高度な学位がありますか? すみません。 あなたはすべて、よりひどくありませんね。 あなたは、だれがあなたの教科書の書くことと、より重要に品揃えを主に制御したと思いますか? あなたの洗脳は単に長いです。そして、以上はsopisticatedされました。 さらに、あなたには、現在、「教育」の傲慢をちょうど「ただの人」としてだまされるように見える、insufferabilityに結合する大規模な自我問題があります。


大衆の「案内」と「教育」は私たちの中でわざわざ32番目の"sound bite"を困難で最もすばらしいものだけを超える注意持続時間を作成しました。 それが単にSpecializationのAgeの現実のものであるかもしれない間、以下の意味について考えてください: SOMEONE ELSEは私たちが住んでいる家、私たちが運転する車、私たちが着る衣服、私たちが食べる食物、私たちが聞く音楽、私たちが見るエンターテインメント、および私たちが反応する情報を私たちに準備して、パッケージして、届けます。 私たちの「仕事」を除いて、実際には私たちの全体の現実は、準備して、パッケージして、私たちへのFOR OUR CONSUMPTIONを届けます。 本当に、私たちは、私たちが私たちの現実であると考えることに関する嵩に作成しないし、または参加しさえしません。 さらに、私たちには、第一にそれを私たちに作成して、パッケージして、届けたまさしくその人々によって私たちに提供された大通りを除いて、現実について確かめるのさえ実際には方法が全くありません。


私たちの仕事、私たちが何らかのコントロールを持っているかもしれない現実の残っている一面に関して、工業世界での仕事が、ますます専門化していて、孤立していて、そして、経済の広いセクターで充実していなくて、より下手で下側の賃金になり続けると広く認められました。 職業ではさえ、インポの増加する感じがあるので、特徴のなくて、官僚のコントロール、圧力、および社会的な「問題」の結果はやかましくメディアでトランペットを吹きました。 私たちの能力と明確に、そして深く考えて、決定的に勇敢に行動する機会は、去勢され続けます。


「ニュース」はすべて入念に調整されたプレーです、ESPECIALLY。論争--あなたにそれらが何かにそうであると本当に感じさせる気の利いたもの。 定期的にメディアを相伴するなら、あなたは自動的に「薫製ニシンダービー」に入れられます。 彼らがあなた方のすべてをそれらの「論争中の問題」の1つ以上に働かせるとき、あなたはそれらのペットの薫製ニシンの1つと共に取り付けられています(先取されます)。 それらの問題が作成されるか、または管理されるので、一般に、「エリート」の第一の議題を妨げません、問題がどの方向に行っても。 そのように悪によってオーバランさせられる世界ACTUALLY BEはそうすることができますか? そのような状態のための必要な礎石は可能性を否定する人々の気質でないでしょうか? それはPOSSIBLEではありません。事実上、現在の状況が主に私たち「良い」人々が存在したので存在しているのが私たちの善良を過大評価しました、私たちの原則、私たちの勇気?




6. I can understand that this document might be inadequate to grab the attention of individuals who simply do not possess corroborating experience or information. I have some empathy for those who cannot deal with the fear, pain, and insecurity brought on by certain probabilities. However, the principal reason that the contents of this document may fall on deaf ears is the gut-churning, heart-wrenching, head-splitting FACT that pleasure and material comfort have addicted and blinded the reader.


May I remind you that many of your ancestors left their women and children to fend for themselves while they went to fight and die for the cause of liberty. Most of us have been so miseducated and brainwashed over the last century, that the previous sentence really just doesn't mean much. The Patriots who launched the American Dream over two hundred years ago would today be viewed as crackpots and radicals.


I believe the Republic of the United States of America could only be established in the first place because of the presence of sufficient individuals of character who were prepared to stand and die at any moment for principles and moral ideals which resonated in their souls. These individuals were far more concerned with losing their souls than losing their lives. Furthermore, many of them understood full well that "losing one's soul" involves no more than failing to heed that which resonates in the soul, and having "lost one's soul" is when it finally just stops resonating.


How much resonating could possibly be going on in the souls of American citizens who ignore, condone, or even enthusiastically support the monstrous evil conducted and abetted throughout the world by the U.S. government. How much resonating could exist in the souls of people who will rationalize in high gear to come up with reasons why certainly THEY could not be expected to take a stand against the likes of the I.R.S., the F.B.I., or the United States Federal Courts, especially over such issues as are raised in this document.


Imagine, if you will, that some superior power disagreed with the United States invasion of Grenada, and, in order to convince the U.S. to pull out, decided to bomb YOUR city. Let us say that MEMBERS OF YOUR IMMEDIATE FAMILY WERE KILLED in the bombing (I beg you to take a moment right now and let that chilling possibility really soak in.). Suppose you were to discover that the bombs that killed your loved ones were built in the U.S.A. (perhaps in your own city -- perhaps where you work), and that the bombs were purchased by the superior power using "foreign aid" moneys from the U.S.A. You then further learn that the foreign aid "moneys" were borrowed from the Federal Reserve who created said "moneys" out of thin air, and that you, the U.S. taxpayer, owe not only the principal but interest on the "loan". As if this isn't enough, you subsequently learn to your horror that the governments of both the superior power and the U.S.A. have merely been carrying out the foreign policy dictates of the men who own and control the Federal Reserve -- the very men, in fact, who hand picked the officials of both governments in the first place.


At this point, would you worry about taking a stand because you might lose your Social Security benefits? Your job? Your house? Your respectability? Would you adopt the religious stance that "these are the last days and this is all just the inevitable fulfilling of prophecy"? I suspect not. And I rather suspect that nothing would stand in the way of your rage and your resolute purpose to avenge the death of your beloved family members on the evil men who had perpetrated the heinous deed.



How different the reaction when the dead family members belong to people of different color skins in far off places -and the whole heinous act is sanitized for your viewing pleasure on CNN! But then, of course, those people should have made THEIR government behave itself. What a nerve they had to make us worry about gasoline prices, and how audacious of them to try to repossess land stolen from them by our brothers the British who wanted to set up a puppet monarchy to front for their oil interests (Yes. The same gang that owns the Federal Reserve.).



The American economic engine of the past two hundred years, combined with the Rip Van Winkle act of the American soul and the brilliantly evil conspiracy of the "elite", has turned us into a nation of mercenary whores whose labors have supported unspeakable evil and whose price has been and continues to be pleasure and material prosperity. God help us! We are ripe for destruction!








6. 私は、このドキュメントが単に経験を確証するか、情報を持っていない個人の注意をつかむために不十分であるかもしれないことを理解することができます。 私には、何らかの感情移入が、ある確率によって起こされた恐怖に対処することができない人々、痛み、および不安定によってあります。 しかしながら、このドキュメントのコンテンツが家禽の耳の責任となるかもしれない主要な理由は腸かきまぜることです、悲痛であり、喜びと材料が慰めるヘッドが分かれるFACTは読者のおぼれて、目をくらましました。


彼らが自由の原因のために戦って、死にに行っていた間、私が、彼らの女性と子供があなたの先祖の多くで自活したとあなたにお知らせしますように。 私たちの大部分は、最後の世紀に、そうmiseducatedされて、洗脳されていて、前の文は本当にただ多くを意味しません。 200年以上前にアメリカンドリームに着手したパトリオットは今日、変人と急進論者として見なされるでしょう。


私は、第一に用意ができていたキャラクタの立って、いつ何時彼らの精神で共鳴した原則と道徳的な理想ためには死ぬことができるくらいの個人の存在のためにアメリカ合衆国共和国を設立することができただけであると信じています。 これらの個人は一命を落とすよりずっと彼らの精神を失うのに関係がありました。 その上、彼らの多くが、「人の精神を失います」が、精神で共鳴するそれを意に介すだけではないのを伴うのをいっぱいによく理解していました、そして、「人の精神を失います」はそれが共鳴するのを最終的にただ止める時です。


どのくらいの共鳴は世界中で米国政府によって行われて、助けられた奇怪な弊害を無視するか、容赦するか、または熱狂的に支持しさえするアメリカ国民の精神で先へ進むかであるかもしれませんか? どのくらいの共鳴が本書では上げられるような問題の特に上で確かに、内国歳入庁S.、F.B.I.、または合衆国の連邦政府のCourtsの同様のものに対して明確な態度を打ち出すとTHEYを予想することができなかった理由を思いつくためにギヤがトップに入って推論する人々の精神に存在することができますか?


何らかの優れたパワーが、グレナダの合衆国の侵入と意見を異にして、引き抜くように米国に納得させるためにYOUR都市を爆撃すると決めたと言わば想像してください。 爆撃でそのMEMBERS OF YOUR IMMEDIATE FAMILY WERE KILLEDを言いましょう(私は、たった今、瞬間を取るようにあなたに請って、その恐ろしい可能性に本当にインチを浸させます)。 あなたの親類を殺した爆弾が米国で組立てられて(恐らくあなたが恐らくあなた自身の都市働いているところで)、爆弾が優れたパワーによって米国から「対外援助」財源を使用することで購入されたと発見することになっていたと仮定してください。次に、あなたは、どこからともなく前述の「財源」を作成した連邦準備制度理事会から対外援助「財源」を借りて、あなた(米国の納税者)が校長だけではなく、「ローン」での関心も負っているのをさらに学びます。 まるでこれが十分でないかのように、あなたは、次に、優れたパワーと米国の両方の政府が単に連邦準備制度理事会を所有して、制御する男性の外交政策命令を実行しているのを恐ろしかったことには学びます--、まさしくその男性、事実上、だれが第一に、手で両方の政府の職員を選びましたか?

ここに、あなたはあなたが社会保障利益を失うかもしれないので明確な態度を打ち出すのを心配するでしょうか? あなたの仕事? あなたの家? あなたの体面? あなたは宗教姿勢を採用するでしょう。「これらは最後の数日です、そして、これはすべて、ちょうど予言の必然の実現ですか?」 私は疑いません。 そして、私は、何も凶悪な行為を犯した不吉な男性の上で死にあなたの最愛の親族の仕返しをするためにあなたの激怒とあなたの意志の堅い目的の邪魔をしないとむしろ疑います。


そして、どれくらい異なる、死んでいる親族が遠い場所の異なったカラー皮の人々のものであることの反応、-、あなたがCNNで喜びを見るように、全体の凶悪な行為は殺菌されます! しかし、そして、もちろん、それらの人々はTHEIR政府を行儀よくさせるべきでした。 私たちにガソリン価格であって彼らが私たちの兄弟によってそれらから盗まれた陸を再入手しようとするのがどれくらい図太いか彼らの油の関心に向かうために人形君主制を設立したがっていたイギリス人を心配させるように、彼らはどんな神経を持っていましたか。(はい。 連邦準備制度理事会を所有している同じギャング。).


アメリカ人の精神のリップヴァンWinkle条例と「エリート」の鮮やかに不吉な共謀に結合された過去200年のアメリカの経済エンジンは私たちを価格が労働が言い知れぬ弊害を支持して、あって、喜びであり続ける報酬目当ての売春婦と物質的な繁栄の国に変えました。 神は私たちを助けます! 破壊において、私たちは熟しています!



真実の捜索は危険なものです。その1-1





THE SEARCH FOR TRUTH

真実の捜索

IS A DANGEROUS THING

危険なものです

by Harold Thomas

ハロルド・トマスによって





Late in 1988 I began to learn the details of a friend's difficulty with the Internal Revenue Service. Some months later this friend and I were married. From that time until the present, her "difficulty with the IRS" has evolved into a dumbfounding series of revelations which have turned my notions of reality utterly upside down. It is said that the truth is stranger than fiction; this is a deception. Most people's truth is, in fact, nothing but fiction -- at least in varying degrees.

1988年の終わりに、私は、歳入局と友達の困難の詳細を学習し始めました。数か月、その後、この友達と私は結婚していました。そのから、現在まで、彼女の「IRSに関する困難」は、現実についての私の概念を完全に上下逆さまにした意外な新事実のびっくりさせるシリーズへと発展しました。真実はフィクションより奇妙であると言われています。これは詐欺です。ほとんどの人々の真実は事実、フィクションだけに、あります(--少なくとも程度を変える際に)。




The purpose of this document is to share with you my discovery, my shame, my outrage, and my commitment -- in a word, the LIE. With the help of an amazing variety of intense, sincere, and fiercely independent individuals, I have discovered that the major portion of my life's blood, my life's energy, has been systematically and diabolically transfused into the veins of a beast. I have been deliberately miseducated, defrauded, and manipulated from my infancy by human beings who held authority and should have been trustworthy. Those same individuals have made me a party to evil acts of a scope and magnitude which, at times cause my spirit to shrink almost to the point of being extinguished by shame. The shame is most painful with the realization that my susceptibility and servicability to the LIE came, and continues to come, as a result of the LIE within me and my inability or unwillingness to face it. I would like to believe that I did not face it in the past because I simply had no idea how much evil was being conducted with my misinformed, apathetic support. From this time forward, I pray that I may be unalterably committed to opposing the LIE in every aspect of my personal life and in the public forum as my human strength and ability may allow.

このドキュメントの目的は、あなたと私の発見、私の恥、私の憤慨および私のコミットメントを共有することです--要するにLIE。驚くべきことに様々な極度の個人、真実の個人および猛烈に独立した個人の支援によって、私は、私の生活の血液(私の生活のエネルギー)の大部分が動物の静脈へ系統的に極悪非道に注入されたことを発見しました。誤った教育は、権威を抱き、信頼できるべきだった人間によって私の幼時から慎重に私にされており、詐取され、操作されました。それらの同じ個人は私を範囲と大きさの有害な行為の加担者にしました、どれかが、時々ほとんど恥によって消滅するというポイントに私の精神を縮ませます。恥は、LIEへの私の感受性およびサービス精神が来たという認識でとても痛く、私およびそれに面する私の無力か、不本意の内のLIEの結果が来続けます。私は、私の誤り伝えられ無感覚の支援でどれだけ悪く導かれているか単に分からなかったので、過去にそれに直面しなかったと信じたい。


この時から、以前に、私は、私の人間の強さおよび能力が許可するかもしれないとともに個人的生活のすべての面の中の、および公開討論会の中のLIEに反対することを不変に約束するように祈ります。



It is now late in 1992. After thousands of pages of reading, hundreds of hours of audio and video tapes, astronomical phone bills, and countless hours of personal conversation, it occurs to me that this information carries with it an obligation to share with every person willing to consider it. Therefore, I am trying to create a document which I can give to people I have known over the years, people who know that, inspite of my faults, I simply would not make up something like this.

それは1992年の暮れにおいて。読書、何百もの数時間のオーディオおよびビデオテープ、天文学の電話請求書および個人の会話の無数の時間の何千ページの後に、私は、それでこの情報が役立って、それを考慮するすべての人と共有する義務を運ぶと思いつきます。したがって、私は、考えを広げるために私が与えることができるドキュメントを作成しようとしています、私はこの数年にわたって知りました、それを知っている人々、欠点の悪意、私は、単にこのようなものを構築しないでしょう。




In the hope that you will actually finish this reading, it is more like a telegram (a distress signal, if you will) than a documented textbook. Detail and references will be, of necessity, largely lacking. However, there will be a reading list on the last page which will provide a small sample of the sources with which you may readily search out and verify the statements herein. I sincerely hope that this reading will either shock, dismay, disgust, or anger you enough to cause you to make an honest attempt to prove it wrong.

現実にこれを終了するだろうという可能性の中で、読んで、それはドキュメント化された教科書よりもむしろ電報(すれば遭難信号)に似ています。詳細と参照は、必要に、大部分は欠けるでしょう。しかしながら、容易に外に探索するかもしれないし、ステートメントをここに確認するかもしれない出所の小さなサンプルを提供する最終ページ上に図書目録があるでしょう。私は誠実に次のことを望みます、この文書は、衝撃、狼狽、嫌悪あるいは怒り、あなたに、それが間違っていることを証明することをあなたに正直に試みさせるのに十分であるでしょう。。




Probably less than two percent of the population of the United States of America have any meaningful awareness of this information, and without it they have literally no hope of understanding or dealing with the various things which are planned and may happen to them. A few years ago, I myself would have rolled my eyes at the previous sentence and probably not taken too seriously whatever followed. No more. I used to think that I was one of the more "well informed", having fairly diligently searched for truth (as I supposed) in areas of religion, philosophy, psychology, and enough politics to become cynical (and useless). I was one of the brave wisemen prone to ridiculing those who fawned over the emperor's obviously nonexistent new clothes. The "emperor's new clothes" turns out to be the largest red herring in the history of analogies. For while preoccupied with whether or not to acknowledge his clothes, we have not bothered to make sure that the emperor is really even the emperor. And guess what ... . He's not!!!

恐らく、アメリカ合衆国の人口の2パーセント未満は、この情報のどんな意味かで、ある意識も持っています。また、それなしでは、それらは、理解するか、計画され、それらに起こる様々なこととの取り引き可能性を文字通りに持っていません。数年前に、私自身は前の文で目をまわし、何に続いても恐らくあまり真面目にとらなかったでしょう。それ以上ないこと。私は、より多くの物のうちの1人であるとかつては思いました「博識の」、宗教、哲学、心理学および十分な政治のエリアで真実(私が推測したとして)を皮肉に(かつ役立たない)なるために勤勉に探索したことで私は、皇帝の明白に架空の新しい衣服を着る喜んだ人々を嘲ることをしがちである勇敢な賢人のうちの一人でした。「皇帝の新しい衣服」は、類似の歴史で最大の薫製ニシンであると判明します。このために、彼の衣服を認めるべきかどうかで先取されましたが、私たちは皇帝が実際に皇帝さえであることをわざわざ確かめていません。そして、何かを推測してください...。彼はそうではありませんから!!!




Next will follow a series of outrageous statements, some of which you may have heard before. Previously you may have dismissed these ideas as extreme or not worth considering because "there's not much a person can do" or "the United States is still the best place in the world to live" (translation: I'm comfortable. Don't bother me.). Now, I beg you, if my acquaintanceship has ever brought anything positive into your life, please do me the favor of completing the reading of this document. I am so convinced as to the validity and importance of this information that I am quite willing to risk being considered stark raving mad by everyone whom I have ever known, including my family. If you do not know me, please complete the reading out of respect for whoever cared enough to share the document with you.

次に、一連の法外なステートメント(それらのうちのいくらかを以前に聞いたかもしれない)に続くでしょう。以前、極端なものとしてこれらの考えを片付けたかもしれません、あるいは「人ができる多くはないが」、「アメリカがまだ生きるべき世界で最良の場所である」(翻訳: 私が快適です。私を悩ましません。)ので、考慮する価値がありません。さて、私の知人関係がかつてあなたの生活へ肯定的な何でももたらした場合、私はあなたに求めます、このドキュメントの読書を終えるお願いがあります。私は、有効性と重要に関して喜んで危険を冒して荒れ狂う(硬直した、私が家族を含めて、かつて知ったすべての人によって狂気の)と考えられて全くみるというこの情報をそのように確信しています。あなたが私を知らない場合は、あなたとドキュメントを共有するために十分に注意したどんな人に対する尊敬からの読書を終えてください。




You are probably not aware and may find it hard to believe that:

恐らく知っていなく、それを信じるためにそれを熱心に見つけてもよい:




1. There is no law which makes a citizen of the United States of America, working in the fifty states of the Union, liable for a tax on income or for the filing of a return. The entire code of laws purporting to impose income taxes on individuals and corporations should be and could easily be declared void for vagueness, but the vagueness is essential because the entire system is based on confusion and intimidation. Whether you believe this taxation should exist or not is not even relevant. Even if you think the government is great and taxation is necessary, you have a major problem if you are an honest individual. Your government is engaged in a major fraud and violation of many of the God-given rights of your fellow citizens, which rights are supposedly protected by the Constitution of the United States of America.

1. 結合(収入に対する税金に対して、あるいはリターンのファイリングに対して責任がある)の50の州で働いて、アメリカ合衆国の市民になる法則はありません。個人と企業に所得税を課することを意味する法則の全コードはあり容易に漠然には無効に宣言することができました。しかし、全システムが混乱と威嚇に基づくので、漠然は不可欠です。あなたがこの課税が存在するべきであると信じるかどうかは適切ではありません。政府は偉大で、課税が必要である、と思っても、あなたが正直な個人ならば、大問題を持っています。あなたの政府は、あなたの同胞(アメリカ合衆国憲法によってそれらの権利は恐らく保護される)の天与の権利の多くの主な不正行為および妨害に従事しています。




I have communicated in great detail with "tax experts", attorneys, members of Congress, the Secretary of the United States Treasury, and the President of the United States, and the responses range from empty copouts to confused rationalization to the refusal to answer at all. Unless you are otherwise pleased to have made a gift of all that money to the IRS over the years, you have been financially raped!

私は「税エキスパート」、弁護士、国会議員、アメリカ宝庫の長官およびアメリカの大統領と非常に詳しく通信しました。また、レスポンスはいずれにしても答えることに対する拒否に空の口実から混乱した合理化まで及びます。もしこの数年にわたってIRSへのそのすべての金銭の贈り物を作って、他の方法で嬉しくなければ、財政的にレイプされました!




Perhaps you are, as I was for many years, grateful for the blessings of living in this great nation and fairly comfortable with paying to support the government which was protecting and helping to provide our way of life. Unfortunately, it is not that simple. Our "way of life" is, in a very real sense, merely the by-product and resource base of a hidden, powerful, international agenda belonging to people whose names and faces are largely anonymous and whose wealth, power, and position have been carefully guarded down through the centuries. This is just for openers. Read on.

恐らく、私が、長年(この偉大な国家に住んでいる祝福に感謝し、保護しており、私たちの生活様式を提供するのを支援していた政府を支援するために払うことに、かなり満足している)いたように、あなたはそうです。不運にも、それはだからといって単純であるわけではないということです。私たちの「生活様式」は、数世紀を通じて下へ保護されて、非常に実際の感覚、単に名前と顔が大部分は匿名の植民するために属する、隠され、強力で、国際的なアジェンダの副産物および資源ベース、および富、力および位置が注意深く誰のものだったかにあります。これはちょうど缶切り向けです。読み続けてでください。




2. There is virtually no money in circulation in the United States of America. There is only debt paper, Federal Reserve notes, backed by nothing and created out of thin air to be loaned AT INTEREST to the complicitly criminal United States government and the pathetically beguiled citizens of the fifty states. The Federal Reserve is not Federal at all. It is a private corporation (look it up in any encyclopedia) which is owned totally by member banks, the majority of which are FOREIGN owned! The Constitution provides and authorizes a reasonable and effective method for Congress to coin money and put it into circulation by paying for public works for the general welfare of the citizens. While the need to adapt the original Constitutional money system to a modern electronic era is certainly open to discussion, the results of the conspiracy of the Federal Reserve are apparent and about to come crashing down upon our heads. The idea of allowing a group of predominantly foreign bankers to create our money for us out of nothing and then charge us interest for the use of it should get your attention. If it doesn't, you have my permission to stop reading and go back to watching television or filling out the application for your next credit card.

2. アメリカ合衆国には事実上流通している金銭はありません。負債紙(借金紙幣)だけがあります、連邦準備制度理事会のノート、何にも支持されなかった、また貸される薄い空気から作成された、共謀したように犯罪のアメリカの政府および50の州の感傷的にだまされた市民への興味です。連邦準備制度理事会は全く連邦政府ではありません。加盟銀行(所有された外国が大多数ある)によって全く所有されるのは民間会社(任意の百科事典の中でそれを見上げる)です。憲法は、議会が貨幣鋳造し、かつ市民の一般的福利用公共工事の代価を払うことにより、それを流布させるべき合理的で有効な方法を提供し認可します。現代の電子時代にオリジナルの憲法上の金銭システムを適応させる必要が、議論に確かに開いている一方、連邦準備制度理事会の共謀の結果は明白です、そしてに関して、私たちの頭で崩れ落ちて来るために


主に外国の銀行家のグループが無からの私たちのための私たちのお金を作成し次に、私たちを課すことを可能にする考え、興味を感じさせる、その使用のために、あなたの注意を得るべきです。それがしない場合、読書をやめて、かつテレビを見るかあなたの次のクレジットカードのためのアプリケーションを記入することに戻る私の許可があります。



Volumes have been written on this subject and you should look into them, but let me summarize them as follows:

ボリュームはこの主題に書かれました。また、それらを調査するべきであるが、私に以下のようにそれらを要約させるべきです:


a) The international bankers who own the Federal Reserve have become wealthy and powerful to a degree beyond anything the Emperor of Rome ever dreamed of and to a degree which, if you care about the future of your children and grandchildren, should scare you to death.

a) 連邦準備制度理事会を所有する、子供たちと孫の将来にかまう場合、あなたを死ぬほど脅えさせるべき国際銀行家は、ローマの皇帝がかつて夢見たものすべてを越えて、および非常に裕福で、強力になりました。


b) The average American home is mortgaged to the hilt and declining in real market value.

b) 平均のアメリカのホームは徹底的に抵当にされ、実物市場価値の中で傾いています。

c) The average American family has multiple credit cards charged to the maximum, and as long as the minimum payment is made each month, new cards are gleefully provided by the banks. Americans are now charging groceries.

c) 平均のアメリカの家族は最大に多数のクレジットカードを課します。また、最低支払額が毎月作られる限り、新しいカードは銀行によって陽気に提供されます。アメリカ人は今食料品店を課しています。

d) The United States government is blatantly lying about its true levels of debt, the significance of that debt, most importantly, and who owns the debt. The federal government is, for all intents and purposes, insolvent, in that the true amount of federal debt, including so-called off-budget items and entitlements, is arguably close to $50,000.00 for each man, woman, and child in the U.S.A. I think we can safely agree that the average net worth of an American man, woman or child is well below $50,000.00. Hence, we are technically a bankrupt nation whose creditors are of the opinion that they own every piece of real property in the nation as well as the labor of its citizens far into the future.

d) アメリカの政府は、けばけばしく負債(その負債の重要性)のその真正水準線について嘘をついています、最も重要なことには、そしてこの人は負債を所有します。連邦政府はある、すべての意図および目的のために、支払い不能、その中で、いわゆるオフ予算品目および権利を含む真実の量の連邦負債は、私が、私たちが安全に同意することができると思うアメリカ合衆国で各男性、女性および子供のために50,000.00ドルに恐らく接近しています、アメリカの男性、女性あるいは子供の平均純資産は、よく50,000.00ドル未満です。従って、私たちは、技術的にその債権者が将来へそれらがその市民の労働と同様に国家の中の不動産のすべての部分を遠くに所有するという見解である、破産した国家です。




At the current rate of growth of the national debt, it will not be too many years before the combined gross income of all American taxpayers will not be enough to pay the interest on the national debt were every penny of it sent to the IRS. Probably long before this happens, our creditors (the international bankers) will have to put into action plans to take possession of that which they now believe they rightfully own (everything, including us). Now as you can imagine, they are not stupid enough to believe that process is going to go smoothly. Some of us have already been awakened, and many more will be as things begin to collapse.

国債の成長の現行価格では、すべてのアメリカの納税者の結合した総収入が国債上で興味を払うのに十分にならない前に、長年にはならないでしょうし、その毎1セント銅貨だった、IRSに送りました。これが起こる前に、恐らく長く、私たちの債権者(国際銀行家)は、彼らが今信じるものの取り分所有への行動計画の中に置かなければならないでしょう、それら、正当に、自分自身のもの(すべて、私たちを含むこと)。あなたは今想像することができますが、それらはプロセスが滑らかに行くだろうと信じるほどは十分に愚かではありません。私たちのうちの数人は既に起こされました。また、事態が崩壊し始めるとともに、さらに多くがそうでしょう。





ダビンチ・コード

ベンチャー革命2006年5月21日

                           山本尚利

タイトル: ソニー映画『ダヴィンチコード』のインパクト



1.映画『ダヴィンチコード』のインパクトとは

 今、ソニー・ピクチャーズ製作『ダヴィンチコード』という映画が世界の注目を浴びてい

ます。なお、ソニーの場合は、映画制作ではなく、映画製作が似合うでしょう。この映画の

インパクトとは、イエス・キリストが妻帯者であり、子供ももうけて、その子孫が中世貴族

になって、今も末裔が南仏の田舎に暮らしているというストーリーにあるでしょう。このよ

うな説は、キリスト教を根本からゆるがすものです。西欧社会や中南米社会を支えるキリス

ト教を根本から否定するに等しいかもしれません。筆者はキリスト教信者ではないので、よ

くわかりませんが、キリスト教信者にとっては大ショックでしょう。すでに、世界中のキリ

スト教関係組織から、大抗議が巻き起こっているようです。特に、カトリック教の総本山、

バチカンのローマ法王への危険な挑戦のようにみえます。案の定、カトリック教国でソニー

製品不買運動も起きていると報道されています。日頃、宗教にあまり関心のない筆者が、こ

の映画に興味をもったのは、この映画が日本企業ソニーのブランドによってリリースされて

いる点にあります。ソニーはすでに、日本出身のグローバル企業であって、もはや日本企業

ではないといえないこともありません。しかしながら、世界に流通しているソニー製品を通

じて、世界の人々が日本、あるいは日本人のブランド・イメージを形成させてきているのは

確かでしょう。その意味で、この映画のネガティブ・インパクトはいずれ間接的に、われわ

れ日本国民に跳ね返ってきます。

 ウェッブ辞典、ウィキペディアによれば、キリスト教信者は21億人(カトリック10億人、

プロテスタント5億人、その他諸派6億人)です。世界人口は65億人ですから、その3分の一が

キリスト教信者です。とりわけ、西欧社会、中南米社会はキリスト教国が多いといえます。

極論すれば、個人向け消費財メーカーであるソニーは、世界に分散するキリスト教信者を敵

に回すというリスクを冒して、この映画を「ビジネス」として製品化してしまったことにな

ります。西欧社会では、闇の支配者ですら畏れ多くて、破れなかったタブーを日本のソニー

があっさり破ったということです。知らぬが仏とはこのことか。この映画は話題性が高く、

大ヒットするかもしれませんが、ソニー製品、ひいては日本製品の不買運動が起きてはどう

しようもありません。ソニーの主力事業である、マルチメディア機器は、激烈な競争に曝さ

れているわけですから、ソニーにとってこの映画のリリースは非常にリスクが高い。世界の

キリスト教信者から、ソニーは許せない日本企業、あるいは日本人は反キリスト国家とみな

される危険が大です。ちなみにマスコミ報道によれば、この映画は、ソニー新社長、ハワー

ド・ストリンガー氏(英国人)の発案だそうです。今、日本は、韓国、中国から小泉首相の靖

国参拝による挑発で非難され、さらにこの上、西欧各国から、日本は反キリスト国家と非難

されることになりそうです。元SRI研究員のピーター・シュワルツが1991年に予言した『日本

の孤立シナリオ』が、いよいよ現実化しそうです(注1)。



2.マルチメディアの洗脳効果は抜群

 映画商業主義の観点からキリスト教にかかわる映画はヒットしやすいのでしょう。なぜな

ら、ビジネス市場として有望な先進国には、キリスト教信者が多いからです。十戒やベンハ

ーなど、戦後の映画の洗脳効果は、いうまでもなく抜群でした。ダイナミックなストーリー

展開(シナリオ)、映像、音声、音楽、が総力を挙げて、観客の全知覚に迫ってきますか

ら・・・。すなわち、MOT(技術経営)の視点から、ソニー・ブランドに代表される高度マルチ

メディア技術こそが、現在、世界最高の洗脳手段と位置づけられます。歴史的には、絵画、

経典、偶像、建築物、音楽、説教などが、洗脳手段でしたが、インパクト、あるいはダイナ

ミズムの点で、高度マルチメディア技術に遠く及びません。世界統一を企む、闇の支配者が

軍事、金融、エネルギー事業に次いで、こぞってマルチメディア事業に関心をもつのは当然

です。

 さてキリスト映画で最近、話題となったのは、メル・ギブソンの制作した『パッション』

でしょう。イエス・キリストの処刑をリアルに描いたこの映画は、キリスト教の伝統的信者

を感涙させるのでしょう。その反面、イエス・キリストをここまで、迫害し苦しめた弾圧権

力への憎しみを倍増させる効果があります。一方『ダヴィンチコード』は、そのような敬虔

なるキリスト教信者に冷水を浴びせているように受け取れます。その意味でこの映画は、極

めて挑戦的です。これまで、世界を主導してきた平和志向のキリスト教的価値観への深刻な

挑戦だからです。



3.米国の伝統的良心は侵害されている

?ところでスタンフォード大学の中庭(クワッド)の教会(カテドラル)の壁には、希望

(Hope)、愛(Love)、誠(Faith)、慈悲(Charity)という4つの言葉が刻まれています

(注2)。キリスト教信者ではない筆者でも、クワッドの中に立って、この壁をみつめると感

動します。シリコンバレー発イノベーションの原点ここにあり、とすら筆者は思っていま

す。なお、スタンフォード大学の建造物は南欧風のデザインですから、カトリック系に見え

ます。

 シリコンバレーは、周知のように、2000年3月、ネットバブル崩壊に見舞われましたが、筆

者は、これは、ジョーン・バエズの主導したベトナム反戦運動のメッカであった、スタンフ

ォード大学を支える反戦的精神への攻撃であったと捉えています。シリコンバレーで生まれ

た平和的技術体系であるインターネット技術は、本来、国防総省の知的資産ですが、国防総

省軍人出身の政治家コーリン・パウエルに代表されるように、国防総省の官僚は決して好戦的

ではなく、戦争の悲惨さを熟知しているだけに、実に反戦的です。現にペンタゴンはアーリ

ントン墓地と隣接して立地されています。米国人戦没者の御霊を心底、弔っているのは、政

治家ではなくペンタゴンの軍人です。他方、小泉首相の靖国参拝がなんと安っぽく見えるこ

とよ。そしてペンタゴン軍人は反戦政治家ケネディを尊敬してきたのです。その意味で、軍

事経験のない、ドナルド・ラムズフェルド現、国防長官の方が、外様の亜流なのです。つま

り、ブッシュ・ジュニア政権となって、国防総省が、非軍人の別人脈に乗っ取られているとい

う見方が成り立ちます。だからこそ、国防総省内で、ラムズフェルド罷免運動が水面下で拡

がっているのです。元国防総省軍人、スタンフォード大元教授のジム・クラークに代表される

シリコンバレーの人脈は、ユタ大学・国防総省人脈といわれるように、実は、伝統的国防総

省人脈なのです。この人たちは、アンチ・マイクロソフトでもあります。ちなみに、インター

ネットの前身、国防総省のアーパネットはスタンフォード大学付属研究所(現在のSRIインタ

ーナショナル:筆者の出身シンクタンク)とユタ大学などで、1969年、世界最初に実験され

ています(注3)。

 さて西欧人は、われわれ日本人より、一般的に、攻撃的で強欲的な本能が強いと、筆者の

16年半におよぶSRIでの経験知で感じています。だからこそ、それを抑制する意志も強く、平

和志向のキリスト教が絶対に必要なのだろうと思います。一方、世界経済を支配する闇の寡

頭勢力は、それこそ強欲の塊です。だからこそ、これまで、闇の存在であることに我慢して

きた。ところが、2001年の9.11事件を境に、悪貨が良貨を駆逐するかのように、米国覇権主

義は180度変わりました。いかなる手段を弄しても競争に勝つこと、勝つためには戦争をいと

わない、他人をだましてでもお金もうけこそが絶対的価値である、という好戦的、拝金的価

値観が跋扈しています。企業活動とは利益を上げることであると、当然のごとくいわれま

す。企業活動は、社会に貢献することであり、結果的にいくばくかの利益をとらせていただ

くなどという、松下幸之助の実践した東洋的な経営哲学が偽善的に聞こえる世の中となって

しまいました。

 1963年11月22日、カトリック系アイルランド移民の家系、ケネディ大統領が暗殺されて以

来、闇の勢力(反キリスト勢力)が権力を握り始め、2001年9月11日、9.11事件という人工的ミ

ニ・アルマゲドンが起こされて以来、2000年間、キリスト教勢力によって闇に閉じ込められ

てきた反キリスト教的勢力(寡頭勢力)が、いよいよ表に出てきた。ある意味で歯止めがなく

なっています。

 

4.ビルとスティーブに翻弄されるソニー

?さて、ここで日本を振り返ってみると、9.11勃発直前、2001年4月に誕生した小泉政権を通

じて、日本も闇の勢力に徐々に支配され始めたと考えられます。現在の日本は、欧米金融資

本家に翻弄された幕末時代と実によく似ています。

?今回の『ダヴィンチコード』の一件で、ソニーも彼らに翻弄されているようにみえます。

 ところでシリコンバレーのヒーロー、スティーブ・ジョブズが、ウォルト・ディズニーの

筆頭株主となっています。ディズニーは、9.11事件発生直前、2001年5月、突然、日本人に屈

辱的な映画『パールハーバー』(およそディズニーらしくない戦争ロマン映画)をリリース

しました。この映画は『アルマゲドン』と同じ制作スタッフによる作品です。当時、筆者は

なぜ『パールハーバー』が唐突に、制作されたのか不思議でした。タイミングよい『パール

ハーバー』のリリースで、米国国民の脳裏には、9.11事件発生時、1941年12月8日、日本帝國

海軍によるパールハーバー奇襲の悪夢を連想させられたのです。またディズニーが、マイケ

ル・ムーアのアンチ・ブッシュ映画『華氏911』の配給を拒否したことも記憶に新しい。つい

でに言うと、クリント・イーストウッドが最近、なぜ、映画『硫黄島』を企画したのか、不

思議です。国防総省ペンタゴンの脇に、日本人にとって屈辱的な硫黄島戦勝記念公園(SRIワ

シントン事務所の近所)があります。9.11事件で、ボーイング757が、ペンタゴンに衝突する

前に、なぜ、手前の硫黄島戦勝記念公園の屈辱的な銅像をなぎ倒さなかったのか、こちらも

実に不思議ですが・・・。

 さて、ビル・ゲイツ率いるマイクロソフトが、ウィンドウズXPの次世代バージョンを、ア

ルタビスタと命名したのは、ディズニー・ブランドを強く意識しています。そこでアンチ・マ

イクロソフトの若手旗手、スティーブ・ジョブズ(アップルコンピュータ創業者)が先手を

取って、ディズニーの筆頭株主に躍り出ているのは実に興味深い。

 アップルのiPodは、本来、ソニーが手がけるべきビジネスモデルであったのに、スティー

ブ・ジョブズに先手をとられた。一方、ディズニーをスティーブ(米国の良心のシンボル)に

獲られそうになっている闇の勢力は、ソニーにMGM(注4)といいう人参をぶらさげて、ソニー

を見事に取り込んだ(インナーサークル化)と解釈できないこともありません。



注1:テックベンチャーNo.98『日本人孤立のシナリオ』2002年2月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/ATT00033.htm


注2:山本尚利[1999]『スーパーベンチャー戦略』同友館:p196

注3:SRIインターナショナル・ホームページ

http://www.sri.com/about/timeline/arpanet.html


注4:ベンチャー革命No.119『MGM買収:ソニーの危険な賭け』2004年9月25日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr119.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



蛇足


ディズニーはイルミナティサークルだろう、ソニーもインナーサークルに取り込まれているが、系統が違うだけだろう。今回のダビンチは秘密結社シオン修道士の第20代代表であり、シオンの騎士がテンプル騎士団の関係であろうか・。テンプル騎士団は財宝を隠し、ブリテン島へ向かいメーソンを設立しているのだろう。キリストも支配体制の産物と言う事を分からす為に、残して置いたものだろうか?。


ブルース・ロバートがバノックスバーンでイングランドを破ったのは、スコットランドにテンプル騎士団がいたからだと言われている。テンプル騎士団はスコットランドのロスリン教会(ロスリンはスコットランド貴族である。)に財宝を埋めたと言われる。

イラクと朝鮮



翼賛戦争報道のウソ

2003年 4月15日 人民新聞社 通巻 1141号


 ブッシュが言った。「非道で残虐な支配者が、今まさに終焉を迎えつつある」と。だが、ブッシュがフセインに投げかけるすべての言葉は、ブッシュが己の姿を告白する言葉でしかない。それを、現在の翼賛戦争報道のウソの検証から始めよう。

 テレビ・マスコミが言っている、「民間人の死傷者が、誤爆が増えている」と。真っ赤なウソである。武器製造業者が、民間人を「ソフト・ターゲット」と名付け、ペンタゴンの各種マニュアルが指示しているように、「民間人を狙い撃ちすることによって、当該国民に当該政府に対する不満と反感を増幅させる」ことが「主要戦略」なのである。ある現地レポーターが、テレビ画面で吐き捨てるように言ったが、「これは、まがいもない無差別殺戮」なのである。

 次に言おう、イラクがWMD(大量破壊兵器)を有しているから、武装解除のための戦争だと。こんな大義は世界のどこでも通らない。世界の大量破壊兵器の90%以上をロシアと共に独占し、今まさに、ディジー・カッター、バンカー・バスター、クラスター爆弾、E爆弾、劣化ウラン弾、挙げ句の果てはMOAB(=爆弾の母の母)などといった明らかにジュネーブ協定違反、国際法違反の武器を行使しているのは、どこの政府なのか?国連でイラク攻撃容認を議決すれば、逆に各種武器・兵器制限条約の規制を受けるからこそ、国連決議を最後まで索めたというポーズを見せながら実際は、国連決議を蹴るという挙に出たのである。


 よく、ことの発端はイラクのクゥエート侵攻であったとの論評を見かける。これは根本的に間違っている。

 もと米国司法長官ラムゼー・クラークは次のように書いている。

 「この戦争は、イラクの最初の軍隊がクウェートに侵入するはるか以前から米政府により計画されたものである。米国政府は、まずクウェートの王族を利用してイラクに侵攻を行わせるように仕向け、次にこの侵攻によりイラクに対し大規模な攻撃を行う大義名分を得ようと考えていた。そして、攻撃により、イラクを崩壊させることで、湾岸で支配権を確立しようと考えていたのだ。湾岸戦争は、ブッシュ大統領が言うようにクウェートの主権のために闘われた戦争ではない。湾岸地域とその石油に対し、米国の覇権を確立するために行われた戦争である」と。

ブッシュ政権は湾岸戦争の前年まで、農務省をを通じて、「農業無償援助」という名目で資金を捻出し、アメリカ企業から大量破壊兵器をイラクに売却し続けていた。しかし、中東域内に米英などの利権の障害となる軍事強国が出現することは何としてでも避けねばならないし、戦略家フセインによって、イラクとイランが接近するという悪夢にも脅かされた。かくして、イラクはまんまと、アメリカの「罠」に落ち、クウェート侵攻へと走らされたのである。



 アメリカは、WTC(世界貿易センター)の倒壊を、日本への原爆投下直後に初めて使われた「グラウンド・ゼロ」という言葉で表現し、今またイラク攻撃の際に、原爆投下作戦の時に使われた「衝撃と恐怖」という言葉を作戦名に使っている。全く、日本人は愚弄されているのである。

 原爆投下は、本質的狙いにおいて、冷戦開始を告げるものだったが、その後、湾岸戦争・ユーゴ空爆という、実質的に核戦争へとひた走る戦争が行われ(劣化ウラン弾などの使用)、今またそれが四度繰り返されているのである。





湾岸戦争の舞台裏・上http://inri.client.jp/hexagon/floorA2F/a2f1001.html


そもそも「イラン・イラク戦争」当時、双方の軍拡政策に手を貸して、イラクを世界第4位の軍事国家に仕立て上げたのは、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、ソ連などなどの、湾岸戦争の中核を成した多国籍軍であった。そして国連(United Nations/連合国)そのものであった。“ホメイニ革命”の中東への波及阻止という大義名分を掲げながら、これらの国々は膨大な兵器をイラク・イラン双方にタレ流して荒稼ぎしていたわけだ(アメリカは宿敵イランにも兵器を売っていたのだ/イランゲート事件)。


 この狂気のビジネスマン(死の商人)たちが火に油を注いだおかげで、「イラン・イラク戦争(イライラ戦争)」は長期化したわけだが、イラン・イラク双方の死傷者は、合計100万人を下らないという。ちなみに、この“イラ・イラ戦争”が続いていた1985年に、クウェートの貨物船はイラクのフセイン向けに武器を輸送していた。




●湾岸戦争直前のフセインに資金を送り続けていたのはイタリアの「国立労働銀行」であり、化学兵器を造らせてきたのはドイツやソ連であり、原子炉と濃縮ウランは堂々とフランスから売却され、恐怖のスーパー・ガンはイギリスから正式に輸出され、地下秘密基地を建設したのはイギリスとベルギーであり、アメリカは軍事用スーパーコンピュータを与えていた。


●更に湾岸戦争後、ビジネスとして最大の焦点となったのは、破壊されたクウェートを復興するのに、一体どれほど金がかかるかということだった。それは実に約800億ドル、およそ10兆4000億円という試算さえ出されるほど巨大な事業だったが、このクウェート復興事業のほとんどは、世界最大のコンストラクター「ベクテル社」をはじめとするアメリカの企業が受注し、残りをイギリスがさらっていった。


 「ベクテル社」は年間売上4兆円を超す世界最大の企業でありながら、株式非公開で資産も公開しない“個人の会社”のため、日本ではあまり知名度は高くない。アメリカ政界に大きなコネを持っている「ベクテル社」の実態については、別の機会に詳しく触れたいと思う。




●現在、「ベクテル社」は湾岸戦争前から、ペルシャ湾岸に1997年の完成を目指して進行中の「アルジュベール工業都市建設」(投資額200億ドル)「リヤド国際空港建設」「ダーラン国際空港建設」などの、サウジアラビアにおける巨大プロジェクトを請け負っているのだが、サウジアラビアは昔から、欧米の多国籍企業が“利権”を争う場として、絶対にアラブ諸国の干渉を許すことのできない“聖域”に指定されていた。特に、サウジアラビアの特定のプロジェクトは、アメリカ企業に限定されており、サウジの肝心な部分はアメリカが押さえている状態にあった。


 それを象徴するかのようにアメリカは、フセインがクウェートに侵攻するや否や、世界がびっくりするほどの電撃的な速さで、サウジに大量のアメリカ軍を派遣し、サウジ国民の困惑をよそにして、現在に至るまで駐留し続けている。現在、サウジ並びにサウジ周辺のペルシア湾に展開しているアメリカ軍は、サウジ国民のためというより、サウジにいるアメリカ企業(特にベクテル社)のための信頼厚き「守護神」としての役割を果たしていると言っても過言ではなかろう。




●以上のように、フセインを一方的に“悪者”扱いした国際世論に押される形で、アメリカ経済全体が活性化されたわけだが、実に湾岸戦争はアメリカにとってメリットだらけであったことが、イヤというほど分かるだろう。彼らは、中東を破壊し、中東を再建し、中東に莫大な負債をもたらすというパターンを繰り返すことで、自分たちの生活を保証してきたのである。






http://members.jcom.home.ne.jp/u33/i%20think%20030322.htm
 


この期間を通じ最も人々の注意を引いて話題となった虚報は、「保育器の報道」である。一九九〇年十月十日、人権に関する議会コーカスにおいて「ナイラ」とのみ紹介された十五才の少女は、イラク兵士が嬰児を保育器から取り出して、「冷たい床の上に置き去りにして死なせる」のを目撃したと主張した。この話は、戦争に向けて突き進むブッシュ政権によってすぐさま利用された。ブッシュはこの話をいくつものスピーチで繰り返し引用し、このようにして三百十二人の赤ん坊が死んだと訴えた。アムネステイー・インターナショナルも一九九〇年十二月十九日のリポートで、この話は真実だと報告した。 アムネステイー・インターナショナル


一九九一年四月、保育器の話を真実とした報告を撤回した。ミドル・イースト・ウォッチは一九九二年二月、保育器の話はイラク軍による大量レイプや拷問と同じく、「明らかに戦時の宣伝工作」である、とするリポートを発表した。






サダム・フセイン
http://am20.tripod.com/am20/f-2.html


イラク、クウェート間の協定によって国境付近での石油採掘は禁止されていた。

しかしアメリカがクウェートにそれを秘密裏に指示した。油田は地下で繋がっているので、

クウェートの採掘によってイラクは大きな損失を被ることになる。イラクはクウェートに対して条約を守るよう再三の申し入れをしたが、当然クウェートはそれを無視した。そうとは知らずイラクはアメリカにも仲介を申し出たが、「アラブ間の問題に関しては意見を表明しない。」

という返事だけであった。クウェートによる国境付近での石油採掘はその後も継続して行われ、追い詰められたサダム・フセインはついにイラク軍を国境に配備することになる。

クウェートに対し軍事進攻する際にも再三フセイン大統領は"アメリカにお伺いを立てた"という。すでにアメリカは軍事偵察衛星によってイラク軍の動きを察知していたが、これに対しての返答は次のようなものであった。"アメリカはイラクとのより良い関係を望んでいる・・・"

ようするにアメリカは自国の利益のためにフセイン大統領を罠に嵌め、クウェートを利用して

イラクに軍事侵攻させたのである。
その後は我々の知る通り、アメリカは多国籍軍を組織し

交渉に応じようとしたイラクの態度を無視し強引に戦争へと突入した。




使用された弾薬の量は広島型原爆の約6倍の八万八千トン、イラク人の死者は約30万人。この戦争によって石油価格は高騰し、ユダヤ系財閥のシェブロン社は860%の増収。

さらに彼らの手先であるアメリカ政府は中東石油市場に対し発言権を強化するという、

まさにいい事づくしの戦争であった。軍需産業を牛耳る彼らにとって、戦争は定期的かつ、

継続的に起こる必要がある。しかしこれは戦争の名を借りた、一方的な殺戮であった。



日本の戦費負担額は1兆6千億円といわれる。
この大金は彼らの手先、小沢一郎により

彼らに手渡されている。





蛇足


湾岸戦争前と現在の裁判のサダムの写真です。





湾岸戦争は欧米諸国とアメリカとアメリカシンパのオイル国により、計画的に進められているのが、わかる





翻って、東アジア情勢は中国の進展と朝鮮半島の統一の動き。


親中国の金正日と韓国盧武鉉政権との共産化の動き・・。拉致、竹島を巡る反日共闘など。アメリカの戦略変更で防衛ラインが日本まで後退した。沖縄海兵隊の移転、韓国米軍の撤退、移転の動き。韓国と中国の接近・。北朝鮮の核保有とテポドン2号発射実験の動き。統一朝鮮は共産化になるであろうし、統一大統領は金正日、首相ノムヒョンになるのであろうか?。統一朝鮮は日本の潜在脅威の対象になり、中国と足並みが揃うと日本として、憲法改正、核保有が必要になる。


中国の後押しで、北の統一戦線による韓国臨時革命政府の樹立が為されるかもしれない??


朝鮮収容所国家が出現し、無法国家の対日要求が為されるやも・。その後のシナリオとしてアメリカの再占領か初期の空爆か、譲歩か?その場合、最悪売国奴による、日本緩衝地帯にされる恐れがある。
しかし、米軍厚木司令部から戒厳令が敷かれ、売国奴狩りが行われるかもしれない・。在日は監視下に置くか、地域隔離か、本国送還の可能性がある。




日本の中の別の国・・??

http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1147814283/

1 :番組の途中ですが名無しです :2006/05/17(水) 06:18:03 ID:3BJcYUGZ0 ?#
 

民団、総連和解へ 「私たちの38度線越えた」 在日コリアン

「遅すぎる」と批判も

 「歴史的な出来事だ」。在日本大韓民国民団(民団)と在日本

朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の歴史的和解とトップ会談の予定が

明らかになった16日、多くの在日コリアンからは、歓迎と期待

の声が上がった。一方で、「遅すぎる」と批判的な意見も出た。

「歴史的な出来事。ずっと心の底から願っていた」。元朝鮮総連

福岡県本部委員長で中央本部経済局長も務めた北九州市小倉北区

の金龍九さん(82)は満面の笑み。2000年6月の南北共同

宣言から6年。「少し遅いくらい。在日コリアンの諸権利問題の

解決に一体となって取り組んでほしい」と期待を込めた。

1974年から10年間、同委員長を務めた金さん。民団との連

携の必要性を痛感していたが、民団県地方本部の団長と公に会談

する機会はなかった。団長の自宅に、酒の一升瓶を持って訪ね、

ひそかに語り合ったこともあった。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20060517/20060517_031.shtml





2 :番組の途中ですが名無しです :2006/05/17(水) 06:19:20 ID:wYxD4zru0

祖国が大切と思うのなら一日でも早く帰国しようよ




3 :番組の途中ですが名無しです :2006/05/17(水) 06:19:29 ID:qg8XXLpP0

理解した


蛇足

いったい、この日本国は独立国なのか??韓国と北朝鮮という国の代表団が和解??

国の中に別の国が存在することこそ不思議な光景である。

すでに我々には関係のない事(日帝支配36年)だ、戦後60年も経つのに、故郷の事を思えば、彼の国の政府に言うべきことだ・。日本でよその国が大手を振っている事の方が異様な光景に見える。

日本国政府の早期解決を望む。

自民の助さん角さんは誰や・・。

ベンチャー革命2006年5月14日

                           山本尚利



タイトル:自民党次期総裁は福田氏?



1.連休明け、福田康夫氏訪米の意味

 マスコミ報道によれば、2006年5月10日、ポスト小泉の候補と目されている福田康夫氏が、

急遽、訪米しています。有力政治家の5月連休中の訪米ならば、よくある話ですが、連休明け

訪米というのは、珍しい。何かあることは間違いありません。訪米した福田氏はなんと、チェ

イニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、ライス国務長官、ベーカー前駐日大使などと面談

しています。つまり、福田氏は、日本を闇で支配する勢力と直結する要人と面談していること

になります。それと呼応して、また小泉首相と森前首相のかけあい漫才が始まりました。森氏

はもともと、自派の分裂を嫌って、森派から、安倍晋三氏と福田氏が両方、自民党総裁選に出

馬することに否定的でした。この考えは自民党幹部として当然です。ところが、最近、二人が

出馬してもかまわないということで、小泉首相と合意しました(あるいは妥協?)。小泉政権を

支配する米国覇権主義者は、権力獲得競争に民主主義的ポーズをとることを好みますから、次

期自民党総裁選で安倍、福田を競わせるシナリオはいかにも米国的発想です。ポスト小泉の次

期自民党総裁選挙を、同じ森派閥内で競わせれば、米国覇権主義者からみて、どっちにころん

でも、小泉内閣が実現した日本の親米路線が継承されるとみえることでしょう。これで、次期

自民党総裁は安倍氏か、福田氏のどちらかで決まると、誰もが予想できます。ただし、自民党

総裁が必ず、総理大臣になれかどうか、今度ばかりは不確実です。逆転一発、隠れ親米、小沢

総理大臣誕生の芽もなきにしもあらず、です。そのシナリオも、米国覇権主義者にとって、い

っこうにかまわないでしょう。



2.竹中総理誕生のシナリオはハズレか?

 ところで、筆者は、去年10月から、ポスト小泉の次期首相は竹中平蔵氏と、予測していま

す。(注1)(注2) ただし、筆者は決して竹中支持ではありません。

 MOT(技術経営)でシナリオ・プラニングを教えている筆者としては、この予測がはずれれ

ば、かなり打撃です。オマエのシナリオ分析力もたいしたことはない、ということになります

から(笑)。

 竹中氏は、2005年9月11日の衆院選挙で、反小泉の急先鋒、亀井静香氏追放のために広島6

区から立候補したホリエモン(元ライブドア社長、堀江貴文氏)の応援をさせられました。とこ

ろが、今年はじめ、ホリエモンが粉飾決算容疑で逮捕されて以来、竹中氏の国民人気はゼロに

等しい状況です。その結果、今では、次期総理に竹中氏が選出されると予想する人はほとんど

いなくなっています。しかしながら、筆者の読みでは、米国覇権主義者は、依然として竹中氏

をジャパンハンドラーの先手として位置づけています。現在の自民党内には、竹中氏以上の米

国信奉主義者はほかにいないからです。とはいうものの、米国覇権主義者は、日本の総理大臣

ポストをどうしても竹中氏に与えようとこだわってはいないでしょう。米国においても、ブッ

シュ政権を支配する闇の勢力が真に信任しているのは、大統領のブッシュ・ジュニアではな

く、副大統領のディック・チェイニーの方であるといわれています。この関係からいえば、次

期内閣で竹中氏を、総理ではなく副総理にするというシナリオが成り立たないこともありませ

ん。なぜなら、小泉首相が、国民人気の薄い竹中氏を、80数名に上る小泉チルドレン自民党議

員を動かして、強引に自民党総裁にすれば、あまりにみえみえで、かえって国民の反感を買う

と考えられるからです。



3.2005年9月11日:日本国のご臨終

 2006年になって、国民の間で、小泉首相が、日本の国益より米国覇権主義者の利益を優先す

る売国的指導者であることが徐々に認識されてきました。2006年4月23日、千葉7区の衆院補選

で、偽メール事件で圧倒的に不利であった民主党が僅差ながらも勝利したことはそれを如実に

物語っています。昨年の9.11衆院選挙での小泉派の圧勝で、奇跡的に売国的な郵政民営化法案

が成立しました。当時、マスコミの誘導によって、催眠術詐欺に引っかかったに等しかった国

民は、その後、冷静になり、ちょっと待てよと考え始めた。去年の9.11郵政民営化選挙で、小

泉首相のファナティズムに圧倒されて、ひょっとしたら、とんだ誤審をしたのではないかと疑

い始めています。われわれ国民の虎の子、郵貯・簡保が外資にもっていかれるかもしれない。

それに加えて、在日米軍基地再編に伴う血税3兆円拠出問題、自衛隊のイラク派遣の大失敗

(イラク先制攻撃の大義名分であった大量破壊兵器はイラクになかった)などを通じて、やっ

とヤバイと気づいた。筆者にいわせれば『遅かりし由良の助』ですが・・・。最終的には、小

泉首相を支持してきたわれわれ国民の見る眼のなさにすべての責任があります。筆者からみれ

ば、2005年9月11日は、日本が米国の属国になった歴史的記念日です。われわれ国民にとっ

て、すべて自業自得です。いまさら、小泉首相を責めても仕方がありません。他方、米国覇権

主義者からみれば、2005年9月11日は、日本国民が自らの意志で、米国の軍門に下ること(降

伏)に同意した戦勝記念日と映るでしょう。その意味で2005年9月11日は日本にとって第三の敗

戦記念日です。(第一の敗戦は太平洋戦争の無条件降伏、第二の敗戦はプラザ合意成立)

 1952年4月28日に日本は米国から独立し、形だけであったにしろ、まがりなりにも独立国で

した。そして、2005年9月11日、日本国は実質的に、独立国としては、いったん自然死したに

等しいのです。(注3) いくら、小泉首相に、だまされたと文句を言っても後の祭り、だまさ

れたほうが悪い。なお、小泉首相は、米国覇権主義者の意図とはまったく別次元で郵政民営化

に人生を賭けてきた人であり、その意味では、彼自身もまんまとジャパンハンドラーに利用さ

れたのです。(注4)



4.日本国総理大臣の人事権は米国の手に

 上記のように、今年、連休明けの福田氏の訪米、また昨年、5月連休の安倍氏の訪米からう

かがえるように、ポスト小泉の総理大臣人事権は完全に、米国覇権主義者の手に落ちたといえ

ます。日本の属国化を晴れて実現できたと認識している米国覇権主義者は、今後、その本性

を、徐々に表面化させてくるでしょう。まさに、彼らは衣の下の鎧をむき出しにしてくるでし

ょう。さて、彼らは、ポスト小泉のリーダーに誰を指名しようとしているでしょうか。日本の

ロートル政治評論家は、日本国の総理大臣ポストは依然、われわれ国民や自民党議員に選択権

があるように思っているようですが、錯覚もはなはだしいでしょう。

 ところで、筆者は、現段階で、次期総理が誰か、これだけはまったく、読めなくなりまし

た。以前、予測していた竹中総理大臣の芽は、今では、かなり危うくなっているのは確かです

が、その芽が消えたわけではありません。



5.ブッシュ大統領は心底、小泉首相の靖国参拝に反対か?

 2006年5月9日、親米的な経済同友会(代表、北城恪太郎、元日本IBM社長)が、小泉首相の靖

国参拝を自粛するよう進言しましたが、小泉首相は即座に『政治と商売は別』と反論しまし

た。この発言を聞いて、なんとも思わない人がいたら、教えてください。小泉首相の関係者

は、筋金入りの反中派以外の日本国民(大多数)の反発を十分、計算しています。

 一方、2006年4月10日、ブッシュ大統領は、国賓ではなく、公賓として訪米する胡錦濤中国

国家主席との会談を控えて、日中関係改善を促すむね、懸念表明しています。つまり、ブッシ

ュ大統領は表向き、東アジアにおける日本、中国、韓国の外交関係の悪化は米国の国益に反す

るという態度表明したのです。その後、日本の有識者は、このブッシュの懸念表明を真に受け

て、米国政府は小泉首相の靖国参拝を快く思っていないとみなしたようです。なんと言う、浅

読みの能天気でしょうか。

 ブッシュ大統領は、今年6月末に予定されている小泉首相訪米を公賓以上の国賓待遇で迎え

ると約束しているそうですが、米国議会の下院議員のハイド外交委員長(太平洋戦争フィリピ

ン海戦経験者)が、極東裁判のA級戦犯を合祀している靖国神社参拝を強行する小泉首相が国

賓待遇でキャピトルヒルの神聖なる議場に立つのを反対しているそうです。(注5) ハイド議

員の意見はまさに正論でしょう。極東裁判で、A級戦犯を決めたのは、中国でもない、韓国で

もない、実は米国自身なのですから・・・。このニュースも、上記、ブッシュの懸念表明と呼

応しています。

 ところで、筆者の深読みは、小泉首相の度重なる挑発による日中関係の破壊は、まさに米国

覇権主義者が本音で望むところです。小泉首相はひたすら、米国覇権主義者におもねっていま

す。なぜなら、世界一の対米債権大国、日本と、世界一の外貨準備国、中国の結託ほど、米国

にとっての脅威はないですから・・・。(注6) ただ、この本音は日本国民に知られたくな

い。そこで、ブッシュ政権は、近年の日中関係の破壊を、すべて小泉首相の独断であるかのよ

うに見せかけたい。任期が今年9月に迫った小泉首相も、日本の国益に反する日中関係破壊の

罪をすべて、自分で背負って引退するというシナリオです。その代わり、米国から、破格の国

賓待遇で迎えていただけるという筋書き(花道)です。なるほど。



注1:ベンチャー革命No.179『 竹中総理大臣の誕生か?』2005年10月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr179.htm


注2:ベンチャー革命No.183『 ポスト小泉を占う』2006年1月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr183.htm


注3:ベンチャー革命No.149『 2005年日本国の自然死』2005年2月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr149.htm


注4:ベンチャー革命No.177『 怖くなった小泉首相』2005年9月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr177.htm


注5:2006年5月13日つけ、朝日新聞夕刊報道

注6:ベンチャー革命No.192『 米軍再編費3兆円をなぜ日本国民が負担しなければならないの

か』2006年5月6日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr192.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm





蛇足


小泉後継レースは、安倍と福田の争いのようになっているが。現在のように人気(清潔、活動的、清々しい、シューとした顔)がモノを言う時代には安倍以外には自民の明日はない・。福田のイメージはどす黒い(田中更迭など)、重厚長大、暗いとあまりにも民主党に政権を渡す、公家のようだ・。


小泉院政で安倍政権になれば外相が福田、財務大臣が竹中であろうか・。わからんが??


小沢でも同じ狢でしょうか?>そのとうり・・。イルミナティ。




連邦準備制度、銀行の続き

How did it happen? After previous attempts to push the Federal Reserve Act through Congress, a group of bankers funded and staffed Woodrow Wilson's campaign for President. He had committed to sign this act. In 1913, a Senator, Nelson Aldrich, maternal grandfather to the Rockefellers, pushed the Federal Reserve Act through Congress just before Christmas when much of Congress was on vacation (Reference 3, 4, 5). When elected, Wilson passed the FED. Later, Wilson remorsefully replied (referring to the FED), "I have unwittingly ruined my country" (Reference 17, P. 31).

それがどうして起こりましたか。議会によって法を押す前の試みの後に、銀行家のグループが、ウッドロー・ウィルソンの大統領のためのキャンペーンに資金を提供し配置しました。彼はサインをこの行為に委ねました。1913年に、上院議員、議会の多くが休暇(参照3、4、5)中だった時、ネルソン・オールドリッチ(ロックフェラー一家への母の祖父)はちょうどクリスマスの前に議会によって連邦準備法を押しました。選ばれた時、ウィルソンはFEDを通りました。その後、ウィルソンは、「私は無意識に祖国を破滅させました」と後悔して返答しました(FEDを参照して)。



Now the banks financially back sympathetic candidates. Not surprisingly, most of these candidates are elected (Reference 1, P. 208-210, Reference 12, P. 235, Reference 14, P. 36). The bankers employ members of the Congress on weekends (nickname T&T club -out Thursday...-in Tuesday) with lucrative salaries (Reference 1, P. 209). Additionally, the FED started buying up the media in the 1930's and now owns or significantly influences most of it Reference 3, 10, 11, P. 145).

今、銀行は財政的に同情的な候補を支持します。驚いたことではないが、ほとんどのこれらの候補は選ばれます(参照、P.208-210、参照、P.235、参照14、P.36 12 1)。(...イン)銀行家は、有利な給料(参照1、P.209)で議会のメンバーを上に週末に(木曜日に―外にT&Tクラブを愛称で呼ぶ... 火曜)雇用します。さらに、FEDは1930年代にメディアを買い切り始め、今そのうちのほとんどを参照3、10、11、P.145と認めるか、著しく影響を及ぼします。



Presidents Lincoln, Jackson, and Kennedy tried to stop this family of bankers by printing U.S. dollars without charging the taxpayers interest (Reference 4). Today, if the government runs a deficit, the FED prints dollars through the U.S. Treasury, buys the debt, and the dollars are circulated into the economy. In 1992, taxpayers paid the FED banking system $286 billion in interest on debt the FED purchased by printing money virtually cost free (Reference 12, P. 265). Forty percent of our personal federal income taxes goes to pay this interest. The FED's books are not open to the public. Congress has yet to audit it.

リンカーン、ジャクソンおよびケネディの大統領は、納税者興味(参照4)を課さずに、米ドルを印刷することにより、銀行家のこの家族を止めようとしました。政府が赤字を出せば、今日、FEDは米国債によってドルを印刷します、負債とドルを買う、経済へ循環します。1992年には、納税者が、暇で、(参照12、P.265)、貨幣の印刷により事実上購入されたFEDが要した負債でFED銀行業務システムに興味での2860億ドルを払いました。私たちの個人の連邦所得税の40パーセントはこの興味を払うために行きます。FEDの本は一般に開放されていません。議会はまだそれを監査していません。



Congressman Wright Patman was Chairman of the House of Representatives Committee on Banking and Currency for 40 years. For 20 of those years, he introduced legislation to repeal the Federal Reserve Banking Act of 1913.

国会議員ライトPatmanは、40年の間の銀行業務および普及の下院の委員会の議長でした。それらの年のうちの20については、彼が、1913の連邦準備制度理事会銀行業務法を撤廃するために立法を導入しました。



Congressman Henry Gonzales, Chairman of a banking committee, introduces legislation to repeal the Federal Reserve Banking Act of 1913 nearly every year. It's always defeated, the media remains silent, and the public never learns the truth. The same bankers who own the FED control the media and give huge political contributions to sympathetic members of Congress (Reference 12, P. 155-163, Reference 22, P. 158, 159, 166).

国会議員ヘンリー・ゴンザレス(銀行業務委員会の議長)は、毎年1913の連邦準備制度理事会銀行業務法をほとんど撤廃するために立法を導入します。それは常に破られます。メディアは黙ったままです。また、大衆は真実を学びません。FEDを所有するのと同じ銀行家はメディアをコントロールし、同情的な国会議員(参照、P.155-163、参照、P.158、159、166 22 12)に大きな政治献金を与えます。





THE FED FEARS THE POPULATION WILL BECOME

連邦準備局は、人口がなるのではないかと心配します

AWARE OF THIS FRAUD AND DEMAND CHANGE


この不正行為および要求変更を知っています



We, the People, are at fault for being passive and allowing this to continue.

私たち、人々はそうです。受動でこれが継続することを可能にしているのための欠点で。



Rep. Louis T. McFadden (R. Pa.) rose from office boy to become cashier and then President of the First National Bank in Canton Ohio. For 12 years he served as Chairman of the Committee on Banking and Currency, making him one of the foremost financial authorities in America. He fought continuously for fiscal integrity and a return to constitutional government (Reference 1). The following are portions of Rep. McFadden's speech, quoted from the Congressional Record, pages 12595-12603:

下院議員広東オハイオのファーストナショナルバンクのキャッシャーおよび当時の社長になるために、ルイT.マクファデン(R。ペンシルバニア州。)は使い走りから昇進しました。12年の間、彼はアメリカで彼を主要な金融権威のうちの一人にして、銀行業務と通貨上で委員会の議長を務めました。彼は、会計の完全および立憲政治(参照1)へのリターンのために連続的に戦いました。下記は、連邦議会議事録、12595-12603ページから引用されたマクファデン下院議員のスピーチの部分です:



"THE FEDERAL RESERVE BOARD, A GOVERNMENT BOARD, HAS CHEATED THE GOVERNMENTOF THE UNITED STATES AND THE PEOPLE OF THE UNITED STATES OUT OF ENOUGH MONEY TO PAY THE NATIONAL DEBT.

「連邦準備制度理事会(政府ボード)はGOVERNMENTOFを欺きました、アメリカ、および国債を払うのに十分な金銭からのアメリカのピープル。



The depredations and the iniquities of the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks acting together have cost this country ENOUGH MONEY TO PAY THE NATIONAL DEBT SEVERAL TIMES OVER."

略奪、連邦準備制度理事会の不正、およびともに行動する連邦準備制度理事会の銀行は持っています、このカントリーENOUGH MONEY TO PAY THE NATIONAL DEBTを要した、SEVERAL TIMES OVER。」



About the Federal Reserve banks, Rep. McFadden said, "They are private credit monopolies which prey upon the people of the United States for the benefit of themselves and their foreign customers; foreign and domestic speculators and swindlers; the rich and predatory money lenders. This is an era of economic misery and for the reasons that caused that misery, the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks are fully liable."

連邦準備制度理事会の銀行に関して、マクファデン下院議員は、「それらは、それら自身およびそ?黷?a.外国の顧客のためにアメリカの人々を食い物にする個人の信用独占会社です;」と言いました。外国・国内の投機者および詐欺師;裕福で補食性の金融業者。これは経済的苦境の時代です。また、その悲惨を引き起こした理由のために、連邦準備制度理事会および連邦準備制度理事会の銀行は完全に責任があります。」



On the subject of media control he state, "Half a million dollars was spent on one part of the propaganda organized by those same European bankers for the purpose of misleading public opinion in regard to it."

メディア・コントロールの主題上で、彼「50万ドルは、それに関する世論を誤解させる目的でそれらの同じヨーロッパの銀行家によって組織された宣伝の1部に費やされました」と述べます。



Rep. McFadden continued, "Every effort has been made by the Federal Reserve Board to conceal its power but the truth is the Federal Reserve Board has USURPED THE GOVERNMENT OF THE UNITED STATES. IT CONTROLS EVERYTHING HERE AND IT CONTROLS ALL OUR FOREIGN RELATIONS. IT MAKES AND BREAKS GOVERNMENTS AT WILL.

マクファデン下院議員継続された、「あらゆる努力は、その力を秘密にする連邦準備制度理事会だが真実によってなされました、連邦準備制度理事会である、USURPEDを持っている。アメリカの政府。ITはここのものすべてをコントロールします。また、ITは私たちの外交関係をすべてコントロールします。ITは政府になり壊します、で、でしょう。



No man and no body of men is more entrenched in power than the arrogant credit monopoly which operates the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks. These evil-doers have robbed this country of more than enough money to pay the national debt. What the Government has permitted the Federal Reserve Board to steal from the people should now be restored to the people."

人の人および身体は、連邦準備制度理事会を運営する横柄な信用独占および連邦準備制度理事会の銀行より力でもっと塹壕を掘って陣取りません。これらの有害な実行者はこの国から奪いました、以上に、十分に、国債を払う金銭。人々から盗むために政府が連邦準備制度理事会を可能にしたものは、今、人々に戻されるべきです。」



"Our people's money to the extent of $1,200,000,000 has within the last few months been shipped abroad to redeem Federal Reserve Notes and to pay other gambling debts of the traitorous Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks. The greater part of our monetary stock has been shipped to foreigners. Why should we promise to pay the debts of foreigners to foreigners? Why should American Farmers and wage earners add millions of foreigners to the number of their dependents? Why should the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks be permitted to finance our competitors in all parts of the world?" Rep. McFadden asked.

「私たちの人々の1,200,000,000ドルの程度まで金銭は過去数か月の内にそうでした、連邦準備制度理事会Notesを回復し、かつ反逆する連邦準備制度理事会および連邦準備制度理事会の銀行の他の賭博の負債を払うために外国へ送られました。私たちの貨幣のストックの大部分は外国人に送られました。なぜ私たちは、外国人に外国人の負債を払うと約束しなければなりませんか。なぜアメリカの農民および賃金労働者は、扶養家族の数に何百万もの外国人を加えなければなりませんか。なぜ連邦準備制度理事会および連邦準備制度理事会の銀行は、世界のすべての部分の私たちの競争者に融資することを許されなければなりませんか。」マクファデン下院議員は尋ねました。



"The Federal Reserve Act should be repealed and the Federal Reserve banks, having violated their charters, should be liquidated immediately.

「連邦準備法は撤廃されるべきです。また、それらの憲章を破った連邦準備制度理事会の銀行は直ちに清算されるべきです。



FAITHLESS GOVERNMENT OFFICERS WHO HAVE VIOLATED THEIR OATHS SHOULD BE IMPEACHED AND BROUGHT TO TRIAL", Rep. McFadden concluded (Reference 1, contains an entire chapter on Rep. McFadden's speech).

不忠実な政府オフィサーWHO HAVE VIOLATED THEIR OATHS SHOULD BE IMPEACHED、AND BROUGHT TO TRIAL。」マクファデン下院議員、終えられた(参照1は、マクファデン下院議員のスピーチについての全章を含んでいます)。



If the media is unbiased, independent and completely thorough, why haven't they discussed the FED? Currently, half the states have at least a grass roots movement in action to abolish the FED, but there's no press coverage. In July, 1968, the House Banking Subcommittee reported that Rockefeller, through Chase Manhattan Bank, controlled 5.9% of the stock in CBS. Furthermore, the bank had gained interlocking directorates with ABC.

メディアが公平で独立して、完全に完全な場合、なぜ彼らはFEDについて議論していませんか。現在、状態の半分は、FEDを廃止するために少なくとも1つの大衆運動を活動して持っています。しかし、圧迫報道はありません。1968年7月に、下院銀行業務小委員会は、チェースマンハッタン銀行によって、ロックフェラーがCBSの中のストックの5.9%をコントロールすると報道しました。更に、銀行はABCと兼任重役会を獲得しました。



In 1974, Congress issued a report stating that the Chase Manhattan Bank's stake in CBS rose to 14.1% and NBC to 4.5% (through RCA, the parent company of NBC). The same report said that the Chase Manhattan Bank held stock in 28 broadcasting firms. After this report, the Chase Manhattan Bank obtained 6.7% of ABC, and today the percentage could be much greater. It only requires 5% ownership to significantly influence the media (Reference 14, P. 56-57). This is only one of 300 wealthy shareholders of the FED. It is believed other FED owners have similar holdings in the media. To control the media, FED bankers call in their loans if the media disagrees with them (Reference 25, P. 134-137).

1974年には、議会が、14.1%およびNBCから4.5%(RCA、NBCの親会社による)までチェースマンハッタン銀行のCBSにおける利害関係が上昇したと述べる報告書を出しました。同じ報告書は、チェースマンハッタン銀行が28の放送する会社でストックを保有したと述べました。この報告書の後に、チェースマンハッタン銀行は、ABCの6.7%を得ました。また、今日、パーセンテージははるかに大きくなりえます。それは、単にメディア(参照14、P.56-57)に著しく影響を及ぼすことを5%の所有権に要求します。これはFEDの300人の裕福な株主のうちのほんの人です。それは他のFED所有者と考えられます、メディアに同様の所有株を持っています。メディアをコントロールするために、メディアがそれら(参照25、P.134-137)と一致しない場合、FED銀行家はローンで呼びます。



Rockefeller also controls the Council on Foreign Relations (CFR), the sole purpose of which is to aid in stimulating greater interest in foreign affairs and in a one world government. Nearly every major newscaster belongs to the Council on Foreign Relations. The Council on Foreign Relations controls many major newspapers and magazines. Additionally, major corporations owned by FED shareholders are the source of huge advertising revenues which surely would influence the media (Reference 14, P. 56-59). It can be no wonder why groups such as FED-UP(tm) receive minimal, if any, press attention.

ロックフェラーはさらに外交問題評議会(CFR)をコントロールします。その唯一の目的は、外交問題への、および一つの世界政府へのより大きな関心を刺激することを援助することです。ほぼすべての主なニュース・キャスタは外交問題評議会に属します。外交問題評議会は多くの主な新聞および雑誌をコントロールします。さらに、FED株主によって所有された大手企業は、メディア(参照14、P.56-59)に確実に影響を及ぼす巨大な広告収入の源です。それは驚異でありえません、なぜ、FED-UP(tm)のようにグループ化する、最小で、受け取る、もしあれば、注意を押します。



How do taxpayers stop financing those whose purpose it is to destroy us? First, expose their activity, then demand change.

どのように、行う。納税者は私たちを破壊するためにそれがその目的であるものに融資することをやめます?最初に、それらの活動、次に要求変更を露出してください。



THE SOLUTION:

解決:



Currently all we do is exchange FED money (interest attached) for real U.S. money (interest-free) dollar for dollar as Kennedy tried to do. We should not be required to pay interest on our own currency. According to Benjamin Franklin, this was one of the primary reasons we fought the Revolutionary War. Today we are still fighting the same family of bankers (Reference 4, Reference 1, P. 211, 212).

現在、ケネディが行おうとしたとともに、私たちがするのは、ドルの実際の米国金(無利子)ドルの交換FED金だけ(付属の興味)です。私たちは、自分の普及上で興味を払うことは要求されるべきではありません。ベンジャミン・フランクリンによれば、これは私たちがアメリカ独立戦争を行った予備選挙理由のうちの1つでした。今日、私たちは、まだ銀行家(参照4、参照1、P.211、212)の同じ家族と戦っています。



The U.S. Government can buy back the FED at any time for $450 million (per Congressional record). The U.S. Treasury could then collect all the profit on our money instead of the 300 original shareholders of the FED. The $4 trillion of U.S. debt could be exchanged dollar for dollar with U.S. non- interest bearing currency when the debt becomes due. There would be no inflation because there would be no additional currency in circulation. Personal income tax could be cut if we bought back the FED and therefore, the economy would expand. According to the Constitution, Congress is to control the creation of money, keeping the amount of inflation or deflation in check. If Congress isn't doing their job, they should be voted out of office. Unfortunately, voters can't vote the FED or its Chairman out of office.

米国政府は、4億5000万ドルでいつでもFEDを買い戻すことができます(議会のレコードにつき)。その後、米国債は、FEDの300人のオリジナルの株主の代わりに私たちのお金の上の利益をすべて集めることができました。米国の負債の4兆ドルは米国nonを備えたドルの交換されたドルでありえます-負債が満期になる場合、利付き通貨。流通している付加的な通貨がないので、インフレはないでしょう。もし私たちがFEDを買い戻し、したがって、経済が拡大すれば、個人所得税を引き下げることができるでしょう。憲法によれば、議会は、インフレまたはデフレの量を抑制して、金銭の生成をコントロールする予定です。議会が仕事をしていなければ、それらがオフィスから投票によって追い出されるに違いありません。不運にも、投票者は、オフィスからのFEDあるいはその議長を投票することができません。



If the government has a deficit, we could handle it as Lincoln and Kennedy did. Print money and circulate it into the economy, but this time interest-free. Today the FED, through foreign banks, owns much of our debt and therefore controls us. The FED will cease to exist as taxpayers become informed and tell other taxpayers. The news media and Congress will have no choice but to meet the demands of grass roots America. (Reference 1, P. 17, 22)

政府が赤字を持っていれば、リンカーンとケネディが扱ったように、私たちはそれを扱うことができました。貨幣を印刷して、経済だがこの無利子の時へそれを循環させてください。今日、FEDは、外国銀行によって、私たちの負債の多くを所有し、したがって、私たちをコントロールします。FEDは、納税者が通知されるようになり、他の納税者に伝えるとともに、存在するのを止めるでしょう。ニュース・メディアおよび議会は、草の根アメリカの要求を満たす以外ないでしょう。(参照1およびP.17、22)



AMERICA DECEIVED

アメリカが偽られました



By law (check the Congressional record), we can buy back the FED for the original investment of the FED's 300 shareholders, which is $450 million (Reference 1, P. 227, Reference 17, P. 36). If each taxpayer paid $25, we could buy back the FED and all the profit would flow into the U.S. Treasury. In other words, by Congress allowing the constitutionally illegal FED to continue, much of your taxes go to the shareholders of the FED and their bankers. Note: The people who enacted the FED started the IRS, within months of the FED's inception. The FED buys U.S. debt with money they printed from nothing, then charges the U.S. taxpayers interest. The government had to create income tax to pay the interest expense to the FED's shareholders, but the income tax was never legally passed (Reference 20 shows details, state-by-state why it was not legally passed). The FED is illegal, per Article 1, Section 8 of the United States Constitution. Not one state legally ratified the 16th Amendment making income tax legal.

法律(議会のレコードをチェックする)によって、私たちは、FEDの300人の株主の当初投資額のためにFEDを買い戻すことができます。それは4億5000万ドルです(参照、P.227、参照17、P.36 1)。もし各納税者が25ドルを払えば、私たちはFEDを買い戻すことができるでしょう。また、利益はすべて米国債へ流れるでしょう。言いかえれば、あなたの税に憲法上不法なFEDが継続することを認める議会によって非常に、FEDとそれらの銀行家の株主に行きます。注:FEDを実行した人々は数か月間のFEDの初めの内に、IRSを始めました。FEDは、それらが何からも印刷しなかった貨幣で米国の負債を買い、次に、米国納税者興味を課します。政府は、FEDの株主に支払利子を払うために所得税を作成しなければなりませんでした、しかし、所得税は法律上渡されませんでした(参照20ショー詳細、州ごと、なぜそれは法律上渡されませんでしたか)。FEDは、アメリカ憲法の第1条セクション8につき不法です。

1(ない)州法律上、所得税を有効にする第16の修正を批准しました。



Currently, fewer and fewer Americans are being convicted for refusal to pay income taxes. In IRS jury trials, the jury, by law, must decide if the law is just. If taxpayers do not believe the law is just, the jury may declare the accused innocent. Judges are legally bound to inform juries of their right to determine the fairness of a law. Judges often do not disclose this information so they can control the court outcome. Luckily, more and more citizens are becoming informed. If one juror feels the law is unfair, they can find the defendant innocent (Reference 19). In Utah, the IRS quit prosecuting taxpayers because jurors verdict is not guilty. Please tell your friends and sit in the next jury.

現在、ますます少数のアメリカ人は所得税の納付に対する拒否のために有罪と判決されています。IRS陪審員裁判では、陪審員は、法律によって、法律が正当かどうか決定しなければなりません。法律がそうであると納税者が信じない場合、ちょうど、陪審員は被告を無罪に宣言するかもしれません。裁判官は、法律上、法律の公平を決定する権利を、陪審員に通知せざるをえません。それらが法廷結果をコントロールすることができるように、裁判官はしばしばこの情報を示しません。幸いにも、ますます多くの市民が、通知されるようになっています。法律が不公平であるとある陪審員が思えば、それらは被告が無罪である(参照19)と判決することができます。ユタでは、陪審員評決が有罪でないので、IRSは納税者を起訴することを中止します。友達に伝えて、次の陪審員で座ってください。



If we eliminate the FED and uphold the Constitution, we could balance the budget and cut personal income tax to almost nothing. In Congressional hearings on September 30, 1941, FED Chairman Eccles admitted that the FED creates new money from thin air (printing press), and loans it back to us at interest (Reference 17, P. 93). On June 6, 1960, FED President Mr. Allen admitted essentially the same thing (Reference 22, P. 164). If you or I did this we would go to jail.

FEDを除去し、憲法を支持すれば、私たちはほとんど無への予算およびカット個人所得税の平衡を保つことができました。1941年9月30日の議会のヒアリングでは、FED議長エクルズは、FEDが新しい金銭を無から(印刷機)作成し興味(参照17、P.93)で私たちにそれを貸す、と認めました。1960年6月6日に、FED大統領アラン氏は同じもの(参照22、P.164)を本質的に認めました。もしあなたまたは私がこれをすれば、私たちは刑務所へ行くでしょう。



It is time to abolish the FED! Tell your friends the truth and win America back. We don't even need to buy back the FED. We only need to print money the way the Constitution requires, not the new proposed international money. We want to keep our sovereignty and print real U.S. money.

FEDを廃止する時間です!友達に真実を伝えて、アメリカを取り戻してください。私たちはさらにFEDを買い戻す必要はありません。私たちは、単に印刷金に新しい提案された国際通貨ではなく憲法が要求する方法を必要とします。私たちは主権を維持し、実際の米国の資金を印刷したい。



Why has Congress allowed the FED to continue? If a Congressperson tries to abolish the FED, the banks fund the Congressperson's opponent in the next election (Reference 17, P. 35). The new Congressperson will obviously support the FED. When Congresspeople retire, political campaign funds are not taxed. Get elected and be a millionaire if you vote right. By the way, the profit of the FED is not taxed either (Reference 1, 9). Once America understands, and takes action, Congresspeople will then gladly abolish the FED. In 1992, Illinois Congressman Crane introduced a bill, co-sponsored by 40 other Congressman, to audit the FED. This is a step in the right direction.

なぜ、持っている。議会は、FEDが継続することを認めました?連邦議会議員がFEDを廃止しようとする場合、銀行は、次の選挙(参照17、P.35)で連邦議会議員の相手に資金を提供します。新しい連邦議会議員は明白にFEDを支援するでしょう。いつ、連邦議会議員、退く、政治運動資金は課税されません。選ばれて、ちょうど投票する場合は、百万長者にしてください。ところで、FEDの利益も、(参照1、9)課税されません。一旦、アメリカが理解すれば、また処置を講ずる、その後、連邦議会議員は喜んでFEDを廃止するでしょう。1992年には、イリノイ国会議員クレーンが40人の他の国会議員がFEDを監査するために共同出資者になって、法案を提出しました。これは正しい施策です。



America is a great nation. As "We the People" become informed, the media and Congress will be forced to buy back the FED, balance the budget, significantly cut taxes, and stop allowing bribes to determine voting strategies. I have already heard from politicians who claim they will change their platform to include abolishing the FED if enough people become informed.

アメリカは偉大な国家です。「私たち、人々」が通知されるようになるとともに、メディアと議会はFEDを買い戻し、予算の平衡を保ち、著しく税を引き下げて、賄賂が投票する戦略を決定することを可能にすることをやめることを強いられるでしょう。私は、十分な人々が通知されるようになればFEDを廃止することを含めるために、彼らが綱領を変更するだろうと主張する政治家から既に便りをもらいました。



IT IS UP TO YOU TO INFORM THE PEOPLE.

ITはピープルに通知するためにあなたの責任です。



The FED hopes you will be passive and not act on this information. We believe in grass roots America - we are waking up America. Ultimately, the battle plan is to inform all Americans and demand change in the media and Congress. True Americans should run for office and throw out the politicians who allow this fraud to continue. Congress may refuse to deal with this issue. That's why each person needs to go to their local county/state government with the proper paperwork and ask them to abolish the FED. With the proper documents, they are legally obligated to do it.

FEDは、あなたが受動になることを望みます、そしてこの情報に基づいて行動しません。私たちは草の根アメリカを信頼します。私たちはアメリカを上へ目が覚めています。結局、戦い計画は、メディアと議会中のアメリカ人および要求変更すべてに通知することです。真実のアメリカ人はオフィスをかけて競争し、この不正行為が継続することを認める政治家を投げるべきです。議会は、この問題に対処することを拒絶してもよい。そのため、各人は、適切な書類事務を持った彼らの地方の郡/州政府へ行き、FEDを廃止してくれるようにそれらに依頼する必要があります。適切なドキュメントで、それらは、それを行うように法律上義務づけられます。





WE NEED LEADERS TO BEGIN THIS ACTION. WILL YOU HELP?

私たちは、このアクションを始めるためにリーダーを必要とします。支援していただけませんか。



Consider this fact. Most of the given sources in this booklet show how the blood line of family bankers who own the FED funded both sides of all major wars. They created fake colonial money to destroy the Americans during the Revolutionary War and tried to finance both sides in the American Civil War. Abraham Lincoln refused and the South accepted. Many publications show that these bankers financed World War I, World War II, and the Russian Revolutionary War, which helped Napoleon, Lenin, and Hitler come to power. They financed both sides from money created from nothing and profited greatly. These same bankers created a number of American depressions to change the U.S. legislation and seize our wealth. Read the sources for details. This is why our forefathers wrote in the Constitution that only Congress can issue money - not private banks (Reference 18).

この事実を考慮してください。この小冊子中のほとんどの与えられた出所は、FEDを所有する家族銀行家の血液ラインがどのようにすべての主な戦争の両側に資金を提供したか示します。それらは、アメリカ独立戦争中にアメリカ人を破壊するために偽の植民地通貨を作成し、米南北戦争中の両側に融資しようとしました。アブラハム・リンカーンは拒絶しました。また、南部は受理しました。多くの出版物が、これらの銀行家が第一次世界大戦、第二次世界大戦およびロシアのアメリカ独立戦争(それはナポレオン、レー?jンおよびヒットラーが政権を握るのを助けた)に融資したことを示します。それらは、何からも作成されなかった金銭からの両側に融資し、非常に利益を得ました。これらの同じ銀行家は、米国の立法を変更し、かつ私たちの富をとらえるために多くのAmerican低下を作成しました。詳細には出所を読んでください。このため、私たちの祖先は、議会だけが出すことができる憲法の中で書きました、金銭-ない、個人銀行(参照18)。



More wars create more debt which means more profit to the bankers (Reference 1, 21). These bankers planned three world wars so people would welcome United Nations intervention to govern the world in peace, not war. (Reference 22 gives specific details on World War I and World War II, showing exactly how the bankers were responsible for the beginning and continuation of these wars for their profit).

より多くの戦争が、銀行家(参照1、21)にとってより多くの利益を意味する、より多くの負債を作成します。人々が平和での世界を管理するために戦争ではなく国連の介在を歓迎したように、これらの銀行家は3つの世界大戦を計画しました。(参照22は、銀行家が利益のためのこれらの戦争の始めおよび継続にどのように責任を負ったか正確に示して、第一次世界大戦と第二次世界大戦についての詳細を具体的に示します)。



The banks have publicly announced they will force us to a cashless society by 1997. Furthermore, they plan to create a one world government through the United Nations headed by the FED, Trilaterals, and the Council on Foreign Relations (Reference 3). By the definition of treason, they have committed treason! This means you lose your rights under the Constitution and Bill of Rights. Does this sound far fetched? Twenty-four U.S. Senators (two of them presidential candidates, Harkin & Tsongas) and 80 Representatives have signed a "Declaration of Interdependence." This Declaration, designed to make a one world government, is treason to the oath of office they took. The media remained silent. The FED announced publicly that their first objective was to get nationalism out of the American people's heads because patriotism to a country would not be of value in the future. The media makes us think the U.N. has all the answers, and to "think globally." Congress passed a law stopping certain individuals from being tried for this treason (Reference 6, Reference 1, P. 191-198). Why pass this law if no treason was committed? State Department document 7277 calls for the disarming of America, thus turning our sovereignty over to a one-world government. Again, the media is pushing to eliminate guns. Our forefathers believed that the right to bear arms would prevent a takeover of our government. History shows that before any government took over, they disarmed the citizens. Hitler did it, and before our Revolutionary War, King George told us to disarm - good thing we didn't!

銀行は、それらがキャッシュレス社会に私たちをそばに強要するだろうと公に発表しました。1997. 更に、彼らは、FED、Trilateralsおよび外交問題評議会(参照3)によって率いられた国連によって一つの世界政府を作ることを計画します。反逆の定義によって、それらは反逆を委託しました!これは、あなたが憲法と権利章典の下の権利を失うことを意味します。これは遠くに取って来られて鳴りますか。24人の米国の上院議員(それらのうちの2人、大統領候補およびHarkin&Tsongas)および80人の?纒\が、「相互依存の宣言」に署名しました。一つの世界政府になることを目指したこの宣言はそれらが行なった就任の宣誓への反逆です。メディアは黙ったままでした。FEDは、国への愛国心が今後価値がないだろうからそれらの最初の目的がAmerican人々の頭からナショナリズムを出すことであると公に発表しました。メディアは、国連は答えをすべて持っていると私たちに思わせます、そしてに「全体的に考えます。

「議会は、この反逆(参照6、参照1、P.191-198)の疑いである個人が裁判にかけられるのを止め??a.を可決しました。反逆が委託されなかった場合、なぜこの法律を可決しますか。国務省のドキュメント7277は、アメリカの軍備縮小を要求し、それにより、一つの世界政府に私たちの主権を渡します。再び、メディアは銃を除去するために押しています。私たちの祖先は、武器を携帯する権利が私たちの政府の乗っ取りを防ぐだろうと信じました。歴史は、どんな政府も引き継ぐ前にそれらが市民を軍備縮小したことを示します。ヒットラーはそれを行いました。また、私たちのアメリカ独立戦争の前に、キング・ジョージは、私たちに軍備縮小するように命じました-私たちがしなかったよいもの!



Under the Federal Reserve Bank Act, the bankers control our economy. The FED controls interest rates and the amount of money in the economy. These factors determine either economic prosperity or the lack thereof. Bankers are now pushing for a one world government and a cashless society. Why cashless? No cash means no money for drugs, no theft, and the ability to collect taxes on the underground economy. Anyone who wouldn't support a cashless society must be a drug dealer, thief, or tax evader, right? What a cashless society really means is the banks can now control you. Today you fear the IRS. In a cashless society, if you disagree with the bankers' political goals, you'll find your money gone via computer error. (For additional information on a cashless society, read Reference 13, P. 174; Reference 3; Reference 14, P. 9-12; Reference 15, P. 136; Reference 25, P. 216).

連邦準備銀行法の下では、銀行家は私たちの経済をコントロールします。FEDは利率および経済での金額をコントロールします。これらの要因は経済的繁栄あるいはそれの不足のいずれかを決定します。銀行家は今、一つの世界政府およびキャッシュレス社会を要求しています。なぜ、現金がない現金は、薬のための金銭、窃盗および地下経済に対する税金を徴収する能力を意味しません。キャッシュレス社会を支援しない人は誰でも麻薬の売人、泥棒あるいは脱税者であるに違いありませんね。キャッシュレス社会が実際に意味することは、銀行が今あなたをコントロールすることができるということです。今日、IRSを心配します。キャッシュレス社会の中で、銀行家の政治的なゴールに反対すれば、お金がコンピューター・エラーによっていなくなったのが分かるでしょう。(キャッシュレス社会、読み取り参照、P.174 13上の追加情報のために; 参照3; 参照14、P.9-12; 参照15、P.136; 参照25、P.216)。



If you could accurately predict future interest rates, inflation and deflation, you would know when to buy or sell stocks and make a bundle of money. The FED has secret meetings (per Congressional Record) to determine future interest rates and the amount of money to be printed. The Securities Exchange Commission (SEC) by law, stops insiders from profiting by privileged information. Congressional records prove that FED bankers routinely hold secret meetings to profit by manipulating the stock market via interest rates and the amount of money they create. FED bankers also profit greatly from economic disasters like the Depression (Reference 22, P. 56). The bankers create inflation, sell their stocks before the market crashes, then buy up stocks at cheaper prices. Bankers admitted this to Congress. This violates the law, yet Congress does not act because these bankers are large political contributors (Reference 17, P. 96-98; Reference 1, P. 162-163; Reference 22, P. 114-170 & P. 136). Thomas Jefferson predicted this scenario if we ever allowed a private bank, like the FED, to create our currency (Reference 1, P. 247).

将来の利率、インフレおよびデフレを正確に予言することができたならば、いつストックを買うか売るべきであるか、そして、1杯の金銭を作るべきか知るでしょう。FEDは、印刷されるために将来の利率および金額を決定するために秘密会議(連邦議会議事録について)を持っています。法律による証券取引審議会(SEC)は、インサイダーが特権のある情報によって利益を得るのを止めます。議会のレコードは、利率による株式市場、およびそれらが作成する金額の操作により利益を得るために、FED銀行家が慣例的に秘密会議を開催することを証明します。FED銀行家は、さらに、低下(参照22、P.56)のような経済の破綻から非常に利益を得ます。銀行家はインフレを作成します、相場の下落の前にそれらのストックを売り、次に、より安い価格でストックを買い切る。銀行家は議会にこれを入れました。これは法律に違反します。しかし、これらの銀行家が大きな政治的な寄稿家(参照17およびP.96-98; 参照1、P.162-163; 参照22、P.114-170&P.136)であるので、議会は行動しません。

私たちがFEDのように、かつて個人銀行を許可したならば、トマス・ジェファーソンは私たちの普及(参照1、P.247)を作成するためにこのシナリオを予言しました。



FED Chairman Burns states "Killing can be made simply by knowing the next few months newspapers ahead of time." Congressman Patman said "The FED officials own more than 100 million dollars (of stocks) while making decisions influencing these stock prices..." (Reference 24, P. 123). History proves that banks profit from bankrupting a nation (Reference 22, P. 56).

FED議長バーンズは、「単に時間に先立つ次の少数の数か月新聞を知ることにより、殺害をなすことができる」と述べます。国会議員Patmanは、「FED職員はこれらの株価に影響を及ぼす決定を下す間に1億ドル以上(ストックの)を所有します...」と言いました。(参照24、 P.123)。歴史は、国家(参照22、P.56)を破産させることから、銀行が利益を得ることを証明します。



Congress consistently defeats balanced budget amendments. In the past 30 years, Congress has raised our taxes 56 times and balanced the budget only once. We need the sound banking system our forefathers wanted us to have. History proves that banking systems like the FED don't work. Major world powers have been destroyed over similar banking systems (Reference 1). If we don't change this system NOW, in five years the only thing our taxes will pay is the interest on the national debt.

議会は一貫して均衡予算修正を破ります。過去30年で、議会は私たちの税を56回上げており、一度だけ予算の平衡を保ちました。私たちは、祖先が私たちに持ってほしかった健全な銀行業務システムを必要とします。歴史は、FEDのような銀行業務システムが働かないことを証明します。メージャーの世界的強国は同様の銀行業務システム(参照1)に関して破壊されました。私たちがこのシステムNOWを変更しなければ、5年で、私たちの税が払うただ一つのものは国債の利子です。

一番上のイルミナティ所有物としての連邦準備銀行

?


THE TOP ILLUMINATI WHO OWN THE FEDERAL RESERVE

http://www.worldnewsstand.net/today/articles/fedprivatelyowned.htm
?


Excerpt taken from above link:


THE FEDERAL RESERVE BANK IS A PRIVATE COMPANY.



Article 1, Section 8 of the Constitution states that Congress shall have the power to coin (create) money and regulate the value thereof. Today however, the FED, which is a privately owned company, controls and profits by printing money through the Treasury, and regulating its value.



The FED began with approximately 300 people or banks that became owners (stockholders purchasing stock at $100 per share - the stock is not publicly traded) in the Federal Reserve Banking System. They make up an international banking cartel of wealth beyond comparison (Reference 1, 14). The FED banking system collects billions of dollars (Reference 8, 17) in interest annually and distributes the profits to its shareholders. The Congress illegally gave the FED the right to print money (through the Treasury) at no interest to the FED. The FED creates money from nothing, and loans it back to us through banks, and charges interest on our currency. The FED also buys Government debt with money printed on a printing press and charges U.S. taxpayers interest. Many Congressmen and Presidents say this is fraud (Reference 1,2,3,5,17).



Who actually owns the Federal Reserve Central Banks? The ownership of the 12 Central banks, a very well kept secret, has been revealed:



Rothschild Bank of London

Warburg Bank of Hamburg

Rothschild Bank of Berlin

Lehman Brothers of New York

Lazard Brothers of Paris

Kuhn Loeb Bank of New York

Israel Moses Seif Banks of Italy

Goldman, Sachs of New York

Warburg Bank of Amsterdam

Chase Manhattan Bank of New York


These bankers are connected to London Banking Houses which ultimately control the FED. When England lost the Revolutionary War with America (our forefathers were fighting their own government), they planned to control us by controlling our banking system, the printing of our money, and our debt (Reference 4, 22).



The individuals listed below owned banks which in turn owned shares in the FED. The banks listed below have significant control over the New York FED District, which controls the other 11 FED Districts. These banks also are partly foreign owned and control the New York FED District Bank. (Reference 22)



First National Bank of New York

James Stillman National City Bank, New York

Mary W. Harnman

National Bank of Commerce, New York

A.D. Jiullard

Hanover National Bank, New York

Jacob Schiff

Chase National Bank, New York

Thomas F. Ryan

Paul Warburg

William Rockefeller

Levi P. Morton

M.T. Pyne

George F. Baker

Percy Pyne

Mrs. G.F. St. George

J.W. Sterling

Katherine St. George

H.P. Davidson

J.P. Morgan (Equitable Life/Mutual Life)

Edith Brevour T. Baker


上記のリンクから取り去られた一番上のイルミナティ所有物としての連邦準備銀行http://www.worldnewsstand.net/today/articles/fedprivatelyowned.htm
抜粋文:

Go to fullsize image


連邦準備銀行は民間会社である。

議会が、お金を鋳造する(作成しなさい)権限を持ち、それの価値を調節することを述べる。

しかし、今日、私的に所有されている会社である連邦準備銀行(FED)はお金をコントロールし、財務省を通してお金をプリントし、その価値を調節することから利益を得る。

連邦準備銀行(FED)は、オーナー(1つの株あたり100ドルで株を購入している株主 - 株は公然と売買されない)に連邦準備銀行銀行制度の中でなった約300人の人々または銀行から始めた。

彼らは比較(参照1、14)を越えて富の国際バンキングカルテルを作る。

連邦準備銀行制度は毎年実質において数十億ドル(参照8、17)を収集し、利益をその株主に分配する。

議会は違法に連邦準備銀行に、連邦準備銀行に無許可でお金(財務省を通しての)をプリントする権利を与えた。連邦準備銀行は何からもお金を作成しなく、銀行を通してそれを後ろで私達に貸し、利息を私達の通貨に課する。連邦準備銀行はまた公債を印刷機の上でプリントされたお金で買い、利息を米国の納税者に請求する。多くの下院議員と大統領は、これが詐欺(参照1、2、3、5、17)であると言う。

誰が実際、連邦準備銀行中央銀行を所有しているか?

12の中央銀行(非常によく守られた秘密)の所有権は明らかにされている:

ロンドンのロスチャイルド銀行

ハンブルクのワールブルク銀行

ベルリンのロスチャイルド銀行

ニューヨークのリーマンブラザーズ

パリのラザール兄弟

クーンローブBank of New York

イタリアのイスラエルモーゼスセイフ砂丘銀行

ゴールドマン、ニューヨークのザックス

アムステルダムのワールブルク銀行

ニューヨークのチェースマンハッタン銀行

これらの銀行家は、最終的に、連邦準備銀行をコントロールするロンドン金融会社に接続している。

イギリスが、アメリカ(私達の祖先は彼ら自身の政府と戦っていた)との革命戦争に負けた時に、彼らは、私達の銀行制度、私達のお金の印刷、および私達の借金(参照4、22)をコントロールすることによって私達をコントロールすることを計画した。

下でリストされた個人は、次々、連邦準備銀行において株を所有した銀行を所有していた。

下でリストされた銀行はニューヨーク連邦準備地区に関しての重要なコントロールを持っている(それは他の11の連邦準備地区をコントロールする)。所有されていて、これらの銀行はまた部分的に外国で、ニューヨーク連邦準備銀行をコントロールする。

(参照22)

ニューヨークの最初の国立銀行

ジェームズスティルマンナショナルシティー銀行、ニューヨークメアリーW.Harnman

商業、ニューヨークの国立銀行

A.D. Jiullard

ハノーバー国立銀行、ニューヨーク

ジェイコブ・シフ

追跡国立銀行、ニューヨーク

トーマスF.ライアン

ポール・ワールブルク

ウィリアム・ロックフェラー

レビP.モートン

M.T. パイン

ジョージF.ベーカー

パーシー・パイン

G.F.セント=ジョージさん

J.W. スターリング

キャサリン・セント=ジョージ

H.P.デビッドソン

J・P・モーガン(公平なライフ/相互のライフ)

エディスBrevour T.ベーカー

対決:イルミナティと銀河同盟

The Illuminati and the Galactic Federation


by Michael Dargaville


Original title of this article: "The Truth About the War in Iraq."

See also the complementary articles (not from this author): "Reptilian Pact
", "The Holographic Prison
", "Liberation of the Planet Earth
" and "The New World Order, an Overview
."

Published first in this Website on January 27, 2004. Published in this website by request from the author


~以下省略~


イルミナティと銀河同盟



マイケル・ダーガビルによって

この記事のオリジナルのタイトル:「イラクの戦争についての真実」。

また、補足的な記事(この作者からのでない)を見なさい:

惑星の「爬虫類の協定」、解放は「および」新世界秩序、概要「ホログラフィックな刑務所」を接地する。

2004年1月27日にこのウェブサイトの中で最初に出版される。

このウェブサイトで作者から要求によって出版される。

作者について:

マイケル・ダーガビルは中国の大学で大学生として活動。

彼は詩、4つの小説、および多くのパンフレットの50個の作品と哲学とジャーナリズムの作品によって60冊を超える本を出版した。

彼はまたパフォーマンスパンク詩人であり、世界の導くジャズのパンクな音楽的なグループのいくつかによって活動した。

彼はニューエイジと量子論の2つの修士を修め、ポスト量子論の中で現在別の程度への仕事をしている。

彼はジャーナリズムと旅行の中で広く活動し、パフォーマンスを与えて、ニューエイジについて講義する。

彼の電子メールアドレスはnewidealism@yahoo.com.au
である。





1990年代の初期に300,000人を超える10代のイラクの若者を屠殺するために力を貸した米国のために、ジョージ・ブッシュ・シニア大統領が許可を与えた時に、彼はこの「戦争」を新世界秩序と呼んだ。

もちろん、彼らがクウェートを去るであろうほんの数週前に、イラク人がブッシュに話した所で、これは全然「血族」を除いた戦争ではなかったけれども、ブッシュは、先に進み、これらの無力な兵士を殺すと決めた。

50人のアメリカ人だけが友軍砲火においてそのそう呼ばれた戦争、彼らのほとんどにおいて命を失った。

彼の息子によって導かれた別のアメリカ侵略の現在の危機はまた新世界秩序課題の一部である。

世界はロックフェラー達とロスチャイルド達を含むけれども に最も恵まれていて13血族 がこの新世界秩序の後ろにある モーガンと他も含めて 。

これらのファミリー、すべてのマルチ億万長者はイルミナティと呼ばれて、現在、この地球ときびしい変化を取り囲んでいる宇宙船の中にいる人のエイリアンの銀河同盟と呼ばれる組織のおっかなびっくりの行動である。

これらのイルミナティ家族は、「スーパー資本主義」とそれらの事実上の世界政府を課し、維持したいと思っている。

銀河同盟?と呼ばれたこの異なった組織?はまた世界政府を望んでいるけれども、彼らはそれがスーパー資本主義の反対に基づいてほしいと思っている。

すべての民族が自由、富、豊富さ、および愛情の中に住んでいて、確かに、地球を牛耳る一握りの億万長者の概念をサポートしない所で、銀河同盟はオープンな民主主義の社会主義政府を望んでいる。



イルミナティファミリーと対比された世界の2つの主要なエリアは西洋世界と第三世界の莫大な抗議運動に加えて中東や中国などといくつかの国である。

デイヴィド・ロックフェラーが、彼の会社を見るためにアルゼンチンを訪問するであろう時に、集団による暴動は始まるであろう。

これらのイルミナティファミリーは完全に、よりよい未来の中にこの地球をサポートするために私達の岸に来たこれらの友好的な銀河の同盟エイリアンの課題を知っている。

しかし、ジータグレーエイリアン、これらのエイリアンと呼ばれる悪く、悪いエイリアンのために作動させられたこれらのエイリアン(イルミナティファミリー)は過去数年に銀河同盟によって根絶されている。

これらの小さなグレーのエイリアンは地球人への遺伝子操作をし、イルミナティの保護を通してアメリカ政府と密接に働いた。

この惑星の上のサイトロニック兵器を使った月の上に、ベースを持っていたレプトイド・エイリアンのために、ジータグレーエイリアンは次々働いた。

サイトロニック兵器は、音を電磁気の頻度に変換することによって、人々が考えて、スカラ波を通して地震を起こすこともできて、30,000人を超える人々が殺された所(1994年に日本で神戸の神戸地震)を起こした方法を変更することができる。

多くの政府はサイトロニック・マインド・コントロール武器を使い、何年もの間持っている。

世界で有名な歌手ジョン・レノンの殺人者は1980年にマインド・コントロール・サイトロニック兵器で起こされた。

地震を起こすことができるスカラ・サイトロニック兵器はオーストラリア中の米軍ベースを通してされた。

ソビエト連邦の第二次世界大戦と落下は、サイトロニック兵器を使って、月の上のレプトイドによって起こされた。

イルミナティは決してグレイの完全な課題を知ってはいなく、レプトイドを知らなかった。

レプトイドは人の姿の中にシェープシフトを缶詰めにし、それらのオリジナルフォームにおけるトカゲのように見える。

それらはすることができない シェープシフトは その星に 似た環境 であり続けるそれらの目のそれらの代わりの姿 。





200がまだ私達の地球の上で潜伏するけれども、月の上の6000のレプトイドは後で来るだろう。

イルミナティは、本質的にこの地球の上の秘密の政府を作った世界的なネットワークを設立した。

これらのネットワークは三極委員会、外交問題評議会、およびBilderberg[またはBilderberger]グループを含む。

これらの組織はイルミナティ正面組織であり、世界秘密政府(完全に非民主的で、極右で、サポートのスーパー資本主義)を作る。

しかし、この2年で、よいエイリアンの銀河同盟は太陽系または少なくとも彼らのパワーですべてのネガティブなエイリアンを破滅させた。

従って、最近の2、3の変化は巨大であった。

イルミナティ達は、1950年代にグレイ宇宙人との取り引きをした米国政府とともにこれらの上のグレーエイリアンと活動した。

デイヴィド・ロックフェラー自身が、1947年に米国のロズウェルのグレイの異なった衝突に続いているグレイとの最初のミーティングをいくつか持った。

従って、現在のブッシュ政権は、これらのイルミナティファミリーがそれらの世界征服を続けるように正面として使われている。

銀河同盟は、彼らが、彼らに、文字どおりに彼ら自身の自由意志の「武器を放棄し」てほしいことを伝え、どのような時間にでもイルミナティを破滅させることができたと伝えていた。

同盟は、すでにこの地球上の多くの困難と傷を起こしたこれらの悪い家族を終わらす事ができる。

そして、実に、ほとんどのニューエイジリーダーは、レプトイド/グレーの同盟が悪魔自身または大天使明けの明星によって導かれると言う。

従って、これらの悪いイルミナティファミリーは知らないで悪魔のために働いたか、多くの場合に、故意に、悪魔のカルトと極めてよい関係を他のエリアを通じて文書化した。

しかし、銀河同盟は、数千万年間の戦争において明けの明星と戦っている大天使マイケルによって導かれる。

無数の作家は長い間この課題について書いていた。

デイビッド・アイクはこの銀河の同盟スポークスマン、シェルダン・ニデルでよりよく知られている作家のひとりである。

しかし、もちろん、それらメディアすべてがイルミナティによって所有されているので、あなたは一般に堕落した西洋の資本家メディアの中でこれの少しも見る事ができない。

実のところ、イルミナティはすべての西洋の固定資産の97パーセントを所有していて、それから、西洋の世界の軍隊産業エンターテインメントコンプレックスをコントロールする。

悪い国際的なメディアの大立て者ルパート・マードックは、また、世界的エクソン・オイルで最も大きな会社を所有しているロックフェラー家によって所有されているチェース・マンハッタンによって資金供給される。

ブッシュ家はもちろん何年もの取り引きと交渉を通してイルミナティと親密に結び付く。

イラクの中へのブッシュ政権のドライブは主なイルミナティの仕事である。

イルミナティはまた9月11日のひどい悲劇を上演した。

それはアフガニスタンと関係がなかった。

国際的に尊敬された左翼のジャーナリスト ジョン・ピルジャーの言葉を使うために、イラクで別の「血族」であるかもしれないものの中の瞬間に、私達が見るめちゃくちゃ全体像は石油についてではない。

それはエイリアンについてである。

ブッシュとイルミナティによる戦争の中への押し込みは銀河同盟に対するそれらの恐怖に基づいてである。

それでも、同時に、実のところ、それらが、この地球に住んでいる何人かの友好的なエイリアンを保護するので、銀河同盟をサポートしているアメリカ軍産複合体の中の力がある。

従って、実のところ、軍産複合体の中で続いている国際的な戦争がまたある。


サイババ

この最後の徒党イルミナティは、この地球のそれらの違法なコントロールをやめるのを断るであろう。

もし彼らがそれらのパワーと富を放棄するならば、人々を非常に迅速に変更し 貧乏を克服する 。

現在、40,000人を超える子供が民衆へのイルミナティ戦争の結果として第三世界借金のために毎日死ぬ。

彼らがその時強姦し、略奪する第三世界国の中にそれらの多国籍企業を入れるために、イルミナティはそれらの機関として世界銀行と国際通貨基金を使う。

世界銀行と国際通貨基金はイルミナティに攻撃部隊を提供する。

イルミナティは、アームを世界の戦争のほとんどに供給することによって軍産複合体を持つトップコンタクトのために持っていた。

しかし、今や、過去数年にドラマチックに変わった。不意の、それらの日に、イルミナティ情報を知る者。

そして、彼らは必死で、何でもするであろう。

ただ、世界的な反グローバリゼーション動きとイルミナティであるが多くの第三世界国とも戦っているニューエイジの動きではない。ニューエイジの動きにおいて、数百万人の人々はTM、シッダヨガ、およびサハジャからサイババなどの多くのnon根本主義者ヒンズー教徒セクトを信じている。

サイババは数百万人の信者を持っていて、光の速度を通して念力で動かすことができて、多くの他の顕著な超常現象をする。

彼は宇宙の主キリストとして知られていて、彼はこの地球ではないが、ニューエイジの動きにおいて、マイトレーヤと呼ばれる戻ってきた地球のキリストが、シャンバラと呼ばれるゴビ砂漠の聖なる場所、中国のスーパーエネルギーにある上昇されたマスターズによってサポートされた地球上にいるという広い信念がまたある。

エネルギーが、軽いスーパーエネルギーのスピードが生み出されるより速かったら新しい理論物理学において。

両方(エネルギー(正方形にされたe=mc、mc2)とスーパーエネルギー(e=mc4))は精神または考えまたは意識によって生産される。

これは、まさにドイツ人ヘーゲルとシェリングなどの哲学者によって仮定されなかった哲学の理想主義のフォームであるけれども、広くヒンズー教と仏教の中にある。


デイビッド・アイク

ニューエイジの動き、数百万人の中で、広く、情報に水路を造るか、実際情報によってエイリアンと会ったと主張している数千人の作家と、銀河同盟を信じなさい。

銀河の同盟エイリアンは、ニューヨークとワシントンの9月11日が、混乱を行かせ続けるためにイルミナティファミリーによってされたと言った。

銀河の同盟エイリアンは3つの方法でここに来る:

宇宙船によって それゆえ 歩行または実際、ここで誕生し、ここでそれらの具体化を使う 。

銀河同盟は、銀河系のすべての人がベガ・スター・システムから来て、700万年前そこで開発されたと伝えている。

約500万年前、人が銀河系にわたって宇宙船の中で旅行し、数千の違う惑星の上の植民地を樹立した時に、銀河連合は結成された。

従って、私達の銀河系全体が、あなたと私のように見える人が住んでいるのです。

私達はセックスをし、これらの人のエイリアンと繁殖することができる。

それらの惑星のいくつかが、私達が彼らの世話し暮らさせることができたことを意味している酸素からなる。

すべての銀河の同盟エイリアンは、地球の上の最初の植民地が200万年前ハイパーボレアであったと言う。

これは100万年の間続いていて、それから、BC100万におけるレプトイドによって破壊された。

それから、レプトイドは地球人と相互繁殖し、私達は87パーセントの人類遺伝学によってハイブリッド人類になった。

銀河同盟はBC900,000に戻り、アトランティスがBC500,000のまわりで発展する間、レムーリアを設立した。

アトランティスがBC20,000について破壊される間、レムーリアはBC50,000戦争において破壊された。

これはほとんどのニューエイジ信奉者によって、そして確かにすべてのニューエイジリーダーによって広く受け入れられる。

従って、私達は、私達を秘密にしておきたいイルミナティのコントロールされたメディア販路のそばの嘘八百を与えられている。

同時に、アメリカの政府であっただけでなく、イルミナティはグレーエイリアンから嘘のパックを与えられた。

また、両方のグループは悪魔または大天使明けの明星によってコントロールされている。

提案されたイラク侵略は銀河同盟と彼女の同盟者のために力の最も生命のテストである。

次の数ヶ月で起こることは地球全体のためにきわめて重要である。

銀河連合はもちろんはっきりとどのような侵略にでも反対で、米国に、まさに世界情勢の外で強く突き、イルミナティによって大量殺戮されているそのインフラストラクチャー全体を取り決めてほしいと思っている。

イルミナティはハリウッドのほとんどをコントロールするのでそれらの宣伝ユニットが世界でベストの1つである。

戦争は現在、とても世界とイルミナティが、彼らのパワーを保持するために嘘を言っている課題を持っているこれの血族の精神にある。

銀河同盟は、中国とインドが、それらのメディアの中で起こっていることを全文に話す最初の国であるかもしれず、それから他の国が続くかもしれないと伝えていた。

銀河同盟は、中国が、宇宙技術における世界をインドとともに、他のスター・システムに旅行するために宇宙船を築く気にさせているであろうと伝えていた。

彼らは、これが10年以内に起こるであろうと言った。

築かれるであろう船は、指導者からテレパシー通信を受け取ることができるクリスタルのバイオエネルギッシュなコンピュータを持つであろう。

これは、どのように船が光の速度を通るかである。

指導者はテレパシーメッセージを、メッセージを、船をその選択の新しい太陽系に入れるスーパーエネルギーのフィールドに与えるコンピュータに与える。

各宇宙船は、音または音楽システムを使って、それらのコンピュータの上のスーパーエネルギーを拾うことができて、彼らはただスーパーエネルギーの強いフィールドの中に船を操縦する。

もちろんスーパーエネルギーはまた理解している大天使のエネルギーへのキーである。

各大天使はスーパーエネルギーにおいてパワー(または天使)の兆のユニットを持っている。

従って、彼らは深くエネルギーに衝突し、この世界でイベントを変更することができる。

(彼女の車と彼女の体がインパクトでスーパーエネルギーに変わったので、私の友人は文字どおりに正面の自動車事故の中の別の車を通り抜けた)。

グレーエイリアンが約200年の間生きている間、レプトイドは事実上不滅である。

銀河同盟の中で、人命スパンは、事実上不滅のアクチュリアンとの30,000年から、5000年から200から400年を生きている500を超える人の惑星まで生きているシリアンズに及んでいる。

銀河連合は、中国政府によって導かれて(世界の冠太陽や支配者を象徴する輪)、インドとアメリカの政府によってサポートされたキャンベラ、オーストラリアで世界政府が開発されるのを見たいと思っている。

これはオープンな民主主義の愛情深いスピリチュアルな社会主義に基づくであろう。

各国はそれらのユニークな個々の主権、言語、および文化を維持するであろうし、諸国はすっかり尊重されるであろう。どの核兵器も全く許されないであろう。

銀河同盟は、暫定的な世界政府があるまで、地球が公式に同盟に参加することができないと伝えている。

新世界秩序の解釈その4

The Political Spectrum



In recent years, when the term Conservative has been redefined to mean

laissez faire -- a meaning it never had before -- it has become the

fashion among the historically myopic to redefine the terms "right"

and "left" in politics. They claim that the left stands for "more

government" and that the right stands for "less government," that

Communism is the extreme of the left and Anarchy the extreme of the

right. This conception of the political spectrum is a false one.

Historically, Marxism has embraced both Communism and Anarchism. The

Anarchists of 100 years ago, such as Alexander Birkman and "Red Emma"

Goldman, were called "Reds," and they were indeed Marxists who used

the familiar Marxist slogans. On the ostensible premise that society

makes men bad, the Marxist ideal is precisely the elimination of all

government, and of all other social barriers -- the same ideal which

Adam Weishaupt espoused. The real motive behind this abhorrence of

social barriers is simply the Jews' desire to recreate our society in

their own image, so that they will have a free hand to engage in

power-seeking activities without the barriers that traditional White

societies imposed on them. They would like to freely engage in all the

abhorrent practices which emanate from the Jewish soul and are

condoned by their Jewish lawbook, the Talmud.



Perhaps it is clear now why laissez faire is so widely touted by Jews

like Milton Friedman and Ayn Rand. Laissez faire and Marxism are not

the opposites that most of our people assume them to be. Marxism

actually goes farther than laissez faire, advocating a never-never

land in which there is no government whatsoever.



The Captain of the Chicago Police, Michael J. Schaack, stated in his

1889 book Anarchy and Anarchists: a History of the Red Terror and the

Social Revolution in America and Europe:



???? It [anarchism] is founded upon the teachings of Karl Marx and his

??? disciples, and it aims directly at the complete destruction of

??? all forms of government and religion. It offers no solution of

??? the problems which will arise when society, as we understand it,

??? shall disappear, but contents itself with declaring that the duty

??? at hand is tearing down; that the work of building up must come

??? later.



When one considers that anarchism is, in fact, laissez faire carried a

step farther, it becomes apparent that Marxism and the beloved laissez

faire doctrine of today's so-called Conservatives are intimately

related. The two philosophies are in fact striving toward the same

impossible goal: a world without any constraints or conflict, and with

plenty for everyone. The salient element in Marxism and laissez faire

is the drive to abolish the constraints and the order of healthy White

society. The bribe which these Jewish doctrines offer to their Gentile

adherents is a license for self-indulgence In the name of laissez

faire, our millionaires justify stabbing American workingmen in the

back by importing workers from the non-White world. And under Marxist

inspiration, the so-called "civil rights" movement was organized. Now,

it is obvious that the so-called "civil rights" movement resulted in

less freedom for White people, but it has on the whole, by its

destruction of communities and social norms, increased the level of

anarchy, in the sense of chaos, in our society.



Furthermore, although it did produce an expansion of government, the

really significant thing is that the government has been perverted.

The big government we have today is distinctly anti-White and is

pernicious in ways that a pro-White government of equal proportions

would not be. Indeed if an equally powerful state had been organized

for the purpose of fighting off the enemies of our race, perhaps we

would not have been conquered by infiltration as we have been today.



Big Government



Any people which is at war will necessarily have a big government, and

that is true whether the enemy is internal or external. The reason why

our enemies, the enemies of our race, have built up a big government

is that they have marked us, racially conscious White men and women

(and really all White people) as enemies in our own land. Big

government has been built up to wage war against us. Should we ever

gain control of the seat of power, any scruples about using "big

government" against our enemies will be a disaster, a snatching of

defeat from the jaws of victory. The redefinition of "conservative" to

mean "laissez faire" would be crippling at the very brink of victory.

A government in the hands of White patriots will have to be a

powerful government if it is to correct all the damage that has been

done by the current anti-White regime.



So the question of left and right is not a question of more or less

government. The original "rightists," were supporting the big

government (for its time) of Louis XVI, and the original "leftists"

like Weishaupt advocated anarchy. But anarchism is always

a transitional ideology; anarchy is a power-vacuum, and Nature abhors

a vacuum. Ultimately, the question is whether we will live in a

society ordered according to the character of our own race or

according to the demands of that vastly different Middle Eastern race.





This anti-government attitude among patriots is understandable,

because in the United States our experiences with big government are

almost all bad. Really big government in the U.S. began with Franklin

Roosevelt. In the U.S., more government has always meant more racially

destructive policies. This is simply because of the malevolent entity

which controls our government. A government that is truly of, by, and

for our people would not be of that nature, so the axiom that

big government is bad government would not necessarily apply.



The crucial question about government is whether it is run by and for

our people, or whether it is run by and for the enemies of our people.





Recruiting America as a Partner in the New World Order



Today in the United States both political parties are universalist,

and both see man as a mainly economic entity. They share

these characteristics with Marxism. The only valid alternative, the

only true antithesis to the New World Order, is a society based on

race. Only by establishing a race-based society can America and the

civilization of the West survive. Only by establishing a race-based

community can we begin to defeat the New World Order.



The last time America was culturally healthy was in the 1920s.

Internationalism had been repudiated. The First World War had been

recognized as a grievous mistake, and America's leaders were committed

to keeping America out of any such future catastrophes. Eugenics as a

national policy seemed entirely possible for the United States of the

1920s.



The last healthy epoch of America's existence was overturned by the

Great Depression. The abrupt stock-market crash which heralded the

Depression did not take the leaders of Jewry by surprise. Some have

argued that the Jews used their control of credit through the Federal

Reserve System, which they had in place from the days of their puppet

Woodrow Wilson, to engineer the stock-market crash. Regardless of

whether the Jews caused the crash, manipulated it, or merely had

inside knowledge of it; evidence suggests that Bernard Baruch (an

extremely wealthy Jewish speculator who had been one of the Jewish

string pullers behind Wilson and virtual economic czar during World

War I), knew exactly when the crash was coming. He abruptly pulled all

his money out of stocks only a few days before the stock market crash,

over the protests of his broker. After the crash, leading Jews were

able to buy up American industry for practically nothing.



It is an old saw that money is the mother's milk of political

campaigns. With their vastly increased share of the American pie,

and with a smear campaign, the Jews were able to blame Herbert Hoover

for the depression and replace him with their puppet Roosevelt, who

had run as a Conservative but governed as a Marxist socialist and did

not let the Constitution get in his way. Roosevelt was also notorious

for stocking the executive branch with large numbers of Communists and

Jews; many of whom remained for decades.



When Germany dispossessed the Jews, who had robbed them on a scale far

more massive than in the United States, the Jews wanted revenge. Along

the way, the Jews killed several birds with one stone. In order to

discredit the eugenics movement which still had proponents in the

United States, the Jews involved America in what amounted to a war

against eugenics. It is said that a war makes any cause sacred, and

the Second World War made the cause of doing the Jews'

bidding sacred in this country. This false religion remains in place

to this day.



The Cold War Era



At the end of the Second Fratricidal War in Europe, genuine patriotic

Americans like George S. Patton urged that Bolshevism be finished off

by military means. Several years later, Senator Joseph R. McCarthy

published America's Retreat from Victory, which argued that the reason

why the opportunity to destroy Bolshevism had not been grasped was

that the American government was controlled by Communist sympathizers

-- an obvious fact to anyone who takes the time to investigate the

matter. The division of the world into two enemy factions helped the

New World Order planners in many ways. By maintaining Communism and

capitalism as two ostensibly hostile brands of Jewish universalism,

Jewish bankers and arms merchants were able to create wars at leisure.

And by financing and selling arms to both sides in the various hot

wars and in the ongoing Cold War, they were able to vastly increase

their wealth and the debt-burden of the entire world.



Furthermore, the Cold War, with its focus on foreign aggression,

diverted attention from subversion at home. Subversion in

America advanced most rapidly during the Cold War, especially during

the Vietnam War, when patriotic Americans were afraid to complain too

loudly lest the country appear further divided in the face of its

foreign foe.



At the same time, the Cold War's constant focus on a foreign menace

caused people to overlook the treason in their own government. It was

the end of the Cold War that allowed America's racial consciousness to

spring back to life -- in time to survey all the damage that treason

had wrought in forty years. Not the least of this treason was the

media's gradual brainwashing of our people, many of whom had learned

to think of America only as the vehicle of a certain brand of

universalism -- the liberal capitalist brand. This brand of

universalism was then represented as the only alternative to

Communism. The liberal capitalist world view, this phony

neo-conservatism, was the rationale for NAFTA and for free trade

with China: In a purely materialistic and economic world view, whether

it be laissez faire or Communism, race and nation receive no

consideration. It is an encouraging sign, however, that in spite of

the brainwashing, the majority reaction was against NAFTA. This shows

that part of America still has some will to live.



The "Civil Rights" Movement



What damaged America more than anything else in recent times has been

the so-called "Civil Rights" movement. It is misnamed because it is

not about "rights" but about enforcing equality. This movement was

planned by the Jews after the Second World War and was carried out at

the tactical level by Jewish agitators and fellow travelers who held

positions of influence in the media and universities. This war against

the White race was also waged by Gentile stooges like Dwight David

Eisenhower, who appointed Earl Warren to the Supreme Court, then said

"Oops!" with a pretended look of surprise. Nevertheless, he did not

neglect to send paratroopers to Little Rock to enforce the Warren

Court's anti-White agenda. Eisenhower, the protege of Bernard Baruch,

had also been the first "supreme commander" of the Soviet-American

alliance that called itself the "United Nations" even before Communist

agent Alger Hiss chaired the nominal founding meeting of that

organization in San Francisco several years later. Eisenhower's mentor

Baruch was also a leader of the Jewish community in the Western

Hemisphere; at this point it is very clear how everything ties

together.



Immigration



What threatens America most today is immigration. The United States

government has for years been under-funding its border patrol and

refusing to take adequate measures to curb the illegal immigration of

fast-breeding mestizos. You will recall that non-White immigration was

part of the New World Order program described by F.S. Marvin in 1932.

In Canada this destructive immigration is part of official government

policy. Almost one-quarter of a million largely non-White immigrants

enter Canada legally every year, despite horrendous unemployment among

the White population. The U.S. government pursues by subterfuge the

very same New World Order policy which the Canadian government pursues

openly, and which the British government pursued by bringing Blacks

into Britain.



One would have to be brain-dead to believe that the motive for

bringing these fast-breeding non-White populations into our

homelands is in any way charitable, since any relief afforded to

Mexico by emigration will quickly be cancelled by population

increase. The population of Mexico doubles every nineteen years!

Current policies will lead to the entire world being overpopulated

with brown men and women.



As America becomes increasingly non-White, it will also become

increasingly unfree. A people united by common blood and common values

need few laws, few prisons, and few policemen to get along peaceably.

Multicultural empires are not known for their freedom.



Non-White America, populated by mulattos and mestizos, will be easier

for our enemies to control and exploit, and whatever White minority

remains, if it adheres to the representative process, will be

perennially behind the eight-ball, always outvoted by racial aliens

being manipulated by our enemies. It seems to me that those

multiracial "Constitutional" patriots, who want us all to pretend that

race doesn't matter, are leading their adherents in precisely this

direction: toward a United States in which the Constitution is a

revered artifact with even less influence than it has today.



We do not have to accept this fate, nor will the fight be impossible!

Louis XVI and Czar Nicholas II died because they lacked the will to

resist and didn't even really try. We understand what is happening. A

highly motivated and disciplined minority can change the course of

history. It has happened before. In fact, it has seldom happened any

other way.



We have every reason to fight, and no incentive whatsoever to give up,

for the loss of our race means the loss of everything. The struggle

itself will make us strong!



???? Editor's Note: All five parts of the original radio broadcast are

??? contained in this issue of Free Speech. Due to space limitations,

??? and to avoid repetition, more editing than usual was required. The

??? audio tapes of this series contain the complete shows as??

??? originally broadcast. These tapes are available for the special

??? price of $50.00 postpaid.



?? For further information write to National Vanguard Books, PO Box

330, Hillsboro WV 24946 USA.



National Alliance Home Page

http://www,natvan.com


各政党

近年、用語保守主義者が、自由競争主義--それが決して前に持っていなかった意味--を意味するために再定義された時に、政治において用語の「右」と「左」を再定義することは歴史的な近視のものの間でその流行になった。

彼らは、左が「より多くの政治」を表していて、右が「より少ない政治」を表していて、共産主義が左の極端と右の無秩序状態、極端であると主張する。

各政党のこの概念は間違いのものである。

歴史的に、マルクス主義は共産主義とアナーキズムの両方を抱擁した。

アレキサンダーBirkmanと「赤いエマ」ゴールドマンなどの100年前の無政府主義者は「レッズ」と呼ばれて、彼らは実に、親しいマルクス主義者スローガンを使ったマルクス主義者であった。

社会が人を悪くするという表向きの前提の上で、マルクス主義者理想は正確にすべての政府の、そして他のすべての社会的な障害の除去である--アダム・ワイスハウプトが支持したのと同じ理想。

社会的な障害へのこの嫌悪の後ろの現実の動機は、彼らが、伝統的なホワイト社会が彼らに課した障壁なしでパワー捜索活動に従事するために自由裁量を持つように彼ら自身のイメージにおいて私達の社会を再生したいという単にユダヤ人の願望である。

彼らは、自由に、ユダヤ人の首脳から出て、それらのユダヤ人法律書、タルムードによって許されるすべてのひどく嫌った習慣に従事したい。

たぶん、なぜ自由競争主義がミルトン・フリードマンとアイン・ランドのようにユダヤ人によってそんなに広く宣伝されるかは現在クリアである。

自由競争主義とマルクス主義は、私達の人々のほとんどが彼らを、あると仮定する反対物ではない。

全く政府が全然ないおとぎの国を主張して、マルクス主義は実際自由競争主義より遠くまで行く。

彼の1889の本無秩序状態と無政府主義者において述べられたシカゴ警察、マイケルJ.Schaackの指導者:

恐怖政治の履歴とアメリカとヨーロッパの社会的な革命:

それ[アナーキズム]はカール・マルクスと彼の弟子の教えに基づいていて、それは直接政府と宗教のすべての形態の完全な破壊をめざしている。

社会が、私達がそれを理解しているので、消えることとする時に、それは、生じるであろう問題の解決を全然提供しないけれども、義務が手近に引きおろしている宣言に満足している;

増進する仕事が後で来なければならない。

人が、アナーキズムが実のところ1段遠く運ばれた自由競争主義であると考える時に、マルクス主義と今日のいわゆる保守主義者の愛する自由競争主義主義が親密に関連していることは明白になる。

2つの人生観は実のところ同じ不可能なゴールのために努力している:

どのような制約または衝突ものない、そしてみんなのための十分を持つ世界。

マルクス主義と自由競争主義の中の顕著な要素は、制約と健全なホワイト社会の注文を廃止するドライブである。

これらのユダヤ人主義がそれらのジェンティーレ支持者に提供する賄賂は自由競争主義の名前においてわがままのためのライセンスであり、私達の百万長者は、労働者を白くない世界から輸入することによってアメリカ労働者の背中を刺すのを正当化する。

そして、マルクス主義者インスピレーションの下で、いわゆる「公民権」動きは組織された。

さて、いわゆる「公民権」動きが白人のためにより少ない自由を結果として生じていたことは明らかであるけれども、それは概してコミュニティと社会規範のその破壊によってカオスの感覚において、私達の社会の中で無秩序状態のレベルを増大させた。

さらに、それが政府の拡張を生み出したけれども、本当に重要な物は、政府が歪んでいることである。

私達が今日持っている大きな政府ははっきりと反白く、等しい釣り合いのプロホワイト政府がそうではないであろう方法の中で有害である。

実に、等しく強力な状態が、私達のレースの敵を撃退するために組織されたならば、たぶん、私達が今日であったので、私達は浸透によって征服されなかったであろう。

大きな政府

戦争中にいるどのような民族でも必ず大きな政府を持つであろうし、敵が内部であるか、外部であるかどうかにかかわらず、それは真実である。

私達の敵(私達のレースの敵)が大きな政府を増強した理由は、彼らが私達自身の土地で私達、敵としての人種で意識的な白人、および女性(そして本当のすべてホワイト人々)をマークしたことである。

大きな政府は、私達と戦うために増強されている。

私達が万一これまで権力の座のコントロールを得るならば、私達の敵に対して「大きな政府」を使うことについてのどのようなためらいでも災害(勝利の口部からの敗北の奪取)になるであろう。

「自由競争主義」を意味する「保守的である」の再定義は勝利のまさしくそのふちで損っているであろう。

それが、現在の反白い政権によってされているすべての損害を訂正することになっているならば、ホワイト愛国者の手の中の政府は、強力な政府である必要があるであろう。

従って、左右の問題はより多くまたは少ない政治の問題ではない。

オリジナルの「右翼」はルイ16世の大きな政府(その時間の間)をサポートしていて、ワイスハウプトのようなオリジナルの「左翼」は無秩序状態を主張した。

しかし、アナーキズムはいつも過渡的なイデオロギーである;

無秩序状態は力の空白と自然は真空を嫌う。である。

最終的に、問題は、私達自身のレースの文字に従ってまたはその大いに違う中東のレースの要求に従って私達が注文された社会の中に住むかどうかである。

米国で、大きな政府との私達の経験がほとんどすべて悪いので、愛国者の間のこの反政府態度は理解できる。

米国の本当に大きな政府はフランクリン・ルーズベルトから始めた。

米国で、より多くの政治はいつもより人種で破壊的な政策を意味していた。

これは、単に、私達の政府をコントロールする悪意を持ったエンティティのためである。

本当にそれであり、過ぎることおよび私達の人々のためにその自然ではない政府。従って、大きい政府が悪い政府である公理は、必ずしもあてはまらない。

政府についての重要な問題は、それが私達の人々によって(のために)実行されるかどうかまたはそれが私達の人々の敵によって(のために)実行されるかどうかである。

新世界秩序についてのパートナーとしてアメリカを募集する

今日、米国で、両方の政党は博識家であり、両方は人を主に経済的な存在と考える。

彼らはこれらの特徴がマルクス主義と共通する。

唯一の有効な選択肢(新世界秩序との唯一の真実の反対の性質)はレースに基づいた社会である。

レースベースの社会缶を設立することによってだけ、アメリカと西欧の文明は残存する。

レースベースのコミュニティを設立することによってだけ、私達は、新世界秩序を破りはじめることができる。

アメリカが文化的に健全であった最後は1920年代であった。

国際主義は拒否された。

第一次世界大戦は重大な誤りと認められて、アメリカのリーダーは、アメリカをそのような未来の大災害から締め出すことを約束した。

国策としての優生学は1920年代の米国に完全に可能であるようであった。

アメリカの存在の最後の健全な時代は大恐慌によって倒された。

不況を伝達した突然の株式市場の暴落はユダヤ民族のリーダーをびっくりさせなかった。

何人かの人が、株式市場の暴落をたくらむために、彼らが彼らの操り人形ウッドロー・ウィルソンの日から適所に持っていた連邦準備制度を通して、ユダヤ人が彼らの信用の統制を使ったと主張した。

ユダヤ人が衝突を起こし、それを処理したか、単に、それに関する中の知識を持っていたかどうかを問わず;

証拠は、そのバーナード・バルーク(第一次世界大戦の間ウィルソンとバーチャルな経済の皇帝の後ろのユダヤ人の陰の策士のひとりであった極めて裕福なユダヤ人の投機家)を示唆し、正確ないつ衝突が来たかを知っていた。

彼は突然彼のブローカーの抗議の上で株式市場の暴落のほんの数日前に株からすべての彼のお金を引き抜いた。

衝突の後に、主要なユダヤ人は、事実上何のためにもアメリカの産業を買い占めないことができた。

お金が政治運動の母乳であることは古いのこぎりである。

アメリカパイのそれらの大幅に増大したシェアによって、そして中傷攻撃キャンペーンによって、ユダヤ人は、不況のためにハーバート・フーバーを非難し、彼を、保守主義者として動くけれどもマルクス主義者社会主義者として制御し、憲法に彼の邪魔をさせなかった彼らの操り人形ルーズベルトと取り替えることができた。

ルーズベルトは、多くの共産主義者とユダヤ人を管理部門に備えるためにまた有名であった;

多くが数十年の間残っていた。

ドイツが、米国でよりずっと大規模なスケールの上で彼らから強奪したユダヤ人を追い出した時に、ユダヤ人は復讐を望んでいた。

途中で、ユダヤ人は1つの石を持ついくつかの鳥を殺した。

まだ、米国に提案者を持っていた優生学動きの評判を悪くするために、ユダヤ人はアメリカを、優生学に対する戦争に相当していたものに巻き込んだ。

戦争がどのような原因でも神聖にし、第二次世界大戦が、ユダヤ人の入札をする原因をこの国で神聖にしたそうである。

この間違いの宗教は今日まで適所にとどまっている。

冷戦時代

ヨーロッパの2番目の兄弟殺し戦争の終わりに、ジョージS.パットンのような本物の愛国的なアメリカ人は、ボルシェビキ主義が軍隊の方法によって始末されるべきであると主張した。

数年後、ジョセフR.マッカーシー上院議員は勝利からのアメリカの退却を出版した(それは、ボルシェビキ主義を破壊する機会が把握されなかった理由が、アメリカ政府が共産主義の支持者によってコントロールされたことであったと主張した)--問題を調査するために時間をかける誰へのでも明らかな事実。

2つの敵派閥の中への世界の部門は多くの点で新世界秩序計画者を助けた。

ユダヤ人普遍性の2つの表面上は敵対的なブランドとして共産主義と資本主義を維持することによって、ユダヤ人の銀行家と武器商人は、暇に戦争を作成することができた。

そして、様々な本格的な戦争における、そして進行中の冷戦における両側にアームに資金提供し、売ることによって、彼らは、それらの富と全世界の借金負担を大幅に増大させることができた。

さらに、冷戦は、外国の侵略におけるそのフォーカスによって、家で注意を転覆からそらした。

愛国的なアメリカ人が、国がその外国の敵の面前においてさらに分割されるようでないようにあまりにも騒々しく不満を言うことを恐れていた時に、アメリカでの転覆は冷戦の間、ベトナム戦争の特に間にとても急速に進んだ。

同時に、外国の脅迫における冷戦の一定のフォーカスは人々に、彼ら自身の政府の中で反逆罪を見渡させた。

アメリカの人種意識が生き返ることを可能にしたのは冷戦の終わりであった--すべての損害を概括する時間に、その反逆罪は40年入り込んだ。

この反逆罪の中で極少なものは、私達の人々(それの多くは、アメリカを普遍性の一定のブランドの乗り物とだけみなすことを学んだ)のメディアのゆるやかな洗脳ではなかった--寛大な資本家ブランド。

普遍性のこのブランドは共産主義への唯一の代案としてその時見せられた。

寛大な資本家世界観、このにせの新保守主義はNAFTAのための、そして中国との自由貿易のための原理であった:

まったく唯物論的で、経済の世界観の中で、それが自由競争主義または共産主義であるかどうかにかかわらず、レースと国家は考慮を全然受けない。

しかし、洗脳にもかかわらず、大多数反応がNAFTAに対してであったことは励みになる合図である。

これは、アメリカの一部がまだいくらかの生きる意志を持っていることを示す。

「公民権」動き

最近の時に何よりもアメリカを損ったものはいわゆる「公民権」動きであった。

それが、「権利」についてではなく平等を強制することについてであるので、それは間違った名で呼ばれる。

この動きは第二次世界大戦の後にユダヤ人によって計画されて、メディアと大学の中で影響力のある地位を保持したユダヤ人の宣伝員と道連れによって戦術的なレベルで実行された。

白色人種に対するこの戦争は、また、アール・ウォレンを最高裁判所に任命したドワイト・デイビッド・アイゼンハワーのようなジェンティーレ引立て役によって遂行されて、それから、驚きの装われた表情によって「おっと!」と言った。

それにもかかわらず、彼は、ウォレン法廷の反白い課題を強制するために落下傘兵をリトルロックに送ることを怠らなかった。

アイゼンハワー、バーナード・バルークの被保護者はまた、共産主義のエージェント アルジャー・ヒスが数年後サンフランシスコでその組織の名目の設立ミーティングを統轄する前にさえ、自身を「国連」と呼んだソビエト連邦アメリカ人同盟の最初の「最高指令官」であった。

アイゼンハワーの師バルークはまた西半球でユダヤ人のコミュニティのリーダーであった;

この時点で、それは、すべてが互角の方法で非常にクリアに一緒にある。

移住

アメリカを脅かしているものは最も今日移住である。

米国政府は何年もの間、その境界が巡回する下の出資と速く繁殖している混血児の不法移住を抑制する適正な手段を取ることの断りであった。

あなたは、白くない移住が1932年にF.S.マービンによって説明された新世界秩序プログラムの一部であったことを思い出すであろう。

カナダで、この破壊的な移住は公式な政府の政策の一部である。

ほとんど、百万人の主として白くない移民の4分の1は白人人口の間の恐ろしい失業にもかかわらず毎年法律上カナダに入る。

米国政府は、カナダ政府が公然と実行し、英国の中に黒人を連れて来ることによって、イギリス政府が実行したまさに同じ新世界秩序方針を口実によって実行する。

ものは、移住によってメキシコにもたらされたどのようなリリーフでも迅速に人口増加によってキャンセルされるであろうので、これらの速く繁殖する白くない人口を私達の母国に持って来るための動機が寛大などのような方法の中にでもあると信じるために脳死している必要があるであろう。

メキシコの集団は19年ごとに二倍になる!

現在の方針は茶色の男性と女性と人口過剰の全世界に通じるであろう。

アメリカがますます白くなくなるにつれて、それはまたますます自由がなくなるであろう。

共通の血と共通の価値によって団結させられた民族は、平和にうまくやっていくためにほとんどの法律、ほとんどの刑務所、およびほとんどの警察官が必要でない。

多文化的な帝国はそれらの自由のために知られていない。

それが代表するプロセスに付くならば、非ホワイトアメリカは、mulattosと混血児によって住まれていて、コントロールと功績への私達の敵と少数が続けるどのようなホワイトにでもより容易になるであろうし、持続的にいつも私達の敵によって処理されている人種のエイリアンによって投票で負かされた8つのボールの後ろにあるであろう。

私には、私達すべてに、レースが重要でないふりをしてほしいそれらの多民族の「憲法の」愛国者が彼らの支持者を正確なこの方向に導いているように思われる:

憲法が、それが今日したよりいっそう少ない影響力を持つ尊敬された人工物である米国に。

私達は、この運命を受け入れる必要がなく、また、戦いは不可能にならないであろう!

彼らが、抵抗する意志を欠き、本当はさえトライしなかったので、ルイ16世と旧ロシア皇帝ニコラスIIは死んだ。

私達は、何が起こっているかを理解している。

高く動機づけられて、訓練された少数は歴史の流れを変更することができる。

それは前に起こった。

実のところ、それはどのような他の方法でもほとんど起こらなかった。

私達のレースの損失がすべての損失を意味しているので、私達には、戦う十分な理由があり、放棄する何のどの誘因でもない。

苦闘自身は私達を強くするであろう!

エディタの注:

オリジナルのラジオ放送の5つの部分はみな言論の自由のこの問題の中に含まれている。

制限を間隔をおいて配置し、繰り返しを避けるために予定であって、普段より多くの編集は必要とされていた。

元来放送されるように、このシリーズのオーディオテープは完全なショーを含んでいる。

これらのテープは郵便料金前払いで50.00ドルの特価で利用可能である。

詳細については、全国的な先兵Books、私書箱330、ヒルズバラWV 24946米国に手紙を書きなさい。

国民同盟ホームページ

http://www
、natvan.com

新世界秩序の解釈その3

Resistance to the New World Order


The modern resistance to the New World Order may be regarded as having

begun early in this century, when alarm over the blood soaked

Bolshevik Revolution -- and its adherents in this country -- began to

grow.


Literally hundreds of nationalist, anti-Communist, and patriotic

societies and organizations have arisen, prospered, and fallen

in the past 80 years. Some of them achieved national recognition and

had many thousands of members and supporters. Some names you would

recognize, such as the America First Committee and the John Birch

Society. Some may be familiar to you from their current shortwave and

satellite radio broadcasts. While some of these organizations have

made small fortunes, both by selling quack cures (for disease and for

subversion) and by selling overpriced precious metals; they have all

failed to halt the advance of the New World Order.


Why Opposition Has Failed


This failure can be attributed to the fact that the "patriots"

themselves accept a large part of New World Order doctrine.

They accept the idea of "rights" inherent in all beings arguably

human, regardless of race, creed, color, sexual preference,

etc., etc. -- until you gag. As long as such nonsense is enshrined as

"sacred truth," the failure will continue.


The doctrine "all men are created equal" is one such sacred cow. It

must be repudiated by patriots, for in five short words it exemplifies

New World Order ideology.


Its origin lies in the 18th century philosophy of the Enlightenment,

which first enshrined the ideas of 1) basic human equality, and 2)

rights which inhere in every human being equally regardless of the

worth or attainments of that human being.


The American Revolution may have merely adopted some of the notions of

the Enlightenment, such as "all men are created equal," simply because

these were fashionable ideas at the time which were conducive to

revolution.


The Declaration of Independence incorporates the very unfortunate

statement, the only statement from that document which the public

schools and the Jewish-controlled media have made sure that we know by

heart: "We hold these truths to be self-evident, that all men are

created equal . . ." Now, it is obvious to almost everyone that

individual human beings are not born equal to each other. On the face

of it, Thomas Jefferson's statement is blatantly, and even

embarrassingly, untrue. Jefferson himself later advocated repatriation

of Blacks to Africa. This may give us some insight into his more

mature and considered views. Unfortunately however, he did write that

phrase.


During the Enlightenment, leading philosophers such as John Locke and

Jean Jacques Rousseau seriously argued that everyone was born mentally

identical. Locke's term for the condition of the mind at birth was

tabula rasa, Latin for "blank slate." Racial differences were thought

to be due to environmental influence over the course of just a few

generations. These fallacies, part of the intellectual universe in

which Thomas Jefferson lived, were overturned in the nineteenth

century. Many scientists, including Charles Darwin, began making

discoveries that showed human equality was a myth. Darwin dealt a

death blow to the superstitions of the Enlightenment by providing

evidence that man was part of the animal kingdom in which all are

clearly not created equal.


Darwin wrote that men are not tabulae rasae; human motivations and

emotions are based on instincts. These are at least partially

hereditary, and differ from one race to another. More recently,

mainstream psychology has largely acknowledged that the

characteristics of the mind are largely hereditary, although the

Politically Correct adherents of the Boas school still

argue the point.


Science should have utterly dispelled the belief that all men are

created equal, but unfortunately, because it is a piece of cant

which has been enshrined on a holy relic of the United States it has

continued to distort thinking. The Declaration of Independence was not

regarded as a holy relic until about the 1840s, when it was put on

display in the National Portrait Gallery, at the urging of Daniel

Webster.


When "Martin Luther" King Jr. spoke in Washington, DC, in 1963, he

used the words in the Declaration as if they were a debt instrument.

He said, 'you claim to believe this; you must act accordingly.'

(Perhaps his Jewish and Communist associate, Stanley Levison, had

something to do with it.) It is a dramatic illustration of the latent

destructive power of wrong ideas.


The Declaration of Independence, with enthronement of Judaic

egalitarian dogma, has been a millstone around the neck of

the American people. It has provided powerful rhetorical ammunition

for egalitarian dogmatists. Yet, since it is one of the founding

documents of the United States, the average American does not feel

that it would be safe to say that the words of the Declaration are

obviously not literally true -- although he may know this perfectly

well. Thus the average American is intimidated into endorsing the

fundamental premise of the New World Order, "all men are created

equal."


The Constitution of the United States is on an altogether higher

level. We are indeed fortunate to have the rights which the

Constitution expresses, but that piece of paper did not create them.

These rights are part of the Anglo Saxon tradition and spring from the

soul of our branch of the White race. The republican form of

government has hardly existed outside of the White world (except in

name) because it presupposes a self-discipline and independence of

thought which are characteristic primarily of our race. When the

republican form is transplanted to Africa or Asia, it simply does not

work the same way. Witness Liberia. Witness the Philippines.


Secret Societies, etc.


It is not without some trepidation that I set out to discuss obscure

conspiratorial aspects of the New World Order; it is a

subject on which our enemies do not mind having patriots focus. The

very obscurity of the subject makes misrepresentation

easy, and the distance of such conspiracies from everyday life

suggests that there is nothing that an ordinary person can do to

resist. Some people who call themselves patriots have become so

wrapped up in fantasies that the most obvious facts have

escaped their notice: the fact, for example, that multiracialism is

the centerpiece of the New World Order.


Many secret societies have been heavily influenced by Cabalism -- a

system of esoteric theory and "magic" developed by rabbis from the 7th

to 13th centuries. "Illumination" is an important term in Cabalism,

hence the series of Jewish-led organizations calling themselves

Illuminati or Illuminated Ones. The Freemasons are one of the secret

societies which have been influenced both by Jews and by Cabalism.

With Illuminism and Freemasonry, the Jews essentially resumed the

ancient Jewish practice of multiplying their own power by

proselytizing Gentiles.


We may note in passing the continuing Jewish involvement in New Age

cults, all of which, for some reason or other, seem to have "equality"

and "brotherhood" and "One World" as central themes. The credulous

followers of these cults are thus hoodwinked, like the Masons, into

advancing the Jewish agenda in the name of a spurious humanitarianism

with a small, or large, helping of "spiritual" gobbledygook thrown in.




It is customary among patriot commentators, eager to stay marginally

on the Jews' good side, to point to some Gentile stooge as an excuse

to avoid implicating the Jews. The so-called Jewish "patriots" can

also be counted on to do this. The fact that these essentially Jewish

organizations try to ensnare Gentile stooges is not at all surprising

in light of Isaiah 61, which states:


???? Aliens shall stand and feed your flocks, foreigners shall be your

???? plowmen and vine dressers; but you shall be called the priests of

???? the Lord, men shall speak of you as the ministers of our God; you

???? shall eat the wealth of nations, and in their riches you shall

???? glory.


Jews often recruit Gentiles to be their "plowmen and vine dressers,"

or some equivalent thereof.


Grand Orient Freemasonry and quasi-Masonic secret societies such as

Adam Weishaupt's Order of Illuminati had an important role in inciting

the French Revolution. The Grand Orient Lodge of Freemasonry,

notorious for being Jewish-controlled, horrified Europe by ordering

that Louis XVI be executed.


Jewish writer Max Dimont states in Jews, God, and History that there

was an addition to Cabalism in the 16th century, which has significant

implications:


???? A new metaphysical philosophy was injected into Cabalism in the

???? sixteenth century by one of the great Cabalistic scholars, Isaac

???? Luria (1534-1572), known as Ari, 'the lion.' Luria held that all

???? matter and thought evolved through a three stage cycle: tzimtzum,

???? literally 'contraction' or thesis; shevirat hakeilim, literally

???? 'breaking of the vessels' or antithesis; and tikkun, literally

???? 'restoration' or synthesis.


That last Hebrew term, tikkun, you have heard before: It is the name

of Rabbi Michael Lerner's Jewish magazine. It was Rabbi Lerner who was

the spiritual advisor of First Lady Hillary Clinton. It was Rabbi

Lerner who put the words "politics of meaning" into her mouth.


Also notable is Jacob Frank, a Jew and the leader of the Frankists.

They also called themselves the "Illuminated." This group

was part of what is called the "Jewish Reformation," which also

included Hasidic Judaism. Jewish writer, Norman F. Cantor,

states in The Sacred Chain: the History of the Jews:


???? Central to Frank's doctrine, and practiced by him and some of his

???? followers, was the legitimacy of sexual promiscuity based on the

???? assumption, from Cabalistic derivation, that sexual activity was

???? a form of cosmic healing, unifying the spiritual and material

???? realms.


The "free love" advocated and practiced by Jacob Frank and his ilk was

echoed in the French Revolution, in the Bolshevik Revolution, in the

radical abolitionist movement of the American Civil War era, and in

the hippie movement of the 60s.


Abolitionism


Perhaps the most destructive movement in American history was radical

abolitionism. This movement was comprised of a tiny minority of

lunatics and degenerates, who somehow made enough noise that they

succeeded in having America's racial identity officially destroyed.


Few of those involved were Jews themselves, but they represent an

example of the Jewish "ideals" of universal human equality, which are

vended to the gullible.


The general character of the abolitionists is suggested by a memoir of

Henry B. Stanton, who attended a convention of abolitionists in

Boston:


???? There was a representative array on the front seats, near the

???? platform. First was Garrison, his countenance calling to mind the

???? pictures of the prophet Isaiah in a rapt mood; next was the fine

???? Roman head of Wendell Phillips; at his right was Father Lampson,

???? so called, a crazy loon -- his hair and flowing beard as white as

???? the driven snow. He was the inventor of the valuable

???? scythe-snath, and invariably carried a snath in his hand. His

???? forte was selling his wares on secular days and disturbing

???? religious meetings on Sunday. Next to Lampson sat

???? Edmund Quincy, high born and wealthy, the son of the famous

???? President Quincy [of Harvard]. Next to Quincy was Abigail Folsom,

??? another lunatic, with a shock of unkempt hair reaching down to her

???? waist. At her right was George W. Mellen, clad in the military

???? costume of the Revolution, and fancying himself to be General

???? Washington, because he was named after him. Poor Mellen died in

???? an asylum.


Another prominent figure in Radical Abolitionism was Victoria

Woodhull, who was also a feminist, an occultist, and a

Communist. Stanton continues:


???? As if her time did not pass spectacularly enough, Victoria

???? Woodhull organized an American section of the International

???? Workingmen's Association [the First Communist International]. In

???? this endeavor her chief ally was William West . . . Their section

???? of the International advocated woman's suffrage and sexual

???? freedom as well as Stephen Pearl Andrews' pet theories of

???? universal language and "pantarchical" order."


These flakes were an embarrassment even to the Marxists. In the

interests of party orthodoxy, Victoria Woodhull's section was expelled

from the party when Marx relocated the center of World Communism from

London to New York City in 1872.


In 1863 Henry C. Wright published The Self-Abnegationist, which was a

reaction against the findings of Charles Darwin vis a vis the

implications for man. Wright defined self-abnegation in these terms:

"Suffer rather than inflict suffering; die, rather than kill."


He further explains:


???? Self-preservation, at the expense of others, is condemned by

???? universal consciousness . . . . Let any man, whatever be his

???? moral or intellectual development, fully understand the meaning

???? of self-abnegation and then enter into the sacred and silent

???? depths of his own soul, and he will find this to be an abiding

???? law of his nature, to which he will find his heaven in being

???? obedient.


Mainstream historian Lewis Perry states that there was behind radical

abolitionism a religious movement called "Perfectionism," which is

"the quest for perfect holiness and the idea that such perfection

might be immediately possible." Perry further states:


???? Perfectionist ideas permeated the major denominations and

???? inspired a variety of shockingly radical splinter movements. It

???? was possible for those who deemed their personal sanctification

???? to be perfect to attack the practices of institutional churches

???? and hold themselves to new standards of morality. Rumors of

???? sexual promiscuity particularly haunted the career of

???? perfectionism in upstate New York. John Humphrey Noyes

???? proceeded from the development of perfectionist religious

???? theories to preach common marriage among the saints, a belief

???? which, as practiced by Noyes and his followers at the Oneida

???? Community, was popularly referred to as "free love." Though free

???? love and the disruption of churches were of course widely

???? condemned, it was difficult for the evangelical orthodoxy to

???? distinguish its basic perfectionist beliefs from those of

???? scandalous radicals.


The combination of the term "perfectionism" with the advocacy of

sexual promiscuity is a suggestive parallel to Jewish Cabalism. Adam

Weishaupt's Order of the Illuminati was also known as the

Perfektibilisten. We return to Perry:


???? The most notorious perfectionist was John Humphrey Noyes. Noyes

???? had been brought up as an orthodox New Englander and educated in

???? the 'New Divinity' at Yale." After a meeting with abolitionist

???? leader William Lloyd Garrison, Noyes announced that he had

???? retracted his allegiance to the United States government and now

???? championed the claim of Jesus Christ to the throne of the world.

???? He depicted the government as a fat libertine flogging Negroes

???? and torturing Indians. . . . "My hope of the millennium," he

???? wrote, "begins where Dr. Beecher's expires -- viz, at the

???? overthrow of this nation."


James Russell Lowell, a prominent abolitionist, explicitly advocated

race-mixing, on the grounds that mulatto offspring would be more

submissive -- more "Christian" -- than the White race. He wrote:


???? We have never had any doubt that the African race was intended to

???? introduce a new element of civilization, and that the Caucasian

???? would be benefited greatly by an infusion of its gentler and less

???? selfish qualities. The Caucasian mind, which always seeks to

???? govern, at whatever cost, can never come to so beautiful or

???? Christian a height of civilization, as with a mixture of those

???? seemingly humble, but truly more noble, qualities which teach it

???? to obey.


Abolitionist Henry C. Wright stated in 1857 what would become the

actual agenda of the Reconstruction period:


???? A baptism of blood awaits the slave holder and his abettors. So

???? be it. The retribution is just. Must the slave holders become the

???? slaves of those whom they have enslaved? History answers "Yes."

???? If slavery goes down in blood, the conquered will be the bondsmen

???? and bondswomen of the conquerors; for the practical teaching of

???? Church and State is, that might makes the right to enslave. Bid

???? American slave holders beware! Their turn may come, will come,

???? must come, to be bought and sold as brutes, and to have their

???? wives and daughters consigned? to the Negro's harem, unless they

???? willingly and penitently let their slaves go free.


It should be noted that, aside from the grotesque dream of forced

miscegenation, Wright's vision is not essentially different

from that of Karl Marx; it was an axiom of Marxist anarchism that

workers were in fact slaves, who would one day change

places with their masters.


Marxism: Illuminism Reincarnate


Karl Marx, though he disclaimed the Jewish religion, was the

descendent of a long line of rabbis. Both his father and mother

were Jews. His father, Heinrich, a well-to-do lawyer who was a dutiful

follower of the Enlightenment philosophers, was faced with a choice of

being baptized or giving up his profession. He chose the former.


Karl Marx had no mystical pretensions whatsoever; he called his

ideology "dialectical materialism," incorporating a semblance of the

Hegelian philosophy which was the popular, mainstream philosophy of

that time.


One often hears patriotic broadcasters refer vaguely to "the Hegelian

dialectic," as if Hegelianism itself were a tool of conspiracy. In

fact, Karl Marx and Friedrich Engels both stated repeatedly that the

Hegelian dialectic, as espoused by Hegel, was not and could not be an

instrument of conspiracy. I consider it important to exonerate Hegel

because it appears as part of a general knee-jerk tendency to dump on

the Germans whenever possible so as to appease the real perpetrators

of the New World Order, the Jews.

新世界秩序への抵抗

新世界秩序への現代の抵抗は今世紀に早く始まったこととみなされているかもしれず、血の上のアラームが浸った時に、ボルシェヴィキ革命--およびこの国のその支持者--は、成長しはじめた。

文字どおりに、数百の国家主義で、反共産主義の、そして愛国的な社会と組織は生じて、繁栄し、この80年で落ちた。

彼らの何人かが全国的な認識を達成し、多くの数千人のメンバーとサポーターを持っていた。

あなたがアメリカ優先委員会とジョンバーチ協会など認めるであろういくつかの名前。

いくつかがそれらの現在の短波と衛星のラジオ放送からあなたに熟知されているかもしれない。

これらの組織のいくつかが、いかさま療法を売却すること(堕落のために、そして転覆のために)によって、そして高値をつけすぎられた貴金属を売ることによってかなりの額を成したのに対して;

彼らは、すべて、新世界秩序の進歩を停止させることに失敗した。

なぜ、反対は失敗した。

この故障は、「愛国者」自身が新世界秩序主義の大部分を受け入れるという事実に起因することができる。

彼らはレース、教義、色、性的な好みなどなどを問わず間違いない人のすべての生き物の中で固有の「権利」のアイデアを受け入れる--あなたがギャグを使うまで。

そのようなナンセンスが「神聖な真実」として祭られる限り、故障は続くであろう。

主義「すべての人は平等に造られる」は1匹のそのような聖牛である。

短い5語において、それが新世界秩序イデオロギーを例証するので、それは愛国者によって拒否されなければならない。

その起源は、最初に、その人間の価値または達成を問わず等しくすべての人間の中で本来備わる1つの)基本的な人平等と2つの)権利のアイデアを祭った18世紀の啓蒙思潮にある。

単に、革命に貢献していた時に、これらがファッショナブルなアイデアであったので、アメリカ革命は、単に、「すべての人は平等に造られる」などの教化の観念のいくつかを採用したかもしれない。

独立宣言は、非常に不運なステートメント、公立学校とユダヤ人でコントロールされたメディアが、私達が暗記していることを確かめたその文書からの唯一のステートメントを含んでいる:

「私達はこれらの真理を、自明であると考えていて、すべての人が平等に造られる」。

.

"."

さて、個々の人間が互いに同等の人として誕生しないことはほとんどみんなに明らかである。

一見したところ、トーマス・ジェファーソンのステートメントは騒々しく、厄介にさえ真実でない。

ジェファーソン自身は後でアフリカに黒人の本国送還を主張した。

これは私達に彼のより円熟し、考慮された見解へのいくらかの洞察を与えるかもしれない。

しかし、あいにく、彼はそのフレーズを書いた。

教化の間に、ジョン・ロックとジャン・ジャック・ルソーなどの主要な哲学者は、誰もが同一に精神的に誕生したと重大に主張した。

誕生の精神の条件のためのロックの用語は白紙であった、「白紙」のためのラテン語。

人種の違いは、ほんの数世代のコースへの環境の影響によると考えられた。

これらの誤った考え(トーマス・ジェファーソンが住んでいた知的な宇宙の一部)は19世紀に転覆した。

チャールズ・ダーウィンを含む多くの科学者は、人の平等が神話であったのを示した発見をしはじめた。

人が、すべてがはっきりと平等に造られない動物界の一部であったという証拠を提供することによって、ダーウィンは教化の迷信に死打撃を与えた。

ダーウィンは、人が白紙ではないと書いた;

人の動機づけと感情は本能に基づく。

これらは少なくとも部分的に遺伝的で、別のものに一方のレースと異なる。

より最近、主流心理学は、主として、ボア学校の政治的に正しい支持者がまだポイントを議論するけれども、精神の特徴が主として遺伝的であると認めた。

科学は、完全に、すべての人が平等に造られるという確信を追い散らすべきであったけれども、あいにく、それが、米国の神聖な遺物の上で祭られている隠語であるので、それは、考察をゆがめ続けた。

それがダニエル・ウェブスターの督促でナショナル・ポートレート・ギャラリーのディスプレイに置かれた時に、独立宣言は約1840年代まで神聖な遺物とみなされていなかった。

「マルティン・ルター」キングJr.が1963年にワシントン、DCで話した時に、それらが債券類であるかのように、彼は宣言において言葉を使った。

彼は、‘あなたは、これを信じると主張する;’と言った。

‘あなたはそれに応じて行動しなければならない’。

(たぶん、彼のユダヤ人と共産主義の仲間、スタンレーLevisonはそれと関係があった。)

それは間違ったアイデアの潜在的な破壊力の劇的な実例である。

独立宣言は、ユダヤ人平等主義者教義の即位によって、アメリカ人の首のまわりで重荷であった。

それは平等主義者独断家に強力な修辞学の弾薬を提供した。

それでも、それが米国の設立文書の1つであるので、平均的なアメリカ人は、宣言の言葉が文字どおりに明らかに真実でないと言うことが安全であろうと思わない--彼がよく完全にこれを知っているかもしれないけれども。

従って、平均的なアメリカ人は、新世界秩序(「すべての人は平等に造られる」)の根本的な前提を承認することに威嚇される。

米国の憲法はまったくより高いレベルの上にある。

私達は、実に、憲法が表現する権利を持つとは幸運であるけれども、その紙切れはそれらを作成しなかった。

これらの権利は英ザクセン人伝統の一部であり、私達の白色人種の支店の魂から湧き出る。

それが、第一である私達のレースに特有な考えの自己訓練と独立を前提とするので、政府の共和党の形態はホワイト世界(名前におけるを除いた)外にほとんど存在していなかった。

共和党のフォームがアフリカまたはアジアに移植される時に、それは単に同じ方法で作動しない。

リベリアに立ち会いなさい。

フィリピンに立ち会いなさい。

秘密結社など

私が、新世界秩序の不明瞭な共謀の面を議論することを試みたのはいくらかの恐怖なしでではない;

それは、私達の敵が、愛国者フォーカスを持つのを気にしない主題である。

主題のまさしくその無名状態は誤伝を容易にし、日常生活からのそのような共謀の距離は、普通の人が抵抗するためにすることができることが何もないことを示唆する。

自身を愛国者と呼ぶ何人かの人々はファンタジーの中でとても包まれたので、最も明らかな事実は彼らが見落とした:

事実、例えばその多民族共存は新世界秩序の中心飾りである。

多くの秘密結社はカバラ主義によって重く影響されている--7番目から13世紀にユダヤ教牧師によって展開された難解な理論と「魔法」のシステム。

カバラ主義、自身を啓蒙主義者または照明されたものと呼んでいるそれゆえユダヤ人で先導された組織一連の中で「照明」は重要な用語である。

フリーメーソン会員は、ユダヤ人によって、そしてカバラ主義によって影響されている秘密結社のひとりである。

イルミニズムとフリーメーソンによって、ユダヤ人は本質的に、異教徒を改宗させることを彼ら自身のパワーに乗算する古代のユダヤ人実行を再開した。

私達は、ニューエイジカルトにおける継続するユダヤ人関与をついでに言うかもしれない(それのすべては、何らかの理由で、中心テーマとしての「平等」と「兄弟関係」と「一方の世界」を持つようである)。

これらのカルトの信じやすい追従者は、従って、参加された「スピリチュアルな」難解な役所言葉の少ないか、大きな杯を持つ偽の人道主義の名前においてユダヤ人課題を進める中に石工のように騙される。

ユダヤ人を巻き込むのを避ける口実としてあるジェンティーレ引立て役を指し示すことはユダヤ人のよい側の上でわずかに滞在に熱望している愛国者注釈者の間で習慣である。

いわゆるユダヤ人「愛国者」は、また、これをすることを期待されることができる。

これらの本質的なユダヤ人の組織が、ジェンティーレ引立て役をわなに掛けようとするという事実は全くイザヤ61を考慮して驚くべきでない(それは述べる):

エイリアンはあなたの群れを我慢し、供給することとし、外国人はあなたの農夫とぶどうの木ドレッサーになることとする;

しかし、あなたは神の聖職者と呼ばれることとし、人は私達の神の大臣としてあなたについて話すこととする;

あなたは国家の富を食べて、それらの富において、あなたは喜ぶことにしよう。

それの彼らの「農夫とぶどうの木ドレッサー」またはある当量であるために、ユダヤ人はしばしば異教徒を募集する。

フランス革命をけしかけることにおいて、雄大な東洋フリーメーソンとアダム・ワイスハウプトの啓蒙主義者の注文などの準フリーメーソン秘密結社は重要な役割を持っていた。

ルイ16世が処刑されるように命じることによって、ユダヤ人でコントロールされるために有名なフリーメーソンの雄大な東洋ロッジにヨーロッパは怖がった。

ユダヤ人の作家マックス・ディモントは、16世紀にカバラ主義への追加分があったことをユダヤ人、神、および歴史の中で述べる(それは重要な意味を持っている):

新しい形而上学はアリ、‘ライオン’として知られている偉大な神秘的な学者、アイザック・ルリア(1534-1572)の1人によってカバラ主義に16世紀に注入された。

ルリアは3つの段階サイクルを通して発展したそのすべての物質と考えを持っていた:

tzimtzum(文字どおりの‘収縮’または主題);

shevirat hakeilim(文字どおりの‘容器の壊れ’またはアンチテーゼ);

そしてtikkun(文字どおりの‘復元’または統合)。

その最後のヘブライ語期間、tikkun、あなたに前に聞こえた:

それはマイケル・ラーナー・ユダヤ教牧師のユダヤ人雑誌の名前である。

ファーストレディ ヒラリー・クリントンの精神的なアドバイザーであったのはラーナーユダヤ教牧師であった。

言葉「意味の政治」を彼女の口に入れたのはラーナーユダヤ教牧師であった。

また、名士はジェイコブ・フランク、ユダヤ人、およびFrankistsのリーダーである。

彼らはまた自身を、「照明される」と呼んだ。

このグループは、いわゆる「ユダヤ人改正」(それはまたハシッドのユダヤ教を含んだ)の一部であった。

ユダヤ人の作家、ノルマン人F.カンターは神聖なチェーンの中で述べる:

ユダヤ人の歴史:

フランクの主義に中心的で、彼と彼の追従者の何人かによって行われて、性的な混乱の合法性は、スピリチュアルで、物質的な領域を統合して、性的行為が宇宙の癒しのフォームであったという神秘的な派生からの仮定に基づいた。

ジェイコブ・フランクと彼の同類によって主張されて、行われた「自由恋愛」はフランス革命の中、ボルシェヴィキ革命の中で、アメリカ南北戦争時代の根本的な奴隷解放運動において、そして60年代のヒッピー動きにおいて反復された。

廃止論

たぶん、アメリカの歴史において最も破壊的な動きは根本的な廃止論であった。

この動きは、何とかして、公式に破壊されたアメリカの人種のアイデンティティを持つことにおいて、彼らが成功した十分な音を立てた精神異常者と堕落者のごく少ない少数派から成っていた。

関係しているそれらのほとんどは自身でユダヤ人ではなかったけれども、彼らは、一般的な人の平等の(それは騙されやすいものに行商される)ユダヤ人「理想」の例を表している。

廃止論者の一般的な文字は、ボストンで廃止論者の会議に出席したヘンリーB.スタントンの回想録によって示唆される:

プラットフォームの近くに前の座席の上に代表する配列があった。

第一に、ギャリソン(没頭した気分において予言者イザヤの写真に注意を払うために訪問する彼の表情)であった;

次はウェンデル・フィリップスの素晴らしいローマ頭であった;

父ランプソンが彼の右にいたこととそう呼びかけたこと、クレージーな怠け者--動かされた雪と同じくらい白い彼の毛と流れあごひげ。

彼は貴重大鎌大鎌の柄の発明者であり、常に、彼の手で大鎌の柄をもっていた。

彼の得意は現世の日に彼の商品を売っていて、日曜日に宗教のミーティングを妨害していた。

ランプソンの座ったエドマンド・クインシー、誕生し、裕福な最高水準、[ハーバードの]有名な大統領クインシーの息子の隣。

ウエストまで届いている乱れた髪のショックによってアビゲイル・フォルサム、別の精神異常者はクインシーの隣であった。

彼が彼にちなんで名付けられたので、彼女の右に、革命の軍隊の衣装の中で装っていて、一般的なワシントンであるためにうぬぼれているジョージW.メレンがあった。

気の毒なメレンは保護施設で死んだ。

根本的な廃止論の中の別の著名人は、また、フェミニスト、オカルト主義者、および共産主義者であったヴィクトリア・ウッドハルであった。

スタントンは続いている:

彼女の時間が十分に壮観に過ぎていなかったかのように、ヴィクトリア・ウッドハルは国際労働者協会の[最初の共産党インターナショナル]のアメリカセクションを組織した。

この努力において、彼女の主要な同盟者はウィリアム・ウエストであった。

.

.

「国際のそれらのセクションはスティーブン・パール・アンドリュースの世界共通語と「pantarchicalな」注文の得意の持論と同様に女性の選挙権と性的な自由を主張した」。

これらの薄片はマルクス主義者へのさえ妨げであった。

パーティー正統性のために、マルクスが1872においてロンドンからニューヨーク市までの世界の共産主義のセンターを再配置した時に、ヴィクトリア・ウッドハルのセクションはパーティーから排出された。

1863年に、ヘンリーC.ライトはセルフAbnegationistを出版した。それはチャールズ・ダーウィン力の発見に対する反応であった 力 人のための意味 。

ライトはこれらの用語で自己否定を定義した:

「苦しみを与えるというよりも被っていなさい;」

「殺すというよりも死になさい」。

彼はさらに説明する:

自己保存は、他のものの犠牲において、一般的な意識によって非難される。

. . .

どのような人 何 be 彼の道徳的なまたは知的な開発 に自己否定の意味を完全に理解させて、それから、彼自身の魂の神聖なおよび静かな深さに立ち入りなさい。彼は、これを、彼が彼の天国 従順である を発見する彼の性質の期待法律であると気付く。

主流歴史家ルイス・ペリーは、宗教のムーブメントが、「完全主義」(それは、「完全な神聖さとそのような完璧さが直接可能であるかもしれないというアイデアの探求」である)と呼んだ背中過激派廃止論があったことを述べる。

ペリーはさらに述べる:

完全主義のアイデアは主要な名称に浸透し、さまざまな衝撃的に根本的な破片ムーブメントを引き起こした。

それらのパーソナルを神聖化と考えていた人々が、制度上の教会の習慣を攻撃し、自身で道徳の新しい標準を固守するために完全であることは可能であった。

性的な混乱の噂は特に州北部のニューヨークで完全主義のキャリアにつきまとった。

聖人(オナイダ共同村でノイズと彼の追従者によって行われるので、一般に「自由恋愛」と称された信念)の間で共通の結婚を説くために、ジョン・ハンフリー・ノイズは完全主義の宗教の理論の開発から生じた。

自由恋愛と教会の分裂がもちろん広く非難されたけれども、福音の正統性がその基本的な完全主義の信念を中傷的な過激派のそれらと区別することは難しかった。

性的な混乱の弁護を持つ用語「完全主義」の組み合わせはユダヤ人カバラ主義との示唆的な平行線である。

アダム・ワイスハウプトの啓蒙主義者の注文はPerfektibilistenとしてまた知られていた。

私達はペリーに戻る:

最も有名な完全主義者はジョン・ハンフリー・ノイズであった。

「ノイズは正統のニューイングランドの人として育てられて、‘新しい神性’においてエールで教育を受けた」。

廃止論者リーダー ウィリアム・ロイド・ギャリソンとのミーティングの後で、ノイズは、彼が米国政府に彼の忠誠を撤回し、世界の王位に今イエス・キリストの主張を擁護したことを発表した。

黒人をむち打っていて、インド人を拷問している太った道薬者として彼は政府を描き出した。

. . .

「ビーチャー博士のが死ぬ所で、私のミレニアムの希望は始まる--すなわちこの国家の打倒で」と彼は書いた。

そのムラート子孫が白色人種より服従的--より多くの「クリスチャン」--であろう理由で、ジェイムズ・ラッセル・ローウェル、突出した廃止論者は明示的にレース混合を主張した。

彼は書いた:

私達は、一度も、アフリカレースが、文明の新しい要素を導入することを意図していたという、そしてコーカサスのものがそのより優しく、より利己的でない品質の満たしによって大いに役立たれているであろうというどのような疑念も持ったことがない。

いつも、制御することにどのようなコストででも努めるコーカサス精神は、決して、従うことをそれに教えるそれらの一見したところ控えめであるけれども本当により高潔な品質の混合物によってと同じくらい美しいか、キリスト教の文明の高さに来ることができない。

ヘンリーC.ライト廃止論者は、何が再建期間の実際の課題になるであろうかを1857において述べた:

血の洗礼はスレーブホルダーと彼の扇動者を待つ。

そういうのならそうだろう。

罰は正しい。

スレーブホルダーは、彼らが奴隷にした人々のスレーブにならなければならないか?

歴史は「はい」と答える。

奴隷制度が血の中で降りるならば、征服されたものは征服者の保証人と女奴隷になるであろう;

教会と国家の実習教育がそうであるので、その勢力は、奴隷にする権利を作る。

アメリカスレーブホルダーに用心するように命令しなさい!

彼らの順番は来るかもしれず、来るであろうし、彼らが進んで、悔い改めて彼らのスレーブを自由にならせない限り、獣として買われて、売られるためとそれらの妻と娘を黒人のハーレムに引き渡させるために、来なければならない。

強制された人種混交のグロテスクな夢は別として、ライトのビジョンが本質的にカール・マルクスのそれと違わないことは注目されるべきである;

労働者が実のところ、ある日彼らのマスタと席を交換するであろう奴隷であったことはマルクス主義者アナーキズムの公理であった。

マルクス主義:

イルミニズム再生

カール・マルクスは、彼がユダヤ人の宗派を否認したけれども、ユダヤ教牧師の長いラインの下降したものであった。

彼の父と母の両方はユダヤ人であった。

彼の父(ハインリヒ(教化哲学者の従順な追従者であった裕福な弁護士))は洗礼を施されるか、彼の職業を放棄している選択に直面していた。

彼は前者を選んだ。

カール・マルクスは全く神秘主義的な権利を全然持っていなかった;

その時間のポピュラーで、主流の哲学であったヘーゲル哲学哲学の外観を含んで、彼は彼のイデオロギーを「弁証法的唯物論」と呼んだ。

ヘーゲル哲学自身が共謀のツールであるかのように、人はしばしば愛国的なアナウンサーが漠然として「ヘーゲル弁証法」を参照するのを聞く。

実のところ、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスはヘーゲル弁証法が、ヘーゲルによって支持されるので、そうではなく、共謀の機器であるはずがないことを繰り返し述べた。

新世界秩序の現実の犯人、ユダヤ人をなだめるように可能である時はいつでもドイツ人にダンピングする一般的な反射的な傾向の一部として、それが出現するので、私はそれを、ヘーゲルを解放するために重要であると考える。

イルミナティの説明

A Concise Description of the Illuminati

By David Icke


Taken from: http://www.davidicke.com/icke/articles/illuminati.shtml


The Illuminati, the clique which control the direction of the world, are genetic hybrids, the result of interbreeding between a reptilian extraterrestrial race and humanity many thousands of years ago. The centre of power is not even in this dimension, it is in the lower fourth dimension, the lower astral as many people call it, the traditional home for the "demons" of folklore and myth. These fourth-dimensional reptilian entities work through these hybrid bloodlines because they have a vibrational compatibility with each other. This is why the European royal and aristocratic families have interbred so obsessively, as do the so-called Eastern Establishment families of the United States, which produce the leaders of America. Every presidential election since and including George Washington in 1789 has been won by the candidate with the most European royal genes. Of the 42 presidents to Bill Clinton, 33 have been genetically related to two people, Alfred the Great, King of England, and Charlemagne, the most famous monarch of what we now call France. It is the same wherever you look in the positions of power... they are the same tribe!


As well as an obsession with interbreeding with each other to preserve their genetic structure, the Illuminati are also obsessed with symbolism and ritual. Interestingly, conventional science has documented that the reptilian part of the human brain (the R-complex as they call it) is the source of the following behavior traits: An obsession with ritual, cold blooded behavior, territorialism, "this belongs to me", and an obsession with top-down hierarchical structures. This sums up the Illuminati mentality perfectly, and it goes that if you have more of that R-complex, or that it is activated more than normal, you will manifest these traits far more profoundly.


But their ritual is not just for ceremonial purposes or gratuitous horror. The rituals are designed to rewire the energy fields and grids of the planet
and therefore to fundamentally affect human consciousness. The rituals these bloodlines performed in the ancient world are the same as they do now. See The Biggest Secret for the background. They have a detailed annual calendar of events on which they perform their sacrifice rituals in line with key lunar, solar, and planetary cycles to harness that energy for their sick agenda to take complete control of Planet Earth in the very near future.






虹デヴィッドIckeによるIlluminatiの簡潔な説明ネコ


以下から取りました。 http://www.davidicke.com/icke/articles/illuminati.shtml


Illuminati(世界の指示を制御する徒党)は遺伝的雑種(何千年も前に爬虫類のような地球外のレースと人類の間で雑交するという結果)です。 下側の第四次元では、人々がそれを呼ぶ星の同じくらい多くが、より低いということである、この寸法でさえパワーのセンターがなくて、伝統的は民俗学と神話の「悪霊」のために家へ帰ります。 彼らには互いとの振動的な互換性があるので、これらの4番目に次元の爬虫類のような実体はこれらのハイブリッド血統を終えます。 これはヨーロッパ人の王的、そして、貴族的な家族がそれほど取りつかれたようにinterbredした理由です、合衆国のいわゆるイースタンの特権階級の家族のように。(合衆国は、アメリカのリーダーを生産します)。 最もヨーロッパの王の遺伝子の候補は1789年のすべての大統領選と含んでいるジョージ・ワシントンを得ました。 ビル・クリントンへの42人の大統領では、33は2人の人、アルフレッド大王、イギリスの王、およびシャルルマーニュ大帝、私たちが現在フランスと呼ぶものに関する最も有名な君主と遺伝学的に関係がありました。 あなたがどこにパワーの位置の中を見ても、同じです… 彼らは同じ部族です!


また、それらの遺伝子の構造を保存するために互いと共に雑交することへの妄想と同様に、Illuminatiはシンボリズムと儀式に取りつかれます。 おもしろく、従来の科学は、人間の脳(彼らがそれを呼ぶようなR-複合体)の爬虫類のような部分が以下の振舞い特色の源であると記録しました: トップダウン階層構造への儀式への妄想、冷血の振舞い、「領土-主義」、「これは私のものです」、および妄想。 これはIlluminati精神状態を完全にまとめます、そして、それにはその一層のR-複合体があなたであるならあるか、それが十二分に正常な状態で動かされて、またはあなたがこれらの特色をはるかに深く表すのが行きます。


しかし、それらの儀式は儀式的な目的か無料の恐怖だけのためのものではありません。 儀式は、惑星のエネルギー分野と格子に返電して、したがって、基本的に人間の意識に影響するように設計されます。 これらの血統が古代世界で実行した儀式は現在するのと同じです。 バックグラウンドに関してBiggest Secretを見てください。 彼らには、それらがそれらの病気の議題が近いうちに地球の完全なコントロールを取るのにそのエネルギーを利用するために主要な月の、そして、太陽の、そして、惑星ののサイクルに合わせて自己の犠牲儀式を実行する出来事の詳細な年に一度のカレンダーがあります。







新世界秩序の解釈その2

Hitler's New European Order


Perhaps the biggest lie on the God, country, and gold coin circuit is

that the National Socialist German government was a progenitor of

today's New World Order.


Bolshevism was viewed with great alarm by Russia's neighbor, Germany,

which now found itself flanked on one side by the Soviet Union, and on

the other by Judeo-democratic France. In the economic ruin

deliberately foisted upon Germany at the end of the First World War,

Bolshevism was a serious menace. A Judeo-Communist regime even seized

power briefly in Bavaria shortly after the war.


The liberal Weimar constitution imposed on Germany after the war was

written by Hugo Preuss, a Jew. The dominant political party of the

Weimar period was the Social Democratic Party, founded by Ferdinand

Lasalle, also a Jew.


The economic devastation of Germany under the Weimar government was

extreme. The currency became worthless. Workers were paid with

wheelbarrows full of money -- twice a day, because the depreciation

was so rapid that your money would lose half its value by nightfall.

Eventually, billion-mark postage stamps were printed, and

trillion-mark bank notes, but all had the same ultimate value: zero.

German workers and soldiers saw their savings and their future turn

into nothingness. German children starved. Jewish businessmen, during

the same period, bought ancient German estates for pocket change in

foreign currency.


The Weimar regime was a sink-pit of degeneracy, corruption, and

ugliness. Nihilistic creeds of self-destruction were made popular by

the mostly Jewish-controlled magazines and newspapers. Drug use

skyrocketed. Homosexuality suddenly became "fashionable." Modern "art"

replaced the beautiful images of the pre-1918 period. Pornography of

the grossest and most indecent kind was popularized. Marxism was

preached from university lecterns and even many church pulpits. Sound

familiar?


This was what it meant to implement the New World Order in Germany.

What followed was a powerful reaction against the New World Order. But

it was not merely a reaction. Nor was it an impractical attempt to

reinstate the Old Order, although it did preserve much of what was

good in the Old Order.


The Old Order had been based on monarchy and Christianity. Even in the

anti-monarchical United States, Christian baptism was a widespread

qualification for holding public office until the middle of 19th

century. This reliance on religion alone as the official basis of

society had made the Old Order vulnerable. Belief in Christianity had

declined, especially among more educated Europeans. Some of the best

minds of our race were resentful of the Old Order. And the reliance on

Christianity meant any racial alien could become part of the nation

simply by undergoing the ritual of baptism. For many Jews, this ritual

was meaningless. It was simply submitted to as a means to achieve

power.


In opposition to the New World Order, Hitler erected his New Order of

Europe. It had some of the characteristics of the Old Order; for

example, it preserved the nation-state and traditional morality. It

also preserved many of Old Order's trappings, such as the customary

Roman salute. But it was different from the Old Order in that it was

primarily based, not on religion, but on race.


Misinformation about National Socialist Germany


A tremendous amount of malicious dishonesty has been directed against

the memory of Hitler's New European Order. For example, there has been

an effort to manipulate Christians with the lie that Adolf Hitler was

a scourge of Christianity. In fact, Adolf Hitler received a great deal

of support from Christian clergymen, Catholic and Lutheran. Among the

smaller sects, the Seventh Day Adventist and New Apostolic churches

were among the most ardent supporters of National Socialism, long

before the party actually came to power.


Another lie is that Hitler was a member of the Thule Society. Such a

society did exist, but Hitler regarded it as an embarrassment. You may

read his opinion of its freakish "occult" characters in the last

chapter of Book I of Mein Kampf.


It is also a lie that Hitler took away the guns from the German

people. The promoters of this falsehood usually make the insinuation

by means of a verbal shell-game, in which they distort the actual

disarming of non-citizen, non-German, Jewish deportees during the war

into a fictitious disarming of the German people -- an event which

never took place under National Socialism.


The National Socialists actually relaxed the gun laws in Germany. In

fact, private ownership of guns persisted in Germany until the New

World Order forces of the Allies rolled in and confiscated guns, and

converted Germany into a brainwashed province of the New World Order.


This myth of Hitler the gun-grabber has been promoted most

vociferously by an organization calling itself "Jews for the

Preservation of Firearms Ownership." It should be clear that Jews in

general are a very biased source of information about

Hitler.


Why Is Hitler Demonized?


Hitler is accused of many things he did not do, but there is one thing

he did do. He broke the Jews' grip on Germany and restored Germany to

the German people. This fact is reflected in his popularity; during

most of his administration, Adolf Hitler was favorably regarded by

more than 90% of the German people -- a popularity which no American

President has ever matched.


Because Hitler put the interests of his own people first, and freed

them from the New World Order, World Jewry declared war on Germany in

1933. They revived essentially the same propaganda they had used

against the Kaiser. With appropriate changes, the same kind of

propaganda is used to rouse us against whoever the current enemy of

the New World Order happens to be.


Heaven forbid that our people should ever have a strong leader who

cares for our survival as a people, as Hitler cared for

Germany. That would not suit the New World Order at all!


And that is why the obsession with the democratic republic as a form

of government is a grievous error in the American patriot movement.

When the New World Order was implemented in Germany, it included the

establishment of a republican constitution in place of the monarchy.

Our political tradition in the U.S. and our public school education

lead us automatically to regard this as progress. Really, we ought not

to be so smug.


Those who make "democracy" their political ideal are, whether they

realize it or not, helping the New World Order. Our main concern about

government should not be whether it is a "big government" or a

"democratic" government, but whether it is a government which serves

us -- or serves our enemies.


It is absurd to moralize against Adolf Hitler for setting up a strong

government to preserve his people from the New World Order. It is

absurd to criticize him for not acting like a typical American

conservative -- for not using approaches that have always failed.

Conservatives always compromise; they use half-measures and try to be

nice to everyone. It is to Hitler's credit that he saw clearly what

had to be done and did it, with very little compromise. Let us no

longer make virtues of irresolution and weakness; let us no longer

moralize against success.


The New World Order Is Here Now


All of those so called "patriots," with their flag-waving and their

knee-jerk tendency to link everything bad to Hitler -- including, most

ironically, the New World Order -- have built their house on

quicksand, for it is the United States of America since 1933 which has

been the enforcer of the New World Order, and it was Germany and her

allies in World War II which defended our civilization against it.


It is customary for "patriotic" commentators to wail endlessly about

the threat of the New World Order "taking over the United States." The

New World Order is not some future threat. It rules now.


The New World Order crowd has been at the levers of power in the

United States during most of this century. They experienced a

temporary setback in the 1920s, during the Harding and Coolidge

administrations, when popular sentiment recognized that the First

World War had been a grievous error. During the 1920s immigration was

drastically reduced, and a number of Jewish subversives were even

deported. But since the Great Depression swept Franklin Roosevelt and

his retinue of Jews and Communists into power, the New World Order has

had uninterrupted control of the United States Government.

The McCarthy era marked the last important attempt to regain control

of the United States government for the American people. McCarthyism

failed because the full depth and racial nature of the problem were

not recognized and faced in a forthright manner. Most of the patriotic

efforts since McCarthy have been far more timid, far less inclined to

call a spade a spade and, as a consequence, have failed utterly.


The Scare Word "Nazi"


For telling the truth about Germany, World War II, and the New World

Order, some of the coin salesmen will no doubt call me a "nazi." Let

me say this: There has never been a government on planet Earth that

could receive unqualified endorsement from me, or probably from any

reasonable man.


Learning from history is important, and it is interesting to study

various regimes from as objective an outlook as possible. This

becomes very difficult when a government, its leader, or its people

have become demonized and turned into a metaphor for

"evil."


Another heavily-demonized regime is the Old America, which I would

define roughly as pre-1965 America, or European-America. Hardly a day

goes by that the networks or the lie-papers don't torment us with a

documentary "proving" the evil "racism" and "oppression" that were

omnipresent in the Old America. However, anyone over 40 can remember

America was freer, safer, more cultured, more prosperous, and more

optimistic then than now. Exempt from demonization, of course, are New

World Order change agents like the Marxist profligate "Martin Luther"

King and the unspeakable Franklin Roosevelt, who were doing their best

to destroy the Old America and everything it stood for. They are not

demonized, but are regarded as heroes, if not saints!


The National Socialist regime in Germany between 1933 and 1945 has

been demonized even more than the Old America. It has become a

metaphor for "evil" used by almost all political factions in the

insane asylum that still goes by the name "America."


We have the loony left accusing militias of being dangerous "nazis,"

while some right-wing "patriot" groups accuse the Clintonistas and

their enforcers of being "nazis," "fascists," "stormtroopers," etc.

"Nazi" has become a word that one attaches to any form of government

power, or rebellion against government power, that one disapproves of.

For all practical purposes, the word has ceased to have any actual

meaning.


Like the word "witch" in the 16th century, the word "nazi" still has

the power to instill fear of ostracism or punishment, so cowards of

many political stripes do all sorts of mental and verbal gymnastics to

avoid the feared appellation.


The really interesting thing to note is that National Socialist

Germany is not demonized by the establishment for its possible

faults -- but rather for one of its virtues. After all, many regimes

of yesterday -- and today -- have far less personal freedom

than was allowed citizens there. They have far less press freedom, far

more regimentation, far higher taxation, far more government

regulation, far more hostility toward their own citizens, and all the

rest of it.


The real reason, and in fact the only reason, National Socialist

Germany is demonized is the same reason that pre-1965

America is demonized: Both favored the survival of the White
race.

This is a crime that the New World Order cannot forgive.

ヒトラーの新しいヨーロッパ秩序

たぶん、神、国、および金貨回路への最も大きな嘘は、国家社会主義者ドイツ語政府が今日の新世界秩序の祖先であったことである。

ボルシェビキ主義は、今や、自身がソビエト連邦による一面の上と他の上でJudeoが民主主義のフランスによって側面に配置されていることに気付いたロシアの隣人、ドイツによって大きな不安によって見られた。

第一次世界大戦の終わりにドイツに意図的に押し付けられた経済的な破滅において、ボルシェビキ主義は重大な脅迫であった。

Judeo共産主義者政権は戦争の少し後でババリアで簡単にパワーをつかみさえした。

戦争がヒューゴ・プロイス、ユダヤ人によって書かれた後に、寛大なワイマール構成はドイツをだました。

フェルディナンドLasalle、ユダヤ人もによって設立されて、ワイマール期間の支配的な政党は社会民主党であった。

ワイマール政府の下のドイツの経済の荒廃は過激であった。

通貨は無価値になった。

労働者はお金でいっぱいの手押し車によって支払われた--減価償却がとても急速であったので、あなたのお金は夕方のために半分のその価値を損するであろうということによる1日に倍。

結局、10億マーク郵便切手はプリントされて、1兆マークの紙幣であったけれども、すべては同じ究極の価値を持っていた:

0。

ドイツ労働者と兵士は彼らの貯金と彼らの未来の順番を死に鋸でひく。

ドイツ子供は飢えた。

ユダヤ人の実業家は、同じ期間の間に、外貨のポケット釣銭で古代のドイツ地所を買った。

ワイマール政権は退化、堕落、および醜さの流し台ピットであった。

自滅のニヒリスティックな教義はたいていユダヤ人でコントロールされた雑誌と新聞によってポピュラーにされた。

薬使用は急騰した。

同性愛は突然「ファッショナブルである」になった。

現代の「アート」はpre-1918期間の美しいイメージを取り替えた。

最も大まかで、最も無作法な種類のポルノは大衆化した。

マルクス主義は大学聖書台と多くの教会説教壇さえから説かれた。

熟知して聞こえる?

これは、ドイツで新世界秩序を実施するために、それが何を言おうとしていたかであった。

あとは新世界秩序に対して強力な反応であった。

しかし、それは単に反応ではなかった。

そしてまた、それは、それが、古い注文を得意としていたものの多くを保存したけれども古い注文を修復する非現実的な試みではなかった。

古い注文は君主政治とキリスト教に基づいた。

19世紀の半ばまで反君主制の米国、クリスチャンの洗礼にさえもっている官庁のための広範囲に及んだ資格があった。

社会の公式な基礎としての宗教だけのこの信頼は古い注文を無防備にした。

キリスト教における信念はより多くの教育されたヨーロッパ人の特に間で傾いていた。

私達のレースの最もよい精神のいくつかが古い注文に憤慨していた。

そして、キリスト教の信頼は、どのような人種のエイリアンでも、単に、洗礼の儀式を受けることによって国家の一部になるかもしれないのを意味していた。

多くのユダヤ人にとって、この儀式は無意味であった。

それは、パワーを達成する方法として単に服従した。

新世界秩序に反対して、ヒトラーは彼のヨーロッパの新オーダーを組み立てた。

それは古い注文の特徴のいくつかを持っていた;

例えば、それは民族国家と伝統的な道徳を保存した。

それはまた通例のローマのお辞儀などの古い注文の装飾の多くを保存した。

しかし、それが第一に宗教にではなくレースに基づくという点で、それは古い注文と違った。

国家社会主義者ドイツについての誤った情報

ものすごい量の悪意に満ちた不正直さはヒトラーの新しいヨーロッパ人Orderのメモリーに向けられている。

例えば、アドルフ・ヒトラーがであった嘘によってキリスト教徒を処理する努力があった キリスト教のむち 。

実のところ、アドルフ・ヒトラーはキリスト教牧師、カトリック教徒、およびルター派信者からたくさんのサポートを受け取った。

より小さなセクトの間に、パーティーが実際政権を握るずっと前に、キリスト再臨論者の、そして新しい使徒の教会は国家社会主義の最も熱心な支持者の間にあった。

別の嘘は、ヒトラーがツーレ協会のメンバーであったことである。

そのような社会は存在していたけれども、ヒトラーはそれを妨げとみなしていた。

あなたはMeinカンプの本Iの最後の章の中で彼のその異常な「オカルト」文字についての意見を読んでもよい。

ヒトラーがドイツ人々から銃を取り除いたことはまた嘘である。

この虚言のプロモーターは通常言葉のいかさまによってあてこすりをする(それにおいて、彼らはドイツ人々の架空の解除の中に戦争中に非市民、非ドイツ語、ユダヤ人の被追放者の実際の解除をゆがめる)--決して、国家社会主義の下で起こらなかったイベント。

国家社会主義者は、実際、ドイツで銃の法律をリラックスさせた。

実のところ、同盟国の新世界秩序力がロールインし、銃を没収し、ドイツを新世界秩序の意識改革した州に変換するまで、銃の私有はドイツで持続した。

ヒトラー、銃ひったくりのこの神話は自身を「火器所有権の保存のためのユダヤ人」と呼んでいる組織によってとても大声で促進されている。

一般のユダヤ人がヒトラーについてのまさしくその偏っている情報源であることはクリアであるべきである。

なぜヒトラーは悪魔化されるか?

ヒトラーは、彼がしなかった多くの事のために告発されるけれども、彼がした1つの事がある。

彼はドイツのユダヤ人の把握を壊し、ドイツ人々にドイツを回復した。

この事実は彼の人気において反映される;

彼の管理のほとんどの間に、アドルフ・ヒトラーは90%を超えるドイツ人々によって好意的に考慮に入れられていた--どのアメリカンプレジデントもこれまでにマッチしていたことがない人気。

ヒトラーが最初に彼自身の人々の興味を置き、彼らを新世界秩序から解放したので、世界ユダヤ民族は中でドイツに宣戦布告した。

1933年. 彼らは、彼らが皇帝に対して使ったのと同じ宣伝を本質的に復活させた。

適切な変化によって、同じ種類の宣伝は、新世界秩序の現在の敵が、偶然ある誰に対してでも私達を起こすために使われる。

天国は、私達の人々が、これまで、ヒトラーがドイツを好んだ時に、民族として私達の生存者を世話する強いリーダーを持つことを禁じる。

それは全く新世界秩序に適さないであろう!

そして、そんなわけで、政府の形態としての民主主義共和国についての妄想はアメリカの愛国者動きにおいて重大な誤りである。

新世界秩序がドイツで実施された時に、それは君主政治の代わりに共和政体の設立を含んだ。

米国の私達の政治的な伝統と私達の公立学校教育のために、私達は自動的に、これを進歩とみなす気になる。

本当は、私達はそんなに取りすましているべきでない。

「民主主義」をそれらの政治的理想にする人々は、彼らがそれを実現するかどうかにかかわらず、新世界秩序を助けている。

それが「大きな政府」または「民主的な」政府であるかどうかにかかわらずけれどもそれが、私達を提供する政府であるかどうかにかかわらず、政府についての私達の主な関心事はそうであるべきでない--または、私達の敵に奉仕する。

彼の人々を新世界秩序から保護するために強い政府の上で設定のためにアドルフ・ヒトラーに対して道徳的に考察することは不合理である。

典型的なアメリカ保守主義者のように作動しないことについて彼を批判することは不合理である--いつも失敗したアプローチを使わないため。

保守主義者はいつも妥協する;

彼らは中途半端なやり方を使い、みんなに親切にしようとする。

彼が、何が、される必要があったか、そしてほとんどない妥協案によってそれをしたかをはっきりとわかったのはの称賛に値する。

私達にもう優柔不断さと弱さの長所を作らないようにさせなさい;

私達に成功に対してもう道徳的に考察しないようにさせなさい。

新世界秩序は現在ここにある。

新世界秩序の執行者であった1933以来、それがアメリカ合衆国であり、それから私達の文明を防御した第二次世界大戦において、それがドイツと彼女の同盟者であったので、彼らの旗振りと悪いすべてを、ヒトラー--とても皮肉にも新世界秩序を含める--と結び付ける彼らの反射的な傾向によって「愛国者」とそう呼ばれたそれらのすべては流砂の上で彼らの家を建てた。

「愛国的な」注釈者が新世界秩序の脅威について「米国の上の取り」と無限に泣き叫ぶことは習慣である。

新世界秩序はある未来の脅威ではない。

それは現在支配する。

新世界秩序群衆は今世紀のほとんどの間に米国のパワーのレバーにいた。

国民感情が、第一次世界大戦が重大な誤りであったと認めていた時に、彼らはハーディングとクーリッジの管理の間に1920年代に一時的な挫折した。

1920間に、移住は大幅に減らされて、多くのユダヤ人の破壊活動分子は追放されさえした。

しかし、大恐慌がパワーの中にフランクリン・ルーズベルトと彼のユダヤ人と共産主義者の随員を掃除して以来、新世界秩序は米国政府の絶え間ないコントロールを持っていた。

マッカーシー時代は、アメリカ人のために米国政府のコントロールを取り戻す最後の重要な試みをマークした。

問題の完全な深さと人種の自然がまっすぐな方法で認められていて、直面していなかったので、マッカーシズムは失敗した。

マッカーシー以来の愛国的な成果のほとんどはもっとずっと臆病で、ずっと少なく、はっきり言う傾向があり、結果として、完全に故障した。

恐怖感Word「ナチ」

ドイツ、第二次世界大戦、および新世界秩序について真実に話すために、コインのセールスマンの何人かが確かに私を「ナチ主義信奉者」と呼ぶであろう。

私にこれを言わせなさい:

私からまたはたぶんすべての理性的な人から無条件の支持を得ることができた地球の上に一度も政府があったことがない。

歴史から学ぶことは重要で、可能な限りの目的の展望から様々な政権を勉強することは興味深い。

政府、そのリーダー、またはその人々が「悪い」のために悪魔化されて、隠喩に変った時に、これは非常に難しくなる。

別の重く悪魔化された政権は、私が乱暴にpre-1965アメリカまたはヨーロッパアメリカと定義するであろう古いアメリカである。

ほとんど、1日はネットワークにそれによって行かないか、嘘書類は、古いアメリカで遍在した悪い「人種差別」と「抑圧」を「証明している」ドキュメンタリーのために私達をいじめない。

しかし、40上の誰でも、アメリカがその時現在より自由で、より安全で、より文化的で、より繁栄していて、より楽観的であったことを思い出すことができる。

もちろん、古いアメリカとそれが表していたすべてを破壊するためにベストをつくしていたマルクス主義者の浪費した「マルティン・ルター」キングと極度の郷士ルーズベルトのような新世界秩序変革推進者は悪魔化を免除されている。

それらは悪魔化されないけれども、聖人でないにしてもヒーローとみなされている!

1933年と1945年の間のドイツの全国的な社会主義政権は古いアメリカよりいっそうもっと悪魔化されている。

それは、まだ、名前の「アメリカ」によって行く精神病院のほとんどすべての政治的な派閥によって使われた「悪い」のために隠喩になった。

私達は危険な「ナチ主義信奉者」であったことで民兵組織を告発している狂気の左を持っている一方、いくつかの右翼の「愛国者」グループは「ナチ主義信奉者」、「ファシスト」、「stormtroopers」などであったことでClintonistasと彼らの執行者を告発する。

「ナチ」は、人が、人が反対する政府パワーに対する政府パワーまたは謀反のどのようなフォームにでも付属させる言葉になった。

実際的には、言葉は、どのような実際の意味でも持つことを止めた。

16世紀の言葉「魔女」、言葉「ナチ主義信奉者」がまだ、陶片追放または処罰に対する恐怖を教え込むパワーを持っているように、そう、恐れられている名称を避けるために、多くの政治的な縞の臆病者はすべての種類の精神的で、言葉の体操をする。

注目する本当に興味深い物は、国家社会主義者ドイツがその可能な障害のために設立によって悪魔化されないことである--むしろけれどもその長所の1つのために。

結局、昨日--および今日--の多くの政権は、市民をそこに与えられたよりずっと個人的でない自由を持っている。

彼らはずっと少ない報道の自由、ずっとより多くの編成、ずっと高い課税、ずっと多くの政府規制、彼ら自身の市民へのずっとより多くの敵意、およびそれのすべてのその他を持っている。

現実の理由および実際、唯一の理由、全国社会党員ドイツが悪魔化されて、同じ理由そのpre-1965である

アメリカは悪魔化される:

両方は白色人種の生き残りに賛成していた。

これは、新世界秩序が許すことができない犯罪である。

新世界秩序の解釈その1

American Dissident Voices Online Radio

http://www.natvan.com/radio/radio.html


The History and Significance of the New World Order


by Scott Spencer


The author of this series, Scott Spencer, is a writer and researcher

who lives in Toronto, Canada.


Introduction


The concept and the reality of the New World Order are widely

misunderstood, even by most patriots; or perhaps I should

say, especially by most patriots. Some of this misunderstanding is

caused by the shortcomings of the patriots, but there is also

disinformation deliberately inserted by our enemies. We need an

accurate understanding of what -- and who -- we are

fighting to insure our victory.


The self-styled "patriots," the coin-sellers and quack-cure salesmen,

if given the reins of power in the United States tomorrow morning,

would either be shot dead trying to flee the country, or would be

dancing to an internationalist Jewish tune by nightfall. Most of them

want only to hawk their questionable wares. Even if they know what the

New World Order really is, they would rather have their bank

statements published than oppose it.


The Old World Order


The United States is, itself, a product of the fall of the Old World

Order. The Old World Order, as far as government is concerned, was

comprised of the Christian monarchies which ruled by "divine right"

after the fall of the Western Roman Empire in the sixth century. The

term "New World Order" pertained to an ideal world which was allegedly

to develop on the ashes of the Old Order after no powerful monarchs

ruled in Europe. The American Revolution was a relatively benign

manifestation of a revolutionary movement against that Old Order. This

movement bore its most bitter fruit in the 19th and 20th centuries.

This revolutionary movement, whatever its merits once were, has been

hijacked by the enemies of our race and nation.


The increase of chaos in 19th century Europe, brought about by the

undermining of monarchies, was offset by the growth of national

consciousness among the peoples of Europe.


The idea that the overthrow of a monarchy would always lead to

self-government of "the people" was transparently fraudulent. Powerful

Jews were often ideally positioned when the monarch fell. The Jews

were, then as now, a people unto themselves. They had their own

interests, and these interests were often antithetical to the

interests of the peoples among whom they lived.


Self-government of a people leads to nationalism and a sensitivity to

alien control of government. Consequently there was a healthy,

although grossly inadequate, reaction against Jewish power.

Nationalism is inherently hostile toward organized Jewry, and

organized Jewry is inherently hostile toward nationalism.


The French Revolution


An early milestone of the New World Order was the French Revolution.

The French monarchy, and the causes of its downfall, have been widely

and deliberately misrepresented. The truth about the French monarchy

was stated by the Scottish philosopher David Hume in 1742:


Though all kinds of government be improved in modern times, yet

monarchical government seems to have made the greatest advance to

perfection. It may now be affirmed of civilized monarchies, what

was formerly said of republics alone, that they are a government

of laws, not of men. They are susceptible of order, method, and

constancy, to a surprising degree. Property is there secure;

industry is encouraged; the arts flourish; and the prince lives

among his subjects like a father among his children.


Hume added that he saw more "sources of degeneracy" in representative

republics like that of England than in France, which he called "the

most perfect model of pure monarchy."


It is generally conceded that a conspiracy orchestrated the French

Revolution. The moderate members of the conspiracy, such as Lafayette,

were appalled at the outcome of the process they had helped to start.

Lafayette and many others had merely wanted to establish a

constitutional monarchy, but as in all revolutions, the moderates did

not determine the outcome.


But in spite of any conspiracy, Louis XVI could not have been

overthrown unless he allowed himself to be overthrown.


This may seem a peculiar thing to say, that Louis XVI allowed himself

to be overthrown, allowed his kingdom to be ruined, and subjected

himself and many others to the whim of filthy degenerates, but Louis

XVI was a liberal, much like the liberals we encounter today. He was

an enemy to his friends and a friend to his enemies. The entire French

Revolution could have been stifled on several occasions if only the

King had allowed his bodyguards and his troops to deal with the gangs

of hired ruffians in the manner they so richly deserved. But no, Louis

was a "humanitarian." In the Siege of the Tuileries the King's

own Swiss guards were brutally murdered simply because he had

forbidden them to raise their weapons, even in self-defense, against

those hired thugs whom the King naively regarded as "the people."


Louis was not a congenitally stupid man, but from childhood his head

had been filled with wrong ideas, the same kind of wrong ideas which

public schools and the mass-media impress upon us and our children

today.


The fate of Louis XVI should be a cautionary tale about the deadliness

of wrong ideas. Some wrong ideas, the "brotherhood of man," for

example, are highly infectious because they appeal to wishful

thinking; it is soothing and pleasant to think that violence,

conflict, and death are mere vestiges of an unenlightened past, and

that all unpleasantness can be avoided simply by being nice to

everyone. This mode of thinking is a deadly form of self-indulgence.


Louis XVI had far more armed forces than were needed to crush the

Revolution, but he chose not to crush it. Over one million Frenchmen,

many of whom were the best in the nation, were murdered -- as a

consequence of his "humanitarianism."


The Bolshevik Revolution


Czarist Russia was naturally a prime target of Jewish malice and

defamation, since it was the last absolute monarchy in Europe. In

addition, the government of the Czar (Czar is the Russian equivalent

of Kaiser or Caesar), more than any other government, had taken steps

to protect its people from Jewish exploitation. The Japanese victory

over Czarist Russia in 1905 was the first great blow to the confidence

of the White world; it was brought about with the financial assistance

of Jewish bankers. Czarist Russia's defeat in 1905 was part of a long

pattern of events, including numerous assassinations, attempted

assassinations, and bombings. In the end there was the bloody ritual

murder of Czar Nicholas II and most of his family.


It should be noted, however, that the Czar, like Louis XVI,

essentially permitted his own rule to be replaced. At first, it was

replaced by a republic. The republic was weak and dissolute and ended

up paving the way for a reign of terror. As in France, the better

racial elements were murdered.


The preponderance of Jewish influence in the Bolshevik Revolution is

thoroughly documented. Additionally, Zionism played a part. Zionism

is, and was, an integral aspect of the largely Jewish New World Order.

Rabbi Moses Hess, one of the primary instigators of Zionism, was a

mentor of Karl Marx.


The Destruction of Britain


Zionism contributed to the destruction of Britain as a world power.

Zionism helped to dismantle the White-dominated world of our

grandfathers, ushering in the Jews' New World Order of multiracialism,

the absolute rule of money, and cultural chaos.


In 1914 the greatest power in the White world was the British Empire.

After the First World War the alleged "victor," Great Britain, was a

second-rate power. After the Second World War, which Britain also

supposedly "won," she was a third-rate power and quickly stripped of

almost all her possessions. How was this great empire destroyed?


As a consequence of the First World War, the international Jewish

bankers raked in a huge debt. Britain in particular was ruinously

indebted. Britain's plight would not have been so grievous had the

Jewish bankers not succeeded in prolonging the war by involving the

United States. Even Winston Churchill later stated that it would have

been better if the United States had stayed out of World War I.


However, it was the moral weakness of Britain's leaders which allowed

Britain to suffer usury and to participate in that fratricidal war.

One can blame the people of Britain for having elected such leaders,

and it is the British people who have suffered because of it, but it

is an inherent feature of every democratic republic that the people

can only vote on the basis of information the controlled media give

them. It is only in retrospect that a voter can know whether he has

made a mistake. Britain has gone to its ruin quietly and obediently,

lacking a national leadership with the will to preserve the nation.


The First World War


The American people have likewise been saddled with treacherous

leadership. Neither of the World Wars, and perhaps no foreign war in

this century, has served the interests of the American people.


Jewish bankers, many of whom were influential Zionists, extorted the

Balfour Declaration from Britain. Organized Jewry promised Britain to

bring the United States into the war against Germany if, after the

war, they would be given Palestine. How were the Jews able to bring

the United States into the war? Firstly, even at that time, they owned

many newspapers in the United States which they used for pro-war

propaganda. And secondly, through Woodrow Wilson. Wilson was a

weak-willed and self-indulgent man. He was the first U.S. president to

be surrounded by Jewish "advisors" and to be thoroughly beholden to

Jewish interests.


The German Kaiser, William II, had been a great friend of the Jews and

had many Jews in his government. Jewish gratitude manifested itself

just as it always has historically -- as a stab in the back. Germany

was deserted by World Jewry the moment Britain offered the Jews a

sweeter deal: the Balfour Declaration.


The "war to make the world safe for democracy," as it was called, was

the first war explicitly propagandized as a struggle for a New World

Order. In November 1918, on the eve of the German surrender, the

"League to Enforce Peace" published a pamphlet entitled The

Foundations of a New World Order. The nominal president of the League

was former U.S. President William Howard Taft. Evidence suggests the

"League to Enforce Peace" was largely a Jewish creation. And its

Orwellian-sounding title carries the mark of one of their operations.


The New World Order and Egalitarianism


World War I was the first of the many wars in which young White men

were required to shed their blood and end their lives, not to defend

their borders from invaders, not to gain an increase in the territory

controlled by their people, and not even to enrich their national

treasury, but for abstract and allegedly "moral" purposes crafted to

increase the suckers' enthusiasm for slaughter. Thus, we had the war

"to end war" or the war "to make the world safe for democracy." In

recent times we have had a war to "restore democracy" in Kuwait and

U.S. intervention to "restore democracy" to Haiti. The pattern was set

in 1917.


The Pyrrhic victors of the First World War could not disregard the

egalitarian New World Order propaganda which they had spouted. Lothrop

Stoddard, a widely read political and social commentator in the

post-war period, wrote in The Rising Tide of Color in 1920:


During the war years the allied statesmen had officially

proclaimed times without number that the war was being fought to

establish a new world order based on such principles as the

rights of small nations, and the liberty of all peoples. These

pronouncements had been treasured and memorized throughout the

East. When, therefore, the East saw a peace settlement based,

not upon those high professions, but upon the imperialistic

secret treaties, it was fired with a moral indignation and sense

of outraged justice never known before.


The European powers, while they displayed an unlimited capacity for

treachery toward defeated Germany, whose people were certainly not

granted self-determination, did abide by their foolish feel-good

propaganda of a "New World Order" when it came to the non-White world.

Unrest by non-Whites in British and French colonies was met with

concessions, and the European empires were gradually dissolved.


It is ironic that Britain was a leading promoter of the League of

Nations and the New World Order; it perhaps lost more than

any other nation because of it. It seems less ironic if one considers

that British foreign policy was under the control of Jewish

bankers, who did not give a hoot about Britain's destiny. Once the

Britons had developed and pacified the dark continent

sufficiently for safe operation of Jewish-owned gold, copper, and

diamond mines, they were disposable. Beyond this

trail-blazing function, all those White colonists were just in the

way. And the destruction of White political power in Africa

was an explicit part of the New World Order agenda.


A collection of essays entitled "The New World Order" was published by

Oxford University Press in 1932. In the essay entitled Race Problems

in Industry and Culture, F. S. Marvin states:


Until South Africa can not only contemplate, but insist on

having, a Bantu as one of its delegation to Geneva, it has not

recognized the principle.


Marvin also advocated the admission of the non-White hordes into White

homelands. He wrote:


But there does exist a teeming population in Japan, pressing for

outlets, and hundreds of millions of Chinese . . . . India, too,

constantly increases her needy but industrious and

naturally skillful peasantry. Meanwhile the white man in

Australia, South Africa, and on the Pacific Coast [of the United

States] is maintaining in his own supposed interest the strictest

exclusion that he can arrange against the settlement of these

people in lands which he controls, and they could happily and

profitably inhabit. It is a policy untenable in the long run,

condemned alike by considerations of industry, biology, and

humanity. Let us be thankful that a League of Nations stands in

the breach, not yet to take active steps, for other more urgent

tasks are at hand, but to keep steadily before the

eyes of all parties the hopes and duties of cooperating mankind.


F.S. Marvin was a professor of history and a member of the Royal

Historical Society. It is absolutely terrifying that there have been,

and are, men who hold positions of respect who speak such idiocy.

Similarly, in more recent times, the Queen of England, in her

Christmas address of 1994, praised the recent introduction of

"democracy" to South Africa. F.S. Marvin's prescription was a

toned-down version of the tirades of lunatic abolitionists one hundred

years earlier. They said the same things because they suffered from

the same syndrome: sadomasochistic race-treason clothed in the

sanctimonious pretension of Judaic otherworldliness.


The conspiracy theorists who make so much noise about Cecil Rhodes and

say the New World Order is a British conspiracy are trafficking

information that is not only incomplete and misleading, but grossly

out of date. One of these groups is the Lyndon Larouche organization

whose leading figures appear to be mostly Jews. Similarly, it is a lie

that the New World Order -- even Communism -- is a "Russian"

phenomena. The biggest lie, however, is that the New World Order is

some sort of German or "Nazi" plot. It is primarily Jewish in origin.

"Patriots" who tell you otherwise are ill-informed or liars.




アメリカ人反対者はオンラインラジオを表明する。

http://www.natvan.com/radio/radio.html


新世界秩序の歴史と意義

スコット・スペンサーによって

このシリーズの作者、スコット・スペンサーは、トロント、カナダに住んでいる作家と研究者である。

入門

新世界秩序の概念と現実はほとんどの愛国者によってさえ広く誤解される;

または、たぶん、私は特にほとんどの愛国者によって言うべきである。

この誤解のいくらかが愛国者の欠点によって起こされるけれども、私達の敵によって意図的に挿入された意図的誤報がまたある。

私達は、私達が、私達の勝利を保証するために戦っているもの--および誰--についての正確な理解が必要である。

自称の「愛国者」、コイン売り手、およびいかさま療法のセールスマンは、明朝米国で権力を与えられるならば、国から逃げようとして、射殺されるであろうか、国際主義者に夕方までのユダヤ人曲を演じているであろう。

それらのほとんどは、それらの問題の商品を行商したいと思っているだけである。

彼らが、新世界秩序が本当に何であるかを知っていても、彼らはそれに反対するより彼らの銀行ステートメントを出版させたい。

旧世界秩序

米国は自身旧世界秩序の落下の製品である。

旧世界秩序は、政府に関する限り、6世紀に西ローマ帝国の陥落の後に「神授権」によって支配したキリスト教君主国から成っていた。

用語「新世界秩序」は、申し立てによると、どの強力な君主もヨーロッパで支配しなかった後に古い注文の灰の上で発展することになっていた理想的な世界に付随していた。

アメリカ革命はその古い注文に対して革命運動の相対的に温和な明示であった。

この動きは19世紀と20世紀にその最も苦い果実を支えた。

この革命運動、その長所がかつて何であったかは私達のレースと国家の敵によってハイジャックされている。

君主国の徐々に蝕みによって引き起こされた19世紀ヨーロッパのカオスの増加はヨーロッパの民族の間で国民の意識の成長によって相殺された。

君主国の打倒がいつも「人々」の自治に導くであろうアイデアは透明に不正であった。

君主が倒れた時に、強力なユダヤ人はしばしば理想的に置かれた。

ユダヤ人は、そして現在のため、自身に民族であった。

彼らは彼ら自身の興味を持っていて、これらの興味は、彼らが住んでいた民族の興味にしばしば対照的であった。

民族の自治はナショナリズムと政府の異なったコントロールへの敏感さをもたらしている。

その結果、ひどく不十分であるけれども、健康があった ユダヤ人のパワーに対する反応 。

ナショナリズムは組織されたユダヤ民族に本来敵対的で、組織されたユダヤ民族はナショナリズムに本来敵対的である。

フランス革命

新世界秩序の早いマイルストーンはフランス革命であった。

その転落のフランス君主政治と原因は広く、意図的に説明を誤っている。

フランス君主政治についての真実は1742におけるスコットランド哲学者デイヴィド・ヒュームによって述べられた:

まだ、君主制の政府は、 すべての種類の政府向上させ現代 最も大きい進歩を完全にしたようであるけれども、。

それは現在文明化した君主国について断言されるかもしれず、以前であったものは、彼らが人のではなく法律の政府であると共和国に関して一人で言った。

彼らは注文、方法、および恒久性が驚く程に可能である。

特性はそこで安全である;

産業は促進される;

アートは茂る;

そして、王子は彼の子供の間に父のような彼の主題の間に住んでいる。

ヒュームは、彼が、イギリスのそれのような代表する共和国の中の、フランスでより多くの(彼はそれを「純粋な君主政治の最も完全なモデル」と呼んだ)「退化の関係筋」に会ったと付け加えた。

共謀がフランス革命を統合したことは一般に認められる。

ラフィエットなどの共謀の適度なメンバーは、彼らが、始めることを手伝ったプロセスの結果にぞっとした。

ラフィエットと多くの他は、単に、立憲君主政体を設立したかったけれども、すべての革命の中のように、穏健派は結果を決定しなかった。

しかし、どのような共謀にもかかわらずも、彼が自身に、倒されることを許さない限り、ルイ16世は倒されたはずがない。

これは、倒されるために、そのルイ16世が自身で許し、彼の王国に、破滅することを許し、自身と多くの他を不潔な堕落者の出来心に服従させたと言う奇妙な物のようであるかもしれないけれども、ルイ16世は、私達が今日出会う自由主義者のような自由主義者であった。

彼は彼の友人への敵と彼の敵への友人であった。

キングだけが、彼のボディガードと彼の軍に、彼らがそんなに十分に値していた方法で雇われた悪漢の群れとやりとりすることを許したならば、フランス革命全体が何度か消されたかもしれない。

しかし、いいえ、ルイスは「人道主義」であった。

チュイルリーの包囲攻撃において、単に、彼が、キングが単純に「人々」とみなしていたそれらの雇われた暴漢に対してそれらが自衛においてさえそれらの武器を持ち上げることを禁じたので、キング自身のスイスガードは残酷に殺された。

ルイスは先天的に愚かな人ではなかったけれども、幼年期から、彼の頭は、間違ったアイデア(どの公立学校とマスメディアが今日私達と私達の子供に印象を与えるかの同じ種類の間違ったアイデア)で満たされた。

ルイ16世の運命は間違ったアイデアの致命性についての訓話であるべきである。

例えば、それらが希望的観測にアピールするので、いくつかの間違ったアイデア(「人の兄弟関係」)は非常に伝染性である;

それは気持ちが良く、暴力、衝突、および死が真相を知らない過去の単なる痕跡であり、すべての不愉快さが単にみんなに親切にすることによって避けられることができると思うために楽しい。

この考えるモードはわがままの必殺のフォームである。

ルイ16世は、革命を鎮圧することが必要であったよりずっと多くの軍隊を持っていたけれども、彼は、それを破砕しないことに決めた。

多くが国家の中で最もよかった100万人を超えるフランス人が殺された--彼の「人道主義」の結果として。

ボルシェヴィキ革命

それがヨーロッパで最後の専制君主制であったので、帝政ロシアは自然にユダヤ人悪意と中傷の主要ターゲットであった。

さらに、皇帝(旧ロシア皇帝はカイザーまたはシーザーのロシア当量である)の政府はどのような他の政府よりももっと、ユダヤ人利用からその人々を保護するために対策を講じた。

1905年の帝政ロシアに対する日本の勝利はホワイト世界の信用への最初の大きな送風であった;

それはユダヤ人の銀行家の財政援助によって引き起こされた。

たくさんの暗殺、暗殺未遂、および爆撃を含めて、1905年の帝政ロシアの敗北はイベントの長いパターンの一部であった。

最後に、旧ロシア皇帝ニコラスIIと彼の家族のほとんどの血まみれの儀礼的殺害があった。

皇帝が、ルイ16世のように、本質的に、彼自身の規則が取り替えられることを許したことはしかし有名であるべきである。

最初は、それは共和国によって取り替えられた。

共和国は弱く、放縦で、恐怖時代を可能にするのを最終的にした。

フランスののように、よりよい人種の要素は殺された。

ボルシェヴィキ革命の中のユダヤ人影響の優勢は完全に文書化される。

さらに、シオニズムは役割を果たした。

シオニズムは主としてユダヤ人新世界秩序の必須の面であり、あった。

モーゼス・ヘスユダヤ教牧師(シオニズムの主要なアジテーターの1人)はカール・マルクスの師であった。

英国の破壊

シオニズムは大国として英国の破壊に寄与していた。

シオニズムは、ユダヤ人の多民族共存、お金の絶対の規則、および文化的なカオスの新世界秩序を案内して、私達の祖父をホワイトで支配された世界から取り除くことに役立っていた。

1914年に、ホワイト世界で最も大きなパワーは大英帝国であった。

第一次世界大戦の後で、疑わしい「勝利者」、英国は二流の能力であった。

第二次世界大戦(英国はそれをまたたぶん「勝ち取った」)後に、彼女は三流の能力であり、迅速に、ほとんどすべてを彼女の所有物からはいだ。

どうこの大きな帝国は破壊されたか?

第一次世界大戦の結果として、国際的なユダヤ人の銀行家は莫大な借金においてかき集めた。

特に英国は破滅的に恩を受けていた。

ユダヤ人の銀行家が、米国に関係することによって戦争を延長することに成功しなかったならば、英国の状態はそんなに悲惨でなかったであろう。

ウィンストン・チャーチルさえ後で、米国が第一次世界大戦に関わらなかったならば、それがよりよかったであろうということを述べた。

しかし、それは、英国が高利貸しを被り、その兄弟殺しの戦争に参加することを可能にした英国の主動部の道徳的な弱さであった。

人はそのようなリーダーを選んだことで英国の人々を非難することができて、それのため苦しんだのは英国の人々であるけれども、人々が、制御媒体が彼らに与える情報に基づいて可決することができるだけののはすべての民主主義共和国の固有の機能である。

有権者が、彼が誤りを犯したかどうかを知ることができるのは追想でだけである。

英国は、国家を保存する意志によって全国的なリーダーシップを欠いてその荒廃に静かで、従順に行った。

第一次世界大戦

アメリカ人は同様に裏切った指導者をまかせられている。

世界大戦とたぶん今世紀の無対外戦争のどちらもアメリカ人の興味を提供しなかった。

多くが有力なシオニストであったユダヤ人の銀行家はバルフォア宣言を英国からゆすり取った。

戦争の後で、それらがパレスチナを与えられるならば、組織されたユダヤ民族は英国に、米国をドイツに対する戦争に至らせると約束した。

どうユダヤ人は、米国を戦争に至らせることができたか?

第一に、その時にさえ、彼らは、彼らがプロ戦争宣伝のために使った米国の多くの新聞を所有していた。

次でそしてウッドロー・ウィルソンを通して。

ウィルソンは意志薄弱で、わがままな人であった。

彼は、ユダヤ人「アドバイザー」によって取り囲まれて、ユダヤ人興味に完全に恩を受けている最初の米国の大統領であった。

ドイツ皇帝、ウィリアム2世はユダヤ人の親友であり、彼の政府の中に多くのユダヤ人を持っていた。

ちょうど、それがいつも歴史的にしたように、ユダヤ人感謝は現れた--中傷として。

ドイツは、英国がより甘い取り引きをユダヤ人に提供した瞬間に世界ユダヤ民族によって捨てられた:

バルフォア宣言。

「世界を民主主義に安全にする戦争」は、それが呼ばれたので、新世界秩序への苦闘として明示的に宣伝された最初の戦争であった。

1918年11月に、ドイツの引き渡しの前日に、「平和を強制するために同盟しなさい」は新世界秩序の財団という表題を付けられたパンフレットを出した。

リーグの名目の社長は前の米国の大統領ウィリアム・ハワード・タフトであった。

証拠は、「平和を強制するために同盟しなさい」が主としてユダヤ人作成であったのを示唆する。

そして、そのオーウェル的な観測のタイトルはそれらの操作の1回の目標を伝える。

新世界秩序と平等主義

第一次世界大戦は、若者の中で、白人が、彼らの血を流し、彼らの国庫を豊かにするためにさえ彼らの人々と戦争によってコントロールされた領域の増加を得るためではなく侵略者から彼らの境界を防御しないように彼らの人生を終えることを要求されたけれども屠殺への乳児の熱狂を増大させるために精密につくられた抽象的で、申し立てによると「道徳的である」目的に賛成であった多くの戦争の一番目であった。

従って、私達は、戦争「戦争を終える」または戦争「世界を民主主義に安全にする」を持っていた。

最近の時に、私達は、ハイチに「民主主義を回復する」ためにクウェートと米国の介入について「民主主義を回復させる」ために戦争を持っていた。

型は1917年にセットされた。

第一次世界大戦の二短音歩勝利者は、彼らが噴き出した平等主義者新世界秩序宣伝を無視することができなかった。

ロスロップ・ストダード(戦後の広く読まれた政治的で、社会的な注釈者)は1920年に色の上げ潮を書き込んだ:

戦争の間に、同盟した政治家は、戦争が、小国の権利とすべての民族の自由のような原則に基づいた新しい世界秩序を設立するためにされていたと公式にいくども宣言した。

これらの宣言は東部中で秘蔵されて、記憶されていた。

いつ、従って、東はそれらの高い職業の上でなく和平調停が基づくのを見たけれども、帝国主義的な秘密の条約の上で、それは前に決して知られていない憤慨した公正の義憤と感覚によって点火された。

ヨーロッパ列強は、破られたドイツ(その人々は確かに自決を与えられなかった)に、それらが裏切りのための無限の能力を表示した一方、白くない世界となると彼らの「新世界秩序」の愚かな満足感を与える宣伝に従った。

英国とフランスの植民地の非白人による不安は譲歩に合い、ヨーロッパ帝国は徐々に溶解した。

英国が国際連盟と新世界秩序の主要なプロモーターであったことは皮肉である;

それはたぶんそれのためどのような他の国家よりも多くを失った。

人が、英国の外交方針が、英国の運命について警笛を与えなかったユダヤ人の銀行家のコントロール下にあったと考えるならば、それはより皮肉でないようである。

ブリトン人がユダヤ人で所有された金、銅、およびダイヤの鉱山の安全な操作のために十分に暗い大陸を開発し、制圧したら、彼らは使い捨てであった。

この跡燃え立ち機能を越えて、すべてのそれらのホワイト入植者はまさに方法の中にいた。

そして、アフリカのホワイト政治権力の破壊は新世界秩序課題の明示的な一部であった。

「新世界秩序」という表題を付けられたエッセイのコレクションは1932年にオックスフォード大学出版部によって出版された。

産業と文化の中で人種問題という表題を付けられたエッセイの中で、F. S.マービンは述べる:

南アフリカが熟考するのでなく持ち(ジュネーブへのその派遣の1回としてのバンツー語)を強く主張することができるだけであるまで、それは原則を認識していなかった。

マービンはまたホワイト母国の中に白くない大群の入場を主張した。

彼は書いた:

しかし、アウトレットと数億人の中国人を迫ってあふれかえるほど多い人口が日本で存在している。

. . .

インドも、常に、彼女の貧しいけれども勤勉で、自然に熟練した小作農を増大させる。

その間、オーストラリア、南アフリカの、そして[米国の]太平洋の沿岸での白人は、彼が、彼がコントロールし、彼らが幸福で、有利に住むことができた領土のこれらの人々の解決に対して手配することができる最も厳密な除外を彼自身のそうと思われた興味において維持している。

産業、生物学、および人間性の考慮によって同様に非難されて、それは長い目で見れば支えられない方針である。

私達に、まだ、他のより至急の仕事が手近にであるのでアクティブな処置を取らないようにけれども着実にすべてのパーティーの目の前に協力人類の希望と義務を保持するために、国際連盟が違反において立っていることをありがたく思っていさせなさい。

F.S. マービンは歴史の教授と英国史学会のメンバーであった。

あり、あることは完全に恐ろしい、そのような白痴を話す敬意のポジションを保持する人。

同様に、より最近の時に、イギリス女王は、彼女の1994年のクリスマスアドレスの中で、南アフリカに「民主主義」の最近の導入を賞賛した。

F.S. マービンの規定は100年前の精神異常の廃止論者の長談義の和らげられたバージョンであった。

彼らが同じ症候群に苦しんだので、彼らは同じ事を言った:

ユダヤ人非現実性の聖人ぶる要求によって包まれたサドマゾヒズムレース反逆罪。

セシル・ローズについてそんなに多くの音を立てて、新世界秩序が英国の共謀であると言う共謀理論家は、不完全で、紛らわしいだけであるのでなくひどく時代遅れの情報で売買されている。

これらのグループの1つは、大物が、たいていユダヤ人であるようなリンドンLarouche組織である。

同様に、新世界秩序--共産主義--さえ「ロシア人」現象であることは嘘である。

しかし、最も大きな嘘は、新世界秩序がある種のドイツのまたは「ナチ」プロットであることである。

それは第一の起源におけるユダヤ人である。

違った形であなたに話す「パトリオット」は情報不足であるか、うそつきである。

論理が矛盾してますよブルジュワのおっさん。

アジアの真実


? 「ビジネスに悪影響だから中国の言うとおりに首相は靖国参拝を止めるべき」何と身勝手な考え方でしょうか。経済界からの同様の発言は、過去に日本経団連の奥田氏やユニクロ社長からも飛び出していますが(過去記事参照→・ユニクロ社長が「政治が経済の足を引っ張っている」と発言
)、「金儲けをしたいから国を売り渡すべき」と発言していることに等しいです。


 確かに日中関係が悪くなれば経済にも少なからず影響を及ぼすでしょう。しかし経済の為だけに政治上で全て中国の言いなりに譲歩をしていては、未来のこの国の姿はどうなっているでしょうか。それを見越した上で、経済の問題のみならず大局を把握し、未来のこの国の形を考えながら行うのが政治なのです。経済という一方的立場のみから政治に注文をつけるなど愚の頂点だとしか言いようがありません。だいたい、靖国問題が日中関係の全てを悪くしていると考えているところから間違っています。靖国問題は中国にとってすれば、日本の譲歩を引き出す為の単なる外交カードの一つに過ぎず、靖国参拝をしないだけで日中関係の全てが円滑になるわけがないのです。靖国の次は歴史教科書、東シナ海油田問題、尖閣諸島・・・問題が持ち上がる度に経済界の方々は「これにも譲歩を!」と叫ぶつもりなのでしょうか。


 


 日中関係が悪くなり、経済関係が悪くなることで困るのは日本だけではありません。むしろ困るのは中国側です。それは、3月の中国の温家宝首相が全国人民代表大会(全人代)閉幕後の発言で、中国自らが暗にメッセージを送っている
ことからも明らかです。この中で温家宝首相は小泉首相の靖国参拝を批判する一方で、”民間の経済交流は積極的に行って行きたい”と発言しています。中国が全人代で掲げた第十一次経済五ヵ年計画を実現するには、日本を含めた外資の導入は不可欠である為、中国は体裁上は反日を続けながらも、日本との経済交流は続けていかなければいけないという矛盾を抱えています。この状況を見極めた上で日本がすべきことは、中国に不要な譲歩を続けることではなく、むしろそういう外交態度を取り続ければ最終的に困るのは誰なのかということを中国に理解させ、逆に反日政策を続ける中国の態度を改めさせるような強い態度で外交に臨むことです。これこそが外交戦略というものです。




 このような大局の見えない経済界の身勝手な発言に対し、小泉首相がすぐさま明確に反論を行ったことは大いに評価したいと思います。


 私は、小泉首相は今年は8月15日に参拝するものと予想しています。既に中韓の靖国カードは無効化しつつあります。今年8月15日に首相が参拝することで、それは決定的になることでしょう。




?


蛇足ブタ


中国のように共産独裁なら、資本家は敵で、以前なら縛り首か銃殺モノですがね・・。好き好んで首を出すのかね??一番先に逃げそうな連中ですけど・。共産国でひと儲けしようと考えているのやら・。何れは国営か共産党のモノになりますぜ・・。北城の旦那・。

マイクロチップ・ヒューマン・ズー










クライシス・オブ・

アメリカ

監督/ジョナサン・デミ  

出演/ デンゼル・ワシントン, メリル・ストリープ リーヴ・シュレイバー






『洗脳』しかも催眠術や精神的なものではなく、本気の科学的な洗脳。文字通り脳を支配し誘導や命令が出来るチップを埋め込まれる。 げげっ・・・恐い。頭蓋骨をドリルで、ウイ~~~~ン、って。 でも背中の方は噛み付いたくらいでチップが取れるって、ちょっとねえ。ピップエレキバンじゃあるまいしね

出来ればもう少し展開をスピーディーにして欲しかったかなぁ。おもしろい映画で十分にスリリングなのですが、途中何故かダルい。何度も小さくドンデン返しが繰り返されますが、小技を頻繁に出されるよりはおもいっきり「K・O!」されたいわたしです。


クライシス・オブ・アメリカ


この映画のストーリー自体は現実的にも行われている可能性がある通信機の体内への埋め込みやMC(マインドコントロール)等によって殺人を行わせ、その記憶すらも消してしまうというある巨大な組織の陰謀を描いたもので、特にストーリーが優れているといった感想はもてなかったものの、扱っている根底のテーマが重く大変に印象に残る映画です。


医学的にトラウマや精神ストレスの緩和等の効果も絶大なものだと言う事が言えると思う一方で、悪の方向で使用されたとしたら、想像しただけでもそら恐ろしい多くの現実が見えてきますね。


1962年に人気歌手フランク・シナトラが主演したジョン・フランケンハイマー監督作品




 「影なき狙撃者」 という隠れた傑作のリメイクだということです。朝鮮戦争下、ある男が洗脳され、暗殺者に仕立て上げられるというストーリーです。


  映画公開の翌年11月、ダラスで ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件 が起こり、犯人とされたオズワルドが、朝鮮戦争に従軍し、北朝鮮での捕虜経験があったことから、この映画との類似性が取りざたされました。このウワサに心を痛めたシナトラは映画の権利を取得し、20年以上に渡って劇場公開を封印していた、といういわくつきの作品 !!!です。











蛇足


マイクロチップでマインドコントロールや精神的苦痛を味わいさせる手法。NWO
の世界を現しているのか・。


爺になっても、腐った心は治らん・。

株式日記と経済展望から


彼等にとって、日本も「敵」という事になる。そして戦後処理が終わったにも関わらず「歴史カード」を振りかざして、日本を叩く勢力を肥大化させていく。彼等にとっては「日本政府批判」は=「日本批判」であり、それは必然的に日本人全体を締め上げます。今度は中国や韓国の奴隷として、日本を売り飛ばす側に回る・・・、それが彼等の大前提なのです。



 
こうして、左右両派が、アメリカと中露の利益を代弁して「日本潰し」を競う。彼等は日本を潰すための車の両輪であり、裏の同盟者なのです。そして今までの日本における「政治勢力」は、そのどちらかだった・・・。それはつまり、日本において「政治的要求の正当な根源」は、日本人ではなく外国の利益だったから・・・。日本人自身の利益に根源を置いても、それは「利己主義」と見なされた。その意味で日本人は、本当の「主権者」としての地位を奪われていたのです。


親米ポチ保守派は何でもアメリカは正しく日本が悪いと言い、左翼はアメリカは何でも悪いというが、歴史カードで中国に迎合して日本を叩く。結局左右から日本を叩かれまくって、左右両派が日本潰しで連帯している。こんなことを60年も続けているのだから日本国民の精神はぼろぼろだ。それに対抗して「株式日記」では反米反中国の言論活動をしているのですが、日本は友好を大事にしすぎて、日本の誇りと自信を失ってしまった。



米軍再編で日本は3兆円もの費用負担を負うようですが、毎年の思いやり予算の6000億円といい、外国の軍隊に日本がこれほどの金を出すのは他の同盟国と比べても異常だ。歴史によればアメリカが独立戦争を起こしたのも英国が植民地のアメリカの税金を上げようとしたからですが、日本の税金がアメリカ軍のために使われるために増税するのであるならば、日本も独立戦争をすべきなのだろう。





日本は約 2,300 万人の中国人を殺害しながら、

自国の歴史的な戦争犯罪すら認めていないのだ。

(チャルマーズ・ジョンソンは中国の代弁者なのか?)




2006年5月9日 火曜日


チャルマーズ・ジョンソンは中国に買収されたのか?


チャルマーズ・ジョンソン教授の言論や著作に関しては、株式日記にて何度も紹介させていただいてますが、最近の言論はますます中国共産党よりになってきている。アメリカの帝国主義的な政策に対しては私も同感なのですが、このレポートの内容は中国共産党のプロパガンダをそのまま信用して書いている。



特に、「日中戦争で2,300万人の中国人を殺害した」という論拠は何なのだろうか?アメリカにおける有力な学者の書いたものだけに、多くのアメリカ人は「日本軍はそんなに中国人を殺害したのか」と信じてしまうだろう。しかし2,300万人の数字がデタラメであった場合、チャルマーズ・ジョンソン教授の信頼性に傷が付く事になる。



一連の靖国神社参拝問題に対しても、チャルマーズ・ジョンソン教授の日本への批判は強いものがありますが、やはり中国共産党からの情報提供をそのまま信じているのだろうか? 町村外務大臣や大野防衛庁長官を軍国主義者と批判したりと、かなり過激なアメリカの反日政治学者だ。おそらく日本からの情報も左翼の日本人から情報提供されているのだろう。



日中戦争の死者の数の問題にしても、靖国神社参拝問題にしても私の見解を発表してきましたが、このような日本の保守派の反論に対して日本国内の左翼は押されてきたので、アメリカの左翼学者に泣きついて言わせているのでしょう。それに対してジョセフ・ナイ教授やケント・カルダー氏などの民主党系の学者がコメントしている。



もともとアメリカの民主党は共産主義中国の生みの親であり、民主党内には反共勢力も無くはなかったが、容共的な民主党から見切りをつけて、より反共的な共和党に移ってしまった結果、クリントン政権のように民主党はかなり左よりの政党になった。その結果政治勢力としては共和党に勝てなくなってしまった。



これでは共和党のブッシュ大統領がかなりお粗末な大統領であっても、民主党が大統領選挙で勝てるわけがない。民主党の外交戦略としては中国が豊かになれば民主主義的な政権が出来ると期待していたようですが、軍備を拡大させても民主化は進まなかった。つまり民主党は騙されたのであり、これではアメリカ国民の民主党への信頼は落ちる一方だ。



チャルマーズ・ジョンソン氏やジョセフ・ナイ氏などは中国共産党の批判はいっさい行なわず、日本のかつての軍国主義の犯罪行為を攻め立てる。しかし日本は言論の自由が認められた民主主義国なのにくらべ、中国の一党独裁国の言論弾圧を批判しないのはおかしい。日中戦争における中国人死者の数も増え続けているのもおかしな事ですが、言論弾圧がなされているからだ。



しかし中国にも冷静な人がいて、蓬莱の島ブログ別館で紹介されていた中国国内の研究者の推計では、中国人死者は600万から700万の間としている。しかしこの論文は言論弾圧にあって消されてしまったようですが、このような言論弾圧国家からは真実を究明する事は不可能に近い。



チャルマーズ・ジョンソン教授のレポートを読むと、まるで日本が軍国主義ファシストの国であり、中国がその脅威に怯えているかのような書き方ですが、教授のメガネは左側に偏向されているようだ。なぜアメリカ民主党の学者がこのように親中反日になってしまうのかは共産主義に対するノスタルジーが消えないからだろう。



もちろん中国が民主的な穏健な国家であってくれれば、日本にとってもアメリカにとっても望ましい事だ。しかし文化的歴史的に見れば中国が民主的な国家になることは100%ない。アメリカの中国研究のレベルは漢字が読めない学者がほとんどだから、偏った英文の情報しか入らないのだろう。



この事は日米間でも言えることであり、日本語が出来るアメリカの学者はほとんどおらず、日本の情報は偏った英語の情報でしか入らないようだ。しかし英語の出来る日本の学者も限られているし、靖国問題や歴史問題についてのくい違いは日米間で議論されなければなりませんが、どうしてもアメリカから日本への一方通行になってしまう。



もしアメリカの次期大統領が民主党の大統領が選ばれた場合は、ジョセフ・ナイ氏やチャルマーズ・ジョンソン氏のような意見がアメリカ政府の政策になりうる可能性がある。そうなれば日本の政治家達はまた再び中国や韓国に謝罪と反省をしに行くことになるのだろう。



日本は政治的なアメリカの植民地であるのみならず、言論ですら戦後からずっと統制されてきた。テレビや新聞はアメリカの宣伝機関であり、巧みに世論は誘導されてきた。ところがネットなどで今まで封ぜられてきた国民世論が発表されるようになり、風向きも変わってきました。アメリカの政府や学者は日本におけるネットの意見などは見ているのだろうか? 政治家やマスコミと違って日本のネット世論は金で買収されないから、アメリカも今までのようなわけにはいかないだろう。



 


蛇足


日本人の顔した文化人や評論家、学識経験者など右翼も左翼もイルミナティの手先でポチで大馬鹿かアフォである。日本を中心にモノが考えられない思考停止状態だ・?。


国民にもそろそろバレバレなのだから・・エエ加減に目を覚ませ・・状況判断をし直すべきだ。


まして、ナイやチャルマーズ・ジョンソンなんて、イルミナティのスポークスマンで認知症老人なのだから・。爺さんたちはアメリカの支配層に受けがイイらしいが・・これもバレバレなのだから・。支配層は中国人で世界を押さえ込もう等と画策してこんな老人に言わせているが、みえみえで焼が回ったようだ・。ポチもプードルの猿芝居もうすでにバレている。彼らもインプラント(電子牢獄)から抜け出せないのだろうか・?。チャルマーズ・ジョンソン爺さんも早く悔い改め、懺悔しなさい・。



追い詰める作戦・。

http://www.propagandamatrix.com/articles/may2006/070506confrontation.htm


Iran says UN steps would spark confrontation


Reuters | May 7 2006


Iran said on Sunday any measures taken against its nuclear program by the U.N. Security Council would push Tehran toward confrontation with the West rather than cooperation with the U.N. nuclear watchdog.


Iran has been referred to the world body after failing to convince the international community that its nuclear power program is not a smokescreen for building weapons.





"Involving the U.N. Security Council and adopting incorrect decisions will change the direction of work from cooperation to confrontation," Foreign Ministry spokesman Hamid Reza Asefi told a weekly news conference.

"It is clear any measure by the Security Council will have negative effects on the trend of our cooperation with the (International Atomic Energy) Agency (IAEA)," he said.


Iran has already downgraded its cooperation with U.N. nuclear inspectors after ceasing to implement the Additional Protocol to the Non-Proliferation Treaty which allowed snap inspections of nuclear facilities.


The IAEA has complained that Tehran has so hampered attempts to inspect atomic facilities that it has been unable to pass judgment on whether Iran's nuclear ambitions are peaceful.


A draft U.N. Security Council resolution, put together by Britain and France and backed by the United States, would compel Iran to suspend its nuclear enrichment activities under Chapter 7 of the U.N. Charter.


Asefi said this was unacceptable.


"Discussion of suspension or a pause has not been on Iran's agenda and will not be so," he said. "We will not accept a resolution which asks Iran for more than it has to give."


"We think the position of the agency should not be undermined and, secondly, we think the interference of the Security Council on this issue is completely illegal."


Invoking Chapter 7, a move opposed by Russia and China, would make the resolution binding under international law and would allow for sanctions and even war, although a separate resolution would be required to specify either of those steps.


France and Britain said on Saturday they hoped for a vote next week.





イランは、国連ステップが対立を起こさせると言います


ロイター | 2006年5月7日


イランは、日曜日に、国連安全保障理事会によってその核開発計画に対してとられるどんな処置でも西側との対立の方へ国連核監視者との協力よりむしろテヘランを押すと言いました。


イランは、その原子力プログラムが武器を造るための煙幕でないと国際社会に信じさせることができなかった後に、世界体にゆだねられました。




「国連安全保障理事会を含む、そして、 誤った決定を採用することは、仕事の方向を協力から対立まで変えます」と、外務省スポークスマンハミドレーザアーセフィが毎週の記者会見に話しました。


「安全保障理事会によるどんな処置でも(国際的なAtomic Energy)Agency(IAEA)との我々の協力の傾向に否定的な影響を及ぼすことは、明らかです」と、彼が言いました。


イランは、その協力のランクを下げられて、すでにそうしました 核施設の不意の視察を許したNon-Proliferation TreatyにAdditionalプロトコルを実装するのをやめた後の国連核査察官。


IAEAは、テヘランがそれはイランの核野心が平和かどうかについて見解を述べることができなかったように妨げられた原子施設を調べる試みをすると不平を言いました。


草案国連安保理事会決心(英国とフランスによってまとめられて、アメリカ合衆国によって後退する)は、イランに国連国連憲章の第7章の下でその核強化活動を中止することを強要します。


アーセフィは、これが受け入れがたいと言いました。


「中止または休止に関する議論が、イランの課題に関してなくて、そうでありません」と、彼が言いました。「我々は、イランにそれが与えなければならないより多くのものを要求する決議を受け入れません。」


「我々は機関の位置が下を掘られてはならないと思います、そして、第二に、我々はこの問題に関する安全保障理事会の干渉が完全に違法であると思います。」


第7章を訴える、動きはロシアによって反対しました、そして、 中国は決議を国際法によって拘束力があるようにして、制裁と戦争さえ考慮に入れます、しかし、別々の決議はそれらのステップのどちらでも指定することを要求されます。


フランスと英国は、土曜日に、彼らが来週票を望むと言いました。

山本尚利氏のコラムと株式日記より

ベンチャー革命2006年5月6日

                           山本尚利

タイトル:米軍再編費3兆円をなぜ日本国民が負担しなければならないのか



1.在日米軍再編費3兆円拠出要求ニュースのビックリ

 2006年4月25日のマスコミニュースによれば、米国国防省のリチャード・ローレス国防副次

官が、在日米軍再編に伴うコスト3兆円をソックリ日本に負担してもらいたいと公式発表しま

した。多くの日本国民はこれを聞いて腰を抜かしたでしょう。国民への福祉還元を減らさ

れ、地方自治体は公共事業予算を削られ、近未来、消費税が引き上げられる。挙句の果て

に、米軍再編費用を日本国民の血税で賄うとは・・・。冗談じゃないよ。まさかこんなあつ

かましい要求に日本政府はOKしないだろうな?みんな半信半疑です。

 もし逆に、日本政府が、米国政府に在日米軍基地の国土使用料を米国民の血税で払っても

らいたいと要求したらどうなるでしょうか。全米挙げて、対日大バッシングで、米国民が大

騒ぎするはずです。米国民は日本国民の10倍くらい納税意識が高いですから。

 自民党議員の説明によれば、日本と米国は日米同盟を結んでいるわけだから、日米安保条

約があるかぎり、ある程度の負担はやむをえない。いざというときは在日米軍が日本を守っ

てくれるのだから・・・。この屁理屈で、1978年から毎年3000~4000億円(おもいやり予算)

もの、われわれの払った血税が在日米軍ファミリーの快適生活費に献上されて、すでに累計5

兆円近くに上っているそうです。

 ところで、自民党議員がマジで言うように、いざというとき在日米軍がほんとうに日本国

民の命を守ってくれるのでしょうか。こんな話を真に受ける人は底抜けのお人好しでしょ

う。それでは自民党議員に聞きます。もしあなたが米軍兵士だとして、遠い日本へ派遣され

たとします。あなたは、いざというとき、縁もゆかりもない日本人を、おのれの命を賭けて

守りますか。筆者ならば、そんなアホなことはしません。

 ところで、日本が1952年4月28日に米国から独立した後も、米軍はなぜ、今日まで日本に54

年間も駐留しているのでしょうか。そういえば、たいていの国には独立記念日があるという

のに、日本には独立記念日がありません。摩訶不思議ですね。



2.なぜ、50年以上も米軍が独立国日本に居座っているのか

 ここで、米軍の長期日本駐留に関して、筆者の見解を先に言っておきます。日米安保条約

を振りかざして、日米両政府がわれわれ日本国民に対して、極東防衛のためだの何だの、い

ろんな屁理屈をこねていますが、結局のところ、米軍が日本から容易に撤退しない最大の理

由はひとつです。それは、日本が戦前のように、独自で強大な軍事力を二度と再び持たない

よう監視するためです。自衛隊は米軍のパシリに留め置きたい。これだけです。これを軍事

用語でサベィランス(Surveillance)といいます。

 米国覇権主義者は、日本の技術経営力(MOT力)が決してあなどれないことを百も承知で

す。軍事力イコール軍事技術力ですから、彼らはMOT力に優れる日本国民に対して、強い脅威

を抱いてきたのです。それが、2001年4月、小泉傀儡(かいらい)政権を誕生させることに成

功して以来、われわれ日本国民は、米国覇権主義者にとって『脅威の対象から、搾取の対

象』に格下げされたに過ぎません。その結果が、みかじめ料3兆円という、ヤクザもアット驚

くような、あつかましい要求となって表れているのです。

 今回、在日米軍の一部が日本から出て行くのも、小泉首相のおかげで日本国民に対する監

視の警戒度が下がったからです。在日米軍基地周辺に住む日本国民の苦痛を軽くするためで

は決してありません。彼らは自分の得にならないことは絶対にしません。それを出て行って

やるから、引越料を払えと強弁しているワケです。あまりにお人好しの日本国民よ、いい加

減目覚めよ、と言いたい。さすがに安倍官房長官も困惑しています。コレカラどうして日本

国民を説得しようかと。

 これまで、米軍駐留の表向きの名目として、中国、北朝鮮、ソ連など共産主義国の脅威か

ら日本を防衛するという理屈をつけてきました。それらの脅威が存在するのは事実です。だ

からこそ、日本国民もこれまで50年以上も米軍駐留を我慢してきました。自民党が強弁する

ように、もし日米安保条約が真の意味で日米軍事同盟ならば、米国は同盟相手の日本に核兵

器を持たせて、日本の自力の防衛力強化を支援するというのが、同盟国の本来のあるべき姿

です。日本の強力なるMOT力をもってすれば、日本の軍事技術力を強化することはいとも容易

いことです。ところが、実際は、米国覇権主義者は、日本が最新鋭の軍事技術力をもたない

ように、もたないようにと陰に陽にあらゆる妨害をしてきています(注1)。筆者のMOT的見

地からの日米技術覇権競争分析によれば、米国覇権主義者が本音では、日本を脅威国とは思

っても、軍事同盟国とは露ほど思っていないことは明らかです。その意味で、日米安保を錦

の御旗にする自民党は戦後から、ずっとわれわれ国民を欺いてきたとしか思えません。さら

に、日本の核武装に反対してきたかつての社会党の対米貢献(米国覇権主義者に対する間接

的貢献)は計り知れないという逆説が成り立ちます。米国は、日本や中東諸国の核武装には

猛烈に反対するのに、中国や北朝鮮の核武装を結局、許しているわけですから・・・。



3.日本国民の対米観見直しが急務!

 日本国民の多くは、これまで、米国は日本の友好国であり、軍事同盟を結んでいると吹き

込まれてきていますが、これが大きな誤解を生んでいます。米国は、日本にとって単に経済

的な貿易相手国のひとつでしかない。一般の米国民はいざ知らず、少なくとも、米国を支配

する米国覇権主義者は本音では、一時たりとも、日本を英国と同列の軍事同盟国とはみなし

てこなかったでしょう。同盟というのは、対等の信頼関係を指すのですが、米国覇権主義者

から日本を対等のパートナーとみなされたことは一度もありません。日本が米国の51番目の

州なぞと、のたまうのは妄言です。彼らから見れば日本は単なる属国(戦利品)でしかあり

ません。

 とにかく日本国民は全員、戦後、吹き込まれた対米観を根本から見直すことが急務です。

まず、認識すべきは、米国は、官僚支配国家の日本とは根本的に異なる体制の国家である事

実です。米国の本質は石油・軍事財閥と欧州系国際金融財閥によって、競争的に交互に闇支

配される『私有化国家』である点です(注2)。したがって、米国の現在の政治体制の本質

は民主主義ではなくなっているということです。現在の米国は、表面的に民主主義国家を装

っているだけです。1963年11月22日、ダラスでケネディ大統領が暗殺(注3)されて以来、

米国の民主主義は米国民や世界中を欺く政治道具に成り果てています。
その上、米国連邦政

府の金庫は常にカラッポにされ、不足分を日本や中国から借金しています。つまり米国の国

富は政府になくて、上記の財閥の懐に入る仕組みとなっています。誤解なきように言えば、

米国政府は借金まみれでも、米国自体に財がないわけではありません。

 80年代末、日本政府は、狡猾な米国覇権主義者の圧力に屈して、自ら内需拡大政策(日銀

前川レポート)を開始し、90年代、10年間で総計630兆円規模の内需拡大浪費を米国に約束

し、それを忠実に実行しました。すなわち、国内の不要不急の土木工事に円を浪費してしま

ったのです。その結果、日本政府は国民からの借金、国債残高700兆円を抱えています。この

内需拡大政策ほど中長期的に日本の国益を損ねた政策はありません。大愚策、大失策どころ

か、意図的な自殺行為(オウンゴール)に等しかったと認識すべきです。正解は、この失わ

れた国民資産700兆円はアジアに投資すべきであったと筆者は信じます。90年代、700兆円を

アジアに投資しておけば、今頃、アジアは円経済圏になっていたでしょう。その結果、軍事

力ではなく、円パワーで日本主導の新・大東亜共栄圏(注4)が構築できたハズです。とこ

ろが、90年代半ば、ジョージソロスなど国際ヘッジファンドにアジア通貨危機を起こされ、

アジアにおける円経済圏構築は、見事に妨害されて、日本主導のアジアの円経済圏の実現は

夢幻に終わりました。また、日中関係を重視した田中角栄首相がロッキード事件で失脚して

いなければ、その後継者によって、日中関係は今よりはるかに親密であったでしょう。

 ところで、現在の日中関係は最悪です。靖国神社参拝を強行し続ける小泉首相は、自民党

から親中派を追い出し、日中関係をぶっ壊しました。なぜ、小泉首相は中国との外交関係を

意図的に悪化させたのでしょうか(注5)(注6)。2006年4月5日の日経新聞によれば、

2006年2月末、中国の外貨準備高は8536億ドルに達し、日本を追い抜き、世界一の外貨準備国

となりました。巨額の対米ドル債権を保有する日本と外貨準備高世界一の中国が結託すれば

どうなるか。米国政府は震え上がります。このような見方をすれば、小泉首相が、日中の結

託を何より嫌う米国政府のご機嫌を取ろうと、しぶとく中国を挑発するのは十分に納得でき

ます。小泉首相は、米国首脳に気に入られることが日本の国益になると信じきっているかの

ようです(注7)。とんでもない片思いですが・・・。



4.在日米軍移転費3兆円は氷山の一角

 米国政府首脳は、日本にとって在日米軍再編費3兆円程度はハシタ金と考えて、気楽に要求

したら、日本国民の反応が予想以上に大きいので驚いたようです。それもそのはずです。彼

らからみれば、日本は3兆ドル以上(300兆円から400兆円規模)の対米債権を保有しているわ

けですから、今さら、その1%にも満たない3兆円程度出しても、どうってことはない、という

感覚なのでしょう。ところが、多くの国民は、米国が日本にどれほど膨大な借金をしている

か知らないのです。そこで日本政府や日本の金融機関の保有する米国債は累計いくらになる

のか、塩漬けされている分も含めて日本政府は公表してほしい。また、その米国政府から購

入した債券の現物は日本国内に保管されているのか、それとも、米国政府にそのまま預けら

れているのかも明らかにしてほしい。

 そして、日本政府の購入した米国債の利子は、契約どおり、毎年、日本側に支払われてい

るのかも公表すべきです。この利子収入だけで数十兆円規模もあるはずですから、資源のな

い日本は、増税しなくても、自前の天然ガス開発や油田開発への国策投資が十分可能です。

また、国防に関して米軍に依存しなくても、自力で防衛できるだけの軍事力を装備すること

も十分可能なはずです。そうすれば、日本に米軍基地は不要となります。

 上記のように、日本政府は米国政府にいうべきことははっきり言える立場にあるのです。

切り札を持っているのは日本なのです。日本の政官エリートはなぜ、言わないのか?



注記:

注1:山本尚利[2003]『日米技術覇権戦争』光文社

注2.ベンチャー革命No.75『世界私有化現象』2004年5月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr075.htm
 


ベンチャー革命200459


                           山本尚利


タイトル:世界私有化現象



1.経済の私有化から戦争の私有化まで


 200455日付け朝日新聞に、ジョセフ・ナイ(ハーバード大学ケネディ行政大学院の学長)の投稿記事「米のパワー、不滅ではない」が掲載されています。その中で、非常に気になるフレーズがありました。「科学技術の発達が政府から国家の力を奪い、権力を拡散させる。すでに経済の世界では国境を越えた「私有化」が主役を演じている」というフレーズです。この中で筆者が非常に気になったのは「経済の私有化」です。世界経済のグローバル化とは結局、私有化ということなのか、と変に納得してしまいました。筆者は一瞬、ロスチャイルドやロックフェラー財閥による世界経済の私有化を連想してドキっとしました。ナイ教授の頭には具体的に何が浮かんでいるのかは想像するしかありませんが、米グローバル企業の活躍を、単に「経済の私有化」と呼んでいるかもしれません。確かにシティバンク、マイクロソフト、マクドナルドなどは世界中で活躍しています。たとえば、マクドナルドは共産国中国、万里の長城のふもとにまで進出しています。さてナイ教授のいう「私有化」に関して穿った見方をすれば、世界支配をもくろむ闇の権力は、底なしの資金力により、上記グローバル企業の株主になれば、闇からグローバル企業を自由に操れると思います。現在、世界で活躍しているグローバル企業はその出身国家の意思ではなく、その企業のオーナーの意思で動いているのは明白です。それがグローバル資本主義社会ですから・・・。さて、現在の米ブッシュ政権の中枢には、周知のように石油・軍事企業幹部出身者が大勢を占めています。石油・軍事企業のオーナーでもある闇の権力は大統領選挙のスポンサーとなる見返りに、政権中枢に息のかかった人材を送り込むことが可能です。米国の政治権力は、こうして事実上私有化されています。その結果、グローバル資本主義社会では、国家の軍隊ですら私有化することが可能です。もし、そうなれば、軍隊を有する国家は、ある勢力の私的目的で軍事力を行使することが可能となります。軍事力行使に際して、国益と私益をすり替えることはいとも簡単です。ちなみに、もし、筆者の仮説が正しければ、私有化されたブッシュ政権に強制されたに等しい日本の自衛隊のイラク派兵の大義とは、いったい何なのだろうとあきれてしまいます。ところで、前記のナイ教授は、国際テロリストの暗躍とは「戦争の私有化」であるとも表現しています。現在、世界で起きている戦争とは、国家対国家の伝統的戦争ではなく、私有化された国家軍隊と国際テロリストによる「戦争の私有化」が起きていることになります。戦争が私有化されると、われわれは敵と味方の区別がつかなくなります。戦争当事者は八百長戦争を起こすことも可能です。以上からナイ教授は、現在、世界中で経済が私有化され、マスメディアが私有化され、政治が私有化され、はたまた、戦争まで私有化されてしまったと嘆いていると読み取ることができます。欧米人にとって、ローマ時代の奴隷の決闘から西部劇の決闘まで、すべてがゲームなのです。もちろん、戦争も例外ではありません。この遺伝子は、260年の鎖国(戦争回避)を経験した日本人の遺伝子とは相当かけはなれているでしょう。いずれにしても、現代、お人好し日本人にとって、非常に恐ろしい社会が出現してしまったのです。筆者の個人的見解では、このようなモンスター社会の出現はすべて、19631122日のケネディ大統領暗殺に端を発しているとみなしています。正義漢ケネディはかつて、このモンスターにマジで挑戦して殺された。(拙稿ベンチャー革命200446日「20世紀最大の謎:ケネディの暗殺」参照のこと)


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr068.htm


これ以降、歴代の米大統領はクリントンを含めて、モンスターに本気で挑戦することはなくなったと思います。そこで、40年前、無念の死を遂げた故ケネディ大統領があの世から、ジョセフ・ナイ(ケネディ行政大学院学長)の口を借りて、肥大化したモンスターに向けて、いい加減にしろと警告しているに間違いない!


 


2.イラク米軍虐待報道の黒幕


 さて世界がモンスターに支配されていると仮定すれば、最近のイラク米軍虐待報道も誰かにコントロールされていることになります。なぜ、今この時期に、突然、ブッシュ政権に不利なニュースが連発されるのでしょう。イラク米軍の最高責任者、ラムズフェルド国防長官は、ついに謝罪表明しましたが、政治的圧力に屈して辞任することはしないと強弁しました。このことから、一連の虐待報道は、ブッシュ政権を窮地に追い込む反ブッシュ勢力が存在することを物語っています。この反ブッシュ勢力とは民主党でしょうか、筆者は違うと思います。イラク戦争を仕切っているブッシュ政権の背後には、複数の闇の権力の抗争(ゲーム)が存在すると思います。ひとつは、アラブ人に反米感情を募らせてテロを頻発させ、米軍の中東介入を永続化し泥沼化したい勢力の存在です。この勢力はイスラエル重視派と、企業利権重視派の二手に分かれるでしょう。アラブ人が怒れば、怒るほど、中東で戦争拡大を目論む勢力にとっては好都合です。今、米国が中東から撤退すれば、待っていましたとばかりに、その後に欧州利権が入り込むのは間違いないでしょう。その観点から米国の隠れた敵とは、本来イラクなんかではなく、実は欧州EUであるという見方もあるほどですから・・・。その意味でスペインの撤兵は米国の中東孤立を促進します。一方、世界経済の私有化を優先する勢力は、戦争ではなく、世界経済のカジノ化を求めます。もちろん、自分たちはその胴元ですが・・・。彼らにとっては、もうからない中東での戦争を早く止めて欲しい。そのためには、200411月以降、ブッシュ政権の続投は許さないはずです。さて、それではここでクイズです。今回の虐待報道は、戦争私有化勢力の仕業か、それとも経済私有化勢力の仕業か、どちらでしょうか。アラブ人を怒らせることを目的にするなら前者であり、ブッシュ政権を潰すことを目的とするなら後者でしょう。だから筆者は、そのどちらも可能性があると思いますが、個人的には、後者の経済私有化勢力の仕業であって欲しい。なぜなら、カジノ経済が再来しても、戦争激化で子供が死ぬよりましですから。経済私有化勢力にとって、アラブ人を含めて、世界の一般人は、利益を吸い上げるカモですから、むやみに人を殺すことはしないはずです。ついでに言えば、前者の戦争私有化勢力が、今後も引き続き、増長すれば、巨額の戦費を捻出するため、日本政府を恐喝して、またまた米国債を買わせることになります。もういい加減にして欲しい。イラク戦争費用を賄う米国債を日本政府が買い支えることは、結局、日本国民の郵貯・簡保や年金積立金が目減りすることになります。ちなみに穿った見方をすれば、イラク米軍にとっては、ほとんど役に立たない自衛隊のイラク派兵は、日本国内の嫌米反戦国民の注意をそらすための陽動作戦でしょう。さらに言えば、小泉政権があれほど年金改革をあせるのは、本心では米国債購入財源確保のためでしょうか。つまり親分ブッシュ政権内の戦争私有化勢力への仁義なのでしょうか??? これらの小泉政権による対国民モラルハザードの結果、近未来、日本国民の資産も誰かに「私有化」されるのでしょうか。われわれ一般国民にとっては、国民資産が、外人に私有化されるのがよいか、それとも、これまでどおり官僚に私有化されるのがよいか、どちらがマシかの消去法の選択でしょう。さて日本政府がせっせと買いこんでいる米国債は、いまや世界最大で最悪の不良債権です。欧州EU各国の政府首脳はいち早くそれに気づいています。彼らは日本のように、米国と心中したくないと思っているでしょう。頭脳明晰だが臆病な日本政府の一部エリート官僚も、蟻地獄に堕ちたと気づいているでしょうが、いまさら、ニッチもサッチも行かなくなっています。なぜなら、米国の経済崩壊は、ただちに日本の経済崩壊を意味しますから・・・。



3.どっちにころんでも損しない闇の権力


 今年11月大統領選挙まで、ブッシュ続投勢力と、ブッシュ更迭勢力の抗争が激化するでしょう。しかしながら、彼らは、スリリングな賭けを楽しんでいる賭博仲間です。決して敵対しているわけではありません。ブッシュが勝つか、ケリーが勝つかを楽しんでいます。


 政治を私有化している彼らにとって、共和党も民主党も自由にコントロールできるのです。たとえば、虐待報道は、一見、ブッシュに不利ですが、大統領選の前に、再び9.11レベルの事件を起こせば、ブッシュ支持率の復活を誘導して、ブッシュ再選の目は残されるのです。2001年、エンロン・スキャンダルで、ブッシュ支持率が危うくなったとき、9.11勃発により支持率90%まで奇跡的にリカバリーしました。これで闇の勢力は、ブッシュに恩を売ると同時に、恐喝するときの奥の手をもつわけです。だから逆に、ブッシュを本気で交代させる気なら、虐待報道とは比較にならない決定的スキャンダルを暴露することにより、ブッシュを蹴落とすことはいとも簡単です。米大統領候補なんて、今や完全に、お釈迦様の掌の内にあるのです。ブッシュは9.11テロのスキャンダルが暴露することを非常に恐れているはずです。スキャンダル暴露に怯えるお人好しのブッシュ・ジュニアは、そのうち自殺するかもしれません。育ちのよいブッシュ・ジュニアが時折みせる怯えた表情は、闇の権力にとっては不満でしょう。最近のブッシュの選手交代の動きは、闇の権力から単に、ブッシュが大統領アクターとして役者不足と思われているにすぎないからかもしれません。ノー天気の米国民も、闇の権力の存在をうすうす知っており、大統領選挙のみならずイラク戦争までも、まるで映画かスポーツを観るように楽しんでいるのです。だから闇の権力は、カリフォルニア州知事に当選させたアーノルド・シュワルツネッガーのようなスーパースターに映画の大統領ではなく、ホンモノの大統領を演じさせることもできます。こうして米国民は、闇の権力によって私有化されたマスメディアの演出する虚構と隠された現実の区別がつかなくなっています。



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)




注3.ベンチャー革命No.68『20世紀最大の謎:ケネディ暗殺』2004年4月6日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr068.htm


注4.ベンチャー革命No.5『日米関係の中での新大東亜共栄圏構想』2002年6月30日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr005.htm


注5.ベンチャー革命No.101『中国の反日運動激化の意味』2004年8月8日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr101.htm


注6.ベンチャー革命No.104『小泉首相の危険な挑発』2004年8月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr104.htm


注7.ベンチャー革命No.94『小泉首相こそ真の愛国者?』2004年7月14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr094.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm






株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu119.htm


パソコンが3万円で買えるのにOSが2万円もするのは

おかしくないか?マイクロソフトのぼろ儲けに抗議する!




2006年5月6日 土曜日



B・ゲイツ氏、「お金持ちでなければよかった」




[レッドモンド(米ワシントン州) 3日 ロイター] 米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長は3日、CNBCの記者とのインタビューで、世界で最もリッチでなければよいのにーーーと複雑な心境を語った。

 ゲイツ会長は「リッチでなければよいのに。何もよいことはない」と語り、その理由として「余計に注目されてしまうから」と話した。

 ゲイツ会長は、マイクロソフト社を世界最大のソフトウエアメーカーに育て上げたほか、世界でも有数の慈善事業家としての顔も持つ。

 また同会長は、世界で最も影響を受けた人物として、ハイテク分野の同僚を除いては、大物投資家ウォーレン・バフェット氏の名前を挙げた。


(ロイター) - 5月4日20時26分更新





「オープン・アーキテクチャー」の思想 5月6日 副島隆彦学問道場BBS





(前略)

発明新案、意匠、デザイン、特許の技術など(これらを、かつては、「無体財産権」と法律学では言いました。今は、アメリカ式に「ノウハウ」とも言います)と同様で、著作権法上の権利も、これらはなるべく一般に公開されて、誰もが利用できるものになるべくしなければいけない、という「オープン・アーキテクチャー」の思想が一方で強く有るからです。


それは、1995年に、ウインドウズ95からはじまった、マイクロ

ソフトのビル・ゲイツが、「ウインドウズ95」という本当は、「アップル=マッキントッシュ87(年)」でしかなかったものを、大泥棒して(この「窓」=ウインドウズの原型自身は、名古屋の日本人技術者が初めに創ったらしい)、世界基準にしてしまったのだ。


このことは、もっと大きく言うと、ライト・オブ・ウエイ right of way という考えがあって、公共財産(パブリック・プロパティ)である道路のような、誰でも使える通行権、利用権のようなものを考える法律学が、日本では致命的に進んでいません。そのことに法律学者たち自身が、どうも世界基準の最新テーマに自覚が無いようだ。


ビル・ゲイツウインドウズは、本当は、ライト・オブ・ウエイは、世界公共財産ですから、世界中で、誰でもただで使えるものでなければならないのです。それを、あの現代の強欲人間のビル・ゲイツ(彼もやっぱりユダヤ人)が、デイヴィッド・ロックフェラーの下に逃げ込んで、泣きついて、それで、「私の個人財産」ということにしてもらったのです。その防衛費用は、きっと日本政府とおなじぐらいの額(毎年、30兆円ぐらい)を、ビル・ゲイツは、デイヴィッドに払っているでしょう。


ヨーロッパのオープンアキテクチャーのインターネット用のOS(=基本)ソフトである「リナックス」は、このビル・ゲイツ=デイヴィッド・ロックフェラー世界通信支配体制と闘う為に、世界中の自由の戦士たちによって開発されたものです。中国政府でさえ、あつかましく、リナックスを使って、それを自国の官僚統制用に改造して、「国家基準のOSソフト」を作って、ビル・ゲイツの攻勢に対して、防御しつくした。


日本の総務省も、「リナックスもありますから」と、ビル・ゲイツが送り込んできた副社長クラスの者たちとの攻防戦で、日本の国家基準の(官僚基準)の通信網だけは、なんとか死守している。ここでは、公共(それは、みんなが見ているところ、という意味です)を、勝手に、公(おおやけ、公儀、権力者たちの支配秩序)と読み替えて、日本の馬鹿官僚たち自身が、自分たちの統制秩序のことを、ライト・オブ・ウエイ

だと、勘違いしているという大きな欠陥点がある。


2000年のアメリカ大統領選挙の、大きな争点のひとつは、米民主党の候補者のアル・ゴアが、自分の「スーパー・ハイウエイ構想」に従って、ビル・ゲイツのマイクロソフト社を、文字通り、八つ裂き(かつてのAT&Tのように)にして、財閥解体して、それで、ウインドウズを、世界公共道路にしてしまおう、と提案してしたのです。ヨーロッパ勢は、ですから、アル・ゴア(オクシデンタル石油、アーマンド・ハマーたちの系統で、ロックフェラーと闘う)は、自分の父親の、アーサー・ゴア上院議員が、全米国道網(ナショナル・ハイウエイ)構想の提案者だったことの流れで、世界の通信道路を、みんなの物(公共のもの)にしようと企画したのです。


ビル・ゲイツにしてみれば、「アル・ゴアの野郎め。そうはさせるか」となって、それでデイヴィッドの下に逃げ込んだ、ということです。

こういう大きな話なのです。私は、このことは、まだどこにも書かなかったでしょうか? おそらく書いていません。


ウイヤード、ワイヤード wiyard というネット最先端集団が、20年昔からアメリカには居て、彼らがインターネットのアイデアを本当は出したのです。DARPA(ダーパ)あるいは、ARPA(アーパ)と呼ばれる国防総省の技術通信研究所の連中ではありません。


それで、今、ウイヤードの連中は、「自分たちは、ロックフェラーに騙された。世界人民の言論の自由、思想表現の自由のための武器として、公共の道路として作ったものを、あいつらにまんまと奪い取られてしまった」 と、8年前に宣言して、ウインドウズ95に対して、新たなる戦いを挑むために、砂漠に帰っていったのです。彼らと通じている、

日本の副島隆彦の戦いの、決意が、おまえたちに分かるか!

(後略)






(私のコメント)

最近はパソコンが安くなって、ショップブランドのパソコンなら2万円台から売られています。しかしOSが高くてウィンドウズが入ったものだと4万円台になってしまう。インターネットだけなら古いパソコンでも間に合うのですが、ビデオレコーダーとして使おうと思って検討して秋葉原に出かけたのですが、パソコン本体は非常に安くてもウィンドウズは前のままで非常に高い。



リナックスなどは雑誌の付録などで付いているくらいで安いのですが、ネットは出来てもマルチメディア関連のソフトや周辺機器が無い。テレビの画像などは家電のHDDレコーダーを使っているのですが、HDDがすぐに一杯になってしまってもHDDの追加や交換が出来ない。



その点ではパソコンをビデオレコーダーに改造すればHDDはいくらでも追加できるし、データーを圧縮して再生する事もできる。しかしその為にはCPUが高性能でないと出来ない。しかしCPUも高熱を発生するためにばかでかいファンを取り付けて、そのファンが非常にうるさくてテレビ鑑賞の邪魔になる。



以前にもウィンドウズやマイクロチップは欠陥商品だと書いた事がありましたが、そのような欠陥商品を売りつけてマイクロソフトとインテルはぼろ儲けをしている。インターネットが公共財として必要不可欠になったのに、パソコン用のOSとCPUが利益を独占しているのは明らかにおかしい。



しかしマスコミにはこのような意見は見られません。いかにマイクロソフトとインテルとその背後のアメリカ政府の圧力が日本のマスコミに浸透しているかが伺われます。マイクロソフトの批判をしたら最後、そのマスコミは批判と制裁の嵐にさらされて立ち行かなくなるでしょう。しかし個人レベルでの批判は強く会長のビル・ゲイツ氏は冒頭にニュースのような弱音を吐いたのですが、パソコンのOSは公共財としてもっと格安で提供されるべきだ。



蛇足


私物化国家のアメリカに日本はいい様に利用される。公共も私有化(イルミナティ化)している。幻想と権威の為せる技は何時まで続くのか?私物化はEUとアメリカで完成されている。中国や北朝鮮などの共産啓蒙主義にシンパシー(私物化の完成域だから)を持っているので、攻撃も非難も本気でしない・。国家や政治家などパシリなので、いつでも転覆や交換可能なのだ・。日本の偉いさんもロボットミーにされているだろう。インプラントかもしれないが・・。遠隔操作は別の意味で恐怖を基礎にしているのやら・。


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR