FC2ブログ

上手く誤魔化すな・。

蛇足

福井総裁のアドバイザリーボード(顧問)は立派な仕事です。

兼業は禁止されてます。







ついに奥の院から、止められたか>???


与謝野氏も人の子ですから。


● 日銀総裁の資産、どの金融資産に投資しても差し支えない=与謝野担当相

 6月15日、与謝野担当相は日銀総裁の資産はどの金融資産に投資しても差し支えないとの考えを示した。昨年10月撮影(2006年 ロイター/Issei Kato)(ロイター)15時31分更新




日本銀行法




(役員の行為制限)




第26条


 日本銀行の役員(参与を除く。以下この条、第31条及び第32条において同じ。)は、在任中、次に掲げる行為をしてはならない。




一   国会又は地方公共団体の議会の議員その他公選による公職の候補者となること。




二   政党その他の政治的団体の役員となり、又は積極的に政治運動をすること。




三   報酬のある他の職務(役員としての職務の適切な執行に支障がない職務の基準として第32条に規定する服務に関する準則で定めたものを満たすものと委員会において認めたものを除く。)に従事すること。




四   営利事業を営み、その他金銭上の利益を目的とする業務を行うこと。




2   日本銀行の役員が国会又は地方公共団体の議会の議員その他公選による公職の候補者となったときは、当該役員は、その役員たる職を辞したものとみなす。






日本銀行法





(業務の公共性及びその運営の自主性)


第5条


 日本銀行は、その業務及び財産の公共性にかんがみ、適正かつ効率的に業務を運営するよう努めなければならない



2 この法律の運用に当たっては、日本銀行の業務運営における自主性は、十分配慮されなければならない。



(法人格)


第6条


 日本銀行は、法人とする。



(本店及び支店等)


第7条


 日本銀行は、本店を東京都に置く。



2  日本銀行は、財務省令で定めるところにより、財務大臣の認可を受けて、支店その他の事務所を設置し、移転し、又は廃止することができる。




3   日本銀行は、財務省令で定めるところにより、財務大臣の認可を受けて、その業務の一部を取り扱う代理店を設置し、又は廃止することができる。



4  財務大臣は、前二項の認可の申請があった場合において、当該申請に係る認可をしなかったときは、速やかに、その旨及びその理由を当該申請の内容とともに公表しなければならない。



(資本金)


第8条


 日本銀行の資本金は、政府及び政府以外の者からの出資による一億円とする。




2  前項の日本銀行の資本金のうち政府からの出資の額は、五千五百万円を下回ってはならない。




(出資証券)


第9条


 日本銀行は、前条第1項の出資に対し、出資証券を発行する。



2  前項の出資証券その他出資に関し必要な事項は、政令で定める。



(持分の譲渡)


第10条


 出資者は、政令で定めるところにより、その持分を譲り渡し、又は質権の目的とすることができる。



(定款)


第11条


 日本銀行は、定款をもって、次の事項を規定しなければならない。




一  目的




二  名称




三  本店及び支店の所在地




四  資本金及び出資に関する事項



五  政策委員会に関する事項



六  役員に関する事項




七  業務及びその執行に関する事項




八  銀行券の発行に関する事項



九  会計に関する事項




十  公告及び公表の方法



2  定款の変更は、財務大臣及び内閣総理大臣の認可を受けなければ、その効力を生じない。



3  第7条第4項の規定は、前項の認可について準用する。




(登記)


第12条


 日本銀行は、政令で定めるところにより、登記をしなければならない。



2  前項の規定により登記をしなければならない事項は、登記の後でなければ、これをもって第三者に対抗することができない。



蛇足


日銀とは、


出資者が判然としない、資本金1億円の法人なのですが・。どのカテゴリーに入る法人かは全く分からない?株式と同じように、ジャスダックで売買できます。分かったような、分からない法人なのです。出資者への利益分配は行われているので、非営利法人ではないのです。出資者はほとんど外人(イルチャン)だろう・。>ここだけの話。




Bilderbergマフィアはカナダのメディアの厳しい詮索の目にさらされます。



Bilderberg Mafia Comes Under Scrutiny Of Canadian Media

How long before kingmakers forced to retreat to secret island?



Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | June 9 2006


The Canadian media has already blitzed its American counterparts by producing a rash of reports about the secretive Bilderberg Group meeting in Ottawa as the conference enters its second day.


In 2002 Bilderberg met in Virginia Washington yet not one American newspaper or TV station reported on a confab which is routinely attended by the most influential politicos in the world.


That trend has totally reversed this time around, with the Canadian media already pumping out more reports than we saw for the entire duration of last year's conference in Germany. These include several pieces by the Ottawa Citizen, as well as the Globe and Mail and the Ottawa Sun. A Canadian Press article has also been syndicated to numerous different outlets nationwide.


A handful of separate reports also covered the grueling 15 hour detainment of Alex Jones by Canadian immigration authorities at the request of Bilderberg security.


The Canadian media should be commended for doing their job - putting the lapdog American media to shame - and shining a spotlight on an organization that steers the course of geopolitics yet operates with no democratic oversight whatsoever.


If this sea change continues at next year's meeting, how long before the skulking kingpins of the global criminal elite are forced to cut their shadowy deals on a remote private island?





The 2006 Bilderberg participant list is out and it includes names such as, "New York Governor George Pataki, deputy prime minister of Iraq Ahmad Chalabi, the heads of Coca-Cola, Credit Suisse, the Royal Bank of Canada, a number of media moguls, and cabinet ministers from Spain and Greece."


Regulars David Rockefeller, Henry Kissinger and Queen Beatrix of Holland are also in attendance as well as, "Jorma Ollila, chairman of Royal Dutch Shell, Egil Myklebust, chairman of Scandinavian Airlines, World Bank president James Wolfenson, and Frank McKenna, former New Brunswick premier and ex-Canadian ambassador to the U.S."


The Ottawa Sun is even running a poll asking readers what they think the main topic of discussion will be at Bilderberg this year, with a majority of 34% thinking it will be oil prices and 25% the war on terror. It also quotes Alex Jones and discusses his ordeal with Canadian immigration.


"These guys love secrecy -- 125 of the most elite people on the planet meeting together and setting policy," Jones said. "It's diabolical -- world government, global taxation. On the agenda here, they're debating (an impending) attack on Iran."


Following his arrival in one of the fleet of limousines tagged with a 'B' for identification, The Ottawa Citizen approached arch Neo-Con warmonger Richard Perle and challenged him on the question of whether Bilderberg directs the course of world policy, specifically in relation to oil prices considering the large amount of representatives from the industry who attend.


"If it did, I'd be trading on oil futures," snapped Perle.





The fact is that during last year's conference in Rottach-Egern, Bilderberg luminaries 'forecasted' the dramatic rise in oil prices. A year ago oil stood at $40 a barrel - now it's $70.


The BBC also uncovered Bilderberg documents dating back to the 1950's showing that the subsequent EU common market and the Euro was originally the brainchild of Bilderberg.


Perle told former Canadian Prime Minister Jean Chretien that he would be embarrassed when weapons of mass destruction were found after chastising him for not sending troops into Iraq in 2003.


A separate Ottawa Sun report carries an intriguing story of a daring reporter's attempt to infiltrate the Bilderberg's hotel, which has been closed to ordinary members of the public and is protected by both police and private security firm Globe Risk.


Ottawa cops even have to identify themselves to Globe Risk officials before being allowed near the hotel. What does that tell you about how Bilderberg place their authority above the law to which the rest of us are subject?


Another firm, Iron Horse Security are employed to guard the rear entrance of the hotel and look like they've just arrived from a funeral, having been ordered to buy black suits for the occasion.


Alex Jones and team are now in place and ready to dig deeper into what the Bilderberg agenda is shaping up to be in the coming year.


More reports to follow throughout the weekend.


Related: Bilderberg Archive


COMMENT ON THIS ARTICLE





Prison Planet.tv: The Premier Multimedia Subscription Package: Download and Share the Truth!


Bilderbergマフィアはカナダのメディアの厳しい詮索の目にさらされます。

やむを得ず秘密の島に引っ込む政界有力者の前でどれくらい長いですか?


ポール・ジョセフ・ワトソン/刑務所Planet.com|2006年6月9日

カナダメディアは、会議がその2日目を入力する時にオタワで合っている秘密主義のBilderbergグループについてリポートの発疹を生じることによってすでにそのアメリカの対応するものを爆撃した。

2002年に、Bilderbergはバージニアワシントンで合ったけれども1つのアメリカ新聞またはテレビ局も、世界で最も有力な政治屋が定期的に出席する談笑を報告しなかった。

その傾向は、すでに、私達がドイツの昨年の会議の期間全体を見ていたより多くのリポートを送り出しているカナダメディアによって今回すっかり逆転した。

これらは世界とメールだけでなくオタワ市民によるいくつかの断片を含み、Ottawa Sun. Aカナダ人プレス記事はまた全国的にたくさんの違うアウトレットに配信されている。

一握りの別個のリポートはまたBilderbergセキュリティの要求のカナダ出入国管理当局によるアレックス ジョーンズの厳しい15時間の留置をカバーした。

カナダメディアは、それらの仕事--愛玩用の小犬アメリカ人メディアを赤面させる--事をし、地政学のコースを操縦するけれどもいくらかは民主主義の監督なしで動作する組織の上のスポットライトを照らすことに関して賞賛されるべきである。

この著しい変化が来年のミーティングに留まるかどうか、どれくらい前にグローバルな犯罪のエリートのこそこそ逃げるヘッドピンが、辺鄙な私的な島に関して彼らの暗い取り引きを結ぶことを強制されるか?

2006年のBilderberg参加者リストは発表されていて、その名前は、「ニューヨークの知事ジョージパタキ、イラクのアフマドChalabiの副総理大臣、コカコーラのトップ、クレディ・スイス、カナダロイヤル銀行多くのマスメディアの権力者とスペインとギリシャからの閣僚、」を含む。

デイヴィド・ロックフェラー正会員、オランダのヘンリー・キッシンジャー、およびベアトリックス女王はまたと同様に出席、「Jorma Ollila、ロイヤルダッチシェルの会長、エギルMyklebust、スカンジナビア航空、世界銀行の社長ジェームズWolfensonの会長、およびフランク・マッケンナ(米国の前ニューブランズウィックの主要で、」前「カナダの大使」)にいる。

オタワ・サンが、投票を尋ねている読者の意見は 34%の大多数は、それがオイル価格および25%であると思い 恐怖の戦争 、彼らが議論の主要なトピックと考えるものは、今年Bilderbergにある。

それはまたアレックス ジョーンズを引用し、彼のきびしい試練をカナダ移民団と議論する。

「これらの男は秘密を愛している--一緒に合流し、方針を設定している地球上の最もエリートの人々は125人」とジョーンズは言った。

「それは邪悪である--世界政府、グローバルな課税」。

「ここの課題において、彼らはイランへの攻撃を討論している(急迫)」。

リムジンの群団のそれにおける彼の到着に続くことは識別のために‘B’によってタグを付けて、オタワ市民はアーチ新保守主義戦争挑発者リチャード・パールに接近し、特に、出席する産業からの大量の担当者を考慮している原油価格に関連して、Bilderbergが世界方針のコースを導くかどうかの問題について、彼に挑んだ。

「それがしたならば、私はオイル先物で取引しているであろう」とパールはニヤケた。

事実は、Rottach-Egern、Bilderberg発光体‘予測される’の昨年の会議の間に、オイルにおけるドラマチックな上昇が価格設定することである。

1年前、オイルは1つの樽あたり40ドルを示していた - さて、それは70ドルである。

BBCはまた、その後のEU共同市場とユーロが独創的にBilderbergの頭脳の産物であったことを示して、1950年代に遡るBilderberg文書をむきだしにした。

パールは前のカナダ総理大臣ジャン・クレティエンに、2003年に軍をイラクの中に派遣しないので彼を激しく責めた後に、大量破壊兵器が見つかった時に、彼が当惑するであろうと言った。

別個のオタワ・サン・リポートは、Bilderbergのホテルを浸透させる大胆なレポーターの試みの興味をそそるストーリーを伝える(それは一般大衆の一員に閉ざされていて、警察と私的なセキュリティ会社グローバル・リスク社の両方によって保護される)。

オタワ警官は、ホテルの近くで許される前にグローバル・リスク役員に自身を識別する必要がありさえする。

何がするか(どのようにかについて、それがあなたに、Bilderbergが、私達の残りがしばられる法律の上のそれらの権限を置くと言う)?

別のアイアン・ホース・セキュリティ会社は、ホテルの裏口を守り、彼らが、この時のために黒いスーツを買うように命じられて葬式からたった今到着したように見えるために使用される。

アレックスジョーンズとチームは現在適所にいて、より深く、Bilderberg課題が、次の年であるためにシェイプアップしているものを掘り抜く用意ができている。

週末にわたって続くより多くのリポート。

関連する:

Bilderbergアーカイブ

この記事についてコメントしなさい。



社会主義

SOCIALISM

?




To achieve world government, it is necessary to remove from the minds of men their individualism, loyalty to family tradition, national patriotism, and religious dogmas....We have swallowed all manner of poisonous certainties fed us by our parents, our Sunday and day school teachers, our politicians, our priests....The reinterpretation and eventual eradication of the concept of right and wrong which has been the basis of child training, the substitution of intelligent and rational thinking for faith in the certainties of old people, these are the belated objectives...for charting the changes in human behavior.


Brock Chislholm, 1959 Humanist of the Year and former head of World Health Organization, in the February 1946 issue of Psychiatry








--------------------------------------------------------------------------------


One cannot permit submission to parental authority if one wishes to bring about profound social change....In order to effect rapid changes, any such centralized regime must mount a vigorous attack on the family lest the traditions of present generations be preserved. It is necessary, in other words, artificially to create an experiential chasm between parents and children to insulate the latter in order that they can more easily be indoctrinated with new ideas. The desire may be to cause an even more total submission to the state, but if one wishes to mold children in order to achieve some future goal, one must begin to view them as superior, inasmuch as they are closer to this future goal. One must also study their needs with care in order to achieve this difficult preparation for the future. One must teach them not to respect their tradition-bound elders, who are tied to the past and know only what is irrelevant.


Warren Bennis and Philip Slater in The Temporary Society (1968)








--------------------------------------------------------------------------------


I am very much afraid that schools will prove to be great gates of hell unless they diligently labor in explaining the holy Scriptures, engraving them in the hearts of youth. I advise no one to place his child where the Scriptures do not reign paramount. Every institution in which men are not increasingly occupied with the Word of God must become corrupt.


Martin Luther, Father of the Protestant Reformation








--------------------------------------------------------------------------------


I am convinced that the battle for humankind's future must be waged and won in the public school classroom by teachers who correctly view their role as the proselytizers of a new faith... The classroom must and will become an arena of conflict between the old and the new; the rotting corpse of Christianity, together with all its adjacent evils and misery, and the new faith of Humanism...


The Official Journal of the American Humanist Association (1983)








--------------------------------------------------------------------------------


Every child in America entering school at the age of five is insane because he comes to school with certain allegiances toward our founding fathers, toward our elected officials, toward his parents, toward a belief in a supernatural being, toward the sovereignty of this nation as a separate entity. It's up to you as teachers to make all of these sick children well, by creating the international children of the future.


Dr. C.M. Pierce of Harvard University in a speech to teachers (1973)








--------------------------------------------------------------------------------


When an opponent declares, "I will not come over to your side," I calmly say, "Your child belongs to us already...What are you? You will pass on. Your descendants, however, now stand in the new camp. In a short time they will know nothing else but this new community."


Adolf Hitler in a speech given on November 6, 1933, The Rise and Fall of the Third Reich by William Shirer








--------------------------------------------------------------------------------


...the first condition for the liberation of the wife is to bring the whole female sex back into public industry, and this in turn demands the abolition of the monogamous family as the economic unit of society....With the transfer of the means of production into common ownership, the single family ceases to be the economic unit of society. Private housekeeping is transformed into a social industry. The care and education of the children becomes a public affair; society looks after all children alike, whether they are legitimate of not. This removes all anxiety about the 'consequences,' which today is the most essential social - moral as well as economic - factor that prevents a girl from giving herself completely to the man she loves. Will not that suffice to bring about the gradual growth of unconstrained sexual intercourse and with it a more tolerant public opinion in regard to a maiden's honor and a woman's shame?"


Friedrich Engels, colleague of Karl Marx, wrote in his work The Origin of the Family, (late 1800's)








--------------------------------------------------------------------------------


The most merciful thing a large family can do to one of its infant members is to kill it.


Birth control appeals to the advanced radical because it is calculated to undermine the authority of the Christian churches. I look forward to seeing humanity free someday of the tryanny of Christianity no less than Capitalism.


The masses of Negroes...particularly in the South, still breed carelessly and disasterously, with the result that the increase among Negroes, even more than among whites, is from that portion of the population least intelligent and fit...


The most successful educational approach to the Negro is throgh a religious appeal. We do not want word to go out that we want to exterminate the Negro population, and the Minister is the man who can straighten out that idea if it ever occurs to any of their more rebellious members.


Statements by Margaret Sanger, the founder of Planned Parenthood from her writings in The Woman Rebel, Woman and the New Race, and Negro Project as quoted in Killer Angel by George Grant








--------------------------------------------------------------------------------


[Margaret Sanger called for] the elimination of "human weeds", for the "cessation of charity" because it prolonged the lives of the unfit, for the segregation of "morons, misfits, and the maladjusted", and for the sterilization of genetically inferior races.


George Grant, ibid.


社会主義

人の行動の変化をチャートで示す…ために、高齢者の確信、これらは遅れた目的である。

ブロックChislholm、その年の1959年の人道主義者、および精神医学の1946年2月号の中の世界保健機構の前のトップ

--------------------------------------------------------------------------------

深い社会的なchange....In order toを引き起こす1つの希望が急速な変化をもたらすならば、人は親権への提出を許すことができなく、現在の世代の伝統が保存されないように、そのような集中化した政権は家族への強力な攻撃を仕掛けなければならない。

彼らがより容易に新しいアイデアを教え込まれることができるために、人工的ですなわち、後者を絶縁するために両親と子供の間で経験的な裂け目を作成することは必要である。

欲望は、状態によりいっそう全体の提出を起こすことであるかもしれないけれども、人が、ある未来の目標を達成するために子供を作りあげることを望むならば、彼らがこの未来のゴールにより近いので、人は、彼らを優れるとみなしはじめなければならない。

人は、また、未来のための、この難しい準備を達成するための注意を持つそれらのニーズを勉強しなければならない。

人は、過去に縛られて、何だけが無関係であるかを知っているそれらの伝統に縛られた年長者を尊敬しないことを彼らに教えなければならない。

一時的な社会(1968年)のウォレンBennisとフィリップ・スレーター

--------------------------------------------------------------------------------

残念ながら、とてもそれらを若者の心臓に刻み付けて、教典を説明することのために、それらが勤勉に働かない限り、学校が、大きな地獄の門であると判明するようである。

聖書が最高に君臨しない所で、私は誰にも、彼の子供が誰だか思い出すようにアドバイスしない。

人がキリストでますます手一杯でないすべての組織は堕落しなければならない。

マルティン・ルター(プロテスタント宗教改革の父)

--------------------------------------------------------------------------------

私は、人類の将来のための戦いが、正しく、彼らの役割を新しい信条の改宗させる人とみなす先生によって公立学校教室で遂行されて、勝利に終わらなければならないことを確信する…

教室は老人と新しいものの間で衝突のアリーナにならなければならず、であろう;

すべてのその隣接した害悪とみじめさとともにキリスト教の腐敗死体と人本主義の新しい信仰…

アメリカの人本主義的な協会(1983年)の公式なジャーナル

--------------------------------------------------------------------------------

彼が私達の創始者に、私達の選ばれた役員に、彼の両親に、超自然の存在での信念に、別個のエンティティとしてのこの国家の主権に一定の忠誠と一緒に学校に来るので、5歳のアメリカの入る学校のすべての子供は非常識である。

未来の国際的な子供を作成することによってこれらの病気の子供をすべてによくすることは先生としてあなたに任せられている。

先生(1973年)へのスピーチにおけるハーバード大学のC.M.ピアース博士

--------------------------------------------------------------------------------

相手が、「私はあなたの側に来ない」と宣言する時に、私は静かに、「あなたの子供はすでに私達のものである...あなたは何であるか?」と言う。

あなたは転嫁するであろう。

しかし、あなたの子孫は現在新しいキャンプで立つ。

「短い時間に、彼らはこの新しいコミュニティ以外の他に何も知らないであろう」。

1933年11月6日にされたスピーチにおけるアドルフ・ヒトラー(ウィリアム・シャイラーによる第三帝国の上昇と落下)

--------------------------------------------------------------------------------

... 妻の解放のための最初の条件は、全体女性性を公的な産業に帰する必要があり、これは、社会....Withの経済のユニットとして一夫一妻制のファミリーの廃止を次々要求し 共通の所有権への生産手段の転送 、単一のファミリーは、社会の経済のユニットであることを止める。

私的な家計は社会的な産業に変換する。

子供の世話と教育は公立の事柄になる;

それらが嫡出で notのof かどうかにかかわらず社会はすべての子供の世話を同様にする。

これは、‘結果’(それは今日、社会的な--道徳的であることだけでなく経済のもの--最も多くの必須事項が因数分解すること(それが、女の子が、彼女が愛している人に完全に没頭することを妨げる)である)についてのすべての心配を取り除く。

「それは、無連結式の性行為とそれを持つ、少女の名誉と女性の恥辱についてのより寛大な世論のゆるやかな成長を引き起こすために十分でないであろうか?」

フリードリヒ・エンゲルス、カール・マルクスの同僚は彼の仕事においてファミリー、(1800年代末)の起源を書いた。

--------------------------------------------------------------------------------

大家族がその幼児のメンバーの1人にすることができる最も慈悲深い事は、それを殺すことである。

キリスト教教会の権限を徐々に蝕むことが計算されているので、産児制限は高度な過激派にアピールする。

私は、人類がいつか資本主義より全然少なくないでキリスト教のtryannyから解放する見を楽しみにしている。

特に南…の黒人の庶民はまだ不注意で、disasterously育ち、従って黒人の間の増加が白人の間よりいっそうもっと最も知的でなく、適当な人口のその部分からである…

黒人への最も成功した教育的なアプローチは、修道士が訴えるthroghである。

私達は、私達が、黒人の人口を根絶したいという、外出する言葉を望んでいなく、それがいつかそれらのより反抗的なメンバーの誰の頭にでも浮かぶならば、大臣は、そのアイデアをまっすぐにすることができる人である。

マーガレット・サンガー(女性反逆者、女性、および新しいレースの中の彼女の文書からの家族計画とAngel殺人者の中でジョージ・グラントによって引用されるような黒人プロジェクトの創立者)によるステートメント

--------------------------------------------------------------------------------

「人の雑草」の、それが不適当なもののライフを延長したことによる「慈善活動の休止」のための、「魯鈍、不適合、および不適応なもの」の分離のための、そして遺伝的に劣ったレースの殺菌のための[連れに来られたマーガレット・サンガー]、除去。

ジョージ・グラント、同じ本

グローバル・ガバナンス

? Global Governance

Marches Forward

September/October, 1997 eco*logic




Response to the term "global governance" engenders either hope or fear among Americans. Many people including billion-dollar Ted Turner see global governance as a new opportunity for peace and prosperity around the world; others see the loss of individual freedom, property rights, national sovereignty and ultimately, inescapable oppression. Few, however, understand what global governance is, how it operates, or what its ultimate impact may be.


Global governance differs from previous attempts to establish world government: there is no marauding military force marching behind a modern day Hitler, nor will question be put to a vote by a "league" of nations. Global governance is simply being constructed by an incredibly small number of people who have developed an ingenious strategy and structure to achieve objectives that have been pursued for centuries.


There is no conspiracy. Throughout most of the 20th century, the strategy evolved in secrecy among individuals and organizations that are now readily identifiable. The "conspiracy theories" advanced in the past are now all put to rest by the publication of dozens of official United Nations documents which lay bare both the argument for global governance, and the plan by which it is to be achieved. Indeed, many people of the world can draw hope from the emergence of global governance because its primary objective is to provide "security" for all people of the world. Global governance aspires to provide to every person on earth security from threat of war, environmental degradation, and from the injustice of poverty, intolerance, and disease. The oppressed people of the world surely take great hope from such noble aspirations. The central theme of global governance is embodied in the concept of "sustainable development:" the integration of economic activity with social justice and environmental protection.


The United Nations is neither the instigator of the strategy nor the architect of the structure. Those honors fall to three international NGOs (non-governmental organizations): the International Union for the Conservation of Nature (IUCN); the World Wide Fund for Nature (WWF); and the World Resources Institute (WRI). A part of the Structure is a system of accreditation by the UN for consultation with NGOS. Of course, these three NGOs are fully accredited by the UN, and, in fact, operate programs jointly with the UN and publish major documents under joint authorship. Membership of the IUCN includes more than 100 government agencies (the U.S. State Department contributes more than $1 million annually to the IUCN), as many sovereign nations, and 550 other NGOS, such as the Sierra Club, the National Wildlife Federation. The Nature Conservancy, and most of the other mainstream environmental organizations, many of which have independent UN accreditation or are granted benefits of accreditation by virtue of their affiliation with accredited NGOS. The concept of accreditation was pioneered by the IUCN, which successfully lobbied the UN to adopt ECOSOC Resolution 1296, May 23, 1968, authorizing the participation of accredited NGOs. Maurice Strong defined the role NGOs play, originally in preparation for the first Earth Summit in 1972, of which he served as Secretary General. Strong, more than any other individual, shaped the role of NGOs in UN activity by serving on the boards of the IUCN, the WWF and currently as Chairman of the WRI. While concurrently serving on the board of the Rockefeller, and other foundations, and serving several administrative capacities with the UN including the position of Executive Director of the United Nations Environment Programme -Strong maximized the influence of NGOS, both in policy development and policy implementation. By coordinating the lobbying, litigation, and public relations activities of the local affiliates of accredited NGOS, policies developed by the UN were readily adopted by national governments. The growth in influence of environmental organizations between 1970 and 1990 was phenomenal and no accident. It was the result of carefully crafted strategies, coordinated tactics, and targeted funding by private foundations and the federal government. Accredited NGOs are the principal instrument of both the development and implementation of global governance.


Proponents need no marauding armies, nor do they need to risk rejection of their policies by the U.S. Congress or other elected bodies of government. They have learned how to achieve their objectives without armies while by-passing those people who were elected to make public policy. The great dangers of global governance lie in both the policies, and in the process by which those policies are implemented, The policies of the United Nations are, in fact, the policies of the NGOs that drive the UN agenda. The UN is the mechanism through which those policies are given official status through international treaties and "soft law" documents such as Agenda 21, the UN Declaration on Human Rights, the Earth Charter, and dozens of "Plans of Action" adopted by various UN conferences, commissions, and working groups.





~省略~


??

グローバル・ガバナンス

前へ行進

9月/1997年10月のエコ*ロジック

アート ウルフによる写真

用語「グローバル・ガバナンス」への反応はアメリカ人の間で希望または恐怖のどちらかを生んでいる。

10億ドルのテッド・ターナーを含む多くの人々はグローバル・ガバナンスを世界中の平和と繁栄のための新しい機会と考える;他は個々の自由、財産権、国家主権、および最終的に不可避の抑圧の損失を見る。

しかし、ほとんどは、グローバル・ガバナンスが何であるか、どのようにそれが動作するか、またはその究極のインパクトが何であるかもしれないかを理解していない。

グローバル・ガバナンスは、世界政府を設立する前の試みと異なる:現代ヒトラーの後ろで行進している軍事力を略奪することが、不可能で、また、問題は国家の「リーグ」によって票で決められないであろう。

グローバル・ガバナンスは、単に数世紀追跡されている目的を達成するために巧妙な戦略と構造を開発した信じられないほど少数の人々によって構成されている。共謀が全然ない。

20世紀のほとんどにわたって、現在、すぐに同一視可能な個人と組織の間で、戦略は秘密において発展した。過去に高度な「陰謀説」は、現在すべて、グローバル・ガバナンスのための議論とそれが、達成されることになっている計画の両方をむきだしにする数十の公式な国連文書の出版によって休息に置かれる。

実に、その主要な目的が、世界のすべての人々に「セキュリティ」を提供することであるので、世界の多くの人々は希望をグローバル・ガバナンスの出現から引くことができる。

グローバル・ガバナンスは、戦争、環境の悪化の脅威から、そして貧乏、不寛容さ、および病気の不正から地球セキュリティの上のすべての人に提供することを熱望している。世界の圧迫された人々はきっと大きな希望をそのような高潔な熱望から取り去る。グローバルな管理の中心的なテーマは、「持続可能な開発:」の概念に具体的に示される 社会的な公正と環境保護との経済活動の統合 。

国連は戦略のアジテーターや構造の建築家のどちらでもない。


それらの光栄は3つの国際的なNGO(非政府組織)に降りかかる:自然保護(IUCN)のための国際労働組合;

世界自然保護基金(WWF);そして世界資源研究所(WRI)。構造の一部はNGOSとの相談のために国連による認定のシステムである。もちろん、これらの3つのNGOは国連によって十分に基準を満たされて、実のところ、国連によって一緒にプログラムを操作し、共同の出所の下で主要な文書を出版する。

IUCNのメンバーシップは、多くの主権を有する国家としての100を超える政府機関(米国の州部門は100万ドルより多くを毎年IUCNに寄与している)とシエラ・クラブ、全国的な野生生物同盟などの550の他のNGOSを含む。自然管理委員会と他の主流環境組織のほとんど(それの多くは独立なUN認定を持っているか、信用状を与えられたNGOSとのそれらの入会のため認定の利点を与えられる)。

認定の概念はIUCNによって開拓された(信用状を与えられたNGOの参加を認可して、1968年5月23日ECOSOC解像度1296を採用するために、それは首尾よく国連に圧力をかけた)。

モーリスは強く、NGOが果たす役割を元来1972年の最初の地球サミットの準備で定義した(それのうちの、彼は事務局長として勤務していた)。強く、どのような他の個人よりももっと、IUCN、WWFの取締役会の上で勤務することによって、そして現在WRIの会長として、UN活動においてNGOの役割を具体化した。

ロックフェラーのボードと他の基礎の上で同時に勤務し、勤務している間に、国連環境計画-激しいものの常勤取締役のポジションを含む国連を持ついくつかの管理の資格は政策策定と政策の実施の両方の中でNGOSの影響を最大化した。信用状を与えられたNGOSのローカルな系列会社の運動をし、訴訟、および広報の活動を調整することによって、国連によって開発された方針はすぐに政府によって採用された。

1970年と1990年の間の環境の組織の影響における成長は驚異的で、全然、事故ではなかった。

それは慎重に精密につくられた戦略の結果であり、戦術を調整し、私立財団と連邦政府によって出資を目標とした。信用状を与えられたNGOはグローバル・ガバナンスの開発とインプリメンテーションの両方の主要な機器である。提案者は略奪軍隊が全然必要でなく、また、彼らは、米国議会による彼らの方針の拒絶または政府の他の選ばれたボディを思い切ってやってみる必要がない。

通過することによるそれらが植民する間、彼らは軍隊なしでどのようにそれらの目的を達成するかを学んだ(それが、方針を公表するために選ばれた)。

グローバル・ガバナンスの大変な危険は、両方とも方針とそれらの方針が実のところ実施されて、国連の方針が、UN課題を動かすNGOの方針であるプロセスにある。

国連は、それらを通して、国際協定とアジェンダ21、人権の上のUN宣言、地球憲章、および様々なUN会議、委員会、およびワーキンググループによって採用された「行動計画」数十などの「ソフト・ロー」文書を通して方針が与えられた公式なステータスであるメカニズムである。

グローバル・ガバナンスのプロセスは世界の社会的な構造を改革している。

社会政策が現在の独裁者によって設立される多くの国で、グローバル・ガバナンスのプロセスは喜ばしい選択肢であるかもしれない。America.などの立憲共和国で、プロセスは、世界の歴史における社会の進歩において最も大きな進歩を引き起こしたGovernance自身の証明された原則の拒否である。

米国政府は、アメリカを示した自身の政府の原則を採用するために国際社会に影響するために働いているべきである;代わりに、米国政府は、さまざまな名前の下で一貫して失敗した管理の原則を採用するためにアメリカ市民に影響するために働いている - 歴史を通して。グローバル・ガバナンスの第一原理は中央集権である - パワーを分権化すると主張する間。グローバルな社会政策を開発するパワーは信用状を与えられたNGOと国連の間ですでにパートナーシップに集中されている。

グローバルな社会政策を発音するパワーを2つの地球サミット--わずか20年での--の間で発展させることはアジェンダ21、気候変動における生物多様性保全条約、および枠組会議(リオデジャネイロでの1992年の地球サミットのすべての製品)において十分に示される。

グローバルな方針を実施する中央集権は、主として、信用状を与えられたNGOコミュニティの調整機能とIUCNメンバーシップを保持する様々な政府と政府機関を通してまた設立される。

アジェンダ21の急速なインプリメンテーションはNGOコミュニティと政府機関の間でかなりの統合なしで起こったはずがない。地球審議会(リオ会議の少し後で強くモーリスによって作成されて、統轄された国際的なNGO)は180の国家の中で持続可能な開発の上の全国的な協議会の作成を促進し、調整した。

アジェンダ21を実施するためにIUCNと提携した信用状を与えられたNGOと連邦機関との作動ハンド・イン-グラブは米国(持続可能な開発の上の大統領"s協議会)にある。

グローバルな方針を実施する中央集権はまだ完全に発展させられない。

世界貿易機関(WTO)は、強制パワーを国連に集中することへの最も重要なステップである。

WTOは、国家の中で国家に対する、そして個々の産業に対する通商制裁を実施するパワーを持っている。

WTOチャーターは、環境の条約、および彼のもの 気候変化交渉者 温室効果ガス排出削減を米国および他の先進国に強制するための可能なメカニズムくらいの により活動的に議論される を実施する能力を暗示している、新しい強制メカニズムは、政府からの干渉なしでどのような加盟国の主権を有する境界の中ででも調査することについて権限を与えられるであろう検察のパネルによってサポートされて、国際刑事裁判所を含む.として造られている。軍縮会談は、究極の目的が、タイルUNの権限の下で製造のコントロールとすべての軍需品の配布を置くことである状態で続行する。

強制パワーを集中化することにおいて、世界軍隊は、UN事務局長の指揮の下で、最終ステップである。

施行パワーが集中化するまで、国内法令と施行メカニズムは1969年の国家環境政策法以来制定された環境の立法のサード・パーティー訴訟供給を通して利用される - NGOSによって導入されたテクニック。

民主主義の参加を拡張すると主張する間に、グローバル・ガバナンスの別の原則は、政策プロセスへの参加を制限することである。独裁者の規則に支配されて、政策策定への参加を全然持っていないそれらの人々のために、UNプロセスは再び喜ばしい選択肢であるかもしれない。

アメリカで、協力的な合意プロセスと婉曲的に呼ばれるプロセスは後方に主要なステップである。

参加する 方針プロセス ために選ばれた持続可能な開発、連邦政府、および信用状を与えられたNGOのs協議会大統領"により採用されたのはプロセスである。

アジェンダ21は、拘束力がない「ソフト・ロー」が、国連決議の保護の下で3つの主要な国際的なNGOSとそれらの系列会社によって開発されて、人命の事実上すべての面を含んでいるのが政策提言の大規模なコレクションであると記述することである。持続可能な開発の上の大統領の協議会は、信用状を与えられたNGOS、連邦機関、および産業を表すことと評される数人の個人から慎重に選ばれた担当者から成って、アジェンダ21の方針をアメリカ化することに3年を費やし、今、方針を開発するのを手伝った連邦機関によって大きな範囲まで出資された全国的なキャンペーンを通して地方レベルでそれらの方針を実施しているところである。PCSD自身の非常に寛大な見積りは、約5000人の人々がその仕事に続いていたことである。

ずっと少数の人々は実際仕事を引き起こした。

10人の人々としてほとんどとして、最も、誰のうちの、信用状を与えられたNGOを生み出す状態でPCSDスタッフまたは連絡のどちらかが持続可能なアメリカ、新しい合意という表題を誇らしげに付けられた仕事ではない。議会は、土地を横切って実施されている国策の開発について役割を全然果たさなかった。

アメリカ政府は、個々の自由を最大化し、個々の譲渡できない権利を守るようにデザインされた。

統治は、個人が自身のために実行することができなかったそれらの具体的な列挙された機能を実行することを課された。国防、フェアのシステム、および公平な法廷に加えて、新しいアメリカ政府は改めて社会政策の開発のためにプロセスを作成した。社会政策は、アメリカで、選ばれた代表を通して人々の希望から上がるべきである。矛盾アイデアは、自由で、オープンな討論を通して決定されていて、選挙民に責任がある役員の公的で、記録された票によって最終的に決められるべきである。プロセスは、参加することを望むすべてに開いている。プロセスは非能率である。それはカタツムリ"sペースで騒々しく、騒々しく、政治的圧力社会政策進歩に左右される。しかし、プロセスは多くの軽率さを取り除き、人が、その時産出することが可能であることに注意を払う最善の策を作り出す。最も重要なこととして、彼らが、社会政策を変更することを望むならば、プロセスは彼らの選ばれた役員に選挙民に直接責任と依頼を提供する。

新しい政策策定プロセス協力的な合意形成はもっとずっと効率的である。それはもっとずっと整然としている。しかし、新しいプロセスは私達の憲法によって必要とされている2つの最も重大なテストに失敗する:

方針は彼らの選ばれた代表を通して制御された人々から上がらない;そしてまた、政策立案者は選挙民に対して責任がない。新しい政策策定プロセスは信用状を与えられたNGOの国際社会によって開発された方針から始まる。PCSDはアジェンダ21と単にAmericanizedによってその言語を開始した。

構成した希望への、「方針を実施するために、連邦政府のエージェンシーが土地を横切って動く時に、選ばれた政府機関は体系的にバイパスされて、インプリメンテーションは選ばれた役員のためというよりも選ばれた役員にもかかわらずもたらされる」反応。どの選ばれた政府機関がバイパスされるかによるプロセスは巧妙である。主流環境組織、またはその系列会社が、単一のプロジェクトに取り組むために特に作成された新しい組織であるかもしれないので、NGOは、 連邦政府〈選ばれたNGOと共同して働いてアジェンダ21方針のインプリメンテーションのためのコミュニティまたは領域を目標とする〉のエージェンシー 識別可能であるかもしれない。NGOは地元の住民の"sイニシアチブの外観を与える。しばしば、原点組織に見せかけているほとんどのプロフェッショナルだけではないNGOは一般に、連邦の補助金の約束によって参加することを説得される役員または州政府を募集するであろう。他のNGOと有力な市のリーダーは、よりよい持続可能なコミュニティの空想を発展させるプロセスを開始するために「visioningまたは賭金保管人」協議会の会合をサポートするために私的に募集される。そこのIfは、偶然、NGOの目的との同情を示したローカルな選ばれた役員であり、その人は、政府のサポートの外観を与えるために募集される。

しばしば、選ばれた役員はプロセスの最後の最後まですっかり無視される。合意プロセスを使って、召集者は、課題を明らかにし、意見の相違を取り除くようにデザインされた一連の運動を通して招待客の慎重に選ばれたグループを導くために訓練された世話役を採用するであろう。プロセスのこのフェーズは「生産能力造成」と呼ばれる。このフェーズの当面の目標は、コミュニティの中で賭金保管人の合意を表すと言われることができる計画文書を開発することである。

現実において、計画は、通常召集者の目的との既知であることのまたは疑われている協定に基づいて、参加することに選出されたそれらの興味だけを表している。計画の地理上の区域はたいてい複数の行政区を取り巻く。これは、方針提案を行政体に持って行くことというよりも選ばれたグループの活動を正当化する必要な要素である。アジェンダ21と持続可能なアメリカ:新規合意 作成 境界を超える "協議会 of" " を特に要求する 。プロセスの第1段階が完成に近づく時に、メディアは、計画文書の中で表現された目的への公的な支持を築きはじめるために言い寄られる。一般大衆が最初に、社会政策が、選挙民に対して責任がない自己推薦の個人によってそれらのために公式化されていることに気づくのはこの時点でである。

プロセスが展開する時に、連邦の補助金は約束されて、頻繁に、高官は、協議会の仕事を承認することを求められる。アイデアは、メディアを通してとても多くの公的支援を生成することであるので、選ばれた役員は、イニシアチブに質問するか、反対することを恐れている。数人の勇敢な選ばれた役員は、強力なNGOSとメディアによって公然と嘲笑されるためだけにプロセスに抵抗した。協定と他の機器の覚書を通して、協議会は、計画エリアの中で動作している政府機関の間で計画においてアドレスされた活動を「調整する」権限を確保する。途中で、連邦と基礎の補助金として適格になるために、協議会自身は非営利NGOとしてどこかに通常組み入れる。プロセスがこのポイントに到着したら、国連のアジェンダ21のインプリメンテーションはよく航行中である。連邦政府と信用状を与えられたNGOがアジェンダ21を忙しく実施している間中、彼らはできて、しばしば、方針が国連と関係がないと言う。

彼らは、国連が国策に関して権限を全然持っていなく、国家主権が犯されていないと事実として言うことができて、さらに、彼らは、一連の公開の会合を指し示し、いわゆる透明な民主主義のプロセスに関与したさまざまな「公共の利益グループ」を識別することができる。結果は、効果的に、選ばれた行政体を迂回するUN方針のインプリメンテーションである。グローバル・ガバナンス支持者は、すべての人々が戦争の脅威がなく、満たされている基本的な栄養上のニーズを少なくともその時持つと保証されている世界と適正な住宅を想像する。UN方針文書は、すべての人々が、この「セキュリティ」に「右」と不寛容さと差別がないクリーンで、健全な環境と「右」への「右」を持っていると断言する。しかし、政府によって与えられたこれらの「権利」は、政府命令として動くために「責任」と一緒に来る。結果は管理された社会である。世界のほとんどが住んでいる条件を与えられて、なぜ世界のほとんどが熱心にグローバル・ガバナンスの到着を待つかを理解することは容易である。ほとんど何も持っていない多くの人々は、食物と避難所のセキュリティを持つために管理されるアイデアを歓迎する。ヨーロッパとスカンジナビア国じゅうに、政府は雇用喪失、飢え、およびホームレスに対してそれらの市民により多くのセキュリティを提供している。CBSの60分は最近ノルウェーと社会正義のそれらのシステムを特徴とした。ノルウェー - 決して、共産主義圏の一部は、民主国家であると考えられない。しかし、政府のその形態はアメリカでの民主主義と大いに違う。ノルウェーに、労働者は、子供誕生のために42週間仕事を休むオプションを持っている - および、完全な給料を受け取りなさい。

または、彼らは、彼らの給料の80パーセントで52週間休みをとることに決めることができる。

すべての医療費は状態によって支払われる。教育は自由である。補助金は住宅から注文生産の自動車用の座席までのすべてのために政府から入手可能である - および、自動車と彼らに手術を行うお金のために:犯罪発生率は、ほとんど存在しない誰も、何も盗む必要がないことであり、彼らは単に政府に、彼らが望んでいる何でもを申し込む。彼らが、それらのニーズを満たすであろう管理のシステムを切望して捜す必要があるより少しを持っているアメリカを含む他の国の人々。グローバル・ガバナンスは、地球の上のすべての人にそれらのニーズを提供することに努める。どのようにノルウェーはそれをするか?

ノルウェーとヨーロッパの他の社会民主主義がそれをすることができるならば、なぜ私達は国連の情け深い保護の下で世界を社会民主主義に変換しないべきであるか?

アジェンダ21、および関連したUN文書の分析により、実のところ持続可能な開発の概念がそれ"のフォームのための新しい名前だけであるのが証明される ノルウェーの効果の政府 社会民主主義 。

1980年代の間のノルウェー、グローバルな持続可能な開発の概念を導入した1987年のブルントランド委員会の椅子、および概念がアジェンダ21において採用された1992年のUNCEDの代理椅子のグロー・ハーレム・ブルントランの、総理大臣は強く、グローバル・ガバナンスに世界にかかっている方向に影響した。

誰のデータが受け入れられるかに依存して、ノルウェーの税金は収入の60と70パーセントの間に世界で最も高いものの間にある。株主のためではなく富を平均化するために状態に収益を提供するために、産業は働く。UN言語において、これは、「公平に資源の利点を分担する」と呼ばれて、この公平の受領者は強く、富を再分配するアイデアをサポートする;全然プロバイダーに、ノルウェーと他の社会民主主義に選択の余地がない。システムによって間違って、それらに必要なものによって、それは誰にでもそうどんな"sを提供するか?たくさん。そのようなシステムは持続可能でない。ソビエト連邦は豊富な証拠を提供する。

強いブルントランドとモーリスなどの社会党員の純粋主義者、ロシアリーダーシップが欲張り、堕落したと反論しなさい。Duh..それはポイントまたは彼らの1人である。

政府ができない時に、政府の援助に中毒状態になる市民に、何が起こるかまたは、手に外出し続けないであろうか?市民は矯正のために誰に向くか?そして、政府が外に手に続くことができない時に、時間はくるであろう。よりたぶん、政府が外でしないであろうし、手に続いている時に、時間は最初にくるであろう。

しかし、theがすることができない 必然的である。歴史的に、そのようなシステムの中で、増大(その中毒状態の市民の要求)に遭遇するために、政府は単により多くのお金をプリントする。

製造されたお金の各新しい満たしはマネーサプライ全体の価値を減じる。しばしば示されて、崩壊は必然的である。しかし、グローバルなシステムの中で、アメリカと他の資本家国家からそれらの富を消耗させることはでないにしても世紀以上数十年かかるであろう。世界の発展途上国はねえ、日を持ち、すばらしい国連再配分マシンを拝むであろう。グローバル・ガバナンスの拡大システムの下で、発展途上国は発展するであろうし、先進国は発展しないであろう。グローバル・ガバナンスの夢が実現する時に、アメリカは世界上昇の残りとして減少するであろう - 経済的均衡があるまで。Inは話さなく、それは「社会的な公平」と呼ばれる。

経済、環境、および社会正義の活動の統合は、「持続可能な開発」(それは、富の等しい分配を確実にする経済活動の政府統制にすぎない)である--一度呼ばれた社会主義。

ユーラシアエネルギー政策で側面に回らされるUSA?

USA out-flanked in Eurasia Energy Politics?




by F. William Engdahl



June 3, 2006

GlobalResearch.ca




Email this article to a friend

Print this article




Curiously and quietly the United States is being out-flanked in its now-obvious strategy of controlling major oil and energy sources of the Persian Gulf, Central Asia Caspian Basin, Africa and beyond.


The US’s global energy control strategy, it’s now clear to most, was the actual reason for the highly costly regime change in Iraq, euphemistically dubbed ‘democracy’ by Washington. George W. Bush restated his democracy mantra as recently as May 28 at the West Point military graduating ceremony where he declared that America's safety depends on an aggressive push for democracy, especially in the Middle East. ‘This is only the beginning,’ Bush said. ‘The message has spread from Damascus to Tehran that the future belongs to freedom, and we will not rest until the promise of liberty reaches every people in every nation.’


If the trend of recent events continues, it won’t be Bush-style democracy that is spreading, but rather, Russian and Chinese influence over major oil and gas energy supplies.


The quest for energy control has informed Washington’s support for high-risk ‘color revolutions’ in Georgia, Ukraine, Uzbekistan, Belarus and Kyrgystan in recent months. It lies behind US activity in the Western Africa Gulf of Guinea states, as well as in Sudan, source of 7% of China oil import. It lies behind US policy vis-à-vis Hugo Chavez’ Venezuela and Evo Morales’ Bolivia.


ユーラシアEnergy Politicsで側面に回らされるUSA?


F.ウィリアム・エングダールによって

2006年6月3日

GlobalResearch.ca

友人にこの記事にメールしなさい。

この記事をプリントしなさい。

奇妙なことに、静かに、米国は、ペルシャ湾(中央アジアカスピ海盆地、アフリカとを越える)の主要なオイルとエネルギー源をコントロールするその現在明らかな戦略の中で外への側面を接である。

米国のグローバルなエネルギー制御ストラテジー、それは最も多くに現在クリアで、ワシントンによって‘民主主義’と婉曲的に命名されたイラクの非常に高価な政権交代の実際の理由であった。

彼が、アメリカの安全が特に中東で民主主義について攻撃的な押しに依存することを言明した式典が段階別のウエストポイント軍隊で、ジョージ・W・ブッシュはつい最近の5月28日彼の民主主義マントラを再び述べた。

‘これはただの最初である’とブッシュは言った。

‘未来が自由に属しているというメッセージはダマスカスからテヘランに広がりを持っていて、自由の約束がすべての国家の中ですべての民族に達するまで、私達は休まない’。

最近の出来事の傾向が続いているならば、広がっているのはブッシュスタイル民主主義にならないであろうけれども、むしろ、主要なオイルとガスエネルギーへのロシアと中国の影響は供給する。

エネルギーコントロールの探求はここ数ヶ月ジョージア、ウクライナ、ウズベキスタン、ベラルーシ、およびKyrgystanでハイリスクの‘色革命’へのワシントンの支持に知らせた。

それはスーダン(中国石油輸入の7%のソース)のだけでなく西洋のアフリカギニア湾州での米国活動の後ろで横たわっている。

それはヒューゴ・チャベス‘ベネズエラとEvoモラレス’ボリビアと向かい合う米国方針の後ろで横たわっている。


In recent months, however, this strategy of global energy dominance, a strategic US priority, has shown signs of producing just the opposite: a kind of ‘coalition of the unwilling,’ states who increasingly see no other prospect, despite traditional animosities, but to cooperate to oppose what they see as a US push to control it all, their energy future security.


Some in Washington are beginning to realize they might have been too clever by about half, as is evident in recent public statements to both China and Russia, two nations whose cooperation in some form is essential to the success of the global US energy project.


Offending both China and Russia


Contrary to advice from older China hands, including former Secretary of State Henry Kissinger, architect of the Nixon 1972 opening to China, the White House denied visiting Chinese President Hu Jintao the honor of a full state dinner when he visited in April, serving instead a short lunch. Hu was publicly humiliated by a well-known Falun Gong heckler at the White House press conference and by other obvious humiliations. In other words, the White House welcomed Hu with a diplomatic slap in the face.


At the same time, Vice President Dick Cheney slapped Russia’s Putin, with the most open attack on its internal human rights policy as well as its energy policy in a speech in the Baltic state of Lithuania in early May. There, Cheney declared of Russia, ‘the government has unfairly and improperly restricted the rights of her people.’ He accused Russia of energy ‘intimidation and blackmail.’ Some days later, Secretary of State Condoleezza Rice reiterated that Russia should be ‘pressed’ on democratic reforms. Rice also slapped China in the face in March during a trip to Southeast Asia, calling China a ‘negative force’ in Asia.


Curiously, Washington has repeatedly accused China of ‘not playing by the rules,’ in terms of its oil politics, declaring that China is guilty of ‘seeking to control energy at the source,’ as though that had not been US energy policy for the past century or so.


The significance of taking aim simultaneously at both Russia and China, the two Eurasian giants, the one the largest investor in US Treasury securities, the other the world’s second most developed military nuclear power, reflects the realization in Washington that all may not be as seamless in the quest for global domination as originally promised by various strategists in and around the Bush Administration.


SCO takes on new weight


On June 15, member nations of the Shanghai Co-operation Organization, led by China and Russia, will reportedly invite observer, Iran, to full membership. That meeting will be held in Shanghai. Even if full membership is postponed as has been mooted, the fact remains that Russia and China both want to seal closer cooperation with Iran in Eurasian energy cooperation.


The Shanghai Cooperation Organization, SCO, was founded in June 2001 by China, Russia, Kazakhstan, Kyrgyzstan, Tajikistan, and Uzbekistan. Its stated goal was to facilitate ‘cooperation in political affairs, economy and trade, scientific-technical, cultural, and educational spheres as well as in energy, transportation, tourism, and environment protection fields.’ Recently, however, the SCO is beginning to look like an energy-financial bloc in central Asia consciously being developed to serve as a counter-pole to US hegemony.



In recent months their members have taken several potentially strategic steps to distance themselves from US dependence, both in energy as well as monetary dependence. A look at the map indicates the potential of an expanded SCO.


Russia’s energy geopolitics


In his recent State of the Union speech, President Putin announced that Russia is planning to make the Ruble convertible into other major currencies, such as the Euro, and to use the Ruble in its oil and gas transactions. The convertible Ruble is due to be introduced according to latest Russian statements, on July 1, 2006, six months before originally planned. Russia also has stated it plans to shift a share of its now considerable dollar reserves away from the dollar and that it will use $40 billion in US dollars to purchase gold reserves.


Russia’s state-owned natural gas transport company, Transneft, has consolidated its pipeline control to become the sole exporter of Russian natural gas. Russia has by far the world’s largest natural gas reserves and Iran the second largest. With Iran, the SCO would control the vast majority of the world's natural gas reserves, as well as a significant portion of its oil reserves, not to mention potential control of the Strait of Hormuz, the narrow corridor for a majority of Gulf oil tanker shipment to Japan and the West.


In late May it was reported that Russia and Algeria, the two largest gas suppliers to Europe, have agreed to increase energy co-operation. Algeria has given Russian companies exclusive access to Algerian oil and gas fields, and Gazprom and Sonatrach will co-operate in delivery of gas to France. Putin has cancelled Algeria’s $4.7 billion debt to Russia, and for its part, Algeria will buy $7.5 billion worth of Russian advanced jet fighters, air defense systems and weapons. Oh oh.


On May 26 Russian Defense Minister Sergei Ivanov also announced Russia will definitely supply Iran with sophisticated Tor-M1 anti-aircraft missiles, reportedly as a prelude to supply far more sophisticated weapons. Ouch.


Then, in one of the more fascinating examples of geopolitical chutzpah by Putin’s Russia in the area of energy, the Kremlin-controlled Gazprom gas monopoly has entered into quiet negotiations with Israeli Prime Minister Ehud Olmert through Olmert’s billionaire friend, Benny Steinmetz, to secure Russian natural gas supplies to Israel via an undersea pipeline from Turkey to Israel.


According to the Israeli paper, Yediot Ahronot, Olmert’s office has said it will support the Gazprom proposal. In several years Israel faces gas shortage from Tethys Sea drilling and soon gas from Egypt. Tethys Sea gas is projected to run dry in a few years. British Gas is in talks to supply gas from Gaza but Israel disputes BG right to drill. But even with Egypt and Gaza gas shortages are expected by 2010 unless Israel is able to find new sources. Enter Gazprom and Putin. The gas would be diverted from the underutilized Russia-Turkey Bluestream pipeline which Russia built for increasing influence over Turkey two years ago. Putin clearly seeks to gain a lever inside Israel over the one-sided US influence on Israel policy. Oyvey!




しかし、ここ数ヶ月、グローバルなエネルギー優越のこの戦略、戦略的な米国優先事項は、まさにその反対物を生産するきざしを見せた:

一種の‘不本意なものの連立’は、誰がますます伝統的な敵意にもかかわらず他の有望株に全然会わないかを述べるけれども、反対するために協力するために、彼らが米国と考えるものは、すべてのそれ、それらのエネルギー未来セキュリティをコントロールするために押す。

ワシントンのいくつかが、中国とロシア(いくらかのフォームにおける協力がグローバルな米国エネルギープロジェクトの成功に必須の2つの国家)両方に最近の公的なステートメントに表れているので、それらが約半分によって賢すぎたかもしれないことに気がつきはじめている。

中国とロシアの両方を傷つける

前の国務長官ヘンリー・キッシンジャー(中国へのニクソン1972年のオープニングの建築家)を含むより古い中国手からのアドバイスに反して、代わりに短い昼食を出して、彼が4月に訪問した時に、ホワイトハウスは完全な公式晩餐会の名誉を訪問中国総書記胡錦濤に許さなかった。

Huはホワイトハウス記者会見の有名なファルンのゴング邪魔者によって、そして他の明らかな屈辱によって公然と辱められた。

すなわち、ホワイトハウスは外交の顔面平手打ちによってHuを歓迎した。

同時に、ディック・チェイニー副大統領は5月初めのリトアニアのバルト海の状態におけるスピーチにおけるそのエネルギー政策だけでなくその内部の人権方針への最もオープンな攻撃によってロシアのプチンをたたいた。

チェイニーは、ロシア(数日後エネルギー‘威嚇と恐喝’.Someの、‘政府は不公平で、不適切に彼女の人々の権利を限定した’.He被告人ロシア)のうちの、国務長官コンドリーザ・ライスが、ロシアが、民主改革における、‘押される’であるべきであると繰り返したのをそこに宣言した。

アジアで中国を‘ネガティブな力’と呼んで、米はまた東南アジアへの旅行の間に3月に中国の顔をたたいた。

奇妙なことに、ワシントンは、それが前世紀の間の米国エネルギー政策であるか、そうでなかったかのように、中国が、‘ソースでエネルギーをコントロールする捜索’について有罪であることを言明してそのオイル政治で‘規則による遊びでない’ために繰り返し中国を告発した。

ロシアと中国で狙いを同時に取ることの意義2人のユーラシアの巨人、アメリカ財務省証券〈他世界の2番目のほとんどの開発された軍隊の原子力〉の前者最も大きい投資者がワシントンでの実現を反映する すべては、グローバルな支配の探求で、もとは中の、およびブッシュ政権のまわりの様々な策士により約束されたほど継ぎ目のないかもしれないわけではない。


SCOは新しい重要性を呈する。

6月15日に、中国とロシアによって導かれた上海協力組織の加盟国は伝えられるところではオブザーバー、イランを正会員に招待するであろう。

そのミーティングは上海で催されるであろう。

討議されたので、正会員が延期されても、ロシアと中国がユーラシアエネルギー協力においてイランとのより近い協力を封印したいという事実は残っている。

上海協力機構、SCOは2001年6月に中国、ロシア、カザフ、キルギスタン、タジキスタン、およびウズベキスタンによって設立された。

その述べられたゴールは、‘エネルギー、交通、観光旅行、および環境保全フィールドにおけるだけでなく政治的な仕事、経済、および貿易(科学技術の、文化的で、教育的な球)における協力’.Recentlyを容易にすることであり、しかし、SCOは、米国覇権にカウンターポールとして勤務するために開発されて、意識的に中央アジアのエネルギー金融団体のように見えはじめている。

ここ数ヶ月、それらのメンバーは、両方とも貨幣の依存だけでなくエネルギーにおいて米国依存から自身を引き離すいくつかの潜在的に戦略的な処置を取った。

マップの表情は拡張されたSCOの可能性を示す。

ロシアのエネルギー地政学

彼の最近の一般教書演説の中で、プチン大統領は、ロシアが、ルーブルをユーロなどの他の主要通貨に変換可能にし、そのオイルとガスのトランザクションにおいてルーブルを使うことを計画していることを発表した。

元来計画された6ヶ月前の2006年7月1日の最新のロシアステートメントに従って変換可能なルーブルは、導入される予定である。

ロシアはまた、それが、ドルから離れてその現在かなりのドル準備の株をシフトすることを計画し、それが、金準備を購入するために米ドルにおいて400億ドルを使うであろうということを述べた。

ロシアの国有の天然ガス運送会社、Transneftは、ロシア天然ガスの唯一の輸出業者になるためにそのパイプライン制御方式を統合した。

ロシアはたいへん2番目に最も大きい世界の最も大きな天然ガス準備とイランを持っている。

イランとともに、SCOはホルムズ海峡(日本と西欧への湾タンカー出荷の大多数のための狭い廊下)の電位制御は言うまでもなくその石油埋蔵量の重要な一部だけでなく世界の天然ガス準備の大部分をコントロールするであろう。

5月末に、ロシアとアルジェリア(ヨーロッパへの2つの最も大きなガス供給業者)が、エネルギー協力を増大させることに合意したことは報告された。

アルジェリアはロシア会社にアルジェリアオイルとガスのフィールドへの排他的なアクセスを与えて、ガスプロムとSonatrachはフランスにガスの配達のために協力するであろう。

プチンはロシアへのアルジェリアの47億ドルの負債を帳消しにし、それとしては、アルジェリアは75億ドル相当のロシアの高度なジェット戦闘機、防空システム、および武器を買うであろう。

おおおお。

5月26日に、ロシア防衛大臣セルゲイ・イワノフはまた、ロシアが、伝えられるところでは、もっとずっと洗練された武器を供給する前奏曲として間違いなく洗練されたそびえ立った岩山M1対空のミサイルをイランに供給するであろうということを発表した。

ブローチ。

そして、エネルギーのエリアのプチンのロシアによる地政学の厚かましさのより多くの魅力的な例の1つにおいて、クレムリンでコントロールされたガスプロムガス独占は、トルコからイスラエルまでの海底パイプ・ライン経由でイスラエルへのロシア天然ガス供給品を確保するためにOlmertの億万長者友人、ベニー・スタインメッツを通してイスラエルの総理大臣エフードOlmertとの静かな交渉に立ち入った。

イスラエルの新聞、Yediot Ahronotによると、Olmertのオフィスは、それがガスプロム提案をサポートするであろうと言った。

数年に、イスラエルはテチス海掘削からのガス不足とすぐ、エジプトからのガスに直面している。

テチス海ガスは、数年乾燥を流し込むと予測される。

ブリティッシュガスは、ガザからガスを供給する話にあるけれども、イスラエルは、ドリルで穴を開けるBG権利を議論する。

しかし、エジプトとガザとともにさえ、イスラエルが、新しいソースを見つけることができない限り、ガス不足は2010年までに予期されている。

ガスプロムとプチンに入りなさい。

ガスは、2年前トルコへの影響を増大させることのために、ロシアが建てた不十分に活用されたロシアトルコBluestreamパイプラインから転換されるであろう。

プチンははっきりと、イスラエル方針への不公平な米国影響の上でイスラエルの中でレバーを得ることに努める。


China energy geopolitics also in high gear


Beijing for its part is also moving to ‘secure energy at the sources.’ China's booming economy, with 9% growth, requires massive natural resources to sustain its growth. China became a net importer of oil in 1993. By 2045, China will depend on imported oil for 45% of its energy needs.


On May 26, Kazakhstan crude oil began to flow into China from a newly-completed oil pipeline from Atasu in Kazakhstan to the Alataw Pass in far western China Xinjiang province, a 1,000 kilometer route announced only last year. It marked the first time oil is being pumped directly into China. Kazkhstan is also a member of the SCO, but had been regarded by Washington since the collapse of the Soviet Union, as its sphere of influence, with ChevronTexaco, Condi Rice’s old oil company, the major oil developer.


By 2011 the pipeline with extend some 3,000 kilometers to Dushanzi where the Chinese are building its largest oil refinery due to complete by 2008. China financed the entire $700 million pipeline and will buy the oil. In 2005 China’s CNPC state oil company bought PetroKazkhstan for $4.2 billion ands will use it to develop oilfields in Kazakhstan.


China is also in negotiations with Russia for a pipeline to deliver Siberian oil to Northeast China a project that could be completed by 2008, and a natural gas pipeline from Russia to Heilongjiang in China’s Northeast. China just passed Japan to rank as world’s second largest oil importer behind the United States.


Beijing and Moscow are also integrating their electricity economies. In late May the China State Grid Corp announced it plans to increase imports of Russian electricity fivefold by 2010.


China everywhere in African oil states


In its relentless quest to secure future oil supplies ‘at the source,’ China has also moved into traditional US, British and French oil domains in Africa. In addition to being the major developer of Sudan’s oil pipeline which ships some 7% of total China oil imports, Beijing has been more than active in West Africa in the states bordering the oil-rich Gulf of Guinea, source of vast fields of highly-prized low-sulphur oil.


Since the creation of the China-Africa Forum in 2000, China has scrapped tariffs on 190 imported goods from 28 of the least developed African countries, and cancelled $1.2 billion in debt.


Indicative of the way China is doing an end-run around the customary IMF-led Western control of African states, China’s export-import bank recently gave a $2 billion soft loan to Angola. In return, the Luanda government gave China a stake in oil exploration in shallow waters off the coast. The loan is to be used for infrastructure projects. In contrast, US interest in war-torn Angola has rarely gone beyond the well-fortified oil enclave of Cabinda, where ExxonMobil along with Shell Oil have dominated until recently. That is apparently about to change with the growing Chinese interest.


Chinese infrastructure projects underway in Angola include railways, roads, a fibre-optic network, schools, hospitals, offices and 5,000 units of housing developments. A new airport with direct flights from Luanda to Beijing is also planned.


Indirectly, through its support of the Sudan government, China is also a contender in a high-stakes game of potential regime change in neighboring, oil-rich Chad. Earlier this year, World Bank ‘tough guy,’ Paul Wofowitz, was forced to back down from plans to cut off World Bank aid, after threat of an oil export cut-off by tiny Chad. ExxonMobil is currently the major oil company active in Chad. But Sudan backs Chad rebels, who were only prevented from toppling the notoriously corrupt and unpopular regime of President Idriss Deby by 1,500 French soldiers propping up the Deby regime. Washington has joined with Paris in backing Deby.


Sudan has involved China, rather than Western corporations, in exploiting its oil fields, largely as a result of misconceived US sanctions imposed in 1997, which blocked American oil companies from doing business in Sudan. A new Sudan-backed regime in Chad would jeopardise the Chad-Cameroon pipeline and Western oil firms. One can imagine China just might be willing to step into such a vacuum and help Chad develop its oil, especially if the lion’s share went to China.


And immediately after his unpleasant diplomatic visit to Washington in April, where the Chinese President was greeted by a White House diplomacy of deliberate insults reminiscent of a University of Texas frat house prank, Hu Jintao went on to Nigeria, long regarded by Washington as its ‘oil sphere of interest.’


In Nigeria, Africa’s largest oil producer, Hu signed a deal with the Nigerian government where Nigeria will give China four oil drilling licenses in exchange for a commitment to invest $ 4 billion in infrastructure. China will buy a controlling stake in Nigeria's 110,000-barrel per day Kaduna oil refinery and build railway and power stations, as well as take a 45% stake in developing Nigeria’s OML-130 offshore oil and gas field, referred to by China CNOOF oil company chairman as, ‘an oil and gas field of huge interest…located in one of the world’s largest oil and gas basins.’


Almost all of Nigeria's current oil production is controlled by Western multinationals. But the situation there will also soon change in China’s favor.


Similar soft infrastructure loans or energy investment offers are being made by China to Gabon, Ivory Coast, Liberia and Equatorial Guinea.


The curious charge against China of ‘not playing by the rules,’ and ‘trying to secure energy at the source,’ begins to assume real dimension when these and Russian recent energy moves are taken as a totality.


Washington’s conclusion? Oops…


It’s little wonder that some Washington hawks are getting alarmed. Suddenly, the world of potential ‘enemies’ is no longer restricted to the Islam-centered War on Terror. Leading neo-conservative ideologue, Robert Kagan wrote a prominent OpEd recently in the Washington Post. Kagan is privy to pretty high-level thinking in Washington, presumably. His wife, Victoria Nuland, worked as Vice President Cheney’s Deputy National Security Advisor until being named US Ambassador to NATO.





Kagan declared, in reference to Russia and China, ‘Until now the liberal West's strategy has been to try to integrate these two powers into the international liberal order, to tame them and make them safe for liberalism.’ Kagan co-founded the hawkish Project for the New American Century (PNAC in the late 1990’s to among other things advocate a major US military buildup and forced regime change in Iraq, the latter a year prior to the September 11, 2001 attack.


Kagan continued, ‘If, instead, China and Russia are going to be sturdy pillars of autocracy over the coming decades, enduring and perhaps even prospering, then they cannot be expected to embrace the West's vision of humanity's inexorable evolution toward democracy and the end of autocratic rule.’


Kagan charged that China and Russia have emerged as the protectors of ‘an informal league of dictators’ ? that, according to Kagan, currently includes the leaders of Belarus, Uzbekistan, Burma, Zimbabwe, Sudan, Venezuela, Iran and Angola, among others ? around the world, who, like the leaders of Russia and China themselves, resist any efforts by the West to interfere in their domestic affairs, either through sanctions or other means.


‘The question is what the United States and Europe decide to do in response,’ wrote Kagan. ‘Unfortunately, al-Qaeda may not be the only challenge liberalism faces today, or even the greatest.’ The question, as Kagan wisely states it, is what the United States or Europe can do in response. The genius of Washington hawk strategy is showing its tattered edges.


The mainstream US foreign policy organization, the New York Council on Foreign Relations has also recently weighed in on the question of especially Chinese energy pursuits. In a recent report, the CFR accuses the Bush Administration of lacking any comprehensive long-term strategy for Africa. They criticize US focus on humanitarian issues such as in Darfur southern Sudan, demanding instead that the US ‘act on its rising national interests on the continent.’ Those interests? The CFR lists oil and gas number one; growing competition with China (closely related to 1) as number two. Oops…


F. William Engdahl is a Global Research Contributing Editor and author of the book, ‘A Century of War: Anglo-American Oil Politics and the New World Order,’ Pluto Press Ltd. He has completed a soon-to-be published book on GMO titled, ‘Seeds of Destruction: The Hidden Political Agenda Behind GMO’. He may be contacted through his website


至る所でアフリカ油諸国の中国


『源で』将来の石油供給を確保するためにその厳しい探索において、中国はアフリカの伝統的な米国の、イギリスとフランスの油領域へも移動しました。約7%の完全な中国石油輸入を送るスーダンの油パイプラインの一流の開発者であることに加えて、北京は油の豊富なギニア湾(非常に重んじられた低硫黄油絵の具の広大な分野源)に接している国の西アフリカで、十二分に活発でした。


2000年の中国-アフリカForumの創造以来、中国は最も少なく先進アフリカ諸国のうちの28から190の輸入品の関税を廃棄して、借金している12億ドルをキャンセルしました。


中国がアフリカの州の慣習的なIMF主導の西洋の影響力のまわりでエンドランをしている方法を示して、中国の輸出入銀行は最近アンゴラに20億ドルの長期低利貸し付けを伝えました。お返しに、ルアンダ政権は、沖合で浅瀬で中国に石油探査における関与を与えました。ローンが、基盤プロジェクトのために使われることになっています。対照的に、戦争で破壊されたアンゴラに対する米国の関心はCabindaのよく強化された油飛び地をめったに越えませんでした、そこで、シェル石油と一緒のExxonMobilは最近まで支配しました。それは、明らかに、増大する中国の金利で変わろうとしています。


アンゴラで進行中の中国の基盤プロジェクトは、住宅団地の鉄道、道、ファイバーオプティックネットワーク、学校、病院、オフィスと5,000の単位を含みます。ルアンダから北京への直接のフライトによる新しい空港も、設計されます。


間接的に、スーダン政府のその支持を通して、中国は近隣の、油の豊富なチャドの潜在的政権交代のいちかばちかのゲームの競争相手でもあります。今年始め、世界銀行は『タフガイ』です、小さいチャドによる石油輸出分離の脅威の後、ポールWofowitzは援助を外れた世界銀行に切る計画から後へ引くことを強制されました。ExxonMobilは、現在チャドで活発な主要な石油会社です。しかし、スーダンはチャド反乱軍を支持します。そして、その人はデビ政権を支えている1,500人のフランスの兵士によってイドリスデビ大統領の悪名高く不正で嫌われる体制を打倒するのを防がれるだけでした。ワシントンは、デビを支持する際に、パリと結び付きました。


主に1997年に押しつけられる誤った米国の制裁の結果として、スーダンは中国(西洋の会社よりむしろ)をその油田を開拓することに巻き込みました。そして、それはスーダンで営業することからアメリカの石油会社をブロックしました。チャドの新しいスーダンに後援された体制は、チャド-カメルーンパイプラインと西洋の石油会社を危険にさらします。特に最大の分け前が中国に行くならば、人は中国がちょうどそのような真空に介入する気があるかもしれないと想像することができて、チャドがその油絵の具を開発するのを援助することができます。


そして、4月のワシントンへの彼の不快な外交的な訪問の直後に、中国国家主席がテキサスフラタニティハウスいたずら大学で追憶の慎重な侮辱のホワイトハウス外交で迎えられた所で、胡錦濤はナイジェリアに進みました。そして、ワシントンによって長く、その『関心の油範囲と考えられていました。』


ナイジェリア(アフリカの最大手の石油生産者)では、胡はナイジェリアが40億ドルを基盤に投資する約束と引きかえに中国に4つの石油採掘許可を与えるナイジェリア政府との協定に署名しました。中国はナイジェリアの1日110,000バレルのKaduna精油所で経営支配権を買って、鉄道を造ります、そして、発電所は、ナイジェリアのOML-130沖合油とガス田を開発して45%の元手を取り入れるのと同じくらいよく、CNOOFが会社議長に賄賂をつかう中国(『巨額の利息の油とガス田)によってに言及しました…世界最大の油とガス鉢のうちの1つに位置します。』


ナイジェリアの現在の石油生産のほぼ全ては、西洋の多国籍企業によって支配されます。しかし、そこの状況は、中国の支持でもすぐに変わります。


類似した柔らかい基盤ローンまたはエネルギー投資申し込みは、ガボン、象牙海岸、リベリアと赤道ギニアに中国によってなされています。


これらとロシアの最近のエネルギーの動きが全体としてされるとき、『規則によって遊ばない』中国に対する奇妙な告訴は、そして、『源でエネルギーを確保しようとし』て、本当の局面な状況にし始めます。


ワシントンの結論?

Oops…

いくつかのワシントンタカが警告させているのは少しの不思議である。

突然、潜在的な‘敵’の世界はもうテロに対するイスラム教で集中させられた戦争に限定されない。

主要な新保守主義の理論家、ロバート・カガンはワシントン・ポストで最近突出したOpEdを書いた。

カガンはたぶんワシントンで考えているかわいいハイレベルに内々関与している。

NATOにアメリカの大使と名付けられるまで、彼の妻、ビクトリアNulandはチェイニー副大統領の副国家安全保障アドバイザーとして働いた。

【翻訳不能文】

カガンは、‘代わりに、中国とロシアが、持ちこたえて、たぶん繁栄しさえして次の数十年の間に専制政治の頑丈な柱になろうとしているならば、彼らは、民主主義への人間性の無情な発展の西のビジョンと独裁支配の終わりを抱擁することを期待されることができない’を続けた。

【翻訳不能文】

‘質問は、米国とヨーロッパが、反応において何をすると決めるかである’とカガンは書いた。

‘あいにく、アルカイダは今日唯一の挑戦自由主義面であるか、最も大きなものを平らにしないかもしれない’.The質問は、カガンが賢明にそれを述べるので、米国またはヨーロッパが反応において何をすることができるかである。

ワシントンタカ戦略の天才はそのぼろぼろのエッジを示している。

主流米国外交方針組織、ニューヨーク外交問題評議会はまた特に中国のエネルギー追跡の問題に関して最近参加した。

最近のリポートの中で、CFRは、アフリカのためにどのような包括的な長期戦略でも欠いたことでブッシュ政権を告発する。

それら ダルフル南スーダン 代わりに that 米国『大陸のその上昇国益に従いなさい。』それらの興味 要求する の中の人道主義の問題の米国フォーカスを批判する ?

CFRはオイルとガスのナンバー・ワンをリストする;

中国(1と密接に関連する)との競争を数2として成長させる。

Oops…

F. ウィリアム・エングダールは本(戦争の'A世紀)のグローバルな研究補助編集員と作者である:

英米のオイル政治と破壊の新世界秩序、‘冥王星プレスLtd.Heはタイトルを付けられたGMOのまもなく出版される本を完成した’、種:

‘GMOの後ろの隠れた政治的な課題’。

彼は彼のウェブサイトを通して連絡されることができる。

竹中パージ・。

蛇足


竹中包囲網
ができつつあるのだろうか・。イルミナティの日本僕の竹中を切る動きになっているのであろうか?


小沢が
ジェイ・ロックフェラーと仲が良いらしいから・。


自民小泉を切って、民主党に乗り換えることなのであろうか・。


4代目にバトンを渡す動きに共鳴しているのであろうか??


規制緩和の推進役の竹中と日銀出身木村
とその後ろ盾、福井総裁


日銀オーナーのイルミナティさんが、シフトしだしたのであろうか?


今回、村上ファンド
との関係が取りざたされている。


ベンチャーの鉄火場に道を拓き、規制緩和のオリックス宮内
など、軒並み、情報を暴露されている。


竹中は切られたのであろうか?金魚の糞の松原
も、宮崎も




ところで、日本イルミナティ工作員は排除された?。




日本版エリート共謀にしては(頭)出来が悪すぎる。

黙ってただけか?

ベンチャー革命2006年6月10日

                           山本尚利

タイトル: シンドラーエレベーターの恐怖:MOTの視点から



1.シンドラーエレベーターの事故とは

 2006年6月3日、港区の区営住宅(23階建て)に住む高校生が自転車とともに、エレベーター

から後ろ向きに降りようとしたら、閉まろうとするドアに自転車ごと挟まれて動けなくなり

ました。ここまでは、日常、よく遭遇するシーンです。普通はドアのセンサーが働いて、ド

アは開きます。ところが、この事故エレベーターでは、通路側ドア、ケーシングドアが両方

とも半開きの状態で、ケーシングが上昇したのです。そのため開口部上部の壁と上昇しよう

とするケーシングの間に本人と自転車が挟まり、圧死するという痛ましい事故となってしま

いました。普通ではありえない事故です。この殺人エレベーターはどこのメーカーだったの

でしょうか。それは、シンドラーエレベーター社製(スイス本社)でした。今回の事故をき

っかけにマスコミや規制当局が調査したら、でるわでるわ、日本全国のシンドラーエレベー

ターのトラブルは、6月8日現在、17都道府県で130件とのこと。シンドラーエレベーターの日

本でのシェアはわずか1%というのに・・・。ナンダコリャー!この事故のニュースを聞い

た瞬間、筆者は、以前CATVで観たことのある怪奇エレベーターをテーマにした米国のホラー

映画を思い出しました。その映画は、エレベーター会社のサービスマンが主人公で、ニュー

ヨークの高層ビルのエレベーターが怪奇現象を起こすというストーリーでした。そのビルの

エレベーターで、主人公のサービスマンの同僚がメンテナンス中に事故死したり、乗客がド

アに挟まって死んだり、ケーシングが突然止まったり、突然落下したりする奇怪現象が頻発

します。結局、その犯人は、ケーシングタワー頂上部の機械室に棲みついたバケモノの仕業

であることがわかり、主人公のサービスマンが死を賭して、そのバケモノと格闘、感電死さ

せてハッピーエンドとなります。

 今回のシンドラーエレベーターの事故で、米国でなぜこのようなホラー映画が生まれたか

納得しました。確かに、海外のホテルやビルのエレベーターは、日本より高速であり、乗り

心地もよくないと筆者は経験で感じています。正直、怖いエレベーターがあります。それに

比して、日本製のエレベーターにはまったく怖さを感じません。つまり、シンドラー社エレ

ベーターが世界の常識であり、日本製エレベーターの品質がダントツであったということで

す。この例は、高品質の日本製の車が高くても売れる理由ともつながっています。



2.シンドラー社と日本エレの関係

 筆者がSRI(スタンフォード大学からスピンオフした国際シンクタンク)のMOT(技術経営)

コンサルタントであった頃、10年ばかり前、日本の某大手電機メーカーからシンドラーエレ

ベーター(本社スイス)のグローバル事業戦略の調査を依頼されたことがあります。SRIの米国

本社あるいは英国支社の同僚で、エレベーター業界に詳しいMOTコンサルタントがまったくい

なくて、その依頼を受けることができませんでした。つまり、エレベーターの技術体系は成

熟しきっており、先端性が低く、MOTコンサルタントからもまったく関心をもたれていないこ

とを意味していました。ちなみにMOTコンサルタントであった筆者も、恥ずかしながら、その

とき初めて、シンドラー社の名前を知りました。シンドラー社はオーティス社(こちらは超

有名)に次いで、世界第二位のエレベーター(エスカレーター含む)の専業メーカーで、世

界市場に参入しているグローバル企業です。一方、日本では、総合電機メーカーが日本のエ

レベーター市場を寡占しています。日本の総合電機のエレベーター技術は世界トップクラス

であるにもかかわらず、世界市場への参入が遅れています。一方、シンドラー社は、1991

年、舶用エレベーターに強かった特殊エレベーター専門企業であった日本エレベーター工業

(日エレ)を買収し、シンドラーエレベーターKKと改名して、日本市場に参入しています。今

回の事故機は、シンドラーエレベーターKK(シンドラー社の日本子会社で、元、日エレ)が

納入したものですが、シンドラー社の中国工場で製造したものを日本に輸入しているようで

す。

 ところで、筆者は、70年代、IHI(石川島播磨重工)の造船設計部に所属したことがありま

す。IHI製の石油マンモスタンカーの居住区のエレベーターは、確か、上記の日エレ製であっ

たと記憶しています。舶用エレベーターは、船の揺れがあっても安全に作動するように作ら

れています。ビル用エレベーターより高度の技術ノウハウを要します。したがってコストも

高い。当時の舶用エレベーターは、そのノウハウのある日エレの独壇場でした。この場合、

競争入札ではなく、特別指名発注(特名)となります。当時の日本の造船業界では、コストダ

ウン運動が活発でしたが、さすがに安全最優先の思想が遵守されていたことを物語っていま

す。

 シンドラーエレベーター社のエレベーターは日本国内に8000台以上あるようですが、大半

は、旧日エレ製(1935年創業の老舗)であり、そのうち、2000台以上は、日本船籍の舶用エレ

ベーターだと思います。

 70年代、日エレのエンジニアは優秀で、トラブルも少なかったと記憶していますが、当時

のエンジニアが、現在のシンドラーエレベーターKKに残っているとは思えません。外資企業

に買収されることによって、この企業の技術は荒廃した可能性があります。シンドラーに買

収された日本エレの事例は、かつて技術力のあった優良日本企業が、外資に買収されて劣化

した代表事例でしょう。



3.安全コストまでも競争入札する愚行

 日本市場におけるシンドラー社の納入実績は、バカの一つ覚えのような競争入札に固執す

る公共施設に集中しています。ところで、公務員は、おのれの天下り機関には平気で指名発

注しますが、さすがに、エレベーター会社は天下りの対象にならないので競争入札になって

いるにすぎません。そのおかげか、シンドラー社の日本市場シェアは1%なのに、公共施設

に限って12%とのこと。シンドラー社は、この日本の公共施設工事の商習慣を巧みに利用して

います。この場合、発注者は、公務員ですが、彼らはエレベーターの技術プロではない。だ

からシンドラー社は世界第二位のエレベーター専業メーカーであるということで、すっかり

信用してしまうのでしょう。ロッキード事件の例のように、有力政治家の支援を得ていた可

能性もあります。皮肉なことに、シンドラーエレベーターKKが、名もない日本エレベーター

工業だったら、いくら入札金額が安くても発注しなかったでしょう。臆病な公務員は、それ

がシンドラーという世界ブランドがついただけで、何かトラブルが起きても、世界第二位の

エレベーターメーカーだから発注したという口実で責任逃れできますから・・・。日本人の

多くが、やたらに、ベンツやルイヴィトンなど欧州ブランドを有り難がる心理ともよく似て

います。今回の事故では、このような日本人の外向的習性(自分の鑑識眼に自信がなく、外

部価値観を優先する習性)に大きな落とし穴があったわけです。

 さて筆者の専門であるMOTの観点からみれば、公共施設工事の場合、大型の道路や橋の建設

工事を除いて、上記のように発注者の目利き力がゼロの場合が多いのです。彼らには、『安

全はコストに比例する』という根本的MOTポリシーが欠落しています。

 いかなる技術製品、いかなる技術設備であろうと、高度の安全保証、高度の品質維持には

それなりのコストがかかります。これはMOTの常識です。ただし、いくらコストをかけても技

術のマネジメントがまずければ、安全と品質は保証されません。これもMOTの常識です。とこ

ろが、日本の公共施設では、あろうことか、エレベーターの技術メンテナンス業務も、競争

入札してコストダウンを追求しているそうです。競争入札で業務発注するのは一見、もっと

もらしい。しかしながら、ここに重大な落とし穴が潜むのです。しかも、年度予算の関係か

ら、単年度メンテナンス契約となっており、場合によっては毎年メンテナンス会社が変わる

そうです。上記の事故機のあったエレベーターも同様でした。人の命にかかわる安全コスト

を単純な競争入札で安易に決めるとはなんたる愚行でしょうか。もちろん、落札者は法的ラ

イセンス取得業者なのでしょうが、エレベーターメーカーのもつ技術の中身はわからない。

エレベーター技術は成熟技術ですが、極めて繊細なところがあります。この意味で、公共施

設の競争入札商習慣は、エレベーター利用者サイドからみれば、安全コストのディスカウン

ト(値引き)以外の何者でもありません。この話を聞いて、筆者は耐震偽装事件と、関電美

浜原発の冷却配管破裂事故を思い出しました。(注1、注2、注3、注4)

耐震偽装事件では、建築確認検査が、認定を受けた民間検査会社に低コストで丸投げされた

ことに原因があります。施工の品質検査が杜撰であれば、建設業者が手を抜くのは当然で

す。この事件は居住者の安全保証のためのコストが著しく軽視されたため起きたものです。

一方、関電美浜原発事故では、原子力発電プラントの元請、三菱重工が定期検査・メンテ業務

を受注していましたが、メンテ業務のコストダウンのために、関電系列検査会社に切り替え

られ、検査に手抜かりが起きたことが、事故誘発原因となっています。いずれも、安全コス

トの安易なディスカウントが悲劇を生んでいます。今回のエレベーター事故もまったく同じ

です。

 前記のように、かつての日本の造船業界では、コストダウン運動は活発でしたが、安全コ

ストのディスカウントまではしていなかった。皮肉にも、シンドラーエレベーターKKの前

身、日本エレベーター工業が造船業界から特名で舶用エレベーターを受注できていたのはそ

のためです。いくら総合電機系のブランド・エレベーターメーカーでも、舶用エレベーター

の技術ノウハウがなければ、造船会社は、そこに発注しなかったのです。日本製造業のTQM

(総合的品質マネジメント)運動の前身は、ZD(ゼロデフェクト)運動でした。つまり、安全

保証はすべてに優先していたのです。技術製品あるいは技術設備の安全を確保できなけれ

ば、いくら近視眼的にコストダウンに成功しても、コストダウンが原因で事故やトラブルを

起こせば、一瞬にして、カタストロフィー(大破局)に見舞われるからです。シンドラー製エ

レベーターは日本の総合電機製エレベーターより2~3割も安かったそうですが、わずかそれだ

けのコストをケチるために、悪評のシンドラー製エレベーターを導入した公共施設の発注者

(公務員)も、その公共施設を利用する納税者も計り知れない大損害をこうむっているわけで

す。結論としては、リスクをコスト評価する実践的学問であるMOTに無知であることが、どれ

ほど危険をもたらすかを今回のエレベーター事故は如実に示しています。



注1:ベンチャー革命No.180『抑圧の委譲:耐震偽装』2005年11月27日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr180.htm


注2:ベンチャー革命No.181『耐震偽装:拒否できない日本』2005年12月18日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr181.htm


注3:ベンチャー革命No.103『悪魔の宝くじ:美浜原発事故』2004年8月10日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr103.htm


注4:ベンチャー革命No.106『美浜原発事故のその後:寿命設計?』2004年8月13日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr106.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



蛇足


もともと、ハイリスクの乗り物だろうから・・。心して考えねば・。

300人委員会

Committee of 300


(aka Olympians)



?


This committee of 300 is modeled after the British East India Company's Council of 300, founded by the British aristocracy in 1727. Most of its immense wealth arose out of the opium trade with China. This group is responsible for the phony drug wars here in the U.S. These phony drug wars were to get us to give away our constitutional rights. Asset forfeiture is a prime example, where huge assets can be seized without trail and no proof of guilt needed. Also the Committee of 300 long ago decreed that there shall be a smaller-much smaller-and better world, that is, their idea of what constitutes a better world.


The myriads of useless eaters consuming scarce natural resources were to be culled. Industrial progress supports population growth. Therefore the command to multiply and subdue the earth found in Genesis had to be subverted. This called for an attack upon Christianity; the slow but sure disintegration of industrial nation states; the destruction of hundreds of millions of people, referred to by the Committee of 300 as "surplus population, " and the removal of any leader who dared to stand in the way of the Committee's global planning to reach the foregoing objectives. Not that the U.S. government didn't know, but as it was part of the conspiracy, it helped to keep the lid on information rather than let the truth be known. Queen, Elizabeth II, is the head of the Committee of 300.


The Committee of 300 looks to social convulsions on a global scale, followed by depressions, as a softening-up technique for bigger things to come, as its principal method of creating masses of people all over the world who will become its "welfare" recipients of the future. The committee appears to base much of its important decisions affecting mankind on the philosophy of Polish aristocrat, Felix Dzerzinski, who regarded mankind as being slightly above the level of cattle. As a close friend of British intelligence agent Sydney Reilly (Reilly was actually Dzerzinski's controller during the Bolshevik Revolution's formative years), he often confided in Reilly during his drinking bouts. Dzerzinski was, of course, the beast who ran the Red Terror apparatus. He once told Reilly, while the two were on a drinking binge, that "Man is of no importance. Look at what happens when you starve him. He begins to eat his dead companions to stay alive. Man is only interested in his own survival. That is all that counts. All the Spinoza stuff is a lot of rubbish."


Article from WAKE UP AMERICA




300人の委員会


(別名オリンピック出場選手)?


この300人の委員会がイギリスの東インド会社の1727年にイギリスの貴族によって設立された300のCouncilに倣われます。 莫大な富の大部分は中国とのアヘン貿易から起こりました。 このグループは私たちの黙秘権をあげるここ、偽物の麻薬戦争が私たちを得ることになっていた米国Theseの偽物の麻薬戦争に責任があります。 資産没収は有罪の証拠が必要とした主要例です。(道なしで膨大な資産を捕らえることができて、そこでいいえ) そして、また、300のCommitteeが、昔によりわずかな多くがあると命じた、小ささ、-、来世(すなわち、来世を構成することに関する彼らの考え)


乏しい天然資源を消費する役に立たない食べる人の無数は選別されることでした。 産業進歩は人口増加を支持します。 したがって、創世記で見つけられた地球を掛けて、征服するコマンドは打倒されなければなりませんでした。 これはキリスト教への攻撃を求めました; 産業国州の遅い、しかし、確かな崩壊; 300のCommitteeによって「過剰人口」に差し向けられた何億人もの人々の破壊と以上の目的に達するようにあえてCommitteeのグローバルな計画の邪魔をしたどんなリーダーの解任。 米国政府は知らなかったというわけではありませんが、共謀の一部であったので、それは、真実を知らせているより情報にむしろふたを保つのを助けました。 女王(エリザベス二世)は300のCommitteeのヘッドです。


300のCommitteeはそうする世界中に群衆を創設する主要な方法として来るより大きいものが未来の「福祉」受取人になるので憂うつが和らぐ上がっているテクニックとしてあとに続いたグローバルなスケールで社会的動乱を当てにします。 委員会は、ポーランド人の貴族の哲学で人類に影響する重要な決定、人類をわずかに牛のレベルを超えていると見なしたフェリクスDzerzinskiの多くを基礎づけるように見えます。 イギリス人のスパイのシドニーライリー(ボルシェビキRevolutionの形成的な年間ライリーは実際にDzerzinskiのコントローラであった)の親友として、彼は彼のひとしきりの痛飲の間、しばしばライリーを信用しました。 Dzerzinskiはもちろん赤色テロ装置を動かした野獣でした。 彼は一度ライリーに言いましたが、2が飲み騒ぎ、その「男性は全く重要ではありません」にあります。 あなたが彼を飢えさせると起こることを見てください。 彼は、生きているままであるのに死んでいる仲間を食べ始めます。 男性は彼自身の生存に興味を持っているだけです。 すなわち、そのすべてが数えられます。 「すべてのスピノザものが多くのくずです。」


アメリカへの和氣からの記事



新しい全体主義社会

It is well known that the masses always enjoyed cruelty. But in ancient times when people enjoyed fighting in the arena, they showed their feelings openly, without shame. Today, the situation is quite different. You have to present yourself as being peaceful, tolerant, kind, etc. Thus, in order to express freely your instincts of aggressiveness you need a good reason. The best one, nowadays developed by the "international community", consists of proclaiming somebody or something as being so bad (scapegoat) that only a severe punishment could be the appropriate measure against this evil. In other words, once Serbs were identified as bad (supposedly committing ethnic cleansing, genocide, rapes, etc.), bombing and killing them becomes "urgent and unavoidable"; nowadays, this kind of "humanistic hypocrisy" is absolutely necessary to justify one's murderer's instincts. The schema of this shameless attitude coming from the "free world" is as follows:



The construction of the defamatory stories concerning the future scapegoat (accused of being "criminals against humanity"), mostly based on pure lies The making of these lies truthful (through intensive media propaganda The "legitimation" of the killing of people (for instance, by bombing the countries like Iraq or Yugoslavia) on the grounds of these lies The proclaiming the aggressiveness of their own as being a humanitarian one By understanding this context it is also understandable the superficiality and cynicism of the belligerent (NATO) "arguments" (statements):



We bomb and kill Serbs, we destroy their country but we are not against them!

We are making war only against Milosevic!

We are making war in order to protect peace!

During our bombing, they were not supposed to be there (people, hospitals, embassies, buses, trains, and other civilian targets)!

The destruction of Yugoslavia occurs for humanitarian reasons!

In this conflict between Serbs and Albanians, we do not take sides!

Not one Albanian flees NATO bombing and fighting between Serbs and the KLA; they flee only Serb atrocities!




We intervened militarily in Yugoslavia in order to improve the situation of Albanians (since the intervention they have been 1 000 000 refugees)! We had to intervene because of the sufferance of Albanians (even if it were true, what about Kurds, Palestinians, people from East Timor, Guatemala, or San Salvador, etc.)!



We will enforce (by making war on Serbia) the return of Albanian refugees to their homes (what about the return of 400 000 Serb refugees from Croatia)! Our bombs are "clean" and destroy only the military infrastructure (in fact, regardless of "collateral effects", bombs have radioactive compounds and their final effect will be the creation of the largest "soft" Hiroshima in human history.



We are sorry for "collateral effects" (until now, several thousand civilians killed "by mistake" and civilian infrastructure destroyed). Maybe the occidental public opinion accept these inconsistencies, lies and cynicism because it does not know that:

庶民がいつも残酷さを楽しんだことはよく知られている。

しかし、人々が、アリーナで戦うのを楽しんだ古代の時に、彼らは羞恥心なしで公然と彼らの感情を示した。

今日、状況はまったく違う。

あなたは、平和な、寛大な、親切になどとして出席する必要がある。

従って、自由にあなたの攻撃性の本能を表現するために、あなたは正当な理由が必要である。

このごろでは「国際社会」によって開発された最もよいものは、重い罰だけがこの悪に対して適切な手段であるかもしれないほど悪いこと(スケープゴート)として誰かか何かを宣言することから成る。

すなわち、セルビア人が悪い(たぶん約束する民族浄化、大量虐殺、レイプなど)と認定されたら、彼らを爆撃し、殺すことは「至急で、不可避である」になる;

このごろでは、この種類の「人本主義的な偽善」は、人の殺人者の本能を正当化することに絶対に必要である。

「自由世界」から来るこの恥知らずな態度のスキーマは次の通りである:

そして戦闘的な(NATO)「議論」(ステートメント)の冷笑:

私達はセルビア人を爆撃し、殺し、私達はそれらの国を破壊するけれども、私達はそれらに反対でない!

私達はミロシェビッチに対してだけ戦争している!

私達は、平和を保護するために戦争している!

私達の爆撃の間に、それらは、そこ(人々、病院、大使館、バス、列車、および他の民間の目標)にあってはならなかった!

ユーゴスラビアの破壊は人道主義の理由のために起こる!

セルビア人とアルバニア人の間のこの衝突において、私達はどちらか一方の側につかない!

1人のアルバニア人もNATO爆撃とセルビア人とKLAの間の戦いから逃げない;

彼らはセルビア残虐行為だけから逃げる!

アルバニア人(介入以来、彼らは1000000の避難民であった)の状況を改善するために、私達は軍事的にユーゴスラビアに介入した!

私達は、アルバニア人(それが真実でも、クルド人、パレスチナ人、東チモールからの人々、グアテマラ、またはサンサルバドルなどはどうである)の許容のため介在する必要があった!

私達は、彼らの家(400000セルビア人避難民のリターンはクロアチアからどうである)にアルバニア避難民のリターンを強制する(セルビアと戦争することによって)!

私達の爆弾は"担保効果"を問わず実のところ軍隊インフラストラクチャー(だけを「きれいにし」、破壊することであり、爆弾は放射性化合物を持っていて、それらの最終的な効果は人の歴史において最も大きな"柔らかい"広島の作成になるであろう。

私達は、「副次的な効果」(現在まで、数千の民間人は破壊された「誤りによって」と民間のインフラストラクチャーを殺した)が残念である。

たぶん、それが知らないので、西洋の世論はこれらの矛盾、嘘、および冷笑を受け入れる:


  • Until 1989, Kosovo had one of the greatest autonomy in the world with all imaginable human rights for Albanians. But Albanians, since Tito's death in 1980, wanted independence and they fought for it by committing enormous atrocities against Serbs. Thus, the abolishment of the autonomy was the logical consequence of this attitude.

  • In Serbia (especially in Vojvodina) there are several minorities: Croats, Hungarians, Czechs, Rumanians, etc. All of them live in real fraternity and mutual tolerance. They have their schools, papers, broadcasting. Even during the war between Serbia and Croatia in 1991, the Croatia minority in Serbia (200 000 people) never had any difficulties with the Serbian regime.

    1989年まで、コソボはアルバニア人のためのすべての想像できる人権によって世界で最も大きな自律性のそれを持っていた。

    しかし、アルバニア人は、1980年のチトーの死以来、独立を望んでいて、セルビア人に対して巨大な残虐行為を犯すことによって、彼らはそれを求めて戦った。

    従って、自律性の廃止はこの態度の論理的な結果であった。

    セルビア(特にボイボディナの)に、いくつかの少数民族がある:

    クロアチア人、ハンガリー人、Czechs、ルーマニア人など

    彼らのすべては現実の団体と相互の寛容さの中に住んでいる。

    放送して、彼らはそれらの学校、書類を持っている。

    1991年にセルビアとクロアチアの間で戦争中に均一に、セルビア(200000の人々)のクロアチア少数は決してセルビア政権とのどのような不和もしなかった。

    Conclusion (main points)



    For geo-strategic reasons, the "international community" (led by the US) has provoked onto the Balkans (and actively participated in) the biggest genocide in Europe since WWII.


    • It deliberately destroyed the Second Yugoslavia (local nationalist leaders were only their marionettes);

    • It supported Croatia in ethnocide over the Serbs (400 000 refugees who will never return to their lands);

    • It encouraged Serbs and Croats in Bosnia and Herzegovina to commit genocide on Muslims;

    • It provoked the flight of around 1 000 000 people from Kosovo;

    • At this very moment, with the agreement of the current Russian regime, it's committing the worst imaginable genocide against the Third Yugoslavia;

    • In their attacks over Yugoslavia it uses radioactive bombs which will poison the whole region for centuries to come;

    • It destroyed the very fragile system of international law;

    • In order to justify these crimes, it has established through the media and on a world level the most sophisticated system of manipulation transcending the Nazi system of propaganda;

    • By its action, the risk of a military confrontation with Russia (freed from the US puppet Yeltsin) is extremely probable with unpredictable consequences.

    • 結論(主要なポイント)

      土地で戦略的な理由のために、「国際社会」(米国によって導かれる)は、バルカン諸国(そして活動的に参加される)の上にWWII以来のヨーロッパで最も大きな大量虐殺を引き起こした。

      それは、意図的に、セカンド ユーゴスラビア(ローカルな国家主義のリーダーはただの彼らのマリオネットであった)を破滅させた;

      セルビア人(決して彼らの領土に戻らないであろう400000避難民)上で、それは文化同化政策の中でクロアチアをサポートした;

      それはセルビア人とクロアチア人を、イスラム教徒への大量虐殺を行う気にボスニア・ヘルツェゴビナの中でさせた;

      それはコソボから約1000000の人々のフライトを引き起こした;

      現在のロシア政権の協定を持つこのまさしくその瞬間に、それは3番目のユーゴスラビアに対して最も悪い想像できる大量虐殺を行っている;

      ユーゴスラビアの上のそれらの攻撃において、それは、来るために数世紀地域全体を害するであろう放射性の爆弾を使う;

      それは国際法の非常にもろいシステムを破壊した;

      これらの犯罪を正当化するために、それは宣伝のナチスシステムを超越しているマニピュレーションの最も洗練されたシステムをメディアを通して、そして世界レベルの上で設立した;

      その行動によって、ロシア(米国操り人形エリツィンから解放される)との軍事的対決のリスクは予測不可能な結果によって極めて起こり得る。





  • 新しい全体主義社会

    THE NEW TOTALITARIAN SOCIETY

    by Emil Vlajki














    Preface



    The dream of totalitarian rulers has become reality. From now and by those dominating the world with a highly sophisticated technology, it is possible (without any risk and human cost) to attack, destroy and finally defeat a given country simply by air strikes. At this time the Occident, having this kind of invincible weapons: missiles, bombers and logistic support, rules the entire earth through fear of military interventions, economic sanctions, embargoes, conspiracies and the media's propaganda. Without any power balance, the leading "International Community" comprising 15% of the world population has been transformed into a powerful vampire able to kill night and day without the slightest possibility of being stopped. Almost every day there are new, deadly outcomes of this policy in "un-rational countries": Rwanda, Bosnia, Turkey (against Kurds), Sudan, Chechnia, East Timor, San Salvador, Guatemala, Iraq, Yugoslavia (including Kosovo) In this context the UN is a useless dead body, the left-utopian-human rights tendency is the matter of only a few intellectuals and western public opinion enjoys its power and domination. After thousands of years of the development of rationality apparently aiming at an unified world based on universal human rights, the modernity has become the matter of a few who exercise their world domination without scruples and with a brutal force. The Stone Age appears again in its most sophisticated version. The bellow example is merely a demonstration of the nowadays spiritual poverty of the "most rational part" of human kind.



    THE ETHNOCIDE CONSPIRACY

    "Quod licet Iovi, non licet bovi"

    (What is good for Americans and NATO, is bad for others)



    There is no example in world history of this kind of cynicism which, at this time, occurs in Yugoslavia. The "International Community" (Western allies, NATO) perform the biggest ethnic cleansing in Europe since WW II. After Serbs from Croatia and Muslims from Bosnia, the victims this time are about a million of Albanians from Kosovo forced to become refugees and eight million Serbs who are under the NATO "humanitarian" air strikes. It seems that in occidental mind there was no other way to implement stability in this part of the world, but the proportions of this manipulation are beyond any human understanding. In any case, one has not to believe in this kind of stories for na・e people, telling us about the retarded reaction of the "International Community" regarding the "Serb's criminal behavior " and its astonishment concerning the extent of the ethnic cleansing of Albanians, etc.



    The end of the 20th century is the United States era with their rational accomplishments but also with their brutality. This powerful country without history has proclaimed its leadership over the entire world and announced a New World order. Its aggressiveness against Russia (for geo-strategic reasons but also against everything that is Slav, orthodox and "communist") has the same intensity as before the fall of communism.



    Due to this policy which means the continuation of the cold war, there are already hundreds of thousands of dead and things keep going in the same direction. The fact that the United States along with Germany and the Vatican are responsible for the dissolution of the second Yugoslavia and now want to finish their job by destroying the rest of the country by separating Montenegro from Serbia and occupying (the southern part of) Kosovo.



    Although the main strategic goal is to destroy (by the most sophisticated technology in the world) an ally (Serbia) of the (future strong) Russia, the United States along with the European community also wants to prevent Muslims penetrating Europe through Bosnia or/and "Great Albania". Thus, for the "International Community" the menace for stability in the region has been Muslims in Bosnia and Kosovo and Serbs in Croatia, Bosnia and Montenegro. The "international community" found the solution in ethnic cleansing which would occur through the series of Balkan wars.



    And it is exactly what has happened. During the first wave of wars, the "International Community" helped Croatia get rid of 400 000 Serbs who were settled in the region of Lika, Zagreb and Slavonia (it was the worst ethnic cleansing to occur in this dirty war, 1992-1995). At the same time, the "International Community" permitted Croats and Serbs to eliminate a large number of Muslims in Bosnia, and Muslims to chase an estimated 150 000 Serbs from Sarajevo. Finally, by the Dayton agreement, Serbs from Bosnia were obliged to cut off all possible links with Serbia, and Muslims were neutralized through the "Muslim-Croat confederation".



    The second stage of this "rational (humanitarian) project" was a little more delicate to perform. Albanians from Kosovo (considered as Muslims) wanted independence from Yugoslavia in order to create the "Great Albania" (Kosovo + part of Macedonia + Albania). Western allies took measures against it. First of all they occupied Albania (militarily and economically) and put their troops into Macedonia. But Kosovo was part of a sovereign state (Yugoslavia) which was hostile to the implementation of foreign troops on its soil. Then the "international community" used the same procedure as it did in Bosnia with Muslims. It encouraged by all means the Albanians from Kosovo to ask for independence and to fight the Serbs. After that, when clashes and mutual aggressiveness took a proportion of the real war, the "international community" offered the "peace proposal" of Rambouillet whose main clause was the implementation of 28 000 troops in this Serbian province "for humanitarian reasons". It is amazing how only H. Kisinger saw the real purpose of this "peace proposal" which aimed to prevent the Kosovo Albanians from independence.



    Certainly, Serbs could not accept the occupation of a part of their territory and war with NATO forces started aiming to the occidental "strategic goal B". The first outcome of the second stage of the Balkan wars has been the ethnic cleansing of Albanians from Kosovo (it was so obvious that it would happen right from the beginning of hostilities). In the first place NATO, by affirming its strong opposition to ground intervention in Kosovo, gave a hint (permission) to the Serbs to get rid of Albanians. On the other hand, NATO by promising the Albanians "to liberate" Kosovo, asked them to leave the future battleground. Thus from both sides, Albanians were pushed to leave their country. However it is strange the naivety of the Albanian leaders (especially the KLA leaders) who believed NATO's arguments. When the ethnic cleansing is completed, there is a realistic option for the northern part of Kosovo that, once without Albanians, it is going to become the integral part of Serbia. The southern part of Kosovo would be proclaimed the "safe zone" for the Albanian refugees and occupied by NATO troops. It would be, at the same time, the "victory" of the Serb regime and the "victory" of the "humanistic" and military strategy of NATO. Therefore, the part of the region (Serbia) would be stabilized without the threat of Islamic penetration into Europe through this province. After a while the war would stop, the media would make a big fuss about humanitarian rights, several people would be prosecuted for crimes against humanity and in several years everything would be forgotten. The new era of relationship between Christianity and Islam would begin.



    This bureaucratic, brutal but theoretically efficient rational procedure implying the genocide of entire nations has several "collateral" aspects: The economic destruction of the region will permit the "international community" to activate its capital (aid, investments, etc.) and solve a part of its unemployment. Also, the implementation of 30 000 troops + people assuring different services, helps to decrease unemployment. In the future, the destroyed country (Serbia), through receiving aid, will depend economically on international financial institutions. A little war like this one serves to test new NATO weapons but also checks out the readiness of Russia and China to become involved in the conflict.



    More specifically, the separation of Montenegro from Yugoslavia means at the same time the non-possibility for Russia to have access to the Adriatic sea.



    The new rulers of the world do not care about the main international institution which is the UN. Having military supremacy and underestimating the power of Russia and China, the "international community" makes a law (makes wars) without consulting the UN Security counsel. First of all the US imposed their "marionette" Kofi Anan to the post of Secretary General of the UN. But this act was without any political effect because only the Security counsel of the UN can give permission to start a war.



    Thus the "international community" fearing Russia's and China's veto and overestimating its powerfulness, has decided to avoid the Security Counsel. Since then, in one year, the United States (combined with NATO) attacked by air four countries: Sudan, Afghanistan, Iraq and Yugoslavia. Only God knows how long this superiority complex of the "international community" will last, but it is clear that the Yugoslav conflict, because of the probable Russian implication (through the "coup d' ノtat" against Yeltsin), could easily lead to a worldwide war.



    Machiavellian political science may learn substantial things from the Kosovo refugee crisis. First of all military aid was offered by the "international community" to the KLA organization (fighting for Kosovo independence). After atrocities committed by both Serbs and the KLA where the main victims were the Albanian people, NATO first accused the Serbs of fighting the "peaceful and helpless people" and declared that only its troops presence on Kosovo soil could assure peace in the region and the safety of Albanians! The political expression of this attitude was the Rambouillet "peace proposal"-ultimatum ("if you do not accept a deal, you will be bombed") which included the presence of 28 000 NATO troops. When the Serbs refused this ultimatum (the occupation by NATO of their territory), the "International community" decided to attack a sovereign country which is Yugoslavia. Albanians from Kosovo were told that this province would be bombed and, if Serbs continue to resist, that a NATO ground attack would occur. Thus, there are four major reasons provoking the exodus of Albanians:





    1. The fighting between KLA and Serb forces;

    2. The bombing of Kosovo by NATO (the large part of Kosovo is already destroyed by NATO bombs);

    3. The escape from the future battle-ground;

    4. The ethnic cleansing by the Serbs (especially in the northern part of Kosovo historically important for Serbs).



    What is most cynical is the fact that the "international community" knew, wanted and deliberately provoked the flight of the Albanian population from Kosovo. Acting that way, NATO killed two flies at the same time: it diminished chances for the Islamic penetration into Europe and found a good pretext for its little war against Yugoslavia by accusing Serbs of committing atrocities against Albanians!



    Modern Machiavellianism includes as its main aspect the Human rights freedoms. The "international community" proclaimed itself as a defender of universal human rights. Thus, when it makes war, its enemy must be somebody who is acting against humanity by committing horrible deeds. In this regard, Serbs are demonized. They are permanently, intensively accused of being aggressors, killers, rapists, and genocidal, threatening their neighbors, etc. The principle that somebody is innocent until proven guilty does not prevail here. Proof is not necessary. "Serbs have already killed and raped people, they are certainly doing the same thing now". "There are indications for it" (for example, suspected "mass graves", afterwards denied by Pentagon on April, 22, 99, and again stressed in May 1999), "there are witnesses" (Albanian refugees whose stories could be hardly considered as being objective). Prime ministers, foreign affairs ministers and military leaders of the "international community" permanently repeat these allegations trying to justify the bombing and destruction of Yugoslavia. They pretend to be "humanitarian" (they pretend to have "principles") regarding the Albanians from Kosovo, but they are not humanitarian ( they do not have the same principles) in regards to the Kurds, Palestinians, to the peoples from Chechnya, or Southern Sudan, Southern Lebanon, San Salvador, etc, with millions of dead and refugees. It does not matter if a principle is not a principle, the important thing is that public opinion believes this propaganda.



    Of course, the powerful media of the "international community" (which covers 95% of the entire world) go along with their "humanitarian" politicians and military staff. 24 hours a day and every day they repeat the same allegations (lies) "confirmed" by pictures (pictures of refugees can not say why these people flee) and by opinions of numerous "specialists" for the Balkans whose dogmatism and prostitution are unpardonably shameless from the point of abstract humanism but fit quit well with their main goal; to preserve western domination. It is amazing how a kind of primitive symbolism can easily influence public opinion. Before each bombing of Yugoslavia causing numerous deaths, the TV report begins with the melodramatic picture of Albanian refugees meaning: "death and destruction of Yugoslavia which follows is absolutely justified" or/and "the only way to stop the ethnic cleansing in Kosovo is through the destruction of Serbia". This "objective propaganda" is so well synchronized that it matches and even overcomes the one conducted by the Nazi regime sixty years ago about the German refugees from Sudety in Czechoslovakia (one also has to remind the lies broadcasted by CNN during the Gulf war in 1991 and concerning the "atrocities" committed by Iraqi troops "against babies" in Yemen). It appears more than ever the fact of the total subordination of the occidental media to the economic, political and military elite and rational killers.



    But the most terrifying thing is the one concerning the large part of occidental public opinion. These people programmed through the educational system to accept the "supermen ideology" believe and enjoy the fact that the Western world is the most powerful one on earth. They accept and support everything coming from their propaganda as the Germans did in regard to the Jews under the Nazi regime. They are already accustomed to the numerous wars led by the "international community" and they want this kind of spectacle more and more. At this time, the permanent bombing (without any stated reasons) of a defenseless country which is Iraq, and making thousands of victims, does not provoke any human reaction from public opinion. These people are concerned by Albanian refugees (manipulated by NATO) but not by Serb refugees from Croatia (at least 400,000), Kurd refugees from Turkey (more than a million), or by Catholic refugees in Sudan (more than 2,000,000), etc.



    These people are concerned by atrocities committed in Kosovo and few years ago in Croatia (burned Albanian and Croat villages, and murdered people) but not by burned (Serb) villages in Croatia, or atrocities in Turkey, San Salvador, Guatemala, Mexico, Sudan, Rwanda. Of course, if you ask them about it, they condemn these atrocities but they do not ask for NATO military intervention! Thus their "humanism" and/or "compassion" is pure hypocrisy and merely reflects their inferiority complexes hidden by an aggressiveness against defenseless nations. At this time when occidental spectators watch day by day the systematic destruction of Yugoslavia including "collateral casualties" (thousands of dead), their madness goes so far that they demand now for more bombing and even for the ground troops intervention! In the name of the Albanian refugees, and like in the Millgram experiment (stating the extreme cruelty of the "ordinary people"), they want to punish "bad Serbs" by death and destruction. Occidental people have a feeling of belonging to the most powerful world community and their "permissive aggressiveness" fulfil their human emptiness.

    新しい全体主義社会

    エミールVlajkiによって

    序文

    全体主義のルーラーの夢は現実になった。

    現在から、そして非常に洗練されたテクノロジーによって世界を支配しているそれらによって、攻撃し、破壊し、単に空襲によって最終的に与えられた国を破ることは可能である(どのようなリスクと人のコストもなしで)。

    これで、この種類の無敵の武器を持って、西洋を調節しなさい:

    ミサイル、爆撃機、およびロジスティクスはサポートすると地球全体が軍事介入、経済制裁、出入港禁止命令、共謀、およびメディアの宣伝に対する恐怖を通して判決する。

    どのようなパワーバランスもなしで、世界の総人口の15%から成っている主要な「国際社会」は、止められる最もわずかな可能性なしで昼も夜も殺すことができる強力な吸血鬼に変換している。

    ほとんど、毎日、「理性的でない国」においてこの方針の新しく、必殺の結果がある:

    UNは、 ルワンダ、ボスニア、トルコ(クルド人に対する)、スーダン、Chechnia、東チモール、サンサルバドル、グアテマラ、イラク、この文脈のユーゴスラビア(コソボを含む) 無駄な死んだ体であり、左ユートピア人権傾向はほんのわずかの知識人の問題であり、西の世論はそのパワーと支配を楽しむ。見たところ一般的な人権に基づいた統合された世界をめざしている合理性の数千年の開発の後に、現代性は、ためらいなしでそれらの世界征服を行使する少しの、そして野蛮な力を持つ問題になった。石器時代はその最も洗練されたバージョンの中で再び出現する。

    ほえ声例は人の種類の「最も理性的な部分」のこのごろではスピリチュアルな貧乏の単にデモンストレーションである。

    文化同化政策共謀

    「刑務所合法のIovi、non合法のbovi」

    (アメリカ人とNATOに良く、他のために悪いもの)

    今回、ユーゴスラビアに存在しているこの種類の冷笑の世界史において、例が全然ない。

    「国際社会」(西側同盟諸国、NATO)はWW II以来ヨーロッパで最も大きな民族浄化を実行する。

    クロアチアからのセルビア人とボスニアからのイスラム教徒の後で、犠牲者は今回、避難民とNATO「人道主義」空襲の下にいる800万人のセルビア人になることを強制されたコソボからのアルバニア人の約百万人である。西洋の精神において、世界のこの部分に安定性を実施する他の方法が全然なかったようであるけれども、このマニピュレーションの釣り合いはどのような人の理解力の域でも超えている。ともかく、「セルビア人の犯罪行動」について「国際社会」の遅れた反応とアルバニア人などの民族浄化の範囲についてのその驚きについて私達に話して、na・eの人々のためにこの種類の話を信じるように、ものはしなかった。

    20世紀の終わりは彼らの理性的な業績を持つことであるがそれらの残忍性を持つことも米国時代である。歴史のないこの強力な国は全世界の上でそのリーダーシップを宣言し、新世界注文を発表した。ロシア(土地で戦略的な理由のためのであるがスラブ人であり、正統で、「共産主義者」であるすべてに対する)もに対するその攻撃性は、共産主義の落下の前と同じ強度を持っている。

    冷戦の連続を意味しているこの方針のため、すでに、数十万人の死者がいて、物事は同じ方向に進み続ける。ドイツとともに米国とバチカン宮殿が2番目のユーゴスラビアの分解に責任があり、今、セルビアからモンテネグロを隔てて、コソボを占めること(南の部分)によって、国の他の地域を破壊することによってそれらの仕事を終えたいという事実。

    主要な戦略的なゴールが、(強い未来)ロシアの同盟者(セルビア)を破滅させること(世界で最も洗練されたテクノロジーによって)であるけれども、ヨーロッパコミュニティとともに米国はまた、ボスニアまたは/と「大きなアルバニア」を通してヨーロッパに侵入しているイスラム教徒を防止したいと思っている。従って、「国際社会」のために、地域の安定性のための脅迫はボスニアとコソボのイスラム教徒とクロアチア、ボスニア、およびモンテネグロのセルビア人であった。

    一連のバルカン戦争を通して起こるであろう民族浄化において、「国際社会」と解決は気付いた。

    そして、それは正確に、起こったことである。

    戦争の最初の波の間に、「国際社会」は、クロアチアが、Lika、ザグレブ、およびスラヴォニア(1992年-1995年この汚い戦争に存在することは最も悪い民族浄化であった)の地域に落ち着いた400000セルビア人を取り除くのを手助けした。同時に、「国際社会」は、クロアチア人とセルビア人が、ボスニアの多くのイスラム教徒と約150000セルビア人を追うイスラム教徒をサラエボから取り除くことを許した。最終的に、デイトン協定によって、ボスニアからのセルビア人は、セルビアによってすべての可能なリンクを切り離すことを義務づけられていて、イスラム教徒は「イスラム教クロアチア人連合」を通して中立化された。この「理性的な(人道主義者)プロジェクト」の2番目の段階は、実行するためにもう少し繊細であった。コソボ(イスラム教徒と考えられる)からのアルバニア人は、「大きなアルバニア」(コソボ+マケドニア+アルバニアの一部)を作成するためにユーゴスラビアからの独立を望んでいた。西側同盟諸国はそれに対して対策を取った。

    まず第一に、彼らはアルバニア(軍事的に、経済的である)を占めて、それらの軍をマケドニアに入れた。しかし、コソボは、その土の上の外国の軍のインプリメンテーションに敵対していた主権国家(ユーゴスラビア)の一部であった。それから、「国際社会」は、それがイスラム教徒とボスニアでしたのと同じ手続を使った。それはなんとかしてアルバニア人を、独立を要求し、セルビア人と戦うための気にコソボからさせた。

    それの後で、衝突と相互の攻撃性が現実の戦争の釣り合いを取った時に、「国際社会」は、主節が「人道主義の理由のために」このセルビア州で28000軍のインプリメンテーションであったランブイエの「講和の申し出」を提供した。どのようにH. Kisingerだけが、独立からコソボアルバニア人を防止することをめざしていたこの「講和の申し出」の現実の目的を見たかは驚異的である。

    確かに、セルビア人は西洋の「戦略的なゴールB」にねらいはじめさせられたNATO軍との彼らの領域と戦争の一部の職業を受け入れることができなかった。

    バルカン戦争の2番目の段階の最初の結果は、コソボ(それはとても明らかであったので、それはまさに交戦状態の最初から起こるであろう)からのアルバニア人の民族浄化であった。

    まず第一に、アルバニア人を取り除くために、NATOは、介入をコソボに基づかせるためにその強い反対を断言することによって、ヒント(許可)をセルビア人に与えた。

    一方ではアルバニア人に、未来の戦場を去るために彼らを尋ねられて、コソボを「解放する」と約束することによるNATO。従って、両側から、アルバニア人は、彼らの国を去ることを強制された。

    たとえそれがどのように意外でも NATOの議論を信じたアルバニアのリーダー(特に、KLAリーダー)の純真 。民族浄化が完成される時には、一度アルバニア人なしでそれがセルビアの必須の部分になろうとしているコソボの北の地域にリアルなオプションがある。

    コソボの南の部分はアルバニア避難民のために「安全圏」と宣言されて、NATO軍によって占められるであろう。それは同時にセルビア政権の「勝利」とNATOの「人本主義的である」と軍事戦略の「勝利」であるであろう。従って、地域(セルビア)の部分はこの州を通してヨーロッパの中にイスラム貫通力の脅威なしで安定するであろう。

    しばらくして、戦争はやむであろうし、メディアは人道主義の権利に大騒ぎをするであろうし、何人かの人々は非人道的犯罪のために起訴されるであろうし、数年に、すべては忘れられるであろう。

    キリスト教とイスラム教の間の関係の新しい時代は始まるであろう。

    国家全体の大量虐殺を暗示しているこの官僚的で、野蛮であるけれども理論上効率的な理性的な手続はいくつかの「副次的な」面を持っている:

    地域の経済の破壊は、「国際社会」がその資本(援助、投資など)を作動させて、その失業の一部を解決することを許すであろう。また、違うサービスを確実にしている30000軍+人々のインプリメンテーションは、失業を減少させることに役立っている。

    未来に、受け取る援助を通しての破壊された国(セルビア)は経済的に国際的な金融機関に依存するであろう。これのような少量の戦争は、新しいNATO武器をテストすることに役立つけれども、また、衝突に関係するために、ロシアと中国の準備をチェックする。

    より特に、ロシアがアドリア海にアクセスできるように、ユーゴスラビアからのモンテネグロの分離は同時に非可能性を意図している。世界の新しいルーラーは、国連である主要な国際的な組織を気にしない。軍事的優位を持ち、ロシアと中国のパワーを少なく見積もって、UNセキュリティ相談を参照せずに、「国際社会」は法律(つくり戦争)を作る。

    まず第一に、米国は国連事務総長のポストにそれらの「マリオネット」コフィ アナンを課した。

    しかし、国連のセキュリティ相談だけが、戦争を起こす許可を与えることができるので、この行為はどのような政治的な効果もなしであった。従って、ロシアと中国の拒否を恐れていて、その強力を過大評価している「国際社会」は、セキュリティ相談を避けると決めている。

    それ以来、1年で、米国(NATOと結合される)は飛行機で4か国を攻撃した:

    スーダン、アフガニスタン、イラク、およびユーゴスラビア。

    神だけが、どれくらい「国際社会」のこの優越感が続くであろうかを知っているけれども、ユーゴスラビア衝突が、ありそうなロシア意味(エリツィンに対する「クーデターd'ノtat」を通しての)のため、容易に世界的な戦争をもたらすことができたことは明白である。マキャベリ主義政治学はコソボ避難民危機からかなりの物を知るかもしれない。すべての軍事援助の一番目はKLA組織(戦いコソボ独立)に「国際社会」によって提供された。セルビア人と主要な犠牲者がアルバニア人々であったKLA両方によって犯された残虐行為の後に、NATOは最初に、「平和で、無力な人々」と戦ったことでセルビア人を告発し、コソボ土の上のその軍存在だけが地域の平和とアルバニア人の安全を確実にすることができたことを言明した!

    この態度の政治的な表現は、28000NATO軍の存在を含んだランブイエ「講和の申し出」-最後通牒(「あなたが取り引きを受け入れないならば、あなたは爆撃されるであろう」)であった。

    セルビア人がこの最後通牒(彼らの領域のNATOによる職業)を拒否した時に、「国際社会」は、ユーゴスラビアである主権国を攻撃すると決めた。コソボからのアルバニア人は、この州が爆撃されるであろうし、セルビア人が、抵抗し続けるならば、NATO地上攻撃が起こるであろうと言われた。

    従って、アルバニア人の移動を引き起こしている4つの主要な理由がある:

    1. KLAとセルビア軍の間の戦い;

    2. NATO(コソボの大部分はすでにNATO爆弾によって破壊されている)によるコソボの爆撃;

    3. 未来の戦いグラウンドからの脱出;

    4. セルビア人(特にセルビア人のために歴史的に重要なコソボの北部の)による民族浄化。

    とてもシニカルなものは、「国際社会」が知っていて、望んでいて、意図的に、コソボからアルバニア人口のフライトを引き起こしたという事実である。

    そんなふうにふるまって、NATOは同時に2匹のはえを殺した:

    それは、ヨーロッパの中にイスラム貫通力のためにチャンスを減少させて、アルバニア人に対して残虐行為を犯したことでセルビア人を告発することによって、ユーゴスラビアに対するその小さな戦争のためによい口実を見つけた!

    現代マキャベリ主義はその主要な面として人権自由を含む。「国際社会」は一般的な人権のディフェンダーとして自身を宣言した。従って、それが戦争する時に、その敵は、恐ろしい行為をすることによって人間性に反対して行動している誰かであるにちがいない。この点で、セルビア人は悪魔化される。それらは、彼らの隣人などを脅迫して攻撃者、殺人者、強姦者、および組織的大量虐殺であったことで恒久的に、徹底的に告発される。有罪であると証明されるまで、誰かが無実であるという主義はここに普及しない。

    証拠は必要でない。

    「セルビア人はすでに人々を殺し、強姦し、彼らは確かに現在同じ事をしている」。

    (例えば)、「それのためのしるしがある」(その後4月の国防総省、22、99によって否定されて、1999年5月に再び強調された疑われていた「共同墓地」)「証人がいる」(話が目的であることとほとんど考えられないことができたアルバニア避難民)。ユーゴスラビアの爆撃と破壊を正当化しようとして、「国際社会」の総理大臣、外務大臣、および軍隊のリーダーは恒久的にこれらの主張を繰り返す。

    彼らは、コソボからのアルバニア人についての「人道主義」(彼らは、「原則」を持つふりをする)であるふりをするけれども、彼らは、数百万人の死者と避難民とのチェチェンまたは南スーダン、南レバノン、サンサルバドルなどからの民族へのクルド人、パレスチナ人についての人道主義(彼らは同じ原則を持っていない)ではない。原則が原則ではなく、重要なものが、世論がこの宣伝を信じることであるならば、それは重要でない。もちろん、「国際社会」(全世界の95%をカバーする)の強力なメディアはそれらの「人道主義の」政治家と軍隊のスタッフとともに行く。

    1日に24時間と写真(避難民の写真は、なぜこれらの人々が逃げるかを言うことができない)によって、そして独断と売春が抽象的な人本主義のポイントから許せないで恥知らずであるけれども彼らの主要なゴールを中止にうまく取り付けたバルカン諸国のためのたくさんの「専門家」の意見によって、それらが、同じ主張(嘘)「確認される」を繰り返す毎日;

    西の支配を保存するには。

    どのように一種の原始的な象徴化が容易に世論を左右することができるかは驚異的である。

    たくさんの死を起こしているユーゴスラビアの各爆撃の前に、テレビリポートは意味しているアルバニア避難民のメロドラマ風の写真から始まる:

    「続いているユーゴスラビアの死と破壊は完全に正当である」または/と「コソボで民族浄化を止める唯一の方法はセルビアの破壊を通り抜けている」。

    この「目的の宣伝」はとてもよく同期するので、それはマッチしていて、チェコスロバキア(ものはまた、1991年に、そしてイエメンで「赤ん坊に対して」イラクの軍によって委任された「残虐行為」について湾岸戦争の間にCNNによって放送された嘘に思い出させる必要がある)のスデティからのドイツ避難民について60年前ナチス政権によって実施されたものに打ち勝ちさえする。

    それはこれまでよりもっと経済の、政治的で、軍隊のエリートの、そして理性的な殺人者への西洋のメディアの完全な従属の事実のようである。しかし、最も恐ろしい物は西洋の世論の大部分についてのものである。「スーパーマンイデオロギー」を受け入れることを教育制度を通して計画されたこれらの人々は、西洋の世界が地球の上の最も強力なものであるという事実を信じて、楽しむ。

    ドイツ人がナチス政権の下でユダヤ人についてしたように、彼らはそれらの宣伝から来るすべてを受け入れて、サポートする。それらはすでに「国際社会」によって導かれたたくさんの戦争に慣れていて、彼らはもっとこの種類のスペクタクルを望んでいる。

    今回、イラクであり、数千人の犠牲者を作っている無防備な国の永久的な爆撃(どのような述べられた理由ものない)は世論からどのような人の反応も引き起こさない。

    これらの人々は、アルバニア避難民(NATOによって処理される)によって関係するけれどもクロアチア(少なくとも400,000)からのセルビア避難民、トルコ(百万より多く)からのクルド人避難民によってやスーダン(2,000,000より多く)などのカトリック避難民によって関係しない。

    これらの人々はクロアチア(燃えたアルバニア人とクロアチア人の村と殺された人々)で数年前コソボとほとんどで犯された残虐行為によって関係するけれどもクロアチアの燃えた(セルビア人)村またはトルコ、サンサルバドルグアテマラ、メキシコ、スーダンルワンダでの残虐行為によって関係しない。もちろん、あなたがそれらにそれを尋ねるならば、彼らはこれらの残虐行為を非難するけれども、彼らはNATO軍事介入を要求しない!

    従って、それらの「人本主義」、および/または「同情」は純粋な偽善であり、単に、無防備な国家に対して攻撃性によって隠されたそれらの劣等感を反映する。

    西洋の観客が「民間人の死傷者」(数千人の死者)を含むユーゴスラビアの計画的な破壊を日ごとに見るこの時間に、彼らの狂気はとても遠くまで行くので、彼らは多くの爆撃のために、そして地上部隊介入のためにさえ現在要求する!

    アルバニア避難民の名前において、そしてMillgram実験(「普通の人々」の極端な残酷さを述べる)におけるのように、彼らは、死と破壊によって「悪いセルビア人」を罰したいと思っている。

    西洋の人々は、最も強力な国際社会に所属する感じを持っていて、彼らの「許された攻撃性」は彼らの人の空虚さを果たす。

    Chapter VI



    Chapter VI




    THE NEW WORLD ORDER





    cartoon by Kevin Tuma

    "The war against illegal plunder has been fought since the beginning of the world. But how is... legal plunder to be identified? Quite simply. See if the law takes from some persons what belongs to them, and gives it to other persons to whom it does not belong. See if the law benefits one citizen at the expense of another by doing what the citizen himself cannot do without committing a crime. Then abolish this law without delay ....... If such a law is not abolished immediately it will spread, multiply and develop into a system."




    Frederic Bastiat, French author of The Law (1848)


    Martin Neimoller, who reflected upon Germany痴 fall to the Nazis:


    "In Germany they came first for the Communists, and I didn稚 speak up because I wasn稚 a Communist. Then they came for the Jews, and I didn稚 speak up because I wasn稚 a Jew. Then they came for the trade unionists, and I didn稚 speak up because I wasn稚 a trade unionist. Then they came for Catholics, and I didn稚 speak up because I was a Protestant. Then they came for me, and by that time no one was left to speak up."


    If you are like most Americans, you didn稚 bother to notice that when statists came for the owners of "public buildings," violating the property rights of these owners, that, in principle, your rights were undermined, undermining what you may do in your own home. You didn稚 speak out because you are not an owner of one of these "public buildings."


    When statists came for the owners of tobacco companies, infringing on their right of ownership and restricting their freedom of speech, you didn稚 speak out because you are not one of the owners of a tobacco company or you are not a smoker or you consider smoking to be an evil which must be wiped out at all costs, even at the cost of your freedom, your freedom to follow your own judgment.


    When they persecuted and imprisoned innocent individuals for "abuse," you didn稚 speak out because you were not the one being persecuted. When they imprisoned those individuals for disturbing the "wetlands," you said nothing because you thought it would never affect you, oblivious to the fact that your backyard is a "wetland."


    When they searched, without warrant, the private property of business owners, you said nothing because these were only business owners and you are not a business owner. When they seized property without due process, you said nothing because it wasn稚 your property being seized, even though it could be and will be tomorrow. When they imposed arbitrary fines, you said nothing because you were not the one victimized. When they kicked in the door of the home of someone suspected of drug possession and killed the innocent owner, you said nothing because your loved one was not the one killed and because you believe anything goes when it comes to fighting drug use. When they drove an innocent man to suicide in their attempt to collect taxes never owed them, you said nothing because the victim was not someone you knew and valued.


    When they bullied television network executives into accepting a ratings system, you said nothing because you are not an owner of a television station. When they, in the name of children, came for the producers of children痴 television programs, making it criminal to express certain ideas, you did not speak out because you believe anything can be sacrificed in the name of children, even though these children will not be free when they become adults. When they suspended the right to trial by jury for accused "deadbeat dads," you said nothing because you are not a deadbeat dad.


    Even though you oppose socialized medicine, when they passed legislation further regulating doctors, you said nothing, dismissing it as only a "small step," perhaps hoping it would not affect you in your lifetime, hoping that "somehow" it would not result in socialized medicine. When they got you to accept the idea that your money is not yours, that they may forcibly take "your" money and dictate to you how much you may keep for your own needs, you said nothing because you consider taxation to be a necessary evil. When they came for the online news organizations, you said nothing because you are not a user of online services.


    And when they and their evil finally come for you預nd they will, if America continues down this road to hell謡ill there be enough left who will care about your plight, will there be anyone left to speak out for you, to defend you? You already know the answer: there won稚 be, if this country continues to sink into the cesspool of statism, if most Americans continue to maintain an indifferent silence about freedom痴 decline. And if you are one of those who have said nothing, then your silence and the logic of your bad premises will finally avenge themselves on you in practice・hen they finally come for you."


    From: Fatal Blindness by FULTON HUXTABLE


    Editor's Note: See "An Open Letter To Charlton Heston" for today's parallell to 1930s Germany. Also, for an even better letter, click here to hear from a man who was there. This letter was in the The Washington Times (June 7, 1998).







    A NEW WORLD ORDER





    "Tolerance" and "Interdependence" are the politically correct buzzwords of the hour, but God's true Divine Law is scoffed at by the government and the media, and is largely ignored by most United States citizens. God's laws do not always mandate "Tolerance" and "Interdependence." Our ministers, pastors, rabbis and priests, rather than preach this truth, often tremble in fear of insulting or offending their flocks: it might disrupt their cash flow to be blunt with their congregation regarding their sin. Our nation today is so entrenched in sin, transgression of Divine Law, that it has become an entity that would seem very foreign and corrupted to our Founding Fathers, should they be able to step forward in time to today. Indeed, the modern descendant government these men initially established would be the first to burn, bomb, or jail the Founding Fathers themselves, derisively branding them as traitors, the "far right," "gun-toting militia kooks," or as "Bible-thumping religious bigots."


    The goal of our government officials today is not to preserve the Union. It is to sell the American birthright for a pot of porridge. It is to sell the American citizen into slavery under tyranny. It is to establish a one world government New World Order. These government officials are traitors.


    Today our nation is reaching the point of no-return, because the people have not proclaimed or held to the Truth! Now, with Freedom in great jeopardy, we face the onslaught of our enemies not only from without, but also from within. The destruction of Home, Church and State, and the pending end of life as we have known it is very near. And, contrary to what we have been told, Communism has not fallen. It has only moved to America.


    To paraphrase an enemy book: "A spectre is haunting America - a New World Order." And I do not paraphrase in jest or with dirision as Marx did in his opening statements. The specter is real, not a figment of the imagination. The specter is a New World Order.




    Defining The New World Order


    Just exactly what the New World Order really is, is not properly understood by most Americans. However, the proper definition can be easily produced for the reader because the Baltimore News-Post published the definition in an article on page 2 of the December 8, 1941 issue, many years ago. In this article, Dr. Quincy Wright, a professor of International Law at the University of Chicago, describes what he referred to as "The New World Order" he envisioned, as opposed to "Hitler's New Order" of that era. Wright makes it clear that National Sovereignty and the independence of individual nations would be subjected to limitations mandated by a world government. Three continental systems were foretold: A "United States of Europe," an Asiatic system and a Pan-American union. Wright also forecast that each continental system would have a common military force and that national military forces would be greatly reduced or outlawed.


    The world system described in the article has been under development for over fifty years. The General Agreement on Tariffs and Trade (GATT) is the basis for the emerging world government system. The continental systems have been developing in conjunction with the world system. The European Free Trade Association (EFTA) has already evolved from a free trade agreement into the European Union: the "United States of Europe." The Canadian Free Trade Agreement has evolved into the North American Free Trade Agreement (NAFTA) and is scheduled to become the Free Trade Agreement of the Americas (FTAA) in the year 2005 according to AmericasNet. This would integrate our western hemisphere into one continental bloc. The Asian system is emerging as the Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC).


    Supporters of the world government conspiracy argue that world government is necessary to ensure world peace. But with the end of the cold war a new excuse to destroy our National Soverignty was needed. Now they say that technology makes national boundaries obsolete.




    America Then...


    Warren G. Harding, in his Inaugural Address on March 4, 1921, had already recognized the drive for a one world government. But he plainly stated the ideals of the people, and opposed it:


    "We are ready to associate ourselves with the nations of the world, great and small, for conference, for counsel; to seek the expressed views of world opinion; to recommend a way to approximate disarmament relieve the crushing burdens of military and naval establishments. We elect to participate in suggesting plans for mediation, conciliation, and arbitration, and would gladly join in that expressed conscience of progress, which seeks to clarify and write the laws of international relationship, and establish a world court for the disposition of such justiciable questions as nations are agreed to submit thereto. In expressing aspirations, in seeking practical plans, in translating humanity's new concept of righteousness and justice and its hatred of war into recommended action we are ready most heartily to unite, but every commitment must be made in the exercise of our national sovereignty. Since [America is] freedom impelled, and independence inspired, and nationality exalted, a world supergovernment is contrary to everything we cherish and can have no sanction by our Republic. This is not selfishness, it is sanctity. It is not aloofness, it is security. It is not suspicion of others, it is patriotic adherence to the things which made us what we are."


    The position of our forefathers regarding any establishment of a world government, and the value they placed on national and individual Freedom is very clear. Today, however, few citizens seem to be clear on much of anything.




    ...America Today


    The question today is "What is America's destiny?" Are we going to let this super government absorb our country? Are we going to allow enemies from without and traitors from within to subjugate us? Are we going to throw away the ideals of our Founding Fathers that made the United States one of the most longed for destinations of oppressed people throughout the world? Has the light in the torch of Freedom gone out? These are grave questions. And the questions must be answered!





    第6章

    新世界秩序

    ケビン トゥーマによる漫画

    「違法な略奪に対する戦争は世界の始まり以来されている」。

    しかし、どうして…は、識別される法律の略奪であるか?

    まったく単に。

    法律が、彼らに属していて、他の人に与えるものを何人かの人から取り去るかどうかを確かめなさい。

    市民自身が、犯罪を犯さずにすることが、法律が別のものの犠牲において一方の市民に役立っているかどうかを確かめなさい。

    そして、遅延なしでこの法律を廃止しなさい……。

    「それが広がるであろう、そのような法律が廃止されないならば、増加し、システムに発展する」。

    フレデリック・バスティア(法律(1848)のフランス人作家)

    ナチにドイツ人が陥る考察したマーティンNeimoller:

    「ドイツに、彼らは共産主義者のために最初に来、私ははっきり話す それゆえ 私は共産主義者です。。

    そして、彼らはユダヤ人のために来、私ははっきり話す それゆえ 私はユダヤ人です 。

    そして、彼らは労働組合員のために来、私ははっきり話す それゆえ 私は労働組合員です 。

    それから、私がプロテスタントであったので、それらははっきり話しにカトリック教徒と私のために来た。

    「それから、はっきり話すために、私のために、そして誰も左ではなかったその時間までに、彼らは来た」。

    もしあなたがほとんどのアメリカ人に似ているならば 気づくその原則として、あなたの権利が、あなた自身の家であなたがしてもよいことを徐々に蝕んで徐々に蝕まれた「公的な建物」のオーナーのために、国家統制論者が、これらのオーナーの財産権に違反して来た時 あなたは面倒になった 。

    あなたがこれらの「公的な建物。」のうちの1つのオーナーではないので、あなたははっきり話す。

    彼らが「乱用」のための無実の個人を迫害し、投獄した時には、あなたが、迫害されているものではなかったので、あなたははっきり話す。

    「沼沢地」を妨害するために、彼らがそれらの個人を投獄した時に、あなたが、それが、決して、あなたの裏庭が「湿地帯」であるという事実に気づかないあなたに影響しないであろうと思ったので、あなたは何も言わなかった。

    彼らが根拠なしで会社経営者の私有財産を検索した時に、これらがただの会社経営者であり、あなたが会社経営者ではないので、あなたは何も言わなかった。

    正当な法の手続きなしで彼らが特性をつかんだ時には、あなたは何も言わなかった。なぜなら、たとえそれがであるかもしれず、明日であっても、それはあなたの特性はつかまれるからである。

    彼らが任意の罰金を課した時に、あなたが犠牲にされた人ではなかったので、あなたは何も言わなかった。

    彼らが麻薬所持の疑いをかけられている誰かの家のドアを蹴破って入り、無実のオーナーを殺した時に、あなたの愛する人が殺された人ではなかったので、そしてあなたが、薬使用と戦うとなると、何でも行くと信じるので、あなたは何も言わなかった。

    彼らが無実の人を、決して彼らを借りていない税金を徴集するそれらの試みにおける自殺に追いやった時に、犠牲者が、あなたが知っていて、見積もった誰かではなかったので、あなたは何も言わなかった。

    彼らがテレビ放送網エグゼクティブにおどして、格付けシステムを受け入れさせた時に、あなたがテレビ局のオーナーではないので、あなたは何も言わなかった。

    一定のアイデアを表現するためにそれを犯罪的にして、彼らが、子供の名前において、子供テレビ番組の製作者のために来た時に、あなたが、彼らがおとなになる時に、これらの子供が無料にならないであろうとも、何でも子供の名前において犠牲にされることができると信じるので、あなたははっきり話さなかった。

    彼らが告発された「無責任な父親」のための陪審による裁判の権利を一時停止した時に、あなたが無責任な父親ではないので、あなたは何も言わなかった。

    彼らが医師をさらに調節している立法を通過した時に、あなたが医療社会化制度に反対しても、「小さなステップ」だけとしてそれを退けて、たぶん、それが、「何とかして」、それが医療社会化制度を結果として生じないであろうということを望んで、あなたの生涯においてあなたに影響しないであろうということを望んで、あなたは何も言わなかった。

    彼らがあなたに、あなたがあなた自身のニーズのためにいくらを保持してもよいかの、あなたのお金があなた方のものではないという、彼らが強制的に「あなたの」お金を取り、あなたに口述することができるというアイデアを受け入れさせた時に、あなたが課税を、必要悪であると考えるので、あなたは何も言わなかった。

    彼らがオンライン報道機関のために来た時に、あなたがオンラインサービスのユーザーではないので、あなたは何も言わなかった。

    アメリカが、あなたの状態を気にするであろう残された十分があると丘lへのこの道の下に続けるならば、彼らがするであろうあなたのために、そしていつ彼らとそれらの悪が最終的に来るかはそこで、あなたがあなたを防御するようにはっきり話すことを任せられた誰にでもなるであろう?

    あなたはすでに答えがわかっている:

    そこで、 もし自由世界低下についての無関心な沈黙を維持することのほとんどのアメリカ人による続行で、 この国が国家統制の汚水溜めに沈み続ける 。

    「そして、あなたが、何、そしてあなたの沈黙、およびあなたの悪い敷地のロジックも実際の場であなたについて最終的に自身に報復しないであろうと言った人々のひとり・めんどりであるならば、それらは最終的にあなたのために来る」。

    送信者:

    フルトンHUXTABLEによる致命的な盲目

    エディタの注:

    今日のparallellから1930年代のドイツのために「チャールトン・ヘストンへの公開状」を見なさい。

    また、いっそうよりよい手紙のために、そこにいた人から連絡を受けるためにここをクリックしなさい。

    この手紙はTheワシントン・タイムズ(1998年6月7日)にあった。

    新世界秩序

    「寛容さ」と「相互依存」は時間の政治的に正しい専門語であるけれども、神の真実の神性の法律は政府とメディアによってあざ笑われて、主としてほとんどの米国の市民によって無視される。

    神の法律はいつも「寛容さ」と「相互依存」を委任するわけではない。

    彼らの群れを侮辱するか、傷つけることに対する恐怖で、私達の大臣、牧師、ユダヤ教牧師、および聖職者は、この真実を説くというよりも、しばしば震える:

    それは、彼らの罪についてそれらの会衆と鈍感なためにそれらのキャッシュフローを混乱させるかもしれない。

    彼らが万一、今日に時間内に進み出ることができるならば、私達の国家は今日罪、神性の法律の違反においてとても確立されるので、それは、非常に外国であるようであろうエンティティになり、私達の創始者に堕落した。

    実に、これらの人が最初確立した現代の降下した政府は、反逆者(「極右」(「銃を持った民兵組織変人」))としてまたは「熱烈に福音を説いている宗教の偏屈者」として彼らに嘲笑的に烙印を押して、自身で創始者を火傷させて、爆撃するか、拘留する一番目であるであろう。

    私達の政府高官のゴールは今日、組合を保存しないことである。

    それは、かゆのポットのためにアメリカ生得権を売ることになっている。

    それは、専制政治の下で奴隷にアメリカ国民を売ることになっている。

    それは、1つの世界政府新世界秩序を設立することになっている。

    これらの政府高官は反逆者である。

    今日、人々が宣言するか、真実を固守しなかったので、私達の国家は引返し限界点に到着している!

    さて、大きな危険における自由によって、私達は外部からだけでなく中からも私達の敵の猛攻撃に直面している。

    家、教会と国家、および私達がそれを知っていた時の未決定の人生の終わりの破壊は非常に近い。

    そして、私達が話されているものに反して、共産主義は低下しなかった。

    それはアメリカに動くだけであった。

    敵本を言い替えるには:

    「幽霊はアメリカに通っている - 新世界秩序」。

    そして、マルクスが彼の冒頭陳述の中でしたように、私は冗談の中でやdirisionによって言い替えない。

    幽霊は想像力の虚構ではなくリアルである。

    幽霊は新世界秩序である。

    新世界秩序を定義する

    まさに正確に、新世界秩序が本当に適切にあり、ほとんどのアメリカ人によって理解していた。

    しかし、ボルチモアニュースポストが何年も前に1941年12月8日号の2ページの記事の中で定義を出版したので、適切な定義はリーダのために容易に生み出されることができる。

    この記事の中で、その時代の「ヒトラーの新秩序」と対照的に、クインシー・ライト博士(シカゴ大学の国際法の教授)は、彼が何を、彼が想像した「新世界秩序」と称したかを記述する。

    ライトは、国家主権と個々の国家の独立が世界政府によって委任された制限を受けるであろうということを明確にする。

    3つの大陸のシステムが予告された:

    「欧州合衆国」、アジアシステム、および全米のユニオン。

    ライトはまた、各大陸のシステムが共通の軍事力を持つであろうし、全国的な軍事力が大いに減らされるか、禁止されるであろうと予測した。

    記事の中で説明された世界システムは50年以上開発中にあった。

    関税および貿易に関する一般協定(GATT)は明らかになる世界統治制度のための基礎である。

    大陸の系統は世界システムと連携して発育していた。

    欧州自由貿易連合(EFTA)はすでに自由貿易協定から欧州連合に発展した:

    「欧州合衆国」。

    カナダ自由貿易協定はAmericasNetに従って北米自由貿易協定(NAFTA)に発展し、2005年にアメリカ大陸(FTAA)の自由貿易協定になる予定である。

    これは私達の西の半球を1つの大陸の団体に組み込むであろう。

    アジアシステムはアジア太平洋経済協力会議(APEC)として出現している。

    世界政府共謀のサポーターは、世界政府が、世界平和を保証することに必要であると主張する。

    しかし、冷戦の終わりによって、私達の全国的なSoverigntyを破壊する新しい口実は必要であった。

    さて、彼らは、テクノロジーが国境を時代遅れにすると言う。

    その時のアメリカ…

    ウォレンG.ハーディングは、1921年3月4日の彼の就任演説において、1つの世界政府のためにすでにドライブを認めていた。

    しかし、彼は明白に人々の理想を述べて、それに反対した:

    「私達は、相談のために会議のために自身を大きく、小さい世界の国家と結び付ける用意ができている;」

    世界の世論の表された見解を捜すには;

    武装解除に近づく方法が軍隊と海軍の施設を破砕荷から除去するように勧めるには。

    私達は、調停、調停仲裁についての示唆する計画に参加することを決定し、喜んで進歩のその表現された良心に加入するであろう(それは、国際的な関係の法律を明確化し、書き、国家が、そこで提出するために合意されるような司法判断で決着可能な問題の処置のために世界法廷を設立することに努める)。

    熱望を表現することにおいて、捜すことにおいて、正義と公正の人間性の新しい概念と戦争に対するその憎悪を、私達がすでにとても熱心に、結合することになっている推奨された行動に移すことにおいて、実技試験は計画を立てるけれども、すべての関与は私達の国家主権の運動においてされなければならない。

    促された[アメリカのそうでのあり]自由と引き起こされた独立と高められた国籍以来、世界巨大政府は、私達がかわいがるすべてに反していて、私達の共和国による制裁を全然持つことができない。

    これはわがままではなく、それは神聖である。

    それはよそよそしさではなく、それはセキュリティである。

    「それは他のものの疑惑ではなく、それは、私達がそうであるものを私達のために作った物への愛国的な固執である」。

    世界政府のどのような設立と彼らが全国的で、個々の自由に置いた価値についての私達の祖先のポジションでも非常にクリアである。

    しかし、今日、ほとんどの市民は、何の多くも確信しているようでない。

    ... アメリカ今日

    問題は今日、「アメリカの運命は何であるか?」である。

    私達は、このスーパー政府に私達の国を吸収させようとしているか?

    私達は、外部からの敵と中からの反逆者に、私達を鎮圧することを許そうとしているか?

    私達は、米国のために、世界じゅうの圧迫された人々の宛先のために最も待ち望まれているもののそれを作った私達の創始者の理想を廃棄しようとしているか?

    自由の火の中のライトは消えたか?

    これらは重要な問題である。

    そして、質問は答えられなければならない!

    山本尚利氏コラムから

    ベンチャー革命2006年6月5日

                               山本尚利

    タイトル: 村上世彰氏の引退劇の意味



    1.村上ファンドつぶしの意図

     2006年6月5日、東京地検特捜部は、投資ファンド経営者の村上世彰氏の逮捕に踏み切りま

    した。罪状は、2004年11月、ライブドアのニッポン放送株の買占めに伴うインサイダー取引

    容疑です。すでに本年1月23日、ライブドアの堀江貴文氏は粉飾決算容疑で逮捕されていま

    す。尚、堀江氏は同年4月26日、3億円の保釈保証金を支払って、現在、仮釈放中です。報道

    によればライブドア事件の捜査を通じて、村上氏のインサイダー容疑が浮上したことになっ

    ています。村上氏の不正取引疑惑は前々からささやかれていたものですが、なぜ、今、彼が

    逮捕されるのかが問題です。村上ファンドは阪神の発行済み株の47%を保有しているようで

    すが、阪神との経営統合を目指している阪急HDが、阪神株を1株930円でTOB(公開買い付け)

    することを決定したのが、2006年5月29日でした。2006年6月5日の村上氏逮捕により、村上フ

    ァンドはこれに応募するようです。村上ファンドの阪神株取得の平均価格が700円前後とのこ

    とですから、投資総額1300億円で、1株930円で売却すれば、村上ファンドは約450億円の利益

    を手にする計算だそうです。簡単に言えば、450億円もの資産が、阪急HDから、村上ファンド

    の顧客に移転されるということです。ところで、2006年初頭、ライブドアの粉飾決算摘発事

    件に伴い、2006年4月14日、ライブドアが東京マザーズへの上場を廃止され、ライブドアの大

    株主にさせられていたフジテレビは、大損害を被りました。同年5月26日、フジテレビは、ラ

    イブドアに対し345億円の損害賠償訴訟に踏み切りました。このケースも、ライブドア株を保

    有していたフジテレビや一般投資家から、ライブドアに800億円もの融資を行った外資系金融

    機関などに、数千億円の資産移転が起きたものです。ライブドアは売上げ100億円に満たない

    ベンチャーにもかかわらず、時価総額が1兆円規模に達したこともありました。ライブドア事

    件も、村上ファンド事件も、要するに取締り当局と闇の投資機関とのタッグプレイによる巨

    額資産移転劇です。すべて計画的に仕組まれているような気がします。国際ハゲタカファン

    ド勢力の手口は、まず、さまざまなプロパガンダを駆使してターゲット市場を拝金社会化し

    ます。日本の場合は、小泉政権が日本の拝金社会化に協力しました。次に、大カモとなる能

    天気大企業からは、合法的に巨額の資産を奪い、欲の皮の突っ張った小カモの個人投資家か

    らは、広く薄く、なけなしの資産を奪い取るものです。いずれの場合もやられるほうが悪

    い。勉強不足の自業自得です。こうして、日本は瞬く間に、悪いやつが得をする世の中とな

    ってしまいました。



    2.付加価値を生まないゼロサムゲーム

     これまでの村上ファンドのプレイとは賭けマージャンに等しいと思います。ゲームに使わ

    れる資産総額は一定で、ゲームの敗者から勝者へ瞬く間に巨額の資産移転が行われる。つま

    りゼロサムゲームです。そこに付加価値創造は起きない。村上ファンドが虚業といわれる所

    以です。ところで筆者の専門MOT(技術経営)は、イノベーションによって生まれた新技術を

    事業化することによって、新たな付加価値を生み出すプロセス(実業)ですから、村上ファ

    ンドに代表される虚業ビジネスはMOTビジネスの対極に位置するものでしょう。しかしなが

    ら、ゼロサムゲームの勝者ほど効率的なメイクマネー勝者はありません。MOT実践による地道

    な付加価値化の努力がばかばかしくなります。さて筆者の居住地域でもっとも活発に行われ

    ている事業は、パチンコセンターです。いくら勤勉な日本人でも、一度、パチンコゲームで

    の勝利の快感を味わったらギャンブル依存症に罹るようです。堀江氏の逮捕に続く、村上氏

    の逮捕劇は、欲張りで、ギャンブル依存症にかかりやすく、意志の弱い国民への警鐘効果が

    あることは確かです。

     しかしながら、一連の証券取引法違反の逮捕劇は、真に、庶民の味方、大岡越前守のなせ

    るワザなのでしょうか。今、逮捕されている人たちは、先手(サキテ)であって、闇で彼ら

    を操っている寡頭勢力は高笑いしているでしょう。先手は所詮、先手です。使い捨てされる

    運命です。彼らは闇の勢力の期待にこたえて、たっぷりもうけさせてあげたが、自分自身は

    拘置所入りです。なんとお人好しの愚か者でしょうか。筆者が16年半、外資のシンクタンク

    にせっせと貢いだのと幾分、似ています。筆者と堀江氏や村上氏の違いは、両氏は個人リス

    クを負って、巨額のお金を動かした点にあります。数百億円、数千億円という巨額の資産を

    動かすわけですから、失敗したら、その損害も天文学的金額となります。それを恐れず実行

    したのですから、ある意味でたいしたものです。しかも彼らは拘置所に入ることを恐れない

    人たちなのです。筆者にはとても真似できないし、その気もありません。独身の堀江氏と違

    って、村上氏は妻子もちですから、脱国シナリオも含めて、常に引き際のシナリオを考えて

    いたと思います。すでにシンガポールにマンションを購入されているようです。ところで筆

    者は個人的に、2005年3月に村上氏と会ったことがありますが、実に腰の低い営業マンタイプ

    の人でした。村上ファンドの幹部はすべて、東大法学部の同級生だそうです。村上氏の今日

    は、1年前に、ある程度、想像することができました。本人も覚悟していたでしょう。



    3.チャレンジャーのみせしめ処刑の意味

     堀江氏も村上氏も、ともに東大出身です。東大を目指す若者は、一般的に、受験勉強しさ

    えすれば、一応、雇用が得られるという保身的計算に長けています。彼らは若いときから人

    生リスクのヘッジ手段を知っています。日本では、そこそこ、受験勉強して東大に入りさえ

    すれば、極端に言えば、一生、食うに困らないのは確かです。考えようでは、これほどロー

    リスクで楽なオプションはないのです。にもかかわらず、堀江氏も村上氏もよりによって、

    もっともハイリスクなチャレンジを選択したのです。そして、彼らの予感した通り、二人と

    も拘置所行きとなった。

     東大を徹底的に否定することが、彼らの人生の出発点であったのです。その点は文句なく

    高く評価できます。まさに二人はリスクを恐れぬチャレンジャーです。ところが皮肉なこと

    に彼ら二人をしょっ引いたのも、同じ東大出身の検察官僚でした。東大出身者のマジョリテ

    ィは、堀江氏や村上氏に、ある意味で、陰湿に、嫉妬しているのではないでしょうか。東大

    出身者に多くみられる、生まれつきの狡賢い保身家にとって、堀江氏と村上氏の跳ね上がり

    ほど目障りなものはありません。二人が成功すればするほど、臆病な保身家の嫉妬心は煮え

    たぎるはずです。彼ら、跳ね上がりを闇から操る勢力は、日本の秀才保守層の嫉妬心すら、

    巧みに利用するのです。そして、しゃぶりつくした用済みの先手を、彼ら保守層の手で葬ら

    せるのです。大げさに言えば、闇の寡頭勢力による巧妙な日本崩壊作戦が開始されたという

    ことです。キリスト処刑ではないが、日本では稀有なチャレンジャーを見せしめに処刑すれ

    ば、後続のチャレンジャーの芽を摘むことができますから・・・。



    4.生き急ぐ日本人の登場

     堀江氏は、東京拘置所に入れられているとき、生き急いだかなという感慨を抱いたそうで

    す。彼の選んだ人生が長続きしないだろうということは、本人がもっともわかっていたはず

    です。人間に与えられた人生の燃焼エネルギー量は等しいと思います。その人生エネルギー

    を細く長く燃やすか、太く短く燃やすかの違いです。堀江氏も村上氏も本能的にそのことを

    察していただろうと思います。とりわけ村上氏は、先手としての己の機能をよく自覚してい

    た人物でしょう。だから、逮捕直前の記者会見で、早々と引退宣言をしたのです。彼は今、

    46歳ですから、プロ野球選手よりは引退年齢がいくらか高い。

     村上氏は潔く、罪を認め、数億円の罰金を払って、早々に脱国するでしょう。どのくらい

    の資産を貯めたかはわかりませんが、一生、食っていけるだけの個人資産はもっているはず

    です。そして、海外に居を移せば、悠々自適の生活を送ることもできるし、外資系のファン

    ド企業で、今後、いくらでも活躍することができます。



    山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

    hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


    http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


    http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



    蛇足


    また、同じことをするでしょう・。2度あることは、3度もあるでしょう・。悪いと言う自覚がないようですし・。

    イランの一撃(テロを仕掛ける・・誰が?)は6月及び7月にセット??後に報復・。



    Former CIA Analyst Says Iran Strike Set For June Or July

    McGovern: Staged terror attacks across Europe, US "probable" in order to justify invasion


    Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | June 1 2006


    Former CIA analyst and Presidential advisor Ray McGovern, fresh from his heated public confrontation
    with Donald Rumsfeld, fears that staged terror attacks across Europe and the US are probable in order to justify the Bush administration's plan to launch a military strike against Iran, which he thinks will take place in June or July.


    Appearing on The Alex Jones Show, McGovern was asked about the timetable for war in Iran and said that behind the diplomatic smokescreen, the final chess pieces were being moved into position.


    "There is already one carrier task force there in the Gulf, two are steaming toward it at the last report I have at least - they will all be there in another week or so."


    "The propaganda has been laid, the aircraft carriers are in place, it doesn't take much to fly the bombers out of British and US bases - cruse missiles are at the ready, Israel is egging us on," said McGovern.


    McGovern said Iran's likely response to a US air strike would be threefold - mobilizing worldwide terrorist cells that would make Al-Qaeda look like a girls netball team - utilizing its cruise missile arsenal to attack US ships and sending fighters into Iraq to attack US forces.


    "The Iranians can easily send three divisions of revolutionary guard troops right over....the long border with Iraq," said McGovern, stating that the local Sunni population of Iraq would welcome such an invasion.


    The turmoil caused by such an action would lead the US to tap its so-called 'mini-nuke' arsenal said McGovern, opening a new Pandora's box of chaos.


    McGovern highlighted President Bush's all time record low approval ratings as a reason for launching an attack on Iran to again whip up false patriotic fervour.


    "I can see Karl Rove saying, 'look what you need to do is become a war president again, get us involved with something pretty big here and then strut around and say you can't vote for a bunch of Democrats to pull the rug out from under me while there's a war going on'."




    McGovern drew a comparison with the concillatory cold war stance of Russia and JFK's decision to respond in a similar manner, and the Iranian President's letter which was immediately dismissed by the Bush administration. JFK's approach saved the US from potential nuclear anihalation while Bush's actions put the US in severe danger as Russia and China give ominous mixed signals on what their response to a US strike on Iran will be.


    McGovern lambasted Bush's inner circle as uniformly lacking any real military experience and characterized them as a cabal already hell-bent on war.


    McGovern entertained the notion that western governments and intelligence hierarchies could potentially stage terror attacks in Europe and the US either before or after an invasion of Iran.


    "That's altogether possible," said McGovern.


    "I would say even probable because they need some proximate cause, some casus belli to justify really unleashing things on Iran....I would put very little past this crew - their record of dissembling and disingenuousness is unparalleled."


    McGovern said that Rove, Cheney and Rumsfeld, fearing impeachment and Enron-style criminal proceedings, are urging President Bush to launch a war in order to create a climate unconducive to lengthy investigations and impeachment proceedings.


    Asked to cite specifically when we should expect to see an attack launched, McGovern said, "I think we all agree that an attack is likely before the election and we all agree that it has to do largely with the election - as for timing I see a likelihood that it could come as early as late June or early July, most of my colleagues predict August, September, maybe an October surprise even."


    "My thinking is that for it to be October that would be so crass and so transparent that even this crowd would shy away from making it so obvious," said McGovern.


    McGovern is set to appear along with a host of other respected and credible whistleblowers at the American Scholars Symposium
    at the end of this month.


    Click here
    to listen to a clip of the interview with Ray McGovern. Prison Planet.tv members can listen to the entirety of this interview. If you are not a subscriber please consider the great benefits of becoming an exclusive member by clicking here
    .






    元CIAアナリストは、6月または7月に設定されるイラン・ストライクを言います.

    マクガバン:ヨーロッパ(米国の「候補」侵入を正当化するために)中の行われたテロ攻撃


    ポールジョセフワトソン/刑務所Planet.com | 2006年6月1日


    元CIAアナリストと大統領のアドバイザーレイマクガバン、新たにドナルドラムズフェルドとの彼の熱い一般の対立から、ヨーロッパと米国の全域でテロ攻撃を行った恐れは、彼は6月または7月に起こると思うイランに対する軍事攻撃を開始するブッシュ政権の計画を正当化するためにありえます。


    アレックスジョーンズショーの上に現れて、マクガバンはイランで戦争のタイムテーブルについて尋ねられて、外交的な煙幕の後で、最終的なチェスの駒が位置に持ち込まれていたと言いました。


    「1つのキャリヤータスクフォースがすでにガルフにそこにあります、2は私には少なくともある最後のレポートでそれの方へ湯気を立てています - 彼ら全員が、もう1週間で、または、そう、そこにいます。」


    「宣伝は置かれました、航空母艦は適当な位置です、英国人と米軍基地から爆撃機を飛ばすのに多くかかりません - クルーズ・ミサイルは構えの姿勢であります、イスラエルは我々をけしかけています」と、マクガバンが言いました。



    マクガバンは、米国の空襲へのイランのありそうな反応が三倍であると言いました - アルカイダを女子ネットボールチームのように見えさせる世界的なテロリストの細胞を起動させること - 米国の船を攻撃するためにその巡航ミサイル兵器を利用して、米軍隊を攻撃するためにイラクへのファイターを行かせること。


    「イラン人は、革命警備員部隊の3つの師団を簡単に正に放送することができます....theは、イラクで長くよく似ています」と、マクガバンが言いました。そして、イラクのローカルスンニ派の人口がそのような侵入を歓迎すると述べました。


    そのような行動に起因する混乱は米国にそのいわゆる『小型核兵器』がマクガバンを言ったことを軽くたたかせます。そして、混沌の新しいパンドラの箱を開けます。


    マクガバンは、再び間違った愛国的な熱情を刺激するためにイランへの攻撃を開始する理由として、ブッシュ大統領の時間最低記録全て支持率をハイライトしました。


    「私は、『進行している戦争がある間、あなたがする必要があることで見えます(似合います)戦争大統領が、再び我々をここでかなり大きい何かで関係してもらわれて、それから、威張って歩かれて、あなたがたくさんの民主党員のために私の下から敷物を引き抜くことを票決することができないと言われます』言って、カール・ローブを見ることができます。


    マクガバンは、同様の方法で反応するというロシアとJFKの決定のconcillatory冷戦スタンスとブッシュ政権によってすぐに退けられたイランの大統領の手紙で比較を示しました。ロシアと中国がイランに対する米国の空襲への彼らの反応が何であるかについて不吉な混合信号を与えてブッシュの行動が米国をひどい危険に入れる間、JFKのアプローチは米国を潜在的核anihalationから救いました。


    マクガバンは一様にどんな本当の軍の経験でも欠如していながらブッシュの側近グループを激しく叱って、彼らを戦争ですでに必死の秘密グループとして描写しました。


    マクガバンは、西側の政府と知性階層がイランの侵入の前に、または、の後、ヨーロッパと米国でテロ攻撃を潜在的に行うことができたという概念を楽しませました。


    「それは、全く可能です」と、マクガバンが言いました。


    「彼らがなんらかのすぐ近くの原因(ものをイランに放って本当に正当化するなんらかの戦争の原因)を必要とするので、私は均一な候補を言います....私は、このクルーを越したごくわずかを置きます - ごまかすことと陰険な彼らの記録は、他に類のないです。」



    マクガバンは、ローブ、チェイニーとラムズフェルドが、弾劾とエンロンスタイルの刑事訴訟手続を恐れて、ブッシュ大統領に気候を長い調査と弾劾手続きにunconduciveに作るために戦争を始めるよう訴えていると言いました。


    特に我々が攻撃が開始されるのを見ると思っていなければならない時を引用するよう頼まれて、マクガバンは言いました ? 「私は、みんなが選挙とみんながそれが主に選挙に関係があることに同意する前に、攻撃がありそうなことに同意すると思います - タイミングに関しては、私はそれが6月遅く来ることができた見込みがわかります、あるいは、7月前半、大部分の私の同僚は8月、9月、多分均一なオクトーバーサプライズを予測するでしょう。」


    「私の考えは、10月であるためにそれのために、それがこの群衆さえそれをとても明らかにすることを避けるようにひどくてとても透明であるということです」と、マクガバンが言いました。


    マクガバンは、この月の末にアメリカのScholars Symposiumで多数の他の尊敬されて信用できる告発者と一緒に現れるようにされます。


    レイマクガバンとインタビューのクリップを聞くために、ここをクリックしてください。

    民主主義(私物化政体)は共和国ではない・。


    Restore the Republic (共和国を回復しなさい!)

    by Krim and Jim

    Source: Media Bypass


    ?


    Allegiance is the missing link


    Preface:


    This may be the most important article that you have ever read! It deals with your legal status that determines whether you have unalienable rights or just corporate granted privileges. Most Americans think that they have unalienable rights protected by the Constitution. They also think that when they vote they are in fact electing officials to manage their government under Constitutional principles. Most people think that lawyers and judges practice law under a judicial system. Most people think that the government has no boundary. Well most people have relied upon government controlled schools and the media for their information and they have been misinformed!


    Background:


    The Declaration of Independence of 1776 is the cornerstone of America. It outlined grievances against the King and proclaimed actions to set the inhabitants free. This was followed by a Constitution for the united States of America. The Colonies/States refused to accept the Constitution without numerated Articles of Rights to be included. This was accomplished in 1791 where Ten specific Articles were included. Now we had a more perfect Union where specified powers were delegated to the Federal Government and the States and the people retained all powers not specifically delegated. The people enjoyed Liberty with unalienable rights, prosperity, and the Common Law. The Constitution was a model for the world to follow. At last people had power over government and were no longer serfs to a King or Dictator. They enjoyed a pure Republic for America.


    When we read the Declaration of Independence today, year 2000, we find essentially the same grievances today as the People of the Colonies had in 1776. The inhabitants or citizens have no unalienable Rights, they have no Common Law, they have no law, only 'color of law', no judicial system, poor education, always entangled in some war, no sound money system, and they are taxed to the hilt. They are serfs on their own property. In fact they do not have a Republic! They now live under a Democracy! What happened that made full circle back to 1776? Is the old saying true; Everything that goes around, comes around? Our problem today is the same as the People of the Colonies had with England in 1776.


    The Unanimous Declaration of the thirteen united States of America: CLICK HERE





    The Problem:


    The problem that caused full circle lies in the original Constitution. It is Article I, Section 8, Clause (17): Powers of Congress:


    To exercise exclusive legislation in all cases whatsoever, over such district (not exceeding ten miles square) as may, by cession of particular states, and the acceptance of congress, become the seat of government of the United States, and to exercise like authority over all places purchased by the consent of the legislature of the state in which the same shall be, for the erection of forts, magazines, arsenals, dockyards, and other needful buildings; and (18) To make all laws which shall be necessary and proper for carrying into execution the foregoing powers, and all other powers vested by this Constitution in the government of the United States, or in any department or officer thereof.


    The foregoing exclusive delegated power is the authority to do anything the legislature desires to do within the District (Federal Zone) without Constitutional restraints. The legislature has taken advantage of those delegated powers for their personal and political benefits. In 1861, during the Civil War, Congress adjourned sine die. That term means forever, never to return. The Republic was under Martial Law and President Lincoln appointed representatives for the southern states and forced the legislature to again sit. The 13th Article of Amendment pertaining to Nobility was removed from the Constitution and replaced with a new Article of Amendment that prohibited slavery. That Article was ratified on December 6, 1865. In 1868 the rump legislature incorporated the District as a private municipal corporation. The charter was revised slightly in 1871. Following the incorporation of that government, the legislature adopted the 14th Amendment and promulgated a Civil Rights Act to give privileges to it's new inferior class of U.S. citizens. The results of these Acts were the end of the Republic and the beginning of the Democracy - and they were Constitutional for the Federal Zone They changed the form of our government. The 14th Amendnt made U.S. citizens? out of American Citizens and also made them subject to the legislature. A government of 'we, for, and of the people' came to an end. The corporate Democracy has its own Constitution (Constitution of the United States}. The Articles of Amendments from 12 upward are of the Democracy and not the Republic. The Organic Constitution only had 12 Amendments and the Democracy has added many. Now we have two United States with different Constitutions.


    Which one do you hold allegiance to?


    How you were enticed into the Democracy!


    It was the carrot and stick method. The corporation had both and the people were hungry. Mass mind control exercised through the media played its part. The government would take care of its subjects regardless of cost. People never pondered long enough to figure out that governments have nothing but what they can con the people out of. Slogans such as: Take from the rich and give to the poor. What happens when the rich gets poor Can you really be an employer without the resources to pay for labor and materials Not very long! Anyway, the people were going to be looked after in old age. All they had to do was to become a U.S. citizen and thus give up all their unalienable rights, and pay a very small premium for social insurance. Additionally they were agreeing to become a Taxpayer. What a bargain! They became a Taxpayer for any kind of tax, The became a new U.S. citizen? with all those Civil Rights extended by Congress, and they also got the privilege of abiding by any color of law statute, rule, or regulation that might be promulgated throughout their life span. What a deal!! I missed one, they have the privilege to support people in foreign nations as well!


    Citizenship- a legal or lawful status


    The government never had citizens or subjects before the 14th Amendment was adopted. Thus a new class of inferior citizenship was created. In fact such is a statutory U.S. citizen that is subject to all the rules, regulations and statutes drafted by the corporation under color of law. What was the motive for creating this new class of citizenship? Was it because the Legislature thought they could extend their Jurisdiction into the foreign states, or was it because the Freed men had no legal status after the 13th Amendment was enacted? The Blacks being slaves did not have legal status under the law.


    It is interesting to note that the legislature covered their butt with a public law that allowed American Citizens to Bypass the 14th Amendment requirements with an Act concerning the Rights of American Citizens in foreign States. Keep in mind that the exclusive legislative authority granted was limited to the Federal Zone! American Citizens were in foreign states and not under the rule of the legislature. However, by deception they did accomplish their goal. What is wrong with being a corporate citizen? Nothing at all if you understand that you are no longer in the Republic with a Bill of Rights and are subject to all the corporate whims. Federal U.S. citizens have no unalienable rights, just statutory civil rights and government granted privileges, which include, voting, paying taxes, using funny money, welfare, Social Security, licenses, and control of your life. The American Citizen remains within the Republic, has unalienable rights, has common law, he is an elector, and can do anything without a license so long as he does not harm someone else. He possesses all his unalienable Rights. The difference being Liberty and Slavery!


    Citizenship is a lawful status. No one can determine your status for you because that is a personal thing. You are what your are, therefore, you must act the part of your status. Others, based on your actions, will determine your status. The term presumption is applicable here. Ex: If you are seen fishing then it is presumed that you are a fisherman. Likewise, if you are seen operating an automobile then you are presumed to be a driver?- and when you enter their inferior court rooms, you are presumed to be a U.S. citizen. What is your allegiance to? Did anyone inform you that you had to give allegiance to the corporation? No, that was your decision. You are a U.S. citizen because you attested to that fact when you signed up for Social Security, voter registration, drivers license, filled out the 1040 tax forms, applied for a gun permit and etc. Thus you have exemplified your lawful status by those actions. You may see that the corporation offers many benefits to its citizens and you cannot get those benefits if you are not one of their members. You cannot straddle the fence and be both at the same time. There is not a court in this Country that would give you standing while straddling the fence. All natural persons born in this Country were born free as American Citizens but their lawful status changed with their first nexus with the corporation, like a birth certificate or something else. U.S. citizens not only have benefits, they have responsibility to pay the national corporate debts that paid for the benefits. By law you have a choice and it is yours to make.


    What is the Choice?


    If you like being a corporate member of the Democracy, then do nothing and retain your present legal status. In this case you are the slave and the legislature is the master.


    If you desire to be an American Citizen, under the Republic with all unalienable rights restored and master of your government officers, then you can expatriate from the corporate Democracy.


    The law: FORTIETH CONGRESS, Sess, II, Ch. 248,249,1868, CHAP.CCXLIX. - An Act concerning the Rights of American Citizens in foreign States.


    Whereas the right of expatriation is a natural and inherent right of all people, indispensable to the enjoyment of the rights of life, liberty, and the pursuit of happiness, and whereas in the recognition of this principle this government has freely Received emigrants from all nations, and invested them with the right of citizenship; and whereas it is claimed that such American citizens, with their descendants are subject of foreign states, owing allegiance to the governments thereof, and whereas it is necessary to the maintenance of public peace that this claim of foreign allegiance should be promptly and finally disavowed: Therefore,


    Be it enacted by the Senate and House of Representatives of the United States of America in Congress assembled, that any declaration, instruction, opinion, order, or decision of any offices of this government which denies, restricts, impairs, or questions the right of expatriation, is hereby declared inconsistent with the fundamental principles of this government.


    Sec. 2. And be it further enacted, That all naturalized citizens of the United States, while in foreign states, shall be entitled to, and shall receive from this government, the same protection of persons and property that is accorded to native born citizens in like situations and circumstances.


    Sec.3. And be it further enacted, That whenever it shall be made known to the President that any citizen of the United States has been unjustly deprived of his liberty by or under the authority of any foreign government, it shall be the duty of the President forthwith to demand of that government the reasons for such imprisonment, and if it appears to be wrongful and in violation of the rights of American citizenship, the President shall demand the release of such citizen, and if the release so demanded is unreasonably delayed or refused, it shall be the duty of the President to use such means, not amounting to act of war, as he may think necessary and proper to obtain or effectuate such release, and all the acts and proceedings relative thereto shall be as soon as practicable be communicated by the President to Congress. Approved July 27th, 1968.


    Please note that a foreign state is any union state outside of the Federal Zone: i.e. Virginia, Maryland, California and etc. The state of Puerto Rico or Guam are not foreign because they belongs to the government. Also, each of the union states is foreign to each other.


    共和国を復元しなさい。

    クリムとジムによって

    ソース:

    メディアバイパス

    忠誠は系列上欠けている要素である。

    序文:

    これは、あなたがこれまでに読んだことがある最も重要な記事であるかもしれない!

    それは、あなたが譲渡できない権利またはまさに企業の与えられた特権を持っているかどうかを決定するあなたの法的地位を扱う。

    ほとんどのアメリカ人は、彼らが憲法によって守られた譲渡できない権利を持っていると思う。

    彼らはまた、彼らが投票する時に、彼らが、実のところ、憲法の原則の下で彼らの政府を管理するために役員を選んでいると思う。

    ほとんどの人々は、弁護士と裁判官が司法制度の下で弁護士業を営むと思う。

    ほとんどの人々は、政府が境界を全然持っていないと思う。

    ああ、ほとんどの人々は彼らの情報を求めて政府管理学校とメディアを当てにしていて、彼らは誤報されている!

    背景:

    1776の独立宣言はアメリカの基礎である。

    それはキングに対して不平を概説し、行動が、住民を釈放することを物語った。

    これに憲法がアメリカの団結したアメリカのために続いていた。

    植民地/米国は、含まれる権利の数え上げられた記事なしで憲法を容認することを断った。

    10の具体的な記事が含まれた所で、これは1791において遂行された。

    さて、指定された権限が連邦政府とアメリカに委譲されて、人々が特に委譲されなかったすべての能力を保持していた所に、私達はより完全な組合を持っていた。

    人々は不可譲の権利、繁栄、および慣習法によって自由を楽しんだ。

    世界が続くように、憲法はモデルであった。

    ついに、人々は政府の上にパワーを持っていて、もう、王または独裁者への農奴ではなかった。

    彼らはアメリカのために純粋な共和国を満喫した。

    私達が今日の独立宣言、2000年を読んだ時に、植民地の人々が1776をためていた時に、私達は本質的に今日同じ不平を見つける。

    住民または市民は譲渡できない権利を全然持っていなく、彼らは慣習法を全然持っていなく、いつもいくらかの戦争、どのサウンド貨幣制度にもからまないで、彼らは法律(‘法律の色’、全然司法のシステムの、貧しい教育)だけを全然持っていなく、彼らは柄に課税される。

    彼らは彼ら自身の特性の上の農奴である。

    実のところ、彼らは共和国を持っていない!

    それらは現在民主主義国(私物政体)に支配される!

    何が起こったか(それが一周を1776と裏続きであらせた)?

    古いことわざは真実である;

    回るすべてはやって来る?

    私達の問題は今日1776においてイギリスと催された植民地の人々と同じである。

    アメリカの13の団結したアメリカの満場一致の宣言:

    ここをクリックしなさい。

    問題:

    一周を起こした問題はオリジナルの憲法にある。

    それは記事I、セクション8、条項(17)である:

    議会の能力:

    必要で、前述の能力と米国の政府の中のまたはそれのすべての部門または役員のこの憲法によって衣服を着せられたすべての他の権限を実行の中に運ぶことに適当であることとするすべての法律を作るためそして(18)。

    前述の排他的な委譲されたパワーは、憲法の抑制なしで地区(連邦ゾーン)中でしたいという立法機関願望を何のためにでもする権限である。

    立法機関はそれらの個人的で、政治的な利点のためにそれらの委譲された能力を利用した。

    南北戦争の間の1861において、議会は無制限に休会に入った。

    決して戻らないために、その用語は永久に意味している。

    共和国は戒厳令の下にあり、リンカーン大統領は南の州について担当者を指定し、再び座ることを立法機関に強制した。

    高貴さについての改正の13番目の記事は、憲法から取り除かれて、奴隷制度を禁止した改正の新しい記事と取り替えられた。

    その記事は12月6日、1865に批准された。

    1868において、臀部立法機関は私的な地方自治体として地区を含んでいた。

    チャーターは1871においてわずかに改訂された。

    その政府の合併に続き、立法機関は14番目の改正を採用し、公表されて、それに特権を与える公民権法は、米国市民の新しい劣ったクラスである。

    これらの法の結果は共和国の終わりと民主主義の最初であった - および、それらは、彼らが私達の政府の形態のために両替した連邦ゾーンのための憲法であった。

    14番目のAmendntは米国の市民のためにアメリカ市民の外で?を作り、また、彼らを立法機関に左右されさせた。

    ‘人々のための、そして私達’の政府は終わった。

    企業の民主主義は米国のそれ自身の憲法(憲法を持っている。

    12からの改正の記事は上方で共和国ではなく民主主義をもっている。

    有機構造はただ12回の改正を持っていて、民主主義は多くを追加した。

    さて、私達は違う構成によって2つの米国を持っている。

    あなたはどのものに忠誠を保持するか?

    どんなに、あなたは民主主義に誘惑されたのか!

    それはニンジンと棒の方法であった。

    企業は両方とも持っていて、人々は空腹であった。

    メディアを通して行使されたマス・マインド・コントロールはその役割を果たした。

    政府はコストを問わずその主題を世話するであろう。

    政府が、彼らが人々からまきあげることができるもの以外の何も持っていないと理解するのに十分なほど長い間、人々は決して考えなかった。

    次などのスローガン:

    金持ちから取り、貧しいものに与えなさい。

    金持ちが貧しい缶 あなた 本当の労働と素材のための支払いへの資源なしの雇用者、? 非常に長い間 を得る時には無しに、なにか起こるか!

    とにかく、人々は、老齢に世話をされようとしていた。

    彼らが、する必要があったすべては、米国の市民になり、それからすべてのそれらの不可譲の権利を放棄し、社会保険に対して非常に少ない割り増し金を支払うことであった。

    さらに、彼らは、納税者になることに合意していた。

    なんという契約なのか!

    それらはどのような種類の税金のための納税者にでもなり、議会によって拡張されたすべてのそれらの公民権によって新しい米国市民?になり、彼らはまた、それらの寿命にわたって公表されるかもしれない法律法令、規則、または規則のどのような色にでも従う特権を得た。

    なんという取り引きなのか!!

    私は人を恋しく思い、その上外国の国家の中で人々をサポートするために、彼らは特権を持っている!

    公民権法律のまたは合法なステータス

    14番目の改正が採用される前に、政府は決して市民または主題を持っていなかった。

    従って、劣った公民権の新しいクラスは作成された。

    実のところ、そのようなものは、法律の口実のもとで企業によって立案されたすべての規則、規則、および法令にしばられる法令の米国の市民である。

    公民権のこの新しいクラスを作成するための動機は何であったか?

    それは、立法機関が、彼らがそれらの司法権を外国の州に拡張することができたと思ったためであったか?または、それは、13番目の改正が制定された後に、解放された人が法的地位を全然持っていなかったためであったか?

    スレーブである黒人は法律の下に法的地位を持っていなかった。

    外国の米国でアメリカ市民の権利に関係している法によってアメリカ市民が14番目の改正要件を迂回することを可能にした公法によって、立法機関がそれらのケツをカバーしたことは注に興味深い。

    与えられた排他的な立法権が連邦ゾーンに制限されたことを心に留めなさい!

    アメリカ市民は立法機関の規則の下ではなく外国の州にいた。

    しかし、詐欺によって、彼らはそれらのゴールを達成した。

    何が企業市民であることにおいて具合が悪いか?

    あなたが、あなたがもう権利章典を持つ共和国にいなく、すべての企業の出来心に左右されると理解しているならばすべての何もかも。

    連邦の米国の市民は譲渡できない権利を全然持っていなく、法令の公民権と、あやしい金、福祉、社会保障、ライセンス、およびあなたの人生のコントロールを使って、政府は納付を、投票して含む特権に与えただけであることである。

    アメリカ国民は共和国の中に残っていて、譲渡できない権利を持っていて、慣習法を持っていて、彼は選挙人であり、彼が他の誰かを傷つけない限りライセンスなしで何でもすることができる。

    彼はすべての彼の不可譲の権利を所有している。

    自由と奴隷制度である違い!

    公民権は合法なステータスである。

    それが個人的な物であるので、誰もあなたのためにあなたのステータスを決定することができない。

    あなたは、従ってあなたがあなたであるものである あなたのステータスの役を演じなければならない 。

    あなたの行動に基づいた他はあなたのステータスを決定するであろう。

    用語推定はここで適用可能である。

    Ex:

    あなたが釣るのを見られるならば、あなたが漁師であることは推定される。

    同様に、あなたが自動車を運転するのを見られるならば、あなたは、ドライバーであると推定されて、あなたがそれらの下級裁判所部屋に入る時に、あなたは、米国の市民であると推定される。

    あなたの忠誠は何にであるか?

    誰かが、あなたが、忠誠を企業に与える必要があったことをあなたに知らせたか?

    いいえ、それはあなたの決定であった。

    あなたが、社会保障、有権者登録、ドライバーライセンス〈1040の税金フォームの外に記入された〉に参加した時にあなたがその事実を証明したのであなたが米国市民であること 銃に当てられる 許す となど

    従って、あなたはそれらの行動によってあなたの合法なステータスを例証した。

    あなたは、企業が多くの利点をその市民に提供するとわかってもよく、あなたが彼らのメンバーのひとりではないならば、あなたはそれらの利点を得ることができない。

    あなたはフェンスにまたがり、同時に両方であることができない。

    フェンスにまたがる間に、あなたに立ちを与えるであろうこの国に、法廷がない。

    この国で誕生したすべての自然人はアメリカ市民として自由に誕生したけれども、彼らの合法なステータスは出生証明書または他の何かのような企業との彼らの最初の結びと交替した。

    米国の市民はただ利点を持っているのでなく、彼らは、利点の代金を払った企業の借金を国民に支払う責任を持っている。

    法律によって、あなたは選択権を持っていて、作ることはあなた方のものである。

    選択は何であるか?

    あなたが民主主義の法人会員であることが好きならば、何もしなく、あなたの現在の法的地位を保持していなさい。

    この場合に、あなたはそのスレーブであり、立法機関はそのマスタである。

    あなたが、復活したすべての不可譲の権利とあなたの政府役員のマスタを持つ共和国の下でアメリカ国民でありたいならば、あなたは企業の民主主義から追放することができる。

    法律:

    40番目のCONGRESS、租税、II、Ch. 248、249、1868、CHAP.CCXLIX。

    - 外国の米国でアメリカ市民の権利に関係している法。

    国籍離脱権がライフ、自由、および幸福の追求の権利享有に不可欠なすべての人々の自然で、固有の権利であるのに対して、そしてこの原則の認識におけるのに対して、この政府は自由にすべての国家から移民を受け取り、公民権の右を彼らに与えた;

    そして、それが要求されて that 政府へのそのようなアメリカの市民借金忠誠〈それらの子孫と外国の州の主題である〉 そこから 、敏速と最終的に外国の忠誠のこの主張が否定されるべきなので、それが公的な平和のメンテナンスに必要なのに対して:

    従って

    それが集まった議会でアメリカ合衆国の上院と下院によって制定されるとしても、国籍離脱権を否定し、限定し、害するか、疑うこの政府のどのようなオフィスのそのどのような宣言、手順、意見、注文、または決定でもこれによってこの政府の根本原理と一致しないと宣言される。

    Sec. 2.

    そして、それがさらに制定されるとしても、すべて、米国の市民を順応し、外国の州の間に、そうすることの権利を与えられることとし、この政府、人の同じ保護、および同様な状況におけるネイティブの生まれながらの市民と状況に与えられる特性から受け取ることとする。

    Sec.3.

    そして、それが大統領に知らせられることとする時はいつでも、米国のそのどのような市民でも彼の自由をまたはすべての外国の政府の権限の下不公平に奪われていることがさらに制定されるとしても、そのような懲役の理由をその政府に要求することは直ちに大統領の義務になることとし、それが、悪く、アメリカ公民権の権利の違反にあるようならば、大統領は、リリースを、そのような市民に、そしてそう要求されたリリースがそうであるならば要求することとする。

    不当に、遅延したか、断られて、それは、彼が、そのようなリリースを得るか、もたらすために必要で、適切であると考えることができて、そこで相対的なすべての行為と議事録が実行可能であるのと同じくらいすぐあることとする戦争行為に相当していないそのような方法を使う大統領の義務が議会に大統領によって伝達されることであることとする。

    1968年7月27日是認される。

    どうぞ、外国の州が連邦ゾーンの外でどのような共同体状態ででもあることに注意しなさい:

    すなわち

    彼らが政府に所属しているので、プエルトリコまたはグアムの状態は外国でない。

    また、共同体状態のそれぞれは互いと無関係である。




    蛇足


    Democracy(デモクラシー)は主義ではない、主義はizmである。デモクラシーは正確には民主政体といわれる。ところが、デモクラシーは私物化と何も変わらない・。


    .




    Chapter V

    Chapter V

    The United Nations



    A Brief History




    The "idea" for creating the United Nations was born a few years before the First World War. The idea was named "League of Nations" and came from a book of fiction called "Phillip Dru: Administrator". The author was Woodrow Wilson's socialist right hand man, Colonel House. House later admitted the book was fact presented as fiction. President Wilson's biographer, George Sylvester Viereck said: "The Wilson Administration transferred the Colonel's ideas from the pages of fiction to the pages of history"..


    In his novel, published anonymously two years before the First World War had even begun, he proposed "...a League of Nations". After the war, despite enormous influence and money backing, the idea came to naught because the United States would not support it. But not to worry, the socialst backing for the League already had its sights on a successor, the United Nations. All that was needed to coerce the "sheep" into the fold was another BIG war. This was not to be a problem because the seeds for this war were already planted at Versalles.


    Following Germany's surrender, two committees were established to administer details of post-war policies. Woodrow Wilson appointed Bernard Baruch to represent the US on the economic committee and Thomas W. Lamont of J.P. Morgan spoke for US (US banks, that is) interests on the financial committee. Baruch's group decided that Germany would pay $12 billion in reparations and, together with other limitations on the German economy, the new German republic (The Weimar Republic) was doomed to fail. In doing so, social conditions would ripen for the rise to power of Adolph Hitler.


    Once the banksters were assured that Hitler was their man, rivers of money flowed out of the Federal Reserve to build Germany's infrastructure and Adolph's war machine. This all occurred during "the Great Depression" while the people of the United States were losing their farms, homes and jobs because there "wasn't enough money".


    Similar actions were occurring in the Pacific to bring Japan towards war and eventually the Second World War became history with the loss of millions of lives. The banks made uncountable profits along with the industrial powers. For some, WWII was another successful venture.


    The same people who made profit from these wars now ressurrected the League of Nations under a new banner, The United Nations. For a complete look at the history of the United Nations, read David Ickes book "....and the truth shall set you free".


    The above is just a thumbnail history of the UN. By clicking on the Official United Nations website, you will find even less history. I wonder why. Click here for a lot of history.







    Setting The Record Straight


    "All our law is private law, written by The National Law Institute, Law Profesesors, and the Bar Association, the Agents of Foreign Banking interests. They have come to this position of writing the law by fraudulently deleting the "Titles of Nobility and Honour" Thirteenth Amendment from the Constitution for the United States, creating an oligarchy of Lawyers and Bankers controlling all three branches of our government. Most of our law comes directly through the Hague or the U.N. Almost all U.N. treaties have been codified into the U.S. codes. That's where all our educational programs originate. The U.N. controls our education system. The Federal Register Act was created by Pres. Roosevelt in 1935. Title 3 sec. 301 et seq. by Executive Order. He gave himself the power to create federal agencies and appoint a head of the agency. He then re-delegated his authority to make law (statutory regulations) to those agency heads. One big problem there, the president has no constitutional authority to make law. Under the Constitution re-delegation of delegated authority is a felony breach. The president then gave the agencies the authority to tax. We now have government by appointment running this country. This is the shadow government sometimes spoken about, but never referred to as government by appointment. This type of government represents taxation without representation. Perhaps this is why some people believe the Constitution was suspended. It wasn't suspended, it was buried in bureaucratic red tape."

    David M. Dodge, 08/01/91











    There is a parallel for today's UN propaganda and the propaganda of the Nazis years ago. There is also a parallel to what the Executive Branch of our government is doing today relative to "The Supreme Law of the Land", our Constitution.


    "The authority of the Fuhrer is not limited by checks and controls, by special autonomous bodies or individual rights, but it is free and independent, all-inclusive and unlimited," said Ernst Huber, an official party spokesman, in 1933. "The concept of personal liberties of the individual as opposed to the authority of the state had to disappear; it is not to be reconciled with the principle of the nationalistic Reich," said Huber to a country which listened, and nodded. "There are no personal liberties of the individual which fall outside of the realm of the state and which must be respected by the state... The constitution of the nationalistic Reich is therefore not based upon a system of inborn and inalienable rights of the individual."


    For those of you who think the UN is a well intentioned organization created to serve man, think again. It is created to enslave man and serve only its masters; the same good folks who brought you the great depression, a couple of wars, several "no win" POLICE ACTIONS and all the good trappings of great entertainment including tons of drugs and a fairytale education system. What more could a nation of non-thinking sheep ask for?


    And for you Korea and Viet Nam vets, click here to see what the UN did for you.








    "Today the path to total dictatorship in the United States can be laid by strictly legal means, unseen and unheard by the Congress, the President, or the people....outwardly we have a Constitutional government. We have operating within our government and political system, another body representing another form of government, a bureaucratic elite which believes our Constitution is outmoded and is sure that it is the winning side.... All the strange developments in the foreign policy agreements may be traced to this group who are going to make us over to suit their pleasure.... This political action group has its own local political support organizations, its own pressure groups, its own vested interests, its foothold within our government, and its own propaganda apparatus."




    Senator William Jenner (1954)


    This web page is dedicated to spreading the truth about the United Nations and its agenda for global, one-world government. Much of the material quoted on these pages is taken directly from UN sources or other web sites. Conclusions drawn from these materials are our opinions. Others may draw differing conclusions based on the same material. What we urge you to do is look at the information available and form your own conclusions (from the Mustard Seed).


    This editor feels the evidence is overwhelming that unless "we the people" quit being "us the sheep", we're headed for the shears and the butchershop. A few more evolutions of the "divide and conquor" techniques and principles engineered by a brilliant, exraordinarily wealthy and powerful eliteist group, and they will have all the freedom and we, the sheep, will have all the slave chains.


    United


    第5章

    国連

    小史

    国連を作成するための「アイデア」は第一次世界大戦の数年前に誕生した。

    アイデアは「国際連盟」と名付けられて、「フィリップDru:」と呼ばれるフィクションの本から来た。

    「管理者」。

    作者はウッドロー・ウィルソンの社会主義の右腕、ハウス大佐であった。

    作家は後で、本がフィクションとして示された事実であったと認めていた。

    ウィルソン大統領の伝記作家、ジョージ・シルベスター・ヴィレックは言った:

    「ウィルソン管理は大佐のアイデアを小説から歴史のページに移した」。。

    彼の小説の中で、第一次世界大戦が始まる2年前に匿名で出版されて、彼は「国際連盟」を提案した。

    巨大な影響とお金をバックにもかかわらず、戦争の後で、米国がそれをサポートしないで、アイデアは失敗に終わった。

    しかし、悩まないように、すでにリーグのためにバックしているs会学者は後継者、国連にその風景を持っていた。

    折りたたみの中に「羊」を強制するために必要であったすべては別の大戦争のためであった。

    この戦争のための種がVersallesですでに植えられていたので、これは、問題ではないことであった。

    ドイツの引き渡しに続いて、2つの委員会が、戦後の方針の詳細を管理するために設立された。

    金融の委員会の上の、米国(米国銀行、それはそうである)の利益のために、経済の委員会とJ・P・モーガンのトーマスW.ラモントの上の米国を代表するためにバーナード・バルークに任命されたウッドロー・ウィルソンは話した。

    バルークのグループは、ドイツが賠償金において120億ドルを支払うであろうと決めて、ドイツ経済の上の他の制限とともに、新しいドイツ共和国(ワイマール共和国)は、失敗することを運命づけられていた。

    そうすることにおいて、社会的な条件はアドルフ・ヒトラーのパワーに上昇のために熟すであろう。

    金融家達が、ヒトラーがそれらの人であったと確信していたら、ドイツのインフラストラクチャーとアドルフの軍事機構を構築するために、お金の川は連邦準備銀行の外で流れた。

    米国の人々が、それらの農場、家、および仕事 それゆえ そこ 「十分なお金ではなかった」 を失う間、これすべては「大恐慌」の間に起こった。

    同様な行動は、戦争のため日本に持って来る太平洋に存在していて、結局、第二次世界大戦は数百万の命の損失によって歴史になった。

    銀行は産業の能力とともに無数の利益を得た。

    いくつかにとって、WWIIは別の成功したベンチャーであった。

    今やこれらの戦争から利益を作ったのと同じ人々は新しいバナー、国連下で国際連盟をressurrectedした。

    国連の歴史の完全な表情のために、デイビッド・イキーズの本「真実が自由にあなたに課することとする....and」を読みなさい。

    上記は単に国連の極小の履歴である。

    国連オフィシャルサイトをクリックすることによって、あなたはいっそうより少ない歴史を見つけるであろう。

    私はなぜかと思っている。

    たくさんの歴史のためにここをクリックしなさい。

    レコードをまっすぐにする

    「国家法研究所、法律教授および弁護士協会(外国のバンキング利益のエージェント)によって書かれて、すべての私達の法律は私法である」。

    彼らは、私達の政府のすべての3つの枝をコントロールしている弁護士と銀行家の寡頭政治を作成して、「高貴さと名誉のタイトル」を不正に削除することによる法律に米国のための憲法からの13番目の改正を書くこのポジションに来た。

    ハーグまたは国連を通して、ほとんどすべての国連条約が米国コードの中に成文化してすぐに、私達の法律のほとんどは出来る。

    それは、すべての私達の教育プログラムが起こる所である。

    国連は私達の教育システムをコントロールする。

    米国官報法はPresによって作成された。

    1935年のルーズベルト。

    大統領命令によって3sec.301et seq.にタイトルを付けなさい。

    彼は自身に、連邦機関を作成し、エージェンシーのトップを任命する権限を与えた。

    それから、彼は訴訟(法的規制)をする彼の権限をそれらのエージェンシートップに再委任した。

    そこの1つの大きな問題、大統領は、訴訟をする憲法の権限を全然持っていない。

    委任された権限の憲法再派遣の下に重罪違反がある。

    それから、大統領はエージェンシーに、課税する権限を与えた。

    私達は現在約束による政府にこの国を運営させておく。

    これは時々演説されたけれども決して約束によって政府と称されなかった影の政府である。

    このタイプの政府は代表なき課税を表している。

    たぶん、そんなわけで、何人かの人々は、憲法が中断されたと信じる。

    「それは浮遊しなく、それは官僚的な形式主義の中で埋蔵された」。

    デイビッドM.ドッジ、08/01/91

    数年前今日のUN宣伝とナチの宣伝のための平行線がある。

    私達の政府の行政府が「国の最高法規」、私達の憲法と関連している今日をしていることとの平行線がまたある。

    「独裁者の権限はチェックとコントロールによって、特別な自治体または個々の権利によって制限されないけれども、それは自由で、独立で、包括的で、無限である」とエルンスト・ユベール、公式なパーティースポークスマンは1933年に言った。

    「国の権限と対照的な個人の個人的な特権の概念は、消える必要があった;」

    聞き、うなずいた国に、「それは、国家主義的なドイツ帝国の原則と調和しないことである」とユベールは言った。

    「状態の領域の外で低下し、状態によって尊重されなければならない個人の個人的な特権が全然ない…」

    「国家主義的なドイツ帝国の構成は従って個人の生得で、譲渡できない権利のシステムに基づかない」。

    国連が、人に奉仕するために作成された健康な意図的な組織であると思うあなたたちのそれらのために、再び考えなさい。

    それは、人を奴隷にし、そのマスタだけに奉仕するために作成される;

    大恐慌、2、3の戦争、いくつかの「勝利がない」治安活動、および何トンもの薬を含む大きなエンターテインメントとfairytale教育システムのすべてのよい装飾をあなたに持って来たのと同じよい人々。

    羊を考えない国家はもっと何を要求することができたか?

    そして、韓国とベトナムが診療するあなたのために、国連があなたのために何をしたかをわかるためにここをクリックしなさい。

    「今日、米国で独裁権を合計するパスは、私達が立憲政体を持っていることに議会、大統領によって非可視で、聞こえない厳密な法的手段またはpeople....outwardlyによってかけられることができる」。

    私達の政府と政治システム(政府の別の形態を表している別のボディ)中に私達は操作を持っていて、私達の憲法を信じる官僚エリートは旧式で、それが勝利側であると確信している…。

    外交方針協定における奇妙な開発があるかもしれないすべては、誰が、それらの喜びに適するために私達を作り直そうとしているかをこのグループに調査した…。

    「この政治的な活動のグループはそれ自身のローカルな政治的なサポート組織、それ自身の圧力団体、それ自身の既得権、私達の政府の中のその足場、およびそれ自身の宣伝装置を持っている」。

    ウィリアム・ジェンナー(1954年)上院議員

    このWebページは、国連についての真実とグローバルで、1世界の政府のためのその課題を広めることが専門である。

    これらのページに引用された素材の多くは直接UNソースまたは他のウェブサイトから取り去られる。

    これらの素材から引き出された結論は私達の意見である。

    他は同じ素材に基づいた異なる結論を引き出すかもしれない。

    私達が、することをあなたに勧めることは入手可能な情報を見て、あなた自身の結論(カラシナの種からの)を成形することである。

    このエディタは、「私達、人々」が「私達は羊」であるのをやめない限り、私達が大ばさみと屠殺場に向かっているという証拠が圧倒的であると思う。

    見事で、exraordinarily裕福で、強力なeliteistによって設計された「分割とconquor」テクニックと原則のさらにいくつかの発展は群がり、それらはすべての自由を持つであろうし、私達、羊はすべてのスレーブチェーンを持つ。

    Chapter IV

    Chapter IV

    EDUCATION





    In 1940, teachers were asked what they regarded as the three major problems in American schools. They identified the three major problems as: Littering, noise, and chewing gum. Teachers last year were asked what the three major problems in American schools were, and they defined them as: Rape, assault, and suicide.

    ・William Bennett (1993)


    "Give me your four year olds and in a generation I will built a socialist State."

    Lenin


    Is Your Child's School

    Really a House of Horrors?


    Parents looking to the beginning of the new school year may fear a repeat of the violence that has occurred, but the real House of Horrors, says the American Policy Center is just as frightening. Here's what the Center says awaits returning students:


    1. Social promotion into grades where they are unable to compete, having failed to acquire the basic skills in the previous year.


    2. Math courses in which the memorization of multiplication tables is neither required, nor encouraged. Teachers who believe math, an absolute science, can be absorbed by osmosis.


    3. Being in classrooms where the teacher is now a "facilitator" and students are expected to learn from each other.


    4. School books of every description in which children are taught to worship the earth or "Gaia", the earth as God.


    5. Deceptive permission slips sent home where "physical examinations" do not mention the inclusion of genital examinations for young girls. School health centers that provide information about sexual behavior contrary to the beliefs or wishes of parents.


    6. Geography courses where students are asked to make a "Me Map" that has nothing to do with the nations of the world, locations of oceans, rivers or mountain ranges, but rather becomes a device to shape the student's social values.


    7. English classes where students are posed ethical questions including those requiring decisions as to who should die and who should live.


    8. Science courses that falsely teach that the earth is running out of energy resources, that forests are disappearing, that the provision of abundant food crops is bad because of the use of agricultural chemicals that have been safely applied for decades, and barely hidden advertisements for environmental groups such as the Sierra Club.


    9. The widespread administration of mind altering drugs to students, often without the parent's permission or knowledge, for alleged disorders such as Attention Deficit Disorder.


    10. The intrusion of often poorly trained "social workers" conducting unsolicited home visits with the power to remove a child they deem to be "at risk."





    CLICK HERE to see why Johnny is stupid.




    "Educational policy in America strives to undermine the trust between children and their parents", says Tom DeWeese, president of the American Policy Center, an activist think tank, headquartered in Herndon, VA. The Center maintains an Internet site at http://www.americanpolicy.org/
     


    If you the reader are concerned with our deplorable education program, try The Kossor Education Newsletter and for some good online REAL education sites covering math, grammer, history and more, go here. For a REAL education, CLICK HERE.


    *** SEE The Deliberate Dumbing Down of America by Charlotte Thomson Iserbyt, a former Senior Policy Advisor in the Office of Educational Research and Improvement (OERI), U.S. Department of Education.




    See what Bubba Blox can do for the brain,

    young ones and old ones both.






    See WHAT AMERICAN SHEEP BELIEVE




    第4章

    教育

    1940年に、先生は、彼らが何をアメリカ学校の3つの主要な問題とみなしていたかを尋ねられた。

    彼らは3つの主要な問題を次と認定した:

    散らかし、ノイズ、およびチューイングガム。

    先生は昨年、アメリカ学校の3つの主要な問題が何であったかを尋ねられて、彼らは彼らを次と定義した:

    レイプ、猛攻撃、および自殺。

    ・ ウィリアム・ベネット(1993年)

    「私にあなたの4歳を与えなさい。そうすれば、1世代で、私は、社会主義者国を建てらるであろう」。

    レーニン

    あなたの子供の学校である。

    本当の、恐怖の家?

    新しい学年の最初に目を向けている両親は、起こった暴力の繰り返しであるが恐怖の現実の家が、アメリカ方針センターがちょうど同じくらい恐ろしいと伝えているのを恐れるかもしれない。

    ここに、センターが、戻り学生を待つと伝えているものがある:

    1. 彼らが、前年に基本的な技術を修得することに失敗して、競争することができないグレードの中への社会的なプロモーション。

    2. 掛け算表の記憶が必要とされていなく、激励されない数学コース。

    数学、絶対の科学を信じる先生は影響されることで没頭することができる。

    3. 先生が現在「世話役」であり、学生が、互いに学ぶことを期待されている教室にある。

    4. 子供が、地球または「ガイア」、神としての地球を拝むことを教えられるすべての種類の教科書。

    5. 欺瞞的な許可は、「身体検査」が若い女の子のために生殖した調査の含有に言及しない送られた家を放す。

    両親の信念または希望に反して性行動についての情報を提供する学校保健所。

    6. 学生が、世界(海洋、川、または山脈の位置)の国家と関係がないけれどもむしろ、学生の社会的価値を具体化するために、機器になる「私マップ」を作るように頼まれる所で、地理は流れる。

    7. 学生が、誰が死ぬべきであるか、そして誰が住むべきであるかについて決定を必要としているそれらを含む倫理の問題を出される英語の授業。

    8. 誤って、地球がエネルギー資源を使い果たしていて、森林が消えていて、豊富な食用作物の供給が、数十年に安全に当てられていて、シエラ・クラブなどの環境保護団体のためにかろうじて広告を隠す農薬の使用のため悪いことを教える科学コース。

    9. 注意欠陥障害などの疑わしい不法行為のためにしばしば親の許可または知識なしで学生に薬を変更している精神の広範囲に及んだ管理。

    10. 彼らが、「危険な状態で」であると考えている子供を追放するパワーによって嘆願されない家庭訪問を実施しているしばしば不十分に訓練された「ソーシャルワーカー」の侵入。

    なぜジョニーが愚かであるかをわかるためにここをクリックしなさい。

    「子供と彼らの両親の間で信頼を徐々に蝕むために、アメリカの教育方針は努力する」とトムDeWeese(ハーンドン、VA.に本部を置いたアメリカ方針センター、活動家シンクタンクの社長)は言う。

    センターはhttp://www.americanpolicy.org/
    でインターネットサイトを管理する。

    あなた、読者が私達の遺憾な教育プログラムに関係しているならば、Kossor教育ニューズレターを試し、数学、体重が軽い人、履歴、およびその他をカバーしているいくつかのよいオンラインREAL教育サイトのために、ここに行きなさい。

    REAL教育、CLICK HEREのために。

    *** シャーロット・トムソンIserbyt(教育的な研究と改良(OERI)のオフィス、米国教育省の前のシニア方針アドバイザー)によるアメリカの故意のDumbing下りを見なさい。

    Blox兄弟が両方とも脳、若いもの、および古いもののために何をすることができるかをわかりなさい。

    WHAT AMERICAN SHEEP BELIEVEを見なさい。

    デービットアイク。

    I c k e   & A s c e n s i o n


    http://tamarin.cside21.com/peace.html




    『不思議の国のアリスと世界貿易センターの大惨事



     もし合衆国の暴虐の背後にある勢力を探しているなら、誰が利益を得るのか?と尋ねなさい。                        



                                  デーヴィッド・アイク


     

     この世界を支配しよう、グローバルな独裁状態を導入しようとしている勢力、私がイルミナティと呼んでいる勢力は、もし予言することができなければ、無である。

     

     ニューヨークとワシントンで犯された信じられないホラーは、すべての人類の集合的な心を突き刺す問題・反応・解決法であり、私は数年間この規模の事件を予想していた。私は、それは戦争、核「テロリスト」爆弾であろうと考えていた。しかし、アジェンダが歩を速めるにつれて前方へ押し出される時、なにか途方もないことがブッシュ政権時代に起ころうとしていた(私が就任式の時に書いているように)。

     

     この世界がグローバルな中央集権的独裁主義に向かって行くのが早くなってはいるけれども、それはイルミナティアジェンダが要求するタイムスケールにマッチするほど、未だ十分には早くはなかった。そして彼等のグローバリゼーションのプランに、また自由への急襲に対する反対は日毎に蓄積していた。集合的な人類の心を恐怖やホラーや安全でないことによって荒廃させるような、また「解決」がほとんど一夜の巨大な跳躍の中でアジェンダを進行させるようになる、巨大な規模の何かが組織化されて来ていたのは明らかだった。これが、我々が見ているアメリカでの儀式的に重要な第9の月の11番目の日のでき事だ(911は合衆国では救急の電話番号)。儀式と秘教的なコードは、イルミナティが企てるあらゆる事の心臓部だ。

     

     そして、これらの暴虐のように心を無感覚にすることは、人類を精神的感情的霊的肉体的に牢獄に閉じ込めるためのイルミナティのアジェンダの次のサイクルの最後ではなくて、出発点だ。(彼ら自身が起こした)「テロリズム」の恐怖を使うために、「自由世界」の内部のまさにその勢力は、それ自身が責任があることに対して、ドアをコツコツ叩くことを選択した人々や国々に対する戦争を正当化するために、一つの(情動の)世界軍と世界政府として、「自由世界」が結合するにつれて、より多くの死と破壊が展開していくだろう。イスラムの人々との戦争さえも終末ではなく、終末への手段である(残存している共産主義勢力に対する闘争のための、これは彼等がまた支配しているのだが)。イルミナティはあるゆる国で、「テロリスト」組織と、またこれらのテロリズムに「反対」する機関においても作動していることを、思い出そう。すべての「側」の内部にエージェントを配置することによってのみ、彼等がゲームを支配することを確実にすることができるし、そのゲームが始まる前からその結果を知ることを確実にすることができる。来たるべき数ヶ月後に我々が見るように、イルミナティは、いわゆる「自由世界」でそうであるように、イスラム世界にもスパイを置いている。たとえば、サダム・フセインは、アメリカの父子のジョージ・ブッシュとまったく同じように、知られているイルミナティの歩、将棋の駒である(「そして真理があなたを自由にする」を参照)。

     

     儀式的な無感情の爬虫類の心を予想するために、この合衆国の大惨事のニュースの取り扱いを見てみよう。この様な環境でいつも起こることを見てごらん、そうすれば青写真はほとんどすべての例で同じことがわかるだろう。その事件が起こる前に、「身代わり」「スケープゴート」が既に責めを負うために準備されていて、かくして、大衆の心を危険な憶測から引き離し、あらかじめ定めた標的に向かって操縦するのだ。ケネディの暗殺の後、それはリー・ハーベイ・オズワルドであったし、オクラホマ事件ではそれはティモシー・マックベイであった。そして今オズマ・ビン・ラディンである。

     

     ビン・ラディン氏は、本来とは全く違うように言われているが、私がそうであるより以上には、この週に起こったことに対して責任はない。彼の名前はこの大惨事が起こった直後に、最も明白な共犯者として紹介された。ちょうどケネディー大統領が死ぬ前に、リー・ハーベイ・オズワルドの噂が流れたのと同じように。

     

     アフガニスタンの山々から来たこの男が、この巨大な作戦行動の「首謀者」だろうという考えは、基本的な知性を持っている誰に対しても全くの侮辱である(ラディン氏に会ったことのあるジャーナリスト、ロバート・フィスクによって書かれた記事を参照)。我々はここで小包爆弾の話しをしているのではなく、エルサレムのレストランにマインドコントロールされた狂人が自動車爆弾で突っ込むことを話しているのでもない。四機の民間航空機が、アメリカの空港経由で、アメリカの空域で、同時にハイジャックされなければならなかった、またお互いに四五分以内に高度に特別なターゲットに向かって飛んでいかなければならなかったのだ。どのようにして、これが可能なのか?その理由は、内部の仕事だからだ。これが、合衆国の内部で勢力が統合された、また世界中のイルミナティのくもの巣の他の要素と共に共同して合衆国「諜報局」の最も高位のレベルによって計画されたことの理由なのだ。

     

     今や使い捨てのマインドコントロールされた資産の軍隊によって、一旦心がマインドコントロールされ、彼らを活性化する引き金が引かれると、要求するいかなることでも彼らにさせることは可能だ。これらの飛行機をハイジャックし飛行機をビルディングに飛び込ませた当事者は、意識した心の中に信じるようにプログラムされた「原因」を信じていただろう。しかし、実際は、彼らはそれらの飛行機をハイジャックも操縦もしていなかったのだ、彼らのプログラムがそうしていたのだ。マインドコントロールは今やこのように洗練されているので、このようなプログラミングは子供の遊戯である。

     

     このテロは合衆国諜報局の失敗ではない、ああ困った。彼らが陰謀を曝露することは想定されていない。またもしこの体制を支配している者から援助を受けるならば、飛行機の中に武器を積むことは非常に容易であろう。私は、これはもう一つの「真珠湾」だということを聞いているし、確かにそうだ。「そして真理があなたを自由にする」や他の本や研究を読めば、アメリカ政府は日本が真珠湾を攻撃しようとしているのを知っていたが、彼らはそれについて何もしなかったと言うことを理解できる。何故か。その理由は、彼らは特別な理由のために、真珠湾攻撃が起こることを望んでいたからだ(合衆国が第二次世界大戦に参加することを正当化するために、それはルーズベルト大統領が参戦しないと、選挙の時に宣言していたからだ)。問題・反応・解決法。そしてそれはこの週の事件でも同じだ。

     

     攻撃の直後、「ビン・ラディンに罪を負わせる」キャンペーンが、あらかじめ準備された計画に乗っ取って開始された。たとえば、共和党上院議員でイルミナティの引き立て役、オーリン・ハッチはCNNニュースで、ビン・ラディン氏がこの空前の攻撃の背後にいるというFBIからの高度なレベルの情報を持っていると語った。「私はある情報を持っているのだ」、ハッチンはFBI報告に関して言った。「彼らはこれはオサマ・ビン・ラディン氏ののサインであるかもしれないように見えるという、また彼がこの背後に居るかも知れないという結論に達した」。わかった、それ以上言うな、オーリン。我々はメッセージを受け取った、君は君の仕事をしたまえ。

     

     それから、我々はレンタカーがおあつらえ向きに、二機の航空機がハイジャックされたボストン空港で見つかり、コーランのコピーと民間航空機の操縦法のビデオもあった!!!、と言う物語を聞かされる。私はおとぎの国にいるのだろうか、それとも何だ。私は、任務が無事に達成されるようにとの乗員にあてたビン・ラディン氏の手紙が車の中で発見されたと、彼らが主張しないことに驚いている。たぶん、彼らはそれを翌日「発見」する計画だった、そうだろう?それは信じがたいほどナンセンスだ、もちろんそうだ、しかしほとんどの人はそれを信じるだろう。そして、今後毎日毎週、あなたはより多くのでっちあげられた、組織的に展開される「ビン・ラディン、コネクション」の「証拠」を見るだろう。

     

     そこで、質問。誰が利益を得るのか?そうだ、イルミナティは単一の世界政府と世界軍、単一の通貨と中央集権的なグローバルな金融独裁主義と支配を欲している。彼らはマイクロチップを埋め込んだ人間を、またすべての時にすべての種類の不断の監視に基づく社会を欲している。そして彼らは、恐れるように操作されたものから救ってくれる「権威」に、自分の力を手放すような、怯えて、従順な、卑屈な人々を欲している。

     

     奇妙なことに、「アメリカでの、これらの恐るべき事件から誰が利益を得るのか?」という質問は、非常に簡単に答えることができる。右記を導入しようと欲している誰かだ。

    9・11大惨事の意味することは以下の通り。

     

    ● イルミナティは今や、彼らの宣伝機械が人々を信じさせるように操作することを非難する、誰に対しても報復できる言い訳を持っている。イスラムの標的に対する攻撃は、世界中の、特に中近東の大規模な抗争や動乱の引き金となる可能性を持っている。それから、この抗争をロシアと中国を含めて拡大するための好機には、終わりがない。第三次世界大戦はアジェンダの重要な部分であるし、これはドミノが倒れるにつれて、そのための道を開くことができる。



    ● 「アメリカと結びついた自由世界」というブレアーと他の「世界の指導者」の美辞麗句は、「テロリズムに対する戦争」を戦うために、世界軍と警察力として合同するためのコードである。既に、ビルダーバーグがコントロールしているNATO(世界軍に成るのを待っている)はそのような援助を誓約し、集合的な意識はこの時点で非常に包括的に操作されているので、ほとんどの人はテロリズムに対する戦いという名の根拠のない標的への、アメリカとNATOのテロリストに対する攻撃を支持するだろう。この政策の中にある気絶させるような矛盾は、これら合衆国の都市での非道な行為に続く、あくどい強烈な心の操作によって、多数の人々が盲目的にさせられることによって消えていくだろう。



    ● この様な計算された「報復」の結果に伴って、抗争がエスカレートするにつれて、軍事力の集中化の圧力と、アメリカや至る所で人々が力の敗北を認めることを進んですることは蓄積されるであろう。世界軍が決まった場所に配置されるまで、世界軍が彼らの宣伝機械が悪魔になることができるようないかなる国に対しても攻撃し占領する力を持つまで。



    ● 人類の集合的な心、特にアメリカ人の集合的な心は、理解できることではあるが、今、強くトラウマを負った状態にある。彼らは集合的にトラウマに基づくマインドコントロールの標的にされているし、トラウマを受けた心は暗示に掛かりやすい心である。それで、トラウマから目覚めるときに、人々を事件に対して望ましい方向で見るように操作するためのプログラムが用意されている。



    ● 「新世界秩序」、中央主権的独裁主義的グローバル体制に対する最も大きな障害物の一つは、アメリカの人々の霊である。自己決定する自分の権利をグローバルな軍隊政治金融支配に手放すという事態に直面したとき、一旦何が起こっているかを実感したら、ほとんどの人は強烈に反対するだろう。彼らの国家と体制の中での、集合的な安全と信用とプライドの認識は、巨大な軍隊と金融的な強固さの基礎の上にうち立てられて来た。それはジョン・ウエイン精神の集合的なバージョンだ(「我々に手を出すな―これがアメリカだ」)。一つの国家として、彼ら自身の中にある集合的な信頼、コンフィデンスは、ここに由来している。今、彼らが誰であるかというまさにその感覚、そして一人で立つための力を持っているという彼らの信念が、途方に暮れる危険性が在る。



    ● これらのハイジャックされた飛行機の標的は、まさにアメリカの感覚のシンボルまたアメリカ自身の安全性のシンボル(ペンタゴンはアメリカの軍事力の、また世界貿易センターはアメリカの金融力の)そのものであったことは、全く偶然ではない。これはアメリカに対する攻撃の最初だったのではなくて、それはアメリカのイメージとアメリカ自身の想像に対する攻撃である。アメリカの精神と「アメリカ人」であるという存在認識を破壊し、アメリカの信頼そのものを破壊し、それを恐怖と基本的に安全でないことに置き換えたまえ、そうしたらイルミナティのグローバルな中央集権化された社会の中に吸収されることを許している、アメリカに対する最も重要な反対派をうち負かすだろう。オクラホマ爆破事件や学校の襲撃事件のときのように、アメリカの霊はその安全と自己認識に対して、より多くの衝撃を以て爆撃されるだろう。しかし、今からあらゆることは劇的に増加していくだろう。アメリカ人がこれに服従することを拒否すること、そして真ん中でテロリズムを非難している人々が、テロリズムの当事者たちだということを理解することはきわめて重要である。



    ● 私は、一九九六年に、始めてアメリカを訪れたとき、なんと「自由の国」は本当にコントロールされた社会であるのかと驚いた(カナダよりまだ悪くないが)。この悲劇から目覚めるとき、合衆国と他の国々は侵略的な監視の要塞になるように設定される。そしてそれ以上に、今まで起こってきたことのために、アメリカ人はこのビッグブラザーズ社会の急速な拡大に重要な抗議の言葉を口から発しないだろう。問題・反応・解決法。「テロリズムを止める」ために提案される、人に対するマイクロチップの埋め込みを注意深く観察しよう。



    ● 経済的大惨事は、イルミナティのアジェンダを曝露し研究している人たちによって、ずっと予言されていた。単一通貨とグローバルな金融に対する抵抗に打ち勝つために、イルミナティは現在の体制を破壊することが必要であり、人々がこの崩壊を克服するための唯一の方法として、中央集権的、グローバルな支配を受け入れるように騙すのだ。問題・反応・解決法。これが、これらの攻撃がアメリカ経済体制のまさに心臓部に突き刺さった(そして大惨事の前の日々、グローバルな経済の景気後退が世界のメディアの間でごまかされていた)もう一つの理由だ。今や、彼らはそのような崩壊を正当化する機会と共に、真っ白な紙を持っている。そしてあなたは、グローバルな経済体が、「経済崩壊に対応する調整」のために提案されるのを見るだろう。実際に、国家のG7(イルミナティ)グループは、既にこの過程を始めていた。

     

     これらは、私は繰り返す、合衆国の国境内部の勢力によって統合された、ニューヨークとワシントンの死と破壊から得られた、アジェンダのための「利益」の幾つかに過ぎない。これらの当事者たちは、人間ではない存在物によって憑依されており、ほとんどの人間が持つ家畜の死と病気に対する哀れみほどの心づかいも、人間の死に対して持っていない。爬虫類の心は未発達の感情的レベルを持ち、彼らにとっていかなる恐怖や悪行の深みに沈もうと、それは感情的に重大なことではない。この例を見るために、このような巨大な惨事に直面して、ジョージ・W・ブッシュとトニー・ブレアの感情のない身のこなしかた台本を読む反応をじっと観察しなさい。ダイアナの暗殺のときには、英国女王がそうだった。少なくともレーガンはプロの俳優だった。ブッシュとブレアは学校の劇にも出演できない。

     

     ジョージ・W・ブッシュは、これらの大惨事がその日に起こることを知っていたのだろうか?あなたはどう思いますか?トニー・ブレアは?どう思いますか?しかし彼らでさえも、より大きな力によって支配されている単なる将棋の駒であり、かってその目的に奉仕した誰かと同じように消耗品なのだ。個人的に私は、ブッシュが、またブレアの側近が、「グローバルなテロリズム」のシナリオの進行に伴い遂に犠牲にされても、ちっとも驚かない。そしてもちろん、もしブッシュが死んだら、新しい大統領は連続殺人犯ディック・チェイニーかもしれない(「大いなる秘密」参照)。火あぶり柱は、この地点から、非常に高く積み上げられようとしている。何故なら、グローバルな独裁主義の最終的な段階が始まったからだ。この世界は決して再び同じではあり得ない。それは真実だ。しかし各々の危険の中に、好機もある。争いではなく平和を、少数による独裁主義ではなくすべてにとっての自由を求める我々の大多数は、今自分自身を鏡で見なければならない。そしてこれらの狂気を止めさせようとしているかどうかを、尋ねられなければならない。

     

     愚痴を言うことは、なんにもならない。逃亡は決して一つの選択ではない。何故ならすぐにどこにも逃げるところがなくなるからだ。そろそろ椅子から尻を上げる頃だ。そして座り込むこと、この糞をつかむことを止めよう。もう一つの現実のバージョンによって、人は無線電話機を爆撃することができるし、あなたとの関係を絶っても、何度も何度も戻ってくる。あなたが知っている、今起こっている本当の情報をどこで得る事ができるかをあらゆる人に告げよう。あらゆる人にこれらの情報を、Eメール、ファックス、郵便を使って送ろう。自由が脅かされたときには何時でも、独裁主義に対して平和的な抗議を組織しよう。メディアが伝えない情報を議論し理解するために、集会を開こう。この傲慢な独裁主義に対して恐がるな、不遜であれ。我々が傲慢な独裁主義に怯え、それによって脅される時に限り、それは生き延びることができるのだ。

     

     いかなるレベルの脅しや結果に対しても敗北を認めることのない不屈の決意をもって、我々が自分の生命をこれにささげようと決心しさえすれば、我々にできることはたくさんある。

     

     ドラゴンは彼らが我々にそうだと信じさせたいと思うほどには、ちっともパワフルではない。

     急いで、何を待っているのだ、さあ行こう。

     

     憶えておこう。恐怖はないんだ!!        〔週刊日本新聞編集部訳〕

     

    http://www.davidicke.com/icke/articles3/worldtradecenter.html







     by『週間日本新聞』('01.9.23,on web)











    ●デーヴィッド・アイク(David Icke)



     1952年英国生まれ。1970年前後の数年間をサッカー選手として過ごした後、テレビキャスターとして有名になる。エコロジー運動に関心を持ち80年代に「英国みどりの党」に入党。全国スポークスマンに任命される。90年代初頭、女性霊媒師ベティー・シャインに出会い、精神の覚醒を体験。やがてエコロジー運動の背後に潜む国際金融寡頭勢力の存在に気付き、この勢力が世界を支配・操作している事実に直面する。膨大な情報収集と、精緻な調査・研究により世界の極秘中の秘『大いなる秘密』に辿り着く。それは、国際金融寡頭勢力のさらに背後に潜む彼らの存在と地球支配のアジェンダであった。アイクは1990年以来ずっと「人類の目覚めの時は近い。人類の覚醒の過程はすでに始まっており、その速度は加速されつつある」と述べている。

     1999年7月に開設されたアイクのホームページ(
    http://www.davidicke.com
    )は1年間に50万件のアクセスを越え、現在はカウンターが外されている。著作に『ロボットの反乱』『……そして真理があなたを自由にする』『大いなる秘密』『マトリックスの子供たち』他、数本のビデオがある。日本語訳は現在『大いなる秘密、上下』(太田龍訳/三交社、2000年)のみ。対訳が待たれる。







    プロフィール

    kane552004

    Author:kane552004
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR