FC2ブログ

二〇〇九年、中共中国は日本に戦争を仕掛け、米国は見殺し、日本は中国に降伏する、との米国軍事専門家










太田龍氏の時事寸評から





二〇〇九年、中共中国は日本に戦争を仕掛け、米国は見殺し、日本は中国に降伏する、との米国軍事専門家のシナリオ。





更新 平成18年06月29日00時17分




平成十八年(二〇〇六年)六月二十八日(水)

(第一千七百二十四回)



○産経新聞、平成十八年、六月二十七日。



○古森義久と言う記者が、



○「米元高官、仮想軍事シナリオ共著『2009年、中国の攻撃で日中開戦』」



○と言う記事を書いて居る。



○六月上旬に出版されたこの本の題名は、

 「ショーダウン(対決)」(showdown)



○二〇〇九年、

 中共中国は日本に戦争を仕掛けるが、



○米国政権は、日本への支援を拒否し、



○日本は中国に降伏すると。



○つまり、米国は日本を見殺しにすると。



○二〇〇九年のこの米国政権は、米国で初の女性大統領、と言うから、

 これはヒラリー・クリントンが二〇〇八年十一月の選挙で勝利する、

 と想定されて居る。



○この本が、日本で翻訳、出版されるかどうかは知らない。



○しかし、多分、邦訳本が出たとしても日本人の殆んどすべては、



○そっぽを向くであろう。



○つまり、イヤなことは聞かない、と言うわけである。



○筆者は、十年も前から、



○日本に対する第二次米中挟み撃ち戦争を、ユダヤイルミナティは計画する、



○と警告して居る。



○けれども、そもそも、

 「第一次、米中挟み撃ち対日戦争」の認識がなければ、



○「第二次………」も、見える筈がない。



○筆者は、

 「米国同時多発テロの『謀略史観』解析―真犯人は国際イルミナティ

 三百人委員会だ……」

 (二〇〇一年十一月二十五日刊、三交社発行、週刊日本新聞編著)



○二十八頁以下で、次のように書いた。



  平成十年(一九九八年)からは、敵(米英ユダヤイルミナティ)は、

  日本の完全抹殺を目標とする第五次対日侵略戦争に突入して居る。

  ………

  彼ら(ユダヤイルミナティ三百人委員会世界権力)の日本処分計画は

  次のとおり。



  (1)外資が日本を占領する。

  (2)大量の合法的非合法的移民を日本に流入させる。

  (3)日本は主として米中両国に分配される。

  (4)日本の残存する力を、対イスラム対ロシア戦争に動員する。

  (5)そして最後に、第三次世界大戦の展開過程で日本は消滅し、

     西洋ユダヤ中国が日本の支配者として君臨する。

   ………

   ………

  以下省略。



○前述の如き味方からすれば、産経、古森義久記者が紹介した新著は、

 意味深長であろう。



 (了)



【注】



○「ショーダウン」

 著者 ジェッド・バビン、エドワード・ティムパーレーク

 二〇〇六年六月刊



Showdown : Why China Wants War with the United States


中国、米国は最終的段階に向かう





We read a lot these days about the growing economic rivalry between the United States and China. Every time gas prices go up, the experts say the main culprit is the insatiable demand for oil in China.





The U.S. trade deficit has reached historic highs as Americans pour hundreds of billions of dollars into the Chinese economy. China is now the largest creditor for the U.S., keeping our economy going by loaning our government money to run up those huge deficits.




The headlines talk about "China’s Century," the "China Challenge" and the "Awakening Giant." U.S. News & World Report magazine predicts China’s economy will surpass Japan’s by 2020, becoming second largest in the world.



What is China doing with all its new-found wealth?



While the United States has been preoccupied with the War on Terror since Sept. 11, 2001, China has embarked on a massive military buildup that can have only one objective -- to challenge the United States as a world superpower.



That’s the conclusion of a chilling new book, "Showdown: Why China Wants War with the United States," by Jed Babbin and Edward Timperlake, released by Regnery Publishing.



It appears that Islamic fanaticism may not pose the only threat to our way of life. The defeat of the Soviet Union in the Cold War was only a partial victory, the authors argue. A Pacific Cold War awaits the United States and its dwindling Western allies, according to Babbin and Timperlake.



"If war does become reality, it will be because China has chosen, clearly and decisively, to make war on America, its allies and its interests," the authors argue. "It will not be an accident, the result of an economic clash or a misunderstanding -- and our diplomatic efforts need to bear that in mind. We believe China has already decided in favor of war."



Beyond the facade of free markets and Western-style capitalism, the Chinese communists continue to rule with an iron fist over the largest captive nation on Earth and preside over the largest military buildup in decades.



China has the third largest nuclear weapon arsenal in the world, behind the U.S. and Russia. China has the largest standing army in the world -- 1.6 million men (compared to 502,000 men and women who serve in the all-volunteer U.S. Army). China has another 255,000 conscripts in its navy and 400,000 in its air force.



There’s also 800,000 Chinese in the nation’s military reserves and an unlimited supply offresh recruits from its 1.3 billion population.



Since none of its neighbors pose a military threat, why is China building such a massive naval force, including attack submarines? The last time an Asian nation had such a large navy was Japan in the early 1940s. We all remember what happened on Dec. 7, 1941, when the Japanese navy steamed thousands of miles from its home ports to destroy the U.S. Pacific Fleet at Pearl Harbor.



China has a history of aggressive behavior. Chinese soldiers attacked U.S. forces during the Korea War, leading to a stalemate that left the Korean peninsula divided to this day. China also invaded and continues to occupy Tibet. China was a major reason the United States lost the Vietnam War. And China continues to threaten invasion of the island-nation of Taiwan, which China considers a breakaway state that should be reunited with the mainland. China poses a threat to Japan, South Korea, the Philippines, Indonesia and even Australia and New Zealand.



The authors of "Showdown" point out that China is not going to wait until the current War on Terror is over. "The war will begin when China decides the time has come," Babbin and Timperlake write. "And unless we are very lucky, very smart, and very resolute in our preparations, it will be as massive in loss of life and economic damage to America and the world as either of the two world wars of the last century."



The book is a quick read, broken up into chapters on the various scenarios of how a war with China could break out. A third of the book is actually a reproduction of a Congressional report on the status of China’s military buildup.



The authors do offer some suggestions on how to confront China. They include the re-militarization of Japan and the formation of a regional security organization similar to NATO for nations in the Pacific.



The United States should also be working to strengthen ties with India, the only other nation that can match China in population. It doesn’t hurt, either, that India has nuclear weapons. And this is the irony of all ironies. The United States may also have to enlist the help of Vietnam, where 56,000 Americans died, to counter Chinese expansion in Asia.



This book is must reading for anyone who understands that the world is a dangerous place and the U.S. must begin to counter Chinese aggression while at the same time fighting the global War on Terror.








Showdown : Why China Wants War with the United States


中国、米国は最終的段階に向かう


06/11/2006


私達は米国と中国間の成長の経済的な競合についてたくさん読んだ。 ガス代が上がる度に、専門家の発言は主要な被告人中国のオイルのための飽くことのない要求である。という。


米国の貿易赤字はアメリカ人が中国の経済に何百億ドルを注ぐと同時に歴史的な最高に達した。 今では中国はそれらの巨大な欠損の上の操業に私達の政府のお金の貸付けによって行動させ私達の経済を続ける米国のための最も大きい債権者である。










見出しは「中国世紀を述べている」、「中国挑戦」および「巨人を覚醒させること」。 米国ニュース及び世界のレポートの雑誌は予測し、中国が世界で2020年までに経済大国日本を越え二番目に大きくなる。



すべて新しい富とする中国は何であるか。




米国が2001911日没頭する間、中国はそれ以来、恐怖の戦争に1つの目的だけ有することができる大きい軍集結で積み込んだ -- 米国に世界の超パワーとして挑戦するため。



それは冷たい新刊書の結論、「最終的段階である: 中国は米国との戦争がなぜほしいと思うか」、Jed BabbinおよびRegnery Publishing、エドワードTimperlake著。



イスラム教の熱狂が私達の生き方に唯一の脅威を与えないかもしれないようである。 冷戦のソビエト連邦の敗北はただの部分的な勝利だった、著者は論争する。 太平洋の冷戦はBabbinおよびTimperlakeに従って米国および漸減の西部の同盟国を、待つ。



「戦争が現実になれば、中国は選んだので、はっきり、断固として、アメリカとの戦争を、同盟国および興味をするために」、著者論争する。 「それは経済的な衝突の事故、結果または誤解でない -- そして私達の外交的な取り組みは心のそれに耐える必要がある。 私達は中国が戦争を支持して既に」。決定してしまったことを信じる。



フリーマーケットおよび西部様式の資本主義の正面を越えて、中国共産党員は地球上で最も大きい捕虜収容所の国家上のしたたかさによって支配し、十年の最も大きい軍集結でリードし続ける。



中国に米国およびロシアの後で世界で3番目に大きい核兵器の工廠が、ある。 中国に世界で最も大きい常備軍がある -- 160万人(役立つ女性および502,000人の米国陸軍をすべてと比較される) 中国に海軍でもう一人の255,000人の徴募兵および空軍で400,000人がある。




また国家の軍予備に800,000人の中国語および13億人の人口から無制限の供給の新兵がある。




隣人のどれも以来軍事脅威を、中国はなぜ造っている攻撃潜水艦を含むあまり大きい海上部隊を、与えないか。 アジア国家に非常に大きい海軍があった最後は40年代初頭に日本だった。 私達はすべて何千母港からのマイルが真珠湾で米国の太平洋艦隊を破壊するために日本海軍によって奇襲したときに、1941127日起こったことに覚えている。



中国に積極的な行動の歴史がある。 中国の兵士は朝鮮半島を今でも分けられて去った行き詰りをもたらす韓国戦争の間に米国軍を攻撃した。 中国は他に侵入し、チベットに占め続ける。 中国は米国がベトナム戦争を失った主因だった。 そして中国は本土と再会するべきである分離した状態と考慮する台湾の島国家の侵入を脅し続ける。 中国は日本、南朝鮮、フィリピン、インドネシアおよびオーストラリアおよびニュージーランドに脅威を与える。



「最終的段階」の著者は恐怖の現在の戦争があるまで中国が待とうとはしていないことを指摘する。 「時間は」、はBabbinTimperlakeは書くことを中国が決定する場合は戦争始まる。「私達が私達の準備で非常に幸運、非常にスマート、非常に断固とした、でなければ、それは、前世紀の2つの世界大戦のどちらかアメリカおよび世界へのそして経済的な損傷、生命の損失で同様に大きくなる」。



本は中国との戦争がいかに発生できるか様々なシナリオで読まれて、章に触れる。 本の三番目は実際に中国の軍集結の状態、議会のレポートの再生である。



著者は中国に直面する。ある方法を提案する。 彼らは太平洋に日本の再軍備および国家のためのNATOと同じような地域の安全の組織の形成を含める。




米国はまたインド、唯一、近接しているタイを増強するために人口で中国に一致できる他の国家と働くべきである。 それはインドに核兵器があることで、傷つかない。 そしてこれはすべての皮肉である。 米国はまた56,000人のアメリカ人が死んだベトナムのアジアの中国拡張に逆らうために軍事的助けをしなければならないかもしれない。




この本は同時に恐怖の全世界戦争を戦っている間、世界は危ない場所である米国は中国の侵略に逆らい始めなければならないことを理解する人たちのために読む絶対必要である。




















日中開戦か米中開戦か、二つの近未来シミュレーション




今朝の「産経新聞」に「2009年、中国の攻撃で日中開戦」という記事が。なんと物騒な話だと思って良く読んでみると、近未来シナリオを書いた小説の話でした。



====



米、元高官 仮想軍事シナリオ共著 「2009年、中国の攻撃で日中開戦」



 【ワシントン=古森義久】「2009年に中国のミサイル攻撃で新たな日中戦争が始まる」という仮想の軍事シナリオを描いた本が、米国の元国防総省高官2人の共著でこのほど刊行された。中国が日本に尖閣諸島の領有権や首相の靖国神社参拝、石油資源獲得などで高圧的な要求を突きつけ、日本側が応じないことから軍事衝突へ、という近未来フィクションだが、米国の新女性大統領が同盟国の日本を支援しないという想定までが含まれている。







 この本は
「ショーダウン」(対決)と題され、6月上旬に米国の大手出版社レグネリー社から刊行された
。著者は先代ブッシュ政権の国防副次官のジェッド・バビン氏とレーガン政権の国防総省動員計画部長のエドワード・ティムパーレーク氏。両氏とも国際安全保障や中国の軍事動向を専門に研究した実績があり、この本は中国の対外戦略と人民解放軍の実態を分析している。



 副題に「なぜ中国は米国との戦争を求めるのか」とあるように、中国が現在のような大規模な軍拡を続けるのはやがてアジアからグローバルな覇権を追求し、米国と対決する意図があるからだという見解をとっている。その結果、米国やその同盟国側が強固な抑止措置をとらない限り、中国は台湾、韓国、日本や米国自体に軍事的に挑戦してくるという想定で、いくつかの軍事衝突や戦争のシナリオを描いている。



 そのうちの「中国と日本の戦争」のシナリオは、米国で大統領選挙が、中国では北京五輪が終わった2009年の1月から始まる。米国では初の女性大統領が誕生し、その民主党リベラルの親中志向から、中国がロシアと合同で尖閣諸島近くで示威的な軍事大演習をして、日本の首相が抗議を要請しても、「対中関係は重要だから中国を刺激してはならない」とかえって日本を抑える。それ以後の危機の展開では以下のような大筋のシナリオが示される。



 ▽中国では北京五輪後、貧富の差が拡大、失業が急増し、共産党政権は国内でナショナリズムをあおり、対外的には日本への糾弾を強めて人民の不満を抑えようとする。「日本の首相の靖国参拝は中国への戦争行為とみなす」とまで宣言する。



 ▽中国は日本を屈服させるため中国全土で反日デモを組織し、日本人の技師らをスパイ容疑で裁判にかけ、死刑を宣告する。反日デモの参加者は全土で2000万人にまでふくれあがる。中国はさらに日本の首相が靖国に参拝したことをたてに天皇の謝罪を求める一方、尖閣諸島の放棄を迫る。



 ▽中国は日本人「スパイ」数人を処刑し、日本へのサイバー攻撃で東京証券取引所や航空管制システムをまひさせる。さらに日本列島の上空を越える弾道ミサイル数発を発射し、尖閣攻撃の態勢をとる。



 ▽2009年8月、中国は巡航ミサイルを靖国神社に撃ち込み、破壊する。尖閣への攻撃も開始する。日本側も自衛隊が応じ、日中間の海戦が始まる。だが米国の女性大統領は「米国は中国と戦争をしたくない」として日本への支援を拒み、日本の首相に国連の調停を要請せよと説く。



 日本は大被害を受けて中国に降伏するという想定だが、この本はこうした事態を起こさないためにこそ米国は警戒を怠らず軍事面での対中抑止策を保持すべきだと訴えている。



http://www.sankei.co.jp/news/060627/morning/27int003.htm



=====



書いた記者は、やっぱり古森義久氏でした。アメリカ国内のネオコン派、反リベラリズム派の情報は早いですが、ミアシャイマーの論文を取りあげない当たりがさすが「ネオコンはユダヤと関係がない」と反論するADLの主張をわざわざ取りあげる古森記者です。



まあ、これは、シナリオですから。あくまで。レグナリーというのは、創価学会に関する本なども出している出版社です。昔はブキャナンなどの本を出していたのですが、最近は「戦争キチガイ」みたいな本が多いですね。



シナリオと言えば、別のシナリオ論文を書いた記事もありました。こっちの方が面白いかな、と思うのですが、日本ではシナリオの内容からして報道されないかも。







記事は、The National Interestの最新号に出ていたもので、書き手はリバータリアンのCATO研究所のテッド・カーペンター研究員。この論文は、上の「日中開戦モノ」ではなく、「米中開戦→米中冷戦」というシナリオを描いたもの。古森記者風に内容の要旨を並べてみます。



====



▽ 舞台は2013年の世界。台湾の独立派・民進党政権は、「中華民国」から「台湾民国」に国号を変える憲法改正法案を可決」。一気に中国との間の緊張が高まる。



▽ アメリカは、台湾関係法(TRA)を台湾と締結している関係から、空母レーガンとステニスを台湾近海に派遣。



▽ 合衆国内下院を中心に、対中強硬策に賛同する声が共和党と一部の民主党員からあがる。(つまり、このシナリオでは、2013年は共和党政権であるようですな。上の2009年シナリオは明らかにヒラリー・クリントン政権)



▽ さらに雑誌「ウィークリー・スタンダード」(ここだけはなぜか実際に存在する雑誌の名前・・・!)が、「1930年代の宥和政策の愚を繰り返すな。専制政権に対する弱腰を止め、場合によっては台湾の独立を承認すべきだ」と危機を煽るような記事を載せ、これが下院の討議で引用される。



▽ 中国陸海軍は、台湾本土ではなく、離れ小島の金門・馬祖の両島に攻撃をしかけ、占領。アイゼンハワー政権に一触即発になった金門・馬祖危機の状況が再度演出される。



▽ アメリカの同盟国である韓国は、「東アジアの情勢はまことに穏やか。我が政権の太陽政策の効果である」との声明を発表し、アメリカ軍が韓国国内の基地を使用して出撃することを拒否。



▽ 一方の同盟国・日本も、国内では反中国世論が強いもののの、実業界が中心になって、中国ビジネスに影響するような、中国との関係悪化に繋がるような「対米協力」を拒否するように政権に働きかける。アメリカは、「この事実上の日本の<中立政策>は2005年に米日両国政府が確認した安保宣言の精神に反する。今後の日米同盟の基礎を危うくする」と激しく反発。



▽ やがて、偶発的契機で米中が交戦開始。中国側は、アメリカ太平洋艦隊の偵察衛星など最新兵器を電波妨害を駆使して無力化した後、空母レーガンに対し、ミサイル攻撃を仕掛け、撃沈。中国の兵器技術は欧州連合による「禁輸解除」のあと飛躍的に増大していたため、アメリカと中国の軍事力の差が狭まっていた。アメリカ国内に衝撃が広がる。(いわゆる、<超限戦>の脅威)



▽ B-2爆撃機を出撃させ、日韓政府が反対を振り切ってでも、米軍が両国の基地から出撃すべきだという声が議会で挙がる。北京および経済都市・上海への空爆が検討される。戦術核の使用も懸念される。



▽ 結局、アメリカは中国側と停戦協定を結び、中国側から「再度台湾が海峡東側に軍を配備するなど怪しい動きを見せたりしたばあいには、中国も西側に軍を配備する」との条件、台湾総統の辞任という条件が付られる。



▽ アメリカ国内では、上下両院で、「Anti-Agression Act」が通過。米中の外交通商関係の停止とアメリカ企業の対中投資の禁止を盛り込んだ内容で、世界経済に大きな影響を及ぼすことになる。米中が決裂したことにより、東アジアは米中冷戦の時代を迎える。





The National Interest 2006 summer

- Future War: Taiwan

by Ted Galen Carpenter: A plausible scenario for a Sino-American clash in the Taiwan Strait.



======



以上は、私が雑誌を斜め読みしながら要約したものですので、細かいもっと面白い部分はカットしてあります。(やがて、無料データベースに登録されるでしょう)



以上のシナリオで注目したいのは、日韓政府が中立(ニュートラリティ)を決め込んでしまうためにアメリカが独力で、中国・台湾関係を処理しなければならなくなるという部分です。上の古森氏の記事では、まず日中に戦争勃発、アメリカは日本を助けない、と言うシナリオになっているのと実に対照的です。



カーペンターは、一応は「リバータリアン」ですから、軍備拡張にはやや批判的なところがあるために、上に書いたような、どちらかというとアメリカがボロボロに負けるシナリオを書いているのかも知れません。しかし、憲法改正されて、在日米軍と自衛隊の“指揮統合”が実現してしまっては、このような「中立」を決め込むことは難しいでしょう。



アメリカのリアリスト系雑誌である「ナショナル・インタレスト」では、米中戦争の悲観的シナリオが紹介され、ネオコンに魂を売った「レグナリー社」からは、日中開戦のシナリオが提示される。



どちらもやけにリアリティのある話です。私は、カーペンターのシナリオに出てきた「中立政策」を日本政府は取るべきだと思いますが、2013年に世論がどのあたりにあるのやら。日本人は熱しやすいところがありますから、マスコミのプロパガンダに乗せられて、アメリカを助けろ、台湾を助けろという方向になるんでしょうね。(台湾はもう“日本の植民地”じゃないのに、台湾に肩入れする理由って、それほどあると思えないんですが・・・・)



「日米は価値観を共有した同盟関係」とマイケル・グリーンなどは言いますが、価値観を共有することが国際社会の必須条件でもないでしょう。あくまで国家は自国の利益を最優先で考えるべきです。勝ち目のない「日中対決」に進んではいけません。台湾海峡の危機では、日本は「あくまで中立」の立場を取るべきでしょう。



それから、やはり、日本は国際的な発言力を高めるためにも「核武装」すべきでしょう。核を持たずに、アメリカの言いなりになって憲法改正、日米同盟強化をやっても、アメリカの属兵として便利に利用されるだけです。





テッド・カーペンター

スポンサーサイト



正義の人



ABOUT DR. DOUGLASS


Dr. William Campbell Douglass reveals medical truths, and deceptions, often at risk of being labeled heretical. He is consumed by a passion for living a long healthy life, and wants his readers to share that passion. Their health and well-being comes first. He is anti-dogmatic, and unwavering in his dedication to improve the quality of life of his readers.


Dr. William Campbell Douglass is often ahead of its time and against the medical establishment, probably because he has the intelligence to see what others don't. He may be considered radical in some of his thinking but he has been called "the conscience of modern medicine," a "medical maverick," and has been voted "Doctor of the Year" by the National Health Federation. His medical experiences are far reaching-from battling malaria in Central America - to fighting deadly epidemics at his own health clinic in Africa - to flying with U.S. Navy crews as a flight surgeon - to working for 10 years in emergency medicine here in the States. These learning experiences, not to mention his keen storytelling ability and wit, make Dr. William Campbell Douglass' newsletters (Daily Dose plus William Campbell Douglass' Real Health) and books uniquely interesting and fun to read.


He always shares his no-frills, no-bull approach to health care, often amazing his readers by telling them to ignore many widely-hyped good-health practices (like staying away from red meat, avoiding coffee, and eating like a bird), and start living again by eating REAL food, taking some inexpensive supplements, and doing the pleasurable things that make life livable. Readers get all this, plus they learn how to burn fat, prevent cancer, boost libido, and so much more. And, Dr. Douglass is not afraid to challenge the latest studies that come out, and share the real story with his readers. As the good Doctor says, "there's no such thing as an undeniable medical fact!"


Dr. Douglass, formerly editor of the publication Second Opinion, is now editor of Dr. William Campbell Douglass’ Real Health. Preview Dr. Douglass’ most up-to-the-minute, cutting-edge health information with his Daily Dose e-Update. Often irreverent, occasionally outrageous, but always insightful and relevant, the Daily Dose e-Update keeps you "in the know" by bringing you:


* News of low-impact cures that could save your life

* Updates on the most recent medical research

* Warnings about harmful drugs and surgery

* Answers to your most urgent health questions

* The latest political hogwash from "The Hill"

* And much more!


But most importantly, Dr. William Campbell Douglass - in both Real Health and in his Daily Dose e-Update - offers you an alternative to the conventional "pill and scalpel" medicine that needlessly maims and kills so many Americans every year. Join this crusade against junk medicine by signing up for the free Daily Dose e-Update and purchasing the books from Dr. William Campbell Douglass.




DR.ダグラスについて


異教というラベルを貼られる危険な状態でウィリアム・キャンベル・ダグラス博士はしばしば医学の真理と詐欺を明らかにする。

彼は、長い健全な生活を送ることへの熱狂によって消費されて、彼の読者がその情熱を共有することを必要としている。それらの健康と幸福は最初に来る。

彼は、彼の読者として生活の質を高める彼の献身において反独断的で、動揺しない。

たぶん、他がしないものを見るために、彼が知能を持っているので、ウィリアム・キャンベル・ダグラス博士はしばしば、医学界に対してその時代より進んでいるのである。

彼は、彼が考えるいくつかにおいて根本的であると考えられることができるけれども、彼は「現代医学の良心」、「医学の異端者」と呼ばれていて、国民健康保険同盟によって「その年の医学博士」を議決されている。航空医官としてアメリカ海軍クルーと飛ぶことで、中央アメリカ--アフリカの彼自身のヘルスクリニックで必殺の伝染病と戦うことで、彼の医学の経験は遠い到達からの戦いはマラリアである - アメリカでここで救急医療において10年の間働くことになった。

これらの学ぶ経験は、彼の鋭敏なストーリーテリング能力とウィットは言うまでもなく、読むために独特におもしろくて楽しいウィリアム・キャンベル・ダグラス博士のニューズレター(毎日の一服足すウィリアム・キャンベル・ダグラスの現実の健康)と本を作る。

彼はいつも、彼らに、多くの広く騙された、よい健康の習慣(赤身の肉から離れていて、コーヒーを避けていて、鳥のように食べている同類)を無視し、REAL食物を食べることによって再び生き始めるために、安価ないくつかを必要とすることが補う事を言い、生活が
楽しくなることによる彼の読者を驚かしている医療への彼の実質本位で、アプローチを共有する。

読者は、すべてこれを得ることに加えて、彼らはどのように脂肪を火傷させるかを学び、癌、景気づけリビドー、および、より多くを防止する。

そして、ダグラス博士は、現実の話を彼の読者と共有する最新の研究に挑むことを恐れていない。

善として、医師は、「紛れもない医学の事実のような物が全然ない!」と言う。

ダグラス博士(出版セカンドOpinionの以前編集者)は現在ウィリアム・キャンベル・ダグラス博士の現実の健康のエディタである。

彼の毎日の一服e-アップデートによってダグラス博士の最も最新で、最先端の健康情報をプレビューしなさい。

しばしば非礼で、時々法外であるけれども、いつも洞察力があり、関連していて、あなたを連れて来ることによって、毎日一服eアップデートは「情報を知る者の中」あなたを拘留する:

* あなたの命を救うことができた低インパクト治療のニュース

* 最も最近の医学の研究の上のアップデート

* 有害な薬と外科についての警告

* あなたの最も至急の健康質問に対する答え

*「議会」からの最新の政治的な残飯

* およびずっとより多く!

しかし、最も重要なこととして、ウィリアム・キャンベルのダグラス--両方の現実の健康状態における、そして彼の毎日一服eアップデートの中--博士は、不必要にも、毎年そんなに多くのアメリカ人を不具にし、殺す従来の「錠剤とメス」医学への代案をあなたに提供する。

無料の毎日一服eアップデートに参加し、ウィリアム・キャンベル・ダグラス博士から本を購入することによって、がらくた医学に対してこの改革運動に参加しなさい


AIDS

and BIOLOGICAL WARFARE


How did AIDS become one of the Greatest Biological Disasters in the History of Mankind? GET THE FACTS - AIDS and BIOLOGICAL WARFARE covers the history of plagues from the past to today's global confrontation with AIDS, the Prince of Plagues. Completely documented AIDS and BIOLOGICAL WARFARE helps you make your own decisions about how to survive in a world ravaged by this horrible plague. You will learn that AIDS is not a naturally occuring disease process as you have been led to believe, but a man-made biological nightmare that has been unleashed and is now threatening the very existence of human life on the planet. There is a smoke screen of misinformation clouding the AIDS issue. Now, for the first time, learn the truth about the nature of the crisis our planet faces: its origin -- how AIDS is really transmited and alternatives for treatment. Find out what they are not telling you about AIDS and Biological Warfare, and how to protect yourself and your loved ones. AIDS is a serious problem worldwide, but it is no longer the major threat. You need to know the whole story. To protect yourself, you must know the truth about biological warfare.



エイズそして細菌戦

どのようにエイズは人類の歴史において最も大きな生物学上災害の1つになったか?

GET THE FACTS - エイズと細菌戦は過去からエイズ、疫病の王子を持つ今日のグローバルな対決に疫病の歴史をカバーする。

完全に文書化されたエイズと細菌戦はこの恐ろしい疫病によって破壊された世界にどのように残存するかについてあなたがあなた自身の決定をするのを手助けする。

あなたは、エイズが、あなたが、信じる気になったので自然に存在する病気プロセスではなく解放されていて、現在地球の上の人命のまさしくその存在を脅している人工生物学の悪夢であることを知るであろう。

エイズ問題を曖昧にしている誤報の煙幕がある。

さあ、初めて、私達の惑星が直面している危機の性質について、真実を学びなさい:

その起源--どんなに、エイズは本当に取り扱いのために伝わった選択肢であるのか。

彼らがエイズと細菌戦とどのように自身とあなたの愛する人を保護するかについて何をあなたに話していないかを見つけ出しなさい。

エイズは世界的に深刻な問題であるけれども、それはもう主要な脅威ではない。

あなたは、話全体を知る必要がある。

自身を保護するために、あなたは細菌戦について真実を知らなければならない。





無知蒙昧の輩































[表紙写真]

竹中平蔵内閣府特命担当大臣・福井俊彦日本銀行総裁。


10年もの間バブルの清算を強いられてきた日本経済。歯


を食いしばって改革を進めた竹中大臣と、絶妙の金融政策


で経済の舵取りに成功した福井総裁。日本再生の立役者


の2 ショット!


photographed by Masayuki Na










売国奴 繋がる証拠 ここにあり



【6/27(火)3:00】



 http://www.financialjapan.co.jp/magazine/200412/


 ↑上記リンクは、木村剛とかいう、金融庁特別検査真っ只中の債務超過銀行の


親玉が発行している雑誌の創刊号。表紙を見て驚いた。当事は木村と盟友、


今は関わりたくない、政権が終われば逮捕におびえなくてはならない竹中平蔵と、


村上にカネもらっていたくせにまだ日銀総裁に居座り続ける老害ジジイの福井俊彦が、


そろって表紙に写っているのである。表紙に写っているバカどもの仲のよさという


のは今に始まったことではない。それにしても、村上案件は大規模な政界汚職


に発展させられるもの(特捜部がやれば、の話だが)になっている昨今なのに、


なんでまだやめないんだあの福井とか言うジイサンは。頭ボケてるのか?


話に聞けば、家族まで白い目で見られているらしいじゃないか。それでも居座り続け


るという往生際の悪さは、日本の通貨をつかさどる日本銀行の総裁にふさわしくない


のは言うまでもない。このような売国奴どもが政治家だの総裁だの頭取だのといって、


マネーゲームに興じているのである。海の向こうの毛唐はそれでよかろう。しかし、


日本で毛唐の真似をする必要なんてまったくないのだ。誰がグローバルにしたいのか


知らないが、それで日本人が幸せになるのか?なるわけがない。


毛唐論理を見抜けないバカどもが踊りを踊り、それを見ている貧乏人がだまされて踊り、


挙句の果てには害人どもに金を奪われ幸せをつかめないのが今の日本なのである。






蛇足


清き心は何処にも無い・・無知蒙昧の輩の集まり・。

日銀など解体すればいい・。

********************************************メルマガ


衆議院議員 岩國哲人事務所 

〒227-0054

横浜市青葉区しらとり台1-8

電話:045-982-0772 FAX:045-982-0773

〒100-8981 

千代田区永田町2-2-1衆議院第一議員会館706

電話:03-3508-3706 FAX:03-3597-2777

Web :
http://www.1892.jp


mail: mail@1892.jp




「低金利の低倫理」



2006/06/26

********************************************



 私は金融・証券の世界に三十年、米国、欧州、日本の三大市場で、世界各国の金融政策を見て来た。



 日本では、超低金利政策、分かりやすく言えば「ゼロ金利政策」という世界で最も異常な政策を、十年前から銀行救済と大企業救済のために採用し、その結果、銀行と企業の症状回復以上に家計の病状悪化が進行している。



(未払い利子百二十兆円)



 そのような政策を採用し、今なお継続して金利生活者、特に年金生活者を苦しめている責任者が、自民党総裁と日本銀行総裁の「二人の総裁」である。一人の総裁は「自民党員が選んだ総裁」であり、もう一人の総裁は「自民党総裁が選んだ総裁」である。



 私は衆議院予算委員会で、小泉内閣が進める改革は、強いもの、大きいものを、より強く、より大きくするだけだという分かりやすい例として、「二人の総裁」に対し、この庶民いじめ、年金生活者いじめの政策の非情ぶりを批判した。



 小泉政権が発足して十カ月後、四年前の二月二十一日、当時の速水優日銀総裁に次のように質問した。



「あなたはお金の印刷ばかりなさっているが、そのお金に給料を払っていますか」

「払っておりません」

「世界のどこの国がこういう政策をとっていますか」

「どこの国もとっておりません」

「あなたはどういう心境で仕事をしていますか」

「たいへん心の痛む思いであります」



 そういう心の痛む最高責任者である福井日銀総裁が、ゼロ利子どころか年三十%相当の利益を得ていたとなると、法律的には問題がないとしても、政治的・道義的責任が生じるのは当然のことだ。ゼロ金利・超金融緩和政策が株価を支えていること、その株価あればこそ、その利益が生じていることは明白だからだ。



 そのうえ、インサイダー史上最高という三十億円の不正利益から配当が支払われているならなおさらのことである。 



 ここで、日本のゼロ金利政策が本当に役に立っているのかどうか、胸に手をあててよく考えてみるべきではないか。



 預かったお金に利子も払わない銀行が世界のどこにあるのか。たしかに利子を払わないだけ銀行は助かり、その銀行から巨額の借金をしている大企業は「借金棒引き」で救済される。しかし、期待していた利子をもらえない人たちの損害は小泉政権誕生以来の五年間だけをとってみても百二十兆円に達しているのだ。



 ゼロ金利政策とは払うべき金利を払わないこと。人もおカネも給料が欲しい。おカネのもらう給料は金利と呼ばれるが、日本ではその給料が欠配で、その未払い利子がプールされて大企業への金利減免や借金棒引きの原資に使われている。ある人がもらうはずの収入や資産を他の人に使わせてしまうことを、経済用語では所得移転、俗な言葉では泥棒という。



 銀行員がお客に利子を払いたくないというのではない。銀行員に利子を払わせないようなゼロ金利政策が悪いのだ。



(不安を拡散する政策)



 その被害はますます拡大するばかり。 とりわけハイスピードで高齢化が進む中、ゼロ金利は年金生活者を直撃する。老後のための蓄えは、当てにしていた金利を生まない。いわば得べかりし利子に政府が一〇〇%の税金をかけて、それを銀行に補助金として渡しているようなものだ。元本はできるだけ崩さずにいたいと思うから、消費を抑えて対応するしかない。貧しい思いで毎日を暮らさなければならない。倫理感が欠如している政策だという批判は当然のことである。



 不安のタネを拡散していることに政府はまだ気がつかないのか。「テロ対策」も大切だが、暮らしの大量破壊から国民を守る「ゼロ対策」も必要だ。



 日本は外交下手と言われるが、私もそう思う。おカネを使うわりには外国の信頼という黒字に結びつかず、財政赤字に加えて外交赤字が累積するばかりで、次期政権の外交一新に期待したいところだが、日本がこの「双子の赤字」から脱却することは当面難しいのではないか。



 ゼロ金利政策で日本では得られない利子を求めてアメリカに日本のカネを働きに行かせ、そのPKO(PRICE KEEPING OPERATION=価格維持工作)効果でアメリカの景気と雇用と株価を支えた小泉内閣の貢献をアメリカはどう評価してくれるのか。



 日銀がゼロ金利で市中銀行にジャブジャブに資金を流すというやり方は、世界的に異常な金融政策であり、そう長く続けることは経済を麻薬漬けにするようなもので、副作用も多い。最近の土地の値上がり、ライブドア事件、村上ファンド、そして若い人を中心とする株式のインターネット・トレーディング・ブームなどもこの政策の影響である。



 不良債権を解消させたとか株価が上昇してきたと手柄話の自慢顔だが、誰のカネを使ったのか。ゼロ金利政策という「国民利子総動員法」は依然として解除されないままだ。それに加えて、景気がよくなったという理由で今年から税金が上がり、医療費負担が更に上がり、財布の中身が更に小さくなる。



 小泉・竹中政策は「低利と放漫」の二つの政策の合わせ技で、日本の経済を偽装建築しているだけではないか。小泉さん、竹中さんはそのことをはっきりと国民に説明すべきだし、預金者に利子を払わず、国に法人税を納めず、利益は史上最高という銀行の頭取や好況増益企業の社長は、全国の預金者にまず深々と頭を下げてお詫びし、お礼申し上げるべきではないか。



 残念ながら、小泉さん、そしてどこの頭取、社長からも、このような謝罪と感謝の言葉を一度も聞いたことがない。



(「うっかり」と「ちゃっかり」)



 総裁に就任してからの投資ではないにしても、副総裁までつとめた金融界の権威で次期日銀総裁と予想される人がファンドに出資することの「激励効果」を、本人も、それ以上にファンド側が計算していないはずがない。金銭的利益をあげたかどうかだけでなく、知名度という信用がファンド資金勧誘に利用され、結果として日本銀行の「信用創造力」が民間ファンドの信用創造力に「流用」されたのであれば、公金流用と同じく批判されねばならない。



 世間一般が日銀のゼロ金利政策の犠牲になっている時期であるからこそ、たとえ、「うっかり」という一面があったとしても、その政治的・道義的責任を問う声が巷に溢れるのは当然である。



 通産省出身の民主党議員の場合には、そのような政策や道義的責任はないかも知れないが、逆に、ファンドの利益から献金を受け、本人と秘書が給与を受けていたとしたら、「うっかり」ではなく「ちゃっかり」の法律的責任が生じる。



 日銀総裁の投資以上に悪質という見方をされるだろう。「うっかり」の責任を追及する民主党が、「ちゃっかり」のケースは黙認というのでは、支持者の理解は得られないだろう。



(衆議院議員、元出雲市長)


蛇足


福井など、爬虫類の脳が支配している御仁に金融などコントロール出来る訳が無い・。

新たなアジェンダ。






開催地カナダのマスコミがビルダーバーグオタワ会議を大々的に報道して、

「彼等」を驚愕させた、と(J・P・タッカー)

??




投稿 平成18年06月28日00時40分



平成十八年(二〇〇六年)六月二十七日(火)

(第一千七百二十三回)



○「アメリカン・フリープレス」二〇〇六年七月三日号。一頁、十頁、

 十一頁。ジェームス・P・タッカーJr



○この記事は、

 ビルダーバーグの歴史(一九五四~二〇〇六年)で始めて、



○開催地カナダのマスコミ(「オタワ・シチズン」、「トロント・スター」、

 「ポスト・アンド・メイル」、フランス語の「ラ・プレス」など)が、

 大々的にビルダーバーグオタワ年次総会を記事にした、



○と述べて居る。



○米国のマスコミは隠蔽し続けて居ると。



○これは特筆に値いする。



○カナダ首相スチーブン・ハーパーの或る補佐官は、J・P・タッカー

 に対して、



○「ハーパー首相は、ビルダーバーグを不快に思って居る」と語ったと。



○カナダの新聞記者によれば、

 少なくとも三人のカナダ議会議員がビルダーバーグ会議の行われて

 居る会場の門の前での抗議集会に参加する意志があったものの、



○直前に、ビビッた(日和った)と。



○しかし、一人のカナダ議会議員、パット・マーチンは、テレビに出演

 して、ビルダーバーグを非難したと。

 「誰が彼等を選挙したのか?」と。



○この事態が、

 ビルダーバーグの半世紀に亘る歴史上、前代未聞の大珍事であった

 ことは、



○多言を要しない。



○J・P・タッカーには、カナダ人筋から、ビルダーバーグ会議の

 内幕についての貴重な情勢がもたらされた、と。



○ビルダーバーグを、長年、注視し続けた観察者にとっては、その

 ことの重要性は自明である。



○なお、アメリカン・フリープレス紙の続報を期待する。



 (了)








六月初旬、米国シカゴでの

○9・11陰謀の真相を追究する大会の大成功との記事。

??




更新 平成18年06月27日23時14分



平成十八年(二〇〇六年)六月二十七日(火)

(第一千七百二十二回)



○「アメリカン・フリープレス」二〇〇六年七月三日号、十二頁。



○パット・シャナン

 シカゴでの9・11真実を追及する大会が大成功。



○これは、六月初旬、米国シカゴ市内で開催された、9・11の真実を

 追及する大会が、主催者の予想をはるかに上回る七百人近い参加者の

 もと、大成功を収めたと言う報告である。



○四十人以上の発言者が、9・11は、米国政府の公式発表を否定して、

 ビルは内部からの爆弾の爆発によって崩壊した、との説を展開した。



○発言者の一人、ジム・マースは、

 「これは、史上最悪の陰謀の一つである」、と述べたと。



○この記事によれば、米国では、幾つかの都市で、9・11についての

 米国政府のデマ宣伝を批判し、曝露するデモが組織されつつあると。



○筆者は、二〇〇一年九月十一日事件の直後から、



○それが、米国=イルミナティサタニスト世界権力の謀略である、



○との立場を鮮明に打ち出し、次の四点の文献の出版に関与して居る。



 (1)週刊日本新聞編著

    「米国同時多発テロの『謀略史観』解析」三交社、

    二〇〇一年十一月



 (2)ジョン・コールマン著、太田龍監訳

    「9・11 アメリカは巨大な嘘をついた」成甲書房、

    二〇〇二年八月



 (3)ジョン・コールマン著、太田龍監訳

    「9・11陰謀は魔法のように世界を変えた」成甲書房、

    二〇〇三年九月



 (4)デービッド・アイク著、本多繁邦訳

    「不思議の国のアリス」、邦訳「究極の大陰謀」上下二巻

    三交社、二〇〇三年十一月



○米国では、

 「アメリカン・フリープレス」、「EIR」などを先頭に、



○「九・一一」の直後から、多くの有志が米国政府の謀略を果敢に批判

 し続けて来た。



○この動きこそ、米国=イルミナティが第二の9・11陰謀の実行に

 踏み切ることを今まで、抑止した力ではないのか。



(了)


蛇足


ビルダーバーグ会議が終わって、米国に呼ばれた小泉さん。去年の9月11日解散総選挙も暗号どうりに行動して、今回プレスリーより、指令を渡されるのであろうか?。

自由主義国など何処にも無い。







There Are NO FREE Nations






Four Methods to Conquor & Enslave a Nation



1. Conquest by the Sword

2. Use of Religion

3. Subversion from within

4. Debt



"the purpose of government is to rein in

the rights of the people"

Bill Clinton during an interview on MTV in 1993
"The last time I checked, the Constitution said, 'of the people, by the people and for the people.' That's what the Declaration of Independence says."

President Bill Clinton, campaigning October 17, 1996. From a campaign speech given in California. Quoted in Investor's Business Daily October 25, 1996



1. With very few exceptions, all the world's nations are tied to a fraudently conceived and operated banking system. According to the current "federal debt" calculator
, the United States is in "debt" with a figure that is more than THREE TIMES greater than the value of every piece of real estate in the ENTIRE country.



2. In the United States, more than half the population is either employed by government or subsidised by it. Is there something wrong with this picture?



3. In America,
POLITICIANS
are put into elected public office. The definition
of "politician" should tell us that this is not a good thing. Add to the proceedure that APPOINTED individuals serve in "cabinates" and fill staff positions to "advise" the politicians, and there you have it: the complete formula for national destruction. The beltway appointees are people put in place by the same money and power interests that buy most of the politicians.



4. In America we are mesmerized by a "
free press
" where we are filled with junk entertainment, propaganda and lies. We are programmed to buy into the system
and to believe that black is white and white is black. The media today is the fox reporting to you about how things are going in the chicken coop.



5. In America we subject ourselves to a
system of justice
that was long ago corrupted to serve itself first, and the "citizen
" last. See U.S. Legal History
and Treason




6. We send our children to public schools that subscribe to
Goals 2000
and prohibit display of the Ten Commandments
. We let the public servant shrinks fill them with ritalin
and then wonder why we have school crime
. And incidently, the history they LEARN
today has a lot of "spin"
on it.



7. As a nation we more and more seem to believe that it is better to "go with the flow" and not "rock the boat" and that "ignorance is bliss".



8. Not for even a moment, do we suspect that economists have
no idea what they are talking about
.



9. The following Will Rogers quotation needs no comment:

About the Scopes "monkey" trial..."I don't know why some of these states want to have their ancestry established by law. There must be a
suspicion of doubt somewhere
."



10. Do we subscribe to the belief that there are just some things the public shouldn't know about and that hiding these things behind national security laws is OK?



11. Do you believe that your church, whichever one it might be, is telling you the truth?



12. Do you believe that wars are just
normal occurances
that have and always will take place unless we subscribe to one world government?


自由主義国など何処にも無い。

征服への4つの方法が国家を奴隷にする。

1. 剣による征服

2. 宗教の使用

3. 中からの転覆

4. 借金

「政府の目的は、手綱を引いて止めることである」

「人々の権利」

1993年のMTVの上のインタビューの間のビル・クリントン

1. ほとんど例外なく、すべての世界の国家はうまく考案されて、稼動した銀行制度に縛られる。

現在の「連邦政府の負債」計算機によると、米国は、3度よりもっと、全体主義国の不動産のすべての断片の価値より大きい数値を持つ「借金」にある。

2. 米国で、人口の半分以上は政府によって雇用されるか、それによって助成金を与えられる。

この写真において何か具合が悪いことがあるか?

3. アメリカで、政治家は決定された官公署に入れられる。

「政治家」の定義は、私達に、これがよい物ではないと言うべきである。

任命された個人が「内閣」において勤務していて、政治家を「勧める」ために、スタッフポジションに充填すると手順に付け加えなさい。そうすれば、そこに、あなたはそれを持っている:全国的な破壊についての完全な式。環状道路被指定人は、同じお金によって実施された人々と政治家のほとんどを買うパワーと興味である。

4. アメリカで、私達ががらくたエンターテインメント、宣伝、および嘘で満たされる所で、私達は「出版の自由」によって魅了される。私達は、システムを受け入れて、白が黒く、白が黒いと信じることを計画される。

メディアは今日、どう物事が鶏小屋に進むかについてあなたに報告しているきつねである。

5. アメリカで、私達は、ずっと前に、最初に自身に奉仕するために堕落した公正のシステムに身をさらし、「市民」は続いている。

米国法律歴史と反逆罪を見なさい。

6. 私達は私達の子供を、ゴール2000に申し込み、十戒のディスプレイを禁止する公立学校に送る。

私達は公務員精神科医に、リタリンで彼らを満たし、それからなぜ私達が学校犯罪を持っているかと思わせた。

そして、そう言えば、今日、学問が区域を持ち、それにおいて「回転する」歴史。

7. 国家として、私達はもっと、「ボートを揺り動かしなさい」ではなく「流れと一緒に行くこと」がよりよく、「無知は至福である」と信じるようである。

8. 片時もでないことさえ、私達は、エコノミストが、彼らが何について話しているかの考えを全然持っていないと疑っている。

9. 以下のウィル・ロジャーズ引用にコメントは全然必要でない:

スコープ「」サル裁判…インチについて、私は、なぜこれらの州のいくつかが、彼らの家系を法律によって規定させたいかを知らない。

「疑いの疑惑がどこかになければならない」。

10. 私達は、まさに、一般大衆が知るべきでないいくつかの物があるという、そして国家安全保障法の後ろでこれらの物を隠すことがOKであるという確信に同意するか?

11. あなたは、あなたの教会、それがどのものであるかもしれないかが真実をあなたに話していると信じるか?

12. あなたは、私達が1つの世界政府に申し込まない限り、戦争が、持っていて、いつも、起こるであろうまさに正常な状態であると信じるか?






A quick note about the above quotation: Nowhere in the Declaration of Independence, The Constitution or the Bill of Rights is this to be found. The quote comes from a battlefield in Gettysburg Pa. and was made almost a hundred years after the Declaration was penned or the Constitution crafted. A paraphrased quotation came from President Rutherford B. Hayes when he said "This is no longer a government of the people, by the people and for the people but a government of the corporations, by the corporations and for the corporations." Wonder when that last time was that our lawyer president read the Constitution.



The sad thing is that almost no one in the audience caught this blatant error. We have truly become a nation of ignorant sheep. This is what we get when we put a politician the likes of Clinton or Bush in the white house and then allow the socialist perverts to stay there! Enough on Slick Willie and the Kings George.



"
We the people
" are a bigger problem to our survival than Slick is. To quote Pogo "We have met the enemy and he is us!" And it is not only the United States that is a heartbeat away going the way of the dinosaur. The entire World has been turned upside down by a few people inside special interest groups: i.e., POLITICIANS, CEO's, international banksters, lawyers, physicians, public officials, scientists, educators, and religious leaders, because of personal greed or personal IGNORANCE.



If you do not realize this to be true, YOU are a part of the problem and all those large numbers of people like you make this a very large problem indeed. THIS IS WHY HISTORY REPEATS ITSELF. But thanks to the internet, people are starting to wake up. Please use the "Send the Page" box below to speed up the process. If our people do not learn the truth, we are doomed and that is the CONCLUSION of this little book.


「前回、私がチェックした時、憲法は‘人々のうちの、人々によって、そして人々のために’と言った。」

「それは、独立宣言が言うことである」。

1996年10月17日キャンペーンをしているビル・クリントン大統領。

カリフォルニアでされた応援演説から。

1996年10月25日インベスターズ・ビジネス・デイリーで引用される

上記引用についての迅速な注:

どこにも、独立宣言、憲法、または権利章典に、見つけることがない。

引用文はゲティスバーグペンシルベニアの戦場から帰って来て、宣言が書かれたか、憲法が精密につくったほぼ百年後に、作られた。

彼が、「これはもう人々の、人々による、そして人々のための政府であるが企業による、そして企業のための企業の政府ではない」と言った時に、言い替えられた引用はラザフォードB.ヘーズ社長から齎された。

いつ、その前回が、私達の弁護士大統領が憲法を読んだことであったかと思ってみなさい。

悲しいことは、聴衆の中のほとんど誰もこのあからさまなエラーをつかまなかったことである。

私達は本当に無知な羊の国家になった。

これは、私達が政治家 白い家のクリントンまたはブッシュの同類を置く時に私達が得るものであり、それから、そこに滞在するために可能にせよ。社会主義者背教者 !スリック・ウィリーとキング・ジョージへの十分足り得る。

「私達、人々」は、より大きな私達の生き残りへの問題である。

ポーゴー「私達は敵に触れて、彼は私達である!」を引用するには

そして、恐竜の道をたどって、向こうで鳴る心臓の鼓動はただの米国ではない。

全世界がスペシャル・インタレスト・グループの中でさかさまに、数人の人々によって引っくり返されている:

すなわち政治家、私利私欲または個人的な無知によるCEO、国際的である銀行家、弁護士、医師、公務員、科学者、教師、および宗教のリーダー。

あなたが、真実のためにこれを実現しないならば、あなたは問題の一部であり、あなたのようなすべての多くの人々は実にこれを非常に大きな問題にする。

なぜ歴史は繰り返す。である。

しかし、インターネットのおかげで、人々は、起き始めている。

どうぞ、プロセスを加速するために、下の「ページを送りなさい」ボックスを使いなさい。

私達の人々が真実を学ばないならば、私達は運命づけられて、それはこの小さな本のCONCLUSIONである。

アフォにつける薬

デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報


デーヴィッド・アイク(デービッド・アイク)のサイトのヘッドラインの一部を紹介(無保証です)

策謀者と実行者


アイクのニュースレターより



THE BLAND LEADING THE BLAND ...

(不明)裏が見えない者がやっぱり見えない者達を導く



THE REAL ‘PC' AGENDA ... 「PC」アジェンダの真実



支配には二つの段階がある-支配を策謀する者とそれを実行するものだ。策謀者たちは我々が知ることができない人々で、社会の出来事や変化を操作して、長期間かけて計画した「成果」をもたらそうとする。実行者は制服を着ているインチキな権力者である。政治家、官僚、教師などで、策謀者たちの意志を実現しようとする。



重要なことは、実行者は、ほとんどの場合、策謀者の存在に気がついていないことだ。実行者は、ただ、「命令に従っているだけ」なのだ。「political correctness(差別語禁止、政治的正しさ、政治的公正、政治的正当性、差別されている人を擁護すること。略は「PC」)の本当の目的を理解しようとするなら、その点が重要なのだ。実行者のレベルでは、彼らは馬鹿な規則や法令を押し付けている脳天気(のうてんき)なやつらに見えるだろう。しかし、策謀者のレベルでは、実は、人間の支配を目指した、冷徹に計算されつくしたアジェンダが働いているのだ。



アジェンダ 【名-1】検討課題、議題、会議事項、協議事項、議題[やるべきこと]の一覧表、交渉議題、日程、予定表、計画表、議事日程、備忘録 【名-2】重要な政治課題、政策、政治日程、基本方針、行動計画 【名-3】隠された意図、底意

アイクの思想を表すキーワードです。爬虫類人(レプティリアン)のアジェンダなどと使う。「隠された行動計画」くらいの意味でしょうか。



それにしても、アイクのこの話は、よく理解できてしまいます。「ヤバイ」投稿がのっていましたが、どっかの国の大騒ぎは、実は裏で計算しつくされたもの。ほとんどの役者は自分の役割を認識してはいないが、すべての劇が「ある方向」を目指している・・・



ちなみに策謀者レプティリアンは完全に「紳士・淑女」でしょう。きっと、見た目は、優しく慈愛に満ちているに違いない。実行者はどうでしょうね。

『霊界物語』には竜がたくさん出てくるのですが、ここでの「燕子花(かきつばた)」は竜の島から、人間の男の妻となって皆神山にやってきた若い女の竜です。人間の格好をしているのですが、たまには、竜に還元する必要がある。それで、鱗の間に付いた蛆虫を取り払おうとします。

今日、ふと感じたのですが、レプティリアンが若い女の竜だったとしたら、それのアジェンダを実行している権力者たち、校長先生などなどは鱗の間についた○○だとひらめいたので紹介しておきます。




蛇足

日本のエリートなどと言われている人々は、重要なことは、実行者は、ほとんどの場合、策謀者の存在に気がついていないことだ実行者は、ただ、「命令に従っているだけ」なのだ彼らは馬鹿な規則や法令を押し付けている脳天気(のうてんき)なやつらに見えるだろう。しかし、策謀者のレベルでは、実は、人間の支配を目指した、冷徹に計算されつくしたアジェンダが働いているのだ。


早い話、まあ、ただのアフォです。
日銀総裁福井擁護の朝日新聞系「アエラ」山田厚史の記事。ようは「素人は口出すな」・・。さすが、イルミナティご用達新聞系だけはある・。与謝野金融大臣も村上ファンドへ出資しているし、福井を擁護しています。金融エリート?金魚の糞の大学教授などが、経済や金融の影響を言っています

ようはこのまま進めば、マスコミなどで蓋をしようとしても、支配者層(レプティリアンコントロール)と共謀してしていることや。中央銀行などインチキがばれるぞ・。

だから、福井は消え去るのみ・

In Yamada Atsushi article of the Asahi Shimbun type " Aera " of the governor of the Bank of Japan Fukui defence, a meaning with " the layman doesn't interfere " is in short being described.

・・

There are only to be great, an illuminati running an errand newspaper type.

Also, the Yosano finance minister, too, invests in the Murakami fund and is defending Fukui.

The professor of the shit of the goldfish which is called a financial elitist and so on are saying that the economic and financial influence comes out.

By in short the thing

If advanced just as it is, even if it tries to lid in the mass communication and so on, the pettifoggery of the fact to conspire with the ruler layer ( the reptilian control ) and to be doing and the central bank and so on comes out and is ・.


爬虫類のホログラフィックな行列、偽造された「真実」:



The Reptilian Holographic Matrix, the Fabricated "Reality":


The Reptilian Pact

(The "Secret Pact", the "Secret Covenant")




Unknown Author


爬虫類のホログラフィックな行列、偽造された「真実」:

爬虫類の協定

(「秘密の協定」、「秘密の契約」)

不明な作者






An illusion it will be, so large, so vast it will escape their perception.


Those who will see it will be thought of as insane.


We will create separate fronts to prevent them from seeing the connection between us.


We will behave as if we are not connected to keep the illusion alive.Our goal will be accomplished one drop at a time so as to never bring suspicion upon ourselves.


This will also prevent them from seeing the changes as they occur.We will always stand above the relative field of their experience for we know the secrets of the absolute.


We will work together always and will remain bound by blood and secrecy. Death will come to he who speaks.We will keep their lifespan short and their minds weak while pretending to do the opposite.We will use our knowledge of science and technology in subtle ways so they will never see what is happening.We will use soft metals, aging accelerators and sedatives in food and water, also in the air.They will be blanketed by poisons everywhere they turn.The soft metals will cause them to lose their minds.We will promise to find a cure from our many fronts, yet we will feed them more poison.The poisons will be absorbed trough their skin and mouths, they will destroy their minds and reproductive systems.


From all this, their children will be born dead, and we will conceal this information.


The poisons will be hidden in everything that surrounds them, in what they drink, eat, breathe and wear.We must be ingenious in dispensing the poisons for they can see far.


We will teach them that the poisons are good, with fun images and musical tones.


Those they look up to will help. We will enlist them to push our poisons.They will see our products being used in film and will grow accustomed to them and will never know their true effect.When they give birth we will inject poisons into the blood of their children and convince them its for their help.We will start early on, when their minds are young, we will target their children with what children love most, sweet things.When their teeth decay we will fill them with metals that will kill their mind and steal their future.When their ability to learn has been affected, we will create medicine
that will make them sicker and cause other diseases for which we will create yet more medicine.We will render them docile and weak before us by our power.They will grow depressed, slow and obese, and when they come to us for help, we will give them more poison.We will focus their attention toward money and material goods so they many never connect with their inner self.We will distract them with ornication, external pleasures and games so they may never be one with the oneness of it All.Their minds will belong to us and they will do as we say.If they refuse we shall find ways to implement mind-altering technology into their lives. We will use fear as our weapon.


We will establish their governments and establish opposites within. We will own both sides.


We will always hide our objective but carry out our plan.They will perform the labor for us and we shall prosper from their toil.Our families will never mix with theirs.Our blood must be pure always, for it is the way. We will make them kill each other when it suits us.We will keep them separated from the oneness by dogma and religion.We will control all aspects of their lives and tell them what to think and how.We will guide them kindly and gently letting them think they are guiding themselves.We will foment animosity between them through our factions.When a light shall shine among them, we shall extinguish it by ridicule, or death, whichever suits us best.We will make them rip each other's hearts apart and kill their own children.We will accomplish this by using hate as our ally, anger as our friend.The hate will blind them totally, and never shall they see that from their conflicts we emerge as their rulers.They will be busy killing each other.They will bathe in their own blood and kill their neighbors for as long as we see fit.We will benefit greatly from this, for they will not see us, for they cannot see us.We will continue to prosper from their wars and their deaths.


We shall repeat this over and over until our ultimate goal is accomplished.We will continue to make them live in fear and anger though images and sounds.We will use all the tools we have to accomplish this.The tools will be provided by their labor.We will make them hate themselves and their neighbors.We will always hide the divine truth from them, that we are all one.This they must never know!They must never know that color is an illusion, they must always think they are not equal.Drop by drop, drop by drop we will advance our goal.


We will take over their land, resources and wealth to exercise total control over them.


We will deceive them into accepting laws that will steal the little freedom they will have.


We will establish a monetary system
that will imprison them forever, keeping them and their children in debt.When they shall band together, we shall accuse them of crimes and present a different story to the world for we shall own all the media.We will use our media to control the flow of information and their sentiment in our favor.When they shall rise up against us we will crush them like insects, for they are less than that.They will be helpless to do anything for they will have no weapons.We will recruit some of their own to carry out our plans, we will promise them eternal life, but eternal life they will never have for they are not of us.

The recruits will be called "initiates" and will be indoctrinated to believe false rites of passage to higher realms.
Members of these groups [Editor´s Note: the Illuminati] will think they are one with us never knowing the truth.They must never learn this truth for they will turn against us.For their work they will be rewarded with earthly things and great titles, but never will they become immortal and join us, never will they receive the light and travel the stars.They will never reach the higher realms, for the killing of their own kind will prevent passage to the realm of enlightenment.This they will never know.The truth will be hidden in their face, so close they will not be able to focus on it until its too late.Oh yes, so grand the illusion of freedom will be, that they will never know they are our slaves.When all is in place, the reality we will have created for them will own them.This reality will be their prison.They will live in self-delusion.When our goal is accomplished a new era of domination will begin. [N. of Ed.: the New World Order].Their minds will be bound by their beliefs, the beliefs we have established from time immemorial.But if they ever find out they are our equal, we shall perish then. THIS THEY MUST NEVER KNOW.If they ever find out that together they can vanquish us, they will take action.They must never, ever find out what we have done, for if they do, we shall have no place to run, for it will be easy to see who we are once the veil has fallen.Our actions will have revealed who we are and they will hunt us down and no person shall give us shelter.This is the Secret Covenant by which we shall live the rest of our present and future lives, for this reality will transcend many generations and life spans.This covenant is sealed by blood, our blood. We, the ones who from heaven to earth came.


This covenant must NEVER, EVER be known to exist.It must NEVER, EVER be written or spoken of for if it is, the consciousness it will spawn will release the fury of the PRIME CREATOR upon us and we shall be cast to the depths from whence we came and remain there until the end time of infinity itself.


それがとても大きくとても広大になるであろうので、それはそれらの知覚を免れるであろうという錯覚。

それを見るであろう人々は非常識であるとみなされるであろう。

私達は、彼らが私達の間の接続を見ることを妨げるために別個の正面を作成する。

私達が、幻覚を生かしておくために接続されないかのように、私達はふるまう。

私達のゴールは、自身に決して疑惑を至らせないための時間に遂行された1つの落下になるであろう。

彼らが起こる時に、これは、また、彼らが変化を見ることを妨げるであろう。

私達が絶対物の秘密を知っているので、私達はそれらの経験の相対的なフィールドの上でいつも立つ。

私達はいつもいっしょに働き、血と秘密によって束縛され続ける。

死は、話す彼に来る。

反対の事をするふりをする間に、私達はそれらの寿命要点とそれらの精神を弱くしておく。

私達は微妙な方法で私達の科学技術に関する知識を使うので彼らが、決して、何が起こっているかをわからないであろう。

私達は食物と水の中で、空中にも軟金属、老化アクセラレータ、および鎮静剤を使う。

それらが回るどこでも、それらは毒によって覆われるであろう。

軟金属は、彼らに、正気を失わせるであろう。

私達は、私達の多くの正面から治療を見つけると約束するけれども私達は多くの毒をそれらに与える。

毒は、吸収された雨樋であり それらの皮膚 、口、それらは、それらの精神および生殖のシステムを破壊する。

すべてのこれから、彼らの子供は完全に誕生するであろうし、私達はこの情報を秘密にする。

毒は、彼らが飲み、食べて、吸い、身につけているものの中で、それらを取り囲むすべてに隠されるであろう。

彼らが遠く見ることができるので、私達は、毒を分配することにおいて巧妙にちがいない。

私達は、楽しいイメージと楽音によってそれらに、毒がよいことを教える。

彼らが考えるそれらは助ける。

私達は、私達の弊害を推進するためにそれらを徴募する。

彼らはフィルムの中で使われている私達の製品を見るであろうし、彼らに慣れるであろうし、決して彼らの真実の効果を知らないであろう。

彼らが誕生を与える時には、私達は毒をそれらの子供の血に注入し、それらに納得させる それ それゆえ それらの助け 。

私達は早くから出発し、それらの精神が若い時に、私達は、子供が最も愛しているものを持つ彼らの子供、甘い物を目標とする。

それらの歯が腐敗する時に、私達は、それらの精神を殺し、彼らの将来を盗むであろう金属でそれらを満たす。

学ぶそれらの能力が影響された時に、私達は、彼らをより不快にし、私達がいっそうより多くの医学を作成するであろう他の病気を起こすであろう医学を作成する。

私達は私達のパワーによってそれらを私達の前で素直で、弱くする。

彼らは憂うつで、遅く、肥満になるであろうし、彼らが助けのために私たちのところに来る時に、私達は彼らに多くの毒を与える。

私達がお金および物質的な商品にそれらの注意の焦点をそう合わせる それら多くは決してそれらの内側の自身と接続しない。

私達は密通、外部の楽しみ、およびゲームによって彼らの気を散らすので彼らが決してすべてのそれの単一性を持つ人ではないかもしれない。

それらの精神は私達のものであろうし、それらは、私達が言うようにするであろう。

彼らが断るならば、私達は、それらの人生の中に精神に変化をもたらすテクノロジーを実施する方法を見つけるであろう。

私達は私達の武器として恐怖を使う。

私達はそれらの政府を確立し、中の反対物を設立する。

私達は両側を所有する。

私達はいつも私達の目的を隠すけれども、私達の計画を実行する。

彼らは私達のために労働を実行するであろうし、私達はそれらの苦役から繁栄する。

私達の家族は決してそれらのものと混ざらないであろう。

それがその方法であるので、私達の血はいつも純粋でなければならない。

それが私達に適する時に、私達は彼らに互いを殺させる。

私達はそれらを単一性から教義と宗教によって分離されるようにしておく。

私達はそれらの人生のすべての面をコントロールし、大いに何を考えるかをそれらに言う。

私達は、彼らに、彼らが自身を誘導していると思わせて、親切で、穏やかにそれらを誘導する。

私達は私達の派閥を通してそれらの間で敵意に温湿布する。

ライトがそれらの間で輝くこととする時に、たとえ、どれが私達に最もよく適しても、私達は嘲笑または死によってそれを消す。

私達は彼らに異なって互いの心臓を引き裂き、彼ら自身の子供を殺させる。

私達は、私達の同盟者、私達の友人としての怒りとして憎悪を使ってこれを遂行する。

憎悪はそれらをすっかり盲目にし、決して、それらはしないようにしよう、それらの衝突から、私達がそれらのルーラーとして出現するとわかる。

彼らは互いを殺すことに忙しくなるであろう。

彼らは、彼ら自身の血の中で浴びて、私達がフィットを見る限りそれらの隣人を殺すであろう。

彼らが私達に会わないであろうので、彼らが私達に会うことができないので、私達は大いにこれから利益を得る。

私達は、それらの戦争と彼らの死から繁栄し続ける。

私達の最終目的が達成されるまで、私達は何度も何度もこれを繰り返す。

イメージと音であるけれども、私達は、彼らを恐怖と怒りを抱えながら暮らさせ続ける。

私達は、これを遂行するために、私達が持っているすべてのツールを使う。

ツールはそれらの労働によって提供されるであろう。

私達は彼らに自身とそれらの隣人を憎悪させる。

私達はいつも彼らに神性の真実を隠し、私達がすべてものである。

彼らが決して知ってはならないこれ!

彼らは、決して、色が幻覚であると知ってはならず、彼らは、いつも、彼らが等しくないと思わなければならない。

落下に立ち寄り、私達が私達のゴールに前払いするであろう落下に立ち寄りなさい。

私達は、それらに関しての全体のコントロールを行うためにそれらの土地、資源、および富を引き継ぐ。

私達は、それらを、それらが持つであろう小さな自由を盗むであろう法律を容認するようにだます。

私達は、彼らと彼らの子供を借金に引き留めて、永久にそれらを投獄するであろう通貨制度を設立する。

彼らが一緒に縛ることとする時に、私達は、犯罪で彼らを告発し、私達がすべてのメディアを所有するので世界に違う話を見せる。

私達は、私達の好意において情報とそれらの感傷の流れをコントロールするために私達のメディアを使う。

それらが私達に対して立ち上がることとする時に、彼らがそれより少ないので、私達は昆虫のように彼らを押しつぶす。

彼らが武器を全然持たないであろうので、それらは、何でもすることに無力になるであろう。

私達は、私達の計画を実行するために彼ら自身の何人かを募集し、それらが私達をもっていないので、私達は、それらに、永遠の命であるがそれらが決して持たないであろう永遠の命を約束する。

新メンバーは「新入会者」と呼ばれるであろうし、より高い領域に間違いの通過儀礼を信じるために教え込まれるであろう。これらのグループ、[Editor´s注のメンバー:啓蒙主義者]は、彼らが決して真実を知っていない私達との人であると思うであろう。彼らが私達を裏切るであろうので、彼らは決してこの真実を学んではならない。それらの仕事のために、彼らは地球の物と大きなタイトルによって報いられるであろうけれども、決して、彼らが不滅になり、私達に参加するのを望んでいなく、決して、彼らがライトを受け取るのを望んでいなく、星を旅行しなさい。彼ら自身の種類の殺害が教化の領域に通路を防止するであろうので、彼らは決してより高い領域に到着しないであろう。彼らが決して知らないであろうこれ。真実はそれらの顔に隠される。 従って、閉まりなさい 彼らはその非常に遅れまでそれを中心に行うことができない。

ええ、そう、そんなに雄大に、自由の幻覚はそうであるであろうし、彼らが、決して、彼らが私達の奴隷であると知らないであろう。すべてが適所にある時に、私達がそれらのために作成しているであろう現実はそれらを所有するであろう。この現実はそれらの刑務所になるであろう。彼らは自己欺瞞において住むであろう。

私達のゴールが達成される時に、支配の新しい時代は始まるであろう。

:、[N.版の新世界秩序]。

それらの精神は、それらの信念、私達が大昔から設立した信念によってバインドされるであろう。

しかし、彼らがいつか、彼らが私達の同等の人であるとわかるならば、私達はその時滅びるであろう。

彼らが決して知ってはならないこれ。

彼らがいつか、一緒に、彼らが私達に打ち勝つことができることを見つけ出すならば、彼らは行動をとるであろう。彼らがするならば、私達が、動くために場所を全然持たないであろうので、ベールが垂れたら、私達が誰であるかをわかることが容易になるであろうので、彼らは、決して、これまで、私達が何をしたかを見つけ出してはならない。私達の行動は、私達が誰であるかを明らかにしているであろうし、彼らは私達を追い詰めるであろうし、どの人も私達にシェルターを与えないこととする。

これは、この現実が多くの世代と寿命を超越するであろうので、私達が私達の現在と未来の人生の残りを生きることとする秘密の契約である。この契約は血、私達の血によって封印される。

私達(天国から地球まで、来た人)。この契約は、決して、これまで、存在すると知られていなくなければならない。それは、決して、これまで、それがそうであるかどうかのために書かないか、話されなくなければならず、それが産むであろう意識は私達にPRIME CREATORの憤怒をリリースするであろうし、私達は、私達がどこに来たかから深さに投げられて、無限自身の終わり時間までそこに残留する。

ホログラフィックな刑務所と「悪魔との協定」4

The Holographic Prison and the “Pact with the Devil”


儀式と象徴学

より早く、私は、儀式と象徴学が遺伝情報の上で起こすか、点火することに言及した。

これはいっそうより多くの消極性の中に下でより高い意識またはSupraconsciousnessにまたは落下に両方ともめざめに適用可能である。法律は同じで、ただ、どうそれが適用されるかによる。

儀式とシンボルは潜在意識の心に作用し、そこに蓄えられるものを意識に育てる。

これが私達の欲望の明示に役立つか、または私達の現実を作成するために。それが公平な法律であるので、ネガティブな方法でもたらされるならば、それはライフの損害において役立つ。

スピリチュアルな儀式は神性との、そしてグループのメンバーの間の関係において祈り、霊感の音楽、および歌い、メディテーション、天使のようなエンティティ、上昇されたマスターズ、心ガイドのなど、ローカルで、リモートの癒し、惑星のエーテルのようなグリッドの活性化のための視覚化、および次元のポータル(人間性のためのよりよい未来の明示)呼出し、および援助を含んでいる。このタイプの儀式におけるシンボルは私達の考えでは私達、私達の生得権のベストを育てる。各スピリチュアルな、または神秘主義的な組織はそれ自身の具体的な儀式を持っていて、私は、必ずすべて与えられた組織によって実行されないけれども通常この種類の儀礼に組み入れられた違う要素のリストをここに与えた。前記との完全なコントラストにおいて、悪魔の儀式は堕落(魔性のエンティティ、神秘主義的なシンボルの使用への呼出し)によって悩まされるけれども、ゆがめられた後に、釣り合いなどにおいて変わった。これらの儀式は、性をみじめで、凶暴なフォーム、人の、そして動物の犠牲、人食い、魔性のエンティティの実体化、および爬虫類に変わっている所有されている個人のshapeshiftingに巻き込むことができたそう呼ばれた悪魔の黒ミサである。爬虫類の主題の中の何人かの作者と研究者は、彼らが見るどこででも悪魔主義を見る極端に終わって、ネガティブとして、そして暗い課題のすべてのシンボル、儀式、および難解な組織を焼き付ける重要なエラーに陥った。これは陥られた爬虫類の目的の1つである:

精神を混同し、学生がパスを逸脱するためと公式な宗派へのスピリチュアルな代案を示す組織から人間性を遠ざけるには。

血統

コーカサスの純粋な白色人種は、爬虫類のエンティティによって所有をより容易にする他のレースより爬虫類のDNAを持っていて、従って、それらがDNAのこのタイプの人と彼らの間の、1つのより純粋な血統をよりうまく所有することができるので、民族純化はそれらのための重要な要素である。

これはスーパーマンの検索のためにナチス妄想を説明する。イギリス(実際、1914年に名前をウィンザーに変更したドイツロイヤルティ、サックス=コーバーグ=ゴータである)、いくつかのヨーロッパロイヤルティのウィンザー家と啓蒙主義者などのパワーの一定のエリートファミリーの中で、ネガティブな星のエンティティによる活性化、水路を造り、所有のためのこの傾向はとても大きいので、これらのファミリーの中で、この傾向は、彼らが認めているけれども彼らが、素材への彼らの強烈な熱狂のほかに、払うことができなかった病気に変った。彼らが創造者のイメージにおいてまた作成されたので、彼らがどのような他の人間としてでも心臓の中で所有している心を照らす霊光を見つけるために、パワー、莫大な富、および他に関してのコントロールはそれらを盲目にする。

物質的なパワーのこのサイクルにおいて一度閉じ込められた人は多くの再生のためにそれを繰り返し続ける。パワーのそれらの憧れは、彼らが下の星の生き物の手でそれらの深い内側の恐怖、自身の決意の不足、およびそれらの奴隷化を見ることを可能にしない。

ポピュラーな知恵において、私は繰り返し、これは「悪魔との協定」と呼ばれる。

私達の惑星のネガティブな爬虫類のプロジェクトの1つが、それらが、いつも、人のエンティティの所有を捜す必要がある代わりに人との直接的なインタラクションにおいて、時間のまたはそれを利用するより安定した方法の中の期間をより長い間備えるか、具体化することができるクローンボディの準備であったそうである。悪魔の生き物はほとんど永遠の命を送っていて、人がするように、自身を再生するために、それらは不可能性を持っている。

また、それらは、土の星の世界で、他の銀河のセクタを汚染するために相互次元の脱出を避けるためにAshtarコマンドによって寸法で閉じ込められる。たとえ、それがAndromedan、シリウスで、アークトゥルスのPleiadianなどの非常に高度な銀河の文明の観点からどのように原始的でも、それらの技術的な進歩は地球人パースペクティブから印象的である。

投射とテレパシーと精神のコントロールにおけるのように、彼らが、どれに卓越することができたかは内側のテクノロジーの中にある。

情報の広がりにおける微妙なコントロール

彼の魂を「和らげる」失われた魂または試問された後ろ。

故意に組み立てられた独断的な宗教の施設は決して神の自己推薦の大臣の調停または地球の上の神の「担当者」なしで中の神の個人的な探求を刺激しなく、また、個人的な主権の私達すべてが単一性を持つものであるという自覚の獲得を表している。

文化、性的嗜好、政治的なオリエンテーション、および信念による衝突と部門は互いから分離し、これだけ容易に制御可能な人を維持している。前のものは、研究者による、そして型を置いていくために、誰が危険を冒すかによるを除いて発見できるnonである微妙で、「柔らかい」コントロールを説明する。

Lightworker
の保護

あなたがあなたのスピリチュアルな使節について行き、あなたが、みずがめ座生まれ黄金時代を達成するために働いているならば、あなたは情け深い力と上昇されたマスタによって保護されて、暗い力のために攻撃されないであろう、これにおける彼らの人のエージェントによって、時を終える。

50
年前あてはまったものは、今日あてはまらず、他の誰かに起こったことは、あなたの業ではなく、それは、他の誰かのライフ あなたが、違うルート、違う任務、および違うスピリチュアルな開発を持っている にある that 個人 あなたの人生を比較しない 

どのようにホログラフィックな刑務所を取り除くか

自身を公式なニュースから切り離しなさい、けれども、それが、意図的誤報を検出するために用心と認識を推薦されても、独立なウェブサイトから来る人から切り離さないでください。あなたがホログラフィックな行列(爬虫類のための偽造された真実)のアヘンタイプノルマを聞いているかもしれないので、公式なチャンネルから来て、パワーにおいて啓蒙主義者を維持しているすべてに質問しなさい。

あなたは精神を持っていて、それを使う。自然の魔法によって疑いなさい。魅了しなさい。

自身に次などの質問をしなさい:

このような、これはなぜであるか?、どのようにそれは?、それをアニメーション化するものを作動させるか?、これはすべて、あることであるか?または、むしろ私が、見ることができない何かがあるか?人の可能性、それらの潜在的な能力、未知の次元を勉強しなさい。広い心によって調査し、暝想し、おしゃべりして、あなたの精神とその定数を支配し、あなたの内側存在を聞き、自身はあなたの内側神に接続していなさい。それは、ホログラフィックな刑務所から取り出す最もよい式である。


The Future of the Planet



The complete liberation of humanity from the Illuminati claws and from the infernal reptilian hordes will manifest with the fall of the Illuminati from power, the confiscation of their enormous wealth as a karmic compensation for their wrong doing and the official revelation of their war crimes against injured humanity. This will happen after the promulgation of NESARA
and will continue for several years afterwards. Indigo Children will come to live this reality, not just to talk about it. They will be those who will lead this Silent Revolution.



惑星の未来

啓蒙主義者鈎爪からの、そして地獄の爬虫類の大群からの人間性の完全な解放は、パワー、彼らが間違ってすることに対するカルマの補償金としての彼らの莫大な財産の没収、および傷ついた人間性に対する彼らの戦争犯罪の公式な暴露からの啓蒙主義者の落下によって明示するであろう。

これはNESARAの公表の後に起こるであろうし、その後数年続くであろう。藍色子供は、それについて話すためにこの現実を生きないために来るであろう。それらは、この静かな革命を導くであろう人々になるであろう。


The seventh Aquarian Golden Age, as was foreseen by the Ascended Masters and Beloved Ascended Master Saint Germain
, can only start after the Illuminati and its worldwide network of controllers be all removed from power.



A new social order without have-nots will shine as a preamble to the Awakening of the Spiritual Consciousness of the masses that will inherit the Earth. Never more will there be poverty nor wars, and Earth will be officially admitted among the star nations
with all the privileges this means
: The exchange of spiritual and technological knowledge and the interplanetary traveling. There will be work and personal advancement opportunities for all within the field of activities in which each one wishes to develop. The artist and the teacher will be highly respected. Woman will be leader
within this new society in opposition to the submissive position she had in the patriarchal Piscean society.



A cult to Aton, or to the Law of One, or to the Supreme Architect of the Universe, or to God, whatever you want to call the Supreme Creator, will be the only Universal Religion; the individual perception of God and the Law, a private matter and no one else's business. No more self-appointed ministers and priests to mediate between you and the Creator.


The Aquarian Society
will be formed by communities grouped in accordance with common interests and in accordance with their star families. Since it will be telepathic there won’t be place for the deceit of the tricky politician since his thoughts and intentions will be read by the electorate. Besides there will be technologies developed to record the true history, not as at present where history is written pleasing the politician in charge and the accepted social “norm” discussed before.



May the Plan of God be manifested on Earth and be sealed the door where evil dwells
. So Mote It Be!



7番目のみずがめ座生まれ黄金時代は上昇マスターズと最愛の人上昇マスタサンジェルマンにより予知されたとして,コントローラすべての除去の啓蒙主義者およびその世界的なネットワークの後でパワーから始まることができるだけである。持たざる者のない新しい社会秩序は、地球を引き継ぐであろう庶民のスピリチュアルな意識のめざめに前文として輝くであろう。

決して、より多くはそこで貧乏や戦争にならないであろうし、地球は、これが意味しているすべての特権によって星の国家の間で公式に認められるであろう:

スピリチュアルで、技術的な知識と惑星間の旅行の交換。各人が、展開することを望む活動のフィールドの中にすべてのための仕事とパーソナルの出世の機会があるであろう。アーティストと先生は高く尊敬されるであろう。女性は、彼女が家父長的な魚座生まれの人社会の中に持っていた服従的なポジションに反対してこの新しい社会の中でリーダーになるであろう。アトンへのまたはものの法律へのまたは宇宙または神への、あなたが、至高の造物主を呼びたい何でもの最高の建築家へのカルトは唯一のユニバーサル宗教になるであろう;

神と法律の個々の知覚、私的な問題、および他の誰のビジネスも。あなたと創造者を調停しないもう自己推薦の大臣と聖職者。みずがめ座生まれ社会は共通の利益に従って、そして彼らの星の家族に従ってグループにされたコミュニティによって結成されるであろう。それがテレパシーによるであろうので、こうかつな政治家の偽りのための場所が彼の考え以来ないであろうし、意図は選挙民によって読まれるであろう。さらに、現在、歴史が、快く、書かれる所で、担当している政治家と受け入れられた社会的な「ノルマ」が前に議論した時に、真実の歴史を記録するために開発された技術がないであろう。5 地球での神明示と封印の計画 悪が暮らしているドア 



ホログラフィックな刑務所と「悪魔との協定」3

The Holographic Prison and the “Pact with the Devil”


These reptilians are globalists, let's say, they do not get partial by geo-political frontiers, types of governments, cultures, religions, social and cultural status, etc. They see the same an Islamic fundamentalist than a British conservative or a Catholic believer. Communism and capitalism have fundamentally the same face for them, any human race is the same, they are only interested in taking advantage of any conflict created and instigated by them and to manipulate and control humans. Their objective is the whole planet. Their plans are millennial, and thus what happens in one hundred earth years is something very temporary from their viewpoint of time appreciation. If some people oppose their plans, then their achieve their objective of energetic feeding from the war, hate and revenge generated by both ranks, of the opposition to the military powers that are driving such nefarious plot forward. If the plan is not carried out in a region, they continue pushing it forward until they be able to impose it, they have a lot of time and patience. Do they have time, really? Well, for 13,000 years they had. Now they are running out of time with the planetary ascension that is a Galactic Plan of the Father/Mother God, the Primary Creator of this Universe. As such, they are playing their last desperate cards: Either the planet is theirs, or they destroy it and it is nobody's! They seek to submerge the planet into another cosmic cycle
of 25,920 years, the Platonic year, under their domination.


The elite families select from their members the ones that best fulfill the Reptilian Pact, the other members of the family are alienated, isolated from power, and. in some cases, considered as renegades and are disinherited. They know that the source of their influence and material power is in this secret pact (zealously guarded as a family secret) and in how they are developing it. Some individuals are not part of this elite of power, however they work with the Reptilian Pact because they serve the Illuminati network. When they deviate or are no longer needed, then they are knocked down from power. If they are heads of government these dictators of the people are presented before the world as tyrannical and brutal despots to justify their destitution and also to present before the public the political image of cleaning corruption and that they listen to the people with "compassion" and that there is justice and integrity. It is the opportunity to show good image to wash faults and to hide the following dark agenda projects in course, at that precise moment, or to deflect public attention from a touchy issue. The media is in charge of focusing the cameras and saying what is convenient or serves their plans. If they do not deviate from the plan or their puppet regime is still needed, then their brutal and bloody actions and the cry and misery of their people are ignored and the despots continue in power and being allied.


The Illuminati have two jobs: One is the official one in some government office, this one keeps them influencing politics, abreast of what's going on and deflects attention, and the other, the covert one, working for the shadow government or secret government
, as it is called the Illuminati organization that operates secretly within the legitimate government. Being so immensely wealthy, the Illuminati members of the high influential power spheres live without survival pressure whatsoever and have much more time to get informed and plan their nefarious tricks.
They also identify themselves as members of an official religion to cover themselves, to present a respectable image and to be a role model to follow.


The Illuminati's modus operandi is always to present to the public the legal and respectable image, to make approve by Congress or the World Trade Organization or similar organizations such as the United Nations, laws in favor of the Illuminati interests and once this damaging legislation is approved launch henchmen against the people and small organizations to enforce it legally, safeguarding and protecting the Illuminati interests. Such is how the pharmaceutical industry operates
, as an example, by taking the power of choice away from people with respect to natural medicine, food supplements (vitamins, minerals, etc.) and alternative medicine and using the Federal Drug Administration (FDA) as its henchman


これらの爬虫類はグローバリストであり、彼らが土地で政治的なフロンティア、政府のタイプ、文化、宗派、社会的で、文化的なステータスなどによって部分的にならないと伝えよう。

彼らは同じを見る 英国の保守主義者よりイスラムの根本主義者またはカトリックの信者 。

共産主義と資本主義は根本的にそれらのために同じ面を持っていて、どのような人類でも同じで、彼らは、彼らによって作成されて、扇動されたどのような衝突でも利用することに興味があるだけで、処理することになっていて、人をコントロールする。

それらの目的は惑星全体である。それらの計画はミレニアムで、それから、100地球年で起こることは時間理解のそれらの観点から非常に一時的なものである。もし何人かの人々がそれらの計画に反対するならば そして 前にそのような極悪なプロットを操作している軍事国への反対の間に両方のランクによって生成する戦争、憎悪、および復讐からのエネルギッシュな食べのそれらの達成それらの目的 。もし領域で計画が実行されないならば、彼らは、彼らがそれを課すことができて、それらがたくさんの時間と忍耐を持つまで、前にそれを推進し続ける。彼らに時間が本当にあるか?

さて、13,000年の間、それらは持っていた。さて、彼らは、父/神母(この宇宙の主要な創造者)の銀河計画である惑星の上昇によって時間を使い果たしている。そのようなものとして、彼らはそれらの最後の必死なカードをしている:

惑星はそれらのものであるか、彼らはそれを破壊し、それは誰のでもない!

彼らは、それらの支配の下で25,920年、プラトン年の別の宇宙のサイクルの中に惑星を沈めることに努める。エリートファミリーは、最もよく、爬虫類の協定を果たすものをそれらのメンバーから選び、ファミリーの他のメンバーは疎外されて、場合によってはパワーと.から分離し、背教者として考慮し、権利を奪われる。彼らは、それらの影響と物質的なパワーのソースが、この秘密の協定(家庭の秘密として熱心にガードされる)中に、そしてどう彼らがそれを開発しているかにおいてあると知っている。たとえ、どのように、彼らが啓蒙主義者ネットワークに奉仕することによる爬虫類の協定によって、彼らが働いても、何人かの個人はパワーのこのエリートの一部ではない。そして、それらが逸脱するか、もう必要でない時に、彼らはパワーからはねられる。彼らが首相であるならば、人々のこれらの独裁者は、彼らの極貧を正当化するためと一般大衆の前でクリーニング堕落の政治的なイメージを与えるためにも専制君主的で、野蛮な暴君として世界の前で紹介されて、彼らがそこで「同情」とそれによって人々の言うことを聞くことは公正と完全性である。それは、障害を洗うためとその正確な瞬間に以下の暗い課題プロジェクトをコースに隠すためまたは世間の注目をきわどい問題からそらすためによいイメージを示す機会である。メディアは、カメラの焦点を合わせて、便利な、またはそれらの計画を提供するものを言うことを担当している。それらが計画を逸脱しないか、それらの傀儡政権がまだ必要ならば、それらの野蛮で、血まみれの行動とそれらの人々の叫び声とみじめさは無視されて、暴君はパワーと同盟される存在に留まる。

啓蒙主義者は2つの仕事を持っている:

そんなに非常に裕福に、高い有力なパワー球の啓蒙主義者メンバーは生き残りプレッシャー 何でも なしで住み、なり 知らせられるおよび 必要がある ずっと多くの時間 それらの極悪な計略を計画する 。自身をカバーするため、まともなイメージを示すため、およびついて行く役割モデルであるために、彼らはまた自身を公式な宗派のメンバーだと言う。啓蒙主義者のやり方はいつも、一般大衆に法定投資を示すことになっていて、議会または世界貿易機関または国連などの同様な組織によって是認させるまともなイメージは啓蒙主義者の利益のために訴訟を起こし、啓蒙主義者の利益を守り、保護して、法律上それを実施する人々と小さな組織に対して、この有害な立法は1回是認されたスタート子分である。そのようなものは、自然医学、食物の補足(ビタミン、ミネラルなど)について人々から離れている選択と代替医療のパワーを取り、その子分として連邦薬剤投与(食品医薬品局)を使って、どのように薬品工業が例として動作するかである。



The Diabolic Possession Phenomenon


The more dysfunctional a person is, or the more fragmented the personality is, or hurt the inner child, or strengthen the lower ego, the easier it is to be prey of psychic possession and evil induction. The possession of humans is of two types:











Conscious Psychic Possession: When these entities are invoked or it is accepted to collaborate with them and it is consciously agreed to work with them, obtaining in return for this service sinecures, fame, recognition, contracts and new projects, opportunities, and other personal benefits. Such is the case of the Illuminati and of some of their agents and controllers of dark agendas of their world domination network. This possession is more continuous and permanent cemented in the aura and it is what the popular wisdom has called the “Pact with the Devil.”

The awakening of DNA codes and of agreements previous to reincarnation to work with satanic entities is stimulated with ritual and distorted symbols copy of the true esoteric symbols and through drugs and genetic manipulation.

Have into account that the esoteric ritual and symbology in the organizations of Light serves a purpose to awake also, except that it is an awakening to the Higher Light and Divinity. Thus, it is asked the reader to be careful in not throwing through the window the baby with the baby wash. The Aquarian Age is ritualistic and ceremonial, but the ritualism is not negative but positive, be worth to double emphasize this.
Unconscious Psychic Possession: When the temporal possession is produced for purposes of instigation to evil and attack to others, such as on Lightworkers working to the Awakening of Humanity, or to create more chaos and fear among the population or family conflict and of social relationships. The agent that consents to this dirty job is generally an individual that presents some or all the negative qualities described next:

Leader of an organization, be it a business corporation or a religious or mystical/philosophical organization. These individuals could have a relatively clean record but influencing them in their decision making, even if it only be through telepathy or temporal possession, may help the dark agenda and keep the organization at the level these entities would like it to be. A fault in the personality may be the "hook" to cling onto.

Materialist, only believes in the reality of the five senses and worships the god money.

Selfish, always looks for personal benefit at all cost and to ascend the power hierarchy.

Pragmatist and Machiavellian, cold, calculator and centered in the brain. A typical case is the scientist creator of the atomic bomb, the nuclear bombs, the biological and mass destruction weapons, etc., and the so called black projects. Some of these individuals do not belong to this category but to the previous one. Conflicting, of uncontrollable, unmanageable and chemical emotions. Ignorant of the spiritual life, not ignorant of the earth knowledge, of which may be an expert or a brilliant professional. Lukewarm, fearful of consequences, uncommitted, in a "sort-of" safe position in the gray area, do not take sides or define a position when referring to spiritual work such as in working for the Light or in favor of the Dark Forces. Who is under the influence of alcohol or drugs and frequents bars, whorehouses and/or entertains in pornography. Possessed by inner fear and of rejection by society, social unfit. Apathetic, listless, attached to television and information presented graphically, addicted to newscasts, believes what he hears because “it was said on TV”, it is not attracted to reading or investigation. These individuals are used unconsciously as useful idiots, mentally and emotionally controlled without knowing it, and who, in the majority of cases, do not receive any retribution for their unconscious services to the Dark Forces but, on the contrary, they sink themselves even more in their materialism, suffering and depression, fragmenting more their psychology and lending themselves to be agents or tools for the next attack. If they are informed of the existence of this possession they consciously reject it and feel afraid of it. They are ignorant of this subject.

魔性の所有現象

人が、より機能障害であるか、個性がもっと粉々にしているか、内省的な子供を傷つけたか、下の自我を強化するほど、精神の所有と悪い誘導の犠牲であることはより容易である。人の所有は2タイプをもっている:

意識的な精神所有:

これらのエンティティがもたらされるか、それが、それらと協力するために受け入れられて、それが、これの見返りとしてサービス閑職、名声、認識、契約、および新しいプロジェクト、機会、および他の個人的な利点を得て、彼らとともに働くために意識的に合意される時。そのようなものは啓蒙主義者の、そして彼らの世界征服ネットワークの暗い課題のそれらのエージェントとコントローラの何人かのケースである。この所有はより継続的で、オーラにおいて固まったパーマであり、DNAコードの、そして悪魔のエンティティとの仕事への再生の前の協定のめざめが真実の秘儀的な象徴の儀式と歪んだシンボルコピーによって、そして薬と遺伝子操作を通して刺激されることは、ポピュラーな知恵が「悪魔との協定」.を呼んだものである。それがより高いライトと神性へのめざめである以外も、ライトの組織の中の難解な儀式と象徴学が、起こす目的にかなうというアカウントの中に持っていなさい。従って、それは、ウィンドウを通して赤ん坊洗浄によって赤ん坊を投げないことに気をつけているためにリーダを頼まれる。みずがめ座生まれ時代は儀式であり、儀礼的であるけれども、価値が、2倍これを強調することであるとしても、儀式主義はネガティブであるのでなくポジティブである。無意識な精神所有:

悪への扇動と人間性のめざめに働いているLightworkersへのなどの他への攻撃の目的のためまたは多くのカオスを作成し、人口またはファミリー衝突の間で、そして社会的な関係の恐れるために、時間的な所有が生み出される時。この汚い仕事に同意するエージェントは一般に、マイナス面が次に説明したいくつかまたはすべてを提出する個人である:

それが株式会社または宗教のまたは神秘主義的な/哲学の組織であるとしても組織のリーダー。

これらの個人は相対的にクリーンなレコードを持つことができたけれども、彼らの意思決定の中で彼らに影響して、それても、ただ、テレパシーまたは時間的な所有を通り抜けていなさい、暗い課題を助けて、これらのエンティティが、それに、あってほしいレベルに組織を保持することができる。

個性における障害は、すがりつく「フック」であるかもしれない。唯物論者は5つの感覚の現実を信じるだけで、神お金を拝む。Selfish(てばかりいる、全く個人的な利点がかかったことによる、そしてパワーヒエラルキーを上昇するための表情)。実用主義者とマキャベリ主義者冷気計算機および脳において集中した。典型的なケースは原子爆弾、核爆弾、生物と大量破壊兵器など、およびそう呼ばれた極秘プロジェクトの科学者創造者である。これらの個人の何人かがこのカテゴリーにではなく前のものに所属している。制御不可能で、扱いにくく、化学の感情の矛盾。

どれがエキスパートまたは見事なプロフェッショナルであるかもしれないかの地球知識を知らないことではなく精神生活を知らない。生温く、グレー・エリアの中の「多少」金庫ポジションの中立の結果を心配していて、ライトのために働くことにおけるまたは暗い力のためのなど、黒人霊歌に関することが働く時に、味方をしなく、ポジションを定義しないでください。アルコールまたは薬の影響の下にあり、バー、売春宿に頻出し、および/またはポルノにおいて楽しむ。社会、不適当な懇親会によって内側の恐怖によって、そして拒絶の所有されている。彼が聞くものは、「それはテレビで言われた」のため、冷淡で、無関心で、テレビに付着し、ニュース放送にふけられてグラフィックで情報で提出して、それは読書または調査に引き付けられないと信じる。これらの個人は、大多数の場合にそれを知り、誰ずに精神的で、感情的にコントロールされた使われた無意識に同じくらい有益な馬鹿であり、暗い力への彼らの無意識なサービスのためにどのような罰も受け取らないけれども、一方では、より多くの彼らの心理学を粉々にし、次の攻撃のためにエージェントまたはツールであるように自身を貸して、彼らは自身をいっそうもっと彼らの唯物論、苦しみ、および不況に投資する。

それらがこの所有の存在を知らせられるならば、彼らは意識的にそれを拒絶し、それを恐れると感じている。それらはこの主題を知らない。




Have into account that no all human possessions are from these infernal beings, some are produced by discarnate humans of low spiritual evolution that parasite in the auric field of an incarnated human or accomplish temporal possessions to enjoy the sensations of alcohol, tobacco and drugs of which they were addictive in the earthly plane and that now, to feel their effects, they require of a physical host. In their astral dwellings these discarnate humans of low vibratory frequency are used also by infernal beings. Thus the legend of hell, which refers to these lower astral planes.


Likewise, as the Lightworker is activated in his DNA for the Higher Consciousness and the interaction with the Celestial Hosts, the antipode case also exists, say, the activation or awakening of the DNA negative reptilian code in humans oriented to self service and personal gain to the possession by these renegade satanic reptilians as was said before. Once this occurs the individual loses his original identity and his negative qualities are fired, enhanced or revived much more. He is transformed into another being, into a cold individual, domineering, tyrannical, calculator, and merciless, and he is easy prey of the reptilian manipulation of the puppet type. It is the case of the despotic and dictatorial politician that feigns compassion because recognizes the suffering of the people, but does not take action to solve this suffering, since this suffering is part of the dark reptilian agenda with which he is aligned.The stimulation of the negative seeds of the original spiritual “fall”
or the precipitation and confusion of the soul into the maya of materialism is mainly carried out in the humanity who is still in the larvae stage or potential stage in the material world and without spiritual consciousness or desire to find their true spiritual nature. They are neutral individuals that have not defined their orientation if towards service-to-self or service-to-others. As the spiritual transmutation work is being carried out and the positive genetic codes are being fired, the influence of these entities is diminished.e activation of the fallen or the negative-in-nature DNA code can also be fired, I repeat, through medical operation in the brain, and with the take of drugs, some politicians and celebrities are activated in this way. Celebrities sometimes are preferred in politics to carry out the dark agenda because the charisma acquired before the public is supposed to give them credibility in contrast to the bad image politicians have of not fulfilling promises. Such was the case of the Illuminati stooge Ronald Reagan.
Celebrities have vulnerable points for manipulation and is a high ego, glamour, to be the attention focus, enjoy spotlights, be admired, respected and recognized, and keep zealously their public image. There are always exceptions to this.


所有物が、これらの地獄の生き物から、いくつかが、低いスピリチュアルな発展の実体がない人によって、具体化した人の金のフィールドのその寄生虫を産したことであることであるそのすべての人をアカウントの中に全然持たないか、アルコール、たばこ、および薬の感覚を楽しむために、時間的な所有物を遂行しなさい(それのうちの、彼らは地球の飛行機で中毒性があり、今、彼らの印象を感じるために、彼らが物質的なホストに要求する)。それらの星の住居で、低い振動性の頻度のこれらの実体がない人は地獄の生き物によっても使われる。従って地獄の伝説(それはこれらのより低い星の水準を参照する)。同様に、Lightworkerがより高い意識のための彼のDNAと天ホストとのインタラクションにおいて作動する時に、正反対ケースはまた存在していて、前に言われた時に、これらの見捨てた悪魔の爬虫類による所有に自身のサービスと個人的な利益に順応した人の中で例えばDNAの活性化またはめざめは爬虫類のコードを否定している。これが起こったら、個人は彼のオリジナルのアイデンティティを失い、彼のマイナス面はずっともっと点火されて、強化されるか、復興する。彼は他が冷たい個人の中に威張り散らしていて、専制君主的で、計算機であり、無慈悲であることに変えられて、彼は操り人形タイプの爬虫類のマニピュレーションのいいカモである。

それは、人々の苦しみを認めているので、同情を装う専制的で、独裁者の政治家のケースであるけれども、この苦しみが、彼が位置合わせされる暗い爬虫類の課題の一部であるのでこの苦しみを解決するために、行動を取らない。オリジナルのスピリチュアルな「落下」または促進のネガティブな種と唯物論のmayaの中への魂の混乱の刺激は、主に、まだ、幼虫段階または物質的な世界の、そしてスピリチュアルな意識のない潜在的な段階または彼らの真実のスピリチュアルな性質を見つけたいという願望にいる人類の中で実行される。自身へのサービスまたは他へのサービスへのならば、彼らは、彼らのオリエンテーションを定義しなかったニュートラルな個人である。

スピリチュアルな変化作品が運び出されていて、ポジティブな遺伝情報が点火されている時に、これらのエンティティの影響は減少する。落ちられたものの活性化または事実上ネガティブなDNAコードはまた点火されることができて、私は脳の中の医学の操作を通して繰り返し、薬の獲得によって、何人かの政治家と有名人はこの方法で活性化する。一般大衆が、約束を果たさないことについて、政治家が持っている悪いイメージと対比すると彼らに信頼性を与えると思われている前に、カリスマが取得したので、有名人は時々、暗い課題を実行することを政治において好まれる。

そのようなものは啓蒙主義者引立て役ロナルド・レーガンのケースであった。有名人はマニピュレーションのために無防備な時点を過ごし、注意フォーカスであり、スポットライトを満喫し、賞賛されていて、尊重されて、認められていて、熱心に彼らの公的なイメージを保持する高い自我、魅力である。

いつも、これへの例外がある。


ホログラフィックな刑務所と「悪魔との協定」2

The Holographic Prison and the “Pact with the Devil”


Reptilian Addiction and Manipulation of the Media through Consciousness Distracters


I have the firm conviction that this diabolic scenario will never happen in this planet that is going to ascend dimensionally, however, the beings that have driven forward this dark agenda may reincarnate in dark planets where this paradigm is lived. The energy that is sent out comes back qualified by our intention. That is the Law of Karma.


I make clear here that the reptilian addiction is for lower frequency emotions, not for the elevated, high-octave and sublime emotion as the one offered by unconditional love
, true love in a couple, love for humanity or for a beautiful landscape, etc.


To keep humanity as an unconscious cattle or sheep herd manipulated by “experts” in all fields of knowledge and entertainment is the objective of the five-sense fabricated holographic illusion, the so called Reptilian Pact
.


The Social “Norm” and the Socio-Political Manipulation


Since humans never see these beings or the black magicians that work with them, the primary agents of their karmic precipitation, they blame it on their bad luck, bad administration, bad governments, bad planning, the fall of the stock market, the growing unemployment, etc., and on the leading humans at the forefront of institutions. They can see these leaders, they elected them to be their leaders, or at least they live in the illusion of the so called democracy in which they “believe” they elected them, but sadly they do not know, or refuse to believe, that these humans that have the reins of power:




1. Are being controlled from other dimension and that they follow an agenda that in its fundamental philosophy was written 13000 earthen years ago, during Lemurian times.


2. Are not appointed by the people but carefully selected by their bloodline and certain personality traits that lend them to astral entity manipulation.


意識迷わし手を通してのメディアの爬虫類の中毒とマニピュレーション







送られるエネルギーは、私達の意図によって適格に、戻る。 それは業の法律である。

私は、爬虫類の中毒が無条件の愛情、カップル(人間性へのまたは美しい景色などのための愛情)の真実の愛情によって提供されたものとしての高潔で、高オクターブの、そして崇高な感情のためにではなく下の頻度感情のためであることをここ

人が決して、これらの生き物または彼ら(彼らのカルマの促進の主要なエージェント)とともに働く黒い奇術師を見ないので、彼らは組織の最前線で彼らの不運、悪い管理、悪政、悪い計画、株式市場の落下、増加する失業者数などに、そして主要な人にそれの責任を負わせる。


1.他の次元からコントロールされていて、それらが、その根本的な哲学において、Lemurian時の間に数年前土の13000を書かれた課題に続いている。

2.
人々によって任命されるのでなく彼らを星のエンティティマニピュレーションに貸す彼らの血統と一定の性格特性によって慎重に選ばれる。




The political parties have been created to divide people, to weaken the voice of people and their popular vote in the election of presidents. Under the Illuminati claws around the globe true democracy has never really existed. Both candidates of the dominant parties have received their blessings prior to running for president. And if the president turns out not to be a good Illuminati team player, in a self-serving move the Illuminati will dig out popular discontent and reveal his despotism and dishonesty to discredit him and remove him from power. If he plays per the Illuminati game rules, which favor the super rich corporations, not the people, and if he gives away national natural resources, the Illuminati never care about popular opinion about him, nor approve the mainstream controlled media in the exposing of his dictatorial regime.


The reptilian millennial agenda, later written in the Protocol of the Learned Elders of Zion
, is constantly refined and updated in
high-level secret meetings, not covered by the media, such as the meetings of the Trilateral Commission and the G8. In its external manifestation this dark agenda is subtly translated or adapted to the masses as the social “norm” by which are conducted business, sciences, officially accepted religions, social relationships, and the international political conflicts. It underlines what is socially accepted, what is allowed to talk and write about, etc. This norm is continually presented and promoted by the news, the media in general, the education, etc., to continue perpetrating the virtual holographic reality, which resembles the “Holodeck” of the known television series Star Trek. The holographic reality is in the mind of the inhabitants of the planet throughout the continuous bombardment of the norm, I repeat, by experts approved by the establishment.


The Illuminati are not Jews that want to take over the world, as some people wrongly believe and blame on this culture/religion the ills of the planet. Within their influential ranks they had prominent Jewish bankers who betrayed their own culture and religion during the financing and planning of the Nazi regime and the Holocaust, Bear in mind that the Illuminati belong to many races, religions and ethnicities. See the right side bar. The Protocol of the Learned Elders of Zion was originally inspired, among others, by prominent Jews, however, this document is a secret code for the Illuminati. Do not attack Jewish people in general for this, they are innocent of these ill intentions unless, like anybody else, they are involved with the Illuminati. Remember, the Illuminati are GLOBALISTS.


The web of lies that pullulate science, culture, politics and constitutional and economical laws is so mixed with truths, and so cleverly intermingled, that is almost impossible for the unprepared to discern lie from truth. If only lies are told or taught, people's common sense would detect them and reject them, they had to be disguised with proven facts and with social laws based on the Golden Rule in order for the public not to detect ones from the others. In the economic world, for instance, one of the great lies taught in economy and accounting is the formula of compound interest of the banking loans. In the spiritual world, that Christ died for our sins and that He is our personal savior. Both cunning teachings are aimed to deprive man of his sovereignty, one by making him slave of the bankers, always in debt and unable to achieve financial independence that will grant him time to explore spirituality and the other by making him slave of the religious cult and unable to see his God within. The income tax is another strategy to extra-squeeze out of you the hard earned money to support the government leviathan
.


The global viewpoint of the negative reptilian thinking does not divide knowledge in compartments as humans do but looks at it as a whole and thus it can compare it, utilize it and distort it to achieve their goals. Thus, they see the connection of all and direct each field of scientific, economic, social, historical and religious knowledge with the same agenda, avoiding being detected and avoiding all that can bring illumination to humanity, or the knowledge that this reality is but a lowest part of the multidimensional universal reality. Technology is introduced little by little and not when it is discovered, but when they dictate it is time to introduce it. Therefore for instance, the time of free energy
according to them has not arrived yet, it will arrive when humanity exhausts its oil reserves, and obviously oil is no longer an Illuminati lucrative income source, at which time free-energy breakthroughs will be presented as recent discoveries, even though in reality free energy was discovered more than a hundred years ago but has been suppressed and filed.


政党は、大統領の選挙において人々と彼らの一般投票の声を弱めるために人々を分割するために作成されている。

世界中の啓蒙主義者鈎爪の下で、真の民主主義は一度も本当に存在したことがない。

第一党の両方の候補者は、大統領に立候補することに先がけて彼らの恩恵を受け取った。

そして、大統領が、よい啓蒙主義者チームプレーヤーではないと判明するならば、利己的な動きにおいて、啓蒙主義者は、ポピュラーな不平を堀り出し、彼の評判を悪くし、権力の座から彼を外すために彼の専制と不正をあばくであろう。

彼が啓蒙主義者ゲーム規則を演じる(それが人々ではなくスーパー豊かな企業に賛成している)ならば、そして彼が全国的な天然資源を授与するならば、啓蒙主義者は決して彼についてポピュラーな意見を気にしない、主流が彼の独裁政体の露光においてメディアをコントロールしたのを是認する。

シオンの博学な年長者のプロトコルの中で後で書かれた爬虫類のミレニアムの課題は常に三極委員会とG8のミーティングなどのメディアによってカバーされていることではなくハイレベルの秘密の会合において洗練されて、アップデートされる。

その外部の明示において、この暗い課題は、どれが実施されたビジネス、科学、公式に受け入れられた宗派、社会的な関係、および国際的な政治的な対立であるかによって社会的な「ノルマ」と微妙に解釈されるか、庶民に適応する。

まわりなどで話し、書くことは、社会的に受け入れられるもの、許されるものに線引きする。

既知のテレビシリーズスタートレックの、「このノルマは、バーチャルのホログラフィックなリアリティを行い続けるためにニュース、一般のメディア、教育などによって継続的に示されて、促進される(それは“Holodeckと似ている)」。

ホログラフィックな現実は、ノルマの継続的な砲撃にわたる惑星の住民の精神において、設立によって承認されたエキスパートによって私が繰り返すことである。

何人かの人々が不正に惑星の病気を信じて、この文化/宗教にそれの責任を負わせるので、啓蒙主義者は、世界を制覇したいユダヤ人ではない。

それらの有力なランクの中に、それらは、ナチス政権とホロコーストの資金調達と計画の間に彼ら自身の文化と宗教を裏切った突出したユダヤ人の銀行家を持っていて、インの熊は、啓蒙主義者が多くのレース、宗派、および民族的特性に所属していることに注意を払う。

右側のバーを見なさい。

シオンの博学な年長者のプロトコルは元来他の間で突出したユダヤ人によって引き起こされて、しかし、この文書は啓蒙主義者のための秘密のコードである。

これのために一般にユダヤ人の人々を攻撃しないでください、他の誰かのように、彼らが啓蒙主義者に没頭しない限り、彼らはこれらの悪い意図に身に覚えがない。

覚えていなさい、啓蒙主義者はGLOBALISTSである。

発生する嘘のウェブ科学、文化と政治と憲法および経済的な法律が、真理とそう混ぜられて、従って、賢く混合される それは、嘘を真実と識別するために、準備がなさにほとんど不可能である。

嘘だけが言われるか、教えられて、人々の常識が彼らを検出し、彼らを拒絶するならば、彼らは、証明された事実によって、そして一般大衆がその他からの1を検出しないための黄金律に基づいた社会的な法律によって変装する必要があった。

例えば、経済界で、経済とアカウンティングにおいて教えられた大きな嘘の1つはバンキング貸付金の複利の式である。

スピリチュアルな世界で、そのキリストは私達の罪のために死に、彼が私達の個人的な救助者である。

両方ともずるい教えは、彼の主権(彼を銀行家の奴隷にすることによる一方)を借金においていつも人から奪うために、そして彼のために宗派のスレーブを作ることによって精神性と他を探究する時間を彼に与えるであろう経済的自立を達成することができず、中の彼の神に会うことができないで向けられる。

政府リバイアサンをサポートするために、荷揚げ場がお金をもたらしたあなたの外で、所得税は特別な圧搾への別の戦略である。

人がするように、考えている爬虫類のネガティブのグローバルな観点はコンパートメントの中で知識を分割しないけれども、それを全体として見て、それから、それは、それを比較し、それを利用し、彼らの目標を達成するためにそれをゆがめることができる。

従って、彼らはすべての接続を見て、検出されることを避けて、光源を、人間性またはこの現実が多次元の一般的な現実のほんの最も低い一部であるという承知に持って来ることができるすべてを避けて、同じ課題によって科学、経済の、社会的で、歴史、および宗教の知識の各フィールドを指示する。

テクノロジーは少しずつ導入されて、いつそれが発見されないかけれどもいつ彼らがそれを命じるかは、それを導入する時間である。

従って、例えばそれらに応じた自由エネルギーの時間はまだ到着していなく、人間性がその石油埋蔵量を使い果たす時に、それは到着するであろうし、現実において、自由エネルギーが百年以上前発見されたけれども抑制されていて、ファイルされても、明らかにオイルはもう啓蒙主義者のもうかる収入源ではなく、その時自由エネルギーブレークスルーが最近の発見物として示されるであろう。


The Illuminati passion for high tech leads them to dreaming a world completely controlled, ordered and automated by super sophisticated technological gadgets, and superior weapons over and under air, sea and land, with no possibility of rivals and revolutions except the ones created by them as part of their plans, that is why in the past and present they are suppressing and classifying independent technological discoveries of the civilian population so that they can only develop and utilize them in their control plans of the civilian population and in their hidden agendas of introduction of new technology. Hundreds of patents are being classified and filed in the US patent office prohibiting their inventors their commercial development. When humanity rid itself of the Illuminati will see a world were everything is possible, boundaries and imposed beliefs will be gone and true man will express himself as he really is meant to be. The Indigo Children
will guide us in that dawning
.


We have lived in a cleverly controlled reality where certain technologies, the magical and supernatural and extraterrestrial advanced life have not been accepted as valid realities and are considered bizarre, out-of-place freaks by the Illuminati-controllers, and so also they are considered by the society in general and the media that follow them as a herd of cows. Over-unity free-energy
and perpetual motion machines that purportedly "violate" the second law of thermodynamic have been rejected and the same scientific arguments are used over and over to deter the exploration of other realities and new scientific discoveries in areas such as electrogravitics, magnetics, levitation by control of the gravitational field, free-energy
, teleportation, time-travel, and internal technologies such as Merkabah spinning and bilocation. Alternative medicine, herbal medicine, psychic healing by laying on of hands, distant healing, self-healing and psychic surgery have been rejected by the Illuminati global establishment because these cures do not benefit the pharmaceutical Illuminati-controlled cartel
and shock the foundations of the medical academia which serves the chemical medicine of the pharmaceutical cartel
.


民間人の、そして新しいテクノロジーの入門のそれらの思惑における計画をコントロールしなさい。

数百の特許は分類されていて、それらの発明者を禁止している米国特許局で、彼らの商業用の開発をファイルした。

いつ自身で啓蒙主義者を取り除かれた人間性が、世界がすべてであったとわかるであろうかは可能で、境界と課された信念はなくなるであろうし、彼が本当に、そうであることを意図されている時に、真実の人は自身を表現するであろう。

藍色子供はその夜明けについて私達を指導するであろう。

私達は、一定のテクノロジー、不思議なもの、および超自然で、地球外の高度なライフが有効な真実として認められていなく、啓蒙主義者コントローラによって奇妙で、場所の外のフリークと考えられる現実で賢くコントロールされたものにおいて暮らしていて、そうまた、それらは、一般と雌の群れとして彼らについて行くメディアにおける社会によって考慮される。

これらの治療が、調剤の啓蒙主義者でコントロールされたカルテルに役立っていなく、調剤のカルテルの化学の医学を提供する医学の学界の基礎に衝撃を与えないので、代替医療、ハーブ療法、手の課しによる心霊治療、遠い癒し、自己回復作用、および心霊外科は啓蒙主義者のグローバルな設立によって拒絶されている。





All of this has happened by design and purposely done by the Illuminati controllers to protect their political power, dark agendas and business interests. So the scientific dogma of research and academia aligns with them to look for their financial support (project grants, loans, etc.) and the approval of the Illuminati controllers. These concepts are equally applicable to the so called laws of economics that astutely support the compound interest in banking loans, the ups and downs of the trade market, the global recessions and the central bank fiat money
not backed by precious metals. See the graphic table of who owns and controls the Federal Reserve by clicking the following link:

http://reform.topcities.com/NESARA-index.html?http://reform.topcities.com/who-owns-fed.html
.
See also "The Federal Reserve is Privately Owned", by Thomas D. Schauf, by clicking the following link:

http://www.worldnewsstand.net/today/articles/fedprivatelyowned.htm
.


When you are deprived of your freedom in a prison you dream of a world outside of it, that's all you can do. That explains why we like to be entertained with fantastic fables and tales
that we cannot experience daily. Likewise, the movie industry, to satisfy our hungry for such reality and to make a product that they know it sells, dreams too of other realities and presents them in a way acceptable to the Illuminati controllers, as something weird and only a fantasy, in this manner bypassing their established "norm". Thus are born, to name a few, the movies of space exploration such as the "Star Trek" TV series and the "Star Wars" saga of George Lucas, or the extraterrestrial TV series "Taken" of Steven Spielberg, or poltergeist movies such as "Ghost", or demonic possession as in "The Exorcist", wizardry as in "The Lord of the Rings" and "Harry Potter", or witchcraft as in the TV series of the mid nineteen sixties, "Bewitched" and in the nineteen nineties, "Sabrina, the Teenage Witch".


In like manner, mystical societies and religions only show the symbols of the Dark Forces such as in the portrait of Satan or Archangel Michael slaying the dragon or the devil; but to place themselves in a safe place, out of trouble may I say, they do not tell you that this dragon is the actual symbol of the reptilian masters of this planet, and they do not tell you either who are the Illuminati puppets in this reality who carry out their plans, because, in some cases, they might be pointing at the president of the country or some of his or her ministers and potential run-for-office candidates. To speak in symbolical terms as in a dream state is both "acceptable" in movies and religion, but never when speaking seriously in clear, matter-of-fact terms as in pointing and describing "them" as Jesus did in his life 2000 years ago. Jesus is an example to imitate. Most members of organizations, however, be them mystical, spiritual or otherwise, do not know what I'm talking about or correlate their teachings to this writing.


Isn't this the behavior of one in jail, when we cannot name our oppressors that deprived us of our freedom? And, isn't this a cleverly crafted jail when you cannot even see you are a prisoner, or see prison walls so much less even distinguish the jail you're in, but instead feel free since you do not feel like a prisoner? Except, of course, when you think and then question the system.


Thus the controllers establish the walls around the holographic prison. With the removal of the Illuminati from power we all will see that the dogmatic pseudo-technological and pseudo-scientific arguments and the systematic rejection of the magic and supernatural were all but only a hog-wash. The illusory walls will crumble down and we will enjoy a-never-before-experienced freedom to explore in all directions anything we can dream possible, the sky is the limit.


The Dark Agenda


In its most fundamental philosophy the dark agenda is reduced to two points: 1. End religion and spirituality, and, 2. End the self determination of peoples, let’s say, the local governments, and the cultural and commercial barriers to be able to drive forward the New World Order which is the world government which head will be the Antichrist.


All wars, in the same way that the acts of international terrorism, are and have been created, planned and organized by these astral beings in collaboration with the Illuminati. As examples are the two world wars of the twentieth century, Nazism, white supremacist hate groups, Communism, appointment to power and destitution of Latin American dictators, the attack to Pearl Harbor, the Korean War; the Vietnam War; the 1989-91"fall" of Soviet Communism, the 1991 Gulf War; the War in Kosovo, the invasion of Afghanistan and Iraq and the attack to the Twin Towers in New York on the 9/11, 2001. All the social and economic problems and the political systems have been created to divide and create conflict and justification for war. The civilian population, ignorant of what is concocted behind scenes, is caught between two fires and blame some and the others for their situation and suffering without knowing that both factions are being managed by the same astral entities and that, in some cases, these factions are conscious about it and confabulated in this sinister conspiracy.


The social dysfunctionality is not a problem that necessarily happens by bad rulers, you have to always take into account in this equation the contribution of the hidden reptilian agenda. When it is considered, say, the original cause of the problem, all then acquires a different meaning.


Bear in mind that the lower astral reptilians are not faithful to any human, they only use and work with the Illuminati elites to serve their purposes. The fallen reptilians consider themselves separate from humans and rivals to them. Since they have obtained the expected results with certain dynasties throughout the centuries they continue working with these families, however, they can disregard any of the human stooges within these Illuminati families by means of death or deposition from power if this one does not collaborate as expected or does not serve their plans. It is an association for convenience only.


これのすべては、故意に起こり、それらの政治権力、暗い課題、およびビジネス上の権益を保護するために啓蒙主義者コントローラによってわざとした。

従って、それらの財政援助(プロジェクト補助金、貸付金など)と啓蒙主義者コントローラの承認を捜すために、研究と学界の科学の教義はそれらと接合する。

これらの概念は、機敏に、バンキング貸付金、貿易市場の上下、貴金属によって支えられなかったグローバルな景気後退、および中央銀行法定不換紙幣の中で複利をサポートする経済要因のそう呼ばれた法律に等しく適用可能である。

以下のリンクをクリックすることによって、誰が連邦準備銀行を所有するか、そしてコントロールするかの記号表を見なさい:

http://reform.topcities.com/NESARA-index.html?http://reform.topcities.com/who-owns-fed.html
.

トーマスD.Schaufによって、以下のリンクをクリックすることによって、「連邦準備銀行は私的に所有されている」をまた見なさい:

http://www.worldnewsstand.net/today/articles/fedprivatelyowned.htm
.

あなたが刑務所のあなたの自由を奪われる時に、あなたはそれの外で世界を夢見て、それが、あなたがすることができるすべてである。

それは、なぜ私達が、私達が毎日経験することができない奇怪な寓話と物語を楽しむことが好きであるかを説明する。

同様に、映画産業夢〈そのような現実のために私達の空腹を満たし、製品を作り、彼らが、それが販売されると知っている〉 また 他の現実 および不可思議な何かとファンタジーだけとして、それらを、啓蒙主義者コントローラに、それらの設定された「ノルム」を迂回しているこの方法で、容認できる方法で提出する。

従って、1960年代、テレビシリーズ「魅惑される」の半ばにおける、そして1990年代「サブリナ、10代魔女」におけるのように、「エクソシスト」、「指輪物語」におけるのような魔法、および「ハリー・ポッター」または魔法におけるのように、2、3例を挙げると、「スタートレック」テレビシリーズとジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ」伝説またはの地球外のテレビシリーズ「取られる」または「ゴースト」または悪魔のような所有などのポルターガイスト映画のスティーブン・スピルバーグなどの宇宙開発の映画として誕生する。

方法 神秘主義的な社会と宗派に、ドラゴンまたは悪魔を殺害するサタンまたは大天使マイケルの肖像の中の闇力のシンボルが見えるだけである;

しかし、自身を安全な場所に置くために、トラブルの外で、場合によっては、彼らが国の大統領または各自の大臣と潜在的な選挙のために動かされた候補者の何人かを指し示しているかもしれないので、私は、彼らが、あなたに、このドラゴンがこの惑星の爬虫類のマスタの実際のシンボルであると言わなく、彼らが、誰が、彼らの計画を実行するこの現実における啓蒙主義者操り人形であるかをあなたに言わないと言うかもしれない。

夢状態におけるのように象徴的な用語で話すことは映画における「容認できる」と宗教の両方であるけれども、決して、空所で重大に話す時に、イエスとして「彼ら」を指し示し、評することにおけるのような実際的な用語は2000年前彼の人生においてしなかった。

イエスは、模倣する例である。

しかし、最も、組織のメンバー、神秘主義的で、スピリチュアルであるか、違っていて彼らであり、私が何について話しているかを知らないか、このライティングに彼らの教えを関係づけていなさい。

私達が、私達の自由を私達から奪った私達の抑圧者を名付けることができない時に、これは刑務所の人の行動ではないか?

そして、あなたが、あなたが囚人であるとわかり、あなたが中にいるけれども代わりに、あなたが囚人みたいに感じないので、自由であると感じているほどそんなにずっと少ない刑務所壁が刑務所を特徴づけるのを見ることさえできない時に、これは賢く精密につくられた刑務所ではないか?

あなたが考えて、それから統一性を疑う時に、もちろん例外として省きなさい。

従って、コントローラはホログラフィックな刑務所のまわりで壁を設立する。

パワーからの啓蒙主義者の除去によって、私達すべては、独断的な偽りで技術的で、偽り科学の議論と魔法と超自然現象の体系的な拒絶が豚洗浄だけを除いたすべてであったとわかる。

架空の壁は下で砕けるであろうし、私達は、私達が可能に夢見ることができる何でもすべての方向で探検する決して前に経験豊かでない自由を楽しみ、青天井である。

暗い課題

その最も根本的な哲学において、暗い課題は2ポイントに減らされる:

1.

宗教と精神性を終えなさい。および2。

民族の自身の決意を終えなさい、言おうし、運転することができる地方自治体と文化的で、商業用の障壁は、頭がキリスト反対者になるであろう世界政府である新世界秩序を転送する。

すべての戦争は、同じ方法 that 国際的なテロの行為 でであり、啓蒙主義者と共同して作成されて、これらの星の生き物により計画されて、組織された。

20世紀、ナチズム、白人至上主義者扇動グループ、共産主義、動力を供給する約束、およびラテンアメリカ独裁者(真珠湾、朝鮮戦争への攻撃)の極貧の2回の世界大戦は例としてである;

ベトナム戦争;

ソビエトの共産主義、1991年の湾岸戦争の1989年-91年の「落下」;

コソボ、2001年のアフガニスタンとイラクへの侵略、および9/11へのニューヨークでのツインタワーへの攻撃の戦争。

すべての社会的で、経済問題と政治システムは、衝突と戦争のための位置合せを分割し、作成するために作成されている。

場面の後ろで調合されるものを知らない民間の集団は、いくつかと両方の派閥が同じ星のエンティティによって管理されていて、場合によっては、これらの派閥がそれについて意識があり、この不吉な共謀において雑談したと知っていることのないそれらの状況と苦しみのためのその他を2つの火事と非難の間でつかまえられる。

社会的なdysfunctionalityは、必ず、悪いルーラーによって起こる問題ではなく、あなたは、いつもこの方程式の中で隠れた爬虫類の課題の寄与を考慮する必要がある。

それが例えば問題のオリジナルの原因と考えられる時に、すべてはその時違う意味をもつ。

下の星の爬虫類がどのような人にも忠実でなく、彼らの目的にかなうために、それらがただ啓蒙主義者エリートと使い、働くことを心に留めておきなさい。

陥られた爬虫類は自身を彼らに人とライバルと別であると考える。

しかし、彼らが、彼らがこれらの家族とともに作動させ続ける世紀にわたって一定の王朝と予期されている結果を得たので、予期されているように、これが協力しないか、彼らの計画を勤めないならば、彼らはパワーによる死または沈殿によるこれらの啓蒙主義者ファミリーの中で人の引立て役の誰でも無視することができる。

それは便利さだけのために協会である。


ホログラフィックな刑務所と「悪魔との協定」

The Holographic Prison and the “Pact with the Devil”


by Luis Prada

Editor and Publisher of "Brother Veritus' Website"


"All bullies are cowards underneath."

The more people are frightened, the more they can be controlled.


"What would a man profit if he would gain the entire world and all that is in it, and would damage his spirit? Or how can man help his spirit, if he is unable to "think"! ?Jesus Sananda, excerpt from Chapter 11, page 95, of the book "And They Call His Name Immanuel, I AM Sananda", by Sananda & Judas Iscarioth, A Phoenix Journal, The Phoenix Archives, www.phoenixarchives.com
.


See also the complementary articles "Reptilian Pact" and "The New World Order, an Overview."

Translation to English by the author from his original Spanish article "La Prisión Holográfica y el 'Pacto con el Diablo' ".

Published first in this Website on September 2, 2003.





The Renegade Reptilian Race




A group of the renegade reptilian race Anunnaki of Nibiru and Alpha Draconis (the “fallen angels” or infernals) is inhabitant between two worlds in the lower astral planes of the Fourth Dimension of planet Earth, a dimensionally instable region and not permanent for the establishment of a galactic race. Dwelling in this place beyond the human sensorial perception, its integrants are invisible to human beings allowing them thus to be able to work “behind stage”, as the puppeteers on a puppet theater, in the temporal or permanent possession and the manipulation of the “sleeping” humanity, that is, who lives in a drowsiness of the material life, and to act in the earth governments through cunning and unscrupulous human agents. Due to the proximity to third dimension they can manipulate and feel this dimension. Popular wisdom calls these beings, “demons.”


ホログラフィックな刑務所と「悪魔との協定」

ルイス・プラダによって

「Veritus兄弟のウェブサイト」のエディタと出版社

「すべてのあばれ者は下で臆病者である」。

人々がたくさん脅えているほど、もっと、彼らはコントロールされることができる。

「彼が全世界を得て、すべてのそれがその中にあり、彼の心を損うならば、人は何の利益になるであろうか?」

または、どんなに、彼が、「考える」ことができないならば、人は彼の心を助けることができるのか!


また、補足的な記事「爬虫類の協定」と「新世界秩序、概要」を見なさい。

彼のオリジナルのスペイン記事からの作者による英語への翻訳 「La Prision Holografica y el 'Pactoコンelディアブロ'」 。

2003年9月2日にこのウェブサイトの中で最初に出版される。

見捨てた爬虫類のレース

NibiruとアルファDraconis(「堕天使」またはinfernals)の見捨てた爬虫類のレース アヌンナキのグループは地球、銀河のレースの設立のためのパーマではなく寸法で不安定な地域の第四次元のより低い星の水準において2つの世界の間の住民である。

人の感覚認知を越えるこの場所の住居、その成分は、彼らに、従って、「背面ステージ」を、人形劇場の上の操り人形師として、「眠り」人間性、すなわち誰が物質的なライフの眠たさに住むか、そしてずるく、無法な人のエージェントを通して地球政府の中で作動するための時間的な、または永久的な所有物とマニピュレーションに差し込むことができることを許している人間への見えない物である。

3番目の次元への近接のため、彼らはこの特性を処理し、感じることができる。

ポピュラーな知恵は「デーモン」をこれらの生き物に呼ぶ。


There is room here for the observation that the reptilian race is one of the most ancient alien races of the galaxy, spread for many universes and with many variations. They are creator beings experts in genetic manipulation and they practically created the Earth humans. A great deal of our DNA is reptilian. And a great deal of the star seeds incarnated in this planet for the awakening of the Age of Aquarius is of reptilian star family. Christic Reptilians are part of the Ashtar Command and are under the authority of the Cosmic Christ represented by Lord Jesus Sananda.


The reptilians herein referred to are a group of fallen-from-grace beings, some galactic criminals that refused to reform themselves and follow the ascension of their brethren of race, and instead, they persisted in their crooked way. They do not obey any galactic laws nor cling to any protocol. They are an astute and highly wicked minority within the galactic races, herein referred to as infernal or satanic beings, which followed their leader Lucifer or Satan. They have a dark past of destruction of worlds and of galactic wars before they took over by force planet Terra or Shan.


These beings only understand material power enforced by force through weapons, control and manipulation of others and fear own and inflicted in others. For them that is the only possible and true reality. They have a deep inner fear. The world from their perspective is a composite of opposite forces competing for power, there is no unity. Their gods and their ideals are the ultimate warriors.


Unfortunately these beings do not walk alone: to them were joined other renegade group from Zeta Reticuli (we make clear that not all Zetas fall in this category, there are positive ones). These Zeta renegades have made pact with several governments and research hybrid projects, cloning, are responsible for abductions, etc. This is subject for another article.


爬虫類のレースが多くの宇宙に、そして多くのバリエーションによって広げられた銀河系の最も古代の見知らぬ民族の1つであるという観察のために、ここに部屋がある。

彼らは遺伝子操作において創造者の生き物専門家であり、彼らは事実上地球人を作成した。

たくさんの私達のDNAは爬虫類である。

そして、 たくさんの the みずがめ座の年のめざめのためにこの惑星として具体化された星種は、爬虫類の星ファミリーをもっている。

Christicな爬虫類はAshtarコマンドの一部であり、イエスSananda卿によって説明された宇宙の主キリストの権限の下にある。

ここに参照された爬虫類は、恩寵を失った生き物(自身を更生し、彼らのレースの同業者の上昇に続くことを断った何人かの銀河の犯罪者)のグループであり、代わりに、彼らは彼らの湾曲した方法を主張した。

彼らはどのような銀河の法律にも従わないどのようなプロトコルにも固執しない。

それらのリーダー明けの明星またはサタンについて行ったここに地獄または悪魔の生き物と称された銀河のレースの中で、彼らは抜け目なく、非常に悪い少数派である。

彼らは、世界の、そして彼らが暴力惑星によって地またはシャンを引き継ぐ前の銀河の戦争の破壊の暗い過去を過ごす。

これらの生き物はただ武器、他のもののコントロール、およびマニピュレーションを通して力によって強制された物質的なパワーを理解していて、所有物を恐れて、他に置き換えて与えた。

それらにとって、それは唯一の可能で、真実の現実である。

彼らは深い内側の恐怖を持っている。

それらのパースペクティブからの世界はパワーのために競争している逆の力の合成物であり、単一性が全然ない。

それらの神と彼らの理想は究極の戦士である。

あいにく、これらの生き物は一人で歩かない:

ジータReticuli(私達は、すべてのジータがこのカテゴリーにおいて低下するわけではなく、ポジティブなものがあることを明らかにする)から、背教者がグループにする参加されている他はそれらにであった。

これらのジータ背教者は、クローン技術で生み出していくつかの政府と研究ハイブリッドプロジェクトとの協定を作り、誘拐に責任があるなどで。

これは別の記事のための主題である。


The infernal beings have become addictive to this 3D reality and its control and are parasites, as leeches, who feed themselves of the human emotional etheric energy, and of chemicals that the human body secretes under intense terror or emotional conflict. Thus the constant instigation and exploitation of chaos, conflict, violence and fear by the news media and the industry of entertainment which are controlled, for the most part, from the lower astrals. Analyze the news, constantly plagued with terrorism, and the movie that does not present wisdom and practical teachings but gunshots, sex, drugs, decadent and perverse trash, war against the evil ones and between Victim and Predator, and the dazzling special effects that only project fantasy and unreality. Violence in fantasy is a cause of the real violence of the young people addictive to this kind of entertainment.


To the previous it is added the constant astral stimulation of the psyche in interpersonal relationships of family, work, and others. In dysfunctional relationships it is regenerated abundant psychic energy as inharmonic thoughtforms fruit of the conflictive and chemical emotions. The chemical emotion I speak of here is referred to the chemicals secreted by the glands during heated discussions full of hatred and feeling of separation; these chemicals are highly noxious and poisonous to the body.


Other energy created by humans, of whom infernals have become addictive too, is the generated by the fanatic passion of sports stimulated by the media as a constant brainwashing and doping of the masses.


Besides generating great income and distracting the mind of the masses from the spiritual quest and the true knowledge and reason for living, or the questioning of politics, economy and the corruption of bad governments and the rest of disinformation given through the media, popular magazines are focused in the distracting trivialities that fill the mind with pseudo-knowledge, such as the information on fashion and the personal and intimate life of celebrities. What’s so important of the diet that made lose 10 pound to the artist X in ten days? Or the best and worst dressed of the year? Or the infidelities of certain actress, actor or singer? Or the sport record of a certain athlete or sport team? Will we remember this trash ten of twenty years later? Will it train us to any job or serve us as example with which we can improve ourselves? No, it only makes us believe that that is all there is to life and that this is the way reality is.


The ideal Orwellian domination scenario is a human race with microchips or miniature integrated silicon circuits implanted in the body and that is controlled by technology. All dissidents are purged from the system. Not all humans have the freedom to walk, some may be Cyborg, static man-machine integrations that reside in dark factories and are subjected to intense terror to generate etheric energy and sufficient hormones and chemical secretions that are automatically extracted from their bodies to supply the elixir to reptilians. A slavery worst to how humans incarcerate and subject in commercial production farms to chickens, pigs, cattle, etc., to supply food in an efficient way. There is no need of indoctrination nor manipulation, a computer connected to their nervous system controls them.


This Cyborg technology has already been tested in cats and monkeys, and in humans on the British Professor Kevin Warwick according with the news of March 22, 2002. A 3mm wide silicon microchip was incorporated in Professor Warwick's left wrist. 100 electrodes attached to this microchip were connected to his median nerve. The wires will be linked to a transmitter/receiver device to relay nerve messages to a computer by radio signal. The sanitized smoke-screen-type propaganda is that it will be used to help people with spinal injuries. If this is what is fed to the public it implies that more outrageous experiments are being conducted behind closed doors that the public is not made aware of. Obviously all technology can be used for good or evil, it all depends in the degree of human spiritual development.


地獄の生き物はこの3D現実およびそのコントロールのために中毒性になり、寄生虫 ヒル、人感情エーテルのようエネルギー、および強烈な恐怖または感情の衝突のもとで人体が分泌する化学薬品の自身に供給することについてのそれゆえ である。

従って、下のastralsから大部分はコントロールされるエンターテインメントの報道機関と産業によるカオス、衝突、暴力、および恐怖の一定の扇動と利用。

常にテロによって悩まされたニュースと知恵と実用的な教えではなく発砲、性、薬、退廃的で、倒錯的なゴミ、悪いものに対する、そして犠牲者と略奪者の間の戦争、およびただ、ファンタジーと非現実を投影するまばゆい特殊効果を示す映画を分析しなさい。

ファンタジーの中の暴力はこの種類のエンターテインメントに中毒性の若者の現実の暴力の原因である。それが、ファミリー、仕事、およびその他の個人関係において精神の一定の星の刺激を追加したことである前のものに。機能障害の関係において、それは矛盾し、化学の感情の不和のthoughtforms果実として再生された豊富な精神のエネルギーである。

私がここで話す化学の感情は憎悪と分離の感覚の十分な激しい議論の間に腺によって分泌された化学薬品に差し向けられる;

これらの化学薬品はボディに非常に有害で、有毒である。

人(それのうちの、infernalsはまた中毒性になった)によって作成された他のエネルギーは庶民の一定の洗脳とドーピングとしてメディアによって刺激されたスポーツの狂信者情熱によって生成されたものである。10日で何がアーティストXにダイエットでそんなに重要であるかので、10ポンド紛失にされる?またはその年の着こなしたベストと最悪事態?

またはある女優、俳優、または歌手の不倫?

またはあるスポーツ選手のスポーツレコードまたはスポーツチーム?

私達は後で20年のこのゴミ10を覚えるであろうか?

それは、どのような仕事にでも私達を訓練するか、私達が自身を改善することができる例として私達に役立つであろうか?

いいえ、それはただ私達に、それがすべて、ライフにあることであり、これが、現実がある方法であると信じさせる。

理想的なオーウェル的な支配シナリオはボディに植えつけられたマイクロチップまたは小型の統合したシリコン回路を持つ人類であり、それはテクノロジーによってコントロールされる。

すべての反対者はシステムから除去される。

すべての人は、歩く自由を持っているわけではなく、いくつかが、サイボーグ(暗い工場にある静的なマン・マシン統合)であるかもしれず、エリキシルを爬虫類に供給するために彼らの体から自動的に取り出されるエーテルのようなエネルギーと十分なホルモンと化学の分泌物を発生させるために強烈な恐怖を受ける。

どのように人が商用生産において拘置するか、そして服従させるかに最も悪い奴隷制度は、効率的な方法で食物を供給するためにチキン、ブタ、牛などに耕作する。

教化やマニピュレーションの必要は全然なく、それらの神経系と接続されたコンピュータはそれらをコントロールする。

このサイボーグテクノロジーはすでに猫と猿の中と2002年3月22日のニュースと一致している英国ケビン・ワーウィック教授への人の中でテストされている。

3mmの幅のシリコンマイクロチップはワーウィック教授の左手首に組み入れられた。

このマイクロチップに付着した100個の電極が彼の正中神経と接続された。

ワイヤは、無線信号によって神経メッセージをコンピュータに中継するために送受信器機器と接続するであろう。

衛生的にされた煙スクリーンタイプ宣伝は、それが、脊髄の損傷について人々を援助するために使われるであろうということである。

これが、一般大衆に与えられるものであるならば、それは、より法外な実験が、一般大衆が気づかせられない閉まったドアの後ろで実施されていることを暗示している。

明らかに、すべてのテクノロジーは永久に使われることができるか、悪く、それはすべて人の精神的発達の程度において時と場合による。

地球国家?? NWO?

The Shape of Things to Come by H. G. Wells


地球国家2106年


by H・G・ウェルズ





イギリスの架空の都市エヴリタウンを舞台にした近未来SFで、1940年から20年間続く戦争や、その後の独裁者の支配、自由都市の支援による独裁体制の崩壊、伝染病の猛威、超近代的な地下都市の建設といった出来事を描いていく。この映画での未来都市のデザインはその後のこの手の映画のプロトタイプとなった。




グローバルな世界大戦が突発するのに従って、フィルムは1940年に'Everytown'の作り事のイギリスの町で始まります。 戦争は何10年間も続きます、残っている生存者が第一にそれの理由を忘れることができたくらい長いです。 戦略爆撃が非常にうまくいっているので、両側の文明は完全に荒廃します。 人類は技術レベルが減少することで、新しい暗い時代になります。中世のものに近い。

1970年に、'Chief'として知られている地元の将軍はEverytownを支配しす(ラルフ・リチャードソンによって演じられる)。 ある日、未来の飛行機は町の外に着陸します。 パイロット(レイモンド・マッシーによって演じられる)が、'Over Worldに翼をつける'とき科学者の最後の生き残り集まりで知られている社会を形成したと宣言するとき、Chiefと町民は疑い深いです。 彼らは戦争を放棄したバスラ(イラク)に拠点を置く文明を造っています。 Chiefがパイロットを彼の囚人にすることによって抵抗しますが、空は、未来の爆撃機のような飛行機で満ちて、それを平和にするために睡眠ガスで町を爆撃します。

モンタージュ順序は、何10年間もの技術的進歩と人間の達成を示しながら、従います。

2036年までには、人類は巨大な地下街に住んでいます。 Everytownは彼らのひとりです、そして、月への最初のフライトはスペースガンから近くに着手されようとしています。 しかしながら、技術が最後の大戦の原因であったと主張して、人口のLudditesはこの新技術を恐れます。 それが発火することができる前にスペースガンを破壊しようとして、彼らは暴動を起こします。 ヘッド科学者(フィルムであって、また、マッシーがプレーされていることの前のセクションの案内人のひ孫)は、群衆が見当違いであり、事実上、技術が人類を救ったと説明します。 彼は彼の娘と娘のボーイフレンドと共に乗組員として宇宙船を発射します、そして、おそらく、着手からの爆破で、Ludditesは死にます。 マッシーの性格が賞賛をProgressと男性の知識の追求の考えに送っていて、フィルムは終わります。

結びの文句:

次の100年は何を人類にもたらすでしょうか?

未来がここにあります!


歴史的な類似


地球国家2106年は1979年5月に最初にリリースされたカナダのサイエンスフィクション映画です。

H.G.ウェルズへ掛けられますが、フィルムは地球国家2106年(1933年からのウェルズの投機的な小説)からタイトルだけを取ります。 代わりに、フィルムはスター・ウォーズのような最近の成功、およびSpaceなどのテレビシリーズの人気を利用する試みでした: 1999とBattlestar: フィルムにはこれらのどれかの製造予算の部分しかありませんでしたが、Galactica。

地球が「ロボット戦争」によって荒らされた後にフィルムは遠い将来に行われます。 惑星から逃れて、再定住される人類では、巨人は月で都市を最も半球形にしました。 しかしながら、説明されなかった理由で、レースは、生き残るためにまれなドラッグの頻繁な投与量を必要とします。 このドラッグが利用可能である唯一の場所がデルタThree惑星です。

フィルムの本筋は彼の科学者(以前、1999年についてSpace:バリーMorseによってプレーされる)、息子(ダ・ヴィンチのInquestでの批判的な喝采の何年も前のニコラス・キャンベル)、およびキムにかかわります、上院議員の娘、(Sledgeハンマー!名声のアン-マリー・マーチン、ここ、「エディ・ベントン」) ハイジャックとして、不吉なOmus(ジャック・パランス)のプランを止めるために実験的な宇宙船を掛けました; デルタThree(キャロル・リンレイ)の知事を打倒して、彼が人類の定規として任命されない場合、月の居留地を破壊すると脅かしています;

道に沿って、三つ組はキム(後でLEXXで反復された陰謀複雑さ)と恋に落ちるロボット、地球の後に残された子供たちの一団、および他の危険に遭遇します。

フィルムはバックロジャーズの数カ月後に第25世紀で放出されました、そして、アメリカの生産の要素をコピーするのを何らかの努力をしたように見えます。 最も注目に値するのは、マーチンの性格のプレゼンテーションです。(キャラクタは、もう片方のフィルムからウィルマ・デアリングのキャラクタへの近く同じファッションで装われて、coiffedされます)。

リリース時点の興行収入的、そして、批判的な失敗ですが、フィルムは、ある種のカルトのお気に入りになって、2004年にDVDに放出されました。



第二次世界大戦を予測するのにおいて、フィルムは注目に値します; それはほんのオフさ1年でした。 Everytownが空襲と社会によって平らにされている場面の戦略爆撃の叙述は野蛮エコーの中まで爆撃機の脅威と空軍力の予言者の終末論的な宣告に関する戦前の心配を潰します。 ウェルズは種類の空軍力の予言者でした

CFR/Bilderberg 最終的に米国境界を消去する計画

CFR/Bilderberg Plan To Erase US Borders Finally Gets Attention

Bush 'super-state' agenda to create American Union


Paul Joseph Watson & Alex Jones/Prison Planet.com | June 21 2006


The open plan to merge the US with Mexico and Canada and create a Pan American Union networked by a NAFTA Super Highway has long been a Globalist brainchild but its very real and prescient implementation on behalf of the Council on Foreign Relations has finally been reported on by mainstream news outlets.


After nearly ten years of reporting by Alex Jones and the rest of the Patriot Movement, the establishment press is finally covering serious reports on the plan for a Pan-American Union, based on recent articles by Human Events columnist Jerome Corsi.


World Net Daily reports,


"The White House has established working groups, under the North American Free Trade Agreement office in the Department of Commerce, to implement the Security and Prosperity Partnership, or SPP, signed by President Bush, Mexican President Vicente Fox and then-Canadian Prime Minister Paul Martin in Waco, Texas, March 23, 2005."


The article even carries the admission that the Council on Foreign Relations, often the bane of sophomoric stereotypical caricatures of paranoid conspiracy theorists, played a fundamental role in crafting the policy for the homogenization of the US, Canada and Mexico.


"Many SPP working groups appear to be working toward achieving specific objectives as defined by a May 2005 Council on Foreign Relations task force report, which presented a blueprint for expanding the SPP agreement into a North American union that would merge the U.S., Canada and Mexico into a new governmental form."




This admission is as historical as it is concerning - the CFR moulds the foundational policy for the elimination of American sovereignty and it is passed as executive law within weeks. It is once again evident that the true vestiges of power lie within the ranks of the CFR and the Trilateral Commission who act on policy decided upon by the big brother of multinational semi-secret steering societies, the Bilderberg Group.


Up until five or six years ago the CFR largely operated in the shadows, only publishing its mouthpiece Foreign Affairs, and any inference that the group held sway in US politics or even existed was met by heckles of incredulity from the establishment media. Now the Associated Press openly reports their guiding hand in the drives towards global government.


Jerome Corsi has now filed a FOIA request asking for full disclosure of the SPP office in its activities towards creating a Pan American Union.




The framework on which the American Union is being pegged is the NAFTA Super Highway (pictured) , a four football-fields-wide leviathan that stretches from southern Mexico through the US up to Montreal Canada.


Corsi's article cites government websites which carry full planning details of the Super Highway and its construction has already begun in Texas with no congressional oversight whatsoever. The Trans-Texas Corridor is being overseen by The Texas Department of Transportation (TxDOT) and the contract is owned by the Cintra corporation which in turn is owned by the King of Spain Juan Carlos. The project is being financed by the implementation of a toll that will be collected by means of GPS tracking devices installed in all vehicles and also envelops many connecting roads to the highway.


The NAFTA Super Highway will allow vehicles, people and goods to travel from Mexico, into the heart of America and up to Canada with little impediment, effectively erasing America's borders wholesale.


Coupled with Bush's blanket amnesty program, the Pan American Union is the final jigsaw piece for the total dismantling of America as we know it.


CFR/Bilderberg 最終的に米国境界を消去する計画は、アメリカ・ユニオンを作成する‘超大国’課題を注意ブッシュのために取ってくる。

ポール・ジョセフ・ワトソン&アレックスジョーンズ/刑務所Planet.com|2006年6月21日

米国をメキシコとカナダと合併し、NAFTA自動車道路によってネットワーク化されたパンアメリカン組合を作成するオープンプランはずっとグローバリスト頭脳の産物であるけれども、外交問題評議会のためのその非常に現実で、予見のインプリメンテーションは最終的に主流ニュースアウトレットによって報告されている。

アレックス ジョーンズによって約10年報告し、パトリオット動きのその他の後に、設立プレスは、人のイベントコラムニスト ジェローム・コルシによって最近の記事に基づいて、全米連合についての計画についての重大なリポートを最終的にカバーしている。

世界ネット日報

「ホワイトハウスは、セキュリティおよびウェーコー、テキサス、2005年3月23日のブッシュ大統領、メキシコ大統領ヴィセンテフォックス、およびその時のカナダ総理大臣パウル・マーティンによりサインされる繁栄パートナーシップ、またはSPPを実施するために、商務省の北米自由貿易協定オフィスの下のワーキンググループを設立した。」

記事は、米国、カナダ、およびメキシコの同質化のために方針を巧妙に立てることについて、外交問題評議会(偏執病の共謀理論家の2年生のステレオタイプ風刺画のしばしば災いのもと)が根本的な役割を果たしたという自認を運びさえする。

「2005年5月の外交問題評議会タスク・フォース・リポートによって定義されるように、多くのSPPワーキンググループは、具体的な目的を達成することに働いているようである(SPP協定を、新しい政治のフォームの中に米国、カナダ、およびメキシコを合併するであろう北アメリカユニオンに拡大するために、それは青写真を示した)」。

この入場は、それが関係していることのと同じくらいの史実である - CFRはアメリカ主権の除去のために基礎的な方針を作りあげて、それは数週以内に実行する法律として通過される。

多国籍の半秘密のステアリング社会、Bilderbergグループのブラザーによって決められた方針に作用するCFRと三極委員会のランクの中で、パワーの真実の痕跡が横たわっていることはもう一度明らかである。

上では、5または6年前まで、CFRは主として影において動作した そのマウスピース外務、およびどのような推定でも出版するだけである エスタブリッシュメントメディアから疑い深く邪魔する 過ぎて、米国政治でのグループ保持振動または存在したことにさえ遭遇する 。

さて、AP通信は公然とそれらのがグローバルな政府に針を車道に案内するのを報告する。

ジェローム・コルシは今や、パンアメリカン組合を作成することへのその活動におけるSPPオフィスの完全公開を要求しているFOIA要求をファイルした。

アメリカユニオンが安定している枠組は、NAFTA自動車道路(描かれる)(モントリオールカナダまで米国を通して南のメキシコから伸びる4匹のフットボール場の範囲のリバイアサン)である。

コルシの記事は、自動車道路の完全な計画詳細を運ぶ政府ウェブサイトを引用し、その建設工事はいくらかは議会の監督なしですでにテキサスから始まった。

テキサス横断廊下はテキサス運輸省(TxDOT)によって監督されていて、契約は、次々、スペイン国王フアン・カルロスによって所有されているシントラ企業によって持たれている。

プロジェクトは、すべての車にインストールされたGPS追跡デザインによって徴集されるであろうし、また、ハイウェーに多くの連絡道路を包む使用料のインプリメンテーションによって資金提供されている。

NAFTA自動車道路は、卸売りでアメリカの境界を効果的に消去して、ほとんど障害なしにメキシコからの、アメリカの中心の中への、そしてカナダまでの旅行への乗り物、人々、および商品を許すであろう。

ブッシュの包括的な特赦計画と結び付けられて、パンアメリカン組合は、私達が知っているアメリカの全体の分解のための最終的なジグソー断片である。

詐欺のロードショー3

The Roadshow of Deception












The information that follows provides the history of a Roadshow of Deception



32

多くの会議用の役員とディレクターはJ・P・モーガン・アンド・カンパニーと密接に関連した銀行家、芸術院会員、および弁護士を含んだ。JPモーガン・アンド・カンパニーはニューヨークの本部とボストン、フィラデルフィア、およびクリーブランドの地方支店を持っていた。モーガンバンキングネットワークは外交問題評議会に利用可能にされた。多くの会議用の問題は違うモーガン位置で委員によって処理された。このグループに所属するのは会議用の社長ジョンW.デイビスであった;

会議用の副大統領ポールCravath;

そして13の会議用であるディレクター(1のうちの10。オーウェンD.ヤング、2。ラッセル.Leffingwell、3。ノルマン人デイビス、4。アレン・ダレス、5。ジョージW.ウィッカーシャム、6。

フランクL.ポーク、7。ホイットニーShepardson、8。アイザイア・ボーマン、9。スティーブン・ダガンと10。(オットー・カーン)。

アメリカの「円卓」国際問題研究所(別名外交問題評議会)は、アメリカの「北東の設立。」という漠然とし、多義的な用語により公然と参照された。含まれた銀行家であった外国の関係メンバーへの1928の協議会で:

1.ジョンW.デイビス[モーガンAssociate]、2。ポールCravath[モーガンAssociate]、3。ラッセルC.Leffingwell(シニアPartnerモーガンと会社、4。ノルマン人デイビス[モーガンAssociate]、5。トーマス・ラモント[モーガンAssociate]、6。オットー・カーン[クーン、ローブ&会社]。含まれたウォール街法律事務所に所属している1928人の委員の中:

1.Elihum根[マンとパーソンズと根とストラハン]、2。ジョンW.デイビス[デイビス、ポーク、オーウェル]、3。ポールD.Cravath[カーター、ヒューズ、およびCravath;Cravathとヒューストン]、4。

ラッセルLeffingwell[ガスリー、Cravath、およびヘンダーソン]、5。ジョン・ダレス[サリバンとクロムウェル]、6。アレン・ダレス[サリバンとクロムウェル]、7。強いジョージW.ウィッカーシャム[とCadwalader;

Cadwalader、ウィッカーシャム、およびタフト;

司法長官、米国]、8。フランクL.ポーク[エヴァーツ、チョート、およびビーマン(1897);

デイビス、突き、Wardwell、ガーディナー、リード(1920年)]、9。アーサーH.ディーン、10。

フィリップD.リード[ペニー、デイビス、マービン、およびエドモンズ(1921年-22年);

法律部門ゼネラルエレクトリック社]、11。ジョンJ.マクロイ[Cadwalader(ウィッカーシャムとタフト(1921年-25年));

Cravath、de Gersdorff、スウェイン、およびウッド(1925年-40年);

ミッドランド、ツイード、希望、ハドリー、マクロイ(1920年-40年)]12。オーウェンD.ヤング[ボストンと石とウェブスターのチャールズ・テイラー]、13。ノルマン人H.デイビス。

含まれた大きな寄付をコントロールした学界の中の1928人の委員の中:

1.ジェームズT.ショットウェル[メンバー問い合わせ。コロンビア大学ディレクター カーネギーEndowmentの経済学と歴史(1924年)、カーネギー国際平和基金(1949年)社長]、2の部門。

チャールズ・シーモア[メンバー問い合わせ,大統領エール大学]、3。ジョセフP. Chamberline[コロンビア大学ロー・スクール教授-ディレクター立法府徴兵研究資金(1918-1951)]、4。

フィリップ・ジェサップ、5。[米国地理学会(1915年)、社長ジョンズホプキンズ大学(1935年)の]アイザイア・ボーマン[メンバー問い合わせディレクター]、6。フィリップモーズリー[コロンビアUniv。

ロシア研究所]の教授国際関係創立者、7。グレイソンL.カーク[コロンビアUniv。ヨーロッパのディレクター研究所は]、8を勉強する。ヘンリーM.リストン[ウェスレー教派U.基本財産(1919 $3、000、000)、ブラウン大学大統領]、9。スティーブン・ダガン[教授政治学(ニューヨーク、ディレクター国際教育協会(1919年-46年)の大学都市)]、10。ニコラス・マレー・バトラー[コロンビア大学大統領]、11。エイブラハム・フレックスナー[ジョンズ・ホプキンズ-設立される 高等研究所プリンストン(1928)ディレクター(1930-39)] 12[ ]。ハロルド・ドッズ[大統領プリンストン大学(1933年の)].33オックスフォードのオールソウルズカレッジとプリンストンの高等研究所(円卓研究開発プロジェクトを実施し、調整するためにそこでイギリスとアメリカの円卓グループによって設立される)。

外交問題評議会は1928年にプリンストンで高等研究所を設立した。研究所のための頭字語はIASP(発音された私の毒ヘビ)である。毒ヘビはコブラ(フードのヘビ)などの毒ヘビである(その名前は「フードの形において」ギリシャ言葉「可動前背板」意味に由来している)。

ジョン・オッペンハイマー、ジョン・フォン・ノイマン、および外交問題評議会メンバー・ジョージ・ケナンは、プリンストンで高度研究施設のために働いたほんのわずかの有名な人であった。

戦略事務局の知能指導者職の外国国家支店はベテラン外交官ジョンC.ワイリーとDewitt C.プールによって設立された。プールは陰部仕事のプリンストンの学校のディレクターと近くの高等研究所のメンバーであった。

オールソウルズカレッジと高等研究所はそれらの知能集金人のために円卓コントロール情報組織に素晴らしいカバーを提供した。

エイブラハム・フレックスナーは1928年に高等研究所を設立した。

フレクスナーは、J・P・モーガンのメンバーが外交問題評議会に影響したことであった;

カーネギー財団のために作動させられる;

ロックフェラーの一般教育ボード;

そして、オックスフォード大学オールソウルズカレッジでロードス島の記念講演者として勤務していた。

トム・ジョーンズ(オールソウルズカレッジのロンドン円卓グループ、チーフがイギリスで本部を置く円卓グループのアクティブなメンバー)とともに、フレクスナーは働いた。

フレクスナーとジョーンズはオールソウルズカレッジにプリンストンの高等研究所についての計画の基礎を置いた。

オールソウルズカレッジとプリンストンの高等研究所はロンドンとニューヨーク円卓グループの間で設立された権力機構の準備のほんの小さな一部であった。

エイブラハム・フレックスナー、外交問題評議会のメンバーは1930年-1939年からのIASPのディレクターであるであろう。

34

外交問題評議会はアメリカン・プレスのコントロールを通してその影響の多くを及ぼした。

ニューヨーク・タイムズ、ニューヨークヘラルド紙トリビューン、ワシントン・ポスト、ボストン夕方記録、夕刊、および新しい共和国を含む多くの新聞の全面買収または設立を通してコントロールは来た。

新聞記者として委員をスタッフに置くことによって、コントロールは来た。

英/アメリカ人の円卓国際問題研究所ウォルター・リップマン、トーマスのW.ラモントの創立会員は英国のプレスへの近いつながりを持っていて、英国とアメリカの情報組織のために働いた。

これらの書類は円卓グループ宣伝デリバリーシステムの一部であった。

委員は、アメリカ人の違うグループに影響し、円卓目的を促進するであろう方法で作動するように彼らをだますようにデザインされた台本を書かれた精神政治的なシナリオを慎重にプリントするであろう。

時々、成功した詐欺は発見されるであろう(ケースの中で、新聞の名声と未来が完全に台なしにされるであろう)。

時々、このグループのメンバーは成功した新聞を浸透させて、故意に彼らを破滅させるであろう。

会議用の影響はラジオとテレビを含むすべてのタイプのマスメディア操作に広がった。

今日外交問題評議会によって影響されたか、コントロールされた報道機関の部分的なリストは以下を含む:

中心的な放送システム、全国的な放送企業、RCAアメリカ放送協会、ケーブルニューズネットワーク大衆はサービス、Associated Press、 U.P.I.、ロイター、ボストン・グローブ、ロサンジェルス・タイムズ・シンジケート、ボルチモア・サン、シカゴ・サン・タイムズ、ミネアポリススター/トリビューン、ヒューストン投稿、ニューヨーク・タイムズ、タイム社、ニューズウィーク/ワシントン・ポスト、ダウ・ジョーンズ&会社とナショナル・レビューを放送した。

心理学的な操作は、心理学的戦略ボードと呼ばれる政治のエージェンシーにより調整された。

心理学的な戦略ボードの建築家はゴードン・グレーであった。

グレーはヘンリー・キッシンジャーという名のコンサルタントを持っていた。

キッシンジャーはロックフェラー家への支払われた政治顧問であった。

ロックフェラーファミリーのゴードングレー、ヘンリー・キッシンジャー、および多くのメンバーは所属していた 外交問題評議会 。

1951年7月26日木曜日に、トルーマン大統領は、プレスに、心理学的な戦略取締役会が中央情報局の一部であったと言うであろう。

35

本の中で、彼らのプライバシーを侵害し、意識的な詐欺、故意の嘘つき、および否定でいっぱいであった公式なイデオロギーを通して現実をコントロールし、変更するために心理学的なマニピュレーションを使って、1984年のビッグ・ブラザーは人々をコントロールした。

外交問題評議会と王室の国際問題研究所メンバーは、人々をコントロールする同じテクニックを使用した--彼らの同胞を含める。

ハドリー・キャントリルとロイドFreeはプリンストン大学社会心理学者であった;

研究者;

そして情報機関関係者らのメンバー。

精神政治的な方針戦略とテクニックを開発するために、外交問題評議会メンバー ネルソン・ロックフェラーはそれらに出資した。

外交問題評議会メンバーエドワードR.マローは、ロックフェラー基金出資指導 ナチスのラジオ宣伝テクニックの体系的な分析およびラジオの政治的な慣習を執行する研究プロジェクト によってする。

この研究は外国の放送された情報機関(FBIS)と呼ばれる政府機関を監視していて、放送している広い世界を結果として生じるであろう。

FBISは米国情報庁(USIA)になるであろう。

USIAは、精神政治的な方針戦略を使って、国内外で公的な態度に影響することによって米国外交方針を達成するために設立された。

研究とレファレンスサービスのUSIAオフィスは、国家安全保障会議のために精神政治的な情報方針を立てることにおいて取締役会を計画している方針によって考慮された心理的要因と宣伝問題の上のデータを準備する。

心理学的な戦略ボードはボード(OCB)を調整している操作になった。

ボードを調整している操作は新しく名前をつけられたスーパー動力を供給された心理学的な戦略ボードであった。

取締役会を調整している操作は心理学的な戦略取締役会より多くのメンバーを持っていた。

ボードを調整している操作は同じ任務を持っていた。

ボードを調整している操作は、個人の莫大なグループを処理するために心理学的な戦略、宣伝、およびマスメディアを使うであろう。

ボードを調整している操作は宣伝マシンを持っていた--その意のままに使える米国情報庁。

USIAは国家安全保障会議のために外交方針宣伝に責任があるであろう。

国家安全保障会議は、国家安全保障方針を推奨することについて責任がある。

米国の大統領は、是認された方針を持つことについて責任がある。

ボードを調整している操作は、適時に保証する詳細な操作上の計画の部間の面と方針計画の調整された実行を調整することについて責任があった。

国家安全保障会議によって勧められた国家安全保障方針はアメリカ合衆国の事実上の外交方針である。

方針は、ボードを計画している方針のために国務省で働いた人によって国家安全保障会議のために台本を書かれた。

研究とレファレンスサービスのUSIAオフィスは、国家安全保障会議のために精神政治的な情報方針を立てることにおいて取締役会を計画している方針によって考慮されるであろう心理的要因と宣伝問題の上のデータを準備するであろう。

1955年に、USIAのディレクターは取締役会を調整している操作の投票メンバーになった;

USIA担当者は、ボードを計画している国家安全保障会議のミーティングに出席するように請われた;

そして、USIAディレクターはCabinet meetings.36に招待された。

外交問題評議会は、1939年9月12日に国務省のコントロールを取りはじめた。

その日のハミルトン・フィッシュ・アームストロング、外務のエディタ、およびウォルターH.マロリーに、外交問題評議会の常勤取締役は国務省を訪問した。

協議会は、ヨーロッパの戦争の勃発を考慮して有益で、適切であるかもしれないそのような援助を提供した。

協議会は、4つの一般的なエリアの研究を続行するためにエキスパートのグループを結成することを提案した;

セキュリティ、軍備、経済と財政の問題、政治的な問題、および領土問題。

1939年-1945年から、ハミルトン・フィッシュ・アームストロングは戦争と平和の研究と呼ばれる外交問題評議会プロジェクトの常勤取締役であった。

協議会の戦時仕事は秘密であった。

37

1941年2月に、協議会と国務省の間の関係は変わった。

CFRは公式に国務省のコントロールを取った。

国務省は特別な部門、特別な研究の部門を設立した。

それはちょうど外交問題評議会戦争と平和研究グループのように組織された。

それは経済の、政治的で、領土、およびセキュリティのセクションに分割された。

会議用のグループによって勤務している研究秘書は、新部門の中で働くために国務省によって雇われた。

これらの人はまた、彼らのそれぞれの会議用のグループに研究秘書として勤務し続けることを許された。

レオPasvolskyはResearch.38のディレクターに任命された。

1942年に、国務省と外交問題評議会の間の関係は再び強化された。

部門は戦後の外交方針における諮問委員会を設立した。

会長はコーデル・ハル秘書であり、副会長はサムナー・ウェルズ次官であり、レオPasvolsky(特別な研究の部門のディレクター)博士はその行政官に任命された。

何人かのエキスパートは部門の外から採り入れられた。

外のエキスパートは外交問題評議会メンバー戦争と平和研究グループであった;

ハミルトン・フィッシュ・アームストロング、アイザイア・ボーマン、ベンジャミンV.コーエン、ノルマン人H.デイビス、およびジェームズT.Shotwell.39

合計において、戦争と平和研究グループの操作の間に催された362のミーティングがあった。

ミーティングはニューヨーク市のハロルドプラット家で催された。

ハロルドプラット家は58の東の68番目の通りにあり、外交問題評議会本部である。

「詐欺の戦術」は形式化した心理戦テクニックである。

詐欺の策略は、物質的な環境(すなわちそれらは、人々のために間違いの現実世界を作成するように使われる)と異なる心理学的な環境を築く。

知覚の心理学で、詐欺の策略は、架空の認識結果を引き起こすことを試みる。

詐欺が行動に影響するように従われなければならない3つの基本的な規則がある。

第一に、詐欺は「妥当」にちがいない;

第二に、ケースの中の事実が本当に何であるかをチェックする簡単な方法が全然あってはならない;

そして、3番目、詐欺の使用により、which which 貴重な未来可能性を持つことができる のソースは疑われるべきではない。

40

実のところ、彼らがそのようなものを何も見ない時に、彼らが1つの物を見ると信じる中にそれらの聴衆を処理するために、幻影論者は指図の誤りと奇術を使う。

奇術師は半分においていつも人々を鋸でひいていて、再び一緒に彼らを戻している。

彼らの聴衆を惑わし、楽しむために、奇術師は彼らの指図の誤りと奇術を実行する。

外交問題評議会は、実のところ、彼らがそのようなものを何も見ない時に、彼らが1つの物を見ると信じる中に効果的に人々を処理する精神テクニックの指図の誤りと手練を使う。

貪欲さと個人的な利益によって追いやられた人;

銀行、産業、メディア、および軍隊をコントロールした人;

その時戦争からより容易に利益を得ることができた人 それらは 平和から利益を得ることができた;

彼らの国に忠実であるのでなく外交問題評議会と呼ばれるグループに誠実な人は、惑わさなく、楽しむけれども彼らの仲間費用で利益を得て、道徳と無関係で、非倫理的で、平凡な冷酷な生き物の小集団の信念を受け入れるために国内外で人々をだます精神テクニックの手練を使うであろう。

テリー・ウィリアムズによるイメージ

詐欺のロードショー 2

The Roadshow of Deception












The information that follows provides the history of a Roadshow of Deception.



17

家はよいグレードを得なかった--家はよい教育を得た。

オリバーT.モートンの父は潜在的な共和党の大統領の候補者であった。モートンは共和党員であった。南からである家は情熱的な民主主義者であった。興味深い政治的な大統領選と結び付けられたyoungmenの親交は家に教育的な経験を提供するであろうし、その全然計画されなかったカリキュラムはこれまで提出していたかもしれない。youngmenは選挙運動に続いていた。

彼らは政治を議論し、彼らは政治について読み、彼らは政治的な問題を討論し、政治集会に出席するために、彼らは授業をさぼった。議会は関連させて、私が出席したすべてのnear-by政治的ミーティングおよび1876 すべての機会のI. 私がニューヨークに行き、私が、ユニオン・スクエアのエベレット議会にあったことを覚えている民主党本部のまわりにぶら下がっている の大統領候補の指名と選挙により興味がある誰もいなかった。私は、[サミュエル]ティルデンさんが入るのを見て、外たもので、どうしてそんなに弱い見ている人が大統領のためにキャンペーンを作ることができるかと当時思っていた。機会があった時はいつでも、バイヤール、ブレーン、および私が聞いた他は話し、私は、私が、私がこれまであるのと同じくらいほとんど政治に夢中であったと信じる。

指名がされる前に、私は、もちろん、若いモートンの父が大統領に指名されるのを見ることを望んでいて、電信係が、共和党員がラザフォードB.ヘイズに損った新しい最初のスリップ与えを私達に外で手渡した時に、それは両方とも私達にとって苦い失望であった。

私達が、私達の研究に注意する代わりにオフィスのまわりで継続的に掛かっていたので、オペレータは私達を知っていた。モートンの父はその時そのような難問であったので、彼が、催されることになっていたどのような情報にもアクセスできることにおいて、困難が全然なかった。

私がであった熱烈なデモクラット、および彼がであり、若いモートンと私が不愉快な議論を全然持っていなかった熱烈な共和党員。選挙の後と続いていたコンテストの間に、机または本について考えるために私が自身を連れて来ることはまったく不可能であった。私は、物のセンターの近くにあるためにモートンと常にワシントンに行った。私は通常、Ebbitt家にその時住んでいたMortonsの客であった。私は進行中のあらゆることの多くを知っていた。共和党のリーダーは、ヘーズのための戦いを指示していた著名な病人に相談するために昼と夜において来るであろう。

この方法で、直接、間接的に、私はその時間."18の公的な生活において多くの有名な共和党員に会い、会った。1876の選挙結果がラザフォードB.に入った時に、ヘーズ(共和党員)は、彼がサミュエル・ティルデン(デモクラット)に選挙に敗れたと信じた。南部諸州が選挙人投票の2つの違うセットを提出したことは発見された。論争は結果の上で生じた。

選挙委員会は議会によって任命された。8人の共和党員と7人の民主党員が委員会で働いていた。すべての議論された票はヘーズに授与された。ヘーズは1つの選挙人投票によって大統領になった。ヘーズは、彼が南部地方の人にした約束を守った--彼は軍を、復元の時代を終えて、南でまだ占められたすべてのエリアから撤退させた。

19

1880において、トーマス・ハウスは死んだ。エドワード・ハウスはコーネルを落伍し、テキサスに戻った。エドワードは、彼の父の最も大きい富 綿花の大農園 を引き継いだ。

南北戦争は、エドワードが彼の父のスレーブを引き継ぐことを不可能にした。エドワードは10年の間大規模農場を管理した。1890において、彼は大規模農場を売り、預金注を投資した。

興味はエドワード・マンデル・ハウスに金融の独立for the rest of his life.20を提供した。

大規模農場のほかに、エドワードは彼のパパの友人を引き継いだ。彼らはエドワードより年上であった。内戦の後で、彼らは、クー・クラックス・クランを結成した人であった。

クークラックスクラン・クー・クラックス・クランの団員は、自警団員公正を分配した古顔であった。

その裁判官の何人かが保証された--裁判官の何人かが単に殺人であった。1880によって、新しい合法なグループは、テキサスで公正を分配することを担当していた--テキサス・レンジャーズ。

彼らは星を身につけていて、武器を携帯し、給料を支払われて、職務中に殺した。彼らはかたい人と猛烈男であった。それらは攻撃的であった、男性的で、威張り散らしている人。

威嚇は、彼らが、かつて平和を保持した1つの方法であった。それらの多くは、--それらのうちのすべてが大きい自我を持っていたこと--に大きい屈強な体を持っていた それら 催される のうちのすべて 6連発銃 それらのウエストのまわりで曲がる 。テキサス・レンジャーズの多くはクー・クラックス・クランの団員のメンバーであった。エドワードは新しいマスタであった。

彼らの忠実を得ることはエドワードの仕事であった。それらの自我にストロークを付けることによって、エドワードは彼らの忠実を得た。エドワードは、トライし、それらを有名にするために彼のお金と影響を使うであろう。エドワードは彼の新しい友人を、「彼女がそうであるものをテキサスのために日に作ったその大胆なバンド」と評した。私はそれらに敬意を表する!

何もそれらを威圧していなかった。彼らは主権国家から公国をもぎ取り、人跡未踏の荒野で、大きな連邦を鋳造した。これらの人は私の幼年期のヒーローであった;

そして、現在、私が高齢になっていて、多くの人と多くの領土に会った時に、私は彼らに帰り、私が、彼らが私ヒーローサンドイッチ静かである."21であると気付くので、彼らにあいさつする。

最も年上のものとたぶんこれらの「友人」の中の最もよさの1つはビル・マクドナルド指導者と名付けられたテキサスレンジャーであった。家によると、「私の早い少年時代に、彼がたぶんそれらすべての花であったけれども、私はビルMcDonaldsタイプの多くを知っていた」。

私は個人的に有名な命知らずの凶漢の多くを知っていた、とても多くを殺したので、彼らは、ほとんど、彼らの犠牲者をカウントすることを止めた人。2タイプのいわゆる「殺人者」があった - 単に純粋なもののために殺した一方はそれを愛していて、それのため殺した他は彼らの義務の方法の中にあった。ビル・マクドナルドはこの後者のクラスに所属していた。

従って、また、私が南西のテキサスで私の牧場経営日に知っていたレンジャーの青い目の指導者マッキニーをした。ラサール郡のほとんどすべての保安官がその特定の期間の間に殺された時に、マッキニーは最終的に待ち伏せられて、殺された。私が私達の牧場に行った時はいつでも、私は、決して、私が生きたまま帰宅するであろうと確信していなかった。

確執はいつも続いていて、これらのいくつかにおいて、私達の牧場は多少関係していた."22であった。ラサール郡の保安官の多くは暴漢を賃借されるより少し多くであった--殺すことを認可される。

それらは州民を走らせている人に忠実であった。それらの人の興味が脅かされていたならば、保安官は訓練を管理した。テキサス1890から1894の知事はホッグ知事であった。

エドワード・マンデル・ハウスは、ホッグを選出させることについて手段となっていた。

彼の管理の間に、レール道路工夫はストライキをした。ストを解体するために、ホッグ知事はテキサスレンジャー ビル・マクドナルドを使った。家によると、「ホッグ…知事は彼の管理の間にストを解体した」。レンジャーサービスのビル・マクドナルド指導者は、彼が使った機器であった。

ホッグは、彼らが、車を切り離すか、列車の動きを妨げるかもしれないことを何かし続けたならば、彼が、透かして見るのに十分に大きく彼らを通して穴を撃つであろうというリーダーへの知らせを送った。「ビルがこれを首謀者に伝えて、それが、されることになっていた機器として出席した時に、無法性は止まった」。エドワードはテキサスKu Klux Klan.23を引き継いだ。

ホッグキャンペーンの成功はテキサスで議会の政治的なポジションを保証した。

エドワード・マンデル・ハウスは、4人の人をテキサス(ジェームズS.ホッグ(1892)、チャールズA.Culberson(1894)、ジョセフD.セーヤーズ(1898)、およびS. W.T. Lanham(1902年))の知事にすることを手伝った。選挙の後に、議会は各知事に非公式なアドバイザーとして作動した。

議会は、「従って、政治において、私は底からというよりもトップから始めて、私は、私が現在していることをその日以来ずっとだいたいしている;」とホッグ選挙について言うであろう。

「すなわち、たとえ、どこで、私がするかもしれなくても助言し、助ける」。

家の上につかまえられたホッグ。家を彼のスタッフに昇進させることによって、ホッグは家にタイトル「大佐」を与えた。知事の公式なスタッフへの約束は怪しげな栄光のテキサスの政治的な慣習であった。スタッフポジションとともに、彼らが、公式な集まり、または「古代および感謝している黒人において授与しなさい。」に着ることができたユニフォームが来た。彼に話さずに、ホッグ知事は家を彼のスタッフに任命した。受け取るとすぐに、参謀将校の均一な家はそれを使用人に与えた。

タイトル大佐は付いた。彼の抗議にもかかわらず、彼は「大佐家」または「大佐」..24にさえなった。


家は、テキサスより多くをコントロールしたく、家は、国をコントロールしたかった。

家は、王の代わりに王メーカーになることによってそうするであろう。

上院で2人または3人の人をコントロールすることによって学ばれた議会;

家の2人または3人の人;

そして大統領--彼は国をコントロールすることができた。

岸から安全に観察する間に、エドワードは、彼の父、トーマスが金持ちになり、封鎖線を突破するために人を雇うことによってリスクを避けるのを見た。

家は政界で同じことをするであろう。

彼は、彼が影響することができた候補者を見つけるであろう。

彼は、その候補者がオフィスを達成するのを手助けすることについて手段となっているであろう。

彼は舞台裏でからの候補者に影響するであろう。人々は、現実において、まったく違う人がコントロールにいた時に、1人の人が彼らの代理人になっていたことに気づくであろう。

家は、彼の構成要素を裏切るその人に自身へのリスクなしで影響することができた。

家は大きな秘密を学んだ--どのように国をコントロールするか。家は、数百万人の人々に影響する必要がなく、彼は一握りの人に影響しさえすればよい。人々が、彼または彼がしていたことをより知っていないほど、彼はより裕福であった。家は、影にとどまることから利益を得るであろう。

家は、同じ流行において動作するであろうアメリカの秘密結社を設立することに役立つであろう--外交問題評議会。

1912年に、ウッドロー・ウィルソン(プリンストン1902年-1910年(ニュージャージ1911年-13年の知事)の大統領)は3回の人大統領選において民主主義者として走った。ハワード・タフトは現職の共和党員であった。セオドアローズヴェルト前大統領は進歩的なパーティー券の上で走った。

以下を含むロックフェラーのナショナルシティー銀行の家のディレクターのグループからウィルソンの主要な金融の天才とサポートは来た:

クリーブランドH.Dodge、 J.オグデン・アーマー、ジェームズ・スティルマン、およびウィリアム・ロックフェラー。Khunローブ&Co.の提供された追加の財政援助の家のオットー・カーンとジェイコブ・シフ。モーガンの議会はルーズベルトテディの進歩的なキャンペーンを誘導した。

彼のキャンペーンを助けるために、モーガンパートナー ジョージ・パーキンズはルーズベルトにお金、スピーチ、およびウォール街からの人を提供した。モーガンの議会はまたお金をウィルソンキャンペーンに与えた。共和党の票は分割されて、ウィルソンは、土地スライドによって勝ち取られて、両方とも彼らを打ち負かすことができて、米国の第28代大統領になった。

選挙の後に、非公式なアドバイザーとして作動するために、ウィルソンの財政上の後援者は彼に彼ら自身のエージェントを提供した。フェリックス・フランクファーターという名の若い弁護士はこれらのアドバイザーの間にいた。フランクフルトソーセージはニューヨーク「設立」法律事務所ホーンブローアー、バーン、ミラー、およびポッターのために作動した。別のアドバイザーはエドワード・マンデル・ハウスであった。家なしで、ウィルソンは決して大統領にならなかったかもしれない。

ウィルソンはウィリアム・ジェニングズ・ブライアンからのサポートのため民主党の立候補者に任命された。大佐家はウィルソンへのブライアンの支持を得た。家はウィルソンの最も親密な非公式なアドバイザーになった。円卓グループは4つの愛玩用のプロジェクト、累進所得税、中央銀行、中央情報局の作成、およびLeague of Nations.25を持っていた。

1901年と1913年の間の期間に、モーガンの家とロックフェラーの家は公爵とMellonsと緊密な同盟を結んだ。このグループはそれらのパワーを統合し、以下を含む他のウォール街能力を支配するために来た:

カーネギー、ホイットニー、バンダビルト、ブラウンハリマン、およびディロン・リード。

円卓グループは、人々をコントロールしたかった。円卓グループは、政府をコントロールすることによって人々をコントロールするであろう。円卓グループは、人々に課税するために政府を使い、政府に人々のお金を中央銀行に預けさせて政府をコントロールするであろう。丸いグループは銀行のコントロールを取り、従ってお金のコントロールを持つであろう。円卓グループは国務省のコントロールを取り、政府の政策を公式化するであろう(それは、どうお金が使われたかを決定するであろう)。

円卓グループは、人々についての情報を集めて、円卓グループ国務省政策決定に従って作動するために彼らに影響するために人々で焦点が合った精神政治的な操作について台本を書き、引き起こすであろうCIAをコントロールするであろう。丸いグループは、それらのコントロール下の1つの中央銀行と1つの国際的なセキュリティシステムによって1つの国家の中に世界のすべての国家を統合するために働くであろう。1901年-1913年の間で、これらの目標を達成する時に、施設は熱心に作動した。関係している人の何人かがアメリカ円卓グループメンバーとインサイダー アレン・ダレス、ジョン・ダレス、ディーン・ラスク、ジェローム・グリーン、ジェームズT.ショットウェル、ジョンH.デイビス、イライヒュー・ルート、およびフィリップ・ジェサップ、フェリックス・フランクファーター、およびエドワード・マンデル・ハウスであった。ウィルソン管理の最初の法律のいくらかが累進所得税(1913年)の組織であった。相続税はまた設立された。これらの税法は、非課税の基礎の設立を許した立法の必要を合理化するために使われた。非課税の基礎は円卓メンバー民間会社と大学システムの間のリンクになった。円卓グループは、それらの出資のソースをコントロールすることによって大学をコントロールするであろう。出資は、円卓グループ目的を達成することに役立つであろう方法で運ばれて、税金から保護されたお金であった。累進所得税の達成によって、アメリカ円卓グループは、米国Central bank.26を設立することに集中した。1907年3月13日に、金融恐慌は、アメリカのニッカーボッカー銀行と信託会社が、破産しかかっていたという噂によって引き起こされた。

噂はモーガンの家によって始められた。銀行に取り付け騒ぎがあった。モーガンは、彼が、引き起こすことを手伝ったパニックを回避することを手伝った。取り付け騒ぎを止めるために、モーガンは1億ドル相当の金をヨーロッパから輸入した。この運動は円卓のグループの精神政治的な操作であった。米国に必要であったものが中心的な銀行制度であったことはアメリカに知覚と合理化を提供した。問題を勉強するために、上院は全国的な貨幣委員会を設けた。

ネルソン・オールドリッチ(ジョンD.ロックフェラーの義父)上院議員は委員会を主宰した。

問題を調査するために、ヨーロッパの中心的な銀行制度を勉強するために、委員会はヨーロッパ大陸を旅行した。オールドリッチはどのような銀行業務経験もしなかった。委員会が、彼らの研究を完遂することができる前に、それは、約2年とブドウ酒を供給し、ヨーロッパの中心的な銀行制度の人とディナーを食べる税金支払い人お金の300,000ドルかかった。1910年の終わりごろに、人のグループはJekyl島、ジョージア上の秘密主義のミーティングを催した。ミーティング目的は、全国的な貨幣の委員会リポートのために最終的な推薦を書くことであった。オールドリッチ上院議員はミーティングを手配した。出席した人は以下を含んだ:

ヘンリーP.デービソン(モーガンの家 - J・P・モーガン・アンド・カンパニー);強い(モーガンの家 - Bankers Trust社)ベンジャミン;フランクA.バンダリップ(ロックフェラーの家 - ナショナルシティー銀行);A. Piattアンドレス(財務省の次官補);そしてポール・ワールブルク(ワールブルクの家とKhun耳たぶ&Co.の家)。ランク・バンダリップ(「企業の仕事のためのより大きなパブリシティの社会への価値についての私の見解にもかかわらず、私がどのような共謀者とも同じくらい秘密主義であった--実に密かである--時に、1910年の終わりの近くに機会があった...私は、結局、連邦準備制度になったものの実際の概念の機会として私達の秘密の遠征についてJekyl島と話すことがどのような誇張でもあると思わない」)の回想録によると。安定し、国家に金融制度を確保するために、議会は連邦準備銀行を作成した。ウッドロー・ウィルソン大統領は1913年12月23日に連邦準備銀行行為にサインした。

27

連邦準備銀行の50周年記念の上の1963年の12月に、本の第5版はタイトルを付けた、The連邦準備制度:

目的とし、機能はプリントされた。より早い版と同様に、本の目的は、国家のクレジットのためにシステムの信託統治についての公的な理解を改良することであった。この版と前の版は知事スタッフの連邦準備制度理事会の協力的な製品であった。本は私達に、連邦準備銀行がそうであり、「オリジナルの目的は、その創立者によって表現されるので、国に伸縮通貨を与えて、割引き商業手形のために設備を提供し、バンキングの監督を改善することであった」と言う。それはその時、「最初から、これらのオリジナルの目的が実のところ、すなわちインフレーションの、そして通貨収縮のムーブメントを相殺するのを手助けし、維持されているもの、のハイレベル、安定したドル、国の成長、および上がる消費水準の雇用することに有利な条件を引き起こすことにおいて共有するより広い目的の一部であったという認識があった」を説明する。より広い目的の受容は数年の間に広がった。

年の間にも、一般大衆は、これらの国内の目的が、時間とともの妥当なバランスにおいて外国との支払いのそのフローを保持する国の能力と関連していると認めるために来た。今日、システムの主要な目的が、国内経済における安定したドルによって、そして私達の国際収支における全体のバランスによってハイレベルの雇用で成長を養育することであることは一般に理解されている。

どう連邦準備制度は生産、雇用、生活水準、および私達の国際収支と関連しているか?

「答えは、連邦準備銀行が、クレジットとお金へのその影響を通して、間接的にアメリカ企業と商業のすべてのフェーズと米国のすべての人に影響することである…」ミッドランド銀行株主は、ミッドランド銀行と以前の英国大蔵大臣(すなわちイギリス1915年-16年の中央銀行の頭)の1924年のレジナルド・マッケンナ会長の中で、「国家のクレジットをコントロールする彼らは政府の方針を指示し、彼らの手で、人々の運命を保持する」にイギリスで言った。米国連邦準備銀行システムの取締役会はマッケンナに精通していたにちがいない。ミッドランド銀行は円卓の頭、アルフレッド・ミルナー卿によって設立された。連邦準備銀行は、米国政府に責任があるけれども株を購入した銀行によって所有された企業である。連邦準備銀行は銀行家銀行家である。

コマーシャルまたは貯蓄銀行が、より多くのお金を顧客に貸したいならば、それはお金をその銀行から借りる - 連邦準備銀行。連邦準備銀行は、貸付金決定がしっかりした判断に基づき、規則が従われていることを確かめるために、すべての銀行レコードを監査する番犬である。

連邦準備銀行はそうである;

通貨のコントローラ;

米国政府の銀行 where 財務省がその銀行預金口座を持っている ;

国家の手形交換システム - 1年に150億を超えるチェックを処理する;

そして世界金の管理者。金はニューヨーク連邦準備銀行に地下室に保持される。食べることに蓄えられた金のほとんどは、他の国家に付属し、theの公式な金準備のうちの約1/3をthe 世界の無共産主義者国 と申し立てる。連邦準備銀行は大統領によって任命されて、上院によって確認された7メンバー理事会によって運営される。政治的圧力から知事を絶縁するために、在職期限は14年続いている。用語は、人が2年ごとに死んでいる状態でよろめかせられる。1人の会長と1人の副議長がいる(それの両方は4年の期間を保持する)。知事、ニューヨークの連邦準備銀行の社長、および4人の他の連邦準備銀行社長の取締役会の7人のメンバーは連邦公開市場委員会と呼ばれるグループのメンバーである。この委員会は公債の売買に責任がある。それは、それらが、お金とクレジットのコストと入手可能性に影響することについて責任があることを意味している。

1913年に、大佐家は、オリジナルの連邦準備制度理事会の創立会員を選ぶことに役立っていた。

ポールワールブルク[家ワールブルクとKhun-耳たぶ&Co.の家は選ばれたそれらの間にあった。

] およびモーガンのベンジャミンの強い[家とKhun-耳たぶ&Co.の家].家、ワールブルク、およびStrongはアメリカ円卓グループのメンバーであった。円卓グループ歴史家、キャロル・キグリーによると、王朝の金融会社の目的は、「各国の政治システムと世界の経済を全体として支配することができる私的な手で財務管理の世界システムを作成することより少なくないもの何も」であった。

このシステムは、頻繁な私的なミーティングと会議において到着した秘密協定によってコンサートにおいて作動している世界の中央銀行によって封建制擁護者流行においてコントロールされることになっていた。システムの頂点は、Basle(スイス(自身、民間会社であった世界の中央銀行によって所有されていて、コントロールされたプライベートバンク))において国際決済銀行であることになっていた。宝庫貸付金をコントロールし、外国の交換を処理し、国で経済活動のレベルに影響し、業界."28においてその後の経済の報酬によって協力的な政治家に影響するその能力によってその政府を支配するために捜されて、イングランド銀行のモンタギュー・ノーマン(ニューヨーク連邦準備銀行(フランス銀行のチャールズ・リスト)の強いベンジャミン)のような人の手の中の各中央銀行とReichsのHjalmer Schactはバンクする。モンタギュー・ノーマンは英国円卓グループのメンバーであり、ベンジャミンは強くアメリカ円卓グループのメンバーであった。キグリーによると、「強く、モーガンBankの、特に、1904年に彼をニューヨーク(トーマスW.ラモントへの連続における)のankers Trust会社の秘書にし、1907年の衝突に続いているバンキング再配置においてモーガンのエージェントとして彼を使い、1909年に彼をBankers Trust(ラモントへの連続における静寂)の副社長にしたヘンリーP.デービソンの好意への彼のキャリアに借金していた」。彼は1914年のモーガン、クーン、ローブ・アンド・カンパニーの共同の指名された人としてニューヨーク連邦準備銀行の知事になった。2年後、Strongは初めてノーマンと会い、それらはすぐに、彼らが両方とも尊敬した金融慣行のための協力における仕事への協定を."29にした。アラン・グリーンスパン、ポールVolcker、 G.ウィリアム・ミラー、およびウィリアムMcChesneyマーティンはすべて連邦準備銀行取締役会を統轄した。すべては外交問題評議会のメンバーである。1993年9月現在、議会予算局は、失敗した貯金と貸付金組織の中で損失を処理することが、1998年(この数値は1989年の前に使われた600億ドルを含まない)を通して1990年から1200億ドルかかるであろうということを概算した。

連邦準備銀行の仕事の1つは、番犬であることになっていなかったか?1987において、アメリカの大手銀行のリーダーは東京に行った。それらは私達の中央銀行の大蔵大臣と知事と出会った。

彼らは日本の銀行によってよりポジティブな協力を駆り立てた。大きなアメリカ銀行はそれらのラテンアメリカ人Debtのジレンマに陥ってつかまった。一方では、彼らは、彼ら自身が過剰に貸すことによっていくぶん起こされた損失を被る必要があった(それは、彼らがラテンアメリカに新しい貸付金にさらされてい続けることができなかったのを意味していた)。一方では、彼らは、ラテンアメリカを投棄することができなかった(それは彼らにとって重要な市場であった)。ミーティングに出席している銀行のリーダーはシティバンク、追跡のウィラード・ブッチャー、モーガンのルイスプレストン、およびアメリカ銀行のトム・クラウゼンのジョン・リードであった。リード、ブッチャー、およびプレストンはすべて外交問題評議会のメンバーである。中央銀行の作成によって、円卓グループは、中央情報局と国際連盟を作成することにそれらの注意の焦点を合わせた。戦争へのアメリカの参戦に先がけて、公正部門ではなく国務省が、ドイツ転覆とサボタージュを扱う役割を引き受けた。「合理化」は、対抗スパイ活動が国内の法の執行のよりむしろ対外関係の問題であったことであった。率直なL.ポーク、国務省チーフ法律役員が米国政府対抗スパイ活動活動の焦点になった「北東の設立」弁護士。

ポークはシークレットサービス、調査の局、および英国海軍知能などのグループの対抗スパイ活動仕事を調整した。1917年の9月に、フェリックス・フランクファーターは新しいエージェンシーのためのアイデアをウィルソン大統領に提案した。新しい執行機関は、ウィルソン大統領のためにアメリカ方針を準備する計画組織であるであろう。フランクフルトソーセージは、新しいエージェンシーが、方針を立てるのを手伝うために国務省と密接に働くであろうということを説明した。国務省は領事のリポートとエージェンシーによって要求された他の情報のコピーを転送するであろう。

エージェンシーはまた情報を民間部門ソースから得るであろう。これらのソースは米国地理学協会、カーネギー組織、およびカーネギー国際平和基金、一般的なゴム会社、ニューヨークのスタンダードオイル社、およびアメリカのたばこ会社を含むであろう。ウィルソンはフランクフルトソーセージのアイデアが好きで、エージェンシーを設立した。その創立会員はエドワード・マンデル・ハウス大佐、ウォルター・リップマン、ジェームズT.ショットウェル、およびアイザイア・ボーマンであった。典型的なスタッフはアイビーリーグ大学から募集された。学問の分野は地理学、経済学、現代語、および特に歴史を含んだ。スタッフに何人かの弁護士がいた。1デイビッドHunterミラーで、エージェンシーの財務勘定を担当していた。ハンターは1917年に国務省に参加した。彼はゴードン・オーキンクロスの法律パートナーであった。オーキンクロスは国務省で働き、大佐家の女婿であった。エージェンシーはアメリカの最初の中央情報局であった。エージェンシーは秘密の名前 問い合わせ を教えられた。問い合わせ本部員は、ディレクターがアイザイア・ボーマンであった米国地理学会のオフィスに落ち着いた。

30

それが、その任務を完遂するホワイトハウスからの緊急メッセージを受け取った時に、調査は3ヶ月未満で存在していた。問い合わせは、直ちにアメリカ政策のその立案を引き起こすように頼まれた。

1917年1月8日に、ウィルソンは議会のジョイント・セッションを組み立てた。彼は彼の14ポイントを見せた。それらは、彼らの政府の頭越しに直接ヨーロッパの人々にアピールするようにデザインされた。14ポイントはthe the 問い合わせ のメンバーにより立案された。問い合わせのメンバーは外交問題評議会の創立会員になった。14ポイントは底知れない故障であった。ベストの多くは、国際連盟の成功した受容を保証するためにパリ和平会議で交換された。国際連盟はパリ講和会議をうまく切り抜けた。彼らが、アメリカ市民を戦争に送るかどうかを決めている他の国家を望んでいなかったので、アメリカ人は国際連盟に反対した。上院は国際連盟を折りたたんだ。

しかし、アメリカ円卓グループは、その4つの愛玩用のプロジェクト、段階別であった所得税、中央銀行、CIA(問い合わせ).


31の作成のうちの3回を設立したアメリカと英国の円卓グループは秘密結社の後ろの骨であった。1914年(第一次世界大戦の最初)までに、7か国で設立された秘密の円卓グループがあった:

1.
イギリス、2.米国、3。南アフリカ、4。カナダ、5。オーストラリア、6。ニュージーランドと7。インド。

1919年(パリ講和会議の後)に、7つの円卓グループは1919年3月19日にパリのマジェスティックホテルで催されたミーティングで国際問題研究所としてフォーマルに設立された。

ミーティングはエドワード・マンデル・ハウスによって主催された。1920年に、戦争によって起こされたアメリカの反英の感情のためアメリカグループは他の6グループから壊れた。外交問題評議会アメリカ研究所に秘密の名前にかかった。他の6グループはイギリスのチャダム家の中心的な本部と王室の国際問題研究所になった。1919年-1928年の間で、他のグループは彼ら自身の国際問題研究所本部を設立するであろう。カナダグループは1928年にカナダ国際問題研究所になった。

カナダ国際問題研究所(CIIA)本部は15のキング"s大学円、トロント、オンM5 V9(416) 979-1851、および31のウェルズリー通り、トロントM4Y 1G9、カナダにある。半秘密のグループは本部を開き、ミーティングを催し、すべてのグループが寄稿した季刊誌、円卓を出版した。

グループは個人的な一致、頻繁な訪問によって、そしてそれらの季刊誌を通して連絡を保った。

メンバーシップは招待だけによってにあった。しかし、誰でもグループ雑誌のコピーを購入することができて、多くの有力な非メンバーはした。半秘密の組織の述べられた目的は、政治的で、経済の、そして戦略的な問題の国際面を勉強することであった;

教育、公務、ビジネス、およびメディアにおける選ばれたリーダーの研究グループによって勧められた研究プロジェクトを実行しなさい;

そして、国際関係友情プログラムを操作しなさい。イギリスの話している民族を連合体にしたいという、そして世界のすべての住むことができる部分を彼らのコントロール下に至らせるセシル・ローズ願望に、グループの述べられていない目的は集中していた。それは、オックスフォードでローズ奨学金を設立するために、ロードス島が彼の大きな運の一部を置いていったこの目的のためであった。

それは、円卓グループが設立されたこの目的のためであった。円卓グループの国際的なネットワークの別の機能は、知能情報を集めて、さらなる円卓グループ目的に計画された秘密活動をよく実行することであった。英国とアメリカの円卓グループのメンバーは政府、金融機関、学界、出版業界、法律、および軍用基地の中の有力なポストの中に彼らの方法を作動させた。より秘密の円卓グループが設立された時に、同じパターンは他の国家の中で起こった。英国仕事におけるロードス島のミルナーグループパワーと影響はタイムスとオンの1890からのたくさんの他の書類とジャーナルのこのグループ支配によって達成された大部分にあった。彼らはまた以下を含む帝国の仕事と国際関係のたくさんの大学椅子を設立した:

オックスフォードのバイト椅子、オックスフォードのモンタギューバートン椅子、ロンドンのロードス島椅子、チャダム家のスティーブンソン椅子、アバラストウィスのウィルソン椅子。同盟はニューヨークのモーガン銀行とラザール兄弟によって導かれたロンドンの国際的な財政家のグループの間で設立された。ミルナー卿は、ミッドランド銀行になるであろうロンドン株式組織銀行を含むいくつかの銀行のディレクターになった。ミルナーはイギリスで最も大きな政治的で、財力の1つになった。

彼は、円卓メンバーを、タイムスの編集者の地位、オブザーバー(ラザール兄弟、様々な管理のポストの取締役の職)の編集者の地位を含んだ戦略的なポジションに置く彼のパワーを使った。

管理のポストは英国部門のキャビネットポジションと重要なポジションへの約束を英国シークレットサービスに含めていた。1880と1940年の間で、ロードス島のミルナーグループは動かし、アメリカ仕事における影響は同じ方法で達成された--プレス、大学システムのコントロール、および円卓メンバーを重要な国務省ポジションに、そして重要情報位置に置くことの支配を通して。1925年に、国際関係の研究所の秘密の核は再び拡張された。太平洋地域で領域を保持している12の独立な全国的な協議会が設立された。協議会は太平洋問題調査会と呼ばれた。太平洋問題調査会は7つの既存の円卓グループ(国際問題研究所(英国、米国、南アフリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、およびインド))のそれぞれによって連動流行において設立された。太平洋問題調査会は5つの追加の国1で設立された。中国、2。日本、3。フランス、4.オランダ、5.ソビエト連邦。

数年の間に、メンバーシップが違う国家から円卓グループから個人を含んだいくつかの円卓グループは設立された。2つの最もよく知られている組織は、DeBilderbergerグループ(1954年開始された設立された1954年--1つのSmidswater、ハーグ、オランダの本部--年次大会)と三極委員会(設立された1973人のメンバーは米国からの、そしてカナダ、オーストラリア、日本、ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、およびUKを含む国の個人である)である。1928年までに、アメリカ円卓枝はニューヨーク銀行業と関連した人、様々な有名大学で、そして多くのウォール街法律事務所を含んだ。

預けられて、会議用の予備材料によって管理された大きな学究的な寄付をすることによって、外交問題評議会は大学システムにわたって影響を得た。寄付は、コロンビア、エール、ハーバード、ジョンズ・ホプキンズ、ウェスリアン、プリンストン、およびブラウンを含む大学で働いた他の委員によって指示された。会議用のコントロールされたウォール街法律事務所は委員によって経営された銀行、ビジネス、基礎、および学究的な寄付の法律の問題を処理した。これらの法律事務所は1を含んだ。マンとパーソンズ;2.根とストラハン;3.デイビス、ポーク、Wardwell;4.カーター、ヒューズ、およびCravath;5.Cravathとヒューストン;6.ガスリー、Cravath、およびヘンダーソン;7.サリバンとクロムウェル;8.Cravath、de Gersdorff、スウェイン、およびウッド;9.強いこととadwalader;

10.Cadwalader、ウィッカーシャム、およびタフト;11.エヴァーツ、チョート、およびビーマン;12.

デイビス、突き、Wardwell、ガーディナー、リード;13.ミッドランド、ツイード、希望、ハドリー、マクロイ;14.石とWebster.



詐欺のロードショー

The Roadshow of Deception










The information that follows provides the history of a Roadshow of Deception.



The Roadshow of Deception was used to demonstrate psychological warfare techniques and strategies to different Whitehouse Administrations. The Roadshow of Deception was used to convince different presidential administrations to use psychological warfare techniques on American citizens.



Four people staged and presented the Roadshow of Deception. They were Nelson Rockefeller, Hadley Cantril, Gerard B. Lambert, and Adlebert Ames. However, there were many other men involved in developing the psychological warfare techniques; putting together the communication apparatus to apply those techniques; and effectively coordinating the psychological operations (PSYOPS) used to manipulate the American public and people in other nations. Many of the men worked in United States intelligence agencies and the US Department of State. Many of the men worked in the British Secret Service and the British State Department. The Americans belonged to a group called the Council on Foreign Relations; the British to a group called the Royal Institute of International Affairs.



The Council on Foreign Relations and the Royal Institute of International Affairs were formally founded in 1919. The Council on Foreign Relations and Royal Institute of International Affairs continue to effectively coordinate psychological operations used to manipulate the American public and people in other nations. The Council On Foreign Relations headquarters is the Pratt House, 58 E. 68th Street, NY, NY, 10021. England's Royal Institute of International Affairs headquarters is Chatham House, 10 St. James' Square, London, SW1Y 4LE, UK. The Council on Foreign Relations and the Royal Institute of International Affairs have branch organizations in other nations including Canada, New Zealand, South Africa, Australia, India, France, China, Japan, Netherlands, and the Soviet Union.1



Few Americans have heard of the Council on Foreign Relations. The Council grew out of a secret society funded by money left by Cecil Rhodes. Rhodes was a racist, a sexist, a white supremacist, and an imperialist. Lord Rothschild and Alfred Beit bankrolled Rhodes. Rothschild and Beit were racist, sexist, white supremacist, and imperialists too.The banking house of Rothschild maintained one of the great intelligence services of the nineteenth century. The private intelligence they gathered helped the Rothschilds to successfully place their investments. According to former CIA chief Allen Dulles, "In 1815, while Europe awaited news of the Battle of Waterloo, Nathan Rothschild in London already knew that the British had been victorious. In order to make a financial killing, he then depressed the market by selling British Government securities; those who watched his every move in the market did likewise, concluding that Waterloo had been lost by the British and their allies. At the proper moment he bought back in at the low, and when the news was finally generally known, the value of government securities soared." In America the banking houses of Morgan and Rockefeller would come to maintain the great intelligence services of the 20th century. The intelligence services of the houses of Morgan and Rockefeller would include control of the intelligence services of the United States government. Many agents of the banking houses of Morgan and Rockefeller would go to work for United States intelligence agencies.



During World War I, one of the most important elements of agent authentication was the fabrication of passports, identification cards and other documents. The censorship and documents branch was headed by Commander Henry S. Morgan of the United States Naval Reserve, a son of financier J. P. Morgan Jr.. Morgan's agency collected and compiled intelligence from mail, cables, and telephone conversations intercepted by the War Department under the government's wartime censorship powers. 2



John Cecil Rhodes and his followers knew how to apply psycho-political operations effectively to justify their conquests. The conquests were made in the name of an ideology -- civilizing "the white man's burden." Rhodes would leave a legacy that would help to formalize international psycho-political operations and covert activities.



~省略~


詐欺のロードショー

続いている情報は詐欺のロードショーの歴史を提供する。

詐欺のロードショーは、違うホワイトハウス管理に心理戦テクニックと戦略を実演するために使われた。詐欺のロードショーは、アメリカ市民への心理戦テクニックを使うことを違う大統領の管理に納得させるために使われた。4人の人々が詐欺のロードショーを上演し、見せた。

彼らはネルソン・ロックフェラー、ハドリー・キャントリル、ジェラードB.ランバート、およびAdlebertエームズであった。しかし、心理戦テクニックを開発することに関係している多くの他の人がいた;

それらのテクニックを適用するために通信装置を組み立てる;

そして、心理作戦(PSYOPS)を効果的に調整することは、他の国家の中でアメリカの一般大衆と人々を処理したものであった。人の多くは米国諜報機関と米国国務省の中で働いた。人の多くは英国シークレットサービスと英国部門で働いた。アメリカ人は外交問題評議会と呼ばれるグループに所属していた;

グループへの英国人は王室を国際問題研究所と呼んだ。

外交問題評議会と王室の国際問題研究所は1919年にフォーマルに設立された。

外交問題評議会と王室の国際問題研究所は、効果的に、他の国家の中でアメリカの一般大衆と人々を処理するために使われた心理作戦を調整し続ける。対外関係本部の協議会は、プラット家、58 E. 68番目の通り、NY、NY、10021である。イギリスの王室の国際問題研究所本部はチャダム家、10セント=ジェイムスのスクェア、ロンドン、SW1Y 4LE、UKである。

カナダ、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、インド、フランス、中国、日本、オランダ、およびSoviet Union.1を含む他の国家の中に外交問題評議会と王室の国際問題研究所は枝組織を持っている。ほとんどのアメリカ人は外交問題評議会を耳にしなかった。

セシル・ローズによって置いていかれたお金によって出資された秘密結社から協議会は生じた。

ロードス島は人種差別主義者、男性至上主義者、白人至上主義者、および帝国主義者であった。

ロスチャイルド卿とアルフレッド・バイトはロードス島を資金供給した。

ロスチャイルドとバイトは人種差別主義者であった、性差別的で、白人至上主義者と、ロスチャイルドの帝国主義者too.The金融会社は19世紀の大きな情報機関の1つを維持していた。

彼らが集めた私的な知能は、Rothschildsが首尾よくそれらの投資を置くことを手助けした。

前のCIAチーフ アレン・ダレスによると、「1815において、ヨーロッパがワーテルローの会戦のニュースを待つ間、ロンドンのネイサン ロスチャイルドはすでに、英国人が戦勝していたと知っていた」。

それから、金融の殺害をするために、英国公債を売ることによって、彼は市場を弱めた;

市場で彼の一挙一動を見守った人々は、ワーテルローが英国人と彼らの同盟者によって失われたと断定して、同様にした。「最低水準で、そしてニュースが一般に最終的に知られていた時に、彼が買い戻した適切な瞬間に、公債の価値は高騰した」。

アメリカで、モーガンとロックフェラーの金融会社は、20世紀の大きな情報機関を維持するために来るであろう。モーガンとロックフェラーの家の情報機関は米国政府の情報機関のコントロールを含むであろう。モーガンとロックフェラーの金融会社の多くのエージェントは米国諜報機関のために仕事に行くであろう。

第一次世界大戦の間、情報員真正化工作の最も重要な要素の1つはパスポート、身分証明書、および他の文書の組立てであった。検閲と文書の支店は米国海軍準備のヘンリーS.モーガン司令官(JPモーガンJr.財政家の息子)によって率いられた。

政府の戦時検閲能力の下で戦争省によって横取りされた郵便物、ケーブル、および電話会話からモーガンのエージェンシーは知性的存在を集めて、編集した。

2

ジョン・セシル・ローズと彼の追従者は、彼らの戦利品を正当化するためにどのように精神政治的な操作を効果的に適用するかを知っていた。戦利品はイデオロギーの名前において作られた--「白人の荷」を文明化する。ロードス島は、国際的な精神政治的な操作と隠れた活動を形式化することに役立つであろう遺産を残すであろう。

セシル・ローズは、南アフリカに関しての英国のコントロールを確立することについて手段となっていた。ロードス島は南アフリカでダイヤモンドを掘っているすばらしい富を得た。

1888において、ロードス島はデビアス・コンソリデーテッド・マインズの中にいくつかのダイヤの会社を統合した。同じ年ロードス島はアイルランド地方自治の原因のために1万ポンドをイギリスに送った。1889において、ロードス島によって、英国南アフリカ会社はチャーターを得た。

ローデシアは彼に敬意を表して名付けられた。ロードス島は南アフリカの政治家になった。

ロードス島は、アパルトヘイトと名付けられるであろう人種差別主義者統治システムを設立した。

人種差別的な政策はレースの完全な分離を要求していた。黒人は一定の職業に限定された。

黒人は同じ仕事のために白人よりずっと下の賃金を受け取った。白人だけが立候補するか、公職についていることができた。1948年に、レースの別個の開発の方針は公式にされた。新しい方針はアパルトヘイトと呼ばれた。

1961年5月31日に、南アフリカ連邦は英連邦から引っ込み、南アフリカ共和国になった。

1993年の終わりまで、南アフリカの政府は三辺の議会であった。議会は白人のために1つの議会を持っていた;

Coloureds(混じったレースの人々)のための1棟の家;

そして、1はアジア人のために住む。議会は黒人のためにフランチャイズまたは表現を全然持っていなかった。24と26歳の間で、セシル・ローズは7つの意志を作った。最初の意志は秘密結社を設立した--それは「秘密結社意志」と呼ばれた。

7番目の意志はローズ奨学金を設立した。奨学金は、オックスフォードで研究のためにアメリカ人、ドイツ人、および植民地人に授与されることになっていた。オックスフォードのオールソウルズカレッジは秘密結社本部になるであろう。3番目の意志が彼の財政家、ロスチャイルド卿評議員をしたロードス島。ローズ奨学金意志は評議員をロスチャイルドの女婿神Roseburyに変更した。

ロスチャイルドはユダヤ人であり、Roseburyはそうではなかった。Rosebury、彼のユダヤ人の義父よりふさわしい評議員はそうであった。ロードス島は1853として7月5日誕生した。

1877において書かれた最初の意志は「秘密結社」を設立した--「円卓」。

ロードス島は最初の円卓リーダーであった。ロードス島の意志は、来るために世代のために続けるために、円卓メンバー資金を保証した。円卓の人はイギリス上流階級--教育された大学--、富裕であった--Privileged。

グループはイギリス「設立」と公然と称された。秘密結社メンバーはオックスフォードとケンブリッジから学生を含んだ。オックスフォードの少年はセシル・ローズ、アーノルド・トインビー、アルフレッド・ミルナー卿、アーサー・グレーズブルック、ジョージ・パーキン卿、フィリップLyttletonゲル、およびヘンリーBirchenough卿を含んだ。ケンブリッジ少年はレジナルド・ベーリオル・ブレット(別名神イーシャー)(先生ジョンB.シーリー、アルバート・グレー卿)を含んだ、アーサー・エドマンド・ギャレット。ローズ奨学金の秘密結社と目的の目的は、英語圏の世界じゅうでイギリス支配階級伝統を広めることであった。オックスフォードとケンブリッジの少年は、彼らの人生を、大英帝国の拡張と彼らが「英語圏のアイデアの拡張」と呼んだ1つのプロジェクトの2つの部分としてのイギリスの都市のマスの高揚に捧げるであろう。「英語圏のアイデアの拡張」の追跡は、戦争と略奪を通して豊かになるのを含んだ。ロードス島の時間の帝国主義は金、ダイヤモンド、およびスレーブの中で400億ドルを生成した。円卓少年は彼らの卑劣なefforts.3による略奪品のライオンシェアを捕らえた。

アメリカの大きな財産の多くがされるであろうのは、南北戦争に続いて、年にであった。

イギリスは100年前その産業革命をスタートした。財産は内戦の間に北と南のファミリーによって成された。南北戦争から財産を成した多くの人は教育のために彼らの息子をイギリスに送った。

何人かの少年が、ケンブリッジやオックスフォードなどの私立高等学校いくつかの出席した大学に出席した。アメリカ乳母を連れて、何人かの少年は外国に行った。

外国に送られたうばの何人かが戦前スレーブであり、現在彼らの前のマスタによって有利に雇用された。彼らの息子を訪問し、イギリスを旅行するために、人と彼らの妻は外国を旅行した。

イギリススタイルにおける尊大なマナーハウスはピッツバーグの外で煤けた山腹の上で生じた。

ノーサンブリア人城から購入されて、重いイギリス家具の地所とともにタリータウンに出荷される部屋全体。イギリス執事と乳母は使用人としてアメリカに雇われて、返された。

新しく取得された「社会的な声」は発展した。

それは英国の貴族階級からコピーされた南部なまり、ヤンキーアクセント、および屈折のブレンドであった。オックスフォードとケンブリッジに出席する間に、アメリカ少年の多くは、戦争と略奪を通して豊かになるのを含んだ「英語圏のアイデアの拡張」の追跡に興味をもっていた。これらのアメリカ少年の何人かが、「円卓」に参加するように請われた。

4

円卓は14年の間秘密であり続けた。

オックスフォードの少年とケンブリッジ少年はイギリスの最もセンセーショナルなジャーナリストウィリアムT.ステッド(1840-1912)のそれによって互いに紹介された。

ロードス島のように、ステッドは人種差別主義者、白人至上主義者、男性至上主義者、および帝国主義者であった。ロードス島はステッドの記事を楽しんだ。

2は親密な友人になった。2月5日に、1891ロードス島とステッドはフォーマルに秘密結社「円卓」を設立した。ロードス島はそのリーダーであった。ウィリアム・ステッド、レジナルド・ベーリオル・ブレット(ケンブリッジグループ - イーシャー卿)、アルフレッド・ミルナー(オックスフォードグループから - ミルナー卿)は実行委員会を結成した。1897において、ミルナーはケープ植民地の南アフリカと知事で高等弁務官になった。アーサー・バルフォア卿、ハリー・ジョンソン卿、ロスチャイルド卿、およびアルバート・グレー卿は「新入会者の円」のメンバーとして考えられた。

「ヘルパーの協会」として知られている外の仲間は他の国家の中で設立されるであろう。

外の円の最初の2つの秘密の円卓グループはオーストラリア円卓であり、ニュージーランド円卓は1890-1893間で設立された。ウィリアムT.ステッドは彼のReviews.5の雑誌レビューを通してメンバーを募集した。1902年に、ロードス島は死んだ。

円卓のリーダーシップは、主要なロードス島評議員になったアルフレッド・ミルナー卿に移り変わった。彼の管理を組織するのを手伝うために、南アフリカのミルナーの中の総督と高等弁務官がオックスフォードとトインビーのホールから若者のグループを募集する間。

ミルナーの指導のもとでの南アフリカで、このグループはミルナーの「幼稚園」として知られていた。

「ジョージ・パーキン卿はロードス島の団結秘書になった」信頼とコマンドの中のミルナーのセカンド。次の7年の間、「円卓」は主要な英国保護領で、そして米国でネットワークを設立することに忙しかった。米国円卓メンバーは含んだ(ジョージ・ルイスBeer、ウォルター・リップマン、フランク・エイデロット、ホイットニーShepardson、トーマスW.ラモント、ジェロームD.グリーン、フレデリック・ディクソン、およびその他)。ネットワークの機能の1つは、私的な知能を集めることであるであろう。

円卓の情報機関はそれにならって作られる 19世紀の大きい情報機関 --ロードス島を資金供給したロスチャイルド神によるグループ、円卓の創立会員、および砂糖パパに利用可能に作られたロスチャイルドの金融会社の情報機関。知能集まり活動は、「円卓グループ」メンバーが成功した投資を達成することを手助けするために使われるであろう。

知能集まり活動は、また、円卓グループのメンバーによってコントロールされた様々な出版社と新聞を通して違う目標グループで心理作戦の焦点を合わせるであろうステッドのようなメディアの人々に情報を提供するために使われるであろう。

会議用のメンバージョージルイスビール、エドワードマンデル家、ウォルター・リップマン、ホイットニーShepardson、ジェームズT.ショットウェル、チャールズシーモア、およびアイザイア・ボーマンは、アメリカの最初フォーマルな知能組織 問い合わせ の創立会員になる。

問い合わせのためのアイデアはフェリックス・フランクファーターによってウィルソン大統領に提案された。1909年-1913年の間で、外の円(「ヘルパーの協会」)は他の主要な英国の頼みの綱に拡張された。カナダ円卓はアーサー・グレーズブルックとジョージ・パーキン(ミルナーのオックスフォードの学部生友人)によって設立された。南アフリカ円卓はPatrick Duncan、 B. K.長い間卿とドゥーガル・マルコム卿(ミルナーの「幼稚園」の人)によって設立された。

インド円卓はウィリアム・マリス卿、ジェームズMeston卿、および雹まじりの(ミルナーの「幼稚園」の人)マルコム卿によって設立された。オーストラリア円卓とニュージーランド円卓はパーキン(1889-1910)とライオネル・カーティス(1910年-1919年)によって拡張された。

秘密結社「円卓」グループはアルフレッド・バイト(1853-1906)、エイブ・ベイリー(1864-1940)卿、およびアスターFamily(1915年)を含むロードス島のサポーターからロードス島のお金と資金によって資金提供された。1925年以来、多大な寄与は国際バンキング団体(特にカーネギーイギリス信頼)、J・P・モーガン組織、ロックフェラーファミリー組織、ホイットニーファミリー組織、ラザール兄弟の仲間、およびモーガン、グレンフェル・アンド・カンパニーと関連した基礎と会社によってされている。ロスチャイルドバンキング王朝はフランクフルトドイツでマイヤー・ロスチャイルドによって設立された。ロスチャイルドは5人の息子を持っていた。各息子は違う国で支店を設立するであろう。

Amschel、年長者は彼の父とドイツにとどまっていた。ソロモン、2番目の息子はウィーンオーストリアで枝を設立した。ネイサン、三男坊はロンドンの支店を設立した。カール、4番目の息子で、ナポリイタリアで枝を設立した。ジェイコブ、5番目の息子はパリ支店を設立した。ベアリング、Larzard、アーランガー、ワールブルク、シュローダー、Selingman、Speyers、Mirabud、木づち、フルド、ピーボディ、およびMorgan.6を含めて、他の国際的なファミリーバンキング王朝は生じた。

政治的な約束と決定的な政治的な問題をコントロールする最も効果的な方法は通って、円卓グループが国際的な金融のネットワークをコントロールしたことであった。

バンキング王朝は通常の貯金または商業銀行と著しく異なった。

彼らは特別な名前を持っていて、イギリスで、彼らは「マーチャントのバンクの業者」として知られていて、フランスで、彼らは「個人銀行」と呼ばれて、米国で、そこで、「投資銀行家」として知られていた。「投資銀行」を特徴づけていた特徴は以下を含んだ:

それらが国際的であった1.( どれが"投資銀行を意味しているかがどのような1つの国家にも借りていなかった 忠誠 それらの忠誠は、その利益を最大化するバンキングネットワークを結果として生じる国家を支持して変わった);

2. 彼らはお金を、政府(マッケンナを言い替える「投資銀行」が政府の方針を指示し、掌中で、人々の運命を保持したのを意味していた)に貸した;

3. "投資銀行"が、国インフレ率をコントロールすることに興味をもっていたことを意味していた債券(への投資から、それらは金儲けした。

どのようにインフレが行くであろうかを知ることは、どの馬が事前に競馬を勝ち取るであろうかを知るようなものであった。

一般大衆が、「投資銀行」が債券を買っていて、売っていたかどうかを知らなかったので、「投資銀行」は、買い、売ることによってインフレとデフレーションを抑制するのを手伝うためにこの知識を使うことができた。これはまた、「投資銀行」がそれらの商業ベンチャーを秘密にすることができたことを意味していた。これは、セシル・ローズの南アフリカの冒険のようなベンチャーに資金提供するのを含んだ。それはまた、戦争と略奪を通して金、ダイヤモンド、およびスレーブの中で400億ドルを生成したロードス島の時間の帝国主義を結果として生じるであろう秘密活動に資金提供するのを許した。それはまた、戦争の両側に資金提供することによって同じ「投資銀行」が金儲けすることを可能にした。南北戦争の間に、北と南の原因の両方に資金提供することによって、ロスチャイルドと他のバンキング王朝の家は金儲けした。北と南の原因の両方に資金提供した有名なアメリカ金融会社はジョージ・ピーボディ&会社の金融会社であった。

ジョージ・ピーボディ&会社はロンドンをその作戦基地にしたのでそれが、開拓アメリカにヨーロッパから流出した資本を導いて、加わることができた。JPモーガンの父はジョージ・ピーボディ&Co.についてのパートナーであった。彼が19歳であった時に、JPモーガンは彼のパパで見習いとしての有名なロンドン金融会社を経営しはじめた。

彼は1857においてロンドンを去り、彼のまさしくその所有物の金融会社を設立するために、建つ金融センターに戻った。3月3日に、1863モーガンは政府契約についての委員会によって調査された。モーガンは、セントルイスの近くで四等分された北の軍を率いたフリーモント将軍に不完全なライフルの購入と再販売に参加するために調査された。不完全なライフルは彼らを使っている兵士の親指を発射した。軍隊は、支払うことを断った。モーガンは109,912ドルで政府に対して主張を申し立てた。モーガンは、不完全な武器を購入するためにほんの17,486ドルを貸した。

委員会リポートは支払いをモーガンに断った。

「南の平原をcrimsoningしていて、それらの同国人のボディは塵の中でくずれている」。

7

内戦の終わりと米国がmerchantile土地再分配論者民主主義国から統合された産業界に変更した20世紀の最初の間の期間に。

若い起業家の小集団は主として変化に責任があった。

このグループは国家を経済で支配するようになった。

人は「ジェイ・グールド、ジム・フィスク、JPモーガン、フィリップ・アーマー、アンドリュー・カーネギー、ジェームズ・ヒル、およびジョン・ロックフェラー(コリスハンティントン、リーランド・スタンフォード[と]ジェイ・クック)であった」。その後何年もの間、若者のこの集団のメンバーのすべては彼らの最初の「棚ぼた」と出会ったであろう…と、戦争の終結は、彼ら(お金(彼らの資本を増大させるために装備されている資本家)のマスタ)に会うであろう。危険と混乱の時間に、それらだけが準備されるかのようであった。セカンド アメリカ革命がそれらのために戦われるかのようであった。"この新しい支配階級のメンバーは一般に「男爵」、「王」、「帝国ビルダー」、または「皇帝」とさえ呼ばれた。

彼らは攻撃的な人であった;

時々、それらは無法であった;

「重要な危機の中で、ほとんど、それらのすべては、多少、コミュニティの民衆の指導を固定したそれらの確立された道徳的な原則なしで作動する傾向があった」。。

8

モーガン、ロックフェラー、およびカーネギーはセシル・ローズのアメリカ円卓グループのメンバーであった。泥棒男爵は強烈な競争に従事した。これらの競争はしばしば世界じゅうの様々な国家の中で数億人の人々のためのみじめさを起こしている厳しい経済不況を結果として生じていた。

競争と絵のような戦闘はプレスの中で最後までされた。時々、プレスは、不況を開始するために使われた。1871の6月に、Pierpointモーガンはアンソニー・ドレクセル(フィラデルフィアで2番目に最も大きな「投資銀行家」)と協力した。ドレクセル、モーガン&Co.と呼ばれる会社は設立されて、ロンドンのJ.S.モーガン枝と結び付いた。北の太平洋の鉄道は国の2番目の大陸横断鉄道であった。

それは米国カケス クックとCo.(フィラデルフィアで最も大きな「投資銀行家」)中で最も強力な「投資銀行業」家によって資金提供されていた。クックはバーチャルな専売品に政府の上で資金調達させておいた。内戦の間に北に出資するために、クックはお金の主要なソースであった。

彼はワシントンD.C.金融会社を通して働き、彼のパートナーはアンソニー・ドレクセルであった。

クックは戦争の準備のために上げるお金でとても成功していたので、彼は結局政府の唯一の財務代理人になった。G.W. チャイルズはフィラデルフィア原簿を動かした。ドレクセル、モーガンの新しいパートナーは、フィラデルフィア原簿を設立するためにお金をチャイルズに貸した。

1871の6月に、フィラデルフィア原簿は北の太平洋の鉄道を攻撃しはじめた。ユリシーズ・グラントは1872における再選挙のために走った。クックは、再び選ばれるためにグラントを当てにしていた。

グラントの再選挙約束の一部は、北の太平洋の鉄道に「再融資する」300,000,000ドルの国債であった。グラントが勝つのを手助けするために、クックはたくさんのお金を使った。クックは鉄道工事のために1ヶ月に1,000,000ドルを提供していた。このお金はジェイ・クックによる北の太平洋の束縛&米国の、そしてLondon.におけるCo.オフィスの販売から来た。悪い評判は国内外で束縛販売を傷つけた。クックは、北太平洋によって1ヶ月に必要であった1,000,000ドルの200,000ドルをカバーするのに十分な債券を売ることができただけである。クックは、自身で束縛において他の800,000ドルを買う必要があった(彼がそれをした)。

鉄道は問題を持ち始めた;

セクションは北の湖に沈み、大統領は堕落のために追い出された。

貸付金を返済している300,000,000ドルで時間が近くなるにつれて、フィラデルフィア原簿はその反北の太平洋のキャンペーンを強化した。それは、「それらの信用を支持する」ために、クックが新政府に出資する操作が必要であったという噂をプリントした「(それは北太平洋との関係によって失われた)」。1873の2月に、300,000,000ドルの貸付金は敗北まで行った。クックは貸付金を期待していた--従って、たくさんの他の人々を持っていた。クックのトラブルは堅く金儲けし、金の価格はロンドンで高騰した。ドレクセル&モーガンの社はまったくよくした。北の太平洋の債券は、ますます、より売りづらかった。9月18日に、グラントとクックはフィラデルフィアのクックの家で朝食をとっていた。クックはニューヨークについての彼のパートナーから電報を受け取った。クックと大統領はフィラデルフィアオフィスに行った。そこで、クックは大統領と彼のフィラデルフィア仲間に、11:00に、彼のパートナーがニューヨークで支店のドアを閉めたと言った。彼を取り囲み、泣いた大統領と人から、クックは彼の顔をそむけた。数分後、揺り動かされたジェイ・クック&Co.、3番目通りフィラデルフィアへの道は閉じた。すぐ同盟したブローカーと5,000棟の商業用の家は破産の中にそれに続いていた。ウォール街敗走は10日続いていた。それは自身のための並の人であった。

最も強いものだけが残存した。モーガン、ロックフェラー、およびカーネギー(アメリカの円卓に所属していた人)は最も強かった。少しの若い冒険は豊かながれきを苦しめていて、自身で豊かになった。

廃品業者の1人はエドワードH.ハリマンであった。国は、5years.9のために続くであろう不況に入った。1901年までに、モーガンの米国The家とロックフェラーの家に残された2つの主要な「投資銀行」があった。強力であるけれどもより小さな会社はクーン・ローブ&Co.の家であった。これらの3棟の家はすべて円卓グループに密接に接続していた。クーン、ローブ、および&社の主要な金融の天才は円卓グループメンバー オットー・カーン(2月21日、1867- 29日)であった。

カーンはマンハイム、ドイツ中で誕生した。オットーの父はドイツ銀行のための財政家であった。

彼が17歳であった時に、オットーは銀行で出勤した。twentyoneで、オットーはロンドンの支店に移されて、ロンドンが好きになり、英国市民になった。26個(1893)バラ油で、ポジションがニューヨークのスパイヤー&会社の金融会社によって受け入れた。スパイヤーの家はヨーロッパで最も大きく、最も古い国際バンキング王朝の1つであった。金融恐慌はその年に始まった(それが4年続いていた)。スパイヤー(1895)の2年の後に、旅行し、アートを勉強し、音楽を聞くために、オットー・カーンはヨーロッパに戻った。1月6日に、1896カーンはAddieウォルフ(Khunローブ&Co.の前のパートナーの娘)と結婚した。カーンは、Khun、年 後者 ローブ&Co.のメンバーになった。

カーンと彼の妻は裕福であった。カーンはアートを収集し、メトロポリタン・オペラ・カンパニーを設立することにおいて、主要な力になった。ワールブルクの家の1902年のポールとフェリックス・ワールブルクの中で、ヨーロッパの最も大きく、最も古い「投資銀行業」家の別のものはアメリカに到着した。彼らは、ファミリー銀行を経営することをそれらの兄弟マックスにフランクフルトドイツで任せた。

ポール・ワールブルクはニーナ・ローブと結婚し、フェリックスはジェイコブ・シフの娘フリーダ・シフと結婚した。ジェイコブ・シフはクーン耳たぶ&Co.でシニア・パートナーであった。

両方の兄弟はクーン耳たぶパートナーになった。ポール・ワールブルクの給料は1年に500,000ドルであった。カーンはクーン・ローブ&Co.の主要な金融の天才になった。

第一次世界大戦へのアメリカの参戦に先がけて、別の円卓メンバーはカーンのようにクーン・ローブ&Co.によって雇われて、彼はイングランド人と円卓のメンバーであった。彼の名前はウィリアム・ワイズマン卿であった。ワイズマンは英国の秘密情報局のニューヨークの課長であった。

戦争へのアメリカの参戦の後に、ワイズマンはクーン&耳たぶと別れて、ウィルソン大統領の政権とイギリス政府の間で仲介者として勤務するであろう。ワイズマンは別の円卓メンバー、エドワード・マンデル・ハウスによってウィルソンに紹介された。ワイズマンはパリ講和会議の少し後でクーンLobe&Co.に戻った。秘密の諜報機関でのワイズマンの仕事が申し立てによると終わる間、彼は、以下を含む戦争の間で年にそのポストに就いていた彼の後継者エージェントとの接触にとどまっていた:

モーリスJeffes;

ヘンリーMaine指導者;

H.B.テーラー司令官、英国海軍;

サー・ジェイムズ・パジェット指導者、英国海軍;

そしてウィリアム・スティーブンソン。

10

ちょうど、エドワード・ハリマンが権力を握っていたように、カーンはクーン・ローブ&Co.に入った。

彼の巨大な鉄道トランザクションに資金提供することについて、ハリマンはカーンに依存した。

ハリマンはまたロックフェラーの家と位置合わせされた。他の主要な鉄道王は、モーガンの家と位置合わせされたジェームズJ.ヒルであった。J. Pierpoint モーガンはパートナーのグループによって自身を取り囲んだ。すべての彼のパートナーはエネルギッシュであった--モーガンが、多く自身を見ることになっているわけではなかったけれども、多くは、ハリウッドの主役男優であるのに十分に立派であった。彼のパートナーの中で最も可能なものはチャールズH.コステル(鉄道エキスパート)、Egistoファッブリ(イタリアエコノミストと数学者)、ジョージ・W・パーキンス(最初の国立銀行からの)、ジョージF.ベーカー(最初の国立銀行からの)、ジョージS.Bowdoin、 J.フード・ライト、およびロバート・ベーコン(ロンドンへの未来の大使)であった。モーガンと彼のパートナーはたくさんの銀行と保険会社の直接的なコントロールを忙しく取得していた。彼の秘密同盟のキャンペーンにおいて、モーガンは商業の国立銀行、最初の国立銀行をコントロールした;

そして、ハノーバー、自由、および追跡と結び付いた。

モーガンは3つの大きな生命保険会社ニューヨークライフ、公平なライフ、および相互のライフを支配した。1900年が近くなるにつれて、これらの会社は財産において約10億ドルを所有した。

法律によって、彼らは、毎年55,000,000ドルを投資することを要求された。

モーガンパートナー パーキンズ、ベーカー、およびモーガンはまた生命保険会社ディレクターであった。モーガンと彼のパートナーは自身から証券を買うであろう。

モーガンは2回調査された。

1回の調査がチャールズ・エヴァンス・ヒューズ(ニューヨークでのアームストロングの調査)によって指示された。他はルイス・ブランダイスによるPujo委員会調査リードであった。

Pujoの調査は、モーガンが銀行と保険会社の大きなプールに、彼が浮かべた証券を購入するように命じたと断定した;

そして、これらの証券の収益は直接モーガンの家またはその予備材料(最初の国民(商業銀行などの))中に預けられた。Pujo委員会はクリーブランドH.ドッジ(ジェームズStillman、 J.オグデン・アーマー(同じ方法で手術を行われたウィリアム・ロックフェラー))をそのロックフェラーのナショナルシティー銀行共同取締役のために見つけた。ブランダイスは、「彼らは人々自身のお金を通して人々をコントロールする」と断定した。「貯金と他のものの当座資本を行使することから、私達の金融の寡頭政治の独裁者のパワーのパワーと成長は来る」。モーガンの家とロックフェラーの家はすでにそれを知っていた。調査が閉まる状態で、彼らはもう時間を全然浪費しなく、国家貯金のすべてをコントロールする集中的な努力における驚異的なスピードによって全力を出した。


11

北の太平洋の鉄道の株のための華々しいコンテストはヒルモーガン力とハリマン・ロックフェラー・カーン力(1901年5月3日-9日)の間で始まった。この太平洋の株はモーガン・アンド・カンパニーのロバート・ベーコンによって駆け上がられた。一般大衆は、起こったことを正確には知らなかった。

プレスによって与えられた知覚は、ロックフェラーの家とモーガンの家が生死にかかわる苦闘においてロックされていたことであった。副産物は突然のパニックであった。いつ煙が数千人の人々をクリアしたかは破滅した。モーガンは非難された。モーガンは、「私は公的なNothingにも借金していない」を答えた。モーガンの円卓集団住宅とロックフェラーの家は手を握り、連動指導者職を成形した。1901年の停戦は円卓グループ(Khun耳たぶ&Co.の家)によって流通させられた。

邪魔にならないところのそれらのライバルによって、一般大衆に資本家のずっと熟し、有徳なグループの認知を与えるために、円卓グループのメンバーは精神政治的な操作を開始した。

結果として、一般大衆は、「泥棒男爵」の時代が終わっていたことに気づいていた。

彼らが、「微妙なファシスト」の時代であったと知らなかったものはbegun.12を持っていた。

エドワード・マンデル・ハウスは7番目の息子の7番目の息子であった。

家によると、「私達は元来オランダから来て、名前はHuisであった(それは最終的に家に落ちた)」。

父は家から逃走し、海 時 子供 に行き、彼が資産家と区別になるまで戻らなかった 彼の家までに 。それがメキシコに付属していた時に、彼はテキサスに来た。

彼は革命に参加し、一般的なバーレソンの下で戦い、テキサスを共和国にするのを手伝った。

この戦争における彼のサービスのために、彼はコリエル郡の土地のために補助金を受け取った。

テキサスが組合に入り、離脱し、組合に戻るのを見るために、彼は生きていた。

彼は、 「13家の伝記作家に与える チャールズシーモア 」という4 flags.の下のテキサスに住んでいた 従って、1916の夏に大佐家を書いた 。その時彼の政治的な活動の短い小康は、紙 全国的で、国際的な名声への彼の急速な上昇の後ろに横たわっていた背景の何か において彼が推測するという機会を与えた。ファミリーがその起源オランダ人にあったけれども、彼の慎む人はイギリス風の約300年の間であり、彼の父が逃走したのはイギリスからであった。家自身、7番目の息子は、ヒューストン、テキサス、および彼がいつも彼の家とみなしていたこの状態で1858において誕生した。ウィルソンまたはウォルターPage(それとともに、彼は後でそんなに密接に関連した)のそれらよりいっそうもっと、彼の最初の年は興奮によって触れられて、時の時.インチ14The騒動の騒動は内戦(1861-、1865の)であった。トーマス・ハウスは彼のコリエル郡土地の上の綿を栽培している百万長者になった。船を買うために、トーマス・ハウスは彼のお金のいくらかを使った。

船は、買われて、売られた商品を運んだ。家が取引した2つの商品は綿とスレーブであった。

何人かの南部地方の人は、どうにかして南北戦争から利益を得た。

トーマス・ハウスはものであった。戦争が始まった時に、リンカーンは南の沿岸を封鎖した。

トーマス・ハウスは、家が豊かに適していたblockades.Thomasを動かすために彼の船を使って、彼の富を増大させて、彼が岸から安全に観察する間、封鎖線を突破するために人を雇うことによって、リスクを避けた。エドワードによると、「戦争中に、ハバナとベリーズホンジュラスなどの過ぎる近くのポートに封鎖線を突破するために、彼は綿によってガルベストンから多くの船を送った」を収納しなさい。その時に、私達はヒューストンでだけでなくガルベストンに家を持っていた。

ガルベストン家は1つの街区全体をカバーした。家は白い柱を持つ大きな赤れんが植民地人1であり、オレンジ畑はグラウンドのほとんどを取り上げて、セイヨウキョウチクトウはそれらを取り巻く。

いつ彼の船を送るかを決定することにおいて、父は主として天候によって制御された。

暗く、嵐の夜は選ばれた1つであった。午後に、彼は私達の家のキューポラに近づくであろうし、彼のめがねによって、彼は、いくつの連邦の小型砲艦が沿岸を巡回していたかをわかるために水平線を見渡するであろう。そして、彼の船は夜の早い部分で外に出るであろう。

朝に、日光で、彼は、再び、いくらかが行方不明であったかどうかを確かめるために連邦の小型砲艦を思う前途であるであろう。それらがすべてそこにあったならば、彼は、彼の船が封鎖を通したと適度に確信すると感じていた。彼が、彼の船がポートに安全に来たかどうかまたはそれらが捕らえられたかどうかを明確に知っているまで数ヶ月であるであろう。

彼がものを失った時に、損失は完全であった;

しかし、人が通過した時に、利益は大きかった。

彼は働く取り決めを、帰航がすべての種類の衣類、アーム、および軍需品をそれらに持って来た南軍の政府と結んでいた。南のカオスの外のリーの引き渡しとある種の注文を持ち出すことの間のひどい日は消しがたい印象を私の精神に与えた。私は、合間がそうであったのを今長い間思い出すことができないけれども、それはまる1年以上あったにちがいない。ヒューストンに来て、そこで解散したテキサスの兵士の1つの連隊があった。彼らは町を略奪した。彼らは、父の倉庫に侵入することを試みたけれども、彼は散弾銃によって戸口に立った...殺人はどこでもいっぱいであった;

法律が全然なく、注文が全然なかった。隣の隣人のにあなたに夜行くことは危険であった。父が、するこれを持っていた時に、彼はいつも彼の散弾銃または6連発銃を取ろうと手を伸ばし、軍事戦略を議論するために、戦争の行き、次の.インチ15人が家大規模農場で合う間、それを、出る用意ができることに保った。それらの人の1人はジェファソン・デイヴィスであった。1月1863リンカーンに、「謀反におけるすべてのスレーブ」を解放している奴隷解放宣言が出た。宣言は奴隷を、反逆し、彼らのオーナーを殺す気にさせた--彼らの報酬は彼らの自由であるであろう。

奴隷所有主は、リンカーンを憎悪する理由を持っていた。4月9日1865のリーの引き渡しはトーマス・ハウスのための凶報であった--彼の封鎖運転ビジネスは終わっていた。リンカーンは暗殺された5日後者であるであろう。これは、戦い続けるように南の軍に勧めていた。

リンカーンの暗殺のニュースは家大規模農場で嬉しい知らせであった。5月26日1ヶ月後引き渡された最後の反乱軍、1865。1866において、クー・クラックス・クランは南でひそかに形を成した。

それらは自警団員グループであり、それは黒人にテロを用いて、復元の間に南部中で移動したカーペット袋詰め機と犯罪者に対して、フロンティア公正を使った。トーマス・ハウスとエドワードの兄の何人かはテキサスのクー・クラックス・クランの団員に参加した。

16

内戦の後で、エドワードはイギリスの私立高等学校に送られた。

エドワードは彼のイギリス学友との親交を発展させた。

エドワードの学友の何人かがセシル・ローズ円卓グループのメンバーになるであろうので、エドワードはするであろう。エドワードの学友の何人かが、英国で最も強力なイギリス外交官とスパイになるために成長するであろう。エドワードは、onがアメリカの最も強力な外交官とスパイが持つように成長する。彼が14歳であった時に、エドワードの母は死んだ。彼の教育を完遂するために、エドワードはアメリカに戻った。家(「私は、エールに入ることができることを予定していたけれども、私は自身がまったく準備がないと気付き、しぶしぶ、ホプキンの'77のクラスのグラマースクールに入った...私が教えられたものはあったけれども、ほとんど、私が何も知っていなく、最初から始めたならば、ラテン語とギリシャ語が関係していた限り、使用と私はより順調でなかったであろう」)によると。

私は勉強したけれども、ほとんど、私はすぐ、私が、エールで'81のクラスに参加するのに苦労をするべきであると気付かなかった。その間、オリバーT.モートン、インディアナと私のオリバーP.モートン上院議員の息子は親友になり、私達は、エールの代わりに個別指導し、コーネルに行くことに合意した。「モートンと私の両方は本の上よりいたずらを企んでいて、害が無実の間、それは私達を貧しい学生にした」。

シフトしているのか?

ベンチャー革命2006年6月21日

                           山本尚利

タイトル: 福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ



 すでに、筆者は、今年の年頭、ポスト小泉を占っています(注0)が、現在の流動的な日本

の政局を鑑みて、その半年後の今、福井日銀総裁バッシング事件を通じて、再度、ポスト小

泉シナリオの予測に挑戦してみます。



1.小泉ファミリーの掃討作戦の狙いとは:MOT的視点から

 小泉政権の寿命が今年9月に迫り、ここにきて小泉ファミリー、村上ファンドへの攻略(注

1)、福井日銀総裁への攻撃がにわかに激しくなってきました。筆者は1年以上前から、オリ

ックス宮内ファミリー(村上世彰氏を含む)と福井日銀総裁のただならぬ関係は個人的に知っ

ていました。村上氏の逮捕された今、この人脈は、反小泉勢力にとっては絶好の攻撃ターゲ

ットであることもよくわかります。したがって、今回の福井総裁バッシング(注2)を、小

泉ファミリーへの総攻撃の一環であると筆者はみなしています。いつの時代も時の政権末

期、権力抗争が表面化してくるとこのような局面が起こることはよくあります。ところで筆

者の興味は、小泉ファミリー攻撃の主導者が誰かという点です。まず想定されるのは、

(1)反小泉の官僚権力です。もうひとつは、(2)米国覇権主義者です。この2者以外に

は、自民党内の反小泉勢力が挙げられますが、その力はすでに弱くなっているとみていま

す。

 一連の動きを観察するに、東京地検によるライブドアや村上ファンド攻略の究極のターゲ

ットは、実は福井日銀総裁の攻略であった可能性すらあります。

?そこで、福井総裁バッシングを、筆者の専門であるMOT(技術経営)におけるシナリオ・アプロ

ーチで推論してみます。

(1)反小泉官僚権力主導の福井総裁バッシング・シナリオ:

?このシナリオでは、福井日銀総裁攻撃の究極の目的は、日銀総裁ポストの奪還ということに

なります。ちなみに日銀総裁ポストは、福井氏のような日銀プロパーと財務省あるいは金融

庁(元大蔵省)の横滑り官僚が交互に座るという伝統があります。

(2)米国覇権主義者主導の福井総裁バッシング・シナリオ:

 日銀人事は戦後まもなく米国覇権主義者を操る国際金融勢力に実質的にのっとられている

と、前々から筆者は個人的に思っていますが、日銀内での地位を不動にした福井総裁が、日

本の国益の観点から、本来の日銀運営を取り戻そうとした。しかしながら、福井氏の構想す

る日本国家金融戦略の是正が国際金融勢力の私益に反するとみなされたので、福井失脚が画

策されているという見方です。もしそれなら、したり顔の有識者による福井批判は、とんだ

お笑いグサですね。

 今のところ、筆者には残念ながら、上記どちらのシナリオで福井失脚プロジェクトが動い

ているのかわかりません。



2.小泉ファミリー内の分裂

 バッシング渦中、針のむしろの福井氏は元々、米国覇権主義者の傀儡、小泉政権が担いだ

日銀総裁ですから、米国覇権主義者に背けば、当然のごとく失脚させられるはずです。今の

ところ小泉首相は一応、福井氏をかばう姿勢をとっていますが、これは単に武士の情けにす

ぎないのでしょう。ところで、福井総裁率いる日銀は、2006年3月9日、5年半に及ぶ、量的緩

和政策の解除を決定したと報道されていますが、この決定が、国際金融勢力の私益に反する

のでしょうか。マスコミ報道によれば、日銀の量的緩和解除政策への批判の急先鋒は、竹中

総務大臣(小泉政権の実力者)とのこと。なるほど。要するに、小泉ファミリーは一枚岩では

なくなっているということです。小泉ファミリー内での、対米従属度というより、対寡頭勢

力従属度に個人的バラツキがみられるということです。福井氏は竹中氏ほど、対寡頭勢力従

属度が高くないようにみえます。

 筆者は、2005年10月の時点で、ポスト小泉の次期首相として竹中氏を予言していました(注

3)。これは、別に彼の出世を期待しているのではなく、筆者のMOTシナリオ論を適用すれ

ば、当然、竹中総理大臣誕生シナリオが浮上すると予測していたにすぎません。

 ここで、ポスト小泉シナリオを再度、予測するには、小泉首相の対寡頭勢力従属度が真に

どれくらいなのかの分析が必要となります。小泉首相は意外にも実は、竹中氏のような筋金

入りの対寡頭勢力従属者ではないのではないかと、かなり以前から筆者は思っていました(注

4)。

 小泉首相と竹中総務大臣の対米従属度ではなく、対寡頭勢力従属度の微妙な差が、ここに

きて、小泉ファミリー内の分裂を招いているのではないでしょうか。

 ところで6月18日のTVニュースで、安倍晋三夫妻がメトロポリタンオペラ『椿姫』日本公

演を鑑賞しているシーンを見かけましたが、その隣になんと竹中氏がヒョッコリ座っていま

した。そういえば最近、竹中氏が安倍氏に擦り寄っていて、小泉首相の秘書官飯島氏が警戒

しているという情報もありますが、上記、TVニュース画像はきしくもその情報をリアルなも

のにしています。

 竹中氏は米国覇権主義者のシナリオに沿ったポスト小泉の総理大臣就任シナリオをあきら

め、安倍政権における副総理シナリオ(安倍総理は単なるダミー)を狙っているのでしょう

か。

 さて、必死にポスト小泉シナリオを模索する竹中氏自身にそれほど、総理大臣ポストへの

執念が強いとは思えません。それより、竹中氏は、米国覇権主義者、すなわち寡頭勢力への

忠誠心が、催眠術にかかったように強いのでしょう。ところが運悪く、竹中氏の実質的上司

であるロバート・ゼーリック国務副長官が、ブッシュ政権から離脱すると6月19日に発表され

ています。そのゼーリック氏はゴールドマンサックスに移るようです。そしてブッシュ政権

には、同じくゴールドマンサックスのCEOであったヘンリー・ポールソン氏が財務長官として

入閣するそうです。ビル・クリントン政権時のロバート・ルービン財務長官人事を彷彿とさせ

ます。端的に言えば、ブッシュ政権を操る寡頭勢力が交替しつつあるということです。竹中

氏が、交替した寡頭勢力から今後、どのように扱われるのか、今のところ、まったく不透明

です。竹中氏は近未来、ブッシュ政権から次期日銀総裁に推薦されるのでしょうか。しかし

ながら、反小泉官僚権力が、その人事を簡単に受け入れるとも思えません。



3.ポスト小泉:日本の孤立化シナリオ

 さてポスト小泉の次期自民党総裁は、安倍氏か福田氏に絞られたと見てよいでしょう(注

5)。ただし、自民党総裁が自動的に日本国総理大臣になれるかどうかは今度ばかりは微妙で

す。隠れ親米の小沢民主党党首の総理大臣就任シナリオも十分あり得ます(注6)。また、ポ

スト小泉の総理大臣シナリオは、闇の支配者の交替した改装ブッシュ政権の対中国戦略と深

く係わってくるでしょう。交替した寡頭勢力が、一見、親中国派を装うポールソン氏を抜擢

したことは意味がありそうです。ブッシュ政権はアラブ地域での戦争による浪費から、非戦

争のお金儲けに戦略転換したのではないでしょうか。ブッシュ政権を操る、交替した寡頭勢

力の新たな対日戦略のシナリオ・オプションは二つあります。(1)日本をアジアで孤立さ

せるシナリオ(米国独り勝ちのため)、(2)日本を米国のアジア戦略のパートナーにする

シナリオ(日米同盟に沿って)、の二つです。

 ポスト小泉シナリオと関連させると、(1)日本孤立化シナリオなら、ポスト小泉の総理

大臣は、文句なく安倍氏か竹中氏です。(2)日本パートナーシナリオなら、ポスト小泉の

総理大臣は、親中国的なポーズをとる福田氏か小沢氏でしょう。

?米国連邦政府内で、最近、交替したとみられる闇の寡頭勢力が、2年後のポスト・ブッシュ政

権を、ヒラリー・クリントン民主党政権にする計画ならば、90年代、ビル・クリントン政権

の親中国アジア戦略から類推すれば、(2)日本の孤立化シナリオにリアリティがあります

(注7)。



4.日本孤立化シナリオの兆候

 現在の日本は周知のように、北朝鮮のテポドン2号発射実験の脅威に曝されていますが、筆

者は、米国覇権主義者が北朝鮮脅威を、日本孤立化シナリオの実現に向けて、巧みに利用し

ているとみています(注8)。もうひとつ、中国の反日政策も、米国の親中派(アジア戦略で日

本より中国を重視する一派)による日本の孤立化戦略に呼応しているとみています。対米追従

の日本政府は、対北朝鮮食糧支援や、対中国ODA資金援助で、われわれの血税を、あろうこと

か、米国覇権主義者の圧力で、北朝鮮や中国に献上させられています(注9)。

 端的にいえば、日本国民の支払った税金が、日本の発展ではなく、日本の孤立化に使われ

ているのです。これこそ、究極のオウンゴール(自殺行為)です。ついでに言えば、W杯サッカ

ーで、日本人ではないジーコ監督が日本チームを勝たせようとがんばっているハズと信じて

疑わない、大多数のお人好し日本国民は水面下で、日本孤立化のシナリオが着々と進行して

いることがまったく見えていないようです。MOTのシナリオ・アプローチは、ジーコ・ジャパ

ン問題を含めて、何事につけ、すべてを疑ってみるには最適の思考法です。



注0:ベンチャー革命No.196『ポスト小泉を占う』2006年1月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr183.htm


注1:ベンチャー革命No.196『村上世彰氏の引退劇の意味』2006年6月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr196.htm


注2:福井日銀総裁は、村上ファンドの顧問をしており、1000万円の個人投資を行い1473万

円の運用益を得ていたことが2006年6月20日に公表されている。国民にゼロ金利を強制してい

る手前、日銀総裁の立場で、個人的に巨額の運用益を得ていたことから、各界から辞任要求

がでている。

注3:ベンチャー革命No.179『竹中総理大臣の誕生か?』2005年10月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr179.htm


注4:ベンチャー革命No.94『小泉首相こそ真の愛国者?』2004年7月14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr094.htm


注5:ベンチャー革命No.193『次期自民党総裁は福田氏?』2006年5月14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr193.htm


注6:ベンチャー革命No.190『小沢民主党新代表のミッションとは』2006年4月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr190.htm


注7:テックベンチャーNo.98『日本人孤立のシナリオ』2002年2月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/ATT00033.htm


注8:ベンチャー革命No.83『日米対北朝鮮:八百長の敵対関係』2004年6月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr083.htm


注9:ベンチャー革命No.101『中国反日運動激化の意味』2004年8月8日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr101.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm




蛇足


たしかに、福井は日銀営業部長の頃にバブルを起こし、潰した張本人です(数十万人が、この政策の犠牲になっています・・その霊は福井へと迫っているだろう。)。ご主人様には忠実なポチでしたが、ボケて来たのかご主人の意向が見えなくなって来たのだろうか?竹中もソロソロ賞味期限切れに陥ってしまったのだろう・・使い捨てにされるのだろうか?。米国も、これからは、ヒラリー民主党へとシフトし、日本では小沢支持が明白となりつつあるのだろう・・そして榊原一派(ミスター円)が台頭してくるような気がする・。?

どちらも、売国ではあるが・・。

ハリウッド9/11:映画の中の9/11同時発生

conspiracyarchivehttp://www.conspiracyarchive.com/NWO/Hollywood_911.htm


Hollywood 9/11: 9/11 Synchronicities In Films


- by John Valentini ©, April 25th 2005

“People break down into two groups when they experience something lucky. Group number one sees it as more than luck, more than coincidence. They see it as a sign-evidence that there is someone up there watching out for them. Group number two sees it as just pure luck, a happy turn of chance. I'm sure the people in group number two are looking at those 14 lights in a very suspicious way. For them, the situation isn't 50-50. Could be bad, could be good. But deep down, they feel that whatever happens, they're on their own. And that fills them with fear. Yeah, there are those people. But there's a whole lot of people in the group number one. When they see those 14 lights, they're looking at a miracle. And deep down, they feel that whatever's going to happen, there'll be someone there to help them. And that fills them with hope. See, what you have to ask yourself is, what kind of person are you? Are you the kind who sees signs, sees miracles? Or do you believe that people just get lucky? Or look at the question this way-is it possible that there are no coincidences?”




ハリウッド9/11:映画の中の9/11同時発生 - ジョンバレンティーニによって ©2005年4月25日に、「彼らが幸運な何かを経験するとき、人々は2つのグループに分解されます。偶然の一致より、グループナンバーワンは、それを運より多くのものとみなします。彼らは、それを誰かが彼らに気をつけてあそこでいる徴候-証拠とみなします。グループナンバーツーは、それをちょうど純粋な運(可能性の幸せな変化)とみなします。私は、グループナンバーツーの人々が非常に疑わしい方向でそれらの14の明りを見ていると確信します。彼らのために、状況は50-50ではありません。悪くありえて、よくありえました。しかし、心の底では、彼らはたとえ何が起こっても、彼らが彼ら自身のものの上にいるのを感じます。そして、それは彼らを恐れで満たします。はい、それらの人々がいます。しかし、たくさんの人々が、グループナンバーワンにいます。彼らがそれらの14の明りを見るとき、彼らは奇跡を見ています。そして、心の底では、彼らはたとえ何が起こりそうでも、誰かが彼らを助けるためにそこにいるのを感じます。そして、それは彼らを望みで満たします。確かめてください。あなたがあなた自身に尋ねなければならないものはあなたがどんな人であるかということです?あなたは、サインを見て、奇跡を見る種類ですか?または、あなたは人々がちょうど幸運になると思っていますか?あるいは、それでこんなにway-isな問題で見える偶然の一致がない候補者?」


If I were to ask anybody on the street if they could have foreseen the terrorist attacks of September 11, 2001 the prevailing response would be on the whole in the negative. Even if I were to ask leaders within the government, judiciary, military, commerce or religion the reaction would be very similar. Indeed, the Bush administration has publicly maintained 'that no one in government had envisioned a suicide hijacking before it happened' (CBS News 17 May 2002). Former US National Security Adviser and current Secretary of State, Condoleeza Rice, asserted in the months following the terrorist attacks: 'I don't think anybody could have predicted that…they would try to use an airplane as a missile, a hijacked airplane as a missile' (CBS News 17 May 2002). Even the chairman of the Joint Chiefs of Staff, Air Force General Richard Myers confessed: 'You hate to admit it, but we hadn't thought about this' (Rhem 23 October 2001).


Despite repeated denials by Bush administration officials that 'no one in government had imagined such an attack' (CBS News 17 May 2002), if I were to pose the same question to that privileged and influential few in Hollywood that make a living by imagining the unimaginable the answers might be far more revealing in light of what they have projected on a subliminal level in some of their films prior to 9/11.





私が通りで誰かに尋ねることになっているならば、彼らが2001年9月11日のテロ攻撃を予知することができたならば、普通の反応は概して否定でしょう。たとえ私が政府、司法官、軍隊、商業または宗教の範囲内でリーダーに尋ねることになっていたとしても、反応は非常に類似しています。本当に、ブッシュ政権は『それが起こる前に、政府のそのいいえは自殺ハイジャックを構想しました』と公的に主張しました(2002年5月17日CBS News)。前米国の国家安全保障担当補佐官と現在の国務長官(Condoleeza Rice)は、テロ攻撃の後で月に断言しました:『私は、誰もそれを予測することができたと思いません…彼らは、ミサイル(ミサイルとしての乗っ取られた飛行機)として飛行機を使おうとします』(2002年5月17日CBS News)。統合参謀本部議長、リチャードマイヤーズ将軍が認めた空軍さえ:『あなたはそれを認めることを嫌います、しかし、我々はこれについて考えませんでした』(2001年10月23日Rhem)。


『政府の誰も、そのような攻撃を想像しませんでした』という度重なる否定にもかかわらずブッシュ当局者によって、私がとても特権的で有力な少数派への同じ質問をすることになっているならば、彼らが何を考慮して9/11の前に彼らの映画のいくつかで意識下のレベル上で突出したか明らかにすることが、想像も及ばないものを答えと想像することによって生計を立てるハリウッドに、よりはるかにあるかもしれません(2002年5月17日CBS News)。


Prescient 9/11 Films


Film: Gremlins
(1984)

Time: 01:08:58

Scene: Zach Galligan gets into his Volkswagen Beetle with Gizmo and successfully starts the engine. He turns the radio on and the red indicator is sitting between 9 and 11.




Film: Independence Day
(1996)

Time: 00:45:33 (Special Edition) 00:41:22 (Theatrical Version)

Scene: As Air Force 1 evacuates the President and his family, Jeff Goldblum sets a laptop up to watch the countdown. When the camera cuts to a close-up one of the ticks is 9:11:01.




Film: The Peacemaker
(1997)

Time: 01:28:42

Scene: George Clooney and Nicole Kidman are in pursuit of a Yugoslavian terrorist who disembarks at New York's JFK Airport. Stepping off the escalator Clooney anxiously looks around and behind him are desks 9 and 11.




Film: Enemy of the State
(1998)

Time: 01:28:06

Scene: Gene Hackman takes Will Smith to his compound from where they locate Jon Voight's personal details on the computer. Gene Hackman states, 'Reynolds, Thomas Brian. Born 9-11-40'.




Film: Rugrats in Paris
(2000)

Time: 00:02:22

Scene: Struggling to dance at a wedding ceremony Chuckie's shoelaces get tangled. He counts along with the beat, 'Nine, eleven, twenty…'




Film: Traffic
(2000)

Time: 00:02:17

Scene: In the opening sequence a drug van is pulled over and seized. When the boxes of drugs are removed 911 is written on each of them.




Film: The Patriot
(2000)

Time: (1) 00:03:25 (2) 00:03:59-0:4:33

Scene: (1) Mel Gibson weighs a chair he has made. He says 'Nine pounds, eleven ounces. That's perfect. Perfect'. (2) Taking it down he sits on it, but it collapses under his weight. Upset he throws it against a wall where other chairs he has made lie in pieces.




先見の明のある9/11:グレムリン(1984)時間:01:08:58に場面:ザックGalliganはGizmoで彼のフォルクスワーゲンビートルに乗って、うまくエンジンを始動します。彼はラジオをつけます、そして、赤い指標は9と11の間に座っています。



フィルム:独立記念日(1996)時間:00:45:33(特別版)に00:41:22に(劇場のバージョン)場面:空軍1が大統領と彼の家族を空にして、ジェフゴールドブルムは秒読みを見るためにラップトップをセットアップします。カメラがクローズアップに切るとき、チックのうちの1つは9:11:01です。



フィルム:調停者(1997)時間:01:28:42に場面:ジョージクルーニーとニコールキッドマンは、ニューヨークのJFK空港で降りるユーゴスラビアのテロリストの追求中です。心配してエスカレータークルーニーから踏み出すことはあたりを見まわします、そして、彼の後に、デスク9と11はいます。



フィルム:州(1998)時間の敵:01:28:06に場面:ジーンハックマンは、彼らがJ・ボイトの個人の詳細をコンピュータに置くところから、ウィルスミスを彼の合成物へ連れて行きます。ジーンハックマン州、『レノルズ、トーマスブライアン。天性の9-11-40』。



フィルム:パリ(2000)時間のRugrats:00:02:22に場面:結婚式で踊るのに苦労して、Chuckieの靴ひもはもつれます。彼は、ビート(『9、11、20)とともに数えます…



フィルム:交通(2000)時間:00:02:17に場面:始めのシーケンスに、薬バンはもう一度引かれて、乗っ取られます。薬の箱が取り外されるとき、911は彼らの各々に書かれます。



フィルム:パトリオット(2000)時間:(1)00:03:25(2) 00:03:59-0:4:33に場面:(1)メルギブソンは、彼が作った椅子を量ります。彼は、『9ポンド、11オンスを言います。それは完璧です。仕上げてください』。(2)それに彼がそれに座らせる、しかし、それが彼の体重の下で崩壊させるダウンを持っていくこと。彼が彼が作った他の椅子がバラバラにある壁に対してそれに投げる動揺。



同時発生または陰謀

Synchronicity or Conspiracy

でも、イランは攻撃されるだろうか?






太田龍氏の時事寸評から





ビルダーバーグオタワ総会(6/9~11)で、ヨーロッパの出席者は米国のイラン攻撃計画に対し、明確にノー!!

を突き付けた(アメリカン・フリープレス、06.6.26)、と。






投稿 平成18年06月21日00時16分




平成十八年(二〇〇六年)六月二十日(火)

(第一千七百十五回)



○「アメリカン・フリープレス」二〇〇六年六月二十六日号、一頁、

 九~十二頁。



○これは、J・P・タッカーのビルダーバーグ年次総会(カナダ、オタワ

 六月九~十一日)についての特集記事である。



○この記事でもっと重要なことは、



○オタワ総会で、

 ヨーロッパのビルダーバーグ会員たちが、

 米国のイランに対する武力攻撃に対し、強硬に、

 ノー!!

 を突き付けたことであろう。



○あるヨーロッパの出席者は、

 「我々は、イスラエルのためのあなた方(米国)の(対イラン)戦争

 を支持せず、支援しない」と述べたと言う。



○極悪売国奴日本のマスコミ(大新聞、テレビ、週刊誌、主要月刊誌

 など)は、ビルダーバーグについて、



○ただの一行も、ただの一語も、



○発することが出来ない、



○この日本民族に対する裏切り。



○ヨーロッパのビルダーバーグ、つまりヨーロッパのイルミナティ

 サタニスト世界権力の首脳部は、



○米国(イルミナティ)の対イラン武力攻撃を、



○イスラエルのための戦争である、

 我々(ヨーロッパ)は、それについては、

 ノー!!である、

 と米国、イスラエル陣営に対して明言したと言う。



○現在、

 これ以上に重要で緊急を要するニュースがあるのか?



○しかし、売国奴日本マスコミ人は、



○ビルダーバーグの存在についてすら、

 この半世紀!!



○日本民族に対して知らせる義務を果さない。



○アメリカン・フリープレスの六月二十六日号で、

 J・P・タッカー記者は他にも色々と書いて居るがここでは省略する。



 (了)






蛇足 (2006年4月17日)


イラン攻撃とイラク陸上自衛隊撤退の関係・・。


イラン攻撃Xデイはいつか??無しか?





(1)以前、イスラエルのシャロンの頓死でメタニヤフ台頭3月。。中道右派(シャロンの亡霊党)×


  自衛隊はオーストラリア軍とイギリス軍の撤退と同時期に撤退。3月。












 オランダ軍3月、サマワで警察官増員へ 撤退にらみ

自衛隊延長。撤退×







(2)IAEAの決議・・国連に付託・・中国・ロシアの仲裁失敗で5月攻撃・・。


毎日新聞:<イラク陸自>第10次支援群派遣へ 6月撤退を模索


共同:7月までの撤退で再調整 政府、イラク陸自部隊で



 自衛隊の延期が決まる。5月ごろ撤退予定・・×




(3)3月末イラン核保有を宣言。・・IAEAと国連決議とEU決議と・・・。イラン無視・。イラク・シリア・パレスチナ連携、EU反戦団体連携、南米の左傾化・アメリカ向け石油の供給停止警告。・・とても戦争できる状態にない・。?    


イラクの自衛隊撤退完了、秋以降にずれ込みも 麻生外相


 自衛隊撤退、秋まで延期・。×


時事通信:自衛隊の活動継続要望=ムサンナ州知事-サマワ

 

イラン攻撃は秋から冬か?さもなくば・・中止か?






蛇足


自衛隊撤退があるので、・・・だから、ある可能性が高くないか?

北朝鮮がすでに、アラスカに当たったミサイルを発進したという事実

N. Korea Has Already 'Mock Nuked' Alaska -


With US Government Help

New reports about threat of missile launch omit key facts


Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | June 19 2006


Reports today concerning the completed fueling of North Korea's long range Taepodong-2 missile and its planned launch within a month omit several key aspects of the story, including the fact that North Korea already launched a missile that hit Alaska, with the help of the US government.


In March 2003, the Korea Times
reported that the U.S. National Assembly included a startling admission in its final report regarding Pyongyang’s missile capabilities.


A nuclear-capable North Korean test warhead was found in Alaska.


``According to a U.S. document, the last piece of a missile warhead fired by North Korea was found in Alaska,’’ former Japanese foreign minister Taro Nakayama was quoted as saying in the report. ``Washington, as well as Tokyo, has so far underrated Pyongyang’s missile capabilities.’’


A story that would have expected to garner front page headlines for days was completely blacked out in the US, with not one single newspaper choosing to report it.


The reason?


How could the Bush administration sell a war against a country with no means to defend itself and as it later transpired with no weapons of mass destruction, when a country with WMD was firing long-range nuclear capable missiles that were hitting the western coast of the US?




The 1994 Agreed Framework deal gave North Korea the capacity to generate enough nuclear fuel to produce almost 100 nuclear bombs per year. A 1999 congressional study
undertaken by the House North Korea Advisory Group warned,


“Through the provision of two light water reactors [LWRs] under the 1994 Agreed Framework, the United States, through KEDO, will provide North Korea with the capacity to produce annually enough fissile material for nearly 100 nuclear bombs, should the Democratic People's Republic of Korea [DPRK] decide to violate the Nonproliferation Treaty [NPT].”


In April 2002 the Bush administration announced that it would release $95 million of American taxpayer’s dollars to begin construction of the ‘harmless’ light water reactors. Bush argued that arming the megalomaniac dictator Kim Jong-Il with the potential to produce a hundred nukes a year was, “vital to the national security interests of the United States.” Bush released even more money in January 2003, as reported by Bloomberg News
,


“President George W. Bush is seeking $3.5 million for the international consortium that continues to build two nuclear reactors for North Korea, even as the U.S. confronts the communist regime over nuclear arms.”


The company that got the contract to deliver equipment and services to build the two light water reactor stations was ABB (Asea Brown Boveri), which describes itself as, “a leader in power and automation technologies that enable utility and industry customers to improve performance while lowering environmental impact.” The contract was valued at $200 million and was signed
in January 2000.




It should not surprise us that our old friend Donald Rumsfeld, the man who paved the way for U.S. companies to sell Iraq chemical and biological weapons in 1983, was an executive director for ABB from 2000-2001. Rumsfeld resigned when he was appointed U.S. Secretary of Defense. Wolfram Eberhardt, a spokesman for ABB confirmed that Rumsfeld was at nearly all the board meetings during his involvement with the company. The meetings were held quarterly in Zurich, Switzerland. However, Rumsfeld again displays his uncanny ability to forget things in stating that he ‘doesn’t remember’ the issue of North Korea being brought before the ABB board. Swiss Info
concluded,


“Rumsfeld’s position at ABB could prove embarrassing for the Bush administration since while he was a director he was also active on issues of weapons proliferation, chairing the 1998 congressional Ballistic Missile Threat commission.”


North Korea is controlled by a hereditary Stalinist dictatorship that has starved two million of its citizens to death in favor of building a million-man army. Some people put the figure at four million, one-quarter of the population. In the far north of the country there is a network of forced labor gulags
where people who have ‘expressed a bland political opinion’ are, along with their entire families, tortured, raped and executed. Horrific bio-chemical experiments are performed on mass numbers of people. Babies are delivered and then stamped to death by the camp guards. If the mother screams while the guards are stamping on the baby’s neck, she is immediately assassinated by a firing squad. These guards are rewarded with bonuses and promotions for ripping out prisoners’ eyeballs.


The North Korean people are enslaved by a government that is using food as a weapon. Perhaps this is why the EU and the United States, via the UN World Food Program, resumed the shipment of hundreds of

thousands of tons in food aid at the end of February 2003. This goes directly to the sitting dictatorship, which then decides who gets it by their level of allegiance to the state. Food aid only increases the power of Kim Jong-Il and yet it is veiled by the UN in bleeding heart humanitarian rhetoric. The money goes straight to enabling the North Korean leadership to live in the lap of westernized luxury with casinos and lavish new cars.


President Bush publicly claims to loathe Kim Jong-Il and yet his administration, like Bill Clinton before him, has armed North Korea to the teeth with anything up to and beyond 200 nuclear bombs.




Under the 1994 Agreed Framework, the Clinton administration agreed to replace North Korea’s domestically built nuclear reactors with light water nuclear reactors. So-called government-funded ‘experts’ stated that light water reactors couldn’t be used to make bombs. Not so according to Henry Sokolski, head of the Non-proliferation Policy Education Centre in Washington,


“LWRs could be used to produce dozens of bombs' worth of weapons-grade plutonium in both North Korea and Iran. This is true of all LWRs -- a depressing fact U.S. policymakers have managed to block out.”


Sokolski has also gone on the record
as saying,


“These reactors are like all reactors, they have the potential to make weapons. So you might end up supplying the worst nuclear violator with the means to acquire the very weapons we're trying to prevent it acquiring.”



The U.S. State Department contends that the light water reactors cannot be used to produce bomb grade material and yet in 2002 urged Russia to end its nuclear co-operation with Iran for the reason that it doesn’t want Iran armed with weapons of mass destruction. Russia is building light water reactors in Iran. The State Department
announced
on its own web site,


“In the official answer to a question asked at the January 31 State Department daily briefing, the State Department said the United States has "consistently urged Russia to cease all [nuclear] cooperation with Iran, including its assistance to the light water reactor at Bushehr.”


“We have underscored to Russia that an end to Russian nuclear assistance to Iran would allow the United States and Russia to reap the full promise of our new strategic relationship, benefiting Russia economically and strategically far more than any short-term gain from construction of additional reactors or other sensitive transfers to Iran.”



According to the State Department, light water reactors in Iran can produce nuclear material but somehow the same rule doesn’t apply in North Korea.


Despite this it seems that the Iranians are beginning to learn an important lesson.


Rogue states with absolutely no means to defend themselves are picked off by the Globalists on a whim, but countries that have amassed a nuclear arsenal, with receipts from the US government to prove it, seem to become immune to the Bush administration's global democracy drive, no matter how atrocious their human rights record.


北朝鮮は‘核攻撃された模造品’すでにアラスカに到達した。 - 米国統治権助けによって。


ミサイル発射の脅威についての新しいリポートは重要な事実を省略する。

ポール・ジョセフ・ワトソン/刑務所Planet.com|2006年6月19日

今日1ヶ月以内の北朝鮮の長距離テポドン2ミサイルとその計画された発進の完遂された燃料を供給することに関係しているリポートは、北朝鮮がすでに、アラスカに当たったミサイルを発進したという事実を含む話のいくつかの重要項目を米国政府の助けによって省略する。

2003年3月に、コリア・タイムズは、米国の国民議会がピョンヤンのミサイル機能について驚くべき事実をその最終報告に含めていたことを報告した。

核兵器が有能な北朝鮮のテスト弾頭はアラスカで発見された。

前の日本の外務大臣タロー中山は、「米国文書によると、北朝鮮によって点火されたミサイル核弾頭の最後の断片はアラスカで発見された」とリポートの中で言うことを引用された。

「東京だけでなくワシントンはこれまでピョンヤンのミサイル機能を過小評価した」。

数日の間第一面ヘッドラインを手に入れることを予定していたであろう話は、それを報告することに決めている1つの単一の新聞によってでなく米国で完全に暗く閉ざされた。

理由?

どうしてブッシュ政権は、自身を防御する方法なしで、そしてWMDとの国が、米国の西の沿岸に当たっていた長期の核の有能なミサイルを発射していた時に、それが後で大量破壊兵器なしで拡散した時に国を背景とした戦争を仕掛けることができるか?

1994年の合意した核枠組取り引きは北朝鮮に、1年あたりほぼ100個の核爆弾を生産するのに十分な核燃料を生成する能力を与えた。

警告された北朝鮮顧問団によって引き受けられた1999年の議会の研究

「1994年の合意した枠組の下の2つの軽水反応炉[LWRs]の供給を通して、米国は、KEDOを通して、北朝鮮に、朝鮮民主主義人民共和国[DPRK]が万一、核不拡散条約[NPT]に違反すると決めるならば十分に毎年約100個の核爆弾のための核分裂性物質を生み出す能力を提供するであろう」。

2002年4月に、ブッシュ政権は、それが、‘無害な’軽水反応炉の建築を開始するためにアメリカ納税者のドルの9500万ドルをリリースするであろうということを発表した。

ブッシュは、1年があった百個の核兵器を生産する可能性によって誇大妄想狂患者独裁者キム・ジョンイルを武装させて、Bloombergニュースによって報告されるように、「米国の国家安全保障に活発な興味を示す」.ブッシュが2003年1月にいっそうより多くのお金をリリースしたと主張した。

「ジョージ・W・ブッシュ大統領は、まさに、米国が核兵器の上で共産主義の政権に立ち向かう時に北朝鮮のために2つの原子炉を建て続ける国際的なコンソーシアムのために350万ドルを捜している」。

私達の古い友人ドナルド・ラムズフェルト(米国会社が1983年に化学・生物兵器をイラクに売る道を開いた人)が2000年-2001年からのABBのための常勤取締役であったことに私達が驚くべきでない。

彼が米国の国防長官に任命された時に、ラムズフェルドは辞任した。

ウォルフラム・エーベルハルト、ABBのスポークスマンは、ラムズフェルドが会社との彼の関与の間にほとんどすべての取締役会議にいたことを確認した。

ミーティングはチューリヒ、スイスで毎季に保たれた。

しかし、ラムズフェルドは再び、彼がABBボードの前に至っている北朝鮮の問題を‘覚えていないこと’を述べることにおいて物を忘れる彼の異様な能力を発揮する。

締結されたスイス情報

「彼がディレクターである間、1998年の議会の弾道ミサイル脅威委員会の議長を務めて、彼が武器増殖の問題についてまたアクティブであったので、ABBのラムズフェルドのポジションはブッシュ政権のために恥ずかしいと判明することができた」。

北朝鮮は、百万人軍隊を築くためにその市民の200万人を餓死させた遺伝的なスターリン主義者独裁権によってコントロールされる。

何人かの人々は数値を人口の400万人、4分の1とした。

国の極北に、‘温和な政治的な意見を表した’を持っている人々が、彼らの家族全員とともに、拷問されて、強姦されて、処刑される強制労働収容所のネットワークがある。

恐ろしいバイオ化学薬品実験は質量数の人々に実行される。

赤ん坊は出されて、それから死ぬまでキャンプガードによってスタンプされる。

ガードが赤ん坊の首を踏みつけている間、母が絶叫するならば、彼女は直ちに銃殺部隊によって暗殺される。

これらの護衛者は、囚人の眼球をもぎ取るためにボーナスと昇進を与えられる。

北朝鮮の人々は、武器として食物を使っている政府によって奴隷にされる。

たぶん、そんなわけで、EUと米国は、UN世界食糧計画経由で、2003年2月の終わりの食糧援助において数十万トンの出荷を再開した。

これは直接ひと仕事独裁権に行く(それはその時、誰が状態への忠誠のそれらのレベルによってそれを得るかを決める)。

食糧援助は、ただ、キム・ジョンイルのパワーを増大させるのに、それはケマンソウ人道主義者修辞学における国連によって覆い隠される。

お金は、北朝鮮の指導者がカジノと豊富な新しい車によって西欧化された贅沢三昧に暮らすことを可能にすることにまっすぐに行く。

ブッシュ大統領は公然と、キム・ジョンイルを憎むと主張するのに、彼の政権は、彼の前のビル・クリントンのように、200個の核爆弾に(を越えて)何か上がっているものによって北朝鮮を完全武装していた。

1994年の合致枠組の下で、クリントン政権は、北朝鮮の家庭で築かれた原子炉を軽水原子炉と取り替えることに合意した。

いわゆる政府資金による‘エキスパート’と、反応炉が、爆弾をするために使われることができなかったその軽水は論述した。

ヘンリーSokolski(ワシントンの不拡散方針教育センターの頭)に従ってそうでない

“LWRsは、北朝鮮とイランの両方において数十の爆弾に相当する兵器級プルトニウムを生み出すために使われることができた。

「これはすべてのLWRsに当てはまっている--米国の政策立案者がどうにかして阻止した憂うつな事実」。

Sokolskiは、言うこととしてまたレコードの上に行った。

「これらの反応炉はすべての反応炉に似ていて、それらは、武器を作る可能性を持っている」。

「従って、あなたは、私達が、それが取得することができないようにしているまさしくその武器を取得する方法を最も悪い核の違反者に供給するのを最終的にするかもしれない」。

米国の州部門は、軽水反応炉が、爆弾グレード素材を生産するために使われることができないのに2002年に、それが大量破壊兵器によって武装したイランを望んでいないという理由のためにイランとのその核の協力を終えることをロシアに勧めたと主張する。

ロシアは軽水原子炉をイランに組み込んでいる。

それ自身のウェブサイト上で発表された国務省

「1月31日の国務省日刊ブリーフィングでされた質問に対する公式な答えにおいて、国務省は、米国が、「一貫して、ブーシェルに軽水反応炉へのその補助を含めて、イランとのすべての」[核の]「協力を止めることをロシアに勧め」たと言った」。

「私達は、イランへのロシア人核補助への終わりが、追加の反応炉またはイランへの他の敏感な転送の建築からのどのような短期利益よりもずっともっと経済的で、戦略的にロシアに役立って、私達の新しい戦略的な関係の完全な約束を得るために米国とロシアに与えるであろうロシアに強調した」。

国務省によると、イランの軽水反応炉は核物質を生産することができるけれども、何とかして同じ規則は北朝鮮にあてはまらない。

これにもかかわらず、イラン人が、重要な教訓を学びはじめているようである。

自身を防御する方法を完全に全く持たないならず者国家は、それを証明するために、出来心の上のグローバリストであるが核兵器保有量を貯蔵した国によって米国政府から受け取りによって仕留められて、ブッシュ政権のグローバルな民主主義ドライブに免疫があるようで、たとえどんなに極悪非道でも、彼らの人権は記録する。



蛇足


この政権を生かし続ける、国際支配層はNWOをこの国に見ているのであろうか?


シナリオ

? World War 3

?


The Planned World War 3 - A Play in Numerous Acts

World War Three in Brief

A Three World War scenario was developed several decades ago (see Conspiratorial History).? Two World Wars have already been achieved, and the Third and final World War envisions an attack on Iraq, Iran and/or Syria as being the trigger to set the entire Middle East into fiery conflagration. Once America is firmly entrenched into the Middle East with the majority of her first-line units, North Korea is to attack South Korea. Then, with America's forces stretched well beyond the limit, China is to invade Taiwan.? This will usher in the start of World War Three.


World War Definition:

What constitutes a 'world war'? How many countries need to be involved?? And who decides at which point a number of regional skirmishes can be grouped together and called a World War?? At the time, who called the official start of World War 1 and World War 2?


And have you noticed that although the term 'World War Three' is freely used in the alternative press and on the Internet, all the major news networks have stoically avoided using any phrase reminiscent of World War.?


Since it's difficult to find a definition for an event which has only happened twice in modern history, here's my attempt at an answer to the question 'what constitutes a world war'?


A World War is a military conflict spanning more than 2 continents, in which at least 20 major countries participate in an attack against a common enemy, and which has the attention of the man-in-the-street due to the significant loss of life.


With that definition, we can agree that WW1 and WW2 were in fact World Wars (both wars involved some degree of participation from most of the world's then existing countries: Britain, France, Germany, Italy, Japan, the United States and the Soviet Union).? We can also agree that we are very close to achieving World War 3.? The only requirement left to fulfill the start of WW3 is that of a military conflict spanning more than 2 continents.? As soon as Israel attacks Palestine, or North Korea attacks South Korea or the US, or China invades Taiwan, we will have the next World War well underway.


?

?

?世界大戦3

計画された世界大戦3 - 要するにたくさんの世界大戦3における劇のシナリオ

3つの世界大戦シナリオが、数十年前(共謀歴史を見なさい)開発された。

2回の世界大戦がすでに達成されていて、中東全体を火の大火の中に設定するために、3番目の、そして最終的な世界大戦はそのトリガーであることとしてイラク、イラン、および/またはシリアへの攻撃を想像する。

一度アメリカは彼女の第一線のユニットの大多数によって中東の中にしっかり確立されていて、北朝鮮は、韓国を攻撃することになっている。

そして、アメリカの力がはるかに限界を越えて伸びる状態で、中国は、台湾を侵略することになっている。

これは世界大戦3の開始を案内するであろう。

世界大戦定義:

何が‘世界大戦’を構成しているか?

いくつの国が、関係している必要があるか?

そして、誰が、どのポイントで、多くの地域のこぜりあいがグループ分けされて、世界大戦と呼ばれることができるかを決めるか?

その時、誰が世界大戦1と世界大戦2の公式な開始を呼んだか?

そして、あなたを、用語‘世界大戦3’がアングラ新聞とインターネットに自由に用いられるけれども、すべての主要なニュースネットワークが、ストイックに、世界大戦を思い出させているどのようなフレーズでも使うのを避けたことを通知させる。

近代史の中で2回起こるだけであったイベントのために定義を見つけることが難しいので、ここに、質問‘世界大戦を構成しているもの’に対する答えでの私の試みがある?

世界大戦は2つを超える大陸をまたいでいる軍事衝突である(それにおいて、少なくとも20の主要な国が共通の敵への攻撃に参加し、命の重要な損失のため通りの人の注意を持っている)。

その定義によって、私達は、WW1とWW2が実のところ、世界大戦(両方の戦争は世界のその時現存している国のほとんどからある程度の参加に関係していた:英国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、およびソビエト連邦)であったことに合意することができる。

私達は、私達が達成世界大戦3に非常に近いことに合意することもできる。

WW3の開始を満たすために置いていかれた唯一の要求物は2つを超える大陸をまたいでいる軍事衝突のそれである。

イスラエルがパレスチナを攻撃するか、北朝鮮が韓国または米国を攻撃するか、中国が台湾を侵略するとすぐに、私達はよく航行中の次の世界大戦を持つ。




World War 3 - Act III, Scene I: The Far East


Hair-Raising Nuclear Confrontation


While not widely reported in the US press, war rhetoric has been escalating rapidly since late April 2003, when North Korea's military reached full war preparedness.? No army prepares for war, only to remain in? this state for so long.? What on earth is going on?


April 21, 2003 -- North Korea calls on all its citizens to increase the country's defence capabilities, according to the state's official media. 'All officers and men of the People's Army ... always keep yourselves combat ready,' the KCNA news agency reports the North Korean military as saying. 'If enemies invade our inviolable sky, land and seas even an inch, destroy up the aggressors with merciless annihilating blows'. The Central Committee and the Central Military Commission of the Worker's Party of Korea jointly issue the call which was carried in Pyongyang newspapers.


April 21, 2003 -- One day before scheduled talks between US and North Korean diplomats, a secret Donald Rumsfeld memorandum calling for regime change in North Korea is leaked. The paper does not call for military action against North Korea, but wants the United States to team up with China in pushing for the collapse of Kim Jong-il's bankrupt but belligerent regime.


April 24, 2003 -- American envoy James Kelly deliberately insults Chinese and North Korean diplomats by breaking off talks in Beijing without giving any notice.? American embassy officials would not say where he was heading.


May 4, 2003 -- Kim Myong Chol, a Japanese-born Korean, delivers a message on behalf of the North Korean government: "North Korea has a nuclear capability. It's quite obvious. North Korea may have minimum 100 nuclear warheads, maximum 300. They all lock onto American cities... If the US attacks North Korea, North Korea will definitely use those nuclear weapons against the US mainland."? Oops, shouldn't we take this threat seriously?


May 4, 2003 -- U.S. Defense Secretary Donald Rumsfeld refuses to rule out the possibility of war with North Korea.


June 4, 2003 -- After a fairly uneventful month, war rhetoric continues to escalate.? The US announces an $US11 billion new North Korean war plan... When war breaks out, the forces will skirt the DMZ and head for Pyongyang, giving them the ability to "take down" North Korea's heavy presence on the border within an hour of war breaking out.. "This is Kim Jong-il's worst nightmare," one official said.


June 11, 2003 -- Defense Secretary Donald Rumsfeld's advisory panel states that the United States should be prepared to destroy North Korea's Yongbyon reactor if necessary to keep Pyongyang from trafficking in nuclear weapons.


June 11, 2003 -- Australia considers taking a role in an international effort to intercept North Korean ships that may be carrying weapons of mass destruction (WMD) or illegal cargoes used to finance its military programs.? North Korea has always warned that a naval blockade would be a trigger for war. She cannot afford to have any interdiction of critical foodstuffs or fuel.


April 10, 2004 -- "The year to fear for Taiwan: 2006", By Wendell Minnick, Asia Times.? "TAIPEI - If China ever makes the decision to invade Taiwan it is unlikely to be a large-scale Normandy-style amphibious assault. The reality is that China is more likely to use a decapitation strategy.? Decapitation strategies short circuit command and control systems, wipe out nationwide nerve centers, and leave the opponent hopelessly lost.?? All China needs to do is seize the center of power, the capital and its leaders. If China decides to use force to reunify the mainland with what it terms a breakaway province, the window of opportunity is believed to be 2006. This would give China a couple of years to clean up the mess before the 2008 Summer Olympics. Most analysts estimate that China's military strength will surpass Taiwan's defense capabilities by 2005. So 2006 - the Year of the Dog - is clearly the year to fear."


April 22, 2004 -- A massive train explosion in North Korea claims the lives of approximately 3,000, including many children in a nearby school.?


"North Korean security concludes train blast was assassination try", Special to World Tribune.com, June 1, 2004



"North Korea's state security agency has determined that April's massive train blast was a botched effort to kill North Korean dictator Kim Jong-Il, a South Korean newspaper reported ... Kim's heavily guarded special train passed through Ryongchon station on his way back from China just nine hours before the explosion. This triggered speculation that the incident was an assassination attempt on the North Korean leader ... Kim vanished from public view for more than a week following the explosion and the North's normally attentive state-controlled media made no mention of his activities or whereabouts."


June 20, 2004 -- China is told to withdraw its undertaking on no first-use of nuclear weapons should Taiwan try to blow up the Three Gorges Dam. The call was made by them - as well as some who sit on the country's top political advisory body - in the wake of a US Defence Department report which suggested that Taiwan could target the dam in a pre-emptive strike.



This kind of news story just escalates the war rhetoric. War rhetoric can play a significant role in starting a war nobody really wanted. As war talk escalates, war action generally follows.


August 1, 2004 -- China's Defense Minister Cao issued a stern warning to Taiwan, saying the mainland military has the strength and determination to "smash" any moves toward independence by the self-ruled island.? Cao's remarks were published on the front pages of many newspapers and followed days of escalating rhetoric and tension, aggravated by annual war games held in July by both sides to display their military prowess. Wang Zaixi, vice minister of the State Council's Taiwan Affairs Office, warned that Beijing won't rule out war if Taiwanese President Chen Shui-bian pursues his plan to adopt a new constitution by 2008.



August 25, 2004 -- All 90 passengers and crew aboard two Russian passenger jets die after both planes went down almost simultaneously in different parts of the country, raising immediate suspicion of terrorist action.? The accidents took place just four days ahead of controversial elections in the separatist Russian Caucasus republic of Chechnya.


September 1, 2004 -- "MOSCOW (AP) - A suicide bomber kills 10 people in a subway station.? A militant Muslim group that claimed responsibility for the crash of two Russian airliners on August 25, said it was also behind the latest attack. The attack was only the latest in a string of violence in the capital and elsewhere that the government has appeared helpless to prevent. Most of the violence has been blamed on rebels in the breakaway republic of Chechnya or their sympathizers."


On the same day, more than a dozen attackers carrying guns and wrapped in suicide-bomb belts seized a school in the Russian region of North Ossetia and held hundreds of hostages, including some 200 children.?? More than 340 people died, and 542 wounded.


November 17, 2004 -- Portraits of North Korean leader Kim Jong-il disappear from some public places like the Grand People's Cultural Palace, with talk going around that this is a sign of changes in the North Korean power structure.? Several possible explanations for the portrait removal readily come to mind:


  1. Kim Jong-il has died



  2. Kim Jong-il has been removed from office by a military coup



  3. The United States has been successful in its attempts to assassinate him in order to force a "Regime Change"



  4. An internal power struggle is under way and Kim Jong-il is not now in the ascendancy in that struggle.




December 22, 2004 -- Deputy Secretary of State Richard Armitage states that the US is not required to defend Taiwan if Beijing launches a war against the island.? See WorldNetDaily
.? This statement could prove to be one of the most heinous acts of betrayal in recent history.


December 27, 2004 -- China Vows to prevent Taiwan Independence.? These are fighting words, and come against an island state which has seen and heard many threats from the Chinese mainland.? This is all part of the rhetoric designed to increase hostilities between the two countries in the lead up to WW3.? See SwissInfo
.


August 31, 2005 -- China is preparing for nuclear war with the United States over Taiwan, and a conflict is likely in the near future because of divisions among Beijing's leaders, a Chinese democracy activist says. See washingtontimes.com
.


?Go to fullsize image
世界大戦3 - III、場面Iを演じなさい:

極東のぞっとした核対決

米国報道機関で広く報道されない一方、北朝鮮の軍隊が完全な軍事への備えに達した時に、戦争修辞学は急速に以来遅く2003年4月をエスカレートさせていた。

そう長い間この状態にとどまるようにだけ、どの軍隊も戦争の準備をしない。

一体何が起こっているか?

2003年4月21日--状態の公式なメディアによると北朝鮮は、国の防御機能を増大させることをすべてのその市民に求める。

言うこととして、‘人々の軍隊…のすべての将兵はいつも自身を臨戦態勢にしておく’、KCNA通信社は北朝鮮の軍隊を報告する。

‘敵が少しさえ私達の不可侵の空、陸海を侵略するならば、無慈悲な全滅送風によって攻撃者の上に破壊しなさい’。

中央委員会と朝鮮労働党の中央軍事委員会は一緒に、ピョンヤン新聞の中に運ばれた呼び出しを出す。

2003年4月21日--米国と北朝鮮の外交官の間のスケジューリングされた話の1日前に、北朝鮮の政権交代を要求している秘密のドナルド・ラムズフェルト・メモは漏洩する。

紙は北朝鮮に対する軍事行動を要求していないけれども、米国に、金正日の倒産したけれども戦闘的な政権の崩壊を要求することにおける中国と協力してほしい。

2003年4月24日--どのような通知でも与えずに北京で話を打ち切ることによって、アメリカ特使ジェームズ・ケリーは意図的に中国と北朝鮮の外交官を侮辱する。

アメリカ大使館員は、彼がどこに向かっていたかを言わないであろう。

2003年5月4日--キムMyongチョール族、日本語で誕生した韓国人は北朝鮮の政府を代表してメッセージを配達する:

「北朝鮮は核能力を持っている」。

それはまったく明らかである。

北朝鮮は最小の100核弾頭、最大300を持つかもしれない。

それらすべてはアメリカの都市の上にロックする…

「米国が北朝鮮を攻撃するならば、北朝鮮は米国本土を背景として間違いなくそれらの核兵器を使うであろう」。

もっと、私達はこの脅威をまじめに取るべきでないか?


2003年5月4日--米国の国防長官ドナルド・ラムズフェルトは、北朝鮮との戦争の可能性を除外することを断る。

2003年6月4日--かなり平穏無事な月の後に、戦争修辞学は、エスカレートし続ける。

米国は$US110億新しい北朝鮮人戦争計画を発表する

戦争が突発する時に、力は、DMZを巡り、それらに、始まっている戦争の1時間以内に境界の上の北朝鮮の重い存在を「書き留める」能力を与えて、ピョンヤンに向かうであろう。。

「これは金正日の最もひどい悪夢である」と1人の役員は言った。

2003年6月11日--ドナルド・ラムズフェルト国防長官の諮問機関は、米国が、必要なら、ピョンヤンが核兵器について取引することを妨げるために北朝鮮のYongbyon反応者を破滅させる心構えをするべきであることを述べる。

2003年6月11日--オーストラリアは、その軍隊のプログラムに資金提供するために使われた大量破壊兵器(WMD)または違法な貨物を運んでいるかもしれない北朝鮮の船を阻止する国際的な努力において役割を演じることを考慮する。

北朝鮮は、いつも、海上封鎖が戦争のためのトリガーであるであろうということを警告した。

彼女は、重大な食料品または燃料のどのような禁止も持つ余裕がない。

2004年4月10日--「台湾のために恐れる年:」

ウェンデルMinnick、アジア時による2006インチ。

"TAIPEI " - 「中国がいつか、台湾を侵略する決定をするならば、大規模なノルマンディースタイルの強襲上陸であることはありそうにない」。

現実は、中国が、より無効に戦略を使いそうであることである。

無効に戦略短絡コマンドと制御系(全国的な神経中枢の外で拭き、相手が絶望的に浪費した休暇)。

中国が、する必要があるすべては、パワー、首都、およびそのリーダーのセンターをつかむことである。

中国が、それが分離した州を名付けるものによって本土を再統合するために力を使うと決めるならば、機会の窓は、2006年であると信じられる。

これは、2008の夏季オリンピックの前で後片付けするために中国に2、3年の猶予を与えるであろう。

ほとんどのアナリストは、中国の軍事力が2005年までに台湾の防衛力をしのぐであろうということを概算する。

「従って、2006年--犬の年--ははっきりと恐怖にその年である」。

2004年4月22日--近くの学校の多くの子供を含めて、北朝鮮での大規模な列車爆発は約3,000の生命を奪う。

2004年6月1日世界Tribune.comに特有な、「北朝鮮のセキュリティは、列車突風が暗殺トライであったと断定する」

「北朝鮮の国の警備機関は、4月の大規模な列車突風が、北朝鮮の独裁者キム・ジョンイルを殺すやりそこなわれた努力であったことにしたと韓国の新聞は報告した…」

キムの厳重にガードされた臨時列車は爆発のちょうど9時間前に中国から帰る途中でRyongchon駅を通過した。

出来事が北朝鮮のリーダーへの暗殺の企てであったというこの引き起こされた憶測…

「爆発に1週間続くより多くのためにキムは公的な表示から消滅し、北の正常に注意深い状態でコントロールされたメディアは彼の活動または所在で言及を全然作らなかった」。

2004年6月20日--中国は、台湾が万一、3つの峡谷ダムを爆破しようとするならば核兵器の無最初の使用におけるその事業を撤収するように命じられる。

電話は、台湾が先制攻撃においてダムを目標とすることができたことを示唆した米国防衛部門リポートの後で、それら--国の一番上の政治的な諮問機関に座っているいくつかと同様に--によってかけられた。

この種類のニュース記事は、ただ、戦争修辞学をエスカレートさせる。

戦争修辞学は、誰も本当に望んでいなかった戦争を起こすことについて重要な役割を果たすことができる。

戦争話がエスカレートする時に、戦争行動は一般に続いている。

2004年8月1日--本土軍隊が力を持っていて、何でも「打ち壊す」決定が自治の島によって独立に進展すると言って、中国の防衛大臣Caoは厳重な警告を台湾に配付した。

Caoの意見は、多くの新聞の第一面と7月に、それらの武勇を表示するために両側によって保持された年間の戦争ゲームによって悪化させられた修辞学と緊張をエスカレートさせる続いている日の上で出版された。

ワンZaixi(国家協議会の台湾仕事オフィスの事務次官)は、台湾大統領陳水扁が、2008年までに新しい構成を採用する彼の計画を追跡するならば、北京が戦争を除外しないであろうということを警告した。

2004年8月25日--テロリストの行動の直接的な疑惑を招いて、両方の飛行機が国の違う部分で同時にほとんど降りた後に、2つのロシアジェット旅客機に乗るすべての90人の乗客とクルーは死ぬ。

事故はチェチェンの分離主義者ロシア人コーカサス山脈共和国の中の物議をかもす選挙のちょうど4日前で起こった。

2004年9月1日--「モスクワ(AP)-自殺爆撃機は地下鉄駅の10人の人々を殺す。

8月25日に2機のロシア定期旅客機の衝突についての犯行を宣言した戦闘的なイスラム教グループは、それがまた最新の攻撃の後ろにあると伝えていた。

攻撃は、政府が、防止することに無力であるようであった首都での、そして他の場所の暴力のストリングの中で最新であるだけであった。

「暴力のほとんどはチェチェンの分離した共和国の中の反乱軍または彼らの同情者のせいにされている」。

同じ日に、銃を運んでいて、自殺爆弾ベルトに包まれた1ダースより多くの攻撃者は北オセティアのロシア地域で学校をつかみ、約200人の子供を含めて、数百人の人質を押さえた。

340人を超える人々が死に、542は傷つけた。

2004年11月17日--北朝鮮リーダー金正日の肖像は雄大な人々の文化的な宮殿のようないくつかの公共の場から消えて、それを回っている話によって、これは北朝鮮の権力機構の変化の合図である。

注意を払うために、肖像除去のいくつかの考えられる説明はすぐに来る:

金正日は死んだ。

金正日は軍事クーデターによってオフィスから追放されている。

米国は、「政権交代」を強制するために彼を暗殺するその試みにおいて成功していた。

内部の権力闘争は進行中で、金正日は今その苦闘における優勢の中にいない。

2004年12月22日--国務副長官リチャード・アーミテージは、北京が島を背景として戦争をスタートするならば、米国が、台湾を防御することを要求されないことを述べる。

WorldNetDailyを見なさい。

このステートメントは、最近の歴史において裏切りの最も極悪な行為の1回であると判明することができた。

2004年12月27日--台湾独立を防止する中国誓約。

これらは言葉と戦っていて、中国の本土から多くの脅威を見て、聞いた島状態に対して来る。

これはすべて、WW3までのリードにおいて2か国の間の交戦状態を増大させるようにデザインされた修辞学の一部である。

SwissInfoを見なさい。

2005年8月31日--中国は台湾の上で米国と核戦争の準備をしていて、衝突は北京のリーダーの間で部門のため近い将来ありそうであると中国の民主主義活動家は言う。

washingtontimes.comを見なさい。

グローバリゼーションの暗い側

The Dark Side of Globalization

What the Media Are Missing

by Jerry Mander













Economic globalization involves arguably the most fundamental redesign and centralization of the planet's political and economic arrangements since the Industrial Revolution. Yet the profound implications of these changes have barely been exposed to serious public scrutiny or debate. Despite the scale of the global reordering, neither our elected officials nor our educational institutions nor the mass media have made a credible effort to describe what is being formulated, to explain its root philosophies or to explore the multidimensionality of its effects.



The occasional descriptions or predictions about the global economy that are found in the media usually come from the leading advocates and beneficiaries of this new order: corporate leaders, their allies in high levels of government and a newly powerful centralized global trade bureaucracy. The visions they offer us are unfailingly positive, even utopian: Globalization will be a panacea for all our ills.



Meanwhile, the diverse opposition to globalization is lumped together in one ball -- whether they are environmentalists, or human rights advocates, or small businesses, or small and indigenous farmers, or people trying to sustain the vestiges of democratic governance; whether Perotites or Naderites or Buchananites, covering a wide political spectrum -- they are all combined into a single category, "protectionist," so as to be summarily dismissed. In the end, we are left with a public information climate that is exceedingly shallow and one-sided. Worse, we are left with a corporate protectionism that does not act to protect jobs, communities, democracy or the natural world. It works to protect and expand business freedoms, to circumvent democratic control and to establish effective transnational corporate governance.



The recent passage of the Uruguay Round of GATT (General Agreement on Tariffs and Trade), with its associated W.T.O. (World Trade Organization), was celebrated by the world's political leadership and transnational corporations as a sort of global messianic rebirth. They have proclaimed that these new ruling structures will bring on a $250 billion expansion of world economic activity, with the benefits trickling down to us all. "The new rising tide will lift all boats" has become the dominant economic-political homily of our time.



The global economy is new, but more so in scale than in form. It offers new global freedoms of mobility and investment to corporations and banks; it facilitates a technologically enhanced speedup of global development and commerce; and it produces a profound and abrupt shift in global political power beyond the reach of even large Western democracies. Surely it is something new that the world's democratic countries have voluntarily voted to subordinate their own democratically enacted laws to the W.T.O. Also new is the elimination of most regulatory control over global corporate activity, and the liberation of currency from any nation's controls, leading to what John Cavanagh has described as the "casino economy," ruled by currency speculators.



But the deeper ideological principles of the global economy are not so new; they are only now being applied globally. These rules include the absolute primacy of exponential economic growth and an unregulated "free market"; the need for free trade to stimulate the growth; the destruction of "import substitution" economic models (which promote economic self-sufficiency) in favor of export-oriented economies; accelerated privatization of public enterprises; and the aggressive promotion of consumerism, which, combined with global development, faithfully reflects the Western corporate vision. The guiding principles of the new economic structures assume that all countries -- even those whose cultures have been as diverse as, say, Indonesia, Japan, Kenya, Sweden and Brazil -- must row their (rising) boats in unison. The net result, as Helena Norberg-Hodge argues on page 20, is a global monoculture -- the homogenization of culture, lifestyle and level of technological immersion, with the corresponding dismantlement of local traditions and self-sufficient economies. Soon, everyplace will look and feel like everyplace else, with the same restaurants and hotels, the same clothes, the same malls and superstores, the same TV, the same streets choked with cars and the same universal materialistic values. There'll scarcely be a reason ever to leave home.



But can this system work? Will the promised economic expansion resulting from GATT actually happen? If so, can it sustain itself? Where will the resources -- the energy, the wood, the minerals, the water -- come from to feed the increased growth? Where will the effluents of the process -- the solids and the toxics -- be dumped? Who benefits from this? Will it be working people, who, in the United States at least, seem mainly to be losing jobs to machines and corporate flight? Will it be farmers, who thus far, whether in Asia, Africa or North America, are being maneuvered off their lands to make way for huge corporate monocultural farming -- no longer producing diverse food products for local consumption but coffee, grains and beef for export markets, with their declining prices? Will it be city dwellers, now faced with the immigrant waves of newly landless peoples desperate to find -- someplace -- the rare and poorly paid job? Can ever-increasing consumption be sustained forever? When will the forests be gone? How many cars can be built and bought? How many roads can cover the land? What will become of the animals and the birds? Are we -- as individuals, as families and as communities and nations -- made more secure, less anxious, more in control of our destinies? Can we possibly benefit from a system that destroys local and regional governments while handing real power to faceless corporate bureaucracies in Geneva and Brussels? Will people's needs be better served from this?



The German ecological philosopher Wolfgang Sachs argues in his book The Development Dictionary that the only thing worse than the failure of this massive global development experiment would be its success. For even at its optimum performance level, the long-term benefits will go to only a tiny minority of people who sit at the hub of the process and to a slightly larger minority that can retain an economic connection to it, while the rest of humanity is left landless and homeless, groping for fewer jobs, living in violent societies on a ravaged planet. The only boats that will be lifted are those of the owners and managers of the process; the rest of us will be on the beach, facing the rising tide.



Given the above, one would expect massive efforts by media and educational institutions to explore all the dimensions of this subject. Yet when the mass media report on some aspect of globalization, rarely does the story express the connections between the specific crisis it describes and the root causes in the globalization process itself.



In the area of environment, for example, we read of changes in global climate and occasionally of their long-term consequences, such as the melting polar icecaps (the real rising tide), their expected staggering impact on agriculture and food supply, or their destruction of habitat. We read too of ozone-layer depletion, the pollution of the oceans and the wars over resources such as oil and, perhaps soon, water. But few of these matters are linked directly to the imperatives of global economic expansion, the tremendous increase in ecologically devastating global transport (caused by universal conversion to export-oriented production), the overuse of raw materials or the commodity-intensive lifestyle that corporations are selling worldwide via the culturally homogenizing technology of television and its parent, advertising. Obfuscation is the net result.



I personally have had some harsh experience of this obfuscation. While working with Public Media Center in the run-up to the vote on GATT, my colleagues and I were preparing educational ads about GATT's environmental consequences, particularly the way it can challenge existing major environmental laws, such as recently happened to the Marine Mammal Protection Act and the Clean Air Act. We collaborated on the project with fifteen environmental groups who signed the ad, among them the Sierra Club, Public Citizen, Friends of the Earth, Earth Island Institute and the Rainforest Action Network. The groups felt the campaign was important precisely because the media had carried so few stories about environmental opposition to GATT, and did not take it seriously.



Shortly after our first ad appeared in The New York Times, a report in Newsweek advised its readers that the advertisement was not really from the environmental community at all; it was secretly funded by labor union "protectionists." Public Media Center protested loudly, and finally Newsweek ran a small corrective notice. But the damage was done. A good opportunity to broaden the public's thinking about economic globalization was undermined.



Other notable examples of media misunderstanding include the coverage of the Barings bank debacle of 1995 and the Mexican financial crisis of 1994-95. Rarely has any medium made clear the role that the new global computer networks play in creating the capability for instantaneous transfer anywhere on the planet of astounding amounts of money; nor do the media describe the consequences of deregulating financial markets or the role that the World Bank and the International Monetary Fund play in creating the conditions that encourage currency speculation. The Mexican story was carried in the U.S. press as if the United States' "bailout of Mexico" was some kind of do-gooder act on our part: good neighbors coming to the aid of our Mexican friends. In fact, the main people bailed out were Wall Street investors, who, with the direct complicity of the World Bank and the I.M.F., largely brought on the crisis in the first place. For middle-class and working-class Mexicans, the bailout was disastrous. That story has yet to be told by the mass media.



Some publications did do stories about "corporate greed" as expressed by the firing of thousands of workers while corporate profits and executive salaries soared. Even those stories missed the crucial point that corporate restructuring is directly hooked to the imperatives and mobilities provided by the new rules of globalization, and that it is happening all over the world. Obfuscation yet again.



The media like to speak of immigration crises, but there is no mention of the role of trade agreements in making life impossible for people in their countries of origin. NAFTA, for example, was a knockout blow to the largely self-sufficient, small-scale corn-farming economy of Mexico's indigenous peoples -- as the Zapatista rebels said in 1994 -- making previously inviolate indigenous lands vulnerable to corporate buyouts and foreign competition. In India, Africa and Central and South America, World Bank schemes have displaced whole populations of relatively prosperous peoples to make way for giant dams and other mega-projects. Millions of small farmers have thereby been turned into landless refugees seeking nonexistent urban jobs.



As for the role of technology, we now have global computer networks that enable global corporations to keep their thousand-armed enterprises in constant touch. Biotechnology brings the corporate patenting of new life forms and the voracious global search for indigenous seeds and plants to patent and market, with devastating effects on Third World agriculture, ecology and human rights. Where are the reports on this?



As for reportage about corporations themselves, the media treat corporate figures mainly as glamorous celebrities and speak respectfully in the new language of consolidation -- efficiency, structural engineering and downsizing -- rarely attempting to present such activities within their economic and social context. The media have still less to say about global media corporations that place Rupert Murdoch, Ted Turner and very few others in a position to transmit their Western images and commercial values directly into the brains of 75 percent of the world's population. The globalization of media imagery is surely the most effective means ever for cloning cultures to make them compatible with the Western corporate vision.



But if the media have failed to connect the dots and show how many of the global crises of today have their roots in the globalization process, they have been still worse in analyzing the economic theories that underly it, and their expression in practice. We may find references to World Bank loans to Third World countries, but there is scant effort to reveal the draconian "structural adjustment" rules forced on recipients, leaving their local economies decimated and their governance under the dominion of transnational corporations and banks.



And when have mass media ever challenged the preposterous idea that, on a finite earth, an economic arrangement based on limitless growth can possibly be sustained?



The point is this: The media do not help us to understand that all these issues -- overcrowded cities, unusual and disturbing new weather patterns, the growth of global poverty, the lowering of wages while stock prices soar, the elimination of social services, the destruction of wilderness and wildlife, the protests of Maya Indians in Mexico -- are products of the same global policies. They are all connected to the economic-political restructuring now under way in the name of accelerated free trade and globalization. This restructuring has been designed by economists and corporations, encouraged by subservient governments and will soon be made mandatory by international bureaucrats in Brussels and Geneva who are beyond democratic control. All claim that society will benefit from what they are doing. But the authors in this special issue of The Nation believe the opposite is true.



In such a deprived information environment it is truly a wonder that significant numbers of people are already conscious of what economic globalization means to them, and to the planet, and that resistance is necessary. Aside from the example of the Zapatistas, we have seen the strike by hundreds of thousands of French public service workers in 1995, who brought the French economy to a halt. They may soon do it again, if the French government proceeds with its plan to cut wages, benefits and jobs to "harmonize" them with Europe's single-currency agreement, itself an integral part of the restructuring and corporatizing of the European economy for global compatibility.



In Japan, tens of thousands of rice farmers protested when supports were removed from traditional farming to open the country to the global market. In India there have been a series of tremendous demonstrations by farmers. A half-million protested the new GATT rules on intellectual property that allow for transnational seed companies to patent and own indigenous seeds. In another demonstration, farmers burned the offices of agribusiness giant Cargill, and in a third, they damaged a Kentucky Fried Chicken outlet for its role in undermining India's very diverse poultry farm economy, to replace it with factory farms for exporting chickens.



Throughout Asia and South America, indigenous people have been fighting World Bank dam and irrigation projects that cause the displacement of people from their land; and a new international Native movement is opposing the taking of Indian blood and skin samples by corporations prospecting for commercially applicable and patentable genetic traits.



In the United States, meanwhile, dozens of organizations that worked to oppose NAFTA and GATT have spent the past two years broadening their sights to encompass globalization itself. Environmental, consumer, human rights, labor, small business and economic justice groups are now grasping that their issues are directly affected by globalization, and are forming new partnerships here and across borders. Organizations like the International Forum on Globalization have found that events planned for 300 people are bringing out thousands.



A growing tendency among many groups is to take it as axiomatic that we must turn away now from globalization to a new relocalization with economic, financial and political power rooted in place. This is sometimes viewed as too utopian for the modern world, but that puts the case backwards. What is truly utopianism, corporate utopianism, is the belief that centralized economic models that defy natural limits and social equities can ever sustain themselves. It's far more practical to fight such schemes in all of their manifestations, while encouraging alternative solutions.





Jerry Mander is a senior fellow with Public Media Center, San Francisco, and co-founder of the International Forum on Globalization. He is co-editor, with Edward Goldsmith, of The Case Against the Global Economy, forthcoming from Sierra Club Books in September. This article was adapted from the book. Copyright 1996 Sierra Club Books.


グローバリゼーションの暗い側 メディアが逃しているもの

ジェリー・マンダーによって

経済のグローバリゼーションは間違いなく産業革命以来の地球の政治的で、経済の手配の最も根本的な再設計と集中化に関係している。

それでも、これらの変化の深い意味はかろうじて重大な公開審査または討論にさらされている。

グローバルな再注文のスケールにもかかわらず、私達の選ばれた役員や私達の教育機関やマスメディアのどちらも、何が公式化されているかを記述し、その根人生観を説明するか、その効果の多次元性を探究する信用できる努力をしなかった。

通常メディアの中で発見される世界経済についての時折の説明または予測はこの新オーダーの主要な支持者と受益者から来る:

企業のリーダー、政府の高いレベルにおける彼らの同盟者、および新しく強力な集中化した世界貿易官僚。

それらが私達に提供するビジョンは無尽蔵にポジティブで、理想的にさえ:

グローバリゼーションはすべての私達の病気のための万能薬になるであろう。

その間、グローバリゼーションへの多様な反対は1つのボールの中で一まとめにされる--彼らが、民主主義の管理の痕跡を耐えようとしている環境保護活動家または人権支持者または中小企業または小規模と先住の農場主または人々であるかどうかにかかわらず;

広い各政党をカバーしているPerotitesまたはネーダーばりまたはBuchananitesかどうかにかかわらず--彼らは、すぐに退けられるようにすべて1つのカテゴリー、「保護貿易論者」に統合される。

最後に、私達は、非常に浅く、不公平な公開情報気候によって別れられる。

より悪く、私達は、作動しない企業の保護貿易政策によって、仕事、コミュニティ、民主主義、または自然界を保護することを任せられる。

ビジネス自由を保護し、拡張するため、民主主義のコントロールを出し抜くため、および効果的な国境を越えるコーポレート・ガバナンスを設立するために、それは働く。

その関連したW.T.O.(世界貿易機関)とのGATT(関税および貿易に関する一般協定)のウルグアイ・ラウンドの最近の通路は一種のグローバルな救世主の再生としての世界の政治的なリーダーシップと超国際企業によって祝福された。

彼らは、これらの新しい支配構造が私達すべてまでしたたっている利点によって世界経済活動の2500億ドルの拡張を引き起こすであろうと宣言した。

「新しい上げ潮はすべてのボートを持ち上げるであろう」は私達の時間の支配的な経済で政治的な訓戒になった。

世界経済は新しいけれどもスケールの中でフォームにおいてよりそうである。

それは可動性と投資の新しいグローバルな自由を企業と銀行に提供する;

それはグローバルな開発と商業の技術的に強化されたスピードアップを容易にする;

そして、それは大きな西洋の民主主義国さえの届く範囲を越えてグローバルな政治権力において深く、突然のシフトを生み出す。

きっと、民主主義の国が、ジョン・カバナーが、通貨投機筋によって判決されて「カジノ経済」として説明したものをもたらして、彼ら自身の民主的に制定された法律をまた新しいW.T.O.に従属させることがグローバルな企業の活動に関しての最も規制のコントロールの除去とすべての国家のコントロールからの通貨の解放であるのを自発的に可決したことは、世界がある新しいものである。

しかし、世界経済のより深いイデオロギー上の主義はそんなに新しくない;

それらは現在グローバルに適用されているだけである。

これらの規則は指数の経済成長と規制されていない「自由市場」の絶対の第一を含む;

自由貿易が成長を刺激する必要;

輸出指向の経済に賛成の「輸入代替」経済モデル(経済の自給自足を促進する)の破壊;

公営企業の促進された民営化;

そして消費者運動の攻撃的なプロモーション(それは、グローバルな開発と結合されて、忠実に西洋の企業のビジョンを反映する)。

新しい経済構造の指導原則は、諸国--文化が例えばインドネシア、日本、ケニア、スウェーデン、およびブラジルと同じくらい多様であったそれら--さえ一斉にそれらの(上昇)ボートをこがなければならないと仮定する。

正味残額は、ヘレナNorbergホッジが20ページに議論するので、グローバルなモノカルチャーである--ローカルな伝統と自給自足経済の対応する分解との文化、ライフスタイル、および技術的な浸しのレベルの同質化。

すぐ、どこでも、ルック&フィールは同じレストランとホテル、同じ衣服、同じモール、およびスーパーストア、同じテレビ、車で詰まっていた同じ通り、および同じ一般的な唯物論的な価値によって他にどこでも望むであろう。

ほとんど、これまで家を出る理由がないであろう。

しかし、このシステムは作動することができるか?

実際GATTに起因している約束された景気拡大は起こるであろうか?

もしそうなら、それは自身を維持することができるか?

資源--エネルギー、木材、鉱物、水--は、どこで拡大成長に供給するために来るであろうか?

プロセス--固体とtoxics--の流出はどこに放り出されるであろうか?

誰がこれから利益を得ているか?

それは、米国で、少なくとも、主であるマシンと企業のフライトに仕事を失っているような人々を働かせているであろうか?

これまでのところ、アジア、アフリカ、または北アメリカのかどうかにかかわらず、莫大な企業の単一栽培の農業に道をあけるために彼らの領土から動いているのは農夫になるであろう--彼らの下落する価格によって輸出市場のために地元の消費であるがコーヒー、粒、および牛肉のためにもう多様な食品を生産しない?

それは、現在、まれで、不十分に支払われた仕事を見つける、--どこか--がしたくてたまらない新しく土地がない民族の移民波に直面している都市生活者になるであろうか?

常に増加する消費は永久に支えられることができるか?

いつ森林はなくなるであろうか?

いくつの車が製造されて、買われることができるか?

いくつの道路が土地をカバーすることができるか?

何が動物と鳥に起こるであろうか?

私達--個人としての、ファミリーとしての、そしてコミュニティと国家としての--はもっと私達の運命のコントロールにおいて、より心配していないでより安全にされるか?

私達は、何とかして、現実のパワーをジュネーブとブリュッセルの顔のない企業内官僚制に手渡す間に、ローカルで、地域の政府を破壊するシステムから利益を得ることができるか?

人々のニーズはこれからよりよく満たされるであろうか?

ドイツのエコロジカルな哲学者ウォルフガング・ザックスは、この大規模なグローバルな開発実験の失敗より悪い唯一の物がその成功であるであろうと彼の本The開発辞書の中で主張する。

Forは水平のその最高の性能で平らにし、長期利点は、プロセスのハブに、そして破壊した惑星の上の暴力的な社会の中に残って、人間性の残りが、より少ない仕事を手探りして、土地がなく、ホームレスであるままにしておかれる間、それとの経済の接続を保持することができる少しより大きな少数派に座っている人々のごく少ない少数派だけに行くであろう。

持ち上がるであろう唯一のボートはプロセスのオーナーとマネジャーのそれらである;

私達の残りは、上げ潮に直面してビーチの上にあるであろう。

上記を与えられて、人は、大きな努力がこの主題のすべての次元を探究することをメディアと教育機関によって期待するであろう。

それでも、マスメディアがグローバリゼーションのある面を報告する時に、めったに、話は、それが説明する具体的な危機とグローバリゼーションプロセス自身における根本原因の間の接続を表現しない。

例えば、環境のエリアで、私達は地球気候の変化について、そして時々溶ける極の万年雪(現実の上げ潮)、農業と食品供給へのそれらの予期されている圧倒的な影響、または生息地のそれらの破壊などのそれらの長期的影響について読んだ。

私達はオゾンレイヤー枯渇、海洋の汚染、およびオイルとたぶんすぐ水などの資源の上の戦争についてまた読んだ。

しかし、これらの問題のほとんどは、広告して、直接、グローバルな景気拡大、生態学的に破壊的な地球規模輸送(輸出指向の生産への一般的な変換によって起こされる)のすさまじい増加、原料の乱用、または企業がテレビとその親の文化的に均質化するテクノロジー経由で世界的に売っている商品が集中的なライフスタイルの命令法と結び付かない。

暗黒化は正味残額である。

私は個人的にこの暗黒化のいくらかのつらい経験をした。

GATTについての採決への準備段階における公的なメディアセンターによって働く間に、私の同僚と私は、GATTの環境の結果(特に、それが現行主要な環境法と競合することができる方法)について教育的な広告を準備していて、など、最近、海哺乳動物保護法と大気汚染防止法に起こった。

私達は、広告、それらの間の、シエラ・クラブ、公的な市民、地球の友、地球島研究所、および熱帯雨林行動ネットワークにサインした15の環境保護団体とプロジェクトについて協力した。

グループは、メディアがGATTへの環境の反対についてのそんなに少数のストーリーを伝えて、それをまじめに取らなかったので、キャンペーンが正確に重要であったと思った。

私達の最初の広告がニューヨーク・タイムズに出た少し後に、ニューズウィークにおけるリポートは、広告が本当は全く環境のコミュニティからではなかったことをそのリーダに通知した;

それは労働組合「保護貿易論者」によってひそかに出資された。

公的なメディアセンターは声高に抗議し、最終的に、ニューズウィークは小さな矯正の短評を実行した。

しかし、損害はされた。

経済のグローバリゼーションについての大衆の考察を広げるよい機会は徐々に蝕まれた。

メディア誤解の他の著しい例は1995年のBarings銀行破壊と1994年-95年のメキシコ金融恐慌の記事を含む。

めったに、どのようなメディアも、驚くほどの金額の惑星の上でどこでも瞬時の転送のために機能を作成することについて、新しいグローバルなコンピュータネットワークが果たす役割を明らかにしなかった;

また、メディアは、規制解除金融市場または通貨投機を促進する条件を作ることについて、世界銀行と国際通貨基金が果たす役割の結果を説明しない。

米国の「メキシコの緊急援助」が私達のほうのある種類の考えの甘い慈善家行為であったかのように、メキシコ話は米国プレスの中に運ばれた:

私達のメキシコ友人の援助に来るよい隣人。

実のところ、保釈された主要な人々は、世界銀行とI.M.F.の直接的な共犯によって、主として、まず第一に危機を引き起こしたウォール街の投資者であった。

中流と労働者階級のメキシコ人にとって、緊急援助は悲惨であった。

その話は、まだこれからマスメディアによって話される必要がある。

企業の利益と役員報酬が高騰する間数千人の労働者の射撃によって表現されるように、いくつかの出版物は「企業の貪欲さ」についての話をした。

それらの話さえ、企業のリストラがグローバリゼーションの新しい規則によって提供された命令法と流動性に直接留められるという、そしてそれが世界中で起こっているという重要なポイントをはずれた。

さらに再び暗黒化。

メディアは、移住危機について話すことが好きであるけれども、彼らの原産地の中にライフを人々に不可能にすることにおける貿易協約の役割に関する言及が全然ない。

例えば、NAFTAは、以前に犯されていない先住の領土を企業の買収と外国の競争に無防備にしているメキシコの先住民--Zapatistaとして、反乱軍は1994年に言った--の主として自給自足、小規模のトウモロコシ農業経済への猛烈な一撃であった。

インド、アフリカ、および中南米で、世界銀行計画は、巨大なダムと他のメガプロジェクトに道をあけるために相対的に繁栄した民族の人口全体に取って代わった。

従って、数百万人の小規模農場主は存在しない都市の仕事を捜している土地がない避難民に変っている。

テクノロジーの役割について、私達は現在、グローバルな企業が一定の感触においてそれらの1000武装した企業を保持することを可能にするグローバルなコンピュータネットワークを持っている。

生物工学は新しいライフフォームの企業の特許を取得し、先住の種と植物の大食のグローバルな検索に、第三世界農業、エコロジー、および人権への破壊的な効果によって特許を取得し、マーケティングさせる。

どこにリポートはこれの上にあるか?

企業自身についてのルポルタージュについて、メディアは企業の数値を主に魅力的な有名人として扱い、めったに、彼らの経済の、そして社会的な文脈の中でそのような活動を示すことを試みていない合併--効率、土木建築工学、およびダウンサイジング--の新しい言語で、うやうやしく話す。

メディアは、より少ない、それらの西洋のイメージと商品価値を直接世界の人口の75パーセントの脳の中に送るために、ルパート・マードック、テッド・ターナー、およびほとんどの他をポジションに置くグローバルなメディア企業について言う必要がある。

メディア像のグローバリゼーションはきっと、それらを西洋の企業のビジョンと互換にするために文化をクローン技術で生み出すためのこれまでで最も効果的な方法である。

しかし、メディアが、ドットを接続し、今日のグローバルな危機のいくつがグローバリゼーションプロセスにおいてそれらの根を持っているかを示すことに失敗したならば、それらは、そんなにunderly経済理論を分析することにおいてより悪い静寂、および実際の場でそれらの表現であった。

私達は第三世界国に世界銀行貸付金へのリファレンスを見つけるかもしれないけれども、大量殺戮された彼らの地元の経済と超国際企業と銀行の支配権の下の彼らの管理を残して、受領者に押し付けられた過酷な「構造調整」規則を明らかにする不十分な努力がある。

そして、いつマスメディアは、これまでに、限定された地球の上で、無制限な成長に基づいた経済の配置が何とかして支えられることができるという非常識なアイデアと競合したことがあるか?

ポイントはこれである:

メディアは、私達が、すべてのこれらの問題--人口過剰の都市、異常で、気がかりな新しい天候パターン、グローバルな貧乏の成長、株価が高騰する間賃金の下がり、社会事業の除去、荒野の破壊、および野生生物(メキシコでのマヤ・インド人の抗議)--が同じグローバルな方針の製品であると理解することを手助けしない。

それらは促進された自由貿易とグローバリゼーションの名前において方法の下で現在すべて経済で政治的なリストラクチャリングに接続している。

このリストラクチャリングはエコノミストと企業によってデザインされていて、卑屈な政府によって促進し、すぐ、民主主義のコントロールの域を超えているブリュッセルとジュネーブの国際的な官僚によって義務的にされるであろう。

すべては、社会が、彼らがしていることから利益を得るであろうと主張する。

しかし、国家のこの特集号の中の作者は、反対物が真実であると信じる。

そのような奪われた情報環境において、かなりの数の人々が彼らに、そして惑星にすでにどんな経済のグローバリゼーション方法のかに気づいていることは本当に驚異であり、その抵抗は必要である。

Zapatistasの例は別として、私達は、フランス経済を止めた1995年の数十万人のフランス公務労働者によってストを見た。

フランス政府が、それらをヨーロッパの単一通貨協定(自身リストラクチャリングの必須の一部とグローバルな互換性のためのヨーロッパ経済のcorporatizing)と「調和させる」ために賃金、利点、および雇用を削減するその計画を続行するならば、彼らは再びすぐそれをすることができる。

日本で、サポートが、世界市場に国を開くために伝統的な農業から取り除かれた時に、数万人の稲作農業者は抗議した。

インドで、農夫による一連のすさまじいデモンストレーションがあった。

50万は、先住の種の特許を取得し、所有するために、国境を越える種の会社を考慮する知的所有権における新しいGATT規則に抗議した。

別のデモンストレーションにおいて、農夫はアグリビジネス巨人カーギルのオフィスを燃やし、3分の1において、チキンを輸出するためにそれを農場と取り替えるようにインドの非常に多様な家禽農園経済を徐々に蝕むことにおいて、彼らはその役割のケンタッキー・フライド・チキン出口を損った。

最後まで、アジアと南アメリカの、先住民は、彼らの土地から人々の置換を起こす世界銀行ダムと潅漑のプロジェクトを争っていた;

そして、新しい国際的なネイティブのムーブメントは商業的に適用可能で、特許取得可能な遺伝形質を試掘している企業によるインド血と皮のサンプルの取りに反対している。

米国で、その間、NAFTAとGATTに反対するために働いた数十の組織は、グローバリゼーション自身を取り巻くためにそれらの風景を広げることにこの2年を費やした。

環境で、消費者、人権、労働、中小企業、および経済上の公正のグループは、現在、それらの問題がグローバリゼーションによって直接影響されて、ここで、そして境界を横切って新しい会社を結成していると把握している。

グローバリゼーションに関する国際フォーラムのような組織は、300人の人々のために計画されたイベントが数千を持ち出していると気付いた。

多くのグループの間の成長する傾向は、公理のように、私達が適所に定着した経済、金融の、そして政治権力によって新しい再ローカライズに現在グローバリゼーションから離れなければならないことを取ることになっている。

これは時々現代の世界のためのあまりにもユートピアとみなされるけれども、それはケースを後方に置く。

本当に、ユートピア的理想、企業のユートピア的理想であるものは、自然な限界と社会的な普通株に反抗する集中化した経済モデルがこれまで自身を維持することができるという確信である。

代替案を促進する間にそれらの明示のすべてにおいてそのような計画を争うことはもっとずっと実用的である。

ジェリー・マンダーはグローバリゼーションに関する国際フォーラムの公的なメディアセンター、サンフランシスコ、および共同設立者を持つシニアの人である。

彼は世界経済に対する訴訟のエドワード・ゴールドスミスとともに、9月にシエラ・クラブ本から手近な共同エディタである。

この記事は本から適応した。

1996年、シエラ・クラブ本を著作権で保護しなさい。

それらの課題

Their Agenda

TARGETS OF THE ILLUMINATI

AND

THE COMMITTEE OF 300




[ACCORDING TO DR. JOHN COLEMAN]





1. To establish a One World Government/New World Order with a unified church and monetary system under their direction. The One World Government began to set up its church in the 1920s and 30s, for they realized the need for a religious belief inherent in mankind must have an outlet and, therefore, set up a "church" body to channel that belief in the direction they desired.


2. To bring about the utter destruction of all national identity and national pride, which was a primary consideration if the concept of a One World Government was to work.


3. To engineer and bring about the destruction of religion, and more especially, the Christian Religion, with the one exception, their own creation, as mentioned above.


4. To establish the ability to control of each and every person through means of mind control and what Zbignew Brzezinski called techonotronics, which would create human-like robots and a system of terror which would make Felix Dzerzinhski's Red Terror look like children at play.


5. To bring about the end to all industrialization and the production of nuclear generated electric power in what they call "the post-industrial zero-growth society". Excepted are the computer- and service industries. US industries that remain will be exported to countries such as Mexico where abundant slave labor is available. As we saw in 1993, this has become a fact through the passage of the North American Free Trade Agreement, known as NAFTA. Unemployables in the US, in the wake of industrial destruction, will either become opium-heroin and/or cocaine addicts, or become statistics in the elimination of the "excess population" process we know of today as Global 2000.


6. To encourage, and eventually legalize the use of drugs and make pornography an "art-form", which will be widely accepted and, eventually, become quite commonplace.


7. To bring about depopulation of large cities according to the trial run carried out by the Pol Pot regime in Cambodia. It is interesting to note that Pol Pot's genocidal plans were drawn up in the US by one of the Club of Rome's research foundations, and overseen by Thomas Enders, a high-ranking State Department official. It is also interesting that the committee is currently seeking to reinstate the Pol Pot butchers in Cambodia.


8. To suppress all scientific development except for those deemed beneficial by the Illuminati. Especially targeted is nuclear energy for peaceful purposes. Particularly hated are the fusion experiments currently being scorned and ridiculed by the Illuminati and its jackals of the press. Development of the fusion torch would blow the Illuminati's conception of "limited natural resources" right out of the window. A fusion torch, properly used, could create unlimited and as yet untapped natural resources, even from the most ordinary substances. Fusion torch uses are legion, and would benefit mankind in a manner which, as yet, is not even remotely comprehended by the public.


9. To cause, by means of limited wars in the advanced countries, by means of starvation and diseases in the Third World countries, the death of three billion people by the year 2050, people they call "useless eaters". The Committee of 300 (Illuminati) commissioned Cyrus Vance to write a paper on this subject of how to bring about such genocide. The paper was produced under the title "Global 2000 Report" and was accepted and approved for action by former President James Earl Carter, and Edwin Muskie, then Secretary of States, for and on behalf of the US Government. Under the terms of the Global 2000 Report, the population of the US is to be reduced by 100 million by the year of 2050.


10. To weaken the moral fiber of the nation and to demoralize workers in the labor class by creating mass unemployment. As jobs dwindle due to the post industrial zero growth policies introduced by the Club of Rome, the report envisages demoralized and discouraged workers resorting to alcohol and drugs. The youth of the land will be encouraged by means of rock music and drugs to rebel against the status quo, thus undermining and eventually destroying the family unit. In this regard, the Committee commissioned Tavistock Institute to prepare a blueprint as to how this could be achieved. Tavistock directed Stanford Research to undertake the work under the direction of Professor Willis Harmon. This work later became known as the "Aquarian Conspiracy".


11. To keep people everywhere from deciding their own destinies by means of one created crisis after another and then "managing" such crises. This will confuse and demoralize the population to the extent where faced with too many choices, apathy on a massive scale will result. In the case of the US, an agency for Crisis Management is already in place. It is called the Federal Emergency Management Agency (FEMA), whose existence I first enclosed in 1980.


12. To introduce new cults and continue to boost those already functioning which include rock music gangsters such as the Rolling Stones (a gangster group much favored by European Black Nobility), and all of the Tavistock-created rock groups which began with the Beatles.


13. To continue to build up the cult of Christian Fundamentalism begun by the British East India Company's servant Darby, which will be misused to strengthen the Zionist State of Israel by identifying with the Jews through the myth of "God's chosen people", and by donating very substantial amounts of money to what they mistakenly believe is a religious cause in the furtherance of Christianity.


14. To press for the spread of religious cults such as the Moslem Brotherhood, Moslem Fundamentalism, the Sikhs, and to carry out mind control experiments of the Jim Jones and "Son of Sam" type. It is worth noting that the late Khomeini was a creation of British Military Intelligence Div. 6, MI6. This detailed work spelled out the step-by-step process which the US Government implemented to put Khomeini in power.


15. To export "religious liberation" ideas around the world so as to undermine all existing religions, but more especially the Christian religion. This began with the "Jesuit Liberation Theology", that brought an end to the Somoza Family rule in Nicaragua, and which today is destroying El Salvador, now 25 years into a "civil war". Costa Rica and Honduras are also embroiled in revolutionary activities, instigated by the Jesuits. One very active entity engaged in the so-called liberation theology, is the Communist-oriented Mary Knoll Mission. This accounts for the extensive media attention to the murder of four of Mary Knoll's so-called nuns in El Salvador a few years ago. The four nuns were Communist subversive agents and their activities were widely documented by the Government of El Salvador. The US press and the new media refused to give any space or coverage to the mass of documentation possessed by the Salvadorian Government, which proved what the Mary Knoll Mission nuns were doing in the country. Mary Knoll is in service in many countries, and placed a leading role in bringing Communism to Rhodesia, Mo軋mbique, Angola and South Africa.


16. To cause a total collapse of the world's economies and engender total political chaos.


17. To take control of all foreign and domestic policies of the US.


18. To give the fullest support to supranational institutions such as the United Nations, the International Monetary Fund (IMF), the Bank of International Settlements, the World Court and, as far as possible, make local institutions less effective, by gradually phasing them out or bringing them under the mantle of the UN.


19. To penetrate and subvert all governments, and work from within them to destroy the sovereign integrity of the nations represented by them.


20. To organize a world-wide terrorist apparatus and to negotiate with terrorists whenever terrorist activities take place. It will be recalled that it was Bettino Craxi, who persuaded the Italian and US Governments to negotiate with the Red Brigades kidnapers of Prime Minister Moro and General Dozier. As an aside, Dozier was placed under strict orders not to talk what happened to him. Should he ever break that silence, he will no doubt be made "a horrible example of", in the manner in which Henry Kissinger dealt with Aldo Moro, Ali Bhutto and General Zia ul Haq.


21. To take control of education in America with the intent and purpose of utterly and completely destroying it. By 1993, the full force effect of this policy is becoming apparent, and will be even more destructive as primary and secondary schools begin to teach "Outcome Based Education" (OBE).


To order any of Dr. Coleman's books, including the enhanced and updated 4th edition of Conspirators' Hierarchy: The Story of the Committee of 300, his news magazine World in Review (a 40page bi-monthly publication) or any of his monographs, or to receive a copy of his catalogue, please telephone or write to the following:


1 (800) 942-0821

W.I.R.

2533 North Carson St.

Suite J-118

Carson City, NV 89706


それらの課題

啓蒙主義者の目標

そして

300の委員会

[DR.ジョンコールマン]

1. それらの指導のもとでの統合された教会と通貨制度によって1つの世界政府/新世界秩序を設立するには。

彼らが、人類の中で固有の宗教的信仰の必要がアウトレットを持たなければならないので、その信念を、彼らが要求した方向に運ぶために、「教会」ボディをセットアップしたことに気がついたので、1つの世界政府は、1920年代と30年代にその教会を設立しはじめた。

2. すべての国家のアイデンティティと国の誇りの全くの破壊を引き起こすには(1つの世界政府の概念が、働くことであったならば、それは主要な考慮であった)。

3. 上で述べられているように1つの例外、彼ら自身の作成によって設計し、宗教ともっと特にキリスト教の破壊を引き起こすには。

4. マインド・コントロールの方法を通してのすべての人とZbignewブレジンスキーが、techonotronics(それは作成するであろう)と呼んだもののコントロールへの能力を設立するために、人風のロボットとフェリックスDzerzinhskiの恐怖政治をするであろう恐怖のシステムは遊びで子供のように見える。

5. すべての産業化といわゆる「ゼロ成長脱工業化社会」における核の生成された電力の生産に終わりを引き起こすには。

コンピュータとサービス産業は例外として省かれる。

残っている米国産業は、豊富な奴隷労働が入手可能なメキシコなどの国に輸出されるであろう。

私達が1993年に見ていた時に、これはNAFTAとして知られている北米自由貿易協定の通路を通して事実になった。

米国の、産業の破壊の後での雇用不可能者は、アヘン、ヘロイン、および/またはコカインの常用者になるか、私達がグローバルな2000として今日について知っている「余分な人口」プロセスの除去において統計になるであろう。

6. 促進し、結局薬の使用を公認し、ポルノを、「アートフォーム」(それは広く受け入れられるであろうし、結局、まったく普通になる)にするには。

7. カンボジアのポルポト政権によって実行された試運転に従って大都市の人口減少を引き起こすには。

ポルポトの組織的大量虐殺の計画が米国でローマ・クラブの研究財団の1つによって作成されて、トーマス・エンダーズ、国務省高官によって監督されたことは注に興味深い。

委員会が、現在、カンボジアでポルポトバチェラーを復職することに努めていることはまた興味深い。

8. 啓蒙主義者によって有益であると考えられているそれらを除いてすべての科学の発展を抑制するには。

平和な目的のための核エネルギーは特に目標とされる。

プレスの啓蒙主義者とそのジャッカルによって軽蔑されて、嘲笑されて、フュージョン実験は現在特に憎悪されている。

超高温ごみ焼却炉の開発は啓蒙主義者の「制限された天然資源」の概念をまさにウィンドウから吹き飛ばすであろう。

適切に使われた超高温ごみ焼却炉は、無限で、最も普通の物質から均一なまだ未利用資源のように作成することができた。

フュージョンたいまつ用途は多数で、まだ、一般大衆によって離れて理解されさえしない方法で人類に役立つであろう。

9. 第三世界国(2050年までの30億人の人々、彼らが「無駄な食う人」と呼ぶ人々の死)の飢餓と病気によって先進国の中の局地戦争によって起こるには。

300(啓蒙主義者)の委員会は、どのようにそのような大量虐殺を引き起こすかのこの主題の上で論文を書くことをサイラス・ヴァンスに委任した。

紙はタイトル「グローバルな2000リポート」下で生産されて、米国政府のためにジェームズ・アール・カーター前大統領とエドウィン・マスキー、そして国務長官による行動として認められて、是認された。

グローバルな2000リポートの条件の下で、米国の集団は、2050年の年までに1億によって減らされることになっている。

10. 国家の道徳心を弱めるためと大量失業を作成することによって労働クラスにおいて労働者の士気をくじくには。

仕事がローマ・クラブによって導入されたゼロ成長政策を産業のポストに起因して小さくする時に、リポートはアルコールと薬に依存している困惑し、落胆した労働者を考察する。

土地の若者は、現状に反逆し、従って徐々に蝕み、結局世帯単位を破壊するようにロック・ミュージックと薬によって勧められるであろう。

この点で、委員会は、どうしてこれが達成されることができるかについて青写真を準備することをTavistock研究所に委任した。

Tavistockはスタンフォードの研究に、ウィリス・ハーモン教授の指導のもとで仕事を引き受けるように命じた。

この仕事は後で「みずがめ座生まれ共謀」として知られた。

11. 人々が次から次の作成された危機によって彼ら自身の運命を決めて、それからそのような危機を「管理すること」をどこでも妨げるには。

これは、あまりにも多くの選択に直面する所で、巨大な規模で無関心が結果として生じるであろう範囲まで集団を混乱させて、それの士気をくじくであろう。

米国の場合に、危機管理のためのエージェンシーはすでに適所にある。

それは連邦緊急事態管理庁(FEMA)と呼ばれる(私は1980年にその存在物を最初に同封した)。

12. 新しいカルトを導入し、ローリング・ストーンズ(ヨーロッパ人ブラックNobilityによって大変賛成されているギャンググループ)などのロック・ミュージック・ギャングとビートルズから始めたTavistockで作成されたロック・グループのすべてを含むすでに機能しているそれらを押し上げ続けるには。

13. 「神の、選ばれた人々」の神話を通じてユダヤ人と自分を同一視すること、および非常にかなりの金額を、キリスト教の促進の宗教の原因であると彼らが間違って信じるものに寄贈することによってシオニズムイスラエル国を強化するために悪用される英国東インド会社の使用人ダービーにより開始されたキリスト教ファンダメンタリズムのカルトを増強し続けるために。

14. イスラム兄弟団、イスラム教徒Fundamentalism、シーク教徒などの宗派の広がりを迫るためとジムジョーンズと「サムの息子」タイプのマインド・コントロール実験を実行するには。

故ホメイニが英国軍事情報部Divの作成であったことは注目する価値がある。

6、 MI6.

この細かい仕事は、ホメイニをパワーに入れるために、米国政府が実施したステップ・バイ・ステップのプロセスを明確にした。

15. すべての既存の宗派であるがより多く、特にキリスト教を徐々に蝕むように「宗教の解放」アイデアを世界中に輸出するには。

これは「イエズス会士解放の神学」から始めて、それは、ニカラグアとどの今日がエルサルバドルを破壊しているかのソモーザの家の規則を「内戦」中に25年今や終わらせた。

コスタリカとホンジュラスは、イエズス会士によって扇動されて、また革命の活動に巻きこまれる。

1つの非常にアクティブなエンティティがいわゆる解放の神学に従事し、共産主義者指向のメアリー・ノルMissionである。

これは数年前のエルサルバドルのメアリー・ノルのいわゆる修道女の4人の殺人への広いメディアの注目を説明する。

4人の修道女は共産主義の破壊されたエージェントであり、彼らの活動はエルサルバドルの政府によって広く文書化された。

米国プレスとニューメディアは、どのようなスペースまたは記事でもエルサルバドルの政府によって所有されているドキュメンテーションのマスに与えることを断った(それは、メアリーノル任務修道女が国で何をしていたかを証明した)。

メアリー・ノルは多くの国で使用されていて、導き役割を、共産主義をローデシア、モザンビーク、アンゴラ、および南アフリカにもたらすことに置いた。

16. 世界の経済の完全な崩壊を起こし、完全な政治的混乱を生むには。

17. 米国のすべての外国と国内の方針のコントロールを取るには。

18. 最もいっぱいのサポートを国連(国際通貨基金(国際通貨基金)(国際決済、常設国際司法裁判所の銀行))などの超国家的な組織に与えて、それらを徐々に段階的に廃止するか、国連のマントの下で彼らを連れて来ることによってできる限りローカルな組織をより効果的でなくするには。

19. すべての政府に侵入し、破壊し、それらによって代表された国家の主権を有する完全性を破壊するためにそれらの中から働くには。

20. 世界的なテロリスト装置を組織するためとテロ活動が起こる時はいつでもテロリストと協議するには。

イタリアと米国の政府を説得して、より眠いモロと一般の総理大臣の赤い旅団誘拐犯と協議させたのがベッティーノ・クラクシであったことは思い出されるであろう。

ひそひそ話として、Dozierは、彼に起こったことを論じない厳密な注文の下で置かれた。

彼が万一これまでその沈黙を破るならば、彼は、確かに、ヘンリー・キッシンジャーがアルド・モロ、アリ・ブット、およびジアウルハク将軍とやりとりした方法で「恐ろしい例」にされるであろう。

21. それを完全に、まったく破壊する意思と目的によってアメリカで教育のコントロールを取るには。

1993年までに、この方針の完全な力効果は明白になっていて、主要で、中等学校が、「結果で基づいた教育」(OBE)を教えはじめる時に、よりいっそう破壊的になるであろう。

共謀者のヒエラルキーの強化されて、アップデートされた第4版を含めて、コールマン博士の本のどれでも注文するには:

300の委員会(レビュー(40ページの隔月の出版物)またはまたは彼のカタログのコピーを受け取り、電話を喜ばすか、以下に手紙を書く彼のもののいくらのでも中の彼のニュース雑誌世界)の話:

1 (800) 942-0821

W.I.R.

2533 北カーソン通り

スイートJ-118

カーソンシティ、NV 89706

新世界秩序の年代順履歴2

1984 -- The Power to Lead is published. Author James McGregor Burns admits:


"The framers of the U.S. constitution have simply been too shrewd for us. The have outwitted us. They designed separate institutions that cannot be unified by mechanical linkages, frail bridges, tinkering. If we are to 'turn the Founders upside down' -- we must directly confront the constitutional structure they erected."


1985 -- Norman Cousins, the honorary chairman of Planetary Citizens for the World We Chose, is quoted in Human Events:


"World government is coming, in fact, it is inevitable. No arguments for or against it can change that fact."


Cousins was also president of the World Federalist Association, an affiliate of the World Association for World Federation (WAWF), headquartered in Amsterdam. WAWF is a leading force for world federal government and is accredited by the U.N. as a Non-Governmental Organization.


July, 1991 -- The Southeastern World Affairs Institute discusses the New World Order. In a program, topics include, Legal Structures for a New World Order and The United Nations: From its Conception to a New World Order. Participants include a former director of the U.N.'s General Legal Division, and a former Secretary General of International Planned Parenthood.


Late July, 1991 -- On a Cable News Network program, CFR member and former CIA director Stansfield Turner (Rhodes scholar), when asked about Iraq, responded:


"We have a much bigger objective. We've got to look at the long run here. This is an example -- the situation between the United Nations and Iraq -- where the United Nations is deliberately intruding into the sovereignty of a sovereign nation... Now this is a marvelous precedent (to be used in) all countries of the world... "


October 29, 1991 -- David Funderburk, former U. S. Ambassador to Romania, tells a North Carolina audience:


"George Bush has been surrounding himself with people who believe in one-world government. They believe that the Soviet system and the American system are converging." The vehicle to bring this about, said Funderburk, is the United Nations, "the majority of whose 166 member states are socialist, atheist, and anti-American."


Funderburk served as ambassador in Bucharest from 1981 to 1985, when he resigned in frustration over U.S. support of the oppressive regime of the late Rumanian dictator, Nicolae Ceausescu.


October 30, 1991: -- President Gorbachev at the Middle East Peace Talks in Madrid states:


"We are beginning to see practical support. And this is a very significant sign of the movement towards a new era, a new age... We see both in our country and elsewhere... ghosts of the old thinking... When we rid ourselves of their presence, we will be better able to move toward a new world order... relying on the relevant mechanisms of the United Nations."


Elsewhere, in Alexandria, Virginia, Elena Lenskaya, Counsellor to the Minister of Education of Russia, delivers the keynote address for a program titled, Education for a New World Order.


1992 -- The Twilight of Sovereignty by CFR member (and former Citicorp Chairman) Walter Wriston is published, in which he claims:


"A truly global economy will require ... compromises of national sovereignty... There is no escaping the system."


1992 -- The United Nations Conference on Environment and Development (UNCED) Earth Summit takes place in Rio de Janeiro this year, headed by Conference Secretary-General Maurice Strong. The main products of this summit are the Biodiversity Treaty and Agenda 21, which the U.S. hesitates to sign because of opposition at home due to the threat to sovereignty and economics. The summit says the first world's wealth must be transferred to the third world.


July 20, 1992 -- Time magazine publishes The Birth of the Global Nation by Strobe Talbott, Rhodes Scholar, roommate of Bill Clinton at Oxford University, CFR Director, and Trilateralist, in which he writes:


"All countries are basically social arrangements... No matter how permanent or even sacred they may seem at any one time, in fact they are all artificial and temporary... Perhaps national sovereignty wasn't such a great idea after all... But it has taken the events in our own wondrous and terrible century to clinch the case for world government."


As an editor of Time, Talbott defended Clinton during his presidential campaign. He was appointed by President Clinton as the number two person at the State Department behind Secretary of State Warren Christopher, former Trilateralist and former CFR Vice-Chairman and Director. Talbott was confirmed by about two-thirds of the U.S. Senate despite his statement about the unimportance of national sovereignty.


September 29, 1992 -- At a town hall meeting in Los Angeles, Trilateralist and former CFR president Winston Lord delivers a speech titled Changing Our Ways: America and the New World, in which he remarks:


"To a certain extent, we are going to have to yield some of our sovereignty, which will be controversial at home... [Under] the North American Free Trade Agreement (NAFTA)... some Americans are going to be hurt as low-wage jobs are taken away."


Lord became an Assistant Secretary of State in the Clinton administration.


1992 -- President Bush addressing the General Assembly of the U.N said:


"It is the sacred principles enshrined in the United Nations charter to which the American people will henceforth pledge their allegiance."


Winter, 1992-93 -- The CFR's Foreign Affairs publishes Empowering the United Nations by U.N. Secretary General Boutros-Boutros Ghali, who asserts:


"It is undeniable that the centuries-old doctrine of absolute and exclusive sovereignty no longer stands... Underlying the rights of the individual and the rights of peoples is a dimension of universal sovereignty that resides in all humanity... It is a sense that increasingly finds expression in the gradual expansion of international law... In this setting the significance of the United Nations should be evident and accepted."


1993 -- Strobe Talbott receives the Norman Cousins Global Governance Award for his 1992 Time article, The Birth of the Global Nation and in appreciation for what he has done "for the cause of global governance." President Clinton writes a letter of congratulation which states:


"Norman Cousins worked for world peace and world government.... Strobe Talbott's lifetime achievements as a voice for global harmony have earned him this recognition... He will be a worthy recipient of the Norman Cousins Global Governance Award. Best wishes... for future success."


Not only does President Clinton use the specific term, "world government," but he also expressly wishes the WFA "future success" in pursuing world federal government. Talbott proudly accepts the award, but says the WFA should have given it to the other nominee, Mikhail Gorbachev.


July 18, 1993 -- CFR member and Trilateralist Henry Kissinger writes in the Los Angeles Times concerning NAFTA:


"What Congress will have before it is not a conventional trade agreement but the architecture of a new international system... a first step toward a new world order."


August 23, 1993 -- Christopher Hitchens, Socialist friend of Bill Clinton when he was at Oxford University, says in a C-SPAN interview:


"... it is, of course the case that there is a ruling class in this country, and that it has allies internationally."


October 30, 1993 -- Washington Post ombudsman Richard Harwood does an op-ed piece about the role of the CFR's media members:


"Their membership is an acknowledgment of their ascension into the American ruling class [where] they do not merely analyze and interpret foreign policy for the United States; they help make it."


January/February, 1994 -- The CFR's Foreign Affairs prints an opening article by CFR Senior Fellow Michael Clough in which he writes that the "Wise Men" (e.g. Paul Nitze, Dean Acheson, George Kennan, and John J. McCloy) have:


"assiduously guarded it [American foreign policy] for the past 50 years... They ascended to power during World War II... This was as it should be. National security and the national interest, they argued must transcend the special interests and passions of the people who make up America... How was this small band of Atlantic-minded internationalists able to triumph ... Eastern internationalists were able to shape and staff the burgeoning foreign policy institutions... As long as the Cold War endured and nuclear Armageddon seemed only a missile away, the public was willing to tolerate such an undemocratic foreign policy making system."


1994 -- In the Human Development Report, published by the UN Development Program, there was a section called "Global Governance For the 21st Century". The administrator for this program was appointed by Bill Clinton. His name is James Gustave Speth. The opening sentence of the report said:


"Mankind's problems can no longer be solved by national government. What is needed is a World Government. This can best be achieved by strengthening the United Nations system."


1995 -- The State of the World Forum took place in the fall of this year, sponsored by the Gorbachev Foundation located at the Presidio in San Francisco. Foundation President Jim Garrison chairs the meeting of who's-whos from around the world including Margaret Thatcher, Maurice Strong, George Bush, Mikhail Gorbachev and others. Conversation centers around the oneness of mankind and the coming global government. However, the term "global governance" is now used in place of "new world order" since the latter has become a political liability, being a lightning rod for opponents of global government.


1996 -- The United Nations 420-page report Our Global Neighborhood is published. It outlines a plan for "global governance," calling for an international Conference on Global Governance in 1998 for the purpose of submitting to the world the necessary treaties and agreements for ratification by the year 2000.





1984年--導くパワーは出版される。

ジェームズ・マグレガー・バーンズ作者は認める:

「米国構成の構成者は単に私達のために鋭敏すぎた」。

私達を出し抜いた。

彼らは、修繕して、メカニカル・リンケージ、弱い橋によって統合されることができない別個の組織をデザインした。

「私達が、‘創立者をさかさまに引っくり返しなさい’にであるならば--私達は、直接、彼らが建設した憲法の構造に立ち向かわなければならない」。

1985年--ノーマン・カズンズ(世界We Choseのための惑星市民の名誉会長)は人イベントの中で引用される:

「世界政府は来て、実のところ、それは必然的である」。

「それに賛成または反対のどの議論もその事実を変更することができない」。

アムステルダムに本部を置いて、いとこはまた世界連邦運動(世界連邦(WAWF)のための世界協会の系列会社)の社長であった。

WAWFは世界連邦政府のための主要な力であり、国連によって非政府組織として公認される。

1987年--秘密の憲法と憲法変化の必要はロックフェラー基金によっていくぶん後援される。

アーサーS.ミラー作者のいくつかの考えは以下の通りである:

「市民が、マスメディアの雇用によって教え込んだことである米国…で、思想統制の浸透性のシステムは存在していて、公教育…の人々のシステムは、古い注文が、…について考えるための何を砕いているかを言われる…」

ナショナリズムは危険な社会病と考えられるべきである…

計画を立てるために、新しいビジョンが必要で、未来、全国的な境界を超越するグローバルな光景を行い、国家主義的な解決策…新しい構成の毒を取り除きなさい 必要である。」

1988年--ニューヨーク・タイムズでの1月24日のインタビューにおける国とCFRメンバー ジョージBallの前の下の秘書は言う:

「冷戦はもう、それがある種類の執拗な懸念であるべきでない」。

どちらの側も、意図的に他を攻撃しようとしていない…

私達が現在もう、ほとんどの場合にソビエト連邦拒否を恐れる必要がないので、私達が、ソビエト連邦と連携して国連を使って国際化することができたならば、私達は、世界の形を変換しはじめることができて、何か役に立つことをすることに国連を戻すかもしれない…

遅かれ早かれ、それらが単に民族国家に制限されないように、私達は、私達の組織を再構造化することに直面する必要があろうとしている。

「最初に、地域大会を始めなさい。そうすれば、最終的に、あなたは世界基礎に動くことができた」。

1988年12月7日--国連へのアドレスの中で、ミハイル・ゴルバチョフは相互の合意を要求している:

「私達が新しい世界秩序に前進する時に、世界進歩は一般的な人の合意の検索を通して可能であるだけである」。

1989年5月12日--ブッシュ大統領はソ連に、世界秩序に参加するように請う。

テキサスA&M大学で卒業クラスと話して、ブッシュさんは、米国が、「世界秩序の中に」ソビエト連邦を歓迎する用意ができていることを述べる。

1989年--カール・バーンスタインの本義理:

息子の回想録は出版される。

彼の父と母は共産党のメンバーであった。

バーンスタインの父は本について彼の息子に話す:

「あなたは、彼が言っていたすべてが、システムが共産主義者とロードされたことであるので、[上院議員ジョセフ]マッカーシーが正しかったことを証明しようとしている」。

そして、彼は正しかった…

私は、あなたが、書こうとしている種類の本について、そしてマッカーシーを清潔にすることについて心配する。

問題は、誰もが、彼がうそつきであると言ったことである;

あなたは、彼が正しかったと言っている…

「私は、パーティーが国で力であったことに合意する」。

1990年--世界連邦運動はアメリカプレスを批判する。

それらの夏/秋のニューズレターを書き込んで、副ディレクター エリック・コックスは過去1年の間の世界の出来事または2を説明し、宣言する:

「愚鈍なアメリカプレスがこれらの開発のほとんどの意義を把握しなかったことは悲しいけれども真実である」。

しかし、ほとんどの連邦主義者は、何が起こっているかを知っている…

「そして、彼らは主権の1回のブーイングあたり老虫に脅えない」。

1990年9月11日--ブッシュ大統領は湾岸戦争を新世界秩序のための機会と呼ぶ。

新世界秩序に資格を与えられた議会へのアドレスの中で、ブッシュさんは言う:

「ペルシャ湾の危機は、協力の歴史的な期間に動くめったにない機会を提供する」。

…これらの問題の多い時の外で、新しい世界秩序は、世界、東、および西、南北の国家がどれを繁栄させることができるかにおいて明らかになり、調和において残ることができる…。

「今日、新しい世界は、誕生するために奮闘している」。

1990年9月25日--国連へのアドレスの中で、ソビエト連邦外務大臣エドアルド・シュワルナゼはクウェートへのイラクの侵略を、[「]明らかになる新世界秩序に対して行われているテロの行為」と評する。

12月31日に、ゴルバチョフは、新世界秩序が湾岸危機によって案内されるであろうということを言明する。

1990年10月1日--国連アドレスにおいて、ブッシュ大統領はtheについて話す:

「国連(新しい世界秩序(国家(心と精神の革命を引き起こし、ニューエイジの中に旅を開始するために、人類がそれ自身…中に来た…時間)の…新しいパートナーシップ)への…歴史的なムーブメント)によって表現された国際社会の総合力」。

1991年--文脈の中の出版においてあなたの学校の改革を起こすために、リンダ・マクレー・キャンベル作者はHowを出版する。

彼女は「自ら認めた革命家」と「共謀共犯」として「変革推進者」の使用を促進する。

1991年--ブッシュ大統領は一般教書において新世界秩序を賞賛する:

「賭けられているものは複数の小さな国であり、それは途方もない考えである--共有された原則に基づいた…人類の一般的な熱望と法の支配を達成する新しい世界秩序……」。

千ポイントのライトの照明…。

「変化の風は現在私達とともにある」。

1991年2月6日--ブッシュ大統領はニューヨークを経済クラブに話す:

「私の新しい世界秩序のビジョンは活性化された平和維持機能によって国連を予感する」。

1991年6月--外交問題評議会はアメリカのセキュリティを考え直しているアセンブリを共同スポンサーをする:

政府、労働、学界、メディア、軍隊、および職業の65人の名誉あるメンバーが9か国から出席する新世界秩序への冷戦を越えて。

後で、会議参加者のいくらかがバーデン バーデン、ドイツのBilderberg社会の別の非公開のドアミーティングのために約100人の他の世界的リーダーに参加した。

それらのそれぞれの政府の外交方針を決定することにおいて、Bilderbergersはまたかなりの打撃を及ぼす。

そのミーティングの間に、デイヴィド・ロックフェラーはスピーチにおいて言った:

「私達は、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、タイム誌、およびディレクターが私達のミーティングに出席し、ほぼ40年の間彼らの裁量の約束を尊重した他の大きな出版物に感謝している」。

私達がそれらの年の間にパブリシティのライトを受けたならば私達が世界についての私達の計画を展開することが不可能であったであろう。

しかし、世界は、現在もっと洗練されて、世界政府に行進するために準備される。

「知的エリートと世界銀行家の超国家的な主権はきっと前世紀に行われた全国的なオート決意より望ましい」。

1991年7月--南東世界情勢研究所は新世界秩序を議論する。

プログラムにトピックが含むこと、新世界秩序と国連のための法律構造:

その概念から新世界秩序まで。

参加者は国連の一般法律業務部門の前のディレクターと国際的な家族計画の前の事務局長を含む。

遅い1991年7月--ケーブルニューズネットワークプログラムの上で、CFRメンバーと前のCIAディレクター スタンスフィールド・ターナー(ローズ奨学生)はイラクを尋ねられる時に反応した:

「私達はずっと大きな目的を持っている」。

私達は、ここでロングランを見なければならない。

国連が主権を有する国家の主権に意図的に侵入している所で、これは例--国連とイラクの間の状況--である…

さて、これは、世界の信じられない、先行した(中で使われる)諸国である…

"

1991年10月29日--デイビッドFunderburk(ルーマニアの前U. S.大使)はノースカロライナ聴衆に話す:

「ジョージ・ブッシュは、1世界政府を信じている人々と自身を取り囲んでいた」。

「彼らは、ソビエト連邦システムとアメリカシステムが集中していると信じる」。

Funderburkは、これを引き起こす乗り物は、国連(「誰の166人の加盟国が社会主義であるかの大多数、無神論者、および反米主義者」)であると言った。

彼が亡くなったルーマニアの独裁者、ニコライ・チャウシェスクの強圧的な政権の米国サポートの上でフラストレーションにおいて辞任した時に、Funderburkは1981年から1985年にブカレストの大使として役立った。

1991年10月30日

--マドリッドでの中東和平会議のゴルバチョフ大統領は述べる:

「私達は、実用的なサポートを見はじめている」。

そして、これは新しい時代、ニューエイジごろに動きの非常に重要な合図である…

私達は私達の国で、そして他の場所で見ている、古い考えの…ゴースト…

「私達がそれらの存在を自身から取り除いた時に、私達は、より良く、…国連の関連したメカニズムを信頼して、新しい世界秩序に動くことができる」。

アレクサンドリア、バージニアで、タイトルを付けられたプログラム、新世界秩序のための教育のためにエレナLenskaya(ロシアの文部大臣へのカウンセラー)は基調演説を他の場所に配達する。

1992年--CFRメンバー (そして前のCiticorp会長)ウォルター・リストンによる主権のたそがれは出版される(彼が主張する):

「本当の世界経済は国家主権の妥協案を必要とするであろう…」

「システムを免れることが不可能である」。

1992年--会議事務総長モーリスによって強く率いられて、地球サミット(UNCED)地球サミットは今年リオデジャネイロで起こる。

このサミットの主要な製品は、米国が、主権と経済学への脅威のため家で反対のためサインすることをためらう生物多様性条約とアジェンダ21である。

サミットは、最初の世界の富が第三世界に転送されなければならないと伝えている。

1992年7月20日--タイム誌はストローブ・タルボット、ローズ奨学生、オックスフォード大学のビル・クリントンのルームメイト、CFRディレクター、および三者相互協力者によるグローバルな国家の誕生を出版する(それにおいて、彼は書く):

「諸国は基本的に社会的な手配である…」

それらがどのような1つの時間にでもたとえどんなに永久的であるか、神聖にさえのようであるかもしれなくても、実のところ、それらはすべて人工的で、一時的である…

たぶん、国家主権は結局そのようなすばらしいアイデアではなかった…

「しかし、それは、世界政府のためにケースを打ち曲げるように今不思議で、ひどい世紀にイベントを取った」。

時間のエディタとして、タルボットは彼の大統領選挙戦の間にクリントンを防御した。

彼は国務長官ウォーレン・クリストファー、前の三者相互協力者、および前のCFR副議長とディレクターの後ろの国務省で数2人としてクリントン大統領によって任命された。

タルボットは国家主権の非重要性についての彼のステートメントにもかかわらず米国上院の約3分の2によって立証された。

1992年9月29日--ロサンゼルス、三者相互協力者、および前のCFRの町役場ミーティングで、ウィンストン神大統領は私達の方法で変更というタイトルを付けられた演説をする:

アメリカと彼が気づく新世界:

「ある程度まで、私達は、私達の主権のいくらかを産出する必要があろうとしている(それは家で物議をかもすであろう)…」

「…北米自由貿易協定(NAFTA)[下で、]低賃金仕事が取り除かれるにつれて、何人かのアメリカ人は、負傷しようとしている」。

神はクリントン政権の中で国務次官補になった。

1992年--U.Nの総会にアドレスしているブッシュ大統領は言った:

「それは、アメリカ人が今後彼らの忠誠を誓約するであろう国連憲章に安置された神聖な原則である」。

1992年-93年の冬--主張する国連事務局長ブトロス・ブトロス・ガリによって国連をエンパワーメントして、CFRの外務は出版する:

「絶対で、排他的な主権の世紀の年齢の主義がもうないのは紛れもない…」

個人の権利と民族の権利を引き起こすことは、すべての人間性にある一般的な主権の次元である…

ますます、国際法のゆるやかな拡張において表現を発見するのは感覚である…

「この設定において、国連の意義は明らかで、受け入れられるべきである」。

1993年--彼の1992の時間記事(グローバルな国家の誕生)のために、そして彼が「グローバル・ガバナンスの原因のために」をしたことのための理解において、ストローブ・タルボットはノーマン・カズンズ・グローバル・ガバナンス賞を受け取る。

クリントン大統領は、述べる祝い状を書く:

「ノーマン・カズンズは世界平和と世界政府のために働いた…」。

グローバルな調和のための音声としてのストローブ・タルボットの生涯の功績は彼にこの認識をもたらした…

彼はノーマン・カズンズ・グローバル・ガバナンス賞の値した受賞者になるであろう。

「未来の成功のために最もよい好意…」。

クリントン大統領は「世界政府」を具体的な期間に使うだけでなく、彼は明確に追跡世界連邦政府の中でWFA「未来の成功」を望む。

タルボットは誇らしげに賞を受け入れるけれども、WFAがそれを他の指名された人、ミハイル・ゴルバチョフに与えるべきであったと言う。

1993年7月18日--CFRメンバーと三者相互協力者ヘンリー・キッシンジャーはNAFTAについてロサンジェルス・タイムズを書き込む:

「議会がそれの前に持つであろうものは従来の貿易協約ではなく新しい国際的なシステム(新しい世界秩序への…最初のステップ)のアーキテクチャである」。

1993年8月23日--彼がオックスフォード大学にいたビル・クリントンのクリストファーHitchens、社会党員の友人はC-SPANインタビューにおいて言う:

「... それもちろんこの国、およびそれが同盟国を国際的に持っていることに支配階級があるケースはそうである。」

1993年10月30日--ワシントン・ポスト・オンブズマン リチャード・ハーウッドはCFRのメディアメンバーの役割について署名記事断片をする:

[「]彼らが米国のために単に外交方針を分析しなく、解釈しないアメリカ支配階級の中に、それらのメンバーシップはそれらの上昇の確認である;」

「彼らはそれをやってのけるのを手伝う」。

1月/1994年2月--彼が、「賢人」(例えばポール・ニッツ、ディーン・アチソン、ジョージ・ケナン、およびジョンJ.マクロイ)が持っていると書くCFRシニア仲間マイケル・クラフによって、CFRの外務は巻頭論文をプリントする:

「絶え間なくガードされる それ 過去の50年のための[アメリカの外交方針] …

彼らは第二次世界大戦中に権力の座についた…

これは、それがそうであるべきである時であった。

国家安全保障と国益、彼らは議論し、アメリカを作る人々の特別な興味と情熱を超越しているにちがいない…

どう大西洋心を持った国際主義者のこの小さな集団は、勝利することができたか…

東の国際主義者は、急成長する外交方針組織を具体化し、職員を配置することができた…

「冷戦が持ちこたえて、核のハルマゲドンが向こうにミサイルだけように思われた限り、一般大衆はそのような非民主的な外交方針がシステムを作るのを快く許容した」。

1994年--人間発達リポートの中に、UN開発計画によって出版されて、「21世紀の間のグローバル・ガバナンス」と呼ばれるセクションがあった。

このプログラムのための管理者はビル・クリントンによって任命された。

彼の名前はジェームズ・ギュスターブ・スペスである。

リポートの書き出しは言った:

「人類の問題はもう政府によって解決されることができない」。

必要なものは世界政府である。

「これは、最もうまく、国連システムを強化することによって達成されることができる」。

1995年--サンフランシスコの要塞に置かれたゴルバチョフ財団によって後援されて、世界フォーラムの国家は今年の落下において起こった。

財団大統領ジム・ギャリソンはマーガレット・サッチャー、モーリスStrong、ジョージ・ブッシュ、ミハイル・ゴルバチョフ、およびその他を含む世界中のwhosでのありのミーティングを統轄する。

会話は人類と来るグローバルな政府の単一性のまわりで集中している。

しかし、後者がグローバルな政府の反対者のための避雷針であって政治的な債務になって以来、用語「グローバル・ガバナンス」は「新しい世界秩序」の代わりに現在使われる。

1996年--私達のグローバルな付近が出版されるという国連420ページの報告。

2000年までの批准のために必要な条約と協定を世界に提出するために1998年にグローバル・ガバナンスにおける国際的な会議を要求して、それは「グローバル・ガバナンス」についての計画を概説する。

新世界秩序の年代順履歴

A CHRONOLOGICAL HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


by D.L. Cuddy, Ph.D.

Arranged and Edited by John Loeffler


In the mainline media, those who adhere to the position that there is some kind of "conspiracy" pushing us towards a world government are virulently ridiculed. The standard attack maintains that the so-called "New World Order" is the product of turn-of-the-century, right-wing, bigoted, anti-semitic racists acting in the tradition of the long-debunked Protocols of the Learned Elders of Zion, now promulgated by some Militias and other right-wing hate groups.


The historical record does not support that position to any large degree but it has become the mantra of the socialist left and their cronies, the media.


The term "New World Order" has been used thousands of times in this century by proponents in high places of federalized world government. Some of those involved in this collaboration to achieve world order have been Jewish. The preponderance are not, so it most definitely is not a Jewish agenda.


For years, leaders in education, industry, the media, banking, etc., have promoted those with the same Weltanschauung (world view) as theirs. Of course, someone might say that just because individuals promote their friends doesn't constitute a conspiracy. That's true in the usual sense. However, it does represent an "open conspiracy," as described by noted Fabian Socialist H.G. Wells in The Open Conspiracy: Blue Prints for a World Revolution (1928).


In 1913, prior to the passage of the Federal Reserve Act President Wilson's The New Freedom was published, in which he revealed:


"Since I entered politics, I have chiefly had men's views confided to me privately. Some of the biggest men in the U. S., in the field of commerce and manufacturing, are afraid of somebody, are afraid of something. They know that there is a power somewhere so organized, so subtle, so watchful, so interlocked, so complete, so pervasive, that they had better not speak above their breath when they speak in condemnation of it."


On November 21, 1933, President Franklin Roosevelt wrote a letter to Col. Edward Mandell House, President Woodrow Wilson's close advisor:


"The real truth of the matter is, as you and I know, that a financial element in the larger centers has owned the Government ever since the days of Andrew Jackson... "


That there is such a thing as a cabal of power brokers who control government behind the scenes has been detailed several times in this century by credible sources. Professor Carroll Quigley was Bill Clinton's mentor at Georgetown University. President Clinton has publicly paid homage to the influence Professor Quigley had on his life. In Quigley's magnum opus Tragedy and Hope (1966), he states:


"There does exist and has existed for a generation, an international ... network which operates, to some extent, in the way the radical right believes the Communists act. In fact, this network, which we may identify as the Round Table Groups, has no aversion to cooperating with the Communists, or any other groups and frequently does so. I know of the operations of this network because I have studied it for twenty years and was permitted for two years, in the early 1960s, to examine its papers and secret records. I have no aversion to it or to most of its aims and have, for much of my life, been close to it and to many of its instruments. I have objected, both in the past and recently, to a few of its policies... but in general my chief difference of opinion is that it wishes to remain unknown, and I believe its role in history is significant enough to be known."


Even talk show host Rush Limbaugh, an outspoken critic of anyone claiming a push for global government, said on his February 7, 1995 program:


"You see, if you amount to anything in Washington these days, it is because you have been plucked or handpicked from an Ivy League school -- Harvard, Yale, Kennedy School of Government -- you've shown an aptitude to be a good Ivy League type, and so you're plucked so-to-speak, and you are assigned success. You are assigned a certain role in government somewhere, and then your success is monitored and tracked, and you go where the pluckers and the handpickers can put you."


On May 4, 1993, Council on Foreign Relations (CFR) president Leslie Gelb said on The Charlie Rose Show that:


"... you [Charlie Rose] had me on [before] to talk about the New World Order! I talk about it all the time. It's one world now. The Council [CFR] can find, nurture, and begin to put people in the kinds of jobs this country needs. And that's going to be one of the major enterprises of the Council under me."


Previous CFR chairman, John J. McCloy (1953-70), actually said they have been doing this since the 1940s (and before).


The thrust towards global government can be well-documented but at the end of the twentieth century it does not look like a traditional conspiracy in the usual sense of a secret cabal of evil men meeting clandestinely behind closed doors. Rather, it is a "networking" of like-minded individuals in high places to achieve a common goal, as described in Marilyn Ferguson's 1980 insider classic, The Aquarian Conspiracy.


Perhaps the best way to relate this would be a brief history of the New World Order, not in our words but in the words of those who have been striving to make it real.


1912 -- Colonel Edward M. House, a close advisor of President Woodrow Wilson, publishes Phillip Dru: Administrator in which he promotes "socialism as dreamed of by Karl Marx."


1913 -- The Federal Reserve (neither federal nor a reserve) is created. It was planned at a secret meeting in 1910 on Jekyl Island, Georgia by a group of bankers and politicians, including Col. House. This transferred the power to create money from the American government to a private group of bankers. It is probably the largest generator of debt in the world.





省略


1947 -- The American Education Fellowship, formerly the Progressive Education Association, organized by John Dewey, calls for the:


"... establishment of a genuine world order, an order in which national sovereignty is subordinate to world authority... "


October, 1947 -- NEA Associate Secretary William Carr writes in the NEA Journal that teachers should:


"... teach about the various proposals that have been made for the strengthening of the United Nations and the establishment of a world citizenship and world government."


新世界秩序の年代順履歴

D.L.カディー博士によって

ジョン・レフラーによって手配されて、編集される

メインラインメディア(政府が、悪意に満ちて嘲笑したことである世界に私達を押しているある種類の「共謀」があるという見解に付く人々)中。

標準の攻撃は、いわゆる「新世界秩序」が現在いくつかの民兵組織と他の右翼の扇動グループによって公表されたシオンの博学な年長者の長い間暴露されたプロトコルの伝統において行動している世紀末前後で、右翼の、偏屈で、反半チックの人種差別主義者の製品であると主張する。

過去の記録はどのような大きな程度にもそのポジションをサポートしないけれども、それは社会主義の左とそれらの親友、メディアのマントラになった。

用語「新世界秩序」は今世紀に連邦化された世界政府の高い場所の提案者によって何千回も使われている。

世界秩序を達成するためにこの協力に関係しているそれらのいくつかがユダヤ人であった。

優勢はそうではないので、それはとても間違いなくユダヤ人課題ではない。

何年もの間、教育、産業、メディア、バンキングなどにおけるリーダーはそれらのものと同じ世界観(世界観)を持つそれらを促進した。

もちろん、誰かが、ただ、個人が促進するだけで、彼らの友人が共謀を構成していないと言うかもしれない。

それは通常の感覚において真実である。

しかし、それは、オープンな共謀において注目されたフェビアン社会党員H.G.ウェルズによって説明されることとして「オープンな共謀」を見せる:

世界革命(1928年)のための青写真。

1913年に、連邦準備法大統領ウィルソンの通路に先がけて、新しい自由は出版された(彼が明らかにした):

「私が政界に入って以来、私はとりわけ私的に私に委託された人の見解を持っていた」。

商業と製造のフィールドのU. S.において最も大きな人の何人かが誰かを恐れていて、何かを恐れている。

「彼らは、どこかでとても組織されて、とても微妙で、とても用心深く、とても連動し、とても完全で、とても普及している能力があるので、彼らがそれの非難において話す時に、彼らは彼らの息の上で話さないほうがよいと知っている」。

1933年11月21日に、フランクリン・ルーズベルト大統領はCol.エドワード・マンデル・ハウス、ウッドロー・ウィルソン大統領の親密なアドバイザーに手紙を書いた:

「問題の真相は、あなたと私が知っているように、より大きなセンターの金融の要素がアンドリュー・ジャクソンの日以来政府を所有することである…」

"

パワーの徒党のような物があるので、舞台裏で政府をコントロールするブローカーは信用できるソースによる今世紀に数回詳細であった。

キャロル・キグリー教授はジョージタウン大学でビル・クリントンの師であった。

クリントン大統領は、公然と、キグリー教授が彼の人生に及ぼした影響に敬意を払った。

キグリーの最高傑作悲劇と希望(1966年)において、彼は述べる:

「存在していて、1世代(急進右派が、共産主義者が行動すると信じる方法で、ある程度動作する国際的なネットワーク)の間存在している」。

実のところ、共産主義者またはすべての他のグループと協力することに、私達が円卓グループと認定するかもしれないこのネットワークは反感を全然持っていなく、頻繁に、そうする。

私が20年の間それを勉強し、その書類と秘密のレコードを試験することを2年の間1960年代の初期に許されたので、私はこのネットワークの活動を知っている。

私はそれにやその目的のほとんどに反感を全然持っていなく、私の人生の多くのために、それに、そしてその機器の多くに近かった。

「私は、私の主要な意見の相違が、それが、未知であり続けることを望むことであると過去に、そして最近その方針の少しに…であるが一般に反対し、私は、歴史におけるその役割が、知られるのに十分に重要であると信じる」。

トークショーホストRush Limbaugh、彼の1995年2月7日のプログラムの上で言われて、押しをグローバルな政府に要求している誰のでも率直な批評家さえ:

「あなたは、あなたが最近はワシントンの何かになっているならば、それが、あなたが、あなたが、よいアイビーリーグタイプであるために才能に見せたアイビーリーグ校--政府のハーバード、エール、ケネディ学校--から引き抜かれるか、精選されたためであるとわかり、従って、あなたはそう話すために引き抜かれて、あなたは成功を割り当てられる」。

「あなたはどこかで政府の中で一定の役割を割り当てられて、それから、あなたの成功は監視されて、追跡されて、あなたは、引き抜く人とhandpickersがあなたを置くことができる所に行く」。

1993年5月4日に、外交問題評議会(CFR)大統領レスリー・ゲルブはチャーリーのばら展の上で言った:

「新世界秩序について話すために、あなた[、チャーリー・ローズは前に]私をつけていた!」

私はずっとそれについて話す。

それは現在1つの世界である。

協議会[CFR]は、発見し、保育し、この国に必要な種類の仕事において人々を入れはじめることができる。

「そして、それは、私の下で協議会の大企業の1つになろうとしている」。

前のCFR会長(ジョンJ.マクロイ(1953年-70年))は実際、彼らが、1940年代(そして前)以来ずっとこれをしていると言った。

グローバルな政府への推力は文書で十分に裏付けられているかもしれないけれども、20世紀の終わりに、それは通常の閉まったドアの後ろで内々に会っている悪い人の秘密の徒党の感覚における伝統的な共謀のように見えない。

むしろ、マリリン・ファーガソンの1980年のインサイダークラシック、みずがめ座生まれ共謀において説明されるように共通の目標を達成することは高い場所で同じ考えを持った個人の「ネットワーキング」である。

たぶん、これを関連させる最もよい方法は、私達の言葉においてではなくそれを現実にするために努力していた人々の言葉において新世界秩序の小史であるであろう。

1912年--エドワードM.House大佐(ウッドロー・ウィルソン大統領の近いアドバイザー)はフィリップDruを出版する:

彼が、「カール・マルクスによって夢見られるような社会主義」を促進する管理者。

1913年--(連邦や準備のどちらの)連邦準備銀行も作成されない。

それは、Col.家を含めて、Jekyl島(銀行家と政治家のグループによるジョージア)上で1910年に秘密の会合で計画された。

これは、アメリカ政府から銀行家の私的なグループにお金を作成するパワーを転送した。

それはたぶん世界で借金の最も大きなジェネレータである。

1919年5月30日--注目されたエコノミスト ジョン・メイナード・ケインズを含めて、様々なフェビアン協会社会主義者が出席したCol.ハウスによって手配されたミーティングで、有名英国とアメリカの人はイギリスの王室の国際問題研究所と米国の国際問題研究所を設立する。

2年後、Col.家は外交問題評議会(CFR)中に国際問題研究所を再編成する。

1922年12月15日--CFRはその雑誌外務において世界政府を承認する。

フィリップ・カー、州を制作しなさい:

「明らかに、ある種類の国際的なシステムが作成されるまで、[アース]が50人または60人の独立国に分けられ続ける限り平和または繁栄が人類のために全然ないようにしようとしている…」

「現実の問題は今日世界政府のそれである」。

1928年--オープンな共謀:

H.G.ウェルズによる世界革命のための青写真は出版される。

前のフェビアン協会会員社会党員、ウェルズは書く:

「その政治的な世界…

オープンな共謀は既存の政府を弱めて、消し、含み、取って代らなければならない…

オープンな共謀は社会主義と共産主義の熱狂の自然な相続人である;

それがニューヨークのコントロールにある前に、それはモスクワのコントロールにあるかもしれない…

オープンな共謀の文字は現在明白に表示されるであろう…

「それは世界宗派になるであろう」。

1931年--モスクワでの政略戦のレーニン学校の学生は教えられる:

「いつか、私達は、世界がこれまでに見たことがある最も劇場の平和運動を広め始める」。

資本主義国家、愚かで、退廃的である…は、新しい友人を作る可能性によって提供されたわなに落ちるであろう。

私達の日は30年かそこらで来るであろう…

「中産階級は何の根拠もない安心感の中に静められなければならない」。

1931年--言われたコペンハーゲン)歴史家アーノルドToyeeの国際関係の研究のための研究所へのスピーチにおいて:

「私達は、主権と呼ばれるこの神秘的な力を世界のローカルな国民国家の手中から奪うために全力で慎重に現在働いている」。

「ずっと、私達は、私達が私達の手によってしていることを私達のくちびるによって否定している…」。

1932年--新しい本は、世界秩序を駆り立てて、出版される:

ウィリアムZ.フォスターによるソビエト連邦アメリカに。

共産党米国の頭、フォスターは、全国的な教育省が、米国で新しい社会主義社会を開発するために使われた方法の1つであるであろうということを示す。

国際連盟を新世界秩序での最初の試みと評しているF.S.マービンによる新世界秩序。

マービンは、「国籍は全体として人類の主張の下でランク付けしなければならない」と言う。

新しい社会秩序?が、出版したことである学校構造に立ち向かいなさい。

教師作者ジョージCountsは断言する:

「社会的態度、理想、および次の世代の行動に影響する」ための、「先生はパワーのために意図的に達し、それから彼らの征服の多くをするべきである」「…」

「無知が知識、協力による競争、慎重な計画による摂理への信頼、および社会的な経済のいくらかのフォームによる私的な資本主義によって取り替えられなければならない所で、科学技術の成長は私達をニューエイジの中に運んだ」。

1933年--最初の人道主義者Manifestoは出版される。

ジョン・デューイ共著者(注目された哲学者、および教師)はすべての宗派と「社会化し、協力的な経済秩序」の統合を要求している。

共同署名者C.F.ポッターは1930年に言った:

「教育は従って人本主義のとても強力な同盟国であり、すべてのアメリカ公立学校は人本主義の学校である」。

「一度子供の小数部だけを1週間教えていた1時間の間合流する有神論の日曜学校は、人本主義的な教育の5日のプログラムの流れに抗うために何をすることができるか?」

1933年--H.G.ウェルズによる、これから来る物の形は出版される。

ドイツポーランド語論争から起こって、ウェルズは1940年ごろに2番目の世界大戦を予測する。

1945年の後に、公衆安全の増大する不足が「犯罪的に感染した」エリアにあるであろう。

「現代世界状態」についての計画は、その3番目の試み(およそ1980年)において成功し、バスラ、イラクに存在していたことから出るであろう。

本はまた述べる。

「それが無限に恐れられていて、こぼされたけれども、世界政府が数年の間明白に来たけれども、それはどこでも準備された反対を全然見つけなかった」。

1934年--アリスA.ベイリーによるヒエラルキーの具体化は出版される。

ベイリーはオカルト主義者である(その作品は心ガイド(チベットマスタ[デーモン心]Djwahlクール)から水路を造られる)。

1934がそれ"の最初を示すという「世界サーバーの新しいグループ」と主張に関連してベイリーが「ライトのポイント」というフレーズを使う 人と女性…の組織により新しい注文の仕事がグループにされる…

サービス(兄弟関係(ライトの…力)の…世界)によって定義された[による]進歩…

[「および、]すべての既存の文化と文明の強奪の外で、新しい世界秩序は築かれなければならない」。

本は、明けの明星出版社として独創的にニューヨークに組み入れられて、ルーシ信頼によって出版される。

ルーシ信頼は国連NGOであり、最近の国連サミットで主要なプレーヤーであった。

国連ロバート・ミューラーの後の方の次官補将軍は主題の上のアリス・ベイリーの文書経由のDjwahlクールの潜在的な教えに教育のための彼の世界コアカリキュラムの作成を信用するであろう。

1932年--アメリカ産児制限リーグ創立者マーガレット・サンガー(1921年)による平和についての計画は出版される。

黒人、ヒスパニック、アメリカインディアン、およびカトリック教徒を含むすべての「非優生学的な株」のために彼女は強制的な殺菌、義務的な分離、およびリハビリの強制収容所を要求している。

1939年10月28日--ジョン・フォスター・ダレス、後の方の米国の国務長官によるアドレスの中で、彼は、アメリカが変遷をリーグまたは連邦によってバインドされたより独立でなく、半主権を有する州の新オーダーに導くことを提案する。

1939年--H・G・ウェルズによる新世界秩序は、集産主義である1世界状態「'または」新世界秩序、「成った」社会主義的民主主義"を提案する。

彼は「サービスのための一般的な徴兵」を主張し、その、「国家主義の個性…は世界の病気である」と宣言する。

彼は続いている:

「いくらかの集合的な世界コントロールが戦闘を取り除く明白な必要性と人類の経済と生物学上のライフの集合的なコントロールのより少なく一般に認められた必要は同一のプロセスの面である」。

彼は、これが「普遍則」と宣伝(または教育)インチを通して遂行されることを提案する。

1940年--新世界秩序はカーネギー国際平和基金によって出版されて、戦争の後の世界秩序についてのいくつかの特別な計画とともに地域と世界連邦の上の選択参考書目を含んでいる。

1940年12月12日--連邦議会議事録の中で、A新世界秩序ジョンG.アレキサンダーという表題を付けられた記事は世界連邦を要求している。

1942年--左翼の太平洋問題調査会はP.E.コーベットによってポスト戦争世界を出版する:

「世界政府は究極の目的である…」

国際法が国内法令に優先することは認められていなければならない…

「プロセスは、教育的な教科書の中で使用された国家主義的な素材とより賢明な協会の利点を説明している素材によるその置換の削除によって補助される必要があるであろう」。

1945年6月28日--トルーマン大統領はスピーチにおいて世界政府を承認する:

「それは、ちょうど、それが、私達が米国の共和国の中でうまくやっていくことであるのと同じくらい、世界の共和国の中でうまくやっていくために国家に容易になるであろう」。

1945年10月24日--国連憲章は効果的になる。

また、10月24日に、グレン・テーラー(アイダホ州・民主党)上院議員は、国際的な警察を含む世界共和国の作成に賛成することとしてレコードの上に行くことを米国上院に求めている上院解像度183を導入する。

1946年--アルジャー・ヒスはカーネギー国際平和基金の社長に選ばれる。

歯擦音は1949年までこのオフィスを保持する。

1950年の始めで、彼は、偽証罪を宣告されて、ウィッテカー・チェンバーズ(時間の前のシニアエディター)が、歯擦音が彼の共産党セルのメンバーであったと証言するセンセーショナルな裁判と議会の公聴会の後に禁固刑を宣告される。

1946年--NEAジャーナル(米国教育協会)喜びエルマー・モーガンの前の編集者による先生と世界の政府は出版される。

彼は言う:

「適正な世界政府を設立する苦闘において、先生…は、グローバルな理解力と協力のために子供の心臓と精神を準備するために大きく影響することができる…」

「世界の到来を確実にするであろうすべてのエージェンシーのまさしくその心臓で、政府は学校、先生、および組織された職業に対抗しなければならない」。

1947 --  アメリカ教育友情、以前 進歩主義教育協会〈ジョン・デューイにより設立された〉がtheを要求する :

「本物の世界秩序、国家主権が世界的権威に下位の順番の設立…」

"

1947年10月--NEA仲間秘書ウィリアム・カーは、先生がするべきであるとNEAジャーナルの中で書く:

「世界公民権と世界政府の国連と設立の強くなりのために作られている様々な提案について教えなさい」。




1948 -- Walden II by behavioral psychologist B.F. Skinner proposes "a perfect society or new and more perfect order" in which children are reared by the State, rather than by their parents and are trained from birth to demonstrate only desirable behavior and characteristics. Skinner's ideas would be widely implemented by educators in the 1960s, 70s, and 80s as Values Clarification and Outcome Based Education.


省略





1948年--行動心理学の専門家B.F.スキナーによるウォールデンIIは、子供が彼らの両親によってというよりも国家によって育てられて、望ましい行動と特徴だけを示すように誕生から訓練する「完全な社会または新しく、より完全な秩序」を提案する。

スキナーのアイデアは価値明確化と結果で基づいた教育として1960年代、70年代、および80年代に教師によって広く実行に移されるであろう。

1948年7月--英国の先生ハロルド・バトラーは、CFRの外務において、「新世界秩序」が形を取るのを見る:

「どのくらい、数世紀、自身を別個で、ユニークであるとみなしていた国家のライフは他の国家のライフと合併されることができるか?」

どのくらい彼らは、効果的な経済のまたは政治的な組合が全然ないかもしれないそれらの主権の一部を犠牲にする心構えをするか?…

広がり混乱から、新しい世界は、…、方法を新オーダーに向けるかもしれない形を取っている…

「それはもう二重人格によって損われなかったけれども共通の信条によって団結させられた現実の国連の最初になるであろう」。

1948年--ユネスコ大統領とフェビアン協会社会党員、サー・ジュリアン・ハクスリーはユネスコの根本的な優生学の方針を要求している:

その目的とその哲学。

彼は述べる:

「従って、育っているコントロールされた人のどのような根本的な優生学の方針でも何年もの間政治的で、心理的に不可能になるであろうということがまったく真実でも、ユネスコが、優生学の問題がきわめて慎重に検討されて、大衆の精神が、現在想像不可能な多くが少なくとも考えられるかもしれないことを問題について賭け金で知らせられるとわかることは重要になるであろう」。

1948年--世界憲法の予備的なドラフトはヨーロッパ同盟に組み入れられたイギリスとの世界連邦または政府に途中で地域の同盟を主張している米国の教師によって出版される。

憲法のために、世界法を実施するために、「保護者の室」とともに「世界会議」を規定する。

また、世界政府にそれらの武器を渡して降伏することを国家に求めている「前文」は含まれて、連邦の使用のために私有財産を押収するこの「世界の連邦共和国」の権利を含む。

1950年2月9日--上院対外関係小委員会は、始まる上院同一決議66を導入する:

「一般的な平和と公正を達成するために、現在の国連憲章は、真実の世界政府に構成を提供するために変更されるべきである」。

解像度は最初に上院で1949年9月13日にグレン・テーラー(アイダホ州・民主党)上院議員によって導入された。

アレキサンダー・ワイリー(ウィスコンシン州・共和党)上院議員はそれを、「望まれる信心深い完成」と呼び、「私は、あなたの提案が国連を変更するか、別個の会議によって世界秩序を変更するか、作成することであると理解している」と言った。

テーラー上院議員は後で述べた:

「私達は、自身をサポートする彼ら自身の権利において彼らが税金を取り立てることを可能にするためにかなりの主権を世界組織に捧げる必要があるであろう」。

1950年--上院上院外務委員会の前の証拠において、国際的な財政家ジェームズPワールブルクは言った:

「私達がそれが好きであるかどうかにかかわらず、私達は世界政府を持つ」。

「問題は、世界政府が同意によってまたは征服によって達成されるであろうかどうかだけである」。

1952年4月12日--国務長官になるためにより遅れているジョン・フォスター・ダレスは、「条約法は憲法を無効にすることができる」と国法曹協会へのスピーチにおいてルーイビル、ケンタッキーで言う。

彼は、条約が議会からパワーを取り除き、それらを大統領に与えることができると言う。

彼らは能力をアメリカから取り去り、彼らを連邦政府にまたはいくつかの国際機関に与えることができて、彼らは彼らの憲法の権利章典によって人々に与えられた権利を切ることができる。

共和党上院議員ジョン・ブリッカーによって提案された上院改正は、どの条約も憲法に取って代ることができなかったと規定したであろうけれども、それは、1票を通り過ぎることに失敗する。

1954年--オランダのプリンス・ベルンハルトは、年換算の上でひそかに合うBilderbergers、国際的な政治家、および銀行家を設立する。

1954年--Hの.ローアンGaither Jr.、大統領 - フォード基金は議会リーズ委員会のノルマン人ドッドに言った:

「政策立案レベルでここ私達のすべて…はホワイトハウス…から指令の経験をした…」

.

「それらの物質は、私達が、私達が、快適にソビエト連邦と合併したことであるかもしれない米国での私達の生活を改めるように私達の補助金作りパワーを使うことである」。

1954年--ウィリアム・ジェンナー上院議員は言った:

「今日、米国で独裁権を合計するパスは、…議会、大統領、または人々によって非可視で、聞こえず、外見上は、私達が立憲政体を持っていることに厳密な法的手段によってかけられることができる」。

私達の政府と政治システム(政府の別の形態を表している別のボディ)中に私達は操作を持っていて、私達の憲法を信じる官僚エリートは旧式で、それが勝利側であると確信している…。

外交方針協定における奇妙な開発があるかもしれないすべては、誰が、それらの喜びに適するために私達を作り直そうとしているかをこのグループに調査した…。

「この政治的な活動のグループはそれ自身のローカルな政治的なサポート組織、それ自身の圧力団体、それ自身の既得権、私達の政府の中のその足場、およびそれ自身の宣伝装置を持っている」。

1958年--グレンビル・クラーク作者とルイスSohnが、世界、世界各国の武装解除、世界警察、および立法機関のために運営委員会として国連を使うのを主張する所で、世界法を通しての世界平和は出版される。

1959年--11月25日に出された新国際秩序研究番号7のための外交問題評議会呼び出しは主張した:

[「]社会的で、経済の変化(‘社会主義の’[共産主義者]として自身をラベルを付けて分類している州を含む…国際的な注文…)のための平和についての世界熱望に敏感でなければならない新しい国際的な注文」。

1959年--世界憲法と議会協会は設立される(後で、憲法の下で、地球の同盟のために、それが世界政府の図解を発展させる)。

1959年--ロックフェラー兄弟の資金によって後援されて、米国外交方針への中間世紀の挑戦は出版される。

それはそれ 米国 を説明する:

「…は脱出することができなく、実に、歴史が私達に課した仕事を歓迎するべきである」。

「これは、すべてのその次元の中で新しい世界秩序を具体化することを手伝う仕事である--経済の、政治的で、社会的な黒人霊歌」。

1960年9月9日--連邦の大西洋組合の概念を促進して、アイゼンハワー大統領は上院協同決議170にサインする。

世論調査員と大西洋の組合委員会会計係、エルモ・ローパーは後でタイトルを付けられた演説(すべての世界のゴールIs政府)をする(それにおいて、彼は述べる):

「私達が4つの正面に進むまで、世界政府への最初のステップが完成することができないことがクリアになるので:」

「経済のもの、軍隊、政治的なもの、および懇親会」。

1961年--米国の州部門は、すべての国家の武装を解除し、国連を武装させる計画を出す。

国務省文書番号7277は戦争からの自由という表題を付けられる:

平和な世界での全般的完全軍縮のための米国プログラム。

それは、すべての国家の武装を解除し、どの、「どの状態も、次第に強化された国連平和軍に挑むために軍事力を持たないであろう」における最終的な段階によって国連を武装させる3段階計画を詳説する。

1962年3月1日--いくらかはすべての軍隊とすべてのフォームにおけるそれらの再設定の禁止の解散を要求しているPL87-297について上院のフロアについて話している上院議員クラーク。

"..."

「このプログラムは米国の政府の固定されて、決定されて、是認された方針である」。

1962年--世界連邦主義のための新しい呼び出し。

タイトルを付けられた研究において、国連、CFRメンバー リンカーン・ブルームフィールドによって効果的にコントロールされた世界は述べる:

「共産主義の原動力が大いに緩和した…ならば、西欧は、それが世界政府のために持っているどのような誘因でも失うかもしれない」。

ネルソン・ロックフェラー作者による連邦主義の未来は出版される。

ニューヨーク(古い注文が砕けていて、「誕生するために奮闘している新しく、自由な注文」がある時に、最新イベントが強制的に「新しい世界秩序」を要求するという主張)のかつての知事。

ロックフェラーは、あると言う:

「ナショナリズムの熱…」

[けれども]、民族国家はより少しなっていて、その国際的な政治的なtasks....Theseを実行することについて有能な少しは、私達が新しい世界秩序の真実の建物に精力的に導くことを迫っている理由のいくつかである…

[による]志願兵役…と全人類の同業者への私達の専門の信頼…。

「…、たぶん、私達が実現するかもしれないよりすぐ、自由世界の連邦の構造のためのベースが発展するであろう」。

1963年--J. ウィリアム・フルブライト、共和国(フォード基金の左翼のプロジェクト)のために資金によって後援されたシンポジウムで上院上院外務委員会の会長は話す:

「エリートによる政府のためのケースは、人々による反駁できない政府が可能であるけれども非常にありそうにないことである」。

1964年--教育的な目的の分類学、ハンドブックIIは出版される。

ベンジャミンBloom作者は述べる:

「... いわゆる『よい教え』の大きい部分は、学生の固定されていた信念に挑んで感情の目的を達成する先生の能力である。」

彼の教育の結果ベースの教育(OBE)方法は最初にシカゴ学校で学んでいる支配として試されるであろう。

5年の後に、シカゴ学生のテストの成績は、両親の間で乱暴を起こして落ちた。

たとえ、それがどこで試されるであろうて、そしてそれを名付ける何の下ででも、使われるであろうということも、OBEは残骸の小道を去るであろう。

同時に、学校学生の間で態度変化を促進することは、教育システムをオーバーホールするためにグローバリストに決定的になるであろう。

1964年--リチャード・ウィーバーによる注文のビジョンは出版される。

彼は説明する:

「‘革命の徒党’としての進歩的な教師は、‘社会の伝統と信念を徐々に蝕む体系的な試み’に従事した。」

1967年--リチャード・ニクソンは新世界秩序を要求している。

ベトナムの後のアジアで、外務の10月号の中で、開発ニーズへの、そして「新しい世界秩序」の発展への地域のアプローチを発展させるために、ニクソンは国家の処置について書く。

1968年--喜びエルマー・モーガン、NEAジャーナルの前の編集者は、彼が言うアメリカ市民ハンドブックを出版する:

「それが、世界政府のより包括的な形態の中に発展させる国連と差し迫った必要の到来は、現在、アクティブな世界公民権の中に広がる彼らの公民権の多くを作る増大した義務を米国の市民に置く」。

1968年7月26日--ネルソン・ロックフェラーは新世界秩序のサポートを誓約する。

AP通信リポートの中で、ロックフェラーは、それ(「大統領として、彼は新しい世界秩序の国際的な作成に働くであろう」)を誓約する。

1970年--教育とマスメディアは世界秩序を促進する。

10年1990の間の新世界秩序についての考察において、イアンBaldwin Jr.作者は断言する:

「世界法律資金は、世界中で新しく、明らかになる学科--世界秩序--を教育的なカリキュラムに導入するであろう…とそのエネルギーのいくらかを、世界的なレベルの上で再び基本的な世界注文概念をマスメディアに至らせることに集中する世界的な研究と教育プログラムを開始した」。

1972年--ニクソン大統領は中国を訪問する。

中国首相Chou恩来への彼のトーストにおいて、前のCFRメンバーと今大統領、リチャード・ニクソンは、「新しい世界秩序を築くために、私達のそれぞれが持っている希望」を表現する。

1972年5月18日--世界政府の到来について話すことにおいて、ロイM.Ash、行政管理予算局のディレクターは宣言する:

「20年以内に、世界経済コミュニティーのための制度上の枠組は適所にあるであろう…」

[「および、]個々の主権の面は超国家的な権威に委ねられるであろう」。

1973年--三極委員会は設立される。

デイヴィド・ロックフェラー銀行家はこの新しい民間団体を組織し、委員会の最初のディレクターとしてズビグニュー・ブレジンスキー(カーター大統領への後で国家安全保障アドバイザー)を選び、ジミー・カーターに、設立メンバーになるように請う。

1973年--人本主義的な宣言IIは出版される:

「次の世紀はそうであるかもしれず、私達がニューエイジ(惑星規模の上の…現世の社会)の夜明けに我慢する人本主義的な世紀…であるべきである…」。

私達がnot 神 の人と開始する無有神論者として、 notの自然 神… 私達は 国家主義的なグラウンドの人類の部門を嘆く…。

従って、私達は世界法と国境を越える連邦政府に基づいた世界秩序のシステムの開発に目を向ける…。

「真実の革命は起こっている」。

1974年4月--彼が述べる所で、前のU. S.副国務次官補、三者相互協力者、および世界秩序へのCFRメンバー リチャード・ガードナーの記事The荷揚げ場道はCFRの外務において出版される:

「‘世界秩序の家は、’一番上の下りからというよりも最初から建てられる必要があるであろう…けれども、断片毎にそれを侵食して、国家主権のまわりで走られた端は旧式な正面攻撃よりずっと多くを遂行するであろう」。

1974年--ルーフェンで持たれている平和のための宗派の世界会議、ベルギーは持たれている。

ダグラス・ロッシュは、資格を与えられたWeが新世界秩序を達成することができるという報告を見せる。

国連は富の再分配を要求している:

新国際経済秩序という表題を付けられたリポートの中で、国連総会は、富を金持ちから貧しい国家に再分配する計画を概説する。

1975年--タイトルを付けられた研究、新世界秩序は国際的な研究(公的で、国際的な研究のウッドローウィルソン校、プリンストン大学)のセンターによって出版される。

1975年--議会で、ヘンリー・スティール・コマジャー歴史家によって書かれて、32人の上院議員と92人の担当者が相互依存のA宣言にサインする。

宣言は述べる:

「私達は、新しい世界秩序を生むために他によって協力しなければならない…」

「国家主権の狭い観念は、その義務を短縮することを許されてはならない」。

マージョリー・ホールト婦人下院議員は、言っている宣言にサインすることを断る:

「それは国際機関に私達の国家主権の引き渡しを要求している」。

それは、私達の経済が国際機関によって調節されるべきであることを言明する。

「それは、私達が、アメリカ人によって作成された富を再分配するであろう‘新しい世界秩序’を入力することを提案する」。

1975年--退役した海軍提督チェスター・ウォード(アメリカ海軍の前の法務総監、および前のCFRメンバー)は、CFRのゴールが「すべての強力な1世界政府の中へのU. S.主権と国の独立の水没…」であると評論において書く。

"

1975年--長いすの上のキッシンジャーは出版される。

フィリスSchlafly作者と前のCFRメンバー チェスター・ウォードは述べる:

知的で、感情的で、米国政府が支持するべきCFRの支配メンバーが決めたインチ1回 特定の方針 、議論を発展させるために働くために、CFRの非常にかなりの研究設備が置かれて、新しい方針を支持し、混同し、どのような反対でも知的に、政治的に疑うために…

"

1976年--リオ:

国際的な注文を作り直すことは、富の経済の再配分を含む新しい国際的な注文を要求して、グローバリスト ローマ・クラブによって出版される。

1977年--世界秩序での3番目のトライは出版される。

人本主義的な研究のためのアスペン研究所のハーラン・クリーブランド作者は次を要求している:

「完全な武装解除(国際的な兵士を除いた)」と「食物、健康、および教育への個々の権利付与のために」のために「変わっているアメリカ人の態度と組織」。

1977年--ローレンス・シャウプとウィリアムMinterによる帝国専門委員会は出版される。

本は批判的に次などの章によって外交問題評議会を見る:

新世界秩序を具体化する:

1939年-1944年の、そして1980のへのグローバルな覇権のための協議会の青写真:

新世界秩序についての協議会の計画。

1977年--三辺接続はアトランティックマンスリーの7月の版において出現する。

ジェレミア・ノバックによって書かれて、それは言う:

「今世紀の3回目の間、アメリカ学校、実業家、および政府高官のグループは、新世界秩序を作ることを計画している…」

"

1977年--主要な教師モーティマー・アドラーは全体として哲学者を出版する(彼が言う):

「ローカルな民政がローカルな国内平和に必要で、そして、世界民政が世界平和に必要ならば…」。

1979年--バリー・ゴールドウォーターは、共和党の上院議員がアリゾナを退去して、謝罪なしで彼の自伝を出版する。

彼は書く:

「私の見方では、三極委員会は、コントロールをつかみ、パワーの4心を統合する熟練し、整備された協力体制を表している--政治的で、貨幣、知的で、教会」。

すべてのこれは、より平和で、より生産的な国際社会を作るためにされることになっている。

三者相互協力者が本当に意図しているものは関係している民族国家の政治的な政府より優れている世界的な経済大国の作成である。

彼らは、彼らが、作成することを提案する豊富な唯物論が既存の違いを圧倒するであろうと信じる。

「システムのマネジャーと創造者として、彼らは未来を支配するであろう」。

フリー・プレスインターナショナル新世界秩序

FREE PRESS INTERNATIONAL NEW WORLD ORDER


The new world order is a global conspiracy to completely enslave the planet using (un)natural disasters, disease (quarantines), terrorist attacks and joint military actions.





Meet The New World Disorder: Many Of Our Current World Leaders, United Nations, NATO, Vatican, CIA, World Bank, World Court, Club of Rome, Council On Foreign Relations, Bilderbergs, Hollywood, Trilateral Commission, International Monetary Fund, World Trade Organization, European Union, African Union, Free Trade Agreement Of The Americas, Skull And Bones, MI6, Multi-National Corporations, World Economic Forum, Stock Market, Freemasons, G8, Current Mainstream Media, GLF, World Food Programme, Red Cross, Military Industrial Complex, Council Of World Churches, International Criminal Court, World Health Organization, Bohemian Grove, Joint Military Actions, Federal Reserve, Dalai Lama, UNICEF, Summit of the Americas.

フリー・プレスインターナショナル新世界秩序

新しい世界秩序は、自然災害、病気(隔離)、テロリストの攻撃、および共同の軍事行動を使って、完全に地球を奴隷にするグローバルな共謀である。

新世界不法行為に遭遇しなさい:

私達の現在の世界的リーダー、国連、NATO、バチカン宮殿、CIA、世界銀行、常設国際司法裁判所、ローマ・クラブ、対外関係、Bilderbergs、ハリウッド、三極委員会、国際通貨基金、世界貿易機関、欧州連合、アフリカ連合、アメリカ大陸、頭蓋骨と骨格、MI6、多国籍企業、世界経済フォーラム、株式市場、フリーメーソン会員、G8、現在の主流メディア、GLF、世界食物プログラム、赤十字、軍隊のコンビナートの自由貿易協定の協議会の多く、

世界教会の協議会、国際刑事裁判所、世界保健機構、ボヘミア人のグローブ、共同の軍事行動、アメリカ大陸の連邦準備銀行、ダライ・ラマ、UNICEF、サミット。

ブッシュSr.は新しい世界秩序の上の9/11/1990のヘンリー・キッシンジャーへの‘新しい世界秩序’を要求している。







Bush Sr. calls for 'new world order' on 9/11/1990


Henry Kissinger on the new world order


ブッシュSr.は新しい世界秩序の上の9/11/1990のヘンリー・キッシンジャーへの‘新しい世界秩序’を要求している。



Bush - New order of the ages


ブッシュ - 年の新オーダー



The Illuminati


啓蒙主義者

Secrets of the Illuminati


啓蒙主義者の秘密



Secrets Of The CIA


CIAの秘密

NWO from the mouth of past world leaders


過去の世界的リーダーの口からのNWO



Texas Congressman Ron Paul Admits The Conspiracy Is Real


The New World Order Denver Airport


テキサスの下院議員ロン・ポールは、共謀がリアル、新世界秩序デンバー空港であると認めている。



Clinton, Bush, Hart and Quayle on the new world order


Austrlian P.M. talking about the NWO
NWOについて話している新しい世界秩序のAustrlian午後のクリントン、ブッシュ、ハルト、およびクエール



Gorbechev NWO
 


Gorbechev NWO







Bush Jr. calls for 'new world order' on 12/1/2004


The Bush's New World Disorder


ブッシュJr.は12/1/2004上の‘新しい世界秩序’のために低木の新世界無秩序を呼ぶ。



Fascist Symbols In U.S. Congress


米国議会の極右のシンボル



Elder Bush: Reagan Helped Push For New World Order


年上のブッシュ:

レーガンは新世界秩序米国うなずきのために中国への武器の販売を押し進めるのを手伝った。


以下

US Nod For Arms Sales To China


GIs Can Be Ordered To Wear U.N. Beret


Royal Navy Allows 'Satanic Ritual' Aboard Ship


Bush Sr. Gets 'New World Order' Gun?


The Pope Calls For A New World Order


China Wants The New World Order


Putin Speaks Of A New World Order


Mexico's President Fox Speaks Of A New World Order


Chinese, British navies held joint military exercises


What Does A Backwards American Flag With Yellow Fringe Mean?


Vatican Is Hard-To-Penetrate World Of Its Own


Russia, China Plan Joint Military Exercises


The United Nations And Gun Control


UN Partner To Monitor 2004 US Presidential Election


Cuba Makes NWO Statement At UN


Iran Speaks About New World Order


Former President Clinton And The NWO


Touchy Subject Of Royal Links With Nazi Germany


Photographs Of The Communist Chinese Government With United Nations Berets




Russian President Putin Planning To Glue Together The Most Powerful Superpower Coalition In The World - India, China, Russia and Brazil


GIは、国連ベレー帽をかぶるように命じられることができる。

英国海軍は船ブッシュSrに乗って‘悪魔儀式’を許す。

‘新世界秩序’銃を得る?

法王は新世界秩序を要求している。

中国は新世界秩序を望んでいる。

プチンは新世界秩序について話す。

新世界秩序中国人のメキシコの社長フォックスSpeaks、英国の海軍は合同軍事演習を、Aのために、後方に、黄色周辺平均によってアメリカフラグをするものと考えていた?

バチカン宮殿は、入り込みづらいそれ自身のロシアの世界であり、磁器は合同軍事演習、国連を計画し、コントロールを加速する。

2004の米国大統領選挙キューバを監視するUNパートナーはUNでNWO声明を出す。

イランは新世界秩序について話す。

クリントン前大統領とNWO

王室の短気なサブジェクトはナチスドイツとリンクする。

国連ベレー帽を持つ共産主義中国政府の写真

一緒に最も強力な超大国連立を世界に接着することを計画しているロシア大統領プチン - インド、中国、ロシア、およびブラジル



福井も奴隷でなくロボットだった。

太田龍氏の時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


?????


? 小林興起著「主権在米経済」を批評する。??? 更新 平成18年06月14日22時33分




平成十八年(二〇〇六年)六月十四日(水)(第一千七百九回)


○小林興起著「主権在米経済」―「郵政米営化」戦記 ― 光文社、二〇〇六年五月○このひとの主張の要点は、日本は対米独立をかち取るべし、○と成るであろう。


○一応まともに見える。


○しかし、


○「私がいちばん尊敬する政治家、大久保利通」(百九十二頁)、


○とあるところは、全く頂けない。


○こんなことを言って居るようでは、このひとは自滅する。


○更に、次のように言う。  「わたしはつらいことに直面したとき、青春時代に憧れ読み耽った  ケネディ大統領の著作『勇気ある人々』を読み直すことにして居る。  ……」(二百八十六頁)○このひとは、一九四四年生まれ、とあるから、


○ケネディ米大統領が登場した一九六〇年に、二十六歳。


○しかしこのひとは、一九六三年十一月二十二日、J・F・ケネディが ダラスで暗殺された事件については、


○なにひとつ、まともな著作を読んで居ないようである。


○米国は、シオニストユダヤを突撃隊とするイルミナティサタニスト世界 権力によって徹底的に破壊された。


○J・F・ケネディは、このイルミナティサタニスト世界権力と衝突して、 公然全世界の面前で死刑を執行されたのである。


○このくらいのことが分らないで、「青春時代」の憧れとしての J・F・ケネディの次元にとどまって居るようでは、


○このひとに未來はない。


○日本は米国の植民地である、と言う。


○この規定は、一見、間違っては居ないようでもある。


○しかし、今や日本は、米国の「植民地」でさえない。


○植民地ドレイ。


○この植民地ドレイは未だ人間である。


○だが今の日本人は、


○「ドレイ」でさえない。


○ドレイ以下。


○今の日本人の殆んど全員が、イルミナティサタニスト世界権力を 神として崇拝する、家畜人ヤプーである。


○そして更に、日本人の「先端部分」は、家畜人ヤプーから、


○ロボット人間へと、


○「進化」しつつある。


○事態は、このひとが想像するよりも、 はるかに深刻化して居るのである。 (了)




切腹モノだ。

株式日記と経済展望からhttp://www5.plala.or.jp/kabusiki/


ノーパンしゃぶしゃぶ総裁の、なぜこの時期にインサイダー疑惑

が出たのか? 金融緩和解除で世界の株暴落をさせたからだ。 




2006年6月15日 木曜日



解約申し出、なぜ2月 日銀総裁のファンド投資




日銀の福井俊彦総裁が村上ファンドへ1000万円を投資していた問題で14日、解約を申し入れた時期が量的緩和解除直前の2月であったことが新たな問題点として浮上してきた。緩和解除で株式市場への資金流入が細り、ファンドの資金運用が難しくなる可能性があったためで、市場では「売り抜けようとしたと言われても仕方がない」(ヘッジファンド関係者)と、脇の甘さを問題視する声が出ている。

 福井総裁が就任時に継続していた投資を突然解約しようとしたきっかけが何だったのかが焦点で、15日の記者会見などで説得力のある説明を求められそうだ。

 総裁は13日の参院財政金融委員会で、2月に解約を申し入れた理由について、自らがファンである阪神球団の経営に関与しようとした同ファンドの行動に「強い違和感を感じた」と説明した。

(共同通信) - 6月14日23時3分更新





総会屋ファンドでぼろ儲けの日銀福井総裁。しかし、まったく責任感じないクズ似非紳士 6月14日 株で儲けて温泉だ




村上ファンドの設立時から出資、アドバイザー的役割もしていた日銀の福井総裁。億単位でしかも個人は認めていない村上ファンドに日銀出身のコネで出資。総裁に就任しても出資は継続の恥知らず状態。日本の金融政策の根本を決める張本人が総会屋まがいの恐喝ファンドに出資しているというのはまさにインサイダー状態。金融政策が筒抜け状態でならどのファンドもぼろ儲けだろう。



しかも、福井の日銀時代の部下だったあの陰険そのものの目つきの売国マッチポンプ野郎木村剛ともツーカーの関係だったよう。そうなると、木村と売国マッチの関係の竹中ともツーカーということで、村上、福井、木村、竹中などと日本の金融をテメエどもで自由に操れる金融マフィアみたいなものだったわけだ。



そんなインサイダー的状態で国民には金利ゼロを強いておいて、自分たちはぼろ儲け。これほどの恥知らずのクズが日銀総裁ね。日本国民もここまでコケにされてもまだ小泉一派のクソどもに怒りを感じないのか。それにしても、これほどの恥知らずなのに福井というクズは責任感をまったく感じていないようだ。厚顔無恥を絵に描いたような奴だ。



13日の参院財政金融委で福井は村上容疑者のことを「だれもが新しいことに尻込みしていた時代に、役人の職をなげうって先頭を切り開く仕事をすることを評価していた」と言っているし、夕刊フジウェブによると、雑誌では「彼のやろうとしていることは正しい。全面的に応援している」(日経ビジネス02年2月18日号)と絶賛したとの記事もあるようで、恐喝まがいの手法で高値売り抜けのことしか考えていなかったまさに守銭奴の村上を高く評価したほどの人間を見る目のないアホだし、小泉同様もとから倫理観や哲学なども持ち合わせていない単なる銀行屋だったのだろう。



この厚顔無恥の福井以上の恥知らずがオリックスの宮内なのだが、こいつは福井以上の厚顔無恥のようで、村上そのものを支えて来た存在いわば村上の黒幕として、小泉の馬鹿を手玉にとって自分たちに都合のいい規制緩和を打ち出してはぼろ儲けしてきた日本経済の究極の恥部。究極の恥部らしく村上ファンド事件から無傷で逃げ出そうと画策しているんだろう。日本は小泉や福井、宮内のようなごろつきのような似非紳士がのさばる無法地帯のようだ。





福井総裁・・・あなたもですか??? 6月13日 ぐっちーさんの金持ちまっしぐら




福井総裁が村上ファンドに出資していた・・・・

という初めはジョークかと思ったんですけどね。知ってて解約していたとしたら、これも立派なインサイダーでしょうね。このページは関係者の方もたくさんご覧になっているんですが、どうでしょう、こういう事態に至った場合、出資していたとなれば潔く退任されるべきでは無いでしょうか?


 曲がりなりにも中央銀行の総裁が村上さんにお金を出したなんてのは、自分でマーケットを知りませんでした、と暴露しているようなもの。村上さんが通常の投資家では無く、完全なグリーンメーラーで当然インサイダーに手を染めるリスクが高いなどということは、一介のしがない金融業者である我々にも100%わかっていて、だからこそ我々は相手にしなかったのですから、それを相手にしてしまったと言うだけで問題だと考えるべきです。実名は申し上げられませんがアメリカでは何人もそういう理由で投資を断った方が居られますから。前にも書きましたがただでさえ、ビヘイビアが問われる業種なのです。まして中央銀行の総裁でいらっしゃる訳ですからね。


こうなるとサッカーどころじゃないですが、いやはや、次から次へと出てくるもんでありまする。とにかく、頑張りましょう!


改めて福井総裁へ 6月14日





同じコンテクストで日銀総裁を考えるべきだろう、というのが私の考え方です。

国会議員しかりでしょう。国民のために自己犠牲をしたい人、その覚悟が出来ている人が立候補している筈ですから、人間的欲望(金や女)は捨てて下さい。当然ですよね、山崎先生。


どこまで許されるかはご本人の判断ですが、まあ、酒飲んで酔っ払うくらいまでですね(笑)。


となると、通貨の番人である日銀総裁にお金のスキャンダルは絶対にまずい。せめて女遊びどまり、ではないでしょうかね。鏡で覗いたとか覗かなかったと言う程度でただの民間大学の早稲田大学の教授をやめたエコノミストまでいる訳です。それに比べたら今回の件ははるかに罪が重いと私はやはり思います。


朝日、読売など殆どたたいていませんが、まあ、彼等も同じ穴の狢、という所でしょうか。こういう発言こそが、ブログらしい発言ということであえて申し上げたい所存です。


私がもし日銀総裁を引き受けるとすると、株式、不動産など全ての資産を公開した上で、処分するか、凍結する(人に頼まれなくても)でしょう。だってドル資産をたくさん持った上でドル買い介入をする訳にはいかないでしょう?? それが村上ファンドならOKというのではマッタク筋が通りません。






(コメント)

福井日銀総裁が村上ファンドに1000万円出資していたニュースで株が大暴落しましたが、テレビなどのニュースは小さな扱いで、ワイドショーなどは相変わらず秋田の児童殺害事件を報道している。犯人が33歳の若い女性ということでワイドショー向きなのでしょうが、最近はニュースまでもがワイドショー化して同じ取材ネタを使いまわしている。



新聞の経済面では大きく扱われていますが、新聞の一面に出ていてもおかしくはないニュースなのに、これではほとんどの人は読まれないままだろう。福井総裁が村上ファンドに出資していたおかげで億円単位の利益を稼いでいたと言う事が新聞には書かれていましたがテレビのニュースでは触れられていない。



福井日銀総裁の去就で今後の金融政策にも影響が出るかもしれませんが、株式日記では金融緩和解除は早すぎたのではないかと書いてきました。日銀はかなり大掛かりに資金を市場から吸収したらしいのですが、その結果が世界の株安につながっている。ニューヨーク市場の株価は日本の資金が支えているようなもので、日本が金融を締めればアメリカの株価に影響が出るのは当然だ。



そのような現象は1987年のブラックマンデーの頃から出てきたのであり、グリーンスパンがその事はよく知っている。アメリカが日本の製品を買う代わりにその金をアメリカに供給してドルや株を買い支える。そのような構造を帝国循環と言いますが、そのようにするためには武力で日本を完全に押さえ込んでおかないと出来ない。しかし中国はそのようなわけには行かずアメリカは追い込まれた。



福井日銀総裁については総裁就任前からかなり書いてきたのですが、まさにバブルを発生させそして崩壊させた張本人であり、まさにアメリカが日本に送り込んだトロイの木馬なのだ。2003年7月の株式日記には次のように書いた。





吉川元忠 リチャード・ヴェルナー著 『なぜ日本経済は殺されたか』 2003年7月7日 株式日記




《 福井俊彦氏や、彼の先輩であった三重野康氏、そしてこの二人の先輩であった前川春雄氏(彼らはいずれも、就任の三〇年も前から日銀の総裁に選ぱれていた、「プリンス」と呼ぱれるエリートだった)らは、銀行貸し出Lや「窓口指導」を通じて銀行や経済を支配する力を持っていた。そして、一九八六年から八九年にかけて、福井氏率いる日銀の営業局は、投機的な不動産貸付けを増やすようにと、すべての銀行に命令していたのである。



第二段階は、金融引き締め政策だった。この政策によって、過剰融資は不良債権化し、銀行や企業は骨抜きにされた。さらに、経済は縮小し、デフレが引き起こされた。こうして不況を一〇年以上にわたって長引かせ、記録的な数の企業を破産に追い込み、失業率を過去最高にすることで、日銀は日本の経済活動をひどく痛めつけたばかりか、日本型経済モデルに悪名までもたらしたのである。かくして現在、専門家たちだけでなく、一般市民までもが、日本型資本主義はもう駄目だと確信するようになっている。



そして現在、我々がいるのが第三段階である。外資が街を跋扈し、日本の企業や銀行、そして不動産が二束三文で外国の投資家たちに売り渡され、さらに、かつての経済構造の最後の片鱗までもが、政治改革によって解体されつつあるのだ。 》





今回の株価急騰は福井日銀総裁が作ったミニバブル 株価は日銀が操作出来ることが証明された。 2003年7月3日 株式日記




《 先日、総理や官房長官が出席した会議にオブザーバーとして招かれた日銀の政策担当理事が政府に徹底的に怒られた。「なにをやっているんだ。なにもやっていないじゃないか」と怒鳴られた。それでようやく臨時政策委員会が開かれた。臨時政策委員会をやるなら大きな政策の変更があるのではと市場は期待したが、結局株の買い取り枠を二兆円から三兆円に拡大しただげで、期待感を持たせる政策はなにも打ち出されなかった。中小企業対策も、投資信託を購入するかどうかといった議論はなにもなかった。これはクイックレスポンスではなく、トゥレイトだ。



株式市場の時価総額は二〇〇兆円から三〇〇兆円もあるのだから、一兆円や二兆円株を買い取っても株価を刺激することはできない。もともと株の買い取りは政策の失敗で、昨年から株を買ってもなにも動いていない。動いていないものをまた動かしても、なんの意味もない。全然ピントはずれだ。



福井さんはやりたくないのかもしれないが、不動産投信や株価連動型投信(ETF)、外債の購入を検討するだげでもよかった。国債の買い取り額の上限撤廃という案もある。福井さんが政策の実施を先に延ぼしても、事態が悪化すれぼ必ずやらされることになる。福井さんは「金融政策は先手必勝だ」と発言しているが、いっていることとやっていることが全然違う。金融政策は事態の変化に先んじてやらなげればならないから、先んじていいものをやらなけれぱならないというのが彼の主張だが、なにも先んじてやっていない。冷えたピザどころか腐ったピザを出してもなんにもならない。福井さんは出足から限界がはっきりしたし、国民の本当の深刻さを理解していないということもわかった。 》





(コメント)

「円の支配者」の著者のリチャード・ヴェルナー氏によれば日銀は日本経済を自由自在に操る事が出来る。ある意味では総理大臣よりも日銀総裁のほうが権力があり、総理大臣を辞めさせようと思えば資金供給を絞って株を暴落させて経済を混乱させればいいのだ。それは速見日銀総裁がゼロ金利解除でも証明されたし、三重野総裁のバブル潰しもそうなのだ。



今回の福井日銀総裁の金融緩和解除による株の暴落も小泉総裁の任期切れを睨んでのものだ。福井総裁は三重野氏や前川氏などと共に日銀のプリンス達であり、アメリカの奥の院から命ぜられて日本の企業や不動産などをハゲタカ外資に二束三文で売り渡す使命を持っている。だから私は福井氏が日銀総裁の就任に反対した。





日本銀行とロスチャイルドとの関係 2001年5月29日 株式日記




《 中央銀行は人工的にインフレ、デフレ、好景気、不景気を起こし、政策を国際金融財閥とその手下と共同で秘密裏のうちに前もって決定し、彼らを富ませている。人類最大の不幸と呪いとは、中央銀行が民主主義を偽って各国を支配し、定期的に戦争を企画している事である。



無から金を生じさせつつ国民から財産を略奪するのが中央銀行であるが、この金にさらに利子を付けてそのまま貸し付ける。国民から担保を取って、毎日のように負債を負わせ、大きな負債を抱えさせる。そうやって誠に都合よく国民を支配するのだ。



しかもそのトリックたるや、紙とインクのコストしかかからない偽りの紙の通貨による偽りの負債であり、それが税金を搾取する為の口実ともなるのだから、笑いが止まらないであろう。



中央銀行家は支配する力を必要とするが、その理由は支配力と権力が無いと、借金の回収が出来なくなるからである。つまり、金融の裏には必ず「力の道」があり、独占体制が必要なので、政治を悪用して主張をごり押しし、力づくで借金、負債を回収しようとする。 》



蛇足


赤字はグローバル・エリートの独占と横暴などやり放題な状況を示している。日本国民の為でなく、世界支配層(イルミナティ)に忠実な、福井総裁というポチです。ある意味、ロボトミーなんだろう。思考が働かないよう、ノーパンしゃぶしゃぶ漬けにされたのだろう・

第3の男がいるのではないかい??

ベンチャー革命2006年6月15日

                           山本尚利

タイトル: 秋田小学生殺人事件とMOT意思決定論



1.秋田小学生殺人事件とは

 2006年4月10日、秋田県能代市郊外で、小学4年の女児の水死事故が発生しました。これだ

けなら、日本中でよく発生する事故です。ところが、この事故の大きな疑問点は、女児が遊

んだとみられる痕跡のあった藤琴川の河原の場所と、女児が水死体で発見された場所の川面

が10キロも下流であり、その間にいくつか堰があり、川底は浅く、石ころだらけなのに、遺

体の損傷がないという点でした。しかも、この女児は、その祖母によれば、水恐怖症だった

ので、ひとりで川に遊びにいくとは考えられないとのこと。にもかかわらず、女児の遺体に

殺された証拠が発見されなかったため、能代署は、これを『事故死』と断定しました。これ

で終わっていれば、なくなった女児には申し訳ないが、まったくありふれた子供の水死事故

に終わっていました。ところが、この事故が全国規模で脚光を浴びるようになったのは、女

児水死事故から1ヶ月ちょっと、2006年5月17日、この女児の家の2軒隣に住む小学1年の男

児が、行方不明になり、翌18日、女児の水死体発見場所からさらに2キロ下流の藤琴川沿い

の道路脇にて絞殺死体で発見されたからです。偶然にしてはあまりに不可解な、背筋に寒く

なる事件です。この遺体がすぐ発見されたのは、いかにも発見してほしいかのような遺棄の

仕方だったからです。こちらは、女児水死と真反対で、明らかな殺害でした。この殺人事件

の4日後、女児の母親HSは、テレビ朝日の公開捜査番組『TVのチカラ』にコンタクトし、自

分の女児は事故死ではなく、何者かに殺害されたのではないかと公開捜査に応募したそうで

す。HSはその後、テレビにも頻繁に登場し、自分の娘も絞殺された男児同様、誰かに殺され

たのではないかと、警察が事故死扱いにしたことを非難し始めました。ところが、6月4

日、HSは、男児殺害容疑で逮捕され、男児殺害を認めて今日に至っています。こちらは数々

の証拠が挙げられ、この男児が、HSに絞殺されたのは間違いないでしょう。



2.MOTシナリオ論による推理

 さて、この忌まわしい事件に対する日本全国の人々の関心とは、いったいなぜ、HSは隣の

男児を殺したか、その動機です。次に、HSの女児の死は、ほんとうに事故死だったのかとい

う疑問です。あまりにも謎だらけなので、この事件は今、マスコミの絶好の報道ターゲット

になっています。なくなった女児と男児が、生前、無邪気にシャボン玉で遊んでいるシーン

が繰り返し、全国の茶の間に流されています。これを観て、なんとも思わない人はいないで

しょう。筆者のように子供をもつ親は不憫でならないでしょう。

 そこで、筆者の専門であるMOT(技術経営)のシナリオ論で、この事件を推理してみます。

さて離婚して、毎日の生活に苦しむ33歳のHSは、日に日に成長する長女が邪魔になったとい

う可能性がまず挙げられます。この長女を粗末に扱っていたという証言も多数あるようで

す。そこで、HSは、長女に対して、事故死に見せかけた偽装殺人を犯したと推理できます。

生活保護を受けている状況で、子供の養育は大変な重圧です。この心理はわからないでもあ

りません。一方、欲望が人一倍強い彼女は死ぬほどお金が欲しかった。この貧乏から何とか

脱却したいと日々願っていた。そこで娘の存在が無性に疎ましくなった。そしてついに、事

故死を装った偽装殺人を犯したのでしょう。能代署はまんまと騙され『事故死』で決着、一

時、HSは完全殺人に成功したと思います。なお、HSが娘に生命保険をかけていたかどうか、

警察は公表していません。生命保険殺人なら、すぐにばれるはずです。以下は、推測です

が、HSは、娘の水死後まもなく、偶然、なんらかのソースから『犯罪被害給付制度』がある

ことを知ったのでしょう。最高1573万円が国から支払われるそうです。なお本件は一部で報

道されています。ところが、事故死は給付対象外です。このありがたい制度が、お金に目の

くらんだHSの脳裏にこびりついた。一時、完全犯罪に成功したHSは、一転、娘の『事故死』

を、架空の児童殺人鬼による『他殺』に切り替えたい衝動にかられた。そこで思いついたの

が、近所の児童の殺人事件を演出して、変質者による連続児童殺人事件のシナリオをでっち

上げ、計画的に実行したと推論できます。そのシナリオに沿って計画的に男児殺害後、TV朝

日にコンタクト、娘は事故死ではなく、男児殺害と同一犯人に殺されたとマスコミを利用し

て主張し始めたのです。なんだか、最近の劇場型政治を彷彿とさせます。



3.この事件で浮かんだ警察の問題点

 この事件の最大の問題は、言うまでもなく、能代署が、はやばやとHSの長女の水死を『事

故死』と認定してしまった点にあります。プロの刑事なら、この事故は偽装だと見破って、

HSをマークしたはずです。もしそうしておれば、第二の殺人事件(HSによる男児絞殺)は起

きなかったはずです。能代署はなぜ、はやばやと『事故死』で処理したのか、筆者の推測で

は、最近の日本の刑事はすべからくサラリーマン根性に毒されていて、プロ根性が失われて

いるためではないでしょうか。この事故を追っかけても、何らインセンティブはなく、早く

処理したほうが、面倒がないと考えたのでしょう。この堕落こそが不幸にも、第二の事件、

第二の犠牲者をもたらしてしまった。もし、筆者の推理が当たっていれば、上記の『事故

死』処理は許しがたい誤謬となります。要するに、女児の水死は、殺害の痕跡がないという

消去法で『事故死』と認定されたにすぎません。ところが、完全犯罪を目指す犯罪者が、そ

の殺人行為を偽装するのは当然です。偽装を見破るのがプロの刑事のミッションです。そこ

に、刑事としてのやりがいがあるはずです。能代署の刑事は、TVのミステリー推理ドラマを

観ないのでしょうか。HSの長女水死事件は、専門家の分析によれば、殺人と断定する証拠も

なく、さりとて事故死と断定する証拠もないと報道されています。MOTの意思決定論の観点か

らいえば、コストをかけた地道な証拠集めの努力がなされなければ、能代署は女児水死が

『事故死である』との意思決定もできなかったはずです。

 このような意思決定努力の怠慢が一般国民の間に認識されると、警察が甘くみられて、今

後、いっそう偽装殺人事件が増えてしまう危険があります。

 現に、HSは、第一の偽装殺人(筆者の推理が当たっているという前提)で、あまりにも簡単

に警察を騙せたので、警察をなめてかかって、第二の殺人では、意図的に、露骨に殺人とわ

かるような殺し方をしたのではないでしょうか。しかも、すぐに遺体が発見されるような場

所に、男児絞殺体を遺棄しています。一般の殺人なら、犯人は証拠を消すため、発見しづら

い場所に死体を遺棄するはずです。ところが、HSからみれば、娘の『事故死』を、お金のと

れる『殺人事件』に切り替えさせるため、男児遺体は絶対に『事故死』扱いされてはならな

かったのでしょう。これまでの伝統的な日本人の犯罪者心理の常識をくつがえすような大胆

な犯罪者心理です。そこまでやるかと・・・。



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR