FC2ブログ

羊の衣類を身に付けた悪魔主義者?

Bill Gates: Satanist in Sheep's Clothing?


By Henry Makow Ph.D.

July 08, 2006


Gates2.jpg
When Warren Buffet gave $31 billion to Bill Gates' Foundation last week, I assumed it would advance the New World Order. But when a reader showed me Gates' connection with the neo-pagan anti-Semitic Lucis (formerly Lucifer) Trust, I sat up and took notice.



Established by Alice Bailey in 1922, the Lucifer Publishing Company changed its name the following year for obvious reasons. Based at 120 Wall Street, the "Lucis Trust" is a vital part of the satanic cult that controls the Western world. It started the New Age Movement to deviously induct society into their Luciferian mindset. It is the
official publisher
of the United Nations and manages its "Meditation Room."



Bailey was the leader of the Theosophical Society started in 1875 by Helena Blavatsky. Theosophy is a branch of Freemasonry. According to Constance Cumbey, Theosophy spawned the occult societies that in turn created Adolf Hitler and the Nazi ideology. ("The Hidden Dangers of the Rainbow: The New Age Movement and the Coming Age of Barbarism" 1983)



In 1949, Bailey wrote that the Jewish holocaust was due to the Jews' bad karma: "the evil karma of the Jew today is intended to end his isolation, to bring him to the point of relinquishing material goals, of renouncing a nationality that has a tendency to be somewhat parasitic..." (Esoteric Healing, p. 263)



Bailey teaches that Jews are from a different solar system and that Orientals and Blacks are from a different root race. Occidental races must control the world, as they are our most evolved root race. (Cumbey, 115)



This must be of concern since a major focus of the Gates foundation is providing billions of dollars worth of vaccines to the poor in Third World countries.



The Bill and Melinda Gates Foundation has doubled in size due to the Buffet gift, and is five times larger than the next largest Ford Foundation. The Gates Foundation is mentioned as a financial member of the Lucis subgroup, "The New Group of World Servers." (See $$ under groups. The pictures of Nelson Mandela, Cindy Sheehan and Michael Moore are also featured on
this site
.)



Bill Gates is also mentioned on the
Lucis Trust web site
: "Through the philanthropic and humanitarian work of such people as George Soros, Bill Gates, Kofi Annan and Bono, to name just a few, people are beginning to recognise the needs of the world’s destitute people and acting to do something about them. There is talk by Soros and another thinker, James Tobin, about the creation of some type of tax upon financial transactions that would be used to support domestic programs in the developing world. Humanity surely has the ability to institute these and similar changes; it just needs the will to do so."




A tax on all financial transactions is part of "The Plan." This begins the proclamation of the "Maitreya," the New Age Messiah who they have been grooming for more than three decades.



According to Cumbey, who is a lawyer, the "Plan" also includes a new world government and religion under Maitreya., a universal credit card system; an authority that would control the food supply; a universal tax; and a universal draft.



"They plan to outlaw all present religious practises and symbols of orthodox Jews and Christians," Cumbey writes. "New Agers have threatened violence and even extermination of Jews, Christians and Moslems who fail to cooperate with Maitreya and his new religion." (20)



The Theosophical Society believes Lucifer is God which they identify with the Sun. In "The Secret Doctrine" Blavatsky writes: "In this case it is but natural ... to view Satan, the Serpent of Genesis as the real creator and benefactor, the Father of Spiritual mankind."


"For it is he who was the "Harbinger of Light," bright radiant Lucifer, who opened the eyes of automaton (Adam) created by Jehovah, as alleged; and he who was first to whisper, "In the day yea eat there of, ye shall be as Elohim, knowing good and evil" -- can only be regarded in the light of a Saviour. An "adversary" to Jehovah ... he still remains in esoteric truth the ever-loving "Messenger"... who conferred on us spiritual instead of physical immortality ...

Satan, or Lucifer, represents the active ... "Centrifugal Energy of the Universe" in a cosmic sense ... Fitly is he ... and his adherents ... consigned to the "sea of fire," because it is the Sun ... the fount of life in our system, where they are petrified ... and churned up to re-arrange them for another life; that Sun which, as the origin of the active principle of our Earth, is at once the Home and the Source of the Mundane Satan... "

http://www.conspiracyarchive.com/NewAge/Lucis_Trust.htm




"New Agers generally do not openly repudiate Christianity," Cumbey writes. "They redefine Christ to give pagan Gods equal time, and expand the definition of Christ to be the integral essence of themselves." (146)



While New Agers "would rightfully picket to prevent a Nazi demonstration, they fail to see that point-for-point the program of the New Age Movement has complete identity with the programs of Hitler." (56, Cumbey does the point-by-point comparison on pp.114-120)



"New Agers" profess a great love of peace and disarmament but Cumbey cites Bailey saying nuclear weapons will be the preserve of the United Nations for "threatened use when aggressive action on the part of any nation rears its ugly head." (70)



Similarly, the environment and world hunger causes all have a hidden elite agenda. Cumbey writes that supporters of anti-hunger programs are urged to back measures for abortion, artificial insemination, forced limitation of family size, genetic control and even death control." (56)



Buffett said Monday "that he was a student of many of the same philanthropists that Gates modeled himself on - the oilman John D. Rockefeller, and the steel magnate Andrew Carnegie."



These "philanthropists" have used their tax-exempt money to subvert Western Civilization for almost a century. For example, a Rockefeller boasted to Aaron Russo that they started feminism to get women into the workplace and paying taxes, so they could indoctrinate the young in daycares. Significantly, another focus of the Gates Foundation is "improving American high schools."



They are on the forefront of destroying traditional cultures by breaking up the family. They are championing "women's rights" through loans mainly to women to make them independent of men.





CONCLUSION



Western civilization has been subverted by an organized Satanic power. As I explain
elsewhere
, this cult is sponsored by the central banking cartel that must enslave mankind in order to consolidate its monopoly on our credit. The credit check of the future might inquire into our religious and political views.



I prided myself on having escaped the banker's
Communist hoax
but I realize now that Communism was the "plan" for my parent's generation. I fell hook-line-and-sinker for the "New Age", which was aimed at my generation. It is exactly like Communism, appealing to our idealism, but having an insidious hidden agenda.



I still believe some drug experiences can open the door to mysticism and religious knowledge. God does dwell within as universal Love but the God of the Illuminati is not Love. It deifies man at his lowest not his highest. It freezes us cryogenically in our own filth.



We live in interesting times. Our mainstream leaders because have sold us out. Society has slipped the moorings of truth and is steered by megalomaniacs. Let's man the lifeboats of truth.

-------------------------------




Thanks to Phil for his help with this story.



See also Hanah Newman "The Rainbow Swastika"



and Terry Melanson "Lucifer Trust and ...the False Light of the World"



ビル・ゲイツ:

羊の衣類を身に付けた悪魔主義者?

ヘンリーMakow博士号によって

2006年7月8日

ウォレンカウンターが先週310億ドルをビル・ゲイツの財団に与えた時に、私は、それが新世界秩序を早めるであろうと仮定した。

しかし、リーダが私にネオ異教の反ユダヤ主義のルーシ(以前明けの明星)信頼とのゲイツの関係を示した時に、私は寝ずに起きていて、注目をした。

1922年にアリス・ベイリーによって設立されて、明けの明星出版社は明らかな理由のために次の年にその名前を変更した。

120ウォール街で基づいて、「ルーシ信頼」は、西洋の世界をコントロールする悪魔のカルトの急所である。

陰険に社会をそれらのルシファーの思考様式に任命するために、それはニューエイジ動きを始めた。

それは国連の公式な出版社であり、その「メディテーション部屋」を管理する。

ベイリーはヘレナブラヴァツキーによって1875に取りかからせられた神智学協会のリーダーであった。

神知学はフリーメーソンの枝である。

コンスタンスCumbeyによると、神知学は、次々、アドルフ・ヒトラーとナチスイデオロギーを作成したオカルト社会を産んだ。

(「虹の隠れた危険:野蛮さのニューエイジ動きと次の時代」1983年)

1949年に、ベイリーは、ユダヤ人ホロコーストがユダヤ人の悪い業によったと書いた:

「ユダヤ人の悪い業は今日、彼を、物質的なゴールを廃止し、多少寄生的な傾向を持っている国籍を放棄することのポイントに連れて来るために彼の隔離を終えることを意図している…」

(難解な癒し、ページ)

(263)

ベイリーは、ユダヤ人が違う太陽系からであり、東洋人と黒人が違う根レースからであることを教える。

彼らが私達の最も発展した根人種である時に、西洋のレースは世界をコントロールしなければならない。

(Cumbey、 115)

ゲイツ基礎の主要なフォーカスが第三世界国で貧しいものに何十億ものドル相当のワクチンを提供しているので、これは興味深いにちがいない。

請求書とメリンダ・ゲイツ財団はカウンター贈り物のためサイズにおいて二倍になり、次に最も大きなフォード基金より5倍多額である。

ゲイツ財団はルーシサブグループ(「世界サーバーの新しいグループ」)の金融のメンバーとして言及される。

(グループの下でドル ドルを見なさい。)

(ネルソン・マンデラ、シンディ・シーハン、およびマイケル・ムーアの写真はこのサイトによってまた特集される。)

ビル・ゲイツはルーシ信頼ウェブサイト上でまた言及される:

「ほんのわずかを名付けるジョージ・ソロス、ビル・ゲイツ、コフィ・アナン、およびボノのような人々の博愛と人道主義の仕事を通して、人々は、世界の貧困者のニーズを認めはじめていて、彼らについて何かをするために行動している」。

ソロスと発展途上の世界で国内のプログラムをサポートするために使われるであろう金融取引についてのあるタイプの税金の作成についての別の思想家、ジェイムズ・トービンによる話がある。

人間性はきっと、これらのおよび同様な変化を起こす能力を持っている;

「それにただ、そうする意志は必要である」。

すべての金融取引についての税金は「計画」の一部である。

これは、「マイトレーヤ」(彼らが30年より多くのために訓練していたニューエイジ救世主)の宣言を開始する。

弁護士であるCumbeyによると、「計画」はまたMaitreya.、一般的なクレジットカードシステム下に新しい世界政府と宗教を含む;

食品供給をコントロールするであろう権威;

一般的な税金;

そして一般的なドラフト。

「彼らは、正統派ユダヤ教徒とキリスト教徒のすべての現在の宗教の習慣とシンボルを禁止することを計画する」とCumbeyは書く。

「ニューエイジ信奉者は、暴力とマイトレーヤと彼の新しい宗教と協力することに失敗するユダヤ人、キリスト教徒、およびイスラム教徒の根絶さえ脅かしていた」。

(20)

神智学協会は、明けの明星が、ブラヴァツキーが書く「秘密の主義」における日曜日によって、彼らが識別する神であると信じる:

「この場合に、サタン、現実の創造者としてのジェネシスのヘビ、および恩人(スピリチュアルな人類の父)を見る…ために、それは単に自然である」。

ライトの「theであった彼がそれのためにである」前触れ、明るい輝く明けの明星〈主張したこととして、エホバにより作成された自動機械(アダム)の目を開いた〉;

そして、ささやく1番目、「そこの日のはい食事 それ では、yeは、神、知っている善、および悪としてであるであろう」であった彼--救助者を考慮して考慮に入れられうるだけである。

彼が静めるエホバ…への「相手」は難解な真実において、…、物質的な不滅性の代わりにスピリチュアルに私達を協議したかみさん「メッセンジャー」であり続ける…

サタンまたは明けの明星は能動態を表している…

宇宙の感覚における「宇宙の遠心的なエネルギー」…

適当に、別のライフのために彼らを再手配するために…とかき回されて、彼らが動けなくなっている所で、彼…とそれが太陽(私達のシステムの中のライフの…フォント)であるので…「火の海」に引き渡された彼の支持者である;

私達の地球の有効成分の起源として、すぐに、現世サタンの家とソースであるそのSun…

"
http://www.conspiracyarchive.com/NewAge/Lucis_Trust.htm
"

「ニューエイジ信奉者は一般に公然とキリスト教を拒否しない」とCumbeyは書く。

「異教の神に等しい時間を与えるために、彼らはキリストを再定義し、自身の必須の本質であるために、キリストの定義を拡張する」。

(146)

ニューエイジ信奉者が、「ナチスデモンストレーションを防止するために公正にピケを張るであろう」が、「彼らは、ニューエイジ動きのプログラムがヒトラーのプログラムによってアイデンティティを完成させるポイントのためのそのポイントを見ることに失敗する」。

(56、Cumbeyはページ114-120上のポイント毎の比較をする)

「ニューエイジ信奉者」は平和と武装解除の大きな愛情を公言するけれども、Cumbeyは、核兵器が、「どのような国家のほうの攻撃的な行動でもその醜い頭を飼育する脅かされている使用」のための国連の保存物になるであろうと言っているベイリーを引用する。

(70)

同様に、環境と世界飢え原因はすべて隠れたエリート課題を持っている。

「Cumbeyは、反飢えプログラムのサポーターが中絶、人工受精、ファミリーサイズの強制された制限、遺伝のコントロール、および死の制御さえのために後ろの手段を勧められると書く」。

(56)

Buffettは、「彼が、ゲイツがならったのと同じ博愛主義者の多くの学生であった - 油井経営者ジョンD.ロックフェラーとスチール有力者アンドリュー・カーネギー」と月曜日に言った。

これらの「博愛主義者」は、ほぼ1世紀の間西欧文明を破壊するために彼らの非課税のお金を使った。

例えば、ロックフェラーは、職場と納付の中に女性を入れるために、彼らがフェミニズムを始めたことをアーロン・ロッソに自慢したので、彼らはデイケアを若者に教え込むことができた。

かなり、ゲイツ財団の別のフォーカスは「アメリカ高校を改善している」。

それらは、ファミリーをばらばらにすることによって伝統的な文化を破壊する最前線の上にある。

彼らは、彼らを男性から独立にするために主に女性に貸付金を通して「女性の権利」を擁護している。

結論

西欧の文明は組織された悪魔の能力によって破壊されている。

私が他の場所に説明する時に、このカルトは、私達のクレジットの上のその独占を統合するために人類を奴隷にしなければならない中心的なバンキングカルテルによって後援される。

未来の信用調査は私達の宗教の、そして政治的な見解を調査するかもしれない。

私は銀行家の共産主義のデマを免れたことを自慢していたけれども、私は、共産主義が私の親の世代のための「計画」であったことに現在気がつく。

「ニューエイジ」(それは私の世代に向けられた)のために、私はフックラインとおもりを倒す。

それは、私達の理想主義にアピールするけれども陰険な思惑を持っていて共産主義に正確に似ている。

私はまだ、いくつかの薬経験が神秘主義と宗教の知識にドアを開くことができると信じる。

神は一般的な愛情として中に暮らしているけれども、啓蒙主義者の神は愛情ではない。

それは彼で最も高くないで最も低いところで人を神格化する。

それは私達自身の汚物の中に極低温に私達を凍結する。

私達は興味深い時に生きている。

私達を売り尽くしたことによる私達の主流リーダー。

社会は真実の停泊設備を放し、誇大妄想狂患者によって操縦される。

真実の救助船に人員を配置しよう。

-------------------------------

この話を持つ彼の助けのためのフィルのおかげで。

また、Hanahニューマン「虹まんじ」を見なさい。

そしてテリーMelanson「明けの明星信頼と間違いの世の光」

 山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年7月9日

                           山本尚利

タイトル: 北朝鮮脅威:国民の不安と苛立ち募る 



1.北朝鮮ミサイル連射事件の疑問

 2005年7月5日の北朝鮮ミサイル連射事件から4日経ちます。事件直後から日本中は大騒ぎで

す。なぜ北朝鮮は、この時期にミサイル連射を決行したのか、さまざまな憶測が乱れ飛んで

います。しかしながら、マスコミ報道をいくら熱心に見聞きしても、おそらく多くのお人好

し日本国民は、いまいち、北朝鮮の真の狙いがピンとこないはずです。筆者は事件翌日、す

でに、北朝鮮のミサイル発射の狙いについて私見をまとめています。(注1)

 この事件は、世界統一を目指す双頭の鷲(国際寡頭勢力)の意志を抜きには、まったく何

もみえてこないのではないかと筆者は個人的に強く思います。この辺の事情に疎い人はこの

事件の本質を捉えることは不可能でしょう。国際寡頭勢力の関与に言及しているのは、一部

のネット・ブロガーのみであり、しかも決してメジャーではありません。ちなみに、大手マ

スコミではその点への言及はまったくありません。そのせいか、筆者からみて、大手マスコ

ミ報道はピントのはずれた苦笑ものの憶測ばかりです。だからこそ、今度ばかりは、多くの

お人好し日本国民は、依然、きつねにつままれたような、ピンとこない心理状態に置かれる

のです。

?ところで、筆者からみて、今回の事件にからめて、不思議に思うことがいくつかあります。

(疑問1):最新の報道によれば、ミサイル発射当日、在日米軍と自衛隊は、日本国周辺に

おいて、陸(弾道ミサイル追跡レーダー)、海(護衛艦、イージス艦)、空(コブラボール

など弾道ミサイル追跡機)にて、鉄壁の警戒管制を敷いていたようです。

 しかしながら、日本国がこれほど安全保障上の危険に曝されたのに、在日米軍も、自衛隊

もなぜ、7発ものミサイル連射を許したのか、非常に疑問です。

(疑問2):派生的に後でわかったことですが、事件の起きた7月5日当日、横田めぐみさん

死亡説にからめて、朝鮮総連の仲介で、日本の大手マスコミの記者団一行が大挙して北朝鮮

を訪問していたことです。つまり、北朝鮮は、最悪の事態に備えて、日本人の人質をとって

いたということです。日本のマスコミは、北朝鮮がミサイル発射準備しているのを知ってい

ながら、この時期、よく北朝鮮を訪問したなと、首をかしげてしまいます。

(疑問3):北朝鮮ミサイル発射の第一報を受けた小泉首相の非公式コメントが、異様にノ

ー天気である点です。まるで危機感がない。テポドン飛来が訪米中でなくてよかったと冗談

を言ったとか、言わないとか。また安倍官房長官の政府公式発表も、原稿の棒読みで、切迫

感がまったく伝わってこない。国民の不安を解消しようとする配慮はゼロです。

(疑問4):北のミサイル発射事件の直後の2006年7月7日、米国の投資会社カーライルはす

かさず、日本企業向けの投資ファンド2000億円の新設を発表しています。カーライルはブッ

シュ利権の戦略企業で、米国ではもっぱら軍事企業(100社以上)へ投資しており、第二次イ

ラク戦争でぼろもうけした企業です。マイケルムーアの反ブッシュ映画『華氏911』にも

登場します。(注2)カーライルは、一部の日本企業が近未来、戦争特需で潤うことを先取

りしているのでしょうか。カーライルの発表はあまりにタイミングがよすぎる。近未来の米

国の極東軍事シナリオをあらかじめ知っているのではないでしょうか?

(疑問5):キムジョンイルは、ミサイル発射直前、鉄路でロシア領に逃げ、ロシア政府に

保護されているという情報があります。もしこれが事実なら、すべて、綿密な作戦通りにミ

サイル発射が実行されているわけです。この情報は、ロシア政府が北から、ミサイル発射の

事前通告がなかったと発表した事実と矛盾します。また、発射されたミサイルの1発はナホト

カ沖40キロの海上に落下しているそうですが、これほど、ロシア国土の至近距離にミサイル

を落とされ、ナホトカ市民は仰天しているにもかかわらず、ロシア政府は異様に冷静です。

これも実に不思議です。



2.やっぱり八百長か

 さて筆者は、この事件は八百長ではないかと最初から疑っていました。(注1)上記の5つ

の疑問点を分析して、やっぱりそうかと思います。

 ところで、ミサイル事件後の小泉首相の言動を注意深く観察するに、小泉首相は少なくと

も、この事件のシナリオをあらかじめ、知っていたと考えるのが自然です。彼にはかろうじ

て、良心のかけらが残っていて、暗に、国民を安心させようしていると感じられます。少な

くとも、首相官邸がミサイル攻撃されることはなく、したがって小泉首相への身の危険はな

いことが、事前にわかっていたということです。つまり、小泉首相は、今回の北のミサイル

が日本本土に落ちないことを事前に知っていたと思います。しかしながら、何らかの事情

で、『国民よ、安心しなさい!』とは公には言えないのでしょう。

 そのおかげで、われわれ一般国民は、不安に陥れられたままです。いくら北に経済制裁を

課そうと、北が日本に向けてミサイルを連射した事実は動きません。さらに、北の政府高官

は、日本が経済制裁するなら、日本は壊滅的な被害をこうむることになると記者会見で恫喝

しています。日本国民の脳裏には、小泉首相の『ついていた』という冗談メッセージより、

北の恫喝メッセージの方が、強く焼きついていまいました。多くの国民は、何がなんだかわ

からず、突然、隣人に拳銃を突きつけられている気分に陥っています。ネットでは、まず、

九州の対馬列島にミサイルが打ち込まれる危険があるといううわさが流れているほどです。

?ところが、安倍官房長官の記者会見を聞いても、その不安はまったく解消されません。その

一方で、賢明なる国民の一部は何か変だなと感じ始めています。



3.日本国民の強い疑問

 戦後、一貫して、政府与党の自民党は、日米安保があるので、いざというときは在日米軍

が日本を守ってくれると言い続けてきました。だから、日本には先制攻撃できる軍隊は不要

なのだと・・・。しかしながら、今回の事件で、国民の間には強い疑問が生じました。在日

米軍はいざというとき、ほんとうに、日本を守ってくれるのか? 日本に向けてミサイルが7

発も発射されたのに、米軍は北のミサイル基地をまったく攻撃しなかったからです。上記の

ように、米軍は非常警戒態勢に入っていたので、単にさぼっていたのではありません。あえ

て反撃しなかったのです。反撃しなかった理由として次の二つが考えられます。

(1)在日米軍基地に北のミサイルが着弾することはないと、あらかじめわかっていた。

(2)北のミサイルの発射をわざと見逃して、日本国民を不安に陥れる。

 ブッシュ政権における米軍は、9.11事件以降、アフガニスタン、イラクで先制攻撃を

行った実績があります。したがって、北のミサイル発射が、在日米軍基地に着弾する危険が

あったら、正当防衛を理由に、7発も打たれる前に、米軍は間違いなく、北のミサイル基地を

攻撃したはずです。しかしながら現実には、北のミサイル基地が米軍から攻撃されたという

報道はまったくありません。したがって、在日米軍は、北のミサイルが在日米軍基地に被害

を及ぼさないことがあらかじめわかっていたと考えるのが自然です。

 しかしながら、2006年7月9日現在、日本政府も在日米軍も、7発もミサイルを打たれて、な

ぜ反撃しなかったのか、この疑問に対して国民への説明がまったくないのです。一方、北朝

鮮は、ミサイルを何発打っても、米軍から反撃されないことを知っていたので、あつかまし

く7発もミサイルを発射したのではないでしょうか。もし仮に軍事演習なら、日本とロシアに

事前通告すべきですが、少なくとも、公式には事前通告はありませんでした。

 猜疑心にとらわれた独裁者、キムジョンイルはそれでも、米国が信用できなかったので、

安全を期して、ロシアに一時避難したのではないでしょうか。米国は過去にも、イラクのフ

セイン大統領やパナマのノリエガ将軍を平気でだましてきていますから・・・。

 ここで、再び、強い疑問が湧いてきます。在日米軍は本心から日本を守る気があるのか?

筆者の長年の見方は、ソ連崩壊の1991年以降、在日米軍の真の日本駐留目的は『日本の再軍

備の抑制である』というものです。今回の北朝鮮ミサイル事件における米軍の反応から、筆

者の仮説がいくらか証明されました。

 しかしながら、もし、筆者の仮説が当たっていても、日本国民はまったく救われません。

米国はその気になれば、北を挑発して日本へミサイル攻撃させることが常に可能であるとい

うことがわかったからです。米軍はおそらく、在日米軍基地以外への日本本土攻撃なら、屁

理屈をこねて、まじめに反撃しない可能性が残ります。そうなれば、被害を受ける日本人は

北朝鮮への感情をさらに悪化させ、否応なしに、日朝戦争に引きずりこまれる危険が非常に

高まっています。

 米国は、ならずもの国家のひとつ、イラクが核兵器を持っていないと知っていて、世界を

だまして、先制攻撃を行った過去があります。しかるに、極東のならずもの国家、北朝鮮は

みずから、核兵器を保有していると吹聴しているにもかかわらず、米国は決して、先制攻撃

をかけようとしてこなかった過去があります。これは明らかに、米国の軍事外交上の論理矛

盾です。日本の国益上は、一刻も早く、日本に向けられた北のミサイル基地を物理的に取り

除くことであることは論を待ちません。しかしながら、米国はそれを百も承知で、決して、

危険極まりない北のミサイル基地を先制攻撃してこなかった過去があります。最近、イラン

から北朝鮮へと軍事的戦略目標が切り替わったと思われる米国(注1)は、いよいよ、極東

で決着をつけるつもりなのでしょうか。イラン攻撃用に予定生産されてスタンバイされてい

る兵器を費消する必要に迫られているでしょうから・・・。また、米国軍事産業に直結す

る、あのカーライルが、日本において勝ち目のない先行投資をするはずがありませんか

ら・・・。



注1:ベンチャー革命No.200『北朝鮮ミサイル:日本国民をもてあそぶ玩具』2006年7月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr200.htm


注2:ベンチャー革命No.92『華氏911のインパクト』2004年7月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr092.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm
?

?




New U.S. Guided Missile Ship Sent to Japan


HANS GREIMEL / AP | July 8 2006


TOKYO -- A new top-of-the-line U.S. guided missile destroyer was deployed to Japan on Saturday, amid tensions over North Korea's missile tests.


The USS Mustin sailed into the port of Yokosuka, home to the Navy's 7th Fleet, with a crew of 300 for permanent assignment to the region, 7th Fleet spokeswoman Hanako Tomizuka said.


The Mustin, commissioned in 2003, is one of the most advanced in the fleet. Its deployment to Yokosuka was previously planned and not in response to North Korea's missile tests, Tomizuka said.


Pyongyang stunned the region on Wednesday by test-firing seven missiles.


In August, Yokosuka will also welcome the USS Shiloh, which last month demonstrated its ability to shoot down missile warheads in a landmark test off the coast of Hawaii.


Both the Mustin and the Shiloh are equipped with radar systems that employ so-called Aegis technology, which is geared toward tracking and shooting down enemy missiles. The system was instrumental in identifying and assessing Wednesday's missile launc hings, which all fell apparently harmlessly into the Sea of Japan.


The U.S. Navy now has eight Aegis-equipped vessels at Yokosuka.


日本に送られた新しい米国誘導ミサイル船

HANS GREIMEL / AP|2006年7月8日

東京--新しい最高級米国誘導ミサイル破壊者は北朝鮮のミサイルテストの上の緊張の最中に土曜日に日本に展開された。

USS Mustinは地域に永久的な割り当てのために300のクルーと海軍の第7艦隊に帰っている横須賀のポートの中に出航したと7番目の速いスポークスウーマン ハナコ・トミヅカは言った。

2003年に委任されたMustinは群団において最も高度なものの1つである。

横須賀へのその展開は以前に計画されて、北朝鮮のミサイルテストに呼応してでなく、トミヅカは言った。

7機のミサイルを試射することによって、ピョンヤンは水曜日に地域を呆然とさせた。

8月に、横須賀はまたUSSシロを歓迎するであろう(それは先月、ハワイの沖で画期的なテストの中でミサイル核弾頭を撃ち落とすその能力を示した)。

Mustinとシロの両方は、いわゆる保護技術を使用するレーダーシステムを装備される(それは、敵軍のミサイルを追跡し、撃ち落とすことにギアを入れる)。

システムは、水曜日のミサイルランチャーを識別し、評価することについて手段となっていた(それはすべて見たところ無害に日本海に落ちた)。

アメリカ海軍は現在横須賀に8つの神の盾を装備している容器(イージス艦)を持っている。

日本は‘できるだけ早く’ミサイル防衛を望んでいる:



Japan wants missile defense 'as soon as possible': defense chief


AFP | July 7 2006


Japan wants to develop a joint missile defense system with the United States as quickly as possible following North Korea's missile tests, the Japanese defense chief said.


"Along with the establishment of a surveillance radar network, we want to work with the United States to build an interception mechanism as soon as possible," Defense Agency chief Fukushiro Nukaga told parliament, as quoted by Kyodo News.


North Korea fired seven missiles on Wednesday, including a long-range Taepodong-2. All of them fell into the Sea of Japan (East Sea) off the coasts of Russia and North Korea.


Japan is particularly sensitive to missile tests by North Korea, which in 1998 fired a Taepodong-1 missile over Japan into the Pacific, prompting Tokyo and Washington to step up cooperation to build missile defenses.


Japan and the United States signed an agreement in late June to allow them to jointly develop an advanced capability missile interceptor for the ballistic missile defense system.


日本は‘できるだけ早く’ミサイル防衛を望んでいる:

防御チーフ(防衛庁長官)

AFP|2006年7月7日

日本は、可能な以下の北朝鮮のミサイルテストと同じくらい迅速に米国との共同のミサイル防衛システムを開発したいと思っていると日本の防衛チーフは言った。

共同通信社によって引用されるように、議会に、「監視レーダー網の設立とともに、私達は、できるだけ早く妨害メカニズムを築くために米国とともに働きたい」と防衛庁チーフ フクシロ・ヌカガは言った。

長期テポドン2を含めて、北朝鮮は水曜日に7機のミサイルを発射した。

それらのすべてはロシアと北朝鮮の沖で日本海(東海)に落ちた。

日本は特に北朝鮮によるミサイルテストに敏感である(ミサイル防衛を築くために協力を増すために、それは1998年に太平洋、促す東京、およびワシントンの中に日本の上でテポドン1ミサイルを発射した)。

彼らが弾道ミサイル防衛システムのために一緒に高度な機能ミサイル・インターセプターを開発することを可能にするために、日本と米国は6月末に協定にサインした。

米国の迎撃体制は北朝鮮のミサイルに対する用意ができていた。

US interceptors were ready for North Korean missile


Reuters/Jim Wolf | July 6 2006


WASHINGTON (Reuters) - The United States for the first time confirmed on Wednesday that it had readied its missile interceptors to meet a specific threat -- North Korea's launch of a long-range missile said to be capable of reaching Alaska.


The intercontinental Taepodong 2 missile fell harmlessly into the Sea of Japan less than a minute after launch, along with at least five shorter-range missiles, leaving in doubt whether any shootdown attempt would have worked.


"What I will tell you is that each and every launch was detected and monitored and that the interceptors were operational during the missile launches that took place," Bryan Whitman, a Pentagon spokesman, told reporters.


In the past, U.S. officials have said the fledgling missile defense system, while still being tested, has been made "operational" many times since taking shape in 2004. But they have never specified a specific moment.


"Obviously this was brought up for a specific event," a defense official said, referring to activation of the interceptors to be prepared for the Taepodong 2 shot.


The U.S. Northern Command operates the interceptors -- now numbering nine at Fort Greely, Alaska, and two at Vandenberg Air Force Base in California -- as part of its homeland defense mission.


Top commanders were able to determine quickly Pyongyang's launches posed no threat to the United States or its territories, the command said in a statement Tuesday night.


QUICK DECISIONS REQUIRED


The system includes early-warning satellites for launch detection, ground- and sea-based radar stations for surveillance and tracking, the interceptors to destroy incoming warheads plus command nodes in Alaska and Colorado.


The Pentagon has shot down mock warheads in five of 10 highly scripted intercept tests of the ground-based system. The United States has spent more than $92 billion on missile defense since then-President Ronald Reagan launched what critics called his "Star Wars" initiative.


In a typical engagement scenario, infrared sensors aboard satellites detect the hot plume of a missile launch and alert operations centers of a possible attack.


Sensors are then keyed to pick out the warhead from among decoys and space debris, according to the U.S. Government Accountability Office, the investigative arm of Congress.


Based on tracking data, an interceptor, consisting of a barrel-sized "kill vehicle" mounted atop a booster rocket, may be launched to engage the threat -- a decision that must be made within minutes.


In the case of the Taepodong 2, which fell harmlessly into the sea between the Korean peninsula and Japan about 40 seconds after launch, there was "far too little time to make a decision on whether to shoot it down," said Victoria Samson, an expert on missile defense at the private Center for Defense Information.


Air Force Lt. Gen. Henry Obering, who is overseeing the system's development as head of the Pentagon's Missile Defense Agency, said last month he was "very confident" it could shoot down an incoming North Korean warhead.




米国の迎撃体制は北朝鮮のミサイルに対する用意ができていた。


ロイター/ジムWolf|2006年7月6日

ワシントン(ロイター) - 米国は、それが、具体的な脅迫にさらされるためにそのミサイル・インターセプターを用意したことを初めて水曜日に確認した--アラスカに到着することが可能なために、長距離ミサイルの北朝鮮の発進ついては、

少なくとも5機のより短範囲ミサイルとともに、どのような打ち落とす試みも働いたであろうかどうかについて不確かであるままにしておく発進の後の1分足らずで、大陸間のテポドン2ミサイルは無害に日本海に落ちた。

レポーターに、「私があなたに話すであろうものは、すべての発進が検出されて、監視されて、迎撃機が、行なわれたミサイル発射の間、操作中であったことである」とブライアン・ホイットマン、国防総省のスポークスマンは言った。

過去に、米国高官は、未熟なミサイル防衛システムが、まだテストされる間に、2004年にはっきりとした形をとって以来ずっと何度も「操作中」にされていると言った。

しかし、彼らは一度も具体的な瞬間を指定したことがない。

テポドン2の打ち上げの準備をする横奪者の活性化に言及して、「明らかに、これは具体的なイベントのために育てられた」と国防省関係者は言った。

米国北部人コマンドは、横奪者--カリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地でフォート グリーリー、アラスカ、および2で現在9を数える--にその母国防衛任務の一部としてオペレーティングを行う。

トップ司令官は、迅速にピョンヤンのスタートが米国またはその領域に脅威を全然与えないことにすることができたとコマンドは火曜日の夜ステートメントの中で言った。

必要とされているすばやい決定

システムは、スタート検出のための早期警戒衛星、監視のための研ぎ澄まされて、海上に基地を持つレーダーステーション、および追跡(進入してくる弾頭を破壊することに加えてアラスカとコロラドでノードを命じる迎撃機)を含む。

国防総省は地上ベースシステムの10の高度シナリオの妨害テストのうちの5つにおいて標的弾頭を撃ち落とした。

その時大統領ロナルド・レーガンが、批評家が彼の「スター・ウォーズ」イニシアチブと呼んだものをスタートして以来、米国は920億ドルより多くをミサイル防御に使う。

典型的な婚約シナリオの中で、衛星に乗る赤外線センサーはミサイル発射の熱い羽を検出し、可能な攻撃のオペレーション・センターに警報を出す。

米国政府責任オフィス(議会の調査の部門)によるとセンサーは、デコイの中から弾頭を選び出し、がれきを間隔をおいて配置するためにその時キー入力される。

データを追跡することに基づいて、迎撃機は、補助推進ロケットの先で設置された樽サイズの「殺し乗り物」から成って、脅威を引きつけるために飛び立つことができる--記録の中でされなければならない決定。

無害に、発進の約40秒後に朝鮮半島と日本の間で海に落ちたテポドン2の場合に、「それを撃ち落とすかどうかについての決定をするには、あまりにも少ない時間」があったとビクトリア・サムソン(私的な防衛情報センターでのミサイル防衛に関してのエキスパート)は言った。

国防総省のミサイル防衛庁のトップとしてシステムの開発を監督している空軍Lt.将軍ヘンリーOberingは、彼が、それが新しい北朝鮮人の弾頭を撃ち落とすことができたのを「非常に確信している」と先月言った。

特定アジア3カ国など、まともな相手ではない・。

ベンチャー革命2006年7月5日

                          
 山本尚利

タイトル: 北朝鮮ミサイル:日本国民をもてあそぶ玩具



1.北朝鮮ミサイル発射の狙い

 2006年7月5日、午前3時40分頃から早朝にかけて、北朝鮮から6発のミサイルが発射された

と報道されています。3発目がテポドン2号のようです。米国偵察衛星が、北朝鮮の長距離ミ

サイル、テポドン2号の発射台を撮影し、米国政府は5月下旬より、近々、テポドン2号発射実

験が行われそうだと警告していました。その警告どおり、北朝鮮ミサイルが日本に向けて発

射されたようです。米国時間の7月4日は独立記念日であり、その日に合わせたミサイル発射

事件(祝砲花火?)のようです。現在のところ、6発のミサイルは日本海に着弾し、日本本土

への被害はなさそうです。ヤレヤレ・・・。

 ところで、2002年9月17日、小泉首相が、訪朝時にキムジョンイルと交わしたピョンヤン宣

言(北朝鮮のミサイル発射実験凍結)に違反してまで、なぜ今、北朝鮮はミサイル発射実験

を強行する必要があったのでしょうか。軍事専門家によれば、単に定期的なミサイルの作動

確認実験とのこと。米国独立記念日に合わせた発射実験のタイミングを考えると、米国政府

の北朝鮮への経済制裁に対する威嚇ではないかともいわれています。2005年9月、米国は6カ

国協議にて北朝鮮への不可侵を約束していますが、今回のミサイル実験で、米国の真意を確

かめようとしているという意見もあります。



2.日本国民をもてあそぶ米朝の八百長合戦

 ところで、筆者は、北朝鮮ミサイル発射の狙いを、上記マスコミ報道の額面どおりには受

け取りません。なぜなら、筆者は2004年頃から、日本国家を翻弄する米朝関係は八百長合戦

ではないかと疑っていたからです。(注1)

 筆者には、北朝鮮は米国のウラの意志に従って、意のままに動いているようにみえます。

さて、一般論として、いかなる軍隊も平時において、その存在理由を正当化するためには、

実在する仮想敵を必要とします。具体的に説明すると、旧ソ連の残した遺物、ならずもの国

家、北朝鮮ほど、米軍の極東駐留を正当化できる貴重な存在はありません。1991年にソ連が

崩壊したにもかかわらず、米国政府は米国民に対して、なぜ仮想敵国、ソ連脅威の消滅した

極東(日本と韓国)に米軍を駐留させなければならないかを説明する必要があるのです。その

ために、米国にとって、北朝鮮がソ連に代わる仮想敵国であり続けることが絶対に必要なの

です。次に、米国政府は日本国民に対し、在日米軍の存在意義を誇示する必要があります。

本音では、敗戦国家日本に必要以上の再軍備をさせないために、在日米軍の駐留が必要なの

ですが、このことは、日本国民にはもちろん、米国民にも言えない裏事情なのです。その意

味で、米国にとって、平気でミサイルを打ってくれるキムジョンイル独裁国家の北朝鮮は絶

対的な必要悪なのです。

 今回のミサイル発射も、1998年のテポドン1号の発射も、米朝のウラ外交ですでに話のつい

ている八百長パフォーマンスではないかと疑われます。

 今回のミサイル発射のマスコミ報道を注意深く観察すると、ネタ元はすべて米国国防総省

の発表にあることがわかります。日本政府は、米国国防総省の通報に従って、右往左往して

いるようにしかみえません。日本国家の国防がすべて米国におんぶにだっことはひどい話で

す。日本国家の政官エリートのだらしなさをみせつけられているようで、心底、不愉快で

す。



3.押し込み強盗に追い銭

 米国も日本も北朝鮮に人道支援と称して、世界食糧支援機関を通じて、毎年、食糧援助を

行っています。(注2) つまり、日本政府は、われわれの血税で毎年25万トンの穀物(小麦や

とうもろこし)を米国から買って、北朝鮮に援助してきたのです。われわれの援助した食糧は

北朝鮮の餓えた子供ではなく、軍隊に横流しされているという報道もあります。たぶん間違

いないでしょう。日米政府が贈った食糧で生きている北朝鮮軍は、本日、日本に向けてミサ

イルを発射しました。なぜ、日本国民は怒らないのでしょうか。

 われわれは北朝鮮にお金を払って、自分を脅してもらっているという構図が成り立ちま

す。これほどバカな話はありません。そこで『目には目を』ということになって、日本は緊

急にミサイル防衛網の整備が必要となりました。日本は兵器の技術開発にまったく投資して

いませんから、ミサイル防衛システム(米国にとってはチュウブル品のPAC3)は米国から輸

入せざるを得ません。まるで悪質なシロアリ駆除業者にだまされているような感覚です。(注

3)



4.火事場ドロボーの活躍

 日本国民が北朝鮮ミサイル発射に腰を抜かしている隙間に、韓国の調査船が早速、竹島周

辺の日本の排他的経済水域に侵入してきたようです。おまけに、中国も韓国に負けじと、尖

閣列島周辺で、日本政府に事前予告もなく、勝手に調査船をウロウロさせています。

 一方、小泉首相は、引退直前、今年8月15日、靖国参拝決行をほのめかしています。小泉首

相は、日本国の首相というより、ブッシュの忠実な部下とみなせば、その不可解な行動パタ

ーンがよく読めてきます。小泉首相は米国シナリオに沿って、日本、中国、韓国の位置する

極東での『兄弟げんか』を演出しているにすぎません。(注4)

 小泉内閣はこれまで、どういうわけか北朝鮮への経済制裁を見送ってきました。(注5)拉

致被害者家族の増元さんが『不思議だ?』と盛んに首をひねっていました。だからこそ、

2006年7月5日、まさにミサイルが日本に向けて発射された当日の朝、イケシャーシャーと北

朝鮮船籍、万景峰号は新潟港に堂々、入港予定だったのです。北のミサイルは、さすがに万

景峰号には着弾しなかったですね。この日は日本海を万景峰号が航行しているから、まさか

北はミサイルを打たないと日本側を油断させたのかもしれません。それにしても、小泉首相

はなぜ、これほど、北朝鮮に甘いのでしょうか。その訳は、パチンコ狂の日本人から巻き上

げたお金で、北朝鮮を生かしておきたいブッシュ政権の立場を慮っているのでしょう。ちな

みに、小泉サポーターにとってもパチンコ・リースは大変おいしい商売だそうです。



5.ビルダーバーグ・オタワ会議の影響

 米国覇権主義者を闇支配する国際寡頭勢力は、2006年6月9日から11日、オタワで年次総会

を開き、ブッシュ政権のイラン先制攻撃戦略に対し、強硬にノーを突きつけたと言われてい

ます。そういえば、6月19日にゴールドマンサックスのCEO、ヘンリー・ポールソンがブッシ

ュ政権に財務長官として入閣すると唐突に発表されています。(注6)

 この時点で世界の流れが大きく変わったのです。ブッシュ政権は、ビルダーバーグ会議の

決定で、大きな戦略転換を迫られているようです。ブッシュ政権にとって、北朝鮮は元々、

イランに次ぐセカンドチョイスの獲物でした。筆者の悪い予感が当たりました。イランから

北朝鮮へ、ワーグナーの双頭の鷲(米国寡頭勢力のシンボル)の眼がグルリと動いたのではな

いでしょうか。これは非常にやばい。

 下手をすると、われわれは極東で『兄弟げんか』をさせられる危険が非常に高まりまし

た。(注4) 国際寡頭勢力は、日本の幕末時代にも、幕府軍と薩長連合軍を兄弟げんかさせ

て大儲けしようとたくらんだ歴史があります。ときの将軍、徳川慶喜はこの陰謀に気づい

て、大政奉還を決断、日本国内の内戦を回避したと高く評価されています。

 ところで、ポスト小泉の最右翼、安倍晋三氏が、2006年5月、キムジョンイルやブッシュ利

権と闇でつながっているといわれる統一教会の合同結婚式(福岡市で開催)に祝電を打ってい

たという事実が、今後どのような波紋を広げるのでしょうか。また、北のミサイルは、民主

党小沢一郎氏らが、中国の胡錦濤国家主席と会談した翌日に発射されたことも何か意味があ

りそうです。



注1:ベンチャー革命No.83『日米対北朝鮮:八百長の敵対関係』2004年6月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr083.htm


注2:ベンチャー革命No.82『小泉政権の対米戦略をウラ読みする』2004年6月4日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr082.htm


注3:ベンチャー革命No.169『軍事・防衛技術の日本型MOT』2005年7月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr169.htm


注4:ベンチャー革命No.132『アジア兄弟げんかの顛末記』2004年12月19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr132.htm


注5:ベンチャー革命No.150『双頭の鷲:北朝鮮経済制裁とライブドアの関連性』2005年2月

19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr150.htm


注6:ベンチャー革命No.199『福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ』2006年6月21



http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr199.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



蛇足


レベルの低い、アフォな国に囲まれた日本ですが、忍従も限界に達するだろう。核の準備も再軍備も解禁されることになる。中国の尖閣諸島中国領宣言や韓国の竹島実効支配など、まともな交渉などほぼ不可能である。ヤクザ国家にカツ上げされ続けたが、もう我慢はすまい。「眼には眼を」「核には核」「軍事には軍事」をまともに考えねば、この地域自体が、低いレベルのままだ・。

東アジア・連携した揺さぶり・。

<北朝鮮>ミサイル6発を発射 日本海に着弾



 日本政府に入った情報によると、北朝鮮が5日未明、ミサイル発射基地から射程の短いミサイル3発を発射した。いずれも日本の国土から数百キロ離れた日本海に着弾したという。その後も3発が発射され、あわせて6発となった。

 発射時間は午前3時半ごろ、同4時ごろ、同5時ごろの3回。ミサイル発射の情報を入手した直後から、政府は首相官邸の内閣危機管理センターには安倍晋三官房長官らが集まり、情報収集と分析にあたった。

 政府は関係閣僚による官邸対策室を設置するとともに、午前7時から安全保障会議を開き、対応を協議する。また、安倍長官らは米国のシーファー駐日大使と対応を協議する。

 午前6時すぎに首相官邸で記者会見した安倍長官は「我が国の安全保障、国際社会の平和と安定という観点から重大な問題で、北朝鮮に抗議し、遺憾の意を表明する」と述べた。

 米国の報道によると、北朝鮮が米国の一部も射程に入る長距離弾道ミサイル「テポドン2号」も発射したとの情報もある。


(毎日新聞) - 7月5日10時13分更新






5日にも竹島周辺海域に=韓国調査船、日程前倒しか-地元テレビ

 【ソウル4日時事】韓国のニュース専門テレビ局YTNは4日、日本海の海流調査を行っている韓国の調査船が5日にも竹島(韓国名・独島)周辺海域に進入する見通しになったと報じた。韓国政府高官の話として伝えた。調査船は、日本が主張している排他的経済水域(EEZ)に入る公算が大きい。

 当初、調査船は11日ごろ竹島周辺海域に入るとみられていた。しかし、韓国政府は日韓の対立が長引くのは得策ではないと判断、竹島周辺海域での調査日程を前倒しした可能性がある。 


(時事通信) - 7月5日1時0分更新



今後は事前通報で対応 海洋調査船航行で中国

 【北京4日共同】中国調査船が尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内を航行した問題で、中国政府が4日、北京の日本大使館に対し「今後は事前通報の取り決めに従って処理したい」と伝えてきたことが分かった。 北京の外交筋によると、中国政府は、EEZ内を航行した船について、山東省青島にある大学の調査船で、政府は航行を「事前に承知していなかった」と釈明した。

(共同通信) - 7月4日23時32分更新



韓国軍が警戒態勢を引き上げ─軍関係者=聯合ニュース

 [ソウル 5日 ロイター] 聯合ニュースは5日、軍関係者の話として、北朝鮮によるミサイル発射を受けて韓国軍が警戒態勢を引き上げたと報じた。

 韓国国防省の報道官はこの報道につていコメントを控えた。





北のミサイル能力は限定的…米大統領補佐官

 【ワシントン=五十嵐文】ハドリー米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は4日、北朝鮮の一連のミサイル発射について「挑発的な行為」と非難する一方、米国領土への差し迫った脅威とはみなしていないとの考えを表明した。



 補佐官は、発射されたミサイルのうち、少なくとも長距離弾道ミサイル「テポドン2号」については、1999年に米国と合意したミサイル発射モラトリアム(一時停止)違反にあたり、北東アジアの平和と安定をうたった6か国協議の2005年9月の共同声明にも反する、と強調した。



 同時に、「テポドン2号」は発射から1分足らずで着弾しており、「明らかな失敗だった」とも指摘。北朝鮮のミサイル能力は限定的との考えを示した。


(読売新聞) - 7月5日10時53分更新

北朝鮮発射のミサイルは計10発=聯合ニュース

 【ソウル5日時事】韓国の通信社・聯合ニュースは情報当局幹部の話として、北朝鮮が5日午前に発射したミサイルは計10発と報じた。

 同ニュースによると、同幹部は「スカッド、ノドン、テポドンが時間を置いて打ち上げられた」と語った。また、「北朝鮮のすべてのミサイルは相互に連動しており、各種のミサイルを同時に発射できる」と指摘した。 


(時事通信) - 7月5日11時1分更新



 ミサイル発射は国の自主権=北朝鮮

 NHKによると、北朝鮮外務省当局者は5日午前(日本時間同)、平壌を訪問中の日本人記者団と会見し、北朝鮮が合わせて6発の弾道ミサイルを発射したことを認めた上で、「ミサイルの発射は国の自主権に属する問題だ」と述べた。 



(時事通信) - 7月5日11時1分更新








北朝鮮のミサイル発射は日朝平壌宣言に


違反、テポドン2含むと確認


=麻生外相


 7月5日、麻生外相、北朝鮮のミサイル発射は日朝平壌宣言に違反との認識を表明。4日撮影(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)(ロイター)10時34分更新



[東京 5日 ロイター] 麻生外相は5日午前に記者会見し、北朝鮮によるミサイル発射は日朝平壌宣言に違反するとの認識を表明した。北朝鮮は5発のミサイルを発射し、そのうち3発目がテポドン2号だったことを確認したと述べた。

 麻生外相は、北朝鮮のミサイル発射は「日朝平壌宣言に違反する。北朝鮮に対しては、北京ルートで厳重な抗議を申し入れるように指示した」と述べた。

 また、国際社会全体としての対応が極めて重要とし、6者会合での連携、ライス米国務長官との早急な協議、安保理常任理事国各国外相との協議などを行うとした。また「国連安保理会合の召集を要請した」という。

 北朝鮮が発射したミサイルにテポドンが含まれていることを確認。5発発射されたうちの3発目がテポドン2号だったと思われる、と述べた。

北朝鮮に対する経済制裁措置は今日中に発動されるかとの質問に対しては「その可能性が高い」 とした。経済制裁については、送金や貿易の停止も、今日中に発動される可能性があると指摘した。

(ロイター) - 7月5日10時34分更新


蛇足

特定アジア3カ国の連携の様相を呈してきました。アフォにつける薬はないだろう。安モンの軍事力を見せびらかしても、何の得にもならない・。宣戦布告に等しい行為をして権利もなにもない・。在日朝鮮人も監視の対象にされ、資金の凍結も視野に入るだろう。そんなことで、ソ連の衛星国から乗り換えた宗主国さま(中国)諸共、矢面にたたしてしまう愚かな行動です。1890年当時の状況になってきた。これで、東アジアとは手を切れる。日本は大手を振って軍事大国になることだろう(当然経済大国はそのままで)。




コントロールされたメディア社

Chapter XIV

Controlled Media Inc.

Spin City, USA






The Best Free Press Money Can Buy!



"We are grateful to the Washington Post, The New York Times, Time Magazine and other great publications, whose directors have attended our meetings and respected their promises of discretion for almost forty years. It would have been impossible for us to develop our plan for the world if we had been subjected to the bright lights of publicity during those years. But, the work is now much more sophisticated and prepared to march towards a world government. The supranational sovereignty of an intellectual elite and world bankers is surely preferable to the national auto-determination practiced in past centuries."

David Rockefeller, founder of the
Trilateral Commission
, in an address to a meeting of The Trilateral Commission, in June, 1991.



In 1974, Congress issued a report stating that the Chase Manhattan Bank's stake in CBS rose to 14.1% and NBC to 4.5% (through RCA, the parent company of NBC). The same report said that the Chase Manhattan Bank held stock in 28 broadcasting firms. After this report, the Chase Manhattan Bank obtained 6.7% of ABC, and today the percentage could be much greater. It only requires 5% ownership to significantly influence the media. This is only one of 300 wealthy shareholders of the FED. It is believed other FED owners have similar holdings in the media. To control the media, FED bankers call in their loans if the media disagrees with them. Going against
the Fed
can also be unhealthy for one's career.



Rockefeller
also controls the Council on Foreign Relations (CFR)
, the sole purpose of which is to aid in stimulating greater interest in foreign affairs and in a one world government. Nearly every major newscaster belongs to the Council on Foreign Relations. The Council on Foreign Relations controls many major newspapers and magazines
. Additionally, major corporations owned by FED shareholders are the source of huge advertising revenues which surely would influence the media.














MEDIA BLACKS OUT THE FACTS



John Swinton, the former Chief of Staff for the New York Times, was one of New York's best loved newspapermen. Called by his peers "The Dean of his Profession", John was asked in 1953 to give a toast before the New York Press Club, and in so doing, made a monumentally important and revealing statement. He is quoted as follows:



"There is no such thing, at this date of the world's history, in America, as an independent press. You know it and I know it. There is not one of you who dares to write your honest opinions, and if you did, you know beforehand that it would never appear in print. I am paid weekly for keeping my honest opinion out of the paper I am connected with. Others of you are paid similar weekly salaries for similar things, and any of you who would be so foolish as to write honest opinions would be out on the streets looking for another job. If I allowed my honest opinions to appear in one issue of my paper, before twenty-four hours my occupation would be gone. The business of the journalists is to destroy the truth; to lie outright; to pervert; to vilify; to fawn at the feet of mammon, and to sell his country and his race for his daily bread. You know it and I know it, and what folly is this toasting an independent press? We are the tools and vassals of rich men behind the scenes. We are the jumping jacks, they pull the strings and we dance. Our talents, our possibilities, and our lives are all the property of other men. We are intellectual prostitutes."



RICHARD M. COHAN, Senior Producer of CBS political news said: "We are going to impose OUR AGENDA on the coverage by dealing with issues and subjects that WE choose to deal with."



RICHARD SALANT, former President of CBS News stated: "Our job is to give people not what they want, but what WE decide they ought to have."



And what is "their" agenda? What do they believe we, the American people, - THE COMMON HERD, ...ought to have? Here is the answer:



NORMAN THOMAS - For many years the U.S. Socialist Presidential candidate proclaimed: "The American people will never knowingly adopt Socialism. But under the name of "liberalism" they will adopt every fragment of the socialist program, until one day America will be a Socialist nation, without knowing what happened."



HERMAN DISMORE, foreign editor of the New York Times from 1950 to 1960: "The New York Times is deliberately pitched to the liberal (socialist) point of view."



WALTER CRONKITE: "News reporters are certainly liberal (socialists) and left of center."



BARBARA WALTERS: "The news media in general are liberals (socialists)."



Reference for everything above -
Operation Vampire Killer
, P.O. Box 8712, Phoenix, AZ 85066



The world, finally including even the balky American public, is "being rapidly educated into overcoming limited patriotism" and accepting "United Nations solutions to common global problems," said Henry Kissinger.



Bilderberg participants expressed satisfaction with progress toward world government on two fronts:



* Establishing a UN tax to not only finance new global programs, but to condition "citizens of the world" to paying tribute.



*
Conditioning the public
-- again, especially "those stubborn Americans" -- to accept the idea of a UN army that could, by force, impose its will on the internal affairs of any nation.



"Today, Americans would be outraged if UN forces entered Los Angeles to restore order; tomorrow, they will be grateful," Kissinger said (of the 1992 Los Angeles riot).



Kissinger reported on a shocking speech made by UN Secretary General Butrous Ghali to the American Association of Newspaper Publishers at UN headquarters in New York in early May. The publishers' newspapers covered up the story.



The UN Security Council must have a permanent force that can be deployed anywhere in the world, instantly, to "protect the peace" and "ensure human rights" the secretary-general told the newspaper publishers.



It seems to be the venue of modern journalism to forcibly, even odiously, press claims of their accuracy and integrity upon the public. There are few professions in this day that have succeeded in making themselves more respected and revered by the citizenry than the "investigative reporter" while at the same time having also succeeded in arousing public resentment toward them that contradicts that perceived image. Simultaneously, we both revere and loathe the "press" for its wonderful and apparently altruistic attempts to present truth and accuracy while engendering a level of disgust for their methods.



Modern journalism's hue-and-cry is "credibility". At the same time, they want us to accept them as the only agency of modern civilization that can righteously employ the doctrine of "the end justifies the means". This "doctrine" apparently includes the hypocrisy of using lies as a vehicle to obtain truth--which could be likened to committing adultery to obtain chastity. The doctrine, here mentioned, is also quoted from
the Protocols
. "Therefore we must not stop at bribery, deceit and treachery when they should serve towards the attainment of our end." If a news organization is willing to engage in the manufacturing of a mountain of falsehoods to secure a molehill of truth, what would they do to gather information about a really important story?



Framing the truth with lies! Who do they think they are? - the government? Isn't it a given that only politicians and government officials are allowed unrestricted lies to gain a noble end?



See
AMERICA'S MINISTRY OF PROPAGANDA EXPOSED
by Gar Smith



Now
meet Joe Sixpack
, our average US citizen.


コントロールされたメディア社


回転都市、米国

最もよいフリー・プレスお金は買うことができる!

「私達はワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、タイム誌、および他の大きな出版物に感謝している(そのディレクターは私達のミーティングに出席し、ほぼ40年の間彼らの裁量の約束を尊重した)」。

私達がそれらの年の間にパブリシティの明るいライトを受けたならば私達が世界についての私達の計画を展開することが不可能であったであろう。

しかし、仕事は、現在ずっともっと洗練されて、世界政府に行進するために準備される。

「知的エリートと世界銀行家の超国家的な主権はきっと前世紀に行われた全国的なオート決意より望ましい」。

デイヴィド・ロックフェラー(三極委員会のミーティングへのアドレスの中の、1991年6月の三極委員会の創立者)。

1974年に、議会は、CBSでのChase Manhattan Bankの賭け金が14.1%とNBCから4.5%(RCA、NBCの親会社を通しての)まで上がったことを述べているリポートを出した。

同じリポートは、Chase Manhattan Bankが28の放送会社の中で株を保有すると伝えていた。

このリポートの後で、Chase Manhattan BankはABCの6.7%を得て、今日、パーセンテージはずっと大きいかもしれない。

かなりメディアに影響することはただ5%の所有権を必要としている。

これはFEDの300人の裕福な株主のうちのほんの1人である。

他のFEDオーナーがメディアの中に同様な所有財産を持っていることは信じられる。

メディアをコントロールするために、メディアが彼らと食い違っているならば、FED銀行家は彼らの貸付金を呼ぶ。

連邦準備局に逆らうことはまた人のキャリアのために不健康であるかもしれない。

ロックフェラーはまた外交問題評議会(CFR)をコントロールする(それの唯一の目的は、外務への、そして1つの世界政府の中のより大きな興味を刺激することにおける援助にである)。

ほとんど、すべての主要なニュースキャスターは外交問題評議会に所属している。

外交問題評議会は多くの主要な新聞と雑誌をコントロールする。

さらに、FED株主によって所有されている大企業は、きっと、メディアに影響するであろう莫大な広告収益の源である。

メディアは事実を暗くする。

ジョン・スウィントン(ニューヨーク・タイムズのための以前の陸参謀総長)はニューヨークの最もよい愛されている新聞記者のひとりであった。

彼の仲間によって「彼の職業の学部長」と呼ばれて、ジョンは、ニューヨークプレスクラブの前でトーストを与えるように1953年に頼まれて、そうすることにおいて、記念碑として重要で、明らかにする声明を出した。

彼は次の通り引用される:

「独立なプレスとしてアメリカに世界の歴史のこの日付にそのような物が全然ない」。

あなたはそれを知っていて、私はそれを知っている。

あなたの正直な意見を書く勇気があり、あなたがしたならば、あなたが、それが印刷において決して思われないであろうと前もって知っているあなたたちの1人がいない。

私は、私の正直な意見を、私が関係している新聞から締め出すことに対して毎週支払われる。

あなたたちの他は同様な物のために同様な週給を支払われて、正直な意見を書くようにそんなに愚かであろうあなたたちの誰でも別の仕事を捜している通りの上で外出しているであろう。

私が私の正直な意見に、私の紙の1つの問題の中で出現することを許したならば、24時間の前に、私の職業はなくなるであろう。

ジャーナリストのビジネスは、真実を破壊することである;

徹底的に嘘を言うには;

歪むには;

けなすには;

富の足でじゃれつくためと彼の日々の糧のために彼の国と彼のレースを売るには。

あなたはそれを知っていて、私はそれを知っていて、独立なプレスをあぶって、これはどんな愚行であるか?

私達は舞台裏で金持ちのツールと家臣である。

私達はあやつり人形であり、それらはストリングを引き、私達は踊る。

私達の才能、私達の可能性、および私達の人生はすべて他の人の所有物である。

「私達は知的な売春婦である」。

CBS政治のニュースのリチャードM.コーハン、シニアの製作者は言った:

「私達は、私達が、扱うことに決める問題と主題を扱うことによって記事にOUR AGENDAを課そうとしている」。

リチャードSALANT、述べられたCBSニュースの前社長:

「私達の仕事は、人々に、彼らが望んでいないものであるが私達が、彼らが持つべきであると決めるものを与えることである」。

そして、「それらの」課題は何であるか?

彼らは、私達、アメリカ人が何に植民すると信じるか - COMMON HERD…は持つべきである?

ここに答えがある:

ノーマン・トマス - 何年もの間、米国の社会党員大統領候補は宣言した:

「アメリカ人は決して故意に社会主義を採用しないであろう」。

しかし、彼らが採用するであろう「自由主義」の名前の下で、起こったことを知らずに、いつか、アメリカが社会党員国家になるであろうまで、社会主義者のすべての破片は"のプログラムを作る。

ハーマンDISMORE(1950年から1960年までのニューヨーク・タイムズの外国のエディタ):

「ニューヨーク・タイムズは寛大な(社会主義者)観点に意図的に売り込まれる」。

ウォルター・クロンカイト:

「ニュースレポーターは確かに寛大で(社会主義者)、センターの左である」。

バーバラ・ウォルターズ:

「一般の報道機関は自由主義者(社会主義者)である」。

上のすべてのための参照 - 操作吸血鬼Killer、私書箱8712、フェニックス、AZ 85066

世界は、強情なアメリカの一般大衆さえ最終的に含んで、「制限された愛国心に打ち勝ち」、「共通のグローバルな問題の国連解決策」を受け入れる「中に急速に教育されている」とヘンリー・キッシンジャーは言った。

Bilderberg参加者は2つの正面の上の世界政府への進歩への満足を表現した:

* 新しいグローバルなプログラムに資金提供するためだけでなく「国際人」を、敬意を表すことに慣らすためにUN税金を設定する。

* 一般大衆--再び特に「それらの頑固なアメリカ人」--を、力による、できたUN軍隊のアイデアを受け入れることに条件付けて、どのような国家の内政にでもその意志を課しなさい。

「今日、UNが、秩序を復元することを入ったロサンゼルスに強制するならば、アメリカ人は憤慨するであろう;」

「明日、彼らは感謝するであろう」とキッシンジャーは言った(1992年のロサンゼルス暴動に関して)。

キッシンジャーは5月初めのニューヨークのUN本部の新聞出版社のアメリカンアソシエーションにUN事務局長Butrousガリによってされた衝撃的なスピーチを報告した。

出版社の新聞は話を隠した。

UN安全保障理事会は、事務総長が新聞出版社に話した「平和」と「人権を保証しなさい」を「保護する」ために直ちに世界にどこででも配備されることができる永久的な力を持たなければならない。

それは、強制的に不愉快にさえそれらの精度と完全性の主張を一般大衆に押し付ける現代のジャーナリズムの開催地であるようである。

同時にまた、その気づかれているイメージを否定する彼らへの公的な憤慨を引き起こすことに成功した間に、「事件記者」より市民によって尊重されて、尊敬された多くを自身のために作ることに成功したこの日のほとんどの職業がない。

同時に、それらの方法のために嫌悪のレベルを生む間に真実と精度を示すそのすばらしく、見たところ利他的な試みのために、私達は両方とも「プレス」を尊敬し、憎んでいる。

現代のジャーナリズムの色相と叫び声は「信頼性」である。

同時に、彼らは私達に、公正に、「目的は手段を正当化する」の主義を使用することができる現代文明の唯一のエージェンシーとして彼らを認めてほしい。

この「主義」は見たところ、真実を得るために乗り物として嘘を使う偽善を含む--純潔を得るために約束する不義にたとえられることができた。

主義〈ここが言及した〉はまた、プロトコルから引用される。

「従って、彼らが私達の目的の達成に勤務するべきである時に、私達は贈収賄、偽り、および裏切りに停止してはならない」。

報道機関が真実のモグラづかを確保するために虚言の山の製造に快く従事するならば、それらは、本当に重要な話についての情報を集めるために何をするであろうか?

嘘によって真実を形成する!

彼らは、彼らが誰であると思うか?

- 政府?

政治家と政府高官だけが、無制限の嘘が高潔な終わりを得ることを可能にしたことであるのは与えられたものではないか?

アメリカのMINISTRY OF PROPAGANDAがダツスミスによって露光されるのを見なさい。

さあ、ジョーSixpack、私達の平均的なアメリカ市民と会いなさい。

平成は羊の意味・。






太田龍氏の時事寸評からhttp://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





米中共同で、日本占領、日本の富は米中共同で収奪すべく、米中は着々、裏で画策中との原口武夫説。

これは出色の論文である。






更新 平成18年07月01日23時37分


平成十八年(二〇〇六年)七月一日(土)

(第一千七百二十七回)



○「週刊現代」、平成十八年七月十五日号、百七十~百七十一頁。



○ここに、



  原口武夫

  米中が目論む「日本経済」占領のシナリオ

  東のハゲタカ(米国のこと)西のトラ(中共中国のこと)が、

  ニッポンを食う。米中は裏で手を握っている。



○と言う記事あり。



○この「原口武夫」と言う人物は、今のところ、一応まともなようである。



○筆者は、十二、三年前から、



○第二次米中挟み撃ち対日戦争、を警告して来た。



○この第二次米中挟み撃ち対日戦争によって、



○日本は、米中両国に分配される、と。



○原口武夫。35歳。東大から外務省に入省。

 昨平成十七年三月外務省退官。と。



○「諸君」平成十八年八月号、五十八~六十一頁の論文では、



○原口武夫と言う人は、



○明治維新以来、近現代日本では、

 「勝ち組」になる必勝法は、外国勢力の手先(エージェント)となる

 ことである。



○大隈重信は英国の手先。

 福沢諭吉は米国の手先。

 青木周蔵はドイツの手先。

 など。



○しかし、この見方は浅薄で、頂けないが、ここでは論じない。



○日本のエスタブリッシメント層に属する者たちは、前出の件(外国の

 手先と成ることが、日本で出世する必勝法)は、皆、知っているが、

 絶対に口外はしなかった、と。



○なるほど、それはそうであろう。



○つまり、「善良な国民をだまさなければならない」わけである。



○米国は、中共中国と日本を衝突させ、



○そして、日本は、中共中国に屈伏、しなければならない。



○そのように、イルミナティサタニスト世界権力は演出しつつある。



○つまりイルミナティサタニスト世界権力は、日本の富を根こそぎ収奪

 するに当って、



○中共中国にも、日本略奪に参加させ、分け前を少し与えるわけである。



○しかし、こんなことは、一九一八年秋、モスクワユダヤイルミナティ

 大会に於ける、日支闘争計画書、



○これをしっかり認識して居れば、



○苦もなく予測できる程度のイロハのイ、であるに過ぎない。



 (了)

蛇足


原田武夫氏は「週刊現代」で現在の世界は、5層の構造になっている。と


①世界支配層の「奥の院」=イルミナティアメリカ ②マネージャー国家(支配者のアメリカ) ③アメリカ国富拡大をサポートしているサブマネージャー国家 ④アメリカかに国富を奪われるワーカー国家 ⑤アメリカの威信に刃向かうハイエナ国家  アメリカは20年周期で、破壊と創造の循環を繰り返す。


日本は④の搾取されるワーカー国家であると・。M&Aなどでアメリカに搾取される始まりだと・。


たしかに、アメリカの支配とサブのヨーロッパは富の収奪のサイクルなのであろう。


日本は「東のハゲタカ」:アメリカと「西のトラ」:中国に富を収奪され続ける運命であると・。


しかし、日本はそんなに軟ではない・。中国などを怯える事など無駄なことです。


平成は羊の意味らしい・・しかし。


日本の富のは6000兆円の資産に支えられているのである。>そんな馬鹿な?


実質経済は富の源泉として、価値の拡大に邁進しています(どんなアフォ政治家でも経済は大丈夫)が・アメリカは張りぼてで、中国は価値が異常に低い、労働集約産業構造である。軍事力で、尖閣諸島に進出しても、まともな軍事力を装備して戦う余力はほぼ無いであろう。軍事力だけで、まともな経済と開発力が必要であるが、今の中国は以前の東南アジア危機の状況に近いのである。上海万博をピークに、外資の撤退が行われるであろうから・。資本主義に参加したつけは、元の切り上げによる、経済混乱は必然であろう・。その前兆が今の経済的な行動と、日本等に対する行動であろう。当然、戦争など起こせる状況は起こり得ないが、責任転嫁のために、行動を起こすであろうか?まず、上手くは行かないであろう。日本は搾取されている反対側で、吸い上げているのである。





ところで、スマトラ津波に貢献した自衛隊・・どこの空母と上陸舟艇なのでしょうね・。


戦う為だけの軍隊ではないが、日本は強いで・・。北朝鮮のおかげで、核ミサイル迎撃システムや衛星探知はもうすぐ配備されますぜ・無力化した核ほど厄介なモノはない。維持費がかかり過ぎ。


どちらにしても、日本人を怒らすのは得策ではないと思うがね??







ビルダーバーグでの大きな不意打ち

ビルダーバーグでの大きな不意打ち

Big Surprises at Bilderberg


Friday, June 23rd, 2006


James P. Tucker Jr.


Bilderberg expects interest rates to rise and many Americans to lose their homes in the months ahead. Meanwhile, they hope they can pressure President Bush to refrain from an all-out invasion of Iran while maintaining oil prices at their current record-high levels of about $70 a barrel.


Timothy Geithner, president of the Federal Reserve Bank of New York, predicted rising interest rates and difficulties for families that have obtained adjustable rate mortgages, or “variable” interest rates. Many are likely to lose their homes as rising home mortgage rates add hundreds of dollars to their monthly payments, he said. While most listened solemnly and some expressed concern, one was heard to say, “stupid Americans deserve their fate.”


Many Americans, especially young families, have been buying expensive homes at low but “variable” interest rates. Others have been paying just the interest owed on their homes and not the principal. They are the most vulnerable, Geithner said. Some have paid little or nothing down. Some institutions “lend” buyers the down payment.


When home construction peaks and prices start downward, many will find they owe more on their home than it is worth in the marketplace. They will also find their mortgage?even “interest-only” payments?are unaffordable.

The banks will get the homes back and sell them again.


Again, the term “stupid Americans” was heard among clucks of sympathy or silent indifference. According to one source, no concern was expressed by Allan Hubbard, assistant to President Bush for economic policy.


European Bilderbergers said they would have no part in an invasion of Iran, something Bush says is an “option on the table.” Although NATO is helping by adding 9,000 troops in Afghanistan, expect no help if Iran is invaded, they said. “We will not help you fight a War for Israel,” one said.


Several noted that Israel has had nuclear weapons since at least 1963 and has never signed on to the Nuclear Nonproliferation Treaty, so no international inspections are conducted. It was the late George Ball, a charter member of Bilderberg who was No. 2 man in the State Department under presidents John Kennedy and Lyndon Johnson, who first revealed that Israel has nuclear weapons.


“Is it not reasonable that Iran would need such a deterrence against Israel?” an unidentified Bilderberger was heard saying. “If you invade Iran, Israel is your only ally and good luck.” One suggested that “surgical strikes”?but no land invasion?may be tolerated but others said they would be ineffective.


Listeners to this dialogue included Eival Gildy of Israel, head of “coordination and strategy in the office of the prime minister,” and Ziad Abu Amr, member of the Palestinian Legislative Council, president of the Palestinian Council on Foreign Relations and professor of political science at Birzeit University. Ahmad Chalabi, former deputy prime minister of Iraq and one of the key sources of disinformation about Iraq’s weapons of mass destruction, was also present.


William Luti, special assistant to Bush for defense policy, and Richard Perle, former high Defense Department official and still a close adviser to Bush, responded that the United States is simply trying to stop the spread of nuclear weapons and make the world “safe.” But, said one European: “How ‘safe’ do you think the world will be if you invade Iran and Iran responds by firing missiles on your ally, Israel? Israel will nuke Iran in response and you will have your ‘proliferation.’”


Robert Zoellick, deputy secretary of state, said it would be necessary to keep the invasion “option” to pressure Iran into agreeing to abandon its nuclear weapons program.


“You’re wrong,” the European answered. “Iran simply refuses to be bullied by the United States. Save us a lot of trouble and forget about invading Iran.” The Americans remained silent.


Bilderberg’s mood was described as “uneasy” when it came to the issue of oil, a discussion followed closely by such oil-rich participants as banker David Rockefeller, Queen Beatrix of the Netherlands and Franco Bernabe, vice chairman of Rothschild Europe.


The “Latin American problem” mixed the issue of oil with Bilderberg’s scheme to expand NAFTA throughout the Western Hemisphere and have it evolve into an “American Union” patterned after the European Union. Hugo Chavez, head of Venezuela, is not only raising taxes on the extraction

of oil from his country, he is trying to establish a trade coalition with neighboring nations that would block the expansion of NAFTA by creating the Free Trade Area of the Americas.


Bilderberg’s consensus seemed to be to not force higher oil prices at the moment, but be content with the immense profits enjoyed now.


Chavez’s barrier to NAFTA expansion leaves them moody because establishing an “American Union” is a critical step toward Bilderberg’s goal of establishing the United Nations as a world government.


Not Copyrighted. Readers can reprint and are free to redistribute - as long as full credit is given to American Free Press - 645 Pennsylvania Avenue SE, Suite 100 Washington, D.C. 20003


2006年6月23日金曜日

ジェームズP.タッカーJr.

ビルダーバーグは、利率が上がり、数ヶ月のうちに彼らの家を紛失する多くのアメリカ人を予期している。

その間、彼らは、1バレルあたり約、彼らの現在のレコードハイレベルの70ドルに原油価格を維持する間のイランへの全面的な侵略を控えることをブッシュ大統領に強いることができると望む。

変動金利住宅ローンまたは「可変の」利率を得たファミリーのために、ティモシーGeithner、ニューヨーク連邦準備銀行の頭取は上がる利率と難題を予測した。

上がる住宅ローンレートが数百ドルを毎月の支払いに追加する時に、多くは、彼らの家を失いそうであると彼は言った。

最も多くが厳粛に聞き、いくつかが懸念を表現した間に、「愚かなアメリカ人は彼らの運命に値している」と言うのを聞かれた。

多くのアメリカ人、特に若いファミリーは高価な家を低いけれども「可変の」利率で買っていた。

他はまさに彼らの家に負われているその利息を支払っていた。

それらは最も無防備であるとGeithnerは言った。

いくつかがほとんど何も即金で支払わなかった。

いくつかの銀行は手付け金を買手に「貸す」。

家庭の建築ピークと価格が下に始める時に、彼らの多くが、それが市場で値しているより多くを彼らの家に支払うと気付くであろう。

彼らはまた、それらの抵当は画一である「興味」だけで、支払いしても。手放せば入手不可能であると気付くであろう。

銀行は家を戻し、再びそれらを売るであろう。

再び、用語「愚かなアメリカ人」は同情または静かな無関心のコッコ(雌鶏の鳴き声)の間で聞かれた。

1つのソースによると、どの懸念もアラン・ハバード(経済政策のためのブッシュ大統領へのアシスタント)によって表現されなかった。

ヨーロッパビルダーバーグは、それらが、イラン(ブッシュが、NATOが、9,000の軍をアフガニスタンに追加することによって助けているけれども、「テーブルの上のオプション」であると言うこと)への侵略において部分を全然持たないであろうと言い、イランが侵略されるならば、助けを全然期待していないと彼らは言った。

「私達はあなたがイスラエルのために戦争をするのを手助けしない」と人は言った。

いくらかが、イスラエルが少なくとも1963年以来ずっと核兵器を持っていて、核拡散防止条約に一度も契約したことがないことに注意したので、どの国際査察も実施されない。

それは、遅いジョージボール(最初に、イスラエルが核兵器を持っていると明らかにしたジョン・ケネディ大統領とリンドン・ジョンソンの下で、国務省でNo.2の人であったBilderbergの創立会員)であった。

未確認のBilderbergerが言うのを聞かれた、「イランにそのような制止物がイスラエルに対して必要であろうということは妥当でないか?」。

「あなたがイランを侵略するならば、イスラエルはあなたの唯一の同盟者と幸運である」.1はその「局部攻撃」?を提案したけれども、どの土地侵略?も許容されていないかもしれないけれども、他の人は、それらが無効であろうと言った。

このダイアログへの聴取者はBirzeit大学にイスラエル、「総理大臣のオフィスでの統合と戦略」の頭、およびZiad Abu Amr、パレスチナ立法評議会のメンバー、パレスチナの外交問題評議会の社長、および政治学の教授のEival Gildyを含んだ。

アフマドChalabi(イラクの前の副総理大臣、およびイラクの大量破壊兵器についての意図的誤報の重要な関係筋の1人)はまた出席していた。

ウィリアムLuti、防衛政策のためのブッシュへの特別なアシスタント、およびリチャード・パール(前の高い国防省役員、およびブッシュへのまだ近いアドバイザー)は、米国が、単に核兵器の広がりを止めて、世界を「安全」、Butにしようとしていると答えたと1人のヨーロッパ人が言った:

「‘安全’がする方法で、あなたは、世界が、あなたがイランを侵略し、あなたの同盟者、ユダヤ人へのミサイルを発射することによって、イランが反応するかどうかであるであろうと思う?」

「イスラエルは反応においてイランを核攻撃するであろうし、あなたはあなた‘増殖’を持つであろう。」

ロバート・ゼーリック、状態の次官は、その核兵器プログラムを捨てることに合意する中にイランに圧力をかけるために侵略「オプション」を保持することが必要であろうと言った。

「あなたは間違っている」とヨーロッパは答えた。

「イランは単に、米国によっていじめられることを断る」。

「私達のために、たくさんのトラブルを省き、イランを侵略することを忘れなさい」.Theアメリカ人は黙っていた。

オイル、デイヴィド・ロックフェラー銀行家のような石油資源に恵まれた参加者が密接に後に続く議論、オランダのベアトリックス女王、およびフランコBernabe、ロスチャイルドEuropeの副会長の問題となるとBilderbergの気分は「不安」と評された。

「ラテンアメリカ問題」はオイルの問題を、西半球にわたってNAFTAを拡張し、それを欧州連合に合わせて形づくられた「アメリカユニオン」に発展させるBilderbergの計画と混ぜた。

ヒューゴ・チャベス、ベネズエラのトップは彼の国からオイルの抽出についての税金を上げているだけでなく、彼は、アメリカ大陸の自由貿易地域を作成することによってNAFTAの拡張を妨げるであろう周辺諸国と貿易連立を設立しようとしている。

Bilderbergの合意は、ちょうどより高い原油価格を強制するのでなく現在楽しまれた巨大な利益に満足していることであるようであった。

「アメリカユニオン」を設立することが、世界政府として国連を設立するBilderbergのゴールへの重大なステップであるので、NAFTA拡張へのシャベスの障害はそれらを不機嫌であるままにしておく。

福井総裁の嘘。

蛇足


今日発売の週刊現代に、詳しくは載っておる。


・早い話、国会で「日本の資本主義の健全・・村上の主張に共鳴した・」と


のたまう。ところが契約書には


キャピタルゲインの目標が25%という途轍もない金儲けが目的の利殖法だった


それを国会答弁を嘘で固めた。


・そもそも当初、村上ファンドは一任勘定を認められていない・。


国会で、一任勘定で任していたとして答えている・・。


そもそも、その金(1000万円)の出所も、はっきりしない。


・オリックス介して、取引をしていたと答えたが・


MACJr投資事業組合の契約書では村上と直接取引きをしている。


・この投資は3年契約であった・


村上を支援するなどと言っていたが、


3年でキャピタルゲインを狙う高利回りの売却目的のファンドであること。


まあ、言い逃れはできそうにない。


うそつき総裁(詐欺総裁)では公的な仕事はできない。


早く辞めねば、イルミナティ親分から切られるぞ。

2006ビルダーバーガー・リスト

Bilderberg 2006 List




Honorary Chairman?Davignon, Etienne?Belgium


名誉会長:ダビニョン、エティエンヌ?ベルギー

Abu-Amr, Ziad? PNA, Palestinian Legislative Council


パレスチナ パレスチナ立法評議会

Aguiar-Branco, Jose Pedro?Member of Parliament (PSD)


ポルトガル、議員(PSD)


Aigrain, Jacques?CH, CEO, Swiss Re


ジャック CH、CEO、スイスRe


Ajami, Fouad?USA, Director Middle East Studies, Johns Hopkins


米国、学部長ー中東学、ジョンズ・ホプキンズ大。


Alogoskoufis, George?GR, Minister of Economy and Finance


ギリシャ経済と財政大臣


Bagis, Egeman?TR, Member of Parliament


トルコ国会議員


Balls, Edward?GB, Economic Secretary to the Treasury


英国、財務長官


Balsemao, Francisco Pinto?P, Former Prime Minister


ポルトガル前の総理大臣


Barnier, Michel?F, Former Minister for Foreign Affairs


フランス前の外務大臣


Bartenstein, Martin?A, Minister of Economics and Labor


オーストリア経済学および労働大臣


Bernabe, Franco?I, Vice Chairman, Rothschild Europe


副会長、ロスチャイルドヨーロッパ

Bildt, Carl?S, Former Prime Minister


スウェーデン前の総理大臣


Boyner, Umit N.?TR, Member of Executie Board, Boyer Holding


トルコ ボイヤーホールディングExecutie取締役会のメンバー


Bronner, Oscar?A, Publisher and Editor, Der Standard


オーストリア、出版社およびエディタ、デア・シュタンダールト


Browne, John?GB, Group Chief Executive, British Petroleum


グループ最高経営責任者、ブリティッシュペトロリアム


Burda, Hubert?B, Punlisher and CEO, Hubert Burda Media Holding GmbH & Co. KG


ベルギー、Punlisher、およびCEO(GmbH & Co. KGユベール・ブルダMediaホールディング)


Castries, Henri de?F, Chairman of the Management Board and CEO, AXA


フランス、取締役会の会長、およびCEO、アクサ


Cebrian, Juan Luis?E, CEO, PRISA


スペイン、CEO PRISA


Chalabi, Ahmad?IRQ, Former Deputy Prime Minister


イラク、前の副総理大臣


Clark, Edmund?CDN, President and CEO, TD Bank Financial Group


カナダ、社長兼CEO、TDの銀行財団


Clarke, Kenneth?GB, Member of Parliament


ギリシャ、議員


Collins, Timothy C.?USA, CEO, Ripplewood Holdings, LLC


米国、CEO、リップルウッド・ホールディングス、LLC


Collomb, Bertrand?F, Chairman, Lafarge


フランス、会長、Lafarge


Comper, Tony?CDN, President and CEO, BMO Financial Group


カナダ、社長兼CEO、BMO財団


Crawley, Phillip?CDN, Publisher and CEO, the Globe and Mail


カナダ、出版社、およびCEO、地球とメール


David, George A.?GR, Chairman, Coca-Cola H.B.C.S.A.


ギリシャ、会長コカコーラH.B.C.S.A。


Dervis, Kemal?INT, Administrator, UNDP


国連、管理者、UNDP


Descoing, Richard?F, Director, Institut d’Etudes Politiques


フランス、エチュードポリティーク党役員


Desmarais, Jr., Paul?CDN, CEO, Power Corporation


カナダ、CEO、パワー社


Devedjian, Patrick?F, Member of Parliament


フランス、議員


Donilon, Thomas E.?USA, Partner, O’Melveny & Myers LLP


米国、パートナー、O'Melveny&マイヤーズのLLP


Dopfner, Mathias?D, Chairman of the Board of Management, Axel Springer AG


ドイツ、会長、アクセルスプリンガーAG


Eldrup, Anders?DK, President, DONG A/S


デンマーク、社長DONG A/S


Elkann, John?I, Vice Chairman, Fiat


イタリア、副会長、フィアット


Feldstein, Martin?USA, President and CEO, National Bureau of Economic Research


米国、社長兼CEO、全米経済研究所


Geithner, Timothy F.?USA, President and CEO, NY Federal Reserve Bank


米国、社長兼CEO、NY連邦準備銀行


Gigot, Paul A.?USA, Editor of the Editorial Page, The Wall Street Journal


米国(社説面、ウォールストリート・ジャーナルのエディタ)


Gilady, Eival?ISR, Head of Coordination and Strategy at the Office of the Prime Minister


イスラエル、統合の頭、および首相官邸の戦略


Gleeson, Dermot?IRL, Chairman, AIB Group


アイルランド、会長、AIBグループ


Goldschmidt, Pierre?B, Former Deputy Director General, IAEA


ベルギー、前の副理事長、IAEA


Gusenbauer, Alfred?A, Parliamentary Leader SPO


オーストリア、議会リーダーSPO


Halberstadt, Victor?NL, Profesor of Economics, Leiden University


オランダ、経済学のProfesor、ライデン大学


Hansen, Jean-Pierre?B, CEO, Suez-Tractebel S.A.


ベルギー、CEO、スエズTractebel S.A。


Heinaluoma, Eero?FIN, Minister of Finance


フィンランド、財務大臣


Holbrooke, Richard C.?USA, Vice Chairman, Perseus, LLC


米国、副会長、ペルセウス、LLC


Hubbard, Allan B.?USA, Assistant to the President for Economic Policy


米国、(経済政策のための大統領補佐官)


Jensen, Siv?N, Member of Parliament


ノルウェー、議員


Joffe, Josef?D, Publisher-Editor, Die Zeit


ドイツ、出版社エディタ、ダイスツァイト


Johnson, James A.?USA, Vice Chairman, Perseus, LLC


米国、副会長、ペルセウス、LLC


Jordan, Jr., Vernon E.?USA, Senior Managing Director, Lazard Freres & Co. LLC


米国、専務、ラザールFreres&Co.LLC


Kaletsky, Anatole?GB, Editor at Large, The Times


英国、全体としてエディタ、タイムス


Kerdrel, Yves de?F, Editor, Le Figaro


フランス、エディタ、フィガロ


Kerr of Kinlochard, John?GB, Deputy Chairman, Royal Dutch Shell plc


英国、副会長、ロイヤルダッチシェルplc


Kimsey, James V.?USA, Founding CEO, America Online


CEO、アメリカ・オンライン


Kissinger, Henry A.?USA, Chairman, Kissinger Associates


米国、会長、キッシンジャーアソシエーツ


Kleisterlee, Gerard J.?NL, President and CEO, Royal Philips Electronics


オランダ、社長兼CEO、ロイヤル・フィリップスエレクトロニクス


Koc, Mustafa V.?TR, Chairman, Koc Holding A.S.


トルコ、会長、コチ


Koprulu, Kemal?TR, Founding Chairman, ARI Movement


トルコ、設立会長、ARI Movement


Korkman, Sixten?FIN, Managing Director, The Research? Institute?of the Finnish Economy ETLA


常務取締役、フィンランド経済ETLAの研究所


Koru, Fehmi?TR, Senior Writer, Yeni Safak


トルコ、シニア・ライター、Yeni Safak


Koss, Johann O.?CDN, President and CEO, Right To Play


カナダ、Right To PlayCEO


Kravis, Henry R.?USA, Founding Partner, Kohlberg Kravis Roberts & Co.


米国、設立パートナー、コールバーグKravisロバーツ&Co.


Kravis, Marie-Josee?USA, Senior Fellow, Hudson Institute, Inc.


米国、上級研究員、ハドソン研究所社


Kroes, Neelie?INT, Commissioner, European Commission


委員、欧州委員会


Kronenburg, Ed?INT, Director of the Private Office, NATO Headquarters


個人オフィスのディレクター、NATO本部


Kudelski, Andre?CH, Chairman of the Board and CEO, Kudelski Group


スイス、会長、およびCEO、Kudelskiグループ


Lauvergeon, Anne?F, Chairman of the Executive Board, AREVA


フランス、執行委員会の会長、AREVA


Leon Gross, Bernardino?E, Secretary of State, Ministry of Foreign Affairs


スペイン、国務長官外務省


Lipens, Maurice?B, Chairman, FORTIS


ベルギー、会長、FORTIS


Lloyd, Ronald S.?CDN, Chairman and CEO, Credit Suisse First Boston


カナダ、会長兼CEOクレディ・スイス・ファースト・ボストン


Luti, William J.?USA, Special Assistant to the President for Defense Policy and Strategy, National Security Council米国、防衛政策のための大統領特別補佐官、および戦略、国家安全保障会議


Mathews, Jessica T.?USA, President, Carnegie Endowment for International Peace


米国、代表、カーネギー国際平和基金


McKenna, Frank?CDN, Deputy chair, Toronto Dominion Bank Financial Group


カナダ、副椅子、トロント支配権銀行財団


Medish, Mark C.?USA, Partner, Akin Gump Strauss Hauer & Feld LLP


米国、パートナー、Akinガンプ・シュトラウス・ハウアー&フェルドLLP


Montbrial, Thierry de?F, President, French Institute for International Relations


フランス政治大学国際関係研究中心学長


Monti, Mario?INT, President, Universita Commerciale Luigi Bocconi


Universita CommercialeルイジBocconi代表


Mundie, Craig J.?USA, Chief Technical Officer Advanced Strategies and Policy, Microsoft


米国、主要な技官は戦略と方針、マイクロソフト


Myklebust, Egil?N, Chairman of the Board of Directors SAS, Norsk Hydro ASA


ノルウェー、会長SAS、ノルウェー人ハイドロASA


Nass, Maathias?D, Deputy Editor, Die Zeit


ドイツ、編集次長、ダイスツァイト


Netherlands, H.M. the Queen of The?NL


オランダ女王


Nickerson, Ken?CDN,iBinary Corp


カナダ、iBinary株式会社


Nixon, Gordon?CDN, President and CEO, Royal Bank of Canada


社長兼CEO、カナダロイヤル銀行


Norvik, Harald?N, Chairman & Partner, ECON Management AS


ノルウェー、会長&パートナー、ECON管理AS


O’Brien, Denis?IRL, Chairman, Communicorp Group Ltd.


アイルランド、会長、CommunicorpグループLtd.


Olechowski, Andrzej?PL, Leader Civic Platform


ポーランド、リーダー市プラットフォーム


Ollila, Jorma?FIN, Chairman, Royal Dutch Shell plc


フィンランド、会長、ロイヤルダッチシェルplc


Osborne, George?GB, Shadow Chancellor of the Exchequer


英国、影大蔵大臣


Ozel, Soli?TR, Professor of International Relations and Political Science, Istanbul Bilgi University


トルコ、国際関係の教授、および政治学、イスタンブールBilgi大学


Padoa-Schioppa, Tommaso?I, Minister of Finance


イタリア、財務大臣


Pataki, George E.?USA, Governor of New York State


米国、ニューヨーク州の知事


Pearlstine, Norman?USA, Senior Advisor, Time Warner Inc.


米国、シニアアドバイザー、タイム・ワーナー社


Pei, Minxin?USA, Director, Carnegie Endowment for International Peace


米国、ディレクター、カーネギー国際平和基金


Perle, Richard?USA, Resident Fellow, American Enterprise Institute


アメリカ企業研究所 代表社員


Pfluger, Friedbert?D, State Secretary of Defense


ドイツ、国防長官


Piebalgs, Andris?INT, Commissioner, European Commission


委員、欧州委員会


Pinault, Francois-Henri?F, President, Artemis; Chairman and CEO, PPR Group


フランス、アルテミス;会長兼CEO、PPRグループ


Prichard, J. Robert S.?CDN, President, Torstar Corporation


カナダ、社長、Torstar社


Rattner, Steven?USA, Managing Principal, Quadrangle Group LLC


Reinfeldt, Fredrik?S, Chairman Conservative Party


スウェーデン、会長保守党


Reisman, Heather?CDN, Chair and CEO, Indigo Books & Music Inc.


カナダ、会長およびCEO(藍色本&音楽社)


Rockefeller, David?USA, Former Member, JP Morgan International Council


米国、前のメンバー、JPモーガン国際協議会


Rodriguez Inciarte, Matias?E, Executive Vice Chairman, Grupo Santander, Ciudad Grupo Santander


スペイン、副会長


Ross, Dennis?USA, Director, Washington Institute for Near East Policy


米国、ディレクター、ワシントン研究所


Roy, Olivier?F, Senior Researcher, French National Center for Scientific Research


フランス、主任研究員、科学的研究のためのフランス全国センター


Roy, J. Stapleton?USA, Managing Director, Kissinger Associates, Inc.


米国(常務取締役、キッシンジャーのアソシエーツ社)


Sadjapour, Karim?USA, Analyst, International Crisis Group


米国、アナリスト、国際的な危機グループ


Sant, Roger?USA, Co-founder and Chairman Emeritus, The AES Corporation


米国、共同設立者、および会長、AES社


Sarjolghalam, Mahmood?IRN, Associate Professor, National University of Iran


イラン、準教授、国立大学


Scaroni, Paolo?I, CEO, Eni S.p.A.


イタリア、CEO、Eni S.p.A


Schily, Otto?D, Member of Parliament


ドイツ、議員


Scholten, Rudolf?A, Member of the Board of Executive Directors, Oesterreichische Kontrollbank AG


オーストリア、常勤取締役、Oesterreichische Kontrollbank AGの取締役会のメンバー


Schrempp, Jurgen E.?D, Former Chairman of the Board of Management, Daimler Chrysler AG


ドイツ、管理の前の取締役会長、ダイムラークライスラーAG


Schulz, Ekkehard D.?D, Chairman, ThyssenKrupp AG


ドイツ、会長、ThyssenKrupp AG


Seidenfaden, Toger?DK, Executive Editor-in-Chief, Politiken


デンマーク、編集長、ポリティカン


Silva, Augusto Santos?P, Minister for Parliamentary Affairs


ポルトガル、大臣


Steinberg, James B.?USA, Dean, University of Texas


米国、ディーン、テキサス大学


Straberg, Hans?S, President and CEO, AB Electrolux


社長兼CEO、エレクトロラックス社


Sutherland, Peter D.?IRL, Chairman, BP plc and Chairman, Goldman Sachs International


アイルランド、会長、ゴールドマン・サックスのインターナショナル


Tremonti, Giulio?I, Vice President of the Chamber of Deputies


イタリア、国民議会の副大統領


Tsoukalis, Loukas?GR, President Hellenic Foundation for European and Foreign Policy


ギリシア語財団代表


Vehagen, Maxime J.M.?NL, Parliamentary Leader, Christian Democratic Appeal


オランダ、議会リーダー、キリスト教の民主主義の訴え


Vinocur, John?USA, Senior Correspondent, International Herald Tribune


米国、シニアの通信員、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン


Wallenberg, Jacob?S, Chairman, Investor AB


スウェーデン、会長、投資者AB


Waugh, Richard E.?C, President and CEO, Bank of Nova Scotia


カナダ、会長、投資者AB


Wellink, A.H.E.M.?NL, President, De Nederlandsche Bank


オランダ、銀行頭取


Wolf, Martin H.?GB, Associate Editor and Economics Commentator, The Financial Times


共同編集者、および経済学注釈者、フィナンシャル・タイムズ


Wolfensohn, James D.?USA, Special Envoy for the Gaza Disengagement


ガザ解放のため米国特使


Zelikow, Philip D.?USA, Counselor of the Department, US Department of State


米国(部門、米国国務省のカウンセラー))


Zhang, Yi?CHN, Deputy Secretary General, China Society for Strategy and Management Research


中国、General次官、戦略のための中国社会、および管理の研究


Zoellick, Robert B.?USA, Deputy Secretary of State


米国、国務副長官


Zumwinkel, Klaus?D, Chairman of the board of Management, Deutsche Post AG


会長、ドイツポストAG


REPORTERS


Bredow, Vendeline von?GB, Paris Correspondent,The Economist


英国、パリ通信員、エコノミスト


Wooldridge, Adrian D.?GB, Foreign Correspondent, The Economist


英国、海外特派員、エコノミスト


Legend


A-Austria


B-Belgium


CDN-Canada


CH-Switzerland


D-Germany


DK-Denmark


E-Spain


FIN-Finland


F-France


GB-Great Britain


GR-Greece


I-Iraq


I-Italy


INT-International


IRL-Ireland


IRN-Iran


ISR-Israel


N-Norway


NL-Netherlands


P-Portugal


PL-Poland


PNA-Palestine


RUS-Russia


SVK-Slovak Rep.


S-Sweden


TR-Turkey



新世界秩序,真実の政府。

© RINF.COM Underground Gateway


The New World Order, the Ministry of Truth


Sunday, June 25th, 2006


Deanna Spingola


Most of us are happy to have sufficient for our needs but with the elite, enough is never enough. It isn’t simply resource accumulation but an insatiable, obsessive demonic lust for power over others. Controlling others necessitates an absolute infiltration into every area of our lives including the source of our acquired knowledge and our perceptions about current events. To facilitate this goal, a suspension of the First Amendment, specifically our freedom of speech, is absolutely essential.


“Congress shall make no law respecting an establishment of religion, or prohibiting the free exercise thereof; or abridging the freedom of speech, or of the press; or the right of the people peaceably to assemble, and to petition the Government for a redress of grievances.”


The First Amendment protects our freedom of speech and of the press. Absent the First Amendment, protestors could be silenced, the press could be censored, citizens could not criticize their government nor could they organize for social change. No rational individual would readily relinquish the vital freedoms of the First Amendment. But like the proverbial frog who remains in incrementally heated water, the masses will slowly surrender all of their freedoms without so much of a whimper. Some will even be relieved and anxious to surrender the freedoms patriots died to gain. With hardly a struggle or even majority acknowledgement, the allied elite have progressively seized ownership or control of the Media.


The “free” press has been seized by mega Media owners who are “free” to deliver mounds of distracting drivel camouflaged as news and information. Objectivity has been replaced by restraint. Instead of receiving unbiased information we are indoctrinated by the cultural, moral, economic and globalist philosophies and falsehoods supported by the elite corporate owners.


“In March 1915, the J. P. Morgan interests, the steel, shipbuilding and powder interests, and their subsidiary organizations, got together 12 men high up in the newspaper world and employed them to select the most influential newspapers in the United States and sufficient number of them to control generally the policy of the daily press of the United States.” [1]


“These 12 men worked the problem out by selecting 179 newspapers and then began, by an elimination process, to retain only those necessary for the purpose of controlling the general policy of the daily press throughout the country. They found it was only necessary to purchase the control of 25 of the greatest papers. The 25 papers were agreed upon; emissaries were sent to purchase the policy, national and interational, of these papers; an agreement was reached; the policy of the papers was bought, to be paid for by the month; an editor was furnished for each paper to properly supervise and edit information regarding the questions of preparedness, militarism, financial policies, and other things of national and international nature considered vital to the interests of the purchasers…” [2]


“This policy also included the suppression of everything in opposition to the wishes of the interests served.” [3]


~省略~


新世界秩序,真実の政府。

2006年6月25日日曜日

Deanna Spingola

私達のほとんどは、私達のニーズに十分に持つことがうれしいけれども、エリートは決して、もうたくさんと思わない。それは他の単に資源蓄積ではなくパワーへの貪欲で、執拗な悪魔のような欲望である。

最新イベントについての私達の取得された知識と私達の認知のソースを含む私達の人生のすべてのエリアの中に他をコントロールすることは絶対に何かの潜入を必要としている。

このゴールを容易にするために、憲法修正第1条(特に私達の言論の自由)のサスペンションは絶対に必須である。

「議会は宗教の施設を尊重しているか、それの自由種目を禁止している訴訟を全然しないこととする;」

またはプレスの言論の自由を縮小する;

「または、集まり、平和に不平の救済を政府に請願する人々の権利」。

憲法修正第1条は私達の、そしてプレスの言論の自由を保護する。

黙らすことができたので憲法修正第1条、抗議者 、プレスは検閲できて、市民はそれらの政府を批判できず、それらは社会的な変化のために団結できなかった。

どの合理的個人もすぐに憲法修正第1条の生命の自由を廃止しないであろう。

しかし、ますます熱せられた水にとどまっていることわざのカエルのように、庶民はすすり泣きのそんなに多くなく、ゆっくり彼らの自由のすべてを引き渡すであろう。

いくつかが救われさえし、自由の引渡しが増加するために、愛国者が死んだ自由を引き渡すことを切望していさえするであろう。

メディアの所有権またはコントロールが、 ほとんど 苦闘または均一な大多数の確認同盟したエリートと次第に焼き移された。

「自由な」プレスは、自由に、ニュースと情報としてカムフラージュされたよだれを散らす塚を提供して「よりよい」巨大なメディア所有者によってつかまれている。客観性は抑制によって取り替えられている。

公平な情報を受け取る代わりに、私達はエリートの企業のオーナーによってサポートされた文化的で、道徳的で、経済的で、およびグローバリストの人生観と虚言によって教え込まれる。

「1915年3月に、JPモーガンの利益(スチール、造船、および粉の興味とそれらの補助的な組織)は新聞世界上で12人の高名な人を集めて、一般に米国の毎日のプレスの方針をコントロールするために米国と彼らの十分な数で最も有力な新聞を選ぶために、彼らを雇用した」.[1]

「179社の新聞を選ぶことによって、これらの12人の人は問題を考え出し、それから、除去プロセスによって、国じゅうに毎日のプレスの総合政策をコントロールするために必要なそれらだけを保持しはじめた」。

彼らは、最も大きな書類の25のコントロールを購入することが必要であるだけであったと気付いた。

25の書類は合意された;

使者は、これらの書類の方針、全国、および国際lを購入するために行った;

合意は達せられた;

月までに代金を払われるために、書類の方針は買われた;

「エディタは、用意、軍国主義、財政政策、およびpurchasers…の興味に不可欠であると考えられた全国的で、国際的な自然の他の物の問題について各書類が適切に情報を監督し、編集するように供給された」[2]。

「勤められた興味の希望に反対してこの方針はまたすべての抑圧を含んだ」.


[3]


バーナード・バルーク、アメリカ財政家、株式市場投機家、政治家、および大統領顧問官は財政的に新聞とコラムニストの両方を支えた。

アーサー・クロック、ルーイビル・クーリエ・ジャーナルのためのコラムニストはバルークの影響の下にいて、1919年にバルークとハーバート・フーバーとパリ講和会議に出席した。

バルークは、彼が、1932年にニューヨーク・タイムズワシントン局を再編したクロックを賃借するべきニューヨーク・タイムズをアドルフオックス、出版社に納得させた。

1926年に、デイヴィッド・ローレンスが米国日刊を設立することを補助するために、バルークは50,000ドルを投資した(それは米国ニュースと第二次世界大戦後、米国のニュースと世界リポートになった)。

サイモン・シュースターを結成するために、バルークはまたマクスウェル・リンカーン・シュスターとディック・サイモンに資金提供した。

バルークはまた人気、バニティ・フェア、ラルフ・ニュース・アンド・オブザーバー、私達の世界雑誌、およびその他への投資をした。

[4]

サイモン&シュスターは、7つの部門?サイモン&シュスターおとな出版グループ、サイモン&シュスター子供の出版、サイモン&シュスターオーディオ、サイモン&シュスターオンライン、サイモン&シュスターUK、サイモン&シュスターカナダ、およびサイモン&シュスターオーストラリアを含むように成長した。

それらの押印と商標名は以下を含む:

サイモン&シュスター、スクリブナー、ポケットブックス、都心部プレス、フリー・プレス、中庭、炉ばた、試金石、ワシントンスクエアプレス、文芸協会、マーガレットK.McElderrry、アラジンPaperbacks、小さなサイモン、サイモンスポットライト、サイモンスポットライトエンターテインメント、スタートレック、MTV本、およびウォールストリート・ジャーナル本。

[5]

サイモン&シュスターは毎年2,000を超えるタイトルを出版した。

彼らは54のピューリツァー賞を勝ち取り、たくさんの全米図書賞と全米書評家連盟賞を受け取った。

彼らは突進Limbaughとハワード・スターンの両方の本を出版した。

1984年に始めて、プレンティスホールと銀を含めて、会社は60を超える会社を取得した、バーデットと、マクミラン会社の獲得によって1994年最高点に達した。

2002年に、サイモン&シュスターはViacomエンターテインメントグループの一部としてパラマウント映画とテレビのスタジオと統合した。

[6]「効果的な2005年12月31日、この企業体はその名前をCBS社に変更した」。

「2005年12月31日に始まるViacomとして知られている現在の会社はCBS Viacom分割の間に立ちあげられた新しいスピンオフ会社である」.[7]

メディア所有権の非常に包括的な現在のリストは本Censored2006、6章にある。

あなたはaとしてこの読まなければならない章をダウンロードすることができる。

PDFファイル。

1985年に、米国に50のかなりのメディア複合企業があった。

さて、政府、高等教育、主要な組織、バンキング、およびアメリカ産業界との接続を持つ10の一番上の主要なメディアエンティティがある:

AOLタイム・ワーナー、ウォルト・ディズニー、ガネット、Viacom(現在CBS社)、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、Knight-Ridder、トリビューン会社、ゼネラル・エレクトリック、およびニュース・コーポレーション。

「メディア企業は取締役会のメンバーを銀行、投資信託会社、石油会社、医療と調剤の会社、および技術系企業を含むさまざまな他の大企業と共有する」.[8]


このファイルの中に含まれている情報は驚くべき事実を設立した:

メディア所有者と彼らのエディタ手先はすべての真実と情報の選び出されたのではなく、不思議な普及者として行動する。

彼らは、自由にそれらの特権を与えられた政府お墨付きと隙間だらけのため反響なしでそれらの金銭的利益にすべての情報をゆがめて、誤報し、斜めにしてよい。

「そのようなものはそうであり、プレスは立法機関、エグゼクティブ、および司法部より強力な西世界の中で最も大きなパワーになった」。

人は、尋ねたい:

「誰によって、それは選ばれているか?そして、それは誰に責任があるか?」アレクサンドル・ソルジェニーツィン[9]

私達は、競争を容易にすると思われていた1996の電気通信法に感謝することができる。

代わりに、それらの独占能力を増大させて、より小さな会社を食い尽くし、体系化するために、それは大きなメディア会社を提供した。

1つの法律あたり向こう側の正確を意図されたものでする1つの偶然の一致? 。

私達のほとんどは、ジャーナリストが、調査し、それから彼らが発見する情報を漏らす特定の責任を持っていると信じる。

それ以外のことをすることは、非良心的で、無責任な「現実」の正面装飾を永続させることである。

特に私達の担当者の選挙を考慮する時に重要な情報を抑えることは有権者にひどく怠慢で、不公平で、堕落を永続させていて、外国人だけでなく私達自身の市民の生活を浪費する。

さらに、私達の国のまさしくその破壊は差し迫った現実であるかもしれない。

メディアは義務を持っている!

真実の故意の省略または嘘の故意の委員会は個人の完全性の手段を定義する。

それはまたグループ完全性を示す。

「一般的な偽りの時間に、真実を話すことは革命の行為になる」、ジョージ・オーウェル。

「独立なプレスのような物がアメリカに全然ない」。

あなたはそれを知っていて、私はそれを知っている。

彼の正直な意見を書く勇気があるあなたたちの1人がいなく、あなたがしたならば、あなたは、それが決して出版されないであろうと前もって知っている。

私は、あなたたちの他が、書くようにとても愚かであるので、彼の正直な意見は、外で、別の仕事…を捜している通りの上で、私達が舞台裏で金持ちのツールと家臣であることであるであろうあなたたちの誰でも同様な事柄…のための同様な給料に支払ったことである紙…の外の私の正直な意見を保持するための支払い…である。

私達はあやつり人形である;

彼らはストリングを引き、私達は踊る。

私達の才能、可能性、および生活はすべて他の人の所有物である。


「私達は知的な売春婦である」、ジョン・スウィントン
[10]。

人の生活一方のエリアで不正直で、別のものの中で正直であることは互換性がない。

「完全性は身体の内側の文字の正直さと一貫したまっすぐさから派生している‘全体’の感覚から成っている」.[11]価値は状況または柔軟であることではなく静的であり続けるべきである。

しかし、もう標準と完全性が規則を適用しないことと柔軟であること、調整可能であること、および保証するであろう政治家、企業のエグゼクティブに倫理的に挑み、他が良心的なジャーナリストによってそれらのわずらわしい調査の結果を免れることができる 状況。

現在、私達は、ニュースエグゼクティブ「彼らのレポーターが書いたことが強力な興味を傷つけたか、過去についての心地悪い問題を提起したことによる公的な許しのための平伏」に立ち会う。

「それらが間違いである?であるのでではなくそれらが真実なので、目的のジャーナリズムのすべての伝統的な基準を満たしている話は撤回されるか、放棄される」.[12]引き込み、歪み、および省略されたものは自由奔放である。

CNN/タイム・ワーナーはニューヨークの弁護士、フロイト エイブラムズの要求で追い風として知られているCIA操作についてのリポートを撤回した。

[13] エイブラムズは、ジョンSinglaub(1970年代に東南アジアでベトナム戦争時代離脱者への神経ガスを使ったことで軍隊を告発した1998年6月7日のリポートのソースであった辞めた陸軍大将)の代理人になった。

リードレポーター、ピーターArnettは最終的にネットワークを残した。

4月のオリバー、勇敢なCNNプロデューサーは、解雇されて、オリバーが、彼女が、「リポートから自身を引き離すために、彼女を汚した。」[14]The部門を主張するSinglaubを保護するために刑務所になくならせるであろうと言った彼女の、「‘軍用基地を和らげるため、’CNNが1998話を撤回したことを告発して、オリバーは、爆発的なスクリプトの物質と部品外注を是認し、それから、リポートが放映した後に根拠がない批判に降服することでシニアのネットワークエグゼクティブを告発した。」を中傷したネットワークを訴えて、最終的にされた。

防御(?)は1998年7月21日火曜日に適時のニュースブリーフィングによって出来事全体に漆喰を塗った。

これは2002年2月にラムズフェルド国防総省ニュースブリーフィングからである:

「私達が知っているように、既知の情報があるので、何かが起こらなかったと伝えているリポートは私にいつも興味深い;」

私達が、私達が知っていると知っている物がある。

私達はまた、既知の未知があると知っている;

すなわち、私達は、私達が知らないいくつかの物があると知っている。

しかし、そこで、また未知の未知が、私達が、私達がしないと知らないものであるかどうか."[15] 私は 行き詰まりわかりにくい話し方をしていますか?

指導的地位において私達にそのような怪しげな有資格の人々がいることに気がつくことは恐ろしくないか?

事件記者は、定期的に解雇されるか、絶望的に無防備な外国のよそ者に対して、他国において行われた政府または企業腐敗を報告したことで逮捕される。レポーターは、謝り、彼らの仕事を放棄することを強制されている。

その後、これらの良心的なレポーターはののしられて、破滅する。

1人のレポーター、マイク・ギャラガー、[16]彼が、Chiquita Brands International(それらのたくさんのCIAが中南米で利用を保護したので知られる会社)の暴露の結果として破滅した。

[17] お金または政治が影響される時に、真実は、無関係であるようである。

私は、一方が、あなたが、許可?とみなされたけれども他はジャーナリストが好きな匿名を含めて、お金で世界で何でも買うことができると言うことができたと思い、非常に高コスト、しばしば彼らの人生で、他のものの買収と犯罪の償いをする。

課された検閲に相当しているもののため、威嚇は、ジャーナリストが彼らのライティングを是認された基本政策に限定することを説得することができる。

個人的な金融の向上のためにまたはめったに明らかにされない不法行為のためにその保護されたポジションを使うことに、特権を与えられた政府ステータスはしばしばまったく節操のないものを誘惑する。

そして、露光されるならば、メッセンジャーの信頼性を消すことによって、彼らはただメッセージを破壊する。

政府は露出と過失性なしで外国の、または国内の人口の大きなセグメントを背景とした犯罪を犯すことができて、。

独立な考察に不慣れに、散漫で、怠惰な心はどのような宣伝された統合された危機の即席に作られている正式バージョンにでも影響され易い。

「真実の政府」から「ニュース」の断片によってよく知らせられたと感じているそれらの同じ自己満足した精神的な捕虜は素晴らしい解決策として示された前もって計画された政府計画または立法を直接快くサポートする。

危機による規則は、憲法で違法な貿易協約を通しての私達の個人的な特権、私達の普通預金口座、私達の年金、私達の健康[18]、および私達の仕事を急速に減少させる間に、ビッグ・ブラザー政府のパワー、官僚制、文民のカオス、および私達、彼らが現在考案した政府とどのような敵でも、だまされやすさと恐怖?を増大させる。

「私達に中間のポジションに彼らを動かすために私達の政権に多少人々を和解させることで十分でなく、彼らが私達に熱中しているまで、私達はむしろ、人々に取り組みたい」。

「嘘は、国家が嘘の政治的で、経済、および/または軍隊の結果から人々を保護することができるような時間の間だけ維持されることができる」。

「従って、国家が、真実が嘘の不倶戴天の敵であり、それからひいては、真実が国家の最大の敵になるので意見の相違を抑制するその能力のすべてを使うことはきわめて重要になる」(ジョセフM.ゲッベルス博士、ナチスドイツの宣伝大臣)。

これらのステートメントは容易に今日フォークスネットワークの上の誰かによって発表されることができた。

「2003年2月に、米国にニュースをゆがめるか、偽造することに対する規則が全然ないというFOXニュースによって、フロリダ控訴裁判所は満場一致で主張と合致していた」.[19]

私は2人の非常に賢明で、正直な人から引用文に接近する:

「私達が私達の目を痛い真実…のために閉じる傾向があり 私の部分 、私は快く全体の真実を知っている;

最悪事態を知るには;

「そしてそれに備えるため」。 - パトリック・ヘンリーと「足場を得るために、専制政治に必要なすべては、黙っているやましくない心の人々のためである」。?

トーマス・ジェファーソン

1) The Shadows of Power, The council on Foreign Relations and the American Decline by James Perloff, p. 178-79

2) Ibid

3) Ibid

4) The Greatest Story Never Told by Pat Riott, pg. 163-66

5)
SimonSays.com, Simon & Schuster, Inc.


6) Ibid

7)
Viacom (1971-2005)


8) Interlocking Directorates


9) Quotes We Just Happen to Like


10) Editorial Freedom in Capital’s World


11) Integrity, Wikipedia


12) Censored 2006, Gary Webb, p. 10

13) Ibid

14) The Washington Post, May 8, 1999

15)
DoD News Briefing - Secretary Rumsfeld and Gen. Myers, Tuesday, Feb. 12, 2002


16) American Journalism Review, September 1, 1998

17) Censored 2006, Gary Webb, p. 11

18) EPA: 9/11: the air is safe.

19)
The
Media
Can Legally Lie, Project Censored


Deanna Spingola has been a quilt designer and is the author of two books. She has traveled extensively teaching and lecturing on her unique methods. She has always been an avid reader of non-fiction works designed to educate rather than entertain. She is active in family history research and lectures on that topic. Currently she is the director of the local Family History Center. She has a great interest in Politics
and the direction of current government policies, particularly as they relate to the Constitution.


© Copyright 2006 by Deanna Spingola

Deanna’s Web Site





蛇足

新世界秩序(New World Order)はグローバル・ガバナンス(Global Governance)と名前を変えつつある。以前の記事http://ameblo.jp/kane55/entry-10013626532.html

グローバル・ガバナンスは、地球の上のすべての人にそれらのニーズを提供することに努める。

どのようにノルウェーはそれをするか?

ノルウェーとヨーロッパの他の社会民主主義がそれをすることができるならば、なぜ私達は国連の情け深い保護の下で世界を社会民主主義に変換しないべきであるか?

アジェンダ21、および関連したUN文書の分析により、実のところ持続可能な開発の概念がそれ"のフォームのための新しい名前だけであるのが証明される ノルウェーの効果の政府 社会民主主義 。

1980年代の間のノルウェー、グローバルな持続可能な開発の概念を導入した1987年のブルントランド委員会の椅子、および概念がアジェンダ21において採用された1992年のUNCEDの代理椅子のグロー・ハーレム・ブルントランの総理大臣は強く、グローバル・ガバナンスに世界にかかっている方向に影響した

誰のデータが受け入れられるかに依存して、ノルウェーの税金は収入の60と70パーセントの間に世界で最も高いものの間にある。株主のためではなく富を平均化するために状態に収益を提供するために、産業は働く。UN言語において、これは、「公平に資源の利点を分担する」と呼ばれて、この公平の受領者は強く、富を再分配するアイデアをサポートする;全然プロバイダーに、ノルウェーと他の社会民主主義に選択の余地がない。システムによって間違って、それらに必要なものによって、それは誰にでもそうどんな物を提供するか?たくさん。そのようなシステムは持続可能でない。ソビエト連邦は豊富な証拠を提供する。




ソ連や北朝鮮や改革開放前の中国など、失敗した社会主義の分配の方法をまたぞろ取り入れる。社会民主主義の欺瞞が試されている。アジェンダ21を採択する国連と言うところは社会主義なのであろう。NWOがグローバル・ガバナンスにしても自由ではないと言うことだ。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR