FC2ブログ

続き・。

I ask people to put themselves in the position of the Palestinians for a moment. They had their country stolen from them by force and terrorism soon after the Second World War and they have been subjected ever since to grotesque and horrific suppression, constant violence and domination. The Israeli government and military can do virtually whatever they like to them while the pathetic 'World Community' looks the other way.


The first prime minister of Israel, David Ben-Gurion, summed up their aims in 1937 when he said: 'We must expel Arabs and take their places.' Imagine if another people invaded your land and did this to you, refusing even to acknowledge the injustice. What would we do?


The Palestinians believe they are without hope and they feel understandable fury at what is happening to their land, their homes, their families and themselves. Why wouldn't they? And, given the scale of provocation, it is a wonder that their own violent response comes only from a small minority, not the vast majority of decent and intelligent Palestinian and Arabic people who just want peace and justice.


It is an old, old truth. Ignore injustice for long enough and violence will surely follow. The way to stop violence is to remove the injustice, not respond with even greater violence.


私は人々に、ちょっと自身をパレスチナ人のポジションに置くように頼む。

彼らはそれらの国を彼らから第二次世界大戦のすぐ後に力とテロによって盗まれて、彼らはそれ以来グロテスクで、恐ろしい抑圧、一定の暴力、および支配を受けている。

哀れな‘国際社会’が目をそらす間、イスラエルの政府と軍隊は、事実上、彼らが彼らに好きな何でもすることができる。

彼が言った時に、イスラエル、ダヴィド・ベン-グリオンの最初の総理大臣は1937年にそれらの目的を合計した:

‘私達はアラブ人を吐き出し、彼らの場所を占めなければならない’。

別の人々があなたの土地を侵略し、不正を認めることさえ断って、あなたにこれをしたかどうかを想像しなさい。

私達は何をするであろうか?

パレスチナ人は、彼らが希望なしでであり、彼らの土地、彼らの家、彼らの家族、および自身に起こっていることで、彼らが理解できる憤怒を感じると信じる。

なぜ、それらはしないであろうか?

そして、挑発のスケールを与えられて、ただ、平和と公正を望んでいるきちんとし、聡明なパレスチナのおよびアラブ人の人々の大部分ではなく少ない少数からだけ、彼ら自身の暴力的な反応が来ることは驚異である。

それは古い、古い真理である。

十分に長い間不正を無視しなさい。そうすれば、暴力はきっと続くであろう。

暴力を止める方法は、いっそうより大きな激しさによって応じることではなく不正を取り除くことである。

Israel and the United States government - of both parties - are one and the same, controlled by the Illuminati network, and that is why Israel can basically do what it likes while the Palestinians are condemned at every turn.


So when we look at the events of this week they seem less foreign policy 'problems' and more foreign policy goals. The Project for the New American Century, just one of the voice pieces for the agenda of racist hatred, called in 2000 for the conquest of Iraq, Iran, North Korea, Syria and so on.


With the nightmare unfolding by the day in Iraq, the public in America and Britain have no stomach for invading anyone else. Bush and Blair have also had their credibility shot by the blatant lies they told to justify the Iraq invasion. Thus, if the conquest agenda is to roll on in the Middle and Near East, another trigger is necessary to keep it moving.


Enter Israel, stage right and left, with the invasions of the Gaza Strip and Lebanon and the blame pointed at both Syria and Iran for supporting those who kidnapped three soldiers - acts which have unleashed Israeli firepower (paid for by U.S. 'aid') on civilian populations.


It was all planned long before any soldiers were taken hostage.


啓蒙主義者ネットワークによってコントロールされて、イスラエルと米国政府--両当事者の--は同一であり、そんなわけで、パレスチナ人がいつも非難される間、イスラエルは、基本的に、それが好きなことをすることができる。

従って、私達が今週のイベントを見る時に、それらはそれほど外交方針‘問題’とより多くの外交方針のゴールのようでない。

新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト(人種差別主義者憎悪の課題のための声断片のほんの1つ)はイラク、イラン、北朝鮮、シリアなどの征服のために2000年に呼びかけた。

イラクで日ごとで展開している悪夢によって、アメリカと英国の一般大衆は他の誰かを侵略することを好まない。

ブッシュとブレアは、また、イラク侵略を正当化するために、彼らが言ったみえすいた嘘によって撃たれたそれらの信頼性を持っていた。

従って、征服課題が、中間と近東で転がって行くことであるならば、別のトリガーは、それを動かせ続けることに必要である。

ガザ地区とレバノンへの侵略と3人の兵士を誘拐した人々をサポートするためにシリアとイランの両方に向けられた非難によって、イスラエル、下手、および左に入りなさい - 民間の人口の上のイスラエルの火力(米国‘援助’によって代金を払われる)を解放した行為。

兵士が人質に取られるずっと前に、それはすべて計画された。


A family of ten, including eight children, died in this Israeli air strike in Lebanon in retaliation for two soldiers being kidnapped (but not by the family of ten, including eight children).


And have you noticed something? The Illuminati target the Palestinians, Lebanon, Syria, Iran and North Korea and events happen at just the right time to support the agenda. Soldiers are kidnapped that lead to the invasion of Gaza and Lebanon, with blame for the kidnaps handed to Syria and Iran; an Iran 'election' is 'won' by a man who then says all the right things for the neo-con propaganda to exploit; and North Korea starts launching missiles.


This story, and the global conspiracy, is far, far bigger than almost anyone imagines.


To be continued ....


Continued to Part 2: What is this Carnage Really all About...?




--------誘拐されている(しかし8人の子供を含む10人家族によってでない)2人の兵士に対する報復として8人の子供を含む10人家族はレバノンでのこのイスラエルの空襲で死んだ。

そして、あなたは何かに気づいたか?啓蒙主義者はパレスチナ人、レバノン、シリア、イラン、および北朝鮮を目標とし、まさに、課題をサポートするその適切な時間に、イベントは起こる。

兵士は誘拐される(誘拐による非難をシリアとイランに手渡す状態で、それがガザとレバノンへの侵略を引き起こしている);

イラン‘選挙’は、その時、新保守主義宣伝が利用するように、すべての正しい事を言う人による‘ウォン’である;

そして、北朝鮮はミサイルを発進し始める。

この話とグローバルな共謀は、ほとんど誰でも想像しているよりずっと、遠く大きい。

続けられるには…。

2と離別するために続けられる:

まわりで本当のすべてこの大虐殺であるもの…?


------------------------------------------------------------------------


Zionism In Their Own Words


'If I knew that it was possible to save all the children of Germany by transporting them to England, and only half by transferring them to the Land of Israel, I would choose the latter, for before us lies not only the numbers of these children but the historical reckoning of the people of Israel.'

-- David Ben-Gurion (Quoted on pp 855-56 in Shabtai Teveth's Ben-Gurion in a slightly different translation).


'This country exists as the fulfillment of a promise made by God Himself. It would be ridiculous to ask it to account for its legitimacy.'

-- Golda Meir, Le Monde, 15 October 1971


'We walked outside, Ben-Gurion accompanying us. Allon repeated his question, What is to be done with the Palestinian population?' Ben-Gurion waved his hand in a gesture which said 'Drive them out!'

-- Yitzhak Rabin, leaked censored version of Rabin memoirs, published in the New York Times, 23 October 1979.


'[The Palestinians] are beasts walking on two legs.'

-- Israeli Prime Minister Menachem Begin, speech to the Knesset, quoted in Amnon Kapeliouk, "Begin and the 'Beasts,"' New Statesman, June 25, 1982.


'(The Palestinians) would be crushed like grasshoppers ... heads smashed against the boulders and walls.'

-- Israeli Prime Minister (at the time) Yitzhak Shamir in a speech to Jewish settlers, New York Times April 1, 1988


'If we thought that instead of 200 Palestinian fatalities, 2,000 dead would put an end to the fighting at a stroke, we would use much more force....'

-- Israeli Prime Minister Ehud Barak, quoted in Associated Press, November 16, 2000.


'It is the duty of Israeli leaders to explain to public opinion, clearly and courageously, a certain number of facts that are forgotten with time. The first of these is that there is no Zionism, colonialization, or Jewish State without the eviction of the Arabs and the expropriation of their lands.'

-- Ariel Sharon, Israeli Foreign Minister, addressing a meeting of militants from the extreme right-wing Tsomet Party, Agence France Presse, November 15, 1998.


'Everybody has to move, run and grab as many (Palestinian) hilltops as they can to enlarge the (Jewish) settlements because everything we take now will stay ours...Everything we don't grab will go to them.'

-- Ariel Sharon, Israeli Foreign Minister, addressing a meeting of the Tsomet Party, Agence France Presse, Nov. 15, 1998.


'Israel may have the right to put others on trial, but certainly no one has the right to put the Jewish people and the State of Israel on trial.'

-- Israeli Prime Minister Ariel Sharon, 25 March, 2001 quoted in BBC News Online


Read more ...


Check out David's site for more links and references: http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/


Subscribe to David Icke's Newsletter


Article from: http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/


彼ら自身の言葉におけるシオニズム

『もし私が、それらをイスラエルの土地に転送してそれらをイギリス、およびほんの半分に輸送してドイツのすべての子供を救うことが可能であったと知っているならば、私は後者 それゆえ 私達 これらの子供の嘘数けれどもイスラエルの人々の歴史の計算 を選ぶであろう。』


--ダヴィド・ベン-グリオン(少し違う翻訳の中でシャブタイTevethのベングリオの中のpp855-56上で引用される)。



‘神によって自身でされた約束の履行としてこの国は存在している’。

‘それに、その合法性を説明するように頼むことはこっけいであろう’。

--ゴルダ・メイア、ル・モンド、1971年10月15日


‘私達は外、私達に同伴しているベングリオを移動した’。

‘Allonは、彼の質問、パレスチナの人口によってされることになっていることを繰り返した?’

‘それらを追放しなさい!’と言った身振りにおいて、ベングリオは彼の手を振った。

--1979年10月23日ニューヨーク・タイムズで出版されたイツハク・ラビン(ラビン回想録の漏洩した検閲版)。


‘[パレスチナ人]は2つの足を歩いている動物である’。

--イスラエルの総理大臣メナヘム・ベギン、イスラエル国会へのスピーチは、「始めなさいおよび‘動物’」’をAmnon Kapelioukにおいて1982年6月25日引用した、ニューステイツマン。


‘(パレスチナ人)はバッタ(石と壁に対して打ち壊された…頭)のように押しつぶされるであろう’。

--ユダヤ人の移住者、ニューヨーク・タイムズ1988年4月1日へのスピーチにおけるイスラエルの総理大臣(その時)イツハーク・シャミール


私達が、200のパレスチナの事故死の代わりに、2,000人の死者が一挙に戦いを終らせるであろうと思ったならば、私達はずっとより多くの力を使うであろう…’。

--2000年11月16日AP通信で引用されたイスラエルのエフード・バラク首相。


‘時がたつにつれて忘れられるのは、はっきりと、勇敢に事実の一定の数を世論に説明するイスラエルのリーダーの義務である’。

‘これらの一番目は、アラブ人の立ちのきと彼らの領土の収用なしでシオニズム、植民地化、またはユダヤ人の国家が全然ないことである’。

--極端な右翼のTsometパーティー、アジャンス・フランス・プレス、1998年11月15日から武装勢力のミーティングで話をしているアリエル・シャロン、イスラエルの外務大臣。

‘誰もが、私達が現在取るすべてが私達のものを止めるであろうので、(ユダヤ人)決着を拡大するために、それらができる限り多くの(パレスチナ人)頂上を動かし、走り、つかむ必要がある...私達がつかまないすべてはそれらに行くであろう’。

--1998年11月15日Tsometパーティー、アジャンス・フランス・プレスのミーティングで話をしているアリエル・シャロン、イスラエルの外務大臣。

‘イスラエルは、他をトライアルに置く権利を持つことができるけれども、確かに、誰も、ユダヤ人の人々とイスラエル国をトライアルに置く権利を持っていない’

--イスラエルの総理大臣アリエル・シャロン、2001年3月25日はBBCニュース・オンラインにおいて引用した。

もっと読みなさい…

より多くのリンクと参照のためにデイビッドのサイトをチェックしなさい:

http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/


デイビッドIckeのニューズレターに申し込みなさい。

次からの記事:

http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/

スポンサーサイト



イルミナティ世界政府のための一つの法律・・他を洗脳する宣伝・。

One Law for One...

...Propaganda Against the Other...

2006 07 31


By David Icke | davidicke.com/headlines


David Icke Newsletter, July 16th 2006

Subscribe to David Icke's Newsletter


What Is Really Happening in the Middle East


Due to overwhelming requests we are making David's two recent newsletter specials detailing the background to the Middle East war available to everyone, such is the importance of the information.


We only ask that people do all they can to circulate the articles to every person and website they think would benefit from the content.


Thank-you.


デイビッドIckeニューズレター、2006年7月16日

中東で本当に起こっていること

私達が中東戦争に背景を詳説するデイビッドの2つの最近のニューズレタースペシャルをみんなに利用可能にしているという圧倒的な要求のため、そのようなものは情報の重要性である。

私達はただ、人々が、彼らが、内容から利益を得るであろうと思うすべての人とウェブサイトに記事を循環させるために、彼らが缶詰めにするすべてをするように頼む。

感謝。



Part 1


I was watching CNN the other night and a report on the foreign policy 'crisis' faced by the Bush-puppet administration. They listed all the trouble-spots - Israel-Gaza, Israel-Lebanon, North Korea, Iraq, Afghanistan, Iran, etc. - and claimed that rarely had a U.S. government faced so many major problems around the world.


Well, it depends on what you mean by 'problems'.


We are back to my old friend 'coordinates' here. If you don't have the right coordinates you don't have perspective. If you believe that the goal of American 'foreign policy' is to bring peace and freedom to the world - if that is your coordinate - then it does indeed seem like the United States is faced with enormous challenges.


But if you know that the U.S. government is merely a tool of a global secret society network - the Illuminati - and the idea is to create as much war and suffering as possible to destroy peace and freedom, you will understand that the chaos and conflict is anything but a 'problem'. Quite the opposite, it's all going according to plan.




Without the coordinates - knowledge of the Illuminati agenda and the techniques used to advance it - people have no chance of understanding world events

So let us go through some key coordinates here:


パート1

私は先日の夜のCNNとブッシュ操り人形政権が直面している外交方針‘危機’についてのリポートを見ていた。

彼らは--イスラエルガザ、イスラエルレバノン、北朝鮮、イラク、アフガニスタン、イランなどの--すべてのトラブルスポットをリストし、めったに催されないで、米国政府が世界中でそんなに多くの主要な問題に直面していたと主張した。

さて、それは、あなたが‘問題’によって言おうとしているものに依存する。

私達はここで私の古い友人‘座標’に引き返している。

あなたが右の座標を持っていないならば、あなたはパースペクティブを持っていない。

あなたが、アメリカ‘外交方針’のゴールが、平和と自由を、世界--それがあなたの座標であるならば--にもたらすことであると信じるならば、米国が巨大な挑戦に直面しているように、それは実に思われる。

しかし、あなたが、米国政府がグローバルな秘密結社ネットワーク--啓蒙主義者--の単にツールであり、アイデアが、平和と自由を破壊するために可能な限り多くの戦争と苦しみを作成することであると知っているならば、あなたは、カオスと衝突が全く‘問題’ではないと理解するであろう。

正反対、それはすべて計画に従って行く。

座標--イルミナティ主義者の課題とテクニックに関する知識は、それを早めたものであった--なしで、人々に、世界の出来事がそう私達にここでいくつかの重要な座標を通り抜けさせたと理解するチャンスは全然ない:




1.) The Illuminati use the technique I have dubbed problem-reaction-solution to 'justify' actions that would otherwise be widely opposed. For instance, without the lie about 'weapons of mass destruction' (an invented problem), they would never have been able to sell the 'solution' - the invasion of Iraq.


2.) The Illuminati want to seize control of the planet and crucial to that is to control the Middle and Near Eastern oil fields - Iraq, Iran, Saudi Arabia and so on, plus the massive oil and gas reserves around the Caspian Sea.


3.) To do the above they need excuses to invade those countries if they will not, like Libya, come quietly with their hands up.


4.) Israel is an Illuminati-created and controlled state through its manufactured political movement called 'Zionism', which is not the same as Judaism nor being Jewish. Large numbers of Jewish people oppose Zionism (see below), which is a political claim for a Jewish homeland in Israel.


5.) The state of Israel was bombed and terrorised into existence by invaders coordinated and manipulated by the Illuminati House of Rothschild. The incumbent population, the Palestinians, were removed from power in their own country and forced into little more than slavery by their invading masters.


6.) The Illuminati want to bring the United States and allies into a war with China to create a massive global problem in need of a global solution - the creation of a world government and world army to stop it ever happening again (hence the focus on China's associate state, North Korea).


7.) Chaos = control; Harmony = freedom


.1.

啓蒙主義者は、私が、違った形で広く反対されるであろう、‘正当化しなさい’行動の問題反応ソリューションを命名したテクニックを使う。

例えば、‘大量破壊兵器’(発明された問題)についての嘘がなければ、彼らは、決して、‘解決’を売ることができなかったであろう - イラクへの侵略。

2.

啓蒙主義者は、惑星のコントロールをつかみたいと思っていて、それに決定的に、中間と近東の油田をコントロールすることになっている - イラク、イラン、サウジアラビアなど足す大規模なオイルとガスはカスピ海のまわりに確保する。

3.

上記をするために、彼らがリビアのようにそれらの手と一緒に上に静かに来ないならば、彼らは、それらの国を侵略する口実が必要である。

4.

‘シオニズム’(それはユダヤ教と同じでなくユダヤ人ではない)とも呼ばれるその製造された政治的な動きを通して、イスラエルは啓蒙主義者で作成されて、コントロールされた状態である。

多くのユダヤ人の人々は、シオニズム(下で見なさい)に反対する(それはイスラエルのユダヤ人母国についての政治的な主張である)。

5.

イスラエルの状態は調整された侵略者によって存在の中に爆撃されて、テロを用いられて、ロスチャイルドの啓蒙主義者家によって処理された。

現職の人口、パレスチナ人は、彼ら自身の国の権力の座から外されて、彼らがマスタを侵略することによって奴隷制度より少し多くに押し込まれた。

6.

グローバルな解決策を必要として大規模なグローバルな問題を生むために米国と同盟国を中国との戦争に至らせる啓蒙主義者欠乏 - ずっとそれが再び(中国の仲間状態、北朝鮮上のそれゆえフォーカス)起こるのをやめさせる世界政府と世界軍隊の作成。

7.

Chaos = control;

Harmony = freedom.



8.) The goal is for a planet controlled by a world government and army that would impose its will on a micro-chipped, constantly watched and controlled population, described brilliantly by George Orwell in his book, 1984.







Now we can look again at current events and see foreign policy 'problems' in a different light to the brain-dead at CNN.


I have highlighted in detail in my books the so-called neo-con organization, the Project for the New American Century (PNAC), and the plan for global conquest that it produced in September 2000 called Rebuilding America's Defenses: Strategies, Forces, And Resources For A New Century (pdf). This document called for:




U.S. military control of the Gulf region whether or not Saddam Hussein is in power: 'While the unresolved conflict with Iraq provides the immediate justification, the need for a substantial American force presence in the Gulf transcends the issue of the regime of Saddam Hussein.'




The U.S. to 'fight and decisively win multiple, simultaneous major theatre wars' as a 'core mission'.




U.S. forces to be 'the cavalry on the new American frontier'.




Action to discourage advanced industrial nations from challenging U.S. leadership or aspiring to a larger regional or global role.




Permanent U.S. bases in Saudi Arabia and Kuwait.




Increased military pressure on China: 'It is time to increase the presence of American forces in South East Asia' which will lead to 'American and allied power providing the spur to the process of democratisation in China'.




The 'creation of "U.S. Space Forces", to dominate space, and the total control of cyberspace to prevent "enemies" using the Internet against the U.S.'.




'New methods of attack - electronic, "non-lethal", biological. These, it says, will be more widely available and combat is likely to take place in new dimensions, in space, cyberspace, and perhaps the world of microbes ... advanced forms of biological warfare that can "target" specific genotypes may transform biological warfare from the realm of terror to a politically useful tool.'




The development of a 'world-wide command-and-control system' to contain the 'dangerous' regimes of North Korea, Libya, Syria, and Iran.


8.

ゴールは、1984年彼の本の中でジョージ・オーウェルによってきらきらと説明されて、マイクロ刻まれて、常に注意されて、コントロールされた人口にその意志を課すであろう世界政府と軍隊によってコントロールされた惑星のためである。

さて、私達は再び最新イベントを見て、CNNで脳死したものに違うライトの中で外交方針‘問題’を見ることができる。

私は詳細に私の本の中でいわゆる新保守主義組織、新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト(PNAC)を強調し、それが2000年9月に生み出したグローバルな征服についての計画は改造をアメリカの防御と呼んだ:

新しい世紀(pdf)の間の戦略、力、および資源。

この文書は次を要求していた:

サダム・フセインが権力を握っているかどうかにかかわらず湾地域の米国軍隊コントロール:

‘イラクとの未解決の衝突が即時の位置合せを提供する間、湾のしっかりしたアメリカ力存在の必要はサダム・フセインの政権の問題を超越している’。

‘中心的な任務’として、‘戦い、決定的に、複数で、同時の主要な劇場戦争に勝ちなさい’への米国。

‘新しいアメリカフロンティアの上の騎兵’である米軍。

米国リーダーシップと競合するか、より大きな地域のまたはグローバルな役割を切望することから、妨害する行動は産業国を進めた。

永久的な米国はサウジアラビアとクウェートでの基礎に相当している。

中国への増大した軍事的圧力:

‘中国の民主化のプロセスに拍車を提供しているアメリカの、そして同盟したパワー’をもたらすであろう、‘東南アジアでアメリカ軍の存在を増大させる時間である’。

‘「敵」が米国に対してインターネットを使うことができないためにスペースとサイバースペースの全体のコントロールを支配する「米国スペース力」の作成’。

‘攻撃の新方式 - 電子、「致命的でなく」、生物学’。

‘それは、これらはより広く入手可能になるであろうし、戦闘は、スペース、サイバースペースで、新しい次元の中で起こりそうで、たぶん、具体的な遺伝子型を「目標とする」ことができる細菌戦のフォームを前払いされた微生物…の世界は恐怖の領域から政治的に有益なツールまで細菌戦を変換するかもしれないと言う’。

北朝鮮、リビア、シリア、およびイランの‘危険な’政権を含む‘世界的なコマンドと制御系’の開発。




September 11th, the 'new Pearl Harbor' the neo-cons needed to implement their plans. Coincidence? No way.


9月11日、それらの計画を実施するために、新保守主義に必要であった‘新しい真珠湾’。偶然の一致?

とんでもない。





David Frum ... coined the phrase 'Axis of Evil' - Iraq, Iran and North Korea - for his neo-con masters and the George Bush speech

The document highlighted the need for a 'New Pearl Harbor' without which the 'process of transformation' was likely to be 'a long one'. 9/11 came one year to the month after this document was published and nine months after those behind it came to power with Bush. Since then it has been used to justify the imposition of their agenda. Coincidence? Oh, please.


Bush's State of the Union speech in January 2002, in which he dubbed Iraq, Iran and North Korea 'the Axis of Evil', was written by David Frum, one of the neo-cons closely connected with the Project for the New American Century and its interlocking organisations like the American Enterprise Institute. All of these groups are arms of the Illuminati.


The neo-con godfather is Leo Strauss, a German-born Jewish 'philosopher', who believed that people must be governed by a 'pious elite'. He must have missed the fact that they already were. This Internet article summaries the world according to Strauss and, therefore, the neo-cons:


'Strauss thought that the best way for ordinary human beings to raise themselves above the beasts is to be utterly devoted to their nation and willing to sacrifice their lives for it. He recommended a rabid nationalism and a militant society modelled on Sparta. He thought that this was the best hope for a nation to be secure against her external enemies as well as the internal threat of decadence, sloth, and pleasure. A policy of perpetual war against a threatening enemy is the best way to ward off political decay. And if the enemy cannot be found, then it must be invented.'





デイビッドFrum…は彼の新保守主義マスタのためのフレーズ‘悪の軸’--イラク、イラン、および北朝鮮--とジョージ・ブッシュ・スピーチを鋳造した。

文書は、‘変化のプロセス’が、‘長いもの’でありそうであった‘新しい真珠湾’の必要を強調した。

この文書が出版された後とそれの後ろのそれらがブッシュと一緒に政権を握った9ヶ月後に、9/11は月に1年来た。

それ以来、それは、それらの課題の賦課を正当化するために使われている。

偶然の一致?

おお、お願いする。

彼がイラク、イラン、および北朝鮮を‘悪の軸’と命名した2002年1月のブッシュの一般教書演説はデイビッドFrum(新しいアメリカの世紀のためのプロジェクトとアメリカ企業研究所のようなその連動組織と密接に関係している新保守主義の人)によって書かれた。

これらのグループのすべては啓蒙主義者のアームである。

新保守主義ゴッドファーザーは、人々が‘信心深いエリート’によって制御されなければならないと信じたレオ・シュトラウス(ドイツ語で誕生したユダヤ人‘哲学者’)である。

彼は、それらがすでにそうであったという事実を逃したにちがいない。

シュトラウスに応じたこのインターネット記事要約世界と従って新保守主義:

‘シュトラウスは、普通の人間が動物の上で自身を育てる最もよい方法が、彼らの国家に完全に捧げられて、それのために彼らの人生を快く犠牲にすることであると思った’。

彼はスパルタにならって作られた猛烈なナショナリズムと戦闘的な社会を推奨した。

彼は、これが、衰微、怠惰、および喜びの内部の脅威と同様に彼女の外部の敵に安全な国家のための最もよい希望であったと思った。

威嚇的な敵に対する永久の戦争の方針は、政治腐敗を防ぐ最もよい方法である。

‘そして、敵が見つかることができないならば、それは発明されなければならない’。



Leo Strauss


Exactly - for the full article see: http://www.secularhumanism.org/


index.phpsection=library&page=drury_24_4


The Project for the New American Century personnel are highly significant to past and current events. It was established in 1997 by William Kristol and Robert Kagan. Kristol is editor of the Murdoch-owned Weekly Standard that campaigns for the neo-con agenda. He is a regular contributor to the Murdoch-owned Fox News, the most blatantly biased television channel anywhere in the 'Western' world. Robert Kagan is an American neoconservative 'scholar' and 'political commentator'. He graduated from Yale University in 1980, where he joined the infamous Illuminati Skull and Bones Society and he is a member of the Illuminati Council on Foreign Relations.


レオ・シュトラウス

正確に - 完全な記事のために、見なさい:

http://www.secularhumanism.org/
index.phpsection=library&page=drury_24_4

新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト人員は過去の、そして最新イベントに非常に重要である。

それは1997年にウィリアム・クリストルとロバート・カガンによって設立された。

クリストルは、新保守主義課題のためにキャンペーンをするマードックで所有されている毎週の標準のエディタである。

彼はマードックで所有されているフォックスニュース(‘ウエスタン’世界のどこの最も騒々しく偏っているテレビチャンネル)への定期的な貢献者ででもある。

ロバート・カガンはアメリカ新保守主義派‘学者’と‘政治評論家’である。

彼が不名誉な啓蒙主義者頭蓋骨と骨格の社会に参加し、彼が啓蒙主義者外交問題評議会のメンバーである所で、彼は1980年にエール大学を卒業した。







Kristol & Kagan


Both of these founders are Jewish with close ties to Israel and they are pushing an agenda for 'American' control of the Middle and Near East (and further) which is precisely what Israel wants to happen. Yet to highlight this crucial fact is to be called 'anti-Semitic' - the constant slur used by Illuminati fronts like the Anti Defamation League (ADL) to discredit those who point out the obvious unfairness and bias of this situation.


Well, bollocks to the ADL and anyone else in the same category. It is a fact and it needs saying to get some perspective on what is happening here.


And it goes further. These are some of the other members of the Project for the New American Century:


クリストル&カガン

これらの創立者の両方はイスラエルへの近いつながりによるユダヤ人であり、彼らは、正確に、イスラエルが、起こってほしいことである中間と近東(そしてさらに)の‘アメリカ人’コントロールのために課題を推進している。

それでも、この重要な事実を強調することは、‘反ユダヤ主義’と呼ばれることである - この状況の明らかな不公平とバイアスを指摘する人々の評判を悪くするためにAnti中傷リーグ(ADL)のような啓蒙主義者正面によって使われた一定のスラー。

ああ、同じカテゴリーにおけるADLと他の誰かに混乱させる。

それは事実であり、それは、ここで起こっていることについていくらかの見方をするために言う必要がある。

そして、それはより遠くまで行く。

これらは新しいアメリカの世紀のためのプロジェクトの他のメンバーの何人かである:


Abrams, Elliot: A member of the National Security Council and top advisor on the Middle East. As Assistant Secretary of State for Human Rights and Humanitarian Affairs under Reagan, he was responsible for covering up war crimes committed by the U.S.-backed Contras. He was charged in connection with the Iran-Contra affair and pleaded guilty to lesser charges. Abrams was later pardoned by father Bush. The British media reported that Abrams was behind the attempted Chavez coup in Venezuela.



Armitage, Richard: Former Deputy Secretary of State and former board member of CACI, the private military contractor whose employees were responsible for torturing prisoners at Abu Ghraib prison. Assistant Secretary of Defense for International Security Affairs during the Reagan Administration and Deputy Secretary of State to Colin Powell at the time of the Iraq invasion.


Bernstein, Robert L.: Professor at the National Defense University (a government facility). Worked at the Naval War College (government facility), and in the Defense Department.


エイブラムズ、エリオット:

国家安全保障会議のメンバーと中東の上の一番上のアドバイザー。

レーガンの下の人権と人道主義仕事のための国務次官補として、彼は、米国で支えられたContrasによって犯された戦争犯罪を隠すことについて責任があった。

彼はイランコントラ事件に関連してチャージされて、より小さなチャージに有罪を認めた。

エイブラムズは後でブッシュ父によって許された。

英国のメディアは、エイブラムズがベネズエラの試みられたシャベスクーデターの後ろにいたことを報告した。

アーミテージ、リチャード:

前の国務副長官とCACI(従業員が、アブグレイブ刑務所で囚人を拷問することについて責任があった私的な軍事契約企業)の前の役員。

イラク侵略の時のコリン・パウエルへのレーガン政権と国務副長官の間の国際的な保証業務のための防御の次官補。

バーンスタイン、ロバートのL.:

国防大学(政府施設)の教授。

海軍大学校(政府施設)で、そして国防省で作動させられる。




Bolton, John R.: Senior Vice President of the American Enterprise Institute. Major player at the Pentagon at the time of 9/11 and the invasion of Iraq and now U.S. ambassador to the United Nations calling for action against neo-con target countries, like Iran.


Boschwitz, Rudy: Presidential appointee to the Holocaust Memorial Council. One of the top fund-raisers for boy Bush in 2000.


ボルトン、ジョンのR.:

アメリカ企業研究所の上席副社長。

9/11の時間とイラクとイランのような新保守主義目標国を背景とした行動のための国連呼出しへの今米国の大使への侵略の国防総省の主要なプレーヤー。


Boschwitz、ルディ:

ホロコースト記念協議会への大統領の被指定人。

2000年のブッシュ少年のための一番上の資金集め担当者の1人。





Bush, Jeb: Governor of Florida who banned convicted felons from voting in the 2000 presidential election, using an extremely inaccurate system to remove voting rights and allowed ineligible absentee ballots to be counted. The vote was rigged, in other words, to get his brother 'elected'.


Carlucci, Frank: Chairman of the father Bush Carlyle Group at the time of 9/11. He was Secretary of Defense during the Reagan administration, Deputy Director in the CIA and CIA agent and was accused of plotting the assassination of two African leaders.


ブッシュ、Jeb:

カウントされる投票権と許された不適任な不在者投票を取り除くために極めて不正確なシステムを使って、有罪宣告された重罪人が2000年の大統領選挙の中で投票することを禁止したフロリダの知事。

票は、‘選ばれる’を彼の兄弟のために取ってくるためにすなわち装着された。

カールーチ、フランク:

9/11の時の父ブッシュ・カーライル・グループの会長。

彼はレーガン政権、CIAの副ディレクター、およびCIAエージェントの間国防長官であり、2人のアフリカリーダーの暗殺をプロットしたことで告発された。



Cheney, Dick: Secretary of Defense for father Bush and now Vice President to his son. Cheney was behind the appointments of Donald Rumsfeld, Paul Wolfowitz, John Bolton, and Elliot Abrams to government. All are PNAC members. His wife Lynne is a senior fellow with the neo-con American Enterprise Institute and daughter Elizabeth became Deputy Assistant Secretary of State for Near East Affairs. He was Halliburton CEO from 1995 to 2000, the company that has received billions in Iraq contracts not tendered to other companies.


Cohen, Eliot A.: Professor at Johns Hopkins University, member of the Council on Foreign Relations and formerly worked for Rumsfeld.


チェイニー、ディック:

ブッシュ父のための国防長官と彼の息子への今副大統領。

チェイニーは政府にドナルド・ラムズフェルト、ポール・ウルフォウィッツ、ジョン・ボルトン、およびエリオット・エイブラムズの約束の後ろにいた。

すべてはPNACメンバーである。

彼の妻リンは新保守主義アメリカ人企業研究所とのシニアの人であり、エリザベス娘は近東仕事のために副国務次官補になった。

彼は、1995年から2000年までのハリバートンCEO(他の会社に差し出されなかったイラク契約の中で数十億を受け取った会社)であった。

コーエン、エリオットのA.:

ジョンズホプキンズ大学、外交問題評議会のメンバーの、そして以前の教授はラムズフェルドのために働いた。



Khalilzad, Zalmay: Ambassador to Afghanistan and now Iraq. Accused by candidates in the Afghan elections of arranging President Hamid Karzai's victory. Worked for Paul Wolfowitz at the State Department from 1984 to1985. Advisor to oil giant Unocal for their proposed gas pipeline project through Afghanistan.


Libby, I. Lewis: Assistant to the President and Chief of Staff to the Vice President. Worked for Paul WolfoKhalilzad、 Zalmay:

アフガニスタンと今イラクへの大使。

ハミド・カルザイ大統領の勝利を手配するアフガニスタンの選挙における候補者によって告発される。

1984年のto1985から国務省でポール・ウルフォウィッツのために作動させられる。

アフガニスタンを通してそれらの提案されたガスパイプラインプロジェクトのために巨大なUnocalに油を差すアドバイザー。

Libby、 I. ルイス:

副大統領への大統領補佐官と陸参謀総長。

国務省と国防総省でポール・ウルフォウィッツのために作動させられる。

司法妨害のための調査の現在下。

witz at the State Department and the Pentagon. Now under investigation for obstruction of justice.





Perle, Richard N.: Pentagon Policy Advisor (resigned February 2004) and member of the Defense Policy Board. On the advisory board of the Jewish Institute for National Security Affairs (JINSA). Assistant Secretary of Defense under Reagan/Bush. FBI suspected Perle of spying for Israel in 1970 but he was not prosecuted. Extremely close to former Israel Prime Minister, Benjamin Netanyahu, for whom he worked as an 'advisor'.


N.パール、リチャード

国防総省の方針アドバイザー(2004年2月を辞任した)と防衛政策協議会のメンバー。

国家安全保障仕事(JINSA)のためのユダヤ人の研究所の諮問委員会の上。

レーガン/ブッシュの下の防御の次官補。

FBIは1970年にイスラエルのためにパールにスパイ活動の疑いをかけていたけれども、彼は起訴されなかった。

彼が‘アドバイザー’として働いた前のイスラエル総理大臣、ベンヤミン・ネタニヤフに極めて近い。



Rumsfeld, Donald: Secretary of Defense and a key player in the 'War on Terror', the invasions of Afghanistan and Iraq, and the targeting of other nations. He was on the board of the European engineering giant, ABB, when it sold nuclear technology to North Korea and visited Saddam Hussein in Baghdad in 1983 to arrange for chemical and biological weapons shipments from the U.S. to Iraq.


Weinberger, Caspar W.: Secretary of Defense under Reagan. Indicted on felony charges for his role in supplying missiles to Iran, but pardoned by President Bush Sr, who was also involved!


ラムズフェルド、ドナルド:

国防長官と‘テロに対する戦争’、アフガニスタンとイラクへの侵略、および他の国家の目標とにおける重要人物。

それが核技術を北朝鮮に売り、米国からイラクまでの化学・生物兵器出荷を手配するために、1983年にバグダッドでサダム・フセインを訪問した時に、彼はヨーロッパエンジニアリング巨人、ABBのボードの上にいた。

ワインバーガー、カスパルのW.:

レーガンの下の国防長官。

ミサイルをイランに供給することにおける彼の役割のために重罪で告発されるけれどもまた関係していたブッシュSr大統領によって許される!



Wolfowitz, Paul: Deputy Secretary of Defense at time of 9/11 and the invasions of Afghanistan and Iraq. He was the real power in the Pentagon, not Rumsfeld. Now head of the World Bank.


ウルフォウィッツ、ポール:

9/11とアフガニスタンとイラクへの侵略の時間の国防副長官。

彼はラムズフェルドではなく国防総省で現実のパワーであった。

世界銀行の現在頭。






Zakheim, Dov S.: Member of the advisory board for the American Jewish Committee, member of the Council on Foreign Relations, and Adjunct Scholar for the [Illuminati] Heritage Foundation. He was Under Secretary and Chief Financial Officer for the Department of Defense until 2004.


Zoellick, Robert B.: U.S. Trade Representative and member of President's Cabinet. Under Secretary of State for Economic and Agricultural Affairs, then White House Deputy Chief of Staff in the Bush Sr. administration.


All of the above are either Jewish with fundamental ties to Israel or vehement supporters of Israel, often through membership of the Jewish Institute for National Security Affairs (JINSA). This calls itself a 'non-partisan' organisation, which is a sick joke after even a cursory glance at its website - http://www.jinsa.org/home/home.html
.


For more PNAC names, see http://www.reasoned.org/e_PNAC2.htm
, but the same theme applies.


Zakheim、 Dov S.:

アメリカユダヤ人の委員会のための諮問委員会のメンバー、外交問題評議会のメンバー、および[啓蒙主義者]ヘリテージ財団のための付属した学者。

彼は2004年まで国防総省のために次官と最高財務責任者であった。

ゼーリック、ロバートのB.:

米国通商代表と大統領のキャビネットのメンバー。

経済と農業の仕事、そしてブッシュSr.政権におけるホワイトハウス幕僚副長のための状態の次官。

上記のすべてはしばしば国家安全保障仕事(JINSA)のためのユダヤ人の研究所のメンバーシップを通してのイスラエルのイスラエルまたは熱烈なサポーターへの根本的なつながりによるユダヤ人である。

これは自身を‘非別動兵’組織と呼ぶ(それはそのウェブサイトで急ぎの一見のさえ後に悪趣味な冗談である) - http://www.jinsa.org/home/home.html


より多くのPNAC名のために、http://www.reasoned.org/e_PNAC2.htm
を見なさい、けれども、同じテーマはあてはまる。



So, in summary: The neo-con groups like the Project for the New American Century and the American Enterprise Institute are awash - utterly dominated - by supporters of Israel and they have orchestrated a U.S. government policy of invasion and threats to countries in the Middle and Near East that suits the agenda of Israel.


Can you imagine what would be said - and done - if it was found that a U.S. administration controlled by fundamentalist supporters of Islamic countries had orchestrated an American invasion of Israel??


But because it is Israel doing the manipulating - silence. Don't speak out and state the clear facts or you will be called an 'anti-Semite'. Well, they can call me what they like, I don't give a shit, because unless these issues are faced these sick people will set the world ablaze.


そう要約において:

新しいアメリカの世紀のためのプロジェクトとアメリカ企業研究所のような新保守主義グループは、イスラエルのサポーターによって水面すれすれで--完全に支配される--、彼らは、イスラエルの課題に適する中間と近東の国への侵略と脅威の米国政府方針を統合した。

イスラム国の根本主義者のサポーターによってコントロールされた米国政府がイスラエルへのアメリカ侵略を統合したことが見つかったならば、あなたは、何が、言われる--およびされる--であろうかを想像することができる??

しかし、それが処理をしているイスラエルであるので - 沈黙。

はっきり話して、クリアな事実を述べないでください。さもないと、あなたは‘反ユダヤ主義者’と呼ばれるであろう。

さて、彼らは、彼らが好きなものを私に呼ぶことができて、これらの問題に直面していない限り、これらの病人が世界を燃やすであろうので、私はクソを与えない。





Now perhaps we can understand why, when an atrocity is commited against Israel, the media calls it Islamic terrorism, but when staggering numbers of Palestinian or other Arab civilians are killed it is reported as Israel 'defending itself from' or 'retaliating to' terrorism. Why? Because the mainstream media is controlled by the same forces - like Murdoch - and so gives the neo-con line.


What chance do the Palestinian people have of fairness and justice when the major governments of the world and the major media sources are dictated to by the very force that is dropping bombs on them and killing their children? What chance have they ever had since their country was invaded and their nation turned into slaves?


None.


And it is about time someone said so without fearing the consequences in slurs and attacks from the purveyors of hate like the ADL.


たぶん、残虐行為がイスラエルに対してcommitedされる時に、私達がなぜかを理解することができるので、メディアはそれをイスラムテロと呼ぶけれども、圧倒的に多くのパレスチナ人または他のアラブ民間人が殺される時に、それは、イスラエル‘弁護することの自身から’または‘に報復する’テロとして報告される。

なぜ?

主流メディアが同じ力--同様なマードック--によってコントロールされて、従って、新保守主義ラインを与えるので。

世界の主要な政府と主要媒体ソースが、爆弾を彼らに落としていて、彼らの子供を殺しているまさしくその軍隊が口述する時に、パレスチナの人々にどんなチャンスが公正さと公正についてあるか?

それらの国が侵略されて、それらの国家が奴隷になって以来、彼らはどんなチャンスがこれまでにあったことがあるか?

どれもない。

そして、スラーとADLのような憎悪の調達者からの攻撃の中の結果を恐れずに、誰かがそう言うころである。







蛇足


揃いも揃って、悪い顔してますな・(レプティリアンが憑依しているからか??)。男は40にして自分の顔に責任を持て・・。


そんな顔では、NWO実現は無理ですぜえ・。。

イルミナティのオーダー




Is Lebanon Israel's Iraq?

2006 07 29


By Henry Makow Ph.D. | savethemales.ca







Telltale signs suggest that Freemason Ehud Olmert is obeying his Illuminati controllers and setting Israel up for a painful setback and possible destruction. These signs include:


1.) The unspeakable barbarism of the Israeli assault has stripped the country of moral authority and laid it naked for retribution. It has inflamed and united Arab animosity. I believe this is deliberate. It explains acts like the obliteration of the UN Observation Post, the use of phosphorous bombs, and the attacks on ambulance and civilians. The fact that an air attack on children in an orchard is reported by the Illuminati's CNN is pertinent.


2) The destruction of Lebanon simply cannot be justified in the context of the conflict-to-date. The number of Israeli soldiers and civilians killed by the Hezbollah since leaving Lebanon in July 2000 comes to about 25. Add the 10 killed or captured Jul 12, 2006 and you have 35. That's barely six-a- year. I couldn't find a single reference to death caused by a katyusha rocket fired into Northern Israel during this time span. And remember all this involved disputed territory and provocations on both sides. ("Hezbollah terrorist attacks since May 2000," Jewish Post, Winnipeg, July 26,2006)


On Jan 29 2004, Israel released 400 Arab prisoners in exchange for an Israeli businessman and the bodies of three soldiers. This was one of many such exchanges. Surely they were a precedent for the Hezbollah taking 2 prisoners July 12. (Children are "abducted"; soldiers are captured.) Israel's psychotic response is best explained as a gambit by invisible players.


3) Condoleezza Rice was quoted as saying the Lebanon war was part of the "painful birth pangs of the new Middle East." How does this birth scenario go? Does Iran nuke Tel Aviv and Haifa? Is Israel the sacrifice necessary to justify razing Tehran? We learn that Israel is moving government offices from Tel Aviv to Jerusalem. If the Hezbullah can hit Tel Aviv, they can hit Jerusalem too. Is Israel organizing for a post-nuclear war scenario when Jerusalem will become a seat of world government and no longer the capital of the Jewish State?


4) Other signs that Israel is being set up for failure like the US: The war is un-winnable. As many people have said, there are no realistic goals. The Hezbollah are being strengthened not diminished. Israeli soldiers complain that Hezbollah seem to know their actions in advance. Commanders complain they are denied sufficient men for the task. Does this remind you of American generals in Iraq? Reports suggest Israel's security infrastructure has been compromised. The army Chief of Staff went to the hospital complaining of stomach pains and exhaustion. He was advised to relax and eat properly!


5.) Another telltale sign: A truck bound for Iran carrying radioactive material from Great Britain is stopped in the Balkans. Britain is shipping this material to Iran at a time when supposedly they are trying to stop their nuclear program?




Lemmings of War


The Illuminist chessmasters are trying to destroy all nation states, and a good many people in the process. The Iraq and Lebanon wars both appear designed to diminish the US and Israel and set the stage for a bogus "war of civilizations."


How long are Israelis, Jews, and Americans going to be duped by a "my country right or wrong" mentality. Just because we call them "terrorists" doesn't make them so. This label is a convenient excuse to dismiss people we intend to subjugate. Israel and the US practise state terrorism. Our leaders belong to the 230-year-old Order of the Illuminati. The goal of this conspiracy is to destroy civilization.


Jews have been manipulated and sacrificed by this Order. It's time they realised the Jewish State was set up by the Illuminati. Jews were sacrificed to justify its creation and will be sacrificed again to built the "new Middle East". Possibly Jews in general will be sacrificed to advance the New World Order.


Jews are easily manipulated because they are taught that people resent them for no reason and therefore they must "defend themselves." Not even dogs hate for no reason. Many Jews have been Illuminati pawns and that is why they are resented. Eg. They provided the backbone of Communism and all of the Illuminati's "revolutionary" (overturning civilization) movements.


This is written for the beautiful children on both sides of the conflict. It is written for the brave, fine and intelligent young men killing each other needlessly. The real enemy is your government, which has been subverted.


How long are we going to be lemmings of war? Don't we love our children? Our sons and daughters? Our lives? Are we so naive that they chant the mantra of "they want to destroy us;" "we have a right to defend ourselves";"civilization is under attack" etc. etc. and we throw ourselves off a cliff?


Are we too stupid for life? All wars are concocted by a powerful satanic cult that wishes to enslave humanity. Let's resist the war mongers!




Article from: http://www.savethemales.ca/001663.html




レバノンはイスラエルのイラクなのか?

2006 07 29

ヘンリーMakow博士によって|savethemales.ca

明白なサインは、フリーメーソン会員エフード・オルメルトが彼のイルミナティ啓蒙主義者コントローラに従っていて、痛い妨げと可能な破壊のためにイスラエルを設定していることを示唆する。

これらの合図は以下を含む:

1.

イスラエルの猛攻撃の極度の野蛮さは国から道徳的な権限を取り除き、罰のために裸にし、それを置いた。

それはアラブ敵意を燃え上がらせて、結合した。

私は、これが故意であると信じる。

それはUN監視所の抹消、燐爆弾の使用、および救急車と民間人への攻撃のような行為を説明する。

果樹の中の子供への空襲がイルミナティ啓蒙主義者のCNNによって報告されるという事実は関係している。

2) レバノンの破壊は単に今までの衝突の文脈の中で正当であることができない。

2000年7月にレバノンを去って以来ヒズボラによって殺されたイスラエルの兵士と民間人の数は約25人である。

10人は2006年7月12日を殺したか、捕らえたと付け加えなさい。そうすれば、あなたは35人を持っている。

それは1年にせいぜい6人である。

私はこの時間帯の間に北イスラエルの中に発射されたkatyushaロケットによって起こされた死への1回のリファレンスも見つけることができなかった。

そして、両側上のすべてのこの関係している係争中の領土と挑発を覚えていなさい。

(「ヒズボラテロリストは5月2000以来攻撃する」、ジューイッシュ・ポスト、ウィニペグ、2006年7月26日)

2004年1月29日に、イスラエルはイスラエルの実業家と交換に400人のアラブ囚人と3人の兵士の身柄を釈放した。

これは多くのそのような交換の1回であった。

きっと、それらは7月12日2人の捕虜を取っているヒズボラのための先例であった。

(子供は「誘拐される」;兵士は捕らえられる。)

イスラエルの精神病の反応は手始めとして見えないプレーヤーによって最もよく説明される。

3) コンドリーザ・ライスは、レバノン戦争が「新しい中東の痛い陣痛」の一部であったと言うことを引用された。

どのようにこの誕生シナリオは行くのであろうか?

イランはテルアビブとハイファを核攻撃するか?

イスラエル、犠牲は、テヘランを破壊するのを正当化することに必要であるか?

私達は、イスラエルが官庁をテルアビブからエルサレムに移動させていることを知る。

Hezbullahがテルアビブに当たることができるならば、彼らはまたエルサレムに当たることができる。

エルサレムが世界政府ともう、ユダヤ人の国家の首都の座席になるであろう時に、イスラエルはポスト核の戦争の筋書きのために団結しているのか?

4) イスラエルが米国のようなに故障のために設定されているという他の合図:

戦争は勝ち取ることができない。

多くの人々が言ったように、現実的な目標が全然ない。

ヒズボラは、減少しないで、強化されている。

イスラエルの兵士は、ヒズボラが、事前に彼らの行動を知るようであると不満を言う。

司令官は、彼らが仕事のために十分な人を許されないと不満を言う。

これはあなたにイラクのアメリカ一般行動を思い出させるか?

リポートは、イスラエルのセキュリティインフラストラクチャーが損われていることを示唆する。

陸軍参謀総長は胃の痛みと極度の疲労を訴えている病院に行った。

彼は、適切にリラックスし、食べるようにアドバイスされた!

5.

別の明白なサイン:

英国から放射性物質を運んでいるイランに向かっているトラックはバルカン諸国で停止する。

英国は、たぶん、彼らが、それらの原子力計画を止めようとしている時にイランにこの素材を出荷している?

戦争のレミング

イルミナティ主義者chessmastersは、プロセスにおいてすべての国家、州とかなり多くの人々を破壊しようとしている。

イラクとレバノンの戦争は両方とも、米国とイスラエルを減少させて、にせの「文明の戦争」をお膳立てするようにデザインされるようである。

どれくらいイスラエル人、ユダヤ人、およびアメリカ人は、「私の国の右または間違い」メンタリティによって騙されようとしているか。

ただ、私達がそれらを呼ぶだけで、「テロリスト」は彼らをそう作らない。

このラベルは、私達が、鎮圧するつもりの人々を解雇する都合のよい口実である。

イスラエルと米国は国家テロを行う。

私達のリーダーはイルミナティの230歳の秩序に所属している。

この共謀のゴールは、文明を破壊することである。

ユダヤ人はこの秩序によって処理されていて、犠牲にされる。

もう彼らが、ユダヤ人の国家がイルミナティ啓蒙主義者によって設定されたことに気がつくころである。

ユダヤ人は、その作成を正当化するために犠牲にされて、「新しい中東」を建てられて、再び犠牲にされるであろう。

ことによると、一般のユダヤ人は、新世界秩序を早めるために犠牲にされるであろう。

彼らが、人々が理由もなく彼らに憤慨することを教えられて、従って彼らが「自身を防御し」なければならないので、ユダヤ人は容易に処理される。

犬は理由もなく憎悪していない。

多くのユダヤ人はイルミナティ啓蒙主義者質入れであり、そんなわけで、彼らは憤慨される。

彼らは共産主義のバックボーンとイルミナティ啓蒙主義者の「革命」(転覆文明)ムーブメントのすべてを提供した。

これは衝突の両側の上の美しい子供のために書かれる。

それは不必要にも互いを殺している勇敢で、素晴らしく、聡明な若者のために書かれる。

現実の敵はあなたの政府である(それは破壊されている)。

どれくらい私達は、戦争のレミングになろうとしているか?

私達は私達の子供を愛していないか?

私達の息子と娘?

私達の人生?

彼らが、「彼らは、私達を破滅させたいと思っている;」、「私達は、自身を防御する権利を持っている」;「文明は攻撃の下にある」などなどのマントラを唱和し、私達が断崖から自身を投げるほど、私達はそんなにナイーブであるか?

私達はライフのために愚かすぎるか?

すべての戦争は、人間性を奴隷にすることを望む強力な悪魔のカルトによって調合される。

戦争商人に抵抗しよう!

次からの記事:

http://www.savethemales.ca/001663.html






“I, Tsilli Goldenberg, Israeli citizen


'Accuse you - Ehud Olmert, Prime Minister of Israel, Amir Peretz, Minister of Defense, Dan Halutz Head of Staff Chief Commander of the Israeli Army, of committing this bestial barbaric slaughter in Lebanon.


I accuse you of committing Crimes against Humanity towards the Palestinian People. I accuse you of deserting our soldiers, when their lives could be saved by negotiations, and I accuse you of starting an unjustified war in my name.” - Tsilli Goldenberg, Masarik 11, Jerusalem 93106 Israel


Did you know that “the daughter of Israel’s newly elected prime minister added her voice to those of the anti-Israel [sic] forces around the world when she actively participated in a demonstration outside the home of IDF Chief of Staff Dan Halutz, calling him a ‘murderer’”?


Why not?


Did you know that “45% of those killed in Lebanon are children and of the 500,000 people who have fled to safety, some 200,000 are children”?


Why not?


Did you know that Israel bombed “the nation's biggest private network, the Lebanese Broadcasting Corporation”?


Why not?


Did you know that a “big milk factory in the Bekaa region called ‘Liban Lait’ was completely burned and destroyed by direct attacks from the Israeli Air Force.”? And that a “food storehouse called ‘TransMed’ in Choueifate, in Beirut’s southern suburbs, was totally destroyed”?


Why not?


Did you know that “Lebanon's president accused Israel on Monday of using phosphorous bombs in its 13-day offensive and urged the United Nations to demand an immediate ceasefire”?


Why not?


Did you know that “the bodies of 13 Lebanese fighters were taken from Maroun al-Ras and buried in Israel to use in future negotiations over the release of Israeli prisoners”?


Why not?


Did you know that “Israeli military has said it will destroy 10 buildings in predominantly Shia south Beirut for every rocket fired at the Israeli port of Haifa, army radio said Monday”?


Why not?


Did you know that “The delivery of at least 100 GBU 28 bunker busters bombs containing depleted uranium warheads by the United States to Israel for use against targets in Lebanon will result in additional radioactive and chemical toxic contamination with consequent adverse health and environmental effects throughout the middle east.”?


Why not?


Did you know that what's going on is “subject to review by Israel's chief military censor, who has - in her own words ? ‘extraordinary power’. She can silence a broadcaster, block information and put journalists in jail”?


Why not?


Did you know that “[a]ccording to the Lebanese police force, the two [Israeli] soldiers were captured in Lebanese territory”?


Why not?


Did you know how the “cross-border” myth originated?


Why not?


From the beginning of this new chapter of the old madness, many people have been following on the internet this shame. We are a peaceful army of world citizens, working for free and moved by solidarity, compassion and an inner drive for justice. Not anger!


But even among the elites of the anti-war movement and the so-called “left”, too many have never been listening to us. Let alone important journalists working for the “pro-Israeli” mainstream media who still believe that the “internet is a new thing, and it's also unreliable.”


More than sixty years ago George Orwell wrote in

The Freedom of the Press, a Preface to his political novel, Animal Farm:


“But at least let us have no more nonsense about defending liberty against Fascism. If liberty means anything at all it means the right to tell people what they do not want to hear. The common people still vaguely subscribe to that doctrine and act on it… it is the liberals who fear liberty and the intellectuals who want to do dirt on the intellect…”

This Preface was censored when the book came out in 1945 and it was only published in The Times Literary Supplement on 15 September 1972. Twenty seven years after Animal Farm was first published.


「私、Tsilliゴールデンバーグ、イスラエルの市民」

‘あなたを告発する - エフード・オルメルト、イスラエルの総理大臣、アミア・ペレツ防衛の大臣、イスラエルの軍隊の、レバノンでこの凶暴な野蛮な屠殺を委任することのChief Commanderスタッフのトップ、ダンハルーツ’。

私は、パレスチナの人々に非人道的犯罪を犯したことであなたを告発する。

「彼らの人生が交渉によって救われることができた時に、私は、私達の兵士を捨てたことであなたを告発し、私は、私の名前において根拠がない戦争を起こしたことであなたを告発する」。 - Tsilliゴールデンバーグ、Masarik 11、エルサレム93106イスラエル

あなたは、「イスラエルの新しく選ばれた総理大臣の娘は、彼を‘殺人者’と呼んで、彼女が活動的にIDF幕僚長ダン・ハルーツの家の外でデモンストレーションに参加した時に、反イスラエルのそれらへの彼女の声が世界中に強制すると付け加えた」と知っていたか?

なぜ?

あなたは、「レバノンで殺されたそれらの45%は子供であり、安全に逃げた500,000人の人々で、約200,000は子供である」と知っていたか?

なぜ?

あなたは、イスラエルが「国家の最も大きなプライベート・ネットワーク、レバノンの放送社」を爆撃したと知っていたか?

なぜ?

あなたは、‘Liban Lait「’と呼ばれるBekaa地域の大きなミルク工場がイスラエルの空軍からの直接攻撃によって完全に燃えて、破壊された」と知っていた。?

そして、その、「ベイルートの南の郊外でChoueifateにおいて‘TransMed’と呼ばれる食物倉庫はすっかり破壊された」?

なぜ?

あなたは、「レバノンの大統領は、その13日の攻勢において燐爆弾を使ったことで月曜日のイスラエルを告発し、即時の停戦を要求することを国連に勧めた」と知っていたか?

なぜ?

あなたは、「13機のレバノンの戦闘機の機体は、Marounアラーから取り去られて、イスラエルの囚人の釈放の上の未来の交渉において使うイスラエルで埋蔵された」と知っていたか?

なぜ?

あなたは、「イスラエルの軍隊は、それがハイファのイスラエルのポートに発射されたすべてのロケットのためにシーア派が優勢な南のベイルートで10棟の建物を破壊するであろうと言ったと軍隊ラジオは月曜日に言った」と知っていたか?

なぜ?

あなたは、「レバノンの目標に対する使用のためにイスラエルに米国による劣化ウラン弾頭を含んでいる少なくとも100 GBU 28バンカーバスター爆弾の配達は中東中で結果的な害の健康と環境の効果によって追加の放射性で、化学の有毒な汚染を結果として生じるであろう」と知っていた。?

なぜ?

あなたは、起こっているものが、「持っているイスラエルの検閲主任によるレビューの必要 - 彼女自身の言葉において?」であると知っていた。

‘並みはずれたパワー’。

「彼女はアナウンサーを黙らせて、通知を妨げて、ジャーナリストを刑務所に入れることができる」?

なぜ?

あなたは、「2人のイスラエル兵士はレバノンの領域で捕らえられた」と知っていたか?

なぜ?

あなたは、どのように「国境を越える」神話が起こったかを知っていたか?

なぜ?

古い狂気のこの新しい章の最初から、多くの人々はインターネットの上でこの恥辱に続いていた。

無料で働き、公正のために団結、同情、および内側のドライブによって動かされて、私達は世界市民の平和な軍隊である。

怒らないでください!

しかし、反戦の動きといわゆる「左」のエリートの間でさえ、あまりにも多くは一度も私達の言うことを聞いていたことがない。

まだ、それを、「インターネットは新しい物であり、それはまた信頼できない」と信じる「プロイスラエル人」主流メディアのために働いている重要なジャーナリストどころか。

60年以上前、ジョージ・オーウェルは投書した。

彼の政治的な斬新で、動物の農場への報道の自由、序文:

「しかし、少なくとも、私達に、ファシズムから自由を防御することについてもうナンセンスを持たないようにさせなさい」。

自由がいったい何かを意味しているならば、それは、彼らが、何を聞きたくないかを人々に言う権利を意味している。

民衆はまだその主義におぼろに申し込み、それが、自由を恐れて、1945年に本が出て、1972年9月15日にタイムズ文芸サプリメントにおいてそれが出版されただけの時に、intellect…"これ序文の汚れをしたい知識人が検閲された自由主義者であるit…に作用する。

動物農場が最初に出版された27年後。

Final Solution

Israel’s ‘Final Solution’ to Arabs in South Lebanon


http://www.youtube.com/watch?v=qLNpEGqmT84&eurl
=




As the world stands by, either because they are in on it, too afraid to act, or simply don't care, Israel implements its ‘Final Solution’ to the Arabs of South Lebanon. It should be painfully clear to anyone whose been following this crisis that Israel is cleansing South Lebanon of its Arab population. If you need more proof, watch the video clips.


In the one above, Lebanese civilians live under squalid conditions, drinking putrid pond water with little or nothing to eat, in what remains of southern Lebanon after weeks of indiscrimate Israeli bombing.


Most have no way out, while the few that do continue to be targeted by Israeli shells. In one scene, a convoy, headed by an ambulance [wink, wink], comes under fire and they flee to "the relative safety" of a nearby UN post. In other words, they're doomed.


After being fired at more than once, the stupid BBC reporter refuses to blame Israel even when it's obvious that the shells were Israeli and that the civilians in the convoy, reporters included, were being hunted like animals.


Meanwhile, Israel continues to reject international pleas that they merely PAUSE their murderous rampage to allow the sick and wounded a chance to survive.

Israel has rejected a United Nations call for a 72-hour truce in the Lebanon conflict to bring humanitarian aid to trapped civilians and evacuate the wounded.


"We cannot accept a ceasefire with Hezbollah because this terrorist organisation would exploit it to gather civilians to use them as a human shield in the combat zone," Gideon Meir, a senior foreign ministry official, told AFP Saturday.

So, Israel decided to kill them first so Hizbullah can no longer exploit them. How thoughtful.

UN humanitarian coordinator Jan Egeland on Friday appealed for the truce between Israel and the Shiite militant group to allow casualties to be removed and food and medicine to be sent into the war zone.


Meir said Prime Minister Ehud Olmert had already agreed, during talks with US Secretary of State Condoleezza Rice, to set up humanitarian corridors to bring in aid to civilians in southern Lebanon.

Where the f*ck are these corridors? All I've heard about are convoys being targeted and obliterated.

Rice was due back in the Middle East Saturday and talks on humanitarian issues would continue when she visited Israel, he said.


Israel on Friday already allowed three trucks to bring food and medicine to areas in south Lebanon, he added.


Meir said that from Sunday a UN representative would be present at a humanitarian relief centre which has been set up by the Israeli army at the border to organise humanitarian aid for south Lebanon.

How gracious - they send three trucks of food for thousands of starving trapped civilians and set up a 'relief center' that civilians have no way of reaching.

Egeland said he had proposed the truce to the UN Security Council on Friday and would approach Israel and Hezbollah to agree to the humanitarian cessation of hostilities.


But Meir said Egeland had not yet formally presented his proposal to the Israeli government.

This is simply mind boggling. Israelis want the world to fill out a form in triplicate before they will consider sparing the lives of thousands of innocent civilians.


If after all this, you don't believe that Israel is deliberately cleansing South Lebanon of its Arab inhabitants, you are either in on the massacre, or you just don't care enough to get a clue. Either way, you share the blame if you don't do something to stop this madness.

http://www.youtube.com/watch?v=aJutvtygz8k&eurl
=

http://www.youtube.com/watch?v=Nq5NH54KulI&eurl
=




Clearly, 'Never Again' was never meant to apply to Arabs - Muslim or Christian.









南レバノンのアラブ人のイスラエルの‘最終的な解決’

彼らが、作動するにはあまりにも恐れていてそれに参加しているか、単に、気にしないので、世界が待機する時に、イスラエルは南レバノンのアラブ人のその‘最終的な解決’を実施する。

それは、誰のもの この危機に続いている のためにでも、イスラエルがそのアラブの人口から南レバノンを浄化していると苦しそうに確信しているはずである。

あなたがもっと調査する必要があるならば、ビデオクリップを見なさい。

一方の上記の中に、indiscrimateイスラエル人爆撃の週の後に南のレバノン中で残っているものの中で食べるためにほとんど何によっても、腐敗した池水を飲まないで、レバノンの民間人はむさ苦しい条件に支配される。

多くは方法を全然取り除かせない一方、少数は、イスラエルのシェルによって目標とされ続けている。

救急車によって率いられた1つの場面、護衛隊において、[点滅、瞬きなさい]は砲火をあびて、彼らは近くのUNポストの「相対的な安全」に逃げる。

すなわち、それらは運命づけられる。

何回も発射された後に、シェルがイスラエル人であり、護衛、含まれたレポーターにおける民間人が動物のように探し回られていたことが明らかな時にさえ、愚かなBBCレポーターは、イスラエルを非難することを断る。

その間、イスラエルは、国際的な嘆願 、病気および残存するチャンスが傷つけられることを許すそれら単にPAUSE、それらの殺人的な大暴れ を拒絶し続ける。

イスラエルは、人道的援助を閉じ込められた民間人にもたらし、負傷者を避難させるためにレバノンの衝突において72時間の停戦のための国連呼び出しを拒絶した。

土曜日にAFPに、「このテロリスト組織が、戦闘地帯の人間の盾として彼らを使うために民間人を集めるためにそれを利用するであろうので、私達はヒズボラと停戦を受け入れることができない」とギデオン・メイア、シニアの外国の省幹部は言った。

従って、Hizbullahがもう彼らを利用することができないように、イスラエルは、最初に彼らを殺すと決めた。

なんと思慮深いのか。

取り除かれる死傷者と食物と医薬品が交戦地帯に追いやられることを可能にするために、金曜日のUN人道主義者コーディネーターJan Egelandはイスラエルとシーア派信徒武装グループの間で停戦を求めた。

メイアは、エフード・エルメルト総理大臣が、すでに、南のレバノンで民間人への援助を採り入れるために人道主義の廊下(回廊)を設定することに米国国務長官コンドリーザ・ライスとの話の間に合意したと言った。

どこに避難回廊があるのか?

私が耳にしたすべては目標とされていて、消されている護衛隊である。

米は土曜日に中東に戻る予定で、彼女がイスラエルを訪問した時に、人道主義の問題についての話は続くであろうと彼は言った。

金曜日のイスラエルはすでに、3台のトラックが食物と医薬品を南のレバノンのエリアに持って来ることを可能にしたと彼は付け加えた。

メイアは、日曜日から、国連代表が、南レバノンのために人道的援助を組織するように境界でイスラエルの軍隊によって設定されている人道主義のリリーフセンターに出席しているであろうと言った。

なんと親切なのか - 彼らは数千人の飢え閉じ込められた民間人のために食物の3台のトラックを送り、民間人がどんな方法でも全然達せさせていない‘リリーフセンター’を設定した。

Egelandは、彼が金曜日に停戦をUN安全保障理事会に申し込んだと言い、人道主義の休戦に同意するためにイスラエルとヒズボラに接近するであろう。

しかし、メイアは、Egelandがイスラエルの政府にまだフォーマルに彼の提案を示していなかったと言った。

これは単に精神驚きである。

イスラエル人は世界に、彼らが、数千人の無実の民間人の命を助けることを考慮するであろう前に正副3通でフォームに記入してほしい。

すべてのこれの後ならば、あなたは、イスラエルがそのアラブ住民から南レバノンを意図的に浄化していて、あなたが虐殺に参加していると信じないか、あなたは全く、手掛かりを得るのに十分に気にしない。

どちらにしても、あなたが、この狂気を止めるために何かをしないならば、あなたは非難を共有する。

はっきりと、‘決してAgain’は、決して、アラブ人にあてはまることを意図されていなかった - イスラム教またはキリスト教。




Israel's going down and taking US with them








  • Jerusalem Post is asking for resignation of IDF generals
    due to their retreat from Bint Jbeil and their unpreparedness because of the overuse of the word 'terrorist'.


  • Times UK reports Nasrallah eclipses bin Laden
    and has 89% support among Sunnis and 80% support among Lebanese Christians.


  • In a slow controlled display of his arsenal, Hizbullah promises to reach Central Israel if Israel does not back off its air strikes in the next couple of days. This statement was by Nasrallah who, according to Mossad, never lies.


  • It appears the war was started by a personal insult
    : 'Nasrallah called the new team "small" and even made a dismissive hand gesture. Writing in the Haaretz newspaper, Doron Rosenblum said this insult to Prime Minister Ehud Olmert and his advisers virtually guaranteed Israel would launch a harsh military response. He said Nasrallah's short, pointed speech really kicked off the war. "Was it a clever trap laid by the wily fox?" Rosenblum wrote. "Or perhaps one uncalculated moment of catastrophic hubris."'


This is a battle neither party can lose. One strategist opines, 'if Israel loses, US position in Iraq will be untenable.'



To save the facade of the US 'war on terror', Israel must exercise unlimited 'scorched earth' policy to wipe out Hizbullah. Nothing less will do now. But it may already be too late - even a 'targeted killing' of Nasrallah will not help.



イスラエルは降りていて、それによって米国を支持を取っている。

イェルサレム・ポストはJbeilからのそれらの退却と言葉‘テロリスト’の乱用によるそれらの覚悟のなさのためIDF一般の辞任を要求している。

UKは、Nasrallahがビンラディンを蝕し、スンニ派の間の89%のサポートとレバノンのキリスト教徒の間の80%のサポートを持っているのを報告する。

彼の兵器庫の遅いコントロールされたディスプレイの中で、イスラエルが次の2、3日にその空襲を緩めないならば、Hizbullahは、イスラエルの中心部に到着すると約束する。

このステートメントは、モサドによると、決して、横たわっていないNasrallahによってあった。

戦争が人身攻撃によって起こされたようである:

‘Nasrallahは新しいチームを「小さい」と呼び、追い払うようなハンド・ジェスチャーをしさえした’。

Haaretz新聞を書き込んで、ガラス繊維製の防弾着ローゼンブラムはこの侮辱をエフード・オルメルト総理大臣に言い、彼のアドバイザーは事実上、イスラエルが荒い軍隊の反応をスタートするであろうと保証していた。

彼は、Nasrallahの短く、示されたスピーチが本当に戦争を開始すると言った。

「それは狡猾なきつねによって置かれた賢いわなであったか?」

ローゼンブラムは書いた。

「たぶんまたは壊滅的な傲慢のある計算していない瞬間」.'これは、どちらのパーティーも負けることができない戦いである。

1人の策士は、‘イスラエルが負けるならば、イラクの米国立場は支持できなくなるであろう’と考える。

米国‘テロに対する戦争’の正面装飾を保存するために、イスラエルは、Hizbullahを拭き取るために無限の‘焦土’方針を行使しなければならない。

より少ないものは何も現在はしないであろう。

しかし、それはすでに遅れすぎるかもしれない - Nasrallahの‘目標とされた殺害’さえ助けないであろう。

戦争を欲しているのは誰だ?2

we are God's eyes (私達は神の目である)

http://www.youtube.com/watch?v=1xlImx9akIM&eurl
=


And we WILL bear witness against you, Israel


そして、私達は証人をあなた、ユダヤ人にいだく。


Stop the war


イスラエルよ、ユダヤの神は人殺しか?









「No deal on truce at Rome meeting

U.S. opposes immediate ceasefire」


Canada, Britain back Rice's position

Jul. 27, 2006. 01:00 AM

LES WHITTINGTON

OTTAWA BUREAU




ROME?The United States, which has the backing of Britain and Canada on how to end the current Middle East crisis, frustrated attempts by other leading countries here yesterday to craft a plan for an immediate ceasefire in Lebanon.


No end is in sight to the bloodshed and destruction in Lebanon and Israel after more than a dozen leaders failed to reach agreement on the timing and conditions for a quick truce in the Arab-Israeli conflict.


Despite an emotional plea by Lebanese Prime Minister Fuad Saniora to save his country, European and Arab leaders were unable to persuade U.S. Secretary of State Condoleezza Rice to modify her stance on achieving a ceasefire.


The U.S., backed by Britain and Canada, takes the position that a truce would be futile as long as Hezbollah guerrillas in southern Lebanon can pose a military threat to Israel.


"We talked about how to move forward ? and not just to talk about it ? but indeed to take action to move forward," Rice told a news conference after the four-hour meeting.


Any truce must be sustainable, she said, because "this is a region that has had too many broken ceasefires."


Canada holds the same view on the need for change in the political and security situation in southern Lebanon as a precondition to a workable end to the fighting.


After the closed-door meeting, Foreign Affairs Minister Peter MacKay said the main issue was "how do we ensure that this will be not just a ceasefire that will erupt in violence again but that it will be a lasting peace?"


The approach adopted by the U.S., Britain and Canada is widely seen as a green light for the Israeli army to continue with the offensive meant to root out Hezbollah's military presence above the northern Israeli border.


In contrast, most of the countries and international groups at the meeting at the Italian foreign ministry have been pushing for action to end the fighting immediately as a prelude to resolving the political and security issues behind the war.


The 15 countries at the meeting, supplemented by leaders from the United Nations, the European Union and the World Bank, agreed on the need to create a large UN-mandated stabilization force to move into the Lebanon-Israeli border region once fighting stops. UN Secretary General Kofi Annan said his organization would begin work immediately on the composition and rules of engagement for the peacekeepers.


Such plans, however, raise many tricky questions, partly because neither Israel nor Hezbollah had a seat at yesterday's talks. Neither did Syria and Iran, Hezbollah's backers.


There was also agreement on the need for a donors' conference to provide humanitarian aid in the region affected by the fighting. And participants repeated concerns over the rising number of civilian casualties in Lebanon and Israel.


Efforts to resolve the crisis continue today in Malayasia where Rice, European Union foreign policy chief Javier Solana and Russian Foreign Minister Sergei Lavrov discuss the crisis with Asian foreign ministers.




ローマミーティングでの停戦における取り引きがない

米国は即時の停戦に反対する。


カナダ、英国の後ろ米のポジション

2006年7月27日。

午前01:00

レス・ホイッティントン

オタワ局

どのように現在の中東危機を終えるかについて英国とカナダのバックを持っているローマ? 米国は、レバノンで即時の停戦についての計画を精密につくるために、昨日ここで他の先進国による試みを挫折させた。

流血への視界および1ダースを超えるリーダーが、アラブ・イスラエル紛争において迅速な停戦のためのタイミングと条件において協定に達することに失敗した後に、終わりはレバノンとイスラエルとの間で全然見えない。

彼の国を救うレバノンの総理大臣ファードSanioraによる感情の嘆願にもかかわらず、ヨーロッパとアラブのリーダーは、米国の国務長官コンドリーザ・ライスを説得して、停戦を達成することにおける彼女のスタンスを修正させることができなかった。

英国とカナダによって支えられた米国は、停戦が、南のレバノンのヒズボラゲリラ兵が軍事的脅威をイスラエルに提出することができる限り無益であろうという見解を取る。

4時間のミーティングの後で記者会見に、「私達はどのように前に?を動かすかについて話しに話した、それについて?を論じるためだけではなく実に、前進するために行動をとるため」と米は言った。

「これは、あまりにも多くの壊れた停戦を持っていた地域である」のため、どのような停戦でも持続可能にちがいないと彼女は言った。

カナダは戦いへの使用可能な終わりまでの前提条件と政治的なものの変化と南のレバノンのセキュリティ状況の必要についての同じ見方を保持する。

非公開のミーティングの後で、外務大臣ピーター・マッケイは、主要な問題が、「どのように私達は、これが、再び暴力において噴き出るであろう停戦になるであろうだけでなくそれが永遠の平和になるであろうと保証するか?」であると言った。

米国、英国、およびカナダによって採用されたアプローチは、イスラエルの軍隊が、北のイスラエルの境界上のヒズボラの軍事的存在を根絶することを意図されている攻勢を続行するのを広く青信号として見られる。

対照的に、イタリア外務省のミーティングの国と国際的なグループのほとんどは、すぐ、政治的なものを解決することへの前触れと戦争の後方のセキュリティ問題として戦いを終えるために行動を要求していた。

一度停止と戦っていたレバノンのイスラエル人境界地域の中に引っ越すために大きな委任されなかった安定力を作成する必要について、国連、欧州連合、および世界銀行からリーダーによって補われたミーティングの15か国は合意した。

UN事務局長コフィ・アナンは、彼の組織が和平監視者のための停止条件の構成と規則のすぐ上の仕事を開始するであろうと言った。

しかし、一つには、イスラエルやヒズボラのどちらも昨日の話に座席を持っていなかったという理由で、そのような計画は多くの扱いにくい問題を提起する。

シリアとイラン、ヒズボラの後援者もしなかった。

戦いによって影響された地域でドナーの会議が人道的援助に提供する必要上に、また、協定があった。

そして、参加者はレバノンとイスラエルで民間人の犠牲者の上がる数の上の懸念を繰り返した。

米、欧州連合外交方針チーフ ハビエル・ソラーナ、およびロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフが危機をアジア外務大臣と議論する所で、危機を解決する努力は今日Malayasiaに留まる。






BBC News


US 'outrage' over Israeli claims



Israel's forceful campaign has caused fury in some countries

The US state department has dismissed as "outrageous" a suggestion by Israel that it has been authorised by the world to continue bombing Lebanon.

"The US is sparing no efforts to bring a durable and lasting end to this conflict," said spokesman Adam Ereli.


Israeli Justice Minister Haim Ramon made the suggestion after powers meeting in Rome refrained from demanding an immediate ceasefire.


UK PM Tony Blair has arrived in Washington for talks on the crisis.


His meeting with US President George W Bush comes amid growing pressure for the UK and US to join calls for an immediate ceasefire between Israel and Hezbollah.




Damage in maps

Arab press anger at US




Hezbollah's missiles


Israel has carried out dozens of fresh strikes on Lebanon. Lebanese officials said at least 12 people had been killed.


Meanwhile at least 50 Hezbollah rockets have landed on northern Israel, hitting towns including Nazareth, Kiryat Shemona and Safed. Seven people have been injured.


Hezbollah said it had fired a new long-range rocket, called the Khaibar-1, into northern Israel.


The militant group said the rocket landed south of the city of Haifa, the deepest strike inside Israel so far.


Israeli police have confirmed that a previously unknown rocket carrying up to 100kg of explosives had struck an area near the town of Afula.


Convoy hit


Elsewhere, two mortar rounds hit a convoy of vehicles carrying civilians escaping the violence in southern Lebanon.


The BBC's Jim Muir, who was with the convoy, said two people in a German TV vehicle were wounded when the rounds exploded next to their car.


The convoy, organised by the Australian embassy, was returning to the port city of Tyre from the border village of Rmeish, where hundreds of people have been trapped by the Israeli offensive.


Our correspondent says the cars were clearly marked as a press and civilian convoy, and that individual journalists had been in contact with the Israelis who knew about the journey.





Mid-East crisis map

Strategy debate grows

In pictures: Lebanon crisis


A BBC security adviser travelling in a car behind the German car said he believed the mortar rounds had been fired from the Israeli side.


The Israeli Defence Forces say they do not believe it was one of their mortars but say they are still checking.


At talks in Rome on Wednesday, the US, UK and regional powers urged peace be sought with the "utmost urgency", but stopped short of calling for an immediate truce. That prompted Mr Ramon to declare Israel had received "permission from the world... to continue the operation".


But questioned by reporters on the sidelines of a summit in Kuala Lumpur, Mr Ereli said: "Any such statement is outrageous."


The US has said a ceasefire is only worth it if it can be made to last. Mr Bush reiterated the US's rejection of a "false peace" on Thursday evening.


The BBC's world affairs correspondent, Nick Childs, points out that Mr Bush also emphasised how troubled he was by the mounting casualties, a suggestion - perhaps - that he is increasingly conscious of the price Washington is paying for its closeness to Israel.


According to Mr Blair's official spokesman, the UK leader wants to step up a gear in securing a UN agreement for an international stabilisation force in southern Lebanon.


But the BBC's James Coomersamy in Washington says that for the moment, there has been no sign that either leader is wavering in his much-criticised opposition to the idea of an immediate ceasefire.


Air strikes


Some 425 Lebanese, the vast majority civilians, are confirmed killed in the 17 days of the conflict - but a Lebanese minister has suggested scores more bodies lie under the rubble.


HAVE YOUR SAY

Surely the lives of the innocent should take precedent


Nikki, Warwickshire




Send us your views


Fifty-one Israelis, including at least 18 civilians, have been killed, mostly by Hezbollah rockets.


The Israeli assault began after Hezbollah captured two Israeli soldiers and killed eight in a cross-border raid on 12 July.


In the latest developments:




A Jordanian man was killed and at least three other people wounded in one of several strikes in Kfar Joz, close to the southern Lebanese market town of Natabiyeh


There were multiple strikes on the Bekaa Valley to the east, on villages around Tyre, and roads in the south-east


Sporadic clashes were reported in Bint Jbeil, where Israel suffered its worst single losses on Wednesday


Unarmed UN observers have been temporarily relocated from border positions in southern Lebanon after the deaths of four UN observers in an Israeli strike on Tuesday

In Israel, few people still speak of being able to neutralise Hezbollah, our correspondent in Jerusalem Katya Adler says.


Instead Israel speaks of trying to establish a "secure zone" empty of Hezbollah fighters north of the border with Israel.


The Israeli government's announcement that it is calling up three divisions of reservists - said to number between 15,000 to 40,000 - suggests it is preparing for the possibility of a protracted war, our correspondent says.




イスラエルの主張の上の米国‘乱暴’

イスラエルの力強いキャンペーンはいくつかの国で憤怒を起こした。

米国国務省は、それが、レバノンを爆撃し続けるために世界によって許可されているイスラエルによる提案を「法外である」として退けた。

「米国は、丈夫で、続いている端をこの衝突に持って来る努力を全然節約していない」とアダムEreliスポークスマンは言った。

ローマで合っているが、即時の停戦を要求することを控えた後に、イスラエルの法務大臣ハイム・レーモンは提案をした。

UK PMトニー・ブレアは危機についての話のためにワシントンに到着した。

UKと米国がイスラエルとヒズボラの間で即時の停戦のための呼び出しに参加するように、米国大統領ジョージWブッシュとの彼のミーティングは大きくなるプレッシャーの中央で集まる。

マップの中の損害

アラブプレスは米国を怒る。

ヒズボラのミサイル

イスラエルはレバノン上の数十の新たな攻撃を実行した。

レバノンの政府役員は、少なくとも12人の人々が殺されたと言った。

その間、少なくとも50機のヒズボラロケットが、ナザレ、Kiryat Shemona、およびSafedを含む町に当たって北のイスラエルに着弾した。

7人の人々が傷ついている。

ヒズボラは、それがKhaibar-1と呼ばれる新しい長距離ロケットを北のイスラエルの中に発射したと言った。

武装グループは、ロケットがこれまでイスラエルの中でハイファ、最も深いストという都市の南に着陸したと伝えていた。

イスラエルの警察は、最高100kgまでの爆発物を運んでくる、これまで知られていなかったロケットがAfulaの町の近くのエリアに行き当たったことを確認した。

護衛ヒット

他の場所で、2つの迫撃砲弾が南のレバノンで暴力を免れている民間人を運んでいる乗り物の護衛隊に打った。

護衛とともにあったBBCのジム・ミューアは、ラウンドが彼らの車の隣で爆発した時に、ドイツテレビ車の中の2人の人々が傷つけられると言った。

オーストラリア大使館によって組織された護衛はRmeishの境界の村からチールの港湾都市に戻っていた(そこで、数百人の人々はイスラエルの攻勢によって閉じ込められている)。

私達の通信員は、車がはっきりとプレスと民間の護衛としてマークされて、個々のジャーナリストが、ツアーを知っていたイスラエル人との接触にいたと言う。

中東危機マップ

戦略討論は成長する。



レバノン危機

ドイツ車の後ろの車の中で旅行しているBBC警備顧問は、彼が、迫撃砲弾がイスラエルの側から点火されたと信じると言った。

イスラエルの防衛軍は、彼らが、それがそれらのモルタルの1つであったと信じないと言うけれども、彼らがまだチェックしていると言う。

水曜日のローマの話で、米国、UK、および地域の能力は、平和が、「最大限の緊急性」によって求められるけれども即時の停戦を要求することの短く停止すると主張した。

それは、イスラエルが、「その操作を続ける世界…からの許可」を受け取ったのを宣言するようにレーモンさんを促した。

しかし、クアラルンプールでのサミットのサイドラインの上のレポーターによって質問されて、Ereliさんは言った:

「そのようなステートメントは法外である」。

米国は、それが、続かせられることができるならば、停戦がそれに値しているだけであると言った。

ブッシュは木曜日の夕方の「間違いの平和」の米国の拒絶を繰り返した

BBCの世界情勢通信員、ニック チャイルズは、登る死傷者(彼が、ワシントンがその近さに対してイスラエルに支払っている価格にますます気づいているという提案)--たぶん--によって、ブッシュがまた、彼がどれほど心配していたかを強調したことを指摘する。

ブレアの公式なスポークスマンによると、UKリーダーは、南のレバノンの国際的な安定力のためにUN協定を確保することにおいてギアを増したいと思っている。

しかし、ワシントンのBBCのジェームズCoomersamyは、さしあたり、どちらのリーダーも即時の停戦のアイデアへの彼の多く批判された反対についてぐらついているという合図が全然なかったと言う。

空襲

約425人のレバノン人、大部分民間人が、衝突の17日で殺されて、確認される - 大臣が、瓦礫の下で多くのレバノン人が殺されていることへの提案。

あなたの意見

きっと、無邪気な子供のライフは先例を取るべきである。

ニッキ、ウォリックシア

あなたの見解を私達に送りなさい。

少なくとも18人の民間人を含む51人のイスラエル人がたいていヒズボラロケットによって殺されている。

ヒズボラが2人のイスラエルの兵士を捕らえて、7月12日に国境を越える急襲において8人を殺した後に、イスラエルの猛攻撃は始まった。

最新の開発において:

ヨルダンの人は殺されて、少なくとも3人の他の人々がNatabiyehの南のレバノンの市場町の近くでKfar Jozにおけるいくつかのストの1回において傷つけた。

チールのまわりの村と南の東の道路の上に東へのBekaa谷の上に複数のストがあった。

イスラエルが水曜日にその単独で最も悪い損失を被っていた所で、散発性の衝突はJbeil女の中で報告された。

イスラエル人の中の4人のUNオブザーバーの死がイスラエルで火曜日に打った後に、オブザーバーがあった非武装のUNは一時的に南のレバノンの境界ポジションから再配置し、ヒズボラを中立化することができることについて、ほとんどの人々はまだ話さないとエルサレムのカチャ・アドラーの中の私達の通信員は言う。

代わりに、イスラエルとの境界の北でヒズボラ戦闘機なしで「安全なゾーン」を設立しようとすることについて、イスラエルは話す。

それが、予備兵--15,000から40,000まで数に言われる--の3つの部門に電話しているというイスラエルの政府の発表は、それが長期戦の可能性の準備をしていることを示唆すると私達の通信員は言う。



Deep遺伝子



Deep DNA memory theories: Can we remember our ancestors’ lives?

2006 07 28


By Steve Hammons | ufodigest.com







Research into the nature of DNA has revealed that this material within each cell of our bodies has important implications for who each one of us is, on many levels.


In addition to determining our physical characteristics, our vulnerabilities to certain diseases, and maybe even our personality, is it possible that the DNA helix holds some of the important memories of our ancestors?


Theories that suggest that we can tap into the deep nature of DNA to uncover ancient memories are not new. In the 1960s, some psychological researchers claimed that there may be keys that unlock our DNA, revealing experiences of generations of our relatives who lived long before our present time.


In the 1988 movie ALTERED STATES starring William Hurt, the main character, a research scientist (Hurt) dives deep into his consciousness and genetic roots. In the film, he not only relives ancient experiences of his ancestors, he actually changes on the biological level.


This film was reportedly based on the real-life research of prominent psychologists and medical researchers of the 1960s and ‘70s who used isolation tanks and pharmacological triggers to access deep DNA memories and experiences, which they claimed were real.


These ideas are similar in a way to the concepts of past lives and reincarnation. However, this DNA-related line of thinking focuses on the previous lives within us that are based on genetic memories, encoded on the DNA helix within us.


Blueprint, Memory Bank, Inner space


The DNA within all living things is the blueprint for what each organism becomes, subject to the environmental influences that can also have significant effects.


For humans, recent discoveries about DNA are rapidly changing our views about the importance of this material. DNA may affect us much more significantly than we imagined. And, it may hold keys to further discoveries.


It has long been known that our physical appearance is determined by the combination of DNA from our mother and father. Now, researchers are confirming that certain diseases and disorders have direct links to our DNA. Our health may be programmed to some degree by our genetic history.


Our IQ and aptitudes, musical skills, athletic ability, even our psychological and emotional traits may be significantly affected by the DNA within us.


It has been demonstrated that experiences necessary for survival of a species are learned and that this knowledge is passed on to subsequent generations. In some cases this is mostly likely at least partially through DNA and the unconscious “instinct” that results. Even tiny and simple organisms learn crucial survival skills and pass these on.


For humans, with our relatively complex brain, feelings and memories, what other kinds of experiences might be saved in our DNA over the many thousands of years when our ancestors were born, lived and died? And, can they be accessed by us here and now?


Our Ancestors Within Us


Because learning about situations that are necessary for survival of a species are probably saved as a kind of unconscious genetic memory, those fundamental human experiences could be deep down in our DNA somewhere.


Let’s say you have always had a significant fear of bears since you were a child. Even Smokey the Bear and other friendly Hollywood bears could not convince you to regard bears with anything but anxiety and fearful feelings.


Maybe it is possible that deep, deep within your DNA memory banks, your great-great-great-great-grandmother or great-great-great-great-grandfather had a very bad experience with a bear two hundred years ago. Maybe they saw someone be killed by a bear. Maybe they had to climb a tree to save themselves from being eaten by a bear.


Would a life-changing experience like this, resulting in knowledge very useful for survival, possibly be encoded in the DNA and passed on to future generations and you?


If there were a way to go deep down into your mind and consciousness, and into your genetic history, maybe through some kind of altered state like a dream or through some kind of trigger, could you recall and experience that event?


Could you relive and re-experience in some way great-great-great-great grandma’s or grandpa’s harrowing and hair-raising close encounter with a hungry bear two hundred years ago?


What about some similar “peak experience” or life-changing event of an ancient relative five hundred years ago? What about five thousand years ago? After all, we know that at least some part of that history is inside all of us, right in the DNA in every cell of our body, right now.


What we Know and don’t Know


Scientific researchers are gradually uncovering the secrets of our DNA. They have identified the functions of and relationships between some of this material. Many genes remain a mystery and their purpose is unknown.


Sometimes, these mystery genes are called “junk DNA.” According to some researchers, this may be an inaccurate label. Because the purpose and nature of this DNA material is not understood, it certainly does not mean it is useless junk.


As is often the case in scientific discovery, the more we know, the more we realize how little we know. Each question answered can raise many new questions.


For some, our human overconfidence and even arrogance can sometimes trick us into believing that we know all of the answers.


However, in the field of genetics research, there seems to be so much that is not known, that for an open-minded person, these kinds of theories about deep DNA memories cannot be ruled-out.


To conduct our own personal research and to find out for ourselves, maybe all we need to do is listen to our inner DNA.


Listen to the voices, feelings, sights and experiences of our ancestors. Their lives, joys and fears are





深いDNAメモリー理論:

私達は私達の祖先のライフを思い出すことができるか?

2006 07 28

スティーブHammonsによって|ufodigest.com

DNAの性質についての研究は、多くのレベルの上に、私達の各1人が誰であるかのために、私達の体の各細胞の中のこの素材が重要な意味を持っていると明らかにした。

私達の物理的特性、特定の病気への私達の弱点、およびたぶん私達の個性さえ決定することに加えて、DNA螺旋が私達の祖先の重要なメモリーのいくつかを保つのは可能であるか?

私達が、古代のメモリーをむきだしにするためにDNAの深い性質を活用することができることを示唆する理論は新しくない。

1960年代に、何人かの心理学的な研究者は、私達の現在の時間のずっと前に住んでいた何世代もの私達の親族の経験を明らかにして、私達のDNAを開けるキーがあるかもしれないと主張した。

ウィリアム・ハート、主要な登場人物を主演させている1988年の映画ALTERED STATESにおいて、研究科学者(傷)は彼の意識と遺伝の根に深く飛び込む。

フィルムの中で、彼はただ彼の祖先の古代の経験を追体験するのでなく、彼は実際生物学のレベルの上で変わる。

このフィルムは、伝えられるところでは、彼らが、現実であったと主張した深いDNAメモリーと経験にアクセスするために、隔離タンクと薬学のトリガーを使った1960年代と'70年代の突出した心理学者と医学の研究者の現実の研究に基づいた。

これらのアイデアは過去の生活と再生の概念への方法の中で同様である。

しかし、このDNAに関連した考えるラインは、私達の中でDNA螺旋の上でエンコードされて、遺伝のメモリーに基づく私達の中の前のライフに集中する。

青写真、記憶装置、インナー・スペース

すべての生物の中のDNAは、重要な効果があることもできる環境の影響に左右されて、各有機体が適しているもののための青写真である。

人のために、DNAについての最近の発見物はこの素材の重要性についての私達の見解を急速に変更している。

DNAは、私達が想像していたよりずっと深刻に私達に影響するかもしれない。

そして、それはさらなる発見物への鍵を握っているかもしれない。

私達の外見が私達の母と父からDNAの組み合わせによって決定されることはずっと知られている。

さて、研究者は、特定の病気と不法行為が私達のDNAとの直接的なつながりを持っていることを確認している。

私達の健康はある程度まで私達の遺伝の履歴によってプログラムを作られるかもしれない。

私達のIQと才能、音楽的技能、運動能力、私達の心理学的で、感情の特色さえ私達の中でDNAによってかなり影響されるかもしれない。

種の生き残りに必要な経験が学ばれて、この知識がその後の世代に手渡されることは示されている。

場合によっては、DNAと結果として生じている無意識な「本能」を通して、これは少なくとも部分的にたいていありそうである。

小さく、簡単な有機体さえ重要なサバイバルスキルを学び、これらを手渡す。

私達の相対的に複雑な脳、感情、およびメモリーの人のために、他の種類の経験は、私達の祖先が誕生し、住んでいて、死んだ多くの数千年の間に私達のDNAにおいて何を省かれるかもしれないか?

そして、それらは私達によって今この場でアクセスされることができるか?

私達の中の私達の祖先

種の生き残りに必要な状況について学ぶことがたぶん一種の無意識な遺伝のメモリーとして保存されるので、それらの根本的な人間としての経験はどこかで私達のDNAにおいて深くダウンしているかもしれない。

あなたが子供であった時からずっと、あなたがいつも熊に対する重要な恐怖を持っていると言おう。

熊と他の友好的なハリウッド熊が、考慮に入れることをあなたに納得させることができなかったスモーキーさえ心配と心配した感情を除いた何でも我慢する。

たぶん、深く、あなたのDNA記憶装置、あなたの大きな大きな高祖母、または大大大曾祖父の中の深みが200年前熊との非常に悪い経験をしたことは可能である。

たぶん、彼らは誰かが熊によって殺されるのを見た。

たぶん、彼らは、自身を熊によって食べられることから救うために木に登る必要があった。

生き残りに非常に有益な知識を結果として生じているこのような人生を変える経験は何とかしてDNAにおいてエンコードされて、未来の世代とあなたに手渡されるであろうか?

そこならば、あなたの精神と意識の中に深いことに行く方法はそうであったか?そして、あなたの遺伝の歴史の中に、たぶん夢のようなある種類の変更した状態を通して、またはある種類のトリガーを通して、あなたはそのイベントを思い出し、経験してくれるか?

どうか、大きく大きく大きく大きなおばあちゃんまたはおじいちゃんの悩ましとぞっとした終わりが200年前空腹の熊と出会ういくらかの方法で、生き返り、再経験しなさい。

相対的な古代人のいくつかの同様な「至高体験」または人生を変える出来事は500年前どうであるか?

5000年前どうであるか?

結局、私達は、その歴史の少なくともいくらかの部分がちょうど今まさに私達の体のすべての細胞の中のDNAにおいて私達のすべての中にあると知っている。

私達が知っているものと知らない

科学の研究者は私達のDNAの秘密を徐々に暴露している。

彼らは機能とこの素材のいくらかの間の関係を識別した。

多くの遺伝子はミステリーであり続けて、それらの目的は未知である。

時々、これらのミステリー遺伝子は何人かの研究者に従って「がらくたDNA」と呼ばれて、これは不正確なラベルであるかもしれない。

このDNA素材の目的と自然が理解されていないので、それは確かに、それが無駄ながらくたであるのを意味していない。

よくあることだが科学上の発見の中で、私達が多くを知っているほど、もっと、私達は、どれほどほとんど私達が知っていないかを理解する。

答えられた各質問は多くの新しい問題を提起することができる。

いくつかのために、私達の人の自信過剰と傲慢ささえ、私達が答えのすべてを知っていると信じるように時々私達をだますことができる。

しかし、遺伝学の研究のフィールドで、知られていないとても多くがあるように思われるので、心の広い人のために、深いDNAメモリーについてのこれらの種類の理論は除外されることができない。

私達自身の個人的な研究を実施するためと自身のために見つけ出すために、たぶん、私達が、する必要があるすべては、私達の内側のDNAを聞くことである。

声、私達の祖先の感情、風景、および経験を聞きなさい。

それらの人生、喜び、および恐怖は私達の中にある。

そんなふうに、彼らはいつも私達と一緒にいる。

within us. In that way, they are with us always.






蛇足


人間はどうして生まれたか・。未だに良くわかっていない。ダーウィンなど適者生存ならばすでに人類は滅んでいただろう。


最近は、飽食の時代で、糖尿病などの生活習慣病が取りざたされるが・。過去の人類には創造もできない厳しい現実が、遺伝子に残されている。その一つが、インスリンである。インスリンの様に血糖を下げる作用は、他に無いと言われ、各ホルモンや酵素は、血糖を上げる方向の作用だけである。


それほど、自然界では、人類は食べられず、彷徨い歩いていたのであろうか?弱い存在であったのだろうか?。食べることに事欠き、必要性に迫られ、血糖を上げざるを得ない現実。


最近の医学で、インスリン以外の血糖降下させるホルモン(小腸由来GLP-1)があることがわかっているが、しかし、自分の酵素で分解を促進し、すぐに消失する・。それほどの過酷な運命があった記憶である・。


その人類を助けたのが異星人?


人類は異星人のバイオ技術でできたハイブリッドなのかもしれない?遺伝子の中のミトコンドリアRNA遺伝には40万年前の1人の母から、今の人類は生まれている。それが、アイクの言う「レプティリアン」で爬虫類型の人間なのかも知れず、脳の断層撮影では、人類は爬虫類の脳幹を持つ・。爬虫類人型の母から生まれたのが人類なのか?

貧富の格差、差について

貧富の差


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





貧富の差(ひんぷのさ)とは、経済活動の過程において発生する富める者とそうでない者の差のことである。






貧富の差が発生する理由


貧富の差が発生し、定着する理由には個人的要素と社会的要素がある。


  • 個人の能力差


自由に経済活動をすればより多くの成果を上げ、財産を蓄積するものとそうでないものとに分かれる。


  • 社会的収奪


暴力等の手段で、優位にあるものが劣位にある者から富を収奪することがある。この状態が常態化すると貧富の差は拡大していく。軍事力をバックにした専制君主制などが社会的収奪の例である。マルクス的共産主義
によれば、資本家は労働者から富を収奪しているということになる。


  • 相続による差の固定化


発生した貧富の差は、相続
により親から子に受け継がれることで固定化されることがある。格差が固定化されている場合、階級
と呼ばれる。また、人間関係や職務上のノウハウのような無形の財産も親から子に受け継がれ、貧富の差が定着する原因となっている。






貧富の差の解消方法


貧富の差を少なくすることは、近代における政策
のメインテーマとなっている。


貧富の差を是正する方法については、


  1. 富裕を潰す、もしくは貧困を解消して差の程度を減らす

  2. 貧富の元になる財産を共有化して、そもそも貧富の差という概念をなくす


の二通りの方向性が考えられる。


貧富の差の程度を減らすものとして富の再分配
理論がある。


経済学
において、伝統的な古典派経済学
ではパレート効率
に代表されるような社会全体としての効率化に焦点が当てられていたが、現実世界における貧富の差の拡大を受けて分配にも留意した厚生経済学
が一つの大きな分野となっている。










蛇足


流行や廃りが、経済循環として重要かもしれない・古い考えでは、現在のいろいろなモノを生み出すダイナミックスさがない。しかし、新しい事だけでは、スクラップだけになり、ビルドがない。改廃は時の流転なのかもしれない。しかし、全体の豊かさの中で、取り残されるのもまた、一面において、貧しさを考えてします。


数十年前には、海外旅行などは夢であったけれど、今は誰でも行ける時代である。ステータスや上流社会などは、無いのかもしれない。その為、秘密結社や闇社会について、とやかく言う時代である。


逆に、いずれ全てが、白日も下にさらされるのであろう。






太田龍氏の時事寸評からhttp://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





貧富の差が急速度に拡大して米国化していく日本。

そして日本が溶解する。

我々はどこに運ばれて行くのか。






更新 平成18年07月27日22時55分



平成十八年(二〇〇六年)七月二十七日(木)

(第一千七百五十四回)



○最近の報道によれば、

 

○いはゆる先進工業国の中で、



○貧富の差が、もっとも強い国は、米国、



○そしてその次が日本だと言う。



○しかしこれは、二〇〇〇年の数字だそうだから、



○二〇〇六年の現在は、日本が第一位、と成るのではなかろうか。



○米国と言えば、数年前、ホームレス人口二百万~二百五十万人、

 と聞いた記憶がある。



○しかし、現時点では、米国のホームレス人口は、「三百五十万人」、

 と報道されて居る。



○して見ると日本に、百万~百五十万人のホームレスが出現しても

 おかしくはないであろう。



○ヴィクター・ソーンの「曝露されたニューワールドオーダー」

 (邦訳『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』、上下二巻、

 徳間書店)は、



○エックス教授の説を引用して、



○米国は、れっきとした「カースト社会」である、



○その下層は、「不可触賤民」である、と言う。



○今、米国に、どのくらいの「不可触賤民」が存在するのか、

 そんな「統計」はない。



○人口の二割とすれば、

 五、六千万人。



○日本がトコトン、アメリカ化されるべき、とすれば、



○日本にも、二千五百万人くらいの「不可触賤民」カーストが創出されな

 ければならないであろう。



○日本をアメリカ化しつつある、極悪売国奴日本人権力エリート階級は

 当然、



○それを、アジェンダ(日程)に上げて居るのではないか。



○米国の不可触賤民カーストは、殆んどすべての選挙に棄権する。



○実際のところ、近年、米国の大統領選挙の投票率は、五割前後である。



○つまり、人口の約半分は投票しないのである。



○今はどうか知らないが、



○かつて、インドでは、不可触賤民は、



○バラモンによる古典文学、叙事詩などの朗唱を聴くことを厳禁されて居た。



○もしも、不可触賤民がなにかの機会にそのバラモンの朗唱を聴いたところ

 を「現行犯」で捕えられた場合、



○その不可触賤民は、耳から熱湯を注入される刑罰を加えられたと言う。



○今はどうかは、分らない。



○米国でも、人口の一割か二割かは知らないが、



○「不可触賤民」カーストは、



○まともな政治経済文化に関する情報を聞くことはない。



○彼らに与えられるものは、

 愚劣この上ない腐り切ったマスコミのゴミである。



○しかし、日本はどうなのか。



○日本のマスコミ、とりわけテレビとビデオとマンガは、日々、

 精神の不可触賤民を、何千万人となく、増殖させて居るのではないか。



○故江藤淳氏は、

 平成に成って日本の国家の核心が溶解し始めたようだ、と批評された。



○この説は、現象論としては成り立つ。



○そして日本の国家の核心が溶解したそのあと、どう成るか。



○米中に挟撃されて、日本は、地上から消滅するのである。



○日本が消えてなくなるだけでない。



○ヘンリー・メイコウは、



○現在の米国は、感謝祭のメニューを読んで、

 「ちょっと待って!」、と叫んで居る、七面鳥のようなものだ、



○と述べた。



○つまり、米国もまた、



○イルミナティサタニスト世界権力によって、消滅させられて行くと言う。



○そしてそれからどうなるのか。



○全人類が家畜人間として、世界人間牧場(グローバル・プランテーション)

 に狩り立てられ、収監され、そしてご主人さまのアジェンダにもとづいて

 大量殺処分されるのである。



 (了)

計画は予定どうり・。

Israel set war plan more than a year ago

Strategy was put in motion as Hezbollah began gaining military strength in Lebanon

Matthew Kalman, Chronicle Foreign Service


Friday, July 21, 2006




Printable Version

Email This Article





(07-21) 04:00 PDT Jerusalem -- Israel's military response by air, land and sea to what it considered a provocation last week by Hezbollah militants is unfolding according to a plan finalized more than a year ago.


In the six years since Israel ended its military occupation of southern Lebanon, it watched warily as Hezbollah built up its military presence in the region. When Hezbollah militants kidnapped two Israeli soldiers last week, the Israeli military was ready to react almost instantly.


"Of all of Israel's wars since 1948, this was the one for which Israel was most prepared," said Gerald Steinberg, professor of political science at Bar-Ilan University. "In a sense, the preparation began in May 2000, immediately after the Israeli withdrawal, when it became clear the international community was not going to prevent Hezbollah from stockpiling missiles and attacking Israel. By 2004, the military campaign scheduled to last about three weeks that we're seeing now had already been blocked out and, in the last year or two, it's been simulated and rehearsed across the board."


More than a year ago, a senior Israeli army officer began giving PowerPoint presentations, on an off-the-record basis, to U.S. and other diplomats, journalists and think tanks, setting out the plan for the current operation in revealing detail. Under the ground rules of the briefings, the officer could not be identified.


In his talks, the officer described a three-week campaign: The first week concentrated on destroying Hezbollah's heavier long-range missiles, bombing its command-and-control centers, and disrupting transportation and communication arteries. In the second week, the focus shifted to attacks on individual sites of rocket launchers or weapons stores. In the third week, ground forces in large numbers would be introduced, but only in order to knock out targets discovered during reconnaissance missions as the campaign unfolded. There was no plan, according to this scenario, to reoccupy southern Lebanon on a long-term basis.


Israeli officials say their pinpoint commando raids should not be confused with a ground invasion. Nor, they say, do they herald another occupation of southern Lebanon, which Israel maintained from 1982 to 2000 -- in order, it said, to thwart Hezbollah attacks on Israel. Planners anticipated the likelihood of civilian deaths on both sides. Israel says Hezbollah intentionally bases some of its operations in residential areas. And Hezbollah's leader, Hassan Nasrallah, has bragged publicly that the group's arsenal included rockets capable of bombing Haifa, as occurred last week.


Like all plans, the one now unfolding also has been shaped by changing circumstances, said Eran Lerman, a former colonel in Israeli military intelligence who is now director of the Jerusalem office of the American Jewish Committee.


"There are two radical views of how to deal with this challenge, a serious professional debate within the military community over which way to go," said Lerman. "One is the air power school of thought, the other is the land-borne option. They create different dynamics and different timetables. The crucial factor is that the air force concept is very methodical and almost by definition is slower to get results. A ground invasion that sweeps Hezbollah in front of you is quicker, but at a much higher cost in human life and requiring the creation of a presence on the ground."


The advance scenario is now in its second week, and its success or failure is still unfolding. Whether Israel's aerial strikes will be enough to achieve the threefold aim of the campaign -- to remove the Hezbollah military threat; to evict Hezbollah from the border area, allowing the deployment of Lebanese government troops; and to ensure the safe return of the two Israeli soldiers abducted last week -- remains an open question. Israelis are opposed to the thought of reoccupying Lebanon.


"I have the feeling that the end is not clear here. I have no idea how this movie is going to end," said Daniel Ben-Simon, a military analyst for the daily Haaretz newspaper.


Thursday's clashes in southern Lebanon occurred near an outpost abandoned more than six years ago by the retreating Israeli army. The place was identified using satellite photographs of a Hezbollah bunker, but only from the ground was Israel able to discover that it served as the entrance to a previously unknown underground network of caves and bunkers stuffed with missiles aimed at northern Israel, said Israeli army spokesman Miri Regev.


"We knew about the network, but it was fully revealed (Wednesday) by the ground operation of our forces," said Regev. "This is one of the purposes of the pinpoint ground operations -- to locate and try to destroy the terrorist infrastructure from where they can fire at Israeli citizens."


Israeli military officials say as much as 50 percent of Hezbollah's missile capability has been destroyed, mainly by aerial attacks on targets identified from intelligence reports. But missiles continue to be fired at towns and cities across northern Israel.


"We were not surprised that the firing has continued," said Tzachi Hanegbi, chairman of the Knesset Foreign Affairs and Defense Committee. "Hezbollah separated its leadership command-and-control system from its field organization. It created a network of tiny cells in each village that had no operational mission except to wait for the moment when they should activate the Katyusha rocket launchers hidden in local houses, using coordinates programmed long ago to hit Nahariya or Kiryat Shemona, or the kibbutzim and villages."


"From the start of this operation, we have also been active on the ground across the width of Lebanon," said Brig. Gen. Ron Friedman, head of Northern Command headquarters. "These missions are designed to support our current actions. Unfortunately, one of the many missions which we have carried out in recent days met with slightly fiercer resistance."


Israel didn't need sophisticated intelligence to discover the huge buildup of Iranian weapons supplies to Hezbollah by way of Syria, because Hezbollah's patrons boasted about it openly in the pages of the Arabic press. As recently as June 16, less than four weeks before the Hezbollah border raid that sparked the current crisis, the Syrian defense minister publicly announced the extension of existing agreements allowing the passage of trucks shipping Iranian weapons into Lebanon.


But to destroy them, Israel needed to map the location of each missile.


"We need a lot of patience," said Hanegbi. "The (Israeli Defense Forces) action at the moment is incapable of finding the very last Katyusha, or the last rocket launcher primed for use hidden inside a house in some village."


Moshe Marzuk, a former head of the Lebanon desk for Israeli Military Intelligence who now is a researcher at the Institute for Counter-Terrorism in Herzliya, said Israel had learned from past conflicts in Lebanon, the West Bank and Gaza -- as well as the recent U.S. experiences in Afghanistan and Iraq -- that a traditional military campaign would be counter-effective.


"A big invasion is not suitable here," said Marzuk. "We are not fighting an army, but guerrillas. It would be a mistake to enter and expose ourselves to fighters who will hide, fire off a missile and run away. If we are to be on the ground at all, we need to use commandos and special forces."




イスラエルは数年以上前戦争計画を設定した。

ヒズボラがレバノンの(マシュー・カルマン、年代記外国勤務中で)


軍事力を得はじめた時に、戦略は開始された

2006年7月21日金曜日

印刷可能なバージョン

この記事にメールしなさい。

(07-21)04:00 太平洋夏時間エルサレム--年以上前完結した計画に従って、それがヒズボラ武装勢力によって先週挑発と考えたものへの空、陸、および海路でのイスラエルの軍隊の反応は展開している。

イスラエルが南のレバノンのその軍事占領を終えて以来の6年で、ヒズボラが地域でその軍事的存在を増強した時に、それは用心深く見た。

ヒズボラ武装勢力が先週2人のイスラエルの兵士を誘拐した時に、イスラエルの軍隊は、直ちにほとんど反応する用意ができていた。

「1948年以来のイスラエルの戦争のすべてで、これは、ユダヤ人が準備を最もしたものであった」とジェラルド・スタインバーグ(バーIlan大学の政治学の教授)は言った。

「ある意味において、それが、国際社会が、ヒズボラがミサイルを備蓄し、イスラエルを攻撃することを妨げようとしていなかったと確信した時に、準備はイスラエルの撤退のすぐ後に2000年5月に始まった」。

「2004年までに、私達が現在見る約3週間続くことを予定された軍事攻勢はすでに阻止されて、昨年または2年前、それはボードを横切ってシミュレーションされていて、リハーサルされる」。

数年以上前、シニアのイスラエルの陸軍士官は、明らかにする詳細において現在の操作についての計画を発表して、PowerPointプレゼンテーションをオフレコの基礎の上、米国と他の外交官、ジャーナリスト、およびシンクタンクに与えはじめた。

ブリーフィングの基本原則の下で、将校は識別されることができなかった。

彼の話において、将校は3週間のキャンペーンを説明した:

最初の週は、ヒズボラのより重い長距離ミサイルを破壊し、そのコマンドと管理センターを爆撃し、交通と通信の動脈を粉砕することに集中した。

第2週で、フォーカスはロケット発射筒または武器店の個々のサイトへの攻撃に移った。

第3週で、多数における陸上部隊は導入されるであろうけれども、調査の間に発見された目標を破壊するためだけに、キャンペーンとしての任務は展開した。

長期ベースで南のレバノンを再び占めるために、このシナリオによると計画が全然なかった。

イスラエルの将校は、彼らのピンポイントの特別奇襲部隊急襲がグラウンド侵略と混同されるべきでないと言う。

彼らは、彼らも南のレバノンの別の職業を伝達しないと言う(イスラエルは1982年から2000年にそれを維持していた)--注文の中で、イスラエルへのヒズボラ攻撃を妨げることは言った。

計画者は両側の上の民間人の死の可能性を予期していた。

イスラエルは、ヒズボラが意図的に住宅地でその操作のいくつかの基礎に相当していると言う。

そして、ヒズボラのリーダー、ハッサンNasrallahは、先週起こった時に、グループの兵器庫が、ハイファを爆撃することが可能なロケットを含んだことを公然と自慢した。

すべての計画のように、現在展開している人はまた、状況を変更することによって具体化されていると、Eranレルマン(現在、アメリカユダヤ人の委員会のエルサレムオフィスのディレクターであるイスラエルの軍事情報における前の大佐)は言った。

「どのようにこの挑戦(どの道を行くかに関する軍隊のコミュニティの中の真剣なプロフェッショナルな討論)を扱うかの2つの急進的な思想がある」とレルマンは言った。

「一方は空軍力の学派であり、他は土地で持ち運ばれたオプションである」。

彼らは違う力学と違う時刻表を作成する。

重要なファクターは、空軍概念が非常に整然としていて、ほとんど、定義によって、結果を得ることについてより遅いことである。

「あなたの前でヒズボラを掃除するグラウンド侵略はより迅速であるけれども、人命とグラウンドの上の存在の作成を必要とすることのずっと高い犠牲でである」。

進歩シナリオは現在その第2週であり、その成功か失敗はまだ展開している。

イスラエルのアンテナが打つかどうかは、キャンペーンの3倍の目的を達成するのに十分であろう--ヒズボラ軍事的脅威を取り除くには;

レバノンの政府軍の展開を許して、ヒズボラを国境地帯から立ち退かせるには;

そして先週誘拐された2人のイスラエルの兵士の安全なリターンを保証するため--未決問題であり続ける。

イスラエル人は、レバノンを再び占める考えに反対する。

「私は、終わりがここでクリアでないという感じがする」。

「私は、どうこの映画が、終わろうとしているかの考えを全然持っていない」とダニエル・ベン・サイモンで(毎日のHaaretz新聞の軍事アナリスト)は言った。

6年以上前退却するイスラエルの軍隊によって捨てられた前哨基地の近くで南のレバノンでの木曜日の衝突は起こった。

場所はヒズボラ燃料庫の識別された使う衛星写真であったけれども、北のイスラエルに向けられたミサイルを詰められた洞窟と燃料庫のこれまで知られていなかった地下のネットワークへの入口としてそれが役立ったと気づくことができるイスラエルはグラウンドからだけであったとイスラエルの軍隊スポークスマン ミリRegevは言った。

「私達はネットワークを知っていたけれども、それは私達の軍隊のグラウンド活動によって完全に明らかにされた(水曜日)」とRegevは言った。

「これはピンポイントのグラウンド操作の目的の1つである--居住し、それらがイスラエルの市民に発射することができる所からテロリストインフラストラクチャーを破壊しようとするには」。

イスラエルの軍幹部は、ヒズボラのミサイル機能の50パーセントも主に情報報告から識別された目標への航空機の攻撃によって破壊されていると言う。

しかし、ミサイルは、北のイスラエルを横切って町と都市に発射され続ける。

「私達は、射撃が続いていたことに驚かなかった」とTzachi Hanegbi(イスラエル国会外務と防御委員会の会長)は言った。

「ヒズボラはその地方組織からそのリーダーシップコマンドと制御系を分離した」。

「それは、それらが、NahariyaまたはKiryat Shemonaまたはキブツと村に当たることをずっと前に計画された座標を使って、ローカルな家に隠されたカチューシャロケット発射筒を作動させるべきである時にさしあたり待つためを除いて、運用ミッションを全然持っていなかった各村の小さなセルのネットワークを構築した」。

「この操作の開始から、私達はまたレバノンの幅を横切ってグラウンドの上でアクティブであった」とBrig.将軍ロン・フリードマン(北の指令本部の頭)は言った。

「これらの任務は、私達の現在の行動をサポートするようにデザインされる」。

「あいにく、私達が最近の数日で運び出した多くの使節の1人は少しより強烈な抵抗を経験した」。

ユダヤ人は、ヒズボラの後援者がアラブ人プレスのページの中で公然とそれを自慢したので、イランの武器の莫大な強化がシリアを経てヒズボラに供給すると気づくために洗練された知能が必要でなかった。

つい最近の6月16日、現在の危機を引き起こしたヒズボラ境界急襲の4週間未満前に、シリアの防衛大臣は公然とレバノンの中にイランの武器を出荷しているトラックの通路を許している既存の協定の拡張を発表した。

しかし、彼らを破滅させるために、イスラエルは、各ミサイルの位置の地図を作る必要があった。

「私達はたくさんの忍耐が必要である」とHanegbiは言った。

「ちょうど(イスラエルの防衛軍)行動は、家の中で隠れた使用のために準備された非常に最後のカチューシャまたは最後のロケット発射筒をいくつかの村で発見することが不可能である」。

モシェMarzuk(現在、Herzliyaにおけるカウンターテロのために研究所で研究者であるイスラエルの軍事情報部のためのレバノン受付の前の頭)は、イスラエルが、伝統的な軍事攻勢がカウンターが効果的であろうということをレバノン、ヨルダン川西岸地区、およびガザ--アフガニスタンとイラクの最近の米国経験と同様に--の過去の衝突から知ったと言った。

「大きな侵略はここで適当でない」とMarzukは言った。

「私達は軍隊ではなくゲリラ兵と戦っている」。

隠れて、ミサイルを発射し、逃走するであろう闘士に自身に入り、さらすことは誤りであるであろう。

「私達が、いったいグラウンドの上にいることになっているならば、私達は、特別奇襲部隊と特殊部隊を使う必要がある」。



おぅ・怖わー






太田龍氏の時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





イスラエルの狂気のレバノン襲撃の本当の意味は何か。

それは、なんとしても第三次世界大戦を開始させたいイルミナティの意向であると、ヘンリー・メイコウは述べる。






更新 平成18年07月24日22時40分




平成十八年(二〇〇六年)七月二十四日(月)

(第一千七百五十一回)



○ヘンリー・メイコウ、

 二〇〇六年七月二十一日付けニューズレター。

 

○「銀行家はブッシュをたたき、世界戦争を煽り立てる」

 Bankers Bash Bush, Pump Global War



○これは重要な論文である。

 以下にその要点を述べる。



 (1)イスラエルのレバノンに対する狂気の(demented)襲撃は、

    ロンドンに本拠のあるイルミナティの銀行家たちの、アメリ

    カがイランを攻撃しようとしない事態へのいら立ちによって

    説明され得る。



 (2)彼らは、レバノンに対する戦争が、シリア、イランに拡大

    することを希望して居る。



 (3)それから次に、

    中国と米国を第三次世界大戦に引きずり込みたい。



 (4)水曜日(7月19日)、CNNテレビで、グレン・ペックは、

    「第三次世界大戦が始まった」と宣言した。



 (5)そして彼は、何時、我々は、“フェルディナンド大公モメント”

    を持つであろうか、などと問いかけた。

 

   (これは、もちろん、第一次世界大戦の導火線に火を点けた、

    オーストリア・ハンガリア帝国の皇太子フェルディナンド大公

    暗殺事件にひっかけて、第三次世界大戦の開始となるべき大事

    件を指して居る)



 (6)彼等の究極の目標は、人口を大量に殺処分してその後に世界

    独裁権力体制を確立することである。



 (7)ここで、一八七一年八月十五日の、アルバート・パイクの書簡

    (マッチーニあて)を想起しなければならない。



 (8)米国の現状は、

    感謝祭(サンクスギビング)のメニューを読みながら、

    「ウェイト・ア・ミニット」(ちょっと待って)、と叫ぶ、

    七面鳥のようなものである。



○最後の(8)項の意味。

 米国では、毎年十一月末、収穫感謝祭をする。

 そこで必ず七面鳥を殺して一家で食べる。



 今の米国は、この、殺して食べられる直前の七面鳥にひとしい、

 と、メイコウは言う。



○これは、

 今の日本人は、まるでなんのことか、意味が通じないであろう。



○メイコウはまたここで、

 「レッド・シンフォニー」を引用する。



○これは、「ラコフスキー調書」のこと。

 デス・グリフィン著「富者の第四帝国」(未邦訳)の付録として

 収められてあり、



○ゲーリー・アレン著、高橋良典訳

 「ロックフェラー帝国の陰謀」第一巻の付録にある。



○メイコウのこの論文によれば、

 ブッシュ米大統領は、イルミナティの意志に抗して、イランに対する

 武力攻撃を開始しない。



○そこで、イルミナティは、

 ブッシュ米大統領に対してひどくイラ立って居る、と言う。



○この論文は、きはめて重要である。



 (了)





蛇足





パイク(フリーメーソンリーのトップでイルミナティの上層部、アメリカ合衆国の南軍将軍・・処罰なし、で軍事顧問、指導者、KKK団の首謀者)の予言いや、実行犯のイルミナティならば・。必ず、起こすであろう・。


しかし、大きな争いより、経済的搾取がメインの目標であろう・。下手すると、イルミナティ(自分ら)も抹殺される・。

日本のマスメディアは信用できるか??

株式日記と経済展望から・・http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu124.htm


2ちゃんねるによって暴かれた!日経新聞の意図的な誤報である。

日経新聞は直ちにメモの全文を公開して科学的な検証をするべきだ。




2006年7月24日 月曜日



【昭和天皇と靖国】 「あのページだけ紙がはり付けてある。本当に昭和天皇が言ったかどうか」…政府筋★15 2ちゃんねる





336 :名無しさん@6周年:2006/07/24(月) 11:18:44 ID:MGP3lYDY0




                63.4.28 〔■〕                  4.28 〔4〕

☆Pressの会見                     前にあったね どうしたのだろう

[1]  昨年は                       中曽根の靖国参拝もあったか

  (1) 高松薨去間もないときで           藤尾(文相)の発言.

    心も重かった                 =奧野は藤尾と違うと思うが

  (2)メモで返答したのでつく            バランス感覚のことと思う

   していたと思う                   単純な復古ではないとも.

  (3) 4:29に吐瀉したが その前で

   やはり体調が充分でなかった         私は 或る時に.A級が

  それで長官に今年はの記者          合祀され その上松岡.白取

  印象があったのであろう             までもが、

  =(2)については記者も申して           筑波は慎重に対処して

  おりました                      くれたと聞いたが 

                           ○   松平の子の今の宮司がどう考  

[2]  戦争の感想を問われ          余そ えたのか 易々と

  嫌な気持を表現したが           り う    松平は平和に強い考が

  それは後で云いたい            閣で  あったと思うのに 親の心子知

   そして戦後国民が努力して        僚す  らずと思っている

  平和の確立につとめてくれた       もが   だから 私あれ以来参拝

  ことを云いたかった             知か  していない.それが私の心だ

 "嫌だ"と云ったのは 奥野国土庁長    ら多

  の靖国発言中国への言及にひっかけて ずい ・ 関連質問 関係者もおり批判になるの意





157 :名無しさん@6周年 : :2006/07/22(土) 01:20:19 ID:pH73hSfG0


時間推移のまとめ



88年04月12日:徳川侍従長勇退



88年04月13日:山本侍従長着任



88年04月25日:昭和天皇記者会見(内容は各新聞社が報道済み←当然、当たり障りのない内容)



88年04月28日:徳川義寛元侍従長、なじみの新聞記者数名と懇談

        (富田朝彦宮内庁長官も立ち会い、メモを取る)

        (この日、富田は昭和天皇に接見していない!!!)

        (この懇談内容も数名の記者が発表済み←今回のメモと内容が一致する!!!)



88年04月29日:天皇誕生日

88年04月末日:(土)徳川参与勇退



88年05月09日:奥野国土庁長官が、衆議院で日中戦争について「日本には侵略の意図はなかった」と発言





348 :名無しさん@6周年:2006/07/24(月) 11:24:04 ID:uZ5kn2h20




「昭和天皇独白録」

「松岡は帰国してからは別人の様に非常なドイツびいきになった。恐らくはヒットラーに買収でもされ

 たのではないかと思われる」「5月松岡はソ連との中立条約を破ること(イルクーツクまで兵を進め

よ)を私の処にいってきた。こんな大臣は困るから私は近衛に松岡を罷めさせるようにいった。」



文藝春秋2001年11月号『靖国神社「鎮霊社」のミステリー』

>それにしても、松平宮司がA級合祀という重要事について、事前に昭和天皇の

>「内意」を確かめず、また徳川から文句を言われると、木で鼻をくくったような返事

>をしたのは事実のようだ。



>徳川はさらに、絞首刑になった東条以下七人はともかくとして、未決のまま東大

>病院で病死した松岡洋右、永野修身の二人、とくに松岡のように「軍人でもなく、

>死刑にもならなかった人を合祀するのはおかしい」と抗議した。その思いは入江

>侍従長も同様だったようで、翌年四月十九日付の入江日記には「朝刊に靖国神社

>に松岡、白鳥など合祀のこと出、テレビでもいふ。いやになっちまふ」とある。(略)



>側近たちの松岡らへの不快感は、昭和天皇の思いを汲んだ反応だったと見て

>よい。(略)



側近達は陛下のご意向を無視したような発言はせんよ





599 :名無しさん@6周年:2006/07/24(月) 12:32:47 ID:tlR5DS4e0




http://banmakoto.air-nifty.com/blues/




1.メモはプレスの会見を筆記したものである。

2.昭和63(1988)年4月28日の記述である。

3.質問に対るす答えは率直な感想を述べているように読み取れる。発言内容を事前に

チェックされる立場の人間ではない事が判る。

4.高松宮様に対して薨去という言葉を使っている事から宮家ではなく 、仕える立場の

人物の発言と読み取れる。

5.「(3) 4:29に吐瀉したが」のくだりは客観的な表現で自身の事ではない

6.戦争の感想を問われた時「嫌な気持を表現」している人物である。

7.あまり閣僚を知らない人物である。

8.会見時の発言に「そうですか」が多かった。

9.靖国神社の松平永芳宮司を松平の子と呼ぶ事から近親者で年配者である事

判る。



以上の事から考えて、このメモの発言者として最も適当な人物は徳川侍従長である

事は明白です。






(私のコメント)

昨日のテレビでは富田メモについて論じていましたが、いずれも本物である事が前提だった。しかし私も書いてきたとおり天皇の発言としては率直過ぎて違和感がある。公開されたメモの前のページを写真から解読してみると、徳川侍従長の記者会見のメモのように思える。だから「私」とは徳川侍従長のことなのだろう。



しかしテレビでも公開しているのは赤字の部分だけに抜き出して論じているからマスコミ報道は意図的なのだ。昨日のサンデープロジェクトでも櫻井よし子氏がカットされている部分の事を言おうとしたら田原総一郎はあわてて言葉をさえぎってしまった。おそらくマスコミ関係者は誤報である事にうすうす気がついているのかもしれない。



このような意図的な誤報は朝日新聞がよくやる手であり、大々的に報道して世論の流れを作り、目的が達成した後でこっそりと誤報である事を発表する。歴史教科諸問題でも同じ手を使って誤報を大々的に行なって、実際には「侵略」を「進出」と書き換えた教科書はなかった。中国との外交問題にもなったのですが調べてみたら新聞の誤報だった。



今回の事もおそらく世論の流れが決定的になった時点で日経新聞はこっそりと誤報の事実を発表するつもりなのだろう。しかしメモの文面を少し見ただけで天皇の発言としてはおかしいと気がつかなければジャーナリストとしては失格だ。しかし朝日新聞がよくやる手なのに今回はなぜ日経新聞なのだろう? これでますますマスコミの信頼性は失墜する。





<毎日世論調査>次期首相の靖国参拝「反対」が54%




毎日新聞は22、23の両日、全国世論調査(電話)を実施した。次期首相の靖国神社参拝の是非を尋ねたところ、「反対」が54%で過半数を占め、「賛成」の33%を大幅に上回った。今年1月調査では賛否各47%と二分されていたが、中韓両国との関係改善が進んでいないことに加え、昭和天皇がA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示したことが明らかになったことも影響したとみられる。「ポスト小泉」が有力になった安倍晋三官房長官は「首相参拝」を支持しているが、調査結果は安倍氏の対応に影響を与えそうだ。

 安倍氏は首相参拝支持の一方、自身が首相に就任した場合の参拝については、外交問題にすべきでないとの立場から明言を避けている。

 首相参拝への賛否と、「次の首相にふさわしいと思う自民党の政治家」を聞いた質問を合わせて分析すると、安倍氏を選んだ人の間でも反対が48%で賛成は42%にとどまり、安倍氏支持層でも反対派が上回る結果となった。このほかの「ポスト小泉」候補では、麻生太郎外相支持層は賛成40%、反対50%。谷垣禎一財務相支持層は賛成20%、反対70%だった。

 一方、小泉純一郎首相が終戦記念日の8月15日に参拝することへの賛否は反対が54%で、賛成の36%を上回った。小泉内閣支持層の賛成は53%と過半数に達したが、反対も39%。不支持層では反対が77%に及んだ。

 首相就任直後の01年5月の調査では「8・15参拝」に対し、「参拝すべきでない」が7%にとどまる半面、「参拝してよい」が44%、「私的な立場で参拝するならよい」が46%で、合わせて9割が容認派だったのと比べると、設問の違いはあるものの、反対派の拡大が明確になった。

 自民党総裁選で靖国参拝問題を争点にすることには、賛成31%、反対59%で、争点化には慎重な世論が浮かび上がった。【佐藤千矢子】

(毎日新聞) - 7月24日3時9分更新





蛇足


まあ、捏造だろうか?>そうだろう・。日経も、>またぞろ・問題になるやも・。

イスラムとシオニズムの争い


Pike's Letter to Mazzini


It is a commonly believed fallacy that for a short time, the Pike letter to Mazzini was on display in the British Museum Library in London, and it was copied by William Guy Carr, former Intelligence Officer in the Royal Canadian Navy. The British Library has confirmed in writing to me that such a document has never been in their possession. Furthermore, in Carr's book, Satan, Prince of this World, Carr includes the following footnote:


"The Keeper of Manuscripts recently informed the author that this letter is NOT catalogued in the British Museum Library. It seems strange that a man of Cardinal Rodriguez's knowledge should have said that it WAS in 1925".



It appears that Carr learned about this letter from Cardinal Caro y Rodriguez of Santiago, Chile, who wrote The Mystery of Freemasonry Unveiled.


To date, no conclusive proof exists to show that this letter was ever written. Nevertheless, the letter is widely quoted and the topic of much discussion.


Following are apparently extracts of the letter, showing how Three World Wars have been planned for many generations.


"The First World War must be brought about in order to permit the Illuminati to overthrow the power of the Czars in Russia and of making that country a fortress of atheistic Communism. The divergences caused by the "agentur" (agents) of the Illuminati between the British and Germanic Empires will be used to foment this war. At the end of the war, Communism will be built and used in order to destroy the other governments and in order to weaken the religions." 2



Students of history will recognize that the political alliances of England on one side and Germany on the other, forged between 1871 and 1898 by Otto von Bismarck, co-conspirator of Albert Pike, were instrumental in bringing about the First World War.


"The Second World War must be fomented by taking advantage of the differences between the Fascists and the political Zionists. This war must be brought about so that Nazism is destroyed and that the political Zionism be strong enough to institute a sovereign state of Israel in Palestine. During the Second World War, International Communism must become strong enough in order to balance Christendom, which would be then restrained and held in check until the time when we would need it for the final social cataclysm." 3



After this Second World War, Communism was made strong enough to begin taking over weaker governments. In 1945, at the Potsdam Conference between Truman, Churchill, and Stalin, a large portion of Europe was simply handed over to Russia, and on the other side of the world, the aftermath of the war with Japan helped to sweep the tide of Communism into China.


(Readers who argue that the terms Nazism and Zionism were not known in 1871 should remember that the Illuminati invented both these movements. In addition, Communism as an ideology, and as a coined phrase, originates in France during the Revolution. In 1785, Restif coined the phrase four years before revolution broke out. Restif and Babeuf, in turn, were influenced by Rousseau - as was the most famous conspirator of them all, Adam Weishaupt.)


"The Third World War must be fomented by taking advantage of the differences caused by the "agentur" of the "Illuminati" between the political Zionists and the leaders of Islamic World. The war must be conducted in such a way that Islam (the Moslem Arabic World) and political Zionism (the State of Israel) mutually destroy each other. Meanwhile the other nations, once more divided on this issue will be constrained to fight to the point of complete physical, moral, spiritual and economical exhaustion…We shall unleash the Nihilists and the atheists, and we shall provoke a formidable social cataclysm which in all its horror will show clearly to the nations the effect of absolute atheism, origin of savagery and of the most bloody turmoil. Then everywhere, the citizens, obliged to defend themselves against the world minority of revolutionaries, will exterminate those destroyers of civilization, and the multitude, disillusioned with Christianity, whose deistic spirits will from that moment be without compass or direction, anxious for an ideal, but without knowing where to render its adoration, will receive the true light through the universal manifestation of the pure doctrine of Lucifer, brought finally out in the public view. This manifestation will result from the general reactionary movement which will follow the destruction of Christianity and atheism, both conquered and exterminated at the same time." 4



Since the terrorist attacks of Sept 11, 2001, world events, and in particular in the Middle East, show a growing unrest and instability between Modern Zionism and the Arabic World. This is completely in line with the call for a Third World War to be fought between the two, and their allies on both sides. This Third World War is still to come, and recent events show us that it is not far off.



マッツィーニへのパイクの手紙

短い時間の間、マッツィーニへのパイクの手紙がロンドンの大英博物館ライブラリのディスプレイの上にあったことは一般的に信じられた誤った考えであり、それはウィリアムガイカー(ロイヤルカナディアンの海軍の前の諜報部員)によってコピーされた。

大英図書館は、そのような文書が一度もそれらの所有であったことがないことを私に手紙で知らせて立証した。

さらに、カーの本(サタン、この世界のプリンス)中に、カーは以下の脚注を含む:

「原稿の管理者は最近、この手紙が大英博物館ライブラリでカタログに載せられなかった、ことを作者に知らせた」。

主要なロドリゲスの知識の人が、それが1925インチであったと言うべきであったことは奇妙であるようである。

初公開されたフリーメーソンのミステリーを書いたサンチアゴ、チリの主要なカロドリゲスからのこの手紙について、カーが学んだようである。

今までのところ、この手紙がこれまで書かれたことを示すために、どの決定的な証拠も存在していない。

それにもかかわらず、手紙が広く引用されることおよび多くの議論のトピック。

どのように3回の世界大戦が多くの世代間で計画されているかを示して、以下は見たところ手紙の抜粋である。

「第一次世界大戦は、啓蒙主義者が、ロシアの皇帝の、そしてその国を無神論の共産主義の要塞にすることのパワーを倒すことを許すために引き起こされなければならない」。

大英とドイツ帝国の間で啓蒙主義者の「agentur」(エージェント)によって起こされた分岐は、この戦争を助長するために使われるであろう。

「終戦に、共産主義は、他の政府を破壊するためと宗派を弱めるために築かれて、使われるであろう」。

2

歴史学の学生は、1871から1898の間でオットー・フォン・ビスマルク、アルバート・パイクの共謀共犯によって鍛造された一面上のイギリスと他のドイツの政治的な同盟が、第一次世界大戦を引き起こすことについて手段となっていたと認めるであろう。

「第二次世界大戦は、ファシストと政治的なシオニストの違いを利用することによって助長されなければならない」。

ナチズムが破壊されるように、この戦争は引き起こされなければならず、政治的なシオニズムが、パレスチナでイスラエルの主権国家を設立するのに十分に強いであろう。

「第二次世界大戦の間に、国際的な共産主義は、全キリスト教国を釣り合わせるために十分に強くならなければならない(それは、私達が最終的な社会的な大変動のためにそれが必要であろう時間までチェックにおいてその時、制限されて持たれているであろう)」。

3

この第二次世界大戦の後に、共産主義は、より弱い政府を引き継ぎはじめるのに十分に強くされた。

1945年に、トルーマン、チャーチル、およびスターリンの間のポツダム会談で、ヨーロッパの大きな一部はロシアに単にわたされて、世界の反対の側で、日本との戦争の余波は、中国の中に共産主義を植え込むことに役立っていた。

(用語ナチズムとシオニズムが1871において知られていなかったと主張する読者は、啓蒙主義者が両方のこれらのムーブメントを発明したことを覚えているべきである。)

さらに、イデオロギーとしての、そして鋳造されたフレーズとしての共産主義は革命の間にフランスから起こる。

1785において、革命が起こる4年前に、Restifはフレーズを鋳造した。

落ち着きがなく、バブーフは、次々ルソーに影響された- すべてそれらの中で最も有名な共謀者であった アダムワイスハウプトとして。)

政治的なシオニストの間の「啓蒙主義者」の「第三世界戦争は、イスラムとシオニズムに起こされた違いを利用することによって助長されなければならない」エージェントおよびイスラム世界のリーダー。

戦争は、イスラム教(イスラム教アラブ人世界)と政治的なシオニズム(イスラエル国)が相互に互いを破壊するそのような方法で実施されなければならない。

その間、野蛮さおよびとても血まみれの騒動の他の国家起源〈この問題において再び分割されて、完全なフィジカル、およびモラルのポイントに戦うために強制されて、スピリチュアルで、経済的なexhaustion…私たちがニヒリストと無神論者を解放することとし、私達が、すべてのその恐怖において絶対の無神論の国家効果にはっきりと示す恐るべき社会的な大変動を扇動しよう〉。

そしてどこでも、市民は、革命家の世界少数に対して自身で防御することを義務づけられて、文明と公的な眺めにおいて最終的に外に至って、キリスト教(その神論の気分はその瞬間から理想を心配している羅針盤または方向なしでであるであろうけれどもどこでその崇拝をするかを知らずに、明けの明星の純粋な主義の一般的な明示を通して真実のライトを受け取るであろう)に幻滅した大衆のそれらの破壊者を根絶するであろう。

「この明示は、同時に征服されて、根絶されたキリスト教と無神論の破壊に続くであろう一般的な反動的な動きに起因するであろう」。

4

2001年9月11日のテロリストの攻撃、世界の出来事以来、そして特に中東で、現代シオニズムとアラブ人世界の間で増大する不安と不安定さを示しなさい。

これは完全に、第三世界戦争が両側の上の両者と彼らの同盟者の間で戦われる呼び出しと一致している。

この第三世界戦争はまだ、来ることであり、最近の出来事は、それが遠く離れていないことを私達に知らせる。





http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hap/_floorB1F_ap.html


ヘブライの館(THE HEXAGON)

WWW⇒ http://www02.so-net.or.jp/~inri2039



アルバート・パイクの“予言”


アルバート・パイク (1809~1891年)

「黒い教皇」と呼ばれていた


 

■■謎の男、アルバート・パイク




弁護士、詩人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった。(彼は「KKK」の創始者でもある)。




彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には、予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた。


それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」と書かれていた。


 





  ■■アルバート・パイクの“予言” (未来計画)




この手紙の内容をもっと詳細に紹介すると、

次のような恐るべき“未来計画”が書かれていたのである。





 第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」


第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」


第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」


「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」



■■「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」




この手紙が書かれたのは1871年8月15日。この時、まだ第一次世界大戦(1914年勃発)も、第二次世界大戦(1939年勃発)も起こっていなかった。


この手紙の中に書かれている「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、第二次世界大戦の構図をはっきりと捉えていることが分かる。


一番不気味なのは、中東での戦争を引き金にして「第三次世界大戦」の勃発を予想している点であろう。


 





アルバート・パイク


 


もちろん、当館はこのアルバート・パイクの“予言”を、そのまま信じるつもりはない。念のため。


しかし、「予言は当たるものではなく、当てるものだ」という言葉がある。もしそのような考えのもとでイスラエルが中東に(強引に)建国されたのだとしたら恐ろしい話である…… (そうでないことを祈りたい)


ちなみに、日本で「サリン事件」を起こした某教団は、自作自演のハルマゲドンを起こすことで、自分たちの「予言」を実現させようとしたことで知られている。彼らも「予言は当たるものではなく、当てるものだ」という考えを持っていたようである……


 


 


 



毒ガスも使うか?サダムも真っ青・・。


Updated: 07/23/2006 04:33:27

Israelis Adopt Poison Gas “Fashion”

If Wayne Madsen’s sources are correct, the Israelis are now using poison gas against the “uncivilized tribes” of Lebanon. “According to a former U.S. weapons expert who served in Iraq, the artillery shell in a photo taken in Lebanon is a chemical weapon delivery device.


It is being handled by an Israeli Defense Force soldier and Hebrew lettering can be clearly seen on the armored vehicle. Another chemical weapons shell of the same type can be seen lying on the ground to the right. It is not known what type of chemical is in the chemical canister, however, gas dropped by the Israelis in villages in southern Lebanon has resulted in severe vomiting among the civilian population” Continue


更新:

07/23/2006 04:33:27

イスラエル人は毒ガス「流行」を採用する。

ウエイン・マドセンのソースが正しいならば、イスラエル人はレバノンの「未開の種族」に対して現在毒ガスを使っている。

「イラクで勤務していた前の米国の武器エキスパートに一致して、レバノンでとられた写真の中の大砲の弾は化学兵器配達機器である」。

それはイスラエルの防衛軍兵士によって処理されていて、レタリングしているヘブライ人ははっきりと装甲車の上で見られることができる。

同じタイプの別の化学兵器シェルは右にグラウンドに横たわるのを見られることができる。

「しかしどんなタイプの化学薬品が化学の缶の中にあるかは知られていなく、南のレバノンの村のイスラエル人によって落とされたガスは民間人の間で厳しい吐きを結果として生じていた」は続いている。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年7月22日

                           山本尚利

タイトル: 日経スクープ:昭和天皇はなぜ靖国参拝を中止されたか



1.昭和天皇靖国発言メモ公表の狙い

 2006年7月20日、日経新聞に昭和天皇が、生前1988年、靖国神社に1978年、A級戦犯が合祀

されたことに不快感を示されていたとのメモ、すなわち元宮内庁長官であった富田氏の私的

メモが発見されたというスクープ記事が載りました。筆者は、昭和天皇にそのようなご意向

があったことは前々から、ネット情報で知っていました。今回、それを裏付ける証拠が発見

されたことになります。事実、A級戦犯合祀後、30年近く、昭和天皇も、平成天皇も靖国神社

を参拝されていないのは紛れもない事実です。多くの日本国民はこのニュースに接して『や

っぱりそうだったのか』と脳裏に強くインプットされました。このインプットは容易に覆る

ことはないでしょう。平成天皇が国民に向かって明快にこのメモを否定されない限

り・・・。筆者は、この記事を見たとたんに、この時期にこのニュースが、読売新聞でもな

く、朝日新聞でもなく、なんと日経新聞から出されたことに重大な意味があると直感しまし

た。要するに、大手新聞各社が事前にウラ協議して、日経がスクープすることに決めたもの

と推測されます。タイミングをみて極めて計画的に報道されたものでしょう。平成天皇も非

公式に富田メモ公表を了解されていたのかもしれません。

 この記事は、明らかに小泉陣営に不利な、極めて政治的な記事です。なぜなら、小泉首相

はすでに、来月8月15日に靖国参拝を決行することをほのめかしているからです。もし、小泉

首相が来月8月15日に靖国参拝を決行すれば、今度ばかりは天皇の意志に逆らって参拝してい

る印象を、国民どころか、中国、韓国を含む全世界に与えてしまいます。ところで筆者は

前々から、日経新聞は、小泉政権の規制緩和政策を支持していた親小泉派の新聞であると筆

者は理解していましたから、このスクープをきっかけに日経は大きく舵を切ったようにみえ

ます。

 さて、このニュースを受けて、靖国参拝に関して、小泉首相には二つのオプションが生ま

れます。(1)この記事に乗っかって、来月の靖国参拝を中止する。(2)このニュースを

無視して靖国参拝を強行する。

 本ニュースのリリース直後、小泉首相は、自分の靖国参拝決行は、このニュースに影響さ

れないと言い切りました。つまり、小泉首相は今のところ、オプション(2)を表明してい

ます。靖国神社は戦前の天皇制と密接に関係している特別な神社であるにもかかわらず、小

泉首相は、日本国首相の靖国参拝が天皇の意志に影響されないと表明したに等しい。天皇が

参拝を控えているこの特別な神社になぜ、日本国首相が公式参拝できるのか。小泉首相は、

それを心の問題であると釈明しています。しかし、これは子供だましのロジックです。心の

問題だったら、あえて公式参拝せず、首相官邸の中で、靖国に向かって手を合わせればすむ

話ですから・・・。



2.なぜ日経新聞のスクープなのか

 天皇制や靖国問題のからむこの政治的ニュースがなぜ、経済専門紙である日経のスクープ

なのか。日本国民誰もが抱く素朴な疑問です。そこで、MOT(技術経営)シナリオ論を応用し

て、筆者の推論を展開します。まず、筆者の基本的持論は『日本の政官財はすでに、米国覇

権主義者に支配されている』というものです。次に、米国覇権主義者は、双頭の鷲の構造を

もっているとみています。(注1)双頭の鷲とは、軍事・エネルギー覇権主義者と国際金融覇

権主義者を指します。さらに、上記、米国覇権主義者は、欧州寡頭勢力の意向を無視できな

いと考えます。

 日本国の小泉政権は、日本国民の意向ではなく、米国覇権主義者の意向に忠実な日本国政

権であり、日経新聞も米国覇権主義者のシンパであると筆者はみなしています。

 この持論から、今回の日経新聞のスクープ記事は必ずしも、中国との外交復活を望む日本

の財界や、政界の反小泉派の意向ではないと筆者は推定します。多少の影響はあるでしょう

が・・・。

 筆者の見方は、今回の日経スクープは、日本を支配する米国覇権主義者の軍事・エネルギ

ー覇権主義者と国際金融覇権主義者の間で繰り広げられるアジア利権バトルの一端であると

いうものです。

 米国覇権主義者に支配されるブッシュ政権は、ビルダーバーグ・オタワ会議直後、2006年6

月中旬、ゴールドマンサックス出身のヘンリー・ポールソン(中国通)の入閣をきっかけに、

覇権構造が微妙に変化したと筆者はみています。(注2)すなわち、ブッシュ政権は、軍事・

エネルギー覇権主導から、国際金融覇権主導にバトンタッチされた。もちろん、軍事・エネル

ギー覇権がブッシュ政権から撤退するのではなく、相対的におとなしくなるという意味で

す。それに伴い、ブッシュ政権におけるイラン戦略の優先度が下がりました。そこで、あせ

ったイスラエル軍部が、ブッシュ政権を中東から逃がさないようレバノン攻撃を始めたとみ

ています。ブッシュ政権が国際金融覇権主導に交替したことを察知した日経新聞は、もはや

小泉首相の靖国参拝を支持する必要はなくなったのでしょう。なぜなら、小泉首相の靖国参

拝は、もともと、米国の軍事・エネルギー覇権主義者に媚びるための挑発行動だったからで

す。そのためか、主力新聞のうち、米国の軍事・エネルギー覇主義者に強いコネをもつ産経新

聞のみ、富田メモ公表以降も、小泉首相の靖国参拝を頑固に支持しています。



3.福田氏出馬見送りのインパクト

 筆者は、ライブドア事件の後、2006年5月時点で、ポスト小泉は、福田康夫氏の自民党総裁

誕生シナリオではないかと読んでいました。(注3)ただし、首相ポストは超党派で、小沢

一郎総理大臣誕生シナリオを予想していました。なぜなら、米国覇権主義者はポスト小泉と

して安倍晋三氏は念頭にないと読んでいたからです。米国指導者からみて、安倍氏がどれほ

ど日本で人気があろうと、米国覇権主義者のモノサシで、彼は米国の傀儡政治家として評価

されないと筆者は、16年半のSRI経験からみています。端的に言えば、安倍氏は育ちが良すぎ

てワルの才能がないようにみえるからです。したがって、ライブドア事件前まで、米国覇権

主義者は、日本国の次期首相を若手にするなら、安倍晋三氏より竹中平蔵氏を希望している

と筆者は予想していました。(注4)ところが、ライブドア事件後、堀江氏を支援した竹中

氏の国民人気は急落しました。そのせいで、現在では若手政治家のなかで、竹中氏は、安倍

氏に比べて日本で、あまりに人気がなくなりました。そこで、ブッシュ政権の軍事・エネルギ

ー覇権系閣僚は、竹中氏を見限って、一時、福田氏に期待したはずです。(注3)

 ところが、福田氏は70歳という年齢のせいか、自民党総裁への野心は弱くなっているよう

で、2006年7月21日、ポスト小泉の総裁選への出馬見送りを表明しました。

 ところで上記、日経新聞のスクープの狙いは何だったのでしょう。まず想定されるのは

(1)アジア外交の修復を期待して、アジア協調派の福田氏を、靖国参拝派の安倍氏の対立

候補として強力にサポートする効果を狙った。もうひとつは(2)福田氏の出馬見送りを予

想して、ポスト小泉の本命、安倍氏にアジア外交路線変更を迫る効果を狙った。

 ちなみに、福田氏が日経スクープの直後に、総裁選への出馬見送りを発表したのは、

(1)の狙いがあまりに重圧となったせいではないでしょうか。



4.ミヤウチとナベツネの場外バトル

 さて政治にフィクサーはつきものです。ライブドア事件、村上ファンド事件の摘発によっ

て、小泉政権のフィクサーは、オリックスの宮内義彦氏であることが、すでに世間に露呈し

ています。一方、日本には、宮内氏の天敵が存在します。その代表が、読売グループの渡邊

恒雄氏です。現在、村上ファンド事件や福井日銀総裁スキャンダルで、宮内氏が窮地に追い

込まれていますが、渡邊氏はシテヤッタリと笑いが止まらないでしょう。今回の日経スクー

プも、読売の渡邊氏が日経トップを口説いたのかもしれません。渡邊氏は読売オーナーであ

った正力松太郎氏の子飼いとして有名です。ところが、正力松太郎氏はなんと、CIAの秘密エ

ージェントのひとりであったことが米国公文書館の資料分析から判明しています。(注5)今

回の日経スクープに渡邊氏が関与していたならば、矛盾が生じます。CIAは、軍事・エネルギ

ー覇権の支配下にありますから、小泉首相の靖国参拝を阻止することはないはずです。しか

しながら、今回の日経スクープは渡邊氏の関与があったのではないかと感じられます。もし

そうならば、渡邊氏は必ずしも米国の伝統的な軍事・エネルギー覇権主義者のみに支配され

ているのではないのかもしれません。今のところ、新参者の宮内氏を蹴散らして、復権しつ

つあるようにみえます。



注1:ベンチャー革命No.150『双頭の鷲:北朝鮮経済制裁とライブドアの関連性』2005年2月19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr150.htm


注2:ベンチャー革命No.193『福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ』2006年6月21日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr199.htm


注3:ベンチャー革命No.193『自民党次期総裁は福田氏?』2006年5月14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr193.htm


注4:ベンチャー革命No.183『ポスト小泉を占う』2006年1月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr183.htm


注5:週刊新潮2006年2月16日号、

【特別読物】CIA「政界裏工作」ファイル発見!ポダムと呼ばれた「正力松太郎」 早稲田大

学教授 有馬哲夫



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

イスラエル兵2人の誘拐に対してレバノン人(民間人)300人以上虐殺・。


World Sick Of

US Media's Double Standard

By Paul Craig Roberts

7-20-6




A handful of Neocons are instigating a wider war. Will Americans join Iraqis, Lebanese, and Palestinians as neocon victims?



What explains the indifference of the Bush administration to the slaughter of civilians in Iraq, Lebanon, and Gaza?



As of the morning of July 19, Israeli bombardments of Lebanese civilian residential districts and public infrastructure have murdered 300 Lebanese, wounded 1,000, and displaced 500,000. The Lebanese prime minister said that Israel's attack has caused "unimaginable losses" and that his government will seek compensation from Israel.



In Gaza, Israel has murdered scores of Palestinian civilians in the past few days.



In Iraq, the civilian daily death toll has risen above 100.



These dead are not Hezbollah militia. They are not Hamas militia. They are not al-Qaeda or Sunni insurgents. They are civilians.



Frustrated by Hezbollah, Israel is lashing out at hapless civilians, knowing that the U.S. will protect Israel from UN Security Council condemnation.



Frustrated by Sunni insurgents, the U.S. has instigated sectarian strife.



Bush has stonewalled the UN, our European allies, and the Lebanese prime minister, all of whom are calling and pleading for Bush to pressure the Israelis to stop their cowardly slaughter from the air of Lebanese civilians.



The Guardian reports that Bush gave Israel the green light to attack Lebanon and has given Olmert another week to pound Lebanon.



U.S. Secretary of State Condi Rice has announced that she will go to the Middle East to resolve "the crisis" when it is appropriate. Apparently, the appropriate time is not when people are dying and a country, which had only just recovered from the last Israeli invasion, is again being bombed into rubble.



How many more war crimes must Israel commit before Bush and Condi Rice put aside their indifference?



On July 19, the Israelis turned their air attack on the Christian area of Beirut. The Lebanese Christians can thank the American evangelical Rev. John Hagee, who has thrown his 18,000 member Texas church behind Israeli aggression.



Bush cannot claim public support for his indifference.



As of noon July 19, 800,000 people had participated in CNN's Quick Vote, with the result that 55 percent oppose Israel's attack on Lebanon. This result is despite the fact that U.S. television reporting explains the news from the Israeli perspective.



Similarly, in Israel a survey published by Israeli daily newspaper Yedioth Ahronoth showed 53 percent of Israelis polled said Israel should hold negotiations to secure the release of the Israeli soldier captured in Gaza, while 43 percent backed a military operation.



A poll taken by the Israeli newspaper Ha'aretz reports that 28 percent of Israelis believe Israel should immediately stop bombing Lebanon, compared to 7 percent who believe that the bombing should continue until the captured soldiers are freed, and 14 percent who believe bombing should continue until Lebanon agrees to disarm Hezbollah a task that Israel's invasion has made more impossible than ever.



If these polls are reliable, one can conclude that the U.S. and Israeli populations are more moral, and more concerned with human life, than are the leaders of the two countries.



Neither can Bush claim that he is supporting Israel because he is Israel's friend. If Bush were Israel's friend, he would not have given a green light to Israel's aggression, which will create more hatred of Israel.



As a number of Israeli writers have pointed out, Israel has shown tooth and claw to its Arab neighbors for decades to no avail.



Writing in Ha'aretz, Yitzhak Laor notes that Israel's problems are not the result of insufficient bombing and destruction of Arab populations. Yet, once again Israeli militants are "enlarging the circle of hostilities, including harming civilians. What Israel's 'strategists' have to offer is the destruction of yet another country."



Laor says the Americans can do this in Iraq with less consequence for themselves, because "the Americans do not intend to live in this region." Israelis cannot afford to show only tooth and claw to their neighbors, because "we do live here."



It sometimes seems Bush goes beyond indifference to contentment with the slaughter of Muslim civilians. Bush has even come across as gleeful as if he is on a dove hunt in a baited Texas field where joy resides in the killing of countless birds.



Many Muslims believe that Bush and Israel see them as animals to be slain. On July 17, neocon John Bolton, Bush's unconfirmed ambassador to the UN, gave credence to this Muslim belief when he announced that Israelis killed by terrorists were more important than the Lebanese civilians killed by Israel. Bolton said that there is no "moral equivalence" between Lebanese civilians killed by Israel and Israeli civilians killed by Muslim terrorists: "It's simply not the same thing to say that it's the same act to deliberately target innocent civilians, to desire their deaths, to fire rockets and use explosive devices or kidnapping versus the sad and highly unfortunate consequences of self-defense."



In Bolton's sick mind, Lebanese civilians are not experiencing terrorism when Israel deliberately targets them and drops high explosives on their apartment buildings, streets, bridges, and power plants, and bombs the Beirut International Airport. This, says Bolton, is Israel acting in self-defense.



If Israel grabs Palestinian or Lebanese land and murders civilians, that is "self-defense," but if someone responds to Israeli aggression with a rocket, that is "Muslim terrorism."



The world is sick of this double-standard. Unfortunately, not enough Americans and Israelis are.



Consequently, conflict will continue and escalate. Laor writes that "the director of the American Jewish Committee's Israel/Middle East Office, Eran Lerman, is already recommending going to war against Syria."



And so are the American neoconservatives who control the Bush administration, Washington think tanks, and media positions once held by true American conservatives.



Isolated in their evil, the neoconservatives are frantically and shrilly demanding that Bush join Israel in military attacks on Syria and Iran in order to "build democracy" and to clear the Middle East of any opposition to Israel's unbridled self-interest. The crazed David Horowitz writes that "Israel is doing the work of the rest of the civilized world."



Neoconservatives believe that the U.S. and Israel can extirpate Islam with fire and sword and that the present opportunity to escalate the current conflict into generalized war in the Middle East must not be missed.



Neocon warmongers have stolen the conservative name, the Republican Party, and a portion of the evangelical movement.



Are Americans too inattentive and too brainwashed to prevent their moronic president and his neocon government from initiating a dangerous war?



-------



Dr. Roberts is John M. Olin Fellow at the Institute for Political Economy and Research Fellow at the Independent Institute. He is a former associate editor of the Wall Street Journal and a former assistant secretary of the U.S. Treasury. He is the co-author of The Tyranny of Good Intentions.





世界病人

米国メディアの二重標準

ポール・クレイグ・ロバーツによって

7-20-6

一握りの新保守主義者はより広い戦争を扇動している。

アメリカ人は新保守主義者の犠牲者としてイラク人、レバノン人、およびパレスチナ人に参加するであろうか?

何がブッシュ政権の無関心をイラク、レバノン、およびガザの民間人の屠殺に説明するか?

7月19日の朝現在、レバノンの民間の住宅区域と公的なインフラストラクチャーのイスラエルの砲撃は300人のレバノン人を殺し、1,000を傷つけて、500,000に取って代わった。

レバノンの総理大臣は、イスラエルの攻撃が「想像できない損失」を起こし、彼の政府がイスラエルから補償を求めるであろうと言った。

ガザで、ユダヤ人は過去の数日での多数のパレスチナの民間人を殺した。

イラクで、民間の毎日の死亡者数は100以上上がった。

これらの死者はヒズボラ民兵組織ではない。

彼らはハマス民兵組織ではない。

彼らはアルカイダまたはスンニ派の反乱者ではない。

彼らは民間人である。

ヒズボラによってイライラして、イスラエルは、米国がUN安全保障理事会非難からイスラエルを保護するであろうと知っていて、不運な民間人を激しく非難している。

スンニ派反乱者によってイライラして、米国は宗派の紛争を扇動した。

ブッシュは国連、私達のヨーロッパ同盟者とレバノンの総理大臣を妨害した(それのすべては、レバノンの民間人の空気から彼らの臆病な屠殺を妨げることをイスラエル人に強いるために訪問し、ブッシュを弁護している)。

保護者は、レバノンを攻撃するために、ブッシュがイスラエルに許可を与えたことを報告し、レバノンを強く打つためにもう一週間Olmertを与えた。

米国の国務長官Condi Riceは、それが適切な時に、彼女が、「危機」と決めるために中東に行くであろうということを発表した。

見たところ、適切な時間は、人々が死んでいる時とちょうど最後のイスラエルの侵略から回復した国が再び瓦礫の中に爆撃されていることではない。

ブッシュとCondi米がそれらの無関心をわきへ置く前に、イスラエルはいくつのより多くの戦争犯罪を犯さなければならないか?

7月19日に、イスラエル人は彼らの空襲をベイルートのキリスト教エリアの上に向けた。

レバノンのキリスト教徒は、イスラエルの侵略の後ろのテキサス教会を彼の18,000人のメンバーに投げたアメリカ福音主義者Rev.ジョンHageeに感謝することができる。

ブッシュは彼の無関心への公的な支持を主張することができない。

正午7月19日現在、800,000人の人々がCNNの迅速な票に参加したし、従って55パーセントがレバノンへのイスラエルの攻撃に反対する。

この結果は、米国テレビ報告がイスラエルのパースペクティブからニュースを説明するという事実にもかかわらずである。

同様にイスラエルで、イスラエルの日刊新聞Yedioth Ahronothによって出版された調査は、投票されたイスラエル人の53パーセントが、イスラエルが、43パーセントが軍事行動を支える間ガザで捕らえられたイスラエルの兵士のリリースを確保するために交渉を保持するべきであると言ったのを示した。

これらの投票が信頼できるならば、人は、米国とイスラエル人の人口が、より道徳的で、人命に、2か国のリーダーがそうであるより関係していると断定することができる。

また、彼がイスラエルの友人であるので、彼がイスラエルをサポートしているというブッシュ主張はできる。

ブッシュがイスラエルの友人であったならば、彼は青信号をイスラエルの侵略に与えなかったであろう(それはイスラエルに対するより多くの憎悪を引き起こすであろう)。

多くのイスラエルの作家が示した時に、イスラエルは無益に数十年の間そのアラブ隣人に歯と鈎爪を示す。

Ha'aretz、イツハクのLaorにおけるライティングは、イスラエルの問題が不十分な爆撃の結果とアラブ人口の破壊ではないことに注意する。

それでも、もう一度イスラエルの武装勢力は、「民間人を傷つけるのを含めて、交戦状態の円を拡大している」。

「イスラエルの‘策士が、’提供する必要があるものはまた別の国の破壊である」。

Laorは、「アメリカ人は、この地域に住むつもりでない」のため、アメリカ人が自身のためにより少ない結果によってイラクでこれをすることができると言う。

「私達はここで生きる」のため、イスラエル人は、彼らの隣人に歯と鈎爪だけを示す余裕がない。

時々、ブッシュがイスラム教民間人の屠殺によって満足への無関心を越えるようである。

彼が、喜びが無数の鳥の殺害にあるいじめられたテキサスフィールドでの鳩狩猟にいるかのように、陽気であるように、ブッシュは約束を果たしさえした。

多くのイスラム教徒は、ブッシュとイスラエルが彼らを、殺害される動物と考えると信じる。

7月17日に、彼が、テロリストによって殺されたイスラエル人がイスラエルによって殺されたレバノンの民間人より重要であったことを発表した時に、新保守主義者のジョン・ボルトン(国連へのブッシュの未確認の代理)はこのイスラム教信念を信用した。

ボルトンは、イスラエルによって殺されたレバノンの民間人とイスラム教テロリストによって殺されたイスラエルの民間人の間に「道徳的な等価」があると言った:

「意図的に無実の民間人を目標とするため、彼らの死を要求するため、ロケットを発射し、爆破装置または誘拐対自衛の悲しく、非常に不運な結果を使うために、同じが作動することがあるのは、言うことは単に同じでない事である」。

ボルトンの病んだ精神において、イスラエルが意図的に彼らを目標とし、高性能爆薬を彼らのアパート、通り、橋、および発電所に落とし、ベイルート国際空港を爆撃する時に、レバノンの民間人はテロを経験していない。

ボルトンは、これは正当防衛として行動しているイスラエルであると言う。

ユダヤ人がパレスチナのまたはレバノンの土地をつかみ、民間人を殺すならば、それは「自衛」であるけれども、誰かがロケットによってイスラエルの侵略に応じるならば、それは「イスラム教テロ」である。

世界はこの二重標準にうんざりしている。

あいにく、十分でないアメリカ人とイスラエル人はそうである。

その結果、衝突は続き、エスカレートするであろう。

Laorは、「アメリカユダヤ人の委員会のイスラエル/中東オフィス、Eranレルマンのディレクターは、すでに、シリアに対して戦争しようとしているように勧めている」と書く。

そして、一度真実のアメリカ保守主義者によって保持されたブッシュ政権、ワシントンシンクタンク、およびメディアポジションをコントロールするアメリカ新保守主義派もそうである。

それらの悪において分離されて、新保守主義派は、「民主主義を築く」ためとイスラエルの抑制のない利己主義へのどのような反対でも中東から取り除くために、ブッシュがシリアとイランへの軍隊の攻撃についてイスラエルに加入することを半狂乱で、甲高く要求している。

発狂したデイビッド・ホロヴィッツは、「イスラエルは文明世界の残りの仕事をしている」と書く。

新保守主義派は、米国とイスラエルが火と剣によってイスラム教を根絶することができて、中東の一般化した戦争の中に現在の衝突をエスカレートさせる現在の機会が逃されてはならないと信じる。

新保守主義者の戦争挑発者は福音の動きの保守的な名前、共和党、および部分を盗んだ。

アメリカ人は無頓着すぎるか?そして、彼らのばかみたいな大統領と彼の新保守主義者の政府が危険な戦争を開始することを妨げるには意識改革しすぎるか?

-------

ロバーツ博士は政治経済学のための研究所のジョンM.Olin仲間と独立な研究所の研究仲間である。

彼はウォールストリート・ジャーナルの前の共同編集者と米財務省の前の次官補である。

彼は好意の専制政治の共著者である。





Bush far from neutral player in Mideast


By HELEN THOMAS

HEARST NEWSPAPERS


WASHINGTON -- President Bush has abdicated the United States' role as an honest broker in the Middle East crisis exploding on two fronts, Lebanon and Palestine.


In failing to call for a U.N-sponsored cease-fire between Hezbollah and Israel, Bush has lost his credentials as a neutral player.


In the Arab world, he is viewed as a cheerleader for the Israeli side, not a cheerleader for peace.


A newcomer to the problems of the Middle East, Bush told reporters Tuesday that the root cause of Middle East strife was Hezbollah.


Anyone with knowledge of the region knows most of the problems stem from the nearly 60-year-old Palestinian issue.


While the Arab-Israeli problem has festered, the president has been absorbed with the disastrous U.S. occupation of Iraq.


Bush has gone along with the Israelis in isolating the democratically elected Hamas government in Palestine, which Israel deprives of its tax revenues.


Furthermore, the Bush administration raised no objection when Israel seized and arrested more than two dozen elected Hamas officials in retaliation for a Palestinian guerrilla attack on an Israeli army base and the kidnapping of two soldiers.


Israel also destroyed the only energy plant in Gaza, leaving thousands of Palestinians without electricity.


Against that background, the current issue is more than two Israeli soldiers getting kidnapped by Hezbollah.


In past Middle East conflicts, the president of the United States has always called for a truce as a first step to end hostilities and start peace talks. And past presidents often have dispatched dispassionate mediators to the area.


But Bush has distinguished himself with a tepid call for "restraint," although he is contemplating sending Secretary of State Condoleezza Rice as an emissary.


The U.S. has been standing by during the bombardment of Lebanon's infrastructure -- commercial airport and ports and highways.


During last weekend's siege of Lebanon, a tearful Lebanese Prime Minister Fuad Siniora begged Bush to call for a cease-fire, but to no avail.


No presidential predecessor would have turned down such an appeal. It's no surprise that the terms proposed by the United States to end the current hostilities are the same terms as Israel's.


Meantime, both sides are taking a severe civilian toll.


For Lebanon it's been d駛・vu all over again, reminiscent of the Israeli invasion in 1982.


On the other front, Bush has made a mockery of the U.S. stated intention of spreading democracy in the Middle East. There was a free and democratic election in Palestine and Hamas won, a fact of life that has greatly pained the Bush administration.


It was a victory the U.S. and Israel refused to acknowledge on grounds that the Palestinians did not recognize Israel's right to exist.


It's a two-way street. Israel should recognize the Palestinians' right to exist within their pre-1967 war borders. Then we will see a final peace settlement.


Meantime, Israel is unilaterally defining its borders. It has also built a wall, much on Palestinian land, and expanded its settlements on the West Bank. The Palestinians continue to be subjected to daily humiliations under Israeli occupation.


The Bush administration likes to brag that it has in its hip pocket the authoritarian leaders of Jordan, Egypt and Saudi Arabia who also want to rein in the militant Hezbollah.


By failing to intervene and play its traditional role of peacemaker, however, the U.S. has lost the great esteem it once commanded with all the people in the Middle East.


Helen Thomas is a columnist for Hearst Newspapers. E-mail: helent@hearstdc.com
. Copyright 2006 Hearst Newspapers.


中東のニュートラルなプレーヤーから遠いブッシュ

ヘレン・トーマスによって

ハースト・ニュースペーパーズ

ワシントン--ブッシュ大統領は2つの正面、レバノン、およびパレスチナの上で爆発している中東危機において公平な仲裁者としての米国の役割を退位した。

ヒズボラとイスラエルの間でU.N後援された停戦を要求することに失敗することにおいて、ブッシュはニュートラルなプレーヤーとして彼の信任状をなくした。

アラブ世界で、彼は平和のためのチアリーダーではなくイスラエルの側のためのチアリーダーとみなされる。

中東の問題への新来者、ブッシュはレポーターに、中東紛争の根本原因がヒズボラであったと火曜日に言った。

地域に関する知識を持つ誰でも、問題のほとんどが約60歳のパレスチナの問題から生じると知っている。

アラブイスラエル人問題がただれたのに対して、大統領はイラクの悲惨な米国の占領によって没頭している。

ブッシュは、パレスチナで民主的に選挙で選ばれたハマス政府を分離することにおけるイスラエル人と一緒に行った(イスラエルはその税収をそれから奪う)。

さらに、イスラエルがイスラエルの陸軍基地へのパレスチナのゲリラの攻撃と2人の兵士の誘拐に対する報復として2ダースより多くの選ばれたハマス役員をつかみ、逮捕した時に、ブッシュ政権は反対を全然唱えなかった。

電気なしで数千人のパレスチナ人と別れて、イスラエルはまたガザで唯一のエネルギープラントを破壊した。

その背景を背景として、最新号はヒズボラによって誘拐される2人を超えるイスラエルの兵士である。

過去の中東衝突において、米国の大統領は、交戦状態を終えて、和平会議を始める最初のステップとしていつも停戦を要求していた。

そして、元大統領はしばしば冷静な調停者をエリアに派遣した。

しかし、彼が、使者として国務長官コンドリーザ・ライスを行かせるのを予期しているけれども、ブッシュは「抑制」のためのなまぬるい呼び出しによって目立っていた。

米国はレバノンのインフラストラクチャーの砲撃の間に待機していた--商業用の空港とポートとハイウェー。

レバノンのこの前の週末の包囲攻撃の間に、涙ぐんだレバノンの総理大臣ファードSinioraはブッシュに、停戦を要求するように頼んだけれども、無益であった。

どの大統領の前任者もそのような訴えを拒絶しなかったであろう。

現在の交戦状態を終えるために米国によって提案された条件がイスラエルのと同じ用語であることは全然驚きではない。

その間、両側は厳しい民間の犠牲を出している。

レバノンのために、それは、1982年にイスラエルの侵略を思い出させていてもう一度d駛・vuであった。

他の正面の上で、ブッシュは、米国のあざけりを、中東で民主主義を広める述べられた意図にした。

パレスチナとハマスのウォン(大いにブッシュ政権に苦痛を与えた紛れもない事実)において、自由で、民主主義の選挙があった。

米国とイスラエルが、パレスチナ人が、存在するイスラエルの権利を認めていなかったとグラウンドの上で認めることを断ったことは勝利であった。

それは双方向の通りである。

イスラエルは、彼らのpre-1967戦争境界の中に存在するパレスチナ人の権利を認めるべきである。

そして、私達は最終的な和平調停を見る。

その間、イスラエルはその境界を一方的に定義している。

それはパレスチナの土地の多く上でまた壁を築き、ヨルダン川西岸地区の上でその決着を拡張した。

パレスチナ人は、イスラエルの占領の下で毎日の屈辱を味あわせられ続ける。

ブッシュ政権は、それが、また、戦闘的なヒズボラの手綱を締めたいヨルダン、エジプト、およびサウジアラビアの独裁的指導者をその尻ポケットの中に持っていることを自慢することが好きである。

しかし、介在し、調停者のその伝統的な役割を果たすことに失敗することによって、米国は、それが一度中東のすべての人々と集めていた大きな尊敬を失った。

ヘレン・トーマスはハースト・ニュースペーパーズのためのコラムニストである。

電子メール:

helent@hearstdc.com
.

2006年、ハースト・ニュースペーパーズを著作権で保護しなさい。




ガーター騎士団

List of the Knights of the Garter


Contents


Knights
of the Garter, 1348-present


The dates are those of appointment or nomination (app), or investiture or installation (inv).
  • 1 (inv 1348) Edward, Prince of Wales (Founder). Known since 1569 as the "Black Prince." The hero of the battles of Crécy and Poitiers. He died in his father's lifetime.

  • 2 (inv 1348) Henry (Plantagenet), styled "of Lancaster" (Founder). Earl of Derby. Afterwards Duke of Lancaster. Served in the wars against the Scots, the Dutch, and French. Admiral of the Fleet and Steward of England.

  • 3 (inv 1348) Thomas (Beauchamp), 3rd Earl of Warwick (Founder). Marshal of England. Fought at the battles of Crécy and Poitiers.

  • 4 (inv 1348) Sir John de Grailly, Vicomte de Benanges et Castillon. Captal (i.e. Governor) de Buch. One of the Founders of the Order. Fought under the Black Prince at Poitiers.

  • 5 (inv 1348) Ralph, 1st Earl of Stafford (Founder). Served in the Scotch and French wars and in important diplomatic missions in European countries.

  • 6 (inv 1348) William (de Montacute), 2nd Earl of Salisbury. One of the Founders of the Order. In the wars of his time he was chiefly distinguished in naval actions. He was the last survivor of the Founders.

  • 7 (inv 1348) Roger (Mortimer), 3rd Earl of March (Founder). Attended the King into France while yet under age and served later in expeditions under John of Gaunt.

  • 8 (inv 1348) Sir John de Lisle, afterwards 1st Lord Lisle de Rougemont. One of the Founders of the Order. Granted a manor at the age of 17 to enable him to serve in the wars, in which he won great fame.

  • 9 (inv 1348) Sir Bartholomew Burghersh (Founder). Served with distinction in the French wars.

  • 10 (inv 1348) Sir John Beauchamp (Founder). Afterwards Lord Beauchamp de Warwick. He carried the Standard Royal at the battle of Crécy Present at the surrender of Calais and the battle of Sluys.

  • 11 (inv 1348) John, 2nd Lord Mohun. One of the Founders of the Order. Served in the wars under the Black Prince.

  • 12 (inv 1348) Sir Hugh Courtenay. One of the Founders of the Order. Served with the King in France.

  • 13 (inv 1348) Sir Thomas Holland (Founder). Afterwards 1st Earl of Kent. Married the "Fair Maid of Kent", widow of the Black Prince. In chief command of the van at the battle of Crécy.

  • 14 (inv 1348) Sir John Grey (Founder). Distinguished in the French wars.

  • 15 (inv 1348) Sir Richard Fitz-Simon (Founder). One of the three who stood over the Black Prince when struck down at the battle of Crécy

  • 16 (inv 1348) Sir Miles Stapleton. One of the Founders of the Order. Fought at the siege of Calais and at the Battle of Crécy.


  • 省略~

  • 829 (app 6.8.1905) Charles Henry (Gordon-Lennox), 7th Duke of Richmond and 2nd Duke of Gordon (1845-1928).

  • 830 (app 4.11.1905, inv 1906) Mutsuhito, Emperor of Japan.

  • 831 (app 7.9.1906) Prince Frederick, Grand-Duke of Baden.

  • 832 (27.9.1906) Charles Robert (Wynn-Carrington), 1st Earl Carrington. Afterwards Marquess of Lincolnshire. Lord Privy Seal.

  • 833 (app 9.11.1906) Haakon VII, King of Norway (1872-1957). Married the Princess Maud, youngest daughter of Edward VII.

  • 834 (app 1.5.1908) Robert Offley Ashburton (Crewe-Milnes), 1st Earl of Crewe. Secretary of State for the Colonies. Lord Privy Seal. Lord President of the Council.

  • 835 (app 27.6.1908) William George Spencer Scott (Compton), 5th Marquess of Northampton.

  • 836 (app 24.2.1909) John George (Lambton), 3rd Earl of Durham.

  • 837 (app 21.7.1909) William Waldegrave, 2nd Earl of Selborne. First Lord of the Admiralty. High Commissioner of South Africa.

  • 838 (app 19.11.1909) Manoel II, King of Portugal (1889-1932).

  • 838bis (app 3.6.1910) Mary, Queen Consort. Daughter of Francis, Duke of Teck. Married George V.

  • 839 (app 15.12.1910, inv 1911) Gilbert John (Elliot), 4th Earl of Minto. Governor-General of Canada. Viceroy of India.

  • 840 (app 10.3.1911) Luitpold, Prince Regent of Bavaria (1821-1912). His banner and crest were never placed in the Chapel.

  • 841 (app 23.6.1910, inv 1911) Edward Albert Christian George Andrew Patrick David, PRINCE OF WALES. Afterwards EDWARD VIII, King of Great Britain. Created Duke of Windsor after his abdication.

  • 842 (app 19.6.1911) Adolf Friedrich V, Grand-Duke of Mecklenburg-Strelitz (1848-1914).

  • 843 (app 19.6.1911, inv 1912) John Douglas Sutherland (Campbell). 9th Duke of Argyll. Governor General of Canada. Married the Princess Louise, 4th daughter of Queen Victoria.

  • 844 (app 19.6.1911) Alexander William George (Duff), 1st Duke of Fife. Governor-General of Canada. Married the Princess Louise, afterwards Princess Royal, eldest daughter of Edward VII.

  • 845 (app 18.9.1912) Yoshihito, Emperor of Japan.

  • 846 (app 12.2.1912, inv 1913) Sir Edward Grey. Afterwards Viscount Grey of Falloden. Secretary of State for Foreign Affairs.

  • 847 (app 19.7.1913) Charles Robert, 6th Earl Spencer.

  • 848 (app 9.5.1914) Christian X, King of Denmark (1870-1947).

  • 849 (app 22.6.1914) William (Lygon), 7th Earl Beauchamp. Lord President of the Council.

  • 850 (app 4.12.1914) Albert I, King of the Belgians (1875-1934).

  • 851 (app 1.1.1915) Edward George Villiers (Stanley), 17th Earl of Derby. Secretary of State for War.

  • 852 (app 1.1.1914, inv 1915) Edwyn Francis (Scudamore-Stanhope), 10th Earl of Chesterfield.

  • 853 (app 3.6.1915) Horatio Herbert, Earl Kitchener of Khartoum. Field Marshal. Served in the Soudan, South Africa, and World War I. Secretary of State for War.

  • 854 (app 1.1.1916) George Nathaniel, Earl Curzon of Kedleston. Afterwards Marquess. Viceroy of India. Chancellor of the University of Oxford.

  • 855 (app 1.1.1916) Victor Christian William (Cavendish), 9th Duke of Devonshire (1868-1938). Governor General of Canada.

  • 856 (app 1.1.1916) Charles, Lord Hardinge of Penshurst. Viceroy of India.

  • 857 (app 14.12.1916) Prince Albert Frederick George. Afterwards Duke of York, and subsequently GEORGE VI, King of Great Britain.

  • 858 (app 14.3.1917) James Edward Hubert (Gascoyne-Cecil), 4th Marquess of Salisbury (1861-1947). President of the Board of Trade. Lord Privy Seal.

  • 859 (app 14.3.1917) Thomas Henry (Thynne), 5th Marquess of Bath.

  • 860 (app 3.6.1918) Henry John Brinsley (Manners), 8th Duke of Rutland (1852-1925).

  • 861 (app 9.12.1919) Charles Stewart Henry (Vane-Tempest-Stewart), 7th Marquess of Londonderry.

  • 862 (app 16.2.1921) Alfred, Viscount Milner. Secretary of State for War, and for the Colonies. High Commissioner of South Africa.

  • 863 (app 31.3.1921) Prince Henry William Frederick Albert (1900-74). Cr. 1928 Duke of Gloucester. 3rd son of George V.

  • 864 (app 27.2.1922) Henry George Charles, Viscount Lascelles (1882-1947). Afterwards 6th Earl of Harewood. Married the Princess Victoria. Alexandra Alice Mary, only daughter of King George V, afterwards Princess Royal of England.

  • 865 (app 3.3.1922) Arthur James, Earl Balfour. First Lord of the Treasury and Prime Minister.

  • 866 (app 20.12.1923, inv 1924) Prince George Edward Alexander Edmund. Cr. 1934 Duke of Kent (1902-42). 4th son of George V.

  • 867 (app 4.5.1924) Ferdinand, King of Romania (1865-1927).

  • 868 (app 30.4.1925) Edmund Bernard (Fitzalan-Howard), Viscount Fitzalan of Derwent. Viceroy of Ireland.

  • 869 (app 25.5.1925) Alan Ian (Percy), 8th Duke of Northumberland (1880-1930).

  • 870 (app 9.2.1925) Herbert Henry (Asquith), 1st Earl of Oxford and Asquith. Prime Minister and First Lord of the Treasury.

  • 871 (app 1.12.1925) Sir Joseph Austen Chamberlain. Secretary of State for Foreign Affairs. Lord Privy Seal and Leader of the House of Commons.

  • 872 (app 17.4.1928) Alexander Augustus Frederick William Alfred George Cambridge, Earl of Athlone (1874-1957). Formerly known as Prince Alexander of Teck. Married the Princess Alice, daughter of Prince Leopold, 4th son of Queen Victoria. Governor-General of the Union of South Africa. Governor of Windsor Castle.

  • 873 (app 17.4.1928) James Albert Edward (Hamilton), 3rd Duke of Abercorn (1869-1953).

  • 874 (app 17.4.1928) William Henry (Grenfell), 1st Lord Desborough (1855-1945).

  • 875 (app 11.10.1928) Hugh Cecil (Lowther), 5th Earl of Lonsdale (1857-1944).

  • 876 (app 3.5. 1929) Hirohito, Emperor of Japan. Removed in 1941, reinstated by warrant 22 May 1971.

  • 877 (app 7.6.1929) Aldred Frederick George Beresford (Lumley), 10th Earl of Scarborough (1857-1960).

  • 878 (app 3.5.1931) Edward Frederick Lindley (Wood), Lord Irwin (1881-1959). Afterwards 3rd Viscount and 1st Earl Halifax. Viceroy of India. Secretary of State for Foreign Affairs. Chancellor of the University of Oxford.

  • 879 (app 3.6.1933) Victor Alexander George Robert, 2nd Earl of Lytton (1871-1947).

  • 880 (app 1.1.1934) James Richard, 7th Earl Stanhope and 13th Earl of Chesterfield (1880-1967).

  • 881 (app 1.1.1935) Charles Alfred Worsley (Pelham), 4th Earl of Yarborough (1859-1936).

  • 882 (app 2.12.1935) Leopold III, King of the Belgians (1901-83).

  • 882bis (app 14.12.1936) Elizabeth, Queen Consort (1900-2002). Daughter of Claude (Bowes-Lyon), 14th Earl of Strathmore, K.G. Married King George VI.

  • 883 (app 11.5.1937) George Herbert Hyde (Villiers), 6th Earl of Clarendon (1877-1955).

  • 884 (app 11.5.1937) Bernard Marmaduke (Howard), 16th Duke of Norfolk (1908-75). Earl Marshal.

  • 885 (app 11.5.1937) William Thomas (Cecil), 5th Marquess of Exeter (1876-1956).

  • 886 (app 11.5.1937) Claude George (Bowes-Lyon), 14th Earl of Strathmore and Kinghorne (1855-1944). Father of Elizabeth, Queen Consort of George VI, King of Great Britain.

  • 887 (app 11.5.1937) Henry Hugh Arthur Fitzroy (Somerset), 10th Duke of Beaufort (1900-84).

  • 888 (app 28.5.1937) Stanley, Earl Baldwin of Bewdley (1867-1947). Prime Minister. First Lord of the Treasury. Lord Privy Seal. Chancellor of the University of Cambridge.

  • 889 (app 7.11.1938) George II, King of the Hellenes (1890-1947).

  • 890 (app 15.11.1938) Carol II, King of Romania (1893-1953).

  • 891 (app 19.7.1939) Paul, Prince Regent of Yugoslavia (1883-1976).

  • 892 (app 1.1.1941) Edward William Spencer (Cavendish), 10th Duke of Devonshire (1895-1950).

  • 893 (app 11.6.1942) Lawrence John Lumley (Dundas), 2nd Marquess of Zetland (1876-1961).

  • 894 (app 29.10.1943) Victor Alexander John (Hope), 2nd Marquess of Linlithgow (1887-1952).

  • 894bis (app 24.9.1944) Wilhelmina, Queen of the Netherlands (1880-1962).




  • 895 (app 3.12.1946) Christopher (Addison), 1st Viscount Addison (1869-1951).

  • 896 (app 3.12.1946) Robert Arthur (Gascoyne-Cecil), 5th Marquess of Salisbury (1893-1972).

  • 897 (app 3.12.1946) Louis (Mountbatten), 1st Earl Mountbatten of Burma (1900-79).

  • 898 (app 3.12.1946) Alan Francis (Brooke), 1st Viscount Alanbrooke (1883-1963).

  • 899 (app 3.12.1946) Charles Frederick Algernon (Portal), 1st Viscount Portal of Hungerford (1893-1971).

  • 900 (app 3.12.1946) Harold Rupert Leofric George (Alexander), 1st Earl Alexander of Tunis (1891-1969).

  • 901 (app 3.12.1946) Bernard Law (Montgomery), 1st Viscount Montgomery of Alamein (1887-1976).

  • 901bis (app 1947) Princess Elizabeth, Duchess of Edinburgh (b. 1926). Subsequently Queen ELIZABETH II.

  • 902 (app 19.11.1947) Prince Philip, Duke of Edinburgh (b. 1921).

  • 903 (app 12.3.1948) William Arthur Henry (Cavendish-Bentinck), 7th Duke of Portland (1893-1977).

  • 904 (app 12.3.1948) William George Arthur (Ormsby-Gore), 4th Baron Harlech (1885-1964).

  • 905 (app 12.3.1948) Lawrence Roger (Lumley), 11th Earl of Scarborough (1896-1969).

  • 906 (app 12.3.1948) Betram Francis (Gurdon), 2nd Baron Cranworth (1877-1964).

  • 907 (app 9.4.1951) Gerald (Wellesley), 7th Duke of Wellington (1885-1972).

  • 908 (app 9.4.1951) Hugh William (Fortescue), 5th Earl Fortescue (1888-1958).

  • 909 (app 9.4.1951) Wentworth Henry Canning (Beaumont), 2nd Viscount Allendale (1890-1956).

  • 910 (app 8.5.1951) Frederik IX, King of Denmark (1899-1972).

  • 911 (app 5.12.1952) William Spencer (Leverson-Gower), 4th Earl Granville (1880-1953).

  • 912 (app 24.4.1953) Winston Leonard Spencer Churchill (1874-1965).

  • 913 (app 28.6.1954) Gustaf VI Adolf, King of Sweden (1882-1973).

  • 914 (app 14.10.1954) Haile Selassie I, Emperor of Ethiopia (d. 1975).

  • 915 (app 20.10.1954) Robert Anthony (Eden), 1st Earl of Avon (1897-1977).

  • 916 (app 23.4.1955) Rupert Edward Lee (Guinness), 2nd Earl of Iveagh (1874-1967).

  • 917 (app 7.4.1956) Clement Richard (Attlee), 1st Earl Attlee (1883-1967).

  • 918 (app 23.4.1957) Hastings Lionel (Ismay), 1st Baron Ismay (1887-1965).

  • 919 (app 23.4.1957) Michael Guy Percival (Willoughby), 11th Baron Middleton (1887-1970).

  • 919bis (app 25.3.1958) Juliana, Queen of the Netherlands (1909-2004).

  • 920 (app 26.7.1958) Charles Philip Arthur George, Prince of Wales (b. 1948).

  • 921 (app 23.4.1959) William Joseph (Slim), 1st Viscount Slim of Yarralumla (1891-1970).

  • 922 (app 23.4.1959) Hugh Algernon (Percy), 10th Duke of Northumberland (1914-88).

  • 923 (app 29.5.1959) Olav V, King of Norway (1903-91).

  • 924 (app 23.4.1960) William (Pleydell-Bouverie), 7th Earl of Radnor (1895-1968).

  • 925 (app 23.4.1960) Edward Kenelm (Digby), 11th Baron Digby (1894-1964).

  • 926 (app 2.5.1962) John de Vere (Loder), 2nd Baron Wakehurst (1895-1970).

  • 927 (app 14.5.1963) Baudouin I, King of the Belgians (1930-93).

  • 928 (app 9.7.1963) Paul I, King of the Hellenes (1901-64).

  • 929 (app 16.9.1963) Gerald Walter Robert Templer (1898-1979).

  • 930 (app 10.4.1964) Albert Victor (Alexander), 1st Earl Alexander of Hillsborough (1885-1965).

  • 931 (app 10.4.1964) Charles John (Lyttelton), 10th Viscount Cobham (1909-77).

  • 932 (app 23.4.1965) Basil Stanlake (Brooke), 1st Viscount Brookeborough (1888-1973).

  • 933 (app 23.4.1965) Edward Ettindene (Bridges), 1st Baron Bridges (1892-1969).

  • 934 (app 23.4.1968) Derek (Heathcoat Amory), 1st Viscount Amory (1899-1981).

  • 935 (app 23.4.1968) William Philip (Sidney), 1st Viscount De L'Isle (1909-91).

  • 936 (app 10.2.1969) Richard Gardiner (Casey), Baron Casey of Berwick (1890-1976).

  • 937 (app 23.4.1969) Alexander Francis St Vincent (Baring), 6th Baron Ashburton (1898-1991).

  • 938 (app 23.4.1970) Francis Oliver (Lyttelton), 1st Viscount Chandos (1893-1972).

  • 939 (app 23.4.1970) Cameron Fromanteel (Cobbold), 1st Baron Cobbold (1904-87).

  • 940 (app 23.4.1970) Edmund Castell Bacon, 13th Bart (1903-1982).

  • 941 (app 23.4.1970) Sir Cennyedd George Traherne (1910-95).

  • 942 (app 23.4.1971) Geoffrey Noel (Waldegrave), 12th Earl Waldegrave (1905-95).

  • 943 (app 23.4.1971) Francis Aunger (Pakenham), 7th Earl of Longford (1905-2001)

  • 944 (app 23.4.1971) Richard Austen (Butler), Baron Butler of Saffron Walden (1902-82).

  • 945 (app 24.4.1972) Hervey (Rhodes), Baron Rhodes (1895-1987).

  • 946 (app 24.4.1972) Evelyn (Baring), 1st Baron Howick of Glendale (1903-73).

  • 947 (app 24.4.1972) Charles Garrett Ponsonby (Moore), 11th Earl of Drogheda (1910-89).

  • 948 (app 13.6.1972) Jean, Grand Duke of Luxembourg (b. 1921).

  • 949 (app 23.4.1974) Edward Arthur Alexander (Shackleton), Baron Shackleton (1911-94).

  • 950 (app 23.4.1974) Humphrey (Trevelyan), Baron Trevelyan (1905-85).

  • 951 (app 23.4.1974) John Henry Guy (Nevill), 5th Marquess of Abergavenny (1914-2000)

  • 952 (app 23.4.1976) James Harold (Wilson), Baron Wilson of Rievaux (1916-95). Prime Minister.

  • 953 (app 23.4.1976) Hugh Denis Charles (FitzRoy), 11th Duke of Grafton (b. 1919).

  • 954 (app 23.4.1977) George Rowland Stanley (Baring), 3rd Earl of Cromer (1918-91).

  • 955 (app 23.4.1977) Samuel Charles (Elworthy), Baron Elworthy (1911-93).

  • 956 (app 23.4.1979) Henry Cecil John (Hunt), Baron Hunt (1910-98). Mountaineer.

  • 957 (app 23.4.1979) Paul Meerna Caedwalla Hasluck (1905-93). Governor General of Australia 1969-74.

  • 957bis (app 15.5.1979) Margarethe II, Queen of Denmark (b. 1940).

  • 958 (app 21.4.1980) Sir Keith Jacka Holyoake (1904-83). Prime Minister of New Zealand 1960-72, Governor-General 1977-80.

  • 959 (app 21.4.1980) Sir Richard Amyatt Hull (1907-89). Chief of the Imperial General Staff 1961-65.

  • 960 (app 22.4.1983) Miles Francis Stapleton (FitzAlan Howard), 17th Duke of Norfolk (1915-2002).

  • 961 (app 22.4.1983) Adm. Terence Thornton (Lewin), Baron Lewin (1920-99).

  • 962 (app 22.4.1983) Gordon William Humphreys (Richardson), Baron Richardson of Duntisbourne (b. 1915). Governor of the Bank of England 1973-83.

  • 963 (app 25.5.1983) Carl XVI Gustaf, King of Sweden (b. 1946).

  • 964 (app 23.4.1985) Oswald Constantine John (Phipps), 4th Marquess of Normanby (1912-94).

  • 965 (app 23.4.1985) Peter Alexander Rupert (Carrington), 6th Baron Carrington (b. 1919).

  • 966 (app 9.10.1985) Edward, Duke of Kent (b. 1935).

  • 967 (app 23.4.1987) Leonard James (Callaghan), Baron Callaghan of Cardiff (1912-2005). Prime Minister 1976-79.

  • 968 (app 21.4.1988) Philip William Bryce (Lever), 3rd Viscount Leverhulme (1915-2000).

  • 969 (app 21.4.1988) Quinton McGarel (Hogg), Baron Hailsham of St Marylebone (1907-2001).

  • 970 (app 17.10.1988) Juan Carlos I, King of Spain (b. 1938).

  • 970bis (app 28.6.1989) Beatrix, Queen of the Netherlands (b. 1938).

  • 971 (app 23.4.1990) Lavinia Mary, Duchess of Norfolk (1916-95).

  • 972 (app 23.4.1990) Arthur Valerian (Wellesley), 8th Duke of Wellington (b. 1915).

  • 973 (app 23.4.1990) Edwin Noel Westby (Bramall), Baron Bramall (b. 1923). Chief of the General Staff 1979-82.

  • 974 (app 24.4.1992) Edward Richard George Heath (1916-2005). Prime Minister 1970-74.

  • 975 (app 24.4.1992) Matthew White (Ridley), 4th Viscount Ridley (b. 1925). Lord Stewart of the Household.

  • 976 (app 24.4.1992) John Davan (Sainsbury), Baron Sainsbury of Preston Candover (b. 1927).

  • 976bis (app 23.4.1994) Princess Anne, The Princess Royal (b. 1950).

  • 977 (app 23.4.1994) Sir Ninian Martin Stephen (b. 1923). Governor-General of Australia 1982-89.

  • 978 (app 23.4.1994) Robert (Leigh-Pemberton), Baron Kingsdown (b. 1927).

  • 979 (app 23.4.1994) John Francis Harcourt (Baring), 7th Baron Ashburton (b. 1928).

  • 980 (app 22.4.1995) Margaret Hilda (Thatcher), Baroness Thatcher, OM (b. 1925). Prime Minister of the UK 1979-90.

  • 981 (app 22.4.1995) Edmund Percival Hillary, KBE ONZ (b. 1919).

  • 982 (app 23.4.1996) Andrew Robert Buxton (Cavendish), 11th Duke of Devonshire (1920-2004).

  • 983 (app 23.4.1996) Timothy James Alan Colman (b. 1929).

  • 984 (app 23.4.1996) Richard Alexander Walter George, Duke of Gloucester (b. 1944).

  • 985 (app 26.5.1998) Akihito, Emperor of Japan (b. 1933).

  • 986 (app 23.4.1999) James (Hamilton), 5th Duke of Abercorn (b. 1934).

  • 987 (app 23.4.1999) Erskine William Gladstone of Fasque and and Balfour, 7th Bart (b. 1925).

  • 988 (app 23.4.2001) Peter Anthony, Baron Inge (b. 1935). Chief of the General Staff 1992-94.

  • 989 (app 23.4.2001) Sir Anthony Arthur Acland (b. 1930).

  • 990 (app 31.5.2001) King Harald V of Norway (b. 1937).

  • 990bis (app 23.4.2003) Princess Alexandra, the Hon Lady Ogilvy (b. 1936)

  • 991 (app 23.4.2003) Gerald Cavendish, 6th Duke of Westminster, OBE (b. 1951)

  • 992 (app 23.4.2003) Frederick Edward Robin Butler, Baron Butler of Brockwell, GCB, CVO (b. 1938)

  • 993 (app 23.4.2003) John Morris, Baron Morris of Aberavon, PC, QC (b. 1931).

  • 994 (app 23.4.2005) Thomas Henry Bingham, The Lord Bingham of Cornhill, PC (b. 1933). Former Lord Chief Justice of England.

  • 995 (app 23.4.2005) John Major, CH, PC (b. 1943). Former Prime Minister.

  • 996 (app 23.4.2005) Lady Mary Soames (b. 1922, daughter of Sir Winston Churchill, n. 912).

  • 997 (app 23.4.2006) HRH The Duke of York (b. 1960).

  • 998 (app 23.4.2006) HRH The Earl of Wessex (b. 1964).

  • ガーター勲章(-くんしょう、The Order of the Garter)は、1348年
    エドワード3世
    によって創始されたイングランド
    の最高勲章。本来は、ガーター騎士団(Order of the Garter
    )の一員になるという意味を持つ。


    勲章
    には「Honi soit qui mal y pense」=「思い邪なる者に災いあれ」の文字が記されている。


    伝説ではエドワード3世
    が、貴婦人とダンスを踊っていたとき、貴婦人の靴下止め(ガーター
    )が外れて落ちた。それを見た周りの紳士、淑女は忍び笑いをしたが、エドワード3世は何食わぬ顔でそれを拾い上げ「他人を悪く言う者に災いあれ」と言って自分の足に付けたという。


    また、セントジョージ(聖ゲオルギウス
    )が竜から姫を助けたという伝説にちなみ、リチャード獅子心王
    十字軍
    の時に戦場でガーターを付け、部下にもつけさせた故事からきたとも言う。エドワード3世はセントジョージを好みイングランドの聖人
    とした人なので、これらからガーター勲章を考案したと思われる



  • ガーター騎士団 Order of the Blue Garter  

    創設者エドワード3世 世俗騎士団

    設立1348年の世俗騎士団。

    モットーは『思い悪しき者に災いあれ』

    「青色のガーター(Blue Garter)が正式名称

    シンボルは青リボンでできた靴下留め(ガーター)。

    ウェストミンスター大聖堂には、24名それぞれの紋章が掲揚される。

    それぞれ独自の徽章を持ち、例えばガーター騎士団の徽章は、

    最初の成員はエドワード黒太子ほか24名

    その後は英国皇太子と24名

    とある貴婦人が舞踏会の最中にガーター(靴下留め)を落としたが、

    それをエドワード3世が拾い自分の膝にとめたことが由来。

    その時の言葉が騎士団のモットーである。

    女性でも団員になる資格があり、シンボルは左腕に着用する。男性は左膝下。




  • 蛇足



  • 日本の天皇も貰っており・。しかし、Orderは上下関係を意味するので。日本は英国王室の騎士団の1王国なのか??。



嘘と真

株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu124.htm






昭和天皇は合祀後一度も靖国神社に参拝されなかったが、

「A級戦犯」は天皇の身代わりとなって処刑された犠牲者である。




2006年7月20日 木曜日



昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀 7月20日 朝日新聞




昭和天皇が死去前年の1988年、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されたことについて、「私はあれ以来参拝していない それが私の心だ」などと発言したメモが残されていることが分かった。当時の富田朝彦宮内庁長官(故人)が発言をメモに記し、家族が保管していた。昭和天皇は靖国神社に戦後8回参拝。78年のA級戦犯合祀以降は一度も参拝していなかった。A級戦犯合祀後に昭和天皇が靖国参拝をしなかったことをめぐっては、合祀当時の側近が昭和天皇が不快感を抱いていた、と証言しており、今回のメモでその思いが裏付けられた格好だ。




メモは88年4月28日付。それによると、昭和天皇の発言として「私は 或(あ)る時に、A級(戦犯)が合祀され その上 松岡、白取(原文のまま)までもが 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが」と記されている。


 これらの個人名は、日独伊三国同盟を推進し、A級戦犯として合祀された松岡洋右元外相、白鳥敏夫元駐伊大使、66年に旧厚生省からA級戦犯の祭神名票を受け取ったが合祀していなかった筑波藤麿・靖国神社宮司を指しているとみられる。


 メモではさらに、「松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々(やすやす)と 松平は平和に強い考(え)があったと思うのに 親の心子知らずと思っている」と続けられている。終戦直後当時の松平慶民・宮内大臣と、合祀に踏み切った、その長男の松平永芳・靖国神社宮司について触れられたとみられる。


 昭和天皇は続けて「だから私(は)あれ以来参拝していない それが私の心だ」と述べた、と記されている。


 昭和天皇は戦後8回参拝したが、75年11月の参拝が最後で、78年のA級戦犯合祀以降は一度も参拝しなかった。


 靖国神社の広報課は20日、報道された内容について「コメントは差し控えたい」とだけ話した。


    ◇


 《「昭和天皇独白録」の出版にたずさわった作家半藤一利さんの話》メモや日記の一部を見ましたが、メモは手帳にびっしり張ってあった。天皇の目の前で書いたものかは分からないが、だいぶ時間がたってから書いたものではないことが分かる。昭和天皇の肉声に近いものだと思う。終戦直後の肉声として「独白録」があるが、最晩年の肉声として、本当に貴重な史料だ。後から勝手に作ったものではないと思う。


 個人的な悪口などを言わない昭和天皇が、かなり強く、A級戦犯合祀(ごうし)に反対の意思を表明しているのに驚いた。昭和天皇が靖国神社に行かなくなったこととA級戦犯合祀が関係していることはこれまでも推測されてはいたが、それが裏付けられたということになる。私にとってはやっぱりという思いだが、「合祀とは関係ない」という主張をしてきた人にとってはショックだろう。


    ◇


 靖国神社への戦犯の合祀(ごうし)は1959年、まずBC級戦犯から始まった。A級戦犯は78年に合祀された。


 大きな国際問題になったのは、戦後40年目の85年。中曽根康弘首相(当時)が8月15日の終戦記念日に初めて公式参拝したことを受け、中国、韓国を始めとするアジア諸国から「侵略戦争を正当化している」という激しい批判が起こった。とりわけ、中国はA級戦犯の合祀を問題視した。結局、中曽根氏は関係悪化を防ぐために1回で参拝を打ち切った。だが、A級戦犯の合祀問題はその後も日中間を中心に続いている。


 昭和天皇は、戦前は年2回程度、主に新たな戦死者を祭る臨時大祭の際に靖国に参拝していた。戦後も8回にわたって参拝の記録があるが、連合国軍総司令部が45年12月、神道への国の保護の中止などを命じた「神道指令」を出した後、占領が終わるまでの約6年半は一度も参拝しなかった。52年10月に参拝を再開するが、その後、75年11月を最後に参拝は途絶えた。今の天皇は89年の即位後、一度も参拝したことがない。


 首相の靖国参拝を定着させることで、天皇「ご親拝」の復活に道を開きたいという考えの人たちもいる。


 自民党内では、首相の靖国参拝が問題視されないよう、A級戦犯の分祀(ぶんし)が検討されてきた。いったん合祀された霊を分け、一部を別の場所に移すという考え方で、遺族側に自発的な合祀取り下げが打診されたこともあるが、動きは止まっている。靖国神社側も、「いったん神として祭った霊を分けることはできない」と拒んでいる。


 ただ、分祀論は折に触れて浮上している。99年には小渕内閣の野中広務官房長官(当時)が靖国神社を宗教法人から特殊法人とする案とともに、分祀の検討を表明した。日本遺族会会長の古賀誠・元自民党幹事長も今年5月、A級戦犯の分祀を検討するよう提案。けじめをつけるため、兼務していた靖国神社の崇敬者総代を先月中旬に辞任している。


    ◇


《靖国神社に合祀された東京裁判のA級戦犯14人》


【絞首刑】(肩書は戦時、以下同じ)


東条英機(陸軍大将、首相)


板垣征四郎(陸軍大将)


土肥原賢二(陸軍大将)


松井石根(陸軍大将)


木村兵太郎(陸軍大将)


武藤章(陸軍中将)


広田弘毅(首相、外相)


【終身刑、獄死】


平沼騏一郎(首相)


小磯国昭(陸軍大将、首相)


白鳥敏夫(駐イタリア大使)


梅津美治郎(陸軍大将)


【禁固20年、獄死】


東郷茂徳(外相)


【判決前に病死】


松岡洋右(外相)


永野修身(海軍大将)






(コメント)

戦後において大東亜戦争の総括が行なわれないのはなぜか、という問題がありますが、それがなかなか行なわれてこなかったのは天皇の戦争責任の問題が避けて通れなかったためである。統帥権の問題を見れば分かるとおり天皇は陸軍海軍の最高責任者であり、上官の命令は天皇陛下の命令とされてきた。



だから天皇陛下が戦争するなと軍部に命令すれば戦争は出来ないはずであった。226事件が鎮圧されたのも天皇陛下の命令によるものであり、必ずしも天皇は無力な存在ではなく、終戦の決断を下すまで統帥権は生きていた。たとえ軍部が言うことを聞かなくともラジオで終戦の詔勅を直接読み上げる事で終戦は実現した。



だから戦争が始まる前に天皇陛下ご自身が体を張って戦争に反対すれば軍部といえども反対は出来なかったはずだ。確かに明治憲法上は法律的責任は問えないが、統帥権の問題からするとどうしても天皇の戦争責任は避けて通れない。



しかし戦後における連合国の統治政策により、天皇の戦争責任は不問とされて、代わりに統帥権に従った「A級戦犯」が東京裁判にかけられて処刑されたのだ。だからこそ昭和天皇は靖国神社に慰霊の参拝をされるべきであったと思う。



確かに松岡洋右元外務大臣のように大馬鹿者がいたこともたしかであり、天皇が近衛首相に松岡外相を外させる為に内閣の解散までさせている。だから無能であったという理由で犯罪者にされたのでは、歴代の総理大臣はみんな有罪になるべきであり、愚かであることで罪には問えないのだ。



戦前の「A級戦犯」たちも賢明な人物であったならば戦争などしなかったであろうし、戦争したとしても負ける事はなかったであろう。西尾幹二氏の講演会でも言っていましたが、戦前にも優秀な言論人がいたにもかかわらず政治には反映されなかった。その原因としては当時の国民の政治的無知や無関心が軍部の横暴を許したのだろう。



当時のマスコミや情報なども未発達のものであり、世界情勢や国内情勢などの認識が十分ではなかった。でなければ日露戦争の後の日比谷事件なども起きなかったはずだ。だからこそ大東亜戦争の悲劇を繰り返さないためには、普段からの政治的な啓蒙が必要なのですが、国民の政治的無関心さは戦前とあまり変わりがないのだ。



戦後における大東亜戦争の総括が行なわれない理由の一つも国民の政治的無関心が原因の一つでもある。テレビなどにおける政治討論のレベルの低さも酷いものであり、靖国問題も政治課題の一つですが、60年たっても冷静な議論をする事ができない状態なのだろうか? 問題なのは昭和天皇自身が何も語らずに墓場まで秘密を持っていったことだ。








太田龍の時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi




昭和天皇が、A級戦犯靖国神社合祀に不快感、との富田メモが公表された。

そのことの意味。

??




更新 平成18年07月20日20時48分



平成十八年(二〇〇六年)七月二十日(木)

(第一千七百四十七回)



○平成十八年七月二十日の各紙夕刊は、



○靖国神社A級戦犯合祀に、昭和天皇が不快感、

 だから参拝していない、



○と言う、富田宮内庁長官の一九八八年のメモ、



○について、大きく報道して居る。



○とりわけ、松岡、白取(原文のまま)の合祀について、



○昭和天皇は、より強く、不快感を示したと。



○松岡洋右、白鳥敏夫。

 この二人の外交官は、日独伊三国同盟を推進したが、昭和天皇は、

 親英米派、とくに英国との結び付きがきわめて濃密であったので、



○英米帝国主義と決定的に対立する、日独伊三国同盟締結には、

 本心では反対であったろう。

 しかし、天皇としての拒否権を発動することは出来なかった。



○昭和天皇は、一九七八年、

 A級戦犯が合祀されてから、靖国神社に参拝して居らず、



○平成天皇も、一度も、靖国神社に参拝して居ない。



○この富田もと宮内庁長官のメモは、このたび遺族が公表した、



○と言う。



○つまり、一九七五年以後三十年以上、

 天皇は靖国神社に参拝して居ないわけである。



○今回のこの富田メモ公表によって、



○靖国神社と、昭和天皇との、



○明白な、根本路線上の対立が、



○白日の下にさらけ出されたことに成る。



○これは、小さな問題ではあり得ない。



○根本路線上の対立とは何か。



○それは、

 大東亜戦争に対する評価、東京裁判に対する評価、

 についての対立である。



○つまり、米英帝国主義に対する日本の戦争を正義の戦争、として

 今の日本人が評価すべきか否か、



○と言う問題である。



○この問題は更に、

 日本が、現在そして将来も米英帝国主義と戦い続けるべきか否か、



○と言う風に、発展するであろう。



○この「米英帝国主義」の実体は、



○イルミナティサタニスト世界権力、

 に他ならないのであるが。



 (了)







蛇足


昭和63年に倒れられて、慌しい時に、ほぼ危篤の状態の時に、そんな言葉を述べられるのか・??。


そのメモの信憑性が疑われる??。1970年代なら、わかる話であるが、死の間際では知る由も無い。


また、英国のガーター騎士団に選ばれているという事も、イルミナティとしては考えられることかもしれない。


英国大王室の傘下に入っていることなのか?

この国は上に行くほど、アフォ・馬鹿ばかり・。

福井の大ウソばれた 夕刊フジ 7月21日号から


福井氏と村上ファンドが交わしたMACJr投資事業組合の契約書には、福井の署名、捺印のほか、出資口数(1口=1000万)が1口と記載されている。問題は、契約書の中に記載されているファンドの目的の部分。そこには「国内外の公開会社の投資証券に投資を行い、そのキャピタルゲイン(株式利益)を得る目的で設立」とある。福井氏は国会で「(村上ファンドを立ち上げた村上世彰被告の)若い志を応援するために出資した」と繰り返し答弁してきたが、利殖目的であることが明白だ・。


蛇足


もうさっさと辞めなされ・・イルミナティの僕がバレるぞ・。


日本人なら腹切って死ね・。
そんな度胸も勇気、もちろん恥などない・・でしようが





京都・認知症の母と無理心中未遂、あす判決。

認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母親と相談の上で殺害したとして承諾殺人などに問われた片桐泰治被告。あす21日判決が言い渡される。


京都市伏見の安アパートに親子3人暮らしだったが、平成7年の京友禅の染め職人だった父親が死去。同時期から母親が認知症の症状があらわれ、1人で介護を始めた・。母親は徘徊を繰り返し、昼夜逆転の生活を送るなど症状が徐々に悪化。片桐被告は休職してデイケアなどを利用したが、負担は軽減せず、昨年9月には退職して、介護に専念した。失業保険を受給していた為、生活保護は受けられず、介護と両立する仕事も見つけられず、失業保険が切れた昨年12月には生活が困窮し、今年1月には家賃とデイケアの料金が支払えなくなった。「人に迷惑をかけてはいけない。返せない金は借りてはいけない。生活を切り詰めてでも、人に借りない生き方をしろ」と幼い頃から職人気質の父親に教えられてきた片桐被告は、行政や親類に助けを求めず、心中を決意した。自室を清掃後、1月31日昼ごろ、車椅子の母親を押し、最寄の京阪淀駅から三条駅へ向かい、「最後の親孝行」と、京都市内散策、その後、三条駅から淀駅に戻ってきたが、アパートへ帰らず、翌2月1日早朝、アパート近くの桂川にかかる宮前橋付近の遊歩道に辿りついた。


冒頭陳述から


片桐被告「もう生きられへんのやで、ここで終わりや」


母親「そうかあかんか、康晴、一緒やで、お前と一緒やで」


片桐被告「すまんな、すまんな」


母親「こっちこい、来い康晴、こっち来い」


(母親の額に頭を密着し)


母親「康晴はわしの子や、わしがやったる」


この直後、片桐被告は母親の首をしめ殺害。持参した出刃包丁で首を切ったが、未遂に終わった。


「生まれ変わっても、母の子に生まれたい」と片桐被告の供述内容を紹介した。






詐欺師が日銀総裁で、まじめな貧乏人は懲役となんと理不尽・。





監獄社会主義




再敗北共産主義だそうです。


いるミナティさんたちは監獄共産主義政権が理想のようで・・


自由主義(不自由な・・)



戦争を欲しているのは誰だ?


Wildly disproportionate attack on Lebanon seems like pretext to confront Iran, says Linda McQuaig




Jul. 16, 2006. 01:00 AM




As Israeli firepower rained down on Lebanon last week, pundits here in the West wasted no time pinning the blame on ? Iran.


"Iran and its radical allies are pushing toward war," wrote Washington Post columnist David Ignatius.


Washington defence commentator Edward Luttwak weighed in: "Iran's leaders have apparently decided to reject the Western offer to peacefully settle the dispute over its weapons-grade uranium-enrichment program."


In fact, Iran's leaders haven't rejected the "Western offer;" they've said publicly they will respond to it by Aug. 22. This isn't fast enough however to satisfy Washington, which considers the "offer" more of an ultimatum.


Is it really Iran that is pushing for war? Think about it. Why would Iran want to provoke a war with Israel and the U.S. ? both heavily armed nuclear powers ? when it has no nuclear weapons itself?


The U.S. and Israel, on the other hand, are very keen to attack Iran. In a recent series of articles in New Yorker magazine, Pulitzer Prize-winning investigative journalist Seymour Hersh has detailed Washington's plans to attack Iran. Israel has called Iran a "major threat" that "must be stopped" from developing nuclear weapons.


But the U.S. and Israel don't want to look like aggressors. They insist their intentions are purely defensive. Recall that Washington also claimed its invasion of Iraq was purely defensive ? to protect itself from Iraq's arsenal of deadly weapons, which, it turned out, didn't exist.


So when Hezbollah militants in southern Lebanon seized two Israeli soldiers last week, a perfect opportunity arose. Since Hezbollah has links to Iran, presto, here was a prima facie case that Iran was gunning for confrontation.


Did the Western pundits who quickly embraced this theory ever consider that the Hezbollah militants, as well as the Palestinian militants in Gaza who captured a single Israeli soldier last month, might have had their own motives for striking Israel?


Certainly the Palestinians have endless grievances against Israel. In addition to four decades of Israeli military occupation of their land, Israel has attempted to destroy the Hamas government, which was democratically elected by Palestinians last January.


Hezbollah's seizure of the two Israeli soldiers was probably an act of support for the Palestinians in Gaza, who have been under Israeli military siege since the capture of the first soldier. Hezbollah also said it seized the soldiers because it wanted to trade them for Lebanese prisoners held in Israeli jails. A similar Israeli-Hezbollah prisoner exchange took place in 2004.


Abandoning Canada's traditional role as an honest broker in the Middle East, Prime Minister Stephen Harper unabashedly supported Israel last week, calling its devastating attacks on Gaza and Lebanon "measured."


If Israel is simply trying to "defend" itself, its actions are wildly disproportionate.


On the other hand, if Israel and the U.S. are looking for an excuse to attack Iran, the capture of the Israeli soldiers is as good as any.




--------------------------------------------------------------------------------

イランに立ち向かうために、レバノンへの激しく不釣合な攻撃は口実のように思われるとリンダMcQuaigは言う。

2006年7月16日。

午前01:00

先週のレバノンの上で、ここ、西洋の学者は、イランに非難をピンでとどめながら、時間を全く浪費しませんでした。雨のように降った同じくらいイスラエルの火力?-イラン。

「イランとその根本的な同盟国は戦争に進んでいる」とワシントン・ポスト・コラムニスト デイビッド・イグナチウスは書いた。

ワシントンの防御注釈者エドワード・ルトワクは体重測定した:

「イランのリーダーは、見たところ、平和にその兵器級ウラニウムの濃縮プログラムについての論争を解決する西洋の申し出を拒絶すると決めている」。

実のところ、イランのリーダーは、彼らが8月22日「西洋の申し出」を拒絶しなかった。それに反応するであろうと公然と言った。

これは、しかしワシントンを満たすのに十分に速くない(それは「申し出」を最後通牒のより多くと考える)。

戦争を要求しているのは本当にイランであるか?

それについて考えなさい。

それが自身で核兵器を全然持っていない時に、なぜイランは、イスラエルと米国?両方とも重く武装した核保有国?との戦争を引き起こしたいであろうか?

米国とイスラエルは一方では、イランを攻撃することを非常に切望している。

ニューヨーカー雑誌の中の最近の一連の記事の中で、ピューリツァー賞受賞調査のジャーナリスト シーモア・ヘルシュは、イランを攻撃するワシントンの計画を詳説した。

イスラエルは、イランを、核の発展から、「止められなければならない」が武装する「主要な脅威」と呼んだ。

しかし、米国とイスラエルは、攻撃者のように見えたくない。

彼らは、それらの意図がまったく防御用であることを強く主張する。

ワシントンがまた、イラクへのその侵略が、凶器のイラクの貯蔵から自身を保護するまったく防御用である?であったと主張したことを思い出しなさい(それは結局存在していなかった)。

従って、南のレバノンのヒズボラ武装勢力が先週2人のイスラエルの兵士をつかんだ時に、絶好のチャンスは生じた。

ヒズボラがすぐにイランへのリンクを持つので、ここに、イランが対決のために加速していた自明のケースがあった。

迅速に、かつてこの理論を抱擁した西洋の賢者は、先月1人のイスラエルの兵士を捕らえたガザのパレスチナの武装勢力だけでなくヒズボラ武装勢力が著しいイスラエルに彼ら自身の動機を抱いたかもしれないと考えたか?

確かに、パレスチナ人はイスラエルに対して無限の不満をもっている。

それらの土地の40年間のイスラエルの軍事占領に加えて、イスラエルは、ハマス政府を破壊することを試みた(それは去年の1月に民主的にパレスチナ人によって選ばれた)。

2人のイスラエルの兵士のヒズボラの差し押さえはたぶん、最初の兵士のキャプチャ以来ずっとイスラエルの軍隊の包囲攻撃の下であるガザのパレスチナ人への支持の行為であった。

ヒズボラはまた、それが、彼らをイスラエルの刑務所で押さえられたレバノンの囚人と交換したかったので、それが兵士をつかむと言った。

同様なイスラエル人ヒズボラ囚人交換は2004年に起こった。

「測定された」ガザとレバノンへのその破壊的な攻撃を呼んで、恥ずかしがらずに中東、総理大臣のスティーブン・ハーパーの中で公平な仲裁者としてのカナダの伝統的な役割を捨てることは先週イスラエルをサポートした。

イスラエルが、単に自身を「防御し」ようとしているならば、その行動は激しく不釣合である。

一方では、イスラエルと米国が、イランを攻撃する口実を捜しているならば、イスラエルの兵士のキャプチャは何にも劣らずよい。

第3次世界大戦は経済的搾取だ・。

What to Expect During World War 3

“When a 96-year old grandfather lying on his deathbed tells you exactly what to expect during World War 3, it makes sense to shut up and listen up...”


Breaking War News From Michael Haupt, WW3 Researcher...


Greetings,


You're already aware of the signs:


The global War on Terror, which exists merely to destroy our liberties;


The life-destroying effects of HAARP, Weather Control and ChemTrails;


An imminent, senseless Iran Invasion;


The coming New World Order Police State in the US, UK and other Western nations;


Continuing 9/11 Cover-Ups and Government Collusion;


The faltering US$ and exploding price of oil;


The skyrocketing price of gold;


and the myriad other conspiracies that keep us awake at night.


The question is....


What does it mean to you and I? Will someone just tell us what is going to happen. The hour is late and now is the time for straight talking.


Well, listen up...


My grandfather passed away recently. There's no need to shed a tear - he was a brave, courageous man who led a life most only dream of. He was happy, fulfilled and prepared to meet his maker.


At 96, he'd been a young kid during World War 1, a teenager during the Great Depression of 1929, and a high-ranking officer in World War 2. If anyone, this man was more qualified than most to tell us what to expect during World War 3.


Just days before he died, he told me the following moving story. There is nothing more important you can do today than find out what he said. He knew how concerned you and I are about World War 3, and he wanted to describe a typical day during WW3. He reminded me that for most Westerners, the effects of World War 3 would be felt economically, not militarily. So he created a story to let me know what your and my life would be like.


Here is his story...


Life During World War 3

The alarm clock stirs us to life once again. As one of the "lucky few" still employed, I must get ready for work.


I make my way downstairs, nodding to the sister-in-law and her husband emerging from another bedroom. Having recently lost their jobs they were in a tight spot after paying out their credit card debts. Younger than us and nice company, we invited them to live with us till they get work. They make a good deterrent to the smash and grab crowd, seeking unoccupied houses to break into. Dodgy pawnbrokers are doing a brisk trade.


Flipping the TV on, I note the talking head discussing the 'core' unemployment rate. Said to be approaching double digits, it pales against bloggers estimates of over 25%.


Breakfast is as usual, while I sort the junk mail from overnight. Garage sales, cheap cars for sale by desperate families, offers to mow lawns, wash cars, trim edges ... all at dirt cheap rates. But our boarders agreed to do household chores as part rental payment for living with us, which is fine by me. It means I have more spare time.


Breakfast over, I walk to the station to ride the train to work. As usual, there are plenty of spare seats. Quite a change from the usual peak hour crush we used to endure.


The day passes; news rolls in like the tide. Our government jobs might be secure, but we face changing conditions. Our enterprise bargain is being renewed and we are being offered 5% pay reductions each year for the next three years. We can take it or face involuntary redundancies, as departmental budgets are being slashed. Government revenues are down and the IMF is recommending indebted western governments institute voluntary budgetary cutbacks on spending. After the destruction of the US dollar through hyperinflation, we really have little choice.


The day's work over, I retrace my steps. Dinner awaits. Tonight we are having steak as a rare treat, as most of the time it isn't available at any price; most of our local beef is shipped to Asian countries to satisfy their increased buying power; our weak domestic demand means we eat more rice, beans and cheap imported mince.


We are fortunate though as our investments in gold and silver have preserved our purchasing power. Despite the windfall profits tax on all precious metals investments, we own our home, run a car on $100 a barrel oil and eat fairly well. Of course, we have an extended family we help out. It's the right thing to do after the government defaulted on pension payments and the bond market; our aging parents need our help, and they aren't really well enough to work minimum wage jobs.


Most people over 70 have had to look for this kind of work just to afford to eat. Retirement? It just doesn't happen at the moment. Most people have to work until they drop, as billions of dollars in superannuation has been lost by ignorant financial planners with no knowledge of history.


News headlines are a mix of the unsurprising and the unexpected; birth rates are down again, serious crime rates have also subsided, but petty crime is on the rise. The incidence of fraud and minor theft has tripled in the last year, as many security guards overlook people stealing food from stores, bins behind grocers and transport hubs.


I indulge in momentary contemplation about our hundred-bagger investments; what would they be worth without the windfall profits tax? It's a temporary distraction; we're happy enough as it is, having structured our redemptions over financial years to minimise tax payable and maintain a discreetly comfortable standard of living.


The gold and silver reality show is back on TV at 6:30. Tonight we're watching the assay results of four couples competing to get the best results from 'their' mines. "The Biggest Looser" compares grams for tonne loosed from the mines operated by twelve couples, with the winners getting to work their mine for a year afterwards.


The rest of the news is fairly predictable, though gold has fallen back under $10,000 an ounce. Silver is also experiencing a weak patch of trading, which the talking heads attribute to the end of the traditional Indian wedding season. At the moment it changes hands at around $2,500 an ounce. The end of the finance section news concludes with a brief society page review; as rich metals company CEO's are the new celebrities, they often feature on TV at fund-raising dinners or mass apprenticeship sign-ons.


School leavers are being encouraged to do trades again; university courses are being denounced as the fraudulent time-wasters they have been for a long time.


After the reality TV show was over, we stayed tuned in to watch a documentary on the economy. Just when we thought that the economy might be getting better, it looks as though one of our major banks closing had worse effects than first thought. The effects had been hard to see early on, but predictable in hindsight. The bank had played heavily with derivatives to hedge its risk, ignoring Warren Buffet's warning about them being "weapons of mass financial destruction." Much of the sub-prime mortgage portfolio had been sold off overseas, with the result that many 'home-owners' were now tenants of large offshore multinationals.


Many middle class people are now broke and scraping along by selling their assets for whatever they can get for them. Their meager savings are gone and as creditors, they are down the bottom of the list of people owed money. Bankruptcy professionals and foreclosures firms have been doing excellent trade, but at great cost; many people have been forced into default on their mortgages and reduced to renting the homes they had been paying off and could have owned, had they been better prepared.


Of course, mere descriptions do no justice to how it feels to be living amongst such hard times. The so-called generation Y, who expected jobs to be falling out of the sky as the baby boomers retired, have found themselves competing for work alongside desperate people of all ages, many of them immigrants. Having lost the jobs that paid for their travel, iPods and designer clothes, they now work for minimum wages just to stay alive. Their passports, crammed with stamps from countries around the world, gather dust.


People often ask me, why did all this happen? And when I try to explain fiat currencies, the impact of debt, savings ratios and Austrian economics, they just go all blank. "I don't understand," they whine. "We used to get along just fine." they all say.


Still, not all is lost. There are more people at church these days, although the soup kitchen probably attracts a few. We're rostered on to help out this weekend. And Sunday nights we're having an open forum on precious metals, managing your money, budgeting and investing for hard times. So there is interest, and hope.


We're considering moving house though. Our formerly comfortable neighborhood is looking a little rougher each day. As more people lose their jobs, the increasing incidence of petty theft is a bit of a concern. Just the other day, we had to turn down more people at the door asking for work around the house ... any work. When we told them we couldn't really offer anything, they went through our garbage on the way out, looking for food scraps.


Food is expensive after the government slapped higher tariffs on all imported goods, in an attempt to preserve local jobs. Learning nothing from the Smoot-Hawley disaster, we now suffer the predictable results with higher food prices, another slap in the face for the unemployed and the low wage earners.


Even though we can afford to travel around by car, driving is not as pleasant as it used to be. We've thought about trading the family car for a four-wheel drive, to cope with deteriorating roads. Local councils that refuse to admit their budgeting problems are not fixing roads any more and have yet to consider selling the roads to the highest bidders. In the meantime, the road conditions worsen and we take to driving less.


Our kids were always schooled at home and this hasn't changed. In the last few years, there's been a lot we've been able to teach them from the daily news. They're good kids, inquisitive, curious and fairly clued in about their world. But I still don't like all the time they spend on the PlayStation.


We're in hard times alright; last week the wife was asked to take leave without pay from her part-time job. We'll do O.K. without her income; since starting a family she had only ever worked part time jobs so she could retain her skills and home-school our children a few days a week. When we were a full-time two-income couple, it was very tempting to upgrade the house. But we're glad we avoided even more debt; now that values have plummeted 75% most people our age are underwater on their loans.


It's not all roses though; even though we live simply, we do get a few snide comments about running a car, still having a job, and eating out. We do get asked for money, and sometimes we do help out. The wife is probably a bit more compassionate then I on this front, particularly with older people. Having been initiated into the workforce by the inflation and redundancies of the 1970's, then seasoned by the 80's and 90's, I can be a bit reluctant to help those who should have learned from their past experiences, as I have. Maybe I am being a bit hard on them, what with the deceptive media coverage and all . . .


Now it's getting late and its time for bed. The house is quiet, with the gentle sound of sleep from numerous rooms. I carefully step over the creaking floorboard. And I hope that the libertarian candidate wins the next election. We saw this disaster coming and made preparations, but millions of others did not. People need to re-learn how to save, how to spend and how to look after their finances. I'm just one person, and there's only so many people I can teach. But tomorrow's another day.


So there you have it - a day during World War 3. Doesn't sound pleasant does it?


The question is...


How does one prepare adequately for for World War 3?


Here are a few suggestions:


Eliminate debt, including your mortgage;


Develop alternative income streams so that you're not dependent on an employer;


Get back to basics.


There are many more practical ideas in the fabulous new book, Fresh Wisdom - Breakthrough to Enlightenment. The authors promise to make sense of life in this senseless world, and they certainly live up to their promise.


If you're serious about preparing for what now seems inevitable, I highly recommend you see what they have to say by visiting Fresh Wisdom.


第3次世界大の間予期するための何をする。

「彼の臨終に臨んで横たわっている96歳の祖父が第3次世界大戦の間何を予期するかをあなたに正確に示す時に、黙り、よく聞くことは意味をなす…」

マイケル・ハウプト、WW3研究者からの知れ渡る戦況報道…

挨拶

あなたはすでに合図に気づいている:

テロに対するグローバルな戦争(単に私達の特権を破壊するために、それは存在している);

HAARP、気象制御、およびChemTrailsのライフ破壊効果;

差し迫り、非常識なイラン侵略;

米国、UK、および他の西側諸国の次の新世界秩序警察国家;

9/11の隠蔽と政府共謀を続ける;

オイルのためらう米ドルと爆発価格;

金の急騰価格;

そして無数 私達を、夜目覚めているようにしておく他の共謀 。

問題はそうである…。

それはあなたと私に何を意味しているか?

誰かが、まさに、何が、起ころうとしているかを私達に言うであろう。

時間は遅く、今は、まっすぐに話すための時間である。

ああ、よく聞きなさい…

私の祖父は最近亡くなった。

涙を流す必要は全然ない - 彼は、多くが夢見るだけの生活を送った勇敢で、勇敢な人であった。

彼は幸福で、果たされて、彼のメーカーと会う心構えをした。

96歳で、彼は第1次世界大戦の間の若い子供、1929年の大恐慌の間のティーンエイジャー、および第2次世界大戦における高官であった。

誰か、この人が、第3次世界大戦の間何を予期するかを私達に言うためにたいていのものより有資格であったならば。

彼が死ぬほんの数日前に、彼は話を動かしている以下を私に話した。

彼が何を言ったかを見つけ出すより重要なあなたが今日することができることは何もない。

彼は、あなたと私が世界大戦3についてどれほど心配しているかを知っていて、彼は、WW3の間典型的な日を説明したかった。

彼は、私に、ほとんどの西部人のために、第3次世界大戦の印象が軍事的にでなく経済的に感じられるであろうということを思い出させていた。

従って、私に、あなたと私の人生がどんな感じであろうかを知らせるために、彼は話を作成した。

ここに彼の話がある…

第3次世界大戦の間の生活

目覚時計はもう一度生活に私達を扇動する。

「ラッキーな少数」のそれがまだ雇用した時に、私は仕事のための用意をしなければならない。

別の寝室から出現している義姉妹と彼女の夫にうなずいて、私は階下で進む。

最近彼らの仕事を失って、それらのクレジットカード借金を繰り出した後に、それらは困っていた。

私達と良い会社より若く、彼らが仕事を得るまで、私達はそれらに、私達と暮らすように請うた。

彼らは粉砕によい妨害物を作り、侵入する人の住んでいない家を捜して、群衆をつかむ。

危険な質屋は活発な交換をしている。

オンのテレビをはじいて、私は‘コア’失業率を議論している顔のアップに注目する。

2桁に近づいているそうであって、それは25%以上のブロガー見積りに対して青ざめる。

朝食はいつものようにである一方、私は一夜でジャンクメール から 分類する。

ガレージセール(必死なファミリー、芝生を刈る申し出による販売のための安い車)は車を洗う、トリムはすべて汚れでレートを安く研ぐ…。

しかし、私達の寮生は、私達と暮らすことへの部分的な賃借料支払額として家事をすることに合意した(それは私によって素晴らしい)。

それは、私がより予備の時間を過ごすのを意味している。

働くために列車に乗るために、終わっている朝食、私は駅に歩く。

いつものように、多くのスペア・シートがある。

私達が、かつて耐えた通常のピーク時間クラッシュからのなかなかの変化。

日のパス;

ニュースは潮のようにロールインする。

私達の官庁関係の仕事は安全であるかもしれないけれども、私達は、条件を変更することに直面している。

私達の企業契約は更新されていて、私達は次の3年の間毎年5%の支払い縮小を提供されている。

部門予算が削減されている時に、私達はそれを取るか、不本意な余剰物に直面することができる。

政府収入はダウンしていて、国際通貨基金は、借金がある西の政府が、費やすことにおける自発的な予算の削減を設立するように勧めている。

ハイパーインフレを通しての米ドルの破壊の後に、私達は本当に小さな選択権を持っている。

終わっている日の仕事、私はもと来た道を引き返す。

ディナーは待つ。

今夜、私達は、それがどのような価格でも入手可能でない時間のほとんどとしてまれな楽しみとしてステーキを食べている;

私達のローカルな牛肉のほとんどは、それらの増大した購買力を満たすためにアジア諸国に出荷される;

私達の弱い内需は、私達がより多くの米、豆を食べて、安く輸入されて、切りきざむのを意味している。

金への私達の投資としてであるけれども、私達は幸運で、銀は私達の購買力を守った。

すべての貴金属投資における棚ぼた収益税にもかかわらず、私達は私達の家を所有していて、樽が油を差す100ドルの上の車を動かし、かなりよく食べる。

もちろん、私達は、私達が助ける拡大家族を持っている。

それは、政府が年金支払いと証券市場について履行を怠った後にするべき正しい事である;

私達の老化両親は私達の助けが必要で、彼らは、最低賃金仕事を行なうのに十分に本当は大丈夫でない。

70上のほとんどの人々は、食べるためにもたらすだけこの種類の仕事を捜す必要があった。

退職?

それは全くちょうど起こらない。

退職金における数十億ドルが歴史に関する知識なしで無知なファイナンシャル・プランナーによって失われたので、それらが落ちるまで、ほとんどの人々は、働く必要がある。

ニュースヘッドラインは驚くに当たらないものと予期せぬ出来事の混合である;

出生率は再びダウンしていて、重罪レートはまた沈下したけれども、ささいな犯罪は上昇の上にある。

多くの警備員が店、食料雑貨商の後ろの貯蔵箱から食物を盗んでいる人々を見渡し、ハブを輸送する時に、詐欺と軽微な盗難の発生は昨年三倍になった。

私は私達の百袋詰め機投資について瞬間的な熟視に耽っている;

それらは棚ぼた収益税なしで何に値しているであろうか?

それは一時的な注意散漫である;

未払税金を最小化し、慎重に快適な生活水準を維持するために会計年度の間に私達の償還を構造化して、私達は、それとしての十分がそうであることがうれしい。

金と銀の現実ショーは6:30にテレビで引き返している。

今夜、私達は、‘それらの’鉱山から最もよい結果を得るために競争している4対の分析物結果を見ている。

勝者が、彼らの鉱山を採掘することにその後1年の間なっている状態で12対経営された鉱山から放されたメートルトンのために、「よりゆるく最も大きい」はグラムを比較する。

金は1オンスあたり10,000ドル未満で後退したけれども、ニュースの残りはかなり予測できる。

銀はまた取引の弱いパッチを経験している(顔のアップはそれを伝統的なインド結婚式季節の終わりに帰している)。

ちょうど、それは1オンスあたり約2,500ドルで持ち主を変える。

財政セクションニュースの結びは短い社会ページレビューによって終える;

新しい有名人は金持ちの金属会社CEOのとしてであり、彼らはしばしば資金集めディナーでテレビで大役を果たすか、徒弟修行放送開始をひとかたまりにする。

中退者は、再び交換をすることを促進されている;

大学コースは、それらが長い間あった不正な時間を無駄にするものとして告発されている。

現実TV番組が終わった後に、経済の上のドキュメンタリーを見るために私達が合わせられるままいた。

まさに、私達が、経済がよりよくなっているかもしれないと思った時に、私達の大手銀行終わりのそれが最初の考えより悪い効果があったかのようである。

効果は、早くから見づらいけれども後から振り返って見ると予測できた。

銀行は、「マス金融の破壊の武器」であるそれらについてのウォレンビュッフェの警告を無視して、そのリスクをヘッジするためにデリバティブによって重く遊んだ。

サブ全盛抵当ポートフォリオの多くは海外で売り払われたし、従って多くの‘家の所有者’が現在大きな沖合の多国籍企業のテナントであった。

多くの中流の人々は現在一文無しで、彼らが彼らのために取ってくることができる何のためにでも彼らの資産を売却することによって一緒にこすっている。

それらのわずかな貯金はなくなり、債権者として、彼らはお金を借りている人々のリストの底の下にいる。

破産プロフェッショナルと抵当流れ処分会社は素晴らしい貿易をしていたけれども、莫大なコストでである;

多くの人々は、彼らの抵当の上の欠席に追い込まれて、彼らが清算していて、彼らがよりよく準備されたならば、所有していたかもしれない家をレンタルすることになった。

もちろん、どのように、そのような難局で生きることが感じるかに、単なる説明は公正を全然しない。

ベビーブーマーが退職した時に空から落下している予期されている仕事が、すべての年(それらの多くは移民である)の必死な人々のそばで仕事のために競争して自身のために見つけたいわゆるY世代。

それらの旅行、iPod、およびデザイナー服の代金を払った仕事を失って、最小の賃金が生き続けるようにだけ、彼らは現在働く。

世界中で国から切手を詰め込んだそれらのパスポートはほこりをかぶる。

人々はしばしば私に尋ねて、なぜすべてのこれは起こったか?

そして、私が、不換紙幣(借金、貯蓄率、およびオーストリア経済学のインパクト)を説明しようとする時に、それらはただすべてブランクになる。

「私は理解していない」、彼らは泣き言を言う。

「私達は、まさに見事にうまくやっていったものであった」と彼らすべては言う。

それでも、すべてが失われるわけではない。

無料食堂はたぶん少しを引き付けるけれども、最近は教会により多くの人々がいる。

私達はこの週末に外の助けの上にrosteredされる。

そして、私達がオープン・フォーラムにあなたのお金を管理する貴金属の上で難局のために予算に組み、覆わせておく日曜日の夜。

従って、興味と希望がある。

私達は、しかし家を引っ越すことを考慮している。

私達の以前快適であった近所の人々は毎日もう少しよりぶっそうであるように見えている。

より多くの人々が彼らの仕事を失う時に、ささいな窃盗の増大する発生は少し懸念である。

まさに先日、私達は、家、…どのような仕事まわりの仕事でも要求しているドアでより多くの人々を拒絶する必要があった。

私達がそれらに、私達が本当は何も提供することができないと言った時に、食物スクラップを捜して、彼らは出る途中で私達のごみを通り抜けた。

ローカルな仕事を守る試みにおいて、政府がすべての輸入品の上でより高い関税をたたいた後に、食物は高価である。

スムートホーリー災害から何も知らないで、私達は現在より高い食品価格(失業者と低賃金稼ぎ手のための別の顔面平手打ち)によって予測できる結果を被っている。

私達が、車でまわりを旅行する余裕があっても、運転することは、かつてほど楽しくない。

私達は、道路を悪化させることに対処するためにファミリー・カーを四輪駆動と交換することを考えた。

それらの予算問題を認めることを断る地方自治体はもう道路を直していなく、まだこれから、道路を最も高い入札者に売ることを考慮する必要がある。

その間、道路状況は悪化し、私達は、少なく運転することに没頭する。

私達の子供は家でいつも教え込まれて、これは変わらなかった。

過去数年に、私達が、毎日のニュースからそれらに教えることができたことがたくさんあった。

彼らはよい子供、詮索好きな人であり、物好きで、彼らの世界のまわりで公正に手掛かりを与えられる。

しかし、彼らがプレイステーションの上で費やす間に、私はまだ望まない。

私達はよい難局の中にいる;

先週、妻は、無給休暇を彼女のパートタイムの仕事から取り去るように頼まれた。

私達は彼女の収入なしでO.K.をする;

ファミリーを始めて以来、彼女はそれまでにパートタイム仕事を行なっただけであることがあったので彼女が彼女のスキルを保持し、1週間に数日私達の子供を自宅教育することができた。

私達がフルタイムの共稼ぎ夫婦であった時に、家をアップグレードすることは非常に魅力的であった。

しかし、私達は、私達がいっそうより多くの借りを避けたことがうれしい;

価値が75%落ちたので、私達くらいの年のほとんどの人々は彼らの貸付金の上で水面下である。

しかしそれはすべてバラであるわけではない;

私達が簡素な生活をしていても、私達は、車を動かし、まだ仕事を持ち、外食することについて少しの嫌味なコメントを得る。

私達はお金を要求されて、時々、私達は助ける。

妻はこの正面の上で、特に年配の人とたぶんもう少し同情的で、それから、私である。

1970のインフレと余剰物によって労働力に加入させられて、そして80と90の年代までに乾燥されて、私は、少し、私がしたように、彼らの過去の経験から学ぶべきであった人々を助けることを渋っているかもしれない。

たぶん、私はすっかり欺瞞的なメディアの取材やらでそれらに対して少し厳しい。

さて、それは休む遅く、その時間を得ている。

家はたくさんの部屋からの睡眠の優しい音によって静かである。

私は慎重にきしむ床板をまたぐ。

そして、私は、急進的自由主義の候補者が次の選挙に勝つことを望む。

私達はこの災害が来るのを見て、準備をしたけれども、数百万の他のものはしなかった。

人々は、どのように保存するか、どのように費やすか、そしてどのように彼らの財源の世話をするかを再び学ぶ必要がある。

私はほんの1人の人であり、限られた民族だけがいるので、私は教えることができる。

しかし、明日は別の日である。

従って、そこに、あなたはそれを持っている - 第3次世界大戦の間の1日。

楽しい雑音はそれをする?

問題はそうである…

人が適正に第3次世界大戦のためにの準備をする方法?

ここに少しの提案がある:

あなたの抵当を含めて、借金を取り除きなさい;

あなたが雇用者に依存していないように、代わりの収入ストリームを開発しなさい;

基本に戻りなさい。

すばらしく新しい本、新鮮な知恵中に多くのより実用的なアイデアがある - 教化へのブレークスルー。

作者は、この非常識な世界でライフを理解すると約束し、彼らは確かに彼らの約束を守る。

あなたが、現在、必然的であるようなものの準備をすることについて真面目ならば、私は、あなたが、彼らが、新鮮な知恵を訪問することによって何を言う必要があるかをわかるように強く勧める。







蛇足


第3次世界大戦は経済的搾取だ・。ドンパチも起こり、戦争や紛争が起こるけれども、彼らの本当の狙いは、庶民の経済的搾取による奴隷然な生活だろう。

支配層まとめ・。

蛇足






もう一度、世界支配層のまとめ・。NWO(新世界秩序)・・グローバルガバナンスへ




イルミナティとエイリアン支配(デービット・アイク)





エイリアンの社会



グローバルエリート

(黒い貴族、イルミナティ、三百人委員会)



イルミネーテッド・フリーメーソンリー、

マルタ騎士団、スカル&ボーンズ etc.





円卓会議/王立国際問題研究所



ビルダーバーグ・グループ



国民国家



欧州連合と貿易ブロック



国連



マスメディア



人類














 上の図をもう一度見てほしい。あなたは、これを見たことがあるだろうか。ほとんどの人は見たことがないだろう。この図を最初に暴露したのは、デービッド・イクの『そして真理はあなたを自由にする』という著作である。


この図は、地球における真の権力構造を表している。これは今でも生きており、非常に長きに渡って続いてきた“命令系統”なのである。


 このようなことは、多くの人にとっては現実離れしていると思われる。しかし、私はあなたに考えてほしいとお願いする。たいていの人は


、「地球は何か狂っている」ということには、賛成すると思う。内戦、病気、飢餓、民族純化、宗教戦争、様々な人権侵害など様々である。このリストはまだまだ続くが、これはほんの最初の数例である。これらの悲惨な状況は、全く別々に生じているのだろうか。それとも、ある一つの源から起こっているのだろうか。


 私があなたに問うていることは、すべてあなたが自分で考えることである。あなたが今までに人から聞いたこと、学校で習ったこと、ラジオで聴いたこと、テレビで見たこと、政治家が言ったことなどは投げ捨ててほしい。差し当たって今だけは。そして、


少しの間、我々の間で考えてみよう。このような機会は、そう頻繁に持てるものではない。我々は、宣伝、ひどいニュース、誰かの意見、嘘を絶えず取り込まされているが、そこには公表されない秘密が膨大に隠されている。このような嘘の大部分は、前掲の図の上の方にいる、ごくわずかな人々が所有しているマスコミが流している。すべては、彼らの意向と目的に従っているのである


 このサイトは、ある目的を持っている。私はまず、世界の現状について、特に政治の状況について、あなたに概説しようと思う。その次には、テレビを見たり、新聞を読んだりして入ってくる間違った情報ではなくて、実際に何が起きているのかについて説明する予定である。私は、我々が与えられている重要な情報についてコメントし、説明し、論駁する。すべては、私が今からあなたに話そうとしている事実に基づいている。そして、このサイトは、新しい情報が来るたびに更新されている。しかし、これを全部理解するためには、あなたは、地球の現状について簡単な説明を受ける必要がある。その説明は、あなたが今まで与えられなかったようなものである。あなたにこの真実を知ってほしいと願っている人たちがいるのである。


イルミナティ・アジェンダ


NWOは人間を10億人程度に減らす・。常に、第3・4次世界大戦をしかける。


(1)生物・科学兵器・・エイズ・エボラ・BSE・鳥インフルエンザなどを密かにばら撒く・(治療名目、宗教名目   など)。


(2)世界各国の内戦や反乱の誘導・(国連平和維持活動が主導の面)。


(3)経済格差による不満・不正の醸成・。政治的混乱


(4)世界政府・統一通貨への道に基づき、各国の国民の疲弊。


(5)エネルギー・食糧・環境などをコントロールする。


(6)支配層の血流、500家そのうち上位13血流(ほぼ30血流・系統)。


以上を絡み合わせ、第三・四次世界大戦へ誘導する。


          


陰謀ではなく表に表れている。


人間が死んで減ろうが、彼らは悲しまない。エイリアン・エリートなら人間は、ただの家畜なのだろう。


魂をとられているエリート層(グローバル・エリート)により、自ら牢獄惑星を構築したがっている。




「共産独裁主義的ファシズム監獄世界統一政府」


北のような無法国家もテロリズムもすべては理想社会なのだろう・。




悪あがきは何時までも続かない、宇宙的規模で、改革は行われているだろう。

コケにされた中国・・。

英仏が折衷案、中国「支持できる」…日米受け入れ検討


(読売新聞) - 7月15日14時58分更




 【ニューヨーク=白川義和】日本は14日、北朝鮮のミサイル発射に対する日米英仏など8か国提案の決議案について、中露との協議をもとに修正案をまとめ、同日夜の国連安全保障理事会非公開協議に提出した。



 中国が、修正案に国連憲章7章への言及が残っていることに強く反対したため、英仏両国は同協議で「7章」に言及しない折衷案を提案。中国は支持できるとの考えを示した。日米も英仏案の受け入れを検討している。最終決議案は15日午後(日本時間16日午前)、採決に付され、15日に採択される公算となった。



 修正案は、中露が問題視していた「安保理が国連憲章7章のもとで行動」との条項を「7章40条のもとで行動」と修正、軍事行動や経済制裁の可能性を排除した。7章40条は、安保理が事態の悪化を防ぐため、関係国に「暫定措置」に従うよう要請できるとの規定。経済制裁をうたった同章41条、軍事行動を可能とする同章42条の前段階にあたる。




【コラム】ミサイル食らった韓国の太陽政策



 「韓半島(朝鮮半島)の不幸の根源とは何で、それにどのように対処すべきか」という問いに対する答えが一層明確に浮かび上がった。


 これまで韓国社会には「困窮した北朝鮮を批判するのは守旧派の冷戦的思考であり、時代錯誤だ」という主張が洪水のようにあふれていた。だが、北朝鮮を批判すべき点は、金正日(キム・ジョンイル)の人権じゅうりんや国際犯罪をはじめ、変化のない一方的な対南姿勢、国際的な取り決めを無視した核兵器開発やミサイル発射など、それこそ山のようにある。また、その金正日に秘密資金を提供した韓国側の姿勢も批判されてしかるべきだ。


 しかし、教条的な太陽政策の信奉者たちは、そのような正当な批判ですら「反統一」、「守旧冷戦」だとして、たびたび批判を繰り返してきた。


 今回、金正日が発射したミサイル7発は、韓国社会のこのようなとんでもない風潮をほとんど完ぺきにノックアウトするのに、逆説的に寄与した。太陽政策で「よしよし」と無条件に与えてさえいれば、金正日がミサイル発射もあきらめ、改革開放へ変化するはずだという彼らの大言壮語は、突如見当違いであったことが証明されてしまったわけだ。


 ところで、ミサイル発射をはじめ、金正日のあらゆる「悪行」を公然と支持している親金正日運動団体の存在はひとまず論外としよう。彼らはいくらたしなめてもしかたのない救いようのない連中だからだ。彼らは「マッカーサー銅像撤去運動」のころから確信犯的な親北姿勢をあらわにし、「わたしたちはそういう人間だ。それがどうした?」という態度をとっていた。従って、彼らとは全面的に争う以外に対処する方法はない。


 しかし問題は、左翼とも呼べないほどに世俗化し、小市民化しながらも、いったん口を開き筆を握れば、常に親金正日勢力を「新しい進歩的勢力」と評価してかばい、反金正日勢力を「古い保守的勢力」とけなしていたグレーゾーンに属する人々の動向だ。


 彼らに対しては、今回のミサイル問題をきっかけとして、果たして教条的太陽政策だけで金正日の変化を導くことができるかどうかについて、最後まで問いかける価値がある。それは、たとえグレーゾーンの人々の一部しか誤った見解を改めなかったとしても、大韓民国の味方を増やすために必要なことだからだ。


 だが、太陽政策の教条的支持者らは、金正日の悪行に対する批判が出るたびに、「金正日体制を動揺させて、何の利益があるのか」という論理で反論した。おそらく現在でも、一部の人々は「米国がクリントン政権末期のように北朝鮮との直接交渉を試みもせず、ブッシュが金正日の秘密資金を遮断したから、瀬戸際外交という方法をとらざるを得なかったのではないか」と主張するかも知れない。


 しかし、そのように主張する人々が、もし一国の責任ある為政者であったならば、自国の偽造紙幣を作ってばらまかれても、「よしよし」と黙って座視していられるだろうか。また、金正日に提供した秘密資金が北朝鮮住民の飢えを解消するのに使われたのか、われわれを狙うスカッドミサイルの開発に使われたのかについても考えてみなければならない。


 金正日は結局、韓国が提供した資金を独裁維持のためのミサイル開発に費やし、体制改革には使わなかった。体制改革を「首領独裁の維持」のために行うものと見なしているからだ。無条件に与えるだけの太陽政策は、この点でむしろ実益がなかったわけだ。


 それならば、今からでも韓半島の状況をあるがままに直視しなければならない。今日の韓半島は「親大韓民国反金正日首領独裁」と、「親金正日首領独裁反大韓民国」という本質的な対立があらわになった局面に立たされている。北朝鮮のミサイル発射問題は、この問題の本質を明確に浮かび上がらせた。


 従って「盧武鉉(ノ・ムヒョン)式沈黙」は、この実情をあいまいにしたままにする結果をもたらす危険性がある。今日の事態に対する歪曲(わいきょく)なき分析が切実に望まれる。


柳根一(リュ・グンイル)論説委員


朝鮮日報




蛇足


極東のレベルの低い政治体制を暴露したようだ・。北に良い様に利用され続ける


中国と韓国とは暢気な父さんみたいなもんか・。まあ、中国も折衷案に賛成するだろう。


日本を見て、態度を硬化するアフォ思考には恐れ入る。以前の、トショウヘイなら今頃、


戦争だろうが・。中国及び韓国は日本には言えるが、北には煮え湯を飲まされる羽目になった。


ようは、ノムヒョン政権の左巻き思考が中国と北朝鮮とで、日本をいじめよう等と考えている。


こんな連中のボケさが墓穴を掘り、北にあしらわれるだけになった。


日本人としては朝鮮人(北も南)とは戦う事も念頭において交渉及び行動しなければならないだろう。





北は制裁なれば・・テポドンを打ってくる。その可能性だけはある。

大戦争の前触れ・。

by RBN



Dubya Dubya Three



In his work, "The Art of War", Sun Tzu observed that all wars are based on deception.


Simply put, this means that those leaders who wish to start a war must lie to convince their people that war is necessary, as the vast majority of people do not want war, do not wish to risk their life and limb in war, and in general avoid the unpleasantness that war is. Throughout history, wars have usually been started by a ruler playing a dirty trick on his people; a dirty trick that fools them into thinking that they themselves have been, or are about to be attacked.


As an example, Hitler played this trick on the people of Germany by having his soldiers dress up in Polish uniforms and attack a German radio station near the border of Poland. To aid in the illusion, prisoners were dressed in Polish uniforms and shot dead on the scene for the benefit of the radio station's on-air reporting, and later for the German newspapers. World War Two resulted. Germany lost.


Vietnam was transformed from "Advising" to all out war based on the report that North Vietnam had fired torpedoes at the USS Maddox in the Gulf of Tonkin. Armed with that report, President Lyndon Johnson obtained a war declaration from Congress. Later, it was revealed that Johnson knew the report of the attack was a fake. The US lost that war.


The US Government clearly lied about Iraq's 'nookular' weapons to create a public fear of imminent attack. Tony Blair told the British subjects attack was potentially only 45 minutes away. And it looks like the US will lose that war as well, inasmuch as the stated political goals can never be met.


I could go on and on, but I think the point has been made. Any nation wishing to initiate a war has to trick their people into believing that the target has or is about to strike first.


This brings us to the present case. The United States and Israel have been trying to create a case for more wars in the mideast for some time now. Indeed one can hardly open a newspaper without reading how some Israeli "expert" has come up with another reason for American kids to go off and fight those mean old Arabs.


But, as the lies that led to war become known to the general public, support for continuing the existing wars in Iraq and Afghanistan has plummeted, and support for initiating a new war is for all practical purposes nonexistent. The Neocon warhawks in the US are searching for some device to kick off the war, and appear to have devised a convoluted "back door" to war with Iran, as convoluted as that which tricked the US into war with Germany.


Back in 1941, Franklin Delano Roosevelt wanted to get the US into the war to aid Great Britain and Russia against Germany. But the American people did not want any part of a war on the other side of the planet. Roosevelt decided to create a war with Germany by tricking Japan into attacking the United States. Germany would then have to declare war on the US because of the Axis Agreement, and Roosevelt would have the illusion that Hitler (who wanted to avoid war with the US at all costs) started the fight.


Following a plan prepared by Lieutenant Commander Arthur McCollum of the Office of Naval Intelligence, Roosevelt first moved the Pacific Fleet from San Diego to Hawaii, then goaded the Japanese into an attack. Both civilian and military shipping were ordered to stick to the southern routes, so that an accidental interception of the Japanese fleet would be impossible. Even though Admiral Yamamoto's order to sail the fleet to Hawaii was intercepted in Hawaii, the top military commanders were not informed of the coming attack. It was a total setup, and America was suddenly at war.


So now we have the US Government wanting war in Iran. But there is no public support, and after the lies about Iraq's 'nookular' weapons, little faith in government claims of Iran's threat to the US.


So, Israel starts provocations, like assassinating the Palestinian Chief of Police and shelling the beach at Gaza, actions intended to provoke a response. Then, it is claimed a soldier is "kidnapped", and even though nobody knows who kidnapped him or where he is, Israel launches a "rescue mission" into Gaza which is later revealed to have been planned long before any soldier was captured, and was intended to bring down the Democratically elected government of Palestine. With Gaza in flames, the trick gets repeated, with two more soldiers reported kidnapped, and another front opened into Lebanon. This is the "Attack on Pearl Harbor".


But just as history shows that the attack on Pearl Harbor was simply a device to lure America into a global war, so too is the stage set for the Gaza and Lebanon invasions to blossom into a full scale world war; the war the Neocon warhawks have planned for all along, the war they imagine will make the United States the ruler of the world.


Iran already has a security relationship with Syria, which President Ahmadinajad confirmed by phone to the Syrian President earlier today. And President Bush has committed US forces to aid Israel in any conflict, even if Israel initiates hostilities.


So, simple as 1, 2, 3. Israel attacks Syria, maybe even Iran directly, and Iran counter-attacks, with YOUR kids standing in the way on the ground in Iraq. Except that it is not that simple. Russia has agreements with Iran, including the one in which Russia is building Iran's nuclear power plant, a plant which remains Russian state property until Iran finishes paying for it, and which is currently staffed with Russian nationals who are building it and training the Iranians to run it.


If that power station gets bombed and Russian nationals get killed, Russia will HAVE to respond, and with the US vetoing every UN resolution against Israel, Russia will not choose peaceful negotiations. Russia has already signaled its intention to intervene by ordering the Black Sea Fleet to relocate to a port in Syria, following Israel's illegal and provocative flights over Damascus.


So here we are, at the dawn of "Dubya Dubya Three", and we did not get here by accident. Every step of the way from peace to near-war was planned and carried out at the highest levels of the US, UK, and Israeli governments.


It's happening again. And nobody knows how many will die this time.



Dubya Dubya 3

彼の仕事、「戦術」において、孫子は、すべての戦争が詐欺に基づくことに気づいた。

簡単に言うと、これは、戦争を起こすことを望むそれらのリーダーが、人々の大部分が戦争を望んでいないので、戦争が必要であることを彼らの人々に納得させるために嘘を言わなければならず、戦争において彼らの生命と身体を賭けることを望まなく、一般に、戦争がある不愉快さを避けることを意味している。

歴史を通して、戦争は通常彼の人々に卑劣な策略をしているルーラーによって起こされている;

それら自身がそうであったか、攻撃されかかっていると思う中に、それらを騙す卑劣な策略。

例として、彼の兵士をポーランドユニフォームの中で正装し、ポーランドの境界の近くのドイツ無線局を攻撃させることによって、ヒトラーはドイツの人々にこの悪さをした。

幻覚における援助に、囚人はポーランドユニフォームを着ていて、報告していて、ドイツ新聞により遅れている時のため、現場で射殺された。

世界大戦2は結果として生じていた。

ドイツは負けた。

ベトナムは、「助言する」から、北ベトナムがトンキン湾でUSSマドックスに魚雷を発射したという報告に基づいたすべての外の戦争に変えられた。

そのリポートによって武装して、リンドン・ジョンソン大統領は戦争宣言を議会から得た。

後で、ジョンソンが、攻撃のリポートが偽物であったと知っていたことは明らかにされた。

米国はその戦争に負けた。

差し迫った攻撃に対する公的な恐怖を作成するために、米国政府ははっきりとイラクの‘核’武器について嘘を言った。

トニー・ブレアは英国の主題に、攻撃が潜在的にわずか45分後であったと言った。

そして、述べられた政治的なゴールが決して満たされることができないので、米国がその上その戦争に負けるであろうように見える。

私はずっと進むことができたけれども、私は、要点がされていると思う。

戦争を開始することを望んでいるどのような国家でも、目標が持っているか、最初に打ちかかっていると信じるようにそれらの人々をだます必要がある。

これは私達を本件に連れて来る。

米国とイスラエルは、現在しばらくの間、中東においてより多くの戦争のためのケースを作成しようとしていた。

実に、一方はほとんど、どのようにイスラエルの「エキスパート」が、立ち去り、それらの卑劣な高齢のアラブ人と戦うためにアメリカ人子供の別の理由を考え出したかを読まずに新聞を開くことができない。

しかし、戦争をもたらしていた嘘が一般大衆に知られるにつれて、既存の戦争をイラクとアフガニスタンに留まらせることへの支持は落ちて、新しい戦争を開始することへの支持は存在しないこと実際的にはある。

ドイツとの戦争の中に米国をだましたそれとして巻き込まれるにつれて、米国の新保守主義者のwarhawksは、戦争を開始し、巻き込まれた「裏口」をイランとの戦争に遺贈したようなためにある機器を検索している。

1941年に、フランクリン・ルーズベルトは、米国に戦争の中に、ドイツに対して英国とロシアを援助させたかった。

しかし、アメリカ人は地球の反対の側の戦争のどのような部分も望んでいなかった。

ルーズベルトは、米国を攻撃するように日本をだますことによってドイツとの戦争を作成すると決めた。

ドイツは、その時、軸協定のため米国に宣戦布告する必要があるであろうし、ルーズベルトは、ヒトラー(ぜひとも米国との戦争を避けたかった)が戦いを始めたという思い違いをしているであろう。

米海軍情報部のアーサー・マッカラム海軍少佐によって準備された計画を進めて、ルーズベルトは最初に太平洋艦隊をサンディエゴからハワイに移動させて、それから、攻撃に日本人を先導した。

日本の群団の偶然の妨害が不可能であるように、民間と軍隊の両方の出荷は、南のルートに固着するように命じられた。

ハワイに群団を帆走するヤマモト提督の注文がハワイで傍受されても、一番上の軍事司令官は次の攻撃を知らせられなかった。

それは全体のセットアップであり、アメリカは突然戦争中にあった。

従って、現在、私達は米国政府にイランで戦争を望ませておく。

しかし、米国へのイランの脅威の政府主張において公的支援とイラクの‘核r’武器についての嘘の後の、少しの信頼が全然ない。

従って、パレスチナの市警察局長を暗殺し、ガザ(反応を引き起こすことを意図している行動)でビーチを砲撃するように、イスラエルは挑発を始める。

そして、兵士が「誘拐されること」は主張されて、誰も、誰が彼を誘拐したかを知っていなくてもまたは彼がいる所で、イスラエルは、「救助任務」を、後で、兵士が捕らえられて、パレスチナの民主的に選挙で選ばれた政府を倒すことを意図しているずっと前に設計されていると明らかにされるガザに乗り出させる。

炎におけるガザによって、あと2人の兵士を誘拐されていると報告し、レバノンの中に別の正面で開く状態で、計略は繰り返される。

これは「真珠湾への攻撃」である。

ちょうどしかし、歴史が、真珠湾への攻撃が、グローバルな戦争の中にアメリカをおびき出す単に機器であったことを示すように、また、ガザとレバノンの侵略がフル・スケール世界大戦の中に開花するように、ステージセットもそうである;

新保守主義者のwarhawksがずっと計画を立てた戦争、彼らが想像している戦争は米国を世界のルーラーにするであろう

イランはすでにシリアとのセキュリティ関係を持っている(Ahmadinajad大統領は今日より早くシリアの大統領に電話でそれを確認した)。

そして、イスラエルが交戦状態を開始しても、ブッシュ大統領は、どのような衝突についてでもイスラエルを援助するために米国力を委任した。

1、2、3と同じくらい簡単である。

あなたの子供がイラクのグラウンドの上の邪魔をしている状態で、イスラエルはシリア(たぶん直接イランとイランカウンターアタック)さえ攻撃する。

それがそんなに簡単でない以外。

ロシアは、ロシアが、建物イランの原子力発電所(イランが、それの代金を払い終わるまで、ロシア国有財産であり続けて、現在それを築いていて、イラン人が、それを実行するように訓練しているロシア国民の職員を配置しているプラント)であるものを含むイランとの協定を持っている。

その発電所が爆撃されて、ロシア国民が殺されるならば、ロシアは、反応する必要があるであろうし、イスラエルに対してすべての国連決議案を拒否している米国とともに、ロシアは平和な交渉を選ばないであろう。

ロシアは、すでに、黒海艦隊に、ダマスカスの上でイスラエルの違法で、挑発的なフライトに続いて、シリアのポートに再配置するように命じることによって介在するその意図を信号で伝えた。

従って、ここに私達がいて、「Dubya Dubya3」と私達の夜明けに、偶然ここに到着しなかった。

平和から近くの戦争までの道のすべてのステップは米国、英国、およびイスラエル人政府の最も高いレベルで計画されて、運び出された。

それは再び起こっている。

そして、誰も、いくつが今回死ぬであろうかを知っていない。











もとからか・。

アジアの真実http://ameblo.jp/lancer1/





2006年07月12日


・中国陣営に入ることを世界に宣言した韓国 ~韓国は自分を客観視できているのか~


テーマ:韓国・その他ニュース
 

【ミサイル】「韓国は最後まで日本とは行動を共にしない」? :朝鮮日報


? 韓国外交通商部の秋圭昊スポークスマンの談話を伝えた10日付のインターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)紙の報道内容が論議を呼ぶものとみられている。


 IHT の報道によると秋スポークスマンは「韓国は最後まで日本とは行動を共にしない」とし、「われわれは(日本が主導している国連の対北朝鮮決議案に対し)中国が拒否権を行使してくれることを期待する」と話したという。IHTはまた、秋スポークスマンが韓国政府の対北朝鮮制裁に反対するという意向を明らかにしたとしている。


 秋スポークスマンのそうした発言が事実だとすれば、米日とは路線を共にできないとの立場を韓国政府が公式に認めたことになる。韓国政府はこれまで、対北朝鮮決議案に関する立場を明らかにしないできた。 しかし秋スポークスマンは「記者と通話したのは事実だが、制裁に反対するとか、中国の拒否権を期待するといった話はしていない」と否認した。


【噴水台】クマ:中央日報


?? 褐色のクマがロシアを代表するならば、パンダは中国を象徴する。 中国人が力と中庸の象徴に思う動物だ。 毛沢東が、72年に訪中した当時のニクソン米大統領に贈り物として渡し、「パンダ=中国」という等式が固まった。 そうした事情からなのか、魚、オリンピック聖火の火、チルー(chiru)、ツバメと共に、パンダを2008年の北京五輪マスコット5の一つに選んだ。



? このところ、褐色のクマとパンダが日々仲良い姿を見せている。 中国は今年を「ロシアの年」に、ロシアは来年を「中国の年」に、それぞれ宣布し、相互友ぎを確かめあっている。 記念バッジには、褐色のクマとパンダが握手する姿が描かれ、「手を取りあって共に進もう」というスローガンも記されている。 歴史的に対立も多かったが、最近の改革・開放から分かるように、似たような部分も多いユーラシア大陸の巨大な2のクマが、一緒に未来を模索している形勢だ。 それも、檀君(タングン、韓民族の伝説上の始祖)説話が語ってくれるように、クマの話ならば抜けられない韓半島の鼻先で。 それなら、北東アジア「クマ3頭」の残りの一つの軸である韓国は、どんな未来を図るべきだろうか。



? 前回の記事で、中国が拒否権を使用した場合、中国の対日米路線が決定的となり、”日米VS中国(ロシア)”という冷戦さながらの世界の構図ができあがってしまうと書きましたが、本来北朝鮮と国境を接し、最も軍事的脅威にさらされており、政治理念的にも日米の陣営に入っているはずの韓国は、完全にその世界構図の中で中国側に付こうとしているようです。韓国が日米陣営から離れ、中国、北朝鮮陣営に近づいているという同様の話題は、過去に何度もありましたし、当Blogでも何度も書いています。しかし今回のように、差し迫った危機に直面し、日米VS中国という対立路線が具体的事象ではっきりと図式化されたときに、このような明確に中国寄りの態度を示したことには少々驚きました。世界中が注目している事態において、このような態度表明をするということは日米だけでなく、世界中へ対して私はこっちの陣営に付きますと堂々と宣言したも同じです。現在は仮にも「友好国」となっていますが、正式に「敵国」となる日は刻々と近づいています。そしてその引き金を引いているのは間違いなく韓国の方です。


 韓国がいつ中国とロシアと同列の”クマ”になったのか知りませんが、韓国は自分の姿を客観的見えているのでしょうか。韓国に二つの大国と同等の世界戦略を持てるほどの国力や世界に対する影響力があるとは思えません。自分を大きな存在と勘違いし、周りを見ることなく、盲目的に大きなクマ二頭へ尻尾を振って付いていっている滑稽な姿が私には見えます。





蛇足


1500年以上の属国体質が染み込んだ半島では、中国の植民地や属国の方が合っているのだろう。朝鮮人などはいないのかも知れない。もともと中国朝鮮省なのかも知れない・。


陰謀説再現・

テポドン・ミサイルの発射ボタンは、N.Y.のユダヤ老人が押す。http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/tepoyuda.htm




By richardkoshimizu


↑テポドンの発射ボタンを押したかもしれないニューヨークのユダヤご老人、デービッドさん。ご自分では「ダビデ」と呼んで欲しいかも。

1998年、北朝鮮からテポドン・ミサイルが飛んできて、太平洋に弾頭らしき残骸がポチャンと落ちたとき、「金正日が威嚇のために飛ばしたんだ!」と、大衆の誰もが憤りました。しかし、真犯人は、その閉鎖国家のぶくぶく太った独裁者などではない、黒幕がいると直感した、ごく少数の人たちも存在しました。


テポドン騒ぎ以降、日本で、極東で、そして世界で何が変わったのでしょうか?


ブッシュ政権は、北朝鮮の核ミサイルからの防衛を念頭に置いたMD防衛計画を強力に推進しています。日本も韓国も台湾も、ブッシュ政権の計画に同調し参加を決めています。既に、この膨大な計画に巨額な国家予算が使われ始めています。


まさに、北朝鮮のテポドンの脅威があるからこそ、実現したMD計画なのです。このミサイル迎撃計画ですが、全く実現性のない机上の空論であり、実用性ゼロであると断罪されています。(参考①)実際に迎撃実験は失敗に次ぐ失敗の連続(参考②)です。 (2004年12月、2005年2月と連続の失敗です。といっても、今まで一度も成功はしていませんが。)そもそも宇宙空間や大気圏再突入後の弾頭は、超高速で飛行するものであり、その物体に対して迎撃ミサイルをぶつける事自体、最初から不可能なことなのです。どんなに腕のよいガンマンでも、飛んでくる弾丸に正面からピストルの弾を当てることなんかできません。


それでもブッシュ政権はかたくなにMD計画に固執しています。それもこれも「北朝鮮の核ミサイルの脅威」があるからこそ、ごり押しできるのです。テポドンさまさまです。


さて、このMD計画なんですが、迎撃ミサイルやイージス艦が必要となり、大変な防衛費が掛かります。(参考③)兆単位のお金が使われるこの計画で恩恵を受けるのは、ミサイル製造のロッキード・マーチンや、ランド研究所、レイセオン社といったところです。ブッシュ政権のラムズフェルド国防長官は、このロッキードのためのMD計画を推進する軍事シンクタンク、ランド研究所の理事長でした。チェニー副大統領の夫人は、そのロッキード・マーチンの重役でした。日系人のノーマン・ミネタ運輸長官は、ロッキード・マーチン副社長といったわけで、皆さん、MD計画で儲かる方々が、ブッシュ政権の主要閣僚をお勤めになっています。勿論、ブッシュ大統領の黒幕であるロックフェラー隠れユダヤ大王様が、これらのMD関連のユダヤ兵器産業の総元締めの親分さんです。


どうもなんだか、ヘンな臭いがします。クンクン。もの陰に隠れて、テポドン花火の導火線に火をつけている、眼の濁った、物欲に取り付かれたユダヤ老人の姿が浮かんできませんか?






デービッド・ロックフェラーは、911直後に北京に飛んで、江沢民ら、中国共産党首脳と会談しています。ロックフェラーが主導した911内部犯行と、以後に開始する予定の報復戦争を説明しに行ったのでしょうか?私はもっと違う見方をしています。アフガニスタンのオピウムは、国境を越えて、中国に運ばれ、辺境の人民解放軍の基地で、ヘロインに精製されて後、アフガニスタンに戻され、欧米の市場へ密輸されていくと言われています。911の後に行われたアフガン侵略で、オピウム栽培を禁じたタリバンが倒され、麻薬栽培が大々的に再開しました。ロックフェラーは、麻薬商売の再開に際して、パートナーである中国共産党と相談に行った.......のではないでしょうか?麻薬王ロックフェラーは、代々、中国共産党と親密な関係を保ってきました。そこに「麻薬利権の共有」が介在していると考えているのは私だけではないでしょう。



▲北朝鮮の兄貴分 = 中国の共産党は、ロックフェラーと蜜月関係。911直後にD.ロックフェラーが江沢民に911を説明するために北京に飛んでいる

戦争は、ブッシュの背後のスポンサーが望む公共事業。戦争がなければ、ロックフェラーたちが所有する軍事産業は破綻する。





蛇足


無法者を中国が(北朝鮮)庇えば庇うほど、陰謀論が現実味を帯びる構図です。

統一朝鮮はパレスチナ状態か?



蛇足


安保理付託で、制裁決議が通る可能性がある。その場合、北はまた、ミサイルを放つであろうから・。


当然、有志連合で朝鮮半島分割占領化が行われるか?


北朝鮮はキム・ジョンイルはすでに、この世にいないかもしれない。・軍事クーデターが行われたかもしれないが・。


中国の出方で、それはわかるであろう・


軍事政権に占領されていた場合。


中国軍とロシア軍及び韓国のアメリカ軍再占領になるやもしれない・。


韓国はノムヒョン政権で北の傀儡となった。ノムヒョンを倒し、親米政権の樹立を図るであろう。


北朝鮮は民族自決という名目で、統一朝鮮は自由主義国となり、アメリカの傀儡政権の樹立であろう。


いままで、中国の属国体制に残るかもしれない選択肢があったが、


再占領のシナリオは、人工国家はあくまで、人工国家として生きる道を選ばされる。


しかし、北の残党で、テロになるかもしれない・。


東アジアのパレスチナ状態が訪れるかもしれない・。わかりませんが?




日本も本格的なテロとの戦いに巻き込まれるかもしれない???

CFRのニュース分析から


The Ties That Bind


July 11, 2006






Prepared by:



A week after North Korea tested seven ballistic missiles
, drawing the world's censure, attention is shifting to China. Beijing, a longtime supporter of Pyongyang?and the source of much of North Korea's food and fuel?is an important voice in the international debate over how to handle North Korea's actions. On July 11, Chinese President Hu Jintao made an unusual public appeal to North Korea, asking the authoritarian regime of Kim Jung-Il not to exacerbate international tensions with further missile launches (AP)
. China sees North Korea as an important buffer between it and South Korea?as well as the source of a massively destabilizing flood of refugees if the regime collapses. To prevent that eventuality, Beijing has been propping up the Kim regime to the tune of $2 billion in annual aid, trade, and investment (CSMonitor)
. North Korea is also increasingly looking to China as an authoritarian state that has successfully instituted economic reforms while retaining political control. Pyongyang has even attempted some economic reforms in the Chinese model, as explained in this Backgrounder
.


Many Western observers think China's influence over North Korea is strong enough to rein in Kim's militaristic tendencies. Niall Ferguson writes in the Los Angeles Times that China can choose to pull the plug on the Kim regime
whenever it wants. But North Korea is reacting to external pressure with defiance and threatening another round of missile tests (LAT)
. The BBC lists the position
of each member of the Six-Party Talks on the North Korean nuclear issue.


There are signs China may be losing patience with Kim, whose actions could provoke a war in the region or prompt Japan to rearm. The Christian Science Monitor says in this editorial that China's support of Kim may jeopardize some of its main strategic interests
by inviting a greater U.S. or Japanese military presence in the region. The blog China Matters says Kim is blackmailing Beijing, using the threat of regional instability (and the prospect of a nuclear-armed Japan) to extort more aid from China
. This Power and Interest News Report
says China is interested only in managing, not resolving, the North Korean nuclear crisis. China's changing relationship with North Korea is explored in this new Backgrounder
.


While former Defense Department officials Ashton Carter and William Perry argue for a preemptive strike on North Korea's missile-launch facilities
, Tony Karon writes in TIME Online that the desire of most officials to return to the Six-Party Talks shows clearly that?despite all the warnings and tough talk?nations are still looking to diplomacy to handle the situation
. The New York Times urges the United States to drop its opposition to direct talks with North Korea
in order to find a negotiated solution. A former top U.S. national security official, Aaron L. Friedberg, tells Bernard Gwertzman in this February 2006 interview
that only continued pressure, combined with inducements, will end the North Korean crisis.





結ぶ絆




2006年7月11日Prepared エスターPan




世界の非難を引き起こして、北朝鮮が7つの弾道ミサイルをテストした1週間後に、注意は中国に向きを変えています。 北京(平壌と#8212の長年の支持者(北朝鮮食物、燃料、および#の8212年の多くの源))はどう北朝鮮の動作を扱うかに関する国際的な討論で重要な声です。 胡錦涛中国国家主席は7月11日に北朝鮮への珍しい公共の上告をしました、キムを独裁的な政権に尋ねて、ミサイルで国際緊張を悪化させないように説得が始められます(AP)。 中国は北朝鮮をそれと、韓国と#8212の間の重要なバッファであるとみなします; 膨大に動揺させている大量の難民の源が政権であるなら崩れるのと同じくらいよく起こる。 その不測の事態を防ぐために、北京は例年の援助、貿易、および投資(CSMonitor)における20億ドルの調べに合わせてキム政権を支援しています。 また、北朝鮮はますます政治上のコントロールを保有している間に首尾よく経済改革を設けている権力国家として中国を当てにしています。 平壌はこの背景者で説明されるように中国人のモデルのいくつかの経済改革を試みさえしました。


多くの西洋の観察者が、北朝鮮への中国の影響がキムの軍国主義的な傾向を抑制することができるくらい強いと考えます。 ニオールファーガソンは、ロサンゼルスタイムズで中国が、欲しいときはいつも、キム政権から手を引くのを選ぶことができると書きます。 しかし、北朝鮮は、挑戦がある外圧に反応して、ミサイル実験(LAT)の別のラウンドを脅かしています。 BBCは6カ国協議の席上それぞれのメンバーの地位を北朝鮮の核問題に記載します。


中国が再軍備するために動作が領域か迅速な日本の戦争を引き起こすことができたキムと共に我慢がならないかもしれないサインがあります。 クリスチャンサイエンスMonitorは、この社説で中国のキムのサポートが領域で、より大きい米国か日本の軍の駐留を招待することによって主な戦略上の権益のいくつかを危険にさらすかもしれないと言います。 ブロッグ中国Mattersは、キムが北京を揺すっていると言います、地方の不安定性(そして、核武装している日本の見通し)が中国から、より多くの援助を強奪する脅威を使用して。 このPowerとInterest News Reportは、中国が決議ではなく、単に北朝鮮の核危機を管理したがっていると言います。 中国が北朝鮮との関係を変えるのはこの新しいBackgrounderで探検されます


元国防総省の職員のアシュトンカーターとウィリアムPerryは北朝鮮のミサイル発射施設の上で先制攻撃について賛成の議論をしますが、トニーKaronは、ほとんどの職員がSix-パーティーTalksに戻る願望が明確にそれと#8212というのを示すとタイム誌Onlineに書きます; すべての警告、脅し文句、および#8212というのにもかかわらず; 国は、外交が状況を扱うのをまだ当てにしています。 ニューヨークタイムズは、交渉による解決を見つけるために北朝鮮との会談を指示するために反対を落とすように合衆国に促します。 元一流の米国の国家安全保障職員(アーロン・L.フリードバーグ)は、誘導に結合された圧力を続けただけであるこの2006年2月のインタビューにおけるガーツマンが北朝鮮の危機を終わらせるとバーナードに言います





蛇足


さすがは、陰謀説の大御所だけの分析で、危機をあおります・。結ぶ絆て・・もともとソ連の衛星国ですぜ・・。


Japan N-crisis


Japan N-crisis draft under attack


CNN | July 11 2006


China has described Japanese efforts to pass a U.N. resolution that would impose sanctions on North Korea for conducting missile tests an "overreaction," recommending the draft be revised.


"If adopted, it will intensify contradictions and increase tension," Foreign Ministry spokeswoman Jiang Yu said on Tuesday.


"It will harm peace and stability in the Korean peninsula and Northeast Asian region and harm efforts to resume six-party talks as well as lead to the U.N. Security Council splitting."


Japan on Monday delayed a vote on its resolution in order to give China's mission to Pyongyang time to negotiate.


"We would like to see how it goes," Japanese Ambassador to the United Nations Kenzo Oshima told reporters.


"So, allow just a little time for that mission to get where it might," he said.


Still, he added: "This does not mean that we will be prepared to wait for any lengthy period of time."


Asked if Japan was considering modifying its resolution, he said no. "It's only a matter of timing, not the preparedness on our part to change it."


He said the draft resolution had already had an impact. "I think we have already sent the sort of message that we wanted to give. Of course, it needs to be formalized."


The Japanese decision was supported by U.S. officials.


"I'm a patient person, but delay won't be infinite. We are going to look at it on a day-to-day basis and go from there," John Bolton, U.S. ambassador to the United Nations, said.


In Washington, Secretary of State Condoleezza Rice told reporters that supporters of the resolution "believe very strongly that North Korea has to have a message from the international community that their current course is destructive and will isolate them, but we do think that the Chinese mission to North Korea has some promise and we would like to let that play out."


White House spokesman Tony Snow called the Chinese move "a promising development."


A senior State Department official said that Rice, who spoke with the Chinese foreign minister, and U.S. envoy Christopher Hill, who is planning to meet with the Chinese in Beijing, said China needed to get tough with Pyongyang.


Specifically, U.S. officials want a renewed moratorium on missile tests, a return to the six-party talks and implementation of an agreement signed last September by the North Koreans in which they agreed to abandon "all nuclear weapons and existing nuclear programs" and to return, "at an early date," to the non-proliferation treaty.


U.S. officials are also concerned about the resolve of South Korean President Roh Moo-hyun, who has accused Japan of "making a fuss" over the missile tests near the Sea of Japan.


Seoul has accused Japan of intensifying the crisis with provocative rhetoric about knocking out the North's missile bases with a pre-emptive strike.


The comments by Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe on Monday were "threatening remarks" that undermine peace on the Korean Peninsula and Northeast Asia, Jung Tae-ho, a spokesman at the South Korean president's office said on Tuesday, according to The Associated Press.



攻撃での日本 北-危機ドラフト


CNN| 2006年7月11日


中国は「過剰反応」をミサイル発射演習を行うために北朝鮮で制裁を加える国連決議に通過するための日本の努力について説明しました、草稿が改訂されるのを勧めて。


「採用されると、矛盾を激化させて、緊張を増加させるでしょう。」と、外務省のスポークスウーマンの江・ユーは火曜日に言いました。


「朝鮮半島と北東部のアジアの地域で平和と安定性に害を及ぼして、6ヵ国協議の会談を再開して、国連安全保障理事会の分かれるのに通じるための努力に害を及ぼすでしょう。」


日本は、月曜日に交渉する平壌時間への中国の任務に与えるために解決の決議を遅らせました。


「それがどのように行くかを見たいと思います。」と、国連のケンゾーの大島への日本のAmbassadorはレポーターに言いました。


「したがって、ほんの少しの時間、その任務を考慮してください。」と、彼は言いました。


それでも、彼は加えました: 「これは、私たちがあらゆる長い期間、待つ用意ができいません。」


日本が、解決を変更すると考えていたかどうか尋ねられて、彼はいいえを言いました。 「それを変えるのが、私たちの部分における気構えではなく、タイミングの問題であるにすぎません。」


彼は、決議草案には影響力が既にあったと言いました。 「私は、私たちが既に私たちが与えたかったメッセージの種類を送ったと思います。」 「もちろん、正式にされるのが必要です。」


日本の決定は米国の職員によって支持されました。


「私は我慢強い人ですが、遅れは無限にならないでしょう。」 「私たちは、場当たりでそれを見て、そこから行くつもりです。」と、ジョンBolton(国連の米国大使)は言いました。


ワシントンでは、国務長官のコンドリーザ・ライスは、解決の支持者が「国際社会からの彼らの現在のコースが破壊的であり、彼らを隔離し、私たちが、北朝鮮への中国の任務には何らかの約束があって、そのプレーを外に出したいと思うというメッセージを持つために北朝鮮がそうしたと非常に強く信じている」とレポーターに言いました。


中国人と呼ばれるホワイトハウスのスポークスマントニーSnowは「有望な開発」を動かします。




上級国務省の職員は、中国の外務大臣と話したライスと米国の使節のクリストファー・ヒル(北京で中国人に会うのを計画している)が、中国が、平壌と共に厳しくなる必要であると言ったと言いました。


明確に、米国の職員はミサイル実験、去年の9月に彼らが「すべての核兵器と既存の核開発計画」を捨てて、戻るのに同意した北朝鮮人によって調印された協定の6ヵ国協議の会談と実現へ「期日前半」のときに、拡散防止条約に戻るようにして欲しい。


また、米国の職員は日本がミサイル実験上で「大騒ぎする」ので日本海の近くで非難した韓国の大統領のノムヒョンの決心に関して心配しています。


ソウルは、先制攻撃で北部のミサイル基地をノックアウトすることに関する挑発的な言説で危機を激化させるので、日本を非難しました。


月曜日の日本人の内閣官房長官の安倍晋三によるコメントは朝鮮半島と北東アジアに平和をひそかに害する「脅し文句」でした。





蛇足


ノムヒョンは北のスパイと判定される。朝鮮人による解決は、前近代的な統一国家を目指している事がハッキリした。中国の属国化がいいのだろう。敵対する方向に向かっている確かだ。

金の出してと受け手が同じ人間かい・。


産経新聞:大手都銀すべて認識か 旧芦原病院、迂回融資


一連の手続き一日で終了

 大阪市健康福祉局が旧芦原病院(浪速区、別法人に譲渡)に不正な迂回(うかい)融資を行った問題で、大手都市銀行から市関連の財団法人と局長名義の口座を介し、病院に転貸しされた一連の融資手続きは、この都銀が1日のうちに同時に行っていたことが11日、わかった。迂回融資そのものは市側の主導とみられるが、市関係者は病院への融資に難色を示す都銀から「市の外郭団体なら融資は可能」と迂回融資の示唆があったと説明。都銀側も不透明な融資を認識しながら、手続きをおぜん立てしていた可能性が高まった。

 市や関係者によると、主要行の不良債権比率を半減させるとした金融庁の金融再生プログラムが実行されるなか、この都銀は平成16年3月ごろ、「翌月以降の病院への融資継続は困難」と同局に打診していた。

 これに対し、同局は融資継続を繰り返し要望。都銀側は、同局所管の外郭団体では唯一黒字で、有価証券などの資産もあった財団法人「市医療事業振興協会」(医振協)なら、融資可能との意向を示したという。

 当時の市幹部は産経新聞の取材に「直接的な言葉はなかったが、迂回融資なら行えると受け止めた」と証言した。

 局側は当初、手続きが不透明で、医振協側も難色を示していた迂回融資には躊躇(ちゅうちょ)。他の金融機関などに病院への直接融資を依頼したが、すべて断られた。

 職員への夏のボーナス支給を控えた病院への融資が得られない場合、資金ショートが避けられない状況になっており市側は結局、迂回融資を選択したという。

 局側はこの都銀で「大阪市健康福祉局長」と明記した当時の局長個人名義の普通口座を新規に開設。医振協を説得するため、局長名義の口座を介することで、局として融資に責任を持つ姿勢を示す狙いがあったという。

 実際に融資が実行されたのは16年6月10日。医振協が都銀から2億5000万円を借り入れて局長名義の口座に移し、病院に貸し付ける3段階の手続きは都銀の自治体担当部署で一括して行われ、資金はその日のうちに病院に転貸しされた。

 一方、17年2月の銀行への返済にあたり、市が捻出(ねんしゅつ)した架空補助金や市社会福祉協議会の資金が充てられたことについて、市幹部は「市でもごく一部の幹部しか事前に知らされておらず、銀行側も事前には知らなかったのではないか」としている。

 この都銀は「個別の取引についてはコメントできない」としている。

(産経新聞) - 7月11日15時53分更新



毎日新聞:旧芦原病院問題:オンブズ大阪、大阪市を告発へ--不透明融資 /大阪


 旧芦原病院(民事再生手続き中)に対し、大阪市が運転資金を援助する目的で、外郭団体や当時の市健康福祉局長名の預金口座を経由する形で不透明な貸し付けをしていた問題で、市民グループ「市民オンブズマン大阪」(井上善雄代表)は10日、一連の行為が「背任や横領などにあたる」として大阪市の関淳一市長あてに徹底究明を求める申し入れをした。近く府警か地検への刑事告発も予定している。

 市が外郭団体の財団法人「市医療事業振興協会」を借り手にして2億5000万円を借り入れさせた行為について「同財団と市の関係者が共謀し、義務のない第三者(芦原病院)のために無担保融資した行為」で、背任、業務上横領にあたると指摘。さらに、融資資金を返済するために市が架空の名目で市社会福祉協議会に補助金を支出した行為に関しては「詐欺や有印公文書作成、同行使に該当する」と批判した。



7月11日朝刊

(毎日新聞) - 7月11日18時0分更新



産経新聞:旧芦原病院に不正迂回融資 医振協、借入金届けず


大阪府、立ち入りへ

 大阪市健康福祉局が旧芦原病院に不正な迂回(うかい)融資を行っていた問題で、融資を肩代わりした財団法人「市医療事業振興協会(医振協)」が、都市銀行から2億5000万円を借り入れたことを監督官庁の大阪府に届け出ていなかったことが7日、わかった。病院への貸し付けも虚偽名目で実施されており、府は公益法人の監督に関する規則に抵触する可能性が高いとみて調査を始め、行政指導を視野に立ち入り検査をする方針。

 市などによると、平成16年度、病院への融資継続を認めなかった都銀側が同局に対して、黒字の医振協への融資は可能であることを提案。医振協は局の要請に応え、同年6月に17年4月の返済期限で2億5000万円を借り入れ。「救急医療の備品整備費」との虚偽名目で、当時の局長の個人口座を介して病院に貸し付けた。

 府規則では公益法人が年度をまたぐ長期借り入れを行う場合、あらかじめ目的や使途などを知事に届け出ることが義務づけられている。しかし医振協は不正な迂回融資の発覚を恐れ「短期融資」として届け出なかった。

 医振協は「短期借入金なら届け出は行わなくてもよいとの認識だった」と釈明。

 府医務・福祉指導室は「一時的にせよ、虚偽の名目で公益法人が資金の借り入れ、貸し付けを行ったとすれば、規則に抵触する可能性が高い」と話している。

(産経新聞) - 7月7日16時3分更新

読売新聞:旧芦原病院への貸し付け金、大阪市社協は裏金でねん出

 ◆国交付金などプール



 破たんした旧芦原病院(民事再生手続き中)への大阪市のヤミ貸し付け問題で
社会福祉法人「市社会福祉協議会(市社協)」が、市健康福祉局側に依頼され、貸し付けのために用意した1億円は、簿外でプールしていた裏金だったことがわかった。また、こうした貸し付け自体が、市社協の定款にない事業だったため、市が同局から派遣していた役員(現同局幹部)が理事会の承認なしに支出を決定したことも判明。この幹部は「オープンに出来ない貸し付けなので、簿外の資金で処理した。不適切だった」としている。



 関係者によると、市社協では少なくとも10年以上前から、高齢者雇用に対する国からの交付金などの一部を正規の収支決算に計上せず、不適切な会計処理で簿外で管理。裏金を作った経緯は不明だが、理事会に報告せず、事務所の補修費などに充てていたという。05年当初の残額は約1億1000万円に上っていた。



 同局は、病院が銀行から借りた運転資金2億5000万円の返済に充てるため、05年2月、市社協への補助金を装った1億5000万円と、市社協の自己資金1億円を局長名義の個人口座を経由させ、一時的に病院側に貸し付けた。



 その際、市から派遣されていた市社協の役員は、1億円を裏金から支出するよう事務局に指示。
この資金の存在を表ざたにできなかったことに加え、病院へのこうした貸し付けが定款上認められないため、理事会にも報告しなかった。



 貸し付けは、証拠が残りにくいように、1億5000万円と1億円の2枚の小切手で行われ、契約書は作成せず、同局が返済期日を空欄にした局長名義の借用書を市社協側に提出。借用書は、約2か月後に病院が、市から正規の運営補助金を受給、ヤミ貸付金を清算した後、回収された。



 市社協役員だった同局幹部は、「局からの協力要請で貸し付けを断れなかった。短期間の貸し付けで、当時は問題ないと思っていた」と話している。一方、市社協は、今年度中に、裏金を正規の会計に繰り入れる手続きをとるとしている。



(2006年07月07日 読売新聞)



蛇足

この病院の機器は、市職員が管理し定価の1.5倍で購入していた。業者と市職員と病院幹部の癒着以外に考えられない・。いま、日本の自治体は死体にになっています。誰が一番得したかを追求すると、談合癒着に行き着くのはここだけの話ではない・。ただ、世の中の経済循環に寄与すればまだましだが、私利私欲ではね・。

何かの前触れか?



太田龍氏の時事寸評よりhttp://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi










デーヴィッド・アイクへの支援の呼びかけ。
??




更新 平成18年07月11日03時25分



平成十八年(二〇〇六年)七月十日(月)

(第一千七百三十六回)



○デーヴィッド・アイクに大きな異変が生じたことを、アイクのインター

 ネット上の情報によって、我々はごく最近、知らされた。

 

  The background to what I am talking about below is on:

  http://www.davidicke.com/content/view/1772/1772/



○その英語の原文全文を日本語に翻訳して、当ホームページ上の別の場所

 にしばらく掲げることにした。



○この問題については、

 「週刊日本新聞」第四五五号(18.7.10)に論説を掲載してある。



○筆者は、デーヴィッド・アイクの大著「ザ・ビッゲスト・シークレット」

 (邦訳『大いなる秘密』、上下二巻、三交社)の内容を高く評価して、

 その日本語版の出版を推進した。



○この「ザ・ビッゲスト・シークレット」(一九九九年)の出版社が、

 「ブリッジ・オブ・ラブ米国」であり、そしてそれを運営して居たの

 が、問題の「ロイヤル・アダムス」、と言う人物である。



○この「ロイヤル・アダムス」と言う人物の過去の経歴、その思想的

 立場などは、全く分らないままであった。



○今回の一件で、

 ロイヤル・アダムスは、「デーヴィッド・アイクはサタニストである」、

 などと公言して居ると言う。



○これは、典型的な誹謗中傷、と言うものであろう。



○しかし、本当にこんな風にアイクを中傷する、ロイヤル・アダムスとは、

 何者なのか。



○我々はこの人物の背景、その正体を知ることに関心を抱いて居る。



○それはいずれゆっくり考えることにして、とりあえず、

 デーヴィッド・アイク支援の呼びかけを、ここにお伝えする。



 (了)






デーヴィッド・アイクを支援して下さい


デーヴィッド・アイク・ウェブサイトより

http://www.davidicke.com/content/view/1772/1772/




二〇〇六年六月二〇日火曜日付

 事實上、デーヴィッド・アイクだけがしようとしてゐることをあなたが支援して下さるなら、彼の著作をこれからも継続して欲しいと望むなら、どうかこれを讀んで下さい…



デーヴィッド・アイクとアイクの家族、アイクの著作を葬り去つてアイクの著書を流通出來なくさせやうとしてゐる下記ホームページをあなたはもしかしたら最近、目にしたことがあるかもしれません。





 
糞喰らつて、デーヴィッド・アイクは死ね!!!



 おい、デーヴィッド・アイク、

 以前はお前を支持してた。でも今は敵だ! 俺の哲學は目には目を、齒には齒をだ。俺はお前に絶対復讐してやる。攻撃されたからには、やり返す。

 お前に復讐してやる。今まで受けたことのない酷い目に合わせてやる。お前が俺にしたことをそれ以上に仕返ししてやる。お前が俺にしたようにお前の仕事を潰してやる。絶対仕返ししてやる。必ず!

 お前はすると云つたことをやつた。今度は俺の番だ。

 デーヴィッド・アイク、お前がサタニストだつてことをみんなに分からせてやる。俺はお前から何千マイルも遠くにゐるが、お前に「馬鹿やろう」と云つてやる。お前なんか自分のゲロで窒息してしまえ。

 

『デーヴィッド・アイクはサタニストか?』

http://recforums.prosoundweb.com/index.php/t/8430/0

 ……………………………………………………………………………………

 と云ふことですが、ミズリー州出身のロイヤル・アダムスと云ふ人物はデーヴィッドの著書と會社を自分のものにし、デーヴィッドを完全に追ひ出しました。勿論、これはデーヴィッドに無斷の出來事でした。

 想像してみて下さい。人々に苦境の警告を發する最新の資料を作るために罵詈雑言に直面しながら、十六年間、あらゆる可能性と戦つて來ました。ところが、或る男がそれを自分の名義にし、全てを自分が支配してゐるとあなたに云つたとしたら。言葉がありません。

 デーヴィッドは調査して本を書きました。本の立案、校正、索引、冩眞・絵・圖版、印刷用ディスクの作成、そしてそれら全てへの支払ひ。

 デーヴィッドはこれまでの自分の著作を取り返すため、ステップを踏みました。アダムスは売上からデーヴィッドの収入が入らないやうにしました。アダムスはデーヴィッドが、今後の全著作権を自分に渡す契約を交わせば、デーヴィッドの収入、則ち、デーヴィッドと家族の生活費を検討すると云ひました。

 アダムスは更に、著作を返して欲しければ、十萬ドルよこせとデーヴィッドに要求して來ました。デーヴィッドが十六年かけて作つた物を全て臺無しにしてしまうお金です。デーヴィッドが取引内容を調べるため、會社の全ての口座を利用したいと云ふ要求をアダムスは何度も拒否して來ました。



 そのことによつてデーヴィッドは二つの選択を迫られました。一つはこのトンデモない不正を受け入れること。もう一つは彼のものだつたものを取り返すために、叉、生き残りと継続中の彼の仕事全體に關はる収入を取り返すために、叉、彼の家族に必要な生活費を確保するために訴訟を起こすこと。

 つまり、そのことは、簡単に云ふと、もし誰かが不正なことをした場合、それを正して元通りにするには莫大な弁護士費用がかかると云ふことです。

 デーヴィッドはアダムスによる著書の販賣とお金の管理をやめさせる暫定命令を裁判で勝ち取りました。そのお金は、訴訟費用に關はる別な口座に預けられることになつてゐます。裁判官は口座と印刷用ディスクをデーヴィッドに渡すやう命じました。

 裁判官がその命令に署名したため、前述の電子メールがデーヴィッドの事務所に送りつけられ、アダムスが「憎たらしひアイク」というホームページを立ち上げました。アイクの著書の價格をアダムスが釣り上げてゐるのをデーヴィッドがやめさせてゐると云ふ電子メールを私達が持つてゐるにも拘らず、そのホームページには、デーヴィッドの著書に「高ひ價段が付けられてゐる」と書かれてゐます。また、デーヴィッドが寝室一つの小さなアパートに住み、アダムスが百萬ドルの家を所有してゐるにも拘らず、デーヴィッドは「貪欲な奴」とされてゐます。

 デーヴィッドが自分の著書の権利を取り戻そうとする努力と、著書を流通させやうとする努力は、つまり、大きな裁判費用がかかると云ふことです。(下記の)費用に充てる協力金を私達は求めてゐます。もしその協力が無ければ、何週間かの内にデーヴィッドの著作が市場から消える重大な恐れがあります。前述の電子メールに書いてあることがそれを物語つてゐます。

 どうしてこのことが大事なのか、どうしてデーヴィッドのために私達の協力が必要なのか?

 これは或る人の考えです。



 この人に何が起きてゐるのか信じられません。

 デーヴィッドの生活がどんなものであるか人々は知りません。また、彼が何かを實行するにあたつて何が必要であるか人々は知りません。殆どの人達の認識は的外れです。有名作家で且つ自由と正義の運動家であると云ふことは幸せとか裕福さとか豪華な生活からは遠く遠く遥かかけ離れてゐます。

 そのことは話の要點ではありませんが、しかしデーヴィッドがしてゐることは私が知る限り、この星で他に類が有りません。彼は非常に注目され、またこの仕事に専念してゐるので、彼の個人的幸せや願望はいつも置き去りにされてゐます。彼の世界は大抵の人達が考えてゐるやうな「魅力的な」ものではありません。

 彼は人生で他にやりたいことを持つてゐますが、彼はそうすることが「正しい」と知つてゐるので、そうしてゐるのです。私達は全体主義グローバル國家の瀬戸際の世界を生きてゐます。デーヴィッド・アイクはそのことを人々に警告するため、略二十年近く人生を捧げてゐます。そして今、彼はそれを継続するためにあなたの協力を必要としてゐます。

 デーヴィッドの生活は毎日関節炎の痛みを抑えて生きる生活です… 彼の著書、ニュースレター、ホームページで何百萬字も讀む時、二本の指でタイプを打つて書かれた文字は全て両手の痛みのせいで二本の指しか使つてゐないと云ふことを心に留めておいて下さい。彼はパソコンのマウスを動かす度に痛みを感じてゐます。たまに少し首を動かすだけで苦痛があります。彼は自分の日常生活について同情を求めてゐませんし、求めやうとも思つてゐません。けれども今こそあなたの支援を必要としてゐます。

 聴講に來てくれた人達のために彼が彼の持てる全てを与えながら七時間も八時間もステージの上に立つてゐるのを見たことがある人達はこのことを憶えてゐるでしょう。彼は毎年毎年戰ひに明け暮れ、苦難で疲勞してゐます。彼の仕事とスタミナの量は人々の理解を越えてゐます。にも拘らず彼はそのような素振りも見せず、實は體力を消耗させる過勞と慢性的苦痛のために、いつも疲勞の限界に達して居ます。



 デーヴィッド・アイクの本當の世界へやうこそ。

 ロイヤル・アダムスのやうな人達は知らない、また知ることもない世界があります。彼のやうな人達はデーヴィッド・アイクがどんな人であるかを知らないし、また何をしてゐるかも知らないし、また、彼の行動に何が必要かも知りません。彼等は「愛」について話す時、不機嫌な気持ちと復讐心で徹底的に議論するだけです。それは胸が痛みます。

 デーヴィッドはこれまで数え切れない程、馬鹿にされて來ましたし、彼の人格は傷付けられて來ました。彼は肉體的にも感情的にも精力的にも心理的にも攻撃されてゐます… しかし、彼は耐え続けてゐます。

 彼は寝室一部屋の小さなアパートに非常に慎ましく住んでゐます。しかし愚か者や操縦者達は彼がお金のために働き、或る場合には大邸宅に住んでゐると主張してゐます!!

 彼の日常の仕事の量は素晴らしく、仕事の殆どは經濟的見返り無しに行なはれてゐます。しかも彼は毎日早起きし、必要なことをやり終えるまで一〇時間もパソコンの前に坐つてゐます―これには彼を引き摺り下ろそうとする人達からの訴訟・脅迫・妨害への對処の時間を含みません。

 どうして彼はそこまでするのでしょうか? それは彼がそうすることが「正しい」と知つてゐるからです。

 私は彼がどのやうにそうしてゐるのか分かりませんが、彼の苦痛の閾は私のそれとは確かに違います。

 デーヴィッドは彼等に向かつてまつしぐらに走つてゐる人です。前人未到の場所に突き進む覚悟の出來てゐる異端児です。多くの人は彼を支持してゐると言ひますが、今、彼がどうしても協力を必要としてゐる時、そうする機會を掴む人は、果たしてどれだけ居るでしょうか?

 今デーヴィッドは荒れた海を航海してゐます。そしてあなたの經濟的支援を必要としてゐます。彼はたつた独りではありませんが、私達の於かれた状況は、彼の破滅に向かつてゐます。私達はそうさせてはなりません。

 彼を黙らせやうとする執念深い男の動きがありますが、一人の人物のためにそれが私にまで及ぶことはないでしょう。これは彼と彼の家庭を經濟的に潰そうとする動きです。私達は彼がしてゐることを彼に代わつて必ずしも全て實行出來る譯ではありませんが、彼の仕事を継続させることは出來ます。

 私達は一緒になつて彼を支援する必要があります。私はあなたが出來ることをするやうあなたにお願ひします。そしてこの舟を浮ばせ続けるため、裁判費用に寄付するやうお願ひします。

 届く声が彼の努力によつて私達みんなに聞こえるので、私達はこのことについて一緒です。實際、デーヴィッドに起こることは私達みんなにも起こります。彼はメッセンジャーです。私達はそのメッセージを封じさせてはなりません。私達が立ち上がり「ノー」と言えば、そうならずに済むでしょう。

 
これは理解の始まりです。

 私達は自分達の時代を作る責任があり、そして私達一人一人が自分達の人生に責任があるといふことを知ること。それはそう進むために私達が持つべきものです。そして私達は變化を起こすことを待ちわびて來たのです。



 パメラ








 ペイパルを使つて寄付して下さい。

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr

 

 【寄付】(寄付の際、あなたの國の通貨をお選び出來ます)

 寄付はどんなに小額でも有り難く頂戴します。そしてデーヴィッドと彼の仕事に對するこの卑劣な攻撃と戰ふために使わせて頂きます。



 郵便の場合、下記宛に送つて下さい。







David Icke Legal Defence Fund,

Office 1,

185a High Street,

Ryde,

Isle of Wight

P033 2PN

United Kingdom














二〇〇六年六月二十一日付



みなさん、こんにちは。

 メールに注目して下り有難うございます。

 これからお話する前に、事前に次のホームページに目を通して下さい。

http://www.davidicke.com/content/view/1772/1772/



 あなた方一人一人がどれだけ協力して下さるか分かりませんが、あなたが出來ることは今全て貴重なことです。

 デーヴィッドの仕事と人生は今大きな、大きな挑戰を受けてゐます。デーヴィッドへの攻撃は単に彼への攻撃だけでなく、私への、あなたへの、私達一人一人への攻撃でもあります。彼のメッセージは私達のためにあるといふこと。それは私が、そしてあなたが目覚めるためのメッセージであるといふこと。世界は彼がそれを持つてゐると考えてゐます…世界がもしそれを知つてゐたなら…

 私は今じつとしてゐられませんし、何もしないではゐられません。もし、もつと持つてゐたら、もつと与えられるでしょう。個人的に私は、世界中に聞える程のぐだぐだ声を出すよう全ての友人達に呼び掛けてゐます。東洋から西洋まで。南部から東部まで。

 怒つてではなく、ぐだぐだと…

 
私達は全體として一つの力です。私達は塞ぎやうのない声です。私達は決して薄くならない光です。そして私達は私達の存在が不滅だといふ知識です。私達の心は愛でいつぱいです。私達の人生は私達自身のものです。私達は鎖を斷ち切るためにここに居ます。そうすれば、平和がもう一度やつて來るでしょう。

 彼等はゲームのルールを与えることは出來ます。しかしルールはいつかは破られます。石の中に地面はありません。全ては可能ですし、恐れる必要はありません。闇がある所に必ず光はあります。胎児の目にも光はあります。不可視で感覚だけの世界でも、私達に道案内してくれるイルカ達が居ます。私達は坐つて溜息をつく場所で、絵に目が眩んでゐます。今日の不思議だけがあつて明日はありません。そして、さよならはないといふことを知つてゐます。


 私達の周り全てに大きな變化があります。そして私達はイルミナティが私達にさせたくない大規模な目覚めの突入段階にあります。私が提案してもよいでしょうか? 彼等に心を集中する代わりに、彼等がしてゐることに反應して、起きると分つてゐることに心を集中して下さい。私達が心の中で望むこと。何が起きるか私達が心に描くこと。それは實現します。

 これは私達が立つべき発着場です。これは私達の團結した声です。

 私達は夜明けです。私達は夜明けから目覚めつつあります…全ての可能性が開くのを待つてゐます…

 今はまだ、ペイパルのリンクがありませんが(現在準備中です)、あなたが協力して下さるなら、リンクが出來るまで、このペイパルの口座宛nikinana@mac.comに送金して下さい。寄付の口座はデーヴィッド・アイク裁判金のためであるといふことをご理解下さい。勿論、ホームページ上部の英國住所に小切手を送つて下さつても結構です。

 大變感謝します。新しい時代が明けつつあることを知つて下さい…




 たくさんの愛を込めて パメラ








(了)

(週刊日本新聞編輯部 譯)


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR