FC2ブログ

ごちゃごちゃ言う特定アジアやイルミナティみんな纏めて「さようなら」




日本以外全部沈没
2006年9月2日(土)シネセゾン渋谷にてレイトショー、ほか全国順次公開











(c)2006映画「日本以外全部沈没」製作委員会

世界が沈んで日本だけが残った









2006年/日本/カラー/35mm/ヴィスタサイズ/ドルビーステレオ/98分/

配給:クロックワークス+トルネード・フィルム

宣伝:トルネード・フィルム




LINK

□公式サイト






解説

もし、日本(北方領土、尖閣諸島、竹島も含む)だけを残して世界が沈んでしまったら?

壮大なスケールと奇想天外なアイデア、そして超過激シーンの連続で贈る驚天動地、空前絶後、抱腹絶倒の社会派SFパニック・スペクタクル、筒井康隆の伝説的傑作「日本以外全部沈没」を『いかレスラー』、『コアラ課長』の鬼才、河崎実が大胆に映画化!

政府関係者が顔をしかめ、映画関係者が眉をひそめ、在日外国人が激怒する。

世界各国で移民問題が論争を巻き起こす中、全世界を敵に回す覚悟で叩きつける国際問題化必至の爆笑超問題作!2006年日本映画界最大の話題作が遂にその全貌をあらわす!!



2011年、原因不明の大規模な天変地異によってアメリカ大陸が一週間で海に沈んだ。一週間後、中国大陸が沈没を始め、その一週間後にはユーラシア大陸すべてが沈没、その2日後にアフリカ大陸、さらに翌日にはオーストラリア大陸が沈没、結局数週間で地球から日本以外のすべての陸地が沈没してしまった。やがて、小さな日本列島に世界中から、命からがら脱出に成功した難民たちが押し寄せた。人口の急増に伴い、食料は不足し、物価は高騰、失業率も急上昇、日本中で外国人犯罪が驚異的に多発した。政府は超法規的措置としてGAT<外人アタック・チーム>を組織し、不良外国人を次々に検挙し、国外追放した。やがて日本人は特権階級として増長し、外国人たちをこき使って搾取するようになる。



かつては日本に高圧的だったアメリカや中国、韓国の元国家元首までもが日本の首相の顔色をうかがい、機嫌をとって、いいなりになっていった。日本以外が全部沈没して3年、外国人たちの不満のマグマは爆発寸前だった…。

製作・脚本・監督は、『いかレスラー』、『コアラ課長』、『ヅラ刑事』と近年絶好調の鬼才、河崎実。撮影は『全裸女社長漫遊紀』、『飛び出せ!全裸学園』、『美乳大作戦 メスパイ』そして『ヅラ刑事』と河崎作品を数多く手掛ける須賀隆。美術は「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」など数々の特撮ドラマを担当し、近年は『姑獲鳥の夏』『HINOKIO ヒノキオ』を手掛けるベテラン、池谷仙克。音楽は『まいっちんぐマチコ先生 THE MOVIE OH! コスプレ大作戦』『いかレスラー』の石井雅子。CG合成は『ガメラ3 邪神覚醒』『陰陽師』『男たちの大和』の特撮研究所。そして、いつものようにウルトラ・シリーズの巨匠、実相寺昭雄が監修を手掛けている。



出演は、新聞記者の“おれ”にNHKのテレビドラマ「ちゅらさん」シリーズや『あずみ』の小橋賢児、TV局プロデューサー、古賀に『オーバードライヴ』、『カミュなんて知らない』の柏原収史、科学雑誌記者、後藤に『回路』、『水霊 ミズチ』の松尾政寿、古賀の妻、明子に『釣りバカ日誌12』の土肥美緒、さらに保泉総理大臣役の村野武範と石山防衛庁長官役の藤岡弘、というTV版と映画版の元祖『日本沈没』で主役を演じた2人が歴史的共演を果たし、巨匠・筒井康隆(原作)が豪華に特別出演、加えて『007は二度死ぬ』『いかレスラー』のきくち英一、『キャプテン・ウルトラ』、『いかレスラー』の中田博久、『肉弾』、『ドラゴン・ヘッド』の寺田農、『コアラ課長』、『かにゴールキーパー』の黒田アーサーといった通好みの演技派キャストに、イジリー岡田、ダイハード鈴木、ユリオカ超特Q、破李拳竜といったマニアックな顔ぶれまで飛び出す爆笑の見せ場が随所に用意され、ついでにブレイク・クロフォード、キラ・ライチェブスカヤ、デルチャ・マハエラ・ガブリエラ、イアン・ムーア、ビル・ダーリング、トルシン・イゴール、ジャンポール・コルベイシャニタ・ラモス、マンスール・ジャーニ、朴慶完、鄭華南など、どこから連れてきたのか分からない国際派キャストが世界各国の元元首や元ハリウッド・スター役で一世一代の名演技を披露するなど、ある意味本家『●●沈没』にも負けない、驚きと衝撃に満ちた贅沢このうえないキャスティングが実現した。





ストーリー

アメリカの9・11同時多発テロ事件から十年目の2011年、原因不明の大規模な天変地異によってアメリカ大陸が一週間で海に沈んだ。世界各国が合衆国からの難民を受け入れたものの、犠牲者の数は天文学的数字に上った。ペピトーン合衆国大統領は政府首脳と共にエアフォースワンで脱出、日本の沖縄米軍基地にやってきた。また、ハリウッドのトップスター、ジェリー・クルージングと妻のエリザベス・クリフトも自家用ジェットで日本への移住を果たした。

一週間後、中国大陸が沈没を始め、その一週間後にはユーラシア大陸すべてが沈没、その2日後にアフリカ大陸、さらに翌日にはオーストラリア大陸が沈没、結局数週間で地球から日本以外のすべての陸地が沈没してしまった。

やがて、小さな日本列島に世界中から、命からがら脱出に成功した難民たちが押し寄せた。食料は不足し、物価は高騰、失業率も急上昇し、満員電車では外国人たちが「降りる人が先」というルールを守らずに毎日大混乱となった。外国で裕福な暮らしをしていた者や高いポストに就いていた者たちも日本では仕事が無く、瞬く間に落ちぶれ、極貧生活を強いられるようになっていった。そして、日本中で外国人犯罪が驚異的に多発した。



当初、海外からの大物芸能人は重宝され数多くの外国人スター主演のテレビ番組が企画され、放映されたが、多くの外国人難民はテレビを持っていなかったため視聴率は低迷、外国人スターたちも失業者となり、そのほとんどがホームレスとなっていった。その一方、日本の視聴者は外国人の出ていない番組を求め、怪獣やヒーローが外国人エキストラを踏み潰す空想特撮番組「電エース」が人気を博し、かつてのハリウッド・スターたちがエキストラとして出演した。また、捕鯨禁止を訴える国がなくなったのでクジラが自由に食べられるようになり、人気だった英会話学校はすべて倒産、外国人向けの日本語学校が繁盛した。



新聞記者“おれ”の妻キャサリンはアメリカ人だった。彼女はテキサスに住む母親の安否を心配していたが、母親からの連絡はなかった。“おれ”が無神経な言動で外国人蔑視を強めるのと比例して、キャサリンの彼への愛情は冷めていった。やがてキャサリンは“おれ”と別れ、落ちぶれた彼女のかつてのヒーロー、ジェリーと出会うことになる。“おれ”の友人で、大日テレビのプロデューサー、古賀は日本人の妻の明子と二人で暮していた。やがて、明子が妊娠していることがわかり、古賀は幸せの絶頂にいた。すべての日本人が特権的な立場に胡坐をかき、外国人たちの気持ちを無視して増長していった。



日本以外が全部沈没してから3年が経った。

地球物理学の権威、田所博士は「ここ三年の地球的地殻変動のあらましと、今後の予測について」と題した記者会見を開き、地球温暖化によって北極と南極の氷が溶け出して世界中を沈没させ、太平洋の下のマントルが沸騰して日本列島を押し上げ、中国大陸に乗り上げたと説明した。だが、田所は今後の予測を計算中に何かとんでもないことに気づき、突然狂ったように笑い出すと、歌い踊りながら会場を出て行ってしまうのだった。

一方、激増する外国人犯罪に業を煮やした政府は超法規的措置としてGAT<外人アタック・チーム>を組織し、不良外国人を次々に検挙し、国外追放していった。多くの外国人たちは日本人の下で、日本人の顔色を見ながら下級市民としての暮らしを強いられていた。元各国首脳たちも競って安泉首相の機嫌を取り、理不尽な言動にも言いなりとなっていた。



都内某所、クラブ・ミルトには、安泉首相をはじめ、元合衆国大統領やロシアの元大統領、中国の元国家主席、韓国の元大統領といったそうそうたる面々が顔を揃えていた。そこへ、元北朝鮮の独裁者が率いる武装したゲリラが襲撃し、安泉首相や元国家元首たちを人質に取って日本占領を企てる。ゲリラは同時に国会議事堂を襲撃し、石山防衛庁長官を拘束するが、石山は胴に巻きつけた特殊爆弾・スパイナーZで自爆し、国会議事堂ごと吹き飛んでしまう。

やがて、緊迫のクラブ・ミルトに田所博士がやってくる。そして田所博士は日本列島のごく近い未来に関する衝撃的な予測を話しはじめる。





スタッフ

原典:小松左京

原作:筒井康隆

監修:実相寺昭雄

監督・脚本/河崎 実

脚本:右田昌万

企画:叶井俊太郎

プロデューサー:河崎 実、鈴木政信、二木大介

撮影監督:須賀隆

照明:岩崎豊

録音:星一郎

美術:池谷仙克

音楽:石井雅子

特撮監督:佛田 洋

助監督:落合崇

製作担当:福士茂





キャスト

小橋賢児

柏原収史

松尾政寿

土肥美緒

ブレイク・クロフォード

キラ・ライチェブスカヤ

デルチャ・ミハエラ・ガブリエラ

イジリー岡田

つぶやきシロー

ジーコ内山

松尾貴史

デーブ・スペクター

筒井康隆(特別出演)

黒田アーサー

中田博久

寺田農

村野武範

藤岡弘、





蛇足


B級でも、特定アジアも沈没し、今やロックフェラーやロスチャイルドも真っ青になって逃げ惑う・。世界の支配者のイルミナティもビルダーバーガーも崩壊する。ついでに、日本の官僚も消滅したらエかった。


とりあえず痛快です・。









Big Brother NWO

1984: For the love of Big Brother


The concept of an “Orwellian” society was expressed by George Orwell in his epic novel 1984. Famous in the 1980s for its seemingly prophetic title when a world was facing the Cold War, it has since disappeared into the background… but perhaps its message has now become all the more important?


Philip Coppens






The novel 1984 has had a surprisingly large impact on the English language. Many of its concepts, such as “Big Brother”, “Room 101”, “thought police”, “doublethink” and “Newspeak”, have entered common usage in describing totalitarian frameworks. The adjective "Orwellian" is used to describe any real world scenario reminiscent of the novel. Is it divine irony that in recent years, people have chained themselves in front of their television screens to watch Big Brother, which is exactly what 1984 predicted… both inside and outside “the House” ? including the apparently required booing of contestants coming out of the house, conform to the required “Two Minute Hate” of the novel.

1984 caught people’s attention, but even though many people were familiar with its gloomy picture of the future, the book itself seemed to become the blueprint for our modern society. And if you think we haven’t arrived at a camera in our homes yet: how about the webcam, or how electronic messages can all be easily electronically monitored by the government, who insists that companies such as Microsoft create backdoors into their systems so that “Big Brother” can indeed watch us all?

Each year, the national members and affiliated organizations of Privacy International present the "Big Brother awards” to the government and private sector organisations which have done the most to threaten personal privacy in their countries. Since 1998, over forty ceremonies have been held in sixteen countries and have given out hundreds of awards to some of the most powerful government agencies, individuals and corporations in those countries. 1984 is past… its “future world” now seems to have arrived.

Orwell, as a writer, also saw the power of language, expressed through “Newspeak”, itself a perfect example of… newspeak. It argues that there is no need for words such as good and bad. You can call bad “ungood”. And excellent can either be “plusgood”, or even “doubleplusgood”. But there is a far darker side to this control of language. By reducing a person’s vocabulary, that person will be disadvantaged to express his opinion and in whatever argument will not have the words to render his argument with any power. If a word like “bliss” no longer exists, but has been replaced as “doubleplusgood”, which is a meaningless term in itself, for it does not capture the nature of “bliss”, no-one will be able to talk about “bliss” and whosoever wants to talk about it, will need to be satisfied with one-liners such as “feeling doubleplusgood”. Though in the Internet age we all talk far less and write far more, this shift has not been accompanied by clearer communication and in “businesspeak”, various meaningless terminologies are constantly being used to express concepts that already have perfectly accepted equivalent terms.



Central to all this is just one question: who is Big Brother? He is the supreme ruler of the Party, which controls a totalitarian society, which pretends everything is okay, pretends to offer value for money, but in truth is nothing more than a group of people with no real understanding of making a society work, and hence keeps it running on fear and public relations. The dictator is thus portrayed like your “big brother”, rather than labelling him “Evil Dictator”; a drop in rations on chocolate below 30 bars is turned into an increase in chocolate from 20 to perhaps 25 bars. Posters announce that "Big Brother is Watching You" and television screens drone endlessly with brainwashing propaganda about wondrous government programmes, pretending to show that the government is active and working for the good of the people, whereas each programme contains nothing but hot air ? and spin.

But that is not the worst part: everyone is monitored all the time. The televisions are also equipped with cameras, monitoring everywhere you go ? which includes having no privacy in your own home. The Scouts movement is there to make sure children know what is “right” ? and spy on their own parents to make sure they conform to that standard. While living standards are hence diabolical, it is worse, for it claims that the enemy is everywhere: there is the war with an enemy far away… it is a tough war, but the Party ? of course ? is winning it, even though the enemy is formidable and could invade the “peace” of the nation at any time. Then there is the enemy within ? a terrorist cell intent on destroying the Party and “our way of life” ? who never seem to exist except on television, where people confess their crimes. To keep everyone abreast of these two dangers, public address systems, televisions and large television screens in front of which hundreds gather, keep you informed of what is going on anywhere in the world ? so that you do not feel alone and wouldn’t have the chance to think and ponder your existence… as brought to you by the Party. The Party “controls”. It does not direct any more; it does not try to serve the nation; it controls. Whether it loves the power to control or is so incompetent that only through control can it keep an economy going, is almost irrelevant.



1984 was published in 1949, in Post-World War II days, when George Orwell painted a dark vision of the future. Orwell himself was dying. Did he write such a dark future, in the hope that he would not miss out on anything when he shed his mortal coil? Unlikely, as he had been an active political futurologist before, describing his hopes and despairs about the world to be.

But it not only has a social message. 1984 has been described as one of the most powerful science fiction novel of the 20th century, an “apocalyptic satire” on how an individual’s personality ? Winston Smith ? is removed and substituted by a robot that “loves” Big Brother. Some critics argued that Winston Smith’s sufferings originated with Orwell’s own experiences at preparatory school, but the author maintained that the book’s explicit intention was “to alter other people’s idea of the kind of society they should strive after.”

1984 is therefore the story of Smith, not Big Brother. Originally, Orwell titled the book “The Last Man in Europe” (marking Smith out as the last person in Europe who still has an individual personality, the last hurdle the Party needs to conquer before its control will be absolute), but his publisher, Frederic Warburg, suggested a change. A little too much has been made about the 1948 being reversed into 1984. First, the book was first published on June 8, 1949. Though the bulk of the novel was written by Orwell on the island of Jura (Scotland) in 1948, Orwell had been writing small parts of it since 1945. Originally, he renamed it to 1980, then 1982, and finally 1984. “1984” is “just” a year in the not too distant future… though several theories add a further potential dimension as to “why” 1984 specifically. Amongst them, if any is likely, is perhaps the fact that his wife, Eileen O'Shaughnessy, had written a poem called “End of the Century, 1984”.


Who is our “Last Man”? Smith has got a menial job: he stares at screens, gets a headline, rewrites it, before informing someone else what to rewrite. Today’s world, riding high on American project management and other business organisation principles, is more than similar: in the world of project management, we find a few individuals who will think for the rest, but who are themselves not equipped with any power over those whom they tell what to do. Real ingenuity is substituted with tried and often failed processes that do not seek excellence but mediocrity. Just like schoolchildren are no longer told to compete with one another, but instead need to “fit in” and “work together” ? though at what and for what purpose is largely never or at best ill-defined. Organisations are there to “meet targets”, in which real entrepreneurial drive has disappeared. Government departments churn out statistics, which by default say they are making progress, but employees complain that such reports cut into accomplishing the essential goals of those departments. Operations are not carried out, because hospitals would go over their assigned budget. Unemployment is going down, if only because people over 55 and people just out of school are not included in the statistics, for chances are small they will find a job easily and hence why include them in statistics ? are they really part of the workforce?


This is our world. 1984 has often been seen as an attack against communism, but Orwell himself made it clear that it was a cautionary tale against totalitarianism, under whatever flavour it came. He did direct criticism towards Stalin, the worst example of a dictator in his time, a man who claimed to defend the Russian Revolution, but actually betrayed it. Equally, many aspects of Oceanian society were based on the Stalin-era Soviet Union, such as the "Two Minutes' Hate" on Stalinism's habitual demonisation of their enemies and rivals. Big Brother himself bears a physical resemblance to Stalin. But you could just as easily substitute Stalin with Hitler and communism with Nazi Germany, or another totalitarian state.

But Orwell’s influence did not come from communism alone. His work for the overseas service of the BBC, which at the time was under the control of the Ministry of Information, also played a significant role as the basis for his Ministry of Truth. The Ministry of Information building, Senate House (University of London), was the Ministry of Truth's architectural inspiration. And though Oceania may seem like the Soviet Union, it largely corresponded with the British Empire, plus the United States, with the currency the dollar. How true that was for the real 1984!

The people in power, of course, are far better off than anyone else. Today, we level the same charges against the “superrich”, who in countries like Britain can pay for peerages and in other countries also seem immune from tax. But what most impresses Smith is that O’Brien can turn off his television. But he equally lives in a relatively clean and comfortable apartment, and has access to a variety of quality food such as wine, coffee and sugar, none of which is available to the rest of the population. Yet, Orwell was right in pointing out that they too are victims of the regime, as their living standards in any other type of society would be far higher. As such, totalitarianism victimises all, including those at the very top.


~略~


1984年:

ビッグ・ブラザーの愛情のために

「オーウェル的な」社会の概念は1984年彼の叙事詩的小説の中でジョージ・オーウェルによって表現された。

世界が冷戦に直面していた時にその一見したところ予言的なタイトルのために1980年代に有名に、それは以来background…の中に消えたけれども、たぶん、そのメッセージは今やますます重要になった?

フィリップ・コッペン

小説1984年は英語への驚くほど大きな影響を持っていた。

「大きな兄弟」、「101号室」、「思想警察」、「二重思考」、および「新言語」などのその概念の多くは共通の用法を説明する全体主義の枠組に入力した。

形容詞の「オーウェル的である」は、小説を思い出させているどのような現実の世界シナリオでも説明するために使われる。

それは、近年、人々が時計独裁主義国家への彼らのテレビスクリーンの前に自身で鎖でつないだ神性の皮肉である(それは、正確にどんな1984年のpredicted…が中と家から出ている競争者の見たところ必要とされているやじりを含む「家」?外で小説の必要とされていた「2分の憎悪」に対応するかである)。

1984年は人々の注意をつかんだけれども、多くの人々が未来のその陰鬱な写真に精通していても、本自身は、私達の現代社会のためにその青写真になるようであった。

そして、あなたが考えるならば、私達はまだ私達の家のカメラに到達していない:

ウェブキャムはどうであるか?または、どれほど電子のメッセージが、すべて、「大きな兄弟」が実に私達すべてを見ることができるように、マイクロソフトなどの会社がそれらのシステムの中に裏口を作成することを強く主張する政府によって容易に電子的に監視されることができるか?

彼らの国に個人的なプライバシーを脅かすために多くをした政府と民間部門の組織に、プライバシーインターナショナルの全国的なメンバーと提携した組織は「ビッグ・ブラザー賞」を毎年見せる。

1998年以来、40を超える式典が16か国で開催されていて、それらの国で最も強力な政府機関、個人、および企業のいくつかに数百の賞を発表した。

1984年は、到着したために、その「未来の世界」が現在思われるpast…である。

「新言語」(自身完全な例of…新言語)を通して表現されて、オーウェルは、作家として、また言語のパワーを見た。

それは、善と悪などの言葉の必要が全然ないと主張する。

あなたは悪さを「よくない」と呼ぶことができる。

そして、優秀はすることができる どちらでも 「または 均一な“doubleplusgood 」という“plusgoodである 。

しかし、言語のこのコントロールへのずっと暗い側がある。

人の語彙を減らすことによって、その人は、彼の意見と何において、議論が、どのようなパワーも持つ彼の議論をする言葉を持たないであろうということを表すために損害を与えられるであろう。

「至福」のような言葉がもう存在していないけれども「それのために」、「それ自体は無意味な用語である」“doubleplusgoodとして取って代わられているかどうかは、至福、「誰も、まわりで話すことができないであろう」至福、「および、それについて話す望みが、寸言に満足する必要があるであろう誰」感覚doubleplusgoodインチ「の性質でも捕らえない」。

私達すべてがずっと少なく論じて、ずっともっと、このシフトがよりクリアな通信によって伴われていないのを手紙で知らせるインターネット時代における、そして「商業用語」におけるけれども、様々な無意味な術語学は、常に、すでに、完全に同義語を受け入れた急行の概念に慣れている。

ほんの1つの問題がすべてのこれに中心的である:

ビッグ・ブラザーは誰であるか?

彼はパーティーの最高統治者である(それは、すべてがOKであるふりをし、金額に見合う価値を提供するふりをするけれども真実において、社会を働かせることについての真の理解なしで、ただの人々のグループである全体主義の社会をコントロールし、それゆえ、それを恐怖と広報において動かせ続ける)。

独裁者は従って彼に「悪い独裁者」というラベルを貼っているというよりもあなたの「大きな兄弟」のように描かれる;

30バール未満のチョコレートの上の定量における落下は20からたぶん25バールまでチョコレートの増加に変る。

不思議な政府の計画について宣伝を洗脳し、政府がアクティブであることを示すふりをし、人々のために作動するのに対して各プログラムが熱気?と回転以外の何も含んでいないことによって、ポスターは、その、「ビッグ・ブラザーはあなたを見ている」とテレビスクリーン無人機を無限に発表する。

しかし、それは最も悪い部分ではない:

誰もがずっと監視される。

テレビは、また、たとえあなた自身の家にプライバシーを全然持っていないことを含みあなたがどこに行っても監視してカメラを装備される。

子供が、「正しく」、?であるものを知っていて、彼らがその標準に準拠するのを確かめるために、彼ら自身の両親を探り出すのを確かめるために、スカウト動きはそこにある。

生活水準がそれゆえ邪悪な間、それが、敵がどこにもあると主張するので、それはより悪い:

敵遠くaway…との戦争がある たとえ敵が威嚇的で、国家の「平和」をいつでも侵略できるであろうてもそれを勝ち取っている それはもちろん、難しい戦争けれどもパーティー?である。

そして、中に敵がある 決して、人々がそれらの犯罪を白状するテレビにおいて存在し を除いて ようではないパーティー、および「私達の生活様式」?を破壊することにおけるテロリストセル意思 。

誰でも拘留するために、並んで、これらの2つの危険について、パーティーによってあなたにもたらされるように、大衆は、100が集まり、あなたを、あなたが一人で感じないように、世界?においてどこででも起こっているものを知らせられるようにしておき、あなたのexistence…を考えて、考えるチャンスがないであろうシステム、テレビの、そして大きなテレビスクリーンにアドレスする。

パーティー「コントロール」。

それはこれ以上を導かない;

それは、国家を提供しようとしない;

それはコントロールする。

それが、コントロールするパワーを愛しているか、とても無能力なので、直通のコントロールだけができるかどうかにかかわらず、それは経済を行かせ続けて、ほとんど無関係である。

ジョージ・オーウェルが未来の暗いビジョンにペイントした時に、1984年はポスト世界戦争II日に1949年に出版された。

オーウェル自身は危篤であった。

彼は、彼が彼の致命的なコイルを落とした時に、彼が何かを逃さないであろうという希望においてそのような暗い未来を書いたか?

彼が前のアクティブな政治的な未来学者であり、彼の希望を説明していて、そうである世界のまわりで諦めるのでありそうにない。

しかし、それはただ社会的なメッセージを持っていない。

1984は、20世紀の最も強力なSF小説小説のうちの1つ、「黙示録の皮肉」 時 どのように 個人の個性 と評されたか?

ウィンストンスミス?は、ビッグ・ブラザーを「愛している」ロボットによって除去されて、代用される。

何人かの批評家は、ウィンストンスミスの苦しみが私立高等学校でオーウェル自身の経験によって起こったと主張したけれども、作者は、本の明示的な意図が、「他の人々の、彼らが努力するべきである種類の社会のアイデアを変更するため」であったと主張した。

従って、1984年はビッグ・ブラザーではなくスミスの話である。

元来、オーウェルは本に、「ヨーロッパの最後の人」(まだ、個々の性格をしているヨーロッパの最後の人としてスミスを計画して、パーティーが、そのコントロールの前に征服する必要がある最後のハードルは絶対になるであろう)というタイトルを付けたけれども、彼の出版社、フレデリック・ワールブルクは変化を提案した。

少しあまりにも多くは1984年の中にリバースされて、1948年ごろに作られている。

第一に、本は1949年6月8日に最初に出版された。

小説の大きさが1948年にシュラ山脈(スコットランド)の島の上でオーウェルによって書かれたけれども、オーウェルは1945年以来ずっとそれの小さな部分を書いている。

元来、彼は1980年、そして1982年、および最後に1984年にそれに新しく名前をつけた。

いくつかの理論がさらに特に1984年「なぜ」について潜在的な次元を追加するけれども、「1984」はそんなに遠くないfuture…において「ちょうど」1年である。

何でもありそうならば、彼の妻、アイリーン・オショーネシーが「世紀、1984の終わり」と呼ばれる詩を書いたという事実はたぶんそれらでである。

私達の「最後の人」は誰であるか?

スミスは単純労働を得た:

彼はスクリーンを凝視し、ヘッドラインを得て、何を書き直すかを他の誰かに知らせる前に、それを書き直す。

今日の世界は、アメリカプロジェクト管理と他のビジネス組織原則に高く乗って、同様などころではない:

プロジェクト管理の世界で、私達は、残りのために考えるであろうけれども自身で、彼らが何をしたらよいかを教える人々の上でどのようなパワーも装備されない数人の個人を見つける。

現実の精巧さは、優秀さではなく平凡を捜す試されて、しばしば失敗したプロセスによって代用される。

何か、そして目的が主として決して何のためではないかのまたは不明確なベストのけれども、ちょうど同様な学童は、もう、互いであるが代わりに、「一致する」必要と「一緒の仕事」?と匹敵するように命じられない。

「目標を満たす」ために、組織はそこにある(それにおいて、本当に企業家のドライブは消えた)。

政府部門は、デフォルトで、彼らが進歩をしていると伝えている統計を粗製濫造するけれども、従業員は、そのようなリポートが、それらの部門の必須のゴールを達成することに割りこんだと不満を言う。

病院がそれらの割り当てられた予算を入念に調べるであろうので、操作は実行されない。

失業者数は下がっていて、55上の人々とまさに学校の外の人々が統計に含められていないのでだけ、チャンスが小さいので、彼らが容易に仕事を見つけて、それゆえなぜ彼らを統計?に含めるならば、彼らは本当に労働力の一部であるか?

これは私達の世界である。

1984年はしばしば共産主義への攻撃と考えられているけれども、オーウェル自身は、それが全体主義に対して訓話であったことを明確にし、それを味つけする何の下ででも、来た。

彼は、スターリン(彼の時間(ロシア革命を防御すると主張したけれども実際、それを裏切った人)の独裁者の最も悪い例)に批判を指示した。

等しく、オセアニア社会の多くの面はそれらの敵とライバルのスターリン主義の習慣的なdemonisationの上の「2分の憎悪」などのスターリン時代ソビエト連邦に基づいた。

ビッグ・ブラザー自身はスターリンに身体的類似を支える。

しかし、あなたはナチスドイツまたは別の全体主義国家とヒトラーと共産主義とちょうど同じくらい容易にスターリンを代用することができた。

しかし、オーウェルの影響は一人で共産主義から来なかった。

その時、情報の省のコントロール下にあったBBCの海外業務のための彼の仕事はまた彼の真実の省のために基礎としての重要な役割を果たした。

情報建物の省、上院議事堂(ロンドン大学)は真実のアーキテクチャ上のインスピレーションの省であった。

そして、オセアニアがソビエト連邦のように思われるかもしれないけれども、それは主として米国、通貨を持つ、ドルに加えて大英帝国と一致していた。

それは1984年リアルのためになんと真実であったのか!

パワーにおける人々はもちろん他の誰かよりずっと裕福である。

今日、私達は、英国のような国で、爵位の代金を払うことができて、他の国で、また、税金に免疫があるような「スーパー豊かである」に対する同じ非難を浴びせる。

しかし、最も、スミスに印象を与えるものは、オブライエンが彼のテレビを消すことができることである。

しかし、彼は等しく相対的にクリーンで、快適なアパートに住んでいて、ワイン、コーヒー、および砂糖などのさまざまな品質の食物にアクセスできる(それのどれも人口の残りに利用可能でない)。

それでも、オーウェルは、どのような他のタイプの社会の中の彼らの生活水準でもずっと高いであろう時に、彼らも政権の犠牲者であることを指摘することにおいて正しかった。

そのようなものとして、まさしくそのトップのそれらを含めて、全体主義はすべてをvictimisesする。

いくつかがウィンストンスミスを革命家と考えるかもしれない;

いくつかが、彼を、「一人で、」彼の世界の堕落した現実に「反対する」誰かと評した。

しかし、小説の中で、スミスは無力である?であり、彼はそれを知っている。

彼は、彼の原因のために人々を結集しようとしない。

彼は抗議しない;

天安門広場のタンクの前で一人で立たなく、彼は単に、society…によってそれゆえ本のオリジナルの働く名前を禁じられた方法で住みたいと思っている:

ヨーロッパの最後の人。

スミスが倒れるならば、彼は、古い方法?に従ってまだ、覚えている彼の種類の最後であり、住もうとし、ビッグ・ブラザーの勝利は完全になるであろう。

従って、個人に影響する社会的変化は、その個人をコントロールし、彼をグループの必要とされている挙動に続かせることである。

これは以下を含む:

- グループ活動に参加する激励(それは主として基本的であるか、無意味である)。

- 人々がさらされるものをコントロールするテレビ。

彼らが、一定の物がビューアが興味をもたないであろうと「知っている」ので、すべてのテレビプログラムが検閲するけれども、アメリカ、フォックスのニュースにたぶんこれの最も悪い例がある。

- テレビを消す不可能性。

そして、たとえ、どこで、私達が最近は回っても、駅、空港、および列車さえに「ニュース」を私達に知らせているテレビスクリーンがある。

- 人々がすることに続くテレビカメラ。

英国で、人々は1日に30回よりもっとカメラに当たられて、これが「彼らの自身の安全」のためであることは述べられる。

しかし、より多くのカメラが到着する時に、暴力の増加があるとわかって、本当にそれをする?

- もっと日に健康自身のためにというよりも先生に対応させはじめさせる必要とされている朝のスポーツ。

-「思想警察」、パワーが絶対であるようなゲシュタポ、KGB、またはCIA具体化。

1950年代(または、2000年代のテロリスト探究と)の共産主義者魔女狩りの前では、内部の敵は、「コースの」がどこにもエージェントを持っている意見を異にするエマニュエルゴールドスタインである 中からオセアニアを倒す試み 。

仕事がはかどる時に、あなたは、ゴールドスタインが実際存在しているかどうかと思いはじめるか、完全に、「思想警察」の作成である。

「思想警察」が、もう一度、内部の敵が、それとしてユダヤ人?がナチスドイツであったことであり、前の他のヨーロッパ諸国である戦術を使用したことを提案して、私達はまた彼のユダヤ人名前に注目する。

(ちょうどゴールドスタインのように、ビッグ・ブラザーは完全に虚構で、パーティーの作成であるかもしれない。)

- 彼ら自身の両親を探り出すであろうし、施政方針に従うであろうヒットラーユーゲントを思い出させているLeague若者。

- 無駄なポジティブなメッセージの中にすべての下降を経済に変えている無限の宣伝と回転。

スミスは臨時集積場に住んでいるけれども、それは「勝利大邸宅」と呼ばれる!

省の名前は等しく欺瞞的である:

平和の省は戦争し、十分の省は不足の上で管理し、真実の省は宣伝と嘘を広めて、愛情の省はみじめさを与える。

どこのディスプレイの上のパーティーの3つのスローガンも以下の通りである:

戦争は、平和--自由は奴隷制度である--無知が力であることである。

これらのそれぞれはもちろん矛盾しているか、私達が普通信じるものの反対物であり、1984年に、世界は絶え間ない戦争の状態にあり、誰も自由でなく、誰もが無知である。

スローガンはゴールドスタインの本の中で分析される。

論理的に鈍感であるけれども、それらが意味をなすというパーティー主張。

例えば、絶え間ない「戦争」を通して、パーティーは家庭の平和を保持することができる。

しかし、それらの一定の繰り返しを通して自身の中で無意味に、同時に公理になって、スローガンはよりいっそう無意味になる。

言語と市民が、それを受け入れるように勧められている故意の自己欺瞞のこのタイプの悪用は「二重思考」と呼ばれる。

英国で、「回転」は現在、最も大きな犯罪であると考えられて、すべての政府部門が離れてどの正しい1例かという罪を犯していることである:

「IDカードの導入によって、私達はテロを根絶する」.Itは、あなたの車を洗うことによって、あなたがより少ない事故にあうであろうということを述べることに似ている。

人々のアイデンティティはテロと関係がない。

whoのアイデンティティを知り、テロリストであるか、または人々にIDカードを与えることによってnotで設立できない。

それでも、私達は、導かれた?が?を、政府がこれの上で正しいことを認めることに駆り立てたことである。

宣伝と回転のパワーはたぶん、本に出席していたより少ない線引きされたメッセージの1つであり、それが等しく西欧と東にあてはまり、長い期間の間の1984年がそう共産主義?に対して警告と考えられたので、どうしてそれは「自由なウエスト」にあてはまることができるか?

未来のために彼のメッセージのこの面にペイントすることにおいて、オーウェル自身は、たいていナチズムによってインスピレーションを与えられるようであった(それにおいて、ヒトラーとゲッベルスは、「国家…の広いマスは小さなものにより容易に大嘘の犠牲となるであろう」と「あなたが十分に大きい嘘を言い、それを繰り返し続けるならば、人々は、結局、それを信じるようになるであろう」などの有名な引用文(パーティーの上のThis合計)を考え出した)。

しかし、テロに対する私達の現在の戦争において、たぶん、私達は、ゴーリングがニュルンベルク裁判の間に述べたものを聞くべきである:

「声、人々はいつもリーダーの入札に連れて来られることができるか、どの声、人々もことができない」。

それは容易である。

あなたたちが、する必要があるすべては、それらに、それらが攻撃されていると言い、危険への愛国心と国をさらすことの不足のために平和主義者を弾劾することである。

「それは同じをどのような国にでも差し込む」。

スミスはこれに気づいている。

そして、彼が申し立てによるとゴールドスタインによって書かれた本を受け取る時に、それは確認される。

それは、戦争が勝たれることができなく、その唯一の目的が、人の労働を使い果たすことであり、経済がすべての市民のために等しい(そして高い)生活水準をサポートすることができるわけではないことを述べる。

それは、実のところ、実際、戦争がないかもしれないことをほのめかす。

オセアニアのメディアが、極端に莫大な軍事攻勢と勝利(サハラ砂漠砂漠での極端に大きなキャンペーンを含める)の信じられるニュースレポートをほとんど提供しない時に、戦争が実のところ嘘であることは提案されることができる。

しかし、小説の多面性と同様に、戦争の議論された存在は確認されなく、否定されなく、読者は、戦争が実際進歩?とどちらの缶スミスにもあるかどうかを確信することができない。

これが、もちろん、パーティー?のパワーである 何も証明できない:

私達がこの数十年で成長した私達の現代の現実と気候の別の面である。

それは、映画「犬を振りなさい」のための基礎にもちろんなった(それにおいて、まったく虚構の戦争は、政治の人気を救助するために作成される)。

最終的に、1984年は、オーウェルによる大きな洞察を示すけれども私達の時代の多くの社会的な注釈者によって識別されていないいくつかの要素を含んでいる。

ビッグ・ブラザーにとって、決勝戦は愛情である。

ウィンストンとジュリアは、?のお互いに愛し、それのため逮捕される。

それはそれらの犯罪である。

愛情のためにすべてを思い切ってやってみている男性と女性は不賛成を示される。

愛情は性に減らされている(その機能は、出産することである)。

しかし、性的な行為自身の「必要」のない出産は、優れていると考えられている。

愛していなさい。そうすれば、純粋な楽しみのための目的のない性は究極の犯罪である。

ウィンストンとジュリアは愛情の省で別々に質問される(そこで、政権の相手は拷問されて、処刑される)。

そこで、オブライエン(内側パーティーのメンバー)は、彼が、パーティーへの彼の憎悪について「治療される」ために連れて来られているとウィンストンに明らかにし、ウィンストンをたくさんの拷問セッションに服従させる。

これらのセッションの1つの間、彼は無限の戦争の性質をウィンストンに説明し、拷問の目的が、偽造の告白を引き出すことではなく実際、ウィンストンが考える方法で変わることである。

オーウェルが、あなたが俳優を使うか、文字?を発明することができるけれども真実の目的が、あなたの精神を支配することであることを、全体主義国家において、それが、告白?を偽造させやすい私達に知らせるのはここである。

ビッグ・ブラザーが政治的な独裁権?ではない それはマインド・コントロールである。

オーウェルは、拷問に自身の基礎を置き、しばしば「科学を前進させる」ために、それがナチスドイツで存在していた時に望むかもしれない?

「私達は人間性のよりよい善のために必ず残酷である」。

しかし、彼はMK-ULTRAなどのプロジェクトの前にいて、米国フォームに存在した 前方の1950 けれども、1970年代に公式な公的な知識になるだけである。

スミスにとって、マインド・コントロール・テクニックは拷問と電撃療法の組み合わせである。

101号室は愛情の省で最も恐れられている部屋である(そこで、人の最も大きな恐怖は彼らの再教育の中の最終ステップとして彼らに押し付けられる)。

従って、ウィンストンのねずみに対する恐怖は彼の挑戦になる:

ドアがあく時に、彼らが彼の頭蓋骨を通してそれらの方法を食べるように、空腹のねずみのかごは彼の目の上で置かれる。

彼の絶対の恐怖において、彼は、彼が、処罰を止めるために言うことができる1つの事について考えようとする;

彼は、「ジュリアにそれをしなさい!」と言う。

それはパーティーの勝利を示す:

彼は彼女のために死なないであろう。

愛情は消えた。

小説(そしてフィルム)の終わりに、ウィンストンとジュリアは会うけれども、互いのためのそれらの感情は破壊されている。

両方ともさあ、基本政策を話しなさい。そうすれば、「最後の人」はまだ物理的に生きているかもしれないけれども、すでに精神的に死んでいる。

ビッグ・ブラザーは勝った。

私達はビッグ・ブラザーを愛している。

負けるが勝ち・。ランダエタ

ベンチャー革命2006年8月4日

                           山本尚利

タイトル: 亀田ボクシング判定疑惑とMOTシナリオ論



1.プロボクサー亀田興毅の実力とは

 2006年8月2日夜、プロボクシングWBA世界ライトフライ級王座決定戦(12R、亀田興毅 対 フ

ァン・ランダエタ)が横浜アリーナ(観客1万5000人)で行われました。事前に偽チケットが出

回るほどの人気で、瞬間視聴率52.1%を記録したそうです。主催者TBSの亀田プロジェクトへ

の投資戦略は大当たりにみえました。ところが日本中のTV視聴者が注目する中、試合開始

早々、TBSにとって大誤算が生じたのです。第1ラウンド終了間際、ランダエタの右フックが

亀田の顔面に命中、彼はあっけなく一時、ダウンしてしまったのです。そのとき筆者は一

瞬、6月末、具志堅用高氏が亀田選手の実力を疑問視しているというニュースを思い出しま

した。さすが、具志堅氏の目利き力はホンモノだったと感心しました。案の定、第2ラウン

ド以降の亀田選手は防戦一本で、とてもランダエタ選手を倒せそうもありませんでした。と

ころで最近のTBSの亀田プロジェクトへの入れ込み様は尋常ではなかったと思います。年末恒

例の日本レコード大賞を12月30日に繰り上げ、おおみそかに、亀田兄弟の試合を企画してい

るとも言われています。6月、フジテレビの人気格闘技PRIDEが諸事情から放送中止となって

いました。TBSにとって願ってもないチャンス到来です。亀田プロジェクトが、フジテレビ追

撃の目玉となったからです。その意味でTBSにとって、8月2日の試合で亀田選手には絶対に勝

ってもらう必要があったのです。その事情を理解すれば、亀田選手が最終12ラウンドまで持

ちこたえれば、勝ちに持ち込めるという計算がTBSの企画責任者にはあっても不思議ではあり

ません。期待にこたえて亀田選手はやっとこさ、第12ラウンドまで持ちこたえ、試合は判定

に持ち込まれました。そして案の定、TBSの計算どおり亀田が勝ちました。彼は、その瞬間、

『ナンデヤー!』と叫びました。本人も負けたと思ったはずです。

 この亀田の判定勝ちは、黒を白と言ったに等しい疑惑あふれるものであったため、8月4日

現在、TBSには5万5000件もの抗議が寄せられたそうです。スポーツ新聞の緊急読者アンケー

トによれば、94%が亀田の負けと判断したそうです。



2.TBS:シナリオ・アプローチの怠慢

 上記、亀田騒動を、筆者の専門、MOT(技術経営)のシナリオ論で分析してみます。まず、

TBSにおける亀田プロジェクト責任者にとって重大な問題は、シナリオ・アプローチの怠慢に

あると言えます。つまりTBS責任者には『亀田KO負け』のシナリオが用意されていなかったと

思います。太平洋戦争における日本軍の作戦参謀のシナリオ発想欠如と類似します。関係者

の間での、絶対に負けられないという緊張した空気が『亀田が負けるかもしれない』という

発言を禁句にしてしまうのです。同様の現象は、最近のトリノ・オリンピックやワールドサ

ッカーでも観察できました。戦争のみならず、スポーツ・ゲームにおいても『勝つシナリオ』

だけで作戦を実行することは、非常に危険です。この作戦は出たとこ勝負の玉砕(自殺行為)

にすぎません。ところで靖国神社におけるA級戦犯合祀の問題が表面化していますが、太平洋

戦争のA級戦犯の戦犯たる根本理由は、極東裁判の判決の是非以前に、『負けのシナリオ』を

持たずに、先制攻撃を行った点、この1点に尽きると筆者は思います。

 TBSの亀田プロジェクト責任者は、まさに太平洋戦争の開戦責任者と同じ過ちを犯していま

す。

 筆者の読みでは、亀田プロジェクトの主催者(TBSおよび日本プロボクシング協会を含む)

には、『ランダエタの方が負ける』というシナリオのみがあらかじめ用意されていて、ラン

ダエタ・サイドにとっても、このことは事前に暗黙の了解事項であったのでしょう。なぜな

ら、ランダエタ・サイドにとって『負けシナリオ』の方がもうかるからでしょう。ところ

が、ランダエタ本人は、第1ラウンド、誤って、亀田顔面に右フックを命中させてしまった。

このようなハプニングは、格闘家の本能ですからやむを得ません。要するに反射神経で勝手

にパンチがでたのでしょう。そこで第2ラウンド以降、くれぐれも亀田を倒さないよう、指示

されたはずです。そして、ランダエタは冷静に戻り、最終12ラウンドまでなんとか持たせた

のでしょう。一方、主催者にとって『想定外』のハプニングが起きたのでパニックとなり、

彼らは、どうやって最終ラウンドまで持たせるか、それで頭が一杯になったのです。その結

果、歴史に残る疑惑の判定となり、亀田の強者イメージは大きく崩れ、ブランド価値が地に

落ちてしまいました。とりかえしのつかないTBSの大チョンボです。

 シナリオ・アプローチに長けた戦略企画マンならば、当然、『亀田KO負け』のシナリオを用

意していて、あの第1ラウンドのダウンで、瞬時に先を読み、逆に『見事な負け振り』を演

出し、再起を賭ける方向に持っていったでしょう。なぜなら、ボクシングでは、初回にダウ

ンした選手が、その後、挽回して逆転勝ちすることは至難ですから。むしろ、一旦、大負け

して、その後、禍、転じて福となす逆転戦略の方がシュアであったでしょうに・・・。ちな

みに、太平洋戦争における米国の勝ちパターンはコレでした。



3.TBSに抗議する日本国民のノーテンキ

 それにしても、5万件を超す抗議がTBSに殺到したとは驚きです。筆者からみれば、この程

度のことに大興奮する日本国民なればこそ、もっと重大な八百長に騙されるのだなと感じま

した。プロスポーツは金儲けの興行ですから、ある程度の八百長は避けられない。筆者は、

亀田の判定勝ちを観た瞬間、『ああー、やっぱり!』と思いました。TBSはボロ出したなとい

う印象でした。それにしても、5万件を超す抗議とは、スポーツはフェアであるべきと信じき

っている、お人好しのあまりの多さにあきれるばかりです。TBSの亀田プロジェクトの八百長

を疑うなら、米国のアポロ宇宙船月面着陸プロジェクト、9.11プロジェクト、イラク先制攻

撃プロジェクト、北朝鮮ミサイル発射プロジェクト、石油価格高騰プロジェクトなど、壮大

なスケールの八百長くさいプロジェクトをもっと疑ってみたらどうでしょうか。さらに日本

国内では、小泉政権の八百長くさい数々のプロジェクト、たとえば、規制緩和プロジェク

ト、行政改革プロジェクト、郵政民営化プロジェクト、小泉首相の靖国参拝パフォーマン

ス、北朝鮮への経済制裁プロジェクト、安倍晋三のスター化プロジェクトなどなど、いくら

でもあります。

 ところで小泉政治は劇場型政治とか、ポピュリズムとか批判されていますが、小泉政治に

は、米国型の高度のシナリオ・アプローチが応用されています。これらはすべて、とてもと

ても、純朴な日本人の手によるものとは思えません。ところで前述のように、戦前から今日

に至るまで、日本のエリートは総じてシナリオ・アプローチを苦手としています。TBSの亀田

プロジェクトの大チョンボがそれを雄弁に物語っています。それに比して、小泉政権をハン

ドルする闇の寡頭勢力は、亀田プロジェクトを仕切ってきたTBSのプロデューサー、あるいは

日本の大手広告会社のプロデューサーをはるかに上回るワル知恵の塊です。亀田プロジェク

トのTBSプロデューサーように簡単にボロを出さない。したがって、昭和天皇発言に関する富

田メモ発覚で、露呈した小泉首相の靖国参拝動機の欺瞞に、日本遺族会からも純朴な国民か

らも、5万件もの抗議はこないままです。富田メモ発覚直後の小泉首相の、天皇の意志は人そ

れぞれ、自分には関係ないと強弁した発言から図らずも、小泉首相の本音では、靖国に祭ら

れる戦死者への慰霊心がまったくないことが露呈しています。小泉首相の靖国参拝パフォー

マンスこそが、亀田ボクシングとは比べものにならないほど、狡猾な八百長だったのです。



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

天下りと嫌がらせ・。

]4537251468.09.jpe ...
4121500563.09.jpe ...

キャリア形成促進助成金(職業能力評価推進給付金)対象

キャリア・コンサルタント能力評価試験の指定について


 厚生労働省では、個人の主体的なキャリア形成や求人と求職の効果的なマッチングを支援するため、キャリア・コンサルティングを担う人材(キャリア・コンサルタント)の養成を推進しているところです。

 このため、民間機関が実施するキャリア・コンサルタントに係る能力評価試験をその雇用する労働者に受けさせる事業主に対して、キャリア形成促進助成金(職業能力評価推進給付金)を支給することにより、キャリア・コンサルタントの養成を支援することとしています。

 職業能力開発局長がキャリア形成促進助成金(職業能力評価推進給付金)の対象となるキャリア・コンサルタント能力評価試験として指定した試験は次のとおりです。






































































試験名試験機関名問い合わせ先初回指定日
財団法人社会経済生産性本部認定キャリア・コンサルタント資格試験財団法人社会経済生産性本部03-3409-1122平成14年11月25日(平成17年10月1日更新)
キャリア・コンサルタント試験社団法人日本産業カウンセラー協会03-3438-4568平成14年11月25日(平成17年10月1日更新)
DBMマスター・キャリアカウンセラー認定試験日本ドレーク・ビーム・モリン株式会社03-5437-1701平成14年11月25日(平成17年10月1日更新)
CDA資格認定試験特定非営利活動法人日本キャリア開発協会03-5815-8972平成14年11月25日(平成17年10月1日更新)
日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会認定キャリア・カウンセラー資格試験特定非営利活動法人日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会03-5474-9038平成15年4月1日(平成18年4月1日更新)
財団法人関西カウンセリングセンターキャリア・コンサルタント認定試験財団法人関西カウンセリングセンター06-6881-0300平成15年4月1日(平成18年4月1日更新)
GCDF-Japan試験特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会03-3591-3569平成15年10月1日
HR総研認定キャリア・コンサルタント能力評価試験株式会社フルキャストHR総研03-5226-0712平成15年10月1日
株式会社テクノファ認定キャリア・カウンセラー(キャリア・コンサルタント)能力評価試験株式会社テクノファ044-246-0910平成16年4月1日
ICDS委員会認定ICDSキャリア・コンサルタント検定特定非営利活動法人ICDS0569-62-0005平成17年10月1日
NPO生涯学習キャリア・コンサルタント検定試験特定非営利活動法人エヌピーオー生涯学習03-5913-6416平成18年4月1日(平成17年4月26日付け廃止後、再指定)

(受付順)



 なお、次回の指定は平成18年10月1日で、指定希望の受付は平成18年7月14日から平成18年8月15日までの予定です。平成18年10月1日指定に係る手続については、第9版パンフレット(試験機関向けパンフレット
(表紙~7ページ(PDF
:301KB)、 8~11ページ(PDF
:715KB)、 12~15ページ(PDF
:715KB)、 16~19ページ(PDF
:712KB)、 20~最終ページ(PDF
:715KB)))をご参照ください。





お問い合わせ先

 厚生労働省 職業能力開発局 キャリア形成支援室

 電話:03-5253-1111(内線5937)

 



(参考)

キャリア形成促進助成金について




職業能力評価推進給付金で厚生労働大臣が定める職業能力評価
?



キャリア形成促進助成金
(問合せ先:雇用・能力開発機構都道府県センター
)


労働者のキャリア形成の効果的な促進のため、従業員(雇用保険の被保険者に限る。以下同じ。)に対し、目標が明確化された職業訓練の実施、職業能力評価の実施、キャリア・コンサルティングの機会の確保又は自発的な職業能力開発に対する支援措置を行った事業主に対して助成します。


受給できる事業主は、次のいずれにも該当する事業主です。
















1雇用保険の適用事業の事業主であること。
2労働組合(労働組合がないときは、労働者の過半数を代表する者)の意見を聴いて「事業内職業能力開発計画」及びこれに基づく「年間職業能力開発計画」を作成している事業主であって、当該計画の内容を従業員に対して周知しているものであること。
3職業能力開発推進者を選任し、都道府県職業能力開発協会に選任届を提出していること。
4労働保険料を過去2年間を超えて滞納していないこと及び過去3年間に雇用保険三事業に係るいずれの助成金についても不正受給を行ったことがないこと。
5実施する訓練等について、あらかじめ、都道府県センター統括所長の受給資格認定を受け、かつ各給付金の支給要件に合致していること。

蛇足


綺麗に着飾ったキャリア支援助成金、業界に天下りするモンが後を絶たず、3つ4つは当たり前に、指定団体の顧問に就任している。つうごうが悪くなると、渡り鳥になる。


NPO法人申請

厚生労働省 能力開発局 キャリア支援室 

平成00年10月提出分、平成00年1月提出分

キャリアコンサルタント試験にかかる指定

2回申請

返還書類の公開


指定不可

厚生労働省 能力開発局 キャリア支援室

平成00年12月

キャリアコンサルタント試験にかかる指定にかかる審議官の身分(元労働官僚)が指定先団体の役員に

名を連ねている事に対する不公平・不公正について。改善なし

当特定非営利団に対する差別発言について。

在日講師の占星術は好ましくない・というご意見。

改善なし。

役人の私利私欲は5年で5万人のキャリアコンサルタントを養成するなどと、カルト的な動きをして、まったく無駄で信用のないものになった・。騙されずによかったね・。(`∀´)

本当にあったUFOの話

The Untold Story of the Battle of Los Angeles


It could only happen in Hollywood!


by Dirk Vander Ploeg










Spotlights highlight and Anti-aircraft fire at unknown object over Los Angeles


In the early morning hours of February 25, 1942, the sleep of two million Americans, in the vicinity of Los Angeles, California, was interrupted by the sound of air raid sirens and anti aircraft fire.


Groggy residents awakened by the high pitched warnings and the almost ceaseless firings of artillery were rewarded with a light show that made the night into day.


Thousands of U.S. Army anti-aircraft searchlights flooded the skies searching for attacking aircraft. They rapidly crisscrossed the black void desperately hoping their beams would pierce the black veil and disclose the enemy planes.


Only weeks after the surprise Japanese attack at Pearl Harbor, the country was not prepared for another sneak attack as the events of the morning would reveal.


Air raid wardens stopped cars and insisted lights be extinguished and home window shades drawn. Neighborhoods and streets were now darkened, denying the enemy easily lit targets. Overhead, silently, a glowing object was moving slowing as air craft batteries focused by spotlights began took aim.


Katie, a young woman that had volunteered to be an air raid warden received a phone call from her district supervisor. The supervisor notified her of the alert and then asked if she had seen an object in the sky that was very close to her home. Without hesitation she went to the window and looked into the sky. "It was huge! It was just enormous! And it was practically right over my house. I had never seen anything like it in my life!" she said. "It was just hovering there in the sky and hardly moving at all." "It was a lovely pale orange and about the most beautiful thing you've ever seen. I could see it perfectly because it was very close. It was big!"


Katie added that the anti-aircraft searchlights had completely surrounded the object. "They sent fighter planes up and I watched them in groups approach it and then turn away. There were shooting at it but it didn't seem to matter." Katie states that U.S. fighter planes did attack the object. "It was like the Fourth of July but much louder. They were firing like crazy but they couldn't touch it." "I'll never forget what a magnificent sight it was. Just marvelous. And what a georgeous color!", said Katie.


With lights off, residents were now able to witness what was to be known as the "Battle of Los Angeles".




ロサンゼルスの戦いの明かされていない話


それはハリウッドで起こった!


Vander Ploeg




ロサンゼルスの上で未知の物でハイライトとAnti-航空機炎にスポットを当てます。


1942年2月25日の早朝に、何時間(ロサンゼルス(カリフォルニア)の近くの200万人のアメリカ人の睡眠)も空襲サイレンと反航空機炎の音によって中断されました。


かん高い警告と銃のほとんど絶えざる発砲で目を覚ますグロッキーな居住者は昼間に夜を作りかえたライト・ショーでご褒美を与えられました。


何千個もの米国陸軍の対空サーチライトが航空機を攻撃するのを探すため、空をあふれさせました。 彼らは、急速にそれらのビームが黒いベールを貫くのを絶望的に望んでいる黒い空間に交差して、敵機を明らかにします。


日本人が真珠湾を攻撃した後だったので、驚きは唯一の週間、朝の出来事が明らかにするように国は別の奇襲のために準備されてませんでした。


空襲監視人は、車を止めて、ライトが描かれた消灯された家のブラインドであると主張しました。 敵が容易に目標に火をつけたのを否定して、近所と通りは今や、暗くされました。 頭上に、静かに、白熱の物体は、スポットライトで集中しているバッテリーが始めた空気工芸品が狙いを定め、遅くなりながら、動いていました。


ケイティー、空襲監視人であることを買って出た若い女性は彼女の地区監督から電話を受けました。 監督は、彼女の家の非常に近くの空で、警戒について彼女に通知して、次に、彼女が物を見たかどうか尋ねました。 躊躇せずに、彼女は、窓に行って、空をのぞき込みました。 「それは巨大でした!」 それはただ莫大でした! そして、それは私の家の上で実際に正しことです。 「私はそれのように人生で一度も少しでも見たことがありませんでした!」と、彼女は言いました。 「それは、空のそばをただ離れていなくて、またほとんど全く動かなかったことです。」 「それはすてきなペールオレンジでした、そして、最も美しいものの周りでは、あなたは今までに、見たことがあります。」 それが非常に近くにあったので、私はそれを完全に見ることができました。 「それは大きかったです!」


ケイティーは、対空サーチライトが物を完全に囲んだと言い足しました。 「彼らは戦闘機を上げて、私は、グループにおけるそれらがアプローチして、次に、顔を背けるのを見ました。」 「それをめざすのがありますが、重要であるように思えませんでした。」 ケイティーは、米国戦闘機が物を攻撃したと述べます。 「米国独立記念日に似ていましたが、はるかにやかましいです。」 「気が狂っているように発火していましたが、彼らはそれに触れることができませんでした。」 「私は、それが何とすばらしい光景であったかを決して忘れないでしょう。」 ただ驚異です。 「そして、それが危険に着色します!」と、ケイティーは言いました。


ライトがオフな状態で、居住者は今や、「ロサンゼルスの戦い」として知られていることになったことを目撃することができました。


It was a scene often depicted in future Hollywood science fiction movies. The "War of the Worlds" seems eerily familiar as U.S. military personnel bombard the space invaders with hundreds of artillery shells, bathed in brilliant light from an array of searchlights.


The 37th Coast Artillery Brigade's antiaircraft batteries began firing at 3:08 a.m. and ceased at 4:14 a.m. In total nearly 2000 12.8 pound artillery shells were fired into the night sky at an undisclosed and seemingly indestructible object. The all clear siren was heard at 7:21 a.m. and the citizenry exhaled a collective sigh of relief. They had survived!


The question as yet unanswered, the elephant in the room, is who or what had attacked?


Newspaper reports were scarce. Government and military officials often gave conflicting statements to the press. Local resident witnesses were not interviewed or the information they gave not deemed credible by the news agencies. The only mention of the event in the Los Angeles Times was a brief article of page one which started with the headline: "Chilly Throng Watches Shells Bursting in Sky". The article written by Marvin Miles went on to describe "explosions stabbing the darkness like tiny bursting stars" and "searchlight beams poking long crisscross fingers across the night sky" and so on. The article did not mention an unknown object or enemy planes.


Initial reports cited witnesses seeing formations of warplanes overhead resulting in dogfights between enemy and U.S. fighter planes. Still others reported seeing flares falling from the sky.


A naval intelligence warning indicated an attack was expected within the next 10 hours. Various radar stations picked up an unidentified object 120 miles west of Los Angeles.


Immediately following the blackout the information center was inundated with phone calls from patriotic citizens reporting enemy planes in the sky.


A coast artillery colonel spotted 25 planes at 12,000 feet over Los Angeles and others saw a balloon carrying red flares hovering over Santa Monica.


The military stated that no U.S. aircraft were in the air. Stories of dogfights were erroneous. Officials explained that because of its limited number of aerial assets, the planes had remained grounded, until identified enemy planes could be located and verified.


The Secretary of the Navy Frank Knox announced at a February 25 press conference that there was no evidence of enemy planes and that the raid was simply a "false alarm". The Fourth Air Force believed that there had been no enemy planes over Los Angeles.


Finally the Army issued the War Department report which indicated that between one and five unidentified objects had flown over L.A. These objects were believed to be Japanese.


Its interesting to note that at the conclusion of World War II, the Japanese claimed that they did not send aircraft and did not attack Los Angeles or Southern California in February 1942!


Non-military witnesses, some using binoculars, describe a large orange object that moved slowly over the coast between Santa Monica and Long Beach. The object traveled the twenty miles in approximately 30 minutes and then disappeared!


それは将来のハリウッドサイエンスフィクション映画にしばしば表現された場面でした。 米国の軍人が宇宙侵略者にサーチライトのアレイから輝かしい光に浸された何百個もの砲弾を砲撃するとき、「宇宙戦争」は不気味になじみ深く思えます。


特科団の対空中隊、対空砲火が始めた午前4時14分の間におよそ2000発 12.8ポンドの総砲弾で午前3時8分に発火して、停止した第37コーストは明かされていなくて、外観上不滅な物を夜空の中に首をさらしました。 警報解除サイレンは午前7時21分に聞かれました、そして、市民は集合的な安堵のため息の息を吐き出しました。 彼らは生き残りました!


まだ同じくらい答えがなく、部屋の象が攻撃されただれかものであるという問題?


新聞報道は不十分でした。 政府と軍高官はしばしばプレスへの声明を闘争に与えました。 地元住人目撃者は、インタビューされていなくて確かであることは通信社によって考えられないで、彼らが教えた情報でした。 ロサンゼルスタイムズの出来事の唯一の言及が見出しから始まったページの簡潔な記事でした: 「肌寒い群れ腕時計は空のはち切れる砲弾を浴びせます。」 マーヴィンMilesによって書かれた記事は、「小さいはち切れている星のように暗黒を突き刺す爆発」、「夜空の向こう側に長い交差している指を突き刺すサーチライトビーム」などについて説明し続けました。 記事は未知の物か敵機について言及しませんでした。


初期のレポートは軍用機オーバーヘッドの構成が敵と米国戦闘機の間の乱闘をもたらしているのを見る証拠を引用しました。 それでも、他のものは、揺らめく炎が空から落ちているのを見ると報告しました。


海軍の知性警告は、攻撃が10時間以内に予想されたのを示しました。 様々なレーダー基地はロサンゼルスの120マイル西に未確認の物を拾いました。


すぐに停電に続いて、情報センターは空で敵機を報告する愛国的の市民から電話を殺到させられました。


沿岸砲台の大佐はロサンゼルスの上で1万2000フィートの25機の飛行機を見つけました、そして、他のものは気球がサンタモニカの上方に浮かぶ赤い揺らめく炎を乗せているのを見ました。


軍は、空気中に米国航空機が全くなかったと述べました。 乱闘の話は誤っていました。 職員は、限られた番号の航空機隊で、飛行機が地面に置かれたままで残っていたと説明しました、特定された敵機を見つけて、確かめることができるまで。


海軍長官のフランク・ノックスは2月25日の記者会見で敵機に関する証拠が全くなくて、襲撃が単に「間違い警報」であると発表しました。 Fourth空軍は、ロサンゼルスの上に敵機が全くなかったと信じていました。


最終的に1~5個の未確認の物がL.A.建物を通過したのを示した戦争部のレポートが発行された陸軍が日本であると信じられていました。


それは、第二次世界大戦の結論のときに日本人が、彼らが航空機を送らないで、また1942年2月にロサンゼルスか南カリフォルニアを攻撃しなかったと主張したのに注意するためにおもしろいです!


何かが双眼鏡を使用して、非軍事の目撃者はゆっくりサンタモニカとロングビーチの間の海岸を譲った大きいオレンジの物について説明します。 物は、およそ30分で20マイル旅行して、次に、見えなくなりました!


An employee of the Los Angeles Herald Express said that he was certain many of the artillery shells had hit their target - but had had no effect. The photograph above seemingly shows the unknown object, caught in the web of searchlights.


Recently, a gentleman from Texas, a G-rated comic no less, claims to have a possible explantion for the event. He states that he is in contact with a member of a race of beings commonly referred to as the Grays. These creatures are approximately four feet four inches tall, gray in color, have large almond-shaped eyes, small nose and mouth and have a slight frame. They have been portrayed in Hollywood films including "Close Encounters of the Third Kind".


These beings say that they originated on earth some 300,000 years ago. They describe this time as before Adam. They insist that they are terrestrial, of the earth, and take exception to being called extraterrestrial.


They claim responsibility for the majority of UFO sightings as they are constantily monitoring this planet. According to them it was one of their ships that was the cause of the excitement on the morning of February 25, 1942. They state that the civil defense fired at least 1000 antiaircraft rounds but that their craft was undamaged.


Is it possible that after 64 years the mystery of the "Battle of Los Angeles" has been solved? One could speculate as to why the UFO was floating over the greater L.A. area or why it's occupants would approach a standup comedian to tell their tale.


In true Hollywood fashion one could speculate that perhaps they were auditioning for starring roles in future Hollywood films or perhaps they were illustrating, albeit dramatically, that they were here first and as the photo above shows - here to stay!


ロサンゼルスヘラルドExpressの従業員は、彼が砲弾の多くがそれらの目標を達成したのを確信していると言いました--しかし、効き目がありませんでした。 上の写真は外観上サーチライトのウェブで捕らえられた未知の物を示します。


最近、テキサスからの紳士(おまけにGで評定されたコミック)は、出来事のための可能なexplantionを持っていると主張します。 彼は、一般的にグレー一家と呼ばれた存在の人種のメンバーに連絡していると述べます。 これらの生物は、およそ4フィート4インチのインチ高であり、色で高齢化して、大きいアーモンド形をしている目、小さな鼻、および口を持っていて、わずかなフレームを持っています。 「未知との遭遇」を含んでいて、それらはハリウッド映画に描かれました。


これらの存在は、およそ30万年前に地球で由来したと言います。 彼らは今回、従来と同様アダムについて説明します。 彼らは、それらが地球であると主張して、地球外であると呼ばれるのに異議を唱えます。


constantilyにこの惑星をモニターしているとき、それらはUFO目撃例の大部分のために犯行声明を出します。 それらに従って、それは1942年2月25日の朝における興奮の原因であったそれらの船の1つでした。 彼らは、市民防衛が対空少なくとも1000ラウンドを撃ちましたが、それらの構造物が無傷であったと述べます。


64年後に「ロサンゼルスの戦い」の神秘が解決されたのは、可能ですか? 1つのUFOが、より大きいL.A.の地域の上に浮かんでいた理由に関して推測することができましたか、またはそれが占有者である理由は、自分の言い分を述べるために正々堂々としたコメディアンに近づくでしょう。


本当のハリウッドファッションを、1つは恐らく、彼らが将来のハリウッド映画の主役を求めてオーディションを受けていたか、劇的ですが、または例証していて、滞在するためにここに最初に、そして、写真としてショーを超えていたと推測するかもしれません!



共謀は今日もつづく・・。

The Myth Of Peak Oil

ピーク油に関する神話


Paul Joseph Watson & Alex Jones

ポール・ジョゼフ・ワトソンとアレックス・ジョーンズ

|

October 12 2005



2005年10月12日


Peak oil is a scam designed to create artificial scarcity and jack up prices while giving the state an excuse to invade our lives and order us to sacrifice our hard-earned living standards.

ピーク油は状態に私たちの人生に侵入して、私たちの一生懸命稼がれた生活水準を犠牲にするように私たちに命令する口実をしている間、人工の不足を引き起こして、値段を吊り上げるように設計された詐欺です。


Publicly available CFR and Club of Rome strategy manuals from 30 years ago say that a global government needs to control the world population through neo-feudalism by creating artificial scarcity.

公的に、30年前からのローマ戦略マニュアルの利用可能なCFRとClubは、グローバルな政府が、新封建制度を通して人工の不足を引き起こすことによって世界人口を制御する必要であると言います。

Now that the social architects have de-industrialized the United States, they are going to blame our economic disintegration on lack of energy supplies.

社会的な建築家が反-合衆国を工業化したので、彼らは私たちの経済崩壊をエネルギー供給の不足のせいにするでしょう。


Globalization is all about consolidation.

グローバル化は強化に関するものです。

Now that the world economy has become so centralized through the Globalists operations, they are going to continue to consolidate and blame it on the West's "evil" overconsumption of fossil fuels, while at the same time blocking the development and integration of renewable clean technologies.

世界経済がそのようにGlobalists操作で集結されるようになったので、それらは同時に再生可能なものの清潔な技術の開発と統合を妨げる間、それをウエストの石化燃料の「不吉」の過剰消費に統合して、せいにし続けるだろうです。


In other words, Peak oil is a scam to create artificial scarcity and drive prices up.

言い換えれば、Peak油は上がった状態で人工の不足とドライブ価格を引き起こす詐欺です。

Meanwhile, alternative fuel technologies which have been around for decades are intentionally suppressed.

その間、何10年間も周囲にある代替の燃料技術は故意に抑圧されます。


Peak oil is a theory advanced by the elite, by the oil industry, by the very people that you would think peak oil would harm, unless it was a cover for another agenda.

ピーク油はあなたが、ピーク油が害を及ぼすと思うだろうというエリート、石油産業、まさしくその人々によって唱えられた理論です、それが別の議題のためのカバーでなかったなら。

Which from the evidence of artificial scarcity being deliberately created, the reasons for doing so and who benefits, it’s clear that peak oil is a myth and it should be exposed for what it is.

故意に作成されています、そして、あまりにだれをするか理由が利益を得て、それがピーク油が神話とそれであることが明確な’sであるということである人工の不足に関する証拠から、それが何であるかために露出されるべきです。

Another excuse for the Globalists to seize more control over our lives and sacrifice more American sovereignty in the meantime.

Globalistsが私たちの人生の間、より多くのコントロールを捕らえて、差し当たりよりアメリカの主権を犠牲にする別の口実。


The lies of artificial scarcity

人工の不足の偽り


The crux of the issue is that if oil was plentiful in areas in which we are being told by the government and the oil companies that it is not, then we have clear evidence that artificial scarcity is being simulated in order to drive forward a myriad of other agendas.

油が私たちが政府と油の会社によって言われている領域で豊富であったなら、問題の要所はそれです、私たちが人工の不足が運転するためにシミュレートされているという明らかな証拠に他の議題の無数を進めさせるその時。

And we have concrete examples of where this has happened.

そして、私たちには、これが起こったところに関する具体的な実例があります。



Three separate internal confidential
memos from Mobil, Chevron and Texaco have been obtained by The Foundation for Taxpayer and Consumer Rights.

モービル、シェブロン、およびテキサコからの3つの別々の内部の秘密のメモが財団によってTaxpayerとConsumer Rightsに入手されました。


These memos outline a deliberate agenda to gouge prices and create artificial scarcity by limiting capacities of and outright closing oil refineries.

これらのメモは、精油所を閉じながら、価格を丸のみで削って、能力を制限するのによる人工の不足を引き起こす慎重な議題について完全に概説します。

This was a nationwide lobbying effort led by the American Petroleum Institute to encourage refineries to do this.

これは精製所がこれをするのを奨励するように全米石油協会によって導かれた全国的な運動の努力でした。


An internal Chevron memo
states;

内部のシェブロンメモ州;

"A senior energy analyst at the recent API convention warned that if the US petroleum industry doesn't reduce its refining capacity it will never see any substantial increase in refinery margins."

「最近のAPIコンベンションの先任のエネルギーアナリストは、米国石油業界が、容量を洗練するのを減少させないと精製所マージンのどんな実質的増加も決して見ないと警告しました。」


The Memos make clear that blockages in refining capacity and opening new refineries did not come from environmental organizations, as the oil industry claimed, but via a deliberate policy of limitation and price gouging at the behest of the oil industry itself.

Memosは、容量を洗練して、新しい精製所をオープンすることにおける封鎖が石油産業が要求したように環境団体から来るのではなく、石油産業自体の命令における制限とぼったくりの慎重な方針で来たのを明らかにします。


The mystery of Eugene Island 330 and self-renewing oil supplies

ユージンIsland330と自己を更新する原油供給の神秘


Eugene Island is an oil field in the gulf of Mexico, 80 miles off the coast of Louisiana.

ユージンIslandはメキシコの湾の中の油田、ルイジアナの海岸から80マイルです。

It was discovered in 1973 and began producing 15,000 barrels of oil a day which then slowed to about 4,000 barrels in 1989.

それは、1973年に発見されて、1989年に油のその時およそ4,000バレルに遅くなった1日あたり1万5000バレルを生産し始めました。


But then for no logical reason whatsoever, production spiked back up to 13,000 barrels a day.

しかし、そして、論理的な理由で、全く、生産は1日あたり最大1万3000バレルをスパイクし返しませんでした。



What the researchers found
when they analyzed the oil field with time lapse 3-D seismic imaging is that there was an unexplained deep fault in the bottom corner of the computer scan, which showed oil gushing in from a previously unknown deep source and migrating up through the rock to replenish the existing supply.

彼らであるときに研究者が見つけたものは、以前に未知の深いソースと既存の供給を補給するために岩石を通って移動するので、中に過失3D地震のイメージが説明されなかった深い欠点が油が噴出するのを示したコンピュータスキャンの下部角にあったということである時がある油田を分析しました。


Furthermore, the analysis of the oil now being produced at Eugene Island shows that its age is geologically different from the oil produced there after the refinery first opened.

その上、今ユージンIslandで作り出される油の分析は、年令が精製所が最初にオープンした後にそこに作り出された油と地質学上異なっているのを示します。

Suggesting strongly that it is now emerging from a different, unexplained source.

強く、それが現在異なって、説明されなかったソースから出て来ているのを示します。


The last estimates of probable reserves shot up from 60 million barrels to 400 million barrels.

ありえそうな蓄えの最後の見積りは6000万バレルから4億バレルまで撃たれました。


Both the scientists and geologists from the big oil companies have seen the evidence and admitted that the Eugene Island oil field is refilling itself.

大手石油会社会社からの科学者と地質学者の両方が、証拠を見て、ユージン島の油田がそれ自体を詰め替えているのを認めました。


This completely contradicts peak oil theory and with technology improving at an accelerating pace it seems obvious that there are more Eugene Islands out there waiting to be discovered.

これはピーク油の理論に完全に矛盾します、そして、発見されるのを待ちながら、技術が加速ペースで向上している状態で、それは、より多くのユージン諸島がむこうにあるのが明白に見えます。

So the scientific community needs to embrace these possibilities and lobby for funding into finding more of these deep source replenishing oilfields.

したがって、科学的共同体は、これらの一層の深いソース補給油田を見つけるのにこれらの可能性を迎え入れて、基金に賛成の運動をする必要があります。


The existence of self-renewing oil fields shatters the peak oil myth.

自己を更新する油田の存在はピーク油の神話を砕きます。

If oil is a naturally replenishing inorganic substance then how can it possibly run out?

油が自然に補給無機物であるなら、それはどうしたらなくなることができますか?


The future of oil

油の未来


This year in particular we have seen a strong hike in oil prices and are being told to simply get used to it because this is the way it is going to be.

私たちが特に、石油価格における強い引き上げを見て、これが道であるので単にそれに使用されなさいというのにおいて言われる予定であるこの年に、それはあるでしょう。

In the wake of Hurricanes Katrina and Rita
gas prices have shot up
amid claims of vast energy shortages.

Hurricanesカトリーナとリタの後で、ガソリン価格は広大なエネルギー不足のクレームの中に撃たれました。

Americans are being asked to
turn off lights
, change thermostat settings, drive slower
, insulate homes and take other steps.

アメリカ人が電気を消して、サーモスタット設定を変えて、より遅く運転して、家に断熱して、他の方法を採るように頼まれています。

Meanwhile the oil companies continue to make record profits.

油の会社は、その間、記録的な収益を上げ続けます。


Flying in the face of the so called peak oil crisis are the facts.

いわゆるピーク石油危機の表面を飛んでいる、事実があります。

If we are running out of oil so quickly then why are reserves being continually increased and production skyrocketing?

私たちがそれほどすぐに油を使い果たしているなら、絶えず増加する蓄えと生産はなぜ急騰していますか?


In the 1980s OPEC decided to switch to a quota production system based on the size of reserves.

1980年代に、OPECは、蓄えのサイズに基づく割当てプロダクションシステムに切り替わると決めました。

The larger the reserves a country said it had the more it could pump.

持っていた国が、言った蓄えが大きければ大きいほど、それはさらにポンプで送られることができました。


Earlier this year Saudi Arabia reportedly increased its crude reserves
by around 200 billion barrels.

伝えられるところによれば、今年の初めに、サウジアラビアは粗雑な蓄えをおよそ2000億バレル増加させました。

Saudi oil Is
secure and plentiful
, say officials.

サウジアラビアの油のIs安全であって、豊富であることで、職員を言ってください。


“These huge reserves enable the Kingdom to remain a major oil producer for between 70 and 100 years, even if it raises its production capacity to 15 million barrels per day, which may well happen during the next 15 years,”

生産能力を1500万まで上げてもこれらの巨大な蓄えが、70と100年の間でKingdomが一流の石油生産国のままで残っているのを有効にする“は1日単位でぶっとばします、”。たぶん、日は次の15年間起こるでしょう。


Is this the normal course of behavior if we are currently at the peak for oil production?

私たちが現在産油のためのピークにいるなら、これは振舞いの通常の方針ですか?

The answer is no, it's the normal course of action for increasing production.

答えがノーである、それは、生産を増大するための通常の行動です。


There have also been reports that Russia has vastly increased its reserves
even beyond those of Saudi Arabia.

また、ロシアがサウジアラビアのものを超えてさえ蓄えを広大に増加させたというレポートがありました。

Why would they do this if they believed there would be no more oil to get hold of?

彼らが、つかむそれ以上の油が全くないと信じているなら、なぜこれをするでしょうか?

It seems clear that Russia is ready for
unlimited future production
of oil.

ロシアが無制限な今後の石油の生産の準備ができているのは明確に見えます。


There is a clear contradiction between the peak oil theory and the continual increase in oil reserves and production.

ピーク油の理論と石油備蓄と生産の絶え間ない増加の間には、明確な矛盾があります。


New untapped oil sources are being discovered everywhere on earth.

新しい未開発の油のソースはいたる所で発見することにされますいったい。

The notion that there are somehow only a few sources that the West is trying to monopolize is a complete myth, promulgated by those raking in the massive profits.

西洋が独占しようとしているほんのいくつかのソースがどうにかあるという概念は大規模な利益を掻き集めるものによって公表された完全な神話です。

After all how do you make huge profits from something available in abundance?

結局、あなたはどのように何か利用可能なものからの巨額の利益をふんだんにしますか?


A Wall Street Journal article
by Peter Huber and Mark Mills describes how the price of oil remains high because the cost of oil remains so low.

ピーター・ヒューバーとマーク・ミルズによるウォール・ストリート・ジャーナル記事は、油の費用がとても低いままで残っているので油の価格がどのように高いままで残っているかを説明します。

We are not dependent on the middle east for oil because the world's supplies are diminishing, it is because it is more profitable to tap middle east supplies.

世界の供給が減少しているので油において、私たちが中東に依存していない、それは中東供給を叩くのが、より有益であるからです。

Thus the myth of peak oil is needed in order to silence the call for tapping the planet's other plentiful reserves.

したがって、ピーク油に関する神話が、惑星の他の豊富な蓄えを叩くための呼び出しを黙らせるのに必要です。


Richard Branson has even stated his intention to set up his own refinery
because the price of oil is artificially being kept high whilst new sources are not being explored and new refineries not being built.

リチャード・ブランソンは油の価格が新しいソースが組立していない探検されないで、新しい精製所である間、人工的に高く保たれているので彼自身の精製所を設立するという彼の意志を述べさえしました。


"Opec is effectively an illegal cartel that can meet happily, nobody takes them to court," Branson has said.

「事実上、Opecが幸福に会うことができるやみカルテルである、だれも彼らを裁判に訴えません。」と、ブランソンは言いました。

"They collude to keep prices high."

「彼らは価格を高く保つために馴れ合います。」


So if more refineries were built and different resources tapped, the oil prices would come down and the illegal cartel OPEC would see profits diminish.

したがって、石油価格は、より多くの精製所が開発された、組立の、そして、異なったリソースであるなら、下りるでしょうに、そして、やみカルテルOPECは利益が減少するのを見るでしょう。

It is no wonder then that the argument for peak oil is so appealing to OPEC.

その時、したがって、ピーク油のための議論がOPECの好みに合うのは、驚きではありません。

If no one invests to build refineries because they don't believe there is enough oil, then who benefits?

だれも油が十分あると信じていないので精製所を建設するために投資しないなら、だれが利益を得ますか?

OPEC and the oil elites of course.

OPECと油のエリート、もちろん。


It seems that every time there is some kind of energy crisis, OPEC INCREASES production
.

ある種のエネルギー危機、OPEC INCREASES生産が毎回あるように思えます。

The remarkable thing about this is that they always state that they are doing it to ease prices, yet prices always shoot up because they promulgate the myth that they are putting some of their last reserves into the market.

これの周りの顕著なものが彼らが、いつも彼らが価格を緩和するためにそれをしていると述べるということである、しかし、彼らが市場に彼らの最後の蓄えのいくつかを入れているという神話について公表するので、価格はいつも急騰します。

Analysts seem confused and always state that they don't believe upping production will cut prices.

アナリストは、混乱しているように思えて、いつも彼らが、生産を上げると価格が引き下げられると信じていないと述べます。



In a recent report the International Monetary Fund projected that global demand for oil by 2030 would reach 139 million barrels a day, a 65 percent increase.

最近のレポートでは、国際通貨基金は、2030年までに油のグローバルな要求が1日(65パーセントの増加)間1億3900万バレルに達すると予測しました。


"We should expect to live with high and volatile oil prices," said Raghuram Rajan, the IMF's chief economist.

「私たちは、高くて揮発性の石油価格を受け入れると予想するべきです。」と、Raghuram Rajan、IMFの首席エコノミストは言いました。

"In short, it's going to be a rocky road going forward."

「要するに、進んでいる険しい道になるでしょう。」


Yet independent analysts and even some within OPEC seem to believe that the demand for oil is diminishing.

しかし、独立しているアナリストとOPECの中の或るものさえ油の要求が減少していると信じているように思えます。

Why the contradiction?

なぜ矛盾?


The peak oil and demand myth is peddled by the establishment-run fake left activist groups, OPEC and globalist arms such as the IMF.

IMFなどのピーク油、神話が左の設立経営のにせの活動家グループによって行商されるという要求、OPEC、およびグローバリスト兵器。


Rolling Stone magazine
even carried an article in its April issue heavily biased towards making people believe the peak oil lie.

ローリングストーン誌は人々にピーク油があると信じさせることに向かって大いに偏られた4月号の記事を載せさえしました。


The Scientific evidence also flies in the face of the peak oil theory.

また、Scientific証拠はピーク油の理論に反します。

Scientific research dating back
over a hundred years
, more recently updated in a Scientific Paper
Published In 'Energia' suggests that oil is abiotic, not the product of long decayed biological matter.

科学的調査が100年間さかのぼられて、より最近Scientific Paper Published Inでアップデートして、'エネルギア'は、油が非生物的であると示唆します、長い腐食された生物学的件の製品でない。

Oil, for better or for worse, is not a non-renewable resource.

油はどのような運命になろうとも非再生可能資源ではありません。

It, like coal, and natural gas, replenishes from sources within the mantle of earth.

石炭、および天然ガスのように、それは地球のマントの中のソースから補給します。


No coincidence then that the Russians, who pioneered this research have pumped expenditure into deep underground oil excavation.

ロシア人でありその時だれがこの研究を開拓したかが大深度地下油の発掘に費用をポンプで送ったのは、偶然の一致ではありません。


We have previously scientifically exposed the scam behind peak oil.

私たちは以前に、ピーク油の後ろで科学的に詐欺を露出しました。

Here is a 1 hour+
audio clip featuring Alex Jones' comments on peak oil and then the analysis of respected scientific commentator Dr. Nick Begich who presents evidence to suggest the idea of Peak oil is artificial.

ここに、1時間の+オーディオクリップが、Peak油の考えが人工であると示唆するために証拠を提示する尊敬された科学的解説者博士ニックBegichのピーク油と次に、分析のアレックス・ジョーンズのコメントを特徴としながら、あります。


A dangerous fallout precedent being set is that people on both the left and right believe wars are being fought in order to tap the last reserves of oil on the planet.

設定される危険な降下先例は両方の左右が惑星における油の最後の蓄えを叩くために戦われると戦争に信じているその民族です。

The "coalition of the willing", whoever they may be for any given war, will not pay particular attention to refuting this claim because it allows them a reason to start and continue said war.

彼らが「有志連合」、どんな与えられた戦争のための人なら誰でもであるかもしれないかそれらに始まって、前述の戦争を続ける理由を許容するのでこのクレームを反駁させることに関する特別の注意を向けないでしょう。


Even though many will see it as immoral, many will subconsciously attach it as a reason for the war.

多くが、それが不道徳であるとみなすでしょうが、多くが戦争の理由として潜在意識下でそれを付けるでしょう。

In reality the war is purely for profit, power and control, oil can be a part of that, but only if the peak oil claim is upheld.

戦争はほんとうは、純粋に利益、パワー、およびコントロールのためのものであり、ピーク油のクレームが是認される場合にだけ、油はその一部であるかもしれません。


If we continue to let the corrupt elite tell us we are wholly dependent on oil, we may reach a twisted situation whereby they can justify starvation and mass global poverty, perhaps even depopulation, even within the western world due to the fact that our energy supplies are finished.

不正エリートに私たちが完全に油に依存していると私たちに言わせ続けるなら、私たちは彼らが飢餓と大規模グローバルな貧困、恐らく過疎化さえ正当化することができる撚り合わせている状況に達するかもしれません、私たちのエネルギー供給が終わっているという事実による西世界の中でさえ。


Peak oil is just another weapon the globalists have in their arsenal to move towards a new world order where the elite get richer and everyone else falls into line.

ピーク油はグローバリストがエリートが、より豊かになる新世界秩序に近づくために彼らの蓄えで持って、他の人皆が行動をともにするただの兵器です。

ビルダーバーグ石油仲間はウハ・ウハ



Global Oil Scam: War, Disaster, Lower Living Standards Mean Mega Profits

Bilderberg's big oil boys come up trumps again while we pay through the nose


Steve Watson / Infowars | July 29 2006


This week has seen every major player in the oil industry announce record profits despite prices being at all time highs and production levels decreasing.


Surging oil prices helped drive quarterly profits for US energy giant ExxonMobil
to 10.36 billion dollars, revenues have exceed $1bn a day, the first time in history for a US company. The second-quarter profit was up 36 percent from a year ago and approached the company's all-time record profit of 10.71 billion dollars that was believed to be one of the biggest for any company.


At $6.3bn, Royal Dutch Shell's
underlying profits for the three months to the end of June were 36 per cent higher than over the same period last year, despite serious disruption to production in Nigeria. Shell's earnings were equivalent to about $3m an hour.


ConocoPhillips
announced yet another record profit, a 65 percent increase in profit over this time last year.


BP Plc
, Europe’s biggest oil company, said second-quarter profit climbed 30% to a record as crude prices surged and refining earnings increased.


Chevron Corp.
said Friday its second-quarter profit surged 18 percent to set a new three-month high.


The record profits have been attributed to the rise in prices caused by the hurricanes in the gulf of Mexico and the escalating violence in the middle east.


Gas prices have hit all time highs
.


"Americans are paying near-record gas prices, oil companies are reaping billions in profits, but the response from the Oil Men in the White House and the Republicans in Congress has been billions for Big Oil and a backhand to the American people," Senate Democratic leader Harry Reid said Thursday.


US Representative Ed Markey added, "While American families get tipped upside down and have their savings shaken out of their pockets at the gas pump, the Bush-Cheney team devises even more ways to line Big Oil's pockets."


The three largest oil and gas producers in the world generated profits of nearly 23 billion dollars in the second quarter.





The oil industry's boom comes a year after the policy to artificially jack up prices was formulated and announced by the Bilderberg group
in 2005 at their annual gathering.


Long term Bilderberg investigators Jim Tucker, of American Free Press, and Daniel Estulin have many of the same sources and both stated one year ago that Henry Kissinger told Bilderberg attendees during last year's conference in Rottach-Egernthat oil prices would double over the next year.


A year ago oil stood at $40 a barrel - now it's close to $75
. Oil hit a record high of $78.40 a barrel earlier this month.


The oil industry is regularly represented at the Bilderberg conference by John Browne, BP´s chief executive officer; John Kerr, director Royal Dutch Shell; Peter D. Sutherland, BP chairman and Jeroen van der Veer, chairman of the Committee of Managing Directors of Royal Dutch Shell.


Queen Beatrix of Holland, Royal Dutch Shell´s principal shareholder is a full-fledged member of the Bilderbergers. Her father, prince Bernhard was one of the founders of the group back in 1954.





According to Daniel Estulin's inside sources, at the 2005 Bilderberg conference it was announced that the general public does not realize that the price for cheap oil can be the bursting of the debt bubble. Cheap oil slows economic growth because it depresses commodity prices and reduces world liquidity. There is a strong indication, based on the information reported from the Bilderberg 2005 meeting in Rottach-Egern, that the Federal Reserve is extremely concerned about the debt bubble. An American Bilderberger reported that if the price of oil is to go down to its previous low of $25 a barrel, the debt-driven asset bubble will explode.


Economic experts have stated that oil prices are not going to fall, rather they are going to rise further:


Analysts do not rule out the possibility of oil crossing the $100 a barrel mark, given the escalation of violence in the Middle East and the imminent peak of the U.S. hurricane season. There are more bets placed on an $80-a-barrel oil, as oil has climbed by about $10 a year in the past. The supply side of the equation remains vulnerable due to the surrounding geopolitical uncertainties especially in oil producing nations in the Middle East, Nigeria and Venezuela. The demand growth is likely to stay elevated due to the scorching pace of growth in developing economies like India and China. - RealTimeTraders.com


The key for big oil to make massive profit is not to produce more but to limit and strictly control the supply of oil. Thus an artificial scarcity is created whereby the demand increases and the price skyrockets. When lefty critics vomit out the cliche "its all about getting the oil' when referring to the Iraq war, what they fail to realise is that it's not about hoarding the oil and selling more and more, it is about taking control of it and stemming the flow.


For this very reason the continued violence in the middle east
and the fallout of disasters such as hurricane Katrina will not harm big oil, it will allow the industry to reap massive profits.


Furthermore, higher energy prices do not take money out of the economy, they merely shift profit allocation from one business sector to another. In this sense expensive oil means reduced consumption in other sectors, unless higher income can be generated from the increased cash flow. Higher income translates into longer working hours, which often results in lower standard of living. So while Bilderberg's big oil boys get richer and fatter by producing less, the rest of the world gets poorer and has to work longer and harder to produce more. This is how the elite system works.


Publicly available CFR and Club of Rome strategy manuals from 30 years ago say that a global government needs to control the world population through neo-feudalism by creating artificial scarcity. Now that the social architects have de-industrialized the United States, they are going to blame our economic disintegration on lack of energy supplies.


Globalization is all about consolidation. Now that the world economy has become so centralized through the Globalists operations, they are going to continue to consolidate and blame it on the West's "evil" over consumption of fossil fuels, while at the same time blocking the development and integration of renewable clean technologies.




This brings us to Peak oil.


Peak oil is the theory that we have hit the peak of the world's oil supply and we are fast running out, therefore we must limit production.


Peak oil is a theory advanced by the elite, by the oil industry, by the very people that you would think peak oil would harm, unless it was a cover for another agenda. Which from the evidence of artificial scarcity being deliberately created, the reasons for doing so and who benefits, it’s clear that peak oil is a myth and it should be exposed for what it is. Another excuse for the Globalists to seize more control over our lives and sacrifice more American sovereignty in the meantime.


The crux of the issue is that if oil was plentiful in areas in which we are being told by the government and the oil companies that it is not, then we have clear evidence that artificial scarcity is being simulated in order to drive forward a myriad of other agendas. And we have concrete examples of where this has happened.


Three separate internal confidential memos
from Mobil, Chevron and Texaco have been obtained by The Foundation for Taxpayer and Consumer Rights.


These memos outline a deliberate agenda to gouge prices and create artificial scarcity by limiting capacities of and outright closing oil refineries. This was a nationwide lobbying effort led by the American Petroleum Institute to encourage refineries to do this.


Read more about Peak Oil here.


While the big oil companies protest their innocence at making massive massive profits, suggesting the profit margins are lower than many other sectors, and that much of the earnings are reinvested in new production, they are perpetrating the biggest elitist economic scam on the planet.








グローバルな油の詐欺: 戦争、災害は意地悪なメガ企業が利益になるが、庶民の生活水準を下げます。

私たちが法外な金額を払っている間に狼少年が再び予想外に親切にふるまうBilderbergの大手石油会社


スティーブワトソン/Infowars| 2006年7月29日


今週は、石油産業のすべての一流選手が、すべての時間の高値にはある価格にもかかわらず、利益を記録してください。そうすれば、生産が減少を平らにすると発表するのを見ました。


急騰する石油価格は、米国エネルギー大手エクソン・モービル
のために103億6000万ドルに四半期の利益を追い立てるのを助けて、収入は超えました。10億ドルの1日(米国会社のための史上での1回目)を超えてください。 第2四半期利益は、1年前から36パーセント上がって、会社のどんな会社にも、最も大きいものの1つであると信じられていた107億1000万ドルの空前の記録的な利益にアプローチしました。


63億ドルでは、 ロイヤル・ダッチ・シェル
の6月の終わりの3カ月前の基本的な利益は昨年同じ期間より36パーセント高かったです、ナイジェリアでの生産の重大な分裂にもかかわらず。 シェルの収益は1時間あたりのおよそ300万ドルに同等でした。


ConocoPhillips
は昨年、まだ別の記録的な利益、今回より65パーセントの増益を発表していました。


原油価格が高騰したとき、BP Plc
(ヨーロッパの’のs最も大きい石油会社)は、第2四半期利益が記録に30%アップしたと言いました、そして、収益を洗練するのは増加しました。


シェブロン
は、金曜日に新しいここ3カ月の最高値を設定するために第2四半期利益が18パーセント波打ったと言いました。


記録的な利益はメキシコの湾におけるハリケーンと中東の増大暴力によって引き起こされた価格の上昇の結果と考えられました。


ガソリン価格はすべての時間の高値
に達
しました。


「アメリカ人は記録におけるガソリン価格を支払っていますが、油の会社は利益で10億を獲得していますが、Big Oilのための10億とホワイトハウスのOil Menと議会の共和党員からの応答はアメリカ人の人々へのバックハンドです。」と、上院の民主党のリーダーのハリー・リードは木曜日に言いました。


「アメリカ人の家族は、逆さにくつがえされて、ガスポンプのそれらのポケットから彼らの貯蓄を振り落とさせますが、ブッシュ-チェイニーチームはBig Oilのポケットを裏打ちするさらに多くの方法を工夫します。」と、米国代表のエド・マーキーは言い足しました。


世界の3人の最も大きい油とガス発生器が第2四半期のおよそ230億ドルの利益を発生させました。



人工的に価格にジャッキで上げる方針が2005年に自分達の年次集会で Bilderbergグループによって定式化されて、発表
された1年後に石油産業のブームは来ます。


同じソースの、そして、ともに述べられた1年前のEstulinが多くを持っている長期Bilderberg捜査官のアメリカ人Free Pressのジム・タッカー、およびヘンリー・アルフレッド・キッシンジャーが、Rottach-Egernthat石油価格における昨年の会議の間のBilderberg出席者が翌年折りたたむと言ったダニエル。


1年前に、油は1バレルあたり40ドルにありました--現在、 75ドルの近く
にそれはあります。 油は今月、より早く1バレルあたり78.40ドルの最高値に当りました。


'石油産業はBilderberg会議で定期的にジョン・ブラウンによって代表されて、BPはs最高経営責任者です; ジョン・カー、ロイヤル・ダッチ・シェルディレクター; ピーター・D.サザーランド、BP議長、およびジョロエンはder Veer(ロイヤル・ダッチ・シェルのManagingディレクターのCommitteeの議長)をバンに積みます。


オランダ、ロイヤル・ダッチ・シェルのビアトリクスを女王として統治してください。's株主の校長はBilderbergersの一人前のメンバーです。 彼女の父であり、バーンハード王子は1954年のグループの創設者のひとりでした。



ソースの中のダニエルEstulinのものによると、2005年のBilderberg会議では、一般が、安いオイル缶の価格が負債気泡についてはち切れることであるとわからないと発表されました。 物価を意気消沈させて、国際流動性を減少させるので、安い油は経済成長を遅くします。 強い指示があります、連邦準備制度理事会が負債気泡に関して非常に心配しているというRottach-EgernのBilderberg2005ミーティングから報告された情報に基づいて。 アメリカのBilderbergerは、負債駆動の資産気泡が油の価格が1バレルあたり25ドルの前の安値に降りることであるなら、爆発すると報告しました。


経済専門家は、石油価格が下落しないと述べて、増えるでしょう:


アナリストは油がバーレルマークあたり100ドルを越える可能性を除外しません、中東の暴力の増大と米国ハリケーン・シーズンの差し迫っているピークを考えて。 80ドルの1バレルの油に置かれたより多くの賭けがあります、油が過去の1年あたりおよそ10ドル昇ったとき。 方程式のサプライ・サイドは、中東、ナイジェリア、およびベネズエラの国を生産しながら、油の特に中に周囲の地政学の不明確なことのために傷つきやすいままです。 要求の成長はインドと中国のような発展しつつある経済における成長の赤熱のペースのために高いままでありそうです。 - RealTimeTraders.com


大手石油会社が大規模な利益を上げるキーは、さらに生産するのではなく、油の供給を制限して、厳密に制御することになっています。 したがって需要が増加する人工の不足は引き起こされます、そして、価格は急騰します。 'イラク戦争について言及するとき、左腕投手評論家が決まり文句(「それは油を手に入れることに関するものである')を吐き出すとき、彼らがわからないことはそれが油を買い溜めすることに関するものでないということです、そして、ますます売れていて、それはそれを制御して、流れを食い止めることに関するものです」。


まさにこの理由で 中東の継続的な暴力
とカトリーナがそうするハリケーンなどの災害の降下は大手石油会社に害を及ぼしません、とそれが大規模な利益を獲得するために産業を許容するでしょう。


その上、より高いエネルギー価格は経済からお金を取り出さないで、それらは1つの商業部門から別の商業部門までの利益配分を単に移動させます。 この意味で、高価な油は他のセクターで減少した消費高を意味します、より高い収入が増加するキャッシュフローから発生することができないなら。 より高い収入は、より長い労働時間に翻訳されます。(それは、しばしば下側の生活水準をもたらします)。 したがって、Bilderbergの大手石油会社少年がそれほど生産しないことによって、より豊かでより太るようになっている間、他の国々は、より長くて、さらにより生産しにくい状態で、窮乏に陥って、働かなければなりません。 これはエリートシステムがどう動作するかということです。


公的に、30年前からのローマ戦略マニュアルの利用可能なCFRとClubは、グローバルな政府が、新封建制度を通して人工の不足を引き起こすことによって世界人口を制御する必要であると言います。 社会的な建築家が反-合衆国を工業化したので、彼らは私たちの経済崩壊をエネルギー供給の不足のせいにするでしょう。


グローバル化は強化に関するものです。 世界経済がそのようにGlobalists操作で集結されるようになったので、それらは同時に再生可能なものの清潔な技術の開発と統合を妨げる間、それをウエストの石化燃料の消費の上「悪」に統合して、せいにし続けるだろうです。



これはPeak油に私たちを連れて来ます。


ピーク油は私たちが世界の原油供給のピークを打ったという理論です、そして、速くなくなっています、そして、したがって、私たちは生産を制限しなければなりません。


ピーク油はあなたが、ピーク油が害を及ぼすと思うだろうというエリート、石油産業、まさしくその人々によって唱えられた理論です、それが別の議題のためのカバーでなかったなら。 故意に作成されています、そして、あまりにだれをするか理由が利益を得て、それがピーク油が神話とそれであることが明確な’sであるということである人工の不足に関する証拠から、それが何であるかために露出されるべきです。 Globalistsが私たちの人生の間、より多くのコントロールを捕らえて、差し当たりよりアメリカの主権を犠牲にする別の口実。


油が私たちが政府と油の会社によって言われている領域で豊富であったなら、問題の要所はそれです、私たちが人工の不足が運転するためにシミュレートされているという明らかな証拠に他の議題の無数を進めさせるその時。 そして、私たちには、これが起こったところに関する具体的な実例があります。


モービル、シェブロン、およびテキサコからの3つの別々の 内部の秘密のメモ
が財団によってTaxpayerとConsumer Rightsに入手されました。


これらのメモは、精油所を閉じながら、価格を丸のみで削って、能力を制限するのによる人工の不足を引き起こす慎重な議題について完全に概説します。 これは精製所がこれをするのを奨励するように全米石油協会によって導かれた全国的な運動の努力でした。


ここでPeak Oilに関してさらに読んでください。


大手石油会社会社が大規模な大規模な利益を上げるのに無実を訴えている間、利幅が他の多くのセクター、および収益のそれだけより低いと示唆するのが新しい生産に再投資されて、それらは惑星で最も大きい精鋭主義の経済詐欺を犯しています。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR