FC2ブログ

私たちが今知っている20のこと


私たちが今知っている20のこと

9/11テロの5年後


バーナードWeiner、共同エディタ

クライシスペーパー2006年8月29日


9/11テロの5回目の差し迫っている記念日は適切な瞬間をCheney・Bushの下の良くて、古く作成されたすべて、5年経過して提供します、特にとても多くが過去12ヶ月で起こったので:

Cheney・Bush外交政策、とても多くの適度の保守的な人の亡命である災害に関する外でその彼らの共和党のホーム、ブッシュの人気のおもりから彼の根本主義者のベースよりはるかに多く、暴露でないまでのブッシュ&Co.を話しているブッシュ政権のカトリーナ総崩れ、内戦渦の中により深くしゃぶられるイラク、もう一度主要な戦争劇場に変わるアフガニスタン、以上、および、より多くの軍幹部; 市民の電話を探っていて、法廷証明書、ホワイトハウスのひそかな米中央情報局への情報提供者の遠征に関するケース、極端な拷問のための海外の抑留者の「表現」などにおける司法妨害のためのCheney・Bushの主要な補佐官のScooterリビーの告発なしでなどをメールします;


隠れたCIAエージェント、極端な拷問などのための外国の被抑留者の「表現」などのホワイトハウスの遠征の場合の司法妨害のためのCheney・Bushの主要な補佐官Scooterリビーの告発

私はすぐに年間のリストに到着する。

しかし、最初に、後退し、より深い概要を取ろう。

あなたのシートベルトをバックルで留めなさい、さあ、はじめる。

9/11が、ブッシュがすることを許したこと

あなたは9/11とブッシュ&Co.の関与の範囲について何を考えてもよく、その悲劇の日のイベントがそうであり、Cheney・Bush政権による多種多様な猥褻で、違法な行動の口実に利用され続けることはクリスタルクリアである。

かろうじて、5年前大衆の視野の上にあった根本的な課題は以来家庭で、そして外国/軍隊の方針ですべてあまりにも明らかになった(それは、なぜそんなに多くの伝統的保守派が共和党の極端な傾向を捨てているかである)。

戦争をスタートし、それから占めて、イラクは9/11の悲劇の最も明らかな外国の結果である--ブッシュが、イラクと9/11と全然のWMDの間の接続が全然なかったと数回認めていても。

現代のアメリカ外交方針において最も悪い戦略的な誤りの1つにおいて、アフガニスタンのアルカイダテロリストに対する戦争は険しく捨てられて、米国軍はイラク(米国への無現実の脅威の国)に派遣された。

家庭で、9/11--および、忘れないようにしよう、誰かによる議会のホールのまわりの必殺の炭疽菌胞子の広がりは未知を静める--の近くの3000人の死者はいわゆる「パトリオット」法の船旅を引き起こしていた。

テロリストのそのそうと思われた狩猟において憲法と権利章典に違反するために、戦争の供給のこのコレクションは連邦政府とそのエージェントに未曽有の警察権を与えた。

全くと言っていいほど、実際、すべての航空貨物などをエックス線検査して、核の、そして化学工場でセキュリティを改善して、ポートに入っているコンテナをチェックするなどのより安全な国を作るためにされなかったのに対してすべてのこれ。

要するにブッシュ&Co.は使い、それから、ひどく、莫大な税制優遇措置(戦争の中央!)を通して企業で、資産家のサポーターの支払いを完済するため、政府の1つの政党組織を作成するため、立法上で、司法の枝を去勢し、それから実行する不節制の上のブレーキを提供する私達の由緒あるチェック・アンド・バランスのシステムに違反するため、より多くの警察を貯蔵するために積極的に世界に引っ越すためにパワーを拡大し、維持するための9/11--および、そうし続ける--の恐ろしいイベントを乱用した。

この国などで効果的にマスメディアと票カウントシステムをコントロールする連邦の手の中の能力

9/11はまたカール・ローブに、恐怖ツール(それによって、彼が望んだ時はいつでも大衆を処理する)を与えた。

徘徊は、彼が選挙民、共和党の根本主義者の「ベース」の約1/3人の上にロックを持っていると知っている。

9/11以来のいくつかの選挙において、彼は、票差の中で最もスリムなものによるても選挙に「勝つの」に十分なサポートを一緒に修繕するために必要とされている専門語(中絶、テロリスト、ゲイの結婚、フラグ、不法移民、イスラム教徒など)を広げることによって恐怖マシンを回転速度を上げた。

(それらの票差への関連において、選挙エキスパートは、重要な州と地域で、それらの抽選結果が不正に得られたといくらかの自信を持って言うのに十分な統計上と経験的であることの証拠があると気付いた。)

私達は、このエッセイの終わりに状況を変更するためにされることができることについていくつかを論じる;

ちょうど今、私達が現在9/11の5年後で知っているものの今年のコンパイルをちらりと見よう。


9/11のリスト

1. 9/11の事実。

私達は、ブッシュ政権が、一般大衆に、5年前その日のイベントについてどちらかといえば多く学んでほしくなかったと知っている。

ブッシュ&Co.は、公式な9/11委員会の約束に同意する中に蹴り、絶叫して、引きずられる必要があり、彼らは常勤取締役(それらの作られた人(現在政府高官)の1人)を名付けた。

分かったことに、政権は備品文書の中のすべてのその協同組合であるわけではなく、ブッシュは下の誓いを物語らないであろうし、チェイニーとだけ、彼の側(ここに私のその証言の想像されている記録がある)によって、そしてまさに最近、私達が、委員会が国防総省/NORADによって話された常に変わる話によってとても怒らせられたので、彼らは、訴訟費用が申し立てられるべきであると主張する用意ができていたことを知ったようであってくれるであろう。

私達は、ますます多くの大学生と科学者が、特に、ツインタワーが彼ら自身でまっすぐに崩れ落ちたかまたはその自由落下スピードパスについて前セットされた爆発物によって指導されたかについての9/11のイベントの公式な政府説明についての重大な問題を提起したと知っている。

すべてのこれらのおよび他の陰謀説の後ろで、ブッシュ政権が、9/11の悲劇を統合するのを手伝うことにおいて共謀していたかもしれないという、多くのアメリカ人--国防総省が徹底的に9/11の委員会に嘘を言ったという自認によって高められる--の間の口うるさい疑惑が休む。

(私は、推測することではなく共犯のために、多くの厄介な問題(&社がいつもあるであろうブッシュ)上と疑惑の雲の正当なそう下で、政権が正直に言うまで、それの多くを受け入れる。)

これらの問題は、そのフロリダ学校で直ちにシークレットサービスがブッシュをつかまず、飛行機において、彼を、航空会社株はまさに攻撃に先がけて「短絡した」理由で、その決定的な朝にNORAD戦闘機噴射がMIAであった理由でつかまえる理由で含む。

9/11の懐疑的なグループの上の詳細についてここをクリックしなさい。

私達は現在、少なくとも、内側のブッシュ円が、莫大なアルカイダ攻撃が遅くの夏/早い落下に来たと知っていたと知っていること--たとえ、人が9/11における共犯のブッシュ政権のレベルについて何を信じて--もけれども、それを防止し、一般大衆にその結果の準備をさせるために、彼らは完全に何もしなかった。

武器として使われている飛行機のまわりのかなり詳細で、熱狂的な警告が世界中のたくさんの国の情報機関によってCheney・Bush側近グループに供給されたので、彼らは知っていた。

しかし、Cheney・Bushは、彼らが得ていたインテルに進ませるために関係している顧問とカウンターテロボスの会議を召集しさえしなかった。

要するに、ブッシュ&Co.は、「何か豪華出し物」ことが、降りかかっていたという進歩的な知らせを持っていて、彼ら自身の理由のために、何もしなかった。

実に、CIAがより簡潔にクローフォードに送った時 タイトルを不吉に付けられた2001年8月6日大統領日刊ブリーフィング、「ビンラディンは、米国でストライキをすると決めた」を入念に調べるテキサス

--ケースに入れられているN.Y.建物、飛行機のハイジャックへの準備、爆発物を持つ米国のテロリストなどについて話した--ブッシュはかろうじて聞き、それから、侮辱的に、「はい」と言って、より短い方を退けた。

「あなたは今やあなたの証拠を取っておいた」。

私達は、ブッシュ&Co.が、政権の外国と国内の課題によって迅速で、力強く動くために「機会」が9/11の攻撃によって提供されるのを、その時のコンディ・ライスの賢い用語で見たと知っている。

「新しい真珠湾」が大衆の精神において方程式を変更しない限り、永遠にかかるグローバルな「情け深い覇権」が実施するそのパックス・アメリカーナ計画について、PNACは話した。

9/11はうまくいき、その「新しい真珠湾」として役立った。

(どのように私達がこの帝国のピクルスの中に入ったかをわかりなさい:PNAC入門書。)

2. PNAC&新保守主義。

私達は、保守的な動きのFarRightセグメントが、どの他の国または国際軍も多くの抵抗を示すことができない間積極的に世界に引っ越すためにアメリカの唯一の超大国ステータスを使うことが専門であったと知っている。

外国の米国/軍事政策(チェイニー、ラムズフェルド、ウルフォウィッツ、ボルトン、パール、Khalilzadなど)を担当している重要な新保守主義リーダーはの創立者であり、アメリカ世紀(PNAC)を新しいもののためのプロジェクトと提携させた。

新保守主義は、大統領が戦時中に巨大な愛国的なサポートを受けていることに気がついたけれども、戦争が終わる時に、ブッシュ#1とのケースがそうであったように、それらのリーダーは彼らの注目せずにはいられないうわ薬をなくす。

それゆえに、ブッシュ#2はPERMANENT戦時大統領になるであろうし、彼に反対した人々はその時主流から取り残された「非国民的な」ブラシとそれらの政治的な反対によって永久にタールを塗られることができた。

そして、それは作動した:

時々、彼らが、彼らの体の中に彼らには気骨があり、立ち上がり、野党がするべきである時に戦うのを覚えている時に、民主主義者はすくみ、ブッシュに、事実上、彼が相対的に最近まで望んでいたすべてを与えた。

3. オイル&PNACの政治。

私達は、9/11後で、彼が、アルカイダとそのタリバン政府サポーターへの攻撃をアフガニスタンに乗り出させた時に、ブッシュが、彼とともに国全体をもたらすようであったと知っている。

しかし、その貧困な国--および、ラムズフェルドが、私達に思い出させていたことによる、多くの価値爆撃でない--に、オイルが全然なく、それから、どのレッスンも米国攻撃から中東リーダーによって引かれることができなかった。

しかし、チェイニーの秘密のエネルギーパネルが気づいていたので、オイルとたくさんのそれを持っていて、米軍によって容易に取られることができた地域に、別の国があった。

従って、イラクは特にシリアとイランで中東の他の独裁的なリーダーへのオブジェクト教訓になった:

あなたが私達の入札をしないならば、「ショック&畏敬」の大規模な一服を受け入れることを準備しなさい:

あなたは、米国によって手配されるように民主主義の外見の政府によって取り替えられて追放されるであろう。

新保守主義--ほとんどはPNACのメンバーと民主主義国の防衛のためのアメリカ企業研究所と財団などの同様な組織であった--は、1998年にサダム・フセインを免職することをクリントンに勧めたけれども、そこでたいてい含まれている独裁者に会って、彼は異議を唱えたのに対してオサマ・ビンラディンと彼のようなそれらのテロリストが実際国の中で米国財産を首尾よく攻撃していて、外国にいた。

しかし、PNAC群衆は残忍な独裁者を単に倒すより大きな野心を抱いていた。

それらの他の推薦の間:

確かめるので、それらが米国ゴールと矛盾している時に一致時の条約を廃止するので、米国のために、差し迫った危険を欠いた「先買に」攻撃国 無他の国家(または、国連などの組織)は、 決して、自発性を使用戦術核兵器などに表現して、アメリカの意志をするために、米国友好的な政府をインストールして米国とパワーパリティを達成できる。

一度、精神異常であるとみなされていたこれらの極端なPNAC提案のすべてはアメリカ合衆国の国家安全保障戦略の中の公式な米国方針として2002に安置されて、ブッシュの2004の国家安全保障戦略の中で更新された。

4. インテルをセクシーにする。

私達は、新保守主義課題の極端な性質を与えられて、ブッシュ政権がそれらの仕事を、イラクへの侵略と職業への支持を助長することにおいてそれらのために切り取らせたと知っている。

従って、ラムズフェルドによる最初の動きの間で、以下9/11は、何とかして、サダムがテロ攻撃に接続しようとすることになっていた。

様々な諜報機関は、9/11までのイラク接続が全然なく、それがアルカイダ操作であったことをラムズフェルドに報告したけれども、それらの発見は単に厄介な障害であった。

CIAと他の諜報機関が、イラクの上の戦争を正当化するために必要であった知能を供給しないであろうか、ことができなかったので、ラムズフェルドは彼自身の臀部「知能」代理店(特別な計画のオフィス)を設立し、PNAC説得の政治的な被指定人をそれに備えて、すぐ、それの多くがチェイニーとホワイトハウスの他にまっすぐな利己主義のイラクの亡命者から不正確に、えり好みして買われた生のインテルをstovepipingしていた。

その後すぐ、ホワイトハウスイラクグループ--リビー、徘徊、カード、米、ハドリー、ヒューズ、Matalinなどのような主要なプレーヤーとの企業内のマーケティング徒党--は9/11のイベントを持つサダム・フセインの併合しているWMDと急成長の雲の恐慌と容疑者とすごく一緒に行った。

このセクシーで、にせの知能、チェイニー、ブッシュに基づいて、米、ラムズフェルド、およびその他は米国の上のきのこ雲、イースト・コーストの上で生物剤と関係を絶っている無人機飛行機、イラクの化学兵器の巨大な備蓄などについて警告しはじめた。

束の中で最も信じられると見なされている国務長官コリン・パウエルは、ケースを作るために国連に派遣された(推測と調合された事実の厄介に弱い長たらしい話を見せることによって、彼はしぶしぶそれをした)。

米国主流メディアが、パウエルがケースを締め付けたことについてその意見において同意見の間、世界は、それ(2004年に辞任したパウエルは以来この見せかけの中で彼の役割を嘆き悲しんだ)を買わなく、米国戦争計画への反対は明白で、莫大であった:

抗議するために、世界じゅうの1000万人の市民が通りを打ち、前の同盟者は公然とブッシュを批判した。

それが彼の最も近い補佐官とアドバイザーの多くの反対を押し切って外に出た時に、多くの軍を急送する状態で、イギリスのトニー・ブレアだけが熱心にブッシュ戦争計画に彼のワゴンを急に引っ張った。

5. ダウニング街新事実。

私達は、それらのアドバイザーが、彼が、英国を、潜在的な暴動の力から英国と米国の軍を大変な危険にさらすであろう違法で、不道徳で、たぶん勝ち取れない戦争に巻き込みかかっていることをブレアに警告したと知っている。

どのように私達はブレア政府のこれらの内側の働きを知っているか?

そのボディの中からの誰かが、それらの戦争閣議、いわゆるダウニング街メモから極秘の記録を漏洩させたので。

私達はまた、ブッシュ&ブレアが、2002年の早くも春にイラクと戦争することに合意したことをそれらの記録から知った。

知能、彼らは決めて、彼らがそれらの立法府とそれらの市民に、どの決定もされなかったと言うにもかかわらず戦争に行くために「方針のまわりに固定される」であろう。

実のところ、ブッシュ政権は、侵略の1年前に戦争に行くと決めていた。

2002年の3月に3人の米国の上院議員に、「サダムに干渉しなさい」とブッシュは言った。

「私達は彼を連れ出している」。

私達は、ブレアの最もシニアアドバイザーの多くが、WMD議論が不確実なグラウンドにかかっていたと思い、戦争の合法性が国連安全保障理事会からの具体的な認可なしで問題の中にあったと知っている。

しかし、イラクのグラウンドの上の国連検査官がどのようなWMD資材も見つけていなかったので、ブッシュ政権はとにかく急ぎにおける戦争に急いで行った;

戦争への突進は、平和を確保し、主要な戦いの後に国を再建するために適切な計画なしで、そして実行可能な計画なしで遂行された。

数週後、ブッシュは「遂行された任務」バナーの下で、米国がイラク戦争に「普及し」たことを時期尚早に言明した。

6. 大きな嘘テクニック&WMD。

私達は、米国と英国の両方が、イラクが重要なWMD資材またはアルカイダと9/11の攻撃へのリンクなしで張り子の虎であったことに十分に気づいていたと知っている(再びダウニング街メモのおかげで)。

それにもかかわらず、ブッシュ&戦争に行くためのCo.の位置合せの主要な推力はこれらの存在しない武器と9/11のリンクに基づいた。

企業の主流メディアによるどのような懐疑的な分析ならば、大きな嘘テクニックは、上で、そして何度も何度も同じ虚言を繰り返して、ほとんど毎月毎日それらの嘘を私達の頭に叩き込まなかった(ブッシュ方針と考察によって、それは密接行進法の中でたいてい行進した)。

ウルフォウィッツは、彼らが、市民が受け入れるであろう他に何についても合意することができなかったので、戦争することの一番の理由として、彼らがWMDを選んだと後で認めていた。

しかし、核兵器、きのこ雲、無人機飛行機によって配達された毒素、およびそのようなものの話を持つ恐ろしい人々はおまじないのように効くであろう。

そして、そう、攻撃が正当であったことをアメリカ人と議会に納得させて、彼らはした。

それはそうではなかった。

7. イランは米国方針の受益者である。

私達は、イラクを侵略することの本当の理由が、民主主義とそのようなものをインストールすることによってその国の中のイスラム教徒テロリストとWMDとするものを貴重にほとんど持っていなかったと知っている。

これといってWMDが全然なく、サダム、特に危険な独裁者はどのような縞の宗教のまたは政治的な熱中者も許容していなかった。

いいえ、理由は、オイルに関係している地域、コントロール、その同盟国イスラエル、無感覚にされた軍事基地への支持、およびイランが地域に行動の自由を持つことを妨げることのアメリカ地政学のゴールによってするより多くを持っていた。

しかし、イラクを侵略し、占めることによって、それが外に出た時に、それは地域のイランの政治的で、軍事力の拡張に対して1つのバッファを取り除いた;

さらに、米国の占領がそう無力にも実行されたので、それはイラクとイランを、サダムが、権力の座に居座ることを許されたならば、そのケースであったであろうよりずっと緊密な宗教の、そして政治的な類似に駆り立てた。

CheneyBushは数千人のアメリカ死者、数万人のアメリカ負傷者、および「二次被害」としての100,000人のイラク人より多くを犠牲にしたかもしれない--および、現在、管理はワシントンによりテヘランに適合させられると判明するのももっともなイスラム教徒政府を静かに快く受け入れる。

8. 災害ゾーンとしてのイラク。

私達は、ブッシュの戦争が、嘘の基礎の上で築かれて、最初から不器用で管理されて完全な災害であったと知っている。

結果として、職業は他の国からjihadistsに磁石を提供し、10億は、表面上は、イラクの「復元」などなどを加速するようにデザインされる計画された企業の略奪の堕落したシステムに空費されているか、失われる。

実に、とても多く、ブッシュの戦争はやりそこなわれているので、政権における「現実主義者」は、彼らが、中東の他の場所で彼らのかなりの筋肉を動かす希望を持つことになっているならば、米国ができるだけ速く出なければならないと知っている。

しかし、これまで、新保守主義戦略はまだ支配し、「最後までがんばる」は動作原則であり続ける。

9. 薄く張られた軍隊にボディは必要である。

私達は、米国軍隊がアフガニスタンとイラクで薄く広められた方法であり、逃亡レートが高く、兵士が通常のクリップで再び入隊していなく、募集が働いていなく、違法な詐欺が、サインアップする中に子供をおびき出すために使われているので、ブッシュの中東課題がまた損害を被っていると知っている。

要するに、グラウンドの上に節約する力が全然ない。

どちらの徴兵も、設立される--および、数千人の緊急予備海兵隊員の上の最近の呼び出しは違う名前によるドラフトである--であろうか、すべての未来の攻撃は、空軍力からまたはミサイルから来る必要があるであろう(それは単にメッセージを配達するであろう)。

空襲は、アメリカに、そしてほとんど、爆撃された人口が彼らの既存の政府をサポートするであろうのでイラン、シリアなどで米国に友好的な「民主的な」政府を鍛造することについての成功の可能性なしにいっそうそれらの国の市民を怒らせることを結果として生じるであろう。

要するに、イラクとレバノンのアメリカとイスラエルの故障は現代、国家主義ゲリラ兵の世界で高く武装した能力の限界を示す。

10. 一般大衆に事実を隠す

私達は、ブッシュ&Co.が、イラクの上の戦争をもたらしていた知能を使い、乱用することにおいてそれらの役割の実物大で、独立な調査が全然ないであろうということを確かめたと知っている。

これはアメリカの歴史において最も秘密主義の政権であり、彼らは民主主義のプロセスのそれらの誤りまたは堕落のどれもの調査を全然望んでいない。

共和党のパット・ロバーツによって導かれた上院諜報特別委員会は故障の上のヒアリングをすなわちCIAとFBIのレベルでチェーンの下でより低く保ち、再度のヒアリングが知能のどのようなホワイトハウスマニピュレーションにおいてでもあるであろうということを約束した。

しかし、2004年の選挙に続いて、ロバーツは、どの目的も、そのような調査をスタートすることにおいて勤められないであろうと言った。

同様に、9/11の委員会は、どのようにブッシュ政権がそのpre-9/11知識を悪用したかを深く掘り下げなかった。

要するに、この秘密主義の管理は、すべてが、いくらかはパスでどのような調査の進路でも阻むためにされたことを確かめた。

11. 独裁権に危険なほどに近い。

私達は、ブッシュが確かな米国の中でなく合法な民主主義のプロセスへの大きな愛情を全然持っていないと知っている。

(彼がその独裁者であるかもしれない時に、少なくとも3つの機会に、彼は長い間として「冗談に」独裁権についての彼の好みを表現したと彼は言った。)

彼は、寡頭政治の独裁者として支配することを多く好むけれども、それをするために、彼は、彼が、必須のパワーを彼に与えたと主張することができた法律の位置合せを発明する必要があった。

そして、「戦時」が非結晶の「テロに対する戦争」であるので、そこのどれが全然終わりではないかから、ブッシュは家で自由である。

いつも、世界中のどこかまたはアメリカの中で反米国損害をしようとしているテロリストがいるであろうし、「チーフの司令官」は、反応する必要があるであろう。

それゆえに、このロジックに行き、ブッシュは永続における無敵の法律の上にいる。

ブッシュ&Co.はまた、米国高官と軍隊がどのような国際的な法廷または戦争犯罪裁判所によっても告訴されないであろうということを確かめた。

ゴンザレスやブッシュのどちらも法律の届く範囲の域を超えている独裁者風の大統領についてこの法律の哲学を否定しなかった。

確かに、問題は最終的に米国最高裁判所によって聞かれるであろう(それに、ブッシュは超保守的な裁判官ジョン・ロバーツとサミュエルAlitoを任命した)。

冷却決定において、ロバーツがSupremesへの彼の上昇に先がけてメンバーであった訴えパネルは、チーフの司令官の恣意的に明示された「敵」が法的な権利なしで非人であると判決した。

ブッシュは現在、彼が調合した「軍事法廷」システムに、彼が好きな誰でも服従させることが自由にできると感じている;

ブッシュ&Co.がいつも、どうにかしてインプリメンテーションを延期し、延期するか、法廷判決のまわりで道を見つける時に、裁判所システムへの法廷の最近の反対さえほとんど被抑留者の権利の日常的な違反に影響を及ぼしていなかった。

12. 同じくらい公式な米国方針を拷問しなさい。

私達は、ゴンザレス、そしてラムズフェルドに恩を受けているブッシュの大統領首席法律顧問、および国防総省の弁護士が、容疑者の拷問を公式な国策にする法律の原理を考案したと知っている。

これらのブッシュ忠臣弁護士は、容認できる質問実行であるものの定義も大いに広げた--基本的に、死または終りの乱用内臓の何この側でも。

極端な拷問が専門の国に彼らはまた有力な容疑者の「表現」を認可した。

すべてのこれの後で、ブッシュとラムズフェルドは、それらの指揮の下のそれらが、米国世話において囚人を拷問し、虐待し、辱めて、巻くであろうショック、ショック!を公言した。

しかし、管理は、特有の拷問についての上役責任のすべての調査をやめることを確かめた。

雄鹿は決してブッシュの机の上で停止しない--何かが、悪い(そして、彼は決して誤りを認めないであろう)ようになるならば、それはいつも他の誰かの過ちである。

13. 権利章典は「古風である」になる。

私達は、ブッシュ政権が、立法に関わらず、アメリカ人の理解できる恐怖を利用し、騙すことによってそれがその自称の「テロに対する戦争」においてニーズを得ることができたと知っている。

「信用できるけれども証明されていない」証拠に基づいてまた別の「恐怖」脅威を発表することによって大衆の恐怖を処理するために、ジョン・アシュクロフトとトム・リッジは周期的に出現した。

彼が彼の母国保安部の指導者職を去った時に、リッジは、そうすることの正当な理由が全然なかった時に、彼が、それらの「恐怖」警告の多くを出すことを要求されたと認めていた;

管理が選挙に直面していた時またはそれらが特に不良ニュース日を持っていた時に、それらの警告が通常作動したことは示されている--新しいスキャンダル(イラクなどからの特に落胆リポート)

その間、議会(恥を知りなさい、あなた、民主主義者!)は最近パトリオット法法のほとんどを永久的にした。

それらが廃止されることができない限り、その票は権利章典の残りを収納している棺の中に釘になるであろう。

14. 政治的な理由のための外部CIAエージェント。

2人の重要な諜報員のアイデンティティを明らかにすることによって、ブッシュ政権は、それ自身の粗野な政治的な理由のために、アメリカ国家安全保障を損った--大量破壊兵器の暗い世界に、特に、イランの核能力を扱うことにおいて、重要なコンタクトを持っていた人、CIAエージェント バレリーPlame。

彼女のアイデンティティを明らかにする「シニアの政府高官」の1番目が国務省(国務副長官リチャードアーミテージ)からであったことは可能であるけれども、リークが起こった所では、どこでも、世界に、ブッシュのイラク戦争がにせの知能に基づいたと言うので彼女の夫を罰する試みにおいてチェイニー(リビーを通る)と徘徊がPlame物語に意図的に積み重なったことがクリアである。

隠れたCIAエージェントのアイデンティティを明らかにすることは付随的でないで重罪である。

見たところ、管理がその反テロ狩猟においてどれほど成功していたかから示すCondiライスによるCIAスパイの他の遠出は、地位が高いほくろがビンラディンの側近グループに閉まることであった。

このスパイは米国をアルカイダの進行中で、未来の計画について知らせられるようにしておいたかもしれない。

それは職場で私達のテロに対する戦争政府である。

15. あなたは、あなたの票がカウントされるかどうかを知っているか?

私達は、アメリカの投票システムとさらに重要なこととして、票カウントシステムが堕落すると知っている。

大規模な出口投票とともに統計分析を洗練し、2004の選挙結果が、票を一致させる過ぎる民間会社によってバイオリンで弾かれたことを強く示唆する。

これらの会社は極右共和党員サポーターによって持たれているけれども、民主党員が会社を所有していたならば、同じ反対は宿泊するであろう。

民間会社への票カウントの「アウトソーシング」への正当な理由が全然ない。

これらは、それらのソフトウェアの検査を許すことを断り、専門家がフロリダで2000年に選挙のあった日の夜怪しげにふるまった投票機を2004年にジョージアで、そしてオハイオとフロリダで2002年に作り、それのプログラムを作るのと同じ会社である。

そして、私達は、潜在的なデモクラットの有権者、特に少数の有権者の数を下げるために、機能がそうであった徘徊の卑劣な部門に何とかして言及しさえしなかった;

好きな戦術は、事前の選挙人名簿からの数十万人のありそうな民主主義の有権者をフロリダとオハイオなどの重要な州に打ち込むことになっている。

票カウントシステムが、すぐ--および、票一致スキャンダルは有権者で確認された受け取りによって適正に分配されないであろう--変えられることができない限り、私達の選挙の完全性は遠い未来の中に疑わしくなるであろう。

他のすべての改革が実施されても、彼らは正直な選挙の保証なしで何も意味しないであろう。

16. どのリアル経済計画もない。

私達は、外の10年の間、すでに裕福なものに、そして大企業に巨大な税制優遇措置を与えることによって、ブッシュ政権がその後援者(そして自身)を清算したと知っている。

さらに、企業の税金回避は、沖合のリスト経由で、そしてハイエンドリターンの数千人のIRS監査役をレイオフすることによってより容易にされた。

すべてのこれは、米国経済が惨めな状態にあり、それらの税金破壊からの宝庫赤字がイラク/アフガニスタンの/「テロに対する戦争」コストからいっそうより大きくなっていた時にされた。

(それらの戦費は現在5000億ドルに迫っている!)

私達が知っていることに、ブッシュ政権はどのようにその借金が退去するかについての計画を全然持っていなく、熟練労働者のための、経済を再スタートし、給料がいい雇用を創出することについてのどの現実の計画(論破された「」トリクルダウン理論以外の)も持っていない(それの多くは外国の領土にアウトソーシングされた彼らのポジションを持っていた)。

17. 浴槽の中で政府をかき消す。

私達は、ブッシュ方針をコントロールするHardRight保守主義者が、彼らの方針が起こすどんな種類かの借金と赤字を本当は気にしていないと知っている;

いくつかの点で、共和党ボス グローヴァーNorquistが認めた時に、「私達が浴槽の中でそれをかき消すことができる所で」、彼らが、「サイズまで」政府を縮ませたいので多数であるほどよりうまい。

彼らは、とても目に見えて幼児教育、社会保障、メディケア(高齢者公的医療保険)(そしてシニアへの現実の薬剤費保険負担)、学生ローン、福祉補助、公教育などを含めて、ニューディールの/大きい社会時代からポピュラーな社会計画の多くを殺し、飢えさせたいと思っている。

(IRSは、私的な収税吏を雇おうとしている!)

共和党員が11月の選挙に先がけてそれについて静かな状態を保っているけれども、社会保障制度の莫大なかなりの量を民営化するブッシュの計画はまだ軌道に乗っている。

18. 誰が、あなたが何を飲むかまたは吸うかを気にしているか?

私達は、ブッシュ環境政策--空気と水質汚染、鉱物の抽出、国立公園などを扱う--が、だいたい行動の自由を、それらが、公共の利益に注意を払う必要がない時に、要点がよりよくする企業に与えて、軽減されない災害であると知っている。

それは、お金のつかみの、そして、動くシナリオの最も悪い分類である。

たぶん最もよく、大衆の健康を保護することへの管理の態度の最も悪い例は、EPA科学者が、空気がひどく汚染されて、危険であったことにしても、ツインタワーが5年前倒れた少し後に安全にロワーマンハッタンの彼らの家と仕事に戻るために居住者と労働者に許可を与えているEPAにおいて見られることができる。

19. それはお金、コントロール、パワーへの欲である。

私達は、公共の利益がブッシュ政権の中で政策の立案について小さな役割を果たすと「インサイダー」回想録とリポートから前のブッシュ政権役員--ジョセフDeIulio、ポール・オニール、リチャード・クラークなど--によって知っている。

動機づけファクターは主な貪欲さとイデオロギーのコントロールであり、政治権力にとどまっている。

彼らは、さらに、政治的なボックスの外で考えるか、他の意見を聞くことさえこの管理におけるほとんどまたは全然好奇心がないと言う。

20. それは科学の上の信頼、現実の上の神話である。

私達は、どのように信頼ベースの思考を支持して科学がブッシュ政権(よい例:地球温暖化)により無視されるかにおいて、この態度が、--「私の精神は作られる 事実によって私を煩わさない 」--について公然と最も際立っていると知っている。

現実についてのこの非好奇心のいくらかが根本主義者の宗教の、均一なApocalyptic、信念において基づくかもしれない。

この閉鎖的な精神態度は、なぜ物がその問題のためにイラクでや他のどこかでうまくいっていないかをより深いレベルの上で説明することに役立っている。

アメリカORドイツIN THE30年代?

要するに、私達は知っている 家の外国の永久的戦争方針および警察国の戦術が私達を一種のアメリカのファシズムに家庭で連れて行くおよび 海外の帝国の外交方針 。

アメリカ政治形態のすべての面は、言論の自由(ローカルなおよび連邦政府のレベルの両方で規則的に偶然に見い出している集会の自由)をトップから、抗議者、意見の相違の政治と自警団員タイプの取り締まりによって出して、軍国主義者Know-Nothingismに感染する。

もっと、アメリカは、1930年代の初期のドイツ、中央政府がより多くのパワーを貯蔵する間グループと戦わされたグループ、およびその利用された市民のコントロールと似ていて、リーダーの方針を批判することは非国民的であるか、反逆を弾劾される。

CheneyBush大統領任期の6プラス年を通して苦しんだ後に、よいニュースはそれであり、大衆の目隠しは落ちている。

トム遅延のパワーからの落下はこれのよいシンボルであり、これらの人と彼らの政権の真実の性質は、最終的に家を打ち始めている。

チェイニーは真実の陰の実力者と認められて、ブッシュは、彼がそうであるもののために見られる:

彼の無謀で、無力にも管理された戦争(彼の、家の、そして彼がすべてのエリアで行き過ぎることによる米国経済の難破)によって米国国益を外国に危険にさらしている不安定で、無関心で、横柄で、危険で、乾燥で飲まれたあばれ者。

民主主義の大統領と副大統領が同様にブッシュとチェイニーにふるまったならば、それらは1分で弾劾ドックにあったであろう。

共和党員が11月に負けるならば

しかし、共和党員がものまたは11月の選挙における議会の議会の両方のコントロールを失うことがなければ(まで)、それが起こる方法が全然ない。

Demsが、家を引き継いだならば、例えばそれらは、約7年ぶりに下の誓いを物語る証人を強要する召喚状パワーを持つであろう(それは、米国を、イラクの戦争に、本当に、他の無数のスキャンダルと妨げに9/11を偶然に見い出したことに送った陰謀の生産的な調査を引き起こすことができた):

拷問、国内のスパイ活動、政治的な目的(Abramoff堕落ネットワークなどなど)のためにCIAエージェントの処罰、および遠出

民主党員は、確信している--CheneyBush年の間に共和党員を堕落させたのと同じ興味に恩を受けているあまりにも多くによって--のでなくそんなにより鈍い十分な例にあるために政治的に純粋で、彼らは、その無謀で、危険な極端な傾向から離れて国家船になり始めるのに十分に違うであろうし、進歩的な自由主義の方向でセンターに、そしてたぶんいくつかの問題についてさえもっとバックする。

それは、次の2プラス月の間、私達が、その上、議会で、そして私達がラッキーならば、上院で、共和党員が破ると保証するために私達のケツを取り除く必要があることである--莫大なマージンによって。

私達は、徘徊と彼の手先が、この選挙を盗み、処理するためにすべてをしているであろうと知っている。

より多くの嫌な人とねば土と卑劣な策略がいるであろうし、たぶん、いくらかの10月にさえ「驚き」、私達は、正直な抽選と票カウントのために対策を講じることを断るsueing選挙役員を含めて、それらといっそうより難しい仕事を因数分解する必要がある。

地すべり的な勝利は、徘徊と彼の手先が、票合計をいじくり回そうとすることをより危険にするであろう。

11月に勝利することは私達の仕事、私達の道徳的な義務である。

私達がこの中間選挙の中でそれらを落とさないならば、私達は10年以上のために別のよいショットを持たないかもしれない。

それはそれのクランクで始動時間である。

仕事を始めよう。

スポンサーサイト



5年が経ちました・。


Twenty Things We Now Know

Five Years After 9/11


By Bernard Weiner, Co-Editor

The Crisis Papers

August 29, 2006


The imminent fifth anniversary of 9/11 provides the proper moment for a good, ol'-fashioned sum-up of the past half-decade under CheneyBush, especially because so much has happened in the past 12-months:


The Bush Administration's Katrina debacle, Iraq being sucked deeper into the civil-war vortex, Afghanistan turning once again into a major war theater, more and more military leaders speaking out about the disaster that is CheneyBush foreign policy, the defection of so many moderate conservatives from their GOP home, the plummeting of Bush's popularity to not much more than his fundamentalist base, the revelation that Bush&Co. have been spying on citizens' phone calls and emails without court warrants, the indictment of CheneyBush's chief aide Scooter Libby for obstruction of justice in the case of the White House's outing of a covert CIA agent, the "rendering" of detainees abroad for extreme torturing, etc. etc.


I'll get to the annual list in a moment. But first let's step back and take a deeper overview. Buckle your seat belts, here we go.




WHAT 9/11 PERMITTED BUSH TO DO


Whatever you may think of 9/11, and the extent of involvement of Bush&Co., it's crystal-clear that the events of that tragic day were and continue to be used as an excuse for a wide variety of immoral and illegal actions by the CheneyBush Administration. The radical agenda that was barely on the public's horizon five years ago has since become all too evident, both domestically and in terms of foreign/military policy, which is why so many traditional conservatives are abandoning the extremism of the Republican Party.


Launching a war against, and then occupying, Iraq is the most obvious foreign result of the 9/11 tragedy -- even though Bush has admitted several times that there was no connection between Iraq and 9/11, and no WMD either. In one of the worst strategic mistakes in modern American foreign policy, the war against the al-Qaida terrorists in Afghanistan was precipitously abandoned and U.S. troops were dispatched to Iraq, a country of no real threat to the U.S.


Domestically, the near-3000 deaths of 9/11 -- and, let us not forget, the spreading of deadly anthrax spores around the halls of Congress by someone still unknown -- led to the passage of the so-called "Patriot" Act. This collection of martial provisions gave the federal government and its agents unprecedented police power to violate the Constitution and Bill of Rights in its supposed hunt for terrorists. All this while very little has been done to actually make the country more secure, such as checking containers entering ports, improving security at nuclear and chemical plants, x-raying all air freight, and so on.


In short, Bush&Co. used and then grossly abused the awful events of 9/11 -- and continues to do so -- in order to expand and maintain power, to move aggressively in the world, to pay off corporate and wealthy-individual supporters through huge tax breaks (in the middle of a war!), to create a one-party system of government, to neuter the legislative and judicial branches and thus violate our time-honored checks-and-balances system that provides a brake on executive excesses, to amass more and more police powers in federal hands, to effectively control the mass-media and the vote-counting system in this country, etc. etc.


9/11 also gave Karl Rove the fear-tools with which to manipulate the populace whenever he wished. Rove knows he has a lock on about 1/3 of the electorate, the GOP's fundamentalist "base." In several elections since 9/11, he has revved up the fear machine by rolling out the required buzzwords (abortion, terrorists, gay marriage, the flag, illegal immigrants, Muslims, et al.) to cobble together enough support to "win" the elections, even if by the slimmest of margins. (In reference to those margins, election experts have found that there is enough statistical and experiential evidence to say with some confidence that in key states and regions, those balloting-results were fraudulently obtained.)


We'll talk some about what can be done to change the situation toward the end of this essay; right now, let's take a look at this year's compilation of what we now know five years after 9/11.




THE 9/11 LIST


1. The Facts of 9/11. We know that the Bush Administration didn't want the public to learn much, if anything, about the events of that day five years ago. Bush&Co. had to be dragged kicking and screaming into agreeing to the appointment of the official 9/11 Commission, and they named the executive director, one of their made men (now an Administration official).


As it turned out, the Administration wasn't all that cooperative in furnishing documents, Bush would not testify under oath and would deign to appear only with Cheney by his side (here's my imagined transcript of that testimony), and just recently we learned that the commission was so angered by the constantly-shifting stories told by the Pentagon/NORAD that they were ready to urge that legal charges be filed.


We know that a growing number of academics and scientists hhave raised serious questions about the official government explanation of the 9/11 events, especially about whether the Twin Towers fell straight down on their own or were guided in that free-fall-speed path by pre-set explosives. Behind all these and other conspiracy theories rests a nagging suspicion among many Americans -- heightened by the admission that the Pentagon lied outright to the 9/11 Commission -- that the Bush Administration may have been complicit in helping orchestrate the 9/11 tragedies. (I do not accept much of that surmising, but until the Administration comes clean on a number of troublesome questions, Bush&Co. will always be, and justifiably so, under a cloud of suspicion for complicity. These questions include why the Secret Service didn't immediately grab Bush at that Florida school and get him on a plane, why NORAD fighter-jets were MIA on that fateful morning, why airline stocks were "shorted" just prior to the attacks. Click here for more info on 9/11 skeptic groups.



We now know -- no matter what one believes about the Bush Administration's level of complicity in 9/11 -- that at the very least the inner Bush circle knew that a huge al-Qaida attack was coming in late-Summer/early-Fall, but they did absolutely nothing to prevent it or prepare the public for its consequences. They knew because fairly detailed, red-hot warnings about planes being used as weapons were supplied to the CheneyBush inner circle by numerous countries' intelligence services around the world. But CheneyBush didn't even call a meeting of involved advisors and counter-terrorism honchos to move on the intel they were getting. In short, Bush&Co. had advance word that something "spectacular" was about to go down, and, for their own reasons, did nothing. Indeed, when the CIA sent a briefer to Crawford, Texas, to go over the ominously-titled August 6, 2001 Presidential Daily Briefing, "Bin Laden Determined to Strike in U.S." -- which talked about N.Y. buildings being cased, preparations for hijacking of planes, terrorists in the U.S. with explosives, etc. -- Bush barely listened and then insultingly dismissed the briefer, saying "All right. You've covered your ass, now."



We know that Bush&Co. saw, in Condi Rice's apt term at the time, the "opportunity" offered by the 9/11 attacks to move quickly and forcefully with the Administration's foreign and domestic agenda. PNAC talked about its Pax Americana plan for global "benevolent hegemony" taking forever to implement unless a "new Pearl Harbor" changed the equation in the public mind. 9/11 came along and served as that "new Pearl Harbor." (See "How We Got Into This Imperial Pickle: A PNAC Primer.)


2. PNAC & the Neo-Cons. We know that a FarRight segment of the conservative movement was dedicated to using America's sole superpower status to move aggressively in the world while no other country or international force could put up much resistance. The key neo-con leaders in charge of U.S. foreign/military policy (Cheney, Rumsfeld, Wolfowitz, Bolton, Perle, Khalilzad, et al.) were founders of, and affiliated with, The Project for The New American Century (PNAC).


The neo-cons realized that presidents enjoy enormous patriotic support during wartime, but when the war ends, those leaders lose their compelling luster, as was the case with Bush#1. Ergo, Bush#2 would become a PERMANENT wartime president, and those who opposed him could then be tarred forever with the "unpatriotic" brush, and their political opposition marginalized. And it worked: the Democrats cowered and gave Bush virtually everything he wanted, up until relatively recently, when occasionally they remember they have spines in their bodies and stand up and fight as an opposition party should.




3. Oil & the Politics of PNAC. We know that after 9/11, Bush seemed to bring the entire country along with him when he launched an attack on al-Qaida and its Taliban-government supporters in Afghanistan. But there's no oil in that destitute country -- and, as Rumsfeld reminded us, not much worth bombing -- and thus no lessons could be drawn by Middle East leaders from the U.S. attack. But, as Cheney's secret energy panel was aware, there was another country in the region that did have oil, and lots of it, and which could be taken easily by U.S. forces. Thus Iraq became the object-lesson to other autocratic leaders in the Middle East, especially in Syria and Iran: If you do not do our bidding, prepare to accept a massive dose of "shock&awe": You will be removed, replaced by democratic-looking governments as arranged by the U.S.


The neo-cons -- most of whom were members of PNAC and similar organizations, such as the American Enterprise Institute and Foundation for the Defense of Democracies -- had urged Clinton to depose Saddam Hussein in 1998, but he demurred, seeing a mostly contained dictator there, whereas Osama bin Laden, and those terrorists like him, actually were successfully attacking U.S. assets inside the country and abroad.


But the PNAC crowd had larger ambitions than simply toppling a brutal dictator. Among their other recommendations: "pre-emptively" attacking countries devoid of imminent danger to the U.S., abrogating agreed-upon treaties when they conflict with U.S. goals, making sure no other nation (or organization, such as the United Nations) can ever achieve power-parity with the U.S., installing U.S.-friendly governments to do America's will, expressing a willingness to use tactical nuclear weapons, and so on. All of these extreme PNAC suggestions, once regarded as lunatic, were enshrined in 2002 as official U.S. policy in the National Security Strategy of the United States of America and were renewed in Bush's 2004's National Security Strategy.




4. Sexing Up the Intel. We know that given the extreme nature of the neo-con agenda, the Bush Administration had their work cut out for them in fomenting support for an invasion and occupation of Iraq. Therefore, among the first moves by Rumsfeld following 9/11 was to somehow try to connect Saddam to the terror attacks. The various intelligence agencies reported to Rumsfeld that there was no Iraq connection to 9/11, that it was an al-Qaida operation, but those finds were merely bothersome impediments. Since the CIA and the other intelligence agencies would not, or could not, supply the intelligence needed to justify a war on Iraq, Rumsfeld set up his own rump "intelligence" agency, the Office of Special Plans, stocked it with political appointees of the PNAC persuasion and soon was stovepiping cherry-picked raw intel, much of it untrue from self-interested Iraqi exiles, straight to Cheney and others in the White House. Shortly thereafter, the White House Iraq Group -- the in-house marketing cabal, with such major players as Libby, Rove, Card, Rice, Hadley, Hughes, Matalin, et al. -- went big-time with the WMD and mushroom-cloud scares and the suspect melding of Saddam Hussein with the events of 9/11.


Based on this sexed-up and phony intelligence, Cheney, Bush, Rice, Rumsfeld and the others began warning about mushroom clouds over the U.S., drone planes dropping biological agents over the East Coast, huge stockpiles of chemical weapons in Iraq, etc. Secretary of State Colin Powell, regarded as the most believable of the bunch, was dispatched to the United Nations to make the case, which he did, reluctantly, by presenting an embarrassingly weak litany of surmise and concocted facts. While the U.S. mainstream media was unanimous in its opinion that Powell had cinched the case, the world didn't buy it (Powell, who resigned in 2004, has since lamented his role in this charade), and the opposition to the U.S. war plan was palpable and huge: 10 million citizens throughout the world hit the streets to protest, former allies publicly criticized Bush. Only Tony Blair in England eagerly hitched his wagon to the Bush war-plan with large numbers of troops dispatched, as it turned out over the objections of many of his closest aides and advisers.




5. The Downing Street Revelations. We know that those advisers warned Blair that he was about to involve the U.K. in an illegal, immoral and probably unwinnable war that would put U.K. and U.S. troops in great danger from potential insurgent forces. How do we know about these inner workings of the Blair government? Because someone from inside that body leaked the top-secret minutes from those war-Cabinet meetings, the so-called Downing Street Memos.


We also learned from those minutes that Bush & Blair agreed to make war on Iraq as early as the Spring of 2002. The intelligence, they decided, would be "fixed around the policy" to go to war, despite their telling their legislative bodies and their citizens that no decisions had been made. In fact, the Bush Administration had decided to go to war a year before the invasion. "Fuck Saddam," Bush told three U.S. Senators in March of 2002. "We're taking him out."


We know that many of Blair's most senior advisors thought the WMD argument rested on shaky ground, and that the legality of the war was in question without specific authorization from the United Nations Security Council. But the Bush Administration rushed to war anyway, in haste because the U.N. inspectors on the ground in Iraq were not finding any WMD stockpiles; the rush to war was accomplished without proper planning and with no workable plan to secure the peace and reconstruct the country after the major fighting. Some weeks later, Bush prematurely declared, under a "Mission Accomplished" banner, that the U.S. had "prevailed" in the Iraq war.




6. The Big Lie Technique & WMD. We know (again, thanks to the Downing Street Memos) that both the U.S. and U.K. were well aware that Iraq was a paper tiger, with no significant WMD stockpiles or link to Al-Qaida and the 9/11 attacks. Nevertheless, the major thrust of Bush&Co.'s justification for going to war was based on these non-existent weapons and 9/11 links. The Big Lie Technique, repeating the same falsehoods over and over and over, drummed those lies into our heads day after day, month after month, with little if any skeptical analysis by the corporate mainstream media, which marched mostly in lockstep with Bush policy and thinking. Wolfowitz admitted later that they chose WMD as the primary reason for making war because they couldn't agree on anything else the citizenry would accept. But frightening people with talk of nuclear weapons, mushroom clouds, toxins delivered by drone airplanes and the like would work like a charm. And so they did, convincing the American people and Congress that an attack was justified. It wasn't.




7. Iran Is Beneficiary of U.S. Policy. We know that the real reasons for invading Iraq had precious little to do with WMD, with Islamist terrorists inside that country, with installing democracy, and the like. There were no WMD to speak of, and Saddam, an especially vicious dictator, did not tolerate religious or political zealots of any stripe. No, the reasons had more to do with American geopolitical goals in the region involving oil, control, support for its ally Israel, hardened military bases and keeping Iran from having free rein in the region.


However, as it turned out, by invading and occupying Iraq, it removed the one buffer against the expansion of Iran's political and military power in the region; in addition, because the U.S. Occupation was so incompetently carried out, it pushed Iraq and Iran into a far closer religious and political alliance than would have been the case if Saddam had been permitted to remain in power. CheneyBush may have sacrificed thousands of American dead, tens of thousands of American wounded, and more than 100,000 Iraqis as "collateral damage" -- and now the Administration is quietly willing to accept an Islamist government that may well turn out to be more attuned to Teheran than to Washington.




8. Iraq As a Disaster Zone. We know that Bush's war has been a thorough disaster, built on a foundation of lies, and bunglingly managed from the start. As a result, the Occupation has provided a magnet for jihadists from other countries, billions have been wasted or lost in the corrupt system of organized corporate looting that ostensibly is designed to speed up Iraq's "reconstruction," etc. etc. Indeed, so much has Bush's war been botched that the "realists" in the Administration know the U.S. must get out as quickly as possible if they are to have any hope of exercising their considerable muscle elsewhere in the Middle East. But, so far, the neo-con strategy still rules, and "stay-the-course" remains the operating principle.




9. The Stretched-Thin Military Needs Bodies. We know that Bush's Middle East agenda also is suffering because the U.S. military is spread way thin in Afghanistan and Iraq, the desertion rates are high, soldiers are not re-enlisting at the usual clip, recruitment isn't working and illegal scams are being used to lure youngsters into signing up. In short, there are no forces to spare on the ground. Either a military draft will be instituted -- and the recent call up of thousands of ready-reserve Marines is a draft by a different name -- or all future attacks will have to come from air power or from missiles, which will merely deliver a message. The air attacks will result in making the citizens of those countries even angrier at America, and with little likelihood of success in forging U.S.-friendly "democratic" governments in Iran, Syria, et al., since the bombed populations will support their existing governments. In short, America's and Israel's failures in Iraq and Lebanon demonstrate the limits of highly-armed powers in the modern, nationalist-guerrillas world.




10. Hiding the Facts from the Public. We know that Bush&Co. made sure that there would be no full-scale, independent probes of their role in using and abusing the intelligence that led to war on Iraq. This is the most secretive Administration in American history, and they want no investigations of any of their mistakes or corruptions of the democratic process.


The Senate Intelligence Committee, led by Republican Pat Roberts, held hearings on the failures lower down the chain, namely at the CIA and FBI level, and promised there would be followup hearings on any White House manipulation of intelligence. But, following the 2004 election, Roberts said no purpose would be served in launching such an investigation. Likewise, the 9/11 Commission did not delve deeply into how the Bush Administration misused its pre-9/11 knowledge. In short, this secretive administration made sure that everything was done to head off at the pass any investigations whatsoever.




11. Perilously Close to Dictatorship. We know that Bush has no great love for legitimate democratic processes, certainly not inside the United States. (On at least three occasions, he has "jokingly" expressed his preference for dictatorship, as long, he said, as he can be the dictator.) He much prefers to rule as an oligarch, but to do that, he had to invent legal justifications that he could claim granted him the requisite power. So he had his longtime lawyer-toady, Alberto Gonzales, devise a legal philosophy that permits Bush to do pretty much what he wants -- ignore laws on the books, disappear U.S. citizens into military prisons, authorize torture, spy on citizens' phone calls and emails, etc. -- whenever Bush says he's acting as "commander-in-chief" during "wartime."


And, since "wartime" is the amorphous "war on terror," from which there is no end, Bush is home free. There always will be terrorists trying to do anti-U.S. damage somewhere around the globe, or inside America, and the "commander-in-chief" will need to respond. Ergo, goes this logic, Bush is above the law, untouchable, in perpetuity. Bush&Co. also made sure that U.S. officials and military troops would not be subject to indictment by any international court or war-crimes tribunal.


Neither Gonzales, nor Bush, has disavowed this legal philosophy of a dictator-like President being beyond the reach of the law. No doubt the issue ultimately will be heard by the U.S. Supreme Court, to which Bush has appointed ultra-conservative Judges John Roberts and Samuel Alito. In a chilling decision, the appeals panel, of which Roberts was a member prior to his ascension to the Supremes, ruled that the Commander-in-Chief's arbitrarily-designated "enemies" are non-persons, with no legal rights. Bush now feels free to subject anyone he likes to the "military tribunal" system he has concocted; even the Court's recent objections to the tribunal system has had little effect on day-to-day violations of detainees' rights, as Bush&Co. always manage to postpone and delay implementation or find ways around the court rulings.




12. Torture As Official U.S. Policy. We know that Gonzales, then Bush's White House Counsel, and Pentagon lawyers beholden to Rumsfeld, devised legal rationales that make torture of suspects official state policy. These Bush-loyalist lawyers also greatly widened the definition of what is acceptable interrogation practice -- basically anything this side of death or terminally abusing internal organs. They also authorized the "rendering" of key suspects to countries specializing in extreme torture. After all this, Bush and Rumsfeld professed shock, shock!, that those under their command would wind up torturing, abusing and humiliating prisoners in U.S. care. But the Administration made sure to stop all inquiries into higher-up responsibility for the endemic torture. The buck never stops on Bush's desk -- if something goes wrong (and he never will admit to mistakes), it's always someone else's fault.




13. The Bill of Rights Goes "Quaint." We know that the Bush Administration has been able to obtain whatever legislation it needs in its self-proclaimed "war on terror" by utilizing, and hyping, the understandable fright of the American people. John Ashcroft and Tom Ridge emerged periodically to manipulate the public's fright by announcing yet another "terror" threat, based on "credible but unverified" evidence. As he departed his directorate of the Homeland Security Department, Ridge admitted that he was required to issue many of those "terror" warnings when there was no justifiable reason for doing so; it has been demonstrated that those warnings were activated usually when the Administration was facing an election or when they were having an especially bad-news day -- a new scandal, especially discouraging reports from Iraq, etc. Meanwhile, Congress (shame on you, Democrats!) recently made most of the Patriot Act laws permanent. Unless those can be repealed, that vote will be a nail into the coffin housing the remains of the Bill of Rights.




14. Outing CIA Agents for Political Reasons. The Bush Administration, for its own crass political reasons, compromised American national security by revealing the identity of two key intelligence operatives -- one, CIA agent Valerie Plame, who had important contacts in the shadowy world of weapons of mass destruction, especially in dealing with Iran's nuclear capabilities. It is possible that the first of "senior Administration officials" to reveal her identity was from the State Department (Deputy Secretary of State Richard Armitage), but wherever the leak originated, it is clear that Cheney (through Libby) and Rove deliberately piled on the Plame story in an attempt to punish her husband for telling the world that Bush's Iraq war was based on phony intelligence. Revealing the identity of a covert CIA agent, not incidentally, is a felony. The other outing of a CIA operative, by Condi Rice, apparently to show off how successful the Administration was in its anti-terrorism hunt, was that a high-ranking mole close to bin Laden's inner circle. This operative could have kept the U.S. informed as to ongoing and future plans of al-Qaida. That's our war-on-terrorism government at work.




15. Do You Know If Your Vote Is Counted? We know that America's voting system and, more importantly, the vote-counting system are corrupted. Sophisticated statistical analysis along with wide-scale exit-polling, suggests strongly that the 2004 election results were fiddled with by the private companies that tally the votes. These companies are owned by far-right Republican supporters, but the same objection would be lodged if Democrats owned the companies. There are no good reasons to "outsource" vote-counting to private corporations. These are the same companies who make and program the voting machines, who refuse to permit inspection of their software, and whose technicians have behaved suspiciously on election nights in 2000 in Florida, in 2002 in Georgia, and in Ohio and Florida in 2004. And we haven't even mentioned Rove's dirty-tricks department whose function has been, by hook or by crook, to lower the number of potential Democrat voters, especially minority voters; a favorite tactic is to knock hundreds of thousands of likely Democratic voters off the voting rolls in advance in key states such as Florida and Ohio. Unless the vote-counting system can be changed soon -- and the vote-tallying scandal will not be adequately dealt with voter-verified receipts -- the integrity of our elections will be suspect into the far future. Even if all the other reforms were implemented, they would mean nothing without the guarantee of honest elections.




16. There Is No Real Economic Plan. We know that the Bush Administration paid off its backers (and itself) by giving humongous tax breaks, for 10 years out, to the already wealthy and to large corporations. In addition, corporate tax-evasion was made easier via offshore listings and by laying off thousands of IRS auditors of high-end returns. All this was done at a time when the U.S. economy was in a sorry state and when the treasury deficit from those tax-breaks was growing even larger from Iraq/Afghanistan/"war-on-terror" costs. (Those war costs are now closing in on half a TRILLION dollars!) So far as we know, the Bush Administration has no plans for how to retire that debt and no real plan (other than the discredited "trickle-down" theory) for restarting the economy and creating well-paying jobs for skilled workers, many of whom have had their positions outsourced to foreign lands.




17. Drowning Government In a Bathtub. We know that the HardRight conservatives who control Bush policy don't really care what kind of debt and deficits their policies cause; in some ways, the more the better, since as GOP honcho Grover Norquist has admitted, they want to shrink government "down to the size where we can drown it in the bathtub." They want to decimate and starve popular social programs from the New Deal/Great Society eras, including, most visibly, Head Start, Social Security, Medicare (and real drug coverage for seniors), student loans, welfare assistance, public education, etc. (The IRS is going to hire private tax collectors!) Bush's plan to privatize a huge chunk of the Social Security System is still on track, though Republicans are keeping quiet about it prior to the November elections.




18. Who Cares What You Drink or Breathe? We know that Bush environmental policy -- dealing with air and water pollution, mineral extraction, national parks, and so on -- is an unmitigated disaster, giving pretty much free rein to corporations whose bottom line does better when they don't have to pay attention to the public interest. It's the worst sort of grab-the-money-and-run scenario. Perhaps the best worst example of the Administration's attitude toward protecting the public's health can be seen in the EPA giving the green light for residents and workers to safely return to their homes and jobs in Lower Manhattan shortly after the Twin Towers fell five years ago, even though EPA scientists had determined that the air was grossly polluted and dangerous.




19. It's Greed for Money, Control, Power. We know from "insider" memoirs and reports by former Bush Administration officials -- Joseph DeIulio, Paul O'Neill, Richard Clarke, et al. -- that the public interest plays little role in the formulation of policy inside the Bush Administration. The motivating factors are mainly greed and ideological control and remaining in political power. Further, they say, there is little or no curiosity in this Administration to think outside the political box, or even to hear other opinions.




20. It's Faith Over Science, Myth Over Reality. We know that this attitude -- "my mind is made up, don't bother me with the facts" -- shows up most openly in how science is disregarded by the Bush Administration (good example: global warming) in favor of faith-based thinking. Some of this non-curiosity about reality may be based in fundamentalist religious, even Apocalyptic, beliefs. Much of Bush's bashing of science is designed as payback to his fundamentalist base, but the scary part is that a good share of the time he actually seems to believe what he's saying, about evolution vs. intelligent-design, stem-cell research, abstinence education, censoring the rewriting of government scientific reports that differ from the Bush party line, cutbacks in research&development grants for the National Science Foundation, etc., ad nauseum. This closed-mind attitude helps explain, on a deeper level, why things aren't working out in Iraq, or anywhere else for that matter.





AMERICA OR GERMANY IN THE '30s?


In sum, we know that permanent-war policy abroad and police-state tactics at home are taking us into a kind of American fascism domestically and an imperial foreign policy overseas. All aspects of the American polity are infected with the militarist Know-Nothingism emanating from the top, with governmental and vigilante-type crackdowns on protesters, dissent, free speech, freedom of assembly happening regularly on both the local and federal levels. More and more, America is resembling Germany in the early 1930s, group pitted against group while the central government amasses more and more power and control of its put-upon citizens, and criticizing The Leader's policies is denounced as unpatriotic or treasonous.


The good news is that after suffering through six-plus years of the CheneyBush presidency, the public's blinders are falling off. The fall from power of Tom DeLay is a good symbol of this, and the true nature of these men and their regime is finally starting to hit home. Cheney is acknowledged as the true power behind the throne, and Bush is seen for what he is: an insecure, uncurious, arrogant, dangerous, dry-drunk bully who is endangering U.S. national interests abroad with his reckless and incompetently-managed wars, his wrecking of the U.S. economy at home, and with his over-reaching in all areas.


If a Democratic president and vice president had behaved similarly to Bush and Cheney, they'd have been in the impeachment dock in a minute.




IF REPUBLICANS LOSE IN NOVEMBER


But there is no way for that to happen unless and until the Republicans lose control of one or both of the houses of Congress in the November election. If the Dems were to take over the House, for example, they would have subpoena power to compel witnesses to testify under oath for the first time in nearly seven years, which could lead to productive investigations of the machinations that sent the U.S. to war in Iraq, to what really happened on 9/11, to the other myriad scandals and embarrassments: torture, domestic spying, the punishment and outing of CIA agents for political ends, the Abramoff corruption network, etc., etc.


The Democrats are not politically pure, to be sure -- with too many beholden to the same interests that have corrupted the Republicans during the CheneyBush years -- but in enough instances that matter, they would be different enough to start to turn the ship of state away from its reckless, dangerous extremism and back more toward the center and maybe even, on some issues, in the direction of progressive liberalism.


That is why for the next two-plus months, we need to work our butts off to ensure a Republican defeat in the House, and, if we're lucky, in the Senate as well -- by a huge margin. We know that Rove and his minions will be doing everything to steal and manipulate this election. There will be more sleaze and slime and dirty tricks, and perhaps even some October "surprises," and we need to factor those in and work even harder, including sueing election officials who refuse to take steps for honest balloting and vote-counting. Landslide victories would make it more risky for Rove and his minions to try to fiddle with the vote totals.


Winning in November is our job, our moral duty. If we don't take them down in this midterm election, we may not have another good shot for a decade or more. It's crank-it-up time. Let's get to work.


Copyright 2006 by Bernard Weiner




911の共同謀議

紫霄閣(ししょうかく) http://www5f.biglobe.ne.jp/~shishoukaku/index.html


(9.11同時テロに寄せて)





 法学博士 
ジョージ・ラムボーン・ウェスト
 





■2001年9月11日



 それは2001年の9月11日だった。1機がWTCのタワーの一つに突進し

 たと報道しているアナウンサーは、これが攻撃とは知らず、事故と考えている

 ようだった。



 最初の攻撃(8時46分)からおよそ15分後、そして私がCNNに切り替え

 てから8分後にもう一つのタワーが激突され(9時3分)、前機同様に多くの

 罪なき乗客やハイジャッカーが殺された。この時までには多くの報道関係者が

 駆けつけ、カメラは進行中の出来事をしっかりとレンズに納めた。各局のベテ

 ランキャスター達が出揃い、今起こったことについて推測して論評を始めた。



 そんな中でCNNニュースチームはジュリアーニ・ニューヨーク市長を見つけ、

 死者はいか程かと問うた。市長は1万人以上と答えていた。最初のタワーが崩

 れ始め、市長とのインタヴューが終わって、二つ目のタワーが突撃された後

 5分ばかりしてイスラエルのシャロン首相にインタヴューが向けられた。



 濃紺の背広姿で現れたシャロン首相は、 



 「米国はビン・ラディンを逮捕するために、直ちにアフガニスタンに進入すべ

  きである。その後で、サダム・フセイン逮捕のためイラクに進入しなければ

  ならない」



 と2分ばかりカメラに話していた。



 私が見ていた中で、イラクに関して発言があったのはそれが最初だった。その

 ため、余計、テレビの報道に引きつけられた。



 私は「おや?」と思った。シャロンは会議に向かう途中であると伝えられたが、

 誰もが知っているように、イスラエルでは夏は半袖の気軽な服装で会議に出席

 するのが通例となっている。シャロンはどうして背広姿で現れたのだろうか。

 もっと正式な会議からの帰りだろうか、またはサダムフセインが後押しをした

 自爆テロによって殺されたイスラエル人の葬式のためだろうか、それとも、

 結婚式? いや、彼は、今日のテレビのインダヴューのために前もって用意し

 ていたのかも知れない。



 それからおよそ5分ばかり後、ヘンリー・キッシンジャーがニューヨーク市内

 のCNNテレビ局からインタビューを受けた。彼とのインタビューは10分足

 らずで終わったが、シャロンの言葉をそのままコピーした内容のものであった。



 それにしても、その朝、彼は、何故、WTC(世界貿易センター)にある自分

 のオフィスに出勤しなかったのだろうか。そのことを質問されなかったのは

 不思議であった。



 当日、時々中座することはあっても、私はテレビのニュースを一日中追ってい

 た。シャロン、キッシンジャーを除いては、イラクへの攻撃についても、また

 サダム・フセインやビン・ラディンとの関係についても、誰一人として触れた

 者はいなかった。



 9月11日から間もない頃、WTCで働いている7000人のユダヤ人があの

 攻撃の日に出勤しなかったと報じられた。この情報は風評の形で多少広がりは

 したが、限られた僅かのテレビ局からのものであったため、まもなくマスコミ

 から消えていった。これまた奇妙なことである。



 ジュリアーニ市長の死者1万人以上という予想数は、恐らくWTCで働いて

 いる全員の数で、それは、確実な死者実数2792人と、その日欠勤した

 7000人のユダヤ人を加えたものであろう。確認された死者よりずっと

 多い欠勤者が当日いたということである。


蛇足


シャロン(もう死んでいるだろう??)やキッシンジャーなどなぜ、そんなにすばやく対応する事ができたのだろう。世界的に広がるイルミナティのみなさんはチャンとわかっておられたのでしょうね・。




イスラエルに対する米国の支援

May 24, 2005



Remarks by Senator Hillary Rodham Clinton to the 2005 American Israel Public Affairs Committee Policy Conference


As Delivered


"Thank you. Thank you. Thank you very much. Thank you. Thank you, Lonny.


Welcome to Washington for this extraordinary AIPAC conference. I'm told that the attendance far surpasses any other conference, and it's always been one of the biggest gatherings that Washington hosts every year. So I congratulate you for being here in these numbers with this energy and enthusiasm.


I also thank my friend Bernice, who has served so well on behalf of AIPAC, and congratulate Howard Friedman, the incoming president. I thank Howard Kohr, your executive director; Amy Friedkin; and everyone who works so hard for AIPAC not just when there is a great gathering, like this conference, but every single day, working with us in the Congress working here in Washington.


I want to take just a few minutes to discuss some of the significant challenges facing the United States, Israel and our world today. As you know better than most, events in the Middle East are absolutely critical to our hope for a safer, more secure world, a world in which every nation is free from the threat of global terrorism. And a strong, lasting relationship between the United States and Israel is essential to our efforts to build that world of peace and security.


As all of us know, our future here in this country is intertwined with the future of Israel and the Middle East. Now there is a lot that we could talk about, and obviously much has been discussed. But in the short period that I have been given the honor of addressing you, I want to start by focusing on our deep and lasting bond between the United States and Israel.


Now, these are bonds that are more than shared interests. These are bonds forged in a common struggle for human rights, for democracy, for freedom. These are bonds that predate the creation of the state of Israel, that really predate the creation of the United States because they are rooted in fundamental beliefs and values about the dignity and rights of men and women to live in freedom, free from fear, free from oppression. And there is no doubt that these incredibly strong bonds and values will remain as the lodestar of our relationship with our democratic friend and ally, Israel.


Now, Israel is not only, however, a friend and ally for us, it is a beacon of what democracy can and should mean. It is, after all, a pluralistic democracy. It is, as many of us know from personal experiences, a very dynamic democracy with many points of view, and those are expressed with great frequency and vigor. So if people in the Middle East are not sure what democracy means, let them look to Israel, which has been and remains a true, faithful democracy.


But we know that the goal, the important, essential goal of a democratizing Middle East is complex, and it is not without risks. A few months ago, I went for the second time to Iraq and Kuwait and Afghanistan and Pakistan, and I returned home with hopefulness about what I had seen and learned, but also with a sense of caution about how we should proceed. In Iraq I saw firsthand the daily challenges confronting the Iraqi people. I met with a number of our troops, the brave young men and women who are on freedom's frontlines in Iraq. I met with our civilian representatives in the embassy and other agencies who are also risking their lives to help the Iraqi people.


And I met with representatives of the former interim Iraqi government and the newly elected Iraqi government, as well as private Iraqi citizens.


Now I came away with several overwhelming impressions. First, no matter what one thinks about events that have unfolded in Iraq, there is no doubt that the American military has performed admirably, with professionalism, and that every young man and woman who wears the uniform of our country deserves our support, whether they be active duty, guard, or reserve troop.


You know, it is on trips like that -- despite the often dangerous circumstances, I wish I could bring every one of my constituents -- all 19 million of them and any others who could come -- to see firsthand. I flew from Baghdad to Fallujah in a Blackhawk helicopter; met with the Marines who had liberated Fallujah from the insurgents and terrorists.


I met with many others of our Marines and soldiers who are committed to their mission to try to bring freedom to the people of Iraq. They, as well as the troops I saw in Kuwait and in Afghanistan, are committed to this fundamental belief that people deserve the right to be free, deserve the right to select their own government, deserve the right to plot and plan for a better future for themselves and their children.


I hope that each of you, as you travel through your states and communities, will make it a point to thank these young people, because they're paying a very high price: 1,600-plus lost their lives; thousands and thousands have returned home grievously injured. Because of the advances in battlefield medicine and the new body armor that our troops wear, many are surviving injuries that would have left previous generations of young men and women dead.


So there is no doubt that America has started down a path, with blood and treasure, to try to create the condition for democracy and freedom in the Middle East -- which has consequences for the entire region, for our security, and certainly for Israel's.


At this critical time in this complicated situation we find ourselves in, I think it's important to recognize the extraordinary stand that Prime Minister Sharon and the democratically elected government of Israel have taken as they face the risks and challenges of disengagement and as they try to deal with the newly elected Palestinian leadership.


The prime minister -- whom I am pleased to note will follow me to this stage -- and the state of Israel that he has devoted his entire life to serving are taking a tremendous risk.


I believe it is our obligation as friends and supporters and allies of Israel to support Israel's efforts for peace, stability and security. Now, this means doing more than providing Israel with economic aid so that it can remain strong in the face of ongoing threats. We must also demand that President Abbas dismantle the structures of terror that the Palestinian leadership has employed for so long.


You know, in a democracy, even a fledgling democracy, leaders must be held accountable. And President Abbas must be held accountable for the actions taking place under his leadership. I know that you are asking your senators and representatives to sign on to a letter to President Bush about this, and I'm proud to support these efforts because there can be no doubt that as Israel and its democratic government take these steps and we support them, there has to be reciprocity on the other side as well.


And making progress toward peace and security also requires the end of the barrage of hate and incitement that is still officially sanctioned by the Palestinian Authority. Now, I was relieved to learn this week that the Palestinian Authority removed the Protocols of the Elders of Zion from its website. Reportedly, it had been included on the website under the heading "history of Zionism," but what was it doing there in the first place even though we are relieved that it is no longer there?


We must continue to be vigilant about monitoring hate and incitement and anti-Semitism, not only by the Palestinian Authority but throughout the Arab world. Saudi textbooks characterize Jews as wicked. Iranian news reports, obviously representing the opinion of their government, have lent credence to Holocaust deniers. This is an issue that all of us need to be concerned about.


And five years ago, I stood with my friend, Elie Wiesel, to denounce this incitement, this violence, this anti-Semitism in Palestinian textbooks. And I've been working on this issue because to me it is one of those basic issues that -- how do we expect to have a democratically elected Palestinian government if their textbooks are still preaching such hatred, and if we allow this if we allow this dehumanizing rhetoric to go unchallenged. Because what is happening is young minds are being infected with this anti-Semitism, and that is going to run counter to what we hope can happen over the next years as we do work for peace and stability.


So we must continue to shine a bright spotlight on these messages of hatred and these enticements for martyrdom in these textbooks and on the media that take young minds and twist and pervert them and create a new generation of terrorists and insurgents.


About a year and a half ago, I held a hearing with Senator Specter on the Palestinian media, and I confronted the Palestinian Authority representative about this issue, whom we had invited to come and address the Senate committee. I urged him to acknowledge that when it comes to children, whoever those children are, shielding them from hate and violence should be the number one priority of their families and their governments and the entire global community to prevent this hatred from festering.


Using children as pawns in a political process is tantamount to child abuse, and we must say it has to end now!


And, of course, that infection is contagious, and it can spread beyond the Palestinian territories. It can spread into other parts of the Arab world, and it can impact what goes on there.


And of course, one of the areas I am deeply concerned about is Iran, and its pursuit of nuclear weapons, because a nuclear-armed Iran would shake the foundation of global security to its very core. Israel would be most immediately and profoundly threatened by this development, but Israel would not be alone. Knowing of Iran's historic and present ties to terrorist networks, how would we feel, here in America, if the Iranians could start producing nuclear weapons at will? How would the Europeans feel if Iran could start nuclear weapons at will?


So let us be unequivocally clear. A nuclear-armed Iran is unacceptable, but it is not just unacceptable to Israel and to the United States. It must be unacceptable to the entire world, starting with the European governments and people.


I know that during your conference and in the lobbying that you will be doing on Capitol Hill, you're trying to draw attention to the threat that is posed by a nuclear Iran. And I commend you for these efforts; this is one of our most serious security and foreign policy priorities. And we need to make working with our allies to prevent an Iranian nuclear weapon a top priority.


Now one of the terrorist groups that Iran supports is Hezbollah. And we know that Hezbollah poses a direct and dire risk to the stability of the Middle East. Syria's withdrawal from Lebanon -- which is very good news for the Lebanese people -- also creates an opportunity for Hezbollah to wreak havoc.


So we need to remain vigilant about the terrorist threat and work to stop the flow of support to Hezbollah from Syria and Iran. And we need to convince our European allies of Hezbollah's threat to order in the region and to the civilized world, and convince them to designate Hezbollah as a terrorist organization.


And the Europeans must do more to cut off the funding and the fund-raising that goes on in Europe for Hezbollah, Hamas, and Islamic Jihad as soon as possible.


Now, there are many other important and pressing issues that must be on our agenda, but I know that as you travel to the Hill to meet with your representatives and senators, you will be presenting a very thoughtful and compelling analysis of these and other challenges we face. I thank you for not only being willing to stand up for our values and our relationship with Israel, but also to take your responsibilities as citizens seriously, to lobby and to advocate, to persuade and to dissuade, to discuss these critical issues with all who will listen.


We are living at an extraordinary moment in history. There are some days when I am very optimistic, and there are other days, I have to confess, when I'm pessimistic. I guess that just goes with the territory. But what I am absolutely convinced of is that our common values, values shared and exemplified by our country and by Israel, are the right values, the values that everyone should have an opportunity to be exposed to and to understand and, hopefully, to emulate.


There is no other option in the world that, as Tom Friedman said, has been flattened. We can communicate with each other, we can be transported over long distances quickly, we can follow events in other places far away. And therefore, we need to recognize that our struggle, our ongoing struggle for freedom and democracy is the only way that we can ensure that in this shrinking, flattened world, our children will have a chance for peace and security.


We cannot shrink from the duty that this time has imposed upon us. We can have great -- and we should -- great debates and discussions about what are the best ways to proceed and to pursue these common objectives. We need that. We need that debate and discussion because we are in uncharted territory. No one has all the answers, and we need the combined intelligence and good ideas of as many people as possible.


So what you are doing today is not only on behalf of AIPAC, not only on behalf of Israel, not only on behalf of the strong and enduring relationship between the United States and Israel; it is truly on behalf of the kind of world we want for our children and, for those lucky enough, grandchildren.


And we cannot grow weary. This is a long, arduous path. Israel, Israelis, the American Jewish community and the broader diaspora know about this struggle and this path better than most.


So if we resolve not to grow weary, but to pursue these values together, I am ultimately not only optimistic, but confident that the world will see a better and brighter day, and our children will thank us for making it possible.


Thank you all very much. God bless you."


2005年5月24日

2005年の米国イスラエル公共問題委員会方針会議へのヒラリー・ロダム・クリントン上院議員による意見

「ありがとう。」

ありがとう。

どうもありがとう。

ありがとう。

ありがとう、ロニー。

この並みはずれたAIPAC会議のためにワシントンへようこそ。

私は、出席が遠くどのような他の会議でもしのいでいると言われて、ワシントンが毎年主催するのはいつも最も大きな集まりの1つであった。

従って、私はこのエネルギーと熱狂によってこれらの数においてここにいるためにあなたを祝う。

私はまた、AIPACのためにそんなによく勤務していた私の友人Berniceに感謝し、ハワード・フリードマン、新しい大統領を祝う。

私はハワード・コール、あなたの常勤役員の仕事に感謝する;

エイミー フリードキン;

そして、まさにそこの時にAIPACのためにそんなに熱心に働かない誰もが、ワシントンでここで働いている議会で私達とともに働いて、すべての日を除いてこの会議のような大きな集まりである。

私は、今日米国、イスラエル、および私達の世界に直面している重要な挑戦のいくつかを議論するためにほんの数議事録を取りたい。

あなたが最も多くよりよく知っているように、中東のイベントは、より安全で、より安全な世界、すべての国家がグローバルなテロの脅威がない世界のための私達の希望に完全に重大である。

そして、米国とイスラエルの間の強く、続いている関係は、平和とセキュリティのその世界を築く私達の努力に必須である。

私達のすべてが知っているように、この国のここの私達の将来はイスラエルと中東の未来とからみ合わせられる。

さて、私達が話すことができたたくさんがあり、明らかに、多くは議論されている。

しかし、私があなたにアドレスしている名誉を与えられている短期に、私は、米国とイスラエルの間で私達の深く、続いている束縛に集中することによって出発したい。

さて、これらは、共有された興味より多くである債券である。

これらは人権への、民主主義のための、自由のための共通の苦闘において鍛造された束縛である。

これらは、イスラエルの状態の作成に先行していて、本当に、それらが、恐怖なしで、抑圧なしに自由の中で生きる男性と女性の威厳と権利について根本的な信念と価値において定着するので、米国の作成に先行している束縛である。

そして、これらの信じられないほど強い束縛と価値が私達の民主主義の友人と同盟国、ユダヤ人との私達の関係の道しるべの星として残るであろうということにちがいない。

さて、ユダヤ人は私達のためにしかしただの友人と味方ではなく、それは、民主主義が意味することができて、べきであるものの指針である。

それは結局複数性の民主主義国である。

それは、私達の多くが個人的な経験から知っているので、多くの観点を持つ非常に動的な民主主義国であり、それらは高い頻度と活力によって表現される。

従って、中東の人々が、民主主義が何を言おうとしているかを確信していないならば、彼らをイスラエルに目を向けさせなさい(それはそうであり、真の、忠実な民主主義国であり続ける)。

しかし、私達は、ゴール、民主化する中東の重要で、必須のゴールが複雑であると知っていて、それはリスクがないわけではない。

数ヶ月前、私は2度目にイラクとクウェートとアフガニスタンとパキスタンに行き、どのように私達が進むべきであるかについて、私が見て、学んだものについての希望によってであるが警戒感によっても、私は帰宅した。

イラクで、私は直接に毎日の挑戦がイラクの人々に立ち向かうのを見た。

私は、多くの我々の軍、イラクの自由の最前線の上にいる勇敢な若者、および女性と出会った。

私は、イラクの人々を助けるためにまた彼らの人生を賭けている大使館と他のエージェンシーの私達の民間の担当者と出会った。

そして、私はイラクの民間人と同様に前の暫定的なイラクの政府と新しく選挙で選ばれたイラクの政府の代表と出会った。

さて、私はいくつかの圧倒的な印象とともに離れた。

たとえ何のものが、イラクで展開したイベントについて考えても、 1番目 プロフェッショナリズム、およびすべての若い人、および私達の国のユニフォームを着ている女性が私達のサポートに値していることによってアメリカの軍人が見事に働いたこと かどうかにかかわらず それらであるアクティブな義務、ガード、または準備軍 の疑念が全然ない。

ほら、それは、来ることができたそれらとすべての他の、その--しばしば危険な状況にもかかわらず、私は、私が私の構成要素のすべての人を連れて来ることができたらと思う--すべての1900万のような旅行にある--直接に見るには。

私はバグダッドからBlackhawkヘリコプターの中のFallujahに飛んで行った;

Fallujahを反乱者とテロリストから解放した海兵隊員に合う。

私は、自由をイラクの人々に持って来ようとすることを彼らの任務に約束する私達の海兵隊員と兵士の多くの他と出会った。

私がクウェートで、そしてアフガニスタンで見た軍だけでなくそれらは、人々が、自由な権利に値していて、彼ら自身の政府を選ぶ権利に値していて、図る権利に値していて、自身と彼らの子供のためによりよい未来の計画を立てるというこの根本的な確信を約束する。

私は、彼らが非常に高価を支払っているので、あなたたちのそれぞれが、あなたがあなたの州とコミュニティを通るので、これらの若者に感謝することをポイントにするであろうということを望む:

1,600プラスが命を失った;

1000と数千は、傷つけられてひどく帰宅した。

戦場医学と我々の軍が着ている新しい防護衣における進歩のため、多くは、若者と女性の前の世代を死ぬままにしておいたであろう損傷に耐えている。

従って、中東でアメリカが、パスの下に血と宝物によって、民主主義のために条件を引き起こそうとし始めたことにちがいと自由ない--地域全体のために、私達のセキュリティのために、そして確かにイスラエルののために結果を持っている。

私達が居るこの複雑な状況におけるこの重大な時間に、私は、それらが解放のリスクと挑戦に直面している時と彼らが、新しく選ばれたパレスチナの指導者とやりとりしようとする時に、シャロン総理大臣とイスラエルの民主的に選挙で選ばれた政府が取った並みはずれたスタンドを認めることが重要であると思う。

彼が彼のすべての人生で人前に捧げたイスラエルの総理大臣--私が、誰に注目することに満足であるかはこの段階に私について来るであろう--と状態はすさまじい危険を冒している。

私は、それが、平和、安定性、およびセキュリティのためにイスラエルの努力をサポートするイスラエルの友人とサポーターと同盟国としての私達の義務であると信じる。

さて、それが進行中の脅威の面前に強くあり続けることができるように、これは、イスラエルに経済援助を提供するよりもっとするのを意味している。

私達は、また、アッバス大統領が、パレスチナのリーダーシップがそう長い間使用した恐怖を構造から取り除くことを要求しなければならない。

ほら、民主主義国、未熟な民主主義国の中で、リーダーは責任があることと考えられていなければならない。

そして、アッバス大統領は彼のリーダーシップの下で起こっている行動について責任があることと考えられていなければならない。

そして、平和とセキュリティへの作る進歩はまた、憎悪のダムとまだ、パレスチナ自治政府によって公式に是認される刺激の終わりを必要としている。

さて、私は、パレスチナ自治政府がシオンの年長者のプロトコルをそのウェブサイトから取り除いたことを今週知るために救われた。

伝えられるところでは、それは先導「シオニズムの歴史」下にウェブサイト上に含まれたけれども、私達が、それがもうそこにないことに安心しても、それはまず第一にそこで何をしていたか?

私達は、パレスチナ自治政府によるだけでなくアラブ世界じゅうの憎悪と刺激と反ユダヤ主義を監視することについて用心深くあり続けなければならない。

サウジアラビアの教科書はユダヤ人を悪いと見なす。

イランのニュースレポートは、明らかにそれらの政府の意見を表していて、ホロコースト否認者に対して信憑性を増した。

これは、私達のすべてが、心配している必要がある問題である。

そして、5年前、この刺激(パレスチナの教科書の中のこの暴力、この反ユダヤ主義)を弾劾するために、私は私の友人、エリー・ウィーゼルと立った。

そして、私に、それが、基本的なそれらの1つがそれを出すことであるので、私はこの問題について取り組んでいた--それらの教科書がまだそのような憎悪を説いているならば、そして私達がこの人間性を失わせる修辞学に、挑戦されなくなることを許すならば、私達がこれを許すならば、どのように私達は、民主的に選挙で選ばれたパレスチナの政府を持つことを予定しているか。

起こっていることが若いので、精神はこの反ユダヤ主義に感染していて、それは、私達が、私達が平和と安定性のために働く時に、次の年の間に起こりうることを望むことに反しようとしている。

従って、私達は、憎悪のこれらのメッセージとこれらの教科書の中の殉教のためのこれらの誘惑の上と若い精神を取り、彼らをねじり、ゆがめて、新世代のテロリストと反乱者を引き起こすメディアの上の明るいスポットライトを照らし続けなければならない。

約1年半前、私はパレスチナのメディアの上でスペクター上院議員とヒアリングを実施し、私は、私達が、来て、上院委員会にアドレスするように請うたこの問題について代表しているパレスチナ自治政府に立ち向かった。

私は、たとえ、それらの子供が誰であっても、それが子供に来る時に、憎悪と暴力から彼らを保護することが、彼らの家族と彼らの政府のナンバー・ワン・プライオリティとこの憎悪がただれることを防止するグローバルなコミュニティ全体であるべきであると認めることを彼に勧めた。

政治的なプロセスにおいて質入れとしての子供を使うことは幼児虐待に等しく、私達は、それが、現在終わる必要があると言わなければならない!

そして、もちろん、その伝染は伝染性で、それはパレスチナの領域を越えて広がることができる。

それはアラブ世界の他の部分に広がることができて、それは、そこに進むものに衝突することができる。

そして、もちろん、核を装備したイランがそのまさしくそのコアにグローバルなセキュリティの土台を揺るがすであろうので、私が深く心配しているエリアの1つはイランと核兵器のその追跡である。

イスラエルは直ちに、深くこの開発によって最も脅かされているであろうけれども、イスラエルは一人でないであろう。

テロリストネットワークへのイランの歴史的で、現在のつながりを知って、イラン人が思いのままに核兵器を生産し始めることができたならば、どのように私達は、アメリカのここで感じるであろうか?

イランが思いのままに核兵器を始動させることができたならば、どのようにヨーロッパ人は感じるであろうか?

従って、私達に明白にクリアであらせなさい。

核を装備したイランは受け入れ不可能であるけれども、それはまさにイスラエルに、そして米国に受け入れ不可能でない。

それは、ヨーロッパの各国政府と人々で始まって全世界に受け入れ不可能にちがいない。

私は、あなたの会議の間に、そしてあなたが米国連邦議会の上でしているであろう陳情において、あなたが、核のイランによって提出される脅威に注意を集めようとしていると知っている。

そして、私はこれらの努力に関してあなたを賞賛する;

これは私達の最も重大なセキュリティと外交方針優先事項のそれである。

そして、私達は、イランの核兵器を防止する私達の同盟者とともに働きをトッププライオリティにする必要がある。

さて、イランがサポートするテロリストグループの1つはヒズボラである。

そして、私達は、ヒズボラが中東の安定性への直接的で、恐ろしいリスクを提出すると知っている。

レバノン--レバノンの人々にとっての非常によいニュースである--からのシリアの撤退はまた、ヒズボラが大破壊をもたらすように機会を生み出す。

従って、私達は、テロリストの脅迫について用心深くあり続ける必要があり、シリアとイランからヒズボラへのサポートの流れを止めるために働く。

そして、私達は、地域の注文への、そして文明世界へのヒズボラの脅威を私達のヨーロッパ同盟者に納得させて、ヒズボラをテロ集団に指名することを彼らに納得させる必要がある。

そして、ヨーロッパ人は、できるだけ早くヒズボラ、ハマス、およびイスラム聖戦のためにヨーロッパで続く出資と資金集めを切り離すためにもっとしなければならない。

さて、私達の課題になければならない多くの他の重要で、切迫した問題があるけれども、私は、あなたの担当者と上院議員と出会うために、あなたが議会に旅行する時に、あなたが、これらの非常に思慮深く、注目せずにはいられない分析と私達が直面している他の挑戦を見せているであろうと知っている。

私達の価値とイスラエルとの私達の関係を快く守ることだけでなく運動をするためと主張するため、説得するため、およびこれらの重要問題を、聞くであろうすべてと議論するために説得するために重大に市民としてあなたの責任を取るためもに対して、私はあなたに感謝する。

私達は歴史における並みはずれた瞬間に住む。

私が非常に楽観的ないくつかの日があり、他の日があり、私が悲観している時に、私は、白状する必要がある。

私は、それがただ領域と一緒に行くのを推察する。

しかし、私が完全に確信することは、私達の共通の価値(私達の国によって、そしてイスラエルによって共有されて、例証された価値)が、右の価値、誰もが、さらされて、理解する機会を持つべきであり、希望的なエミュレートする価値であることである。

トム・フリードマンが言ったので、ならされている世界に、他の選択の余地が全然ない。

私達は互いと通信することができて、私達は迅速に長距離の間に輸送されることができて、私達はずっと離れて他の場所でイベントに続くことができる。

および、私達は、私達の苦闘、自由への私達の進行中の苦闘、および民主主義が、私達が、この縮小し、ならされた世界で、私達の子供にチャンスが平和とセキュリティのためにあるであろうと保証することができる唯一の方法であると認める必要がある。

私達は、今回が私達に課した義務にひるむことができない。

私達は、偉大な--および、私達はするべきである--偉大な討論と、進み、これらの共通の目的を追跡する最もよい方法であるものについて話し合うことができる。

私達はそれが必要である。

私達が未知の領域にいるので、私達はその討論と議論が必要である。

誰もすべての答えを持っていなく、私達は可能な限り多くの人々の結合された知能とよいアイデアが必要である。

あなたが今日そう何をしているかはAIPACのため、イスラエルのためにだけではなく米国とイスラエルの間の強く、持ちこたえる関係のためにではない;

それは本当に、私達が私達の子供と十分にラッキーなそれらのための孫のために望んでいる種類の世界のためである。

そして、私達は疲労することができない。

これは長く、困難なパスである。

イスラエル、イスラエル人、アメリカユダヤ人のコミュニティ、およびより広い離散は最も多くよりよくこの苦闘とこのパスを知っている。

従って、私達が、疲労しないけれども一緒にこれらの価値を追跡すると決めるならば、私は、最終的に楽観的なだけでなく世界がよりよく、より明るい日を見るであろうということを確信していて、私達の子供は、それを可能にすることに対して私達に感謝するであろう。

どうもすべてのありがとう。

「神はあなたを祝福する」。


Kidman condemns Hamas, HezbollahFrom correspondents in Los Angeles


August 17, 2006 08:51am

Article from: AAPFont size: + -

Send this article: Print Email

NICOLE Kidman has made a public stand against terrorism.


The actress, joined by 84 other high-profile Hollywood stars, directors, studio bosses and media moguls, has taken out a powerfully-worded full page advertisement in today's Los Angeles Times newspaper.


It specifically targets "terrorist organisations" such as Hezbollah in Lebanon and Hamas in Palestine.


"We the undersigned are pained and devastated by the civilian casualties in Israel and Lebanon caused by terrorist actions initiated by terrorist organisations such as Hezbollah and Hamas," the ad reads.


"If we do not succeed in stopping terrorism around the world, chaos will rule and innocent people will continue to die.


"We need to support democratic societies and stop terrorism at all costs."


A who's who of Hollywood heavyweights joined Kidman on the ad.


The actors listed included: Michael Douglas, Dennis Hopper, Sylvester Stallone, Bruce Willis, Danny De Vito, Don Johnson, James Woods, Kelly Preston, Patricia Heaton and William Hurt.


Directors Ridley Scott, Tony Scott, Michael Mann, Dick Donner and Sam Raimi also signed their names.


Other Hollywood powerplayers supporting the ad included Sumner Redstone, the chairman and majority owner of Paramount Pictures, and billionaire mogul, Haim Saban.


キッドマンはロサンゼルスでハマス、ヒズボラを非難する。

2006年8月17日08:51am

次からの記事:

ニコール・キッドマンは大衆をテロに反対させた。

84人の他の目立つハリウッドスター、ディレクター、スタジオボス、およびマスメディアの権力者が参加した女優は今日のロサンジェルス・タイムズ新聞の中で強力に言い表されたページ全体広告を取り出した。

それは特にパレスチナでレバノンとハマスのヒズボラなどの「テロリスト組織」を目標とする。

「下に署名する者が、苦痛を与えたことであり、ヒズボラとハマスなどのテロリスト組織によって開始されたテロリストの行動によって起こされたイスラエルとレバノンの民間人の犠牲者によって打ちのめされる私達」と広告は書いてある。

「私達が、世界中でテロを止めることに成功しないならば、カオスは支配するであろうし、無実の人々は、死に続けるであろう」。

「私達は、民主的社会をサポートし、ぜひともテロを止める必要がある」。

ハリウッド平均体重以上の人の紳士録は広告の上でキッドマンに参加した。

リストされた俳優は以下を含んだ:

マイケル・ダグラス、デニス・ホッパー、シルヴェスター・スタローン、ブルース・ウィリス、ダニーDeビトー、ドン・ジョンソン、ジェームズ・ウッズ、ケリー・プレストン、パトリシア・ヒートン、およびウィリアム・ハート。

リドリー・スコット・ディレクター、トニー・スコット、マイケル・マン、ディック・ドナー、およびサム・ライミは署名した。

広告をサポートしている他のハリウッドpowerplayersはサムナーレッドストン、パラマウント・ピクチャーズの会長と大多数のオーナー、および億万長者モーグル、ハイム・サバンを含んだ。


蛇足


もともとは、レバノン領内でスパイ活動をしていたイスラエル兵がヒズボラに捕まった事から始まった・・。ダブルスタンダードの米国やイスラエル政府ですが、それを民主党や共和党ともども支援をしている。当然、米国マスコミ各界はイスラエル側である。民主主義国などと、人道の欠片もないようなイルミナティ寡占独裁政権のいう事ですから、茶番としか言いようが無い・。

イルミナティ(啓蒙主義者)とCRF

イルミナティ(啓蒙主義者)とCRFo




(マイロン・フェーガンによって)

「どのようにして、そしてなぜ国連の問題は、米国の主権を破壊する偉大な共謀の要所であり、国連唯一世界独裁権の中アメリカ人の奴隷化はアメリカ人の大部分への完全で、未知のミステリーである」。私達の国への、そして自由世界全体への恐ろしい危険のこの無意識さの理由は簡単である。この大きな謀議の後ろの指導者は私達のマス通信媒体(特にテレビ、ラジオ、プレス、およびハリウッド)のすべての絶対のコントロールを持っている。私達すべては、私達の国務省、国防総省、およびホワイトハウスが、彼らが、真実ではなく彼らが私達に、信じてほしいものを私達に話すためにニュースを管理する権利とパワーを持っていると厚かましくも宣言したと知っている。彼らは大きな謀議のそれらのマスタからの注文上のそのパワーをつかみ、目的は、米国を国連の1世界政府の奴隷にされたユニットに変えるために、にせの平和餌を受け入れる中に人々を洗脳することである。「まず第一に、私達の息子の150,000人が殺されて、不具にされた米国によって戦われた韓国でのいわゆる国連治安活動がプロットの一部であったことを心に留めておきなさい;」ちょうど、私達の息子が危篤なベトナムの議会戦争によって申告していないものがプロットの一部であるように;ちょうど、私達の息子が危篤であろうローデシアと南アフリカに対するプロットが国連プロットの一部であるように。

しかし、すべてのアメリカ人、すべてのあなた(韓国で死に、今、ベトナムで死んで、知ることが、私達の国家と私達の憲法を守るために、私達が選んだワシントンの私達のいわゆるリーダーがその裏切り者であることである少年の母)、および彼らの後ろのそれのためのきわめて重要な物は、唯一の目的が、人間性の全世界を彼らの1世界政府の悪魔のプロットの中にとりこにすることである人のかなり小集団である。

「さて、あなたにこの悪魔のプロットの非常にクリアな写真を与えるために、私は、その最初にさかのぼり、18世紀の半ばに後ろで澄み、そのプロットを実行に移し、それからあなたをプレゼントまで連れて来る人を名付ける - そのプロットの今日のステータス」。さあ、さらなる知能(FBIによって使われた用語)の問題として、私に、表現「彼は自由主義者である」の意味を明確化させなさい。

敵は、ひとつの世界共謀者を意味していて、彼らの活動のために隠蔽としてその言葉「寛大である」を捕えた。そんなに無実で、寛大なためのそう人道主義のように、それは聞こえる。

ああ、自身を自由主義者と呼ぶか、自由主義者と評される人が、真実において、「赤い」ではないことを確かめなさい。「さて、その時、それが最初に名前の下で生まれた時に、この悪魔のプロットは1760年代後半でスタートされた」イルミナティ(啓蒙主義者)"。この啓蒙主義者は、カトリック教に転向し、カトリック聖職者になり、それからロスチャイルドのその時の新しく組織された家の命令で、離脱し、啓蒙主義者を組織化したユダヤ人として誕生した1人のアダム・ワイスハウプトによって組織化された。

当然、ロスチャイルド家はそれ以来その操作とすべての戦争に資金提供した;フランス革命から始める;様々な名前と外観の下で働いている啓蒙主義者によって促進されている。啓蒙主義者が露出し、有名になった後に、ワイスハウプトと彼の共謀共犯が、様々な他の名前の下で働きはじめたので、私は様々な名前と外観の下で言う。

第一次世界大戦のすぐ後の米国で、一般的にCFRと称されて、彼らはいわゆる「外交問題評議会」を設定し、このCFRは実際米国とそのヒエラルキーで啓蒙主義者である。

オリジナルの啓蒙主義者共謀者のコントロールの指導者が外国人であったけれども、その事実を秘密にし、それらのほとんどが、それらのオリジナルの姓を、アメリカで通用している名前に変更したために。例えば、ディロン、クラレンス、およびダグラス・ディロン(米財務省部門の1人の秘書)の真実の名前はラポスキーである。私は後ですべてをこれに戻る。「英国国際問題研究所という名で動作しているイギリスに啓蒙主義者の同様な施設がある」。フランス、ドイツ、および様々な国家の仕事のすべてのフェーズに浸透するCFR、継続的に設定されたたくさんの子会社、または前の組織を含めて、違う名前とすべてのこれらの組織の下で動作している他の国家の同様な秘密の啓蒙主義者組織がある。(実際王室の国際問題研究所)

しかし、いつも、これらの組織の活動はそうであり、国際主義者銀行家によって巧みに操られて、コントロールされて、彼らは次々と、ロスチャイルド家によってコントロールされる。(このコントロールにおける主要なエージェントの1人は法律家国際協会を通じて、それはアメリカ弁護士協会などの分派がある。)(国連を押して、現在広いほとんどすべての国家世界に弁護士協会があることに注意することは重要である。)「ロスチャイルド家の1つの分家がナポレオンに資金提供した;」ロスチャイルド家の別の枝はナポレオンのような戦争において英国、ドイツ、および他の国家に資金提供した。しかし、ロシアの皇帝はプロットの悪臭をつかみ、完全に、それを雷撃した。

怒るネイサン ロスチャイルドは、そして王朝のトップで、いつか、彼または彼の子孫が皇帝と全員、彼の家族を破滅させるであろうし、彼の子孫が1917年にまさしくその脅威を遂行したことを誓った。この時点で、啓蒙主義者が、射程の短い基礎に作用するために設定されなかったことを心に留めておきなさい。普通、彼自身の生涯の間に彼の目的を達成する予想によって、どのようなタイプの共謀者でも共謀に着手する。

しかし、それは啓蒙主義者とのケースではなかった。常に、彼らは、それらの生涯の間にそれらの目的を遂行することを望んだけれども、「ショーは続かなければならない」を言い替えて、啓蒙主義者はまさしくその長期の基礎に作用する。それが多数の年または世紀さえかかるであろうかどうかにかかわらず、彼らが、共謀が達成されることを望むまで、彼らは、ポットを沸騰させ続けるためにそれらの子孫を献呈した。

「さあ、啓蒙主義者の誕生に帰ろう」。luciferian共謀を抱擁するために、彼がキリスト教を離脱した時に、Engelstock大学で教えて、アダム・ワイスハウプトは教会法のイエズス会士で訓練された教授であった。

悪魔の専制。ワイスハウプトは5月1日の彼の仕事、1776年に完遂した。さて、あなたは、このまさしくその日(国法曹協会によって宣言されるように、5月1日はまた「支払い期日」である)に、なぜ5月1日がすべての共産主義の国家との大きな日であるかを知っている。(5月1日[バール/Bealtaine]のお祝いはこれより歴史にずっとさらに帰り、日は古代の理由に摘んでやられた。それは異教主義を通じて来る;バール礼拝およびサタンの礼拝のまわりを回転する。)それは、5月1日、1776年の、そのワイスハウプトが彼の計画を完成し、公式に、計画を実行に入れるために、啓蒙主義者を組織化した日であった。その計画は破壊をすべての既存の政府と宗派に要求した。

その目的は、彼、ワイスハウプトが名付けた群衆を分割することが達することであった:これまで政治的で、社会的で、経済的に、および他の問題についての数を増大させることにおいて、「ゴイズム」[ナショナリズム]または反対する中への人の牛はキャンプする - 私達が今日私達の国に持っているまさしくその条件。

反対側はその時、武装することになっていて、出来事は提供した(それが、彼らを、自身と戦い、弱めて、徐々に政府と宗教の組織を破壊させるであろう)。

再び、私は言い、まさしくそのものは今日世界で調節する。「そして、この時点で、私に啓蒙主義者計画の主要な機能を強調させなさい」。世界コントロール(シオンの年長者のプロトコル)のためのそれらの青写真が発見されて、露光されるならばその時に、彼らは、自身から疑惑を転換するために地球の表面からすべてユダヤ人を拭い取るであろう。あなたが、これが遠く取って来られると思うならば、600,000人のユダヤ人を火葬にするために、彼らが、ヒトラー、堕落したケネディ、Warburgsによって資金提供された寛大な社会主義者自身、およびロスチャイルド家を許したことを心に留めておきなさい。「さて、まさになぜ共謀者は言葉を選んだか:」それらの悪魔の組織のための「啓蒙主義者」?ワイスハウプト自身は、語が明けの明星から派生し、意味していると言った:「ライトのホルダー」。

彼の目的が、情報収集を持つそれらが世界を管理し、未来にすべての戦争を防止することを可能にするために1世界政府を引き起こすことであった、という嘘を使う。

要するに言葉を使う:彼の餌としての、正確に次とその同じ餌としての「地球の上の平和」:「平和」は、国連を私達に押し付けるために1945年の共謀者によって使われて、ワイスハウプトは資金調達し、私は繰り返し、ロスチャイルド家によって、約2,000人の支払われた追従者を募集した。これらは最も聡明な人を文芸、教育、科学、財政、および産業のフィールドに含めていた。それから、彼は雄大な東洋のロッジを設立した;再びそれらの秘密の本部と私的であるフリーメーソンの支部は繰り返すと、彼が行動していたこれのすべてにおけるそれはロスチャイルドの家から命じる。ワイスハウプト作戦計画の主要な機能は、それらが目的を果たすことを手助けするために以下の事をすることを彼の啓蒙主義者に要求した:- すでに高い場所にいる人のコントロールをすべての政府の様々なレベルと努力の他のフィールドにおいて得るために、貨幣と性の賄賂を使いなさい。かつて有力であった人は、嘘(彼らが、束縛状態において自身と彼らの家族の愛されているメンバーへの恐喝、破産の脅威、公的な露出、および会計の害、死さえ政治的で、他のフォームのアプリケーションによって押さえられることになっていた啓蒙主義者のたくらみと誘惑にだまされた。あなたは、ワシントンの私達の現在の政府の中の何人の現在の高官が、まさにそんなふうにCFRによってコントロールされるかを理解するか?あなたは、私達の国務省(国防総省、すべての連邦機関)の同性愛者がホワイトハウスでいくつを平らにするかがその方法でコントロールされることに気がつくか?- 啓蒙主義者と単科大学と総合大学の能力は、国際的な傾向によって育ちの良いファミリーに付属している例外的な情報収集を所有している学生を洗練し、彼らを国際主義における特別なトレーニングに推薦することになっていた。

そのようなトレーニングは、奨学金をIlluminatistsによって選ばれたそれらに与えることによって提供されることになっていた。「それはあなたにどんなアイデアを与える」ロードス島の奨学金"は意味している。

1世界政府だけが再発戦争と紛争を終らせることができるというアイデアを受け入れる中に、それは教化を意味している。それは、どう国連がアメリカ人に売られたかである。「私達が私達の国に持っている最も著しいロードス島の学者の1人は時々半分明るいと称されたウィリアムJ.フルブライト上院議員である」。

彼の投票レコード全体が啓蒙主義者を綴る。すべてのそのような学者は、最初に説得されて、それから特別な才能と能力の人が、庶民が、何が精神的で、精神的に財政上彼らに最も良いかを知らないという理由でより少なく贈られたそれらを定規で引く権利を持っていることを確信することになっていた。ロードス島と同様である奨学金に加えて、今日、スコットランド、ドイツのセーレム、およびギリシャのAnnavrightaにGordonstownに置かれた3つの特別な啓蒙主義者学校がある。

これらの3は知られているものであるけれども、内密に保持される他がある。

フィリップ殿下(英国のエリザベス女王の夫)は、ルイス・マウントバッテン卿の扇動で、Gordonstown(また、チャールズ皇太子がそうであったような)で教育されて、第二次世界大戦の後に英国の海軍元帥になった彼のおじ、ロスチャイルド親族は終わった。

「あなたは、そのような人がこのまさしくその時間に私達の政府の中でいくつを操作するかを知っているか?」ラスク、マクナマラ、ヒューバート・ハンフリー、フルブライト、Keekleおよびその他。「あなたは、誰が私達のマス通信媒体を所有しているか、そしてコントロールするかを知っているか?」

私はあなたに話す。事実上、ハリウッドのすべての映画区域はLehmansによって持たれている;クーン、ローブ・アンド・カンパニー;ゴールドマン・ザックス;そして他の国際主義者銀行家。国家の中のすべての全国的なラジオとテレビのチャンネルはそれらの同じ国際主義者銀行家によって持たれていて、コントロールされる。同じことは首都の新聞と雑誌の、AP通信、UP通信社、国際などのプレスワイヤサービスのもすべてのチェーンにあてはまっている。すべてのそれらのメディアのトップは、次々、CFR、アメリカの今日の啓蒙主義者のヒエラルキーを構成している国際主義者銀行家のための単に正面である。「さて、なぜ、とても厚かましくも宣言された国防総省の広報担当者、シルベスターを理解することができるので、政府は、人々に嘘を言う権利を持っている」。彼が、私達のCFRが政府をコントロールしたことであったのを本当に意味していたものは、ほとんど停止し、洗脳アメリカ人によって信じられるパワーを持っていた。「私達を再び啓蒙主義者の最初の日にさかのぼらせなさい」。英国とフランスが18世紀の近年2つの最も大きな大国であったので;ワイスハウプトは啓蒙主義者が、大英帝国を弱めて、1789年、フランス革命を編成するために私達の革命戦争を含む植民地戦争を助長するように命令した。

しかし;1784年において、真実の不可抗力はババリア政府を、啓蒙主義者の存在を証明した証拠の所有に置き、彼ら、フランス政府が、それを信じることを断らなかったならば、その証拠はフランスを救ったかもしれない。ここに、どのようにその不可抗力が起こったかがある。ワイスハウプトがフランス革命のために彼の注文を出したのは1784でであった。ツワイクという名のドイツ作家はそれを本の形にした。それは啓蒙主義者話全体とワイスハウプトの計画を含んでいた。この本のコピーは、ワイスハウプトが、フランス革命に温湿布することを委任したロベスピエールによって率いられたフランスの光明会主義者に送られた。彼がフランクフルトからパリまでの途中でRawlestonを通して乗馬した時に、急使は、明るくなることによって殴られて、殺された。

警察は彼の体の上で不穏文書を見つけて、それらを適切な当局に引き渡した。

プロットの綿密な研究の後;ババリア政府は警察が、ワイスハウプトの「雄大な東洋」の新しく組織されたロッジと彼の最も有力な仲間の家を手入れするように命令した。従って発見されたすべての追加の証拠は、文書が、啓蒙主義者が、1世界政府の設立を引き起こすために戦争と革命を使うことを計画した共謀の本物のコピーであることを当局に納得させた;彼らが、ロスチャイルド家によって率いられて、それが今日の国連のプロットに正確に沿って設立されたと同時に侵害するつもりであった能力。

「1785年に、ババリア政府は啓蒙主義者を禁止し、ロッジを閉じた」雄大順応。1786年において;彼らは共謀のすべての詳細を出版した。その出版というイギリスタイトルは以下の通りである:「世界秩序のオリジナルの文書と啓蒙主義者のセクト」。共謀全体のコピーはヨーロッパの教会と状態のすべてのトップに送られた。しかし、実際、ロスチャイルド家のパワーであった啓蒙主義者のパワーはとても大きかったので、この警告は無視された。それにもかかわらず;啓蒙主義者は下品な言葉になり、それは地下に行った。「同時に、ワイスハウプトは、光明会主義者に、それのロッジに浸透させるように命じた」青石造建築"およびすべての秘密結社内の彼ら自身の秘密結社を成形した。自身を国際主義者と証明した石工と指導が、彼らが神を離脱したのを証明したそれらだけが啓蒙主義者に加入した。

その後;彼らの革命の、そして破壊された活動を秘密にするために、共謀者は博愛と人道主義のマントを着た。英国のフリーメーソンの支部の中に浸透するため;ワイスハウプトはジョン・ロビソンをヨーロッパに招待した。ロビソンは「スコットランド儀礼」において高階位フリーメーソンであった。彼はエジンバラ大学の自然哲学の教授とエジンバラ王立学院の秘書であった。ロビソンは、啓蒙主義者の目的が、慈悲深い独裁国を創り出すことであった嘘にだまされなかった;しかし、彼は自身に対する彼の反応をとてもよくしておいたので、彼は研究と保管のためにワイスハウプトの改訂された共謀のコピーを任せられた。

【その2】

とにかく;フランスの国家元首と教会が、彼らを与えられた警告を無視する中に惑わされたので;ワイスハウプトによってスケジューリングされたように、革命は1789年に勃発した。1798年においてそれらの危険について他の政府に注意をうながすために、ロビソンは資格を与えられた本を出版した:正確に、私達アメリカ人が国連と外交問題評議会(CFR)についてすべての警告を無視していたので、「すべての政府と宗派を破壊する共謀の証拠」であるが彼の警告は無視された。「さて、ここに、呆然とさせて、非常にたぶん、これを聞く多くを憤慨させるであろうことがある;」しかし、私達自身のトーマス・ジェファーソンとアレグザンダー・ハミルトンがワイスハウプトの学生になったという証拠書類がある。彼が彼の政府によって禁止されて、啓蒙主義者をニューイングランドの「スコットランド儀礼」のその時の新しく組織されたロッジに浸透させたのがジェファーソンであった、ジェファーソンはワイスハウプトの最も強いディフェンダーのひとりであった。ここに証拠がある。

「1789年において;」ジョン・ロビソンは、啓蒙主義者が彼らのロッジに、そして7月19日に浸透させたアメリカのすべてのフリーメーソンリーダー、1789年に警告した;デイビッド・パーペン、ハーバード大学の学長は同じ警告を卒業クラスに配付し、どうイルミニズムの影響がアメリカ政治と宗教において無罪にしていたか、そしてそれをしめくくることになっていたかについて、それらを説教した;ニューイングランドフリーメーソンの支部を組織したジョン・クインシー・アダムズは彼の警告を出した。

彼は、彼が露光したウィリアムL.Stone大佐、一番上の石工に、どうジェファーソンが破壊されたIlluministicな目的のためにフリーメーソンの支部を使っていたかを3通の手紙に書いた。それらの3通の手紙はフィラデルフィアでウィッテンバーグSquare Libraryの中のこのまさしくその時間である。

要するに;ジェファーソン、民主党の創立者は、少なくとも部分的に、今回と共和党の浸透を通して党の条件を説明する啓蒙主義者のメンバーであった;私達は正確に今日誠実なアメリカ主義の何も持っていない。ロシアの皇帝によって作成されたウィーン会議でのその悲惨な拒絶は決して啓蒙主義者共謀を破壊しなかった。それは単に、単一世界政府アイデアがさしあたり殺されたことに気がついている新しい戦略を採用することを彼らに強制した。 ロスチャイルド家は、プロットを生かしておくために、それらが、ヨーロッパ諸国のお金システムのコントロールを高めることによってそれをする必要があるであろうと決めた。

「より早い;」策略によって;ワーテルローの会戦の結果は偽造されて、ロスチャイルドは、ナポレオンが1回の悪い戦いをしたという話を広めた(それはイギリスで株式市場のすごいパニックを促進した)。すべての株は実質的に0まで落ちて、ネイサン ロスチャイルドは事実上そのドル価値上の1ペニーですべての株を買った。

それは彼に英国の、そして事実上全ヨーロッパの経済の完全なコントロールを与えた。

従って、それのすぐ後で、ウィーンの議会ははね返った;ジェイコブ・シフを通してより遅いように、ロスチャイルドは、新しい「イングランド銀行」(それの上に、彼は正確に絶対のコントロールを持っていた)を設定することを英国に強制した;彼は、ロスチャイルドの家に米国の経済の秘密のコントロールを与えた私達自身の「連邦準備法」を設計した。

現在、しかし、ちょっと;米国の啓蒙主義者の活動を思案しよう。

「1826年において;」1人のウィリアム・モーガン指導者は、完全な証拠が啓蒙主義者、彼らの秘密の計画についてあったものが目的を意図していたのをすべてのメーソンと一般大衆に知らせて、共謀の指導者のアイデンティティを明らかにすることが彼の義務であったと決めた。啓蒙主義者は即座に不在中にモーガンを試し、反逆罪について彼に有罪宣告した。彼らは反逆者として実行の1人のリチャード・ハワード、イギリス光明会主義者、キャリーアウトへの、それらの文を注文した。モーガンは警告されて、彼は、カナダに脱出しようとしたけれども、ハワードは境界の近くで彼に追い付いた;彼が彼を殺した所で、厳密に言うとナイアガラ峡谷に近づきなさい。これは、ニューヨークで、彼がハワードが彼の実行のリポートをニューヨークのセント・ジョンズ・ホールの「テンプル騎士団」のミーティングに与えるのを聞いたという趣旨でアベリー・アレンという人によって出された誓われた声明の中で確認された。彼はまた、どのように手配が、イギリスにハワードを返送するためにされたかを話した。そのアレン宣誓口供書はニューヨーク市アーカイブの中のレコード上にある。離脱する米国の北の司法権においておおよそすべてのメーソンの半分で起こった殺人のその出来事上で、ほとんどのメーソンと一般大衆のほとんどは不賛成を知っていない。その問題を議論するために催された議事録のコピーはまだ安全な手の中の存在にあり、すべてのその秘密が、歴史のそのようなひどい事件が私達の学校で教えられることを防止する啓蒙主義者の指導者のパワーを強調する。

「早い1850年代に;」啓蒙主義者は、ライトという名の英国光明会主義者によって話をされたニューヨークの秘密会合を催した。出席におけるそれらは、啓蒙主義者が、共産主義者として知られる国際的なグループの中にニヒリストと無神論者のグループを他のすべての破壊されたグループと結合するために団結していたと言われた。

それは言葉 :「共産主義者」は最初に発生し、それは、全世界を慄然とさせて、テロを用いられた民族を啓蒙主義者1世界政府計画に追いやる最高の武器と恐怖感言葉であることを意図していた。

この計画:「共産主義」は、啓蒙主義者が未来の戦争と革命を誘発することを可能にするために使われることになっていた。クリントン・ルーズベルト(フランクリン・ルーズベルトの直系の先祖);ホラス・グリーリー;そしてチャールズ・デーナ;その時代の最初新聞出版社は、新しいベンチャーのために資金を集めるように委員会を率いるように命じられた。もちろん、資金のほとんどはロスチャイルド家によって提供されて、彼らが「ダース・カピタル」とソーホー、イギリスの「共産党宣言」と書いた時に、この資金は、カール・マルクスとエンゲルスに資金提供するために使われた。そして、これははっきりと、共産主義がいわゆるイデオロギーではなく秘密兵器であると明らかにする;啓蒙主義者の目的にかなう悪鬼人言葉。「ワイスハウプトは1830年において死んだ;」しかし、彼の死に先がけて、彼は、様々なエイリアスの下で、トップでそれらのエージェントを幹部の地位に差し込むことによってすべての国際機関とグループを組織し、資金提供し、指導し、コントロールすることになっていた古くからの陰謀団、啓蒙主義者の改訂版を準備した。米国に、私達は主要な例としてウッドロー・ウィルソン、フランクリン・ルーズベルト、ジャック・ケネディー、ジョンソン、ラスク、マクナマラ、フルブライト、ジョージ・ブッシュなどを持っている。さらに、カール・マルクスが光明会主義者の一方のグループのディレクターの下で「共産党宣言」と書いている間、フランクフルト大学のカール・リッター教授は別のグループの指導のもとでアンチテーゼを書いていた。アイデアは、全体の陰謀団を指導する人々が、彼らがますますより多くの人のレースを、彼らが、武装し、それから互いと戦い、破壊する中に意識改革することができるようにキャンプに反対すること、分割することを可能にするためにそれらの2つのいわゆるイデオロギーにおける違いを使うことができたことであった。

特にすべての政治的で、宗教の組織を破壊するため。リッターが始めた仕事は、彼の死後に続き、Nietzscheanismを設立したドイツのいわゆる哲学者Freidrichウィルヘルム・ニーチェによって完遂された。このNietzscheanismはファシズムに、それからナチズムに後で発展し、第一次世界大戦と第二次大戦を助長するために使われた。

「1834年において;」イタリア革命のリーダー、Guiseppeマッツィーニは、世界じゅうでそれらの革命のプログラムを指示するために啓蒙主義者によって選ばれた。

彼が死ぬ前に、彼が1872年に死ぬまで、彼はその能力において勤務していた;マッツィーニはアルバート・パイクという名のアメリカ将軍を啓蒙主義者を誘惑した。パイクは1世界政府のアイデアに魅了されて、最終的に、彼はこのluciferian共謀のトップになった。1859年から1871年の間で、彼が、20世紀に共謀をその最終的な段階に転送するであろうと考えた世界中の3回の世界大戦と様々な革命のために、パイクは軍隊の青写真を考え出した。再び、私は、あなたに、これらの共謀者が決して即時の成功に関係していなかったことを思い出させている。

それらはまた長期の見通しに作用した。パイクはリトルロック、アーカンソーで彼の家での彼の仕事のほとんどをした。しかし数年後;啓蒙主義者の雄大な東洋のロッジが疑わしく、ヨーロッパでのマッツィーニの革命の活動が拒否されるようになった時に、パイクは、彼が新しく、改良したパラディオ風のそうだね。と呼んだものを組織した。彼は3つの最高評議会を設立した;チャールストン、サウスカロライナ、ローマ、イタリアのもの、およびベルリン、ドイツの3分の1のもの。彼はマッツィーニに世界中で戦略的な位置で23の下位の協議会を設立させた。これらはそれ以来世界革命運動の秘密の本部である。「マルコーニがラジオを発明するずっと前;」啓蒙主義者の中の科学者は、ひそかに通信するためにパイクと彼の協議会のトップのために方法を見つけた。

知能役員が見たところどれほど無関係な出来事かを理解することを可能にしたのはその秘密の発見であった;セルビアのオーストリア王子の暗殺など;世界中で同時に起こった(それは戦争または革命に発展した)。パイクの計画は、それが効果的であると判明したのと同じくらい簡単であった。それは、共産主義、nazism、政治的なzionism、および他の国際的なムーブメントが、組織されて、3回のグローバルな世界大戦と少なくとも2つの主要な革命を誘発するために使われることを要求した。「最初の世界大戦は、皇帝がウィーンで議会の彼の計画を雷撃した後にロスチャイルドによって誓約されるように啓蒙主義者がロシアで専制政治を破壊し、ロシアを無神論の共産主義の要塞に変えることを可能にするように戦われることになっていた」。大英とドイツ帝国の間で啓蒙主義者のエージェントによってかきたてられた違いは、この戦争を助長するために使われることであった。戦争が終わっているであろう後;共産主義は、増強されて、他の政府を破壊し、宗派を弱めるために使われることになっていた。「第二次世界大戦は、必要なら、ファシストと政治的なzionistsの間の議論を使って温湿布されることであり、ここは、ヒトラーが、クルップ、Warburgs、Rothschilds、および他の国際主義者銀行家に資金提供されて、ヒトラーによる思われた6,000,000人のユダヤ人の屠殺によりユダヤ人の国際主義者銀行家が全然煩わされないことに言及されさせた。

ドイツ人々の世界的な憎悪を引き起こし、それから彼らに対する戦争を引き起こすために、その屠殺は必要であった。

要するに;この2番目の世界大戦は、nazismを破壊し、イスラエルの国家がパレスチナで設立されることができるように政治的なシオニズムのパワーを増大させるために戦われることになっていた。「この第二次世界大戦中;」それが力において団結した全キリスト教徒のそれと等しいまで、国際的な共産主義は、増強されることになっていた。

それがそのポイントに到着した時;最終的な社会的な大変動のために必要とされるまで、それは、含まれていて、抑制されることになっていた。

私達が現在知っているように;ルーズベルト、チャーチル、およびスターリンはその正確な方針を実行し、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、およびジョージ・ブッシュはその同じ正確な方針を続けた。

「第3次世界大戦は、いわゆる議論を使って、助長されることになっている;」どのような新しい名前の下ででも働いている啓蒙主義者のエージェントによって;それは現在イスラム教世界の政治的なシオニストとリーダーの間に貯蔵されている。その戦争は、そのような方法で導かれるので、イスラム教および政治的なシオニズム(イスラエル人)のうちのすべては、お互いに同時に 破壊する必要がある;この問題について再び分割された残っている国家は、完全な極度の疲労の状態の中に自身と戦うことを強制されるであろう;物理的で、精神的で、経済的に。「さて、考察人の誰かが、近い中間と遠く東で現在続いている密通が、その悪魔の目的を遂行するようにデザインされることを疑うことができるか?」パイク自身は、彼が8月15日にマッツィーニに出した声明の中のこれ、1871年にすべて予告した。

第3次世界大戦が終えられた後に、パイクはそれを述べた;明白な世界征服を切望するであろう人々は、世界がこれまでに知っていたことがある社会的な大変動を引き起こすであろう。彼がマッツィーニに書き、レタリングする手紙から取り去られた彼自身の言葉を引用することはロンドン、イギリスで大英博物館で現在カタログに載せられる;

彼は言った:「私達はニヒリストと無神論者を解放し、私達は、すべてのその恐怖において、はっきりとすべての国家に完全無神論の効果を示すであろう社会的な大変動を引き起こす;」野蛮さの、そして最も血まみれの騒動の起源。

そしてどこでも、人々は、世界革命家の世界少数に対して自身で防御することを強制されるであろうし、文明のそれらの破壊者と気分が、方向とリーダーシップのないその瞬間からであり、けれども、その崇拝を送ることが公的な眺めの中に最終的に外に連れて来られた魔王の純粋な主義の博識明示を通して真実のライトを受け取るであろう知識のない理想を心配しているであろうキリスト教に幻滅した大衆を根絶するであろう。

キリスト教と無神論の破壊に続くであろう一般的な反動的なムーブメントに起因するであろう明示;「同時に征服されて、根絶される」。「マッツィーニが1872年において死んだ時;」パイクはエイドリアンLemmyという名の別の革命のリーダーを作った;彼の後継者。Lemmyに次々レーニンとトロツキーが、そしてスターリンが続いた。

すべてのそれらの人の革命の活動は英国、フランス、ドイツ、およびアメリカの国際銀行家によって資金提供された;それらのすべてはロスチャイルドの家によって支配した。私達は、キリストの日のお金チェンジャーのような今日の国際銀行家がただの大きな謀議のツールまたはエージェントであると信じると思われているけれども、実際、彼らは、私達を、共産主義がいわゆる労働者のムーブメントであると信じることに導いているすべてのマス通信媒体の後ろの指導者である;実際の事実は、英国およびアメリカの知能役員が本物のドキュメンタリー証拠、国際的な自由主義者 を持っていることであり、それらの国際的な金融会社を通じて動作する;特に、ロスチャイルドの家は1776年以来すべての戦争の両面と革命に資金提供する。

「今日、共謀(米国のCFRと英国のRIIA)から成っている人々;」彼らが、パイクの啓蒙主義者を促進するように、ベトナム(国連によって作成される)などの戦争をするアメリカの連邦準備制度のような方法を通しての高利貸しにおいて、無神論の共産主義とキリスト教の全体が国際的な基礎スケールの上だけでなく各残っている国家の中で全面的な3番目の世界大戦に押し込まれることができる時に、世界を共謀のその段階にもたらすことを計画すると考えている私達の政府を指導しなさい。「遅い1700年代の大きな謀議の本部は、フランクフルト(ロスチャイルドの家が、ロスチャイルド名を採用し、文字どおりに彼らの魂を悪魔に売った他の国際的な財政家を連結したMayar(またはメイヤー)Amschelによって設立されたドイツ)にあった」。

1786年におけるババリア政府の露出の後;共謀者はロンドンに当時彼らの本部をスイスに移動させた。第二次世界大戦(ジェイコブ・シフの後で、アメリカのロスチャイルドの少年は死んだ)以来;アメリカ枝の本部はニューヨーク市のハロルドプラットビルディングにあり、Rockefellers、シフの元来被保護者は啓蒙主義者のためにアメリカで財源のマニピュレーションを引き継いだ。

「共謀の最終段階の中;」1世界政府は王独裁者から成るであろう;大きな謀議に彼らの献身ぶりを証明した国連、CFR、および数人の億万長者、エコノミスト、および科学者のトップ。すべての他は、雑種化された人間性の広大な複合企業に組み込まれることになっている;実際、精出す。

そうした私のため、どのように私達の連邦政府とアメリカ人が啓蒙主義者の大きな謀議のプロット上で1世界政府獲得に巻き込まれているかをあなたに示し、いつも、心に留めておきなさい、国連が、その1世界の、いわゆる、自由主義者の共謀のためにその住宅になるように作成された。米国の乗っ取りのプロットの現実の基礎は私達の内戦の期間に固められた。私が以前に示した時に、そのワイスハウプトとより早い指導者はそれまでに新しい世界を見渡したことがなかった;ワイスハウプトは彼のエージェントをこちらに革命戦争と同じくらい遠く後ろに配置させた。「共謀者が、彼らの最初の具体的な成果を発進させたのは南北戦争の間であった」。私達は、ユダ・ベンジャミン、ジェファソン・デイヴィスの主要なアドバイザーがロスチャイルドエージェントであったと知っている。私達はまた、ロスチャイルドの家によって金融取引の中に彼を売ろうとしたエイブラハム・リンカーンの内閣に入植したロスチャイルドエージェントがいたと知っている。しかし、高齢のエイブは計画を透かして見て、無遠慮に、それを拒絶し、従ってロスチャイルド家の不滅の恨みを招いた;正確に、彼がウィーンの議会でそれらの最初の国際連盟を雷撃した時に、ロシア皇帝がしたように。リンカーンの暗殺の調査は、暗殺者Boothが秘密の共謀のグループのメンバーであったと明らかにした。

関係している多くの非常に重要な政府役員がいたので;グループの名前は決して明らかにされなく、それはミステリーになった;正確にジャック(ジョンF。)の暗殺として

ケネディはまだミステリーである。しかし、私は、それが長い間ミステリーであり続けないであろうと確信している。とにかく;南北戦争のエンディングは、私達のお金システム上のクラッチを得るロスチャイルドの家のすべてのチャンスを一時的に破壊した;彼らなど、英国とヨーロッパの他の国家で取得した。共謀のロスチャイルド家と指導者が決してやめなく、従って、彼らが、最初から始める必要があったので、私は一時的に言う;しかし、スタートすることによって、彼らは時間を全然無駄にしなかった。

「南北戦争の少し後;」自身をジェイコブH.シフと呼んだ若い移民はニューヨークに到着した。ジェイコブはロスチャイルドの家のために任務を持つ若者であった。ジェイコブは、フランクフルトのロスチャイルドの家の1棟、ドイツにおいて誕生したユダヤ教牧師の息子であった。私は彼のバックグラウンドを深く検討する。重要なポイントは潜在的なお金ウィザードだけでなく彼の中で認められているそのロスチャイルドであった;しかし、より重要に、彼はまたジェイコブの中で潜在的なマキャベリ主義品質を見て、それがしたように、大きな1世界謀議において彼を測り知れないほど貴重な役人にすることができた。ロスチャイルドのロンドン銀行のかなり簡潔トレーニング期間の後;米国の金融システムのコントロールを取得するために、その跳躍板であることになっていたバンキング家を受け入れるために、ジェイコブは手順によってアメリカに向けて出発した。実際;4回の具体的な割り当てを実行するために、ジェイコブはここに来た。

1. アメリカの金融システムのコントロールを取得することが最も重要である 。

2. 価格のために、大きな謀議のために引立て役として快く勤務し、私達の連邦政府、私達の議会、および米国最高裁判所の中の高い場所とすべての連邦機関の中に彼らを昇進させるであろう好ましい人物を見つけなさい。

3. 国家にわたって少数グループ争いを引き起こしなさい;特に白人と黒人の間。

4. 米国で宗教を破壊するために、ムーブメントを作成しなさい;しかし、主要な目標であるキリスト教。

「より早く、私は、4つの特定指令を実行するために、ジェイコブ・シフがロスチャイルドによる注文と一緒にアメリカに来たことを述べた」。

最初で、最も重要な人は、米国の金融システムのコントロールを得ることになっていた。その指令を遂行するシフのステップを追跡しよう。

最初のステップとして、彼は、バンキング家を受け入れる必要があった;しかし、それは、彼が、私達の米国金融システムをわなにかけるその主要な目的のために完全にコントロールし、作りあげることができた種類の家である必要があった。まわりで慎重に偵察した後;自身を呼んだ会社の中で、ジェイコブはパートナーシップを買った:「クーンとローブ」。同様なシフ;クーンとローブはドイツユダヤ人ユダヤ人町からの移民であった。彼らは1840年の半ばにおいて米国に来て、彼らの両方は旅のパック行商人としての彼らのビジネスキャリアを始めた。早い1850年代に;彼らはそれらの興味に共同出資し、ラフィエット(西で途中でカバーされるワゴン移住者をサービスしている「クーンとローブ」の安定の名前の下のインディアナ)で商品店を設立した。続いていた年に;彼らはシンシナティとセントルイスで同様な店を設立した。それから、彼らは「質入れ仲介」をそれらの販売追跡に追加した。短く、迅速なステップはそれからお金貸しまでであった。「シフが現場で到着した時には;」「クーンとローブ」は有名な私的バンキング会社であり、これは、ジェイコブが受け入れた会社である。彼が「クーンとローブ;」についてのパートナーになった少し後に、シフはローブの娘、テレサと結婚し、それから、彼はクーンの興味を買収し、会社をニューヨークに移動させて、「クーンとローブ」はジェイコブ・シフ(Rothschilds、表面上は唯一のオーナーのエージェント)と「クーン、ローブ・アンド・カンパニー;」国際銀行家になった。そして彼のキャリアにわたって;ユダとマキャベリ(アメリカの啓蒙主義者の大きな謀議の最初のheirarch)のこのブレンドは大きな神聖さの寛大な博愛主義者のふりをした;啓蒙主義者によって記述された隠蔽方針。「私が述べた時;」共謀の最初の大きなステップは、私達の金融システムの罠であることであった。その目的を達成するには;シフは、アメリカのその時の大きな銀行家の要素の全面協力を得る必要があった;そして、それは言うのは易しいが行うのは難しかった。それらの年にさえ;ウォール街はアメリカ金融市場の心臓であり、J・P・モーガンはその独裁者であった。DrexelsとフィラデルフィアのBiddlesはラインの中で次であった。大きく、小さい他のすべての財政家はそれらの3棟の家の音楽に合わせて踊った;特に、しかし、モーガンのそれに。それらの3のすべては誇っていた、ごう慢で、横柄な有力者。

前の龍、後ろの虎

ベンチャー革命2006年8月26日

                           山本尚利

タイトル: 日本は、なぜこれほどまで執拗に仕掛けられるのか



1.小泉首相の靖国参拝強行の意味

 2006年8月15日、筆者は所用でシンガポールにおり、ホテルのテレビのNHK放送にて、小泉

首相の靖国参拝の実況中継を観ました。小泉氏の前々からの発言で、この日の参拝は予想さ

れていました。小泉首相がなぜ靖国参拝にこだわるかはいろいろな見方がありますが、少な

くとも、小泉首相が国民に向かって公言していることは明らかな詭弁であり、矛盾だらけで

す。これをまともに信じるナイーブな国民が大半であるという前提に立っています。まった

くの愚民政治家そのものです。筆者は以前から、小泉首相の靖国参拝は極東にて日本、中

国、韓国の対立を煽るための挑発行動であると規定しています。(注3)問題は極東におけ

る3カ国の対立構造への挑発が日本国民の利益になるかどうかです。筆者の考えは、日中韓の

兄弟げんかは、米国覇権主義者の私益であって、日本の国益に反すると考えます。一方、中

国、韓国の反対を承知で、毎年、靖国参拝を強行してきた小泉首相の真意を善意に解釈すれ

ば、今回、終戦記念日の靖国参拝によって、中国国民、韓国国民を怒らせ、日中韓の対立関

係を深めることが、結果的に日米関係を強化することになる。
日本は米国とも、中国とも、

韓国とも仲良くすることが理想であるが、二兎追うものは、一兎も得ずとなる。そこで日米

関係の強化と、日中韓関係の強化を比較すれば、二者択一で日米関係の強化を選ぶ方が、最

終的に日本の国益になるというロジックでしょう。安倍晋三氏も同様の考えのようです。小

泉首相の問題は、この米国最優先の正当化論を、どういうわけか堂々と国民に表明しない点

です。安倍氏のほうは最近の著作で、上記のような従米正当化論を述べており、反小泉派の

代表、加藤紘一氏からあまりにナイーブと批判されています。加藤氏に批判されるまでもな

く、小泉氏も安倍氏も、このカビの生えそうな勝共連合的な自論に対して、おそらく一抹の

うしろめたさがあるでしょう。それもそのはずです。なぜなら、彼らは本音では、単に、米

国覇権主義者を陰で操る寡頭勢力におもねっているだけにすぎないからです。その結果、小

泉首相も安倍氏も、日中韓の分断を企む国際寡頭勢力(米国覇権主義者を支配する勢力)の

意のままに動く傀儡であるという見方が成り立つのです。



2.なぜ中韓の反日運動は低調だったか

 去年2005年4月、中韓にて激しい反日運動が起きました。(注4、注5、注6)それに比べ

て、今回の小泉氏の靖国参拝強行では、わざわざ終戦記念日に強行したにもかかわらず、思

ったほどの大規模な反日運動が起きませんでした。なぜでしょうか。その理由はいろいろ考

えられますが、筆者は主に、2006年6月、米国覇権主義者を支配する寡頭勢力の覇権交代が起

きたためではないかと読んでいます。それまでの軍事エネルギー覇権から金融主導覇権に交

代したとすれば、戦争をビジネスチャンスとみなす軍事エネルギー寡頭勢力の発言力が低下

し、極東戦争に誘導するための日中韓の対立挑発への優先度が1年前に比べて下がったと推測

できます。小泉首相の周辺は別として、小泉首相自身は、この変化に気づいていないように

みえます。1年前には、小泉氏の靖国参拝に敏感に呼応した、中国、韓国サイドの反日運動扇

動勢力への資金が当時、覇権を握った寡頭勢力から拠出されたものが、今回はなかったとい

うことでしょう。小泉首相にとっては予期せぬ肩透かしです。つまり、小泉首相は、2001年4

月に就任以来、2006年8月15日の靖国参拝まで、軍事エネルギー覇権の寡頭勢力によって支持

されていると堅く信じていたことを意味します。その意味で、2006年8月15日の小泉氏の靖国

参拝は、まさに裸の王様の行進そのものでした。実に滑稽でした。タイミングがまったく、

ずれているわけです。それに気づかない、ナイーブな日本国民の一部は、この裸の王様に拍

手を送っている。もうあきれてものが言えません。中国や韓国の指導層は、交替前の寡頭勢

力の意のままに動かされる日本の愚かな首相と愚かな国民をさぞかし、冷笑していることで

しょう。

 小泉首相の靖国参拝当日、中国の李肇星外相が早速、日本の宮本中国大使を呼びつけて、

抗議声明を読み上げているニュースが放映されましたが、李肇星外相はヤレヤレといったク

ールな表情でした。内心、なんとかにつけるクスリはないと思っていたのではないでしょう

か。



3.ポスト小泉はほんとうに安倍か?

 現在の日本では、ポスト小泉は安倍晋三という見方が支配的です。この現象は、これまで

小泉政権を支持してきた軍事エネルギー覇権の寡頭勢力の慣性力が効いている結果です。米

国での最近の覇権交代の影響はまだでていません。

 ただ、安倍政権誕生シナリオの実現化を目指している闇の勢力はいろいろな仕掛けをやっ

ているように見えます。たとえば、北朝鮮ミサイル発射事件誘導、北朝鮮の地下核実験情報

の意図的流布、ミサイル防衛予算増額の既成事実化、大停電事故誘発による首都圏テロへの

予感付与と国民心理のマインドコントルール、小泉首相の靖国参拝強行によるナショナリズ

ム高揚、反小泉の代表、加藤紘一氏へのテロ事件勃発による言論封殺、などなどです。これ

は、どうも軍事エネルギー覇権勢力(米国においてはもはや旧勢力)が企む演出にみえます。

ここらへんの動きを見通して、2006年9月、安倍政権が仮に誕生したとしても、短命に終わる

という見方がありますが、この見方は確かに一理あります。仮に安倍政権ができたとして

も、誕生まもなく、新たに覇権を握った金融主導の寡頭勢力に牛耳られる米国覇権主義者か

らはしごをはずされる可能性を否定できないからです。金融主導の寡頭勢力は、小沢一郎率

いる民主党政権誕生シナリオを描いている可能性があります。日本で小沢民主党政権を誕生

させれば、日本に反米政党はなくなり、国際寡頭勢力は、軍事エネルギー覇権時であれ、金

融主導覇権時であれ、日本の政治をいよいよ、米国並みに完全にコントロールできるわけで

す。つまり日本国民にとって田中角栄的な反米愛国主義の選択肢を奪われることを意味しま

す。個人的にテロ被害を受けた加藤紘一氏は、本音ではこの点を危惧しているのだと思いま

す。

 このような日本の政党政治に対する米国覇権主義者による完全支配の試みは、バブル崩壊

後、90年代前半に、小沢一郎氏のリーダーシップで、一時、実現しましたが、傀儡の細川首

相が、日米対等外交を主張したため、米国覇権主義者の逆鱗に触れ、すぐに頓挫してしまい

ました。



4.極東戦争誘導の可能性は下がるか

 2006年8月末現在、米国覇権主義者がすでに金融主導覇権コントロールにシフトしているの

で、9月に周回遅れで軍事エネルギー覇権(旧勢力)に支持された安倍政権が誕生しても、不幸

中の幸いで、近未来、日本が極東戦争に引きずり込まれる危険性は一定程度下がるでしょ

う。その代わり、ポストブッシュの次期政権(おそらく米国民主党政権)によって、日本の富

はとことん搾り取られる危険が高まります。日本が経済的に国家破産させられても、戦争に

引きずり込まれるよりははるかにましです。どっちの転んでも、いかなる手段を弄してもな

んとか日本の国家競争力を陥れようとする外力(仕掛け)は、強まりこそすれ、弱まること

はないでしょう。ところでなぜ、日本はこれほどまでに寡頭勢力から目の仇にされるのか、

その理由は簡単です。日本は、米国に対し3兆ドルから4兆ドルの巨額の対米債権を保有して

いるからです。さらに寡頭勢力にとっての対日脅威は、日本人、中国人、韓国人は人種的に

は同じに見えるのに、なぜ、戦後、日本の経済競争力のみが突出したのか、という点です。

太平洋戦争時、原爆を2個落とし、東京空襲で、帝都を完膚なきまで焼き払ったつもりが、ま

たたくまに、雑草のようによみがえった日本人は心底、脅威で不気味な存在なのです。上記

の巨額の対米債権をチャラにするためには、軍事エネルギー覇権の寡頭勢力からみれば、極

東戦争を誘発させ、日本に米国から限りなく兵器を買わせ、中国を攻撃させて中国の国力を

弱体化する。そして最後は日本が、中国から核攻撃の逆襲を受けて、中国、日本とも全滅す

るのがもっとも好ましいシナリオだったのです。ところが、米国の国内事情による、最近の

寡頭勢力の覇権交代で、その悪魔のシナリオが、幸いしばらく保留されそうです。しかしな

がら、交代した金融主導の寡頭勢力は軍事的ではなく、経済的、産業的に、日本の国家競争

力を弱体化させようとするはずです。この非軍事的対日攻略シナリオは、中国にとっても、

韓国にとっても、実にウェルカムです。なぜなら、彼らにとって日本というライバルが弱る

分、自分たちが相対的に浮上できるからです。



参考資料:

注1:ベンチャー革命No.59『現代日本の新開国派と新攘夷派の対立』2004年3月13日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr059.htm


注2:ベンチャー革命No.89『親米党と愛国党という対立軸の提案』2004年6月23日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr089.htm


注3:ベンチャー革命No.132『アジア兄弟げんかの顛末記』2004年12月19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr132.htm


注4:ベンチャー革命No.157『現実化する日本の孤立シナリオ』2005年4月10日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr157.htm


注5:ベンチャー革命No.158『反日鎮静化:MOTパワーの復活のみ』2005年4月13日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr158.htm


注6:ベンチャー革命No.159『対中挑発:中国の発展を阻害すること』2005年4月23日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr159.htm


注6:ベンチャー革命No.167『大村益次郎:MOTの祖』2005年6月19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr167.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

蛇足


前にも後ろにも、敵ばかりの状態であり、中国に阿るのも、アメリカに阿るのもどちらも売国奴の所業です。


敵の中の味方を引き付ける連帯が必要だ・。イルミナティの上層部操作では中国もアメリカも同じ穴の狢なのだから・。


本当は国民を目覚めさす事が最善の策であるが・。情報操作と上部構造支配では手出しがしずらい・。

イスラエル政府のやった事・・。



ユダヤ・イルミナティ世界権力者の人間狩り・


レバノンの惨状


女・子供に一般市民がヒズボラの戦闘員なのか?

































民族派とは・・。

太田龍氏・平成十二年六月二十日記

現在、日本民族が犯し得る最大の危險は、北朝鮮ないし中國を「主敵」と見なすこと、更にそれのみならず、この「主敵」に對抗するための主たる「同盟者」、「同盟國」、「同盟軍」を、米英、つまりアングロサクソン、と見てしまふこと、である。

 そしてしかもこの謬見は、敗戰後、昭和天皇以降の皇室を頂點する國家權力中樞部(これを「保守」陣營、又は「保守本流」などとも自稱する)が、この五十年來、絶對不動永遠の「國是」として崇め奉つて來た教義であり、今後も、牢固として動かない。

  ~省略~


北朝鮮に拉致された日本人問題など、まさしく「問題外」としてチャラにされる。

 それどころか、北朝鮮は、ユダヤイルミナティ世界權力の日本民族皆殺し戰爭の尖兵として、次々と、日本に對して、無理難題の要求を突き付けて來るであらう。

 そのとき、日本の指導者層、エリート層、政治勢力は、二つに分解する


 第一の部分、「同盟國」米英。アングロサクソンに「保護」を求める。實はこの「米英アングロサクソン」の實體がユダヤイルミナティ三百人委員會世界權力であつて、彼等こそ、北朝鮮、金大中と更には中國をそそのかして日本攻撃をさせて居る、その黒幕であるにも拘はらず。――→皇室を頂點中樞とする保守本流。産經、讀賣。

 第二の部分。金正日そして中國の核ミサイル脅迫に腰を拔かし、土下座して投降する。これは、日共、社民のみならず、外務官僚の一部。自民黨の一部(國賊河野洋平。野中などなど)。――→朝日、毎日

   


蛇足


どちらも日本民族にとっては売国奴だ・・。日本と日本人の事を第一に考える勢力が必要だ・。





株式日記から


このような実態を指摘するのは日本では親米保守の人たちであり、反日左翼はこのような中国の実態には目をつぶっている。このような態度はジャーナリズムとしては歪んだものであり間違っている。逆にアメリカの露骨な軍事政策や国際金融資本によるアジアの植民地化政策には親米保守派は沈黙して反米左翼が批判している。



どちらの勢力も日本の国益にとってはマイナスであり、正々堂々と中国に対してもアメリカに対しても批判をすべきなのですが、このような視点でのウェブサイトやブログが少ない。政治活動としてはどちらかの勢力に属してワッショイワッショイやっていた方が面白いのでしょうが、それでは単なるプロパガンダになってしまってジャーナリズムではない。



株式日記を勢力スタンスで区分けすれば民族派になりますが、自主防衛と日本の国益最優先の政策は世界的に見ればスタンダードなのですが、日本の地政学的重要性から中国とアメリカの勢力が鬩ぎあって、国会などは中国の代弁者とアメリカの代弁者がやりあっているだけなのだ。これでは日本は将来は朝鮮半島のように二つに分断されてしまうだろう。



例えば教育制度についても戦後はアメリカの占領軍により教科書は黒く塗りつぶされて、目に見えない形での言論弾圧が行なわれて、責任者は公職追放された。残ったのは左翼の教授達であり、戦争を煽った新聞なども転向させられて左翼的になった。天皇制なども多くの宮家が潰されて皇統は断絶の危機に瀕している。このような事は中国やアメリカにとっては日本弱体化の一環であり、これらの危機から守れるのは我々民族派しかいない。



しかし国会を見てみれば自民党は親米保守政党であり、民主党やその他は反日左翼の政党だ。残念な事には民族派の支持する政党はなく、政治勢力としては無いに等しい。なぜならば支持活動には金がかかりますが、自民党はCIAを通じてアメリカから金をもらい、旧社会党はロシアから金をもらっていた。つまりは日本は民主主義といいながら中国やロシアやアメリカの言いなりにならざるを得ない政治構造になっている。



日本には情報機関はないしスパイ防止法もないから外国から金をもらって政治をしてもばれない仕組みになっているし、取り締まる機関もない。日本の政治家や官僚達は外国でハニートラップにかけられてスパイになっても総裁選挙に出られるのだから能天気なのだ。親米保守派の人もアメリカの利権とズブズブであり、竹中平蔵のようにアメリカの言いなりになっていれば大臣になれたり大学教授にもなれる。



蛇足


中国や朝鮮の勢力にシンパシーを感じる勢力と親米のいいなり保守の2部構造になっている。


やはり、日本を中心に考える事を放棄している。




イランの問題は日本も関係する

U.S. presence causing instability in the region - Iran military chief

Wed. 23 Aug 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Aug. 23 ? The Supreme Commander of Iran’s Islamic Revolutionary Guards Corps accused the United States of destabilising the Middle East region.


“The current era is one of distrust. Our region is going through a period of instability and increased feelings of insecurity on a regional and international scale, and this is due to the presence of the occupiers in Afghanistan and Iraq”, Major General Yahya Rahim Safavi was quoted as saying by the government-run news agency ILNA on Tuesday.


He described the circumstances of the region as “sensitive, complicated, and fate-determining”.


?

?










?地域で不安定さを起こしている米国存在 -

2006年8月23日水曜日のイラン軍隊チーフ

イランフォーカス

テヘラン、イラン、8月23日?

イランのイスラム革命家Guards Corpsの最高指令官は、中東地域を不安定にしたことで米国を告発した。

「現在の時代は不信のそれである」。

私達の地域は不安定さと地域の、そして国際的なスケール上の増大した不安感の期間を通り抜けていて、これはアフガニスタンとイラク"における占有者の存在により、ヤヒヤ・ラヒムSafavi少将は、火曜日に政府-ラン通信社ILNAによって言うことを引用された。彼は地域の状況を「敏感である,複雑である,と運命決定」と評した。

















Japan to oppose sanctions on Iranian oil: report
Mon. 21 Aug 2006

TOKYO, Aug 21, 2006 (AFP) - Japan, which is almost entirely dependent on Middle Eastern oil, will oppose United Nations sanctions on Iran's energy sector over its nuclear program, a newspaper said Monday.



Tokyo will propose that any sanctions initially avoid touching Iran's oil exports, of which Japan is the biggest overseas buyer, the Yomiuri Shimbun said, quoting unnamed sources.



"The government hopes to avoid losing oil supplies from Iran, which account for about 14 percent of total oil imports," the top-selling daily said.



The position could put Japan at odds with its closest ally, the United States, with which it has worked closely to punish neighboring North Korea for its nuclear drive and missile tests.



Japan in 2004 signed a two billion-dollar contract to develop Azadegan, Iran's largest onshore oil field, and has resisted US calls to suspend the project.



"The government concluded that economic sanctions are inevitable as a means to apply international pressure on Iran," the Yomiuri said.



"However, a ban on Iranian oil exports would deal a blow to the global and Iranian economies, so the government decided to propose that financial sanctions be imposed first and the oil embargo be shelved for the time being."



Iran has said it would respond by Tuesday to a package of incentives offered by major powers to freeze its enrichment of uranium.



Tehran risks sanctions if it fails to abide by a UN Security Council resolution calling for a halt to the enrichment, which creates fuel for nuclear power plants but can also be used to make the core of a bomb.




イランのオイルの上の制裁に反対する日本:

2006年8月21日月曜日のリポート

東京、2006年8月21日の(AFP) - 中東のオイルにほとんど完全に依存している日本はその原子力計画の上でイランのエネルギーセクタの上の国連の制裁に反対するであろうと新聞は月曜日に言った。

無名の関係筋を引用して、東京は、どのような制裁でも最初、イランの石油輸出(それのうちの、日本は最も大きな海外の買手である)に触れるのを避けることを提案するであろうと読売新聞は言った。

「政府は、イランからの石油供給を失うのを避けることを望む(それは全体の石油輸入の約14パーセントを占めている)」と最売れ筋の日刊は言った。

ポジションは、日本を、それが、その核のドライブとミサイルのテストのために近隣の北朝鮮を罰するために身近に働いたその最も近い同盟国、米国と争わせることができた。

2004年の日本は、Azadegan、イランの最も大きな陸に向かった油田を開発する20億ドルの契約にサインし、プロジェクトを中断する米国呼び出しに抵抗した。

「政府は、経済制裁が、国際的な圧力をイランの上にかける方法として必然的であると断定した」とYomiuriは言った。

「しかし、イランの石油輸出への禁止は世界とイランの経済に打撃を与えるであろうので、政府は、金融の制裁が最初に課されて、石油禁輸措置が当面棚上げされることを提案すると決めた」。

イランは、それが、ウラニウムのその強化を凍結する主要国によって提供された誘因のパッケージに火曜日までに反応するであろうと言った。

それが、強化に停止を要求しているUN安全保障理事会勧告に従うことに失敗するならば、テヘランは制裁を思い切ってやってみる(それは原子力発電所のために燃料を作成するけれどもまた、爆弾のコアを作るために使われることができる)。


階位が大事なのでしょうね・。





Special Reports












The Bush's & Knights of Columbus

2006 08 22


By Nicholas N. Rivera | spirituallysmart.com


They are Knights of Columbus. Roman Catholic Jeb Bush is himself a Third Degree Knight of Columbus according to his brother Skull and Bonesman Luciferian Crypto-Catholic George W. Bush in his speech to the 122nd Annual Knights of Columbus Convention in Dallas, Texas, Tuesday, Aug. 3, 2004.



From
whitehouse.gov - President Discusses Compassionate Conservative Agenda in Dallas










4th Degree Logo from: kofc.org

Quote:


"'I'm proud to say that my family has contributed to your ranks. A few years ago, Governor Jeb -- (applause) -- became a Knight. (Applause.) And he -- yes -- and he recently took his Third Degree. (Applause.) I'll see him this weekend. His son is getting married. I'll pass on the word, aim for the Fourth."




Jeb Bush received an award from the Knights of Malta of Florida on March 11 2006


From maltamessenger.info - Challenge from the Chair
(last paragraph):


Finally, on the occasion of the 7th Annual Order of Malta South Florida Gala, the Board of Directors has voted to bestow The Honorable Jeb Bush, Governor of the State of Florida with its Ethic of Life Award for Outstanding Service towards the defense of life and human dignity of the unborn. Congratulations Governor!

Tell that to the family of Terry Schiavo! Jeb Bush most certainly does not have an ethic of life!

Emperor Bush, in his speech to the K of C mentioned that the Knights of Columbus head the White House Office of Community and Faith Based Initiatives in the person of K of C James Towey. According to Luciferian Emperor Bush "I needed someone to lead this program, so guess who I turned to? The Knights. (Applause.) I found Towey. Jim Towey is the Director of the White House Office of Faith-Based and Community Initiatives. He's with me. You know what his job is? His job is to help the faith community -- by the way, all faiths, all faiths -- Christian, Jew, or Muslim -- all faiths understand what is possible now. His job is also to make sure the federal government is a hospitable place for faith programs to work with. Let's be frank about it. Many faith-based programs don't want to interface with government. You know why? They're afraid of losing the ability to practice their faith. How can you be a faith-based program if you're not allowed to practice your faith?


Towey's job -- (applause) -- so Towey has got a big job, it's to change a culture, a suspicious culture, and we're making progress. A suspicious culture in Washington, a suspicious culture in the grassroots. Here's Towey's story. He goes to meet Mother Teresa for the first time. He shows up at one of her homes for the dying in India, and the sister who greeted him assumed he was there to work. (Laughter.) That's what I assume every day that Towey shows up. (Laughter.) So she gave Jim some cloth, and said, go clean the sores of a dying man. He says it changed his life, that experience. He went on to work full-time for the Missionaries of Charity. Incredibly enough, Jim Towey, Director of the Office of Faith-Based Initiatives in the White House, was Mother Teresa's lawyer. I ask you, what kind of society is it where Mother Teresa needs a lawyer? (Laughter and applause.) It's a society that needs tort reform. (Laughter and applause.)


Bush also said, "I also appreciate the Knights' of Columbus stand on the federal judiciary. I have a responsibility as President to make sure the federal judicial system runs well. I have nominated superb men and women for the federal -- for the federal benches who will strictly and fully interpret the law, not legislate from the bench. (yeah right like Knight of Columbus Samuel Alito Jr. and Opus Dei and [Jesuit] John Carroll Society member U.S. Supreme Court Chief Justice John G. Roberts?)


The Bush family is a tool of the Papacy. George H. W. Bush is a Knight of Malta as is Prescott Bush Jr. Pro-Nazi Skull and Bonesman Prescott Bush Sr. was trained by the Jesuits of Stonyhurst.


Brother Nicholas N. Rivera



特別なレポート

ブッシュとコロンブス騎士会2006 08 22


ニコラス・N.リベラ| spirituallysmart.com


それらはコロンブス騎士会です。 2004年8月3日火曜日にカトリック教徒ジェブ・ブッシュは自分でダラス(テキサス)における第122年次コロンブス騎士会大会への彼のスピーチにおける彼の兄弟スカル&ボーズメン ルシファの暗号-カトリック教徒ジョージ W. ブッシュに従ったコロンブスの第3位騎士です。


ホワイトハウス政府から--、大統領の議論、ダラスおける保守党大会議題





以下からの第4位Logo kofc.org

引用始め:


「'私は私の家族があなたのランクに貢献したと言うのを誇りに思います'。」 数年前に、ジェブ知事((拍手))はKnightになりました。 (拍手。) そして、彼(はい)と彼は最近、第3位を取りました。 (拍手。) 私は今週末に彼に会うつもりです。 彼の息子は結婚しています。 「私は言葉を伝えるつもりです、第4位を目指してください。」


ジェブ・ブッシュは2006年3月11日にフロリダマルタのKnightsから受賞しました。





maltamessenger.info--議長(最後のパラグラフ)から以下に挑戦するのから


最終的に、マルタ南部フロリダGalaの第7年次オーダーの時について、理事会は、閣下のジェブ・ブッシュを授与する事に投票して、人生と人間の弁護に向かった未払いのサービスのための人生賞の倫理があるフロリダ州の知事は将来の威厳です。 おめでとう知事!

テリー・スキアボについてそれを家族に言ってください! 最も確かに、ジェブ・ブッシュには、人生の倫理がありません!


ブッシュ皇帝、Cジェームス・トウェのCのKへの彼のスピーチで、コロンブス騎士会が人の共同体と信頼はイニシアチブを基礎づけ、ホワイトハウスオフィスの上に立つと言及しました。 ルシフェリアン・ブッシュ皇帝によると、「私は、このプログラムを導くので私がだれになったかを推測するだれかがそうする必要がありました」。 ナイト。 (拍手。) 私はジェームス・トウェを見つけました。 ジム・トウェは人の共同体と信頼はイニシアチブを基礎づけるホワイトハウスオフィスのディレクターです。 彼は私と共にいます。 あなたは、彼の仕事が何であるかを知っていますか? 彼の仕事の方法で信頼共同体を助けることです。すべての信頼が、何が現在可能であるかを理解しているというすべての信頼(クリスチャン、ユダヤ人、またはイスラム教徒)。 彼の仕事はまた、連邦政府が信頼プログラムが動作する手厚い場所であることを確実にすることです。 それに関して、率直にしましょう。 多くの信仰に基づくプログラムは政府に連結したがっていません。 あなたはその理由を知っていますか? 彼らは彼らの信頼を練習する能力を失うのを恐れています。 あなたの信頼を練習することができないなら、あなたはどのように信仰に基づくプログラムではあるのかもわからない?


Towey's job -- (applause) -- so Towey has got a big job, it's to change a culture, a suspicious culture, and we're making progress. A suspicious culture in Washington, a suspicious culture in the grassroots. Here's Towey's story. He goes to meet Mother Teresa for the first time. He shows up at one of her homes for the dying in India, and the sister who greeted him assumed he was there to work. (Laughter.) That's what I assume every day that Towey shows up. (Laughter.) So she gave Jim some cloth, and said, go clean the sores of a dying man. He says it changed his life, that experience. He went on to work full-time for the Missionaries of Charity. Incredibly enough, Jim Towey, Director of the Office of Faith-Based Initiatives in the White House, was Mother Teresa's lawyer. I ask you, what kind of society is it where Mother Teresa needs a lawyer? (Laughter and applause.) It's a society that needs tort reform. (Laughter and applause.)


Bush also said, "I also appreciate the Knights' of Columbus stand on the federal judiciary. I have a responsibility as President to make sure the federal judicial system runs well. I have nominated superb men and women for the federal -- for the federal benches who will strictly and fully interpret the law, not legislate from the bench. (yeah right like Knight of Columbus Samuel Alito Jr. and Opus Dei and [Jesuit] John Carroll Society member U.S. Supreme Court Chief Justice John G. Roberts?)


The Bush family is a tool of the Papacy. George H. W. Bush is a Knight of Malta as is Prescott Bush Jr. Pro-Nazi Skull and Bonesman Prescott Bush Sr. was trained by the Jesuits of Stonyhurst.


Brother Nicholas N. Rivera



トウェたちの仕事--(拍手)--したがって、トウェたちは、大きい仕事があって、文化を変えることになっています、疑わしげな文化、そして、私たちは進展しています。 ワシントンの疑わしげな文化、一般民衆の疑わしげな文化。 ここに、トウェたちの話があります。 彼は、初めてマザー・テレサに会いに行きます。 彼は彼女の家の1つでインドで、その家で死亡したところへ立ち寄り、そして、彼に挨拶した姉妹は働くために彼がそこにいたと仮定しました。 (笑い。) それは私がそのトウェたちが現れる毎日を仮定することです。 (笑い。) 彼女が、ある布をジムに与えて、示される状態で、傷から死にかかっている人を片付けに行ってください。 彼は、彼の人生、その経験を変えたと言います。 彼は、神の愛の宣教者会のために常勤で働き続けました。 十分信じられないほど、ジムトウェたち(ホワイトハウスの人の共同体と信頼はイニシアチブを基礎づけるオフィスのディレクター)はマザー・テレサの弁護士でした。 私はあなたに尋ねて、それはマザー・テレサが弁護士を必要とするところのどういう社会ですか? (笑いと拍手。) それは不法行為改革を必要とする社会です。 (笑いと拍手。)


また、「また、私は連邦裁判官のコロンブススタンドのKnightsに感謝します。」と、ブッシュは言いました。 私には、連邦の司法制度が順調であることを確実にするために、責任が大統領としてあります。 私は連邦のベンチから制定するのではなく、法を厳密に、そして完全に解釈するずば抜けた男性と女性を指名しました。 (まさしくコロンブスサミュエルAlito Jr.、オプス・デイ、およびイエズス会士、ジョンキャロル米国社会メンバー、最高裁判所裁判長のジョン・G.ロバーツのKnightのようにうん?)


ブッシュ家は教皇の位のツールです。 ジョージ H. W. ブッシュはそのままでマルタのKnightです。プレスコットブッシュJr.Pro-ナチでSkull&Bonesman、Sr Stonyhurstのイエズス会士によって訓練されました。





イスラエルとはナンだんねん・。





Special Reports












Israeli Secrets I Shouldn't Know

2006 08 22


By Barry Chamish | rense.com










"This picture was taken by a friend while in Eilat recently. It is on the road that crosses the border and one of the first things a visitor sees when coming from Egypt into Israel. I have written about the involvement of Freemasonry in the Israeli Government mainly through the Supreme Court and the Knesset. But this makes a clear statement to anyone crossing the border into Israel that the Illuminati (or freemasons) are in control here." Excerpt and image from: cephas-library.com - Masons Desire to Rebuild Solomon's Temple
 




No outsider was /supposed /to discover what I did about Israel. And I'm sorry I did. I could be raising my kids in suburban Modiin and working on raising my bowling average. My most outrageous political statement might be, "Now why would any teenager want to French-kiss Chaim Ramon?"


But I did discover that Israel's founders and its establishment created a nation based on a form of Freemasonry called Sabbatainism. The first cities they founded were not given Jewish names but Masonic ones:


Tel Aviv - The first Jewish city was named for a Babylonian internment camp for Jewish slaves. It was from Tel Abib that Ezekiel was lifted by a peculiar biblical-age UFO to watch a city being constructed. And it was from Babylon that the Jews changed their months and learned a skill that God hated, astrology.



特別なレポート

私が知るべきでないイスラエルの秘密。


2006 08 22


バリーChamish| rense.com


「この写真がエイラートで、友人によって撮られた、最近」 エジプトからイスラエルに来るとき、それは境界を越える道路と訪問者が見る最初のものの1つにあります。 私は主に最高裁判所とクネセトを通るイスラエル政府における、Freemasonryのかかわり合いに関して書きました。 「しかし、これはIlluminati(または、フリーメーソン)がコントロールここで中であるというだれに対するもイスラエルに国境を越える明確な声明になります。」 以下からの抜粋とイメージ cephas-library.com--RebuildソロモンのTempleへの石工Desire


どんな部外者も/supposed /toが、私がイスラエルの周りで何をしたかを発見するということではありませんでした。 すみません、そして、私はそうしました。 私は、郊外のModiinで私の子供を育てて、私のボーリング平均を上げると取り組むことができました。 私の最も言語道断の政治上の声明は「現在、何かティーンエイジャーがなぜハイム・ラモンにフレンチキスして欲しいでしょうか?」ということであるかもしれません。


しかし、私は、イスラエルの創設者とその設立がSabbatainismと呼ばれるFreemasonryのフォームに基づく国を創設したと発見しました。 それらが設立した最初の都市はユダヤ人の名前を与えたのではなく、フリーメーソンのものを与えました:


テルアビブ--最初のユダヤ人の都市はユダヤ人の奴隷のためにバビロニアの捕虜収容所にちなんで命名されました。 Tel Abibから、エゼキエルは独特の聖書の時代UFOによって持ち上げられて、都市が組み立てられていたのを見ました。 そして、バビロンから、ユダヤ人は、彼らの月を変えて、神が嫌いであった技能、占星術を学びました。





Petach Tikve - Meaning Gate Of Hope, the Sabbatain phrase for female genitilia.


Rosh Pina - Situated precisely on the 33rd latitude, this town means keystone, for it was intended to be the keystone to illumination. What is not understood is that the last three steps in the Masonic rites, parallel ancient Israel's latitudes, from the 30th to 33rd. The British called Rosh Pina's airport, the 33rd runway.


http://www.airports-worldwide.com/israel/mahanaim_ben_yaakov_israel.htm


And if you think Israel's founders were unaware of what they were building, think again. Here is Ben Gurion ruminating in 1962:










View larger image: http://users.cyberone.com.au/myers/bengur62.jpg


Ben-Gurion, the first Prime Minister of Israel, seemed to have remarkable prescience. Invited in 1962 to predict what the world would be like in 25 years' time, he told Look magazine:


"The image of the world in 1987 as traced in my imagination: the Cold War will be a thing of the past. Internal *pressure of the* constantly growing *intelligensia in Russia for more freedom* and the pressure of the masses for raising their living standards may lead to a *gradual democratization of the Soviet Union*. On the other hand, the increasing influence of the workers and farmers, and *rising political importance of men of science, may transform the United States into a welfare state* with a planned economy. *Western and Eastern Europe* will become *a federation* of autonomous states having a *Socialist *and democratic regime. With the exception of the* USSR as a federated Eurasian state*, all *other continents *will become *united in a world alliance*, at whose disposal will be an *international police force*. *All armies* will be *abolished*, and there will be *no more wars*. In *Jerusalem,* the United Nations (a truly United Nations) will build a *shrine of the Prophets* to serve the *federated union of all continents*; this will be the scene of the *Supreme Court of Mankind*, to settle all controversies among the federated continents, as prophesied by Isaiah.




Petach Tikve--女性のgenitiliaのためにGate Ofホープ、Sabbatain句を意味します。 ロシュのピナ--この町はかなめ石を意味します、まさに33番目の緯度に位置してそれがイルミネーションへのかなめ石であることが意図されたので。 最後の3ステップで理解されていないことはフリーメーソンの儀礼でそれです、平行な古代のイスラエルの地方、30日から33日まで。 イギリス人は、ロシュをピナの空港、33番目の走路と呼びました。 http://www.airports-worldwide.com/israel/mahanaim_ben_yaakov_israel.htm
そして、イスラエルの創設者が彼らが築き上げていたことに気づかなかったと思うなら、考え直してください。 ここに、ベンGurionが1962年に反芻しながら、あります:

より大きいイメージを見てください: http://users.cyberone.com.au/myers/bengur62

.jpg

ベンーグリオン(第1代イスラエルの首相)は、顕著な予知を持っているように思えました。 世界がそうすることが25年が生きているのなどように、彼が、ほらと言ったということであると予測する1962年招待された雑誌、:


「想像ではたどられる1987年の世界のイメージ:」 冷戦は過去のものになるでしょう。 より多くの自由*のためにロシアで絶えず*intelligensiaを育てる*の内部の*圧力と彼らの生活水準を上げるための大衆の圧力はソ連*の*ゆるやかな民主化につながるかもしれません。他方では、労働者と農業者の増加する影響、および科学の男性の*上昇している政治上の重要性は計画経済で合衆国を福祉国家*に変えるかもしれません。 *西部劇と東欧*は、*社会党員*と民主的な政権を持ちながら、自治の連邦*が述べる*になるでしょう。 *国際的な警官隊*でしょう。*すべての軍隊*がだれの自由に*になるかが*がそれ以上の戦争でないつもりであったなら*そこで*を撤廃しました。*連邦化されたユーラシアの状態*としての*ソ連を除いて、他のすべての*大陸*が世界同盟*で結合する*になって、*エルサレムでは、国連(本当に国連)はすべての大陸*の*連邦化された組合に役立つようにマホメット*の*神殿を建設するでしょう; これは連邦化された大陸の中のすべての論争に決着をつけるようにMankind*の*最高裁判所の場面になるでしょう、イザヤによって予言されるように。




And here is Ben Gurion's dream shrine, the Supreme Court building designed by the Rothschilds. Note the 30 steps followed by a final 3 leading to illumination:







http://www.abidemiracles.com/555701.htm


People have asked me why I'm promoting non-service in the IDF. The answer is it's a protest that MAY save the state. And, despite prayers and messiahs, I do mean *MAY*. These anti-Jewish Masonic cretins cooperated in the deaths of millions of European Jews to get their dream state. Lately, they bemired the state in still another war during which twice as many of the Israeli dead proportionately were the religious of Yesha, still too blind and patriotic to understand that they died for their very worst enemies.


The Israeli establishment, finally, must be felled. It's not worth another 6 million souls to keep it intact.




そして、ここに、ベンGurionの夢の神殿、ロスチャイルド一家によって設計された最高裁判所ビルがあります。 イルミネーションにつながる最終的な3時までに従われた30の方法に注意してください:


http://www.abidemiracles.com/555701.htm


人々は、私がなぜIDFで非サービスを促進しているかを私に尋ねました。 答えはそれが状態を節約するかもしれない抗議であるということです。 そして、祈りと救世主にもかかわらず、私は5月を意図します。これらの反ユダヤ人のフリーメーソンのクレチン病患者は何百万人ものヨーロッパ人のユダヤ人の死に協力して、彼らの夢の状態を得ました。 最近、それらはそれでも、イスラエルの死者の2倍多くが比例して彼らが非常に最も悪い敵のために死んだのを理解するためにはYeshaにおける宗教と、盲目であり過ぎて愛国的であったまだ別の戦争で状態をbemiredしました。


最終的にイスラエルの設立を打ち倒さなければなりません。 それを完全に保つのは別の600万の精神の価値がありません。



スカル&ボーンズ(頭蓋骨と骨格)秘密結社・・つづき・・3

R Lovett and A Harriman in1936 R. Harriman and R. Lovett -1919


The fathers of W. Averell Harriman (S&B 1913) and Lovett were both executives for Union Pacific Railroads. Robert and the Harrimans were childhood friends.

In 1919, Averell Harriman founded WA Harriman and Company, a merchant investment house, now Brown Brothers, Harriman. Harriman took the reins of Union Pacific in 1932 serving as chairman of the board of untill 1942.


Averell had a lifelong interest in Russia, first visiting there in 1899. His last visit at age 91 was in 1983. Averell invested in the USSR soon after the revolution in defiance of federal laws and regulations. The investment firms, Guaranty Trust and Brown Brothers, Harriman?both dominated by "Bonesmen"?were involved in the early financing of Communist Russia. They financed industries, established banks and developed oil and mineral resources.


Later, as Minister to Great Britain in charge of Lend-Lease for Britain and Russia, Harriman created a program, that shipped entire factories into Russia and?according to some who were involved in the deal?was responsible for the transfer of nuclear secrets, plutonium and U.S. dollar printing plates to the USSR.



Harriman and Stalin


Harriman was the US Ambassador to the Soviet Union from 1943 to1946) and was a presidential secret envoy to Soviet leaders Stalin, Krushchev, Brezhnev and Andropov.


After World War II, he served as Secretary of Commerce (1946-48), special assistant to President Truman, and the U.S. representative at NATO meetings.




Secretary of State Dean Acheson, Ike, Secretary of Defense R Lovett

and Mutual Security Administration Director W. Harriman-11/51


In 1951, Averell became the Director of the Mutual Security Agency. Working with his fellow "Bonesman" Robert Lovett, who was Secretary of Defense and who had chaired the Lovett Committee in 1947, to organize US intelligence activities, they created a framework of national security apparatus belli, with "organization[s] of covert operations and 'psychological warfare.' "


Harriman served a term as the Governor of New York (1954-58) and went on to dominate the Democratic national party as its "elder statesman" for the rest of his life.






Robert Lovett, was asked by incoming President Kennedy to be Secretary of Defense or Treasury, he declined. But Lovett did suggested his friends, C. Douglas Dillon, investment executive and diplomat; Dean Rusk, Rockefeller Foundation president; and Robert MacNamara of Ford. These three became Treasury Secretary, Secretary of State and Secretary of Defense?the administration's most "important policy making positions"?and some of the "architects of the Vietnam War."




During the Vietnam conflict Harriman served in the State Department as Ambassador at Large for Presidents Kennedy and Johnson. He served as Under Secretary of State for Asia (1961-1963) and Under Secretary of State for Political affairs (1963-65), and led peace negotiations with North Vietnam in 1968.


"Stimson's Kindergarten" graduates, William Bundy (S&B 1939) and his brother McGeorge Bundy (S&B 1940), from their positions in the CIA, Department of Defense, the State Department and as Special Assistants to Presidents Kennedy and Johnson, exercised significant impact on the flow of information and intelligence during the Vietnam "police action."


William Bundy went on to be editor of Foreign Affairs, the influential quarterly of the Council on Foreign Relations (CFR). McGeorge became president of the Ford Foundation.


Two partners of WA Harriman and Co.' were Prescott Bush (S&B 1917) and his father-in-law, George Herbert "Bert" Walker. There were many other "Bones" directors and partners, including three from Prescott's class of 1917.


Bert Walker inherited a St. Louis dry-goods import and wholesale business. In 1900, he a started a banking and investment firm named the GH Walker and Company. Walker’s family had developed many international banking contacts and he helped organize the 1904 St. Louis World's Fair. A wheeler-dealer, Walker was known as the "power behind the throne" in local Democratic politics.


In 1919, Prescott Bush moved to St. Louis after accepting a job offer from Wallace E. Simmons (S&B 1890) in his railroad equipment company. That autumn Prescott met Dorothy, Bert Walker's daughter. That same year, Averell?who needed someone with strong international financial dealings?implored upon Bert to organize The WA Harriman & Co. Averell's brother, Roland "Bunny" Harriman (S&B 1917), was co-owner. Percy Rockefeller (S&B 1904) was a founding financial sponsor and director.


Prescott and his young family went to Connecticut in 1925,where he worked at the Harriman-controlled US Rubber Corp. Then, in 1926, his father-in-law Bert, president of WA Harriman & Company, made Prescott a vice-president. After the firm merged with Brown Brothers and became Brown Brothers, Harriman, Prescott was the managing partner.


On October 20 of 1942, ten months after Pearl Harbor, the US government ordered the seizure of "all the capital stock of the Union Banking Corporation, a New York corporation," by the US Alien Property Custodian. The government order stated "all of which shares are held for the benefit of … members of the Thyssen family, [and] is property of nationals … of a designated enemy country…" Prescott was a director and shareholder in the bank.


Averell, Bert and Prescott?using Union Banking, the Hamburg-Amerika Line and other fronts and holding companies?were directly involved in the build-up of Nazi Germany. Corporate lawyer and diplomat, John Foster Dulles, his brother, OSS and CIA spymaster, Allen Dulles, and others helped supply the Third Reich with capital, financial arrangements and asset management services.


This whole arrangement was kept very quiet, marked by only a small notice in the NY Times?years later?on Dec 16, 1944: "The Union Banking Corporation, 39 Broadway, New York has received authority to change its principal place of business to 120 Broadway." No mention was made of the fact that the property had been seized for trading with the enemy, or that 120 Broadway was the Alien Property Custodian's address.


And no 'fuss' was made at all, Prescott, later a US Senator, was still a partner in Brown Brothers, Harriman and held directorships for various companies, such as CBS, Dresser Industries, Pan-American Air, Prudential, and U.S. Guaranty and Trust.






An official signature for Brown Brothers Harriman & Co. c. 1931


Some other Skull and Bones partners






JB Madden S&B1941 Lawernce G. Tighe S&B 1941 Stephen Y Hord S&B1921

Trustee for Russell Treasurer of Yale In charge of Chicago office

Trust Assoc


Prescott had another secret, in May of 1918, he and some other "Bonesmen", had stolen Geronimo's skull from the Fort Sill Army Base in Oklahoma. In the fall of 1983, Ned Anderson, Tribal Chairman of the San Carlos Apache Tribe attempted to have the remains of Geronimo returned to his tribe's custody. A newspaper story was written about his search and the Army’s resistance towards his quest. Soon thereafter, an "informant provided Anderson with photographs of the stolen remains, and a copy of a Skull and Bones log book in which a 1918 grave robbery had been recorded. The informant said that Skull and Bones members used the pilfered remains in performing some of their Thursday and Sunday night rituals, with Geronimo's skull sitting out on a table in front of them."


" … from a Skull and Bones Society internal history entitled Continuation of the History of Our Order for the Century Celebration, 17 June 1933, by The Little Devil of D'121.


"oFrom the war days [W.W. I] also sprang the mad expedition from the

School of Fire at Fort Sill, Oklahoma, that brought to the T[omb] its

most spectacular "crook,'' the skull of Geronimo the terrible, the

Indian Chief who had taken forty-nine white scalps. An expedition in

late May, 1918, by members of four Clubs [i.e. four graduating-class

years of the Society], Xit D.114, Barebones, Caliban and Dingbat, D.115,

S'Mike D.116, and Hellbender D.117, planned with great caution since in

the words of one of them: "Six army captains robbing a grave wouldn't

look good in the papers.'' The stirring climax was recorded by

Hellbender in the Black Book of D.117: "... The ring of pick on stone

and thud of earth on earth alone disturbs the peace of the prairie. An

axe pried open the iron door of the tomb, and Pat[riarch] Bush entered

and started to dig. We dug in turn, each on relief taking a turn on the

road as guards.... Finally Pat[riarch] Ellery James turned up a bridle,

soon a saddle horn and rotten leathers followed, then wood and then, at

the exact bottom of the small round hole, Pat[riarch] James dug deep and

pried out the trophy itself.... We quickly closed the grave, shut the

door and sped home to Pat[riarch] Mallon's room, where we cleaned the

Bones. Pat[riarch] Mallon sat on the floor liberally applying carbolic

acid. The Skull was fairly clean, having only some flesh inside and a

little hair. I showered and hit the hay ... a happy man....''


After many tries Ned finally met with Jonathan Bush (S&B 1953] brother of then vice-president George Herbert Walker Bush (S&B 1948, DKE) in September 1986. Jonathan told Anderson obliquely "that he would get what he had come after" and said come back tomorrow. Tomorrow never came?the meeting was postponed.


"Bones" attorney Endicott Peabody Davison (S&B 1945) of the law firm Winthrop, Stimson, Putnam, and Roberts was called in. After some delay another meeting was held. Davison brought a display case?resembling the one Ned had a photo of?and a skull. The skull was different and appeared to be that of a child.


According to a 1988, Washington Post article, lawyer Davison wanted the Apache leader to sign an agreement that disallowed "anyone in association with us to make or permit any publication in connection with this transaction.'' Anderson refused. Davison claimed that "the Order's own history book is a hoax." However during the negotiations with Anderson, Davison never gave up the stipulation that "Anderson give up his copy of the book." Ned refused the proffered skull and signed nothing.


The private response from Skull and Bones members is that?if anything at all?Prescott was "conned' into purchasing a fake Geronimo skull and they point to reports of an archivist at Fort Sill who says the grave had been "moved … several years earlier."


Prescott's "alleged" skull theft and his "trading with enemy" were unknown publicly and had no bearing when he ran for Senator in 1950, but last minute revelations of his "contacts with birth controllers" … "cost him the election ... " (Yale and many of the Skull & Bones’ family have been at the forefront of the "race-science movement"?a whole story in itself. Yale economist Irving Fisher (S&B 1888), was the founder of the American Eugenics Society.)


In 1952, Eisenhower?an avid golfer?was running for President, having beaten Robert Alphonso Taft (S&B 1910) for the Republican nomination amidst fisticuffs and the first fully televised convention. Prescott a past president of the United States Golf Association was one of Ike's favorite golfing partners. Prescott's father-in-law, Bert, had also served as president of the USGA and in 1922, initiated an amateur golf tournament between the United States and Great Britain and Ireland. Walker donated the trophy and the newspapers christened it the "Walker Cup."


Prescott Bush won a special election?with Ike's help?in 1952, and became the senior US Senator from Connecticut. He served on the Armed Services Committee and helped to keep Connecticut’s huge defense contractors busy.





Roland Harriman, Prescott Bush, Knight Woolley and R. Lovett - all S&B and senior Partners at Brown Brothers Harriman - 7/64


Leaving the Senate, in 1962, Prescott rejoined Brown Brothers, Harriman and stayed involved in his family's business, political and social life. He was very instrumental in his son's business and political careers. He passed away in 1972, before he saw his son George Herbert Walker Bush elected to be the second US president from the foreign-based secret society, the Order of Skull and Bones.


But there was more to Prescott than meets the resume.


Prescott Bush had been an operative for Army Intelligence during World War I. He was a liaison to the British and some say he was trained by famous Stewart Menzies, WWII head of the British secret service.


Gordon Gray (another one of Prescott's golfing partners) was the first director of the Psychological Strategy Board, having been installed by the "Harriman security regime" in the early 50's. Gray and his four elite Jupiter Island, Florida, neighbors Prescott Bush, Robert A. Lovett, C. Douglas Dillion and "Jock" Whitney, are, along the Dulles and Harriman brothers considered by some historians to be the "fathers of this permanent covert action monolith". The "secret government" in the shadowy realms of intelligence operations that cloaks its actions with cries of national security.


They created this modern wall of deniality for Eisenhower deep within the government-military-industrial complex?that Ike was later to regret. One of Gray's jobs, as Ike's National Security advisor, was "under the guise of 'oversight' on all US covert action, to protect and hide" the "cryptocracy."


"Gray's son, C. Bowden was President Bush's very helpful "soulmate'", "protector of the president, come what may", White House counsel. He helped to keep George "out of the loop," as George became embroiled in the evolving Iran-Contra scandal.


In 1954, H. S. Richardson, the maker of Vick's cough drops and Vapo-Rub, wrote in a letter to Senator Prescott Bush; "… I want to get your advice and counsel on a subject?namely what should be done with the income from a foundation, which my brothers and I are setting up…"


Eugene Stetson (S&B 1934), an assistant manager for Prescott Bush at Brown Brothers, Harrimans organized the H. Smith Richardson Foundation. The foundation participated in the MK-ULTRA, a CIA domestic covert psychological warfare operation and helped to finance the testing of psychotropic drugs, including LSD, at Bridgewater Hospital in Massachusetts in the 50's.


During the Iran-Contra operations, the H. Smith Richardson Foundation was a "private donors steering committee," working with the National Security Council to co-ordinate the Office of Public Diplomacy. This was an effort to propagandize the public in favor of and run cover for the Iran-Contra operations, and to coordinate published attacks on opponents of the program.


In 1962, Prescott founded the National Strategy Information Center, with his son, Prescott Bush, Jr. and William Casey, investment banker, OSS veteran ?and future CIA director. The center, among other things, laundered funds for the dissemination of "CIA authored 'news stories' to some 300 newspapers."


Iran-Contra, Watergate are just two of the many scandals that allows glimpses into a "secret government" netherworld. Scandals used to deflect attention away from deeper corruption. A black and gray world where one sees many of the same faces and, yes, George HW Bush is/was in the loop. A deep cover in an alliance of oil and intelligence that has merged with another cabal?intelligence, the mob and drugs. "Drug trafficking" is now in the realm of "national security." There are excuses like?isn't it better that we do it, instead of someone else, and other spurious?whatever's handy hoodwinks and backstops. Here, one is dealing with an "intel" world where a big rule is to leave no fingerprints. Deniability?being out of the loop? are built into systems of overlapping agencies and groups that are used by this "secret government."


The assault upon the rights of American public through an unconstitutional War on Drugs has just been part of a directed cultural, economic, political and real warfare. There is no true public debate or public exposure. ABC's Peter Jennings does series of reports on CIA's shady money dealings?ABC is bought by Bush friend William Casey's influenced Capitol Cities?and the reports stop. Many a policing agency's bust is "compromised" by claims of national security; money and property are given back and get-out-of-jail-cards are routinely used?while us hoi polloi's lives are ruined. Exposes, reporters and agents are summarily squashed, ignored, dismissed, jailed and … killed.


A steady drumbeat of events and news stories is used to create fear and division within our society. The targeted racial realities and exploited fears of the drug trade and drug use are used to subdue many and disenfranchise all parts of the community. Along with the crack, came the reality-cop show "popularizing the police state." More laws, equals more criminals, more prisons, more controls and more corruption. And more money to be made … Prohibition brings higher prices. Competition can be "officially" weeded out and the public pays for anti-drug messages that entreats teens.


Drugs are a hard-metal cash crop. "Gold" from the ground?in some places it can be harvested three times a year. Drugs … is the biggest business on the planet.


But then, this game is not new and has been played before …


R ラベットとAハリマンin1936

R. ハリマンとR.ラベット-1919

W.エーヴレル・ハリマン(S&B 1913)とラベットの父はユニオン・パシフィック鉄道のための両方のエグゼクティブであった。

ロバートとHarrimansは子供時代の仲良しであった。

1919年に、エーヴレル・ハリマンはWAハリマンと会社、商船の投資家、今ブラウン・ブラザーズを設立した、ハリマン。

ハリマンは非現金保管用引き出し1942年の取締役会長として1932の役立ちにおいてユニオン・パシフィックの手綱を取った。

1899においてそこで最初に訪問して、エーヴレルはロシアへの終身の興味を持っていた。

91歳での彼の最後の訪問は1983年にであった。

エーヴレルは連邦法と規則を無視して革命のすぐ後でソ連に投資した。

両方とも「Bonesmen」?によって支配された投資会社、保証信頼、およびブラウン・ブラザーズ、ハリマン?は共産主義ロシアの早い資金調達に関係していた。

彼らは産業に資金提供し、銀行を設立し、オイルと鉱物資源を開発した。

後で、英国とロシアのために武器貸与を担当している英国への大臣として、ハリマンはプログラムを作成し、それはロシアの中に工場全体を出荷し、取り引き?に関係していたいくつかに従って?はソ連にプレートをプリントしている核の秘密、プルトニウム、および米ドルの転送に責任があった。

ハリマンとスターリン

ハリマンは1943年to1946)からのソビエト連邦へのアメリカの大使であり、ソビエト連邦の指導者スターリン、フルシチョフ、ブレジネフ、およびアンドロポフへの大統領の密使であった。

第二次世界大戦の後に、彼は商務長官(1946年-48年)、トルーマン大統領への特別なアシスタント、およびNATOミーティングの米国代表として勤務していた。

国務長官ディーン・アチソン、Ike、国防長官Rラベット、および相互のセキュリティ管理ディレクターW.ハリマン11/51

1951年に、エーヴレルは相互の警備機関のディレクターになった。

国防長官であり、米国情報活動を編成するために1947年にラベット委員会の議長を務めたロバート・ラベットを彼の仲間「Bonesman」とともに働かせて、それらは「秘密活動の組織[s]と‘心理戦’。」によって国家安全保障装置belliの枠組を作成した。

"

ハリマンはニューヨーク(1954年-58年)の知事として用語に役立ち、一生その「長老」として、続けて民主全国的な党を支配した。

ロバート・ラベットで、新しい大統領ケネディによって、国防長官または宝庫であるように頼まれて、彼は辞退した。

しかし、ラベットはし 彼の友人、C.ダグラスディロン、投資エグゼクティブ、および外交官 、提案された;

ディーン・ラスク、ロックフェラー基金大統領;

そしてフォードのロバートMacNamara。

これらの3は、財務長官、国務長官、および国防長官?the管理の「ベトナム戦争の建築家。」の中のほとんどの「重要な政策立案ポジション」?andいくつかになった。

ベトナム衝突の間に、ハリマンはケネディとジョンソンの大統領のために全体として大使として国務省で勤務していた。

彼はアジア(1961年-1963年)のための状態の次官と政治的な仕事(1963年-65年)のための状態の次官として勤務していて、1968年に北ベトナムによって和平交渉を導いた。

「スティムソンの幼稚園」はベトナム「治安活動」の間にCIA、国防総省、情報と知能の流れの上の国務省、およびケネディとジョンソンの大統領への特別なアシスタントとしての、行使された重要なインパクトのそれらのポジションを卒業する、ウィリアム・バンディ(S&B 1939)と彼の兄弟マクジョージ・バンディ(S&B 1940)。

ウィリアム・バンディは、続けて外務(外交問題評議会(CFR)の有力な季刊誌)のエディタであった。

マクジョージはフォード基金の社長になった。

WAハリマンとCo.'の2人のパートナーが、プレスコットブッシュ(S&B 1917)および彼の義父、ジョージ・ハーバート「バート」ウオーカーであった。

プレスコットの1917年のクラスから3を含めて、多くの他の「骨格」ディレクターとパートナーがいた。

バート・ウォーカーはセントルイス乾燥の商品インポートと卸し業を引き継いだ。

1900年、彼に、築堤と投資が固めて始められたものはGHをウオーカー・アンド・カンパニーと名付けた。

ウオーカーの家族は多くの国際バンキングコンタクトを開発し、彼は1904年のセントルイス万国博覧会を計画するのを手伝った。

やり手、ウオーカーはローカルな民主主義の政治における「陰の実力者」として知られていた。

1919年に、彼の鉄道機器会社でウォレスE.シモンズ(S&B 1890)からの求人を受け入れた後に、プレスコット・ブッシュはセントルイスに引っ越した。

その秋プレスコットはドロシー、バート・ウォーカーの娘と会った。

その同じ年、エーヴレル?whoは、バートの強い国際的な金融取引?imploredを持つ誰かがWAハリマン&Co.を設立することを必要とした

エーヴレルの兄弟(ローランド「バニー」ハリマン(S&B 1917))は共同所有者であった。

パーシー・ロックフェラー(S&B 1904)は設立している資金拠出国とディレクターであった。

彼がハリマンでコントロールされた米国ゴム社で働いた所で、プレスコットと彼の若い家族は1925年にコネチカットに行った。

それから、1926年に、彼の義父バート(WAハリマン&会社の社長)はプレスコットを副社長にした。

会社がブラウン・ブラザーズと合併し、ブラウン・ブラザーズ、ハリマンになった後に、プレスコットは業務担当社員であった。

1942年の10月20日に、真珠湾の10ヶ月後で、米国政府は米国在留外国人資産管理人による「組合バンキング社、ニューヨーク企業のすべての資本金」の差し押さえを注文した。

政府命令は、「株のすべてがテュッセン家の…メンバーのために保持される[と]明示された敵country…の国民…の特性である」プレスコットが銀行でディレクターと株主であったのを述べた。

組合バンキング、ハンブルクファシスト的アメリカライン、および他の正面を使っているエーヴレル、バート、およびプレスコット?と持株会社?はナチスドイツの強化に直接関係していた。

顧問弁護士と外交官、ジョン・フォスター・ダレス、彼の兄弟、OSSとCIAのスパイ組織のリーダー、アレン・ダレス、およびその他は資本、財政上の取り決め、および資産管理サービスを第三帝国に供給するのを手伝った。

この配置全体は非常に静かにしておかれて、NY時の小さな通知だけによって、?に1944年12月16日に数年後の方である?とマークを付けた:

「組合バンキング社、39ブロードウェイ、ニューヨークは、その主たる事務所の場所を120ブロードウェイに変更する権限を受け取った」。

どの言及も、特性が、敵と取引するために押収されたというまたは120ブロードウェイが在留外国人資産管理人のアドレスであったという事実に関してされなかった。

そして、無‘大騒ぎ’は全く起こされて、プレスコット、後でアメリカ上院議員はまだブラウン・ブラザーズ、ハリマンについてのパートナーであり、CBS、Dresser Industries、全米空気、プルデンシャル、および米国保証と信頼など様々な会社のために指導者職を保持した。

ブラウン・ブラザーズ ハリマン&Co.cのための公式なサイン。

1931年

他の頭蓋骨と骨格のパートナー

JB S&B1941を発狂させなさい。

Lawernce G. タイS&B1941

エールのラッセルTreasurerのためのスティーブンY Hord S&B1921評議員

シカゴオフィス信頼Assocの担当

プレスコットは1918年、彼、および他の「Bonesmen」の5月の別の秘密を持っていて、オクラホマのフォートシル陸軍基地からジェロニモの頭蓋骨を盗んだ。

1983年の秋に、サンカルロスアパッチTribeのネッドアンダーソン、部族の会長は、彼の種族の保護に戻ったジェロニモの残りを持つことを試みた。

新聞記事は彼の探求に彼の検索と軍隊の抵抗について書かれた。

すぐ、その後、「情報提供者はアンダーソンに、盗まれた残りと1918年の墓強奪が記録された頭蓋骨と骨格の航海日誌のコピーの写真を提供した」。

「情報提供者は、彼らの前に外にテーブルの上に位置しているジェロニモの頭蓋骨によって彼らの木曜日と日曜日の夜の儀式のいくつかを執行することにおいて、頭蓋骨と骨格のメンバーが盗まれた残りを使うと言った」。

「頭蓋骨からの…と骨格社会内部歴史は、D'121の小悪魔によって世紀のお祝い、1933年6月17日のための私達注文の歴史の連続に与えた。

「W.W. Iが、また、その最も豪華出し物をTombに持って来たフォートシル、オクラホマの火の学校から、発狂した遠征を出現させた戦時のoFrom」は、"、ジェロニモ、ひどいことの頭蓋骨、49個の白い戦利品を取ったインドチーフを湾曲させる。

4つのクラブ[すなわち社会の4卒業クラス年]、Xit D.114、ひどくやせた人、キャリバン、および飾り活字、D.115、S'Mike D.116、およびアメリカハンザキD.117のメンバーによる遅い1918年5月の遠征は彼らの1人の言葉において以来偉大な用心によって計画を立てた:

「墓を盗掘している6人の陸軍大尉は書類を得意とするように見えないであろう」。

動き最高潮はD.117のブラックリストの中のアメリカハンザキによって記録された:

"..."

地球だけの上の地球の石とドスンの上の選りすぐりのリングは大草原の平和を妨害する。

斧は墓の鉄のドアをこじ開けて、Pat[riarch]ブッシュは入り、掘り始めた。

それぞれガードとして道路の上で回転を取っているリリーフにおいて私達は次々掘った…。

最終的に、Pat[riarch]エラリー・ジェームズは拘束(続いているすぐサドルホーンと腐った皮)を見つけて、それから、木材、それから小さな丸いホールの正確な底のPat[riarch]ジェームズは深く掘り、トロフィー自身外でのぞき込んだ…。

私達は迅速に墓を閉じて、ドアを閉じて、Pat[riarch]マロンの部屋に家に急いだ(そこで、私達は骨格をきれいにした)。

Pat[riarch] マロンは石炭酸を寛大に適用しているフロアに座っていた。

中のいくらかの肉と少量の毛だけを持って、頭蓋骨はかなりクリーンであった。

私は水を浴びせて、幸福な人によって干し草…を打った…。」

多くのトライの後に、ネッドは最終的にその時副大統領ジョージ・ブッシュ(S&B1948(1986年9月にDKE))のジョナサンブッシュ(S&B1953]兄弟と出会った。

ジョナサンは、「彼が、彼が追いかけたものを得るであろうという」とアンダーソンに斜に話し、言われて、明日戻る。

明日は決して来なかった 合う?the 延期された 。

法律事務所ウィンスロップ、スティムソン、パトナム、およびロバーツの「骨格」弁護士エンディコット・ピーボディ・デービソン(S&B 1945)は呼ばれた。

いくらかの遅れの後で、別のミーティングは催された。

一方のネッドと似ている展示ケース?を持って来られたデービソンは?の写真と頭蓋骨を持っていた。

頭蓋骨は違い、子供のそれであるようであった。

1988年によると、ワシントン・ポスト記事、デービソン弁護士はアパッチリーダーに、「このトランザクションに関連してどのような出版でもするか、許す私達との交際における誰」でも却下した協定にサインしてほしかった。

アンダーソンは断った。

デービソンは、「注文自身の歴史の本はデマである」と主張した。

しかし、アンダーソンとの交渉の間に、デービソンは決して「彼の本のコピーの上のアンダーソン弾力性」という条件を放棄しなかった。

ネッドは提供された頭蓋骨を断り、何にもサインしなかった。

「「偽造のジェロニモ頭蓋骨を購入する中に、」?プレスコットがあったすべての何かが「'をだまし、彼らが、墓」が数年前始動し「たと言うフォートシルの記録保管人のリポートを指し示す」ならば、頭蓋骨と骨格のメンバーからの私的な反応はその?である」。

プレスコットの「疑わしい」頭蓋骨窃盗と彼の「敵とのトレーディング」は公然と未知で、彼が1950年に上院議員に立候補した時に、ベアリングを全然持っていなかったけれども、「誕生コントローラ」…を「持つ」彼の「コンタクト」の最後の緻密な新事実は「彼に選挙…を必要とした」

それ自体は、「(エールおよび頭蓋骨&骨格のファミリーの多くは、theの最前線にあった」レース科学動き"?a全体物語。

エールエコノミストアービングフィッシャー(S&B 1888)はアメリカ優生学社会の創立者であった。)

1952年、アイゼンハワー?に、貪欲であるゴルファー?は、なぐり合いの最中共和党の指名と最初の完全にテレビ放送された大会のためにロバート・アルフォンソ・タフト(S&B 1910)を打ち負かして、大統領に立候補していた。

全米ゴルフ協会の過去の大統領がIkeのお気に入り ゴルフ パートナー のうちの1つであったプレスコット。

プレスコットの義父、バートはまたUSGAの社長としてつとめていて、1922年に、米国と英国とアイルランドの間でアマチュアゴルフトーナメントを開始した。

ウオーカーはトロフィーを寄贈し、新聞はそれを「ウォーカーカップ」と命名した。

プレスコット・ブッシュは1952年にIkeの助け?によって補欠選挙?を勝ち取り、コネチカットからシニアのアメリカ上院議員になった。

彼は軍事委員会の上で勤務していて、コネチカットの巨大な防衛関係の請負業者を忙しくしておくことを手伝った。

ローランド・ハリマン、プレスコット・ブッシュ、ウーリーナイト、およびR.ラベット--ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのすべてのS&Bとシニア・パートナー--7/64

1962年に上院を残して、プレスコットはブラウン・ブラザーズ、ハリマンに復帰し、彼のファミリーのビジネス、政治的で、社会的な生活に関係しているままいた。

彼は彼の息子のビジネスと政治的なキャリアについて非常に手段となっていた。

彼が、外国ベースの秘密結社(頭蓋骨と骨格の注文)からの第2代米国大統領であるために彼の息子ジョージ・ブッシュが選ばれるのを見る前に、彼は1972年に亡くなった。

しかし、レジュメに触れるよりプレスコットへの多くがあった。

World War I.Heの間の軍隊知能が英国人への連絡であり、いくつかが、彼が有名なステュワート・メンジース(英国のシークレットサービスのWWII頭)によって訓練されたと言うので、プレスコット・ブッシュはスパイであった。

早い50年代の「ハリマンセキュリティ政権」によって任命されて、ゴードン・グレー(プレスコットのゴルフ仲間の別の1人)は心理学的な戦略取締役会の最初のディレクターであった。

グレーと彼の4つのエリート木星島、フロリダ、プレスコット・ブッシュ隣人、ロバートA.Lovett、 C.ダグラス天文学的数で、そして「ジョック」ホイットニーはそうであり、ダレスとハリマンの兄弟に沿って、「この永久的な隠れた行動モノリスの父」であるために、何人かの歴史家によって考慮した。

国家安全保障の叫び声によってその行動を覆い隠す情報収集活動の暗い領域の「秘密の政府」。

彼らは、Ikeが後で、後悔することになっていた政府軍産複合体?中で深いアイゼンハワーのためのdenialityのこの現代の壁を作成した。

Ikeの国家安全保障アドバイザーとしてのグレーの仕事の1つは、「「」cryptocracyを保護し、隠すすべての米国の潜伏所行動において‘監督’の外観の下」であった。

「グレーの息子、C.ボーデンは、大統領ブッシュが非常に役立っていることであった」soulmate'"(大統領、どんなことがあろうとも"の"プロテクター)、大統領首席法律顧問。

ジョージが発展イランContraスキャンダルに巻きこまれるにつれて、彼は、「ループの外」ジョージを拘留することを手伝った。

1954年に、H. S.リチャードソン(ヴィックのせき止めとVapo-Rubのメーカー)はプレスコット・ブッシュ上院議員に手紙を書き込んだ;

「あなたのアドバイスを得て、対象?を、すなわち、私の兄弟と私がup…に課している基礎から収入によってされるべきであることに助言する… I欠乏」

ユージンStetson(S&B 1934)、ブラウン・ブラザーズのプレスコット・ブッシュのための管理補佐職、HarrimansはH.スミス・リチャードソン財団を組織化した。

基礎はMK-ULTRA(CIA国内潜伏所心理戦操作)に関与し、50年代のマサチューセッツのブリッジウォーター病院にLSDを含めて、向精神薬のテストに資金提供することに役立っていた。

イランContra操作の間、公的な外交のオフィスを調整するために国家安全保障会議とともに働いて、H.スミス・リチャードソン財団は「私的なドナー運営委員会」であった。

これは、有利とイランContra操作のためのランカバーに一般大衆を宣伝し、プログラムの相手への出版された攻撃を調整する努力であった。

1962年に、プレスコットは彼の息子、プレスコット・ブッシュJr.、およびウィリアム・ケーシー、投資銀行家、OSSベテラン?、および未来のCIAディレクターと国家戦略情報センターを設立した。

「CIAは約300個の新聞に‘ニュース記事’を制作した」の配布のために、センターは、他の物の間で、資金をクリーニングした。

イランContra、ウォーターゲート事件は、「秘密の政府」冥界の中に一見を許す多くのスキャンダルのちょうど2つである。

スキャンダルは、より深い堕落から離れて注意をそらしたものであった。

人が同じの多くを見る黒く、灰色の世界は直面していて、はい、ジョージHWブッシュはループの中にある/、あった。

別の徒党?知性的存在、群集、および薬と合併したオイルと知能の同盟の中の極秘。

「麻薬取引」は現在「国家安全保障」の領域にある。

?が、私達がそれをすることが改良されて、他の誰かと他偽である?の代わりに、器用な何でも騙し、バックネットではないように、弁解がある。

ここで、人は、大きな規則が、指紋を全然残さないことになっている「インテル」世界を扱っている。

ループ?外にある否認能力?は、この「秘密の政府」によって使われるエージェンシーとグループと重なるシステムに組み込まれている。

薬の上の憲法違反の戦争を通してのアメリカの大衆の権利の上の猛攻撃はたった今指示された文化的で、経済の、政治的で、現実の戦闘の一部であった。

真実の公開の討論または公的な露出が全然ない。

ABCのピーター・ジェニングスは、?ABCがブッシュ友人ウィリアム・ケーシーの影響された米国国会議事堂都市?によって買われるCIAのいかがわしいお金取引についてのリポートのシリーズをし、リポートはやむ。

多くの取り締まりエージェンシーのバストは国家安全保障の主張によって「損われる」;

お金と特性は返されて、大衆のライフが、破滅したことである私達一方、刑務所カードの脱出は定期的に使われた?である。

暴露、レポーター、およびエージェントは要約して潰し、無視されて、退けられて、拘留されて、殺される。

イベントとニュース記事のしっかりとした太鼓の音は、恐怖と私達の社会の中の部門を作成するために使われる。

麻薬取引と薬使用の目標とされた人種の現実と利用された恐怖は、多くを抑制し、コミュニティのすべての部分から公民権を剥奪するために使われる。

クラックとともに、「警察国家を大衆化する。」という現実警官ショーが来た。

より多くは訴訟を起こし、より多くの犯罪者、より多くの刑務所、より多くのコントロール、およびより多くの堕落と等しい。

そして、得られるより多くのお金...禁止はより高い価格をもたらす。

競争は「公式に」除去されることができて、一般大衆はそれがティーンを嘆願するという反薬メッセージの代金を払う。

薬はかたい金属の換金作物である。

それが1年に3回収穫されることができるいくつかの場所でグラウンド?からの「金」。

薬…は惑星の上の最も大きなビジネスである。

しかし、このゲームは新しくなく、…の前でされている。

スカル&ボーンズ(頭蓋骨と骨格)秘密結社・・つづき・・2

Is Skull and Bones an Illuminati group?





Some historians dispute any link between the Bavarian Illuminati and Phi Beta Kappa, and thus Skull and Bones. The argument is that Adam Weishaupt didn't form his group until May of 1776 and that in the ensuing six months there wasn't enough time for communication and that there was very "little in common between the Bavarian philosopher and the five boys" whom founded Phi Beta Kappa.


However, other researchers assert quite plainly that Phi Beta Kappa is the "Bavarian Illuminati, ... spread to America"; and "the Masonic Order probably influenced the founding of the Society at William and Mary."


In the late 1700s, ocean travel between Europe and America required a two to three month journey. It has been reported that Weishaupt began "canvassing" members for his order in 1774. He was a zealous member of the Lodge of Eclectic Masonry in 1775,?The Lodge Theodore of Good Consul,?along with people who became members of the Bavarian Illuminati. And even though, the sect was suppressed by the Bavarian government in 1788, there are accounts of the Illuminati's survival. Weishaupt, himself, lived until November 1830. Many of the Illuminati's early members were drawn from the charismatic professor's fellows and students. Weishaupt himself stated:


"The first task of the Association must therefore be to form the young members. As these multiply and advance, they become the apostles of beneficence, and the work is now on foot, and advances with a speed encreasing[sic] every day. The slightest observation shows that nothing will so much contribute to increase the zeal of the members as secret union."


There had been other secret, semi-secret and open college societies before Phi Beta Kappa, but these had usually had Latin names. The "five boys" who started Phi Beta Kappa were unknown for many years and the main founder was known as just the "young 'Hellenist."" Weishaupt?who rebelled against the Jesuit, Roman Catholic, Latin-speaking "power-structure" of his day?had a great fondness of things "Greek." In the Illuminati he went by Spartacus, the Greek slave who led the revolt against the Romans. All Illuminati members were given "new" names, mostly Greek, similar to Phi Beta Kappa and Skull & Bones members.


Who is in Bones?

Every year on a Thursday in May fifteen juniors are 'tapped"?initiated into next year's group. There have been a few irregular initiations and member years?usually because of war. Around 2,500 people have been members, mostly white males from old-line inter-related, wealthy New England families. Bundy, Bush, Ford, Goodyear, Harriman, Heinz, Jay, Kellogg, Lord, Lovett, Perkins, Phelps, Pillsbury, Pinchot, Rockefeller, Sloane, Stimson, Taft, Vanderbilt, Weyerhaeuser, and Whitney, are some of the names on the Skull and Bones roster. Minorities were brought in during the 1950's and female initiates were allowed into the Order in 1991.



Members of Order of Skull and Bones have had a great impact upon our society. "They" have friends in very high and?very low places. They occupy key positions in the worlds of commerce, communications , diplomacy, education, espionage, finance, law and politics. Their impact on professional associations and the philanthropical fortune-holding/controlling foundations has been very profound.



There have been two Skull and Bones Presidents?with a possible third, George W. Bush(S&B 1968), looming on the horizon; at least ten Senators; two Chief Justices of the Supreme Court and many U.S. representatives and state governors. "Bonesmen" have held a myriad of lesser appointed posts and positions, with a particular affinity for Secretary of War/Defense; diplomatic posts to Europe, Russia, China and the Philippines; and in the national security state/intelligence apparatus.


For some understanding of how "they" work let us look at the two U.S. presidents and their friends and families.






Young WH Taft at Yale


William Howard Taft(S&B 1878) is the only man who has served as both President and Chief Justice of the United States.


His father, Alphonso Taft (S&B co-founder 1833) was appointed Secretary of War by President Ulysses Grant, and later U.S. Attorney General. As Attorney General, Alphonso helped fashion the commission that decided who won the 1876 election. The commission found in favor of Rutherford B. Hayes, a member of Delta Kappa Epsilon, (DKE), originally a junior secret society at Yale, and the only national Greek letter fraternity initially founded at Yale. In 1882, Alphonso was appointed U.S. Minister to Austria-Hungary. He then moved to Russia for two years, leaving in 1886. He died in 1891.

His son, William Howard Taft, appointed by President McKinley, to be the first civil governor of the Philippines, displaced a disgruntled General Arthur MacArthur (General Douglas MacArthur's father) who had been the military governor. Teddy Roosevelt (DKE), who became president after McKinley’s assassination, appointed Taft to serve as Secretary of War (1904-08). While Secretary, he was the "master overseer and troubleshooter" for the Panama Canal; provisional governor of Cuba; and acting Secretary of State, while the Secretary of State John Hay was ill.



William Taft was elected President of the United States in 1909. He had the last cow and the first official automobile at the White House. During his administration, lawmakers sent Constitutional amendments to the states which provided for the direct election of Senators and a Federal Income tax. The foundation for the Federal Reserve System was laid during Taft’s administration and was signed into law furtively by his successor, Woodrow Wilson on Christmas Eve 1913. W. H. Taft was appointed Chief Justice of the Supreme Court by President Harding in 1921, and served until his death in 1930.





WH Taft and Family, inluding two future S&B members Robert and Charles.


President Taft made Henry L. Stimson (S&B 1888) his Secretary of War (1911-13). Stimson was appointed to high government posts by seven presidents. He was Governor General of the Philippines (1926-1928), Secretary of State under President Herbert Hoover (1929-1933) and Secretary of War under Presidents Franklin Delano Roosevelt and Harry S. Truman (1940-1946). He was "ultimately responsible" for the internment of Japanese-American citizens in WWII and oversaw the Manhattan Project, America’s atomic bomb program. Stimson also took credit for swaying Truman into dropping "the bomb" on Japan.

Henry groomed a generation of "cold warriors," in what was known as "Stimson's Kindergarten". Among Stimson’s students were General George C. Marshall, John J. McCloy, Dean Acheson (DKE), three "Bonesmen" from the Bundy family, and Robert A. Lovett (S&B 1918).





The "Yale Flying Unit"


Front Row: Wellsey Laud Brown and Henry P. Davison (S&B 1920)

Back Row:

John Vorys(S&B 1918), Artemus Gates(S&B 1918), Albert Dilman, Jr., Allan Ames(S&B 1918), David McCulloh, F Trubee Davison(S&B 1918), R Lovett(S&B 1918) & E. Gould


Arthur Schlesinger, Jr., wrote, "These men helped establish a distinguished network connecting Wall Street, Washington, worthy foundations and proper clubs. The New York and legal community was the heart of the American Establishment. Its household deities were Henry L. Stimson and Elihu Root* ; its present leaders, Robert A. Lovett and John J. McCloy; its front organizations, the Rockefeller, Ford and Carnegie foundations and the Council on Foreign Relations (CFR). " [* T. Roosevelt's Secretary of War?after W.H. Taft?and Stimson's senior law partner]


Robert A. Lovett was Assistant Secretary of War for Air (1941-1945), Secretary of Defense (1951-53), and a leading member of the CFR. Until his death in 1986, Lovett was one of the "most powerful men in the United States for nearly 40 years."

And as a partner in the investment house of Brown Brothers, Harriman, Lovett had connections to another interesting group of "Boodle Boys" ( an old slang term for members of the Order of Skull and Bones.)



スカル&ボーンズ(頭蓋骨と骨格)はイルミナティ(啓蒙主義者)グループであるか?

何人かの歴史家はババリアな啓蒙主義者とファイベータカッパ、それから頭蓋骨と骨格の間のどのようなリンクでも議論する。

議論は、アダム・ワイスハウプトが1776の5月まで彼のグループを結成しなく、続き6ヶ月で、通信のための十分な時間がなく、ファイベータカッパを設立したまさしくその「ババリアな哲学者と5人の少年の間の共通にほとんど」があったことである。

しかし、他の研究者は、ファイベータカッパが、「ババリアな啓蒙主義者…はアメリカに広がった」であるとまったく明白に断言する;

そして、「フリーメーソン注文はたぶんウィリアムとメアリーで社会の設立に影響した」。

遅い1700年代に、ヨーロッパとアメリカの間の大洋航行は2から3ヶ月の旅を必要としていた。

ワイスハウプトが1774において彼の注文のための「精査」メンバーを開始したことは報告されている。

彼は、1775における多彩な石造建築のロッジ、よい領事(ババリアな啓蒙主義者のメンバーになった人々とともに?)の?Theロッジ セオドアの熱心なメンバーであった。

そして、ても、セクトは1788におけるババリアな政府によって抑制されて、啓蒙主義者の生き残りのアカウントがある。

ワイスハウプト自身は11月1830まで住んでいた。

啓蒙主義者の早いメンバーの多くはカリスマ的な教授の仲間と学生から引かれた。

ワイスハウプト自身は述べた:

「協会の最初の仕事は、従って、若いメンバーを結成することでなければならない」。

これらが増加し、進む時に、それらは徒歩で慈善の使徒になり、仕事は毎日[原文ママ]今であり、スピードencreasingによって進む。

「最もわずかな観察は、何も、メンバーの熱心を増大させるために秘密の組合と同じくらい多く寄与しないであろうということを示す」。

他の秘密の、半秘密で、オープンな大学社会がファイベータカッパの前にあったけれども、これらは通常ラテン名を持っていた。

ファイベータカッパを始めた「5人の少年」は、何年もの間未知で、主要な創立者は知られていた まさに「若者'ギリシア語学者。」 物の彼の日?hadの「ワイスハウプト?whoはイエズス会士、ローマ・カトリック教徒に反逆し、ラテン話した」パワー構造"大きい好み 「ギリシャ語。」 。

啓蒙主義者の中で、スパルタクス(ローマ人に対して反乱を導いたギリシャ奴隷)によって、彼は行った。

すべての啓蒙主義者メンバーは「新しい」名前(たいていファイベータカッパと頭蓋骨&骨格のメンバーに類似しているギリシャ語)を教えられた。

誰がボーンズ(骨格)の中にいるか?

毎年、5月の木曜日に、15人のジュニアが‘来年のグループに加入したたたかれた"?’である。

少しの不規則なイニシエーションとメンバー年?が戦争のため通常あった。

約2,500人の人々がメンバー(保守的な相互に関係づけられて、裕福なニューイングランド家からのたいてい白人の男性)であった。

バンディ、ブッシュフォード、Goodyear、ハリマン、ハインツ、ジェイ、ケロッグ、神、ラベット、パーキンズ、フェルプス、ピルズベリ、ピンチョー、ロックフェラー、スローン、スティムソン、タフト、バンダビルト、ウエアハウザー、およびホイットニーは頭蓋骨と骨格の名簿の上の名前のいくつかである。

少数民族は1950の間に採り入れられて、女性の新入会者は1991年に注文の中に許された。

頭蓋骨と骨格の注文のメンバーは私達の社会に対して大きなインパクトを持っていた。

「それら」は非常に高く、?非常に低い場所に友人を持っている。

それらは商業、通信、外交、教育、スパイ活動、財政、法律、および政治の世界に重要なポジションを占める。

専門職協会と慈善運もち/コントロールの財団へのそれらの影響は非常に深かった。

地平線の上でぼんやりと現れて、2つ頭蓋骨と骨格大統領?が可能な3番目によってあった、ジョージ・W・ブッシュ(S&B 1968);

少なくとも10人の上院議員;

最高裁判所の2人の最高裁判所長官と多くの米国代表と州知事。

「Bonesmen」は陸軍長官/防御のための特定の類縁によって無数のより小さな指定されたポストとポジションを保持した;

ヨーロッパ、ロシア、中国、およびフィリピンへの外交官の職;

そして国家安全保障状態/知能の装置の中。

どのように「それら」仕事が私達に2人の米国の大統領と彼らの友人とファミリーを見させたかについてのいくつかの理解のために。

エールのヤングWHタフト

ウィリアム・ハワード・タフト(S&B 1878)は、米国の大統領と最高裁判所長官の両方としてつとめていた唯一の人である。

彼の父、アルフォンソ・タフト(S&B共同設立者1833)はユリシーズ・グラント大統領と後の方の米国の司法長官によって陸軍長官に任命された。

司法長官として、アルフォンソは、誰が1876選挙に勝ったかを決めた委員会を作るのを手伝った。

ラザフォードB.ヘーズ(デルタカッパエプシロン、(DKE)、元来、エールの年下の秘密結社、およびエールで最初設立された唯一の全国的なギリシャ文字団体のメンバー)に有利に発見された委員会。

1882において、アルフォンソはオーストリア・ハンガリーに米国の大臣に任命された。

それから、1886において去って、彼は2年の間ロシアに引っ越した。

彼は1891において死んだ。

フィリピンの最初の文民の知事であるためにマッキンレー大統領によって任命された彼の息子、ウィリアム・ハワード・タフトは、軍政長官であった不満な将軍アーサー・マッカーサー(ダグラス・マッカーサー将軍の父)を取り替えた。

マッキンレーの暗殺の後に大統領になったルーズベルト(DKE)テディはタフトに、陸軍長官(1904年-08年)として勤務するように命じた。

秘書一方、彼はパナマ運河のための「マスタ監督者と故障発見修理係」であった;

キューバの暫定的な知事;

そして、国務長官ジョン・ヘイが病気の間代理の国務長官。

ウィリアム・タフトは1909年に米国の大統領に選ばれた。

彼はホワイトハウスに最後の雌牛と最初の公式な自動車を持っていた。

彼の管理の間に、議員は憲法改正を、上院議員と連邦所得税の直接選挙に備えた州に送った。

連邦準備制度のための基礎はタフトの管理の間に固められて、法律化のために彼の後継者、クリスマスイブ1913年のウッドロー・ウィルソンによって密かにサインされた。

W.H.タフトは1921年にハーディング大統領によって最高裁長官に任命されて、1930年に彼の死まで勤められた。

2人の未来のS&Bメンバー ロバートとチャールズをinludingしているWHタフトとファミリー。

タフト大統領はヘンリーL.スティムソン(S&B 1888)を彼の陸軍長官(1911年-13年)にした。

スティムソンは7人の大統領によって政府の要職に任命された。

彼はフィリピン(1926年-1928年)の総督、ハーバート・フーバー(1929年-1933年)大統領下の国務長官、およびフランクリン・ルーズベルトとハリー・S.トルーマン(1940年-1946年)大統領下の陸軍長官であった。

彼はWWIIにおける日米の市民の抑留に「最終的に責任があり」、マンハッタン計画、アメリカの原子爆弾プログラムを監督した。

「爆弾」を日本に落とす中にトルーマンを揺らすことで、スティムソンはまた名声を得た。

「スティムソンの幼稚園」として知られていたものの中で、ヘンリーは「冷戦主義者」の1世代を手入れをした。

ジョージC.マーシャル将軍、ジョンJ.マクロイ、ディーン・アチソン(DKE)、バンディ家からの3つの「Bonesmen」、およびロバートA.ラベット(S&B 1918)はスティムソンの生徒の間にいた。

「ユニットを飛ばしているエール」

最前列:

Wellsey賞賛茶色とヘンリーP.デービソン(S&B 1920)は列を支える:

ジョンVorys(S&B 1918)、Artemusゲイツ(S&B 1918)、アルバートDilman Jr.、アラン・エームズ(S&B 1918)、デイビッドMcCulloh、F Trubeeデービソン(S&B 1918)、Rラベット(S&B 1918)&E.グールド

アーサー・シュレジンガーJr.で、「これらの人はウォール街、ワシントン、値した基礎、および適切なクラブを接続している区別されたネットワークを設立するのを手伝った」を書いた。

ニューヨークと法律のコミュニティはアメリカ設立の心臓であった。

その家族の神はヘンリーL.スティムソンとイライヒュー・ルート*であった;

その現在のリーダー(ロバートA.ラベットとジョンJ.マクロイ);

その前の組織(ロックフェラー、フォード、およびカーネギーの基礎と外交問題評議会(CFR))。

「W.H.[タフト?とスティムソンのシニアの法律パートナーの後*]T.[ルーズベルトの陸軍長官?]」

ロバートA.ラベットは空気(1941年-1945年)、国防長官(1951年-53年)、およびCFRの主要なメンバーのために戦争の次官補であった。

1986年の彼の死まで、ラベットは「約40年の間の米国で最も強力な人」のひとりであった。

そして、ブラウン・ブラザーズの投資家についてのパートナー、ハリマンとして、ラベットは「賄賂少年」(頭蓋骨と骨格の注文のメンバーのための古い俗語。)の別の興味深いグループとの接続を持っていた。

スカル&ボーンズ(頭蓋骨と骨格)秘密結社・・

The Boodle Boys

RA Kris Millegan


What A Long Strange Trip It's Been





賄賂少年

クリス・ミリガン


それはなんと長い奇妙な旅行であったのか。

" . . . these same secret societies are behind it all," my father said. Now, Dad had never spoken much about his work.



You see, my Daddy was a ? spy.



He entered into the "intel" world in the late thirties, later, he was OSS and G-2. During the early fifties he was the CIA's Branch Chief, Head of East Asia Intelligence Analyst Office. I spoke Dutch and Malay before English, whilst my family accompanied my "businessman" father to Indonesia in the early 1950s. That my father had worked for the government was no secret, but it just wasn't everyday conversation.



So one day, when my dad sat me down, I had very little to relate to when he very soberly and in rapid succession told me, "the Vietnam War is about drugs" and "these secret societies are behind it."



He then really laid one on me.



"Communism is all a sham, these same secret societies are behind it all."



"Hunh???"



I really couldn't relate. The only "secret society" I knew of was the Mafia and my teachers had been stuffing me under desks because the "commies" were going to bomb us. And since it was the sixties?and I was a teenager with my hair growing longer?I just tossed it off as my dad's way of having an anti-drug chat and went on with life.



Many years later I finally had some understanding of what my dad was talking about and?boy?do I wish I had asked some questions.



Like, was he was talking about The Order of Skull and Bones?











Skull and Bones, the pirates flag, a poison warning?an icon of death?an interesting symbol for what some say is merely a Yale 'frat' club. Just some college kids and their bizarre hazing humor?having fun.



For almost 170 years that grimacing visage and code of "strict secrecy" has fostered many questions.



What is Skull and Bones?


The Order of Skull and Bones is the oldest of several senior secret societies that are unique to Yale University. The "Order" was founded in 1832 by William Huntington Russell and Alphonso Taft. Many historians claim the group appeared as a direct result of the de-secretizing of America's oldest Greek-letter college secret society, Phi Beta Kappa.



Phi Beta Kappa had been "founded with impressive ritual and high solemnity" on Thursday, Dec 5, 1776, at William and Mary College, in Williamsburg, Virginia. A few years later in April of 1780, at Goshen, Connecticut, four students were "initiated into Phi Beta Kappa." Later on November 13, the official foundation meeting was held at Yale. "Three weeks and a day later" the chapter at William and Mary came to "an end" due to the threat of a British invasion during the War of Independence. Thus making the group at Yale the oldest existent chapter.



New England was going through a transformation from the strict puritanical Calvinist outlooks toward a more secular, scientific worldview. The revolutionary fervor and factionalization of the War of Independence had been sandwiched between a series of religious revivals that swept through the countryside like wildfires. During the first years of our Republic there was a big Illuminati conspiracy scare and a generation later an anti-Masonic hysteria that developed into a political force. The first national party convention?by any party, in the US?was held by the Anti-Mason party, in 1832.



Many people, including, John Quincy Adams, who was elected to Congress on an Anti-Mason/Whig ticket, were publicly campaigning against the secrecy of Phi Beta Kappa.



Phi Beta Kappa dropped its secret society aspect in 1832 and became an "open honorary organization," and "[in] protest, apparently, William H. Russell, valedictorian of 1833, got Alphonso Taft and thirteen other members of '33 to form what is now perhaps the most famous secret society in the United States."



From the very beginning Skull and Bones encountered resentment from fellow students. The faculty sent warning letters to the parents of early initiates. Even amid this controversy the chapter persisted and flourished, and by 1884 two other senior secret societies at Yale had been formed: Scroll and Key, and Wolf's Head. Also, Phi Beta Kappa had been revived after disappearing in 1871.



One old Yale tradition is "that 'Bones’ is a branch of a university corps of Germany, in which country, General Russell spent some time before graduation." During an infamous break-in by the "Order of File and Claw", on September 29, 1876 into the "Tomb"?the windowless "Bones"-owned and -built meeting house?the walls were seen to be "adorned with pictures of the founders of Bones at Yale, and of the members of the society in Germany, when the Chapter was established here in 1832."



In the cellar, the "File and Claw" raiders found a small room, with an "always-burning lamp" and "a dilapidated human skull." Upstairs three rooms were found, a lodge room with its walls covered in black velvet, a table with skull and crossbones, and the "sanctum sanctorum," room number 322, "furnished in red velvet" and on the wall a star with a finger pointing to it.



The "Order of File and Claw" also reported "an old engraving representing an open burial vault, in which on a stone slab, rest four human skulls, grouped around a fool's-cap and bells, an open book, several mathematical instruments, a beggar's scrip, and a royal crown. On the arched wall above the vault are the explanatory words, in Roman letters, 'We War Der Thor, Wer Weiser, We Bettler Oder Kaiser?' and below the vault is engraved, in German characters, the sentence; 'Ob Arm, Ob Beich, im Tode gleich,''.


これらの同じ秘密結社はそれの後ろにすべてある。」と、私の父は言った。

さて、パパは彼の仕事について多く一度も話したことがなかった。

知ってのとおり、私のパパは?スパイであった。

彼は30年代末期の「インテル」世界に立ち入り、後で、彼はOSSとG-2であった。

50年代初めの間、彼はCIAの支部長(東アジア諜報分析者オフィスのトップ)であった。

私は英語の前でオランダ語とマレー語を話した一方、私の家族は1950年代の初期にインドネシアに私の「実業家」としての父に同伴していた。

私の父が政府のために働いたことは全く秘密ではなかったけれども、それは全く毎日の会話ではなかった。

従って、ある日、私のパパが、私を座らせた時に、私は、彼が非常にまともで、急速な連続において、「ベトナム戦争は意味は薬についてである」と「これらの秘密結社はそれの後ろにある」と私に話した時に関連するものを全くと言っていいほど持っていなかった。

それから、彼は本当に私に一発見舞った。

「共産主義はすべてみせかけであり、これらの同じ秘密結社はすべてそれの後ろにある」。

「ウーン???」

私は本当は関連することができなかった。

私が知っていた唯一の「秘密結社」はマフィアであり、「共産党員」が、私達を爆撃しようとしていたので、私の先生は机の下で私に詰めていた。

そして、それが60の?であり、私がより長い間?を成長させている私の髪を持つティーンエイジャーであったので、私のパパの、反薬チャットをする方法として、私はただ離れてそれを投げ上げて、ライフを続けた。

より後の多くの年 私は、最終的に、いくつかの理解を、私のパパが論じるまわりで、 ?少年?行う 私が 望むもので持っていた 私 いくつかの質問をした 。

そうね、彼が頭蓋骨と骨格の秩序について話していたことであった?

頭蓋骨と骨格、海賊がたれ下がること、単に、エール 『優等生』クラブ であるといくつかが言うもののために興味深いシンボルの毒といての警告アイコン。

ちょっと楽しんでいる何人かの大学の子供と彼ら奇妙である霞むユーモア?。

ほぼ170年の間、「極秘扱い」のそのしかめつらをする顔とコードは多くの問題を養育した。

頭蓋骨と骨格は何であるか?

頭蓋骨と骨格の秩序は、エール大学にユニークないくつかのシニアの秘密結社の中で最も古い。

「秩序」は1832においてウィリアムHuntingtonラッセルとアルフォンソ・タフトによって設立された。

多くの歴史家は、グループがアメリカの最も古いギリシャ手紙大学秘密結社、ファイベータカッパのde secretizingの直接的な結果として出現したと主張する。

ファイベータカッパはウィリアムズバーグ、バージニアでウィリアムとメアリーの大学で12月5日木曜日の「印象的な儀式の、そして高い厳粛さ」、1776「によって設立され」た。

ゴーシェン、コネチカットの1780の4月に数年遅く、4人の学生が「ファイベータカッパに加入する」。

11月13日により遅く、公式な基礎ミーティングはエールで催された。

「3週間と1日の後」、ウィリアムとメアリーの章は独立戦争の間の英国の侵略の脅威のため「終わり」に来た。

。従ってエールのグループを最も古い現存の章にする

ニューイングランドはより現世、科学の世界観への厳密な清教徒的なカルビン主義者展望から変化を通り抜けていた。

独立戦争の革命の熱情と派閥化は、森林火災のような地方を襲った一連の宗教の復興にはさまれた。

私達の共和国の最初の年間に、後で大きい啓蒙主義者共謀恐怖感と世代があった 政治的な力に発展した反フリーメーソンのヒステリー 。

どのような党によって最初である全国的である党大会?米国で?でも1832において反フリーメーソン主義者党によって保持された。

反フリーメーソン主義者/ホイッグ党員の切符の上の議会に選ばれて、ファイベータカッパの秘密に対して公然とキャンペーンをしていた多くの人々、含み、ジョン・クインシー・アダムズ。

ファイベータカッパは1832においてその秘密結社面を落とし、「オープンな名誉の組織」と「抗議において、]見たところ、現在、たぶん、米国で最も有名な秘密結社であるものを成形するために、ウィリアムH.ラッセル、1833の卒業生総代はアルフォンソ・タフトと'33の13人の他のメンバーをつかまえた」になった。

まさしくその最初から、頭蓋骨と骨格は仲間の学生からの憤慨に遭遇した。

能力は警告状を早い新入会者の両親に送った。

この議論の最中にさえ、章は持続し、茂り、1884によって、エールの2つの他のシニアの秘密結社が結成された:

スクロールとキーとオオカミの頭。

また、1871において消えた後に、ファイベータカッパは復興した。

1つの古いエール伝統は、「その‘骨格’はドイツの大学隊の枝であり、どの国かで、ラッセル将軍は卒業の前に時間を過ごした」である。

「骨格」所有される「墓」窓のなさへの1876年9月29日および建てられた合流家の壁の時の「ファイルと鈎爪の注文」による不名誉な不法侵入の間に、であり " 「エールの骨格、およびドイツの社会のメンバーの創立者の写真で装飾される」 ように見られた「。その時章は1832年.」 " 「にここで設立された」。

地下室で、「ファイルと鈎爪」侵入者は「いつもかっかするランプ」と「浪費された人の頭蓋骨」によって小さな部屋を見つけた。

3つの部屋が気付かれた階上、ブラックベルベットの中でカバーされたその壁を持つロッジ部屋、ドクロじるしを持つテーブル、および「至聖所」、ルームナンバー322「赤いベルベットの中で供給される」、および壁の、それを指し示している指を持つ星。

「ファイルと鈎爪の注文」はまた、「石板の上のどれかにおいてオープンな地下納骨所を表して、彫り込んでいる老人は、馬鹿の道化師帽、開いた本、いくつかの数学的な機器、貧乏人の受取証、および王室の冠のまわりでグループにされて、4つの人の頭蓋骨を休める」と報告した。

地下室の上のアーチを作られた壁にローマン体の中の説明的な言葉'We War Der Thor, Wer Weiser, We Bettler Oder Kaiser?があり、下で、地下室はドイツ人キャラクター、文において
彫り込まれる;'Ob Arm, Ob Beich, im Tode gleich,''.



300人委員会(暗号:300委員会)の目標の再掲

TARGETS OF THE ILLUMINATI


AND THE


COMMITTEE OF 300


[Reproduced with thanks to DR. JOHN COLEMAN]


1. To establish a One World Government/New World Order with a unified church and monetary system under their direction. The One World Government began to set up its church in the 1920:s and 30:s, for they realized the need for a religious belief inherent in mankind must have an outlet and, therefore, set up a "church" body to channel that belief in the direction they desired.


2. To bring about the utter destruction of all national identity and national pride, which was a primary consideration if the concept of a One World Government was to work.


3. To engineer and bring about the destruction of religion, and more especially, the Christian Religion, with the one exception, their own creation, as mentioned above.


4. To establish the ability to control of each and every person through means of mind control and what Zbignew Brzezinski called techonotronics, which would create human-like robots and a system of terror which would make Felix Dzerzinhski's Red Terror look like children at play.


5. To bring about the end to all industrialization and the production of nuclear generated electric power in what they call "the post-industrial zero-growth society". Excepted are the computer- and service industries. US industries that remain will be exported to countries such as Mexico where abundant slave labor is available. As we saw in 1993, this has become a fact through the passage of the North American Free Trade Agreement, known as NAFTA. Unemployables in the US, in the wake of industrial destruction, will either become opium-heroin and/or cocaine addicts, or become statistics in the elimination of the "excess population" process we know of today as Global 2000.


6. To encourage, and eventually legalize the use of drugs and make pornography an "art-form", which will be widely accepted and, eventually, become quite commonplace.


7. To bring about depopulation of large cities according to the trial run carried out by the Pol Pot regime in Cambodia. It is interesting to note that Pol Pot's genocidal plans were drawn up in the US by one of the Club of Rome's research foundations, and overseen by Thomas Enders, a high-ranking State Department official. It is also interesting that the committee is currently seeking to reinstate the Pol Pot butchers in Cambodia.


8. To suppress all scientific development except for those deemed beneficial by the Illuminati. Especially targeted is nuclear energy for peaceful purposes. Particularly hated are the fusion experiments currently being scorned and ridiculed by the Illuminati and its jackals of the press. Development of the fusion torch would blow the Illuminati's conception of "limited natural resources" right out of the window. A fusion torch, properly used, could create unlimited and as yet untapped natural resources, even from the most ordinary substances. Fusion torch uses are legion, and would benefit mankind in a manner which, as yet, is not even remotely comprehended by the public.


9. To cause. by means of limited wars in the advanced countries, by means of starvation and diseases in the Third World countries, the death of three billion people by the year 2050, people they call "useless eaters". The Committee of 300 (Illuminati) commissioned Cyrus Vance to write a paper on this subject of how to bring about such genocide. The paper was produced under the title "Global 2000 Report" and was accepted and approved for action by former President James Earl Carter, and Edwin Muskie, then Secretary of States, for and on behalf of the US Government. Under the terms of the Global 2000 Report, the population of the US is to be reduced by 100 million by the year of 2050.


10. To weaken the moral fiber of the nation and to demoralize workers in the labor class by creating mass unemployment. As jobs dwindle due to the post industrial zero growth policies introduced by the Club of Rome, the report envisages demoralized and discouraged workers resorting to alcohol and drugs. The youth of the land will be encouraged by means of rock music and drugs to rebel against the status quo, thus undermining and eventually destroying the family unit. In this regard, the Committee commissioned Tavistock Institute to prepare a blueprint as to how this could be achieved. Tavistock directed Stanford Research to undertake the work under the direction of Professor Willis Harmon. This work later became known as the "Aquarian Conspiracy".


11. To keep people everywhere from deciding their own destinies by means of one created crisis after another and then "managing" such crises. This will confuse and demoralize the population to the extent where faced with too many choices, apathy on a massive scale will result. In the case of the US, an agency for Crisis Management is already in place. It is called the Federal Emergency Management Agency (FEMA), whose existence I first enclosed in 1980.


12. To introduce new cults and continue to boost those already functioning which include rock music gangsters such as the Rolling Stones (a gangster group much favored by European Black Nobility), and all of the Tavistock-created rock groups which began with the Beatles.


13. To continue to build up the cult of Christian Fundamentalism begun by the British East India Company's servant Darby, which will be misused to strengthen the Zionist State of Israel by identifying with the Jews through the myth of "God's chosen people", and by donating very substantial amounts of money to what they mistakenly believe is a religious cause in the furtherance of Christianity.


14. To press for the spread of religious cults such as the Moslem Brotherhood, Moslem Fundamentalism, the Sikhs, and to carry out mind control experiments of the Jim Jones and "Son of Sam" type. It is worth noting that the late Khomeini was a creation of British Military Intelligence Div. 6, MI6. This detailed work spelled out the step-by-step process which the US Government implemented to put Khomeini in power.


15. To export "religious liberation" ideas around the world so as to undermine all existing religions, but more especially the Christian religion. This began with the "Jesuit Liberation Theology", that brought an end to the Somoza Family rule in Nicaragua, and which today is destroying El Salvador, now 25 years into a "civil war". Costa Rica and Honduras are also embroiled in revolutionary activities, instigated by the Jesuits. One very active entity engaged in the so-called liberation theology, is the Communist-oriented Mary Knoll Mission. This accounts for the extensive media attention to the murder of four of Mary Knoll's so-called nuns in El Salvador a few years ago. The four nuns were Communist subversive agents and their activities were widely documented by the Government of El Salvador. The US press and the new media refused to give any space or coverage to the mass of documentation possessed by the Salvadorian Government, which proved what the Mary Knoll Mission nuns were doing in the country. Mary Knoll is in service in many countries, and placed a leading role in bringing Communism to Rhodesia, Moçambique, Angola and South Africa.


16. To cause a total collapse of the world's economies and engender total political chaos.


17. To take control of all foreign and domestic policies of the US.


18. To give the fullest support to supranational institutions such as the United Nations, the International Monetary Fund (IMF), the Bank of International Settlements, the World Court and, as far as possible, make local institutions less effective, by gradually phasing them out or bringing them under the mantle of the UN.


19. To penetrate and subvert all governments, and work from within them to destroy the sovereign integrity of the nations represented by them.


20. To organize a world-wide terrorist apparatus and to negotiate with terrorists whenever terrorist activities take place. It will be recalled that it was Bettino Craxi, who persuaded the Italian and US Governments to negotiate with the Red Brigades kidnapers of Prime Minister Moro and General Dozier. As an aside, Dozier was placed under strict orders not to talk what happened to him. Should he ever break that silence, he will no doubt be mad "a horrible example of", in the manner in which Henry Kissinger dealt with Aldo Moro, Ali Bhutto and General Zia ul Haq.


21. To take control of education in America with the intent and purpose of utterly and completely destroying it. By 1993, the full force effect of this policy is becoming apparent, and will be even more destructive as primary and secondary schools begin to teach "Outcome Based Education" (OBE).


イルミナティ(啓蒙主義者)の目標

そしてTHE300の委員会
 ジョン・コールマン博士

--------------------------------------------------------------------------------

1・ それらの指導のもとでの統合された教会と通貨制度によって1つの世界政府/新世界秩序を設立するには。

彼らが、人類の中で固有の宗教的信仰の必要がアウトレットを持たなければならないので、その信念を、彼らが要求した方向に運ぶために、「教会」ボディをセットアップしたことに気がついたので、1つの世界政府は、1920年代:と30代にその教会を設立しはじめた。




2・ すべての国家のアイデンティティと国の誇りの全くの破壊を引き起こすには(1つの世界政府の概念が、働くことであったならば、それは主要な考慮であった)。

3・ 上で述べられているように1つの例外、彼ら自身の作成によって設計し、宗教ともっと特にキリスト教の破壊を引き起こすには。

4・ マインド・コントロールの方法を通してのすべての人とZbignewブレジンスキーが、techonotronics(それは作成するであろう)と呼んだもののコントロールへの能力を設立するために、人風のロボットとフェリックスDzerzinhskiの恐怖政治をするであろう恐怖のシステムは遊ぶ子供のように見える。


5・ すべての産業化といわゆる「ゼロ成長脱工業化社会」における核の生成された電力の生産に終わりを引き起こすには。

コンピュータとサービス産業は例外として省かれる。

残っている米国産業は、豊富な奴隷労働が入手可能なメキシコなどの国に輸出されるであろう。

私達が1993年に見ていた時に、これはNAFTAとして知られている北米自由貿易協定の通路を通して事実になった。

米国の、産業の破壊の後での雇用不可能者は、アヘンヘロイン、および/またはコカインの常用者になるか、私達がグローバルな2000として今日について知っている「余分な人口」プロセスの除去において統計になるであろう。

6・ 促進し、結局薬の使用を公認し、ポルノを、「アートフォーム」(それは広く受け入れられるであろうし、結局、まったく普通になる)にするには。



7・カンボジアのポルポト政権によって実行された試運転に従って大都市の人口減少を引き起こすには。

ポルポトの組織的大量虐殺の計画が米国でローマ・クラブの研究財団の1つによって作成されて、トーマス・エンダーズ、国務省高官によって監督されたことは注に興味深い。

委員会が、現在、カンボジアでポルポトバテゥラーを復職することに努めていることはまた興味深い。




8・ 啓蒙主義者によって有益であると考えられているそれらを除いてすべての科学の発展を抑制するには。

平和な目的のための核エネルギーは特に目標とされる。

プレスの啓蒙主義者とそのジャッカルによって軽蔑されて、嘲笑されて、フュージョン実験は現在特に憎悪されている。

超高温ごみ焼却炉の開発は啓蒙主義者の「制限された天然資源」の概念をまさにウィンドウから吹き飛ばすであろう。

切に使われた超高温ごみ焼却炉は、無限で、最も普通の物質から均一なまだ未利用資源のように作成することができた。

フュージョンたいまつ用途は多数で、まだ、一般大衆によって離れて理解されさえしない方法で人類に役立つであろう。




9・第三世界国(2050年までの30億人の人々、彼らが「無駄な食う人」と呼ぶ人々の死)の飢餓と病気によって先進国の中で局地戦争によって.を起こすには

300(啓蒙主義者)の委員会は、どのようにそのような大量虐殺を引き起こすかのこの主題の上で論文を書くことをサイラス・ヴァンスに委任した。

紙はタイトル「グローバルな2000リポート」下で生産されて、米国政府のためにジェームズ・アール・カーター前社長とエドウィン・マスキー、そして国務長官による行動として認められて、是認された。

グローバルな2000リポートの条件の下で、米国の集団は、2050年の年までに1億によって減らされることになっている。





10・?国家の道徳心を弱めるためと大量失業を作成することによって労働クラスにおいて労働者の士気をくじくには。

仕事がローマ・クラブによって導入された0の成長政策を産業のポストに起因して小さくする時に、リポートはアルコールと薬に依存している困惑し、落胆した労働者を考察する。

土地の若者は、現状に反逆し、従って徐々に蝕み、結局世帯単位を破壊するようにロック・ミュージックと薬によって勧められるであろう。

この点で、委員会は、どうしてこれが達成されることができるかについて青写真を準備することをTavistock研究所に委任した。

Tavistockはスタンフォードの研究に、ウィリス・ハーモン教授の指導のもとで仕事を引き受けるように命じた。

この仕事は後で「みずがめ座生まれ共謀」として知られた。




11・人々が次から次の作成された危機によって彼ら自身の運命を決めて、それからそのような危機を「管理すること」をどこでも妨げるには。

これは、あまりにも多くの選択に直面する所で、巨大な規模で無関心が結果として生じるであろう範囲まで集団を混乱させて、それの士気をくじくであろう。

米国の場合に、危機管理のためのエージェンシーはすでに適所にある。

それは連邦緊急事態管理庁(FEMA)と呼ばれる(私は1980年にその存在物を最初に同封した)。




12・新しいカルトを導入し、ローリング・ストーンズ(ヨーロッパ人ブラックNobilityによって大変賛成されているギャンググループ)などのロック・ミュージック・ギャングとビートルズから始めたTavistockで作成されたロック・グループのすべてを含むすでに機能しているそれらを押し上げ続けるには。




13・「神の、選ばれた人々」の神話を通じてユダヤ人と自分を同一視すること、および非常にかなりの金額を、キリスト教の促進の宗教の原因であると彼らが間違って信じるものに寄贈することによってシオニズムイスラエル国を強化するために悪用される英国東インド会社の使用人ダービーにより開始されたキリスト教ファンダメンタリズムのカルトを増強し続けるために。

14・イスラム兄弟団、イスラム教徒Fundamentalism、シーク教徒などの宗派の広がりを迫るためとジムジョーンズと「サムの息子」タイプのマインド・コントロール実験を実行するには。

故ホメイニが英国軍事情報部Divの作成であったことは注目する価値がある。

MI6.この細かい仕事は、ホメイニをパワーに入れるために、米国政府が実施したステップ・バイ・ステップのプロセスを明確にした。




15・すべての既存の宗派であるがより多く、特にキリスト教を徐々に蝕むように「宗教の解放」アイデアを世界中に輸出するには。

これは「イエズス会士解放の神学」から始めて、それは、ニカラグアとどの今日がエルサルバドルを破壊しているかのソモーザの家の規則を「内戦」中に25年今や終わらせた。

コスタリカとホンジュラスは、イエズス会士によって扇動されて、また革命の活動に巻きこまれる。

1つの非常にアクティブなエンティティがいわゆる解放の神学に従事し、共産主義者指向のメアリー・ノルMissionである。

これは数年前のエルサルバドルのメアリー・ノルのいわゆる修道女の4人の殺人への広いメディアの注目を説明する。

4人の修道女は共産主義の破壊されたエージェントであり、彼らの活動はエルサルバドルの政府によって広く文書化された。

米国プレスとニューメディアは、どのようなスペースまたは記事でもエルサルバドルの政府によって所有されているドキュメンテーションのマスに与えることを断った(それは、メアリーノル任務修道女が国で何をしていたかを証明した)。

メアリー・ノルは多くの国で使用されていて、導き役割を、共産主義をローデシア、モザンビーク、アンゴラ、および南アフリカにもたらすことに置いた。




16・世界の経済の完全な崩壊を起こし、完全な政治的混乱を生むには。




17・米国のすべての外国と国内の方針のコントロールを取るには。




18・最もいっぱいのサポートを国連(国際通貨基金(国際通貨基金)(国際決済、常設国際司法裁判所の銀行))などの超国家的な組織に与えて、それらを徐々に段階的に廃止するか、国連のマントの下で彼らを連れて来ることによってできる限りローカルな組織をより効果的でなくするには。




19・すべての政府に侵入し、破壊し、それらによって代表された国家の主権を有する完全性を破壊するためにそれらの中から働くには。




20・世界的なテロリスト装置を組織するためとテロ活動が起こる時はいつでもテロリストと協議するには。

イタリアと米国の政府を説得して、より眠いモロと一般の総理大臣の赤い旅団誘拐犯と協議させたのがベッティーノ・クラクシであったことは思い出されるであろう。

ひそひそ話として、Dozierは、彼に起こったことを論じない厳密な注文の下で置かれた。

彼が万一これまでその沈黙を破るならば、彼は、確かに、ヘンリー・キッシンジャーがアルド・モロ、アリ・ブット、およびジアウルハク将軍とやりとりした方法の中で発狂した「恐ろしい例」になるであろう。




21・それを完全に、まったく破壊する意思と目的によってアメリカで教育のコントロールを取るには。

1993年までに、この方針の完全な力効果は明白になっていて、主要で、中等学校が、「結果で基づいた教育」(OBE)を教えはじめる時に、よりいっそう破壊的になるであろう。




ところで、ヒズボラって何や??

UN-Compromising Hizb'allah












'Arguably, the best guerrilla force in the world'



Intelligence experts attribute Hizballah's resilience to zeal, secrecy and assymetrical organization. Israel has never been able to get the upper hand in the intelligence war with Hizballah. Hizballah's military wing, al-Moqawama al-Islamia (Islamic Resistance), is not easily penetrated by outsiders, but has had great success in intelligence operations against Israel. Nearly the entire Shiite population of south Lebanon acts as eyes and ears for the fighters, so it is little surprise that Israel initially concentrated on eliminating regional communications systems and forcing the local population from their homes in the border region.











The Home Base

Shiites comprise about 40% of Lebanon's 4 million inhabitants. Because Hizballah was entrenched in friendly Shiite-inhabited villages and underground bunkers constructed in secret over several years, a withering Israeli air campaign and a tank-led ground assault were unable to establish full control over a border strip and maintain it clear of Hizballah guerrillas. Note that Sunni, Shia from the Amal movement, PLO operatives and leftist groups also, faced the Iraelis in the southern region under the leadership of Hizballah.







The Means

Most of the antitank missiles, Israeli officers noted, could be dragged out of caches and quickly fired with two or three-man launching teams at distances of 3,200 yards or more from their targets. One of the most effective was the Russian-designed Sagger 2, a wire-guided missile with a range of 550 to 3,200 yards. Some antitank missiles also can be used to attack helicopters, which has limited the military's use of choppers in rescues and other operations.



In one hidden bunker, Israeli soldiers discovered night-vision camera equipment connected to computers that fed coordinates of targets to the Sagger 2 missile, according to Israeli military officials who described the details from photographs they said soldiers took inside the bunker.







In a recent statement, Hizballah's armed wing, al-Moqawama al-Islamia, described Israel's main battle-tank, the Merkava-4, as "a toy for the rockets of the resistance," (al-Manar TV, August 11.) Hizballah's anti-tank weapons consist of a variety of wire-guided missiles (usually of Russian design and manufactured and/or supplied by Iran and Syria) and rocket-propelled grenade launchers, (RPGs.) -- most strikingly, destructive against the Israeli advanced armor plated Merkava-4 battle tanks was an improved version of the RPG-29.



The weapon used in an attack against an Israeli warship that killed four commandos was identified by the Israeli military as an Iranian-made C-802 Noor radar-guided land-to-sea missile (range 95 km). [Hizballah claims to have hit 3 Israeli ships during the war] Most other missiles used by Hizballah are Iranian-made, including the Raad 2 and 3 models (used against Haifa), the Fajr-3 and 5 and, allegedly, the Zelzal-2, with a range of 200 km.

http://www.jamestown.org/terrorism/news/article.php?search=1&articleid=2370089







The Israeli Intelligence Failure

Israel invaded Lebanon in 1978 and in 1982 in order to liquidate the Palestine Liberation Organization during the 1980s. In that war, Israeli forces punched straight northward and reached Beirut in a few days with only minor resistance. Israeli officers thought they could duplicate that performance against Hizballah with similar impunity.



This overestimation of Israeli capabilities and underestimation of Hizballah resources are marked failures of Israeli intelligence and bring into question the veracity of the claim that Hizballah has been infiltrated.



One reason for the sharp difference from previous Israeli invasions is that Israeli intelligence had much less detail on Hizballah forces, tactics and equipment than it had on the PLO, which was infiltrated by a network of spies, said Trabulsi, a political science professor at Lebanese American University. "Hizballah is not penetrated at all," he said.



A military analyst notes throughout the sweep of fighting over the last month -- when Israel on several occasions said it controlled the terrain, only to continue fighting in the same border villages -- suggested intelligence had not provided an adequate appreciation of the battlefield.


"I think it's no secret that the Israeli military didn't have the intelligence on this," said Richard Straus, who publishes the Middle East Policy Survey newsletter in Washington. "They didn't know what Hizballah had, how it had built up, what it was capable of."



Hizballah's resistance to penetration by Israeli intelligence was part of a culture of secrecy extreme even by the standards of underground guerrilla forces. The code fit with a tendency toward secrecy in the Shiite stream of Islam, called faqih. It also fit with a sense of solidarity against others that Lebanese Shiites have been imbued with since the beginning of their emergence as a political force in the mid-1970s, when their first organization was called the Movement of the Deprived.



One young Lebanese doctor learned that her brother had been a Hizballah fighter for several years only when the movement notified her he had been killed, colleagues said. Similarly, a Lebanese man found out his brother was a senior Hizballah militia officer only when informed of his death; the brother had cloaked occasional trips to Tehran by saying he was trying to start an import-export business.



Even the movement's political leadership was kept in the dark about many military and intelligence activities. Ghaleb Abu-Zeinab, a member of Hizballah's political bureau, said in an interview, for instance, that he was not informed about operations on "the field," Hizballah shorthand for the villages and hillsides across southern Lebanon where the battles raged.


They have a military and intelligence organization totally separated from the political organization.

Hizballah's command structure is decentralized, which makes it difficult to eliminate. The military operations are carried out in small cadres, but are often coordinated. Hizballah's choice of communication was the walkie-talkie, because they feared breaches would occur if they used sattelite based or fixed systems of communications.



A dramatic example of the secrecy and careful preparations for conflict with Israel was Hizballah's al-Manar television. The station has kept broadcasting its mix of news and programs from hidden studios throughout the fighting, despite repeated Israeli airstrikes against its buildings, relay towers and antennas across the country. Some Lebanese opined that the broadcasts seemed to include coded messages to Hizballah fighters in southern Lebanon. But as with most things about Hizballah, they were not really sure.







Sayyed Hassan Nasrallah, the Secretary General of Hizballah, used al-Manar to make a number of speeches rallying his followers and explaining his strategy to Lebanon and the world at large. With his cleric's turban and student's mien, appearing on the screen in pre-taped broadcasts, he was perhaps the biggest secret of all, hunted by Israeli warplanes and spy drones safely, planning in a location about which Lebanese and Israelis alike could only guess.






Israeli warplanes attacked Secretary General of Hizballah, Sayyed Hassan Nasrallah's residence and Hizballah's main headquarters in an apparent assassination attempt, and Israel vowed to press its offensive in Lebanon until the Shiite Muslim militant group was destroyed and disarmed. A number of IDF special forces operations into the towns of Balbaek and Tyre, described by some media sources as "daring," only resulted in lackluster kidnappings of a grocer named Hassan Dib Nasrallah and other civilians.



It is expected that Israel would attempt to establish intelligence assets inside Lebanon and Hizballah in particular. The depth or effectiveness of which however, is not substantiated by the operational situation that unfolded during and before the war.



For instance, according to JPost.com, Lebanese security and Hizballah intelligence units uncovered what they claimed was a "prominent" Israeli spy ring that had been active in Lebanon since 1990, the Lebanese As-Safir newspaper reported before the war on Wednesday, June 14, 2006. The Lebanese intelligence sources said it had dismantled a network used by the Israeli spy agency Mossad, to carry out attacks in Lebanon, mainly against Hizballah and pro-Syrian Palestinian groups. The ensuing arrests amounted to over 80 Israeli operatives being jailed and interrrogated, which significantly, degraded Israeli intelligence in Lebanon. Subsequently, confesssions made by the saboteurs informed Hizballah of an impending attack by Israel early in the fall.


sources:http://www.lebaneselobby.org/News__index/news%202006/06%2013%2006%20Lebanon%20says%20Israeli%20spy%20cell%20exposed.html


http://www.middle-east-online.com/english/?id=16721



The Mossad and Israeli military intelligence, previously stellar organizations in the Middle East and elsewhere, were caught completely offguard and with their pants down regarding Hizballah's latest capabilities. Why was this a guessing game? Why wasn't the intelligence "in" on Hizballah? You mean to tell us that no such intelligence agents have been able to infiltrate Hizballah and sit in on their strategy meetings? No Mossad agent or any other IDF military agent has been able to penetrate them and really, have a definitive analysis as to their motives, their short and long term goals? You mean to tell us that it was down to bloggers' brigades and posters to analyze and propagate Hizballah tactics? These ostensibly, are some of the poignant questions being asked by citizens and the defense establishment of Israel in the aftermath of Hizballah's valiance.




This is why they fight and must continue to resist to guard against an encroaching Israeli State ever more thirsty for land, resources and power! Hizballah and such grassroots movements certainly, have to wedge a niche for themselves in the face of the hegemons. More power to them and may justice and peace reign in the age old confrontation with oppression.



Crux of the matter is, Mossad and IDF intelligence were unable to infiltrate, analyze and subdue Hizballah and Lebanese resilience. These deficiencies along with operational failures on the battlefield (to locate and assassinate Sheikh Nasrallah and other Hizballah leaders after repeated attempts and dissuade the resolve of the polutation) eventhough, razing Lebanese civil infrastucture, wounding many thousands, killing over a thousand civilians and turning over a million into refugees ultimately, lead Israel to realize the futility of the adventure, leaving Hizballah mostly, intact and UN-compromising.





妥協しないHizb'allah

‘世界で間違いなく最もよいゲリラ部隊’

情報活動の専門家はヘズボラの弾性を熱心、秘密、およびassymetricalな組織に帰している。

イスラエルは、一度も、ヘズボラとの知能戦争において優位を得ることができたことがない。

ヘズボラの軍事組織、al-Moqawama al-Islamia(イスラム抵抗)は部外者によって容易に侵入されないけれども、イスラエルに対して情報収集活動についての大成功をした。

ほとんど、南のレバノンの全シーア派信徒人口が戦闘員よる目と耳として作動するので、イスラエルが最初、地域の通信システムを取り除き、境界地域で彼らの家からの地元の住民を強制することに集中したのはほとんど驚きではない。

ホームベース

シーア派信徒はレバノンの400万人の住民の約40%から成っている。

いくつかの年の秘密において建設された友好的なシーア派信徒住んだ村および地下の燃料庫でヘズボラが確立されたので、しぼんでいるイスラエルの空気キャンペーンおよび戦車に導かれた地上戦猛攻撃は、境界ストリップの上の完全なコントロールを設立することができず、それを維持する ヘズボラゲリラ兵はいない場所 。

スンニ派、アマール動きからのシーア派、PLOスパイ、および左翼がまたグループにする注はヘズボラのリーダーシップの下に南の地域にIraelisに直面していた。

方法

イスラエルの幹部は、対戦車ミサイルのほとんどはキャッシュから引きずり出されて、彼らの目標からの3,200ヤード以上の距離で2つまたは3人のスタートチームと迅速に発射されることができたと注意した。

最も効果的なものの1つはロシア人でデザインされたサガー2(550から3,200ヤードの範囲を持つ有線誘導のミサイル)であった。

いくつかの対戦車ミサイルはまた、ヘリコプターを攻撃するために使われることができる(それが救助と他の操作においてチョッパーの軍隊の使用を制限した)。

1つの隠れた燃料庫で、彼ら兵士が燃料庫の中でとったと言われる写真から、詳細を説明したイスラエルの軍幹部によると、イスラエルの兵士は、目標の座標をサガー2ミサイルに入れたコンピュータと接続された暗視のカメラ機器を発見した。

(al- Manarテレビ、8月11日。)

ヘズボラの対戦車武器は、各種の有線誘導のミサイル(ロシアのデザインと製造されて、および/または、通常イランとシリアから供給される間の)およびロケット推進式の手榴弾カタパルトから成る、(RPGs。)

--とても著しく、イスラエルの高度な鎧に対して破壊的に、メッキがはがれたメルカヴァ4戦闘戦車はRPG-29の改善されたバージョンでやられた。

4つの特別奇襲部隊を殺したイスラエルの軍艦への攻撃において使われた武器は、イラン人で作られたC-802ノアのレーダーで誘導された陸対海ミサイル(95kmを射程)としてイスラエルの軍隊によって識別された。

[ヘズボラは、戦争中に3隻のイスラエルの船に当たったと主張する]ヘズボラによって使われたほとんどミサイルは、Raad 2と3つのモデル(ハイファを背景として使われる)(Fajr-3と5と申し立てによるとZelzal-2)を200kmの範囲に含めて、イラン製である。

http://www.jamestown.org/terrorism/news/article.php?search=1&articleid=2370089


イスラエルのインテリジェンス故障

1980年代の間パレスチナ解放機構を清算するために、イスラエルは1978年に、そして1982年にレバノンを侵略した。

その戦争において、イスラエルの軍は小さな抵抗だけ数日間でまっすぐに北へ向かい、そしてベイルートに達して、ベイルートに占領した。

イスラエルの幹部は、彼らが同様に抵抗なしにヘズボラに対してその性能を見せ付けることができたと思った。

イスラエルの機能のこの過大評価とヘズボラ資源の過少評価はイスラエルのインテリジェンスの故障とマークを付けられて、ヘズボラが浸透しているという主張の正直さを問題に至らせる。

前のイスラエルの侵略からの鋭い違いの1つの理由は、イスラエルの諜報が、スパイ網によって浸透させられたPLOの中に、それが持っていたよりずっと少ない詳細な記述をヘズボラ軍、戦術、および機器の中に持っていたことであるとTrabulsi(レバノンのアメリカ大学の政治学教授)は言った。

「ヘズボラは全く侵入されていない」と彼は言った。

軍事アナリストは、先月--何度ものイスラエルが言った時に、同じ境界の村で戦い続けるためだけに、それは地形をコントロールした--について戦う掃討作戦にわたって、提案された諜報が戦場の適正な理解を提供しなかったことに注意する。

「私は、イスラエルの軍隊がこれに諜報活動を抱かなかったことが全く秘密でないと思う」と、ワシントンで中東方針調査ニューズレターを出版するリチャード・シュトラウスは言った。

「彼らは、ヘズボラが何を持っていたか、どのようにそれが増進したか、それが何が可能であったかを知らなかった」。

イスラエルの諜報による貫通力は、ヘズボラの抵抗として地下のゲリラ部隊の標準による秘密の一部でしかない。

コードはファキーフと呼ばれるイスラム教のシーア派信徒ストリームの中の秘密への傾向に適合していた。

レバノンのシーア派信徒が、彼らの最初の組織がDeprivedの動きと呼ばれた1970年代の中頃の政治的な力としての彼らの出現の最初以来吹き込まれている他に対して、それはまた連帯感に適合していた。

1人の若いレバノンの医師は、彼が殺されたのを彼女に通知した時だけに、彼女の兄弟が数年の間ヘズボラ戦闘員であったことを知ったと同僚は言った。

同様に、レバノンの人は、彼の兄弟が彼の死を知らせられる時だけにシニアのヘズボラ民兵組織幹部であったとわかった;

兄弟は、彼が、輸入輸出業を始めようとしていたと言うことによってテヘランへの時々する旅行を覆い隠した。

政治的な動きのリーダーシップさえ多くの軍隊と情報活動について秘密にしておかれた。

例えば、Ghaleb Abu-Zeinab(ヘズボラの政治局のメンバー)は、彼が、「フィールド」、村のためのヘズボラ速記、および戦いが激しく続いた南レバノンを横切る山腹の上の行動を知らせられないとインタビューにおいて言った。

彼らは政治団体からすっかり分離した軍隊と情報組織を持っている。

ヘズボラのコマンド構造は分権化される(それが、取り除くことを難しくする)。

軍事行動は小さな骨子で実行されるけれども、しばしば調整される。

彼らが通信の軌道上衛星チェックアウト手順書で基づいたか、固定されたシステムを使ったならば、違反が起こるであろうということを恐れていたので、通信のヘズボラの選択はその携帯用無線電話機であった。

イスラエルとの衝突のための秘密と慎重な準備のドラマチックな例はヘズボラのal-Manarテレビであった。

ステーションはニュースのその混合を放送し続けて、国中いたるところのその建物、リレータワー、およびアンテナを背景とした再三のイスラエルの空爆にもかかわらず戦いにわたって隠れたスタジオからプログラムする。

何人かのレバノン人は、放送が、ヘズボラ戦闘機へのコード化されたメッセージを南のレバノンに含めるようであったと考えた。

しかし、ヘズボラについてのほとんどの物と同様に、彼らは本当は確信していなかった。

彼の追従者を結集していて、全体として彼の戦略をレバノンと世界に説明している多くのスピーチをするために、SayyedハッサンNasrallah、ヘズボラの事務局長はal-Manarを使った。

彼の牧師のターバンと学生の物腰によって、前テープに録音された放送におけるスクリーンに現れて、レバノン人とイスラエル人が同様に推察することができただけの位置で計画を立ててイスラエルの軍用機とスパイ無人機によって安全に探し回られて、彼はたぶん最も大きな秘密であった。

イスラエルの軍用機は明白な暗殺の企てにおいてヘズボラ、SayyedハッサンNasrallahのレジデンスとヘズボラの主要な本部の事務局長を攻撃し、イスラム教シーア派武装グループが破壊されて、解除されるまで、イスラエルは、その攻勢をレバノンに押し込むことを誓約した。

Balbaekとチールの町の中への多くのIDF特殊部隊操作は「あえて」として何人かのメディア関係筋によって説明し、ただ、ハッサン・ディブNasrallahと他の民間人という名の食料雑貨商のさえない誘拐を結果として生じていた。

イスラエルが、特にレバノンとヘズボラの中で知能財産を設定することを試みるであろうということは予期されている。

しかし、どれが、戦争の間と前に展開した操作上の状況によって深さまたは有効性実体化されないか。

例えば、JPost.comによると、レバノンのセキュリティとヘズボラの情報部隊は、彼らが、1990年以来ずっとレバノンでアクティブであった「突出した」イスラエルのスパイ組織であったと主張したものをむきだしにしたとレバノンのSafirとしての新聞は2006年6月14日水曜日に戦前報告した。

レバノンの情報筋は、それが、主にヘズボラと親シリア人のパレスチナのグループに対してレバノンで攻撃を実行するためにイスラエルのスパイエージェンシー モサドによって使われたネットワークを分解したと伝えていた。

続き逮捕は、80人を超えるイスラエルのスパイ〈拘留されて、interrrogatedされた which かなり 〉に相当していた レバノンの低下したイスラエルのインテリジェンス 。

その後、計画的妨害者によって作られたconfesssionsは秋に早くイスラエルによる差し迫った攻撃をヘズボラに知らせた。

モサドとイスラエルの軍事情報(中東の以前に星の組織と他の場所)は完全にoffguardをつかまえられて、ヘズボラの最新の機能を考慮に入れる下でそれらのズボンに使われていた。

なぜこれは推察ゲームであったか?

なぜ「中」知能はヘズボラの上になかったか?

あなたは、私達に、どのそのようなスパイも、ヘズボラを浸透させて、彼らの作戦会議の上に座り込むことができなかったと言うつもりである?

どのモサドエージェントまたはすべての他のIDF軍隊エージェントも、それらに侵入することができなく、本当に、それらの動機についての最終的な分析、それらの要点、および長期の目標はしたか?

あなたは、私達に、それが、ヘズボラ戦術を分析し、伝達する書き込む人の旅団とポスターにダウンしていたと言うつもりである?

表面上はこれらは、市民と防衛体制によりヘズボラの勇敢の余波のイスラエルにされている痛烈な問題のうちのいくつかである。

そんなわけで、彼らは戦い、さらに土地、資源、およびパワーを熱望している浸食イスラエル人Stateを警戒するために抵抗し続けなければならないか!

ヘズボラとそのような原点ムーブメントは確かに、自身のためのニッチを覇権者の面前に押し込む必要がある。

それらへのより多くのパワーおよび年古い対決において抑圧によってすることができる 公正と平和治世 。

問題の核心はそうであり、モサドとIDF知能は、ヘズボラとレバノンの弾性を浸透させて、分析し、征服することができなかった。

レバノンの文民のインフラを破壊していて、多くの人を傷つけていて、千人を超える民間人を殺していて、最終的に避難民の中に百万を引っくり返している、戦場(Nasrallah家長と再三の試みの後の他のヘズボラリーダーを突き止めて、暗殺し、polutationの決意を説得する)eventhoughの上の操作上の故障とともにこれらの不足のために、イスラエルは、そのままで、妥協しないでたいていヘズボラを残して、冒険の空しさを実現する気になる。








蛇足


敵を知らず、己を知らぬは百戦して百敗する。イスラエルのモサドはヒズボラの情報を掴んでいなかった。また、イスラエル軍の戦略、戦術は昔のままであることがバレてしまった。圧倒的な火器と物量にはどのように対処すればいいのか?の見本のような行動である。


テロなどと勝手に烙印されるが、民族解放、レジスタンスなのだろう・


メルカバ4戦車の雄姿:http://www.youtube.com/watch?v=PlPKnMBRTKM&mode=related&search
=


鉄の棺桶になったメルカバ4戦車(イスラエル最新鋭戦車):http://www.youtube.com/watch?v=ltCxHIWj658
  


                                     http://www.youtube.com/watch?v=Bc0aDqnszc0




日本の忍者のイメージがあるな・。

ミュータントを作っているのだろうか?

'Hybrid Mutant' Found Dead in Maine

Aug 16 8:55 PM US/Eastern

Email this story


TURNER, Maine





Residents are wondering if an animal found dead over the weekend may be the mysterious creature that has mauled dogs, frightened residents and been the subject of local legend for half a generation.

The animal was found near power lines along Route 4 on Saturday, apparently struck by a car while chasing a cat. The carcass was photographed and inspected by several people who live in the area, but nobody is sure exactly what it is.


Michelle O'Donnell of Turner spotted the animal near her yard about a week before it was killed. She called it a "hybrid mutant of something."


"It was evil, evil looking. And it had a horrible stench I will never forget," she told the Sun Journal of Lewiston. "We locked eyes for a few seconds and then it took off. I've lived in Maine my whole life and I've never seen anything like it."


For the past 15 years, residents across Androscoggin County have reported seeing and hearing a mysterious animal with chilling monstrous cries and eyes that glow in the night. The animal has been blamed for attacking and killing a Doberman pinscher and a Rottweiler the past couple of years.


People from Litchfield, Sabattus, Greene, Turner, Lewiston and Auburn have come forward to speak of a mystery monster that roams the woods. Nobody knows for sure what it is, and theories have ranged from a hyena or dingo to a fisher or coydog, an offspring of a coyote and a wild dog.


Now, people are asking if the mystery beast and the animal killed over the weekend are one and the same.


Wildlife officials and animal control officers declined to go to Turner to examine the remains. By Tuesday, the carcass had been picked clean by vultures and there was not much left of the dead animal.


Loren Coleman, a Portland author and cryptozoologist, said it's unlikely that the animal was anybody's pet.


After reviewing photos of the carcass, Coleman said he was bothered by the animal's ears and snout. It reminded him of a case years ago in northern Maine in which an animal shot by a hunter could not be identified. In the end, wildlife officials got a DNA analysis that showed the animal was a rare wolf-dog hybrid, he said.


Mike O'Donnell, who is married to Michelle O'Donnell, said the animal looked "half-rodent, half-dog" to him.


It was charcoal gray, weighed between 40 and 50 pounds and had a bushy tail, a short snout, short ears and curled fangs hanging over its lips, he said. It looked like "something out of a Stephen King story."


"This is something I've never seen before. It's an evil-looking thing," he said.








メーン州で‘ハイブリッド突然変異体’の死体は見つかった。

東8月16日の午後8:55米国/

この話にメールしなさい。

ターナー、メーン

居住者は、週末に死んでいるのを発見された動物が、犬を叩きのめし、居住者を脅えさせて、半世紀間ローカルな伝説の主題であった神秘的な生き物であるかもしれないかどうかと思っている。

動物は、見たところ、猫を追う間の車によってぶかって、土曜日にルート4に沿って送電線の近くで見つかった。

残骸は、エリアに住んでいる何人かの人々によって写真をとられて、検査されたけれども、誰も、それが正確な何であるかを確信していない。

それが殺される約1週間前に、ターナーのミッシェル・オドンネルは彼女の庭の近くで動物を見つけた。

彼女はそれを「何かのハイブリッド突然変異体」と呼んだ。

「それは悪い、注視であった」。

ルイストンのSunジャーナルに、「そして、それは、私が決して忘れないであろう恐ろしい悪臭を持っていた」と彼女は言った。

「私達は数秒の間目をロックし、それから、それは離陸した」。

「私は私の一生涯でメーンに住んでいて、私は一度もそれのような何かを見たことがない」。

この15年の間、アンドロスコギン郡を横切る居住者は、夜白熱する奇怪な叫び声と目を冷却することによって未確認生物を見て、聞くのを報告した。

動物は、過去の2、3年にドーベルマン・ピンシェルとロットワイラーを攻撃し、殺すことで非難されている。

Litchfield、Sabattus、グリーン、ターナー、ルイストン、およびオーバーンからの人々は、森を歩き回るミステリー怪物について話すために志願した。

誰も、それが何であるかを確かに知らなくて、理論はハイエナまたはディンゴから漁夫またはコイドッグ(コヨーテと野生の犬の子孫)に及んでいた。

さて、人々は、週末の間に殺されたミステリー動物と動物が同一であるかどうかを尋ねている。

野生生物役員と動物管理局役員は、遺体を診るためにターナーに行くことを辞退した。

火曜日までに、死体の肉はきれいにハゲワシによってついばまれていて、動物の死骸の残された多くがあるわけではなかった。

ローレン・コールマン(ポートランド作者、および未確認動物学者)は、動物が誰のペットであったことがないと言った。

残骸の写真をレビューした後に、コールマンは、彼が動物の耳と鼻によって煩わされると言った。

それは、ハンターによって撃たれた動物が識別されることができなかった北のメーンで、数年前彼にケースを思い出させた。

最後に、野生生物役員は、動物が珍しいオオカミ犬雑種であったのを示したDNA分析を得たと彼は言った。

ミッシェル・オドンネルと結婚しているマイク・オドンネルは、動物が彼に「半分の齧歯類、半分の犬」のようであると言った。

それは濃灰色であり、40~50ポンドの重さがあり、そのくちびるに漂っているふさふさした末部、短い鼻、短い耳、およびカールされた牙を持っていたと彼は言った。

それは「スティーブン・キング話の外の何か」のように見えた。

「これは、私が前に一度も見たことがないことである」。

「それは人相の悪い物である」と彼は言った。

イスラエルの侵略失敗と敗北の後は・・。



Hezbollah’s Victory and the Coming Shock and Awe of Iran


Kurt Nimmo | August 15 2006


It is said the United States has “scaled-back” its “expectations” now that the United Nations has declared a “ceasefire” in Lebanon. “The U.N. agreement is only the most recent example in which Bush’s second-term doctrine of spreading freedom has run into the realities of international and domestic politics,” notes the Baltimore Sun.


Actually, Bush’s doctrine, which has nothing to do with democracy as most people understand the word, ran into the reality of Hezbollah, the most effective resistance movement in the world. Israel’s defeat at the hands of the Shia resistance group, forged and tempered into steel hard resolve over many years by the experience of a brutal Israeli occupation, has dashed the “expectations” of the neocons, who are cut from the same cloth as the Jabotinksyite fascists in Israel. Consumed with racist hubris, both the Israelis and the American neocons expected a decisive victory over Hezbollah. But it didn’t work out that way.


As the Baltimore Sun writes, “many analysts said the U.N. resolution is vague about how Hezbollah would be tamed. The agreement also is vague, they said, about how Iran and Syria would be prevented from continuing to send weapons, including rockets, to Hezbollah. And though the pact calls for Hezbollah to leave southern Lebanon, it remains unclear how the group would be stopped from operating north of the Litani River, about 20 miles from the Israeli border.”


Flip this around. How will the United States be prevented from sending high-tech armaments to Israel, including cluster bombs and DU-tipped bunkerbusters? Does the U.N. “pact” call for Olmert and his gang of war criminals to leave Israel? Hezbollah will not leave southern Lebanon?or as the above seems to indicate, leave Lebanon, period?because the people of southern Lebanon, primarily Shia Muslims, are Hezbollah. The U.N. “agreement” is vague because it is sincerely absurd to believe Hezbollah will leave their country.


“Some analysts said the truce, with its lack of clarity on key points, could turn out to be exactly what Bush said he did not want. And many said Israel’s failure to gain an outright victory has strengthened the political clout of Hezbollah leader Sheik Hassan Nasrallah…. As it became clear that the Israelis were not going to wipe out Hezbollah, support in the White House shifted from the hard-liners, typically led by Vice President Dick Cheney, to the advocates for more diplomacy.”


Of course, this was to be expected, as it is impossible to defeat a resistance movement short of killing every last one of its members and those who support it, that is to say just about everybody in southern Lebanon and a good deal of people in the rest of the country. Israel would like to finish the job of killing large numbers of Lebanese, all considered members of Hezbollah, but for the moment the “hard-liners” (Israel First fanatics in the Pentagon and White House) have lost out to “the advocates for more diplomacy,” that is to say the neolib faction more accustomed to subverting national resistance and liberation movements in less dramatic ways.


In reality, the neocons have a few tricks up their sleeves.


In essence, the U.N.-brokered “ceasefire” is little more than a public relations stunt, as Israel fully intends to continue targeting Hezbollah, that is to say the Shia of Lebanon. “We will continue to pursue the leaders of Hezbollah everywhere and at all times,” Ehud Olmert told a special Knesset session. “This is our moral duty to ourselves, and we have no intention of apologizing or asking anyone’s permission.” Likudite Benjamin Netanyahu threw in his two cents. “There is a danger that threatens our people. Not only us, our soldiers and our economy…. Since Hitler, there has not been an enemy like Ahmedinejad…. He has Hamas in the south, and Hezbollah in the north. This is an existential peril.”


In the world of Jabotinsky fanaticism, up is down and black is white. Ahmedinejad is no Hitler, although the ancestors of Olmert and Netanyahu attempted to snuggle up to the Nazis. In 1941, Avraham Stern, the founder of the Zionist terrorist group Lohamei Herut Israel, proposed intervening in the Second World War on the side of Nazi Germany. Lehi’s partner in terrorism, Irgun, eventually became Herut, and Herut Likud, and now Likud has mutated into Olmert’s Kadima.


It is said, in the wake of the shock and awe invasion of Lebanon, Olmert will soon be history. However, the failure of Olmert will not lead to a reassessment, but rather renewed fanaticism and warmongering, echoed on the “civilian,” that is to say neocon, side of the Pentagon. “A new Israeli regime will not withdraw from any more land, nor shut down any more settlements, nor vacate any part of Jerusalem, nor negotiate with a Palestinian Authority led by Hamas, or by a PLO that is unable to disarm Hamas,” writes Patrick Buchanan.


Where does this leave us? With Israel’s failure to achieve its strategic objectives in Lebanon and America having failed to attain its strategic objectives in Iraq, Nasrallah emerges triumphant, and Syria and Iran emerge unscathed and gloating.


What comes next? That is obvious.


With our War Party discredited by the failed policies it cheered on in Lebanon and Iraq, there will come a clamor that Bush must “go to the source” of all our difficulty?Iran. Only thus can the War Party redeem itself for having pushed us and Israel into two unnecessary and ruinous wars. And the drumbeat for war on Iran has already begun.


“[T]he dangers continue to mount abroad,” wails The Weekly Standard in its lead editorial. “How Bush deals with Ahmadinejad’s terror-supporting and nuclear-weapons pursuing Iran will be the test” of his administration. Yes, the supreme test.


Bush is on notice from the neocons and War Party that have all but destroyed his presidency: Either you take down Iran, Mr. Bush, or you are a failed president.


For a psychological basket case such as Bush, this taunting may be too much to endure. Regardless of the “realities of international and domestic politics,” Bush may heed his neocon taskmasters and push for a shock and awe invasion of Iran.


At this point, the question is: will the neocon free side of the Pentagon be able hold off Bush’s ruinous push for an invasion against Iran?


Probably not.


ヒズボラの勝利とイランの次のショックと畏敬

カート・ニモー|2006年8月15日

国連がレバノンで「停戦」と宣言したので、米国が「期待」を「縮小させます」。と言われる。

「国連協定は、ただの、ブッシュの、自由を広める2番目の期間主義が、国際と国内政治の現実と衝突した最も最近の例である」とボルチモア・サンは注意する。

実際、ほとんどの人々が言葉を理解している時に、民主主義と関係がないブッシュ主義はヒズボラ(世界で最も効果的な抵抗運動)の現実と衝突した。

野蛮なイスラエルの占領の経験によって多く年の間にスチールのかたい決意に鍛えて作られて、調整されたシーア派抵抗グループの手でのイスラエルの敗北は、イスラエルのヤボチンスキーファシストと同じ布地から切られる新保守主義者の「予想」を粉砕した。

人種差別主義者傲慢によって、イスラエル人とアメリカ新保守主義者の両方はヒズボラに対する決定的な勝利を予期していた。

しかし、それはその方法でうまくいかなかった。

ボルチモア・サンが、「多くのアナリストは、国連決議が、どのようにヒズボラがならされるであろうかについて漠然としていると言った」を書く時。

どのようにイランとシリアが、ロケットを含む武器をヒズボラに送り続けることを妨げられるであろうかについて、協定はまた漠然としていると彼らは言った。

「そして、協定が、ヒズボラが南レバノンを去ることを要求するけれども、どのようにグループが、リタニ川の北で動作することを、約20マイル、イスラエル境界から妨げられるであろうかは不明瞭であり続ける」。


どのように米国は、集束爆弾とDUで先端をつけられたバンカーバスターを含めて、ハイテクな軍備をイスラエルに送ることを妨げられるであろうか?

国連「協定」は、オルメルトと彼の戦犯の群れがイスラエルを去ることを要求するか?

ヒズボラは?南レバノンに残さないであろうか、上記が、示すような時に、南レバノンの人々、第一のシーア派イスラム教徒がヒズボラであるので、レバノンに長く残るであろう。

ヒズボラがそれらの国を去るであろうと信じることが心から不合理なので、国連「協定」は漠然としている。

「何人かのアナリストは、停戦が、キーポイントにおける明晰さの不足によって、正確に、ブッシュが、彼が望んでいないものであると判明することができたと言った」。

そして、圧倒的勝利を得ることにおけるユダヤ人の失敗はヒズボラリーダー シーク・ハッサンNasrallah…の政治的影響力を強化した。

「イスラエル人が、ヒズボラを一掃しようとしていなかったことがクリアになるにつれて、一般にディック・チェイニー副大統領によって導かれた強硬派からより多くの外交のための支持者に移ったホワイトハウスでサポートしなさい」。

もちろんこれは、そのメンバーとそれをサポートする人々のすべての最後の1人、すなわち国の他の地域の人々の南レバノンと多くの誰でも殺すことで、抵抗運動を無効にすることが不可能なので予期されていることになっていた。

イスラエルは、ヒズボラの多くのレバノンの、考慮されたすべてのメンバーを殺す仕事を終えたいけれども、さしあたり、「強硬派」(国防総省とホワイトハウスのイスラエルの最初の狂信者)は、「より多くの外交のための支持者」、すなわち、よりドラマチックでない方法で全国的な抵抗と解放運動を破壊することにもっと慣れているneolib派閥に敗北した。

現実において、新保守主義者は少しの計略をこっそり用意している。

本質において、イスラエルが完全に、ヒズボラ、すなわちレバノンのシーア派を目標とし続ける時に、国連で仲介業を行われた「停戦」は広報スタントより多くである。

「私達はヒズボラのリーダーをどこでも、いつも追跡し続ける」と、エフード・オルメルトは特別なイスラエル国会セッションに言った。

「これは自身への私達の道徳的な義務であり、私達は、謝ることも、誰の許可でも要求するつもりは全然ない」.Likuditeベンヤミン・ネタニヤフは彼の2セントにおいて投げた。

「私達の人々を脅かしている危険がある」。

私達だけではなく私達の兵士と私達のeconomy…。

ヒトラー以来、Ahmedinejad…のような敵がなかった。

彼は南のハマスと北のヒズボラを持っている。

「これは実存主義の危険である」。

ヤボティンスキー狂信の上の世界に下りがあり、黒は白い。

オルメルトとネタニヤフの祖先が、ナチに寄り添うことを試みたけれども、Ahmedinejadは全然ヒトラーではない。

1941年に、Avrahamスターン(シオニズムテロリストグループ、Lohamei Herutイスラエルの創立者)は、ナチスドイツ側で第二次世界大戦に介入するのを提案した。

テロについてのリーハイのパートナー、イルグーン団は結局HerutとHerutリクードになり、今、リクードはオルメルトのKadimaの中に変異した。

レバノンのショックと畏敬侵略の後で、オルメルトがすぐ歴史になるであろうということは言われる。

しかし、オルメルトの故障は再評価をもたらさないであろうけれども、むしろ、国防総省の「民間の」、すなわち新保守主義者の側で反復されて、狂信と戦争挑発を更新した。

「新しいイスラエルの政権は、より以上の土地から引っ込んでより以上の決着を閉鎖してエルサレムのどのような部分でも引き払ってハマスによってまたはハマスの武装を解除することができないPLOによって導かれたパレスチナ自治政府と協議しないであろう」とパトリック・ブキャナンは書く。

これはどこで私達と別れるか?

イラクでその戦略的な目的を達成することに失敗して、レバノンとアメリカでその戦略的な目的を達成することにおけるユダヤ人の失敗によって、ナスララは勝利を得て出現し、無傷で、ほくそ笑んで、シリアとイランは出現する。

何が次に来るか?

それは明らかである。

ブッシュはすべての私達の困難?イランの「ソースに行かなければならない」喧騒が、レバノンとイラクにおいて元気づけられた失敗した方針、それにより疑われた私達の戦争パーティーとそこで会う。

従って、主戦派は私達とイスラエルを2つの不要で、破滅的な戦争に駆り立てたために自身を救うことができる。

そして、イラン上の戦争のための太鼓の音はすでに始まった。

「危険は外国に登り続ける」は、そのリード論説において毎週標準を嘆き悲しむ。

彼の政権の、「どのようにブッシュがAhmadinejadの恐怖サポートと核兵器追跡のイランと取り引きするかはそのテストになるであろう」。

はい最高のテスト。

ブッシュは、新保守主義者からの通知とほぼ彼の大統領任期を破壊した主戦派の上にいる:

あなたはイラン、ブッシュさんを落とすか、あなたは失敗した大統領である。

ブッシュなどの心理学的な手足を全部失った人のために、このあざけりは、耐えるにはあまりにも多くであるかもしれない。

「国際と国内政治の現実」を問わず、ブッシュは彼の新保守主義者の工事監督に注意を払い、イランのショックと畏敬侵略を要求することができる。

この時点で、問題は以下の通りである:

国防総省の新保守主義者の自由な側はイランに対する侵略のためにブッシュの破滅的な押しから有能な支配力になるであろうか?

たぶん違う。


蛇足


イスラエルの敗北で、アメリカのネオコンの戦略は、挫折してしまったのか?しかし、イランに難癖をつけて介入する段取りが、ハマスやヒズボラが強固になりイラクまで波及するだろう・。イスラエルは自慢の空軍や陸軍がヒズボラのロケット攻撃に沈黙してしまった。侵略する方は電撃的に蹴散らして行けばできると、高をくくっていたが、簡単に標的にされ、頓挫してしまった。イスラエル製の武器やアメリカ製の武器が、イランやシリアの後進国の武器にやられるとは思わなかったろう。無人飛行機による虐殺も、標的による恐怖が、ただの玩具で無人なので妨害しやすいのだ・。イスラエルのオルメルトも面子丸つぶれで、戦略を見直して再度攻撃を仕掛けるにも、弱点がバレたので、無謀な判断だ・。イルミナティもそこかしこで、頓挫しているように思われる・。

イスラエルは酒飲みまで敵にする。

Israeli raid damages Temple of Bacchus

2006 08 15



イスラエルの急襲はバッカスの寺院を損う。

2006 08 15

送信者:

dailystar.com.lb

バールベックでのイスラエルの空襲は1人の子供を殺し、土曜日にバッカスの古代のローマ寺院への損害を与えたと町会議長は言った。

10歳の少年を殺し、3人の人々を傷つけて、イスラエル人戦闘爆撃機は複雑な世紀の年齢のバールベック寺院の近くの古い町の広場において土曜日の朝に2回の急襲を実行したと警察は言った。

2棟の建物が急襲において完全に破壊された。

モホセンalジャマル市長はAFPに、いくつかの地震に耐えていたローマ作成の構造を弱めて、砲撃はバッカスの寺院のクラックを起こしたと言った。

いくつかの石は、寺院複合体(それはユネスコで保護された世界遺産サイトである)中に落ちたと彼は付け加えた。

急襲はまた古い市場を破壊した(そこで、国連によって資金提供された2年の修理プロジェクトはちょうど完成した)。


蛇足


ムスリム(イスラム教)は酒を飲まないが、酒の神バッカスに戦いを挑むとは、イスラエル人もアフォな事をするものだ・。
バッカスは短気らしい・。



From: dailystar.com.lb











Israeli air raids in Baalbek killed one child and caused damage to the ancient Roman Temple of Bacchus on Saturday, the town mayor said. Israeli fighter-bombers carried out two raids on Saturday morning in the old town square near the centuries-old Baalbek temple complex, killing a 10 year-old boy and wounding three people, police said.


Two buildings were completely destroyed in the raids.


The bombardment caused cracks in the Temple of Bacchus, weakening the structures of the Roman creation which had withstood several earthquakes, Mayor Mohsen al-Jamal told AFP


Several stones fell inside the temple complex, which is a UNESCO-protected world heritage site, he added.


The raids also destroyed the old market, where a two-year renovation project financed by the United Nations had just been completed.

権力とオカルトつづき・。

Grand Battle of the Magicians




When the 19th century will have come to an end, one of the Brothers of Hermes will come from Asia to unite humanity again.

・Nostradamus

Papus, together with Oswald Wirth and De Guaita, dreamed of uniting occultists everywhere into a revived Rosicrucian brotherhood, an international occult order in which they hoped the Russian Empire would play a leading role as the bridge between East and West.


.


省略


When the news of his death reached Alexandra in 1916, she sent a note to her husband (at the time commanding the Russian armies at the front in World War I) containing the words 善apus is dead, we are doomed!'8 Papus promoted his Martinist Order as a counter to the Masonic lodges which, he believed, were in the service of British imperialism and the international financial syndicates. From his papers it is known that he furnished documentation to the Russian authorities about Masonic activities in Russia and Europe. Papus condemned Freemasonry as atheistic in contrast to the esoteric Christianity of the Martinist Order.


省略


The Mysterious Tibetan




St. Petersburg・in 1905 was probably the mystical centre of the world.

・Colin Wilson,



Pyotr Badmaev

The Occult Shamzaran (Pyotr) Badmaev was a Buriat Mongol who had grown up in Siberia and converted to Russian Orthodoxy with Alexander III acting as his godfather. He gained considerable influence at the Ministry of Foreign Affairs and the Tsar granted him the title of Privy Councillor. Badmaev was renowned as a doctor of Tibetan medicine, herbalist, and healer, who treated high society patients at his fashionable 前riental Medicine' clinic in St. Petersburg. Described by a Russian historian as "one of the most mysteries personalities of the day," and a "master of intrigue", Badmaev enjoyed a close association with the mystic healer Rasputin.


Known as 奏he Tibetan', Badmaev dreamed of the unification of Russia with Mongolia and Tibet. He involved himself in endless projects aimed at the creation of a great Eurasian empire. Russia's historic mission, he believed, lay in the East, where she was destined to unite the Buddhist and Muslim peoples, as a counter to Western colonialism. Badmaev outlined his vision in a 1893 report to Tsar Alexander III entitled 禅he Tasks of Russia in the Asiatic East'. His considerable political expertise secured the support of the Mongol tribes in the Russo-Japanese War.


In a letter of 19 December 1896, Badmaev wrote to Tsar Nicholas II: "・y activities have the aim that Russia should have greater influence than other powers upon the Mongolian-Tibetan-Chinese East." Badmaev expressed particular concern over the influence of England in the East, stating in a special memorandum:


Tibet, which ・as the highest plateau of Asia ・rules over the Asiatic continent, must without doubt be in the hands of Russia. By commanding this point, Russia will surely be able to make England more compliant.

Badmaev knew of the legend, popular in Mongolia, China and Tibet, about the 糎hite Tsar' who would come from the North (from 鮮orthern Shambhala') and restore the now decadent traditions of true Buddhism. He reported to Tsar Nicholas II how "Buryats, Mongols and especially lamas・were always repeating that the time had come to extend the frontiers of the White Tsar in the east・"


Badmaev had a close association with a highly placed Tibetan, the lama Agvan Dordzhiyev, the tutor and confidant of the 13th Dalai Lama. Dordzhiyev equated Russia with the coming Kingdom of Shambhala anticipated in the Kalachakra texts of Tibetan Buddhism. The lama opened the first Buddhist temple in Europe, in St. Petersburg, significantly dedicated to the Kalachakra teaching. One of the Russian artists who worked on the St. Petersburg temple was Nicholas Roerich, who had been introduced to the legend of Shambhala and Eastern thought by lama Dordzhiyev. George Gurdjieff, another man of mystery who had a tremendous impact on Western esotericism, knew Prince Ukhtomsky, Badmaev, and lama Dordzhiyev. Was Gurdjieff, accused by the British of being a Russian spy in Central Asia, a pupil of the mysterious Tibetans?


"I am training young men in two capitals ・Peking and Petersburg ・for further activities," Dr. Badmaev had written to Tsar Nicholas II.


Mystical Anarchism

The sway of the Tibetan' reached beyond the Imperial court into the Russian intelligentsia and further still to the subterranean world of espionage and revolutionary politics. One of the intellectual movements at the time of the 1905 political upheavals was called "Mystical Anarchism". Two of its leading exponents were the poet and writer Viacheslav Ivanov and George Chulkov, both associates of Dr. Badmaev. Chulkov, like the Tibetan', is described as an unconscious medium transmitting mysterious forces.


A radical political doctrine aimed at reconciling individual freedom and social harmony, Mystical Anarchism drew on the ideas of Friedrick Nietzsche. This is not surprising when we consider Nietzsche's positive view of Russia as the antithesis of the decadent West, and the German philosopher's appreciation of Buddhism and Oriental culture.


According to the historian Bernice Glatzer Rosenthal, Mystical Anarchists, convinced "that unseen forces are guiding events here on earth, believed that political revolution reflected realignments in the cosmic sphere, and that a new world of freedom, beauty, and love was imminent."


Advocating the abolition of all external authorities and all constraints on the individual ・government, law, morality, social custom ・they were indifferent to legal rights as merely "formal freedoms" and opposed constitutions and parliaments in favor of sobornost'. By sobornost' they meant a free community united by love and faith whose members retain their individuality (as distinct from individualism, self-affirmation apart from or against the community)・


They grounded this ideal in their notion of the "mystical person," the soul or the psyche, which seeks union with others and recognizes itself as a microcosm of the macrocosm, as distinct from the "empirical person," the I or the ego, which asserts itself apart from or against others. Evoking and developing this "mystical person" would make feasible a "new organic society" united by invisible inner ties of love (eros, not agape), "mystical experience," and sacrifice ・the very opposite of liberal society, based on the social contract and mutual self-interest and characterized by rational discourse.9


Mystical Anarchism is a thoroughly Eurasian sociopolitical idea. Here we have a most arcane motif in a modern form: The great struggle of the empirical, plutocratic Western civilisation, against the mystical, sacrificial culture of Eurasia. In occult terms it is the conflict of the impulse of 全hambhala' with the renegades of 羨tlantean civilisation'. The Brotherhood of the Northern Light battling it out with the Brothers of the Shadow, external manifestation of the long war between the agents of Being and Non-Being.


省略


The poet Nikolai Kliuev and his young friend Sergei Esenin featured occult images and Eurasian themes in their work. At the end of 1917 Kliuev (1887-1937), a prophet and emissary of Eurasia, wrote:


We are the host of sunbearers.

On the hub of the universe

we will erect a hundred-story, fiery house.

China and Europe, the North and the South

Will come to the chamber in a round-dance of playmates

to match together Abyss and Zenith.

Their godfather is God Himself and their Mother is Russia.

Kliuev's protege, Esenin (1895-1925), longed for the end of the old world and its replacement by a new one, and even proclaimed a new religious trend called "Aggelism," with clear roots in Russian Gnosticism. He hailed both Christ and Gautama the Buddha as geniuses because they were men of "word and deed". In a letter to a friend, Esenin wrote:


People, look at yourselves, did not Christs emerge from you, and can you not be Christs? Can I with will-power not be a Christ・ How absurd all our life is. It distorts us from the cradle, and instead of truly real people some kind of monster emerges.

He warned the United States, to him the symbol of all non-Russian and rationalist sources, not to commit the mistake of "unbelief" and ignore the new "message" from Russia, as the way to the new life is only through Russia. A friend wrote how Esenin and his fellow 全cythian' poets wanted a "deepening of the political revolution to the social" and came to regard Russian Marxism as "coarse". Before his death Esenin became convinced 粗vil forces' had usurped the Revolution and the Bolshevics betrayed Russia's mission.


省略


Every day I go into the grove ・and sit there by a little chapel ・and the age-old pine tree, but an inch to the sky, I think about you・I kiss your eyes and your dear heart・O, mother wilderness! Paradise of the spirit・How hateful and black seems all the so-called civilised world and what I would give, what Golgotha I would bear ・so that America should not encroach upon the blue-feathered dawn・upon the fairy tale hut.

The Russian philosopher Nicholas Berdyaev articulated the vision shared by pre-revolution Russian thinkers as well as the cultural elite, when he wrote of the end of Western rationalism and the birth of a new era of the spirit which would witness the struggle of Christ and Antichrist. He saw the popularity of mystical and occult doctrines as proof of the approach of this New Era, and called for a "new knighthood". "Man is not a unit in the universe, forming part of an unrational machine, but a living member of an organic hierarchy, belonging to a real and living whole." Berdyaev's attacks on Western materialist values only reflected a view widely held by Russian society. Writing in exile in the early 1930s he observed:


Individualism, the 疎tomisation' of society, the inordinate acquisitiveness of the world, indefinite over-population and the endlessness of people's needs, the lack of faith, the weakening of the spiritual life, these and other are the causes which have contributed to build up that industrial capitalist system which has changed the face of human life and broken its rhythm with nature.

Journey to Shambhala




Nicholas Roerich was a man who brought glory to our [Russian] people; he is a representative of our civilisation and of its culture, one of its pillars.

・Mikhail Gorbachev



Nikolai Roerich

Nikolai Konstantinovitch Roerich (1874-1947) had been introduced to the idea of Shambhala while working on the construction of the first Buddhist temple ever to be built in Europe. Personally acquainted with Russia's pre-revolution intelligentsia, Roerich became a highly respected and prolific artist. A student of Madame Blavatsky's works, Roerich believed in the transcendent unity of religions ・in the notion that one day the Buddhist, the Muslim, and the Christian would realise their separate dogmas were husks concealing the truth within. Between 1925 and 1928, Roerich undertook five remarkable expeditions through Central Asia, focusing on the mysterious region between the Urals and the Himalayas, the area regarded as the heart of Eurasia. The traditions and legends encountered by Roerich in his travels are described in the books Altai-Himalaya, Heart of Asia and Shambhala.


In the tradition of Tibetan Buddhism, Shambhala is the hidden land in which the teachings of the Kalachakra (糎heel of Time') Tantric school are kept in their purest form. Roerich discovered that the Shambhala of Tibetan Buddhism is not too different from the legend of Belovodia preserved by Russian Christian mystics. An elder of the Old Believer sect confided to Roerich:


In distant lands, beyond the great lakes, beyond the highest mountains, is a sacred place where all truth flourishes. There one may find the supreme knowledge and the future salvation of mankind. And this place is called Belovodia, meaning the white waters. (10) Nicholas Roerich wrote how on a visit to the Mongolian capital Ulan-Bator in the 1920s, he heard soldier-revolutionaries singing:




The war of Northern Shambhala.

Let us die in this war

To be reborn again


省略


The Russian people have piled together great stones. To the admiration of everyone they have built no tower of Babel but a Russian tower. A Kremlin of Sun-bearers with a hundred towers!・Listen ・that is the future, and how radiant it is!"

A year later in 1941 he commented:


The whole world is rushing towards Armageddon. Everyone is confused. Everyone is unsure about the future. But the Russian people have found their course and with a mighty flood are streaming towards their radiant future.

塑ou Must Pay Attention to Me, In Order to See Me'

Humanity's radiant future, like Shambhala, stands at the threshold. An invisible college of men and women in every age and nation have glimpsed it and responded to the impulse. Living in the first years of a new millennium we are witnessing the unfolding of an ancient plan. Just as there is no day without night, so too there is no authentic New Era without its counterfeit. And as the darkness must give way to the new dawn, so our present Dark Era will pass away in the great light of 鮮orthern Shambhala'.


Freemasonic Atlantism


省略


奇術師の雄大な戦い

19世紀が終わっているであろう時に、ヘルメスの兄弟の1人は、再び人類を団結させるためにアジアから来るであろう。

ノストラダムス

Papusは、オズワルド・ウィルトとDeガイタとともに、復興したばら十字会員組合(彼らが、ロシア帝国が東洋と西洋の間の橋としての導き役割を果たすであろうということを望んだ国際的なオカルト順番)中にどこでもオカルト主義者を団結させることを夢見た。

PapusはジェラードEncausse(1865-1916)博士、ジョセフイブ聖人d'Alveydre(1842-1910)の弟子、フランスグノーシス主義者教会の新入会者、およびしばしば、彼の時間のオカルトグループの多くのアジテーターの偽名であった。

最も有名な世紀のオカルト主義者、彼のうちの1人は、パリの気密学校の創立者であり、多くのロシアの学生を引き付けて、導きフランスオカルトレビュー、L'開始を導いた。

Papusはまた2つの秘密結社(L'Ordre du MartinismeとL'Ordre Kabbalistique de laローズクロワ)のトップであった。

ロシア皇帝とTsaritsaが1896においてフランスを訪問した時に、皇帝が「天の配剤によってその完全な組合による彼の帝国を不滅にする」であろうということを望んで、「フランス唯心論者」のために挨拶をそれらに送ったのはPapusであった。

この挨拶は、私が神聖同盟である皇帝アレキサンダーの時に、神秘家の希望を思い出させた。

Papusは1901年にロシアへの彼の最初の訪問をし、皇帝に導入された。

それをコントロールした「未知の上役」の社長としての皇帝と、彼は迅速にサンクト・ペテルブルクで彼のルター信奉者Orderのロッジを設立した。

歴史家ジェームズ・ウェッブは、Papusが、「単に、18番目の回転で、そして抑制される19世紀前にロシアで茂った人生観への愛着を復活させていた」と言う。

‘イブ聖人d'Alveydreの最初の学生として、Papusは、終わりの帝国(northern Shambhalaの不可解なパワーの外の明示)としてユーラシアと彼女のオカルト運命を統合することにおけるロシアによって果たされる重要な役割を知っていた’。

Papusを通して、皇族は彼の友人とスピリチュアルな師Masterフィリップ(Nizier Anthelme フィリップ)を知った。

誠実なキリスト教神秘家、彼はロシア皇帝によってランクと光栄を与えられて、1905年に彼の死まで帝国の法廷との接触を維持していた。

それが天皇、皇后両陛下の面前で噂された彼であった所で1905年にサンクト・ペテルブルクに返されたPapusは、政治的な危機を処理することについて、提供された実技試験がアドバイスする皇帝の父、アレクサンドル三世の霊魂を呼び出した。

フィリップマスタとPapus両方はロシア法廷で重要な政治的な役割を果たした。

彼らは国政について皇帝にアドバイスしただけでなく、ルター信奉者注文、皇帝のおじの彼らの間の2人、およびたくさんの親族の有力なロシア新入会者との接触を維持していた。

ドイツ一般会員の間に彼自身の弟子を持っていたドイツオカルト主義者ルドルフ・スタイナーは、Papusの「ロシアの広い影響」によって妨害されて、2人のフランス人という任務に続いていた。

フランスとロシアの間の同盟の強い支持者、Papusは皇帝に世界征服に向けられた国際的な陰謀を警告した。

‘彼は、広大なロシア帝国が、全hadow兄弟の共謀を妨げることが可能な唯一のパワーであったと信じた’。

彼はまた、ドイツとの次の戦争の準備をし、それからベルリンの不吉な軍隊によって設計されることを皇帝に勧めた。

1つのアカウントによると、彼は皇族にそれを約束し、ロマノフ王朝君主政治は、彼、Papusが生きていた限り保護されるであろう。

彼の書類から、彼がロシアとヨーロッパでのフリーメーソン活動についてドキュメンテーションをロシア当局に供給したことは知られている。

Papusはルター信奉者秩序の難解なキリスト教と対比すると無神論としてフリーメーソンを非難した。

彼は「私達の懐疑(すべての聖職から独立な率直なキリスト教反応を必要として致命的にそうな物質的なフォームの崇拝)の時代」を懲戒した。

1901年にロシアへの彼の最初の訪問から返った少し後に、Papusが主として責任があったフレンチプレスの中で、一連の品物は出現した。

彼らは「隠れた共謀」を存在に警告した(一般大衆はそれにすっかり気づかず、フランコ・ロシア人同盟を分裂させようとしている不吉な金融団の陰謀のであった)。

一般大衆は歴史の現実の力に盲目的である:

それは見ず that すべての衝突 whether 発生 中 または国家 、そこは、明白な俳優、隠された移転者 それらの利己主義の計算によるwho の側にあり、これらの衝突inevitable・を作る

国家の混乱した発展において起こるすべては、従って、数人の人の優位を確保するゴールによって秘密に準備される;

そして、すべての公的なイベントの後ろで捜されなければならないのは、時々未知に時々有名なこれらの少数の人である。

さて、今日、優位は金の所有によって保証される。

この瞬間にヨーロッパの政治の秘密のスレッドを保持するのは、金融のシンジケートである

そこの数年前少しは、従って、今日全能に、会計報告がシンジケート化するヨーロッパで設立されて(最高の目的が、世界のすべての市場を独占することである)、政治的な影響を取得するために、その活動は、容易にするためのどれを持っているか。

ロシアを分離し、弱めるために、エコーdeパリにおけるPapus御用記事は、英国フリーメーソンの後ろにあることとして露出した英国シークレットサービスの役割を明らかにした。

反ロシア宣伝に集中されたフランスの英国エージェントの中で、ロシアにいる間、社会のすべてのレベルを浸透させるために、彼らは「金融のぺてん」を使った。

すべての努力は、必要な「誠実で、ロシア皇帝のため寛大な保存 プレゼントの時の金融家のシンジケートがヨーロッパと世界の運命をコントロールする悪魔」であった。

チベットのMysterious

St. Petersburg・in1905年はたぶん、世界の神秘主義的なセンターであった。

・ コリン・ウィルソン


ピョートルBadmaev

オカルトShamzaran(ピョートル)Badmaevは、シベリアで成長し、彼のゴッドファーザーとして行動しているアレクサンドル三世とロシア正統性に変換したブリヤート語モンゴル人であった。

彼は外務省でかなりの影響を得て、皇帝は枢密顧問官というタイトルを彼に与えた。

Badmaevは、サンクト・ペテルブルクの彼のファッショナブルな東洋医学'クリニックで上流社会患者を治療したチベット医学、植物学者、および治療者の医師として有名であった。

「日の最も多くのミステリー有名人の1人」としてのロシア歴史家と「陰謀のマスタ」によって説明されて、Badmaevは神秘的な治療者ラスプーチンとの緊密な連想を楽しんだ。

チベット'、Badmaevはモンゴルとチベットとロシアのユニフィケーションを夢見た。

彼は大きなユーラシア帝国の作成に向けられた無限のプロジェクトに没頭した。

彼は、ロシアの歴史的な任務は、彼女が、仏教とイスラム教の民族を団結させるように運命づけられていた東に西洋の植民地主義にカウンターとしてあったと信じた。

‘アジア東でロシアの仕事という表題を付けられたアレクサンドル三世皇帝への1893リポートの中でBadmaevは彼のビジョンを概説した’。

彼のかなりの政治の手腕は日露戦争においてモンゴルの種族のサポートを守った。

12月19日1896の手紙の中で、BadmaevはニコラスII皇帝に手紙を書いた:

「ロシアが持っているべき目的を持っている モンゴル人チベット中国語東の他の能力よりより大きい影響 。」

特別な覚書において述べて、Badmaevは東でイギリスの影響の上の特定の懸念を表現した:

チベット 、アジアの大陸の上のアジアとして・ルールの最も高い高原 は、ロシアの手において疑いはなしでしなければならない。

このポイントを命じることによって、ロシアは、きっと、イギリスをより従順にすることができるであろう。

ホワイト皇帝、‘Northern Shambhalaから北(から来るであろう’)について、Badmaevはモンゴル、中国、およびチベットでポピュラーな伝説を知っていて、真実の仏教の現在退廃的な伝統を復元する。

彼は、皇帝ニコラスIIに どのように 「ブリヤート族、モンゴル人と特にいつも、東のホワイト皇帝のフロンティアを拡張するために時間が来たことを繰り返している」 に報告した

Badmaevは高く置かれたものチベットの状態で緊密な協会、13番目のダライラマのラマ僧Agvan Dordzhiyev、家庭教師、および親友を持っていた。

Dordzhiyevはロシアをチベット仏教のKalachakraテキストの中で予期されているShambhalaの次の王国と同等視した。

ラマ僧はヨーロッパで、Kalachakra教育がかなり専門のサンクト・ペテルブルクで最初の仏教寺院を開いた。

サンクト・ペテルブルク寺院で働いたロシアアーティストの1人は、Dordzhiyevラマ僧によってShambhalaと東の考えの伝説的人物に紹介されたニコラス・レーリヒであった。

ジョージ・グルジェフ(西洋の秘伝へのすさまじい影響を持っていたミステリーの別の人)はプリンスUkhtomsky、Badmaev、およびDordzhiyevラマ僧を知っていた。

中央アジアでロシアスパイである英国人によって告発されたグルジェフは神秘的なTibetansの生徒であったか?

Badmaev博士は、「私は2つの首都・北京とピーターズバーグを・さらなる活動のために若者に訓練している」とニコラスII皇帝に書いた。

神秘主義的なアナーキズム

チベットであるその振動は、帝国の法廷を越えてまだロシアの知識階級とさらににスパイ活動および革命の政治の地下の世界に達していた。

1905年の政治的な隆起の時の知的なムーブメントの1つは「神秘主義的なアナーキズム」と呼ばれた。

その主要な指数の2つは詩人と作家ViacheslavイワノフとジョージChulkov(Badmaev博士のどちらも仲間)であった。

Chulkov、のように、チベット'は神秘的な力を送っている無意識なメディアと評される。

根本的な政治上の主義は、個々の自由と社会的な調和を調和させることをめざしていて、神秘主義的なアナーキズムはFriedrickニーチェのアイデアを活用した。

私達がニーチェのロシアのポジティブな見解を退廃的な西欧のアンチテーゼとドイツ哲学者の仏教と東洋の文化の理解と考える時に、これは驚くべきでない。

歴史家コカイングラツァーローゼンソールによると、神秘主義的な無政府主義者、確信した「その非可視の力はイベントをここに地球に誘導し、信じられて、政治的な革命は宇宙の球の再調整を反映し、自由、美、および愛情の新しい世界は差し迫っていた。」。

‘個人・政府へのすべての外部の当局とすべての制約の廃止を主張して、法律、道徳、社会慣習・それらは単に「フォーマルな自由」として法的な権利に無関心で、ソボールノスチのために構成と議会に反対した’。

ソボールノスチ'によって、それらは、愛情のため団結した自由なコミュニティ、およびメンバーがそれらの個体(個性と別個である コミュニティの、またはコミュニティを背景とした自我確認 )・を保有する信頼を意味していた

彼らは、「経験の人、」と別個にこの理想を、「神秘主義的な人、」魂、または精神のそれらの観念に基づかせて the 私 、または自我〈他で、または他に対して自身を主張する〉 、他によって組合を捜し、自身を大宇宙の小宇宙と認める。

この「神秘主義的な人」を呼び起し、開発することは、社会契約と相互の利己主義に基づいて、愛情(隣人愛ではなくエロス)「神秘的な経験」と犠牲・寛大な社会のまさしくその反対物の見えない内側のつながりによって団結させられて、理性的なdiscourse.9によって特徴付けられていた「新しい有機的社会」を実現可能にするであろう。

神秘主義的なアナーキズムは完全なユーラシアの社会政治的なアイデアである。

ここに、私達は現代のフォームにおいてとても不可解な主題を持っている:

ユーラシアの神秘主義的で、犠牲の文化に対する経験、金権政治の西欧の文明の偉大な苦闘。

オカルト用語で、それは‘Atlantean文明の背教者とともに’shambhalaのインパルスの衝突である。

影(そうであるエージェントとNon-Beingの間の長い戦争の外部の明示)の兄弟と徹底的に戦っているノーザン・ライトの兄弟関係。

ニコラス・ベルジャエフ、ディミートリ メレジコフスキー、シマハジロバトHippius、Valerri Briusov、ミハイル・クズミン、アレクサンドル・ブローク、Vasiliローザノフ、他のホストとともに、ロシア詩人、作家、およびアーティストは神秘主義的なアナーキズムとユーラシアビジョンの違う面を送った。

「国家に自然な弟子の身分の東のタイプ」において賞賛するために、革命の前の年の時に、スーフィ教マスタInayatカーンはロシアを訪問したと彼は多く気付いた。

メレジコフスキーは、「新しい宗教の意識」をトルストイとDostoievskyによって説明された2種類の特にロシアタイプから導き出す可能性を見た。

トルストイはより禁欲主義の精神的価値のために肉とDostoievskyの汎神論の神秘主義に賛成した。

「このロシアに、神は西の世界に明示されて、東へのはじめてのための人および思考のためすでに2の両方の半球前を調和させているそれらのためであろう。'」

Bolshevic革命の後で、ブロークは新しいロシアを西欧と対比した。

彼はロシアを、「スキタイ人」(すなわち、運命で、それが、腐敗西欧と競合することになっていた若く、新鮮な国家)と呼んだ:

私達はスキタイ人であり、私達はアジア人である・、あなたの日の世紀は私達、従順なスレーブのようなほんの1時間であり、私達は、2敵意ある人の間のシールドが競争して・時間がある間向こうの古い剣を置きに、ヨーロッパとモンゴルの大群から戦争と恐怖が私達のオープンな腕、親族の抱擁に来ると考えていて、あなたが滅びる前に、兄弟は旧世界として私達を迎えて、私達の兄弟の宴会に参加する。

詩人ニコライKliuevと彼の若い友人セルゲイ・エセーニンはそれらの仕事によってオカルトイメージとユーラシアテーマを特集した。

1917年の終わりに、Kliuev(1887-1937)(ユーラシアの予言者、および使者)は書いた:

私達はsunbearersのホストである。

宇宙の中心の上

私達は百階建て、火の家を建てる。

中国とヨーロッパ(北と南)

一緒に深海と天頂とマッチするためにプレイメイトの丸いダンスにおける部屋に来るであろう。

それらのゴッドファーザーは自身で神であり、それらの母はロシアである。

Kliuevの被保護者、エセーニン(1895-1925)は古い世界の終わりと新しいものによるその置換を待ち望んでいて、ロシアグノーシス主義の中のクリアな根によって「Aggelism」と呼ばれる新しい宗教の傾向を宣言しさえした。

彼らが「言葉と行為」の人であったので、彼は天才として仏としてキリストとゴータマの両方を迎えた。

友人への手紙の中で、エセーニンは書いた:

植民し、自身を見なさい、Christsはあなたから出現しなかったか?そして、あなたはChristsではないかもしれないか?

意志パワーを持つ私がnotでChrist・のどれほどであることができるか すべての私達の人生は不合理であるか。

それは揺りかごから私達をゆがめて、本当に現実の人々の代わりに、ある種類の怪物は出現する。

彼は、「疑惑」の誤りを委任しなく、新しいライフへの道がロシアを通り抜けているだけである時にロシアから新しい「メッセージ」を無視することをすべての非ロシアと理性主義者のソースの米国、彼への、シンボルに警告した。

エセーニンと彼の仲間の'詩人が政治的な革命の深まっている"を社会的である"に望んでいて、ロシアマルクス主義を"粗い"とみなすようになった方法で、友人は書いた。

彼の死の前で、エセーニンは、悪魔力が革命を強奪したのを確信し、Bolshevicsはロシアの任務を裏切った。

有名な詩人ニコライKliuevはBadmaev博士とグレゴリー・ラスプーチン両方を知っていて、後者のように、チベットタントラとインドシバ崇拝への類似点によってキリスト教の性的な神秘主義の秘密の学校に加入した。

「彼らは私をラスプーチンと呼んだ」とKliuevは1918年の詩の中で書いた。

Kliuevの精神性は、民衆の間で真実の地下の川を成形した高齢の信者、Khlysty、およびスコプツィのようなロシア宗教の反対者の伝統において深く定着した。

認められたKliuevはどんなに、「キリストになること」にフリスト派の人年長者によって挑んだのか、彼は「鳩同業者」の秘密のコミュニティに紹介された。

「秘密のアイデンティティの様々な人々」の助けによって、秘密の儀式に参加していて、ロシア東のオカルト伝統を吸収しているロシアの至る所でKliuevは旅行した。

彼の詩の中で、Kliuevは、ユーラシアの神秘的な心を伝えることに努めた。

彼はBelovodia(Shambhalaに類似している待たれた地上の楽園にロシアの高齢の信者によって与えられた名前)の予言者であった。

Kliuevは、小作農文化が産業主義、資本主義、およびライフの総合機械化に勝利するであろう階級のない社会を引き起こすであろうロシアの根本的な変化を想像した。

彼は友人に1914年の手紙の中の魂のない西欧の文明の危険についての彼の懸念を表現した:

毎日、私は木立ちに入り そこに、年を経ている松木を小さい礼拝堂の近くに座らせる けれども、空へのインチ、私はあなたとキスについて考える あなたの目およびあなたの親愛なる心、母なる荒野 !

心の天国・憎らしく、黒い、すべてのいわゆる文明化した世界のようで、私が何を与えるであろうか、私がどんなゴルゴタに耐えるであろうか・そう、そのアメリカは青でフェザリングされた夜明けを・おとぎ話小屋を浸食するべきでない。

西洋の合理主義の終わりとキリストと反キリストの苦闘に立ち会うであろう心の新しい時代の誕生について、彼が書いた時に、ロシア哲学者ニコラス・ベルジャエフは文化的なエリートだけでなく前革命ロシア人思想家によって共有されたビジョンを明瞭に発音した。

彼は神秘主義的で、オカルトの主義の人気をこの新しい時代のアプローチの証拠と考えて、「新しい騎士道」を要求していた。

「現実で、残る完全体に所属して、人は宇宙、理性的でないマシンの形を成すパーツではなく有機のヒエラルキーの住むメンバーでユニットである」。

西洋の唯物論者価値へのベルジャエフの攻撃はただロシア社会によって広く保持された眺めを反映した。

彼が観察したと追放において1930年代の初期に書く:

Shambhalaへの旅

ニコラス・レーリヒは、栄光を私達の[ロシア人]の人々にもたらした人であった;

彼は私達の文明社会の、そしてその文化(その柱の1つ)の代表である。

・ ミハイル・ゴルバチョフ

ニコライ・レーリヒ

ヨーロッパに組み込まれるためにずっと最初の仏教寺院の建築に取り組む間に、ニコライKonstantinovitchレーリヒ(1874-1947)はShambhalaのアイデアに導入された。

個人的にロシアの前革命知識階級を知っていて、レーリヒは高く尊敬されて、多産なアーティストになった。

ブラヴァツキー様の作品の学生、レーリヒは、宗派の超越した単一性を・ある日、仏教徒、イスラム教徒、およびクリスチャンが、それらの別個の教義が中の真実を隠している殻であったことに気がつくであろうという理解を信じていた。

1925年と1928年の間で、ウラル山脈とヒマラヤ山脈(ユーラシアの中心とみなされているエリア)の間で神秘的な地域に集中して、レーリヒは中央アジアを通して5回の顕著な遠征を引き受けた。

彼の旅行においてレーリヒによって遭遇された伝統と伝説は本アルタイヒマラヤ、アジアの中心、およびShambhalaで説明される。

チベット仏教の伝統において、Shambhalaは、Kalachakra(‘時間の糎heel’)タントラ学校の教えがそれらの最も純粋なフォームにおいて保持される隠れた土地である。

レーリヒは、チベット仏教のShambhalaがロシアキリスト教神秘家によって保存されたBelovodiaの伝説と違いすぎないと気づいた。

レーリヒに委託された古い信者セクトの年長者:

大きな湖を越えて、最も高い山を越えて、すべての真実が茂る神聖な場所は遠い領土にある。

そこで、人は人類に関する最高の知識と未来の信仰によって救いを見出すことができる。

そして、この場所は、白い水域を意味して、Belovodiaと呼ばれる。

(10) 1920年代のモンゴルの首都ウランバートルへの訪問において、彼が兵士革命家が歌うのを聞いた方法で、ニコラス・レーリヒは書いた:

北Shambhalaの戦争。

私達をこの戦争で死なせなさい。

再び生まれ変わっているには

Shambhalaのルーラーのナイトとして。

鮮orthern Shambhalaによって、'は意味されているロシア-ユーラシアである。

彼のアジアの本中心の中で、来る王国であるがどのShambhalaとBelovodiaが永遠のシンボルであるかの人間性のためのイベント・新しい時代と同じくらい多く、レーリヒはShambhalaを定義しなかった:

あなたは、Shambhalaの概念が私達の最も重大な西洋の科学的研究の熱望と一致していて・彼らが戦うことにおいて、着古された方法を越えて見ることを恐れないShambhalaの東の学科と西欧の最もよい精神が結合していることに注意した。

レーリヒは決して、重要な役割ロシアが、東と西欧の両方の最も高貴な学問をまとめることにおいて遊ぶであろうということを疑っていなかった。

ロシアで、新しい統合は明らかになるであろうし、新しい日は独占的に西とまったく東ではなく本当のユーラシアの人間性のために明ける。

1940年に、世界が自身が戦争に陥れられていることに気付いた時に、レーリヒは新しい時代の最初の一見を認識し、書いた:

ロシア人々は一緒に大きな石を積み上げた。

みんなの賞賛に、彼らはロシアタワーを除いたバベルのタワーを全然建てなかった。

「百のタワー!・聞き・それを持つSun運搬人の城塞はその未来であり、それはなんと輝いている!」

1年後、1941年に、彼はコメントした:

全世界はハルマゲドンに急いで行っている。

誰もが混乱している。

誰もが未来について確信がない。

しかし、ロシア人々は彼らのコースを見つけて、強力な洪水によって、彼らの輝いた将来ごろに流れている。

‘あなたは、私に会うために私に注意を払わなければならない’

人類の輝いた将来は、Shambhalaのように、入り口で立っている。

あらゆる時代での男性と女性の見えざる大学と国家はそれをひと目見て、インパルスに反応した。

新しいミレニアムの最初の年に生きて、私達は古代の計画の広がりに立ち会っている。

夜なしでちょうど同じくらい日が全然ないので、その模造品なしであまりにも本物の新しい時代が全然ない。

‘そして、暗闇が新しい夜明けに譲歩しなければならない時に、そう、私達の現在の暗い時代は鮮orthern Shambhalaの大きなライトにおいて亡くなるであろう’。

フリーメーソンのAtlantism

今日のイベントの混乱の後ろで、古代の戦いは終わっている。

「戦時に、真実はとても貴重なので、彼女はいつも嘘のボディガードによって奉仕されるべきである」とAtlantismウィンストン・チャーチルの使者は言った。

アトランティスの悪い奇術師によってエンパワーメントされて、西洋の秘密結社はユーラシアの秩序とのオカルト戦闘の状態にある。

私達はShambhala(地球の政治と金融の中心とアトランティスの暗闇から引き継がれた悪い業の終わりからの影の兄弟からの放り出し)の新しい時代の到来を待つ。

真実の新しい時代をもたらすことにおいて、Shambhalaを「惑星の意識における生命中枢」と評し、それをキリストのキリストの再臨と関係づけたアリス・ベイリーはまたロシアの特別な役割を予言した:

Russia・will出現の外で そんなにしばしば私があなたに話したその新しく、不思議な宗教 。

それは、人間性とヒエラルキーの間で起こるであろう大きく、差し迫ったアプローチの製品になるであろう。

ライト 一体どの 中のshineth のについて東からの、および東のスピリチュアルな力のこれらの2つのセンターから、西欧に光をあてる;

全世界に正義の太陽の輝きが殺到するであろう。

ロシアに関連した、どのような政治的なイデオロギーのではなく大きく、スピリチュアルな宗派の外観への賦課にでも関して、私はここにいる(それは大きな国家のはりつけを正当化するであろうし、自身を示し、真実の宗教の生命のロシア解説者・多くのロシア人が捜していて、とても古代の予言の位置合せになるであろうその人によって高く持たれるであろう大きく、スピリチュアルなライトの中で焦点が合うであろう)。

11 脚注:

1. アーサー・ウエイト(ばら十字会員の現実の歴史)

2. オカルト設立においてジェームズ・ウェッブによって引用されるようなH.P.ブラヴァツキーの手紙

3. ビクトリアLeのページ、Shambhala:

地上の楽園の神話の後ろの魅力的な真実

4. アレキサンダーDugin

5. ネヴィル・ドゥルーリー(神秘主義と1992年の難解な伝統の辞書)

6. 調和した円の中でジェームズ・ウェッブによって引用されるように

7. シュテファンA.Hoeller(「H.P.ブラヴァツキー:」)

「ミステリーの女性と意識のヒーロー」、探求、秋1991

8. シュテファンA.Hoeller、「難解なロシア」、霊知雑誌、No.31、春1994

9. コカイン グラツァー・ローゼンソールによって編集されたロシアとソビエト連邦の文化におけるオカルト

10. ニコラス・レーリヒ、アジアの中心

アリス・ベイリー、D.Kによる予言。

上記の記事は新しい夜明けNo.68(2001年9月-10月)中で出現した。


蛇足


何の関係も無いように思われる・が。フリーメーソンなどの秘密結社とユダヤ・キリスト教とチベット仏教・ヒンズー教がつながり、世界の時の権力者がシャンバラへと憧れを持ち、霊能者に惹かれて行く・。すべてはこn理想郷へと誘っているのだろうか?



小泉靖国参拝・。


小泉改革の功罪



(1)もともと、官僚の無作為、無責任、天下り、癒着など問題は官僚制度にあって、国家公務員5%削減など。。甘っちょろい。。悪徳官僚など死刑にすればいいのだが・。

ただ、公務員制度に切り込んだのはよかった。



(2)規制緩和の流れで、ベンチャーなどや外資系などが広く、参入できる体制になったはよかった。これも官僚の恣意的、裁量行政の改革である。



(3)国家観の無い韓国、北朝鮮や共産独裁で年間14万件のデモを抱えた、社会主義の貧富の差がある中国。どちらも、日本の数兆円のODA利権にたかる。靖国参拝などを利用した、外務官僚の中国スクールなどで、対中配慮など。日本国民2分政策にまままと引っかかるところであるが、靖国参拝はエライと思う。





しかし、



(1)官僚はあいも変わらず、天下り、裁量行政、無責任のままである。看板書換えてゾンビのように生き残る・。

官僚制度は島流しでもしなければ、日本国の恥さらしシステムだ・。官僚個人に損害賠償を請求しなければならないだろう・。



(2)規制緩和は村上ファンドなどのように官僚からの転進が多い・。何のための改革やら・・。



(3)A,B,C級戦犯など戦勝国が決めた事で、戦争に負けたから見せしめに近い.


60年を経て、エエ加減もういいのではないか??戦争なのだから、どちらも悪いだろう・。


軍事官僚が戦争へと突き進む事を止められないのだ・。





しかし、すべては官僚が問題だったのではないか??





日本のイルミナティもどき・・官僚共産独裁(シオニズムに相通ず)は即刻廃止だ。

権力とオカルト

The Secret of Eurasia - The Key to Hidden History

2005 11 28


By Mehmet Sabeheddin | rinf.com








"The Path to Shambala" by Gilbert Williams




Beneath the broad tide of human history there flow the stealthy undercurrents of the secret societies, which frequently determine in the depths the changes that take place upon the surface.

・A.E. Waite?

Have secret societies and occult brotherhoods been active behind the scenes of world events for thousands of years? Do these guardians of secret wisdom shape the growth of human consciousness and influence the destiny of nations? Are hidden masters of occult knowledge empowering and infiltrating certain political, cultural, spiritual and economic movements, in fulfillment of an ancient plan? Could it be that man's great upheavals, wars, and revolutions, as well as his pioneering discoveries in science, literature, philosophy and the arts, are the result of a hidden hand'? Can we decode history and find the mysterious interface between politics and occultism, thereby uncovering the real movers and shakers in our modern world?


The German philosopher Oswald Spengler warned of a "mighty contest" between groups of men of "immense intellect" who the "simple citizen neither observes nor comprehends." Back in 1930 Ralph Shirley, the editor of the London Occult Review, Britain's leading journal of esoteric sciences, endorsed "the suspicion that the ranks of occultism are secretly working for disintegration and revolution. Positive proof in the shape of a group of occultists working with this objective in view recently came under the notice of the present writer."


Major-General Fuller, a former disciple of Aleister Crowley, who had links to British military intelligence, wrote about an insidious force using "Magic and Gold" striving "to gain world domination under an avenging Messiah as foretold by Talmud and Qabalah." Fuller's former chief Crowley worked as a secret agent for both Britain and Germany, although his British handlers noted his nreliability' warning he should only be used in espionage operations with the utmost care. During the First World War the German Foreign Office secretly requested the occultist Gustav Meyrink to write a novel blaming the Freemasons of France and Italy for the outbreak of war.


Madame Blavatsky believed the Catholic society of Jesuits had transferred their headquarters from the continent to England where they plotted to plunge man into passive ignorance and institute "Universal Despotism". The founder of the Theosophical Society, a woman of immense intellect and first hand experience of secret societies, warned:


Students of Occultism should know that while the Jesuits have by their devices contrived to make the world in general, and Englishmen in particular think there is no such thing as Magic and laugh at Black Magic, these astute and wily schemers themselves hold magnetic circles and form magnetic chains by the concentration of their collective WILL, and when they have any special object to effect or any particular and important person to influence.?

The French Revolution, one of Europe's most important political upheavals, was largely the work of Masonic lodges dedicated to the overturning of the monarchy and an end of the established Catholic religion. In Proofs of a Conspiracy (179, John Robison showed that the political clubs and correspondence committees during the revolution, including the famous Jacobin Club, sprang from these Masonic lodges.


The influence on history of mysticism, the occult and secret societies is generally dismissed by Western academics. Mainstream historians choose to ignore this aspect because they believe it has no real significance to world politics. In fact it is only through acknowledging the role and influence of the Occult underground' that important world events can be fully understood and placed in their real historical perspective.


ユーラシアの秘密--隠された歴史のキー


メーメトSabeheddin| rinf.com




Gilbertウィリアムズが「シャンバラへの経路」


人間の歴史の広い潮の下では、秘密結社の秘密の底流は流れます。(秘密結社は深層で表面に起こる変化を頻繁に決定します)。

・A.E.ウェイトとsup1;

秘密結社とオカルトの兄弟愛は何千年間世界的なイベントの場面の後ろで活動的ですか? 秘密の知恵のこれらの保護者は、人間の意識の成長を形成して、国の運命に影響を及ぼしますか? オカルトの知識の隠されたマスターは、古代のプランの遂行で、ある政治上の、そして、文化的で、霊的で経済の運動に権限を与えて、浸透していますか? '男性のかなりの隆起(彼が科学、文学、哲学、および芸術で発見を開拓することと同様に戦争、および革命)が隠された手の結果であるということであるかもしれません'? 私たちは政治と神秘信仰の間で歴史を解読して、神秘的なインタフェースを見つけて、その結果、私たちの現代の世界で本当の有力者を覆いを取ることができますか?


オスワルドシュペングラーが「強力なコンテスト」について警告したドイツ人の哲学者はだれを「莫大な知性」の男性に分類するか。「どちらも観察して、理解しない純真な市民。」 ラルフ・シャーリー、1930年に、ロンドンOccult Reviewのエディタ(イギリスの難解な科学の主なジャーナル)は「神秘信仰のランクが崩壊と革命のために秘かに働いているという容疑」を是認しました。 「最近視点におけるこの目的で働いているoccultistsのグループの形の確証は現在の作家の通知に該当しました。」


少将のフラー(Aleisterクローリーの元信者)は、油断のならない力に関して「タルムードとQabalahによって予言されるように世界征服をかたきを討っている救世主の下に獲得します」ように努力しながら「魔法と金」を使用することで書きました。クローリーは、イギリスの軍情報部にリンクを持っていました。 クローリーがイギリスとドイツの両方のための諜報部員として働かせた'フラー'の元チーフ、彼のイギリス人の操作者は彼の'警告に注意しましたが、彼はスパイ活動に慎重の上にも慎重に使用されるだけであるべきです。 第一次世界大戦の間、ドイツ人の外務省は、戦争の突発をフランスとイタリアのフリーメーソンのせいにしながら小説を書くように秘かに「オカルト-者」グスタフマイリンクに要求しました。


Blavatsky夫人は、イエズス会士のカトリック教徒の交際が大陸からそれらが男性を受け身の無知に突入させて、「普遍的な専制政治」を設けると企んだイギリスまで彼らの本部を移したと信じていました。 Theosophical Societyの創設者(莫大な知性と秘密結社の直の経験の女性)は警告しました:


Occultismの学生は、イエズス会士が、彼らの装置で世間一般を作るのを案出して、特に英国人がマジックなんてものがないと考えて、Blackマジックを笑っている間、これらの抜け目のなくて陰険な策士自身が磁気円を保って、彼らの集合的なウィルとそれらがいつ効果か何か特定の、そして、重要な人に何か特別な物を持つかに関する集中による磁気チェーンを影響sup2に形成するのを知るべきです;

フランス革命(ヨーロッパの最も重要な政治動乱の1つ)は、主に君主制をひっくり返すのに捧げられたフリーメーソンの支部の仕事と設立されたカトリック教徒の宗教の終わりでした。 ConspiracyのProofs、(179、ジョン・ロビソンは有名なジャコバン党員Clubを含む革命の間の政治上のクラブと通信委員会がこれらのフリーメーソンの支部から生じたのを示しました。


一般に、神秘説の歴史、オカルト、および秘密結社への影響は西洋のアカデミー会員によって捨てられます。 主流の歴史家は、彼らが、国際政治にどんな本当の意味も持っていないと信じているのでこの局面を無視するのを選びます。 '事実上、'重要な世界的なイベントをそれらの本当の歴史観に完全に理解して、置くことができるのが、オカルト地下の役割と影響を承諾しながら、突き抜けているだけです。


Atlantism Verses Eurasianism

Secret societies and the teachers of occult wisdom consistently trace their origins back to the very dawn of civilisation. Within Judeo-Christian culture, the secret schools speak of Adam, Seth, Moses and the Patriarchs as initiates of a divine wisdom carefully passed from one generation to the next. Other occult groups look back beyond ancient Egypt and the Mystery schools of Greece, to the lost continent of Atlantis. Still others trace their lineage to Sumeria or Babylon and the mysterious plains of Tartary.


Examining mankind's myths, legends and arcane stories we encounter countless references to a vanished primordial civilisation. The brilliant French metaphysician Rene Guenon wrote of a great Hyperborean culture that flourished around the Arctic Circle and of its outposts Shambhala in the East and Atlantis in the West. Plato wrote of Atlantis, describing it as the heart of a great and powerful empire which, due to the indiscriminate mixing of "the sons of God" with "the children of men," suffered "violent earthquakes and floods" and "disappeared beneath the sea". According to occult tradition, Atlantis came to an end after a lengthy period of chaos and disaster brought about, in the words of Madame Blavatsky, because the "Atlantis-race became a nation of wicked magicians." Atlantis was destroyed by a conspiracy of evil magicians who had seized control of the mighty continent.


Long before the final end of Atlantis, great migrations took place to different centres of the earth. In one legend we are told of a righteous remnant journeying from the Arctic Circle to Shambhala, in the remote fastness of Central Asia. Other legends suggest Atlantean survivors established the ancient Egyptian civilisation.


Victoria LePage, the author of one of the most comprehensive studies of Shambhala explains how Atlantis and Shambhala are more than mere geographic locations:


In folklore Atlantis and Shambhala are implicitly linked together as charismatic images of heart's desire, two shining mirages that lie on the farthest horizon of human longing, unattainable, always receding as we reach for them; at best no more than ideal states of consciousness never realized. But their association seems to have a far more real and historically concrete basis than that. Initiatic tradition affirms they have both genuinely existed, one in the western sea, the other in the eastern mountains, as lynchpins of what was once a network of Wisdom centers located on a great power-grid extending around the globe. Further, Shambhala still exists within a framework that awaits reactivation.?


In order to identify the historical activities of secret societies we need to appreciate the origin of a most powerful idea. Occult lore speaks of Shambhala as the positive centre of the Brotherhood of Light, and Atlantis the negative centre of the evil magicians, the Brothers of the Shadow. Wherever we look we see the division of secret societies and occult endeavours into these two opposing 前rders'. All occult movements and teachings inevitably serve either the "Order of Eurasia" or the "Order of Atlantism", with their respective symbolic centres of Shambhala and Atlantis. Concealed behind a multitude of different forms and represented by an array of unsuspecting agents of influence, these two centres ・Shambhala and Atlantis ・represent two different impulses in human evolution.


Viewed from the perspective of sacred geography, in our present historical cycle, Atlantism is the triumph of the most destructive and diabolical elements in the civilisation of the West. One modern authority on sacred geography and geopolitics observes:


Sacred geography on the basis of "space symbolism" traditionally considers the East as "the land of Spirit", the paradise land, the land of a completeness, abundance, the Sacred "native land" in its fullest and most perfect kind. In particular, this idea is mirrored in the Bible text, where the eastern disposition of "Eden" is treated.


Precisely such understanding is peculiar also to other Abrahamic traditions (Islam and Judaism), and also to many non-Abrahamic traditions ・Chinese, Hindu and Iranian. "East is the mansion of the gods", states the sacred formula of the ancient Egyptians, and the same word "east" ("neter" in Egyptian) meant at the same time "god". From the point of view of natural symbolism, East is the place where the sun rises, Light of the World, material symbol of Divinity and Spirit.


The West has the opposite symbolical meaning. It is the "country of death", the "lifeless world", the "green country" (as the ancient Egyptians called it). West is "the empire of exile", "the pit of the rejected", according to the expression of Islamic mystics. West is "anti-East", the country of decay, degradation transition from the manifest to the non-manifest, from life to death, from completeness to need, etc. West is the place where the sun goes, where it "sinks down"4.




Atlantismは「ユーラシア人-主義」の作詩をします。

オカルトの知恵の秘密結社と教師はかなりの文明の曙光まで一貫して彼らの起源をたどります。 ユダヤ教とキリスト教の文化の中では、神の知恵で開始が1世代から次まで慎重に通ったので、秘密の学校はアダム、セス、モーセ、およびPatriarchsについて話します。 他のオカルトのグループはギリシアの古代のエジプトとMystery学校を超えてアトランティス失われた大陸を見返します。 それでも、他のものはSumeriaかバビロンとTartaryの神秘的な平野への彼らの家系をたどります。


人類の神話、伝説、および秘密の話を調べて、私たちは消えている根本的な文明の無数の参照に遭遇します。 才気あふれているフランス人の形而上学者レネイGuenonは西洋の東洋とアトランティスで北極圏の周りに栄えた重要なHyperborean文化とその前哨Shambhalaを書きました。 プラトンはアトランティスを主題にして書きました、「男性の子供」への「神の息子」の無差別の混入のために「激しい地震と洪水」を受けて、「海の下で見えなくなった」すばらしくて強力な帝国の心臓としてそれを記述して。 オカルトの伝統によると、アトランティスは引き起こされた長い期間のカオスと災害の後に終わりました、Blavatsky夫人の単語で「アトランティスレースは意地の悪い魔術師の国になりました」。 アトランティスは強力な大陸のコントロールを捕らえた不吉な魔術師の共謀で破壊されました。


アトランティスの最後の端のずっと前に、大移動は地球の異なったセンターに行われました。 1つの伝説では、公正な残りが北極圏からShambhalaまで旅行するのについて私たちは言われます、中央アジアのリモート要塞で。 他の伝説は、Atlantean生存者が古代のエジプトの文明を確立したと示唆します。


ビクトリアLePage、Shambhalaの最も包括的な研究の1つの作者はアトランティスとShambhalaが単なる地理的な位置どう以上かについて説明します:


民俗学では、アトランティスとShambhalaは心願のカリスマ的なイメージとしてそれとなく結びつけられます、人間の切望の最も遠い地平線に横たわる2回の輝きの蜃気楼、達成不能です、私たちがそれらに触れるのでいつも後退して; せいぜい、意識の理想的な州より多くのノーは決して換金されませんでした。 しかし、それらの協会はそれよりはるかに現実的で歴史的に具体的な基礎を持っているように思えます。 Initiatic伝統が確言する、それらはともに本当に存在しました、西海の中の1、東山のもう片方、かつてWisdomセンターのネットワークであったことに関する要が地球の周りで広がりながらすばらしい送電網で場所を見つけられたので。 さらに、Shambhalaは再起動sup3を待つ枠組みの中にまだ存在しています;


秘密結社の歴史的な活動を特定するために、私たちは、最も強力な考えの起源に感謝する必要があります。 オカルトの口碑はLight、およびアトランティスの「修道士-時代」の積極的なセンターとしてShambhalaについて不吉な魔術師(ShadowのBrothers)の否定的センターを話します。 '私たちが見るどこで、これらの2への秘密結社とオカルトの努力の分割が要求に反対しているのを見るか'。 すべてのオカルトの運動と教えは必然的にそれらのShambhalaとアトランティスのそれぞれのシンボリックなセンターがある「ユーラシアの秩序」か「Atlantismの秩序」のどちらかに役立ちます。 これらの2つのセンター・ Shambhalaとアトランティス・ 異なったフォームの多数の後ろで隠されて影響の疑わないエージェントのアレイによって表されます、人間の発展で2回の異なった衝動を表してください。


私たちの現在の歴史的なサイクルに神聖な地理学の見解から見られます、Atlantismは西洋の文明で、最も破壊的で悪魔的な要素の勝利です。 神聖な地理学と地政学に関する1つの現代の権威が見ます:


「宇宙シンボリズム」に基づいた神聖な地理学は、最もふくよかで最も完全な種類で東洋が「聖霊の陸」、天国陸、完全性、豊富、Sacred「故国」の陸であると伝統的にみなします。 特に、この考えは聖書テキストで反映されます。そこでは、「エデン」の東気質が扱われます。


正確にそのような理解は他のAbrahamic伝統(イスラム教とユダヤ教)と、そして、多くの非Abrahamic伝統にも独特です・ 中国語、ヒンズー教徒、およびイラン語。 「東に、神の大邸宅がある」州は同じくらいで「神」を調節します古代のエジプト人の神聖な公式、および「東」(エジプト人の"neter")という同じ言葉が、意味した。 自然なシンボリズムの観点から、東洋は太陽が昇る場所、WorldのLight、神と聖霊の物質的なシンボルです。


西洋には、反対の象徴的な意味があります。 それは「死の国」、「生気のない世界」、「緑色の国」(古代のエジプト人がそれを呼んだように)です。 イスラム教の神秘主義者の表現に従って、西洋は「追放の帝国」、「拒絶の穴」です。 西洋は「反東です」、腐敗の国、顕現から非顕現までの退行変遷、人生から死まで、必要とする完全性などから 西洋は4を「沈めるところ」に太陽が行く場所です。


Russia & the Magical Universe

Russia, geographically the largest country on earth, occupies a unique position in the study of human history furnishing us with a window into the world of secret societies, occult teachers, and subterranean political currents.


Ideas and practices drawn from magic and the occult have always been a part of Russian life. In the sixteenth century Tsar Ivan IV consulted magicians and was aware of the occult significance of the precious stones set in his staff. His reign was the culmination of the dream of building a prophetic, religious civilisation in the Eastern Christian tradition of Byzantium. Surrounded by secret orders of apocalyptical monks, Ivan saw himself as heir to the Israelite kings and attempted to transform Russian life in accord with his magical view of reality. Ivan was convinced the Russian nation had a special mission to accomplish, nothing short of the redemption of the world.


In 1586, Tsar Boris Godunov offered the huge salary of 2000 English pounds a year, with a house and all provisions free, to John Dee, the English magus and spy master, to enter his service. Dee's son Dr. Arthur Dee, who like his father was an alchemist and Rosicrucian, went to Moscow to work as a physician. Mikhail Romanov, the first Tsar of the Romanov dynasty, allegedly ascended the throne with the help of Dr. Arthur Dee and the British Secret Service. Before their rise to power the Romanovs were accused by their enemies of practising magic and possessing occult powers.


The legendary Count of Saint Germain, described as an alchemist, spy, industrialist, diplomat and Rosicrucian, became involved in several political intrigues in Russia and was, according Nicholas Roerich, "a member of the Himalayan brotherhood." In 1755 he traveled throughout Eurasia to study occult teachings, and may even have visited Tibet. It is said that while studying occultism in Central Asia the Count was introduced to the secret rites of Tantric sex magic which provided him with a technique to prolong his youth. He also engaged in spying operations against the notorious British India Company. Saint Germain founded two secret societies called the Asiatic Brethren and the Knights of Light. As early as 1780 he warned Marie Antoinette that the French throne was in danger from an international conspiracy of 腺rothers of the Shadow'. Rumours continued to circulate for many years after his alleged death that Saint Germain was still alive working behind the scenes in European politics or studying occult doctrines in Central Asia.





ロシアと不思議な宇宙

地理的なロシア、世界一大きい国、私たちに秘密結社(オカルトの教師の、そして、地下の政治上の電流)の世界への窓を備えながら、人間の歴史の研究でaユニークな位置を占めます。


いつも魔法とオカルトから得られた考えと習慣はロシアの人生の一部です。 16世紀Tsarイワンでは、IVは魔術師に相談して、彼のスタッフで宝石セットのオカルトの意味を意識していました。 彼の治世はビザンティウムのイースタンのクリスチャンの伝統における予言的で、宗教の文明を築き上げるという夢の頂点でした。 黙示録の僧の秘密の注文で囲まれて、イワンは、自分をイスラエルの王の相続人であるとみなして、彼の現実の不思議な視点に合っているロシアの人生を変えるのを試みました。 イワンはロシアの国には達成する特別任務、世界の償却が不足しているものは何もなかったと確信していました。


1586年に、Tsarボリスゴドゥノフは、彼のサービスに入るために1年間の家があるポンドとジョン・ディー、イギリス人の祭司、およびスパイマスターにおける、無料のすべての条項を2000人のイギリス人の巨大な給料に提供しました。 ディーの息子アーサー・ディー博士(彼の父のように、錬金術師とRosicrucianであった)は、医師として働きにモスクワに行きました。 ミハイール・ロマーノフ(ロマーノフ王朝の最初のTsar)はアーサー・ディー博士とイギリスの財務省検察局の助けで王位に就いたとされています。 以前、Romanovsを動かすそれらの上昇は、魔法を練習して、オカルトの強国を所有しているので、彼らの敵によって起訴されました。 ニコラス・レーリッヒ、錬金術師、スパイ、産業経営者、外交官、およびRosicrucianとして記述されたセイントジェルマンの伝説的なCountはロシアのいくつかの政治的陰謀にかかわるようになって、「ヒマラヤン兄弟愛のメンバー」でした。 1755年に、彼は、オカルトの教えを研究するためにユーラシア中を旅行して、チベットを訪問しさえしたかもしれません。 Countが中央アジアで神秘信仰を研究している間彼の青春を長引かせるためにテクニックを彼に提供したTantricセックス魔法の秘密の儀礼に取り入れられたと言われています。 また、彼は悪名高い英領インド会社に対して操作を探るのに従事しました。 聖者ジェルマンはアジア人BrethrenとLightのKnightsと呼ばれる2つの秘密結社を設立しました。 '1780年には、彼は、フランスの王座がShadowのrothersの国際的な陰謀で危険にあるともうマリー・アントワネットに警告しました'。 噂は、その彼の申し立てられた死亡セイントジェルマンが場面の後ろでヨーロッパの政治で働いているか、または中央アジアでオカルトの主義を研究するのにおいてまだ生きていた後に何年間も循環し続けました。




West Meets East


Occult powers seem to be a matter of national temperament・Russia tends to produce mages ・men or women who impress by their spiritual authority; no other nation has a spiritual equivalent of Tolstoy and Dostoevsky, or even of Rozanov, Merezhkovsky, Soloviev, Fedorov, Berdaev, Shestov. Certainly no other nation has come near to producing anyone like Madame Blavatsky, Gregory Rasputin or George Gurdjieff. Each is completely unique.

・Colin Wilson, The Occult







Helena Petrovna Blavatsky

The process of synthesis of the occult traditions of East and West is seen in the work of Helena Petrovna Blavatsky, founder of the Theosophical Society and the author of the magnus opus The Secret Doctrine. Born Helena von Hahn, the daughter of a Russian military family and cousin to the future Russian Prime Minister Count Witte, she is a true emissary of the Eurasian Order. Nevill Drury says of the Russian occultist:


Her main contribution to mystical thought was the manner in which she sought to synthesise Eastern and Western philosophy and religion, thereby providing a framework for understanding universal occult teaching.5


Madame Blavatsky traveled throughout Asia and Europe, joined Garibaldi's national revolutionary militia, fighting in the battle of Mentana, in which she was severely wounded. In the late 1870s, shortly after the publication of her first book Isis Unveiled, a compelling indictment of contemporary Western religion as spiritually bankrupt, she moved from the United States to India where the headquarters of the Theosophical Society remains until this day.


In 1891 the future Tsar Nicholas II, in the company of the mystic Eurasian scholar Prince Ukhtomsky, visited the headquarters of the Theosophical headquarters at Adyar. Prince Ukhtomsky's description of the society is revealing:


At the insistence of H.P. Blavatsky, a Russian lady who knew and had seen much, the idea sprang up of the possibility, and even the necessity, of founding a society of theosophists, of searchers for the truth in the broadest sense of the word, for the purpose of enlisting adepts of all creeds and races, of penetrating deeper into the most secret doctrines of oriental religions, of drawing Asiatics into true spiritual communion with educated foreigners in the West, of keeping up secret relations with different high priests, ascetics, magicians, and so on.6


Madame Blavatsky wanted to unite Central Asia, India, Mongolia, Tibet and China, in order ・with the involvement of Russia ・to create a grand Eurasian power able to oppose British ambitions. Traveling across India Blavatsky agitated against British rule and found herself accused by the colonial authorities of being a Russian spy. Prince Ukhtomsky saw support for Eurasia in the "readiness of the Indians to group themselves under the banner of the strange northern woman." He believed Madame Blavatsky had been forced to leave India by "the suspiciousness of the English."


As early as 1887 H.P. Blavatsky had become a topic of debate in "mystic Petersburg" and received the prestigious support of Ukhtomsky's friend the mysterious Tibetan Dr. Badmaev, soon to become notorious for the favour he received at the Russian imperial court and his relationship with Rasputin. Madame Blavatsky's sister insisted that the Russian Orthodox Metropolitan of Kiev had recognised the young Helena's psychic gift, and admonished her to use her powers with discretion, as he felt sure they were given her for some higher purpose.


Dr. Stephan A. Hoeller, a scholar of comparative religion and a Gnostic Bishop, reminds us that Blavatsky, was a true daughter of Mother Russia. Some feel that her life and character correspond strongly to the archetype of the traditional Russian wandering holy person, known as the staretz (literally 双ld one'),







Annie Besant

denoting a wandering, non-clerical ascetic, or pilgrim, who travels about the countryside, exhorting people concerning spiritual matters, sometimes in a decidedly unorthodox manner.7


After H.P. Blavatsky's death in London in 1891, the Theosophical Society came under the firm control of the English occultists Annie Besant and C.W. Leadbeater, a confirmed British imperialist. The Eurasian orientation given to early Theosophy by H.P. Blavatsky was compromised by the influence of British Masonry and Leadbeater's esoteric High Anglicanism. In the great struggle of the magicians the Eurasian impulse found new historical agents in the West, among them the celebrated French magus Papus.




西洋は東で会います。




オカルトの強国は国家のテンペラメントの問題であるように思えます・ ロシアは、magesを生産する傾向があります・ 彼女らの霊的な権威に感銘を与える男性か女性 他のどんな国にも、トルストイとドストエフスキー、またはローザノフ、メレジコフスキー、ソルビエフ、Fedorov、Berdaev、シェストフさえの霊的な同等物がありません。 確かに他の国は全くBlavatsky夫人、グレゴリー・ラスプーチンまたはジョージ・グルジェフのようにだれでも生産するのに近づいていません。 それぞれが完全にユニークです。

・コリン・ウィルソン、オカルト


聖ヘレナPetrovna Blavatsky

東洋と西洋のオカルトの伝統の統合の過程は聖ヘレナPetrovna Blavatskyの仕事で見られます、Theosophical Societyの創設者、magnus作品の作者はSecret Doctrineを創設者です。 生まれる聖ヘレナ・フォン・ハーン、Witte将来のロシアのCount首相へのロシア人の軍事の家族といとこの娘であり、彼女はユーラシアのOrderの本当の密偵です。 Nevillドゥルリーはロシアの「オカルト-者」について言います:


神秘主義的な考えへの彼女の主な貢献は彼女が東の、そして、西洋の哲学と宗教を総合しようとした方法でした、その結果、普遍的なオカルトが.5を教えるのを理解しているのに枠組みを提供します。


Blavatsky夫人はアジアとヨーロッパ中を旅行しました、接合ガリバルディの国家の革命の民兵、彼女が厳しく負傷していたメンタナの戦いで戦って。 1870年代に、現代の西洋の宗教の無視できない告発が彼女の最初の本のイシスUnveiledの公表のすぐ後に同じくらい霊的に潰す後半彼女は合衆国からTheosophical Societyの本部がこの日まで残っているインドまで移りました。


1891年に、神秘主義のユーラシア人の学者Ukhtomsky王子の会社では、将来のTsarニコラスIIはAdyarでTheosophical本部の本部を訪問しました。 Ukhtomsky王子の社会の記述は顕です:


H.Pの主張のときに; Blavatsky、知って、非常に見たロシア人の女性、考えは単語の最も広い意味における真実のために神智論者の交際を設立するという可能性、さらにおよび必要性さえ、捜索者に発生しました、すべての教義とレースのadeptsの協力を得る目的のために; 東洋の宗教の最も秘密の主義により深く浸み込む教育を授けられた外国人と共に西洋で本当の霊的交感にアジア人を引く異なった高僧、行者、魔術師などで秘密の関係を続けるのについて; 6


Blavatsky夫人は中央アジア、インド、モンゴリア、チベット、および中国を結合させたがっていました、整然とします・ ロシアのかかわり合いで・ できた状態で壮大なユーラシアのパワーを作成するには、イギリスの野心に反対してください。 インドBlavatskyの向こう側に旅行するのは、イギリスの規則に対して扇動して、ロシア人のスパイであるので気付くと植民地の当局によって起訴されていました。 Ukhtomsky王子は「インディアンが奇妙な北女性のバナーの下で自分たちを分類する準備」におけるユーラシアのサポートを見ました。 彼は、Blavatsky夫人が「イギリス人の嫌疑」でやむを得ずインドを去ったと信じていました。


同じくらい早く、1887H.P.Blavatskyが「神秘主義のピーターズバーグ」の議論の的になって、名門を受けたように、すぐ彼がラスプーチンとのロシアの帝国の法廷と関係で受けた好意に悪名高くなるようにUkhtomskyの友人に神秘的なチベットのBadmaev博士を支持してください。 Blavatsky夫人の姉妹は、キエフのロシアの東方正教会のMetropolitanが若い聖ヘレナの精神の贈り物を認識したと主張して、思慮深さで彼女の権限を使用するように彼女に訓戒しました、それらが何らかのより高い目的のために彼女に与えられているのを確信していると彼が感じたように。


シュテファンA.Hoeller博士(比較宗教の学者とGnostic司教)は、母ロシアについてBlavatskyが本当の娘であったのを私たちに思い出させます。 '或るものが、彼女の人生と性格が強くstaretzとして知られている伝統的なロシアの放浪している聖なる人の原型に文通すると感じる、(双文字通りld1、'、)、霊歌に関して人々を勧めて、田舎の周りを旅行する歩き回ること、非事務員の行者、または巡礼者を指示するアニー・ベザントが重要です、時々明らかに正統でない方法.7で


1891年のロンドンのH.P.Blavatskyの死の後に、Theosophical Societyはイギリス人のoccultistsアニー・ベザントとC.W.リードビーター、確認されたイギリス人の帝国主義者の安定したコントロールに該当しました。 H.P.Blavatskyによって前のTheosophyに与えられたユーラシアのオリエンテーションはイギリスのMasonryとリードビーターの難解なHigh英国国教会主義の影響で妥協しました。 魔術師のかなりの戦いでは、ユーラシアの衝動は、彼らの中の西洋の新しい歴史的なエージェントが名高いフランス人の祭司Papusであることがわかりました。


官僚改革が官僚主導ではね・・

昭和の軍事官僚と戦後の官僚・。戦後の第2の敗戦にもかかわらず、無責任体制を温存・。組織の自己目的化に終止符を打て・(廃止以外にない)。





いま日本社会は大きな転換をはじめている
。(1999年)


バブルにつまずき、経済活動が長期にわたる低迷を続けるなかで弊害が露呈した。添えは、輸出産業に依存した経済成長、成長部門に依存した税収と低生産性部門への再分配、官僚依存の政策決定、終身雇用を保障する企業社会などである。これらの戦後日本社会を形作ったさまざまな「もたれかかりの構図」が持続不可能となり、戦後システムは崩壊しつつある。長期不況からようやく抜け出し、経済社会の再生が始まろうとしているいま、破綻した旧来のシステムに代わる制度転換が不可欠である。そして新しい制度の設計は自己統治の理念に基づくチェック・アンド・バランスによらねばならない。


--------------------------------------------------------------------------------





省庁再編と官僚権力の制約


 七月に成立した中央省庁再編関連法は単なる省庁の数あわせではない。たしかに 省庁を合併させて、浮いた人員を定数削減に向けたり、独立行政法人に移すことで公務員削減の員数あわせをしているようにも見えるが、本質はそんなところにはない。

 今回の中央省庁再編関連法において、重要政策の基本方針について首相が閣議へ発議する権限をもてることになり内閣に対する首相の指揮権は強化される。また、新たに設置される内閣府を各省庁の上に位置づけ、重要政策に関する総合調整機能をあたえることや、経済全般の運営や予算編成の基本方針を審議する経済財政諮問会議を設置することなど、財政運営や経済政策に関する重要方針の決定を大蔵省や経済企画庁の所管から首相が直轄する内閣府へ移管するものである。このように、一般に内閣機能の強化とされる省庁再編策は、行政府における総理大臣のリーダーシップを強化し、大蔵省をはじめとする官僚組織の力を制約することにつながる。


 各省設置法における権限規定は、過去において不透明な行政介入の根拠に使われてきた。今回の設置法ではその権限規定を廃止し、所掌事務の範囲を示すだけとした。そしてその範囲の中で省庁に行政介入の権限があるのかないのか、行使できるかどうかは別個の法律を必要とするものとした。これも官僚の裁量的な権限を制約して行政介入を明示的なルールのもとに置くものである。さらに各省庁に政策評価部門を設置するとともに、総務省に府省の枠を超えて政策評価を行う機能を担当させる。政府が実施した政策に説明責任をとる体制を整備するものと評価したい。


 省庁再編関連法と同日に成立した地方分権関連法は、国の機関委任事務を廃止して地方自治体の自治事務に移管したり法定受託事務とするとともに、地方自治体に対する国の関与は包括的な指揮監督権から、基本類型にしたがった必要最低限のものに変えるものである。


省庁再編関連法と地方分権関連法に共通するものは官僚主導・霞ヶ関主導の裁量的行政介入を廃止してその権限を制約し、透明であらかじめ定められたルールに従った政策運営を目指すことである。



切り札は官僚任用の流動化


 しかし官僚の権力は不透明な行政指導とその根拠法にあるだけではない。国会で立法される法案は圧倒的に内閣提出法案の割合が高い。そして、内閣の最高意思決定機関である閣議は形骸化しており、閣議決定の内容は事前の事務次官会議における決定の追認に過ぎず、実質的には官僚組織が行政府の意思決定を独占してきた。そうであるからこそ、立法される法律案は官僚にとって都合のいい裁量性の高いものとなる特徴がある。したがって、行政介入を透明性の高いルールに基づくものにかぎるとともに、個々の省庁や法律を超えて一般化された基本類型にしたがうものとすることは官僚権限を制約する上でそれなりの意味がある。


 しかし官僚権力の源泉はそれだけではない。情報の独占、不作為など、独占的組織ゆえの問題が存在する。そのうえ人事権の相対的自立性が官僚の結束を高めている。省庁における本来の最高指揮権者は大臣だが、派閥の順送りで任命され平均在職期間が一年に満たない大臣には、官僚の実質的な指揮監督能力はない。一方、自立的な昇進システムと勇退後の天下り先割当までも官房が世話をする終身雇用制のもとで、省庁ごとの官僚システムに忠誠をあつめるメカニズムができあがる。こうした官僚権力を制約するには、官僚の不作為に説明責任を求める行政手続法や、先に成立した情報公開法とあわせて、内閣が代わるたびに行う高級官僚の政治的任命、公務員試験によらない中途採用や期限付き雇用など官僚の任用と昇進システムの流動化を図ることも必要となる。民間部門がリストラと雇用の多様化を進める中で、官僚だけが旧来の雇用形態を維持することはむしろ異常である。


バブル崩壊と長期低迷で露呈したもの


 強大な官僚権限は、いまに始まったことではない。しかしたび重なる官僚の不祥事と官僚組織から繰り出される諸政策の有効性低下は近年著しい。仮に官僚権限の淵源を昭和初期の総動員態勢に求めたとしても、それが永らく維持されてきたのは何らかの有効性が存在したからである。筆者は有効性が維持された根拠を国民共通の目標とたどるべき既定ルートの存在にあると考えている。


 しかし、キャッチアップ期に特有の条件は消滅した。豊かな社会が実現したどころか、世界に類を見ない急速な少子・高齢化に直面する状況になってみれば、官僚が得意の海外事例と過去の経験は役に立たない。さらにグローバル化が急速に進む現代社会では、海外のリソースをいかにうまく取り込むかが生き残りの条件である。

 こうした状況の下で、裁量的な権限のもとに国内の既存業界だけを政策に協調させていく行政手法が有効性を欠くのは当然である。政策の有効性が失われれば政策の持続は政治的にも不可能となり、金融業界、建設業界など裁量的で強大な官僚権限に依存してきた産業は存亡の危機を迎える。


 それだけではない。旧来の政策の有効性低下はきわめて広い分野に影響をおよぼし戦後システムを形作ってきた「もたれかかりの構図」を粉砕する。


 たとえばわが国の税制の特徴は直接税比率が高いことにある。税収の最大のものは所得税で、つぎに高いウエイトを占めるのが法人税である。所得税の太宗はサラリーマンの給料から源泉徴収される部分であり、利潤をあげて法人税を納める企業が好況時でも半数に過ぎないことを考えあわせれば、わが国の税収は成長部門に依存してきた。その税収を交付税や国庫支出金の形で地方に再分配してきたのが政府の役割であった。長期にわたる景気低迷と税収減はこうした「もたれかかりの構図」が、もはや持続不可能であることを意味している。


 民間部門でも「もたれかかりの構図」は清算を余儀なくされている。会社に就職したサラリーマンは終身雇用制を保障され、オンザ・ジョブ・トレーニングによるスキルの獲得まで会社に依存した人生をおくってきた。しかし年功型賃金体系のもとで後払いされる賃金の回収期になって、リストラ対象を通告される中年サラリーマンを見るとき、この雇用システムの崩壊が近いことが改めて感じられる。


 事実、新規学卒者の中には、社外に通用するスキルの獲得と再就職によるキャリア・アップを予定に入れた就職をめざすものが出てきた。


新しい制度設計の理念―市場中心主義


 現在進行中の電気通信産業革命によって、近い将来に誰でも・どこでも・誰とでも大容量・双方向の情報にリアルタイム・低コストでアクセスすることが可能となる。


 まず情報と資金が瞬間的にほぼゼロ・コストで世界中を動く。さらに情報や資金の移動コストがモノや人の移動コストのうち、かなりの部分を占めていることを考えれば、その移動も飛躍的に容易になる。こうして世界の市場は連結する。財・サービスはもとより、資金・資源・労働力・技術革新・ノウハウといった広範にわたるリソースの利用可能性が地球規模に拡がるのである。


 一方、世界規模での競争が生じることでもあるから、地球規模のリソースをいち早く取り入れることができなければ、急速に拡大する世界経済の取引から取り残されて、長期の停滞を余儀なくされる。働き手を欠く高齢者の多い成熟国家として、これは致命的な状況である。


 世界規模で移動するリソースにとって、できるだけ使い勝手のいい透明で公正な競争ルールをもつ競争市場を用意することが必要である。すなわち制度設計を市場中心主義に変えていくことがわが国における制度転換の第一の課題である。


 従来より広範な規制緩和に対しては、市場経済万能主義という批判が寄せられてきた。また世界的な通貨投機によるアジア経済の疲弊を見て、市場は暴走が不可避であり投機を遮断するためには競争の制限もやむを得ないとする見方もある。


 タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア諸国における為替投機についていえば、短期資金の取り込みをしつつ大量に直接投資を受け入れる一方、大きな経済変動にもかかわらず対ドル固定相場制を維持しようとするなど、市場が未成熟である上に、市場中心型の制度への移行が未完成であることが為替投機が起こる最大の原因であるといえよう。世界規模での競争にさらされる以上、リスクとリターンが対称的に対応していて、モラルハザードが生じ得ない競争市場の制度設計が必要となるのである。


「市場万能主義」批判の虚構


 市場経済万能主義に対する反論は簡単である。現在わが国の政府部門は社会保険負担を含めて対GDP比で約四割になる。これはアメリカよりも多いが、ほぼ五割を超えている西欧大陸の諸国に比べて低い。そして残り六割にあたる民間部門の生産のうち、約四分の一が参入規制や価格規制など、いわゆる強い規制下にある産業によって生み出されている。


 この中には医薬品や食料品も入っているから完全な自由化など考えられないが、仮に民間が完全に自由競争になったとしても、急激で高度の少子・高齢化を考えれば、早晩、政府部門がGDPの五割を優に超えることは疑いない。状況はかつての夜警国家とは全く異なる。


 さらに、市場中心主義への移行を否定することは、現状を肯定することであり、これはすでに立ち行かなくなった官僚主導の裁量的で閉鎖的な協調的制度構造を温存することである。規制緩和を指して2世紀も前の古典資本主義がごとき主張を行うのはためにする議論としか考えられない。


 むしろ問題は、こうした事態において現状が持続不可能なばかりか、西欧の福祉国家モデルは手本にならないことである。手本のない世界において、競争者による創意と工夫がすぐに市場全体に広まるような制度設計が必要となろう。そしておそらく、どの国でも、同じような課題を抱えて制度改革を試みるであろうから、世界規模での制度の競争が生じることになろう。競争制度に関するグローバル・スタンダードはこうした制度競争の中で出現するものと考えられる。


自己統治とチェック・アンド・バランス

 新しい日本社会における政府の制度設計はチェック・アンド・バランスの理念によるべきである。ジョン・ロックに発した権力分立の概念は、イギリスにおいては王権の制限を意味した。絶対王政の経験のないアメリカに渡った権力分立の思想はトマス・ジェファーソンに代表される「建国の父」たちによって純化され、三権が互いに牽制しあって均衡をたもつ政治制度が設計された。それは、絶対的な権力は必ず腐敗し国民を苦しめるという前提のもとに、国民が共通の利益を実現するために考案した自己統治(self-government)のシステムである。


 どんな制度改革もそれ以前の制度の履歴を引きずっている。太平洋戦争の敗戦を契機に、占領米軍の指揮下で行われたわが国の戦後改革も例外ではない。制度設計を担当したアメリカにとって戦後改革の最大目的は戦争遂行能力の排除であり、健全な中間層の育成であった。その結果、民主化と平等化が先行し、個人の自由に立脚した制度設計のウエイトはもともと低かった。


 大部分の国民にとって自由化の意味するものは軍部や警察国家からの自由、隣組の相互監視からの自由であり、軍や特高が解体され、都市部での近隣関係が希薄になるにつれて、自由化の積極的な意味は失われた。こうしてわずかながら導入された自己統治の発想になる裁判の陪審員制や教育委員の公選制などは順次廃止され、ついにわが国の自由化は自己統治の理念に基づく政府権限の制約に進むことはなかった。


 しかし、官僚依存をはじめとするさまざまな「もたれかかりの構図」が破綻したいまこそ、制約を受けることのない権力の危険性を回避し、自己統治の理念に基づくチェック・アンド・バランスの制度設計をめざすべき時である。官僚権力の制約からさらに進んで、各省庁における企画立案と検査・監督権限の別組織化、最高裁判事は内閣による任命に止まらず、国会の承認を必要とすること、首相公選、立法府・行政府・司法府の基本単位に対してできるだけ国民の選択を反映させる一方、政府組織を機能別に純化させ相互牽制を行うように設置することなどがそれであり、制度の透明性、ルール化、一般化に加えて、情報公開法や行政手続法によって、政府の行政行為に対する部外者のアクセス・コストを低減し、いつでも外部から政府の個々の部局に対してノーをいいうる状況を可能にしておくことが、政府のアカウンタビリティーを確保することにつながる。


 また、市場中心主義の制度理念は、参入退出が行いうる分野であれば政治制度にも適用することができる。その一つが選挙制度である。一人が一人として数えられ、それ以上でも以下でもない(ブキャナン)という一人一票の原則と多数決という民主主義の原理がもっとも広範に実現するような選挙制度を設計すること、既存の政治家や政党が国民多数の意志に反する行動をとっている場合には、新しい候補者や政党が容易に参入してこられる工夫をすることは政治家や政党間の競争を確保し、有権者の主権を確保することにつながる。


 市場中心主義とチェック・アンド・バランスの理念に基づく制度改革は、わが国ではその端緒を記したに過ぎないが、必ずや二一世紀における生き残りをかけて新しい日本社会の中心理念となって行かざるを得ないものと考えられる。(『改革者』99年8月号所収)



蛇足


上記のように99年当時から、少しの進歩したのだろうか??。役人天国ではないか?


官僚制度自体はすでに御用済みであるにもかかわらず、市場経済にも官僚の魔の手が迫っている状況だ。せっかく、官僚の崩壊で、市場経済の活性化が行われたが、違う形のグローバル化と勝手気まま、優遇資本主義により、一部の人間だけにメリットがある改革となった。その証は、村上ファンドを初め、官僚からの転進なのだから、空いた口が塞がらない・


上級公務員など4年任期の改選をすればいい、任命権は国民の代表となる。現業の公務員は、最低賃金制度にして民間との流動化を促進すべし、ボランティア意識の高揚で、仕事のモチベーションうを揚げるしかないだろう。


40兆円の税収で、公務員に40兆円払っていては、いずれ行き詰るのは明らかだ。まず、賃金を半分にカットしてしまうぐらいの思い切った制度が必要だ・。


NPO法人の所轄は内閣府国民生活局である市民活動促進課であるが、その実、規制促進課である。役人による風評被害、嫌がらせ、疑義をちらつかせる。官僚ネットワークの民間団体対する嫌がらせは発生している。


まあ、日本は官僚などの公務員制度は全廃からやり直すべきだろう。

生物は宇宙では在り来りなのか?




Organic molecules found in diverse space places

2006 08 11



By Ker Than | usatoday.com




A two-year survey of enormous interstellar dust clouds has turned up eight organic molecules in two different regions of space. One is a stellar nursery awash in light while the other is a cold, starless void.


The finding, detailed in the current issue of Astrophysical Journal, supports other recent studies suggesting molecules important for life commonly form in the gas and dust clouds that condense to form stars and planets.


The molecules were discovered using the Robert C. Byrd Green Bank Telescope (GBT), a large radio telescope located in West Virginia.


"Finding eight [organic] molecules in the space of two years is quite remarkable," said study leader Jan Hollis of NASA Goddard Space Flight Center.


Life molecules


The newly discovered molecules are made up of 6 to 11 atoms each and are classified as organic because they contain carbon.


Five of the molecules were discovered in Sagittarius B2(N), a star-forming dust cloud located 26,000 light-years from Earth near the center of the Milky Way Galaxy. This stellar nursery is the largest known repository of complex interstellar molecules.


The other three molecules were found in the Taurus Molecular Cloud (TMC-1), located only 450 light-years away. TMC-1 is starless; it is cold and dark and has a temperature of only 10 degrees above absolute zero.


"The discovery of these large organic molecules in the coldest regions of the interstellar medium has certainly changed the belief that large organic molecules would only have their origins in hot molecular cores," said study team member Anthony Remijan of the National Radio Astronomy Observatory (NRAO). "It has forced us to rethink the paradigms of interstellar chemistry."


Just because a molecule is organic does not mean that it is made by living things. In fact, many of the newly spotted molecules are poisonous to organisms on Earth, Hollis said. But one of the molecules found in Sagittarius B2(N), called acetamide, contains a type of chemical bond important for linking together amino acids, the molecular building blocks of proteins.


Made up of 9 atoms, acetamide "is the largest molecule found in space that has that bond," Hollis told SPACE.com.


Space tumbleweeds


The molecules are thought to form by two main mechanisms. In the first, simple chemical reactions add an atom to a molecule that is stuck to the surface of a dust grain afloat in space. The second method involves chemical reactions between neutral molecules and highly reactive molecules called radicals.


Once formed, the molecules are shaken loose from their dust-grain homes by rapidly moving shock waves. As the freed molecules tumble end-over-end in space, they can emit or absorb radiation at precise radio frequencies unique to each type of molecule. Astronomers identify the molecules based on these radio frequencies.


Within a dust cloud, thousands of billions of molecules undergo the same types of rotation, emitting and absorbing the same radio frequencies. The end result is a signal strong enough to be detected by instruments on Earth.


The newfound molecules bring the total number of biologically-relevant molecules found in interstellar space to 141. Scientists have previously found benzene, a ring-shaped carbon molecule important for life on Earth, around stars and intact amino acids in meteorites that have crash-landed on Earth.


Even more complex molecular creations might be possible in space, experiments suggest. In one study, scientists simulated deep space conditions in the laboratory and created small structures resembling cell walls in living organisms.


A case for extraterrestrial life


Taken together, the findings suggest that the chemical ingredients necessary for life began taking shape long before our planet was formed.


Many scientists now accept the notion that ancient meteorites and comets helped jumpstart life on our planet by bringing a significant amount of water, organic molecules and even amino acids to early Earth.


Scientists now think those imprisoned organic molecules were likely created in the massive dust and gas clouds that eventually coalesced into planets and stars, comets and meteorites. Dust clouds are thought to form when events such as novas and supernovas caused chemical elements and molecules created during thermonuclear reactions inside stars to be ejected into space.


Hollis says his team plans to keep using the Green Bank Telescope to continue searching for other biologically-significant molecules.


"From a research and astrobiology point of view, it's been a goldmine," he said.





多様なスペース場所で発見された有機分子

巨大な星間ダスト雲の2年の調査はスペースの2つの違う地域で8つの有機分子を見つけた。

他が冷たく、星が出ていない空所である間、一方はライトにおいて水面すれすれに星の子供部屋である。

天体物理学ジャーナルの最新号の中で詳細な発見は、ライフのために重要な分子が一般的にガスの中で形を成し、スターと惑星を結成するために要約する雲から塵を払うのを示唆している他の最近の研究をサポートする。

分子は、ロバートC.バードグリーンバンク望遠鏡(GBT)(ウェストバージニアに置かれた大きな電波望遠鏡)を使っているのを発見された。

「2年の間に8つの[]有機分子を見つけることはまったく顕著である」とNASAゴダード宇宙飛行センターの研究リーダーJanホリスは言った。

ライフ分子

新しく発見された分子はそれぞれ6から11個の原子からなり、それらが炭素を含んでいるので、有機であることとして分類される。

分子の5つは射手座B2(N)(銀河系星雲のセンターの近くの地球から26,000光年の所で突き止められた星が形成する塵雲)において発見された。

この星の子供部屋は複雑な星間分子の最も大きな知られている貯蔵所である。

他の3つの分子は、わずか450光年の向こうに位置していて、トーラス分子雲(TMC-1)において発見された。

TMC-1は星が出ていない;

冷たく、暗く、絶対零度の上のわずか10度度の熱がある。

「星間物質の最も冷たい地域のこれらの大きな有機分子の発見は、確かに、大きな有機分子が熱い分子のコアの中にそれらの起源を持つだけであろうという確信を変更した」と国立電波天文台(NRAO)の研究チームメンバー アンソニーRemijanは言った。

「それは、惑星間の化学の方法論を考え直すことを私達に強制した」。

ただ、分子が有機なだけで、それが生物によって作られることを意味していない。

実のところ、新しく見つけられた分子の多くは地球の上の有機体に有毒であるとホリスは言った。

しかし、射手座B2(N)で発見された分子の1つ、呼ばれたアセトアミドは、アミノ酸(たんぱく質の分子の構成要素)を連結するために重要な化学結合のタイプを含んでいる。

ホリスはSPACE.comに、9つの原子から構成されていて、アセトアミドは、「その束縛を持っているスペースで発見された最も大きな分子である」と言った。

スペース回転草

分子は、2つの主要なメカニズムによって形を成すと考えられる。

一番目において、簡単な化学反応は原子を、スペースで浮遊中に塵粒の表面に貼り付けられる分子に追加する。

中性分子と過激派と呼ばれる非常に反動の分子の間で2番目の方法は化学反応に関係している。

一度成形されて、分子は、衝撃波を急速に動かすことによってゆるく彼らの塵穀物家から振り落とされる。

解放された分子がスペースで終わりの間の終わりを乱す時に、それらは各タイプの分子にユニークな精密な無線周波数で放射線を放つか、吸収することができる。

天文学者はこれらの無線周波数に基づいた分子を識別する。

塵雲の中で、同じ無線周波数を放射し、吸収して、数千個の何十億もの分子は同じタイプの回転を受ける。

地球の上の機器によって検出されるのに十分に強く、最終的な結果はシグナルである。

新発見の分子は141まで惑星間空間で発見された生物学的に関連した分子の総数をもたらす。

科学者は、地球の上で不時着させた隕石の中で以前に星とそのままのアミノ酸のまわりのベンゼン(地球の上でライフのために重要なリング形の炭素分子)を発見した。

よりいっそう複雑な分子の作成はスペースで可能であるかもしれないのを実験は示唆する。

1つの研究において、科学者は研究所で深宇宙条件をシミュレーションし、生活の有機体の中で細胞壁と似ている小さな構造を作成した。

地球外生物のためのケース

総合すると、発見は、ライフに必要な化学成分が、私達の惑星が成形されるずっと前にはっきりとした形をとりはじめたことを示唆する。

多くの科学者は現在、かなりの量の水、有機分子、およびアミノ酸さえ早い地球に持って来ることによって、古代の隕石と彗星が私達の惑星の上の活性剤ライフを助けたという理解を受け入れる。

科学者は現在、それらの投獄された有機分子が、たぶん、結局、惑星と星、彗星、および隕石に融合した大規模な塵とガスの雲において作成されたと思う。

新星と超新星などのイベントが星の中で熱核反応の間に作成された化学元素と分子に、スペースの中に噴出されさせた時に、塵雲は、現れると考えられる。

ホリスは、彼のチームが、他の生物学的に重要な分子を検索し続けるためにグリーンバンク望遠鏡を使い続けることを計画すると言う。

「研究と宇宙生物学観点から、それは金鉱であった」と彼は言った。



まとめ



若干蛇足的、最近の俯瞰(まとめ)


イルミナティさん達のアジェンダは人間を管理しやすい数に削減し、新世界秩序を打ち立てる事である。最近はNWOに代わりグローバルガバメントと呼ばれるが、戦争、貧困、飢餓、病気、環境問題、食料問題など、人間を減らす努力をエリート層から各国政府に押し付けてきた。ところが減るどころか、逆に増え続けている。


そこで、第三次世界大戦を画策するため、80年代より911を計画し、これを合図に第三次世界大戦の幕開けとなる予定であった。イスラムとユダヤ・キリスト教などの対立、宗教戦争という形で、イスラム教を目の敵としてテロリストに仕立て上げる事に成功したように見える。


アフガン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・シリア、イラン・・そしてロシア、北朝鮮、中国と世界に広がる事を画策している。


ところが、人間的な欲に目覚めている支配者層は、経済的戦争の方を望んでいる。人間の搾取と管理がし易くなり、自分らの利益と既得権を確保出来るからであろう。下手をすれば、イルミナティ支配層も消滅しかねない勢いになるので、ビルダーバーグ会議にしろ、戦争は限定的で、危機感を煽る方が得策と考えているであろう。


イランやシリアとのイスラエル全面戦争は、避けるけれども、イスラエルによる戦争の恐怖は中近東で再燃の気配を色濃く残す。


テロは世界中で起こるように仕向けているであろう。石油と食料が逼迫する事で、人類世界牧場化を実現しようとしているのか?


最近はイルミナティの中の対立と、トップに君臨するエイリアンエリートが外部宇宙から干渉にさらされ、銀河レベルで駆逐されつつあるのであろうか?焦りの為せる技か?




太田龍氏の時事寸評





現代日本20才代の21.5%が年収百五十万円未満(昨年度労働経済白書)と。

これは日本がニューワールドオーダーの中に取り込まれつつあること。




更新 平成18年08月12日23時51分


平成十八年(二〇〇六年)八月十二日(土)

(第一千七百七十回)


○日本政府厚生労働省は、八月八日、

 「平成十八年度版労働経済白書」を公表した。


○マスコミ各紙はそれを取り挙げた。


○いまや日本の二〇代の二割(21.5%)が、年収百五十万円未満、

 と言う。


○「年収百五十万円未満と成ると、命を保てるかどうか瀬戸際の生活

 です」(森永卓郎、『日刊ゲンダイ』平成十八年八月十一日号)


○しかし、こうした階層の若者の中で、自民党支持が二〇%以上、

 社会党、共産党支持はゼロ、とある。


○八月十二日の東京新聞投書欄(発言)に、七十才代の友人が、


○男の子二人から、

 「年寄りはさっさと死ね!」と、暴言をはかれたと言う。


○更に、その友人の90才代の母親が、やはり男の子二人から、

 「ババー死ね!」と罵倒された、とある。


○つまり、これらの若者たちは、自分たちを貧困化せしめた小泉首相以下

 の本当の、犯罪者=売国奴=国賊エリート権力階級に絶対に、


○反抗しない。


○そして、自分たちより更に弱い立場にある同胞たちを、


○たたきのめして、ウップンをはらしたい、


○と言う方向に誘導されて居るのである。


○日本の中で、急速に貧富二極化が政策的に、上から政治的に、権力的に

 推進されて居るわけだが、


○しかし、この過程の本質は何か。


○それは、日本が、


○まさしく、

 「ニューワールドオーダー」の中に、組み込まれつつあること、


○以外の何者でもない。


○この「ニューワールドオーダー」=「世界権力」の本体は、


○「世界人間牧場」である。


○そしてこの「世界国家=世界人間牧場」は、


 (1)世界軍

 (2)世界ID(身分証明カード)

 (3)世界警察

 (4)世界裁判所

 (5)世界刑務所

 (6)世界企業

  ・・・・・・・・


○などを構築する。


○「世界企業」、


○その雛形=萌芽形態は既に出現して居る。


○その実例は


 (1)ウォルマート

 (2)マクドナルド

 (3)アマゾン

 (4)グーグル

 (5)コカコーラ

         

 など。


○世界一の小売会社「ウォルマート」は、従業員百万人超。


○しかし、その現場労働者の賃金は、米国の水準では驚くほど低い。


○日本円にして、年収百万円から百五十万円。


○しかし、これを、失業率五〇~六〇%と言う第三世界の貧困国

 と比べると、


○非常な高給である。


○「ニューワールドオーダー」化とは


○なによりもまず、

 民族性、人種性を跡形もないほどに抹殺することである。


○日本に於て、真の敵は、「ニューワールドオーダー」を推進しつつある

 ユダヤイルミナティサタニスト世界権力である。


○と、日本人に明示し、


○これと戦うよう呼びかける勢力は、


○我々の「週刊日本新聞」以外に、


○唯の一つも、


○存在しない。


○従って、日本の若者たちのすべては、真の敵を知らされて居らず、

 それを知らないのである。


 (了)

自作自演テロ・再演。


Red Alert For Staged Government Terror Attack

Terror alert a trial balloon for invasion of Iran, World War III


Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | August 10 2006


Today's red level terror alert in symbiosis with escalation of conflict in the Middle East is the trial balloon for a massive staged false flag terror attack, blamed on Hezbollah or Al-Qaeda, that will light the blue touch paper for World War Three.


Radio host Alex Jones, who predicted a staged attack on the World Trade Center involving the use of Osama bin Laden as a fall guy in July 2001, has now gone on record with a second prediction that a staged government terror attack will occur before the end of October unless a gargantuan effort to prevent it is launched.


Only through a massively increased counter-propaganda effort on behalf of all truth activists can prevent an imminent cataclysmic horror show that will make 9/11 look like a walk in the park.


We have exhaustively documented that criminal elements in control of major western governments have carried out terror attacks and deliberately manufactured fake alerts for political purposes.


In 2002, then White House press secretary Ari Fleischer told the Washington Times that terror alerts were issued "as a result of all the controversy that took place last week," referring to political heat bestowed on President Bush when 9/11 prior knowledge evidence first surfaced.


From this point onwards smoking guns of government complicity in 9/11 became intrinsically linked with fake terror alerts.


In January of 2003 FBI and CIA whistleblowers told Capitol Hill Blue that the White House was scripting phony terror alerts to maintain hysteria, upkeep President Bush’s approval ratings and milk extra defense funding. The report that five Pakistani men had entered the States via Canada and were planning on carrying out a dirty bomb or biological attack was completely conjured up by the Bush administration’s black propaganda office. New York Harbor was shut down to visibly pump up the fear. One of the named suspects, Mohammed Asghar (pictured left), was tracked down to Pakistan by the Associated Press. He was a fat guy running a jewellers shop and had never even been to America.


World Net Daily commented,


“Other sources within the bureau and the Central Intelligence Agency said the administration is pressuring intelligence agencies to develop "something, anything" to support an array of non-specific terrorism alerts issued by the White House and the Department of Homeland Security…CHB reported that FBI and CIA sources said a recent White House memo listing the war on terrorism as a definitive political advantage and fund-raising tool is just one of many documents discussing how to best utilize the terrorist threat.”





Since those early admissions, every single major terror alert that the US, UK or Canadian government has issued has proven to be completely fraudulent and scripted.


Two months ago this website, in an article entitled 'Nexus Points Emerge For Potential Summer Attack,' predicted that, "Numerous nexus points have emerged that suggest major western governments are preparing for a summer terror attack that will come close to but not match 9/11 in scale and will provide the justification needed for an air strike on Iran before the midterm elections in early November."


Government mouthpieces in the US, UK and Israel are all hyping the inevitability of a Hezbollah nuke attack on a major western or Israeli city, which will provide the perfect justification for Neo-Fascist bloodsuckers to expand the war from Lebanon into Syria and Iran.


Developments today indicate that the governments of the US and the UK are engaging in a process of announcing the prevention of numerous terror plots, in order to prepare the groundwork for a real attack, under protest that they did all they could to defend the people, but that one attack slipped through.


Arrests in the US, the UK and Canada of supposed terror cells that in each case turn out to be low grade morons, victims of government entrapment, or outright fabricated evidence, are part of this conditioning process.


We have provided links to all our investigations of these staged terror alerts and more at the end of this article.


Watershed leaps in the public profile of the 9/11 truth movement directly correlate to the staging of scripted terror alerts. Each time a new national poll is released showing more people questioning the official story of 9/11, a terror alert or a high profile terror arrest is announced. Last time around it was the arrest of Al-Zarqawi - now it's a re-hash of Operation Bojinka - a plot masterminded by admitted US government agent Ramzi Youssef.


The ramifications for the freedoms of all westerners and the very lives of thousands of Iranians and Syrians, as well as US troops, are too grave to even contemplate.


We must be more vigilant that ever before in an more vocal in our efforts to educate the world about who benefits from terror and where the weight of evidence points towards.


上演した政府テロ攻撃のための空襲警報

恐怖はイラン、第3次世界大戦への侵略のために観測気球に警報を出す。

ポール・ジョセフ・ワトソン/刑務所Planet.com|2006年8月10日

中東の衝突のエスカレーションによって共生について用心深い今日の赤い水平の恐怖は、世界大戦3のために青色の導火紙に点火するであろうヒズボラまたはアルカイダのせいにされた大規模な上演された間違いのフラグテロ攻撃のための観測気球である。

2001年7月に身代りとしてオサマ・ビンラディンの使用に関係しているワールドトレードセンターへの上演された攻撃を予測したラジオホスト アレックス・ジョーンズは今や、それを防止する巨大な努力がスタートされない限り、上演された政府テロ攻撃が10月の終わりの前に起こるであろうという2番目の予測によってレコードの上に行った。

すべての真実のための非常に増大したカウンター宣伝工作を通してだけ、活動家は、9/11を公園での歩行のように見えさせるであろう差し迫った大変動の恐怖ショーを防止することができる。

私達は、主要な西の政府のコントロールにおける犯罪の要素が政治的な目的のためにテロ攻撃と意図的に製造された偽造の警告を実行したと徹底的に記述した。

それから、2002年に、アリ・フライシャー・ホワイトハウス報道官はワシントン・タイムズに、テロ警告が、9/11の事前の知識証拠が最初に浮上した時にブッシュ大統領に傾けられた政治的な熱に関して、「先週起こったすべての議論の結果として」出されたと言った。

このポイント以降、9/11における政府共犯の決定的な証拠は偽造のテロ警告と本質的に接続した。

2003年の1月に、FBIとCIAの内部告発者は米国連邦議会青に、ホワイトハウスが、ヒステリー、維持の大統領ブッシュの支持率とミルク付属物防御出資を維持するためににせのテロ警告について台本を書いていたと言った。

5人のパキスタンの人がカナダ経由でアメリカに入り、汚い爆弾または生物兵器の攻撃を運び出すことの計画を立てていたという報告はブッシュ政権の黒い宣伝オフィスによって完全に呼び起こされていた。

ニューヨーク港は、目に見えて恐怖を汲み上げるために閉鎖された。

名付けられた容疑者の1人、モハメッドAsghar(描写された左)はパキスタンにAP通信によって突きとめられた。

彼は宝石商店を経営している太った男であり、一度もアメリカに行きさえしたことがなかった。

毎日批評された世界ネット

「テロリストの脅迫」。

それらの早い入場以来、米国、UK、またはカナダ政府が出したすべての主要なテロ警告は、完全に不正で、台本を書かれると判明した。

2ヶ月前、このウェブサイトは、‘結びポイントは潜在的な夏攻撃のために出現する’という表題を付けられた記事の中で、それ(「たくさんの結びポイントは出現した(それが、主要な西の政府が、の近くに来るであろう夏テロ攻撃の準備をしていることを示唆するけれどもスケールの中で主要でないマッチ9/11を提案し、11月初めに中間選挙の前でイランの上の空襲のために必要であった位置合せを提供するであろう)」)を予測した。

米国、UK、およびイスラエルの政府マウスピースはすべて主要な西のまたはイスラエルの市へのヒズボラ核兵器攻撃の必然性を騙している(それは、レバノンからの戦争をシリアとイランに拡大するためにネオファシズム派吸血動物のために完全な位置合せを提供するであろう)。

開発は今日、米国とUKの政府が、人々を防御するために、それらが、それらができたすべてをしたというけれども1回の攻撃が通って滑ったという抗議の下で現実の攻撃のために土台を準備するために、発表のプロセスにおいて、たくさんの恐怖の防止が図るのを約束していることを示す。

各場合に、低いグレードの魯鈍、政府罠の犠牲者、または徹底的な組み立てられた証拠であると判明するそうと思われた恐怖セルの米国、UK、およびカナダでの逮捕はこの制約プロセスの一部である。

私達はこれらの上演されたテロ警告とこの記事の終わりのより多くのすべての私達の調査にリンクを提供した。

9/11の真実動きの公的なプロフィールにおける流域飛躍は直接台本を書かれたテロ警告の上演と相関している。

新しい全国的な世論調査が、9/11の表向きの話に質問しているより多くの人々を示して、リリースされるたびに、テロ警告または高姿勢恐怖逮捕は発される。

それのまわりの前回は、アルZarqawi--さて、それは操作Bojinkaの再ハッシュである--(認められた米国行政官庁Ramziユーゼフによって巧みに操られたプロット)の逮捕であった。

すべての西部人の自由と米国軍と同様に数千人で、そしてシリア人まさしくそのどうしても小区分は、熟考しさえするには重要すぎる。

私達はより用心深くなければならない that ずっと 証拠の重量が示す前 世界 について who 恐怖からの利点 を教育する私達の努力のより有声音 と所 。

始まりは泥沼・?。


The End of the Beginning

US forces ready to destroy 10,000 targets in the Middle East in a few hours.




by Dan Plesch



August 9, 2006

The Guardian - 2006-08-08




Email this article to a friend

Print this article




Regardless of any impending ceasefire, the removal of Hizbullah and the Iranian nuclear position sets up the prospect of an US war against Iran


US forces are ready today to destroy 10,000 targets in the Middle East in a few hours. US readiness for more war is just one indicator that the present war is likely to spread and intensify in the coming months.


Unnoticed amidst coverage of the war, Iran has rejected a UN resolution demanding it halt uranium enrichment. Condoleezza Rice anticipates that on the nuclear issue: "when the Iranians get past this August 31 deadline, I think they're going to see sanctions from the international system that are going to start to make life pretty miserable." Ehud Olmert, the Israeli prime minister, stated back in April that the decisive point in Iran's development of nuclear arms would come in months.


Both the Iranian and US governments regard the fighting in Lebanon and Israel as related to their own conflict. President Bush made the end of Iranian and Syrian support of Hizbullah a condition of any ceasefire, though he has since softened his stance at the UN. Condoleezza Rice remarked that "we do know that this is more than just Hizbullah in Lebanon. This is an extension of Iranian power through a proxy war."


US Intelligence Chief, John Negroponte, told the US Senate Intelligence Committee earlier this year that Iran regarded Hizbullah as "a critical regime safeguard by deterring US and Israeli attacks". With Hezbollah already at war, this "safeguard" is in the process of being removed.


Iran has threatened a world oil price crisis in response to UN sanctions. We do not now know if China, France and Russia will support sanctions or if US will once more regard the UN's failure as a license to act militarily. These "ifs" require a close look at the US, Israeli and Iranian political intentions and military capabilities.


American intentions towards Iran are fairly clear. If diplomacy and sanctions fail to halt Iran's nuclear ambitions then military force must be used. No one should be shocked that William Kristol, the neoconservative leader, has already called for a military strike on Iran in response to Hizbullah's attack on Israel.


Seymour Hersh's articles claim that President Bush ordered war against Iran shortly after the President's re-election in 2004. His claim that Bush is determined not to leave Iran to a future president and that he has support from leading Democrats is born out by numerous conversations I have had with colleagues in Washington. As a senior staffer to Senator Kerry put it: "why should people object if we carry out disarmament militarily?"


There are plenty more reports that war with Iran is either underway or in preparation. Special forces "prepare for Iran attack" wrote Robert Fox back in 2003. Pat Buchanan's American Conservative argues along with Hersh that vice-president Cheney has prepared a war plan for Iran including the use of nuclear weapons by summer 2005. Scott Ritter has claimed that President Bush ordered that the US be ready to attack Iran at any point after June 2005 and Newsweek reported that the administration was considering options for regime change. The Atlantic Monthly concluded after conducting a wargame that attacking Iran was too risky. The powerpoint slides from that game provide a glimpse into the world of war planning. Their analysis assumes a large ground invasion, clearly not a favoured option of either Don Rumsfeld or the American public. Most recently, the eminent investigative writer, James Bamford, has described a neoconservative push for regime change.


Speculation aside, we do know that Don Rumsfeld has placed US forces on alert. "We're now at the point where we are essentially on alert," lieutenant-colonel Bruce Carlson, commander of the 8th Air Force, said. "We have the capacity to plan and execute global strikes in half a day or less."


Under the command of marine-general James Cartwright, US Global Strike planning has the potential to destroy over 10,000 targets in Iran in one mission with "smart" conventional weapons. US government documents obtained by Hans Kristensen and analysed by William Arkin has described the development of this Global Strike capability.


Awaiting his orders, George Bush has more than 200 strategic bombers (B52-B1-B2-F117A) and US Navy Tomahawk cruise missiles. One B2 bomber dropped 80,500lb bombs on separate targets in 22 seconds in a test flight. Using just half the available force, 10,000 targets could be attacked almost simultaneously. This strike power alone is sufficient to destroy all major Iranian political, military, economic and transport capabilities.


Such a strike would take "shock and awe" to a new level and leave Iran with few if any conventional military capabilities to block the straights of Hormuz or provide conventional military support to insurgents in Iraq. If this was not enough, the latest generation of smart bombs now being delivered to the US air force quadruples the number of weapons all US warplanes can carry.


Placing forces on high alert, no more means that the US will actually use them. However, in combination with an increasing crisis, high alert levels mean we should be extra careful how we move forward. We should heed Tony Blair. When Mike Gapes MP, chair of the Foreign Affairs Committee, queried the prime minister's equivocation over pre-emptive war on Iran, asking: "Does that mean, then, we are just left with sanctions? Mr Blair replied: "It means that you take this a step at a time."



始まりの終わり

数時間で中東で10,000の目標を破壊する用意ができている米国力。

ダンPleschによって

2006年8月9日

2006年-08年-08年

友人にこの記事にメールしなさい。

この記事をプリントしなさい。

どのような差し迫った停戦を問わずでも、Hizbullahとイランの核のポジションの除去はイランに対する米国戦争の見込みを設定する。

数時間で中東で10,000の目標を破壊するために、米国力は今日用意できている。

より多くの戦争のための米国準備は、現在の戦争が、次の数ヶ月に広げて、強めそうなほんの1つのインジケータである。

戦争の記事の最中に気づかれず、イランは、それが、ウラニウムの濃縮を停止させるのを要求しているUN決議案を拒絶した。

コンドリーザ・ライスは核の問題についてのそれを予期している:

「イラン人がこの8月31日の締め切りを通り過ぎる時に、私は、彼らが、ライフをかなりみじめにし始めようとしている国際的なシステムからの制裁を見ようとしていると思う」。

エフードOlmert、イスラエルの総理大臣は、核兵器のイランの開発における重大な局面が数ヶ月で来るであろうということを昔4月に述べた。

彼ら自身の衝突と関連するように、イランのおよび米国の政府の両方はレバノンとイスラエルでの戦いを考慮に入れている。

彼が以来国連で彼のスタンスを軟化したけれども、ブッシュ大統領はHizbullahのイランのおよびシリアのサポートの終わりをどのような停戦の条件にでもした。

コンドリーザ・ライスは、「私達は、これがレバノンで単なるHizbullah以上のものであると知っている」を述べた。

「これは代理戦争を通してイランのパワーの拡張である」。

米国知能チーフ、ジョン・ネグロポンテは米国上院諜報特別委員会に、イランがHizbullahを、「米国とイスラエル人の攻撃を阻止することによる重大な政権予防手段」とみなしていたと今年早く言った。

すでに戦争中にあるヒズボラとともに、この「予防手段」は除去されるところである。

イランはUN制裁に呼応して世界オイル価格危機を脅かしていた。

私達は、現在、中国、フランス、およびロシアが制裁をサポートするかどうかや米国が、再び国連の故障を、軍事的に演じるライセンスとみなすかどうかを知らない。

これら 「もしも」 は、米国、イスラエル人およびイランの政治的意図、および軍隊の機能で、綿密な注視を必要とする。

イランへのアメリカ意図はかなりクリアである。

外交と制裁が、イランの核の野心を停止させることに失敗するならば、軍事力は使われなければならない。

誰も、ウィリアム・クリストル、新保守主義派リーダーがイスラエルへのHizbullahの攻撃に呼応してすでにイランの上の軍隊の攻撃を要求していたことにショックをうけているべきでない。

シーモア・ヘルシュの記事は、ブッシュ大統領が2004年の大統領の再選挙の少し後にイランに対する戦争を注文したと主張する。

ブッシュが、イランを未来の大統領に残さないことを決心しているという、そして彼が主要な民主主義者からのサポートを持っているという彼の主張は、私がワシントンの同僚としたたくさんの会話によって外で誕生する。

ケリー上院議員への上級スタッフが言ったように:

「私達が軍事的に武装解除を実行するならば、なぜ人々は反対するべきであるか?」

イランとの戦争が航行中であるか、準備にあるというより多くの報告が十分にある。

「イラン攻撃」が2003年にロバート・フォックスに返事を書いた「ので、」特殊部隊は「準備する」。

パット・ブキャナンのアメリカ保守主義者は、チェイニー副大統領が2005年夏までに核兵器の使用を含むイランのために戦争計画を準備したとヘルシュとともに主張する。

スコット・リッターは、ブッシュ大統領が、米国が、2005年6月の後にどのようなポイントででもイランを攻撃する用意ができているように命じて、ニューズウィークが、政権が政権交代のためにオプションを考慮していたことを報告したと主張した。

アトランティックマンスリーは、wargameを実施した後に、攻撃イランが危険すぎたと断定した。

そのゲームからのpowerpointスライドは戦争計画の世界の中に一見を提供する。

それらの分析は大きなグラウンド侵略(はっきりとドン・ラムズフェルドまたはアメリカの一般大衆のどちらかの1つの賛成されているオプションでない)も仮定する。

最も最近、高名な調査の作家、ジェームズ・バンフォードは政権交代に新保守主義派押しを記述した。

憶測は別にして、私達は、ドン・ラムズフェルドが米国力を警告に置いたと知っている。

「私達は現在、私達が本質的に警戒体制にいるポイントである」と副官大佐ブルース・カールソン(8番目の空軍の司令官)は言った。

「私達は、半日またはより少しにグローバルなストを計画し、実行する能力を持っている」。

海の一般ジェームズ・カートライトの指揮の下に、米国のグローバルなスト計画は、「スマートな」通常兵器によって1つの任務においてイランの10,000を超える目標を破壊する可能性を持っている。

政府が、ハンス・クリステンセンによって通用していて、ウィリアム・アーキンによって分析したと記述する米国はこのグローバルな攻撃能力の開発を説明した。

彼の注文を待って、ジョージ・ブッシュは200機を超える戦略爆撃機(B52-B1-B2-F117A)とアメリカ海軍トマホーク巡航ミサイルを持っている。

1つのB2爆撃機がテスト飛行における22秒で80,500lbの爆弾を別個の目標に落とした。

ちょうど0.5の入手可能な力を使って、10,000の目標が同時にほとんど攻撃されることができた。

このストパワーだけで、すべての主要なイランの政治的で、軍隊、経済、および輸送の機能を破壊することについてが十分である。

そのようなストは、「ショックと畏敬」を新しいレベルに持って行き、オルムズのstraightsを塞ぐか、イラクの反乱者に従来の軍隊のサポートを提供するあったとしてもほとんどない従来の軍隊の機能によってイランを残すであろう。

これが十分でなかったならば、現在米国空軍に配達されているスマート爆弾の最新世代は、すべての米国軍用機が運ぶことができる武器の数を4倍にする。

警戒態勢で力を置いて、より以上は、米国が実際それらを使うであろうということを意味していない。

しかし、増大する危機との組み合わせにおいて、厳戒態勢レベルは、私達が、特別に、どのように私達が前進するかに注意しているべきであるのを意味している。

私達はトニー・ブレアに注意を払うべきである。

尋ねて、マイク裂け目MP、下院外交委員会の椅子がイランの上の先制攻撃の上で総理大臣のあいまい量を質問した時:

「それは、そして、私達がまさに制裁によって別れられることを意味しているか?」

答えられたブレアさん:

「それは、1度に処置あなたにこれにかかることを意味している」。

イスラエルから始まる、宇宙的改革・。

Who Will Stop The Countdown?


2006 08 11


By Jim Kirwan | rense.com


The people of Lebanon have five days left to consider how they want to die. One week after this war began, Israel demanded "just one more week" to finish off Hezbollah and create conditions on the ground that would include the Litani River, as a permanent part of Greater Israel. Israel has decided to triple its invasion forces on the ground in Lebanon. But the actions of those that control the governments of Israel and the United States do not represent the populations of their countries. This outrage is only the latest and most blatant, in a series of crimes that were designed by the criminal elites to crush and control evermore of those lands still in Arab hands. This barbaric response from The US and Israel is collective punishment for resisting the New Crusades that are masquerading as "The New Middle East."


The First World War was billed as "The War to End All Wars." That war introduced planes, machine guns and tanks, along with lethal germs and gases that pervaded the fighting fronts in Europe then. The conclusion of that war included the redrawing of many national borders, in order to make the acquisition of resources easier for the then colonial powers to steal. What arose from the carnage of WWI also included the foundations of Zionist designs that are only just now becoming crystal clear. A Second World War was necessary to advance these global designs, of that cadre of elites, into positions that were required for the introduction of The New World Order.


At this point the name of the War Department was changed to The Department of Defense. That might seem like a miniscule point, but it makes all the difference whenever the US or Israel chooses to define their actions as purely defensive ? even though they are continually giving new meanings to the savagery of "war-in-the-twenty-first-century! The Cold War that followed the two "Great Wars" provided the necessary cover to tear apart the formerly self-sufficient nations and replace them with subservient subscribers to the New World Order. In country after country nations were held hostage to the largest criminal corporations and their own corrupted governments. With that task largely in place, the remains of our threadbare "velvet gloves" were stripped away, so that all can now see the blood-stained iron of those fists that had been initially extended as the open handed glove of peace and democracy. With the theft of the presidency in the United States, this entirely new agenda for absolute power began to rapidly unfold. Throughout - the government of Israel has been acting as the rabid-savage enforcer for The New World Order.


Power and money is what is being sought, to the total exclusion of all else. This clique of the elites is similar to a global and secret fraternity, not a family, and not confined to any one group of people. These super-wealthy renegades subscribe only to the dictates of global supremacy. Their members are drawn from circles of power around the world, in virtually every major profession, and in all aspects of the economy, of communication, of education and the arts, along with government positions at all levels ? and of course the most brutal military people on the planet. No facet of this takeover escaped the scrutiny or the planning of the NWO. Now it's up to the people not affiliated with these outlaw regimes to rein-in and prosecute the criminals that are bringing the world to the edge of a nuclear war. This struggle between humanity and those who claim the right of total control must determine what really belongs to all people, and not just to a chosen few.


The task might seem daunting at first: But there are many holes in the myth of invincibility. Militarily, these 'super-forces' of the US-Israeli-British cabal are stuck in twentieth-century concepts and policies that are better suited to fighting the First World War, than they are in creating the first major series of wars in the twenty-first century. The armaments may be awesome by the standards in place at the end of WWII, but they are of little value in meeting the resistance-fighters and the millions who are willing to die to the last person, in defense of their lives and their lands! American and Israeli brigades of Crusading bandits are dumping the treasury of the United States into hopelessly one-sided wars in which we are losing at every turn. Tens-of-thousands killed in Iraq just since the beginning of the year. Afghanistan is coming apart all over again, even as NATO tries to takeover from our hopelessly short-sighted polices, and these are the only two wars that we claim to be involved in.


Then there's the unfinished business of the rights of the Palestinian people who have been abused, tortured and murdered now for half a century by the evermore barbaric policies of Israel. This is the third war we are funding and are complicit in right down to the last drop of Palestinian blood. This has been followed by the State of Israel's attack upon Lebanon which is supposedly in reply to an attack upon an Israeli patrol, operating inside Lebanon: this is our fourth war against the people in the Middle-East, because the weapons and the money comes from the USA and Britain. These last two openly American-involved- wars are only the prologue for the next two we seem determined to soon begin: Syria and Iran. The crimes of these two states are that they are furnishing weapons and support to Hamas and the Palestinians and to Hezbollah and the Lebanese. So it's okay that we supply the aggressor in all of the wars from Iraq to wherever this shall end; but it is not okay that the other side has its sponsors as well.


The United Nations has become a rubber-stamp for these crimes against humanity, and the arbiter by default when it comes to trying to stop all that continues to explode anywhere in the Middle-East. For all the self-righteous anger and hate espoused by Israel, over the protection of their rights to unchecked national expansion, the state of Israel has not adhered to any UN resolutions since they planted their flag on foreign soil and began to claim evermore land for themselves. Yet, now they are insisting that Lebanon, a virtually defenseless state, must disarm Hezbollah (something that Israel has not been able to do) for the last 30 years. Israel asked for a week to dispatch Hezbollah, at the beginning of this, and 30 days have passed. Now they are demanding another 30 days to "improve their military position on the ground." The rockets of Hezbollah continue to fly, and Israeli's continue to die. Does this make the liquidation of the civilian population of Lebanon an acceptable course of action? No ? this unbalanced approach to genocide by the governments of Israel and the USA, can never be justified, unless Israel has a right to rein supreme over every other person on the planet.


In modern times even the Nazi's would never have dared to so brazenly liquidate an entire country. The only parallel that comes to mind is the barbarity of Genghis Kahn, in the late 1100's, when his Mongol hordes laid waste to every city they encountered. Turning place after place into rubble so diminished that their horses could easily move over the smoldering rubble without having to even raise their hooves. This goes well beyond a war crime; this is savagery beyond human comprehension, beyond Holocausts! This is something unspeakable in the annuals of human history: because what is happening is the outright murder of an entire state, along with all its inhabitants: and virtually the entire world has yet to even react, with the possible exception of the Arab Street - that is finally beginning to mobilize!


Today the panderingly propagandistic film "World Trade Center" opens nationwide in the USA. This sophistry of blood and tinsel patriotism was five years in the making - how coincidently interesting that it just happens to be released on the day that the Brits announce yet another "Terror Plot" (from the air - all bombast - no facts, no evidence, and no pictures) nothing but more supposed threats! The "news conference" held to explain it all did not give the reporters microphones, so the questions asked about this whole affair could not be heard by the nationwide television audience: While the five official panel members behaved as if they were receiving academy awards, thanking everyone - repeatedly - for the "opportunity" that this "crisis' has presented!


Yesterday Israel announced a three fold increase in their invasion plans for Lebanon: This while they continue to hold the entire planet hostage to their threats of nuclear blackmail. - if they are not given free rein to do whatever they want to do, to anyone or any state that threatens their long term goals. The New Middle East for Israel shall consist of Israel - and only Israel - where so many nations once flourished!


The world must come together to stop the insanity of Israel's countdown to termination. They have already destroyed the viability of Lebanon as a state. Gone is the electricity, the water supply, access to food or medicine, the infrastructure of the country has been totally destroyed, and no relief supplies can enter the country by any means. Israel created an environmental disaster by blowing up a power plant and creating an oil slick greater than the Exxon-Valdez oil spill. The damage has now reached Turkey and Syria. The 15 ton slick continues to grow because the Israeli military will vaporize anyone that tries to contain it, or clean it up. But the true crime is the displacement of a million people, and the soon to transpire deaths of those who remain trapped in their homes, from thirst or famine-because if they try to escape they will be targeted, and if they stay they will be bombed. And all of this is being treated as just business as usual by the completely-corrupted-powers that be, who are too cowardly or too invested in the outcome - to demand a stop to this continuing nightmare!


The vaunted IDF, (claiming to be a defensive force only) is losing this action, despite their missiles, their complete air superiority, and massive weapons systems. As long as Hezbollah's missiles continue to hit their targets, inside Israel: the governments of the USA and Israel shall continue to demand the right to bomb Syria and Iran, as "the only way to end this resistance." Of course that course is hideously misguided because if that is done then the Russian Bear and the Chinese Dragon will awaken ? as both these nations have more than a little at stake in the Middle-East as well. But since Olmert and Cheney-Bush have no military expertise, and even less ability when it comes to strategic thinking ? this eventuality was never part of their short-sighted power-play that both the USA and Israel are guilty of financing, designing, and prosecuting.


One bizarre footnote in all of this is that while the state of Israel hides behind anti-Semitism as their justification against everyone that opposes them: Israel for its part continues to make war on the real Semites, the Palestinians and the Arabs communities they truly have come to hate. When Israeli's comprised only about 5 % of Palestine, they were welcomed by the Palestinians with open arms. But after they murdered their way into approaching statehood, they thanked their hosts the same way that the early-Americans thanked the native population here ? by massacring them!


If uniting the Arab world in rage and anger wasn't enough for us, just imagine what will happen if Russia and China begin to enter into this one-sided war over who shall live and who will die in the Middle-East? Maybe this will have to reach that point, before sanity can again have some say in the world. But if it goes that far, then all this horror that has already occurred will only serve as prologue for the next global nuclear war: All because too few people actually valued the real principles involved in true leadership, anywhere in the world today!





誰が秒読みを中止するであろうか?

2006 08 11

ジム・カーワンによって|rense.com

レバノンの人々は、どのように彼らが、死にたいかを考慮するために残された5日を持っている。

この戦争が始まった1週間後に、ヒズボラを始末し、より大きなイスラエルの永久的な一部としてLitani川を含むであろうという理由での条件を引き起こすために、イスラエルは「ほんのあと1週間」を要求した。

イスラエルは、レバノンでグラウンドの上のその侵略力を三倍にすると決めている。

しかし、イスラエルと米国の政府をコントロールするそれらの行動はそれらの国の集団を代表しない。

犯罪のエリートによって、破砕するようにデザインされて、それらの常にコントロールが、まだアラブ手に陥らせる一連の犯罪において、この乱暴は最新で、とてもあからさまであるだけである。

米国とイスラエルからのこの野蛮な反応は、「新しい中東」に見せかけている新しい改革運動に抵抗することに対する集合的な処罰である。

第一次世界大戦は、「すべての戦争を終える戦争」として請求された。

当時ヨーロッパで戦い正面に行きわたった致命的な細菌とガスとともに、その戦争は飛行機、機関銃、および戦車を導入した。

その戦争の結論は、資源の獲得を、その時の植民地の能力がより盗みやすくするための多くの国境の再描画を含んだ。

WWIの大虐殺から生じたものはまた、今透明になっているだけのシオニズムデザインの基礎を含んだ。

第二次世界大戦は、エリートのその骨子のこれらのグローバルなデザインを、新世界秩序の導入のために必要とされていたポジションの中に進めることに必要であった。

この時点で、戦争省の名前は国防総省に変更された。

それは非常に小さいポイントのように思われるかもしれないけれども、米国またはイスラエルが、それらの行動をまったく防御用であると定義することに決める時はいつでも、それは大違いである - それらが新しい意味を「21世紀の戦争!」の野蛮さに継続的に与えていても。

2つの「大きな戦争」に続いていた冷戦は、ばらばらに以前自給自足の国家を引き裂き、それらを卑屈な加入者と取り替える必要なカバーを新世界秩序に提供した。

相次ぐ国で、国家は最も大きな犯罪の企業と彼ら自身の堕落した政府に人質と考えられていた。

主として適所のその仕事によって、すべてが、現在、平和と民主主義のオープンな手渡されたグラブとして最初拡張されたそれらのこぶしの血がついた鉄を見ることができるように、私達のすり切れた「ビロード製のグラブ」の残りは剥ぎ取られた。

米国の大統領任期の窃盗によって、絶対の権力のためのこのまったく新しい課題は、急速に展開しはじめた。

最後まで - イスラエルの政府は新世界秩序のために猛烈な野蛮人の執行者として行動していた。

パワーとお金は、他のすべての完全な除外に捜されているものである。

エリートのこの徒党はファミリーではなくグローバルで、秘密の団体に類似していて、人々のどのような1グループにも制限されない。

これらのスーパー裕福な背教者はグローバルな優位の命令にだけ申し込む。

それらのメンバーはすべてのレベルの政府ポジションとともに事実上すべての主要な職業において、そして経済の、通信の、教育とアートのすべての面において世界中でパワーの円から引かれる - もちろんおよび惑星の上の最も野蛮な軍隊の人々。

この乗っ取りのどの面もNWOの精査または計画を免れなかった。

それがこれらと提携しなかった人々の責任なので、抑制に政権を禁止し、世界を核戦争のエッジにもたらしている犯罪者を起訴しなさい。

人間性と全体のコントロールの右を主張する人々の間のこの苦闘は、何が本当に選ばれた少数にではなくすべての人々に属しているかを決定しなければならない。

仕事は最初に威圧のようであるかもしれない:

しかし、無敵さの神話において多くの穴がある。

軍事的に、米国イスラエル人英国人徒党のこれらの‘スーパー力’は、彼らが、21世紀に戦争の最初の主要なシリーズを作成することにいるよりよく、第一次世界大戦と戦うことに適する20世紀の概念と方針に貼り付けられる。

軍備はWWIIの終わりに適所の標準によって荘厳であるかもしれないけれども、それらは、彼らの生命と彼らの領土の防護のために最後の人に快く死ぬ抵抗闘士と百万と会うことにおける価値をほとんど持っていない!

改革運動を山賊のアメリカの、そしてイスラエルの旅団は、米国の宝庫を、私達がいつも負けている絶望的に不公平な戦争に放り出している。

万はまさに年の初め以来イラクで殺した。

まさに、NATOが私達の絶望的に近視眼的な警察から乗っ取りにトライするにつれて、アフガニスタンはもう一度ばらばらになり、これらは、私達が、関係していると主張するただ2つの戦争である。

そして、イスラエルの常に野蛮な方針によって半世紀の間今や虐待されていて、拷問されて、殺されるパレスチナの人々の権利の未完成のビジネスがある。

これは、私達が出資していて、まさにパレスチナの血の最後の落下まで共謀している3番目の戦争である。

これに、たぶん、レバノンの中で動作して、イスラエルの巡視人への攻撃への返答にあるレバノンへのイスラエル国の攻撃が続いている:

武器とお金が米国と英国から来るので、これは中東で人々に対する私達の4番目の戦争である。

あからさまなアメリカ関係するこれらの最後の2 -戦争は 私達が思われる次の2のためのプロローグであるだけである すぐ始めると決めた :

シリアとイラン。

これらの2つの状態の犯罪は、それらが武器を供給していて、ハマスとパレスチナ人に、そしてヒズボラとレバノン人にサポートすることである。

従って、たとえ、これがどこで終わることとしても、私達がイラクから戦争のすべてにおいて攻撃者を供給するのはOKである;

しかし、他の側がその上そのスポンサーを持っていることはOKではない。

どこででも中東で爆発し続けるすべてを止めようとするとなると、国連はこれらの非人道的犯罪のためのゴム印とデフォルトでの仲裁人になった。

未チェックの全国的な拡張へのそれらの権利の保護の上でイスラエルによって支持されたすべての独善的な怒りと憎悪のために、彼らがそれらの旗を外国の土に設置し、常に土地を自身に要求しはじめて以来ずっと、イスラエルの状態はどのようなUN決意にも固執しているわけではない。

それでも、現在、彼らは、レバノン、事実上無防備な州が、ヒズボラ(イスラエルが、することができなかったこと)の武装を最近の30年の間解除しなければならないことを強く主張している。

ヒズボラをこれの最初に派遣するために、イスラエルは1週間を要求し、30日が過ぎた。

さて、彼らは、「グラウンドの上のそれらの軍事の拠点を改善すること」をあと30日要求している。

ヒズボラのロケットは、飛び続けて、イスラエル人のは、死に続ける。

これはレバノンの民間の人口の清算を容認できる行動方針にするか?

いいえ - イスラエルが惑星の上のすべての他の人の上で最高の手綱への権利を持っていない限り、イスラエルと米国の政府による大量虐殺へのこの不安定なアプローチは決して正当であることができない。

現代に、ナチのさえ、決してそんなに厚かましくも1つの国全体をあえて清算しなかったであろう。

彼らが遭遇したすべての都市に、彼のモンゴルの大群が浪費を置いた時に、心に浮かぶ唯一の平行線は遅い1100年代にGenghisカーンの蛮行である。

それらの馬が容易に、それらの足を持ち上げさえする必要があらずにくすぶる瓦礫の上に動くことができたほど場所を減少した瓦礫に次々に変える。

これははるかに戦争犯罪を越える;

これはホロコーストを越えて人の理解を越えて野蛮さである!

これは人の歴史の年鑑の中で言いようもないものである:

起こっていることがすべてのその住民とともに1つの国家全体の徹底的な殺人であるので:

そして、事実上、全世界がアラブの通りの可能な例外はあるが、まだこれから反応しさえする必要がある - それは、最終的に駆り集められはじめている!

今日、迎合的に宣伝の映画「ワールドトレードセンター」は米国で全国的に公開される。

すべてそれを説明するために保持された「記者会見」はレポーターにマイクロフォンを与えなかったので、この事柄全体についてされた質問は全国のテレビ視聴者によって聞かれることができなかった:

まるでそれらがアカデミー賞を受け取るかのように5人の公式なパネルメンバーがふるまった間 誰もに感謝する -繰り返し-「機会」 that のために、これ"危機は提出した!

昨日イスラエルはレバノンについてのそれらの侵略計画の3つの折りたたみ増加を発表した:

彼らが、核の恐喝のそれらの脅威に惑星人質全体を押さえ続ける間これ。

- それらが、彼らが、したい何でもするために行動の自由を与えられないならば、誰またはすべての状態にでも、それはそれらの長期の目標を脅かしている。

そんなに多くの国家が一度茂った所で、イスラエルのための新しい中東はイスラエル--およびイスラエル--だけから成ることとする!

世界は、終了へのイスラエルのカウントダウンの精神異常を止めるために一緒に来なければならない。

彼らは状態としてすでにレバノンの生存能力を破壊した。

電気、給水、食物へのアクセス、または医学はなくなり、国のインフラストラクチャーはすっかり破壊されていて、どの救援物資もどうにかして国に入ることができない。

発電所を爆破し、エクソンバルディーズ石油流出より大きい油膜を作成することによって、イスラエルは環境の災害を作成した。

損害は今やトルコとシリアに到着した。

イスラエルの軍隊が、それを含むか、それを清潔にしようとする誰でも蒸発させるであろうので、15トンの滑らかな部分は、成長し続ける。

しかし、真実の犯罪は、100万人の人々の置換、およびそれらの家に閉じ込められ続ける人々の死を発散しすぐであり、渇きの間、または飢饉もし脱出することの彼らによる努めそれらへの目標とともしそれらが滞在するならば、それらは爆撃される。

そして、これのすべては、臆病すぎるか、結果に投資されすぎる完全に堕落した当局によってまさにビジネスとしていつものように扱われている - この継続する悪夢に停止を要求するとは!

TheはIDFを自慢していて、それらのミサイル、それらの完全な制空権、および大規模な武器体系にもかかわらずこの行動を失っている(守備陣だけである主張)。

ヒズボラのミサイルが、イスラエルの中でそれらの標的に命中し続ける限り:

米国とイスラエルの政府は、「この抵抗を終える唯一の方法」としてシリアとイランを爆撃する権利を要求し続けることとする。

それがされるならば、ロシア熊と中国ドラゴンが起こすであろうので、もちろんそのコースは恐ろしく指導を誤る - 両方のこれらの国家がその上中東に賭け金の少量より多くを持っている時。

しかし、以来、Olmertとチェイニー・ブッシュは戦略的な考察となると軍隊の専門知識といっそうより少ない能力を全然持っていない - この不慮の事件は決して、米国とイスラエルの両方が、資金調達するという罪を犯していて、デザインしていて、遂行しているそれらの近視眼的なパワー遊びの一部ではなかった。

それらに反対するみんなに対して、イスラエルの状態がそれらの位置合せとして反ユダヤ主義の後ろで隠れる間、これのすべてにおける1つの奇妙な脚注はそれである:

その部分のためのイスラエルは、彼らが本当に、憎悪することになった現実のセム人、パレスチナ人、およびアラブ人コミュニティと戦争し続ける。

イスラエル人がパレスチナからわずか約5%成っている時に、彼らはパレスチナ人によって心から歓迎された。

しかし、国家の地位に近づく中に、彼らがそれらの方法を殺した後に、早いアメリカ人がここで先住民に感謝したのと同じ方法で、彼らは彼らのホストに感謝した - 彼らを虐殺することによって!

激怒と怒りにおいてアラブ世界を結合することが私達に十分でなかったならば、ただ、ロシアと中国が、誰が住むであろうか、そして誰が中東で死ぬであろうかに関してこの不公平な戦争に着手しはじめるならば、何が起こるであろうかを想像する?

たぶん、これは、正気が世界に再びいくらかの言い分を持つことができる前にそのポイントに到着する必要があるであろう。

しかし、それがそんなに遠くまで行くならば、すでに起こったすべてのこの恐怖は次のグローバルな核戦争のためにプロローグとして役立つだけであろう:

あまりにもほとんどの人々が実際真実のリーダーシップに、どこでも今日の世界に関係している現実の原則を見積もらなかったことによるすべて!




蛇足


悪魔主義は15世紀から活発化してきた。西欧の帝国主義だの、大航海時代だの、ルネッサンスなどと言い回しを変えても、その本質は人間の奴隷化(東ヨーロッパ、アメリカ大陸、アフリカ大陸、アジア、日本も例外でなかった。)であった。現在も形を変えて、人類を搾取する一団が仕切る形だが、どうも彼らは、追い詰められているようだ・。その詳細はいずれまた・。

頭に詰め込む情報量・・。

In 2021, You'll Enjoy Total Recall


By Michael Myser


posted: 06 August 2006

08:38 am ET






Humans naturally have the power to remember almost two bits of information per second, or a few hundred megabytes over a lifetime. Compared with a DVD movie, which holds up to 17 gigabytes, that's nothing. Worse, you might easily recall the 40-year-old dialogue from Hogan's Heroes yet forget your mom's birthday. Or memorize reams of sports stats while spacing out on work you completed just last week.

It's a problem that's been bothering Gordon Bell for almost as long as he can remember. In 1998 Bell, a senior researcher at Microsoft, began digitally capturing his entire life for a project he calls MyLifeBits. First, he scanned his old photographs, research documents and notes. He began recording his meetings and phone calls and cataloguing his new photos and movies he saw. Every e-mail exchange he had was digitally archived, and he started using the company's prototype SenseCam, which he wears around his neck, to automatically snap photos throughout the day.


Bell now documents about one gigabyte of information every month, all of which is stored in a searchable database on his PC. His is a highly manual process, but he expects that in as few as 15 years it will be common to carry nearly all our "memories" around with us in a single device that will automatically record the sound and video of our daily activities, creating an inventory of the conversations we have, the faces we see and the articles we read. That data would be tied to communications that are already tracked electronically, like e-mail and event calendars, as well as TV shows, movies and other media we take in. The end result: on-demand total recall.


The biggest challenge to Bell's vision is developing the software required to search your memory database effectively. So far, MyLifeBits pulls together more than 20 data types to link various memories to one another. Using a full-text search, Bell tracks down what he's looking for in no more than 30 seconds. Soon, when searching through meeting notes, for instance, photos of people attending those meetings and their contact information will appear side by side. The effort could be pushed along by Columbia University researchers who are using statistical-analysis programs to automatically sort hours of recorded audio by time and location (office, café, etcetera). Next, they'll tackle speaker recognition, which would allow for categorizing and searching conversation by who's talking.


Meanwhile, miniaturization and the falling cost of image sensors and data storage will soon allow for unobtrusive recording, as well as on-person storage, of several terabytes?which means a vast upgrade in personal processing power. "Having a surrogate memory creates a freeing and secure feeling," Bell says of his self-experiment. "It's similar to having an assistant with perfect memory."








2021年に、あなたはトータル・リコールを楽しむであろう。

マイケルMyserによって

送られる:

2006年8月6日

午前08:38ET

人は当然、1秒あたりほぼ2ビットの情報または生涯の上の数百メガバイトを覚えるパワーを持っている。

DVD映画(それは17ギガバイトまで持ち上げる)に比べて、それは何でもない。

より悪く、あなたは、ホーガンのヒーローからの40歳のダイアログがまだあなたのママの誕生日を忘れるのを容易に思い出すかもしれない。

または、あなたがまさに先週完遂した仕事において一定の間隔を置く間に、大量のスポーツデータを記憶していなさい。

ほとんど、彼が思い出すことができる限りの長い間ゴードン・ベルを煩わしていたのは問題である。

1998年に、ベル(マイクロソフトの主任研究員)は、彼がMyLifeBitsと呼ぶプロジェクトのために彼のすべての人生をデジタルに捕らえはじめた。

第一に、彼は彼の古い写真、研究文書、および注を詳しく調べた。

彼は、彼のミーティングと電話を記録し、彼が見た彼の新しい写真と映画をカタログに載せはじめた。

彼がしたすべての電子メール交換はデジタルにアーカイブされて、彼は、一日じゅう自動的にスナップ写真を撮るために、彼が彼の首につけている会社のプロトタイプSenseCamを使い始めた。

ベルは現在毎月約1ギガバイトの情報を文書化する(すべてが彼のPCの上の検索可能なデータベースに蓄えられる)。

そのデータは、TV番組、映画、および私達が取り入れる他のメディアと同様に電子メールとイベントのカレンダーのように電子的にすでに追跡されている通信に縛られるであろう。

最終的な結果:

要求に応じた完全記憶能力。

ベルのビジョンへの最も大きな挑戦は、あなたのメモリーデータベースを効果的に検索するために必要とされているソフトウェアを開発している。

これまで、様々なメモリーを互いと結び付けるために、MyLifeBitsは20を超えるデータ型をまとめる。

全文検索を使って、ベルは、彼がたった30秒で捜しているものを突きとめる。

例えば、すぐ、ミーティング注を捜す時に、それらのミーティングと彼らの連絡先に出席している人々の写真は並んで出現するであろう。

努力は、時間と位置(オフィス、カフェ、雑品)によって記録されたオーディオの時間を自動的に分類するために統計の分析プログラムを使っているコロンビア大学研究者によって一緒に推進されることができた。

次に、彼らは話者認識に取り組むであろう(それは、誰が話しているかによって会話を分類し、検索することを可能にするであろう)。

その間、小型化とイメージセンサーとデータストレージの低下コストは、すぐ、個人的な処理パワーにおいて広大なアップグレードを意味しているいくつかテラバイト?の、人へのストレージだけでなく、目立たないレコーディングを考慮するであろう。

「代理メモリーを持つことは解放と安全な感覚を作成する」とベルは彼のセルフ実験に関して言う。

「それは、完全なメモリーによってアシスタントを持つことに類似している」。





蛇足


TOTAL RECALL て「完全記憶能力」という意味 だそうだが・・消去の意味もある。...


なんと人の生涯で使う記憶容量は数百メガバイトてか??


中古のメモリーなら1000円で売っている・。単位が違うのかな?


ノーベル賞の博士も八百屋のおっさんもそんなに差がないのでしょう・。


畜生にも劣る人間など、1メガバイトくらいかいな・・。


やはり、ギガバイトやテラバイトの悪い宇宙人には太刀打ちできんのだろう。


イルミナティのお歴々(畜生にも劣る類なのか?)は中古のメモリーを頭に入れてるかも知れんな>??書き込みができない、刷り込みだけの故障しているメモリかも知れんな??

騙し討ちを演じられる・。

Is Israel Allowing Hezbollah to Kill Its Citizens?

2006 08 08


By Kurt Nimmo | kurtnimmo.com











For the honest historian, it comes as no surprise government either kills its own citizens or allows enemies to do the same in an effort to score propaganda points or as an excuse to commence hostilities.


Examples are numerous, from FDR denying Americans passport and travel documents to let them flee the Japanese onslaught of the Philippines in the lead up to the Second World War (see US prisoners claim Roosevelt left them in Philippines deliberately
) to Operation Northwoods
, a plan drawn up by the Joint Chiefs of Staff to stage fake terror attacks in America (including assassination, airplane hijacking, and sinking of boats) in order to devise a pretext to invade Cuba.


Indeed, some of us, routinely dismissed as tinfoil hatters, believe elements within the United States government engineered and executed the terrorist events of September 11, 2001, as a way to get the ball rolling on the “war against terrorism,” that is to say the war against Islam, currently heating up big time in the Middle East.


Considering the above, and other examples, including the sinking of the Lusitania, a passenger ship loaded up with a secret cargo of munitions (a fact admitted by the decidedly less than conspiratorial Encyclopedia Britannica
), which contributed indirectly to the entry of the United States into World War I, and the suspicious sinking of the Maine in the Havana harbor, used as a pretext for the United States to declare war on Spain in 1898, the allegation “Israel has deliberately allowed Hezbollah to retain some of it’s fire power, essentially for PR purposes, because having Israeli civilians killed helps them in the public relations war” should not be a startling or especially mind-boggling revelation.


According to Tom Ricks
, a reporter for the Washington Post, during an appearance on CNN’s Reliable Sources, citing “military analysts,” Israel “purposely has left pockets of Hezbollah rockets in Lebanon, because as long as they’re being rocketed, they can continue to have a sort of moral equivalency in their operations in Lebanon.”


Or, put differently, if Hezbollah continues to rocket northern Israel, the IOF may claim “moral equivalency” and continue its push into Lebanon, once again to the Litani River, a plentiful source of fresh water that long ago figured into Israel’s calculations of its endangered water resources (see Angela Joy Moss, ICE Case Studies, Litani River and Israel-Lebanon
), in fact a resource long coveted by the Zionists, going as far back as Chaim Weizmann in 1919 and, a few decades later, Ben-Gurion and Moshe Dayan, who advocated Israeli occupation of Lebanon up to the Litani River (see Stephen C. Lonergan and David B. Brooks, Watershed: the Role of Fresh Water in the Israeli-Palestinian Conflict).


Ronald Bleier
wrote for the Middle East Labor Bulletin, Spring 1994:


Zionist interest in the waters of Lebanon goes back as least as far as the Paris Peace Conference of 1919 when Chaim Wietzman wrote to the British Prime Minister explaining that because of its water requirements, a Jewish homeland in Palestine must include the Litani River.


In the 50’s, Israeli Prime Minister Moshe Sharett recorded in his diaries that Moshe Dayan’s plan for the control of the Litani River was to “‘enter Lebanon, occupy the relevant territory’ then the ‘territory south of the Litani will be annexed to Israel and everything will fall into place.’”


(Quoted in Amery, pp. 18-19)

In addition to establishing a “security zone,” or maybe we should call it a “fresh water for Israel” zone, allowing Hezbollah to fire rockets more or less unhampered into Israel, and thus killing a token number of Israelis, addresses the “moral high ground problem,” that is to say it neutralizes, at least for supporters of Israel, the troublesome fact the IOF has killed around a thousand Lebanese to date (no doubt this number is much higher), the vast majority civilians, a third to half children. In addition, it allows them to reduce Lebanon to ruins and impoverish its people, part of a well-documented Zionist goal in its own right (see Oded Yinon).


If indeed Tom Ricks is correct?and the fact he works for the Washington Post should, at minimum, send up a red flag, as the Post was long ago co-opted by the CIA under Operation Mockingbird
? it represents another example of government shamelessly using mostly gullible and unassuming citizens as little more than expendable pawns, as Hitler, Stalin, FDR, Mao, and any number of other cold-blooded leaders have done since time immemorial.




イスラエルはヒズボラに国民を殺させますか?




2006 08 08


カート・ニモー| kurtnimmo.com






正直な歴史家に関しては、どんな驚きの政府も、それ自身の市民を殺すか、または敵が同じようにするのを許容しないとき、それはプロパガンダポイントを得るための努力か戦端を開く口実として行います。


こう言う例は非常に多いです、アメリカ人パスポートと旅券でリードにおける、フィリピンの日本の猛攻撃から第二次世界大戦( 米国の囚人が、ルーズベルトが故意にフィリピンに彼らを残したと主張
するのを見る)まで逃れるのを否定するFDRから Operation Northwoods
まで、キューバに侵入するために口実について工夫するためにアメリカ(ボートの暗殺、飛行機ハイジャック、および沈没を含んでいる)で、にせのテロ事件を上演するために統合参謀本部によって作成されたプラン。


本当に、アルミホイル帽子屋としてきまりきって解雇された私たちの何人かが、合衆国政府の中の要素が2001年9月11日のテロリスト出来事を設計して、実行したと信じています、ボールの努力でテロに対する、すなわち、イスラム教との戦争を回転させる方法として、現在中東で大いに暖まっています。


Lusitaniaの沈没を含んでいて、上の、そして、他の例が軍需(明らかに陰謀でないあまりEncyclopediaブリタニカによって認められた事実)の秘密の貨物にロードされた旅客船であると考える場合、どれが間接的に第一次世界大戦への合衆国のエントリー、およびハバナ港の中のメインの疑わしげな沈没に貢献したか; 合衆国が1898、「イスラエルの民間人を殺させると彼らが広報戦争で助けるので、イスラエルは本質的にはPR目的のためのそれの炎のパワーのいくつかを保有するために故意にヒズボラを許容した」主張でスペインに宣戦布告をする口実として使用されているのが、驚異的であるか特に度肝をぬくような暴露であるべきではありません;


トム・リックス、CNNのReliable Sources、引用における外観の間のワシントンポストの記者によると、イスラエルに「軍事アナリスト」と「それらが急騰しています、レバノンに彼らの操作における一種の精神的な同等を持ち続けることができるということであるので、同じくらい長いので、レバノンにわざわざヒズボラロケットのポケットに残させます」。


または、ヒズボラがロケットの北イスラエルに続くなら異なって置かれて、IOFは「精神的な同等」を要求して、レバノンにプッシュを続けるかもしれません; そんなに昔の淡水の豊富な源は、だれがもう一度リタニ川にレバノンのイスラエルの占領をリタニ川まで支持したかをイスラエルの危険にさらされた水資源(アンジェラジョイモス、ICE Case研究、リタニ川、およびイスラエル-レバノンを見る)、事実上数10年後の1919年のカイム・ワイズマン、ベンーグリオン、およびモシェ・ダヤンのように続いて、長い間シオニストによって切望されたリソースの計算に計算しました;(スティーブンC.Lonerganとデヴィッド・B.ブルックス、Watershedを見てください: イスラエル人-パレスチナ人の闘争における淡水の役割).


ロナルドBleierは中東Labor Bulletin、Spring1994年のために書きました:


パレスチナのユダヤ人の故国がハイムWietzmanが水分要求量のためにそれについて説明する英首相に書いた1919年のパリ講和会議と同じくらい最も遠くにリタニ川を含まなければならないとき、レバノンの水域へのシオン主義者の関心は戻ります。


50年代では、イスラエル首相モシェSharettがリタニ川のコントロールのためのモシェ・ダヤンのプランがあった彼の日誌に記録した、「‘レバノンに入って、関連領土を占領してください、'そして、‘リタニの南の領土はイスラエルに併合されるでしょう、そして、すべてが場所に落下'でしょう」。

?


(アメリー、ppでは、引用されます。 18-19)

多分「セキュリティーゾーン」を設立することに加えて、私たちは、それを「イスラエルへの淡水」ゾーンと呼ぶべきです、ヒズボラが多少ロケットを撃つのを許容するのがイスラエルに非束縛されて、その結果イスラエル人の象徴番号を殺す「道徳的な高地問題」を記述します、すなわち、それは少なくともイスラエルの支持者のために、3分の1に、半分子供にIOFがデートする(この数がはるかに大きいという疑問がありません)およそ1,000人のレバノン人、広大な大多数民間人を殺したという厄介な事実を中和します。 さらに、彼らは、それで、レバノンを跡に減少させて、人々(それ自身の権利(オーデッドYinonを見る)におけるよく記録されたシオン主義者の目標の一部)を貧困にします。


本当にトムであるなら、リックスは正しい、そして、#8212です; 最小限で、そして、彼がワシントンポストで働いているという事実は赤旗を送るべきです、ポストが昔にOperation Mockingbirdと#8212の下でCIAによって選出されたとき; それは、ただスターリン、FDR、毛沢東、およびいろいろな他の冷血のリーダーがヒットラーとして神代の昔からした消費してよい歩として恥ずかし気もなくほとんどだまされやすくて気どらない市民を使用することで政府に関する別の例を表します。




蛇足


自身の国民を犠牲にしてまで、侵略に近い形をとるのは、人間性を失ったイルミティの指令だからか。しかし、ヒズボラのロケットは中々の性能である。オルメルトはそれも織り込み済みなのか??真珠湾攻撃も日本海軍首脳とアメリカ政府の狂言だったのだから・。国民でなく、悪魔主義に忠実な僕なのであろう。


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR