FC2ブログ

イルミナティ(啓蒙主義者)とCRF  その4

"In short; communism was created by the capitalists. Thus; until November 11, 1918, the entire fiendish plan of the?


?~省略~


「要するに;」

共産主義は資本家によって作成された。

このように;

1918年11月11日まで、共謀者の困難な計画全体が完全にうまくいっていた。米国を含むすべての大きな国家は戦争で疲弊していて、荒廃し、それらの死者を悼んでいた。平和は強い一般的な欲望であった。従って、それが、平和を保証するために「国際連盟」を設定するためにウィルソンによって提案された時;その保険方針においてファイン・プリントを読むために立ち止まりさえせずに、すべての大きな国家は、彼らの行く手をさえぎるロシア旧ロシア皇帝なしで、その時流に乗った。

それはそうである;ものを除いたすべて;米国(シフと彼の共謀共犯が、躊躇するであろうということを極少に予想していて、その早いプロットの中で彼らの1つの致命的な間違いであったまさしくそのもの)。

あなたは見ている;シフが、ウッドロー・ウィルソンをホワイトハウスに入植させた時;共謀者は、彼らがことわざのバッグの中に米国を持っていたと仮定した。ウィルソンは偉大な人道主義者として完全に組み立てていた。彼はたぶんアメリカ人と神というレッテルを貼られた。正確に、1945年の議会が視界が非可視の「国連」を買ったように、彼が、視界が非可視の「国際連盟」を買う中に容易に議会をhornswaggledしたであろうと信じた共謀者のすべての理由があった。しかし、ちょうど、ロシア皇帝が1814においてしたように、その計画を透かして見た1918における上院に、1人の人がいた。

彼は大きな政治的な高さの人であった;ほとんどルーズベルトテディのそれと同じくらい、そして完全に抜け目ないのと同じくらい大きい。彼は両院のすべてのメンバーによって、そしてアメリカ人によって高く尊敬されて、信頼された。その大きく、愛国的な米語の名前はヘンリー・キャボット・ロッジであった;彼が露出するまで、自身をヘンリー・キャボット・ロッジJr.と呼んだ今日の偽物でない。ロッジは完全にウィルソンを暴露し、米国を「国際連盟」から締め出していた。

注:- その後すぐ;啓蒙主義者は、組合のいくつかの州の立法機関による指定された上院議員を殺す17番目の改正を作成した。

それの前で、啓蒙主義者はプレスをコントロールした;彼らは現在米国の上院議員の選挙をコントロールする。

啓蒙主義者/CFRは17番目の改正の[意味]批准に先がけていくつかの州またはそれらの指定された米国の上院議員の個々の立法機関の上にほとんどまたは全然パワーを持っていなかった。17番目の改正がたぶん、米国上院の中に上院議員を置く方法を改正するけれども;17番目の改正は米国憲法の記事Vの最後の文に一致において決して承認されなかった。

2つの状態、ニュージャージとユタが提案を否決し、9つの他の状態が決して全く投票しなかった。

他の議決権なしの9州が決してそれらの「急行」同意を与えない間、ニュージャージとユタの州が明確に、上院でそれらの「選挙権」を廃止することを断ったのに対して;17番目の改正のための提案はその採用のために必要とされている「」全会一致を得なかった。さらに;「提案」を作成した解像度は「」全会一致によって上院を通過しなく、その日のそれらの上院議員として、彼らの州の立法機関によって「任命される」;それらの「ネガティブな」決または「非票」はそれらのそれぞれの状態の名前においてされた。

「ここで、バタンとウィルソン国際連盟の本当の理由を知ることは大きな興味をもつ」。

私が以前に述べた時に、シフは、4回の具体的な割り当てを実行するために米国に送られた:1. および 米国お金システムの完全なコントロールを取得することが最も重要である 。2. オリジナルのワイスハウプト啓蒙主義者青写真の中で概説されるように、彼は、人の右の種類を、大きな謀議のために引立て役として役立ち、私達の連邦政府の中で最も高いオフィスの中に彼らを昇進させると気付くことになっていた;私達の議会、私達の米国最高裁判所、および国務省、国防総省、財務省などなどのすべての連邦機関。


3. 国家にわたって少数のグループ争いを引き起こすことによって、アメリカ人の単一性を破壊しなさい;

イスラエルコーエンの本の中で概説されるような白人と黒人の特に間。

4. 主要な目標または犠牲者であるためにキリスト教によって米国で宗教を破壊するために、ムーブメントを作成しなさい。

「さらに;」彼は、大きな謀議のmaneuveringsのすべてを信じて、受け入れる中に人々を洗脳するために使われるすべてのマス通信媒体のフル・コントロールを達成するために啓蒙主義者青写真の必須の指令を強く思い出した。

シフは、プレスのコントロールがなければ、その時に、私達の唯一のマス通信媒体が、彼がアメリカ人の単一性を破壊することを可能にするであろうということを警告された。

「その時現在;」シフと彼の共謀共犯は1909年に「NAACP」(「色づいた人々の進歩のための全国的な協会」)を設定し、1913年に、彼は、両方が、必要な争いを引き起こすことになっていた「ユダヤ人文化教育促進協会の反中傷リーグ;」を設定した;

しかし年初めに;「ADL」は非常に臆病に動作した。たぶん、「大虐殺風である」に対する恐怖のために、その白いリーダーシップが、彼らが、黒人のその時の完全に充足している満足なマスを引き起こすためにもののためのマーチン・ルーサー・キングなどの扇動者黒人リーダーを開発する必要があるであろうということに気がつかなかったので、起こされて、怒ったアメリカ人と「NAACP」による行動は事実上眠っていた。

「さらに;」彼、シフは、私達のワシントン政府の中の、そして私達のお金システムのコントロールと「16番目の改正」の作成を取得する仕事においてすべての高い場所で勤務するために引立て役を開発し、浸透させることに忙しかった。

彼はまたロシアの乗っ取りのためにプロットの組織に非常に忙しかった。

要するに;彼はすべてのそれらの仕事によってとても忙しくしておかれたので、彼は完全に、私達のマス通信媒体の完全コントロールを取得する最高のジョブを見過ごした。その監督は、直接的な原因 ウィルソンの失敗が、「国際連盟」 それゆえ ウィルソンが、ロッジコントロールされた上院の反対に打ち勝つために、人々に行くと決めた時 に米国をおびき出す であった;

偉大な人道主義者としての彼の設立されたけれどもにせの評判にもかかわらず、彼は自身が、堅固に団結した民族が、そしてイデオロギーだけが「アメリカ主義」とアメリカ生活様式であった誠実なプレスが向かっていることに気付いた。

その時に;「ADL」と「NAACP」の不器用さと効果のなさのため、無組織された少数グループがあった;黒人の問題がない;

民族が考えている振動へのいわゆるantisemiticな問題がない。leftsが全然なく、悪賢い利用のために権利やすべての先入観が全然なかった。従って、ウィルソンの「国際連盟」訴えは耳を傾けてもらえなかった。

それはウッドロー・ウィルソンの終わりであった;共謀者の偉大な人道主義者。彼は迅速に彼の改革運動を捨てて、彼がまもなく梅毒によって引き起こされたばかを打ち抜き加工し、1世界政府の中に廊下として「国際連盟」の終わりであったワシントンに戻った。「もちろん、その破壊は啓蒙主義者共謀の指導者にとってひどい失望であった;」しかし、それらは落胆しなかった。

私が以前に強調した時に、この敵は決してやめない;彼らは単に、再び最初から再編成し、トライすると決めた。今頃までには、シフは非常に高齢で、遅かった。彼はそれを知っていた。彼は、共謀に新しいより若く、よりアクティブなリーダーシップが必要であったと知っていた。

彼の注文の上のそう;大佐家とバーナードBaroukは、啓蒙主義者が、米国で役目を果たすために新しい名前を続けるであろういわゆる「外交問題評議会;」を組織し、設定した。「CFR」のヒエラルキー、役員、およびディレクターは主としてオリジナルの啓蒙主義者の子孫から構成されている;多くがそれらの古い姓を捨てて、新しいアメリカ化された名前を取得した。

1つの例のために;私達は、米国の財務長官であったディロンを持っている(そのオリジナル名はLaposkyであった)。

別の例はポーリー(CBSテレビチャンネルの頭)である(その真実の名前はPalinskyである)。

CFRのメンバーシップは数において約1,000であり、Blough(米国製鉄公社の社長)などのアメリカに事実上すべての産業帝国の頭を含んでいる;ロックフェラー、石油産業の王;ヘンリー・フォード、IIなど。そしてもちろん;すべての国際銀行家。また;

「免税の」基礎の頭は役員、および/またはアクティブなCFRメンバーである。

要するに;米国、下院議員、上院議員の大統領に選出されたCFRを選ぶために、お金と影響を提供し、私達の様々な国務長官の、財務省の、すべての重要な連邦機関の約束を決めるすべての人はCFRのメンバーであり、彼らは実に非常に従順なメンバーである。「現在その事実を固めるためだけ;」私は、CFRのメンバーであった米国の大統領の少数の名前を出す。フランクリン・ルーズベルト、ハーバート・フーバー、ドワイトD.アイゼンハワー、ジャック・ケネディー、ニクソン、およびジョージ・ブッシュ。

大統領任期のために考慮された他はCFR子会社のトーマスE.デューイ、アドレイ・スティーヴンソン、および副大統領である;

バリー・ゴールドウォーター。様々な管理の重要な閣僚の間に、私達はジョン・フォスター・ダレス、アレン・ダレス、コーデル・ハル・ジョンJ.マクラウド(Morganthau、クラレンス・ディロンラスク、マクナマラ)を持っていて、「赤」を強調するだけが「CFR」に対して「を着色する」;私達はメンバーとしてアルジャー・ヘス、ラルフ・バンチ、Pusvolsky、ヘイリー・デクスター・ホワイト(実名「ワイス」)、オーウェン・ラティモア、フィリップJaffeyなどなどのような人を持っている。

同時に;彼らは下りにおけるホワイトハウスからのすべての連邦機関の中に数千人の同性愛者と他の黒い(黒人でない)可鍛性の文字を氾濫させていた。

あなたはジョンソンの親友を覚えている;ジェンキンズとボビー ベーカー?「さて、新しいCFRが、遂行する必要があった多くの仕事があった」。彼らは多くの助けを必要としていた。従って、それらの最初の仕事は、彼らが特別な目的を割り当てた様々な「子会社」を設定することであった。

私はこのレコーディングにおいてすべての子会社を名付けることができるわけではない;しかし、以下は少しである:シカゴの「外交方針協会」("FPA")、「世界情勢協議会」("WAC")、「経済諮問委員会」("BAC")、有名な「エイダ」(事実上ウォルター・ルーサーによって率いられた「アメリカンズ・フォー・デモクラティック・アクション」)、有名な「13-13」;バリー・ゴールドウォーターはそうであり、どの疑いもまだCFR子会社の1つの副大統領ではない。さらに;

彼らが様々な国の操作を割り当てた組合で、CFRはすべての状態における特別委員会を設置した。「同時に;」世界条件をコントロールするために、Rothschildsはイギリス、フランス、ドイツ、および他の国家で類似のCFR風の対照群を設定し、別の世界大戦を引き起こすために、CFRと協力する。しかし、CFRは、何よりもまず仕事が、私達のマス通信媒体の完全コントロールを得ることであったことである。プレスのコントロールはロックフェラーに割り当てられた。このように;最近、死んだヘンリー・ルースは、多くの全国的な雑誌、それらの間の、「ライフ」、「時間」、「フォーチュン」、および他(それはアメリカで「ソ連」を出版する)をセットアップするために資金提供された。Rockefellersはまた直接または間接的にコールズ兄弟の新聞の「表情雑誌」とチェーンに資金提供した。彼らはまた、国中で新聞のチェーンを買い占めて、築くためサム・ニューハウスという名の人に資金提供した。

そして、亡くなったユージン・マイヤー(CFRの創立者の1人)は「ワシントン・ポスト」、「ニューズウィーク」、「週刊誌」、および他の出版物を買った。

同時に;CFRが、口ぎたないコラムニストの新規繁殖、およびウォルターリップマン、引いたピアソン、Alsops、ハーバートマシューズ、アーウィンCanham、自身を、「アメリカ主義」が、「孤立主義」がである「孤立主義;」であると宣言した「自由主義者」と呼んだその種類の他などの論説作家を開発し、保育しはじめた 「戦争-mongerism;」 that 「反共産主義;」は、「反semiticism」および「人種差別。」である。もちろんすべてのそれに時間がかかった;しかし、今日、愛国的な組織によって出版された私達の「週刊誌」はCFR引立て役によって完全にコントロールされて、それから、彼らは最終的に、口論し、口論し、けんかし、憎悪している派閥の国家に私達を解体することに成功した。さて、あなたがまだこの傾いたニュースとまったくの嘘を疑うならば、あなたはあなたの新聞で読み取った;あなたは現在答えを持っている。Lehmans、ゴールドマン・ザックス、クーンLoebs、およびWarburgsに;

CFRは、映画の産業、ハリウッド、ラジオ、およびテレビのコントロールを得る仕事を割り当てた;そして、彼らが引き継いだ私を信じなさい。

あなたがまだエドMorrowsとその種類の他によって放送された奇妙な宣伝を疑うならば;あなたは現在答えを持っている。

あなたが、あなたの映画館の中とあなたのテレビの(すべては私達の若さの士気をくじいている)上で、あなたが見るすべてのすす、性、ポルノ、および国際結婚フィルムを疑うならば;あなたは現在答えを持っている。

「さあ、あなたの記憶をリフレッシュするために、ちょっと帰ろう」。ウィルソンの失敗は、共謀者の中への「国際連盟」が1世界政府ハウジングを望んでいるのでジェイコブ・シフのプロットが、もう一度される必要があり、それをするために、彼らがCFRを組織したという、すべての変わる可能性を雷撃した。私達はまた、どれほど首尾よくCFRが、アメリカ人の単一性を洗脳し、破壊するその仕事をしたかを知っている。

しかし、シフプロットを持つケースがそうであったように;それらの一方の世界政府のための新しいハウジングの最高潮と作成は別の世界大戦を必要としていた。よりいっそう恐ろしく、世界の人々に、再び、平和とすべての戦争を終える方法を強要させるために最初の世界大戦より破壊的であろう戦争。しかし、CFRは、どうしても新しい一方の世界わなから逃れることができないように、第二次世界大戦の余波が、より慎重に計画される必要があるであろうということに気がついた - 新しい戦争から出現するであろう別の「国際連盟」。私達が現在「国連」として知っていて、彼らが、誰も脱出しなかったと保証する完全な戦略にあてたそのわな。

ここに、どのように彼らがそれをしたかがある。

「1943において、戦争の中央で、彼らは国連のために枠組を準備し、アルジャー・ヘス、Palvosky、ドルトン、トランバル、および他のアメリカ反逆者によって誕生を与えられて、従って計画全体を米国の赤ん坊にすることはルーズベルトと私達の国務省へのわたしであった」。そして私達の親の立場を固定するため;ニューヨーク市は、奇怪さのためにその子供部屋になることになっていた。それの後に、私達は現在私達自身の赤ん坊においてほとんど立ち去ることができなかったか することができた 私達 ?

とにかく;それは、どのようにそれとみなされた共謀者が働くであろうかであり、これまで、それは持っている。

自由主義者ロックフェラーは国連の建物のために土地を寄贈した。

「国連のチャーターはアルジャー・ヘス、Palvosky、ドルトン、トランバル、および他のCFR引立て役によって書かれた」。

にせで、いわゆる、国連の会議は1945年にサンフランシスコで設定された。

そこですべてのthe、いわゆる、50数の国家の担当者が集まり、即座にチャーターにサインし、卑劣な反逆者〈アルジャーヘス〉はそれによってワシントンに飛んだ;有頂天で、それを私達の上院に提出し、上院(私達のセキュリティを守るために私達の人々によって選ばれる)はそれを読みさえせずにチャーターにサインした。問題は以下の通りである:「CFRのその時でさえ反逆的な引立て役は私達の上院議員の何人であったか?」

とにかく;人々が「最も神聖な場所」として「国連」を認めたのは従ってであった。何度も、再び私達は、ベルリンの、韓国の、ラオスの、カタンガの、キューバの、ベトナムのそれらの誤りによって当惑し、怖がってショックをうけて、驚いている;

いつも、敵に賛成していた誤り;決して、米国。

平均の法則の下;彼らは私達の好意において少なくとも1つまたは2つの誤りを犯すべきであった;しかし、彼らは決してしなかった。答えは何であるか?答えはワシントンD.C.のそれらの子会社と引立て役によってされた「CFR」と部分であり、従って、私達は、私達の外交関係方針の完全なコントロールが啓蒙主義者1世界秩序プロット全体の成功へのキーであると知っている。

ここにさらなる証拠がある。「より早く、私は、シフと彼のギャングが、ロシアのレーニン、トロツキー、スターリン乗っ取りに資金提供し、その共産主義の政権を、騒動において世界を保持するためと国連1世界政府の中で平和を求める中に最終的に私達のすべてにテロを用いるためにそれらの主要な機器になることに創造したことを完全に立証した」。

しかし、共謀者は、全世界がロシアの合法な「正当な政府」として共産主義の政権を認めるであろうまで(がなければ)、「モスクワギャング」がそのような機器になることができなかったと知っていた。1つの物だけがそれを遂行することができて、それは米国による認識である。その認識を与えるためにハーディング、クーリッジ、およびフーバーを引き起こすために、共謀者は、全世界が私達のリードに続くであろうし、それが彼らのバッグであると思った。しかし、すべての3は断った。

遅い1920の結果として;スターリン政権は窮地に陥っていた。すべての浄化と秘密警察コントロールにもかかわらず;

ロシア人々はより抵抗した。1931年と1932年の間にLipdenoff、それによって認められて、それは記録事項である;

スターリンと彼のギャング全体はいつも詰め込まれて、即時のフライトの用意ができていた。

「そして1932年11月に;」共謀者は彼らの最も大きなクーデターを達成した;彼らは、フランクリン・ルーズベルトを悪賢く、無法なホワイトハウスに、そして完全に良心なしで陥らせた。そのぺてん師反逆者はそれらのために計略を回した。

議会に同意を尋ねさえせずに;彼は不法にスターリン政権のために認識を宣言した。それはそれをした。正確でそして、共謀者が描写したように;全世界は私達のリードに続いていた。

自動的に、それはロシア人々の以前に成長した抵抗運動を押しつぶした。それは自動的に、文明世界がこれまでに知っていたことがある最も大きな脅迫をスタートした。残りは、繰り返すことが必要であるとあまりにもよく知られている。

「私達は、どのようにルーズベルトと彼の反逆的な国務省が私達の国で、それから世界中で今この場で共産主義の脅迫を増強し続けたかを知っている」。私達は、彼の弁解が第二次世界大戦の中に私達を投げつけるように、どのように彼がその港残忍性全体を永続させていたかを知っている。ヤルタとどのようにアイゼンハワーのとの彼がバルカン諸国とベルリンをモスクワと最後であるけれども決して最も極少に提供したかで、私達はすべてスターリンとの彼の秘密の会合を知っている;私達は、20世紀ベネディクト・アーノルドがただ私達をその新しい廊下の中に引きずらなかったと知っている;1世界政府の中へのであるが実際国連は、私達の国の中でそれを植えるすべての手配を計画した。

要するに;ルーズベルトがホワイトハウスに入った日;CFR共謀者は私達の外交関係機械のフル・コントロールを取り戻し、堅く、啓蒙主義者1世界政府のために住宅として国連を設立した。

「私は、ある他の非常に重要なポイントを強調することを望む」。そのウィルソン「国際連盟」失敗はシフと彼のギャングを、まさに民主党のコントロールが十分でなかったという認識に連れて来た。

真実である!彼らは、彼らが1929年に製造された彼らの連邦準備金によって壊れた時の共和党の政権とホワイトハウスの中に別のデモクラット引立て役を返すであろう不況の間危機を生み出すことができた;しかし、彼らは、私達の外交関係方針のそれらのコントロールにおける4年の分裂がそれらの共謀の進歩をめちゃくちゃにすることができたことに気がついた。

それは、ルーズベルトが彼のスターリン政権の認識によってそれを保存する前に、それとしてのそれらの戦略全体がほとんどした分解を平らにすることができた。「その結果として、そのウィルソン破壊の後で、彼らは、私達の全国的な党の両方のコントロールを達成する計画を公式化しはじめた」。しかし、それは問題をそれらに引き起こした。民主党のための追加の人的資源によって、そしてまさにホワイトハウスのその人のコントロールが十分でないであろうので、彼らは共和党で引立て役との人的資源が必要であった;彼らは、彼のキャビネット全体のためにその人に訓練された引立て役を提供する必要があるであろう。

国務省、財務省、国防総省、CFR、USIAなどを率いる人。

要するに;様々なキャビネットのすべてのメンバーは、すべての下の秘書と次官補と同様にラスクとマクナマラなどのCFRの選ばれたツールである必要があるであろう。それは共謀者に国内の、そしてとても重要なすべての私達の方針の絶対のコントロールを与えるであろう;外国。

その行動方針は準備プールを訓練された引立て役に要求するであろう;管理の変化のための、そして他のすべての緊急のための即座の対応。すべてのそのような引立て役は、高く人々の尊敬において全国的な評判の人であるように必要持ちでする;しかし、彼らは、名誉のない、ためらいのない、そして良心のない人である必要があるであろう。これらの人は、恐喝に無防備である必要があるであろう。どれほどよくCFRが成功したかはストレスに私のために不必要である。不滅のジョー・マッカーシーは、すべての連邦機関に数千のそのようなセキュリティリスクがあると完全に明らかにした。

スコットマクラウドはあと千を暴露し、あなたは、オルテガが、支払う必要があり、まだ支払っている価格が、国務省の反逆者の上院委員会とあなたが、キューバをカストロに提供した国務省の人がそうではないだけであったと知っている前の彼の展示会のために保護したと知っている;しかし促進される。

そのような政府を収納する、「さあ、一方の世界政府プロット全体の要所と別のものを作成することに必要な移動に帰ろう」国際連盟"。私がすでに述べた時;共謀者は、別の世界大戦だけが彼らのプロットの成功に重要であったと知っていた。

それは、そのような恐ろしい世界大戦であるので、世界の民族は、永遠の平和を確保できたある種類の世界組織の作成のために吠える必要がある。しかし、どうしてそのような戦争は引き起こされることができるか?すべてのヨーロッパ諸国は平和にあった。どれもそれらの周辺諸国にどのような異議もなく、確かに、モスクワのそれらのスツールは、戦争を起こす勇気がないであろう。スターリンでさえ、それが、彼の政権 ない限り いわゆる、「愛国心」が、彼の後ろのロシアの人々を溶接する の打倒を意味していることに気がついた。「しかし、共謀者は、戦争を持つ必要があった」。彼らは、それをスタートするためにある種類の出来事を見つけるか、作成する必要があった。自身を「アドルフ・ヒトラー」と呼んだ少し目立たず、嫌悪を感じさせた小さな人の中で、彼らはそれを発見した。ヒトラー(無一文のオーストリアペンキ屋)はドイツ軍の中で伍長であった。彼はドイツの敗北を個人的な不平にした。彼はミュンヘン、ドイツのエリアでそれについて「群衆覚醒」に始めた。彼は、ドイツ団結のドイツ帝国と勢力の偉大さを復元することについて噴き出はじめた。彼は、全世界を征服するために使われる高齢のドイツ軍人の復元を主張した。

奇妙な十分;ヒトラー(彼があった小さな道化)は民衆を扇動した演説をすることができて、彼はある種の磁力を持っていた。

しかし、ドイツの新しい当局は今はもう戦争を望んでいなく、それらは即座に刑務所の独房の中にペンキ屋を不快なオーストリア人に投げた。「アハー!」

ここに人がいて、適切に導かれて、資金提供されるならば、別の世界大戦へのキーであるかもしれない共謀者が決めた。

彼が刑務所にいる間そう;彼らはルドルフ・ヘスとゲーリングに、彼らがタイトルを付けた本を書かせた:「Meinカンプ」および出所をヒトラーに帰していた;正確に、Lipdenoffが書いたように:「モスクワへの任務」および出所をジョセフデービスに帰していた;

そしてロシアへの私達の代理とCFRの引立て役。「Meinカンプ;」において、ヒトラー偽り作者は、彼の不平とどのように彼が彼らの前の偉大さにドイツ人々を回復するであろうかを概説した。それから、彼のために狂信的な続きを引き起こすように、共謀者はドイツ人々の間で本の広い流通を手配した。

刑務所(また共謀者によって手配される)からの彼の釈放の上;彼らは、彼の民衆を扇動したスピーチを行うためにドイツの他の部分に旅行することに彼を訓練し、資金提供しはじめた。すぐ、彼は他の歴戦の勇士の間で成長する以下を集めて、そんなにすぐ、彼の中で彼らの愛するドイツのために救助者に会いはじめた庶民に広がった。そして、彼の、彼が「彼の茶色シャツ軍隊」と呼んだもののリーダーシップとベルリンの上の行進が来た。

それはたくさんの資金を必要としていた;しかし、Rothschilds、Warburgs、および共謀者の他は、彼が必要であったすべてのお金を提供した。徐々に、ヒトラーはドイツ人々のアイドルになり、それから、彼らはヒンデンブルクフォン政府を倒し、ヒトラーは新しいF、hrerになった。しかし、それはまだ全然戦争の理由ではなかった。世界の残りはヒトラーの上昇を見たけれども、はっきりと、ドイツの中で国内の条件であったものに干渉する理由を全然わからなかった。

確かに、それと思われた他の国家のどれもドイツに対する別の戦争の理由ではなく、ドイツ人々は、どのような周辺諸国に対してもどのような行動も取るために十分な熱狂の中にまだけしかけられなかった;

フランスに対してでさえない;それは戦争をもたらすであろう。共謀者は、彼らが、そのような熱狂を作成する必要があるであろうということに気がついた;ドイツ人々に、警告を風に、そして同時に投げさせるであろう熱狂;全世界を怖がらせなさい。

そして付随的に;「Meinカンプ」は実際カール・マルクスの本のフォローアップであった:「ユダヤ人のない世界」。

「共謀者は突然、どのようにシフ・ロスチャイルドのギャングが、多くの、多くの数千人のユダヤ人を虐殺し、ロシアへの世界的な憎悪を引き起こしたロシアで大虐殺をたくらんだかを覚えていて、彼らは、ヒトラーのために、ドイツ人々がユダヤ人の殺人的な憎悪の中にすごした新しいものを燃え上がらせるその同じ非良心的な計略を使うと決めた」。

さて、ドイツ人々が決してユダヤ人にどのような特定の愛情も抱かなかったことは真実である;しかし、彼らも彼らに植えつけられた憎悪を抱かなかった。そのような憎悪は、製造される必要があるであろうのでヒトラーが、それを引き起こすことになっていた。

ヒトラーに訴えられるよりもっとこのアイデア。彼のためにドイツ人々の「神」(christ)を作るために、彼はそれの中でものすごい小道具を見た。「彼の財務顧問、Warburgs、Rothschilds、およびすべての啓蒙主義者指導者によってこれだけずる賢く引き起こされて、指導される;」憎悪されていた「ベルサイユ条約」ために、そして戦争に続いていた金融の破滅のために、彼はユダヤ人を非難した。残りは歴史である。私達はすべてヒトラー集中キャンプとユダヤ人の十万人の焼却を知っている。

6,000,000 600,000さえ共謀者によって主張しなかった;しかし、それは十分であった。そして、ここで、私に、ほとんど、国際主義者銀行家(Rothschilds、Schiffs Lehmans、Warburgs Barouks)が、彼らの極悪な計画の犠牲者であった彼らの人種の同業者を気にしなかった方法で繰り返させなさい。彼らの目の中;ヒトラーによる数10万人の無邪気な子供ユダヤ人の屠殺は全く彼らを煩わさなかった。彼らは、ちょうど、続いていた戦争における何百万の屠殺が同様な必要な犠牲であったようにそれらの啓蒙主義者1世界プロットを促進することを必要な犠牲と考えた。そして、ここにそれらの集中キャンプのまわりの別のものすごい詳細がある。

それらのキャンプのヒトラー兵士実行者の多くは、以前に、残虐行為の恐怖を強調するように彼らの拷問と残虐行為のアートを取得するためにロシアに送られた。「すべてのこれはドイツ人々への新しい世界的な憎悪を引き起こしたけれども、それはまだ戦争のために原因を提供しなかった」。

その結果として、ヒトラーは、「ズデーテン地方」を要求するためにけしかけられた;そして、あなたは、どのようにチェンバレンとチェコスロバキアとフランスのその時の外交官がその需要に降服したかを覚えている。その需要はポーランドの、そしてフランス旧ロシア皇帝領域の領域というさらなるHitlerian要求をもたらしていて、それらの要求は拒絶された。そして、スターリンとの彼の協定が来た。ヒトラーは、共産主義(おお、どんなに、彼は共産主義に対してどなったのか)に対して憎悪を叫んでいた;

しかし、実際、nazismは社会主義(全国的な社会主義 - ナチ)以外の何でもなく、共産主義は実のところ社会主義である。

しかし、ヒトラーはすべてそれを無視した。それらの間でポーランドを攻撃し、分配するために、彼はスターリンとの協定に立ち入った。スターリンが、ポーランド(彼が、どれが決して[啓蒙主義者指導者のそれへの見]を非難しなかったことであったかのための)の1つの部分に行進する間;ヒトラーは彼の側からポーランドの上の「電撃戦」をスタートした。

共謀者は、最終的に、それらの新しい世界大戦、およびそれが恐ろしい戦争であったものを持っていた。

「そして1945年に;」共謀者は最終的に「国連」を達成した;それらの1世界政府のためのそれらの新しい住宅。そして本当に驚異的である;アメリカ人のすべては「最も神聖な場所」としてこの不潔な装備を認めた。すべての真実の後でさえ、まわりで、どう国連が作成されたかは明らかにされた;アメリカ人は、その悪い装備を拝み続けた。

後のアルジャー・ヘスさえソビエト連邦スパイと反逆者として暴露された;アメリカ人は、国連を信じ続けた。

私が、公然と、ロシア語がいつも軍隊の事務局の、そしてそのトークンによる頭であるであろうというヘスとMulatoffの間の秘密協定を明らかにした後さえ;国連の現実のマスタ。しかし、アメリカ人のほとんどは、国連が間違いを全然することができなかったと信じ続けた。トリッグD.リーの後でさえ、「国連」の最初の事務総長は彼の本の中でそのヘスMulatoff秘密協定を確認した:

彼が、私達自身の一般的なマッカーサーの下でいわゆる国連治安活動と戦っていた北朝鮮人と赤い中国人のコマンドを取ることができるように、「平和の理念のために;」Vasialiaは国連によって休暇を与えられて、誰;国連の注文によって;彼がその戦争に勝つことを妨げるために無気力な大統領トルーマンによって点火された。殺された私達の150,000人の息子にもかかわらず、私達の人々はまだ国連を信じていて、その戦争において不具にした;人々は、国連(私達自身のアメリカ人を使うことは私達の反逆的な国務省と国防総省と共謀において国連フラグの下で国連指揮の下で軍務に服する)が、私達の国の完全な乗っ取りについての彼らの計画を完成するためにカリフォルニアとテキサスで多くの小都市を侵略していたことが1951において明らかにされた後にさえ国連を平和のための確実な方法とみなし続けた。私達の人々のほとんどはそれを払い落とし、国連が「最も神聖な場所」であるという彼らの確信を続けていた。「あなたは、国連憲章がアルジャー・ヘス、Mulatoff、およびヴィシンスキーの反逆者によって書かれたと知っているか?」そのヘスとMulatoffは、国連の軍隊のチーフがいつも、モスクワによって任命されたロシア語であることになっていたというその秘密協定の中で作った?

あなたはヤルタでそれらの秘密の会合でそれを知っている;ルーズベルトとスターリンは、CFRとして働いている啓蒙主義者の命令で、国連がアメリカ土に置かれなければならないと決めた?国連憲章のほとんどが、そっくりそのまま、一語一語、マルクス「宣言」といわゆるロシア語から、構成をコピーしたことであった情報を知る者をあなたのためにする?

あなたは、国連憲章に反対の投票をした2人の上院議員だけがそれを読んだと知っているか?あなたは、国連以来のそれが設立されたと知っている;共産主義の奴隷化は250,000から1,000,000,000まで成長した?あなたは、国連が、平和を保証するために設立されたので、U.Nによってけしかけられた少なくとも20の主要な戦争があったと知っている;ちょうど、彼らがほとんどないローデシアとクウェートに対する戦争をけしかけたように?あなたは国連セットアップの下でそれを知っている;アメリカ納税者は、彼女の株を支払うことへのロシアの拒絶による多くの数百万ドルの国連宝庫赤字を埋めることを強制されている?あなたは、国連が、ロシアまたは彼女のいわゆる衛星を非難して一度も決議したことがなかったと知っている;しかし、いつも、私達の同盟者を非難する?あなたは、J.エドガー・フーバーが言ったと知っている:「国連への共産主義の代表団の圧倒的多数はスパイ活動エージェントである」とロシアスパイと計画的妨害者のために私達の国全体を開くために、66人の上院議員が「領事条約」に賛成の投票をした?あなたは、国連総会において各新しい侵略を討論するためを除いて自由世界が何の行動でもとることを防止することによって、国連が世界のロシアの征服を助けると知っているか?あなたは、朝鮮戦争の時に、国連に60の国家があったと知っている;それでも、国連軍の95%は私達のアメリカ息子であり、事実上、コストの100%が米国の納税者によって支払われた?

「そして、きっと、あなたは、韓国とベトナムの戦争中の国連方針が、私達がそれらの戦争に勝つことを妨げることであったと知っている?」あなたは、一般的なマッカーサーのすべての戦略が、Vasialia、北朝鮮人の司令官、および赤い中国人に中継されるために最初に国連に行く必要があり、国連フラグの下で私達の息子によってされたどのような未来の戦争でも、国連安全保障理事会のコントロール下で私達の息子によってされる必要があるであろうと知っているか?

あなたは、国連が、ハンガリーを占める80,000のロシアのモンゴルの軍について一度も何かをしたことがないと知っているか?

「ハンガリーの自由の闘士がロシア人によって虐殺された時に、国連はどこにあったか?」

あなたは、国連とその平和軍隊が共産主義者にコンゴを譲ったと知っているか?

し あなた 知っている that 国連の所有物 、いわゆる、平和力は使用されて 破砕する, レイプ 、カタンガの白い反共産主義者を殺すか?あなたは、国連が待機し、赤い中国がラオスとベトナムを侵略する間、何もしなかったと知っているか?

ネロがゴアと他のポルトガル領域を侵略する間、それが何もしなかった?あなたは、国連が、カストロを援助するために直接責任があったと知っているか?共産主義の教化のためにロシアに出荷される多くの数千人のキューバの子供について、それが完全に何もしない。「あなたは、アドレイ・スティーヴンソンが言ったと知っている:」「自由世界は、国連でより多くの決定を失うことを予定しなければならない」。あなたは、国連が、その主要な目的が、「1世界法」、「1世界法廷」、「1世界学校」、およびキリスト教が禁止されるであろう「1世界教会」を意味している「1世界政府」であると公然と宣言すると知っているか?

「あなたは、国連法が、すべてのアメリカ市民の武装を解除するためとすべての私達の軍隊を国連に転送するために承認されていると知っているか?」そのような法律は1961年に‘聖人’ジャック・ケネディーによってひそかにサインされた。

あなたは、どのようにそれが第47条(国連憲章のパラグラフ3)と調和しているかを理解する(それは述べて、私が引用する):「国連の軍隊のスタッフ委員会は安全保障理事会の処分で置かれたすべての軍隊の戦略的な方向のために安全保障理事会を通して責任があることとする」と、すべてならばその時に、私達の軍隊は国連に転送される;あなたの息子は、世界中で国連指揮の下で勤務し、死ぬことを強制されるであろう。

米国を国連から救い出すために、あなたが戦わない限り、これは起こるであろう。

「あなたは、ジェームズB.Utt下院議員が、ローデシアの上の国連出入港禁止命令をサポートするために私達の強制から私達の大統領を防止するために米国を国連と解像度から救い出すために法案を提出したと知っているか?」

さて、彼は持っていて、多くの人々は国中で、Utt請求書と解像度をサポートすることについて彼らの担当者に手紙を書いている。

ペンシルベニアのシュワイカーとムーアヘッドによって鎗頭の50人の下院議員が、直ちにすべての私達の軍隊を国連に転送するために法案を提出した?

あなたはそのような厚かましい反逆罪を想像することができるか?

あなたの下院議員はそれらの50人の反逆者のひとりであるか?

見つけ出し、彼に対して迅速な行動をとり、Utt下院議員を助けなさい。

米国が、すぐ、その意志を国連のそれに従属させる必要があるであろうし、すべてのアメリカ市民が、それを受け入れる心構えをしなければならないことを述べるサンフランシスコで、「のため、するかのあなたで、知っていなさい」キリスト教会全国協議会"は決議した?

あなたの教会は「キリスト教会全国協議会?」のメンバーである。

それに関連して;神が国連憲章において決して言及されなく、それらのミーティングが祈りによって決して開かれないことを心に留めておきなさい。「国連の創造者は、神またはイエス・キリストに関する言及が国連憲章においてやその国連本部で全然ないべきであることを事前に規定した」。あなたの牧師はそれに申し込むか?

見つけ出しなさい!

さらに;あなたのために、the、いわゆる、国連の国家の大きい大多数がである知りをしなさい。 反キリスト教 および、国連はその創造者の注文によって完全な無神論者の組織である;CFR啓蒙主義者。あなたは啓蒙主義者の国連について十分に真実を耳にしたか?あなたは、あなたの息子と私達の貴重な国を啓蒙主義者の国連の邪悪な慈悲に任せたいか?

あなたがしないならば;書くか、それらがサポートしなければならないあなたの担当者と上院議員に打電するか、または電話しなさい 米国の外の国連と国連から米国を取り出す下院議員Uttの法案 。

今日それをしなさい;さあ、あなたの前で、忘れなさい!それはあなたの息子のための、そして私達の国のための唯一の救済である。「さて、私は、配達するあと1つの生命のメッセージを持っている」。

私があなたに話したように;ロスチャイルドがジェイコブ・シフに与えた4回の具体的な割り当てのうちの1回は、主要な目標であるキリスト教によって米国で宗教を破壊するためにムーブメントを作成することになっていた。

非常に明らかな理由のために;そのような試みが世界の歴史において最もひどい大虐殺を作成することができたので、「反中傷リーグ」は、それをすることを試みる勇気がないであろう;「ADL」と共謀者のためにだけでなく数百万人の無実のユダヤ人のために。シフは別の具体的な理由のためにロックフェラーにその仕事を譲った。

キリスト教の破壊は、それを保存するために任せられる人々により遂行できた。

牧師によって;牧師。「スターターとして;」ジョンD.ロックフェラーはハリーF.ウォード博士という名前の若く、いわゆる、キリスト教の大臣を拾った。もしよろしければ尊いウォード。その時に、彼は「ユニオン神学校」で宗教を教えていた。

ロックフェラーはこの牧師の中で、そしてその結果として1907年に非常に自発的な「ユダ」を発見した;「社会奉仕のメソジスト教徒財団」を設定するために、彼は彼に資金提供し、ウォードの仕事は、教会の牧師としてなることを利口な若者に教えることであり、いわゆるであり、キリストの大臣と場所への彼らであった。大臣になることをそれらに教える間;尊い区はまたそれらに、どのように、キリストの話全体が神話であったと微妙で、ずる賢くそれらの会衆に説くかを教えた;キリストの神に疑いを抱くには;

処女メアリーについての疑いを投げるには;要するに:疑いをキリスト教に全体として投げ掛けるには。

それは、直接攻撃ではないことであったけれども、悪賢さのあてこすりのそれによってされるそれの多くは、特に日曜学校の若者に適用されることになっていた。レーニンのステートメントを覚えていなさい:「私に若者のほんの1世代を与えなさい。そうすれば、私は全世界を変換する」。

そして1908年に;付随的に、アメリカの最初の共産主義の前の組織であった「社会奉仕のメソジスト教徒基礎」はその名前を「教会の連邦会議」に変更した。

1950年までに;「教会の連邦会議」は非常に疑わしくなっていた;従って、1950において、彼らは名前を「キリスト教会全国協議会」に変更した。私は、どうこの「キリスト教会全国協議会」がキリスト教への信頼を意図的に破壊しているかをあなたにもっとまわりで言う必要があるか?

私はそう考えない;しかし、私があなたに話すであろうこれ。あなたが、牧師と教会がこのユダ組織のメンバーであるどのような会衆のメンバーででもあるならば;あなたとあなたの寄与は、啓蒙主義者のプロットがキリスト教と神とイエス・キリストへのあなたの信仰を破壊することを手助けしていて、従ってあなたは、神と教会についての不信を教え込まれて、容易に彼らを「無神論者」に変換することができるあなたの子供を意図的に出している。あなたの教会が「キリスト教会全国協議会」のメンバーであるかどうか直ちに外の、そして後生だから発見とあなたの子供;それがそうであるならば、すぐにそれから引っ込みなさい。

しかし;私に、同じ破壊宗教プロセスが他の名称に浸透していることをあなたに警告させなさい。

あなたが「セルマへの黒人」と他のそのようなデモンストレーションに会ったならば;あなたは、どう黒人の群集が、彼らとともに行進する大臣(そしてカトリック聖職者と修道女)さえによって導かれて、激励されるかをわかった。

正直で、誠実な多くの個々の教会と牧師がある。

自身のために、そしてあなたの子供のために1つのそのようなものを見つけなさい。

あなたたちが、学ぶ必要がある(Allは、あなた"教会"が国家の501個の(c)3部門であるかどうかである。

(それがそうであるならば、あなたは、直ちに、それに出席するのをやめて、あなたの所得控除の寄贈によってそれをサポートするのをやめるべきである。)

「付随的に;」この同じ牧師ハリーF.ウォードは、「全米市民的自由連合;」 有名なプロ共産主義者組織 の創立者のうちの1人でもあった。彼は1920年から1940年までそれの実揚程であった。

彼はまた、ブラウダーの下で、「米国の共産党」になった「戦争とファシズムに対するアメリカンリーグ」の共同設立者であった。

要するに;ウォードのバックグラウンド全体が共産主義のにおいをぷんぷんさせていて、彼は共産党のメンバーと認定された。

彼は彼の教会と国の両方への危険な反逆者を打ち抜き加工し、これは、Rothschildsによってシフに与えられた注文に従ってアメリカのキリスト教を破壊するために選ばれて、資金提供された人老人ジョンD.ロックフェラーであった。

イルミナティ(啓蒙主義者)とCRF  その3

「最初の数年の間;」
彼らは全くの軽蔑によってドイツユダヤ人町によって小さなひげを生やした人を見た;
しかし、ジェイコブはどのようにそれに打ち勝つかを知っていた。
彼は少しのロスチャイルド骨格をそれらに投げた。
望ましいヨーロッパ株と債券発行のアメリカで配布である上述の骨格。
それから、彼は、彼が以下における彼の手により一層強力な武器を持っていたと気づいた。
「私達の産業が、急成長しはじめたのは、私達の内戦に続いて、数十年であった」。
建築するために、私達は大鉄道を持っていた。
オイル、採掘、スチール、繊維産業はそれらの産着から大きくなりすぎていた。
それのすべては広大な資金調達を要求していた;
その資金調達の多くは、外国から来る必要があった。
それはロスチャイルドの家を意味していて、それは、シフが彼自身に入った時であった。
彼は非常に悪賢いゲームをした。
彼はジョンD.ロックフェラー、エドワードR.ハリマン、およびアンドリュー・カーネギーの後援者聖人になった。
彼はロッキー、ハリマンのための鉄道帝国、およびカーネギーのための鉄鋼王国のためにスタンダードオイル社に資金提供した。
しかし、クーン、ローブ・アンド・カンパニーのためにすべての他の産業をむさぼる代わりに、彼はモーガン、ビドル、およびドレクセルのためにロスチャイルドの家のドアを開いた。
次々;
ロスチャイルドはそれらの3ようにロンドン、パリ、ヨーロッパ、および他の枝のセットアップを手配した;
しかし、いつも、ロスチャイルドと組んで、部下とロスチャイルドは、シフが、ニューヨークでそのボスであることになっていたことをすべてのそれらの人に非常に明確にした。
「従って、世紀の変わり目に、シフは、その時までに、シフの助けによって、レーマン兄弟、ゴールドマン・ザックスを含んだウォール街の上のバンキング団体全体のきついコントロールを持っていて、Rothschildsによって選ばれた人によって率いられる所で他の国際主義者はそれを貯金する」。
要するに;
それは国家のお金能力のコントロールを意味していて、彼はその時大きなステップの用意ができていた - 私達の全国的なお金システムの罠。
「私達の憲法の現在下;」
私達のお金システムのすべてのコントロールは私達の議会にだけ与えられる。
シフの次の重要なステップは、そのコントロールを啓蒙主義者の大きな謀議のヒエラルキーに引き渡すことによってその憲法の布告を裏切るために私達の議会を魅惑することであった。
その引き渡しを公認し、それからそれに抵抗するために人々を無力にするために、議会に特別立法を制定させることは必要であろう。
それを遂行するには;
シフは、引立て役を両院に浸透させる必要があるであろう。
議会を、そのような立法を通過することに不当に送り込むのに十分に強力な引立て役。
等しいか、いっそうより重要である;
彼は、引立て役を、ホワイトハウス(完全性なしで、そして法律化のためにその立法にサインするであろうためらいなしでである大統領)に入植させる必要があるであろう。
それを遂行するために、彼は、共和党員または民主党のどちらかのコントロールを得る必要があった。
民主党はより無防備であった;
それは2つのパーティーのより空腹の方であった。
グローヴァー・クリーヴランドを除いて;
民主主義者は、南北戦争の前に以来彼らの人の1人をホワイトハウスに陥らせることができなかった。
それの2つの理由があった:
1. パーティーの貧乏。
2. かなり、民主党員より多くの共和党の心を持った有権者がいた。
「貧乏問題は大きな問題ではなかったけれども、有権者問題は違う話であった」。
しかし、私が以前に言ったように;
シフは利口なやつであった。
ここに、その有権者問題を解決するために、彼が使用した極悪非道で、殺人的な方法がある。
彼の解決は、あなたが見ることとする時に、どのように全くと言っていいほど、ユダヤ人の国際主義者銀行家が彼ら自身の人種の同業者を気にしないかを強調する。
突然;
1890ぐらいに、全国的な一連の大虐殺がロシアで突発した。
多く、多く、数千人の無実のユダヤ人;
男性、女性、および子供はコサック人と他の小作農によって虐殺された。
ポーランド、ルーマニア、およびブルガリアの潔白ユダヤ人突発の同様な屠殺との同様な大虐殺。
すべてのそれらの大虐殺はロスチャイルドエージェントによって助長された。
結果として;
ユダヤ人の恐れた避難民は、それらの国家のすべてから、米国の中に巣別れしていて、大虐殺がすべてのそれらの年を通して継続的であったので、それは次の2、30年にわたって続いていた。
すべてのそれらの避難民はシフ、Rothschilds、およびすべてのロスチャイルド系列会社によって設置された自称の人道主義の委員会によって援助された。
「主として;」
避難民はニューヨークの中に流れたけれども、シフ・ロスチャイルドの人道主義委員会は、シカゴ、ボストン、フィラデルフィア、デトロイト、ロサンゼルスなどなどの他の大都市の中に彼らの多くをまぜる方法を見つけた。
それらのすべては、「帰化した市民」に迅速に変換し、民主主義者として登録するために教育された。
従って、それらのいわゆる恩人によってすべてコントロールされて、操作されたそれらのコミュニティでそのいわゆる少数グループのすべては固体の民主主義有権者ブロックになった。
そして世紀の変わり目の少し後;
それらは私達の国家の政治的なライフにおいて重要な要因になった。
それは、ホワイトハウスにネルソン・オールドリッチのような人を私達の上院とウッドロー・ウィルソンに入植させるために、シフが使用した方法の1つであった。
「この時点で、私に、あなたに、彼がアメリカに派遣された時に、シフに割り当てられた重要な仕事の別の1つを思い出させさせなさい」。
私は、少数グループと人種の争いを引き起こすことによってアメリカ人の単一性を破壊する仕事を参照する。
アメリカに立ち入っている大虐殺駆動のユダヤ人の避難民によって;
シフはその目的のために受け売りされた少数グループを作成していた。
しかし、全体として大虐殺によって心配させられたユダヤ人の人々は、アメリカ人の単一性を破壊することに必要な暴力を作成することを信頼されることができなかった。
しかし、アメリカの中で正しなさい;
既の時の注文生産 けれども まだ があったこと 眠っている少数グループ 、黒人〈いわゆるデモンストレーションに引き起こされえた〉 暴動を起こす、略奪、殺人、すべての他のタイプの無法性 -必要で、それらをけしかけて、引き起こすことであったすべて。
一緒;
適切に動かされたそれらの2つの少数グループは、啓蒙主義者が、それらの目的を遂行するために必要であろうアメリカで正確に「紛争のキング」を作成するために使われることができた。
「従って、シフと共謀共犯が私達のお金システムの罠についての彼らの計画を立てていたと同時に;」
それらはまた、憎悪小数部の中に人々を引き裂き、国家にわたってカオスを作成するであろう爆発的で、恐ろしい人種の動乱が疑いをもたないアメリカ人を打つ完成計画であった;
すべての大学と大学のキャンパスの特に上;
すべて、アール・ウォレン決定とワシントンD.C.(ウォレンがジャック(ジョン)F.ケネディ大統領の暗殺において*に委任するのを覚えていなさい)の私達のいわゆるリーダーによって保護される。
もちろん;
それらの計画を完成することは時間と限りなく辛抱強い組織を必要としている。
* 注:
ジャック・ケネディーは、米国の大統領としての彼の在職期限の間に、キリスト教徒になった。
「後悔する」彼の試みにおいて、彼は、米国の大統領のオフィスが啓蒙主義者/CFRによって処理されていたことをこの国家(少なくとも倍)の人々に知らせようとした。
同時に、彼は連邦準備銀行から連邦準備券の「借り」をやめさせて、米国注(無利息であった)を米国のクレジットの上に出しはじめた。
ジャック・ケネディーに、「暗殺され」させたのは米国注の発行であった。
就任の宣誓をたてることにおいて;
リンデンB.ジョンソンは米国注の発行を止めて、借りる連邦準備銀行注(17%の興味の現行賃率で米国の人々に貸された)に帰った。
米国注、それはジョン・F・ケネディの下に配付されて、「注」の面の上の「赤」シールを支えた1963のシリーズをもっていた。
「現在すべての疑いを晴らすため;」
私は、少々の時間を、あなたにこの人種闘争プロットの証拠書類を与えると思う。
まず第一に、彼らは、数百万人のお人よし、示しをし、暴動、略奪、および無法性を委任するであろうユダヤ人の両方、および黒人を引き入れるためにリーダーシップと組織を作成する必要があった。
1909年のそう;
シフ、Lehmans、および他の共謀者は「NAACP」として知られていた「色づいた人々の進歩のための全国的な協会」を組織し、設定した。
NAACPの社長、ディレクター、および法律の協議会はいつもシフによって任命された「ユダヤ人白人」であり、これはこのまさしくその日へのケースである。
「そして1913年に;」
シフグループは、一般的に、大きな謀議全体のためにゲシュタポと尖った人の装備として役立つと「ADL」として知られていた「ユダヤ人文化教育促進協会の反中傷リーグ」を組織した。
今日、不吉な「ADL」は私達の国のすべての部分に2,000を超えるエージェンシーを維持していて、彼らは助言し、完全に、「NAACP」のまたはマーチン・ルーサー・キング、Stockelyカーマイケル、バーナード・ラスティン、および種類の他のようなリーダーを含む国家にわたる他のすべてのいわゆる黒人の公民権の組織の「都市リーグ」のすべての行動をコントロールする。
さらに;
実用的にすべてのマス通信媒体をコントロールし、ニュースを傾けて、偽造し、さらにけしかけることをすべての誠実な新聞に強制するために、「ADL」は多くのデパート、ホテルチェーン、およびテレビとラジオの産業経営者スポンサー、広告エージェンシーもの広告予算の絶対のコントロールを取得した;
そして、同時に以下のための同情を引き起こしなさい;
黒人の群集の無法性と暴力。
ここに、すべての彼らの無法性の中に黒人に温湿布するそれらの慎重なプロットの最初の証拠書類がある。
「約1910;」
ユダヤ人Zengwillという人が「溶けるポット」という表題を付けられた芝居を書いた。
うわさによれば、アメリカ人が差別していて、ユダヤ人と黒人を迫害していた方法で視覚化した遊びのため、黒人とユダヤ人をけしかけることは本当の宣伝であった。
その時に、誰も、それが宣伝劇であったことに気がつくようでなかった。
それはその賢い成文化であった。
宣伝は遊びにおいてうまく本当に大きなエンターテインメントにおける終えであり、それは大きなブロードウェイヒットであった。
「さて、それらの年に、伝説上のダイヤモンド・ジム・ブレイディは、民衆劇のオープニング性能の後で宴会をニューヨークの有名なデルモニコレストランに投げたものであった」。
彼は「溶けるポット」、その作者、製作者、および選ばれたブロードウェイの有名人のキャストのためにそのようなパーティーを開いた。
その時までに、私はすでにブロードウェイ劇場の上の個人的な印を作り、そのパーティーに招待された。
そこで、私はジョージ・バーナード・ショウとイスラエルコーエンと名付けられたユダヤ人の作家と会った。
ザングウィル、ショー、およびコーエンは、イギリスでフェビアン協会を作成し、彼の名前をカール・マルクスに変更したMordicaiと名付けられたフランクフルトソーセージ ユダヤ人と密接に働いたものであった;
しかし、マルクス主義と共産主義の両方がまさに出現していて、誰もどちらかに多くの注意を払わなく、誰も文書の中の宣伝にそれらの3人の本当に見事な作家の疑いをかけていなかったその時間に覚えていなさい。
「その宴会で;」
イスラエルコーエンは私に、彼が、その時、ザングウィルの「溶けるポット」上のフォローアップであることになっていた本を書くことに従事していたと言った。
彼の本の題名は、「20世紀の間の人種プログラム」であることになっていた。
その時に、私は劇作家として私の仕事に完全に没頭し、そのタイトルがそうであった時に重要に、その本当に目的は決して私にわからなかったし、私も、本を読むことに興味をもっていなかった。
しかし、私が1957年5月にワシントンD.C.宵の明星によって出版されたアイテムの新聞の切り抜きを受け取った時に、それは突然水素爆弾の力によって私に当たった。
そのアイテムはイスラエルコーエンの本「20世紀の間の人種プログラム」中で以下の抜粋文の全く同じの増刷であり、私が引用する時に、それは読んだ:
「私達は、私達のパーティーの最も強力な武器が人種間の緊張であることに気がつかなければならない」。
暗いレースの意識の中に提出することによって、それらがあった世紀の間のそれは白人によって圧迫し、私達は彼らを共産党のプログラムに移動させることができる。
アメリカで;
私達は微妙な勝利をめざす。
白人に対して黒人の少数を燃え上がらせる間;
私達は彼らの黒人の利用のために罪責コンプレックスを白人に教え込む。
私達は、黒人がすべての職業の中で、職業において、そしてスポーツとエンターテインメントの世界で目立つようになることを助力する。
この名声によって;
「黒人は、白人と異民族間結婚し、アメリカを私達の原因に提供するであろうプロセスを開始することができるであろう」。
1957年6月7日のレコード;
トーマスG.アバネシー担当者によって。
「従って、コーエンの本の中のその通路の真正性は完全に設立された」。
しかし、私の精神にとどまっていた1つの問題は、それが共産党の公式な方針またはプロットまたは単にコーエン自身の個人的な表現を表していたかどうかであった。
それゆえ、私はより多くの証拠を捜し、1935年にニューヨーク共産党の公式な労働者のライブラリ出版社によって出された公式なパンフレットの中で私はそれを発見した。
そのパンフレットは資格を与えられた:
「ソビエト アメリカの黒人」。
それは上昇を黒人に勧めた;
南でソビエト国家を結成し、ソビエト連邦への入場を申し込みなさい。
それは、反乱がすべてのアメリカ「赤」とすべてのいわゆる「自由主義者」によってサポートされるであろうという堅い誓約を含んでいた。
38ページに;
それは、ソビエト連邦政府が黒人に白人により大きな利点を与えるであろうし、再び、この公式な共産主義のパンフレットがそれを誓約したことを約束した;
私は引用する:
「黒人に対する差別または先入観のどのような行為でも革命の法律の下で犯罪になるであろう」。
そのステートメントは、1913年に出版されたイスラエルコーエンの本の中の抜粋文が共産党の、そしてワイスハウプトによって出されて、アルバート・パイクによってより遅れている世界革命のための啓蒙主義者青写真に直接沿う公布告であったことを証明した。
「さて、問題は1つしかなく、それは、共産主義の政権が大きな謀議のアメリカ人ジェイコブ・シフとロンドン・ロスチャイルドの指導者によって直接コントロールされることを証明することになっている」。
もう少し後で、私は、共産党が、私達がそれを知っているように、それらの指導者(あなたが言及するならば資本家)によって作成されたというリモートの疑念さえ取り除くであろうその証拠を提供する;
シフ、ロシア革命全体を計画し、資金提供したWarburgs、およびRothschilds;
直接、シフと彼らがたぶん戦っている他の資本家から、皇帝と彼の家族とそのレーニン、トロツキー、およびスターリンの殺人はそれらの注文を受けた。
「さて、あなたは、なぜ下劣なアール・ウォレンと彼の等しく下劣な共同で最高の法廷裁判官が1954年にその不名誉と反逆の人種差別廃止決定を出したかをわかることができるか?」
それは、黒人と白人の間の緊張と争いを引き起こすために啓蒙主義者共謀者のプロットを援助し、扇動することになっていた。
あなたは、なぜ同じアール・ウォレンが私達の学校でキリスト教の祈りとクリスマス賛歌を禁止している彼の決定を出したかをわかることができるか?
なぜケネディが同様にしたか?
そして、あなたは、なぜジョンソンと66人の上院議員が、アメリカ人の90%の抗議にもかかわらず、ロシアスパイと計画的妨害者のために私達の国全体を開く「領事条約」に賛成の投票をしたかをわかることができるか?
それらの66人の上院議員はみな20世紀のベネディクトArnoldsである。
「有罪であると証明される時に弾劾とそれのためにそれらのアメリカ反逆者をたぐることを議会、私達の選ばれた使用人に強制することはアメリカ人のすべてあなたとあなたに任せられている;」
それらすべて与えられる処罰は、私達の敵を援助し、扇動する反逆者に規定した。
そして、それは「CFR」の議会による堅い調査と「ADL」、「NAACP」、「SNIC」、およびマーチン・ルーサー・キングのような啓蒙主義者ツールなどのすべてのそれらの正面の実施を含む。
そのような調査は完全にワシントンD.C.と啓蒙主義者のすべてのリーダーとすべての彼らの入会を暴露するであろうし、反逆者実行として、啓蒙主義者プロットを提携させる。
それは、プロット全体の意図されている要所として完全に国連を暴露し、米国を国連から取り去り、米国の外で国連を投げつけることを議会に強制するであろう。
実のところ;
それは国連とプロット全体を破壊するであろう。
「私がこのフェーズを閉じる前;」
私は、繰り返すことを望み、あなたが、あなたの子供と彼らの子供のために私達の国を蓄えることを望むならば、私が、決して忘れないことをあなたに勧めるある重要なポイントを強調する。
ここにポイントがある。
ウッドロー・ウィルソンによって、フランクリン・ルーズベルトによって、トルーマンによってすべての憲法違反で、不法行為を犯して、アイゼンハワーとケネディとそれは、現在ジョンソン(そして今日;ジョージ・ブッシュとビル・クリントン)によって委任されていることが正確にワイスハウプトとアルバート・パイクによって概説された啓蒙主義者共謀者世紀の年齢のプロットと一致していることである。
反逆的なアール・ウォレンと彼の等しく反逆的な最高裁判所裁判官によって出されたすべての危険な決定は、直接、啓蒙主義者青写真が必要としていたものと一致していた。
すべての反逆罪がラスクの下で私達の国務省によって犯し、ジョン・フォスター・ダレスとマーシャルによってより早く、また、すべての反逆罪がマクナマラと彼の前任者によって犯したことは世界の乗っ取りのために直接その同じ啓蒙主義者青写真と一致している。
また、私達の議会の様々なメンバーによる、特に、領事条約のためにサインした66人の上院議員による驚異的な反逆罪は啓蒙主義者の命令で犯されている。
「さて、私は、ジェイコブ・シフの私達のお金システムの罠と続いていた反逆の行動に帰る」。
それはまたカール・マルクスのでないシフ・ロスチャイルドコントロールを明らかにするであろう;
しかし、ロシアで革命を作成し、共産党を設立したレーニン、トロツキー、およびスターリンの。
「シフが、彼の私達のお金システムの差し押さえの時がきたと決めたのは1908でであった」。
その差し押さえにおける彼の主要な副官は、私が見える時のシフとバーナードBeroukとハーバート・レーマンのために、キャリア全体が取締役会長と急使のそれであったエドワード・マンデル・ハウス大佐であった。
その年の落下(秋)において;
Jeckle島、ジョージアでJ・P・モーガンによって所有されていて、彼らはJeckle島ハントクラブで秘密の教皇選挙会議に集まった。
それらの間で、プレゼントはJ・P・モーガン、ジョンのB.ロックフェラーであった、ニューヨークナショナルシティー銀行、W.、およびJ.セリグマン(要するにユージンマイヤー、バーナードBeroukハーバート・レーマン、ポール・ワールブルク)のハウス大佐、ネルソン・オールドリッチ上院議員、シフ、スティルマン、およびVandlelip;
アメリカの国際銀行家のすべて。
それらのうちのすべて 啓蒙主義者の大きい共謀のヒエラルキーのメンバー 。
「1週間後、それらはいわゆる連邦準備制度と出現した」。
オールドリッチ上院議員は、それに議会を強引に通過させることになっていた引立て役であったけれども、彼らは1つの主要な理由のために一時停止してその鉄道敷設事業を保留した;
彼らは、最初に、法律化のために連邦準備法にサインするためにそれらの人と従順な引立て役をホワイトハウスに入植させる必要があるであろう。
上院が満場一致でその条例を承認しても、彼らはそれを知っていた;
その時の新しく選ばれた大統領タフトは即座にそれを拒否するであろう。
従って、彼らは待った。
「1912において;」
それらの人、ウッドロー・ウィルソンは大統領任期に選ばれた。
ウィルソンが開館したすぐ後;
オールドリッチ上院議員は、連邦準備法に両院を強引に通過させて、ウィルソンは即座にそれにサインし、連邦準備法は法律になった。
反逆罪のその極悪な行動は1913年12月23日に取られた;
何人かの慎重に選ばれた担当者と3人の等しく慎重に選ばれた上院議員を除いた議会のすべてのメンバーがワシントンから離れていたクリスマスの2日前。
どんなに、極悪に、その行為は反逆であったのか?
私はあなたに話す。
私達の設立父はお金のパワーを全部よさで知っていた。
彼らは、そのパワーを持っていた誰でも彼の手で私達の国家の運命を保持したと知っていた。
従って;
彼らが憲法において記述した時に、彼らは慎重にこのパワーをガードし、その議会(人々の選ばれた代表)だけがパワーを持つであろう。
議会の義務と能力を定義して記事I、セクション8、パラグラフ5中で述べられて、この点に関しての憲法の文言は短く、簡潔で、具体的で、私は引用する:
「コインお金に、それのおよび外国のコインの価値と度量衡の標準を調節しなさい」。
しかし悪評のその悲劇の、忘れられない日に;
1913年12月23日、私達の興味を守るために、私達がワシントンに送った人;
担当者、上院議員、およびウッドロー・ウィルソンは私達の国家の運命を東ヨーロッパからの2人のエイリアンの手の中に提供した;
ジェイコブ・シフとポール・ワールブルク。
ワールブルクは、連邦準備法を汚す青写真のはっきりとした目的のために、ロスチャイルドの命令でここに来た非常に最近の移民であった。
「アメリカ人の大部分が、連邦準備制度が米国であると思うので、政府はエージェンシーを所有していた」。
それは明確に間違いである。
連邦準備銀行の株のすべては加盟銀行によって所有されて、加盟銀行の頭はすべて「CFR」として今日知られている大きな啓蒙主義者謀議のヒエラルキーのメンバーである。
「多くの反逆的ないわゆるアメリカ人が参加した反逆罪のその行為の詳細はこの報告のためにずっと長すぎる;」
しかし、ユースタスMullinsによって書かれて、すべてのそれらの詳細は資格を与えられた本、「連邦準備銀行共謀」中で入手可能である。
その本の中;
Mullinsは恐ろしい話全体を話し、それを疑いないドキュメンテーションで裏付けする。
それは別として その偉大な裏切りの本当に魅力的で、衝撃的な物語である ;
すべてのアメリカ人は、アメリカ人全体が目覚めに最終的に来て、共謀全体を打ち壊すであろう時間の間と神の助けによって極めて重要な情報の問題としてそれを読むべきである;
そのめざめはきっと来るであろう。
もし「今や、あなたが、それらのエイリアンおよびそれらの過ぎる誕生事故アメリカ共謀共犯が、まさに私達のお金システムのコントロールに満足していると思うならば;
あなたは別の非常に悲しいショックを受ける。
連邦準備制度は共謀者に私達のお金システムの完全なコントロールを与えた;
しかし、憲法が明確に、20%+源泉徴収税として現在知られているものを禁じるので、それは少しも人々の収益に触れなかった。
しかし、1世界奴隷化のための啓蒙主義者青写真はすべての私有財産と個々の収益能力のコントロールの没収を要求していた。
彼の青写真に主演する強調されたこれとカール・マルクスは、漸進的段階別の所得税によって遂行される必要があった。
私が述べた時;
そのような税金は合法的にアメリカ人に課されることができなかった。
それは私達の憲法によって簡潔で、はっきりと禁じられる。
このように;
憲法への改正だけが連邦政府にそのような押収の能力を与えることができた。
「よく;」
それも私達のマキャベリ主義陰謀者にとって克服できない問題ではなかった。
議会と法律化のために不名誉な連邦準備法にサインした同じウッドロー・ウィルソンさんの両方の議会の同じ選ばれたリーダーは、16番目の改正(土地の法律)として知られている連邦の所得税を得るために憲法を改正した。
両方は私達の憲法の下で違法である。
要するに;
同じ反逆者は法律化のために両方の裏切り、連邦準備法、および16番目の改正にサインした。
しかし;
16番目の改正が、強奪するために、セットが上げて、私が意味していることであったかつて実現した誰も強奪しないようで、所得税経由の彼らの収益の人々は食料を供給する。
「その偉大な人道主義者、フランクリン・ルーズベルトがより高い収入の上のすべての小さな給料生活者と最高90%までについての20%の抑え税金を当てた時に、プロッターは第二次世界大戦まで完全に供給を使わなかった」。
おおもちろん;
彼は、それが戦争の期間の間だけであるであろうということを忠実に約束した;
しかし、彼が彼の3期目に立候補していた1940年に、宣言し続けたそのようなぺてん師への約束は何であったか:
「私は、私が決してアメリカ少年を外国の土の上の戦いに送らないと何度も、再び言う」。
覚えていなさい;
まさに、彼が、すでに、彼の弁解を彼に供給することを日本人をそそのかして真珠湾へのその卑怯者攻撃の中にさせることによって私達を第二次世界大戦に突っ込むことを準備しているにつれて、彼はそのステートメントを宣言していた。
「そして、私が忘れる前;」
私に、あなたに、ウッドロー・ウィルソンという名の別のぺてん師が正確に1916年にその同じキャンペーンスローガンを使ったことを思い出させさせなさい。
彼のスローガンは以下の通りであった:
「あなたの息子を戦争から締め出す人を再選びなさい;」 ちょうど同じ式 、ちょうど同じ約束。
しかし、待ちなさい;
アル・ジョルソンが、かつて言った時:
「あなたは、まだ、聞かれたnothin'ではない。」
その16番目の改正所得税わなは、一般大衆の収益を没収し、強奪することを意図していた;
あなたと私。
それは、啓蒙主義者ギャング、Rockefellers、Carnegies、Lehmans、および他のすべての共謀者の莫大な収入に触れさえすることを意図していなかった。
「その16番目の改正による一緒のそう;」
彼らは、共謀者が彼らの莫大な富をそのようないわゆる「基礎」に変換し、事実上すべての所得税の支払いを避けることを可能にするであろういわゆる「免税の基礎」を作成した。
それに対する弁解は、それらの「免税の基礎」の収益が人道主義の博愛に捧げられるであろうということであった。
従って、私達は現在いくつかのロックフェラー財団、カーネギーとDowman資金、フォード基金、メロン財団、および数百の同様な「免税の基礎」を持っている。
「そして、これらの基礎はどんな種類の博愛をサポートするか?」
よく;
彼らは、すべてのカオスを作成していて、国中で暴動を起こしているすべての公民権のグループ(そして保存ムーブメント)に資金提供する。
彼らはマルティン・ルター王に資金提供する。
フォード基金は、一般的にモスクワウエストと称されて、天才少年Hutchens、ウォルター・ルーサー、アーウィンCahnam、およびその種類の他によって率いられるサンタバーバラで「民主主義の組織の研究のために集中していなさい」に資金提供する。
「要するに;」
「免税の基礎」は、啓蒙主義者の大きな謀議のために仕事をしている人々に資金提供した。
そして、彼らが一般大衆、あなた、および私の収益から毎年没収する数千億ドルは何のために使われるか?
よく;
第一に、数百ジェット飛行機の贈り物に加えて数十億をチトー共産主義者に与えた「対外援助」小道具がある;
多くが、彼らがよりうまく私達の飛行機を撃ち落とすことができるように共産主義のパイロットを訓練するコストに加えてカストロに譲られた。
赤いポーランドへの10億。
インドへの10億。
10億からSucarno。
米国の他の敵への10億。
それは、その反逆の鉄道輸送された16番目の改正があなたの子供と彼らの子供に私達の国家に、そしてアメリカ人に、あなたに、そして私にしたことである。
共和国インチのための、「私達のCFR啓蒙主義者でコントロールされた連邦政府は認めることができる」免税のステータスの「すべての基礎とプロ赤1世界装備へのなど」資金。
しかし、あなたまたは愛国的プロ組織があまりにも率直にプロアメリカ人であるならば;
彼らは、あなたの確定申告の中で置き違えられたコンマを発見することによって、そして刑罰、罰金、および刑務所さえによってあなたを脅迫することによってあなたを慄然とさせて、威嚇することができる。
未来の歴史家は、どうしてアメリカ人が、「連邦準備法」と「16番目の改正」のような反逆罪の大胆な厚かましい行為を許したようにそんなにナイーブで、愚かであったことができるかと思うであろう。
よく;
それらはナイーブでなく、それらは愚かでなかった。
答えは以下の通りである:
彼らは、私達の国と私達の人々を守るために、彼らが選んだ人を信頼し、彼らは全く、各ものが遂行された後までどちらの裏切りについても暗示さえ持っていなかった。
「もち、私達の人々をナイーブで、愚かで、犯されている反逆罪に気づかないようにしておいているのは啓蒙主義者でコントロールされたマス通信媒体であった」。
さて、大きな問題は以下の通りである:
「いつ人々は、起きて、私達の、今日、ジョージワシントンと私達の設立父がベネディクト・アーノルドにしたであろうことの反逆者にするであろうか?」
実際;
ベネディクト・アーノルドはワシントンD.C.で私達の現在の反逆者に比べてのささい反逆者であった。
さあ、連邦準備法と16番目の改正の通路によって私達の憲法のレイプに続いていたイベントに帰ろう。
ウィルソンは完全にそれらのコントロール下にいたか?
「大きな謀議の指導者は、彼らの次を始動させて、彼らが望んでいたものは、彼らの1世界政府を達成する彼らの最終ステップであるであろう」。
それらのステップの一番目は、World War I.Why戦争であることであった?
簡単である;
1世界政府に対する唯一の弁解は、それがたぶん平和を保証するであろうということであった。
人々に平和を泣いて欲しがらせることができる唯一の物は戦争である。
戦争はカオス、破壊、極度の疲労を敗者にだけでなく勝利者にもたらす。
それは経済的な破滅を両方にもたらす。
最も重要なことには;
それは両方の若い成人の花を破壊する。
ただの彼らの愛する息子のメモリーによって別れられる悲しみ、失望した老人(母と父)に;
平和はどのような価格にでも値し、それは、共謀者が彼らの悪魔のプロットの成功について依存する感情である。
「1814から1914年までの19世紀にわたって;」
世界は全体として平和にあった。
「フランコプロシア人」、私達自身の「内戦」、「日露戦争」のような戦争は、世界の残りに影響しなかった「局所じょう乱」と名付けられるかもしれないものであった。
すべての大きな国家は繁栄していて、人々は忠実に国家主義的で、彼らのsovereigntiesの凶暴に誇っていた。
フランス人とドイツ民族が、「1世界政府」に快く支配されるであろうということはまったく想像不可能であった;
または「Toks」と「ロシア人」、「中国語」、または「日本語」。
皇帝ウィルヘルムまたはフランツ・ジョセフまたは皇帝ニコラスまたはすべての君主が進んで、おとなしく彼の王位を1世界政府に引き渡すであろうということはよりいっそう想像不可能である。
しかし、精神に支えなさい。 1つ世界政府を保証して、民族に、憧れて、「平和」を強要させることができた唯一の物 すべての国家の民族は現実のパワーと「戦争」である。
しかし、それは、不愉快で、恐ろしく破壊的な戦争である必要があるであろう。
それはちょうど2つの国家の間で単にローカルな邪魔の戦争であるはずがない;
それは、「世界大戦」である必要があるであろう。
どの大国も未着手のまま恐怖とそのような戦争による荒廃によって放置されていてはならない。
「平和」のための叫び声は一般的にされなければならない。
(歴史において「大きな戦争)」(--第一次世界大戦--において失われたどのような他の戦争においてよりも多くの生命があった。)
【翻訳不能文】
あなたが、可能な限りの、殺されるあなた自身の人の多くを望んでいたならば、現在まで、すっかり不合理軍事戦略であったようであったものは現在完全に理解する。
その戦略は、英国の兵士が、恐ろしい大虐殺を結果として生じて、彼らまたは隠れをチャージすることではなくドイツ機関銃にゆっくり歩くように命じられたことであった。
彼らが背いたならば、彼らは彼ら自身の同僚の射撃チームの前で置かれたので、どちらにしても、彼らは、必ず死ぬであろう。
- 例としてのこれを取って、あなたが、彼らが、「無駄食う人」であり、また、すぐあと10億を屠殺することについて、彼らがどのような良心の呵責でも持っているのをそう望むと考える数百万人の人々を虐殺することについて、啓蒙主義者が良心の呵責を完全に全然持っていないとわかることは平易であるべきである。
- )
「実際、それは19世紀の回転で啓蒙主義者とネイサン ロスチャイルドによって設定されたフォーマットであった」。
「ナポレオン戦争」、それらと特にロスチャイルドが、彼らの1世界政府のための住宅であることになっていた「国際連盟」に変えることを計画したその時「ウィーンの議会」中に、彼らは最初にヨーロッパのすべてを操作した;
正確に、現在の「国連」が、手近なもののための住宅であるために設定されたことによる、禁じられた神、1世界政府。
とにかく;
それは、ロスチャイルドとジェイコブ・シフの家が、1914年にそれらの目的を達成するために使用すると決めたフォーマットであった。
もちろん、彼らは、同じフォーマットが1814に失敗したと知っていた;
しかし、彼らは、これが、ロシアの皇帝がその計画を雷撃したためだけであったと想定した。
よく;
現在の1914人の共謀者は玉にその1814瑕を取り除くであろう。
それらは、新しい世界大戦 that の後にそれらが共謀していたことを確かめる;
猿スパナを機械の中に投げるまわりのロシアの皇帝が全然いないであろう。
「私は、どのように彼らが、世界大戦をスタートするこの最初のステップを遂行したかを検討する」。
歴史は、第一次世界大戦が些細な出来事によって促進されたと伝える;
ワイスハウプトとアルバート・パイクの両方がそれらの青写真に組み入れた種類の出来事。
その出来事は啓蒙主義者指導者によって配置されたオーストリア人Archdukeの暗殺であった。
戦争は続いていた。
「同盟国」と呼ばれるフランス、英国、およびロシアに対してそれはドイツ、オーストリア、ハンガリー、および彼らの同盟者(いわゆる「枢軸国」)に関係していた。
米国だけが最初の2年の間に関係していなかった。
「1917によって、共謀者は彼らの主要な目的を達成した;」
ヨーロッパのすべては極貧の状態にあった。
すべての民族は戦争で疲弊していて、また平和と結果を泣いて欲しがることはすべて設定された。
それは、米国が同盟国の側で中に投げつけられるであろうのと同じくらいすぐ来ることになっていて、それは、完璧に、ウィルソンの再選挙のすぐ後に起こる用意ができていた。
それの後で、結果は1つしかないかもしれない;
同盟国のために征服を完遂しなさい。
1917年のそんなに時間がかかる前に完全に私のステートメントを確認するには;
ジェイコブ・シフによってアメリカに向けられた共謀はそれを、すべて、その戦争の中に米国を投げつけるようにセットさせた。
私は証拠を引用する。
「ウィルソンが1916年に再選挙のためにキャンペーンをしていた時;」
彼の主要な訴えは以下の通りであった:
「あなたの息子を戦争から締め出すであろう人を再び選びなさい」。
しかしその同じキャンペーンの間;
共和党は、ウィルソンが、長い間、私達を戦争の中に投げることを約束したことを公然と告発した。
彼らは、彼が敗れるならば、彼がオフィスで彼の残っている数ヶ月の間のその行為を遂行するであろうということを告発した;
しかし、再び選ばれるならば、彼は選挙の後まで離れるであろう。
しかし、その時に、アメリカ人はウィルソンを「神」と見なした。
よく;
ウィルソンが再選ばれたことおよび共謀者のスケジュールに従って;
彼は1917年に戦争の中に私達を投げつけた。
彼は弁解としてルシタニアの沈みを使った;
また、予定された沈み。
第二次世界大戦の中に私達を投げつけるために、彼が彼の弁解として予定された真珠湾攻撃を使った時に、ルーズベルト、アメリカ人の目の中の神も1941年に同じテクニックに続いていた。
「正確に、共謀者が計画を立てたような現在;」
同盟国のための勝利は、敗戦国のすべての君主を取り除き、大きな謀議が、ついて行くであろうということを意図していた混乱し、当惑し、1世界政府のために完全に制約されたリーダーがいないすべての彼らの人々と別れるであろう。
しかし、まだ、障害があるであろう;
ナポレオン戦争の後にウィーン(平和集まり)のその議会で啓蒙主義者とロスチャイルドを妨げたのと同じ障害。
それが1814にあった時に、ロシアは今回勝利側にあるであろうし、従って、皇帝は彼の王位の上にそれの座席を安全に持たれているであろう。
【翻訳不能文】
彼がいわゆる「国際連盟;」に誘惑されることができても、彼が1世界政府のために決して行かないのでなく決して行かないであろうということは分かりきっている結論であった。
「第一次世界大戦の突発の前のさえそう;」
皇帝を破滅させて、王位にまたすべての起こり得る王室の相続人を殺すために、共謀者は持ち帰り用のネイサン ロスチャイルドの1814の誓約に作りにおいて計画を持っていて、それは、戦争の終わりの前でされる必要があるであろう。
ロシアボルシェビキは、この特定のプロットの中で彼らの機器であることになっていた。
世紀の変わり目から;
ボルシェビキのチーフはニコライ・レーニン、レオン・トロツキー、および後の方のジョセフ・スターリンであった。
もちろん、それらはそれらの真実の姓ではなかった。
突発に先がけて;
スイスはそれらの港になった。
トロツキーの本部はニューヨークで下のイーストサイドの上にあった;
主としてロシア系ユダヤ人の避難民の生息地。
レーニンとトロツキーの両方は同様にひげを生やしていて、乱れていた。
そのころ、それはボルシェビキ主義のバッジであった。
両方は優雅に暮らしていたけれどもどちらも定職を過ごさなかった。
どちらもサポートのどのような有形資産も持っていなかったけれども両方はいつも多くのお金を持っていた。
すべてのそれらのミステリーは1917年に解明された。
まさに戦争の最初から;
奇妙で、神秘的な行為はニューヨークで起こっていた。
毎晩;
トロツキーは密かにジェイコブ・シフの宮殿大邸宅を出入りし、それらの同じ夜の暗闇で、ニューヨークの下のイーストサイドのちんぴらの集まりがあった。
それらのすべて、トロツキーの本部とすべてのロシア避難民は、すべて謎に包まれていたトレーニングプロセスのいくらかの神秘的な分類を通り抜けていた。
論じられた誰も;
シフがトロツキーの活動のすべてに資金提供していたことが漏れたけれども。
「それから、突然、トロツキーは消えて、そう、彼の訓練されたちんぴらの約300人もした」。
実際、それらはレーニンとスイスの彼のギャングと会合に向かっているシフで借り切られた船の中の公海の上にあった。
そして、また、金の中にその船の上に20,000,000ドルがあった;
20,000,000ドルは、ロシアのボルシェビキ乗っ取りに資金提供するために提供された。
トロツキーの到着を予想して;
レーニンは、パーティーを彼のスイス隠れ場所に開くことを準備した。
世界で非常に最も高い場所の人は、そのパーティーで客であることになっていた。
神秘的な大佐エドワード・マンデル・ハウス(ウッドロー・ウィルソンの師、および親しそうで、より重要である)はそれらの間にいた;
シフの特別で、秘密のメッセンジャー。
予定客の別のものは、皇帝に資金提供していて、皇帝が、彼をドイツの秘密警察のチーフにすることによって報いたドイツのワールブルクバンキング一族のワールブルクであった。
さらに;
ロンドンとパリのRothschildsもあった Lithenoth、Kakonavich、およびスターリン (その時は誰であったか 列車の頭および銀行強奪組の山賊 )。
彼は「ウラル山脈のジェシー・ジェイムズ」として知られていた。
「そして、ここで、私は、あなたに、イギリスとフランスが1917年2月3日にドイツとそれとの戦争においてその時長かったことを思い出させなければならない;」
ウィルソンはドイツとのすべての外交関係を打ち切った。
従って;
ワールブルク、大佐家、Rothschilds、およびすべてのそれらの他は敵であったけれども、もちろんであった;
敵が会い、友人であることができて、特に、彼らが共通にある計画を持っていたならば所で、スイスはニュートラルなグラウンドであった。
そのレーニンパーティーは突発事件によって非常にほとんど難破させられた。
スイスの途中でシフで借り切られた船は英国の軍艦によって阻止されて、拘束された。
しかし、英国人に、トロツキーのちんぴらとそのままの船と金をリリースするように命じるために、シフは迅速に注文をウィルソンに急送した。
ウィルソンは従った。
彼は、英国人 that 彼らが、船をリリースするのを断った に警告した;
彼が1年前忠実に約束した時に、米国は4月に戦争に入らないであろう。
英国人は警告に注意を払った。
トロツキーはスイスに到着し、スケジュールどおり、レーニンパーティーは進んだ;
しかし、それらはまだ、普通に、ロシアの中に境界を横切ってテロリストのレーニン・トロツキーの集団を入れる打ち勝ちがたい障害であったであろうものに直面していた。
よく;
それは、ワールブルク兄弟(ドイツ秘密警察のチーフ)が入った所である。
彼は封印された貨車航送船の中にすべてのそれらの暴漢をロードし、ロシアへの彼らの秘密の入場のためにすべての必要な手配をした。
残りは歴史である。
ロシアの革命は起こり、王室のロマノフ家のすべてのメンバーは殺された。
「さて、私の主要な目的は、リモコンさえ、いわゆる共産主義が全世界の奴隷化のために啓蒙主義者の大きな謀議の必須の一部であることを疑っているのを向こうに立証することである」。
いわゆるその共産主義は、全世界の民族を慄然とさせて、シフとまさに私達自身のニューヨークの都市の他の国際銀行家によって組織されて、ロシアと共産主義の作成の征服が大きな部分であった単にそれらの武器と悪鬼人言葉である。
すばらしい話?
はい。
いくつかが、それを信じることを断りさえするかもしれない。
よく;
どのような「疑い深い人」のためにでも;
私は、思い出すことによって、わずか数年前、チャーリー・ニッカーボッカー、ハースト新聞コラムニストがジョン・シフ、ジェイコブの孫とのインタビューを出版したことを証明する(それにおいて、若いシフは話全体を確認し、数値を寄与されている高齢のジェイコブ、20,000,000ドルと名付けた)。
「誰かがまだ、共産主義の脅迫全体がまさに私達自身のニューヨークの都市の大きな謀議の指導者によって作成されたというリモートの疑念さえ持っているならば;」
私は以下の歴史上の事実を引用する。
レーニンとトロツキーがロシアのキャプチャを設計した時に、すべてのレコードはそれを示す;
彼らはボルシェビキのパーティーの頭として働いた。
さて、「ボルシェビキ主義」はまったくロシア言葉である。
指導者は、ボルシェビキ主義が決して何であるがロシア人々にもイデオロギーとして売られることができなかったことに気がついた。
1918年4月のそう;
それらの政権の名前を共産党に変更するためと共産党の構成としてカール・マルクス「宣言」を養子にするために、ジェイコブ・シフはレーニン、トロツキー、およびスターリンに注文によって大佐家をモスクワに派遣した。
レーニン、トロツキー、およびスターリンは従った;
そして、1918年のその年に、いつ共産主義の共産党と脅迫が発生したかがあった。
すべてのこれはウェブスター学生用辞典、5番目の版中で確認される。

新世界秩序に従順な・・



西暦2019年、特殊なコミュニティの中で生きているリンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)とジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)がこの映画の中心人物です。
リンカーンという名前は奴隷解放宣言で有名なアメリカのリンカーン大統領を思わせますね。


そのコミュニティの住人たちは「アイランド」へ行くことを夢見ています。「アイランド」を彼らは楽園と思っています。ところが、リンカーン・6・エコーは偶然コミュニティの外の世界へ足を踏み入れます。そこでリンカーン・6・エコーは自分がクローン人間であることを知ることに。「アイランド」へ行ったはずの者が殺される現場を目撃します。自分もいずれ殺されてしまうことを悟るのです。


ジョーダン・2・デルタが「アイランド」行きの抽選に当ります。そして、「アイランド」は存在しないと知ったリンカーン・6・エコーはジョーダン・2・デルタが「アイランド」に連れて行かれることを防ごうとします。


この映画、前半はクローン人間コミュニティが描かれています。クローン人間はありがちな近未来をイメージした白い上下一揃いの服を与えられ、食事や健康を管理をされています。仕事や娯楽はあるもののそれもコミュニティの管理下にあります。とても人間らしさからはかけ離れた気味悪い環境ですが、クローン人間たちにとって「アイランド」よりはずっと楽園的な場所でしょう。





蛇足


この世界が偽りで、ある者から洗脳されているとしたら、本当の人間らしさはどこにあるのか??


映画アイランドは彼らの描くNWOの世界なのだろう・・。支配しているもの彼らは、人間ではないかも知れないが・。

ゴーストガンUA175

Ghost Gun UA175


Holograms, Whistleblowers

and the 9-11 Media Hoax


Revised 9-11-5 (Version 3.0)

Updates are collected at

the end ? see below

? w/radio show







We can model precisely what an impacting Boeing 767-222

would have looked like. The films and photos of 9-11-1

show no such event but merely a close 98% fake.

Plane N612UA is reportedly still flying today.

The media version(s) of this ?plane”

are sketchy like bad models.







What truly happened: The shadow government rammed a holographically cloaked hack job missile into south tower, added pre-planted explosives, further doctored the pictures up in computers through teams with slightly different tastes of how the thing should look, and then hammered the resulting media garbage into the minds of the world together with a threadbare Arab conspiracy theory. Today they are taking a-hold of the world like Ian Fleming’s SPECTRE goon Ernst Stavro Blofeld. It’s a real-life SPECTRE nut house cabal!


?


Piecing It All Together ? Holograms,

Whistleblowers and the 9-11 Media Hoax:


?


Unfortunately, the UA175 illusion (WTC2, morning of 9-11-1) was not 100% successful. It was, in summary, just a sad hack job:


?

?The hi-tech trickery was exposed by a few amateur cameramen and photographers that caught the optical illusion either videographically or photographically and their evidence surfaced in the months that followed, but it never had widespread exposure and consequently escaped the eyes of the masses.

?

?

?Someone in the loop blew the whistle by producing defective fakes that could easily be discerned from a ‘real’ fake and then mixed them in with the remaining media. Under close scrutiny these deliberate fakes can be exposed, but to the layman they would normally remain unseen.

?

?

?The witness reports didn’t add up. Some said they saw something that resembled a passenger jet flying into WTC2 but couldn’t positively identify it as a Boeing 767-200 with a United Airlines livery. Others didn’t see or hear anything at all, they just saw the explosion ‘happen’ and thought it was a gas pipe exploding inside the tower. (Debris seen could well have been hand-planted in the vicinity of the Twin Towers. The FBI fib [no pun intended] of Atta’s pristine passport is an outright howler.)

?


This is the only feasible explanation:




?While planning the 9-11 atrocities, the Perpetrators realised that flying a real jet into the WTC2 tower was not going to cause enough damage to publicly justify the collapse of the structure with the ‘burning jet fuel’ theory.

?



?As the Perpetrators needed 9-11 and the eyes of the world were going to be focused on the Trade Towers, something that looked believably like a Boeing 767-200 in the initial shock-and-awe scenario had to be deployed and seen to be flying into the tower.

?



?The only choice was to use some form of hi-tech optical illusion to fool the masses into thinking that a real jet had hit WTC2 and then use pre-planed explosives to create believable structural damage and a impressive pyrotechnic display.

?



?The problem was that the Perpetrators couldn’t get the optical illusion to look 100% realistic so in order to conceal this weakness they used a media hoax to ‘plug the gap’ and leave the masses with 98% believable live footage and/or pre-fabricated/modified footage of the event. In summary: a sad hack job! The article below points out specific details.

?


?ゴーストガンUA175

ホログラム、内部告発者

そして9-11のメディアデマ

改訂された9-11-5(バージョン3.0)


私達は、衝突ボーイング767222が見えたであろうものを正確に作成することができる。

9-11-1のフィルムと写真は単に近い98%の偽物を除いたそのようなイベントを全然示さない。

飛行機N612UAは伝えられるところでは静かに今日飛んでいる。

「この?飛行機のメディアバージョン(s)」

悪いモデルのようにスケッチ風である。

本当に、起こったこと:

影の政府は自筆で覆い隠された雇われた仕事ミサイルを南のタワーに打ち込み、前設置された爆発物を追加し、さらに、物がどう見えるべきであるかの少し違う味によって、チームを通してコンピュータの中で上に写真を治療し、それから、すり切れたアラブ陰謀説とともに世界の精神の中に結果として生じているメディアごみをハンマーで打った。

?今日、彼らは保持している世界についてイアン・フレミングのSPECTREのようにとんまエルンストStavro Blofeldを取っています。 それは現実のSPECTRE精神病院徒党です!


すべて一緒にそれを繕う?

ホログラム

内部告発者と9-11のメディアはかつぐ:

あいにく、UA175幻覚(WTC2、9-11-1の朝)は成功している100%ではなかった。

それは、要約において、単に悲しい雇われ仕事であった:


ハイテクぺてんは、ビデオグラフックまたは写真によって目の錯覚をつかんだ数人のアマチュアカメラマンと写真家によって露出されて、続いていた数ヶ月に、彼らの証拠は浮上したけれども、それは決して広範囲に及んだ露出を持っていなく、その結果、庶民の目を逃れた。


容易に‘現実の’偽物と識別されることができて、それからそれらを中で残っているメディアと混ぜた不完全な偽物を生産することによって、ループの中の誰かが警告を発した。

綿密な精査の下で、これらの故意の偽物は露光されることができるけれども、俗人に、それらは正常に非可視であり続けるであろう。


証人リポートは加算しなかった。

いくつかが、彼らが、WTC2に急変しているジェット旅客機と似ていたけれどもユナイテッド航空制服によってはっきりとそれをボーイング767200と認定することができなかったことを見たと言った。

他は全く何も見なく、聞かなく、彼らはただ、爆発‘起こりなさい’を見て、それがタワーの中で爆発しているガス管であったと思った。

(見られたがれきはよくツインタワーの近くで手で植えられたかもしれない。)

(アタの純粋なパスポートの[意図されている]FBI罪のないうそ[だじゃれ]は徹底的なほえるものである。)

これは唯一の実現可能な説明である:


9-11の残虐行為を計画する間に、犯人は、現実のジェット機をWTC2タワーに着陸させることが、‘燃えているジェット燃料’理論によって公然と構造の崩壊を正当化するのに十分な損害を起こそうとしていなかったことに気がついた。


犯人が9-11が必要で、世界の目が、貿易タワーに集まろうとしていた時に、信じられて、初期のショックと畏敬のシナリオの中のボーイング767200のように見えたことが、展開されて、タワーに急変しているのを見られる必要があった。


唯一の選択は、現実のジェットがWTC2に当たったと思う中に庶民を騙すためにハイテクの目の錯覚のいくらかのフォームを使い、それから信じられる構造の損害と印象的な花火大会を作成するために前平らにされた爆発物を使うことになっていた。


問題は、犯人が、リアルであるように100%見えるのでこの弱さを秘密にするために、‘ギャップを詰まらせなさい’に、彼らがメディアデマを使い、98%の信じられるライブ映画フィルム、および/またはイベントのあらかじめ組み立てられた/修正された映画フィルムによって庶民と別れるために目の錯覚を得ることができなかったことであった。

要約において:

悲しい雇われ仕事!

下の記事は具体的な詳細を指摘する。

http://www.gallerize.com/2005-01-11_001_MI_SG_UA175.htm

彼らが望まないもの、あなたが部門を知るために

- WHAT THEY DON'T WANT YOU TO KNOW DEPARTMENT -



9/11 Conspiracy Theorists Claim Momentum




Kevin Barrett believes the U.S. government might have destroyed the World Trade Center. Steven Jones is researching what he calls evidence that the twin towers were brought down by explosives detonated inside them, not by hijacked airliners.



These men aren't uneducated junk scientists: Barrett will teach a class on Islam at the University of Wisconsin this fall, over the protests of more than 60 state legislators. Jones is a tenured physicist at Brigham Young University whose mainstream academic job has made him a hero to conspiracy theorists.

9/11の共謀理論家が勢いを要求します。ケヴィン・バレットは、米国政府が世界貿易センターを破壊したかもしれないと信じます。スティーヴン・ジョーンズは、何を一対のタワーが爆発物によって下げられたという証拠と呼ぶか研究しています、爆発した、内部、それら、ハイジャックされた定期旅客機によってではない。これらの人は無教養なジャンク科学者ではありません:バレットは、60人を越える州立法者の抗議に関して、ウィスコンシン大学でこの秋イスラム教上のクラスを教えるでしょう。ジョーンズは、その主流学者の仕事が彼を共謀理論家へのヒーローにしたブリガムヤング大学の保有権のある物理学者です。

Five years after the terrorist attacks, a community that believes widely discredited ideas about what happened on Sept. 11, 2001, persists and even thrives. Members trade their ideas on the Internet and in self-published papers and in books. About 500 of them attended a recent conference in Chicago.



The movement claims to be drawing fresh energy and credibility from a recently formed group called Scholars for 9/11 Truth.



The organization says publicity over Barrett's case has helped boost membership to about 75 academics. They are a tiny minority of the 1 million part- and full-time faculty nationwide, and some have no university affiliation. Most aren't experts in relevant fields. But some are well educated, with degrees from elite universities such as Princeton and Stanford and jobs at schools including Rice, Indiana and the University of Texas.



"Things are happening," said co-founder James Fetzer, a retired philosophy professor at the University of Minnesota Duluth, who maintains, among other claims, that some of the hijackers are still alive. "We're going to continue to do this. Our role is to establish what really happened on 9/11."


テロリスト攻撃の5年後に、広く信じるコミュニティーは、何が2001年9月11日に起こったか、固執し、さらに繁栄するかに関する考えを疑いました。メンバーは、インターネットに関する、および自費出版の書類中のそれらの考えを交換します、そして本の中で。それらの約500はシカゴで最近の会議に出席しました。その移動は、9/11の真実のための学者と呼ばれる最近決まったグループから新鮮なエネルギーおよび信用を取り出していることを主張します。構成は、バレットの事例に関する周知が約75人の学者への会員を押し上げるのを支援したと言います。それらは100万の部分の小さな数です―そして常勤の機能、全国的に、また、いくらかは大学加入を行っていません。大部分は適切な分野のエキスパートではありません。しかし、いくらかは、プリンストンとスタンフォードのような名門大学、およびライス、インディアナおよびテキサス大学を含む学校での仕事から学位と共に、よく教育されます。「ことが起こっています」と共同創立者ジェームズFetzer(ミネソタ大学のダルースの引退した哲学教授(この人はハイジャック犯のうちの数人がまだ生きていると主張する(他のクレーム中に)))は言いました。「私たちはこれをし続けるつもりです。私たちの役割は何が9/11の上で実際に起こったか確証することです。」

What really happened, the national Sept. 11 Commission concluded after 1,200 interviews, was that hijackers crashed planes into the twin towers. The National Institute of Standards and Technology, a government agency, filed 10,000 pages of reports that found fires caused by the crashing planes were more than sufficient to collapse the buildings.



The scholars' group rejects those conclusions. Their Web site contends the government has been dishonest. It adds: the "World Trade Center was almost certainly brought down by controlled demolitions" and "the government not only permitted 9/11 to occur but may even have orchestrated these events to facilitate its political agenda."



The standards and technology institute, and many mainstream scientists, won't debate conspiracy theorists, saying they don't want to lend them unwarranted credibility.



But some worry the academic background of the group could do that anyway.



Members of the conspiracy community "practically worship the ground (Jones) walks on because he's seen as a scientist who is preaching to their side," said FR Greening, a Canadian chemist who has written several papers rebutting the science used by Sept. 11 conspiracy theorists. "It's science, but it's politically motivated. It's science with an ax to grind, and therefore it's not really science."

実際に起こったこと、1,200のインタビューの後に終えられた国立9月11日の委員会はそのハイジャック犯でした、一対のタワーの中への墜落機。全米標準・技術研究所、政府系機関、火が完全な飛行機によって引き起こされたのを見つけた報告書のファイルされた10,000ページは、建物を倒壊させるのに十分であるなんていうものではありませんでした。学者のグループはそれらの結論を拒絶します。それらのウェブサイトは、政府が不正だったと主張します。それは加えます:その「世界貿易センターは、抑制された倒壊によってほとんど確かに崩れました。」また、「発生したために政府は9/11を可能にした」だけでなく、その政府は、その政治的なアジェンダを促進するためにさらにこれらの出来事を組み合わせたかもしれません。標準および技術研究所、および多くの主流科学者、彼らがそれらに不当な信用を貸したくないと言って、共謀理論家について討議しないでしょう。しかし、いくらかは、グループの学術的な背景がそれをとにかくするかもしれないと心配します。共謀コミュニティーのメンバー「実際に地面(ジョーンズ)を崇拝する、彼が彼らの側に説教している科学者と見なされているので、歩き続ける。」FR Greening(9月11日の共謀理論家によって使用される科学を反論するいくつかの書類を書いたカナダの化学者)は言いました。「それは科学です。しかし、それは政治上動機づけられます。それは利己的な目的を備えた科学です。また、したがって、それは実際に科学ではありません。」

Faculty can express any opinion outside the classroom, said Roger Bowen, general secretary of the American Association of University Professors. However, "with academic freedom comes academic responsibility. And that requires them to teach the truth of their discipline, and the truth does not include conspiracy theories, or flat Earth theories, or Holocaust denial theories."



Members of the group don't consider themselves extremists. They simply believe the government's investigation was inadequate, and maintain that questioning widely held assumptions has been part of the job of scholars for centuries.



"Tenure gives you a secure position where you can engage in controversial issues," Fetzer said. "That's what you should be doing."



But when asked what did happen in 2001, members often step outside the rigorous, data-based culture of the academy and defer to their own instincts.



Daniel Orr, a Princeton Ph.D. and widely published retired economics chair at the University of Illinois, said he knew instantly from watching the towers fall that they had been blown apart by explosives. He was reminded of watching an old housing project being destroyed in St. Louis.



David Gabbard, an East Carolina education professor, acknowledges this isn't his field, but says "I'm smart enough to know ... that fire from airplanes can't melt steel."



When they do cite evidence, critics such as Greening contend it's junk science from fellow conspiracy theorists, dressed up in the language and format of real research to give it a sense of credibility.



Jones focuses on the relatively narrow question of whether molten metal present at the World Trade Center site after the attacks is evidence that a high-temperature incendiary called thermite, which can be used to weld or cut metal, was involved in the towers' destruction. He concludes thermite was present, throwing the government's entire explanation into question and suggesting someone might have used explosives to bring down the towers.



"I have not run into many who have read my paper and said it's just all hogwash," Jones said.



Judy Wood, until recently an assistant professor of mechanical engineering at Clemson University, has been cited by conspiracy theorists for her arguments the buildings could not have collapsed as quickly as they did unless explosives were used.

機能は、教室の外側のどんな見解も示すことができる、とロジャー・ボウエン(米国大学教授協会の書記長)が言いました。しかしながら、「学問の自由で、学術的な責任ができます。また、それは、それらの訓練の真実を教えることをそれらに要求します。また、真実は陰謀説、水平な地球理論、あるいは大虐殺否認理論を含んでいません。」グループのメンバーはそれら自身を過激派と考えません。彼らは、政府の調査が不適当だったと単に信じて、広く保持された仮定の質問が何世紀も学者の仕事の一部だったと主張します。「保有は、論争の的になっている問題に従事することができる安全な位置をあなたに与えます」とFetzerが言いました。「それはあなたが行っているべきことです。」しかし、何が2001年に起こるか尋ねられた時、メンバーは、しばしば、アカデミーの正確な、データに基づいた文化の外部で歩み、自分の本能に従います。ダニエル・オア(プリンストンPhD.、また広くイリノイ大学で引退した経済学椅子を公表した)タワーがバラバラになるのを見ることから、彼が即座に知っていたと言った、それらは、爆発物によってばらばらに吹き飛ばされました。彼は、古い公営団地がセントルイスで破壊されるのを見ることを思い出させられました。デービッド・ガバート(東のカロライナ教育教授)は、これが彼のフィールドではないと認めますが、「私は十分に利口なので、わかる」と言います。「飛行機からのその火は鋼を溶かすことができません。」証拠を引用する場合、緑化のような批評家はそれが、それに信用の感覚を与えるために、実際の研究の言語およびフォーマットで盛装されて、共謀理論家仲間からの科学的なデータであると主張します。ジョーンズは、世界貿易センター跡地に出席する鋳造の金属が攻撃の後に高温扇動物がテルミット(それは金属を溶接するかカットするために使用することができる)を呼んだという証拠かどうかという比較的狭い問題に注目します、タワーの破壊に関係していました。彼は、質問に対して政府の全説明を向けて、タワーを崩すために誰かが爆発物を使用したかもしれないことを示唆して、テルミットが存在したと結論を下します。「私は、私の論文を読んでおり、それが単に屑すべてであると言った多数に偶然出会っていません」とジョーンズが言いました。ジュディ・ウッド、最近まで、クレムソン大学の機械工学の助教授は、建物がもし爆発物が使用されなかったならば、それらが崩壊したほど速く崩壊させることができなかった彼女の議論により共謀理論家によって表彰されました。

"If the U.S. government is lying about how the buildings came down, anything else they say cannot be believed," she said. "So why would they want to tell us an incorrect story if they weren't part of it?"



In fact, say Greening and other experts, the molten metal Jones cites was most likely aluminum from the planes, and any number of explanations are more likely than thermite.



And the National Institute of Standards and Technology's report describes how the buildings collapsed from the inside in a chain reaction once the floors began falling.



"We respect the opinions of others, but we just didn't see any evidence of what people are claiming," institute spokesman Michael Newman said.



Wisconsin officials say they do not endorse the views of Barrett, an adjunct, but after investigating concluded he would handle the material responsibly in the classroom.



That didn't mollify many state legislators.



"The general public from Maine to Oregon knows why the trade towers went down," said state Rep. Stephen Nass, a Republican. "It's not a matter of unpopular ideas; it's a matter of quality education and giving students their money's worth in the classroom."

「米国政府が、建物がどのように下へ崩れたかについて、嘘をつている場合、他の何でも、信じることができない。」彼女は言いました。「そうすると、彼らは、もしその一部でなければ、なぜ私たちに正しくない話を伝えたいと思うでしょうか。」実際、緑化および他のエキスパートは言う、ジョーンズが引用する鋳造の金属は平面からの最も適当なアルミニウムおよび説明の任意の数でした、テルミットよりありそうです。また、全米標準・技術研究所の報告書は、一旦床が落ち始めたと連鎖反応中の内部から建物がどのように倒壊したか説明します。「私たちは、他のものに関する見解を尊重します。しかし、私たちは、人々が要求しているものを示す証拠をまったく見ませんでした」と研究所スポークスマン、マイケル・ニューマンが言いました。ウィスコンシン高官は、彼らがバレット(付属物)の見解を支持しないと言います。しかし、調査が終えた後、彼は教室で資料を確実に扱うでしょう。それは多くの州立法者を鎮静しませんでした。「メインからオレゴンへの一般大衆は、なぜ貿易タワーが落ちたか知っています。」と言った、スティーヴンNass共和党員(共和党員)。「それは不人気な考えの問題ではありません;それは質の高い教育の問題および学生にそれらの金銭の教室の価値を与えることです。」

In a July 20 letter obtained by The Associated Press in an open records request, Wisconsin Provost Patrick Farrell warned Barrett to tone down his publicity seeking, and said he would reconsider allowing Barrett to teach if he continued to identify himself with the university in his political messages.



BYU's physics department and engineering school have issued statements distancing themselves from Jones' work, but he says they have not interfered.



At Clemson, Wood did not receive tenure last year, but her former department chair, Imtiaz ul Haque, denies her accusation that it was at least partly because of her Sept. 11 views.



"Are you blackballed for delving into this topic? Oh yes," Wood said. "And that is why there are so few who do. Most contracts have something to do with some government research lab. So what would that do to you? The consequences are too great for a career. But I made the choice that truth was more important."



"If we're in higher education to be trying to encourage critical thinking," Wood says, "why would we say 'believe this because everybody else does?"'



7月20日、AP通信社の文字を得る事によってその中で、1つの、開いたレコードは要求します、ウィスコンシン大学の事務局長パトリック・ファレルは、彼の自己宣伝を和らげるようにバレットに警告し、彼が再考するだろうと言いました、教えるバレットの許可、彼が政治的なメッセージ中で大学に賛同し続けた場合。BYUの物理学部および工学技術学校は、ジョーンズの仕事から距離を置く声明を発表しました。しかし、彼は、それらが妨げていないと言います。クレムソンで、ウッドは昨年保有を受け取らなかったけれども、彼女の前部門の椅子、イムティアズ・ウル・ハクは、それが彼女の9月11日の見解のため少なくとも部分的にあったと彼女の告発を否定する。

11の見解。「このトピックを徹底的に調べるために反対投票されますか。おお、はい。」ウッドは言いました。「また、そのため、行うそれほどほとんどはいません。ほとんどの契約はある政府研究研究所と関係があります。そうすると、それはあなたに何を行うでしょうか。結果は経歴には大きすぎます。しかし、私は、真実がもっと元あった選択を行ないました、重要です。」「私たちが重大な思考を促進しようとしているために高等教育にいれば」ウッドは言います、「なぜ、でしょう、私たちは言います[他の人すべてが行うので、これを信じる事ができるか?]

'

第175便 WTCが衝撃のすぐ前の写真。

Flight 175 Photo, just before impact with the WTC.


I have looked at this photo a lot since i noticed it long ago. It never seemed quite right to me.

There are several thing which need to be addressed, since this is perhaps the highest quality photo of any of the 9/11 planes from that day.



The first thing that struck me as odd is the 2 bright spots, just above the yellow circles on the bottom of the plane.

These have not been explained to my satisfaction, and do not fit the normal UA paint job.

Photos of UA 767 craft are posted below for comparison.

There are 2 white stripes on in front , and one in back on the bottom of the plane.

I go into more detail about the white lines here...


昔にそれに気付いて以来、私はこの写真を大いに見ています。 それは全く私への右に決して見えませんでした。

そこでは、その日から引き続いて数個がそれのこれ以来記述されるべきである必要性が恐らく9/11テロ飛行機のどれかの最も高い上質の写真であるものですか?


変であるとして私を打った最初のものは2つの明るい場所です、飛行機の下部の黄色い円のすぐ上で。

これらは、私の満足に説明されていなくて、また通常のUA塗料仕事に合いません。

UA767工芸の写真は比較のために以下に掲示されます。

飛行機の下部で後部で前部、および1でオンな2つの白いしまがあります。

私は白い線に関するその他の詳細にここに入ります




612ua.0catch.com/1.html


Also,

Below, is from Mr. Grossmanns page....


www.cloakanddagger.ca/media/Grossmann/081%209-11%20Tests.htm




Now, on to the next problem I see.

This needs more work, and I am open to suggestions, but a quick look at this photo tells me something is drastiacally wrong.



Look at the tail section of the photo.

The tail fin is sticking up in the air, giving one the imperession that the plane is only slightly banking.

The rest of the tail, is showing the same thing. the horizontal axis, makes it look like the plane is nearlty upright.



When you look at the bottom of the plane, and the wingspan, it seems she is showing us her belly broadside.

The top wing is lit by the morning sun, on its underside. This one wing looks to be broadside to the camera.

The rest of the plane does not.

The sun only lights the portion of the top of the plane leading to, but not including the belly.

It strikes the 2 objects, which reflect, and cast shadows, giving them a 3-D appearance.



#1


今、次の問題を私は見ます。

私はあらゆる提案に耳を傾けますが、この写真のクイック・ルックは何か問題がdrastiacallyにあると私に言いますこれは、より多くの仕事が必要があります、そして、。


写真のテール部分を見てください。

飛行機がわずかに盛り土しているだけである印象を1つに与えて、テールフィンは空気中に刺さっています。

テールの残りは同じことを示すことです。水平な軸、飛行機が見えるように見える造は垂直にnearltyされます。


あなたが飛行機の下部、および翼幅を見るとき、彼女が舷側で私たちに腹を見せているように思えます。

最高翼は下側で朝日によって点灯されます。 この1つの翼が、カメラには舷側にあるように見ます。

飛行機の残りはそうしません。

太陽は腹を通じますが、含まない飛行機の先端の部分を点灯するだけです。

それは2個の物を打ちます。(立体外観をそれらに与えて、物は、影を反映して、投げかけます)。



fake flight 175




On the photo below, the yellow line on the tail shows what one would expect on the photo above.

the rest of the tail section, is blocking the tail fin and Logo.



One more point, is that the engines seem to hang differently.

While the engine on the left wing, seems to hang straight down from the pylon, the engine on the right wing is facing the camera.



以下の写真の上では、テールの黄色い線は1が上の写真の上で予想することを示します。

テール部分の残りはテールフィンとLogoを妨げることです。


もうひとつのポイントはエンジンが異なって掛かるように思えるということです。

左翼でエンジンをゆったり過ぎて、目標塔からまっすぐ垂れ下がるように、右翼のエンジンがカメラに面しているように思えます。















そのように、現在ショットを取ったとき、私たちはカメラの角度を考慮に入れなければなりません。


以下の写真はジェットのいくらか後ろから取られるように見えます。

それは実際にさらに後部から取られるように思えます、飛行175この写真が私が飛行175

写真に見つけることができた中で最もより近いマッチである。



boeing 737 plane



For the UA logo to be seen, the photo would have to have been taken so much from the rear, it would be apparent.

In looking at the engines on both photos, it seems that the engine is flat to the camera in the 175 photo, while, in the 737 photo, we see the back side of the engine.


探して、写真が取ったために持っているUAロゴにおいて、後部から、そうするほど非常に明らかにしてください。

両方の写真の上のエンジンを見る際に、エンジンが175写真のカメラに平坦であるように思えます、私たちは737写真の、エンジンの逆側面を見ますが。



#4 (UA Boeing 767 Sim)


boeing 767 simulation



Trying to get a perfect match to the picture in question,

I used a 3-D simulation and rotated the craft. I used a United Boeing 767.



In order to see the logo poke out from behind the rest of the tail section,

I had to turn it so much I got the image above.



To see if the 3-D sim was accurate, I compared it to the photo below, and it seemed to match fairly well.

>For the camera to have seen the wing as flat as it appeared, the verticle tail fin would have to be tilted much more than it was in the photo.



The only other explanation is that either the wing was broken, or bent to a large degree.

From what I understand, the wing can bend a bit during a hard bank, but I think it unlikely it could have bent this much.

Given the above, this still does not explain the rest of the tail section.









#3

flight 77 and 737


似合いの二人を問題の絵に手に入れようとして、私は、立体シミュレーションを使用

して、工芸を交替させました。 私はユナイテッド・ボーイング767を使用しました。


テール部分の残りの後ろからロゴつつきを終わりまで見るために、非常にたくさんそれ

をターンしなければならなかったので、私は上のイメージを得ました。


立体simが正確であったかどうか確認するために、私はそれを以下の写真と比較しました、そして、それは公正に釣り合うように思えました。

>カメラが、現れたように翼が平坦であるとみなしたように、verticleテールフィンはそれが写真にあったよりはるかに傾けられなければならないでしょう。


他の唯一の説明は翼がかなり壊れていたか、または曲がったということです。

私が理解していることから、翼は固い銀行の間少し曲がることができますが、私は、それがありそうもないと考えます。それはこれだけを曲げたかもしれません。

上記を考えて、これはまだテール部分の残りについて説明していません。



(see photo #1 red line)




#5

767 plane 3-D sim





Take into comaprison the photo above (UA plane) and below (flight 175).

Imagine the plane above tilted so that the wing was broadside to us.

The logo would NOT be visible, if it were,

it surely would NOT be seen in back of the rest of the tail section as in the picture below.




#6

flight 77




In the article below from Rense...Renseからの以下の記事で…



rense.com/general63/secnd.htm


Quote

* A planar antenna is a flat plane antenna (like a pizza) and the one that I'm talking about appears to be on the vertical stabilizer (vertical fin). It could be a logo, but it doesn't look like a UA logo. I WISH =that we had the technology to define the picture further, perhaps using adaptive neural artificial technology..... way out on the bleeding edge

引用文

* 平面アンテナは平坦な飛行機アンテナ(ピザのような)です、そして、私が話しているものは垂直安定板(垂直なフィン)の上にあるように見えます。 ロゴであるかもしれませんが、それはUAロゴに似ていません。 私たちがさらに絵を定義する恐らく出血でずっと出ている適応型の神経の人工の技術を使用する技術に斜めに進ませたI WISH=


Quote

* A planar antenna is a flat plane antenna (like a pizza) and the one that I'm talking about appears to be on the vertical stabilizer (vertical fin). It could be a logo, but it doesn't look like a UA logo. I WISH =that we had the technology to define the picture further, perhaps using adaptive neural artificial technology..... way out on the bleeding edge




* The blades antennas (circled in yellow) in the photos look too large to me to be a standard VHF type aircraft blade. The size would indicate a lower frequency... they could be high gain microwave antennas.

* Microwave is highly-directional but the very short wavelength would make very fine control possible.


Well, I have a hard time believing this is an antenna, and not a UA logo.

I also wish we had a better photo.


Let me get to the point that i have in bold.


The size would indicate a lower frequency... they could be high gain microwave antennas.


* 写真の刃のアンテナ(黄色で、旋回される)は標準のVHFタイプ航空機刃に私にはであることができない大きく見えます。 サイズは、それらが高い利得マイクロ波アンテナであるかもしれないことを下側の頻度に…示すでしょう。

* 電子レンジは非常に方向上ですが、まさしくその短波長で、非常によいコントロールは可能になるでしょう。


さて、私はこれがUAロゴではなく、アンテナであると信じているのに苦労します。

また、私は、私たちには、より良い写真があるのを願っています。


私を大胆さに持っているポイントに着かせてください。


サイズは、それらが高い利得マイクロ波アンテナであるかもしれないことを下側の頻度に…示すでし

ょう。

Microwave is not a lower frequecny,it is a VERY high frequency. I am an R.F. engineer.

Also, these antennas are what is called an omni-directional. This means they have a 360 degree radius.

Microwaves are usually sent through a VERY directional antenna, like a dish. An Omni, is the opposite.

Omni antennas are much lower gain bcuase they do not concentrate the power in one narrow direction as a dish would.


* Microwave is highly-directional but the very short wavelength would make very fine control possible.


Control for what ? sorry I dont understand the point here.

If it is in reference to remote control, the wavelength doesnt matter.

I am not opposed to remote cotrol of these aircraft by any means, I support the idea, I just want to get the facts correct.

Remote control would be done by a data stream. Frequency doesnt matter, if you have a working link, you have control.

It either works or it doesnt.




A planar antenna would be very directional, though a phased array could possibally give up to about 100 degrees horizontal beamwidth, and the vertical beamwith would be inhibited by the bottom tail fin.





電子レンジが下側の周波数でない、それは非常に高い頻度です。 私はR.F.技術者です。

また、これらのアンテナが呼ばれるものである、全方向上である。 これは、彼らには360度の半径があるのを意味します。

通常、皿のような非常に方向のアンテナを通して電子レンジを送ります。 Omniは正反対です。

全アンテナは皿としての1つの狭い方向へのパワーがそうする濃縮ではなく、それらがするはるかに低い利得であるわけだ。


* 電子レンジは非常に方向上ですが、まさしくその短波長で、非常によいコントロールは可能になるでしょう。


残念な無いが何のためにここでポイントを理解しているかを制御してください。

遠隔操作に関しているなら、波長の件です。

私はこれらの航空機のリモートコントロールに決して反対しないで、私は考えを支持して、私は、事実が正しくなって欲しいとただ思います。

データ・ストリームで、遠隔操作するでしょう。 働くリンクがありましたら頻度無視は重要であり、あなたはコントロールを持っています。

それが働いているか、またはそれは無視されます。




平面アンテナは非常に方向上でしょう、段階的なアレイが可能性におよそ100度の水平なビーム幅に降参するかもしれません、そして、垂直なビームで下部テールフィンによって禁止されるでしょうが。

Now, with a phased array, it is POSSIBLE to manipulate the beam.

Above...

The planes tail in black.

The antenna panel in blue

The normal R.F. pattern in red.

The optimized R.F pattern in purple.


So, with a directional antenna downtilted through the phased array, the signal could be picked up by someone within a mile or so, with a reciever on top of a building and a joy stick and controlls for the plane.




The plane would be giuded to the WTC by GPS, and at some point close to the WTC, the person operating the joystick would take over.




Personally, I would think it much easier to use the existing onboard VHF anttennas and modify, or install a transceiver on a different frequency, and pump a lot of power into an omni antenna.




Another problem with microwave, is it is VERY line of sight.

The higher in frequency you go, the easier it is to block the signal if something is in between the 2 antennas.

現在、段階的なアレイで、それはビームを操作する可能です。

上…

黒で飛行機について行きます。

青のアンテナパネル

赤の正常なR.F.パターン。

紫色の最適化されたR.Fパターン。


したがって、指向性アンテナが段階的なアレイを通してdowntiltedされている状態で、だれかがおよそ1マイル以内で信号を受信することができました、飛行機のためのビルの上の受信機、アンテナ棒、および操作盤で。




飛行機はGPSによるWTCと、WTCの近くの何らかのポイントで案内されるでしょう、ジョイスティックが持って行く人の操作。




個人的に、私は、トランシーバーを異なった頻度にVHFアンテナで存在を使用して、変更するか、またはインストールして、全アンテナに多くのパワーをポンプで送るのがはるかに簡単であると思うでしょう。





電子レンジに関する別の問題がそれがあるということである、非常に、照準線。

あなたが頻度で高ければ高いほど、2個のアンテナの間には、何かがあるなら、それは信号をより妨げやすいです。
Of course if the antennas were very large, and on a rooftop, there would be no problem.

Also, with an omni, it could be controlled from a helicopter or other aircraft.

It would take a certian amount of power to send a stable video signal from a moving object,

and large antenna to recieve one.




Democratic Underground has done a little homework, and it appears that these antennas were NOT there, prior to, or just after 9/11. They have also identified the building.

This is a bit curious, that would be no small expense to put cranes on top of a building.

If anyone knows the details of these cranes, and the purpose that the antennas were used for I would be interested in finding out. if so, please email me at

peace4u4 at ml1.net


As for the "POD" i see it as a non-issue, the bigger picture is if this is flight 175 or not.

Fake videos and photos mean to me, that someone doesnt want us to know what it was.

非常に大きく、屋根に関してアンテナもちろん、問題が全くないでしょう。

また、全、ヘリコプターか他の航空機からそれを制御することができました。

それは安定したビデオ信号を動く物、および大きいアンテナから受信機1に送るパワーのcertianの大きさを取るでしょう。


民主党の底辺は少しの宿題をしました、そして、これらのアンテナが9/11テロの前か9/11テロのすぐ後にそこになかったように見えます。 また、彼らはビルを特定しました。

これが少し好奇心が強い、それは、ビルの上にクレーンを置くためには小出し費用でないでしょう。

だれでも詳細を知っているなら、これらのクレーン、およびアンテナが使用された目的では、見つけたいと思うでしょう。そうだとすれば、ml1.netのpeace4u4で私にメールしてください。


「さや」に関して、私はそれをどうでもいい問題であるとみなして、より大きい絵はこれが飛行175である

かどうかということです。

にせのビデオと私への写真平均で無い、そのだれかが、私たちに、それが何であったかを知って欲しいです。


イラクのレジスタンスは今も続く・・。

Iraqi Resistance Report for events of Thursday, 31 August 2006


Translated and/or compiled by Muhammad Abu Nasr, member, editorial board, the Free Arab Voice









木曜日,2006年の8月31日のイベントのためのイラクの抵抗リポート

ムハマド・アブ・ナサ、メンバー、編集局、自由なアラブ人Voiceによって翻訳されて、および/または編集される



アメリカ人の狙撃兵は木曜日にar-Ramadiの4人のイラク民間人を殺します。

都市の米国の射撃の名手で総死亡者数を彼らの半分以上が女性と子供1週間後に冷酷に銃殺された33人の民間人にもたらした。





冷酷に: 彼女の木曜日の真昼を殺して、バグダッドの狙撃兵という米国の海兵隊員は年配のパレスチナ人女性の後部を撃ちます。





米国軍人が報告したバグダッドの高速道路の爆撃南で殺されました。





キイラクのResistanceは拷問におけるシーア宗派のガンマンのためにTalibiyahのバグダッド地区のセンターBurathaモスクを爆破します。









In this new and expanded edition of Michel Chossudovsky's 2002 best seller, the author blows away the smokescreen put up by the mainstream media, that 9/11 was an attack on America by "Islamic terrorists". Through meticulous research, the author uncovers a military-intelligence ploy behind the September 11 attacks, and the cover-up and complicity of key members of the Bush Administration.

The expanded edition, which includes twelve new chapters focuses on the use of 9/11 as a pretext for the invasion and illegal occupation of Iraq, the militarisation of justice and law enforcement and the repeal of democracy.


According to Chossudovsky, the "war on terrorism" is a complete fabrication based on the illusion that one man, Osama bin Laden, outwitted the $40 billion-a-year American intelligence apparatus. The "war on terrorism" is a war of conquest. Globalisation is the final march to the "New World Order", dominated by Wall Street and the U.S. military-industrial complex.


September 11, 2001 provides a justification for waging a war without borders. Washington's agenda consists in extending the frontiers of the American Empire to facilitate complete U.S. corporate control, while installing within America the institutions of the Homeland Security State.






Chossudovsky peels back layers of rhetoric to reveal a complex web of deceit aimed at luring the American people and the rest of the world into accepting a military solution which threatens the future of humanity.







増補版。(その増補版は民主主義のイラクの侵入と不法占拠、正義の軍国主義化、法施行、および撤廃のための口実として9/11テロの使用の12の章の焦点を含んでいます)。


Chossudovskyによると、「テロに対する戦争」は1人の男性(オサマ・ビン・ラディン)が$400億(毎年)のアメリカの知性装置の裏をかいたという幻想に基づく完全な製作です。 「テロに対する戦争」は征服戦争です。 グローバル化は、ウォール街によって支配された「新世界秩序」への最終的な行進と米国軍産複合体です。


2001年9月11日は境界なしで戦争を行うための正当化を提供します。 ワシントンの議題は、アメリカの中で国土安全保障の団体をインストールしている間、完全な米国の法人のコントロールを容易にするためにアメリカの帝国の国境を広げながら、存在します。


Chossudovskyは、アメリカ人の人々と他の国々が人類の未来を脅かす軍事の解決策を受け入れるのに誘い込むのを目的とされた偽りの複雑なウェブを明らかにするために裏板の修辞学をむきます。


"Millions of people have been misled regarding the causes and consequences of September 11.


When people across the US and around the World find out that Al Qaeda is not an outside enemy but a creation of US foreign policy and the CIA, the legitimacy of the bipartisan war agenda will tumble like a deck of cards." (Michel Chossudovsky, first edition, 2002)


Across the land, the image of an "outside enemy" is instilled in the consciousness of Americans. Al Qaeda is threatening America and the world. The repeal of democracy under the Patriot legislation is portrayed as a means to providing "domestic security" and upholding civil liberties.


The 9/11 Commission Report destroys the historical record of US covert support to international terrorism, while creating the illusion that America and "Western Civilization" are threatened. In turn, the various terrorist warnings and code orange alerts have created, across America, an atmosphere of fear and intimidation.


Michel Chossudovsky, Second Edition, 2005

「数百万人の人々は9月11日の原因と結果について誤解させられている」。

「米国を横切る、そして世界のまわりの人々が、アルカイダが外の敵ではなく米国外交方針とCIAの作成であることを見つけ出す時に、超党派の戦争課題の合法性はトランプ一組のように転ぶであろう」。

(ミッシェルChossudovsky、初版、2002年)

土地を横切って、「外の敵」のイメージはアメリカ人の意識に教え込まれる。

アルカイダはアメリカと世界を脅かしている。

パトリオット立法下の民主主義の廃止は、「国内の安全」を提供し、市民的自由を支持するための方法として描かれる。

アメリカと「西欧文明」が脅かされているという錯覚を作成する間に、9/11の委員会リポートは国際テロへの米国潜伏所サポートの過去の記録を破壊する。

次々、様々なテロリスト警告とコードオレンジ警告はアメリカ、恐怖の大気、および威嚇を横切って作成した。

ミッシェルChossudovsky、第2版、2005年


ミシェルChossudovskyの2002ベストセラーのこの新しくて拡張版、作者は、その9/11テロは「イスラム教のテロリスト」によるアメリカへの攻撃でした。 細心な研究で、作者はブッシュ政権の主要なメンバーの米国同時多発テロ、もみ消し、および共犯の後ろで軍情報部仕事の覆いを取ります。

犯人はでっち上げ?

- WHAT THEY DON'T WANT YOU TO KNOW DEPARTMENT -

?

Second Officer Says 9/11 Leader Was Named Before Attacks

?



An active-duty Navy captain has become the second military officer to come forward publicly to say that a secret intelligence program tagged the ringleader of the Sept. 11 attacks as a possible terrorist more than a year before the attacks.

?

The officer, Scott J. Phillpott, said in a statement on Monday that he could not discuss details of the military program, which was called Able Danger, but confirmed that its analysts had identified the Sept. 11 ringleader, Mohamed Atta, by name by early 2000. "My story is consistent," said Captain Phillpott, who managed the program for the Pentagon's Special Operations Command. "Atta was identified by Able Danger by January-February of 2000."

?

His comments came on the same day that the Pentagon's chief spokesman, Lawrence Di Rita, told reporters that the Defense Department had been unable to validate the assertions made by an Army intelligence veteran, Lt. Col. Anthony Shaffer, and now backed up by Captain Phillpott, about the early identification of Mr. Atta.

?

Colonel Shaffer went public with his assertions last week, saying that analysts in the intelligence project were overruled by military lawyers when they tried to share the program's findings with the F.B.I. in 2000 in hopes of tracking down terrorist suspects tied to Al Qaeda.

?

Mr. Di Rita said in an interview that while the department continued to investigate the assertions, there was no evidence so far that the intelligence unit came up with such specific information about Mr. Atta and any of the other hijackers.

?

He said that while Colonel Shaffer and Captain Phillpott were respected military officers whose accounts were taken seriously, "thus far we've not been able to uncover what these people said they saw - memory is a complicated thing."

?

The statement from Captain Phillpott , a 1983 Naval Academy graduate who has served in the Navy for 22 years, was provided to The New York Times and Fox News through the office of Representative Curt Weldon, a Pennsylvania Republican who is vice chairman of the House Armed Services Committee and a longtime proponent of so-called data-mining programs like Able Danger.

?

Asked if the Defense Department had questioned Captain Phillpott in its two-week-old investigation of Able Danger, another Pentagon spokesman, Maj. Paul Swiergosz, said he did not know.

?

Representative Weldon also arranged an interview on Monday with a former employee of a defense contractor who said he had helped create a chart in 2000 for the intelligence program that included Mr. Atta's photograph and name.

?

The former contractor, James D. Smith, said that Mr. Atta's name and photograph were obtained through a private researcher in California who was paid to gather the information from contacts in the Middle East. Mr. Smith said that he had retained a copy of the chart until last year and that it had been posted on his office wall at Andrews Air Force Base in Maryland. He said it had become stuck to the wall and was impossible to remove when he switched jobs.

?

In its final report last year, the Sept. 11 commission said that American intelligence agencies were unaware of Mr. Atta until the day of the attacks.

?

The leaders of the Sept. 11 commission acknowledged on Aug. 12 that their staff had met with a Navy officer last July, 10 days before releasing the panel's final report, who asserted that a highly classified intelligence operation, Able Danger, had identified "Mohamed Atta to be a member of an Al Qaeda cell located in Brooklyn."

?

But the statement, which did not identify the officer, said the staff determined that "the officer's account was not sufficiently reliable to warrant revision of the report or further investigation" and that the intelligence operation "did not turn out to be historically significant."

?

With his comments on Monday, Captain Phillpott acknowledged that he was the officer who had briefed the commission last year. "I will not discuss the issues outside of my chain of command and the Department of Defense," he said. "But my story is consistent. Atta was identified by Able Danger by January-February of 2000. I have nothing else to say."

- それらがしないものはあなたに、部門を知ってほしい-

2等航海士は、9/11のリーダーが攻撃の前に名付けられたと言う。

現役の海軍指導者は、秘密の知能プログラムが攻撃の年以上前に9月11日の攻撃の首謀
者を起こり得るテロリストと名付けたと言うために公然と志願する2番目の陸軍将校になった。

彼が軍隊のプログラムの詳細を議論することができなかったという月曜日の論述において、役員、スコットJ. Phillpottは言った(それは有能な危険と呼ばれたけれどもそのアナリストが2000年初めまでに名前のために9月11日の首謀者、モハメド・アタを識別したことを立証した)。

「私の話は一貫している」と、国防総省の特殊作戦コマンドのためにプログラムを管理したPhillpott指導者は言った。

「アタは2000の1月-2月までに有能な危険によって識別された」。

国防総省の主要なスポークスマン、ローレンスDiリタがレポーターに、国防省が、軍隊知能ベテラン、Lt. Col.アンソニー・シェーファーによってされて、アタさんの早期発見について今Phillpott指導者によってバックアップされた主張を有効にすることができなかったと言ったのと同じ日に、彼のコメントは来た。

彼らが、アルカイダに縛られたテロリストだと疑われている人を突きとめる希望において2000年にプログラムの発見をF.B.I.と共有しようとした時に、知能プロジェクトの中のアナリストが軍隊の弁護士によって却下されたと言って、シェーファー大佐は先週彼の主張を公開した。

ダイリタさんは、インタビュー that 部門が主張を調査し続けた において言い、これまでに証拠が全然なく、情報部隊は、アタさんおよび他のハイジャック犯人のうちの誰についてのそのような具体的な情報でも考え出した。

シェーファー大佐とPhillpott指導者が、アカウントがまじめに取られた尊重された陸軍将校、「これまでのところ、私達は、これらの人々が、彼らが見たと言ったものをむきだしにすることができなかった - メモリーは複雑な物である」である間、彼はそれを言った。

Phillpott指導者(22年の間海軍に勤務している1983年の米国海軍兵学校の卒業生)からのステートメントは、代表するカート・ウェルドン(家軍事委員会の副会長と有能な危険のようないわゆるデータマイニングプログラムの長期の提案者であるペンシルベニアの共和党員)のオフィスを通してニューヨーク・タイムズとフォックスのニュースに提供された。

国防省が有能な危険のその2週目の調査においてPhillpott指導者に質問したかどうかを尋ねられて、別の国防総省のスポークスマン、少佐ポールSwiergoszは、彼が知らないと言った。

彼が、アタさんの写真と名前を含んだ知能プログラムのために2000年にチャートを作るのに役立ったと言った防衛関係の請負業者の前の従業員と、代表するウェルドンはまた月曜日にインタビューを取り決めた。

前の契約者、ジェームズD.スミスは、アタさんの名前と写真が、金を払って中東のコンタクトから情報を集めさせられたカリフォルニアの私的な研究者によって得られると言った。

スミスさんは、彼が昨年までチャートのコピーを保持していて、それがメリーランドのアンドルース空軍基地で彼のオフィス壁に貼り出されたと言った。

彼は、それが壁に貼り付けられたと言い、彼が転職した時に、除去することが不可能であった。

昨年のその最終報告の中で、9月11日の委員会は、アメリカ諜報機関が攻撃の日までアタさんに気づかないと言った。

9月11日の委員会のリーダーは、彼らのスタッフが、高く分類された情報収集活動、有能な危険が、「ブルックリンに置かれたアルカイダセルのメンバーであるモハメド・アタ」を識別したと断言したパネルの最終報告をリリースする10日前に海軍士官去年の7月と出会ったと8月12日に認めた。

しかし、役員を識別しなかったステートメントは、スタッフが、その「役員のアカウントは、リポートまたはより一層の調査の改訂を保証するために十分に信頼できなかった」とそれを決定すると伝えていた 「歴史的に重要であると判明してはならなかった。」という情報収集活動 。

月曜日の彼のコメントによって、Phillpott指導者は、彼が、昨年委員会に概要説明した役員であったと認めた。

「私は私の指揮系統と国防総省の外で問題を議論しない」と彼は言った。

「しかし、私の話は一貫している」。

アタは2000年の1月-2月までに有能な危険によって識別された。

「私には、他に言うことは何もない」。


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR