FC2ブログ

アラカルト・。

デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報


2006年09月29日


(1)ブレア引退


アイクのニュースレターより



ゴマすりが世界を支配する……



blairwidea.jpg



clintonf.jpg



……このSycophant(ゴマすり)なしでは、Demon(悪魔)たちは生きてゆくことができない。



Sycophant(ゴマすり):「「奴隷みたいにあべっかを使うやつ。crawler(ゴマすり)」-Allwords.com

Demon(悪魔):evil(邪悪), harm(悪意), distress(悲惨)または ruin(破滅)の媒介物もしくは源-Merriam-Webster Online Dictionary



今週、うそつきマシーンのAnthony Blairは、マンチェスターの労働党党大会で指導者として、最後のスピーチを行った。やはり、いつものように、lies(うそ), exaggerations(誇張) そして avoidance of reality(現実忌避)のオンパレードだった。ブレアのスピーチに、半分でも真実が見つかるとすれば、それはタイプミスから来たものだ。ある新聞では、「ブレアが語った言葉の大部分は、彼が宣誓していたとしたら、偽証罪にあたるものだろう」と書かれている。



しかし、彼の口から出た最後のうそで、労働党の熱心な支持者は元気を取り戻している。この吐き気を覚えるような大見世物に、9分間も拍手と喝采を送っていたのは、ひざまずいてそうしていたと象徴的には言えるだろう。何十万の死者は忘れられている。征服戦争と大量殺人を導いたウソは、もはや、みんなの意識にはない。



そうは言っても、「sycophancy(へつらい)」とは、記憶喪失の状態を言うのだ。



これまでも、日本は、監視カメラの導入とか、郵政民有化とか、いろいろ本国イギリスと相似したところがありましたが、総理の引退も相似しているのですね。

相似しているとすれば、ブレアの次で、日本の新総理も、ただの血筋のよいおぼっちゃんだけなのかどうか、分かるでしょう。






(2)人権と情報隠蔽ですか・。






RaAfMH2SDT0

失敗を繰り返す事で成功を収めるというセオリー通りの宇宙開発。しかしこの成功は人民の犠牲のうえ(餓え、上)になりたってい る。隠蔽体質の中国政府が発表しないのでイギリスのテレビ番組ディスカバリーが暴露。





スポンサーサイト



株式市場の暴落と不況

THE STOCK MARKET CRASH AND DEPRESSION



どの中央銀行も造られないであろうウィルソンの誓約の後で、フーバーは永久的な繁栄を約束します:

「私達は、まだゴールに到着しているのでなく最近の8年の方針によって前に行くチャンスを与えて、私達はすぐ神の助けによって、貧乏が国家から追放されるであろう日の見えるところにいます」。

従って、大統領として共和党の指名を認めている彼のスピーチにおいて1928年8月12日にハーバート・フーバーを言いました。

フーバーは最も中流の人々のために話しました。

彼らは、無限の十分のアメリカン・ドリームが実現に近かったと思いました。

南北戦争の間に増進しはじめた巨大な産業機械は大量生産のすばらしい高所に到着しました。

組み立てラインは百万によって製品を注いだ一方、それらを買うために、広告は消費者を刺激しました。

当事者、アイスボックス、およびうば車から、国は浴室、電気冷蔵庫、および自動車の新しい時代の中にほとんど一夜で動きました。

洗濯機、電気掃除機、および電話機は、ライフをより容易で、より便利にすると約束しました。

手製の娯楽はラジオと映画に譲歩しました。

アメリカビジネスとアメリカ販売術は永久的な繁栄に急いで行っている急行列車に乗って国家を置きました。

1


不況を計画するために、連邦準備制度理事会は1920年5月18日に秘密の会合を催しました。

大きな銀行は、株を、1919年の138.12の最高水準から1921年の66.24の最低水準に落ちさせて、貸付金を呼びはじめました。

国債の価値が落ちた時に、彼らは、いっそうより多くの貸付金を呼ぶことを強制されました。

数千人の銀行の顧客が彼らのメモを支払うことができなかった時に、銀行は彼らの財産をつかみました。

1922年の後に、利益は上がり、それらの準備より10倍多く貸す連邦準備銀行の能力によって、クレジットは容易に得られました。

1923年から1929年まで、80億ドルは赤字からスライスされました。

準備はマネーサプライを62%拡張し、この余分なお金は、株式市場をすばらしい高さまで言うために使われました。

メディアは、株式市場から作られる莫大な利益があったと公表しはじめました。

この押しは、ブームを可能にし、後で財政危機を招こうとしていた1926年の国際銀行家のミーティングで計画されました。

1928年に、ドルの購買力の安定の上の家ヒアリングは、連邦準備制度理事会が、彼らが、主要な衝突であるかもしれないと信じたものを計画するために1927年の秘密の昼食で様々なヨーロッパ中央銀行の頭と出会ったと明らかにしました。

1929年2月6日に、その後、モンタギュー・ノーマン、イングランド銀行の会長は、アンドリュー・メロン、財務長官と合流する米国に来て、ポール・ワールブルクが、1929年3月の秘訣(何で、それを金と銀に再投資して、未来が株式市場の外で彼らのお金を保持したか、取ってきたかを知っていた啓蒙主義者メンバー)を出した後に、準備は、割引率を引き起こすことによる、そして次の数ヶ月の間のその金融政策をリバースしました。

衝突の前の年に、500の銀行が倒産しました。

1929年10月24日に、ニューヨーク金融機関は、貸付金を清算するためにこっけいな低価格で株を売却することをそれらの顧客に強制して、それらの貸付金を呼びはじめました。

株価は90%低下し、米国証券は260億ドルを失いました。

数千のより小さな銀行と保険会社は破産し、百万長者であった人々は現在一文無しでした。

1929年から1933年までの衝突の後に不況を長引かせるために、準備は、3分の1によってマネーフローを減らしはじめました。

大恐慌は、それが知られたので、お金を人々から取り去るためと彼らをルーズベルトのその後のニューディールプログラムを通して政府に依存させるために啓蒙主義者によって設計されました。

ルイスT.マクファデン下院議員、家バンキングの会長、および通貨委員会は言いました:

「それは全然事故ではありませんでした」。

それは慎重に考案された出来事でした…

「国際銀行家は、ここで絶望の条件を引き起こすことに努めたので彼らが私達すべてのルーラーとして出現するかもしれません」。

制限された範囲まで、この同じ方法は、1937年,1948年,1953年,1956年,1960年,1966年,1970年と1979年に小さな‘不況’を作成するために使われました。

彼の本の中で、カーティス・ドール(フランクリン・ルーズヴェルトの女婿)による私の利用された義父は書きました:

「不況はニューヨーク金融市場の中のコール・マネーの供給の計画された突然の不足によって引き起こされた世界お金能力による一般大衆の計算された‘切断’でした...一方の世界政府指導者と彼らのこれまで近い銀行家は今やお金のフル・コントロールと私的に所有されている連邦準備銀行の作成経由の米国のクレジット機械を取得しました」。








働いている人出身のホームレス

作家ルイス・アダミックは、彼が「悲劇の町」と呼んだものを蛇行していて、彼がローレンス、マサチューセッツ中で会った働いていない人を話しました:

私は、歩道に立っている人が、明らかに何かをしているためだけに手を風変わりな方法に放り込むのを見ました。

私は人がひとり言を言い、歩き回り、停止し、店のウィンドウを調査し、再び歩くのを見ました。

数分の間、私は、ドットを付けなかった疑問符の姿勢における巨大で、アイドルなエベレット・ミルズの近くの捨てられたコーナーに基づいた年配の人を見ました。

彼は私に会いませんでした。

時々、冷たかったのでではなく確かに、歩き回る以外、彼が活動を望んでいたので、彼は彼の腕を揺り動かしました(彼がたぶん、仕事を得る徒労において何年もの間していました)。

彼はぶつぶつ独り言を言いました。

それから、突然、彼は縁石から下りて、屑の山からストリングの長い作品を持ち上げて、彼の大きく、仕事が熱望した針は、熱狂して拘束的で、拘束的でないで、それによって作動しはじめました。

彼は数分の間ストリングによって働きました。

それから、彼は見回り、私に会って、罪または強烈な当惑の意識からのかのように、ストリング(少量を着色している彼の野生で、中空の顔)を落としました。

ゴミの山でうつむいて、数秒の間そこで振られて、と我慢されて、彼は混乱していて、それから、私で立ち上がりました。

彼の手は最終的に彼の側に落ちました。

そして、彼の腕は一種のアイドルな反射的な動作において揺れて、彼は回り、まるで彼が、どこに行くかを知らないかのように躊躇し 間 、最終的に、彼の腕をはためかせてオフにまぜられます。

私は、彼のオーバーが後ろに分割されて、彼のかかとが完全にすり減っていたことに気づきました。


In the wake of Wilson's vow no central bank would be created, Hoover promises permanent prosperity:


"We have not yet reached the goal, but given a chance to go forward with the policies of the last eight years, and we shall soon, with the help of God, be within sight of the day when poverty will be banished from the nation." So said Herbert Hoover on August 12, 1928, in his speech accepting the Republican nomination for President.


Hoover spoke for most middle-class people. They thought the American dream of unlimited plenty was close to fulfillment. The huge industrial machine that had begun building up during the Civil War had reached fantastic heights of mass production. Assembly lines poured out products by the millions, while advertising stimulated the consumer to buy them. From privy, ice-box, and buggy the country moved almost overnight into the New Era of bathrooms, electric refrigerators, and automobiles. Washing machines, vacuum cleaners, and telephones promised to make life easier and more convenient. Homemade amusements gave way to radio and the movies. American business and American salesmanship had put the nation aboard an express train rushing toward permanent prosperity. 1


The Federal Reserve Board held a secret meeting on May 18, 1920, to plan a depression. Large banks began calling in loans, causing stocks to drop from a high of 138.12 in 1919, to a low of 66.24 in 1921. When the value of government bonds plummeted, they were forced to call in even more loans. When thousands of the banks’ customers could not pay their notes, the banks seized their assets.


After 1922, profits rose, and with the Federal Reserve’s ability to lend ten times more than their reserves, credit was easily obtained. From 1923 to 1929, $8 billion was sliced off of the deficit. The Reserve expanded the money supply by 62%, and this excess money was used to bid the stock market up to fantastic heights. The media began publicizing that there was an enormous profit to be made from the stock market. This push was planned at a meeting of the International Bankers in 1926, who made the boom possible, and who were going to bring about financial disaster later.


In 1928, the House hearings on the Stabilization of the Purchasing Power of the Dollar, revealed that the Federal Reserve Board had met with the heads of various European central banks at a secret luncheon in 1927 to plan what they believed may be a major crash. On February 6, 1929, after Montagu Norman, Chairman of the Bank of England, came to the United States to meet with Andrew Mellon, the Secretary of Treasury, the Reserve reversed its monetary policy by raising the discount rate, and during the next few months, after Paul Warburg had issued a tip in March, 1929, Illuminati members, who knew what the future held, got their money out of the stock market, reinvesting it in gold and silver. In the year before the crash, 500 banks failed.


On October 24, 1929, the New York banking establishment began calling in their loans, forcing their customers to sell stock at ridiculously low prices in order to pay off the loans. Stock prices fell by 90%, and U.S. Securities lost $26 billion. Thousands of smaller banks and insurance companies went bankrupt, and people who had been millionaires, were now broke. To prolong the depression after the crash, from 1929 to 1933, the Reserve began to reduce the money flow by one-third.


The Great Depression, as it became known, was engineered by the Illuminati to take money from the people, and to make them dependent on the Government through the subsequent New Deal programs of Roosevelt. Congressman Louis T. McFadden, Chairman of the House Banking and Currency Committee said: “It was no accident. It was a carefully contrived occurrence ... The International Bankers sought to bring about a condition of despair here so they might emerge as the rulers of us all.”


To a limited extent, this same method was used to create minor ‘depressions’ in 1937, 1948, 1953, 1956, 1960, 1966, 1970, and 1979.


In his book, My Exploited Father-in-Law by Curtis Dall (son-in-law of Franklin D. Roosevelt) wrote: “The depression was the calculated ‘shearing’ of the public by the World Money powers, triggered by the planned sudden shortage of supply of call money in the New York money market … The One World Government leaders and their ever close bankers have now acquired full control of the money and credit machinery of the U.S. via the creation of the privately owned Federal Reserve Bank.”








掛替えの無い命・・優しい惑星に変えねば・。

http://www.youtube.com/watch?v=5a3ahoLXTuM&mode=related&search


懐かしいCM



明治安田生命CM 「たったひとつのたからもの」篇から・・。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


啓蒙主義者への訴え


Illuminatiへの上告。

2006 09 25


ヘンリーMakow博士で| news.uk.msn.com


神は人類を通して自身がわかろうとしています。 これはすべての本当の宗教の本質です。 創造者は雪片の完全性で人間の活気を吹き込みました。 男性は、たとえようもない美、平和、および幸福を発見するためにはこのデザインについて明察するだけでよいです。


情愛深い至福は人間の人生の中心です。 お金、セックス(ロマンス)、およびパワーに関する私たちの物欲はそれを呼び出す無駄な試みです。 しかし、さらにこの偽物を追求すれば追求するほど、私たちは、より遠くに正しいソースから外れます。 物欲の追求は、精神を奴隷にする傾向があります。 至福は、私たちがこれらの願望より大きくなっているのを必要とします。


比較的小さい徒党は人類を奴隷にしています。 これは、ほとんどの国のクレジットを制御するロンドンベースの中央の銀行業カルテルであり、Freemasonryを制御するIlluminatiの主ぜんまいです。 そして、政府のクレジットカードをくすねて、何にでも買うことができる、だれ、納税者に請求してください。


わずかな死すべき者しか世界を所有するこの誘惑に抵抗することができませんでした。 Illuminatiは神であり、それら自身の機能不全と発育遅延に従って、現実を定義したがっています。 彼らは、神(自然で道徳的なオーダー)への私たちの信念を梢消して、人類が意図されるように進化しないのを保証したがっています。 燐光体はそれらの神です; 疎外、革命、機能不全、およびデカダンスはそれらの崇拝のフォームです。


彼らは、私たちに私たちのディヴァイン集合が恋しく、テレビが年中無休、24時間お金、セックス(ロマンス)、および暴力を爆破している状態で冴えない刑務所の独房に苦しんで欲しいです。 囚人自身、彼らは私たちについて自分達の個人的な地獄に伝授するでしょう。


彼らが制御するマスメディアを見てください。 あなたは、それが、何を意味するかについて、あなたの心臓を暖かくして、あなたに思い出させる何でも人間であることがわかりますか? 人々に対する愛を述べて、伸ばす何かでも? それが貴族に叙するものは何か、教育して、上げて、(本当に、)権限を与えますか? あなたが一緒にうまが合っている人々と一緒になって、働いているのを奨励する何かでも?


皮肉にも、それらのドルの兆億長者は彼らが本当に欲しいものをそれらに買うことができません。 あなたとIのように、彼らは愛されたいです。 たった今、彼らは人々が嫌いです、そして、人々は彼らが嫌いです。 しかし、彼らが本物の恩人であるなら、へそ曲がりな秘密の議題がある「慈善家」よりむしろ、愛されているでしょうに。


私たちは彼らの負債奴隷です。 私たちの政府は推定上兆をそれらから借りています。 事実上、私たちが彼らの想像するローンのための現金への利息を支払ったので、彼らは兆を私たちから借りています。 取引しましょう。 彼らが世界の中央銀行のコントロールを放棄するなら、私たちはそれらの負債を許すつもりです。


アーロン・ルッソのフィルム、「アメリカ:」 「Freedomからファシズム」は、私たちが金儲けの機能を民主的に選出された政府に返さなければならないのを明らかにします。 これは何世紀もの間人類を苦しめている戦争と憂うつのサイクルを終わらせるキーです。 これは人類の霊的で文化的な開発を阻む死んでいる手を取り除くでしょう。


私たちはまさしくその要継続期間にアプローチしています。 ますます多くの人々が、9-11テロが制御破壊、計画的な大量殺人であったと認めます。 ほら、ビデオで「9-11テロ神話:」 「破壊。」 瓦礫の中では、鉄鋼の主要なコラムはことわざの痛い親指のように突き出ます。 騒音のこぎりが強力なオークを切るようにそれらは45度の角度でテルミット料金によって清潔に切られました。


加害者が、彼らがこれをうまくやると考えたと信じにくいです。 国家テロを使用して、彼らは、起訴から我が身をかばうために1984年の圧制を課しています。 彼らは、「文明の衝突」無料の促進する「決して終わっていない戦争」コントロールを誘発していて、私たちを侮辱します。


私は彼らに言います。 それが存在する唯一の場所、神のサービスと人類の愛で至福を見つけてください。 良くなくて、あなたは、真実をだまして、良く感じることができません。 あなたの経路は地獄につながります、そして、あなたは地獄から逃れないでしょう。


たった今、人類は、失われていて、意気消沈させられます。 しかし、形勢は既に一変しています。 真実は宇宙で最も強力な力です。 愛されているのを選んでください。 人類に再び加わってください、そして、私たちがディヴァイン運命を仮定するのを助けてください。


http://www.savethemales.ca/001754.html
からの記事


An Appeal to the Illuminati

2006 09 25


By Henry Makow Ph.D. | news.uk.msn.com


God is trying to realize Himself through mankind. This is the essence of all true religion. The Creator has infused human life with snowflake perfection. Man need only discern this design to discover indescribable beauty, peace and happiness.



A loving bliss is at the heart of human life. Our worldly desires for money, sex (romance) and power are vain attempts to conjure it. But the more we pursue this counterfeit, the further we stray from the true source. The pursuit of worldly desires tends to enslave the soul. Bliss requires that we outgrow these desires.



A relatively small clique is enslaving humanity. This is the London-based central banking cartel
that controls the credit of most nations and is the mainspring of the Illuminati which controls Freemasonry
. It has filched the government's credit card and can buy anything/anyone and charge the taxpayer.


Few mortals could resist this temptation to own the world. The Illuminati want to be God and define reality according to their own dysfunction and arrested development. They want to expunge our belief in God (natural and moral order) and ensure mankind does not evolve as intended. Lucifer is their god; alienation, revolution, dysfunction and decadence are their form of worship.



They want us to miss our Divine Rendezvous and languish in a drab prison cell with a television blasting money, sex (romance) and violence 24/7. Prisoners themselves , they would induct us into their private hell.



Look at the mass media which they control. Do you see anything that warms your heart and reminds you of what it means to be human? Anything that expresses and fosters love for people? Anything that ennobles, (truly) educates, uplifts and empowers? Anything that encourages you to join with likeminded people and work together?



Ironically their gazillions of dollars cannot buy them what they really want. Like you and I, they want to be loved. Right now they hate people and people hate them. But if they were genuine benefactors, rather than "philanthropists" with a perverse secret agenda, they would be loved.


We are their debt slaves. Our governments owe them trillions supposedly. In fact, they owe us trillions since we paid interest in real money for their imaginary loans. Let's make a deal. We'll forgive their debt if they relinquish control of the world's central banks.


Aaron Russo's film "America: From Freedom to Fascism"
makes clear that we must return the moneymaking function to democratically-elected governments. This is the key to ending the cycle of war and depression that has afflicted humanity for centuries. This will remove the dead hand thwarting mankind's spiritual and cultural development.


We are approaching a very critical period. More and more people recognize that 9-11 was a controlled demolition, a premeditated mass murder. Look at the video
"9-11 Myths: Demolition." In the rubble, the steel central columns stick out like proverbial sore thumbs. They were cleanly sliced at a 45-degree angle by thermite charges, like a buzz saw cuts a mighty oak.


It's hard to believe the perpetrators thought they'd get away with this. Using state terrorism,
they are imposing a 1984 tyranny to protect themselves from prosecution. They are fomenting a gratuitous "clash of civilizations" a "never ending war" to further control and degrade us.



I say to them. Find your bliss in the only place it exists, in the service of God and love of humanity. You cannot cheat the truth nor feel good without being good. Your path leads to hell and you will not escape the inferno.


Right now humanity is lost and demoralized. But the tide is already turning. The truth is the most powerful force in the universe. Choose to be loved. Rejoin mankind and help us assume our Divine destiny.


Article from http://www.savethemales.ca/001754.html


カーネギー寄付とフォード財団

The Carnegie Endowment and the Ford Foundation



アンドリュー・カーネギー(1835-1919)は1848でスコットランドから貧しい移民として米国に来て、決して、アメリカ国民になりませんでした。

彼はカーネギー製鉄公社を築きました(カーネギーが退職し、彼の慈善活動に専念することを可能にして、1901年に会社をユナイテッド・ステーツ・スチール社に組み入れた5億ドルで、彼はそれをJPモーガンに売りました)。

1889において、ウィリアム・トーリー・ハリス(教育の米国の委員)は鉄道高官に、学校が、子供を過剰教育しないように科学的に設計されていたと言いました。

彼は、学校が子供を彼らの両親と宗教から疎外するべきであると信じました。

1890において、カーネギーは、富のタイトルThe福音の下で出版された11のエッセイを書きました。

潜在的な前提は、自由企業体制が自身、J・P・モーガン、およびジョンD.ロックフェラーなどの人による固定され、彼らがすべてを所有していただけでなく政府をコントロールしたことでした。

彼の心配その後の世代がこれを実現し、それらに不利に働いたことでした。

彼のソリューションは、教育システムをコントロールし、人が受けた教育の量と彼らがどのくらいよい仕事を得ることができたかのの間の直接関係を作成することでした。

従って、子供が学校に出席するように、これは動機づけを作成しました(そこで、彼らは、この国の社会工学者が彼らに、何だけを知ってほしかったかを教えられるでしょう)。

これは、1808から1819の間でプロシアによって開発された教育制度を設立することによって遂行されることになっていました。

「ドイツ国民」(1807-08)「への」彼の「演説」におけるドイツ哲学者ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(1762-1814)は、彼が親の影響を信頼しないと言い、教育が状態によってコントロールされた「別個で、独立な」環境において実行されることを好みました。

プロシアは、3層のシステムをセットアップして、義務教育を持つ最初の政府になりました。

エリート(1パーセントの約2分の1)の子供はアカデミーと呼ばれる学校に行き、考えて、独立していることを教えられました。

それらがどのように考えるかを部分的に教えられた所で、約5-1/2%は実業学校に行きました。

追従者とよい市民であるアイデアが強調された所で、他の94%はVolkschulenに行きました。

教育のこのシステムはカーネギー、J・P・モーガン、およびロックフェラーによって導かれた大企業の連立の努力を通して米国に持って来られました;

コロンビア、ジョンズ・ホプキンズ、ウィスコンシン大学、ミシガン大学、およびシカゴ大学のような主要な大学;

そして、大きな財団はカーネギー、ロックフェラー、フォード、メロン、ピーボディ、セージ、およびホイットニーが好きです。

この国で編成された強制的な教育制度を作成することについての成功は、この国のエリートが、各世代が、どうこの国が、実際運営されて、従って、彼らがそれについて何かをすることを妨げるかを本当に理解することを妨げることを可能にしました。

この‘レベルを下げます。’は、容易に欺かれて、コントロールされることができる人口に政府がより容易にこの国の人々を同化することを可能にしました。

この国で編成された強制的な教育制度を作成することについての成功は、この国のエリートが、各世代が、どうこの国が、実際運営されて、従って、彼らがそれについて何かをすることを妨げるかを本当に理解することを妨げることを可能にしました。

この‘レベルを下げます。’は、容易に欺かれて、コントロールされることができる人口に政府がより容易にこの国の人々を同化することを可能にしました。

「アメリカ教育の父」として知られているジョン・デューイは、1933年に社会党員と大学間社会主義社会(彼が社長に適していた産業の民主主義のために、それらの名前をリーグに変更しました)の設立メンバーと人本主義的な宣言の34人の署名者のうちの1人でした。

‘進歩的な教育’の、「彼のMy教育学教義(1897)と学校と社会(1899)中で、どのように学校が、アメリカで社会主義社会を開発することについて手段となっているべきであるかで、彼は彼の信念を表現しました」.Hisシステムは、大学生を強調を避けて、それをするために心理学を使うでしょう。

1908年7月のヒッバートジャーナルは、彼が言うことを引用しました:

「私達の学校…は無限の重要な宗教の作品を実行しています」。

「彼らは、本物の宗教の単一性が最後にどれを成長させなければならないかの外で社会的な単一性を促進しています」。

27,000,000ドルの補助金によって、それがメロン研究所と合併した時に、カーネギーは、1967年にカーネギー・メロン大学になったピッツバーグの、1900年のカーネギ工科大学を設立しました(それは1913年に設立されました)。

1905年に、彼はカーネギー教育振興財団を設立しました(職業をサポートし、高等教育を促進するために、それは、20年の期間以内に、米国とカナダの大学とテクニカルスクールで2000万ドルを退職先生(そして未亡人)に委ねました)。

1904年に、イギリスの米国と1908年で、民間の市民による英雄的行為に報いるために、彼はカーネギー英雄基金を設立し、500,000,000ドルの近くで尽きました。

彼はまた世界の有名なカーネギー・ホールと2,000を超える公立図書館を設立しました。

彼はまたアラバマでTuskogee研究所の主要なサポーターでした(それはブッカーT.ワシントンによって設立されました)。

カーネギー国際平和基金は、国際的な平和を促進し、戦争の廃止を引き起こすために1910年に設立されました;

博愛の寄与のそのような履歴によって、カーネギー寄付は、その顔の上で、無実であるようでした。

しかし、国際的な平和を促進するそのゴールは、単に、1世界政府を促進するその真実の目的を変装させる策略でした。

グループの最初の3人の社長は以下の通りでした:

イライヒュー・ルート、社会主義者、および国際連盟の主要な支持者であったセオドアローズヴェルト大統領下の前の国務長官;

彼に1925年にニコラス・マレー・バトラー、コロンビア大学の前社長が続きました;

それからアルジャー・ヒス(国連を設立するのを手伝った共産主義者)。

1960年代の間のTheir社長は、ジョセフE.ジョンソン(CFRのメンバー)、歯擦音〈理解の寺院、イギリスへのルーシ信頼と接続されたオカルトの組織に資金提供した「永久的な非公式な国務長官。」として知られて 彼 、ドナー財団を身近に働いた〉の親密な友人でした(神智学協会へのつながりを持つサタン崇拝者のグループ)。

寺院のメンバーは国連プラザの寄付本部で会いました。

それらのメンバーの間:

ロバート・マクナマラ(ケネディとジョンソンの下の国防長官)、エレナー・ローズヴェルト、トマス・ウォトソン(IBMの社長)、マックス・ラーナー、ジェームズLinen(タイム・ライフの)、ノーマン・トマス、ジェームズA.パイク、エルズワース・バンカー、およびジョンD.ロックフェラーIV。

それらがあったカーネギー寄付、言われたものの1934年の年鑑「国際問題の終わりと政府が、処理することが難しいとわかる問題をあちこちで取り上げていて、…、公式に、政府の方針に入る結論に達している国際的な方針の非公式な機器」。

1947年の年鑑は推奨しました:

寄付が建設するニューヨーク…の国連本部の設立のための“…寄付仕事 そのプログラム 第一に 国連…のサポート 国連の公的な理解とサポートを国内外で促進するために、寄付のプログラムが広く教育的であるべきである 大学、外交方針協会、太平洋の研究所の国際関係クラブなどのその寄付サポート組織

関係、外交問題評議会、および地域社会は、国連のより広い理解とサポートを達成する間にこれらのゴールを達成するために、利用をグループにします。」

カーネギー寄付とロックフェラー基金は3,000,000ドルを、中国の共産主義者が農業の改革者であったことをアメリカ人に納得させるために、メディアを使った太平洋問題調査会に委ねました。

寄付はまたお金を外交問題評議会、人本主義的な研究のためのアスペン研究所、米国の国連協会、および全米市民的自由連合財団に与えました。

1953年7月に、非課税財団を調査するように特別な議会委員会の研究ディレクターとして命じられたノルマン人ドッドは、彼が、最も古い税金の免除された基礎が所得税の開始の前に設立されたと気づいたと言い、従って、それらは違う目的のために存在していました。

彼は理事会の記録を試験し、最初の年の間、メンバーが、国家の人々の生活を改めるために戦争より効果的な方法があったかどうかに専念すると気付きました。

彼らは、近く発表される戦争の中にアメリカを入れるために、彼らが、国務省の外交の機械をコントロールする必要があったと断定しました。

ドッドは、それらが学会の協議会と呼ばれるグループを通してクリアされた後だけに、国務省のすべてのハイレベルの約束が起こったと気づきました(それはカーネギー寄付によって設立されました)。

彼が、「戦争があまりにも迅速に終わらないように取り計らう」ように頼んで、彼はカーネギー取締役会(ウィルソン大統領への注のレコード)の記録の中で見ていました。

取締役会(ウッドロー・ウィルソン社長(「戦争があまりにも迅速に終わらないように取り計らいます」)へのカーネギー国際平和基金)。

シンジケート化されたコラムニスト ジョセフ・クラフトは、1958年7月にハーパーのを書き込んで、レコードが、カーネギー評議員が、世界政府をお膳立てするために米国を世界大戦に巻き込むことを望んだことを示すと言いました。

ドッドは、彼らが、「‘1つの世界’(政府)のアイデアを、それがこの国の人々から容認されるポイントにもたらします」を望んでいると言いました。

「それは主要な目的であり、それ以来起こっているすべてはその一端までの方法です」.Theirメモは、彼らが、戦争「アメリカ精神の変化を引き起こしました」のため、それらの努力が成功していたと信じたことを示しました。

「カーネギー寄付」.ドッドは、「彼らは、このプログラムの成功が、アメリカの歴史が、提出されることであった問題の変更にあったと決めました」と言いました。

グッゲンハイム財団は、グループをカーネギー寄付によって勧められた歴史家に授与することに合意し、20のグループはアセンブルされて、ロンドンに送られました(そこで、彼らは概要説明されて、アメリカの歴史協会の設立メンバーになりました)。

1928年に、A.H.A.は、国家が、取ることになっていた方向の上で7巻の研究を書くためにカーネギーによって400,000ドルの補助金を与えられました。

その成功の秘密は、それが徐々にされるであろうということであるでしょう。

ルネWormser、リースの委員会への法律相談は、カーネギー寄付が、「私達の学校と大学で読まれるべきであるもの」.Heがまた、国連のゴールを押すために、どのようにロックフェラー基金、フォード基金、カーネギー寄付、およびカーネギー財団が一緒に会議を後援するかを記述したと決めることによって私達の子供の精神を作りあげることを試みていると言いました。

リースの特別家委員会〈見つけて、カーネギー財団がスチュアート追跡によって人類の適切研究のライティングと出版に資金提供した〉による調査 個人が抑制される「理想的な」社会を概説した共産主義者エージェントハリーデクスターホワイトとLauchlinカレーにより賞賛された本 。

本の50,000個を超えるコピーがライブラリと学者に基礎によって配布されました。

ジョージCounts博士によるアメリカ教育における17巻の研究をプリントするために、彼らはまた340,000ドルの補助金を与えました(それは後で「社会主義のアメリカのための教育プログラム」と呼ばれました)。

フォード基金


1903年に、ヘンリー・フォード、Sr。

(1863-1947)はフォードモーターを設立し、1907年に、彼は彼のパートナーのすべてを買収し、従って、彼の家族は会社全体をコントロールするでしょう。

1924年に、彼はとても人気があったので、様々な投票は、彼が走ったならば、彼が大統領に選ばれるであろうということを示しました。

1936年に、彼の息子エドセルとともに、彼は相続税逃げ口上としてフォード基金を設立しました(彼はそれを、アメリカ人からお金を取り除くプロットと考えました);

そして、彼の死の後にコントロールを保持する彼の家族のために。

設立の敵、フォードは、アメリカヒーロー チャールズA.リンドバーグ(保守的な‘アメリカ一番目’動きをサポートしました)に、彼の財団のディレクターであってほしかったけれども、リンドバーグは断りました。

財団のリーダーシップが安全な手に置かれることができる前に、フォードと彼の息子エドセルは死に、コントロールは、ウィリアム・ベントン、ロバートM.ハッチンズ(Director仲間になりました)博士、およびポールG.ホフマン(主要な管理者になりました)のような‘インサイダー’を採り入れたエドセルの未亡人と孫ヘンリー・フォードII(後で、ロスチャイルド家に嫁ぎました)に移り変わりました。

フォード基金は、40億ドルの財産によって、世界の最も大きな寄付です。

彼らはフォードモーターの株の90%を所有しています。

フォードはまたエジソン研究所を設立しました;

そして、通信、公衆衛生、経済発展、科学、エンジニアリング、高齢者、人文科学、およびアートにその授与物のうちの2/3を教育、および1/3に与えたヘンリー・フォード病院。

財団はクリーブランドでブラック有権者登録ドライブに資金提供しました(それは都市の最初のブラック市長($175、000)を選ぶのを手伝いました);

テキサスでプロカストロチカーノ青年団に資金提供しました;

補助金をC.O.R.E.($475、000)として知られているマルクス主義者ブラックグループに与えました;

左翼の全国的な学生協会($315、000);

貧乏($508、500)に対する社会主義の市民改革運動;

共産主義者でコントロールされた南部キリスト教指導者会議($230、000);

左翼の都市リーグ($1、600、000);

平和主義、兵役と用意への抵抗、および良心的兵役忌避者($100、000)を促進したプロベトコンアメリカ合衆国フレンド教徒奉仕委員会;

キリスト教会全国協議会($108、000);

反中傷リーグ($35、000);

異人種間公正($552、000)のための全国的なカトリック会議;

アメリカユダヤ人の議会($100、000);

国籍のためのアメリカ協議会はサービスします($200、000);

住宅($162、000)における差別に対する全国的な委員会;

外交問題評議会($1、000、000);

アドレーE.スティーブンソン国際問題研究所($1、000、000);

ユネスコ($200、000);

国連協会($150、000);

国際的な教育($1、625、000)のために設立します;

アメリカアセンブリ($166、000);

世界情勢協議会($102、000);

文化的な自由($1、500、000)のための議会;

経済開発委員会の外交方針研究($275、000);

米国中国関係($250、000)についての全国的な委員会;

共産主義者で職員を配置した南地域会議($648、000);

左翼の教育テレビジョンとラジオセンター($6、000、000);

そして公的な放送された研究所($7、900、000)。

1953年11月に、ノルマン人ドッド(非課税の基礎を調査している家特別委員会のための研究のディレクター)はローマGaither、フォード基金の社長によって話されました。

「現在基礎を実行している人のそのほとんどは以前国務省(国連救済と社会復帰協会、マーシャル・プラン、または他の外国の救助機関とそれらの資格におけるそれ)のために働き、彼らは、共産主義のロシアとの組合をアメリカ人のために容易で、快適にするであろうそのような社会学、経済の、そして政変を引き起こすためにホワイトハウスからの指示のもとで働いていました」。

「さて、基礎の中で、私達は同じ目的に働いています」。

彼は、「私達が働く指令の物質は、私達が、とても米国で生活を改めるために私達の補助金作りパワーを使うので、私達はソビエト連邦と快適に合併されることができることです」を「ホワイトハウス」とそれ「から出す」指令の下で、フォード基金が動作すると言いました。

共和国(6つの他のフォードでコントロールされた基礎のうちの1つ)のための資金、1953年にロバートG.ホフマンの指導のもとで設立されたもの、およびロバートM.ハッチンズはアメリカの治安プログラムと共産主義を調査しているFBIと議会の委員会への批判へのそれらの攻撃のために知られています。

彼らは、国を掃除していた反共産主義の熱情を終えることについて責任がありました。

1世界政府のために憲法を発展させたサンタバーバラ、カリフォルニアで、彼らはまた民主主義の組織の研究のためのセンター設立に責任がありました。

ケネディとジョンソンの政権における国防長官(1961年-68年)として勤務するために後で辞任して、ロバート・マクナマラ(フォードモーターとのエグゼクティブ)は1960年に財団の社長になりました。

彼はSALT条約のために基礎を固めるのを手伝いました。

1968年に、彼は世界銀行の社長になりました。

マクジョージ・バンディ、CFRメンバー、ケネディのための外務のための主要なアドバイザー、およびジョンソンは1966年に財団の社長になりました。

黒人の動き(「国家の問題の一番目」)が彼のトッププライオリティであるであろうということを発表することによって、彼は社会不安の時代を案内しました。

財団は最高裕福家系のための税回避策です。

FOUNDATIONS ARE THE TAX SHELTERS FOR THE SUPER RICH

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


博愛の外観の下で、それらの富を免税の基礎に転送することによって、啓蒙主義者は課税を避けました。

財団は国であるか、連邦政府により借り切られます。

一番目は、1800年において貸付金を「よい文字の若い既婚の設計家(職人)に。」にするために4,444.49ドルの資金から1790年において、フィラデルフィアとボストンでベンジャミンフランクリンによって借り切られて、マグダラのマリア社会は、フィラデルフィア(1846年における、「美徳のパスから堕落していて、正直のライフに戻ることを望んでいるそれらの不幸な女性のその悲しんだ条件を改善するには。」)で設立されて、スミソニアン協会はイギリス科学者ジェームズの遺産によって設立されました。

スミッソン「人の間の知識の増加と拡散のために」.Theピーボディ教育資金は、1867年において、南で教育を促進するためにジョージ・ピーボディ銀行家によって開始されました。

1900年の前に、財団(基礎)は18個しかありませんでした;

1910年-19年から、76がありました;

1920年の、173;1930年、288の;1940年、1,638の;そして、1950年の間に、2,839の財団(基礎)がありました。

UPI通信社(UPI)は、トップ596の財団(基礎)が、国の50の最も大きな商業用の銀行の倍の純利益であった収入があったことを1969年7月19日に報告しました。

87番目の議会へのリポートの中のライトPatman議員によると、それは、財団(基礎)(その、「国家の収入の3分の1だけが実際課税されます」)の存在のためです。

重要な財団(基礎)のいくつかが以下の通りです:

フォード基金(フォードモーター)、ロックフェラー基金(スタンダードオイル)、デュークEndowment(デュークファミリーの運)、ジョンA.ハートフォード財団(大きな大西洋の、そして太平洋の茶)、W. K.ケロッグ財団(ケロッグシリアル)、カーネギー社

(カーネギースチール)、アルフレッド・スローン財団(ゼネラルモーターズ)、ムーディ財団(W. L. ムーディーズオイル、不動産、新聞、および銀行所有財産)、リリーEndowment(イーライ・リリー調剤)、座席記念信頼(Sunオイル社またはサノコ)、およびすべてが1億ドルのより上に財産をよく持っているダンフォース財団(Purinaシリアル)。

免税の基礎を調査する最初の議会委員会は、ユージンE.コックス議員、ジョージアからの民主主義者によって導かれて、1952年にコックス委員会でした。

その目的は、どの、「財団(基礎)と組織は、それらが設立されて、特に、そのような財団と組織が反米的にどれのためにそれらの資源を使っているか、そして破壊活動を決定する目的以外の目的のためにまたは米国の興味または伝統におけるでない目的のためにそれらの資源を使っています」を見つけ出すことでした。

コックスは、いくつかの基礎の役員と評議員が共産主義者であり、これらの基礎が補助金を共産主義者または共産主義者でコントロールされた組織に与えたと気づきました。

前の共産主義の役員、モーリス・マルキンは、1919年において、彼らが、「これらの組織(財団)に侵入し、それ必要なら彼らのコントロールと彼らの宝庫…にかかるために、彼らは、米国で共産党宣伝に資金提供することができるべきです」を調査の間に試していたと証言し、コックスは死に、事実は隠蔽において、上で磨かれました。

.、財団が「立法に影響する政治的な目的、宣伝、または試みのために」使われていたならば、ワシントン・ポストが調査を「不要です」と呼び、それが「愚かにも公金の浪費」(「陰謀団」に差し向けられさえしたリース)であったとわかるために、委員会(テネシー(共和党全国委員会の形成具会長)のキャロル・リース議員)の別のメンバーは1953年に別の調査を強制しました。

アイゼンハワー管理ははっきりと調査に対してでした。

リースと委員会のために選ばれた4分の3は、調査に反対の投票をした議会メンバーでした。

調査を行き詰まらせるために、オハイオのウエイン・ヘイズ議員は中から働きました。

3時間のセッションの間に、彼は246回同じ証人の邪魔をしました。

彼は使われることからその調査者の2人によって発見された証拠を禁止しました。

ルネA.Wormser、委員会への法律相談は彼の1958年の本財団でなぜかを明らかにしました:

それらのパワーと影響:

「Mr.ヘイズは私達に、‘ホワイトハウス’が彼と接触していて、彼に、彼が、委員会を殺すために協力するかどうかを尋ねたとある日言いました」.Wormserはまた、委員会が、これらの財団が、私達の憲法とユダヤ教とキリスト教の倫理の基本構造を攻撃するためにそれらの富を使っていたと気づいたと明らかにしました;

そして、主要な基礎の影響が「政府の中、議会の政策立案円の中、および国務省の中に遠く達しまし」た。

税金の免除された財団を調査するリースの特別委員会は、多くの基礎が世界じゅうで公民権グループ、寛大な政治団体、政治的な過激論者のグループ、およびサポートする革命の活動に資金提供していたと気づきました。

委員会は報告しました:

「実質的証拠は、国際的なフィールドで動作しているいくつかのファンデーションの間でいっしょに働いている単なる終わりより多くがあるのを示します」。

ここに、社会科学の一般的な領域のため、近い連動装置があります。

それらと太平洋問題調査会と外交方針協会(どれが「事実上、カーネギー寄付の生き物」でしたか)と外交問題評議会と王室国際問題研究所と他…の間で、カーネギー財団、カーネギー国際平和基金、ロックフェラー基金、および最近 フォード基金〈いくつかの他のため参加した〉 が、多くの数百万…の曲 国際主義者に関係している組織 に一般的な交差資金調達した および

「それが本当の偶然の一致ストレッチだまされやすさによって起こりました」。

1954年8月19日に、リースは彼の調査を合計しました:

「財団が連邦政府自身のそれにだけパワーセカンドであることは言われています…」

「たぶん、議会は、現在、財団がいくつかのエリアで少なくとも政府の立法部門より強力になったと認めるべきです」(出資が抑えられた時に1955年に終えられた調査)。

ロックフェラー基金

ロックフェラー家


ジョン・デビソン・ロックフェラー、Sr。

(1839-1937)

ジョン・デビソン・ロックフェラーJr.(1874-1960)

ジョン・デビソン・ロックフェラー、III(1906年-78年)

ネルソン・ロックフェラー(1908年-79年)

ローレンス・ロックフェラー(1910年-)

ウィンスロップ・ロックフェラー(1912年-73年)

デイヴィド・ロックフェラー(1915年-)

ジョン・デビソン・ロックフェラー(1839-1937)、前の副大統領ネルソン・オールドリッチ・ロックフェラーとデイヴィド・ロックフェラー(Chase Manhattan Bankの頭)の祖父は彼の時間の最も金持ちでした。

26歳で1865年におけるオイルに向いて、彼は生産物マーチャントとして1859年においてスタートしました。

1870年において、スタンダード・オイル・オブ・オハイオが含まれていた時に、ロックフェラーはクリーブランドの26の精製所の中で21をコントロールしました。

1871年によって、スタンダードオイルは世界の最大の精製会社でした。

1879年において、20,000の採収井と100,000人の従業員によって国で売られたすべての精製油の90%のより上で彼はコントロールしました。

1884年において、彼は彼の本社をニューヨーク市に移動させました;

そして、1885年によって、スタンダードオイルは事実上米国で石油産業全体をコントロールし、西ヨーロッパと中国で支店を開きました。

ロックフェラーが、彼がペンシルベニア、ボルチモア、およびオハイオの鉄道の上で出荷したオイルの各樽の上の割引を得ることができた時に、RockefellersとRothschildsは1880年以来パートナーです(それはクーン、ローブ・アンド・カンパニーによって所有されていました)

1888年において、ロックフェラーオイル信頼についての詳細は、新聞の中で漏れはじめました。

その時オハイオで、状態の中の会社は別の状態において会社の株を持つことができませんでした(ロックフェラーがより小さな会社を買収した時に、それは起こりました)。

秘密信託(それは1879年において設立されました)を使って、引き継がれた会社のための評議員、37人のスタンダードオイル株主、およびスタンダード・オイル・オブ・オハイオはスタンダードオイルからすべての状態の外の補助的な株を3人の事務員に中継しました。

1882年において、3人の「ダミーの」評議員、42人のスタンダードオイル株主、およびスタンダード・オイル・オブ・オハイオはすべてのその株を、ロックフェラーによってコントロールされた9人の評議員に譲渡しました。

3月、1892年に、オハイオ最高裁判所はスタンダードオイルが、オハイオと他の州が委託物を禁止した後に信頼から引っ込むように命令しました。

ロックフェラーは、スタンダードオイルを、それらの企業が状態の外の会社で株を保有することを可能にしたニュージャージに移動させることによって、従って、ニュージャージのスタンダードオイルがそのもっている会社になったと反論しました。

1889年において、ロックフェラーは600,000ドルの補助金によってシカゴ大学を設立するのを手伝いました。

彼は、10年の間学校をサポートすると約束しました(彼が、34,708,375ドルを寄贈してそれをしました)。

1901年に、彼は200,000ドルの補助金によって医学研究(現在ロックフェラー大学)のためにロックフェラー研究所を含んでいました。

1903年に、彼は、彼が2年の期間(そして合計における1億2900万ドル)以内に4200万ドルを寄贈したロックフェラー一般教育評議会を設立しました。

取締役会はフレッド・ゲイツ(ピルズベリ小麦粉会社のための看板役)によって組織されました。

1909年に、ロックフェラー衛生委員会は設立されました(彼が100万ドルを与えました)。

ロックフェラーのゴールは、世界の唯一の精製会社であるスタンダードオイルのため、そしてその終わりにであり、彼がバッファロー、ニューヨークで競争相手の精製所を爆破したことは主張されました。

バッファローの人々のジャーナル、オイルシティーデリック(ペンシルベニアの)、クリーブランドヘラルド、およびクリーブランドニュース番組リーダーを含めて、彼は相当数の新聞の中で株の大きなブロックを所有していました。

スタンダードオイルでコントロールされたエージェンシーによって供給された新聞発表と論説を広告の見返りとしてプリントするために、彼はオハイオに100個を超える新聞との契約を持っていました。

彼は何人かのニュージャージとオハイオ州の立法者を‘所有していました’。

ペンシルベニアのジョセフ・シブレイ議員はロックフェラーでコントロールされたガリーナシグナルオイル社の社長でした;

そして、1898年において、ペンシルベニアのもジョンP.エルキンズ議員はスタンダードオイルから5,000ドルの賄賂を受け取りました。

1904年に、ペンシルベニアの上院議員Boisペンローズはロックフェラーから25,000ドルの賄賂を受け取り、上院議員コルネリウスBlissは100,000ドルを受け取りました。

スタンダードオイル賄賂を受け取った他:

上院議員マシュー・クウェイ(PA)、上院議員ジョセフB.Foraker(OH)、上院議員ジョセフ・ベイリー(TX)、上院議員ネイサンB.スコット、上院議員マーク・ハンナ(OH)、上院議員スティーブンB.エルキンズ(WV)、W. C.Stone(PA)議員、および上院議員McLaurin(SC)。

ウィリアム・マッキンリー大統領は、上院議員マーク・ハンナを通して、スタンダードオイルと銀行家の質入れでした。

ロックフェラーが様々な鉄道から受け取った‘割引’は実際リベートでした。

これらの割引は、彼が彼の価格をより安くしておくことを可能にしたので彼が彼の競争相手を倒産させることができました。

彼は言いました:

お金を自由にスタンダードオイルに貸した様々な銀行家がしたように、「競争は罪です」.スタンダードオイルはまた、どのような資本でも寄付せずに、株を受け取ったウィリアムH.バンダビルトなどの人々を鉄道輸送するために株という形でリベートをしました。

ウィリーWinkfield、ロックフェラーメッセンジャーは20,500ドルでロックフェラーの贈収賄の証拠をウィリアム・ランドルフ・ハーストのニューヨークアメリカ人に売り、ロックフェラー引立て役をオフィスから救い出す試みにおいて、ハーストは選挙の時の情報を明らかにしました。

1905年に、ヘンリー・デマレスト・ロイドの1894本のすぐ後に来たスタンダードオイル社の歴史と呼ばれるアイダM.ターベルによる暴露は連邦に対する富を呼び、スタンダードオイルへの反対に世論を変えはじめました。

1908年3月の上院へのスピーチにおけるロバートM.LaFollette、Sr.は、100人の人より少しが国の企業の利益をコントロールすると言いました。

しかし、数年後、ディレクターの住所録の分析を通して、役員兼務を通して、1ダース足らずの人が国のビジネス上の権益をコントロールしたことは発見されました。

最も名士はロックフェラーとモーガンでした。

ロードアイランドの1910年3月、上院議員のネルソン・オールドリッチの中で、導入されて、ロックフェラー基金であるがそれのための合併の請求書は、スタンダードオイルへの独占禁止の訴訟があった時に来て、請求書は撤収されました。

1911年5月15日に、スタンダードオイルは、1890年のシャーマン反トラスト法の違反にあることを発見されて、米国最高裁判所は20,000の言葉決定においてニュージャージのスタンダードオイルの崩壊を注文しました。

法廷は、スタンダードオイルが、「フィールドから他を動かし、それらを、取引するそれらの権利から除外するため」命令において独占を設立したく、「7人の人と企業のマシンが彼らの仲間の市民に共謀しました」と言いました。

「共和国の安全のために、私達は現在、危険な共謀が終えられなければならないことを宣言します…」

スタンダードオイルは、ルイジアナのインディアナ(Amoco)、スタンダード・オイル・オブ・オハイオ・(ソハイオ)スタンダードオイル、ニュージャージ(エクソン(控えめなオイルとベネズエラのクリオールオイルを含む321の他の会社を統括して、それは世界で最も大きな企業の1つです))のスタンダードオイル、ニューヨーク(Soconyまたはモービル)のスタンダードオイルのスタンダードオイルを含めて、38の別個の会社の中に分解することを強制されました;

そして大陸オイル(コノコ)、大西洋リッチフィールド(アルコ)、湾、フィリップス66、テキサコ、およびマラソン・オイルなどの他(それはまたロックフェラー子会社でした)。

ロックフェラーはニュージャージのスタンダードオイルの25%を所有していました(それは、彼が今やすべての38のスタンダードオイル子会社の25%を所有していたことを意味していました)。

1914年に、連邦議会議事録はスタンダードオイルを「影の政府」と称し、その所有財産の範囲が知られるにつれて、その価値は三倍になりました。

1913年5月に、3年の議会の反対の後に、ニューヨーク州立法機関は、ロックフェラー基金(タイム・ライフ・ビルディングに置かれました)(「世界中で人類の幸福を促進するには。」しかし)を設立することを可決し、1946年のリポートは、財団を設立する「未来の挑戦は、この1つの世界を作ることです。」寄付が合計182,851,000ドルになったことを述べて、それがあっても、基礎が10億ドルのより上で分散することを可能にして、証券の中で与えられました。

フォードとジョンソンの財団に比べての資産合計の中の3番目。

200,000,000ドルの概算されている豊かさを持つ1899年において、ロックフェラーは、会社の日常業務に関係していることについてだけ.しかし、「辞めさせました」。

彼がスタンダードオイルの社長を辞任した時に、彼は1911年まで公式に退職しませんでした。

彼はアメリカの最初の億万長者になったけれども彼が死んだ時に、彼はただ、連邦の、そして国税の後で、取り立てられた26,410,837.10ドルの課税遺産を約1600万ドルを残されたままにしておきました。

彼の運の残りは生き残っている親族(2億4000万ドル)、彼の息子(4億6500万ドル)、および彼の基礎に残されていました。

1855と1937年の彼の死の間で自身のアメリカの産業の20%まで言われたロックフェラーはほぼ5億5000万ドルを授与しました。

彼は医学研究のためにロックフェラー基金への182,851,480ドル、一般教育ボードへの129,209,167ドル、ローラスペルマンとロックフェラーの記念資金への73,985,313ドル、およびロックフェラー研究所への60,673,409ドルを与えました。

1905年2月のマックルーアの雑誌記事によるとアビー・オールドリッチ(上院議員ネルソン・オールドリッチの娘)と結婚したジョンD.ロックフェラーJr.(1874-1960)は堕落した政治組織の一部でした。

彼は彼の父の慈善の伝統を続けていました。

土地を買い占めて、それを一般大衆に寄贈して、それを国立公園に変換するために、彼は4000万ドルのより上で費やしました。

グランドティートン国立公園のジャクソン・ホール保存物は北東のワイオミングでこれらの公園の中で最も突出しています。

1926年に、81棟の植民地の建物を復元し、原案から404の他を改造する5260万ドルをそれらのオリジナルの基礎に使って、彼はウィリアムズバーグ、バージニアの植民地の町を再建しました。

700戸以上の現代の家は、18世紀の町を蘇生させるために83エーカーのエリアで取り壊されました。

一般大衆に奉仕するために3つのホテルを含めて、彼はまた45棟の他の建物を建てて、庭を設置しました。

1929年に、彼は1億2500万ドルのコストでロックフェラーセンターをニューヨーク市(14棟の建物のコンプレックス)に組み込みはじめました(それは、デュポンのエンパイアステート・ビルの高さをしのぐことになっていました)。

ロックフェラー帝国は30のロックフェラープラザのRCA建物の55階と56階から切り回されます。

ロックフェラーは、言ったために引用されました:

「従って、…いつか、誰も‘私の国’について話さないであろうということはパスに来るかもしれないけれども、すべては‘私達の世界’について話すでしょう」。

彼は彼の息子を影響の5つの違うエリアに駆り立てました:

博愛の中へのジョンIII;

政府(ニューヨークの4期の知事とフォードの下の副大統領)中へのネルソン;

ビジネスの中へのローランス;

オイル(アーカンソーの2期の知事)中へのウィンスロップも;

そしてバンキング(Chase Manhattan Bankの会長とニューヨーク連邦準備銀行のディレクター)中へのデイビッド。

Rockefellers(アメリカで紛れもなく最も豊かなファミリー)は、他の裕福で、有力なファミリーに嫁ぐことによって、それらの財産を増大させました。

1937年までに、「Rockefellersから国家の中で最も裕福な60のファミリーの2分の1つまでの生物学の関係のほとんど無傷なライン」が存在していました。

パーシー・ロックフェラー(ジョンJr.のいとこ)、既婚のイザベル・スティルマン、ジェームズA.スティルマンの娘、ナショナルシティー銀行の頭取、およびウィリアムG.ロックフェラー(別のいとこ)はS.エルシー・スティルマンと結婚しました。

エセル・ジェラルディン・ロックフェラーは、スタンダードオイルとナショナルシティー銀行をリンクしたマルケルス・ハートリー・ドッジとレミントンアーム会社とPhelps Dodge社の50,000,000ドルの運に結婚しました。

J. スティルマン・ロックフェラー(ジョン、Srの雄大な甥。)はナンシーC. S.カーネギー(アンドリュー・カーネギーの雄大な姪)と結婚しました。

彼らの息子はアンドリュー・カーネギー・ロックフェラーと名付けられました。

エディス・ロックフェラー(ジョンJr.の姉妹)、既婚のハロルドF.マコーミック、インターナショナルハーベスターの財産の相続人。

彼らの息子(ファウラー(ジョン、Sr.、およびサイラス・マッコーミック(自動刈取機を発明しました)への孫))はフィフィ・スティルマン(ジェームズ・スティルマンの離婚した妻)と結婚しました。

ネルソン・オールドリッチ・ロックフェラーで、メアリー・トドハンター・クラーク(ペンシルベニア鉄道の社長の孫娘)と結婚しました。

彼らは後で離婚しました。

ウィンスロップ・ロックフェラーはジャネットEdris(ホテルと劇場の女子相続人)と結婚しました;

そして、ジョン(ジェイ)D.ロックフェラーIV(ジョンJr.の孫の1人)(ファミリーの唯一のデモクラット(ウェストバージニアの2期の知事と後の方の米国の上院議員))は、シャロン・パーシー(上院の最も有力なメンバーのひとりであった上院議員チャールズ・パーシーの娘)と結婚しました。

すべて一緒に、ロックフェラー家に蒸留作業者、ドッジ、McAlpin、マコーミック、カーネギー、およびオールドリッチファミリーの財産に結婚について加入し、その富は、20億ドルのかなり上にあると見積もられています。

いくつかの見積りはそれを、200億ドルと同じくらい高いと主張しさえします。

比較するために、ジョン・ポール・ゲティ、ハワード・ヒューズ、およびH. L.ハントは2ドル-40億ドルの間に財産を持っていました;

そして、DupontsとMellonsは3ドル-50億ドルの間に財産を持っていました。

1937年のTNECヒアリング(誰がアメリカ経済をコントロールしていたかを見つけ出すために、それは会合しました)以来、Rockefellersは、それらの広大な財産と所有財産についてどのような種類のアカウンティングでも避けることができました。

ネルソン・ロックフェラーが、副大統領であることに任命された時に、それは1974年12月に終わりました。

2人のカリフォルニア大学教授(チャールズ・シュワルツ、およびウィリアムDomhoff)が、700億ドルの資産合計を持っていたほぼ100の企業の取締役会の上に、RCA建物の5600号室の外で働いている15人の従業員がポジションを持っていたことを示した、「ロックフェラーの運を精査します」と呼ばれるリポートを流しました。

これはファミリーによって否定されて、開闢以来の出来事の中で、彼が、ただ、13億ドルに相当していると言ったファミリーの富を文書化するために、ファミリースポークスマン、J.リチャードソン・ディルワースは、1975年の間の連邦下院議会の裁判上委員会‘米国の副大統領であるネルソン・ロックフェラーの任命の中へのヒアリング’に出ました。

ロックフェラーの金融の所有財産の一部は、70マイルの私道、75棟の建物を持っているニューヨーク市の北のPocanticoヒルズで真っ先に4,180エーカーの一家の地所である不動産から成り、アンダーグラウンドはアーカイブし、500人の使用人の近くで、庭師と運転手をガードします。

彼らはまた世界のすべての部分に100を超えるレジデンスを維持しています。

個人的な委託物の中で持たれている投資物件のほかに、ファミリーはまたたくさんの会社で株を保有します。

それらの主要な所有財産のいくつか:

ホイーリングピッツバーグは鋼で刃をつける、Itek、フェデレイティッド・デパートメントストアズ(ウォルグリーン店、大陸横断ガスパイプライン)はエジソン、アナコンダ銅Co.のゼネラルフーズ、パンアメリカン航空、コルゲート・パーモリーブ、デュポン、WRグレース社、Corningガラス作品、オーエンズCorningファイバーグラス、Cummins Engine、Hewlett-Packard、 R. R.ドネリー、および息子、Dow Chemical Teledyne社(Warner-Lambert、ウェスティングハウス国際電話電信会社(IT & T)、Motorola、 S. S. Kresgeテキサコ)を統合しました。

ナショナル金銭登録機社、エイボン、アメリカン・ホーム・プロダクツ、デルタ航空会社、Braniff航空会社、ノースウエスト航空、ユナイテッド航空、およびバーリントンインダストリーズ。

ファミリーの運の金融のコアは、Chase Manhattan Bank、Citicorp(ロックフェラーでコントロールされた最初のナショナルシティー銀行から生じました)、ニューヨークのケミカルバンク、シカゴの最初の国立銀行、公平な都会人、およびニューヨーク共済生命保険を含みました。

1970年代までに、ロックフェラー予備材料は50の国で最も大きな商業銀行のすべての財産の約25%と50の最も大きな生命保険会社のすべての財産の約30%を占めていました。

しかし、Chase Manhattan Bankはロックフェラー支配の最高のシンボルであり続けます。

1877においてジョン・トンプソンによって設立されて、追跡国立銀行はサロモンP.追跡(リンカーンの財務長官)にちなんで名付けられました。

それはそれらの公平な信頼社との合併におけるRockefellersによって引き継がれました(その社長はウィンスロップ・オールドリッチ(上院議員ネルソン・オールドリッチの息子)でした)。

1955年に、それは、マンハッタン(ワールブルクによってコントロールされました;そしてクーン、ローブ・アンド・カンパニー)、アメリカ(1799においてアレグザンダー・ハミルトンとエアロン・バーによって設立されます)(それはニューヨークに67の支店を持っていました)で最も古い資金運用操作、および財産における16億ドルの銀行と合併しました。

それがただの6番目に最も大きな銀行(財産における98,000,000ドル以上)であったけれども、それは最も強力でした。

1961年に、Chase Manhattan Bankプラザは125,000,000ドルのコストで都心部のマンハッタンに組み込まれました。

それは5つの地階による64階の高さです(それの中で最も低いものは世界で最も大きな銀行金庫室を含んでいます)。

彼らは50か国より多くにおいて28の外国の支店と50,000を超えるバンキングオフィスを持っていて、アメリカに最も大きな企業の多くにおいて会社支配に十分な持ち株を持っていました。

Patmanリポートにリストされたそれらのいくつか:

アメリカの国立銀行と信頼、セーフウェイ・ストアズ、Reynolds Metals、白い斜めの店、JCペニー、ノースウエスト航空、東の航空会社、TWA、パンアメリカン航空、ウェスタン航空、Consolidated Freightways、車道急行、ライダー、ワイアンドット化学薬品、アームストロングゴム、A. H.ロビンズ、G. D.サール、日光、ベックマン機器、テキサス・インスツルメンツ、スペリーランド、ボーイング、ディーボルド、Cummins Engine、バウシュとロンブ、CBSテレビ、国際的な基本的な経済社、宛名印刷機マルチグラフ、エトナライフ、米語

一般的な保険社、アレゲーニーのラドラムスチール、ナショナル・スチール。

チェース・マンハッタンの取締役会からの人はまた最も大きな企業の多くの取締役会に座っていました(それは役員兼務のシステムを作成しました)。

これらのいくつかがそうでした:

コルゲート・パーモリーブ(ペンシルベニア、コンソリデーテッド・エジソン・オブ・ニューヨーク、デュポン、モンサント、ボーデン、シェル・オイル、ガルフ・オイル、組合オイル、Dow Chemical、大陸オイル、ユニオン・カーバイド、およびS. S. Kresgeのベル電話)。

追跡はまた裁判官席del商業(コロンビアとペルーの100個を超える枝による)、裁判官席Continental(ペルーの約40個の枝による)、裁判官席Atlantida(ホンジュラスの20個の枝による)、Nederlandsche Crediet(オランダの60個を超える枝を持ちます)、および標準の銀行グループ(17のアフリカの国の1,200個を超える枝を持ちます)を所有したか、コントロールしました。

子会社を通して、追跡投資社、彼らは、オーストラリアの操作、プエルトリコのホテルとリベリア、ブラジルについてのレディミックスの具体的な才能、ナイジェリアの綿織物工場、ベネズエラのペイント工場、トルコの製鋼工場、アルゼンチンの石油化学のプラント、バージン諸島のバスライン、およびイギリスのボウリングのレーンを上げている羊と牛を所有していました。

私達の税金ドルは、輸出入銀行、国際通貨基金、海外投資のための協力、および国際的な安定資金を通して、援助を、他の国、共産主義であったいくつかに与えるために使われます。

数百万ドルは、数百のジェットを含めて、ユーゴスラビアに与えられました(キューバでカストロに与えられることをそれ多くで最終的にしました)。

嘉麻川トラックコンプレックスをロシアに組み込むために、追跡と輸出入銀行は20億ドルの貸付金の90%に資金提供しました(それは、1年に200,000台の10トンのトラックまで産出する機能によって世界の最も大きな産業のコンピュータシステムを装備されました)。

施設を旅行した米国の政府高官は、V-12ディーゼルエンジンがそこで生産されていたことを報告し、言いました:

トラックの生産のほかに、「そのタイプのエンジンを使い、ロシア戦いタンクであるロシアに、車は1つしかありません」.、それらはまた、ジープ、軍隊の輸送船、およびロケット発射筒を生産する機能を持っています。

貸付金のための返済期間は4-1/2年の据置期間によって12年でした。

貸付金の返済は海外民間投資社と外国信用保険協会のような政府機関を通して米国の納税者によって保証されていました。

ベクテル社が国際的な貿易センターをモスクワに組み込み、装備するように、チェース・マンハッタンとアメリカ銀行は約3600万ドルを貸しました(それはオクシデンタル・ペトロリアム、レーニンの個人的な友人、および米国共産党の創立者の1人の息子のアーマンド・ハマーによって配置されました)。

輸出入銀行と他の私的なアメリカ銀行はまたロシアの4億ドルの肥料プラントのために4000万ドルを除いたすべてを示しました。

1967年、国際的な基本的な経済社に

(140の子会社と系列会社とともに)、すべての5人のロックフェラー兄弟によって所有されていて、リチャード・オールドリッチ(上院議員ネルソン・オールドリッチの孫)とロッドマン ロックフェラー(ネルソン・ロックフェラーとCFRメンバーの息子)によって動きます;

そして、サイラスS.イートンJr.(クリーブランド財政家(後で彼自身の財産を成して、ジョンD.ロックフェラーに秘書としての彼のキャリアを始めた人間でした))によって率いられたタワー国際社は、鉄のカーテン国の間で得意先を昇進させるために合流しました。

1969年に、IBECは、パートナーになった、N. M.ロスチャイルドと息子ロンドンのがを発表しました。

このパートナーシップは5000万ドルのアルミニウム生産センターをロシアに組み込み、ロシアと他の東のヨーロッパ諸国についての数百万計画を発表しました(それは大きなホテルの建物をブカレスト、ソフィア、ブダペスト、ベオグラード、プラハ、およびワルシャワに含めていました);

ゴムの木とルーマニアのガラスプラント。

さらに、タワーインターナショナルはソビエトとの協定を明白にし、その時間に立ち上がったソビエト連邦アメリカ人貿易を促進することを組織、Licensintorgに認可することは社(アメリカの公式なソビエト連邦エージェンシー)を売買しているアムトルグによってされました。

これは、Rockefellersとテクノロジーがロシアに送られたものに関してのEatons完全なコントロールを与えました。


デイヴィド・ロックフェラー、チェース・マンハッタンの頭、およびファミリー家長は、ファミリーのパワーと影響に寄与している多くの第2の連動装置をコントロールします。

これらのいくつかがそうでした:

ファイヤーストーンタイヤ&ラバー、ハネウェル、ノースウエスト航空、ミネソタ採掘と製造Co.、同盟した化学の社、ゼネラルモーターズ、Chrysler Corp.、国際的な基本的な経済社、R. H.メーシーとCo.、ニューヨーク、アメリカンエキスプレスCo.、ヒューレットパッカード、エクソン、米国、フェデレイティッド・デパートメントストアズ、ゼネラル・エレクトリック、スコットペーパー、AT&T、バーリントンインダストリーズ、Wachovia Corp.、R. J.レイノルズ・インダストリーズ、米国スチール社のエクイタブルの相互利益生命保険Co.、

インディアナのメトロポリタンライフインシュランス、May Department Stores、スペリーランド社、およびスタンダードオイル。

1968年7月9日に、ニューヨーク・タイムズは、言ったテキサスのライトPatman議員によって率いられた家バンキング小委員会による研究を報告しました:

ちょうど、Rockefellersがこれらの広い連動接続、他の主要な銀行家、12の連邦準備銀行の他の107人のディレクター、および外交問題評議会、三極委員会、およびBilderbergersのメンバーを持っていて、また、これらと数百の他の大企業との同様な接続を持っているように、「ほとんどの銀行は、国家の中で最も大きな企業のいくつかの上で重要な影響とたぶんコントロールさえ行う立場にありません」。

さて、あなたは、どのようにこれらの同じ考えを持った個人が、アメリカの産業とビジネスをコントロールすることができたかをわかることができます。

ロックフェラー基金がファミリーの主要な基礎であるけれども、ロックフェラー・ファミリー・ファンド(ロックフェラーBrothers Fund(音楽(ローラ・スペルマン・ロックフェラーMemorial Fund)ジョンD.ロックフェラーIII資金(ロックフェラー研究所、スタンダードオイル(インディアナ)財団のエッソ教育財団(経済・社会開発(中国医学ボード、農業の開発協議会)のためのアメリカの国際的な財団))のためのマーサ・ベアード・ロックフェラーFund))などそれらによって操作された多くの他があります。

政府仕事財団、Sealantic資金(ジョン・ロックフェラーJr.が2300万ドルを寄付した「プロテスタント教育を強化し、発展させるために、」宗教の慈善活動への寄与を監督します)、ジャクソン保存物社、経済の、そして文化的な開発における協議会、およびChase Manhattan Bank財団。

Rockefellersがおよそ200個の委託物と基礎を動かすかもしれないと信じるいくつかがあります。

それらの約束に先がけて、サイラス・ヴァンス(カーターの下の国務長官)とディーン・ラスク(ケネディの下の国務長官)はロックフェラー基金の両方の社長でした。

あなたは、ロックフェラー家がどれほど強力であるかをわかり、さあ、どのようにロックフェラー基金がそのお金を使ったかを見ましょう。

役員兼務を通して、財団はカーネギー寄付とフォード基金をコントロールします。

それが国際的な問題と関連している時に、カーネギー寄付が教育を扱う間;

それが国内問題と関連している時に、ロックフェラー基金は教育に専念します。

それは7つの主要な政策立案エージェンシーに資金提供し、影響しました:

社会科学研究協議会(誰が、科学的方法を通じて人々をコントロールするための方法を探究しましたか マスメディア )、コロンビア大学(誰が、ソビエト連邦の合併および1つ世界政府の下のアメリカを受け入れることにアメリカ人を制約する方法を開発しましたか)、外交問題評議会、全米経済研究所(誰が連邦準備制度理事会を身近に働きましたか)、行政学開拓地家(シカゴの)、ブルッキングズ研究所、およびtheのロシアの研究所

太平洋問題調査会(アメリカの共産主義の転覆を計画することについて責任がありました)。

ビルディングアメリカ教科書シリーズ(それはマルクス主義を重視しました)に出資するために50,000ドルのより上で提供されて、100の共産主義の組織の上で「アメリカ政府の伝統的な概念」.を破壊するために捜されたロックフェラー基金は、50人を超える共産主義の作家の文書を含めて、素材を寄与していました。

「アメリカを見くびり、ロシアを重視する国の公立学校…」The財団はまたキンゼイリポートに出資しました(それは性的な不道徳の新しい時代を伝達しました)。

1974年、ロックフェラー兄弟資金が授与物を以下に与えた時に、ロックフェラー兄弟資金の目的は、「 その寄与アイデアは 米国での努力のサポートと外国に発展し、変遷についてグローバルな相互依存に組織を激励します。」です:

A.C.L.U. 財団($45、000);

パリ($10、000)の国際関係のための大西洋研究所;

カーネギー国際平和基金($60、000);

コロンビア大学($9、500);

外交問題評議会($125、000)、外交方針協会($20、000);

ロンドン($5000)の国際戦略研究所;

NAACP ($145、000);

米国($10、000)のキリストのキリスト教会全国協議会;

全米都市連盟($100、000);

三極委員会($50、000);

米国社($25、000)の国連協会;

黒人学校基金連合社($10、000);

そして世界教会会議社($2、500)のための米国会議。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年9月22日

                           山本尚利

タイトル: サハリン2:またもや繰り返される日本の大チョンボか?



1.サハリン天然ガス開発にまつわる国際問題勃発

 2006年9月18日、ロシア天然資源省は、日米共同プロジェクトであるサハリン2の事業停止

命令を出したと報道されました。2008年夏より、日本の電力、ガス会社に供給開始される予

定のプロジェクトでした。停止命令の理由は、環境破壊というものです。

 サハリン2は、元々、マラソンオイル、ロイヤルダッチシェルと三菱商事、三井物産の合

弁企業、サハリンエナジーのてがける民間プロジェクトでした。

 ところが、マラソンは2000年に所有株をシェルに譲渡して撤退しています。また、同地域

の先行プロジェクト、サハリン1は、エクソン、ロシア企業、日本石油資源開発、伊藤忠、

丸紅などの日米露の国際コンソーシアムです。

 北大、村上教授のレポート(注1)によれば、サハリンの天然ガスの採算性は低いとのこ

と。ところで、日本の電力・ガス業界などが輸入する液化天然ガス(LNG)は、アラスカ、マレ

ーシア、インドネシア、オーストラリア、中東と多岐に渡り、サハリンLNGへの依存性は10%

前後と低いと思われます。ただ、LNG調達源のリスク分散のため、サハリンLNGが供給開始さ

れれば、一応、購入契約はするということでしょう。

 今回、ロシア政府が難癖つけたのは、ロシア資本の入っていないサハリン2の方だけです。



2.根室漁船被弾事件との関連

 サハリン2事件に先立つ、2006年8月16日、根室沖にて、日本の漁船にロシア警備艇が発

砲、日本人ひとりが死亡する事件が発生しています。われわれ日本人の心情として、ロシア

に対する感情がじわじわと悪化するのは避けようがありません。この事件は、根室港のすぐ

沖で起きています。何で、日本沿岸で日本人が簡単に殺されなければならないのか、まった

く納得できません。一方、ロシア政府から難癖をつけられているサハリンも戦前は日本の領

土であったわけです。このところの石油価格の高騰で、財力を復活させているロシア政府が

早速、日本を挑発し始めていると分析できます。



3.日本の大商社はまたも嵌められるのか

 筆者個人の考えでは、ロシア政府や中国政府などという反民主主義政府の権力者は、自国

のエネルギー開発投資や社会インフラ開発投資に関して、まず外資の導入を促進して、投資

が軌道に乗ったら、いろいろな難癖をつけて、外資を自発的に撤退させる。そして、最終的

にその投資資産を国有化しようというハラをつねに抱いているのではないかと思います。サ

ハリン天然ガス開発の話も、1975年に始まっています。エクソンが本格調査を開始したのは

1993年であり、この時期は91年のソ連崩壊後です。当時のロシア政府には財政力もプロジェ

クト主導力もなく、抜け目のない日本の大商社が、その隙を突いて、食指を動かしたのも無

理ありません。一方、ロシア政府は例によって、外資による開発が進むまで、静観を決め込

むわけです。まさに深く潜行するサブマリーン戦略です。

 他人にお金を出させて、うまくいったら乗っ取るという盗賊的手口は、中東油田地帯で歴

史的に頻発しており、現在のイラン・イラク地域の紛争の原点です。日本の三井物産を筆頭

とする三井グループもかつてイラン投資(IJPC:イラン・ジャパン石油化学)で苦い目に遭っ

ています。(注2)

 70年代から80年代にかけて展開された、かつてのイラン政府・日本資本の合弁事業は、現

在、バンダル・イマム・ペトロケミカルというイラン国有企業(イラン革命の指導者、バン

ダル・イマム・ホメイニの名前を冠した企業)に化けています。三井グループは3000億円くら

いの投資損失でしょう。当時の三井サイドの責任者の中東情勢分析力の貧困さが大変悔やま

れます。現在のようにインターネットで国際情報がふんだんに入手できる時代においては考

えられない愚かさです。悪名高いイラン・コントラ事件を起こした、当時の米国覇権主義者の

中長期的な対イラン・イラク攻略の野望を、当時の三井サイドが察知していれば、イラン投資

の意思決定はあり得なかったはずです。IJPCは絶対に成功しないプロジェクトであること

は、当初から十分予測できたことです。日本人のシナリオ発想力と諜報収集力の貧困さがこ

こでも禍いしています。

 上記、サハリン2も総事業費2兆円、日本サイドの三井物産、三菱商事合わせて1兆円規模

の投資を行っています。IJPCの苦い経験が、サハリン2にどれほど活かされているのでしょ

うか。

 ちなみに歴史的な大失敗したIJPCプロジェクトは、最終的には通産省事務次官経験者(山下

英明氏)を社長にして日本政府が尻拭いしています。これこそ究極のモラルハザードといえま

しょう。



4.サハリン2のワーストシナリオ

 サハリン2の仕掛け人は、既述のように、あのロイヤルダッチシェルです。つまり、欧州

寡頭勢力につながっています。欧州寡頭勢力といえば、1917年のロシア革命の闇の仕掛け人

でもあります。この寡頭勢力は、1904年から5年にかけて戦われた日露戦争で日本を応援し、

日本に戦費を融資してくれた米国の銀行家、ジェイコブ・シフともつながっています。日露戦

争は、結局、反ユダヤのロシア帝国崩壊の引き金になったと思います。日本の明治政府は単

に彼らに利用されただけでした。もっとも、明治政府自体が、国際寡頭勢力の支援で成立し

たともいえますが・・・。

 さてロシア革命後に誕生したソ連共産党独裁政権は、したがって、欧州寡頭勢力と裏でつ

ながっていたとみなせます。このように考えると、サハリン2を主導するロイヤルダッチシ

ェルと、ポストソ連、新生ロシアのプーチン政権はアンダーザテーブルではつながっている

ことになります。サハリン2は当初、マラソンとシェルという信用ある国際石油メジャーで

プロジェクトが組成され、日本の大商社を巧みに信用させて引きずり込み、ある程度、プロ

ジェクトが進んで、撤退しづらくなったところで、予定通り、マラソンが引いて、次に、シ

ェルとロシア政府が裏取引する(?)そして最後は、またも日本の大商社を大きく騙そうと

する魂胆が潜むのではないでしょうか。

 それでは、日本資本を騙す欧州寡頭勢力の究極の狙いはどこにあるのでしょうか。一説に

よれば、サハリン天然ガスは、彼らの闇の計画では、日本の電力・ガスに売るのではなく、パ

イプラインで北朝鮮、中国に供給する予定だそうです。金満日本に金だけ出させて、最後は

ポイ捨てのシナリオです。なるほど・・・。日本の大商社は、日露戦争と同じく、またも

や、最初からすっかり騙されている可能性があります。



5.極東戦争は回避できるか

 さて2006年9月22日、米国のライス国務長官が、北朝鮮包囲網の強化で、外相級多国間会議

を招集したにもかかわらず、中国とロシアは応じなかったと報道されています。ロシア政府

のサハリン2の事業停止命令の時期と見事に一致します。これらの動きは、米国覇権主義者

にとっても、とっくに織り込み済みのシナリオなのでしょう。

 ところで日本ではこの時期、タイミングよく、米国でナショナリストと呼ばれる安倍総理

率いる新内閣が実現間近です。上記の国際寡頭勢力(軍事・エネルギー覇権の方)の期待は、安

倍政権が日本国内でナショナリズムを煽り、反露感情、反朝感情を高揚させてくれることで

す。こうして日本海圏で、1世紀前の日露戦争と同様の緊張を再現させるシナリオが着々と準

備されているかもしれません。恐ろしいことです。かつて日露戦争で騙され、今度また騙さ

れたら、ほんとうのバカです。

 ところで、筆者は、例の国際寡頭勢力は、複数勢力が競い合って、共存していると読んで

います。極東戦争シナリオを進めるのは、軍事・エネルギー覇権の方の国際寡頭勢力だと読ん

でいます。しかしながら、彼らは順番制を敷いているので、近未来、国際金融覇権の方の国

際寡頭勢力が台頭してくると読んでいます。(注3)この読みから、ポスト小泉は、安倍氏(軍

事・エネルギー覇権の傀儡)ではなく、竹中氏(国際金融覇権の傀儡)と予測していました。

(注4) ちなみに、これまで小泉政権は、両覇権の競争の狭間で翻弄されていたと思いま

す。わかりやすく言えば、金融庁と宮内一派を支えたのが国際金融覇権で、宮内一派の掃討

を画する検察人脈と親米右翼を支えたのが軍事・エネルギー覇権であるとみなせます。

 さて国際金融覇権の寡頭勢力は今、米国内では、ブッシュの任期途上の大失脚を画策して

いるでしょう。ビル・クリントン政権末期のモニカ・ルインスキー事件を彷彿とさせます。

こちらは不発に終わりましたが・・・。ベネズエラのチャベス大統領にブッシュ大統領を悪

魔呼ばわりさせるなどして、最終的に、自作自演の9.11事件の首謀者をブッシュ大統領に押

し付けるシナリオが成功すれば、ブッシュ失脚は成功し、ポストブッシュに、国際金融覇権

の寡頭勢力の指名するあらたな傀儡大統領(たとえば、ヒラリー・クリントンなど民主党リー

ダー)が、早期に実現します。このシナリオが実現すれば、軍事・エネルギー覇権の画策する

極東戦争シナリオがとりあえず、延期されるでしょう。そのときは、もちろん安倍政権もツ

レション退陣ですが・・・。 

 ともかく日本が無用な戦争に引きずり込まれるより、ポストブッシュの国際金融覇権によ

って、近未来、経済崩壊させられるシナリオの方がまだましです。とにかく、血をみるのだ

けは真っ平御免です。ただ、国際寡頭勢力が地球上から消滅しないかぎり、いずれにしても

近未来、日本がひどい目に遭わされるシナリオだけは避けられません。



注1:サハリン大陸棚における石油・天然ガスの開発と環境、村上隆、北海道大学

http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/sakhalin/hoppo/hoppo_index.html


注2:イラン・ジャパン石油化学の歴史、2006年3月、化学業界の話題 およびIJPC年表

http://knak.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/index.html


http://kaznak.web.infoseek.co.jp/japan/ijpc-history.htm


注3:ベンチャー革命No.204『日本ななぜ、これほどまでに仕掛けられるのか』2006年8月26日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr204.htm


注4:ベンチャー革命No.183『ポスト小泉を占う』2006年1月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr183.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

連邦準備法つづき

THE FEDERAL RESERVE ACT

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

連邦準備法

最終的な警告


ニューヨークの上院議員イライヒュー・ルートはこれらの改訂のいくつかを批判し、いくつかのポイントは修正されました。

それは12月19日に上院によって通過されました。

違うバージョンが両方の家によって通過されたので、オリジナルの法案の一定の部分がそっくりそのまま残るであろうと保証するために、協議会は設立されました(6人の民主党員とほんの2人の共和党員を積み重ねられました)。

多くの下院議員と3人の特定の上院議員がワシントンから離れていた時に、それはクリスマスの2日前にどのような公聴会もなしで、そして1913年12月23日に急いで準備されました;

それが43-25(休んでいるか、断っている27を持ちます)の票によって通過した所で、法案は、下院(そこで、それは298-60を通過しました)に送られたし、それから上院に送られます。

上院票の1時間後で、ウィルソンは法律化のために連邦準備法にサインし、啓蒙主義者はアメリカ経済を掌握しました。

国家の地下室の金と銀は現在連邦準備銀行によって持たれていました。

それから、計画全体を巧みに操ったアルフレッド・チャールズ・ロスチャイルド(1842-1918)男爵は、さらに私達の国の財務体質を弱める計画を立てました。

ウィルソンとカーター・グラス議員が、議会を通して連邦準備法を得ることに対して功績を与えられたけれども、それを通過するためにサポートを得ることで、ウィリアム・ジェニングズ・ブライアンは主要な役割を果たしました。

ブライアンは後で書きました:

「それは、私が後悔する私の公的なキャリアの唯一の物です 連邦準備銀行法の立法を確保する私の仕事 。」議員ガラスは、後で書きます:

「私は、一度も、連邦銀行組織がそのような故障を証明するであろうと思ったことがありませんでした」。

「国は回復できない破産の状態にあります」。

ユースタスMullinsは、彼の本The連邦準備銀行共謀において書きました:

「米国のお金とクレジット資源は、現在、主要な義理が国際バンキング興味にであり、そして、ロンドンで四等分し、第一次世界大戦の間にニューヨークに動いたJPモーガンの最初の国立銀行とクーン&ローブのナショナルシティー銀行の間の銀行家の同盟の完全なコントロールにありました」。

財務長官、ウィリアム・ギブズ・マカドゥー、および農務長官デイビッドF.ヒューストン(ガラスとともに、後で、ウィルソンの下で財務長官になりました)によってコントロールされた準備銀行組織委員会は、地域の準備銀行のために位置を見つけるために100,000ドルを与えられました。

このステータスを要求している200を超える都市によって、それらが特別な鉄道車両の中で国を旅行した時に、ヒアリングは18の都市で実施されました。

1914年10月25日に、連邦準備制度のフォーマルな設立は発表されて、それは1915年に動作しはじめました。

Col. 彼が彼の親友と最も信頼されたアドバイザーであったので、ウィルソンが、彼の、「自我を変更します」と呼んだ家は匿名でフィリップDruと呼ばれる1912年の小説を書きました:

ウィルソンがコントロールされた方法を明らかにした管理者。

中心的なバンキングのインプリメンテーションに陳情した家は累進所得税に現在彼の注意を回すでしょう。

付随的に中央銀行、提供する膨張可能な通貨;

そして、段階別であった所得税は、国を社会化するための共産党宣言の10ポイントのうちの2つでした。

それは、最初の連邦準備制度理事会を厳選した家でした。

彼はベンジャミンを強くその最初の会長に任命しました。

1914年に、ポールM.ワールブルクは、彼のドイツ接続のため第一次世界大戦の間に1918年に辞任することがより遅いボードの上にあるために、1年がクーン、ローブ・アンド・カンパニーで売買する彼の500,000ドルをやめました。

その名前を連邦準備制度に変更し、ディレクターの数と用語の長さについてそれを再編成して、1935年銀行法は連邦準備法を改正しました。

7メンバー理事会によって率いられて、大統領によって任命されて、14年の期間の間上院によって確認されて、取締役会は国家のマネーサプライと銀行制度に監督者として行動します。

理事会、ニューヨークの連邦準備銀行の社長、およびローテーションの上で勤務している4人の他の準備銀行社長は連邦公開市場委員会を作ります。

このグループは、公開市場での公債を売買するかどうかを決めます。

政府を運営するために必要であったお金を得るために準備を作成するために、政府はたいてい21人のウォール街の債券ディーラーを通して公債を売買します。

委員会はまた国家の銀行と消費者に利用可能なマネーサプライを決定します。

12区に12の連邦準備銀行があります:

ボストン(MA)、クリーブランド(OH)、ニューヨーク(NY)、フィラデルフィア(PA)、リッチモンド(VA)、アトランタ(GA)、シカゴ(IL)、セントルイス(MO)、ミネアポリス(MN)、カンザスシティ(KS)、サンフランシスコ(CA)、およびダラス(TX)。

人々が、連邦準備銀行がニューヨークからコントロールされたと思わないように、12の地方銀行は設定されました。

銀行のそれぞれは取締役会の上に9人の人を持っています;

6はBanksメンバーによって選ばれて、3は理事会によって任命されます。

彼らは25の銀行の支店と多くのメンバー銀行を持っています。

すべての連邦銀行はメンバーであり、10の商業銀行ごとの4はメンバーです。

全体において、連邦準備制度は国の銀行預金の約70%をコントロールします。

1920年に大統領任期に選ばれたオハイオ上院議員、ウォレンのG.ハーディングは、準備がプライベート・バンキング独占であると1921年の議会の問い合わせにおいて言いました。

彼は言いました:

「連邦準備銀行は株式保有加盟銀行によって所有された組織です」。

彼が食中毒にかかったという噂をもたらして、彼が不可解な死に方をした時に、「政府はそれの中で1ドル分の株を持っていません」.彼の用語は1923年に短くされました。

彼の妻が死体解剖を許さないであろうので、この主張は決して正当性を実証されませんでした。

連邦準備銀行の開始の3年後で、ウッドロー・ウィルソンは言いました:

「国家…の成長とすべての私達の活動は数人の人の手の中にあります…」

私達は、判決された最悪事態のひとりであるようになりました;

「文明世界の中の最も完全にコントロールされて、支配された政府の1つ(自由な意見(信念と大多数の自由投票によるもう政府であるが支配的な人の小集団の意見と強制による政府)の…もう政府)」。

1919年に、ジョン・メイナード・ケインズ(フランクリン・ルーズヴェルトへの後でアドバイザー)は彼の本の中で平和の経済的帰結を書きました:

「レーニンは、資本主義制度を破壊する最もよい方法が、通貨を堕落させることであったことを言明することになっています…」

インフレの継続的プロセスによって政府がひそかに没収できることと気づかれないこと、重要な部分 富 それらの市民 …

「インフレが進み、通貨の本当の価値が月から月に激しく変動する時に、資本主義の究極の基礎を成形する借方と債権者の間のすべての永久的な関係は、ほとんど無意味であるように秩序をそう完全に乱されます…」

チャールズ・リンドバーグ下院議員August、Sr.(歴史的なパイロットの父)は議会のフロアの上で言いました:

「この法は地球の上の最も巨大な信頼を規定します…」

大統領がこの法にサインする時に、お金信頼の調査によって存在すると判明したお金パワーによる見えない政府は公認されるでしょう…

これは変装においてオールドリッチ・ビルです…

委託物がインフレを望んでいる時はいつでも、新しい法律はインフレを作成するでしょう…

今後、不況は科学的に作成されるでしょう…

「年の最も悪い立法上の犯罪はこのバンキングと流通証券によって行われます」(たぶん啓蒙主義者への彼の反対に対して支払われたリンドバーグ)。

そこのWhenは、彼の息子チャールズが大統領に立候補するように、成長することがサポートし、彼の孫が誘拐されて、見たところ、殺したことであるようでした。

ヘンリー・キャボット・ロッジ議員、Sr.は請求書(連邦議会議事録、1932年6月10日)に関して言いました:

「現状では請求書で、私に、通貨の広大な膨張に道を開くようです…」

「私は、どのような法律でも承認されることができると思うことが好きでありません(それが、償還できない紙幣の洪水が金本位制を覆い隠すことを可能にするでしょう)」。

1931年12月15日に、10年以上の間、下院でのバンキングと通貨委員会の会長を務めたルイスT.マクファデン議員は言いました:

「連邦準備制度理事会と銀行は問題の外国の中央銀行の正しく指定されたエージェントであり、彼らは、彼らの外国の顧客に、彼らが米国の人々と一緒にいるより関係しています」。

1932年6月10日の、「連邦準備制度理事会と銀行についてアメリカ製の唯一の物は、それらが使うお金です…」、マクファデンは議会へのアドレスの中で言いました:

「私達は、世界がこれまでに知っていたことがある最も堕落した組織のそれをこの国に持っています」。

私は連邦準備制度理事会と連邦準備銀行と関連しています…

何人かの人々は、連邦準備銀行が米国政府機関であると思います。

彼らは政府機関ではありません。

それらは、自身のための米国の人々と彼らの外国の顧客を苦しめている私的なクレジット独占です…

連邦準備銀行は外国の中央銀行のエージェントです…

金融の海賊のその暗いクルーの中に、彼のポケットから1ドルを取り出すために人ののどを切るであろう人々がいます…

すべての努力は、その能力を隠すために連邦準備制度理事会によってされているけれども、真実は、FEDが政府を強奪したことです。

それはここのすべて(議会の)をコントロールし、すべての私達の対外関係をコントロールします。

それは思いのままに政府を作り、壊します…

FEDが通過された時に、米国の人々は、世界システムがここでセットアップされていたことに気づいていませんでした…

「彼ら自身の喜びのために世界を奴隷にするように一緒に行動している国際銀行家と国際的な産業経営者によってコントロールされた超大国!」

1933年5月23日に、マクファデンは連邦準備銀行のメンバーを弾劾で告訴しました:

「言われた通貨の金価値が私益に与えられることができるように、私が米国の国の通貨の拒否を引き起こしてた罪で一緒で、別々にそれらを告発するのに対して…」

私は1928年に米国政府から恣意的で、不法に80,000,000,000ドルを引き継いだことによって…をそれらに請求します…

恣意的で、不法に増大したお金…上のレートを上げて、下げて、私益のために通貨流通高のボリュームを減少させたことによって私は…をそれらに請求します…

私はニューヨーク証券取引所の上の価格の低下を引き起こしたことによって…をそれらに請求します…

外国人と国際的な貸金業(権利と米国の財源のコントロール)に移動するために共謀したことによって、私は…をそれらに請求します…

アメリカ人を欺き、米国に、その独立性を失わせることを意図している間違いで、誤解を招く宣伝を出版したことによって、私は…をそれらに請求します…

「米国の平和とセキュリティに反逆して共謀し、作動した犯罪によって、そして米国の立憲政体を破壊するために反逆して共謀したことによって、私は…をそれらに請求します」。

1933年に、副大統領ジョン・ガーナーは国際銀行家と関連している時に言いました:

「あなたは、誰が米国を所有しているかをわかります、紳士」。

上院議員バリー・ゴールドウォーターは謝罪なしで彼の本を書き込みました:

「これらの人がただ、偶然CFR(外交問題評議会)であり、まさに、連邦準備銀行の理事会の上にあるために偶然、それが完全にこの大きな国のお金と利率をコントロールすることはあなたに不慣れであるようでありません」。

「…、完全に、アメリカ合衆国と関係を持っていない私的に所有されている組織!」

平易で、簡単に、連邦準備銀行は連邦政府の一部ではありません。

それは株主によって所有されている私的に持たれている企業です。

そんなわけで、ニューヨーク連邦準備銀行(そしてすべて他)はアメリカビジネス(北東、地域1、マンハッタン/ブロンクス)のダン&ブラッドストリート参考図書にリストされます。

記事I(米国憲法のセクション8)によると、議会だけが、お金を出し、その価値を調節する権利を持っているので、私益がそうすることは違法です。

それでも、それは起こり、法における供給のため、クラスA株主は、明らかにされることではなく秘密にされることになっていました。

彼のスイスの、そしてサウジアラビアのコンタクトを通して自動刈取機と呼ばれるニューズレターを出版したR.F.マクマスターは、どの銀行が準備において会社支配に十分な持ち株を保持したかを見つけ出すことができました:

ロンドンとベルリンのロスチャイルド銀行;

パリのラザール兄弟銀行;

イタリアのイスラエルモーゼスセイフ砂丘銀行;

ハンブルクとアムステルダムのワールブルク銀行;

Lehman Brothers Bank of New York;

ニューヨークのクーン、ローブ・アンド・カンパニー;

ニューヨークのChase Manhattan Bank;

そしてゴールドマン、ニューヨークのザックス。

これらの興味は約300人の株主を通して準備をコントロールします。

たとえ、誰がニューヨーク連邦準備銀行をコントロールして、システムをコントロールすることも、準備が組織された方法のため、100の最も大きな銀行の約90はこの地区にあります。

ニューヨーク銀行の伝えられるところでは203,053のシェアの間に:

ロックフェラーのナショナルシティー銀行は30,000のシェアを持っていました;

モーガンの最初の国立銀行は15,000のシェアを持っていました;

全国、6,000のシェアを追います;

そして商業(モーガン保証信頼)、21,000のシェアの国立銀行。

「大米国企業の間で指導者職を連動させます」と呼ばれる1978年6月15日の上院リポートは、5つのニューヨーク銀行が130の大米国企業と470の役員兼務を持っていたと明らかにしました:

Citicorp(97)、JPモーガン社

(99)、チェース・マンハッタン(89)、マニュファクチヤラーズ・ハノーバー(89)、およびケミカルバンク(96)。

ユースタスMullinsによると、これらの銀行はFEDにおいて主要な株主です。

彼の本世界秩序の中で、彼は、これらの5つの銀行が言われたLondon. Mullins「からコントロールされる」と言いました:

「ニューヨーク連邦準備銀行のその会社支配に十分な持ち株のほかに、Rothschildsは米国の他の部分への重要な金銭的利益を発展させました…」

「ロックフェラー帝国全体がRothschildsによって資金提供されました」。

家バンキングと通貨委員会の1976年5月のリポートは示しました:

「ロスチャイルド銀行は、それらが20パーセントを保持するロンドンのマニュファクチヤラーズ・ハノーバー…とニューヨークのマニュファクチュラーズ・ハノバー銀行と提携します」(ロンドン、フランス、ベルギー、ニューヨーク、およびアムステルダムのロスチャイルド銀行から成ったロスチャイルドの大陸間の銀行,Ltd.が3つのアメリカ子会社を持っていたというまた明らかにされた報告):

クリーブランドのナショナルシティー銀行、ヒューストンの最初の都市国立銀行、およびシアトルの最初の国立銀行。

Rothschildsが米国連邦準備銀行の株の53%を保持することは信じられます。

数十億ドルは毎年、銀行融資における利息を支払うために、FEDに行く米国税金ドルからのクラスA株主による、‘得られます’です。

連邦準備法

FINANCIAL BACKGROUND

金融背景


THE FEDERAL RESERVE ACT

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

連邦準備法

最終的な警告:

新世界秩序の履歴


それらがほとんどのヨーロッパ諸国でしたように、1865における南北戦争の終わりは、私達の通貨制度をコントロールする啓蒙主義者のチャンスを滅ぼしました。

従って、Rothschildsは金融の乗っ取りについてのそれらの計画を修正しました。

トップからの裂けている下りの代わりに、彼らは、底で、私達の通貨制度の基礎を混乱させ始めようとしていました。

この破壊の機器はジェイコブ・シフという名前の若い移民でした。

シフ家はそれらの家系を14世紀にさかのぼり、キング・ソロモンが祖先であったと主張しさえしました。

ジェイコブ・シフはフランクフルト、ドイツで1847において誕生しました。

彼の父、モーゼス・シフ、ユダヤ教牧師はフランクフルト証券取引所での成功した株式仲買人でした。

1865で、彼はアメリカに来て、1867において、ヘンリー・バッジとレオ・レーマンと彼自身の証券会社を結成しました。

それが失敗した後に、彼はドイツに帰り、ハンブルクでドイツ銀行のマネジャーになりました(そこで、彼は、ニューヨークでクーン&ローブの会社を設立することを手伝った後に、退職したモーリッツ・ワールブルク(1838-1910)とエイブラハム・クーンと会いました)。

クーンとローブは、オンであった移住者を西欧に彼らの方法で出すためにラフィエット、インディアナで店を始めるために1850の間に遅い1840とためられていることの彼らの資源の中で米国に来たドイツユダヤ人でした。

彼らはシンシナティとセントルイスで同様な店を設立しました。

後で、彼らは質屋業とお金貸しをそれらの事業に追加しました。

1867において、それらは自身に有名なバンキング会社というレッテルを貼りました。

26歳の1873において、ジェイコブ・シフは、Rothschildsの財政的支援によって、ニューヨーク市でクーンとローブのパートナーシップを受け入れました。

彼は1875についての完全なパートナーになりました。

世界で単独で最も大きな鉄道の運を作成するために彼がエドワード・ヘンリー・ハリマンと協力することを可能にした鉄道管理についての熟練を発展させて、鉄道に資金提供することによって、彼は百万長者になりました。

彼はソロモン・ローブの最も年上の娘、テレサと結婚し、結局、クーンの興味を買収しました。

あらゆる点で、彼は、クーン、ローブ・アンド・カンパニーとして現在知られていたものの唯一のオーナーでした。

オクラホマの上院議員ロバートL.オーウェンは、クーン、ローブ・アンド・カンパニーが米国でRothschildsの担当者であったことを示しました。


ジョン・ピアポント・モルガン(1837-1913)(代表している一番上のアメリカ人ロスチャイルド)がアメリカ財界の頭であったけれども、シフは、産業革命の間に望ましいヨーロッパ株と債券発行を配布することによって急速に主要な影響になっていました。

エドワードH.ハリマンの鉄道帝国のほかに、彼はジョンD.ロックフェラー(1839-1937)とアンドリュー・カーネギーの鉄鋼王国のためにスタンダードオイルに資金提供しました。

過ぎる世紀の変わり目、シフは、銀行業界で堅く確立されて、果たす用意ができていて、私達の経済システムをコントロールする啓蒙主義者の計画におけるポイント・マンとしての彼の役割がキリスト教を弱めて、人種間の緊張を生み、彼らを議会に選び、様々な政府機関に任命されさせるためにメンバーを募集するためでした。

1636において、イギリスでハーネス作りの家業を続けることをそれらの父、ウィリアムに任せて、マイル、ジョン、およびジェームズ・モーガンはマサチューセッツに降りました。

不動産とビジネスの中で成功しているジョセフ・モーガン(JPモーガンの祖父)は合衆国銀行をサポートしました。

ユニウス・スペンサー・モーガン(JPモーガンの父)、パートナーはJ. M.ビービ、モーガン・アンド・カンパニーのボストンバンキング会社の中にいました;

そして、J. S.モーガンでアンド・カンパニーになって、ピーボディが死んだ時にそれを引き継いで、ロンドンのジョージ・ピーボディ・アンド・カンパニーについてのパートナーになりました。

ジョン・ピアポント・モルガンまたは彼がよりよく知られていたことによるJPモーガンは4月17日、1837に誕生しました。

彼は1860においてニューヨークの彼の父の担当者になりました。

1862において、彼はJ. Pierpontモーガン・アンド・カンパニーとして知られている彼自身の会社を持っていました。

1863において、彼は清算し、チャールズH.Dabney(ジョージ・ピーボディ・アンド・カンパニーを表していました)についてのパートナーになり、Dabney、モーガン・アンド・カンパニーとして知られている会社を設立しました。

ドレクセル、モーガン・アンド・カンパニーとして知られている会社の中で彼は後でアンソニーJ.ドレクセル(フィラデルフィアで最も有力な金融会社の創立者の息子)と協力しました。

モーガンはまたフィラデルフィアでドレクセル・アンド・カンパニーについてのパートナーになりました。

1869において、モーガンとドレクセルはロンドンのRothschildsと出会い、北証券会社を通して、米国でロスチャイルドのパワーと影響を統合しはじめました。

彼の父がRothschildsと米国政府のために共同のエージェントとして行動した時に、モーガンは、始まったパートナーシップを続けていました。

南北戦争の間に、JPモーガンは不完全なカービン銃ライフルを北軍に売り、彼のニューヨークの保証信頼社を築くことに役立っていたのはこの政府資金でした。

1880において、彼は鉄道に資金提供し、再編成しはじめました。

彼の父が1890において死に、ドレクセルが1893において死んだ後に、一時的な全国的な経済委員会は、JPモーガンが彼自身の会社への9.1%の興味だけを保持したと明らかにしました。

ジョージ・ホイットニーは1.9%を所有し、H. B.デービソンは1.2%を保持し、しかし、チャールズW.スティール地所は36.6%を保持し、トーマスW.ラモント(息子、コーリスはアクティブな共産主義者でした)は34.2%を持っていました。

研究者は、啓蒙主義者がこれらの株を通して会社を統括したと信じます。

1901年に、ユナイテッド・ステーツ・スチール社(一時の間、Rockefellersは大株主でした)として知られている1社の大企業の中に500,000,000ドルが最大の製鉄会社を合併するように、モーガンはアンドリュー・カーネギーの広大なスチール操作を買収しました。

1941年11月30日の連邦議会議事録の中でプリントされたノリス上院議員によるスピーチは言いました:

“J".

P.モーガンは、それらの影響において米国の至る所で達する連動企業の少しの補助と協力によって、米国ですべての鉄道をコントロールします。

彼らは実用的にすべての公益事業をコントロールし、彼らは文字どおりに数千の企業をコントロールし、彼らは大きな保険会社のすべてをコントロールします。

「それらの人が国家のお金をコントロールするので、国のビジネスが、片手の指の上で名付けられることができる人によってコントロールされる時に、私達がすでにそのポイントに到着しなかったならば、私達はPresidentさん時間に徐々に達していて、そのコントロールは急速なレートで成長しています」。

モーガン保証信頼社を結成するために、ニューヨークの保証信頼社がJPモーガン・アンド・カンパニーと合併した時に、モーガンの家は1959年により大きくなりました。

彼らはロンドン、パリ、ブリュッセル、フランクフルト、ローマ、および東京に4つの支店と海外オフィスを持っていました。

モーガン、スタンレー・アンド・カンパニーの会社はまたそれらのコントロール下にありました。

Rothschildsの財政的支援とのクーン、ローブ・アンド・カンパニーのパートナーシップを受け入れて、



ポール・モーリッツ・ワールブルク(1868-1932)と彼の兄弟フェリックス(1871-1937)は1902年にフランクフルトから米国に来ました。

それらはファミリー金融会社、M. M.ワールブルク・アンド・カンパニーで訓練されました。

(それらの父モーリッツM.ワールブルク、1838-1910による操作)、フランクフルト、ハンブルク、およびアムステルダムのロスチャイルドで同盟した銀行(それは1798においてそれらの曾祖父によって設立されました)。

ポール(彼が死んだ時に250万ドル以上に値しているそうです)、既婚のニーナ・ローブ、ソロモン・ローブ(シフの妻の妹)の娘;

フェリックスが、3月、1895に、フリーダ・シフ(ジェイコブ・シフの娘)と結婚する間。

ナチが引き継いだ時に、それらの兄弟マックス(1867-1946)(ロシア革命(ドイツのシークレットサービスの知能のチーフとしての彼の能力において、レーニンが封印された列車の中のロシアの中にドイツを横切るのを手助けしました)と後の方のヒトラーの主要な財政家)は1938年までハンブルク銀行を経営しました。

銀行を経営しているユダヤ人を望んでいなかったナチはその名前をブリンクマン、ワーツ・アンド・カンパニーに変更しました。

第二次世界大戦の後に、それを率いるために、いとこ、エリック・ワールブルクは戻り、1970年に、その名前はM. M.ワールブルク、ブリンクマン、ワーツ・アンド・カンパニーに変更されました。

ジークムント ワールブルク、エリックの兄弟は、ロンドンの、そして1956年までのS. G.ワールブルク・アンド・カンパニーのバンキング会社がセリグマン兄弟の銀行を引き継いだのを立証しました。

Warburgsは、どのように啓蒙主義者が戦争の両側をコントロールするかの別のよい例です。

ポール・ワールブルクのクーン、ローブ・アンド・カンパニーの会社一方

(米財務省部門の5人の担当者の持ち)は、自由貸付金(それは米国のために第一次世界大戦に資金提供することに役立っていました)を担当していて、彼の兄弟マックスはM. M.ワールブルク・アンド・カンパニーを通してドイツに資金提供しました。

議会の中心的な銀行法の通過に陳情するためにRothschildsによってここに送られて、ポールとフェリックス・ワールブルクは任務を持つ人でした。

イーリー・ギャリソン(セオドアローズヴェルトとウッドロー・ウィルソンの社長への財務顧問)大佐は彼の本の中でルーズベルト、ウィルソン、および連邦準備法に手紙を書きました:

「Mr.」

ポール・ワールブルクは、オールドリッチ計画がそのような全国的な憤慨と反対を引き起こした後に、一緒に連邦準備法を集めた人です。

「両方の計画の指導者はロンドンのアルフレッド・ロスチャイルドでした」とE. R. A.セリグマン教授(コロンビア大学の経済学部の頭)は中心的なバンキングについてのワールブルクのエッセイの1つの序文において書きました:

「連邦準備法は国のどのような他の人よりももっと(ポール)さんワールブルクの仕事です」。

1903年に、ポール・ワールブルクはシフにアメリカの通貨制度へのヨーロッパの中心的な銀行制度のアプリケーションを説明しているメモを与えました。

シフは次々それをジェームズ・スティルマン(ニューヨーク市のナショナルシティー銀行の頭取)に与えました。

ロンドン証券会社で働く間に、ワールブルクは1886におけるハンブルク大学を卒業し、イギリスの中心的なバンキングの方法を勉強しました。

1891において、彼はフランスバンキングの方法を勉強しました;

そして、中心的なバンキングアプリケーションを勉強するために、世界が1892-93から移動しました。

要点は、彼が中心的なバンキングの世界の最初の権限であったことでした。

5番目が、共産党宣言が、中心的なバンキングによってする必要があった1848において厚板を張ることは注に興味深い。

1906年に、ナショナルシティー銀行のフランクA.バンダリップはニューヨークの金融機関を多くに納得させて、彼らが銀行家でコントロールされた中央銀行が必要で、それは国家の金融制度を提供することができました。

その時間まで、モーガンの家はその役割を満たしました。

モーガンと関係している人々の何人かが以下の通りでした:

ウォルター・バーンズ、クリントン・ドーキンス、エドワード・グレンフェル、まっすぐなウィラード、トーマスLament、ドワイト・モロー、ネルソン・パーキンズ、ラッセルLeffingwell、イライヒュー・ルート、ジョンW.デイビス、John Foster Dulles、 S.パーカー・ギルバート、およびポールD.Cravath。

1873、1884、1893、1907年、および後の方の1920年の金融のパニックは、ずっと強い銀行制度を要求する意図を持ってモーガンによって開始されました。

1907年1月6日に、ニューヨーク・タイムズは、「私達の銀行制度の欠陥とニーズ」(それの後に、彼は通貨改革の主要な指数になりました)と呼ばれるワールブルクによる記事を出版しました。

アメリカのニッカーボッカー銀行と信頼の社が破産していて、金融恐慌を作成して、銀行に取り付け騒ぎがあったという噂を流すことによって、その同じ年、ジェイコブ・シフはニューヨーク商工会議所に、「私達がクレジット資源の適正なコントロールによって中央銀行を持っていない限り、この国は、歴史において最も厳しく、遠い到達金融恐慌を受けようとしています。」Whenモーガンが1907年に恐慌を開始したと言いました(それは、中心的な銀行制度への支持を凝固させはじめました)。

このパニックの間に、ワールブルクは、50%が政府によって所有されるであろう中央銀行と国家の銀行による50%を要求していた「修正した中央銀行についての計画」と呼ばれるエッセイを書きました。

コロンビア大学のスピーチにおいて、彼は、1860の大統領選挙戦スピーチにおいて言ったエイブラハム・リンカンを引用しました:

「私は米国銀行を信じています」。


1908年に、シフは、アメリカ通貨制度をつかむ最終的な計画を立てました。

エドワード・マンデル・ハウス(1858-1938)大佐(名誉称号)(英国の財政家トーマスW.House(南北戦争の間にフランスとイギリスから供給品を南に供給することによって、ひと財産を作ったロスチャイルドエージェント)の息子)はシフの主要な担当者と急使でした;

そして、株式市場思索が彼のために早い1900年代までに大富豪を作ったバーナード・バルーク(1870-1965)および、彼のアドバイスを求めるために、誰の外国と国内の方針専門知識が大統領をウィルソンからケネディに導きましたか;

彼の計画を実行するためにシフによって重く信頼されていた2でした。

ハーバート・レーマンはまたシフへの側近でした。

家(Col.家の親密な書類の中で出版されます)について、ウッドロー・ウィルソン大統領は書きました:

「Mr.」

家は私の2番目の個性です。

彼は私の独立な自身です。

彼の考えと私のものはものです。

私が彼の代わりにいたならば、ちょうど、彼が提案したように、私はするでしょう…

「誰かが、彼が、彼がとるどのような行動によってでも私の意見を反映していると思うならば、それらは結論を自由にしてよい」とジョージ・シルベスター・ヴィレックは歴史において最も奇妙な親交において書きました:

ウッドロー・ウィルソンと大佐は住みます:

連邦準備法の「非可視の守護天使」として知られていた、「連邦準備銀行立法がついに明確な形を帯びた時に、家はホワイトハウスと財政家の間でその仲介者でした」.シフは、米国憲法が18世紀の知性の成果であり、旧式で、「廃止されて、書き直される」べきであると言いました。

1908年に、上院議員ネルソンW.オールドリッチ(ジョンD.ロックフェラーJr.の義父とネルソンとデイヴィド・ロックフェラーの祖父)は法案を提出しました(それにおいて、銀行は、緊急事態において、連邦、州の、そして地方債と鉄道債券によって支えられた通貨を発行するでしょう(それはきずなの金銭的価値の75%と等しいでしょう))。

それが、季節需要に応じて、貿易のボリュームによって変動するであろう通貨制度を提供しなかったので、それは厳しく非難されました。

オールドリッチは議会で最も強力な人と上院の啓蒙主義者の頭の人でした。

40年の間の議会(上院のそれらの36)のメンバー、彼は強力な上院財政委員会の会長でした。

下院(ニューヨークのE. B.ブリーランド議員)で、ブリーランド・ビルが提案しました。

アーリントンハウスでホテルの客室のミーティングでオールドリッチと下院議長ジョセフ・キャノンといくつかの妥協案を作った後に、彼の請求書はブリーランド代用品として知られました。

それは資産通貨の受容をであるが緊急事態の場合にだけ要求していて、通貨は束縛というよりも商業手形に基づくでしょう。

それは家、184 -145で通過しました;

しかし、それが上院に到着した時に、オールドリッチはそれに対して動き、さらなる妥協案を要求しました。

非常通貨法と呼ばれるオールドリッチ・ブリーランド法案は1908年5月30日に通過させられて、全国的な貨幣委員会の作成に導かれました(それは議会のメンバーからなりました)。

さて、どのような金融立法でも議会に送り、最初にこのグループを通り抜ける必要があるでしょう。

全国的な貨幣委員会によって承認された請求書はオールドリッチ・ビルとして知られていて、連邦準備法のために立法上のベースを成形しました。

共和党のサポートを持つために、共和党員への改正がペイン・オールドリッチ関税ビルのスポンサーになった時に、それは導入されました。

それが15区を持つだけであろう以外、それはワールブルクの計画に基づきました;

地区レベルの上のディレクターの半分は銀行、株主による3分の1、および他のディレクターによる6分の1によって選ばれるでしょう。

全国的なボードの上:

各地区によって選ばれた2;

株主によって選ばれた9;

そして、知事、会長、2人の副知事、財務長官、商務長官、および労働、農務長官であるための7職権によるメンバーと通貨監査長官。

それが最終的に銀行を中央銀行と認定し、民主党が1912年の政党の綱領の中でそれに反対したので、ほとんどの人々はビルに対してでした。

オールドリッチは、300,000ドル(中心的な銀行制度を勉強するためにヨーロッパのまわりで旅行されたこの16人委員会)のコストで全国的な貨幣委員会の頭として、そして1908年-10年から任命されました。

1910年に、ワールブルクは、結合準備銀行が、1億ドルの首都を持って、ワシントンD.C.に置かれることを要求した資格を与えられたスピーチ(「米国の結合準備銀行」)をしました。

国は20区に分割されるであろうし、システムは取締役会によってコントロールされるでしょう(それは銀行協会、株主、および政府によって選ばれるでしょう)。

ワールブルクは、米国通貨制度が柔軟でないと言い、それは、ビジネス需要の上昇と秋のために補償することができませんでした。

例として、彼は言い、小麦が収穫されて、マーチャントが、穀物の大口供給を買い、蓄えるために現金を持っていなかった時に、農夫が、彼らが得ることができた何のためにでも穀物を売却するでしょう。

これは、小麦の価格を、損失を取ることを農夫に強制して、大いに変動させるでしょう。

ワールブルクは、商業手形(紙幣)の開発が通貨として流れることを要求しました(それは均一なサイズの標準の名称の中で発行されるでしょう)。

それらは、借金と税金の支払いのための法定貨幣であると法律によって宣言されるでしょう。

中央銀行の構成を率いるために有能な人を見つける批判について、セオドアローズヴェルト大統領は言いました:

「なぜ、(ポール)さんワールブルクに仕事を与えません?」

「彼は金融のボスであるであろうし、私は政治的なボスであるであろうし、私達は国を混ぜることができました」。

会議が1910年11月12日にコロンビア大学で催された後に、「銀行注と貸出権限」と呼ばれる記事の中の政治経済学のそれらのジャーナルの1910年12月号の中で全国的な貨幣委員会はそれらの計画を出版しました。

1910年11月22日に、オールドリッチは金融機関と全国的な貨幣委員会のメンバーのミーティングを召集しました(それはヘンリーP.デービソン(JPモーガンのパートナー)によって提案されました)。

オールドリッチは、彼らが「米国のための科学の通貨」を開発するまで、彼が、彼らを隔離されるようにしておくつもりであると言いました。





すべてのそれらは秘密の会合に呼び出し、啓蒙主義者のメンバーでした。

彼らがジョージアにオールドリッチによって所有されている私的な鉄道車両を借り切った所で、彼らはホーボーケ、ニュージャージ中の鉄道プラットフォームの上で会いました。

それらはブランズウィック、ジョージアの沖でジキル島にボートによって取られました。

聖サイモンズ、Tybee、カンバーランド、Wassau、オオカミ、黒ひげ、Sapelo、Ossabow、およびシー諸島を含めて、ジキル島は10の島のグループでにあります。

ジキル島は、ユージンdu Bignonから125,000ドルで、JPモーガン、ヘンリーGoodyear、ジョゼフ・ピュリッツァー、エドウィン、およびジョージ・グールド、サイラス・マッコーミック、ウィリアム・ロックフェラー(ジョンD.ロックフェラーの兄弟)、ウィリアムK.バンダビルト、およびジョージF.ベーカー(500万ドルの贈り物によってハーバード・ビジネス・スクールを設立しました)による1888において購入された(そのファミリーは1世紀の間それを持っていました)‘金持ちの人目につかないリゾート’でした。

それが公的なリゾートに変換された時間まで、どの招かれない足もこれまでその岸をふみませんでした。

それが言われた ところの クラブ・ハウスでディナーのためにジキル島探究クラブのすべての100人のメンバーが座った時 それは世界の富の6番目を表していました。

北に短い距離不在の聖サイモンズ島はまた啓蒙主義者の利益によって所有されました。

私的な狩猟小屋でミーティングに出席しているそれらは、アヒルハンティング遠征にあるそうでした。

彼らは、コードネームによってまたはまさにそれらの最初の名前によって互いにアドレスしさえして、秘密厳守を誓わされました。

誰がミーティングに出席したかについて、詳細は非常にスケッチ風であるけれども、ほとんどのシナリオは、以下の人々が出席していたことに合意します:

上院議員オールドリッチ、フランクA.バンダリップ(ロックフェラーの副大統領はナショナルシティー銀行を所有していました)、ヘンリーP.デービソン(JPモーガンとCo.の間の)、アブラムPiattアンドリュー(財務省の次官補、ハーバードの助教授、それらのヨーロッパのツアーの間の全国貨幣委員会への特別アシスタント)、ポールモーリッツワールブルク(クーン、ローブ、およびCo.の間の)、ベンジャミン強さ(モーガンのBankers Trust Co.の副大統領)、バーナード・バルークのユージンマイヤー(以前のパートナー、およびそれのパートナーの息子

戦争財源社の頭とワシントン・ポスト)の後の方の得られたコントロールであったロスチャイルド所有ラザール兄弟の、JPモーガン、ジョンD.ロックフェラー、Col.ハウス、ジェイコブ・シフ、ハーバート・レーマン(Lehman Brothersの)、バーナード・バルーク(ウィルソン社長によって、戦時産業調整委員会(同盟した軍需資材(それは、政府のために働く間に彼が自身のために2億ドルを作ることを可能にしました)のために、それは彼にすべての国内のコンタクトのコントロールを与えました)の会長であるように命じられます)、ジョセフ・セリグマン(a

それから、南北戦争の間に束縛を浮かべることに役立っていて、‘世界銀行家’として知られていたJ.&W.セリグマンでアンド・カンパニーを設立した主要なユダヤ人の財政家は後で、財務長官)として勤務するグラント社長の申し出とチャールズD.ノートン(ニューヨークの最初の国立銀行の社長)を辞退しました。

約10日後、反対を混乱させるために、それらは1つけれども2つのバージョンという形ででなく中心的な銀行制度のために土台によって出現しました。 【翻訳不能文】

それは起源と問題であり、ジェームズL.ラフリンによって、出現しました;

そして、B. C.フォーブス(フォーブス雑誌の編集者)によって供給された他の情報。

1935年に、フランク・バンダリップはサタデー・イブニング・ポストを書き込みました:

「私は、結局、連邦準備制度になったものの実際の概念の機会として私達の秘密の遠征についてジキル島と話すことがどのような誇張でもあると思いません」。

最後が1907年に起こった銀行家で開始された小型不況は法案への議会の支持を得ることに役立っていて、1911年5月11日に、サウンド銀行制度、啓蒙主義者前組織のプロモーションのための全国的な市民リーグは公然とオールドリッチの法案への彼らの支持を発表しました。

しかし、彼がJPモーガンとそんなに密接に識別されたので、オールドリッチ・ビルは故障に運命づけられました。

従って、啓蒙主義者は計画Bに行きました(それはジキル島サミットで鍛造された2番目のバージョンでした)。

全国的な市民リーグは公然と彼らのオールドリッチ・ビルのサポートを撤収し、それが議会を通すことができるように、それを変装させるために、動きはオンでした。

新バージョンが用意できたら、彼らは、それが議会によって通過されても、タフト大統領がそれを拒否するであろうので議会でそれを導入することを少し気づかっていたので、彼らは、彼らが彼ら自身の人を選出させることができるまで待つ必要がありました。

その人はウッドロー・ウィルソンでした。

民主主義者は、グローヴァー・クリーヴランドの選挙を除いて、1869以来ずっとパワーの外にいました。

‘空腹の’パーティーであって、啓蒙主義者は、それらが、より浸透させやすいとわかりました。

1800年代末の間に、彼らは、保守主義者から自由主義者までの民主党員と自由主義者から保守主義者までの共和党員を変更するプロセスを開始しました。

ウィルソンは1879においてプリンストン大学を卒業し、ヴァージニア大学で法律を勉強し、1886においてジョンズ・ホプキンズから彼の博士号程度を受け取りました。

彼はブリンMawrとウェスリアンで政治学と歴史を教えて、1902年に、プリンストンの大統領になりました。

彼のオールドリッチの請求書のサポートのため、それが最初に発表された時に、彼は1910年のニュージャージの知事として彼の落札の中の啓蒙主義者によってサポートされました。

取り引きはバンダリップのウェスト・チェスター地所でバンダリップエージェント、ウィリアム・ロックフェラー、およびジェームズ・スティルマンを通してされました。

啓蒙主義者とウィルソンの間の連絡は彼の見込みのある女婿、ウィリアムG.マカドゥーです。

賢明なスティーブンユダヤ教牧師、主要なユダヤ人の活動家はトレントン、ニュージャージでY.M.C.A.の聴衆に話しました:

「火曜日に、プリンストン大学の社長はあなたの州の知事に選ばれるでしょう」。

彼は知事として彼の任期を終了しないでしょう。

1912年11月に、彼は米国の大統領に選ばれるでしょう。

1917年3月に、彼は2度目に大統領に就任するでしょう。

「彼はアメリカの歴史において最も偉大な大統領のひとりになるでしょう」。

1910年にこの予言的陳述を出し、後で、ウィルソンに近いアドバイザーになったWise。

取り引きがすでに始められたので、彼に、彼が何を言ったかを信じる正当な理由はありました。

ウィルソンはプロバンキングであることとみなされなく、民主党プラットフォームは中央銀行に反対しました(それは現在共和党員と銀行家と結び付きました)。

民主党員のための主要な問題は共和党の投票エッジ、およびお金のデモクラットの不足でした。

啓蒙主義者が、ウィルソンをサポートする決定をした後に、お金は全然問題ではありませんでした。

【翻訳不能文】

それはニューヨーク・タイムズ、チャールズR.フリント、将軍サム・トーマス、JPモーガン、および8月ベルモントを所有していました。

これらの人のすべては啓蒙主義者メンバーでした。

有権者登録エッジの問題はもう少し難しかったけれども、それは、啓蒙主義者がすでに取り組んでいたプロジェクトでした。

1881と1882のロシア大虐殺(それにおいて、数千人のロシア人は殺されました);

そして、早い1890年代のポーランド、ルーマニア、およびブルガリアでの宗教の迫害と反ユダヤ主義は数千人のユダヤ人によって米国の中に30年間の移住を開始しました。

によって


世紀の変わり目、50万人のユダヤ人がニューヨーク、ボルチモア、およびボストンという港湾都市に到着しました。

彼らを、投票するために登録させるために、プログラムを開始したのは民主主義者でした。

シフとヘブライ人移住共済組合とユダヤ人が到着した時に、彼らが帰化した市民にされて、デモクラットを登録し、そして、他の大都市にまぜたことによる、シカゴ、フィラデルフィア、デトロイト、およびロサンゼルスなどのユダヤ人文化教育促進協会などのRothschildsによって、人道主義の委員会は上でセットでした(そこで、彼らは、場所を、残ると気付く財政援助、食物、および衣類を与えられました)。

これは、どのようにユダヤ人が固体の民主主義の投票団体になったかであり、大統領任期にウィルソンを選ぶために必要であろうのはこれらの票でした。

1912年に、ウィリアム・ハワード・タフト大統領がウィルソンに対して再選挙のために走っている状態で、啓蒙主義者はいくらかの保険が必要でした。

進歩的な切符の上で走ることを別の共和党員、前社長、セオドアローズヴェルト(1901年-09年)に勧めることによって、彼らはそれを得ました。

タフトはルーズベルトの陸軍長官(1905年-09年)として勤務していて、大統領として彼から引き継ぐためにルーズベルトによって選ばれました。

さて、ルーズベルトは再び走っていました。

‘新しいナショナリズム’を主張して、ルーズベルトは言いました:

企業と委託物(.、政府を再編成することが「スーパー社会主義」として啓蒙主義者でコントロールされたニューヨーク・タイムズによって攻撃されたので、彼の‘革新党びいき’プラットフォームが言ったという彼の提案)に対して彼のスタンドのため‘反企業’と認定された、「私の帽子は、戦いがあるリング…中にあり、私はマニアに取り除かれます」.:

JPモーガン・アンド・カンパニーの、「その供給が私達の通貨と掛売制度を効果的な公的なコントロールを受けない私的な手に置くであろうので、私達はいわゆるオールドリッチCurrencyビルに反対します」(フランク・マンシー、およびジョージ・パーキンズ)はルーズベルトのキャンペーンを計画し、動かし、資金提供しました。

ウィルソンを選ばせるために、タフトから票を引き離したのと同じ計画の最近の例は1992年の大統領選挙に存在していました。

1994年のインタビューにおいて、バーバラ・ブッシュはABC-TV通信記者バーバラ・ウォルターズに、独立なH.ロス・ペローのサードパーティ立候補が、ビル・クリントンが、ジョージ・ブッシュ大統領の再選挙入札を無効にすることができた理由であったと言いました。

啓蒙主義者は、彼に、オールドリッチ・ビルに反対した政党の綱領の板を書かせることによって持続する民主主義の大統領候補、ウィリアム・ジェニングズ・ブライアンのサポートを得ることができました。

覚えていて、ジキル島で準備された請求書の2番目のバージョンは、選択肢であることになっていて、従って、世間の注目はオールドリッチ・ビルに対して回されました。

彼が、議会を作った‘共通の人’を信頼しなかったので、ウィルソン、貴族は、社会主義的な眺めを持っていて、独立な準備システムに賛成していました。

しかし、公然と、彼は、「アメリカの貧しい人々を金持ちによるコントロールから解放し」、ウォール街の国際銀行家のコントロール下にないであろう貨幣制度を持つと約束しました。

実のところ、彼が大統領任期のための民主党の立候補者として指名を認めた1912年の夏に、彼は言いました:

連邦準備銀行の歴史の物語、ウィルソンの観点でのシフトに従って、「クレジット…のコントロールの集中はいつでも自由企業に限りなく危険になるかもしれません」.は、「政治的な現実の組み合わせと彼自身の大統領任期への彼の選挙の後のバンキングと財政(そして)についての知識の不足、ウィルソンは通貨問題についてのより専門家のアドバイスを求めて他を当てにしていました」でした。

共和党の投票分割のため、ウッドロー・ウィルソンは、大統領の地位を勝ち取ることができただけでなく、民主主義者は議会で両方の議会のコントロールを得ました。

デモクラット(ウィルソン)

435の選挙人投票6,286,214一般投票

PROGRESSIVE(ルーズベルト)

88の選挙人投票4,126,020一般投票

REPUBLICAN(タフト)

8つの選挙人投票3,483,922一般投票

1913年1月にフォームを取りはじめたガラス請求書として知られている請求書を準備するために、全国的な市民リーグのH.パーカー・ウィリス(ジョージワシントン大学で政治学のディーンでした)とともに、バージニアのカーター・グラス議員(バンキングと通貨委員会の会長)は彼の選挙の後にウィルソンと出会いました。

さて、計画Bは動作の中に設定されました。

覚えていて、シカゴに本部を置いた全国的な市民リーグはすでにオールドリッチ・ビルへの彼らの反対を発表し、今や、ウォール街銀行業者はガラスビルに対して出ました(それは実際変装においてオールドリッチ・ビルでした)。

ウォール街の群衆は一般に‘金銭信託’.Howeverと称されて、1912年のウォールストリート・ジャーナル論説は、用語‘金銭信託’が単にJPモーガンへのリファレンスであると伝えていました。

ニューヨーク、ボストンとシカゴの12の銀行が134の企業の中に746の連動指導者職を持っていたと明らかにした家バンキング小委員会による調査の間に、‘金銭信託’の疑惑は1912年にピークに達しました。

テキサスのロバートL.ヘンリー議員は、この5年の間、国家の財源が、「(どこそれら)が現在アメリカの金銭上の利害の75パーセントよりもっと支配するニューヨークという都市で集中的であっ」たと言いました...1911年12月13日に、ジョージMcC。

レイノルズ(シカゴの大陸の、そして商業銀行の社長)は他の銀行家のグループに言いました:

この強力な私的な銀行制度からの脅威が、中央銀行の設立によって終えられることであった、「私は、お金パワーが現在1ダースの人の手にあると信じます…」。

中心的なバンキングに関する言及を避けるために、ウィルソン自身は、地方銀行が‘連邦準備銀行’と呼ばれることを提案し、連邦準備法について投票するために召集される63番目の議会の特別部会を提案しました。

1913年6月23日に、彼らがそれを通過するまで彼らを会期に引き留めると脅して、彼は連邦準備銀行の主題の上の議会で演説しました。

彼を国務長官にすることによって、ウィルソンはブライアンのサポートを得て、1913年10月に、ブライアンは、彼が、「できる限り早い瞬間に法案の通路を確保します」について大統領を補助するであろうと言いました。

ガラス法案(HR7837)は1913年6月26日に下院で提出されました。

改訂は中心的なバンキングについて何にも言及しませんでした(それは、人々が恐れていたものでした)。

ウィリスがビルに手紙を書いたことは信じられたけれども、コロンビア大学の政治学学部のジェームズL.ラフリン教授が、民主党プラットフォームのブライアン板によって衝突しない特別な用心をしてそれを書いたことは後で発見されました。

それはバンキングと通貨委員会に差し向けられて、9月9日に家に折り返し報告されて、9月18日に通過されました。

オクラホマの上院議員ロバート・レイサム・オーウェン(彼の同僚の5人とともに上院バンキングと財政委員会の会長)は、銀行家の提案により心の広かったビルを選抜しました。

上院議員ギルバートM.ヒッチコック、ネブラスカからの民主主義者によって選抜されたビルは‘法定貨幣’供給の除去を要求していて、注償却が金の中でされなければならないことを規定しました。

それはまた地域の準備銀行の国有に備えました(それは政府によってコントロールされるでしょう)。

上院で、ガラス法案は上院バンキング委員会に委託されて、1913年11月22日に上院に折り返し報告されました。

請求書はガラスオーウェン請求書として現在知られていました。

それらが私達の通貨制度を完全に支配することを妨げる試みにおいて、オールドリッチ・ビルに反対した上院議員オーウェンはいくつかの追加の改訂をしました。

金融背景 - 通貨管理の最初

FINANCIAL BACKGROUND - THE BEGINNING OF MONETARY CONTROL

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

金融背景 - 通貨管理の最初

最終的な警告:

新世界秩序の履歴


ナポレオンは言いました:「政府が銀行家へのお金を頼っている時に、政府のリーダーではなく彼らが状況をコントロールし、…、与える手が、取る手の上にあるので、財政家は愛国心なしで、そして体裁なしでです…」


カール・マルクスは共産党宣言の中で言いました:「歴史の流れを決定することについて、お金は最も大きな役割を果たします」.


The Rothschildsは、あなたがお金をコントロールする時に、あなたが基本的に他にすべてをコントロールすることを早く見つけ出しました。従って、それらの政治的な計画が挫折したが、彼らは、世界の財務体質のそれらの把握を厳格にすることに専念しはじめました。1700年の半ばにおいて、それらが、厳密に調節されて、どのような興味の支払いも必要としていなかった植民地受取証と呼ばれる彼ら自身のお金を出していたので、植民地は繁栄していました。

英国の銀行家がこれを聞いた時に、イギリス議会は、彼らによって出された借金のお金を受け取ることを彼らに強制して、通貨を禁止している法律を承認しました。

歴史が教えるものに反して、アメリカ革命は茶についての税金によって点火されませんでした。

ベンジャミンフランクリンによると、それは、「条件はとてもリバースされたので、繁栄の時代は終わりました」ためであったと彼は言いました:

「それが議会へのイギリス銀行家の悪い影響によって起こされた貧乏ではなかったならば、植民地は喜んで茶と他の問題についての小さな税金を負ったでしょう(それは植民地でイギリスと革命戦争の憎悪を起こしました)」。

1787年において、私達の新しい憲法は議会に、「お金を鋳造し、」英国が、破壊しようとした後に「価値それの(第1条、セクション8)」.を「調節する(、そして)」、および私達の新しい国の通貨をコントロールするパワーを与えて、議会は命令の危険を理解したか、紙幣は法律によって作成しました。

1775年において、紙幣は、戦争に資金提供するために出されて、独立国立法機関は、法定貨幣としてそれを認めることを市民に義務づけている法律を承認しました。

それが何からも作成されなく、どのような貴金属によっても支えられなかったので、インフレは発展しました。

終戦までに、11ドル硬貨を得ることは500紙幣ドルかかりました。

私達の祖先は記事I(米国憲法のセクション10)を書き込みました:

「どの状態も、どのような条約、同盟、または連合にも立ち入らないこととします;」

モデルと報復の手紙を与えます;

コインのお金;

信用状を放射します;

金と銀貨によるどのような物でも借金の支払いにおける付属船にします;

「私権喪失、遡及適用の法律、または契約の義務を害している法律のどのような法案でも可決するか、高貴さのどのようなタイトルでも与えます」。


アレグザンダー・ハミルトン、ヨーロッパ銀行家の光明会主義者、およびエージェントは英領西インド諸島のリーワード諸島上のネヴィスの英国の植民地から1772年における植民地に移住しました。

彼は将軍フィリップ・スカイラー(ニューヨークの最も有力なファミリーの人)の娘と結婚しました。

1789年において、彼は財務長官に任命されました。

ハミルトンとロバート・モリスは首尾よく、北アメリカの銀行が1781年において設立されることを可能にして、文字どおりにこのパワーを取らないことを新しい議会に納得させました(それはイングランド銀行に類似していました)。

その時、アメリカは12,000(スペイン、フランス、オランダ、およびドイツへの私益から借りられたお金の中)ドルの対外債務と42,000ドルの国内の借金をかかえていました。

1790年において、中心的なバンキングに賛成していたハミルトンは、国の金融情勢を処理するために出る通貨の唯一の責任を持つために私的に所有されている会社を借り切ることを議会に勧めました。

彼の計画は、議会がフィラデルフィアの本社によって中心的な銀行制度を作成することを要求し、より小さな枝は国じゅうに重要な都市に居住しました。

それは、国の成長に資金提供するために必要であったマネーサプライを増大させるために預金財政資金と徴税に、そして発券銀行注に慣れているでしょう。

この合衆国銀行は1000万ドルの資本金計画を持つであろうし、4/5のによって、そうであることは米国政府によって個人投資家と1/5によって所有しました。

株主によって選ばれることは20の社長と25の取締役会によって管理されるであろうし、5は政府によって任命しました。

彼がイングランド銀行のためにチャーターを得た時に、中心的なバンキングは1691年における国際銀行家ウィリアム・パターソンによって開始されました(それはイギリスのお金のコントロールを、冠に銀行融資のセキュリティに対して要求に応じて支払手形を出す権利を持っていた私的に所有されている会社に入れました)。

それらの最初のトランザクションの1回は、王がフランスのルイ14世との彼の戦争のコストを支払うのを手助けするために8%の利率の120万ポンドをオレンジのウィリアムに貸すことになっていました。

パターソンは言いました:

「それが何もないところから作成するすべてのお金の上の興味の銀行の利点」とレジナルド・マッケンナ、英国大蔵大臣(または宝庫)は230年後言いました:

「銀行はお金を作成することができます、…」

「そして、国家のクレジットをコントロールする彼らは政府の方針を指示し、掌中で、人々の運命を保持します」。

彼が書いた時に、中心的なバンキングを望むためのハミルトンのエリート見解と現実の目的は明るみに出ました:

「すべてのコミュニティは自身を少数と多くに分割します」。

1番目が豊かであることとよく戦うこと、他大部分の人々。

人々は荒天で、変わっています;

「彼らはほとんど右を判断しないか、決定します」。


1791年において、ジェファーソンは言いました:

「私達の独立を維持するために、私達は私達のルーラーに永久の借金によって私達をロードさせてはなりません」。

私達が、そのような借金、私達(その時、するでしょう)をするならば、私達の必需品の中と私達の慰めの中で、私達の労働において、そして私達の娯楽において私達の肉と私達の飲み物の中で課税されます。

.、「私達が、彼らにとって、彼ら(意志)が幸福であることを気にする見せかけの下で政府が人々の労働を荒廃させることを妨げることができるならば」、トーマス・ジェファーソンとジェイムズ・マディソンで(後で私達の第4代大統領、1809-17です)が法案に反対しても、ワシントンは2月25日の法律、1791年中にそれにサインしました。

アレグザンダー・ハミルトンは非常に金持ちになりました。

彼とエアロン・バーはニューヨーク市でマンハッタン社を設立するのを手伝いました(それは非常に繁栄した銀行に発展しました)。

それは後でワールブルク・クーン・ローブの利益によってコントロールされるであろうし、1955年に、Chase Manhattan Bankを作成するために、それはロックフェラーの追跡銀行と合併しました。

ジェファーソン(1801-09)が大統領になった時に、彼は憲法違反であることとして銀行に反対し、20年のチャーターが1811年における更新のために現れた時に、それは否定されました。

ネイサン ロスチャイルド(イギリスのファミリー銀行の頭)はアメリカの可能性を認めていて、少しの州に貸付金を作り、実のところ、米国政府のために公式なヨーロッパ銀行家になりました。

彼が合衆国銀行をサポートしたので、彼の恐れがありました:

それから、「チャーターの更新のためのアプリケーションは与えられるか、米国はとても悲惨な戦争に居るでしょう」.彼は英国の軍が、「レッスンをこれらの生意気なアメリカ人に教える」ように命令しました。

「植民地のステータスにそれらを返します」(1812年の戦争、イギリスとの私達の2番目の戦争の上に至ったこれ(それは合衆国銀行の再チャーターを容易にしました))。

戦争は4500万ドルから1億2700万ドルまで私達の国債を上げました。

ジェファーソンは、ジェイムズ・モンロー(後で、私達の第5代大統領、1817-25としてつとめていました)に1月、1815年に手紙を書きました:

ジョン・タイラー(私達の第10代大統領、1841-45になりました)に、1816年において、「…、銀行が私達の市民の精神の上で得た支配権は壊れていなければならないか、それは私達を壊すでしょう」とジェファーソンは書きました:

「アメリカ人がいつか、プライベートバンクが最初にインフレによって、それからデフレーションによってそれらの通貨の分配をコントロールすることを可能にするならば、彼らの子供が、彼らの父が征服した大陸上のホームレスを起こすまで、それらのまわりで成長するであろう銀行と企業はすべての特性を人々から奪うでしょう…」

私は、銀行が私達の特権に常備軍より危険であると信じます…

「出るパワーは銀行から取り去られて、政府に回復するべきです(それはそれに適切に付属しています)」。

5月10日、1816年にジェイムズ・マディソン大統領が請求書にサインしました(それは2番目の合衆国銀行を作成しました)。

インフレ、重い借金、および税金を徴集するエンティティの不稼働率はその再チャーターのために与えられた理由のいくつかでした。

新しいチャーターは、それがあと20年動作することを可能にし、3500万ドルまでその資本金を上げて、5.00ドルより全然小さくない名称によって銀行支店の作成と紙幣の発行を認可しました。

新しい銀行は今や、.The銀行が、ジョン・ジェイコブ・アスター、ステファン・ジラール、およびデイビッドParish(ファミリーのウィーン分家のためのロスチャイルドエージェント)のような国際銀行家‘看板役’を通して啓蒙主義者によって動くことであった「国の財政構造全体をコントロールする」パワーを持っていました。

1819年において、銀行は、議会が、銀行を作成する暗示されている権限を持っていると言った最高裁判所裁判官ジョン・マーシャル(石工)によって憲法と宣言されました。


人々は、銀行がどれくらいパワーを本当に持っていたかをわかりはじめて、有権者の反発は1828年における大統領としてアンドリュー・ジャクソンの選挙を引き起こしていました。

彼のスローガンは以下の通りでした:

「人々に支配させます」とジャクソンは主張しました:

「議会が、紙幣を出す憲法の下の権利を持っているならば、それは、個人にまたは企業に委任されるためではなくひとりで使われるために彼らに与えられました。」ジャクソンは、支配的な1828年間の、中央銀行「最初に人々の大きな体の労働と収益に関してのそのコントロールを取得することによって多くの政治的な指導の上で少しによって行使されるでしょう。」のコントロールがキャンペーンをすると言ったとジャクソンは銀行家のグループの前でアドレスの中で言いました:

「あなたは毒蛇のほら穴です」。

「私は、あなたを掘り出すつもりで、永遠の神によって、私はあなたを掘り出します」.彼は続けて言いました:

そのような銀行が、「私達の公的なお金を受け取っていて、依存において数千人の私達の市民を押さえている私達の通貨、それは敵の海軍の、そして軍事力より威嚇的で、危険でしょう…」をコントロールし続けるならば、「人々がただ私達の金融システムの繁茂した不正を理解していたならば、革命が朝の前にあるでしょう」.ジャクソンはそれを言いました。

その最初の大統領、前の海軍長官、ウィリアム・ジョーンズ指導者による会計の管理誤りの後で、銀行は、貸付金を呼ぶことを強制されて、抵当を抵当流れ処分にしました(それは破産、価格崩壊、失業、および不況を起こしました)。

しかし、銀行は、その現在のチャーターが期限切れになる4年前に、1832年における銀行のチャーターの更新を議会に請願したその新しい大統領、ニコラス・ビドル(1786-1844)財政家の下で茂りはじめました。

新しいチャーターのためのビルは上院、28-20、および議会107-85の前を通り、誰もが、どのようにジャクソンが感じたかを知っていました。

脅迫されたビドル:

「ジャクソンが万一それを拒否するならば、私は彼を拒否します!」ジャクソンはチャーターを拒否し、1832年において銀行を廃止しました。

彼は財務長官が、米国銀行からすべての政府預金を取り除き、それらを国営銀行に預けるように命令しました。

1月8日、1835年のジャクソンが私達の国債の上の最終的な分割払いを清算し、もう私達の国債が0に減らされたという歴史における唯一のころであり、私達は、過剰(どれがアメリカに分配されたかの3500万ドル)を蓄積することができました。

ニコラスP.トリスト、大統領の秘書は言いました:

「これは、A.J.’sライフおよびこれまで彼が彼の国に与えたことがある最も重要なサービスの冠している栄光です。」 ボストンポストは、お金チェンジャーを寺院から追い出すことをキリストと比較しました。

ジェームズK.ポーク、下院議長(後で、1845年において第11代大統領になりました)は言いました:

「合衆国銀行は自身を政府の大きな無責任なライバルの能力と称しました」。

銀行は、1836年まで動作し続けて、それは、貸付金を減らし、お金の量を増大させることによって経済をめちゃくちゃにするためにビドルによって使われました。

ジャクソンは、3月、1834年にされた、非難される米国の最初の大統領になり、.「連邦議会の明確な認可なしで合衆国銀行から政府の預金を取り除くため」、彼が銀行の「乱用と堕落」のためそれをしたことはまったく明らかで、非難は後で1837年における上院によってリバースされました。

銀行家は、銀行を復活させる彼らの試みを続けていました。

ジョン・タイラー大統領は、合衆国銀行を再チャーターしたであろう1841年における2つの法案を拒否しました。

1837年において、Rothschildsはそれらのエージェントの別の1人をアメリカに送りました。

彼の名前は8月ベルモント(実名、8月のショーンバーグ、フランクフルト、ドイツのセリグマン家のいとこ)でした。

15歳の子供としての1829年において、彼はフランクフルトの銀行のために働き始めて、自身を、金融の天才であると証明しました。

1832年において、彼はナポリの銀行に昇進したので、彼は国際バンキングに完全に組み込まれることができました。

彼は英語、フランス語、およびイタリア語に堪能になりました。

彼の任務は、南の銀行の中で財政難をかきたてることでした。

彼はニューヨーク市で銀行を経営し、国債を買うことによって、金融界の中で自身に大物というレッテルを貼り、後で、社長に財務顧問になりました。

1857年において、アメリカの運命を決めるために、啓蒙主義者はロンドンで会いました。

彼らは、中央銀行の設立を許すであろう出来事を作成する必要があり、戦争が高価で、政府が、彼らの分を払うために借りる必要があるので、それは、戦争である必要がありました。

前の年にテキサスでのサンタ・アナの敗北によって証明されているように、カナダとメキシコは十分に強くありませんでした;

イギリスとフランスはずっと遠くすぎて、ロシアはそれらのコントロール下にありませんでした;

従って、彼らは、北と南の間で衝突を興奮させることによって「分かれて、征服する」と決めました。

北は、カナダに付加されて、ライオネル・ロスチャイルドによってコントロールされて、英国植民地になることになっていました;

南が、フランスのナポレオンIIIに与えられて、ジェームズ・ロスチャイルドによってコントロールされることになっている間。 組合から南の脱退を引き起こすであろうムーブメントを開始するために、問題として奴隷制度を使って、人種間の緊張状態から広げるために、啓蒙主義者は、1854年においてジョージW. L. Bickleyによって結成されたナイツ・オブ・ザ・ゴールデン・サークルを使いました。

戦争時間メンバーは、ジェファソン・デイヴィス、ジョン・ウィルクス・ブース、およびジェシー・ジェイムズ(1847-1882、銀行と採掘会社から金を盗んだ後に、2番目の内戦に出資する希望における西の州の至る所で、それのほぼ70億ドルを埋めた石工)を含みました。

1867年において結成されたクー・クラックス・クランはナイトの軍隊のアームでした。

離脱した州はアメリカ連邦の中に結束しました(それは、彼らがそれらの独立を維持していて、南が勝つならば、各状態が独立国に似ているであろうということを意味していました)。

エイブラハム・リンカンは、「平時政府の普通の機械によって抑制されるには強力すぎる組み合わせは様々な南の州のコントロールを請負いました」.彼が出荷されることからの供給品をヨーロッパから保持するために封鎖された海岸のポートを持っていたことを人々に知らせました。

ベルモント使者August、ジェイ・クック(ヨーロッパで組合債券を売るためにベルモントと打ち合せして、債券発行を売ることを委任されました)、J.、およびW.セリグマンと会社とスパイヤー&Co.を通して、Rothschildsは北に資金提供しました。

ルイジアナのスライデル、ベンジャミン、およびコンラッドの法律事務所のユダP.ベンジャミン(1811-84)は、1862年において同盟のための国務長官になったロスチャイルドエージェントでした。

彼の法律パートナー、ジョン・スライデル(8月ベルモントの妻のおじ)はフランスへの南軍の使節でした。

Rothschildsと関連していて、彼らの代行をしたフランクフルトで、スライデルの娘はフレデリックD´Erlanger男爵と結婚していました。

スライデルは、同盟に資金提供するために、お金をD´Erlangersから借りた南の担当者でした。


1861年の終わりごろに、イギリスは8,000人の軍をカナダに派遣し、1862年において、メキシコがそれらを借りている借金に積もるために、イギリス、フランス、およびスペインの軍はたぶんベラ・クルス、メキシコで上陸しました。

4月、1861年に、ロシアアメリカ大使は彼の政府を勧めました:

30,000人の追加のフランス軍の助けを持つ6月10日に、「イギリスは、離脱されたものが述べて、フランスが彼女について行くであろうと認める最初の機会を利用するでしょう」.、1863年(フランスの一般的なエリ・フレデリックフォレー)はメキシコシティを引き継ぎ、国のほとんどをコントロールしました。

パリとロンドンの彼の担当者を通して、ロシアの旧ロシア皇帝アレクサンドル二世は、彼が北を背景として彼の軍を派遣するならば、同盟者がルイジアナとテキサスの州をナポレオンIIIに提供したと気づきました。

ロシアは、すでにリンカーンへのそれらの支持を示すけれども何かにもっと、国を防御するためにそれらの大きな海軍を行かせてほしかった。

1月1日に、ちょうど、親善(スレーブを解放するために彼の奴隷解放宣言を出されたリンカーン)の身振りとしての、皇帝としての1863年は1861年における農奴でしました。

9月8日、リンカーン大統領の要求の1863年、および国務長官ウィリアムH.スーアードに、アレキサンダーはロシア群団をサンフランシスコとニューヨークに送り、「どのようなパワーとでも戦い、エイブラハム・リンカンからだけそれらのオーダーを受ける用意ができています」をそれらに命じました。

リンカーンは言いました:

「お金を作成し、出す特権は政府の最高の特権であるだけでなく、政府の最も大きな創造的な機会です」。

2月と3月、1862年と3月1863年に、「これらの原則の採用によって、納税者は興味の保存された巨大な合計になるでしょう」.、リンカーンは、南北戦争の代金を払うために債券または‘ドル紙幣’を彼らに売ることによって4億5000万ドルを人々から借りるために議会の承認を受け取りました。

3が銀の中のものと交換されることができた時に、それらは1865年まで買い戻しできませんでした。

彼らは1879年において完全な法定貨幣にされました。

従って、リンカーンは国際銀行家の助けなしでアメリカの通貨危機を解決しました。

ロンドンは時後でリンカーンのドル紙幣に関して言いました:

「その国の遅い戦争中に北アメリカ共和国にその起源を持っていたそのいたずらな財政政策が据え付け品まで硬化するならば、その政府はコストなしでそれ自身のお金を提供するでしょう」。

それはその借金を清算し、借金なしでであるでしょう。

それは世界の文明化した政府の歴史における先例を越えて繁栄するでしょう。

脳と諸国の富は北アメリカに行くでしょう。

「その政府は破壊されなければならないか、それは地球の上のすべての君主国を破壊するでしょう」。

ビスマーク、ドイツ首相はリンカーンのまわりで1876年において言いました:

「彼は、米国の‘債券’をそれに売ることによって人々から借りる権利を議会から得ました…と、政府と国家は外国の財政家のプロットを免れました」。

彼らは、米国がそれらのグリップを免れるであろうとすぐに理解していました。

「リンカーンの死は決められました」。

リンカーン管理の前に、私的な商業銀行は、国の紙幣と呼ばれる紙幣を出すことができたけれども、それは1863年の全国的な銀行法によって終わりました(それは、州がお金を作成することを禁止しました)。

買い戻しできる通貨を廃止するために、連邦準備法の前兆、それは動きを開始しました。

プライベートバンクのシステムは、それらに、国立銀行券を出す認可を与えるであろう連邦政府からチャーターを受け取ることになっていました。

これは銀行に、財源と国のクレジットをコントロールするパワーを与えて、戦争の時に連邦のコントロール下で集中化したバンキングを提供しました。

国際銀行家、破壊された172の国営銀行、177のプライベートバンク、47の貯蓄機関、13の信託銀行、および16の抵当金融会社によって作成された金融恐慌。

リンカーンの下の財務長官(1861-64)は、「全国的な銀行法の通路を促進することにおける」彼の役割が「私の人生の最も大きな金融の誤りである」と公然と言いました。

それは、国へのすべての興味に影響する独占を増強しました。

「それは廃止されるべきであるけれども、それが遂行されることができる前に、人々は、私達がこの国で前に一度も見たことがないようなコンテストにおいて一面と他の銀行家の上で配列されるでしょう」。

リンカーンは言いました:

「お金のパワーは平和の時に国家を苦しめていて、逆境の時にそれに共謀します」。

それは君主政治より専制的で、専制政治より横柄で、官僚制より利己的です。

私は近い将来危機が近くなるのを見ます(それで私の気力をなくさせて、私に、私の国の安全に気をもませます)。

企業はあがめられていて、高い場所の堕落の時代は続くであろうし、国のお金パワーは、富が少しの手で集められて、共和国が破壊されるまで人々の先入観で働くことによってその治世を延長することに努力するでしょう…

「私はちょうど戦争の中央の前、中のさえ私の国の安全についてのこれまでより多くの不安を感じます」。

4月14日に、1865年のリンカーンがジョン・ウィルクス・ブースによって撃たれて、その同じ夕方、彼の仲間の共謀者による成功しなかった試みはスーアードのライフの上でされました。

1866年において、試みは、旧ロシア皇帝アレクサンドル二世を暗殺するためにされて、1881年において、皇帝は爆発爆弾によって殺されました。


ブースの幹の中で、コード化されたメッセージは見つかり、そのコードへのキーはユダ・ベンジャミンの所有物の間で見つかりました。

ベンジャミンはイギリスに逃げました(そこで、彼は死にました)。

リンカーンの死が大規模な共謀の結果であったことはいつも知られていました。

しかし、誰も、それがどれほど深く、遠く達していたかを理解しませんでした。

1974年に、研究者は、手紙が、スタントンに書かれるか、彼によって傍受された共謀隠蔽を説明するのをエドウィンM.スタントン、リンカーンの陸軍長官の書類の間で発見しました。

彼らはまた、ブースの日記から削除された18ページを見つけました(それは、リンカーンを誘拐するブースの原案に直接または間接的に関係していた70人の人々(コードの中のいくつか)の名前を明らかにしました)。

共謀(チャールズA.デーナ(戦争(そして啓蒙主義者のメンバー)の次官補))におけるスタントンの関与のほかに;

そして、トーマス・エッカート少佐(戦争省の電信局のチーフ)はまた関係していました。

ラフィエットC.ベーカー大佐(全国的な探偵の警察、詳細なリンカーンの誘拐と暗殺の共謀、およびその後の隠蔽のチーフ)によるジャーナルとコード化された書類。

プロットはメリーランドの農夫のグループを含みました;

ジェファソン・デイヴィス(同盟の社長)とユダ・ベンジャミン(南軍の陸軍長官と国務長官)を含む同盟者のグループ;

ジェイ・クック(フィラデルフィア財政家)(ヘンリー・クック(ワシントンD.C.銀行家)(サーロウWeed(ニューヨーク新聞出版社)))を含む北バンキングと産業の興味のグループ;

そして、南を望んでいなかった根本的な共和党員のグループは州として北によって再結合したけれども、軍隊領として彼らをコントロールしたく、オハイオの上院議員ベンジャミン・ウェード、ミシガンの上院議員ゼカリヤ・チャンドラー、およびカリフォルニアの上院議員ジョンConnessを含みました。

これらのグループのすべてはそれらの力を合わせていて、ジョン・ウィルクス・ブース俳優、南軍の愛国者を使いました。

原案はリンカーン、副大統領アンドリュー・ジョンソン、および国務長官スーアードの誘拐を要求していました。

全国的な探偵の警察はそれらの計画を発見し、スタントンに知らせました。

1月18日の間計画されて、1865年、誘拐試みは失敗しました。

ジェームズ・ウィリアム・ボイド指導者、同盟のための諜報部員、および古い米国国会議事堂刑務所の捕虜は、囚人の活動を報告するためと悪徳護衛者を告発するために全国的な探偵の警察によって使われました。

彼はブースと似ているように見えて、皮肉にも、同じイニシャルを持っていました。

スタントンは彼をリリースさせて、ボイドは共謀の北の終わりを引き継ぎました(それは警察と戦争省が参加しました)。

北は、リンカーンを殺したかった一方、ブースは、彼を誘拐し、南軍の捕虜をリリースさせるためにてことして彼を使いたかった。

ブースは2回3月に失敗し、それから、フォード劇場でリンカーンを放射するのを最終的にしました。

ボイドは、彼が巻き込まれることができたことを警告されて、メリーランドに逃げることを計画しました。

彼は、彼がしなかったスーアードを攻撃することで非難されました。

ボイドは、ギャレットの農場で撃たれて、ブースと認定された人でした。

警察とスタントンは、それがブースであったことが国家に発表された後に、それが本当にボイドであったと気づきました。

ボイドの死体のとられた唯一の写真はスタントンのコレクションにおいて発見されました。

ボディは古いアーセナル刑務所にCol.ラフィエット・ベーカーによって取られました(そこで、それはコンクリートフロア未満で未知の場所で埋蔵されました)。

パン焼き職人と探偵ルーサーとアンドリューはぶらぶらし、事件が閉まらなかったと知っていて、ブースを、彼が話すことを妨げると気付く必要がありました。

彼らはニューヨークに、そして後でカナダ、イギリス、およびインドに彼の跡をたどりました。

彼は申し立てによると彼の死を偽造し、米国に戻りました(そこで、アニド、オクラホマ中で、彼は彼の臨終に臨んで彼の真実のアイデンティティを明らかにしました)。

死体を埋める代わりに、呼び出された葬儀屋はそれを保存させて、それは今日まだ存在しています。

ベーカーは、軍隊から、そして1866年におけるシークレットサービスのトップとして除隊されたスタントンとの関係を打ち切りました。

彼は、ブースの日記をスタントンに、そして別の機会に配達して、1867年において、彼の本の中で、米国シークレットサービスの歴史は、それが彼の所有であった時に、日記がそのままであったと証言したと認めていました。

これは、ページが彼のコレクションにおいて発見されたので、スタントンが、隠蔽を容易にするためにページを削除したことを意味しています。

大統領になったアンドリュー・ジョンソンは、国と再合同するために5月29日のアムネスティ宣言、1865年を出しました。

それは、南が負われていた負債に責任がないであろうし、すべての脱退法が、終わることになっていて、奴隷制度が、廃止されることであったことを規定しました。

言うまでもなく、重く、南に出資したRothschildsはたくさんのお金を失いました。

さらに、ロシア群団のサポートのコストは国に約720万ドルかかりました。

ジョンソンは、お金を外国の政府に与えるために憲法の権限を持っていなかったので、手配は、4月のロシア人からのアラスカ、1867年を購入するためにされました。

実のところ、それがロシア海軍に対する補償であった時に、スーアードが、その時、無価値の土地であったものを購入したようであったので、それは‘スーアードの愚行’としてラベルを付けて分類されました。

8月、1867年、スタントンをオフィスから追放する試みにおいて失敗したジョンソン、および弾劾手続きは彼に対して2月、1868年にスタントンと根本的な共和党員によって開始されました。

ジョンソンは、議会に対する反逆罪と国家のリーダーとしての公的な言語「無作法と不穏当」のために上院承認なしでスタントンを解雇してみた罪で告発されました。

上院議員ベンジャミンF.ウェード(上院の一時的な社長)は、大統領の連続のラインの中で次に、ジョンソンが告発されるであろうし、彼がすでに彼のキャビネットを選ばせたとそう確信していました。

スタントンは、彼の財務長官であることになっていました。

5月26日の票は、ジョンソンを告発するために必要であった必要3分の2からの35-19、1の不足でした。

Col. 彼が1868年において死ぬまで、共謀を明らかにすると脅したラフィエット・ベーカーはゆっくり食中毒にかかりました。


ジェームズA.ガーフィールド大統領(私達の第20代大統領)はまた銀行家によって提出された危険を理解し、言いました:

「国家のお金をコントロールし、その国家をコントロールする誰か」彼は、でも彼の大統領任期の最初の年の1881年間において暗殺されました。

1877年において、Lampasas郡、テキサスで、農夫のグループは、後で農夫同盟に改名された「数の手の中に集中的な」財力について心配していた信頼のナイトを呼ばれたグループを結成し、それはテキサス中で120章に広がり、1887年によって、動きはDakotasと南北カロライナと同じくらい遠く東まで伸びました。

1890年がまわりに転がった時には、この人民党員哲学は、自身を設立することに成功し、彼らは知事と下院議員を選びました。

彼らは累進所得税を主張しました;

連邦政府によって調節される鉄道、通信、および企業のために;

労働組合を設立する権利;

そして、物価低下を安定させる政府調停とクレジットプログラムの開始。

彼らは金本位制と国の私的な銀行制度に反対でした(それはウォール街に集中しました)。

彼らは、経済のクレジットニーズを満たすために適応するその能力のためリンカーンの‘ドル紙幣’によって感銘を与えられました。

彼らはマネーサプライに、ウォール街の貨幣利子ではなくそれらの選ばれた代表によってコントロールされてほしかった。

彼らは国民党を作成し、1892年において彼ら自身の独立な大統領候補を走らせました。

そして、1896年において、人民党員の動きを効果的に終えて、マッキンレーに負けた民主主義者ウィリアム・ジェニングズ・ブライアンのキャンペーンに、彼らはそれらのワゴンを急に引っ張りました。

結局、連邦準備法になったもののために、この政治的な動きは初期のstirringsを作成しました。

Napoleon said: “When a government is dependent for money upon the bankers, they and not the leaders of the government control the situation, since the hand that gives is above the hand that takes ... financiers are without patriotism and without decency...” Karl Marx said in the Communist Manifesto: “Money plays the largest part in determining the course of history.” The Rothschilds found out early, that when you control the money, you basically control everything else. So, while their political plans were being thwarted, they began to concentrate on tightening their grip on the financial structure of the world.


In the mid 1700’s the Colonies were prospering because they were issuing their own money, called Colonial Scrip, which was strictly regulated, and didn’t require the payment of any interest. When the bankers in Great Britain heard this, the British Parliament passed a law prohibiting the currency, forcing them to accept the debt money issued by them. Contrary to what history teaches, the American Revolution was not ignited by a tax on tea. According to Benjamin Franklin, it was because “the conditions were so reversed that the era of prosperity ended.” He said: “The Colonies would gladly have borne the little tax on tea and other matters had it not been the poverty caused by the bad influence of the English bankers on the Parliament, which has caused in the Colonies hatred of England and the Revolutionary War.”


In 1787, our new Constitution gave Congress the power to “coin money, (and) regulate the value thereof (Article 1, Section 8).” After Great Britain tried to destroy and control the currency of our new country, Congress realized the danger of fiat, or paper money created by law. In 1775, paper money had been issued to finance the war, and independent state legislatures passed laws requiring citizens to accept it as legal tender. Since it was created from nothing, and not backed by any precious metal, inflation developed. By the end of the war, it took 500 paper dollars to get one silver dollar. Our forefathers wrote in Article I, Section 10, of the U.S. Constitution: “No State shall enter into any treaty, alliance or confederation; grant letters of marque and reprisal; coin money; emit bills of credit; make any thing by gold and silver coin a tender in payment of debts; pass any bill of attainder, ex post facto law, or law impairing the obligation of contracts, or grant any title of nobility.”


Alexander Hamilton, an Illuminist, and agent of European bankers, had immigrated to the colonies in 1772 from the British colony of Nevis, on the Leeward Islands in the British West Indies. He married the daughter of Gen. Philip Schuyler, one of the most influential families of New York. In 1789 he was appointed Secretary of the Treasury. Hamilton and Robert Morris successfully convinced the new Congress not to take this power literally, enabling the Bank of North America to be established in 1781, which was similar to the Bank of England. At the time, America had a foreign debt of $12,000 (in money borrowed from Spain, France, Holland, and private interests in Germany), and a domestic debt of $42,000.


In 1790, Hamilton, who favored Central Banking, urged the Congress to charter a privately owned company to have the sole responsibility of issuing currency, in order to handle the country’s financial situation. His Plan called for Congress to create a Central Banking system, with a main office in Philadelphia, and smaller branches located in important cities throughout the country. It would be used to deposit government funds and tax collections, and to issue bank notes to increase the money supply needed to finance the country’s growth. This Bank of the United States would have a capital stock plan of $10 million, with 4/5’s to be owned by private investors, and 1/5 by the U.S. Government. It would be administered by a President, and 25 Board of Directors, with 20 to be elected by the stockholders, and 5 appointed by the government.


Central Banking was initiated by international banker William Paterson in 1691, when he obtained the Charter for the Bank of England, which put the control of England’s money in a privately owned company which had the right to issue notes payable on demand against the security of bank loans to the crown. One of their first transactions was to loan 1.2 million pounds at 8% interest to William of Orange to help the king pay the cost of his war with Louis XIV of France. Paterson said: “The bank hath benefit of interest on all monies which it creates out of nothing.” Reginald McKenna, British Chancellor of the Exchequer (or Treasury), said 230 years later: “The banks can and do create money ... And they who control the credit of the nation direct the policy of governments and hold in the hollow of their hands the destiny of the people.”


Hamilton’s elitist views and real purpose for wanting Central Banking came to light, when he wrote: “All communities divide themselves into the few and the many. The first are rich and well-born, the other the mass of the people. The people are turbulent and changing; they seldom judge or determine right.”


In 1791, Jefferson said: “To preserve our independence, we must not let our rulers load us with perpetual debt. If we run into such debts, we (will then) be taxed in our meat and our drink, in our necessities and in our comforts, in our labor and in our amusements. If we can prevent the government from wasting the labor of the people under the pretense of caring for them, they (will) be happy.” Even though Thomas Jefferson and James Madison (later to be our 4th President, 1809-17) opposed the Bill, Washington signed it into law on February 25, 1791. Alexander Hamilton became a very rich man. He and Aaron Burr helped establish the Manhattan Co. in New York City, which developed into a very prosperous banking institution. It would later be controlled by the Warburg-Kuhn-Loeb interests, and in 1955 it merged with Rockefeller’s Chase Bank to create the Chase Manhattan Bank.


When Jefferson (1801-09) became President, he opposed the bank as being unconstitutional, and when the 20 year charter came up for renewal in 1811, it was denied. Nathan Rothschild, head of the family bank in England, had recognized America’s potential, and made loans to a few states, and in fact became the official European banker for the U.S. Government. Because he supported the Bank of the United States, he threatened: “Either the application for renewal of the Charter is granted, or the United States will find itself in a most disastrous war.” He then ordered British troops to “teach these impudent Americans a lesson. Bring them back to Colonial status.” This brought on the War of 1812, our second war with England, which facilitated the rechartering of the Bank of the United States. The war raised our national debt from $45 million to $127 million.


Jefferson wrote to James Monroe (who later served as our 5th President, 1817-25) in January, 1815: “The dominion which the banking institutions have obtained over the minds of our citizens ... must be broken, or it will break us.” In 1816, Jefferson wrote to John Tyler (who became our 10th President, 1841-45): “If the American people ever allow private banks to control the issuance of their currency, first by inflation, and then by deflation, the banks and the corporations that will grow up around them will deprive the people of all property until their children wake up homeless on the continent their father’s conquered ... I believe that banking institutions are more dangerous to our liberties than standing armies ... The issuing power should be taken from the banks and restored to the Government, to whom it properly belongs.”


On May 10, 1816, President James Madison signed the Bill, which created the second Bank of the United States. Inflation, heavy debt, and the unavailability of an entity to collect taxes, were some of the reasons given for its rechartering. The new charter allowed it to operate another 20 years, raised its capital stock to $35 million, authorized the creation of bank branches, and the issuing of notes with denominations no smaller than $5.00. The new bank now had the power “to control the entire fiscal structure of the country.” The bank was run by the Illuminati, through such international banker ‘front men’ as John Jacob Astor, Stephen Girard, and David Parish (a Rothschild agent for the Vienna branch of the family).


In 1819, the Bank was declared constitutional by Supreme Court Justice John Marshall (a Mason), who said that Congress had the implied power to create the Bank.


People began to see how much power the Bank really had, and the voter backlash led to the election of Andrew Jackson as President in 1828. His slogan was: “Let the people rule.” Jackson maintained: “If Congress has the right under the Constitution to issue paper money, it was given them to be used by themselves, not to be delegated to individuals or to corporations.” Jackson said that the control of a central bank “would be exercised by a few over the political conduct of the many by first acquiring that control over the labor and earnings of the great body of people.” During the 1828 presidential campaign, Jackson said in an address before a group of bankers: “You are a den of vipers. I intend to rout you out and by the Eternal God I will rout you out.” He went on to say: “If the people only understood the rank injustice of our Money and Banking system, there would be a revolution before morning.” Jackson said that if such a Bank would continue to control “our currency, receiving our public monies, and holding thousands of our citizens in dependence, it would be more formidable and dangerous than the naval and military power of the enemy...”


~省略~

啓蒙主義者リーダーシップ変化

THE ILLUMINATI LEADERSHIP CHANGES


After Weishaupt died on November 18, 1830, at the age of 82, Giuseppe Mazzini (1805-72), an Italian patriot, and revolutionary leader, was appointed head of the Illuminati in 1834. It was believed that Weishaupt rejoined the Catholic Church with a deathbed repentance.





While attending Genoa University, Mazzini became a 33rd degree Mason, and joined a secret organization known as the Carbonari (their stated goal in 1818: “Our final aim is that of Voltaire and of the French Revolution? the complete annihilation of Catholicism, and ultimately all Christianity.”), where he became committed to the cause of Italian unity. In 1831, he was exiled to France, where he founded the ‘Young Societies’ movement, which included Giovane Italia (Young Italy), Young England, etc. This group united those who wanted to achieve unification through force. Mazzini moved to England in 1837, then returned to Italy in 1848 to lead the revolution against the Austrians. Again he was exiled. In the 1850’s, he led more revolutionary activities, and through his actions, Italy became united in 1861, as a single kingdom, rather than the republic envisioned by Mazzini.


Mazzini, who became known as the ‘Evil Genius of Italy,’ tried to carry on the activities of the Illuminati through the Alta Vendita Lodge, the highest lodge of the Carbonari.


From 1814-48, the group known as the Haute Vente Romaine led the activities of most of Europe’s secret societies. In April, 1836, the head of the Haute Vente, whose pseudonym was ‘Nubius,’ wrote to ‘Beppo’: “Mazzini behaves too much like a conspirator of melodrama to suit the obscure role we resign ourselves to play until our triumph. Mazzini likes to talk about a great many things, about himself above all. He never ceases writing that he is overthrowing thrones and altars, that he fertilizes the peoples, that he is the prophet of humanitarianism...”


In 1860, Mazzini had formed an organization called the ‘Oblonica,’ a name derived from the Latin ‘obelus,’ which means: “I beckon with a spit (dagger).” Within this group, he established an inner circle called the Mafia.


About 1,000 AD, after the Normans had driven the Arabs out of Sicily, they established a feudal system. Overseers to guard each feudi were chosen from known criminals. Skirmishes between the Barons were fought by these criminals. Although feudal privileges were abolished in 1812, these overseers retained control of the land through leasing arrangements. It was this band of criminals that Mazzini gave the name ‘Mafia’, which was an acronym for Mazzini, Autorizza, Furti, Incendi, and Avvelengmenti. Known as the Mafiosi, they were authorized by Mazzini to commit thefts, arson and murder. It was this organization that came to America during the 1890’s with the beginning of Italian immigration.



In 1859, Albert Pike (1809-1891), a lawyer, and leader of the U.S. Scottish Rite Masonry (who was called the ‘Sovereign Pontiff of Universal Freemasonry,’ the ‘Prophet of Freemasonry’ and the ‘greatest Freemason of the nineteenth century’), who was fascinated with the idea of a one-world government, was chosen to coordinate Illuminati activities in the United States. He said they needed to create a political party that would keep the world fighting, until they could bring peace. Pike said it would be done “with tongue and pen, with all our open and secret influences, with the purse, and if need be, with the sword...”


Pike was born on December 29, 1809, in Boston, went to Harvard, then later served as a Brigadier-General in the Confederate Army. He was appointed by the Confederacy to be the Indian Commissioner in order to create an army of Indian warriors. He became Governor of the Indian territory, and succeeded in creating an army consisting of Chickasaws, Comanches, Creeks, Cherokees, Miamis, Osages, Kansas, and Choctaws. He became known to them as the “faithful pale-face friend and protector.” The savagery of their attacks caused Jefferson Davis, the President of the Confederacy, to disband the Indian army. After the Civil War, Pike was found guilty of treason and jailed, only to be pardoned by President Andrew Johnson on April 22, 1866, who met with him the next day at the White House. On June 20, 1867, Scottish Rite officials conferred upon Johnson, the 4th - 32nd degrees, and he later went to Boston to dedicate a Masonic Temple. The only monument to a Confederate general in Washington, D.C. was erected in Pike’s honor, and can be found between the Department of Labor building and the Municipal Building, between 3rd and 4th Streets, on D Street, NW.


Pike was a genius, able to read and write in 16 different languages. A 33rd degree Mason, he was one of the founding fathers, and head of the Ancient Accepted Scottish Rite of Freemasonry. In 1869, he was a top leader in the Knights of the Ku Klux Klan. In 1871, he wrote the 861 page Masonic handbook known as the Morals and Dogma of the Ancient and Accepted Rite of Freemasonry.


Pike was said to be a Satanist, who indulged in the occult, and possessed a bracelet he used to summon Lucifer, with whom he had constant communication. He was the Grand Master of a Luciferian group known as the Order of the Palladium (or Sovereign Council of Wisdom), which had been founded in Paris in 1737. Palladism had been brought to Greece from Egypt by Pythagoras in the fifth century, and it was this cult of Satan that was introduced to the inner circle of the Masonic lodges. It was aligned with the Palladium of the Templars. In 1801, Issac Long, a Jew, brought a statue of Baphomet (Satan) to Charleston, South Carolina, where he helped established the Ancient and Accepted Scottish Rite. Pike, his successor, changed the name to the New and Reformed Palladian Rite (or Reformed Palladium). The Order contained two degrees: 1) Adelph (or Brother), and 2) Companion of Ulysses (or Companion of Penelope). Pike’s right-hand man was Phileas Walder, from Switzerland, who was a former Lutheran minister, a Masonic leader, occultist, and spiritualist. His other closest aids were Gallatin Mackey (a Masonic leader), Longfellow, and Holbrook. Pike, along with Mazzini, Lord Henry Palmerston of England (1784-1865, 33rd degree Mason), and Otto von Bismarck from Germany (33rd Mason, 1815-1898), intended to use the Palladian Rite to create a Satanic umbrella group that would tie all Masonic groups together.


Because of Mazzini’s revolutionary activities in Europe, the Illuminati had to again go underground. Pike established Supreme Councils in Charleston, South Carolina; Rome, Italy (led by Mazzini); London, England (led by Palmerston); and Berlin, Germany (led by Bismarck). He set up 23 subordinate councils in strategic places throughout the world, including five Grand Central Directories in Washington, DC (North America), Montevideo (South America), Naples (Europe), Calcutta (Asia), and Mauritius (Africa), which were used to gather information. All of these branches have been the secret headquarters for the Illuminati’s activities ever since.


In a letter dated January 22, 1870, Mazzini wrote to Pike:


“We must allow all of the federations to continue just as they are, with their systems, their central authorities and diverse modes of correspondence between high grades of the same rite, organized as they are at present, but we must create a super rite, which will remain unknown, to which we will call those Masons of high degree whom we shall select (obviously referring to the New and Reformed Palladian Rite). With regard to our brothers in Masonry, these men must be pledged to the strictest secrecy. Through this supreme rite, we will govern all Freemasonry which will become the one International Center, the more powerful because its direction will be unknown.”


In another letter, dated August 15, 1871, Pike wrote to Mazzini:


“We shall unleash the Nihilists and the atheists, and we shall provoke a formidable social cataclysm which in all its horror will show clearly to the nations the effect of absolute atheism, the origin of savagery, and of the most bloody turmoil. Then everywhere, the citizens, obliged to defend themselves against the world minority of revolutionaries, will exterminate those destroyers of civilization, and the multitude, disillusioned with Christianity, whose deistic spirits will from that moment be without compass, anxious for an ideal, but without knowing where to render its adoration, will receive the pure light through the universal manifestation which will result from the general reactionary movement which will follow the destruction of Christianity and atheism, both conquered and exterminated at the same time.”


Another part of this letter was discovered in 1949, which graphically outlined plans for three world wars and at least two revolutions. The first world war was to enable communistic atheism to destroy the czarist government in Russia. This was accomplished. The second world war was to begin by pitting Great Britain against Germany, in order to destroy Nazism, and advance the cause of Zionism, so that Israel could become a nation. This was accomplished. After this war, Communism was to be made strong enough to begin taking over weaker governments. In 1945, at the Potsdam Conference between Truman, Churchill, and Stalin, Russia was given a chunk of Europe, and that helped to sweep the tide of Communism into China. The plan also called for a third world war, which is to be ignited by firing up the aggression between the Zionists (Israel) and the Arab world, who will destroy each other, bringing the rest of the world into a final conflict. This conflict will be engineered to produce complete social, political, and economic chaos; out of which will emerge an Illuminati-controlled world government.


According to William Guy Carr, a retired Canadian Naval Commander, in his book Pawns in the Game (he also wrote Red Fog Over America), he said that for a short time this letter had been on display in the British Museum Library in London, where he wrote a copy of it. The British Museum has said that they never had such a letter in their collection. It was later discovered that Carr got the information from a book called The Mystery of Freemasonry Unveiled by Jose Maria Caro y Rodriguez, the Archbishop of Santiago, and the Cardinal of Chile. Some researchers believe the second letter to be fraudulent, and had been written much later than the first part, since the word ‘Fascism’ was not used until 1921, and the Arab/Jewish problem did not exist until after the 1917 Balfour Declaration. But then again, if they indeed planned and initiated these events, the document could very well be authentic.


After Mazzini’s death on March 11, 1872, Pike appointed Adriano Lemmi (1822-1896, 33rd degree Mason), a banker from Florence, Italy, to run their subversive activities in Europe. Lemmi was a supporter of patriot and revolutionary Giuseppe Garibaldi, and may have been active in the Luciferian Society founded by Pike.


On July 14, 1889, Pike issued this statement to the 24 Supreme Councils of the world who were meeting in Paris:


“That which we must say to the crowd is: ‘We worship a God, but it is the God one adores without superstition.’



To you, Sovereign Grand Inspectors General (33rd Degree Masons), we say this, that you may repeat it to the Brethren of the 32nd, 31st, and 30th degrees: ‘The Masonic religion should be, by all of us initiates of the high degrees, maintained in the purity of the Luciferian doctrine.’



If Lucifer were not God, would Adonay (or ‘Adonai,’ Hebrew for the word ‘Lord’ which refers to Jehovah, the God of Israel, which they avoided using) whose deeds prove his cruelty, perfidy, and hatred of man, barbarism and repulsion for science, would Adonay and his priests calumniate him? Yes, Lucifer is God, and unfortunately Adonay is also God. For the eternal law is that there is no light without shade, no beauty without ugliness, no white without black, for the absolute can only exist as two Gods: darkness being necessary to light to serve as its foil as the pedestal is necessary to the statue, and the brake to the locomotive...



...Thus, the doctrine of Satanism is a heresy; and the true and pure philosophic religion is the belief in Lucifer, the equal of Adonay; but Lucifer, God of Light and God of Good, is struggling for humanity against Adonay, the God of darkness and evil.”


ワイスハウプトが11月18日に死んだ後に、1830年は、82歳、ジュゼッペ・マッツィーニ(1805-72)、イタリア愛国者、および革命のリーダーで、1834年において啓蒙主義者のトップに任命されました。

ワイスハウプトが臨終後悔によってカトリック教会に復帰したことは信じられました。

ジェノバ大学に出席する間に、マッツィーニは33階級メーソンになり、カルボナリ(1818年におけるそれらの述べられたゴール:「私達の最終的な目的はボルテールとカトリック教と最終的な、すべてのキリスト教の、フランス革命?のうちの、完全な全滅のそれである」。)として知られている秘密組織に参加しました(そこで、彼はイタリア単一性の原因を約束しました)。

1831年において、彼は、フランス(そこで、彼は、‘ヤング社会’動き(それはGiovaneイタリア(ヤングイタリア)を含みました)を設立しました)に追放されました、ヤング・イギリスなど。

このグループは、力を通して統一を達成したかった人々を団結させました。

マッツィーニは1837年においてイギリスに引っ越し、それから、オーストリア人に対して革命を導くために、1848年におけるイタリアに戻りました。

再び、彼は追放されました。

1850年代に、彼はより革命の活動を導き、彼の行動を通して、イタリアはマッツィーニによって想像されている共和国というよりも1つの王国として1861年において結合しました。

‘イタリアの悪い天才’として知られたマッツィーニは、アルタVenditaロッジ、カルボナリの最も高いロッジを通して啓蒙主義者の活動を続けようとしました。

1814-48年から、高級なVenteタチチシャとして知られているグループはヨーロッパの秘密結社のほとんどの活動を導きました。

4月、1836年に、偽名が‘Nubius’であった高級なVenteのトップは‘Beppo’に手紙を書きました:

「私達の勝利まで活動するために、私達が自身で辞任する不明瞭な役割に適するには、マッツィーニはメロドラマの共謀者のようにあまりにも多くふるまいます」。

マッツィーニは、とりわけ非常に多くの物について、自身について話すことが好きです。

「彼は決して、彼が王位と祭壇を倒して、彼が民族を肥やし、彼が人道主義の予言者であると書くのを止めません…」

1860年において、マッツィーニは、‘Oblonica’(ラテン‘疑句標’(それは意味しています)に由来している名前)と呼ばれる組織を結成しました:

このグループの中、「私はつば吐き(短剣)によって合図します」.、彼はマフィアと呼ばれる側近グループを設立しました。

AD1,000について、ノルマン人がアラブ人をシチリア島から追放した後に、彼らは封建制度を設立しました。

各feudiをガードする監督者は知られている犯罪者から選ばれました。

男爵の間のこぜりあいはこれらの犯罪者によって戦われました。

封建制度の特権が1812年において廃止されたけれども、手配をリースすることを通して、これらの監督者は土地のコントロールを保持していました。

マッツィーニが、名前の‘マフィア’(それはマッツィーニ、Autorizza、Furti、Incendi、およびAvvelengmentiのための頭字語でした)を与えたのは犯罪者のこの集団でした。

マフィアとして知られていて、彼らは、マッツィーニによって、窃盗、放火、および殺人を犯すことを認められていました。

イタリア移住の最初と一緒に1890年の間にアメリカに来たのはこの組織でした。

1859年において、アルバート・パイク(1809-1891)(1世界政府のアイデアに魅了された、米国スコットランド語儀礼石造建築(‘ユニバーサルフリーメーソンのローマ教皇’、‘フリーメーソンの予言者’、および‘19世紀の最も偉大なフリーメーソン会員’と呼ばれました)の弁護士、およびリーダー)は、米国で啓蒙主義者の活動を調整するために選ばれました。

彼は、彼らが平和をもたらすことができるまで、彼らが、世界を戦わせ続けるであろう政党を作成する必要があると言いました。

パイクは、それがされた「舌とペンによって、すべての私達のオープンで、秘密の影響によって、財布によって、そして必要があれば剣によって…」であるであろうと言いました。

パイクは12月29日に誕生し、ボストンで1809年に、ハーバードに行き、それから、後で、南軍の軍隊の代将一般として役立ちました。

彼は、インド戦士の軍隊を作成するために同盟によって、インド委員であるように命じられました。

彼はインド領域の知事になり、チカソー族、コマンチ族、クリーク、チェロキー、Miamis、オーセージ族、カンザス、およびChoctawsから成る軍隊を作成することに成功しました。

彼は、「忠実な青白い顔の友人とプロテクター」(インド軍隊を解散するためにジェファソン・デイヴィス(同盟の大統領で)起こったそれらの攻撃の野蛮さ)としてそれらに知られました。

南北戦争の後で、パイクは、ホワイトハウスで次の日、彼と出会った4月22日のアンドリュー・ジョンソン大統領、1866年によって許されるためだけに反逆罪に対して有罪と判決されて、拘留されました。

6月20日に、1867年のスコットランド儀礼役員がジョンソン、4番目を協議しました - マソニックテンプルの除幕式をするために、32番目の度と彼は後でボストンに行きました。

ワシントンD.C.の南軍の一般への唯一の記念碑はパイクの名誉において建設されて、D通り、NWで3番目と4番目の通りの間で労働省建物と地方自治体ビルディングの間で見つかることができます。

パイクは、16の異なる言語を読み取り、書くことができる天才でした。

33階級メーソンの、彼は創始者のひとりとフリーメーソンの古代の受け入れられたスコットランド儀礼のトップでした。

1869年において、彼はクー・クラックス・クランのナイトの中で一番上のリーダーでした。

1871年において、彼はモラルとフリーメーソンの古代の、そして受け入れられた儀礼の教義として知られている861ページのフリーメーソンハンドブックを書きました。

パイクは、オカルトに耽っていて、明けの明星を呼び出すために、彼が使った腕輪を所有していた悪魔主義者であるそうでした(それとともに、彼は一定の通信を持っていました)。

彼はパラジウム(または知恵の主権を有する協議会)のオーダーとして知られているルシファーのグループのグランドマスタでした(それは1737年においてパリで設立されました)。

Palladismはエジプトから5世紀にピタゴラスによってギリシャにもたらされて、フリーメーソンの支部の側近グループに導入されたのはサタンのこのカルトでした。

それは法学院法律家のパラジウムと位置合わせされました。

1801年において、彼が助けたチャールストン、サウスカロライナにバフォメット(サタン)の彫像を持って来られたアイザックLong、ユダヤ人は古代の、そして受け入れられたスコットランド儀礼を設立しました。

パイク、彼の後継者は名前を新しく、改良したパラディオ風の儀礼(または更生された守護神)に変更しました。

オーダーは2度を含んでいました:

1) Adelph(または兄弟)とユリシーズ(またはペネロピーの友人)の2人の)友人。

パイクの腹心は、前のルター大臣、フリーメーソンリーダー、オカルト主義者、および唯心論者であったスイスからのPhileas Walderでした。

彼の他の最も近い援助はガラティン・マッケイ(フリーメーソンリーダー)、ロングフェロー、およびホルブルックでした。

パイクは、マッツィーニ、イギリス(1784-1865、33級メーソン)のヘンリー・パーマストン卿、およびドイツ(33番目の石工、1815-1898)からのオットー・フォン・ビスマルクとともに、すべてのフリーメーソングループを束ねるであろう悪魔の傘グループを作成するためにパラディオ風の儀礼を使うつもりでした。

ヨーロッパでのマッツィーニの革命の活動のため、啓蒙主義者は、地下に再び行く必要がありました。

パイクはチャールストン、サウスカロライナで最高評議会を設立しました;

ローマ、イタリア(マッツィーニによって導かれます);

ロンドン、イギリス(パーマストンによって導かれます);

そしてベルリン、ドイツ(ビスマークによって導かれます)。

ワシントン、DC(北アメリカ)、モンテビデオ(南アメリカ)、ナポリ(ヨーロッパ)、カルカッタ(アジア)、およびモーリシャス(アフリカ)の5つの雄大な中心的なディレクトリを含む世界中で彼は戦略的な場所で23の下位の協議会を設立しました(それは、情報を集めるために使われました)。

これらの枝のすべてはそれ以来啓蒙主義者の活動のための秘密の本部です。

1月22日付けの手紙、1870中で、マッツィーニはパイクに手紙を書きました:

「私達は、それらが現在である時に、同じ儀礼の高級品の間の一致のそれらのシステム、それらの中央権力、および多様なモードを持つ、ちょうど、それらがそうであるように続ける同盟のすべてが団結したと認めなければならないけれども、私達はスーパー儀礼を作成しなければなりません(それは未知であり続けるでしょう(それに、私達は、私達が選ぶ(、明らかに新しく、改良したパラディオ風の儀礼に関します)こととする高度のそれらの石工を呼ぶでしょう))」。

石造建築の中の私達の兄弟について、これらの人は最も厳密な秘密を誓約しなければなりません。

「この最高の儀礼を通して、私達は、その方向が未知になるであろうのでより強力に1つの国際的なセンターになるであろうすべてのフリーメーソンを制御します」。

別の手紙の中で、8月15日に日付を付けられて、1871年のカワカマスがマッツィーニに手紙を書きました:

「私達はニヒリストと無神論者を解放し、私達は、すべてのその恐怖において、はっきりと国家に絶対の無神論(野蛮さの、そして最も血まみれの騒動の起源)の効果を示すであろう恐るべき社会的な大変動を引き起こします」。

「同時に征服されて、根絶されたキリスト教と無神論」。

この手紙の別の部分は1949年に発見されて、3回の世界大戦についてのどのグラフィックで概説された計画、および、少なくとも2つの革命。

最初の世界大戦は、共産主義の無神論がロシアで独裁の政府を破壊することを可能にすることになっていました。

これは遂行されました。

イスラエルが国家になるかもしれないように、2番目の世界大戦は、ナチズムを破壊し、シオニズムの運動を推し進めるためにドイツに対して英国を戦わすことから始めることになっていました。

これは遂行されました。

この戦争の後で、共産主義は、より弱い政府を引き継ぎはじめるのに十分に強くされることになっていました。

1945年に、トルーマン、チャーチル、およびスターリンの間のポツダム会談で、ロシアはヨーロッパのかなりの量を与えられて、それは、中国の中に共産主義を潮から掃き去ることに役立っていました。

計画はまた3番目の世界大戦を要求していました(それは、世界の残りを最終的な衝突に至らせて、互いを破壊するであろうシオニスト(イスラエル)とアラブ世界の間で侵略の上に点火することになっています)。

この衝突は、完全な社会の、政治的で、経済の混乱を生み出すためにたくらまれるでしょう;

出現します 啓蒙主義者コントロールされた世界政府 。

ウィリアムGuyカー(ゲーム(彼はまたアメリカの上の赤い霧を書きました)における彼の本質入れの中の辞めたカナダ海軍司令官)によると、彼は、短い時間の間、この手紙がロンドンの大英博物館ライブラリのディスプレイの上にあったと言いました(そこで、彼はそれのコピーを書きました)。

大英博物館は、彼らが決してそれらのコレクションにおいてそのような手紙を持っていなかったと伝えていました。

ホセ・マリア・カロルロドリゲス、サンチアゴの大司教、およびチリの緋色によって初公開されたフリーメーソンのミステリーと呼ばれる本からカーが情報を得たことは後で発見されました。

何人かの研究者は2番目の手紙を、不正であると信じて、言葉‘ファシズム’が1921年まで使われなく、アラブ民族/ユダヤ人の問題が1917年のバルフォア宣言の後まで存在していなかったので、ずっと最初の部分よりずっと後で書かれていました。

しかし、彼らが実にこれらのイベントを計画し、開始したならば、文書は非常にうまく本物であるかもしれません。

3月11日のマッツィーニの死の後で、1872年のカワカマスがアドリアーノLemmi(1822-1896、33級メーソン)(フィレンツェ、イタリアからの銀行家)に、ヨーロッパでそれらの破壊活動を動かすように命じました。

Lemmiは愛国者と革命家ジュゼッペ・ガリバルディのサポーターであり、パイクによって設立されたルシファーの社会でアクティブであったかもしれません。

7月14日に、1889年のカワカマスがこのステートメントを、パリで開催された世界の24の最高評議会に配付しました:

「私達が、あると群衆に言わなければならないそれ:」

‘私達は神を拝むけれども、それは、人が迷信なしで崇拝する神です’。

あなた(主権を有する雄大な検査官General(33番目の度の石工))に、私達はこれを言い、あなたが32番目、31番目、および30番目の度の同業者にそれを繰り返してさしつかえありません:

‘フリーメーソン宗教はそうであるべきであり、過ぎて、すべて、私達(高度の新入会者)について、ルシファーの主義の純粋さにおいて維持していました’。

明けの明星が神ではなかったならば、行為が科学のために彼の人、野蛮さ、および嫌悪の残酷さ、不誠実、および憎悪を証明するAdonay(または、エホバ(彼らが、使うのを避けたイスラエルの神)と関連している言葉‘神’のためのヘブライ人の‘主’)は彼を中傷するであろうか、Adonayと彼の聖職者はでしょうか?

はい、明けの明星は神であり、あいにく、Adonayはまた神です。

永遠の法律がそれであるので、絶対物が2人の神として存在することができるだけなので、シェードのないライトが全然なく、醜さのないどの美もなく、黒のないどの白もありません:

台座としてその箔として勤務することにライトに必要な暗闇は機関車に彫像とブレーキに必要です…

... 従って、悪魔主義の主義は異端です;

そして、真実で、純粋な哲学の宗教は明けの明星、Adonayの同等の人でその信念です;

「しかし、明けの明星(ライトの神、および善の神)はAdonay、暗闇の神、および悪に対して人間性に苦闘しています」。

ドナ・ゲラーからの「私達の唯一の希望は本当に、整列し、同盟することである」すばらしいコメント

"Our only hope really is to align and ally"

A wonderful comment from Donna Geller

2006 09 14

By Donna Geller




Greetings Henrik,

I send this not with the intent to proselytize my personal politics or agenda but rather as an effort to further awareness, attention and action to something terribly awry in my country, America, that concerns not only us here, but all of us on this planet - regardless of our individual world views. I am 60 years old and find the activists of my generation are decreasing in number daily, and few in the following generation are ready to take up the gauntlet. You, Henrik, are a blessing and an inspiration for your generation. You show the foresight and wisdom to see that everything on this planet is connected. What happens in any one country will eventually affect us all. Your courage and conviction to 'Resist the Flood of Ignorance' when you are more likely today facing a tsunami than a flood, is not only commendable - it is remarkable. I send this to you with the hope that you will forward or use it at your discretion as a plea to all intelligent, aware, objective, dedicated, honest and fair-minded people that they must be called to act, and act soon.


We all believe in the pursuit of life, liberty, and justice. And though not a perfect system, we still have in America, by our laws and Constitution, the opportunity to achieve and maintain those goals. However, I am not sure that opportunity is going to remain much longer and I cannot believe we will knowingly stand by and watch the Constitution of this country go down in flames - literally - without taking some action to prevent it. We must all be aware that, at times, a government will lie to their people - and not always with nefarious intent. Sometimes it may be for our safety and to preserve our way of life. We would like to think that such deception was and always will be so intended and only done when absolutely necessary; that our elected leaders hold dear the public trust, and would never abuse it for self-gain or agendas contrary to our liberty or the public good. We would like to think it, but it just isn't so.


I do not pretend to know what exactly happened in the 9/11 tragedy, the subsequent actions or events it appears to have spawned. Nor do I subscribe to the many 'conspiracy theories' that abound. I do not know what is true, but I do know what it is not true. A significant portion of what is being propagated as the actual facts, the truth, and has become the unyielding, official position of the government just frankly insults one's intelligence and rivals the most extreme conspiracy theories for first prize. I was not even sure where to begin to search for truth, but I have employed an old wisdom that seems to to be working better than anything else. I call it the “whole elephant” concept. Rather than throwing out any fact/theory/data, etc., I just keep stepping back, further and further, and widening the lens, until, hopefully, I can get a picture big enough to include and incorporate all the seemingly incomplete, inconsequential, illogical, and/or incongruous pieces. I also find that it works best if I stay with the premise that evil is just a perspective, and avoid assessing or evaluating in terms of good and evil, but rather just think in terms of agendas and competing interests without assigning value judgments - and that is hard.


I forward an interesting site below about the work of a group of scholars in pursuit of the truth about 9/11. Their efforts are not exclusive to just scholars, but rather any area of expertise or degree of commitment that furthers or aids in their quest for truth appears to be welcomed. Also they present an extensive compilation of current evidence that has been uncovered and investigations that have been done within several disciplines. I was moved to write by today's headline article by Nafeez Mosaddeq Ahmed
. His perspective is right. Our only hope really is to align and ally; to work in a cooperative spirit rather than a competitive one; and to combine skills, expertise and critical thinking abilities to analyze extant data and demand acceptable answers before it is too late and we are under martial law and on the way to a total, and eventually global, dictatorship. We all have something to contribute to the effort and we can either find a existing niche to do so, or create one.


There was an incredibly profound and prophetic line in Star Wars III. The Evil Emperor, Darth Sidious, still working under the guise of the noble Senator Palpatine, is given, by almost unanimous vote, total control in the galaxy due to the serious Sith threat - a threat that he has been surreptitiously instigating for just such an effect. Alone and seated, among an entire senate standing in ovation to their yea vote empowering this dictator, Princess Amidala remarks, "So this is how liberty dies, with thunderous applause".


Sobering isn't it. We are not in a science fiction movie, but our nation is experiencing the same thing and it will not stop in America. How many millions saw that movie, over and over, while the very same thing is happening in their time, in their reality and they still don't make the connection. Our populace is buying into this 'terrible threat' from the 'axis of evil' that is 'dedicated to our destruction because they hate us and our freedoms' without question. The pieces of it don't fit at all if you examine them carefully, but few seem able to sustain any level of critical thinking or analysis any more. And especially few under the age of 45 in this country - products of a public education system that have been deliberately 'dumbed down'. But those of us that can think and can see when the pieces of a puzzle not only don't fit, they don't even go to the same puzzle, must feel duty bound to try and save what is left of our hard fought and earned freedoms. At the least let us come together within academic and professional disciplines to question and call attention. If our liberty must die, certainly let it not be given away with accolades and thunderous applause, but wrestled away amid public outcries and dissent. If not our freedom, at the least we'd retain our dignity and our pride and our conscience.


Thank you for your attention and for your valiant effort to stem the tide of apathy and ignorance engulfing our world, Henrik. You freely give and sacrifice much to do this, I know. But do know that your site is a beacon in the dark that draws far more into a place of light that you probably will ever know.

Many blessings to you and all at your hearth,

Donna Geller


http://www.st911.org





Article from Donna Geller





こんにちは、ヘンリック

私の個人的な政治または課題を改宗させる意思によってではなくむしろ、自覚、何か、この惑星の上でここに、けれども私達のすべて、私達に関係しない私の国、アメリカで「ひどく曲がっているもの」への注意、および行動を促進する努力として、私はこれを送る - 私達の個々の世界観を問わず。

私は60歳であり、私の世代の活動家が毎日、数において減少していて、次の一世代にほとんどが、こてを取り上げる用意ができていないと気付く。

ヘンリックはあなたの世代のために恩恵とインスピレーションである。

あなたは、この惑星の上のすべてが接続されるとわかる先見と知恵を示す。

どのような1か国ででも起こることは結局私達すべてに影響するであろう。

津波に直面して、あなたが今日洪水がありそうな時の、‘無知の洪水に抵抗しなさい’へのあなたの勇気と信念は立派であるだけでない - それは顕著である。

あなたが転送するであろう希望によって、私はこれをあなたに送るか、それらが、すぐ演じて、演じるために呼ばれなければならないすべての聡明で、気づき、目的の、専門で、正直で、公正な人々に、嘆願としてあなたの判断でそれを使う。

私達すべてはライフ、自由、および公正の追跡を信じている。

そして、完全なシステムではないけれども、私達の法律と憲法(それらの目標を達成し、維持する機会)によって、私達はまだアメリカに希望を持っている。

しかし、私は、機会が、ずっと長くあり続けるためになくなっていると確信していない、私は、それを防止するためにいくらかの行動をとらずに、私達が故意に待機すると信じて、この国の憲法が炎--文字どおりである--において降りるのを見ることができない。

私達は、すべて、時々、政府がそれらの人々に嘘を言うであろうということに気づいているにちがいない - いつも、および極悪な意思によってでない。

時々、それは、私達の安全のためであり、私達の生活様式を保存することであるかもしれない。

私達は、そのような詐欺がそうであったと思いたく、いつも、絶対に必要な時にそう意図されて、されるだけである;

私達の選ばれたリーダーが公益信託を大切に保ち、私達の自由または公益に反してセルフ利益または課題のために決してそれを乱用しないであろう。

私達は、それを考えたいけれども、それは全くそうでない。

私は、それが、産んだような9/11の悲劇、その後の行動、またはイベントにおいて、正確には何が起こったかを知るふりをしない。

また、私は、いっぱいの多くの‘陰謀説’に申し込まない。

私は何が真実であるかを知らないけれども、私はそれが何で真実ではないかを知っている。

実際の事実、真実として伝達されていて、まさに率直に政府の堅く、公式なポジションになったものの重要な一部は人の知能を侮辱し、一等賞について最も極端な陰謀説と競争する。

私は、どこで、真理を探求しはじめるかを確信していなかったけれども、私は、何よりもよく働いているために、思われる古い知恵を使用した。

私はそれを「ゾウ全体」概念と呼ぶ。

どのような事実/理論/データなどでも捨てるというよりも、希望的に、私が、写真を、すべての一見したところ不完全で、重要でなく、非論理的で、および/または不適当な断片を含み、含むのに十分に大きくすることができるまで、私はただ、ますますさらに後退し、レンズを広げ続ける。

私はまた、私が、悪が単にパースペクティブであるという前提に耐えるならば、それがもっともよく働くと気付き、善と悪で評価または評価を避けるけれども、むしろ、ただ、価値判断を割り当てずに、課題と競合利権で考える - および、それは難しい。

私は9/11についての真理を追求して学者のグループの仕事について興味深いサイトを下に転送する。

それらの努力はまさに学者に限られていないけれども、むしろ、専門知識のどのようなエリアまたは真実の彼らの探求において促進するか、援助する関与の程度でも、歓迎されるようである。

また、彼らは、発見されている現在の証拠といくつかの学科の中でされている調査の広いコンパイルを提出する。

私は、ナフィズ・モサデク・アーメドによって今日のヘッドライン記事によって書くために感動した。

彼のパースペクティブは正しい。

私達の唯一の希望は本当に、整列し、同盟することである;

競合したものというよりも団結心の中で働くには;

そして、現存のデータを分析し、それの前で容認できる答えを要求するためにスキル、専門知識、および重大な考察才能を結合することは遅すぎて、私達は戒厳令の下と全体の、そして結局グローバルな独裁権に行く途中にいる。

私達すべては、寄与するものを努力の中に持っていて、私達は、既存のニッチを、そうすると気付くか、ものを作成することができる。

スター・ウォーズIIIの中に信じられないほど深く、予言的なラインがあった。

悪い皇帝、Darth Sidiousは、高潔な上院議員Palpatineを装ってまだ働いて、重大なSith脅威のためほとんど満場一致の票によって銀河系での全体のコントロールを与えられる - 彼がまさにそのような効果のために秘密に扇動していた脅威。

一人で、この独裁者をエンパワーメントしているそれらのはい票に熱烈な歓迎において立っている1つの上院全体の間で座っていて、Amidalaプリンセスは、「従って、これは、どのように自由が嵐のような拍手によって死ぬかである」と気づく。

落ち着くことはそれではない。

私達はSF映画にいないけれども、私達の国家は同じ物を経験していて、それはアメリカで停止しないであろう。

数百万は、まさに同じ事がそれらの時代に起こっている間、それらの現実における何度も何度も、その映画を見て、彼らはまだ接続をいくつかしていない。

私達の大衆は、問題なしで‘彼らが私達と私達の自由を憎悪しているので私達の破壊に専念する’である‘悪の軸’からこの‘ひどい脅威’を受け入れている。

あなたがそれらを慎重に試験するならば、それの断片は全く適合していないけれども、ほとんどは、これ以上批判的思考法または分析のどのようなレベルも支えることができるようではない。

そしてこの国の45歳未満で特にほとんど - 意図的に‘dumbedされた下り’であった公教育システムの製品。

しかし、考えることができて、パズルの断片がただ適合していない時に、それらが同じパズルに行きさえしないとわかることができる私達のそれらは、義務を、私達のかたく争われて、得られた自由の残りのものを試し、保存する義務があると思わなければならない。

極少なもので、私達を、注意に質問し、促すために学問の、そしてプロフェッショナルな分野の中で一緒に来させなさい。

私達の自由が死ななければならないならば、確かに、それを賞賛と嵐のような拍手によって授与されないけれども大衆の抗議と意見の相違の中央で向こうで相撲されないようにしなさい。

私達の自由でなければ、極少なもので、私達は私達の威厳と私達のプライドと私達の良心を保つであろう。

あなたの注意を、そして私達の世界、ヘンリックを飲み込んでいる無関心と無知の流れに抗うあなたの勇敢な努力をあなたに感謝する。

これをするために、あなたは惜しみなく多く与えて、犠牲になり、私は知っている。

しかし、ずっとより多くを、あなたがたぶんこれまで知るであろうライトの場所に引き入れる闇において、あなたのサイトが指針であると知っていなさい。

あなたへの多くの恩恵とあなたの囲炉裏のすべて、ドナ・ゲラーのすべて

http://www.st911.org


ドナ・ゲラーからの記事



エドワード・ベルナイス - 「自身の世紀」からどのように1つの抜粋文あたり1つの国家を洗脳するか

Edward Bernays - How to Brainwash a Nation

An excerpt from "The Century of the Self"

2006 09 16


In 2002, Adam Curtis and the BBC released a four-part series called "The Century of the Self."


The series tracks how American elites have aggressively used the modern behavioral sciences to persuade, coerce and manipulate the American public into accepting the corporate-government world's version of events as their own.


This seven-minute video which I call "The Assassin of Democracy" focuses on one of the most skillful and amoral expert of all the experts in mass manipulation, Edward Bernays. Bernays got his first taste of the power of propaganda during World War I. He advised US presidents from Woodrow Wilson to Einsehower and served numerous corporations and business associations. One of his biggest fans was Hitler's propaganda chief, Joseph Goebbels, a fact about which Bernays bragged proudly.


In this clip, we see a pattern that Bernays used over and over again: turn a harmless entity into a fearsome enemy through lies and manufactured news items. Then use the "threat" to justify attack. The subject of this video is Bernays campaign against the democratically elected government of Guatemala in 1953, but you'll have no trouble seeing that this very same method is being used today.


Watch the Entire Documentary at Google Video:


The Century Of The Self - Part 1 of 4


The Century Of The Self - Part 2 of 4


The Century Of The Self - Part 3 of 4


The Century Of The Self - Part 4 of 4




"This series is about how those in power have used Freud's theories to try and control the dangerous crowd in an age of mass democracy." - Adam Curtis




Article from http://www.brasscheck.com/videos/spin/bernays1.html




2002年に、アダム・カーティスとBBCは「自身の世紀」と呼ばれる四部のシリーズをリリースした。

シリーズは、どのようにアメリカエリートが、彼ら自身としてイベントの企業の政府の世界のバージョンを認めることをアメリカの一般大衆を説得して行わせて、強いて、処理するために積極的に現代の行動科学を使ったかを追跡する。

私が「民主主義の暗殺者」と呼ぶこの7分のビデオは大衆操作におけるすべてのエキスパート、エドワード・ベルナイスの最も熟練し、道徳と無関係なエキスパートのそれに集中する。

ベルナイスはウッドロー・ウィルソンからアインス・ホゥワーまでのWorld War I.彼が勧められた米国大統領の期間に彼が宣伝のパワーに手を染めて、たくさんの企業と商業組合に奉仕した。

彼の最大のファンの1人は、ヒトラーの宣伝チーフ(ヨーゼフ・ゲッベルス(ベルナイスが誇らしげに自慢した事実))であった。

このクリップの中で、私達は、ベルナイスが何度も何度も使ったパターンを見る:

嘘と製造された記事を通して無害なエンティティを恐ろしい敵に変えなさい。

そして、攻撃を正当化するために、「脅威」を使いなさい。

このビデオの主題は1953年のグアテマラの民主的に選挙で選ばれた政府に対するベルナイスキャンペーンであるけれども、あなたは、このまさに同じ方法が今日使われているとわかることにおける苦労なく理解できるであろう。

Googleビデオでドキュメンタリー全体を見なさい:

自身の世紀 - 4の1。

自身の世紀 - 4の2。

自身の世紀 - 4の3。

自身の世紀 - 4の4。

「このシリーズはまわりで、どのようにパワーにおけるそれらが、大衆民主主義の時代において危険な群衆を試し、コントロールするためにフロイト説を使ったかである」。

- アダム・カーティス

http://www.brasscheck.com/videos/spin/bernays1.html
からの記事

この国はどこへ行く。

太田龍氏の時事寸評:http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





考えることの出来ない、太古以来平和呆けした日本人は、このままでは西洋、イルミナティの陰謀によって全滅させられる、との警告(林秀彦氏の新著『この国の終わり』)。




更新 平成18年09月14日23時37分


平成十八年(二〇〇六年)九月十四日(木)

(第一千八百三回)


○新刊、平成十八年九月二十日刊

 林秀彦著「この国の終わり」(成甲書房)。


○この新著で、林秀彦氏は、


○有史以前から日本列島のくらしで平和呆けした日本人は、

 考えることが出来ない、


○ことを強調して居る。


○考えるのでなく、感じる。直感する。


○理よりも情。(しかし今や日本人には情も理も失はれた、と)


○この見方は一応、正しい。


○現代日本で言えば、例外的に考えることをなし得た日本人も、

 ごくまれに存在する。


○ごく少数のその例外の一人は、

 坂元邁(ツトム)氏(一九二六~一九八四年)である。


○筆者は、坂元邁氏の最晩年(一九七九年~一九八四年)、

 志と行動を共にした。


○坂元さんの「マイナスの科学」理論は、

 実はよく考え抜かれて居り、西洋式唯物主義、自然科学を

 根底的に批判、超克し得て居た。


○筆者は、坂元さんとの出会いのそもそもの最初から、

 一読してその真価を理解した。


○しかし、一般世間には、なんとしても、この坂元科学論が

 理解されないままである。


○これは、坂元さんが、良く考えて居るのに、一般日本人は、

 考えることが出来ない、考えない、考えることをしない。


○その結果であろう。


○明治以降、日本の学界からも、きはめてまれに何人かの

 良く考えるすぐれた学者は、出現する。


○しかし、そうした例外的に自分で考えることをした

 すぐれた学者は、学界からも世間からも見捨てられる。


○その実例の一人は、小田切瑞穂である。


○一九六〇年代後半以降の岡潔も。


○つまり、日本人一般は、

 考えない、考えることが出来ない、従って、考えることを

 要求されると、すぐに去ってしまうのである。


○林秀彦氏の新著が論証して居るように、


○イルミナティの「陰謀(コンスピラシー)」は、

 この西洋人の考える能力をトコトンまで突き詰めたその究極

 のところで成立する。


○従って、考えることをしないで来た日本人が、

 このようなものとしてのイルミナティの陰謀を、


○やすやすと理解出来る道理がない。


○そこで、日本人はあっさり、陰謀の存在そのものを否定する。


○あるいは、せいぜい、それをおチャラかし、冗談のタネにし、

 嘲笑する。


○しかし、林秀彦著が警告する通り、


○このまま、考えることをせずに事態が推移すれば、


○日本は、イルミナティ、三百人委員会の陰謀によって、

 全滅させられ、日本は、永久にこの地上から消えてしまう。


○日本民族有志のなすべきことは、

 イルミナティの謀略、陰謀の解明と曝露に全力を集中すること、

 以外にないのである。


 (了)


【参考文献】


○坂元邁著「UFOは第二の黒船だ」


○坂元邁著「マイナスの科学」


○坂元邁著「自然科学上の世界観を変えろ」


○坂元邁著「地球維新」


○坂元邁著「世界維新」


 (すべて絶版)






この国の終わり




日本民族怪死の謎を解く



林 秀彦 著



18年ぶりに帰国した保守派の人気論客が病をおして書き下ろした憂国の日本論。祖国は誰の餌食になるのか? 日本人への最後の警告、「この命、最後の本」。●目次より/この国のベストセラーの空虚さ/小学生に英語を教えるなんて/有史以来の平和ボケ/「私には関係ございません」の心理/この国から消えた知的会話/田舎に行けば行くほど考えない/帰国した日本に見た「生き地獄図」/少子化も「彼ら」に仕組まれた/現代日本の若い男女は「お化け」である/アングロサクソンの極悪非道史/ホリエモン転落もイルミナティの所業/筑紫某・田原某も気づいていないこと/日本人に資本主義ゲームの素質はない●著者・林秀彦氏について/脚本家。「鳩子の海」「七人の刑事」など作品多数。1988年、日本に絶望してオーストラリアに移住。海外より日本人論を発信して保守派論客としても活躍。05年、体調不良で18年ぶりに帰国、九州・大分の山中に住まう。


蛇足


管理主義社会:ポリスステートは着々と仕組まれているので、息苦しくなっているのだろう。まともな社会とは一体なんなのか?


アメリカのイルミナティ最終警告:HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

ILLUMINATI IN THE UNITED STATES

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER



In 1829, the Illuminati held a secret meeting in New York, which was addressed by a British Illuminist named Frances ‘Fanny’ Wright, from Scotland, who was an associate of socialist Robert Dale Owen. She had come to America in 1818, then again in 1824. In 1828, she became the co-editor of the New Harmony Gazette with Owen. In 1829, they moved to New York, and called their publication the Free Enquirer. At the meeting, she spoke of equal rights, atheism, and free love, as she promoted a Women’s Auxiliary of the Illuminati. Those present were told that an international movement of subversives was being developed along the lines of Illuminati principles, who would be used to ferment future wars. They were to be known as ‘communists.’ This movement was to be used to make the idea of a one-world government more appealing by bringing chaos to the world through war and revolution, so the Illuminati could step in to create order.



In 1843, poet Heinrich Heine, revealed what he knew about this new group, when he wrote a book called Letece, which was a compilation of articles he wrote for the Augsburg Gazette from 1840-1843. A passage from that book read: “Communism is the secret name of this tremendous adversary which the rule of the proletariat, with all that implies, opposes to the existing bourgeois regime ... Communism is nonetheless the dark hero, cast for an enormous if fleeting role in the modern tragedy, and awaiting its cue to enter the stage.”


Clinton Roosevelt, Horace Greeley (1811-72, Editor of the New York Tribune which he founded in 1841), and Charles Dana (1819-97, City Editor on the New York Tribune, and later Editor of the New York Sun), prominent newspaper publishers at that time, were appointed to a committee to raise funds for the project, which was being financed by the Rothschilds. Incidentally, Greeley, because of his ambition for high public office, and his anti-slavery stand, helped organize the Republican Party in 1854. In 1872, he ran for the Presidency, against Ulysses S. Grant, on the Liberal Republican ticket. Grant defeated him 3,597,132 votes to 2,834,125.


In 1841, Clinton Roosevelt wrote a book called The Science of Government Founded on Natural Law, which was the blueprint of the conspiracy to eliminate the U.S. Constitution, and to communize the country, based on the principles of Weishaupt. It contained the detailed plan for the New Deal and the National Recovery Act that was implemented 92 years later by his direct descendant Franklin D. Roosevelt.


The Illuminati operated through a front organization known as the Locofoco Party (1835-45), which was organized by radical Jacksonian Democrats who were strongly influenced by the Working Man’s Party (1828-30), and had labor support. The Working Man’s Party merged into the Equal Rights Party in 1833, which later developed into the Socialist Party in 1901. The Locofocos got their name when they voted down the endorsed candidate for the Democratic Party Chairman, and the gas lights were turned off by Party regulars during the 1835 meeting in Tammany Hall. The matches they used to light candles, in order to continue the meeting, were called ‘locofocos.’


With their political strength concentrated mainly in the Northeast, their goals were to establish an independent treasury and to enact anti-monopoly legislation. They were absorbed into the States’ rights movement of Sen. John C. Calhoun of South Carolina, Sen. Henry Clay of Kentucky, and Sen. Daniel Webster of Massachusetts, who joined with the Jeffersonian Republicans and the Anti-Masonic Party to form the Whig Party, which represented farmers, southern plantation owners, and northeastern business interests. Their main complaint was President Andrew Jackson’s refusal to Charter the Second Bank of the United States. They succeeded in electing Gen. William Henry Harrison and Gen. Zachary Taylor to the Presidency, but were stymied by presidential vetoes when they tried to get their legislative projects passed, especially after the re-establishment of the National Bank. The Whigs later merged with the newly formed Republican Party.


1829年において、啓蒙主義者はニューヨークで秘密の会合を催した(それは、ロバート・デイル・オーウェン社会主義者の仲間であったスコットランドからのフランシス‘ファニー’ライトという名の英国光明会主義者によってアドレスされた)。

彼女は1818で、再びそして1824でアメリカに来た。

1828において、彼女はオーウェンと新しい調和ガゼットの共同エディタになった。

1829において、彼らはニューヨークに引っ越し、それらの出版を自由なEnquirerと呼んだ。

ミーティングで、彼女が、啓蒙主義者の女性の助手を昇進させた時に、彼女は平等の権利、無神論、および自由恋愛について話した。

それらの現在は、破壊活動分子の国際的なムーブメントが、未来の戦争を興奮させるために使われるであろう啓蒙主義者原則のラインに沿って開発されていたと言われた。

それらは、‘共産主義者’.This動きが、戦争と革命を通してカオスを世界にもたらすことによってもっとアピールしている1世界政府のアイデアを作るために使われることになっていた時に知られていることになっていたので、啓蒙主義者は、注文を作成するために介入することができた。

1843、詩人のハインリヒ・ハイネの中で、明らかにされて、彼がLeteceと呼ばれる本を書いた時に、彼が新しくこれについて知っていたものは群がる(それは、彼が1840-1843からアウグスブルグガゼットのために書いた記事のコンパイルであった)。

その本からの一節は読んだ:

「共産主義は、暗示しているすべてを持つプロレタリア階級の規則が既存のブルジョワの政権と対比するこのすさまじい相手の秘密の名前である…」

共産主義はそれにもかかわらず、暗いヒーローであり、もし飛び過ぎて行くならば、巨大に配役されて 現代の悲劇の役割 、段階に入るために、そのキューを待つ。」

クリントン・ルーズベルト、ホラス・グリーリー(彼が1841において設立したニューヨークトリビューンの1811-72、エディタ)、およびチャールズ・デーナ(1819-97、ニューヨークトリビューンの上の社会部長、およびニューヨーク太陽の後の方のエディタ)(その時の突出した新聞出版社)は、プロジェクトのために資金を集めるように委員会に命じられた(それはRothschildsによって資金提供されていた)。

付随的に、グリーリーは、高い官庁のための彼の野心と彼の反奴隷制度スタンドのため、1854において共和党を設立するのを手伝った。

1872において、彼は大統領任期のためにユリシーズS.グラントに対して豊富な共和党の候補者として立候補した。

2,834,125までの3,597,132の投票を破られた彼に与えなさい。

1841において、クリントン・ルーズベルトは、本が自然法に基づいている政治学を呼んだと書いた(それは、米国憲法を取り除き、ワイスハウプトの原則に基づいて、国をcommunizeする共謀の青写真であった)。

それは、彼の直系の子孫フランクリン・ルーズヴェルトによる92年後実施されたニューディールと全国的な回復法についての詳細な計画を含んでいた。

ロコフォコ派党(1835-45)として知られている前の組織を通して啓蒙主義者は働いた(それは、働いている人の党(1828-30)によって強く影響されて、労働サポートを持っていた根本的なジャクソン主義者民主党員によって組織された)。

働いている人のパーティーは1833における平等の権利パーティーに次第に変わった(それは後で1901年に社会党に発展した)。

彼らが民主党会長への承認された候補を否決した時に、ロコフォコ派は彼らの名前を得て、ガス灯は、タマニー・ホールで会って、1835間に党正社員によって消された。

そのミーティングを続けるためにろうそくをともすために、それらが使ったマッチは‘ロコフォコマッチ’と呼ばれた。

それらの政治的な力を主に米国北東部に集中する状態で、それらのゴールは、独立な宝庫を設立し、反独占立法を制定することであった。

それらは、サウスカロライナ、ケンタッキーの上院議員ヘンリー・クレイ、およびホイッグ党を結成するために、ジェファーソン流共和党員と反メーソン党と協力したマサチューセッツの上院議員ダニエル・ウェブスターの上院議員ジョンC.カルホーンのアメリカの権利動きに吸収された(それは農夫、南のプランテーション所有者、および北東のビジネス上の権益の代理人になった)。

それらの主要な不満は、セカンド合衆国銀行を借り切ることへのアンドリュー・ジャクソン大統領の拒絶であった。

彼らは、大統領任期に将軍ウィリアム・ヘンリー・ハリソンと将軍ザカリー・テイラーを選ぶことに成功したけれども、彼らが、国立銀行の再設定の特に後に彼らの立法上のプロジェクトを通過させようとした時に、大統領拒否権によって困った状態にならせられた。

ホイッグ党は後で新しく結成された共和党と合併した。

メーソンはイルミナティからそれら自身を分けます最終警告:HISTORY OF THE NEW W


In 1826, Captain William Morgan, a journalist and stonemason from Batavia, New York, who was a high degree mason in a local Masonic lodge, wrote an exposé of the Masonic Order in a book called Illustrations of Masonry, which revealed many of their secrets concerning the first three degrees. Shortly afterward, he was arrested and charged with stealing and indebtedness, and put in jail. The Illuminati tried him in absentia, convicted him of treason, and ordered five men, led by Richard Howard, an English Illuminist, to execute him. When he was released from jail, he was warned about the plot, and he attempted to flee to Canada. Howard caught him at the border, and took him to Fort Niagara, where he was held for a couple of days. The Freemasons that accompanied Howard, carried him off in a boat, and drowned him in the Niagara River. [See the sworn affidavit of Thurlow Weed, On the Abduction of Captain Morgan
and Kidnapping and Murder of Morgan


This event was verified by the sworn statement of Avery Allen (said to be on file at the New York City Archives), who heard Howard give a report of the incident at a meeting of the Knights Templar at St. John’s Hall in New York City. One of the three men who carried out the assassination, confessed on his deathbed in 1848.


Masonic leaders refused to cooperate with the lengthy investigation, which didn’t get anywhere, since many of the police officers were Masons. [This collusion still afflicts America today.] The general consensus was that Morgan accidentally drowned himself in Lake Ontario. However, the press, religious leaders, temperance and anti-slavery groups, united to condemn the apparent murder. The murder caused over half of the Masons in the northeastern United States to break off their alignment with the Illuminati. The incident led to the creation of the country’s first third party movement, the Anti-Masonic Party (1826-33) in New York. They wanted to stop the aristocratic conspiracy, and prevent all members of Masonic organizations from public service. Anti-Masonic candidates were elected to the New York Assembly in 1827.


A State Convention in Massachusetts in 1828 saw the establishment of a committee “to inquire how far Freemasonry and French Illuminism are connected.” The Committee reported at a meeting at Faneuil Hall in Boston (December 30, 31, and January 1, 1829), and passed the following resolution: “Resolved, on the report of the Committee appointed to inquire how far Freemasonry and French Illuminism are connected, that there is evidence of an intimate connection between the high orders of Masonry and French Illuminism.”


A National Convention was held in 1830 in Philadelphia, and another in Baltimore in 1831, where they nominated William Wirt, former U.S. Attorney General (under Monroe and John Quincy Adams, 1817-1829), as a Presidential candidate. They were represented by 116 Anti-Masonic delegates from 13 states. The movement caught on mainly in New England and the Mid-Atlantic states. Even though they won quite a few Congressional seats in 1832, Wirt only carried the State of Vermont, while Andrew Jackson, a Mason, won big.


The Party was phased out in 1836, because the anti-slavery movement began to overshadow their activities. They merged with the Whig Party (1834-60) in 1838. The Whig Party later assimilated themselves into the Democratic Party, the Liberty Party (1840-48), the Free Soil Party (1848-54), and the Republican Party.


Fifty years after Morgan’s disappearance, Thurlow Weed (1797-1882), owner of the Rochester Telegraph, and Editor of the influential Albany Evening Journal (from 1830-1863), who helped found the Anti-Masonic Party, published information about Morgan’s death. His grave was discovered in 1881 at Pembroke, in Batavia County, in New York. In the grave was a piece of paper that had the name John Brown written on it. Brown was said to be one of the people involved in the killing. A statue was erected in memory of Morgan in Batavia in 1882.


1826年において、石造建築の説明と呼ばれる本の中で、ウィリアム・モーガン指導者(ローカルなフリーメーソンの支部で高い程度石工であったバタビア、ニューヨークからのジャーナリスト、および石工)はフリーメーソンオーダーの暴露を書いた(それは最初の3度についてそれらの秘密の多くを明らかにした)。

まもなく、その後、彼は逮捕されて、盗みと恩義で告発されて、刑務所に入れられた。

啓蒙主義者は不在中に彼を試し、反逆罪について彼に有罪宣告し、リチャード・ハワード、イギリス光明会主義者によって導かれた5人の人が、彼を処刑するように命令した。

彼が刑務所から解放された時に、彼はプロットについて警告されて、彼は、カナダに逃げることを試みた。

ハワードは境界で彼をつかまえて、彼をナイアガラ要塞に連れて行った(そこで、彼は2、3日の間押さえられた)。

ハワードに同伴したフリーメーソン会員はボートの中で彼をさらい、ナイアガラ川で彼を溺れさせた。

キャプテンモーガンと誘拐の誘拐とモーガンの殺人におけるサーロウWeedの[見、誓われた宣誓口供書

このイベントは、ハワードがニューヨーク市のセント・ジョンズ・ホールのナイト法学院法律家のミーティングで出来事のリポートをするのを聞いたアベリー・アレン(ニューヨーク市アーカイブでファイルの上にあるそうである)の誓われたステートメントによって確認された。

暗殺を実行した3人の人のうちの1人は1848において彼の臨終に臨んで白状した。

警察官の多くが石工であったので、フリーメーソンリーダーは、長い調査(それはどこにも到着しなかった)と協力することを断った。

[この共謀は、まだ、今日アメリカを苦しませる。]

一般的な合意はオンタリオ湖で自身で偶然かき消されたそのモーガンであった。

しかし、明白な殺人を非難するために、プレス(宗教のリーダー、節制、および反奴隷制度のグループ)は団結した。

北東の米国の石工の半分の上で、啓蒙主義者と彼らのアラインメントを打ち切らせられた殺人。

出来事は国の最初のサード・パーティー・ムーブメント(ニューヨークの反メーソン党(1826-33))の作成を引き起こしていた。

彼らは、貴族の共謀を止めて、公務からフリーメーソン組織のすべてのメンバーを防止したかった。

反フリーメーソン的な候補者は1827年におけるニューヨーク議会に選ばれた。

「どのくらいフリーメーソンとフランスイルミニズム」がボストン(12月30日,31日と1月1日1829)でファニエル会館でミーティングで報告されて、以下の決議案を手渡された「接続された」.The委員会で「あるかを問い合わせるために」、1828年におけるマサチューセッツの国会議は委員会の設立を見た:

「どのくらいフリーメーソンとフランスイルミニズムが接続されるかを問い合わせるために任命された委員会の委員のリポートの上で、石造建築の上位とフランス人Illuminismの間の親密な接続の証拠があることにした」。

彼らがウィリアムWirt(前の米国の司法長官(モンローとジョン・クインシー・アダムズ、1817-1829下))を大統領候補に任命した所で、全国党大会はフィラデルフィアの1830と1831におけるボルチモアの別のものにおいて催された。

それらは13の状態から116人の反フリーメーソン的な代表によって表されていた。

動きは主にニューイングランドと中部大西洋岸諸州で流行した。

彼らが1832年において相当数の議会の座席を勝ち取っても、ワートはただバーモント州を運んだ一方、アンドリュー・ジャクソン、石工は大勝した。

反奴隷制度動きが、それらの活動に影を投げかけはじめたので、パーティーは1836において段階的に廃止された。

彼らは1838年においてホイッグ党(1834-60)と合併した。

ホイッグ党は後で民主党、自由党(1840-48)、自由土地党(1848-54)、および共和党に自身を同化した。

モーガンの消失の50年後で、反メーソン党を設立するのを手伝ったサーロウWeed(1797-1882)、ロチェスター電信のオーナー、および有力なオールバニー夕方ジャーナル(1830-1863からの)のエディタはモーガンの死についての情報を出版した。

彼の墓はペンブルクの1881年において、バタビア郡で、ニューヨークで発見された。

墓の中に、それに書かれた名前ジョン・ブラウンを持っていた紙があった。

ブラウンは、殺害に関係している人々のひとりであるそうであった。

彫像は1882年においてバタビアのモーガンの記念として立てられた。

秘密結社最終警告:HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

THE SECRET SOCIETIES

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


PHI BETA KAPPA?


The fraternity known as Phi-Beta-Kappa was organized in 1776 by students at the College of William and Mary in Williamsburg, Virginia (the second oldest in the country, founded in 1694), as a secret debating club. It was later infiltrated, and used to introduce Illuminati principles to America.?


Their name was derived from their Greek password and motto, ‘Philosophia Biou Kuberuetes,’ which means, ‘Philosophy is the Guide of Life.’ Open only to university students, their goal was to make philosophy, not religion, the guiding principle of man’s actions. They had secret hand signals and handshakes up to 1831, when it was reorganized and changed from a social organization, to an honorary society for upper classmen with high scholastic standing.?


During the 1700’s, when it looked as through the fraternity would fold, one of its members, Elisha Parmele, received a grant to establish chapters at Yale in 1780 (Yale Professor of History, Gaddis Smith, said: “Yale has influenced the Central Intelligence Agency more than any other university, giving the CIA the atmosphere of a class reunion.”), and at Harvard in 1781. They later grew to have chapters on 270 campuses, and with more than 500,000 members. ?


Among their member have been: Tom Brokaw (NBC commentator), Glenn Close (actress), Francis Ford Coppola (noted film director), Henry Kissinger (U.S. Secretary of State, 1973 to 1977; Assistant to the President for National Security Affairs, 1969-75), Kris Kristofferson (singer/actor), Dean Rusk (Presidential advisor), Howard K. Smith (ABC commentator), Caspar Weinberger (U.S. Secretary of Defense, 1981-87), John D. Rockefeller, Jr., Nelson Rockefeller, President George H. W. Bush, President Jimmy Carter, President Bill Clinton, President Franklin Roosevelt, President Woodrow Wilson, Gov. Jeb Bush (from Florida), Sen. Joseph Lieberman (from Connecticut), Byron White (Supreme Court Justice), and Elihu Root (Secretary of State, 1905-1909; served in the U.S. Senate, 1909-1915; was president of the Carnegie Endowment for International Peace, 1910-1925).?


To be fair here, I have to say that the inclusion of Phi Beta Kappa is by no means intended to downplay the academic achievements of its thousands of members, or to give the connotation of it being an evil organization. However, its dubious beginnings, and the fact that many people in influential positions have come from their ranks, it certainly is reason enough to take note. But more than that, when you see their membership cross over into other organizations such as the Bilderbergers, Council on Foreign Relations, and Trilateral Commission; then you begin to see it as a possible breeding ground for people who are favorable to the international agenda that is leading to one-world government.?


SKULL AND BONES?


The Skull and Bones organization was founded at Yale University in 1832 by General William Huntington Russell (who later served in the Connecticut State legislature 1846-47) and Alphonso Taft (U.S. Secretary of War in 1876, Attorney General 1886-87, U.S. Minister to Austria 1882-84, U.S. Ambassador to Russia 1884-85, and the father of former president William Howard Taft); and incorporated in 1856 by Russell and Daniel Colt Gilman, under the name ‘The Russell Trust Association.’ Russell had visited Germany that year, where he was exposed to the Illuminati, and possibly initiated. He wanted to establish a similar group in America, where their sons could become members of a secret Order that would give them a favored status.?


It became a black lodge of Freemasonry. In 1873, some Yale students broke into their headquarters, a windowless building called ‘The Tomb’ adjacent to the campus, where they discovered their insignia? the skull and bones, along with some real skulls and bones. They wrote in the Yale newspaper, the Iconoclast: “Year-by-year the deadly evil of the Skull and Bones is growing.”?


The Russell Trust is endowed by $54 million in alumni grants, and it is the alumni who control the group. Antony C. Sutton, a former Economics professor at Stanford University, wrote a four-volume series of books on the group, and revealed the names of 30 influential old-line American families who have contributed to its ranks (some of which can trace their lineage back to the 1600’s, when they arrived from England), including Whitney, Lord, Phelps, Wadsworth, Allen, Bundy, Adams, Harriman, Rockefeller, Payne, Davison, and Pratt. Every year, 15 juniors are chosen to be members, and are called ‘Knights.’ Upon graduation, they are called the ‘Patriarchs of the Order.’?


Since its inception, over 2500 Yale graduates have been initiated. Its members have assimilated themselves into every area of business and government. Members have included: W. Averell Harriman (governor of New York, and advisor to various Democratic presidents), William P. Bundy (editor of the CFR’s journal Foreign Affairs), J. Hugh Liedtke (co-founder of Pennzoil Oil Corp.), John Kerry (U.S. Senator from Massachusetts), David Boren (U.S. Senator from Oklahoma), William Sloane Coffin (President of SANE/FREEZE, Phi Beta Kappa), William F. Buckley (conservative commentator, editor of the National Review magazine), Gifford Pinchot (father of the environmental movement), Potter Stewart (Supreme Court Justice), William H. Taft (27th President), Archibald MacLeish (founder of UNESCO), Harold Stanley (investment banker, founder of Morgan Stanley), Dean Witter, Jr. (investment banker), Henry Luce (head of Time/Life magazines), Henry P. Davison (senior partner of Morgan Guaranty Trust), Alfred Cowles (of Cowles Communications), Richard Ely Danielson (of the Atlantic Monthly magazine), Winston Lord (Chairman of the CFR, Ambassador to China and assistant Secretary of State in the Clinton administration), Russell Wheeler Davenport (of Fortune magazine), McGeorge Bundy (national security advisor for President John Kennedy), John Sherman Cooper (U.S. Senator from Kentucky), John H. Chafee (U.S. Senator from Rhode Island), Henry Stimson (Secretary of State for President Herbert Hoover), Robert A. Lovett (Secretary of Defense for President Harry Truman), George H. W. Bush. (41st President, Bilderberger, CFR and? Trilateral Commission member until 1980), and George W. Bush (43rd President).?


Nicknamed ‘Bonesmen,’ these establishment elites have become members of the Trilateral Commission and the Council on Foreign Relations, and have achieved high level positions in the Administrations of various Presidents, the Congress, and the government, in various capacities. From these positions, they can use their influence to work towards their common goal of one-world government.?


Both the Skull and Bones, and Phi Beta Kappa, are indicative of the way the Illuminati functions. They know that if they can grab, control, and mold young minds, then they will have unwitting pawns to do their bidding, and could be called upon to contribute to their efforts. The early history of the Illuminati was nothing more than a seed that was planted. That is why there was a big emphasis on infiltrating educational institutions with their doctrine. As each class graduated through the educational systems of the world, the more people there were to perpetuate their plans. In time, the Illuminati knew they would have enough of the right people, in the right places, for them to secretly further their goals.?


ファイベータカッパ

ファイベータカッパとして知られている団体は1776年において秘密の討論部としてのウィリアムズバーグ(バージニア(1694において設立された国で最も古い2番目))のウィリアムとメアリーの大学で学生によって設立された。

それは、後で浸透し、啓蒙主義者原則をアメリカに導入するために使われた。

それらの名前は、'を意味しているそれらのギリシャパスワードと標語、‘Philosophia Biou Kuberuetes’に由来していて、哲学は大学生にだけライフ’.Openのガイドであり、彼らのゴールは、宗教ではなく哲学を人の行動の指導原則にすることであった。

それが再編成されて、社会組織から高い学校の立ちを持つ上部の優等試験合格者のための名誉の社会に交換された時に、彼らは最高1831年まで秘密の手信号と握手を持っていた。

1700の間に、それが、団体が折りたためるであろうように通ることとして注意した時に、1780(歴史のエールの教授、ガディス・スミスは言った:「エールは、CIAに同窓会の大気を与えてどのような他の大学よりももっと中央情報局に影響した」。)におけるエールの、そしてハーバードの章を1781年において設立するために、そのメンバーの1人、イライシァParmeleは補助金を受け取った。

270のキャンパスの上に、そして500,000人を超えるメンバーと章を持つために、それらは後で成長した。

それらのメンバーの間では、下記であった:

トム・ブローコー(NBC注釈者)、グレン・クロース(女優)、フランシス・フォード・コッポラ(注目された映画監督)、ヘンリー・キッシンジャー(1973年から1977年の米国の国務長官;国家安全保障問題担当大統領補佐官、1969年-75年)、クリス・クリストファーソン(歌手/俳優)、ディーン・ラスク(大統領顧問官)、ハワードK.スミス(ABC注釈者)、キャスパー・ワインバーガー(米国の国防長官、1981年-87年)、ジョンD.ロックフェラーJr.、ネルソン・ロックフェラー、ジョージH. W.ブッシュ大統領、ジミー・カーター大統領、ビル・クリントン大統領

フランクリン・ルーズベルト大統領、ウッドロー・ウィルソン大統領、知事Jebブッシュ(フロリダからの)、ジョセフ・リーバーマン上院議員(コネチカットからの)、バイロン・ホワイト(最高裁判所公正)、およびイライヒュー・ルート(国務長官、1905年-1909年;1909年-1915年米国上院で提供される;1910年-1925年カーネギー国際平和基金の社長であった)。

公平に見てここで、私は、ファイベータカッパの含有が、決して、その数千人のメンバーの学問的な業績を軽くみて、悪い組織であるそれの言外の意味を与えることを意図していないと言う必要がある。

しかし、その疑わしく思った最初と有力なポジションの多くの人々が彼らのランクから来たという事実、それは確かに、注意するのに十分な理由である。

しかし、それよりもっと、あなたがそれらのメンバーシップを見る時に、Bilderbergers、外交問題評議会、および三極委員会などの他の組織の中に上を渡りなさい;

そして、あなたは、それを、1世界統治を引き起こしている国際的な課題に好意的な人々のための可能な飼育場と考えはじめる。

頭蓋骨と骨格

頭蓋骨と骨格の組織は、ウィリアムHuntingtonラッセル(後で、コネチカット州立法機関1846-47中で勤務していた)将軍とアルフォンソ・タフト(1876における米国陸軍長官、司法長官1886-87、オーストリア1882-84への米国の大臣、ロシア1884-85への米国の大使、およびウィリアム・ハワード・タフト前大統領の父)によってエール大学で1832において設立された;

そして、ラッセルとダニエル・コルト・ギルマンによって1856年に組み入れられて、彼が啓蒙主義者にさらされて、ことによると開始された所で、名前の‘ラッセル信頼協会’.Russell下はドイツがその年に訪問した。

彼は、アメリカで同様なグループを設立したかった(そこで、彼らの息子は、彼らに賛成されているステータスを与えるであろう秘密命令のメンバーになるかもしれない)。

それはフリーメーソンの黒いロッジになった。

1873年に、いくつかの現実の頭蓋骨と骨格とともに、何人かのエール学生が、それらの本部、彼らがそれらの記章?を発見した 頭蓋骨と骨格 キャンパスと隣接した『墓』と呼ばれる窓のない建物に侵入した。

彼らはエール新聞、偶像破壊者を書き込んだ:

「毎年、頭蓋骨と骨格の必殺の悪は成長している」。

ラッセル信頼は卒業者補助金の中の5400万ドル寄付されて、グループをコントロールするのはその卒業者である。

アントニーC.サットン(スタンフォード大学の前の経済学教授)はグループの上で4巻の一連の本を書き、ホイットニー、神、フェルプス、ウォズワース、アレン、バンディ、アダムズ、ハリマン、ロックフェラー、ペイン、デービソン、およびプラットを含むそのランク(それらがイギリスから到着した時に、いくつかがそれらの家系を1600年代にさかのぼることができる)に寄与していた30の有力な保守的なアメリカの家庭の名前を明らかにした。

毎年、15人のジュニアが、メンバーであるために選ばれて、‘ナイト’.Upon卒業と呼ばれて、彼らは‘オーダーのPatriarchs’と呼ばれる。

その初め以来、2500人を超えるエールの卒業生が開始されている。

そのメンバーはビジネスと政府のすべてのエリアに自身を同化した。

メンバーは以下を含んだ:

W. エーヴレルハリマン(ニューヨーク、および様々な民主主義の大統領へのアドバイザーの知事)、ウィリアムページバンディ(CFRのジャーナル外務のエディタ)、J.ヒューリートケ(Pennzoilオイル社の共同設立者)、ジョンケリー(マサチューセッツからの米国上院議員)、デイビッドBoren(オクラホマからの米国上院議員)、ウィリアムスローン棺(正気/凍結、ファイベータカッパの大統領)、ウィリアムF.バックリー(保守的な注釈者、ナショナル・レビュー雑誌のエディタ)、ギフォードピンチョー(環境の動きの父)、ポッター

ステュワート(最高裁判所公正)、ウィリアムH.タフト(27番目の社長)、アーチボルド・マクリーシュ(UNESCOの創立者)、ハロルドスタンレー(投資銀行家、モーガン・スタンレーの創立者)、ディーンおしゃべり、Jr.(投資銀行家)、ヘンリー・ルース(時間/ライフ雑誌の頭)、ヘンリーP.デービソン(モーガン保証信頼のシニアのパートナー)、アルフレッドコールズ(コールズ通信の)、リチャードイーリーDanielson(アトランティックマンスリー雑誌の)、CFRのウィンストン神(会長、中国への大使、およびtheの補助の国務長官

クリントン政権)、ラッセル・ホイーラー・ダベンポート(フォーチュン誌の)、マクジョージ・バンディ(ジョン・ケネディ大統領のための国家安全保障アドバイザー)、ジョン・シャーマン・クーパー(ケンタッキーからの米国の上院議員)、ジョンH.チェーフィー(ロードアイランドからの米国の上院議員)、ヘンリー・スティムソン(ハーバート・フーバー大統領のための国務長官)、ロバートA.ラベット(ハリー・トルーマン大統領のための国防長官)、ジョージH. W.ブッシュ。

(1980年までの41番目の大統領、Bilderberger、CFR、および三極委員会のメンバー)とジョージ・W・ブッシュ(第43代大統領)。

‘Bonesmen’とニックネームを付けられて、これらの設立エリートは三極委員会と外交問題評議会のメンバーになり、様々な資格において様々な大統領、議会、および政府の政権においてハイレベルな地位を築いた。

これらのポジションから、彼らは、彼らの1世界政府の共通の目標に働くために彼らの影響力を使うことができる。

頭蓋骨と骨格とファイベータカッパの両方は、啓蒙主義者が役目を果たす方法を暗示している。

彼らは、彼らが若い精神をつかみ、コントロールし、作りあげることができるならば、彼らが、彼らの入札をするために知らず知らずの質入れを持つであろうと知っていて、彼らの努力に寄与することを求められることができた。

啓蒙主義者の早い歴史は、ただの、植えられた種であった。

そんなわけで、それらの主義によって教育機関を浸透させることにおいて、大きな強調があった。

各クラスが世界の教育制度を通して卒業した時に、そこのより多くの人々は、彼らの計画を永続させることになっていた。

時間内に、啓蒙主義者は、彼らが、彼らがひそかに彼らのゴールを促進するように適切な場所に十分な右の人々を持つであろうと知っていた。

アメリカへのイルミナティ普及最終警告:HISTORY OF THE NEW WORLD ORDE

ILLUMINATI SPREADS TO AMERICA?

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


In 1785, the Columbia Lodge of the Order of the Illuminati was established in New York City. Among its members were Governor DeWitt Clinton, Horace Greeley (politician and editor of the New York Daily Tribune), Charles Dana, and Clinton Roosevelt (the ancestor of Franklin D. Roosevelt). Roosevelt wrote a book called Science of Government Founded on Natural Law, in which he wrote: “There is no God of justice to order things aright on earth, if there be a God, he is a malicious and revengeful being, who created us for misery.” He referred to himself and other members as the “enlightened ones,” and said that the U.S. Constitution was a “leaky vessel” which was “hastily put together when we left the British flag,” and therefore needed revision.?


In 1786, a lodge was started in Portsmouth, Virginia, where allegedly, Thomas Jefferson was a member; followed by fourteen others in different cities of the thirteen colonies.


On July 19, 1789, David Pappin, President of Harvard University, issued a warning to the graduating class, concerning the Illuminati’s influence on American politics and religion. In April, 1793, France sent new ambassador Edmond Genet to America, so he could collect payment for the American debt incurred during the American Revolution. The money was to be used to finance France’s war with England. However, his real reason for being here, was to gain political favor for France, and spread Illuminism, which he did, through the establishment of ‘Democratic Clubs.’


Washington said “they would shake the government to its foundations,” while John Quincy Adams, oldest son of the 2nd? President John Adams, who became our 6th? President in 1825, said that these clubs were “so perfectly affiliated with the Parisian Jacobins that their origin from a common parent cannot possibly be mistaken.” Because of the Illuminati threat, Washington and Adams lobbied Congress to pass the Alien and Sedition Act, which was “designed to protect the United States from the extensive French Jacobin conspiracy, paid agents of which were even in high places in the government.”


In a letter from Adams to Jefferson, dated June 30, 1813, he wrote: “You certainly never felt the terrorism excited by Genet, in 1793 ... when ten thousand people in the streets of Philadelphia, day after day threatened to drag Washington out of his house, and effect a revolution ... nothing but (a miracle) ... could have saved the United States from a fatal revolution of government.”


Thomas Paine, author and political theorist, helped the Illuminati infiltrate several Masonic lodges. He revealed his loyalty to them when his book The Age of Reason was published in 1794, which dealt with the role of religion in society. Although he believed in God, he could not accept the entire Bible as being fact.


A second volume was published in 1796. An unofficial third volume (subtitled: Examination of the Prophecies) also appeared, which seriously questioned the deity and existence of Jesus. In 1937, The Times of London referred to him as “the English Voltaire.”


On May 9, 1798, Rev. Jedediah Morse, pastor of the Congregational Church in Charleston, South Carolina preached a sermon at the New North Church in Boston, about the Illuminati: “Practically all of the civil and ecclesiastical establishments of Europe have already been shaken to their foundations by this terrible organization; the French Revolution itself is doubtless to be traced to its machinations; the successes of the French armies are to be explained on the same ground. The Jacobins are nothing more nor less than the open manifestation of the hidden system of the Illuminati. The Order has its branches established and its emissaries at work in America. The affiliated Jacobin Societies in America have doubtless had as the object of their establishment the propagation of the principles of the illuminated mother club in France ... I hold it a duty, my brethren, which I owe to God, to the cause of religion, to my country and to you, at this time, to declare to you, thus honestly and faithfully, these truths. My only aim is to awaken you and myself a due attention, at this alarming period, to our dearest interests. As a faithful watchman I would give you warning of your present danger.”


Later in July, Timothy Dwight, President of Yale University, told the people of New Haven: “Shall our sons become the disciples of Voltaire (a French writer) and the dragoons of Murat, or our daughters, the concubines of the Illuminati.”


To infiltrate the Masonic lodges in Europe, Weishaupt had enlisted the aid of John Robison, who was a long time, high degree Mason in the Scottish Rite, a professor of Natural Philosophy at Edinburgh University in Scotland, a British historian, and Secretary-General to the Royal Society of Edinburgh. When he went to Germany, he was given Weishaupt’s revised conspiracy plans to study, in order to expand the Illuminati’s influence in the British Isles. However, Robison didn’t agree with their principles, and after warning American Masons in 1789, published a book to expose the organization in 1798 called Proofs of a Conspiracy Against All Religions and Governments of Europe, Carried On In the Secret Meetings of Freemasons, Illuminati, and Reading Societies (which presented the Protestant view). He wrote: “I have observed these doctrines gradually diffusing and mixing with all the different systems of Freemasonry till, at last, an association has been formed for the express purpose of rooting out all the religious establishments, and overturning all the existing governments of Europe.”


Also, that same year, Abbé Augustin Barruel (French patriot, Jesuit, and 3rd degree Mason) published his Memoires pour servir a l´Histoire du Jacobinisme or Memoirs Illustrating the History of Jacobinism (which presented the Roman Catholic view). Both books sought to warn America about the Illuminati conspiracy, but the warnings were not taken seriously. The January, 1798 edition of the Monthly Magazine contained a letter by Augustus Bottiger, Provost of the College of Weimar, who accused Robison of making inaccurate statements, and said that since 1790, “every concern of the Illuminati has ceased.”


Thomas Jefferson, believed to be a member of the Virginia lodge of the Illuminati, and a Mason (who helped the Illuminati to infiltrate the New England Masonic lodges), denied all the allegations, and described Weishaupt as “an enthusiastic philanthropist” and called Barruel’s revelations “the ravings of a Bedlamite (Bedlam was the name of a hospital in London for the mentally insane).”


During the summer of 1798, Rev. G. W. Snyder, a Lutheran minister, wrote a letter to President Washington and included a copy of Robison’s book, expressing his concern about the Illuminati infiltrating the American Masonic lodges. In Washington’s response, dated September 25, 1798, he wrote: “I have heard much about the nefarious and dangerous plan and doctrines of the Illuminati,” but went on to say that he didn’t believe that they had become involved in the lodges. A subsequent letter by Snyder, requesting a more reassuring answer, resulted in a letter from Washington, dated October 24, 1798, which can be found in The Writings of George Washington (volume 20, page 518, which was prepared under the direction of the U.S. George Washington Bicentennial Commission and published by the U.S. Government Printing Office in 1941). He wrote:


“It was not my intention to doubt that the doctrines of the Illuminati and the principles of Jacobinism had not spread in the United States. On the contrary, no one is more satisfied of this fact than I am. The idea I meant to convey, was, that I did not believe that the lodges of Freemasons in this country had, as societies, endeavored to propagate the diabolical tenets of the first, or pernicious principles of the latter. That individuals of them may have done it, or that the founder or instruments employed to have found the democratic societies in the United States may have had this object, and actually had a separation of the people from their government in view, is too evident to be questioned.”


Shortly before his death, Washington issued two more warnings about the Illuminati.


Around 1807, John Quincy Adams (said to have organized the New England Masonic lodges), who later became President in 1825, wrote three letters to Colonel William C. Stone, a top Mason, telling him that Thomas Jefferson, our 3rd? President, and founder of the Democratic Party, was using the Masonic lodges for subversive Illuminati purposes. These letters were allegedly kept at the Rittenburg Square Library in Philadelphia, but have mysteriously vanished. Adams also wrote to Washington, saying that Jefferson and Alexander Hamilton were misusing Masonic lodges for Illuminati purposes and the worship of Lucifer (which is recorded in the Adams Chronicles).


Benjamin Franklin was also accused of being a member of the Illuminati, but there is no concrete proof of this. Jefferson seemed to be the main focus of everyone’s ire. He was accused by the Federalists of being a Jacobin, and an atheist. There is some evidence to indicate that he did use the Democratic Societies and Jacobin Clubs in his 1796 battle with John Adams for the Presidency. The Rev. Jedediah Morse identified Jefferson as “an Illuminatus.”


On July 4, 1812, Rev. Joseph Willard, the president of Harvard University, said in a speech in Lancaster, New Hampshire: “There is sufficient evidence that a number of societies, of the Illuminati, have been established in this land of Gospel light and civil liberty, which were first organized from the grand society, in France. They are doubtless secretly striving to undermine all our ancient institutions, civil and sacred. These societies are closely leagued with those of the same Order, in Europe; they have all the same object in view. The enemies of all order are seeking our ruin. Should infidelity generally prevail, our independence would fall of course. Our republican government would be annihilated...”


It has been suggested, that one of the reasons that the British looted and burned Washington in 1812, was to destroy secret documents that would have exposed the treason against the United States, by various people highly placed within the government.


When those advocating a strong central government organized the Federalist Party in 1791, the Anti-Federalists, who favored states’ rights, and were against Alexander Hamilton’s (Secretary of Treasury under Washington, 1789-1795) fiscal policies, which they felt benefited the wealthy, rallied under Thomas Jefferson, Washington’s first Secretary of State (1789-93). They became an organized political party after the Constitutional Convention in 1787, led by New York Governor George Clinton (who was later Vice-President under Jefferson and Madison), Patrick Henry of Virginia, and Elbridge Gerry of Massachusetts (a signer of the Declaration of Independence). The Anti-Federalists were made up of the low class, farmers, and paper money advocates, who strongly opposed a strong central government as set forth in the U.S. Constitution of 1789, and succeeded in getting the Bill of Rights added. They were against a single, national government, upper class rule, and a weak program for the separation of powers.


The Jeffersonian Republicans, so named because of the anti-monarchy views of the Anti-Federalists, had power from 1801-1825. In 1796, the party split into the Democratic-Republicans, organized by New York State Senator Martin Van Buren (who became our 8th President, 1837-41), who concerned themselves with states’ rights, farmers’ interests and democratic procedures; and the National Republicans, led by John Quincy Adams, Henry Clay, and Daniel Webster, who merged with the Federalists in 1820. In 1826, the Democratic-Republicans became known as just plain Democrats, while the National Republicans became identified as only Republicans in 1854. That is how the two-party system was created in this country.


1785年において、啓蒙主義者のオーダーのコロンビアロッジはニューヨーク市で設立された。

デ・ウィット・クリントン知事、ホラス・グリーリー(ニューヨーク・デイリー・トリビューンの政治家とエディタ)、チャールズ・デーナ、およびクリントン・ルーズベルト(フランクリン・ルーズヴェルトの祖先)はそのメンバーの間にいた。

ルーズベルトは自然法に基づいている政治学と呼ばれる本を書いた(それにおいて、彼は書いた):

「神がいて、彼が、みじめさのために私達を作成した悪意に満ちて、執念深い存在であるならば、地球の上に正しく物を命じる公正の神が全然いない」.彼は自身と他のメンバーを「啓発されたもの」と称し、「私達が英国の旗を置いていった」、従って改訂が必要であった「時に」、米国憲法が、「急いで組み立てられる」「秘密を守れない人」であると言った。

1786年において、申し立てによると、トーマス・ジェファーソンがメンバーであった所で、ロッジはポーツマス、バージニアで始められた;

13の植民地の違う都市の14の他が続いている。

7月19日1789年、デイビッドPappin、ハーバード大学の学長がアメリカ政治と宗教への啓蒙主義者の影響について警告を卒業クラスに配付した。

4月、1793に、フランスは新しい大使エドモンド・ジュネをアメリカに派遣したので、彼はアメリカ革命の間に負われていたアメリカ負債への報酬を収集することができた。

お金は、イギリスとのフランスの戦争に資金提供するために使われることになっていた。

しかし、彼のリアルはここにあるために論じて、フランスのために政治的便宜を得ることになっていて、彼がしたイルミニズムを‘民主主義のクラブ’の設立を通して広めた。

ワシントンは、「彼らはその土台から政府を揺るがすであろう」と言った一方、1825における私達の第6代大統領になった第2代大統領ジョン・アダムズのジョン・クインシー・アダムズの、最も年上の息子は、これらのクラブが「パリ人のジャコバン派ととても完全に提携する」ので、「共通の親からの彼らの起源」は啓蒙主義者脅威、ワシントンのため「どうしても誤った」.で「あるはずがなく」、エイリアンと治安法を通過するために、アダムズは議会に圧力をかけたと言った(それは、「広いものから米国を保護するようにデザインされる」であった)

「フランスジャコバン派共謀(それの支払われたエージェントは政府の中の高い場所にさえいた)」。

アダムズからのジェファーソンへの手紙の中で、6月30日、1813に日付を付けられて、彼は書いた:

「ワシントンを彼の家から引きずり出すために毎日脅迫されたフィラデルフィアの通りで、1万が植民し、革命、…何ももたらさない時に、あなたは確かに決して、ジュネによってテロに興奮していたと…1793において思わなかったけれども、…(奇跡)は米国を政府の致命的な革命から救ったかもしれない」。

トマス・ペイン、作者、および政治的な理論家は啓蒙主義者がいくつかのフリーメーソンの支部を浸透させるのを手助けした。

彼の本「The理性の時代」が1794年において出版された時に、彼はそれらに彼の忠実を明らかにした(それは社会の中の宗教の役割を扱った)。

彼が神の存在を信じていたけれども、彼は事実であることとしてバイブル全体を認めることができなかった。

第二巻は1796年において出版された。

非公式な3番目の巻(サブタイトルをつけられる:予言の調査)はまた出版された(重大に、それがイエスの神位と存在を疑った)。

1937年に、ロンドンのタイムスは彼を「イギリス人ボルテール」と称した。

チャールストンの5月9日、1798年、Jedediahモース師、会衆派教会の牧師に、サウスカロライナは啓蒙主義者についてボストンの新しい北教会で説教を説いた:

「事実上、ヨーロッパの文民と教会の施設のすべてはすでにそれらの土台からこのひどい組織によって揺るがされている;」

フランス革命自身はたぶん、その陰謀に追跡されることになっている;

フランス軍隊の成功者は、同じグラウンドの上で説明されることになっている。

ジャコバン派は啓蒙主義者の隠れたシステムのオープンな明示よりもっと少なく何でもない。

注文は設立されたその支店と職場でのその使者をアメリカに持っている。

アメリカの提携したジャコバン派社会はたぶんそれらの設立のオブジェクトとしてフランスの照明された母クラブの原則の伝播を持っていた…

私はそれを義務と考えている、あなたにこれだけ正直で、忠実にこれらの真理を宣言するために、私が今回神に、宗教の原因に、私の国に、そしてあなたに借金している私の同業者。

私の唯一の目的は、あなたと自身を起こすことである 適当な親切 私達の最も親愛なる興味へのこの驚くほどの期間 。

「忠実な警備員として、私はあなたにあなたの現在の危険の警告を与えるであろう」。

7月により遅く、ティモシー・ドワイト、エール大学の学長はニューヘーブンを人々に話した:

「私達の息子はボルテール(フランス作家)の弟子とミュラの竜騎兵または私達の娘(啓蒙主義者の内縁の妻)になることとする」。

フリーメーソンの支部をヨーロッパに浸透させるために、ワイスハウプトは、長い時間(スコットランド儀礼(スコットランド、エジンバラ王立学院への英国の歴史家、および事務総長のエジンバラ大学の自然哲学の教授)における高い程度メーソン)であったジョン・ロビソンの援助を求めた。

彼がドイツに行った時に、彼は、イギリス諸島で啓蒙主義者の影響を拡張するために、勉強するワイスハウプトの改訂された共謀計画を与えられた。

しかしロビソンは1789におけるそれらの原則と後の警告アメリカ人石工に合意しなく、フリーメーソン会員、啓蒙主義者、および読書社会(プロテスタントの眺めを提出した)の秘密の会合において続けられたヨーロッパのすべての宗派と政府に対する共謀の1798個の呼ばれた証拠の中の組織を暴露する本を出版した。

彼は書いた:

「私は、ついに、協会が、すべての宗教の施設を根絶し、ヨーロッパのすべての既存の政府を倒すはっきりとした目的のために結成されるまでこれらの主義が放散し、フリーメーソンのすべての違うシステムと混ざることに徐々に気づいた」。

〈その同じ年〉また、アビーオーギュスタンBarruel(フランスの愛国者、イエズス会士、3番目の程度メーソン)は、彼のMemoires注ぐservir l´Histoire du Jacobinismeまたは回想録説明を出版した ジャコバン主義の歴史 (どれがローマ・カトリックの眺めを提出したか)。

両方の本は、啓蒙主義者共謀についてアメリカに警告することに努めたけれども、警告はまじめに取られなかった。

月刊雑誌の1月、1798年版は、アウグストゥスBottiger(ワイマール(不正確な声明を出したことでそれでロビソンを告発した)の大学の長官、および、それは、「啓蒙主義者のすべての懸念は止まった」と1790年以来言った)による手紙を含んでいた。

啓蒙主義者と石工(啓蒙主義者がニューイングランドフリーメーソンの支部を浸透させることを手助けした)のバージニアロッジのメンバーであると信じられたトーマス・ジェファーソンはすべての主張を否定し、ワイスハウプトを「熱狂的な博愛主義者」と評し、Barruelの新事実を、「狂人(大混乱は精神的に非常識なもののためにロンドンで病院の名前であった)の戯言」と呼んだ。

1798の夏の間に、G. W.スナイダー師、ルター大臣はワシントン大統領に手紙を書き、アメリカフリーメーソンの支部を浸透させている啓蒙主義者についての彼の懸念を表現して、ロビソンの本のコピーを含んだ。

ワシントンの反応において、9月25日、1798に日付を付けられて、彼は書いた:

「私は啓蒙主義者の極悪で、危険な計画と主義を多く耳にした」けれども続けて、彼が、それらがロッジに関係したと信じなかったと言った。

10月24日、1798年に日付を付けられて、スナイダーによるその後の手紙は、もっと安心させる答えを要求して、ワシントンからの手紙を結果として生じていた(それは、ジョージワシントン(米国ジョージワシントン200周年委員会の指導のもとで準備されて、1941年に米国政府印刷局によって出版されたボリューム20、518ページ)の文書の中で発見されることができる)。

彼は書いた:

「それは、啓蒙主義者の主義とジャコバン主義の原則が米国に広がらなかったことを疑う私の意図ではなかった」。

それどころか、誰も、私がそうであるよりこの事実を納得しない。

私が、運搬するつもりで、そうであったという、私が、この国のフリーメーソン会員のロッジが社会として、一番目の邪悪な主義または後者の有害な原則を伝達することに努力したと信じなかったというアイデア。

「彼らの個人がそれをしたかもしれないか、米国で民主的社会を発見したために雇用された創立者または機器がこのオブジェクトを持っていて、実際眺めにおいて彼らの政府からの人々の別居をしていたかもしれないことは、質問されるには明らかすぎる」。

彼の死の少し前で、ワシントンは啓蒙主義者についてあと2つの警告を配付した。

約1807、ジョン・クインシー・アダムズ(theをニューイングランドフリーメーソンであること ロッジ で組織したそうである)〈1825年に後で大統領になった〉が3通の手紙を大佐ウィリアムC.石に書いたこと、および一番上の石工 彼 that 民主党のトーマス・ジェファーソン、私達の3番目の大統領、創立者 に、, 破壊されている啓蒙主義者目的のためのフリーメーソンのロッジを使っていた で話す 。

これらの手紙は申し立てによるとフィラデルフィアのRittenburgスクェアライブラリに保持されたけれども、神秘的に消滅した。

ジェファーソンとアレグザンダー・ハミルトンが、啓蒙主義者目的と明けの明星(アダムズ年代記の中で記録される)の礼拝のためにフリーメーソンの支部を悪用していたと言って、アダムズはまたワシントンに手紙を書いた。

ベンジャミンフランクリンはまた啓蒙主義者のメンバーであったことで告発されたけれども、これの具体的な証拠が全然ない。

ジェファーソンは、みんなの怒りの主な焦点であるようであった。

彼はジャコバン派と無神論者である連邦主義者によって告発された。

彼が大統領任期のためのジョン・アダムズとの彼の1796戦いにおいて民主的社会とジャコバン派クラブを使ったことを示すある証拠がある。

Jedediahモース師はジェファーソンを「Illuminatus」と認定した。

7月4日に、1812年のジョセフ・ウィラード師、ハーバード大学の社長がランカスター、ニューハンプシャーのスピーチにおいて言った:

「啓蒙主義者の多くの社会が福音ライトと市民的自由のこの土地で設立されているという十分な証拠がある(それはフランスで雄大な社会から最初に組織された)」。

文民の、そして神聖なすべての私達の古代の組織を徐々に蝕むために努力して、彼らはひそかに疑いのない。

これらの社会はヨーロッパで同じ注文のそれらと密接に同盟する;

それらはみんな同じな目標を念頭に置いている。

すべての注文の敵は私達の荒廃を捜している。

不倫が万一一般に普及するならば、私達の独立はもちろん低下するであろう。

「私達の共和政体は全滅するであろう…」

英国人が1812年においてワシントンを略奪し、焼き付けた理由の1つが、政府の中で高く置かれた様々な人々によって米国に対して反逆罪を暴露したであろう秘密書類を破壊することになっていたことは提案されている。

州の権利に賛成していて、彼らが、裕福なものに役立っていたと思ったアレグザンダー・ハミルトンの財政政策に対してであった、強い中央政府が1791年において連邦党を設立したと主張しているそれら、反連邦主義者がトーマス・ジェファーソンの下に結集した時に、ワシントンは最初の国務長官(1789-93)である。

ニューヨーク知事ジョージ・クリントン(ジェファーソンとマディソンの下で後の方の副大統領であった)、バージニアのパトリック・ヘンリー、およびマサチューセッツ(独立宣言の署名者)のエルブリッジ・ゲリーによって導かれて、それらは1787における憲法制定会議の後で編成された政党になった。

反連邦主義者は、強く、1789年の米国憲法に記述されて、権利章典を追加させることにおいて続くように、強い中央政府に反対した低いクラス、農夫、および紙幣支持者からなった。

それらは三権分立のためにシングル、政府、上流階級規則、および弱いプログラムに反していた。

反連邦主義者の反君主政治眺めのためそう名付けられたジェファーソン流共和党員は1801-1825年からパワーを持っていた。

1796年において、党は、州の権利、農夫の興味、および民主的な手続に関係した、ニューヨーク州上院議員マーティン・ヴァン・ビューレン(私達の第8代大統領、1837-41になった)によって組織化された民主党共和党員に割れた;

そして、1820年における連邦主義者と結婚したジョン・クインシー・アダムズ、ヘンリー・クレイ、およびダニエル・ウェブスターによって導かれた国民共和党員。

1826年において、民主党共和党員はまさに平易な民主党員として知られた一方、国民共和党員は1854年における共和党員だけと認定された。

それは、どう二大政党制がこの国で作成されたかである。

警察国家フィンランド2006

Police State Finland 2006


2006 09 14


9th September was the date for the big demonstration called Helsinki 2006. However this article is about the smaller demonstration called Smash ASEM (ASEM = Asia-Europe Meeting at Helsinki, Finland). This was held after the main demonstration in front of the Museum of Contemporary Art called KIASMA. The organisers of the demonstration informed the police about their route. They called themselves anarchists. However, there were a lot of outsiders, curious people, news-reporters, photographers in the area. Roughly about 150-200 people. The demonstration was supposed to have (according to the flyer) music and solidarity to the people of China. The flyer we got did not show any violent intentions. Some flyers promised "trouble to the streets", but we had no idea of that.


Before the demonstration had started we noticed that we have just been surrounded by hundreds of riot-polices and a helicopter! The Police outnumbered the demonstrators and other people by at least 2 to 1 if not more. It was surreal, but we thought we could walk out of there. But the "orders from the top" did not let us go through. So we were held as hostages, totally no way out. Authorities were bullhorning occasionally, but the strong wind made it impossible to hear. Some news reports said they were saying that there's a little corridor between the polices to go out, but we saw none and the police were silent when we asked how to go out. No communication whatsoever.


9月9日はヘルシンキ2006と呼ばれる大きいデモンストレーションのための日付でした。 しかしながら、この記事はSmash ASEM(ヘルシンキ(フィンランド)のASEM=アジア欧州会議)と呼ばれるより小さいデモンストレーションに関するものです。 Contemporary Artの博物館の主なデモンストレーションが、KIASMAと呼んだ後にこれは保持されました。 デモンストレーションの組織者はそれらのルートに関して警察に知らせました。 彼らは、自分たちをアナキストと呼びました。 しかしながら、多くの部外者、好奇心の強い人々、取材記者、写真家が領域にいました。 およそおよそ150-200人の人々。 デモンストレーションは中国の人々に音楽と連帯感を持つべきでした(フライヤーに従って)。 私たちが手に入れたフライヤーは少しの乱暴な意志も示しませんでした。 何人かのフライヤーが「通りへの問題」を約束しましたが、私たちはその考えを全く持っていませんでした。


デモンストレーションが始まる前に、私たちは、何百もの暴動鎮圧部隊とヘリコプターによってちょうど囲まれたところであるのに気付きました! 警察は少なくとも2時までに1以上にデモンストレーターと他の人々に数でまさりました。 それは超現実的でしたが、私たちは、そこから歩くことができると思いました。 しかし、「先端からの命令」は私たちに通らせることができませんでした。 したがって、私たちは人質、完全にどんな出口としても保持されませんでした。 当局は時折bullhorningしていましたが、強風で、聞くのは不可能になりました。 いくつかの報道には小さい廊下が間にあると言っていたと書かれていた、取り締まり、出かけるために、私たちだけが、私たちが出かける方法を尋ねたとき、なにもと警察が静かであったのを見ました。 全くいいえコミュニケーション。


There were many reporters and photographers inside taking pictures and outside the Mannerheim street was full of polices, policecars, police busses etc. The street was closed and many people outside felt compassion towards our captivity. We were yelling "HELP!", "LET US OUT OF HERE!" in finnish, but obviously without luck. Some anarchists and/or frustrated people threw some bottles towards the police. The Police did use quite harsh means to carry some of the protesters (those who provocated) to police busses and cars from the captivity-circle. One bottle almost hit us. There were obviously some very stupid people inside and we did not have any sort of protection as the police did not let us out. Many were arrested to the busses for provocating the police, attacking the police or simply yelling. Also totally innocent people were arrested.


There was one little boy with his dad inside and what I heard the father of the boy will face charges of bringing the child to the demonstration. I also heard and read that the whole police force came from all around the Finland + additional forces from Sweden and even some help from the japanese police(!). Do we really need that? 20 cops could have handled the anarchists and let the rest of the people out.


After over 2,5 hours later they let us out one by one. Some stayed and they were arrested. They took pictures and our names to the database. First the news reported that police will keep the records, but afterwards they promised to keep them only during the investigations or if foreign officials asks them. Everything was surreal: we have not used to this kind of police state mentality before.


This was certainly planned years ahead. On a positive note, I had my demonstration sign with me as I did attend to the mass-demonstration held previously and the biggest nightly news cameraman filmed the sign. It said: "The war on terrorism is based on LIES!! WAKE UP!!! WWW.INFOWARS.COM". And it was clearly shown to at least a million people. So I did get the message out. I was also wearing a TYRANNY RESPONSE TEAM shirt and it fit perfectly to the situation as we were clearly facing tyrannical attitude. It's sad to see this all happening, but gladly the truth about 9/11 is coming out all over the world and the tide has already turned.


多くのレポーターとマンネルハイム通りが完全であった絵と外部で取るのが取り締まる写真家内部、警察のバスpolicecarsなどがありました。 通りは閉じられました、そして、外部の多くの人々が私たちの監禁状態に向かって同情しました。 私たちは、「ヘルプ!」と大声で言うfinnishで「ここから米国で、貸されました!」が、明らかな運がなければ貸したこと。 何人かのアナキスト、そして/または、だめにされた人々は数本のボトルを警察に向かって投げました。 警察は監禁状態円から警察のバスと車まで何人かのデモ参加者(provocatedした人々)を運ぶ全く厳しい手段を使用しました。 1瓶はもう少しで私たちに当るところでした。 明らかに何人かの非常に愚かな人々が中にいました、そして、警察が私たちを外に出さなかったとき、私たちには、どんな種類の保護もありませんでした。 警察を攻撃するか、または単に叫んで、多くが、警察をprovocatingするので、バスとして捕らえられました。 完全にも罪もない人々は逮捕されました。


彼のおとうさんの内部と私が、何で少年の父が料金に直面すると聞いたかをもっているほとんどデモンストレーションに子供を連れて来ない1人の少年がいました。 また、私は、力がスウェーデンといくつかからのさえフィンランド+追加軍全体で来た全体の警察がjapanese警察の(!)から助けると聞いて、読みました。 私たちは本当にそれを必要としますか? 20人の巡査が、アナキストを扱って、人々の残りを外に出したかもしれません。


5時間後に、彼らは、より2時以降、私たちをひとつずつ外に出します。 或るものは滞在しました、そして、それらは捕らえられました。 彼らは写真と私たちの名前をデータベースに連れて行きました。 まず最初に、ニュースは、警察が記録をつけると報告しましたが、その後、それらは、調査かそれとも外国人の職員が彼らを尋ねているだけであるかどうか間、それらを保つと約束しました。 すべてが超現実的でした: 私たちは以前、この種類の警察国家に精神状態を使用したことがありません。


確かに、これは何年も先に計画されていました。 肯定的な面としては、以前に保持された民衆デモに気を配ったとき、私は私のデモンストレーションに私と契約させました、そして、最も大きい連夜の写真部員はサインを撮影しました。 それは言いました: 「テロに対する戦争はLIESに基づいています!」 目覚めてください! "WWW.INFOWARS.COM
"。 そして、それは明確に少なくとも100万人の人に示されました。 したがって、私はメッセージを発しました。 また、私はTYRANNY RESPONSE TEAMシャツを着ていました、そして、私たちが明確に専制的な態度に直面していたとき、それは状況に完全に合いました。 喜んですべて起こって、これを見るために、9/11テロに関する真実が世界中に出て来ているのが、悲しく、形勢は既に一変しました。



啓蒙主義者は成長する。

THE ILLUMINATI GROWS

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


From Bavaria, the Order of the Illuminati spread into the Upper and Lower Rhenish provinces, Swabia, Franconia, Westphalia, Upper and Lower Saxony; and outside Germany into Austria and Switzerland. Soon they had over 300 members from all walks of life, including students, merchants, doctors, lawyers, judges, professors, civil officers, bankers, and ministers. Some of their more notable members were: the Duke of Orleans, Duke Ernst Augustus of Saxe-Weimar-Coburg-Gotha, Prince Charles of Hesse-Cassel, Johann Gottfried von Herder(a philosopher), Count Klemens von Metternich, Catherine II of Russia, Count Gabriel de Mirabeau, Marquis of Constanza ("Diomedes"), Duke Ferdinand of Brunswick ("Aaron"), Duke Karl August of Saxe-Weimar, Johann Wolfgang von Goethe (a poet), Joseph II of Russia, Christian VII of Denmark, Gustave III of Sweden, and King Poniatowski of Poland.


By 1783, there were over 600 members; and by 1784, their membership reached nearly 3,000. By 1786 they had numerous lodges across the various German provinces, Austria, Hungary, England, Scotland, Poland, France, Belgium, Switzerland, Italy, Holland, Spain, Sweden, Russia, Ireland, Africa, and America.


By the time of the 3rd Masonic Congress in Frankfurt in 1786, the Illuminati virtually controlled all the Masonic lodges, and at this meeting their goals were stated as: "1) Pantheism for the higher degrees, atheism for the lower degrees and the populace; 2) Communism of goods, women, and general concerns; 3) The destruction of the Church, and all forms of Christianity, and the removal of all existing human governments to make way for a universal republic in which the utopian ideas of complete liberty from existing social, moral, and religious restraint, absolute equality, and social fraternity, should reign."


Students who were members of wealthy families, with international leanings, were recommended for special training in internationalism. Those selected by the Illuminati were given scholarships to attend special schools. Weishaupt wrote: "I propose academies under the direction of the Order. This will secure us the adherence of the Literati. Science shall here be the lure." He also wrote: "We must acquire the direction of education, of church, management of the professorial chair, and of the pulpit." Today, there are many such schools. Prince Philip, husband of Queen Elizabeth, was educated at an Illuminati school in Gordonstown, Scotland, at the insistence of Lord Louis Mountbatten (whose uncle was a Rothschild relative and who became an admiral after the end of World War II). Those trained at such schools were placed behind the scenes as experts and advisors to perpetuate Illuminati goals.


Weishaupt, worried that his control of the Order was diminishing, argued repeatedly with Knigge. While he preferred to work in secrecy, Knigge wanted to move on to more substantial things. In January, 1783, Knigge wrote in a letter to Zwack: "It is the Jesuitry of Weishaupt that causes all our divisions, it is the despotism that he exercises over men perhaps less rich than himself in imagination, in ruses, in cunning...I declare that nothing can put me on the same footing with Spartacus as that on which I was a first." He also wrote: "I abhor treachery and profligacy, and I leave him to blow himself and his Order into the air." On April 20, 1784, Knigge quit, followed by Baron Bassus ("Hannibal"), Count Torring, Prince Kreitmaier, and others. In July, Knigge signed an agreement promising to return all documents in his possession, and to keep quiet on what he knew about their plans and activities. Some researchers believe that Knigge had also discovered that Weishaupt was a Satanist. He resumed his work as a writer, later becoming an inspector of schools at Bremen, where he died on May 6, 1796.


To insure that the activities of the Order would remain a secret, a warning as to the consequences of betraying the Order was included in the ceremony of initiation. They would point a sword at the initiate and say: "If you are a traitor and a perjurer, learn that all our Brothers are called upon to arm themselves against you. Do not hope to escape or find a place of safety. Wherever you are, shame, remorse, and the rage of our Brothers will pursue you, and torment you to the innermost recesses of your entrails."


In October, 1783, Joseph Utzschneider, a lawyer, who had dropped out of the Order in August, presented to the Duchess Maria Anna, a document which detailed the activities of the Illuminati. He was upset because he had been promoted too slow, and was constantly prodded to prove his loyalty. The Duchess gave the information to the Duke. On June 22, 1784, Duke Karl Theodore Dalberg, the Elector Palatinate of Bavaria, after discovering from the information that the goals of the Illuminati were to "in time rule the world," by overthrowing all civil government, criticized all secret societies, and groups established without government sanction. On March 2, 1785, he issued a proclamation identifying the Illuminati as a branch of the Masons, and ordered that their Lodges be shut down. The government began a war against the Order by initiating judicial inquiries at Ingolstadt. In an attempt to preserve the secrecy of their motives, the Areopagite burned many of their documents, however, the government was able to seize many of their papers when they raided the Lodges.


After being replaced at the University in February, Weishaupt fled across the border into Regensburg, finally settling in Gotha, where he found refuge with another Illuminati member, the Duke of Saxe-Gotha.


In April, 1785, Utzschneider was able to convince three other members to come forward. They were fellow professors at the Marienburg (Marianen) Academy who had doubts about the validity of the organization's principles when they discovered that they would receive no mystical powers. They were also disgruntled over Weishaupt's tyranny. Cossandey, Grunberger, and Renner went before the Court of Inquiry on September 9, 1785, where they supplied valuable information, such as membership lists, and revealed their aims and goals, which they consolidated into the following six points:

1) Abolition of the Monarchy and all ordered government.


2) Abolition of private property.


3) Abolition of inheritance.


4) Abolition of patriotism.


5) Abolition of the family, through the abolition of marriage, all morality, and the institution of communal education for children.


6) Abolition of all religion.


The purposes of these six points were to divide the people politically, socially, and economically; to weaken countries and create a one-world government. They testified that "all religion, all love of country and loyalty to sovereigns, were to be annihilated..."


The government pardoned all public officials and military leaders who publicly admitted membership. Those who didn't, and were discovered to be members, lost their rank and standing, were removed from office, and openly disgraced and humiliated.


Weishaupt was preparing to set his plans into motion for the French Revolution, which was slated to begin in 1789. In July, 1785, he instructed Zwack to put their plans in book form. This book contained a history of the Illuminati, and many of their ideas for expansion and future endeavors. A copy was sent by courier (identified as Jacob Lanze) to Illuminati members in Paris and Silesia. However, after leaving Frankfurt, as the courier rode through Regensburg (another source says it was Ratisbon) on horseback, he was struck by lightning and killed. The authorities found the document and turned it over to the government. Another source indicates the possibility that he may have been murdered, and the documents planted on him.


Xavier Zwack ("Cato"), a government lawyer, and one of the Order's most prominent leaders, whose name was on Renner's list, had his house in Landshut illegally searched by the police in October, 1785, and his papers seized. He was dismissed from his position. Many books, documents, papers and correspondence were discovered, including over 200 letters written between Weishaupt and the members of the Areopagite, which dealt with matters of the highest secrecy. The following year, more information was taken from the houses of Baron Bassus and Count Massenhausen ("Ajar"). Among the confiscated documents, were tables which contained their secret codes and symbols, secret calendar, geographical locations, insignias, ceremonies of initiation, recruiting instructions, statutes, a partial roster of members, and nearly 130 official seals from the government, which were used to counterfeit state documents.


Needless to say, all of this information shed more light on the Order, and the danger first realized by the government, had now become a national emergency. In 1786, the government gathered all of the confiscated documents, and published them in a book called Original Writings of the Order and Sect of the Illuminati, which was circulated to every government and crowned head in Europe, including France, to warn them of the impending danger.


The leaders of the Order who appeared before the government's Court of Inquiry, testified that the organization was dedicated to the overthrow of church and state. However, these revelations, and the publication of their documents did little to alert the public, because of their unbelievable claims. New measures were taken by government officials. The leaders of the Order were arrested and formally interrogated, then forced to renounce the Illuminati. The final blow came on August 16, 1787, when Dalberg issued his final proclamation against the Illuminati. Anyone found guilty of recruiting members was to be executed, while those who were recruited, would have their property confiscated and then be deported.


Zwack, who was banished, sought sanctuary in the Court of Zweibrucken, where he was later appointed to an official position in the principality of Salm-Kyburg. He contributed to the Illuminati movement in Holland. He was later summoned by Dalberg, as the government tried to deal with the problem of fugitives who might attempt to reorganize the Order. Zwack fled to England.


On November 15, 1790, another Edict was announced against the members of the organization. Anyone found to be an active member, was to be put to death. The following year, a list of 91 names of alleged members was compiled. They were hunted down, and banished. This harassment didn't end until 1799, when Dalberg died.


The apparent demise of the Order was taken into stride by its highest members, who continued to operate underground. Weishaupt wrote: "The great care of the Illuminati after the publication of their secret writings was to persuade the whole of Germany that their Order no longer existed, that their adepts had all renounced, not only their mysteries, but as members of a secret society." Weishaupt had a contingency plan ready, and wrote: "By this plan we shall direct all mankind. In this manner, and by the simplest means, we shall set in motion and in flames. The occupations must be allotted and contrived, that we may in secret, influence all political transactions...I have considered everything and so prepared it, that if the Order should this day go to ruin, I shall in a year re-establish it more brilliant than ever."


To hide their subversive activities, the highest members of the Order began to masquerade as humanitarians and philanthropists. Weishaupt fled to Switzerland, later returning to Germany, where the Duke of Saxe-Gotha gave him sanctuary. The Order moved their headquarters to London, where it began to grow again. Weishaupt told his followers to infiltrate the lodges of Blue Masonry, and to form secret circles within them. Only Masons who proved themselves as Internationalists, and were atheists, were initiated into the Illuminati.


啓蒙主義者は成長する。


ババリアから、啓蒙主義者のオーダーは上部で、そしてより低くライン川の地方(シュワーベン、フランコニアベストファーレン、上部、および下のザクセン)に広がった;

そしてオーストリアとスイスの中へ、外のドイツへと。

すぐに、学生、マーチャント、医師、弁護士、裁判官、教授、公務員、銀行家、および大臣を含むすべての職業から彼らは300人を超えるメンバーを持っていた。

それらのより著しいメンバーの何人かが以下の通りであった:


1783年に、600人を超えるメンバーがいた;

そして、1784年に、それらのメンバーシップは約3,000に達した。

1786年に、彼らは様々なドイツ地方、オーストリア、ハンガリー、イギリス、スコットランド、ポーランド、フランス、ベルギー、スイス、イタリア、オランダ、スペイン、スウェーデン、ロシア、アイルランド、アフリカ、およびアメリカを横切ってたくさんのロッジを持っていた。

1786年におけるフランクフルトの3番目のフリーメーソン議会の時間までに、啓蒙主義者は事実上すべてのフリーメーソンの支部をコントロールし、このミーティングで、それらのゴールは次として述べられた:

「より高い程度のための1つ)汎神論、下の程度のための無神論、および大衆;」

2) 商品、女性、および一般的な懸念の共産主義;

「キリスト教と既存の社会的で、道徳的で、宗教の抑制、絶対の平等、および社会的な団体からの完全な自由のユートピア思想が君臨するべきである一般的な共和国に道をあけるすべての既存の人の政府の除去の教会とすべてのフォームの3回の破壊」。

国際的な傾向を持つ裕福な家庭のメンバーであった学生は国際主義における特別なトレーニングを推薦された。

啓蒙主義者によって選ばれたそれらは、特別な学校に出席するために奨学金を与えられた。

ワイスハウプトは書いた:

「私はオーダーの指導のもとでアカデミーを提案する」。

これは私達に文学者の固執を確保するであろう。

「科学はここでその魅力になることとする」。

彼はまた書いた:

「私達は教育の、教会(教授の椅子の、そして説教壇の管理)の方向を取得しなければならない」。

今日、多くのそのような学校がある。

フィリップ殿下、エリザベス女王の夫は、ルイス・マウントバッテン(おじはロスチャイルド親族であり、第二次世界大戦の終わりの後に提督になった)卿の主張でGordonstown、スコットランドにおける啓蒙主義者学校で教育を受けた。

そのような学校で訓練されたそれらは、啓蒙主義者のゴールを永続させるためにエキスパートとアドバイザーとして舞台裏で置かれた。

ワイスハウプトは、彼のオーダーのコントロールが減少していたことについて心配して、繰り返しクニッゲと議論した。

彼が、秘密において働くことを好む間に、クニッゲは、よりかなりの物に前進したかった。

1月、1783年に、クニッゲはZwackに手紙を書き込んだ:

「すべての私達の部門を起こすのはワイスハウプトのずる賢さであり、彼がたぶん想像力における、策略における、狡猾さにおける自身より金持ちに及ぼさないのはその専制である...私は、何も、私を、それとスパルタクスとの、私が一番目であったのと同じ足場に置くことができないことを言明する」。

彼はまた書いた:

「私は裏切りと不道徳さが大嫌いで、私は、空気の中に自身と彼のオーダーを吹き飛ばすことを彼に任せる」。

4月20日に、Bassus(「ハンニバル」)男爵、計算Torring、プリンスKreitmaier、およびその他が続いて、1784人のクニッゲがやめた。

7月に、クニッゲは、彼がそれらの計画と活動について知っていたものに関する、彼の所有においてすべての文書を戻し、静かな状態を保つと約束している協定にサインした。

何人かの研究者は、クニッゲが、また、ワイスハウプトが悪魔主義者であったと気づいたと信じる。

後で、ブレーメン(そこで、彼は5月6日に死んだ)の学校、1796年の検査官になって、彼は作家として彼の仕事を再開した。

オーダーの活動が秘密であり続けるであろうと保証するために、オーダーを裏切る結果についての警告は開始の式典に含められていた。

彼らは剣を新入会者に向けて、言うであろう:

「あなたが反逆者と偽証者であるならば、すべての私達の兄弟が、あなたに対して自身を武装させることを求められることを知りなさい」。

安全な場所を免れて、見つけることを望まないでください。

「たとえ、あなたがどこにいても、恥辱、自責、および私達の兄弟の激怒はあなたを追跡し、あなたの内臓の最も奥の休憩時間にあなたを苦しめるであろう」。

10月、1783、ジョセフUtzschneiderに、公爵夫人マリア・アンナ(啓蒙主義者の活動を詳説した文書)に、8月に調子が狂って落伍した弁護士は提出した。

彼があまりにもゆっくり昇進したので、彼は混乱していて、彼の忠実を証明するために常に突かれた。

公爵夫人は情報を公爵に与えた。

6月22日に、1784年はカール・セオドア・ダールベルク(ババリアの選挙人選帝侯領)を殴り倒し、啓蒙主義者のゴールが「時間内であること」にであったと情報から気づいた後に、「世界」が、すべての民政を倒すことによって、政府の制裁なしで設立されたすべての秘密結社とグループを批判したと「判決する」。

3月2日、1785に、彼は啓蒙主義者を石工の枝と認定している声明を出し、彼らのロッジが閉鎖されるように命じた。

インゴルシュタットで司法調査を開始することによって、政府は注文に対する戦争を開始した。

それらの動機の秘密を保存する試みにおいて、アレオパゴス会議員はそれらの文書の多くを燃やし、しかし、それらがロッジを急襲した時に、政府は、それらの書類の多くをつかむことができた。

2月に大学で取り替えられた後に、ゴータに最終的に落ち着いて、ワイスハウプトはレーゲンスブルクの中に境界を横切って逃げた(そこで、彼は別の啓蒙主義者メンバー(サックスゴータの公爵)と逃げ場を見いだした)。

4月、1785年に、Utzschneiderは、志願することを3人の他のメンバーに納得させることができた。

彼らが、彼らが神秘主義的な能力を全然受け取らないであろうと気づいた時に、彼らは、組織の原則の妥当性についての疑いを持っていたMarienburg(Marianen)アカデミーの仲間の教授であった。

それらはワイスハウプトの専制政治の上でまた不満であった。

彼らが会員名簿などの貴重な情報を供給し、それらの目的とゴールを明らかにした所で、Cossandey、グランベルジェ、およびレンナーは9月9日の査問会議、1785前に行った(彼らは6ポイント以下の中にそれを統合した):

1) 君主政治とすべての注文された政府の廃止。

2) 私有財産の廃止。

3) 継承の廃止。

4) 愛国心の廃止。

5) 結婚、すべての道徳、および子供のための共同社会の教育の組織の廃止を通してのファミリーの廃止。

6) すべての宗教の廃止。

これらの6ポイントの目的は、社会的で、経済的に政治的に人々を分割することであった;

国を弱めて、1世界政府を作成するには。

彼らは、「すべての宗教、国へのすべての愛、および君主への忠実は、全滅することであった…」と証言した。

政府は、公然と、メンバーシップを認めたすべての公務員と軍隊のリーダーを許した。

Those whoはしなく、メンバーであるとわかられて、彼らのランクを失い、立って、オフィスから取り除かれて、公然と汚されて、辱められた。

ワイスハウプトは、フランス革命のために彼の計画を動作の中に設定することを準備していた(それは、1789から始めるために予定された)。

7月、1785に、彼はZwackに、それらの計画を本の形に入れることを指示した。

この本は拡張と未来の努力のために啓蒙主義者の履歴とそれらのアイデアの多くを含んでいた。

コピーは、急使(ジェイコブLanzeと認定される)によってパリとシレジアの啓蒙主義者メンバーに送られた。

しかし、馬の背の上で、レーゲンスブルク(別のソースは、それがラティスボンであったと伝えている)を通って、急使が乗馬した時にフランクフルトを残した後に、彼は雷に打たれて、殺された。

当局は文書を見つけて、政府にそれを譲った。

別のソースは、彼が殺されたかもしれないという可能性と彼に設置された文書を示す。

10月に警察によって違法に捜されたランツフート、1785に、ザヴィエルZwack(「カトー」)、政府弁護士、および名前がレンナーのリストの上にあった注文の最も突出したリーダーの1人は彼の家を持っていて、彼の書類は焼き付いた。

彼は彼のポジションから解雇された。

多くの本、文書、書類、および一致は、ワイスハウプトとアレオパゴス会議員のメンバーの間で書かれた200通を超える手紙を含めて、発見された(それは最も高い秘密の問題を扱った)。

より多くの情報は次の年にBassus男爵と計算Massenhausen(「半開き」)の家から取り去られた。

没収された文書の間で、それらの秘密のコードとシンボル、秘密のカレンダーを含んでいたテーブルは地理の位置、記章、開始の式典、新メンバーを募集する手順、法令、メンバーの部分的な名簿、および政府からの約130個の公印であった(それは模造の国の文書に慣れていた)。

言うまでもなく、最初に政府によって実現されたオーダーと危険により軽く放たれたこの情報のすべては今や国家的緊急事態になった。

1786において、政府は没収された文書のすべてを集めて、注文のオリジナルの文書と啓蒙主義者のセクトと呼ばれる本の中でそれらを出版した(それは、すべての政府に循環し、それらに差し迫った危険を警告するためにフランスを含むヨーロッパで頭として冠された)。

政府の査問会議の前に現れた命令のリーダーは、組織が教会と状態の打倒が専門であったと証言した。

しかし、彼らの信じられない主張のため一般大衆に警報を出すために、これらの新事実とそれらの文書の出版はほとんど何もしなかった。

新施策は政府高官によって取られた。

オーダーのリーダーは、逮捕されて、フォーマルに質問されて、そして、啓蒙主義者を放棄することを強制された。

ダールベルクが啓蒙主義者に対して彼の最終的な宣言を出した時に、最後の一撃は8月16日、1787に来た。

メンバーが、募集された人々一方処刑されることになっていた新人募集に対して有罪と判決された誰でも彼らの特性を没収させて、それから追放されるであろう。

追放されたZwackはツワイブリュッケンの法廷で聖域を捜した(そこで、彼は後でサルムKyburgの公国の公式なポジションに任命された)。

彼はオランダでの啓蒙主義者の動きに寄与していた。

政府が、オーダーを再編成することを試みるかもしれない逃亡者の問題に対処しようとした時に、彼は後でダールベルクによって呼び出された。

Zwackはイギリスに逃げた。

11月15日に、1790の別の布告が組織のメンバーに対して発表された。

アクティブなメンバーであるために、誰でも発見し、殺されることになっていた。

メンバーとされている人の91の名前のリストは次の年に編集された。

それらは追い詰められて、追放された。

ダールベルクが死んだ時に、この悩みは1799まで終わらなかった。

オーダーの明白な崩御は、地下に働き続けたその最も高いメンバーによって大またで歩きに持って行かれた。

ワイスハウプトは書いた:

「それらの秘密の文書の出版の後の啓蒙主義者の大きな世話は、それらのオーダーがもう存在していなく、それらの名人がすべて彼らのミステリーを放棄したことをドイツの全体に確信させることでだけでなく秘密結社のメンバーとしてあった」。

ワイスハウプトは危機対策を用意していて、書いた:

「この計画によって、私達は全人類を指導する」。

この方法の中で、そして最も簡単な方法によって、私達は動作において、そして炎において設定する。

「職業は配当されて、考案されなければならず、私達が秘密で、影響のすべて政治的なトランザクションにおいてするかもしれない...私はすべてを考慮し、それをとても準備したので、注文が、破滅するためにこの日に行くべきであるならば、私は1年でこれまでより見事にそれを再建するであろう」。

それらの破壊活動を隠すために、オーダーの最も高いメンバーは、人道主義者と博愛主義者に仮装しはじめた。

サックスゴータの公爵が彼に聖域を与えたドイツに戻ることがより遅いスイスに、ワイスハウプトは逃げた。

オーダーはそれらの本部をロンドンに移動させた(そこで、それは、再び成長しはじめた)。

ワイスハウプトは彼の追従者に、青色の石造建築のロッジを浸透させて、彼らの中で秘密の仲間を結成するように命じた。

国際主義者として自身を証明し、無神論者であった石工だけが啓蒙主義者に加入した。

イルミナティの走狗・政治家

Bosse Ringholm Swedish Errand Boy for the Illuminati

2006 09 12


By Fredrik Palmgren | red-ice.net








Bo 'Bosse' Ingvar Karchimirer Ringholm

First of all, the author of this article would like to make it clear to you “the reader” his own personal view of politics and Big Business in general and that is basically this: It’s a Scam. This article is not aiming at rearranging furniture on the Titanic, but rather shine a light on some of the dirt, and by doing so hopefully getting a better understanding of the problems, thereby making it easier to find the solutions. Finding the dirt is a good thing, because now is the time for solutions.


With or without his own knowledge Bosse Ringholm, the Swedish “Minister for Sport and Deputy Prime Minister” is aiding the ancient and modern “Bloodline Crime Families” in their goals, one in particular being the creation of a “Global Fascist Control Grid”, a “One World Government”. He is now attempting to censor the internet under the cloak of “Gambling Laws”. Blocking websites “The State” sees unfit and peoples ability to use their credit cards online. In short, Swedish Law says gambling surplus can’t go to privateers and Bosse Ringholm having such a big hart and love for the Swedish people naturally want to protect the people from it self. Or maybe its more like this, namely that the Swedish state is losing “its” money to foreign gambling cartels, and this presents a wonderful opportunity of stopping that, and at the same time aiding his masters in getting their control grid in place. This in turn gets people used to giving their freedom away, all for the good of the state of course.


IlluminatiのためのBosse Ringholmのスウェーデン人の使い走りの少年


フレドリック・パルムグレン|




ボー'Bosse'イングバルKarchimirer Ringholm

まず、この記事の作者はあなたへの「読者」のために彼自身の政治と一般に、Big Businessの個人的な視点を通過させたがっています、そして、それは基本的にこれです: それは詐欺です。 この記事はいくらかの土と、問題の希望をいだいてあまりに回復している理解をすることによって光をむしろ照らすのを除いて、家具をタイタニックに再配列するのを目的としていません、その結果、解決策を見つけるのをより簡単にします。 現在が解決策のための時間であるので、土を見つけるのは、良いものです。


彼自身の知識Bosse Ringholmのあるなしにかかわらず、「スポーツのための大臣と代理人内閣総理大臣」というスウェーデン人は彼らの目標で今昔の「血族犯罪者一家」を支援しています、1つが特に「グローバルなファシストの制御グリッド」、「1つの世界政府」の創造であり。 彼は、現在、「ギャンブル法」の外套の下でインターネットについて検閲するのを試みています。 ウェブサイトを妨げて、「状態」は、オンラインで不適任な状態で見て、それらのクレジットカードを使用する能力を住ませます。 短くて、スウェーデンの法言いたい事ギャンブル余分では、自己はスウェーデンの人々に対するそのような大きい雄ジカと愛がそれから自然に国民を守りたがっているのをさせに私掠船とBosse Ringholmに行くことができません。 または、多分このような以上、すなわち、スウェーデンの州が「its」のお金を外国ギャンブルカルテル、およびこれになくしているのが彼らの制御グリッドを適所に手に入れる際にそれを止めて、同時に支援する素晴らしい機会に彼の主人を紹介します。 これは人々をすべて状態の利益のためにもちろん彼らの自由をあげるのに順番に慣れさせます。


あなたはbettingmarket.comでこれに関する以上を読み通すことができます: 選挙は、スウェーデンのギャンブル独占の終わりを示して、また、ギャンブル産業規制のパラドックスを見るかもしれません。


それはすべて、私たちが理解する必要があるよりすばらしいパターンを作るまとめられた、これらの小さいステップであり、そこに画像を徐々に遠ざけて縮小して、より大きい絵を到着させるいつもトライはいつもより大きい絵があなたを信じているということです。私。 私は、ジョージ・オーウェルの「1984」が、集合的なマインドコントロールの大きさに関する1984の実際の年とそれがコントローラのためにどれくらいよく働いていたかを説明したと個人的に感じます。


1984がどれくらい怖いかに関して人々は話します、そして、しかし、彼らは、私たちが現在今までのところそれを超えているとわかりません、そして、私たちがまさしく野獣の中に生きるのが彼らの最も突拍子もない幻想でさえ彼らにわかり始めないでしょう。 私にとって、それは仕事における強い操作、高い黒魔術またはなどの最も良い証拠です。


したがってそれの政治上の人形が、近日中にシフトインが赤から青にもかかわらず、赤い説得の存在が圧迫から反対へ移すBosse Ringholmにもかかわらず、「本当のパワー」がそれをオーダーしたので提案が自分の立場を固守するという彼の法則まで着色するのをたぶん見る「選択スウェーデン」。 私はオフィスから悪い人々を幾重にも外す意味が全くわかりません、新しい死んでいるヘッドがただ表面に浮き続けるとき。 私は、私たちが、私たちの自由と私たちの不思議な超大国を妨げているマインドコントロールを取り除くのに私たちのエネルギーの焦点を合わせる必要であると思います。


立ち上がってください、そして、ひざで人々を手に入れてください。


平和/fredrik




山本尚利氏コラム

ベンチャー革命2006910

?
                           


早稲田大学院MOT教授


山本尚利

?
タイトル: 靖国神社の太平洋戦争史観、重大修正

1.靖国神社の太平洋戦争史観の重大修正とは


靖国神社の太平洋戦争に対する歴史認識は周知のように、遊就館の展示から読み取ることができます。1940年代、日本はなぜ米国との戦争に踏み切ったか。靖国神社の見解は、日米開戦はやむにやまれぬ不可避の出来事であった。不況に苦しむ米国が日本と戦争を起こすことによって国内の経済再建を図るため、日本を経済制裁によって、意図的に追い詰め、先制攻撃させるように仕向けたというもの。当時の欧米列強は帝国主義政策をとっていたので、日本のみが帝国主義政策をとっていたのではない。この歴史認識には筆者もおおむね同意します。ただし、だからといって、戦前の日本のアジア侵略は決して正当化できるものではありません。靖国神社の遊就館の展示を観るかぎり、靖国神社も、戦前の日本のアジア侵略を正当化するまでに至っていないと筆者個人は思います。ところが、この展示が、唾棄すべき安っぽい反米史観と岡崎久彦氏(外交評論家)から批判されて、なんと靖国神社が、みずからの太平洋戦争史観の修正に易々と同意したとのこと。(注1)

A
級戦犯分祀には頑として応じない、あの靖国神社が、太平洋戦争史観についてはあっさり と修正に同意してしまった。なんということか。戦後まもなく、遊就館の展示を企画した当時の関係者はさぞかし怒っていることでしょう。このニュースが真実ならば、今日の靖国神社の責任者は重大な自己否定を冒したことになります。ところで東アジア隣国から問題視されている靖国神社のA級戦犯合祀に対する国内賛成論者の論拠とは、戦勝国側の一方的な極東裁判(東京裁判)の判決は不当であるというスタンスから出発しています。現在なお、一部の日本人が、極東裁判は不当であると主張する根拠は、まさに靖国の太平洋戦争史観にあります。すなわち、日本は悪くなかった、この1点につきます。上記のように、今回の歴史認識の重大修正によって、靖国神社は、太平洋戦争はすべて日本が悪かった。正義はすべて米国にありとでも結論するのでしょうか。この理屈から、日本のA級戦犯は、国際法に照らしても、まちがいなく戦犯だから、その合祀を止めることが正当化され得ます。このように岡崎氏の要望を受け入れると靖国神社は自縄自縛に陥ることになります。  


2.大村益次郎と靖国神社

ところで筆者は、過去に、靖国神社について投稿した経験があります。(注1)靖国神社の境内には、明治天皇ではなく、なぜか大村益次郎の銅像が建っています。神社の正門には天皇家の菊の御紋が張りつけてあるのに、なぜ、明治天皇の銅像ではなく、大村益次郎の銅像が建っているのか、実に不思議です。しかも大村益次郎の銅像は上野の西郷隆盛像を睨んでいるといわれており、なんと神社の本殿にお尻を向けています。神社に祀ってあるご神体よりも大村益次郎の方が偉くみえるように神社が設計してあります。ちなみに、西郷

隆盛は靖国神社には祀られていないそうです。靖国神社は明治初頭に建立されており、出雲大社のような歴史のある神社ではありません。要するに、靖国神社とは、大村益次郎の出身、長州藩の建立した歴史の浅い神社であることが一目瞭然です。田舎侍の集団、薩長藩閥人事で固められた明治政府は、徳川幕府を追い出した後の江戸城をはさんで東西に靖国神社と明治神宮を建設しています。大政奉還によって徳川家から奪い取った江戸城は、明治政府によって天皇家の居城となって、今日に至っています。この経緯を冷静にとらえると、今日の皇居というのは、明治維新の頃、かなりいかがわしいプロセスでできあがっていることがわかります。明治政府の実権を握った薩長の権力者(成り上がりモノ)は、全国、200万人の藩士を支配する手法として、天皇制を利用したことがよくわかります。天皇を神格化するために、靖国神社と明治神宮が必須であったのです。この権力の二重構造は、今日の米国の大統領制との類似性がみられます。表向きのエセ民主主義体制で選ばれた米国の大統領は、実質的に寡頭勢力に闇から支配されています。一方、靖国神社を建設した当事者は、天皇制を利用する側の人間であり、本心では天皇をこれっぽっちも、崇拝していないことが、靖国神社の設計コンセプトによくあらわれています。なにしろ、大村益次郎が菊の御紋にお尻を向けているわけですから。また小泉首相の度重なる靖国参拝のパフォーマンスからも、小泉首相の心根に、明治時代、靖国神社を建立した当事者と合い通じる不遜さを感じます。


3.皇居に建つ楠木正成銅像の不可思議

皇居外苑に楠木正成の銅像が建っています。明治37年に献納されたそうです。なぜ皇居に 楠木正成の銅像が建っているのか。これは、靖国神社に大村益次郎の銅像が建っていると同じくらい不可思議な現象です。楠木正成は、13世紀末から14世紀にかけて、南北朝時代における南朝の重臣です。楠木正成像が建立された時代の明治天皇は孝明天皇の後継天皇ということになっています。歴史的には、江戸時代に引き継がれた天皇の系譜は北朝系と言われています。それならば、明治天皇の父、孝明天皇は北朝系となりますから、その長

子、明治天皇も北朝系ということになります。にもかかわらず、北朝の朝敵といわれた楠木正成がなぜ、わざわざ、北朝系のはずである明治天皇の居城であった皇居外苑に建立されたのか。江戸時代より南北朝正閏論が戦われ、南朝、北朝どちらが正統かが、歴史的論争の対象であったそうです。皇居外苑に建つ楠木正成像は、明治天皇が南朝の正統性を認めていたことを物語っています。もうひとつ不思議なことがあります。明治天皇の皇后は、昭憲皇太后と呼ばれています。本来、昭憲皇后と呼ばれてしかるべきなのに、なぜ皇太后なのか。ところで、昭和天皇の父、すなわち平成天皇の祖父、大正天皇は、もちろん、明治天皇の長子ですが、その母上は、明治天皇の正室、昭憲皇太后ではなく、側室の柳原愛子という方だそうです。さて、上記、靖国神社には、菊の御紋が掲げられているので、国民誰もが、靖国神社は天皇家の神社と理解します。そこの遊就館に展示されている明治天皇の肖像画は、堂々たる恰幅の偉丈夫です。したがって、靖国神社に銅像をたったひとつ建てるならば、大村益次郎ではなく、明治天皇の銅像が建てられるのが筋です。堂々たる体躯であられた明治天皇は、ご乗馬にも長けておられたといわれています。それならば、靖国神社にたったひとつだけ銅像を建てるならば、皇居外苑の楠木正成の乗馬像のような、明治天皇ご乗馬の勇姿像が相応しい。ところが天皇家の神社、靖国神社には、なぜか明治天皇の銅像ではなく、大村益次郎の銅像が建っているのです。実に不思議です。大村益次郎の銅像は、明治天皇がご存命中に建立されていますから、靖国神社に大村益次郎の銅像を建てることを、当時の明治天皇はご了解されていたことを物語っています。2000年の歴史を誇るはずの天皇家の由緒ある神聖な神社に、長州の片田舎の村医者のせがれにすぎない大村益次郎の銅像を建立することをお認めになった明治天皇のご心境は、ちょっと想像できません。そればかりか、靖国神社の設計者は、長州奇兵隊の隊長にすぎなかった大村益次郎は、現人神の明治天皇より偉いのだと主張しているように筆者には感じられてなりません。当時、神格化されて、絶対的な存在であった天皇家に実に失礼な倒錯的計画が明治時代に受け入れられたのは実に不思議です。2006815日、小泉首相が靖国神社参拝を決行したとき、多くのマスコミ関係者が靖国神社に殺到していましたが、誰一人として、靖国神社境内の中央に立つ大村益次郎銅像への疑問が報じられることはありませんでした。

注1:2006825日産経新聞朝刊『靖国・戦史博物館、展示内容修正へ』

注2:ベンチャー革命No.167『大村益次郎:MOTの祖』2005619

?http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr167.htm




?
山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

?hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


?http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


?http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm




蛇足


明治維新の暗部に色々のものが封印されている。明治天皇から平成天皇まで英国王室の騎士としてガーター勲章を贈られている。英国王室の傘下に入っていることなのか?孝徳天皇は毛筆の先を舐める癖があったそうな。筆先に毒を塗り無き者としようとした公家がいたとかいないとか?親子ともども亡き者?遷都も実は隠れ蓑などと言う人もいる。

グローバルな浄化2000

Bin Laden Brothers Tip-Off Two NASA Research Scientists In 1987 About U.S. Government Plans To Cause 9/11; Now Third Person Comes Forward To Verify Scientists' Incredible Story


Greg Szymanski | July 27, 2005


Besides the tip-off about 9/11, one of the researchers involved in a government-funded advanced brain development program says she uncovered a secret study called "Global Cleanse 2000" outlining U.S. Government strategies for intitiating global war and population reduction.


Rene Welch cut “a deal with the devil,” a deal she recently broke when she went public about her two 1987 encounters with Saudi royals, including two of the bin Laden brothers who claimed the U.S. government was actively involved in pre-arranging 9/11.


Welch’s incredible story, first made public in May, has already been verified by one other former NASA scientist. But this week another person present at the meeting also came forward to verify Welch’s story.


The meetings with the Saudis took place in Sedona and Pleasant Valley, Arizona, and lasted more than eight hours each time, the bin Ladens revealing in 1987 detailed plans how the U.S. government was planning to attack the World Trade Center, kicking off a global catastrophe, including a massive war in the Middle East.


Besides being verified by Ronald Logsdon, 49, of Philadelphia, a scientist who worked in a NASA program with Welch and also present at the bin Laden meetings, this week long time Sedona resident, Naomi Niles, also verified the Sedona meeting took place.


“Yes, I was there at one of the meetings back in 1987,” said Niles this week from her Sedona home, adding the details of the story should be left for Logsdon and Welch to describe since she was not a part of the NASA program.


And Welch not only learned about the U.S. government’s pre-planning of 9/11 from the bin Ladens back in 1987, but this week from her Albuquerque home Welch added more, saying when working for NASA as a scientist on brain development research in Phoenix, she obtained a secret computer code and was able to uncover the findings of a government-funded project titled “Global Cleanse 2000,” a study outlining strategies for global war and population reduction.


After learning of the government’s evil intentions almost 20 years ago and being a government target ever since, Welch talked about “the deal she made with the devil,” adding she always had a tacit understanding with FBI and CIA operatives, that if she’d “shut up and lay low,” they’d leave her alone.


But two months ago Welch broke the deal, deciding to tell America what she learned about the U.S. government’s pre-planning of 9/11, saying although the story’s a hard pill to swallow and “may sound unbelievable,” she felt the need to risk public humiliation, government harassment and warn Americans anyway.


“Just like before, they’ll be after me again now that I went public,” said Welch who has been drugged and beaten on several occasions by government operatives.


And since she went public in May the harassment stated again, starting in the similar subtle manner it did after she was unexpectedly approached by the Saudis, including the bin Ladens.


But Welch, instead or running and hiding, is now prepared to fight back hard, making public a 200 page document detailing information obtained about the staging of 9/11, Global Cleanse 2000 and about FBI and CIA civil rights violations.


“I’m naming names and want justice,” added Welch.


She also said she wants to document her story in a book, starting from the time she was a ‘military brat,’ her father being an Air Force B-52 pilot, when at the age of three she displayed exceptional ESP abilities and channeling powers, powers that eventually led her into the NASA program as an adult.


Concerning the 200 page diaries documenting her FBI troubles and knowledge of 9/11, copies of the documents have previously been sent to several members of the former Clinton White House, including Hillary Clinton, as well as to Taos, NM. former district attorney John Paternoster, who Welch approached in 1995 about government death threats.


Paternoster, now in private practice in Taos, recently said he couldn’t remember ever meeting Welch or hearing about the bin Laden story.


“He knows me and an investigator named Martinez was even assigned to my case,” said Welch this week in a telephone conversation from her New Mexico home. “I saw him several times and even have kept receipts from his office, given to me regarding the 200 page document I gave him. He just wants the whole thing to go away and is probably afraid to tell the truth.


Regarding possible FBI and CIA further retaliation, she added:


“What’s the difference if they’re planning global war and mass population reduction,” said Welch. “When I worked for NASA Application Technical Center In Phoenix, involved in brain development and mind control projects, I accessed the code for the computers and read a secret project they were working on called “Global Cleanse 2000,” outlining certain strategies like 9/11 to start a global war and how other strategies regarding how to reduce the world’s population.


“Now, again, after I went public, the harassment has started, my phone is tapped and they are starting to mess with my life. This time I am really frightened since they are very serious about keeping people like me, who know too much, quiet since they are getting closer to their objective of destroying this country.


“In the past I noticed when I stayed quiet, they left me alone. But when I started talking, the harassment then followed. That’s how I know they are still watching me and have always been watching me.”


Welch’s claim that two of the outspoken bin Laden brothers, not Osama, told her about the U.S. government’s plans to stage 9/11in 1987 is not an idle fantasy or a story made up by a hyper-sensitive person’s imagination.


Logsdon, the other NASA employed scientist who worked along side Welch, verified her story this way:


"Two of the bin Laden brothers came some 90 miles from Phoenix, Arizona, and stopped at our doorstep unannounced. Their bodyguards set up a surveillance parameter around our property and others came into our house, taped up the windows and set up a film projector. The people in this motorcade seemed very scared, and presented this as a matter of life and death," recalled Logsdon, who said at the time in 1987 the couple had no idea about the eventual 9/11 implications.


"These men told us to be very cautious and to assume that we were under surveillance by our government. For several hours they showed us films of meetings of key Arabs and U.S. government officials discussing the oil issues. The bottom line was that if the Arabs did not do it their way, the U.S. would simply take their oil by force. They also explained that they have been manipulated into setting up bank accounts where oil profits were siphoned off and were no longer under their control.


"They then explained why the World Trade Centers were the ideal target for this purpose. The two bin Ladens showed us this film because they made it very clear how they did not want to be involved with any U.S. plot to manipulate the Arab governments or start a war."


Regarding the ongoing government harassment to keep her quiet, Welch said a two year period in the mid 1990s was most troubling when an agent infiltrated her life, finally using drugs and other types of physical harassment to get information after gaining her trust.


“I wouldn’t be honest if I didn’t tell you I was scared again and I know some people have a hard time believing this story, but it’s true,” said Welch, recalling the years when she said the agent who used the name Alfred Hermendorf injected her with several types of different drugs.


“But I am going to release the information and tell my story in a book because these people are evil and want to destroy America. There is a global catastrophe right around the corner and they may even make it look like a natural disaster. But I saw the plans back in the 1980s and after 9/11. I know it is going to happen unless we quickly get Bush out of power.”


Welch and Logsdon became aware of this radical element in our government, trying to create this new world order, when they worked together as scientists at NASA’s Application Technical Center Institute in Phoenix.


Together with over 100 "think tank" participants, Logsdon, an engineer, and Welch, a licensed hypnotism -therapist and head of the Global Elite Scientist’s Club, were developing technology to better understand the brain’s memory and psychic ability capacities.


The pair came up with they called the "light and sound" machine, receiving much praise during the 80s for what was thought then to be ground breaking work. It was this project that eventually brought them in contact with the bin Ladens, creating the backdrop for why they both know 9/11 was a staged U.S. government event.


"They (at NASA) ended up stealing our work and then after the bin Laden incident denied knowing that Rene and I even existed," said Logsdon.


?


9/11を起こす米国政府計画についての1987年におけるビンラディン兄弟情報2人のNASA研究科学者;

さて、科学者の信じられない話を確認するために、第三の人物は志願する。

グレッグSzymanski|2005年7月27日

9/11についての情報のほかに、政府資金による高度な脳開発計画に関係している研究者の1人は、彼女が、グローバルな戦争と人口縮小を手解きするために米国政府戦略を概説している「グローバルな浄化2000」と呼ばれる秘密の研究をむきだしにしたと言う。

レネイ・ウェルチは「悪魔との取引」を切りました、最近サウジアラビアの王族との1987年の彼女の2回の遭遇に関して公共になったとき彼女が破った取引、米国政府が活発に9/11テロについて根回しするのにかかわったと主張した2人のビン・ラディン兄弟を含んでいて。

5月に最初に公表されたウェルチの嘘のような話は他の1人の元NASAの科学者によって既に確かめられました。 しかし、また、今週、ミーティングに出席している別人は、ウェルチの話について確かめるために進み出ました。


サウジアラビア人とのミーティングは、セドナ、およびPleasantバレー(アリゾナ)で行われて、その都度8時間以上続いて、グローバルなカタストロフィーを開始して、米国政府が、世界貿易センターを攻撃するのをどう計画していたかを1987年にビンラディン兄弟が詳述したように計画しています、中東の大規模な戦争を含んでいて。


フィラデルフィアの49歳のロナルド・ログスドン、また、長い時間のセドナの居住者(ナオミ・ナイルズ)がセドナミーティングについて確かめたこの週にビン・ラディンミーティングでウェルチとプレゼントをもってもNASAプログラムで働いていた科学者によってさらに確かめられるのは行われました。


「そこ、1987年のミーティングの1つではい、そうでした」と、ナイルズは今週彼女のセドナの家から言いました、話の詳細が彼女がNASAプログラムの一部でなかったのでログスドンとウェルチが説明するのが残されるべきであると言い足して。

ウェルチはただ、ビンラディン兄弟からの9/11の米国政府の前計画について、1987年であるが家庭のウェルチが、もっと、脳開発における科学者としてのNASAのために働くことわざがフェニックスで秘密のコンピュータコードを研究し、彼女が得て、「グローバルな浄化2000」というタイトルを付けられた政府資金によるプロジェクト、グローバルな戦争のために戦略を概説している研究、および人口縮小の結果をむきだしにすることができたと付け加えた彼女のアルバカーキからの今週に、ビンラディン兄弟がバックするのを知らなかった。

およそ20年前の政府の不吉な意志と政府が以来ずっと対象とする存在を知った後に、ウェルチは「彼女が悪魔と共にした取引」に関して話しました、彼女には彼女が「黙って、低く横たえる」なら、彼らが彼女を放っておくだろうというFBIとCIAの工員との暗黙の協定がいつもあったと言い足して。


彼女は、しかし、ウェルチが2カ月前に話が飲み込む固い錠剤ですが、言って、彼女が米国政府の9/11テロのプレ計画に関して何を学んだかをアメリカに言うと決めて、取引を破って、「信じられなく聞こえるかもしれないこと」を公共の屈辱、政府ハラスメントを危険にさらして、とにかくアメリカ人に警告する必要性を感じました。


「私が公共になったので、私の後に、ちょうど前と同じように、彼らは再びいるでしょう。」と、時折政府の工員によって薬品を混ぜられて、負かされたウェルチは言いました。


そして、彼女が5月に再び述べられたハラスメントの株式を公開したので、彼女が不意に始めになった後にそれがした同様の微妙な方法で始まるのにサウジアラビア人でアプローチしました、ビンラディン兄弟を含んでいて。

しかし、代わりにウェルチ、または、走って、強く抵抗するように準備された現在であり、9/11テロの演出に関して得られた情報を詳しく述べる200ページのドキュメントを公表して、Global Cleanse2000とFBIとCIA人権侵害に関して隠れること。


「私は、名前を命名していて、正義が欲しいと思います。」と、ウェルチは言い足しました。


また、彼女は、彼女の話を本に記録したいと言いました、彼女が‘軍事のがき'と、彼女が3歳のときに例外的な超能力を示したとき、空軍のB-52パイロットである父と精神を集中力であった時から始めて、結局大人として彼女をNASAプログラムに導いた能力。


200ページに関して、以前に彼女のFBI問題を記録する日誌と9/11テロに関する知識、ドキュメントのコピーを前のクリントンホワイトハウスの数人のメンバーに送りました、ヒラリー・クリントンを含んでいて、ニューメキシコよくタオス族、元検察官ジョンPaternosterのように。(ウェルチは1995年に政府殺人予告に関してPaternosterにアプローチしました)。


個人で開業して現在、タオス族では、主の祈りは、最近、彼が、ミーティングウェルチだったかビン・ラディン小説について聞いたのを覚えていることができないと言いました。


「彼は、マルチネスという私と捜査官が私のケースに選任されさえしたのを知っています。」と、ウェルチは今週、電話での会話で彼女のニューメキシコの家から言いました。 「私は、何度か彼を見て、彼のオフィスから領収書を妨げさえしました、私が与えた200ページのドキュメントに関して彼を私に考えて。」 彼は、ただ遠ざかる全体のものが欲しく、たぶん本当のことを言うのを恐れています。

可能なFBIとCIAの、より遠い報復に関して、彼女は加えました:


「彼らが全世界戦争と一般大衆減少を計画しているなら、違いは何ですか?。」と、ウェルチは言いました。 「脳の開発とマインドコントロールプロジェクトにかかわるNASA Application TechnicalセンターInフェニックスに勤めたとき、私がコンピュータのためにコードにアクセスして、呼ばれた状態でそれらが扱っていた秘密のプロジェクトを読み続けた、「グローバルである全世界戦争を始める9/11テロと世界の人口をどう減少させるかに関する他の戦略によるグローバルな浄化2000戦略について概説した」


「私が公共になった後にハラスメントが一方始まったので、私の電話は盗聴されます、そして、身を捨てて散らかり始めています。」 彼らが彼らのこの国を破壊する目的により近くなっているのでそれらが私のような人々(知り過ぎます)が落ち着けるキープに関して非常に重大であって、今回、私は本当に怯えています。


「私がいつ静かなままであったかに気付いた過去に、彼らは私を放っておきました。」 しかし、そして、私が話し始めたとき、ハラスメントは続きました。 「それは私が、彼らがまだ私を見ていて、いつも私を見ているのをどう知っているかということです。」


9/11in1987を上演する米国政府の計画に関して彼女に話されているのは、過敏な人の想像で作られたウェールズ人のものがオサマではなく、その2人の率直なビン・ラディン兄弟を要求するか、無駄な幻想または話です。


ログスドン(サイドウェールズ人に沿って働いていたもう片方のNASAの採用している科学者)はこのように彼女の

話について確かめました:

「2人のビン・ラディン兄弟が、フェニックス(アリゾナ)からおよそ90マイル来て、私たちの踏段で公言なしで止まりました。」 彼らの護衛が私たちの所有地の周りで監視パラメタをセットアップして、他のものは、私たちの家に入って、窓にテープに録音して、映写機にセットしました。 ログスドン(1987年にカップルが最後の9/11テロ含意に関して分からなかったと当時、言った)は、「この自動車パレードにおける人々は、死活問題として非常におびえるように見えて、これを提示しました。」と思い出しました。


「これらの男性は非常に用心深く、私たちが私たちの政府による監視でいると仮定するように私たちに言いました。」 数時間、彼らは私たちに石油株について議論する主要なアラブ人と米国の役人のミーティングのフィルムを見せました。 結論はアラブ人が彼らの方法でそれをしないなら、米国が単に彼らの無理矢理の油を取るだろうということでした。 また、彼らは、それらが油の利益は吸収されて、もう彼らのコントロールの下ではなくあった銀行口座をセットアップするのに操られたと説明しました。


「そして、彼らは、世界貿易センターがなぜこのために理想的な目標であるかを説明しました。」 「アラブの政府を操るか、または戦争を始めるのが彼らで彼らがどのように何か米国陰謀にかかわって欲しくないかが非常に明確になったので、ビンラディン兄弟は私たちにこのフィルムを見せました。」

彼女を静かにさせるために進行中の政府ハラスメントを見なして、ウェルチは、エージェントが彼女の人生に浸透したとき、1990年代の半ば2年の期間が最も厄介であったと言いました、彼女の信用を獲得した後に情報を得るのに最終的にドラッグと他のタイプの物理的なハラスメントを使用して。


「私が私が再びおびえていて、何人かの人々が苦労するのを知っているとあなたに言わないなら、この話を信じながら、正直でないでしょうにが、それは本当です」と、ウェルチは言いました、彼女が、名前アルフレッドHermendorfを使用したエージェントが彼女にいくつかのタイプの異なったドラッグを注射したと言った数年を思い出して。


「しかし、情報を発表して、これらの人々が不吉であるので本で私の話をして、アメリカを破壊したいと思うでしょう。」 角の周りにグローバルなカタストロフィー権利があります、そして、彼らはそれに天災のように見えさせさえするかもしれません。 しかし、私は1980年代と9/11テロの後にプランを見ました。 「私は、私たちがすばやくブッシュを政権を握るようにしないとそれが起こるのを知っています。」


ウェルチとログスドンは私たちの政府でこの基本的な要素を意識するようになりました、この新世界秩序を作成しようとして、彼らが科学者としてフェニックスのNASAのApplication TechnicalセンターInstituteで一緒に働いていたとき。


脳のメモリと精神の能力能力をより理解するGlobal Elite ScientistのClubの関係者、ログスドン、技術者、ウェルチ、認可された催眠術セラピスト、およびヘッドが開発していた100以上「シンクタンク」技術と共に。


それらが「軽く健全な」マシンと呼ばれている状態で、組は来ました、壊れている仕事を地面に置くそして、ことであると考えられたことのために80年代の間、多くの称賛を受けて。 それは結局ビンラディン兄弟に接触してそれらをもたらしたこのプロジェクトでした、彼らの両方が9/11テロが上演された米国政府イベントであったのを知っている理由のための背景を作成して。


「彼ら(NASAの)は、結局、私たちの仕事を盗んで、ビン・ラディン事件のそして、後にレネイと私が存在しさえするのを知っているのを否定しました。」と、ログスドンは言いました。

ロスチャイルド家

THE HOUSE OF ROTHSCHILD

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


No other name has become more synonymous with the Illuminati than the Rothschilds. It is believed that the Rothschild family used the Illuminati as a means to achieving their goal of world-wide financial dominance. Mayer Amschel Rothschild (1743-1812) was born in Frankfurt-on-the-Main in Germany, the son of Moses Amschel Bauer, a banker and goldsmith. Their name was derived from the ‘red shield’ (‘rotschildt’) that hung over the door of their shop, and had been the emblem of revolutionary Jews in Eastern Europe. A few years after his father’s death, he worked as a clerk in a Hanover bank, which was owned by the Oppenheimers. He became a junior partner, and soon left to take over the business started by his father in 1750. He bought and sold rare coins, and later succeeded in buying out several other coin dealers.?


In 1769, he became a court agent for Prince William IX of Hesse-Kassel, who was the grandson of George II of England, a cousin to George III, a nephew of the King of Denmark, and a brother-in-law to the King of Sweden. Soon Rothschild became the middleman for big Frankfurt bankers like the Bethmann Brothers, and Rueppell & Harnier. After expanding his business to antiques, wineries, and the importing of manufactured materials from England, the Rothschild family began to amass a sizable fortune.


Prince William inherited his father’s fortune upon his death in 1785, which was the largest private fortune in Europe. Some of this money had come from Great Britain paying for the use of 16,800 Hessian soldiers to stop the revolution in America, because the money was never given to the troops. In 1804, the Rothschilds secretly made loans to the Denmark government, on behalf of Prince William.


In June, 1806, when Napoleon’s troops pushed their way into Germany, Prince William fled to Denmark, leaving his money with Mayer Rothschild. History tells us that Rothschild secretly buried William’s ledgers, which revealed the full extent of his wealth, a list of debtors and the interest required from them, and 600,000 pounds ($3,000,000), to keep Napoleon from confiscating it. Buderus von Carlhausen (Carl Buderus), the Treasury official who handled William’s finances, was given ‘power of attorney,’ and he in turn made Rothschild his chief banker, responsible for collecting the interest on the royal loans. Napoleon announced that all debts being paid to Prince William, were to go to the French Treasury, and offered a 25% commission on any debts that he would collect. Rothschild refused.


Developing circumstances soon allowed the Rothschilds to formulate a plan which would guarantee them the financial control of Europe, and soon the world. It began with taking advantage of the outcome of the Battle of Waterloo, which was fought at La-Belle-Alliance, seven miles south of Waterloo, which is a suburb of Brussels, Belgium. Early in the battle, Napoleon appeared to be winning, and the first secret military report to London communicated that fact. However, upon reinforcements from the Prussians, under Gebhard Blucher, the tide turned in favor of Wellington. On Sunday, June 18, 1815, Rothworth, a courier of Nathan Rothschild, head of the London branch of the family, was on the battlefield, and upon seeing that Napoleon was being beaten, went by horse to Brussels, then to Ostende, and for 2,000 francs, got a sailor to get him to England across stormy seas. When Nathan Rothschild received the news on June 20th, he informed the government, who did not believe him. So, with everyone believing Wellington to be defeated, Rothschild immediately began to sell all of his stock on the English Stock Market. Everyone else followed his lead, and also began selling, causing stocks to plummet to practically nothing. At the last minute, his agents secretly began buying up the stocks at rock-bottom prices. On June 21, at 11 PM, Wellington’s envoy, Major Henry Percy showed up at the War Office with his report that Napoleon had been crushed in a bitter eight hour battle, losing a third of his men. This gave the Rothschild family complete control of the British economy, and forced England to set up a new Bank of England, which Nathan Rothschild controlled.


However, that wasn’t the only angle he used to profit from the Battle of Waterloo. Mayer Amschel Rothschild sent some of William’s money to his son Nathan in London, and according to the Jewish Encyclopedia: “Nathan invested it in 800,000 pounds of gold from the East India Company, knowing it would be needed for Wellington’s peninsula campaign. He made no less than four profits: (1) on the sale of Wellington’s paper (which he bought at 50¢ on the dollar); (2) on the sale of gold to Wellington; (3) on its repurchase; and (4) on forwarding it to Portugal. This was the beginning of the great fortune.”


After Napoleon’s defeat, Prince William returned to resume his rule. Buderus was made a Baron, and the Rothschilds were the richest bankers in Europe.


In 1817, France, in order to get back on their feet again, secured loans from a French banking house in Ouvrard, and from the Baring Brothers in London. The Rothschilds saw their chance to get a firm grip on the French economy, and on October, 1818, Rothschild agents began buying huge amounts of French government bonds, which caused their value to increase. On November 5th, they were dumped on the open market, creating a financial panic as their value declined. Thus, the Rothschilds gained control of France.


Mayer Rothschild had established banks in England, France, and Germany. His sons, who were made Barons of the Austrian Empire, were set up to continue and expand his banking empire. Amschel Mayer Rothschild (1773-1855, who in 1838 said: “Permit me to issue and control the money of a nation, and I care not who makes its laws.”) was in charge of the bank in Frankfurt, Germany, which was known as M. A. Rothschild and Sons (which closed in 1901, after the deaths of Mayer Karl and his brother, Wilhelm Karl, the sons of Karl Mayer Rothschild). Salomon Mayer Rothschild (1774-1855) was the head of the bank in Vienna, Austria, known as S. M. Rothschild and Sons (which was closed during World War II after the Nazi occupation). Nathan Mayer Rothschild (1777-1836, who once said: “I care not what puppet is placed upon the throne of England to rule the Empire on which the sun never sets. The man who controls Britain’s money supply controls the British Empire, and I control the British money supply.”) was the head of the bank in London, England, which was known as N. M. Rothschild and Sons (and has occupied the same premises since 1809, at 2 New Court, St. Swithin’s Lane in London, near the Bank of England and Stock Exchange). Karl Mayer Rothschild (1788-1868) was the head of the bank in Naples, Italy (closed in 1861). James Mayer Rothschild (1792-1868) was in charge of the bank in Paris, France, which was known as Messieurs de Rothschild Freres (whose name was changed to La Banque Rothschild in 1967).


This was the beginning of the House of Rothschild, which controlled a fortune estimated to be well over $300,000,000. Soon the Rothschilds spanned Europe with railroads, invested in coal and ironworks, financed England’s purchase of the Suez Canal, paid for oil exploration in Russia and the Sahara Desert, financed the czars of Russia, supported Cecil Rhodes’ diamond operations, aided France in creating an empire in Africa, financed the Hapsburg monarchs, and saved the Vatican from bankruptcy. In this country, through their American and European agents, they helped finance Rockefeller’s Standard Oil, Carnegie Steel, and Harriman’s Railroad. Werner Sombart, in his book The Jews and Modern Capitalism, said that from 1820 on, it was the “age of the Rothschild” and concluded that there was “only one power in Europe, and that is Rothschild.” In 1913, the family fortune was estimated to be over two billion dollars.


After Mayer Rothschild died on September 19, 1812, his will spelled out specific guidelines that were to be maintained by his descendants:


1) All important posts were to be held by only family members, and only male members were to be involved on the business end. The oldest son of the oldest son was to be the head of the family, unless otherwise agreed upon by the rest of the family, as was the case in 1812, when Nathan was appointed as the patriarch.


?


2) The family was to intermarry with their own first and second cousins, so their fortune could be kept in the family, and to maintain the appearance of a united financial empire. For example, his son James (Jacob) Mayer married the daughter of another son, Salomon Mayer. This rule became less important in later generations as they refocused family goals and married into other fortunes.


?


3) Rothschild ordered that there was never to be “any public inventory made by the courts, or otherwise, of my estate ... Also I forbid any legal action and any publication of the value of the inheritance.”


American and British Intelligence have documented evidence that the House of Rothschild, and other International Bankers, have financed both sides of every war, since the American Revolution. Financier Haym Salomon, who supported the patriots during the American Revolution, then later made loans to James Madison, Thomas Jefferson, and James Monroe, was a Rothschild agent. As explained earlier, during the Napoleonic Wars, one branch of the family funded Napoleon, while another financed Great Britain, Germany, and other nations. Their boldest maneuver came prior to the Civil War.?


The Rothschilds operate out of an area in the heart of London, England, the financial district, which is known as ‘The City,’ or the ‘Square Mile.’ All major British banks have their main offices here, along with branch offices for 385 foreign banks, including 70 from the United States. It is here that you will find the Bank of England, the Stock Exchange, Lloyd’s of London, the Baltic Exchange (shipping contracts), Fleet Street (home of publishing and newspaper interests), the London Commodity Exchange (to trade coffee, rubber, sugar and wool), and the London Metal Exchange. It is virtually the financial hub of the world.


Positioned on the north bank of the Thames River, covering an area of 677 acres or one square mile (known as the “wealthiest square mile on earth”), it has enjoyed special rights and privileges that enabled them to achieve a certain level of independence since 1191. In 1215, its citizens received a Charter from King John, granting them the right to annually elect a mayor (known as the Lord Mayor), a tradition that continues today.


Both E. C. Knuth, in his book Empire of the City, and Des Griffin, in his book Descent into Slavery, stated their belief that ‘The City’ is actually a sovereign state (much like the Vatican), and that since the establishment of the privately owned Bank of England in 1694, ‘The City’ has actually become the last word in the country’s national affairs, with Prime Minister, Cabinet, and Parliament becoming only a front for the real power. According to Knuth, when the queen enters ‘The City,’ she is subservient to the Lord Mayor (under him, is a committee of 12-14 men, known as ‘The Crown’), because this privately-owned corporation is not subject to the Queen, or the Parliament.?


There seems to be little doubt that the Rothschilds continue to influence the world economy, and it is known that they are squarely behind the movement to unite all the western European nations into a single political entity, which is just another step towards one-world government.


どの他の名前もRothschildsより啓蒙主義者と同義にならなかった。

世界的な金融の優越のそれらの目標を達成するための方法として、ロスチャイルド家が啓蒙主義者を使ったことは信じられる。

マイヤー・ロスチャイルド(1743-1812)はドイツ(モーゼスAmschelバウアー、銀行家、および金細工師の息子)のメインの上のフランクフルトで誕生した。

それらの名前は、それらの店のドアに張り出していて、東ヨーロッパでユダヤ人革命家の象徴であった‘赤いシールド’(`rotschildt')に由来していた。

彼の父の死の数年後で、彼はハノーバー銀行の事務員として働いた(それはOppenheimersによって所有されていた)。

彼は後輩になり、すぐ、1750における彼の父によって始められたビジネスを引き継ぐために去った。

彼はまれなコインを買い、売り、後で、何人かの他のコインディーラーを買収することに成功した。

1769において、彼は、イギリス、ジョージ3世のいとこ、デンマークのキングの甥、およびスウェーデン国王への義理の兄弟のジョージ2世の孫であったヘッセカッセルのウィリアム王子IXのための法廷エージェントになった。

すぐ、ロスチャイルドはBethmann兄弟とRueppell&Harnierのような大きなフランクフルト銀行家のためにその中間業者になった。

イギリスから骨董品、ブドウ酒醸造所、および製造された素材の輸入に彼のビジネスを拡張した後に、ロスチャイルド家は、かなりの財産を貯蔵しはじめた。

ウィリアム王子は1785における彼の死後の彼の父の財産を相続した(それはヨーロッパで最も大きな私的な財産であった)。

このお金のいくらかが、お金が決して軍に与えられなかったので16,800人のヘッセン兵士の使用がアメリカで革命を止めるように支払っている英国から来た。

1804において、ひそかに作られたRothschildsはウィリアム王子のためにデンマーク政府に金貸しする。

ナポレオンの軍がドイツに押し分けて入った6月、1806に、メイヤー・ロスチャイルドに彼のお金を残して、ウィリアム王子はデンマークに逃げた。

歴史は私達に、ロスチャイルドがひそかにウィリアムの原簿を埋めたと言う(それは、彼の富、債務者のリスト、およびナポレオンがそれを没収することを妨げるために彼らと600,000ポンド($3、000、000)に要求された興味の完全な範囲を明らかにした)。

BuderusフォンCarlhausen(カールBuderus)(ウィリアムの財政を管理した宝庫役員)は‘委任状’を与えられて、彼は次々ロスチャイルドを、王室の貸付金について所有権を収集することについて責任がある彼の主要な銀行家にした。

ナポレオンは、すべての借金がウィリアム王子に支払われるのを発表し、フランス財務省に行くことになっていて、彼が収集するどのような借金の25%委員会でも提供した。

ロスチャイルドは断った。

すぐ状況を開発することは、Rothschildsが、それらにヨーロッパとすぐ、世界の財務管理を保証するであろう計画を公式化することを可能にした。

それは、ワーテルローの会戦の結果を利用することから始まった(それはワーテルローの7マイル南のLaの美人同盟で争われた(それはブリュッセル、ベルギーの郊外である))。

戦いにおいて早く、ナポレオンは、勝っているようで、ロンドンへの最初の秘密の軍隊のリポートはその事実を伝達した。

しかし、ゲープハートBlucherの下のプロシア人からの強化材の上で、潮はウェリントンに有利に向きを変えた。

6月18日日曜日に、1815のRothworth(ネイサン ロスチャイルド(のロンドンの本家)の急使)が、戦場の上に、そしてナポレオンが打ち負かされていて、ブリュッセルに、そしてOstendeに馬で行き、2,000フランで、船員に、嵐の海を横切ってイギリスに彼を連れて行かせたとわかることにおいてあった。

ネイサン ロスチャイルドが6月20日にニュースを聞いた時に、彼は、彼を信じなかった政府に知らせた。

従って、ウェリントンを、敗れると信じているみんなとともに、ロスチャイルドは直ちに、イギリス株式市場の上の彼の株のすべてを売りはじめた。

他のみんなが彼のリードに続き、売りはじめて、株を実用的に 何も 落ちて に させた。

最後の瞬間に、彼のエージェントはひそかに底値で株を買い占めはじめた。

6月21日に、午後11時、ウェリントンの特使で、ナポレオンが、彼の人の3分の1を失って、苦い8時間の戦いにおいて押しつぶされたという彼の報告によって、ヘンリー・パーシー少佐は陸軍省に現れた。

これはロスチャイルド家に英国の経済の完全なコントロールを与えて、新しいイングランド銀行を設立することをイギリスに強制した(ネイサン ロスチャイルドはそれをコントロールした)。

しかし、それは、彼がワーテルローの会戦から、かつて利益になった唯一の角度ではなかった。

マイヤー・ロスチャイルドはウィリアムのお金のいくらかをロンドンの彼の息子ネイサンに、そしてユダヤ人百科辞典に従って送った:

「それがウェリントンの半島キャンペーンのために必要であろうと知って、ネイサンは東インド会社からそれを800,000ポンドの金に投資した」。

彼は4つもの利益を得た:

(1) ウェリントンの紙(彼はドルの上の50¢で買った)の販売の上;

(2) ウェリントンへの金の販売の上;

(3) その買い戻しにおいて;

それをポルトガルに転送することにおいてそして(4)。

「これは大きな運の最初であった」。

ナポレオンの敗北の後に、彼の規則を再開するために、ウィリアム王子は戻った。

Buderusは男爵にされて、Rothschildsはヨーロッパで最も金持ちの銀行家であった。

1817において、フランスは、再び回復するためにロンドンでウブラールの中のフランス金融会社からの、そしてベアリング兄弟からの貸付金を確保した。

Rothschildsは、フランス経済の、そして10月、1818(エージェントが莫大な量のフランス国債を買いはじめたロスチャイルド)の堅い把握を得るそれらのチャンスを見た(それは彼らの価値を、増大させた)。

11月5日に、それらは、それらの価値が下落した時に金融恐慌を作成して、公開市場であけられた。

従って、Rothschildsはフランスのコントロールを得た。

メイヤー・ロスチャイルドはイギリス、フランス、およびドイツで銀行を設立した。

オーストリア帝国の男爵にされた彼の息子は、彼のバンキング帝国を続けて、拡張するために設定された。

Amschelメイヤー・ロスチャイルド(1838において、言った1773-1855:「私が国家のお金を出し、コントロールすることを許しなさい。そうすれば、私は、誰がその法律を作らないかを気にしている」。)は、M. A.ロスチャイルドと息子(メイヤー・カールと彼の兄弟(ウィルヘルム・カール(カール・メイヤー・ロスチャイルドの息子))の死の後で1901年に閉まった)として知られていたフランクフルト、ドイツの銀行を担当していた。

S. M.ロスチャイルドと息子(ナチス職業の後で第二次世界大戦中に閉まった)として知られているウィーン、オーストリアで、サロモン メイヤー・ロスチャイルド(1774-1855)は銀行の頭であった。

一度、"私が、決して太陽が沈まない帝国を支配するために、どんな操り人形がイギリスの王位に置かれるかをnotで気にしていると言ったネイサンマイヤーロスチャイルド(1777-1836。

英国のマネーサプライをコントロールする人は、大英帝国をコントロールし、私は英国のmoney supply.”)をコントロールする ロンドン、イギリス〈N. M.ロスチャイルドと息子として知られていた〉の銀行の頭であった (そして、1809年以来同じ前提を2人の新規裁判官にロンドンにイングランド銀行と証券取引所の近くに占める セント・スウィジンレーン )。

ナポリ、イタリア(1861において閉じられる)で、カール・メイヤー・ロスチャイルド(1788-1868)は銀行の頭であった。

ジェームズ・メイヤー・ロスチャイルド(1792-1868)は、deロスチャイルドFreres(名前は1967年にLaの銀行ロスチャイルドに変更された)諸君として知られていたパリ、フランスの銀行を担当していた。

これはロスチャイルドの家の最初であった(それは、よいと見積もられた財産を300,000,000ドルのより上でコントロールした)。

すぐ、Rothschildsは鉄道を持つヨーロッパをまたぎ、石炭と製鉄所に投資し、スエズ運河のイギリスの購入に資金提供し、ロシアとサハラ砂漠での石油探査の代金を払い、ロシアの皇帝に資金提供し、セシル・ローズのダイヤの操作をサポートし、フランスがアフリカで帝国を作成することを助力し、ハプスブルク君主に資金提供し、バチカン宮殿を破産から救った。

それらのアメリカとヨーロッパのエージェントを通してのこの国で、彼らはロックフェラーのスタンダードオイル、カーネギーSteel、およびハリマンの鉄道に資金提供するのを手伝った。

ワーナー・ゾンバルトは、彼の本Theユダヤ人と近代資本主義の中で、1820からそれを言い、それは「ロスチャイルドの時代」であり、1913において「ヨーロッパとそれの1つの能力だけがロスチャイルドである」.があり、ファミリーの運が、20億ドル以上であると見積もられたと断定した。

メイヤー・ロスチャイルドが9月19日に死んだ後に、1812の彼の意志が、彼の子孫によって維持されていることになっていた具体的なガイドラインを明確にした:

1) すべての重要なポストは、ファミリーメンバーだけによって保持されることであり、男性のメンバーだけが、先端の上で関係していることになっていた。

ネイサンが家長として任命された時に、1812におけるケースがそうであったように、ファミリーの残りによって違った形で合意されない限り、長男の長男は、ファミリーの頭であることになっていた。

2) ファミリーは彼ら自身の1番目および2番目のいとこと異民族間結婚することになっていた。従って、それらの運がファミリーに保持できて、結合された金融の帝国の外観を維持するために。

例えば、彼の息子ジェームズ・(ジェイコブ)メイヤーは別の息子、サロモン メイヤーの娘と結婚した。

彼らがファミリーのゴールを再集中し、他の財産に嫁いだ時に、この規則は後の世代の中でより重要でなくなった。

3) ロスチャイルドは、決して「法廷によってまたはさもなければ私の地所のされたどのような公的な在庫調べ…」でもないことになっていたように命じた。

「また、私は継承の価値のどのような訴訟とすべての出版でも禁じる」。

アメリカ人と英国知能は、ロスチャイルドと他の国際銀行家の家がアメリカ革命以来すべての戦争の両側に資金提供するという証拠を文書化した。

それから、アメリカ革命の間に愛国者をサポートしたハイム・サロモン財政家は後でジェイムズ・マディソン、トーマス・ジェファーソン、およびジェイムズ・モンローに貸付金を作り、ロスチャイルドエージェントであった。

ナポレオン戦争の間により早く説明されるように、ファミリーの一方の分家がナポレオンに出資した一方、別のものは英国、ドイツ、および他の国家に資金提供した。

それらの最も豪快な工作は南北戦争に先がけて来た。

ロンドン(‘都市’として知られているイギリス、金融の地区)の中心の中のエリアの外で、Rothschildsは動作するか、主要な英国人が貯金する‘平方マイル’.Allは、米国から70を含めて、385の外国銀行のための支店とともにここに彼らの本社を持っている。

あなたが、イングランド銀行、証券取引所、ロイド保険協会、バルト海の交換(出荷契約)、フリート街(出版と新聞の興味の家)、ロンドン商品取引所(コーヒー、ゴム、砂糖、および羊毛を売買する)、およびロンドン金属取引所を見つけるであろうのはここである。

それは事実上世界の金融の中心地である。

677エーカーまたは1平方マイル(「地球の上の最も裕福な平方マイル」として知られている)のエリアをカバーしてテームズ川の北の堤防の上で置かれて、それは、彼らが1191以来独立の一定のレベルを達成することを可能にした特別な権利と特権を享受した。

1215において、毎年、市長(市長として知られている)(今日続いている伝統)を選ぶ権利を彼らに与えて、その市民はキング・ジョンからチャーターを受け取った。

両方ともE. C.クヌースは彼の都市とDesグリフィンの本帝国で、奴隷制度の中への彼の本下降の中で、‘都市’というそれらの確信が実際主権国家(バチカン宮殿のような)であり、1694の‘都市’における私的に所有されているイングランド銀行の設立以来のそれが実際現実のパワーのために正面だけになっている総理大臣、内閣、および議会と国の国事の中で最後の言葉になったのを述べた。

クヌースによると、女王が‘都市’を入力する時に、この非公開の企業が女王または議会に左右されないので、彼女は、市長(彼の下で、委員会は‘クラウン’として知られている12-14人の人をもっている)に盲従している。

Rothschildsが、世界経済に影響し続けるという疑念がほとんどないように思われて、それらが、四角に1つの政治的実体の中にすべての西のヨーロッパ諸国を団結させる動きの後ろにあることは知られている(それは一方の世界政府へのありふれたステップである)。

啓蒙主義者起源

ILLUMINATI ORIGINS

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER?

?by David Allen Rivera???

?


When you talk about tracing the origin of an organization that is controlling the destiny of the world, it's obvious that you have to start at a period which would allow a movement of this magnitude time to ferment. Changes like the ones which have and are occurring do not take place overnight. We are dealing with a group which must have been growing for a long period of time, in order to obtain the power and influence necessary to achieve the global control now being exercised. When you think of it, in that context, there is such a group.


The leader of this group was a man named, Dr. Adam Weishaupt, who was born on February 6, 1748, the son of a Jewish rabbi. When his father died in 1753, he was converted to Catholicism by Baron Johann Adam Ickstatt, who turned the early training of the boy over to the Jesuits. Ickstatt, in 1742, had been appointed by the Jesuits to be the curator of the University in order to reorganize it. He? retired in 1765, but still controlled its policies.


Although Weishaupt later became a priest, he developed a distinct hatred for the Jesuits, and became an atheist. Given access to the private library of Ickstatt, his Godfather, the young man became interested in the works of the French philosophers, and studied law, economics, politics, and history. One such philosopher, Voltaire (1694-1778), a revolutionary who held liberal religious views, had written in a letter to King Frederick II ("the Great", a Mason):


?"Lastly, when the whole body of the Church should be sufficiently weakened and infidelity strong enough, the final blow (is) to be dealt by the sword of open, relentless persecution. A reign of terror (is) to be spread over the whole earth, and...continue while a Christian should be found obstinate enough to adhere to Christianity."


It is believed that Weishaupt got his ideas concerning the destruction of the Church from Voltaire's writings. He studied in France, where he met Robespierre (who later led the French Revolution), and became friends with a few people in the French Royal Court. It is believed, that through these contacts, he was introduced to Satanism.


He graduated from the Bavarian University in Ingolstadt, Germany in 1768. He served four years as a tutor until he was promoted to Assistant Instructor. In 1770, he was chosen by Mayer Amschel Rothschild to develop an organization that Rothschild could use. In 1772, Weishaupt was made Professor of Civil Law. In 1773, he was made Professor of Canon Law, a post which had been held by the Jesuits for 90 years. They had founded most of the Universities, and kept strict control of them in order to eliminate Protestant influence.


In 1773, Weishaupt got married, against the wishes of Ickstatt, who denounced him. Two years later, at the age of 27, he was made Dean of the Faculty of Law. The Jesuits, worried about his quick progression and his liberal thinking, tried to thwart his influence by secretly plotting against him . Not wanting to become a martyr for his free-thinking ideas, he began focusing on establishing his organization. To confuse his detractors, he based the organizational structure on the one used by the Jesuits, however, his intention was to have a secret coalition of liberalism.


He studied the anti-Christian doctrines of the Manicheans, whose teachings revolved around astrology, medicine, and magic. He had been indoctrinated into Egyptian occult practices by an unknown merchant named Kolmer, from Jutland (in the area around the border of Denmark and West Germany), who had been traveling around Europe since 1771. He studied the power of the Eleusinian mysteries and the influence exerted by the secret cult of the Pythagoreans. Pythagoras was a sixth century, B.C., philosopher who taught that men and women should combine their belongings - which became the basic philosophy behind Communism. Weishaupt also studied the teachings of the Essenes, and acquired copies of the 'Kabala', 'The Major Key of Solomon' and 'The Lesser Key of Solomon', which revealed how to conjure up demons and perform occult rituals.


He studied the various Masonic writings after meeting a Protestant Freemason from Hannover. At first he thought about creating a superior Masonic-like organization, that would be made up of men possessing superior abilities in all fields, but concluded that Masonry was too open.


Weishaupt was instructed by the Rothschilds (who were also said to be Satanists), to leave the Catholic Church, and unite all the different occult groups. He created the coven called the 'Golden Dawn' which, till this day, is allegedly the Rothschilds' private coven.


Weishaupt spent five years working out a plan through which all of his ideas could be reduced to a single system which would be used to fight the oppression of religion, thereby loosening social ties. He wanted to replace Christianity with a religion of reason. An initial idea was to form an organization comprised of "Schools of Wisdom", whose goal was to "make of the human race, one good and happy family." They were to strive for the perfection of morals, so he thought about naming the group the 'Perfectibilists', but it lacked the air of mystery and intrigue that he sought.


In 1774,?he published a fictitious article called Sidonii Apollinarus Fragment, which he said, was to prepare the people for the doctrine of reason. Weishaupt wrote: "Princes and nations will disappear without violence from the earth. The human race will then become one family, and the world will be the dwelling of rational men." He wrote of their aims: "To make the perfecting of reasoning powers interesting to mankind, to spread the knowledge of sentiments, both humane and social, to check wicked inclinations, to stand up for suffering and oppressed virtue...to facilitate the acquirement of knowledge and science."


On May 1, 1776, under the direction of the newly formed House of Rothschild (and Wessely, Moses, Mendelssohn; and the Bankers, Itzig, Friedlander, and Meyer), who instigated the American Revolution to weaken Great Britain, Weishaupt founded the Ancient Illuminated Seers of Bavaria, which became known as the Order of the Illuminati. Weishaupt said that the name was derived from Luciferian teachings, and means, 'Holders of the Light.' In Latin, it means, 'the enlightened ones.' In layman's terms, it means 'to illuminate', or 'to give light.' It refers to someone who is enlightened, spiritually and intellectually. Satan, when he was an angel, was known as Lucifer, the 'Bearer of Light', and being that the group's name evolved from this, we can see the underlying nature of its goals. In addition, May 1st was a great day for all communist nations, where it was known as May Day; and it is also known as a special day to witches.


There are some earlier groups, with similar names, such as a group known as the "Illuminated Ones" which was founded by Joachim of Floris in the 11th century, who taught a primitive, supposedly Christian doctrine of "poverty and equality." The Rosheniah, or "Illuminated Ones," was a group in Afghanistan during the 16th century, who sought the 'illumination' from the Supreme Being, who wanted a class of perfect men and women. After reaching the fourth degree, "Enlightened One," the initiate would receive mystical powers, and when the eighth and final degree was reached, they were told they had achieved perfection. An Afghan scholar said that their purpose was to influence people of importance to establish harmony in the world, and were devoted to fight the tyranny of the Moguls, who were the rulers of India. The group survived until the 1700's, and gave birth to a couple offshoots, the Alumbrados of Spain, and the Illuminated Guerinets in France in 1654.


The Alumbrados (Spanish for "enlightened" or "illuminated"), was made up of reformed Franciscans and the Jesuits. They claimed that once perfection had been achieved, they would experience a vision of God, and would enter into direct communication with the Holy Spirit. Once they had received the "light," they would possess superior human intelligence. Their unusual claims resulted in the Inquisition issuing Edicts against them in 1568, 1574, and 1623. Ignatius de Loyola, the founder of the Jesuits, was put in jail for being a member. This condemnation forced them to flee to France.


The "Illuminati" was a name used by a German sect that existed in the 15th century. They practiced the occult, and professed to possess the 'light' received from Satan. The name was also used by another group in 1760 at Avignon, which was influenced by the writings of philosopher Emanuel Swedenborg, which led to the Illuminated Theosophists in 1766 at Paris, then later in London.


There is no evidence to suggest that Weishaupt's Order of the Illuminati is a continuation of any of these groups, however, whether their teachings and philosophy had an influence on him, is another question.


Starting with only five members (Weishaupt, and his inner circle- his friend Kollmer, Francis Dashwood of the Satanic Hellfire Club, Alphonse Donatien DeSade from whose name we get the word "sadism," and Meyer Amschel Rothschild), the Illuminati wasn't fully operational until 1778.


Weishaupt wrote: "The great strength of our Order lies in its concealment, let it never appear, in any place in its own name, but always covered by another name, and another occupation. None is fitter than the three lower degrees of Freemasonry; the public is accustomed to it, expects little from it, and therefore takes little notice of it." He also wrote: "For the Order wishes to be secret, and to work in silence, for thus it is better secured from the oppression of the ruling powers, and because this secrecy gives a greater zest to the whole."


The Order was made up of three degrees: Novice, Minerval, and Illuminated Minerval; and organized in a manner similar to Freemasonry and the Jesuits. Even though he admired the structure of the Jesuit hierarchy, he wrote that no ex-Jesuits were to be admitted, except by special permission. He wrote that they "must be avoided as the plague." Their rites and ceremonies were similar to that of the Masons. Their aim, he said, was to have a one-world government, to allow the elite to govern the world, thus preventing future wars. One of their early programs, was to distribute anti-religious material to criticize clerical leaders, who they saw as obstacles to social progress, and to oppose the "enemies of the human race and of society."


Weishaupt wrote: "How can the weak obtain protection? Only by union, but this is rare. Nothing can bring this about but hidden societies. Hidden schools of wisdom are the means which we will one day free men from their bonds..."


All members were required to adopt classical names. Weishaupt was called "Spartacus" (who had been the leader of the slave insurrection in ancient Rome). His right-hand man, Xavier von Zwack, a lawyer to Prince von Salm, was known as "Cato"; Nicolai, the bookseller, was "Lucian"; Professor Westenreider was "Pythagoras"; Canon Hertel was "Marius"; Marquis di Constanza was "Diomedes"; Massenhausen was "Ajar"; Baron von Schroeckenstein was "Mohomed"; and Baron von Mengenhofen was "Sylla."


Their headquarters was in Munich, Germany, and known as the Grand Lodge of the Illuminati (or Lodge of the Grand Orient), code-named "Athens." Among their other four lodges: Ingolstadt was known as "Ephesus," Heidelberg as "Utica," Bavaria as "Achaia," and Frankfurt was known as "Thebes."


The calendar was reconstructed, and the months known by names reminiscent of the Hebrew language: January was known as "Dimeh," and February as "Benmeh," etc. They dated their letters according to the Persian Era, named after the king who began to rule in Persia in 632 B.C., Jezdegerd. Their new year began on March 21st, which some sources say is New Years Day for witches.


In 1777, Weishaupt joined the Eclectic Masonic lodge "Theodore of Good Counsel" in Munich, and towards the end of 1778, he came up with the idea of merging the Illuminati and the Masons. Zwack became a Mason on November 27, 1778, and working with a brother Mason, Abbe' Marotti, he divulged the secret of the Order. By the middle of 1779, the Munich Masonic lodge was under the complete influence of the Illuminati.


During the first four years, about sixty active members had been recruited by a committee known as the "Insinuators," and close to 1,000 had become indirectly affiliated with the Order. Soon, three more lodges were established.


Few knew the supreme direction of the Order. Only those within the inner circle, known as the "Areopagite" (meaning "Tribunal"), were aware of their true purpose. To all others, Weishaupt said that he wanted a one-world government to prevent all future wars.


The book World Revolution (by Nesta Webster) stated: "The art of Illuminism lay in enlisting dupes as well as adepts, and by encouraging the dreams of honest visionaries or the schemes of fanatics, by flattering the vanity of ambitious egotists, by working on unbalanced brains, or by playing on such passions as greed and power, to make men of totally divergent aims serve the secret purpose of the sect."


Foolish people, with money to burn, were especially welcomed. Weishaupt wrote: "These good people swell our numbers and fill our money box; set yourselves to work; these gentlemen must be made to nibble at the bait...But let us beware of telling them our secrets, this sort of people must always be made to believe that the grade they have reached is the last." Weishaupt explained: "One must speak sometimes in one way, sometimes in another, so that our real purpose should remain impenetrable to our inferiors." And what was that purpose? It was "nothing less than to win power and riches, to undermine secular or religious government, and to obtain the mastery of the world."


Initiates were told that the Order represented the highest ideals of the Church, that Christ was the first advocator of Illuminism, and his secret mission was to restore to men the original liberty and equality they had lost in the Garden of Eden. Weishaupt said that Christ exhorted his disciples to despise riches in order to prepare the world for the community of goods that would do away with property ownership.


Weishaupt wrote to Zwack: "The most admirable thing of all is that great Protestant and reformed theologians (Lutherans and Calvinists) who belong to our Order really believe they see in it the true and genuine mind of the Christian religion." However, when one of Weishaupt's followers would reach the higher degrees, their secret was revealed: "Behold our secret...in order to destroy all Christianity, all religion, we have pretended to have the sole true religion...to deliver one day the human race from all religion."


Women were also enlisted. He wrote: "There is no way of influencing men so powerful, as by means of women. These should therefore be our chief study; we should insinuate ourselves into their good opinion, give them hints of emancipation from the tyranny of public opinion, and of standing up for themselves..." He also wrote: "This sex has a large part of the world in their hands." Female members were divided into two groups: one group of society women, to give the organization an air of respectability; and the other group "who would help to satisfy those brothers who have a penchant for pleasure." The Illuminati also used monetary and sex bribery to gain control of men in high places, then blackmailed them with the threat of financial ruin, public exposure, and fear of death.


Internal fighting soon developed because of Weishaupt's thirst for power. Besides that, because only nominal dues were collected, the Order suffered financially.


世界の運命をコントロールしている組織の起源を追跡することについて、あなたが話す時に、あなたが、このマグニチュード時間のムーブメントを、興奮させるであろう期間に出発する必要があることは明らかである。

持っていても、起こっているもののような変化は一夜で起こらない。

私達は、現在行われているグローバルなコントロールを達成することに必要なパワーと影響を得るために長い期間にわたって成長していたにちがいないグループを扱っている。

あなたがその文脈の中でそれについて考える時に、そのようなグループがある。

このグループのリーダーは、名付けられた人(2月6日、1748、ユダヤ人のユダヤ教牧師の息子に誕生したアダム・ワイスハウプト博士)であった。

彼の父が1753において死んだ時に、彼は、イエズス会士に少年の早いトレーニングを譲ったヨハン・アダムIckstatt男爵によってカトリック教に改宗された。

Ickstattは、1742において、それを再編成するためにイエズス会士によって、大学のキューレーターであるように命じられた。

彼は1765において退去したけれども、それでも、その方針をコントロールした。

ワイスハウプトが後で聖職者になったけれども、彼はイエズス会士への別個の憎悪を発展させて、無神論者になった。

Ickstatt、彼のゴッドファーザーの私的なライブラリへのアクセスを与えられて、若者はフランス哲学者の作品に興味をもっていて、法律、経済学、政治学、および歴史を勉強した。

1人のそのような哲学者(ボルテール(1694-1778)(偏見にとらわれず自由な宗教の意見を抱いていた革命家))がキング・フレデリックII(「大きなもの」、石工)に手紙を書き込んだ:

「最後の時に教会の全体のボディが十分に弱められるべきであることおよび十分に強い不倫 開き、無情な迫害の剣により分配される最終的な送風(である) 。

「地球全体にまかれて、キリスト教徒が、キリスト教に付くのに十分に頑固であるのを発見されるべきである間続く恐怖時代」。

ワイスハウプトがボルテールの文書から教会の破壊についての彼のアイデアを理解したことは信じられる。

彼はフランスで勉強した(そこで、彼は、ロベスピエール(後で、フランス革命を導いた)とフランス宮中で数人の人々と会い、友人になった)。

これらのコンタクトを通して、彼が悪魔主義に導入されたことは信じられる。

彼はインゴルシュタット、1768におけるドイツのババリアな大学を卒業した。

彼が補助指導員に昇進するまで、彼は家庭教師として4年勤務していた。

1770において、彼は、ロスチャイルドが使うことができた組織化を発展させるためにマイヤー・ロスチャイルドによって選ばれた。

1772において、ワイスハウプトは民法の教授にされた。

1773において、彼は、教会法(90年の間イエズス会士によって持たれていたポスト)の教授にされた。

彼らは、大学のほとんどを設立し、プロテスタント影響を取り除くために彼らの厳密なコントロールを保持した。

1773において、彼を弾劾したIckstattの希望に対して、ワイスハウプトは結婚した。

2年後、27歳で、彼は法学部のディーンにされた。

熟慮し、彼の迅速な前進と彼の自由主義者について心配したイエズス会士は、彼に対してひそかに陰謀を企てることによって彼の影響を妨げようとした。

彼の自由に考えるアイデアのために殉教者になりたくない、彼は、彼の組織を設立することに集中しはじめた。

彼の中傷する人を混乱させるために、彼はイエズス会士によって使われたものに組織的な構造の基礎を置き、しかし、彼の意図は、自由主義の秘密の連立を持つことであった。

彼はマニ教のキリスト教反対者主義を勉強した(その教えは占星術、医学、および魔法のまわりで回転した)。

彼は、1771以来ずっとヨーロッパのまわりで旅行していたユトランド半島(デンマークと西ドイツの境界のまわりのエリアの)からKolmerと名付けられた未知のマーチャントによってエジプトオカルト習慣の中に教え込まれた。

彼はエレウシスの密儀のパワーとPythagoreansの秘密のカルトによって及ぼされた影響を勉強した。

ピタゴラスは、6番目の世紀の紀元前(男性と女性が彼らの家財を結合するべきであることを教えた哲学者)であった - 共産主義の後ろの基本的な哲学になった。

ワイスハウプトはまたエッセネ派の教えを勉強し、‘Kabala’、‘ソロモンの主要なキー’、および‘ソロモンのより小さなキー’(それはどのように悪魔を呼び起こすか、そしてオカルト儀式を執行するかを明らかにした)のコピーを取得した。

ハノーバーからプロテスタント フリーメーソン会員と会った後に、彼は様々なフリーメーソン文書を調べた。

最初は、彼は、優れたフリーメーソン風の組織を作成することを考えて、それは全域に優れた才能を備えている人からなるであろうけれども、石造建築が開きすぎていたと断定した。

ワイスハウプトは、カトリック教会に残し、すべての違うオカルトグループを結合するロスチャイルド家(また、悪魔主義者であるそうであった)によって指示された。

彼は、この日まで、申し立てによると、ロスチャイルド家の私的な集会である‘ゴールデンの夜明け’と呼ばれる集会を作成した。

ワイスハウプトは、彼のアイデアのすべてが、宗教の抑圧と戦い、従って社会的なつながりを緩めるために使われるであろう単一システムに減らされることができた計画を考え出すことに5年を費やした。

彼は、キリスト教を理由の宗派と取り替えたかった。

初期のアイデアは、ゴールが「人類、1つのよく、幸福なファミリーで作りなさい。」にであった「知恵の学校」から成っている組織を結成することであった。

彼らは、モラルの完璧さのために努力することになっていたので、彼は、グループを‘完全主義者’と名付けることを考えたけれども、それは、彼が捜したミステリーと陰謀の空気を欠いた。

1774年に、彼は、彼が言ったSidonii Apollinarus破片と呼ばれる架空の記事を出版した 人々に理由の主義の準備をさせることになっていた 。

ワイスハウプトは書いた:「王子と国家は暴力なしで地球から姿を消すであろう」。

「人類はその時1つのファミリーになるであろうし、世界は理性的な人の住居になるであろう」。

彼はそれらの目的について書いた:

「作るために、知識と科学の取得を容易にする…ために苦しみと圧迫された美徳を守るために悪い傾向をチェックするために、人道的で、社会的に意見に関する知識を広めるために、推論の完成は人類に興味をもち、動かす」。

5月1日、1776に、ロスチャイルド(そしてウェッセリ、モーゼス、メンデルスゾーン;そして銀行家、Itzig、フリードランダー、およびマイヤー)(英国を弱めるために、それはアメリカ革命を扇動した)の新しく成形された家の指導のもとで、ワイスハウプトは、ババリア(それは啓蒙主義者のオーダーとして知られた)の古代の照明された予言者を設立した。

ワイスハウプトは、名前がルシファーの教えに由来していると言い、‘ライトのホルダー’を意味している。

ラテン語で、それは‘啓発されたもの’を意味している。

俗人の用語で、‘照明するため’または‘ライトを与えるため’、それは意味している。

それは、精神的で、知的に啓発される誰かと関連している。

彼が天使であった時のサタンは明けの明星(‘ライトの運搬人’)として知られていて、グループの名前がこれから発展したことであって、私達はそのゴールの潜在的な性質を見ることができる。

さらに、それがメーデーとして知られていた所で、5月1日はすべての共産主義の国家のための大きな日であった;そして、それは魔女に特別な日としてまた知られている。

プリミティブ(「貧乏と平等」のたぶんキリスト教主義)を教えた11世紀のフロリスのヨアヒムによって設立された「照明されたもの」として知られているグループなどの同様な名前によって、いくつかのより早いグループがある。

完全な男性と女性のクラスを望んでいた絶対者から、‘照明’を捜した16世紀の間のアフガニスタンで、Rosheniahまたは「照明されたもの」はグループであった。

「啓発されたもの」を4級のために取って来た後に、新入会者は神秘主義的な能力を受け取るであろうし、8と最終的な級に達した時に、それらは、彼らが完璧さを達成したと言われた。

アフガニスタンの学者は、それらの目的が、世界で調和を設立するために重要性をもつ人々に影響することであると言い、インドのルーラーであった権力者の専制政治と戦うために捧げられた。

グループは1700年代まで残存し、1654において2、3個の枝、スペインのアルンブラドス派、およびフランスの照明されたGuerinetsを生み出した。

アルンブラドス派(「啓発される」または「照明される」のためのスペイン語)は、改良されたフランシス修道会会員とイエズス会士により構成されていた。

彼らは、完璧さが達成されたら、彼らが神のビジョンを経験するであろうと主張し、聖霊との直接的な通信に着手するであろう。

彼らが「軽い」を受け取ったら、彼らは優れた人の知能を所有するであろう。

それらの異常な主張は1568、1574、および1623においてそれらに対する布告を出している審理を結果として生じていた。イグナチウスdeロヨラ(イエズス会士の創立者)はメンバーであるために刑務所に入れられた。

この非難は、フランスに逃げることを彼らに強制した。

「啓蒙主義者」は、15世紀に存在していたドイツセクトによって使われた名前であった。

彼らはオカルトを行い、サタンから受け取られた‘軽い’を所有すると公言した。

名前はアビニョンでまた1760における別のグループによって使われた(それはエマヌエル・スウェーデンボリ哲学者の文書によって影響された(それはそしてロンドンでより遅いパリで1766における照明された接神論者をもたらしていた))。

それらの教えと哲学が彼に影響力をもっていたかどうかにかかわらず、しかしワイスハウプトの啓蒙主義者の注文がこれらのグループのどれのでも連続であることを提案する証拠が全然なく、別の問題がある。

ほんの5つのメンバー(ワイスハウプトと彼の内側の円彼のもの友人Kollmer(悪魔地獄の業火クラブ、名前から、私達が言葉「サディズム」を得るアルフォンスDonatien DeSade、およびマイヤーAmschelロスチャイルドのフランシスダッシュウッド))で始めて、啓蒙主義者は1778まで完全に運転中でなかった。

ワイスハウプトは書いた:

「私達のオーダーの大きな力はその隠蔽にあり、それ自身の名前におけるどのような場所ででもそれを決して出現しないようにさせたけれども、いつも、別名と別の職業によってカバーした」。

どれもフリーメーソンの3つの下の程度より適当でない;

「一般大衆はそれに慣れていて、それからほとんど予期していなく、従って、それに少しに注意する」。

彼はまた書いた:

「オーダーが、秘密で、沈黙において働くことを望むので、従ってそれが統治権の抑圧からより安全に守られるので、そしてこの秘密がより大きな強い興味を全体に与えるので」。

オーダーは3度からなった:

初心者、Minerval、および照明されたMinerval;

そして、フリーメーソンとイエズス会士に類似している方法で団結した。

彼がイエズス会士ヒエラルキーの構造を賞賛していても、彼は、どの前イエズス会士も、入れられることになっていなかったと特別な許可を除いて書いた。

彼は、それらが「疫病として避けられなければならない」と書いた。

それらの儀礼と式典は石工のそれに類似していた。

彼は、それらの目的は、エリートが世界、従って防止する未来の戦争を管理することを可能にするために1世界政府を持つことであったと言った。

それらの早いプログラムのうちの1つは、彼らが社会的な進歩への障害を考えたこと、および「人類と社会の敵。」に反対するために事務のリーダーを批判するために、反宗教の素材を配布する必要があった。

ワイスハウプトは書いた:

「どのように弱いものは保護を得ることができるか?」

組合けれどもこれだけのためまれである。

何も隠れた社会を除いてこれを引き起こすことができない。

「知恵の隠れた学校は、私達が、人を彼らの束縛から解放するのをいつか望んでいる方法である…」

すべてのメンバーは、伝統的な名前を採用することを要求された。

ワイスハウプトは、「スパルタクス」(古代ローマでスレーブ暴動のリーダーであった)と呼ばれた。

彼の腹心、ザヴィエルのフォンZwack(プリンスフォンSalmへの弁護士)は「カトー」として知られていた;ニコライ、本屋は「ルシアン」であった;Westenreider教授は「ピタゴラス」であった;キヤノンヘルテルは「マリウス」であった;侯爵di Constanzaは「ダイオミーディーズ」であった;Massenhausenは「半開きである」;男爵フォンSchroeckensteinは「Mohomed」であった;そして、男爵フォンMengenhofenは「Sylla」であった。

それらの本部はミュンヘン、ドイツにあり、「アテネ」とコード名を付けられて、啓蒙主義者(または雄大な東洋のロッジ)のグランド・ロッジとして知られていた。

それらの他の4つのロッジの間:インゴルシュタットは「エフェソス」として知られていて、「ウチカ」としてのハイデルベルク、「アカイア」としてのババリア、およびフランクフルトは「テーベ」として知られていた。

カレンダーは再建されて、過ぎて知られているヶ月はヘブライ人言語を思い出させていて名付ける:1月は「Benmeh」などとして「Dimeh」と2月として知られていた。

紀元前632年にペルシャで支配しはじめた王にちなんで命名されて、彼らはペルシャの時代に従ってそれらの手紙に日付を書いた、Jezdegerd。

それらの新年は3月21日に始まった(何人かの関係筋が、魔女のための新年日であると言う)。

1777において、ワイスハウプトはミュンヘンで多彩なフリーメーソンの支部「よい相談のセオドア」に参加し、1778の終わりごろに、彼は、啓蒙主義者と石工を合併するアイデアを思い付いた。

Zwackは11月27日の石工、1778になり、兄弟メーソン、アビー'Marottiとともに働いて、彼はオーダーの秘密を漏らした。1779の中間によって、ミュンヘンフリーメーソンの支部は啓蒙主義者の完全な影響の下にあった。

最初の4年の間に、約60人のアクティブなメンバーが「ほのめかす人」として知られている委員会によって募集されて、およそ1,000は注文と間接的に提携した。

すぐ、あと3つのロッジが設立された。

ほとんどは注文の最高の方向を知っていなかった。

「アレオパゴス会議員」(意味「裁判所」)として知られている側近グループの中のそれらだけがそれらの真実の目的に気づいていた。

すべての他に、ワイスハウプトは、彼が一方の世界政府に、すべての未来の戦争を防止してほしいと言った。

世界革命(ネスタ ウェブスターによる)が述べた本:

「野心的な自己本位者の虚栄心に迎合することによる、不安定な脳で働くことによってまたはすっかり分岐した目的の人をセクトの秘密の目的にかなわせるために貪欲さとパワーのような情熱の上で遊ぶことによって、イルミニズムのアートは、名人と同様に、そして正直な空想家または狂信者の計画の夢を促進することによる入隊お人よしにあった」。

愚かな人々は、燃やすお金によって、特に歓迎された。

ワイスハウプトは書いた:

「これらのよい人々は私達の番号を増し、私達の貯金箱に充填する;」

自身で、仕事に着手しなさい;

「これらの紳士は、餌をかじらせられなければならない...けれども、私達を、私達の秘密を彼らに話すことのうちの、この種類の人々が、いつも、彼らが達したグレードが最後であると信じさせられなければならないように気を付けさせなさい」。

説明されたワイスハウプト:

「私達の現実の目的が私達の目下の者を受け付けなくあり続けるように、一方は時々一方の方法で、時々別のものの中で話さなければならない」。

そして、その目的は何であったか?

それは、「パワーと富を勝ち取ること、現世または宗教の政府を徐々に蝕むこと、および世界の支配を得ることより少なくないもの何も」であった。

新入会者は、オーダーが教会の最も高い理想を表していて、キリストがイルミニズムの最初の主唱者であったと言われて、彼の秘密の任務は、彼らがエデンの園で失ったオリジナルの自由と平等を人に回復することであった。

ワイスハウプトは、キリストが、財産所有権を廃止するであろう物品の共有のために世界を準備するために富を軽べつすることを彼の弟子に勧めると言った。

ワイスハウプトはZwackに手紙を書いた:

「最も見事な物はその偉大なプロテスタントであり、本当に私達の注文に所属している更生された神学者(ルター派信者とカルビン主義者)は、彼らがそれの中でキリスト教の真実で、本物の精神を見ると信じる」。

しかし、ワイスハウプトの追従者の1人がより高い程度に達するであろう時に、彼らの秘密は明らかにされた:

「すべてのキリスト教、すべての宗教を破壊するために、私達の秘密…を注視しなさい、私達は、ある日人類をすべての宗教から救う…ために唯一の真実の宗教を持つふりをした」。

女性はまた徴募された。

彼は書いた:

「女性によってと同じくらい強力な男性に影響する方法が全然ない」。

これらは従って私達の主要な研究であるべきである;

「私達はそれらのよい意見の中に自身をほのめかすべきであり、世論の、そして自立することの専制政治から、それらに解放のヒントを与える…」

彼はまた書いた:

「この性はそれらの手に世界の大部分を持っている」。

女性のメンバーは2グループに分けられた:

組織に立派さの外観を与える社交家の1グループ;

そして他のグループ「喜びが大好きなそれらの兄弟を満足させることに役立つであろう」。

高い場所で人のコントロールを得るために、啓蒙主義者はまた貨幣と性の賄賂を使い、それから、破産、公的な露出、および死に対する恐怖の脅威によって彼らを恐喝した。

すぐ戦っている内臓はパワーへのワイスハウプトの渇望のため発育した。

その上、名目の会費だけが収集されたので、注文は財政的に損害を被った。

1780において、新しいメンバー(フランツ・フリードリヒ・クニッゲ(1752-1796)男爵)は募集されて、「フィロン」の偽名を与えられた。

クニッゲは10月16日、1752に誕生した。

彼はゲッティンゲンで法律を勉強し、ヘッセ・カッセルとワイマールの法廷で勤務していて、ロマンス、詩、および哲学の有名な作家であった。

彼は厳密な厳守のフリーメーソンの支部に参加した(それはオカルト科学の除去が専門で、広く行われた)。

それをすることができないで、彼らは、それを受け入れることを強制された。

クニッゲはCommander兄弟のランクを達成し、白鳥のナイトというタイトルを持っていた。

彼はハーナウで新しいフリーメーソンの支部の設立を補助した。

彼の発展露出とオカルト、魔法、および錬金術への興味のため、彼は、ばら十字会員(14世紀に遡り、伝えられるところでは、人の犠牲儀式に関与したオカルトグループであった秘密の組織)に参加した。

彼は後で錬金術を放棄し、彼の書斎を、人が、それらが一度アダムとイブの落下の前に持っていた完璧さを取り戻すことを可能にするであろう石造建築のフォームの開発にあてた。

彼のアイデアは、石造建築を改良することであり、彼は、Wilhelmsbadの議会でこれらの提案をしようとしていた。

しかし、Constanza(「最も啓蒙主義者の中で有名なものの1つ」として知られている)の侯爵は、啓蒙主義者がすでにそれをしたことを彼に知らせた。

彼をおびき出すために、科学において最も大きな高度化を表し、哲学の進歩に専念することとして、ワイスハウプトは注文を描いた。

クニッゲが考えることに沿って、これが落ちたので、彼は注文に引き入れられた。

彼が組織についての才能を持っていて、すぐ、ベストファーレン円の頭になったので、クニッゲは明確に捕獲物であった。

彼は、石工と啓蒙主義者の間で合併を要求することについて手段となっていた。

ワイスハウプトは彼について書いた:

「フィロンはマスタ(それからレッスンを受ける)である;」

「私に彼の切手の6人の人を与えなさい。そうすれば、彼らとともに、私は宇宙の面を変える...私達すべてが予期していたよりもっと、フィロンはし、彼は、一人で、すべてそれを達成させるであろう人である」。

クニッゲは、ワイスハウプトの最高の権威が他に委任されるべきであると思ったアレオパゴス会議員のメンバーによって堅くサポートされて、彼らは組織のためにクニッゲの提案された部分修正に合意した。

それらは7月9日、1781に採用された。

クニッゲは、最も効果的な宣伝者を募集することができて、オンの1780から、その拡張がフリーメーソンの支部とのその入会を通して容易にされたので、注文の成長は非常に急速であった。

それらのゴールは現在、人類を、イデオロギーを自身の間の戦い(従って弱まる政府と組織された宗教)と対比することに分割することによってそれらの目的を達成することであった。

理解に石工と啓蒙主義者と12月20日の1781の間で最終的に達し、抱き合わせオーダーは提案された(それが啓蒙主義者組織(最初の3度の石造建築)に追加するであろう)。

同盟が公式であったのは、7月16日から8月29日までのWilhelmsbad(1781(石工、Martinistes、および担当者がヨーロッパ、アメリカ、およびアジアから他の秘密の組織から出席した))の議会の後であった。

ミーティングのそれらは、何も明らかにしない誓いの下に置かれた。

コントde Virieu(彼の帰宅におけるライオンズのMartinisteロッジからの石工)は議会について質問される時に言った:

「私はそれらをあなたに委託しない」。

私は、あなたに、すべてのこれが、あなたが考えるよりずっと重大であると言うことができるだけである。

「織られている共謀はとてもよく考え抜かれるので、それを免れることはいわば君主政治と教会に不可能になるであろう」。

彼は後で啓蒙主義者を弾劾し、信心深いカトリック教徒になった。

1781におけるユダヤ人の条件とロンドンのミラボーの本の文民改善のドームの本によって開始されたムーブメントのため、決議案は、ロッジの中にユダヤ人を許すために議会で通過されて、啓蒙主義者が彼らの本部をフランクフルト(ドイツ(ユダヤ人財政の要塞))に移動させたので、それが財政上の理由のためにされたことは明らかであった。

オーダーがドイツ中で広がった時に、お金はOppenheimers、Wertheimers、Schusters、Speyers、スターンズ、およびもちろんRothschildsのような主要なユダヤ人の家族から寄付された。

ジェラルドB.Winrodは彼の本の中でアダム・ワイスハウプトを書いた:

人は、そのが「ワイスハウプトの39人の主要なサブリーダーで、17人はユダヤ人であった」を指摘する。

啓蒙主義者がユダヤ人起源だけの議論は完全に根拠がない。

最終警告:新世界秩序の履歴

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

by David Allen Rivera

デイヴィッド・アレン・リベラによって


INTRODUCTORY BRIEFING


Since the Persian Gulf War, the term "New World Order" has become well known. However, there has never really been an explanation as to what the term meant, only that it represented a new spirit of cooperation among the nations of the world in order to further the cause of peace. And peace is good, so therefore the New World Order is good and should be accepted. Not so fast. Like the old saying, you can't tell a book by its cover, there is more here than meets the eye.


The term "New World Order" was actually first used many years ago. Adolf Hitler said: "National Socialism will use its own revolution for the establishing of a new world order." The Associated Press reported that on July 26, 1968, New York Governor Nelson Rockefeller said in a speech to the International Platform Association at the Sheraton Park Hotel in New York, that "as President he would work toward international creation of a New World Order."


入門ブリーフィング

ペルシャ湾戦争以来、用語「新世界秩序」はよく知られた。

しかし、用語が何を意味していたかについて一度も本当に説明があったことがなく、平和の理念を促進するために、それが世界の国家の間で新しい協力の精神を表していただけ。

従って、そして、平和はよいので、新世界秩序はよく、受け入れられるべきである。

そんなに速くない。

古いことわざのように、あなたはそのカバーによって本を話すことができなく、ここに目に触れるより多くがある。

用語「新世界秩序」は実際何年も前に最初に使われた。

アドルフ・ヒトラーは言った:

「国家社会主義は新しい世界秩序の設立のためにそれ自身の革命を使うであろう」。

AP通信は、1968年7月26日に、ニューヨーク知事ネルソン・ロックフェラーがニューヨークのシェラトン様式パークホテルで国際的なプラットフォーム協会へのスピーチにおいて言い、「大統領として、彼は新世界秩序の国際的な作成に働くであろう」を報告した。

"The only thing necessary for the triumph of evil is for good men to do nothing."


Edmund Burke

Not too long ago, I understood the reference to the Illuminati as a somewhat mysterious, occult fantasy that remained hidden in the shadows of contemporary society that was somehow manipulating and controlling events. I was partly correct. They are NOT a fantasy. the Illuminati play both ends against the middle and profit at the front, middle and end of conflict. They DON"T play by the rules and they tell the truth when it suits their agenda and lie when it suits their agenda. They'll also tell you PART of the truth and slip in a lie or tell you a lie and dress it up with some truth. They play the neo-conservative card when they need a bunch of mad-dogs to wreak havoc and devastation and then they shoot the mad-dogs in the head as they did Rosa Luxemburg and Leon Trotsky. They do this with progressives no less than conservatives and everyone else in the middle. Most people have a tendency of accepting everything at face value and they're continually manipulated, emotionally if not intellectually. If you KNOW what the objectives and agendas are and understand their strategy, you have half a chance of avoiding their mindfields and traps.

Recently, Thomas Tremoglie published an article in support of the government conspiracy theories vs. citizen-developed conspiracy theories. To attack the scenarios hypothesized by some investigators, he claims that many of the "conspiracy theories" of the doubters are borrowed from the past. Case in point was the similarity in suspicions about Pearl Harbor and 9-11. What the author claimed was borrowed from WWII, intending to so dismiss the contemporary contentions, was also then borrowed from the Spanish Revolution, WWI, the War Against Spain, the Mexican War, the War of 1812. the Russian Revolution, the French Revolution, and the English Revolution of Oliver Cromwell....and many other uses in between. What he claims is a borrowed "conspiracy theory" is a ploy that the Illuminati use so very often, very successfully... to the point that they control the national and local governments of most countries plus the judiciary, news media, military, police, attorneys, universities, churches, and schools.


Without a background in the history of the Illuminati, it would be very easy to fall for this cavalier dismissal. Since Americans are, by and large misinformed and uninformed insofar as history is concerned, they are easy prey for the glib claims of Thomas Tremoglie and his ilk. Most people just buy the manipulation: hook, line, and sinker. It is not too hard to imagine that the Illuminati and their shills just laugh at the ineptitude of Americans and others in handling propaganda. The Illuminati have been in control of nearly all sources of news and information in America for about a century and have fooled Americans and others handily. That's one reason they see themselves as bright elite--the "light bringers." They see how easily Americans and others can be fooled and they persuade themselves that the common people are too stupid to run their own affairs and ought to be ruled by someone who knows what he is doing.


Many otherwise intelligent people think that there are principles of the market place that can be known and relied upon. However, that presumes that all participants are fair and honest. It does not take into account the capacity of the Illuminati to withdraw currency from the marketplace and cause a Panic, Recession, or a Depression. With the financial and influential resources at their beck and call they have, for centuries, been increasingly able to constrict economies and it has NOTHING to do with economic policy, taxation, tax cuts, or budgets.


The international bankers caused the fall of the Russian Czar with merely their capacity to restrict credit and money flow and to influence industrialists in England to restrict the production and shipping of needed armaments and munitions. They obtained the dismissal of Lord Asquith via a personal scandal they orchestrated and replaced him with Lloyd George who approved the Balfour Declaration establishing the precedent of a home in Palestine for the Jews. They arranged for Lord Kitchener, who opposed the Zionists' plans, to die in the sinking of his ship enroute to Russia to train the Russian army. This opened the way for Winston Churchill to take his early role in pro-Zionism. Germany was sacked at Versailles so that discontent would arise against the British and French and JEWS so that WWII would eventually weaken the British Empire. Turkey, a participant in the Axis Powers, was similarly gutted and the Rothschilds obtained the railroad of Palestine, a valuable foothold in a region which would become a focus of the final conflict. The Panic of 1907 was engineered for profit-taking by JP Morgan and his Rothschild partners. And it provided a propaganda lever to create the Federal Reserve System, which is nothing more than a con game to cheat America of her wealth and obtain nearly absolute control without the need for overt conquest.


Looking at the way that the manipulations and machinations of the Illuminati are ignored in the history books, the colleges and universities, the print and electronic media, and the entire national and international discussion shows their power ot control the flow of information as much as they control the flow of money. Their placement of high Illuminati in positions of power in the past two centuries demonstrates their power and influence. What they intend to do with this power and influence should be one of the most vital topics of conversation. David Allen Rivera has assembled a very carefully written history that can serve us well to understand the darkness that is falling upon the planet.


allen aslan heart







「悪の勝利に必要な唯一の物は、よい人が何もしないことである」。

エドマンド・バーク

つい先ごろ、何とかしてイベントを処理していて、コントロールしていた現代社会の影に隠されていた多少神秘的で、オカルトのファンタジーとして、私は啓蒙主義者へのリファレンスを理解していた。

私は部分的に正しかった。

それらは、ファンタジーでは無い. 啓蒙主義者振る舞い 衝突の正面と中間、および終わりの中間と利益を背景とした両方の終わり である。

彼らは規則によって"Tシャツを着て戯れる、それが彼らの課題に適する時に、彼らは真実を話し、それが彼らの課題に適する時に嘘を言う。

彼らは嘘の中でまた真実とスリップの一部をあなたに話すか、あなたに嘘をつき、いくらかの真実によってそれを正装させるであろう。

大破壊と荒廃をもたらすために、彼らが狂犬の束が必要な時に、彼らは新保守主義のカードをし、それから、彼らがローザ・ルクセンブルクとレオン・トロツキーをした時に、彼らは狂犬の頭を撃つ。

彼らは中間の保守主義者と他のみんなより全然少なくない革新主義者とこれをする。

ほとんどの人々は、額面通りにすべてを受け入れる傾向を持っていて、彼らは知的でないにしても感情的に継続的に処理される。

もし あなた知識も 目的と課題がであり、それらの戦略を理解している それらの心の問題とわなを避けてあなたが1つのチャンスあたり半分を持っているならば。

最近、トーマスTremoglieは政府陰謀説対市民で開発された陰謀説のサポートにおいて記事を出版した。

何人かの調査者によって仮定されたシナリオを攻撃するために、彼は、疑う人の「陰謀説」の多くが過去から借りられると主張する。

代表例は真珠湾と9-11についての疑惑において類似であった。

もの 要求された作者がWWIIから借りられた 同時代の論争をそう退けるつもりである また、その時、ロシア革命、フランス革命、および間で多くの他が使うオリヴァー・クロムウェル....andのイギリス革命が、スペイン、メキシコ戦争、1812.の戦争に対して、スペイン革命、WWI、戦争から借りられた 。

彼が何を主張するかは、借りられた「陰謀説」が、彼らがほとんどの国足す司法部、軍隊の報道機関の全国的で、地方自治体をコントロールするというポイントに、啓蒙主義者が…非常に首尾よく非常にしばしば使う策略が取り締まることであり、弁護士、大学、教会、および学校であることである。

啓蒙主義者の歴史における背景がなければ、この尊大な退去にだまされることは非常に容易であろう。

アメリカ人がそうであるので、概して誤報されて、十分な知識を持たなく、歴史に関する限り、彼らはトーマスTremoglieと彼の種類の口の達者な主張のためのいいカモである。

ほとんどの人々はただマニピュレーションを買う:

フック、ライン、およびおもり。

啓蒙主義者とそれらのさくらがただ、アメリカ人と宣伝を処理することにおける他の不適当な行為を笑うと想像することは難しすぎない。

啓蒙主義者は約1世紀の間のアメリカのニュースと情報のほとんどすべてのソースのコントロールにいて、アメリカ人とその他を器用に騙した。

それは、彼らが自身を明るいエリートと考える1つの理由である--「軽い持って来る人」。

彼らは、どれほど容易にアメリカ人とその他が騙されることができるかをわかり、彼らは、民衆が、彼ら自身の仕事を動かすために愚かすぎて、彼が何をしているかを知っている誰かによって支配されるべきであることを自身に確信させる。

多くの他の点では聡明な人々は、知られて、信頼されていることができる市場の原則があると思う。

しかし、それは、すべての参加者が公正で、正直であると推定する。

それは、市場から通貨を回収し、パニック、景気後退、または不況を起こすために啓蒙主義者の能力を考慮しない。

彼らの言いなりになる金融の、そして有力な資源によって、彼らは数世紀、ますます経済を圧縮することができて、それは経済政策、課税、減税、または予算と空っぽを持っている。

クレジットとマネーフローを限定し、必要な軍備と軍需品の生産と出荷を限定するためにイギリスで産業経営者に影響する単に彼らの能力によって、国際銀行家はロシア皇帝の落下を引き起こした。

彼らが統合した個人的なスキャンダル経由で、彼らはアスキス卿の退去を得て、彼を、ユダヤ人のためにパレスチナで家の先例になっているバルフォア宣言を是認したロイド・ジョージと取り替えた。

ロシア軍隊を訓練するロシアに彼の船配送中の沈みで死ぬために、彼らは、シオニストの計画に反対したキッチナー卿を手配した。

これは、ウィンストン・チャーチルがプロシオニズムにおいて彼の早い役割を演じる道を開いた。

WWIIが結局大英帝国を弱めるように、不平が英国人とフランス人とJEWSに対して生じるように、ドイツはベルサイユで袋詰めされた。

トルコ(枢軸国における参加者)は同様に内蔵を取られて、Rothschildsは、パレスチナ(最終的な衝突のフォーカスになるであろう地域の貴重な足場)の鉄道を得た。

1907年のパニックは利食いのためにJPモーガンと彼のロスチャイルドパートナーによってたくらまれた。

そして、連邦準備制度を作成するために、それは宣伝レバーを提供した(それは、ただの、彼女の富をアメリカからだましとり、明白な征服の必要なしでほとんど絶対のコントロールを得る詐欺事件である)。

啓蒙主義者のマニピュレーションと陰謀が歴史の本、大学、および大学、印刷と電子メディア、および全国的で、国際的な議論全体の中で無視される方法を見ることは、彼らがお金の流れをコントロールするのと同じくらい多く、それらのパワーotが情報の流れをコントロールするのを示す。

過去の2世紀の力のあるポジションの高い啓蒙主義者のそれらの配置はそれらのパワーと影響を示す。

彼らが、このパワーと影響によってするつもりのことは会話の最も生命のトピックの1つであるべきである。

デイヴィッド・アレン・リベラは、惑星の上でたれこめている暗闇を理解するために私達をうまく提供することができる非常に慎重に書かれた履歴を組み立てた。

アレン・アスラン・ハート

CRF

Council on Foreign Relations (CFR)



Let’s start with the smoke and mirrors furnished by the CFR in several of their Annual Reports. Then we will provide the other-side-of-the-coin, as observed by quite a number of independent researchers, and writers.



The CFR’s Annual Report for July 1, 1993-June 30, 1994, page 4, states:



"The Council on Foreign Relations is a nonprofit, and nonpartisan membership organization dedicated to improving the understanding of US foreign policy, and international affairs through the exchange of ideas.


The Council was founded in 1921 shortly after the end of World War I. Several of the American participants in the Paris Peace Conference decided that it was time for more private American citizens to become familiar with the increasing international responsibilities, and obligations of the United States. This decision led to the creation of an organization dedicated to the continuous study of US foreign policy for the benefit of both its members, and a wider audience of interested Americans."


Now, the other side of the coin.




The New World Order, by Pat Robertson, Copyright 1991, by Word, Inc., Dallas, Texas. All rights reserved, page 66-67, states:


"This august body of ‘wise men’ has effectively dominated the making of foreign policy by the United States government since before World War II. The CFR has included virtually every key national security, and foreign policy adviser of this nation for the past seventy years."

Page 96:
"In government policy, the most visible expression of the Establishment is the Council on Foreign Relations, and its publication, Foreign Affairs. Out of some twenty-nine hundred members, at least five hundred are very powerful, another five hundred are from centers of influence, and the rest are influential in academia, the media, business, and finance, the military, or government. A few are token conservatives."


Page 97: "According to a man who had been a member for fifteen years, Rear Admiral Chester Ward, former judge advocate general of the navy from 1956 to 1960.

‘This purpose of promoting disarmament, and submergence of US sovereignty, and national independence into an all-powerful one-world government is the only objective revealed to about 95 percent of 1,551 members [in 1975]. There are two other ulterior purposes the CFR influence is being used to promote; but it is improbable that they are known to more than 75 members, or that these purposes ever have even been identified in writing.’


The goals of the Establishment are somewhat strange, and we will discuss them in detail. At the central core is a belief in the superiority of their own skill to form a world system in which enlightened monopolistic capitalism can bring all of the diverse currencies, banking systems, credit, manufacturing, and raw materials into one government-supervised whole, policed of course by their own world army." (Could this be the army of the United Nations?)



CFR membership is made up of present, and past Presidents, Ambassadors, Secretaries of State, Wall Street investors, international bankers, foundation executives, Think Tank executives, lobbyist lawyers, NATO, and Pentagon military leaders, wealthy industrialist, media owners, and executives, university presidents, and key professors, select Senators, and Congressmen, Supreme Court Justices, Federal Judges, and wealthy entrepreneurs.



They hold regular secret meetings including members, and very select guests. Occasionally they will hold a public meeting, and invite the open press (including C-SPAN), in order to give the impression that they are a harmless group engaged only in social activities.



A number of people, when hearing about the CFR ask, "If you say that the CFR is such a secret organization, why is it that we can get a copy of their annual report, which contains a list of their members? Why should I believe you when you say that they are a secret organization?"



Webster’s New Collegiate Dictionary, states that the definition of attribute is "To ascribe by way of cause, inherent quality, interpretation, authorship, or classification..." The literal translation is "You had better not tell the outsiders what we do, or say".

The answer then comes from their own document, the Council on Foreign Relation’s 1992 Annual Report, where they emphatically state, in 20 different places, and in varying terms, that members better not tell:



Page 21:
"At all meetings, the Council’s rule of non-attribution applies. This assures participants that they may speak openly without others later attributing their statements to them in public media or forums, or knowingly transmitting them to persons who will."


Page 122: "Like the Council, the Committees encourage candid discourse by holding their meetings on a not-for-attribution basis".


Page 169: Article II of the by-laws states: "It is an express condition of membership in the Council, to which condition every member accedes by virtue of his or her membership, that members will observe such rules, and regulations as may be prescribed from time to time by the Board of Directors concerning the conduct of Council meetings or the attribution of statements made therein, and that any disclosure, public, or other action by a member in contravention thereof may be regarded by the Board of Directors in its sole discretion as grounds for termination or suspension of membership pursuant to Article I of the by-laws."


Page 174: "Full freedom of expression is encouraged at Council meetings. Participants are assured that they may speak openly, as it is the tradition of the Council that others will not attribute or characterize their statements in public media or forums or knowingly transmit them to persons who will. All participants are expected to honor that commitment."


Page 175: "It would not be in compliance with the reformulated Rule, however, for any meeting participant (i) to publish a speaker’s statement in attributed form in a newspaper; (ii) to repeat it on television or radio, or on a speaker’s platform, or in a classroom; or (iii) to go beyond a memo of limited circulation, by distributing the attributed statement in a company or government agency newspaper. The language of the Rule also goes out of its way to make it clear that a meeting participant is forbidden knowingly to transmit the attributed statement to a newspaper reporter or other such person who is likely to publish it in a public medium. The essence of the Rule as reformulated is simple enough: participants in Council meetings should not pass along an attributed statement in circumstances where there is substantial risk that it will promptly be widely circulated or published."


... "In order to encourage to the fullest a free, frank, and open exchange of ideas in Council meetings, the Board of Directors has prescribed, in addition to the Non-Attribution Rule, the following guidelines. All participants in Council meetings are expected to be familiar with, and adhere to these Guidelines. ..."


Page 176: "Members bringing guests should complete a "guest notice card", and acquaint their guests with the Council’s Non-Attribution Rule governing what is said at meetings."



Later on page 176:
"As a condition of use, the officers of the Council shall require each user of Council records to execute a prior written commitment that he will not directly or indirectly attribute to any living person any assertion of fact or opinion based upon any Council record without first obtaining from such person his written consent thereto."



In "A letter from the Chairman" in the 1994 Annual Report for the CFR, Peter G. Peterson states on page 7, that:


"... Members had occasion to meet in intensive off-the-record sessions with Secretary of State [Warren] Christopher, National Security Advisor [Anthony] Lake, Secretary [of State emeritus, George Pratt] Shultz, Ambassador [Mickey] Kantor, Under Secretary of the Treasury [Lawrence H.] Summers, the Joint Chiefs of Staff, and other ranking officials. Next on our agenda are plans for reaching out to congressional leaders as well, an opportunity we will fashion as one component of an enhanced Washington Program."



The CFR’s 1999 Annual Report, page 5, states their three goals:


1. Add value by improving understanding of world affairs and by providing new ideas for US foreign policy.


2. Transform the Council into a truly national organization to benefit from the expertise and experience of leaders nationwide.


3. Find and nurture the next generation of foreign policy leaders and thinkers.



These are "THEIR" words, not mine. I am simply reporting these facts to you. If this is not a secret organization, then why would they be so emphatic, and state in 20 different ways that non-attribution (or you better not tell) was so important, in their very own annual report? In addition, if you are proud of what you say, and do, then you don’t care whether it becomes public knowledge, or not. The other side of this coin is: if you are doing something illegal, immoral, unethical, unpopular, and/or unconstitutional, you will do whatever is necessary to see that it is kept secret.


In his book, "The ANGLO-AMERICAN ESTABLISHMENT", Dr. Carroll Quigley writes,



"One wintry afternoon in February 1891, three men were engaged in earnest conversation in London. From that conversation were to flow consequences of the greatest importance to the British Empire, and to the world as a whole. For these men were organizing a secret society that was, for more than fifty years, to be one of the most important forces in the formulation, and execution of British imperial and foreign policy.



The three men who were thus engaged were already well known in England. The leader was Cecil Rhodes, fabulously wealthy empire builder, and the most important person in South Africa. The second was William T. Stead, the famous, and probably also the most sensational, journalist of the day. The third was Reginald Baliol Brett, later known as Lord Esher, friend, and confidant of Queen Victoria, and later to be the most influential advisor of King Edward VII, and King George V.



The details of this important conversation will be examined later. At present we need only point out that the three drew up a plan of organization for their secret society, and a list of original members. The plan for organization provided for an inner circle, to be known as "The Society of the Elect", and an outer circle, to be known as "The Association of Helpers". Within The Society of the Elect, the real power was to be exercised by the leader, and a "Junta of Three". The leader was to be Rhodes, and the Junta was to be Stead, Brett, and Alfred Milner. In accordance with this decision, Milner was added to the society by Stead shortly after the meeting we have described."


- Quigley, Carroll (1910-1977), The Anglo-American Establishment, From Rhodes to Cliveden, 1981, Books In Focus, NY, NY pg. 3



Of the Secret Societies goals, and methods of operation Quigley writes, "The goals which Rhodes, and Milner sought, and the methods by which they hoped to achieve them were so similar by 1902 that the two are almost indistinguishable. Both sought to unite the world, and above all the English-speaking world, in a federal structure around Britain. Both felt that this goal could best be achieved by a secret band of men united to one another by devotion to the common cause, and by personal loyalty to one another. Both felt that this band should pursue its goal by secret political, and economic influence behind the scenes, and by the control of journalistic, educational, and propaganda agencies... - " Quigley, Carroll (1910-1977), The Anglo-American Establishment, From Rhodes to Cliveden, 1981, Books In Focus, NY, NY pg. 49



Between 1910-1915 the Secret Society evolved into an international group of coconspirators called Round Table Groups that were established in seven nations: Britain, South Africa, Canada, New Zealand, Australia, India, and the United States. (The British Round Table was actually created in England in Feb. 5, 1891. In the US it is called the Council on foreign Relations, in England it is the Royal Institute for International Affairs, in Canada the Canadian Institute of International Affairs, in Chile it is the Chilean Council on Foreign Relations, and so on.)



In 1920 the Secret Society evolved into the Institutes for International Affairs, and the Council on Foreign Relations. Many of the founding fathers belonged to America's first intelligence agency the INQUIRY.



Note - The above quotes were furnished by "Round Table", who has a web site at: http://www.geocities.com/CapitolHill/2807



The CFR could not accomplish their goals without complicity of the mainstream news media, which they absolutely control with an iron fist. They do this using psychological operations (PSYOPS). The RAND Corp. is one of the chief users of this technique. This is clearly explained by the following Internet message:



"Not many people have heard of the Council on Foreign Relations (CFR) or know how they operate. This is not an accident, the group has purposely maintained a low profile. The CFR is a branch of an international group of coconspirators called the Round Table Group. This group has been controlling public opinion throughout the world for over 100 years.



The Joint Chiefs of Staff have defined psychological operations (PSYOPS) as those that: "include psychological warfare, and, in addition, encompass those political, military, economic, and ideological actions planned, and conducted to create in neutral or friendly foreign groups the emotions, attitudes, or behavior to support achievement of national objectives." Another proposal "develops the concept of 'strategic psychological operations' as aimed at influencing, and shaping decision-makers' power to govern, or control their followers." The American people, are among the groups being targeted, and controlled.



"Tactics of Deception" are formalized psychological warfare techniques. "Tactics of Deception" build a psychological environment that differs from the material environment. "Tactics of deception" are used to create false reality worlds. In terms of perceptual psychology, "Tactics of Deception" provoke illusory precepts. To influence behavior the deception must follow three basic rules. First, the deception must be "reasonable"; second there must be no simple way of checking the facts in the case; and third the use of deception should not discredit a source which may have valuable future potential.



One way to stop this group is to expose them, and their techniques to the people they are manipulating. One "Tactic of Deception" used to achieve Council on Foreign Relations aims, is to place Council members on both sides of an issue. Another "Tactic of Deception" is to use CFR control of the legal, legislative, and court systems to create the perception that laws are being followed when in fact, Lawyers, Legislators, and Justices are committing blatant illegalities to further CFR aims. A third "Tactic of Deception" is simply to lie."



Source: roundtable’s Web Page: http://www.geocities.com/CapitolHill/2807



Another excellent example of deception and cover up is the book, "The Kennedy Tapes". Two CFR members, Ernest R. May and Philip D. Zelikow, supposedly listened to all of President John F. Kennedy audio tapes and wrote this book quoting all of the interesting facts so as to assure the public that there were no other important statements made on these tapes that the public would care to know about. There were to motives involved here: (1) to print only what the Elite wanted printed about the JFK assassination, and (2) to throw any other potential researchers off the trail. This was a very grueling task of listening to hundreds of hours of taped conversations. Therefore, other researchers should just "take their word" that they had printed all of the interesting facts from these tapes. I suspect that two non-CFR researchers would have written an entirely different book.


Historian Michael Beschloss listened to the White House tapes transcribed by Lyndon Johnson during his time in office, and wrote a book, "Taking Charge: The Johnson White House Tapes, 1963-1964". Is it not strange that this author is also a member of the Council on Foreign Relations?




As Peter Grose stated in his Council on Foreign Relations Book, Continuing the Inquiry (1996) on page 5:

"They (the British) proposed a permanent Anglo-American Institute of International Affairs, with one branch in London, the other in New York."



The headquarters for the CFR is The Harold Pratt House located at 58 East 68th Street in New York City, New York 10021. Oddly enough, this building is located just across the street from the Russian (former Soviet) Embassy.

外交問題評議会(CFR)

それらの年次報告書のいくらかにおけるCFRによって供給された煙と鏡によって始めよう。

そして、独立な研究者と作家のなかなかの多くによって観察されるように、私達は別の一面を提供する。

1993年7月1日-1994年の6月30日のCFRの年次報告書、4ページは述べる:

「外交問題評議会は、意見の交換を通して米国外交方針と国際関係についての理解を改善することに専念した非営利的で、無所属の会員組織である」。

パリ講和会議のアメリカ参加者のWorld War I.Severalの終わりが、それが、よりアメリカ民間人が米国の増大する国際的な責任と義務に精通する時間であったと決めた少し後に、協議会は1921年に設立された。

「この決定は両方のそのメンバーのための米国外交方針の継続的な研究と興味があるアメリカ人のより広い聴衆に尽力している団体の作成を引き起こしていた」。

現在別の一面。

パット・ロバートソン、著作権1991による、Word社、ダラス、テキサスによる新世界秩序。

版権所有、ページ66-67は述べる:

「‘賢人’のこの威厳のあるボディは第二次世界大戦の前に以来ずっと効果的に米国政府による外交方針の作りを支配している」。

「CFRはこの70年の間この国家の事実上すべての重要な国家安全保障と外交方針アドバイザーを含む」。

96ページ:

「政府の政策の中で、設立の最も可視の表現は外交問題評議会とその出版、外務である」。

約2900人のメンバーのうち、少なくとも500は非常に強力で、別の500は影響の中心からであり、残りは学界、メディア、ビジネス、および財政、軍隊、または政府の中で有力である。

「少しはトークン保守主義者である」。

97ページ:

「15年の間のメンバー(チェスター・ウォード少将(1956年から1960年までの海軍の前の法務総監))であった人によると」。

全能の1-世界政府の中に米国主権と国の独立の武装解除と水没を促進する'This目的は1975年]において1,551のメンバー[の約95パーセントまで明らかにされた唯一の目的である。

CFR影響が、促進するために使われている2つの他の隠れた目的がある;

‘しかし、それらが75人を超えるメンバーまで知られているか、これらの目的がこれまでライティングにおいて識別されていさえすることはありそうにない’。

設立のゴールは多少奇妙で、私達は詳細にそれらを議論する。

「中心的なコアに、啓発された独占資本主義が、もちろん彼ら自身の世界軍隊によって取り締まられて、多様な通貨、銀行制度、クレジット、製造、および原料のすべてを1つの政府で監督された完全体に至らせることができる世界システムを作る彼ら自身の手腕の優越における信念がある」。

(これは国連の軍隊であるかもしれないか?)

CFRメンバーシップは現在と過去の大統領、大使、国務長官、ウォール街の投資者、国際銀行家、基礎エグゼクティブ、シンクタンクエグゼクティブ、ロビイスト弁護士、NATO、および国防総省軍隊リーダー、裕福な産業経営者、メディア所有者、およびエグゼクティブ、大学学長、および重要な教授、えり抜きの上院議員、および下院議員、最高裁判所裁判官、連邦判事、および裕福な起業家からなる。

彼らはメンバーとまさしくそのえり抜きの客を含む通常の秘密の会合を催す。

時々、彼らは、公開の会合を催し、彼らが社会活動にだけ従事している無害なグループであるという感じを与えるためにオープンなプレス(含むC-SPAN)を招待するであろう。

CFRを耳にすることが、「あなたが、CFRがそのような秘密の組織であると言うならば、私達が彼らの年次報告書のコピーを得ることができることはなぜであるか(それは彼らのメンバーのリストを含んでいる)?」と要求する多くの人々

「あなたが、彼らが秘密の組織であると言う時に、なぜ私はあなたを信じるべきであるか?」

ウェブスターの新規大学辞書、属性の定義がである 「原因、固有の品質、翻訳、出所、または分類を経た起因…」 州

直訳は、「あなたは、私達が何をするかまたは言うかを部外者に言ってはならない」である。

それらが、20の違う場所で、そして用語を変えることにおいて、メンバーが話さないほうがよいことを著しく述べる所で、答えはその時彼ら自身の文書(外交関係の1992年の年次報告書の上の協議会)から来る:

21ページ:

「すべてのミーティングで、非帰しの協議会の規則はあてはまる」。

「これは、彼らが、公的なメディアまたはフォーラムの中で彼らのステートメントを彼らに帰するか、彼らを、するであろう人に故意に送ることがより遅い他なしで公然と話すことができることを参加者に保証する」。

122ページ:

「協議会のように、帰しのためにベースででなくそれらのミーティングを催すことによって、委員会は率直な会話を促進する」。

169ページ:

職制の記事IIは述べる:

「協議会の指導またはその中でされて、どのようなディスクロージャー、大衆、またはそれの違反におけるメンバーによる他の行動でもグラウンドとしてその唯一の裁量の中の取締役会によって考慮に入れられているかもしれないステートメントの帰しについて、すべてのメンバーが各自のメンバーシップのため条件に同意し、メンバーがそのような規則と認めるであろう協議会とそうであるかもしれない時の規則のメンバーシップの条件が取締役会によって時々規定したことは急行である」

「職制の記事Iに従っているメンバーシップの終了またはサスペンション」。

174ページ:

「表現の完全な自由は協議会で促進される」。

参加者は、他が帰さないであろうか、公的なメディアまたはフォーラムの中で彼らのステートメントを特徴付けているか、故意に、彼らを、するであろう人に送ることが協議会の伝統である時に、彼らが公然と話すことができると確信している。

「すべての参加者は、その約束を守ることを期待されている」。

175ページ:

「それは、どのようなミーティング参加者(i)も新聞の中で起因しているフォームにおけるスピーカーのステートメントを出版するようにしかし再び定められた規則に従っていないであろう;」

(ii) テレビまたはラジオでまたはスピーカーのプラットフォームの上でまたは教室でそれを繰り返すには;

制限された流通、帰されているものを配布することによる、会社のステートメント、または政府機関新聞のメモを越えるためまたは(iii)。

規則の言語はまた、ミーティング参加者が、起因しているステートメントを、新聞記者または公的なメディアの中でそれを出版しそうな他のそのような人に送ることを故意に禁じられることをクリアにするその方法から出て行く。

再公式化されるような規則の本質は十分に簡単である:

「それが即座に広く循環するか、出版されるであろうというかなりのリスクがある所で、協議会における参加者は状況における起因しているステートメントに沿って通過するべきでない」。



「最大限に協議会について意見の自由で、率直で、オープンな交換を激励するために、取締役会は非帰し規則に加えて以下のガイドラインを規定した」。

協議会におけるすべての参加者は、親友であり、これらのガイドラインに付くことを期待されている。

"..."

176ページ:

「客を連れて来ているメンバーはaを完成するべきである」は、注目カード「および、ミーティングで言われることを制御して、協議会の非帰し規則を彼らの客に知らせなさい」をもてなす。

176ページにより遅い:

「使用条件として、協議会の役員は、彼が直接しないであろう事前の書かれた関与を実行するか、間接的に、そこで最初に彼の文書による同意をそのような人から得ずにどのような会議用のレコードにでも基づいた事実または意見のどのような主張でもどのような生きている人にでも帰する協議会レコードの各ユーザーを必要とすることとする」。

CFRのための1994年の年次報告書の中の「会長からの手紙」において、ピーターG.ピーターソンは7ページに述べる:

"..."

メンバーは、集中的なオフレコのセッションに国務長官[ウォレン]クリストファー、国家安全保障アドバイザー[アンソニー]レイク、秘書[状態名誉、ジョージプラット]シュルツ、大使[ミッキー]カンター、財務省の次官[の]と[ローレンスH]と会うための機会を持っていた[。]

サマーズ、統合参謀本部、および他のランキング役員。

「私達の課題における次は、その上議会のリーダーに手を差し出すことについての計画(私達が強化されたワシントンプログラムの1つのコンポーネントとして作るであろう機会)である」。

CFRの1999年の年次報告書、5ページはそれらの3つのゴールを述べる:

1. 世界情勢についての理解を改善することによって、そして米国外交方針のために新しいアイデアを提供することによって、付加価値を加えなさい。

2. 全国的にリーダーの専門知識と経験から利益を得るために、協議会を本当に全国的な組織に変換しなさい。

3. 外交方針リーダーと思想家の次世代を見つけて、保育しなさい。

これらは私のものではなくTHEIR言葉である。

私はこれらの事実をあなたに単に報告している。

これが秘密の組織ではないならば、なぜ彼らは、そんなに著しく、非帰し(または、あなたは話さないほうがよい)がそれらのまさしくその所有物年次報告書の中でそんなに重要であったことを20の違う方法で述べるであろうか?

さらに、あなたが、あなたが言い、することを誇っているならば、あなたは、それが一般大衆に知られることになるかどうかを気にしていない。

このコインの他の側は以下の通りである:

あなたが何か違法で、不道徳で、非倫理的で、不人気で、および/または憲法違反のことをしているならば、あなたは、それが秘密にされるとわかることに必要な何でもするであろう。

彼の本の中で、「ANGLO-AMERICAN ESTABLISHMENT」とキャロル・キグリー博士は書く。

「2月1891のある冬の午後、3人の人がロンドンでの真剣な会話に引き入れられた」。

それから、会話は全体として大英帝国のための、そして世界への最も大きな重要性のフロー結果にであった。

これらのために、人は、50年以上の間、英国の皇帝と外交方針の公式化と実行において最も重要な力の1つであることになっていた秘密結社を設立していた。

従って採用された3人の人はイギリスですでによく知られていた。

リーダーは南アフリカでセシル・ローズ、法外に裕福な帝国建設者、および最も重要な人であった。

2番目は、ウィリアムT.ステッド(日の有名で、たぶん最ももセンセーショナルなジャーナリスト)であった。

3番目は、ビクトリア女王のイーシャー卿、友人、および親友として後で知られていて、キングエドワードVIIとキングジョージVの最も有力なアドバイザーであるためにより遅れているレジナルド・ベーリオル・ブレットであった。

この重要な会話の詳細は後で試験されるであろう。

現在、私達は、3がそれらの秘密結社についての組織の計画とオリジナルのメンバーのリストを作成したことを指摘しさえすればよい。

「ヘルパーの協会」として知られるために「選ばれた者の社会」と外の円として知られるために、組織についての計画は側近グループに備えた。

選ばれた者の社会の中で、現実のパワーは、リーダーと「3の臨時政府」によって行使されることであった。

リーダーは、ロードス島であることであり、臨時政府は、ステッド、ブレット、およびアルフレッド・ミルナーであることになっていた。

「この決定に従って、ミルナーは、私達が説明したミーティングの少し後でステッドによって社会に追加された」。

- キグリー(キャロル(1910年-1977年)(ロードス島からクリヴデンまでの英米の設立))は1981年フォーカス、NY NY pgを記入する。

3

キグリーが書く操作の秘密結社のゴールと方法のうちの、「ロードス島とミルナーが捜し、彼らを達成するために、彼らが方法を望んでいたゴールは1902によってとても同様であったので、2はほとんど区別がつかない」。

両方は、英国のまわりの連邦の構造で世界ととりわけ英語圏の世界を結合することに努めた。

両方は、この目標が最もうまく共通の原因への愛着によって、そして互いへの個人的な忠実によって互いと結合された人の秘密の集団によって達成されることができたと思った。

両方は、このバンドが舞台裏で秘密の政治的で、経済の影響による、そしてジャーナリズムの、教育的で、宣伝のエージェンシーのコントロールによるそのゴールを追跡するべきであると思った… - 「キグリー(キャロル(1910年-1977年)(ロードス島からクリヴデンまでの英米の設立))は1981年フォーカス、NY NY pgを記入する」。

49

1910年-1915年の間で、秘密結社は、7つの国家の中で設立された円卓グループと呼ばれる謀議仲間の国際的なグループに発展した:

英国、南アフリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、インド、および米国。

(英国円卓は実際2月5日のイギリス、1891で作成された。)

(米国で、それは外交関係の上の協議会と呼ばれる、イギリスで、それは国際関係のための王室の研究所である、カナダ、カナダ国際問題研究所の、チリで、それはチリ人外交問題評議会であるなど。)

1920年に、秘密結社は国際関係と外交問題評議会のために研究所に発展した。

創始者の多くはアメリカの最初の諜報機関 INQUIRY に所属していた。

注 - 上記の引用文は、次にウェブサイトを持っている「円卓」によって供給された:

http://www.geocities.com/CapitolHill/2807


CFRは主流報道機関の共犯なしでそれらのゴールを達成することができなかった(それらは鉄のこぶしによってそれを完全にコントロールする)。

心理作戦(PSYOPS)を使って、彼らはこれをする。

ランド社はこのテクニックの主要なユーザーの1人である。

これははっきりと以下のインターネットメッセージによって説明される:

「多くの人々は外交問題評議会(CFR)を耳にしなかったか、どのように彼らが働くかを知らない」。

これは事故ではなく、グループはわざと控え目な姿勢を運営した。

CFRは円卓グループと呼ばれる謀議仲間の国際的なグループの枝である。

このグループは100年以上にわたって世界じゅうで世論をコントロールしていた。

統合参謀本部は心理学的な操作(心理操作)をそれら それ と定義した:

「心理戦を含み、さらに、ニュートラルな、または好都合な外国のグループで、国家目標の達成をサポートするために感情、態度、または行動を作成するために計画されて、実施されたそれらの政治的で、軍隊、経済の、そしてイデオロギーの行動を取り巻きなさい」。

「彼らの追従者を制御するか、コントロールする意志決定者のパワーに影響し、具体化することに向けられるように、」別の提案は「‘戦略的な心理作戦」’「の概念を展開する」。

アメリカ人は植民し、目標とされていて、コントロールされているグループの間にいる。

「詐欺の戦術」は形式化した心理戦テクニックである。

「詐欺の戦術」は、物質的な環境と異なる心理学的な環境を築く。

「詐欺の戦術」は、間違いの現実世界を作成するために使われる。

知覚の心理学で、「詐欺の戦術」は架空の指針を引き起こす。

行動に影響するために、詐欺は3つの基本的な規則に従わなければならない。

第一に、詐欺は「妥当」にちがいない;

第二に、ケースにおいて事実をチェックする簡単な方法が全然あってはならない;

そして、3番目で、詐欺の使用は、貴重な将来性があるかもしれないソースの評判を悪くするべきでない。

このグループを止める1つの方法は、それらとそれらのテクニックを、彼らがあやつっている人々にさらすことである。

外交問題評議会を達成するために使われた1つの「詐欺の戦術」がねらい、委員を問題の両側に置くことになっている。

別の「詐欺の戦術」は、実のところ、弁護士、立法者、および裁判官があからさまな不法行為をさらなるCFR目的に任せている時に、法律が従われているという知覚を作成するために法律、立法上で、法廷制度のCFRコントロールを使うことになっている。

3番目の「詐欺の戦術」は単に嘘インチにである。

ソース:

ラウンドテーブルのWebページ:

http://www.geocities.com/CapitolHill/2807


詐欺と上のカバーの別の素晴らしい例は本、「ケネディテープ」である。

2人のCFRメンバー(アーネストR.May、およびフィリップD.Zelikow)がたぶんジョン・F・ケネディ大統領オーディオテープのすべてを聞き、一般大衆が、知りたいと思うであろうこれらのテープの上に、出された他の重要な声明が全然なかったことを一般大衆に保証するように興味深い事実のすべてを引用しているこの本を書いた。

ここに関係している動機にあった:

(1) エリートのJFK暗殺についてプリントされるものの望みだけをプリントするためと跡からどのような他の潜在的な研究者でも投げるため(2)。

これは、数百時間のテープに録音された会話を聞く非常に厳しい仕事であった。

従って、他の研究者は、まさに、彼らがこれらのテープから興味深い事実のすべてをプリントしたという「彼らの知らせを取る」べきである。

私は、2人のnon-CFR研究者がまったく違う本を書いたであろうと疑っている。

マイケルBeschloss歴史家はオフィスの彼の時間の間にリンドン・ジョンソンによって書き写されたホワイトハウステープを聞き、「取るチャージ:」を本に手紙で知らせた。

「1963年-1964年のジョンソンホワイトハウステープ」。

この作者がまた外交問題評議会のメンバーであることは奇妙でないか?

5ページの問い合わせ(1996年)を続けて、彼の外交問題評議会本の中で述べられたピーター・グロースとして:

「彼ら(英国人)はロンドン、ニューヨークの他の一方の枝によって永久的なアングロサクソン系米国人国際問題研究所を提案した」。

CFRのための本部はニューヨーク市、ニューヨーク10021の58の東の68番目の通りに置かれたハロルドプラット家である。

不思議にも、この建物はロシア(前のソビエト)大使館からまさに通りを横切って位置する。


イルミナティ(啓蒙主義者)とCRF  その5

「終わりに、言うために、私はこれを持っている」。

あなたはたぶん、彼の、彼の選ばれた犠牲者を破滅させる意志をするために、どのようにフランケンシュタイン博士という人が怪物を作成したかの話に精通しているけれども、代わりに最後にどのように;その怪物は彼自身の創造者、フランケンシュタインに向かい、彼を破滅させた。

よく;啓蒙主義者/CFRは、アメリカ人を破滅させるために作成された「国連」(それらの少数グループ、暴動を起こしている黒人、ワシントンD.C.の反逆的なマス通信媒体、および反逆者によってサポートされる)と呼ばれる怪物を作成した。

私達はすべてその多頭のハイドロ怪物を知っていて、私達は、その怪物を作成した人々の名前を知っている。

私達はすべてのそれらの名前を知っていて、私は、ある日、アメリカ人が、完全に目覚めに来て、まさしくその怪物に、その創造者を破滅させさせるであろうと予測する。

真実である!

私達の人々の大多数はまだ私達の反逆的なプレス、テレビ、およびラジオによって、そしてワシントンD.C.の私達の反逆者によって意識改革していて、欺かれていて、惑わされている;しかし、きっと、十分に今ごろ、私達の中で必殺の有毒なガラガラヘビとしてのその装備を踏みつぶすために国連について知られている。

「私の唯一の不思議は以下の通りである:」

「何で、それは、完全な証拠に私達の人々を起こし、引き起こすために取るであろうか?」

たぶん、このレコード(記録)はそれをするであろう。

このレコード(この記録)の10万個または百万個のコピーはそれをすることができる。

私は、それがする神に苦しめている。

そして、私は、このレコード(記録)が、あなたがこの話をあなたのコミュニティのすべての誠実なアメリカ人に広げることをあなたたちのすべて促すであろうということを祈る。

あなたは、アメリカ在郷軍人会、VFW、DAR、他のすべての市民グループ、および女性のクラブのミーティングであなたの家で集まった研究グループに、それ(それを読む)をすることによってそれをすることができる;賭け金に彼らの息子人生を持っている特に女性のクラブ。

このレコード(記録)によって、私は、あなたに、怪物を破壊するであろう武器を提供した。

後生だから、私達の国の、そしてあなたの子供の、それを使いなさい!

家ですべてのアメリカ人の中にそれのコピーを入れなさい。


PART II: The Media is Silent but We Need To Know


?


Subject:? PART II: The Media is Silent but We Need To Know

Date:? Fri, 22 Feb 2002 14:34:37 -0500

From:? "Donald Stacey"
dstacey@mediaone.net


To:? Undisclosed-Recipient:@chmls05.mediaone.net;


THIS IS THE SECOND INSTALLMENT OF THE TRANSCRIPT OF MR. FAGAN'S PRESENTATION:

Myron Fagan is best known as a successful playwright. When he became aware of the efforts to launch a world government to replace the governments of the US and other countries, he wrote "Red Rainbow" in which he exposed the plot and "Thieves Paradise" in which he revealed how? a small group of men plotted to create the United Nations to be the "housing" for a so-called One World Government. At the same time, Mr. Fagan launched a "One-Man" crusade to unmask the conspiracy in Hollywood to produce films that would aid the one world government cause. In an effort to educate Americans of the danger of the movement towards one world government, he recorded his case on LP records which were distributed to individuals. This took place in the 1960's. The following is a transcript of his recording. I will present it in portions that are a few pages long to make it an easier task to read. It is a concise statement of a very complicated situation so it is well worth reading carefully. He did not make up this information. It is well documented. So why haven't you heard this before? +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++??


PART II:


- All influential people trapped into coming under the control of the Illuminati, plus the students who had been specially educated and trained, were to be used as agents and placed behind the scenes of all governments as experts and specialists so they would advise the top executives to adopt policies which would in the long-run serve the secret plans of the Illuminati one-world conspiracy and bring about the destruction of the governments and religions they were elected or appointed to serve.<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />


"Do you know how many such men operate in our government at this very time? Rusk, McNamara, Hubert Humphrey, Fulbright, Keekle, and goes on and on and on.


- Perhaps the most vital directive in Weishaupt's plan was to obtain absolute-control of the press, at that time the only mass-communications media, to distribute information to the public so that all news and information could be slanted so that the masses could be convinced that a one-world government is the only solution to our many and varied problems.


"Do you know who owns and controls our mass-communications media? I'll tell you. Practically all the movie lots in Hollywood are owned by the Lehmans; Kuhn, Loeb, and Company; Goldman-Sachs; and other internationalist bankers. All the national radio and TV channels in the nation are owned and controlled by those same internationalist bankers. The same is true of every chain of metropolitan newspapers and magazines, also of the press wire-services, such as Associated Press, United Press, International, etc.. The supposed heads of all those media are merely the fronts for the internationalist bankers, who in turn compose the hierarchy of the CFR, today's Illuminati in America.?

??

?
"Now can you understand why the Pentagon Press agent, Sylvester, so brazenly proclaimed that the government has the right to lie to the people. What he really meant was that our CFR controlled government had the power to lie to and be believed by the brain-washed American people.




パートII:

メディアは静かであるけれども、私達は、知るためにする必要がある。


日付:

金曜日に、2002年2月22日14:34:37-0500

送信者:

「ドナルド・ステイシー」dstacey@mediaone.net


フェイガンのプレゼンテーション:

マイロン・フェーガンは成功した劇作家として最もよく知られている。

彼が、米国と他の国の政府を取り替えるために世界政府をスタートする努力に気づいた時に、彼は、彼がプロットを暴露した「赤い虹」と彼が、どのように人の小集団が、いわゆる1世界政府のための「住宅」であるために国連を作成することを図ったかを明らかにした「泥棒天国」と書いた。

同時に、1つの世界政府原因を援助するであろうフィルムを製作するハリウッドでの共謀を暴露するために、フェイガンさんは単独の改革運動をスタートした。

1つの世界政府に動きの危険のアメリカ人を教育するために、個人に分配されたLPレコードに、彼は彼のケースを録音した。

これは1960年代に起こった。

以下は彼のレコーディングの記録である。

私は、読むためにそれをより容易な仕事にするために、長い間数ページである部分でそれを提出する。

それは非常に複雑な状況の簡潔なステートメントであるのでそれが十分に慎重に読む価値がある。

彼はこの情報を作らなかった。

それはよく文書化される。

従って、なぜあなたは前にこれを聞かなかったか?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

パートII:

「あなたは、そのような人がこのまさしくその時間に私達の政府の中でいくつを操作するかを知っているか?」

ラスク、マクナマラ、ヒューバート・ハンフリー、フルブライト、Keekleおよび進む。

「あなたは、誰が私達のマス通信媒体を所有しているか、そしてコントロールするかを知っているか?」

私はあなたに話す。

事実上、ハリウッドのすべての映画区域はLehmansによって持たれている;

クーン、ローブ・アンド・カンパニー;ゴールドマン・ザックス;そして他の国際主義者銀行家。

国家の中のすべての全国的なラジオとテレビのチャンネルはそれらの同じ国際主義者銀行家によって持たれていて、コントロールされる。

同じことは首都の新聞と雑誌の、AP通信、UP通信社、国際などなどのプレスワイヤサービスのもすべてのチェーンにあてはまっている。

すべてのそれらのメディアのそうと思われたトップは、次々、CFR、アメリカの今日の啓蒙主義者のヒエラルキーを構成している国際主義者銀行家のための単に正面である。

「さて、あなたはとても厚かましくも宣言されたなぜ国防総省の広報担当者、シルベスターを理解することができるので、政府は、人々に嘘を言う権利を持っている」。

彼が、私達のCFRが政府をコントロールしたことであったのを本当に意味していたものは、ほとんど停止し、脳で洗われたアメリカ人によって信じられるパワーを持っていた。





9/11テロ共謀が遠ざからない理由





FBIのエージェント、消防士、救助隊員、および技術者は2001年9月14日に米国国防総省事故現場で働いています、ハイジャックされたアメリカン航空のフライトが9月11日にビルに激突した後に。

News Magazine Current Events


FBI agents, firefighters, rescue workers and engineers work at the Pentagon crash site on September 14, 2001, after a hijacked American Airlines flight slammed into the building on September 11.


From the Magazine | Cover

Why The 9/11 Conspiracies Won't Go Away


Turns out, we need grand theories to make sense of grand events, or the world just seems too random

By LEV GROSSMAN

9/11テロ共謀が遠ざからない理由

回転アウト、私たちが大理論が壮大な出来事を理解できる必要があるか、または世界はただ無作為過ぎるBy LEVグロースマンに思えます。

Posted Sunday, Sep. 3, 2006

Take a look, if you can stand it, at video footage ofツ?the World Trade Center collapsing. Your eye will naturally jump to the top of the screen, where huge fountains of dark debris erupt out of the falling towers. But fight your natural instincts. Look farther down, at the stories that haven't collapsed yet.


In almost every clip you'll see little puffs of dust spurting out from the sides of the towers. There are two competing explanations for these puffs of dust: 1) the force of the collapsing upper floors raised the air pressure in the lower ones so dramatically that it actually blew out the windows. And 2) the towers did not collapse from the impact of two Boeing 767s and the ensuing fires. They were destroyed in a planned, controlled demolition. The dust puffs you see on film are the detonations of explosives planted there before the attacks.


People who believe the second explanation live in a very different world from those who believe the first. In world No. 2, al-Qaeda is not responsible for the destruction of the World Trade Center. The U.S. government is. The Pentagon was not hit by a commercial jet; it was hit by a cruise missile. United Flight 93 did not crash after its occupants rushed the cockpit; it was deliberately taken down by a U.S. Air Force fighter. The entire catastrophe was planned and executed by federal officials in order to provide the U.S. with a pretext for going to war in the Middle East and, by extension, as a means of consolidating and extending the power of the Bush Administration.


The population of world No. 2 is larger than you might think. A Scripps-Howard poll of 1,010 adults last month found that 36% of Americans consider it "very likely" or "somewhat likely" that government officials either allowed the attacks to be carried out or carried out the attacks themselves. Thirty-six percent adds up to a lot of people. This is not a fringe phenomenon. It is a mainstream political reality.


Although the 9/11 Truth Movement, as many conspiracy believers refer to their passion, has been largely ignored by the mainstream media, it is flourishing on the Internet. One of the most popular conspiracy videos online is Loose Change, a 90-min. blizzard of statistics, photographs, documents, eyewitness accounts and expert testimony set to a trippy hip-hop backbeat. It's designed to pick apart, point by point, the conventional narrative of what happened on Sept. 11, 2001.


For all its amateur production values--it was created by a pair of industrious twentysomethings using a laptop, pizza money and footage scavenged from the Internet--Loose Change is a compelling experience. Take the section about the attack on the Pentagon. As the film points out--and this is a tent-pole issue among 9/11 conspiracists--the crash site doesn't look right. There's not enough damage. The hole smashed in the Pentagon's outer wall was 75 ft. wide, but a Boeing 757 has a 124-ft. wingspan. Why wasn't the hole wider? Why does it look so neat?


Page 1 of 3 1 | 2
| 3
Next
>>


From the Sep. 11, 2006 issue of TIME magazine


2006年9月3日日曜日に掲示されます。

あなたがビデオフィルムでそれに耐えることができるなら、ちょっと見ますか?世界貿易センター微片。 あなたの目は自然にスクリーンの先端までジャンプするでしょう。(そこでは、暗い残骸の巨大な噴水が降下している塔から噴火します)。 しかし、生まれながらの本能と戦ってください。 まだ崩れていない話における、より遠い下であるのに見えてください。


ほとんどあらゆるクリップでは、あなたは、ほこりの小さい一吹きが塔の側面からの外にほとばしっているのを見るでしょう。 ほこりのこれらの一吹きのための2つの競争している説明があります: 1) 崩れている上階の力が非常に劇的に下側のものにおける空気圧を上げたので、それは実際に窓を吹き消しました。 そして、塔がした2は)2の衝撃からボーイング767と続く炎を潰しません。 それらは計画されて、制御された破壊で破壊されました。 あなたがフィルムで見る埃のひと塊は攻撃の前にそこに植わっている爆薬の爆発です。


2番目の説明を信じている人々が1番目を信じている人々からの非常に異なった世界に住んでいます。 世界No.2では、アルカイダが世界貿易センターの破壊に責任がありません。 米国政府はそうです。 米国国防総省は民間営業用ジェット機によって行かれませんでした; それは巡航ミサイルによって打たれました。 占有者がコックピットを急いで運んだ後に第93結合した便はクラッシュしませんでした; それは故意に米空軍のファイターによって降ろされました。 全体のカタストロフィーは、中東と拡大によるブッシュ政権のパワーを統合して、広げる手段として戦争するために口実を米国に提供するために連邦政府の役人によって計画されて、実行されました。


世界No.2の人口はあなたが思うかもしれないより大きいです。 先月の1,010人の大人達のスクリップス-ハワード投票によって、36%のアメリカ人が、役人が攻撃が実行されるのを許容したか、または攻撃自体を実行したのが、「非常にありそうである」か「いくらかありそうである」と考えるのがわかりました。 36パーセントは多くの人々を意味します。 これはフリンジ現象ではありません。 それは主流の政治情勢です。


多くの共謀信者が彼らの情熱について言及するとき、9/11テロTruth Movementは主流のメディアによって主に無視されましたが、それはインターネットに栄えています。 オンライン最もポピュラーな共謀ビデオの1つがLoose Changeである、統計、写真、ドキュメント、目撃者の証言、および鑑定の90分のブリザードはトリッピーなヒップホップbackbeatにセットしました。 それは、ばらばらにして、ポイント、従来の物語で何が2001年9月11日に起こったかを指すように設計されます。


それがインターネットから清掃されたラップトップ、ピザのお金、および場面を使用することで1組の勤勉なtwentysomethingsによって作成されたというすべてのアマチュア生産値のために、ゆるいChangeは無視できない経験です。 米国国防総省への攻撃に関するセクションを取ってください。 フィルムが外に向けられるとき(そして、これは9/11テロ陰謀者の中のテントの支柱問題です)、事故現場は右を見ません。 十分な損害がありません。 米国国防総省の外側の壁でつぶされた穴は幅75フィートでしたが、ボーイング757には、124フィートの翼幅があります。 ホールはなぜより広くはありませんでしたか? それはなぜとてもきちんとしているように見えますか?


1/3ページ1| 2 | 3 次に>


タイム誌の2006年9月11日号から


Experts will tell you that the hole was punched by the plane's fuselage, not its wings, which sheared off on impact. But then what happened to the wings? And the tail and the engines? Images of the crash site show hardly any of the wreckage you would expect from a building that's been rammed by a commercial jet. The lawn, where the plane supposedly dragged a wing on approach, is practically pristine. The plane supposedly clipped five lampposts on its way in, but the lampposts in question show surprisingly little damage. And could Hani Hanjour, the man supposedly at the controls, have executed the maneuvers that the plane performed? He failed a flight test just weeks before the attack. And Pentagon employees reported smelling cordite after the hit, the kind of high explosive a cruise missile carries.


There's something empowering about just exploring such questions. Loose Change appeals to the viewer's common sense: it tells you to forget the official explanations and the expert testimony, and trust your eyes and your brain instead. It implies that the world can be grasped by laymen without any help or interference from the talking heads. Watching Loose Change, you feel as if you are participating in the great American tradition of self-reliance and nonconformist, antiauthoritarian dissent. You're fighting the power. You're thinking different. (Conspiracists call people who follow the government line "sheeple.") "The goal of the movie was just really to get out there and show that there are alternate stories to what the mainstream media and the government will tell you," says Korey Rowe, 23, who produced the movie. "That 19 hijackers are going to completely bypass security and crash four commercial airliners in a span of two hours, with no interruption from the military forces, in the most guarded airspace in the United States and the world? That to me is a conspiracy theory."


It's also not much of a story line. As a narrative, the official story that the government--echoed by the media--is trying to sell shows an almost embarrassing lack of novelistic flair, whereas the story the conspiracy theorists tell about what happened on Sept. 11 is positively Dan Brownesque in its rich, exciting complexity. Rowe and his collaborator, Dylan Avery, 22, actually started writing Loose Change as a fictional screenplay--"loosely based around us discovering that 9/11 was an inside job," Rowe says--before they became convinced that the evidence of conspiracy was overwhelming. The Administration is certainly playing its part in the drama with admirable zeal. If we went to war to root out fictional weapons of mass destruction, is staging a fictional terrorist attack such a stretch?




専門家は、穴が翼ではなく、衝撃で離れて剪断された機機体によってパンチされたとあなたに言うでしょう。 しかし、そして、何が翼に起こりましたか? テールとエンジン? 事故現場のイメージは、あなたが、ビルからそれが民間営業用ジェット機によって激突されたと予想するのをほとんど残骸のいずれにも示します。 芝生は飛行機が接近のときに推定上翼を引きずったところで実際に初期です。 問題の街灯柱だけが、飛行機が推定上中への途中で5個の街灯柱を切り取ったのを驚いたことに小破を示します。 そして、Hani Hanjour、推定上コントロールの男性は飛行機が実行した操縦を実行することができましたか? 彼は攻撃のちょうど何週間も前に飛翔試験に失敗しました。 そして、米国国防総省の従業員は、ヒット、巡航ミサイルが乗せる高性能爆薬の種類の後にコルダイト爆薬のにおいをかぐと報告しました。


ただそのような質問を探ることに関して何か権限を与えているものがあります。 ゆるいChangeはビューアーの常識に訴えます: それは公式の説明と鑑定を忘れて、代わりにあなたの目とあなたの脳を信じるようにあなたに言います。 それは、俗人が話し手から少しも助けか干渉なしで世界を握ることができるのを含意します。 Loose Changeを見て、あなたは、独立独歩、および非国教徒の、そして、「反-権威主義的」な異議のすばらしいアメリカの伝統に参加している気がします。 あなたはパワーと戦っています。 あなたは考え異なっています。 (陰謀者は、政府線に従う人々を"sheeple"と呼びます。) 「映画の目標は、主流のメディアと政府があなたに言うことへの交互の話があるのをまさしく本当にむこうに到着して、示すことでした。」と、映画を製作した23歳のKoreyローは言います。 「19人のハイジャック犯が2時間の期間でセキュリティを完全に迂回させて、4台の民間航空機を墜落させるだろうというのが大部分で軍事力からの中断なしで合衆国と世界の領空を警備しましたか?」 「私へのそれは陰謀説です。」


また、それは大した筋ではありません。 物語として、能力をnovelisticのほとんど恥ずかしい不足に示しますが、政府(メディアによって反響される)が販売しようとしている公式の話は豊かで、おもしろい複雑さでダンBrownesqueを陰謀説を唱える人が明確に何が9月11日に起こったかに関するそうであることをする話に示します。 ローと彼の共同制作者(22歳のディラン・エーブリー)は実際に作り事の映画脚本としてLoose Changeに書き始めました--「9/11テロが内面の仕事であったと発見しながら、私たちの周りに緩く基づいています」、共謀の証拠が圧倒的であると確信するようになる前にローは言います。 確かに、政権はドラマで賞賛に値する熱意をもって本分を尽くしています。 私たちが作り事の大量破壊兵器を捜すために戦争したなら、作り事のテロ攻撃を上演するのは、そのような伸びですか?


But there's a big problem with Loose Change and with most other conspiracy theories. The more you think about them, the more you realize how much they depend on circumstantial evidence, facts without analysis or documentation, quotes taken out of context and the scattered testimony of traumatized eyewitnesses. (For what it's worth, the National Institute of Standards and Technology has published a fact sheet responding to some of the conspiracy theorists' ideas on its website, www.nist.gov.
The theories prompt small, reasonable questions that demand answers that are just too large and unreasonable to swallow. Granted, the Pentagon crash site looks odd in photographs. But if the Pentagon was hit by a cruise missile, then what happened to American Airlines Flight 77? Where did all the real, documented people on it go? Assassinated? Relocated? What about eyewitnesses who saw a plane, not a missile? And what are the chances that an operation of such size--it would surely have involved hundreds of military and civilian personnel--could be carried out without a single leak? Without leaving behind a single piece of evidence hard enough to stand up to scrutiny in a court? People, the feds just aren't that slick. Nobody is.


There are psychological explanations for why conspiracy theories are so seductive. Academics who study them argue that they meet a basic human need: to have the magnitude of any given effect be balanced by the magnitude of the cause behind it. A world in which tiny causes can have huge consequences feels scary and unreliable. Therefore a grand disaster like Sept. 11 needs a grand conspiracy behind it. "We tend to associate major events--a President or princess dying--with major causes," says Patrick Leman, a lecturer in psychology at Royal Holloway University of London, who has conducted studies on conspiracy belief. "If we think big events like a President being assassinated can happen at the hands of a minor individual, that points to the unpredictability and randomness of life and unsettles us." In that sense, the idea that there is a malevolent controlling force orchestrating global events is, in a perverse way, comforting.


You would have thought the age of conspiracy theories might have declined with the rise of digital media. The assassination of President John F. Kennedy was a private, intimate affair compared with the attack on the World Trade Center, which was witnessed by millions of bystanders and television viewers and documented by hundreds of Zapruders. You would think there was enough footage and enough forensics to get us past the grassy knoll and the magic bullet, to create a consensus reality, a single version of the truth, a single world we can all live in together.


But there is no event so plain and clear that a determined human being can't find ambiguity in it. And as divisive as they are, conspiracy theories are part of the process by which Americans deal with traumatic public events like Sept. 11. Conspiracy theories form around them like scar tissue. In a curious way, they're an American form of national mourning. They'll be with us as long as we fear lone gunmen, and feel the pain of losses like the one we suffered on Sept. 11, and as long as the past, even the immediate past, is ultimately unknowable. That is to say, forever.


しかし、Loose Changeと他のほとんどの陰謀説がある重要な問題があります。 さらにそれらについて考えれば考えるほど、あなたは、彼らが情況証拠、分析もドキュメンテーションのない事実、状況を離れて取られた見積り、および傷つけられた目撃証人の点在している証言にどれほど依存するかをさらにわかります。 それは何の価値があるかに関しては、標準・技術院が理論が、ちょうど大き過ぎて、無理な答えを要求する小さくて、妥当な質問が飲み込むようにうながすウェブサイト(www.nist.gov
)で陰謀説を唱える人の考えのいくつかに応じるデータ表を発行しました。与えて、米国国防総省事故現場は写真で変に見えます。(しかし、米国国防総省がそうであったなら、巡航ミサイルのそばで当たってください; だれもそうではありません。次に、第77アメリカン航空便はどうなりましたか?碁?Assassinated?Relocated?Whereはすべての本物をして、それの記録された人々はaがa法廷?Peopleに精査まで立つほど一生懸命、連邦政府の役人がただそんなになめらかでないという証拠のただ一つの断片を後に残しながらaミサイル?Andでないa単一の漏出?Withoutなしで確実に何百人もの軍事の、そして、民間である人員にかかわっただろうというそのようなサイズの操作を実行することができたという可能性であるものを平らにするのを見た目撃証人の周りのWhatです;


陰謀説がとても色っぽい理由の心理学的な説明があります。 彼らを研究するアカデミー会員は、彼らが基本的な人間の需要を満たすと主張します: 効果をいずれの大きさに与えさせるには、原因の大きさで、それの後ろでバランスをとってください。 小さい原因が巨大な結果を持つことができる世界は怖く頼り無く感じられます。 したがって、9月11日のような壮大な災害はそれの後ろで壮大な共謀を必要とします。 「私たちは、主要な出来事を関連づける傾向があります--主要な原因で死ぬ社長か姫」と、パトリックLeman、講師は共謀信念に関する研究を行ったロンドンのロイヤルホロウェイ大学の心理学で言います。 「暗殺されている社長が未成年の個人の手で起こることができるように私たちが大きい出来事を考えるなら、それは、人生の予測不可能性と偶発性を示して、私たちを乱します。」 その意味で、グローバルな出来事を調整する意地の悪い制御力があるという考えはへそ曲がりな方法で慰めています。


あなたは、デジタルメディアの上昇に応じて陰謀説の時代が低下したかもしれないと思ったでしょう。 ジョン F. ケネディ大統領の暗殺は何百万人もの傍観者とテレビ視聴者によって目撃された世界貿易センターへの攻撃と比較されて、何百Zaprudersによって記録された個人的で、親密な事でした。 あなたは、私たちを草深い小山と特効薬に通り抜けさせることができるくらいの場面と弁論術がコンセンサス現実のものを作成することができるくらいあったと思うでしょう、真実のただ一つのバージョン、私たちが皆、一緒に住むことができるただ一つの世界。


しかし、断固とした人間がそれであいまいさを見つけることができないくらい明瞭で明確などんな出来事もありません。 そして、それらは分析的ですが、陰謀説はアメリカ人が9月11日のような外傷性の公共の出来事に対処する過程の一部です。 陰謀説は瘢痕組織のようにそれらの周りで形成されます。 好奇心の強い方法で、それらはアメリカの形式の国家の悲しみです。 私たちがひとりのガンマンを恐れて、損失の痛みが私たちが受けたのが9月11日に好きであり、過去(即座の過去さえ)が結局不可知であるときに同じくらい長い間好きであると感じる限り、彼らは私たちと共にいるでしょう。 すなわち、いつまでも。




死んだはずだよお富さん(アタ)、生きていたとはお釈迦様でも知るめい・。

below: Image from Jet port gas station video. This was supposedly taken on Sept 10 2001

Clearly, it says 11-10-01 (November). Did someone fudge the photo, or is ATTA still alive ?


This was not a camera mis-date. November 10 (11-10-01) does NOT fall on a MONDAY.

picture clearly states MON

下:

ジェットポートガソリンスタンドビデオからイメージしなさい。

これはたぶんはっきりと2001年9月10日に取られたとそれは11-10-01(11月)で言う。

誰かが写真をごまかしたか?または、アタはまだ生きているか?

これはカメラ誤日付ではなかった。

11月10日(11-10-01)はMONDAYにあたらない。

写真ははっきりとMONを述べる。


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR