FC2ブログ

真珠湾の詐欺

PEARL HARBOR

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER



真珠湾の詐欺


太平洋の劇場で、第二次世界大戦のスタートの合図は実際数年前に始めました。

スタンダードオイルの灯油価格が高すぎたので、中国は、日本がいくつかの省のオイルのためにドリルで穴を開けることを可能にしました。

中国政府の接触で、スタンダードオイルは、だれでも穴をあけるのを妨げることができるでしょう、日本人が来て、巨大な分野を開発するまで。 スタンダードオイルはそれらを押し出しましたが、日本人は、戻ると誓いました、彼らが彼らの油の投資を取り戻すために中国を差押えると言うのと同じくらい遠くに行きさえして。


日本人が1930年代に中国に侵入したとき、彼らの最初の行為の1つはスタンダードオイルの特権を破壊することでした、彼らが彼らの追放に原因となったので。

1931年に、取り引きをするために、ヘンリーL.スティムソン(国務長官(ロックフェラー弁護士とエージェント))は啓蒙主義者のためにハーバート・フーバー大統領と出会いました。

フーバーが、日本に宣戦布告し、スタンダードオイル特権を保護するために軍隊を送り込むならば、国際銀行家は、不況を終えると約束しました。

フーバーが、多くの場合に銀行家を適応させても、これは、彼が断った1件の取り引きでした。

従って、ジョージアのウォーム・スプリングズで彼の博愛の操作のため彼らに恩を受けていたフランクリン・ルーズベルト(彼の家系図の中に1ダースU. S.大統領を持っています)知事に、スティムソンはアイデアを売り込みました。

ルーズベルトは1882年においてハイドパーク、ニューヨークで誕生しました。

彼はハーバードを卒業し、コロンビア・ロー・スクールから法律程度を受け取り、1910年に、ニューヨーク州上院(1912年に再び選ばれます)に選ばれました。

彼はCol.家からのオーダーの上で1913年にウィルソンによって海軍の次官補に任命されました。

議会伝記作家アーサーD.ホーデン・スミスによると、Col.議会は1920年の大統領選挙の中「信頼できる政治家・」.「ずっと前ででも自然な大統領候補としてルーズベルトを選び」、ルーズベルトはジェームズ・コックスの副大統領候補であったけれども、民主主義のチームはウィルソン政権の誤りに苦しみ、みじめに、ハーディング・クーリッジに負けました。

ルーズベルトは後でニューヨークの2期の知事になりました。

シカゴ(そこで、ルーズベルトは党の指名された人になりました)の1932年の民主党の大会の後で、彼は彼のマサチューセッツ家でCol.家と出会いました。

家は1938年に別の伝記作家、チャールズ・シーモアに話しました:

「私は、ルーズベルトを指名した動きに近かった…」

彼は助言している(国務長官、コーデル)ハルの中で私に自由裁量を与えました。

「すべての大使は頻繁に私に報告しました」。

彼を選ばせるために、啓蒙主義者はすべてのそれらの政治権力をルーズベルトの後ろに置き、1940年に、彼が共和党員であっても、ルーズベルトはスティムソン(CFRメンバー)を陸軍長官のポストに任命しました。

75歳であった彼は、ルーズベルトの役割が、別のウィルソンアドバイザー、バーナード・バルーク〈ルーズベルトと銀行家の間の連絡になった〉により満たされた『第二の我。』になりませんでした。

FDRのおじ、フレデリック・デラノは連邦準備制度理事会のメンバーであり、1925年に、国際連盟委員会の会長になりました。

1934年に、彼は国家資源局の会長として任命されて、1936年に、リッチモンド、バージニアで連邦準備銀行の会長になりました。

ルーズベルトは32級メーソン、テンプル騎士団員、および神社のメンバーでした。

彼が、社会主義者クリントンB.ルーズベルト、彼が世界政府についての計画を明らかにした自然法において政府設立の科学を書いたニューヨーク議員により持たれていることと下降する直接的。

クリントン・ルーズベルトとホラス・グリーリー(ニューヨークトリビューンとニューヨーカーの雑誌の創立者とオーナー)は社会工学の研究のパイオニアでした。

エンパイア・ステートのメーソン(ニューヨークのグランド・ロッジの公式な出版)の1953年2月の版において、1世界政府がかつて発生したならば、FDRがクレジットの多くを得るべきであるという主張はされました。

veterans)? 保持フランクリンルーズベルト 囚人 、および除去 もし独裁権においてそれらの操り人形として勤務するのの彼による断り彼 彼らが、課すことを計画したこととcontrol."バトラーが、プロットを暴露することを選んだこと、リードにおいて たぶん彼の愛国心による 。

または、彼が、ルーズベルトが国家的緊急事態の間独裁権を課すことであったそれらの真の目的を認めていたので政府が完全なコントロールを取ることができたので、それでした。

バトラーは言ったこととしてレコードの上にいます:

「戦争は主として金銭問題でした」。

「銀行家はお金を外国に貸し、彼らが返すことができない時に、大統領は、それを得るために、海兵隊員を行かせます」。

計画された反乱が具体化しなかった時に、他の計画は展開されました。

フランシス・パーキンズ、労働省長官は報告しました:

「初閣議で、その後、大統領は1933年、ルーズベルト、バーナード・バルークへの財政家、およびアドバイザーに就任し、米国復興局の頭になることになっていたバルークの友人、ヒュー・ジョンソン将軍はキャビネットの各メンバーのためにジェンティーレ、イタリアの極右の理論家の本のコピーに加わり、私達すべては注意してそれを読みました。」未来計画は、政府が革命なしでファシズムと政府統制に動くことを要求しました。

彼らは、最もよい方法が戦争とジム・ファーリー、ルーズベルトの郵政公社総裁を通り抜けていたと決めたとそれは1933年に2番目の閣議の間に言いました:

「新しい大統領は再び日本の戦争の可能性に向きました」と将軍ジョンソンは書きました:

「私は、ルーズベルトさんが選ばれる(1940年に)ならば、彼が最初の機会で私達を戦争に引きずり込むであろうし、どれも出席しないならば、彼が進むであろうということを確信しないどのよく知らせられたワシントンのオブザーバーもを知っていません」。

ルーズベルトは、インドシナから引き戻す日本だけでなく中国(満州)も望んでいました。

彼の要求を実施するために、彼はこの国にすべての日本の資産を凍結し、1911年の通商条約をキャンセルしました。

彼はそれらの燃料供給品を切らせて、出入港禁止命令を、それらの軍隊に必要であった11個の原料に置きました。

1939年12月に、これは軽いスチールに拡張されました。

イギリスで、ウィンストン・チャーチルと後で、オランダ政府はそれにならいました。

ハーバート・フーバー前大統領は様々な政治的なマニピュレーションを観察し、1941年8月に言いました:

「アメリカ人は、議会が宣戦布告なしの戦争の中に米国のステップ・バイ・ステップの投射をやめさせたことをあくまで要求するべきです…」

1940年9月28日に、日本、ドイツ、およびイタリアは三国間条約にサインしました(それは、3のいくつかが攻撃されたならば、すべて3カ国が、反応する必要があったことを言明しました)。

従って、日本が米国を攻撃し、米国が日本に対して宣戦布告するならば、それらはまたドイツとイタリアとの戦争にあるでしょう。

1940年10月に、日本を、明白な戦争行為を行うことに駆り立てるFDRの戦略の一部は、アメリカの太平洋の群団をカリフォルニアの外に移動させて、それを真珠湾で固定させることになっていました。

ジェームズ・リチャードソン提督(太平洋艦隊の司令官)は、危険な所に群団を置くことへの彼の強い反対をルーズベルトに表現しました。

彼は彼の指揮者の地位を解かれました。

リチャードソンは後で、ルーズベルトが言うことを引用しました:

「よりすぐまたは後で、日本人は米国に対して明白な行動を取るであろうし、国家は、快く戦争に入ることにでしょう」。

ルーズベルトとチャーチルは、すでに、アメリカを、ヨーロッパで戦争に入らせる計画に取り組んでいました。

進行中でした。

軍備の状態に入るように日本人に勧めるために、ジョセフC.Grewは日本に米国の大使として彼のポストを使いました。

それらはニューヨークの6番目の大通りエレベーター鉄道全体からの出荷されたスチールスクラップでした。

太平洋問題調査会は、200万ドルの補助金を通して、日本人が米国で打ち返すことを説得するのを手伝うことになっていた共産主義のスパイに出資しました。

それ以来、攻撃が、それが、あると主張された驚きではなかったことは常識になっています。

1941年1月27日に、以下を報告するために、Grewは国務長官に電報を打ちました:

「ペルー人大臣は、彼が日本のソースを含む多くのソースから、米国と日本の間で突発することにおける場合に、日本人が、真珠湾に対して攻撃させるつもりであったと耳にしたことを私のスタッフのメンバーに知らせました」.(ソース:米国、国務省、出版1983、平和、および戦争:米国外交方針、1931年-1941年、ワシントンD.C.:米国、政府印刷局、1943年、ページ617-618)

1941年8月に、マーティンDies下院議員(非アメリカ活動についての国家委員会の会長)は、日本人が、真珠湾を攻撃するために計画していた証拠を収集しました。

はっきりと、真珠湾を攻撃するそれらの計画を示した日本帝国軍事情報部部門によって準備されて、委員会は戦略地図を所有しています。

Diesは、彼の情報を公開しないように命じられました。

極東の軍隊諜報部員は、真珠湾攻撃についての、そして攻撃に先がけて計画が3つの別個のメッセージを計画を詳説するワシントンに送ったと気づきました。

ソビエト連邦エージェント リヒャルト・ゾルゲはロシア政府に、「日本人は、次の60日で真珠湾を攻撃するつもりです」と1941年10月に言い、情報がルーズベルト大統領の上に手渡された彼の上司から、反応を受けました。

ダスコ・ポポフ、英国の二重スパイは日本の計画についてのドイツからの情報を受け取り、ワシントンの上に情報を通過しました。

それは決して従われませんでした。

早くも1944年、大統領候補(ニューヨーク知事トーマスE.デューイ)は、それが起こる前に、ルーズベルトが真珠湾への攻撃を知っていると言いました。

1981年に国家安全保障局によって機密種別からはずされた文書の中で、アメリカは日本人の青色で(外交的です)、紫色の(海軍)秘密のコードを壊し、攻撃のすべての詳細と日本の群団の所在を知っていました。

1941年9月から、攻撃自身まで、すべての日本の通信はアメリカ・インテリジェンスによって傍受されて、記録されて、真珠湾への差し迫った攻撃を示しました。

1つのトランスミッション に含まれている日本の要点ウェーブステーションで放送された偽造の天気予報 言葉“higashi kaze ame”「どの 方法 」東風 雨 、すでにアメリカ人が知っていたことが、米国との戦争のための日本語のコードでした。

トップ軍幹部は、「風」メッセージが存在していて、その受け取りのすべての形跡を消すことを試みたことを否定しました。

1941年11月に遅く、以下のオーダーはすべての米国の軍事司令官に発せられました:

陸軍長官スティムソンに従って、「日本が最初の明白な行動を取るという米国要望」.このオーダーは直接ルーズベルトから来ました。

スティムソンの日記によると、戦時内閣、すべての軍隊の人々中の9人の人々が「挑発のFDRの計画」を知っていました。

国務省は、最も大きな日本の航空母艦の含まれた4つがハワイに率いていた海軍とこの情報が11月27日に真珠湾に手渡されたと11月20日に知っていました。

しかし、ハワイのアメリカベースはこの情報を与えられませんでした。

攻撃の3日前に、オーストラリアインテリジェンスはハワイに向かっている日本の群団を見分けました。

彼らは警告をワシントンに送ったけれども、それは、それが共和党員によって流された政治的に動機づけられた噂であると言ったルーズベルトによって退けられました。

1941年12月1日に、米国海軍知能の極東部門の責任者は太平洋艦隊の頭への彼のリポートを書き込みました:

「米国と日本の間の戦争は最も近い将来から始まるでしょう」(それが‘偶然’彼の上司によって足止めされたので司令官の机に決してそれにされなかったリポート)。

12月に早く、軍隊インテリジェンスは、ワシントンの日本大使館の外交官が、すべてのコードを破壊し、日本に戻るように命じられたと知っていました。

ワシントンはまた、それらが、戦争のために兵士と供給品を輸送することが必要であろうので、日本が国家でその商船のすべてをオーダーしたと知っていました。

12月5日に、彼が受け取った情報に基づいて、米軍通信からのCol. Sadtlerは以下の電報を彼の上司に送りました:

「日本との戦争は直ちに始まるでしょう;」

「2番目のポート・アーサーのすべての可能性を除きます」.この電報は決してその目的地に到着しませんでした。

1932年に、アメリカ海軍は、それが、それを検出することができずに60マイルの向こうからの攻撃に無防備であったことを示した真珠湾でのテストを実施しました。

それらに戦争のために不適切に人員を配置したので、そしてエリアが露出しすぎたので、J. O.リチャードソン提督(太平洋艦隊のチーフの司令官)は米国の西海岸に引っ込まれた群団を望んでいました。

それはされませんでした。

1941年1月に、リチャードソンは彼の指揮者の地位を解かれました。

ルーズベルトが彼に、反応の中にそれらを怒らすために日本のまわりで海上封鎖を作成してほしかったので米国が宣戦布告することができたことは後で明らかにされました。

彼は、それが戦争行為であったと言って、それをすることを断りました。

さらに真珠湾のベースのセキュリティ弱さを知り、急迫についての前の知識を持つことは攻撃し、ルーズベルトは、彼がアンソニー・ヒルダーとのインタビューにおいて、‘サボタージュの行為。’少将ロバートA. Theobold、USN、Retired、真珠湾の最終的な秘密の作者、およびCol.カーティスB.ドール、FDRの女婿からそれらを保護したかったと主張したので、飛行機をそれに命じることによる虐殺が、それらのプロペラが中に直面する状態で円の中でグループにされると保証していました。

彼のワシントン、認められたその軍事的指導者のために、それが起こる前に、彼らは真珠湾攻撃を知っていました。

Theobold(真珠湾のすべての破壊者の司令官)は、それが起こる21時間前に、ルーズベルトが攻撃を知っていると彼の本の中で言いました。

そう、彼らがバックギアを持っていなかったことによる、彼らが円を出て、空中の上づらくそれを作られる、航空機のこのポジショニングの結果。

Theoboldは書きました:

「真珠湾の真実の履歴の中の明白な事実は、極めて重要な軍隊の情報をキンメル提督とウォルターのC.Short(海軍と軍隊は真珠湾で命じます)将軍からの繰り返された源泉徴収税です…」

「司令官が、彼の国が数時間以内に戦争中にあるであろうし、彼の力がおそらく日の出で攻撃の最初のオブジェクトになるであろうということを知らせられなかった時に、歴史において一度もケースがあったことがありません」。

Theoboldはまた、キンメル提督に日本の事実上の宣戦布告を明らかにしなかったハロルド・スターク(ワシントンの海軍本部の頭)提督の証拠を引用し、マーシャルがStarkより位が高くなかったので、彼が、ルーズベルトに関して、「より高い権限」からのオーダーに従っていると言いました。

マーシャルは単に12月4日のルーズベルト指令を手渡しました(それは、それがマーシャルによってきれいにされない限り、どの通信も真珠湾に送られることができなかったと伝えていました)。

1941年11月26日に、ルーズベルトは、日本人がすべての彼らの軍を撤収することを強く主張して最後通牒を送りました。

ジョセフGrew(CFRメンバーとロックフェラーエージェント)、日本への大使が、そのようなミーティングが日本人との戦争を防止するであろうと言っても、彼はプリンスKonoye、日本総理大臣とのどのような交渉でも断りました。

「紫色のコード」において暗号化された東京から日本の大使館までの日本の反応は海軍によって傍受されて、12月6日の夕方デコードされて、ルーズベルトにされました。

13ポイントコミュニケは明らかにし、経済制裁の強烈なプレッシャーのため、米国との外交関係が12月7日日曜日に午後1:00の東部標準時に終わっていました。

あらゆる点で、これは宣戦布告であり、それを読むとすぐに、ルーズベルトは言いました:

「この戦争方法」.それは真珠湾コマンドの上に通過されなく、攻撃が始まったのはその時間でした。

FDRが、日本を、最初の血を流させることに駆り立てている間、彼は彼の1940年の有名なキャンペーンステートメントの中でアメリカの一般大衆に話しました:

「私があなた、母、および父と話している間、私はあなたにあと1つの保証を与えます」。

私は前にこれを言い、私は何度も、再びそれを言います:

「あなたの少年は、どのような対外戦争にも追いやられようとしていません」(彼が、そのとき私達が攻撃されない限り戦争するために私達の少年に送らないであろうと後で言った)。

アーサー・マッカラム海軍少佐はワシントンの海軍知能のために働き、FDRのために通信ルーティング役員でした。

すべての傍受された日本語のメッセージは、ルーズベルトにその時それらを発送するであろうマッカラムに行くでしょう。

1940年10月に、彼は、日本人を、真珠湾で攻撃することに駆り立てることについてのFDRの計画のための基礎を含んでいたメモを書きました。

それはルーズベルトの最も親密なアドバイザーの2人に与えられました。

覚書は、日本とアメリカが戦争になっていたのが必然的であったという、そしてドイツが、アメリカのセキュリティへの脅威になろうとしていたという彼の意見を明らかにしました。

彼は、アメリカ人が、戦争に行く必要があると言ったけれども、彼はまた、世論がそれに対してであったと理解していました。

従って、世論は、動かされる必要があり、日本は、それを刺激して、アメリカを攻撃することを強いられる必要がありました。

アメリカが、それらを、私達を攻撃することに最終的に駆り立てて、日本を私達により敵対的にするためにするべきである事のために、彼は8つの具体的な提案を名付けました。

それは戦争の準備の後ろに国を結集するでしょう。

彼が日本で生まれて、育ったので、彼は、彼が日本のメンタリティを理解していると言い、どのようにそれらが反応するであろうかを知っていました。

これは、太平洋艦隊をハワイに移動させて、出入港禁止命令によって日本の経済の多くを殺すのを含みました。

マッカラムは言いました:

「あなたがこれらの方針を採用するならば、日本は明白な戦争行為を行うでしょう」全然、FDRが実際このメモを見たという証拠ではなく、彼は、マッカラムのポイントのすべての8つを実施するのを最終的にしました。

管理は、1941年に、日本の海軍士官が偽名の下でホノルルの日本の領事館で働いていたと気づきました。

彼らは彼について行き、日本に彼のメッセージを傍受しはじめました(それは、日本人が攻撃のために時刻表を開発し、プロットを爆撃しさえすることを可能にしました)。

彼らは決して彼を止めなく、それは、日本人が私達への攻撃に心構えをすることを可能にしました。

海軍元師ハルゼーは書きました:

「私達の知能データはフィリピンまたはオランダ領東インド諸島への日本によるありそうな攻撃について話しました」。

真珠湾が議論から除外されなかったけれども、私達に中継されたすべては攻撃の他のオブジェクトを示しました。

「私達が、日本人が、真珠湾(傍受されたリポートによって明らかにされます)の私達の軍艦の正確な位置とムーブメントについての詳細情報を継続的に収集していたと知っていたならば、私達は自然に、私達の努力を、真珠湾への攻撃をはねつける準備に集中したでしょう」。

陸軍長官ヘンリーL.スティムソンは、1941年11月25日にルーズベルト政権を経験した後に、彼の日記を書き込みました:

「議論はまわりで、どのように私達が、自身をあまりにも大変な危険にさらさない間に最初の弾丸を発射することを日本人に強制するために演習するべきであるかでした;」

「これは難しい仕事になるでしょう」。

Husband E.キンメル提督は彼の回想録を書き込みました:

「どの警告もハワイ諸島に送られないことはルーズベルトの計画の一部でした」。

意図的に、真珠湾で私達の軍隊に知らせなかったワシントンの私達のリーダーはどのような点でも正当であることができません。

真珠湾コマンドは、日本大使に配達された1941年11月26日のアメリカ注について、どれが事実上さらに交渉を除いたか、そして必然的な太平洋で戦争したかを全く知らせられませんでした。

「ハワイ諸島の軍隊と海軍コマンドは、6番目の上のワシントンの関係者と12月、1941の7日に転送された傍受されて、判読された日本の電報についてのヒントを受け取りませんでした」。

太平洋艦隊は9つの戦艦、3隻の航空機巡洋艦、およびいくつかのより小さな船から成りました。

ルーズベルトが、それらが海で戦争のために必要であろうと知っていたので、航空母艦とより小さく、よりモバイルの船は攻撃に先がけて始動しました。

11月28日に、海軍元帥ウィリアムF.ハルゼー(キンメルの指揮の下)は運送人Enterprise、3人の重い破壊者、および9人の小さな破壊者とウエーク島に帆走しました;

そして、12月5日に、レキシントン、3つの重巡洋艦、および5隻の駆逐艦はミッドウェイに送られて、サラトガは太平洋の沿岸に行きました。

それらが第一次世界大戦の間に、そしてに先がけて生産されたので、他の戦艦はなくても済むと考えられて、古く、時代遅れであるとみなされました。

それらは、犠牲にされることになっていました。

[および、船員は消耗でした。]

1941年12月7日に、彼らが元々、するつもりであった時に、ロシアを攻撃する代わりに、日本人は真珠湾で米国群団を攻撃しました。

‘奇襲’はルーズベルトに、日本に対してアメリカの軍事力の完全な力を向ける理由を与えました。

次の日、ルーズベルトは議会に、日本に宣戦布告するように頼みました:

真珠湾への攻撃は2,341人のアメリカ兵士の死を招くことになり、あと2,233は傷ついたか、行方不明でした。8つの戦艦、2隻の駆逐艦、2つの支隊掃海艇を含む18隻の船が沈むか、重く破損しました;

そして、177機の飛行機が破壊されました。

国で反日感情を作成し、日本に対するアメリカ行動を正当化するだけこれのすべて。

ワシントンのジョージC.マーシャル(米国陸軍の最高指令官)将軍とハロルドR.Stark(アメリカ海軍の最高指令官)提督は、ハワイベースがとても多くの傍受された日本語のメッセージを受け取ったので、別のものはそれらを混乱させたであろうので、攻撃についてのメッセージがキンメルと要点に転送されなかったと証言しました。

真実において、彼が、何も攻撃を妨げることを必要としていなかったので、マーシャルは15時間の間情報に座っていました。

攻撃が始まった後に、メッセージは送られました。

1944年の内部の陸軍と海軍の問い合わせは義務のキンメルと短い遺棄物を見つけたけれども、真実は一般大衆に明らかにされませんでした。

太平洋艦隊から約100個の軍艦を送られて、催された11月23日、キンメルの攻撃の2週間前に、そうであると判明したもの、日本正確な位置は、それらの攻撃をスタートすることを計画しました。

疑いなく、彼は、奇襲の可能性を防止すると考えていました。

管理が彼の行動を知った時に、彼は、「状況を複雑にします」について批判されました。

攻撃の11日後に、最高裁判所裁判官オーウェン・ロバーツによって主宰されたロバーツ委員会は、公開審議を許されなく、公然と破滅し、退職することを強制されたキンメルと要点をスケープゴートにしました。

要点は1949年に死に、キンメルは1968年に死にました。

ロバーツ委員会を反復した共同の議会上院の調査は8回の調査の中で最も信じられなかった。

マーシャルとStark両方は、彼らが、宣戦布告が入った夜、彼らがどこにいたかを思い出すことができなかったと証言しました。

フランク・ノックス、海軍長官の仲の良い友人は後で、爆撃が始まるのを待って、硬直しているノックスとマーシャルがホワイトハウスでルーズベルトとのその夜のほとんどを過ごすので彼らが戦争に入ることができたと言いました。

ジョン・トーランド歴史家によると、マーシャルは彼の一番上の役員に話しました:

「紳士、これは私達と墓に行きます」。

1995年に、国防総省研究は、「ワシントンの陸軍と海軍の役員は、…、戦争の切迫の重要な確認を与えた傍受された日本の外交の通信に内々関与していました」と断定しました。

詐欺のまるまる範囲は偽りの本日の出版と一緒に最前線に来ました:

ロバートB.Stinnett(第二次世界大戦中に太平洋で勤務していた辞めたオークランド・トリビューン写真家)によるFDRと真珠湾についての真実。

退職の後に、前のアメリカ軍隊の通信人員にインタビューし、国家安全保障局に情報要求の自由を提出することによって、彼は彼の調査を開始しました。

17年の間、日本人から傍受された以前に分類されたメッセージのボリュームを通して、彼は拾いました。

Stinnettは、1941年11月25日に、日本の提督ヤマモトがラジオメッセージを、真珠湾を攻撃するために使われるであろう軍艦のグループに派遣したと気づきました。

それは部分で読みました:

11月17日から25番目まで、「そのムーブメントを厳密に秘密にしていて、終わりが潜水艦と航空機を警戒し、ハワイ水域の中に進むこととし、交戦状態のまさしくそのオープニングに、ハワイで米国群団の主力を攻撃し、致命的な打撃をそれに与えることとすると主張しているタスク・フォース」.、アメリカ海軍は、ヤマモトが彼のキャリアに送った83のメッセージを傍受しました。

この真珠湾シナリオはアメリカ戦艦‘メーン’の繰り返しでした(それは、1898においてハバナのポートの中のスペイン鉱山による、‘沈められます’でした)。

「メーンを覚えます」の結集叫び声は、スペインで私達が宣戦布告するのを正当化するようにアメリカの反スペインのヒステリーの上で動くために用いられました。

数年後、船が試験された時に、殻が船の中から爆発によって爆破されたことは設立されました。

第二次世界大戦は啓蒙主義者のためにそう何を遂行しましたか?

日本人が、1945年2月に降服する心構えをする状態で、戦争は、放火の原子爆弾の破壊的な空襲によって日本の工業地域の多くを破壊するために延長しました。

これは、グラウンドが、啓蒙主義者が新産業によって日本を改造するのでそれらが、アメリカ市場に安い商品をあふれさせるために安い労働力を使うことができたようにきれいにされることを可能にしました。

これは、米国を、それよりもっと、生み出されて、作成する失業と財政的不安定を消費した国家に変えるでしょう。

ヨーロッパ正面の上で以前に述べられるように、戦争は、ロシア人が国連のために方法で舗装された東ヨーロッパ、促進された共産主義のコントロールとイスラエルの国家の作成を得ることを可能にしました。

約4000億ドルのコストで、戦争は2200億ドルまで私達の国債を上げて、私達をより深く啓蒙主義者の国際銀行家の手中に駆り立てました。

この衝突に関係しているすべての繁雑な角度のため、第二次世界大戦がたぶんアメリカの歴史において最も高価なイベントであったと言うことは控えめな表現ではないでしょう。

私達は勝ったかもしれないけれども、長い目で見れば、私達は負けました。


CFRとブルッキングズ研究所

CFR AND THE BROOKINGS INSTITUTE

CFRとそれらのゴール




CFRの「1980のプロジェクト」は国際的な秩序の上の会議用の研究グループから発展しました(それは1971年-73年から始まりました)。

彼らは、彼らが戦争&平和の研究によって収めた成功を複写することに努めて、グローバルな強調を持つであろう新しい政治と経済システムを作成して、彼らの集中は、オンであることでした。

独立の管理と呼ばれるリポートの中でミリアムキャンプ(協議会を計画している国務省のPolicyの前の副会長)はグループの議論を記録しました(それは、「私達が、物をひじでつつくために捜しているべきである種類の国際的なシステム」を要求していました)。

1973年の秋に、1980のプロジェクトは開始されて、それを適応させるために、CFRスタッフは拡大されて、フォード、リリー、メロン、およびロックフェラー財団からの補助金の中の130万ドルを含めて、追加の資金は集めました。

調整委員会はフルタイムのスタッフと14人がいます。;

プラスの12はそれぞれ20人のメンバーが集められた;

プロジェクトにコンサルタントとして行動した他のエキスパートとアドバイザーに加えて。

リポートのいくつかが産出しました:

減るグローバルな不公平、分担するグローバルな資源、および強化するグローバルな人権。

本は、スタンレー・ホフマン(プロジェクトに参加しているチーフ)は、彼が、プロジェクトの「違法な子孫」であると言った第一または世界秩序を呼んだと1978年に書きました。

基本的に、それはプロジェクトの仕事の要約であり、ベストが外交方針成功のためにやってみると断定し、「世界オーダーポリシー」を採用することになっていました。

ジミー・カーターが1976年に大統領任期に選ばれた時に、新政権で役立つために、サイラス・ヴァンス、マイケル・ブルーメンタール、マーシャル・シュルマン、およびポールWarnkeなどのプロジェクトの最も強力なサポーターのいくつかがホワイトハウスに行きました。

1979年に、プロジェクトは非現実的すぎるためにやめられました(それが、それがあまりにもすぐその種類の話のためであったのを意味していました)。

それらは、年次報告書が、その極秘扱いに付かないメンバーが彼らのメンバーシップから1966年をほのめかされることができることを述べた半秘密の組織と考えられます。

全国レベルの上で、経済諮問委員会と巡礼者社会は、国際的なレベルの間に、CFRの側近グループを結成するグループであり、それはBilderbergersです。

1950年2月17日にCFRのジェームズP.ワールブルク(銀行家、エコノミスト、FDRの専門委員会のメンバー、およびポールM.ワールブルクの息子)に上院上院外務委員会は言いました:

「私達がそれが好きであるかどうかにかかわらず、私達は世界政府を持ちます」。

「唯一の問題は、世界政府が征服または同意によって達成されるであろうかどうかです」。

シカゴ・トリビューンは、1950年12月9日の論説をプリントしました:

「協議会のメンバーはコミュニティで平均よりずっと多くの影響力の人です」。

彼らは、それらの富、それらの社会的地位、およびそれらの教育が、破産と軍隊の破壊に彼らの国を導くために彼らに与えた名声を使いました。

彼らはそれらのおかげで見るべきです。

それら?に血があること 最後の戦争の乾燥した血 、および現在のものの新鮮な血。」

それらは一度調査されているだけで、CFRが、「本質において」、「米国政府」.The委員会「のエージェンシー」が、それらの指令が、「globalisticな概念を促進する圧倒的な時」向けられたと気づいたことであると言った非課税財団(リース委員会)を調査する特別な家委員会によって、それは1954年にでした。

1958年7月のハープ奏者の雑誌記事は言いました:

「これらの(CFR)グループで最も強力な派閥は共通に1つの目的を持っています:」

彼らは、主権の引き渡しと彼らが、増加ビジネスにおいてたぶん国境と人種と民族の義理を終えて、世界平和を保証してほしい米国の国の独立を引き起こしたいと思っています。

彼らが努力するものは必然的に独裁権と人々による自由の損失をもたらすでしょう。

「CFRは、‘武装解除を促進する目的と全能の1世界政府の中への米国主権と国の独立の水没’のために設立されました」。

1961年9月1日に、クリスチャン・サイエンス・モニターは以下のステートメントをプリントしました:

「国家として私達の運命を誘導する設立のその部分のために、CFRのディレクターは一種の最高会議幹部会を作ります」。

1961年12月23日に、エディス・カーミット・ルーズベルト(セオドアローズヴェルト大統領の孫娘)コラムニストは、CFR方針「好意(国連」.研究者ダン・スムート、前のFBI従業員「への米国主権の…ゆるやかな引き渡し」)が、それらのゴールが、「1世界社会主義体制を作成し、米国をそれの公式な一部にするため」であると伝えていたというインディアナポリスニュースを書き込みました。

ルイジアナのジョンR.Rarick議員は1971年に言いました:

「CFRは、1世界政府が専門に、多くの最も大きなものによって非課税の基礎に資金提供し、財政、ビジネス、労働、軍隊、教育、およびマスコミのエリアで私達の人生の間のそのようなパワーと影響を行使して、よい政府に、そして米国憲法と私達の自由企業体制を保存し、防御することに関係したすべてのアメリカ人に熟知されているべきです」。

それでも、国家の知る権利に関する機械、報道機関は、私達の人々に知らせるために露出において通常そんなに攻撃的に、CFR、そのメンバー、および彼らの活動となると目立って黙っています。

CFRはその設立です。

「それは、上からの圧力をかける政府の最も高いレベルの重要な意志決定ポジションに影響とパワーを持っているだけでなく、それは個人に資金提供し、使い、米国を主権を有する立憲共和国から1世界独裁権の奴隷の加盟国に変換するためにハイレベルな決定を正当化するように下からのプレッシャーをもたらすために群がります」。

16年の間CFRのメンバーであったフィリスSchlaflyとチェスター・ウォード(1956年-60年からのNavyの前の法務総監)少将は、CFRがある長いすのそれらの1975年の本キッシンジャー「全能の1世界政府の中への米国主権と国の独立の武装解除と水没を促進する目的は1,551人のメンバー(1975の数値)の約95パーセントまで明らかにされた唯一の目的です」を書き込みました。

CFR影響が、促進するために使われている2つの他の隠れた目的があります;

「いったんCFRの支配メンバーが、米国政府が特定の方針を採用するべきであると決めたら、CFRの非常にかなりの研究設備は、開発するために働くために置かれます 新しい方針を支持し、混同する」「および 疑惑 知的および政治的に どのような反対でも 。」

CFR活動の出版されたアカウントは大いに全国的で、外交方針におけるそれらのパワーと影響を控えめに述べます。

それらは、政府における彼らの関与のほかに「漸進主義」のフェビアン協会テクニックを通して世界をコントロールすることを望む知的なリーダーのために「見えない政府」または正面と呼ばれていて、主要な新聞、雑誌、出版社、テレビ、および無線局のコントロールまたは所有権を含めて、彼らはメディアのすべての枝の中で重要なポジションを保持します。

ニューヨーク・タイムズは書きました:

「約半世紀がアメリカ外交方針の基本的概念への多大な寄与をしたので、協議会のメンバーシップは最も有力者の何人かを政府、ビジネス、教育、およびプレス(そして)に含めています」.ニューズウィークは協議会のリーダーシップを、有名な政治評論家と作家セオドア・ホワイトが言った「米国の外交政策設立」と呼びました:

1971において、「協議会はたぶんアメリカの生活における国のどのような他の私的なグループよりも多くの重要な名前をそのメンバーの勘定に入れます」とJ.アンソニー・ルーカスはニューヨーク・タイムズ雑誌の中で書きました:

「あなたが、外交方針をしたいならば、所属する協議会よりよい団体がありません」。

1928年-72年から、12人の共和党の大統領の指名された人の9人はCFRメンバーでした。

1952年-72年から、CFRメンバーは6倍の中で4に選ばれました。

3回の別個のキャンペーンの間に、共和党のおよび民主党の指名された人の両方はそうであったか、メンバーでした。

第二次世界大戦以来、事実上、すべての大統領候補は、ジョンソン、ゴールドウォーター、およびレーガンを除いて、メンバーでした。

最高のAllied司令官のポジションは通常将軍ドワイトD.アイゼンハワーのようにCFRメンバーによって保持されていて、将軍マシューB.リッジウェイ、将軍アルフレッドM.グランサー、将軍Laurisノースタッド、将軍ライマンL.レムニツァー、将軍アンドリューJ.グッドパスター、およびアレキサンダーM.Haig Jr.はウエストポイントの米軍アカデミーの監督者のほとんどメンバーでした。

謝罪のない上院議員バリー・ゴールドウォーターの1979年の回想録の中で、彼は書きました:

「新しい大統領が取締役会に来る時に、人員の中の大きな転職率があるけれども方針のどの変更もありません」.それは、CFRメンバーがフランクリン・ルーズヴェルトからビル・クリントンまでのすべての政権においてほとんどすべての重要なポジションを保持したためです。

その期間の間に、すべての国務長官は、コーデル・ハル、ジェームズF.バーンズ、およびウィリアム・ロジャーズを除いて、メンバーでした。

メルビン・レアードを除いたトルーマン管理からのクリントン政権までのすべての国防長官はメンバーでした。

1920年以来、財務長官のほとんどはメンバーでした;

そして、アイゼンハワー管理以来、ほとんど、国家安全保障アドバイザーのすべてはメンバーでした。

カーティス・ドールは彼の本、FDRを書き込みました:

私の利用された義父:

「長い時間の間、私は、FDRが、この国、米国に役立つために、彼自身のものであった多くの考えとアイデアを開発したと思いました」。

しかし、彼はしませんでした。

「彼の考え(言わば彼政治的である‘弾薬’)のほとんどは彼のために事前にCFRもの世界お金グループによって慎重に製造されました」。

CFRメンバー

ハリー・S.トルーマン管理

ディーン・アチソン(国務長官)、ロバートA.ラベット(状態の次官と後の方の国防長官)、W.エーヴリル・ハリマン(マーシャル・プラン管理者)、ジョン・マックロイ(ドイツへの高等弁務官)、ジョージ・ケナン(国務省アドバイザー)、チャールズ・ボーレン(国務省アドバイザー)。

ドワイトアイゼンハワー管理

CFRメンバー ドワイト・アイゼンハワーが大統領になった時に、彼は‘次官’のポジションに6人のCFRメンバーを彼のキャビネットと12に任命しました:

ジョン・フォスター・ダレス(国務長官(CFR、ロックフェラー基金の元議長、およびカーネギー国際平和基金の設立メンバーであったRockefellersへの姻戚))、ロバートB.アンダーソン(財務長官)、ルイス・シュトラウス(商務長官)、アレン・ダレス(CIAのディレクターとCFRのトップになった第二次世界大戦中のスイスでの0SS操作の頭)。

ジョン・F・ケネディ管理

CFRメンバー ジョン・F・ケネディが大統領になった時に、彼の見込みのある国務省役員のリストにある82人の名前の63人はCFRメンバーでした。

ジョン・ケネス・ガルブレイスは言いました:

彼の政権におけるより著しいメンバーの間、「ケネディ選挙のために働いた私達のそれらはその理由のために政府の中で許容されていて、言い分を持っていたけれども、外交方針はまだ外交問題評議会の人々とともにありました」.:

ディーン・ラスク(国務長官)、C.ダグラスディロン(財務長官)、アドレイ・スティーヴンソン(UN大使)、ジョンマコーン(CIAディレクター)、W.エーヴレルハリマン(特使)、ジョンJ.マクロイ(武装解除管理者)、将軍ライマンラインレムニツァー(統合参謀本部議長)、ジョン・ケネス・ガルブレイス(インドへの大使)、エドワードR.マロー(米国海外情報局の頭)、アーサーH.ディーン(ジュネーブ軍縮会談への米国派遣の頭)、アーサーM.シュレジンガー、Jr.

(特別なホワイトハウスアシスタントと注目された歴史家)、W.が再び詰め込むトーマスK.フィンレター(NATOと経済協力開発機構への大使)、ジョージBall(経済仕事のための状態の次官)、マクジョージ・バンディ(続けてフォード基金を率いた国家安全保障のための特別なアシスタント)、ロバート・マクナマラ(国防長官)、ロバート・F・ケネディ(司法長官)、ポールH.ニッツ(防御の次官補)、チャールズE.ボーレン(国務次官補)、ウォルト

(副国家安全保障アドバイザー)、ロズウェルGilpatrick(国防副長官)、ヘンリー・ファウラー(状態の次官)、ジェローム・ウィーズナー(大統領特別補佐官)、Angierデューク(儀典長)。

リンドンB.ジョンソン管理

ロズウェルGilpatrick(国防副長官)、ウォルトW.ロストウ(大統領特別補佐官)、ユベールH.ハンフリー(副大統領)、ディーン・ラスク(国務長官)、外国のもののヘンリー・ファウラー(財務長官)、ジョージBall(状態の次官)、ロバート・マクナマラ(国防長官)、ポールH.ニッツ(国防副長官)、アレキサンダーB.トローブリッジ(商務長官)、ウィリアムMcChesneyマーティン(連邦準備制度理事会の会長)、および将軍マクスウェルD.テーラー(会長

(知能ボード)。

リチャードM.ニクソン政権

ニクソンは100人を超えるCFRメンバーに、彼の政権において勤務するように命じました:

ジョージBall(国務省への外交方針コンサルタント)、ハロルド・ブラウン(米国軍備管理軍縮庁の米国委員会とSALTについてのロシアとの話のための米国派遣のシニアのメンバーの一般的な諮問委員会)博士、アーサー・バーンズ(連邦準備銀行の会長)博士、C.フレッドBergsten(国家安全保障会議の操作スタッフ)、C.ダグラス・ディロン(米国軍備管理軍縮庁の一般的な諮問委員会)、リチャードN.クーパー(操作

国家安全保障会議)のスタッフ、将軍アンドリューJ.グッドパスター(ヨーロッパの最高の同盟した司令官)、ジョンW.ガードナー(取締役会(ボランティアの行動のための全国センター))、エリオットL.リチャードソン(状態の次官、国防長官、司法長官;そして健康、教育、および福祉の秘書)、デイヴィド・ロックフェラー(国際的な開発におけるタスク・フォース)、ネルソンA.ロックフェラー(ラテンアメリカ国でリーダーの眺めを確かめる大統領任務の頭)、ロッドマン

ロックフェラー(メンバー(少数企業のための諮問機関))、ディーン・ラスク(米国軍備管理軍縮庁の一般的な諮問委員会)、ジェラルド・スミス(ディレクター、軍備管理軍縮庁)、サイラス・ヴァンス(米国軍備管理軍縮庁の一般的な諮問委員会)、リチャード・ガードナー(国際貿易と投資政策の上の委員会のメンバー)、上院議員ジェイコブK.ジャヴィッツ(国連総会の24番目のセッションへの担当者)、ヘンリーA.キッシンジャー

(国務長官、「新しい世界秩序」を公然と主張し、外務でロックフェラーの個人的なアドバイザーであったハーバード教授)ヘンリー・キャボット・ロッジ(パリ和平会議の主たる交渉者)、ダグラス・マッカーサーII(イランへの大使)、ジョンJ.マクロイ(米国軍備管理軍縮庁の一般諮問委員会の会長)、ポールH.ニッツ(SALTのロシアとの話のための米国派遣のシニアのメンバー)、theのための取締役会のジョン・ヘイホイットニー(メンバー

公共放送協会)、ジョージP.シュルツ(財務長官)、ウィリアム・サイモン(財務長官)、スタンレーR.Resor(陸軍長官)、ウィリアムE.コルビー(CIAのディレクター)、ピーターG.ピーターソン(商務長官)、ジェームズ・リン(住宅秘書)、ポール・マクラッケン(主要な経済の補佐官)、チャールズ・ヨースト(国連大使)、ハーラン・クリーブランド(NATO大使)、ジェイコブBeam(ソ連の大使)、デイビッド・ケネディ(財務長官)。

ジェラルドR.フォード政権

CFRメンバー・ジェラルド・フォードが他のCFRメンバーの何人かの間で大統領になった時:

ウィリアム・サイモン(財務長官)、ネルソン・ロックフェラー(副大統領)。

ジミー・カーター管理

カーター(1983年にメンバーになりました)大統領は60人を超えるCFRメンバーに、彼の政権において勤務するように命じました:

ウォルター・モンデール(副大統領)、ズビグニューBrzeznski(国家安全保障アドバイザー)、サイラスR.バンス(国務長官)、W. マイケル・ブルーメンタール(財務長官)、ハロルド・ブラウン(国防長官)、スタンスフィールド・ターナー(CIAのディレクター)、将軍デイヴィッド・ジョーンズ(統合参謀本部議長)。

ロナルド・レーガン管理

レーガン大統領下に75人のCFRと三極委員会のメンバーがいました:

アレグザンダー・ヘイグ(国務長官)、ジョージ・シュルツ(国務長官)、ドナルド・リーガン(財務長官)、ウィリアム・ケーシー(CIAディレクター)、マルコム・ボールドリッジ(商務長官)、ジャンヌJ.カークパトリック(国連大使)、フランクC.カールーチ(国防副長官)、ウィリアムE.ブロック(特別な通商代表)。

ジョージH. W.ブッシュ政権

テキサスでの米国上院への彼の1964年のキャンペーンの間に、ジョージ・ブッシュは言いました:

国連への大使として1970において、「赤い中国が国連に入ることを許されるべきであるならば、国連は絶望的で、私達は撤退するべきです」.、彼は、総会で座っているために赤い中国を要求しました。

ブッシュが選ばれた時に、CFRメンバーは、公然と「新しい世界秩序」に言及する最初の大統領になり、彼の政権(約350人のCFRと三極委員会のメンバー)をためていました:

ブレント・スコウクロフト(国家安全保障アドバイザー)、リチャード・チェイニー(国防長官)、コリン・パウエル(統合参謀本部議長)、ウィリアム・ウェブスター(CIAのディレクター)、リチャード・ソーンバーグ(司法長官)、ニコラスF.ブレイディ(財務長官)、ローレンスS.イーグルバーガー(国務副長官)、ホレスG.ドーソンJr.(機会均等と公民権のオフィスの米国海外情報局とディレクター)、アラン・グリーンスパン(連邦準備制度理事会の会長)。

ビル・クリントン管理

CFRメンバー ビル・クリントンが選ばれた時に、1993年10月の「新しい年大統領」(リチャード・ハーウッド、ワシントン・ポスト作家)が、クリントン政権を説明することにおいて、そのCFRメンバーシップが、「私達が米国の支配施設に持っている最も近い物」であると言った時に、ニューズウィーク雑誌は後で彼と関連するでしょう。

アル・ゴア(副大統領)、ドナE.シャレーラ(保健福祉省長官)、ローラD.タイソン(経済諮問委員会の会長)、アリスM.リブリン(行政管理予算局の副ディレクター)、マデリーン・K・オルブライト(UNへの米国大使)、ウォーレン・クリストファー(国務長官)、クリフトンR.ウォートン、Jr.(ロックフェラー基金の国務副長官および以前の会長)、レスアスピン(国防長官)、コリン・パウエル(会長、統合参謀本部)、W.アンソニー

レイク(国家安全保障アドバイザー)、ジョージ・ステファノポロス(シニアアドバイザー)、サミュエルR.バーガー(副国家安全保障アドバイザー)、R.ジェームズ・ウールジー(CIAディレクター)、ウィリアムJ.クロウJr.(外国知能諮問委員会の会長)、ロイド・ベンツェン(前のメンバー、財務長官)、ロジャーC.アルトマン(宝庫の次官)、国際のための状態のヘンリーG.シスネロス(住宅都市開発省長官)、ブルース・バビット(内務長官)、ピーターTarnoff(次官

仕事)のセキュリティ、ウィンストン神(東アジアの、そして太平洋の仕事のための国務次官補)、ストローブ・タルボット(独立国家共同体への援助コーディネーター)、アラン・グリーンスパン(連邦準備制度の会長)、ウォルター・モンデール(日本への米国の大使)、ロナルドH.ブラウン(商務長官)、フランクリンD.レインズ(経済学と国際貿易)。

ジョージ・W・ブッシュ管理

外国知能報告のリチャード・チェイニー(副社長(ブッシュ大統領下の前の国防長官))、コリン・パウエル(国務長官(ブッシュとクリントンの大統領下の前の統合参謀本部議長))、Condoleeza米(国家安全保障アドバイザー(ブッシュ大統領の国家安全保障会議の前のメンバー))、ロバートB.ゼーリック(米国通商代表、ブッシュ政権における状態の前の次官)、エレーン・チャオ(労働省長官)、ブレント・スコウクロフト(会長

取締役会、ブッシュ大統領)への前の国家安全保障アドバイザー、リチャードHaass(全体として国務省と大使で計画を立てている方針のディレクター)、ヘンリー・キッシンジャー(国防総省防衛政策協議会(ニクソンとフォードの大統領下の前の国務長官))、ロバートBlackwill(インドへの米国の大使(ブッシュ大統領の国家安全保障会議の前のメンバー))、スティーブン・フリードマン(Sr。

下の防御、会計検査官形成具のホワイトハウス経済アドバイザー)、スティーブン・ハドリー(副国家安全保障アドバイザー(チェイニーの下の防御の以前の次官補))、リチャード・パール(国防総省防衛政策協議会(レーガン政権における防御の以前の次官補)の会長)、ポール・ウルフォウィッツ(防御、レーガン政権における前の国務次官補、およびブッシュ政権における防御の前の次官の次官補)、Dov S.Zakheim(次官

レーガン政権)(I.ルイス・リビー(防御の副社長、前の副次官のための陸参謀総長))における国防長官。

クリスチャン・サイエンス・モニターは、「委員のほぼ半分は、公式な政府ポジションを仮定するか、ある時コンサルタントとして作動するように請われています」と言いました。

協議会はアメリカ市民だけを受け入れて、この30年の間国内と外交方針にかなり影響している有力な銀行家、会社役員、および主要な政府高官を含めて、約3,600のメンバーシップを持っています。

すべてのメンバーは、CFRの側近グループを率いるデイヴィド・ロックフェラーによって精選されました。

それらの側近グループのヒエラルキーが、その事実を秘密にするために彼らのオリジナルの姓をアメリカ化したオリジナルの啓蒙主義者共謀者の子孫を含むことは信じられます。

CFRディレクターの何人かがそうでした:

CFRにいたメディアのメンバーの間:

ウィリアム・ペイリー(CBS)、ダン・ラザー(CBS)、ハリーリーズナー(CBS)、Roone Arledge(ABC)、ビルモイヤーズ(NBC)、トムブローコー(NBC)、ジョン首相(NBC)、マービンカルプ(CBS)、アービングレバイン(PBS)、デビッド・ブリンクリー(ABC)、ジョンScali(ABC)、バーバラウォルターズ(ABC)、ウィリアム・バックレイ(PBS)、ジョージ・ステファノポロス(ABC)、ダニエルショア(CBS)、ロバートマクニール(PBS)、ジムレーラー(PBS)、ダイアンソーヤー(ABC)、およびHoddingカーターIII(ABC)。

CFRメンバーであった大学学長の何人か:

マイケルのI.Sovern(コロンビア大学)、フランクH. T.Rhodes(コーネル大学)、ジョンBrademas(ニューヨーク大学)、アリスS.Ilchman(サラローレンス大学)、セオドアM.Hesburgh(ノートルダム大学)、ドナルド・ケネディ(スタンフォード大学)、ベンノJ.シュミットJr.(エール大学)、ハナHolbornグレー(シカゴ大学)、スティーブン・ミュラー(ジョンズホプキンズ大学)、ハワードR.Swearer(ブラウン大学)、ドナE.シャレーラ(ウィスコンシン大学)、およびジョンP.ウィルソン(ワシントンとリー大学)。

主要な新聞、通信社、およびメディアのいくつかが群がります(それがCFRによってコントロールされているか、影響されます):

ニューヨーク・タイムズ(Sulzbergers、ジェームズ・レストン、マックスフランケル、ハリソンSalisbury)、ワシントン・ポスト(フレデリックS.ビービ、キャサリン・グレアム、オズボーン・エリオット)、ウォールストリート・ジャーナル、ボストン・グローブ、ボルチモア・サン、シカゴ・サン・タイムズ、L.A.時シンジケート、ヒューストンポスト、ミネアポリス花形民衆指導者、アーカンソーガゼット、デモイン・レジスター&トリビューン、ルーイビルクーリエ、AP通信、UPI通信社、ロイター通信社、およびガネット社

(USAトゥデイと90個の他の日刊紙、さらに40の週刊誌の出版社;そして、また、15の無線局、8つのテレビ局、および40,000個の掲示板を所有しています)。

1896において、アルフレッド・オックスはニューヨーク・タイムズをJPモーガン(CFR)、8月のベルモント(ロスチャイルドエージェント)、およびジェイコブ・シフ(クーン、ローブ)の財政的支援で買いました。

それは後で、また、CFRメンバーであったアーサー・オックス・サルズバーガーのコントロールに移り変わりました。

ユージン・マイヤー、CFRメンバーは1933年にワシントン・ポストを買いました。

今日、それは彼の娘、キャサリン・グレアム、CFRのメンバーもによって実行されます。

CFRによってコントロールされているか、影響される雑誌のいくつか:

CFRによってコントロールされているか、影響される出版社の何人か:

マクミラン、ランダムハウス、サイモン&シュスター、マグロウヒル、ハーパー兄弟、ハーパー&ロウ、エール大学プレス、小さなブラウン&Co.、バイキング・プレス、およびコールズの出版。

G. 後で、トークショー賢者になったゴードンのけったいで、以前のニクソン従業員は、彼ら自身の1世界政府のゴールに働いているとても多くの違う組織があるので、それらは互いを相殺すると言って、新世界秩序のアイデアを一笑に付しました。

ケースでない。

あなたは、政府とメディアまで達して、それらの触手が非常に遠いとわかりました。

しかし、下で概説されるように、あなたは、CFRが多くのグループによって重い相互のメンバーシップを持っているとわかるでしょう;

それらの努力が協調されるというよい徴候は多くの企業のボードとこれの指導者職の間の相互のメンバーシップと同様にです。

CFRによってコントロールされているか、影響される組織とシンクタンクのいくつか:

ブルッキングズ研究所、ランド研究所、アメリカアセンブリ、外交方針協会(CFRへのもっとオープンな姉妹(CFRメンバー レイモンド・フォスディック(国際連盟への一般の次官)はそれを作るのに役立ちました))、世界情勢協議会、経済諮問委員会、経済開発委員会、全国貿易協議会、全米経済研究所、全国製造業協会、全米産業審議委員会、アメリカンズ・フォー・デモクラティック・アクション、ハドソン研究所、

カーネギー国際平和基金、防衛分析研究所、世界平和財団、国連協会、国土計画協会、米大陸諸国間の関係のためのセンター、自由なヨーロッパ委員会、米国(1961年にCFRメンバー クリスチャン・ハーターによって設立されます)の大西洋協議会、ラテンアメリカのための協議会、米国中国関係についての全国的な委員会、アフリカ-アメリカ記念館、および中東調査会資料センター。

CFRによって統括されているか、影響される多くの会社のいくつか:

モーガン、スタンレー;

クーン、ローブ;

Lehman Brothers;

アメリカ銀行;

Chase Manhattan Bank;

JPモーガン・アンド・カンパニー;

最初のナショナルシティー銀行;

ブラウン・ブラザーズ、ハリマン・アンド・カンパニー;

Bank of New York;

シティバンク/Citicorp;

ケミカルバンク;

ニューヨークのBankers Trust;

マニュファクチヤラーズ・ハノーバー;

モーガン保証;

メリルリンチ;

公平なライフ;

ニューヨークライフ;

首都生活;

ニューヨークで相互です;

プルデンシャル保険;

フィリップス・ペトロリアム;

シェブロン;

エクソン;

モービル;

大西洋リッチフィールド(アルコ);

テキサコ;

IBM;

ゼロックス社;

AT & T;

ゼネラル・エレクトリック;

ITT社;

Dow Chemical;

E. I. du ポント;

北アメリカのBMW;

三菱;

トヨタ自動車社;

ゼネラルモーターズ;

フォードモーター;

クライスラー;

米国スチール;

プロクター&ギャンブル;

Johnson & Johnson;

エスティローダー;

エイボンプロダクツ;

R.J. R.Nabisco;

R.H.メーシー;

フェデレイティッド・デパートメントストアズ;

ギンベル兄弟;

JCペニー会社;

シアーズ・ローバック&会社;

May Department Stores;

アライドストアーズ;

アメリカンエキスプレス;

PepsiCo;

コカコーラ;

ファイザー;

Bristol-Myers Squibb;

ヒルトンホテルズ;

そしてアメリカン航空。

1922年9月に、CFRがその季刊誌、外務を出版しはじめた時に、論説は、その目的が、1924によって「アメリカ意見を誘導するため」であったことを述べて、「国際関係」.「によって」この非常に有力な雑誌を「分配している最も権威的なアメリカレビュー」がその種類の主要な出版であった「ので」、それは「自身を設立して」、75,000より上の流通を持っています。

この出版を読むことはそのメンバーの眺めについて非常に有益であるかもしれません。

例えば、すぐUN安全保障理事会のコントロール下ですべての加盟国から軍人から成って、春、1991年の問題はUN常備軍を要求していました。

国際的で、家庭で政治的で、財政的に起こっているものの上の内部情報を加入者に供給するそれらの出資(1953年以来の)(1,000ドルの最低料金で100を超える会社に「企業のサービス」を提供することからのステム)の主要なソース;

無料の相談(それらの広いライブラリ、外務への登録の使用)を提供することによって、そして管理部門のためにされたリポートと研究の上のセミナーを保持することによって。

彼らはまた本とパンフレットを出し、スピーカーとメンバーがポジションを示し、研究グループを学者に授与し、地域のミーティングを促進し、円卓会議ミーティングを上演することを可能にするために、通常のディナーミーティングを催します。

外交問題評議会が、私達の政府を浸透させることができたことであって、私達の国が、それが持っているコースの上で旅行していたのは全然不思議ではありません。

この国家の道徳的で、教育的で、金融の低下は全然事故ではありませんでした。

それは、まさしく1世界政府に満足するであろうこれらの共謀者のために慎重に考案されたプロットによりました。

そして、それはそれに来ます。

毎年が過ぎて、推進力が回復していて、それがますますクリアになっている時に、私達の政府はなんという道路を通っているのでしょうか。

1世界政府の提案者はより秘密主義でなくなっていて、.、ジョージ・ブッシュの「新しい世界秩序」の話によって証明されているように、それの理由は、彼らが、それが、彼らの計画が止められるには遅すぎると思うことです。

それらは私達の政府、私達の財務体質、および私達の商業の中でとても確立されたので、彼らはたぶん世界でないにしてもこの国をコントロールします。

これを考慮して、それらの計画が完全に実施される前に、それがただの時間の問題になるであろうようです。

ブルッキングズ研究所

ブルッキングズ研究所はセントルイスの大物と博愛主義者、ロバート・サマーズ・ブルッキングズ(1850-1932)によって設立されました。

21歳で、ブルッキングズはCupplesとマーストン(木製用品と綱のメーカー)についてのパートナーになりました(それは10年後、彼のリーダーシップの下で拡大し、茂りました)。

46歳の1896年において、高等教育に彼の義務を捧げるために、彼は退職し、ワシントン大学理事会のトップになりました(それは、次の20年を通して、主要な大学になりました)。

彼はタフト管理の経済と効率上の委員会へのカーネギー国際平和基金とコンサルタントのオリジナルの評議員のひとりでした。

1917年に、彼は、後で、委員会(同盟した政府によって購入されたすべての商品のために価格を協議することについて責任があります)を固定しているその購入価格の会長になって、ウィルソン社長の戦時産業調整委員会(軍隊に必要であった供給品を受け取り、配布する責任を持っていました)に任命されました(それはウィルソン政権において彼に重要な役割を与えました)。

70歳で、政府研究(1916年に弁護士とエコノミスト フレデリックA.クリーブランドによって設立されたIGR)のために彼は研究所のリーダーシップを引き継ぎ、それを動かせるために、92の企業と1ダースの民間人から750,000ドルを集めました。

それらの最初のプロジェクトは、国家予算を作成している立法を要求することになっていました(それは成功していました)。

最初の米国の予算ディレクターは、ハーディングの下で、重く、IGRのスタッフを信頼していたチャールズG.ドーズでした。

研究所はまた1920年代の公務員改革立法に関係していました。

それらのメンバーの間:

最高裁判所最高裁判所長官ウィリアム・ハワード・タフト(彼の大統領の用語の後で1921年-30年からの最高裁判所長官でした)、ハーバート・フーバー(大統領、1929年-32年)、およびイライヒュー・ルート。

ブルッキングズは、経済学が最も大きな問題であったと決めて、研究所が1,650,000ドルによってそう1922年6月にカバーしていた管理の面は、カーネギー財団から、労働組合と一般大衆の興味を表すために、彼が経済学の研究所を設立したと認めません。

1924年に、経済学のIGRと研究所のスタッフに取り組むために博士課程の学生がワシントンD.C.で時間を使うことを可能にするために、彼は経済学と政府(セントルイスのワシントン大学の結果)のロバートS.ブルッキングズ学校を設立しました。

1927年に、ブルッキングズ研究所を結成するために、彼はすべての3つの組織を合併しました(その目的は、未来の政府高官を訓練することでした)。

彼は無所属で、非営利的なセンターの中への彼の人生の600万と36ドルの寄付を置きました(それは政府問題を分析し、統計報告を出します)。

国家的優先課題を設定して、彼らは年次報告書を生産します(それは大統領の予算を分析します)。

それらの本部は8ブロックホワイトハウスからの、1775マサチューセッツ通り、NWで8階建て建物です。

約45人の上級研究員と19人の研究仲間を含めて、彼らは約250人のスタッフを持っています。

給料は1年に高い1 40,000ドルをもらいます。

国務省でおよそ10年勤務した後に、レオPasvolskyは国務省の6人の他のメンバーとともに1946年にブルッキングズ研究所に戻りました。

ロックフェラー基金、カーネギー財団、およびメロン信頼の財政的支援によって、ヨーロッパ戦争回収作業を援助するために、Pasvolskyは、マーシャル・プランのための基礎を開発した国際的な研究グループを開始しました。

1951年に、シカゴ・トリビューンは、ブルッキングズ研究所が「グローバルな考察におけるトレーニングと教化の精巧なプログラム」を作成し、その学者のほとんどが国務省の政策立案者として切り上げると言いました。

トルーマンは、助けを求めて彼らに頼る最初の大統領でした。

1941年に、彼は大統領の経済諮問委員会の最初の会長としてブルッキングズをエドウィンNouse副社長に任命しました。

ケネディとジョンソンはそれらのメンバーの多くを重要なポストに任命しました。

カーターの外交方針はグループの推薦の多くのために安息所になりました。

「イギリスで作成されたフェビアン協会社会党員書類から単に持ち上がったすべての詳細において」であったプログラム。

場合によって、ブルッキングズはフェビアン協会書類というタイトルをわざわざ変更しさえしませんでした。

いったんそのような例が、社会党員リーダーの後で同じtitle."からフェビアン協会社会党員書類から直接取り去られた『大きい社会、』を使ったら、1926年にユージーン・デブスが死んだ 大統領に6回立候補し、社会党員ノーマン・トマス〈それを卒業し、ユニオン神学校により定められた〉は、社会党のリーダーになりました。

トーマスはジョンソンのビジョンに満足していて、言いました:

「私は喜ぶべきであり、私はします」。

私は驚きと、驚いて私の目を擦ります。

「彼の貧困との戦いは社会主義的なapproach…です」

共和党員のは組織を、「民主党の亡命政府」(経済諮問委員会の会長であるためにハーバート・スタイン、ブルッキングズの研究者に任命されたまだニクソン)とみなしています。

昔、FBIがそれらの文書をつかむことを可能にするためにブルッキングズ研究所を爆撃することを考慮したニクソン政権は、ブルッキングズの自由主義を相殺するために「共和党員のためのブルッキングズ組織」のアイデアを考慮しました。

彼らは、それを知らせられたアメリカのための研究所またはサイレント・マジョリティー研究所と呼ぶことを考えました。

E. ウォーターゲート事件名声のハワード・ハントは、その最初のディレクターであることになっていたけれども、彼は、それを隠れた政治的な活動のためのセンターに変えたかった。

「ブルッキングズ保守主義者」の役割は、1943年にルイスH.ブラウン(ジョーンズManville社の会長)で設立された社会政策研究が自由企業アイデアを促進するようにアメリカ企業研究所と呼ばれる既存の研究センターによって演じられました。

60年代初めの間に、彼らはアメリカ企業研究所にそれらの名前を短縮し、後で、組織が、彼らが彼らのアドバイザーを引いたプールになった時に、ニクソンとフォードの政権の間にたくさんの財政援助を受け取りました。

カーターが選ばれた時に、大統領ジェラルド・フォードとウィリアムE.サイモン、財務長官を含めて、AEIは多くの共和党の役員のために港になりました。

経済発展についての委員会

1941年、ポール・グレー・ホフマン、スチュードベーカー会社の社長、およびシカゴ大学の評議員に;

ロバート・メイナード・ハッチンズとウィリアム・ベントン(大学の学長、および副大統領)とともに;

大学の学者とエコノミストの仕事を政府の政策に適用するために、アメリカ方針委員会を組織しました。

彼らは後でフォーチュン円卓と呼ばれるフォーチュン誌によって1939年に設立された組織と合併しました。

ビジネス、労働、農業、および宗教のリーダーのグループとして出発して、彼らはすぐ次のようなメンバーと設立組織に発展しました:

それが、アイデアを控除することになっていたニューヨーク市(ニューヨーク連邦準備銀行のシカゴ大学と会長の社会科学の前の学部長)のメーシーデパートのラルフマッケイブ(スコットペーパーの頭)(ヘンリー・ルース(時間、ライフ、およびフォーチュンの雑誌の編集長と共同設立者))ラルフ・フランドル(ボストンの銀行家)、マーシャルフィールド(シカゴ新聞出版社)、クラレンス・フランシス(ゼネラルフーズの頭)、レイRubicam(広告担当者)、およびビアズリー・ラムル(会計係は課税します。

(あなたの給料から)。

第二次世界大戦の最初に、‘アメリカ方針委員会’が、「ビジネス、労働、農業、および政府」(ジョーンズはそれを受け入れました)「の考察と方針を分析し、批判し、挑む」ように、ホフマンとベントンはアイデアによってジェシー・ジョーンズ、商務長官に接近し、それらの助けによって、団結しはじめました。

1942年9月3日に、経済開発委員会は、次をするためにワシントンD.C.(2000 Lの通りNW、スイート700)に組み入れられました:

「養育するために、私達の国内経済における最大の雇用と高い生産性を通してのすべての職業の人々のための高く、安全な生活水準へのそれらの完全な寄与をするために、産業と商業が戦後のポジションにあることができるように、科学的研究、トレーニングしている教育と経済学の広い分野での出版を促進し、実施し、促進し、資金提供します;」

「政治的で、社会的な、または経済の政治的統一体の中のどのようなグループの特別な興味()でも気にせずに自由な社会の中でこれらのオブジェクト、目的、および原則を促進し、運び出すため」。

基本的に、それらの仕事は戦時から大不況または景気後退の発生のない平時環境までのスムーズな変遷のためにどのように米国経済を準備するかのまわりで集中していました。

デューク大学の教授カルビンB.フーバーによる1944年のCEDリポート、国際貿易、および国内雇用は国際通貨基金の中に米国を押すことに役立っていました(それはブレトンウッズ会議で1944年6月に主要な交渉者ハリー・デクスター・ホワイト(CFRの)とジョン・メイナード・ケインズ(フェビアン協会の)によって打ちのめされました);

そして国際復興開発銀行(世界銀行);

両方とも、国連の一部になりました。

それはまた、後で、貿易と関税における一般協定書として出現したもののためにバックしている設立を動機づけることに役立っていました。

約3年後、ヨーロッパ経済協力のアメリカプログラムについてのそれらのリポートは、結局、マーシャル・プランの一部になったヨーロッパ回復のために戦略に発展しました。

実のところ、最初のCEDされた会長になったホフマンは後で、マーシャル・プランを管理した連邦機関を率いました。

戦争の後で、フーバーがデュークからの許可の時である間、結局、マーシャル・プランとして知られたものを開発するために、彼はホフマンとともに働きました。

グループの後の方の仕事は米国で地域の政府のための土台を置きました。



FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

北朝鮮の状況・。

<若干蛇足的遠望・>


北朝鮮という国は、国民は騙され、苦しめられ、逃げ道が無い泥沼の社会なので・・、抵抗もしない、可愛そうな洗脳された国民なのであろう?>まず、そう考えねば・・・辻褄が合わない・。


しかし、ミサイルや核実験については、旧ソ連から多くの物を買い付け、現ロシア政府のお墨付きで活動を行っているのであろうか?


中国には、軍事よりエネルギーや食料に依存しているのであろう・中国としては、この地域についての覇権は朝鮮統一政府にしたいのであろうか?


普通に考えれば、シナリオは3通であろう。


1・タイのような、平和裏軍事クーデターで、金王朝の崩壊。


2・ベトナムのように、北の軍事的介入による朝鮮統一。韓国を切り離し、中国・米国・ロシアの傀儡政権が金の引退と  引き換えに起こる。


3・北朝鮮の軍部の反乱により中国の介入により、臨時革命政府樹立。


どちらにしろ、金政権は終わるのだろうか?


核実験カードが最後のカードであろう・。思ったほど、北朝鮮の脅威など無いのがわかる・・。

ロシアの役割・



Russians 'in N Korea test talks'


BBC | October 5 2006


Russia says it is in direct contact with North Korea to try to prevent it from carrying out its plan to test a nuclear weapon.


Russian Foreign Minister Sergei Lavrov said Moscow was talking to the North Korean leadership in an attempt to dissuade it from conducting a test.


It comes two days after North Korea said it would test a nuclear weapon.


The announcement drew warnings from the international community to North Korea not to take such a step.


The secretive communist regime says it possesses nuclear weapons, but this has not been independently verified.


Pyongyang has been involved in on-off six-party talks with Russia, the US, China, Japan and South Korea to resolve the crisis over its nuclear programme.


Earlier this week, US Secretary of State Condoleezza Rice said a nuclear test by North Korea would be a "very provocative act".


White House spokesman Tony Snow said on Thursday it was "enormously important" that North Korea was not allowed to develop nuclear weapons.


But he said US warnings did not amount to a "lethal threat" against Pyongyang.


Aid deal


Speaking to reporters while on a visit to Warsaw, Poland, Mr Lavrov said Moscow was working directly with the North Korean government to ease the situation.


"We are all very worried about this," the minister was quoted by AFP news agency as saying.


"We are talking about moves we can take and working directly with the leaders of North Korea to try to convince them to hold back from committing any act which could worsen the situation."


Mr Lavrov said that in the interests of the non-proliferation of nuclear weapons and security on the Korean peninsular, it was important that North Korea returned to the six-party negotiations.


The most recent round of talks ended in September 2005, with a deal which promised economic aid in return for Pyongyang scrapping its nuclear ambitions.


That agreement, however, appears to have fallen apart over disagreements on its implementation.


North Korea has not specified where or when a nuclear test might be carried out.


In continuing diplomatic efforts to defuse the crisis, South Korean President Roh Moo-hyun is due to hold talks with US President George W Bush in Washington on Thursday.


His visit comes amid talks of a split between Washington and Seoul on how to handle Pyongyang, after President Roh appeared to downplay North Korea's recent missile tests.


ロシア人‘北朝鮮核実験話において’

BBC|2006年10月5日

ロシアは、それが、核兵器をテストする計画を実行することを防止するために試みる北朝鮮との直接的な接触であると言います。

ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフは、モスクワが、核実験を実施することを思いとどまらせる試みにおいて北朝鮮の指導者と話していると言いました。

北朝鮮が、核兵器をテストするであろうと言った2日後に、それを行います。

そのような処置を取らないように、発表は北朝鮮に警告を国際社会から引きました。

秘密主義の共産主義の政権は、それが核兵器を所有していると伝えているけれども、これは独立して確認されていません。

ピョンヤンは、その原子力計画の上で危機を解決するためにロシア、米国、中国、日本、および韓国とのオンオフ6者会談に関係しています。

今週早く、米国国務長官コンドリーザ・ライスは、北朝鮮による核実験が「非常に挑発的な行為」であるであろうと言いました。

ホワイトハウスのスポークスマン トニーSnowは、北朝鮮が、核兵器を開発することを許されなかったことが「非常に重要である」と木曜日に言いました。

しかし、彼は、米国警告がピョンヤンに対して「致命的な脅威」に相当していないと言いました。

援助取り引き

ワルシャワ、ポーランドへの訪問における間にレポーターと話して、ラブロフさんは、モスクワが、状況を和らげるために直接北朝鮮の政府とともに働いていると言いました。

大臣は、「私達はこれについてすべて非常に心配します」と言うこととしてAFP通信社によって引用されました。

「私達は、私達が取ることができる動きについて話していて、状況を悪化させることができたどのような行動でも取ることからためらうことを彼らに納得させようとするために直接北朝鮮のリーダーとともに働いています」。

ラブロフさんは、核兵器の不拡散と半島の韓国人へのセキュリティのために、北朝鮮が6パーティー交渉に戻ることが重要であると言いました。

その核の野心を廃止しているピョンヤンの見返りとして経済援助を約束した取り引きによって、最も最近の一連の会談は2005年9月に終わりました。

しかし、その協定は、別々にそのインプリメンテーションの上の不一致にやって来たようです。

北朝鮮は、核実験がどこやいつ実行されるかもしれないかを指定しませんでした。

危機を和らげる外交の努力を続けることにおいて、韓国大統領盧武鉉は、木曜日にワシントンで米国大統領ジョージWブッシュとの話を行う予定です。

ノムヒョン大統領が、北朝鮮の最近のミサイルテストの失敗の後にどのようにピョンヤンを処理するかについてのワシントンとソウルの間の分割の話し合いの最中に、彼の訪問は来ます。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年10月4日

                           山本尚利

タイトル: 北朝鮮核実験宣言:日本の安全保障はどうなる?



1・北朝鮮の核実験宣言の狙いとは

 2006年10月4日の新聞報道によれば、北朝鮮が核実験を行うと公式発表したそうです。いよ

いよ来たかと筆者は重く受け止めています。この宣言は、外交の素人にも十分予想できたこ

とです。このニュースに対する安倍首相のコメントは、例によって紋切り型でした。すなわ

ち『米中韓と連携し、国際社会全体で、北朝鮮に対し厳しい対応をとる。』というものでし

た。このコメントは、火に油を注ぐに等しいコメント(真の国益の観点から完全な失格コメン

ト)です。もし、筆者が首相であったら、『北朝鮮の核実験は、日本のみならず、極東全体に

深刻な放射能汚染の被害をもたらす危険が大である。極東の放射能汚染の被害を回避するた

めに、米国は緊急に北朝鮮との直接交渉を行って欲しい。』と米国に向けてコメントしま

す。この事件はもはや外交問題のレベルを超えて、われわれ日本国民の命にかかわる由々し

き問題です。

 ところで米国政府は、北朝鮮が6者協議に応じないという理由で、現在、北に対し厳しい金

融制裁を行っています。その結果が、核実験宣言なのですから、金融制裁は逆効果であり、

米国はそれを承知で金融制裁を強化していると考えるべきでしょう。一方、北朝鮮のキム・ジ

ョンイルは、米国政府のみとの直接交渉を要求しており、長い間、米朝間の交渉はこう着状

態(実は八百長戦か?) が続いています。そして、北は、米国覇権主義者の思惑どおり、つ

いに核実験を持ち出してきたわけです。

 技術的な先進国とは程遠い北朝鮮が、核実験を現実に強行した場合、何が起こるかわから

ないので、非常に危険です。地下核実験といえども、もし、安全対策が不備で、核の漏洩が

起これば、日本のみならず、ロシア、韓国、中国へも放射能汚染の危険が及びます。米国は

この危険を百も承知です。だからこそ、その真の狙いを察知している中国とロシアは日米主

導の北朝鮮非難の国連安保理議長声明に消極的なのは当然です。

 一方、米国覇権主義者は、この窮鼠猫を食むような北朝鮮の暴挙をすべて計算しつくし

て、計画的に追い詰めているわけです。仮に、北の暴発で極東が広域に渡って放射能汚染さ

れても、米国本土まで被害は及ばないと踏んでいますから、米国覇権主義者は平気で北を締

め上げているわけです。かつて、1940年代の日本が米国に追い詰められたときと酷似してい

ます。当時の日本は彼らの思惑どおり、宣戦布告させられたのは歴史的事実です。ところで

米国覇権主義者を闇支配する軍事・エネルギー覇権の寡頭勢力は、常に、中東攻略が最優先

で、北朝鮮攻略はあくまで、中東の代替ターゲット(オルターナティブ)でしかありませ

ん。欧州の寡頭勢力との闇駆け引きの関係で、つまり彼らの都合で、イラン戦争が先送りさ

れれば、軍事・エネルギー覇権系寡頭勢力のターゲットが、またもや彼らの都合で、セカン

ド・プライオリティの北朝鮮に移ってきます。したがって、極東情勢を読むためには、中東

情勢をみればよいわけです。確かに、今すぐ、イラン戦争は起きそうもありません。近未来

の極東での紛争を止められるのは、軍事・エネルギー覇権の寡頭勢力に対して押さえの効く国

際金融系寡頭勢力のみです。決して国連ではありません。その意味で、軍事・エネルギー覇権

の寡頭勢力に牛耳られるブッシュ政権(米国覇権主義者の巣窟)は一刻も早く、崩壊して欲し

いと願ってやみません。



2.米国覇権主義者とキム・ジョンイルの誤算

 米国覇権主義者はキム・ジョンイルのエゴイスティックな臆病さを読みきっています。北

の将軍様は、米国CIAのスパイあるいは米軍に、自分が殺されることだけを怖がっているので

す。北の国民が飢え死にしようが、犬死しようが知ったことではない!だからこそ、将軍様

を追い詰めると何をしでかすか、非常に危険なのです。その狂気のとばっちりを受けるの

は、米国民ではなく、われわれ日本国民なのです。米国覇権主義者はこれらのことをすべ

て、知り尽くして北を締め上げていますから、狂気のキム・ジョンイルの危なっかしさも十

分承知です。だからこそ、日本国民は、北の居直り恫喝に震え上がるだろうと彼らはそろっ

て期待します。ところが、日本国民は例によって、誰かが何とかしてくれる、と能天気に構

えています。この反応は、米国覇権主義者からもキム・ジョンイルからも、期待はずれの誤

算なのです。筆者の見方では、米国覇権主義者たちが、いかにあの手この手で、北に核実験

宣言(恫喝)するよう仕向けても、能天気日本国民は、実際に被害を受けるまで目覚めること

はないのではないでしょうか。戦後、60年を経て、それほど日本国民は、平和ボケしている

ということです。

 米国覇権主義者の本音の狙いは、日本国民が北の恫喝に震え上がって、防衛力強化に向け

た軍備拡大を求め、日本政府が米国の軍事企業(軍事・エネルギー覇権系寡頭勢力の経営する

企業)から大量の兵器を購入してくれることです。さらに米軍の日本駐留予算を日本政府に全

額、負担させることにあります。このように、米国の軍事・エネルギー覇権系寡頭勢力とキ

ム・ジョンイルは阿吽の呼吸で、あの手この手で日本国民を震え上がらせようたくらんでい

るわけです。ところが、日本国民のあまりの能天気性が、幸か不幸か、彼らの狙いと期待を

狂わせているのです。



3.北朝鮮はなぜ、この時期に核実験なのか

 北朝鮮はなぜ、この時期、唐突に核実験宣言したのか。日本国民なら誰もが抱く疑問で

す。筆者にいわせれば、国際金融系寡頭勢力から、イラン戦争を延期させられて困っている

軍事・エネルギー系寡頭勢力の悪あがきにしかみえません。北の発表を受けた安倍首相の乾い

たコメントから、安倍内閣は、極東情勢を動かす闇の力学をある程度、承知していると推測

できます。今となっては、小泉亜流内閣である安倍内閣は、米国の軍事・エネルギー覇権系寡

頭勢力に従うしか選択肢はありません。

 したがって、北の核実験宣言サプライズに関して、日本で安倍政権が誕生したから、早

速、シナリオどおり、闇の仕掛け人たちが、北に核実験宣言させたと考えるべきです。なぜ

筆者がそう考えるかというと、北朝鮮と並んで悪の枢軸と決め付けられたイランやイラクが

もし、核実験宣言したら、米国覇権主義者たちはただちに、先制攻撃を仕掛けるはずです。

なぜなら、彼らは、イラクに大量破壊兵器がないことをあらかじめ知っていたのに、世界を

騙して先制攻撃を仕掛けた張本人ですから・・・。

 一方、キム・ジョンイルはわれわれ日本人よりはるかに的確に、米国覇権主義者の暴力性

を熟知しています。その上で、キム・ジョンイルが堂々と世界に向けて核実験宣言したとい

うことは、北朝鮮がイラクのように、プレデターそのものの米国覇権主義者から先制攻撃を

仕掛けられることはないと、あらかじめわかっていることを意味します。つまり、北の核実

験宣言は米朝の出来レースに他ならない。ところが、幸か不幸か、多くの日本国民は、北の

核実験宣言より、早実の斉藤投手の青いハンカチの方に関心が高い。筆者からみれば、この

現象は単に、牧場の家畜のような平和ボケの結果にすぎないのですが、食うか食われるかの

プレデターの世界に生きる米国覇権主義者やキム・ジョンイルからみれば、日本人の平和ボ

ケは想像の外なわけです。だから、彼らは、日本国民は、ひょっとして、日本を恫喝するた

めの核実験宣言が米朝の八百長のひとつであることに気づいているのではないかと、われわ

れを買いかぶってくれているわけです(笑)。



北朝鮮関係の拙稿リスト:

注1:ベンチャー革命No.83『日米対北朝鮮:八百長の敵対関係』2004年6月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr083.htm


注2:ベンチャー革命No.132『アジア兄弟げんかの顛末記』2004年12月19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr132.htm


注3:ベンチャー革命No.150『双頭の鷲:北朝鮮経済制裁とライブドアの関連性』2005年6月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr150.htm


注4:ベンチャー革命No.157『現実化する日本の孤立シナリオ』2005年4月10日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr157.htm


注5:ベンチャー革命No.169『軍事・防衛技術の日本型MOT』2005年7月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr169.htm


注6:ベンチャー革命No.200『北朝鮮ミサイル:日本国民をもてあそぶ玩具』2006年7月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr200.htm


注7:ベンチャー革命No.201『北朝鮮脅威:国民の不安と苛立ち募る』2006年7月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr201.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

外交評議会

THE COUNCIL ON FOREIGN RELATIONS


CHAPTER FIVE


In the spring of 1918, a group of people met at the Metropolitan Club in New York City to form the Council on Foreign Relations. The group was made up of “high-ranking officers of banking, manufacturing, trading, and finance companies, together with many lawyers ... concerned primarily with the effect that the war and the treaty of peace might have on post-war business.” The honorary Chairman was Elihu Root, a Wall Street lawyer, former New York Senator, former Secretary of War under McKinley, former Secretary of State under Theodore Roosevelt, member of the Carnegie Endowment for International Peace (who won the Nobel Peace Prize in 1912), and the most recognized Republican of his time. From June, 1918 to April, 1919, they held a series of dinner meetings on a variety of international matters, but soon disbanded.?


In the fall of 1917, a group called ‘The Inquiry’ was assembled by Col. Edward M. House to negotiate solutions for the Paris Peace Conference in Versailles. They worked out of the American Geographical Society doing historical research, and writing position papers. The Inquiry was formed around the inner circle of the Intercollegiate Socialist Society, which was a group of American socialist-oriented intellectuals.?


House, President Wilson’s most trusted advisor, who was an admirer of Marx, in 1912, anonymously wrote the book Philip Dru: Administrator (published by Fabian B. W. Huebsch), which was a novel that detailed the plans for the takeover of America, by establishing “socialism as dreamed by Karl Marx,” and the creation of a one-world totalitarian government. This was to be done by electing an American President through “deception regarding his real opinions and intentions.” The book also discussed the graduated income tax, and tax-free foundations. The novel became fact, and Philip Dru was actually House himself.?


第5章


1918年春に、人々のグループは、外交評議会を形成するためにニューヨーク市のMetropolitan Clubで会いました。 グループは「主として戦争と平和の条約が戦後のビジネスに持っているかもしれない効果に関する…多くの弁護士に伴う銀行業、製造、取り引き、および金融会社の高官」で構成されていました。 名誉委員長はElihu Rootでした、ウォール街弁護士、元ニューヨークの上院議員、マッキンリーの下の戦争の元長官、セオドア・ルーズベルトの下の元国務長官、国際Peace(1912年にノーベル平和賞を勝ち取った)のためのカーネギーEndowmentのメンバー、そして、大部分が彼の時間の共和党員を見分けました。 彼らは、1918年6月から1919年4月まで、さまざまな国際的な件で一連の食事をしながらの会議を開催しましたが、すぐ、解散しました。


1917年秋に、‘Inquiry'と呼ばれるグループは、ベルサイユのパリ講和会議の解決策を交渉するためにエドワードM.下院大佐によって組み立てられました。 彼らは歴史的な研究をして、方針書を書く地理学会から働いていました。 InquiryはIntercollegiate社会党員Societyの権力中枢部の側近グループの周りで形成されました。権力中枢部の側近グループはアメリカの社会主義者指向のインテリのグループでした。


下院(1912年のマルクスの賛美者であったウィルソン大統領の最も信じられたアドバイザー)は匿名で本にフィリップ・ドルーを書きました: 管理者(フェビアンのB.W.Huebschによって発行されます。), 「カール・マルクスによって夢見られる社会主義」を設立するのによるアメリカの接収、および1世界の全体主義政体の創設のためのプランを詳しく述べた小説でした。 「彼の本当の意見と意志に関する詐欺」を通してアメリカ人の大統領を選出することによって、これをすることになっていました。 また、本は累進所得税、および非課税の地盤について議論しました。 小説は事実になりました、そして、フィリップ・ドルーは実際に下院自体でした。


On May 30, 1919, Baron Edmond de Rothschild of France hosted a meeting at the Majestic Hotel in Paris, between The Inquiry, which was dominated by J. P. Morgan’s people, and included members such as? historian George Louis Beers (who later became the U.S. representative for the Round Table), Walter Lippman, Frank Aydelotte, Whitney H. Shepardson, Thomas W. Lamont, Jerome D. Greene, Col. Edward House, Dr. James T. Shotwell, Professor Archibald Coolidge, Gen. Tasker H. Bliss (the U.S. Army Chief of Staff), Erwin D. Canham (of the Christian Science Monitor), and Herbert Hoover (who, when he was elected to the Presidency in 1928, chose CFR member Henry L. Stimson to be his Secretary of State); and the Round Table, including members? Lord Alfred Milner, Lord Robert Cecil, Lord Eustace Percy, Lionel Curtis, and Harold Temperley;? to discuss a merger. They met again on June 5, 1919, and decided to have separate organizations, each cooperating with the other.?


On July 17, 1919, House formed the Institute of International Affairs in New York City, and The Inquiry became the American branch of the Round Table. Their secret aims were “to coordinate the international activities and outlooks of all the English-speaking world into one ... to work to maintain peace; to help backward, colonial, and underdeveloped areas to advance towards stability, law and order, and prosperity, along the lines somehow similar to those taught at Oxford and the University of London...”?


The Council on Foreign Relations, and the Institute of International Affairs, both supporters of Wilson, strongly supported the League of Nations. However, the Round Table wanted to weaken the League by eliminating the possibility of collective security in order to strengthen Germany, and isolate England from Europe so an Atlantic power could be established, consisting of England, the British Dominions, and the United States. In 1921, when it became apparent that the United States wasn’t going to join the League, the Council on Foreign Relations was incorporated on July 21st, consisting of members from both groups, and others who had participated in the 1919 Paris Peace Talks. The name change was made so that the American branch of the Round Table would appear to be a separate entity, and not connected to the organization in England.?


The Council on Foreign Relations (CFR) became the American headquarters for the Illuminati. Led by House, who wrote the Charter, they were financed by Paul Warburg, Jacob Schiff, William Averell Harriman, Frank Vanderlip, Bernard Baruch, Nelson Aldrich, J. P. Morgan, Otto Kahn, Albert H. Wiggin, Herbert H. Lehman, and John Rockefeller.?


1919年5月30日、フランスのロスチャイルドがJPモルガンの人々によって支配されたInquiryの間のパリのMajesticホテルでミーティングを主催して、メンバーを含んだBaronエドモンドde、および#8211というのに関して; 歴史家のジョージ・ルイス・ビアース(後でRound Tableの米国代表になった)、ウォルターLippman、フランク・エイデロット、ホイットニーH.Shepardson、トーマス・W.ラモント、ジェローム・D.グリーン、エドワード下院大佐、ジェームスT.ショットウェル博士、Archibaldクーリッジ教授、タスカーH.Bliss司令官(米国陸軍幕僚長)、アーウィンD.Canham(クリスチャンサイエンスMonitorの)、およびハーバート・フーバー(彼が1928年にPresidencyに選出されたとき、だれが、彼の国務長官になるようにCFRメンバーヘンリー・L.スティムソンを選びましたか。); メンバーと#8211というのを含むRound Table; 主のアルフレッド・ミルナー、主のロバート・セシル、主のユースタス・パーシー、ライオネル・カーティス、およびハロルド・テンパリ; 合併について議論するために。 それぞれもう片方に協力して、彼らは、1919年6月5日に再会して、独立した組織団体を持っていると決めました。


1919年7月17日に、下院はニューヨーク市でイタリア国際問題研究所を形成しました、そして、InquiryはRound Tableのアメリカのブランチになりました。 それらの秘密の目的は「治安を維持するために扱う1つに…すべての英語を母語とする地域の国際的な活動と見通しを調整する」ことでした; 「どうにかオックスフォードで教えられたものと同様の線とロンドン大学に沿って安定性に向かって進める後方の、そして、植民地の、そして、発育不十分の領域、法と秩序、および繁栄を助けるために」…


外交評議会、およびイタリア国際問題研究所、ウィルソンの支持者の両方は強く国際連盟を支持しました。 しかしながら、Round Tableはドイツを強化して、大西洋パワーを確立することができたようにヨーロッパからイギリスを隔離するために集団安全保障の可能性を排除することによって、Leagueを弱めたがっていました、イギリス、イギリスのDominions、および合衆国から成って。 1921年に、外交評議会は7月21日に法人組織でした、グループと他のものの両方からの1919パリPeace Talksに参加したメンバーから成って。(その時、合衆国がLeagueに合流しないつもりであったのは明らかになりました)。 改名は、Round Tableのアメリカのブランチが、別々の実体であるように見えるように作られて、イギリスでの組織に接続されませんでした。


外交評議会(CFR)はIlluminatiのためのアメリカの本部になりました。 下院(憲章を書いた)によって導かれて、それらはポール・ヴァールブルク、ヤコブ・シフ、ウィリアム・アヴレル・ハリマン、フランク・バンダリップ、バーナード・バルーク、ネルソン・オルドリッチ、JPモルガン、オットー・カーン、アルバート・H.ウィギン、ハーバート・H.リーマン、およびジョン・ダビッドソン・ロックフェラーによって融資されました。


The membership of the CFR was mainly made up from the 150 members of House’s task force which worked on the Peace Treaty. Many were associates of the J. P. Morgan Bank. The first Board consisted of the seven who were on the Merger Committee: Whitney H. Shepardson (Executive Secretary), George W. Wickersham (Chairman, Wall Street lawyer, Attorney General for President Taft), Frank L. Polk (Wall Street banker, Under Secretary of State), Paul Warburg, William R. Shepherd (president of Columbia University), Edwin F. Gay (Secretary-Treasurer, who later became the editor of the New York Evening Post which was owned by CFR member Thomas Lamont, who was a senior partner of J. P. Morgan and a financial advisor to President Wilson), and Stephen P. Duggan (director of the International Education Board); plus nine others: John W. Davis (President, former Ambassador to Great Britain, former Democratic Congressman from West Virginia, who later became chief counsel for J. P. Morgan & Co., Rockefeller Foundation trustee, and also a Democratic candidate for the Presidency in 1924), Elihu Root (Honorary President), Paul D. Cravath (Vice President, NY lawyer), Archibald Cary Coolidge (Harvard historian), Isaiah Bowman (director of the American Geographical Society), Norman H. Davis (NY banker, former Under Secretary of State), John H. Finley (associate editor at the New York Times), David F. Houston (former Secretary of Treasury), and Otto Kahn (NY banker). Other members included: J. P. Morgan, John D. Rockefeller, Edward M. House, Christian Herter, Jacob Schiff, Averell Harriman, Nelson Aldrich, Bernard Baruch, Owen D. Young, Russell C. Leffingwell, John Dulles, Allen Dulles, James T. Shotwell, Professor Charles Seymour, Joseph Chamberlain, Philip Jessup, Philip Moseley, Grayson Kirk, Henry M. Wriston, Arthur H. Dean, Philip D. Reed, John J. McCloy, and Walter Lippman (founder of the Intercollegiate Socialist Society).


Where All Souls College at Oxford University was the base for Round Table operations in England; the Institute for Advanced Study at Princeton University, established by Abraham Flexner of the Carnegie Foundation and Rockefeller’s General Education Board, was the center of activities for the American branch.


CFRの会員資格はPeace Treatyに働いていた下院の特別委員会の150人のメンバーから主に作られました。 多くがJPモルガンBankの仲間でした。 最初のBoardはMerger Committeeにいた7から成りました: ホイットニーH.Shepardson(事務秘書官)、ジョージ・W.ウィッカーシャム(議長、ウォール街弁護士、タフト大統領のための検事総長)、フランク・L.ポーク(ウォール街の銀行員、州次官)、ポール・ヴァールブルク、ウィリアムR.Shepherd(コロンビア大学の学長)、エドウィンF.Gay(長官兼会計係。(その会計係は後でJPモルガンの代表社員とウィルソン大統領の財務顧問であったCFRメンバートーマス・ラモントによって所有されていたニューヨークEveningポストのエディタになりました)。), スティーブン・P.ダガン(国際教育委員会の指導官); 9人の他のもの: ジョン・W.デイヴィス(ウェストヴァージニアからの1924年に後でJPモルガン社、ロックフェラー財団の受託者、および民主党の大統領候補のために主任顧問にもなったCongressman元民主党の社長(英国への元Ambassador)), Elihu Root(名誉社長)、ポールD.Cravath(副社長、ニューヨーク弁護士)、Archibaldケーリー・クーリッジ(ハーバードの歴史家)、イザヤBowman(地理学会の指導官)、ノーマン・H.デイヴィス(ニューヨークの銀行員、州の前の次官)、ジョン・H.フィンリー(ニューヨーク・タイムズでエディタを関連づける)、デヴィッド・F.ヒューストン(国家財政委員会の元長官)、およびオットー・カーン(ニューヨークの銀行員)。 他のメンバーは:だった J。 P。 モーガン、ジョン・ダビッドソン・ロックフェラー、エドワードM.下院、クリスチャンのハーター、ヤコブ・シフ、アヴレル・ハリマン、ネルソン・オルドリッチ、バーナード・バルーク、オーエン・D.ヤング、ラッセルC.Leffingwell、ジョン・フォスター・ダレス、アレン・ダレス、ジェームス・T.ショットウェル、チャールズ・シーモア教授、ジョゼフ・チェンバレン、フィリップ・ジェサップ、フィリップ・モーズリー、グレーソン・カーク、ヘンリー・M.リストン、アーサー・H.ディーン(フィリップ・D.リード)・ジョン・J.マクロイ、およびウォルターLippman(大学間の社会主義社会の創設者)。


オックスフォード大学のオールソウルズカレッジがイギリスでのRound Table操作のためのベースであったところ; カーネギー財団とロックフェラーの教養Boardのアブラハム・フレクスナーによって設立されたプリンストン大学のAdvanced StudyのためのInstituteはアメリカのブランチのための活動の中心でした。


Their membership grew from 97 in 1921, to 210 in 1922. In 1927, they began to receive funding from the Rockefeller Foundation, and later the Carnegie Endowment and Ford Foundation; in addition to the financial support they got from J. P. Morgan and the Wall Street banking interests. By 1936, their membership reached 250, and they already had a lot of influence on five American newspapers: The New York Times, New York Herald Tribune, Christian Science Monitor, The Washington Post, and the Boston Evening Transcript. This gave them the ability to slant the news in a way which would reflect their views, and thus begin the process of molding America to suit their needs.?


In 1937, the CFR came up with the idea for ‘Committees on Foreign Relations,’ which would be established in various major cities around the country, for the “serious discussion of international affairs by leading citizens in widely separated communities.” Between 1938 and 1940, Francis P. Miller organized these mini-Councils with funding from the Carnegie Corporation, to better influence thinking across the country. John W. Davis said after World War II that these committees had “provided an avenue for extending the Council to every part of the country.” These CFR subsidiaries were established in 38 cities: Albuquerque, Atlanta, Billings, Birmingham, Boise, Boston, Casper, Charlottesville, Chicago (the most prominent), Cleveland, Denver, Des Moines, Detroit, Houston, Indianapolis, Little Rock, Los Angeles, Louisville, Miami, Nashville, Omaha, Philadelphia, Phoenix, Portland (ME), Portland (OR), Providence, Rochester, St. Louis, St. Paul-Minneapolis, Salt Lake City, San Francisco, Santa Barbara, Seattle, Tampa Bay, Tucson, Tulsa, Wichita, and Worcester.


?それらの会員資格は1921年に97から1922年の210まで成長しました。 1927年に、彼らはロックフェラー財団以降からカーネギーEndowmentとフォード財団に資金を供給しながら、受信し始めました; 資金援助に加えて、彼らはJPモルガンとウォール街銀行業から関心を得ました。 1936年までには、それらの会員資格は250に達しました、そして、彼らは既に5個のアメリカの新聞に多くの影響を与えました: ニューヨークタイムズ、ニューヨーク告知トリビューン、クリスチャンサイエンスモニター、ワシントンポスト、およびボストンの晩の転写。 これはそれらの視点を反映する方法でニュースを歪曲して、その結果彼らの必要性に合うようにモールドアメリカのプロセスを開始する能力をそれらに与えました。


1937年に、CFRは‘Foreign Relationsの委員会'のための考えを思いつきました、「遠くに切り離された共同体の主な市民による国際情勢の重大な議論」のために。(考えは国中の様々な大都市に確立されるでしょう)。 1938年から1940、フランシス・P.ミラーは国中で考えによりよく影響を及ぼすためにカーネギー財団からの基金でこれらのミニCouncilsを組織化しました。 ジョン・W.デイヴィスは、第二次世界大戦の後にこれらの委員会が「大通りをCouncilを国のあらゆる部分まで広げるのに提供した」と言いました。 これらのCFR子会社は38の都市に設立されました: アルバカーキ、アトランタビリングス、バーミンガム、ボイシ、ボストン、カスパーシャーロッツビル、シカゴ(最も際立った)、クリーブランド、デンバー、Des Moines、デトロイト、ヒューストン、インディアナポリス、リトルロック、ロサンゼルスルイビル、マイアミ、ナッシュビル、オマハ、フィラデルフィア、フェニックス、ポートランド(ME)、ポートランド(OR)、プロビデンス、ロチェスター、セントルイス、聖ポール-ミネアポリス、ソルトレイクシティー、サンフランシスコ、サンタバーバラ、シアトル、タンパベイ、ツーソン、タルサ、ウィッチタ、およびウスター。


The CFR has always claimed to be a private organization that doesn’t formulate any government policy, in fact, the following disclaimer appears on their books: “The Council on Foreign Relations is a non-profit institution devoted to the study of the international aspects of American political, economic, and strategic problems. It takes no stand, expressed or implied, on American policy.” From the beginning, their goal was to infiltrate the government, and that was done. Actually, they were so successful, that today, the CFR practically controls, and dictates, both domestic and foreign policy.?


President Franklin D. Roosevelt had Henry Wallace (Secretary of Agriculture) and Louis Douglas (Director of the Budget Bureau) work with a CFR study group on national self-sufficiency, out of which came the Export-Import Bank and the Trade Agreements Act of 1934.?


On September 12, 1939, after the start of World War II, CFR members Hamilton Fish Armstrong (editor of the CFR magazine Foreign Affairs) and Walter H. Mallory (Executive Director), went to the State Department and met with Assistant Secretary of State George S. Messersmith (CFR member), to offer the services of the Council by establishing a CFR study group concerning the war and a plan for peace, which would make recommendations to the State Department. They proposed to do research, and make informal recommendations in areas regarding national security and economics. Secretary of State Cordell Hull, and Under Secretary of State Sumner Welles (CFR member) liked the idea, and the War and Peace Studies Project was initiated with funding from the Rockefeller Foundation, who gave grants totaling $300,000 over a 6 year period.?


CFRは、いつも少しの政府の政策も定式化しない民間であると主張しました、事実上、以下の注意書きはそれらの本の上に載っています: 「外交評議会はアメリカの政治上の、そして、経済の、そして、戦略の問題の国際面の研究にささげられた非営利の団体です。」 「アメリカの方針で急送されるか、または含意されなかった態度を全く取ります。」 それらの目標が政府に浸透する始めからの、ことであり、それをしました。 実際に、それらがとてもうまくいって、CFRはその今日、実際にドメスティックで外国の両方の方針を制御して、書き取ります。


フランクリン D. ルーズベルト大統領はヘンリー・ウォレス(農務長官)とルイス・ダグラス(主計局の指導官)を国家の自給自足に関するCFR研究グループと共に働かせました。(自給自足から、輸出入銀行と1934年のTrade Agreements条例は来ました)。


第二次世界大戦の始まり(CFRメンバーのハミルトン・Fishアームストロング(CFR雑誌Foreign Affairsのエディタ)とウォルターH.Mallory(事務局長))が国務省に行って、推薦状を国務省にするだろう平和のために戦争とプランに関してCFR研究グループを設立することによってCouncilのサービスを提供するために、国務次官補ジョージS.Messersmith(CFRメンバー)に会った後に1939年9月12日に。 彼らは、領域で国家安全保障と経済学に関して非公式の推薦状を研究して、すると提案しました。 国務長官のコーデル・ハル、州次官のサムナー・ウェルズ(CFRメンバー)は考えが好きであり、戦争とPeace研究Projectはロックフェラー財団からの基金で起こされました。(ロックフェラー財団は、6年の期間にわたって合計で30万ドルになる交付金を与えました)。


Under that umbrella, there were 5 study groups, each with 10-15 men and a full-time paid secretary. All together, between 1940 and 1945, there were 100 people involved, with 362 meetings, producing 682 documents, and meets regularly with State Department officials.?


War and Peace Studies Project


?


Norman H. Davis (Chairman)?


Walter H. Mallory (Secretary)?


Peace Aims: Hamilton Fish Armstrong?


Territorial: Isaiah Bowman (President of Johns Hopkins University, geography expert)?


Armaments: Allen W. Dulles (international corporate lawyer), Hanson W. Baldwin (military correspondent for New York Times)?


Political: Whitney H. Shepardson (corporate executive who was House’s secretary at the 1919 Versailles Peace Conference)?


Economic & Financial: Alvin H. Hansen (professor of political economy at Harvard), Jacob Viner (professor of economics at University of Chicago)?


In December, 1941, at the urging of the CFR, the State Department created the 14-member?Advisory Committee on Post-War Foreign Policy, in which the CFR was represented by eight of its members (2 more became members later). The core of the group was Cordell Hull, Sumner Welles, Norman H. Davis, Myron C. Taylor (corporate executive), Isaiah Bowman and Leo Pasvolsky (economist), all of whom were CFR members, with the exception of Hull, and were known as the ‘Informal Political Agenda Group’ which Roosevelt called his “post-war advisers.” They controlled the Committee, and were assisted by a research staff financed and controlled by the CFR. In order to formulate a closer liaison between the CFR and the Advisory Committee, the Research Secretaries from the War and Peace Studies were brought into the State Department as consultants to the corresponding subcommittee of the Advisory Committee. The Committee had their last general meeting in May, 1942, and all work from then on occurred at the subcommittee level.?


そのかさの下に、それぞれ10-15人の男性とフルタイムの支払われた秘書がいる5つの研究グループがありました。 一斉に、1940年と1945年の間に、民族が682通のドキュメントを製作する362のミーティングに伴って、国務省の職員と共に定期的に会う100があります。


戦争と平和研究は突出しています。





ノーマン・H.デイヴィス(議長)


ウォルターH.マロリー・ワイス症候群(長官)


平和は目的とされます: ハミルトン・Fishアームストロング


領土: イザヤBowman(ジョーンズ・ホプキンス大学、地理学の専門家の社長)


兵器: アレン・W.ダレス(国際的な顧問弁護士)、ハンソン・W.ボールドウィン(ニューヨーク・タイムズの軍事の通信員)


政治上: ホイットニーH.Shepardson(1919年のベルサイユPeaceコンファレンスで下院の秘書であった会社重役)


経済的で財政的: アルビン・H.ハンセン(ハーバードの政治経済学の教授)、ヤコブ・バイナー(シカゴ大学における経済学の教授)


CFRの衝動における1941年12月に、国務省は14メンバーのためにAdvisory Committeeをポスト-戦争Foreign Policyに作成しました(後でもう2はメンバーになりました)。そこでは、CFRが8人のメンバーによって表されました。 グループのコアは、そのすべてがCFRメンバーであったコーデル・ハルと、サムナー・ウェルズと、ノーマン・H.デイヴィスと、マイロン・C.テイラー(会社重役)と、イザヤBowmanとハル以外のレオPasvolsky(エコノミスト)であり、ルーズベルトが彼の「戦後のアドバイザー」と呼んだ‘非公式のPolitical Agenda Group'として知られていました。 それらは、Committeeを制御して、CFRによって融資されて、監督された研究グループによって補助されました。 CFRとAdvisory Committeeとの、より厳密な連絡係を定式化するために、戦争とPeace研究からのResearch長官はAdvisory Committeeの対応する小委員会へのコンサルタントとして国務省に連れて来られました。 Committeeには、1942年5月に、彼らの最後の総会がありました、そして、すべての仕事が小委員会レベルでそれ以来起こりました。





FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年10月1日

                           山本尚利

タイトル: リチウム電池リコール:ソニーの危機



1.21世紀ソニーの経営戦略の流れ

 筆者は、過去にソニーに関して何度か取り上げてきました。(注1~注5)

過去に公表されているソニー・トピックスから、21世紀におけるソニーの経営戦略の流れをお

よそ把握することができます。企業の経営戦略情報の公表部分ではなく、裏に秘められる真

意あるいは狙いは、一般的にトップシークレットとなっていますので、公表情報から推測す

るしかありません。

 拙稿の過去記事から、21世紀ソニーの経営戦略の流れは容易に推測できます。90年代、多

くの日本IT企業が構造不況に落ち込む中、ソニーのみは、ダントツの成長を遂げています。

1990年度のソニーの売上は3.7兆円でしたが、2000年度の売上は7.3兆円に達しています。こ

の数字は、10年でソニーの経営規模が、2倍に成長したことを物語っています。90年代の逆境

日本において、経営規模を倍増させたソニーの経営戦略は大成功したと考えてよいでしょ

う。

 ところが、2000年3月、ネットバブル崩壊を端緒に、今世紀になってソニーの奇跡の成長が

停滞、売上規模は7兆円台でとどまっています。1999年、ネットバブル最盛期に3万円台をつ

けたソニー株価は、2003年4月のソニーショックで3000円割れを起こしました。最近は、映画

ダヴィンチコードのヒットなどで、一時6000円台まで戻しましたが、今回のソニー製リチウ

ムイオン電池リコール問題で、再び4000円台に下落してしまいました。90年代あれだけ輝い

たソニーがなぜ、今世紀になって、突如、惨憺たる苦境に追い込まれたのかについての筆者

の見解はすでに発表しています。(注6)

 筆者の見解は、一言、『ソニー経営者が逆境シナリオ到来に向けて、リスクマネジメント

が不十分であった。』というものです。

 ソニーの経営戦略にとっての順境シナリオとは、反戦・平和志向の世界市場シナリオで

す。一方、逆境シナリオとは、軍事・エネルギー覇権の寡頭勢力が牛耳る世界市場シナリオで

す。ネットバブル崩壊後のソニーの経営者は、寡頭勢力による逆境シナリオの計画的誘導が

読めなかったと筆者は分析しています。もうひとつ、当時のソニー経営者の経営戦略を、ソ

ニーの日本人幹部、特に、技術陣幹部が理解できなかった。また、ソニー経営者による自社

の日本人社員に対する説得努力が不十分であった、と筆者は読んでいます。



2.リチウム電池リコール事件の本質

 2006年8月、ソニーにまたもや、災難が降りかかりました。ソニー製リチウムイオン電池の

発火トラブルです。(注7)

 パソコン(PC)用ソニー製リチウムイオン電池の回収はアップル、デルのPCにとどまら

ず、レノボや東芝のPCにまで拡がる気配です。このまま行くと、全世界で回収1千万個に達

する可能性がでています。その費用は500億円を軽く突破しそうです。ソニー映画、ダヴィン

チコード(注5)のヒットによる収益がこのPC電池回収事件で吹き飛ぶ計算となります。

 筆者の懸念したソニーのリスクマネジメント問題が再度、噴出した感が否めません。グロ

ーバル競争社会において、ソニーの経営者にとって、映画の製作・配給ビジネスと電池の製

造・販売ビジネスを両立させることは至難です。まさに『二兎追うものは、一兎も得ず』の格

言が当てはまります。このまま行くと、ソニーは1986年にGEに買収された米国家電メーカ

ー、RCAの二の舞を踏む危険があります。

 ソニーは、ウォルト・ディズニーのようなマルチメディア・エンターテインメント企業に特

化するのか、松下電器やキヤノンのように、ものづくり専業企業に特化するのかの岐路に立

たされています。筆者個人は、経験産業論者(注8)ですから、前者、マルチメディア・エン

ターテインメントの事業戦略を支持します。ソニーが、MGM買収(注1)で功績のあったハワー

ド・ストリンガー氏をCEOに据えた時点で、ソニーは後者の『ものづくり』を思い切って棄て

るのが経営戦略的には正解なのではないかと筆者は信じます。

 ネットバブル崩壊後のソニーの経営戦略の迷走が、ソニー技術陣のモラール低下を招いた

ことは十分想像できます。(注3) その結果、ソニー製品の品質低下が起こり、今回のリチ

ウムイオン電池の発火トラブルを招いたと思われます。この事件が不幸にも、ソニーブラン

ドを傷つけたら、かつて日本一の乳製品ブランドであった雪印乳業(注9)と同じ運命(ブラン

ド消滅)が待っています。ブランド企業の最大の敵は、競合企業ではなく、品質トラブルであ

ることは論を待ちません。



3.ソニー製電池発火事件にみる疑問

 リチウムイオン電池が発火しやすいことは既知の事実で、製品設計上、あるいは製品の品

質管理上の最重要のマネジメント・ポイントです。ところで戦後、量産品の品質管理には統

計的品質管理思想が導入されています。その中に、アルファの誤り(真の合格品を不合格、

廃棄にする誤り)とベータの誤り(真の不合格品を合格、出荷する誤り)という考え方があ

ります。どちらの誤りにも、損害(コスト)が発生します。今回のソニー電池事件は、後者

のベータの誤りの事例です。

 この場合、市場に一定の不良品が出回ります。それを承知の上で、ベータの誤りをゼロに

する全数検査(高コスト)を止めて、ベータの誤りを予め見込む抜き取り検査(低コストのサン

プル検査)で品質管理を行います。そして、抜き取り検査コストと、ベータの誤りによって市

場に出回った不良品の回収、修理、弁償コストの合計が、全数検査コストより低くなるよう

に統計的品質管理設計を行います。これは、リスク・イコール・コストという考え方です。

この考えに従えば、量産品であるソニー製電池が、市場にて稀に発火事故を起こすことは品

質管理上、織り込み済みの話です。ソニーの電池のみならず、ほとんどの工業的量産品には

統計的品質管理(抜き取り検査)が適用されます。たとえば、米国の牛肉(工業的量産品)はベ

ータの誤りを認める品質管理(抜き取り検査)で出荷されます。だからこそ米国産牛肉は国産

牛肉より大幅に安い。しかしロープライス・イコール・ハイリスクなのです。ブッシュ大統領

は、テキサスに私有する牧場の牛しか食べないと言われていますが、このように米国国民は

一般的に、リスク・イコール・コストの概念をよく理解しています。ところが、日本の官僚や

日本国民はこの考え方(リスクマネジメントの基本)が理解できないことが多いわけです。こ

のことが、狂牛病BSE問題にからんで、米国産牛肉の輸入をめぐって日米政府間で摩擦が起こ

る原因となっています。

 さて、ソニー製電池リコール事件における筆者の疑問とは、上記で解説したローコスト・イ

コール・ハイリスクのコンセプトに精通しているはずのアップル、デルという米国企業から、

全面回収リコールに持ち込まれた点にあります。一般的には、ベータの誤りによって出荷さ

れた不良品の交換のみを行えば済んだはずですが・・・。なぜ、全面回収(ソニーにとって

合格品までも回収することになる)に発展したか。まず考えられる原因(その1)は、航空

機テロ対策が厳しくなっている現在、ノートパソコンは、航空機の機内持ち込みが可能であ

り、その二次電池発火事故は航空機の安全上の大問題に発展するという特殊事情がソニーに

とって非常に禍いしています。つまり、PC用リチウムイオン電池に限って、ベータの誤りに

よる損失コストが無限大になってしまったのです。



4.油断できないスティーブあるいはビル(あるいはイー・ゴンヒ)のソニー買収の野望

 もうひとつ考えられる原因(その2)は、ソニーがアップルのスティーブ・ジョブズとマイ

クロソフトのビル・ゲイツに翻弄されている点(注5)に潜むのではないでしょうか。

 要するに、マルチメディア・エンターテインメント事業ドメインで覇権競争しているスティ

ーブとビルは両者ともに、ソニーあるいはウォルト・ディズニーを取り込みたいはずです。

スティーブはすでに、片方の獲物、ウォルト・ディズニーの筆頭株主となっています。彼ら

にとって、もうひとつの獲物、ソニーを買収するには、ソニーの株価をいったん下げるのが

お買い得となります。

 ソニーというブランドを消し去って、ソニーの知的資産やリソースのみをできるだけ安く

獲得する。その意味で、今回のソニー製電池事件は、ソニーブランドを傷つけるが、ソニー

の知的資産やリソースは傷つきません。今回の電池事件が全面回収リコールに拡大するほ

ど、ソニーを買いたい野心家にとってはもっとも好ましい買収条件が整うわけです。

 もちろん、ソニーは買収された後、解体される可能性があります。もし、買収されれば、

コンシューマ・エレクトロニクス事業は、デルあるいはサムスンに売却されるでしょう。

 ちなみに、サムスンのイー・ゴンヒ会長がソニーに対してどのような野望を持っているの

かも決して無視できません。

 いずれにしても、ソニーのかつてのモデル企業、RCAが1986年にGEに買収された当時の状況

を連想すればわかりやすいといえます。ソニーがRCAのように消滅しないためにはどうする

か、これは単にソニーの日本人社員のみならず、日本国民の問題でもあります。なぜなら、

ソニーは日本発グローバル企業の先行モデルだからです。



注1:ベンチャー革命No.119『MGM買収:ソニーの危険な賭け』2004年9月25日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr119.htm


注2:ベンチャー革命No.144『日本よさらば:ソニーの旅立ち』2005年1月22日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr144.htm


注3:ベンチャー革命No.165『米国大学は研究に不向き?』2005年6月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr165.htm


注4:ベンチャー革命No.178『ソニーで占う「セミ米国化」』2005年9月24日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr178.htm


注5:ベンチャー革命No.194『ソニー映画「ダヴィンチコード」のインパクト』2006年5月21日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr194.htm


注6:山本尚利『シナリオ発想によるリスクマネジメント・・・逆境シナリオが描けなかった

ソニーの躓き』月刊ビジネスリスクマネジメント2005年12月号、ビジネスリスク経営研究所

http://www.dream-lab.co.jp/brm/backno_05.html


注7:日本経済新聞2006年10月1日

注8:寺本義也・山本尚利『MOTアドバンスト:新事業戦略』JMAM、2004年、p35

注9:テックベンチャーNo.63『品質大国日本』2000年9月13日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/ATT00013.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

DOMESTIC TAMPERING(国内改変)

CHAPTER FOUR


?THE ILLUMINATI CREATES RACIAL TENSION


In the book A Racial Program for the Twentieth Century, published in 1913 by Israel Cohen of the Fabian Society (a follow-up to Zangwill’s Melting Pot), he wrote:


?“We must realize that our Party’s most powerful weapon is racial tension. By propounding into the consciousness of the dark races, that for centuries have been oppressed by the Whites, we can mold them to the program of the Communist Party ... In America, we will aim for subtle victory. While enflaming the Negro minority against the Whites, we will instill in the Whites, a guilt complex for the exploitation of the Negroes. We will aid the Negroes to rise to prominence in every walk of life, in the professions, and in the world of sports and entertainment. With this prestige, the Negroes will be able to intermarry with the Whites, and begin a process which will deliver America to our cause.”



On June 17, 1957, this passage was read into the Congressional Record by Rep. Thomas G. Abernathy.


?In 1922, the Russian Comintern provided $300,000 for the spreading of communist propaganda among Negroes. In 1925, the Communist Party, U.S.A., told its members:


“The aim of our Party in our work among the Negro masses is to create a powerful proletarian movement which will fight and lead the struggle of the Negro race against the exploitation and oppression in every form and which will be a militant part of the revolutionary movement of the whole American working class ... and connect them with the struggles of national minorities and colonial peoples of all the world and thereby the cause of world revolution and the dictatorship of the proletariat.”


?In 1925, a dozen Blacks were recruited for propaganda training in Russia. That same year, the American Negro Labor Congress was established. In 1930, they changed their name to the League of Struggle for Negro Rights. They merged with the United Negro Congress when it was founded in 1936, in Washington, D.C. By 1940, communists made up two-thirds of its membership. In 1947, they united with the Civil Rights Congress, a communist front group.


?In a 1928 pamphlet by John Pepper (alias for Joseph Pogany) called American Negro Problems, a move was being made by Stalin to ferment revolution and stir the Blacks into creating a separate Republic for the Negro. Another pamphlet put out by the New York Communist Party in 1935, called The Negroes in a Soviet America, urged the Blacks to rise up and form a Soviet State in the South by applying for admission to the Comintern. It contained a firm pledge that a revolt would be supported by all American communists and liberals. On page 48, it said that the Soviet Government would give the Blacks more benefits than they would give to the Whites, and “any act of discrimination or prejudice against the Negro would become a crime under the revolutionary law.”


?In The Communist Party: A Manual On Organization by J. Peters, he writes:


?“The other important ally of the American proletariat is their mass of 13,000,000 Negro people in their struggle against national oppression. The Communist Party, as the revolutionary party of the proletariat, is the only party which is courageously and resolutely carrying on a struggle against the double exploitation and national oppression of the Negro people, becoming intense with the developing crisis, can win over the great masses of the Negro people as allies of the Proletariat against the American bourgeosie.”



?In James Cannon’s America’s Road to Socialism, he says that the Negroes “will play a great and decisive role in the revolution ... And why shouldn’t they be? They have nothing to lose but their property and discrimination, and a whole world of prosperity, freedom, and equality to gain. You can bet your boots the Negro will join the Revolution to fight for that? once it becomes clear to them that it cannot be gained except by revolution.”


?The former FBI Director, J. Edgar Hoover, said of the Communists goals: “Communists seek to advance the cause of communism by injecting themselves into racial situations and in exploiting them, (1) to intensify the frictions between Negroes and Whites to ‘prove’ that discrimination against the minorities is an inherent defect of the capitalistic system, (2) to foster domestic disunity by dividing Negroes and Whites into antagonistic, warring factions, (3) to undermine and destroy established authority, (4) to incite racial strife and riotous activity, and (6) to portray the Communist movement as the ‘champion’ of social protest and the only force capable of ameliorating the conditions of the Negro and the oppressed.”


?In light of all this, you can see why the Supreme Court, under elitist Earl Warren, issued the desegregation law in 1954, and why Eisenhower and Kennedy enforced it by using Federal troops. It was to create more tension between Blacks and Whites. Incidentally, it was the Warren Court who prohibited prayer and the singing of Christmas carols in the schools. This was intended to weaken Christianity.


Jacob Schiff, the Rothschild’s man in America, decided that the best way to create racial tension was to establish leadership among the Blacks. In 1909, he laid out plans for the National Association for the Advancement of Colored People (NAACP). It was the merging of the communist-controlled Niagara Movement, a group of Blacks led by W. E. B. DuBois; and a group of White social activists. In the beginning, the top leaders of the NAACP were a group of Jews appointed by Schiff. Their goal was to fight segregation and discrimination. They are the largest Black organization in the country, with well over 1500 chapters, and about a half-million members.


Communist Party members were told to join the NAACP, in order to infiltrate them. The Communist Party platform stated: “The Negro race must understand that capitalism means racial oppression, and communism means social and racial equality.” Manning Johnson, who held the highest position a Black could have in the Communist Party, said in his 1958 book Color, Communism and Common Sense, that he quit, because he felt Russia was attempting to involve them in a bloody revolution where as many as five million Blacks would die. Another Negro Communist, Leonard Patterson, testified on November 18, 1950: “I left the Communist Party because I became convinced ... that the Communist Party was only interested in promoting among the Negro people a national liberational movement that would aid the Communist Party in its efforts to create a proletarian revolution in the United States that would overthrow the government by force and violence through bloody full-time revolution, and substitute it with a Soviet form of government with a dictatorship of the proletariat.”


The May, 1968 issue of Political Affairs, the voice of the Communist Party, wrote after the death of Rev. Martin Luther King, Jr.: “The Reverend Martin Luther King, Jr., the voice, inspiration and symbol of the Negro people’s struggle for freedom and equality, is dead ... The man who, more than anyone else, personified the heroic determination of the Black people to win their liberation now. One of humanity’s great leaders has been silenced forever ... We must see that his memory not be desecrated. We must not fail to do all in our power to realize the dream for which he died.”?


King, the most powerful Black leader in the country, was a pawn of the Illuminati. He supported North Vietnam during the War, and was photographed in 1957 at the Highlander Folk School, a communist training school in Tennessee, with Abner Berry, who held a post on the Central Committee of the Communist Party. The Joint Legislative Committee on Un-American Activities reported that his Southern Christian Leadership Conference was “substantially under the control of the Communist Party through the influence of the Southern Conference Educational Fund and the communists who manage it.” King had connections with over 60 communist front organizations. Nine of his closest aides were high-ranking communist activists and one of those later became an aide to Rev. Jesse Jackson. Stanley Levison, who had been a King advisor since 1956, had been involved with the Communist Party up to 1955, and brought other known communists onto King’s staff.?


4章

啓蒙主義者は人種間の緊張を生みます。

20世紀の間の本A人種プログラムの中で、1913年にフェビアン協会(ザングウィルのるつぼへのフォローアップ)のイスラエルコーエンによって出版されて、彼は書きました:

「私達は、私達のパーティーの最も強力な武器が人種間の緊張であることに気がつかなければなりません」。

暗いレースの意識の中に提出することによって、数世紀それは白人によって圧迫されていて、私達は共産党のプログラムに彼らを作りあげることができます…

アメリカで、私達は微妙な勝利をめざします。

白人に対して黒人の少数を焚きつける間に、私達は白人(黒人の利用のために複雑な罪)中で教え込みます。

私達は、黒人がすべての職業の中で、職業において、そしてスポーツとエンターテインメントの世界で目立つようになることを助力します。

「この名声によって、黒人は、白人と異民族間結婚し、アメリカを私達の原因に提供するであろうプロセスを開始することができるでしょう」。

1957年6月17日に、この一節は連邦議会議事録の中にトーマスG.アバナシー議員によって読まれました。

1922年に、ロシアコミンテルンは黒人の間で共産主義の宣伝の広がりのために300,000ドルを提供しました。

1925年に、共産党、米国はそのメンバーに話しました:

「黒人庶民の間の私達の仕事における私達の党の目的は、すべてのフォームにおける利用と抑圧に対する黒人のレースの苦闘と戦い、導くであろうし、アメリカ労働者階級全体の革命運動の戦闘的な一部になって…と彼らが全国的な少数民族の苦闘とすべての世界と従って世界革命とプロレタリア階級の独裁の原因の植民地の民族に接続するであろう動きとして強力なプロレタリアを造ることです。」

1925年に、1ダースの黒人はロシアでの宣伝トレーニングのために募集されました。

アメリカ黒人労働議会はその同じ年に設立されました。

1930年に、彼らはそれらの名前を黒人権利への苦闘のリーグに変更しました。

1940によるワシントンD.C.(そのメンバーシップの3分の2の上に作られた共産主義者)でそれが1936年に設立された時に、彼らは結合黒人議会と合併しました。

1947年に、彼らは公民権議会、共産主義の前のグループと結合しました。

アメリカ黒人問題と呼ばれるジョン・ペッパー(ジョセフ・ポガニーのためのエイリアス)による1928年のパンフレットの中で、革命を興奮させて、黒人のために別個の共和国を作成する中に黒人を扇動するためにスターリンによって手段をとっていました。

ソビエト アメリカで黒人と呼ばれる1935年のニューヨーク共産党によって外に出された別のパンフレットは、上がり、コミンテルンへの入場を申し込むことによって南のソビエト連邦国家を結成することを黒人に勧めました。

それは、反乱がすべてのアメリカ共産主義者と自由主義者によってサポートされるであろうという堅い誓約を含んでいました。

48ページに、それは、ソビエト連邦政府が、黒人に、彼らが、白人と「黒人に対する差別または先入観のどのような行為でも革命の法律の下で犯罪になるでしょう」に与えるであろうより多くの利点を与えるであろうと伝えていました。

共産党で:

J.ピーターズによる組織の上のマニュアル、彼は書きます:

「アメリカプロレタリア階級の他の重要な同盟国は全国的な抑圧に対する彼らの苦闘において13,000,000人の黒人の人々のそれらのマスです」。

「共産党は、プロレタリア階級の革命の党として、2倍の利用に対する闘争を勇敢で、決然と続けている唯一の党であり、黒人の人々の全国的な抑圧は、発展危機によって強烈になって、アメリカbourgeosieに対するプロレタリア階級の同盟国として黒人の人々の大きなマスを説き伏せることができます」。

社会主義へのジェームズ・キャノンのアメリカの道で、彼は、黒人が「革命…で大きく、決定的な役割を果たすであろう」と言います。

そして、なぜそれらはあるべきでありませんか?

彼らには、失うものではなくそれらの特性と差別と繁栄、増加する自由、および平等の全世界は何もあります。

「それが革命を除いて得られることができないことがそれらにクリアになったら、黒人が、その?を求めて戦うために革命に参加するであろうということが絶対に間違いないようにすることができます」。

前のFBIディレクター、J.エドガー・フーバーは共産主義者のゴールに関して言いました:

「共産主義者は、人種の状況の中に、そして少数民族に対する差別が、既成の権威を徐々に蝕み、破滅させるため(3)、人種闘争と暴動を起こした活動をけしかけるため(4)黒人と白人を相反し、戦争する派閥に分割することによって国内の分離を養育する(2)資本主義体制の固有の欠陥であり、描きます(6)、‘証明します’への黒人と白人の不和を強めるため(1)彼らを利用することにおいて自身で注入することによる共産主義の運動を推し進めることに努めます」

「社会的な抗議の‘優勝’としての共産主義の動きと黒人と圧迫されたものの条件を改善することが可能な唯一の力」。

すべてのこれを考慮して、あなたは、なぜ最高裁判所が、アール・ウォレン・エリートの下で、1954年に人種差別廃止法を発布したか、そして連邦の軍を使って、なぜアイゼンハワーとケネディがそれを実施したかをわかることができます。

それは、黒人と白人の間のより多くの緊張を生むことになっていました。

付随的に、学校で祈りとクリスマス・キャロルの歌いを禁止したのはウォレン法廷でした。

これは、キリスト教を弱めることを意図していました。

ジェイコブ・シフ(アメリカのロスチャイルドの人)は、人種間の緊張を生む最もよい方法が、黒人の間でリーダーシップを設立することであったと決めました。

1909年に、彼は全米黒人地位向上協会(NAACP)についての計画を立てました。

それは共産主義者でコントロールされたナイアガラ運動(W. E. B.デュボアによって導かれた黒人のグループ)の合併でした;

そしてホワイトの社会的な活動家のグループ。

最初に、NAACPの一番上のリーダーはシフによって任命されたユダヤ人のグループでした。

それらのゴールは、分離と差別と戦うことでした。

彼らは1500よりかなり上の章と約50万人のメンバーを持つ国で最も大きなブラック組織です。

共産党メンバーは、彼らを浸透させるためにNAACPに参加するように命じられました。

共産党プラットフォームは述べました:

黒人が共産党に持つことができた最も高いポジションを保持した、「黒人のレースは、資本主義が人種の抑圧を意味していて、共産主義が社会的で、人種の平等を意味していると理解しなければなりません」.マニング・ジョンソンは、彼が、ロシアが、それらを、500万人もの黒人が死ぬであろう血まみれの革命に巻き込むことを試みていたと思ったので、彼がやめると彼の1958年の本色、共産主義、およびコモン・センスにおいて言いました。

別の黒人Communist、レナード・パターソンは1950年11月18日に証言しました:

「私が、共産党が、すごくフルタイムの革命を通して力と暴力によって政府を倒し、プロレタリア階級の独裁によって政府のソビエト連邦形態によってそれを代用するであろう米国のプロレタリア革命を作成するその努力について共産党を援助するであろう国民的なliberational運動を黒人の人々の間で促進することに興味があるだけであったことを確信したので、私は共産党を残しました」。

政治的な仕事(共産党の声)の1968年5月号はマーチン・ルーサー・キングJr.師の死の後で書きました:

「自由と平等を求める黒人の人々の戦いの牧師マーチン・ルーサー・キングJr.、声、インスピレーション、およびシンボルは死んでいます…」

他の誰かよりもっと、現在彼らの解放を勝ち取る黒人の勇ましい決定を具現した人。

人間性の偉大な指導者の1人は永久に黙っています…

私達は、彼の記憶が冒涜されないとわからなければなりません。

「私達は、彼が死んだ夢を実現する私達のパワーにおいてすべてをすることに失敗してはなりません」。

キング(国で最も強力な黒人指導者)は啓蒙主義者の質入れでした。

彼は戦争中に北ベトナムをサポートし、共産党の中央委員会の上のポストに就いていたアブネルBerryと高地人フォーク学校(テネシーの共産主義の訓練所)で1957年に写真をとられました。

非アメリカ活動におけるジョイント立法府の委員会は、彼の南部キリスト教指導者会議が、.キングが60の共産主義の前の組織の上に接続を持っていた「大幅な南の会議の教育的な資金の影響とそれを管理する共産主義者を通しての共産党のコントロール下」であったことを報告しました。

彼の最も近い補佐官の9人は地位が高い共産主義の活動家であり、それらの1つは後でジェシー・ジャクソン師に補佐官になりました。

1956年以来ずっとキングアドバイザーであったスタンレーLevisonは1955年まで共産党に没頭し、キングのスタッフの上に他の知られている共産主義者を連れて来ました。

Rev. Uriah J. Fields, King’s secretary during the early years, wrote about him: “King helps to advance Communism. He is surrounded with Communists. This is the major reason I severed my relationship with him during the fifties. He is soft on Communism.” Karl Prussion, an FBI agent who infiltrated the Communist Party, and for five years attended meetings in California, testified in 1963: “I further swear and attest that at each and everyone of the aforementioned meetings, one Reverend Martin Luther King was always set forth as the individual to whom Communists should look and rally around in the Communist struggle on many racial issues.” Julia Brown, a former Communist, said: “We were told to promote Martin Luther King to unite Negroes and also Whites behind him ... He was taking directions from Communists. I know for a fact the Communists would never have promoted him, financed him, and supported him if they couldn’t trust him. I am certain as I can be that he knew what he was doing.”


Although a 1977 court order sealed the FBI’s extensive surveillance records on King in the National Archives for 50 years, a book by Sen. Jesse Helms in 1998 called The King Holiday and Its Meaning said that Charles D. Brennan, an Assistant Director of the FBI who was personally involved in the surveillance, characterized his activities as “orgiastic and adulterous escapades,” in which he could be “bestial in his sexual abuse of women.” He also observed that “King frequently drank to excess.” The 1981 book by David Garrow, called The FBI and Martin Luther King, Jr. told of King’s liaisons with prostitutes and the misappropriation of Southern Christian Leadership Conference funds. The FBI investigation had led J. Edgar Hoover to say that “King is a tom cat with obsessive degenerate sexual urges,” and President Lyndon Johnson to call him a “hypocrite preacher.”


The oldest Jewish service organization, known as the B’nai B’rith (which means? ‘Son of the Covenant’), was a secret Masonic order founded by twelve wealthy American Jews in New York in 1843. In 1913, Schiff, along with Chicago author and attorney Sigmund Livingston, reorganized the group, and established the Anti-Defamation League of the B’nai B’rith (ADL) to fight anti-Semetism and religious prejudice. They have been used as an instrument to convince people that an attack on the Rothschilds and the Illuminati is a direct attack on the Jewish people. They are the most powerful Jewish organization in the world, with chapters in 44 countries. In the United States, they have over 2,000 agencies, about 25 regional offices, and a membership of a half-million. Its leaders had controlled the NAACP, the Urban League, and other Black organizations, and often worked closely with the ACLU. Their influence on advertising with some major department stores, hotel chains, and major corporations, has been able to slant the media toward Blacks. Nearly half of their annual budget comes through donations from non-Jews.


The American League to Limit Armaments was established on December 18, 1914, a spin-off of the Emergency Peace Federation, led by communist Louis Lochner. The League was organized by Jane Addams, John Haynes Holmes, George Foster Peabody, Stephen Wise, L. Hollingsworth Wood, and Morris Hillquit, all communists and socialists. In 1915, they changed their name to the American Union Against Militarism, establishing a Civil Liberties Bureau to oppose draft laws, The director of the Bureau, socialist Roger Baldwin, reorganized it into the National Civil Liberties Bureau, and in 1920, with the help of Jane Addams, Clarence Darrow, Norman Thomas, Felix Frankfurter, and Arthur Garfield Hays, founded the American Civil Liberties Union (ACLU). Their goal was to fight for “the rights of man (as) set forth in the Declaration of Independence and the Constitution.”


The original National Committee of the ACLU included, Elizabeth Gurley Flynn and William Z. Foster, who both later became Chairmen of the Communist Party; communist Scott Nearing; and Norman Thomas, Socialist Party Chairman. Since the 1920’s, 80% of its National Committee members had Communist connections. In 1935, Baldwin said: “I am for socialism, disarmament, and ultimately for abolishing the State itself as an instrument of violence and compulsion. I seek the social ownership of property, the abolition of the propertied class and social control of those who produce wealth. Communism is the goal.”


In 1920, a Joint Committee of the New York State Legislature reported that the ACLU “in the last analysis is a supporter of all subversive movements; and its propaganda is detrimental to the interests of the State. It attempts not only to protect crime, but to encourage attacks upon our institutions in every form.” A September, 1923 report by the United Mine Workers of America, said that the group “is working in harmony and unity with the Communist Superstructure in America ... conducting a nationwide campaign for the liberation of Bolshevik agents and disloyal agitators who have been convicted under the wartime laws or the syndicalist laws of different States for unpatriotic or revolutionary activities.”


A January, 1931 report by the Special House Committee to Investigate Communist Activities in the United States, said: “The American Civil Liberties Union is closely affiliated with the Communist movement in the United States ... it is quite apparent that the main function of the ACLU is to attempt to protect Communists in their advocacy of force and violence to overthrow the government...” The California Fact-Finding Committee on Un-American Activities reported in 1943: “The American Civil Liberties Union may be definitely classed as a Communist front...” Dr. J. B. Matthews, Chief Investigator for the House Special Committee on Un-American Activities, said in January, 1955: “In 37 years of history of the Communist movement in the United States, the Communist Party has never been able to do as much for itself as the American Civil Liberties Union has done for it.”


The ACLU is made up of about 200,000 members, with an army of 3,000 unpaid volunteer attorneys, and chapters in 47 states. They are a finger organization of the Illuminati, and are most noted for their cases involving the separation of church and state. They have defended the rights of Jehovah Witnesses to refrain from saluting the flag, and to protect the rights of the Nazis and KKK to organize and speak freely. They have become the most powerful weapon against the Church, and Christian tradition, in this country.


THE ELECTORAL COLLEGE


Another contributing factor to Wilson’s election to the Presidency, and how the Illuminati controls the American electorate today, is accomplished through a process known as the Electoral College.


Because delegates to the Constitutional Convention, which met in Philadelphia in 1787, thought that the general public lacked the insight and the judgment necessary to elect a President, and could be easily misled by irresponsible candidates, they enacted the Electoral College to do the job.


The President and Vice-President are the only public officials in the country who are not elected through a direct vote of the people. Each party, in every state, has a slate of electoral candidates, based on the number of representatives it has in Congress. They are known as the Electoral College. Presently, there are 100 Senators and 435 Representatives in the United States, for a total of 538 (includes 3 votes from the District of Columbia) electoral votes.


The electors of the Party receiving the highest vote are elected and meet on the first Monday, after the second Wednesday in December, to vote for their party’s nominees. Even though the members of the Electoral College are pledged to vote for the presidential candidate of their Party, they are not constitutionally bound to do so, and can change their mind at any time. Technically, however, a candidate wins all of the state’s electoral votes, if he wins a majority of the popular votes. If a presidential candidate has the largest popular vote, but doesn’t obtain the necessary electoral votes, he doesn’t win the Presidency. This happened in 1824, 1876, 1888, and 2000. If no candidate has a majority, then the House of Representatives chooses a President from the three highest candidates, with all the Representatives from each state combining to cast one vote for each state. If a Vice-Presidential candidate receives no clear majority, then the Senate chooses from the top two, with each Senator casting an individual vote.


Therefore, the candidate’s objective is not to win a majority of the popular vote, but a majority of the electoral votes, which is 270. Thus, if a candidate could be guaranteed just eleven states (leaving 267 remaining electoral votes in 39 states, and the District of Columbia), he could be guaranteed the Presidency: California (55), Texas (34), New York (31), Florida (27), Pennsylvania (21), Illinois (21), Ohio (20), Michigan (17), New Jersey (15), Georgia (15), and North Carolina (15). Combined, these states have 271 electoral votes.?


That is why you see a concentration of effort in these states at election time. With the Illuminati controlling the media in these large population centers, it is not a difficult task to alter public opinion and sway votes to the candidate they choose. With these states in line, the rest of the country generally follows. The bottom line is, that the people’s right to choose a President has practically been taken away, and without the financial resources necessary to fight it, there is very little that can be done.



ウリアJ.Fields師(年初めの間のキングの秘書)は彼について書きました:

「キングは、共産主義を早めることを手伝います」。

彼は共産主義者と取り囲まれます。

これは、私が50年代間に彼と私の関係を断ち切った主要な理由です。

「彼は共産主義に寛大です」と、カールPrussion(共産党を浸透させて、5年の間、カリフォルニアでミーティングに出席したFBIエージェント)は1963年に証言しました:

「私は、前記したミーティングのそれぞれとみんなで、1人のマーチン・ルーサー・キング牧師が、共産主義者が多くの人種の問題についての共産主義の苦闘においてまわりで見て、結集するべきである個人としていつも記述されたことをさらに誓い、証明します」とジュリア・ブラウン、元共産主義者は言いました:

「私達は、黒人と彼の後ろの白人も団結させるためにマーチン・ルーサー・キングを昇進させるように命じられました…」

彼は方向を共産主義者から取り去っていました。

私は、彼らが彼を信頼することができなかったならば、共産主義者が決して彼を昇進させて、彼に資金提供し、彼をサポートしなかったであろうと事実として知っています。

「私が、彼が、彼が何をしていたかを知っていたことであるかもしれない時に、私は確信しています」。


1981年、売春婦とのキングの連絡と南部キリスト教指導者会議資金の使い込みを話されたFBIとマーチン・ルーサー・キングJr.と呼ばれるデイビッドGarrowの予約します。

FBIの調査は、J.エドガー・フーバーを、「キングが、執拗な退行した性欲を持つtom猫」と彼を「偽善者伝道師」と呼ぶリンドン・ジョンソン大統領で「ある」と言う気にさせました。

ユダヤ人文化教育促進協会(‘契約の息子’を意味しています)として知られている最も古いユダヤ人のサービス組織は1843においてニューヨークで12人の裕福なアメリカユダヤ人によって設立された秘密のフリーメーソン注文でした。

1913年に、シフは、シカゴ作者と弁護士ジグムント・リビングストンとともに、グループを再編成し、anti-Semetismと宗教の先入観を争うために、ユダヤ人文化教育促進協会(ADL)の反中傷リーグを設立しました。

それらは、Rothschildsと啓蒙主義者への攻撃がユダヤ人の人々への直接的な攻撃であることを人々に納得させるために機器として使われています。

彼らは44か国の章を持つ世界で最も強力なユダヤ人の組織です。

米国に、彼らは2,000を超えるエージェンシー、約25の地方オフィス、および50万のメンバーシップを持っています。

そのリーダーはNAACP、都市リーグ、および他のブラック組織をコントロールし、しばしばACLUと密接に働きました。

いくつかの大手のデパート、ホテル・チェーン、および大企業を持つ広告へのそれらの影響は、黒人にメディアを傾けることができました。

それらの年間予算のほとんど半分は非ユダヤ人から寄贈を通して来ます。

限界軍備へのアメリカンリーグは、ルイス・ロホナー共産主義者によって導かれて、1914年12月18日、緊急平和同盟のスピンオフに設立されました。

リーグはジェイン・アダムズ、ジョン・ヘインズ・ホームズ、ジョージ・フォスター・ピーボディ、スティーブンWise、L.ホリングスワース・ウッド、およびモリス・ヒルクウィット、すべての共産主義者、および社会主義者によって組織されました。

1915年に、彼らは、法案に反対するために人権擁護局を設立している軍国主義に対するアメリカ人Unionへのそれらの名前を変更し、局、社会主義のロジャー・ボールドウィンのディレクターは全国的な人権擁護局の中にそれを再編成し、1920年の、ジェイン・アダムズ、クラレンス・ダロー、ノーマン・トマス、フェリックス・フランクファーター、およびアーサー・ガーフィールド・ヘイズの助けによって、全米市民的自由連合(ACLU)を設立しました。

それらのゴールは、「独立宣言と憲法に記述された人(のような)の権利」を求めて戦うことでした。

両方とも後で、共産党の会長になった含まれたACLU、エリザベス・ガーリー・フリン、およびウィリアムZ.フォスターのオリジナルの全国的な委員会;

スコット・ニアリング共産主義者;

そしてノーマン・トマス、社会党会長。

1920年代以来、その全国的な委員の80%が共産主義の接続を持っていました。

1935年に、ボールドウィンは言いました:

「私は、社会主義、武装解除に賛成で、暴力と強制の機器として国家自身を廃止することに最終的に賛成です」。

私は、財産、資産階級の廃止、および富を作り出す人々の社会的規制の社会的所有を捜します。

「共産主義はそのゴールです」。

1920年に、ニューヨーク州立法機関のジョイント委員会は、最後の分析のACLU"が、すべての破壊されているムーブメントのサポーターであると報告しました;

そして、その宣伝は国家の利益を損ねます。

米国で共産主義活動を調査する特別な家委員会による1931年1月のリポートは言いました:

「全米市民的自由連合は、密接に…米国での共産主義の動きと提携して、ACLUの主要な機能が、政府を倒すために彼らの力と暴力の弁護において共産主義者を保護することを試みることであることがまったく明白であることです…」と非アメリカ活動についてのカリフォルニア実情調査委員会は1943年に報告しました:

「全米市民的自由連合は共産主義の正面として間違いなく分類されるかもしれません…」J博士.B.マシューズ(非アメリカ活動についての家特別委員会のための捜査主任)は1955年1月に言いました:

「米国での共産主義の動きの37年の歴史において、共産党は、一度も、自身と、全米市民的自由連合がそれと代わりをしていたのと同じくらい多く代わりをすることができたことがありません」。

ACLUは47の状態における3,000人の未払いのボランティア弁護士と章の軍隊と約200,000人のメンバーからなります。

彼らは啓蒙主義者の指組織であり、政教分離に関係しているそれらのケースでとても有名です。

彼らは、フラグに敬礼することを控えて、自由に団結し、話すナチとKKKの権利を守るエホバの証人の権利を弁護しました。

それらはこの国で教会とキリスト教伝統を背景とした最も強力な武器になりました。

選挙人団

大統領任期へのウィルソンの選挙とどのように啓蒙主義者が今日アメリカ選挙民をコントロールするかへの別の有力な要因は選挙人団として知られているプロセスを通して遂行されます。

1787においてフィラデルフィアで開催された憲法制定会議への代表が、一般大衆が、大統領を選ぶことに必要な洞察と判断を欠き、無責任な候補者によって容易に誤解させられることができたと思ったので、仕事をするために、彼らは選挙人団を制定しました。

大統領と副大統領は、人々の直接的な票を通して選ばれない国の唯一の公務員です。

それが議会に持っている担当者の数に基づいて、各党は、すべての状態において、選挙の候補者の名簿を持っています。

それらは選挙人団として知られています。

やがて、全部で、538(コロンビア特別区から3票を含みます)の選挙人投票のために、米国に100人の上院議員と435人の担当者がいます。

最も高い票を受け取っている党の選挙人は選ばれて、彼らの党の指名された人に投票するために、12月の2番目の水曜日の後に最初の月曜日に会います。

選挙人団のメンバーが、彼らの党の大統領候補に投票することを誓約しても、彼らは、憲法でそうする義務がなく、いつでも彼らの考えを変えることができます。

しかし、技術的に、彼が一般投票の大多数を勝ち取るならば、候補者は状態の選挙人投票のすべてを勝ち取ります。

大統領候補が最も大きな一般投票を持っているけれども必要な選挙人投票を得ないならば、彼は大統領の地位を勝ち取りません。

これは1824、1876、1888、および2000年において起こりました。

どの候補者も大多数を持っていないならば、各状態のために1票を投じるように結合している各状態からのすべての担当者と、下院は3人の最も高い候補者から大統領を選びます。

副大統領の候補者がクリアな大多数を全然受け取らないならば、各上院議員が個々の票を投じている状態で、上院はトップの2から選びます。

従って、候補者の目的は、一般投票の大多数ではなく選挙人投票の大多数を勝ち取ることです(それは270です)。

従って、候補者がちょうど11の状態(39の州とコロンビア特別区での去り267の残っている選挙人投票)を保証されることができたならば、彼は大統領任期を保証されることができました:

カリフォルニア(55)、テキサス(34)、ニューヨーク(31)、フロリダ(27)、ペンシルベニア(21)、イリノイ(21)、オハイオ(20)、ミシガン(17)、ニュージャージ(15)、ジョージア(15)、およびノースカロライナ(15)。

結合されて、これらの州は271の選挙人投票を持っています。

そんなわけで、あなたは選挙の時にこれらの州で努力の集中を見ます。

啓蒙主義者がこれらの大きな人口密集地でメディアをコントロールしている状態で、世論を変更し、票を、彼らが選ぶ候補者に傾けることは難しい仕事ではありません。

ラインの中のこれらの州とともに、国の他の地域は一般に続いています。

要点はそうであり、大統領のために選ぶ人々の権利が事実上取り除かれていて、それと戦うことに必要な財源なしで、全くと言っていいほど、それがないことはされることができます。

旧財閥の世界乗っ取りか?

Conspiracy Watch


ロスチャイルドと聖杯の血脈



■ Rothschilds and the Grail Bloodline

by David Livingstone

[ConspiracyArchive.com - Aug. 22nd, 2005]

http://www.conspiracyarchive.com/NWO/Rothschild_Grail.htm



ヤコブ・ロスチャイルド(ロスチャイルド王家の現在の頭)は、

シンクレア・ファミリーと結婚した。それはイルミナティの頂上

ファミリーと聖杯の血脈の末裔と思われるファミリーとの間の

重要な同盟を作り出すもの。



最近のダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」もしくは彼より

以前の「Holy Blood, Holy Grail」などで一般的に知られたように、

スコットランドのスチュアート王家は、アーサー王とイエス・

キリストの系統であると思われる。もちろんこれらのファミリーが

イエスの子孫という事では無い。その意見は非常識だ。

だが彼らは聖杯と関係が有り、クリスチャンでは無く、カバリスト

である。



実際に彼らは、イルミナティの中核を成す全ての貴族の血脈と同じ

く、8世紀の
Guillaume de Gellone


に由来する。ギョームの父親はユダヤ人共同社会の世襲統治者で、

バグダッドのユダヤ人を支配していた、Rabbi Makhir。彼は

後継者に関する紛争の後、西洋に送られた人物。フランスでは、

テオドリックと名乗り、シャルルマーニュのおば、アルダと結婚。

彼自身の都ナルボンヌと供にラングドック地域の「ユダヤ人の王」

に任命された。その後ナルボンヌは中世におけるカバラの中核都市

となった。ナルボンヌのカバリストらは、エルサレムに埋められた

聖なる文書を取り戻す目的の為、十字軍を扇動する役割を担ってい

たと思われる。しかしそれは、まず最初にローマ帝国の、そして

次にイスラムの支配で、アクセス不能であった。一旦エルサレムが

征服されると、テンプル騎士団として知られるカバラ的使命を帯び

た騎士らが、遺跡の発掘を指揮する。彼らは

the Sepher ha Bahir セーフェル・ハ・バーヒール文書

を発見した。それは失われた神秘的伝統を復活させ、中世の

カバラの文化的革命を開始した。



このカバラ的概念の浸透の別の様相は、異端カタリ派にある。

カタリ派の信者の足場は、トゥールーズ地方にあった。そこは

Guilhemidsファミリーとしても知られる、ギョームの子孫の要塞

である。彼らのうちの幾人かは異端宗教の熱狂的支持者。但し

カタリ派は、教会による迫害の無罪の被害者であったとして、

多数のイルミナティの宣伝扇動者により理想化されている。しかし

カタリ派はルシファーと熟練した魔術の崇拝を支持し、聖書の神を

拒絶していた。テンプル騎士団の異端的側面に影響を及ぼしたの

は、このカタリ派である。その為、騎士団は1307年に解散

させられた。



このカバラ的革命の一部が、聖杯の伝説である。それはカタリ派と

テンプル騎士団のテーマを包含する。そしてGuilhemidsファミリー

の別の拠点であるアキテーヌ地方を組織立てた。聖杯、すなわち

San Grealは、Sang Real(聖なる血)もしくはロイヤル・ブラッド

と翻訳されるべき。なぜならそれが Guillaume de Gellone 

から、そして究極的にはダビデ王から生じたものと思われる神聖な

血脈を指しているからだ。しかし実際にはそれは、堕天使とその

リーダーのルシファーの末裔である事を表していると考えられる。



【中略】



18世紀後半以降、イルミナティはロスチャイルド・ファミリーの

リーダーシップの元に下った。ロスチャイルド王朝の設立者、

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、その前の者から実行さ

れていた注意深い近親結婚を継続し続ける為、息子に従兄弟と

のみ結婚するよう命じた。しかしながら初の例外は、アムシェル・

マイヤーの息子(悪名高いネイサン・マイヤー・ロスチャイルド)

の娘のハンナである。Rt. Hon. Henry Fitzroy(ジェームズ2世

の父親のイングランド国王、Charles II Stuartの直接の子孫)

と結婚した。但しより最近、ネイサン・マイヤーの重要な重要な、

重要な!孫のロスチャイルド4代目男爵、ナサニエル・チャールズ・

ヤコブ・ロスチャイルドがメアリー・セリーナ・ダンと結婚した。

メアリー・セリーナの母親はレディ・メアリー・シビル・

シンクレア-アースキン。この人はロスリン5代目伯爵ジェームズ・

フランシス・ハリー・シンクレア-アースキンの娘。



現在の英国ロスチャイルド・ファミリーの長、ヤコブ・ロスチャイ

ルドは、著名な動物学者で、ある時はMI5のエージェントであり、

KGBのエージェントの
Anthony Blunt
Guy Burgess
の友人

でもあった彼の父親、ヴィクターから4代目准男爵位を相続した。

ヤコブは従兄弟のイブリンによって運営される、ファミリーの銀行

NM Rothschildsを、1980年離職する。そしてRIT・キャピタル・

パートナーズを開始する。彼はロスチャイルド財団、Yad Hanadiv

の議長。それはイスラエルに、クネセト政府ビルおよび最高裁判所

を建設し与えている。さらに世界中のユダヤ人に影響する課題を

促進する事に専念する、Jewish Policy Researchの議長。

Yad Hanadivは、クネセト政府ビルおよびイスラエル最高裁判所

の、建設と授与にさらに大きな役割を負っている。それは顕著な

メイソニック・シンボリズムと、ピラミッド、そしてイルミナティ

の「万物を見通す目」を特徴とする。





ヤコブ・ロスチャイルドは、ダイアナ妃と個人的に親しい友人

だった。またヘンリー・キッシンジャーとは、強い個人的および

ビジネス的繋がりを維持する。彼はルパート・マードックを良く

知っている。このオーストラリアの新聞社主が1960年代に英国に

初めてやって来て以来の友人。彼の田舎の私有地は、レーガン、

クリントン、両大統領らを含む国家元首が訪問する正規会場。

サッチャー首相は、1990年のサミットでフランス大統領ミッテラン

をそこで迎えた。彼は2002年にヨーロピアン・エコノミック・

ラウンド・テーブル・カンファレンスを主催した。そこには、

世界銀行頭取ジェームズ・ウォルフェンソン、、ニッキー・

オッペンハイマー、ウォーレン・バフェットおよびアーノルド・

シュワルツェネッガーのような人物らが参加した。







Democracy Is An Illusion

「民主主義」は幻影



■ Democracy is an Illusion

[Henry Makow Ph.D. - August 20, 2005]

http://www.savethemales.ca/001102.html

結論



一般市民ですらない人の為のごく少数の秘密結社が、あらゆる国

の金融財政の財布のひもを握っている。



 これは”グローバリゼイション”の解説に大いに役立つ。

それはワン・ワールド・ガバメント、単一世界政府を後押しする。

それは人種、宗教、国家、家族に対する攻撃についてを説明する。

銀行家たちは抵抗の基礎を生み出さない均質的世界を望んでいる。

それは、安全保障上危険であると想定されている時でも、

なぜ米国南部の国境が現実的に穴だらけなのか
を、説明する。

銀行家はアメリカ国内のヨーロッパ的性質

(脅威と受け止められている)を弱めたいと考える。

それはイラクでの戦争を説明する。そして主な政党および報道機関

において反対意見が存在しない事実を説明する。

この戦争は幼年期の文明を冒涜しイスラム教を攻撃する。

それはより多くの負債を造り出し、銀行家とその企業同盟を

より豊かにする機会である。

それは9-11を、愛国者法案と偽の「テロとの戦い」

についてを、説明する。

そしてそれは邪悪なマスメディアと、感覚を麻痺させる

教育システムについてを、説明する。



私はこれを延々と述べた。しかし貴方は理解した。

我々は巨大な鯨になすがままにされる「オキアミ」なのだ。

我々が自由で開かれた社会で暮らしていると考えるのなら、

少なくとも、エネルギーは無駄に使わないでいよう。

我々の「民主主義」とは策略である。








amazon.com


民間財界人が世界財政を支配する体制を作り上げ、

各国の政治制度や世界経済をその監督下におく組織を

隠密行動を好むダイヤモンド王セシル・ローズ

(ロスチャイルドの代理人)が考案した


文中で言及される、キャロル・キグリーの著作




プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR