FC2ブログ

犯罪国家から送り込まれる者たち

株式日記と経済展望http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu130.htm


洗脳された若い在日が北系のコネで年々教師に採用され、

神奈川県では北朝鮮系在日教師が日教組を事実上支配している




2006年10月30日 月曜日



日教組の実態 2005年4月6日 山本善心




(前略)

日本の常識は世界の非常識



 3月21日、日教組は東京都内で臨時大会を開催。与党が提案する“愛国心や郷土愛”を教育基本法改正案に盛り込むことに反対する決議を採択した。日教組は「心の問題を法律で規定することは、いかなる文言で表現するにせよ、憲法が保障する思想・良心の自由に抵触し、断じて容認できない」と批判した。



 日教組に登録されている日本人教師の大方は「愛国心」を持っていると思う。自らの職場で平穏に生きる為、何らかの圧力にも表向き迎合しているだけであろう。日本人なら日本に対する“愛国心、郷土愛、家族愛”を持つのは当たり前ではないか。



 しかし、日本国と日本人を母国・朋友として愛せない外国人ならば話は別である。前述の日教組大会に朝鮮総連、北朝鮮の大幹部が招待され、出席したと聞いている。



元教師が語る日教組の実態



 最近、横浜の中学で教師をしていた元日教組のN女史と会う機会があった。彼女は神奈川県日教組が年々腐敗、堕落していく現状を見て退職した人だ。彼女の話によると神奈川県の日教組では在日北朝鮮系教師たちの勢力が拡大しているという。



 彼らは金日成のバッヂを持ち歩き、誇らしげに見せつけていた。彼らは教師に相応しからぬ汚い言葉で相手をののしり、ある時は優しく振る舞いながら教師や思春期の子供たちをマインドコントロールしている。こうした手口で簡単にハマるケースが多々見受けられるという。



 学内では梅毒・エイズ・淋病などの性病、薬物、暴力は日常のことだ。さらに横浜114校の先生方に原因不明の死亡が相次いでいるといい、こうした環境を誰かが作ろうとしているのは明白だと言う。



 
神奈川県教師のうち、日教組の組合員は90%(全国平均は30%)を占める。N女史によると神奈川県では北朝鮮系在日教師が日教組を事実上支配し、在日の北系教師が年々増えているのは確かだという。



 朴甲東氏(金日成時代の元幹部)によると、毎年北系の若い在日が万景峰号で北朝鮮に送り込まれ、徹底した反日教育を受けているという。洗脳された若い在日が北系のコネで年々教師に採用され、日本の一部勢力は将来巨大な反日勢力になると指摘した。




日教組に朝鮮総連



 横浜市で会社を経営するK.S社長の話である。彼は会社を経営する傍ら愛国心を持ち、歴史にも深い造詣を持つ人だ。



 数年前、逗子で行われるはずの櫻井よしこ氏の講演会が日教組の横槍で中止になった経緯がある。K.S社長は櫻井氏の講演会を楽しみにしていただけに、中止に対して不満であった。彼は早速横浜の日教組に電話を入れ、高橋事務局長に抗議した。彼の質問に答えきれなくなった高橋氏は「今、朝鮮総連の人がいるから代わります」と言った。



 朝鮮総連の某氏は従軍慰安婦、創氏改名、強制連行など、「過去の日本が犯した悪徳」をK.S社長に説いた。しかし歴史に詳しいK.S社長の反論に答えられず、今度は「同和の人に代わります」と言った。何故日教組に朝鮮総連や同和の人達がいるのか。K.S社長は驚きを隠せなかったと述懐する。



一部勢力の偏向教育



 お二人の話によると、日教組は既に反日的政治集団であり、学校教育の破壊が目的ではないかとの見方だ。教師用マニュアルは年々薄くなっている。「ゆとり教育」「生きる力」は生徒の学力を低下させるスローガンにすぎない。



 一般の目に届かない教育現場で、世間の常識では考えられない質の低下と偏向が進行している。教育行政当局は一部勢力のコントロール下にあり、彼らの思想・信条を子供達に教えるという偏向教育に加担している。神奈川県日教組は10年前と比べて一段と強力な組織となり、北系教師の支配力が年々強まっていると現場は見ている。



 日教組の一部勢力はひたすら日本弱体化教育に手を貸してきたといえよう。彼らの影響で、大多数の教師が子供達を誤った方向に導いている教育界の姿勢を問い直すべきではなかろうか。





(私のコメント)

高校における「世界史」がスポイルされているのは、マスコミ報道では大学受験のため排除されていると解説しているが、確かにその一面もありますが、日教組による高校における「世界史」の排除工作の疑いもある。「世界史」では中国や朝鮮半島の歴史も教えられると「在日」のプライドが汚されるのかもしれない。あるいは高校側が歴史教育のトラブルを恐れて「世界史」を排除したのかもしれない。



大学受験科目を重点的に教えるために他の教科を排除するためならば、何も「世界史」だけを集中的に排除した理由が不明確になる。「体育」や「音楽」や「芸術」などの科目を排除してもおかしくないのに「世界史」や「日本史」を集中的に排除して、生徒から愛国心をスポイルするための日教組の陰謀だろう。



山本善心氏のブログによると日教組の先生には北朝鮮系の在日の先生の割合が増えてきているそうです。地方公務員に「在日」が採用される事が認められるようになって、日本の公立学校に「在日」反日教師が増える事は想像されましたが、日教組が「在日」反日教師の巣窟になっているようだ。



卒業式などにおける「日の丸」や「君が代」に対する教師達の妨害行為も、日教組の「在日」の反日教師達による妨害だろう。中には北朝鮮で洗脳教育を受けている筋金入りの「在日」教師もいるようですが、思想信条の自由を逆手にとった活動が行なわれている。



山本氏の記事に寄れば逗子市の日教組に電話をかけたら朝鮮総連や同和の人物が出た例を紹介していますが、公立学校の日教組は今では朝鮮総連や同和の活動家の拠点になっているようだ。



奈良市の同和の幹部の「病欠天国」のニュースは氷山の一角であり、地方の公立学校や市役所などは「在日」や「同和」関係の教師や職員が拠点を作り、実績作りの活動を行なっているのですが、それに対して地方は野放し状態だ。さらには差別や人権を楯にとって暴れれば地方は妥協して「在日」採用枠を作って毎年のように採用されてネットワークを築いてい行く。





不良京都市職員の背景に選考採用 9月10日 かきなぐりプレス




京都市職員が覚せい剤汚染されている事件で、その背景を採用制度に問題があることを指摘していた。



これは昭和44年から実施されている「選考採用」で、筆記試験はない。体力と技術があればOKというもの。たとえば、ごみ収集に関わる環境局なら車の免許があればOKで、学校給食
の調理なら包丁が使える、というもの。




この枠は本来は就職差別などで職につけない部落出身者のために設けられたものだ。

それがバブル経済時にはし尿処理などの職が不人気でなり手がいなかったために、解放同盟などの団体からの推薦があれば、その選考採用枠に入ることができるようになった。「選考採用」は形骸化し、今は部落出身者だけとは限っていないようだ。




不況になると公務員試験は高嶺の花。そこそこ成績優秀じゃないと入れない。それが未だに無試験枠採用があるから、とんでもない人物が紛れ込んでくる。



そういう背景があるから環境局が覚せい剤に汚染されていたわけだし、犬、猫の死体手数料をネコババしたり、生活保護ケースワーカーが生活保護費用の詐取したり、と公務員としてのモラルのかけらのない職員が採用されることになる。



一連の不祥事を踏まえ、桝本市長はこの選考採用に問題があることを示唆しているようだが、
部落解放同盟
がさっそく恫喝している。



朝鮮総連
をはじめ、同和も食肉業界のドン浅田満
が逮捕されてタブーではなくなっているはずなのだから、もっと同和対策も見直すべきだ。





(私のコメント)

10月24日の株式日記にも朝鮮総連や同和が地方公務員として採用されて、5年で8日しか出勤せずに給料を丸々貰っていたニュースを紹介しましたが、公立学校の教員採用にも同じような方法で「在日」や「同和」などの北朝鮮系の活動家が「在日枠」として採用されて日教組に加わって、日の丸や君が代に妨害を加えているのだ。



「いじめ」の問題に象徴されるように最近の学校教育は荒れに荒れているのですが、日教組などの反日政治団体が荒らしているのだろう。エリート達は日教組の無い私立学校に入れて難を逃れていますが、公立学校では「ゆとり教育」や「生きる力」は日本弱体化政策の象徴でもあり、文部省などの中央官庁にも彼らは入り込んで活動している。



学校教育は子供達に与える影響は大きく、反日教師達がやりたい放題のことをしていれば子供たちも荒れてくる。公務員や公立学校の教師達はよほどのことが無い限り首にはならないから、やりたい放題のことが出来る。特に学校は上司が教頭と校長しかいないから違法活動がしやすい。それに対して自民党の中川政調会長は次のように述べている。





<中川政調会長>「日教組の一部、免許はく奪だ」と批判




自民党の中川昭一政調会長は毎日新聞のインタビューで、教員免許の更新制度に関連して「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」としたうえで「下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許はく奪だ」と述べ、教員の組合活動を強く批判した。

 今国会の最重要課題である教育基本法改正案の審議が25日にも再開することを念頭に、成立阻止を掲げる野党や日教組をけん制したものとみられる。こうした姿勢に対して、野党側は「教育を政争の具にしようとしている」(民主党の松本剛明政調会長)と反発しており、激しい論戦が展開されそうだ。

(毎日新聞) - 10月23日3時5分更新





(私のコメント)

中川政調会長にはがんばってもらって、日本の公立学校から反日教師達を首にして、荒れない学校にして欲しいものだ。荒れた学校で育った生徒が大人になって企業に入れば企業も荒れてきて日本の弱体化につながる。教育基本法の改正は現在安倍内閣で行なわれていますが、教育から建て直して行く事から日本の再生は始まる。



蛇足


いままでの経緯で、大方が理解できる・。所詮、他国者とは敵にしか思わないのだろう・。社会騒乱の元凶にしかならない・・永住などの優遇策は見直すべきだ・。

スポンサーサイト



爬虫類型

Lovecraft's Rediscovered Land




(Conspiracy Nation, 7/20/03) -- What are these "stories", these "conspiracy tales", which hatched full-grown in the 1990s via Internet? Instantly ubiquitous, were they some powerful folklore providentially sent from H. P. Lovecraft's (image, left) rediscovered land? Had Wonder dared to revisit the Totalitarian Expert State?




All had been cut-and-dried, until the avalanche of conspiracy tales poured moisture upon the dust mites of expertism. Mystery had returned!




But always the bought-and-paid-for pigeon-cluckers are ready and willing to sell out for birdseed. The forces of Mystery & Wonder are arrayed against the forces of Mundane Mendacity & Expertism. Send forth the conspiracy tales!



On the fringes of The Fringe, there is the persistent notion of an ancient interbreeding between humans and lizard aliens. Or is it cover for a more recent series of ultra-secret genetic experiments? Wild stories of escaped "Bat Boys" and human-alligator hybrids keep appearing in the highly-suspect Weekly World News tabloid. The silly photos as accompaniment are too literal: bottom-half alligator; top-half human. A true human-lizard hybrid would not be so neatly divided.





ラブクラフトの再発見された土地

(共謀国家、7/20/03)--これらの「話」、これらの「共謀物語」(それはインターネット経由で1990年代に十分に成長していて孵化した)は何であるか?

直ちに遍在して、それらはH・P・ラブクラフト(イメージ、左)の再発見された土地から幸運にも送られたいくらかの強力なフォークロアであったか?

不思議は、全体主義エキスパートStateを再び訪れる勇気があったか?

共謀物語のなだれが専門技術のチリダニの上で湿気を注ぐまで、すべては月並みであった。

ミステリーは戻って来た!

しかし、いつも、買われて、代金を払われるハトcluckersは、粒餌のために売り切れる用意ができていて、快くである。

ミステリー&不思議の力は現世不正直&専門技術の力に対して配列される。

前で、物語を共謀に送りなさい!

周辺の周辺の上に、人とトカゲエイリアンの間で異種交配している古代人の持続的な観念がある。

または、それはより最近の一連の超秘密の遺伝の実験のためのカバーであるか?

免れられた「バットボーイ」のとてつもない話と人のワニハイブリッドは非常に疑わしいウィークリー・ワールド・ニュース・タブロイド紙の中で出現し続ける。

付属物としての無分別な写真は文字どおりすぎる:

下半分ワニ;

上半分人。

真実の人のトカゲハイブリッドはそんなにきちんと分割されないであろう。




"That the sons of God saw the daughters of men that they were fair; and they took them wives of all which they chose."


Lizard-like aliens descended upon ancient Mayans and interbred with them, producing "a form of life they could inhabit, they fluctuated between a human and iguana appearance through chameleon-like abilities." [1]






Edgar Allen Poe, according to an article in New Federalist, was a counter-intelligence operative serving the U.S. government in the first half of the 1800s. Thus, Poe's stories possibly hint at an insider's knowledge of events. From what vision-world did H.P. Lovecraft perceive and write about "the Great Old Ones who lived ages before there were any men... They had shape but that shape was not made of matter... the Great Old Ones spoke to (the first men) by molding their dreams; for only thus could Their language reach the fleshy minds of mammals... (One day, the Great Old Ones would appear openly.) The time would be easy to know, for then mankind would have become as the Great Old Ones, free and wild and beyond good and evil, with laws and morals thrown aside and all men shouting and killing and reveling in joy. Then the liberated Old Ones would teach them new ways to shout and kill and revel and enjoy themselves..." [2]


They had shape but that shape was not made of matter...



The fringes of The Fringe, and polite laughter used against the extravagance and artificiality of dreams. But Wonder is not dead; it only sleeps. "That is not dead which can eternal lie, and with strange aeons even death may die." [3]


Quetzalcoatl: the Mayan god whose name means "feathered snake." Suggestive. What sort of reptile has feathers? A flying reptile?


In Ohio, a strange ancient mound in the shape of a serpent. What creature tempted Eve in the Garden of Eden? Perhaps it was a feathered snake.


A feathered snake. A flying reptile. A dragon. Draco, the Athenian "lawgiver" ("law", from the Old English word "licgan" meaning "to lie.") He, the aforesaid Draco, meaning "dragon", gives lies (laws) to the Athenians. They say his laws are draconian.


"Spider" is from the Old English word "spinnan": "to spin." "Subtle" is from the Latin word "subtilis" meaning "finely woven" but with further depth of "sub" + "tela" indicating a spider's web. In the Garden, the serpent is most subtle of all. The subtle serpent tells Eve she can be "like God"; Eve to be "like God" by bearing the children of "God."


We have, to varying degrees, an area in our brains called "the reptile brain." "This ancient area of the brain is driven by another prehistoric segment which some neuroanatomists call the R-complex." [4] "Blue bloods" are the progeny of the Draco/Eve copulations: they, the "blue bloods," have a more pronounced R-complex than we do. These lizard-like beings are peculiar; they are cold-blooded. From the fish to the lizard... And even the venerated H.P. Lovecraft had a strange atavism: "He (Lovecraft) seems to have developed a rare, little-understood affliction called poikilothermism. The victim loses the normal mammalian ability to keep his body's temperature constant, regardless of changes in the ambient temperature. His (Lovecraft's) body assumes the temperature of its surroundings, as if he were a reptile or a fish." [5]


Understand that H.P. Lovecraft need neither have been necessarily evil nor good: that struggle was his. But Lovecraft, through traces of atavistic throwback, had an ability to tune in on a more subtle vibration. His dreams and visions were assisted by his poikilothermism and evidently heightened R-complex.


The dinosaur evolution was supposedly completely halted by some astounding circumstance of long ago. All dinosaurs supposedly disappeared. But the dinosaurs, suggests John Rhodes, might have had significant survivors post-"cataclysm" of 65 million years ago. Rhodes raises the question, "What if most 'extraterrestrials' are really evolved reptilian terrestrial beings that live underground?" [6] 65 million years is a long time in which to have further evolved. (How much could you learn in 65 million years?) Paleontologist Dr. Dale Russell says that if dinosaurs had survived the "cataclysm" of 65 million years ago, they would have eventually become humanoid in their physical appearance. [6]


In his stories, H.P. Lovecraft refers to a strange book called The Necronomicon, written by Abdul Alhazred circa 750 A.D., in Damascus. According to Robert Anton Wilson's research, Abdul Alhazred's book was originally entitled Al Azif. It was supposedly translated into Latin by Olaus Wormius under the title Necronomicon. Dr. John Dee, a favorite of Queen Elizabeth, apparently translated the Necronomicon into English. H.P. Lovecraft's father (who incidentally went insane and was committed to an asylum circa 1893, where he died a few years later) is said to have borrowed a copy of Dee's translation from the Grand Orient Lodge of Egyptian Freemasonry in Providence, Rhode Island, H.P. Lovecraft's home town. In this way, Lovecraft may have come to read the book.

「天使が、彼らがまともにあった人の娘に会った;」

「そして、彼らが選んだすべての妻、それらにそれらにかかった」。

トカゲのようなエイリアンは古代のマヤ人を急襲し、「彼らが住むことができたライフのフォーム、彼らはカメレオンのような才能を通して人とイグアナ外観の間で変動した」を生産して、彼らと相互育った。

[1]

エドガー・アレン・ポーは、新しい連邦主義者の中の記事によると、1800年代の前半に米国政府に奉仕している保全スパイであった。

従って、ポーの話はことによるとインサイダーのイベントに関する知識を暗示する。

どんなビジョン世界から、H.P.ラブクラフトは、「人がいる前に、年を生きていた偉大な高齢の人…」にまわりで気づいていて、書いた。

彼らは体型をしていたけれども、その形は、彼らの夢を作りあげることによって、大きな古いものが(最初の人)と話した問題…で作られなかった;

のために 従ってだけすることができた 哺乳動物のそれらの言語届く範囲多肉質の精神 …

(ある日、大きな古いものは公然と出現するであろう。)

法律とモラルを放棄し、叫んでいて、殺していて、喜びを楽しんでいるすべての人の状態で、時間は、自由に、その時、人類が大きな古いものとして適していたであろうので知りやすく、野生で、善と悪を越えてであるであろう。

「そして、解放された古いものは、叫び、自殺し、明らかにし、楽しむ新しい方法をそれらに教えるであろう…」

[2] 彼らは体型をしていたけれども、その形は問題で作られなかった…

夢の浪費と人工性に対して使われた周辺と丁寧な笑いの周辺。

しかし、不思議は死んでいない;

それは眠るだけである。

「それは死んでいなく(それが永遠の嘘を缶詰めにする)、奇妙な長い期間によって、死さえ死ぬかもしれない」。

[3]

ケツァルコアトル:

名前が「フェザリングされたヘビ」を意味しているマヤ族神。

示唆的である。

どんな種類の爬虫類が羽を持っているか?

飛んでいる爬虫類?

オハイオ(ヘビの形における奇妙な古代の塚)で。

どんな生き物がエデンの園でイブを誘惑したか?

たぶん、それはフェザリングされたヘビであった。

フェザリングされたヘビ。

飛んでいる爬虫類。

ドラゴン。

竜座(アテネ、「立法者」(「嘘を言うため」古期英語言葉「licgan」意味からの「法律」。)He、前述した竜座)は、「ドラゴン」を意味していて、嘘(法律)をアテネ人に与える。

彼らは、彼の法律が過酷であると言う。

「クモ」は古期英語言葉「spinnan」からである:

「回転するため」。

「微妙である」は、「よく織られる」を意味しているラテン言葉「subtilis」からけれどもクモの巣を示している「サブ」+「組織」のさらなる深さとともにある。

庭で、ヘビはすべての中でとても微妙である。

微妙なヘビはイブに、彼女が「同様な神」であるかもしれないと言う;

「神」の子供を産むことによる「同様な神」であるイブ。

私達は「爬虫類の脳」と呼ばれる私達の脳の中のエリアを様々な程度に持っている。

「脳のこの古代のエリアは、何人かの神経解剖学者がRコンプレックスと呼ぶ別の先史時代のセグメントによって動かされる」。

[4]「貴族」は竜座/イブの交接の子孫である:

彼ら、「貴族」は私達より顕著なRコンプレックスを持っている。

これらのトカゲのような生き物は特有である;

それらは冷血である。

魚からトカゲまで…

そして、敬慕されているH.P.ラブクラフトさえ奇妙な隔世遺伝を持っていた:

「彼(ラブクラフト)は、変温性と呼ばれるまれで、ほとんど理解されていない苦悩を発展させたようである」。

犠牲者は、周囲温度の変化を問わず彼のボディの温度を一定にしておく正常な哺乳動物能力を失う。

「彼が爬虫類または魚であるかのように、彼(ラブクラフトの)体はその環境の温度を仮定する」。

[5]

H.P.ラブクラフトがまた必ず悪く、よかった必要があると理解しなさい:

その苦闘は彼のものであった。

しかし、ラブクラフトは、隔世遺伝のあと戻りの跡を通して、より微妙な振動を聴く能力を持っていた。

彼の夢とビジョンは彼の変温性と明らかに高まったRコンプレックスによって補助された。

恐竜発展はたぶん、ずっと前のある驚くほどの状況によって完全に停止した。

すべての恐竜はたぶん消えた。

ジョンRhodesは、しかし、恐竜は6500万年前の重要な生存者ポスト「大変動」を持っていたかもしれないことを示唆する。

ロードス島は、問題(「ほとんど‘地球外生物’が本当に、地下に生きている進化した爬虫類の地球上の生き物であったら?」)を提起する。

[6] 6500万年は長い時間(それにおいてさらに発展した)である。

(あなたは6500万年でいくらを学んでくれるか?)

デール・ラッセルの博士古生物学者は、恐竜が6500万年前の「大変動」に耐えたならば、それらが結局それらの外見の中の人間形になったであろうと言う。

[6]

彼の話の中で、H.P.ラブクラフトは西暦750年アブドルAlhazredおよそによって書かれたNecronomiconとダマスカスで呼ばれる奇妙な本を参照する。

ロバート・アントン・ウィルソンの研究によると、アブドルAlhazred's本は元来アルAzifという表題を付けられた。

それはたぶんタイトルNecronomiconの下でOlaus Wormiusによってラテン語に翻訳された。

ジョン・ディー博士、エリザベス女王のお気に入りは見たところNecronomiconを英語に翻訳した。

H.P.ラブクラフトの父(付随的に、頭がおかしくなり、保護施設およそ1893を約束した(そこで、彼は数年後死んだ))は、ディーの翻訳のコピーをプロビデンス、ロードアイランド、H.P.のラブクラフトの故郷のエジプトフリーメーソンの雄大な東洋ロッジから借りたそうである。

このように、ラブクラフトは、その本を読むために来たかもしれない。





...that entities far greater than mankind once roamed this earth and still remain present and potent "not in the spaces we know but between them."

The Necronomicon, reportedly, "holds that entities far greater than mankind once roamed this earth and still remain present and potent 'not in the spaces we know but between them.'" [7]




But biographer L. Sprague de Camp is persuaded that The Necronomicon is an elaborate hoax. De Camp's tale is that Lovecraft's 1936 essay, "A History of the Necronomicon," is an elaborate hoax; that Wilson H. Shepherd published a pamphlet in 1938 based on Lovecraft's essay, which Shepherd entitled, "The History and Chronology of the Necronomicon"; and that librarians have since then been plagued by requests for The Necronomicon.


A Robert Morning Sky, half Apache and half Hopi "Indian," has authored two books: Guardians of the Grail and The Terra Papers. Mr. Morning Sky says that his grandfather found one of the creatures which survived the crash of an unusual aircraft near Roswell, New Mexico, in 1947. The creature, it is said, told Morning Sky's grandfather some secrets. In his book, The Terra Papers, Mr. Morning Sky reportedly claims a reptilian race from Orion, a constellation seen in the night sky, conquered Earth long ago and made us their property. Intermediaries between the reptilians and the humans were what is called the plutocracy. These "human servitors of the snake-people founded the Bank of England... to control the world by financial hocus-pocus." [7]


So did the reptilians come from the sky? Or did they hide underground and continue to evolve 65-or-so million years ago? Or do these various tales mask more modern, ultra-secret genetic experiments? It is said that a secret, enormous underground military-industrial-medical base is located near Dulce, New Mexico. "Dulce, from the information that we posess, seems to be primarily a genetic experimentation center which extends 2.5 miles (about 12,000 feet) deep into the earth." [8] Part of the super-secret genetic process, it is suggested, involves the abductee phenomena. Many women report being abducted by "aliens." False memories of "alien" abductions may mask real abductions where women are artificially inseminated and "hybrid fetuses" are "removed after three months and their growth accelerated in the lab." [8]


"In the end we find ourselves stuck in a bizarre hall of mirrors full of constantly shifting, bizarre images, each one more improbable than the next. Are the images alien? Human? Are the perpetrators hiding behind disinformation or propaganda masks? Hypnotic masks? Electronically or chemically induced masks?" [9]


Lovecraft sums it up:


Wonder had gone away, and he had forgotten that all life is only a set of pictures in the brain, among which there is no difference betwixt those born of real things and those born of inward dreamings, and no cause to value the one above the other. Custom had dinned into his ears a superstitious reverence for that which tangibly and physically exists, and had made him secretly ashamed to dwell in visions... They had chained him down to things that are, and had then explained the workings of those things till mystery had gone out of the world... Then he would have recourse to the polite laughter they had taught him to use against the extravagance and artificiality of dreams; for he saw that the daily life of our world is every inch as extravagant and artificial, and far less worthy of respect because of its poverty in beauty and its silly reluctance to admit its own lack of reason and purpose. [10]


人類よりずっと大きいエンティティが一度この地球を歩き回り、それでも、現在の、そして強力な、「私達が知っているスペースの中ではなく彼らの間」であり続ける。Necronomicon(伝えられるところでは、「人類よりずっと大きいエンティティが一度この地球を歩き回ったと考えていて、それでも、現在と強力である、‘私達が知っているスペースの中ではなく彼らの間’であり続けなさい。」)[7]しかし、L.スプレーグ・ドキャンプ伝記作家は、Necronomiconが手の込んだでっち上げであることを確信している。ディ・キャンプの物語は、ラブクラフトの1936年のエッセイ(「Necronomiconの履歴」)が手の込んだでっち上げであることである;そのウィルソンH.シェファードはラブクラフトのエッセイに基づいた1938年のパンフレットを出した(シェファードは「Necronomiconの歴史と年代記」にそれという表題を付けた);そして、ライブラリアンがそれ以来Necronomiconのための要求によって悩まされている。ロバート朝の空、半分のアパッチ族の言語、および半分のホピ語、「インド人」は2冊の本を制作した:聖杯と地書類の保護者。MorningのSkyさんは、彼の祖父が、ロズウェルの近くに異常な航空機の墜落に耐えた生き物の1匹、ニューメキシコを1947年に見つけたと言う。生き物、それは言われて、いくつかの秘密をMorning空の祖父に話した。伝えられるところでは、彼の本、地書類中で、MorningのSkyさんは、オリオン(夜空に見られた星座)からの爬虫類のレースがずっと前に地球を征服し、私達のために、彼らの財産を作ったと主張する。爬虫類と人の間の仲介者はいわゆる金権政治であった。これらの、「金融の呪文によって世界をコントロールする…ために、ヘビの人々の人の従者はイングランド銀行を設立した」。[7]


従って、爬虫類は空から来たか?または、彼らは、地下に隠れて、百万年前65かそこらを発展させ続けたか?または、これらの様々な物語はより現代の、超秘密の遺伝の実験をマスキングするか?秘密で、巨大な地下の軍隊の産業健康診断ベースがダルシー、ニューメキシコ近くに位置しているそうである。「ダルシーは、情報 that 私達 posess から、第一に、地球への深さ2.5マイルで拡張する(約12,000フィート)遺伝の実験センターであるようである。」[8]


スーパー秘密の遺伝のプロセスの一部、それは提案されて、被誘拐者現象に関係している。多くの女性は「エイリアン」によって誘拐されていることを報告する。女性が人工的に植えつけられて、「3ヶ月と彼らの成長が試験室の中で加速した後に」、「ハイブリッド胎児」が「取り除かれる」所で、「異質な」誘拐の間違いのメモリーは本当の誘拐をマスキングするかもしれない。[8]「最後に、私達は自身が常に変わり、奇妙なイメージ(次よりありそうにない各もの)でいっぱいの鏡の奇妙なホールに貼り付けられていることに気付く」。イメージは異質であるか?人?犯人は意図的誤報または宣伝のマスクの後ろで隠れているか?催眠のマスク?「電子的にまたは化学的に引き起こされたマスク?」[9]


ラブクラフトはそれを合計する:不思議は消え去り、彼は、すべてのライフが脳の中でただの写真のセットであることを忘れた(それの間に、本物から誕生したそれらと中の夢想から誕生したそれらの違いと他の上の一方を評価する理由が全然ない)。カスタムは、彼の耳に、明白に、物理的に、存在しているそれのために迷信的な尊敬にやかましく言い、彼を、ビジョンに住むことをひそかに恥じさせた…彼らは、である物に彼を鎖でつなぎ、ミステリーが世界から出て行くまで、その時それらの物の働きを説明した…そして、彼は、彼らが、夢の浪費と人工性に対して使うことを彼に教えた丁寧な笑いに依頼を持つであろう;というのは、彼は、贅沢で、人工的で、美のその欠乏と理由と目的のそれ自身の不足を認めるその無分別な気乗り薄のため敬意にずっと値していないように、私達の世界の日常生活が完全な詳細であるとわかった。[10]

タブーはいらない・。

アジアの真実http://ameblo.jp/lancer1/





2006年10月23日


・中川政調会長が日教組を痛烈に批判 ~与党政調会長が日教組を批判できるようになったことの意味~


テーマ:日本・教育問題
?


中川政調会長:「日教組の一部、免許はく奪だ」と批判:毎日


 自民党の中川昭一政調会長は毎日新聞のインタビューで、教員免許の更新制度に関連して「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」としたうえで「下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許はく奪だ」と述べ、教員の組合活動を強く批判した。


 今国会の最重要課題である教育基本法改正案の審議が25日にも再開することを念頭に、成立阻止を掲げる野党や日教組をけん制したものとみられる。こうした姿勢に対して、野党側は「教育を政争の具にしようとしている」(民主党の松本剛明政調会長)と反発しており、激しい論戦が展開されそうだ。





 中川政調会長の発言ですが、全く良く言ってくれたものです。この国の教育の最大の毒素の一つに”日教組”という団体の存在があることは、皆さんご存じの通りかと思います。これについては当Blogでも何度も扱ってきました。しかし、この日教組という組織の本質について多くの人が理解しているとは言えず、また教育団体故か、いくらこの組織が日本の子供達への正常な教育を妨げていようとも、この組織について糾弾を行うことはタブーであるというような風潮がありました。政治家にいたっては尚更のことです。少し前の日本において、政治家がこのような発言をすれば、各方面からの批判が殺到し、軽く首が飛んでいたかもしれません。与党の政調会長という立場の人が、このような発言ができるようになったのですから、日本も変わったものです。日教組がすぐに消滅するとは思えませんが、「日教組は悪い団体だ」ということを、公人が口に出せるようになっただけでも大きな進歩です。




 また中川昭一という政治家についてですが、小泉政権時、経産相であった時代に東シナ海油田問題では中国を強烈に批判し、日本も調査船を派遣するなど、日本の主権と権益を守るために尽力した姿が強く印象に残っています。安倍政権ではこの人はどこかに入閣するのではと思っていましたが、一つの省の枠からしか力を発揮できない大臣よりも、与党のあらゆる政治政策を司る政調会長というポストは我々にとっては頼もしく、適任と言えるのかも知れません。これからの”誇れる国・美しい日本”を創っていくキーマンの一人として大いに期待したいと思います。





蛇足


マルクス・レーニンなどの思想がヨーロッパイルミナティ財閥の捏造そのものだ・。社会主義や共産主義という捏造は宗教と同じように、洗脳してしまう・。戦後のGHQのコミニストにより、日本国破壊に加担したこれらの団体は、何処を見て活動しているのだろう。マスコミ、日教組、在日、人権など戦後60年、いろいろな事をタブー無しで、誰が作り、誰が推し進めているのか?検証しなければならないであろう。社会の破壊を手助けしているだけなのだから・・。


最後に最初の章

最終的な警告:

新世界秩序の履歴


"The only thing necessary for the triumph of evil is for good men to do nothing."

Edmund Burke

Not too long ago, I understood the reference to the Illuminati as a somewhat mysterious, occult fantasy that remained hidden in the shadows of contemporary society that was somehow manipulating and controlling events. I was partly correct. They are NOT a fantasy. the Illuminati play both ends against the middle and profit at the front, middle and end of conflict. They DON"T play by the rules and they tell the truth when it suits their agenda and lie when it suits their agenda. They'll also tell you PART of the truth and slip in a lie or tell you a lie and dress it up with some truth. They play the neo-conservative card when they need a bunch of mad-dogs to wreak havoc and devastation and then they shoot the mad-dogs in the head as they did Rosa Luxemburg and Leon Trotsky. They do this with progressives no less than conservatives and everyone else in the middle. Most people have a tendency of accepting everything at face value and they're continually manipulated, emotionally if not intellectually. If you KNOW what the objectives and agendas are and understand their strategy, you have half a chance of avoiding their mindfields and traps.

Recently, Thomas Tremoglie published an article in support of the government conspiracy theories vs. citizen-developed conspiracy theories. To attack the scenarios hypothesized by some investigators, he claims that many of the "conspiracy theories" of the doubters are borrowed from the past. Case in point was the similarity in suspicions about Pearl Harbor and 9-11. What the author claimed was borrowed from WWII, intending to so dismiss the contemporary contentions, was also then borrowed from the Spanish Revolution, WWI, the War Against Spain, the Mexican War, the War of 1812. the Russian Revolution, the French Revolution, and the English Revolution of Oliver Cromwell....and many other uses in between. What he claims is a borrowed "conspiracy theory" is a ploy that the Illuminati use so very often, very successfully... to the point that they control the national and local governments of most countries plus the judiciary, news media, military, police, attorneys, universities, churches, and schools.


Without a background in the history of the Illuminati, it would be very easy to fall for this cavalier dismissal. Since Americans are, by and large misinformed and uninformed insofar as history is concerned, they are easy prey for the glib claims of Thomas Tremoglie and his ilk. Most people just buy the manipulation: hook, line, and sinker. It is not too hard to imagine that the Illuminati and their shills just laugh at the ineptitude of Americans and others in handling propaganda. The Illuminati have been in control of nearly all sources of news and information in America for about a century and have fooled Americans and others handily. That's one reason they see themselves as bright elite--the "light bringers." They see how easily Americans and others can be fooled and they persuade themselves that the common people are too stupid to run their own affairs and ought to be ruled by someone who knows what he is doing.


Many otherwise intelligent people think that there are principles of the market place that can be known and relied upon. However, that presumes that all participants are fair and honest. It does not take into account the capacity of the Illuminati to withdraw currency from the marketplace and cause a Panic, Recession, or a Depression. With the financial and influential resources at their beck and call they have, for centuries, been increasingly able to constrict economies and it has NOTHING to do with economic policy, taxation, tax cuts, or budgets.


The international bankers caused the fall of the Russian Czar with merely their capacity to restrict credit and money flow and to influence industrialists in England to restrict the production and shipping of needed armaments and munitions. They obtained the dismissal of Lord Asquith via a personal scandal they orchestrated and replaced him with Lloyd George who approved the Balfour Declaration establishing the precedent of a home in Palestine for the Jews. They arranged for Lord Kitchener, who opposed the Zionists' plans, to die in the sinking of his ship enroute to Russia to train the Russian army. This opened the way for Winston Churchill to take his early role in pro-Zionism. Germany was sacked at Versailles so that discontent would arise against the British and French and JEWS so that WWII would eventually weaken the British Empire. Turkey, a participant in the Axis Powers, was similarly gutted and the Rothschilds obtained the railroad of Palestine, a valuable foothold in a region which would become a focus of the final conflict. The Panic of 1907 was engineered for profit-taking by JP Morgan and his Rothschild partners. And it provided a propaganda lever to create the Federal Reserve System, which is nothing more than a con game to cheat America of her wealth and obtain nearly absolute control without the need for overt conquest.


Looking at the way that the manipulations and machinations of the Illuminati are ignored in the history books, the colleges and universities, the print and electronic media, and the entire national and international discussion shows their power ot control the flow of information as much as they control the flow of money. Their placement of high Illuminati in positions of power in the past two centuries demonstrates their power and influence. What they intend to do with this power and influence should be one of the most vital topics of conversation. David Allen Rivera has assembled a very carefully written history that can serve us well to understand the darkness that is falling upon the planet.


allen aslan heart




「悪の勝利に必要な唯一の物は、よい人が何もしないことである」。

エドマンド・バーク

つい先ごろ、何とかしてイベントを処理していて、コントロールしていた現代社会の影に隠されていた多少神秘的で、オカルトのファンタジーとして、私は啓蒙主義者への参照を理解していた。

私は部分的に正しかった。

それらは、NOT fantasy. 啓蒙主義者活動、衝突の正面、中間、および終わりの中間と利益を背景とした両方の終わり である。

彼らは規則によって"Tシャツを着て、それが彼らの行動計画に適する時に、彼らは真実を話し、それが彼らの行動計画に適する時に嘘を言う。

彼らは嘘の中でまた真実とスリップの一部をあなたに話すか、あなたに嘘をつき、いくらかの真実によってそれを正装させるであろう。

大破壊と荒廃をもたらすために、彼らが狂犬の束が必要な時に、彼らは新保守主義のカードをし、それから、彼らがローザ・ルクセンブルクとレオン・トロツキーをした時に、彼らは狂犬の頭を撃つ。

彼らは中間の保守主義者と他のみんなに負けず劣らず革新主義者とこれをする。

ほとんどの人々は、額面通りにすべてを受け入れる傾向を持っていて、彼らは知的にでないにしても感情的に継続的に処理される。

もし あなたKNOWもの 目的と課題がであり、それらの戦略を理解している それらのmindfieldsとわなを避けてあなたが1つのチャンスあたり半分を持っているならば。

最近、トーマスTremoglieは政府陰謀説対市民で開発された陰謀説のサポートにおいて記事を出版した。

何人かの調査者によって仮定されたシナリオを攻撃するために、彼は、疑う人の「陰謀説」の多くが過去から借りられると主張する。

代表例は真珠湾についての疑惑における類似と9-11であった。

もの 要求された作者がWWIIから借りられた 同時代の論争をそう退けるつもりである また、その時、ロシア革命、フランス革命、および間で多くの他が使うオリヴァー・クロムウェル....andのイギリス革命が、スペイン、メキシコ戦争、1812.の戦争に対して、スペイン革命、WWI、戦争から借りられた 。

彼が何を主張するかは、借りられた「陰謀説」が、彼らがほとんどの国足す司法部、軍隊の報道機関の政府と地方自治体をコントロールするというポイントに、啓蒙主義者が…非常に首尾よく非常にしばしば使う策略が取り締まることであり、弁護士、大学、教会、および学校であることである。

啓蒙主義者の歴史における背景がなければ、この尊大な退去にだまされることは非常に容易であろう。

アメリカ人がそうであるので、概して誤報されて、十分な知識を持たなく、歴史に関する限り、彼らはトーマスTremoglieと彼の種類の口達者な主張のためのいいカモである。

ほとんどの人々はただマニピュレーションを買う:

フック、ライン、およびおもり。

啓蒙主義者とそれらのさくらがただ、アメリカ人と宣伝を処理することにおける他の不適当な行為を笑うと想像することはあまり難しくない。

啓蒙主義者は約1世紀の間のアメリカのニュースと情報のほとんどすべてのソースをコントロールしていて、アメリカ人とその他を器用に騙した。

それは、彼らが自身を明るいエリートと考える1つの理由である--「軽い持って来る人」。

彼らは、どれほど容易にアメリカ人とその他が騙されることができるかをわかり、彼らは、民衆が、彼ら自身の仕事を動かすために愚かすぎて、彼が何をしているかを知っている誰かによって支配されるべきであることを確信する。

多くの他の点では聡明な人々は、知られて、頼られていることができる市場の原則があると思う。

しかし、それは、すべての参加者が公正で、正直であると推定する。

それは、市場から通貨を回収し、パニック、景気後退、または不況を起こすために啓蒙主義者の能力を考慮しない。

彼らの言いなりになる金融の、そして有力な資源によって、彼らは数世紀、ますます経済を圧縮することができて、それは経済政策、課税、減税、または予算とNOTHINGを持っている。

クレジットとマネーフローを限定し、必要な軍備と軍需品の生産と出荷を限定するためにイギリスで産業経営者に影響する単に彼らの能力によって、国際銀行家はロシア皇帝の落下を引き起こした。

彼らが統合した個人的なスキャンダル経由で、彼らはアスキス卿の退去を得て、彼を、ユダヤ人のためにパレスチナで家の先例になっているバルフォア宣言を是認したロイド・ジョージと取り替えた。

ロシア軍隊を訓練するロシアに彼の船配送中の沈みで死ぬために、彼らは、シオニストの計画に反対したキッチナー卿を手配した。

これは、ウィンストン・チャーチルがプロシオニズムにおいて彼の早い役割を演じる道を開いた。

WWIIが結局大英帝国を弱めるように、不平が英国人とフランス語とJEWSに対して生じるように、ドイツはベルサイユで袋詰めされた。

トルコ(枢軸国における参加者)は同様に内蔵を取られて、Rothschildsは、パレスチナ(最終的な衝突のフォーカスになるであろう地域の貴重な足場)の鉄道を得た。

1907年のパニックは利食いのためにJPモーガンと彼のロスチャイルドパートナーによってたくらまれた。

そして、連邦準備制度を作成するために、それは宣伝レバーを提供した(それは、ただの彼女の富をアメリカからだましとり、明白な征服の必要なしでほとんど絶対のコントロールを得る詐欺事件である)。

啓蒙主義者のマニピュレーションと陰謀が歴史の本、大学、および大学、印刷と電子メディア、および全国的で、国際的な議論全体の中で無視される方法を見ることは、彼らがお金の流れをコントロールするのと同じくらい、それらのパワーotが情報の流れをコントロールするのを示す。

過去の2世紀の力のあるポジションの高い啓蒙主義者のそれらの配置はそれらのパワーと影響を示す。

彼らが、このパワーと影響によってするつもりのことは会話の最も重要なトピックの1つであるべきである。

デイヴィッド・アレン・リベラは、地球の上でたれこめている暗闇を理解するために私達をうまく提供することができる非常に慎重に書かれた履歴を組み立てた。

アレンアスランハート



Foreword by Allen Aslan Heartアレンアスランハートによる前書

ロックフェラーは、「イベント」が9/11の11ヶ月前に戦争を引き起こすことを予測した。



Rockefeller Predicted "Event" To Trigger War Eleven Months Before 9/11

Hollywood director Russo recalls remarkable "forecast" of coming attack




Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | October 28 2006


Hollywood director and documentary film maker Aaron Russo, currently receiving a wave of plaudits for his latest release, America: From Freedom to Fascism, told The Alex Jones Show that Nicholas Rockefeller had personally assured him there was going to be an "event" that would trigger the invasions of Afghanistan and Iraq eleven months before 9/11 took place.


Saying he had been approached many times by the Rockefellers and other members of the CFR elite in an attempt to recruit him, Russo recalled a conversation that would come home to roost on September 11, 2001.


"Here's what I do know first hand - I know that about eleven months to a year before 9/11 ever happened I was talking to my Rockefeller friend (Nicholas Rockefeller) and he said to me 'Aaron there's gonna be an event' and he never told me what the event was going to be - I'm not sure he knew what the event was going to be I don't know that he knew that," said Russo.


Russo related how Rockefeller knew precisely what the event would lead to and which countries would be militarily targeted by the elite.


"He just said there's gonna be an event and out of that event we're gonna invade Afghanistan so we can run pipelines through the Caspian sea, we can go into Iraq to take the oil and establish bases in the middle east and to make the middle east part of the new world order and we're going to go after Venezuela - that's what's going to come out of this event."


"Eleven months to a year later that's what happened....he certainly knew that something was going to happen."


"In my relationships with some of these people I can tell you that it's as evil as it really gets - this is it - this is the game," stated Russo - also relating how members of the elite were routinely obsessed by creating a world identification society where people had to carry ID cards and prove who they were at all times.









Rockefeller also told Russo that the elite families created and financed the women's lib movement so they could tax another half of the population and so that the children would be trained by them in government schools rather than in the context of the family unit.


Russo also sounded off on 9/11, openly airing his view for the first time that it was a complete inside job.


"People know that 9/11 was an inside job," said Russo, "look what they did here in America, look at 9/11, look what they did - they killed thousands of Americans - people jumping out of windows from a hundred floors up - they don't care," said the director.


"There's no way that Building 7 came down without a controlled demolition, it takes weeks to do the controlled demolition, they couldn't have done it in a few hours like Larry Silverstein said - it blows the whole game - concrete doesn't turn to powder unless its exploded."


"We all know that 9/11 was a fraud - an inside job," concluded Russo.





ロックフェラーは、「イベント」が9/11の11ヶ月前に戦争を引き起こすことを予測した。

ハリウッドディレクター ルッソは、顕著な来る「予測」が攻撃するのを思い出す。

ポールジョセフワトソン/刑務所のPlanet.com|2006年10月28日

彼の最新の解放、アメリカのために現在拍手の波を受け取っているハリウッドディレクターとドキュメンタリー映画メーカー アーロン・ロッソ:

自由からファシズムまで、ニコラス・ロックフェラーが個人的にそこで彼に保証した話されたTheアレックス・ジョーンズ・ショーは、9/11が起こる11ヶ月前に、アフガニスタンとイラクへの侵略を引き起こすであろう「イベント」になろうとしていた。

彼を募集する試みにおいて、彼が何度もRockefellersとCFRエリートの他のメンバーによって接近されたと言って、ルッソは、2001年9月11日に泊まるために帰宅するであろう会話を思い出した。

ルッソは、どのようにロックフェラーが、イベントが何をもたらすであろうか、そしてどの国がエリートによって軍事的にターゲットとされるであろうかを正確に知っていたかを述べた。

「11ヶ月から1年後で、それは、どんなhappened....heが確かに、何かが、起ころうとしていたと知っていたかである」。

「これらの人々の何人かとの私の関係において、私は、あなたに、これがそのゲームであることが、それが本当に到着する--これはそれである--のと同じくらい悪いと言うことができる」とルッソは論述した - また、どうエリートのメンバーが、人々が、IDカードを運び、彼らがいつも誰であったかを証明する必要があった世界識別社会を作成することによって定期的に取りつかれていたかを述べる。


ロックフェラーはまたルッソに、彼らが人口の別の半分に課税することができるように、そして子供が世帯単位の文脈の中というよりも政府学校で彼らによって訓練されるように、エリートファミリーが女性のlib動きを作成し、資金提供したと言った。

ルッソはまた、9/11においてオフで鳴り、彼の見方を初めて公然と放映し、それは完全な内部犯行であった。

ルッソ「彼らがここアメリカで何をしたかを確かめて、9/11を見て、ウィンドウから百階から上に跳んで、彼らが人々のために何をしたか--彼らは数千人のアメリカ人を殺した--を確かめなさい - 彼らは気にしない」は、「人々は、9/11が内部犯行であったと知っている」と言ったとディレクターは言った。

「そのビルディング7がコントロールされた爆薬なしで降りて来た方法が全然なく、コントロールされた破壊をするのに数週かかり、ラリー・シルバースタインが、その爆発したものがなければ、コンクリートが粉に変らないと言った--それはゲーム全体を吹き飛ばす--ように、それらは数時間でそれをしたはずがない」。

「私達すべては、9/11が詐欺行為であったと知っている - 内部犯行」とルッソは断定した。

人口抑制課題

The Population Control Agenda


Stanley K. Monteith, M.D.





It was not until I journeyed to Elberton, Georgia, stood within the dark shadows of the great Druid-like monument built there, and read the words engraved on the massive stone pillars of that structure that I finally came to accept the truth. At that point it became obvious that just as our Lord has given mankind Ten Commandments to guide our lives, so, too, those from "the dark side" have been given their instructions from the "one" they worship. The ten programs of the "guides" are inscribed in eight different languages on the four great granite pillars of the American Stonehenge. That message foretells a terrifying future for humanity, and explains why efforts to approach the AIDS epidemic from a logical point of view have been consistently thwarted.


One of the most difficult concepts for Americans to accept is that there are human beings dedicated to coercive population control and genocide. Many readers will acknowledge that our government is helping to finance the Red Chinese program of forced abortion, forced sterilization, infanticide, and control of the numbers of live births. Most readers will accept the fact that our nation is helping to finance the United Nations' world-wide "family planning program," a form of population control. Most rational men and women, however, find it impossible to believe that such programs are really part of a "master plan" to kill off large segments of the world's population. I shall have to admit that I studied the politics of AIDS (HIV disease) for over a decade before I finally came to a horrifying conclusion. The real motivation behind efforts to block utilization of standard public health measures to control further spread of the HIV epidemic was "population control." That was not an easy concept for me to acknowledge, despite the fact that I had long recognized that the twentieth century has been the bloodiest hundred-year period in all recorded human history.


省略~


人口抑制課題

スタンレーK.モンティス、医学博士

それは、そこで建てられた大きなドルイド僧風の記念碑の暗い影の中で我慢されたElberton、ジョージアに私が旅行し、私が最終的に、真実を受け入れるようになったというその構造の大規模な石柱に彫り込まれた言葉を読むまでではありませんでした。

そのポイントで、ちょうど、私達の神が、またそう私達の人生を誘導するために人類に十戒を与えたように、「暗い側」からのそれらが、彼らが拝む「もの」から彼らの命令を与えられていることは明らかになりました。

「ガイド」の10のプログラムはアメリカストーンヘンジの4つの大きな花崗岩柱の上の8つの異なる言語に記入されます。

そのメッセージは人間性のために恐ろしい未来を予告し、なぜ、論理的な観点からエイズの流行に近づく努力が一貫して挫折するかを説明します。

受け入れるアメリカ人のための最も難しい概念の一つは、強制的な人口抑制と大量虐殺に専念した人間がいることです。

多くのリーダは、私達の政府が、強制された中絶、強制された殺菌、幼児殺し、および普通出産の数のコントロールの赤い中国のプログラムに資金提供することを手伝っていると認めるでしょう。

ほとんどのリーダは、私達の国家が、国連の世界的な「産児調節プログラム」(人口抑制のフォーム)に資金提供することを手伝っているという事実を受け入れるでしょう。

しかし、最も理性的な男性と女性は、そのようなプログラムが本当に、世界の人口の大きなセグメントを殺す「基本計画」の一部であると信じることが不可能であるとわかります。

私は、私が最終的に恐ろしい結論に至る前に、私が10年以上の間エイズ(HIV病気)の政治学を勉強したと認める必要があります。

HIV流行のさらに広められたコントロールに標準の公衆衛生手段の利用を妨げる努力の後ろの現実の動機づけは「人口抑制」でした。

私が、長い間、20世紀がすべての記録された人の歴史において最も血まみれの百年の期間であったと認めていたという事実にもかかわらず、それは、私が認める容易な概念ではありませんでした。

それは、そこで建てられた大きなドルイド僧風の記念碑の暗い影の中で我慢されたElberton、ジョージアに私が旅行し、私が最終的に、真実を受け入れるようになったというその構造の大規模な石柱に彫り込まれた言葉を読むまでではありませんでした。

そのポイントで、ちょうど、私達の神が、またそう私達の人生を誘導するために人類に十戒を与えたように、「暗い側」からのそれらが、彼らが拝む「もの」から彼らの命令を与えられていることは明らかになりました。

「ガイド」の10のプログラムはアメリカストーンヘンジの4つの大きな花崗岩柱の上の8つの異なる言語に記入されます。

そのメッセージは人間性のために恐ろしい未来を予告し、なぜ、論理的な観点からエイズの流行に近づく努力が一貫して挫折するかを説明します。

1 あなたがある種の狂気として私の提案をがつがつ食い、拒絶する前に、私の参照をチェックし、そして、私の結論の誤りを立証しようとします。

私の主張が根拠がないならば、あなたは、すぐ詐欺を認めて、心配の種が全然ないと確信しているあなたの毎日の活動に戻るでしょう。

そして、一方では、あなたが万一、私の評価が正しいか、部分的にさえ正しくあることにするならば、あなたが、展開世界大量虐殺に呼応してまさにどんな役割を果たすつもりであるかを決めるために、あなたは道徳上の義務を持っています - どんなに、あなたは、自身、あなたの愛する人、および破壊のためにマークされている世界じゅうの無数の数百万人の無力な人間を保護するであろうのでしょうか。

あなたは、決して、マーティン・ニーメラー(1930年代と1940年代の間にヒトラーのドイツに住んでいたルター大臣)によって後世のために記録された警告を忘れてはなりません。

彼の言葉は次の数十年の間に私達まで反響します:

「ドイツで、彼らは共産主義者のために最初に来て、私が共産主義者ではなかったので、私ははっきり話しませんでした」。

それから、彼らはユダヤ人のために来て、私がユダヤ人ではなかったので、私ははっきり話しませんでした。

それから、彼らは労働組合員のために来て、私が労働組合員ではなかったので、私ははっきり話しませんでした。

それから、彼らはカトリック教徒のために来て、私がプロテスタントであったので、私ははっきり話しませんでした。

「それから、はっきり話すために、私のために、そして誰も左ではなかったその時間までに、彼らは来ました」。

2 あなたは、尊いニーメラーが、ユダヤ人のために来た後に、ナチがカトリック教徒とプロテスタントの両方のために来たことを警告したことに注意するでしょう。

なぜその事実は決して言及されませんか?

私が、最も頻繁に、そうにあるか頼まれて、「いったいどうしてあなたは、世界の人口の大きなセグメントを殺すつもりの人々がいると信じることができますか?」という問題

私の答えは本当にまったく簡単です。

私がそれらの文書を読んだので、私はその信念を保持します。

私は、彼らが真実を話していると信じます。

アドルフ・ヒトラーがまたそう「Meinカンプ」(私の計画)においてヨーロッパについての彼の計画について書いたちょうどその時、地球の大きなセグメントの人口を激減させるつもりの人々は、世界の人口を制限する必要について書きました。

彼らは完全に、世界の人口の重要な一部を「根絶する」つもりです。

アメリカ人の大部分が一度も彼らの意思を、ElbertonにおけるジョージアGuidestonesを、や「計画」と「ヒエラルキー」を耳にしたことがないという事実は、アメリカ人が、今日私達の社会の中で働いているOcculticな力について知ることを許されているものの上に存在しているコントロールの程度を証明します。

マーガレット・サンガーと家族計画

あなたとして、あなたへの読書は、すぐ、私が、第一に、本、オーディオテープを貼られたインタビュー、および公的なニュース・ソースの中ですぐに発見されることができる素材を信頼していたと気づくでしょう。

私の参照をチェックするために、あなたが時間をかけるならば、あなたは、すぐ、本当に、公然と「人の雑草」と「社会の浄化」の除去を主張した人々がいると気づくでしょう。

実に、このまさしくその日に、あなたの税金は、家族計画(マーガレット・サンガーによって設立された組織)に資金提供するために使われます。

1930年代の間に、マーガレット・サンガーは公然とドイツ人口の遺伝子工学と「スーパーレース」の伝播についてのナチス計画をサポートしました。

家族計画の1985の「年次報告書」において、その組織のリーダーは、彼らが、「私達の過去を誇っていて、私達の将来の計画を立てます」であったと宣言しました。

3 歴史が、彼女が次の必要について書いたと伝える時に、いったいどうして誰かが、マーガレット・サンガーによって設立された組織を誇っていると主張することができますか:

「‘人の雑草’…‘慈善活動の休止’の根絶、‘魯鈍、不適合、および不適応なもの’の分離、および‘遺伝的に劣ったレース’の殺菌。」

4 マーガレット・サンガーは「産児制限レビュー」を出版しました。

その雑誌の中で、彼女は公然と1930年代にナチスドイツによって促進された「幼児殺しプログラム」をサポートし、公然と、アドルフ・ヒトラーのアーリア人白人至上主義のゴールを擁護しました。

第二次世界大戦に先がけて年に、彼女の組織にアドバイザーとして勤務するために、マーガレット・サンガーはエルンスト・ルーディン、ナチスパーティーのメンバー、および恐れられたドイツ医学実験プログラムのディレクターに委任しました。

彼の素晴らしい本「Angel殺人者」中で、ジョージ・グラントはマーガレット・サンガーのライフと文書を記録し、勤勉に、人類の遺伝子工学についてのサンガーの計画を文書化します。

ジョージ・グラントは、1920年代に、マーガレット・サンガーが、彼女が次を要求していた「文明のピボット」と書いたことに注意しました:

「それが不適当なもののライフを延長したので‘慈善活動の休止’のために、‘魯鈍、不適合、および不適応なもの’の分離のために、そして遺伝的に劣ったレースの殺菌のために、‘除去’人は'を除去します」。

5 ジョージ・グラントによると、マーガレット・サンガーは、不適当なものが、繁殖することを許されるべきでないと信じました。

それに応じて、彼女は次において避妊指導所を開きました:

「ニューヨーク(新しく移住されたスラブ人、ラテン語の、イタリア人、およびユダヤ人によって住まれているエリア)のブラウンズビルセクション」。

‘地球を救います’に、彼女は彼女の改革運動のために‘不適当です’を目標としました。

6 19年後、1939年に、マーガレット・サンガーは、彼女の「黒人のプロジェクト」(彼女が、「劣ったレース」であると信じたもののメンバーを取り除くようにデザインされたプログラム)を組織しました。

彼女が信じたので、マーガレット・サンガーは彼女の提案を正当化しました:

「特に南…の黒人の庶民はまだ不注意で、悲惨にも育ち、従って黒人の間の増加が白人の間よりいっそうもっと最も知的でなく、適当な人口のその部分からです…」

7 それからマーガレット・サンガーは、続けて、彼女が、「産児制限のために宣伝するように様々な黒い飛び地に旅行するために」3人または4人の色づいた大臣を雇うつもりであったと明らかにしました。

彼女は書きました:

「黒人への最も成功した教育的なアプローチは宗教の訴えを通り抜けています」。

「私達は、私達が、黒人の人口を根絶したいという、外出する言葉を望んでいなく、それがいつかそれらのより反抗的なメンバーの誰の頭にでも浮かぶならば、大臣は、そのアイデアをまっすぐにすることができる人です」。

(強調の追加された版)

8 マーガレット・サンガーの組織がパワー、影響、および受容において成長するにつれて、彼女は、「非優生学的なレース」が「黒人、ヒスパニック、アメリカインディアン(そして)」に加えて「根本主義者とカトリック教徒」を含むべきであると信じて、その上破壊のために宗教団体を目標とする必要について書きはじめました。

9 年が過ぎた時に、マーガレット・サンガーは彼女のOcculticな信念にますます取りつかれました。

彼女のオカルトの受容とともに、彼女はキリスト教と神の下の個々の自由のアメリカ指針の両方にますます敵対しました。

彼女が書いた時に、アメリカの彼女の嫌悪は彼女の文書の中で見られることができます:

「キリスト教教会の権限を徐々に蝕むことが計算されているので、産児制限は高度な過激派にアピールします」。

「私は、人類がいつか資本主義より全然少なくないでキリスト教の専制政治から解放する見を楽しみにしています」。

10 マーガレット・サンガーは結局共産主義だけでなく神知学も抱擁しました。

神知学は何ですか?

それは神の拒否と明けの明星の礼拝に基づいた隠れて、Occulticな宗派です。

今日のアメリカで、神知学は今日ニューヨーク市、ワシントンD.C.の、そして私達の国家を横切る舞台裏で働いている最も強力な隠れた(オカルト)力の1つです。

11 何回あなたは、アドルフ・ヒトラーがホロコーストにおいて600万人のユダヤ人を殺したと言われていますか?

しかし、あなたがたぶん一度も何を話されたことがないかは彼のユダヤ人ホロコースト、「大量虐殺についての根拠」の歴史的説明においてノーマン・コーン教授によって記録されたホロコースト悲劇のセグメントです。

言及して、コーン教授は第二次世界大戦の暗い日を記録しました:

「ナチと彼らの共犯者によって殺された民間人の約3分の1だけがユダヤ人でした...他の民族は多数の殺害、鎮圧、および奴隷化に選ばれて、これら(国 - 版)のいくつかの民間の損失は総人口の11パーセントから12パーセントに相当していました」。

12 コーン教授の数値が、正確--および、他のユダヤ人の研究者が相似形を考え出したので、私は、それらがあるいくつかを感じます--ならば、なぜアメリカのキリスト教徒は、ナチによって殺された600万人のユダヤ人に加えて、どこかで、7人~1200万人の非ユダヤ人がヒトラーのドイツでまた無情に清算されたという事実を学ぶことを許されていませんか?

私は、それがずっと遅すぎるまで、殺された人々が、主としてキリスト教徒と大衆が今日、イエス・キリストの追従者に私達の国家の中で、彼らの危険を喚起してほしくないアメリカ人の現実をコントロールする隠れた力で…であったので、この情報が意図的に隠されていると信じます。

ヒトラーはユダヤ人とユダヤ教を憎悪していなく、彼はまたその上キリスト教徒とキリスト教を憎悪していました。

それはなぜでしたか?

アドルフ・ヒトラーが、ちょうどマーガレット・サンガーのように、神知学の、そしてブラヴァツキー様(明けの明星を拝んだ宗派の創立者)の弟子であったので。

それに応じて、マーガレット・サンガーとアドルフ・ヒトラーの両方は同じ「暗く、スピリチュアルな力」によってエネルギーを与えられました。

私達の市民のほとんどが一度もブラヴァツキー様、神知学の噂を聞いたことがないというまたは神知学の最も熱烈な信奉者の2人がアドルフ・ヒトラーとマーガレット・サンガーであったという事実ははっきりと、アメリカ人が、今日私達の国家の中の仕事でocculticな力について学ぶことを許されているものの上に存在しているコントロールの程度を反映します。

オカルトの主題の上の研究者として、私は規則的にルーシ信頼から手紙と出版物を受け取ります。

今日のルーシ信頼は「明けの明星出版社」(20世紀の初めの間にアリス・ベイリーによって設立された組織)の今日の拡張です。

アリス・ベイリーはブラヴァツキー様の弟子と1900年代と末期の1920年代の初期間の神智学協会の名ばかりの指導者でした。

名前の「明けの明星」がそのころそのような悪い言外の意味を持っていたので、アリス・ベイリーは「明けの明星出版社」から「ルーシ信頼」までの彼女の組織の名前を変更しました。

しかし、彼女の組織の性質と信念はいつも同じであり続けました。

今日のルーシ信頼は、アメリカでここでライフに影響するために、神知学が働く主要な前のグループの1つです。

過ぎる世代の中でブラヴァツキー様、アドルフ・ヒトラー、およびマーガレット・サンガーにエネルギーを与えたのと同じ暗く、スピリチュアルな力から、まだ、確かに今日ルーシ信頼にエネルギーを与える超自然の能力は来ます。

「ヒエラルキー」によって設立されている人間性のために、ルーシ信頼からの出版物は規則的に「計画」を参照します。

その計画の一部はElberton、ジョージアにおけるアメリカストーンヘンジの大きな花崗岩柱に記入されます…

「ジョージアGuidestones」。

13 人口抑制と神秘学の主題の上の十分な議論はこの短いモノグラフの範囲を越えて遠い。

これらの主題の上の完全なドキュメンテーションは、私のまもなく出版される本(「どれもそれを大量虐殺と、あえて呼びません」)中で発見されるでしょう。

この時点で、私に、単に、公然と、人口縮小、および/または大量虐殺を主張する人々によって表された見解の少しの例を提供させます。

デイビッド・グレーバー(国立公園庁との研究生物学者)は、言うこととして1989年10月22日のロサンジェルス・タイムズ書評セクションで引用されました:

「人の幸福と確かな人の多産性は野生で、健全な惑星ほど重要でありません」。

私は、私に、人々が自然の一部であることを思い出させている社会科学者を知っているけれども、それは真実でありません…

「私達は自身への、そして地球の上の疫病になりました...ホモサピエンスのような時間が、自然に復帰すると決めるべきであるまで、私達の何人かが、うまくやっていくために右のウイルスを望むことができるだけです」。

14 彼が米国の動物愛護協会の副大統領であった時のマイケル・フォックスは、「人類は最も危険である、地球の上の破壊的で、利己的で、非倫理的な動物」と書きました。

15「最初のグローバルな革命」において、ローマ・クラブ、国際的なエリート組織の協議会によって出版されて、作者は注意します:

「私達を団結させるために新しい敵を検索することにおいて、私達は、汚染、地球温暖化の脅威、水不足、飢饉、およびそのようなものは請求書に見合う価値があるであろうというアイデアを思い付きました」。

「すべてのこれらの危険は人の介入によって起こされます...そして、現実の敵は人間性自身です」。

16 1994年4月5日のロサンジェルス・タイムズは、アメリカ科学推進協会の前で話しているコーネル大学教授デイビッド・ピメンテルが、それ(「全体の世界の総人口は現在の56億というよりも20億にすぎないようにするべきです」)を言うことを引用しました。

1991年11月のユネスコクーリエで、ジャック・クストーは書きました:

「人々が惑星に与える損害は人口統計の機能です - それは開発の程度と等しい」。

1人のアメリカ人が20のBangladeshesよりずっともっと地球に積みます…

これは、言うひどい事です。

世界の総人口を安定させるために、私達は1日あたり350,000人の人々を取り除かなければなりません。

「それは、言う恐ろしい事であるけれども、それを言わないことはちょうど同じくらい悪い」。

17 バートランド・ラッセルは、彼の本(「社会への科学の影響」)中で、インチ書き、現在、世界の人口は増加しています…

戦争はこれまでこの増加に大きな影響を全然及ぼしていませんでした…

私は、産児制限が、人口が、増加することを妨げられることができる唯一の方法であるふりをしません。

他があります…

…、すべての世代の中で、生存者が、世界をあまりにもいっぱいにせずに自由に出産することができたら、黒死病が世界じゅうでまん延することができたならば、事態は多少不愉快であるかもしれないけれども、それの何か?

「本当に高潔な人々は苦しみ、他のものの特にそれに無関心です」。

18 ティーネックのネガティブな人口増加社、ニュージャージは、最近、それらの長期のゴールを述べている手紙を循環させました。

「私達は、米国のための私達のゴールが1950年にたった1億5000万、私達のサイズであるべきであると信じます」。

「世界のために、私達は、私達のゴールがせいぜい20億の人口(世紀の変わり目の少し後のそのサイズ)であるべきであると信じます」。

19 UNEP(国連は研究グループを後援しました)、フェーズ1ドラフトセクション9のグローバルなアセスメントリポートの中で、作者は、提案したエキスパートを引用しました:

「現在の北アメリカの物質的な生活水準の工業化された世界社会のための妥当な見積りは10億であるでしょう」。

「より倹約したヨーロッパ生活水準で、2から30億は可能でしょう」。

20 より多くのニューエイジ影響力

1996年の秋にサンフランシスコで催されたゴルバチョフ会議、サムKeen博士、ニューエイジ作家、および哲学者で円卓の議論グループで話すことは、宗教の組織が、爆発的人口増加についての責務を取る必要があるという強い協定があったことを述べました。

彼は、続けて、それ(「エコロジカルな危機が要するに人口危機であるので、私達は、セクシュアリティ、避妊について、中絶について、人口をコントロールする価値についてもっとずっとはっきりと話さなければなりません」)を言いました。

「人口を90%削減し、環境的な大損害を及ぼすために残された十分な人々がいません」。

Keenさんの意見は主としてニューエイジ支持者、社会党員、国際主義者、およびオカルト主義者からなった集まった聴衆から喝采に合いました。

私達の現代の世界の主要なオカルト主義者の多くはサンフランシスコのそのミーティング、ミハイル・ゴルバチョフによって計画されたミーティング、ソビエトKGBの前のディレクター、およびロシアの後の方の大統領に出席しました。

21 メッセージはジョージアGuidestonesの上で何と気付かれますか?

「ガイド」の計画は何ですか?

あなたがocculticな文学を読んだならば、あなたは、すぐ、明けの明星を拝む人々が今日、それらの行動と世界の仕事の両方を誘導する「ヒエラルキー」を参照すると気付くでしょう。

「ヒエラルキー」は誰ですか?

ルーシ信頼、以前明けの明星出版社は最近手紙を、「スピリチュアルなヒエラルキーは明確に12のスピリチュアルなフェスティバル期間を利用します」と論述しているそれらのサポーターに送りました。

神性の計画を世界じゅうのどこの親善とスピリチュアルな熱望の男性と女性の注意にももたらすために、彼らが働く時に、私達は、ヒエラルキーのメンバーと協力することを学ぶことができます。

「スピリチュアルなアプローチ--人間性へのヒエラルキーとヒエラルキーへの人間性の--のアイデアは、どのように、黄道帯のそれぞれを通してのフローがサインするスピリチュアルなエネルギーが明るくし、右の人間関係を引き起こすことができるかについてのメディテーション…理解を引き起こしている主要な原則です」。

22 古代のドルイド僧はocculticな宗派のメンバーでした;

イギリスのストーンヘンジの記念碑の円はocculticです;

そして、Elbertonにおけるアメリカストーンヘンジに彫り込まれたメッセージはocculticです。

オノ・ヨーコは、ジョン・レノン(深く、オカルトに関わっていた人)の未亡人です。

オノ・ヨーコはジョージアGuidestonesのメッセージに専念した3つのムーブメントによってミュージカルの総譜を書きました。

23 Elbertonにおけるドルイド僧風の記念碑の大きな石柱に彫り込まれる今日の人へのメッセージは何ですか?

「ガイド」の一番目は読みます:

「自然によって永久のバランスにおいて500,000,000未満の人間性を維持しています」。

(この版)

「自然によって永久的なバランスのために水平のその最高潮で人類全体を意味しています」。

不名誉なタスキーギ研究

最近の歴史において、私達はアメリカでここでocculticな人口抑制支持者の影響を見ました。

どこにもタスキーギ研究においてよりよく示されたその影響がありません(その400人の梅毒で感染した黒人男性の中の科学的研究プログラムは1932年に米国公衆衛生局によって募集されました)。

参加者は、すべて、彼らが彼らの伝染病のために治療されるであろうと言われたけれども、彼らの病気を治療する代わりに、すべての薬は抑えられました。

彼らの体と彼らの妻と子供のボディが病気によって体系的に破壊された時に、黒人男性は、その時、他の場所で治療を得ることを活動的に妨げられました。

科学者が、どのように未処置の梅毒が人体について進歩したかを学ぶ必要があったと主張することによって、そのナチススタイル研究を考案した悪い人は彼らの残忍性を正当化しました。

1932年と1972年の間の40年の期間の間、組織的大量虐殺のタスキーギ研究は続いていました。

1つの新聞が最終的に、話を一般大衆に伝える勇気を持っていた時に、タスキーギ研究が最終的に終わったのは1972年の後でした。

その時間までに、オリジナルの400黒人男性のほんの125人は生き残りました。

そのグロテスクな人体実験の終わりの24年後このまさしくその日に、その残忍性の犯人の誰もこれまで告発されていないか、彼らの犯罪のために起訴されません。

タスキーギ研究が始まった1932年に、マーガレット・サンガーのアイデアは、すでに、アメリカでここで医師と科学者の精神と魂を感染させはじめました。

マーガレット・サンガーの道徳の感覚によると、「人の雑草」上の実験は「科学」の名前において完全に正当でした。

あなたは、参加者が白人であったならば、そのような実験がアメリカでここで許容されていたであろうと正直にちょっとの間の間信じますか?

24 世界の総人口を減らす別のもっとずっと効果的な方法は1960年代の初期に環境保護活動家と人口抑制支持者のグループによって考案されました。

彼らは、殺虫剤が節約人命において極めて効果的であったことが見つかった後に蚊とマラリアコントロールのためにDDTの使用を妨げることを試みました。

アレキサンダー・キング、ローマ・クラブの社長は、「DDTが導入された時に、私自身の疑いは来ました」と書きました。

2年以内のガイアナで、それはほとんどマラリアを取り除きました。

「従って、DDTとの私の主要な口論は、後から振り返って見ると、それが人口問題に大いに追加したことです」。

25 1970において、全米科学アカデミーは、それらの本「生命科学」中で、「20年のDDTがマラリアのため5億人の死を回避した少し以上のIn」を述べました。

「人口抑制支持者に、人命のこの無責任な保存は非良心的であったので、彼らは、さらに殺虫剤の使用を禁止することを試みました」。

1970のすべての信頼できる科学的なデータが、DDTが人と動物の両方に完全に安全であったことを一貫して証明するまでの上。

実に、DDTは人類にこれまでに知られていた最も安全な殺虫剤でした。

さらに、それは安価で、昆虫媒介性病気のまん延をコントロールするために第三世界の国で広く使われることができました。

それに応じて、人口抑制支持者は、環境を保存する名前において禁止されたDDTを持つことを試みました。

あなたは、たぶん、DDTが卵のからの軟化を起こし、自然のバランスを妨げて、食物連鎖に着手することによって、人間性を危険にさらしたと主張している考案された話を読みました。

真実において、それらの話のすべては偽造されて、さらに生命救助殺虫剤の使用を妨げる慎重に調整されたプログラムの単に部分でした。

あなたが、DDTに対して遂行された人をだましたキャンペーンについて真実を学ぶことに興味をもっているならば、私は、あなたがJ・ゴードン・エドワーズ博士との私のオーディオテープを貼られたインタビューのコピーを注文することを提案します。

エドワーズ博士は、戦いが1960年代に、さらにDDTの使用を禁止するために環境保護活動家と人口抑制支持者によって遂行された宣伝プログラムを打ち返す気になった世界的に有名な生物学者です。

あなたは「覚えている静かな春とその結果」をエドワード博士の素晴らしいモノグラフのコピーに命じることもできます。

ウィリアム・ラッケルズハウスは環境防衛基金の長い間のメンバーとEPAのディレクターでした。

6ヶ月殺虫剤の使用における証拠を耳にし、DDTが完全に安全であったことにした委員会を調査しているEPAの会長の推薦にもかかわらず、彼はさらに1972年にDDTの使用を禁止しました。

ラッケルズハウスがさらにDDTの使用を禁止した時に、第三世界の国に住む数億人の無力な人間のために彼は死刑執行令状にサインしました。

しかし暗い側によってエネルギーを与えられるそれらに、数億の人命の損失が相対的に重要でない.Inであった 彼の優秀なモノグラフ、「記憶している静寂春およびその結果、」教授J・ゴードン・エドワーズは、ビクターYanconne、環境防衛基金の創立者により配達されたスピーチから引用しました。

その話において、Yanconneさんは、DDTへの禁止が実際もっとずっと有毒な殺虫剤のずっと大きな有用を結果として生じないであろうかどうかにかかわらず、チャールズWurster博士(DDTの主要な相手の1人)に尋ねたレポーターによって彼に話された話をしました。

Wurster博士は、答えたと報告されます:

「それがどうしたというのだ。」

人々はすべての問題の原因です。

私達はそれらのあまりにも多くを持っています。

「私達は、彼らの何人かを取り除く必要があり、これは何と同じくらいでもよい方法です」。

それから、「医師、どのようにあなたは人々の殺害をいくつかの鳥の単なる損失に合わせますか?」ように同じレポーターによって頼みました。

Wurster博士は、「オルガノリン酸塩がローカルに作動し、殺しだけが労働者を耕作し、彼らのほとんどがメキシコ人と黒人であるので、それは本当はたくさんの違いを生じさせません」を答えたと報告されます。

26 何人の人々が、DDTの使用が禁止されて以来のこの25年で死にましたか?

全米科学アカデミーがそうであったならば、5億のライフが20年の期間の間にDDTによって省かれたそれらの1970年のアセスメントにおいて、訂正し、そして、人口抑制の支持者が、DDTを禁止することに成功して以来、私達はたぶんこの25年の間に6億よりかなり上の人命を失います。

27中絶、乳癌、および人口抑制の間の関係。

私に、今日米国でここで促進されている人口制御プログラムの別の例を提供させます。

多くの医師は近年女性の中で見られた乳癌の劇的な増加についての彼らの懸念を表現しました。

国内と外国の医学雑誌の中で出版された18の科学の研究がはっきりと最初の学期中絶と乳ガンの間の直接的な因果関係を示したという事実にもかかわらず、米国でここでその情報を広めるすべての努力は、中絶と人口抑制に賛成している人々によって一貫して妨げられています。

アメリカのベストは秘密の状態を保ちました。

1つの新しい科学書類あたり初学期の中絶と乳ガンの間の関係での23の違う科学研究のメタアナリシスを扱っている1996の落下において、英国医学ジャーナルにおいて出版されました。

最初の学期中絶を持っていた女性の中で、その研究ははっきりと乳ガンのより高い発生を示しました。

その出版に呼応して、作者の結論を攻撃するためとアメリカ医師にその情報を広めるすべての努力を妨げるために、アメリカ医師会(AMA)、米国癌学会(ACS)、およびプロ中絶/人口抑制の支持者は邪悪な同盟の中で結合しました。

上で述べられている組織のすべては、医師に、女性に、彼らが最初の学期中絶に服従する時に、彼らが直面している危険を警告させる努力に反対し続けます。

アメリカですべての外科的処置を実行する前に、「勧められた同意」は中絶を除いて必要とされています。

AMA.、ACSとプロ死ロビーは、彼らが彼らの胎内の子供のライフを破壊する時に、女性が、彼らが招くリスクを知らせられてはならないことを強く主張し続けます。

なぜそのような矛盾がありますか?

アメリカの現在の中絶方針は、私達の人口を減らすことに絶対に必要です。

そんなわけで、小さな子供は親の通知なしで妊娠中絶医院に学校から取り去られることができるけれどもその同じ子供は親の同意なしでアスピリンを与えられることができません。

それはすべて人口抑制との関係を持ちます。

28 ロシア・トゥデイでの人口抑制

人口抑制の別のドラマチックな例は男性的な長寿について今日「前者」ソビエト連邦において最後までされている悲劇です。

ロシアで、平均的なロシア男の寿命は過去の数十年の間に険しく低下しました。

アメリカ男の平均余命は74-78歳であり、日本で、平均寿命は78年であるけれども、ロシア人の平均寿命は1970年代の68年から1985年の63.8年まで、1994年の57.7年に低下しました。

現在の傾向が続いているならば、ロシア男の平均寿命が世紀の変わり目の53年少し後であるであろうということは概算されています。

あなたは、寿命におけるこの衝撃的な縮小が単に「事故」によって起こっていると本当に信じますか?

ロシアの寿命におけるこのドラマチックな縮小の真実の原因は、「どれもそれを大量虐殺と、あえて呼びません」を予約しに私が来ることにおいて詳細になるでしょう。

29 アフリカでの虐殺

人は、何がそんなに遠くない未来の時間にアメリカにここにキリスト教徒を待ち構えるかもしれないかを想像するために、何が本当に1994年の4月と7月の間でルワンダのキリスト教徒に起こったかを学びさえすればよい。

キリスト教ツチ族が1990年代の初期に政治の命令によって武装を解除された後に、フツ族で導かれた軍事力は、体系的に無防備なキリスト教徒を虐殺しはじめました。

虐殺は1994年4月に始まり、1994年7月まで続いていました。

銃弾というよりも長刀を使って、彼らが体系的に数十万人の彼らを屠殺した時に、フツ族力は、無力なキリスト教人口の中でみじめな恐怖と恐怖の状態を作成することができました。

国連は直ちにルワンダで起こっている大量虐殺におけるヒアリングを召集したけれども、マデリーン・オルブライト(国連へのアメリカ大使)は、近隣のアフリカ国家が、「内戦は終わりました」まで介在することを許されるべきでないと熱心に主張しました。

現実において、もちろん、屠殺されているそれらが武器(それによって自身を防御します)を全然持たなくて以来、内戦が全然ありませんでした;

それは大量殺人の単に問題でした。

周辺諸国(「大量虐殺」があってはならない言葉が使ったまた強く主張されたマデリーン・オルブライト)と(静かな戦争のために静かな武器を見ます)それによる干渉を妨げることに加えて、ルワンダに配置された国連軍は、介在することを許されないことでした。

続いていた3ヶ月で、百万の2分の1と4分の3間で、キリスト教徒は、それの手足を体系的に切り取られて、死ぬまで切り刻まれて、続いて起こった血まみれの大虐殺において虐殺されました。

数万人のキリスト教徒は彼らの教会で殺されました;

万はもっとそれらの病院で、そしてそれらの学校で殺されました。

何度か、実際ルワンダに配置された国連兵士はフツ族民兵組織のメンバーに彼らの保護の下で無力なキリスト教徒をわたしました。

それから、それらの絶叫するチャージが断片に無遠慮に切り刻まれた時に、彼らは待機しました。

遅い1994年7月の大虐殺の終わりに、アメリカ政府は対外援助における数百万ドルによってフツ族殺人者に報いました。

奇妙に、アメリカプレスは、虐殺された人々のほとんどすべてがキリスト教徒であり、第一に、介在する近隣のアフリカの国による努力を妨げることについて責任があったのが私達の政府の方針であったという事実について(CIAによる自由なプレスの転覆を見ます)黙っていました。

30 世界の総人口がドラマチックに短縮されると保証する彼らの努力における今日の「マルサス主義者」によって私達の世界中で実施されている人口制御プログラムの数十の他の例が文字どおりにあります。

今までのところ、10億の人命よりずっと多くが米国によって資金提供された世界的な中絶プログラムの結果として終わっていることは概算されています。

さらに、この今日の疫病が、アジアとアフリカの両方の広いエリアの人口を激減させはじめるにつれて、私達は、エイズの流行の破壊的な効果を見はじめています。

しかし、occulticな人口コントローラの影響のため、世界中でHIV流行にアドレスするすべての論理的な努力は、妨げられ続けます。

他のすべての病気によって使われた証明された公衆衛生の方法を利用するというよりも、人口抑制の支持者は、快楽主義的な性教育とコンドーム配布の両方を促進し続けます。

「特別な戦闘」の1996年5月号(ジョン・F・ケネディの特別な戦闘センターと学校の出版物)中で、注目されました:

「ごく近い未来は民事部隊に他の威圧挑戦を示すかもしれません」。

複雑な社会的で、文化的な理由のため、エイズはすでにザイール、ウガンダ、ケニア、ザンビア、および他の中心的なアフリカ国の高い割合の武官と文官を感染させます。

これらの国のいくつかまたは全部で、政府施設は10-15年次において崩壊するかもしれません。

「このパターンが、エイズが驚くほどのレートでまん延している他のエリアで繰り返されるならば、文民の定規は北アフリカ、中東、インド、および東南アジアの一部の中でまた侵食されるか、故障するかもしれません」。

31 私に、本当に、正直なところ、人の同情が旧式で、世界の劣った民族が、死ぬことを許されるか、活動的に皆殺しにされなければならないと信じる今日の世界じゅうの数十万人の神秘的にエネルギーを与えられた人々がいることをあなたに保証させます。

私は、イギリス牧師、トマス・ロバート・マルサス(1766-1834)の文書から引用することによってこのモノグラフを終えます。

彼の「人口の原理についてのエッセイ」において、マルサスは書きました:

「成長した人の死によって彼らに場所を空けられるかもしれなくない限り、要求されたレベルに人口を維持することを要求されるであろうものを越えて誕生したすべての子供は必ず滅びなければならない...…従って、私達は、愚かにも、むだに、妨げることに努力する代わりに、この死亡を生み出すことにおける自然の営みを容易にするべきです…」

32 私は個人的に、神が、私達のそれぞれが、彼が戻るまでこの世界の仕事に関係することを期待していると信じます。

さらに、私は、すべての人命が神聖であると信じます。

私達は、キリスト教徒が、「世界の塩とライト」(人間性が腐敗することを妨げる防腐剤)であることになっていると言われます。

神の地球の住民のライフを保存するために今日しているディサイプル教会であるもの;

あなたは、暗闇の力によって目標とされている人々のライフを保護するために何をしていますか?

今日、エイズの流行は、アフリカとアジアの非共産党員の国の両方の人口を激減させはじめています?

あなたは何をすることができますか?

A. ルワンダのキリスト教人口の殺人の話を話すピーター・ハモンドとの私のテープに録音されたインタビューを注文します。

B. ジョージアGuidestonesと「ガイド」の計画についての情報を含む人口抑制における私の4テープセットを注文します。

あなたは、可能な限り遠く広くこの情報を広めるために私のオーディオテープとこのモノグラフをコピーし、配布する私の許可を持っています。

C. ローカルな政治団体に関係します。

これらの問題について、トークラジオ、あなたの教会、およびあなたの友人に関してはっきり話します。

あなたが救う命はうまく1人の友人あたり1人の…愛する人…またはあなた自身のそれであるかもしれません。

D. 最終的に、私達の神が介在するであろうし、私達の国家が信心深いリーダーシップに戻ることができることを祈ります。

いつも、エフェソス人6:11-12からセントポールの言葉を覚えています - 「というのは、私達は高い場所のスピリチュアルな邪悪さに対してこの世界の暗闇の力に対して能力に対して肉体とではなく公国と格闘します」。

スキンコード

THE SKINCODE

http://www.neptune.on.ca/~jyonge/skincode.htm



If you haven't heard the latest about the 666 system, let me touch a bit upon it now in order to satisfy you that the time is at hand. I got hold of a cassette tape in May, 1995, upon which the speaker was a Christian engineer. Along with some scientists, he had been involved extensively in the creation of a high-tech microchip so minute that it could pass through a hypodermic needle. The chip was being developed for transplantation into the skin of animals, but has an ultimate application in the skin of humans. The main problem, he said, was in supplying it with electrical power because of the difficulty of including a battery in an item so small. After much research and experimentation, a team discovered how the microchip could be powered without a battery, by using the electricity formed as a bi-product of a process called temperature exchange, so long as the chip was placed in a medium that continually lost and/or drew sufficient heat. The production of an electric current through temperature exchange is nothing novel; the Russians applied the process in World War II to run radios by heating the ends of a metal wire with a basic flame. What was novel about the ultra-modern achievement, and very relevant to our discussion, was that the medium which was the focus of the experiments, the skin, produced its own electrical current which could be applied successfully to the microchip.


According to this Christian engineer, the investigators he worked with sought for the best temperature-exchange location on the body, and they found that the two most efficient places were on the forehead and on the back of the hand! Need I say more? (For anyone new to this topic, these are the very two places on the body which the Bible says the mark of the beast will be applied.) The reason that the forehead and the back of the hand are the best choices is obvious. These locations are thin-skinned, permitting the blood vessels to come nearest to the outer atmosphere, where heat from the blood is lost most efficiently. Furthermore, they are two places where clothing does not usually interfere with heat transfer out of the body. So you see, not only is the ability to install commercial numbers in our hands and foreheads current technology, but the desire to do just that has been the scheme of our superiors for some time now. Why else have they extended themselves seeking a way to power microchips in human skin if the purpose is not to implant them in it some day soon? That these sorts of chips are already implanted in animals is already common knowledge. And while stores are already using a purchasing system which engages electronic deduction, we should accept the fact that we are now at the dark threshold of the anti-Christ's skincode system. Although the electronic transfer of money is currently based on numbers in plastic cards, you can see that the next logical step is to place the numbers in hands, or, if some have no hands, on their foreheads. It is a well-known fact that the wiring systems which connect the computers of all large corporations to the banks are already in place. Any small business can connect immediately by purchasing the proper, inexpensive computer hardware. There is no other major step needed in the hardware department to incorporate the skincode system. Consider what Ralph Nader, a man who attempted to be President not long ago, said:"Is there a number or mark planned for the hand or forehead in a new cashless society? Yes, and I have seen the machines that are now ready to put it into operation.” The next big step will be in the marketing department. That will be initiated by the anti-Christ kingdom through the olitical drive of the False Prophet.


SKINCODE

http://www.neptune.on.ca/~jyonge/skincode.htm


あなたが最も遅く666システムを耳にしなかったならば、私を、あなたが、時間が手近にであることを納得するために現在少しそれに触れさせます。私は1995年5月にカセットテープをつかまえました(スピーカーがキリスト教エンジニアでした)。何人かの科学者とともに、彼はとても緻密なハイテクなマイクロチップの作成に広く関係していたので、それは皮下注射針を通過することができました。チップは動物の皮の中への移植のために開発されていたけれども、人の皮の中に究極のアプリケーションを持っています。彼は、主要な問題は、バッテリーをそんなに小さいアイテムに含める困難のため電力をそれに供給することにあったと言いました。多くの研究と実験の後に、チームは、チップが、継続的に失うメディアに置かれて、および/または、十分な熱を引く限り、どのように、バッテリーなしで、マイクロチップが、温度交換と呼ばれるプロセスのバイ製品として成形された電気を使って動力を供給されうるかを発見しました。温度交換を通しての電流の生産は斬新なものではありません;基本的な炎によって金属ワイヤの終わりを熱することによってラジオを動かすために、ロシア人はプロセスを第二次世界大戦に応用しました。超近代達成について斬新で、私達の議論に非常に関連していたものは、実験で、皮のフォーカスであったメディアが、首尾よくマイクロチップに適用されることができたそれ自身の電流を作り出したことでした。このキリスト教エンジニアによると、彼がとともに働いた調査者はボディの上の最もよい温度交換立地条件を捜し求めて、彼らは、2つの最も効率的な場所が額の上と手の甲の上にあったと気付きました!私はもっと言う必要がありますか?(このトピックに新しい誰にとってでも、これらは、バイブルが、動物のマークが、適用されることを望んでいると伝えているボディの上のまさしくその2場所です。)手の額と後ろが最良の選択である理由は明らかです。血からの熱がとても効率的に失われる所で、血管が外圏大気に最も近くに来ることを許して、これらの位置は皮が薄い。さらに、それらは、衣類がボディの外で通常熱伝達を妨げない2つの場所です。従って、あなたは見ていて、商業用の数を私達の手にインストールする能力と額電流テクノロジーであるだけでなく、まさにそれをしたいという願望は今やしばらくの間私達の上司の計画でした。他になぜ彼らは、目的が、すぐいつか彼らをそれに植えつけないことであるならば人の皮の中でマイクロチップに動力を供給する方法を捜して全力を出しましたか?これらの種類のチップがすでに動物に植えつけられていることはすでに常識です。そして、店が、すでに、電子推論を引きつける購買システムを使っているが、私達は、私達が現在反キリストのskincodeシステムの暗い入り口にいるという事実を受け入れるべきです。お金の電子転送が現在プラスチックカードの中の数に基づくけれども、あなたは、次の論理的なステップが、数を、手にまたはいくつかが手を全然持っていないならば、それらの額の上で置くことであるとわかることができます。すべての大企業のコンピュータを銀行と接続する配線システムがすでに適所にあることは有名な事実です。どのような中小企業でも、すぐ、適切で、安価なコンピュータハードウェアを購入することによって接続することができます。skincodeシステムを含むためにハードウェア部門で必要であった他の主要なステップが全然ありません。ラルフ・ネイダー(つい先ごろ大統領であることを試みた人)が何を言ったかを考慮します:「新しいキャッシュレス社会の中の手または額のために計画された数またはマークがありますか?」.「はいおよび、私は、現在、それを操作に入れる用意ができているマシンを見ました」、次の大きなステップは営業部の中にあるでしょう。それはにせ予言者の政治的なドライブを通して反キリスト王国によって開始されるでしょう





"No one will enter the New World Order unless he or she will make a pledge to worship Lucifer. No one will enter the New Age unless he will take a LUCIFERIAN Initiation." (David Spangler, Director of Planetary Initiative, United Nations)


Every person in the world has been assigned an 18 digit tracking number, which consists of 3 groups of 6 numbers. The first 3 numbers assigned in the BEAST computer to everyone are 666. The next is one’s national code. The U.S. national code is 110. Then the next 3 numbers are your telephone area code, and then finally your 9 digit Social Security number. The code then is 666 + Nation code + Tel. area code + social security no. = BEAST I.D. no. for an individual. Chapter 11 Internal Controls


"Is there a number or mark planned for the hand or forehead in a new cashless society? Yes, and I have seen the machines that are now ready to put it into operation.” Ralph Nader


WASHINGTON -- A number of immigration bills (including S.269 and H.R. 2202), and the Commission on Immigration Reform have proposed that the United States adopt a computer data base of every person in the United States to verify whether the person is eligible to work or is eligible for certain benefits ACLU Opposes National ID System and Computer Registry


「その人が、明けの明星を拝む誓約をしない限り、誰も新世界秩序に入らないでしょう」。

「彼がLUCIFERIANイニシエーションを取らない限り、誰もニューエイジに入らないでしょう」。

(デイビッドSpangler(惑星イニシアチブのディレクター、国連))

世界のすべての人は18桁の追跡番号を割り当てられています(それは6つの数の3グループから成ります)。

みんなにBEASTコンピュータの中で割り当てられた最初の3つの数は666です。

次は人の全国的なコードです。

米国全国コードは110です。

そして、次の3つの数はあなたの電話市外局番、それから最後にあなたの9桁の社会保障番号です。

コードはその時666+国家コード+ Tel.市外局番+社会保障のNo.です。

= 個人のためのBEAST I.D.No.。

11章の内部統制

「新しいキャッシュレス社会の中の手または額のために計画された数またはマークがありますか?」

「はい、私は、現在、それを操作に入れる用意ができているマシンを見ました」、ラルフ・ネイダー

ワシントン--多くの移住請求書(S.269とH.R. 2202を含めます)と移住改革における委員会は、人が、働くことに適格であるかまたは一定の利点ACLU Opposes全国IDシステムとコンピュータレジストリーとして適格であるかを確認するために、米国が米国ですべての人のコンピュータデータベースを採用することを提案しました。





Mark of the Beast!!



Mondex







共産党は、彼ら自身の間で戦います/その1


COMMUNISTS FIGHT AMONG THEMSELVES


At the meeting of the 22nd Party Congress in the fall of 1961, the rivalry between Russia and China came out in the open. It centered around two issues: the place of Stalin in communist history, and relations with the country of Albania. Khrushchev (1894-1971), the Soviet premier from 1958-64, made verbal attacks on Stalin constantly, and even had his body removed from the mausoleum on Red Square. Mao Tse-tung, and the Chinese Communists went out of their way to proclaim their loyalty to the dead leader. When Enver Hoxha, the Communist ruler of Albania refused to follow Khrushchev’s lead in condemning Stalin, Russia canceled all economic and technical aid, and recalled all Soviet personnel. China then sent in their own advisors, praising Albania for their stand.


China was upset because Russia failed to support them during a recent military action, and was suspicious of Khrushchev’s policy of ‘peaceful coexistence’ with the United States. Since 1961, world communists have split into either pro-Soviet or pro-China factions. China began advocating Maoism, rather than Marxist-Leninism.


Stalin had said: “The object of Soviet Communism is victory of Communism throughout the world ... by peace or war.” Russia boasted that within a generation, the whole world would be communist. Meanwhile, China also insisted that war was inevitable. Chou En-lai, the Chinese premier from 1949-76, said publicly: “The white race constitutes about one-tenth of the world’s population. Let us completely annihilate the White man. Then we shall be free of him once and for all.”


共産党は、彼ら自身の間で戦います


1961年の秋の22回目の党大会の会議で、ロシアと中国の間の競争は、外で出ました。それは、およそ2つの問題を中心におきました:共産主義の歴史のスターリンの場所とアルバニアの国との関係。フルシチョフ(1894~1971)(1958-64からのソビエト首相)は、絶えずスターリンへのことばの攻撃をして、彼の体を赤の広場の霊廟から取り除いてもらいさえしました。毛沢東と中国の共産党は、死んだリーダーに対する彼らの忠義を宣言する努力をしました。いつのエンベルホッジャ(スターリン(経済ロシアキャンセルされたすべてと技術的な援助)を有罪と判決することのフルシチョフの前文に続くために拒否されるアルバニアと呼び戻された全くソビエト人員の共産統治者)。中国はそれから彼ら自身のアドバイザーを入れました。そして、アルバニアの彼らの姿勢を称賛しました。


ロシアが最近の軍事行動の間、彼らを支えることができなかったので、中国は動揺していて、アメリカ合衆国で『平和な共存』のフルシチョフの方針を疑っていました。1961年以降、世界共産主義者は、プロソビエトであるか中国びいきの派閥に分かれました。中国は、毛沢東主義(マルクス主義のレーニン主義よりむしろ)を主唱し始めました。


スターリンは言いました:「ソビエト共産主義の対象は、世界を通した共産主義の勝利です...平和または戦争によって。」と、ロシアが1世代以内にとても誇りとしました、全世界は共産主義者です。一方、中国も戦争が必然的であると主張しました。周恩来(1949-76からの中国の首相)は、公的に言いました:「白色人種は、世界の人口のおよそ10分の1を構成します。完全にホワイト男を絶滅させよう。それから、我々は今度限り彼から自由です。」


Because China had their own thoughts of world domination, a major rift developed between the two communist giants. China became angry over Russia’s refusal to give them nuclear weapons, so after 14 years, Russia ceased all aid to China.


THE SPREAD OF COMMUNISM


George Washington, during the winter of 1777 at Valley Forge, had a vision that showed a red light moving towards America, The account was given in 1859 by an old soldier, to writer Wesley Bradshaw, who had it published in the American War Veteran’s paper, the National Tribune, in December, 1880 (reprinted in Stars and Stripes, on December 21, 1950):


I do not know whether it is owing to the anxiety of my mind, or what, but this afternoon, as I was sitting at this table engaged in preparing a dispatch, something in the apartment seemed to disturb me. Looking up, I beheld standing opposite me a singularly beautiful being. So astonished was I, for I had given strict orders not to be disturbed, that it was some moments before I had found language to inquire the cause of the visit. A second, a third, and even a fourth time did I repeat my question, but received no answer from my mysterious visitor except a slight raising of the eyes.



By this time I felt strange sensations spreading through me. I would have risen but the riveted gaze of the being before me rendered volition impossible. I assayed once more to speak, but my tongue had become useless, as if paralyzed. A new influence, mysterious, potent, irresistible, took possession of me. All I could do was to gaze steadily, vacantly at my unknown visitor.



Gradually the surrounding atmosphere seemed to fill with sensations, and grew luminous. Everything about me seemed to rarefy, the mysterious visitor also becoming more airy and yet more distinct to my sight than before. I began to feel as one dying, or rather to experience the sensations which I have sometimes imagined accompany death. I did not think, I did not reason, I did not move. All were alike impossible. I was only conscious of gazing fixedly, vacantly at my companion.


中国には世界支配の彼ら自身の考えがあったので、主要な亀裂は2人の共産主義の巨人の間で発達しました。中国は彼らに核兵器を与えることに対するロシアの拒絶に怒っているようになりましたので、14年後に、ロシアは中国への全ての援助をやめました。


共産主義の広がり


ジョージワシントンには、フォージ渓谷の1777で冬のものの間、アメリカの方へ進んでいる赤ランプを示した展望がありました、作家ウエズレーブラッドショーに、口座は年をとった兵士によって1859年にされました。そして、その人はそれを1880年12月(1950年12月21日に、星条旗で再版される)にアメリカの戦争Veteranの紙(全国トリビューン)で出版しておきました:


私はそれが私の心の不安のためにあるかどうか、わかりません、あるいは、どうですか、しかし、今日の午後、私が急送を準備することに従事しているこのテーブルについていたので、アパートの何か私の邪魔をするようでした。見上げて、私は私の反対側に著しく美しい存在に耐えることを見ました。そして、私も驚きました、なぜならば、私は妨げられてはいけないという厳しい命令を与えました、私が言語が訪問の原因を尋ねるとわかる前に、若干の瞬間であった。ちょっと、第3で、均一な4分の1時間はしました。そして、私は私の質問を繰り返すが、目のわずかな飼育以外は私の不可解な訪問客から返事を受け取りませんでした。



この時までに、私は変な感覚が私に広がっていると感じました。私は起きました、しかし、私の前の存在の鋲着された凝視は意志力を不可能にしました。私は話す以上の一度を分析しました、しかし、まるで麻痺しているように、私の舌は役に立たなくなりました。強力で、抵抗できなくて、新しい影響(不可解な)は、私を手に入れました。ぼんやりと私の無名の訪問客で、私がすることができた全ては、着実に凝視にありました。



徐々に、周囲の空気は感覚でいっぱいになるようで、明るくなりました。私についてのすべては希薄になるようでした。そして、不可解な訪問客も私の視力により軽くて前によりこれまでに明瞭になりました。私は一体となって死にかかっていると感じ始めました、あるいは、私が時々想像した感覚をむしろ経験することは死を伴います。私は考えませんでした ? 私が結論しなかった ? 私は動きませんでした。全ては、同様に不可能でした。ぼんやりと私の仲間で、私は固定して見つめることを意識しているだけでした


Presently I heard a voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn,’ while at the same time my visitor extended an arm eastward. I now beheld a heavy white vapor at some distance rising fold upon fold. This gradually dissipated, and I looked upon a strange scene. Before me lay, spread out in one vast plain, all the countries of the world? Europe, Asia, Africa, and America. I saw rolling and tossing between Europe and America the billows of the Atlantic and between Asia and America lay the Pacific. ‘Son of the Republic,’ said the same mysterious voice as before, ‘look and learn.’



At that moment I beheld a dark, shadowy being, like an angel, standing, or rather floating in mid-air, between Europe and America. Dipping water out of the ocean in the hollow of each hand, he sprinkled some upon America with his right hand, while with his left he cast some over Europe. Immediately a cloud arose from these countries, and joined in mid-ocean. For awhile it seemed stationary, and then it moved slowly westward, until it enveloped America in its murky folds. Sharp flashes of lightning gleamed through it at intervals, and I heard the smothered groans and cries of the American people (the American Revolution, which was in progress).



A second time the angel dipped water from the ocean and sprinkled it out as before. The dark cloud was then drawn back to the ocean, in whose heaving billows it sank from view.



A third time I heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ I cast my eyes upon America, and beheld villages and towns and cities springing up one after another until the whole land from the Atlantic to the Pacific was dotted with them. Again, I heard the mysterious voice say, ‘Son of the Republic, the end of the century cometh, look and learn.’



And this time the dark shadowy angel turned his face southward. From Africa I saw an ill-omened specter approach our land. It flitted slowly and heavily over every town and city of the latter. The inhabitants presently set themselves in battle array against each other. As I continued looking I saw a bright angel on whose brow rested a crown of light, on which was traced the word ‘Union.’ He was bearing the American flag. He placed the flag between the divided nation and said, ‘Remember, ye are brethren (referred to the Civil War).


まもなく、私は声を聞きました。そして、言う、同時に、私の訪問客が東に腕を伸ばす間、『共和国の息子、見て、学んでください』。私は、その時折り目に若干の距離上る折り目でひどい白い霧を見ました。これは徐々に消えました、そして、私は変な場面を見ました。私の前に、1つの広大な平野に広げられて、世界ヨーロッパ、アジア、アフリカとアメリカの全ての国を置いてください。私は転がって、ヨーロッパとアメリカの間で大西洋のうねりを投げることを見て、アジアとアメリカの間で太平洋を置きます。『共和国の息子』、と、同じ不可解な声が前の通り言いました。『見て、学んでください。』



その瞬間に、私は暗闇を見ました。そして、天使のように、立つか、ヨーロッパとアメリカの間で、空中でむしろ浮いて暗かったです。水を各々の手のくぼみの海からすくい上げて、彼の左で彼がヨーロッパの上に何人かをキャストする間、彼はアメリカの上にいくつかに彼の右手を振りかけました。すぐに、雲はこれらの国に起因して、中央海嶺に参加しました。しばらくのために、それは動かないようでした、それから、それがその暗い折り目でアメリカを包むまで、それは西へゆっくり動きました。稲妻の鮮明な閃光は間をおいてそれを通して輝きました、そして、私はおおわれたうめき声と米国民(進行中だったアメリカ革命)の叫び声を聞きました。



二度目に、天使は水を海からすくい上げて、前の通りそれを外に撒きました。暗雲は、それから、海(それが表示から沈んだ上下している海の)に引き戻されました。



私には不可解な声が言っているのが聞こえた3分の1時、『共和国の息子、見て、学んでください。』、私はアメリカの上に私の目を投げて、大西洋から太平洋への全国には彼らが点在するまで、次々と出現している村と町と都市を見ました。また、『共和国の息子、comethな世紀の終わり、見て、学んでください。』と、私が不可解な声に言うのを聞きました。



そして、今度は、暗い暗い天使は、南方へ彼の顔を回しました。アフリカから、私は不吉な亡霊が我々の土地に接近するのを見ました。それは、ゆっくり、そして、重く、後者のあらゆる町と都市をよぎりました。住民は、まもなく彼ら自身を互いに対して戦闘隊形をとっているように設定しました。私が私に見えることが誰の額が光の頂部を休ませるかについて明るい天使に会うと続けたように、どちらがたどられたかの上で語『合併。』、Heはアメリカの旗を運んでいました。彼は分かれた国の間で旗を置いて、言いました ? 『覚えている、汝ら同胞(南北戦争にゆだねられる)。


Instantly, the inhabitants, casting down their weapons, became friends once more and united around the National Standard.



Again I heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ At this the dark, shadowy angel placed a trumpet to his mouth, and blew three distinct blasts; and taking water from the ocean, he sprinkled it upon Europe, Asia, and Africa.



Then my eyes beheld a fearful scene. From each of these continents arose thick black clouds that were soon joined into one. And throughout this mass there gleamed a dark red light by which I saw hordes of armed men. These men, moving with the cloud, marched by land and sailed by sea to America, which country was enveloped in the volume of the cloud. And I dimly saw these vast armies devastate the whole country and burn the villages, towns and cities which I had seen spring up.



As my ears listened to the thundering of the cannon, clashing of swords, and the shouts and cries of millions in mortal combat, I again heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ When this voice had ceased, the dark shadowy angel placed his trumpet once more to his mouth, and blew a long and fearful blast.



Instantly a light as of a thousand suns shone down from above me, and pierced and broke into fragments the dark cloud which enveloped America. At the same moment the angel upon whose head still shown the word ‘Union,’ and who bore our national flag in one hand and a sword in the other, descended from the heavens attended by legions of white spirits. These immediately joined the inhabitants of America, who I perceived were well-nigh overcome, but who immediately taking courage again, closed up their broken ranks and renewed the battle.


すぐに、住民は、彼らの武器を投げ倒して、もう一度友人になって、ナショナルスタンダードの回りに団結しました。



また、私には不可解な声が言っているのが聞こえました、『共和国の息子、見て、学んでください。』Atこの、暗い、暗い天使は、トランペットを彼の口に軽く当てて、3つの異なった銃撃をやりました;そして、海から水をとって、彼はヨーロッパ、アジアとアフリカの上にそれを撒きました。



それから、私の目は、恐ろしい場面を見ました。これらの大陸の各々から、1にすぐに加わられた濃い黒い雲は、起こりました。そして、この大量を通して、私が武装した男性の群れを見た暗い赤ランプは、輝きました。これらの男性は、雲とともに動いて、陸路で行進して、アメリカに船で航海しました、そしてそれは、地方は雲量に包まれました。そして、私はぼんやりとこれらの巨大な軍が全国を荒廃させて、私が出現するのを見た村、町と都市を燃やすのを見ました。



私の耳が死闘において、剣の衝突して、大砲と叫びでとどろき渡るものと数100万の叫び声を聞いたので、私には再び不可解な声が言っているのが聞こえました、『共和国の息子、見て、学んでください。』、この声が持ったWhenは止みました、暗い暗い天使はもう一度彼のトランペットを彼の口に軽く当てて、長くて恐ろしい銃撃をやりました。



すぐに、1000の恒星現在の光は、私の頭上にから下って輝いて、入って、アメリカを包んだ暗雲を断片になるまで壊しました。同じ瞬間に、誰の頭が語『組合』を示されて静まるか、そして、誰が他で1本の手と剣で我々の国旗を運んだか天使は、白い気分の多数によって出席される天の出でした。これらはすぐに、私がほとんど克服されると認めたアメリカの住民に加わりました。そして、その人以外の、すぐに心を引きつける勇気は再び彼らの壊れた集団を閉めて、戦いを再開しました。


Again amid the fearful noise of the conflict, I heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ As the voice ceased, the shadowy angel for the last time dipped water from the ocean and sprinkled it upon America. Instantly the dark cloud rolled back, together with the armies it had brought, leaving the inhabitants of the land victorious.



Then once more, I beheld villages, towns, and cities springing up where I had seen them before, while the bright angel, planting the azure standard he had brought in the midst of them, cried with a loud voice: ‘While the stars remain, and the heavens send down dew upon the earth, so long shall the Union last.’ And taking from his brow the crown on which blazened the word ‘Union,’ he placed it upon the standard while the people, kneeling down said, ‘Amen.’



The scene instantly began to fade and dissolve, and I, at last saw nothing but the rising, curling vapor I at first beheld. This also disappeared, and I found myself once more gazing upon the mysterious visitor, who, in the same voice I had heard before, said, ‘Son of the Republic, what you have seen is thus interpreted. Three great perils will come upon the Republic. The most fearful for her is the third. But the whole world united shall not prevail against her. Let every child of the Republic learn to live for his God, his land and Union.’ With these words the vision vanished, and I started from my seat and felt that I had seen a vision wherein had been shown me the birth, the progress, and the destiny of the United States.”


再び対立の恐ろしい雑音の中で、私には不可解な声が言っているのが聞こえました、『共和国の息子、見て、学んでください。』声がやめたAs、暗い天使は、それを最後に水を海からすくい上げて、アメリカの上にそれを撒きました。すぐに、それが持ってきた軍と共に、暗雲は後退しました。そして、土地の住民を勝ったままにしました。



それからもう一度、明るい天使が、彼が彼らの中に持ってきた空色の標準を植えて、大声をあげて泣く間、私は村、町と私がどこの前に彼らに会ったかについてはねている都市を見ました:『星(そして、地球の露の下の天送信)が残る、それでは連盟この。』彼の額から語『組合』をblazenedした冠を積み込んでいるAnd、彼はそれを標準に置きました、言われてひざまずいて、人々、『アーメン。』



場面はすぐに、うつろって、溶解し始めました、そして、私はついに上昇だけを見ました。そして、私が最初は見た蒸気を渦巻き状にしました。これも消えました、そして、私はもう一度私自身が不可解な訪問客を見つめているのに気づきました、そしてその人は、言われて、私が聞いた同じ声において、『共和国の息子、あなたが見たものは、このように解釈されます。3つの大きな危険が、共和国にやって来ます。彼女のために最も恐ろしいものは、第3です。しかし、連合する全世界は、彼女に勝ちません。彼の神のために生きることを学ぶ共和国のあらゆる子供をる、彼の土地、そして、連盟。』展望が消えたというこれらの知らせで、そして、私は私の席とフェルトから始まりました∥私が、展望がそこで私を示されたのを見た出生、進歩、そして、アメリカ合衆国の運命。」


A red light was indeed moving towards America, and it was communism, which at its peak, controlled 14,000,000 square miles of territory, or about 1/4 of the inhabited land in the world; and close to 1,500,000,000 people, or about a third of the world’s population. The communist menace swept through Russia (1917), Mongolia (1924), Estonia (1940), Latvia (1940), Lithuania (1940), Bessarabia (1940), Bukovina (1940), Albania (1944), Tannu-Tuva (1945), Ukraine (1945), Yugoslavia (1945), Outer Mongolia (1945), Manchuria (1945), Karafuto (1945), Kurile Islands (1945), Bulgaria (1946), Poland (1947), Romania (1947), East Germany (1948), Hungary (1948), North Korea (1948), Czechoslovakia (1948), China (1949), Sinkiang (1950), Tibet (1951), North Vietnam (1954), Guinea (1958), Cuba (1960), Libya (1969), South Yemen (1969), Guyana (1970), Benin (1974), Burma (1974), Laos (1975), South Vietnam (1975), Madagascar (1975), Angola (1976), Somolia (1976), Seychelles (1977), Mozambique (1977), Ethiopia (1977), Cambodia (1979), Grenada (1979), Congo (1979), and Afghanistan (1980).


On January 10, 1963, the Congressional Record published a list of 45 goals of the Communists, which included: 1) for the U.S. to co-exist with communism; 2) further disarmament; 3) to establish the United Nations as a one-world government, with an independent military force; 4) to infiltrate the media; 5) to overthrow all colonial governments before self-rule can be instituted. There were 90 Communist Parties worldwide, recognized by the Comintern, who were working toward those goals.


The communist conquest has claimed well over 145,300,000 lives: Soviet Union (1917-59), 66,700,000; Soviet Union (1959-78), 5,000,000; Red China, 64,000,000; Katyn Massacre, 14,242; expelled Germans (1945-46), 2,923,700; Cambodia (1975-78), 2,500,000; repression in eastern Europe, 500,000; Malaya, Burma, Philippines, Cuba, Black Africa, Latin and Central America, 3,600,000.


Retired Air Force General G. J. Keegan, Jr. said that our government had been covering up the evidence of an imminent Soviet attack on the United States. Keegan, a former Assistant Chief of Staff for the Air Force Intelligence Unit, said that Russia had been going through extensive preparations to mobilize their forces against the free world. He said: “After sixty years of aggression by the Soviets, only 17% of the remaining world population, lives in what could be termed a free society.”


赤ランプは本当にアメリカの方へ進んでいました、そして、それは共産主義でした。そして、領域のそのピークの、制御された14,000,000平方マイルの、または、居住するものの1/4についてのそれは世界に着陸します;そして、1,500,000,000人まで、または、世界の人口の3分の1について取り囲んでください。The communist menace swept through Russia (1917), Mongolia (1924), Estonia (1940), Latvia (1940), Lithuania (1940), Bessarabia (1940), Bukovina (1940), Albania (1944), Tannu-Tuva (1945), Ukraine (1945), Yugoslavia (1945), Outer Mongolia (1945), Manchuria (1945), Karafuto (1945), Kurile Islands (1945), Bulgaria (1946), Poland (1947), Romania (1947), East Germany (1948), Hungary (1948), North Korea (1948), Czechoslovakia (1948), China (1949), Sinkiang (1950), Tibet (1951), North Vietnam (1954), Guinea (1958), Cuba (1960), Libya (1969), South Yemen (1969), Guyana (1970), Benin (1974), Burma (1974), Laos (1975), South Vietnam (1975), Madagascar (1975), Angola (1976), Somolia (1976), Seychelles (1977), Mozambique (1977), Ethiopia (1977), Cambodia (1979), Grenada (1979), Congo (1979), and Afghanistan (1980).


1963年1月10日に、連邦議会議事録は含んだ共産党の45ゴールのリストを発表しました:1)共産主義と共存するアメリカのために;2)更なる軍備縮小;3)国連を1-世界政府として確立すること;(独立軍隊による)4)メディアを浸透させること;5)自治の前に全ての植民地の政府を倒すことは、設けられることができます。90の共産双方が世界中にありました。そして、コミンテルンによって認められました。そして、その人はそれらのゴールを目指して努力していました。


共産主義の征服は、かなり145,300,000以上の命を奪いました:ソビエト連邦(1917~59)、66,700,000;ソビエト連邦(1959~78)、5,000,000;赤い中国、64,000,000;カティン大虐殺、14,242;追い出されたドイツ人(1945~46)、2,923,700;カンボジア(1975~78)、2,500,000;東部ヨーロッパ(500,000)での抑制;マレー半島、ビルマ、フィリピン、キューバ、ブラックアフリカ、ラテン語と中央アメリカ(3,600,000)。


引退した空軍G. J.キーガン, Jr.将軍は、我々の政府がアメリカ合衆国への差し迫ったソビエト攻撃の証拠をすっかり覆っていたと言いました。キーガン(空軍Intelligence Unitのための前副参謀長)は、ロシアが自由世界に対して彼らの軍隊を動員するための広範囲な準備を通り抜けていたと言いました。彼は以下のように述べました:「ソビエトによる60年の攻撃の後、残りの世界人口のわずか17%は、空いている社会と呼ばれることができたことで生きます。」


Dimitri Manvilski, a professor at the Lenin School of Political Warfare in Moscow, said in 1930: “War to the hilt between communism and capitalism is inevitable. Today, of course, we are not strong enough to attack. Our time will come in thirty or forty years. To win, we shall need the element of surprise. The western world will have to be put to sleep. So we shall begin by launching the most spectacular peace movement on record. There shall be electrifying overtures and unheard of concessions. The capitalist countries, stupid and decadent, will rejoice to cooperate with their own destruction. They will leap at another chance to be friends. As soon as their guard is down, we shall smash them with our clenched fist.”


Lenin said: “First, we will take eastern Europe, then the masses of Asia, then we will encircle the United States which will be the last bastion of capitalism. We will not have to attack. It will fall into our hands like an overripe fruit.” William C. Bullitt, our first Ambassador to Russia, wrote: “...it must be recognized the communists are agents of a foreign power whose aim is not only to destroy the institutions and liberties of our country, but also to kill millions of Americans.”


In 1955, Khrushchev made this statement to the Warsaw Pact countries: “We must realize that we cannot coexist eternally, for a long time. One of us must go to his grave. We do not want to go to the grave. They (America) do not want to go to their grave, either. So what must be done? We must push them to the grave.” In July, 1957, he said: “...I can prophecy that your grandchildren in America will live under socialism. And please do not be afraid of that. Your grandchildren will ... not understand how their grandparents did not understand the progressive nature of a socialist society.” Khrushchev said, while banging his shoe on a table at the United Nations: “Our firm conviction is that sooner or later Capitalism will give way to Socialism. Whether you like it or not, history is on our side. We will bury you.” On July 19, 1962, Khrushchev said: “The United States will eventually fly the Communist red flag ... The American people will hoist it themselves.”


ディミトリManvilski(モスクワのPolitical Warfareのレーニン学校の教師)は、1930年に言いました:「共産主義と資本主義の間の柄への戦争は、必然的です。今日、もちろん、我々は攻撃するのに十分、強くはありません。我々の時間は、30または40年入ります。勝つために、我々は驚きの要素を必要とします。西の世界は、睡眠に置かれなければならないです。それで、我々は公式に最も素晴らしい平和運動を発射することから始めます。序曲と聞いたことがない譲歩にショックを与えています。資本主義国(ばかで頽廃的な)は、彼ら自身の破壊と協力するために喜びます。彼らは、友人であるもう一つの機会に飛びつきます。彼らの護衛が下にいるとすぐに、我々は我々の握りしめられた拳で彼らを壊します。」


レーニンは以下のように述べました:「最初に、我々は東部ヨーロッパ(そしてアジアの多数)をとります、そして、我々は資本主義の最後の防衛拠点であるアメリカ合衆国を包囲します。我々は、攻撃する必要がありませんありません。それは、熟しすぎた果物のような我々の手に落ちます。」と、ウィリアムC.ブリット(我々の初のロシア大使)が書きました:...共産主義者が狙いが我々の国の制度と出入りの自由を破壊することになっているだけでなくて、何百万ものアメリカ人を殺すことになっていもする外国の力のエージェントであると認められなければなりません。」


1955年に、フルシチョフはワルシャワ条約国にこの声明をしました:「我々は、我々が永遠に、長い間共存することができないと理解しなければなりません。我々のうちの1人は、彼の墓に行かなければなりません。我々は、墓に行きたくはありません。彼ら(アメリカ)は、彼らの墓(どちらも)に行きたくはありません。それで、何がされなければなりませんか?我々は、彼らを墓の方に押さなければなりません。」、1957年7月に、彼は言いました:...私は、アメリカのあなたの孫が社会主義の下で生きる予言を缶詰にします。そして、それを恐れないでください。あなたの孫はそうします...彼らの祖父がどのように社会主義の社会の進歩的な自然を理解しなかったかについて理解する。」と、フルシチョフが言いました、その一方で、国連で彼の靴をテーブルにたたきつけました:「我々の堅固な信念は、遅かれ早かれ、CapitalismがSocialismに変わるということです。あなたがそれが好きであるかどうかに関係なく、歴史は我々の側であります。我々は、あなたを葬ります。」1962年7月19日On、フルシチョフは以下のように述べました:「アメリカ合衆国は、結局共産党員赤旗を翻します...米国民は、彼ら自身それを上げます。」

世界人間牧場と言えばよいだろう。

ECAAR第4回国際シンポジウム議事録


「経済新時代とグローバル・ガバナンス


1996年10月22日(火) 国連大学大ホール


????????????????????????????????????まえがき


福岡大学教授、ECAAR本部理事・日本支部事務局代表 


服部 彰


?????????????????????????????? 開会の挨拶                           宮崎 勇


?????????????????????????????? 基調講演新世界秩序」を考える


        エール大学名誉教授 ジェームス・トービン


 


基調講演「21世紀のグローバル・ガバナンス


                    前西独首相 ヘルムート・シュミット


日本の平和憲法の経済的帰結


                        エール大学教授 浜田宏一


???????????????????????????? ????? 「冷戦後の新世界秩序と国連機関の役割」


ペース大学教授 ディートリッヒ・フィッシャー





????????????????????????????????????????????  グローバル・ガバナンスの実現に向けて」


                         国際基督教大学教授 植田隆子





コメント                  慶応大学教授 竹中兵蔵


??????? ?コメント         大阪大学社会経済研究所教授 森口親司










蛇足


新世界秩序やグローバルガバナンスなど・・イルミナティ用語が飛び交っております・・。


 イルミナティ=新世界秩序をグローバルガバナンスとあらためる \_(・ω・`)ココ大事!!


新世界秩序の公式な用語


新世界秩序の公式な用語

「世界商工を調節する超国家的な権威;」

オイルの生産と消費をコントロールするであろう国際機関;

ドルを取り替えるであろう国際通貨;

同様に資金を自由で、共産主義の国家に利用可能にするであろう世界の発展資金;

「新世界秩序の布告を強制する国際的な警察」(McAlvany知能報告)

Rockefellersと彼らの同盟者のドライブは、同じテントの下、すべて彼らのコントロール下でスーパー資本主義と共産主義を結合している1世界政府を作成することです...私は共謀を意味していますか?

はい、私はします。

私は、範囲で国際的で、計画を立てることにおける世代の年齢、および意思において信じられないほど悪いことのそのようなプロットがあるのを確信します。

マクドナルドはCFRと三極委員会の包括的な議会の調査のために1981年の下院議員を呼びます。(ラリーP.マクドナルド下院議員、1976年)

議会は、これらの組織を調査することを勧められます。

マクドナルド下院議員は、1983年にソ連によって撃ち落とされた大韓航空747で殺されました。

Zep Tepi/オシリス/年/Novus目Seclorum/新世界秩序/グローバリゼーションの黄金時代/新オーダーのはじめて。

違う名前、同じ課題。

それは、エジプトミステリー宗派が代理人になり、代理人になり続ける具体化された悪魔のその堕落した「黄金時代」の復元です。

それは、ニューエイジマインドガイドが、再建することに努めている洪水の前で、発展したけれどもハルマゲドンの戦争によって押し流されるであろう古代の暴力的で、猥褻な世界です。

「精神性」が「恐ろしい」と称されたアダム・ワイスハウプトと連携して使われる用語「精神性」がそうであるように、用語「黄金時代」は非常に誤解を招くものです。

啓蒙主義者の根本原理は精神性の高潔な意味をゆがめて、「恐ろしい」「黄金時代」の設立のために実用的です。ニューエイジ軍隊





WASHINGTON ?? Treasury Secretary Paul O'Neill said Sunday that the country is "on the edge of a golden age of prosperity," describing the current economic slowdown as an "adjustment period."


"If we do not follow the dictates of our inner moral compass and stand up for human life, then his lawlessness will threaten the peace and democracy of the emerging new world order we now see, this long dreamed-of vision we've all worked toward for so long." -- President George Bush (January 1991)


The New World Order program has been on the drawing board for many decades, despite denials and smears from the proponents, the insidious world domination and control preparations continue being set in place, the secretive terms of One World, New World Order, New International Economic Order etc have now been replaced with the more public term of Globalization.


In hundreds of books, articles, and speeches in the 20th century, many influential and powerful people, including many in Congress, have called for a New World Order, and the surrender of U.S. sovereignty and individual freedoms to a one world government, usually involving the U.N. military and the transfer of it to a one world U.N. army. TREASON: THE NEW WORLD ORDER By Author Gurudas


"Lets forgive the Nazi war criminals" (George Bush, New York Times, April, 14, 1990)


1993 December 20. George Bush was knighted by the Queen on as a Knight Grand Cross of the Most Honorable Order of the Bath. This was for his leadership in the Gulf War, when he sent American solders to die for England's interest of their petroleum in Kuwait. Order Of The Garter


Circumstantial evidence suggesting that then vice-president George Bush may have been involved with the attempt on the life of former President Reagan... the close connections between the family of convicted would-be assassin John Hinckley and the Bush family as well as Hinckley's Nazi background. David Emory's Talk Radio (On NAZIs)


I personally have learned of a few related incidents. I have come across reports of National Guardsmen undergoing specialized house-to-house search and seizure training and urban warfare tactics. I was also told that two men who managed to sneak into a Federal military plane 'graveyard' outside of Phoenix, Arizona had came across several freight train box-cars in which they discovered what they estimated to be from 2 to 3 million brand-new SHACKLES that were apparently being stored there, just waiting to be used! Civil War Is About To Begin In The United States


The extent of the American Government's [the corporate fascist military-industrial 'government' as opposed to the Constitutional or electorate 'government'] betrayal of her citizens can be further evidenced in the fact that these Chinese and Russian forces are RECEIVING PAYMENT FOR THEIR PRE-INVASION ACTIVITIES THROUGH THE INTERNATIONAL MONETARY FUND... ISSUED ON AMERICAN GOVERNMENT CHECKS. In anticipation of the coming invasion from Russia and China [and German - U.N forces, etc.] Canada has even gone so far as to disband its Western Coast Guard Division, thus they are open to amphibious invasion of America from the West. This was openly evidenced recently through the presentation of a documentary report over the BBC television in London which detailed amphibious assault forces practicing war maneuvers and strategy in the Formosa Straits. When BBC newsmen were permitted to interview these soldiers in training, they repeatedly asked them the following question. "What are you preparing to use this training for?" The shocking, consistent reply was "FOR THE COMING INVASION OF AMERICA!" When it became clear that a gaff in security was created by airing this broadcast over television in England, its scheduled re-broadcast for the next day in London was hastily canceled. The Final Invasion Of The United States


1983 Peter Hoagland, Nebraska State Senator and Humanist, speaking on radio in 1983 with the great American Pastor and Patriot Everett Silevan said: "Fundamental, Bible believing people do not have the right to indoctrinate their children in their religious beliefs because we, the state, are preparing them for the year 2000, when America will be part of a one world global society and their children will not fit in."


As I walked through the crowd toward Reagan, I saw familiar faces associated with the "Order of the Rose." ("The Order of the Rose" was an emblem of those ushering in the New World Order. "Orders from the Rose" were orders from George Bush.) Across the room, Bill and Bob Bennett were laughing with Dick Cheney. Then Governor of Pennsylvania. Dick Thornburgh was engaged in conversation with Arlen Spector. Within the farthest reaches of my expanded peripheral vision, I saw George Bush talking with his U.N. confidant Madeleine Albright. (Reagan first introduced me to U.N. Ambassador Madeleine Albright as "my mentor" in Jesuit operations in the Caribbean.) Knowing I could see him as though I had eyes in the back of my head, Bush subtly signaled me to join them. "You know Madeleine Albright," Bush began. Expertly using terminology from previously instilled Catholic Jesuit beliefs, he continued, "She's the reverend mother of all sisters (slaves). She's so close to God that an order from her is an order from him." Albright snickered, apparently impressed with Bush's "witty" manipulation of program verbiage. "She rose in the U.N. through me to implement the New World peace process." (Trance Formation of America, The true life story of a CIA Mind Control Slave by Cathy O'Brien, pg 176)


According to some insiders, the New World Order would already be history if they didn't fear the possibility of an honest & constitutional U.S. Military. http://www.militarycorruption.com/
 


The Judas attitude of the Administration is symbolized in an article written by Bill Clinton's very close friend, Deputy Secretary of State Strobe Talbott, titled: "The Birth of the Global Nation." Talbott strongly attacked American national sovereignty, stating: "NATIONAL AS WE KNOW IT WILL BE OBSOLETE: ALL STATES WILL RECOGNIZE A SINGLE, GLOBAL" (666) "AUTHORITY," (7\20/92 Time Magazine).


The Zionists?the Jesuits are the Great Zionists. They control all of the historical High Zionists?Theodor Herzl, David Ben-Gurion, Golda Meir. Zionism is a Masonic term, coined by the Jesuits. They are the rulers; they are the Protocols; they are the Elders of Zion. So the Zionists are, indeed, evil and wicked; but they are controlled by Rome. The Jews are not all Zionists. Black Pope


The foreign troops are coming, which was the goal of Oslo to begin with. At Genoa, today, Bush agreed to bring the UN-NATO troops to Israel. Tomorrow he meets the pope to sanctify the end of Israel's hegemony. Tonight three Arabs were murdered by "Jews," which is short for "Shabak." The troops, we will be told, will protect both sides from violent murder. The New World Order arrives in Israel and very soon. (Barry Chamish)


The goal of the CFR was to influence all aspects of society in such a way that one day Americans would wake up and find themselves in a ONE NEW WORLD SYSTEM “whether they liked it or not.” Their hope was to get Americans to the point where entering a world government would seem natural and so that they would blink and miss what it is their naked eyes were truly seeing. LUCIFER'S Network: Master’s Of The New World Order


In the last fifty years Big Brother has been able to slowly erode the basic freedoms of all American citizens by hiding behind such cliche's as " national security risk " to throw innocent people in prison with the most flimsy, if not fabricated evidence. When the government claims that a case involves a national security threat, it's power increases tremendously. Government investigators have the power to:


1. Order wire taps or a search without a warrant.

2. Restrict the discovery of evidence to who may see it.

3. Impede the accessed defense lawyers access to their client or require that an entire jury have security clearance.

4. In short, they can throw you in jail for as long as they wish too with any false or fabricated accusation against you.


But none of the wicked shall understand [that the End of the Age is upon them]." [Daniel 12:10


Unfortunately, what many so-called religious authorities fail to tell when arguing against self-defense by quoting this bit of scripture is that there are several words in the Hebrew language which express the verb "kill." The Hebrew word used in this commandment ALWAYS means "murder" and ONLY in what would now be called a "pre-meditated" murder at that.


Unfortunately, the word "kill" has changed since the time of King James when the first major translation of the Bible into English was carried out. The "kill" would more properly be translated as "murder" as far as modern English usage is concerned and, in fact, many modern translations of the Bible generally use "murder" in this passage. Check it out in a modern language translation of the Bible or--better yet--with someone who knows Hebrew.


This Bible passage deals with murder, not self-defense and it's a grave mistake to interpret is as prohibiting self-defense. Thus the commandment is simply "Thou shalt not MURDER." (And any religious leader using this as an argument against self-defense should be dismissed as a liar or sent back for more theological training.) PRAISE THE LORD AND (PLEASE DO) PASS THE AMMUNITION A must read




ワシントン 財務長官ポールオニールは日曜日に、同国が「繁栄の黄金時代の端に」あると言いました。そして、現在の景気減速を「調整期間と言いました。」


「我々が我々の内部の倫理基準の命ずるところに従わなくて、人の生命を支持しないならば、彼の無法状態は我々が現在見る新生の新しい世界秩序(我々全員が長い間努力したこの長いdreamed-of視力)の平和と民主主義を脅かします。」?ジョージブッシュ大統領(1991年1月)


New World Orderプログラムが計画の段階で多くの数十年の間ありました、支持者からの否定と汚れにもかかわらず、潜行性の世界支配と支配準備は適当に設定され続けます、One World、New World Order、New International Economic Orderその他の秘密主義の条件は今はGlobalizationのより公的な語と入れ替えられました。


何百もの本、記事と20世紀のスピーチにおいて、多くの有力で強力な人々(国会の多くを含む)はNew World Orderと唯一の世界政府へのアメリカ主権と個々のfreedomsの降伏を要求しました。そして、通常唯一の世界国連軍に国連軍隊とそれの移動を含みました。反逆罪:著者GurudasによるNew World Order


ナチの戦犯を許させる」(ジョージブッシュ、ニューヨークタイムズ、1990年4月14日)


1993の12月20日。ジョージブッシュは、Most閣下バス勲位のナイト大十字章として、女王によってナイト爵に叙されました。これは湾岸戦争において彼のリーダーシップに賛成でした。そのとき、彼はクウェートで彼らの石油のイングランドの関心のために死ぬためにアメリカのはんだを送りました。ガーター勲位


それから、副大統領ジョージブッシュが元レーガン大統領の暗殺計画と関係していたかもしれないことを示唆している状況証拠...ヒンクリーのナチ背景と同様に有罪となったへたな暗殺者ジョンヒンクリーとブッシュ家の家族の間の緊密な関係。デイビッドエモリーのTalkラジオ(ナチスの上で)


私は、個人的に2、3の関連した事件について知りました。私は、専門戸別の捜索・押収トレーニングと市街戦戦術を経ている国立Guardsmenの報告に出くわしました。私はなんとかフェニックスの外にFederal軍の飛行機『墓地』に忍び入ることができたその2人の男性も話されました、アリゾナは持ちました彼らが彼らが何が明らかに、ちょうど使われることを待つのを、そこに保存されていると200万?300万の真新しいSHACKLESからあるために見積もるかについて発見したいくつかの貨物列車有蓋貨車全体で来た!南北戦争は、アメリカ合衆国で始まろうとしています


彼女の市民のアメリカの政府の[Constitutionalまたは有権者『政府』と対比しての会社ファシスト軍の産業の『政府』]裏切りの範囲は、これらの中国でロシア軍隊がRECEIVING PAYMENT FOR THEIR PRE-INVASION ACTIVITIES THROUGH THE INTERNATIONAL MONETARY FUNDであるという事実で、さらに明示されることができます...アメリカ人の上で出されて、政府はチェックします。ロシアと中国からの来たるべき侵入を予想して[そして、ドイツ人である - U.N軍隊、その他]、カナダはその西洋の沿岸警備隊師団を解散するくらい遠くに行きさえしました、このように、彼らは西側からのアメリカの陸海空共同の侵入を受け入れます。これは、詳細な陸海空共同の暴行が台湾海峡で戦争操作と戦略を行って押しつけるロンドンで、BBCテレビで文書のレポートの提出を通して、最近公然と明示されました。BBC報道関係者がトレーニング中にこれらの兵士と面談するのを許されたとき、彼らは繰り返し彼らに以下の問題を尋ねました。「あなたは、何のためにこのトレーニングを使う準備をしていますか?」、衝撃的な、一貫した答えは、「FOR THE COMING INVASION OF AMERICAでした!」それが保安のガフがイングランドでテレビでこの放送を放送して作製されたことは明らかになったWhen、ロンドンの日がキャンセルされて急いであった次のためのその予定の再放送。アメリカ合衆国の最終的な侵入


1983年のピーターホーグランド、ネブラスカ州上院議員とHumanist(大きなアメリカのPastorとパトリオットエヴェレットSilevanを言って1983年にラジオについて話す):「基本的で、我々(国)が彼らに2000年の準備をさせているので、聖書を信じている人々には彼らの子供たちに彼らの宗教的な信条を教え込む権利がありません。そのとき、アメリカは唯一の世界的な社会の一部です、そして、彼らの子供たちは調和しません。」


私がレーガンの方へ群衆中を歩いたので、私は「ローズの順序と関連するよく知られている顔を見ました。」(「ローズの勲位」は、New World Orderの到来を告げているそれらの印でした。「ローズからの命令」はジョージブッシュからの命令でした。)、Acrossは部屋です、ビルとボブベネットはディックチェイニーと笑っていました。そしてペンシルバニアの知事。ディックソーンバーグは、アーレンスペクターと話し合っていて約束がありました。私の拡張された周辺視野で最も遠い範囲の中で、私はジョージブッシュが彼の国連親友マドレーンオルブライトと口をきいているのを見ました。(レーガンは、カリブ海でのイエズス会士活動の「私の良き指導者」として、最初に私を国連マドレーンオルブライト大使に紹介しました。)まるで私が私の頭の後ろに目があったように、私が彼に会うことができたということを知って、ブッシュは彼らに加わるために、微妙に私に合図しました。「あなたは、マドレーンオルブライトを知っています」と、ブッシュが切り出しました。前にしみ込むカトリックイエズス会士信条から上手に用語を使用して、彼は続けました ? 「彼女は、全ての姉妹(奴隷)の牧師母です。彼女は、彼女からの命令が彼からの命令であるように、神に近いです。」、オルブライトはくすくす笑いました。そして、明らかにプログラム饒舌のブッシュの「気のきいた」操作に感動しました。「彼女は、新世界和平交渉を実行するために、私を通して国連で起きました。」(アメリカ、キャシーオブライエンによるCIA Mind Control Slaveの本当の生命物語、pg 176の催眠状態Formation)


一部のインサイダーによると、彼らが正直なと憲法アメリカMilitary. http://www.militarycorruption.com/
の可能性を恐れないならば、New World Orderはすでに歴史であるでしょう


政府のユダ態度は、タイトルをつけられてビルクリントンのまさしくその親友(副ストローブタルボット国務長官)によって書かれる冠詞で象徴されます:「Global NationのBirth。」、タルボットは強くアメリカの国家主権(述べること)を攻撃しました:「我々がそれが時代遅れであるということを知っているように、国家的な:全ての州はシングルを認めます。そして、全世界です」(666)「権限」(720/92回誌)。


Zionists theイエズス会士は、偉大なシオン主義者です。彼らは、歴史上のHigh Zionists?Theodorヘルツル、ダビッドベングリオン、ゴルダメイアの全てを支配します。シオニズムはフリーメーソンの語です。そして、イエズス会士によって作られます。彼らは、統治者です;彼らは、Protocolsです;彼らは、シオンのエルダースです。それで、シオン主義者は、本当に、凶悪で、邪悪です;しかし、彼らはローマによってコントロールされます。ユダヤ人が、全てのシオン主義者であるというわけではありません。黒い教皇


外国の軍隊は来ています。そして、それは最初はオスロのゴールでした。ジェノバで、今日、ブッシュはイスラエルに国連NATO部隊を連れてくることに同意しました。明日、彼はイスラエルの覇権の終わりを神聖にするために、ローマ法王に会います。今夜、3人のアラブ族は、「ユダヤ人」によって殺されました?ショートが、どれのためにあります、「Shabak。」、軍隊は両側を狂暴な殺人から保護しますと、我々が話されます。New World Orderは、イスラエルに、そして、間もなく到着します。(バリーChamish)


CFRのゴールは一日アメリカ人が起きて、ONE NEW WORLD SYSTEM「彼らがそれが好きだったかどうかに関係なくにいるのに気づくそのような方法で社会の全ての面に影響することになっていました。」、Their望みはアメリカ人を世界政府に入ることが自然なようである点に連れて行くことになっていました、そして、彼らがまばたきして、それがそうであることを見のがすように、彼らの肉眼は本当にわかっていました。魔王のネットワーク:New World Orderの達人のもの


この50年で、独裁者はそのようなclich『最も薄弱な、もしそうでなければでっち上げられた証拠で罪のない人々を刑務所に入れる「国家危険人物」としてのsの後で隠れることによってゆっくり全てのアメリカの市民の基本的なfreedomsを侵食することができました。政府がケースが国家の安全の脅威を含むと主張するとき、それはものすごく力の増加です。政府調査者には、力があります:


1.令状なしでワイヤータップまたは検索を命じてください。

2.証拠の発見を誰がそれを見るかもしれないかについて制限してください。

3.彼らのクライアントへのアクセスされた被告側弁護団アクセスを妨げるか、全陪審が秘密事項扱い許可を持つことを必要としてください。

4.要するに、彼らがあなたのどんな間違ったか作られた起訴ででもまた望む間は、彼らはあなたを刑務所に入れることができます。


しかし、よこしまな人々の誰も、わかりません[時代のEndが彼らの上にあるために]。」[12:10ダニエル


残念なことに、多くのいわゆる宗教的な当局がこれを引合いに出すことによって自衛に反対することがいつ聖書の噛んだかについて見分けるために失敗するものがいくつかの語が動詞を表すヘブライ語の言語にあるということです、「殺してください。」、この戒律ALWAYSで使用されるヘブライ語の語は現在しかも「計画的な」殺人と呼ばれていることで「殺人」とONLYを意味します。


残念なことに、英語への聖書の最初の大きな翻訳が完成したとき、「殺してください」知らせはジェームズ王の時間から変わりました。最新のイギリスの使用法に関する限り、「殺す」ことは「殺人」とよりきちんと解釈されます、そして、実際、聖書の多くの現代の翻訳はこの通路で一般に「殺人」を使います。聖書の現代の言語翻訳で、または ? よりよくまだ ? ヘブライ語を知っている誰かとそれをチェックしてください。


通過が殺人、自衛でないとそれで分けるこの聖書は、解釈する重大な間違いが自衛を禁止しながらあることを持ちます。このように、戒律は簡単にあります「汝は、そうするべきではありませんMURDER.」(そして、自衛に対する議論としてこれを使っているどんな宗教指導者でも、うそつきとして退けられなければならないか、より神学上のトレーニングのために送り返されなければなりません。)PRAISE THE LORD AND(PLEASE DO)PASS THE AMMUNITION Aが、読まなければなりません

啓蒙主義者は「新世界秩序」から「グローバル」に名前を変更します。

啓蒙主義者は「新世界秩序」から「グローバル」に名前を変更します。

公式で、非公式なリストからまとめられた、新世界秩序に関係しているすべての人に彼が名前を書き留める、ロバート・ゲイロン・ロスSr.は啓発的な書物「エリートの紳士録」への作者です。。

読み、強く勧められて、それは非常に教育的です。。

さて、彼は再び彼の頭角を現します。

彼は至急私達に、彼らが、一般大衆の「彼らの上に」であると思っことで、スローガン「新世界秩序」がもうエリートによって使われないと言います。

代わりに、彼らは、新しい言葉「グローバル」を使うと決めています。

従って、あなたが「グローバルなアーキテクチャ」、「世界経済」、「グローバルな興味」、「グローバルな動き」などのような表現を聞くならば、あなたは、彼らがまだ1つの世界政府と新世界秩序のそれらの秘密の課題について話していると知っています。

彼はまた、現在、私達が欧州連合を持っている時に、次のステップが、2005年の前に北、中南米足すカリブ島の名前を新しい名前--AMERICAN UNION--に変更することであるであろうと言います。

そして、彼らはアジアの太平洋の経済協力(APEC)をその新しい名前に変更するでしょう - 約2010年までのASIAN UNION。

これの間、ソビエト連邦が、再編成したことであるであろう前者、共産主義の状態の中でない、今回をエリートの全体のコントロールにおいて過ぎた調節します。

そして、2015年ごろに、すべてのそれらの組合は、結束し、GLOBAL UNION(名前がその時までに変更されないならば)と呼ばれるでしょう。

その頃までには、国家主権と呼ばれた何もなく、私達すべては厳密なエリートコントロール下にいます。

残るのは人々の2つのクラスです - エリートと私達、彼らの奴隷、その他。

ゲイロン・ロスはまた、すべてが、オックスフォード大学出版部(この本はあなたの近くの書店を通して入手可能です)によって1995年に出版された「私達のグローバルな付近(グローバル・ガバナンスについての委員会のリポート)」と呼ばれる結合国家の文書を読むことによって確認されることができることを述べます。

ILLUMINATI CHANGES NAME FROM


"NEW WORLD ORDER" TO "GLOBAL"


Robert Gaylon Ross Sr. is the author to the revealing book "Who's Who of the Elite", where he writes down the names on every single person involved in the New World Order, put together from official and unofficial lists. It is very educative reading and highly recommended..


Now he is sticking his head out once more. He urgently tells us that the slogan "New World Order" is no longer used by the Elite, because they felt the public is "on-to-them". Instead they have decided to use the word "global". So if you hear expressions like "Global architecture", "Global economy", "Global interests", "Global movement" etc., you know that they are still talking about their secret agenda of a One World Government and a New World Order.


He also says that now, as we have the EUROPEAN UNION, the next step will be to change the names of North, Central and South America, plus the Caribbean Islands to the new name - AMERICAN UNION - before the year 2005. Then they will change the Asian Pacific Economic Cooperation (APEC) to its new name - ASIAN UNION, by around 2010. During this time the former SOVIET UNION will be reorganized, not into a Communistic state this time, by in total control of the Elite. Then, at about the year 2015, all those unions will unite and be called the GLOBAL UNION (if the name will not be changed by then). By this time there is no longer anything called national sovereignty, and we all will be under strict Elite control. Remaining is two classes of people - the Elite and the rest of us, their slaves.


Gaylon Ross also states that all this can be verified by reading the United Nation's document called "Our Global Neighborhood, a Report of the Commission on Global Governance", published in 1995, by Oxford University Press (this book is available through your local bookstore).




新世界秩序マップ





私達は、オリジナルのマップのネガから黒と白において再生されて、このマップの入手可能なコピーを作っています。

詳細は注文情報を見ます。

新世界秩序マップについて:

このマップは第二次世界大戦中にフィラデルフィアのウィンドウの中でヘレン・サマーズによって発見されました。

それは真珠湾の前で1941年10月に完成し、1942年のフィラデルフィアでのモーリス・ゴンバーグという名の地図製作者によって明るい色においてプリントされて、彼の店のウィンドウの中で表示されました。

ヘレン・サマーズは直ちにマップの意義を認めていて、いくらかを購入しました。

議会図書館のものをワシントン、DCに含めて、少なくとも少しの原本はまだ存在しています。

マップの上で詳細に説明される計画のオリジナルソースは与えられません。

しかし、新しい世界秩序と関連している期間のたくさんの文書の調査は、ソースがカーネギー国際平和基金、および/または米国の州部門と関連した個人であったにちがいないことを示します。

マップの底は新世界秩序の米国方針の詳細な説明を含んでいます。

この方針のポイントのいくつかが次の通りです:

永久的な平和と自由のための新しい世界秩序は終戦に設立されるでしょう。

米国は利他的に新しく設立された世界秩序の指導の任に当たらなければなりません。

米国、英国、およびソ連は、国家に平和を保証することを請け合うでしょう(それは武装を恒久的に解除されて、非武装化されるでしょう)。

米国は軍隊、海軍、および空気の能力として無敵になるでしょう。

ソ連は戦争の後で東ヨーロッパの共和国を取得するでしょう。

非武装化されて、連合体にされた欧州合衆国があるでしょう。

カナダ、メキシコ、中央アメリカ、およびカリブ島はアメリカ合衆国に組み入れられるでしょう。

非武装化された共和国がHebrewlandを呼んだ時に、パレスチナとトランス=ヨルダンとして知られている古代のヘブライ人の土地は結合するでしょう。

すべての天然資源は国営化されて、すべての国家に分配されるでしょう。

バンキング、投資、鉄道、および発電所はどこでも国営化されるでしょう。

世界の共通の通貨制度は設立されるでしょう。

統合された「国連の最高軍事会議」は、復元を補助するためと世界平和を強制するために再編成されて、「最高の軍隊と経済審議会」に変えられるでしょう。

次元:

約36インチ×25インチがマップをもっています。





The New World Order Map




We are making available copies of this map, reproduced in black and white from a photographic negative of an original map. See the ordering information for details.
About The New World Order Map:

This map was discovered by Helen Somers in a window in Philadelphia during World War II. It was completed in October 1941, before Pearl Harbor, was printed in bright colors by a cartographer named Maurice Gomberg in Philadelphia in 1942, and was displayed in his store window. Helen Somers immediately recognized the significance of the map and purchased several. At least a few original copies are still in existence, including one in the Library of Congress in Washington, DC.


The original source of the plan that is described in detail on the map is not given. However, an examination of numerous documents of the period relating to the new world order indicate that the source must have been individuals related to the Carnegie Endowment for International Peace and/or the U.S. State Department.


The bottom of the map contains a detailed explanation of the U.S. policy for the New World Order. Some of the points of this policy are as follows:


A new world order for permanent peace and freedom will be established at the end of the War.


The U.S.A. must, altruistically, assume the leadership of the newly established world order.


The U.S.A., Britain, and the U.S.S.R. will undertake to guarantee peace to the nations, which will be permanently disarmed and demilitarized.


The U.S.A. will become invincible as a military, naval, and air power.


The U.S.S.R. will acquire the republics of Eastern Europe after the War.


There will be a demilitarized, federated United States of Europe.


Canada, Mexico, Central America, and the Caribbean islands will be incorporated into the United States of America.


The land of the ancient Hebrews, known as Palestine and Trans-Jordan, will be united as a demilitarized republic called Hebrewland.


All natural resources will be nationalized and distributed to all nations.


Banking, investments, railroads, and power plants will be nationalized everywhere.


A world common monetary system will be established.


The unified "Supreme War Council of the United Nations" will be reorganized and transformed into a "Supreme Military and Economic Council" to assist in reconstruction and to enforce world peace.


The dimensions: of the map are nearly 36 inches by 25 inches.



見つかる大量破壊兵器

Weapons of Mass Destruction Found

An Address To The Dead


2006 10 24


By Michael Tsarion | mtsar.blogspot.com


Next the statesmen will invent cheap lies, putting the blame upon the nation that is attacked, and every man will be glad of those conscience-soothing tactics, and will diligently study them, and refuse to examine any refutations of them; and thus he will by and by convince himself that the war is just, and will thank God for the better sleep he enjoys after this process of grotesque self-deception - Mark Twain


見つかる大量破壊兵器

死者への演説

2006 10 24


マイケルTsarionによって | mtsar.blogspot.com


次に、攻撃される国に責任を負わせて、政治家は安いうそをでっちあげます、そして、あらゆる男性はそれらの良心を落ち着かせている戦術をうれしく思っていて、彼らを一生懸命に研究して、彼らのどんな反証でも調べることを拒否します;そして、このように、彼は戦争が当然であることをやがて確かめて、神に彼がグロテスクな自己欺瞞のこの過程の後、楽しむより良い睡眠に対して感謝します - マークトウェイン


The WAR ON TERRA is merely the latest move in the great game played out by the Atonist Establishment, the Royals, and Vatican Jesuit-Masonic elites who expertly employ the Dialectic ("Ordo Ab Chao") to further their very personal aspirations which date back to an old world order that you are supposed to know nothing about. So lets get clear on a few things, and stay sane in the midst of growing insanity.


The "Israeli-Palestinian" conflict is engineered from London and New York by elites who have ancient origins and who use such bogus conflicts to create an ambience of fear and paranoia and to ensure that few are aware of the real enemy of mankind. Islamic "extremists" are funded by the same hidden hands that fund the Zionists and the Fundamentalist Christian Evangelists. Israel, dear people, the real Israel, has nothing to do with Jews, just as Christ has nothing to do with modern Vatican-style Christianity. We have been "Mel Gibsoned" and "Pat Robertzoned" to death and are mentally infected by many a deadly pathogen, the worst of which is IGNORANCE. The cure is on its way.





WAR ON TERRAはAtonist特権階級、Royals、およびあなたが何も知るべきでない古風なオーダーまでさかのぼる彼らの非常に個人的な切望を促進するのに、じょうずに、Dialectic(「目Abチャオ」)を使うバチカン市国のイエズス会士フリーメーソンのエリートによって使い果たされたかなりのゲームで単に最新の移動です。 したがって、いくつかのものに関して明確になって、増加している狂気の中で気が確かなままにさせます。


「イスラエル人-パレスチナ人」闘争は古代の起源を持って、恐怖とパラノイアの雰囲気を作成して、わずかが人類の本当の敵を意識しているのを保証するのにそのようなにせの闘争を使用するエリートによってロンドンとニューヨークから設計されます。 シオニストと根本主義者のクリスチャンの四福音書の著者に資金を供給するのと同じ隠れた手はイスラム教の「過激派」に資金を供給します。 イスラエル、親愛なる人々、本当のイスラエルはユダヤ人と関係ありません、ちょうどキリストが現代のバチカン市国-スタイルキリスト教と関係ないように。 私たちは、死ぬほど「メルGibsoned」と「パットRobertzoned」であり、多くのa致命的な病原体で精神的に感染しています。その最悪はIGNORANCEです。 療法は近づいています。


"Al Qaeda," your new bogey, is the brain-child of the same Vatican, New York City and London based intelligentsia that once funded Hitler and his Nazis, that concocted the now shelved "Soviet Experiment" that funded Franco, Pol Pot, Robert Mugabe, Batista, Pinochet, Noriega, and every other demagogue or tyranny throughout the world. The heat is being turned up "over there" both for ritual purposes (see my dvds) and to distract Americans from noticing the final demise of their once great country which has been scourged and raped economically and politically by its direst enemies, the legions of the British Crown. This crime, this War of Attrition, has been going on in plain view from the outset. It is complete now and there is no going back. The ignorance is wall to wall. Logic, Truth and Justice are corpses and the Children of the Nephilim continue to erect their vile empires over the bones. There is a reason why the word "corporation" contains the word "corp" (corpse).


A Jew is not a Zionist, as the Zionists and Masons (with their insider-smiles) well know. There is no "Holy Land" or "Chosen People." That is all a concoction of London and of the Vatican. Additionally, the fanatical heads of all major Islamic countries and states (all established artificially from post war England), those so-called "Jihadists" with "Anti Jewish" zeal are, likewise, British backed and educated agents totally complicit in the faux conflict they have been groomed to instigate. Zionism is not religious. It is a political and fanatical ideology hiding behind religious Judaism. Evangelism is a political and fanatical ideology with no basis in fact hiding behind the front of Christianity. The Evangelist preaches Masonic (Atonist) anti-Christian doctrines, but you buy into it because you want "Daddy" so badly, and because you have sold your own sanity for security. You are a safe in numbers. You are a "believer" on your way to the "promised land." Actually, you operate on the "slave-think" level and do your master's bidding unawares. You have grown accustomed to your prison and your servitude to death and lies. The biggest threat in your world is Truth. As long as you have a few cushions for your cell, so to speak, and as long as you are permitted an opinion or two within the political den created by your masters, you are okay with a mediocre life and the regimen of your primitive existence. You have convinced your screaming soul that it is safer and better to just conform and be a repressed, toxic, thoughtless, frustrated and programmed orc marching to the drum-beat of your imperious marshalls. As long as the slave can bellow "Allah" louder than the other slave bellowing "Anti-Semite," then all is well, and the death can stalk the lands.


「アル・カイダ」(あなたの新しいボギー)は同じバチカン市国、ニューヨーク市の頭脳の所産です、そして、ロンドンは世界中に一度ヒットラーと彼のナチスに資金を供給して、フランコに資金を供給した現在棚上げされた「ソ連の実験」をでっち上げたインテリゲンチャか、ポル・ポトか、ロバート・ムガベか、Batistaか、ピノチェトか、ノリエガと、すべての他の扇動者か圧制の拠点を置きました。 熱は、ともに、儀式目的(私のdvdsを見る)、むち打たれた彼らのかつて大きい国の最終的な終焉に気付いて、アメリカ人をそらすために「むこうに」捜しあてられて、最も恐ろしい敵(イギリスのCrownの軍勢)によって経済的に政治的にレイプされています。 この犯罪(Attritionのこの戦争)は丸見えで着手から先へ進んでいます。 それは現在完全です、そして、戻ってはいけません。 無知は壁で囲む壁です。 論理、Truth、および最高裁判所判事はNephilimの死体とChildrenが、骨にそれらの下品な帝国を建設し続けるということです。 「会社」という言葉が"corp"という言葉を含む理由(死体)があります。


ユダヤ人はシオニストとしてシオニストではありません、そして、Masons(彼らのインサイダー微笑がある)はよく知っています。 「聖地」か「神の選民」が全くありません。 それはすべてロンドンとバチカン市国の調合です。 さらに、すべての主要なイスラム教の国と州(人工的に、ポスト戦争から、イギリスを皆、確立する)の熱狂的な代表、「反ユダヤ人」の熱意を伴うそれらのいわゆる「聖戦論者」は同様に扇動する彼らが手入れをされた偽の闘争で完全に共謀しているイギリス人の支持されて教育を授けられたエージェントです。 シオニズムは宗教的ではありません。 それは宗教ユダヤ教の後ろに隠れる政治上の、そして、熱狂的なイデオロギーです。 福音の伝道は事実上、基礎が全くキリスト教の前部の後ろに隠れていない政治上の、そして、熱狂的なイデオロギーです。 四福音書の著者はフリーメーソン(Atonist)の反クリスチャンの主義について唱道しますが、あなたは、あなたがそれほどとても「パパ」が欲しく、セキュリティに関するあなた自身の正気を販売したので、それに買います。 あなたは数が金庫です。 あなたは「約束の地」への途中の「信者」です。 実際に、あなたは、うっかり「奴隷と同じくらい思っている」レベルを作動させて、あなたのマスターの入札をします。 あなたは死と偽りへのあなたの刑務所とあなたの隷属に慣れるようになりました。 世界一あなたの大きい脅威はTruthです。 あなたが言わばあなたの細胞のためのいくつかのクッションを持って、あなたの主人によって作成されて、あなたが受入れられる限り、政治上の中の1か2つの意見がほら穴に住む限り、あなたは平凡な生活とあなたの原始の存在の養生法でオーケーです。 あなたは、ただ従って、あなたの横柄なmarshallsのドラムを打つ音に行進する鎮圧されて、毒性の、そして、軽はずみで、だめにされてプログラムされたorcであることが、より安全であって、より良いと金切り声を出している精神に納得させました。 奴隷が「反ユダヤ主義」を鳴かせるもう片方の奴隷よりやかましい「アラー」を鳴かせることができる限り、次に、すべてが順調です、そして、死は陸を歩き回ることができます。


私たちはユダヤ人の人々とシオニズムをいつも切り離さなければなりません…シオニストは、法王のために働いて、フリーメーソンです…シモン・ペレスはメイスンです…ポーランドで成長したとき、彼は青年としてイエズス会士によって訓練されました…彼は1993年9月にエルサレムの旧市街をバチカン市国に証書にして譲渡しました--、エリッヒジョンPhelps(バチカン市国の暗殺者プレゼンテーション。 上を見てください。)

はい、睡眠井戸の人々、断片に世界とあなたの兄弟を苦しませるすばらしい双頭の鷲の影の下で。 「弁証法」を反対するどんな権威か知性も、「売国奴」(崩壊をそれら自身の人々と、そして、彼らの想定された敵にもたらすエリートのそれらの人形)に乱暴に移すか、妥協して(ムハマドMossedegh、マルコムX、ジョージリンカーンロックウェル、エズラPound、上院議員のマッカーシーなど)、または取り替えます。 これらのわらの犬は笑って、急激に上下に動くようにそれらの秘密のロッジで会いますが、災いはミレニアムしたように海外で支配されます。 そして、世界は「絵を得ます」ように見えません。 2匹の過激なピット・ブルがペンの断片に互いを苦しませます。 2つの過激な国、派閥、セクトまたは徒党が世界のステージで同じことをします。 あなたは、違いがあると思いますか? 私が考えることができないなにも。 だれがペンを組立てましたか? だれが賭けを取りますか? それは週の人々のためのあなたの宿題です。


サダムは気違いじみている過激派を制御されるようにしました。 それらは彼の政権の下できしむことができませんでした、そして、彼は米国、または、イギリスへの脅威ではありませんでした。 しかし、彼は消費してよかったです。 彼は単に王のgeostrategistsのGrand Chessboardの上の一時的な手先でした。 結局、チェンバレン首相、オーストリアのフェルディナンド、スウェーデンのグスタフIII、Tzarニコラス、およびとても多くの他のもののように、彼は、外されて、犠牲にされるでしょう。 そして、歩もあなたの仕事でDialecticを見ない人々であり、だれが、取り続けるかが、この「頭蓋骨」で面があるか、または大失敗を「骨抜きします」。


しかし、賢明が知っているように、内側のサディズムは立体世界への外でそれほど容易に届きます。 感情的で精神の流行病に感染しているものは「国」の舵を取っています、そして、それらはクレバスに達しようとしています。 それらが異質ですか、または彼らは人間ですか? 彼らは、人間の外観で男性かそれとも悪霊ですか? 彼らは世界の無知、サディズム、および病気の子宮から生まれますか? はい、あなたはそれらの法廷の不潔な生活をしています。 彼らが必要な食べ物と娯楽をあなたの感覚、食欲、および啓発に供給したので、あなたは、気にかけないし、または気付きません。 それらの臭気はそのすべての下のキュウリウオではありません。 彼らがパワーをあなたに提供して、すなわち、あなたが持っているものは、あなたが知ったことがないか、または一度も受けたことがない愛に関して格付けするのが教えられて、現在、受信することができません。 あなたの意見は、テレビで熱くて、冷たい状態であなたのために毎日メディアによって焼かれて、役立たれています。 そして、あなたは彼らがあなたに言うことを信じるでしょう。 それ、重要であるあなたがそれであると考えることではなく、ラリー・キング、オプラー、リンボー、およびオライリー(他のイエズス会士は引き立て役を務める)がそうするあなたに言うこと。 それらのオーウェル風の「不思議な力を持つ」マントラはあなたの人生を誘導します--「私は自由のために自由をあきらめなければなりません」。 はい、I必須、I必須! さて、承認しますが、また、それらを避ける壁が閉じ込めるのをただ覚えていてください。 あなたのユートピアの「地球村」多く。


本当の教師? あなたの個人的な自我ベースの、そして、静穏なせん妄からあなたの注意を得て、良い彼らはいつも不愉快な脅威です。 あなたはあなたの憎しみの物を同一視しました、あなたが教えられて、その結果虚弱なフォームの心理学的なセキュリティを受け取ったとき。 この静かで見えない契約への攻撃があなたがすべての敵と病原体が起源で外部であると信じている自己によって誘発された幻覚症状と、その根で起こる問題を打つ、あなたと世界は、現実に政治上であって、心理学的ではありません。 しかし、それはオーケーです。 あなたはお望みでしたらこの偽りをあなたの人生のすべての日全うすることができます、それにあなたに責任を免れさせるので。 すぐ、もっとも、その件は、法廷へ出て、正しく決着をつけられるでしょう。 あなたが読むように要約は今、準備されています。 しかし、そこでいつ得るか、そして、また、あなたの不安定が得られるかどうか発音されたのを知るために慰めるのは、いつもモスクと、ユダヤ教の礼拝堂と、チャペルと教会です。 うん、神がいつもいます--究極のフィックスすべて。 結局、神の名前では、あなたは行動します。 「それらを皆、吹き飛ばしてください」、それでなかった、メイスンさん、ジェリーFaldwell?


あなたの主人はそうしました。あなたのふんだんに準備ができる精神安定剤であり、‘それらが本当にする原因はあなたの安全とセキュリティを好きであっています'。 苦しみを取り除くために、それらのスポイトはそこにあります。 したがって、子供を連れて来てください。 しかし、あなたはこの痛みを持っている理由を探訪しませんか? 圧力を加えられてそれはパワーと支配を求めるあなたの探索がいつもあなたがそうである現実によってだめにされるからです? あなたは、愛と平和を望んでいると言いますが、これはあなたの全体の反人生が設立される偽りです。 あなたは、昔に愛が欲しいのをあきらめました。 パワー欲は場所を取りました。 しかし、あなたは自分に関してこれに一度も気付いたことがありません。 そして、あなたがパワーに任命するリーダーもそうしません。 悲劇を世界に持って来て、あなたと彼は自己に目をくらまされます。


このドラマのパターンであること。 再三展開されるすばらしいスクリプトで、何人かのボギー男性があなた、およびその「ライト、カメラ、動作!」の前に置かれます。 年々、そして、および10年間ごとの世紀後世紀。 世界の前と明瞭な視点で内面の仕事の証拠があります。 事実がそこにあります、そして、何も隠しません。 落書きをすることがその時、以下を言います。 単にこれ--海外のあなたの政府がする今日それが明日の家でそうすること。


私たちの敵は、革新的であって、才略にたけています、そして、私たちもそうです。 彼らは、我が国と私たちの同胞に危害を加える新しい方法について考えるのを決して止めません、そして、私たちもそうしません--、ジョージ W. ブッシュ(BBCインタビューの間のフロイト主義者メモ用紙)

....アメリカ人の人々がそれまでに私たちBushesがこの国にしたことに関して真実を知ったことがあったなら、私たちは、通りで追跡されて、リンチされるでしょう--、ジョージ・ブッシュシニア(サラ・マックレンドンとのインタビュー、1992年12月)したがって、ヒズボラ、およびイスラエルのリーダー(シオン-Aton)を見るとき、俳優を見ているのを理解してください、彼女の王の卑しさのエージェント--Saxeコーブルクゴータ、ハノーバー王家、ゲルフ、ベニス、およびAtonistエジプトのエリザベス・ウインザー女王。 Bushes、Schwartzkoffs、コリン・パウエル一家、ルパートMurdochs、Thatchers、Geldofs、Speilbergs、およびGuillianis、ベイビー、彼らは彼らの後部を屈させて、ひざまずいて彼女の銀の刀の前で得て、結局彼女の騎士の身分を受け入れます。 それがなぜいるかを見つけ始めるほうがよいです。 したがって、飛行機がそれらに対してニューヨーク市(Freemasonryの「ヨーク儀礼」)の塔と無活動の下に立ち方針に当っているのを見るとき、だれが指揮しているか理解してください。 あなたが、固定されて緊張性の社長が、本が題せられるままにするのを見るとき: 「アメリカ」UPSIDE-DOWNは、熱心に、「ヤギ」小説(Baphomet)を聞いて、目覚めて、それがなぜいるかを尋ねます。


そして、この友人を覚えていてください--文明は消長します。 それらの皆は彼らを作成する人間の意識に基づいています。 そして、あなたが物理的で精神のエネルギーの間の深い共存を認めるか否かに関係なく、これは事実のままで残っています。 はい、文明はまた、生滅日を持っている人間の自我の拡大です。 おお、あなたはそれを知りませんでした。 歴史家、精神病者幼児、聖職者、および教師は、それについて言及するのを忘れました。 したがって、あなたは、人間の自我人生が終わっているのを知りません。 あなたは、彼を作成した神、およびそれが死ぬことができると知らなかったし、または疑いませんでした。 さて、あなたはちょうど言われたところです。 マヤ族は、4つの創造が来るのを見ました、そして、新しいものは何もそこにないように行ってください。人々。 創造のこのサイクルは終始するときに中間的ステージの文明をなしで済ませました。 いくつかの。


文明の発展が個人の発展にそのような遠大な類似性を持って、同じ方法を使うなら私たち、文明ことによると人類の全体の文化的な衝動、いくつかの文明、またはいくつかの時代の影響を受けてそれ--診断に達した正当なコネは「神経症ですか?」になっていなかったかもしれません。 - シグモンド・フロイト、(文明とその不満、1930)霊的に基づいている憂うつを治療する抗うつ剤が全くありません、不快感が脳の機能不全から由来するのではなく、人生の神聖冒涜への正確な応答から由来するので--デヴィッドR.ホーキンズ(パワー 力)文明の発展が個人の発展にそのような遠大な類似性を持って、同じ方法を使うなら私たち、文明ことによると人類の全体の文化的な衝動、いくつかの文明、またはいくつかの時代の影響を受けてそれ--診断に達した正当なコネは「神経症ですか?」になっていなかったかもしれません。 - シグモンド・フロイト、(文明とその不満、1930)


霊的に基づいている憂うつを治療する抗うつ剤が全くありません、不快感が脳の機能不全から由来するのではなく、人生の神聖冒涜への正確な応答から由来するので--デヴィッドR.ホーキンズ(パワー 力)あなたは尋ねます--私たちの先祖は、なぜより気が確かであって、明確に生産的でしたか? それらは、なぜより攻撃的で、貪欲で、それほど破壊的ではありませんでしたか? 彼らはなぜ自然の、より近くにいましたか? あなたが存在する方法のどこが問題ですか? さて、長所の心理学者と社会学者は長年あなたに言っています。 あなたは分離されます。 あなたは、子供っぽい記憶喪失にかかって、反人生である抽象化に居住します。 あなたは本当でsimulacraに生きるのに死んでいます。 あなたは、外側に指示されていていつも絶えず活動しています。 あなたは経験を反応、性能がある親密さに取り替えました。 あなたの考えは、自閉症と、ナルシズム的であるのとマゾヒズムであってあなたのコネです。あなたの否定の否定。 あなたは、注目を集めるのに痛みを使用します。 あなた、野心はあなたの本質の回避です。 立証する、あなたが、競争するあなた、良さ、そして、あなたは重要です。 それがあなたのDharma(正統のDestiny)に気を配るのであなたをそらすので、あなたは散乱、雑音、刺激過度、および国内の詳細を崇拝します。 あなたは、自分がいるなにも持っていないので、関係を切望します。 あなたは、20代で自分にはうんざりするので、子供が欲しいです。 あなたは、豊かな気分になることができるようにさらに切望します。それは何をすべて意味しますか? それは、あなたがあなたが気づかなく、自分の右のrulershipをあきらめたのを気づかないのを意味します。 それは、あなたが何を考えて、信じたらよいかをあなたに言う聖職者、政治家、医療従事者、および会社に完全に依存するようになったのを意味します。 それは、あなたが何とあなたの精神を実現させるそれを拒絶して、避けている間にあなたの感覚を実現させるすべてでも望んでいるのを意味します。 そして、特に、それは、あなたが現実ではなく、現実自体に関する考えだけを知っているのを意味します。 そして、あなたの周りの皆は同じ混乱です。 したがって、彼らの考えにもかかわらず、本当の親密さでない関係がないとのあなたの考え闘争は可能です。 あなたは何マイルでないのも離れていて、離れて考えです。 そして、したがって、あなたには、嫌い、敵、問題、圧力、および混乱があります。 そして、幼児のように現実があなたのいとしい考えの形を呈すると主張するので、あなたは攻撃的です。 それがガツガツ食わないので、あなたはさらに硬くなって、だめにされて攻撃的になります。 あなたは、より良い「考え」があるそれらを賞賛して、軽蔑します。 あなたの友人はそれらのあなたの子供っぽくて相容れない考え、聖職者、牧師、および導師を確証して、是認する人々です。 あなたの敵はあなたの考え、自分のその切望されたイメージ、および世界を無視するか、または圧倒する人々です。 あなたの考えがTruth自身であると言うとき、あなたは自分と世界に嘘をつきます。 それはそうですか? あなたは、考えが親代わりとなる母乳で育てているこれらと、学校教師と、聖職者と政治家でした。 そして、今、あなたはあなた自身のジュースでそれらに水をまきます。 あなたはかつて、とても多く、あなたの間のどのスタンドがレアルであるかを意味するこれらの伝えられた考えから自由になりたがっていません。 あなたが偽りを保存するために魂を売って、どのように他のものの人生を崇敬するので、保護していてくれますか? megadeth、大量殺戮、および狂言--他のものに関してまた、それら自身の自己に向かって犯す中で犯罪最も悪い異常な人々の病気の世界の正常な現象。 あなたはまだ大量破壊兵器を探していますか? 私は、彼らがちょうどどこにいるかをあなたに言うことができます。それは何をすべて意味していますか?

それは、あなたが、あなたが気づかず、あなたが自身の右の統治者の位を放棄したことに気づかないことを意味しています。それは、あなたが何を考えるか、そして信じるのをあなたに言っている聖職者、政治家、医者、および企業にすっかり依存したことを意味しています。それは、あなたの魂を果たすであろうそれを拒絶し、避ける間に、あなたが、あなたの感覚を果たす何でも望んでいることを意味しています。そして、とりわけ、それは、あなたがあなたの現実自身ではなく現実のアイデアだけを知っていることを意味しています。そして、あなたのまわりの誰もが同じめちゃくちゃです。あなたのアイデアはそれらのアイデアと矛盾していて、および、どの真実の親交もと矛盾していないか、関係は可能です。あなたは数マイルの隔たりではなく、あなたは別々にアイデアです。

そして、そう、あなたは憎悪、敵、問題、ストレス、および混乱を持っています。そして、幼児のように、あなたが、現実があなたの愛するアイデアの形を呈することを強く主張するので、あなたは攻撃的です。それはそれを引き受けないであろうので、あなたはもっと鍛練されて、イライラし、攻撃的です。あなたはよりよい「アイデア」を持つそれらを賞賛していて、軽べつしています。あなたの友人は、あなたの幼児の、そして矛盾したアイデア、それらの聖職者、および牧師とグルを確証し、承認する人々です。あなたの敵は、あなたのアイデア、自身のその切望されたイメージ、および世界に反抗するか、打ち勝つ人々です。あなたが、あなたのアイデアが真実自身であると言う時に、あなたは自身と世界に嘘を言います。それはそうですか?

あなたは、両親と学校先生、聖職者、および政治家から、これらのアイデアを胸与えられました。

そして、現在、あなたはあなた自身のジュースによってそれらに給水します。

あなたは、かつて、そんなに多く意味していて、あなたの間のどのスタンドがリアルであるこれらの送られたアイデアがなくありたくありません。あなたは、嘘をそう保存し、どのようにすることができるかように、あなたの魂を売り、あなたは尊敬するか、または他のライフを好みます。megadeth、大量虐殺、および狂信 - 他にだけでなく彼らのまさしくその所有物の自身に最も悪い犯罪を犯している異常な人々の病気の世界のその正常な現象。

あなたはまだ大量破壊兵器を捜していますか?

私は、それらが正確などこにあるかをあなたに言うことができます。あなた自身の両親はやわらかさのあなたの必要を無視し、ほとんどの弱みのそれらの年に気にするかもしれません。従って、あなたが弱点と愛情の敵になったのはその時間からでしたか?

それを勝ち取ろうとすることはあなたにあまりにも多くの苦痛を起こしました。従って、あなたがパワーと死の弟子になったのはその時間からでしたか?あなたは、感情的に切断された両親と先生によって、彼らが、分与することが不可能であった物のためのあなた自身の自然なニーズを軽べつすることを教えられました。あなたの欲望とそれらではなく自然なニーズを憎悪するために、あなたは成長しました。あなたは、それらを拝み、自身を軽べつし、あなた自身の貴重な自我のこの取り消しの上で有罪においてのたうち回ることを学びました。

さて、それが、あなたの人生である性能に適する時を除いて、あなたは、あなたがまた、与えるために愛情を持っていないと気付きます。あなたは、母の中と父の中であなた自身のアイデンティティを失いたく、今、あなたはおやじとあなたのチャンスを得ます。しかし、彼も死の使徒であるので、彼は愛情にどちらも与えないでしょう。

彼も自身を殺し、愛情の場所にパワーを持っています。彼が押しつぶし、辱める各人または国と一緒に、彼の偉大さは来ます。サダムが押しつぶされた時に、あなたは大きなスリルを得ませんでしたか?

あなたは静かに元気づけられませんでしたか?そして、それは、あなたの少年が勝利するのを見るためにすばらしい気分でありませんでしたか?外出に、風に揺れているあなたのバンパーステッカーと小さなフラグが来ました。はい、それは容易です ひっくり返り あなた自身の発明のボード・ゲームの小さい質入れ 。

あなたが崇拝する偉大さとパワーはまさにこの種類の考案に基づいています。家で、職場で、オフィスで、戦場の上、およびあなたの心臓の中。あなたは、神が戦争メーカーを承認すると想像していますか?それは、あなたが考えることですか?祝福されます be それらが神の子供と呼ばれることとすることによる調停者 -マット5:8

エイリアンがあなたの土地にあなたと暮らしている時に、彼を虐待しません。あなたとの異なった生きはあなたのはえぬきのうちの1つとみなされなければなりません。yourself…として彼を愛しています - レビ記19:33-34。

彼の怒りを世界の上に投影して、彼を殴るために、彼はまわりで復讐を見ます。

従って自衛と見なされた彼自身の攻撃?(奇跡におけるコース)そして、あなたはほとんど依頼であるが繰り返しへの、このナンセンスをあなたの子供に残していません。あなたの学校、教会、およびファミリーは謀反の心をそれらすべてから叩き落とし、それを偽善と相似と取り替えます。それらの無実と考え、あなたの不正と隠れたパワー苦闘に致命的なそれらの疑い、および自然な知能の自由は外科的医療技術によって重要点を抜かれます。

彼らはすぐ、あなたがするようにどのように実行するか、そして自己欺瞞について専門家になるかのためを学びます。彼らも、どう精神の身体障害者であるか、そしてどのように続けて、彼らが打ち負かす彼ら自身の扶養家族の自尊心を切断するかを学びます。彼らも、愛情が何および所有 すべて もではないのを知ります。

そしてなぜ?それらは何を教えられていますか?それらは何を力与えられましたか?

従って、この事実を記憶していて、それを福音にします - 決して、あなたの人生において、あなたはこれまで子供に会ったことがなく、どの場所で、そして決しても、たことがありません。

あなたが見るものはスレーブ(微笑みと腐ったニンジンの後ろの専制政治への奴隷)です。

昔々、家で、または学校で、あなたも、これが、あなたが、するように頼まれていた選択であったことに気がつきました。あなたは、あなたが、狭く、非常識で、人工的な型に対応し、真実のわがままを廃止するように頼まれていたとあなたの魂の恐怖に気づきました。そして、その時に、あなたは、あなたの将来とあなたの運命を具体化した選択をしました。静かに、あなたは相似の方法または謀反の方法のどちらかを選びました。

それは簡単な「はい!」または「いいえ!」選択でした。あなたが後者を選んだならば、あなたは真実の聖霊の子供です。あなたが前者を選んだならば、あなたはその心と関係がない。あなたは実のところそれに対して罪人です。聖職者と牧師はイエスまたは聖霊に奉仕しません。それら自身は対応し、従って、彼らはあなたを望んでいます 行ない同 。彼らが何を望んでいるか、そして彼らが何を教えるかは真実の聖霊のメッセージの純粋なアンチテーゼです。彼らは、彼らが恐れているまさしくその生き地獄を発明します。彼らは、彼らが恐れているまさしくその悪魔です。しかし、すべて、彼らが専門的にライフ、神、および宇宙についてあなた自身の歪んだアイデアを承認し、補強した後に、あなたは以来それらの方法を支払います。明けの明星のビジネスはブームです。

はい、心理学者は、すでに、何が上がっているかをあなたに言いました。彼らが言ったように、子供は、全体と意味を捜して、無実で、純粋で、簡単で、直接的に白紙として誕生します。しかし、代わりに、彼は、自分を同一視し、吸収する物の広大な無秩序なめちゃくちゃによって爆破されます。彼が、自身が欠く社会の倒錯的なおよび無意味な現象に非常に過度に露出される今日の超そう病の世界で彼が誕生するとすぐに 粘着力 またはセンター、および何も神聖ではないことから。彼は賢明な祖父母またはガイドと全然会いません。

彼がめったに会わない彼の両親。彼は、彼がさらされている病気の世界と同じくらい失われて、空です。

彼は、すべての「多様性」(あなたが愛しているお守りのような言葉)によって圧倒されて、彼の自我は正しく融合することができません。ちょうど、彼の社会が割れるように、彼は割れます。毎年が過ぎている時に、かつて統一感があった文化の面の間にますますより少ない統合があります。故意に、外的要素への一定の侵略があります。

これは、今や着実に多様化の上の間違いの長所と数十年の間のグローバリゼーションを行商したあなたの政府とあなたのメディアの黙認によります。最後に、とても多くの副次文化と徒党と素敵な破片セクトがあるので、人はどのような種類の現実の、または続いている根でも植えるのにひどい苦労をします。

正気の物との識別は起こることができません。従って、幼児のすべてのあまりにももろい個性は弱く、浅い。

これは正確に、ゲームのマスタが、そんなに熱烈に要求することである種類のおとなしさであるわけではありません。そこでどのような甘味も食べるために製菓業店に入ってみます。あなたは数分でものすごく病人になるでしょう。しかし、これは、最初以来あなたが私達の自我に力供給する方法です。あなたは精神的に肥満です。

そして、まだ、あなたはより多くを望んでいます。人々が考えないリーダーのためのなんと大きな利点なのでしょうか - アドルフ・ヒトラー。バチカン宮殿の、Tavistock研究所の、そしてジョージタウン大学のあなたの人形師は、自由に回り、統合されて、正気に、あなたを望んでいません。そして、あなたはそれらへの危険です。

従って、彼らは永久に過剰にあなたのlifespaceに異文化と慣習を吹き込み、結果として、すべての民族とすべての伝統は損われます。あなたが恐竜、時代錯誤であるかのように、言及レース、種族、民族的特性、または国家主権とあなたは見られて、そうである何かが清算しました。メディアウイルスは酸のようにあなたの意識を腐食し、あなたを非常識にしました。ポルノメディアは精神的にあなたの子供を粉々にしたので彼らが、彼らが来て、行くかどうかを知りません。それらは感情的に切断された破片です。

彼らはこれとそれを試し、疲れ切っていて、汚されるまで、彼らはそれの外でそのすべてを悪趣味な冗談と気付きます。彼らは粗野なパワーと優越を捜し、最終的に、彼ら自身の内側の恐怖とフラグメンテーションから絶滅を切望しています。それらのケースは重大であるけれども、あなたはそれらを固定することができません。

あなたも壊れていて、迷子になっています。従って、メディアがされた後に、医者は彼らの万能薬によって忍び寄ります。あなたは快適に無感覚になりました。あなたは、生きたまま感じるように苦痛を切望しさえするかもしれません。あなたはあなたの関係においてローラーコースターに乗り、目覚めていて自身を刺すために、衝突を使います。あなたはクラブ、群れに参加し、それらがするように、考えて、行動します。あなたに真実の自己意識は全然ないけれども、あなたは他の非自身と群がり、その方法でアイデンティティと目的の感覚を得ることができます。もしビルオライリーとオプラが、それがよいと言うならば、あなたが悲鳴をあげている ?それはgooooodです!!!1人の女の子が、国の精神科の病院で入院して、彼女の手首を切り裂き、彼女が、彼女が訓練所に少年のblood…Oneを持っていたかどうかを確かめたく、例えば、彼のガレージの上で岩石を放棄し、彼らを転がり落ちさせて、彼の頭によって各岩石をつかもうとするであろうと言うことによって彼女の行為を説明しました。

彼の説明は、これが、彼が、something…Heが、苦痛を感じることが彼に少なくとも何かを感じさせたことを報告したと思うことができた唯一の方法であったことでした?エーリヒ・フロム(人破壊性の解剖学)

赤ん坊として、あなたはあなたのお母さんから分離していることが好きでありませんでした。いいえ、それはとても外傷でした。あなたは、その日に独立している必要があることが好きでなく、従って、独立はいつも内的に疑われていて、呪われます。今日まで、あなたは考えと行動の独立を苦痛、心配、およびトラウマと結び付けます。

2または3歳のよちよち歩きの幼児のように、あなたは肉体的にも精神的にもに気づいていて、あなた自身のもろさを恐れています。そして、そう、あなたはFATHERのパワーと力(別のお守りのような言葉)を過大評価します。

彼は、あなたが、あなたの幼稚症において、備えていない力を備えています。あなたは理解していて、たぶん、それがあなたの社会、国、または世界の中に存在していません。しかし、あなたは家により近いその不在を見ません。さらに、あなたが正気で、正しく他を見ることを妨げるのは私的な内面の力のこの幼児のもろさと不足です。

他はnot 友人 の敵です。彼は、ちょうどあなたほど多くの権利によって尊敬されるか、別個の独立な存在とみなされる人ではありません。いいえ、あなたに、彼は脅威であり、あなたの英雄的素質は彼の全滅に依存します。

これは、あなたがどれほどよく、権限委譲しているかをパパに示すでしょう。さて、あなたは、なぜ扇動者がそんなに容易に立ち上がるかをわかることができますか?

ミイラとパパが去る時に、あなたは孤独と独立の苦痛を我慢することができません。

それは、耐える最も痛い物です。従って、あなたは世界に、自然な有機の成熟と一緒に来るこの苦痛に直面するあなたの能力のなさの代金を払わせます。それはよい。

それは全然問題ではありません。それらの男は単に、the not-あなた です。従って、それらの苦しみはカウントせず、重要ではありません。フロントガラスの上の死んだバグ。パパと神があなたの頭の上を軽くたたく限り、あなたは満足します。彼らが支持するものはその合意になります。国は重要です。

政府と母国のセキュリティは重要です。愛国心は重要です。そのヒーローであって、それも重要です。

強いヒーローは弱い子供を取り替えます。ヤップ、あなたが一度も会ったことがない殺された男性、女性、および子供のライフを除いてでなく、それのすべては重要です。パパのロジックはそんなに甘く、簡単です - そして、彼ら、脅威が、すべていなくなり、すべて死んでいてすべて去った時に、あなたはもう恐怖を持たないであろうし、もう敵を持たないでしょう。そして、天国は降臨するであろうし、平和はすべての神のよい従順な子供の心臓の中で君臨するでしょう。そして、あなたは最終的に「」強い国になるでしょう。そして、あなたは…強いそんなにあなたの死体と骨格の山の先でアロマを楽しんでいるThulsa運命が欲しいでしょう。そして、内側の共和国の何か?

その狭く、無菌の、スーパー点火された保護施設で、ひどい内側の荒廃と現実の正気に戻るためにされることになっていることを話す彼らのリポートをもたらして、あなたの暗い保護者は行き来します。しかし、あなたはそれらを怒り、恐怖憎悪、暴力寂しさと呼び、それらの相談が決して聞かれないことを確かめるために、大きな関門を建てました。社会はあなたの存在を割り、従ってあなたが病的に、続けて自身を検閲し、従ってさらに大災害をあなたの内側の共和国に、そして世界にもたらします。あなたは、あなたが、探検することを専門的に恐怖に教えられている不思議な大邸宅の階段の下にすみに住む人に似ています。いくつかのドアをあけて、作成の大きなベルが鳴るのを聞くために再び外で高いバルコニーの上に踏み込む時間ではありません。現実のハルマゲドン、現実の戦争 - CONSCIOUSNESS上にあります。他の口論は、あなたがこれを知ることを妨げる単に巧妙に精密につくられた注意散漫です。あなたがテレビで得るものは、あなたの精神と心臓からわがままとパワーからすべてのオンスで流れ出るようにデザインされたロンドンの彼女の威厳とロマの彼の高さのグローバルなかぎタバコフィルム好意です。はい、戦争は、人のこの世界でとても貴重なそれに対してです - 理由、美徳、正気、自由、および自我。Tolkein教授は今やあなたに話し、「V」は、言うことを主体についてつかんでいました。

あなたは聞いていましたか?あなたはzombificationの状態において存在しています。そして、これは冗談ではありません。あなたは「傀儡」です。あなたは、薬物を混ぜられていて、あなたのまさしくその考えをコントロールする非可視のブードゥー聖職者によってゆっくり食中毒にかからせられます。それらの薬(学校、メディア、企業、教化、および恐怖など)を通して、それらは徐々にけれども首尾よくあなたの意識のパラメータを狭めて、制限しました。それらの現実の支配は、あなたが実際あなた自身の精神的で、体腔の機能、あなた自身の考え、および信念のコントロールにいることをあなた、それらのマネキンに納得させるそれらの能力にあります。この方法の中で、それらは正常なびっくり仰天の魔女医師より優れています。そして、私達は尋ねてもよいか、催眠術をかけられた人の性質は何ですか?彼の敏感さは大幅に減らされます。彼の考察は彼のために他の誰かによってされます。彼が、彼がスーパーマンまたはランスロット卿であると言われるならば、彼はそれを信じるでしょう。

彼の知覚は変更されます。彼は、彼が話されることをすべて信じるでしょう。

彼は彼の抑制と抑制された本能を実行に移すでしょう。ロジックと理由はウィンドウの外に行きました。

意味は狂気と同じ価値を持っています。塩は砂糖の味がすることができます。彼は、彼が完全に意識的な状態において避けるであろう犯罪行動を取るでしょう。彼は彼の極悪な行動のために罪悪感を全然感じないでしょう。

そうするように命じられるならば、彼は断崖の端を歩いて減らすでしょう。真実は無限に彼の耳の中に叫ばれることができて、彼は空で、無関心であり続けるでしょう。写真を得ます?あなたまたはあなたの国は愛情の方法またはパワーの方法を選ぶことができます。選択は、彼が誰と何であるかを示すために人に与えられます。あなたが間違った道路を選んだならば、方向を変更する時間があります。しかし、あなたが不正に選んだならば、あなたは、あなたの嘘と死の無視と承認に苦しむより高い自身(聖霊)によって責任があることと考えられるでしょう。

聖霊は近くなり、多くの精神は心配しています。彼らは、終わりが近くなっていて、浄化が手近にであると知っています。従ってその、「最後までパーティします」と「賃貸は打ち壊されます」。感覚を満足させることは唯一の高い左です。より多くのおもちゃは喜ばします!あなたはこの精神異常のすべての中央で静かなポイントを発見することができますか?または、あなたはますます自身を静めるでしょう。あなたは編集するであろうか、あなたは観察するでしょう。持つ価値があるそれを得るために、他にすべてを失うことは必要であるかもしれません - バーナデット・デヴリン(活動家と政治家、北アイルランド)





キムは武力抵抗の上昇でテストしました。

Kim tested by rise of armed resistance






AN underground resistance movement in North Korea, capable of smuggling out videos of executions and staging violent acts of defiance, has emerged as the Kim Jong-il dictatorship faces international sanctions for testing a nuclear bomb.







The latest evidence of North Koreans willing to risk their lives to tell their story is a video showing the execution by firing squad of a woman convicted of murder committed in the course of stealing food last July.



Captured by a bystander with a tiny camera, it shows the victim being tied to a stake, watched by other convicts, in a field next to the Juyi River in the north.


キムは武力抵抗の上昇でテストしました。


マイケル・シェリダン、極東の通信員


キムジョンイル独裁が核爆弾を試験するために国際的な制裁措置に直面しているのに従って、北朝鮮での実行のビデオを密輸入して、挑戦の乱暴な行為を上演することができる地下レジスタンスが、現れました。



彼らの話をするために火中の栗を拾っても構わないと思っている北朝鮮人の最新の証拠は去年の7月に食べ物を盗むことの間に犯された殺人によって有罪と宣告された女性の銃殺隊による実行を示すビデオです。



小さいカメラで傍観者によって捕らえられて、それは、犠牲者が北のJuyi川の横の分野で他の囚人によって見られた基礎につながれるのを示します。











There are sounds of people muttering in Korean, “See, that’s how they blindfold them,” as three executioners prepare to fire. Shouted commands are then heard.



As a ragged series of 12 shots resounds, blurry clouds of smoke break out around the distant figure, which slumps in its bonds. The body is then wrapped in what appears to be a plastic bag for burial.



The video was aired by Japan’s Asahi Television, which said the dead woman was named Yoo Bun Hee, but gave no details of how it obtained the pictures. North Korean exiles said they believe it is authentic.







The footage provides a clue to an unexplained series of border incidents earlier this year which North Korean officials blamed on a shadowy “resistance”.



In one clash North Korean border guards confronted three men creeping at night across the frozen Tumen River from China. In the ensuing fight the intruders stabbed several soldiers and escaped, leaving a bag containing three guns, ammunition, a video camera and a phone.



3人の死刑執行人が、発火するのを準備しながら「見てください、そして、それは彼らが彼らをどう目隠しさせるかということです」と韓国語でささやく人々の音があります。 そして、叫んでいるコマンドは聞かれます。







12のショットのぼろぼろのシリーズが鳴り響くとき、よごれているもうもうたる煙は冷ややかな図の周りで突発します。図は債券で落ち込みます。 そして、何がポリ袋であるように見えるかにボディーは埋葬のために包装されます。







ビデオは、日本のAsahi Televisionによって放送されましたが、それがどう絵を得たかに関するどんな詳細も明らかにしなかったか。(Asahi Televisionは、死んでいる女性がYoo Bunヒーと命名されたと言いました) 北朝鮮の追放は、それが正統であると信じていると言いました。







場面は今年を北朝鮮政府関係者が影の多い「抵抗」のせいにしたより前半説明されなかったシリーズの越境事件の手がかりに提供します。







1回の衝突では、北朝鮮人の境界番人は夜凍っている図們川の向こう側に中国から這う3人の男性に立ち向かいました。 続く戦いでは、侵入者は、何人かの軍人を突き刺して、逃げました、3丁の銃、弾薬、ビデオカメラ、および電話を含むバッグを残して。



On the same night in late January men opened fire on a frontier post at the town of Huiryeong, causing an unknown number of casualties before escaping.



Chinese witnesses and foreign diplomats say there have been repeated outbreaks of gunfire, usually at night, along the mountainous barren borderlands. Lim Chun Yong, a former North Korean special forces officer who has defected, claimed that four or five groups of an “armed resistance” were in the area.



“The people say among themselves that the regime is worse than the Japanese colonists,” he told South Korea’s Dong-A Ilbo newspaper.



The constant traffic of traders and escapees along the 850-mile border has eroded totalitarian controls to the point where clandestine goods and ideas now thrive in the frontier provinces. Smuggled mobiles allow North Koreans to make calls on Chinese networks by capturing their signals at the border.



Because there are no barriers to calling South Korea or the United States from China, they can talk to family members and enemies of the regime.



1月の下旬の同じ夜、男性はHuiryeongの町で国境のポストに発砲しました、逃げる前に未知の数の死傷者を引き起こして。







中国人の目撃者と外国人の外交官は、砲火の繰り返された突発があったと言います、通常夜、山の多い不毛の国境地方に沿って。 Lim Chun Yong(亡命した北朝鮮人の役員の元特殊部隊)は、「武力抵抗」の45つのグループが領域にあったと主張しました。







「人々は、自分たちの中で政権が日本人の移住民より悪いと言います。」と、彼は韓国のDong-A Ilbo新聞に言いました。







秘密の商品と考えが現在国境の州に繁栄するところで850マイルの境界に沿ったトレーダーと逃亡者の一定の交通は肝心の全体主義のコントロールを浸食しました。 密輸モバイルで、北朝鮮人は、中国のネットワークで境界でそれらの信号を得ることによって、電話をかけます。







中国から韓国か合衆国に電話をすることへのバリアが全くないので、彼らは政権の親族と敵と話すことができます。



The latest video is proof that Chinese currency and DVDs are in circulation, because some witnesses to the execution had been forced to watch as punishment for possessing such things.



People smugglers and black-marketeers are rife. Chinese sources said some North Korean border guards could be bribed to turn a blind eye.



When the rivers freeze or dry to a trickle, it is almost impossible to seal the frontier. Chinese travellers report that in some areas North Korean officials are too nervous to go out at night and military reinforcements have been brought in from politically reliable units.



Experts on the regime do not expect it to fold quickly or easily. The exiled Hwang Jang-yop, 83, who was the chief ideologue in Pyongyang before his astonishing defection to the South in the late 1990s, says only the overthrow of Kim Jong-il could end its nuclear ambitions.



Kim could also easily withstand the envisaged United Nations sanctions, he added.



The next step in the crisis is still in doubt after Condoleezza Rice, the US Secretary of State, cast doubt on reports that Kim had expressed regrets and promised no more tests. Instead, she said, North Korea seemed bent on escalation.



最新のビデオは中国の通貨とDVDが流通中であるという証拠です、実行への何人かの目撃者がそのようなものを持つための罰としてやむを得ず見たので。







密入国斡旋業者と闇商人はおびただしいです。 中国の情報筋は、何人かの北朝鮮人の境界番人が無視するのを贈賄することができると言いました。







川が細流に凍るか、または乾くとき、国境を封鎖するのはほとんど不可能です。 中国人の旅行者は、いくつかの領域では、北朝鮮政府関係者が夜歩きすることができないくらい神経質であると報告します、そして、軍事の援軍が政治的に高信頼のユニットから引きつけられました。







政権の専門家は、それがすぐにか容易に折り重なると予想しません。 追放されたファンJang-yop(83)は、キムジョンイルの打倒だけが核野心を終わらせるかもしれないと言います。(831990年代後半の南部への彼の驚異的な亡命の前の平壌の主要な空想家でした)







彼は、また、キムが容易に考えられた国連制裁に耐えることができると言い足しました。







危機の次のステップはまだ疑問でのコンドリーザ・ライス(米国国務長官)が疑問をキムが断り状を言い表して、それ以上のテストを全く約束していなかったというレポートに投げかける後です。 彼女は、北朝鮮が代わりに増大に夢中に見えたと言いました。




カールマルクス・。

THE RISE OF KARL MARX


Heinrich Karl Marx (Moses Mordecai Marx Levy, 1818-83) was born of wealthy parents (his father was a lawyer), and much of his personal life has never been revealed. Professor M. Mtchedlov, Vice-Director of the Marx Institute, said that there were 100 volumes in his collection, but only thirteen have ever been reprinted for the public. When he was six, his family converted to Christianity, and although he was once a believer in God, after attending the Universities of Bonn and Berlin, Marx wrote that he wanted to avenge himself “against the One who rules above.” He joined the Satanist Church run by Joana Southcott, who was said to be in contact with the demon Shiloh. His early writings mentioned the name “Oulanem,” which was a ritualistic name for Satan. A friend of Marx wrote in 1841, that “Marx calls the Christian religion one of the most immoral of religions.” His published attacks against the German government caused him to be ejected from the country.


He received a Doctorate in Philosophy in 1841, but was turned down for a teaching position, because of his revolutionary activities. In 1843, he studied Economics in Paris, where he learned about French communism. Again he was expelled for revolutionary activities. In 1844, he wrote the book A World Without Jews even though he was Jewish. In 1845, he moved to Brussels, where, with German philosopher, Friedrich Engels (the son of a wealthy textile manufacturer, 1820-95), who he met in Paris in 1844, they reorganized the Communist League.


カール・マルクスの上昇


ハインリヒ・カール・マルクス(1818-83のモーセモルデカイマルクスLevy)は裕福な親に生まれました、そして、(彼の父は弁護士でした)彼の私生活の多くが一度も明らかにされたことがありません。 M.Mtchedlov教授、マルクスInstituteの副長官は、彼の収集には100本のボリュームがあったと言いましたが、13だけが今までに、公衆のために増刷されたことがあります。 彼が6歳であったときに、彼の家族はキリスト教に変えました、そして、かつて彼は神という信者でしたが、ボンとベルリンの大学に通った後に、マルクスは彼が「上で統治するOne」に自分のかたきを討ちたがっていると書きました。 彼はJoanaサウスコットによる悪魔主義者の教会走行に参加しました。(サウスコットは、悪霊Shilohに接触していると言われました)。 彼の早めの文章は名前"Oulanem"について言及しました。(それは、魔王のための儀式主義の名前でした)。 マルクスの友人は1841年に書いて、それは「マルクスは最も不道徳な宗教のキリスト教1を呼びます」です。 ドイツの政府に対する彼の発行された攻撃で、国から彼を追放しました。


彼は、1841年にPhilosophyでDoctorateを受けましたが、教職に拒絶されました、彼の革命を目指す活動のために。 1843年に、彼はパリでEconomicsを研究しました。そこでは、彼がフランスの共産主義に関して学びました。 一方、彼は革命を目指す活動によって追放されました。 1844年に、ユダヤ人でしたが、彼は本AにWorld Withoutユダヤ人を書きました。 1845年に、彼はブリュッセルに移りました。(彼は1844年にパリでエンゲルスに会いました)。そこでは、ドイツ人の哲学者、フリードリヒ・エンゲルス(1820-95の裕福な織り元の息子)と共に、彼らが共産党員Leagueを再編成しました。


Engels had joined the ‘Young Germany’ group (which had been established by Giuseppe Mazzini) in Switzerland in 1835. He later became a 32nd degree Mason (as did Marx). In 1842 he was sent to England to manage the family’s mill in Manchester. A journalism student, in 1843 he published a treatise on economics called Outlines of a Critique of Political Economy; and in 1844, wrote a review of Thomas Carlyle’s Past and Present, and also a booklet called The Condition of the Working Class in England in 1844. It was Engel’s philosophy that established the basis for the ideas which were developed by Marx.


エンゲルスは1835年のスイスの‘若いドイツ'というグループ(ジュゼッペ・マッツィーニによって設立された)に加わりました。 彼は後で第32度メイスン(マルクスのような)になりました。 1842年に、マンチェスターの家族の工場を経営するために彼をイギリスに送りました。 ジャーナリズムの学生であり、1843年に、彼はPolitical EconomyのCritiqueのOutlinesと呼ばれる経済学に関する論文を発表しました; コネ、1844 1844年にイギリスでトーマス・カーライルのPastとPresentのレビューを書いて、また、Working ClassのConditionと呼ばれる小冊子を書きました。 それはマルクスによって開発された考えの基礎を確立したエンゲルの哲学でした。


In 1848, Marx published his Communist Manifesto (which he was working on from 1830-47), from an Engel’s draft (which was an extension of Engel’s Confessions of a Communist), which also borrowed heavily from Clinton Roosevelt’s book, The Science of Government Founded on Natural Law which echoed the philosophies of Weishaupt. It had been commissioned by the Communist League in London. The League, formerly known as the League of the Just (or the League of Just Men), which was an off-shoot of the Parisian Outlaws League (which evolved from the Jacobin movement), was founded by Illuminati members who fled from Germany. The League was made up of rich and powerful men from different countries that were behind much of the turmoil that engulfed Europe in 1848. Many researchers consider them either a finger organization of the Illuminati, or an inner circle. Originally introduced as the Manifesto of the Communist Party in London, on February 1, 1848, the name was changed to the Communist Manifesto, and the name of Karl Marx was added as its author twenty years later, after a series of small revolutions failed.


Marx wrote in 1848: “The coming world war will cause not only reactionary classes and dynasties, but entire reactionary peoples, to disappear from the face of the earth.” Friedrich Engels, that same year, wrote: “The next world war will make whole reactionary peoples disappear from the face of the earth.”


1848年に、マルクスは彼の共産党員Manifesto(彼が1830-47から働いていた)を発行しました、エンゲルの草稿(エンゲルの共産党員のConfessionsの拡大であった)から、ワイスハウプトの哲学を反映したNatural法の政府FoundedのScience。(また、草稿はクリントン・ルーズベルトの本から大いに借りました)。 それはロンドンで共産党員Leagueによって任命されました。 パリジャンのOutlaws League(ジャコバン党員運動から発展した)の分枝であったJust(または、Just MenのLeague)が以前Leagueとして知られているLeagueはドイツから逃げたIlluminatiメンバーによって設立されました。 Leagueは1848年にヨーロッパを巻き込んだ騒ぎの多くの後ろにあった異なった国からの豊かで強力な男性を上がった状態で作られました。 多くの研究者が、彼らがIlluminatiの指の組織か権力中枢部の側近グループのどちらかであると考えます。 元々、1848年2月1日に共産党のManifestoとしてロンドンで導入しています、名前は共産党員Manifestoに変わりました、そして、カール・マルクスという名前は20年後に作者として加えられました、一連の小さい革命が失敗した後に。


マルクスは1848年に書きました: 「次の世界大戦は球全体から見えなくなるように反動的なクラスと王朝だけではなく、全体の反動的な民族も引き起こすでしょう。」 フリードリヒ・エンゲルス(その同じ年)は書きました: 「来世戦争で、全体の反動的な民族は球全体から姿を消すでしょう。」





The Manifesto was described by Marxians as “The Charter of Freedom of the Workers of the World,” and it was the platform of the Communist League. It advocated the abolition of property in land, and the application of all land rent to public purposes; a heavy progressive or graduated income tax; abolition of all rights of inheritance; the confiscation of all the property of immigrants and rebels; centralization of credit in the hands of the State with a national bank; centralization and State control of all communication and transportation; expansion of factories to cultivate waste lands, and create industrial armies, especially for agriculture; gradual abolition of the distinction between town and country to have a more equitable distribution of the population over the country; the elimination of child factory labor and free education for all children in public schools.


This revolutionary plan for socialism, which included the abolition of all religion, was reminiscent of the doctrines of Weishaupt. It was basicaIly a program for establishing a ‘perfect’ state, and it called for the workers (proletariat) to revolt and overthrow capitalism (the private ownership of industry), and for the government to own all property. Marx, felt, that by controlling all production, the ruling power could politically control a country. After the communist regime would take over, the dictatorship would gradually “wither away” and the result would be a non-government. The final stage of communism is when the goods are distributed on the basis of need. Leonid Brezhnev, when celebrating the 50th anniversary of the U.S.S.R., said: “Now the Soviet Union is marching onward. The Soviet Union is moving towards communism.”


ManifestoはMarxiansによって「世界の労働者の自由の憲章」と説明されました、そして、それは共産党員Leagueのプラットホームでした。 それは公共の目的に土地の所有権の撤廃、およびすべての小作料の適用を支持しました; 重い進歩的であるか目盛りの付いた所得税; すべての遺産相続権の撤廃; 移民と反逆者のすべての特性の押収; 国家の銀行がある州の手のクレジットの中央集権; すべてのコミュニケーションと輸送の中央集権と州コントロール; 特に農業のために荒地を耕作して、産業軍隊を創設する工場の拡大; 国の上に人口の、より公正な分配を持つ町と国での区別の段階的廃止; すべての子供のための子供工場の労働と無償教育の除去は公然と群がります。


社会主義のためのこの革命のプランはワイスハウプトの主義のなごりでした。(社会主義はすべての宗教の撤廃を含んでいました)。 それは、反乱を起こす‘完全な'状態を設置するためのプログラム、およびそれが労働者(プロレタリアート)を求めたbasicaIlyであり、資本主義(産業の私有)を打倒して、すべての土地を所有する政府のためにそうします。 生産、すべての統治権を制御することによって政治的に国を制御することができるだろう感じられたマルクス。 共産主義政権が引き継いだ後に、独裁は徐々に「遠くで萎むでしょう」、そして、結果はa非政府でしょう。 最終的なステージの共産主義は商品が必要性に基づいて分配される時です。 U.S.S.R.の50回目の記念日にお祝いするとき、レオニード・ブレジネフは言いました: 「今、ソ連は前方へ行進する予定です。」 「ソ連は共産主義に近づいています。」


Meanwhile, Professor Carl Ritter (1779-1859), of the University of Berlin, a co-founder of modern geographical science, was writing a contrasting view, under the direction of another group of Illuminists. The purpose of this was to divide the people of the world into opposing camps with differing ideologies. The work started by Ritter, was finished after he died, by German philosopher Friedrich Wilhelm Nietzsche (1844-1900), who founded Nietzscheism, which later developed into Fascism, and then into Nazism, which was later used to ferment World War II. Although the Nazis, in quoting from Nietzsche, considered themselves to be the Master Race, Nietzsche did not. Nietzsche tried to stir things up at the top of the social order, while Marx hammered away at the bottom, concentrating on the lower class and working people. Nietzsche wanted to keep the uneducated in a state of slavery, while Marx wanted to neutralize the elite, and pushed for the rights of the people.


Marx worked as a correspondent for the New York Tribune (whose Editor was Horace Greeley, 1852-61), covering the 1848 European revolutions. One source has reported that even these articles were written by Engels. In 1857 and 1858, Marx wrote a few articles for the New American Cyclopedia.


その間、ベルリン大学のカールリッター(1779-1859)教授(現代の地理的な科学の共同設立者)は対照視点を書いていました、Illuministsの別のグループの指示に基づき。 この目的は異なったイデオロギーで世界の人々を反対しているキャンプに分割することでした。 ニーチェは、「ニーチェ-主義」を設立しました。(「ニーチェ-主義」は後でファシズムの上に伸びました)。(それは、より遅れていました)。仕事は、リッターで始まって、彼がドイツ人の哲学者のフリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900)で死んだ後に終わって、第二次世界大戦をかき立てるのにそして、ナチズムに使用されました。 ニーチェから引用する際に、ナチスは、自分たちがMaster Raceであると考えましたが、ニーチェは考えたというわけではありません。 ニーチェは社会の階層の先端で揺さぶりをかけようとしました、マルクスが下部をこつこつやりましたが、労働者階級と勤労者に集中して。 ニーチェは奴隷制度の事情の無教育を保ちたがっていました、マルクスが、エリートを中和したくて、人々の権利を要求しましたが。


マルクスはニューヨークトリビューン(Editorはホラティウス・グリーリー、1852-61であった)の通信員として働いていました、1848年のヨーロッパの革命をカバーしていて。 1つの情報筋が、これらの記事さえエンゲルスによって書かれたと報告しました。 1857年と1858年に、マルクスはNewのアメリカのCyclopediaのためのいくつかの記事を書きました。


On September 28, 1864, Marx and Engels founded the International Workingmen’s Association at St. Martin’s Hall in London, which consisted of English, French, German, Italian, Swiss, and Polish Socialists, who were dedicated to destroying the “prevailing economic system.” It later became known as the First Socialist International, which eight years later spread to New York and merged with the Socialist Party. The statutes they adopted were similar to Mazzini’s, and in fact, a man named Wolff, the personal secretary of Mazzini, was a member, and pushed Mazzini’s views. Marx wrote to Engels: “I was present, only as a dumb personage on the platform.” James Guillaume, a Swiss member, wrote: “It is not true that the Internationale was the creation of Karl Marx. He remained completely outside the preparatory work that took place from 1862 to 1864...” Again, we find evidence that the Illuminati did in fact control the growing communist movement, but not to deal with the problems of workers and industry, rather it was to instigate riot and revolution. The Marxist doctrine produced by the Association was accepted and advocated by the emerging labor movement, and soon the organization grew to 800,000 dues-paying members.


Even though Marx publicly urged the working class to overthrow the capitalists (the wealthy who profited from the Stock Exchange), in June, 1864, “in a letter to his uncle, Leon Phillips, Marx announced that he had made 400 pounds on the Stock Exchange.” It is obvious that Marx didn’t practice what he preached, and therefore didn’t really believe in the movement he was giving birth to. He was an employee, doing a job for his Illuminati bosses.


1864年9月28日に、マルクスとエンゲルスはロンドンに聖マーチンのHallに国際WorkingmenのAssociationを設立しました。(それは、イギリスの、そして、フランスの、そして、ドイツの、そして、イタリアの、そして、スイスの、そして、ポーランドの社会党員から成りました)。(その社会党員は、「行き渡っている経済システム」を破壊するのに捧げられました)。 それは、後でFirst社会主義インターナショナルとして知られるようになって、どの8年後にニューヨークに広まったか、そして、社会党と合併しました。 彼らが採用した法令がマッツィーニのものと同様であり、事実上、ヴォルフという男性(マッツィーニの秘書)は、メンバーであり、マッツィーニの視点を押しました。 マルクスはエンゲルスに書きました: 「私は単に馬鹿な著名人としてプラットホームに出席していました。」 ジェームス・ギヨーム(スイス人のメンバー)は書きました: 「インターナショナルがカール・マルクスの創造であったのは本当ではありません。」 「彼は1862年から1864年まで行われた準備工事の完全外に残っていました」… 一方、私たちはIlluminatiが事実上増加している共産主義運動を制御しましたが、労働者と産業の問題に対処しないように、暴動と革命を扇動することになっていたという証拠を見つけます。 現れている労働運動でAssociationによって生産されたマルキシストの主義を、受け入れて、支持しました、そして、すぐ、組織は80万人の会費を支払うメンバーまで成長しました。


マルクスは、資本家(証券取引所から利益を得たこと裕福)を打倒するように公的に賃金労働者階級に促しましたが、1864年6月に、「彼のおじ、レオンフィリップスへの手紙では、マルクスは、彼が証券取引所の400ポンドを稼いだと発表しました」。 マルクスが彼が説いたことを練習しないで、またしたがって、本当に彼が生んでいた動きを信じなかったのは、明白です。 彼のIlluminatiボスのために仕事して、彼は従業員でした。


Nathan Rothschild had given Marx two checks for several thousand pounds to finance the cause of Socialism. The checks were put on display in the British Museum, after Lord Lionel Walter Rothschild, a trustee, had willed his museum and library to them.


In 1867, Marx wrote the first volume of Das Kapital, which became known as the “Bible of the Working Class.” Marx felt, that as the workers achieved various reforms, there would be a possibility for the peaceful evolution towards socialism. A little known fact, is that Marx’ beliefs were gleaned from the writings of Weishaupt, Babeuf, Blanc, Cabet, Owen, Ogilvie, Hodgkin, Gray, Robert Thompson, William Carpenter, and Clinton Roosevelt; which he discovered from his hours of research in the Reading Room of the British Museum. The second volume appeared after Marx’ death, edited by Engels from Marx’ notes, in 1885; and volume three appeared in 1894.


When Marx died in March 14, 1883, only six people attended his funeral. He never supported his family, which had produced six children. Three of them died of starvation in infancy and two others committed suicide. Actually, Engels supported Marx with income from his father’s cotton mills in England. Marx was buried in London, at Highgate Cemetery.


数1,000ポンドがSocialismの原因を融資するように、ネイザン・ロスチャイルドは2つのチェックをマルクスに与えました。 チェックは大英博物館でディスプレーされていた状態で置かれました、主のライオネル・ウォルター・ロスチャイルド(受託者)がそれらに彼の博物館とライブラリを望んだ後に。


1867年に、マルクスはDas Kapitalの最初のボリュームを書きました。(Das Kapitalは「賃金労働者階級の聖書」として知られるようになりました)。 マルクスが感じられて、労働者としてのそれは様々な改革を達成して、平和な発展のための可能性は社会主義に向かっているでしょう。 '事実を少し知って、マルクス'信念がワイスハウプト、Babeuf、ブラン、カベー、オーエン、オギルビー、ホジキン、グレー、ロバートトンプソン、ウィリアムCarpenter、およびクリントン・ルーズベルトの文章から収集されたということです; 彼は大英博物館のReading Roomにおける彼の数時間の研究から発見しました。 '1885年にエンゲルスによってマルクスの'注意から編集されて、2番目の量はマルクス'死の後に現れました; そして、第3巻は1894年に現れました。


マルクスが1883年3月14日に死んだとき、6人の人だけが彼の葬儀に出席しました。 彼は家族を決して養いませんでした。(その家族は、6人の子供を生産しました)。 彼ら3人は幼年時代における飢餓で死にました、そして、2人の他のものが自殺しました。 実際に、エンゲルスはイギリスで収入で彼の父の紡績工場からマルクスを支持しました。 マルクスはハイゲート共同墓地にロンドンに埋葬されました。


The Social Democratic Party in Germany, in 1869, was the first Marxist aligned political Party. They favored an independent working class. It grew rapidly, despite the effort of Chancellor Otto von Bismarck to break it up through the enactment of anti-socialist legislation. In 1877, they elected a dozen members to the Reichstag. In 1881, they had 312,000 members; and by 1891, 1,427,000. In 1891, they eliminated their earlier leanings toward State-aid for co-ops, and aligned themselves with the Marxist goal of “the abolition of class rule and of classes themselves.”


Some of the early Socialist Parties were: Danish Social Democratic Party (1870’s), Swedish Socialist Party (1889), Norwegian Labor Party (1887), Austrian Social Democratic Party (1888), Belgian Labor Party (1885), Dutch Socialist-Democratic Workers Party (1894), Spanish Social Labor Party (1879), Italian Socialist Party (1892), and the Social Democratic Federation of Great Britain (1880’s).


In 1889, the Second International was formed, with their headquarters in Brussels, Belgium. Their main responsibility was to create some sort of unity within its ranks. It was totally organized along Marxist philosophies.


ドイツ、1869年の社会民主党全国連合は最初のマルキシストの並べられた政治上のPartyでした。 彼らは独立している賃金労働者階級を支持しました。 それはどんどん伸びていました、外務書記オットーフォンBismarckが反社会主義者法律の制定でそれを壊れさせるための努力にもかかわらず。 1877年に、彼らは1ダースのメンバーを帝国議会に選出しました。 1881年に、彼らには、31万2000人のメンバーがいました; 1891年までに142万7000。 1891年に、彼らは、消費者組合のためにそれらの以前の傾きを州-援助に向かって排除して、自分たちを「クラス規則とクラス自体の撤廃」のマルキシストの目標に合わせました。


いくつかの前の社会党員Partiesは以下の通りでした。 デンマークの社会民主党全国連合(1870年代)、スウェーデンの社会党(1889)、ノルウェーの労働党(1887)、オーストリアの社会民主党全国連合(1888)、ベルギーの労働党(1885)、オランダの社会主義的に民主党の労働党(1894)、スペインの社会的な労働党(1879)、イタリアの社会党(1892)、および英国の社会民主党連邦(1880年代)。


1889年に、それらの本部がブリュッセル(ベルギー)にある状態で、国際Secondは形成されました。 それらの主な責任はランクの中である種の統一を作成することでした。 それはマルキシストの哲学に沿って完全に組織化されました。





目には目を・。

株式日記と経済展望

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu130.htm
 


日本が核で脅されているのをアメリカが黙認したら、日本も核を

持たざるをえません。射程3000キロの中距離核を開発せよ!


2006年10月23日 月曜日


◆「日本の核武装論」が持つインパクト 10月22日 ワイルドインベスターブログ


本ブログは7月に「日本も核武装するぞ!って脅せよ。そうすりゃあ中国様が必死になるからさ」と提言しましたが、自民党の麻生さんや中川昭一さんがそれを言ってくれたおかげで北への包囲網が強まっています。

参照 → 今こそ「核武装論」+「分担金永久滞納」!?


相変わらず笑ってしまうのが、テレビのコメンテータや平和団体・反核団体です。北の核武装には「刺激してはいけない。相手の意思を尊重して話し合いを続けろ」というくせに、日本がやろうとすると「議論するのも言語道断!核武装はいけないと昔から決まっているんだ!」と、すさまじい勢いで言論封殺をします。さすが全体主義者は不公平で支離滅裂ですな。


まあアホは放っておいてみんな討論してますから、健全な民主主義だと思いますよ。10年ほど前であれば西村眞悟さんがそれを口にしただけでクビにされましたから、かなり「無抵抗敗北主義平和真理教」の呪縛が解けてきたのだと思います。 


で、ネットを覗いたらこんなサイトで盛り上がっていました。訳文が超絶愉快なので、まだの方はまず読んでみてください。


「今日の覚書、集めてみました」より

【クラウトハマーGJ】日本カードだけがアジアの危機を救う!@ワシントン・ポスト??

原文: 第二次大戦は終わったんだよ(ワシントンポスト)  


訳者のユーモアも楽しいんですが、原文もそれに近い感じですね。さっそく要チェックリストに加えてしまいました。


こういった文章を読むと、やっぱりアメリカはまともな国だよなあと思ってしまいます(かなり変なところもあるけど・笑)。少なくとも戦後の日本は米国にとって価値観を共有できる同盟国であり、周辺国を侵略したり、民衆を虐殺したという歴史はない。それどころか米国を助けるために資金や技術をサポートしてくれて、お互いの国益が一致している理想的な関係にある。こういったことを評価してくれている人が日本で報道されることはほとんどないのですが、このような意見があることを知るだけでも勇気づけられます。 


で、この文章を見て思ったのは、「日本の核武装カード」ってのは、周辺のならず者国家だけではなくアメリカに対しても有効なんだなあと。自分が7月にそれを提案したときはあまり考えていませんでした。


確かに日本が核で脅されているのをアメリカが黙認したら、日本も核を持たざるをえません。しかしある面で臆病なアメリカは、同盟国といえどもいつその核が自国に向くかわからないので、核拡散自体に反対するのが基本です。現に台湾やオーストラリアも核武装をストップされたそうですから、やむをえない場合を除いて認めるはずがありません。


ではその「やむをえない場合」というのは何かというと、「価値観を共有できない国」に「価値観を共有できる同盟国」の存続が脅かされた場合です。冷戦時にソ連の脅威にさらされた英国は核武装を認められていますし、西ドイツはアメリカから核ミサイルをレンタルして、わざわざ敵が見えるような場所に配置しました。そういった強い姿勢が「熱い戦争」を引き起こすことなく、自由主義諸国を勝利に導いたのです。


そのようにしてヨーロッパでは冷戦が終わったわけですが、アジアではまだそれが続いています。なぜなら「カネは持ってるけどリスク感覚がほとんどないおマヌケな経済大国」があって、自国を犠牲にしてまで周囲の軍事独裁国家を支援してきたからです。また米国も民主党政権下で、「ソ連の次の敵は日本だ!」とレポートを出して、日本を弱体化させるという判断ミスを犯しています。


しかし現在のように東アジアの自由主義諸国が核の脅威にさらされるようになったら、アメリカは自国の利益のために日本を守らざるを得ません。日本が敵側に乗っ取られてしまえば次はハワイですし、安全でスキルの高い基地を失っては中東政策(=石油の確保)もままなりません。


さらに洗脳された日本人が資金と技術を結集してカミカゼアタックをかましてくることを考えたら、最終的にはアメリカが勝つにしてもイヤすぎるトラウマでしょう(まあ日本のほうがはるかにひどい症状で、アメリカと戦うなんて考えたくもないPTSD状態なんですけど)。


そういう意味で、日本が「核武装しようかなあ」というのは敵味方問わず自国の地位を高めるために有効な戦略だったんですね。日本の核武装を止めるためには、米国も「本国に準ずる日本防衛の意思」を明言せざるを得なくなるわけですから。


もっとも戦後の首相たち(たとえば吉田茂)は米国に対して「日本も共産主義になっちゃうよ?」と脅しながら援助を得ていたと聞いたことがあります。まあ、嫌われない程度にわがままを言って自分を高く売るのは恋人同士でも会社と社員の間でもやっていることですから、節度をわきまえてやってください(笑)。


しかしライスと麻生と中川昭一って、いい味出してるよなあ。まるで組み麻雀みたいなコンビネーションだ。


**********************

麻生   「中」

ライス ? 「ポン!」

麻生   「白」

ライス  「ポン!」

将軍様 「九万・・・」

ライス  「あらぁ、そんなの出るかしら? 大三元ね。4万8千点」

**********************

ライス ? 「連荘ね。ピンゾロで2」

中川   「俺も2だ」

ライス  「あらぁ、また配牌でアガってる。天和が続くだなんてやめられないわ」

胡錦涛  「(ミエミエのいかさまなのに手下がアホだから対抗できない・・・)」

**********************


こんな調子で、日本の政治もだいぶ楽しくなってきました。


本当は天国と地獄の境目なんだけど、自由の国にいるのだから楽しくピンチを凌がないとね。




◆北朝鮮の生きる道 10月20日 ワイルドインベスターブログ


風雲急を告げる東アジア情勢ですが、北朝鮮に対してこれまで擁護を続けてきた中国や韓国も、(表向きは)非難するようになってきています。

笑っちゃいけないんですが、もしかして韓国の人たちは「北朝鮮の核は日本向けだから心配ない」というセリフを真に受けていたんですかね? これまでさんざん北にカネや物資を貢いで、自分が狙われていることに気づいて慌てているとしたら、まぬけとしか言いようがありません。


まあ日本人のほうも今ごろ「放射性物質が流れてくる」とか心配していますから、人のことは言えないんですけどね。これまで自由に船を出入りさせて、武器・麻薬・偽札を日本に流し、逆に資金や物資を北に送ることを黙認していたくせに、何を騒いでいるんでしょうか。地方自治体によっては北朝鮮関連施設を無税にしてサポートしてますから。今でも陰に陽に、北を支援している人たちは大勢います。


それにしても、中国が一転して北を締め付けるようになったことを意外に思っていました。日本や台湾に核武装させないために表向きはそう言わざるをえないにしても、この豹変振りはなんだろう。


「アカシックレコード」で有名な佐々木敏さんのメルマガでは


北朝鮮「偽装核実験」の深層  ~最後は米朝同盟!?~

http://www.akashic-record.com/y2006/fakenk.html#01
 


この偽装核実験は主に中国との関係を意識したものだと言っています。つまり潜在的には中国と仲の良くない北朝鮮が同盟関係を破棄し、もしかしたら米朝同盟を結ぶための工作ではないかと。


佐々木さんが言うように、かつて中華人民共和国(中国)はソ連との同盟関係を破棄し、大躍進で数千万人の死者を出しながらも核武装し、しまいには米ソ対立を利用して国連の常任理事国にまでなりました。http://www.melma.com/backnumber_115_1126478/
?


これを現在の北になぞらえると、「中国との関係が悪化して国民が大量に死んでも構わないから核武装したい。そして大国間の対立を利用して自国の地位を上げたい」という戦略になります。仮想敵国が中国となれば近づく先は当然アメリカで、「米朝同盟」というのもあながち変ではないのかなと。そうして考えると、中国が北につらく当たるようになったのも納得がいきます。


アメリカにしてもモンゴルやキルギスといった内陸に楔を打つより、日米で海からいくらでも支援できる北朝鮮のほうが拠点にしやすいでしょうからね。それから地政学に詳しい知り合いが言っていましたが、「遠交近攻」の原則から言うとあの位置に日本と仲の良い政権があったほうが、何かと便利だそうです。それどころか、日本陸軍の正当な継承者は北朝鮮(の軍部)なのだとか。


まあ日本の場合は拉致問題もありますし、親日政権を立てても逆に本国を乗っ取られて「関東軍状態」になることが目に見えていますから、日朝同盟というわけにはいかないでしょう。しかし国際戦略のためなら独裁者とでも手を組む米国なら、当然オプションとして考えていると思います。


そんなわけで、北のファイナルアンサーが近づいてきました。


人民解放軍がなだれ込んで占領。中華人民共和国の一部に。もしかしたら民衆は中央アジア開発のために強制移住させられるかも。

米朝同盟により軍備・経済強化。南と平和裏に統一し民主主義の防波堤となる。

うーん、しかし今のところ(2)は考えにくいなあ。中国は北も南も呑み込んで消化するつもりだし、米軍は南から撤退を決めているし・・・半島を守るのはコストがかかるからね。


かと言って北と南が中国に呑み込まれると日本に難民がたくさんやってきて


「強制連行された。謝罪しろ! 賠償しろ!」

「掛け金は払ってないけど年金よこせ」

「選挙権よこせ」


と騒ぎ出すろくでもない未来予想図が透けて見えますから。このまま潰れないでいてもらいたいという人の考えも理解できます。


拉致問題は当然解決するにしても、日本政府は制裁と崩壊後をどうデザインしているんだろう? 


またカネを貢ぐつもりで、予算を確保してたりして。





(私のコメント)

中国が北朝鮮を崩壊させないのは、アメリカに対する牽制のためですが、アメリカが国力の衰退でイラクと北朝鮮の二面作戦が出来ない事を見越してポーカーゲームを繰り広げているのです。北朝鮮がこれだけ暴れればアメリカもイランに対して戦力を集中させる事ができません。


アメリカがイランに対して攻撃が出来ないとなればイランはやりたい放題のことが出来るようになる。石油をユーロで売る事でドルの基軸通貨体制はぐらつく事になりアメリカの致命傷になる。さらには核開発も進むだろうし、ミサイル開発でもイスラエルに届くミサイルも完成するだろう。


その意味ではイランと北朝鮮は対米共闘しているのですが、これに対してアメリカは一国でしか対抗が出来ない。出来る事なら日本に北朝鮮を押さえ込んでもらってイラン攻撃に集中したいところでしょう。しかし日本を軍事大国化させることはアメリカ自身が押さえ込んできたのですが、世界のあちこちで反米国家が出来てアメリカはお手上げ状態だ。


頼りになりそうなイギリスやフランスはヨーロッパでは同盟国でも極東アジアでは遠すぎて共闘できない。ならば現実的な判断として日本と言う番犬を養成するしか方法は無い。しかし東京裁判や戦後教育で日本は犯罪国家であり非武装で反戦平和教育を施してきたから、すぐには役にはたたない。


政治家達もアメリカの植民地状態に安住してしまって外交と防衛はアメリカに丸投げしている。そのほうが気楽なのですが国民はたまったものではない。国民はいくら一生懸命働いて利益を上げても、税金として国に巻き上げられてその一部はアメリカに還流するシステムが出来上がっている。


日本政府は巧みにそのシステムを隠しているが、株式日記ではそのシステムを暴露してきた。外貨をドル建て一本にしているのもそうだし、円高を防ぐと称してドル買いを続けてアメリカ国債を買い続けているのも還流システムの一部だ。これを帝国循環と言いますが、大英帝国とインドの関係がアメリカと日本との関係でも出来ている。


そのシステムが日米の繁栄につながればいいのでしょうが、バブル崩壊以降は日本経済の低迷が続いていますが帝国循環によるものであり、この流れを断ち切らねばなりません。その為には日本の自立が必要条件であり、外交と防衛の独立も勝ち取らねばなりません。


現状のままでは日本はアメリカの代理人と中国の代理人が日本の資産を食い荒らしてしまって、日本の国益を守る事はできません。日本の内政問題にもこの両国は何やかやと口出しをしてきて自分達に利益誘導してきます。そのような事が出来て外国の手先のような政治家を排除できないのも独立国ではないからだ。


「年次改革要望書」なるものが毎年アメリカから突きつけられますが、マスコミはこの存在を隠し続けた。竹中経済大臣ですら見たこともないとしらを切った。このようにアメリカに過度に依存し続けるとアメリカは日本を騙していいように利用されてしまう。中国も歴史問題を持ち出してはODAで6兆円も日本から金を引き出した。


1990年頃までは冷戦構造であまりあこぎな事はできなかったが、アメリカと中国は戦略的パートナーシップを構築して日本を経済的敵国としてジャパンバッシングしてきた。日本の政治家達は日本を立て直すために何も出来なかった。アメリカのルービン、サマーズ財務長官が事あるごとに干渉してきたからだ。


中国が元の切り上げに抵抗できるのも中国が核武装国家であり、国益を守るために毅然としているからですが、日本の政治家にはそれが無い。靖国神社を参拝するのも中国の顔色を伺うようでは情けない。北朝鮮の拉致問題も警察などは早くから気がついていたにもかかわらず政府は動かなかった。日本が独立国であったのならば起こりえない事件ですが属国意識から外国には強く出られない体質を政治家は身に付けてしまった。


日本が根本的に立ち直るには自主防衛と核武装が必要だ。そうしなければ外国との外交交渉も対等には出来ない。その上で対等な条件で日米安保を結べば良い。航空管制空域も主要な部分は米軍が押さえてしまって旅客機は自由に飛べない状況はおかしい。このような問題はマスコミもほとんど取り上げず国民には知らされない。


北朝鮮の核実験は極東の軍事バランスを崩し、アメリカの出方を注目していましたが、ライス国務長官が各国を訪問して外交的にしか動いてはいない。とても北朝鮮を空爆するなどといった行動は無理なようだ。アメリカはスーダンやアフガニスタンと言ったろくな軍備も無いような国には空爆するのに、北朝鮮は空爆できない。核を持ったらなおさら出来ない。


北朝鮮は今後もアメリカを挑発し続けるだろう。しかしアメリカは外交的な努力しか出来ないだろう。このような状況が続けば日本が攻撃されてもアメリカは反撃できるのか心配になってくる。日米安保の空洞化が心配されますが、アメリカの核の傘は破れ傘だ。


北朝鮮が崩壊したらどうなるか時間の問題と思われていますが、中国は援助し続けるだろう。アメリカは常識的には北朝鮮など空爆で潰してイラン攻撃に備えたいところなのでしょうが、もはや出来ない。イランを攻撃できなければアメリカのドル基軸通貨体制は崩壊する。どちらにしてもアメリカは手詰まりだ。となれば日本が核武装して北朝鮮をぶっ潰すしかない。


(とはいっても北朝鮮を潰せば避難民が大勢日本にやってきて強制連行だの謝罪だの賠償などと騒ぐのは目に見えているから困った事だ。)





蛇足


デタラメ国家がこの21世紀に存在すること自体異常だ。わがままは、在日の総連などに通じるものだ・。日本は日本人のものであり、勝手に既成事実を積上げる行為はいらないだろう。敵対しているなら、強制送還されるべきものなのだ・。核には核を、デタラメを正義などというんじゃねぇ・・目には目を・と言うことだ。

ハロウイン

Halloween o(^▽^)o・・・・(o^-')b

役者がそろいますた・・。


Kim Jong Ilえっ
   





   




太田龍氏の時事寸評から






日本の真の愛国者と、ドイツの真の愛国者の真剣な交流と提携の必然性に気付くべき時。
??




更新 平成18年10月18日23時00分



平成十八年(二〇〇六年)十月十八日(水)

(第一千八百三十七回)



○「第二次世界大戦」についての敗戦後の日本人の常識は、



○東京裁判史観と、ニュルンベルク裁判史観と、



○この二つの史観を合成したものによって、形成されて居る。



○この常識は今や、日本人の心理の中で、牢固として抜き難い。



○しかし、表面から見ても、

 東京裁判と、ニュルンベルク裁判と、



○この二つの裁判の間には、きはめて異常な相異が存在する。



○それは、日本とドイツと、この二つの「同盟国」の、

 最高首脳の運命の相異である。



○ドイツの首脳は、ヒットラーである。

 そしてこのヒットラーは、ソ連軍が首都ベルリンに突入し、



○ベルリンの市街戦が遂行される中で、



○自決した。



○ヒットラーは、自決する前に、二つのことをして居る。



○一つは、ドイツ国民への遺言である。

 これはのちに公刊され、日本語版も出て居る。

 (『ヒトラーの遺言 ― 一九四五年二月四日‐四月二日』

  訳・解説:篠原 正瑛 、原書房、一九九一年刊)



○もう一つは、ヒットラー自決後のドイツ元首として、

 デーニッツ提督を任命したこと。



○デーニッツの政権閣僚は、米国軍によって逮捕された。



○そして、米英ソ連の連合国は、生存して居たナチスドイツ首脳

 を逮捕して、ニュルンベルクで裁判するのである。



○これに対し、



○日本では、元首としての天皇は、



○そのまま、皇居に住み続け、



○東京裁判当局は、天皇を戦犯に問はないとの、米国政府の指令

 を受けて居た、



○これはよく考えると、

 否、よく考えなくても一見して、



○きはめて異様である。



○ドイツは、

 米英仏占領下の西ドイツと、ソ連占領下の東ドイツとに



○分裂した。



○旧ドイツ東部の尨大な国土が、



○ソ連とポーランドの領土とされた。



○これは問答無用の暴力である。



○西ドイツでは、ドイツ基本法、なるものがつくられて、



○その基本法のもとに、西ドイツ政府が発足した。



○しかし、マンフレッド・レーダーが告発して居るように、



○これは、米国のシカゴ大学で短期間に起草され、西ドイツに

 押し付けられたものである。



○これに反し、日本では、新憲法は昭和天皇の名の下に、



○旧明治憲法の「改正」と言うかたちで「合法的」に、

 議会で可決された。



○敗戦後の事情についてのドイツと日本のこの違いを、



○日本人は、突き詰めて考察することを、今日まで全くしないで

 来た。



○そのことは何を意味するか。



○そのことは、敗戦後の日本人が、「第二次世界大戦」について、

 日本人としての系統的な、組織的な、合理的な歴史観を持ち

 得ない、



○と言うことを意味するのである。



○つまり、日本人は、

 日本人としての歴史を切断されて居るのである。



○歴史を奪はれた民族は必ず滅亡する。



○ここに、我々が、日本の真の愛国者と、ドイツの真の愛国者と、



○その両者の間の真剣な対話と交流と提携を追及すべき必然性が

 存在する。



 (了)

スカルアンドボーンズ

Confession No. 18: Inside Illuminati Lodge Skull and Bones 322 Yale University

2006 10 19


告白No.18:啓蒙主義者ロッジ、スカルアンドボーンズ322エール大学内で


2006 10 19


According to Italian celebrity, Leo Zagami, these our truly the end times because the Jesuit Order, firmly in control of the Catholic Church and NWO, are well known black magicians of the most powerful kind, dealing directly with the Devil himself.


This Confession to the Jesuits features the efforts of Leo Zagami, an Italian fighting the forces of evil by exposing real stories about evil Satanists, hiding behind names like the Illuminati, Zionists, Freemasons, P2, GLADIO, Opus Dei, the Jesuits and the New World Order.


Zagami is a man of many talents, becoming one of Italy's most respected DJ's and a member of one of his countries successful dance music shows called Centro Suono Sound System.


Besides recording his own music and starting a successful record label, in 1994 he hosted a very funny night talk show on a local Roman radio, and in 1995 he became part of the now famous HOUSE MACHINE TEAM, hosting shows on Swiss National radio, COLOUR 3.


イタリアの有名人(レオZagami)によるとこれらの我々、本当のところ、終わりはイエズス会士勲位(しっかりとカトリック教会とNWOを管理している)が、彼自身直接Devilに対処して、最も強力な種類の有名な黒人の魔術師であるからの時間を計ります。


イエズス会士へのこのConfessionは、レオZagami、凶悪な悪魔主義者についての本当の話を露出させることによって悪の力と戦っているイタリア人、Illuminatiのような名前の後の潜伏、シオン主義者、フリーメーソンの努力を特徴とします、P2、GLADIO、オプスデイ、イエズス会士とNew World Order。


Zagamiは多くの才能の男性です。そして、イタリアの最も尊敬されたDJのうちの1人と成功したダンス音楽がCentro Suono Sound Systemと呼ばれて示す彼の国のうちの1つのメンバーになります。


彼自身の音楽を録音して、成功したレーベルを始めることの他に、彼がホストをつとめた1994年に非常におかしい夜話がローカルローマのラジオで、そして、1995年に彼が今のもののパートになったことを示すこと有名なHOUSE MACHINE TEAM、スイスのナショナルラジオのホストをつとめているショー、COLOUR 3。


Presently, Zagami is experimenting to create the ultimate DJ concept of the future, in which he becomes the High Priest DJ of electronic music. Now, in 2006, he is one of the biggest representatives of Cosmic Sound in northern Europe, simply defining his music as enlightened.


However, besides music, Zagami is dedicated to the truth and recently started an English speaking web site, Illuminati Confessions, to enlighten Americans about what many Europeans know about the real intentions of the New World Order.


"My web site has everything you always wanted to know about the real story of the Illuminati and the struggle between good and evil in the end of times, before the great surprise of 2012," said Zagami.


Here is a reprint of one of Zagami's recent posts entitled Skull and Bones and the Final Show, raising many questions about the Jesuits and the Vatican role in the Order of the Illuminati.


現在、Zagamiは将来の最終的なDJ概念をつくるために実験しています。そこにおいて、彼は電子音楽のHigh Priest DJになります。現在、2006年に、彼は北ヨーロッパのCosmicサウンドで最も大きい代表のうちの1人です。そして、教化されて、単に彼の音楽を定めます。


しかし、音楽の他に、アメリカ人に多くのヨーロッパ人がNew World Orderをする本当の意図について知っているものを教えるために、Zagamiは真実に捧げられて、最近英語を話すウェブサイト(Illuminati Confessions)を始めました。


「2012年の大きな思いもかけないことの前に、私のウェブサイトは、あなたが常に時間の終わりでIlluminatiの本当の物語と善悪の争いについて知っていたかったすべてを持ちます」と、Zagamiが言いました。


イエズス会士とIlluminati.の勲位でのバチカン役割についての多くの質問を持ち出して、SkullとBonesと表題をつけられるZagamiの最近のポストのうちの1つの再版は、ここにあります、そして、決勝ショー


Inside Illuminati Lodge Skull and Bones 322 Yale University


There is a devil, a Don Quixote and a Pope who has one foot sheathed in a white monogrammed slipper resting on a stone skull. The initiates are led into the room one at a time. And once an initiate is inside, the Bonesmen shriek at him. Finally, the Bonesman is shoved to his knees in front of Don Quixote as the shrieking crowd falls silent. And Don Quixote lifts his sword and taps the Bonesman on his left shoulder and says, 'By order of our order, I dub thee knight of Euloga.' (Skull and Bones Ritual/Show inside Yale University USA)


The show is very simple, it's between three characters. Which are the Pope... popi, then you have the Emperor and the Devil. But the western people has substituted the Emperor with a distorted version of Don Quixote for the final chapter. Why Don Quixote?


Because the western has chosen the path of freedom against any temporal form of power, which means at the end communism and atheism if badly interpreted...The real Don Quixote never looses is faith because without God you become a satanist. So the false western illuminati ideal of Adam Weishaupt was born out of a bunch corrupt European aristocrats, who has accepted money from the Jews selling of their states, families, servants, and even their dogs in exchange for atheism.


啓蒙主義者ロッジ頭と骨322エール大学内で


1本の足を石の頭にのっている白いモノグラム付きのスリッパで包んでもらう悪魔、ドンキホーテと法王が、います。入会者は、一つずつ部屋に案内されます。そして、一旦入会者が中にいるならば、Bonesmenは彼で悲鳴をあげます。最後に、悲鳴をあげている群衆が黙っているようになって、Bonesmanはドンキホーテの前で彼のひざの方に押しやられます。そして、ドンキホーテは彼の剣を持ち上げて、Bonesmanを彼の左肩に軽く打ちつけて、言います ? 『我々の命令の順序によって、私は汝をEulogaの騎士と呼びます。』(エール大学USAの内側の頭とBones Ritual/Show)


ショーは非常に単純です、それは3文字の間にあります。どちらが、ローマ法王ですか...popi、そしてあなたには、皇帝と悪魔がいます。しかし、西の民族は、最終的な章のためにドンキホーテのゆがめられたバージョンで、天皇を代えました。なぜキホーテを受け入れますか?


ウェスタンがひどく解釈されるならば終わりに共産主義と無神論を意味する力のどんな現世の形にでも対して自由の通り道を選んだので、...神なしであなたが極悪人になるので、キホーテが決して緩めない本当のドン川は信頼です。A・ワイスハウプトの間違った西の啓蒙主義者理想が束から生まれたように、無神論と引きかえに彼らの州、家族、使用人と彼らの犬さえの売っているユダヤ人からお金を受け取ったヨーロッパの貴族を堕落させてください。


From the French revolution onwards we see actually a faster and faster decline of moral values, typical of the growing atheism that was going against the corrupt Catholic religion starting from the decadent aristocratic circles of that period. But let's also remember that what was created in 1776 The Order of the illuminati and the United States of America, was in the first place a group secretly working with the Vatican rebels of that time, the Jesuits! In the present time instead, the Jesuit order has been recently nominated and promoted to one of the most powerful post in the Vatican (what a surprise?). The modern inquisition otherwise known as the Congregation for the Doctrine of the Faith.


This means that the Jesuits who first brought to peoples attention to Egyptian alchemical knowledge and other secret Egyptian formulas including black magic hidden in the Vatican archives for centuries are now finally in charge of the Catholic faith.


前方へフランスの革命から、我々は実際に、道徳的な価値(その期間の頽廃的な貴族的な環から始まっている不正なカトリック宗教に反していた発達する無神論に特有の)のより速くてより速い低下を見ます。しかし、また、覚えていましょう∥どうですかことが、1776年に啓蒙主義者とアメリカ合衆国の勲位を構築しました、アメリカは第一に、その時間(イエズス会士)のバチカン反乱軍とともにひそかに働いているグループでした!その代わりに現在に、順序が候補に挙げられて、バチカンで最も強力なポストのうちの1つに昇進して最近あったイエズス会士(なんと思いもかけないことがあるだろう?)。現代の徹底的な調査(別名FaithのDoctrineのためのCongregation)。


これは、最初がエジプトの錬金術の知識に対する民族注意を引くように示したイエズス会士と何世紀もの間バチカンアーカイブに隠される黒魔術を含む他の秘密のエジプトの公式が最終的に現在カトリック信頼を担当してあることを意味します。

So as we can imagine being the chosen one in this case will be a blessing and a curse. May God provide us with legions of Angels to fight the demonic forces in such difficult and demanding times in search of our true leader.


Western people wake up and smell the coffee we are about to start a war even bigger then the present one ?.though more invisible it is more dangerous because Satan now wants not only your body, your family or your material wealth but YOUR MIND and he calls it "freedom" but there is no freedom in the Kingdom of MIND CONTROL and credit cards. Only big Banks and their owners who are secretly linked to a chain of black magicians and evil Rabbi's who want to take over the world with the help of a few corrupt Bedouins and a gay Pope sitting in the Vatican.


したがって、私たちが想像することができるように、この場合選ばれたものであることは、天恵と呪いになるでしょう。 神が、そのような難しくて過酷な時代に私たちの本当のリーダーを求めて悪魔の力と戦うためにAngelsの軍勢を私たちに提供しますように。


1つ?より目に見えない.thoughを寄贈してください。西洋の人々がその時さらに大きく戦争を始めようとしているために目覚めて、コーヒーのにおいをかぐ、魔王が現在、あなたの身体、あなたの家族またはあなたの物質的な富だけではなく、YOUR MINDも欲しく、彼が、それを「自由」と呼ぶので、それは、より危険ですが、自由が全くMIND CONTROLとクレジットカードのKingdomにありません。 大きいBanksと秘かにいくつかの助けで世界を引き継ぎたがっている黒人の魔術師と不吉なRabbiのもののチェーンにリンクされる彼らの所有者だけがベドゥインとバチカン市国に座っている同性愛者の法王を堕落させます。


So is very difficult to save your soul because Satan is at present time winning the game unfortunately and in one way or the other we are all connected to his web of materialistic nonsense and fake values.


A major demonstration of your faith towards God and his beautiful creation is the only way you can fight the Devil in the end of times but you must also be ready to confront soon his evil legion of men on earth, who will try to defend him, because they sold their soul to Satan himself in the illuminati Lodges all over the world, and they will never leave him even if he will leave them to perish like idiots and leave himself, at the very end... probably going to another destination as the mission continues Galaxy after Galaxy, Time after Time.


非常に残念ながら、現在、ゲームに勝つのに魔王がいて、1つの方法かもう片方では、私たちが皆、彼の唯物論のナンセンスのウェブに接続されるのであなたの精神を救う難しい、そして、偽物値もそうです。


神に対するあなたの信頼と彼の美しい創造の主要なデモンストレーションは結局の回のDevilと戦うことができる唯一の方法ですが、また、あなたもすぐ、彼の地球の男性の不吉な軍勢に立ち向かう準備ができていなければなりません。(その男性は、彼を防御しようとするでしょう); … 彼らが世界中のilluminati Lodgesの魔王自身に魂を売って、彼らに馬鹿のように死に、彼が自分を置き去りにさせても彼を決して置き去りにしないので、どん尻に、たぶん任務として別の目的地に行くのは次々と、銀河(次々とTime)を続けます;


Greg Szymanski


Greg also has his own daily show on the Genesis Communications Network. Go to www.gcnlive.com
Greg Szymanski is an independent investigative journalist and his articles can been seen at www.LewisNews.com
. He also writes for his own site www.arcticbeacon.com


Listen to my Radio Broadcast live Monday night at 8pm Pacific time on LewisNews, returning Jan. 1 2006 Radio http://webs.lewisnews.com/radio/index.htm
. Greg is also regular on Rense.com
the first Thursday of every month at 9-10 pm pacific time.


グレッグSzymanski


また、グレッグは、彼自身の日刊誌が創世記Communications Networkに表示されるのを持っています。 www.gcnlive.com
に行ってください。グレッグSzymanskiは独立している調査のジャーナリストとwww.LewisNews.com
で見られた彼の記事缶です。 また、彼は彼自身のサイトwww.arcticbeacon.com
に書きます。


私のRadio Broadcastが月曜日の夜の午後8時LewisNewsで太平洋標準時の、そして、戻っている2006年1月1日Radio http://webs.lewisnews.com/radio/index.htm
のときに生きるのを聞いてください。 また、グレッグも午後9-10時の平和な最初の木曜日の毎月時にRense.comでレギュラーです。





So these our truly the end of times because the Jesuit Order are well known black magicians of the most powerful kind, dealing directly with the Devil himself and his colleagues trough various sects and secret societies like the illuminati created for the corrupt Freemasons of our time .


For the Angelical side a supposed support should come from their "older Brothers" (that's how the past Pope defined them) the Jews who have at present no God but gold in their Zionist creed and want to rebuild the Temple of Solomon to place the Anti=Christ of the evil illuminati.


In the meantime, they celebrate secret black magic rituals in the underground rooms of Jerusalem, together enter with a androgen priestess belonging to the Order of Zion (another illuminati Zionist trap built in Switzerland) called Michela Mercenaro who used to be a Catholic priest called Don Michele Mercenaro officialy operating in Vatican HQ' s.This before Don Michele now Michela had a sex change and marriage fully approved by the Holy Seed in the Vatican and strongly supported by the italian Freemasons who even guested her on a TV SHOW by known P2 member Maurizio Costanzo on P2 Brother Silvio Berlusconi TV channel 5.


これらの我々本当に時間の終わりイエズス会士勲位が最も強力な種類の有名な黒人の魔術師、直接彼自身Devilとの取引と啓蒙主義者のようないろいろなセクトと秘密結社が我々の時間の堕落したフリーメーソンのためにつくった彼の同僚谷であるから。


Angelical側のために想定された支持が彼らの「年上のブラザーズ」(それは、前の法王が彼らを定めた方法です)から来なければならないこと現在神でなく、しかし、彼らのシオン主義者信条の中の金を持っていて、凶悪な啓蒙主義者のAnti=Christを置くためにソロモンのテンプルを再建したいユダヤ人。


その間に、彼らはエルサレムの地下部屋で、秘密の黒魔術儀式を執り行います、一緒に、バチカンHQでofficialyに動いているドンミシェルMercenaroと呼ばれているカトリック聖職者であったものであるMichela Mercenaroと呼ばれているシオン(もう一つの啓蒙主義者シオン主義者罠は、スイスを組み込みました)の勲位に属しているアンドロゲン尼僧と入ってください』ドンミシェルの前にs.This、現在、Michelaは完全に性の差による変更と結婚をバチカンでHoly Seedによって承認して、強くitalianフリーメーソンで支えておきました。そして、ゲスト出演さえしましたP2ブラザーシルヴィオベルルスコーニテレビチャンネル5に所属する名の知られたP2メンバーマウリッチオコスタンツォによるテレビSHOWの上で彼女。


Now Michela Mercenaro works officialiy for a university in Rome, writes New Age rubbish on the net and secretly collaborates with the Italian police in cases related to the world of the occult.


Disciple of Michela Mercenaro its a known Italian Freemason at times working for the Secret Services, Bro.Roberto Amato of the powerful P2 Lodge/ GLADIO Network working with the GRAND LODGE OF NEW YORK trough Commandant Giorgio Hugo Balestrieri one of the present Directors of the NEW YORK ROTARY CLUB and a big fan of Michela Mercenaro.


Bro.Roberto Amato was recentely invited to join officialiy the GRAND LODGE OF NEW YORK with other ten members of his own Masonic Obedience the GLIDI, Bro.Amato is also the new Italian leader of the Imperial Order created by il Duce Benito Mussolini.


Bro.Amato is the writer of a book we published on our site on women freemasonry and the Devil (unfortunately we only have it in Italian at the moment).


Roberto the illuminati wants to make out of Michela Mercenaro originaly a freak of nature that was half man, half woman the next Grand Master for woman Freemasonry in Italy... as he doesn't really want a real woman after all his nice words on the book but only a fake version with balls(nice try mate).


現在、Michela Mercenaroはローマの大学のためにofficialiyを働かせて、ネットにニューエイジゴミを書いて、オカルトの世界に関連したケースで、ひそかにイタリア警察と協力します。


Michela Mercenaroの弟子その時々知られているイタリア人のシークレットサービスのために働くフリーメーソン、Bro.Roberto NEW YORK ROTARY CLUBの現在のディレクターのGRAND LODGE OF NEW YORK谷Commandant Giorgio Hugo Balestrieri 1で働いている強力なP2 Lodge/GLADIO Networkのアマート、そして、Michela Mercenaro.の大ファン∥


アマートがrecentelyにそうであったBro.Robertoは彼自身のフリーメーソンのObedienceの他の10人のメンバーと接点officialiyにGRAND LODGE OF NEW YORKを招きましたGLIDI、Bro.Amatoはil Duceベニートムッソリーニによって構築される帝国勲位の新任のイタリアのリーダーでもあります。


Bro.Amatoは、我々が女性フリーメーソン団とDevil(残念なことに、我々は現在イタリア語でそれを持つだけです)の上で我々のサイトで出版した本の筆者です。


Michela Mercenaroからの製造への啓蒙主義者必要とする物がoriginalyするロベルト半分の男性であった奇形の人、半分の女性が、イタリアの女性のフリーメーソン団のための次の会長です...彼が本の全ての彼の素晴らしいことばの後の本当の女性だがでなくボール(素敵なトライ仲間)による偽のバージョンだけを本当に望んで。


This position of Roberto Amato was actualiy criticized by the woman illuminati of the Zonta interanational at the recent Universal Unity Conference of San Cerbone in early June 2006 e.v. but Roberto Amato is currentely one of the people responsible for the italian Masonic Federation GRANDE ORIENTE FEDERALE D'ITALIA. The GOIF is a part of the illuminati network created by Brother Rui Gabirro "the Duke of Cabinda" Grand Secretary of the Regular Grand Lodge of England and a slave of the New World Order.


So the plan we are all so desperate to know is for the New World Order to have full control of the show, terrorize everyone and place the Anti-Christ on the throne which they have already done if you were sleeping in the last 6 years...


And they will now go on for the next 6 with more destruction, pain and sufferance, 6 years but on that time 21st of December 2012 a Prophet will come forward as the Prophecies say and finaly fight this New World Order of Satan and the result will be ARMAGEDON thats survival of the fittest in spiritual matters, and great destruction for all delivered by God himself, followed by several wars that will eventually bring togheter the Kingdom of the real Messiah, the Kingdom of God, a Kingdom of peace, tollerance and truth, and that's the real Islam not the one created by the CIA and their MOSSAD Zionist friends, because that's only more mind control and slavery directed by the Antichrist.


ロベルトアマートのこの見解はactualiyが2006年6月の初めにサンCerboneの最近のUniversal Unity ConferenceでinteranationalなZontaの女性の啓蒙主義者によってe.v.を批判したということでした、しかし、ロベルトアマートはitalianのフリーメーソンの同盟GRANDE ORIENTE FEDERALE D'ITALIAに対して責任がある人々のcurrentelyな一人です。GOIFは、イングランドのRegular Grand LodgeのブラザールイGabirro「Cabindaのデューク」グランド秘書とNew World Orderの奴隷によって作成される啓蒙主義者ネットワークの一部です。


あなたがこの6年で眠っているならば我々全員がとても知っていたくてたまらない計画がショーの完全な制御をして、誰でも脅迫して、Anti-キリストを彼らがすでにした王座に置くためにNew World Orderのためであるように、..そして、Propheciesが言って、finalyに魔王のこの新世界秩序と結果と戦うとき、彼らは、ARMAGEDON thatsが霊的な件に関する適者生存と、神自身によって渡されたすべてのためのかなりの破壊であるつもりであったならもう、6年間より多くの破壊、痛み、および黙認で次の6に近づきますが、マホメットがそうするその2012年12月21日時に進み出るでしょう; 結局本当の救世主のKingdomをtogheterにもたらす数回の戦争で続かれて、神と、平和のKingdomと、tolleranceと、真実と、そのKingdomはものではなく、CIAと彼らのモサドのシオニスト友人によって創設された、本当のイスラム教です、それが、より多くのマインドコントロールとAntichristによって指示された奴隷制度であるにすぎないので;





中国は、北朝鮮の脅威で我々を行き詰まらせます

China Checkmates US with North Korean Threat


By Henry Makow Ph.D.

October 14, 2006







by Henry Makow Ph.D.



It appears
that China has outflanked George Jr. and the Neo Cons and stymied NWO plans for world hegemony based on control of Middle Eastern and Central Asian oil.



By getting its proxy North Korea to menace South Korea and Japan, China

has saved Iran and written the epitaph for the US in Iraq. America cannot pursue its Middle East strategy while contending with another war in North East Asia.



While a US carrier group steamed toward Iran (because of its nuclear research,) North Korea was exploding nuclear weapons and threatening to attack Japan and the US! Nothing could better demonstrate the bankruptcy of Bush's foreign policy.



In the terms of Brzezinski's "Grand Chessboard" this is "checkmate" to the US and Israel, pawns of London-based central bankers. The US has already withdrawn from Al Anbar province. Withdrawal from the rest of Iraq is now just a matter of time.



I watch the network news for the spin, not for the "information," and Friday the spin was new. CBS had a panel of elite talking heads addressing the subject:" How can we get out of Iraq?"



One said and I quote, "theocracy may be the most we can hope for; liberal democracy is impossible." Hello!? The US can take credit for putting Iranian Ayatollahs in power!



On Tuesday morning, the Iraqi Resistance
blew up the main US arsenal
in Baghdad killing dozens of Americans and destroying millions in arms. That was real news, so it wasn't reported.



As you know, the British army Chief of Staff said Britain needs to get out of Iraq. US generals are also in revolt. US politicians said we need to negotiate with Iran. You get the picture. The Neo-Con controlled US foreign policy is in disarray. All that remains is face saving. The easy money has been made. It's time to fold.



It's very possible China is also controlled by the Illuminati, and that the US-Chinese rivalry will eventually end in world war.



But in the meantime I hope those responsible for the Iraq fiasco will be repudiated.The Democrats will be net beneficiaries although they are equally responsible. We may get a breather for a couple of years while the NWO bankers discover other ways to bury Western civilization and take away our freedom.

----



Note: I acknowledge the influence of Joseph Ehrlich's valuable commentary. He refers to Kim Jong-Ill as China's 'suicide bomber' willing to make any sacrifice. In his latest newsletter, he remarks that there have been three earthquakes affecting Japan since the NK test, and that scientists confirm the test could have caused the quakes.


中国は、北朝鮮の脅威で我々を行き詰まらせます

ヘンリーMakow博士によって

2006年10月14日





ヘンリーMakow博士によって


中国がジョージJr.とネオコンズの裏をかいて、中東で中心アジアの油の制御に基づく世界覇権のNWO計画をじゃましたように見えます。


その代理北朝鮮に韓国と日本を脅かさせることによって、中国はイランを救って、イラクの米国のために、碑銘を書きました。北東アジアでもう一つの戦争と戦っている間、アメリカはその中東戦略を続行することができません


米キャリヤーグループがイラン(その核研究のため)の方へ湯気を立てる間、北朝鮮は核兵器を爆発させていて、日本と米国を攻撃すると脅迫していました!何も、ブッシュの外交政策の破綻をよりよく示すことができませんでした。


ブレジンスキーの「壮大なChessboard」の条件には、これは米国とイスラエル(ロンドンに基づく中央銀行総裁の駒)への「チェックメイト」です。米国は、アルAnbar行政区からすでに退出しました。残りのイラクからの撤回は、現在ちょうど時間の問題です。


「情報」以外のために、私は回転のためにネットワークニュースを見ます、そして、金曜日に、回転は新しかったです。CBSには、主題について述べているエリートのコメンテーター委員会がありました:「どのように、我々はイラクから出ることができますか?」


人は言いました、そして、私は引用します、「神政は、我々が望むことができる最も多くのものであるかもしれません;自由主義の民主主義は不可能です。」Hello!?米国は、イランのアヤトラを政権を握っているようにすることを自分の手柄にすることができます!


火曜日の朝に、イラクのResistanceは、何十ものアメリカ人を殺していて、武装して数100万を破壊しているバグダッドで、主な米国の兵器を吹き飛ばしました。それは本当のニュースでしたので、それは報告されませんでした。


御存知の通り、英国の軍参謀長は、英国がイラクから出る必要があると言いました。米国の将軍は、反乱中でもあります。米国の政治家は、我々がイランと交渉する必要があると言いました。あなたは、絵を得ます。Neo-Con制御されたUS外交政策は、混乱しています。残る全ては、顔節減です。あぶく銭は儲けられました。折り重なる時間です。


中国がIlluminatiにもよって支配されることは非常にあり得ます、そして、その米国中国の競争は結局世界大戦で終わります。


彼らが等しく責任があるけれども、一方、私がイラク大失敗の責任者がrepudiated.The民主党であることを望むことはネット受益者です。NWO銀行家が西洋文明を埋めて、我々の自由を取る他の方法を発見する間、我々は二年の間ひと休みを得るかもしれません。


注:私は、ジョセフエールリッヒの価値ある解説の影響を認めます。彼は、どんな犠牲を払う気持ちがある中国の『自爆テロ犯』として、キムジョング-Illに言及します。彼の最新の会報では、彼はNKテスト以来日本に影響を及ぼしている3つの地震があったと述べます、そして、その科学者はテストが地震を引き起こすことがありえたことを確認します。




US grants N Korea nuclear funds


Wednesday, 3 April, 2002, 12:06





Pyongyang threatened to pull out of the nuclear deal


The US Government has announced that it will release $95m to North Korea as part of an agreement to replace the Stalinist country's own nuclear programme, which the US suspected was being misused.

Under the 1994 Agreed Framework an international consortium is building two proliferation-proof nuclear reactors and providing fuel oil for North Korea while the reactors are being built.


In releasing the funding, President George W Bush waived the Framework's requirement that North Korea allow inspectors to ensure it has not hidden away any weapons-grade plutonium from the original reactors.


President Bush argued that the decision was "vital to the national security interests of the United States".


Deal under threat


North Korea has repeatedly threatened to withdraw from the agreement in recent weeks.




The row has heightened tensions on the peninsula


It has been angered by President Bush's accusation that Pyongyang was part of an "axis of evil" producing weapons of mass destruction.


This annoyance was compounded by Washington's decision to withhold this year's certification that North Korea is keeping its side of the Agreed Framework.


It has systematically refused to allow International Atomic Energy Agency (IAEA) inspectors into its nuclear facility at the Yongbyon research base north of the capital.


Delayed


Pyongyang has justified its refusals by pointing out that the reactors are way behind schedule.


They were originally expected to have been completed next year, but now construction is not expected to even begin until August.


Another issue is the different interpretations of the inspections' timing.


According to the Framework, North Korea should be fully compliant with IAEA safeguards when "a significant proportion" of the project is completed.


The builders say that will be around May 2005, and given the inspections will take at least three years, this means that North Korea should start admitting inspectors now.


But Pyongyang believes that they should only allow the inspections to start, rather than finish, by that date.


The head of the Non-proliferation Policy Education Centre in Washington, a critic of the Agreed Framework, has warned that even when the new reactors are completed they may not be tamper-proof.


"These reactors are like all reactors, They have the potential to make weapons. So you might end up supplying the worst nuclear violator with the means to acquire the very weapons we're trying to prevent it acquiring," Henry Sokolski told the Far Eastern Economic Review.





米国は核の資金を北朝鮮に与えます。




ピョンヤンは、核の取り引きから手を引くと脅しました。

米国政府は、それが、米国が、悪用されていたと疑っていたスターリン主義者国自身の原子力計画を取り替えるために協定の一部として北朝鮮に9500万ドルをリリースするであろうということを発表しました。

1994年の合致枠組の下で、原子炉が築かれている間、国際的なコンソーシアムは2つの増殖防止原子炉を築いていて、北朝鮮に重油を提供しています。

出資をリリースすることにおいて、ジョージWブッシュ大統領は、北朝鮮が、検査官が、それがオリジナルの反応者にアウェイのどのような兵器級プルトニウムを隠さなかったと保証することを可能にするという枠組の必要条件を放棄しました。

ブッシュ大統領は、決定が「米国の国家安全保障興味への活発」であったと主張しました。

脅威の下の取り引き

北朝鮮は、繰り返し、最近の週で協定から引っ込むと脅しました。

列は半島の上の緊張を高めました。

ピョンヤンが大量破壊兵器を生産している「悪の軸」の一部であったことはブッシュ大統領の告発によって怒らせられています。

このいらだちは、北朝鮮がその側の合意された枠組を保持しているという、今年の証明を抑えるワシントンの決定によって複合されました。

それは、体系的に、首都の北のYongbyon研究ベースでその核施設の中に国際原子力機関(IAEA)検査官を許すことを断りました。

延期されます

ピョンヤンは、反応炉がスケジュールから遅れる方法であることを指摘することによってその拒絶を正当化しました。

それらは、元来、来年完成していることを期待されていたけれども、現在、建設工事は、8月まで始まりさえすることを期待されていません。

別の問題は検査のタイミングの違う翻訳です。

枠組によると、プロジェクトの「重要な釣り合い」が完成する時に、北朝鮮はIAEA予防手段によって完全に従順であるべきです。

ビルダーは、それが2005年5月にあるであろうと伝えていて、検査が少なくとも3年かかるであろうので、これは、北朝鮮が現在検査官を入れ始めるべきであることを意味しています。

しかし、ピョンヤンは、それらが、その日付までに終わるというよりも検査が始まることを可能にするだけであるべきであると信じます。

ワシントン(合意された枠組の批評家)の不拡散方針教育センターの頭は、新しい反応炉が完成する時にさえ、それらがタンパー防止ではないかもしれないことを警告しました。

「これらの反応炉はすべての反応炉に似ていて、それらは、武器を作る可能性を持っています」。

極東経済年報に、「従って、あなたは、私達が、それが取得することができないようにしているまさしくその武器を取得する方法を最も悪い核の違反者に供給するのを最終的にするかもしれません」とヘンリーSokolskiは言いました。

北朝鮮の動きは、核実験の準備を合図するかもしれません:米国の当局者



NKorean activities may signal nuclear test preparations: US official


AFP | October 17 2006


Activity detected at potential North Korean test sites could be consistent with preparations for a second nuclear test but not necessarily evidence a test is imminent, a US intelligence official said Tuesday.

The official said North Korea could conduct a test "with little or no warning" but a decision to do so would be "as much political as it is technical," said the official, who spoke on condition of anonymity.


"How close they may be to pulling the chain or pressing a button is what's not clear," the official said.


The United States and France on Tuesday warned North Korea, which conducted its first nuclear test on October 9, not to proceed with a second test. US intelligence confirmed only on Monday that the first test was nuclear.


US Defense Secretary Donald Rumsfeld told reporters the guessing game about what North Korea might do next was "speculation," but he observed that "we've seen them do things in multiples rather than singles."


"There's speculation that they may want to do something additional. There's also speculation they may not. So only time will tell," he told reporters after meeting here with Singapore's Lee Kuan Yew.


The unusually low yield of the first North Korean test, which amounted to the equivalent of 200 tons of TNT according to some US intelligence estimates, is widely regarded as evidence that the nuclear device did not work as intended.


北朝鮮活動は核実験準備を示すかもしれません: 米国の職員


AFP| 2006年10月17日


潜在的北朝鮮の実験場に検出された活動はテストが差し迫っているという必ず証拠ではなく、2番目の核実験のための準備と一致しているかもしれません、と米国の諜報職員は火曜日に言いました。

T当局者は北朝鮮が「ほとんど警告を鳴らさないで」テストを行うことができると言いました、しかし、そうするという決定は「それが技術的な同じくらい政治的です」と、当局者が言いました。そして、その人は匿名を条件に話しました。


「チェーンを引くか、またはボタンを押すのに彼らがどれくらい近くにいるかもしれないかは、明確でないことです。」と、職員は言いました。


合衆国とフランスは、火曜日に2番目のテストを続けないように北朝鮮に警告しました。(それは、10月9日に最初の核実験を行いました)。 米国情報機関は、単に月曜日に最初のテストが核であると確認しました。


米国の国防長官のドナルド・ラムズフェルドは、北朝鮮が次にするかもしれないことに関する謎解きゲームが「思惑」であるとレポーターに言いましたが、彼は、「私たちは、彼らがシングルスよりむしろ倍数でことをするのを見ました。」と述べました。


「彼らが何か追加していることをしたがっているかもしれないという思惑があります。」 それらがそうしない思惑もあります。 「そのように、時間だけが言うでしょう。」と、彼はシンガポールのリー・クアンユと共にここで会った後に、レポーターに言いました。


最初の北朝鮮のテストの異常に低利回りは広く核装置が意図されるように動作しなかったという証拠と見なされます。(いくつかの米国知性見積りに従って、テストは200トンのTNTの同等物に達しました)。



A failure in the first test might lead the North Koreans to conduct a second test to correct what went wrong, and to put to rest international doubts about the workability of its nuclear weapon.


"Certainly nobody is discarding the possibility of a second test for a whole lot of reasons," the US intelligence official told AFP.


North Korea might conduct the test to thumb its nose at a United Nations Security Council resolution imposing sanctions for its first test, he said.


"These are all real possibilities, and the activity observed could be consistent with that, but it doesn't in and of itself really get you there," the intelligence official said.


The official said activity has been observed at potential test sites since the first test, but he would not describe it further to protect sources and methods.


He said activity at the sites was "not the decisive bellwether. And if people are working off activity alone, I'm not certain that's enough to say something's imminent."


A second intelligence official, who also spoke on condition of anonymity, said the activity involved the movement of cable and people, and the appearance of a new structure at one of the suspected test sites.


But he, too, said the activities were not necessarily indicators that a test was imminent.


Unlike a North Korean long-range missile test in July, the official said, there was no obvious checklist of things to be observed that would indicate the timing of a second test.





初のテストの失敗は、北韓国人にうまくいかなかったことを修正して、その核兵器の実行可能性に対する国際的な疑いを休みに出すために第2のテストを行わせるかもしれません。


「確かに、誰もたくさんの理由に対する第2の検査の可能性を放棄していません」と、米国情報当局者がAFPに話しました。


北朝鮮はその初のテストのために制裁を押しつけている国連安全保障理事会決心をばかにするためにテストを行うかもしれませんと、彼が言いました。


「これらは、全ての本当の可能性です、そして、観察される活動は、それと一致していることがありえました、それが中でそうしない、そして、本当にそれ自体の、あなたをそこでつかまえてください」と、情報当局者が言いました。


当局者は活動が初のテスト以来潜在的試験場で観察されたと言いました、しかし、彼は源と方法を保護するためにさらにそれを解説しません。


彼は、サイトの活動が「決定的な指標でないであると言いました。そして、人々が単独で活動から働いているならば、私はそれが何かが差し迫っていると言うのに十分なことを確信していません。」


第2の情報当局者(その人はまた、匿名を条件に話しました)は、活動がケーブルと人々の動きと疑わしい試験場の一つの新しい構造の外観を必要とすると言いました。


しかし、彼は、また、活動が必ずしも、テストが差し迫っていた指標であるというわけではないと言いました。


7月の北朝鮮の長期のミサイル実験と違って ? 当局者が、言った ? 観察されるそれが第2のテストのタイミングを示すということの明らかなチェックリストが、ありませんでした。

新保守主義者は、核偽善を隠すために失敗テストを回転させます。



Neo-Cons Spin Dud Test To Hide Nuclear Hypocrisy

Drudge Report, Washington Times downplay blast to conceal stupidity of attacking Iran, source of North Korean nukes being Rumsfeld and Bush protected networks


Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | October 10 2006


Neo-Cons have seized upon doubts about the scale of North Korea's nuclear test to craft a talking point that the blast was a dud in an attempt to conceal the hypocrisy of hyping a war with a non-nuclear Iran in the face of North Korea's open proliferation, and the fact that Kim Jong-il bought his weapons from arms networks that were protected by the Bush administration.


Bill Gertz and the Washington Times, usually the first to spit out volleys of rampant fearmongering, especially concerning Iran's alleged nuclear agenda, are leading a chorus of government media mouthpieces in downplaying Sunday's underground atomic test.


"U.S. intelligence agencies say, based on preliminary indications, that North Korea did not produce its first nuclear blast yesterday," writes Gertz
.


"The underground explosion, which Pyongyang dubbed a historic nuclear test, is thought to have been the equivalent of several hundred tons of TNT, far short of the several thousand tons of TNT, or kilotons, that are signs of a nuclear blast, the official said."


The U.S. seems to be alone in its assessment that the blast was non-nuclear - with Russia even claiming the explosion was comparable to the bomb
dropped on Hiroshima in 1945.


The Drudge Report, recently scorned for carrying erroneous stories that sought to defend the actions of Republican pervert and sexual predator Mark Foley, this morning carried the headline, "WAS IT A DUD?" underneath a jokey image of Kim Jong-il's character from the comedy animation hit Team America.





The spin is implicit - Kim Jong-il is an inconsequential buffoon and his grandstand announcement that North Korea had joined the nuclear club was nothing but hot air.





Why are these bootlicking Neo-Con hacks, breaking from their usual feverish exaggeration of anything that makes the world more dangerous, changing the script and attempting to poo-poo North Korea's actions?


Yesterday we reported
that the wild card of the test could potentially derail planned air strikes on Iran because, as Mike Rivero pointed out, "It will be hard for Bush to sell an invasion of Iran because it might someday make nuclear weapons when North Korea definitely has them now."


The Neo-Con spin, that North Korea has not advanced to the point it claims and that the threat is diminished compared to more pressing targets of the Bush war machine, is intended to shield the hypocrisy of ignoring a nuclear-capable dictatorship that has threatened to destroy the world
and fired test missiles that have hit Alaska
, while obsessing about Iran, completely surrounded by U.S. client states and as much as fifteen years away
from the bomb.


It is also an effort to offset questions about how Kim Jong-il acquired his arsenal in the first place.






Reports concerning developments in North Korea's nuclear program are routinely absent the "memory-holed" fact that it was Donald Rumsfeld
, former non-executive director of ABB, that signed off on a $200 million dollar contract to sell nuclear reactors to the Stalinist state in November 2000.


In addition, it has now been confirmed that the A.Q. Khan network was directly connected to the feasibility of Sunday's test, having "through his network, transferred to North Korea "nearly two dozen" P-1 centrifuges, and the more sophisticated P-11 centrifuges," according to the London Independent
.


It was at the behest of the Bush administration that investigations into Khan Research Laboratories, the Pakistani agency in charge of the bomb project, were thwarted.


"According to both sources and documents obtained by the BBC, the Bush Administration spike of the investigation of Dr. Khan's Lab followed from a wider policy of protecting key Saudi Arabians including the Bin Laden family," writes BBC reporter Greg Palast
.




North Korea's bold entry into the nuclear club could not have been achieved without the help of the Bush administration and Donald Rumsfeld. Allied to the desperate need to legitimize air strikes against Iran, Sunday's events have created a fissure in the Neo-Con agenda that may demand an urgent change to the script.





新保守主義者は、核偽善を隠すために失敗テストを回転させます。

ワシントンタイムズはイランを攻撃する無知を隠すために爆破を控え目に扱って、ラムズフェルドとブッシュである北朝鮮の核兵器の源はネットワークを保護しました。


ポールジョゼフワトソン/刑務所Planet.com| 2006年10月10日


新保守主義者(新まやかし)は北朝鮮の核実験のおよそスケールの疑問で北朝鮮の開いている増殖に直面して非核のイランとの戦争を売り込む偽善を隠す試みで爆破が失敗であったという工芸品への話のポイントを捕らえました、そして、兵器からの彼の兵器が買われたキムジョンイルがそれをネットワークでつなぐという事実はブッシュ政権によって保護されました。


ビル・ガーツとワシントンタイムズ(特にイランの申し立てられた核議題に関して猛烈な世間騒がせの連発を吐き出す通常1番目)は、日曜日の地下原爆実験を控え目に扱いながら、政府メディアマウスピースのコーラスを始めています。


ガーツは、「米国諜報機関代理店が言います、北朝鮮が昨日最初の核爆破を起こさなかったという予備の指摘に基づいて。」と書きます。


「地下爆発(平壌は歴史的な核実験を呼んだ)は核爆破のサインである数100トンの数1,000トンのTNT、またはキロトンがはるかに不足しているTNTの同等物であったと考えられます、と職員は言いました。」


米国はロシアが、爆発が1945年に広島で落とされた爆弾に匹敵していたと主張してさえいて爆破が非核であったという査定で単独であるように思えます。


最近共和党の堕落者と性的な略奪者マーク・フォーリーの動作を防御しようとした誤った話を運ぶために嘲笑されたDrudge Reportは今朝見出しを運んで、コメディアニメーションからのキムジョンイルの性格のjokeyイメージの下における「それは失敗でしたか?」はチームアメリカを打ちました。



回転は暗黙です--キムジョンイルは取るに足らない道化者と彼のものがスタンドプレーするということです。北朝鮮が核クラブに加わったという発表はただ熱気でした。


彼らの世界を作る何か普通の熱っぽい誇張と、より危険に分かれて、スクリプトを変えて、poo-pooに北朝鮮の動作を試みて、これらはなぜへつらい新保守主義者(新まやかし)ハッキングですか?


昨日、私たちは、テストのワイルドカードがマイクRiveroが指摘したように「現在、いつか、北朝鮮にそれらが確実にあるとき、核兵器を作るかもしれないので、ブッシュはイランの侵入を販売しにくい」のでイランで計画された空襲を潜在的に脱線させることができると報告しました。


新保守主義者(新まやかし)回転、その北朝鮮がそれが要求するポイントに達していなくて、ブッシュ戦争機構の目標をさらに押すと比較して、脅威が減少されているのが爆弾からの米国属国と最大15年後で完全に囲まれたイランの周りで取りついている間に、世界を破壊すると脅かして、アラスカに当ったテストミサイルを発火させている核開発能力を持つ独裁を無視する偽善を保護するのが意図されます。


また、それは、キムジョンイルが第一にどう彼の蓄えを取得したかに関する質問を相殺するための努力です。


北朝鮮の核開発計画における開発に関するレポートはそれがドナルド・ラムズフェルド、2000年11月に原子炉をスターリン主義国に販売する2億ドルのドル契約でサインオフしたABBの元非常勤ディレクターであったという「メモリで掘られること」のきまりきって欠けている事実です。


さらに、現在A.Q.カーンネットワークが直接日曜日のテストの実行可能性に接続されたと確認されました、「「およそ2ダース」の北朝鮮P-1遠心分離機、および、より高性能のP-11遠心分離機に移された彼のネットワーク」を持っていて、ロンドンIndependentによると。


ブッシュ政権の命令のときに、カーン研究所への調査(爆弾プロジェクトを担当したパキスタン人の政府機関)は阻まれました。


BBCのレポーターグレッグPalastは、「BBCによって入手されたソースとドキュメントの両方に従って、カーンLab博士の調査のブッシュの政権スパイクはビン・ラディン家を含む主要なサウジアラビアのアラビア人を保護するより広い方針から続きました。」と書きます。


ブッシュ政権とドナルド・ラムズフェルドの助けなしで核クラブへの北朝鮮の大胆なエントリーを達成することができませんでした。 イランに対して空襲を合法化する破れかぶれの必要性に同盟しています、日曜日の出来事はスクリプトへの緊急の変化を要求するかもしれない新保守主義者議題の裂け目を作成しました。


ビルダーバーガーグループ

THE BILDERBERGER GROUP


Dr. Joseph H. Retinger (who died in 1960), economist, political philosopher, communist Poland's Charge d'Affaires, and a major proponent of a united Europe; along with Prince Bernhard(of Lippe-Biesterfeld) of the Netherlands, Colin Gubbins (former director of the British SOE, Special Operations Executive), and Gen. Walter Bedell Smith (former American Ambassador to Moscow, and director of the CIA, who said when he took over the CIA: "We can't lick world communism- no counterinsurgency plans will work. We must compromise and co-exist with communism."- he later became an Undersecretary of State in the Eisenhower Administration); joined together in 1954 to organize this secret group. Created under the direction of Alastair Buchan, son of Lord Tweedsmuir, and Chairman of the Royal Institute of International Affairs; its governing council was made up of Robert Ellsworth (Lazard Freres), John Loudon (N. M. Rothschild), Paul Nitze (Shroeder Bank), C. L. Sulzberger (New York Times), Stansfield Turner (who later became CIA Director), Peter Calvocoressi (Penguin Books), Andrew Schoenberg (RIIA), Daniel Ellsburg, and Henry Kissinger. Lord Rothschild and Laurance Rockefeller handpicked 100 of the world's elite, and they have a heavy cross membership with the Council on Foreign Relations (which they control), the English Speaking Union, the Pilgrims Society, the Round Table, and the Trilateral Commission. Their purpose was to regionalize Europe, according to Giovanni Agnelli, the head of Fiat, who said: "European integration is our goal and where the politicians have failed, we industrialists hope to succeed." In Alden Hatch's biography of Bernhard, he stated that the Bilderberg Group gave birth to the European Community (now the European Union). Their ultimate goal is to have a one-world government.


Their first meeting was held at the Hotel de Bilderberg (hence the name of the group, even though they have referred to themselves as "The Alliance") in Oosterbeek, Holland, from May 29-31, in 1954. C. D. Jackson (Vice President of Time magazine, delegate to the United Nations, Special Assistant to the President, and later publisher of Life magazine), spokesman for the American delegation, led by David Rockefeller), promised those present: "Whether (Sen. Joseph) McCarthy dies by an assassin's bullet, or is eliminated in the normal American way of getting rid of boils on the body politic, I prophesy that by the time we hold our next meeting, he will be gone from the American scene." McCarthy was the crusading Senator who revealed that communists had infiltrated high level posts within the U.S. Government. He didn't die till 1957.


The Bilderbergers hold annual meetings in locations all over the world. In Europe, the Rothschild have hosted some of the meetings, while the meetings in 1962 and 1973, in Saltsjobaden, Sweden, were hosted by the Wallenbergs (who had an estimated fortune of $10 billion). The meetings were chaired by the German-born Prince Bernhard, the husband of Queen Juliana of the Netherlands, said to be the richest woman in the world (because of her partnership with Baron Victor Rothschild in the Royal Dutch Shell Oil Co., owning 5% of the stock, which in 1978 was worth $425 million; and also holds stock in Exxon), until he was forced to resign in August, 1976, because of his involvement in the Lockheed Aircraft bribery scandal, and his extramarital affairs. Bernhard wrote: "Here comes our greatest difficulty. For the governments of the free nations are elected by the people, and if they do something the people don't like they are thrown out. It is difficult to reeducate the people who have been brought up on nationalism to the idea of relinquishing part of their sovereignty to a supernational body..." Walter Scheel of Germany took over as Chairman, and now it is Britain's Lord Carrington, who is on the Board of the Hambros Bank.


The meetings are closed to the public and the press, although a brief press conference is usually held at the conclusion of each meeting, to reveal, in general terms, some of the topics which were discussed. The resort areas and hotels where they meet, are cleared of residents and visitors, and surrounded by soldiers, armed guards, the Secret Service, State and local police. All conference and meeting rooms are scanned for bugging devices before every single meeting.


Among those who have attended their meetings: Owen Lattimore (CFR, former Director of Planning and Coordination for the State Department), Winston Lord (CFR, Clinton's Assistant Secretary of State), Allen Dulles (CIA), Sen. William J. Fulbright (from Arkansas, a Rhodes Scholar), Dean Acheson (Secretary of State under Truman), Gabriel Hauge (Assistant to President Eisenhower, who according to the Wall Street Journal, "helped teach Ike what to think"; and later became Chairman of Manufacturers Hanover Trust Co.), George Ball (CFR, Johnson's Under Secretary of State from 1961-66, and foreign policy consultant to Nixon), Philip Jessup (representative to the International Court), Henry Kissinger, David Rockefeller, Nelson Rockefeller, Laurance Rockefeller, Dean Rusk (Kennedy's Secretary of State and former President of the Rockefeller Foundation), Gerald Ford, Henry J. Heinz II (Chairman of the H. J. Heinz Co.), Sen. Henry M. Jackson, Sen. Jacob J. Javits (NY), Prince Phillip of Great Britain, Lord Louis Mountbatten, Denis Healy (former British Defense Minister), Manlio Brosio (Secretary of NATO), Wilfred S. Baumgartner (Bank of France), Guido Carli (Bank of Italy), Thomas L. Hughes (President of the Carnegie Endowment for International Peace), Robert S. McNamara (Kennedy's Secretary of Defense and former President of the World Bank), Margaret Thatcher (Prime Minister of England), Valery Giscard D'Estang (President of France), Harold Wilson (Prime Minister of England), Edward Heath (Prime Minister of England), William P. Bundy (former President of the Ford Foundation, and editor of the CFR's Foreign Affairs journal), John J. McCloy (former President of the Chase Manhattan Bank), Christian Herter (Secretary of State under Eisenhower), Lester Pearson(former Prime Minister of Canada), Shepard Stone (Director of International Affairs for the Ford Foundation), Dirk U. Stikker (Secretary-General of NATO), Gardner Cowles (Editor- in-Chief and Publisher of Look magazine), Paul G. Hoffman (of the Ford Foundation, U.S. Chief of Foreign Aid, and head of the UN Special Fund), Donald Rumsfeld (Ford's Secretary of Defense), Father Theodore M. Hesburgh(former President of Notre Dame University), Helmut Schmidt (Chancellor of West Germany), George F. Kennan (former U.S. Ambassador to the Soviet Union), Paul H. Nitze, Robert O. Anderson (Chairman of Atlantic-Richfield Co. and head of the Aspen Institute for Humanisitic Studies), Donald S. MacDonald (Canadian Minister of National Defense), Prince Claus of the Netherlands, Marcus WaIlenberg (Chairman of StockhoIm's EnskiIda Bank) , Nuri M. Birgi (Turkish Ambassador to NATO), Bill Moyers (journalist), William F. Buckley (editor of National Review), John D. Rockefeller IV (Governor of West Virginia, now U.S. Senator), Cyrus Vance (Secretary of State under Carter), Rep. Donald F. Fraser, Rep. Peter Frelinghuysen, Rep. Henry S. Reuss, Rep. Donald W. Riegle, Sen. Adlai Stevenson III, Sen. Charles Mathias (MD), Lt. Gen. John W. Vogt(former Director of the Joint Chiefs of Staff), Eugene Black(former President of the World Bank), Joseph Johnson (President of the Carnegie Endowment for International Peace), Hannes Androsch (Austrian Minister of Finance), David J. McDonald (President of the United Steelworkers Union), Paul van Zeeland (Prime Minister of Belgium), Pierre Commin (Secretary of the French Socialist Party), Imbriani Longo (Director-General of the Banco Nationale del Lavoro in Italy), Vimcomte Davignon (Belgium Minister of Foreign Affairs), Walter Leisler Kiep (member of the German Parliament), Ole Myrvoll (member of Norway's Parliament), Krister Wickman (former Swedish Minister of Foreign Affairs, and Governor of the Bank of Sweden), Sen. Walter Mondale (MN, later Vice President under Carter), Henry Ford III (head of the Ford Motor Co.), Gen. Walter Bedell Smith, Gen. Andrew J. Goodpaster ( former Supreme Allied Commander in Europe, and later superintendent of the West Point Academy), Zbigniew Brzezinski, Gen. Alexander Haig (European NATO Commander, former assistant to Kissinger, later became Secretary of State under Reagan), C. Douglas Dillon (Secretary of Treasury in the Kennedy and Johnson Administrations, from Dillon, Read and Co.), Baron Edmond de Rothschild, Pierce- Paul Schweitzer (Managing Director of the UN's International Monetary Fund), Paul B. Finney (editor of Fortune magazine), James Rockefeller( Chairman, First National City Bank), Giovanni Agnelli (Chairman of Fiat in Italy), Otto Wolff (German industrialist), Theo Sommer (German newspaper columnist), Arthur Taylor (former Chairman of CBS-TV), Neil Norlund (Editor-in-Chief of Berlingske Tindende in Denmark), and Sen. Lloyd Bentsen (TX, Chairman of the Senate Finance Committee, candidate for Vice President in 1988 with Michael Dukakis, and now the Secretary of Treasury under Bill Clinton).


Bilderberg policy is carried out by the Bilderberg Steering Committee, made up of 24 Europeans and 15 Americans; and by the Advisory Committee, which forms a much smaller group within the organization. All American members of the Steering Committee are members of the CFR. The permanent Bilderberg Secretariat is located at: 1 Smidswater, the Hague, the Netherlands. Their address in America is at: 345 E. 46th Street, New York City (which is also the location of the Trilateral Commission, and the Carnegie Endowment for International Peace).


The American Friends of Bilderbergers, with offices in New York City, is an IRS-approved charitable organization that receives regular contributions from Exxon, Arco, and IBM; while their meetings are funded by the Ford Foundation, Rockefeller Foundation, and the Carnegie Endowment Fund.


The Goals 2000 program, developed during the presidency of George Bush to revamp the nation's public school system, was born at the April, 1970, Bilderberger meeting in Bad Ragaz, Switzerland. The purpose of the new educational philosophy is the "subordination of national ambitions to the idea of the international community." Because our schools are "too nationalistic", children, in the future, will be indoctrinated to consider themselves "world citizens,"


Prior to the 1971 meeting in Woodstock, Virginia, Prince Bernhard said that the subject of the meeting was the "change in the world role of the United States." After the weekend conference, Kissinger was sent to Red China to open up trade relations, and an international monetary crisis developed, which prompted the devaluing of the dollar by 8.57%(which made a tremendous profit for those who converted to the European Currency).


In 1976, fifteen representatives from the Soviet Union attended the meeting which was held in the Arizona desert, and it was believed, that at that time, the plans were formulated for the "break-up of communism in the Soviet Union." At the 1978 meeting, they predicted that a depression would hit the world in 1979, and that the dollar would die. Their solution was to replace the dollar with an international "bancor" system ( international bank note) of currency that would be universally acceptable as a medium of exchange. The "bancor" system would have the international gold reserve deposited in a neutral country. It is an offshoot of the same Keynesian system developed at Bretton Woods in 1944 from the idea by German economist Julius Wolf in 1892. This system would protect the Illuminati when they spring their trap, and the world economy would crumble.


At their 1990 meeting at Glen Cove, Long Island in New York, they decided that taxes had to be raised to pay more towards the debt owed to the International Bankers. And George Bush, who pledged during the campaign, "Read my lips - no new taxes!", found himself signing one of the biggest tax increases in history on November 15, 1990. A move which contributed to his defeat when he ran for reelection.


At their 1991 meeting at the Black Forest resort in Baden Baden, Germany, they discussed plans for a common European currency, and European central banking; and reviewed Middle Eastern events and developments in the Soviet Union. David Rockefeller, said during the meeting: "We are grateful to the Washington Post, the New York Times, Time magazine, and other great publications whose directors have attended our meetings and respected their promises of discretion for almost forty years...It would have been impossible for us to develop our plan for the world if we had been subject to the bright lights of publicity during these years. But, the world is now more sophisticated and prepared to march towards a world government. The supernational sovereignty of an intellectual elite and world bankers is surely preferable to the national auto-determination practiced in past centuries." Then Governor of Arkansas, Bill Clinton (a Rhodes Scholar, who attended Oxford University in England), was invited to speak, and a decision was made to endorse his candidacy. No wonder Clinton was able to survive all the media attacks regarding his personal life and lack of experience. One of his top money men, was investor and international banker Jackson Stephens, who also donated $100,000 to the Bush campaign. His wife was the Co-Chairwoman of the national "Bush for President" organization in 1988. Also in attendance, were Michael Boskin, Chairman of Bush's Council of Economic Advisors, who was a speaker; Nicholas Brady, U.S. Treasury Secretary; and Vice President Dan Quayle, who impressed the group enough, that there was talk of supporting him for the Republican nomination in 1996. In fact, after the meeting, Bilderberger member Katherine Graham, head of the Washington Post, published a series of positive articles on Quayle.


At their 1992 meeting, the group discussed the possibility of "conditioning the public to accept the idea of a UN army that could, by force, impose its will on the internal affairs of any nation," Henry Kissinger, who attended the meeting, said: "Today, Americans would be outraged if UN forces entered Los Angeles to restore order. Tomorrow, they will be grateful."


Phyllis Schlafly wrote in A Choice Not An Echo, that the Bilderbergers are a "little clique of powerful men who meet secretly and plan events that appear to 'just happen.' "


BILDERBERGERグループ

ジョセフH.Retinger(1960年に死にました)博士、エコノミスト、政治哲学者、結合したヨーロッパの共産主義のポーランドの代理大使、および主要な提案者;

いつ彼がCIAを引き継いだかを言ったCIAのモスクワとディレクターへのオランダ、コリン・ガビンス(英国SOE、特殊作戦局の前のディレクター)、および将軍ウォルター・スミス(以前アメリカ人Ambassadorのプリンス・ベルンハルト(リッペBiesterfeldの)とともに:「私達は、共産主義でどの対ゲリラ戦計画も作動させないであろう世界をなめることができません」。

私達は妥協しなければならず、communism."-によって共同で存在します 彼 アイゼンハワー管理)において後で国務次官になった ;

この秘密のグループを組織するために1954年に結合されます。

アラステア・バカン、トウィーズミュア卿の息子、および王室の国際問題研究所の会長の指導のもとで作成されます;

その運営審議会は、ロバート・エルズワース(ラザール兄弟)、ジョン・ラウドン(N.M.ロスチャイルド)、ポール・ニッツ(Shroeder銀行)、C. L.サルズバーガー(ニューヨーク・タイムズ)、スタンスフィールド・ターナー(後で、CIAディレクターになりました)、ピーター・カルボコレッシー(ペンギンブックス)、アンドリュー・シェーンベルク(RIIA)、ダニエルEllsburg、およびヘンリー・キッシンジャーからなりました。

ロスチャイルドとローレンス・ロックフェラーの卿は世界のエリートの100人を精選し、外交問題評議会(彼らはコントロールします)、イギリスの話す組合、巡礼者社会、円卓、および三極委員会と、彼らは重い相互のメンバーシップを持っています。

言ったジョヴァンニ・アニェリ、フィアットの頭によると、それらの目的は、ヨーロッパを地域化することでした:

「ヨーロッパ統合は私達のゴールであり、政治家が失敗した所で、私達、産業経営者は、成功することを望みます」。

オールデン・ハッチのベルンハルトの伝記の中で、彼は、Bilderbergグループが欧州共同体(現在欧州連合)を生み出したことを述べました。

それらの最終目的は、1世界政府を持つことです。

それらの最初のミーティングは、1954年に5月29日-31日から、Oosterbeek、オランダにおけるホテルde Bilderberg(彼らが自身を「同盟」と称してもグループのそれゆえ名前)で催されました。

C. D. ジャクソン(タイム誌(ライフ雑誌の国連、大統領特別補佐官、および後の方の出版社への代表)の副社長)(アメリカ派遣のスポークスマン)は、デイヴィド・ロックフェラー)によって導かれて、それらのプレゼントを約束しました:

「マッカーシーが暗殺者の銃弾のために死ぬか、政治的統一体への沸騰を取り除く正常なアメリカ方法で取り除かれるかどうかにかかわらず(上院議員ジョセフ)、私は、私達が私達の次のミーティングを催す時には、彼がアメリカ場面からいなくなるであろうと予言します」。

マッカーシーは、共産主義者が米国政府の中でハイレベルなポストを浸透させたと明らかにした改革運動を上院議員でした。

彼は1957年まで死にませんでした。

Bilderbergersは世界中で位置で年次総会を催します。

ヨーロッパで、1962年と1973年の、Saltsjobaden、スウェーデンにおけるミーティングが、Wallenbergs(100億ドルの概算されている財産を持っていました)によって主催される間、ロスチャイルドはミーティングのいくつかを主催しました。

ミーティングは、彼が、ロッキード航空機贈賄事件における彼の関与と彼の不倫のため1976年8月に辞任することを強制されるまで、世界(1978年に、4億2500万ドルに値していた株の5%を所有しているロイヤルダッチシェルオイル社でのビクター・ロスチャイルド男爵との彼女のパートナーシップのため;そして、また、エクソンで株を保有します)で最も金持ちの女性であるそうであって、ドイツ語で誕生した王子ベルンハルト(オランダのジュリアナ女王の夫)によって統轄されました。

ベルンハルトは書きました:

「ほら、私達の最も大きな困難が来ました」。

自由主義国の政府が人々によって選ばれて、彼らが何かをするならば、人々が望まないので、彼らは捨てられます。

「彼らの主権の一部を超国家的なボディに譲るアイデアにナショナリズムにおいて育てられている人々を再教育することは難しい…」

ドイツのヴァルター・シェールは会長として引き継ぎ、今、ハンブロ銀行の取締役会の上にいるのは英国の神キャリントンです。

短い記者会見が、議論されたトピックのいくつかを一般的な言葉で明らかにするために各ミーティングの終了の時に通常開かれるけれども、ミーティングは一般大衆とプレスに閉ざされています。

彼らが会い、居住者と訪問者を取り除かれて、兵士によって取り囲まれて、ガード、シークレットサービス、州、および地元の警察を武装させたリゾート地とホテル。

すべての会議と会議室はすべてのミーティングの前で盗聴器のために詳しく調べられます。

それらのミーティングに出席した人々の間:

1961年-66年からの国務長官とニクソン)への外交方針コンサルタント、フィリップ・ジェサップ(国際的な法廷への担当者)、ヘンリー・キッシンジャー、デイヴィド・ロックフェラー、ネルソン・ロックフェラー、ローレンス・ロックフェラー、ディーン・ラスク(ケネディのロックフェラー基金の国務長官と前社長)、ジェラルド・フォード、ヘンリーJ.ハインツII(H.J.ハインツ株式会社の会長)、上院議員ヘンリーM.ジャクソン、上院議員ジェイコブJ.ジャヴィッツ(NY)、英国のプリンス・フィリップ、ルイス・マウントバッテン卿、デニスヒーリー(以前英国人

防衛大臣)、マンリオ・ブロジオ(NATOの秘書)、ウィルフレッドS.バウムガルトナー(フランス銀行)、グイド・カルリ(イタリアの銀行)、トーマスL.ヒューズ(カーネギー国際平和基金の社長)、ロバートS.マクナマラ(ケネディの世界銀行の国防長官と前社長)、マーガレット・サッチャー(イギリスの総理大臣)、ヴァレリーGiscard D'Estang(フランスの大統領)、ハロルド・ウィルソン(イギリスの総理大臣)、エドワード・ヒース(イギリスの総理大臣)、ウィリアムP.バンディ(前社長

フォード基金、およびCFRの外務journal)のエディタ ジョンJ.マクロイ(Chase Manhattan Bankの前社長)、クリスチャン・ハーター(アイゼンハワーの下の国務長官)、レスターピアソン(カナダの元の総理大臣)、シェパード石(フォード基金のための国際的な仕事のディレクター)、ダークU.スティッカー(NATOの事務総長)、ガードナーコールズ(注視雑誌のエディタ-チーフ中および出版社)、フォード基金のポールG.ホフマン(、対外援助の米国チーフ、それの頭 の間に

UN特別Fund)、ドナルド・ラムズフェルト(フォードの国防長官)、父セオドアM. Hesburgh(ノートルダム大学の前社長)、ヘルムート・シュミット(西ドイツの首相)、ジョージF.ケナン(ソビエト連邦への以前の米国大使)、ポールH.ニッツ、ロバートO.アンダーソン(大西洋リッチフィールドCo.の会長およびHumanisitic研究のためのアスペン研究所の頭)、ドナルドS.マクドナルド(国防のカナダの大臣)、オランダのプリンスクロース、それのマーカスWaIlenberg(会長

世界銀行)(ジョセフジョンソン(カーネギー国際平和基金の社長)、ハンネスAndrosch(オーストリア財務大臣)デイビッドJ.マクドナルド(結合全米鉄鋼組合組合の社長)(ポールバンゼーラント(ベルギーの総理大臣)(ピエールCommin(フランス社会党の秘書))Imbrianiロンゴ(イタリアの裁判官席Nationale del Lavoroの理事長)))の、Vimcomteダビニョン(ベルギーの外務大臣)、ウォルター・ライスラーKiep(ドイツ議会のメンバー)、オレ

Myrvoll(ノルウェーの議会のメンバー)、Kristerウィックマン(スウェーデンの銀行の前スウェーデン外務大臣と知事)、上院議員ウォルター・モンデール(MN、カーターの下の後の方の副大統領)、ヘンリー・フォードIII(フォードモーターの頭)、将軍ウォルター・スミス、将軍アンドリューJ.グッドパスター(ヨーロッパの前の最高の同盟した司令官とウエストポイントアカデミーの後の方の監督者)、ズビグニュー・ブレジンスキー、将軍アレグザンダー・ヘイグ(ヨーロッパ人NATO Commander、キッシンジャーへの前のアシスタントは後で適していました。

レーガン)下の国務長官、C.ダグラス・ディロン(ディロン、読書アンド・カンパニーからのケネディとジョンソンの政権における財務長官)、エドモンドdeロスチャイルド男爵、ピアース・ポールシュバイツァー(国連の国際通貨基金の常務取締役)、ポールB.フィニー(フォーチュン誌のエディタ)、ジェームズ・ロックフェラー(会長、最初のナショナルシティー銀行)、ジョヴァンニ・アニェリ(イタリアのフィアットの会長)、オットー・ウォルフ(ドイツ産業経営者)、テオ・ソマー(ドイツ新聞コラムニスト)、アーサー・テーラー(形成具

CBS-TV)の会長、ニールNorlund(デンマークのBerlingske Tindendeの編集長)、および上院議員ロイド・ベンツェン(TX、上院財政委員会の会長、マイケル・デュカキスとの1988年の副社長への候補、およびビル・クリントンの下の今財務長官)。

Bilderberg方針は、24人のヨーロッパ人と15人のアメリカ人から構成されていて、Bilderberg運営委員会によって実行されます;

そして諮問委員会によって(それは組織の中でずっと小さなグループを結成します)。

運営委員会のすべてのアメリカメンバーはCFRのメンバーです。

永久的なBilderberg事務局は次に置かれます:

1つのSmidswater、ハーグ、オランダ。

アメリカでの彼らの住所は次にあります:

345 E. 46番目の通り、ニューヨーク市(どれが三極委員会、およびカーネギー国際平和基金の位置でもありますか)。

ニューヨーク市のオフィスとのBilderbergersのアメリカ友人は、エクソン、アルコ、およびIBMから規則的な寄与を受け取るIRSで是認された慈善団体です;

それらのミーティングがフォード基金、ロックフェラー基金、およびカーネギー基本財産によって出資される間。

国家の公立学校システムを改造するためにジョージ・ブッシュの大統領任期の間に開発されたゴール2000プログラムはバート ラガッツ、スイスの1970年4月、Bilderbergerミーティングで誕生しました。

新しい教育哲学の目的は「国際社会のアイデアへの全国的な野心の従属」です。

私達の学校が「国家主義的すぎる」ので、子供は、未来に、自身を「世界市民」と考えるために教え込まれるでしょう。

ウッドストック、バージニアの1971年のミーティングに先がけて、プリンス・ベルンハルトは、ミーティングの主題が「米国の世界役割の変化」であると言いました。

週末会議の後で、キッシンジャーは、通商関係を広げるために赤い中国に送られて、国際通貨危機は発展しました(8.57%(ヨーロッパ通貨に両替した人々のために、途方もない利益を得ました)、それがドルの価値を低下するのを促しました)。

1976年に、ソビエト連邦からの15人の担当者が、アリゾナ砂漠で催されたミーティングに出席し、その時に、計画が「ソビエト連邦の共産主義の分解」のために公式化されたことは信じられました。

1978年のミーティングで、彼らは、不況が1979年に世界を襲うであろうし、ドルが死ぬであろうと予測しました。

それらの解決は、ドルを、流通貨幣として一般的に容認できるであろう通貨の国際的な「bancor」システム(国際的な紙幣)と取り替えることでした。

「bancor」システムは中立国に預けられた国際的な金準備を持つでしょう。

それはBrettonウッズで1944年にアイデアから1892におけるドイツエコノミスト ジュリアスWolfによって開発された同じケインズ経済学システムの枝です。

彼らがそれらのわなをばねではね返らせる時に、このシステムは啓蒙主義者を保護するであろうし、世界経済は砕けるでしょう。

グレンコーヴ、ニューヨークのロングアイランドのそれらの1990年のミーティングで、彼らは、税金が、国際銀行家に負われている借金にもっと支払うために上げられる必要があったと決めました。

そして、「私のくちびるの動きを読んで意味を理解します - 新税がありません!」をキャンペーンの間に誓約したジョージ・ブッシュは自身が1990年11月15日に歴史において最も大きな増税の1つにサインしていることに気付きました。

彼が再選のために出馬した時に、彼の敗北に寄与していた動き。

バーデン バーデン、ドイツのシュヴァルツヴァルトリゾートのそれらの1991年のミーティングで、彼らは共通のヨーロッパ通貨とヨーロッパの中心的なバンキングについての計画を議論しました;

そして、ソビエト連邦で中東のイベントと開発をレビューしました。

ミーティングの間に言われたデイヴィド・ロックフェラー:

「私達は、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、タイム誌、およびディレクターが私達のミーティングに出席し、ほぼ40年の間彼らの裁量の約束を尊重した他の大きな出版物に感謝しています...私達がこれらの年の間パブリシティの明るいライトに左右されたならば私達が世界についての私達の計画を展開することが不可能であったでしょう」。

しかし、世界は、現在もっと洗練されて、世界政府に行進するために準備されます。

「知的エリートと世界銀行家の超国家的な主権はきっと前世紀に行われた全国的なオート決意より望ましい」。

そして、アーカンソーの知事(ビル・クリントン(イギリスでオックスフォード大学に出席したローズ奨学生))は、話すように請われて、決定は、彼の立候補を承認するためにされました。

不思議はなく、クリントンは、彼の経験の私生活と不足についてすべてのメディア攻撃を生き抜くことができました。

彼のものの人は投資者を超えていて、また、100,000ドルをブッシュキャンペーンに寄贈した投資者と国際銀行家ジャクソン・ステファンズでした。

彼の妻は1988年に全国的な「大統領のためのブッシュ」組織の共同女性議長でした。

また、出席において、マイケルBoskin、ブッシュの経済諮問委員会の会長は、誰がスピーカーであったかでした;

ニコラス・ブレイディ、米財務省長官;

そして、十分にグループに印象を与えて、そこのそれが、1996年に共和党の指名のために彼をサポートすることについて話すことであったダン・クエイル副社長。

実のところ、ミーティングの後で、Bilderbergerメンバー キャサリン・グレアム、ワシントン・ポストの頭はクエールへの一連のポジティブな記事を出版しました。

それらの1992年のミーティングで、グループは、「一般大衆を、力による、できたUN軍隊のアイデアを受け入れることに条件付けて、どのような国家の内政にでもその意志を課します」の可能性を議論したと、ミーティングに出席したヘンリー・キッシンジャーは言いました:

「今日、UNが、秩序を復元することを入ったロサンゼルスに強制するならば、アメリカ人は憤慨するでしょう」。

「明日、彼らは感謝するでしょう」。

フィリスSchlaflyは、Bilderbergersが、「ひそかに会い、‘起こります’に出現するイベントを計画する強力な人の小さな徒党。」であることをA選択において1つのエコーにも手紙で知らせませんでした。

"

ローマクラブ

CLUB OF ROME


This group of Anglo-American financiers and industrialists from ten different countries, met in April, 1968 at Rockefeller's private estate in Bellagio, Italy, at the request of Aurelio Peccei, the Italian industrialist who had close ties to Fiat and the Olivetti Corporation. He claimed to have solutions for world peace and prosperity, which could be accomplished through world government. The Club of Rome was established with a membership of 75 prominent scientists, industrialists , and economists from 25 countries, which along with the Bilderbergers, have become one of the most important foreign policy arms of the Roundtable group.


Many of the Club of Rome executives were drawn from NATO, and they have been able to formulate alot of what NATO claims are its policies. Through Lord Carrington, they were able to split NATO into two factions, a left-wing political group, and its former military alliance.


The first Club of Rome conference in the U.S. was in 1969, where the American branch is organized as "The American Association of the Club of Rome". Among its members were: Norman Cousins (honorary Chairman of Planetary Citizens), John Naisbitt (author of Megatrends), Amory Lovins (a speaker at Windstar, John Denver's New Age center in Snowmass, Colorado), Betty Friedan (founding President of NOW, the National Organization of Women), Jean Houston and Hazel Henderson (New Age authors and speakers), Robert O. Anderson and Harlan B. Cleveland (CFR members and part of the Aspen Institute for Humanistic Studies), Sen. Claiborne Pell, and Rep. Frank M. Potter (staff director of the House Subcommittee on Energy).


For the most part, the Club functions as a research institute on economic, political, and social problems, and claim that "there is no other viable alternative to the future survival of civilization than a new global community under a common leadership." On September 17, 1973, they released a Report called the "Regionalized and Adaptive Model of the Global World System", which was prepared by Mihajlo Mesarovic and Eduard Pestel, which revealed the Club's goal of dividing the world into ten political/economic regions, called "Kingdoms", which would unite the entire world under a single form of government. These regions are: North America, Europe, Japan, South Africa and Australia, Asia, South America, North Africa and the Middle East, Central Africa, India and Indo-China, and China. The term "Kingdoms" was omitted, when the plan was published in a book called Mankind at the Turning Point, which said that the solutions to the problems of the world could only "be developed in a global context."


Howard Odum, a marine biologist at the University of Florida, who is a member of the Club of Rome, was quoted in the August, 1980 edition of Fusion magazine, as saying: "It is necessary that the United States cut its population by two-thirds within the next 50 years." He didn't say how this would be accomplished. However, one of their reports, "Limits to Growth", in 1973, dealt with the problem of overpopulation. During the Carter Administration, a task force was appointed to expand upon this report, and on July 24, 1980, a two-volume document called "Global 2000 Report", which had been written by former Secretary of State Cyrus R. Vance, was presented to President Carter, and then Secretary of State Edward S. Muskie. It attempted to project global economic trends for the next twenty years, and indicated that the resources of the planet were not sufficient enough to support the expect dramatic increase in the world population. The report called for the population of the U.S. to be reduced by 100 million people by the year 2050.


About six months later, the Council on Environmental Quality made recommendations based on the Report, called "Global Future: A Time to Act." They suggested an aggressive program of population control which included sterilization, contraception and abortion. In August, 1982, the Executive Intelligence Review published a report called "Global 2000: Blueprint for Genocide" which said that the two aforementioned Presidential reports "are correctly understood as political statements of intent - the intent on the part of such policy centers as the Council on Foreign Relations, the Trilateral Commission, and the International Monetary Fund, to pursue policies that will result not only in the death of the 120 million cited in the reports, but in the death of upwards of two billion people by the year 2000." Throughout the world, the Club of Rome has indicated that genocide should be used to eliminate people who they refer to as "useless eaters."


This would be accomplished by using limited wars in advanced countries, and even a limited nuclear strike at a strategic location; starvation through created famines and diseases in Third World countries. This echoed an earlier plan. In 1961, Robert McNamara, McGeorge Bundy, and Dean Rusk, all CFR members, were concerned that there were no studies concerning long-term plans for peace, and they wanted to study the direct and indirect ramifications of war. They wanted a study which would explore ways to control the economy during peace-time. A group of of fifteen individuals, including a psychiatrist, anthropologist, a specialist on international law, biochemist, physicist, astronomer, mathematician, literary critic, historian, military expert, economist, sociologist, and an industrialist, began meeting in an underground nuclear shelter in Hudson, New York to design a long-range plan to control the population. Since then, some have speculated that the think-tank known as the Hudson Institute, actually conducted the Study. Started by Herman Kahn in 1961 "to help determine the entire future of the U.S.- and time permitting, much of the world beyond," many of there members and fellows belong to the CFR.


This secret report (which wasn't released until September, 1966), known as the Report from Iron Mountain on the Possibility and Desirability of Peace, appeared to be a blueprint for the future of this country, and contained recommendations that included plans for governmental control and manipulation, depopulation, gun control and disarmament, an international police force, and concentration camps. The Report stated some of the invisible functions of war: "...provides anti-social elements with an acceptable role in the social structure...the younger, and more dangerous, of these hostile social groupings have been kept under control by the Selective Service System...man destroys surplus members of his own species by organized warfare...enables the physically deteriorating older generation to maintain control of the younger, destroying it if necessary." The Report also made this observation: "War has provided both ancient and modern society with a debatable system for stabilizing and controlling national economies. No alternate method of control has yet been tested in a complex modern economy that has shown it is remotely comparable in scope or effectiveness. War fills certain functions essential to the stability of our society; until other ways of filling them are developed, the war system must be maintained, and improved in effectiveness."


In the 1976 novel Ceremony of the Innocent by Taylor Caldwell, she effectively explains the rationale behind their actions: "...there will be no peace in the tormented world, only a programmed and systematic series of wars and calamities- until the plotters have gained their objective: an exhausted world willing to submit to a planned Marxist economy and total and meek enslavement- in the name of peace."


Have their plans for genocide already started? I am referring to the disease known as AIDS (Acquired Immunodeficiency Syndrome), which has become a plague in our society, spreading to 91 nations. The U.S. News and World Report stated a few years ago: "If there is not a cure for AIDS within the next thirteen years, tens of millions will die." Even though there has been alot of talk about AIDS awareness and prevention, the full danger of it has been covered-up by the Center for Disease Control, and the media, which has increasingly shown its pro-homosexual bias.


In the 1972 Bulletin of the UN's World Health Organization (WHO), volume 47, page 251, it says: "An attempt should be made to see if viruses can in fact exert selective effects on immune function. The possibility should be looked into that the immune response to the virus itself may be impaired if the inflicting virus damages, more or less selectively, the cell responding to the virus." This sounds like the AIDS virus, so why is it being discussed by a health organization?


Derivatives from sheep and cattle have been commonly used to manufacture vaccines, however, certain viruses common to these animals can interact indefinitely, forming a new strain of deadly viruses called retro-viruses. In 1974, the National Academy of Sciences recommended that "Scientists throughout the world join with members of this committee in voluntarily deferring experiments (linking) animal viruses." Dr. Robert Strecker, a practicing gastroenterologist, with a Ph.D. in pharmacology, who was hired as a consultant to work on a health-care proposal for Security Pacific Bank, said: "I don't think there is any doubt that AIDS is a man-made problem. The question is whether it was created either accidentally or intentionally. I believe the AIDS virus was requested, predicted, produced, and deployed."


The most common theory about the origin of AIDS, was that it came from green monkeys in Africa. Yet several virologists have said that the AIDS virus does not occur naturally in any animal. Besides, it would have been statistically impossible to reach the point we are at now, just from a single episode. If the AIDS virus had originated with the monkeys, then the disease would have surfaced with the Pygmies, who are closer to them, and use them as a food source, yet, it appeared first in the cities. Further damaging evidence comes from the fact that AIDS practically occurred simultaneously in the United States, Haiti, Brazil, and Central Africa.


Strecker's research indicated that the AIDS virus was developed by the National Cancer Institute, in cooperation with the World Health Organization, in their laboratories at Fort Detrick, Maryland, in the U.S. Army's germ warfare unit, known as the Army Infectious Disease Unit, by combining bovine (cow) leukemia virus and visna( sheep) virus, and injecting them into human tissue cultures. The bovine leukemia virus is lethal to cows, but not to humans; and the visna virus is deadly to sheep, but not to man. However, when combined, they produce a retro-virus that can change the genetic composition of the cells that they enter. He said: "If one analyzes the genes of the human AIDS virus and the genes of the bovine leukemia virus of cattle and the visna virus of sheep, and compares them, the genes appear related. How is it possible that the bovine visna virus- which looks like AIDS and produces an AIDS-like disease, and which produced pneumocystis carinii pneumonia in chimpanzees in 1972- has not been analyzed and compared with AIDS... until 1987 when 'Characterization and Molecular Cloning of Bovine Lente (Latin for "slow") Virus Related to Human Immunodeficiency Virus' was published in Nature magazine. Matthew Gonda, the author, described a virus that looks like AIDS, named bovine Visna virus, and suggested that it was most closely related to AIDS and may well be its precursor."


Some researchers believe that the smallpox vaccination program in 1972 was used to introduce the virus into the population. On May 11, 1987, the London Times ran an article called "Smallpox Vaccine 'Triggered AIDS Virus' ", written by Science Editor Pearce Wright, who linked the mass vaccination program of the World Health Organization in the 1970's to the outbreak of AIDS, because Central Africa was the focus of the program, and they have become the most affected area in the world.


In Africa, AIDS is generally a heterosexual disease, yet in the United States, it has the stigma of being a 'gay' disease. Prior to 1978, there was no sign of the AIDS virus, yet in 1978, the killer disease struck with a vengeance within the homosexual community. The evidence points to the introduction of an experimental hepatitis B vaccine. In 1969, Dr. W. Schmugner, a Polish physician, who was educated in Russia, came to the United States, where he became head of the New York City Blood Bank. He set up guidelines for a hepatitis vaccine study, and only promiscuous males between the ages of 20 and 40 were included in the study, which has led some to believe that this was how the virus was introduced into the gay population. In the case of the hepatitis vaccine, which is not produced from a human tissue culture, it is impossible to have an accidental contamination, which seems to indicate that the AIDS virus was intentionally put in the vaccine, In 1981, the Center for Disease Control reported that b% of those receiving the hepatitis vaccine were infected with AIDS, but in 1984, they admitted that it was actually 60%. These hepatitis vaccine studies are now in the possession of the Justice Department in Washington, DC.


To allow the disease to become entrenched within the population, various facts were covered-up and glossed-over. A great deal of emphasis has been put on the prime cause of AIDS infection, being the exchange of body fluid, through sexual activity and intravenous drug use, which has brought a campaign for the importance of using clean, unused needles, and condoms. The use of a condom does not guarantee protection against the transmission of the AIDS virus. All it takes is one AIDS virion (a complete virus particle with its outer coat intact), and the smallest sperm is 500 times larger that one such virion. In addition, the quality of condoms have become highly suspect, since failure rates of 30-50% have been reported.


The risk of casual contact has been played down, when in fact, AIDS is a highly contagious disease which demands that a quarantine be placed on those who suffer from the disease. Rather than treat the disease as the epidemic it is, the government has concerned itself with giving AIDS carriers more rights and more exposure to the general population. There is concrete medical evidence that indicates that the virus can survive up to 7 days on a dry petri dish, and in an aqueous (wet) environment, up to 15 days. This raises the question, what would happen if an AIDS carrier would sneeze into a punch bowl or a salad bowl. It can incubate 10-15 years before causing any noticeable signs of illness, which means that sexual relations exposes you to every sexual contact your partner has had in that period of time.


A February 18, 1985 report in the British medical journal Lancet, said: "There is little evidence for homosexual activity among African AIDS patients (and it) appears to be transmitted through heterosexual contact or exposure to blood through insect bites..." On September 9, 1985, a research team of researchers from the National Cancer Institute, the Laboratory of Tumor Cell Biology and the Institute of Tropical Medicine, said that "human retroviruses could be transmitted by mosquitoes or within the parasite itself." In a report published in the October, 1981, issue of Science, Boston hematologist Dr. Jerome Groopman, and researchers with the National Institute of Health said that recovery of the AIDS virus "from saliva suggests that direct contact with this body fluid should be avoided..." On January 11, 1985, the Center for Disease Control reported: "There is a risk of infecting others by...exposure of others through oral-genital contact or intimate kissing ("french" kissing)." Dr. Richard Restak, a Washington neurologist, made this statement: "At this point live AIDS virus has been isolated from blood, semen, serum, saliva, urine and now tears. If the virus exists in these fluids, the better part of wisdom dictates that we assume the possibility that it can also be transmitted by these routes. It seems reasonable, therefore, that AIDS victims should not donate blood or blood products, should not contribute to semen banks, should not donate tissues or organs to organ banks, should not work as dental or medical technicians , and should probably not be employed as food handlers." Professor William Haseltine of the Harvard Medical School, in a presentation to a university audience, said that anyone "who tells you categorically that AIDS is not contracted by saliva is not telling you the truth. AIDS may in fact be transmissible by tears, saliva, bodily fluids, and mosquito bites."


AIDS is an epidemic that will not be stopped. The scientists that created this deadly virus, have created a virus that multiplies 100 times faster than influenza. There are 180 different AIDS viruses, and 300 strains, which makes blood testing meaningless. The virus is constantly mutating, which makes it impossible to develop a general vaccine that would be effective with everyone. Quite simply, AIDS is a twentieth century plague, and every year, the number of those affected is doubled. In the March, 1987 issue of Vanity Fair, Dr. William Grace, chief of Oncology at St. Vincent's Hospital in New York, is quoted as saying: "I think AIDS is going to devastate the American medical system." Besides not being able to combat it medically, the disease will progress to being an economic drain, especially if national health care is instituted.


If its purpose was to glean out the population, it certainly will be successful. It must be assumed that the progenitors of this disease must have a measure of protection to prevent themselves from being exposed. The elite have already segregated themselves from the general population by virtue of their position, so from that aspect, there is little risk from being contaminated. In the event of medical treatment, they have access to the best medical treatment money can buy, and most likely possess a private, untainted blood supply. Somehow, I just can't help thinking, that when their goal of limits to the population have been reached, how will they end the scourge which they have placed upon the earth. Just as the saying goes, that a lawyer in court doesn't ask the witness a question that he doesn't already have the answer for; the same reasoning would seem to apply here, that the Illuminati would not unleash a disease, that they didn't already have a cure for.


After the initial publication of this book, Bro. R. G. Stair, a well-known evangelist, received an anonymous letter which seemed to confirm my theory. The writer claimed to be a molecular biologist who works in the same laboratory with Dr. Robert Gallo, the co-discoverer of the AIDS virus. The writer claims that there is an AIDS vaccine that is now available, and that 500,000,000 doses have been produced and is now available. Now the bombshell. The writer accidentally discovered that Gallo had actually created the AIDS virus, and found a couple letters in his office, from high government officials which mentioned the New World Order. It is believed that Gallo and eight other scientists have been working to modify the genetic structure of the virus so that it can be more easily transmitted.


Whether AIDS is the vehicle of elimination, that the Club of Rome has referred to, is undoubtedly open to speculation, even in light of all the questions raised. However, you can't deny how neatly this little piece of the puzzle fits into the entire picture of preparing the world for a one-world government.


ローマのクラブ

アウレリオ・ペッチェイ(フィアットとオリヴェッティ社への近いつながりを持っていたイタリア産業経営者)の要求で、10の違う国からの英米の財政家と産業経営者のこのグループはBellagio、イタリアにおけるロックフェラーの私的な地所で1968年4月に会いました。彼は、世界平和と繁栄のソリューションを持つと主張しました(それは世界政府を通して遂行されることができました)。

ローマクラブは、Bilderbergersとともに、ラウンドテーブルグループの最も重要な外交方針アームの1つになった75人の突出した科学者(25か国からの産業経営者、およびエコノミスト)のメンバーシップによって設立されました。

ローマ・クラブ・エグゼクティブの多くはNATOから引かれて、彼らは、NATOが、その方針であると主張するもののalotを公式化することができました。キャリントン卿を通して、彼らは、NATOを2つの派閥、左翼の政治団体、およびその前の軍事同盟に分割することができました。アメリカ枝が「ローマ・クラブのアメリカンアソシエーション」として組織される所で、米国の最初のローマ・クラブ会議は1969年にでした。そのメンバーの間にありました:(エネルギーの上の家小委員会)。

大部分は、経済の、政治的で、社会問題の上の研究所と「共通のリーダーシップの下の新しいグローバルなコミュニティ以外の文明の未来の生き残りへの他の実行可能な代案が全然ない」という主張として、クラブは作動します。

1973年9月17日に、彼らは、「グローバルな世界システムの地域化されて、順応的なモデル」(それはMihajloメサロビッチとエドゥアルト・ペステルによって準備されました(それは、世界を、政府の1つの形態の下で全世界を結合するであろう「王国」と呼ばれる10の政治的な/経済の地域に分割するクラブのゴールを明らかにしました))と呼ばれるリポートを発表しました。

これらの地域は以下の通りです:北アメリカ、ヨーロッパ、日本、南アフリカ、およびオーストラリア、アジア、南アメリカ、北アフリカ、および中東(中央アフリカ、インドとインドシナと中国)。

計画が分岐点で人類と呼ばれる本の中で出版された時に、用語「王国」は忘れられました(それは、世界の問題の解決策が「グローバルな文脈の中で開発される」ことができただけであると伝えていました)。

ハワード・オダム(ローマ・クラブのメンバーであるフロリダ大学の海洋生物学者)は、言うこととしてフュージョン雑誌の1980年8月の版において引用されました:「米国が次の50年以内に3分の2によってその集団を切ったことは必要です」。

彼は、どのようにこれが遂行されるであろうかを言いませんでした。しかし、1973年のそれらのリポート、「成長への限界」の1つは人口過剰の問題に対処しました。カーター政権の間に、タスク・フォースは、このリポートと1980年7月24日について詳しく述べるように命じられて、前の国務長官サイラスR.バンスによって書かれた「グローバルな2000リポート」と呼ばれる2巻の文書はカーター大統領、それから国務長官エドワードS.マスキーに提出されました。それは、次の20年の間グローバルな経済動向を計画することを試みて、世界人口の予期ドラマチックな増加をサポートするために惑星の資源が十分ではないことを示しました。

リポートは、米国の集団が2050年までに1億人の人々によって減らされることを要求しました。

約6ヶ月後、環境問題委員会は「グローバルな未来:」と呼ばれるリポートに基づいた推薦をしました。「行動すべき時」。

彼らは、殺菌、避妊、および中絶を含んだ人口抑制の攻撃的なプログラムを提案しました。1982年8月に、実行する知能レビューは「グローバルな2000:」と呼ばれるリポートを出版しました。支配的な2前記が、「意思の政治声明として正しく理解されています - リポートの中で引用された1億2000万の死をだけでなく2000年までの20億以上の人々の死を招くことになるであろう方針を実行する外交問題評議会、三極委員会、および国際通貨基金のような方針センターのほうの意思」と報告すると伝えていた「大量虐殺のための青写真」。世界中で、ローマ・クラブは、大量虐殺が、彼らが「無駄な食う人」と称する人々を取り除くために使われるべきであることを示しました。これは、戦略的な位置で先進国と制限された核攻撃のさえ中で局地戦争を使って遂行されるでしょう;終わっている飢餓は第三世界国で飢饉と病気を作成しました。

これは先の計画を反復しました。1961年に、ロバート・マクナマラ、マクジョージ・バンディ、およびディーン・ラスク、すべてのCFRメンバーは、平和についての長期計画について研究が全然なかったことを心配し、彼らは、戦争の直接・間接の支流を調べたかった。彼らは、平和時の間経済をコントロールする方法を探究するであろう研究を望んでいました。

グループ of 15人の個人〈精神医、人類学者、専門家を国際法、生化学者、物理学者、天文学者、数学者、文学的な批評家、歴史家、軍隊のエキスパート、エコノミスト、社会学者、および産業経営者に含む〉で、人口をコントロールする長期の計画をデザインするために、ハドソン、ニューヨークで地下核シェルターにおいて会いはじめた 。

それ以来、いくつかが、ハドソン研究所として、実際知られているシンクタンクが研究を行ったことを思索しています。

1961年にハーマン・カーンにより始められて「米国-および時間許可向こうの世界の多くの全体の未来を決定するのに役立つように」、メンバーと仲間は、 そこの多く CFRに所属しています。

平和の可能性と望ましさについてのアイアン・マウンテンからのリポートとして知られているこの秘密の報告(1966年9月まで発表されませんでした)は、この国の未来のための青写真であるようで、政治のコントロールとマニピュレーション、人口減少、銃砲規制、および武装解除、国際的な警察、および強制収容所についての計画を含んだ推薦を含んでいました。

リポートは戦争の見えない機能のいくつかを述べました:「... 必要なら、それを破壊して、反社会的な要素に、より若、より危険な社会的な構造...theの容認できる役割を提供し、選抜徴兵制...manによってコントロールの下にこれらの敵対的な社会的なgroupingsで保持されました 計画された戦闘...enablesによって彼自身の種の過剰なメンバーを破壊する 若い方のコントロールを維持する物理的な悪化より年上の世代 。」

リポートはまたこの観察をしました:「戦争は、古代と現代の両方の社会に、国家経済を安定させて、コントロールするための論争可能なシステムを提供しました」。コントロールのどの代わりの方法も、まだ、それが範囲または有効性で離れて同等であることを示した複雑な現代の経済においてテストされていません。戦争は私達の社会の安定性に必須の一定の機能を満たします;

「それらを満たす他の方法が開発されるまで、戦争システムは維持されていなければならず、有効性を向上させました」。

テーラー・コールドウェルによる無邪気な子供の1976年の斬新な式典において、彼女は効果的にそれらの行動の後ろの原理を説明します:「平和が苦しめられた世界に全然ないであろうし、計画されて、体系的であることの一連の戦争だけ、そしてプロッターがそれらの目的が得て大災害まで:」快く、平和の名における計画されたマルクス主義者の経済および総およびおとなしい奴隷化-に服従する疲れている世界。」


大量虐殺についてのそれらの計画はすでに始まりましたか?

私はエイズ(後天性免疫不全症候群)として知られている病気を参照しています(それは、91の国家に広がって私達の社会の中で疫病になりました)。数年前述べられた米国ニュースと世界リポート:「次の13年以内にエイズの治療法がないならば、千万は死ぬでしょう」。エイズ自覚と防止についての話のalotがあっても、それの完全な危険は、ますますその同性愛に賛成の偏向を示した疾病予防センターとメディアによるすっぽり覆いでした。

国連の世界保健機構(WHO)、ボリューム47、251ページの1972年の公報の中で、それは言います:「試みは、ウイルスが実のところ選択効果を免疫機能に及ぼすことができるかどうかを確かめるためにされるべきです」。「可能性は調査されるべきです(自身があるかもしれないウイルスへの免疫反応が、与えるウイルスがウイルスに反応している細胞を多少選択的に損うならばそれを害しました)」。これはエイズウイルスのように聞こえているのに、なぜそれは健康組織によって議論されていますか?

羊と牛からのデリバティブは、一般的に、ワクチンを製造するために使われていて、しかし、これらの動物に共通の一定のウイルスは、レトロウイルスと呼ばれる致死性ウイルスの新品種を成形して、無制限に対話することができます。

1974年に、全米科学アカデミーは、「実験(リンク)動物ウイルスを自発的に延期することにおけるこの委員会のメンバーと、世界じゅうの科学者は協力します」ように勧めました。ロバート・シュトレッカー博士、練習胃腸病学者は、セキュリティー・パシフィック銀行についてのヘルスケア提案に取り組むためにコンサルタントに雇われた薬学における博士号とともに、言いました:「私は、エイズが人造の問題であるというどのような疑念もあると思いません」。問題は、それが偶然または意図的に作成されたかどうかです。「私は、エイズウイルスが要求されて、予測されて、生み出されて、展開されたと信じます」。エイズの起源についての最も一般的な理論は、それがアフリカのミドリザルから来たことでした。それでも、何人かのウイルス学者は、エイズウイルスが自然にどのような動物にも存在していないと言いました。さらに、私達が現在いるポイントにまさに1つのエピソードから到着することは統計的に不可能であったでしょう。エイズウイルスが猿と起こったならば、病気は、彼らとより親しく、食料源として彼らを使うピグミーと浮上したであろうし、まだ、それは最初に都市に出ました。エイズが事実上同時に米国、ハイチ、ブラジル、および中央アフリカに存在していたという事実から、さらなる不利な証拠は来ます。シュトレッカーの研究は、牛属(雌牛)白血病ウイルスとビスナ(羊)ウイルスを結合し、それらを人の組織培養に注入することによって軍隊伝染病ユニットとして知られている米国陸軍の細菌戦ユニットにおいて、エイズウイルスがフォートディートリック、メリーランドで世界保健機構との協力における、それらの研究所で国立がん研究所によって開発されたことを示しました。ウシ白血病ウイルスは雌牛に致命的であるけれども、人に致命的でありません;そして、ビスナウイルスは羊に致命的であるけれども、人員を配置することになっていません。

しかし、結合される時に、彼らは、彼らが入るセルの遺伝の混合物を交換することができるレトロウイルスを作り出します。

彼は言いました:「人が人のエイズウイルスの遺伝子と牛のウシ白血病ウイルスと羊のビスナウイルスの遺伝子を分析し、それらを比較するならば、遺伝子は関連するようです」。それは、可能に that エイズのように見えて、エイズ似の病気を生み出す牛属のビスナウイルス- どうであり、1972年-のチンパンジーの生み出されたマリニ肺炎は分析されず、自然雑誌において、『牛属の動物Lente(「遅れます」のためのラテン語)ウイルスの説明および分子のクローンは、ヒト免疫不全ウィルスと関連しました』が出版された1987年まで、エイズ…と比較されませんでしたか。「マシュー・ゴンダ、作者は、エイズのように見えるウイルスを説明し、牛属のビスナウイルスを名付けて、それがエイズと最も密接に関連していて、その先駆者であるのももっともであることを示唆しました」。何人かの研究者は、1972年の天然痘予防接種プログラムが、ウイルスを人口に導入するために使われたと信じます。

アフリカで、エイズは一般に異性の病気であるけれども米国に、それは‘ゲイの’病気である恥辱を持っています。

1978年に先がけて、エイズウイルスの合図が全然なかったけれども1978年に、致死の病気は同性愛のコミュニティの中でいやというほど打ちました。証拠は実験的なB型肝炎ワクチンの導入を示します。

1969年に、ロシアで教育を受けたW.Schmugner博士、ポーランド医師は米国に来ました(そこで、彼はニューヨーク市血液銀行の頭になりました)。彼は肝炎ワクチン研究のためにガイドラインを設定し、20と40歳の間の乱雑な男だけが研究に含められていました(それは、いくつかを、これが、どうウイルスがゲイ人口に導入されたかであったと信じる気にさせました)。

肝炎ワクチンの(それは人の組織培養から示されません)場合に、エイズウイルスがワクチンに意図的に入れられたことを示すような偶然の汚染を1981において持つことは不可能で、疾病予防センターは、肝炎ワクチンを受け取っているそれらのb%がエイズに感染したことを報告したけれども、1984年に、彼らは、それが実際60%であったと認めていました。これらの肝炎ワクチン研究は現在ワシントン、DCの司法省の所有にあります。病気が人口の中で確立されることを可能にするために、様々な事実はすっぽり覆いと上の磨きでした。たくさんのは性的行為と静脈内の薬使用を通して体液の交換であって、エイズ伝染の主要な原因を強調されています(それは、クリーンで、未使用の針とコンドームを使う重要性のためにキャンペーンをもたらしました)。コンドームの使用はエイズウイルスのトランスミッションからの保護を保証していません。それにかかるすべては、1つのエイズビリオン(そのままのその外のコートを持つ完全なウイルス粒子)であり、最も小さい精子は500倍大きい その1つのそのようなビリオン 。

さらに、30-50%の故障率が報告されて以来ずっと、コンドームの品質は非常に疑わしくなっています。実のところ、エイズが、隔離が、病気に苦しむ人々に置かれることを要求する高い伝染病である時に、日常的接触のリスクは軽視されています。

それがある流行として病気を扱うというよりも、政府は、エイズキャリアに一般の住民へのより多くの権利とより多くの露出を与えることに関係しました。ウイルスが最高乾燥したペトリざらの上の、そして水(雨天)環境における7日まで、最高15日までに耐えることができることを示す具体的な医学の証拠があります。これは問題を提起し、エイズキャリアがパンチボウルまたはサラダの中にくしゃみするならば、起こるであろうことはボウリングをします。それは、病気の目立った合図を起こす10-15年前に生み出すことができます(それは、性的関係があなたを、あなたのパートナーがその期間に持っていたすべての性的なコンタクトにさらすことを意味しています)。言われた英国医学のジャーナルランセットの中の1985年2月18日のリポート:

「虫刺されを通して異性の接触または血への露出を通して送られるために、(そしてそれ)が思われるアフリカエイズ患者の間に、ほとんど、同性愛の活動の証拠がありません…」1985年9月9日に、国立がん研究所、腫瘍細胞生物学の研究所、および熱帯医学の研究所からの研究者の研究チームは、「ヒト・レトロウイルスは蚊によってまたは寄生虫自身中で送られることができました」と言いました。1981年10月に出版されたリポートの中で、国立予防衛生研究所との科学、ボストンの血液学者ジェロームGroopman博士、および研究者の問題は、「唾液からの」エイズウイルスの回復が、「この体液との直接的な接触が避けられました…であるべきであることを示唆する」と伝えていました。1985年1月11日に、疾病予防センターは報告しました:

「(にキスしているオーラルセックスの接触または親友を通して他のものの露出によって他を感染させるリスクがあります」french(「キス)」。リチャード・レスタック博士、ワシントンの神経科医はこの声明を出しました:

「この時点で、ライブエイズウイルスは血、精液、血清、唾液、尿、および今涙から分離されています」。

ウイルスがこれらの流体の中に存在しているならば、知恵のよりよい部分は、私達が、それがまたこれらのルートによって送られることができるという可能性を仮定すると命じます。「従って、エイズ犠牲者が献血または血液製剤をするべきでなく、精液銀行に寄付するべきでなく、組織または器官を臓器バンクに寄贈するべきでなく、歯または医学の専門家として働くべきでなく、たぶん糧食勤務員として雇われないべきであることは手頃であるようです」。ハーバード・メディカル・スクールのウィリアム・ハセルタイン教授は、大学聴衆へのプレゼンテーションにおいて、「あなたに、エイズが唾液によって感染されないと断定的に言うかの」誰も「真実をあなたに話していない」と言いました。「エイズは実のところ涙、唾液、体液、および蚊に刺されたあとによって伝染しているかもしれません」。エイズは、停止しないであろう伝染病です。

この致死性ウイルスを作成した科学者は、インフルエンザより100倍速く増加するウイルスを作成しました。

180個の違うエイズウイルスと300の緊張があります(それは血液検査を無意味にします)。

ウイルスは常に変異しています(それが、みんなと効果的であろう一般的なワクチンを開発することが不可能にします)。

まったく単に、エイズは20世紀の疫病であり、毎年、影響されたそれらの数は二倍になります。

バニティ・フェアの1987年3月号の中で、ウィリアム・グレース博士(ニューヨークのセント・ヴィンセント病院の腫瘍学のチーフ)は、言うことを引用されます:「私は、エイズが、アメリカ医療制度を荒廃させようとしていると思います」。

医学的にそれと戦うことができないことのほかに、特に、全国的な医療が設立されるならば、病気は経済的消耗であることに進行するでしょう。その目的が、人口の外で拾うことであったならば、それは確かに成功するでしょう。

この病気の祖先が、自身が露光されることを防止するために保護の手段を持たなければならないことは仮定されなければなりません。エリートは、その面からそうに、汚染されることからのリスクがほとんどないという彼らの見解のため一般の住民からすでに自身を分離しました。医学の治療の場合には、それらは最もよい医学治療お金にアクセスできます 私的で、汚点がない血供給品を買い、おそらく所有できる 。何とかして、私は、全く、それらが、それらが地球に置いたむちを終えると思い that 人口への限界のそれらのゴールに到着した時 どのように 意志 ないではいられない。

法廷の弁護士が、証人に、彼がすでに答えを持っていない質問をしないまさにことわざにもあるように;

すでにそれらがそれのための治療を持っていなかったことにおいて同じ推論はここにあてはまるようで、啓蒙主義者は病気を解放しません。この本、Broの初期の出版の後。R.G.階段、有名な福音伝道者は、私の理論を確認するようであった匿名の手紙を受け取りました。作家は、ロバート・ガロ博士(エイズウイルスの共同発見者)とともに同じ研究所で働く分子生物学者であると主張しました。作家は、今、入手可能なエイズワクチンがあり、500,000,000の一服が生み出されていて、今、入手可能であると主張します。


現在砲弾。

作家は偶然、ギャロが、実際エイズウイルスを作成し、新世界秩序に言及した政府高官から彼のオフィスで2、3通の手紙を発見したと気づきました。ギャロと8人の他の科学者が、それがより容易に送られることができるようにウイルスの遺伝的構造を修正するために働いていたことは信じられます。Whetherエイズは除去の車であり、ローマ・クラブが参照し、疑いなく憶測に開いていて、すべてを考慮して、問題が上げさえしました。しかし、きちんと、1世界政府のために世界を準備する写真全体の中に、パズルのこの小さな断片が適合している方法で、あなたは否定することができません。

太田龍氏の時事寸評から





太田龍氏の時事寸評からhttp://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi













北朝鮮共産政権の見えすいた日本に対するブラフ=核実験の空騒ぎ。

こんなものは無視するに限る。

??




更新 平成18年10月10日22時45分



平成十八年(二〇〇六年)十月十日(火)

(第一千八百二十九回)



○北朝鮮共産政権が、

 十月九日、核兵器の地下爆発実験をしたと言う。



○こんな見えすいたコケをどしは、日本は無視すべきであった。



○しかし、日本政府と日本のマスコミの対応。



○これは最悪である。



○北朝鮮共産政権の今回の核実験は、



○「政治的な脅しにすぎない」



○と、日高義樹(夕刊フジ、平成十八年六月十一日)は言う。



○この「脅し」は、英語ではブラフ。

 ポーカーの用語である。



○この問題については、林秀彦著「この国の終わり」(成甲書房)

 の中のポーカーについての記述を参照する必要がある。



○林著は、



○日本人にはポーカーはやれない、と言う。



○ポーカーは、西洋そのものだ、と。



○北朝鮮共産政権は、西洋人の政権ではないが、しかし、



 (1)共産主義は、

    西洋イルミナティの作り上げたイデオロギーであり、



 (2)北朝鮮共産政権は、そもそもの最初から、直接間接

    にイルミナティサタニスト世界権力によって育成され、

    養成され、支援され、操作された勢力である。



○従って、彼等北朝鮮共産政権を純粋に朝鮮的現象と見ること

 は出来ない。



○北朝鮮は、英国と正式に国交回復して居り、平壌には

 英国大使館が存在する。



○この事実は重大である。



○平壌の英国大使館には、当然のことながら、



○MI6(エム・アイ・シックス)の要員が在勤して居るで

 あろう。



○北朝鮮共産政権の西洋イルミナティサタニスト世界権力に

 由来する、ポーカー的戦略戦術で、



○この数十年、



○日本は、おもしろいように(日本人から見れば悲しいことに)

 コロコロとだまされ続けて居る。



○今、イルミナティは、北朝鮮共産政権を使って、



○日本に、ブラフ(bluff)をかけさせて居る。



○そして、情けないことに、



○日本政府と日本マスコミは、



○こんな初歩的なブラフで、

 みっともないほど、おろおろとうろたえて居る。



○こんなくだらないイルミナティのお芝居は、



○無視するべきところなのに。



 (了)

国際金融資本の世界支配に関する研究(1)

九州科学技術研究所 曽川和翁 所長

米国イオンド大学教授(Ph.D,)に就任。同大学のより、数学並びに物理数学、数理哲学の功績を表され、哲学博士(Doctre of Philosophg/数理哲学)の称号を授与さる。


http://www3.ocn.ne.jp/~saigouha/paper03/kokusaikinyushihonno02.html





国際金融資本の世界支配に関する研究(1)

●世界支配への手段

 我々は世界支配というと、直ぐに武力による地球支配を想像する。あるいは政治力であろうと短見的な解釈をしてしまう。

 しかし今や世界支配、地球支配はこうした表面化するものばかりではない。実体経済の後に人類の上に降り注いだ金融経済支配によって世界支配、地球支配が可能になったといえる。


 その典型的なこれらの可能性を示唆したものが一九二九年十月二十三日に世界を震憾させたニューヨークウォール街で起こった「暗黒の木曜日」である。多くの中産階級はこれまで蓄えていた資産をこの日の株式の大暴落によって瞬時に失い、それに反して、底値で株を対叩いたアメリカ東部のエスタブリュシュメント(establishment/既成勢力)の大富豪達は、これによってまたしてもロスチャイルドが、ワーテルロー会戦で天文学的な数字の巨富を手に入れたに匹敵するような財産を手中にした。


 ひと握りの支配者が、大勢の微生物的な被支配者を支配する、これはユダヤ教のカバラ思想から生まれたユダヤ黄金率である。この方程式によると、支配者二十八に対し、被支配者七十二という分割比が成り立ち、これは長方形が最も美しく見える形であるとこの思想では説かれている。


 現に映画のシネマスコープ・スクリーンや、ハイビジョンテレビやワイドテレビの画面の縦と横の分割比は、二十八対七十二という。縦二十八に対し、横七十二が最も均整のとれた美しい長方形というのだ。つまり長方形の四辺を二等分にし、その一辺の底辺の横が七十二、その垂直辺が二十八の割合で分割するとその長方形は、最も美しく均整のとれたものになるというのだ。その分割比は七対十八である。


 こうした分離比は一種の宇宙法則として分割され、分離されたものといえる。そして世界はこうした分割・分離の法則にしたがって、支配者と被支配者が分割・分離されているといえるだろう。その分割・分離のために手段として用いられているのが金融経済による世界支配に構想であるといえる。持てる者と待たざる者の格差は益々広がりを見せ、分割・分離が明白になってきた。


 また昨今はデジタル・ディバイトという情報格差によって、情報を知る者と知らない者とが、その貧富において、二分するという現象が起こり始めた。そして誰もがこの言葉に載せられて、IT(information digital digital/インフォメーション・デジタル・テクノロジー)革命の真っ只中に否応なく放り込まれ、踊らされるという現象が起き始めた。





●金融経済の齎す不安の影


 情報格差によって貧富の格差が隔たりを見せているかのように見える今日、我々は貸し出しなどの運用資金を上回る「逆ザヤ」状態の現実をしっかりと見極めなければならない。

 これは相次ぐ銀行の倒産などによって知る事が出来る。


 一九九五年三月、東京共和信用金庫と安全信用組合が東京共同銀行に事業譲渡された。続いて同年七月にはコスモ信用組合が倒産し、同年八月には木津用金庫、そして兵庫銀行が相続いて倒産した。これ以降も続々と倒産劇は繰り返される。また大和銀行の巨額損失事件も起こった。


 こうして日本の銀行や信用金庫の中には調達した資金の金利が貸し出しなどの運用資金を上回る逆ザヤ状態になっている金融機関も少なくないのである。一言で云って採算がとれなくなっているのだ。


 しかし銀行や証券会社は金融という職種柄これを今直ぐに休業できないというのもまた経営者側の心情である。山一証券が巨額な赤字を抱えて破綻したのは、まだ我々の記憶に新しい。


 こうした金融機関の倒産劇を見るには、歴史を一九二七年にまで遡らなければならない。





●資本主義経済の崩壊


 資本主義市場経済の最後の足掻きの当来が始まった。この経済における最後の徒花が咲こうとしている。これはこの経済の金融部門においてである。


 金融ビッグバン、金融開国等と称される近未来において、限りなく人間の金銭欲を燃焼させ、脳裡を交叉する実体の無いマネーによって、人心はこれに魅せられ、煽られ、そして金銭至上主義を全うしている。十七世紀頃に起源した金融社会構造はこの二十一世紀を迎えて開花の一途を辿った。この開花状態から、市場経済の最後の徒花が咲き始めようとしているのだ。


 そして徒花と称される限り、それは季節はずれに咲く花であり、資本主義のルールから言えば、拡大したデリバティブによって、このルールを無視し、決算操作のために不正な歪曲によってバランスシートの外に咲いた、散り行く、はかない花なのである。

 資本主義崩壊の概念は、まさにこの徒花に由来するのだ。


 さてここで、資本主義とは何かということを定義して見よう。

 資本主義の原則は、「貸借対照表」によるバランスシートと呼ばれる貸方と借方の左右の表示が辻褄が合っている状態において、それは資本主義の原則を包含しているといえる。そしてこれに付随するものが「損益計算書」である。この二種類の示される決算書類によって企業は経済活動を行い、これはとりもなおさず、資本主義の明確な思想であった。


 ところが金融経済の申し子は、デリバティブなる先物取引を生み出し、「決算操作」並びに「デリバティブ取引の膨張化」を作り出してしまった。

 あらゆる経済活動は、その取り引きにおいて、必ず「対価」を伴うものである。その対価は先ず数字によって表現される。そしてその数字は貸方と借方に記載するということが条件になる。これは資本主義の原則であり、資本主義を明確に顕わした思想である。


 さてデリバティブによる決算操作とはどういうことを言うのか。単刀直入に言って決算帳簿の歪曲である。誤魔化しであり、不正である。

 デリバティブの特徴は、オフバランスであることによって拡大を伴い、決算書の枠外に取り引きを求める事が出来る点である。これはまさしく資本主義の原則を無視した取り引きで、更には日本銀行の、破綻寸前の金融機関に無担保融資するなどの行為も、資本主義を無視したものといわなければならない。


 こうした決算操作やデリバティブ取引、そして日銀の無担保融資などの資本主義の原則を無視した経済活動によって、この思想の最も中枢を占める会計帳簿は、この思想の原則から逸脱するのである。そしてこうした歪曲された会計帳簿は、資本主義の掲げる思想を逸脱することにより、裡側から崩壊するという末路を余儀なくされるのである。


 元々、財務省(旧大蔵省)の役人や企業家らは最も資本主義のルールに忠実でなければならない人達である。その人達が、自ら資本主義のルールを破り、率先して会計帳簿の逸脱をはかっているのである。この逸脱こそ、資本主義が崩壊をする原因を暗示した最たるものではないか。


 会計帳簿の歪曲は、人体に例えるならば新陳代謝を齎さない状態をいうのである。死滅する細胞があってこそ、新しく生まれる細胞が登場するのである。死滅するべき細胞がいつまでも生き存えるという状態は極めて不自然であり、やがて人体はこうした細胞に滅ぼされてしまうのは火を見るより明らかである。


 経済活動を示す実行過程で、バランスシートの左右は記載された数字に辻褄が合う状態になっていなければならない。喩えば実行過程において「資産の部」が減れば、「負債の部」には損失が計上されなければならない。左右のバランスが崩れ、負債の部が増大すれば企業としての経営体は消滅しなければならない。これは競争原理における、淘汰という、資本主義で最も中心課題になる原則であり、これが無視されれば、消滅されるべき経営体がいつまでも生き残ることになる。こうした歪曲によって消滅されない企業を生き残るという実情は、既に資本主義が正しく機能していないということを如実に物語ったものである。


 つまり現在は、資本主義の病んだ状態の末期症状であり、この末期症状は死を齎すものである。

 資本主義の大発明は「バランスシート」にあるといっても過言ではあるまい。バランスシートの左右に記載された数字は厳密に一致するというところに資本主義の掲げる思想があった。これが今や、歪曲され、この歪曲には国家も一役買うという愚行から見て、資本主義はこうした経済の専門家の手によって内部崩壊しようとしているのである。


 経営破綻とは、バランスシートの左右が負債の部に片寄り、商業行為の失敗として経済における競争原理の敗者として市場から消えることを言うのだ。ところがこういう企業の淘汰がなされず、無担保融資によって敗者復活戦に参加することは、意図的に何らかの操作が行われ、こうしたことが罷り通るのは資本主義の原則が機能しなくなった証拠であり、またバランスシートすら機能していないことになる。


 この機能しなくなった、という現実はまさしく資本主義が社会的経済調整機能としての役割を果たせず、また市場経済における「ねずみ講」的な機能が行き詰まり、調整機能で重要な資源の有効配分が喪失してしまっているといえるのである。

 これに対処して、決算操作やオフバランスのデリバティブが登場したのであろうが、こうしたことが公然と氾濫し、ガン細胞の如く正常細胞を食い荒らすこうした社会現象は、資本主義の持つ社会的な調整機能が機能しなくなったと見るべきである。


 歴史を振り返ると、ある一つの主義が思想を持って生まれ、やがてそれが時代に対応出来なくなって崩壊と蘇生を繰り返すのは、歴史の周期を読み取れば明白であろう。資本主義の歴史を振り返ると、崩壊と蘇生はバランスシートの左右に辻褄が合うという原則に支えられてきたものであった。それが辻褄合せの操作に趨るというこういう現実は、資本主義が崩壊する姿を顕わしたものといえる。

 そして資本主義を崩壊させる最も大きな要因になるのは、資本主義の末期に咲いた徒花・金融経済である。?

??


国際金融資本の世界支配に関する研究(2)

●近代経済社会の時代の流れ

 共産主義の特徴は計画経済であった。

 そしてその主眼とするところは、私有財産制の否定と共有財産制の実現によって貧富の差をなくそうとする思想を裏付け、これを目指して階級闘争を展開する運動であった。こうした思想は、古くはギリシャの哲学者プラトンなどにも見られ、これを代表するものがプラトンのイデア(idea/プラトン哲学の中心概念で、観念または理念)の思想である。


 イデアとは、もと、見られたもの姿や形の意味であり、プラトン哲学の中心概念で、理性によってのみ認識されうる実在を指す。感覚的世界の個物の本質うや原型であり、また、価値判断の基準となる、永遠不変の価値を指す。こうした考え方や思想は近世以降、観念、また理念の意味合いを持つようになり、主としてマルクス並びにエンゲルスによって体系づけられたものを指すのである。


 共産主義の思想背景は階級闘争によって階級的差別をなくし、底辺のプロレタリアートと中心とする社会体制を造ることで、これはプロレタリア革命を通じて実現される、生産手段の社会的所有に立脚する社会体制である。その第一段階と呼ばれるものは社会主義であり、最初は生産力の発達程度があまり高くないため、社会の成員は能力に応じて労働し、労働に応じた分配を受けるという計画経済を実現することであった。

 そして生産力が高度に発展し、各成員が能力に応じて労働し、必要に応じて分配をうける段階へと突入する。これが狭義の共産主義である。


 つまり生産手段の社会的所有を土台とする社会体制、及びその実現を目指す思想と運動は、狭義には、資本主義に続いて現れるとされる共産主義社会の第一段階を指すのが社会主義である。

 この社会主義においては、非マルクス主義的社会主義の運動及び思想を指し、マルクス主義の社会主義運動が共産主義運動と呼ばれるのと区別するためであり、こうした思想と運動を「社会民主主義」の名称で呼ぶのである。


 こうした社会主義には、その代表的なものに「空想的社会主義」(utopischer Sozialismus/ドイツ語) があり、マルクス並びにエンゲルスが自らの科学的社会主義に対して、サン=シモン・フーリエ・オーウェンらの社会主義をこう呼んだのがこの名称である。この思想は産業資本の未成熟な段階において、既に資本主義の本質を明らかにし、未来社会の理想を説くものであったが、階級闘争の理論は含まなかったので、唯物弁証法の概念から大きくはずれてしまい、観念論哲学をベースにした空想主義で、一般には「ユートピア社会主義」の名で知られている。


 これに対して「科学的社会主義」(wissenschaftlicher Sozialismus/ドイツ語) あり、オーウェン・サン=シモン・フーリエらの空想的社会主義に対して、歴史および現実の社会に対する科学的認識の上に立つとしたマルクスの社会主義である。これを社会科学と立場から、史的唯物論や弁証法で社会構造を科学する哲学的基盤をなしたものが科学的社会主義である。


 これに続くものとして「マルクス主義」(Marxism) があり、マルクス並びにエンゲルスによって確立された思想体系である。哲学的基礎としての特徴は弁証法的唯物論であり、それを社会に適用して、社会をその物質的土台から歴史的に把握する史的唯物論や、階級社会の場での階級闘争の理論の展開をその運動の目的にするものである。


 またマルクス主義の特徴は、資本主義社会の運動法則を解明する経済学説を第一に掲げ、次に国家を階級支配の道具と見る国家論を挙げ、更に労働者階級の革命運動の戦略や戦術、植民地や従属国の被圧迫民族解放の理論を掲げて、こうしたことが成就の後に、社会主義・共産主義建設が可能になるとした理論であった。


 しかしこれ等の理論が計画経済の中で、破綻したのは周知の通りである。計画経済の中心は国家が経済の総てを国有化することであり、鉄鋼、電力、電気通信、石炭、鉄道、交通などの基幹産業を国有企業に転換させることであった。そして近年に至って国有企業の欠点が暴露され、国有企業では生産性の向上が望めないことが明らかになった。

 共産主義国家では総ての企業を国有化したのであるが、その先に見えたものは国家の破綻であった。それは生産性の向上が全くなかったということである。こうしてソ連経済は破綻し、国家は解体されることになった。


 こうした失敗はソ連だけとは限らなかった。現に曾てのイギリスのブロック経済においても、企業の多くを国有化することで失敗している。先進資本主義国家イギリスでは、国有化政策に基づいてブロック経済の一貫としてこれを熱心に押し進めた。


 アメリカもニュー・ディール政策などを通じて一時的に国家の政策を社会主義化した。こうした資本主義国家で経済的ナショナリズムが強まったのは、一九二九年十月二十四日に起こったウォール街の証券取引所における株価の大暴落に端を発していたのである。以降当時の対策としては輸入制限措置が取られ、国際貿易は益々低迷化して行った。こうした国際貿易の不振を回復させるために、一九三三年六月に世界経済会議が開かれたが、フランスとアメリカが対立して会議(六十六国が出席)は遅々として進まず、これといった成果は見られなかった。そして主要列強は保護主義に走り、閉鎖的なブロック経済を展開するのである。


 この経済ブロックとして特に有名なのが、イギリスを中心として、その自治領や植民地などのポンド支配下地域の結集を目的とした「スターリング・ブロック」であった。またアメリカは両アメリカ大陸の「パン・アメリカン・ブロック」を形成し、フランスはヨーロッパの小協商国と北アフリカの植民地を結ぶ経済ブロックを実施した。更にドイツは中欧のバルカン半島地域や中東地域を含むブロックをその経済支配下に置いた。そして日本は「大東亜共栄圏」の五族共栄を目指して「八紘一宇」の思想を掲げた。


 こうした経済政策を見てみると、世界的には全体主義が蔓延こり、ファッショ化する傾向に至っている。

 ブロック経済の特徴は、本国と植民地または政治上の同盟国などが一体となって重要な商品の自給自足を図り、相互に特恵を与え、商品の市場を確保し合う閉鎖的な経済圏を獲得することであり、広域経済が主眼となる。そして企業を次々に国有化する政策が取られて行ったのである。


 国有主義とは、広義には国の所有に属するすべての財産をいい、狭義には国有財産法に定める国有の不動産・動産・各種権利をいうのである。

 そしてソ連では「スターリン体制」がひかれ、資本主義諸国が世界恐慌に悩まされている頃、五ヵ年計画が実行され、ドイツでは経済的安定と繁栄を目指してナチス独裁体制が実行されていた。そして当時の世界恐慌が引き金となって、第二次世界大戦が勃発したのは周知の通りである。


 こうして後進資本主義国である日・独・伊三国を枢軸した国と、米・英・仏・ソ・中など連合国との間に勃発した全世界的規模の大戦争が展開されることになる。





●第二次世界大戦とナショナリズム


 一九三九年九月、ドイツはポーランド侵入、そして英・仏の対独宣戦により戦争の火蓋が切られた。ドイツ軍は一時欧州諸国を席捲し、四〇年六月にはパリを占領、更に四一年には独ソ不可侵条約を破ってポーランド東部のウクライナ地方に侵入して、独ソ戦争が勃発した。一方、同年十二月八日、日本は対米宣戦で太平洋戦争が開戦に至り、戦域は全世界に拡大した。


 この戦争において四二年夏以降、連合国軍は総反攻に転じ、四三年にはスターリングラードにおいてドイツ軍の全滅する。また英・米連合軍の上陸によるイタリアの降服、四五年五月には英・米・ソ軍のベルリン占領によるドイツの降服、そして八月六日には広島に、同月の九日には長崎に原爆が投下され、ソ連は日ソ不可侵条約を破って満州に進攻し、同国の参戦によって日本は無条件降伏に至った。


 こうした歴史の流れを観て行くと、一つの誘導された意図が隠されていることに気付く。それは第二次大戦を挟んで、共産主義国家がインターナショナルの名の下に発展を遂げようとした頃で、大戦前夜はマルクス主義に基づいたレーニンが、ボリシェヴィキ党を創設して、ソ連邦の設立を樹立し、一九一七年ロシア革命の成功によってその後のソビエト政府首班として社会主義建設を指導しどうしたという歴史的事実が、当時の時代背景を大きく彩っていることである。


 またブロック経済などにも見られるように、経済状態が最悪になり、社会が混迷して不況に見回れると、社会秩序は崩壊の道を辿る。こうした中に突如として天才的な独裁者が現われるのである。これはナチス・ドイツを挙げるまでもない。


 そもそも資本主義は、王侯貴族や当時の教会などの封建制度時代に、これらの封建制度を打倒するためにブルジョア革命が起こり、産業革命によって確立した生産様式をその中枢においた社会構造であった。この資本主義は商品生産が支配的な生産形態となっており、あらゆる生産手段と生活資料とを資本として、所有する資本家階級が、自己の労働力以外に売るものを持たない労働者階級から、労働力を商品として買い、それの価値とそれを使用して生産した商品の価値との差額(剰余価値)を利潤として手に入れる経済体制である。周知の通り、資本主義体制下の中で搾取の甚だしい最たるものは、同族によって資本を独占する同族会社による資本の独占であり、こうした資本家は特に日本型資本家主義に見られる現象で、戦後の財閥解体にもかかわらず、今でも消滅していない。


 つまり同族会社の資本独占は、親族並びに会社役員の肩書きを持つ使用人など相互に、特殊な関係を持つものだけから成る会社で、一定数の株主または社員およびこれの同族関係者が、株式または出資金額の一定割合以上を所有している会社であり、下級社員の労働力を搾取する構造になっている。こうした資本独占体制は、資本家や資本家に追随する使用人が、何ら自らの労働力を用いず、下級社員を酷使することで巨額な利益を貪るシステムとなっている。そしてこのシステムが、自分の子供や孫にも及ぶよう、彼等は曾ての華族や皇族と結び付き、その権威と威光によって同族支配による資本体制を目論むのである。


 こうしたシステムは欧米を経由して、「財閥」という形で日本に飛来した。巨大な独占的資本家並びに企業家の一団で、一族や一門から成るものであり、戦前の三井・三菱・住友・安田などはこの最たるものであった。俗に、同族会社や財閥という語源は、金持の意にも用いる場合が多い。つまりコンツェルンの同義語である。労働力を提供する労働者を、最初から搾取の意図で採用し、これらの労働力を使い捨てにしながら、次々と労働力提供者を搾取する企業形態である。

 要するに労働力を提供する労働者は、資本家から搾取される構造になっている最たるものがコンツェルンである。





●虚構理論と悪の民主主義


 こうした搾取の撤廃と、プロレタリアートの独裁を目指したものがマルクス主義であった。

 この思想は、プロレタリアが革命によって獲得した権力を維持し、更に強化するために、強制によってブルジョアジーを支配するとしたマルクス・レーニン主義であり、プロレタリア革命後、共産主義への過渡期における国家権力の形態を示したものである。この中心に位置するものはその主体が労働者である。


 しかし歴史を振り替えって見て、今迄に労働者が歴史の主役になったことは一度もなかった。そしてプロレタリア独裁はマルクス主義の欺瞞であった。だがこうした欺瞞にもかかわらず、唯物弁証法に入れ上げ、これを擁護する考え方をする進歩的文化人は少なくない。


 共産主義を裏返しに凝視すると、その中心人物は軍人であり、スターリンも毛沢東も金日成も総て軍人であり、軍人によってマルクス・レーニン主義が独裁のために、手段として利用され、人民が酷使されるという現実を招いた。


 取り分け、戦後の共産党や社会党はこうした思想の擁護者であり、欺瞞の世界平和を掲げながら、多くの学生や労働者を階級闘争の坩堝に叩き込んで行った。彼等の掲げるものに、核武装の廃絶を唱える「原水爆禁止運動」があるが、これは彼等の政治手段に使われ、原爆被爆者の悲惨さを逆撫でするものであった。

 そしてこうした第二次大戦を挟んだ歴史の中で、日本人は広島と長崎に原爆の洗礼を受け、また世界人類は広島・長崎の失敗から教訓を学といった程、まだ賢くなっていないのである。


 人間は自ら起こした失敗はそれを教訓にして学ことが出来るのであるが、他人の起こした誤りは、そこから教訓を学ぶことは極めて難しい事なのである。

 経済状態が悪化し、それが瀕死状態になると、社会の秩序は崩壊していくと同時に、独裁者が現われてくる。帝政ロシア時代、独裁者が現われやすかった国はロシアであった。またベルサイユ条約の不当な重荷に悲鳴を上げ、経済がハイパーインフレ状態にあったのはドイツであった。この両国は独裁者が軍人の出現することで社会を全体主義へと誘った。


 両国の共通点は軍人が独裁者にのし上がったことと、軍人がのし上がる手段に用いたのは国家全体主義であった。また経済状態の悪化は、彼等が勢力の触手を伸ばす絶好の材料となり、秩序破壊と比例して新たな思想を掲げることになる。経済が悪化すると、社会の秩序は次第に乱れ始め、崩壊状態に向かう。


 旧態依然とした古い思想は取り残され、大衆はこの思想に安堵を得られなくなる。こうして社会は益々混乱の方向に向かい、大衆の不満は募り、国家全体が喘ぎ始める。こうした混乱下では、人々の多くは生きることだけが先決問題になり、道義や秩序は低下し始めるのである。


 これを洞察すると、独裁者の出現は大恐慌と大混乱の時代に出現し、新たな思想が掲げられるということである。そして主義や思想は理想境を造るための目的ではなく、屡々手段としてこれが用いられるのである。

 これ等を抑制するためには、社会全体を民主主義社会構造に変革するのが急務であるが、この民主主義は支配層の出任せや宣伝によって、事実が歪められたり、操作されて、「悪の民主主義」になりやすい構造を持っている。その一番大きな原因は、民主主義の主役である人民並びに国民が、民主主義を極めて高い教養で理解し、これに対して一人一人が学習をしておかなければならない。


 これを怠ると、民主主義は悪魔の囁きに耳を傾け、政治的指導者から騙されることになりかねない。そしてこうした民主主義下では、独裁者が誕生することもあるのである。民主主義で最も警戒しなければならないことは、経済は不況に陥り、社会秩序が破壊されれば、全体主義にとって変われる構造であるということを忘れてはならない。


 この意味から考えて、民主主義を完全に機能させるためには、政治的民主主義と経済的民主主義の双方が拮抗し、人民の衣食住が最低限度確保され、極端な貧民層や貧民地域がなく、人民の各々が高い教養を有しているという条件下のみに機能するということである。こうした条件を満たさずして、民主主義は単に、烏合の衆となり、自己主張のみが激しくなって、悪の民主主義に陥りやすい欠陥を持っている。


 しかし人類はこうした欠陥のある、多数決構造が時として、悪魔の囁きに耳を傾け、物質的欲望を中心とする個人主義が蔓延こった場合、何の機能も果たさないという構造であることを知っておかなければならない。

 そして人類は民主主義以上に、人類全体に寄与する新たな思想を構築するほど賢くなっていないのである。





国際ユダヤ金融資本が仕掛ける

国際陰謀学に関する研究


人類の歴史は、凡そ十七世紀後半頃から、ある穏微な集団によってコントロールされ始めた。アメリカ合衆国の建国に到る迄のこのプロセスは、アメリカ独立戦争で幕が切って落とされ、アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンによって、独立が高らかに世界に宣言された。この後世界史は、フランス革命、第一次世界大戦、ロシア革命、第二次世界大戦、太平洋戦争へと突入して行く。そしてこの流れの中で、一様に共通する一つの流脈を見い出す事が出来る。


 それは近代史が自然発生的に、或いは偶然の成り行きの結果としてではなく、数々の事件が故意に誘発・誘導されて起っているという事である。

 そこには人工的な、人間の齎した作為があり、方策があり、その作為は人間の欲望で満たされている。その欲望の根底には、支配する現体制側を、その立場の逆転を狙って執念を燃やす反体制側の、隠された目的と、特定の意図を以て行動する仕掛人の陰が動く事である。これを人々は「陰謀」と呼称した。


 この陰謀の発信基地が、イルミナティであり、奥の院にサンヘドリン(Sanhedrin/ユダヤ教の行政管理と裁判を管轄する最高法院)が存在する。

 サンヘドリンはローマ統治時代、エルサレムに設けられた議会である。ユダヤ教の行政管理ならびに裁判を管轄する組織である。この組織は議長と70人の議員から成なる。この組織は最高法院であり、そのトップは僅か五人程のメンバーで運営され、世界の歴史や経済や政治や軍事を彼等が司っている。

 そして彼等の走狗が、アメリカCIAであり、イスラエルのモサドであり、イギリスのM機関である。また日本では高級官僚と謂われる人達である。


 世界にはこのような陰謀が到る所で渦巻き、今なお、これが我々の生活の延長上に横たわっている。そして陰謀は巧妙な仕掛けで眼に見えず、気付かない儘、吾々の心の中に忍び寄る。


 人間は、欲望と共に行動する生き物である。人間を動かす原動力は何処まで行っても欲望であり、欲望は富みに置き換えられる。だからこそ人間は、古来より富みの収奪と権力の独占に執念を燃やした。

 そして背後には欲望にほだされる人間の弱さと、脆さと、欲深さが、隣り合せで表裏一体となた歴史の側面を持っている。


 陰謀を仕掛ける人間、陰謀に陥る人間はこうした弱さと、脆さと、欲深さの虜になって、人間模様の欲望の歴史を彩っているのである。




北朝鮮の核兵器テストは失敗しました。


France: Claimed N.Korea Nuke Test Failed


JAMEY KEATEN / AP | October 11 2006


France said outright for the first time Wednesday that North Korea's proclaimed nuclear test produced such a small blast that it must have failed, and analysts warned such challenging talk could lead Pyongyang to try again.


World powers stepped up a hunt for clues about the insular communist regime's test, with Britain sending refueling jets to join Japanese aircraft trawling the skies for any traces of radiation.


The blast from North Korea's first nuclear weapons test was believed to have been the equivalent of hundreds or even thousands of tons of TNT, and was strong enough to send seismic waves as far as Japan's main island.


But verifying exactly what happened _ or even determining conclusively whether it was a nuclear device _ could take several more days, if not weeks, officials said Wednesday.


If some Western powers are to be believed, the alleged test announced Monday by Pyongyang had a force of one kiloton or less _ equivalent to the explosive force of 1,000 tons of TNT but far less than 15 kiloton force of the atomic bomb dropped on Hiroshima in 1945.


France's Defense Minister Michele Alliot-Marie said French, American and other scientists had detected a blast of "relatively limited size."


フランス: 要求された北朝鮮の核兵器テストは失敗しました。


JAMEY KEATEN / AP| 2006年10月11日


フランスは、再試行するために完全な北朝鮮が、核実験が失敗したに違いないほど小さい爆破、およびアナリストを起こしたと宣言した水曜日に初めてそのような挑戦的な話が導くことができたと警告された平壌を言いました。


世界的強国は島の共産主義政権のテストに関する手がかりのための狩りを促進しました、イギリスの発信が日本の航空機を接合するために放射のどんな跡にも空を引きながらジェットに給油していて。


北朝鮮の最初の核兵器テストからの爆破は、数百の同等物かたくさんの何千TNTであると信じられて、地震波を日本の主な島と同じくらい遠くに送ることができるくらい強かったです。


しかし、まさに何が起こったかをそれが核装置であったか否かに関係なく、より多くの数日かかることができたのを最終的に決定するか、または何週間もの、職員さえ水曜日に言った確かめること。


いくつかの西洋の強国が信じられるつもりであるなら、月曜日に平壌によって発表された申し立てられたテストは1945年に広島で1,000トンのTNTの爆発力にもかかわらず、原子爆弾の15キロトン未満の遠い力に同等な1キロトンか、より少ない力を落とされました。


フランスの国防相ミシェル・Alliot-マリーは、フランスの、そして、アメリカの、そして、他の科学者が「比較的限られたサイズ」の爆破を検出したと言いました。


"In any case, if this was a nuclear explosion, it would be a case of a failed explosion," she said on Europe-1 radio.


Such speculation about a dud test could be read as a challenge by Kim Jong Il, the North's reclusive leader, to consider carrying out a second test to prove naysayers wrong, analysts said.


"The reaction could be exactly to carry out another explosion, to make sure it succeeds," said Georges Le Guelte, a nuclear expert at France's Institute for International and Strategic Research.


"The question still to answer is: What happened exactly?" he added. "We are facing total fog."


Russian Defense Minister Sergei Ivanov held to his country's estimate of five to 15 tons of TNT in the blast. Norway's seismic array group, Norsar, estimated Monday a force of 1 to 10 kilotons.


Xavier Clement of France's Atomic Energy Commission said he could not explain how the Russians came up with their figure, saying "it's a hypothesis, not shared by us and other countries."


"(The information) we are giving right now is credible," he said. France has estimated a blast of 500 tons to a kiloton.


Western leaders played down media reports in Japan of tremors detected in that country overnight suggesting the North had carried out a second test.


Though it would seem easy to confirm a nuclear explosion, the technical challenges can be daunting. Western powers kept relatively quiet about their efforts.


French atomic experts were going over records from seismographs, which pick up shock waves, trying to find out if the blast was nuclear or involved traditional explosives.


U.S. military officials have deployed WC-135 reconnaissance planes on the southern Japan island of Okinawa, but have said only that they are monitoring the situation.


Japan has dispatched six T-4 subsonic trainer aircraft to the waters between it and the Korean peninsula and other ranges within Japanese airspace to collect dust samples.


Britain sent a Royal Air Force VC-10 refueling plane to Japan to help the verification effort under the auspices of the United Nations _ though British officials gave no details.


Radiation level confirmation can take up to three days for a relatively small blast like one that occurred Monday. More detailed analysis of the actual power of the device, or whether test was a success or a failure, can take much longer.


Some experts say it's possible that the world never may never fully determine whether North Korea succeeded in conducting the test.


"It is possible with a relatively small underground blast that there would be no significant release of radiation," said Hideshi Takesada, of the National Institute for Defense Studies, a branch of Japan's Defense Agency.


He said that when India and Pakistan conducted their first nuclear tests, they broadcast footage as proof to the world that they had entered the nuclear club.


"With North Korea, there is nothing like that, no video at all," he said. "This has made things more complicated."




「どのような場合でも、これが核爆発であるなら、それは失敗した爆発に関するケースでしょう。」と、彼女はヨーロッパ-1個のラジオで言いました。


キムジョンイル、北部の隱遁したリーダーは、反対者が間違っていると立証するために2番目のテストを実行すると考えるために失敗テストに関するそのような思惑を挑戦と読むことができました、とアナリストは言いました。


「反応はそれが成功するのを確実にするためにちょうど別の爆発を実行することであることができました」と、ジョージLe Guelteは言いました、フランスのInstituteの核専門家、国際、そして、Strategic Research。


「まだ答えている質問は以下の通りです」 「何がまさに起こりましたか?」と、彼は言い足しました。 「私

たちは総霧に面しています。」


ロシア人の国防相セルゲイ・イワノフは爆破における、彼の国の15トンのTNTの見積りに成立しました。 ノルウェーの地震のアレイグループ(Norsar)は月曜日に10キロトンの力を見積もりました。


フランスのAtomic Energy委員会のザビエル・クレメントは、彼がロシア人がどう彼らの図を思いついたかを説明することができないと言いました、「私たちと他国によって共有されるのではなく、それは仮説です」と言って。


「私たちがたった今与えている(情報)は確かです。」と、彼は言いました。 フランスはトンから1キロトンあたり500の爆破を見積もりました。


西洋のリーダーは北部が2番目のテストを実行したと示唆しながら夜通しその国に検出された震えの日本でメディア報道を見くびりました。


核爆発を確認するのが簡単に思えるでしょうが、技術的な挑戦は威圧であることができます。 西側の主要国は彼らの努力に関して比較的静かな状態で保たれました。


フランス人の原子専門家は衝撃波を拾う地震計からの記録を調べていました、爆破が核であった、または伝統的な爆薬にかかわったかを見つけようとして。


米国の軍高官は、沖縄南島でT-135偵察機を配備しましたが、状況をモニターしているだけであると言いました。


日本は、ほこりのサンプルを集めるために日本の領空の中で6機のT-4の音速以下トレーナー航空機をそれと、朝鮮半島と他の範囲の間の水域に急送しました。


イギリスは、_イギリスの当局がどんな詳細も明らかにしなかったか、しかし、国連の前兆で検証の努力を助けるために英国空軍VC-10給油飛行機を日本に送りました。


放射能濃度確認は月曜日に起こったもののような比較的小さい爆破に最大3日かかるかもしれません。 装置かそれともテストが成功であったかどうかに関する実際のパワーの、より詳細な分析か失敗がはるかに長い間、かかるかもしれません。


世界が、北朝鮮が、テストを行うのに成功したかどうか完全に決定するというわけではないのが、可能であると言う専門家もいます。


「比較的小さい地下爆破では、放射のどんな重要なリリースもないのは、可能です」と、防衛研究所のHideshi Takesadaは言いました、日本防衛庁のブランチ。


彼は、インドとパキスタンがそれらの最初の核実験を行ったとき、彼らが核クラブに入ったという世界への証拠として場面を放送すると言いました。


「北朝鮮と共に、そのような無、ビデオが全くありません。」と、彼は言いました。 「これで、より多いものを複雑にしました。」


太田龍氏の時事寸評から






「ユダヤ地球帝国の登場」についてのテックス・マーズの警告。
??




更新 平成18年10月09日23時14分



平成十八年(二〇〇六年)十月九日(月)

(第一千八百二十八回)



○テックス・マーズは「パワー・オブ・プロフェシー(預言の力)」、

 二〇〇六年九月号で、



○「バビロン21(二十一世紀のバビロン)―ユダヤ地球帝国

 (ジューイッシュ・グローバル・エンパイヤー)の登場」



○と言う論説を書いて居る。



○米国には、テックス・マーズ、デーヴィッド・メイヤーのような、

 明確な反ユダヤ 反イルミナティ 反フリーメーソン 反NWOの旗

 を高く掲げる「キリスト教」の伝道者



○が、存在し、



○且つ、かなりの程度のアメリカ人愛国者が、こうした伝道者の

 活動を支えて居る。



○このようなレベルのキリスト教伝道者は、日本には皆無である。



○前出の論説の中で、今やユダヤ地球帝国が登場した、と

 テックス・マーズは言う。



○そしてそれは、聖書に預言されて居る、



○「ミステリー・バビロン」である、と言う。



○この論説は、後日、「週刊日本新聞」に紹介したい。



○デス・グリフィンは、「キリスト教徒」であるが、このひとも、

 反ユダヤ 反フリーメーソン 反イルミナティ 反NWO 反グロー

 バリズムの立場を堅持する。



○日本の「キリスト教徒」の中には、

 グリフィン程度に反ユダヤ 反イルミナティの旗幟を鮮明にした

 思想家、理論家も存在しない。



○デス・グリフィンは、「ミッド・ナイト・メッセンジャー」

 二〇〇六年九、十月号に、



○「ファッシスト・アメリカに向って」、



○と言う、長文の論文を発表した。



○これも後日、なんらかのかたちで日本民族有志に紹介したい。



○カロライン・ベーカー(Ph.D.)は、

 二〇〇六年十月三日付け(インターネット)に



  THE WAR ON YOU:

  U.S. GOVERNMENT TARGETING OF AMERICAN DISSIDENTS(Part 1)

  (あなたに対する戦争―米国政府はアメリカのディシデントを

   戦争の標的として居る。第一章)



○と言う文章を掲載した。



○ディシデンツ DISSIDENTS



○と言う英語は、「意見を異にする人々」、



○などと日本語に翻訳されるが、

 もちろんこんなヘナチョコな翻訳は受け入れられない。



○これは権力、国家権力、王、皇帝、金融オリガルキー、大統領、

 その他、いかなる権力者、権威者の言説をも、

 信念にもとづき、



○公然と、異論、批判を唱える者、



○を意味する。



○日本には、このようなものとしての「ディシデント」を容認する

 歴史的伝統は、例外的時期を除き、存在しなかった。



○かつてのアメリカでは、そうしたディシデントは、存在を認めら

 れたのみでなく、



○世間は、そうしたディシデントに高い評価を与えた。



○それがアメリカの「国体」としてのリパブリック、である。



○ジョン・コールマンは、

 米国憲法体制の本質はリパブリックであって、絶対に、

 デモクラシーではない、と力説して居る。



○前出、カロライン・ベーカーは、二〇〇四年の時点で

 「我々は今や、ファシスト帝国に生きている(アメリカは

 ファシスト帝国に堕落した)」、



 と言う論文をインターネット上に公表したとき、



○多くの人たちから反論された。



○しかし、今や色々な人々が、同じ結論を引き出して居る、と。



○この問題は、我々日本人に無関係か。



○とんでもない。



○米国(イルミナティ)に占領されて居る現代日本は、



○本国=ご主人さまたる米国(イルミナティ)がファシスト化すれば、



○否も応もなく、

 ご主人さま米国=イルミナティと、その手先、走狗たる売国奴日本

 権力者によって、日本もファシスト化されるのである。



○カロライン・ベーカーは、ここで

 COINTELPRO について述べて居る。



○これは、一九五六年米国FBIが開始した反政府反体制派米国人と

 組織に対する破壊工作、「カウンター・インテリジェンス・プログ

 ラム」の略語である。



○この問題は、後日、少し詳しく検証して行きたい。



 (了)





COINTELPRO (Counter Intelligence Program) is a program of the United States
Federal Bureau of Investigation
aimed at investigating and disrupting dissident political organizations within the United States. Although covert operations have been employed throughout FBI history, the formal COINTELPRO operations of 1956-1971 were broadly targeted against organizations that were (at the time) considered to have politically radical elements, ranging from those whose stated goal was the violent overthrow of the U.S. government (such as the Weathermen
) to non-violent civil rights groups such as Martin Luther King Jr.
's Southern Christian Leadership Conference
to violent racist and segregationist groups like the Ku Klux Klan
and the American Nazi Party
. The founding document of COINTELPRO directed FBI agents to "expose, disrupt, misdirect, discredit, or otherwise neutralize" the activities of these movements and their leaders.


COINTELPRO(カウンタIntelligence Program)は合衆国の中で意見の異なった政治団体を調査して、混乱させるのが目的とされた合衆国連邦捜査局に関するプログラムです。 秘密活動はFBI歴史中に使われましたが、1956-1971の正式なCOINTELPRO操作は政治的に基本的な要素を持っていると(当時、)考えられた組織に対して広く対象とされました、述べられた目標がUの乱暴な打倒であったそれらから変化して; 乱暴な人種差別主義の、そして、人種分離主義のグループへのマーティン・ルーサー・キングの南部のクリスチャンのLeadershipコンファレンスなどの非暴力の人権擁護団体へのS.政府(Weathermenなどの)はクークラックスクランとアメリカのナチPartyが好きです; COINTELPROの設立ドキュメントは、これらの動きと彼らのリーダーの活動を「露出するか、混乱させるか、誤った指導するか、疑うか、またはそうでなければ、中和する」ようにFBIのエージェントに指示しました。




妖怪キッシンジャー

BUSH’S SECRET ADVISOR HAS BLOODY PAST


BILDE

RBERG LUMINARY NOW HAS EAR OF THE PRESIDENT




By Richard Walker




As more U.S. soldiers die in Iraq, and President Bush tells Americans he will “stay the course” even if his only supporters are his wife and their dog, Barney, reports have come out that Bush is getting advice from a man who knows all about failure.



That man is Henry Kissinger, 88, who served as national security advisor and secretary of state under Richard Nixon and then Gerald Ford.



According to Washington Post editor, Bob Woodward whose new book State of Denial is giving the White House a political headache, Kissinger has been advising Bush behind the scenes for some time during his regular visits to the White House.



The presence of Kissinger within the Bush White House should be no surprise to those who have studied his political career, including his influence on the neo-conservative movement and his membership in the shadowy group known as Bilderberg. His role as advisor to this president may help explain some of the president’s view about the war in Iraq and also some of his language.



One of Kissinger’s favorite sayings is, “the absence of alternatives clears the mind marvelously.” In other words, never seek alternatives, or as he told some of the most notorious regimes during his stint as a national security advisor, “succeed and get the job done quickly.”



According to Woodward, Kissinger thinks he is fighting the war in Vietnam all over again, except that this time he intends to win it. Likewise, Bush has made it clear that he will seek victory in Iraq?whatever that may mean?no matter how many American soldiers lose their lives.



Kissinger has emerged from the background this year to make a series of statements furthering the neo-conservative agenda about rebuilding the Middle East and creating a new world order. He has been especially active in articulating views that dovetail with Israel’s perceptions of how America should develop its Middle East strategy.



Born a German, of Jewish origin, Kissinger has made no secret of his support for Zionism and his close links to Israel. On Sept. 3, he publicly declared that European nations should put aside their differences with the United States because both sides were facing a possible “war of civilizations” that “dwarfed transatlantic mistrust left over from the war in Iraq.”



Mankind was facing a “global catastrophe,” he warned, and that meant America and its allies had to start constructing a “new world order.”



If Kissinger’s past teaches anything about his “new world order” it is that he will get into bed with dictators and the cost of his policies in human lives lost will not mean too much to his sensibilities. A brief examination of his days as national security advisor and secretary of state under Nixon and Ford, confirm his taste for dirty, clandestine wars, as well as an ability to hide the truth from Congress and the American people.



In 1969, he advocated the secret “carpet” bombing of neutral Cambodia that led to the killing of half a million innocent lives and is believed to have contributed to the subsequent rise of the dictator, Pol Pot whose Khmer Rouge militias massacred millions in what became known as “the killing fields.” In 1973, he was awarded the Nobel Prize for Peace for negotiating a ceasefire with North Vietnam, even though the war in Vietnam continued for another two years.



If Cambodia was an example of his ability to operate in the shadows so was his support for the invasion of East Timor by the corrupt Indonesian regime of General Suharto. Documents have now surfaced showing that a day before the invasion on December 7, 1975, Kissinger told the dictator:



“It is important whatever you do, do succeed quickly.” Kissinger was concerned American public opinion would not favor a brutal or prolonged occupation of East Timor that nine days earlier had declared independence from Portugal. The invasion led to the death of almost a quarter of a million Timorese and a subsequent occupation killed almost a third of the population in what Amnesty International called genocide.



Richard Walker is the nom de plume of a former mainstream news producer who now writes for AFP so he can expose the kinds of subjects that he was forbidden to cover in the controlled press.


(Issue #42, October 16, 2006)





ブッシュの秘密のアドバイザーは血まみれの過去を過ごします。BILDERBERG発光体は現在大統領の耳を持っています。リチャード・ウオーカーによってより多くの米国の兵士がイラクで死に、ブッシュ大統領がアメリカ人に、彼の唯一のサポーターが彼の妻と彼らの犬、バーニーであっても、彼が「最後までがんばる」であろうと言う時に、リポートは出ました(ブッシュが、すべて、故障を知っている人からアドバイスを取ってきます)。その人は、リチャード・ニクソン、それからジェラルド・フォードの下で状態の国家安全保障アドバイザーと秘書として勤務していたヘンリー・キッシンジャー、88です。ワシントン・ポスト編集者(否定の新しい本状態がホワイトハウスに政治的な問題を与えているボブ・ウッドワード)によると、キッシンジャーはホワイトハウスへの彼の定期的訪問の間にしばらくの間舞台裏でブッシュを勧めていました。低木ホワイトハウスの中のキッシンジャーの存在は、全然、新保守主義の動きへの彼の影響とBilderbergとして知られている暗いグループでの彼のメンバーシップを含めて彼の政治的なキャリアを勉強した人々への驚きではないべきです。この大統領へのアドバイザーとしての彼の役割はイラクの戦争についての大統領の見解のいくらかと彼の言語のいくらかも説明することに役立つかもしれません。キッシンジャーの好きなことわざの1つはそうであり、すなわち、「選択肢の不在は不思議に精神をクリアします」は決して選択肢を捜さないか、彼が国家安全保障アドバイザーとしての彼の期間の間に最も有名な政権のいくつかを話したので、「成功し、迅速に仕事をやります」。ウッドワードによると、キッシンジャーは、今回、彼が、それを勝ち取るつもりである以外、彼がもう一度ベトナムで戦争をしていると思います。その上、ブッシュは、彼が、多くのアメリカの兵士が命を失う?no matter howを意味しているかもしれないイラク?whateverの勝利を捜すことをクリアにしました。キッシンジャーは、中東を改造し、新しい世界秩序を作成することについて新保守主義の課題を促進している一連の声明を出すために今年背景から出現しました。彼は、どのようにアメリカがその中東戦略を開発するべきであるかのイスラエルの認知にぴったりはまる眺めを明瞭に発音することにおいて特にアクティブでした。ユダヤ人起源のドイツ人として誕生して、キッシンジャーはシオニズムへの彼の支持とイスラエルへの彼の近いリンクを秘密にしませんでした。9月3日に、彼は、ヨーロッパの国家が米国とそれらの違いをわきへ置くべきであると公然と宣言しました。なぜなら、両面が、可能な「文明の戦争」 that 「小型化された大西洋横断の疑惑は、イラクの戦争から残しました。」 に直面していたからです。人類は「グローバルな大災害」に直面していて、それは、アメリカとその同盟国が、「新しい世界秩序」を構成し始める必要があったのを意味していたと彼は警告しました。

キッシンジャーの過去が彼の「新しい世界秩序」について何かを教えるならば、それは、彼が独裁者とベッドの中に入るであろうということであり、失われた人命における彼の方針のコストは彼の感度へのあまりにも多くを意味しないでしょう。議会とアメリカ人に真実を隠す能力と同様に、国家安全保障アドバイザーとしての彼の日の短い調査とニクソンとフォードの下の状態の秘書は汚く、内々の戦争のために彼の味を立証します。1969年に、彼は、50万の無実のライフの殺害に通じていて、独裁者(1973において「キリング・フィールド」として知られたものの中で、クメール・ルージュ民兵組織が数百万を虐殺したポルポト)のその後の高台に寄付したと信じられるニュートラルなカンボジアの爆撃している秘密の「カーペット」を主張し、ベトナムの戦争が後2年続いていても、彼は、北ベトナムによって停戦を協議するために平和のためにノーベル賞を授与されました。カンボジアが、影において働く彼の能力の例であったならば、スハルト将軍の堕落したインドネシア政権による東チモールへの侵略への彼の支持もそうでした。

文書は今や、1975年12月7日の侵略の1日前に、キッシンジャーが独裁者に話したことを示して浮上しました:「あなたがし、する何でも迅速に成功することは重要です」.キッシンジャーは、アメリカ世論が、9日早く、ポルトガルからの独立を宣言した東チモールの野蛮な、または延長した職業に賛成しないであろうということを心配しました。アムネスティ・インターナショナルが大量虐殺と呼んだものの中で、百万人のチモール人のほとんど4分の1とその後の職業の死に導かれた侵略は人口のほとんど3分の1を殺しました。リチャード・ウオーカーは、現在、彼が、彼が、コントロールされたプレスで報道することを禁じられた種類の主題を露光することができるように、AFPのために書く前の主流ニュースプロデューサーのペンネームです。(2006年10月16日の問題#42)




NWOサービスのためのハーパーのフィッティング賞

Harper's Fitting Award For NWO Service

By Henry Makow Ph.D.

October 07, 2006




by Henry Makow, Ph.D.



On Thursday, Canadian Prime Minister Steven Harper received an award aptly named for Woodrow Wilson, the American President who confessed, "I have unwittingly ruined my country."


The "Woodrow Wilson Award for Public Service" is in the tradition of the "Jeffrey Dahmer Medal for Better Human Relations." It reminds me of the 1973 Nobel Peace Prize won by Henry Kissinger.


Previous recipients include James Baker, Dick Cheney and the much hated former Prime Minister Brian Mulroney. At the dinner, George W. Bush lauded Mr. Harper (via video) for his "leadership" in the war on terror and ended by saying "God bless Steve."


Harper is following in the footsteps of Woodrow Wilson who betrayed his country in 1913 by setting up the Federal Reserve Bank, and again in 1917 by entering World War One, which was about to end in a draw. In both cases Wilson was blackmailed and manipulated. In a famous statement for posterity, Wilson confessed:




"I am a most unhappy man. I have unwittingly ruined my country. A great industrial nation is controlled by its system of credit. Our system of credit is concentrated. The growth of the nation, therefore, and all our activities are in the hands of a few men. We have come to be one of the worst ruled, one of the most completely controlled and dominated Governments in the civilized world no longer a Government by free opinion, no longer a Government by conviction and the vote of the majority, but a Government by the opinion and duress of a small group of dominant men." ("Repeal the Federal Reserve Banks" by Casimir Frank Gierut, p.31)


Similarly Harper, obedient to the bankers, flouts Canadian public opinion on three fronts.


1. Canadians are at least 3-2 against participation in the Afghanistan War. Yet on Thursday, Harper called it the "price of Canada's leadership." Evidently it is the price of good relations with the occupational government of Canada's largest trading partner. And like Americans, Canadians don’t have a choice. The Liberal opposition party is also for this immoral no-win war.


2. After Israel leveled Lebanon, killing 1100 civilians in retaliation for the capture of two soldiers, Harper described Israel's reaction as "measured." His poll numbers immediately plummeted, especially in Quebec where Zionist control is least pronounced. Seventy per cent of Canadians wanted to stay neutral. Ignoring the public reaction, Harper's Conservative party had the chutzpah to launch a fund-raising drive predicated on his "principled stand." Surely the bankers are paying them enough already.


3. Harper's government is taking steps to integrate Canada into a North American Union, without publicity or democratic process, clearly an act of treason. Like concentration camps in America, this subject is so painful that I postpone examining it. I feel like a Jew in Nazi Germany except this time anybody who believes in real democracy, freedom and God, is a Jew.


On the domestic side, Harper's government appears to be competent, decreasing promotion of homosexuality and feminism, and government waste and corruption in general.


But in terms of foreign policy, Harper's award is well suited. "Public Service" consists in following the central banker scheme for world degradation and dictatorship. Perhaps some day when Canada has disappeared altogether, there will be an award for "patriotic service" called "The Steve."


NWOサービスのためのハーパーのフィッティング賞

ヘンリーMakow博士号によって

2006年10月7日

ヘンリーMakow、博士号によって

木曜日に、カナダ総理大臣スティーブン・ハーパーは、ウッドロー・ウィルソン(「私は知らず知らず私の国を滅ぼしました」と白状したアメリカンプレジデント)のために適切に名付けられた賞を受け取りました。

「公務のためのウッドロー・ウィルソン賞」は「よりよい人間関係のためのジェフリー・ダーマー・メダル」の伝統にあります。

それは、私にヘンリー・キッシンジャーによって勝ち取られた1973年のノーベル平和賞を思い出させます。

前の受領者はジェームズ・ベーカー、ディック・チェイニー、および多くの憎悪されている以前の総理大臣ブライアン・マルルーニを含みます。

ディナーで、ジョージ・W・ブッシュはテロに対する戦争における彼の「リーダーシップ」のためにハーパーさん(ビデオ経由の)を賛美し、結局、「神はスティーブを祝福します」と言うことになりました。

ハーパーは、世界大戦1に入ることによって、連邦準備銀行を設立することによって、1913年に彼の国を裏切ったウッドロー・ウィルソンの歩みにおいて、そして再び1917年について行きます(それは、引き分けに終わりかかっていました)。

両方の場合に、ウィルソンは恐喝されて、処理されました。

後世のための有名なステートメントの中で、ウィルソンは白状しました:

「私はとても不幸な人です」。

私は知らず知らず私の国を滅ぼしました。

大きな産業国はクレジットのそのシステムによってコントロールされます。

私達のクレジットのシステムは集中的です。

従って国家の成長とすべての私達の活動は数人の人の手の中にあります。

「私達は、判決された最悪事態(もう文明世界の中の最も完全にコントロールされて、支配された政府のそれ(自由な意見(信念と大多数の票によるもう政府であるが支配的な人の小集団の意見と強制による政府)による政府))のひとりであるようになりました」。

(カジミエシュ・フランクGierut、ページ31によって、「連邦準備銀行を廃止します」)

同様に、銀行家に従順なハーパーは3つの正面の上のカナダ世論を軽蔑します。

1. カナダ人はアフガニスタン戦争への参加に対して少なくとも3-2です。

それでも、木曜日に、ハーパーはそれを「カナダのリーダーシップの価格」と呼びました。

明らかに、それはカナダの最も大きな貿易相手国の占領の政府とのよい関係の価格です。

そして、アメリカ人のように、カナダ人は選択権を持っていません。

寛大な野党はまたこの不道徳な勝ち目のない戦争のためです。

2. 2人の兵士のキャプチャに対する報復として1100人の民間人を殺して、イスラエルがレバノンを平らにした後に、「測定される」ように、ハーパーはイスラエルの反応を説明しました。

特に、シオニズムコントロールが最もわずかに発音されるケベック州で、彼の投票番号は直ちに落ちました。

カナダ人の70パーセントが、ニュートラルなままいたかった。

公的な反応を無視して、彼の「主義のスタンド」に基づいている資金カンパを発進させるために、ハーパーの保守党は厚かましさを持っていました。

きっと、銀行家はすでに十分に彼らに支払っています。

3. ハーパーの政府は、パブリシティまたは民主主義のプロセス(はっきりと反逆罪の行為)なしでカナダを北アメリカ組合に組み込むために対策を講じています。

アメリカの強制収容所のように、この主題はとても痛いので、私は、それを試験するのを延期します。

現実の民主主義、自由、および神を信じている誰でもユダヤ人であるこの時間を除いて、私はナチスドイツでユダヤ人みたいに感じます。

国内の側で、ハーパーの政府は、一般に同性愛とフェミニズムのプロモーションと政府浪費と堕落を減少させて有能であるようです。

しかし、外交方針で、ハーパーの賞はよく適します。

「公務」は、世界デグレードと独裁権についての中心的な銀行家計画に続くことに存在しています。

たぶん、いつか、カナダがまったく消えた時に、「スティーブ」と呼ばれる「愛国的なサービス」のための賞があるでしょう。

頭にきた朝鮮



N Korea's bomb 'would kill 200,000'


London Telegraph / Sergey Soukhorukov | October 8 2006


The nuclear weapon that North Korea intends to detonate in an underground test is big enough to kill up to 200,000 people were it ever to be used against a city such as Seoul or Tokyo, Russian military experts have revealed.


They say that the weapon, with the same 20-kiloton yield as the bomb dropped on Nagasaki, is about 10ft long and weighs four tons. It is too big to fit on to any missile Kim Jong Il's regime currently possesses but if it were detonated above ground it could destroy everything within five square miles.


Speculation has mounted that North Korea may conduct its first nuclear test as early as today after it confirmed last week that it intended to press ahead.


But Russian military officials in Pyongyang say they have received information that North Korea intends to give the US up to three months to lift financial sanctions imposed last year and to begin negotiations before carrying out its threat. "If Americans don't start bilateral dialogue with Pyongyang and lift sanctions, then Kim Jong-il is expected to give the order to carry on with the test, most likely in the second half of December or early January," one official said.


North Korea's determination to carry out an underground nuclear test was first revealed last month in The Sunday Telegraph after the communist country's secretive leader spelt out his intentions at a meeting with Russian and Chinese diplomats. On Friday the United Nations Security Council unanimously agreed to press Pyongyang to drop its plans, which it describes as "a clear threat to international peace and security".


The Russians dismissed reports that the tests would take place this weekend. "Normally, if Pyongyang makes an important and provocative announcement, it tries to heat up the tension to the maximum point, and then suddenly falls silent for a long time," one analyst said. "It needs to carefully monitor the situation, watch the reaction of the rest of the world and weigh all the pros and cons again. I would say that carrying out a nuclear test any time soon is not to North Korea's advantage."


The Russian analysis appeared to be supported yesterday by a renewed call from North Korea for the US to withdraw its forces from South Korea. "The ongoing 'reorganisation' of the US forces in South Korea is part of the arms build-up and a prelude to a war of aggression against the DPRK," the North Korean news agency KCNA reported, quoting from a statement by the Committee for the Peaceful Reunification of the Fatherland.


The Russians believe the test, if it happens, is likely to be carried out in a horizontal tunnel more than a mile below ground at Kilju, in North Hamgyon province, in the north-east of the country where US military satellites have detected recent activity.


Chinese officials in Pynogyang agreed that a test was imminent and said it might come earlier than the Russian prediction, possibly later this month or in November.





北朝鮮の爆弾は‘200,000人を殺すでしょう’

ロンドン電信/セルゲイSoukhorukov|2006年10月8日

北朝鮮が、地下のテストの中で爆発させるつもりの核兵器は、ソウルまたは東京(軍事専門家が明らかにしたロシア人)などの都市を背景として使われるために、それがずっと、最高200,000人までの人々を殺すのに十分に大きかったことです。

彼らは、武器が、爆弾が長崎の上に降下したのと同じ20キロトンの生産高によって、約10ftの長さであり、4トンの重さがあると言います。

それは、金正日の政権が現在所有しているどのようなミサイルにでも納まるには大きすぎるけれども、それが地上爆発したならば、それは5平方マイル以内にすべてを破壊することができました。

それが、押し進めるつもりであったことを先週確認した後に、北朝鮮が早くも今日その最初の核実験を実施するかもしれないという憶測を持っています。

しかし、ピョンヤンのロシア軍幹部は、彼らが、北朝鮮が、昨年課された金融の制裁を解除するためとその脅威を実行する前に交渉を開始するために最高3ヶ月まで米国に与えるつもりの情報を受け取ったと言います。

「アメリカ人がピョンヤンとの両側のダイアログを始める事なく、制裁を解除しないならば、金正日は、おそらく12月または1月初めの後半にテストを続ける注文を出すことを期待されています」と1人の役員は言いました。

共産主義国の秘密主義のリーダーがロシアと中国の外交官とのミーティングで彼の意図を明確にした後に、地下核実験を実行する北朝鮮の決定はサンデー・テレグラフで先月最初に明らかにされました。

金曜日に、国連安全保障理事会は満場一致で、ピョンヤンがその計画を中止することを迫ることに合意しました(それはそれを「国際平和と安全へのクリアな脅威」と評します)。

ロシア人は、テストがこの週末に起こるであろうという報告を退けました。

「普通、ピョンヤンが重要で、挑発的な発表をするならば、それは、最大のポイントに緊張を熱しようとし、それから、突然、長い間静かになります」と1人のアナリストは言いました。

「それは、慎重に状況を監視し、世界の残りの反応を見て、再びすべての長所と短所を熟考する必要があります」。

「私は、今すぐ核実験を実行することが北朝鮮の有利さにではないと言うでしょう」。

ロシア分析は、米国がその力を韓国から引き戻すように昨日北朝鮮からの更新された呼び出しによってサポートされるようでした。

祖国の平和な再統合についての委員会によるステートメントから引用して、「韓国の米国軍の進行中である‘再編’はアーム強化とDPRKに対する侵略戦争への序曲の一部です」と朝鮮中央通信KCNAは報告しました。

ロシア人は、テストが、それが起こるならば、1マイル下より多くがKiljuで接地する水平のトンネルで、北のHamgyon州で、米国軍事衛星が最近の活動を検出した国の北の東で実行されそうであると信じます。

Pynogyangにおける中国の役員は、テストが差し迫っていたことに合意し、それがことによると後で今月または11月にロシア予測より早く来るかもしれないと言いました。

北朝鮮の核兵器の見込みがその隣人の間で大きな関心事の問題であるけれども、国の科学者はまだ、現代の機器の精巧化とマッチするために行く長い道のりを持っています。

北朝鮮の計画の発表は地域で緊張を引き起こし、北朝鮮の兵士が簡単に境界を越えた後に、韓国の軍は昨日威嚇射撃を発射しました。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR