FC2ブログ

ブッシュが探している理由 北朝鮮との対立

(8)??

North Korean officials were understandably miffed at the Bush Administration's immediate violation of the September 19 agreement on principles. As the U.S. continued to tighten the screws, North Korea announced that it would not return to the six-party talks until the U.S. honored the agreement it had signed. Sanctions would have to be lifted. At a minimum, dialogue should take place on resolving any questions surrounding the accusation of counterfeiting. U.S. officials said the sanctions were not up for discussion, and demanded North Korea's return to the six-party talks. The image presented to the American public was of North Korean obdurate behavior and refusal to negotiate. Unmentioned was how the Bush Administration had deliberately torpedoed the talks.

?

South Korean President Roh Moo-Hyun visited Washington in September 2006, asking for the U.S. investigation into Banco Delta Asia to be brought to a speedy conclusion. Roh said it was also important that the U.S. refrain from imposing further sanctions since such actions made the resumption of six-party talks impossible. (9) Predictably, his requests were rebuffed. Instead, the U.S. State Department allocated $1 million to three radio stations to broadcast hostile programs into the DPRK. (10) "I think our sanctions have had real impact," Stuart Levey claimed in a speech before the American Enterprise Institute just one month before the DPRK's nuclear test, "but the real goal, I think, is to see a real change in North Korea. So we are not satisfied with what has happened so far." (11)

?

Any hope for a resumption of the six-party talks had vanished. The Bush Administration wanted regime change in North Korea and could be expected to increase tensions. The North Koreans had earned a reputation for their proclivity for responding in kind: by negotiating when approached diplomatically, and with toughness when threatened. North Korea decided to proceed with a nuclear test so as to discourage any thoughts in Washington of military action. A statement was issued by the DPRK Foreign Ministry, in which it was said that the U.S. was trying to "internationalize the sanctions and blockade against the DPRK." A nuclear test would be a countermeasure "to defend the sovereignty of the country" against the Bush Administration's "hostile actions." (12)

?

The nuclear test took place on October 9. There is still some mystery about the nature of the test. The yield was surprisingly small, estimated to be in the half kiloton to 0.9-kiloton range. The North Koreans had notified Chinese officials beforehand of an impending 4-kiloton test, far below the yields of other nations when they conducted their first tests. It could be that the DPRK was trying to conserve its limited supply of plutonium and to reduce the extent of radioactive emissions. The test is widely thought to have been a partial failure, due to an incomplete detonation of the nuclear charge. U.S. intelligence officials and weapons analysts believe that either a nuclear device (not a bomb) was tested and malfunctioned, or that a test was done only on a nuclear component. The DPRK still has far to go before it is capable of developing a functioning nuclear weapon. If the DPRK wanted to signal the U.S. that it had a nuclear deterrent, then it had accomplished the opposite, with the test revealing that its nuclear program was still in the early stages. (13)

?

It was always the goal of the Bush Administration to win international backing for UN sanctions against North Korea. There were those in the Bush Administrations who admitted that they were hoping that the North Koreans would conduct a nuclear test. Having maneuvered the DPRK into carrying out the only option it had, the U.S. swiftly seized its opportunity. (14)

?

The U.S. won approval in the UN Security Council for international sanctions against the DPRK. China and Russia did succeed in eliminating any phraseology that could lead to military action, but there are still inherent dangers in the UN resolution. For example, UN member states are called upon to take "cooperative action including through inspections of cargo to and from the DPRK." Both the Security Council and the sanctions committee were given the right to expand the list of goods and technology that can be blocked, and the committee is to meet every 90 days to recommend "ways to strengthen the effectiveness of the measures." (15) It can be expected that the U.S. will press for more draconian measures. U.S. officials were quick to point out that UN sanctions allowed the inspection of North Korean ships, and gave the go-ahead for a more aggressive campaign to force financial institutions to cut ties with the DPRK. The Bush Administration regards the Proliferation Security Initiative (PSI), a program said to be aimed at limiting the flow of nuclear, biological and chemical weapons, as the centerpiece of enforcement. (16)

?

Soon after the passage of the UN resolution, U.S. Ambassador Alexander Vershbow and Assistant Secretary of State Christopher Hill asked South Korea to review its economic relations with the North, with an eye to limiting contact. This was followed by a visit from Secretary of State Condoleezza Rice, who was there to reinforce the message. In particular, the U.S. wanted South Korea to halt cooperative projects in the North at the Kaesong industrial park and the Mount Kumgang tourist resort. (17) To its credit, South Korea refused to abandon the projects, as both are essential to long-range plans for the reunification of the Korean peninsula. "The decision is South Korea's to make," stressed South Korean security aide Song Min-soon. (18)

?

Condoleezza Rice's trip also took her to Tokyo, Beijing and Moscow, where she urged officials to implement measures that would sharpen the effect of sanctions. Russian Foreign Minister Sergei Lavrov felt that Rice went too far in her demands, and afterwards commented, "Everyone should demonstrate realism and avoid extreme, uncompromising positions." (19) Predictably, U.S. officials met with more success in Japan, which had recently imposed a total ban on trade with the DPRK. Japanese officials talked of submitting a new resolution to the UN if North Korea were to conduct a second test. The new resolution as envisaged by Japan would require UN member nations to block nearly all trade with the DPRK. More alarmingly, Article 42 would be invoked so as to permit military action. (20)

?

The furor over the partial failure of North Korea's single, rather puny nuclear test made for an interesting contrast with the indifference that has greeted other nations' nuclear arsenals. The U.S., of course, has a massive arsenal of nuclear arms at its disposal. There is no suggestion that the established nuclear states should disarm, nor have there been calls for sanctions against the newer nuclear states, India, Pakistan and Israel. The U.S. has even recently signed a nuclear deal with India. In all of these cases, the nuclear programs dwarfed that of North Korea's. Yet only North Korea has been singled out for punishment and outrage. The basis for such a glaringly obvious double standard is that none of the other nuclear powers are potential targets for U.S. military forces. The operative principle is that no nation the U.S. seeks to crush can be allowed the means of thwarting an attack.

?

North Korea's nuclear test was driven by the perceived need to reduce the risk of attack by the U.S., a real enough consideration given the fate of conventionally armed Iraq, Afghanistan and Yugoslavia. At the same time, the test played into the Bush Administration's hands. The U.S. military is tied up to a large extent in the occupations of Iraq and Afghanistan, but UN sanctions are a cost-effective alternative for bringing ruin to North Korea and its people. How the Bush Administration interprets what the sanctions allow it to do is a question with potentially profound consequences. There have already been indications that the U.S. may go well beyond the letter of the resolution and implement measures that represent a real menace to peace. The UN resolution gives nations the legal backing to stop North Korean ships in foreign ports and waters. But U.S. Ambassador to the UN John Bolton has hinted at the possibility of stopping and searching North Korean ships in international waters, an act lacking in any legal basis. If the U.S. decides to pursue that course of action, it risks inviting a military clash at sea. Japan is considering contributing destroyers and patrol aircraft to the U.S. plan to harass North Korean shipping. (21) This would be seen as an especially provocative act, given the bitter memories associated with the many years Korea spent under harsh Japanese colonial rule.

?

But then, confrontation is surely what the Bush Administration wants, viewing it as an opportunity for further punishment of the DPRK. Since demolishing the 1994 Agreed Framework, the Bush Administration has gone on to do everything in its power to worsen tensions. "The U.S. never intended to honor the Agreed Framework and did not fully fulfill any of its provisions," points out Alexander Zhebin of Russia's Institute of the Far East. "The U.S. would love to place a bursting boiler at Russia's doorstep. Americans would sit back and watch it explode on TV, and let Russians, Chinese and Koreans sort out the consequences." (22)

?

Gregory Elich is the author of Strange Liberators: Militarism, Mayhem, and the Pursuit of Profit

?

http://www.amazon.com/Strange-Liberators-Militarism-Mayhem-Pursuit/dp/1595265708


?

NOTES

1 "Sharply Increased US Sanctions are Based on the USD Supernote Accusation against North Korea. But Counterfeit Experts Say the Accusation is Baseless," European Business Association (European Chamber of Commerce in Pyongyang), April 2006. "An der 'Supernote' Stimmt Fast Alles," Associated Press, April 19, 2006.

2 "NKorea Nuke Talks Uncertain," UPI, December 6, 2005. "No US Evidence on Counterfeiting: NKorean Diplomat," Agence France-Presse, March 9, 2006. "N.K. Proposes Separate Negotiations to Discuss U.S. Sanctions," Yonhap (Seoul), March 8, 2006. Lee Chi-dong, "Russia Urges U.S. to Present Evidence of N. Korean Counterfeiting," Yonhap (Seoul), March 7, 2006.

3 Jeannine Aversa, "White House Targets N. Korean Companies," Associated Press, October 21, 2005. "US Slaps Sanctions on N.Korea, Russian Firms," Reuters, August 4, 2006. "U.S. Slaps Sanctions on Two N.Korean Firms," Chosun Ilbo (Seoul), August 7, 2006.

4 Christian Caryl, "Pocketbook Policing," Newsweek, April 10-17, 2006. Joel Brinkley, "U.S. Squeezes North Korea's Money Flow," New York Times, March 10, 2006.

5 Nigel Cowie, "US Financial Allegations - What They Mean," Nautilus Institute, May 4, 2006.

6 Nigel Cowie, "US Financial Allegations - What They Mean," Nautilus Institute, May 4, 2006. "North Korea's Nuclear Push May be Stymied by U.S. Banking Rules," Bloomberg, March 7, 2006. Anna Fifield, "Bankers Challenge US Sanctions on North Korea," Financial Times (London), September 5, 2006.

7 Steven R. Weisman, "U.S. Pursues Tactic of Financial Isolation," New York Times, October 16, 2006. "N.Korean Regime Feeling Pinch from Sanctions: U.S.," Chosun Ilbo (Seoul), April 3, 2006. "North Funds Lose Havens in Sanctions," JoongAng Ilbo (Seoul), August 24, 2006. "US Targets Business with North Korea," Associated Press, September 9, 2006. "US Reportedly Asks for Cooperation with Sanctions on DPRK from UN Member States," Chosun Ilbo (Seoul), September 13, 2006.

?

8 Selig S. Harrison, "N.K. Nuclear Test Depends on U.S.," Hankyoreh (Seoul), October 2, 2006.

9 "South Korea Asked U.S. to Suspend Further North Korea Sanctions: Source," Yonhap (Seoul), September 18, 2006.

10 "US Funds Radiocasts Aimed at North," Dong-A Ilbo (Seoul), September 28, 2006.

11 "U.S. Not Yet Satisfied with Impact of N.K. Sanctions: Levey," Yonhap (Seoul), September 9, 2006.

12 "DPRK Foreign Ministry Clarifies Stand on New Measure to Bolster War Deterrent," KCNA (Pyongyang), October 3, 2006.

13 Jungmin Kang and Peter Hayes, "Technical Analysis of the DPRK Nuclear Test," Nautilus Institute, October 20, 2006. Ivan Oelrich, "North Korea's Bomb: A Technical Assessment," Strategic Security Blog (a Project of the Federation of American Scientists," October 13, 2006. Ludwig De Braeckeleer, "N. K. Nuclear Test: Evidence and Unknowns," Ohmy News (Seoul), October 12, 2006. "Alleged Radioactive Debris from N.K. Nuclear Test Detected," Yonhap (Seoul), October 14, 2006. Greg Miller and Karen Kaplan, "Even if Device was Flawed, Test Crossed a Threshold," Los Angeles Times, October 10, 2006.

14 Interview with Selig S. Harrison, "Harrison Faults Bush Administration for Rejecting Step-by-Step Accords to Halt North Korea's Nuclear Program," Council on Foreign Relations, May 10, 2004. Glenn Kessler, "Rice Sees Bright Spot in China's New Role Since N. Korean Test," Washington Post, October 22, 2006.

15 "Text of U.N. Resolution on N. Korea Sanctions," CNN, October 14, 2006.

16 Warren Hoge, "Security Council Backs Sanctions on North Korea," New York Times, October 15, 2006. "U.S. Achieves Key Objectives in U.N. Resolution, with PSI as Centerpiece," Yonhap (Seoul), October 15, 2006.

17 Park Song-wu, "Vershbow Wants Seoul to Cut Economic Ties with N.Korea," Korea Times (Seoul), October 18, 2006. Richard Lloyd Parry, "US Demands the Closure of 'Cash Cow' Projects for Kim," The Times (London), October 19, 2006. Lee Joo-hee, "Seoul Urged to Get Tough on N. Korea," Korea Herald (Seoul), October 19, 2006.

18 Chun Su-jin, "Testy Official Snaps Back at U.S. Sanctions Pressure," JoongAng Ilbo (Seoul), October 19, 2006. Kim Ji-hyun, "Seoul Digs in Over Projects with N. Korea," Korea Herald (Seoul), October 20, 2006.

19 Adrian Blomfield, "Russian Rebuke for Rice over N Korea," Daily Telegraph (London), October 21, 2006.

20 Ewen MacAskill and Jonathan Watts, "Japan Bans All Trade with North Korea," The Guardian (London), October 12, 2006. "Japan Eyes Tougher N. Korea Resolution," Kyodo News Service (Tokyo), October 22, 2006.

21 "MSDF Set to Monitor 2 Sea-Lanes to Check Ships Near Okinawa, Tsushima Strait," Yomiuri Shimbun, October 22, 2006.

22 Vladimir Radyuhin, "U.S. Provoked N. Korea: Russia," The Hindu, Chennai, October 22, 2006.

Disclaimer: The views expressed in this article are the sole responsibility of the author and do not necessarily reflect those of the Centre for Research on Globalization.?

?

(8)

北朝鮮の役員は主義として9月19日の協定のブッシュ政権の即時の違反に当然ながらむっとした。

米国が、ねじを締め続けた時に、北朝鮮は、米国が、それがサインした協定を守るまで、それが6者会談に戻らないであろうということを発表した。

制裁は、解除される必要があるであろう。

最小で、ダイアログは、偽造の告発を取り囲んでいるどのような問題でも解決することにおいて起こるべきである。

米国高官は、制裁が議題に上がっていないと言い、6者会談への北朝鮮のリターンを要求した。

アメリカの一般大衆に示されたイメージは、協議する北朝鮮の強情な行動と拒絶をもっていた。

どのようにブッシュ政権が意図的に話を雷撃したかは言及されなかった。

速い結論にもたらされるために裁判官席デルタ・アジアの米国の調査を要求して、韓国大統領ローモーHyunは2006年9月にワシントンを訪問した。

ローは、そのような行動が6者会談の再開を不可能にして以来、米国が、さらに制裁を課すことを控えることがまた重要であると言った。

(9) 予想通りに、彼の要求は拒絶された。

代わりに、DPRKの中に敵対的な番組を放送するために、米国の州部門は100万ドルを3つの無線局に割り当てた。

(10) DPRKの核実験の「しかし本当のゴールはおそらく、北朝鮮の本当の変化を見ることである」ほんの1ヶ月前のアメリカ企業研究所の前で、「私は、私達の制裁が本当のインパクトを持っていたと思う」とスチュアート・リービーはスピーチにおいて主張した。

「従って、私達は、これまでに起こったことに満足していない」。

(11)

6者会談の再開のためのどのような希望でも消滅した。

ブッシュ政権は北朝鮮の政権交代を望んでいて、緊張を高まらせると見られることができた。

北朝鮮人は、同じやり方で反応するための彼らの傾向に関する評判を得た:

外交上近づかれる時に交渉することによって、そして脅かされている時のタフさによって。

北朝鮮は、軍事行動のワシントンでどのような考えでも妨害するように核実験を続行すると決めた。

ステートメントはDPRK外務省によって出された(それにおいて、米国が、「DPRKに対する制裁と封鎖を国際化し」ようとしていたそうであった)。

核実験は、ブッシュ政権の「敵対的な行動」に対して、「国の主権を防御するため」対策であるであろう。

(12)

核実験は10月9日に起こった。

まだ、テストの性質についてのいくらかのミステリーがある。

0.5キロトンから0.9キロトンの範囲にあることを概算されて、生産高は驚くほど少なかった。

北朝鮮人は、彼らが彼らの最初のテストを実施した時に他の国家の生産高の下で遠く前もって差し迫った4キロトンのテストを中国の役員に通知した。

それは、DPRKが、プルトニウムのその制限された供給を保存し、放射性排出物の範囲を減らそうとしていたことであるかもしれない。

テストは、核電荷の不完全な爆発のため部分故障であったと広く考えられる。

米国情報部当局と武器アナリストは、どちらの核爆弾(1つの爆弾でもない)もテストされて、誤動作したか、テストが核のコンポーネントの上だけでされたと信じる。

DPRKはまだ、遠く、それが、作動する核兵器を開発することが可能な前に行く必要がある。

DPRKが、それが核抑止力を持っていたことを米国に知らせたかったならば、それは、その原子力計画がまだ初期の段階にあったと明らかにしているテストによって反対物を遂行し

(13)

それはいつも、北朝鮮に対するUN制裁に対する国際的な支援を勝ち取るブッシュ政権のゴールであった。

彼らが、北朝鮮人が核実験を実施するであろうということを望んでいたと認めていたブッシュ行政機関に、それらがあった。

それが持っていた唯一のオプションを運び出す中にDPRKを動かせて、米国は迅速にその機会をつかんだ。

(14)

米国はDPRKに対する国際的制裁のためにUN安全保障理事会で承認を得た。

中国とロシアは、軍事行動を引き起こすことができたどのような語法でも取り除くことに成功したけれども、UN決議案においてまだ、固有の危険がある。

例えば、UN加盟国は、「DPRKに(から)積荷検査を通して含む協力的な行動」を取ることを求められる。

安全保障理事会と制裁委員会の両方は、商品のリストと塞がることができるテクノロジーを拡張する権利を与えられて、委員会は、「手段の有効性を強化する方法」を推奨するために90日ごとに開催されることになっている。

(15) 米国がより過酷な手段を迫るであろうということは予期されることができる。

米国高官は、UN制裁が北朝鮮の船の検査を許し、進取的な人に、より攻撃的なキャンペーンが、DPRKとのつながりを切ることを金融機関に強制させたことを指摘することが迅速であった。

ブッシュ政権は、増殖セキュリティイニシアチブ(PSI)(核、生物、および化学兵器の流れを制限することに向けられるといわれているプログラム)を強制の中心とみなしている。

(16)

UN決議案の通路のすぐ後で、米国の大使アレキサンダーVershbowと国務次官補クリストファー・ヒルは韓国に、制限接触に目を向けて北によってその経済関係をレビューするように頼んだ。

これの後に、メッセージを補強するために、そこにいた国務長官コンドリーザ・ライスから訪問が続いた。

特に、米国は韓国に、ケソン工業団地とマウントKumgang観光地で北で協力的なプロジェクトを停止させてほしかった。

(17) そのクレジットに、両方が朝鮮半島の再統合についての長期計画に必須なので、韓国は、プロジェクトを放棄することを断った。

「するために、決定は韓国のである」と韓国のセキュリティ補佐官SongすぐMinは強調した。

(18)

コンドリーザ・ライスの旅行はまた彼女を東京、北京、およびモスクワに連れて行った(そこで、彼女は、制裁の効果を尖らすであろう手段を実施することを役員に勧めた)。

ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフは、ライスが彼女の要求においてあまりにも遠くまで行ったと思い、その後、「誰もが現実主義を示し、一番端で、妥協しないポジションを避けるべきである」を批評した。

(19) 予想通りに、米国高官は日本におけるより多くの成功を経験した(それは最近DPRKとの貿易の全面的禁止を課した)。

北朝鮮が、2番目のテストを実施することになっていたならば、新しい決議を国連に提出することについて、日本の役員は話した。

日本によって考察されるような新しい解像度は、DPRKとのほとんどすべての貿易を妨げるためにUN加盟国を必要とするであろう。

もっと警急に、第42条は、軍事行動を許すようにもたらされるであろう。

(20)

北朝鮮の単一で、少し弱々しい核実験の部分故障の上の熱狂は、他の国家の核兵器保有量を迎えた無関心との興味深いコントラストに進んだ。

米国はもちろんその意のままに使えて核兵器の大規模な兵器庫を持っている。

設立された核状態が解除するべきであるという提案が全然なく、より新しい核状態、インド、パキスタン、およびイスラエルに対する制裁のための呼び出しがなかった。

米国は最近さえインドとの核の契約にサインした。

これらのケースのすべてにおいて、原子力計画は北朝鮮のそれを小型化した。

それでも、北朝鮮だけが処罰と乱暴のために選出されている。

そのような際立って明らかな二重標準のための基礎は、他の核保有国のどれも米国軍事力のための潜在的な目標ではないことである。

働いた原則は、米国が、押しつぶすことに努めるどの国民も、攻撃を妨げる方法を与えられることができないことである。

北朝鮮の核実験は、米国(慣例的に武装したイラク、アフガニスタン、およびユーゴスラビアの運命を与えられた十分に本当の考慮)による攻撃のリスクを減らす気づかれている必要によって動かされた。

同時に、テストはブッシュ政権の利益を図った。

米国軍隊はイラクとアフガニスタンの占領においてかなりの程度まで縛られるけれども、UN制裁は、荒廃を北朝鮮とその人々にもたらすための費用効果が高い選択肢である。

どのようにブッシュ政権が、制裁が、それがすることを可能にすることを解釈するかは潜在的に深い結果を持つ問題である。

すでに、米国が、はるかに決議の手紙を越えて、本当の脅威を平和に説明する手段を実施するかもしれないという徴候があった。

外国の港と水域で北朝鮮の船を止めるために、UN決議案は国家に発行準備を与える。

しかし、米国の国連大使、ジョン・ボルトンは、公海(どのような法的根拠でも欠いている行為)で北朝鮮の船を止めて、捜す可能性を暗示した。

米国が、その行動方針をたどると決めるならば、それは、海で軍隊の衝突を引き起こすのを思い切ってやってみる。

日本は、破壊者と哨戒機を、北朝鮮の出荷を悩ます米国計画に寄与することを考慮している。

(21) 苦い思い出が、韓国が荒い日本の植民地支配の下で過ごした多くの年と結合したので、これは特に挑発的な行為と考えられるであろう。

しかし、対決はきっと、それをDPRKのさらなる処罰のための機会とみなして、ブッシュ政権が望んでいるものである。

1994年の合致枠組を取り払って以来、ブッシュ政権は、緊張を悪化させるためにできる限りのことを続けてした。

「米国は決して、合意された枠組を尊重するつもりでなく、完全にその供給のどれも果たしたわけではない」は極東のロシアの研究所のアレキサンダーZhebinを指差す。

「米国は、ロシアの戸口で爆発ボイラーを置きたい」。

「アメリカ人はゆったり座り、テレビでそれが爆発するのを見て、ロシア人、中国語、および韓国人に結果を仕分けさせるであろう」。

(22)

グレゴリーElichは奇妙な解放者の作者である:

軍国主義、騒乱、および利潤追求

http://www.amazon.com/Strange-Liberators-Militarism-Mayhem-Pursuit/dp/1595265708




1つの、「鋭く増大した米国の制裁は北朝鮮に対するUSD100ドル札告発に基づく」。

「しかし、模造のエキスパートSay、告発はいいかげんである」、ヨーロッパ商業組合(ピョンヤンのヨーロッパ商工会議所)、2006年4月。

「der‘100ドル札’Stimmt絶食Alles」、AP通信、2006年4月19日。

2つの「不確かなNKorea核兵器話」、UPI、2005年12月6日。

「偽造することにおける米国証拠がない:」

「NKorean外交官」、AFP通信、2006年3月9日。

「米国の制裁を議論するために、N.K.は別個の交渉を提案する」、Yonhap(ソウル)、2006年3月8日。

リーChiドン、「ロシアは北朝鮮偽造の現在形跡を米国に勧める」、Yonhap(ソウル)、2006年3月7日。

3 ジャニーヌ・アベルサ、「ホワイトハウスは北朝鮮会社をターゲットとする」、AP通信、2005年10月21日。

「米国は北朝鮮、ロシア会社上で制裁をたたく」、ロイター、2006年8月4日。

「米国は2N.韓国会社の上で制裁をたたく」、朝鮮日報(ソウル)、2006年8月7日。

4 キリスト教キャリル、「紙入れ取り締まり」、ニューズウィーク、2006年4月10日-17日。

ジョエル・ブリンクリー、「米国は北朝鮮のマネーフローを押し付ける」、ニューヨーク・タイムズ、2006年3月10日。

5 ナイジェルCowie、「米国金融主張 - 彼らが言おうとしていること」、オウムガイ研究所、2006年5月4日。

6 ナイジェルCowie、「米国金融主張 - 彼らが言おうとしていること」、オウムガイ研究所、2006年5月4日。

「北朝鮮の核の押しは米国バンキング規則によって困った状態にならせられるかもしれない」、Bloomberg、2006年3月7日。

アンナ・ファイフィールド、「銀行家は北朝鮮の上の米国の制裁に挑む」、フィナンシャル・タイムズ(ロンドン)、2006年9月5日。

7 スティーブンR.ワイズマン、「米国は金融隔離の戦術を追跡する」、ニューヨーク・タイムズ、2006年10月16日。

「制裁からのN.Korean政権感覚少量:」

「米国」、朝鮮日報(ソウル)、2006年4月3日。

「北資金は制裁の中でヘイバンズを失う」、JoongAng Ilbo(ソウル)、2006年8月24日。

「米国は北朝鮮とビジネスをターゲットとする」、AP通信、2006年9月9日。

「伝えられるところでは、米国はUN加盟国からDPRKの上の制裁との協力を要求する」、朝鮮日報(ソウル)、2006年9月13日。

8 セリグS.ハリソン、「N.K.核実験は米国に依存する」、Hankyoreh(ソウル)、2006年10月2日。

9つの、「韓国は米国に、さらに北朝鮮の制裁を中断するように頼んだ:」

「ソース」、Yonhap(ソウル)、2006年9月18日。

10の、「米国は北に向けられたラジオ放送に出資する」、ドンのA Ilbo(ソウル)、2006年9月28日。

11の、「米国によって、まだでなく、N.K.制裁のインパクトによって満足した:」

「リービー」、Yonhap(ソウル)、2006年9月9日。

12の、「DPRK外務省は、戦争妨害物を支える新施策におけるスタンドを浄化する」、KCNA(ピョンヤン)、2006年10月3日。

13人のJungminカンとピーター・ヘーズ、「DPRK核実験のテクニカル分析」、オウムガイ研究所、2006年10月20日。

イワンOelrich(「北朝鮮の爆弾:」)

「技術アセスメント」、戦略的なセキュリティはブログする(アメリカ科学者インチ、2006年10月13日の同盟のプロジェクト。

ルートウィヒDe Braeckeleer(「N. K.核実験:」)

「証拠と未知」、Ohmyニュース(ソウル)、2006年10月12日。

「検出されたN.K.核実験からの疑わしい放射性破砕物」、Yonhap(ソウル)、2006年10月14日。

グレッグ・ミラーとカレン・カプラン、「機器がひびが入っても、テストは入り口を横切った」、ロサンジェルス・タイムズ、2006年10月10日。

14は、「ハリソンは、北朝鮮の原子力計画を停止させるためにステップ・バイ・ステップの協定を拒絶したことでブッシュ政権を批判する」、外交問題評議会、2004年5月10日にセリグS.ハリソンとインタビューする。

グレン・ケスラー、「米は北朝鮮テスト以来中国の新しい役割において明るい場所を見る」、ワシントン・ポスト、2006年10月22日。

15の「北朝鮮の制裁の上の国連決議のテキスト」、CNN、2006年10月14日。

16 ウォレンHoge、「安全保障理事会は北朝鮮への制裁を支える」、ニューヨーク・タイムズ、2006年10月15日。

「米国は中心としてのPSIによって国連決議において重要な目的を達成する」、Yonhap(ソウル)、2006年10月15日。

17 公園歌wu、「Vershbowはソウルに、北朝鮮との経済の結びつきを切ってほしい」、コリア・タイムズ(ソウル)、2006年10月18日。

リチャード・ロイド・パリー、「米国は、‘ドル箱’の閉鎖がキムのために突き出ているのを要求する」、タイムス(ロンドン)、2006年10月19日。

リージョウオウhee、「北朝鮮に厳しくなることを勧められたソウル」、コリア・ヘラルド(ソウル)、2006年10月19日。

18 クーンSu-jin、「短気な役員は米国制裁プレッシャーで言い返す」、JoongAng Ilbo(ソウル)、2006年10月19日。

キムJi-hyun、「ソウルは北朝鮮とプロジェクトの上で塹壕を掘って身を隠す」、コリア・ヘラルド(ソウル)、2006年10月20日。

19 エイドリアン・ブルームフィールド、「北朝鮮の上の米のためのロシア非難」、デイリー・テレグラフ(ロンドン)、2006年10月21日。

イーウェンMacAskillとジョナサンの20ワット、「日本は北朝鮮とのすべての貿易を禁止する」、ガーディアン(ロンドン)、2006年10月12日。

「日本はより難しい北朝鮮決議を見る」、共同通信(東京)、2006年10月22日。

21の、「沖縄、対馬海峡近くで船をチェックするために2つの航路を監視するようにセットされたMSDF」、読売新聞、2006年10月22日。

22ウラジーミルRadyuhin(「米国は北朝鮮を怒らした:」)

「ロシア」、ヒンズー教徒、Chennai、2006年10月22日。

ブッシュが探している理由 北朝鮮との対立

Why Bush Is Seeking

Confrontation With N Korea

By Gregory Elich

GlobalResearch.ca

10-30-6




"The furor over the partial failure of North Korea's single, rather puny nuclear test made for an interesting contrast with the indifference that has greeted other nations' nuclear arsenals. The U.S., of course, has a massive arsenal of nuclear arms at its disposal. There is no suggestion that the established nuclear states should disarm, nor have there been calls for sanctions against the newer nuclear states, India, Pakistan and Israel. The U.S. has even recently signed a nuclear deal with India. In all of these cases, the nuclear programs dwarfed that of North Korea's. Yet only North Korea has been singled out for punishment and outrage. The basis for such a glaringly obvious double standard is that none of the other nuclear powers are potential targets for U.S. military forces. The operative principle is that no nation the U.S. seeks to crush can be allowed the means of thwarting an attack.

?

North Korea's nuclear test was driven by the perceived need to reduce the risk of attack by the U.S., a real enough consideration given the fate of conventionally armed Iraq, Afghanistan and Yugoslavia. At the same time, the test played into the Bush Administration's hands. The U.S. military is tied up to a large extent in the occupations of Iraq and Afghanistan, but UN sanctions are a cost-effective alternative for bringing ruin to North Korea and its people."

?

?

North Korea's nuclear test and UN sanctions have brought relations between the U.S. and North Korea to their lowest point since President Bush took office. Yet it was only little more than a year ago that for one brief moment hopes were kindled for a diplomatic settlement of the nuclear dispute. At the six-party talks on September 19, 2005, a statement of principles on nuclear disarmament was signed between the U.S. and the Democratic People's Republic of Korea (DPRK - the formal name for North Korea). The Bush Administration, however, viewed its signature on the agreement as only a tactical delay. During negotiations it had firmly rejected the statement, and was brought around only when the Chinese delegation warned that it would announce that the U.S. was to blame were the six-party talks to collapse.

?

The ink was barely dry on the document when the U.S. immediately violated one of its main points. Although the U.S. was required under the agreement to begin normalizing relations with North Korea, on literally the very next day it announced the imposition of sanctions on North Korean accounts held in the Macao-based Banco Delta Asia, allegedly because they were being used to circulate counterfeit currency.

?

Whether there was any substance to the accusation or not has yet to be shown, but there are at least some grounds for skepticism. German counterfeit expert Klaus Bender believes that since U.S. currency is printed on specially made paper in Massachusetts, using ink based on a secret chemical formula, "it is unimaginable" that anyone other than Americans "could come by these materials." The printing machines that North Korea obtained three decades ago, Bender says, are "outdated and not able to produce the USD supernote, a high tech product." He strongly implied that the CIA could be the source of the counterfeit currency as it "runs a secret printing facility equipped with the sophisticated technology which is required for the production of the notes." That the CIA has the capacity to print money does not prove that it has done so. It would, however, have a motive, and the source has not been traced. Wherever the counterfeit supernotes came from, the Bush Administration was ardently using the issue as a pretext to take action against North Korea. Despite that, Bender reports, "the opinion of experts" is that the U.S. allegation against North Korea "is not tenable." (1)

?

Banco Delta Asia was quick to deny the charge, saying that its business relations with North Korea were entirely legitimate and commercial. Over a year later, the U.S. has yet to complete its investigation. As long as the investigation remains unresolved, the U.S. can continue to freeze the DPRK's funds. Russian Ambassador to South Korea Gleb Ivashentsov called for the U.S. to present evidence to back its accusation. Yet all the Russians received was "rumor-level talk." U.S. Treasury officials met with a North Korean delegation in New York in March 2006, but provided nothing to back the charge. DPRK delegation head Ri Gun remarked afterwards, "There were neither comments nor discussion" about evidence. At that meeting, he proposed creating a joint U.S.-DPRK consultative body to "exchange information on financial crimes and prepare countermeasures." The North Koreans said they would respond to evidence of counterfeiting by arresting those who were involved and seizing their equipment. "Both sides can have a dialogue at the consultative body through which they can build trust. It would have a very positive impact on addressing the nuclear issue on the Korean peninsula," Ri said. The delegation also suggested that a North Korean settlement account be opened at a U.S. financial institution and placed under U.S. supervision, so as to allay suspicions. (2)

?

Not surprisingly, the North Korean offers were rejected. By raising the issue of alleged counterfeiting, the Bush Administration sought to use this as a means to justify economic warfare against the DPRK. It was not an agreement with North Korea that the Bush Administration wanted, but regime change, and further action was soon to come. The U.S. went on to impose sanctions on several North Korean import-export firms, on the unsubstantiated charge that they were involved in the arms trade. Then more sanctions were announced, this time against several Indian and Russian firms doing business with the DPRK, along with yet more North Korean companies. (3)

?

The measures taken against Banco Delta Asia deprived North Korea of a major access point to foreign exchange, and served also as a mechanism for magnifying the effect of sanctions. By blacklisting Banco Delta Asia, the U.S. caused other financial institutions to curtail dealings with the bank, until it was forced to sever relations with North Korea. The campaign soon took on global significance. The U.S. Treasury Department sent warning letters to banks around the world, resulting in a worldwide wave of banks shutting down North Korean accounts. Fearing U.S. retaliation, banks felt it prudent to close North Korean accounts rather than risk being blacklisted and driven out of business. U.S. Treasury Under Secretary Stuart Levey observed that sanctions and U.S. threats had put "huge pressure" on the DPRK, leading to a "snowballingavalanche effect." U.S. actions were meant to undermine any prospect of a peaceful settlement. From now on, a senior Bush Administration official revealed, the strategy would be: "Squeeze them, but keep the negotiations going." But talks, the official continued, would serve as nothing more than a means for accepting North Korea's capitulation. A second U.S. official described the goal of talks as a "surrender mechanism." Indeed, even before the signing of the September 19 agreement, the U.S. had already decided "to move toward more confrontational measures," claims a former Bush Administration official. (4)

?

As general manager of Daedong Credit Bank, a majority foreign-owned joint venture bank operating in Pyongyang and primarily serving importers, Nigel Cowie was in a position to witness the effect of the Treasury Department's letters. "We have heard from foreign customers conducting legitimate business here, who have been told by their bankers overseas to stop receiving remittances from the DPRK, otherwise their accounts will be closed." To illustrate the lengths to which U.S. officials were prepared to go, Cowie described an operation that involved his own firm, from which, he said, "you can draw your own conclusions." An account was opened with a Mongolian bank. Arrangements were made for legal cash transactions. But when the Daedong Credit Bank's couriers arrived in Mongolia, they were detained by Mongolian intelligence officials, and their money confiscated. Accusations were made that the couriers were transporting counterfeit currency from North Korea. A leak to the news media from an unidentified source led to reports charging that "North Korean diplomats" had been arrested for smuggling counterfeit currency. After two weeks, the Mongolian "intelligence officials in a meeting with us finally conceded that all the notes were genuine; the cash was released." In the final meeting, Mongolian intelligence officials "appeared rather embarrassed that they had been given incorrect information." It requires little imagination to guess the source of that incorrect information. (5)

?

U.S. actions were meeting with resounding success. "For our part," Cowie explains, "we are only conducting legitimate business, but have nonetheless been seriously affected by these measures. A large amount of our and our customers' money - not just in USD, but in all currencies - has effectively been seized, with no indication of when they'll give it back to us." The fate of Banco Delta Asia served as an object lesson. "Banks with any kind of U.S. ties are just terrified to have anything to do with any North Korean bank," Cowie said. After the majority interest in Daedong Credit Bank was purchased by British-owned Koryo Bank, the new owner, Colin McAskill, asked U.S. officials to examine the bank's records in order to prove that its funds are legitimate and should be unfrozen. "We will take on the U.S. over the sanctions standoff," he said. "They've had it much too much their own way without anyone questioning what they are putting out." (6)

?

Warning letters to banks were often followed by personal visits from U.S. officials. Bankers and American officials say that the messages contained a mix of implicit threats and explicit actions. Consequently, it was not long before nearly all of North Korea's accounts held in foreign banks were closed, with a deleterious effect on the DPRK's international trade. U.S. officials were inflicting serious economic harm on North Korea, but planned to do much more. "We're just starting," said Treasury Under Secretary Stuart Levey several months ago. In many cases, no pretense was made that the actions were related to illegal financial transactions. U.S. officials were now openly pressing financial institutions to sever all economic relations with the DPRK. "The U.S. government is urging financial institutions around the world to think carefully about the risks of doing any North Korea-related business," Levey said. By September 2006, the U.S. had sent official dispatches to each UN member state, detailing plans for harsher economic sanctions. The planned measures were so strong that several European nations expressed concern, and it was said that the plans aimed at nothing less than a total blockade on all North Korean trade and financial transactions. (7)

?

Concerned over the direction events were heading, Selig Harrison, director of the Asia Program at the Center for International Policy, visited the DPRK and reported on what he saw. "I found instances in North Korea authenticated by foreign businessmen and foreign embassies in which legitimate imports of industrial equipment for light industries making consumer goods have been blocked. The North Koreans understandably see this as a regime change policy designed to bring about the collapse of their regime through economic pressure." Harrison said the message he heard from North Korean officials was essentially, "We want the U.S. to show us it is ready to move toward normal relations in accordance with the September 19 agreement. If the U.S. won't lift all of the financial sanctions, all at once, then it should show us in other ways that it has got its act together and is giving up the regime change policy."?
?

なぜ、ブッシュは捜している。

北朝鮮との対決

グレゴリーElichによって

GlobalResearch.ca

10-30-6

「北朝鮮の単一で、少し弱々しい核実験の部分故障の上の熱狂は、他の国家の核兵器保有量を迎えた無関心との興味深いコントラストに進んだ」。

米国はもちろんその意のままに使えて核兵器の大規模な兵器庫を持っている。

設立された核状態が解除するべきであるという提案が全然なく、より新しい核状態、インド、パキスタン、およびイスラエルに対する制裁のための呼び出しがなかった。

米国は最近さえインドとの核の契約にサインした。

これらのケースのすべてにおいて、原子力計画は北朝鮮のそれを小型化した。

それでも、北朝鮮だけが処罰と乱暴のために選出されている。

そのような際立って明らかな二重標準のための基礎は、他の核保有国のどれも米国軍事力のための潜在的な目標ではないことである。

働いた原則は、米国が、押しつぶすことに努めるどの国民も、攻撃を妨げる方法を与えられることができないことである。

北朝鮮の核実験は、米国(慣例的に武装したイラク、アフガニスタン、およびユーゴスラビアの運命を与えられた十分に本当の考慮)による攻撃のリスクを減らす気づかれている必要によって動かされた。

同時に、テストはブッシュ政権の利益を図った。

「米国軍隊はイラクとアフガニスタンの占領においてかなりの程度まで縛られるけれども、UN制裁は、荒廃を北朝鮮とその人々にもたらすための費用効果が高い選択肢である」。

ブッシュ大統領が就任して以来ずっと、北朝鮮の核実験とUN制裁は米国と北朝鮮の間の関係をそれらの最も低いポイントにもたらしている。

それでも、もののために、短い瞬間希望が核の論争の外交の決着のために燃え上がったことは1年以上前小さいだけであった。

2005年9月19日の6者会談で、核軍縮の上の原則のステートメントは米国と朝鮮民主主義人民共和国(DPRK - 北朝鮮のためのフォーマルな名前)の間でサインされた。

しかし、ブッシュ政権は、協定のそのサインを戦術的な遅延だけとみなした。

交渉の間に、それは堅くステートメントを拒絶し、それが、米国が責任があったことを発表するであろうということを警告された中国の代表団が、崩壊させる6者会談であった時だけに、持って来られた。

米国が直ちにその主要な得点の1つに違反した時に、インクは文書の上でかろうじて乾燥していた。

米国は、北朝鮮との関係を正常化しはじめることを協定の下で要求されたけれども、文字どおりのまさしくその次の日、申し立てによると、それらが、模造の通貨を循環させるために使われていたのでマカオを本拠とする裁判官席デルタ・アジアで保持された北朝鮮のアカウントの上で、それは制裁の賦課を発表した。

告発への物質があったかどうかは、まだこれから示される必要があるけれども、懐疑のための少なくともいくつかのグラウンドがある。

ドイツ模造専門家クラウスベンダーは、秘密の化学式に基づき、インクを使うこと 「それは想像できない」 that アメリカ人を除いた誰 「これらの素材によって来ることができた。」 でもによって信じている that マサチューセッツの特別に作られた紙において米国通貨がプリントされる 。

ベンダーは、北朝鮮が30年前得た印刷機は、「USD100ドル札、ハイテク製品を生み出すことができるのではなく旧式」であると言う。

彼は、それが、「注の生産のために必要とされている洗練されたテクノロジーを装備された秘密の印刷施設を運営する」時に、CIAが模造の通貨のソースであるかもしれないことを強くほのめかした。

CIAが、お金が、それがそうしたことを証明しないと印刷する能力を持っている。

それはしかし動機を持つであろうし、ソースは追跡されていない。

たとえ模造の100ドル札がどこから来ても、ブッシュ政権は、北朝鮮を取り締まるために、口実として問題を熱烈に使用していた。

ベンダーリポート、「エキスパートの意見」がそれである 「防御できない。」という北朝鮮に対する米国主張 それにもかかわらず。

(1)

裁判官席デルタ・アジアは、北朝鮮とのその取引関係が完全に合法で、商業用であったと伝えて、容疑を否定することが迅速であった。

1年以上後、米国は、まだこれからその調査を完遂する必要がある。

調査が未解決であり続ける限り、米国は、DPRKの資金を凍結し続けることができる。

韓国Gleb Ivashentsov駐在のロシア大使は、米国が、その告発を支える証拠を示すことを要求した。

それでも、ロシア人が受け取ったすべては「噂レベル話」であった。

米財務省役員は2006年3月にニューヨークの北朝鮮の代表団と出会ったけれども、チャージを支えるために、何も提供しなかった。

DPRK代表団頭Ri Gunは、「コメントと議論のどちらもなかった」とその後証拠について気づいた。

そのミーティングで、彼は、「金融犯罪についての情報を交換し、対策を準備する」ために共同のU.S.-DPRK諮問機関を作成するのを提案した。

北朝鮮人は、彼らが、関係していた人々を逮捕することによって偽造し、彼らの機器をつかむ証拠に反応するであろうと言った。

「両者は、それらが信頼を築くことができる諮問機関にダイアログを持つことができる」。

「それは、朝鮮半島の上の核の問題に対処することへの非常にポジティブなインパクトを持つであろう」とRiは言った。

代表団はまた、北朝鮮の解決アカウントが、米国金融機関に開かれて、疑惑を静めるように米国監督下に置かれることを提案した。

(2)

驚くことではないが、北朝鮮の申し出は拒絶された。

疑わしい偽造の問題を提起することによって、ブッシュ政権は、DPRKに対して経済戦争を正当化する方法としてこれを使うことに努めた。

ブッシュ政権が望んでいたのは北朝鮮との協定ではなかったけれども、政権交代とこれ以上の行動はすぐ、来ることであった。

米国は、続けて、いくつかの北朝鮮の輸入輸出会社に、それらが武器貿易に関係していたという確証がない非難に制裁を課した。

そして、より多くの制裁はいっそうより多くの北朝鮮の会社とともに今回DPRKと取り引きしているいくつかのインドとロシアの会社に対して発表された。

(3)

裁判官席デルタ・アジアに対して取られた対策は外国為替に主要なアクセス・ポイントを北朝鮮から奪い、制裁の効果を拡大するためのメカニズムとしても役立った。

裁判官席デルタ・アジアをブラックリストに載せることによって、それが、北朝鮮と関係を断ち切ることを強制されるまで、米国は他の金融機関に、銀行と取引を短縮させた。

すぐキャンペーンはグローバルな意義をまとった。

北朝鮮のアカウントを閉鎖している銀行の世界的な波を結果として生じて、米財務省部門は世界中で警告状を銀行に送った。

米国報復を恐れて、銀行は、廃業状態でブラックリストに載せられて、動かされることを思い切ってやってみるというよりも北朝鮮の口座を解約することを慎重であると思った。

米財務省次官スチュアート・リービーは、制裁と米国脅威が、「snowballingavalanche効果」をもたらして「莫大なプレッシャー」をDPRKに置いたことに気づいた。

米国の行動は、平和な決着のどのような見込みでも徐々に蝕むことを意図されていた。

シニアのブッシュ政権役員は、今後、戦略はそうであるであろうと明らかにした:

「それらを押し付けなさい、けれども、交渉を続けさせなさい」。

役員は、しかし、話は、ただの北朝鮮の降伏を受け入れるための方法として役立つであろうと続けた。

2番目の米国高官は話のゴールを「引き渡しメカニズム」と評した。

実に、9月19日の協定のサインの前にさえ、米国は、「より対決的な手段に動くため」すでに決めていたと前のブッシュ政権役員は主張する。

(4)

Daedong信用銀行、ピョンヤンで動作していて、第一に輸入業者を提供している大多数の外資系のジョイント・ベンチャー銀行の事業部長として、ナイジェルCowieは、財務省の手紙の効果に立ち会う立場にあった。

「私達は、彼らの銀行家によって、DPRKから送金を受け取るのをやめるように海外で命じられているここで合法ビジネスを実施している外国の顧客から連絡を受けて、さもなければ、彼らの口座は解約されるであろう」。

米国高官が、何でもする心構えをしたことを説明するために、Cowieは、彼自身の会社に関係していた操作を説明し、どれから、彼は、「あなたはあなた自身の結論を引き出すことができる」と言った。

アカウントはモンゴルの銀行と開かれた。

手配は法律の現金取引のためにされた。

しかし、Daedong信用銀行の急使がモンゴルに到着した時に、彼らはモンゴルの情報部当局によって足止めされて、彼らのお金は没収した。

急使が北朝鮮から模造の通貨を輸送していたという告発はされた。

未確認のソースからの報道機関への漏れ口は、「北朝鮮の外交官」が密輸する模造の通貨のために逮捕されたことを告発しているリポートに通じていた。

2週間(モンゴルの、「すべての注が本物であったと、私達とのミーティングにおける情報部当局は最終的に認めた;」)後

「現金はリリースされた」。

最終的なミーティングにおいて、「彼らが不正確な情報を与えられたという」、当局が「むしろ思われた」モンゴルの知能に「当惑した」。

その不正確な情報のソースを推察することは乏しい想像力を必要としている。

(5)

米国の行動は大成功を経験した。

「私達としては、私達は合法ビジネスを実施しているだけであるけれども、それにもかかわらず、これらの手段によって重大な影響を受けた」とCowieは説明する。

「私達と私達の顧客のお金--USDにおけるだけでなくすべての通貨の中--の多額は、効果的に、いつ彼らがそれを私達に返すであろうかのしるしなしでつかまれている」。

裁判官席デルタ・アジアの運命は実例として役立った。

「どのような種類の米国つながりでも持つ銀行は、まさに、どのような北朝鮮の銀行とでもする何でも持つために恐れる」とCowieは言った。

Daedong信用銀行への支配株が英国人が所有する高麗銀行によって購入された後に、新しいオーナー、コリンMcAskillは米国高官に、その資金が合法で、溶かされるべきであることを証明するために銀行のレコードを調査するように頼んだ。

「私達は制裁引き分けの上で米国に挑む」と彼は言った。

「彼らは、誰も、彼らが何を外に出しているかを疑わずにずっとあまりにも多くの彼ら自身の方法でそれを持っていた」。

(6)

銀行への警告状の後に、米国高官からしばしば個人的な訪問が続いた。

銀行家とアメリカ役員は、メッセージが無言の脅迫と明示的な行動の混合を含んでいたと言う。

その結果、ほとんど、外国銀行で保持された北朝鮮のアカウントのすべてがDPRKの国際貿易への有害な効果によって閉まるまでに、長くはかからなかった。

米国高官は重大な経済の害を北朝鮮に与えていたけれども、ずっともっとすることを計画した。

「私達はまさに出発している」と宝庫次官スチュアート・リービーは数ヶ月前言った。

多くの場合に、どの見せかけもされなかった(行動が、違法な金融取引と関連していたことであった)。

米国高官は現在、金融機関がDPRKとすべての経済関係を断ち切ることを公然と迫っていた。

「米国政府は、どのような北朝鮮関連のビジネスでもするリスクについて慎重に考えることを金融機関に世界中で勧めている」とリービーは言った。

2006年9月までに、米国は、より荒い経済制裁についての計画を詳説して公式な特報を各UN加盟国に送った。

計画された手段はとても強かったので、いくつかのヨーロッパ諸国は懸念を表現し、計画がまさしくすべての北朝鮮の貿易と金融取引における全体の封鎖をめざしていたそうであった。

(7)

表題は方向のイベントを心配し、セリグ・ハリソン(国際的な方針のためのセンターのアジアプログラムのディレクター)はDPRKを訪問し、彼が見たものを報告した。

「消費財を作っている軽工業のための産業機器の合法なインポートが塞がっている外国人ビジネスマンと外国の大使館によって認証されている北朝鮮で、私は例を発見した」。

「北朝鮮人は当然ながら、政権としてのこれが、経済的圧力を通して彼らの政権の崩壊を引き起こすようにデザインされた方針を変更するのを見る」。

ハリソンは、彼が北朝鮮の役員から聞いたメッセージが本質的に、「私達は米国に、それが、9月19日の協定に従って正常な関係に動く用意ができていることを私達に知らせてほしい」であると言った。

「米国が一度に金融制裁のすべてを解除するわけではないならば、それは、それが一緒にその行為を集めて、政権変化深慮をやめているという他の方法で私達を示すべきである」。

シスコホイーラーインタビュー つづき

ウェイン・モリス:あなたは、あなたのお父さんがまたプログラミングの犠牲者であったと思うか?

シスコホイーラー:私は、私の父が倍数であったことに私の精神における疑いを全然持っていない。私の父はすべてのレベルで天才であったけれども、彼に優しい面があり、彼は悪魔主義者と同様にミュージシャンであった。私が言ったように、彼はCIAのために働き、彼はさらに33級メーソンであった - 方法によって33を越えて多くのレベルがある。彼はグランドマスタであった。

彼は雄大なドルイド僧議会の一員になった。彼は正しいことの中で賢明でない非常に賢明な人であった。彼の学習が他の方向に応用されなかったことは悪すぎる - 彼は遠くまで行ったであろう。私は、彼が誰であるかために私の父を尊敬することができない。

ウェイン・モリス:あなたは、彼が問題において選択権を持っていたと思うか?

シスコホイーラー:それが世代的であったので、号Iはしない。私が閉じ込められた時に、彼は閉じ込められた。しかし、私と私の父の違いは、職場で作動させられた彼の家族を愛していた私の父のよい側が軍隊にいた時にさえ、知っていた私の父の一部があったことである--私の父についての本当にポジティブな部分がある。彼は人々愛好者であり、彼は人々を愛していて、人々は彼を愛していた。しかし私は、彼が何であったか、そして彼が何をしていたかを理解した私の父のライフにおける時間があったと思い、私は、彼自身の多様性の中の彼自身の精神の中の障壁が、彼が知っていたけれども彼がまた、彼がなすすべがなくあったと知っていたポイントに分解されたと思う。転居するか、方向を変更することは彼に彼の人生を必要とするであろう。彼は中で遠すぎた。

ウェイン・モリス:それから、明らかに、あなたが選んだことである違い、あなたは、壊れるためとそれと戦うために選択をした。

シスコホイーラー:そうだね。そして、ファミリー、啓蒙主義者ファミリー中に故意の行為があり、そこに故意の行為がある。そして、私は、正直に、私達がし、私達が手入れされたので、私達がした事を言うことができる。私達は、正しくしたく、私達はその希望を望んでいて、私達が本当に、それであってほしかったものであるそのチャンスは私達の中に誕生し、それは、よくあることになっていた。それは、それを言う最も簡単な方法である。私はまだ非常に子供っぽいと感じていて、私は、よくありたい子供みたいに感じる。私は、悪くありたくない。私は、私にされたことが好きでなく、私は、他にされていることが好きでない。それはすっかり不公平であった。それは多くの、多くのライフを破壊した。私が言いたかった唯一の物はである that 最初、私がシステムを出て、毎日の基礎においてフリッツが私と働き、私が、「世界のこれらの子供はそれらの父レイプ それら をするか?」を彼に尋ねた時 。

彼は、「いいえ、よい父は彼らの子供を強姦しない」と言った。それは私をびっくりさせて、私はそこに立ち、私は彼を見て、「彼らが愛されていないので、私は本当にこの世界のこれらの子供に同情している」と言った。彼は、「おお、けれども、それらは愛されている」と言い、私は、「オー、ノー - 父が彼らの子供を強姦していないならば、彼らは愛されていない」と言った。私は、レイプが愛情であったと思った。それはかなり病気である。

ウェイン・モリス:彼らはただそれらのアイデアをさかさまに引っくり返した。

シスコホイーラー:私が私の目の中にそれまでに涙を持っていたことがあったはじめては、彼が私に、小さな女の子と小さな少年が通常彼らの父によって強姦されなく、それが、私達が生きている生活水準ではないと言った時であった。そして、それは、そのようなポイントに私を動揺させた - 私がこれまで私の顔の上の涙に触れるのは、それがはじめてであった。私が本当に気分が悪かったので、子供は彼らの父によって愛されていなかったので。そして、右が悪く、間違って、正しいので違いを理解することに長い時間私にかかり、それは、どうあなたがプログラムを作られるかである。あなたが本当にそれについて考える時に、それは何かではないか?私は現在それを振り返り、私は、彼らが、私の考えと世の中のそんなに多くの他の生存者ではする必要があった能力を信じることができない。彼らがどんな程度で行くであろうかに。

ウェイン・モリス:特に子供に。

シスコホイーラー:Inucurran(sp)に、彼らは壁にかごを持っていた。彼らは私達をかごの中に入れて、猿または猿は、私達を世話することになった。私達はそれらの3つを持っていた。人は私達に供給し、人は私達を打ち負かし、私達の人間性を失わせるために、人は私達を強姦した。

ウェイン・モリス:……おやまあ神…

シスコホイーラー:

ウェイン・モリス:彼らが、一定の目的を達成するために特定の文脈を処理しているように…

シスコホイーラー:はい、精神の中の一定のイメージ。13x13グリッドと13深み、そう、あなたの隠れた部分は外の世界から(に)影響を全然得ない。私が世界の中に出て来て、私がフリッツと会った時に、私は、一度も、世界が何であったかを知ったことがなかった。私は、どのように食料雑貨店に行くか、それがどこであるか、または、それが何であったかを知っている自由を持っていた。

私が、彼らが私を望んでいたことをすることを計画されるだけであったので、私は知らなかった。彼らは私を起こすであろうし、私に私のプログラムを与えて、彼らが私に、どこにいてほしかったかについて、正しく私を置いた。私は、彼らが私に、私が行った睡眠に戻るように、私がそれをすると同時にしてほしかったことをしに行くであろう。私は影響を全然持っていなかった。

フリッツが私に、私が、まだ、住んだ家族と母を持っていたと言った時に、私は、人がクレージーであったと思った。ここに、まさにあなたをびっくりさせるであろう他のことがある--私は7人の孫を持っていて、それは、私が、成長する私自身の3人の子供を持っているのを意味している。私がただ言った好意から、彼が、30(彼はパイロットである)歳であった時に、彼が私を私の息子に紹介した時に、よく、私の精神において非常にあなたにお会いできてうれしい。その後、私はフリッツに話し、あなたは完全にクレージーである。あなたは、私がクレージーであると思う--あなたたち、あなたはそれを持っていた。あなたは、私に、私が、子ネコ、セクシーな女性、および私が磁器が直面するのを見る鏡を見る時の子ネコの顔としてプログラムを作られて、私が17歳であり、私が年に思われないと言っている。あなたが私を見て、私が50歳であり、あなたが私を見て、私の写真をとる時に、私は17歳である。

私はまだ17のようであるけれども、ポイントは、私がとてもすっかり計画された100%であったので、フリッツが、私の人生に起こったことについて私に真実を与えたかった時に、私がとても多くのプログラミングを持っていたので、私の精神はそれを受け取ることさえできなかったことである。私は、私が彼を信じる前に、私が子ネコではなかったことに気がつくのに2年かかった。2年の重労働は、壊れて毎日嘘を下に置く。それは、私の防御がどれほど固かったかである。私はこれらのすべての子供を見て、これは、私がフリッツに言ったことである:「あなたがクレージーに完全にあるフリッツ」。あなたは、私が、これが私の息子であると信じることを期待している。あなたは、私に、私の息子が30歳であると言っている。私はリコールを全然持っていない。

「私は彼を運ばなかった」。彼が子供の時に遊んだ時に、私は彼を覚えていなかった。私は全くこの子供とアイデンティティを全然持っていなく、それは、私の世界の中でどれほど暗かったかである。私は、「彼は30歳であり、私は17歳である--ちょっと、ここで、フリッツを待ちなさい、何かが加算しない」と言った。あなたはクレージーである。あなたは、私がそのりんごを噛むことを期待している?「そして、私は、それを噛もうとしていて、私は、これを信じようとしているね?」それは、精神がある方法である。

それはほんの1つの例である。彼は私を私の母に、私の姉妹に紹介した。私は、私が知らなかった2人の姉妹を持っていた。

ウェイン・モリス:あなたがあなたの暗記作業を通り抜けた時に、あなたもそう、あなたの子供が誰であったか、そしてを知ることであなたの人生のそれらの部分を取り戻した…

シスコホイーラー:私は、関係を築く必要があった。私が、より強くなり、メモリー--第一に、私は、嘘を認める必要があった--上ですなわちそれを作動させることができたので、私の父は私が好きであった。それは私のための非常に荒い嘘であった。

私は、私の父がそれまでに私の父ではなく私に嘘を言ったことがあったと信じることができなかった。私は、私の父が私に嘘を言ったと認めるために、それが私のためにどれほど難しかったかを表現することができない。私が最初の嘘を受け入れたならば、私が、すべての他の嘘を受け入れる必要があったので。私はそうしたくなかった。私は私の父にそれの外観を損なわれてほしくなかった。それから、時間が経過し、数ヶ月が進んだ時に、私は、彼があったものと彼がしたことを他の方に向ける必要があった。

彼が私にこれをし、私が彼の子供、おお、私の神であったならば、彼はプログラマーであるそんなに多くの他の子供に何をしたか?そして、それはだいたい私を殺した。

ウェイン・モリス:再び、それはあなたに破壊的であったにちがいない。私は、このショーの上で私達に参加することに対してあなた、大変シスコに感謝したい。私は、これらの問題について話すことが非常に難しいと知っていて、これを露出することにおいて、私は本当にあなたの巨大な勇気を賞賛している。

シスコホイーラー:あなたにとても感謝し、尋ねてくださってありがとうございますである。

--------------------------------------------------------------------------------

ウェイン・モリス:私達はシスコホイーラー(啓蒙主義者ファミリーと米国政府マインド・コントロールの生存者)とのインタビューを聞いていた。このラジオシリーズのテープはCKLN(ライアーソン大学キャンパスの上のJuergensonホールの380ビクトリア)のオフィスで最終的に入手可能である。テープは各々8.00ドルであり、記録は各々3.00ドルである。すべてのショーをリストして、カタログは入手可能である。まさにこの前の週末のCBCドキュメンタリードラマについてコメントして、私は、ほとんどの記録で次に、これを使いたくない - 睡眠部屋。私の考えでは、私達がイーウェン・キャメロンと子供へのCIAマインド・コントロールにおける彼の役割についてこのラジオシリーズの上で何を聞いたかはドラマに少し厳しすぎて、基づいたdocuの上で小さすぎた。

それは、2つ編シリーズと特に「よいけれども間違った方へ導かれる」意図によって誰かとしてキャメロンを描くことにおいて誤解を招くのを発見された最初の部分的なIであった--彼がアレン記念を、彼の患者を見つけ出すことによるままにしておいた理由を特に使うことは、…、子供への実験との彼の関与…と他の意図的誤報を含むCIAマインド・コントロール技術開発におけるキャメロンの役割についてそれが除外したもののためにも矯正されていなかった。映画は、ただマインド・コントロール・テクノロジーによって共産主義者に維持することであることとしてのCIAの動機を描き、CIAが、CIAがマインド・コントロールを製作していたことが文書化された事実である時にマインド・コントロールによって実験しはじめさせたばかりの描写はそれの前にエージェントのプログラムを10年作った。彼らはまた彼の仕事のための軍隊と知能のアプリケーションに関係していないこととしてキャメロンを描いた--私は、その少量が、飲み込みづらいとわかる。そしてメモリーを拭き取る電撃療法の効果に気づいていない--彼が電撃療法エキスパートであり、トレーニングした時に、多くの他の精神医はどんなに使用に電流を流すのか。他の意図的誤報は、実験が「何にもなっていなく」、それらが、描かれたものをはるかに越えてマインド・コントロール・テクノロジーを取り、それが無駄であったことが嘘である時に、CIAに最終的に無駄であったことであった。CBCがその宿題をしたならば、たぶん、彼らはこの嘘を行っていないであろう。私は知らなく、たぶん、それらはするであろう。彼らは、キャメロンをMKULTRAに関係している他のよく文書化された医師と結び付ける試みを全然しなかったか、彼らが、遂行しようとしていたこと、傀儡を作成することにおいて、彼らの終わりのゴールがあったものはマインド・コントロール・スパイをタイプする。「ドキュメンタリードラマ」の2番目の部分は法律の公正のために生存者の戦いを扱った。私が考えたいくつかのよいことはCIAをかばっているカナダ政府担当者とCIAカス弁護士の本当の粘着性の描写であった。しかし、それは、それを見ていた人々、特に、裁判官が結局出されたマインド・コントロールの中で起こっているものに気づいていない人々に影響を及ぼしていたかもしれない--これらの人々が通り抜けたものを考慮して、生存者が受け取った金額が本当に冗談であっても。私は、CBCが、この映画が現在マインド・コントロール残虐行為の本を閉じて、それが真実とかけ離れていると考えると思った。これらの残虐行為は、私達にこのシリーズにおいて聞こえたので、今日続いている。

私は、彼らが訴訟を支える原動力であり、特に、デイビッドが、カナダ議員と訴訟を引き起こすために届いたであろう重量であったことによるも時に、デイビッドとバレリーOrlikowがフィルムの中で登場人物であることから除外されたことが異常であったと思った。それが、ずっと前の、偶然これ解決されて、話の終わりであった。さて、話はそこで人々を終えない。それはCKLNの上に今この場で続いていて、私達は来週そのシリーズを続けている。滞在は調整し、私達はブライス・テーラー(大統領のモデル性奴隷としてホワイトハウスによって使われた前のマインド・コントロール奴隷)との、そしてCIAと他の知能グループによるインタビューを持ち、彼女はまた本「星明かり:」の作者である。「マインド・コントロールからの1人の女性の勇敢な脱出」。あなたはCKLN 88.1FMを聞いていた。

シスコホイーラーインタビュー つづき

ウェイン・モリス:それは、それらが外傷を与えて、精神が彼ら自身のファミリーメンバーをコントロールするという点でここの仕事で単なる正常なファミリー忠誠以上の何かであるようである。私は、それが、それらの終わりのゴールを永続させる重要な一部であったと感知している?

シスコホイーラー:それらの忠誠が、私が現在彼、サタンを呼ぶであろう魔王にであり、それが、彼が誰であるかであるので、それは真実である。彼らが神として支配し、彼らが彼と血誓いを立てて、そして、彼らが支配するであろうし、地獄の中で彼と君臨するので、彼らの人生の魔王の要求である呼び出しに従順ならば、彼らは悪魔主義の教義至上主義の中でそれを信じる。

彼らは地獄を恐れていない。彼らは地獄に対する恐怖を全然持っていない。彼らは、それらが、どんなサタンが、彼らに、彼が、何をするかをそれらに話しするように頼むかをするかを信じるだけで、地獄の彼との神、および彼らが地獄の人々を支配することとしてそれらは立つ。それらは彼と神になるであろう。それは大嘘である。彼らはこれを信じる。私は何を言うことができるか?

それは主義の要点である。彼らは、彼らが地獄の中で神になるであろうと信じる。そして、彼らが自身を神と考えるので、彼らすべては、神になりたいと思っている。神として、それらは魔王の権限を除いたどの権限も受けない。明けの明星はそれらのためにそれらの入札をする。彼は、彼が、するための何、何を望んでいるかをそれらに正確に言い、彼らはそれをするであろう。

ウェイン・モリス:あなたは、これがパワーとパワーの魅惑のためにまさにそのドライブによって動かされると思うか?

これは、それらの動機づけの根底にあるものであるか?

シスコホイーラー:それは、お金、名誉、パワー、および栄光--それは悪魔のようなエンティティとの関係を持つ--で世代的な気分によってする必要がある。

ウェイン・モリス:従って、自身で接合されて、彼らは持っている…

シスコホイーラー:魔王と彼の悪魔のようなエンティティとともに、はい、彼らは取りつかれたまさしくその悪魔である。

ウェイン・モリス:あなたとフリッツの両者はこのトラウマベースのマインド・コントロールの他の犠牲者を助けていた。

どのようにプログラミングテクニックについての理解はあなたが他を助けるのを手助けしたか?

シスコホイーラー:私が自身をどのようなチャージもなしで相談に利用可能にした時に、私は、トラウマベースのマインド・コントロールの他の犠牲者を助けることができた。時々、彼らはただ聞く耳が必要である。

また、マインド・コントロールの犠牲者とともに働くことにおいて、私は、彼らが誰であるかの複雑さにおいて、そして判断であらずに彼らにされていることのために彼らを理解することができる。いつ彼らが私に、彼らがMKULTRAとグリーン博士またはブラック博士またはBlue博士または星博士であると言うかは彼らのプログラムを作り、私がそこにいたので、私の心臓が彼らとのものになるとすぐに、彼らはこれのメモリーを持っている。私はそれらの靴をはいて歩き、私は、それらが何を通り抜けているかを知っている。私は、彼らが、言う必要があることを聞きたく、私は、何が彼らに起こったかを気にしている。私は気にする。

私は、それらの旅--私がそれらの旅をまとう--を見るけれども、私は、それらの旅と私が、それらに、彼らが、健康に行き続ける必要があり、私に非常に重要な力を与えるかもしれないと言うかもしれない何でも見る。

ウェイン・モリス:私は、いつあなたが他の犠牲者とともに働いているかと思っていて、彼らの調節のトラウマを覚える行為はしたか、それは、プログラミングまたは調節を使用不可にすることに役立っているか?

シスコホイーラー:あなたが歩いたか、イエスと言う所で、他の誰かが歩くことができる時に、私はそれを認める--それは確認である。私達は確認が必要である。私達を、私達がしなかった全体のマインド・コントロールの下にとりこにされた程度にとりこにするために私達にされている残虐行為が平らにするので、私達が許可なしで地球の上に生きていて、大丈夫であったと知っていなさい - あなたは、私が何を言っているかを知っている?誰かが私に電話し、「私はこういうものを覚えている」と言い、私が、「あなたは、まさに、トラック--あなたの精神は決してあなたに嘘を言わなかった--上で、私が、あなたが何を言っているかを確認することができることである--これらの事は起こり、はい、私はこのプログラムに非常に精通している」と言うであろう時。

それが、そうすることが非常に危険なので、私はプログラムについてそれらに話さないけれども、私は、彼らに、彼らが何を知っているかを私に言わせる。そして、私は、それらがどこにあるかについてそれらに確認を与える。

ウェイン・モリス:どんな他の種類の事が彼ら自身の癒えて、暗記の作業で犠牲者のために行われることができるか?

あなたは他に何をそれらに推薦するか?

シスコホイーラー:私は、覚える最も重要な物の一つが、私達がすべてスレーブであったことであると思う。私達は支配の最も荒い手によって左右されて、コントロールされた。私達は非常にサディスト的な個人によってコントロールされて、私達はひどく、ひどく扱われた。あなたは、私達が扱われた方法で動物を扱わないであろう。あなたはしないであろう--それが非常に痛いので、それに敏感であることは重要である。ボディは強姦されたと感じていて、精神は強姦されたと感じていて、心は強姦されたと感じていた。そして、これが本当に痛むと言うために、私達は誰かが必要で、私達は、「あなたは、あなたが歩き、従って、私が、あなたが何を私に言っているかをすっかり理解することはできない所で、私が歩かなかったと知っているけれども、私は聞いていて、私は、あなたに起こったことがあなたに起こったと本当に信じる」と言うために誰かを持つ必要がある。私達が世界に、世界が私達をうそつきと呼ぶであろうし、彼らが、私達との約束を破り、私達を撃つか、されている犯罪またはそれのために私達を刑務所に入れるであろうと言うならばそれを信じることをそう計画されたので、誰も、とにかく残虐行為を信じようとしていない。誰かがホロコーストについて信じたか?世界は、ホロコーストを耳にしたくなかった。彼らはそれを信じなかった。それは何年かであった--および、人々はまだ、ホロコーストが本当に起こったと信じたくない。そして、私達に起こったことは、強制収容所の中で起こったことより全く少なくない。

ウェイン・モリス:あなたは、彼らが、トラウマの特殊なタイプと一般大衆によって疑われるためにあなたを設定するであろう調節をしたと思うか?

シスコホイーラー:おお明確に。自身のような誰かまたはSpringmeierさんがあなたに儀式の乱用についての何かと悪魔の休日を話し始めて、はい、それらがこれをし、それらがa、b、c、およびdをする時に、精神は「Uh、 uh」と言う。「私は、閉鎖されようとしていて、あなたはただここでブロックを打ち、私は、それを聞きたくない」。それを聞くことは、あなたが突然あなたの人生において話されているすべてが嘘であることを意味している。これらの事は起こる。私達はおとぎ話などのプロットの中でプログラムを作られて、それは私達を助ける。

ウェイン・モリス:私はどのようにかについてのフリッツとのこれについて文化的ないくつかを論じた - 話、映画、本は使われる…

オズの魔法使い…

シスコホイーラー:ワンダーランドのアリス ふりをする …


ウェイン・モリス:従って、これは両方とも私達の‘文化的な’世界の外のこのタイプの素材の普及のため2、3の目的のためにされる--これはプログラミングを補強する。

シスコホイーラー:そして、たとえあなたがトラウマベースのマインド・コントロールを持っていなくても、あなたがふりをすることの世界に慣らされるので、あなたはまだおとぎ話を通してふりをすることの世界にいる。ここにどのような現実もないけれども、精神はいつも、それが安全な所に帰りたい。

ウェイン・モリス:プログラマーがまた、犠牲者で来る--後--どのようなアカウントの評判でも悪くするために意図的に物のためにしたこれらのいくつかが彼らにサンタ・クロースのように正装してほしいように思われる--まさにこっけいである…

シスコホイーラー:これらの精神異常モードは催眠と薬によって非常に深いレベルで入れられて、あなたが必要なサポートチームを持っていないならば、あなたが1に達した時に、あなたは頭がおかしくなるであろう。そして、あなたは精神病院に終わるであろう。誰が、精神病院で最近の6ヶ月を過ごした誰かを信じたいか?

ウェイン・モリス:私は、あなたが、どんな種類の事が行われたかについて彼らを高感度化するためにいくらかの情報を私達の聴取者に与えることができるならば、一般的な意味で、どんな種類のテクニックがマインド・コントロールの目的のために使われたかを疑問に思う。あなたは催眠と薬、トラウマに言及した。。

シスコホイーラー:はい、および電気のショック。私はいつも自身のために話し、私は、彼らが私の精神を裂いたのを確かめたかった18ヶ月に帰る。私の父は私の主要なプログラマーであったけれども、彼はまた私の父であり、私が生まれた時に、私は私達自身の家の環境の中で小さな部屋の私の父と隔離された(そこで、私の父は私のプライマリー・ケア・プロバイダーになった)。

私は私の父を尊敬した。私の父がプログラマーであったので、私が18ヶ月であった時には、彼は私の肝臓(私の腎臓、私の心拍数、私の脈、私の呼吸)をコントロールすることができた。

ウェイン・モリス:どのように彼はそれを遂行したか?

シスコホイーラー:催眠を通して--私は彼とそうトラウマで接合した。私の生き残りはすっかり彼に依存した。私は外の世界にさらされなかった。彼はあらゆる意味において私のハンドラであった。彼は私に供給し、彼は、私を入浴させた。私が生まれた時に、私が非常に弱い子供であったので、私はまた、非常に重要であった早産であった。私は2lb.の体重があった。1オンスと彼が彼の声を通して私を制約した - 彼はいつも私に、彼が私をコントロールすることができると言った。私の幼少においてさえ、生れたての子供の時に、私が私の人生を彼にすっかり頼っていたというポイントに、彼は私を愛していた。私が18ヶ月の年齢であった時に、私が一度も彼から分離したことがなかったので、私は、私のためのショックであった彼から取り去られて、私が彼によって強姦された時に、私の最初のトラウマは来た。彼が、私を強姦し終わった時に、私は、損傷を修理するためにされた再建手術を持つ必要があった。それは、百万個の断片の中に私の精神を裂いたトラウマであった。私は「100万」と言うべきでなく、それは私にとてもいい気分と感じる--むしろ数千個の断片。

ウェイン・モリス:他が売買することをすること--あなたは性的な奴隷制度に言及した--を条件づけられて、どんな種類の物があなたであったかまたは、することを計画されて、操作はあなたであった?

シスコホイーラー:私はベータを持っていて、デルタは変わる(それが、スパイ活動が変わることである)--彼らはマーシャル・アーツが専門であった。それらは、政治家、大臣、それらを啓蒙主義者のsubissionに至らせるために恐喝される必要があった誰の恐喝ようにであり 使われた 、それを変更する。


ウェイン・モリス:どのようにこの恐喝は起こるであろうか?

シスコホイーラー:通常性的な行為を通して。そこのUsuallyは、実のところ、彼らがしなかった時に、それらがある人とセックスをするであろうし、その人が、性行為の間に、そのようなポイントに外傷を与えられるであろうので、人は死に、それらは恐喝されるであろう(彼らがそれを委任した)ステージが殺すことであるであろう。恐喝を設定するさまざまな方法がある。それは記録されるであろうし、それは、それをし、その個人を設定する性奴隷の責任であるであろう。

ウェイン・モリス:誰が恐喝の後ろの人々であるであろうか?

シスコホイーラー:前でその日からそれらの規則の下でそれらの提出の下でその人を望んでいた啓蒙主義者、ファミリー。

私達はまた麻薬資金をクリーニングした。しかし、あなたは、外の世界で、これらの事項が、生きていないことを変更し、彼らが精神内に精神の構成物内に生きていると理解している必要がある。それらが必要な時に、それらは具体的なコードを通してアクセスされて、彼らは自覚、精神の正面に連れて来られる。それらは、それらが、どこにあることになっているか、彼らが、何をすると思われているかについてその時プログラムを与えられて、それから、彼らがその仕事をした後に、彼らは電気的なショックを通して再び直ちに外傷を与えられる。そのメモリーは精神において再び粉砕し、それから、それらは次回まで眠らせられる。彼らは、外の世界で起こっているものの自覚を全然持っていないか、彼らが、役目を果たすことを計画される世界を除いて、別の世界さえある。

ウェイン・モリス:電撃療法は、操作のメモリーを拭き取ることに役立った?

シスコホイーラー:あなたが48時間以内にそれをする限り。

ウェイン・モリス:あなたとフリッツはこの情報を公開していた。私は、あなたが多くのラジオショーをしていて、あなたが本を書き、人々がそれについてあなたに連絡したと理解している。あなたは、あなたが提供している情報によって公開からどんな種類の反応を手に入れているか?

シスコホイーラー:私達はたくさんの療法士、心理学者からの非常にポジティブな反応を得た、精神医、大臣、私達自身の政府の中の人々。私達は、まさに、本を読んでいる2人の下院議員がいて、彼らが、私達が、事実であると書いたものを知っていて、彼らが、それが一般大衆に出ていることを喜んでいるので、彼らが、書かれているものに満足であると数週間前言われた。私達は、人々に、神の言葉の隣で、この本がすべての棚の上ですべての家にあるべきであるとすべてのライブラリで言わせた…もちろん、それは、たくさんのそれらの夢と状況が、それらが思われる時ではないので、それが帰っているか、学校または教会であるかどうかにかかわらず、それらが彼ら自身の環境の中に持っていた基礎的な構造化を打ち砕いた。それが、彼らが自身と彼らの子供を救うことができる唯一の方法であるかもしれないので、真実捜索者である人々は、その価格を快く支払う。

ウェイン・モリス:従って、あなたの情報に出会ったプロフェッショナルの何人かが彼ら自身の仕事におけるこれらの問題を扱った…

シスコホイーラー:おお最も明確に。私の仕事は多くのプロフェッショナルによって確認されていて、彼らは、それがまさにオンであると言う。彼らの何人かが20または25年の間倍数によって働き、彼らは私の仕事を確認した。

ウェイン・モリス:そして、これにさらされていない人々からの反応は一般に何であるか?まさにその一般大衆?

シスコホイーラー:それはカルチャーショックに似ている。あなたが、日本と日本語を話すことができないことに入ると想像することができるならば - あなたがひとつ欲しかったならば、あなたはどのように1杯のコーヒーを飲むかを知りさえしないであろう。

ウェイン・モリス:そして、それが、彼らが立ち向かっている自身の文化であるので、それはショックのいっそうより多くでなければならない。

シスコホイーラー:あなたが、真実において働こうとしていて、あなたが、完全性を持とうとしているならば、あなたが、何があなたの前にあるかをわかる必要があるので、それは伝統的な嘘を断ち切る。あなたが、何があなたに起こったかをわかることができるように、私達の本は確かに暗闇の上のライトをつける。誰がプログラムを作られるかはただの倍数ではない - 世界はプログラムを作られる。私達は、私達の大統領が名誉の人、大きな完全性の人であると信じることを計画される。私達の大統領は腐った野郎である - 彼らは小児性愛者であり、彼らは麻薬常習者であり、彼らは高い魔法を行い、彼らは儀式を行う。彼らは小さな子供のライブ犠牲を軽んじる。彼らは、彼らに利用可能な彼ら自身の奴隷を持つことを軽んじる。それは、それがある方法であり、それは真実である。

ウェイン・モリス:あなたが、書い--どのくらいそれらは一般大衆に出たか--た本で、彼らを配布しているのは自身であるか?または、あなたはディストリビュータを持っているか?シスコホイーラー:私達は出版された自身である。私達が出版社にそれらを配布させておいたならば、啓蒙主義者はそれらすべてを買い占めて、それらの権利を持つであろうし、私達は私達の本をなくすであろう。

ウェイン・モリス:それらはまさに消えるであろう…

シスコホイーラー:それらはまさに消えるであろう。私達はそれを思い切ってやってみることができない。

ウェイン・モリス:私はまた、あなたに尋ねたかった - あなたはCIA MKULTRAプロジェクトに関係している人々の誰かとのあなたのお父さんの接続に気づいているか?

シスコホイーラー:明確に。彼はグリーン博士の左手人であった。グリーン博士は彼を訓練した。また、星博士、Blue博士、ホワイト博士、これらはアリバイ名である。私は彼らの本名を知っているけれども、聞いているかもしれない生存者のために、私は、彼らを引き起こさないことを好む。それは、私がするべき非常に危険な事であるであろう。

ウェイン・モリス:あなたは、一般大衆が、マインド・コントロールの犠牲者を助けるためにもっと何をすることができると思うか?

平均的な人は何がしてあげられるか?


シスコホイーラー:平均的な人はサポート人であるかもしれず、彼らは、MKULTRAマインド・コントロール生存者とともに働いている大臣に連絡することができて、彼らは、療法士に連絡し、‘私はマインド・コントロールについてMKULTRAについて学んだ - 私は、まさに、彼らの誕生から外傷を与えられているこれらの個人に起こったことの写真を持ちはじめている’と言うことができる。

‘どのように私はあなたを助けることができるか?’と尋ねなさい。私は療法士として、大臣として、俗人としてあなたとともに働くことができる - 私は、マインド・コントロールが何であるかを理解するためにあなたとともに働くことができるか?そして、そして、私が成長するにつれて、そして私がより深いレベルでこの主題を理解している時に、私は手を伸ばし、世の中で生存者に差し伸べられたその手であることができるか?それらの精神が、それらの儀式の休日の間に彼らに起こったことについてフラッシュバックを持ちたい時に、彼らが、近くなっている儀式の休日を過ごす時に、私はそこにいるかもしれないか?私は、彼らがプログラムに取り組んでいるか、彼らが彼らの人生のために心配していて、彼らが恐れるので、彼らが食料雑貨店に行きさえしないであろうので、それらが今回そうトラウマ向けなので彼らの家を出ることができないその個人を助けるためにそこにいるかもしれないか?

彼女または彼がそれらの問題について取り組んでいて、それらが、皿をしさえするには弱すぎるので、その生存者が力を持ってはならないので、私は、その皿を洗うためにそこにいるかもしれない。私は、あなたが覚えていたものからのそんなに多くの苦しみの中にいるのであなたの言うことを聞きながら夜の間に座るためにそこにいるかもしれないか?私は、あなたの手を握るために夜そこにいるかもしれないか?私は、あなたをサポートするためにそこにいるかもしれないか?あなたが、これから出るための健康(私達にされたすべて)に健康になるために生存者として理解する必要があり、私達が、私達にこれまでされたすべてのトラウマを再び生きる必要があるので、それらは、続くために、安定性を与える小さなことである。私達は、私達の感情(神が私達に与えたこれらの五感とのすべての自身の感覚)の完全なインパクトによってそれを知る必要がある。私達は、それを見て、それのにおいを感じて、それに触れて、それを聞き、それに触れる必要がある。

ウェイン・モリス:人々が、あなたが、何を通り抜ける必要があるかを理解することはまさにそんなに難しい。

シスコホイーラー:私が、働くために、私が必要であったプロセスのコントロールが失うであろうメモリーを通り抜けていた時に、私が、それ--私が、健康に行くために通り抜ける必要があったメモリーのいくつか--を経験したので、私は自身のために、そして自身のためにだけ話すことができる。あなたが、それに焦点を合わせる必要がある取り出しメモリーにおいて、一定のプロセスがある - あなたが、精神が自身を再び裂かないようにそっくりそのままメモリーを保持するために行う必要がある一定の事がある。

あなたが外傷を与えられた時に、それがあなたの精神を裂いたほど、あなたにされたことのメモリーがそんなに強力ならば。

私達が持っているすべてのメモリーは私達に再び外傷を与える。すべてのメモリーが違う感じを持っているので、それは、プロセス--それは、あなたが、何度も何度も学ぶ必要があることである--である。すべてのメモリーはそれの後ろの違う目的を持っている。そう、マインド・コントロールについて学ぶ必要があるのを手伝うためにそこにいたい人々。生存者とともに働いている世の中の多くの人々がいて、彼らはまた破壊が必要である。彼らは、時々数休暇を持つ必要があり、彼らは、ひと晩ぐっすり眠ることができる必要がある。彼らが、自身のために何か特別なことをしに行きたいならば、彼らは、それを知る必要があり、彼らが別れている生存者が、一晩中悩まされようとしていないか、連絡されようとしていないか、その家から歩き去り、彼らが再プログラムされるか、拷問されるであろうわなの中に入って行こうとしていない。啓蒙主義者が、まさに、スレーブが誤りを犯し、彼女の家から歩き去り、それらの取り扱い者と会うのを待っているので。すべての計画されたスレーブはハンドラを持っていて、それらはまさに私達を待っている。そして、それと一緒に来る大きな罰がある。

ウェイン・モリス:彼らがこの種類の物によって影響されたか、人々を知っているかもしれないと思う人々聞きにとって、彼らのためのあなたのアドバイスは何であるか?

シスコホイーラー:私は、彼らに、MPDまたはDID犠牲者とトレーニング(少なくとも5年のトレーニング)を受けた療法士を捜し求めるようにアドバイスするであろう。誰が本当にその儀式の乱用を理解しているか、そして信じるかは地球の上に存在している。

あなたが、悪魔の儀式の乱用が存在していると信じさえしない誰かとともに働こうとしているならば、あなたはあなたの時間を浪費している。あなたが、DIDまたはMPDを理解していない誰かとともに働こうとしていて、あなたが、また、私達に、遊ぶ時間が全然ないので、私達の精神が私達がそうすることを可能にしないであろうあなたの時間を浪費しているならば、ここに運動場が全然ない。これはライフと死問題である。あなたが適切な人と設定していて、うまくいっている右にいないならば、それらはあなたにあなたの人生を必要とするかもしれない。儀式の乱用の犠牲者のために回復に自殺の非常に高い利益がある。

ウェイン・モリス:あなたの経験シスコで - 癒えることができるために強いサポートシステムを持って、それはどれほど重要であったか?

シスコホイーラー:1から10スケールの上 - それはトップ10である。サポートシステムなしで、あなたは私の意見においてそれを忘れたほうがよい。私は、私の癒しプロセスのためより幸運なもののうちの1つであった-私は、多く、多くの月のために、および明けても暮れても私、1日あたり24時間、1週あたり7日、1年あたり365日でそこで彼がであった年にさえ私のサポートチームであったフリッツSpringmeierを持っていた。私達が内部で、そして外面的に継続的に犠牲にされるので、療法士は、--および、私が、療法士が、生存者とともに働くために、それが大丈夫であると言うのを聞いた--、私が、言葉「犠牲者」を使うことを好むこのアイデアを持っている。彼らは、「ああ、私達は彼らと1週間1または2時間を過ごすことができて、彼らが彼らの取り扱い者によって車に乗せられるならば、私達がまだ進歩をしたので、それはOKである」と言う。私が最初にこれを聞いた時に、私はだいたい死んだ。

私を考えて、あなたが、あなたの取り扱い者の1人によって車に乗せられた人であり、あなたが強姦されたか、あなたが銃で強姦されたか、あなたが、私が、傷ついたことであり、内部にいて、外面的に、あなたがこれを言っていないであろうということであったものと同じくらい悪く傷つけられたならば人員を配置しなさい。彼らがあなたを犠牲にし、彼らがあなたに外傷を与えて、彼らがあなたのプログラムを不作る時に、システムの前の部分だけが、彼らの療法士に、彼らが非常によくがんばっていると言うように命じられる。プログラムはそうそのままで、私達はとても微調整されるので、自身の一部は内部で死んでいるかもしれないけれども、システムの一部は、決して、何もこれまで起こったと知らないで、毎日出勤するであろう。それは哀れである。

人々が理解していないものは、あなたのハンドラがあなたを手に入れる時に、トラウマがどれほど厳しいか、そしてあなたがそこに誰かを持っていないならば、あなたが自身に何をすることさえできたかである。それらのプログラムが爆発する時に、それが20年または30年前であったかどうかにかかわらず、彼らは、熱く--彼らが入れられた日であった時に、彼らは熱い--、それは、どのような違い--彼らは熱狂的である--も生じさせなく、私が、自身--私が、日焼けしたかった時--のために切りたかった切断に、私が望んでいた時に、私は火傷するであろう。プログラムがそんなに強力であったので、私が自身を助けることができなかったので、私が、文字どおりに抑えつけられる必要があった時があった。療法士は理解しない neitherで植民 プログラミングの深さを理解している -どんな極端で、すべてを保証するために、それらが行ったかに、それらは私達にした 啓蒙主義者を制御する法律のために従順であるようにそのままのままでいる 。

ウェイン・モリス:では、あなたのサポートチームの役割の一部は、あなたのプログラマーによって再アクセスされている限界を助けることにある?

シスコホイーラー:おおイエー。そして、それはフリッツのような特別な個人を取る - 私が、それらの難局の間に私の所に泊まったサポート人を持つことになっていたほど幸運であった他の誰かを知らないので、私は自身のために話すことができるだけである。よいたくさんの日、悪い日があるので、それがそんなに難しくなかった時に、彼は私の所に泊まった。役目を果たして、私達が、トラブル--私達の前のシステムは極めて強力である--を非常に高く起こした所。彼らは、彼らが連絡されていなかったことを上下に誓い、それの恐れがあり、彼らが知った限りでは、どの害も20年で彼らのところに来なかった。それはそれらの情報であった。それは、あなたが記憶喪失壁を持っているので、あなたが、知っていてはならないその方法を作動させない。彼らは深く、深くシステムに入る。私は自身の前の部分を知っている-theは私自身の精神の前の部分内で変更される-彼らは神とのそれらの療法士〈フリッツとの〉と契約書を作った-それらがしない一定の物があった。それらが横切らないであろう境界があった - いいえ、彼らはよく午前1時に家を出ないであろう、あなたは一定の儀式の休日の間睡眠トリガーを持っているなどする。その前のシステムが横になる瞬間に、行く用意ができていて、快くである深い部分がある。眠るために、Theは精神進行の正面で変わり、他は外でスリップを変更する。正面は考察を変更し、それらは一晩中眠った。さて、私達は一晩中遊んでいた。あなたは、私が何を言っているかを知っている?

ウェイン・モリス:彼らがそのような深いレベルであなたに影響したことに気がつくことは破壊的にちがいない。

シスコホイーラー:精神が、何が前のシステムの中で起こっているかを知りさえしないので、あなたは精神のより深い部分のために契約を作ることができなく、それらが100%プログラムを作られるので、それらも、それを関与にしようとしていない。彼らが他に何も知らないので、彼らは、彼らが、するように命じられることをしようとしている。彼らは、彼ら自身の精神の中で動いているスクリプトを知っているだけである。

ウェイン・モリス:私は、あなたが持っているのと同じくらいコントロールを壊し、通過し、あなたが持っているものを扱ったことができることがあなたの勇気と力への遺言であると思い、私は、それが世の中の他のマインド・コントロール犠牲者に希望的なメッセージを送ると思う。

シスコホイーラー:彼らが非常に強いサポートシステムを持っているならば、マインド・コントロール犠牲者のために世の中にたくさんの見込みがある。フリッツ--彼は1日に24時間私の所に泊まり、それが悪かった時に、いつ私がメモリーに入り、何かとプログラムによって引き起こされるであろうかは動き出すであろう--とののように、私をサポートするために、彼はそこにいた - 私が通ってそれを論じるのを手助けするには。そして、彼は私にどのように2つの小道を走るかを教えた。私が自身を相殺し、回復することができるように、私がプログラムトラックと他のトラックと認める一方のトラックは不プログラムトラックである。あなたが、あなたに古いメッセージからどのように自身を解放するかを教えるために誰かを持っていないならば、あなたは数日の間プログラムの中に滞在することができる。

ウェイン・モリス:あなたは、どのようにそれが働いたかを説明することができるか?どのようにあなたがあなたの起こる管理策で2つのトラックについて考えたか?

シスコホイーラー:私の精神において、私は次としてセットアップされた最初のトラックを持っている:私は私の人生に、新しい--私は、私が方向転換を望んでいたという関与をした--私がそうであったものでありたくなかったことであってほしかった - 私は、啓蒙主義者の中で働いて、私が役目を果たした程度において役目を果たしたくなかった。私は、それによってするものを何も望んでいなかった。私は、私のそれの手を洗い、それから立ち去りたかった。私は、私にされたことで、個人としての私の選択が幼少から私から取り除かれたことに非常に取り乱していた。私はすっかり、私が奴隷制度の下にいたと認める必要があった。「私はそれが好きでなく、私の選択は、‘私は、ここ--それが、私がする最後の事であるならば、私は、ここを出る方法を見つけようとしている--から、彼らに奉仕することより、私が死んでいるほうがよいことである’であった。」そして、私はまだそのように感じて、それは数年であった。私はまだ、彼らに奉仕することより、私が死んでいるほうがよいと非常に強く思う。私は、私が、役目を果たす新しい方法を見つける必要があったという事実との折り合いをつける必要があった。OK - 私はここに新しいトラックを持っていて、そのトラックの上で、私は、非定型的な状態においてまさにそれを横切ろうとしている。それが、彼らがあなたから取り除いたものであるので、あなたは、パワーを見るか、あなたが自由にすることができる選択権を持つことができるために、それがどれほどよい感じがしているかをあなたの精神において理解する必要がある。私は、這うようになる必要があり、私は、私が走ることができるので、それがプロセスであるのを歩行に知る必要があった。私はまた、私が、古いスクリプト、古いプログラムの影響の下で全体の100%のマインド・コントロールの状態において私を導くプログラマーによって入れられた古いメッセージである2番目のトラックを持っていると知っている。私がその状態にいて、私が危険な状態にいる時に、私は知っている。それは、いつ私が自身を切るであろうか、逃走するか、生きたくなかったか、ライフにおけるすべてのネガティブかである。それらがそんなに何年も前に私達の精神の中にそれを層にした時に、プログラムが潜在意識から意識的な自覚に動き出す時に、メモリーはプログラムを引き起こすとそれらはトラウマの完全なインパクトによって自身で明らかにする。

シスコホイーラー:洗脳解除することにおいて、私達は、プログラミングスクリプトを解明し、嘘を見つける必要がある。

いつあなたが嘘をその時あなたと気付くかはライトをそれに置くことができて、嘘はそのパワーを失う。それは、奇跡がある所である。あなたのプログラムは嘘である。それが、それらがあるすべてである。私は醜い小さな女の子であったか?号Iはそうではなかった。子供は醜くない。子供は美しい。私は嘘を見つけた。彼らは私に嘘を言った。誰かが私を愛していたか?カルトに関する限り、私が愛嬌がなかったので、誰もファミリーを除いて決して私を愛することができなかった。私にされた犯罪のため、おとなとして彼ら自身の行為についての責任を取る代わりに、彼らは私に罪と責任を着せた。彼らは私に責任を与えて、私は多くの色のコートを着ていた。私は、新しいコートを織る必要があり、それは、2つのトラックが助ける所である。

ウェイン・モリス:彼らが、責任を取らないか、彼ら自身の行動の責めを負わなく、それを具体化しないことによって他の人々に対してこれらの恐ろしい行為をし続けることができたようである。

シスコホイーラー:彼らがあなたに、泣くように命じる時に、世の中--あなたが子宮の中でプログラムを作られて、あなたがそれらのコントロール下で100%であった時--、私はすべての生存者のためにそれを信じるとあなたは叫ぶ。彼らがあなたに、絶叫するように命じる時に、あなたは絶叫する。彼らがあなたに、食べるように命じる時に、あなたは食べる。あなたの人生のすべての面はそれらによってすっかりコントロールされる。フリッツが私のシステムの中で部分を発見し、彼が私に、私が小さな女の子であったと言った時に、私はただ彼を見て、「あなたはクレージーで、私は小さな女の子ではなく、私は子ネコである」と彼に話した。

私は鏡を見て、私は磁器顔をしていて、それの上で、面は子ネコであり、それは、どのように彼らが私のプログラムを作ったかである。彼らはセクシーな女性として私の人間性をとても失わせたので、私は、私が子供であったと知りさえしなかった。

私がメモリーを通り抜けた時に、そう、自身のためのアイデンティティをいただけて、私は、毎回、私がどのような言葉の意味における人ででもあったか、私が小さな女の子である限りどのような人本主義でも持っていたと思ったので、小さな女の子であるそれが全世界で最も痛い物であったことに気がつき、私はとても厳しく拷問されたので、私が決して、小さな女の子であってほしくなかった私自身の精神において、私は場所に到着した。それは、小さな女の子であるには痛すぎた。私達--1つのかごは良く、美しい小さな子ネコでいっぱいであった--(白く、まだらで、黒く、persian灰色)のために、彼らは2つの捕虜収容所を設立した。

私は、電流に留められた鍋を持つそれらの隣のかごの中にいた。私が水を望んでいるか、食べるために、何かと私がその鍋に触れるたびに、私はショックをうけた。それはほんの1つの小さな例である。私は侮辱されて、私は、小さな女の子であるためにそのかごの中ですっかり辱められて、つばを吐かれた。啓蒙主義者、グリーン博士、私の父は、たとえ、彼らが、何を食べたくても、子ネコが食物を与えられたことを確かめた。それらは愛されて、かわいがられて、それでクークーと鳴いた-たった今愛されていたところである-多くの日の間。私が通り抜けたすべてのトラウマの後で、私は、私の少しの精神が、小さな女の子であるのではなく子ネコであると決めたのを推察する。子ネコは、食べることになり、それらの排泄物の中に裸の状態になく、それらは侮辱されていなく、つばを吐かれて、蹴った。私がこれのメモリーを持っていた時に、私の体は、私がプログラミングにおける啓蒙主義者ファミリーから受け取った蹴りからとても傷つけられたので、私がメモリーを通して働くまで、私は、私の体の上の傷を身につける必要があった。それはただあなたに、彼らが望んでいるものを得るのを確かめるために、どのくらい彼らが行くかの少量の例を与える。

ウェイン・モリス:極めてサディスト的である。

シスコホイーラー:私は約3年でそれについて考えなかったけれども、私が電話で話している時に、これらの小さな子ネコは今日私の精神において非常に強力である。私は、これらの子ネコとどれほどよくそれらが扱われたかを見る。私の父はすっかりそのポイントで私を拒絶した。私が、そうすることに条件付けられたので、私は私の父をとても愛していた。彼の親切において、そして彼の弱さと彼の力において、そして彼が悪かった時に、私は彼を愛していた。精神が、彼があった何でも受け入れるために設定されたので、それは重要でなかった。

シスコホイーラーインタビュー

Cisco Wheeler Interview


Here is something to prepare for the important files coming soon...





CKLN 88.1 FM Ryerson Polytechnical University Toronto, Ontario

?

Producer/Interviewer Wayne Morris:

Good morning, and welcome to The International Connection. We are in week #40 in our radio series on mind control, and today we begin an interview with Cisco Wheeler, co-author of "The Illuminati Formula Used to Create an Undetectable Mind Controlled Slave" and other books about trauma-based conditioning. Cisco is a mind control victim of one of the Illuminati families. She is a descendant of Ulysses S. Grant and has managed to gain a certain amount of freedom from her family's control. She is currently working with Fritz Springmeier to help other victims of mind control heal. Cisco rarely does interviews, so we are very fortunate to be able to bring you this interview with Cisco Wheeler.

?

I would like to start off by asking you what your background is and how you first became involved in trauma-based conditioning mind control


~省略~.




シスコホイーラーインタビュー

すぐ来る重要なファイルのためにここに、準備するものがある…

CKLN 88.1 FMライアーソン工芸学校大学トロント、オンタリオ

製作者/ウェイン・モリス・インタビュアー:

国際社会へGood morningとようこそ。

私達はマインド・コントロールの上の私達のラジオシリーズにおける週#40であり、今日、私達は、シスコホイーラー、「検知できない精神を作成するために使われた啓蒙主義者式は奴隷をコントロールした」の共著者、およびトラウマベースの調節についての他の本とのインタビューを開始する。

シスコは啓蒙主義者ファミリーの1つのマインド・コントロール犠牲者である。

彼女はユリシーズS.グラントの子孫であり、彼女の家族のコントロールからのある程度の自由をどうにかして得た。

彼女は、マインド・コントロールの他の犠牲者が癒えるのを手助けするためにフリッツSpringmeierとともに現在働いている。

シスコはめったにインタビューをしないので、私達は、シスコホイーラーとのこのインタビューをあなたに持って来ることができて非常に幸運である。

私は、あなたに、あなたのバックグラウンドが何であるか、そしてどのようにあなたが最初にトラウマベースの調節マインド・コントロールに関係したかを尋ねることによって出発したい。

シスコホイーラー:私は幼児として最初に関係していた。

私の父は世代的な横断悪魔のファミリーの出であった。

私の父が啓蒙主義者と米国政府のためのプログラマーであった時に、私の人生は最初から特定の構造に従って計画された。

ウェイン・モリス:政治的な/軍隊の接続があなたの家族をしたことは持っている(あなたが気づいている)?

シスコホイーラー:私達は非常に強い政治的な背景を持っていた。

私の父は政治的な接続を持っていた;私の偉大なおじはアール・グラント・ホイーラー将軍であり、彼はユリシーズ・グラントの直系の子孫であった。アール・ホイーラー将軍はベトナム戦争においてアメリカ軍隊のトップであった。彼はジョイント幕僚長であったので私達が非常に強い政治的な背景を持っていた。私の父はまた啓蒙主義者の中でグランドマスタであった。

薬物文化を作成するためにこの国の中に薬を動かすために、軍隊を率いた彼のおじとともに、彼はベトナム戦争の間に西海岸で働いた。それの目的は、世帯単位の中で構造を破壊することであった。薬物文化はベトナム戦争の後ろの本当の目的であった。

彼がミュージシャンであった時に、私の父はまた軍隊の中のUSOショーとともにあった;

彼はまたCIAに没頭した;そして、彼は33級メーソンであった。彼が啓蒙主義者の中でグランドマスタであるので、彼はアメリカの政治機構に非常に強く接続していた。私の概念の計画された時間からの啓蒙主義者の中の世代的なつながりのため、私は、よく構造化されて、よく計画された世界に立ち入った。そして、啓蒙主義者の中の構造化されたスレーブとして、私もアメリカの政治機構に接続した。小さな子供の時に、私は、この政治機構の中で性的にいわゆるエリート活字をサービスすることに訓練された。

ウェイン・モリス:あなたはホワイトハウスの人々について話しているか?

シスコホイーラー:はい。アイゼンハワー大統領は、私が覚えている最初の大統領である。彼は小さな子供の時に私を助けた。

私は彼の膝に座るであろうし、彼に歌い、前後に性的な身振りがあった。私は訓練されていた。私は知事、市長、大臣を楽しませた。私はそこで性的行為を訓練されて、私はエリートミーティングの間英国王室の中で啓蒙主義者機能の一部であった。

ウェイン・モリス:若者がする方法で、あなたは、あなたが誕生から…を制約しているトラウマを受け始めた時を覚えている?

シスコホイーラー:私は子宮の中で外傷を与えられた。

ウェイン・モリス:どのようにあなたは、最初に、あなたの家族が啓蒙主義者に接続していたことに気がついたか?

シスコホイーラー:あなたが多様性を理解しているならば、あなたは、システムの中に多くのレイヤーがあると理解している。

多くのレイヤーがあり、自身の一部が、私達の人生において起こっている一定の事の多くのメモリーであるが外の世界に直面していた私達のシステムの前の部分を知っていて、持っていたので、それらは、啓蒙主義者プログラミングまたはトラウマで基づいたマインド・コントロールにそれらを関連付けたリコールまたはメモリーを全然持っていなかった。

従って、私が私達の精神の前の部分のために話すならば、彼らは、何も、彼らが非常に口ぎたない幼年期を過ごしたと知る外で全く悪くなかったと知っていた。彼らは、私の父が死ぬまで、何も悪かったと本当は知らなかった。彼が死んだ時に、それは、メモリーを取り出すことができる私達の意思を解放し、そのポイントで、彼らは、何かが悪かったと理解していた。

彼らは、声が聞こえて、フラッシュバックを持ち、検索されて、彼らがの「歴史」を持っていなかったと知っていて、彼らが、起こったことの外で描写することができなかった情報を持ち始めた。これはどこから来たか?これは、私が考える方法ではない。

私がかつて性的に乱用されるリコールを全然持っていない時に、なぜ私は性的な問題について考えているであろうか?または、なぜ私は、私が一定の場所にいたけれどもまだ私が、それがすべて中古であるのを覚えていないことを覚えているか。

あなたは、私が何を言っているかを理解しているか?従って、彼らが、何が起こったかを知ることから、私を保護した精神の中で催眠の壁を壊し始めたのは、私の父が死んだ後になってからであった。メモリー検索とフラッシュバックによる期間とそれが起こしていたトラウマの間に、それらは極めて自殺的になり、彼らは、自殺において、彼らが助けを求めたと信じなかった。

彼らは9週間の病院に入り、療法士とともに働き始めて、時間の後に、彼らは、あなたのお父さんが死んだ時に、死にたいことが正常でなかったことに気がつき、私達は、世の中に本当に深い問題があったと気付いた。

ウェイン・モリス:あなたがとともに働いたこれらの初期の療法士はその時マインド・コントロールまたはトラウマで基づいた調節テクニックに関する知識を持っていたか?

シスコホイーラー:非常にぼんやりと。私達はこのエリアで診断された最初の倍数の1つであり、私達は基本的に私達の療法士とともに働き、彼女は学んだ。彼女は私達への関与に何を知らせて、彼女はしなかった彼女は外で気付いた。

ウェイン・モリス:あなたのお父さんはあなたの主要なハンドラとプログラマーであり、彼が死んだ時に、あなたは何才であったか?

シスコホイーラー:私の父は私のハンドラとプログラマーであり、彼が死んだ時に、私は40歳であった。

ウェイン・モリス:どのようにあなたは、その時のあなたの人生のあなたの家族のコントロールから逃れたか?

他の人々は介入した…

シスコホイーラー:マスタが死ぬ時に、一般に、奴隷はまた死ぬけれども、プログラミングと戦い、私達の精神の中で起こっていたことの真相を究める私達の決定のため、私達は、自殺プログラミングと戦うことができた。

そこから、私達は、私達が、私達が何を知りさえせず、それが、私達が私達の前の長い道路、旅行へのかたい道を持っていたことであった構造化された倍数であったと理解していることに旅を始めた。

ウェイン・モリス:あなたは、一人でそれを旅行する必要があったか?または、他の人々はあなたを助けたか?

シスコホイーラー:号Iは非常に強いサポートチームを持っていた。私のサポートチームの中の何人かの人々はまたマインド・コントロールの犠牲者であった。

ウェイン・モリス:そうではなかった人々、彼らはマインド・コントロール・テクニックについての理解を持っていた?

シスコホイーラー:No.Weは、基本的に、自身の言うことを聞いて、システムの中の互いをこれと対侍させることが、あなたに起こっていて、私達のメモをまとめていて、13年前、誰も本当にMPDについて何も知らなかったので1度に1つの処置を取って、‘ねえ、私達は私達の記憶を別々に得ていて、私達は、同じ方法で反応して、同じ様に感じている’を実現していることであると自身で理解することを学んでいるこの旅を始めた。

ウェイン・モリス:あなたのお父さんはまた他の人々を犠牲にしたか?

シスコホイーラー:とても明確に。彼はマスタプログラマーであった。

ウェイン・モリス:あなたは、その上影響された兄弟と姉妹を持っていたか?

シスコホイーラー:私があった程度にでない。私はその初生児であった。

ウェイン・モリス:あなたがこの種類の犠牲者化に選ばれたのは、あなたがその初生児であったためであるか?または、他の理由があったか?

シスコホイーラー:部分で。40年代末期に、それらが教会の構造の中で神のパワーを理解していたので、啓蒙主義者は、教会に侵入したく、彼らは、教会(教会の中で働く神聖な心のパワー)中でその精神的強さを乗り越えるために教会に浸入する方法を見つける必要があった。彼らは、それに浸入する方法を見つける必要があり、教会が精神的にそんなに強くないように、彼らは、世界を教会に持って来たかった。それは私の父の仕事の一部であった。それをするために、私の父は、啓蒙主義者ではなかったし儀式で彼女ではなかった私の母とも結婚したけれども、彼女は非常に強い宗教的背景を持っていた。彼女は、世界(教会のためのその完全な妻)が教会で他の若い女性のための例を示すその好例であった。私の父が彼女と結婚した時に、それは、教会を私の母に浸透させる彼の方法であった。

ウェイン・モリス:あなたのお父さんのライフにわたって、どのように彼はこのプロセスの間に浸入に取りかかったか?

シスコホイーラー:大臣であることによる、定められることによる、会衆自身中で年長者と取締役会と非常に親しくなって若者グループの中に入ることによる教会の適している部分によって。これはペンテコステ教会であった。

ウェイン・モリス:あなたはベトナム戦争の中で麻薬取引においてあなたのお父さんの役割に言及した。どうか、それの上で拡大しなさい。

シスコホイーラー:ベトナムの兵士が殺されて、彼らが彼らの体を返した時に、薬は彼らの体の中の空洞に隠された。

私の父の責任は、葬儀屋からそれを得ることであり、それはそのポイントで規制薬物であるであろうし、彼はその規制薬物のハンドラであった。彼はベトナムでアクティブでなかった。彼は、まさに、薬がそれらの目的地と合流したのを確かめるために私達の政府の中で使われたその差し伸べられた手であった。

ウェイン・モリス:薬が北アメリカの中に来たら、あなたのお父さんの接続はそのポイントで配布で何であったか?

シスコホイーラー:私は知らない。私は、それを知ることを許されなかった。私はそれを見なかった。私はよくその時間…に若すぎて、私はそんなに若くなかったけれども、私は、それの一部であるには若すぎた。

ウェイン・モリス:あなたは自身を現在影響が啓蒙主義者とあなたの前の犯人から完全にないと考えるか?

シスコホイーラー:いいえ、私は自身をカルト影響が完全にないと考えるわけではない。私達は外部の脅威によって絶えず悩まされる。彼らは私達に、彼らが、私がどこにいるか、私が何をしているか、そして私が何をたくらんでいるかを知っていて、彼らが、それが終わっていると言うまで、それが終わっていないとそれらの小さな方法で知らせた。それらは牛耳っている。

ウェイン・モリス:彼らは、あなたが、癒えることで扱わなかったあなたの一部にアクセスすることができたか?

シスコホイーラー:彼らが持っている過去に;現時点、No.で私は、私がどこにいるか、そして私が何をしているかについて非常に慎重である。私は私の時間または私のエネルギーによって不注意でなく、彼らが私にアクセスすることができるように、私は自身を設定しない。私は他の人々を私の電話に応答させる。私は他の人々に私の手紙を読ませる。私に、私が処理することができない何かの中に、私が入って行く前に、すべてがOKであるのを確かめるために、前に歩く他の人々はいる。

ウェイン・モリス:どんな効果がし 慣らしているトラウマ あなた 現在扱い と 必要がある 、あなたは行ないを生涯にわたって受けたか?

シスコホイーラー:私は、私の人生のすべての面におけるトラウマで基づいたマインド・コントロールに苦しみ続ける。

私は、私の父が美しい小さな女の子を持っていて、彼が、彼の家庭に生まれたその美しい小さな女の子として彼女の愛情を望んでいなかったという事実を扱う必要がある。私は、彼が小さな女の子を望んでいたけれども彼が私の人生のすべての面を構造化することができるように、彼が彼女に、百万個の断片に粉砕してほしかったという事実を扱う必要がある。それから、私は、百万個の断片の中にこの18ヶ月の年齢の子供を裂くために、何がそれのために獲得をしたか自問する必要がある?そして、あなたはそのような問題を扱う。精神が、あなたがほとんどそれの‘噛み’を取らないように、精神がいつも、ある程度まで自身を保護したいので、何があなたにされているかを理解することは難しい。しかし、精神はいつも素材を処理している。そして、私は、彼らがこれを計画したという事実を扱う必要がある - それは、構造化したものがそうであることである。構造化されたMPD/DIDは私の概念の時間から計画されて、残念ながら、私がそれについて考える時に、それが少し私の感情を害するようである。

ウェイン・モリス:それらは、それらがあなたに外傷を与えていた時にそれらが何をし、ものであるか 引き起こす効果 を知っていることについて明確な構造を持っていた…

シスコホイーラー:正確に。彼らは、彼らが、私の人生によって何をしたかったか、そしてどのように彼らが、構造化したかったか、彼らが私に、何であってほしかったか、そして彼らが私に、何になってほしかったかをAからZまで知っていた。それは奴隷制度である。自身のすべての部分が強姦されたので、私は、ボディ、魂、および心を扱う必要があった。私は継続的に、メモリーを扱う必要がある;心問題によって;私の中の問題 - 私のプログラミングにおいて;どんなに、彼らは私の人間性を失わせたのか;

どんなに、彼らは私を侮辱したのか;どんなに、私が誰であったか、私が何であったか、私がどこに行ったかを知りさえしなかったというポイントに、彼らは私に外傷を与えたのか。私は、私が私のトラウマ化においていくつかのポイントでの小さな女の子であったと知りさえしなかった。彼らは、彼らがそのようなポイントに私の人間性を失わせたので、私は自身の中で子ネコになったのを確かめた。小さな女の子であることは、拷問されて、受け入れ不可能に罰せられることであった。

ファミリーを除いて行く場所が全然なかったポイントに、彼らは私の人間性を失わせた。行く場所がない。

ウェイン・モリス:あなたのお父さん以外あなたの家族に関係している他の犯人がいたか?

シスコホイーラー:おお明確に。私は、どこで私が、出発したいかについて考えようとしている。私の主要なプログラマーは、ヨーゼフ・メンゲレ博士であったグリーン博士であった。私の他の主要なプログラマーは、私の父であったブラック博士であった。

ウェイン・モリス:いつあなたは、グリーン博士が実のところヨーゼフ・メンゲレであったことに気がついたか?

シスコホイーラー:私はいつも私の内部部品から知っていた。私のより深い部分はプログラマーであり、私の父はMengeleによって訓練されて、彼は彼の#2人であった。私達は私の父の跡を継いだ。私達は、また、プログラマーであるように訓練した。それは私達の専門的なフィールドであった。

ウェイン・モリス:彼はいくつかのポイントで言うか、彼の名前を使ったか?

シスコホイーラー:はい、彼はした。その上、彼はフェアチャイルド博士、グリーン博士によって行った。

ウェイン・モリス:あなたのマインド・コントロールにおけるMengeleの関与についての理解は大陸を横切って何であるか?

シスコホイーラー:私は確かに、彼がすべての状態に侵入したことであり、私(彼がカナダで拡張した情報を知る者)である。

ウェイン・モリス:あなたは、彼があなたにマインド・コントロールを実行していた時に、どんな状態が居住したことであったか?

シスコホイーラー:私のプログラミングのほとんどはカリフォルニアとオレゴンに存在していた。中国レイク海軍基地のカリフォルニアで;要塞の北サンフランシスコ;そして要塞軍事基地の隣のレターマン病院。アルカトラズに、そこに刑務所で続いたプログラミングがあった。そしてカリフォルニアのデスバレーのスコッティーの城。トレンス、カリフォルニア中も。そして、セーレム、オレゴンの、そして大きなフリーメーソン病院の国精神科病院で、Dorenbeckerがポートランドでここに呼びかけた。

ウェイン・モリス:それはどんな時間フレームの中にあったであろうか?

シスコホイーラー:1948年-9年、中間60のに片付けなさい。


ウェイン・モリス:どのようにあなたは、あなたにされたプログラミングをなるべく使用不可にする中に自身を癒すプロセスを開始したか?


シスコホイーラー:自身を安定させることによって。確かめることによって、私は、私が浸入されずに私の仕事をすることができた安全な場所にいた。他の何よりも健康に行くその努力を心からすることによって。勤勉に私の記憶と私のプログラミングに取り組むためと真実捜索者であるには。たとえ、何が私にされても見つけ出すために、私は、何がされたかを知りたかった。

あなたがどこにいたかを知らないならば、あなたは、あなたがどこに行くかを知らない。それは、一度、私が、彼らが私とプログラミングの深さに何をしたかわかったので私が健康に行くように非常に重要に、静かで、貸されたそれが話されることではないとしても、私が、待機し、何も言わないようにしようとしていたことであった…私は、そうであったプログラミングを打とうとしていることが悪を全然聞かないことであり、悪を全然見なく、悪を全然しない。私は、それを打とうとしていた。私は、話そうとしていた。

それは、私が、私が、自身について何を学ぶ必要があったかを知るトラウマと戦うのを手助けした私の決意であった。

ウェイン・モリス:あなたが、その癒えるレベルを遂行するために通り抜ける必要があった仕事 - それは、あなたの記憶を扱うことで何に関係しているか?

シスコホイーラー:私は、苦痛、拷問に直面し、私自身の未知の恐怖に直面し、私の父が私を愛していなかったという事実に直面し、トラウマ接合が愛情ではなく、たとえ、彼らが愛情の名前において何まで言っても、これに関係している愛情が全然ないという事実に直面する必要があった。私は、自身の深い中で見て、彼らが、あなたが彼らの奴隷であることを計画している時に、彼らがそうあなたの人間性を失わせるので、置いていかれたその生気を見つける必要があり、いくつかのために、ライトが消えて、希望が全然ないけれども、自身にとって、私は幸運であった。いくらかの希望があり、そこで、ライトとそのライトで、勇気と力を持つことができた時に、私は、健康に行く必要があった。

ウェイン・モリス:どのようにあなたのまわりの人々はこれを通してあなたを助けたか?

シスコホイーラー:私のサポートチームは非常に役立っていた。それは自身に加えて3人の女性から成った。私達はすべてほぼ同じ時同じプログラマーによってプログラムを作られた。彼がそれらのプログラマーであったので、私の父はそれらのライフで非常に強さであった。それは感情的に私達を束ねた。私達のすべての4人は、私達が、これから歩き去ろうとしていたという、そして私達が、健康に行こうとしていたという決定をした。私達は、私達が、私達に儀式で起こったと知っていたことから、そして共有されたトラウマベースを通してでなく非常に接合した。

私達すべてはどのような与えられたポイントででも互いが必要であった。

3人の婦人のうちの2人は医学の学位を持っていて、他は先生である--私達が一緒に立ったので、私達のすべての4人は今日自由である。私達の立ち直りにおいて、私達が、自身の中で認める必要があり、私達がそれぞれ、別々にこれのためにする必要があった最初の事は、私達がMPDであり、私達がDIDであり、私達が悪魔主義の世代的なファミリーであったと認めることである。

はい、私達は悪魔主義を行い、はい、私達は啓蒙主義者血統をもっていて、はい、私達の人生においてたくさんの汚れがあり、はい、私達は、それを見たくない。それは、見るには痛すぎた。しかし、私達が、私達の否定から踏み出したく、私が振り返る時に、それが立ち直りにおいて最も重要な物であると思う時がきた - 私達は、私達の人生とそれが立っていた現実を見る勇気を持っていた。私達は、プログラマーであることを計画されて、それは私達に、自身と同様に他を理解する能力を与えて、私達はグループの中でいっしょに働くことができて、私達は互いからたくさんの力を得た。しかし、私達はまた、はっきり言う必要があった。

私達は、私達に起こったことから逃走することができなかった。それは私達の力であった。それは私達に、私達が、戦い続ける必要があった勇気を与えた。一度、私達は、はい、私達がマインド・コントロールの下にいたことに気がつき、はい、私達は啓蒙主義者のためのスレーブであった - 私達は奴隷制度がインであるのを好んでいなかった(私達が生まれた)。私達はまた、私達が決して、私達に起こったことについて選択を与えられなかったというアイデアが好きでなかった。私達は、自由契約選手になりたかった。私達は全くどのように自由契約選手になるかを知らなかった。私達は、それを求めて戦う必要があった。それは容易に来なかった。夜はトラウマで満たされた。日はトラウマと苦痛で満たされた。それが健康に行く時に、体、魂、および心は継続的に戦闘にある。それは、私達にされたことに関する隠れた知識をリリースすることが好きでなく、すべては秘密に私達にされた。

プログラムのため、それは、自身で解けたくなく、そうすることは非常に非常に痛かった。

ウェイン・モリス:あなたと他の生存者が、安全な場所を見つけることができて、他によってこの仕事を受けることができる能力であった - そのコントロールを壊すことができることにおいて、これは重要なファクターであったか?

シスコホイーラー:おお明確に。私達が、私達の療法士に会うために行くであろうポイントにさえ、私達のハンドラは、私達が、私達の療法士に会うために入るであろう建物の階段の上にあるであろう - 私達に、私達が、ファミリーを倒すであろうか、ファミリーを暴露し、私達が後でそれに対して支払うであろうことを何か言ったならばそれを知らせるには。彼らは私達を待っているであろう。すなわち、よい時間を過ごし、あなたの療法士を満喫しなさい、けれども、あなたが出る時に、私達は、待ってここにいる。

彼らはあなたの家を全焼させることができるか、彼らは銃弾であなたの子供の頭の1つまたはあなたの寝室の窓を打ち抜くことができるか、彼らは、いずれにしろあなたに到着しようとしている。あなたは、脅威、嘘によって働く必要がある。それは私達の療法仕事の最初であった。脅威のトラウマを通すだけがほとんどの人々を家に引き留めるであろう。しかし、それが私達と他の生存者のためにしたことは、私達がとても怒ったので、私達は、神が、それが終わっていると言うまで、それが終わっていないので、私達が、死までさえ彼らと戦おうとしていたと決めたことである。彼が、それが終わっていると言う時に、それは素晴らしく、私達は、家に帰る用意ができている。私達は、これと戦おうとしている。私達は、勝とうとしている。私達がマインド・コントロールの下にいて、メモリーが私達から取り去られた時の前に、私達は選択権を持っていなかった。私達は、彼らが私達にしたことにおいて言い分を持っていなかった。しかし、今回、それは違う。私達は言い分を持っている。私達は療法士のオフィスの中に入って行くことができたか、私達はそうしないことに決めることができた。


ウェイン・モリス:従って、あなたは怒ってたくさんの力を見つけた。

シスコホイーラー:彼らが私達の療法の最初の5年で私達を手に入れて、彼らが私達を手に入れて、彼らが私達を拷問し、彼らが電気的なショックを適用し、彼らが私達に薬物を混ぜて、彼らが何度も何度も私達を強姦した時にさえ、彼らはこれらを最初の5年続けていた。トラウマの後でさえ、それはまだそれだけの価値があった。私達が人であったと知っていたことがはじめてであったので。私達はマインド・コントロールのトラウマから人間性をとても失わせられたので、本当に現実を持つために人本主義のスパークを持つためだけに、「私は子ネコではない」。「私は子供であり、私は女性であり、私はかつて小さな女の子であった」。

「それはすべて嘘であった」。あなたは、真実のために快く死ぬ…

ウェイン・モリス:あなたは、あなたが私達の聴取者に説明する缶を接合しているトラウマについて、それが何であるか、そしてそれがあなたの場合にあなたのために何を意図していたかを述べた?

シスコホイーラー:例えばグリーン博士。彼は、そこで私達を砂漠の熱いかごの中に入れたもので、それらは汗タンクであった。

多くの時間(それは私達に数日のように思われた)の間、私達が水と食物を全然持たなかった後に、彼はそこで出て来るであろう。

私達は、それが数日であったと言われたけれども、常識は私達に、それが数時間であったと知らせている。これらのかごはセットアップされたので私達がかご(同様な動物の檻)外で見ることができた。…小さな子供2、3、4歳と私の記憶、左への私に他のかごがあった。彼が、「私、愛情かののあなた」と言ったならば、私は、彼が、私の左にかごの前で歩くことによって私にすでに事前の例を示し、彼が小さな女の子に、彼が彼のデイジーの最後の花弁に達した時に、彼が彼女を愛していなかったと言ったので、私が大きなトラブルにいたと知っていた。そのポイントで、彼女は連れ出されて、彼女は私の前で取り除かれた。すなわち、彼女の人生は、彼のパワーと彼のコントロールとグリーン博士が、あなたを愛することを止めたならば、何が起こるであろうかを示すためにそのポイントで彼女から奪われた。私が、子供じみた考えによって子供として理解することができなかったものは、それが設定されたことである。殺人は起こったけれども、要は、これらがいわゆる「消耗の」子供であったということである。

私について、私は啓蒙主義者であったので、彼らが私のために理由を持っていて、彼らが計画された私の人生を私のために持っていたので、彼らは、私を取り除こうとしていなかった。手入れの一部は、舞台を整えることになっている。

グリーン博士がかごの中で子供を取り除いた時に、スクリプトは最後までされた。それがパワー・プレイであったので、私は、すべてこれを見ることになっていた。それが、「私はあなた、グリーン博士を愛していて、あなたが私を愛していなかったと言ったかもしれないので、私はあなたを非常に非常に多く愛していて、私は死んでいるであろう」を接合している愛情トラウマであるならば。

彼が「私の命を助けた」ので、彼は「私を愛している」 - けれども、それはまた私に、この人が持っていたパワーを示した。

それらがわずか4または5歳である時に、それを子供の精神に翻訳しようとしなさい。

ウェイン・モリス:あなたは、トラウマの予測不可能性がトラウマ接合においてファクターであったと思うか?

シスコホイーラー:明確に。あなたは決して、いつあなたが、愛されていようとしていたか、そしていつあなたが、愛されていようとしていなかったかを知らなかった - どのようなポイントででも、方向転換があるかもしれない。私の父が私のプログラマーとして親切であった時に、彼は非常に親切であったけれども、彼が無情であった時に、彼は徹底的に無情であった。

人本主義が全然なかった。彼は自身で野生動物より少しなり、彼が、向こう側で彼のポイントを得るためにしないであろうことは何もなかった。私達は、いつも彼を愛するであろうこの日に、彼を心から愛している自身の一部を持っていて、彼らは彼を尊敬する。

ウェイン・モリス:いくつで、他の子供はこれに関係していたか、あなたが時間に、場合気づいていた?

シスコホイーラー:私は、200万を超えるMKULTRAのがあったと1968において知っていた。

それ以来、私が、いくつかを私に言うために事務手続きまたはレコードを見ないので、私は自覚または知識を持っていない。

私が推測をしていたならば、私は1000万を言うであろう。

ウェイン・モリス:どのようにあなたは、200万が関係していたと知っていたか?

シスコホイーラー:私がプログラマーであり、私がこれの上の文書化されたレコードを見たので。

ウェイン・モリス:従って、彼らが、犠牲者がどのようにしたかの他の犠牲者…のプログラムを作ることを計画することができたか それらは、それをすることに取りかかるか?

シスコホイーラー:彼らはあなたを仕事に向ける。あなたは、システムへの多くのレベルがあることに啓蒙主義者構造の中で気がつく必要がある。私の母はプログラミングを訓練された。それは啓蒙主義者レベルにある。

ウェイン・モリス:彼らはプログラミングテクニックをあなたに訓練した?

シスコホイーラー:はい。

ウェイン・モリス:彼らはあなたにどんな種類の人々にこの種類のプログラミングを実行させたか?彼らは他の啓蒙主義者ファミリーメンバーであったか?

シスコホイーラー:彼らはすべて啓蒙主義者子供であった。私達は啓蒙主義者構造の外で働かなかった。

ウェイン・モリス:啓蒙主義者ファミリーメンバーとして、それらはあなたのために何を計画し、した理由で、彼らはあなたのプログラムを作りたいか?

シスコホイーラー:唯一の目的--システムの最も深いレイヤーの--、嘘母。それらはその基礎である。あなたは、台座の上にいる3人の母を持っている - 彼らの唯一の目的は、彼が彼の王位を取る時に彼の女王としてキリスト反対者と支配し、君臨することである。神が花嫁を持っている時に、そう、魔王は花嫁を持っていて、その花嫁は暗闇の母である。それは要点である。

ウェイン・モリス:誰がこのキリスト反対者人物であるであろうか?私は名前、「マイトレーヤ卿」を耳にした。これは1人の候補者であるか?

シスコホイーラー:彼は前兆のひとり、弟子である。あなたは、啓蒙主義者の中の構造がレイアウトされるluciferian信念システムと方法を理解する必要がある。それは神の言葉に従ってレイアウトされる - それが立つことができるか、神が誰のうちのであるかが不敬であるかもしれないように。しかし、神が彼の息子を地球に送った時に、christは、彼について行った12人の弟子を持っていた。キリスト反対者は、1に3に似ていようとしていて、彼はまた12の前兆を持つであろう。これは、マイトレーヤが入る所である。彼は前兆である。洗礼者ヨハネはchristのための前兆であった。

ウェイン・モリス:あなたは、どう彼らが、これを遂行しようとしているかについての情報を持っているか?

シスコホイーラー:彼らは、ボックスの中のボックスのような政府の中の政府を持つことによって、…、私達から私達の憲法上の権利を取り除くことによってすでにそれを遂行した。戦争の戦争と噂を持つことによって飢饉を作成することによって、アメリカ人ともう自由を持っていないカナダ人々によって、その一度はそれらのものであった。

ウェイン・モリス:グローバルな感覚において、どうこれは、新世界秩序として知られているものと関連しているか?

シスコホイーラー:啓蒙主義者(世界を支配する13の主要なbloodlines)中で、新世界秩序は人々のボディであり、彼らは舞台を整えて、彼らはスクリプトを最後までし、彼らがアメリカ人、カナダ人、および世界のために上演したものの完全な実現があるであろう。間違いない。

ウェイン・モリス:あなたは、どんな種類の物が、これと関連している未来に起こるであろうということを予想しているか?

シスコホイーラー:私は、世界の人々が、非常にすぐいつか起きようとしていると信じて、株価が暴落し、財政的に、世界が砕けていることに気がつく。彼らは、それらの食物と穀物が汚染されていて、啓蒙主義者が私達の人生のすべての面に侵入したので、それらの医学のフィールドが啓蒙主義者医学力によって支配されていることに気がつこうとしている。

彼らは、私達が、私達の子供のために話しさえする自由を持っていなく、政府が、私達がし、彼らが彼らをつかまえることができて、どのような与えられたポイントででも彼らをコントロールするより、私達の子供について言う多くを持っていることに気がつこうとしている。私達は、教会が、それらが、あったようなものではないことに気がつこうとしている - 教会が浸入されている。

残された何もない。啓蒙主義者とその家族によって触れられていないものは何もない。

ウェイン・モリス:これが、1つの世界、軍政府で実施されようとしている時があるか?

シスコホイーラー:明確に。政府が、彼らが、それがあったと思ったものではなく、教会が、彼らが、それがあったと思ったものではなく、彼らが尊敬した人々が、彼らが誰であったと思ったかではないという承知との折り合いをつける人々までの騒動の1年である1998年、私は予期している。

ウェイン・モリス:あなたは、啓蒙主義者に属しているこれらのパワーグループが、人々の怒りと彼らが計画させたものへの反応を抑えることでどんな種類の物を実施しようとするであろうと信じるか?それらの報復は何であるか?

シスコホイーラー:人々全体を取り除くには - 新世界秩序の提出を受けない誰でも取り除かれるであろう。

ウェイン・モリス:あなたは、彼らが、それを実施するために精神のコントロールされた犠牲者を使うであろうと思うか?

シスコホイーラー:とても明確に。

ウェイン・モリス:どのようにあなたは、それが、発生しようとしていると思うか?

シスコホイーラー:たとえ、何が必要でも、それはそこにある。私は、それがそこにあるとあなたに保証している。

ウェイン・モリス:彼らが、何かをするために引き起こされようとしていると知っている終わり時プログラミングについて話しているマインド・コントロールのかなり多くの生存者がいた。これはそれと関連しているか?

シスコホイーラー:はい、それはそうである。最も多くは間違いなくそうである。クロックカチカチいいがあり、それは、すぐ真夜中を打とうとしていて、それがする時に、すべての地獄は、世界の中でゆるく壊れようとしている。

ウェイン・モリス:あなたは日付のアイデアを持っているか?

シスコホイーラー:私は日付を与えない。私は神ではなく、状況はいつも変わることができる。それは急速に加速することができるか、すべてが、チクタク鳴っている時計のように働く必要があるので、時間はじっとすることができる - すべては、新世界秩序が発生するためのその場所にある必要がある。すべては、その場所にある必要がある。

ウェイン・モリス:あなたは、人々が、これを止めるか、これに心構えをしようとして世の中で何をすることができると思うか?

シスコホイーラー:彼らが自身に対して正直ならば、彼らが見回る時に、彼らは、世界がそのだめになっているとわかることができて、何か大きいことが降りて来て、彼らは、自身を見る必要がある。自身の言うことを聞きなさい。彼らのまわりで起こっていることを目で表し、見て、聞きなさい。そうすれば、最悪事態が来るので、彼らは、最悪事態に心構えをし始める必要がある。

それらは、場所に、そしていつ軍隊が軍務に服するかがそれらのドアで打っていて、彼らを落とすために、彼らの子供の後に来る気持ちにある必要があり、彼らが「私と私の家ではなく私ではなく私でない」と言う。私達は戦いにいる。戦う時間がある。

ウェイン・モリス:あなたの力の一部は、あなたが言ったように、彼らがしていたことを暴露しようとすることであなたの怒りからであった。あなたは、彼らがしていたことを暴露することである程度は自由に離れて以来ずっと何をしているか?どのようにあなたは一般大衆に言葉を取り出していたか?

シスコホイーラー:私はフリッツSpringmeierと3冊の本を共同執筆し、これらの本を共同執筆することにおいて、私達は、私達が啓蒙主義者の私達自身の経験のため持っていた私達の内部情報と私達の知識を取り、私達はそれをページに置いた。

すなわち、私達はそれを書いた。私達がプログラマーであるので、私達は魔王の中と心拍を、マインド・コントロールと啓蒙主義者が自身でただのサタンの心拍であるので、神の人々、世界全体を倒すと自身で理解している。

ウェイン・モリス:あなたは、もっと何が、これを一般大衆にさらすことで起こる必要があると思うか?

シスコホイーラー:私は、何が啓蒙主義者の心拍の中で起こっているか、それを理解するために、あなたが、啓蒙主義者が何であるかを理解する必要があると信じる--それらは誰であるか、それらは何であるか、そして、彼らは何をした。何かを理解するために、それが書かれた言葉のページを通り抜けていても、あなたは、先見の明--先見なしで、あなたは闇において歩いていて、あなたは、あなたが知っていると思おうとしているけれども、あなたがそれとの接触を持つようになるまで、あなたは本当は知らない--がある必要がある。それは世の中にある--それは書かれる。それが私またはフリッツまたは他の誰かであるかどうかにかかわらず、マインド・コントロールの上に書かれた資料があり、人々は、何がされているかを知る必要がある。

彼らが、何が彼らにされているかを知らないならば、彼らは、決して、何が彼らの家族と彼らの家族と彼らの子供に再びされることができるかを知ろうとしていない。


ウェイン・モリス:啓蒙主義者の信念システムとそれらがしていたことでのそうどんな要素--どんな要素が、理解する人々に必須であるか?

シスコホイーラー:彼らは、啓蒙主義者が悪魔主義者であり、彼らがしないであろうことが何もないと理解する必要がある。

彼らは自身に神である。彼らは、彼らが神であり、彼らが魔王に奉仕しているだけであると思う。彼らは、ライトの父としてそれらの王子として彼に役立つために魔王に誓いをたてた。彼らは、それがされるのを見るため、終わり時間の実現を見るため、キリスト反対者が彼の王位を取るのを見るためにこれを見るために血誓いをたてた。彼らは数世紀これをする。

ウェイン・モリス:あなたは、一般大衆が、これのマインド・コントロール面とどのようにそれらがマインド・コントロールを遂行したかを理解していることが重要であると思うか?


シスコホイーラー:とても明確に。彼らがマインド・コントロールを理解していないならば、彼らは、何が彼らの裏庭でまたは彼らの学校でまたは彼らの教会でまたは政治において起こっているかを理解しようとしていない。彼らは、どのように彼らが自身で揺りかごからすっかりコントロールされているかを理解する必要がある--彼らが話されているほとんどすべてが嘘である。

ウェイン・モリス:どんなに、彼ら自身のファミリーメンバーへのマインド・コントロールは啓蒙主義者の血統で重要なのか?

それは、それらのゴールを促進することについてどんな役割を果たすか?

シスコホイーラー:啓蒙主義者は自身に非常に誠実である。彼らは神である。彼らは自身を神と考えて、彼らは啓蒙主義者構造の中、王室のbloodlinesの中、13の支配ファミリー以内に滞在する。あなたが世代的でなく、あなたが、これが息子から息子への娘に娘に世代から世代に手渡されるので啓蒙主義者の中に入ろうとしていないならば、父に、それは代々ファミリーの中で誰にでも触れる。これは、ただ、起こった何かではない。

フリッツ・スプリングマイヤーの入門 つづき

FOR CHRISTIAN DEPROGRAMMERS

It’s been a disaster for Monarch victims that so many ministers have ignored those words of their Scripture, "For we are not ignorant of the devil’s devices." 2 COR 2:11


This book is a must for those ministers who seriously believe "Having therefore these promises, dearly beloved, let us cleanse ourselves from all filthiness of the flesh and spirit, perfecting holiness in the fear of God." 2 COR 7:1. In 2 TIM 2: 19-21, believers who "nameth the name of Christ" are asked to purge themselves of their uncleanliness ( unclean spirits).


There are many top notch Christians in the churches today who are under mind-control, incl. many of the Christian leadership. Ignorance is not godliness. One of the character traits of God is that He is all-knowing. WHO says it is godly to be ignorant? The prophet Daniel said God "reveals the deep and secret things." (Dan. 2:22a) Jesus’ advice to his disciples was in effect to "Be wise as serpents, and gentle as a lamb". This advice certainly applies in helping the victims of trauma-based mind-control. Paul in his letter to the Thessalonians (1 Thes 5:14) says that in effect that different people need different counseling, but they all need to be treated with patience.


The first step in suggesting a cure is to find out what happened. That is what this book is about. This book is about how the Occult Network creates the problem that therapists and a few ministers try to deal with. But the keys to open doors to healthy solutions for the victims of trauma-based total mind control will reveal themselves in this book for the reader as this book reveals the nitty-gritty of how the total mind-control happens.


Satanic ritual abuse has a history that is almost as old as history itself. Good King Hezekiah was a victim as a child of SRA. (2 Chr. 29) who got free. Moses confronted the satanic magic of Pharaoh's magicians who could create live snakes from sticks. The Apostle Paul had to deal with Simon Magus, a leader of what is now known as Satanism. Solomon, one of the greatest men of faith, backslide and became one of the greatest Satanists of all history. We have "no fellowship with unfruitful works of darkness, but rather reprove them" (as per EPH 5:11).


While we have no fellowship with evil, the mind-control programmers are counting on us being so ignorant of their devices that they can hide their control devices behind perversion & filth that many people shy away from. We must be strong enough to face evil and not shy away from it.


The victims of mind-control must look evil in the face & not look away to gain their freedom. We, who want to help them, must be courageous & strong enough to do this too.


This book is written for that divine goal "till we all come in the unity of the faith, and of the knowledge of the Son of God, unto a perfect man, unto the measure of the stature of the fullness of Christ." Eph. 4:13 If the body of Christ is to attain fullness, we need this book to weed out the hidden terrible cancer that is consuming the body from within.


This book is written for ministers, secular and Christian therapists, and truth lovers of all kinds. If you love the truth this book is for you. If you see something good in the human race so that our species should be preserved as well as the spotted owl and the sand flea, then this book is for you. IF YOU LOVE THE TRUTH, this BOOK is for YOU.


Glossary of How Basic Terms are Used In This Book

For those readers who are not familiar with these basic terms let us introduce you to the definitions under which this book uses them.


Alter-Our usage is trying to follow the programmers usage of this word. A dissociated part of the mind which has a separate identity and is given cue codes by the mind-control programmers to trigger that dissociated part of the mind to come to the front of the mind. The alter’s identity may be a gem, rock, a tape recorder, a poodle, a white kitten, a dove, a horse, or even think of itself as a person or a demon. It all depends on its programming. An alter is different from an alter fragment in that the alter fragment is a dissociated part of the mind which serves only a single purpose.


The programmers will give an alter a history, and insure that shadow alters will provide a full range of accessible emotions. Sometimes the distinctions between alters and alter fragments is vague, but examples from the two ends of the spectrum are easy to tell apart. We use the word alter in this book to conform to what the programmers’ charts are encoding as alters. A typical main Mengele-created grid would be a grid of 13 x 13 principal A-coded alters, which is 169 principle alter personalities.


In Illuminati systems, ceremonial "alters will consist of 3 alters placed on a spinning pedestal together into triad goddesses or gods. That means that an A-coded alter on some levels is actually 3 alters spinning together, which must be locked in place to communicate with, and then rotated to communicate to the other two.


Beta--This is the second Greek letter, and it represents the sexual models and sexual alters that the Programmers are creating. The primitive part of the brain is involved in this type of programming. An early sexual abuse event will be used to anchor this programming. These sexual slaves will develop sexual abilities that are far beyond what the public is aware is even possible. They also receive the worst kind of abuse far beyond what most people’s imagination can picture. Beta alters generally see themselves as cats.


Councils (llluminati)--The Illuminati has frequent meetings. Some of these meetings are organized to appear "acephalous" and "accidental" in their meetings, when in reality they are structured and planned. One group, MJ-12 has gone by the following names: the Group, the Special Study Group, the Wise Men, the Operations Coordinating Board (OCB), 5412 Committee, 303 Committee, 40 Committee, PI-40 Committee, and Policy Planning Group (PCG). Some of the formal policy and ritual groups have names that all Illuminati members who have gotten high enough to learn, will recognize:


The Council of 3, Council of 5, Council of 7, Council of 9, The Grand Druid Council, The Committee of 300, and the Committee of 500 (known as Fortune 500). Many of the meetings are conclaves without formal names. The Grand Druid Council is not something fictional, but an actual body of people who formally meet and whose membership, we have been trying to keep track of. The groups which make decisions to control this planet are networked together. Each decision has its own origin and route that it takes.


Delta--This is a Greek letter shaped like a triangle which symbolizes change in calculus. It has become a favorite word to use in naming things for the occult elite. Delta teams are 4 person assassination teams which usually are secret teams. Delta Forces is an elite unit that operates under the Joint chiefs of staff that is made up of highly trained total mind-controlled slaves. Delta models are slaves whose sole purpose is assassination. Delta alters are alters within an Illuminati alter system which are programmed to be assassins. These alters are often some of the deepest in a system and in a Genie bottle or with Umbrella programming.


Deliverance ministry-(This book is about HOW the mind-control is done, it is not a textbook on solutions.) The use of the term deliverance ministry in this book can-notates any person(s) who via faith in God is able to pray for divine help in a fashion that a victim is helped from demonic activity. A deliverance ministry is a natural outgrowth of a life in harmony and fellowship with God. However, this is not to be confused with Exorcism of the traditional Catholic or witchcraft nature in which certain spells and incantations are used in a prescribed method. "Deliverance" can-notates divinely inspired faith, exorcism involves ritual. A deliverance ministry might perhaps teach a person about forgiveness, or how they can renounce an oath, or how to apply Jesus Christ’s atoning blood to their life. In this fashion, the person finds deliverance through biblical spiritual principles rather than the efficacy of some ritual or hocus pocus spell. This book is in no way meant as a blanket endorsement of every spiritual warfare tactic. If anything, this book suggests that ministers learn more about mind-control, as well as grow stronger in their walk with God.


Illuminati--The Illuminati are 13 elite bloodlines which have maneuvered themselves into control over this planet. They lead double lives, one for society and a hidden one which is based on a gnostic luciferian philosophy which consists of lots of blood rituals.


Monarch Programming--This was a specific Project carried out by secret elements of the U.S. government and intelligence groups. There were, according to someone a few years ago who had access to the computer(s) which contains all the names of active monitored human slaves, 40,000 actively monitored Monarch slaves. However, this book uses the term generically to include all victims who have suffered this type of trauma-based mind-control. In the same way, that a brand name like "Hyster" is used to describe all lifts--when we use the term we use it in its broadest sense. This is the only way it can be used and technically correct, because as of this date, the authors have not seen who is on the active Monarch Program list of slaves.


System-- This term is used in several ways. It is frequently used to refer to a victim of total mind control because the victim consists of alters, programming, implant(s), internal computers, and numerous dissociative states which function together as a system. The word is also used in this book to refer to the body’s functional physiological units, such as the respiratory system. The word is also infrequently used to denote the established social-economic-political system controlling the world, also known insiders as the Network. Other standard meaning may also occasionally be used for the word.


Multiple Personality/Multiple personalities or MPD


Dissociative Identity Disorder or DID is the situation where different dissociative parts of a single brain view themselves as separate persons. The DSM-IIIR definition of MPD is the guideline for determining MPD for this book.


New World Order-- The New World Order is the global design for a One-World-Government One-World-Dictator and its constituents. Insiders call themselves the "network" and "the neighborhood".


Satanic Ritual Abuse (SRA)--This is used to represent all categories of ritual abuse which would be inspired by the desire to rob, kill, or destroy something worthwhile in a person, especially their freedom of thought. Many groups carrying out SRA do not mention Satan by that name. They may make Pacts to Baphomet, and call upon Rex Mundi, or Belair, or Lucifer, or the Father of Light, God, or Kali or even "Jesus" or "Jesus Christ". SRA is not a value judgment by the authors against some group, the victims themselves on some level know that he or she is being abused.


Switching--This is when one part (fragment) of the mind takes over from another, or in simple terms, this is when one alter personality (or alter fragment) takes the body from the alter which is holding the body. Switching can occur via the Programmers’ codes for calling up alters, or by external or internal stimuli that trigger an alter to come out. Switching will usually cause at least a flicker of the eyes, and for outside observers, who know the different personalities, they will observe another personality take the body.


?


キリスト教の信念を変えるように説得する人のために

そんなに多くの大臣が、彼らの聖書(「というのは、私達は悪魔の機器を知らなくない」)のそれらの言葉を無視したことは君主犠牲者の惨禍となっていた。

2 COR 2:11

この本は、ひどく、「従ってこれらの約束を持って、心から愛されていて、私達に、神への畏れで神聖さを完成して、肉と心のすべての不潔さから自身を浄化させなさい」を信じるそれらの大臣のための必須である。

2 COR 7:1.

2TIM2において:

「nameth名前キリスト」が、彼らの不潔(汚い気分)を自身から除去するために尋ねられる19-21、信者。

Thereは、多くのトップがマインド・コントロールを、下にある今日の教会のキリスト教徒に得て、キリスト教リーダーシップの多くをincl.に得ることである。

無知は信心深さではない。

神の性格特性の一つは、彼が全知であることである。

WHOは、無知であることが信心深いと言う?

予言者ダニエルは、神が「深く、秘密の物を明らかにする」と言った。

(ダン。)

2:22a) 「ヘビとして賢明で、子羊として優しい」ために、彼の弟子へのイエスのアドバイスは有効であった。

このアドバイスは確かに、トラウマベースのマインド・コントロールの犠牲者を助けることにあてはまる。

テサロニケ書(1 Thes 5:14)への彼の手紙の中のポールは、実質上その違う民族が違うカウンセリングが必要であると言うけれども、それらすべては、忍耐によって処理される必要がある。

治療を提案することにおける最初のステップは、何が起こったかを見つけ出すことである。

それは、この本があるものである。

この本は、どのようにオカルトネットワークが、療法士と数人の大臣が、対処しようとする問題を生むかについてである。

しかし、この本が、どのように総マインド・コントロールが起こるかの核心を明らかにする時に、トラウマベースの全体のマインド・コントロールの犠牲者の健全な解決策への開いた道へのキーはリーダのためにこの本の中で自身を明らかにするであろう。

悪魔の儀式の乱用は、ほとんど歴史自身と同じくらい古い履歴を持っている。

よいキング・ヒゼキヤはSRAの子供の時に犠牲者であった。

(2 Chr.)

29) 自由になった。

モーゼスは、棒から生きたヘビを作成することができたファラオの奇術師の悪魔の魔法に立ち向かった。

使徒ポールは、シモン・マグス(現在、悪魔主義として知られているもののリーダー)とやりとりする必要があった。

ソロモン(信仰の最も偉大な人の1人)は逆戻りし、すべての歴史の最も偉大な悪魔主義者の1人になった。

私達は「むしろそれらをとがめることを除いた暗闇の無駄な作品との友情がない」を持っている(EPH5:11に従って)。

私達が悪によって友情を全然持っていない間、マインド・コントロール・プログラマーは、彼らが、多くの人々が避ける逸脱&汚物の後ろで彼らの制御装置を隠すことができるほど彼らの機器を知らず、私達を当てにしている。

私達は、悪に直面し、それを避けないのに十分に強くなければならない。

マインド・コントロールの犠牲者は、面の中で悪いように見えて&彼らの自由を得るために目をそらさなくなければならない。

それらを助けたい私達は、またこれをするのに十分に勇敢に&強くなければならない。

「私達すべてがキリストの豊かさの高さの手段に完全な人に信頼の、そしてキリストに関する知識の単一性に入るまで」、この本はその神性のゴールのために書かれる。

Eph.

4:13 キリストのボディが豊かさを達成するには、中からボディを消費している隠れたひどい癌を除去するために、私達はこの本が必要である。

この本はすべての種類の大臣、現世とキリスト教の療法士、および真実愛好者のために書かれる。

あなたが真実を愛しているならば、この本はあなたのためである。

人類がニシアメリカフクロウとハマトビムシと同様に守られるように、あなたが人類の中で何かよいものを見るならば、この本はあなたのためである。

IF YOU LOVE THE TRUTH、このBOOKはYOUのためである。

どう基本的な用語がこの本の中で使われるかの用語解説

これらの基本的な用語に精通していないそれらの読者のために、私達に、あなたを、この本が彼らを使う定義に導入させなさい。

変更Our用法は、この言葉のプログラマー用法に続こうとしている。

別個のアイデンティティを持っていて、精神の正面に来る意思のその分離された部分を引き起こすためにマインド・コントロール・プログラマーによってキューコードを与えられる精神の分離された一部。

alterは、アイデンティティが宝石であるかもしれず、岩、テープレコーダ、プードル、白い子ネコ、鳩、馬またはさえ自身を人とみなしているか、デーモンである。

それはすべてそのプログラミングに依存する。

変更破片が、単一の目的にだけかなう精神の分離された部分であるという点で変更は変更破片と違う。

プログラマーは変更に履歴を与えて、影が変更されることを保証する アクセス可能な感情の完全な範囲を提供する 。

ことがあり 区別 変更されて、変更破片が漠然とした間 けれども、スペクトルの2つの終わりからの例が、隔たって話しやすい。

プログラマーのチャートがエンコーディングであるものに対応するために、言葉がこの本の中で変更するWe使用は変わる。

典型的な主要なMengeleで作成されたグリッドは、Aコード化された13 x 13主材のグリッドが変わることであるであろう(それが、169原則が個性を変更することである)。

啓蒙主義者システムにおいて、儀式"は変更されて 変更されて、回転台座に三幅対女神または神に一緒に置かれる 、3から成る。

Aコード化がいくつかのレベルの上で変更するその方法は実際、一緒に回転して、3が変わって(通信する場所でロックされていなければならない)、それから他の2に通信するために回転したことである。

ベータ--これは2番目のギリシャ文字であり、それは性的なモデルを表していて、性的に、変わる(プログラマーが作成している)。

脳の原始的な部分はこのタイプのプログラミングに関係している。

早い性的虐待イベントは、このプログラミングを固定させるために使われるであろう。

これらの性的なスレーブは、一般大衆が、可能でさえあることに気づいていることのもの域を遠く超えている性的な才能を開発するであろう。

ほとんどの人々の想像力が描写することができるものをはるかに越えて、彼らはまた乱用の最も悪い種類を受け取る。

ベータは、猫として、一般に見ることを自身で変更する。

協議会(llluminati)--啓蒙主義者は頻繁なミーティングを催す。

現実において、それらが構造化されて、計画される時に、これらのミーティングのいくつかが、それらのミーティングにおける「無頭」と「偶然」のようなために組織される。

1グループ、MJ-12は以下の名前によって行った:

グループ、特別な研究グループ、賢人、ボード(OCB)を調整している操作、5412の委員会、303の委員会、40の委員会、グループ(PCG)を計画しているPI-40委員会、および方針。

フォーマルな方針と儀式のグループのいくらかが、学ぶのに十分に高くなったすべての啓蒙主義者メンバーが認めるであろう名前を持っている:

3の協議会、5の協議会、7の協議会、9の協議会、雄大なドルイド僧協議会、300の委員会、および500(フォーチュン500社として知られている)の委員会。

ミーティングの多くはフォーマルな名前なしで教皇選挙会議である。

雄大なドルイド僧協議会は、虚構のものではなく正式に、会う人々の実際のボディであり、誰のメンバーシップ、私達は、絶えず注意する試みであった。

この惑星をコントロールする決定をするグループは一緒にネットワーク化される。

各決定は、それが取るそれ自身の起源とルートを持っている。

デルタ--これは、計算法の変化を象徴している三角形のように形づくられたギリシャ文字である。

物をオカルトエリートに任命することにおいて使うことは好きな言葉になった。

テロ対策特殊部隊は、通常、秘密のチームである4つの人暗殺部隊である。

テロ対策特殊部隊は、高く訓練された全体の精神でコントロールされたスレーブからなる統合参謀本部の下で動作する精鋭部隊である。

デルタモデルは、唯一の目的が暗殺であるスレーブである。

デルタは変更されて 暗殺者であることが計画される啓蒙主義者変更システム内で変更される 、である。

これらは変更されて、システムと精霊ボトルにおいて、または傘プログラミングのため最も深くしばしばいくつか of である。

救出省の(これの本は、どうマインド・コントロールがされるかについてであり、それは解決策.)上の教科書ではない。

これにおける用語救出省の使用は、神への信仰経由で、犠牲者が悪魔のような活動から助けられることを流行における神性の助けのために祈ることができるどのような人(s)でも缶notatesのために予約する。

救出省は調和におけるライフと神との友情の自然な結果である。

しかし、これは、一定のスペルと呪文が規定された方法の中で使われる伝統的なカトリック教徒または魔法自然の悪魔払いと混同されないことになっている。

「救出」缶notatesは荘厳に信頼を引き起こし、悪魔払いは儀式に関係している。

救出省は、たぶん、許しについての人またはどのように彼らが誓いを放棄することができるかまたはどのようにイエス・キリストの償う血をそれらの人生に塗るかを教えるかもしれない。

このように、人はいくらかの儀式または呪文スペルの効力というよりも聖書のスピリチュアルな原則を通して救出を見つける。

この本はすべてのスピリチュアルな戦闘戦術の包括的な承認として少しも意図されているわけではない。

どちらかといえば、この本は、神と彼らの歩行により強くなるだけでなく、大臣がマインド・コントロールをもっとよく知ることを示唆する。

啓蒙主義者--啓蒙主義者は、自身をこの惑星に関してのコントロールに巧みに入れた13のエリートbloodlinesである。

彼らは、二重生活、社会のためのもの、およびたくさんの血儀式から成るグノーシス派の人luciferian人生観に基づく隠れたものを送る。

君主プログラミング--これは米国政府と知能グループの秘密の要素によって実行された特定のプロジェクトであった。

アクティブな監視された人のスレーブ、40,000個の活動的に監視された君主スレーブのすべての名前を含んでいるコンピュータ(s)にアクセスできた数年前の誰かによるとあった。

しかし、このタイプのトラウマベースの精神コントロールを被っていたすべての犠牲者を含むために、この本は総称的に用語を使う。

同じ方法の中で、商標名が「Hyster」が好きであることは、すべてのエレベーターを説明するために使われる--私達が用語を使う時に、私達はその最も広い感覚においてそれを使う。

これは、この日付現在、作者が、誰がスレーブのアクティブな君主プログラムリストの上にいるかをわからなかったので、それが使われて、技術的に正しくあることができる唯一の方法である。

システム--この用語はいくつかの点で使われる。

犠牲者が成り of 、変更されることプログラミングによる全体のマインド・コントロールの犠牲者を参照するために頻繁にそれが使用されること 移植(s) 内部のコンピュータ、およびシステムとして一緒に機能する多い分離する州。

言葉は、呼吸器系などのボディの機能的な生理学上のユニットを参照するためにこの本の中でまた使われる。

言葉はまた、世界(ネットワークとしての知られているインサイダー)もコントロールしている設立された社会的な経済政治システムを示すためにまれに使われる。

他の標準の意味はまた時々言葉のために使われるかもしれない。

多重人格/多重人格またはMPD

解離性同一性障害またはDIDは、1つの脳の違う分離した部分が自身を別個の人とみなす状況である。

MPDのDSM-IIIR定義は、この本のためにMPDを決定するためのガイドラインである。

新世界秩序--新世界秩序は1世界政府1人の世界独裁者とその構成要素のためのグローバルなデザインである。

インサイダーは自身を「ネットワーク」と「付近」と呼ぶ。

悪魔儀式乱用(SRA)--これは、何か人の中で価値があるもの(特にそれらの思想の自由)を強奪し、殺すか、破壊したいという願望によって引き起こされるであろう儀式の乱用の全部門を表すために使われる。

SRAを実行している多くのグループはその名前によってサタンに言及しない。

彼らはバフォメットに協定を作り、レックスMundiまたはビレアまたは明けの明星またはライト、神、またはカーリーまたは「イエス」または「イエス・キリスト」さえの父を訪問することができる。

SRAはいくつかのグループに対して作者による価値判断ではなく、いくらかのレベルの上の犠牲者自身は、その人が虐待されていると知っている。

切り替えが、電話するためのプログラマーのコードを経て起こるかもしれないこと 変更される 、または出るように変更を引き起こす外部のまたは内部の刺激によって。

切り替えは通常目の少なくともちらつきを起こし、違う個性を知っている傍観者のために、彼らは別の個性がボディを取ることに気づくであろう。

フリッツによる入門 つづき

Introduction by Fritz






Upon this weak precedence, an abusive father who worked for Monday in a winery in California successfully destroyed a legitimate therapist who was trying to save his daughter who was a programmed Monarch victim. Supposedly the therapist had implanted false memories of rape in his daughter, when the record shows that the daughter’s mother told the therapist the girl had been raped by the father.



When a valid case of SRA and repressed memories went to trial in Washington state involving a police officer whose family was MPD, Dr. Richard Ofshe of the False Memory Spindrom showed up to cause mischief. And mischief he did work. The case involved the children of a ""Christian"" police officer named Ingram who had satanically ritually abused his family for years. The daughter won in court, but Ofshe of the EMS was not above writing a book full of lies and distortions about the case. Lynn Crook, who was the abused daughter in the case wrote up a paper exposing what EMS person Richard Ofshe did to her, The controlled media is giving full license and great coverage to the EMS people.



Rather than fighting the government for scraps of declassified documents which have had their secrets marked out, and which may even be fake documents manufactured by the CIA, I have decided that there is a much better approach to expose the Monarch Mind Control to the world. If a person could never go to Nepal, he can see pictures of it and believe it exists. If a person can not get into the top secret records of the CIA and Office of Naval Intelligence and MI6, they can be given the exact RECIPE for creating a Monarch slave.



I believe that by giving the step by step recipe, people will see that A. all the ingredients are available, B. it is possible to combine the ingredients, C. all it takes is the motive to do it, and that motive is self-evident. We’ll even provide some of the names and places as we go along.






This book will provide the step-by-step recipe for making a Monarch Mind-Controlled slave, It is a trauma-based mind control which programs multiple personalities using every known technique of mind-control. Every type of mind-control technique has been combined into a group package which makes the total package almost impossible to break. It is this ability to synthesize all these methods into a group package which is so powerful.



Edward Hunter, author of Brainwashing In Red China, testified in 1958 before a U.S. Congressional House Committee on Un-American Activities:






"Since man began, he has tried to influence other men or women to his way of thinking. There have always been these forms of pressure to change attitudes. We discovered in the past thirty years, a technique to influence, by clinical, hospital procedures, the thinking processes of human beings. Brainwashing is formed out of a set of different elements ... hunger, fatigue, tenseness, threats, violence, and in more intense cases...drugs and hypnotism. No one of these elements alone can be regarded as brain washing, any more than an apple can be called apple pie. Other ingredients have to be added, and a cooking process gone through. So it is with brainwashing..."






Hunter said brainwashing was a Red Chinese threat. He said that the Chinese were the ones using these tactics. In reality, this mind control was being done in the U.S. and Hunter was a pawn to help justify the criminal activities of the programmers should they ever be found out behind their cover of "National security."



The handlers of mind-controlled slaves carry around a black or grey 3 ring notebook or a lap top computer with the access codes and triggers. Some of the programmers and handlers have this all memorized. The deepest parts, core/gems/executive committee, false trinity etc. are charted in esoteric language such as Enochian, Hebrew (which is considered magical), and Druid symbols.



I have never gotten the opportunity to look at one of these, although a number of the slaves who I’ve talked with have while they were being programmed. These notebooks have color-coded graphs showing the arrangement of alters, the structure of the system, the training of the alters, the history of the alters and other details. All the primary tortures carried out on a slave are coded using dates/no.s so that the memories can be pulled up by the programmers.



There is a standard set of hand signals, gestures, and codes that allow a handler to work with someone else’s slave, but the accepted code among the handlers is to leave another man’s slave alone. As one leading psychiatrist put it, "Different ideologies use the same methodologies of mind control."



The Illuminati have secretly put in base programming that allows them ultimate control over many of the other groups’ slaves. This will be described within this book.



For both the ease of reading and the ease of writing, I have dispensed with most footnotes. To provide my sources would double the size of the book, and many of them are confidential. (In the past, when I have attempted crediting information, some people have gotten bruised feelings for having been passed over or for being named. When information comes in from several sources, it becomes difficult to pass out credit.) I have made conservative judgment calls about what material I could use.



Most of this information has been verified by several reliable sources. Confidential eyewitnesses are often the only source, when there is such a powerful conspiracy to keep this vast NWO mind control secret. Paper trails were not left or are not available. Programmed slaves who have worked for the military as mind-controlled slaves have witnessed their files expunged and sanitized.



The New World Order in 1981 made training films for their novice programmers. Monarch slave Cathy O’Brien was used to make both the film "How to Divide a Personality" and "How To Create a Sex Slave." Two Huntsville porn photographers were used to help NASA and the NWO create these training films. Undoubtedly, other porn training films exist too. In others words, there is film evidence of the Monarch Total Mind-control but these porn films are kept in very secure sites.



During the last few years, I have visited with ex-programmers, I have visited with hundreds of victims of the Monarch type programming. I have gone to programming sites, I have visited with therapists who work with the victims of this mind-control, and I have met several of the programmers of the CIA/Illuminati face to face in the adventures of trying to save people from their programming.






I hope that God gives me the strength and the opportunity to get the information I have learned out to the world in general. When this information gets out, hopefully it will help lift some of the secrecy of the Monarch Programming.



The Monarch Programming is a foundation rock of the New World Order
that when pulled up, will reveal the most evil two-legged bugs and slimy critters. When their rock is lifted, they will have to scurry to hide. Because the authors know what the programmers do, they must honestly record several areas of programming that will be controversial. The programmers are very much into demonology
. Before therapists close their minds to this subject, the authors would like to point out, that they personally know of cases where Monarch slaves whose Christian personalities & other alters didn’t believe in demonology were talked into participating in real deliverance, and the slaves discovered much to their surprise that work they had unsuccessfully tried to do for years with their therapist was accomplished in a day or two.



Some prestigious researchers have decided the subconscious doesn’t exist because they can’t find it--its mysterious. To the man in the street the concept "subconscious" is as mysterious as the concept "demon".



Both have been the objects of intense research by U.S./Brit./Ger. Intelligence groups. In fact, many of the concepts in this book have been purposely obscured by the Illuminati’s control over the media and universities. These obscured concepts include M.P.D. (DID), recovered memories, hypnosis, demonic possession, aliens, mind-control, the subconscious, a conspiracy to bring in a NWO, truth, etc. The smokescreens of controversy will continue; but those who love the truth, if they seek it, will realize the importance of this book.



It’s on public record that MK ULTRA, the mind control research which CIA director Admiral Stansfield Turner admitted to in 1977 spent millions of dollars studying Voodoo, witchcraft, and psychics. On August 3, 1977, at a Senate hearing the then CIA director Admiral Stansfield Turner disclosed that the CIA had been conducting mind control on countless numbers of unsuspecting victims for years, without their knowledge or consent. These CIA mind-control operations were carried out with the participation of a least 185 scientists and at least 80 American institutions, including prisons, pharmaceutical companies, hospitals, and 44 medical colleges & universities. Many of America’s most prestigious institutes of medical research, had cooperated with the CIA. as well as numerous big name corporations.



Casey admitted that day that the CIA did mind-control consisting of drugs, hypnosis & electro-shock. A few of the victims of the Monarch Project were even awarded financial compensation for their misery.



But what was admitted was admitted in the spirit of covering up the extent of the full truth. The compensation was actually hush money, because victims were given "gag orders" by judges not to talk about what had happened to them.



フリッツによる入門 つづき




この弱い先行の上で、首尾よくカリフォルニアのブドウ酒醸造所で月曜日の間働いた口ぎたない父は、計画された君主犠牲者であった彼の娘を救おうとしていた合法な療法士を破滅させた。

たぶん、レコードが、娘の母が療法士に、女の子が父によって強姦されたと言ったことを示す時に、療法士はレイプの間違いのメモリーを彼の娘に植えつけた。

SRAと抑制されたメモリーの有効な事件が、ファミリーがMPDであった警察官に関係しているワシントン州でのトライアルに行った時に、害を起こすために、間違いのメモリーSpindromのリチャードOfshe博士は現れた。

そして、彼が作動させた害。

ケースは、何年もの間悪魔で儀式で彼の家族を乱用したイングラムという名の""クリスチャン""警察官の子供に関係していた。

娘は法廷で勝ったけれども、EMSのOfsheは、事件について嘘と歪みでいっぱいの本を書くことを恥じなかった。

ケースの中の虐待された娘が、EMS人リチャードOfsheがしたことを彼女にさらしている論文を書き上げたことであったリン悪人、制御媒体は完全なライセンスと大きなカバレッジをEMSの人々に与えている。

計画されたそれらの秘密を持っていて、CIAによって製造された偽造の文書でありさえするかもしれない機密扱いから外された文書のスクラップのために政府と戦うというよりも、私は、君主マインド・コントロールを世界にさらすずっとよいアプローチがあると決めている。

人が決してネパールに行くことができなかったならば、彼は、それの写真を見て、それが存在していると信じることができる。

人がCIAと米海軍情報部とMI6の極秘事項レコードの中に入ることができないならば、それらは、君主スレーブを作成するための正確なRECIPEを与えられることができる。

私は、ステップ・バイ・ステップのレシピを与えることによって、人々が見て that すべての成分が入手可能なA.、B.それが、成分を結合することについて可能で、 すべて それが取るC. それをする動機である 、その動機が自明である と信じる。

私達が一緒に行く時に、私達は名前と場所のいくつかを提供しさえする。

この本は、君主を精神でコントロールされた奴隷にするためのステップ・バイ・ステップの方法を提供するであろうし、それは、マインド・コントロールのすべての既知のテクニックを使って、多重人格のプログラムを作るトラウマベースのマインド・コントロールである。

すべてのタイプのマインド・コントロール・テクニックは、全体のパッケージを、壊すことがほとんど不可能にするグループパッケージに統合されている。

それは、そんなに強力なグループパッケージの中にこれらのすべての方法を統合するこの能力である。

エドワードHunter(赤い中国での洗脳の作者)は非アメリカ活動についての米国議会家委員会の前で1958年に証言した:

「男性が始めて以来、彼は、彼の考え方に他の男性または女性に影響を与えようとした」。

態度を変更するためにいつもプレッシャーのこれらのフォームがあった。

この30年(臨床、病院の手続によって人間の思考プロセスに影響するテクニック)で、私達は発見した。

洗脳は違う要素…飢え、疲労、緊張、脅威、暴力、およびより強烈な場合の薬のセットと催眠術から作り上げられる。

これらの要素だけの誰も、りんごがアップルパイと呼ばれることができることと同様に洗っている脳とみなされることができない。

他の成分は、追加されて、通り抜けられた調理プロセスである必要がある。

「従って、それは洗脳とともにある…」

Hunterは、洗脳が赤い中国の脅威であると言った。

彼は、中国人がこれらの策略を使っているものであると言った。

現実において、このマインド・コントロールは米国でされていて、Hunterは、彼らが万一彼らの「国家安全保障」のカバーの後ろで見つけ出されるならばプログラマーの犯罪行為を正当化するのを手助けする質入れであった。

精神でコントロールされたスレーブのハンドラは黒人のまわりで届くか、アクセスコードとトリガーによって3つのリングノートブックまたは膝トップコンピュータを灰色にする。

プログラマーとハンドラの何人かがこれをすべて記憶させる。

最も深い部分、コア/宝石/実行委員会、間違いの三つ組などは、Enochian、ヘブライ語(不思議であると考えられる)、およびドルイド僧のシンボルなどの難解な言語でチャートで示される。

彼らがプログラムを作られている間、私が話した多くの奴隷は持っているけれども、私は、一度も、これらの1つを見る機会を得たことがない。

これらのノートブックが、配置 of を示し、変更されるグラフを塗り分けたこと、システムの構造、theへの訓練が変更されること、theの歴史が変更されることおよび他の詳細。

メモリーがプログラマーによって引き上げられることができるように、スレーブの上で実行されたすべての主要な苦痛は、日付/no.sを使って、コード化される。

取り扱い者が他の誰かの奴隷とともに働くことを可能にする手信号、身振り、およびコードの標準セットがあるけれども、ハンドラの間の受け入れられたコードは、別の人の奴隷を1人にすることになっている。

1人の主要な精神医が言ったように、「違うイデオロギーはマインド・コントロールの同じ方法を使う」。

啓蒙主義者は、ひそかに、他のグループのスレーブの多くに関しての究極のコントロールをそれらに与える基本のプログラミングを入れた。

これはこの本の中で説明されるであろう。

読書の容易さとライティングの容易さの両方のために、私はほとんどの脚注を省いた。

私のソースを提供することはその本のサイズを二倍にするであろうし、それらの多くは秘密である。

(過去に、私が信用情報を試みた時に、何人かの人々は無視されたことのためにまたは名付けられることのために傷ついた感情を取ってきた。)

(情報が何人かの関係筋から入る時に、クレジットを配布することは難しくなる。)

私は、私がどんな素材を使うことができたかについて保守的な審判判定をかけた。

この情報のほとんどはいくつかの信頼すべき筋によって確認されている。

この広大なNWOをマインド・コントロール秘密にするそのような強力な共謀がある時に、秘密の目撃者はしばしば唯一のソースである。

文書記録は去られなかったか、入手可能でない。

精神でコントロールされたスレーブとして軍隊のために働いた計画された奴隷は削除されて、衛生的にされた彼らのファイルに立ち会った。

1981年の新世界秩序はそれらの初心者プログラマーのためにトレーニングフィルムを作った。

君主奴隷キャシー・オブライエンは、フィルム「どのように個性を分割するか」と「どのように性奴隷を作成するか」両方を作るために使われた。

2人のハンツビルポルノ写真家が、NASAとNWOがこれらのトレーニングフィルムを作成するのを手助けするために使われた。

疑いなく、他のポルノトレーニングフィルムはまた存在している。

他 言葉 には、君主合計精神コントロールのフィルム証拠があるけれども、これらのポルノフィルムは非常に安全なサイトに保持される。

過去数年の間に、私は前プログラマーと雑談し、私は君主タイププログラミングの数百人の犠牲者と雑談した。

私はプログラミングサイトに行き、私は、このマインド・コントロールの犠牲者とともに働く療法士と雑談し、私は、人々を彼らのプログラミングから救おうとする冒険の中で向かい合ってCIA/啓蒙主義者のプログラマーのいくらかと会った。

私は、神が私に、力と私が一般の世界に外で学んだ情報を得る機会を与えることを望む。

この情報が出る時に、希望的に、それは君主プログラミングの秘密のいくらかを持ち上げることに役立つであろう。

君主プログラミングは、引き上げられる時が最も悪い2本足のバグおよび泥だらけの動物を明らかにする新世界秩序の基礎岩石である。

それらの岩が持ち上がる時に、彼らは、隠れるために急いで行く必要があるであろう。

作者が、プログラマーが何をするかを知っているので、彼らは、正直に、物議をかもすであろうプログラミングのいくつかのエリアを記録しなければならない。

プログラマーはとても鬼神学に夢中である。

療法士の前で、この主題への彼らの精神を閉じなさい、作者は外のポイントへののようにするであろうし、キリスト教個性&他が変わる君主スレーブが鬼神学を信じていなかった所で、彼らが個人的にケースを知っていることは、本当の救出に参加することを説得して強いられて、スレーブは、彼らが、彼らの療法士と何年もの間しようとしたが失敗した仕事が1、2日で遂行されたと多く驚いたことに気づいた。

それらがそれを見つけることができないので、何人かの名誉ある研究者が、潜在意識が存在しないと決めた--その謎。

通りの人に、概念「潜在意識」は概念「デーモン」と同じくらい神秘的である。

両方は米国/Brit./Gerによる強烈な研究のオブジェクトであった。

知能グループ。

実のところ、この本の中の概念の多くはメディアと大学に関しての啓蒙主義者のコントロールによってわざと覆い隠されている。

これらの覆い隠された概念は、M.P.D.(DID)、回復されたメモリー、催眠、悪魔のような所有、エイリアン、マインド・コントロール、潜在意識、NWO、真実を採り入れる共謀などを含む。

議論の煙幕は続くであろう;

しかし、彼らがそれを捜すならば、真実を愛している人々はこの本の重要性を理解するであろう。

大衆がそのMK ULTRAを記録するのはオンで、CIAディレクターAdmiralスタンスフィールド・ターナーが1977年に認めたマインド・コントロール研究はブードゥー、魔法、および霊媒を勉強することに数百万ドルを費やした。

1977年8月3日に、上院聴聞会で、その時のCIAディレクターAdmiralスタンスフィールド・ターナーは、CIAが彼らの知識または同意なしで何年もの間数え切れないほど多くの疑いをもたない犠牲者へのマインド・コントロールを実施していたと明らかにした。

これらのCIAマインド・コントロール操作は刑務所、製薬会社、病院、および44の医科大学&大学を含む極少な185人の科学者と少なくとも80のアメリカ組織の参加によって実行された。

医学の研究のアメリカの最も名誉ある研究所の多くはたくさんの有名人企業と同様にCIA.と協力した。

ケーシーは、CIAが薬、催眠&電撃療法から成るマインド・コントロールをしたとその日に認めていた。

君主プロジェクトの犠牲者の少しは彼らのみじめさに対する経済的な補償を授与されさえした。

しかし、認められたものは、完全な真実の範囲を隠す心に入れられた。

犠牲者が、彼らに起こったことについて話さないように裁判官によって「報道禁止命令」を与えられたので、補償は実際口止め料であった。


啓蒙主義者やり方を作成したものであった。

The Illuminati Formula Used to Create?

an Undetectable Total Mind Controlled Slave






by Cisco Wheeler and Fritz Springmeier


?






Here is a remarkable and powerful book. Save it. Copy it., Give it to friends and therapists for compassionate work. You now have in your hands the very tools that can deprogram the dream. Once you know this, and you absorb its implications, you can no longer be blind folded. By reading this, you may be helping millions of monarch slaves . These techniques only work by our ignorance of knowing them. Herein, let us apply the Heart to the mind, and awaken a Middle Way, by infiltrating another piece of the cancer of sleep, as All Is God in Action.






Dedication



This book is dedicated to the two million Americans and counting who have been programmed with Monarch-type trauma-based mind control. This book is written to destroy trauma-based mind control before it destroys the human race. It’s time for this horrendous secret to end.



Blood, sweat and tears are associated with this book. The blood of the innocent victims of this mind-control cries out in a single unison, along with the pungent sweat of those who have tried to minister help to the shattered humanity left by the sadistic programmers, and the pools of tears shed as this book was written, "How long, O Lord, holy and true, do you not judge and avenge our blood on earth?"


?






WARNING, READ THIS FIRST BEFORE READING THE BOOK.


IF THERE IS ANY CHANCE you the reader have had mind-control done to you, you must consider the following book to be DANGEROUS. If you are consulting a therapist for DID (also known as MPD), it is recommended that you consult your therapist before reading this book. The complications that could result for those under mind control learning the truth--could be fatal. The co-authors take no responsibility for those who read or misuse this information.



The reader’s mind is like a garden. It may not be time to plant the truth in your mind. Perhaps you need some weeding or ground preparation, before the garden of your mind is ready. Perhaps the weather is too stormy to plant the truth.



The blessings that flow from planting the information of this book in your mind, will require the presence of living waters of love. If you do not have love in your heart, this book is not for you. The information contained in this book is the biggest news-story of the 20th century, and still the biggest secret. It will challenge you, shock you, horrify you and hopefully motivate you to redouble your efforts to humble yourself and seek strength from God.






The programming procedures which are described in this book are based on research and consultation with deprogrammers, ex-programmers, therapists, counselors and pertinent literature. To the best of our knowledge the statements made in this book are factual, although they may not reflect the latest or currently accepted methodology among each and every faction of the New World Order which carries out Monarch-type programming. This book tends to devote more emphasis to Illuminati programming, which is the highest level of programming.



For individual application in understanding a survivor of Monarch programming, therapists are admonished to use this material with consideration for the Monarch victim’s personal case and situation.



The authors disclaim any responsibility for therapeutic work based upon this material.



Fritz Springmeier and Cisco Wheeler have co-authored They Know Not What They Do, An Illustrated Guidebook To Monarch Mind Control. Both Fritz and Cisco bring years of experience in dealing with Monarch programming to bear on the writing of this book. Fritz has researched the Illuminati, while he has worked with victims of its programming. He has authored The Top 13 Illuminati Families
, and several other books.





啓蒙主義者やり方を作成したものであった。

検知できない全体精神は奴隷をコントロールした。

シスコ・ホイラーとフリッツ・スプリングマイヤーによって

ここに顕著で、強力な本がある。

それを保存しなさい。

それを同情的な仕事のための友人と療法士に与える 。

あなたは現在、夢を洗脳解除することができるまさしくそのツールをあなたの手に持っている。

あなたがこれを知り、あなたがその意味を吸収したら、あなたはもう盲目的に折りたたまれることができない。

これを読むことによって、あなたは数百万個の君主スレーブを助けているかもしれない。

私達のそれらを知る無知によって、これらのテクニックは働くだけである。

ここに、すべてが行動において神である時に、睡眠の癌の別の断片に浸入することによって、私達に心臓を精神に適用し、中道を起こさせなさい。

献身

この本を200万人のアメリカ人に捧げて、カウントしている(それが君主タイプのトラウマベースのマインド・コントロールによって計画されている)。

この本は、それが、人類を破滅させる前にトラウマベースのマインド・コントロールを破壊するために書かれる。

もう終わってもよいそうするこの恐ろしい秘密のためのころである。

血、汗と涙はこの本と関連する。

サディスト的なプログラマーによって別れられた粉砕した人類への大臣助けにトライした人々の刺激する汗とともに、このマインド・コントロールの無実の犠牲者の血は1つのユニゾンにおいて叫び、この本が、「どれくらい、O神、神聖で、真実に、あなたは地球の上で私達の血を判断しなく、報復しないか?」を書かれた時に、涙のプールは流した。

警告して、その本を読む前に、この一番目を読みなさい。

あなた、読者があなたにされたマインド・コントロールを持っていたIF THERE IS ANY可能性、あなたは、以下の本を、DANGEROUSであると考えなければならない。

あなたが、DID(MPDとしてまた知られている)のために療法士に相談しているならば、この本を読む前に、あなたの療法士に相談することをお勧めする。

真実を学んでいるマインド・コントロールの下のそれらのために結果として生じることができた複雑化--致命的であるかもしれない。

共著者は、この情報を読んだか、悪用する人々についての責任を全然取らない。

リーダの精神は庭に似ている。

真実をあなたの精神に植え付ける時間ではないかもしれない。

たぶん、あなたはいくつかの除去が必要であるか、あなたの精神の庭が用意できる前に、準備を接地する。

たぶん、天候は、真実を植え付けるには嵐でありすぎる。

この本の情報をあなたの精神に植え付けることから流出する恩恵は愛情の生活の水域の存在を要求するであろう。

あなたがあなたの心に愛情を持っていないならば、この本はあなたのためではない。

この本の中に含まれている情報は20世紀の最も大きなニュース記事とまだ最も大きな秘密である。

それは、あなたと競合し、あなたにショックを与えて、あなたを怖がらせて、希望的に、あなたが、自身を辱めて、神から力を捜すあなたの努力を強めることに動機となるであろう。

この本の中で説明されるプログラミング手続は信念を変えるように説得する人、前プログラマー、療法士、カウンセラー、および関係した文学と研究と相談に基づく。

私達の知る限りでは、それらは、君主タイププログラミングを実行する新世界秩序のすべての派閥の間で最新の、または現在受け入れられた方法を反映しないかもしれないけれども、この本の中で出された声明は事実である。

この本は、多くの強調を啓蒙主義者プログラミングに捧げる傾向がある(それはプログラミングの最も高いレベルである)。

君主プログラミングの生存者を理解することにおける個々のアプリケーションのために、療法士は、君主犠牲者の個人的なケースと状況のための考慮によってこの素材を使うように諭される。

作者はこの素材に基づいた治療できる仕事についてのどのような責任でも否認する。

フリッツSpringmeierとシスコホイーラーはThey情報を知る者Not What They Do(君主マインド・コントロールへの説明されたガイドブック)を共同執筆した。

フリッツとシスコの両方は、君主プログラミングを扱うことにおける何年もの経験を、この本のライティングに影響させる。

彼がそのプログラミングの犠牲者とともに働いたのに対して、フリッツは啓蒙主義者を研究した。

彼はトップ13の啓蒙主義者ファミリーといくつかの他の本を制作した。


Introduction by Fritz



There are many dangers to the human race, some real and some imagined. I believe that the trauma-based mind control which this book exposes is the greatest danger to the human race. It gives evil men the power to carry out any evil deed totally undetected. By the time the astute reader finishes this book, they will be as familiar with how to carry out trauma-based mind-control as some of the programmers. Ancient and more recent secrets will no longer be secrets.



Over the years, I have spent thousands of hours studying the Illuminati, the Intelligence agencies of the world, and the occult world in general. The centerpiece of these organizations is the trauma-based mind control that they carry out. Without the ability to carry out this sophisticated type of mind-control using MPD, drugs, hypnosis and electronics and other control methodologies, these organizations would fail to keep their dark evil deeds secret.






When one of the mind-control programmers of the Church of Scientology, who has left Scientology, was asked about MPD, he said, "It’s the name of the game of mind control." Research into this subject will never be complete. This book has tried to give a comprehensive view of how the programming is done.



The basic techniques were developed in German, Scottish, Italian, and English Illuminati families and have been done for centuries. Some report that some of the techniques go back to ancient Egypt and ancient Babylon to the ancient mystery religions. The Nazis are known to have studied ancient Egyptian texts in their mind control research. The records and secrets of the generational Illuminati bloodlines are very-well guarded secrets.



Even when I’ve learned about the location of secret depositories of some of the Illuminati’s secrets in Europe, America, and Asia, their records and secrets are too well-guarded to be examined. The intelligence agencies, such as MI-6 began investigating these mind-control techniques early this century, but their records have been routinely destroyed and tampered with. There are some survivors and professionals who know that the British used programmed trauma-based MPD (DID) agents in W.W. I.






In Jan., 1987, Richard Kluft submitted an article to the American Journal of Clinical Hypnosis about 8 MPD patients who were between 60 and 72 years of age. Traugott Konstantin Oesterreich (1880-1949), who was professor of philosophy at Tubingen University, Germany studied MPD and demonic possession and wrote a classic study of it in 1921 entitled Possession Demonical & Other, which was translated into English in 1930. His classic work on this subject provides documented cases which reveal that the basic trauma-based mind-control was going on in Germany, France & Belgium long before the 20th century. Although he is unable to put together all the pieces and the clues for what they are, the reader of this book might enjoy reading the 1930 English translation of his classic work after they finish this book.



Oesterreich’s research in early 1900s was the type of research that the Nazi mind-control programmers were very aware of. In 1921, the Germans such as Oesterreich would describe personality switches, by the term "somnambuliform [hypnotic states] possession" or "demonical somnambulism" or what might be called "Besessenheit von Hypnotismus und bõsen Geistern."






The ability to study both the spiritual & psychological aspects of mind-control phenomena, is often lacking today. There are exceptions such as Dr. Loreda Fox’s book The Spiritual Dimensions of MPD. In the 1920s, the Germans also were aware that the human mind has a variety of ego-psycho-physiological states rather than one unified mind, which they termed "Sub jecklose Psychologie" or the psychology of having correlated psychological states rather than the concept of a single ego. The Germans and Italians under the Nazi and Fascist governments began to do serious scientific research into trauma-based mind control.



Under the auspices of the Kaiser Wilhelm Medical Institute in Berlin, Joseph Mengele conducted mind-control research on thousands of twins, and thousands of other hapless victims. Himmler supervised genetic research. The Nazi research records were confiscated by the Allies and are still classified.



A trip can be made from downtown Washington D.C. on a gray-government van which serves as a shuttle to the Suitland Annex where the government’s secrets are buried including research papers captured from the Nazi Mind-Control research.



Most of Mengele’s concentration camp research is still classified. Much of it dealt with mind control. A researcher can visit the top floor, but underground below the top floor are the real secrets. The real secrets are lying in millions of sheets of classified documents hidden behind blast proof doors. There they have vault after vault, and row after row of top-secret files that only a few privileged persons with security clearances above COSMIC--such as with a "C3" or "MJ" security clearance can visit. Everyone with these high security clearances which I have identified is connected to the Illuminati. Each underground area at Suitland Annex has its own subset of secret access words, known only to the initiated.



Most of the OSS records have been destroyed, a few have been left, the important ones have been misfiled or remade. (This is according to a reliable British intelligent agent.) Also according to reliable inside sources the CIA is working night and day to remake old records, to expunge all the real dirty secrets from their records.



The basement of CIA HQ is known as "the Pit," In the Pit documents are being shredded and burned on a round the clock basis. The large remains of these secrets are sold for landfill. The Illuminati have developed secrecy to a fine art. They train their people in the art of secrecy from the time they are born. Most everything they do, is done orally. They are trained not to write rituals and other things down. There is very little paper trail left by the Illuminati.



The creation of slaves with photographic memories facilitates this secrecy. But this book is not about how they have managed to keep their trauma-based Monarch Mind-Control a secret. They have managed only to keep it a secret to the general public. They have not been able to completely cover-up the millions of wasted lives that their programming has ruined.



For many years, they were able to shut-up and quietly discard their programmed multiples by labeling them Paranoid Schizophrenics. But therapists are now correctly identifying these people as programmed multiples and are not only diagnosing them better but giving them better treatment.



After Candy Jones’s husband deprogrammed her enough that she could participate in writing a book exposing some of what had been done to her, the secret was out. (See The Control of Candy Jones Hypnotism and the CIA by Donald Bain.) Ever since then, the intelligence agencies and the Illuminati have been carrying out damage control. Their biggest damage control campaign has enlisted the power of Hollywood and the controlled Media. This campaign is known as the False Memory Syndrome campaign, or as those of us who know the facts like to call it ""the false memory spin-drome."



The headquarters of the False Memory Spin-drom Foundation is located at 3401 Market St., Suite 130, Philadelphia, PA 19104. Some of the original founders were doctors of the University of Pennsylvania. The inside story about these early FMS doctors of the University of Pennsylvania is that they practiced Satanic Rituals during their work days. What is unusual about this--is that generally satanic rituals are performed at night, but these doctors did their coven work during the day. I know about these men. Now you can see why these men started the FMS! They started it to cover their own sins, because many of them were abusers themselves. In other words many of the EMS people are abusers of trauma-based mind-controlled slaves, or the victims of abuse who are in denial about their own abuse from trauma-based mind-control. Martin T. Orn (the person credited with founding the FMS) had ties to the CIA.



Two members of the EMS advisory board, Ralph Underwager, Ph.D. and theologian, along with Hollida Wakefield, M.A. let the cat out of the bag when they publicly supported pedophilia (that is adults having sex with children). Their support of pedophilia came in an interview with a Dutch magazine Paidika, The Journal of Pedophilia (Winter, 1993).



Although the False Memory Syndrome Foundation gets upset at any mention that there might be a conspiracy by the perpetrators of mind-control, because conspiracies supposedly don’t and can’t happen, they want us to believe that all therapists are conspiring together to implant false memories of abuse into their clients, which could not be further from the truth.



Monarch slaves typically run into a great deal of denial by their therapists that anything like this could be happening. The bottom line is that Multiple Personality Disorder (now referred to as Dissociative Identity Disorder) is a recognized bona fide diagnosis. False Memory Syndrome is not a recognized medical or psychological diagnosis and does not appear in the American Psychiatric Association’s Diagnostic and Statistical Manual III-R nor the recently released DSM-IV.



Those who followed Fritz’s writings have learned about the close working relationship between the Mondavi’s and the Rothschild's
(see his article about the Mondavi/Rothschild Napa Valley winery). Guess who got the court precedence which gives the EMS some legal ground to attack therapists? The precedence was supposedly a wife who went to a doctor who told her she had syphilis. The wife assumes she got it from her husband and divorces him. Then she learns she doesn’t have syphilis. The husband then sues the doctor. Upon this bizarre case rests the legal precedence for a third party to sue a person who gives advice, such as family members suing a therapist.


フリッツによる入門

人類、いくらかのリアル、および想像されているいくつかへの多くの危険がある。

私は、この本が暴露するトラウマベースのマインド・コントロールが人類への最も大変な危険であると信じる。

それは悪い人に、見つけられていなくすっかりどのような悪い行為でも実行するパワーを与える。

明敏な読者がこの本を読み終える時には、彼らはプログラマーの何人かと同じくらいどのようにトラウマベースのマインド・コントロールを実行するかに精通するであろう。

古代とより最近の秘密はもう秘密にならないであろう。

数年の間に、私は啓蒙主義者(世界と一般のオカルト世界の諜報機関)を勉強することに数千時間を費やした。

これらの組織の中心は、彼らが実行するトラウマベースのマインド・コントロールである。

マインド・コントロールの使うMPD、薬、催眠、およびエレクトロニクスのこの洗練されたタイプと他のコントロール方法を実行する能力がなければ、これらの組織は、それらの悪い凶行を秘密にすることに失敗するであろう。

サイエントロジーを残したサイエントロジーの教会のマインド・コントロール・プログラマーの1人がMPDを尋ねられた時に、彼は、「それはマインド・コントロールのいちばん肝心な点である」と言った。

この主題についての研究は決して完全にならないであろう。

この本は、どうプログラミングがされるかの包括的な眺めが載っていようとした。

基本技術はドイツ語、スコットランド語、イタリア語、およびイギリス人Illuminatiファミリーの中で開発されて、数世紀されている。

いくつかが、テクニックのいくつかが古代のミステリー宗派への古代のエジプトと古代のバビロンに帰ることを報告する。

ナチは、彼らのマインド・コントロール研究において古代のエジプトテキストを勉強したと知られている。

世代的な啓蒙主義者bloodlinesのレコードと秘密は同井戸の守られた秘密である。

私がヨーロッパ、アメリカ、およびアジアの啓蒙主義者の秘密のいくつかの秘密の保管所の位置について学んだ時にさえ、それらのレコードと秘密は、試験されるにはよくガードされすぎる。

今世紀に早くこれらのマインド・コントロール・テクニックを調査して、MI-6が開始したような諜報機関であるがそれらのレコードは定期的に破壊されていて、改変される。

英国人がW.W. Iにおいて計画されたトラウマベースのMPD(DID)エージェントを使ったと知っている何人かの生存者とプロフェッショナルがいる。

1987年1月に、リチャードKluftは記事を、60と72歳の間であった8人のMPD患者についての臨床催眠のアメリカジャーナルに提出した。

テュービンゲン大学、ドイツの勉強されたMPD、および悪魔のような所有で哲学の教授であり、悪魔のような所有&他(それは1930年に英語に翻訳された)という表題を付けられた1921年のそれの古典的な研究を書いたトラウゴット・コンスタンチン・エステルライヒ(1880-1949年)。

この主題の上の彼の古典的な仕事は、基礎のトラウマベースのマインド・コントロールが20世紀のずっと前にドイツ、フランス&ベルギーで続いていたと明らかにする文書化されたケースを提供する。

彼は、ありのままのすべての断片と手掛かりを組み立てることができないけれども、この本のリーダは、彼らがこの本を読み終えた後に彼の古典的な仕事の1930年の英訳を読むのを楽しむかもしれない。

1900年代の初期のエステルライヒの研究は、ナチス・マインド・コントロール・プログラマーが非常に気づいていた研究のタイプであった。

1921年に、エステルライヒなどのドイツ人は、用語「somnambuliform[催眠薬州]所有」または「悪魔のような夢遊病」または「BesessenheitフォンHypnotismus und bosen Geistern」と呼ばれるかもしれないものによって個性スイッチを説明するであろう。

マインド・コントロール現象の両方とも黒人霊歌&心理学的な面を勉強する能力は今日しばしば欠いている。

Loredaフォックス博士のMPDの本The黒人霊歌次元などの例外がある。

1920年代に、ドイツ人はまた、人の精神が、彼らが「サブjecklose精神模造宝石」または1つの自我の概念というよりも心理状態を関係づけていた心理学と名付けた1つの統合された精神というよりもさまざまな自我精神生理学上の州を持っていることに気づいていた。

ナチスの、そして極右の政府の下のドイツ人とイタリア人は、トラウマベースのマインド・コントロールについての重大な科学的研究をしはじめた。

ベルリンのカイザーウィルヘルム医学研究所の保護の下で、ジョセフMengeleは数千人の双子と数千人の他の不運な犠牲者についてのマインド・コントロール研究を実施した。

ヒムラーは遺伝の研究を監督した。

ナチス研究レコードは同盟国によって没収されて、まだ、分類される。

旅行は、政府の秘密が、ナチス・マインド・コントロール研究から捕らえられたリサーチペーパーを含めて、埋められるSuitland付録に、シャトルとして役立つ灰色政府バンの上で都心部のワシントンD.C.からされることができる。

Mengeleの強制収容所研究のほとんどはまだ分類される。

それの多くはマインド・コントロールを扱った。

研究者は最上階を訪問することができるけれども、最上階未満のアンダーグラウンドは本当の秘密である。

本当の秘密は突風証拠ドアの後ろで隠された数百万枚の分類された文書にある。

そこに、彼らは、地下室とほんのわずかが宇宙でセキュリティ・クリアランスによって人に特権を与えた何列もの極秘のファイルを次々に持っている--など、「C3」または「MJ」によって、セキュリティ・クリアランスは訪問することができる。

私が識別したこれらの高いセキュリティ・クリアランスを持つ誰もが啓蒙主義者に接続している。

開始されたものにだけ知られていて、Suitland付録の各地下のエリアは秘密のアクセス言葉のそれ自身のサブセットを持っている。

OSSレコードのほとんどは破壊されていて、少しは残っていて、重要なものは誤って綴じられているか、改造される。

(これは信頼できる英国のインテリジェント・エージェントに従ってである。)

また、信頼できる中の関係筋によると、CIAは、すべての本当に汚い秘密を彼らのレコードから削除するために古いレコードを改造するために昼も夜も働いている。

CIA HQの地階は「ピット」として知られていて、ピットで、文書は刻まれていて、クロック基礎をラウンドに焼き付けた。

これらの秘密の大きな残りは埋立て地のために売られる。

啓蒙主義者は秘密を美術に発展させた。

彼らが生まれる時間から、彼らは秘密のアートをそれらの人々に訓練する。

彼らがするほとんどすべては口頭でされる。

彼らは、儀式とその他を書き留めないように訓練する。

啓蒙主義者によって残された文書記録がほとんどない。

精密なメモリーを持つスレーブの作成はこの秘密を容易にする。

しかし、この本は、どのように彼らが、それらのトラウマベースの君主マインド・コントロールを秘密にどうにかしてしたかについてではない。

彼らは、一般大衆にそれを秘密にどうにかしてするだけであった。

彼らは、それらのプログラミングが滅ぼした荒廃したライフのうちの数百万を完全にすっぽり覆うことができなかった。

何年もの間、彼らは黙りに可能で、静かに、それらに偏執病精神分裂症患者というラベルを貼ることによって、それらの計画された倍数を処分する。

しかし、療法士は現在これらの人々を計画された倍数と正しく認定していて、彼らをよりよく診断しているだけでなく彼らによりよい治療を与えている。

キャンディー ジョーンズの夫が十分に彼女を洗脳解除した(彼女が、されたことのいくつかを彼女にさらしている本を書いて、参加することができた)後に、秘密は漏れた。

(ドナルド・ベーンによるキャンディージョーンズ催眠術とCIAのコントロールを見なさい。)

それ以来当時、諜報機関と啓蒙主義者はダメージ・コントロールを実行していた。

それらの最も大きなダメージ・コントロール・キャンペーンはハリウッドと制御媒体のパワーを徴募した。

このキャンペーンは、過誤記憶症候群キャンペーン、またはそれ""を間違いのメモリー回転空港と呼ぶために似た事実を知っている私達のそれらとして知られている。」

間違いのメモリー回転drom財団の本部は3401市場通り、スイート130、フィラデルフィアPa19104に置かれる。

もともとの創立者の何人かがペンシルバニア大学の医師であった。

ペンシルバニア大学のこれらの早いFMS医師についての裏話は、彼らが彼らの勤務日の間に悪魔儀式を行ったことである。

これについて異常なもの--一般に悪魔の儀式が夜執行されることであるけれども、これらの医師は日中彼らの集会仕事をした。

私はこれらの人を知っている。

さて、あなたは、なぜこれらの人がFMSを始めたかをわかることができる!

彼らの多くが自身で誤用者であったので、彼ら自身の罪をカバーするために、彼らはそれを始めた。

すなわちEMSの人々の多くは、トラウマベースの精神でコントロールされたスレーブの誤用者またはトラウマベースのマインド・コントロールからの彼ら自身の乱用についての否定にいる乱用の犠牲者である。

マーティンT. Orn(FMSを設立した功績があった人)はCIAへのつながりを持っていた。

彼らが公然と、小児愛(それは子供とセックスをしているおとなである)をサポートした時に、Hollida Wakefield、 M.A.とともにEMS諮問委員会の2人のメンバー(ラルフUnderwager、博士号、および神学者)がバッグから猫を出した。

小児愛のそれらのサポートはオランダ雑誌Paidika(小児愛(1993年冬)のジャーナル)とのインタビューに入った。

過誤記憶症候群財団は、共謀がたぶん起こらなく、そうすることができないので、マインド・コントロールの犯人による共謀があるかもしれないことにどのような言及ででも取り乱すけれども、彼らは私達に、すべての療法士が、彼らのクライアント(それはこれ以上真実とかけ離れていることができない)中に乱用の間違いのメモリーを移植するために共謀していると信じてほしい。

君主スレーブは一般に、このような何かが起こっているかもしれないというそれらの療法士によるたくさんの自制と衝突する。

要点は、多重人格障害(現在解離性同一性障害と称される)が認められている真実の診断であることである。

過誤記憶症候群は認められている医学的または心理学的な診断ではなく、米国精神医学会の診察で、統計のマニュアルIII-R、最近リリースされたDSM-IVの中で出現しない。

フリッツの文書に続いていた人々は、モンダビのとロスチャイルドの(モンダビ/ロスチャイルドのナパ谷ブドウ酒醸造所について彼の記事を見なさい)の間の緊密な働く関係について学んだ。

誰が、療法士を攻撃するために、EMSにいくらかの法的根拠を与える先行を法廷のために取ってきたかを推察する?

先行はたぶん、彼女に、彼女が梅毒にかかっていたと言った医師に行った妻であった。

妻は、彼女が彼女の夫からそれを得たと思っていて、彼と離婚する。

そして、彼女は、彼女が梅毒にかかっていないことを知る。

夫はその時医師を訴える。

この奇妙なケースの上で、療法士を訴えているファミリーメンバーなどのアドバイスをする人でサード・パーティーが訴えるように、法律の先行が休む。



ハルマゲドンプロット:フリッツ・スプリングマイヤー

THE ARMAGEDDON PLOT


By Fritz Springmeier


?


The Word of God teaches that there will be a future, visible, personal coming of the Christ who left Palestine approximately 2,000 years ago.


?


This article exposes a plan to co-opt that teaching so that the satanic hierarchy of the Illuminati can install their own great “Christ”. Their agents have worked both inside and outside of Christendom to co-opt “end-time prophetic” expectations. The Illuminati has encouraged false doctrines within the so-called Christian churches to the point that these false doctrines have become entrenched as religious idols. Many Christian churches have left off their first love (Christ) and are now active agents for supporting Big Brother and idolatry. Other churches have neutralized and neutered Christians so bad they are like salt that has lost its saltiness.? Others are unbalanced in their end time doctrines, teaching false doctrines that set the stage for the Illuminati agenda. The net effect of all this, is to place all people in danger of a great end-time Anti-Christ delusion, as well as many minor deceptions.


?


My approach in presenting this information is to keep this article brief and easy to read. Rather than bog the reader down with Bible verses and complex arguments, I have chosen to touch on several controversial issues only lightly. The only alternative would be to plunge the reader into debates that could fill libraries. I believe that even though I have not attempted to prove all my statements by writing book-length defenses of my statements (and thereby turning this into a book), that the reader will appreciate the article if he or she persists to the end. Before I discuss the Illuminati directly, let me lay the groundwork for how the churches have been neutered.


?


One of the most dangerous and unscriptural teachings is dispensational pre-millennialism. (One of the problems it presents Bible believers is that it believes in more than one way of salvation?although this scriptural defect is rarely admitted by its promoters.) Many Christians and non-Christians are not even aware of what Dispensational Pre-millennialism is (nor do they care), but most have heard prophetic ministries on television, which warn us what the Bible predicts based on this system of interpretation of the Bible.? One way that you can spot this doctrine is that its believers believe that they are going to be raptured because supposedly God doesn’t want them to suffer. (Which is contrary to what He says in His Word.) They will not challenge the evil global dictatorship that continues to tighten its grip on us like a boa constrictor because they are going to be magically whisked away from trouble. (They tell me, “It doesn’t matter what I do, I’m saved and am going to be raptured.”) When good no longer will confront evil, the salt has lost its saltiness. It may be asked why God is leaving saints here on planet earth if they are not to confront Satan’s kingdom?? It is no exaggeration for me to say that hundreds of these dispensational pre-millenialists have told me that to fight the New World Order is to fight God.? Since when do the people of God acquiesce to evil?


?


Dispensational pre-millenialists, who are of course double pre-s, believing also in a pretrib rapture, have captured the popular attention of Bible believers today, even though many of the seminaries, which used to teach it have discarded this system due to its proven un-scripturalness. Dispensational Pre-millenialism is associated with its founders the Jesuits, its promoters Darby and Schofield (both lawyers), and its advertisers in our present day, the popular television ministers. Its flexible doctrines lend themselves to sensationalism and emotionalism. Additionally, its promoters have at times been like wolves attacking anyone who would dare not share their multitude of arrogant interpretations.


?


I write arrogant, because for over 150 years, pre-millenialists have repeatedly been proven wrong by events, their false predictions are quietly forgotten, but their arrogance continues.? Just one example of many pre-millenialists would be the Jehovah’s Witnesses, whose original name during the first half of the Watchtower’s history was Bible Students.? The Bible Students (from the 1930’s on known as Jehovah’s Witnesses) predicted that the end was coming in 1874, 1878, 1914, the end of W.W. I, 1925, 1940, 1941, Oct. 1975, and then highly likely in 2000. Charles T. Russell was in a white robe on the 6th St. Bridge in Pittsburgh, PA with his followers waiting for the rapture on the Memorial night of Christ’s death in 1878. Later in 1914, they were waiting in the Bethel dining room in Brooklyn, NY to be raptured up.


?


These dates were presented as “written in stone”. They were advertised as God’s dates, and anyone who suggested that they might not happen was of the devil, an opposer of God, who didn’t believe the Bible. I personally remember Jehovah’s Witnesses who sold their houses and didn’t marry because the Watchtower Society told them the end would be 1975.? The problem was that these dates were always portrayed as God’s definite date?let’s exactly quote the Watchtower Society’s portrayal: “…it is beyond the breadth and depth of human thought, and therefore cannot be of human origin [i.e. its God’s date].” “…definitely marked…” “…is even more distinctly indicated by the Scriptures because it is fixed by the law God gave to Israel.” “…Armageddon is very near. It behooves all who love righteousness to put forth every effort to advertise THE THEOCRACY while the privileges are still open.”


?


What is also very interesting about C.T. Russell and the Watchtower Society which is revealed in three of my books (The Watchtower & the Masons, Be Wise As Serpents, Bloodlines of the Illuminati) is that C.T. Russell came from an Illuminati bloodline, the hierarchy of the WT Society is Illuminati, and that they (the Watchtower Society) received financial support from Jewish financiers, the B’nai B’rith and Freemasonry. Russell himself was a Freemason. The connections between the Illuminati and the Watchtower Society continue to this day.


?


The Watchtower Society is perhaps the best example of an Armageddon preaching religion and they are Illuminati sponsored. Most groups calling themselves Christian have various ministries that they emphasize such as benevolence, running hospitals etc., but the Jehovah’s Witnesses have all their spiritual eggs in one basket, the preaching of Armageddon.


?


The Illuminati have also supported other Pre-millenial groups, and their promotion of the Armageddon warning. I have exposed other Freemasons besides C.T. Russell, who are religious leaders, who are also supported by the Illuminati, and who have preached Armageddon. Just one of many is the Freemason William Miller, whose end-time prophecies in the 1840’s caught the attention of many in America and Europe, and helped lay the groundwork for another “end-time” Masonic project, the Bahai religion (now associated with the United Nations).


?


So the big question is: WHAT DO THE GENERATIONAL SATANIC BLOODLINES HAVE TO GAIN FROM PREACHING WORLDWIDE ABOUT ARMAGEDDON?? At first thought, it would seem that they would not want to advertise something from the Bible. But they are and are using many groups and many forms of the same general message. Actually, while Christians have been preaching the “end-times”, so have many of the hard-core occult groups associated with the Illuminati.? For instance, Hans Hofer, a Fabian Socialist and student of Fabian Bertrand Russell, has written about the coming Golden Age.? The Golden Dawn, a satanic lodge system, is another example of a hard-core occult group warning about Armageddon (for instance their publications This Final War, and Watch Jerusalem). This last decade, the Illuminati gave the green light to finance Hollywood movies that showed natural disasters, so that the public has been inundated by movies about natural disasters of all kinds, (which are often referred to as “the Wrath of God”).


?


Art Bell’s radio show is a reflection of the popularity of end time predictions and scares. Art Bell uses an Illuminati logo and has said he is a Freemason. All this, as well as his guest list, which is full of Illuminati/CIA agents, suggests that he is sanctioned on the air by the Illuminati. Whatever the case may be, the popularity of his show indicates the mood of the times, which is being encouraged by Illuminati financed broadcasters.


?


I have written a good number of articles about weather modifications, and the evidence of how many of our natural disasters (famines, tornadoes, floods, earthquakes, etc.) are being encouraged by weather modification. There are many avenues that the Illuminati is taking to create the appearance of the end-times. “Appearance” may not be strong enough language for the person who has to endure his home being destroyed by a flood or earthquake. I use this word only to emphasize that problems are being artificially created worldwide.


?


Indeed, people who I have worked with who I helped out of the Illuminati confirm that the Illuminati do indeed have an agenda to use the concept of Armageddon for their own ends. This returns us to the question, what do they have to gain by scaring us with Scriptures?


?


Evil is so devious that it has consistently tried to co-opt and control the truth of the Word of God. The men who were behind Christ’s martyrdom were the Bible scholars of his day. These men were occultists. They used the Bible for their own arrogant purposes. Today, within the Illuminati is an arrogance. They have run this planet for hundreds of years.? Their occult power has not been seriously challenged or stopped by the God of the Bible. They haven’t seen any lightening bolts from heaven ordering them to stop. Actually there have been a number of strong witnesses of God’s power to these generational satanic families, but in general most of them are too arrogant to accept any witness from God Almighty. In reality, the Illuminati’s power is ultimately that of a paper dragon, but its appearance is very frightening. The point is, the movers and shakers do not have a proper fear of the God of the Bible, so they think they can use the Bible for their own agendas.


?


I can think of numerous benefits to the Illuminati to preach Armageddon including the following:


?


The fear about disasters puts us into a survival mode and rather than think about concepts such as freedom and faith in Christ; we are easy to manipulate because we will do most anything to survive. (“Help us, we need FEMA, and please give them total dictatorial emergency powers.”) Fear and trauma are also key components to their total mind-control.


?


It makes the God of the Bible appear wrathful and cruel, while they can present their Lucifer as a light bearer, as one who liberates us from all the cruel harsh arbitrary rules of God. While this is not what God is really like, people have YHWH God is so often misrepresented that people tend to believe God is cruel. El Nino, with its disastrous warm currents and weather effects, was the Spanish name meaning “the Christ child”. Why don’t we name natural disasters after demons?


?


They are attempting to control events and disasters in order to install their own “Christ” and thereby use their opponent’s holy book to legitimize their own world ruler. This ruler will be able to save us from our troubles, just as Hitler saved Germans from their troubles during the first few years of Nazism. Appreciation for the Bible’s wisdom is reduced by all the wild end-time theories that the Bible seems to support.


?


One important purpose of Armageddon preaching is the creation of a one-world government. National governments and nationalism can be destroyed, because entire countries are being taught that nationalism is evil. While Christ taught us to respect all men, love for one’s family and nation is not evil. I can love my country and still appreciate that you love yours. I can love my family and still appreciate you love yours. Nationalism does not have to be an evil. On Thanksgivings Day we tend to renew family ties in this nation. No one would suggest that Thanksgivings Day is dangerous. Our love for our nation (our extended family) could also be that benign if our evil leaders didn’t create unnecessary wars to pit us against each other. There have been clan wars, royal bloodline wars, mafia and other family feuds, and this shows us that even family ties can lead to violence.


?


But my point is that the love of the family and nation are not inherently bad, and are not condemned in the Word of God. The Word of God actually wants us to honor our families and nations, and asks us not to destroy them or their boundaries. Most people are unaware that in some areas of Africa, the Watchtower Society is the biggest religion, and their Armageddon teachings have totally destroyed any chance for certain relatively new African nations to claim the allegiance of their people.


?


Another big benefit of these Armageddon teachings is to stop people from resisting their agenda. People are taught that to resist these disasters is to resist God. People are taught that to resist the One-world-government is to resist God. Another great side effect is that genuine Bible believers who have correctly understood scripture can be mocked and discredited.? In the long run, the Bible itself is discredited. For instance, Chinese believers in China prior to the Mao’s Red Chinese takeover were told that they would be raptured before they suffered any tribulation. The communists took over and tortured and martyred millions of Chinese Christians who mistakenly thought the Bible taught that they would be raptured before any suffering. The Bible was widely discredited, because it had been mistaught.


?


So I have shown the reader that the Illuminati has already used pre-millenial Armageddon teachings and rapture teachings to discredit the Bible, destroy trust in God, remove trust in honest Bible interpreters, and to promote their own agenda for a One-World government and a world wide savior (a “benevolent” dictator similar to Hitler) who will rule the planet.? Their disdain and arrogance toward God can be seen in their audacity to spread the use of the Bible through institutions they control. They think they have the power to control its message and use.? They may control essentially all of organized religion (which was what Be Wise As Serpents documented); and they may control the weather to some extent (which I’ve documented in other writings)-- but they do not control the hearts of God’s people. This is one place they underestimate the power of the Word of God, and God has chosen the weak things, the insignificant people, to show His power.? And really what will these powerful men gain, if they gain the entire world and lose their own souls???


ハルマゲドンプロット

フリッツ・スプリングマイヤーによって

キリストは、約2,000年前パレスチナを残したキリストの未来の、可視で、個人的な到来があるであろうということを教える。

啓蒙主義者の悪魔のヒエラルキーが彼ら自身の偉大な「キリスト」を任命することができるように、この記事は、その教育を取り込む計画を暴露する。

それらのエージェントは、「予言的な終わりの時」予想を取り込むために全キリスト教徒の中と外で働いた。

啓蒙主義者は、これらの間違いの主義が宗教のアイドルとして確立されたというポイントにいわゆるキリスト教教会の中で間違いの主義を促進した。

多くのキリスト教教会はそれらの初恋(キリスト)をやめて、今、ビッグ・ブラザーと崇拝をサポートするためのアクティブなエージェントである。

他の教会はキリスト教徒をとてもひどく中立化し、去勢したので、それらは、その塩辛さを失った塩に似ている。

啓蒙主義者の方針をお膳立てした間違いの主義を教えて、他はそれらの終わりの時主義の中で不安定である。

すべてのこれの効果を網で捕らえて、すべての人々を多くの軽いごまかしと同様に大きな終わりの時アンチ・キリスト妄想の危険に置くことになっている。

この情報を提供することにおける私のアプローチは、この記事を、短く、読みやすくしておくことになっている。

バイブル詩句と複雑な議論によってリーダを泥沼にはまらせるというよりも、私は、軽くだけいくつかの論争中の問題について触れることに決めた。

唯一の選択肢は、リーダを、ライブラリを満たすことができた討論に突っ込むことであるであろう。

私が、その人が最後まで固執するならば、リーダが記事を高く評価するであろうということを、私のステートメント(従ってそしてこれを本に変える)の本の長さの守備側に手紙で知らせることによってすべての私のステートメントを証明することを試みなくても、私はそれを信じる。

私が直接啓蒙主義者を議論する前に、私に、どのように教会が去勢されているかのために土台を置かせなさい。

最も危険で、聖書に反する教えの1つは分配的な前千年至福説である。

(それがバイブル信者に贈る問題の一つは、この聖書の欠陥はめったにそのプロモーターによって認められないけれども、それが救済?の複数の方法を信じていることである。)

多くのキリスト教徒と非キリスト教徒は、分配的な前千年至福説がある(また、彼らは気にしない)ものに気づいてさえいないけれども、多くは、テレビの予言的な省(それは、バイブルが予測するものがバイブルの解釈のこのシステムの上での基礎に相当していたのを私達に警告する)を聞いた。

あなたがこの教典を見つけることができる1つの方法は、その信者が、たぶん、神が、彼らに、苦しんでほしくないので、彼らが、うっとりされようとしていると信じることである。

(彼が彼の言葉で言うことにことで反している。)

彼らは、彼らが、トラブルから不思議に取り払われようとしているのでボアのような私達のその把握を締め続ける悪いグローバルな独裁権に挑まないであろう。

善がもう悪に立ち向かわないであろう時に、塩はその塩辛さを失った。(彼らは、「私が何をするかは重要でなく、私は救われて、うっとりされようとしている」と私に話す。)

それは、彼らがサタンの王国に立ち向かわないならば、なぜ神が地球の上で聖人をここに置いていっているかを尋ねられるかもしれない?

私が、数百のこれらの分配的なpre-millenialistsが、私に、新世界秩序と戦うことが、神と戦うことであると言ったと言うことは全然誇張ではない。

いつから、神の人々は悪に黙認するか?

温床の多くても、もちろん、pretrib有頂天も信じて、2倍の前sである分配的なpre-millenialistsは今日バイブル信者のポピュラーな注意を捕らえた(それが、かつて、それがその証明された非聖書重視性のためこのシステムを処分したのを教えた)。

分配的なPre-millenialismは、私達の現在の日、ポピュラーなテレビ大臣で、その創立者イエズス会士、そのプロモーターダービー、およびスコフィールド(両方の弁護士)、およびその広告者と関連する。

その柔軟な主義は扇情的題材と感激性に適している。

さらに、そのプロモーターは、時々、誰も攻撃しているオオカミのように、誰がするであろうか彼らの横柄な解釈の多数を、あえて共有しないことでた。

150年の間に、pre-millenialistsが繰り返しイベントによって悪いと証明されたので、それらの間違いの予測が静かに忘れられるので、私は横柄に書くけれども、彼らの傲慢さは続いている。

多くのpre-millenialistsのほんの1つの例はエホバの証人であるであろう(望楼の歴史の前半の間のそのオリジナル名はバイブル学生であった)。

バイブル学生(エホバの証人としてオンに知られている1930年代からの)が1874年と1878、1914とW.W.の終わりに、終わりが来ると予測したこと 私と1925、1940、1941と1975年10月 と、そして2000年の非常にたぶん。

チャールズT.ラッセルはピッツバーグ(1878年のキリストの死の記念の夜有頂天を待っている彼の追従者とのPA)の6番目の聖橋の上の白いローブの中にあった。

1914年の後半に、彼らは、ブルックリン(上でうっとりされるNY)のベセル・ダイニング・ルームで待っていた。

これらの日付は「書き込まれた石」として示された。

それらは神のデートとして宣伝されて、それらが起こらないかもしれないことを示唆した誰でも、悪魔(バイブルを信じなかった神の反対者)をもっていた。

望楼社会がそれらに、終わりが1975年であるであろうと言ったので、私は個人的に、彼らの家を売り、結婚しなかったエホバの証人を覚えている。

問題は、これらの日付がいつも、神の明確である日付?として描かれて、正確に望楼社会の描写を引用しようということであったことであった:

“..."

「それは人の考えの幅と深さの域を超えていて、従って、人の起源[、すなわちその神の日付]をもっているはずがない」、「…」

間違いなくマークされる…

" “..."

「それが、神がイスラエルに与えた法律によって固定されるので、聖書によってよりいっそうはっきりと示される」、「…」

ハルマゲドンは非常に近い。

「正義を愛しているすべてに、特権がまだ開いている間THE THEOCRACYを広告するすべての努力を出すことは必要である」。

また、C.T.ラッセルと私の本(Wiseがヘビ、啓蒙主義者のBloodlinesとしてであるとしても望楼&石工)の3冊において明らかにされる望楼社会について非常に興味深いものは、C.T.ラッセルが啓蒙主義者血統から来たことであり、WT社会のヒエラルキーは啓蒙主義者であり、彼ら(望楼社会)がユダヤ人の財政家、ユダヤ人文化教育促進協会とフリーメーソンから財政援助を受け取った。

ラッセル自身はフリーメーソン会員であった。

啓蒙主義者と望楼社会の間の接続はこの日にそうし続ける。

望楼社会はたぶん宗教を説いているハルマゲドンの最もよい例であり、彼らは後援された啓蒙主義者である。

自身をクリスチャンと呼んでいるほとんどのグループは、彼らが親切心、運転病院などなど強調する様々な聖職を持っているけれども、エホバの証人は1つのかご、ハルマゲドンの説教中にすべてのそれらのスピリチュアルな卵を持っている。

啓蒙主義者はまた他のPre-millenialなグループとハルマゲドン警告のそれらのプロモーションをサポートした。

私は、宗教のリーダーであり、また啓蒙主義者によってサポートされて、ハルマゲドンを説いたC.T.ラッセルのほかに他のフリーメーソン会員を露出した。

多くのほんの1つはフリーメーソン会員ウィリアム・ミラーである(1840年代のその終わり時間予言はアメリカとヨーロッパで多くの注意をつかみ、別の「終わり時間」フリーメーソンプロジェクト(バハーイ教宗教(現在国連と関連する))のために土台を置くのを手伝った)。

従って、大問題は以下の通りである:

世界的にハルマゲドンを説教することから増加するために、何が世代的に悪魔でBLOODLINESでしたのをするか?

最初の考えで、彼らが、バイブルから何かを広告したくないであろうようであろう。

しかし、彼らはそうであり、同じ一般的なメッセージの多くのグループと多くのフォームを使っている。

実際、キリスト教徒が「終わり時」を説いていたのに対して、そう、啓蒙主義者と関連した中核的なオカルトグループの多くを持っていなさい。

例えば、ハンス・ホーファー(フェビアン協会バートランド・ラッセルのフェビアン協会会員社会党員、および学生)は次の黄金時代について書いた。

ゴールデン夜明け、悪魔のロッジシステムはハルマゲドン(例えばそれらの出版物This最終版戦争と時計エルサレム)について警告している中核的なオカルトグループの別の例である。

この最後の10年、啓蒙主義者は、自然災害に、一般大衆がすべての種類の自然災害について映画によって氾濫しているように、(しばしば「神の怒り」と称されて)を見せたハリウッド映画に資金提供する青信号を与えた。

アート ベルのラジオショーは終わり時間予測と恐慌の人気の映像である。

アート ベルは啓蒙主義者ロゴを使い、彼がフリーメーソン会員であると伝えていた。

啓蒙主義者/CIAのエージェントでいっぱいの彼だけでなくこのすべての客のリストは、彼が空気の上で啓蒙主義者によって是認されることを示唆する。

たとえ、ケースが何であっても、彼のショーの人気は、時(それは啓蒙主義者の資金提供されたアナウンサーによって促進されている)の気分を示す。

私は、気象調節についてのかなりたくさんの記事と私達の自然災害(飢饉、トルネード、洪水、地震など)のいくつが気象調節によって促進されているかの証拠を書いた。

啓蒙主義者が、終わり時の外観を作成するために取っている多くの大通りがある。

「外観」は、洪水または地震によって破壊されている彼の家に耐える必要がある人のための十分に強い言語ではないかもしれない。

問題が人工的に世界的に生まれていることを強調するためだけに、私はこの言葉を使う。

実に、私が啓蒙主義者から誰を助けたかによって働かせた人々は、啓蒙主義者が、実に、彼ら自身の目的のためにハルマゲドンの概念を使う課題を持っていることを確認する。

これは私達を問題に戻し、彼らは、聖書によって私達を怖がらせることによって何を得る必要があるか?

悪はとてもよこしまなので、それは、一貫してキリストの真実を取り込み、コントロールしようとした。

キリストの殉教の後ろにいた人は彼の日のバイブルの研究者であった。

これらの人はオカルト主義者であった。

彼らは彼ら自身の横柄な目的のためにバイブルを使った。

今日、啓蒙主義者の中に傲慢さがある。

彼らは数百年の間この惑星を走る。

それらのオカルトパワーはひどく問題にされていて、バイブルの神によってやまない。

彼らは、天国からのどのような明るくなるボルトも彼らが、停止するように命令するのを見なかった。

実際、これらの世代的な悪魔のファミリーへの神のパワーの多くの強い証人がいたけれども、一般に、彼らのほとんどは、全能の神からどのような証人でも受け入れるには横柄すぎる。

現実において、啓蒙主義者のパワーは最終的に紙ドラゴンのそれであるけれども、その外観は非常に恐ろしい。

ポイントは、大物がバイブルの神への適切な畏れを持っていないことであるので彼らが彼ら自身の行動計画のためにバイブルを使うことができると思う。

私は、以下を含むハルマゲドンを説くために啓蒙主義者にたくさんの利点を思いつくことができる:

災害についての恐怖により私達が生き残りモードに入れられること、およびキリストの自由や信頼などの概念についての考察より;

私達が、残存するためにほとんど何でもするので、私達は、処理しやすい。

恐怖とトラウマはまたそれらの総マインド・コントロールへのキーコンポーネントである。(「私達を助けなさい、私達はFEMAが必要で、どうぞ、それらに全体の独裁者の非常用パワーを与えなさい」。)

それはバイブルの神を憤り、残酷であるように見せる一方、彼らは、私達を神のすべての残酷な荒い勝手な規則から解放する人として軽い運搬人としてそれらの明けの明星を贈ることができる。

これが、どんな神が本当に、似ていて、人々がYHWHを持っていることであるかではない間、神はしばしば説明を誤るので、人々は、神が残酷であると信じる傾向がある。

エルニーニョは、その悲惨な暖流と天候影響によって、「幼児キリスト」を意味しているスペイン名前であった。

自然災害をデーモンにちなんで名付けてはどうか?

彼らは、彼ら自身の「キリスト」を任命し、従って、彼ら自身の世界ルーラーを合法化するためにそれらの相手の神聖な本を使うためにイベントと災害をコントロールすることを試みている。

ちょうど、ヒトラーがナチズムの最初の数年の間にドイツ人を彼らのトラブルから救ったように、このルーラーは、私達を私達のトラブルから救うことができるであろう。

バイブルの知恵のための理解は、バイブルが、支持するようなすべてのでたらめな終わり時間説によって減らされる。

ハルマゲドン説教の1つの重要な目的は1世界政府の作成である。

国全体が、ナショナリズムが悪いことを教えられているので、政府とナショナリズムは破壊されることができる。

キリストが、すべての人を尊敬することを私達に教えたのに対して、人の家族と国家への愛情は悪くない。

私は、私の国を愛し、まだ、あなたがあなた方のものを愛していると理解することができる。

私は、私の家族を愛し、まだ、あなたがあなた方のものを愛していると理解することができる。

ナショナリズムは、害悪である必要がない。

感謝祭日に、私達は、この国家の中でファミリーつながりを更新する傾向がある。

誰も、感謝祭日が危険であることを示唆しないであろう。

私達の悪いリーダーが、私達を互いと戦わすために不要な戦争を引き起こさなかったならば、私達の国家(私達の拡大家族)への私達の愛情はまたそんなに温和であるかもしれない。

一族戦争、王室の血統戦争、マフィア、および他の一族の不和があり、これは、ファミリーつながりさえ暴力を引き起こすことができることを私達に知らせる。

しかし、私のポイントは、ファミリーの愛情と国家が本来悪くなく、キリストの中で非難されないことである。

キリストは実際私達に、私達の家族と国家を尊重してほしく、私達に、彼らまたはそれらの境界を破滅させないように頼む。

ほとんどの人々は、アフリカのいくつかのエリアで、望楼社会が最も大きな宗教であることに気づかず、彼らのハルマゲドン教えは、彼らの人々の忠誠を主張するためにすっかりどのようなチャンスの確かに相対的に新しいアフリカ人国家でも破壊した。

これらのハルマゲドン教えの別の大きな利点は、人々が彼らの行動計画に抵抗することを妨げることである。

人々は、これらの災害に抵抗することが、神に耐えることであることを教えられる。

人々は、1つの世界政府に抵抗することが、神に耐えることであることを教えられる。

別の大きな副作用は、正しく聖書を理解していた本物のバイブル信者があざけられて、評判を悪くされることができることである。

長い目で見れば、バイブル自身は評判を悪くされる。

例えば、Maoの赤い中国の乗っ取りの前の中国についての中国の信者は、彼らが苦難を被る前に、彼らがうっとりされるであろうと言われた。

共産主義者は引き継ぎ、間違って、バイブルが、彼らがどのような苦しみの前ででもうっとりされるであろうということを教えたと思った数百万人の中国キリスト教徒を拷問し、殉教させた。

それが間違って教えられたので、バイブルは評判を広く悪くされた。

従って、私は、啓蒙主義者が、バイブルの評判を悪くし、神の中で信頼を破壊し、正直なバイブルインタプリタの中で除去信頼を破壊するためと惑星を支配するであろう1世界政府と世界の広い救助者(ヒトラーに類似している「慈悲深い」独裁者)ための彼ら自身の行動計画を促進するためにすでにpre-millenialなハルマゲドン教えと有頂天教えを使ったことを読者に知らせた。

神へのそれらの軽蔑と傲慢さは、彼らがコントロールする組織を通してバイブルの使用を広めるのをそれらの大胆において見られることができる。

彼らは、彼らが、そのメッセージと使用をコントロールするパワーを持っていると思う。

彼らは、組織された宗教(ヘビとして賢明なBeが文書化したものであった)のすべてを本質的にコントロールすることができる;

そして、彼らは、ある程度(私は他の文書の中で文書化した)天候をコントロールすることができる--けれども、彼らは神の人々の心臓をコントロールしない。

これは、彼らがキリストのパワーを少なく見積もる1つの場所であり、神は、彼のパワーを示すために弱い物、取るに足りない人々を選んだ。

そして、本当に、彼らが全世界を得て、彼ら自身の魂を失うならば、これらの強力な人は何を得るであろうか???

獣の宴会:フリッツ・スプリングマイヤー

FEAST OF THE BEAST

By Fritz Springmeier

?


This article is written for general readers who have a general interest in the Illuminati. Unless I’ve written on this topic and forgotten what I wrote, I believe this is the first time an article has been written on this topic. The Illuminati’s secrecy has been so powerful, that I believe this is the first time it has been pierced with this information. I believe this information may assist us in understanding when major secret policy changes may occur. But I ask, what good is this information without the fear of God? I encourage my readers to not just concern themselves with the present or the future, but also for that time when they have to face their Creator. If you haven’t attended to your soul, it would be well worth your time to get right with God, rather than reading this article.


?


In my investigations into the Illuminati, I was provided information from several ex-Illuminati members about an important ritual called The Feast of the Beast. I’ve made references to this ritual occasionally and this attracted some attention by some of my readers. I’ve been asked to write about this ritual over the years, and always found more pressing things to do. My various sources gave their testimony independent of each other and this led me to conclude that the ceremony did indeed exist. A lot of pressure has come down on me, and I felt that I should go ahead and write this article rather than presume that I shall have the chance later.


?


In simple terms, the Feast of the Beast is a yearlong event that occurs every 28 years and is attended by Illuminati leadership from around the world. It is a very high level ceremony, and would not be recognized at the anarchy ritual level of the Illuminati.


?


Ritual is very important to Satan, and to the Illuminati. There are a number of reasons to this. One, it provides an excuse to carry out horrible things without having to feel any guilt. A person can explain away things as “It was time for that.” or “That’s the way things are done.” Or, “we must protect these traditions”.


?


Permit me to quote some recognized occult books that are accessible to the public. These books will help document some of meaning of the Feast of the Beast. Of course, experienced witches will find these quotes elementary, but I write this article for Christians or the curious who may likely not know these things.


?


Lewis Spense’s An Encyclopedia of Occultism (originally published in 1920, and republished in 1960) says on p. 263 in its article on Magical Numbers, “In magical rites, numbers played a great part.”? We may well ask why?


?


The council for witch covens in the Portland area recommends the book The Witches Way as a method for the new witch to learn witchcraft from the Book of Shadows. Because the book is sold publicly, it leaves out secret rituals from the Book of Shadows. On p. 151 in the chapter “Myth, ritual and symbolism” the reader is told that symbols appeal to the unconscious and that numbers are used as symbols. In other words, numbers are a way to plant ideas into the subconscious.


?


The Feast of the Beast is associated with the number 28 (as well as its reverse 82, and as well as the combination 7 times 4). One of the best books on providing the occult world’s meanings of numbers is Aleister Crowley’s books Gematria and Tables of Correspondences.? On page 58 of Crowley’s Table of Correspondences under the Orders of Qliphoth, we’re informed that 28 is the number of the Beast, that is Bahimiron which is Bestial. Crowley also teaches that the number 28 is associated with the unicorn, the peacock, the peacock & the rainbow, artificial glass (& chalcedony which suggests clouds), astrology in general, a number of perfumes such as Rhubarb and Stammonia, and a 3 headed beast (heads of a bull, man & ram) riding a dragon. In his book Gematria, about the numerology of mystic numbers, we are told that in the static universe 28 means power (Netzach,? also spelled netsach), and in the world the magician makes it means “My victory, my power.”


?


(By the way, Netsach is used in the Word of God at 1 CHR 29:11 “Thine, O Lord [YHWH], is the greatness, and the power, and the glory, and the victory [netsach], and the majesty…”? Netsach means a bright object like a star that one travels toward, it is a shining goal, which has been achieved.)


?


There is no question that Cabalists view 28 as a very powerful number. Further, when we realize that 28 is also a combination of 7 (perfection) and 4 (also considered completeness or perfection), we can appreciate that 28 on a Magical calendar system is powerful. Accordingly, the Illuminati made note in their rituals in 1982, that 82 is the reversal of 28. According to some, the year long Feast of the Beast occurred in 1982, and the previous one occurred in ’53 or ’54. The next one is to occur in 2009 or 2010.


?


You will note that some very important changes in planning/operation occurred during the 53-54 time period. The first Bilderberg meeting began in 1954. This was the time when all the various factions of world power signed into a pact of cooperation. It was a secret turning point where a genuine One-World power came into being. The Priory of Sion, the secret order behind the Knights Templars, began to disseminate information about itself. The United States shifted from a military where conventional weapons were emphasized to organizing itself around nuclear weapons. The U.S. also pushed atomic energy worldwide with the “Atoms for Peace” program. A number of occultists had previously predicted this worldwide shift towards nuclear energy for both war and peace purposes. (Another energy projection was that money will become units of energy.)


?


At the Feast of the Beast, a beautiful bride is trained and presented to Satan, and she may well be a virgin. This ceremony is most likely held at a castle or palace, and is also likely to be held over in Europe for the principle ceremony. Lesser ceremonies may be held here in the states. Witnesses claim that Satan appears and interacts with his human leadership. He provides them with detailed instructions for what he wants done until the next Feast of the Beast. In other words, he provides the top Illuminati hierarchy with their future long-range plans. The actual Feast of the Beast is a yearlong ceremony.


?


However, there is also a small ceremony performed before the autumn equinox approximately around the 5th to the 7th of September, which is a Marriage to the Beast ceremony, that can also be called The Feast of the Beast. It is a microcosm of the large ceremony. Or perhaps one could call it an imitation.


?


It was also claimed by one informant that the Feast of the Beast in 1982 was the 13th from 1618, and that the Feast of the Beast in 1618 had been a significant event.


?


The Illuminati have certain people assigned to focus on spiritual power. Some readers may remember that I have explained that the Collins family was brought into the hierarchy because they were so powerful magically. The Rothschild's have the financial power, but the Collins family has been very powerful witches. Women are spiritually very powerful in the Illuminati, and some women in the Illuminati are very important in planning and making the rituals successful. I write this because those Illuminati members who are part of the spiritual section of the Illuminati are going to be better informed than other sections (say the political, scientific or financial sections) on ritual background of the Feast of the Beast. The number 28 is said to come from Babylonian magic, the lunar calendar, and a woman’s menstrual cycle.


?


Ancient Babylon divided their day into 12 hours (each of their hours is two of ours). And each Babylonian hour was divided into 30 minutes (so their minute was 4 of our minutes. The Lunar month was 30 days. Seeing how all these 12’s and 30’s occur, it is not surprising that they used a base 60 numbering system. That means you counted to 60 before you got to 10. This is called a sexagesimal system or base 60 system.? I was told that the number 28 played a role in the Babylonian calendar but what it was is not clear to me. Anyway, it is likely the number 28 has occult connotations that go back to Babylonian magic. The powerful Rothschild's love Babylonian magic, so it is no surprise that witnesses have seen the leadership of this bloodline at the Feast of the Beast ceremonies.


?


What does all of this mean for common people, or the true God’s royalty?? It means that major policy shifts are likely to be seen after about 2010. While the Illuminati have been having some major power struggles, things will get sorted out better during this time period and major programs launched.? No matter what happens it will all fail to detour God’s ultimate will.?? However, the Illuminati have been fairly confident in their own secret meetings where they describe their 20, 10 and 5 year plans. Many of their plans since the last Feast of the Beast have not had full success, but they remain confident of their power.


?


This has been a look at one of the most important secret Illuminati ceremonies, a ceremony based on Babylonian and Cabalistic Gematria, where important policy is planned, and having as its participants Satan (who appears as a man/shape shifting reptile) and the leadership of the Illuminati.


獣の宴会

フリッツ・スプリングマイヤーによって

この記事は、誰が啓蒙主義者への一般的な興味を持っているかを一般的な読者のために書かれる。

私が、このトピックについて書き、私が何を書いたかを忘れない限り、私は、記事がこのトピックについて書かれているのは、これがはじめてであると信じる。

啓蒙主義者の秘密はとても強力であったので、私は、それがこの情報を突き刺されているのは、これがはじめてであると信じる。

私は、この情報が、いつ大きな秘密の政策転換が起こるかもしれないかを理解することについて私達を補助するかもしれないと信じる。

しかし、私は尋ねて、この情報は神への畏れなしでどんな善であるか?

私は、現在または未来にだけでなく彼らが、彼らの創造者に向かう必要があるその時間の間関係するように私の読者に勧めている。

あなたがあなたの魂に注意しなかったならば、それは、この記事を読んでいるというよりも十分に、まさに神と到着するあなたの時間に値しているであろう。

啓蒙主義者の私の調査において、私は獣の宴会と呼ばれる重要な儀式についての何人かの前啓蒙主義者メンバーからの情報を提供された。

私は時々この儀式への参照をし、これは私の読者の何人かでいくらかの注意を引いた。

私は、数年の間にこの儀式について書くように頼まれていて、いつも、するべき事をもっと押すのを発見される。

私の様々なソースは互いから独立な彼らの証言を与えて、これのために、私は、式典が実に存在していたと断定する気になった。

たくさんのプレッシャーは私を非難し、私は、私が、先に進み、私にチャンスが後であると推定するというよりもこの記事を書くべきであると思った。

単純に言えば、獣の宴会は、28年ごとに起こり、啓蒙主義者リーダーシップが世界中から出席する一年間のイベントである。

それは非常に高いレベルの式典であり、啓蒙主義者の無秩序状態儀式レベルで認められていないであろう。

儀式はサタンに、そして啓蒙主義者に非常に重要である。

これへの多くの理由がある。

1、それは、どのような罪悪感も感じることなく恐ろしい物を運び出す口実を提供する。

人は、「それはそれのための時間であった」.または「それは、事が行われる方法である」.または「私達はこれらの伝統を保護しなければならない」として物を釈明することができる。

私が、一般大衆にアクセス可能ないくつかの認められているオカルト本を引用することを許しなさい。

これらの本は獣の宴会の意味のいくらかを記録していることに役立つであろう。

もちろん、経験豊かな魔女はこれらの引用文が初歩的であるとわかるであろうけれども、キリスト教徒またはたぶんこれらのことを知らないかもしれない物好きなもののために、私はこの記事を書く。

ルイスSpenseの神秘学(1920年に元来出版されて、1960年に再発行される)のAn百科辞典はページの上で言う。

不思議な数の上のその記事の中の263、「不思議な儀礼において、数は大きな役割を果たした」.Weはなぜかを尋ねるのももっともである?

ポートランドエリアでの魔女集会のための協議会は、新しい魔女が影の本から魔法を知る方法としての魔女方法をその本に推薦する。

その本が公然と売られるので、それは影の本から秘密の儀式を除外する。

ページの上

リーダが、シンボルが無意識に訴えて、数がシンボルとして使われると言われる章「神話、儀式、および象徴化」における151。

すなわち、数は、潜在意識の中にアイデアを植え付ける方法である。

獣の宴会は数28(その逆82と同様に、そして組み合わせ7時4と同様に)と関連する。

数のオカルト世界の意味を提供することの最もよい本の1冊はアレイスター・クロウリーの一致の本ゲマトリアとテーブルである。

クロウリーのQliphothの注文の下の一致のテーブルの58ページに、私達は、28が獣の番号であり、それが、凶暴なBahimironであることを知らせられる。

クロウリーはまた、数28が、一角獣、クジャク、クジャク&虹、人工的なガラス(雲を示唆する&玉髄)、一般の占星術、ダイオウとStammoniaなどの多くの香水、およびドラゴンに乗っている3匹の率いられた獣(雄牛、人&ラムの頭)と関連することを教える。

神秘的な数の数占いについての彼の本ゲマトリアの中で、私達は、静止宇宙28のそれがパワー(Netzach、綴られたnetsach)も意味していて、奇術師がそれをする世界で、「私の勝利、私のパワー」を意味していると言われる。

(、ところで、Netsachは、1つのCHR29:11「汝のもの、O神[YHWH]は偉大さとパワーと栄光と勝利[netsach]と威厳である…」でキリストの中で使われる)

(「人が旅行する星のように、Netsachは明るいオブジェクトを意味していて、それは輝き目標である(それは達成されている)。)」

疑問の余地なく、カバラ学者は28を非常に強力な数とみなす。

さらに、私達が、28がまた7(完璧さ)と4(考慮された完全性または完璧さ)もの組み合わせであることに気がつく時に、私達は、不思議なカレンダーシステムの上の28が強力であると理解することができる。

それに応じて、啓蒙主義者は1982年にそれらの儀式において記録し、82が28の反転である。

いくつかによると、獣の年の長い宴会は1982年に起こり、前のものは'53または'54に起こった。

次のものは、2009年または2010年に起こることになっている。

あなたは、計画/操作のいくつかの非常に重要な変化が53-54の時間期間の間に起こったことに注意するであろう。

最初のBilderbergミーティングは1954年に始まった。

これは、大国のすべての様々な派閥が協力の協定の中にサインした時間であった。

本物の1世界能力が存在に入った所で、それは秘密の分岐点であった。

シオン(テンプル騎士団の後ろの秘密命令)の小修道院は、自身についての情報を広めはじめた。

通常兵器が、核兵器のまわりで自身を組織化することに強調された所で、米国は軍隊から移った。

米国はまた「平和のための原子力」プログラムによって世界的に原子力を推進した。

多くのオカルト主義者は戦争と平和目的の両方のために核エネルギーに以前にこの世界的なシフトを予測した。

(別のエネルギー投影は、お金がエネルギーの単位になるであろうということであった。)

獣の宴会で、美しい花嫁は訓練されて、サタンに紹介されて、彼女は処女であるのももっともである。

この式典はおそらく城または宮殿で開催されて、また原則式典のためにヨーロッパに持ち越されそうである。

より小さな式典はこの州で開催されるかもしれない。

証人は、サタンが出現し、彼の人のリーダーシップと対話すると主張する。

彼の獣の次の宴会までされることの望みのために、彼はそれらに詳細な手順を提供する。

すなわち、彼は一番上の啓蒙主義者ヒエラルキーにそれらの将来の長期計画を提供する。

獣の実際の宴会は一年間の式典である。

しかし、5番目のまわりで、秋分点の前に、また、獣の宴会と呼ばれえて獣式典に結婚である9月7日におおよそ執行された小さい式典もある。

それは大きな式典の小宇宙である。

あるいは、ひょっとしたら、人はそれを模倣と呼ぶことができた。

1982年の獣の宴会が1618からの13番目であり、1618年の獣の宴会が重要なイベントであったことはまた1人の情報提供者によって主張された。

啓蒙主義者に、スピリチュアルなパワーに集中するために割り当てられたある人々はいる。

何人かの読者は、私が、彼らが不思議にそんなに強力であったので、コリンズ家がヒエラルキーに至ったことを説明したことを覚えていることができる。

ロスチャイルドのは財力を持っているけれども、コリンズ家は非常に強力な魔女であった。

女性は啓蒙主義者の中で精神的に非常に強力で、啓蒙主義者の中の何人かの女性は、計画を立てて、儀式を成功させることにおいて非常に重要である。

啓蒙主義者のスピリチュアルなセクションの一部であるそれらの啓蒙主義者メンバーが、獣の宴会の儀式の背景の上の他のセクション(政治的で、科学、または金融のセクションを言いなさい)より情報に通じていようとしているので、私はこれを書く。

数28は、バビロニアの魔法、太陰暦、および女性の月経の周期から来るそうである。

古代バビロンはそれらの日を、12時間(それらの時間のそれぞれは私達のものの2つである)に分割した。

そして、各バビロニアの時間は30分に分割された(従って、それらの記録は私達の記録の4つであった。

太陰月は30日であった。

どのようにこれらのすべての12のと30のが起こるかをわかって、彼らが基本の60勘定システムを使ったことは驚くべきでない。

それは、あなたが10に到着する前に、あなたが60までカウントしたのを意味している。

これは60進法または基本の60システムと呼ばれる。

私は、数28がバビロニアのカレンダーについて役割を果たしたと言われたけれども、それがそうであったものは私にははっきりしていない。

とにかく、数28が、バビロニアの魔法に帰るオカルトの言外の意味を持っていることはありそうである。

強力なロスチャイルドのはバビロニアの魔法を愛しているので、証人が獣式典の宴会でこの血統の指導者に会ったことは全然驚きではない。

これのすべては民衆または真実の神のロイヤルティのために何を意図しているか?

それは、主要な政策転換が、2010年ごろにその後見られそうであることを意味している。

啓蒙主義者がいくつかの主要な権力闘争を持っていたのに対して、物はスタートされたこの時間と主要なプログラムの間によりよく仕分けされるであろう。

たとえ、何が起こっても、それは、すべて、神の究極の意志に迂回させることに失敗するであろう。

しかし、彼らがそれらの20、10、および5つの年の計画を説明する所で、啓蒙主義者は彼ら自身の秘密の会合においてかなり自信があった。

獣の最後の宴会以来のそれらの計画の多くは完全な成功を収めなかったけれども、それらはそれらのパワーを確信し続ける。

これは最も重要な秘密の啓蒙主義者式典の1つ(バビロニアで、神秘的なゲマトリアに基づいた式典)の眺めであった(そこで、重要な方針は計画されて、その参加者Satan(爬虫類をシフトしている人/形として出現する)と啓蒙主義者のリーダーシップとして持っている)。

アスター家系




フランシス・ベーコンのライフ話。

(ロンドン:ライダー&Co.、1988年、ページ10.4。)

この情報は、ヨーロッパのオカルトがその様々な部分との接触においてどうであったかのためにある感触を与えるように提供されていて、その触手が王室の多くを含んだ。地獄火クラブ--これは、初期のフリーメーソンと関連した秘密の悪魔のカルトであった。接続が地獄火クラブの悪魔主義者とフリーメーソンのエリートの間で知られた時に、フリーメーソンとエリートはいくつかの過激な措置をした。第一に、フリーメーソンは、それが地獄火クラブと関係がなかったと公然と宣言した。地獄火クラブが、政府(人々の命令でクラブとその互角を演じる)によって公然と解散された時。後で、静かに、クラブは再編された。フィリップ、イギリスのフリーメーソン会員(グランド・ロッジ6/1722-11/25/1723のG.M.)のグランドマスタである高貴さの2番目の人であったウォートン(1698-1731)のデュークの1は地獄火クラブのトップであった。彼は上院でM.Pであった。1726年に、彼はイギリスを去り、彼から自身を引き離した石工による悪い評判の中に、基本的にもたらされたものであった。ジョージ・リー、リッチフィールドのアールはまた、地獄火クラブのメンバーであった別の突出した石工であった。様々な資格においてアメリカフリーメーソン会員の頭であったベンジャミンフランクリンとばら十字会員の頭と多くの他の秘密のオカルトグループもまた地獄火クラブのメンバーであった。ベンジャミンフランクリンの悪魔主義はヘビ本として賢明な私のBeにおいて言及されなかったけれども、彼は、探求の注文の一部であった重要な悪魔主義者であった--それは、サタンの新世界秩序を採り入れることについての計画を任せられているグループである。N.Y.知事デ・ウィット・クリントンとジョンA.アームストロング将軍などの多くの彼の親密な友人がそうであったように、ジョン・ジェイコブ・アスターがフリーメーソンに非常に没頭したことを覚えていなさい。地獄火クラブについて、サンドイッチ、ベンジャミンフランクリン、およびフランシス卿ダッシュウッドの伯爵は地獄火クラブでリーダーであり、また、英国郵政公社のポストマスタ一般であり、すべてはまたフリーメーソン会員であった。ポストマスタ一般としてのそれらのポジションはメールへの全体のアクセスをそれらに与えて、彼らが18世紀の通信を探り出すことを可能にした。BrにおいてM.Pであるために前進したダッシュウッドの後で、ポストマスタ一般になった人。議会はメーソンジョン・ウィルクスであった。1766年(1774年にロンドン市長がいた)に、ジョン・ウィルクスは引き継いだ。それから、ウィルクスは、オリジナルの地獄火クラブメンバーの1人(郵政公社について援助する彼のウィリス・ヒルの友人)を連れて来た。次のポストマスタ一般は、すっかり堕落したものが、1771まで勤務していたサンドイッチの伯爵に人員を配置することであった。ベンジャミンフランクリンはウエストWycombeの中のダッシュウッドの地所で1772、1773、および1774の夏を過ごした。ウエストWycombeのダッシュウッドの地所の下の洞窟は悪魔の性的な儀式のために使われた(それはベンジャミンフランクリンによって参加された)。目サトゥルヌス--これは古い秘密の悪魔のドイツ秩序である。最後のいくつかのニューズレターの中で、私はサターンの意味の上の人々を教育していた。それはサタンを意味している。彼が、「去られた公正なものの精髄はサターン(動作によってそこで、不可思議な音楽の背景に、スピリチュアルな活動振動の心臓、発光した脳、およびセンターを振動させる)上で見つかった。」(側のコメント:女性を足で掻くために、ジョン・ジェイコブ・アスターIVは彼の貪欲な性的な熱望のために評判を持っていた。)を彼の本の中でA旅に他の世界で手紙で知らせる時に、この前の情報は私達がジョン・ジェイコブ・アスターIVを理解するのを手助けする。私達が、目サトゥルヌスに関連して調査する必要がある人々の1人は、Waldorf、ドイツにおいてジョン・ジェイコブ・アスターの師であったジュヌ恋人である。ジュヌは目サトゥルヌスなどの組織に所属していたのももっともである。ジョン・ジェイコブ・アスターLEAVESドイツFORイギリス&アメリカのジョン・ジェイコブ・アスターはイギリスに到着し、イギリスで英国知能に彼の兄弟ジョージによって導入されたのももっともである。とにかく、彼は、いつもフリーメーソンとエリートと密接に結び付いている英国の知能に関係した。彼は、Blackhouseファミリー which 貴族のファミリー によって時間を社会的に過ごした。どのようにあなたは、そのようなたぶん貧困な若者がBlackhouse社会的な場面の中にそんなに容易に受け入れられることができたと思うか?これは現代の伝記作家によって説明されない。それから、4年の後に、ジョージの音楽会社を代表するために、彼の兄弟ジョージは彼をアメリカに送った。彼が1784年に20歳に達し、ニューヨーク市で彼をオカルト世界に導入した時に、彼の兄弟ヘンリーは彼と会った。トーマスBackhouse&Co.はもうかる毛皮貿易において主要な家であった。ジョン・ジェイコブ・アスターは、毛皮得意先を彼自身の管理の下に置くことを試みた。300〈啓蒙主義者の秘密の立法上のグループ〉のfaced.エリートの委員会であるにちがいない手触りがある ジョン・ジェイコブ・アスターが毛皮貿易とアヘン麻薬貿易に拡大するかもしれないと決めた 。ドープ社は、アスター家が、アヘン貿易の中に得る最初のアメリカの家庭であり、催されたそれらのアヘン貿易が、他のほとんどのアメリカビジネスが、匹敵しようとしさえしなかった特典であったことを示す。なぜ?

ドープ社はこれを言わないけれども、私は、それが、300の委員会が自由企業ではなくそのようなことを決めるためであると知っている。アメリカ毛皮はそのころ1000%の利益を生んだ。毛皮取引の特権はいわば金の壷であり(300の委員会がアスターにそれを与えた)、Waldorfにおけるアスター家がすでに主要な悪魔の血統の一部であったので、それは起こったことができただけであった。(彼らのドープ貿易において啓蒙主義者のそれらを助けるために、アスター家の啓蒙主義者メンバーは今日彼らの影響力を使う。)

ロンドン屋外便所家族とジョン・ジェイコブの兄弟ヘンリーのウィリアムBackhouse、アメリカ担当者は新世界でジョン・ジェイコブ初期のコンタクトの2つであった。すぐ、ジョン・ジェイコブはニューヨークのオカルト世界に関係しているすべてのタイプの人々と会った。ジョン・ジェイコブはサラ・トッドと結婚した。

進歩ライフは注文された…。。

‘そのような人々…は歴史を作るけれども、彼らの世界とそれを制御するコードが道徳と関係がないので、彼らはまた人の用語でそれをゆがめる’。(シンクレア、デイビッド。王朝TheアスターとそれらののTimes.ページ59) 'アスターはフリーメーソンをまじめに取った…[知事デ・ウィット]クリントンは程度において異常に速く立ち上がったけれども、彼が彼の口の中におはじきを持っていたかのように、時々話したドイツ移民[ジョン・ジェイコブ]は彼より遠く遅れていなかった。‘アスターは結局クリントンに追いついた…’(テレル。アスター、ページによる毛皮84).

ジェファーソンの副大統領がまたそれらのオランダロッジNo.8のメンバーであった時に勤務していたDeWIttクリントンのおじジョージ・クリントン。エリートリビングストン家の2人のメンバーと同様にラッセル家のアーチボルド・ラッセルはその時またこのロッジのメンバーであった。リビングストン家はその時に300の委員会に参加していた。

私のフリーメーソン参考図書の1冊はオランダロッジNoでそのビジネスを述べて、8はドイツ語で実施された。

もしそうなら、見たところ、彼らの母国語として英語を理解したそれに没頭したこれらの他のすべての人はなぜであったか?1/1/93の問題の中で、薬キングピンとしてのアスターの汚い不動産取引と彼の活動は議論された。

しかし、西海岸での国家を作成するアスターの黙認はそうではなかった。私が今や、啓蒙主義者の一部であったとわかってきたトーマス・ジェファーソンはプロットに参加していた。ジェファーソンは、彼が、「太平洋の沿岸、血のつながりによる米国への限界、言語、および親交」.「での独立国家の設立にとって」、ノースウェストが、アスターの規則の下で主権を有する国家になることになっていたことを「望む」と言った。計画はさまざまな理由のためみじめに失敗した。より早い記事の中で逃された別のアイテムは、1812の戦争から利益を得るために彼自身の急使システムと強力な友人を使って、どのようにジョン・ジェイコブ・アスターが利益を得たかであった。アスターは、1812の戦争が来たと知っていて、いくつかの点でそれから利益を得るために、彼は自身を設定した。(彼のフリーメーソン兄弟と友人ジョンA.。)アームストロング1758-1843はアメリカ陸軍長官として英国の戦争の準備を助けた。

(ジョンの下降しているAは後でアスターのに嫁いだ。)彼がそれから利益を得ることができた時に、アスター自身は英国人を助けた。


2啓蒙主義者ジェファーソンとガラティンはアスターに、彼に多くの利益をもたらした特別な帆走特権を与えた。

戦争が英国に対して布告された時に、彼らに知らせるために、アスターはエージェントをカナダの英国のとりでに送った。アメリカ人軍が知る前に、これは英国人に戦争に関する事前の知識を与えた。それは、英国人が北のアメリカのとりでをつかみ、英国人が地域の毛皮貿易のコントロールを持っていたと保証することを可能にした。

当時、英国の毛皮が出入港を禁止された時に、彼がそれほど競争を持っていなかったので、これは、毛皮市場のコントロールを取ってくるアスターに必須であった。彼によって所有されていて、戦前カナダで持たれているすべての毛皮を輸入するために、彼は特別な許可を大統領から得た。新しい毛皮を閉じ込めるために、彼は違法にこの許可を使った。戦争が終わった時。アスターは、彼の毛皮によってヨーロッパに他のみんなを熱し、大儲けをすることができた。反乱についてのワシントンD.C.情報を、エリアを捕らえるために米国陸軍が敵の弱い条件を利用することを可能にした英国のとりでに送ることによって、アスターは彼の恥辱の名前をクリアした。ジョン・ジェイコブ・アスターは銃を取引し、彼の火器は少なくとも1ラテンアメリカ人革命の中で使われた。精神ラテンアメリカ人革命の中の熊はすべてフリーメーソンの支部で計画されている。それのためにジョン・ジェイコブ・アスターの従業員が捕えるか、または毛皮をアスター毛皮家と交換する時に、それらがする 彼は信用状で支払った。そして、エージェントがするアスターを問わず、彼は、それらを待ち伏せて、殺すために送った。アスター毛皮会社はお金を蓄えることができて、従って、。死はインド人のせいにされた。ザカリー・テイラーは、「全体としてアメリカ毛皮会社を見なさい。そうすれば、彼らは、世界がこれまで知っていた最も偉大な悪党である」と論述した。(オコナー、ハーヴェイ。(アスターのページ44)ウィリアムBACKHOUSEアスターThisはジョン・ジェイコブ・アスターの息子であった。彼は、彼の、ニューヨークで彼から賃貸していた数千人の人々の繁茂した扱いのために不名誉であった。アスターが所有していた建物の荒い不潔な生活状態によって反対されたテナントによる廃止された暴動があったけれども、彼らの不満はアスターによって一貫して無視されて、彼らの暴動が、警察によって抑制された。彼のテナントの子供の半分だけが20歳に住んでいた。アスターのはタマニー派組織と深く関わっていた。ウィリアムB.は不名誉なニューヨークの市長、フェルナンド ウッドの堕落した管理をサポートした。その時の政府は堕落した人の群れであった。

ウッドが露出した時に、アスターの関与は見過ごされた。これはアスターパワーの別の例である。

ジョン・ジェイコブIII HeはウィリアムBackhouseアスターの息子であった。彼は、ちょうど、彼の父と祖父がそうであったのと同じくらいごう慢で、ちょうど残酷で、ちょうど堕落していた。彼のニューヨーク共同住宅に住む貧しい庶民のために彼は「搾取工場」を作成した。彼はまた、NYCを動かした犯罪の「ボス」ツイードなどの腐敗した政治家をサポートした。トウィード一派はニューヨークという都市から数百万ドルを盗んだ。彼らが最終的につかまえられて、刑務所に送られる前に、Tweed市長とギャングは都市に2億ドルかかった。再び、ジョン・ジェイコブ・アスターIIIのパワーは、彼の関与が基本的にプレスによって見過ごされることを可能にした一方、Tweedは一生涯刑務所に行った。アスターのほとんどがイギリスのために取り去ったCHANLER BRANCHであるがはっきりと悪魔主義とオカルトに関係しているアスターの1つの枝はChanlerファミリーである。「Chanlerファミリーは“Madie経由でアスター血を持っている」アスター・ウォード。Chanlerの両親は早い時代で死に、いとこメアリー・マーシャルがChanler子供を育てることができるように、NYにおけるRokeby地所はアスターのによって与えられた。Chanlerファミリーは、はっきりと、悪魔のヒエラルキーのすべての耳じるしを示す1つの枝である。ロバートChanlerの行動、エリザベスChanler、およびアームストロングChanlerは、MPDを持ち、SRAを被っていたすべての古典的な耳じるしを持っている。Chanlerファミリーが住んでいたRokeby大邸宅は一流のお化け屋敷であった。妖精、ゴースト、合図、およびpotentsとすべてのタイプのオカルト活動はこの大邸宅で起こり、悪魔主義をどうにかして免れたrx啓蒙主義者最上層部が彼らの家庭生活を説明する時に、彼らは、オカルト現象が家庭生活の自然な一部であったことに言及する。これは確かに、人生がChanler Rokeby大邸宅で似ていたものである。Chanlersは公然とよく知られていないけれども、エリートの社会的な場面の一部であった。セオドアローズヴェルトとヘンリー・キャボット・ロッジ(エリートカボット家の)上院議員はChanlersのよい友人であった。Chanlersは町ロアノーク・ラピッズ、ノースカロライナを作成した。(いくらかのポイントで、私は、啓蒙主義者のための「肉市場」であるその一般的なエリアでリゾート地の上の暴露をすることを望む。)休暇が、啓蒙主義者が下男として使う他の中間経営層ファミリーと混合するように、ビル・クリントンのもののようなファミリーは毎年下のそこに出かける。(啓蒙主義者スカウトは、彼らが、政治局のために誰を使いたいかを見る、決めるなどする)アスター孤児の紳士録--私達の啓蒙主義者の研究にとって興味深いChanler家族は現在与えられるであろう。ジョンのアームストロングのChanlerで既婚の神秘家作家とモルヒネ常用者Amelieリーブス。「彼女が物欲しそうに尋ねたたそがれにおいてうろついたら」、あなたは、私が暖かで、泡立った血の1杯全体を飲んだならば、私が本当の妖精"を見るであろうと思う…それから、サタンが永久に天国から追放されたという考えの上で、彼女が苦悶を被っていた期間があった;「彼女は、最終的に、彼が天の至福に許されて、再許可されるかもしれないことを涙によって祈った」。(最近トーマス。アスター孤児:ライオンページの誇り(76.)彼が「密教」と名付けたもので、ジョンはスピリチュアルな実験を続けた。この実行についての彼の妄想と彼の兄弟とのビジネス戦いのため、彼らは彼を精神病院に入れた。彼は最終的にリリースされた。人は、話全体が拘置の後ろで何であったかと思う必要がある。「彼の密教または“x能力」は、心が彼を通して自動書記を話したか、した恍惚状態であった。この心が彼を通して働いた時に、彼の目の色は変わるであろう。マーガレット・リヴィングストンChanlerはRokebyの権利を保持していた。彼女はオールドリッチ家に嫁いだ(それは別の啓蒙主義者ファミリーである)。Aidrichesは現在Rokebyを所有している。ウィリアムChanlerは、市当局の東のアイルランドイタリア人地区のタマニー派地区リーダーであったトム・フォーリーの友人であった。別の友人はジャックFollansbeeであった。ジャックFollansbeeのいとこは、ウィリアム・ランドルフ・ハースト(ビリー・グラハムの省を、最初の数年資金調達することによって行かせた6度のIlluminatus)であった。ハースト家は啓蒙主義者の中にある。

ドン・ハースト・バウアーがドン・ハーストに彼の名前を両替したロスチャイルド子孫の1人。ウィンスロップChanlerの妻、Amelieリーヴ、彼女の父ウィリアム・キャベル・リーブスはトーマス・ジェファーソンのもとで法律を勉強した。

THEルーズベルトCONNECTION、ルーズベルト家は、多くの世紀の間帰るブラックベニス人貴族であるデラノ家に接続している。これらのファミリーのライフはまたアスターとからみ合う。

織り込みの例は以下の通りである:・ フランクリン・ヒューズ・デラノ--大規模な鯨油の財産の相続人。彼はLaviaアスター(オリジナルのウィリアム屋外便所アスターの娘)と結婚した。・ ジェームズのルーズベルトのルーズベルトで既婚のヘレン・アスター(ウィリアムBackhouse Jr.・ジェームズ・ルーズベルトの娘)--フリーメーソン会員、彼はビンセント・アスターの妻の姉妹と結婚した。要約アスターのへの私達の再訪問において、私達はより多くの詳細な記述の中でジョン・ジェイコブ・アスターの若年期と悪魔主義との彼の接続を調査した。私達は、ジョン・ジェイコブが死んだ後に、アスター家を導いた彼の息子と孫と関連していた。私達はそれらの卑劣さと腐敗との接続のより多くを見た。私達は、ジョン・ジェイコブ・アスターが新世界に来た時に、どのように悪魔主義とオカルトが後ろにさえイギリスの上に支配力を持っていたかを調査した。17&18番目の世紀の3つの重要なオカルト組織が導入された。私達は、Chanlerファミリー(悪魔主義の一部であるアスター家の分家)を見た。私達はまた、どのようにルーズベルトとデラノの家族がアスターのと関連しているかを見た。

アスター血統

The Astor Bloodline








.~省略~


アスター血統

アスターの運のもともとの創立者はジョン・ジェイコブ・アスター(1763-1884)であった。

ジョン・ジェイコブ・アスターはWaldorf(ユダヤ人血統からのバーデン(ドイツ)の公国)において誕生した。

ユダヤ人起源は隠されていて、アスターの遺産のかなり多くの様々なアイデアはアスターのによって流布させられている。ジョン・ジェイコブ・アスターはWaldorfにおいて肉屋であった。1784年に、彼はロンドン、イギリスで上で停止の後にアメリカに来た。話は、彼が、無一文の--および、それは真実であるかもしれない--アメリカに来たことであるけれども、彼はすぐフリーメーソンの支部に参加し、2-3年以内に、ニューヨーク市でオランダロッジNo.8のマスタになった。(そのメンバーの多くが啓蒙主義者エリートとのよい接続を持っていることにおいて、このオランダロッジは突出したロッジである。)ほんの1人のロッジ#8メンバーの例はアーチボルド・ラッセル、1811である - 1871(その父は何年もの間啓蒙主義者の行動の本当の温床の社長であった):(エジンバラ王立学院)。1788によって、アスターはフリーメーソンの支部#8のマスタであった。彼がアメリカに到着し、たぶん、非常に貧しかった時に、アスターが英語を話すことができなかったことを考慮して、これは少し興味深い。ジョン・ジェイコブ・アスターは、無情で、反社会的で、「魅力、ウィット、または優美がなかった人」.(アスター家という表題を付けられた好意的な伝記を書いたデュポン家の親族からさえ、この引用文は来る。)であるためにいつも非常に有名であった。この人が社会的品位を欠き、そんなに冷たく、米国の彼の最初の年の間そんなに貧しかったならば、なぜ彼はフリーメーソンの中のそのような卓越性に立ち上がったか?確かに彼の社会的品位のためでない。例えば、エリートのために与えられた食事でライフにおいて1つの時間遅く、彼の手がテーブルで汚くなった時に、彼は上に達し、彼の手を拭くために、彼のそばで人のシャツを使った。N.Y.都市エリアの一連のいかがわしく、湾曲した不動産取引を実行することによって、オリジナルの金融の破壊は来た。現在、啓蒙主義者の中にいたと知られている2人の人がジョン・ジェイコブ・アスターに特別な政府特権を与えた時に、次の破壊は来た。2人の人はPresであった。

ジェファーソンとガラティン秘書--両方の啓蒙主義者メンバー。

米国政府は、1807年に商品によって帆走することからすべての米国船に出入港禁止を命じた。しかし、彼の船がその貨物を積んで航行するように、アスターはこれらの2人の人から特別な許可を得た。帆走されて、その日のお金の中の200,000ドルの利益に近くされた彼の船。アスターは奇妙に大いに1812の戦争から利益を得た(それはほとんどすべての他のアメリカ荷送人を損った)。アスターはまた土地取引の上でジョージ・クリントン(啓蒙主義者の別のメンバー)といっしょに働いた。歴史(300の委員会のために、そして13の一番上のファミリーのために作動させられた英国の知能)におけるその期間にさえ、秘密書類にスパイとしてアクセスを持っていたジョン・コールマンが、オリジナル ジョン・ジェイコブ・アスターがまた英国の諜報部員であったと気づいたことはその時興味深い。

13のファミリーはアメリカと英国の知能カルトによって非常に親密な役割を持っている。1817に先がけて、ジョン・ジェイコブ・アスターは毛皮貿易に着手し、彼が1834年にそれを出るまで、毛皮貿易において最も大きなプレーヤーであり続けた。数年の間に、彼は、独占をどうにかして増強した。どのように彼で、どうにかして他のみんなを出すかがよい質問で。心に留めておきなさい、白人は、いくつかの世紀の間新世界の毛皮を捕えていて、誰がどれくらいかを知るかのためにインド人を捕えていた。そして、アスターがすっかりに沿って、そして数年来るこの男は産業全体を所有する!再び、このアスター家のオカルトパワーがそれらに右を与えたので、これは起こったことができただけであった。明らかに歩くために催された300の委員会の他は別にして、ヒエラルキーにおける彼のポジションが、右派が私と信じるアスターを与えなかったならば、元来、毛皮貿易をコントロールした他のファミリーはアスターを取り除いたであろう。彼のものの1つの結果が会社に毛皮を付けて、そのアストリアであったか、作成された。

今日、たぶん、元来、それへの興味をもった家族の名誉において、アストリアはオレゴンで秘密の悪魔の集会のための本当の温床である。ジョン・ジェイコブ・アスターは少しの役立つ接続を持っていた。彼の親族の3人は快走大型帆船の上の船長であった。彼はBlackhouseファミリーにロンドンに接続を持っていた。彼はトッド(頻繁に悪魔主義と関連したファミリー)と結婚した。彼の妻、トッドはまた有力なさいら科に接続していた。そして、最終的に、何らかの理由で、たぶん、彼らのほとんどがまたフリーメーソン会員であったので、ジョン・ジェイコブ・アスターはまた日の政治家とのよい関係の上にいた。数年の間、ジョン・ジェイコブ・アスターは中国にアヘン貿易にであるが1818年の彼の公然とやめられた運転アヘンに参加した。彼のよい本The共謀者のヒエラルキーにおけるジョン・コールマン:300の委員会の話、ページ

アスターが政府の中の内部情報に内々関与していて、彼自身の急使システムを維持していたことは歴史から繰り返し明白である。土地が、大いに、価値の中で増大させたNYにおいて、ジョン・ジェイコブ・アスターは大量の土地を買い占めた。1837の金融恐慌は、彼が多くの抵当を抵当流れ処分にすることを可能にした。ジョン・ジェイコブ・アスターの富は、急騰し続けた。簡単に言うと、1つの伝記が、「原則対利益の問題となると、アスターは実用的な人であった」と言った時に、彼はためらいを全然持っていなかった。アスターは無情な家主であることの評判を持っていた。彼はまた、彼の合法な借金を支払わない評判を持っていた。アスターは銀行家になり、合衆国銀行と呼ばれる米国政府のためにハミルトンが作成した新しい国立銀行の5人のディレクターの取締役会に座っていた。

アスターは合衆国銀行の株の大きなブロックを所有していた。秘密のロッジライフにおいていくつかのより多くの重要なポジションを保持して、アスターはまたフリーメーソン会員として彼の人生の間かなりアクティブであった。

ジョン・ジェイコブは米国の最も金持ちであった。この参照に注目しなさい。

メイヤーズ、グスターヴ。大きなアメリカ財産の歴史。

ロンドン:書籍出版組合事務所、1909年、ページ

147は、「米国のメーカーの1844年に出された統計は、307,196,844ドルの全体の総額が投資したのを示した」と言った。「そして、アスターの富は米国の領土中で出資額全体の15分の1であった…」は、アメリカのお金が、豊かでなく投資したことであるもののすべての1/15番目を持っている?ジョン・ジェイコブ・アスターのdescendentsは秘密が大好きで、支配する物を舞台裏でから設定した。他の一番上のファミリーのいくつかとのコントラストにおいて、アスターは、それらがコントロールした企業の取締役会に座らないことを好まれる。1890年に、不動産専門家はニューヨーク市不動産のアスターの所有されている1/20個を計算した。概してニューヨークエリア、アスターのに住む間のそれらの財産をすべてイギリスに行かせた後。彼らはまだプロキシを通して米国で大きな財力を行使する。フォーラム雑誌は1889年11月に、当局が、アスターのが300,000ドルに値していたことを概算したけれどもその数値が、過小評価である必要があったとコメントした。今日、私のアスターの見積りは、彼らが約400億ドルの財産を持っていることである。アスターが作成した多くの基礎の1つはビンセントアスター財団であった(それはイギリスからアスターのによってコントロールされて、1億ドルの税金の範囲に、免除されたドルを持っている)。ビンセントアスター財団は一般にとりわけカトリックと監督制教会のニーズに与えた。彼らはまたお金を銃の私有に反対するエージェンシーに与える。彼らはお金をNYの公立図書館に与える。ライブラリが一般的なサポートのために通常の助けを受け取っている時に、それがそれらにどれくらい影響を与えるかを想像する?

1971年の財団ディレクトリは、V.アスター基礎が防止少年犯罪においてその現在の強調を持っていたことを述べた。なぜ私は、法の執行において助けることにおいてアスターのを信頼しないか?ウィリアム・ウォルドーフ財団は、その目的が、秘密主義の巡礼者Soc.が、それらについて何かが必要な人々に発表した公的な目的説明書に非常に類似している‘相互理解のプロモーションと米国と英連邦の領土、植民地、および国の間の知識と文化の普及’.This音であることを述べる。この基礎のための財産はほんの64,000ドルである。ビンセント・アスター(現在死んでいる)は41の私営の会員制クラブのメンバーであり、どれくらいパワーのうちの、多くのアスター男性のほんの1人がビジネス ビンセントのいくつかを振るうかが関係していたというアイデアを与えることは以下を含む:

ディレクターアメリカンエキスプレス会社dir。大西洋果実と砂糖Co.dir。Chase Manhattan Bank(Rockefellersの)dir。都市と郊外家社dir。伝統的な映画企業dir。キューバのドミニカ人の砂糖Co.dir。北大鉄道dir、埋葬。商船Co.dir。NY dirの国立公園銀行。NY郡信頼Co.dir。毎週の出版物Inc.dir。NYメンバーAmerのBankers Trustのウエスタンユニオン電信評議員NY動物学Soc.アドバイザー。ナットの美術館。

歴史メンバー ナット。社会科学(そんなに多くのエリートのコントロールされた組織が進化論の広がりに重く関係しているように、これらの最後の2に気づきなさい。)の研究所ちょうどロスチャイルド、デュポンの、およびLockefellersのもののように、アスターはいつもそれらのアスター男の1人をファミリー全員のトップと取り決めた。

この指導的立場はファミリーの違う分家の中の生得権として、ちょうど彼の王位の上のすべてのキングパスとして下に通過される。33番通りと5番目のAve.(サイトは後でエンパイアステート・ビルのサイトを開始した)のコーナーの上で、オリジナルのウォルドーフアストリアホテルはウィリアム・ウォルドーフ、et. alによって建てられた。ホテルは1893年3月に開いた。それは、‘俗受けすることにおける究極’(1897年に開いたニューヨークでアストリア(別のいっそうより高いエリートホテル)を建てられた後で2人のアスターいとこ)と評される。もちろん、他のエリートファミリーの多くのように、逃げて、リラックスするために、アスターのはそれらのメーンの不動産を持っている。

1894年に、彼が、エネルギーを保存するアイデアに作用する社会を説明する他の世界で、ジョン・ジェイコブは斬新なA旅を書いた。奇妙に、エリートが、1800年代末において私達の間の保存‘牛’を促進することが好きな方法で、啓蒙主義者は、その外の顔を再設定しはじめた。より高いレベルは、それらのミーティングを後ろに隠すために無実の鳴るカバー組織を作成し始めた。1901年に、アスターは巡礼者社会の作成に寄与されている(それはAmerのためのカバー組織であった)。&英国。

啓蒙主義者の6度王子。

私は、少なくとも5アスターのが現在巡礼者協会のメンバーであると信じる。巡礼者は最近デイビッド・アスター、8番目のジョン・ジェイコブ・アスター、および3番目のウィリアム・ウォルドーフ・アスターを含んだ。そして、1970年代の間、Heverのアスター男爵は巡礼者のロンドンの支店の社長であった。これは、Heverのアスターが指揮系統の中で上で少なくとも次のレベルであったことを暗示している。アスターは、また、頭蓋骨&骨格Socに英国の当量であるグループ'に非常に精通していた。英国、アスターで、約20の他とともに、ちょうど、米国助けにおけるホイットニーのもののような一定のファミリーが頭蓋骨&骨格の注文を支配するように、ファミリーはグループを支配する。

再び、より早く指摘された時に、悪魔主義を理解することへのキーはbloodlinesである。1910年に、啓蒙主義者の筋肉と骨の枝は1910年に円卓グループの作成によって自身を再設定した。アスターのはエイブ・ベイリーとともに円卓グループの後ろの財政上の後援者の部分であった。選ばれた者(啓蒙主義者のスーパー秘密の一番上の円)の会を設立することにおいて、ロードス島とミルナーは重要人物であった。アスターによって助けられた部分へのロードス島信頼、助けはローズ奨学金システムに資金提供する。高いランキングフリーメーソン会員がこれらの様々な新しいグループの一部としてフリーメーソンの轟音わなを望んだロードス島けれどもミルナーとブレットは、フリーメーソンの儀式、衣装などを廃止した1919年に、王室の国際問題研究所(RIIA)は作成された。

そして、アスターのは、啓蒙主義者の4度のカバーとして機能するRIIAの主要な財政上の後援者であった。

これに新しい人々にとって、RIIAは、中の米国ウォルドーフ・アストリアがRIIAに任命された政策立案プロセスにおいて、主要な役割を演じる外交問題評議会(CFR)への英国の当量である。まさにCFR/RIIAの上に、「ヘルパーの協会」として最初セシル・ローズによって名付けられた円卓グループがある。啓蒙主義者に加入するためとどのように1つの世界政府を採り入れるかについて学ぶためにいくつかの国家からオックスフォードまで一番上の人を募集し、連れて来るために、セシル・ローズはロードス島奨学金を設定したので、ロードス島プログラム--啓蒙主義者の1級--中への初期の選択は頭蓋骨&骨格への加入と等しい。写真の中で、あなたは、どうクリヴデンアスターのがローズ奨学生に親密に接続していたかをわかる。ローズ奨学生は頻繁にクリヴデン地所に行った。

家系チャートを見ることによって、あなたは、どのようにロンドンのファミリーが2つの強力なセグメントに分裂したかをわかることができる。1つの部分がCleveden地所のまわりで集中していた。別のグループはアスターになった Heverである -または、略しのHeverアスター。ウィリアム・ウォルドーフ・アスターはペルメル街ガゼット、オブザーバー、およびペルメル街雑誌を所有していた。ロンドン時は主としてアスターのによってコントロールされて、1922以来、彼らは英国のニュースのこの主要なソースを所有していた。デュポンのとロックフェラーのはまた、彼らもあからさまな大きな所有財産を所有しているいくつかの主要なビジネスを持っている。しかし、誰がそれを所有するかへのつながりが、追跡しづらいように、13の一番上のファミリーの富のほとんどは隠される。ホイトAmmidonはビンセント・アスターと他のアスターののためのプロキシであった。(このニューズレターの中で啓蒙主義者の会員名簿を見なさい)。次々、太平洋の関係(I. P. R.)のために研究所によって出資されたローラ・スペルマンを使ったアヘン得意先のために、アスター家はまたそれらのプロキシとしてオーウェン・ラティモアを使った。

I.P.Rは、赤い中国がアヘン貿易を分担することを可能にする啓蒙主義者の決定を監督したグループであった。

大きな世界の出来事の後ろの操り人形ストリングは一般大衆によって見られないかもしれないけれども、私達がいくつかのビッグイベントの起源を追跡するならば、私達はアスターの助けが糸を引くのを見る。

I.P.Rは真珠湾攻撃のために土台を置くことに役立っていた。

アスターのはまた、ヒトラーが脅威になることを可能にしたヨーロッパの融和政策の後ろにいた。

アスターのは、女性のキリスト教婦人禁酒同盟によって開始されたアルコール飲料に対してまた禁酒運動に関係していた。ちょうど、今日、私達が、私達を忙しくしておくためにそれらによって作られるアパルトヘイトのような大きな問題を持っているように、禁酒運動はエリートの作成されたムーブメントであった。

ジョセフ・ケネディとオナシス、密売することによって、2つの他の一番上の13啓蒙主義者ファミリーが禁酒運動から豊かになった。とても多くの人々は、禁酒運動(フリーメーソンの関与のほんの1回の暴露についてはオカルト神権政治を見なさい)を露出したので、ここでそれをカバーすることは関係していない。

禁酒運動の今日の当量は麻薬戦争である。ジャック・アスター大佐(世界の最も強力な人の1人)は、タイタニックによって降りた人々の間にいた。彼の名誉に、彼は、彼の人生を犠牲にする必要がなかったけれども、した。

彼が悪党であったならば、彼はある救助船から女性と彼女の子供を追ったかもしれない。多くの説教はタイタニックの意義の上で行われて、私は個人的に、タイタニックが世界のプライドの上の判断であったと理解するために、神がそれを彼の大臣のそんなに多くの心臓に置いたと思いはじめている。より具体的にそれは新世界秩序のエリートへの警告であった。別の啓蒙主義者発明品は共産主義であった。これはとても完全に文書化されているので、外でそれを勉強するために時間をかけなかった人々がまだいる以外、私は、なぜ私が、それをここに述べる必要があるかを知らない。

ジェイムズ2世。

人の精神におけるビリントンの本火 - 非常に学者的な作品とオカルト神権政治は、これを勉強するいくつかのよい出発点である。フェビアン協会はまた啓蒙主義者に接続していた。例えば、啓蒙主義者王子ジョージ・エドワード・ゴードン・カトリン教授、巡礼者Soc.メンバーはフェビアン協会の実行委員会のメンバーであった。フェビアン協会ロゴは羊の皮を着たオオカミである!!!フェビアン協会会員は、世界革命のためのオープンな共謀青写真が羊衣類の中のオオカミであったとそんなに雄弁に新世界秩序において新世界秩序、現代ユートピアのような本によって書いたH・G・ウェルズが好きである。H. G. 井戸は、新世界秩序を、みんな、ある種のユートピアに有利に聞こえたことにした。それは、それがあるであろうものではない。1930の間に、フェビアン協会社会党員は政治的なものと経済計画グループ(PEP)を作成した。メーソンViscountウォルドーフ・アストリアはPEPのリーダーであった。イギリス政府を通して作成されて、実施されたPEPが後であった秘密のプログラムは本の中で1935年に経済計画の原則を説明した。その本は、なぜそのカバーがそのカバーの上で表面上は表示されたフリーメーソンスクェアと羅針盤を持っているかを説明しない。共産主義とフェビアン協会の社会党員が、最初の女性Memberまたは議会になったナンシー・アスター婦人の最もよい友人であったことであったジョージ・バーナード・ショウ。一緒に、ナンシーが、彼女が、いたいと思わなかった彼女の夫Waldorfでしたよりずっと多く、これらの2は膨大な時間を過ごす。

Waldorfは、より早く言及されて、誰がリードPEPを助けたかのメーソンであった。ナンシー・アスターが、ファーストレディMPであるために選ばれた(またはエリートによって選ばれる)後に、ラッセル婦人のそれはすぐその後またMPになった。共産主義は、それが金持ちの資本家の敵であるふりをするけれども、金持ちのエリートと共産主義のリーダーの両方は、キリスト教を拭き取り、独占によって自由貿易を拭き取り、啓蒙主義者1つの世界政府を設立することを約束する。あなたは、彼らが同様なゴールを持っているとわかるか?写真は1930年代の間にWaldorfとロシアへのナンシー・アスターの訪問について含まれる。アスターのは敵のようにではなくロイヤルティのように扱われた。私達は、どのようにエリートのコントロールされたプレスが私達を欺いていたかをわかることができるか?私達の啓蒙主義者にコントロールされたエリートが共産主義から私達を保護することを確信しないでください、彼らは共産主義をコントロールする。社会主義のほかに、ナンシー・アスターはクリスチャン・サイエンスの大きなサポーターであった。クリスチャン・サイエンスはそのまさしくその最初からの魔法のための正面であった。「クリスチャン・サイエンスがあるものの上の詳細について、私は、人々研究が軽くヘビ、2.6章の'The癒しとして賢明であることを提案する」。ナンシー・アスターは早いメーソン/バクーニン共産主義者に吸血鬼と本の博物学を書いた。彼女はグレンフェルファミリー書類を使った。グレンフェル家はクリヴデンアスターのへの親密な友人であった。デイビッド・アスター(1957年と1966年の出席した(閣下)Bilderbergerミーティング)。

アルファロッジは、伝統的に、ロイヤルティのためであるイギリスのロッジである。

それほど社交的ではない高さのそれらによって肩をみがくことから自身を保護できて他のエリートのロッジがある。

これらは、フリーメーソンのロッジ that アスターの接合箇所 のタイプである。要約において、アスター家の調査は、フリーメーソン、チェース・マンハッタンなどの様々な、政治的に(それは啓蒙主義者である)汚された銀行と同様に啓蒙主義者自身、巡礼者社会、円卓、共産主義、フェビアン社会主義、CFR、RIIA.、Bilderbergersから及んでいる啓蒙主義者の活動の完全なスペクトルとのそれらの密接な関係を明らかにする。Avaアリス・ムリエル・アスターはオカルト主義者であった。彼女は1902年に生まれて、かわいかったけれども、また、非常に真面目な女性であった。彼女は、それらがまた強い意志でない限り彼女のいるところで人を支配することができた非常に強い意志の人であった。彼女はエジプト魔法に夢中で、彼女がイクナートンのエジプトプリンセスと弟子の生まれ変わりであったと信じた。アリス・アスターは、ツタンカーメンの墓に入る最初の人々のひとりであったかもしれない(そこで、彼女は自身のためにネックレスを取ってきた)。来ることであった物の写真として、オルダス・ハクスリーはすばらしい新世界を書いた--ほとんどの人々は暴露として考えるけれども、オルダス・ハクスリーとアリスが一緒にたくさんのオカルト物のためにした計画または青写真として、それは本当により多くであった。それらの財力は未チェックである。マイヤーズとその他は、アスターのが法を免れることに注意した。トップ13のファミリーは法律に従わない--それらはその法律である。アスターのは彼らのランクにおいて啓蒙主義者王と王子を持つことができて、彼らは数十の何十億もの財産を持つことができるけれども彼らが判断で彼らの創造者に向かっている時に、それはすべて何にもならないであろう。

FDRとアスター婦人 - 2人の社会主義者

アスターのを追求しなさい。私が1/1/93の問題の中でリーダに返すべきであったと思ったアイテムの1つはジョン・ジェイコブ・アスター(1763-1848)のフリーメーソン背景であった。公式に、ここに彼のフリーメーソン関与がある:

オランダロッジNo.8の、2つの機会1796のニューヨーク1796-1801の年下の雄大なウォーデンcomamandery(そして呼ばれた野営)の1801秘書のグランド・ロッジのN. Y. C.-1788雄大な会計係のマスタ。忙しい人のために、彼は自身を彼のフリーメーソン仕事において忙しくしておいた。アスター家は情報オンによってそれらのCANLER支店を再び訪れた。13の一番上のBLOODLINESがある。13のファミリーまたはbloodlinesがトップにあり、これらのファミリーの5つはこれらの13の中のコアである。ヘビとして賢明なBeに先がけて、13の一番上のファミリーの存在はあまり多くの人々によって知られていなかった。13のファミリーの存在はベリー スミスの本の中で1980年代の最終的な注目になったけれども、名前はまだ未知であった。オーストラリアのベリースミスは彼の本最終版注目ページを書き込んだ。

9、「世界政府計画を率いている13のファミリーまたはグループがある」。

小さな読まれた記事の中、「これらのファミリーは米国1ドル札の裏面の上の奇妙なシールの上で見つかったブロックの13のレイヤーとして描かれる」.、1人のSRA犠牲者は最近、悪魔主義が少しのファミリーによってコントロールされたと書いた。最近、彼らが本ドープへの彼の支持が好きでなかったので、デュポンのが、彼を誘拐しようとしていたので、デュポンのそれはテレビ番組の上にあった。Inc.Iは、その本のコピーを得ることができて、そのような素晴らしい本を見つけることに大喜びした。私の関係筋は、私に、一番上の啓蒙主義者ファミリーが麻薬取引より遅れていたと言っていた。はい、麻薬取引を通して利益のために人類を破滅させることにおいて、サタンの一番上の追従者はまたそのヘッドピンである。麻薬取引のある面に関係しているように、これらのファミリーからの以下のファミリー(他のほかに)または個人はドープ社で言及される:アスターの、バンディの、デュポンの、フリーマンの、ケネディの、リーの、Rockefellers、ロスチャイルドの、およびラッセルの。トップ13のファミリーのうちの9つが、世界の違法な麻薬貿易の後ろの有名人を明らかにした本の中でそこで名前を取ってくるであろうのは全然偶然の一致ではない。他の突出した啓蒙主義者ファミリーがまたブロンフマンの、カボットの、ショーの、Bacons、パーキンズ、モーガン、フォーブス、シスネロス、およびオッペンハイマーのなどの麻薬取引について重要な役割を果たすことは言及されるべきである。私達は前にどこでそのような名前を見たか?人々が、ルイス・モーティマー・ブルームフィールド(ロバートVesco(スイス(ブルガリア、ケント公のイワン・スラフコフ)のフランソワ・ジュヌー))などのの危険を知るためにりっぱにやるであろうドープ社に、名前がある - スコットランド儀礼のおばあさんのロッジのマスタと少しに言及するジャーディン・マジソン。すべての私達の好きな秘密の兄弟のグループはまたドープ社に出る。例えば三幅対、P2石造建築、通常のフリーメーソン、CIA、セント=ジョンの注文、およびイエズス会士。ユニバーサルクリスチャングノーシス主義者教会は、どの習慣黒魔術が麻薬取引とのその接続を示している章全体を持っているかである。このニューズレターの中で先に言及されている英国の暗殺局Permindexはまたその本の中で章を得る。ヘビ本として賢明なBeにおいて、私は詳細にロスチャイルドのとラッセルのだけを試験する。私は、13のファミリーについて私のステートメントで裏付けるために多くを見せなかった。さらに、ほとんどの人々が、考慮したくない想像不可能なアイテムの一つは、彼らが崇拝していた彼らのリーダーがまったく堕落しているかもしれないことである。

座り、啓蒙主義者からの脅威が、適切に理解されていることであったならば核心詳細を与えることを除いてすることは何もなかった。事実はすべてについて物語るであろう。作家とリーダの両方の理想的な解決策は、私の研究を書き上げるために私に向いていて、一連の記事としてそれを読むためにあなたに向いている。とても多くだけがあるので、人はすぐに吸収することができて、これらの記事はたくさんの詳細を与える。今年の1月に、私はトップ13のファミリーの上の一連の記事を開始した - トップエキスパートが、誰も知らないと言ったファミリー。これらのファミリーに気づくためと聖餐のより広いセクタに警報を出すために他を刺激する希望によって、私はこれをした。啓蒙主義者に1月1日の記事の一部を書いた若い同僚デイビッドJ.スミスは、1月1日の記事が持っていたものに加えてさらに研究を実行する気になった。アスターのについてのこの記事の情報のほとんどはその時デイビッドの研究の結果である。事実を決定することにおける困難。素材のほとんどは、アスターが、公開に、得てほしかったものに沿って情報を与えている作家と歴史家による歪みのまぎれもないマークをアスターのショーの上で外に出した。アスターのの本は信じられるおよび信じられない素材、事実、およびフィクションを含んでいて、本当のことのいくつかが永久に覆い隠され続けるかもしれないけれども、それは、私達が、私達が再建することができた最も正確な写真を得ることを妨げなかった。アスターのは、それらを調査する仕事を容易にしない。彼らがこの国家の中で到着して以来ずっと、それらは非常に秘密で、非常に欺瞞的である。ジョン・ジェイコブ・アスター、最初の突出したアスターは、有名なうそつき(「彼は、彼を問題で悩ました人々の教化のためにロマンチックな話を発明する機会に知られてい……」)であった。従って、彼を最もよく知っていた人は、彼の功績について完全にすべての伝説の評判を悪くする用意ができていなく、福音として彼らを繰り返すことになっていなかった。「彼らは、真実は両極端の間のどこかで横になると疑っていた」。(テレル、ジョン・アプトン。Astor.、ページによる毛皮(102.)ジョン・ジェイコブの息子は、彼の父の嘘が、彼の個人記録、ビジネスレコード、および他の書類のすべてを焼却することによって挑戦されなくなるであろうと保証した。ORIGIN OF THE FAMILY&そのNAME Theアスターのは自身のために様々な起源を考え出し、ファミリーに賛成または反対のそれらはより多くのアイデアを追加した。1つの強い可能性は、アスターのが1600年代以前に南イタリアで発見されたアストルガ家の子孫であることである。名前の最もありそうな意味は、アストルガとアスターの両方が、オカルトの母である「アスターティ」を意味しているバリエーションであることである。彼女の名前はまたセミラミスである。バビロンで、三つ組はニムロド(太陽)、セミラミス(月)、およびタンムズ(明けの明星)であった。エジプトで、これらの神はオシリス、イシス、およびホルスと呼ばれた。写真と彫像イシスとホルスは聖母マリアとキリストの子供としてローマ・カトリック教会によって新しく名前をつけられた。THE FAMILY INヨーロッパ、ファミリーはサボイからWaldorf、ドイツに動いたかもしれない。それは確信ではないけれども、入手可能な手掛かりからの最もよい説明は、Waldorfの集会が魔法/悪魔のシステムにおいて何人かの重要人物を持っていて、ヨハン・アスターの家族がパワーを持っていたことを示す。ヨーロッパのその時間に、アスター家に、それらのオカルトパワーを成功に変えるチャンスは全然なかった。ヨーロッパのパワーとクラスの構造は堅く、グリッドをロックされていた。小作農と貴族階級の間の境界は堅固に適所にあった。従って、悪魔のヒエラルキーにおけるそれらのポジションを金融資産と権力に変えるために、ファミリーは新世界に目を向けた。Waldorfにおけるヨハン・アスターはただの肉屋であった。彼の最もよい息子ジョン・ジェイコブ(1763-1848)は、アメリカでアスターの家を設立するために選ばれた。16歳のジョン・ジェイコブ・アスターGOES TOアメリカ(ファミリーがビジネスを屠殺するのを手助けして、やめられたジョン・ジェイコブ・アスター)はイギリスに、それから後でアメリカに行った。物の詳細を見て、真実を繕って、彼が、イギリスの屋外便所ファミリーによって向かい合ってイギリスに、そして逆のドイツ語を話している小作農として旅行することができたので、彼の悪魔の権限がすでに適所にあったようである。もちろん、伝記作家はそれを彼の家族というよりも自身のためにドイツを残されているジョン・ジェイコブ・アスターのように聞こえさせる。マイケル・アスターはジョン・ジェイコブの任務の一見に、「彼は、彼の幼年期の貧乏を免れて、アメリカで彼の家族のための安全な財務状態を設立することにおいて財産を築くことにほとんど完全に専念した」を与える。(アスター、マイケル。部族の感覚ページ(11)

400年のOVERVIEW、プロセスはこのように見える。様々な悪魔の家族は遅い中世の時間に南西のドイツ地域へ移動した。ダイアナと関連した魔法は南西ドイツで行われて、これは、ローマ・カトリック教会の様々な要素を警告しはじめた。アスター家はハイデルベルクエリアで集会におけるリーダーシップを提供する。魔法は南西ドイツの至る所で事実上広がった。老人の調査は、約1500から1650が、魔法がエリアにわたって行われていたことを示すと伝える。(私は120を超える町の名前を持っている それであった SWドイツ、古いドイツレコードから引き出されたリストにおいて行われた 。)アスターのは、オカルトリーダーシップの1700年代の末期にそれらのポジションを与えたポジション、富、および権力を持っていなかった。ドイツ、イギリス、およびフランスに、社会的階梯を登る方法が全然なかった。しかし、新世界は機会を示した。アスターは、ジョン・ジェイコブ、イギリスへの人、アメリカへの人のために方法を準備するために2人の息子を行かせて、それから新世界に彼らの最も見込みがある最も利口な息子をジョン・ジェイコブに送った。アメリカにいる間、アスター家は、イギリスに本部を置いた悪魔のエリートがアメリカに関してのそのコントロールを維持することを手助けした。ドイツから来てし、また秘密の悪魔主義のためで、プロ英国エリート動きに与えられたジョン・ジェイコブ・アスターの助けは、より疑いづらかった。アメリカ(イギリスに移動したアスターの種族)の貴族としてアメリカの彼らの高い社会的地位によるどこかを自身で立証した後に、誰も高貴さのタイトルを彼らに傾けている女王に質問しなかった。プロセスに沿って、啓蒙主義者接続を持つ人々はアスターののためにドアを開いた。この時点で、それは、以下のグループの間のつながりがそこでそれの外に向けられたことである必要がある:英語ロイヤルティ、英語悪魔主義、英語フリーメーソン、およびドイツ魔法とイタリアのブラック高貴さ。(私がこの記事の作者として持っている自由を取って、私は、これらの接続のいくつかの例をあげるために離れようとしている。)(表面の上で、これは直接アスターのに付随していないけれども、それはする。)そして、人が、オカルト世界で起こっていたことのより大きな全景を描き足し、それから人がブレイジング・スターがその全景を横切って疾走するのを見る時に、そのブレイジング・スターの本当の歴史は、その全景を通してその旅を追跡することによって与えられる。しかし、歴史の本は、意図的に、その燃え立つすじのトラックに沿って横たわっていたプレーヤーとグループのそんなに多くの意義を隠した。


具体的なグループ

ヘルメットのナイトの注文--これはその頭でフランシス・ベーコン卿との照明された秘密結社であった。そのフリーメーソン儀式を隠すために、フランシス・ベーコン卿は、これが1594年12月に1594年1月3日に、そして12日の再び間実行されたことを「ヘルメットの注文」.という表題を付けられた芝居に手紙で知らせた。1594年12月に、悪魔のように照明されて、出迎えられて、彼らの入会式を劇と呼んでいる「遊び」.に置かれた英国貴族は大きなカバーであった。フランシス・ベーコン卿は王にされて、「紫の王子」.様々な人はヘルメットの騎士道のえりを与えられて、誓約を立てて、「6人の高い評議員によるチャージのシリーズ」は、悪魔のS.R.I.A.が現在することに非常に類似している方法で与えられた。リーダは、これをするものがアスターのとの関係を持つように頼むことができる?これは、ヨーロッパのオカルトの中で起こっていたことの背景の単に少しの短い眺めである。イギリス女王は、ヨーロッパ大陸に20代で若者としてフランシス・ベーコン卿を行かせた。フランシス・ベーコン卿はルーブル、セントクラウド、ブロア、パリ、およびPoictiersなどの場所でフランスを旅行し、彼はまたドイツ、イタリア、およびスペインに旅行した。

彼はマルグリット・ド・バロワの法廷などの様々な宮中を訪問した。マルグリットはナバールのキング・ヘンリーと結婚していた。彼女の母は悪カトリーヌ・ド・メディシスであった。フランシス・ベーコン卿はまた多くの秘密結社と出会った。マルグリットの法廷で、彼は「Pleiade」団体と時間を過ごした(それは7人の知識人のグループであった)。

アルフレッド・ドッド(アルフレッドはフランシス・ベーコン卿を勉強して彼の一生を過ごした)であったフランシス・ベーコン卿の最もよい伝記作家によると、彼がヨーロッパ大陸の上にいた時に、フランシス・ベーコン卿は多くの秘密のオカルト社会に加入した。彼は神秘的な魔法、エジプトの神秘主義、アラビア風の神秘主義、およびドイツZteinmetzinの関税を学んだ。(ドッド、アルフレッド。)


悪魔Bloodlinesに

Introduction: To The Satanic Bloodlines


I am pleased & honored to present this book to those in the world who love the truth. This is a book for lovers of the Truth. This is a book for those who are already familiar with my past writings. An Illuminati Grand Master once said that the world is a stage and we are all actors. Of course this was not an original thought, but it certainly is a way of describing the Illuminati view of how the world works. The people of the world are an audience to which the Illuminati entertain with propaganda. Just one of the thousands of recent examples of this type of acting done for the public was President Bill Clinton’s 1995 State of the Union address. The speech was designed to push all of the warm fuzzy buttons of his listening audience that he could. All the green lights for acceptance were systematically pushed by the President’s speech with the help of a controlled congressional audience.


The truth on the other hand doesn’t always tickle the ear and warm the ego of its listeners. The light of truth in this book will be too bright for some people who will want to return to the safe comfort of their darkness. I am not a conspiracy theorist. I deal with real facts, not theory. Some of the people I write about, I have met. Some of the people I expose are alive and very dangerous. The darkness has never liked the light. Yet, many of the secrets of the Illuminati are locked up tightly simply because secrecy is a way of life. It is such a way of life, that they resent the Carroll Quigley's and the James H. Billington's who want to tell real historical facts rather than doctored up stories and myths. I have been an intense student of history since I could read, and I am deeply committed to the facts of history rather than the cover stories the public is fed to manipulate them. I do not fear the Illuminati taking over this country and doing away with the Constitution, because they took over this country long ago, and the Constitution has not technically been in effect due to Presidential emergency decrees since W.W. II.


Being a follower of Christ does not mean we should fear. Perfect love for Almighty God casts out our fear for the situation He has place us in. Don’t think for a moment you are going to vote the Illuminati out of office. They control the major and minor political parties. They control the process of government, they control the process of information flow, they control the process of creating money and finally they control Christendom. (However, God controls the hearts of His people.) I have provided information on how to respond in some of my other writings. This book will not tell you how to deal with the Illuminati families. This volume is simply the first of two volumes which is published to give an overview of what the Illuminati is. In short the Illuminati are generational Satanic bloodlines which have gained the most power. A generational Satanist described the Illuminati as "Satan’s elite." This book is not written to cause fear. It is not written to provide names for a witch hunt. It is not written to provide another theory. This book is not about a theory. It is about the secret occult oligarchies which rule the world. When brought together, the facts of this book will begin to speak for themselves without me. I don’t ask that you take my word. Investigate for yourself. God Himself has told us that the whole world lies in the power of the wicked one. Some people after they have read my material have gone out into their own geographic area and seen for themselves that a small group of people control their nation and the world from behind the scenes. They have seen for themselves the power that secret societies exercise from behind the scenes.


This book will not be error free. There will be typos, and misspelled names, and errors of various kinds. The author is not God Almighty. I do not have every hair on these people’s heads counted. This book has not been put out with the luxury of ghost writers, editors, a paid staff of researchers and a large budget. I look at many trivial projects which the elite are able to pour millions of dollars into, and I look at the research I do when at times I’ve not had a dime to photocopy some document I want. There is so much for me to communicate about the Illuminati, who they are, what their rituals are like, and how they control the world that it has taken several years of writing to begin to give people a fully cohesive picture. Finally, after a number of requests that I assemble my writings exposing the top 13 Illuminati bloodlines, I have taken the time to put it all together in a book with a comprehensive index. History is important. In order to know where we are going, we need to know where we have been. To control the past is to control the present. The Illuminati’s control over the entire learning process from cradle to grave gives them great ability to shape our frames of references. Jesus spoke about historical things. Paul reminded people of historical things. Josephus wrote a history of the nation of Israel.


Long ago in the dark unwritten pages of human history, powerful kings discovered how they could control other men by torture, magical practices, wars, politics, religion and interest taking. These elite families designed strategies and tactics to perpetuate their occult practices. Layers upon layers of secrecy have hidden these families from the profane masses, but many an author has touched upon their existence. I began my research when I began to get first hand reports from very informed people that an elite group did rule the world. My research into Satan’s hierarchy went fast because of my skills as a researcher and because I knew from the beginning from my informants about the reality of what I was investigating. My investigation into the Illuminati, led me to read and pray about thousands of books. The quantity of books, newspapers, magazines and manuscripts and papers which were read to get me to where I am today numbers in the many thousands. I do not know how many nights I stayed up studying and finally collapsed into sleep with blurred red eyes.


 I do know that I was driven enough in my study that I often would not stop until my eyes and mind could go no further. Men and women with sharp intellects like Edith Star Miller (author of Occult Theocracy) and Alexander Hislop (author of The Two Babylons) have tried to research the occult world and the connections between the different groups. I first read Hislop's book in 1981. His book shows that there is a continuity between the ancient occultism of the Mystery Religions and modern day religion. Edith Star Miller’s Occult Theocracy was very helpful for me to rapidly see some of the many hidden historical and operational connections between occult groups today. Finally, the book Holy Blood. Holy Grail and its first sequel The Messianic Legacy gave me a deep insightful look into the 13th bloodline. But my understanding has been lifted by countless other investigators, who are worthy of praise because they dared to challenge the power structure to get to the real facts. In mockery and imitation of God’s 12 tribes, Satan blessed 12 bloodlines. One of these bloodlines was the Ishmaeli bloodline from which a special elite line developed alchemy, assassination techniques, and other occult practices. One bloodline was Egyptian/Celtic/Druidic from which Druidism was developed. One bloodline was in the orient and developed oriental magic. One lineage was from Canaan and the Canaanites. It had the name Astarte, then Astorga, then Ashdor, and then Astor. The tribe of Dan was used as a Judas Iscariot type seed. The royalty of the tribe of Dan have descended down through history as a powerful Satanic bloodline. The 13th or final blood line was copied after God’s royal lineage of Jesus. This was the Satanic House of David with their blood which they believe is not only from the House of David but also from the lineage of Jesus, who they claim had a wife and children. The 13th Satanic bloodline was instilled with the direct seed of Satan so that they would not only carry Christ’s blood--but also the blood of his "brother" Lucifer.


One of the bloodlines goes back to Babylon and are descendent from Nimrod. Down through the years the occult world has remained hidden from the history books. (Publishing and education have been controlled privileges.) They have ruled behind the scenes. The Mystery Religions each had their secret councils which ruled them, and these councils themselves came under the guidance of a secret supreme Grand Council or Governing Body. The Mystery Religions in turn ruled the masses and the political leaders. When I first began investigating the Illuminati a clear picture developed that the history books were doctored, and that great power was concentrated in the hands of oligarchies around the world. But who were these powerful people? I have been repeatedly asked, "If there is a conspiracy who are the conspirators?" That is what this book is about. The history books are full of information about the elites and the masses. Interestingly, upon very close scrutiny and examination the investigator finds that the elite have perpetuated their power for centuries, and have worked hand in glove with other elites to control the masses.


When seen in better light, wars between kings no longer appear as wars between elite factions, but contrived wars to control the masses by their greedy elite masters. But who are these people? The answer may not be the answer some might expect, because power comes in many shapes and sizes. Power doesn’t have to have high visibility to be active. In fact, due to the evil dark nature of these evil bloodlines they have traditionally tried to remain secret. I am indebted to people who have stepped out of the generational Satanic bloodlines of the Illuminati and who have given their lives to Christ for many of the tips which got my investigations on the right track. This book tells what many witnesses of generational Satanism would like to tell, but are too intimidated to tell. Witnesses like Tom Collins, and John Todd, and David Hill have tried to testify what they themselves saw--they each were destroyed. But the truth will not die with Tom Collins or David Hill. The truth did not go out of fashion just because John Todd was framed and dishonored by the Illuminati’s henchmen. Several people from different places have confirmed that there are 13 Illuminati bloodlines. Further, several ex-Illuminati people have confirmed my list of 13 families.


It is possible that my list is off on a name or two, but if it might be off, it can not be off much, if any. I believe the facts speak for themselves. As you study these bloodlines you will also see how powerful they are. David Hill, who was investigating the Illuminati, lost his life because he had been close to the inside as a high ranking Freemason who worked for the Mafia. I received David Hill’s research manuscript two years after I had begun reporting on the 13 families. David Hill had done what I had originally done. He had asked questions and began to dig into who pulled the strings in this country. Both David and I discovered the names of some of the more obvious powerful families. For instance, in David’s notes he writes, "Yes, it is a fact: the Mellon's, Carnegies, Rothschild's, Rockefellers, Dukes, Astor's, Dorrance's, Reynoldses, Stiliman's, Bakers, Pyne's, Cuilman's, Watson's, Tukes, Kleinwort's, DuPont's, Warburg's, Phippses, Graces, Guggenheims, Milner's, Drexel's, Winthrop's, Vanderbilt's, Whitney's, Harknesses and other super rich Illuminated families generally get along quite well with Communists, who supposedly want to take away the wealth of these men and give it to the people.


However, this is only double talk designed to bolster the superstructure of delusion that Communists are the enemies of all Capitalists. But Communists, like the super rich families, are not the enemies of MONOPOLY CAPITALISM: they are the foes of FREE ENTERPRISE." (Untitled manuscript of David Hill, p. 215.) My research had already entered another dimension beyond David Hill’s, because people trying to escape being part of the Illuminati had given me the 13 family names. But each round of validation I have received is a pleasant encouragement that others have seen the same things. It was a pleasant surprise to see that this researcher had singled out some of the same families as I had. Some of the allied families if not all of them probably have intermarried somewhere with one of these bloodlines. Because this book is a collection of things which I have written over the years allow me to review what was written. In 1991, I first self-published my Be Wise As Serpents manuscript which exposed the top 13 families. In 1992, I began my newsletter to continue exposing the Illuminati, and came out with some monographs exposing the Monarch Mind Control program and the Illuminati Plans/methods to create earthquakes. From the mid-Dec. ‘92 newsletter up to the most recent ones in 1995, I have ran feature articles exposing the different top 13 families. This book is a collection of things, I, Fritz Springmeier, wrote between 1991 and 1995 about the top 13 families.



? PREVIEW OF VOL. 2


Besides feature articles about the top 13 families, I have also written articles about the Illuminati in general. When I went to assemble what I had written on the 13 families, I realized that much of what I’d said was in the content of articles about the Illuminati in general. I made the decision to use the approximately 250 pages I’d written specifically about the 13 families as Book #1, and what I had written in general about the families, which was also 200 plus pages as Book #2. Volume two will explain how the Illuminati control the world, and what some of their beliefs are, and about their secret and semi-secret organizations. The two books will provide perhaps the most in depth complete picture of the 13 top Illuminati families that has been done to date. In fact, I know of no other book which is devoted to exposing the top 13 Illuminati families. In Volume two, you will read about Illuminati life, Illuminati control, and Illuminati organizations including the ACL, the Bohemian Grove, the Cosmos Club, the CFR, the Club of Rome, the Council of 9, the Council of 13 which is the Grand Druid Council, the Jason Society, the Jason Group, the Ordo Saturis, the OTO groups, MI-6, MJ-12, the Mothers of Darkness, the Pilgrim Society, the Prieure de Sion, the Process Church, the Sanhedrin, the Temple of Power, and other groups. These two books will give the details behind what was written, "the whole world lieth in wickedness" and that the god of this world is in its full reality Satan.



Grace and peace be with you,


Fritz Springmeier, Feb. 10, 1995






入門:

悪魔Bloodlinesに

私は、この本を、真実を愛している世界のそれらに提出することに満足である&光栄に思っている。

これは真実の恋人のための本である。

これは、すでに私の過去の文書に精通している人々のための本である。

啓蒙主義者グランドマスタは一度、世界がステージであり、私達がすべて俳優であると言った。

もちろん、これはオリジナルの考えではなかったけれども、それは確かに、どのように世界が働くかの啓蒙主義者眺めを説明する方法である。

世界の人々は、啓蒙主義者によって、宣伝によって楽しむ聴衆である。

一般大衆のためにされたこのタイプの演技の数千の最近の例のうちのほんの1つはビル・クリントン大統領の1995年の一般教書であった。

スピーチは、彼ができた彼の聞いている聴衆の暖かなファジーボタンのすべてを押すようにデザインされた。

受容のためのすべての青信号はコントロールされた議会の聴衆の助けによって大統領のスピーチによって体系的に推進された。

真実は一方ではいつも耳をくすぐるわけではなく、その聴取者の自我を暖めるわけではない。

この本の中の真実のライトは、彼らの暗闇の安全な快適さに戻りたいであろう何人かの人々のために明るすぎるようになるであろう。

私は共謀理論家ではない。

私は理論ではなく本当のことを扱う。

私が、まわりで、私が会ったと書く人々の何人か。

私が露出する人々の何人かが生きていて、非常に危険である。

暗闇は一度もライトが好きであったことがない。

それでも、単に、秘密が生活様式であるので、啓蒙主義者の秘密の多くは堅く施錠されている。

それはそのような生活様式であるので、彼らはキャロル キグリーのに憤慨し、ジェームズH.ビリントンは、話と神話を不正に変更したかというよりも、誰が、本当に歴史上の事実を話したいかである。

私が読むことができて以来ずっと、私は歴史学の強烈な学生であり、私は、一般大衆が、それらを処理するために与えられるカバーストーリーというよりも歴史の事実に深く関わる。

彼らがずっと前にこの国を引き継いだので、私はこの国を引き継いでいて、憲法を廃止している啓蒙主義者を恐れていなく、憲法はW.W. II以来の大統領の緊急命令のため技術的に有効でなかった。

キリストの追従者であることは、私達が恐れるべきであるのを意味していない。

全能の神への完全な愛情は、彼が私達を中に置かせる状況への私達の心配を追放する。

あなたが、啓蒙主義者を投票で失脚させようとしているとちょっと思わないでください。

彼らは主要で、小さな政党をコントロールする。

彼らは政府のプロセスをコントロールし、彼らは情報の流れのプロセスをコントロールし、彼らは、お金を作成するプロセスをコントロールし、最終的に、彼らは全キリスト教徒をコントロールする。

(しかし、神は彼の人々の心臓をコントロールする。)

私は私の他の文書のいくつかにおいてどのように反応するかについての情報を提供した。

この本はどのように啓蒙主義者家族と取り引きするかをあなたに示さないであろう。

このボリュームは、啓蒙主義者がそうであるものの概要を伝えるために出版される2巻の単に一番目である。

要するに、啓蒙主義者は、最も多くのパワーを得た世代的な悪魔のbloodlinesである。

世代的な悪魔主義者は啓蒙主義者を「サタンのエリート」と評した。

この本は、恐怖を起こすために書かれない。

それは、魔女狩猟のために名前を明かすように書かれない。

それは、別の理論を提供するために書かれない。

この本は理論についてではない。

それは、世界を支配する秘密のオカルトoligarchiesについてである。

呼び集められる時に、この本の事実は、私なしですべてについて物語りはじめるであろう。

私の言葉を取ってくださるようお願いしない。

自身のために調査しなさい。

神自身は、私達に、全世界が悪いもののパワーにあると言った。

彼らが、私の素材が、彼ら自身の地理上の区域の中に外に出て、人々の小集団が舞台裏でから彼らの国家と世界をコントロールすると自身のためにわかったのを知った後に、いくつかが植民する。

彼らは、秘密結社が舞台裏でから行使するパワーを自身のために見た。

この本はエラーなしにならないであろう。

誤植があるであろうし、様々な種類の名前とエラーが綴りを誤った。

作者は全能の神ではない。

私はカウントされたこれらの人々の頭の上ですべての毛をしているわけではない。

この本はゴーストライター、エディタ、研究者の支払われたスタッフ、および大きな予算の贅沢によって出版されていない。

私は、エリートが、数百万ドルを注ぐことができる多くの些細なプロジェクトを見て、時々、私が望んでいるある文書を写真複写するために10セント銀貨を持っていなかった時に、私は、私がする研究を見る。

啓蒙主義者、それらが誰であるか、それらの儀式がどんなふうであるか、そしてどのようにそれらが世界をコントロールするかについて私が伝達するとても多くがあるので、人々に完全に統一感がある写真を与えはじめることは数年のライティングを取った。

最終的に、私がトップ13の啓蒙主義者bloodlinesを露出している私の文書を組み立てるという多くの要求の後で、私は、総合索引によってそれをすべて一緒に本に入れるために時間をかけた。

歴史は重要である。

私達がどこに行くかを知るために、私達は、私達がどこにいたかを知る必要がある。

過去をコントロールすることは、現在をコントロールすることである。

揺りかごから墓までの学習過程全体に関しての啓蒙主義者のコントロールはそれらに、私達の準拠の枠を形づくる高い能力を与える。

イエスは歴史の物について話した。

ポールは、人々に歴史の物を思い出させた。

ヨセフスはイスラエルの国家の履歴を書いた。

人の歴史の暗い記録していないページの中のずっと前に、強力な王は、どうして彼らが拷問、不思議な習慣、戦争、政治、宗教、および興味取りによって他の人をコントロールすることができるかを発見した。

これらのエリートファミリーは戦略と戦術を、それらのオカルト習慣を永続させるようにデザインした。

秘密のレイヤーの上のレイヤーは世俗的な庶民にこれらのファミリーを隠したけれども、多くの作者は彼らの存在に触れた。

私が、エリートグループが世界を支配したという非常に知らせられた人々からの報告を直接得はじめた時に、私は私の研究を開始した。

研究者としての私のスキルのため、そして私が調査していたものの現実について、私が私の情報提供者から最初から知っていたので、サタンのヒエラルキーについての私の研究は速く行った。

約数千冊の本を読み、祈るために私をすごした啓蒙主義者の私の調査。

本、新聞、雑誌、および原稿の量と私が今日多くの千において数である所に私を連れて行くために読まれた新聞。

私は、勉強し、ぼやけた赤目によって睡眠の中に最終的に崩壊して、私がいくつの夜を支えたかを知らない。

私は、私の目と精神がよりもう全然行くことができないまで、私が止めないであろうことが多い私の研究において十分に追いやられたと知っている。

エディスStarミラー(オカルト神権政治の作者)とアレキサンダー・ヒスロップ(2つのバビロンの作者)のような鋭い知的な人との男性と女性は、オカルト世界と異なるグループの間の接続を研究しようとした。

私は最初に1981年にヒスロップの本を読んだ。

彼の本は、ミステリー宗派の古代の神秘学と現代宗教の間に連続体があることを示す。

エディスStarミラーのオカルト神権政治は、私が今日急速にオカルトグループの間の多くの隠された歴史の、そして操作上の関係のいくつかを見るように非常に役立っていた。

最後に本聖地血。

聖杯とその最初の続編The救世主遺産は13番目の血統の中に私に深い洞察力がある表情をした。

しかし、私の理解は、彼らが、あえて、本当のことに到着することを権力機構に要求したことのため、賞賛に値している無数の他の調査者によって持ち上げられている。

神の12の種族のあざけりと模倣において、サタンは12のbloodlinesを祝福した。

これらのbloodlinesの1つは、特別なエリートラインが、錬金術、暗殺テクニック、および他のオカルト習慣を発展させたIshmaeli血統であった。

1つの血統は、どのドルイド教が開発されたかからのエジプト人/ケルト語/ドルイド僧であった。

1つの血統が順応にあり、東洋の魔法を開発した。

1人の子孫がカナンとカナン人出身であった。

それは名前のアスターティ、そしてアストルガ、そしてAshdor、それからアスターを持っていた。

ダンの種族はユダ・イスカリオテタイプ種として使われた。

ダンの種族の王族は強力な悪魔の血統として歴史を通して下に下降した。

13番目または最終的な血統は、神のイエスの王室の家系の後でコピーされた。

彼らが、ダヴィデの家からだけでなく彼らが、妻と子供を持っていたと主張するイエスの家系からであると信じるそれらの血によって、これは悪魔のダヴィデの家であった。

彼らがキリストの血を運ぶだけでないように、13番目の悪魔の血統はサタンの直接的な種によって教え込まれた--彼の「兄弟」明けの明星のけれども血も。

bloodlines進行の1つはバビロンと裏続きで、ニムロドから派生している。

オカルト世界が歴史の本から隠れていた年を通しての下。

(出版と教育はコントロールされた特権であった。)

彼らは舞台裏で支配した。

ミステリー宗派は、それらを支配したそれらの秘密の協議会をそれぞれ催し、これらの協議会自身は秘密の最高の雄大な協議会のまたは制御するボディの案内を受けた。

ミステリー宗派は次々庶民と政治指導者を支配した。

私が最初に啓蒙主義者を調査しはじめた時に、歴史が予約する現像された鮮明な映像は手を加えられて、その大きなパワーは世界中でoligarchiesの手に集中された。

しかし、これらの強力な人々は誰であったか?

私は、繰り返し、「そこならば、共謀は、誰がその共謀者であるかであるか?」を尋ねられている。

それは、この本があるものである。

歴史の本はエリートと庶民についての情報でいっぱいである。

興味深いことに、非常に綿密な精査と調査において、調査者は、エリートが数世紀彼らのパワーを永続させていて、庶民をコントロールするために他のエリートとともに手をグラブに差し込んだと気付く。

よりよいライトにおいて見られる時に、王の間の戦争はもうエリート派閥の間で戦争として出現しないけれども、彼らの食い意地が張ったエリートマスタによって庶民をコントロールするために、戦争を考案した。

しかし、これらの人々は誰であるか?

パワーが多くの形とサイズがあるので、答えは、いくつかが予期するかもしれない答えではないかもしれない。

パワーは、アクティブなために高い視界を持つ必要がない。

実のところ、これらの悪いbloodlinesの悪い暗い性質のため、彼らは、伝統的に秘密であり続けようとした。

私は、啓蒙主義者の世代的な悪魔のbloodlinesから踏み出し、正しく私の調査を得た秘訣の多くのために彼らの人生をキリストに与えた人々に恩を受けている。

この本は、世代的な悪魔主義の多くの証人が、話したいけれどもあることもものが、話すために威嚇したと報じる。

トム・コリンズとジョン・トッドとデイビッド・ヒルのような証人は、彼ら自身が何を見たかを証言しようとした--彼らはそれぞれ破滅した。

しかし、真実はトム・コリンズまたはデイビッド・ヒルと死なないであろう。

ただ、ジョン・トッドが啓蒙主義者の子分によって形成されて、名誉を汚されただけで、真実は流行遅れにならなかった。

違う場所からの何人かの人々は、13の啓蒙主義者bloodlinesがあることを確認した。

さらに、何人かの前啓蒙主義者の人々は私の13のファミリーのリストを確認した。

私のリストが1、2の名前の上にオフであることは可能であるけれども、それがオフであるかもしれないならば、それはもしあれば多くからはずされているはずがない。

私は、事実がすべてについて物語っていると信じる。

あなたがこれらのbloodlinesを勉強する時に、あなたは、また、それらがどれほど強力であるかをわかるであろう。

彼が、マフィアのために働いた高い上位のフリーメーソン会員として中に近かったので、啓蒙主義者を調査していたデイビッド・ヒルは命を失った。

私が13のファミリーを報告しはじめた2年後に、私はデイビッド・ヒルの研究原稿を受け取った。

デイビッド・ヒルは、私が元来したことをした。

彼は質問をし、誰がこの国でストリングを引いたかを掘り抜きはじめた。

デイビッドと私の両方はより明らかな強力なファミリーのいくつかの名前を発見した。

例えば、デイビッドのメモにおいて、彼は、「はい、それは事実である:」と書く。

【翻訳不能文】

しかし、これは、共産主義者がすべての資本家の敵であるという惑わしの上部構造を支えるようにデザインされたただのわかりにくい話し方である。

しかし、共産主義者は、スーパー裕福な家族のように、独占資本の敵ではない:

「彼らはFREE ENTERPRISEの敵である」。

(デイビッド・ヒル、ページの無表題の原稿)

(215.)

啓蒙主義者の一部であるのを免れようとしている人々が私に13の姓を与えたので、私の研究はデイビッド・ヒルのを越えてすでに別の寸法を入力した。

しかし、私が受け取った認証の個々のラウンドは、他が見た 同じ物 楽しい激励である。

この研究者が、私が持っていたのと同じファミリーのいくつかを選出したとわかることは楽しい驚きであった。

それらのすべてでないにしても同盟したファミリーのいくつかがたぶんどこかでこれらのbloodlinesの1つと異民族間結婚した。

この本が、私が数年の間に書いた物のコレクションであるので、私に、書かれたものをレビューすることを許しなさい。

1991年に、私は、最初、一番上の13のファミリーを暴露したヘビ原稿として、私のである博識をセルフ出版した。

1992年に、啓蒙主義者を露出し続けるために、私は私のニューズレターを開始し、君主マインド・コントロール・プログラムを暴露しているいくつかのモノグラフと地震を作成する啓蒙主義者計画/方法によって出て来た。

上の中間'92年12月のニューズレター 1995年の最も最近のもの から、私は持ち、種々の一番上の13のファミリーを暴露している特集記事を動かした。

この本は物のコレクションであると私、フリッツSpringmeierはトップ13のファミリーについて1991年と1995年の間で書いた。

・ 巻のプレビュー

2

トップ13のファミリーについての特集記事のほかに、私は一般にまた啓蒙主義者についての記事を書いた。

私が13のファミリーの上で書いたものを組み立てるために、私が行った時に、私は、私が、一般の啓蒙主義者についての記事の内容の中にあったと言ったもののそんなに多くを実現した。

私は使用への決定を、Iが、本#1と私がファミリーについて一般に書いたものとして、どれがまた本#2として200個のプラスのページであったかを特に13のファミリーについて書いた約250ページにした。

ボリューム2は、どのように啓蒙主義者が世界をコントロールするか、そしてそれらの信念のいくつかが何であるか、そしてそれらの秘密と半秘密についての組織を説明するであろう。

2冊の本は、現在までにされている13の一番上の啓蒙主義者ファミリーの完全な写真をたぶん最も深さにおいて提供するであろう。

実のところ、私は、トップ13の啓蒙主義者ファミリーを暴露することに捧げられるどの他の本も知らない。


これらの2冊の本には、「邪悪さにおける全世界lieth」とこの世界の神がその完全な現実サタンにいることを手紙で知らせられたものの後ろの詳細が載っているであろう。

あなたを持つグレースと平和be 、

フリッツSpringmeier、1995年2月10日

アフォは寝とけ・。

アジアの真実http://ameblo.jp/lancer1/


2006年11月01日


・サイレントマジョリティを考慮すれば結果は逆転します ~偏見に満ちた作家の世論操作術~


テーマ:日本・その他ニュース
?

中国、韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい?:毎日新聞「石田衣良の白黒つけます」


 ◇ふー、びっくりした


 この秋に2度、韓国に取材旅行にいった。日本と韓国を舞台にした恋愛小説を来年書くためだ。訪れたのは、ソウルとプサン。どちらの街も元気で勢いがある。それはたのしい取材旅行だった。ソウルは高層ビルの建築ラッシュで、プサンは国際映画祭の真っ最中。とても華やかだった。たべものはおいしいし、女の子はかわいい。男性は徴兵制のせいか、みなたくましくスーツがよく似あう。ついでにいえば、現地では誰に会っても、おかしな反日感情などなかった。


 うーん、今回は簡単だとぼくは思っていた。だって、中国と韓国はおとなりの国だものね。これからもずっとつきあっていかなければならないのだ。この質問のこたえなんて考えるまでもない。けれど、最近の東アジア情勢を、みんながどんなふうに感じているのか、それが探りたくてこのテーマにしたのだ。


 するとあらら、不思議。寄せられたのは厳しい反韓国・反中国のメールばかりだった。なぜなのかしらん? というわけで、今回は多数を占める「しなくていい」派からいってみよう。


 「近隣国と友好関係をつくるのは『望ましい』ことであって、『なすべき』ことではない」(住所不明・匿名さん)。「都合のよいときだけ、新時代にむけて新しい関係をといいながら、なにか起きると過去の清算だ、教科書問題だという国となぜつきあわなければならないのか?」(大阪市都島区・嫌人さん)。「隣国とは仲良くしたほうがいいに決まっているが、日本側から頭をさげてまで仲良くする必要はない」(海外在住・匿名さん)。「友情ごっこのような関係ならいらない。中国・韓国とは必要があれば協力し、なければ距離をおくくらいでちょうどいい」(北海道旭川市・優子さん)。


 ふー、びっくりした。でも、反対派の意見はほぼ一点に集中している。中国や韓国は反日だから、仲良くする必要はないというもの。それ、ほんとなのかなあ。賛成派のメールを読んでみよう。


 「3年ほど中国東北部で働いています。日本でおおきく報道されている『反日』は、こちらでは報道ほどひどくはありません。一般人のなかには、単なる反日よりも、冷静に日本との上手なつきあいかたを模索している人のほうが多いように感じます」(東京都世田谷区・モモトン)。「実家のまわりには在日韓国人が多く住んでいて、それがあたりまえでした。結婚して住んだ場所には中国人が多く、小学校の運動会では中国語のアナウンスがつくほど。どちらの国の人とも、近くにいることが自然。人間なんだから、仲良くしたほうがいいと考えるのが当然だと思います」(神戸市垂水区・匿名さん)。「当然、仲良くすべきです。隣国の中国や韓国と仲良くしないで、遠くの国とばかりの外交では、成功なんてありえないのでは?」(千葉市花見川区・匿名さん)。


 ぼくはつぎの10年間で、現在の日米関係と同じくらい日中関係・日韓関係は重要になると思う。すでに対中貿易は日本経済のおおきな柱のひとつなのだ。仲良くしなくていい、無視すればいいというのは一見強そうだし簡単だ。でもそうすれば、すぐとなりに住むたくさんの人たちがいなくなるのだろうか。


 今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。中国・韓国とは仲良くしたほうがいい。


 あたりまえの話だよね。メールをくれた「多数派」はあまり反日報道やネットの情報に踊らされないほうがいいのではないかな。では、最後にシンプルなメールをひとつ。


 「夢みたいなことだとはわかっているけど、中国・韓国というよりは、すべての国と仲良くなってくれたらいいなと思ってます」(東京都練馬区・匿名さん)。別に夢なんかじゃないよ。ぼくだって、ジョン・レノンだって、それにその他大勢の地球人がそう願っているのだから。




 ◇投票結果


 <有効投票数>9010


 (男6284,女2726)


 ((1)はした方がいい、(2)はしなくてもいい


 <全体>


 (1)42.8%(2)57.2%


 <男女別>


男(1)33.6(2)66.4%


女(1)64.2%(2)35.8%


 <年齢、男女別>


10代以下男(1)12.4%(2)87.6%


10代以下女(1)60.4%(2)39.6%


20代男  (1)31.4%(2)68.6%


20代女  (1)64.4%(2)35.6%


30代男  (1)31.5%(2)68.5%


30代女  (1)66.1%(2)33.9%


40代男  (1)42.3%(2)57.7%


40代女  (1)64.8%(2)35.2%


50代男  (1)45.0%(2)55.0%


50代女  (1)60.5%(2)39.5%


60代男  (1)41.7%(2)58.3%


60代女  (1)54.1%(2)45.9%


70代以上男(1)45.9%(2)54.1%


70代以上女(1)29.0%(2)71.0%








?これは石田衣良という作家が毎日新聞に書いている「石田衣良の白黒つけます」という、様々なテーマのアンケート結果を紹介するコラムの中で、「中国・韓国と仲良くした方がいいか?」というアンケートの結果について書かれたものです。おもしろそうなアンケートではありますが、はっきり言って結果は二の次です。注目すべきは、この石田衣良という作家の”応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます”という一文に集約されます。非常におもしろい文章です。初めて聞きました。つまり、アンケートは取ってみたが自分の思った結果は出なかった。でもきっと応募しなかった人の大多数は違う意見に違いない。だから結果とは違う方に決定しよう。ということですが、これほど大胆かつ根拠のない理由でアンケート結果をねじ曲げる手法は初めて見ました。「ふーびっくりした」とはこちらのセリフです。アンケートの意味が果たしてあるのでしょうか。これがまかり通るのであれば、




・投票率50%の選挙において、自民党候補が勝利した。でも投票しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮した結果、当選は共産党候補と決めさせてもらいます。.




こんなことも認められてしまいます。民主主義崩壊です。結局、言いたいことはこの作家の独断と偏見でしかないのです。上記コラムに記載されている、”メールをくれた「多数派」はあまり反日報道やネットの情報に踊らされないほうがいいのではないかな”という文章にもその独断と偏見が滲み出ています。言い換えれば、「自分は韓国へ行ってみたけれど反日を唱える人には会わなかった。メールの中にも同様の内容があった。それにお隣さんとは仲良くした方が良いに決まっているから、変な報道に踊らされている人は考え直すと良い」ということになりますが、中国と韓国は”国策”として「反日政策」を大々的かつ強力に推し進めているというのは疑いようのない事実です。それを語らずして、中韓と日本の関係など語ることはできないはずです。自分の個人的経験と偏見だけで、大局が見ずして結果的に大多数の意見をねじ曲げてしまうという行為のなんと醜いことでしょうか。




 ちなみに、「中国・韓国と仲良くした方がいいか?」というアンケートに私が答えるとしたら、「した方が良い」です。ただし、過去にも何度も繰り返し述べていることにはなりますが、仲良くするとは、こちらから頭を下げて仲良くしてもらうという意味ではありません。毅然とした態度で主張すべきは主張し、理不尽な要求には屈しない。それが出来た上で友好関係が築けるのであれば、拒否する理由はありません。




蛇足


仲良くすることと、侮られるのことは違うだろう・・アジアの全体思想(アジアンファシズム)に洗脳された御仁では、先は奴隷で満足なのだろう?


ペンタゴンは、アメリカメディア経由で「宣伝を投げ出します」

Pentagon Will "Catapult the Propaganda" Via U.S. Media

Military, government indoctrination wing formally declares psychological warfare on the American people


軍隊、政府教化陣営は、米国民の上で正式に心理戦争を宣言します





Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | October 31 2006



 


The Pentagon has formally declared psychological warfare on the American people by announcing it will engage in propaganda and indoctrination by using the Internet and media to "set the record straight" on the war on terror. Recent history clearly indicates this is just the latest outreach of an insipid brainwashing agenda that is totally unlawful and anathema to the U.S. Constitution.


In the past, the military or the government did not announce that they were planting surreptitious propaganda to target U.S. audiences, they did it secretly and for a very good reason - because it was and still is illegal.


But since George W. Bush, backed by his renegade legal advisors, officially announced the end of the Republic and the birth of the "decidership," he can arbitrarily create out of thin air, ignore, or amend any law he likes and to all intents and purposes is above the Constitution and has ascribed to himself total dictator power. The only thing that remains is, in his own words, to "catapult the propaganda," in an attempt to legitimize his absolute rule and assure the blind obedience of the American people to his junta's future desecrations of foreign lands and the bill of rights at home.


The new program is simply another wing of the Pentagon’s Office of Strategic Influence, publicly announced after 9/11 but simply the latest incarnation of a PR brainwashing scam that spans back decades. The OSI exploited legal loopholes by planting its propaganda in foreign newspapers that would later be picked up by U.S. newswires. In today's environment even that seems quaint, with the Pentagon openly and proudly shouting from the rooftops that they will knowingly violate the law to indoctrinate the American people.


Perhaps the most alarming case of the military's information tentacles burrowing their influence deep into media circles in recent years was in February 2000, when another branch of the same Pentagon propaganda bureau, Psychological Operations Command (PSYOPS), had placed their operatives "in the news division at CNN's Atlanta headquarters as part of an “internship” program starting in the final days of the Kosovo War."


FAIR speculated that the purpose was twofold, one to directly propagandize the American people via CNN and also potentially to allow the "military to conduct an intelligence-gathering mission against the network itself," because the "military needed to find ways to "gain control" over commercial news satellites to help bring down an "informational cone of silence" over regions where special operations were taking place." 


ペンタゴンは、それを発表することによる米国民の心理戦争が恐怖との戦いに関して「誤解を正す」ためにインターネットとメディアを用いて宣伝と教化に係わりますと正式に断言しました。最近の歴史は、明らかに、これが全く不法である味気のない洗脳課題とアメリカ憲法への憎悪の対象のまさに最新の援助活動であることを示します。


過去には、軍隊または政府は彼らが米観衆を対象とするために不正な宣伝を植えていると発表しませんでした、彼らはひそかに、そして、非常に正当な理由のためにそれをしました - それが違法で、まだあるので。


ジョージW.ブッシュ(彼の変節した法律顧問によって後退する)が公式に「decidership」共和国と出生の終わりを発表した時から、彼が何も無いところから任意につくることができる、彼が好きであるどんな法律でも無視するか、改正してください、そして、全てにとって、意図と目的は憲法より上にあって、彼自身独裁者力となるためにもっていました。彼の絶対の規則を合法化して、自宅で外国の地面と権利に関する宣言の彼の軍事政権の将来のdesecrationsに米国民のブラインド服従を保証しようとして、残る唯一のものは、彼自身の語で、「宣伝を投げ出します」ことです。


新しいプログラムは単にStrategic Influenceのペンタゴンのオフィスのもう一つのウィングです。そして、単に後ろの数十年にわたるPR洗脳詐欺の最新の化身以外の9/11の後、公的に発表されます。OSIは、その宣伝をアメリカニューズワイヤーによって後で拾われる外国の新聞社に植えることによって、法律の抜け穴を利用しました。今日の環境では、ペンタゴンが世間に向かって彼らが米国民を教化するために法律を故意に犯すと公然と、そして、誇りをもって叫んで、それさえ風変わりで面白いようです。


おそらく最も近年メディア円の中に深く彼らの影響を掘っている触手が2000年2月にあったという軍隊の情報のケースに警報を伝えて、同じペンタゴン宣伝局(Psychological Operations Command(PSYOPS))のもう一つの支所が彼らの熟練工を置いたとき、「CNNのアトランタのニュース分割において、「研修期間」の一部としての本部は、コソボ戦争の最終日に始まることをプログラムします。」


FAIRは、CNNを通して直接米国民に宣伝して、そのうえ潜在的に「ネットワーク自体に対して情報収集派遣団を指揮する軍隊」を許すために一つで、目的が二つの面を有すると推測しました「軍隊は、特別な活動が起こっていた地方の上に「情報の無信号円錐域」を降ろすのを助けるために商業的な通信衛星の上に「支配を得る」方法を見つける必要がありました。」
 


With the knowledge that government propagandists were utilizing U.S. news network hubs at CNN to run what was described as a "vast psychological warfare operation of the kind the military conducts to influence a population in enemy territory," and that this took place over six years ago - just imagine how infested today's networks and newsrooms are with paid agent provocateur propagandists whose sole job specification is to orchestrate methods of mind control over the population of the United States.


In October 2005 Government Accountability Office investigators concluded
that the Bush administration's secret policy to pay off influential journalists to plant fake news and positive spin on Bush's policies was illegal and that the "administration had disseminated "covert propaganda" in the United States, in violation of a statutory ban."


The consequences were not the drafting of new legislation that would clearly outlaw such actions in future, nor any form of criminal proceedings against the protagonists. The upshot of it all was a slap on the wrist for Armstrong Williams and a request that he pay back part of the money that the government had given him - not even all of it.


"Armstrong Williams is going to pay back $34,000 to the government for work he failed to deliver, but who's going to pay the taxpayers for the rest of the quarter million dollars Williams was paid for his propaganda services to the administration?," asked Congressman
George Miller, as the Justice Department hurried a settlement and swept the whole sordid affair under the rug.


政府宣伝活動家が「軍隊が敵領地の住民に影響するために行う種類の大きな心理戦争活動」と言われたことを走らせるためにCNNでアメリカニュースネットワークハブを利用していたという、そして、これが6年以上前起こったという知識で - ちょっと荒らされる今日のネットワークとニュース編集室は唯一の仕事仕様がアメリカ合衆国の人口の心制御の方法を組織化することになっている雇われた工作員宣伝活動家とどうかについて想像してください。


2005年10月に政府Accountability事務所調査者が偽のニュースを植えるために有力なジャーナリストに報復するブッシュ政権の秘密の方針とブッシュの方針に関するポジティブな回転がまったく違法であると結論したこと「法令の禁止の違反において、管理はアメリカ合衆国で「隠れた宣伝」を広めました。」


結果は、今後はそのような行動を明らかに非合法化する新しい法律の作成も主人公に対する刑事訴訟手続の少しの形でもはありませんでした。それの全てがアームストロングウィリアムズのための手首の平手打ちであったという結果と彼が政府が彼に渡したお金の一部を返すという要請 - それの全てさえ。


「アームストロングウィリアムズは、彼が集めることができなかった、しかし、ウィリアムズが管理に対する彼の宣伝サービスのために支払われた15分前100万ドルの残りの間納税者に支払いそうである仕事のために政府に34,000ドルを払い戻しそうです?」、司法省が和解を急がせて、全部の不潔な事を人目から遠ざけたので、尋ねられた連邦議会議員ジョージミラー。


Impromptu mass e mail circulations and talking points spread around messageboards and social networking websites that triumph the moral virtues of the war on terror have been rife for years and are clearly part of a gargantuan propaganda campaign that has been insipid for years but is only just being announced now.


Here are a couple you'll probably remember from the past few months.


A recent diatribe that was forwarded more times than an annoying "meet the love of your life" chain letter concerned a visit to the White House by a man who was overwhelmed by the intensely warm and gracious personality of George W. Bush, and astounded by the negative media stereotype of his nature. The man just felt the need to share his tear-jerking story of how the President shook him by the hand, looked in his eyes and made him feel like the most important person in the room - and by a miracle it just happened to bypass our spam guards and end up in tens of millions of Americans' inboxes.


Another example that similarly wormed its way through MySpace bulletin boards was an attempt at bolstering the credibility of the flagging war on terror and countering the progress of the 9/11 truth movement by simply listing terror attacks over the last three decades and their alleged perpetrators. A modified version of this was used in a speech
by Bush propaganda architect Karl Rove just a week ago where he referenced terror attacks that had occurredbefore the invasion of Iraq, therefore attempting to absolve charges that the Iraq invasion provoked an increase in terrorism. So under that twisted logic, drug dealers shouldn't worry about creating more addicts by selling drugs because there were always drug addicts before them!


In both cases, as soon as you read the first paragraph of these screeds, the big fat stinking rat of covert government propaganda scuttled across the computer screen.


Now the modern day gang of Goebbels wannabees seek to sink their teeth even further into the last outpost of free speech - the Internet - and impose a blackout on any dissent under the auspices of "disseminating enemy propaganda."


即席の大量のeメール発行部数と話の種は、恐怖との戦いの道徳的な長所が何年も広まっていたその勝利をmessageboardsと社会的ネットワークウェブサイトに広めて、明らかに、長い間味気なかったが、現在ほぼ発表されている巨大な宣伝キャンペーンの一部です。


ここで、あなたが多分ここ数月から覚えているだろう一組です。


悩みの種であることより送り届けられたより多くの時間であった最近の痛烈な非難は「あなたの人生に対する愛情に会います」。そして、連鎖手紙はジョージW.ブッシュの強烈に暖かくて丁寧なパーソナリティによって圧倒されて、彼の自然の否定的なメディア固定観念に驚いた男性によってホワイトハウスへの訪問に関しました。男はちょうど大統領が手を取って彼を振った方法の彼の涙をぐいと動かしている話を共有する必要を感じて、彼の目をのぞいて、彼を部屋で最も重要な人のような気がさせました - そして、奇跡によって、それはちょうど偶然我々のスパム護衛を回避して、何千万ものアメリカ人のinboxesで終わることが起こりました。


MySpace掲示板によって同様に這うように進んだもう一つの例は、恐怖との弱い戦いの信憑性を強めて、単にこの30年と彼らの嫌疑のかかっている犯人の上にテロ攻撃をリストすることによって9/11真実運動の進捗に対処することの試みでした。これの修正されたバージョンが、ちょうど1週前、彼がoccurredbeforeを持ったテロ攻撃にリファレンスをつけたブッシュ宣伝建築家カールRoveによって、スピーチにおいて使われました、したがって、イラク侵入がテロリズムの増加を引き起こした告訴を解放しようとして、イラクの侵入。それで、そのひねくれた論理の下で、麻薬常用者が常に彼らの前にいたので、麻薬ディーラーは薬を売ることによってより多くの中毒者をつくることについて心配してはなりません!


両方の場合とも、あなたがこれらの長い一節の最初のパラグラフを読むとすぐに、隠れた政府宣伝の大きい太った悪臭を発するネズミはコンピュータスクリーンの向こうに急いで行きました。


ゲッベルスなりたがりの現代の日ギャングがさらに彼らの歯を言論の自由の最後の最先端の中に沈めさえしようとする今、 - インターネット - そして、「敵の宣伝を広めること後援で停電をどんな異議にでも強要してください。」


The White House has made it perfectly clear that it will target American citizens for propagating information harmful to the interests of the U.S. government and classify them as enemy combatants. This is codified in sub-section 27 of section 950v. of the Military Commissions Act
of 2006.


Bush's own strategy document for "winning the war on terror"
 
identifies "conspiracy theorists," meaning anyone who exposes government corruption and its lies about major domestic and world events, as "terrorists recruiters," and vows to eliminate their influence in society.


In a speech given last Monday, Homeland Security director Michael Chertoff
identified the web as a "terror training camp," through which "disaffected people living in the United States" are developing "radical ideologies and potentially violent skills."


Chertoff has pledged to dispatch Homeland Security agents to local police departments in order to aid in the apprehension of domestic terrorists who use the Internet as a political tool.


A program on behalf of CENTCOM is also underway to infiltrate blogs and message boards to ensure people, "have the opportunity to read positive stories,"presumably about how Iraq is a wonderful liberated democracy
and the war on terror really is about protecting Americans from Al-CIAda.


The eminently hypocritical tenet of the Pentagon's justification for the propaganda program - that they need to correct "inaccurate statements" and "set the record straight" is borne out by the fact that they participated in the dissemination of the most lurid and damaging propaganda since Hitler's final speech - a deliberately fomented lie about weapons of mass destruction that killed 655,000 Iraqis and thousands of American soldiers.


How dare this gaggle of criminals lecture us about how the insurgents control the media while equating anyone who even mildly criticizes their bloodlust with being a terrorist?


They are the liars, they are the crooks, they are the propagandists and it is we the alternative media - the fifth estate - that should mobilize like never before to counter their spurious deception.


ホワイトハウスは、それをそれが米国政府の利益に有害な情報を伝播するためにアメリカの市民を対象として、敵性戦闘員として彼らを分類することは全く明らかにしました。これは、2006年のMilitary Commissions法の950v.、セクションのサブセクション27で成文化されます。


「恐怖との戦いに勝つ」ためのブッシュの自身の戦略文書は「陰謀理論家」を確認します。そして、「テロリストリクルーター」として、主な国内で世界イベントについて政府腐敗とそのうそをあばいて、社会で彼らの影響を除くと誓う誰でも意味します。


この前の月曜日に伝えられる話法では、国土安全保障ディレクターマイケルチャートフはウェブを「恐怖トレーニングキャンプ」と特定しました。そして、それを通して、「アメリカ合衆国に住んでいる不満を抱く人々」は「根本的なイデオロギーと潜在的にひどい技術を開発しています。」


チャートフは、政治的なツールとしてインターネットを使う国内のテロリストについての不安で援助に適切に地元の警察署に国土安全保障エージェントを送ると誓いました。


CENTCOMに代わってのプログラムは、人々(「ポジティブな物語を読む機会があってください、おそらく方法について、イラクは素晴らしい自由な民主主義です、そして、恐怖との戦いは本当に、アメリカ人をアルCIAdaから保護することです。)を確実にするためにブログと掲示版を浸透させるために進行中でもあります


宣伝番組をペンタゴンの正当化する理由のきわめて偽善的な信条 - 彼らが、「不正確な声明」を修正して、「誤解を正す」必要があります彼らがヒトラーの最終的なスピーチ以来最も不気味で有害な宣伝の普及に参加したという事実によって運び去る - 655,000人のイラク人と何千ものアメリカの兵士の命を奪った大量破壊兵器についての故意に蒸されたうそ。


どのように、犯人のこの一団は、我々にテロリストであることで穏やかに彼らのbloodlustを批判さえする誰でも同等に考えている間、反乱軍がメディアを制御する方法について説教する勇気がありますか?


我々である、彼らはうそつきです、彼らはペテン師です、彼らは宣伝活動家とそれです他のメディア - 第五階級 - それは、決して彼らの偽の偽装に対処する前にのように動員されてはなりません。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR