FC2ブログ

チャベスは、世界的な独裁の計画を狂わせます






Chavez Derails Plan For Global Dictatorship

Venezuelan President trounces "genocidal, immoral, sick, and corrupt elite" running United States











Paul Joseph Watson

Propaganda Matrix


Monday, November 27, 2006


Hugo Chavez' vow to "defeat the most powerful empire on earth" and "beat the devil" on December 3rd by achieving re-election in Venezuela is a bold and stark reminder that the fiery President has achieved what many dismiss as impossible - Chavez has derailed the plan for global dictatorship.


The Free Trade Area of the Americas, craved for so long by internationalists whose goal is to centralize global power into a pervasive world government structure with the U.S. as the token figurehead, was derailed last year when Chavez signed the Bolivarian Alternative for the Americas
, which effectively killed the FTAA.


Chavez insistence that, "The FTAA can go to hell," is a rallying cry that has spread like wildfire across Latin America over the past year and has completely isolated U.S. and Mexican aspirations to have had the power bloc in place by 2005. It falls further behind schedule by the day and this is one reason why the Bush junta and the CIA are chomping at the bit to overthrow Chavez as they first attempted to do
in April 2002.


But it's a forlorn desire supported by an arrogance that buries the memory of the riots that resulted in Chavez re-taking control less than 48 hours later.


Framing Venezuela as a safe-haven for Al-Qaeda terrorists, as some have tried to do
, is a discredited old method and simply won't pass the smell test with the Venezuelans or U.S. citizens. The only umbrella under which Venezuela can conceivably be overthrown would be an inside coup de 'tat smoke screened as a natural political transition, but Chavez himself would have to be kept in the dark over a long period of time for anything of this nature to take place. Any overtly violent putsch would immediately be recognized for what it was by the Venezuelans and riots would ensue again.


While cutting slack for unforeseen circumstances, the Globalists are stuck between a rock and a hard place and it is patently clear that Hugo Chavez has derailed the plan for global government.


As Wayne Madsen points out
, recent election results across the region show a noticeable decline of successful candidates with close ties to the Bush administration and the Neo-Con junta. Venezuela, Nicaragua, Ecuador, Bolivia, Uruguay and Cuba have all elected leaders with populist, nationalist and anti-globalist sympathies.


Madsen notes that during his campaign Bush backed banana tycoon Alvaro Noboa, opponent of newly elected President of Ecuador Rafael Correa, "bragged about his close ties to the international bankers' class, including the Rockefeller family."


Such vapid associations are now routinely perceived as admissions of a candidate serving the dark side and the individuals who declare such alliances are being kicked out of power across the world.


チャベスは、世界的な独裁の計画を狂わせます

ベネズエラの大統領は、アメリカ合衆国を運営している「大量虐殺で、不道徳で、病気で、堕落したエリート」を打ち破ります




ポールジョセフワトソン

宣伝マトリックス

2006年11月27日月曜日


「地球上で最も強大な帝国を破っ」て、再選をベネズエラにおいて成し遂げることによって12月3日に「悪魔を叩く」というウゴチャベス』誓いは、情熱的な大統領が不可能であるように、多くの人々が退けるものを成し遂げたという大胆で厳しい注意です - チャベスは、世界的な独裁の計画を狂わせました。


チャベスが米州のためにBolivarian Alternativeに署名したとき、米州(ゴールが形だけの表看板としてアメリカで全面的な世界政府構造に世界的大国を中央集権制にすることになっている国際主義者によって長い間切望される)のFree Trade Areaは昨年狂いました。そして、それは効果的にFTAAを殺しました。


それ(「FTAAは地獄に落ちることができます」)が昨年の上にラテンアメリカの全域で野火のように広がって、アメリカを完全に孤立させたスローガンと力のブロックを2005年までに適当にしておいてたいというメキシコの抱負であるというチャベス主張。それは日決めで予定より遅れて一段安となります、そして、これは彼らが最初に2002年4月を殺そうとしたので、ブッシュ軍事政権とCIAがチャベスを倒すためにいらいらしている1つの理由です。


しかし、それは48時間未満後に支配を再び取っているチャベスに終わった暴動の記憶を埋める傲慢で支えられる絶望的な欲求です。


何人かがしようとして、アルカイダテロリストのための安全避難所としてのフレーミングベネズエラは信用されなかった古い方法であって、単にベネズエラ人またはアメリカ市民と嗅覚テストにパスしません。ベネズエラがおそらく倒されることができる唯一の傘は内部のクーデターデです。そして、『安物煙は自然な政治的な移行として映りました、しかし、チャベス自身は起こるためにこの自然の何のためにでも長い期間にわたって秘密にしておかれなければならないです。どんな明らかに激しい反乱でもそれがベネズエラ人によってあったことのためにすぐに認められます、そして、暴動は再び起こります。


思いがけない状況のためにゆるく切れている間、Globalistsは進退きわまって動けないです、そして、ウゴチャベスが世界的な政府の計画を狂わせたことは明らかに明らかです。


ウェインマドセンが指摘して、地域を渡った最近の選挙結果はブッシュ政権とNeo-Con軍事政権との緊密な関係で当選者の目立つ低下を示します。ベネズエラ、ニカラグア、エクアドル、ボリビア、ウルグアイとキューバのすべては、人民主義者、国家主義者と反グローバル派同情でリーダーを選びました。


マドセンは、ブッシュが支持した彼のキャンペーンの間に、バナナ王アルヴァーロノボア(新しく選択されたエクアドルラファエルコレア長の反対者)が「ロックフェラー家を含む国際的な銀行家のクラスとの彼の緊密な関係を自慢しました点に注意します。」


そのような退屈な協会は、現在、そのような同盟が世界中で力の外へ追い出されていると断言する暗い側と個人に仕えている候補の入場として、通常認められます。







Chavez does not mince words when he characterizes the enemy in stating, "We are facing the threat of global challenges stemming from the genocidal, immoral, sick, and corrupt elite currently governing the United States, which appear to have no limits."


In taking on this elite, Chavez has built his attack on the legitimacy of the uni-polar world and U.S. imperial domination on two pillars.


1) By following a populist course of serving the interests of his own country rather than an elitist fad-driven ideologue of submission to the role of a slave cell in a global dictatorship. This has afforded him the overwhelming support of his countrymen domestically.


2) By consistently and vociferously denouncing the U.S. led imperial agenda as being mired in a toxic soup of lies, deliberate carnage and false justifications. Chavez' repeated attacks on the official story behind 9/11
, other state sponsored acts of false flag terror
and their exploitation to advance geopolitical agendas has resonated internationally.


Chavez's socialist leanings do not sit well with many, this author included, but no one can deny that his actions have contributed substantially to reversing the stampede of world fascism, neo-mercantilism and economic meltdown presided over by unelected, unchecked, faceless powers in pursuit of global totalitarianism and a new world order.


No surprise it is therefore to witness the juggernaut of the U.S. media engage in ceaseless attempts to drag the name of Chavez through the mud - mindful, desperate and terrified that another "rogue state" has excelled itself in neutralizing the goals of an elite hell-bent on turning the earth into a prison planet.


彼が、「我々は現在アメリカ合衆国を統治している大量虐殺で、不道徳で、病気で、堕落したエリートから生じている世界的な難問の脅威に直面しています。そして、それは制限がなく見えます。」述べる際に敵を特徴づけるとき、チャベスはひき肉ことばをしません


このエリートを雇う際に、チャベスは2本の柱の上で単極世界とアメリカの帝国の支配の合法性に基づいて、彼の襲撃を打ち立てました。


1)サーブする人民主義コースをたどることによって、彼のものの利益は、世界的な独裁において従属電池の役割への服従のエリート主義の流行によるイデオローグよりむしろ地方を所有します。これは、国内で彼に彼の同国人の圧倒的支持を与えました。


2)一貫して、そして、騒々しく非難することによって、アメリカはうそ、慎重な虐殺と間違った正当化の中毒スープで泥でよごされながら、帝国の課題を導きました。チャベス』は9/11の後で公式物語への攻撃を繰り返しました、他の州は間違った旗恐怖の行為を後援しました、そして、地政学的な課題を進める彼らの搾取は国際的に共鳴しました。


チャベスの社会主義leaningsは多くの人々(含まれるこの著者)に似合いません、しかし、誰も彼の行動がかなり、世界的な全体主義と新しい世界秩序の追求において選ばれない、野放しの、個性のない大国によって統轄される世界ファシズム、新重商主義と経済崩壊の殺到を逆にすることに貢献したことを否定することができません。


それがアメリカメディアのジャガノートが泥を通してチャベスの名前を引く絶え間ない試みに係わるのを目撃するためにしたがって、そうである思いもかけないことでない - 注意して、必死で、もう一つの「ならず者国家」が地球を刑務所惑星に変えるつもりでいるエリートのゴールの効力を消すことで優れていたことを恐れる。


スポンサーサイト



死の雲

Chemtrail's


Congressman Admits Chemtrail's


In what may be the first governmental acknowledgement of its kind, a public official from Cleveland, Ohio has referenced "chemtrails" in a bill put before congress.? Congressman Dennis Kucinich (D) has submitted bill no. HR 2977 IH , which proposes a ban on the weaponization of space.? One of the weapons systems listed in the bill is "chemtrails". The use of this term is significant because until now, all reported governmental inquiries into this issue have been dismissed or denied.? Agencies such as the Air Force have routinely called reports of chemtrails "a hoax". CONGRESSMAN ACKNOWLEDGES CHEMTRAILS


1949 U.S. Army begins 20 years of simulated germ warfare attacks against American cities, conducting at least 239 open air tests.

1950 Sept. 20-26. One of the biggest experiments involved the use of Serratia marcescens and bacillus globigi being sprayed over 117 square miles of the San Francisco area, causing pneumonia-like infections in many of the residents. The family of one elderly man who died in the test sued the government, but lost. To this day, syraceus is a leading cause of death among the elderly in the San Francisco area.

1955 Another case was the joint Army-CIA Biological Warfare test in 1955, still classified, in which an undisclosed bacteria was released in the Tampa Bay region of Florida, causing a dramatic increase in whooping cough infections, including twelve deaths. The Population Control Agenda Pt.2


Who could doubt the validity of the claim that the Government is guilty of poisoning us with today's Chemtrail's after looking at their past offences of the same act.


Symptoms from Chemtrail sprayings

It is being reported that people with average or below average immunity are experiencing pneumonia-like respiratory symptoms, while people with stronger immunity are only experiencing slight discomfort for a day or two or no symptoms at all. Some people have gotten very ill and the symptoms seem to keep returning after a short period of improvement. It's possible that some of these sprayings might contain special bio-engineered pathogens designed to affect only certain racial groups. Chemtrail's: NWO Flu

Texas Revenge A possible cure for this flu?


Chemtrail's

下院議員はChemtrailのを認める。

その種類、クリーブランドからの公務員の最初の政治の確認であるかもしれないものの中で、オハイオは議会の前に置かれた法案の中で「chemtrails」を参照した。

デニスKucinich(D)下院議員は請求書No.を提出した。

スペースの兵器化への禁止を提案するHR2977IH。

請求書にリストされた武器体系の1つは「chemtrails」である。

現在まで、この問題のすべての報告された政治の調査が退けられるか、否定されたので、この用語の使用は重要である。

空軍などのエージェンシーは定期的にchemtrailsのリポートを「デマ」と呼んだ。

下院議員はCHEMTRAILSを認める。

少なくとも239の外気テストを実施して、1949年の米国陸軍はアメリカの都市への20年のシミュレーションされた細菌戦攻撃を開始する。

1950年9月20日-26日。

最も大きな実験の1つは、居住者の多くにおいて肺炎風の伝染を起こして、サンフランシスコエリアの117平方マイルのより上で吹きかけられている霊菌と桿菌globigiの使用に関係していた。

テストで死んだ1人の年配の人のファミリーは政府を訴えたけれども、負けた。

今日まで、syraceusはサンフランシスコエリアで年配者の間の主な死亡原因である。

1955年 別のケースは、未公開のバクテリアが、12人の死者を含む百日ぜき伝染の劇的な増加を起こして、フロリダのタンパ湾地域でリリースされた1955年の共同の軍隊CIA細菌戦テスト、まだ分類広告であった。

人口抑制議事日程Pt.2

誰が、政府が、同じ行為のそれらの過去の違反を見た後に今日のChemtrailのと私達を毒殺するという罪を犯しているという主張の妥当性を疑うことができたか。

Chemtrailスプレーからの徴候

より強い免疫を持つ人々が一日か二日または無徴候の間わずかな不快感を経験しているだけの間、平均を持つか、平均的な免疫の下の人々が肺炎風の呼吸症状を経験していることは報告されている。

何人かの人々は非常に病気になり、徴候は、改良の短期の後に戻って来続けるようである。

これらのスプレーのいくつかが、一定の人種集団だけに影響するようにデザインされた特別なバイオ設計された病原菌を含むかもしれないことは可能である。

Chemtrail's:

このインフルエンザのNWOインフルエンザのテキサスの復讐のA可能な治療法?











両方の上のChemtrail写真は1999年にとられた。

左上は11月30日サンタフェニューメキシコで取られた。

右上はサンタフェ4月、18番目に取られた。







The Chemtrail photos above both were taken in 1999. The upper left was taken in Santa Fe New Mexico Nov. 30th. The upper right was taken in Santa Fe April, 18th.






リポートはこれらのchemtrail目撃例の国家を横切ってすべてから入った。

私はまた私の自分の州でここで自身でこれらを見た。




? Reports have been coming in from all across the nation of these chemtrail sightings. I have seen these myself here in my home state also. Death and sickness have resulted from these sprayings. We Americans must put a stop to this. Enough is enough.


?


Airline Manager - Chemtrail's Are Real And Called 'Project Cloverleaf'






Are Chemtrail's the Humane Way?


The following excerpt was taken from an outline of a Government Project: The Wildlands Project.


...Humanity must drastically scale down its industrial activities on Earth, change its consumption lifestyles, stabilize and then reduce the size of the human population by humane means, and protect and restore wild ecosystems and the remaining wildlife on the planet." The Wildlands Project


After my article The Timeline of? Population Control
was posted at Jeff Rense .com, the above quote was removed, and their site has since moved. However their views remain the same and the article A Wilderness View by Tom Butler
editor of Wild Earth from their new site still reflects reduction of human population by so called humane means.



? This?whole chemtrail issue is related to the plan for decreasing the world population to around 450-500 million -- and starting with the US first.?Another dark chemtrail hypothesis
 


? I remember?Vice President Gore -- he was just elected at that time -- giving a keynote address about reducing population. And I thought, 'What? Do the American people know what's going on??The U.N.'s Shocking Agenda
 


?


Chemtrail's in the Sky While all flights grounded after the World Trade Center Attack


Chemtrail's In The Skies While All Airlines Were Grounded
 


死と病気はこれらのスプレーに起因していた。私達、アメリカ人はこれをやめさせなければならない。

もう十分だ。航空会社マネジャー - Chemtrailのは本当で、‘プロジェクトクローバー型交差点’と呼ばれる。

人道的な方法でChemtrailのである?以下の抜粋文は政府プロジェクトのアウトラインから取り去られた:

荒れ地は突き出ている。「...人間性は大幅に地球の上のその産業活動を縮小し、その消費ライフスタイルを変えて、安定し、それから人道的な方法によって人口の規模を減らし、惑星の上で野生の生態系と残っている野生生物を保護し、回復しなければならない」。荒れ地は突き出ている。

私の記事の後で、人口抑制の年表はジェフRense .comに配置されて、上記の引用文は取り除かれて、それらのサイトはその後動いた。しかし、彼らの見解は同じであり続けて、それらの新しいサイトからの野生の地球のトムバトラーエディタによる記事A荒野眺めはまだそう呼ばれた人道的な方法によって人口の縮小を反映する。

このchemtrail問題全体は、約4億5000万-5億に世界の総人口を減少させることについての計画と関連している--および最初に米国で始める。別の暗いchemtrail仮説 私は、まわりで基調演説を行っているゴア副大統領--彼はまさにその時に選ばれた--が人口を減らしたのを覚えている。そして、私は‘何か?’を考えた。

アメリカ人は、何が起こっているかを知っているか?国連の衝撃的な路線すべての便がワールドトレードセンター攻撃の後に接地する間、Chemtrailは空にある。すべての航空会社が接地される間、Chemtrailは空にある。





?

フィラデルフィアエキスペリメント

THE PHILADELPHIA EXPERIMENT:

What They Didn't Want You To Know


by Joe Turner





フィラデルフィア実験:

彼らが、あなたに、知ってほしくなかったもの

ジョー・ターナーによって


A&Eチャンネルの調査のテレビ番組のそれは今やそれの上に向けられたテーブルを最も皮肉な流行において発見した。

「説明されていないもの」(超常現象を扱い、神秘的に、その過去のエキスパートの1人によって導かれた調査のフォーカスであった目撃例/Unsolvedミステリー"模造品)。

実生活「フォックス・ムルダー」によって実施されたこの調査の発見は堅く「U説明のつかない, 不可解な.」エピソード「奇妙な消失」をヒトラー日記と同じ文脈と神経毒ガス攻撃ベトナムの脱走兵へのCNNの最近のニュース破壊に置く。

CNNベトナム話のように、エピソードは軍事行動を扱った。

軍隊のカムフラージュの長い履歴の中で最新の開発であったであろうW.W.IIにおけるテスト。

光学式で、レーダーの不可視性を合計しなさい。

フィラデルフィア実験。

「人に火がつき、発狂した、および - すべての中で最も奇妙に、いくつかが途中まで船のデッキの中に埋め込まれた」。

「他はこの現実の内外で段階的に実行した…」

多くは「電子カムフラージュ」、両方プロ、およびコンにおける実験のこの伝説について書かれていて、思索される。

伝えられるところでは、船に埋め込まれる何人かのクルーメンバーとフィラデルフィアからノーフォークに念力で動かしている船によってそれは終わった。

フィクションから事実を選び出すことは、特に、米国の情報機関関係者ら、プロフェッショナルな懐疑家、およびひじ掛けいす研究者に接続しているそれらによってインターネットに注入されている誤報と故意の意図的誤報の最近の流れによってほとんど不可能な仕事を証明した。

この紛らわしいタペストリーに対して、少しの定数があった。

それらは、彼が1943年に商船容器SS Furusethの内部で船員であった時に強い電磁気の力フィールドを使って、光学的に見えないようにされている船の海でテストについての証人であったと1950年代に主張されたそれ、カルロス・ミゲル・アジェンデである。

彼はまた、悪くなった別のテストの間に、人の何人かに火がつき、発狂したと主張した、および - すべての中で最も奇妙に、いくつかが途中まで船のデッキの中に埋め込まれた。

他はこの現実の内外で段階的に実行し、手の課しによってここでもっただけであった。

モリスK.ジェサップ(本「UFOのためのケース」を書いた研究者)に、アジェンデは1955年の一連の奇妙な手紙を書いた。

それは、フィラデルフィア実験の災害に責任があったのと同じテクノロジーがUFOによって首尾よく使われた推進法の後ろの秘密であったというアジェンデの心配であった。

ジェサップは、海軍実験に関するどのような知識も持たずにUFOのそのような推進力フィールドについての研究を要求していて、これはアジェンデを驚かした。










One of the A & E Channel's investigative TV programs has now found the tables turned on it in the most ironic fashion. "The Unexplained," a Sightings/Unsolved Mysteries" knock-off that deals with the paranormal and mysterious, has been the focus of an investigation led by one of its past experts. The findings of this investigation, conducted by a real life "Fox Mulder," firmly place "The Unexplained's" episode, "Strange Disappearances" in the same context as the Hitler Diaries and CNN's recent news debacle on nerve gassing Viet Nam deserters. Like the CNN Viet Nam story, the episode dealt with a military operation. A test in W.W.II that would have been the latest development in a long history of military camouflage. Total optical and radar invisibility. The Philadelphia Experiment.



"...men caught fire, went mad, and - the most bizarre of all, some were embedded halfway into the deck of the ship. Others phased in and out of this reality..."

Much has been written and speculated about this legend of an experiment in "electronic camouflage," both pro and con. Reportedly it ended with the ship teleporting from Philadelphia to Norfolk with some crew members becoming embedded in the ship. Sorting the facts from the fiction has proven an almost impossible task, particularly with the recent flux of misinformation and deliberate disinformation that has been injected into the internet by those connected to the U.S. intelligence community, professional skeptics and arm chair researchers.


Against this confusing tapestry there have been a few constants. They are that one, Carlos Miguel Allende, claimed in the 1950s to have been a witness to a test at sea of a ship being made optically invisible using strong electromagnetic force fields when he was a sailor onboard the merchant marine vessel SS Furuseth in 1943. He also claimed that during another test that went wrong, some of the men caught fire, went mad, and - the most bizarre of all, some were embedded halfway into the deck of the ship. Others phased in and out of this reality, only kept here by the laying on of hands. Allende wrote a series of strange letters in 1955 to Morris K. Jessup, a researcher who had written the book "The Case For The UFO." It was Allende's fear that the same technology that was responsible for the disasters of the Philadelphia Experiment was the secret behind the propulsion method used successfully by UFOs. Jessup had called for research into such force fields of UFOs without having any knowledge of the navy experiment, and this alarmed Allende.





その委員会のための式典の間の米国エルドリッジの公式なNany写真。

エルドリッジは1943年に物議をかもす実験において使われた船であった。

アジェンデの手紙は秘密の参照で満たされて、アメリカのまわりで現場の取り合わせから郵送された。

それらはwww.wincom.net/~softarts/PHILEXP/CM_ALLEN.TXT
でオンラインで読まれることができる。

1957年に、彼がキャプテン シドニーSherbyとComdrによって連絡されるまで、ジェサップは結局クランクとしてアジェンデを解雇した。

ジョージ・フーバー(海軍研究事務所からの2人の役員)。

彼らは消滅船、エイリアン、および他の変則についてのマージンの奇妙な注釈を持つジェサップの本のコピーを受け取った。

ONRからの役員はジェサップに、彼らと会い、注釈が何を意味するかもしれないかを議論するためにワシントンD.C.に旅行するように頼んだ。

ジェサップがそこに到着した時に、彼は、3人の別個の個人がコメントを書いていたかのように、それらは3つの異なる着色されたインクで書かれたけれども、注釈が、アジェンデからであるようであったとわかって驚いた。

ジェサップはそれをどう考えるか全く分からなく、ライティングにおいて、特に、見えないようにされた船について、これらのONR役員が持っていた興味によって少し乱されて、それは痛烈に傷ついたクルーである。

役員はバロ社に金を払ってジェサップの本の解説されたバージョンのコピーを増刷させて、彼らを考慮のためにONRに巻き付かせさえした。

ジェサップは、彼が、役員が、再び実験を試したいかもしれないと思ったことを彼の友人アイヴァン・サンダーソンの中で打ち明けた。

その間、ジェサップのライフは、彼が「奇妙な偶然の一致」と呼んだものによって悩まされはじめた。

彼は、彼健康.について不満を言いはじめて、彼の研究努力は悪い方へ向かった。

1959年に、彼は彼の車の中で一酸化炭素中毒で死んでいるのを発見されて、死体解剖の利点なしで自殺を宣言した。

アジェンデを、同じ運命を免れるために国を歩き回らせておく状態で、多くは、彼が実際殺されたと今日まで信じる。

海軍研究事務所は、フィラデルフィア実験の公的な調査を処理するために数年の間に多くの同文の「反応」手紙を作成した。

最新のバージョンはwww.onr.navy.mil/foia/PhillyExp.htm
で発見されることができる。

それらに現在長い行かれた役員の活動と実験の時に存在になかったことによって引き付けられているすべての注意に多少当惑して、ONRは、明確化と情報のための公的な要求の最大のシェアを処理する必要があった。

1996まで、彼らは消磁することについての簡単な説明と言葉「見えない」についての誤解によって隠蔽の告発を無視することにおける苦労を全然抱えていなかった。

彼らは、磁気機雷と魚雷に「見えない」ように船から消磁するか、「消磁する」規定通りの仕事に基づいて、伝説がスタートしたと主張する。

米国を代表している役員として「説明されていないもの」上のこのポジションを反復する。

海軍はUS.海軍歴史家ジョンライリーであった。

ライリーは、彼が知った限りでは、船を磁場によって見えないようにすることによって、海軍が決して実験しなかったことを述べた。

海軍は長い間これらの謝罪した努力についてdisinformentsの通常のガアガア鳴く声によって間接的に補助されている。

彼がカルロス・アジェンデについてした発見によって、彼がフィラデルフィア実験のミステリーを解明したと言って、「説明されていないもの」はロバートGoerman研究者とのインタビューを特徴とした。

70年代にパルプUFO雑誌のために記事を書いたペンシルベニアからの作家、Goermanは自身を、「プレーヤー」(時間の名前のUFO研究者の銀河系の少なくとも落選者)であると考えた。

時 本 フィラデルフィア実験 :

「プロジェクト不可視性」、ウィリアムによるムーア、およびチャールズ・ベルリッツは1979年に出て、Goermanは、彼自身の調査をすることに動機となられたけれども、違う方向にあった。

その本が言及したことを新しい情報と科学の中にチェックする代わりに、彼は運命のいたずらのためアジェンデと親しくした - 彼の両親はアジェンデの両親の隣人であった。

さらに、アジェンデの本名はアレン、カールのメレディス・アレンであった。

Goermanの娘は、アレンを訪問したもので、彼が、彼らが実のところとらえづらいフィラデルフィア側の実験「証人」の家族であったと気づいたのはまさに偶然であった。

ファミリーについての一定の情報を秘密にしておくことに合意した後に、アレンは、Goermanが、様々なカード、手紙、およびカールが彼の家族に送った他の物をレビューすることを可能にした。

彼らはカールを、「足引く物」と非常に聡明であった誰かと評したけれども、彼の完全な可能性を達成するために、訓練を欠いた。

カールがすべてを解説するであろうということは、Goermanが点検したアイテムから明白であった。

彼は、いっそうより奇抜で、彼がそれまでに想像していたことがあったより風変わりであった。

この新しい情報によって武装して、Goermanは、特に、自身でカールと会話をした後に、彼が真実を持っていたことを確信した。

すべての他の入手可能な情報を無視して、Goermanは「エイリアス:」を書いた。

カルロスアジェンデ"とそれは、www.parascope.com
/en/記事/allende.htmで現在インターネットにアーカイブされた1980年に、「運命」雑誌において出版された。

しかし、Goermanの記事はUFOコミュニティの他によってよく受け取られなかった。

彼は、「それらの本を売る」に興味をもっているだけであることとして、無視するか、彼の分析と食い違っている人々を告発してこれについて苦くあり続けた。

「説明されていないもの」上で、そして意図的に作られたGoermanかどうかにかかわらず、間違った研究者の動機としてこれを推定した告発。

「私は、適用法、法の執行によってどのように働くか、調査をするかがバッジとI.D.(武器、まるまる9ヤード、およびすべての法定投資)を持っていると知っている」。

私はpsy-ops、監視、カウンター監視、針、致命的でない武器に精通している。

私はどのようにかを知っていて、法の執行が到着するまで、進行中の重罪に介入し、逮捕手続を実行することができる。

私は実際小児性愛者、ルージュ精神スパイに対する訴訟に関係している、ブラック関連の活動における人、潜在的なテロは、国家安全保障を脅かしているY2Kと関連していた。

どの警官または州警察もこれまでに不満を言わなかった。

「私は、それが私に‘特別である’をもたらすと思う」。

従って、マーシャル・バーンズ(彼がフィラデルフィア実験に関してのエキスパートと評されたので、「説明されていないもの」が彼の本ディストリビュータを通して連絡した特別な民間調査者マーシャル・バーンズ)を言う。

真実に到着しようとする口実の下で、マークCarasは申し立てによるとマーシャルを、ショーの上で出現することに合意し、マーシャルが反証した議論が挑戦されなくなることを可能にしないようにさせた。

「それの要所はすべて、ライトを屈折させることによって不可視性の蜃気楼効果を生むであろう強烈な電磁界の使用に達した…」

マーシャルは、目撃例(フォックスネットワークが元来作成した雑誌フォーマットショー)のSFチャンネルのバージョンを持つ1996年の11月に同様な状況にいた。

それは、奇妙なものを報告するフィールドと超常現象で着工する一番目であった。

首尾よく、どうして彼が、ONR情報手紙の最後のパラグラフが間違いで、手紙が書かれる前に知られている不可視性のための科学的根拠が実のところあったことを証明することができるかについての話をするアイデアを売り込むために、マーシャルは11ポイントの白書を使った。

マーシャルは、目撃例のカメラのために物理学者とともに彼のケースを証明する証拠のすべてを組み立てた。

6ヶ月後、彼と物理学者が、なぜエピソードがまだマーシャルを放映しなかったかについての別個の話が物を彼自身の手に持って行ったと言われた後、および使われて、少し彼の調査者は、エグゼキュティブ・プロデューサーの1人と話すようにどのように彼の方法をだますかを知っている。

彼女は彼に、フィラデルフィア実験が起こったのを確認する証人が全然いなかったので、エピソードがキャンセルされたと言った。

「それは取引の一部ではなかった」とマーシャルが述懐する。

「私は決して、私が、それが起こり、ONRのステートメントが科学について間違いであっただけを証明することができて、それが、私がしたことであると言わなかった」。

話はその基礎の上で売られた。

アイデアが上で選出されたか、ダウンしていた所で、それは生産ミーティングにおいて検閲を通過した。

Malekaブラウンはそれをそのミーティングに持って来て、ルースRafitiは、それが割り当てられた製作者であった。

彼らは、一日中射撃に2つの人製作班を雇用したディレクターを送った。

最初の弁解は、彼らが、お金を編集することを使い果たしたことであった。

それから、彼らは、彼らが次の季節の間更新されるかどうかを確かめるまで待つ必要があった。

最終的に、誰かが、エピソードがキャンセルされたと認めていたけれども、なぜかを私に言わないであろう。

それから、私に、それが、証拠が全然なかったためであったと言ったエグゼキュティブ・プロデューサーの人々の1人に電話を受けることに、私は私の入口をだました(それは、Malekaがミーティングで売ったというアイデアと関係がなかった)。

この製作者はより遅くまでそれに参加してさえいなかった。

それは、1つの物を除いてその話を殺す意味を成さなかった - 私は、私が正しかったことを証明し、私は私の実験の1つによってまさに彼ら自身のカメラの前でそれをし、それらは呆然とさせられた。

それはたぶんよすぎた。

それは疑いを全然残さなかった。

私は、目撃例が、彼らがフォックスの上にいた時に、彼らが国防総省から得たすべての不満の後で政府タイプによって浸入されたと耳にした。

露出エリア51とすべてのそれ。

私は前にそれについて意見を全然持っていなかった。

「さて、私はほとんど確信する」。

オブジェクトから光を反射した示されたマーシャルの「実験」は、蜃気楼を作成するそのような方法で屈折することができた。

この蜃気楼は、透明な、または見えないそのオブジェクト(ウィリアム・ムーアによって「ラインハート博士」のカバー名を教えられた匿名の科学者によって出された声明に基づいた偉業)をするであろう。

ムーアは、アジェンデと会ったラインハートにインタビューしたけれども、フランクリンとリノ・ペンシルベニアからの距離を説明している道路標識から引き出されて、変人に「フランクリン・リノ」の偽名を与えた。

ラインハートは、フィラデルフィア実験のために計算のいくつかに取り組み、ある程度まで詳細な科学的なデータを提供した人の1人であったと主張した。

このデータが意味を成さなかったならば、マーシャルはそれを決定し、‘チェックアウトしないでください’、そして、話全体はあまり信頼性を失うであろう。

標準の科学的方法を使って、マーシャルは慎重にラインハートの記事を読み、各科学の詳細を研究した。

それの要所はすべて、ライトを屈折させることによって不可視性の蜃気楼効果を生むであろう強烈な電磁界の使用に達した。

このライトは、空気、イオン化、および原子のzeemanzingさえの絶縁破壊を含むであろうフィールドのそばの大気で起こった条件によって屈折させられるであろう。

そのような条件を起こすために機器を持たないで、マーシャルは、彼が、ライトを屈折させるであろう素材を見つけることができたならば、彼が、フィラデルフィア実験のための基礎が科学において基礎を持っていたかどうかを少なくとも証明することができることを計算した。

運命がそれを持つであろう時に、彼は多く彼の驚きにそのような素材--‘回折フィルム’と呼ばれる特別なプラスチック製品--を持っていて、彼は、それがうまく働いたと気づいた。



スレッドのスプールへのdefractionフィルムとその不可視性効果を示している写真。(上記)

テーブルトップとペンがスプール(A)を通して見えることに気づきなさい。

そのdefractionと判明したこの簡単な実験は、不可視性をシミュレーションする実行可能で、科学的なサウンドの方法であった。



大学教科書(「物理学:」)のカバーからのサンディア国立研究所からの写真を含めて、ラインハートのアカウントを確証するために、マーシャルは他の科学的なデータを見つけた。

「ボリューム2」。

写真は粒子アクセラレータ機器を示し、それは水に座っていて、フィールドジェネレータがつけられていた時にエルドリッジから出たといわれている同一の緑がかって青みがかった光によって、不気味に取り囲んだ。

光は、ラインハートが言及したのと同じ条件の結果としてこの場合に説明される - 水の表面の近くの空気の絶縁破壊。

マーシャルの科学的研究は、彼が、コロンバス状態コミュニティ・カレッジの生物学の、そして物質的な科学学部によって後援された科学の学会において彼の発見を提出するように1996年に請われたくらい十分によかった。

このイベントは、マーシャルの結論が直接情報シートの最後のパラグラフの中で公式なONRステートメントを否定して以来、ONRが実のところずっと隠蔽に関係していたことが証明されることができたことを発表しているプレス・リリースの一部として言及される。

それはまた、マーシャルが、アートベルラジオショーについての彼の研究を見せることになっていたことに言及する。

そのリリースのコピーは
www.iufog.org/
アップデート/で見られることができる。

目撃例エピソードが、基づくと思われていたのはこのイベントとそれにつながる発見物であった。

マーシャルの研究と実験が、大学科学学部によって後援された学会において提出されるのに十分によかったならば、なぜ彼らはますますその精神のゴーストハンティングのためにもっと知られるケーブルテレビショーに適していなかったか?

そのライトにおいて考慮される時に、マーシャルの政治の干渉の疑惑はよく理解できる。

しかし、これは、「説明されていないもの」によって違うと思われていた。

セグメントプロデューサー マークCarasはマーシャルの本を買い、確かで、文書化された証拠の上のそのフォーカスが主題についてのとてつもない話と入手可能な素材のほとんどの憶測の代わりに好きであった。

ただ、Carasは話への興味を取っただけでなく、彼はまた尊敬された科学者とUFO研究者ジャック・ヴァリーに対してバーンズの調査で小さな役割を果たした。

ヴァリーは「デマの解剖学」と呼ばれるフィラデルフィア実験を暴露している記事を書いた。

記事のための基礎は、ヴァリーが、イベント(それが、起こったと思われていた時に、彼がそこにいると言った証人)についての別の証人を見つけて、それが決してしなかったことであった。

記事は主題についての最もよい研究としてマイケル・コービンのようなUFO賢者によって認められた(そのParaNetニュースグループはインターネットの上のそのようなトピックの上の議論を主催する)。

しかし、Carasは、ヴァリーが立腹の背景またはステートメントをチェックしなかったので、マーシャルの本が詐欺行為としてヴァリー記事を露出したと知っていた - 海軍文書と他の歴史の情報とチェックされる時に間違いであると判明したステートメント。

マーシャルは彼がどのように暗い鳥小屋へのヴァリーのリンクと同様に意図的誤報を書くかについて教えられることについてヴァリーによって自身でされた告白を発掘した。

鳥小屋は様々な以前のCIA、DIA、INSCOM、およびAFOSIエージェントと接続された科学者から成る。

申し立てによると、二重スパイとしてUFOコミュニティを調べて、情報撹乱して浸透に専念して、このグループのためのリンクは
www.nacomm.org/
ニュース/1996年/aviary.htmlのようなサイトで発見されることができる。

科学探検(UFOのより一層の研究を要求しているその出された昨年のリポート)のための社会は、リポートとジャック・ヴァリーのにせ物の両方を出版した科学探検のそれらのジャーナルがそうであるように、鳥小屋が組織に浸入したことである。

ヴァリーに対する彼の調査、彼が取得した証拠、およびHaischが記事の摘要のために免責事項をJSE Webページに置いたという提案によってヴァリーを露出する彼の意図を彼に知らせて、マーシャルは8ページのリポートをJSE編集者ベルンハルトM. Haischに送った。

問題を議論するために、マーシャルがHaischを呼んだ時に、マーシャルの調査が重要でなかったかのように、Haischは作動し、きっぱりと、彼の発見をリーダに知らせることを断った。

Haischは彼のリポートをインターネットに持って行くマーシャルの可能性についてより心配するようであった。

「あなたは、何をしようとしているか?」

「それをインターネットに置いた?」

Haischは尋ねた。

驚きのポイントを感じ取って、マーシャルは彼のカードを彼のベストに近く保った。

「それは、私が、しようとしていることの問題ではなく、あなたが、あなたの出版があなたのウェブサイト上で自慢するこれらの高い水準に従って行動したいならば、それは、あなたがするべきであることの問題である」と彼は答えた。

Haischはハングアップした。

Carasは、マーシャルの、勇敢で、‘真実を得に行きなさい’態度によって好奇心をそそられた。

解剖学記事を含めることを説明されていないエピソードにおいて考慮する時に、CarasはベルンハルトをHaischと呼び、それから、Haischの処置の上でマーシャルにフィードバックした。

申し立てによると、調査者に、「あなたは本当に何かにオンである」と彼は言った。

「Haischはあなたの呼び出しによって驚かせられて、私がすべてのこれについてエピソードをするために神経質であった」。

Carasはまたマーシャルに、リターンへのその後の欠点が、彼のオフィス(Carasが、彼が、論駁のためのヴァリーの機会なしで彼についてマーシャルのステートメントを特徴としているエピソードを続行しようとしていたというメッセージを彼に残していた5分後に電話されたジャック・ヴァリー)に呼びかけると言った。

続き会話の間に、ヴァリーは、彼が、「フィラデルフィア実験に、彼が関係していたことは残念である」であると言い、マーシャルの調査の結果としてのUFOとベンチャー・キャピタルのコミュニティの彼の評判について悩んだ。

彼は、マーシャルのリポートを、彼の弁護士(マーシャルが、法廷で問題を縛ることによって彼を静かにしておくある種類の法律の攻撃に備えてであると考えた行動)に転送した。

Carasからのこの新しい情報に基づいて、マーシャルは、Carasが、彼が、実際解剖学問題をエピソードに含めようとしていたかどうかを決めるまで、抑制されるだけであろうキャンペーンと称された情報戦において公然とヴァリーに反対してストライキを行うと決めた。

彼がそうであったならば、マーシャルは、Carasに、キャンペーンが始まったら、ヴァリーが、誰とでも話して憎まれているであろうと知っていて、缶の中で彼のインタビューを得るチャンスがあるまで待つであろう。

マーシャルが彼の外観のためにテープに録音されるように、時間がきた時に、彼は、マーシャルとCarasの以前の契約から離れてはぐれるようであった承諾書を手渡された。

それを、ショーに、彼らが好きなように編集する自由を与えている標準のリリースと認めて、バーンズは、Carasが、彼がまだ厳守するであろうと言ったそれらの取り決めについて、Carasに思い出させていた。

射撃はその日にカメラのためのマーシャルの実験と「物理学:」からの写真のデモンストレーションを含んだ。

ボリューム2インチとマーシャルとの長いインタビュー。

ジーン布クロードBaの、物理学教授はまたインタビューされた。

マーシャルは後で、サンタマリアのフル・スケール・レプリカを、幽霊船と同じくらい透明であるように見えさせている回折フィルムのシートを示している彼のドラマチックな実験のコピーをCarasに送った。

エピソードが放映するように、時間が近くなるにつれて、Carasは、密かに作動しはじめた。

第一に、彼の、コンピュータアニメーションを、‘劇になりなさい’に見えないようになっているエルドリッジのようであらせる言及であった。

マーシャルがサンタマリアによる彼の実験のビデオの使用について尋ねた時に、それのような演じられたCarasはほとんど存在しなかった。

「彼の態度は、ダビングの十分な善がそれのようでなかったか、それが、私が、それが何をすると言ったかを示さなかったことであった」。

何としても、それは陰険な反応であったけれども、私は、問題を推進しないことに決めた。

「私は、どのように製作者がそれらの生産おもちゃとともにあることができるかを知っている」。

起こる次の物は、マーシャルに、それが‘あまりにも不可思議’であったので、エグゼキュティブ・プロデューサー ジョナサンTowersが彼にスクリプトの中で‘変化’を作らせたと言っているCarasであった。

マーシャルに、「あなたが向こう側でまだ真実を得るであろうと心配しないでください」とCarasは言った。

マーシャルは心配に始めていたけれども、Carasによって、カバレッジが使える時間の不足のためヴァリー問題の上に全然ないであろうということを知らせられて、マーシャルは、インターネット(Haischが気づかって尋ねたまさしくそのメディア)上のヴァリーに対する彼のキャンペーンを開始した。

サイバージャーナリスト(ヴァリーの詐欺についての話)のネットワークとHaischの試みを通して、それを保持するために、秘密はゆっくり、あなたが、サーチ・エンジンに依存して、言葉‘詐欺’、‘デマ’、および‘解剖学’を結合しているネットの上の検索をするかどうか現在までの様々なフォームにおいて出現しはじめて、あなたは
www.ufomind.com/
アップデート/1998年/ジュン/m08-010.shtmlのようなジャック・ヴァリーについての記事を得るであろう。

8月21日までに、マーシャルのキャンペーンの第一波は終わっていて、彼は彼の中盤を開始していた。

しかし、その夜、彼が、いくつかの‘スクリプト変化’を起こす必要があると言った時に、マークが何を言おうとしていたかをわかるために、彼は立ち止まった。

彼が見たものは、あなたが到着することができた限り真実とかけ離れていた。

実のところ、海軍研究事務所は自身でスクリプトを書いたかもしれない。

1984年 ジョージ・オーウェル 1949 4,5章

1984

George Orwell

1949










Chapter 5


5章

低ceilinged水筒の中で、深く、地下に、昼食列は前にゆっくりぴくぴくした。

部屋はすでに非常にいっぱいで、耳をつんざくように騒々しかった。

カウンターの格子から、勝利ジンの煤煙に打ち勝たなかった酸っぱい金属のにおいによってあふれ出て、シチューの蒸気は来た。

部屋の向こう側の上に、小さなバー(壁の単なる穴)があった(そこで、ジンは10セントで大きなつねりを買われることができた)。

‘まさに、私が捜していたその人’と声はウィンストンの背中で言った。

彼は回転した。

研究部門で働いたのは彼の友人サイムであった。

たぶん、‘友人’は正確には正しい言葉ではなかった。

あなたはこのごろでは友人を持っていなく、あなたは同僚を持っていた:

しかし、社会が他のもののそれより楽しかった何人かの同僚がいた。

サイムは言語学者、新言語における専門家であった。

実に、彼は、現在、新言語辞書の第11版を編集することに従事している巨大な専門家チームのひとりであった。

彼があなたと話している間、彼は、密接にあなたの顔を捜すようであった悲しげであると同時に嘲笑的な黒い髪と大きく、隆起した目のウィンストンより小さい小さな生き物であった。

‘私は、あなたに、あなたがかみそりの刃を得たかどうかを尋ねたかった’と彼は言った。

一種の有罪の急ぎによって‘ものでない!’とウィンストンは言った。

‘私は至る所にトライした’。

‘彼らはもう存在していない’。

誰もがあなたにかみそりの刃を要求し続けた。

実際、彼は、彼が上に貯蔵していた2つの未使用のものを持っていた。

過去月の間のそれらの飢饉があった。

いつ何時でも、パーティー店が、供給することができなかったある必要な品物があった。

時々、それはボタンであり、時々、それは羊毛を繕っていて、時々、それはくつひもであった;

現在、それはかみそりの刃であった。

あなたは、あったとしても、‘自由な’市場で密かに多少捜しまわることによってそれらをつかまえることができただけであった。

‘私は6週間同じブレードを使っている’と彼は偽りを言って付け加えた。

列は別の筋肉のけいれんを前に与えた。

彼らが停止した時に、彼は再びサイムを回し、向かっていた。

彼らのそれぞれはカウンターの終わりに油で汚れた金属トレイをパイルから取り去った。

‘あなたは昨日囚人が絞首刑に処されるのを見に行ったか?’とサイムは言った。

‘私は働いていた’とウィンストンは無関心に言った。

‘私は映画においてそれを見ると私は思う’。

‘非常に不十分な代用品’とサイムは言った。

彼のあざけり目はウィンストンの顔を徘徊した。

‘私はあなたを知っている’、目は、‘私はあなたを見抜く’と言うようであった。

私は、なぜあなたが、知的な方法で、それらの囚人が.'Inを絞首刑に処したとわかるために行かなかったかを非常によく知っていて、サイムは悪意に満ちて正統であった。

彼27

敵村へのヘリコプター急襲と考え犯罪者(愛情の省の地下室での処刑)のトライアルと告白の不愉快な満悦満足によって話すであろう。

彼と話すことは、主として彼をそのような主題から遠ざけて、彼を、可能ならば、新言語の専門的事項にからませる問題であった(それの上で、彼は権威的で、興味深かった)。

大きな暗い色の目の精査を避けるために、ウィンストンは少しわきへ彼の頭を向けた。

‘それはよい吊るしであった’とサイムは懐古的に言った。

‘私は、彼らがそれらの足を束ねる時に、それがそれを台無しにすると思う’。

私は、彼らが蹴るのを見ることが好きである。

とりわけそして終わり(舌(すぐさま、青色の、まったく明るい青))に。

‘それは、私にアピールする詳細である’。

どうぞの『Nex』 どなる ひしゃくを持つ白エプロンを付けたプロレタリア 。

ウィンストンとサイムは格子の下にそれらのトレイを押した。

それぞれにオンが迅速にダンプされたこと 薄桃色灰色シチューの調節昼食.金属小ざら パンの厚切れ、チーズの立方体、1杯のミルクがない勝利コーヒー 、および1つの糖分のタブレット。

‘そのテレビスクリーンの下にあそこにテーブルがある’とサイムは言った。

‘途中で綿繰機を拾い上げよう’。

ジンはハンドルなしの磁器マグの中でそれらに分配された。

彼らは込んでいる部屋を横切って進み、1つのコーナーの上でmetaltoppedされたテーブルの上にそれらのトレイを開けた(それのうちの、誰かが、シチュー(嘔吐の外観を持っていた不潔な液状のめちゃくちゃ)のプールを去った)。

ウィンストンは彼のジンのマグを取り上げて、彼の神経を収集するために、少しの間休止し、油性味わい物を飲み込んだ。

彼が彼の目から涙を点滅して合図した時に、彼は突然、彼が空腹であったと気づいた。

彼はシチューのスプーン一杯をうのみにしはじめた(それは、その一般的なだらしなさの間において、たぶん、肉の準備であった海綿状の薄桃色の物の立方体を持っていた)。

彼らが彼らの小ざらを空にするまで、彼らのどちらも再び話さなかった。

少し彼の背後でのウィンストンの左のテーブルから、誰かが急速に話していて、継続的に、荒い早口のおしゃべりはほとんどアヒルのガーガー鳴きが好きである(それは部屋の一般的な騒動に貫通した)。

ノイズに打ち勝つために彼の声を上げて、‘辞書はどうしているか?’とウィンストンは言った。

‘ゆっくり’とサイムは言った。

‘私は形容詞の上にいる’。

それは、すぐ新言語に関する言及で、彼が明るくした’上で.を魅了する。

彼はわきへ彼の小ざらを押し、他における一方の繊細な手と彼のチーズで彼のひとちぎりのパンを取り上げて、叫ばずに話すことができるように、テーブルに身を乗り出した。

‘第11版は決定版である’と彼は言った。

‘私達は、それが、誰も他の何も話さない時に持とうとしている形をその最終的である形.中への言語のために取ってくる’。

私達がそれを止めた時に、あなたのような人々は、もう一度それを学ぶ必要があるであろう。

あなたは考えて、私が、あえて言い、私達の主要な仕事が新しい言葉を発明している。

少ししかしそれでない!

私達は毎日それらの言葉.スコア、数百のそれらを破壊している。

私達は骨まで言語を下げている。

第11版は、年の2050年の.'Heががつがつと彼のパンに噛みつき、2、3の一口分をうのみにし、そして、一種の衒学者の情熱によって話し続ける前に、時代遅れになるであろう1語の言葉も含まないであろう。

彼のやせた暗い顔は生き生きし、彼の目はそれらのあざけり表現を失い、ほとんど夢見るようになった。

‘それは美しい物、言葉の破壊である’。

もちろん、大きな損耗額は動詞と形容詞の中にあるけれども、その上取り除かれることができる数百の名詞がある。

それはただの同義語ではない;

また、反意語がある。

すべて、他の言葉の単に反対物である言葉のために、どんな位置合せがあるか?

言葉はそれ自体はその反対物を含んでいる。

例えば「よい」を取りなさい。

あなたが「よい」のような言葉を持っているならば、「悪い」のような言葉のためにどんな必要があるか?

それがまったくの反対であるので、「よくない」はちょうどその上.をよりよくするであろう(他はそれではない)。

または、再び、あなたが「よい」のより強いバージョンを望んでいるならば、「素晴らしい」と「豪華」のような漠然とした無駄な言葉のストリングとそれらのすべてのその他全体を持つことに、どんな感覚があるか?

あなたが何かより強く静かなものを望んでいるならば、「Plusgood」は意味または「doubleplusgood」をカバーする。

もちろん、私達はそれらのフォームalready.を使うけれども、新言語の最終的なバージョンには、他に何もない。

最後に、良さと悪い状態の観念全体は現実、ほんの1語においてほんの6つ言葉.によってカバーされているであろう。

あなたはそれの美を見ないか、ウィンストン?

それはB.B.‘もちろん独創的なsアイデア’であったと彼はあとの思いつきで付け加えた。

一種の無味な熱意はビッグ・ブラザーに関する言及でウィンストンの顔をよぎった。

それにもかかわらず、サイムは直ちに一定の熱意の乏しさを検出した。

‘あなたは新言語に対して本当の理解がない、ウィンストン’と彼は悲しげにほとんど言った。

‘あなたがそれを書く時にさえ、あなたはまだ旧語法の中で考えている’。

私は、あなたが時々タイムスにおいて書くそれらの断片のいくつかを読んだ。

それらは十分によいけれども、それらは翻訳である。

あなたの心臓の中で、あなたは、意味のすべてのそのあいまいさとその無駄なシェードによって旧語法に執着したい。

あなたは言葉の破壊の美を把握していない。

‘あなたは、語彙が毎年より少なくなる世界で、新言語が唯一の言語であると知っているか?’

ウィンストンはもちろんそれを知っていた。

同情的に、自身が話すことを確信しないで、彼は、彼は微笑んだのを望んだ。

サイムは暗い色のパンの別の破片を食いちぎり、簡単にそれをかみ、進んだ:

‘あなたは、新言語の目的全体が、考えの範囲を狭めることであるとわからないか?’

最後に、言葉(それにおいてそれを表現する)が全然ないであろうので、私達はthoughtcrimeを文字どおりに不可能にする。

必要であることができるすべての概念は堅く定義されたその意味とこすり落とされて、忘れられたすべてのその補助的な意味によってちょうど1語によって表現されるであろう。

すでに、第11版において、私達はそのポイントから遠くない。

しかし、過程はまだあなたのずっと後に進行しているであろうし、私は死んでいる。

ますます毎年より少ない言葉といつももう少しより小さい意識の範囲。

今でも、もちろん、委任thoughtcrimeのために理由または弁解が全然ない。

それは自己訓練、現実管理の単に問題である。

しかし、最後に、それのさえどのような必要もないであろう。

言語が完全な時に、革命は完全になるであろう。

新言語はIngsocであり、Ingsocは、新言語(彼が一種の神秘主義的な満足によって追加した’)である。

‘これまでに、最新のものの2050年までに、1人の人間も、生きたまま、誰が、私達が現在持っているような会話を理解することができたかではないであろうということをあなた、ウィンストンの心に浮かばせたことがあるか?’

‘を除いて-’は疑わしくウィンストンを開始し、彼は停止した。

それは、口先まで出かかって、‘プロレタリアを例外として省きなさい’と言うことであったけれども、この意見が正統でないいくらかの方法の中になかったと完全に確信すると、彼は自身をチェックしなかった。

しかし、サイムは、彼が、まさに何を言おうとしていたかを占った。

‘プロレタリアは人間ではない’と彼は不注意に言った。

より早い2050によって'、たぶん旧語法に関する.すべて本当の知識は消えているであろう。

過去の文学全体は破壊されているであろう。

チョーサー、シェイクスピア、ミルトン、バイロン. それらは 新言語バージョン〈単に、違う何かに変わらない〉にだけ存在するけれども、実際、そうであるようにそれらが使用したもので矛盾した何かに変更される。

パーティーの文学さえ変わるであろう。

スローガンさえ変わるであろう。

どのように、「自由は奴隷制度である」 時 概念29 のようなスローガンを持っていることにおいてすることができたか あなた

自由で廃止されたか?

考えの気候全体は違うであろう。

実のところ、私達が現在それを理解している時に、考えが全然ないであろう。

正統性は、考える必要がない.を考えないのを意味している。

正統性は無意識.'One of these daysであり、突然の深い信念によってウィンストンを考察されて、サイムは蒸発するであろう。

彼は聡明すぎる。

彼はあまりにもはっきりと見ていて、あまりにも明白に話す。

パーティーはそのような人々が好きでない。

いつか、彼は消えるであろう。

それは彼の顔の中で書かれる。

ウィンストンは彼のパンとチーズを食べ終えた。

彼のコーヒーのマグを飲むために、彼は少し彼の椅子の中で横に向きを変えた。

左にテーブルで、耳ざわりな声を持つ人はまだ向こうで無慈悲に話していた。

たぶん、彼の秘書であり、ウィンストンに背を向けて座っていた若い女性は彼の言うことを聞いていて、彼が言ったすべてに熱心に合意しているようであった。

時々、若々しく、少し無分別な女性の声で発せられて、ウィンストンは、‘私は、あなたがそんなに正しく、私がそうあなたに合意すると思う’のようないくらかの意見をつかんだ。

しかし、女の子が話していた時にさえ、他の声は決して少しの間やまなかった。

彼は、彼がフィクション部門でいくらかの重要なポストに就いていたとそれよりもう彼について知らなかったけれども、ウィンストンは人を顔だけ知っていた。

彼はたくましいのどと大きく、モバイルの口の約30の人であった。

彼の頭は少し投げ返されて、彼が座っていた角度のため、彼のスペクタクルはライトをつかみ、ウィンストンに、目の代わりに2つのブランクディスクを示した。

少し恐ろしく、彼の口から流れ出た音のストリームから、1語の言葉を区別することがほとんど不可能であったことであったもの。

‘完全である'を表す’をつかまえられたまさにかつてのウィンストンと非常に急速に外で'-ぐいと動かされたGoldsteinismとそれが思われたことによる、1つの断片の中のすべての最終的な除去はタイプキャストのラインが固体であるのを好んでいる。

残りにとって、それは単にノイズ、アヒルの鳴き声であった。

それなのに、あなたは、実際、人が言っていたことを聞くことができなかったけれども、あなたはその一般的な自然についてのどのような疑いにもいるはずがない。

彼はゴールドスタインを弾劾していて、考え犯罪者と計画的妨害者に対してより厳格な手段を要求しているかもしれず、彼はユーラシア軍隊の残虐行為を非難しているかもしれず、彼は、正面のそれが違いを全然しなかったマラバル痒疹についてビッグ・ブラザーまたはヒーローを賞賛しているかもしれない。

たとえ、それが何であっても、あなたは、それのすべての言葉が純粋な正統性、純粋なIngsocであったと確信しているかもしれない。

急速に上下に動いているあごによって彼が盲目の面を見た時に、ウィンストンは、これが本当の人間ではなくある種類のダミーであったという奇妙な感じがした。

話していたのは人の脳ではなく、それは彼の喉頭であった。

彼から出ていた物は言葉から成ったけれども、それは真実の感覚においてスピーチではなかった:

それはアヒルのガーガー鳴きのような無意識において発せられたノイズであった。

サイムはちょっと静かになり、彼のスプーンのハンドルによって、シチューの水たまりにおいてパターンを追跡していた。

他のテーブルからの声は周辺の騒音にもかかわらず容易に可聴にonにおいて急速にガーガー鳴った。

‘新言語において言葉がある’と、サイム(‘私は、あなたがそれを知っているかどうかを知らない:’)は言った。

アヒルのようにガーガー鳴くダックスピーク。

2つの矛盾した意味を持っているのはそれらの興味深い言葉の1語である。

‘相手に適用されて、それは乱用であり、あなたが合意する誰かに適用されて、それは賞賛である’。

疑いなく、サイムは、再びウィンストンを考えて蒸発するであろう。

サイムが彼を軽べつしていて、わずかに、彼を嫌い、彼が、そうすることの理由をわかったならば、彼をthoughtcriminalとして告発することが十分に可能であったとよく知るけれども、彼は一種の悲しさによってそれを考えた。

サイムにおいて何か微妙に具合が悪いことがあった。

彼が欠いたことがあった:

裁量、よそよそしさ、一種の節約愚かさ。

あなたは、彼が正統でなかったと言うことができなかった。

彼は信じていた。


30

Ingsocの原則、彼はビッグ・ブラザーを敬慕していて、彼は勝利に喜んでいて、単に誠意をもたないことであるが一種の落ち着かない熱心(普通の党員が近づかなかった情報の最新性)をもつことでなく、彼は異端者を憎悪していた。

それでも、悪評のかすかな空気はいつも彼に固執した。

彼は、よりよく撤回されたであろう事を言い、彼はあまりにも多くの本を読み、彼はチェスナット木Caf´e(画家とミュージシャンのたまり場)に頻出した。

チェスナット木Caf´eに頻出することに対して、不文律さえではなく法律が全然なかったけれども場所は何とかして不吉であった。

彼らが最終的に清められる前に、党の高齢で、評判を悪くされたリーダーは、そこに集まるために使われた。

ゴールドスタイン自身で、それは言われて、時々年と数十年前そこで見られた。

サイムの運命は、予感しづらくなかった。

それなのに、サイムが3秒の間さえ彼、ウィンストン、秘密であることの意見の性質を把握したならば、彼が彼を直ちに思想警察に密告するであろうということは事実であった。

その問題のための他の誰かもするであろう:

しかしたいていのものよりもっとサイム。

熱心は十分でなかった。

正統性は無意識であった。

サイムは見上げた。

‘パーソンズが来た’と彼は言った。

彼の声のトーンにおける何かが、‘その大馬鹿’を追加するようであった。

パーソンズ(勝利大邸宅のウィンストンの仲間のテナント)は実のところ彼の方法で部屋.を横切ってブロンドの髪とカエルのような面のおけのようで、普通の大きさの人をスレッド化していた。

35で、彼は首とウエストラインですでに脂肪のロールを着ていたけれども、彼のムーブメントは活発で、少年らしかった。

非常にそうなので、彼は統制オーバーオールを身につけていて、彼を青色のショーツ、スパイの灰色のシャツ、および赤いネッカチーフを着ているとみなさないことがほとんど不可能であったけれども、彼の姿全体は大きく成長した小さな少年のそれであった。

彼を視覚化することにおいて、人はいつもずんぐりした前腕からくぼんだ膝と袖の写真が巻き戻されるのを見た。

そうするために、コミュニティハイキングまたはすべての他の身体活動が彼に弁解を与えた時に、パーソンズは実に常にショーツに戻った。

彼は彼らを両方とも陽気な‘こんにちは、こんにちは!’で迎えて、汗の強烈なにおいを発して、テーブルについた。

湿気のビーズは彼のピンク色の顔の至る所で目立った。

彼の汗ばむ能力は並みはずれていた。

コミュニティセンターで、あなたは、いつも、いつ彼がバットハンドルの湿気によって卓球をしていたかを話すことができた。

サイムは、言葉の長柱があった紙のストリップを作り出し、彼の指の間でインク鉛筆によってそれを勉強していた。

ウィンストンをひじでつついて、‘昼食時間に向こうに働いて、彼を見なさい’とパーソンズは言った。

‘やっぱり鋭さ?’

何が、あなたがそこに到着したことであるか?卒業生?

何かが私のために少しあまりにも知性的に、私は予期している。

スミス、卒業生、私は、なぜ私があなたを追っているかをあなたに言う。

‘それは、あなたが、私に与えることを忘れたそのサブである’。

‘どのサブが、お金を自動的に探して、?がウィンストンを言ったことであるか’。

1の給料の約4分の1は、自発的な登録に充てられる必要があった(それはとても多かったので、それらに絶えず注意することは難しかった)。

‘憎悪週の間’。

あなたは家によって家資金を知っている。

私は私達のブロックのための会計係である。

私達は、あらゆる努力を、すさまじいショーを上演する.行きにしている。

私はあなたに話し、古い勝利大邸宅が通り全体においてフラグの最も大きな装備を持っていないならば、それは私の過ちにならないであろう。

あなたが私、.'ウィンストンに約束した2ドルは、パーソンズが小さなノートブックに入力した2つの折り目を付けられて、不潔な紙幣を文盲のきちんとした筆跡で発見し、わたした。

‘方法によって、卒業生’と彼は言った。

‘私は、私の小さな物乞いが昨日彼のカタパルトによってあなたにくってかかったと耳にする’。

私はそれのために彼をひどく叱りつけた。

実のところ、私は彼に、彼が再びそれをするならば、私がカタパルトを取り除くであろうと言った。

‘私は、彼が、実行に行かない時に少し混乱していたと思う’とウィンストンは言った。

’  ああ、よさ 私が言うつもりの.もの 、右の心を示すね?

Mis-31

彼らが彼らの両方ともあるけれども鋭さについて語るchievousな小さな物乞い!

彼らが考えるすべてはもちろんスパイと戦争である。

彼女の軍がバーカムステッド方法の外でハイキングにあった時に、あなたは、私のその小さな女の子がこの間の土曜日に何をしたかを知っているか?

彼女は2人の他の女の子を、彼女と一緒に行かせて、ハイキングから滑り落ちて、妙な人について行くことに午後中ずっとを費やした。

‘彼らはまさに森を通って2時間の間彼の末部の上でもち、それから、彼らがアマシャムの中に入った時に、パトロールに彼を引き渡した’。

‘彼らは何のためにそれをしたか?’と多少面食らったウィンストンは言った。

パーソンズは意気揚々と進んだ:

‘私の子供は、彼が、ある種類の敵のスパイ.が例えばパラシュートによって落とされたかもしれないことであったのを確かめた’。

しかし、ここにポイントがある、卒業生。

あなたは、何がまず第一に彼に彼女をからかったと思うか?

彼女がしみになった 彼は、おかしい種類の靴. 彼女が、前に誰でもそれのような靴をはいていたのを一度も見たことがないといわれている をはいていた。

従って、チャンスは、彼が外国人であったことであった。

7のニッパーのためにかなりスマートに、やっぱり、?Whatは人の?'言われたウィンストンに起こった。

‘私がもちろん言うことができなかったああ、’。

しかし、私は、もしも'パーソンズが、ライフルを向ける動作をし、爆発のために彼の舌をクリックしたことにまったく驚くわけではないであろう。

彼の紙のストリップから見上げずに、うっかりして‘善’とサイムは言った。

‘もちろん、私達は、チャンスを取る余裕がない’とウィンストンは忠実に合意した。

‘私が、言うために、戦争があるのを意味しているもの’とパーソンズは言った。

これの確認におけるかのように、トランペットによる合図はまさにそれらの頭の上のテレビスクリーンから浮かんだ。

しかし、それはこの時軍隊の勝利の宣言ではなかったけれども、単に十分の省からの発表。

‘同僚!’と熱望した若々しい声は叫んだ。

‘注意、同僚!’

私達はあなたのために華々しいニュースを持っている。

私達は生産のために戦いに勝った!

消費財のすべてのクラスのアウトプットの現在完遂されたリターンは、生活水準が過去1年の間に20パーセント上がったことを示す。

オセアニアの至る所に、今朝、労働者が工場とオフィスから行進し、彼の賢明なリーダーシップが私達に傾けた新しく、幸福な暮らしのためにビッグ・ブラザーに彼らの感謝を表明しているバナーによって、通りを通って行進した時に、抑えきれない自発的なデモンストレーションがあった。

ここに完成した数値のいくつかがある。

‘食料品-’

フレーズ‘私達の新しく、幸福な暮らし’は数回再発した。

それは十分の省と最近お気に入りであった。

一種の大きく開く厳粛さ、一種の教化された退屈によって聞きながら、パーソンズ(トランペットによる合図によってつかまれた彼の注意)は座った。

彼は数値に続くことができなかったけれども、彼は、それらが1つの原因あたりいくらかの方法で満足に申し込んでいたことに気づいていた。

彼は、すでに炭にされたたばこで半分いっぱいであった巨大で、不潔なパイプの外で引いた。

1週間あたり100グラムのたばこ定量によって、トップにパイプを満たすことはほとんど可能でなかった。

ウィンストンは、彼が慎重に水平に保った勝利タバコを吸っていた。

新しい定量は明日まで始まらなく、彼にほんの4つのタバコが残っていた。

さしあたり、彼はよりリモートのノイズに彼の耳を閉じて、テレビスクリーンから流れた物を聞いていた。

1週間に20グラムまで配給のチョコレートを持ち上げることに対してビッグ・ブラザーに感謝するためにデモンストレーションがありさえしたようであった。

そして、つい昨日、彼は反射し、定量が、1週間に20グラムに減らされることになっていたことは発表された。

彼らがわずか24時間の後にそれを飲み込むことができたことは可能であったか?

はい、彼らはそれを飲み込んだ。

パーソンズは動物の愚かさによって容易にそれを飲み込んだ。

他のテーブルの盲目の生き物は激しい欲望によって情熱的に狂信的にそれを飲み込んだ。

32




先週、定量が30グラムであったことを示唆するべきである誰でも突きとめて、弾劾し、蒸発させるには。

サイム、あまりにも中のいくつかがより複雑に、方法、関係二重思考、サイムはそれを飲み込んだ。

そして、彼はメモリーの所有において一人であったか?

すばらしい統計は、テレビスクリーンから流れ出続けた。

昨年に比べて、より多くの食物、より多くの衣服があり、より多くは住み、より多くの家具、より多くの調理鍋はもっと燃料を補給し、より多くの船、より多くのヘリコプターはもっと予約し、すべてのもっとより多くの赤ん坊.は病気、犯罪、および精神異常を例外として省く。

毎年毎年、記録によって緻密に、誰もが、そしてすべてが上方で急速に疾走していた。

サイムがより早くした時に、ウィンストンは彼のスプーンを取り上げて、外のそれの長いすじをパターンに引き入れて、テーブルを横切って滴った杭で着色されたグレービーに手を出していた。

彼はライフの物質的なテクスチャーについて憤慨して暝想した。

それはいつもこれに似ていたか?

食物はいつもこの味がしたか?

彼は水筒を見回った。

低いceilinged、込んでいる部屋、無数のボディの接触から汚いその壁;

一緒にとても近く置かれたあなたは肘接触によって座った乱打された金属テーブルと椅子;

曲がったスプーン、へこんだトレイ、粗い白いマグ;

脂っこいすべての表面、すべてのクラックにおけるあか;

そして悪いジンと悪いコーヒーと金属のシチューと汚い衣服の少し酸っぱく、合成のにおい。

いつも、あなたの胃の中とあなたの皮膚の中で、一種の抗議(あなたが権利を持っていたことをだましとられたという感じ)があった。

彼が何も大いに違うもののメモリーを全然持っていなかったことは真実であった。



合成のジンを除いて安くなく、豊富なもの。



物が一度持っていたある種類の祖先のメモリーが違ったならば、ものがなければ、なぜ人は、それを、耐えられないと思うべきであるか?

彼は再び水筒を見回った。

ほとんど誰もが醜く、均一な青色のオーバーオールの中と違った形で着こなしても、まだ醜かったであろう。

部屋の向こう側の上で、一人でテーブルに座って、小さく、もの珍しそうにかぶと虫のような人は1杯のコーヒー(左右に疑いの目を投げている彼の小さな目)を飲んでいた。

あなたが、物質的なタイプが、たくましい若者と深く胸に秘めた少女(心配無く日焼けした活発なブロンドの髪)を理想身長としてのパーティーによって設定したと信じるためにあなたについて見なかったならば、それはどれほど容易であったか、考えられたウィンストン。

存在していて、支配してさえいた。

実際、彼が判断することができた限り、滑走路1の人々の大多数は少なく、暗く、不快であった。

それは、どのようにそのかぶと虫のようなタイプが省で増殖したかについて物好きであった:

非常に小さな目を持つ短い足、迅速な急いで行くムーブメント、および太った不可解な面によって非常に若いときに勇敢になっている小さなずんぐりした人。

パーティーの支配権の下で最もよく茂るようであったのはそのタイプであった。

十分の省からの発表は別のトランペットによる合図において終わり、スズ音楽に取って代わられた。

漠然とした熱狂に数値の砲撃によって扇動されたパーソンズは彼のパイプを彼の口から取り去った。

『十分の省は確かに、今年よい仕事をした』と、彼は、彼の頭の知っている震えによって言った。

‘方法、スミス卒業生による私で、てはならないかのあなたで、しなかったかの33’

‘あなたが私に持たせることができるどのようなかみそりの刃でも取ってこられる?’

‘ものでない’とウィンストンは言った。

‘私は自身で6週間同じブレードを使っている’。

‘残念である’、‘ああ、健康である.はただ、私があなたに尋ねるであろうと思った、卒業生’とウィンストンは言った。

省の発表の間に一時的に黙った次のテーブルからのガーガー鳴る声はこれまでと同じくらい騒々しく再び起動した。

何らかの理由で、ウィンストンは突然自身が彼女の小さく束ねた髪と彼女の顔の折り目における塵によってパーソンズさんについて考えていることに気付いた。

2年以内に、それらの子供は思想警察に彼女を密告しているであろう。

パーソンズさんは蒸発するであろう。

サイムは蒸発するであろう。

ウィンストンは蒸発するであろう。

オブライエンは蒸発するであろう。

パーソンズは一方では決して蒸発しないであろう。

ガーガー鳴る声を持つ盲目の生き物は決して蒸発しないであろう。

省の迷宮のような廊下を通ってとてもすばやく急いで行くので、彼らも決して蒸発しないであろう小さなかぶと虫のような人。

そして、彼女も、決して、 暗い毛を持つ女の子、フィクション部門.からの女の子 蒸発しない。

彼に、彼が、誰が生き残るであろうか、そして誰が滅びるであろうかを本能的に知っていたように思われた:

まさに、それがあったものであるけれども、生き残りのためにそれを作って、言うことは容易でなかった。

この瞬間に、彼は激しい筋肉のけいれんによって彼の幻想から引きずり出された。

次のテーブルの女の子は部分的にまわりで回り、彼を見ていた。

それは黒い髪の女の子であった。

彼女は横の方法で彼を見ていたけれども、奇妙な強度でであった。

彼女が彼の目に留まった瞬間に、彼女は再び目をそらした。

汗はウィンストンのバックボーンの上で出発した。

恐怖の恐ろしい激痛は彼を通り抜けた。

それはすぐにほとんどなくなったけれども、それは、不安に口うるさい一種を置いていった。

なぜ彼女は彼を見ていたか?

なぜ彼女は彼に付きまとい続けたか?

あいにく、彼は、彼が到着した時に、彼女がすでにテーブルにいたかその後そこに来たしたかを思い出すことができなかった。

しかし、昨日、とにかく、2分憎悪の間に、そうする明白な必要が全然なかった時に、彼女は彼のすぐ後ろで座った。

まったくたぶん彼女の本当のオブジェクトは、彼の言うことを聞き、彼が十分に騒々しく叫んでいたかどうかを確かめることであった。

彼のより早い考えは彼に戻った:

たぶん、彼女は実際思想警察のメンバーではなかったけれども、最も大変な危険であったのは正確にアマチュアスパイであった。

彼は、どれくらい彼女が彼をではなくたぶん5分もの間見ていたかを知り、彼の顔がコントロール下で完全でなかったのは可能であった。

あなたがどのような公的な場所にまたはテレビスクリーンの範囲の中ででもいた時に、あなたの考えを迷わせることはひどく危険であった。

最も小さな物はあなたを授与することができた。

神経質なチック、心配の無意識な注視、自身.に、隠れるための何かを持っている間にそれによって異常の気味を伝えた何でもぶつぶつ言うことの習慣。

ともかく、あなたの不適切な表情を身につけること(勝利が例えば発表された時に疑い深いように見えるため)は自身罰すべき罪であった。

新言語においてそれのための言葉さえあった:

facecrime、それは呼ばれた。

女の子は再び彼を見捨てた。

たぶん、結局、彼女は彼に本当は付きまとっていなく、たぶん、彼女が連続で2日彼とそんなに親しく座ったことは偶然の一致であった。

彼のタバコの火は消えて、彼はそれをテーブルの縁に慎重に置いた。

彼がそれの中にたばこを保持することができたならば、彼は、仕事の後にそれを喫煙し終わるであろう。

まったくたぶん、次のテーブルの人は思想警察のスパイであり、まったくたぶん、彼は3日以内に愛情の省の地下室にいるであろうけれども、タバコの吸い殻は浪費されてはならない。

サイムは彼の紙のストリップをたたみ、彼のポケットの中でそれを詰め込んだ。

パーソンズは論じはじめた。


34


再び。

彼のパイプ(‘彼らが彼女がB.B.のポスターによってソーセージを包むのを見たので、私のそれらの2つのニッパーが古いmarketwomanのスカートに火をつけた約時間?’)の柄のまわりでくすくす笑って、‘私はあなたに話した、卒業生’と彼は言った。

彼女に忍び寄り、マッチのボックスによってそれに火をつけた。

彼女はまったくひどく火傷したと私は信じる。

ほとんどはやっぱり貧乏にしない?

しかしマスタードとして鋭敏である!

それは、彼らが私の日よりよくスパイ現代.において彼らに与えさえするfirstrateトレーニングである。

それらがそれをそれらに供給した最新の物は、どんなd’you考えであるか?

かぎ穴を通して聞くために、耳はトランペットを吹く!

1つ家庭先日の夜.を持って来られた私の小さな女の子は私達の居間ドアにそれを試験し、彼女に穴に彼女の耳によっての倍多く聞こえると考えた。

もちろん、それは、おもちゃだけがあなたに注意を払うことである。

‘それでも、やっぱりそれらに正しいアイデアを与える?’

この瞬間に、テレビスクリーンは耳をつんざくようなホイッスルの音を吹いた。

仕事に戻ることはそのシグナルであった。

エレベーターのまわりで苦闘に参加するために、3人の人はみな彼らの足に跳ねて、残っているたばこはウィンストンのタバコから落下した。




1984年 ジョージ・オーウェル 1949 4,5章

1984

George Orwell

1949









Chapter 4

With the deep, unconscious sigh which not even the nearness of the telescreen could prevent him from uttering when his say’s work started, .~省略~

4章

テレビスクリーンの近接が、彼がもらすことを妨げることができなかった深く、無意識なため息によって、彼の日の仕事が始まった時に、ウィンストンは彼にspeakwriteを引き、そのマウスピースから塵を吹き飛ばし、彼のスペクタクルを着た。

それから、彼は、彼の机の右側の上の気送管からすでに完全に失敗した紙の4つの小型シリンダを広げて、クリップで留めた。

小部屋の壁に、3つの開口部があった。

speakwrite(書かれたメッセージのための小さな気送管)の右に、左(新聞のためのより大きなもの)に;

そして、側壁で、ウィンストンの腕の容易な届く範囲の中で、大きな長方形裂け目は針金格子によって保護した。

これは最後に古紙の処分のためであった。

同様な裂け目はすべての部屋のだけでなくすべての廊下の短い間隔の建物全体に数千または万において存在していた。

何らかの理由で、それらは歴史的事実の無視とニックネームを付けられた。

いつものがそのいくらかを文書化すると知っていたかは、破壊またはいつさえ人が無駄な一片の紙切れがまわりに横たわるのを見たかのための賦課金であり、それは、最も近い歴史的事実の無視のフラップを持ち上げて、それを落とす自動的な行動であり、とたんに、それは、建物の休憩時間のどこかに隠された巨大な溶鉱炉に暖かな空気の流れの上で向こうに回転するであろう。

ウィンストンは、彼が広げた4つの紙切れを調査した。

それぞれは、ほんの1本または2本のラインのメッセージ、実際、略された専門語.における新言語であるが内部の目的のために省で使われた主として新言語言葉.の存在を含んでいた。

彼らは走った:

17.3.84のbbスピーチがafricaをmalreportedした時は、4番目の0.25の83ミスプリントが流通していて確認する19.12.83の予測3ypが、14.2.84個の小型豊富なmalquotedされたチョコレートが、3.12.83人の報告bb dayorder doubleplusungood refs失脚者がfullwise upsub antefilingを書き直す時を修正する時を出す時を修正する。

かすかな満足感によって、ウィンストンは4番目のメッセージを中断した。

それは繁雑で、責任が重い仕事であり、最後によって分配されたほうがよい。

2番目の一方はたぶん数値のリストを努力して進んでいる退屈ないくつかを意味するであろうけれども、他の3は規定通りの問題であった。

ウィンストンはテレビスクリーンの上の‘バックナンバー’のダイヤルを回し、タイムスの適切な問題を要求していた(それはほんの2、3分の遅延の後に気送管からこっそり動いた)。

彼が受け取ったというメッセージは、ひとつのまたは別の理由により、変わるか、公式なフレーズがそれを持っていたことによる、修正する必要があると考えられた記事または記事を参照した。

例えば、それは3月の17日のタイムスから彼の前の21のスピーチにおいてそのビッグ・ブラザーのようであった。

日は、南インド人正面が静かであり続けるけれども、まもなくユーラシアの攻勢が北アフリカに乗り出すと予測した。

それが起こった時に、ユーラシアのより高いコマンドは南インドと左の北アフリカだけにおいてその攻勢に出た。

従って、実際起こった、彼に物を予測させるような方法でビッグ・ブラザーのスピーチのパラグラフを書き直すことは必要であった。

または、再び、12月の19日のタイムスは1983年の第4四半期の消費財の様々なクラスのアウトプットの公式な予測を出版した(それはまた9番目の3年の計画の第6四半期であった)。

今日の問題は実際のアウトプットのステートメントを含んでいた(それから、予測が間違ってひどくすべての例にあったようであった)。

ウィンストンの仕事は、それらを後の方のものと合致させることによってオリジナルの数値を修正することであった。

3番目のメッセージについて、それは、まさに2、3分で設定されることができた非常に簡単なエラーを参照した。

前、2月として、十分の省が、配給のチョコレートの縮小が1984年の間に全然ないであろうという約束(‘断定的な誓約’は公式な言葉であった)を出した同じくらい短い時間。

実際、ウィンストンが気づいていたので、配給のチョコレートは、現在の週の終わりに30グラムから20に減らされることになっていた。

必要であったすべては、4月の時間に定量を減らすことがたぶん必要であろうという警告をオリジナルの約束に代用することであった。

ウィンストンがメッセージのそれぞれを扱うとすぐに、彼はタイムスの適切なコピーに彼のspeakwritten訂正を切り取り、気送管の中にそれらを押した。

それから、可能な限りほとんど、無意識であったムーブメントによって、彼は、彼自身が、炎によってむさぼられる歴史的事実の無視の中に作り、それらにほのめかしたオリジナルのメッセージとすべての注をもみくちゃにした。

気送管がもたらしていて、彼が詳細に知らなかったけれども彼が一般的な言葉で知っていた非可視の迷宮で起こったこと。

偶然特定に何度もにおいて必要であったすべての訂正がアセンブルされて、照合されるとすぐに、その数は増刷されるであろうし、原本は、破壊されるであろうし、訂正されたコピーが、その利益におけるファイルに置かれるであろう。

継続的な変更のこのプロセスは、新聞にだけでなく本、定期刊行物、パンフレット、ポスター、リーフレット、フィルム、サウンドトラック、漫画、どのような文学にも写真.、または多分どのような政治的な、またはイデオロギーの意義でも保持するかもしれないドキュメンテーションに適用された。

日ごとに、記録によってほとんど緻密に、過去は現在までにもたらされた。

このように、パーティーによってされたすべての予測は、証拠書類によって、正しかったと明らかにされることができたし、瞬間のニーズと矛盾していたニュースのどのようなアイテムまたは意見のすべての表現も、かつて、記録に残ることを許されなかった。

クリーンにこすり取られて、正確に、必要であったほどしばしば再記入されて、すべての歴史は羊皮紙であった。

一度も、行為がされたら、どのような偽造でも起こったことを証明することは可能でなかったであろう。

最も大きく、ウィンストンが取り組んだものよりずっと大きいレコード部門のセクションは、単に、義務で、それが、本、新聞、および取って代られて、破壊を予定していた他の文書のすべてのコピーを突きとめて、収集することになっていた人から成った。

政治的なアラインメントの変化またはビッグ・ブラザーによって発せられた誤った予言のため、何度も書き直されたかもしれない多くのタイムスはまだそのオリジナルの日付がついているファイルに基づき、それを否定するために、どの他のコピーも存在していなかった。

本はまた何度も回収されて、書き直されて、どのような変更もされたどのような入場もなしで常に再発行された。

ウィンストンが受け取ったこと、およびwhich 彼 22 についての、書かれた手順でさえ

偽物の行為が、委任されることになっていた:

いつも、参照は、まさに精度のために入れることが必要であったスリップ、エラー、ミスプリント、または誤った引用にであった。

しかし、実際、彼は、彼が十分の数値の省を再調整した時に、それが偽物でさえなかったと思った。

それは別のもののために1つのナンセンスの単に代用であった。

現実の世界、直接的な嘘の中に含まれている種類のさえ接続でない中に、あなたが扱っていた素材のほとんどは何との関係も全然持っていなかった。

統計はそれらのオリジナルのバージョンの中のちょうどそれらの修正されたバージョンの中と同じくらい多くのファンタジーであった。

あなたが、あなたの頭からそれらを作ることを期待されていたたくさんの時間。

例えば、十分の予測の省は1億4500万ペアで4分の1のためにブーツの生産高を評価した。

実際のアウトプットは6200万として与えられた。

しかし、割当てが過剰に果たされたという通常の主張を考慮するように、ウィンストンは、予測を書き直すことにおいて、5700万まで数値をマークした。

ともかく、6200万は5700万よりまたは1億4500万より近くで全然真実ではなかった。

おそらく、どのブーツも全く生産されなかった。

よりたぶんそれでも、誰も、いくつが生産されたかを知らなく、まして気にされているなどとんでもなかった。

ものが知っていたすべては、ブーツのすべての0.25の天文学的な数字が紙の上で生み出された一方たぶん、オセアニアの人口の半分が裸足で行ったことであった。

そして、そう、それは大きいか、小さい記録された事実のすべてのクラスとともにあった。

最終的に、その年の日付さえ不確かになった影の世界の中に、すべては薄れて消えた。

ウィンストンはホールを横切って一見した。

反対側の対応する小部屋で、ティロットソンという名の小さく、精密な外見で、‘日暮れは懸垂した’人はspeakwriteのマウスピースに非常に近い彼の膝と彼の口の上の折りたたまれた新聞社とともに向こうに着実に働いていた。

彼は、彼が自身で秘密を言っていたものを保持しようとする空気とテレビスクリーンを持っていた。

彼は見上げて、彼のスペクタクルはウィンストンの方向で敵対的なフラッシュを投げた。

ウィンストンはほとんどティロットソンを知らなく、彼がどんな仕事において雇用されたか全く分からなかった。

レコード部門の人々は彼らの仕事についてすぐに話さなかった。

小部屋のその複列と書類とspeakwritesの中につぶやいているガヤガヤという人の声のその無限のさらさらを持つ長く、窓がないホールに、彼は毎日彼らが廊下であちこちで急ぐか、2分の憎悪において身振りを使うのを見たけれども、ウィンストンがの名前を知りさえしなかったなかなかの1ダースの人々がいた。

彼(蒸発し、従って、決して存在していなかったと考えられた人々の名前を突きとめて、プレスから削除する単に時の外の日の砂っぽい毛の苦労された日を持つ小さな女性)隣で、彼は小部屋のそれを知っていた。

彼女自身の夫が2、3年前蒸発して以来、これにおいて一定の適性があった。

そして、このホールは、その50人の労働者とともにまたはそのあたりで、レコード部門の莫大な複雑さにおいて言わばほんの1つのサブセクション、1つのセルであった。

向こうに、下の上記は仕事の想像できない多数に従事している労働者の他の大群であった。

写真の偽造のためにそれらのサブエディタ、彼らの印刷術エキスパート、および彼らの精巧に装備されているスタジオを持つ巨大な印刷所があった。

23のそのエンジニア、その製作者、およびそのチームとのテレプログラムセクションがあった。

声を模倣することについての彼らの手腕に特別に選ばれた俳優。

仕事が、単に、リコールを予定していた本と定期刊行物のリストを作成することであった参照事務員の軍隊があった。

訂正された文書が蓄えられた広大な貯蔵所と原本が破壊された隠れた溶鉱炉があった。

そして、その辺で、まったく匿名で、努力全体を調整し、過去のこの破片が守られるべきであり、それが、偽造されるべきであり、他が、存在からこすり落とされるべきであることを必要にした政策方針を置いた導く脳があった。

教科書、テレビスクリーンプログラム、劇、すべての想像可能な種類の情報、手順、またはエンターテインメントの、彫像からのスローガンへの小説.、およびそして、結局、レコード部門自身が、省〈主要な仕事が過去を再建するのでなく、新聞をオセアニアの市民に供給する必要があった真実の〉の単一の枝だけであったこと フィルム 生物学の論文への叙情的な詩、および新言語辞書への子供のスペリング本から。

そして、パーティーの多種多様のニーズを満たすためだけではなくプロレタリア階級のためにより低いレベルで操作全体を繰り返すためにも、省はした。

一般にプロレタリア文学、音楽、ドラマ、およびエンターテインメントを扱っている別個の学部のチェーン全体があった。

ここに、スポーティーであることを除いたほとんどものを何も含んでいない(犯罪と占星術、センセーショナルな5セントの中編小説、性によって浸出しているフィルム、およびversificatorとして知られている特別な種類の万華鏡の上の機械的手段によって完全に構成されていたセンチメンタルな歌の)製作された屑だらけの新聞があった。

サブセクションさえ全体があった。

Pornosec、それは、ポルノの最も低い種類を生み出すことに従事していた新言語.において呼ばれた(それは封印されたパケットの中で送られて、どの党員も、それに取り組んだ人々以外、見ることを許されなかった)。

ウィンストンが働いている間、3つのメッセージが気送管からこっそり動いたけれども、それらは簡単な問題であり、2分の憎悪が彼の邪魔をする前に、彼は彼らを殺した。

憎悪が終わっていた時に、彼は彼の小部屋に戻り、新言語辞書を棚から取り去り、片側にspeakwriteを押し、彼のスペクタクルをきれいにし、彼の朝の主要な仕事に落ち着いた。

ウィンストンのライフにおいて最も大きな喜びは雇用されていた。

それのほとんどは退屈なルーチンであったけれども、それに含められていて、あなたが、あなたに、あなたのIngsocの原則に関する知識とあなたの、パーティーがあなたに、言ってほしかったことの見積りを除いてあなたを誘導するものが何もなかった数学的な問題の.きめ細かいことの偽造の深さにおいてそれらにおいて自身で負けるかもしれないそんなに難しく、繁雑な仕事もあった。

ウィンストンはこの種類の物を得意としていた。

時々、彼は時主要記事の修正を任せられさえした(それは新言語において完全に書かれた)。

彼は、彼がより早く取っておいたメッセージを広げた。

それは動いた:

3.12.83人の報告bb dayorder doubleplusungood refs失脚者がfullwise upsub antefilingを書き直す時

旧語法(または標準英語)中で、これはされるかもしれない:

ビッグ・ブラザーの1983年12月3日のタイムスにおける日の間の注文の報告は極めて不満足で、存在しない人への参照をする。

全部においてそれを書き直し、ファイリングの前にあなたのドラフトをより高い権限に提出しなさい。

ウィンストンは傷つける記事を通読した。

ビッグ・ブラザーのその日の間の注文は、とりわけ、FFCCとして知られている組織の仕事を賞賛することに捧げられたようであった(それはタバコと他の慰めを浮かぶ要塞の船員に供給した)。

ある同僚Withers(内側パーティーの突出したメンバー)は特別な言及のために選出されて、24を授与された。

装飾(目立った長所、二等の注文)。

3ヶ月後、FFCCは突然与えられた理由なしで溶解した。

人は、Withersと彼の仲間が現在不名誉の中にあったと仮定することができたけれども、問題のリポートがプレスにまたはテレビスクリーンの上で全然なかった。

政治犯がトライアルに置かれるか、公然とさえ弾劾されることが珍しかったので、それは、予期されていることになっていた。

彼らの犯罪のみじめな告白をし、その後処刑された反逆者と考え犯罪者の公判によって数千人の人々に関係している大きな下剤は2、3年で一度よりしばしば起こっていない特別な展示物であった。

より一般的に、単にパーティーの不興を買った人々は消えて、二度と再び耳にされなかった。

人は決して、それらに起こったことについての最も小さな手掛かりを持っていなかった。

場合によっては、それらは死んでさえいないかもしれない。

たぶん、個人的に、彼の両親をカウントしないで、ウィンストンに知られている30人の人々がある時消えた。

ウィンストンはクリップによって彼の鼻を穏やかになでた。

道を横切る小部屋で、ティロットソン同僚はまだ彼のspeakwriteの上で秘密主義でかがんでいた。

彼はちょっと彼の頭を上げた:

再び敵対的なスペクタクルフラッシュ。

ウィンストンは、ティロットソン同僚が自身と同じ仕事において採用されたかどうかと思っていた。

それは完全に可能であった。

そんなにトリッキーな仕事は決して1人の人に任せられないであろう:

一方では、委員会にそれを譲ることは、組立ての行為が起こっていたと公然と認めることであるであろう。

非常にたぶん1ダースと同じくらい多くの人々は現在、ビッグ・ブラザーが実際言ったことのライバルのバージョンに向こうに取り組んでいた。

そして、内側パーティーにおけるやがていくらかのマスタ脳はこのバージョンまたはそれを選ぶであろうし、それを再編集し、必要とされているであろう相互参照の複雑なプロセスを動作に設定するであろうし、それから、選ばれた嘘は永久的な記録に移り変わり、真実になるであろう。

ウィンストンは、なぜWithersが汚されたかを知らなかった。

たぶん、それは腐敗または無能さのためであった。

たぶん、ビッグ・ブラザーは単にあまりにもポピュラーな部下と縁を切っていた。

たぶん、Withersまたは彼と親しい誰かは異教の傾向の疑いをかけられていた。

またはたぶん 最もたぶん、.何がすべて.をもっていたか 浄化と蒸発が、政府の仕組みの必要な部分であったので、事が単に起こったか 。

唯一の本当の手掛かりは言葉‘refs失脚者’にあった(それは、Withersがすでに死んでいたことを示した)。

人々が逮捕された時に、あなたは、常にこれを、真相であると仮定することができなかった。

時々、彼らは、解放されて、処刑される前に1年と同じくらい多くまたは2年のために自由にとどまることを許された。

非常に時々、彼が、今回永遠に消滅する前に彼の証言によって数百の他のものを巻き込むであろう所で、あなたがずっと前におさまると信じたいくらかの扮しはある公判で幽霊のような再発を作るであろう。

しぼみ、しかし、すでに、失脚者であった。

彼は存在していなかった:

彼は一度も存在したことがなかった。

ウィンストンは、それが、単にビッグ・ブラザーのスピーチの傾向をリバースするのに十分でないであろうと決めた。

それに何かそのオリジナルの主題によってすっかりつながっていないものを扱わせることはよりよかった。

彼はスピーチを反逆者とthoughtcriminalsの通常の痛罵に変えるかもしれないけれども、それは少し明らかすぎた一方正面の勝利または9番目の3年の計画における過剰生産のいくらかの勝利を発明することがレコードをあまりにも多く複雑にするかもしれない。

必要であったものは単なる幻想であった。

突然、そこで、それがそうであり、勇ましい状況において最近戦いで死んだある同僚オグルビーのイメージの時に既製に、彼の精神の中に跳ねた。

日の間、ビッグ・ブラザーが、いくらかの控えめで、平社員の党員を記念していることに彼の注文を捧げた時には、機会があった whose ライフ および彼 25 の死

ならわれる価値がある例として挙げられる。

今日、彼はオグルビー同僚を記念するべきである。

オグルビー同僚のような人が全然いなかったことは確かであったが、印刷の少しのラインと2、3個の偽造された写真はすぐ彼を生じさせるであろう。

ウィンストンはちょっと考えて、それから、彼にspeakwriteを引き、ビッグ・ブラザーのくだけたスタイルにおいて口述しはじめた:

即時のスタイル 軍隊 と学者ぶり、質問をし、それから、即座にそれら('に答えて、どんなレッスンがするかの計略のため、私達はこの事実から学ぶ 同僚 ?

Ingsoc.の根本的な原則のうちの1つでもあるレッスン. それなど etc.) 模倣しやすい 。

3歳で、オグルビー同僚はドラム、サブ機関銃、およびモデルヘリコプターを除いたすべてのおもちゃを断った。

1年早い6つ.で、規則.の特別な弛緩によって、彼はスパイに参加し、9時に、彼は騎兵中隊指揮官であった。

11時に、彼に、犯罪の傾向を持つようであった会話を耳にした後に、彼は思想警察に彼のおじを密告した。

17時に、彼は年下の反性のリーグの地区組織者であった。

9ティーンで、彼は、平和の省によって採用されて、その最初のトライアルで、1つの爆発において31人のユーラシア囚人を殺した手榴弾をデザインした。

23時に、彼は行動のために消滅した。

重要な特報によってインド洋の上を飛ぶ間、敵ジェット機により追跡されて、彼は彼の機関銃で彼の体の重量を増し、ヘリコプターから終わりを深い水、特報にすっかり飛び越えて、ビッグ・ブラザーを言った。それで、妬みの感情なしで熟考することが不可能であった。

ビッグ・ブラザーは少しの意見をオグルビー同僚の生活の清らかさとひたむきさの上に追加した。

彼は全体の節制家と非契煙者であり、体育館に毎日の時間を除いたレクリエーションを全然持っていなく、結婚とファミリーの世話を、義務への1日に24時間の愛着と互換性がないと信じて、独身の誓約を立てた。

彼はIngsocの原則を除いて会話の主題を全然持っていなく、ユーラシア敵の敗北を除いて人生における目的を全然持っていなく、一般にスパイ、計画的妨害者、thoughtcriminals、および反逆者の追い詰めを持っていた。

ウィンストンは、目立った長所の注文をオグルビー同僚に授与するかどうかを自身と討論した:

最後に、それに伴うであろう不要な相互参照のため、彼はそれをやめることにした。

もう一度、彼は逆の小部屋の彼のライバルを一見した。

何かが、彼に、ティロットソンが自身と同じ仕事において忙しかったと確信を持って知らせているようであった。

誰の仕事が最終的に採用されるであろうかを知る方法が全然なかったけれども、彼は、それが彼自身のものであるであろうという深い信念を感じた。

1時間前想像されたことがないオグルビー同僚は現在事実であった。

あなたが死んだ人を作成することができたけれども生きている人を作成することができなかったことは彼に物好きであると思われた。

現在に一度も存在したことがなかったオグルビー同僚は今や過去に存在していて、かつて、偽物の行為が忘れられた時に、彼はちょうど確実に、シャルルマーニュ大帝またはジュリアス・シーザーと同じ証拠の上で存在するであろう。



あなたが運転するかどうか決める独裁者(ビック・ブラザー)




Big Brother To Decide If You Drive

245 million Americans to be forced to undergo "guilty until proven innocent" breathalyzer tests just to start their cars if plan proceeds






Paul Joseph Watson & Alex Jones

Propaganda Matrix


Monday, November 20, 2006


Just when we thought the Orwellian Big Brother society couldn't possibly accelerate further, it gets even worse. A move is afoot to force 245 million drivers in America to have alcohol breathalyzers fitted in their vehicles, ignition interlocks that prevent the vehicle from being started by an inebriant.


"The threat of arrest and punishment, for decades the primary tactic against drunken drivers, is no longer working in the struggle to reduce the death toll, officials say, and they are proposing turning to technology ? alcohol detection devices in every vehicle ? to address the problem," reports the New York Times
.


In addition, Mothers Against Drunk Drivers today began a campaign to make all states pass legislation that mandates these devices be placed in all cars of drunk drivers, even if they are just a first time offender.


Mandatory breathalyzers in all vehicles is just one item in a veritable surveillance package that all drivers will be forced to accept if they wish to use America's roads and highways.


- GPS tracking and taxation black boxes are being pushed to coincide with the construction of the NAFTA Superhighway, where all vehicles will be forced to use toll roads and will have their every movement catalogued by spy satellites in alliance with a massive centralized database.


- US citizens will be forced to adopt a de-facto national identification card and have their freedom of mobility defined by behavioral fealty to the government under proposals set to derive from NAFTA superhighway toll road systems
and the implementation of the American Union.


- Biometric eye scanners that can detect tiredness and deny mobility if the system judges the driver to be fatigued are being proposed for individual vehicle use after being utilized by police
in Australia.


- Proposals are in play to install surveillance cameras in all cars, especially in areas where legislation has been passed that bans the individual from smoking in their own car
if a child is also present.


- In March 2004, Toyota launched its concept car of the future
- a literal behavior modification surveillance center on wheels - festooned with Big Brother technology - that will record every nuance and error the driver exhibits, and will limit its performance based on those factors, including refusing to turn itself on. Industry publications and other motor industry giants have also touted surveillance infested vehicles as the model for all future development.


The installation of mandatory breathalyzers in all vehicles by law is a death knell for freedom of mobility and directly violates the 4th amendment, "The right of the people to be secure in their persons, houses, papers, and effects, against unreasonable searches and seizures, shall not be violated, and no Warrants shall issue, but upon probable cause, supported by Oath or affirmation, and particularly describing the place to be searched, and the persons or things to be seized."


あなたが運転するかどうかを決めるビッグ・ブラザー

計画が進むならば、「無実であると証明されるまで有罪の」酒気検知器を受けることを強制される2億4500万人のアメリカ人が、彼らの車を始動させるためだけにテストする。

ポール・ジョセフ・ワトソン&アレックス ジョーンズ

2006年11月20日月曜日

まさに、私達が、オーウェル的なビッグ・ブラザー社会がどうしてもさらに加速することができないと思った時に、それはいっそうより悪くなる。

彼らの車(車が酩酊薬によって起動させられることを防止する着火防止機構)にはめ込まれたアルコール酒気検知器を持つことをアメリカの2億4500万人のドライバーに強制するために、動きは進行中である。

「逮捕と処罰の脅威は、数十年 飲んだくれのドライバーに対する主要な戦術 の間、死亡者数、役員発言を減らす苦闘において、もう働かず、彼らは、テクノロジー?に変ることを提案している 問題に対処するすべての車?のアルコール探知装置 」リポートニューヨーク・タイムズ。

さらに、酔っ払い運転者に対する母は今日、すべての州に、彼らが単にはじめて犯罪者であっても、これらの機器が酔っ払い運転者のすべての車に置かれるように命じる立法を通過させるキャンペーンを開始した。

すべてのドライバーが、彼らが、アメリカの道路とハイウェーを使うことを望むならば受け入れることを強制されるであろう真の監視パッケージの中で、すべての車の中の義務的な酒気検知器はほんの1つのアイテムである。

- GPS追跡と課税のブラックボックスは、NAFTAスーパーハイウェーのコンストラクションと一致するために押されている(そこで、すべての車は、有料道路を使うことを強制されるであろうし、大規模な集中化したデータベースによって同盟の中の偵察衛星によってカタログに載せられたそれらのすべてのムーブメントを持つであろう)。

- アメリカ市民は、de-facto全国身分証明書を採用し、彼らの可動性の自由を、NAFTAスーパーハイウェー有料道路システムとアメリカ組合のインプリメンテーションから派生するようにセットされた提案の下で政府に行動の忠誠によって定義させることを強制されるであろう。

- 疲労を検出し、システムが、疲れているドライバーを判断するならば可動性を否定することができるバイオメトリックの目スキャナはオーストラリアの警察によって利用された後に個々の車使用のために提案されている。

- 子供がまた出席しているならば、提案は、偵察カメラを、すべての車に、特に、法律が通過されたエリアに取り付けるために作用している(それが、個人が彼ら自身の車の中で喫煙することを禁止する)。

- 2004年3月に、トヨタは、ビッグ・ブラザー・テクノロジーによって飾られた未来--ホイールの上の文字どおりの行動修正監視センター--のそのコンセプトカーを発進させた - それは、ドライバーが表しているすべてのニュアンスとエラーを記録するであろうし、自身に興味をもたせることを断るのを含めて、それらのファクターに基づいたその性能を制限するであろう。

産業出版物と他の自動車産業巨人はすべての未来の発展のためにモデルとしてまた監視の横行した乗り物を宣伝した。

法律によるすべての乗り物の中の義務的な酒気検知器のインストールは可動性の自由のための死の前兆であり、直接、4番目の改正(「不当な捜査押収に対して彼らの人、家、書類、および効果の中で安全な人々の権利は侵害されないこととし、どの許可書も出ないこととするけれども、ありそうな原因の上で、誓いまたは断言と特に、捜されて、人またはつかまれる物である場所を説明することによってサポートした。」)に違反する。







The following points also illustrate why the move is a dangerous and harebrained idea.


- Though billed as a "non-profit organization," Mothers Against Drunk Driving is a front group for the auto industry and has been caught in the past stealing money it raises through telemarketing
. The American Institute of Philanthropy has given MADD poor grades for its high bureaucratic and fundraising costs.


- MADD advocates warrantless random roadblocks and checkpoints to supposedly find drunk drivers, violating the U.S. constitution and instilling fear into people for simply having a glass of wine with their meal.


- Apologists for the program cite seatbelts as an example of a security measure that was beneficial, yet don't understand the slippery slide to fascism that inevitably comes as a result of restricting mobility.


- Drunks kill around 40,000 people a year and yet prescription drugs kill over 200,000. Medical malpractice kills over 300,000 - but the media hasn't brainwashed Americans to be fearful or upset about the bigger dangers and so they don't care. The hyped specter of drunk driving deaths manipulates whining do-gooders to call for their own enslavement, anything to save a few lives.


- In the majority of areas in the south-west, around half of DWI's involve illegal aliens, but nobody is prepared to face up to that problem. A study by the Highway Safety Research Center at the University of North Carolina at Chapel Hill found Hispanic drivers involved in crashes were three times more likely
to be drunk than white or black drivers.


As Paul McNamara of Network World
points out, the potential ramifications for fitting every car with such a device are ominous.


"There is, of course, the straightforward civil libertarian question: Why should those who have never been convicted of drunken driving be compelled to prove they are innocent before being allowed to operate their own cars? This baby seems to have been tossed with the bathwater long ago in a country where drug testing has become routine, but you can expect the die-hards to be heard anew."


"How far down the technology slope are we sliding? Certainly, any such standard automobile equipment could include a record-keeping component. Will attempted drunken driving become a crime? There could be no denying the deterrent effect of such a new law. Three rejected start attempts and you lose your license? Five and the ignition is permanently disabled? Certainly the advocates will make the case than an ounce of prevention beats even one more highway fatality."


"What about networking? Will the data be wirelessly transmitted to your local police department? Why not? It would clearly help law enforcement target and keep tabs on the recidivists. And the cops will need to know when to pull your license for that third strike."


以下の点はまた、なぜこの動きが危険で、軽率なアイデアであるかを説明する。

-「非営利組織」と広告されるけれども、酒酔い運転に反対する母親の会は自動車業界のための前のグループであり、それがTVショッピングを通して集めるお金を盗んで、過去につかまえられている。

博愛のアメリカ研究所はその高い官僚的で、募金のコストのためにMADDひどい成績を与えた。

- たぶん、米国憲法に違反し、彼らの食事によってグラス1杯のワインを単に飲むために恐怖を人々に教え込んで、酔っ払い運転者を見つけるために、MADDは無令状のランダムな防塞とチェックポイントを主張する。

- 有益であったセキュリティ対策の例として、プログラムのための弁護者はシートベルトを挙げて、まだ、必然的に、可動性を限定する結果として来るファシズムにつるつるしたスライドを理解していない。

- 酔っぱらいは1年に約40,000人の人々を殺すのに、処方薬は200,000以上殺す。

医療ミスは300,000以上殺す - けれども、メディアは、心配していて、より大きな危険について狼狽しているためにアメリカ人を洗脳しなく、従って、彼らは気にしない。

彼ら自身の奴隷化、何でもが少しの命を救うことを要求するために、飲酒運転死の騙された幽霊は泣き言を言い考えの甘い慈善家をあやつる。

- 南西のエリアの大多数において、DWIの半分は不法入国者をまわりに巻き込むけれども、誰も、その問題に直面する心構えをしない。

チャペルヒルのノース・カロライナ大学のハイウェー安全調査センターによる研究は、衝突に関係しているヒスパニックドライバーが、白いか、黒いドライバーより3倍酔っぱらっていそうであったと気付いた。

ネットワーク世界のポール・マクナマラが示すように、そのような機器をすべての車に取り付けるための潜在的な小区分は不吉である。

「もちろん、直接的な礼儀正しい急進的自由主義の問題がある:」

なぜ、一度も飲酒運転について有罪宣告されたことがない人々は、彼らが、彼ら自身の車を運転することを許される前に無実であることを証明することを強制されるべきであるか?

「この赤ん坊は、薬テストがルーチンになった国でずっと前に浴槽の湯によって投げ上げられているようであるけれども、あなたは、抵抗者が改めて聞かれることを期待することができる」。

「テクノロジー斜面の下でどのくらい私達は滑っているか?」

確かに、そのような標準の自動車装備は記録コンポーネントを含むことができた。

試みられた飲酒運転は犯罪になるであろうか?

そのような新しい法律の抑止効果を否定することが不可能であるかもしれない。

3回の拒絶された開始が試みて、あなたはあなたのライセンスを失う?

5と発火は恒久的に使用不可にされる?

確かに、支持者は、1オンスの防止によりいっそう1多い高速道路での交通事故死亡件数が打たれるよりケースを作る。」

「ネットワーキングはどうであるか?」

データはあなたの近くの警察に無線で送信されるであろうか?

いいじゃない。

それははっきりと法の執行目標を助けて、再犯者を監視するであろう。

「そして、警官は、その3番目のストのためにいつあなたのライセンスを取り出すかを知る必要があるであろう」。


チェイニーはラムズフェルドに関するブッシュの処理で擾乱しました。

Cheney Disturbed by Bush's Treatment Of Rumsfeld

Political Wire


Thursday, November 23, 2006


The latest Evans-Novak Political Report suggests the way President Bush fired Defense Secretary Donald Rumsfeld caused considerable friction in the White House. "Even Vice President Dick Cheney is said to be profoundly disturbed by Rumsfeld's treatment."


Key points:


"On the day after the election, Rumsfeld had seemed devastated -- the familiar confident grin gone and his voice breaking. According to Bush Administration officials, only three or four people knew he would be fired -- and Rumsfeld was not one of them."


Novak also suggests Bush's "shrouded decision" came after he declared Rumsfeld would serve out the second term. "It fits a pattern of a President who is secretive and impersonal."


"Bush had likewise sacked two other appointees, both of whom were the last to know of their demise. Economic advisor Lawrence Lindsey had been assured in 2002 that he would be retained as the President's national economic adviser, but received word at around 5 p.m. that he would be fired the next day. Before Treasury Secretary Paul O'Neill embarked on a dangerous mission to Afghanistan, he requested and received assurances that he would still have a job when he returned. Instead, he was dismissed in tandem with Lindsey."









ブッシュのラムズフェルドの政治的な通信の取り扱いによって妨害されたチェイニー

2006年11月23日木曜日

最新のエバンス・ノバック政治報告は、ドナルド・ラムズフェルト国防長官がホワイトハウスでかなりの摩擦を起こしたことを、ブッシュ大統領が点火した方法で示唆する。

「ディック・チェイニー副大統領さえ、ラムズフェルドの取り扱いによって深く妨害されるそうである」。

キーポイント:

「選挙の後の日に、ラムズフェルドは打ちのめされるようであった--なくなったおなじみの自信がある笑顔と壊れている彼の声」。

「ブッシュ政権役員によると、3人または4人の人々だけが、彼が解雇されるであろうと知っていた--および、ラムズフェルドはそのひとりではなかった」。

ノバックはまた、彼が、ラムズフェルドが2番目の期間にサーブをアウトにするであろうということを宣言した後に、ブッシュの「覆われた決定」が来たことを提案する。

「それは、秘密主義で、非個人的な大統領のパターンに合う」。

「ブッシュは同様に2人の他の被指定人を解雇した(それの両方は、彼らの崩御を知る最後であった)」。

経済顧問ローレンス・リンゼー
は、彼が大統領の全国的な経済顧問として記憶されるであろうと2002において確信していたけれども、彼が次の日解雇されるであろうという午後5時ごろの知らせを受け取った。

ポール・オニール財務省長官がアフガニスタンに危険な任務に乗り出す前に、彼が戻った時に、彼は、彼がまだ仕事を持つであろうという保証を頼み、得た。

「代わりに、彼はリンゼーと併せて解雇された」。


1984年 ジョージ・オーウェル




Nineteen Eighty-Four


This article is about the Orwell novel. For the year, see 1984. For other uses, see 1984 (disambiguation).

Nineteen Eighty-Four

Plume (Centennial Edition)

Author George Orwell

Cover Artist C.R.W. Nevinson[1]

Country United Kingdom

Language English

Genre(s) Dystopian, Political Novel

Publisher Secker and Warburg (London)

Released 8 June 1949

Media Type Print (Hardback & Paperback) & e-book, audio-CD

Pages 368 pp (Paperback edition)

ISBN ISBN 0-452-28423-6 (Paperback edition)

Nineteen Eighty-Four (commonly abbreviated to 1984) is a dystopian novel by the English writer George Orwell, first published by Secker and Warburg in 1949. The book tells the story of Winston Smith and his attempt to rebel against the totalitarian state in which he lives.


Along with Aldous Huxley's Brave New World, Nineteen Eighty-Four is among the most famous and cited works of dystopian fiction in literature.[2] The book has been translated into 15 languages and has left a profound impression upon the English language itself. Nineteen Eighty-Four, its terminology and its author have become bywords when discussing privacy and state-security issues. The term "Orwellian" has come to describe actions or organizations reminiscent of the totalitarian society depicted in the novel


この記事はオーウェル小説についてである。

その年の間、1984年を見なさい。

他の用途については、1984年(明確化)を見なさい。

1984

ジョージ・オーウェル作者

C.R.W.Nevinson[1]アーティストをカバーしなさい。

国イギリス

言語英語

ディストピアのジャンル(s)、政治的な小説

Secker出版社とワールブルク(ロンドン)

1949年6月8日をリリースした。

1984(一般的に1984年と略される)はイギリス作家ジョージ・オーウェル(1949年にSeckerとワールブルクによって出版された一番目)によるディストピアの小説である。

その本は、ウィンストンスミスと彼が住んでいる全体主義国家に反逆する彼の試みの話を話す。

オルダス・ハクスリーのすばらしい新世界とともに、1984は最も有名なものの間にあり、文学.[2]The本の中のディストピアのフィクションの引用された工場は15の言語に翻訳されていて、深い感銘を英語自身に残した。

1984、その専門用語、およびその作者はプライバシーと国のセキュリティ問題を議論する時に諺になった。

用語「オーウェル的である」は、小説の中で描き出された全体主義の社会を思い出させる行動または組織を説明するために来た。





小説の1954年のBBCテレビのサイムとしてのドナルドプレゼンスと一緒にウィンストンスミスとしてのピーターカッシング(左)。


The world of Nineteen Eighty-Four




The novel focuses on Winston Smith, who stands, seemingly alone, against the corrupted reality of his world: hence the work's original working name of The Last Man in Europe.[4] Although the storyline is unified, it could be described as having three parts (it has been published in three parts by some publishers). The first part deals with the world of Nineteen Eighty-Four as seen through the eyes of Winston; the second part deals with Winston's forbidden sexual relationship with Julia and his eagerness to rebel against the Party; and the third part deals with Winston's capture and torture by the Party.


The world described in Nineteen Eighty-Four parallels the Stalinist Soviet Union and Hitler's Nazi Germany. There are thematic similarities: the betrayed revolution, with which Orwell famously dealt in Animal Farm; the subordination of individuals to "the Party"; and the rigorous distinction between inner party, outer party and everyone else. There are also direct parallels of the activities within the society: leader worship, such as that towards Big Brother, who can be compared to dictators like Stalin and Hitler; Joycamps, which are a reference to concentration camps or gulags; Thought Police, a reference to the Gestapo or NKVD; daily exercise reminiscent of Nazi propaganda movies; and the Youth League, reminiscent of Hitler Youth or Octobrists/Pioneers.


There is also an extensive and institutional use of propaganda; again, this was found in the totalitarian regimes of Hitler and Stalin. Orwell may have drawn inspiration from the Nazi Party; compare the following quotes to how propaganda is used in Nineteen Eighty-Four:


Nazi Party

“The broad mass of the nation … will more easily fall victim to a big lie than to a small one.” ? Adolf Hitler, in his 1925 book Mein Kampf.

“If you tell a lie big enough and keep repeating it, people will eventually come to believe it.” ? Nazi Propaganda Minister Joseph Goebbels.[5]

“Voice or no voice, the people can always be brought to the bidding of the leaders. That is easy. All you have to do is tell them they are being attacked and denounce the pacifists for lack of patriotism and exposing the country to danger. It works the same in any country.” ? Nazi Reich Marshal Hermann Göring during the Nuremberg Trials.

Nineteen Eighty-Four

“Remember our boys on the Malabar front! And the sailors in the Floating Fortresses! Just think what they have to put up with.” (Page 39)

“The rocket bombs which fell daily on London were probably fired by the government of Oceania itself, 'just to keep the people frightened'.” (Page 160)

“The key-word here is blackwhite. Like so many Newspeak words, this word has two mutually contradictory meanings. Applied to an opponent, it means the habit of impudently claiming that black is white, in contradiction of the plain facts.” (Page 221)

“To tell deliberate lies while genuinely believing in them, to forget any fact that has become inconvenient, and then when it becomes necessary again, to draw it back from oblivion for just so long as it is needed…” (Page 223)

"The past was erased, the erasure was forgotten, the lie became truth." (Page 78)

"And if all others accepted the lie which the party imposed-if all records told the same tale-then the lie passed into history and became the truth." (Page 37)

小説は、一見したところ一人で、彼の世界の堕落した現実に反対するウィンストンスミスに集中する:

それゆえ、ストーリー展開は統合されるけれどもEurope.[4]において最後の人の名前を作動させている仕事のオリジナル、それは、3つの部分(それは3つの部分で何人かの出版社によって出版されている)を持つと言うことができた。

ウィンストンの目を通して見られるように、最初の部分は1984の世界を扱う;

2番目の部分は、ジュリアとパーティーに反逆したいという彼の熱意とのウィンストンの禁じられた性的関係を扱う;

そして、第3はパーティーによるウィンストンのキャプチャと拷問を扱う。

世界は1984の平行線の中でスターリン主義者ソビエト連邦とヒトラーのナチスドイツを説明した。

主題の類似点がある:

オーウェルが動物農場ですばらしく取り扱っていた裏切られた革命;

「パーティー」への個人の従属;

そして内側のパーティー、外のパーティー、および他のみんなの過酷な区別。

社会の中にまた、活動の直接的な平行線がある:

スターリンとヒトラーのような独裁者と比較されることができるビッグ・ブラザーへのそれなどのリーダー礼拝;

強制収容所または収容所への参照であるJoycamps;

思想警察、ゲシュタポへの参照、またはNKVD;

ナチス宣伝映画を思い出させる毎日の運動;

そしてヒットラーユーゲントまたはOctobrists/パイオニアを思い出させる若者リーグ。

また、宣伝の広く、制度上の使用がある;

再び、これはヒトラーとスターリンの全体主義の政権において発見された。

オーウェルはナチスパーティーからインスピレーションを得たかもしれない;

以下の引用文を、どう宣伝が1984年に使われるかと比較しなさい:

ナチスパーティー

「国家の広いマス…」

「小さなものにより容易に大嘘の犠牲となるであろう」。?

彼の1925年の本Meinカンプの中のアドルフ・ヒトラー。

「あなたが十分に大きい嘘を言い、それを繰り返し続けるならば、人々は、結局、それを信じるようになるであろう」。?

ナチス宣伝大臣Joseph Goebbels.[5]

「声、人々はいつもリーダーの入札に連れて来られることができるか、どの声、人々もことができない」。

それは容易である。

あなたたちが、する必要があるすべては、それらに、それらが攻撃されていると言い、愛国心と国を危険にさらすことの不足のために平和主義者を弾劾することである。

「それは同じをどのような国にでも差し込む」。?

ニュルンベルク裁判の間のナチスライヒMarshalヘルマン・ゴーリング。

1984

「マラバル痒疹正面の上の私達の少年を覚えていなさい!」

そして浮かぶ要塞の船員!

「彼らが、何を我慢する必要があるかを考えなさい」.(39ページ)

「毎日、ロンドンに落ちたロケット爆弾は、たぶん、‘人々を怖がるようにしておくため’だけオセアニア自身の政府によって点火された」.(160ページ)

「ここのキーワードはblackwhiteである」。

そんなに多くの新言語言葉のように、この言葉は2つの相互に矛盾した意味を持っている。

「(223ページ)」The過去は消去されて、消去は忘れられて、嘘は真実インチになった。

(78ページ)

「そしてならば 他が、嘘 which もし課しすべてのレコードの話しパーティー 嘘が歴史に通過し、真実に適していたのと同じの物語のそして を受け入れたすべて 。」

(37ページ)





Winston Smith, a member of the
Outer Party
, lives in the ruins
of London
, the chief city of Airstrip One
? a front-line province of the totalitarian superstate Oceania
. He grew up in post-Second World War
Britain
, during the revolution
and civil war
. When his parents disappeared during the civil war, he was picked up by the growing Ingsoc
(newspeak for "English Socialism") movement, placed into an orphanage and eventually given a job in the Outer Party
.


Winston lives a squalid existence in a one-room apartment in "Victory Mansions", and eats black bread, synthetic meals served at his workplace, and drinks industrial-grade "Victory Gin
." He is discontent with his lifestyle, and keeps an ill-advised journal of his negative thoughts and opinions about the Party
. This journal, along with any other eccentric behaviour, if found, would result in his torture and death through the dealings of the Thought Police
. The Thought Police
have telescreens
in every household and public area, as well as hidden microphones and spies in order to catch potential thought criminals who could endanger the sanctity of the Party. Children are carefully brainwashed from birth to report any suspected thought criminal, even their parents.


The Ministry of Truth
, which exercises complete control over all media in Oceania, employs Winston at the Ministry's Records Department, where he doctors historical records in order to comply with the Party's version of the past. Since the events of the present constantly shape the perception of the past, the task is a never-ending one.


While Winston likes his work, especially the intellectual challenge involved in fabricating a complete historical anecdote from scratch, he is also fascinated by the real past, and eagerly tries to find out more about the forbidden truth. At the Ministry of Truth, he encounters Julia
, a mechanic on the novel-writing machines, and the two begin a necessarily clandestine relationship, regularly meeting up in the countryside (away from surveillance) or in a room above an antique shop in the Proles
' area of the city. The owner of the shop exchanges various facts on the mysterious pre-revolutionary past with Winston and sells him artifacts from this period, as well as renting the room to them. Julia and Winston find their new hiding place a paradise, as there is no telescreen
and so they believe themselves completely alone and safe.


As their relationship progresses, Winston's views begin to change, and he finds himself relentlessly questioning Ingsoc
. Unknown to the two (or to the reader), he and Julia are under surveillance by the Thought Police
. When he is approached by Inner Party
member O'Brien
, Winston believes that he has made contact with the Resistance or Brotherhood which is opposed to the ideals of the Party. O'Brien gives Winston a copy of "the book", a searing criticism of Ingsoc
believed by Smith to have been written by the dissident Emmanuel Goldstein
, leader of the Brotherhood.


Winston and Julia are eventually, and unavoidably apprehended by the Thought Police in their supposed sanctuary, which actually contains a hidden telescreen
, and are then interrogated separately in the Ministry of Love, where opponents of the regime are tortured and executed. O'Brien appears at the Ministry of Love, and reveals that he will help Winston "be cured" of his hatred for the Party, by subjecting Winston to numerous torture sessions. During one of these sessions, he explains to Winston the nature of the endless world war, and that the purpose of the torture is not to extract a fake confession, but to alter the way that Winston thinks.


The party intends to achieve this with a combination of torture and electroshock therapy
, continuing until O'Brien decides that Winston is "cured". Eventually, Winston is sent into Room 101
, the most feared room in the Ministry of Love, where a person's greatest fear is forced upon them as the final step in their "re-education." Since Winston is morbidly afraid of rats, a cage of the hungry vermin is placed over his eyes, so that when the door is opened, they will eat their way through his skull. In terror, as the cage is placed onto his head, he screams, "Do it to Julia!", breaking his vow to never betray her, in order to stop the torture.


Near the end, Winston and Julia again meet, but their feelings for each other have been destroyed. Winston has become an alcoholic and he knows that eventually he will be killed. The one thing Winston had held on to was his hatred of Big Brother, which he felt would be his victory over the party's otherwise absolute power. However, by the end of the novel, we see that the torture and 'reprogramming' have been successful, because Winston realizes that "He loved Big Brother."


At the end of the novel there is an appendix on Newspeak
(the artificial language invented and, by degrees, imposed by the Party to limit the capacity to express or even think "unorthodox" thoughts
), in the style of an academic essay.





ウィンストンスミス、Outer party(外パーティー)のメンバー、ロンドンの廃墟のライフ、1前線州あたり全体主義の超大国のうちの滑走路1つ?の主たる都市 オセアニア 。

彼は革命と内戦の間にポスト二番目の世界大戦英国において成長した。

彼の両親が内戦の間に消えた時に、彼は成長するIngsoc(「イギリス社会主義」のための新言語)動きによって拾われて、孤児院の中に置かれて、結局外パーティーにおいて仕事を与えられた。

ウィンストンは「勝利大邸宅」において1部屋アパートのむさ苦しい生活を生きていて、彼の職場で出された黒パンの、合成の食事をとり、産業用「勝利ジン」を飲む。

彼は彼のライフスタイルに不満で、パーティーについての彼のネガティブな考えと意見の愚かなジャーナルを保持する。

このジャーナルはどのような他の風変わりな行動とともにでも、見つけられるならば、思想警察の取引を通して彼の拷問と死を結果として生じるであろう。

パーティーの神聖を危険にさらすことができた潜在的な考え犯罪者をつかまえるための隠しマイクとスパイと同様にすべての家族の、そして公的なエリアに、思想警察はテレビスクリーンを持っている。

子供は、どのような考え容疑者、彼らの両親でも報告するために誕生から慎重に意識改革する。

オセアニアですべてのメディアに関しての完全なコントロールを行う真実の省は省のレコード部門でウィンストンを雇用する(そこで、過去のパーティーのバージョンに従うために、彼は歴史的な記録に手を加える)。

現在のイベントが常に過去の知覚を形成するので、仕事は果てしなく続くものである。

ウィンストンが、彼の仕事(特に、最初から完全な歴史の逸話を偽造することに関係している知的な挑戦)が好きな間、彼は本当の過去までにまた魅了されて、熱心に、禁じられた真実についてより多くを見つけ出そうとする。

真実の省で、彼はジュリア(小説執筆マシンの上の機械工)と出会い、地方(監視からの向こう)でまたは都市のプロレタリア'エリアの古美術店の上の部屋で規則的に出会って、2は必ず内々の関係を開始する。

店のオーナーは神秘的な革命前の過去の様々な事実をウィンストンと交換し、彼らに部屋を貸すことと同様に、この期間から人工物を彼に売る。

テレビスクリーンが全然なく、従って、彼らが自身を完全に一人で、安全であると信じるので、ジュリアとウィンストンはそれらの新しい隠れ家を天国と気付く。

それらの関係が進歩する時に、ウィンストンの見解は、変わりはじめて、彼は自身が情け容赦せずIngsocに質問していることに気付く。

2(またはリーダへの)に知られていず、彼とジュリアは思想警察による監視の下にいる。

彼が内側党員オブライエンによって接近される時に、ウィンストンは、彼が、パーティーの理想と対立する抵抗または兄弟関係との接触をしたと信じる。

オブライエンはウィンストンに、「その本」(スミスによって、意見を異にしたエマニュエル ゴールドスタイン、兄弟関係のリーダーによって書かれていると信じられたIngsocの焼く批判)のコピーを与える。

ウィンストンとジュリアは、結局、やむをえず、それらのそうと思われた聖域(それは実際隠れたテレビスクリーンを含んでいる)の思想警察によって逮捕されて、愛情の省でその時別々に質問される(そこで、政権の相手は拷問されて、処刑される)。

オブライエンは愛情の省に現れて、彼が、ウィンストンが、ウィンストンをたくさんの拷問セッションに服従させることによってパーティーへの彼の憎悪について「治療されること」を手助けするであろうと明らかにする。

これらのセッションの1つの間、彼は無限の世界大戦の性質をウィンストンに説明し、拷問の目的が、偽造の告白を引き出すことではなくウィンストンが考える方法で変更することである。

パーティーは、オブライエンが、ウィンストンが「治療される」と決めるまで続いて、拷問と電撃療法の組み合わせによってこれを達成するつもりである。

結局、ウィンストンは部屋101、愛情の省で最も恐れられている部屋の中に入れられる(そこで、人の最も大きな恐怖はそれらの「再教育」における最終ステップとしてそれらに押し付けられる)。

ウィンストンがねずみを病的に恐れているので、ドアがあく時に、彼らが彼の頭蓋骨を通してそれらの方法を食べるように、空腹の害虫のかごは彼の目の上で置かれる。

恐怖で、かごが彼の頭の上に置かれる時に、拷問を止めるために決して彼女を裏切らない彼の誓約を破って、彼は、「ジュリアにそれをしなさい!」と金切り声で言う。

終わりの近くで、ウィンストンとジュリアは再び会うけれども、互いのためのそれらの感情は破壊されている。

ウィンストンはアルコール中毒患者になり、彼は、結局、彼が殺されるであろうと知っている。

ウィンストンが保持した1つの物は、彼の、彼が、パーティーの他の点では絶対のパワーに対する彼の勝利であるであろうと思った独裁主義国家に対する憎悪であった。

しかし、小説の終わりまでに、私達は、ウィンストンが、「彼はビッグ・ブラザーを愛していた」に気がつくので、拷問と‘再プログラム’が成功していたとわかる。

小説の終わりに、学究的なエッセイのスタイルにおける新言語(人造語は発明し、徐々に、表現する能力を制限するか、「正統でない」考えを考えさえするために、パーティーによって課した)上に、付録がある。

Big Brother




Big Brother



"You need only reflect that one of the best ways to get yourself a reputation as a dangerous citizen these days is to go about repeating the very phrases which our founding fathers used in the struggle for independence."


Charles A. Beard


The USA PATRIOT Act has markedly loosened the standards for government electronic surveillance?of our computers, e-mail, Internet searches, and telephones. This means all kinds of telephones, including, for example, not only the pay phones that the suspect may be using, but any pay phones in the area of his or her travels. This vast expansion of eavesdropping is due to the law's extension of roving wiretaps, and to the one-stop national warrant that will cover a suspect anywhere he or she goes. Giving the FBI a 'Blank Warrant' External Link


FREEDOM IS ALWAYS AGAINST THE LAW


In the last fifty years Big Brother has been able to slowly erode the basic freedoms of all American citizens by hiding behind such cliché's as " national security risk " to throw innocent people in prison with the most flimsy, if not fabricated evidence. When the government claims that a case involves a national security threat, it's power increases tremendously. Government investigators have the power to:


1. Order wire taps or a search without a warrant.

2. Restrict the discovery of evidence to who may see it.

3. Impede the accessed defense lawyers access to their client or require that an entire jury have security clearance.

4. In short, they can throw you in jail for as long as they wish too with any false or fabricated accusation against you.


BEST PRACTICES FOR SEIZING ELECTRONIC EVIDENCE Straight from the Secret Service


Most Televisions from early '90s to present are equipped with 2 way communication capabilities. The cable TV connection in the wall is a standard coax computer networking cable and provides a way for others to see into your home even though you are unaware of it. COVERT ACTIVITIES AND COVER-UPS MOST PEOPLE ARE NOT AWARE OF


Black Boxes and Marble Memorials, Cable T. V. Snooping



One of the fastest growing mobile phone providers is indefinitely storing information that allows its customers' movements over the last two years to be mapped to within a few hundred meters. Liberties fear over mobile phone details


US Cell Phone Providers Will Soon Know Location Of Every Customer External Link


In rare cases police can now secretly search a person's house without telling the homeowner for up to three months. During one of these so-called ``sneak and peek'' searches, authorities would secretly implant a hidden ``key-logger'' device. The FBI acknowledged making five such secret searches before it installed its snooping device in a recent gambling investigation. The key-logger, hidden inside a computer, secretly records everything a suspect types on it. The device lets authorities capture passwords to unscramble data files in otherwise-unbreakable codes. Anti-Terror Tools Include High-Tech


Whenever you turn on your computer, you are leaving a trail of your data information. This trail links you to documents, your tastes and web surfing habits, plus where you live and other information. Intel unveiled it's Pentium III chip which employees a Processor Serial Number ( PSN ). The encoded 96 bit number hard-wired chip traces any online communications to it's mother computer. The dreaded COOKIES on many web sights are embedded into your PC without your knowledge that can find out your password, name and web sights you have visited. Microsoft admitted that Windows 98 generates a fingerprint unique to identify you known as GUID. This GUID is generally hidden in Office 97 Word, Excel, and Power Point programs. What makes this most disturbing is every time you visit www.microsoft.com
, this program scans your PC automatically and gathers information without your knowledge. Intel & Microsoft Are Tracking You Online As Well As Your ISP


NSA Backdoor Into Windows



The computer system called the B.E.A.S.T.S. in Brussels, Belgium records ATM and debit card transactions within 57 seconds. It is known what you bought and where you bought it. B.E.A.S.T.S. stands for Brussels Electronic Accounting Surveillance Terminal Systems. It is a Cray Super Computer. The Beast of the Apocalypse: 666 B.E.A.S.T. Battle Engagement And Simulated Tracking


Anything greater than a $5 dollar bill with a date of 1992 or above has a metallic strip running through it. You can see this strip if you hold it up to the light. The technology is in place for someone with the correct equipment to drive by your home with a special scanner and know approximately how much money you have in your home. It was placed there under a partial truth as a way to track drug money, but in reality serves other purposes, since all nations of the world have the same strip in them. (The computers don't care what country or what picture is on the money, they still register the same numbers) COVERT ACTIVITIES AND COVER-UPS MOST PEOPLE ARE NOT AWARE OF | Latest Privacy Nightmare: Money That Tracks You


This may seem a bit sublime, but true never the less. In 1984 the United States Congress passed a bill where law enforcement agencies could literally take your money because it may be drug contaminated. Why? Because 75% of all US currency is contaminated with cocaine residue & the courts have ruled that this enough to warrant the forfeiture of your cash or assets. Does it sound ridiculous? Of course it does but it's the plain truth. Police & other government agencies have over 2 billion in confiscated assets which goes into their pockets to purchase new patrol cars, surveillance equipment, even fund police parties or functions. In New York City the mayor Rudy Giuliani in 1999 imposed his vintage tough guy image by using a city rule that was originally designed for drug traffickers. Mayor Giuliani imposed random check points where the police can stop you if they suspect your a drunk driver. If a person is stopped and found to be driving under the influence then the police can take their car away. Even if the driver is found NOT GUILTY in criminal court the city can still keep the person's car! Big Brother Can Come Knocking On Your Door & Take It


The Constitution for the united States of America makes no provision for a "national police" or "Gestapo" nor does it grant any authority to anyone or any agency of government to create such an organization. The Federal Bureau of Investigation is not an agency of the United States government. It was not created by Congress. The FBI was created by a United States Attorney General as an investigative office of the Justice Department for the purpose of internal investigations. The FBI has no lawful authority or jurisdiction over State Citizens or within the several States of the union. MAJESTYTWELVE



If an Agent Knocks: Federal Investigators and Your Rights




Echelon


Echelon is a network of super computers and satellites run by the U.S. National Security Agency (NSA) and located in the U.S., the U.K., Canada, Australia and New Zealand. Set up during the Cold War, Echelon now reportedly focuses on fighting terrorism, money laundering and drug trafficking. The system is capable of eavesdropping on all forms of electronic communications.


The United States Central Intelligence Agency and National Security Agency refused to meet with European Parliamentary committee that visited Washington D.C. to investigate possible ECHELON abuses


The Dutch government has confirmed the existence of Echelon, after hearings before the Dutch parliament


Interception Capabilities 2000 Echelon: By Duncan Campbell


ビッグ・ブラザー


「あなたは、私達の創始者が独立への苦闘において使ったぴったりの言い回しを繰り返すことに取りかかる、危険な市民が最近はそうである時に自身のために評判を取ってくる最もよい方法のその1つを反映しさえすればよい」。

チャールズA.Beard

米国PATRIOT法は顕著に私達のコンピュータ、電子メール、インターネット検索、および電話機の政府電子監視?のために標準を緩めた。

例えば、容疑者が使っているかもしれない公衆電話だけでなく各自の旅行のエリアのすべての公衆電話も含めて、これはすべての種類の電話機を意味している。

その人が行くどこででも、この広大な盗み聞きする拡張は、うろつく盗聴の、そして容疑者をカバーするであろうワンストップ全国的な根拠への法律の拡張による。

FBIに‘ブランクの根拠’外部リンクを与える

自由はいつも法律に反している。

最後に、50年のビッグ・ブラザーは、ゆっくり、組み立てられてないにしても最ももろい証拠によって無実の人々を投獄するために「国家安全保障リスク」としてそのようなきまり文句の後ろで隠れることによるすべてアメリカ市民の基本的な自由を侵害することができた。

政府が、ケースが国家安全保障脅威に関係していると主張する時に、それはすさまじくパワー増加である。

政府の調査官は、次をするパワーを持っている:

1. 許可書なしでワイヤ栓または検索を注文しなさい。

2. 証拠の発見を、誰がそれを見ることができるかに限定しなさい。

3. 彼らのクライアントへのアクセスされた被告側弁護士アクセスを妨げるか、1つの陪審全体がセキュリティ・クリアランスを持っていることを必要としていなさい。

4. 要するに、彼らは、彼らがあなたに対するどのような間違いの、または偽造された罪状によってでもまた望む限りあなたを刑務所にほうり込むことができる。

シークレットサービスからまっすぐなベストプラクティスFOR SEIZING ELECTRONIC EVIDENCE

90年代の初期からのプレゼントへのほとんどのテレビは2つの方法通信能力を装備される。

壁でのケーブルテレビ接続は標準の同軸ケーブルコンピュータネットワーキングケーブルであり、あなたがそれに気づかなくても、他があなたの家の中に見る方法を提供する。

ほとんどの人々が気づいていない隠れた活動と隠蔽

ブラックボックスと大理石記念物、詮索しているケーブルT. V.

最も速い成長する携帯電話プロバイダーの1つは、その顧客のムーブメントが数百メートル以内に地図を作られることを最近の2年の間に可能にする情報を無制限に蓄えている。

特権は携帯電話詳細の上で恐れる。

米国携帯電話プロバイダーはすぐすべての顧客外部のリンクの位置を知るであろう。

まれに、警察は現在ひそかに、最高3ヶ月の間持ち家所有者に話さずに人の家を捜すことができる。

これらのいわゆる「卑怯者とのぞき見」検索の1つの間に、当局はひそかに隠れた「重要ロガー」機器を移植するであろう。

FBIは、それがその詮索デザインを最近のギャンブルの調査にインストールする前に5回のそのような秘密の検索をしたと認めた。

コンピュータの中で隠れた重要ロガーはひそかに、容疑者がそれの上でタイプするすべてを記録する。

機器は当局に、他の点では壊れにくいコードの中でデータ・ファイルを解読するためにパスワードを捕らえさせる。

反テロツールはハイテクを含む。

あなたがあなたのコンピュータをつける時はいつでも、あなたはあなたのデータ情報の小道を出発する。

この跡はあなたを、文書、習慣、あなたが住んでいるプラス、および他の情報をサーフィンしているあなたの味、およびウェブと接続する。

初公開されたインテル それは ペンティアムIIIチップ which 従業員 プロセッサシリアル番号(PSN) である。

それへのエンコードされた96ビット数物理的に接続されチップ跡どのようなオンラインの通信でも母コンピュータである。

多くのウェブ風景の上の恐れられたクッキーは、あなたが訪問したあなたのパスワード、名前、およびウェブの風景を見つけ出すことができるあなたの知識なしであなたのPCの中に埋め込まれる。

マイクロソフトは、GUIDとして知られていて、あなたを識別するために、Windows 98がユニークな指紋を生成すると認めていた。

このGUIDは一般にOffice 97Word、Excel、およびPowerPointのプログラムに隠される。

これをとても気がかりにするものは、あなたが
www.microsoft.com
を訪問し、このプログラムが自動的にあなたのPCを走査し、あなたの知識なしで情報を集めるたびである。

インテル&マイクロソフトはあなたのISPと同様にオンラインであなたを追跡している。

Windowsの中へのNSA裏口

コンピュータシステムは57秒以内にブリュッセル、ベルギーのレコードの中のB.E.A.S.T.S.をATMとデビット・カードのトランザクションと呼んだ。

何で、あなたがそれを買ったか、そしてどこであなたが買ったかは知られている。

B.E.A.S.T.S.はブリュッセル電子アカウンティング監視ターミナルシステムを表している。

それはクレイスーパーコンピュータである。

黙示録の獣:

666のB.E.A.S.T.戦い婚約とシミュレーションされた追跡

1992年の日付または上記によって5ドルのドル札より大きいものはそれを走り抜けている金属のストリップを持っている。

あなたが、ライトにそれを停滞させるならば、あなたはこのストリップを見ることができる。

正しい機器を持つ誰かが特別なスキャナによってあなたの家によって運転し、あなたがあなたの家にどれくらいお金を持っているかをおおよそ知るように、テクノロジーは適所にある。

それは、麻薬資金を追跡する方法として部分的な真理の下でそこに置かれたけれども、現実において、世界のすべての国家がそれらにおいて同じストリップを持つので、他の目的にかなう。

(コンピュータが、どんな国または何の写真がお金の上にあるかを気にしていなく、彼らはまだ同じ数を登録する)COVERT ACTIVITIES AND COVER-UPS MOST PEOPLE ARE NOT AWARE OF|最新のプライバシー悪夢:

あなたを追跡するお金

これは少し崇高であるようであるかもしれないけれども正常が決してより少なくない。

1984年に、それが汚染された薬であるかもしれないので、警察機関が文字どおりにあなたのお金を取ることができた所で、連邦議会は法案を可決した。

なぜ?

すべての米国通貨の75%がコカイン残留物によって汚染されて&法廷が、それを、あなたの現金または財産の没収物を保証するのにこの十分と判定したので。

それはこっけいに聞こえるか?

もちろん、それはするけれども、それはありのままの真実である。

警察&他の政府機関は没収された財産において20億以上持っている(新しいパトカー、監視機器、資金警察パーティー、または機能さえ購入するために、それがそれらのポケットに入る)。

ニューヨーク市で、麻薬密売人のために元来デザインされた都市規則を使って、1999年の市長ルディ・ジュリアーニは彼の極上のタフガイイメージを課した。

もし彼らが、あなたがa 酔っぱらいドライバー であるのに感付いているならば、市長ジュリアーニは、警察があなたを止めることができる所でランダムなチェックポイントを課した。

人が、停止し、酒を飲んで運転していることを発見されるならば、警察はそれらの車を取り除くことができる。

ドライバーが刑事法廷でNOT GUILTYと気付かれても、都市はまだ人の車を保持することができる!

ビッグ・ブラザーはあなたのドアをノックして来て&それを取ることができる。

アメリカの団結したアメリカのための憲法には「全国的な警察」または「ゲシュタポ」のための規定条項が全然なく、また、それは、そのような組織を作成するために誰へのどのような権限または政府のすべてのエージェンシーも与えない。

連邦捜査局は米国政府のエージェンシーではない。

それは議会によって作成されなかった。

FBIは内部調査のための司法省の調査のオフィスとして米国の司法長官によって作成された。

FBIは国市民の上や組合のいくつかのアメリカの中で合法な権限または司法権を全然持っていない。

MAJESTYTWELVE

エージェントが打つならば:

連邦調査官とあなたの権利

梯列

梯列は米国国家安全保障局(NSA)によって実行されて、米国、英国、カナダ、オーストラリア、およびニュージーランドに置かれたスーパーコンピュータと衛星のネットワークである。

伝えられるところでは、冷戦の間に設定されて、梯列は現在、テロ、マネーロンダリング、および麻薬取引と戦うことに集中する。

システムは、電子通信のすべてのフォームを盗み聞きすることが可能である。

米国中央情報局と国家安全保障局は、可能なECHELON乱用を調査するために、ワシントンD.C.を訪問したヨーロッパ議会の委員会と出会うことを断った。

オランダ政府はオランダ議会の前のヒアリングの後に梯列の存在を確認した。

妨害機能2000は梯形編成に並ぶ:

ダンカン・キャンベルによって

ビック・ブラザー

- EVERYONE IS SUSPECT DEPARTMENT -


Checking Big Brother







The Pentagon has been keeping close tabs on law-abiding citizens. It’s about time we go after the real terrorists instead.


How many terrorists do you suppose we have in the United States today? Real terrorists, like Mohammed Atta, who led the attacks of September 11, as opposed to anti-war Quakers?


Seriously. What’s your best guess? Fifty? One hundred? More?


Before 9-11, the FBI’s watch list consisted of only 16 names. Today it contains 80,000. As of June 2005, the National Counterintelligence Center had amassed files on 190,000 individuals. Do these numbers strike you as reasonable, or are suspicions getting out of hand?


The Pentagon is especially suspicious of Americans. Its Counterintelligence Field Activity (CIFA) employs a thousand people to monitor “threats” to the military within the United States. Between July 2004 and May 2005, CIFA’s “Operation TALON” recorded 1,519 “suspicious incidents,” many of them involving lawful political activity by domestic peace groups. In one instance, a Quaker meeting appears to have been infiltrated.


The military’s Northern Command, which is supposed to help civilian agencies clean up after a terrorist attack, employs more than 150 intelligence analysts charged with developing “actionable intelligence” to “prevent” terrorist attacks. “Prevent” presumably means compiling round up lists of civilians in case the military needs to “secure” the site of an attack. But the military does not need to know anyone’s name in order to secure a site. It just needs to impose a curfew and turn the violators over to the police. Military enforcement of civilian law is illegal. Indeed, it is a crime.


In 2002, President George W. Bush secretly ordered the military’s National Security Agency to eavesdrop on the telephone communications of hundreds, if not thousands, of American citizens without prior judicial authority as required by the Fourth Amendment. That, too, is a crime.


This is not the first time military agents have wandered off the reservation. During the 1960s and 1970s, Army intelligence secretly employed 1,500 plainclothes agents, working out of 300 offices coast-to-coast, to spy on all civil rights and anti-war demonstrations of 20 people or more. They collected a warehouse full of files on lawful civilian political activity. That operation was shut down by Congressional protests, but has returned, larger than ever.


Today’s military spies do not work alone. They are closely linked to a dozen federal agencies, 65 FBI field offices, 2,000 police departments, and scores of foreign police and intelligence agencies, all of which collect information on suspected “terrorists.” If you think “terrorists” refers to al-Qaeda and its associates, you would be mistaken. The FBI has labeled environmental activists “eco-terrorists” simply for protesting a lumbermen’s convention by hanging a banner. The Pentagon considers nonviolent Quakers a “threat” because they oppose military recruitment at high schools. The California National Guard monitored the “Raging Grannies,” an anti-war singing group, because, as a spokesman explained, no one can tell when terrorists might infiltrate the grannies.


Flush with federal funds, states are creating “intelligence fusion centers” to process, index, and store reports of suspicious people that flood in through interagency pipelines. Like the FBI and the military, states are hiring private companies like Choice Point to flesh out dossiers on thousands of law-abiding protesters, which are then shared with more than 100 “joint terrorism task forces.”


Why has a legitimate effort to identify suicide bombers metastasized into the massive surveillance of protest politics? One answer is that the people who run this system can’t tell a terrorist from a Quaker. Another is that it is easier to investigate Americans, because they speak the only language our intelligence agents understand.


Whatever their excuse, one thing is clear: These domestic spies are eager to add to, not subtract from, their files and lists. If a suspect shares your name, you are likely to be stopped at the airport, rejected for employment, or denied a security clearance, over and over again. Unfortunately, there is no way to correct such an erroneous file, because the files are secret. And, even if the files of one agency could be corrected, the files the hundreds, perhaps thousands, of other agencies on the network would still be infected. Years later, when the network is queried, the original error will come back as a hundredfold “truth,” simply because so many agencies believe it.


The time has come to scale back this bloated system, before intelligence analysts drown in trivia, before the reputations of decent citizens are destroyed, and before the sheer scale of the spying intimidates Americans from ever questioning their government. Thankfully, Sen. Arlen Specter of Pennsylvania has announced that the Senate Judiciary Committee will hold hearings next month to look into the legal justifications of the NSA wiretapping program. Whether or not these hearings will succeed in limiting the scope of the wiretapping is something we can only speculate on at this time. But in either case, Congress must act soon to restore a sense of proportion to a surveillance system that has gotten way out of hand.

- 誰もが疑わしい部門である-

チェック・ビッグ・ブラザー

国防総省は近く法律を守る市民を監視していた。

私達が代わりに本当のテロリストを追いかけるころである。

あなたは、私達が今日米国に何人のテロリストを持っていると思うか?

本当のテロリスト、モハメッド・アタのように、反戦の震える人とは対照的に、誰が9月11日の攻撃を導いたか?

ひどく。

あなたの最も見事な推測は何であるか?

50?

100?

より多く?

9-11前に、FBIのウォッチリストはほんの16の名前から成った。

今日、それは80,000を含んでいる。

2005年6月現在、全米対諜報活動センターは190,000人の個人へのファイルを貯蔵した。

これらの数は、あなたを、妥当であると思うか?または、疑惑は手におえなくなっているか?

国防総省はアメリカ人を特に怪しんでいる。

米国の中で軍隊への「脅威」を監視するために、そのスパイ防止活動フィールド活動(CIFA)は千人の人々を雇用する。

2004年7月と2005年5月の間で、それらの多くが国内の平和グループによる合法な政治的な活動を巻き込んでいて、CIFAの「操作タロン」は1,519の「怪しい出来事」を記録した。

1つの例において、クエーカー教徒の集会は、浸入されているようである。

民間機関がテロリストの攻撃の後に掃除するのを手助けすると思われている軍隊の北コマンドは、テロリストの攻撃を「防止する」ために、「起訴可能な知能」を開発した罪で告発された150人を超える諜報分析者を雇用する。

軍隊が、攻撃のサイトを「確保する」必要がある場合に、「防止しなさい」はたぶん、民間人のリストの上でまわりで編集するのを意味している。

しかし、軍隊は、サイトを確保するために誰の名前も知る必要がない。

それはただ、夜間外出禁止令を課し、違反者を警察に引き渡す必要がある。

民間の法律の軍隊の施行は違法である。

実に、それは犯罪である。

2002年に、ジョージ・W・ブッシュ大統領はひそかに軍隊の国家安全保障局が、数千でないにしても数百の、4番目の改正によって必要とされているような事前の司法の権限のないアメリカ市民の電話通信を盗み聞きするように命令した。

それも犯罪である。

軍隊のエージェントが予約を逸れるのは、これがはじめてではない。

1960年代と1970年代の間に、軍隊知能は、20人以上の人々のすべての公民権および反戦のデモンストレーションを探り出すために、300オフィス全米津々浦々の外で働いて1,500人の私服のエージェントをひそかに雇用した。

彼らは合法な民間の政治的な活動においてファイルでいっぱいの倉庫を収集した。

その操作は議会の抗議によって停止されたけれども、これまでより大きく戻って来た。

今日の軍事スパイは一人で働かない。

それらは、1ダースの連邦機関、65のFBI仮設事務所、2,000の警察、および多数の外国の警察と諜報機関(あなたが、「テロリスト」がアルカイダとその仲間を参照すると思うならば疑われていた「テロリスト」について、それのすべては情報を収集する)と密接に結び付き、あなたは誤っているであろう。

FBIは、単に、バナーを掛けることによって製材業者の会議に抗議するために環境の活動家に「エコテロリスト」というラベルを貼った。

彼らが高校で軍隊の募集に反対するので、国防総省は非暴力的な震える人を「脅威」と考える。

スポークスマンが説明した時に、誰も、いつテロリストがおばあさんに侵入するかもしれないかを話すことができないので、カリフォルニア州兵は「荒れ狂ったおばあさん」、反戦の歌うグループを監視した。

フェデラル・ファンドと同じ高さに、州は、直通の省庁間パイプラインに殺到する怪しい人々のリポートを処理し、索引を付けて、蓄えるために「知能フュージョンセンター」を作成している。

FBIと軍隊のように、州は、数千人の法律を守る抗議者への関係書類を肉付けするために選択ポイントのような民間会社を雇用している(それはその時100人を超える「共同のテロ・タスク・フォース」と共有される)。

なぜ、自爆攻撃者を識別する合法な努力は抗議政治の大規模な監視の中に転移したか?

1つの答えは、このシステムを実行する人々がテロリストをクエーカー教徒と識別することができないことである。

別のものは、彼らが、私達のスパイが理解している唯一の言語を話すので、アメリカ人を調査することがより容易であることである。

それらの弁解に関わらず、ひとつ確かなことがある:

これらの国内のスパイは、それ、それらのファイル、およびリストから取り去るために追加したがっている。

容疑者があなたの名前を共有するならば、あなたは、空港で停止し、雇用のために拒絶されるか、何度も何度もセキュリティ・クリアランスを許されなそうである。

あいにく、ファイルが秘密なので、そのような誤ったファイルを訂正する方法が全然ない。

たとえそして、1つのエージェンシーのファイルが訂正できても たぶんネットワークの他のエージェンシーでまだ感染させている数千というファイル数百 。

数年後、ネットワークが質問される時に、単に、そんなに多くのエージェンシーがそれを信じるので、オリジナルのエラーは100倍の「真実」として戻るであろう。

諜報分析者がトリビアの中で溺れる前、きちんとした市民の名望が破壊される前、および彼らの政府に質問することから、スパイ活動の絶大なスケールがアメリカ人を威嚇する前にこの膨らんだシステムを縮小する時間は来た。

有り難いことに、ペンシルベニアの上院議員アーレン・スペクターは、上院司法委員会が、プログラムを盗聴しているNSAの法律の位置合せを調査するために来月ヒアリングを実施するであろうということを発表した。

これらのヒアリングが、盗聴の範囲を制限することに成功するであろうかどうかは、私達が今回思索することができるだけのことである。

しかし、どちらの場合にも、議会は、方法で手に負えなくなった監視システムへの平衡感覚を復元するためにすぐ行動しなければならない。





Big Brother may refer to:


Big Brother (1984), a character from George Orwell's novel Nineteen Eighty-Four

Authoritarianism, referred to as "Big Brother" ? any omnipresent, seemingly benevolent figure representing oppressive control over individual lives exerted by an authoritarian power (a concept from Orwell's novel above).

Surveillance, video surveillance

Big Brother Award, an award for acts against personal privacy

Big Brothers Big Sisters of America, a voluntary organization that mentors youth

Big Brother (magazine), a now-defunct skateboarding culture magazine

A larger or older brother

ビッグ・ブラザーは次を参照することができる:

ビッグ・ブラザー(1984年)(ジョージ・オーウェルの小説1984からの登場人物)

いくらか遍在する「ビッグ・ブラザー」?(独裁的な能力(オーウェルの斬新な上記からの概念)によって及ぼされた個々のライフに関しての制圧的なコントロールを表している一見したところ情け深い数値)と称された権威主義。

監視、ビデオ監視

1984年 ジョージ・オーウェル 1949年 第2、3章

1984

George Orwell

1949








Chapter 2

2章

彼が彼の手をドアノブに置いた時に、ウィンストンは、彼が開いている日記帳をテーブルに置いていったとわかった。

部屋を横切って読みやすいのに十分にほとんど大きい手紙の中で、DOWN WITHビッグ・ブラザーはそれの至る所で書かれた。

したことは思いもよらないほど愚かな物であった。

しかし、彼が、インクが湿っている間その本を閉じることによってクリーム状の紙を汚してほしくなかった彼のパニックにおいてさえ、彼は実現した。

彼は息を吸い込み、ドアをあけた。

直ちに、リリーフの暖波は彼を通して流れた。

無色で、鎮圧される見の女性は、小さく束ねた毛としわを寄せられた面によって、外で立っていた。

‘おお’、‘同僚’、彼女は、つまらなく、泣き言を言う種類の声(‘私は、私があなたが入るのを聞いたと思った’)から始めた。

あなたは、あなたが約束を果たし、私達の台所の流し台をちょっと見ることができたと思うか?

‘それは上に、そして塞がった-’

それはパーソンズさん(同じフロアの上の隣人の妻)であった。

(‘奥さんは、’パーティー.によって多少反対されて、あなたが、誰でも‘同僚’と呼ばなければならなかった言葉であった.けれども、何人かの女性とともに、人は本能的にそれを使った。)

彼女は約30の女性であったけれども、ずっと年上であるように見えていた。

人は、彼女の顔の折り目において塵があったという感じを持っていた。

ウィンストンは通路の下に彼女について行った。

これらのアマチュア修理仕事はほとんど毎日の立腹であった。

1930年に築かれるか、そのあたりで、勝利大邸宅は古いフラットであり、めちゃめちゃになっていた。

しっくいは天井と壁から常にはげ落ちて、パイプはすべてのひどい霜に急に入り込み、雪があった時はいつでも、屋根は雨漏りしていて、それが経済の動機から完全に閉鎖されたわけではない時に、暖房装置は通常半分の蒸気で動いていた。

修理は、あなたが自分ですることができたことを除いて、2年の間窓ガラスの修繕物さえ持ち上げやすかったリモートの委員会によって是認される必要があった。

‘もちろん、それは、トムが帰っていないためだけである’とパーソンズさんは漠然と言った。

パーソンズのフラットはウィンストンのより大きく、違う方法の中で薄黒かった。

場所がちょうどある大きな暴力的な動物によって訪問されたかのように、すべては乱打されて、踏みにじられた表情を持っていた。

試合手荷物.ホッケー棒、ボクシング-gloves.爆発フットボール、1対の汗まみれのショーツは、フロアの至る所で、置くことを裏返しに回し、テーブルには、汚い皿およびページの隅が折れた運動本の乱雑があった。

壁に若者リーグとスパイの緋色のバナーとビッグ・ブラザーのフルサイズのポスターがあった。

建物全体に共通の通常の茹でられるキャベツにおいがあったけれども、それは通って汗のより鋭いにおいによって発射されて、‘どのもの’は最初のにおい嗅ぎでこれを知っていて、それはそうであったけれども、出席していないいくらかの人の汗はちょうど、どのようにかを言いづらかった。

別の部屋で、櫛とトイレットペーパーを持つ誰かが、まだ、テレビスクリーンから出ていた軍隊の音楽によって曲を保持しようとしていた。

11

半分不安な一瞥をドアに向けて、‘それはその子供である’とパーソンズさんは言った。

‘彼らは今日外出していなかった’。

‘そしてコースの-’

彼女は、中間で彼女の文を打ち切る癖があった。

台所の流し台は、これまでより悪く、キャベツを匂わしていた不潔な緑がかった水によってほとんど縁にいっぱいであった。

ウィンストンはひざまずき、パイプのアングル継手を診た。

彼は彼の手を使うのを嫌っていて、彼は身をかがめるのを嫌っていた(それが、いつも彼にせきこみはじめさせやすかった)。

パーソンズさんは力なく傍観した。

‘もちろん、トムが帰っていたならば、彼はまさにすぐにそれを置くであろう’と彼女は言った。

‘彼はそのような何かを愛している’。

彼は手先がとても器用で、トムは、.'パーソンズが真実の省でウィンストンの仲間の-従業員であったことである。

彼は、愚かさ(愚かな熱狂のマス)を麻痺させる太り気味であるけれどもアクティブな人であった。

思想警察の上よりさえもっと、パーティーの安定性が依存したそれらの完全に絶対的で、捧げられた仕事にあくせく働く人の1人。

thirtyfiveで、彼はちょうどしぶしぶ若者リーグから立ち退かせられて、若者リーグに仲間入りする前に、彼は、法令の時代を越えて1年の間ずっとスパイにどうにかしていた。

省で、彼は、知能が必要とされていなかったいくらかの下位のポストに雇用されていたけれども、一方では、彼は、スポーツ委員会と一般にコミュニティハイキング、自発的なデモンストレーション、貯蓄運動、および奉仕活動を計画することに従事している他のすべての委員会の上の主要な人物であった。

彼は、彼がこの4年の間毎晩コミュニティセンターにちょっと顔を出したことをあなたに彼のパイプの一服の間の静かなプライドによって知らせるであろう。

たとえ、彼がどこに行って、そして彼が行った後に、彼の後ろに残ってさえいたことも、汗(彼の人生の猛烈さへの一種の、無意識な証拠)の圧倒的なにおいは彼に付きまとった。

anglejointの上のナットをいじくり回して、‘あなたはスパナを手に入れているか?’とウィンストンは言った。

直ちに無脊椎になって、‘スパナ’とパーソンズさんは言った。

‘ 私は知らず、私は確信している。

‘たぶん子供-’

子供が居間に飛び込んだ時に、櫛の上にブーツと別の突風の踏みつけがあった。

パーソンズさんはスパナを持って来た。

ウィンストンは水を出し、うんざりして、パイプの上に塞いだ人の毛のかたまりを取り除いた。

最もうまく、彼が栓から冷水の中でできて、他の部屋に戻った時に、彼は彼の指をきれいにした。

‘あなたの手によって立ち上がりなさい!’と野蛮な声は大声で言った。

9のハンサムで、丈夫な外見の少年はテーブルの後ろから飛び出て、おもちゃ自動拳銃によって彼を脅迫していた一方約2年若い彼の小さな姉妹が木材の破片と同じ身振りをした。

それらの両方は、スパイのユニフォームであった青色のショーツ、灰色のシャツ、および赤いネッカチーフを着ていた。

ウィンストンは彼の頭の上の彼の手を上げたけれども、不安な感じによって、少年の物腰はとても危険であったので、それはまったくゲームであったわけではない。

‘あなたは反逆者である!’と少年は大声で言った。

'Youは考え-犯罪者である!

あなたはユーラシアスパイである!

私はあなたを撃ち、私はあなたを蒸発させて、私は、あなたを、すべての動きにおいて彼女の兄弟を模倣している岩塩坑!『突然、それらは、彼、叫んでいる『反逆者!』、および’Thoughtcriminalのまわりで飛躍した!』小さな女の子に送る。

人食い人種にすぐ成長するであろう虎の子のはね回りのように、それは何とかして少し恐ろしかった。

少年の目、ウィンストンに当たるか、蹴りたいというまったく明らかな願望、およびそうするのに十分に非常にほとんど大きい意識の中に、一種の計算用のどう猛さがあった。

彼が12holdingであったことが本当のピストルではなかったことはよい仕事であったとウィンストンは思った。

パーソンズさんの目はウィンストンから子供に神経質に飛び、再びバックする。

居間のよりよいライトにおいて、彼は、彼女の顔の折り目において実際、塵があったことに興味によって気づいた。

‘それらはそんなに騒々しくなる’と彼女は言った。

‘彼らが、吊るしを見るために行くことができなかったので、それらはがっかりし、それは、それがそうであるものである’。

‘私は、.それらにかかるには忙しすぎて、トムは時間内に仕事から戻らないであろう’。

‘なぜ私達は吊るしを見に行くことができないか?’は彼の大声で少年をどなりつけた。

‘吊るしを見たい!’

ぶら下げることが唱和されるのを見たくなりなさい まだ、まわりで跳ね回っている小さな女の子 。

戦争犯罪について有罪の何人かのユーラシア囚人は、その夕方公園で絞首刑に処されることになっていたとウィンストンは思い出していた。

これは1ヶ月にほぼ一度起こり、ポピュラーなスペクタクルであった。

子供はいつも、それを見るためにつかまえられることを強要した。

彼は彼のパーソンズさんの休暇を必要とし、戸口に向かった。

しかし、彼は行かず 6 何かが、苦悶して痛い打撃によって彼の首の後ろを打った時の通路 、降りる。

熱狂的なワイヤが彼に突きつけられたかのようであった。

少年がカタパルトをポケットに入れる間パーソンズさんが戸口の中に彼女の息子を後ろに引きずるのを見るために、彼はかろうじて時間内にまわりで回転した。

ドアが彼に閉まった時に、‘ゴールドスタイン!’と少年はどなった。

しかし、最も多くがウィンストンを打ったものは女性のグレーっぽい顔の上の無力な恐怖の表情であった。

彼がテレビスクリーンを過ぎて迅速に段をつけて、まだ彼の首を摩擦して、再びテーブルで座ったフラットでバックしなさい。

テレビスクリーンからの音楽はやんだ。

代わりに、切り取られた軍隊の声は、一種の野蛮な好み(ちょうどlcelandとFaroe lslandsの間で固定した新しい浮かぶ要塞の軍備の説明)によって読み出していた。

彼は、それらの子供とともに、その惨めな女性は恐怖の生活を送らなければならないと思った。

別の年、2年、およびそれらは正統でない意見の徴候のために彼女の夜と昼を見ているであろう。

ほとんど、すべての子供はこのごろでは恐ろしかった。

すべての中で最も悪かったものはスパイのような組織によってそれであったので、彼らは抑制できない小さな野蛮人に体系的に変ったのにパーティーの訓練に反逆するために、これは彼らの中で傾向を全然生み出さなかった。

それどころか、彼らはパーティーを崇拝し、すべてはそれと接続した。

それは、 歌、行列、バナー、ハイキング、ダミーのライフルを持つ掘削、スローガンの叫び、ビッグ・ブラザー.の礼拝、 それらにすべての一種の華々しいゲームであった。

すべてのそれらのどう猛さは外国人、反逆者に対して国家の敵に対して外へ回された、計画的妨害者、考え犯罪者。

人々が彼ら自身の子供を怖がっていることは30上でほとんど正常であった。

そして、ほとんど、タイムスが、どのようにいくつかの盗み聞きがほとんど抜け出さないかを記述しているパラグラフをどれに運ばなかったかにおいて、1週間が過ぎなかったことによる正当な理由によって。

‘子供ヒーロー’は、フレーズ一般に使われた.がいくらかの妥協意見を耳にし、思想警察にその両親を密告したことであった。

カタパルト銃弾の針は摩耗した。

彼が、もっと書くものを日記において発見することができたかどうかと思って、彼はいい加減に彼のペンを拾い上げた。

突然、彼は再びオブライエンについて考えはじめた。

数年前はどれくらいそれであったか?

7年、彼が真っ黒な部屋を歩いていたことを夢に見たことは.であるにちがいない。

そして、彼が通過した時に、彼の片側に座っている誰かが言った:

『私達は暗闇が全然ない場所で会おう。』と、ほとんど、偶然に コマンドではなく、ステートメント それについて言った 非常に静か 。

彼は、休止せずに歩き続けた。

物好きであったものは、夢における時間に、言葉があまり印象を彼に与えなかったことであった。

それ13

より遅れているだけで、それらが、意義をまとうために思われた程度によってにあった。

彼は今や、それが前であったか彼が初めてオブライエンに会ったという夢を見た後にあったかを思い出すことができなく、また、彼は、彼が最初に声をオブライエンのと認定した時を思い出すことができなかった。

しかし、とにかく、識別は存在していた。

闇から彼と話したのはオブライエンであった。

オブライエンが友人または敵であったかどうかにかかわらず、ウィンストンは、一度も、まだ、確かにあることが不可能であった目の今朝のフラッシュの後でさえ確実である.を感じることができたことがなかった。

また、それは、大いに重要でないようでさえあった。

愛情または党派心より重要なそれらの間の理解リンクがあった。

彼は、‘私達は、暗闇が全然ない場所で会う’と言った。

ウィンストンは、それが何を意味していたかを知らなく、いくらかの方法または別のものの中で、それが実現するであろうだけ。

テレビスクリーンからの声は休止した。

クリアで、美しいトランペットによる合図はよどんだ空気の中に浮かんだ。

声はきしむように続いていた:

‘注意!’

あなたの注意をお願いする!

ニュース速報はマラバル痒疹正面からこの瞬間に到着した。

南インドの私達の軍隊は華々しい勝利を勝ち取った。

私は、私達が現在報告している行動が戦争をその終わりから測定できる距離内に近付けるのももっともであると言うことについて権限を与えられる。

ウィンストンを考察されて来て、ここにニュース速報-'凶報がある。

そして、ユーラシアの軍隊の全滅の残虐な説明に、および驚くべき数値 of によって続き 殺されることと囚人 、確かに来た 来週 チョコレート定量として30グラムから20まで減らされる発表 。

ウィンストンは再びげっぷした。

ジンは、引き下げられた感じを残して、摩耗していた。

たぶん、『オセアニア、theeのための’tis』に破損されて、失われたチョコレート.のメモリーをかき消すように勝利を祝福するtelescreen.perhaps。

あなたは、気をつけの姿勢をとらなければならなかった。

しかし、彼の現在のポジションで、彼は見えなかった。

『オセアニア、theeのための’tis』は、より軽い音楽に譲歩した。

テレビスクリーンに彼のものを制止して、ウィンドウに踏みにじられたウィンストン。

日はまだ寒く、クリアであった。

どこかで、ずっと離れて、ロケット爆弾は鈍く、鳴り渡る轟音をあげて爆発した。

それらの約20または30は1週間現在ロンドンに落ちていた。

通りの下に、風は、あちこちで破れたポスターをはためかせて、言葉INGSOCは発作的に出現し、消滅した。

Ingsoc.

Ingsocの神聖な原則。

新言語、二重思考、過去の無常。

彼は、彼が、彼自身がその怪物であった奇怪な世界で失われて、海底の森林でうろついていたように感じていた。

彼は一人であった。

過去は死んでいて、未来は想像できなかった。

どんな確信が持っていたか 現在の単一の人生き物 生きていることが彼の側にあった彼 ?

そして、パーティーの支配権が永遠に持ちこたえないであろうと知っているどんな方法?

答えのように、真実の省の白い面の上の3つのスローガンは彼に戻った:

戦争は平和である。

自由は奴隷制度である。

無知は力である。

彼は彼のポケットから25セント硬貨を取り出した。

そこで同じスローガンも記入されたこと、およびコインの他の面について ビッグ・ブラザーの頭 。

コインからさえ、目はあなたを追跡した。

コインの上、切手の上、本のカバーの上、バナーの上、ポスターの上、およびどこタバコパケット.の包装の上も。

いつも、あなたと声があなたを包むのを見ている目。

眠っているか、目覚め、働くか、屋内や屋外で風呂の中でまたはベッド.において脱出を全然食べない。

何もあなたの頭蓋骨の中で少数の立方センチメートルを除いてあなた自身のものではなかった。

14The太陽は変わり、それらの上でもう輝いていないライトを持つ真実の省の無数のウィンドウは要塞の抜け穴として厳しいように見えた。

彼の心臓は巨大な三角形の前でひるんだ。

それは強すぎて、それは急襲されることができなかった。

千個のロケット爆弾は下にそれを乱打しないであろう。

彼は、誰のために、彼が日記を書いていたかと再び思っていた。

未来のため、架空であるかもしれない年のために過去.ため。

そして、彼の前で、死ではなく全滅が横になる。

日記は、蒸発するために灰と自身に減らされるであろう。

思想警察だけが、それらが、そしてメモリーからそれを撲滅する前に、彼が何を書いたかを読むであろう。

どうしてあなたは、紙の上で走り書きされた匿名の言葉さえではなくあなたの跡が物理的に残存することができなかった未来に訴えをすることができたか?

テレビスクリーンは14時を告げた。

彼は10分で去らなければならない。

彼は1430によって職場で、戻る必要があった。

奇妙なことに、時間の鳴りは、新しい心臓を彼に入れたようであった。

彼は、誰も決して聞かないであろう真理を発している寂しいゴーストであった。

しかし、彼がそれを発した限り、いくらかの不明瞭な方法の中で、連続性は壊れていなかった。

あなたが人類の遺産を続けたのは、自身を聞かせることでではなく正気のままいることによってであった。

彼はテーブルに帰り、彼のペンを少し浸し、書いた:

未来にまたは過去への、考えが自由で、人が互いと違い、真実が存在していて、されることが取り消されることができない時間に.一人で暮らしていない時間に:

均一性の時代から、孤独の時代から、ビッグ・ブラザーの時代から、二重思考.挨拶の時代から!

彼はすでに死んでいて、彼は反射した。

彼には、彼が、彼の考えを公式化することができはじめた時に、彼が決定的な処置を取ったのが今になってであったように思われた。

すべての行為の結果は行為自身に含められている。

彼は書いた:

Thoughtcrimeは死を伴わない:

thoughtcrime IS死。

さて、彼は、可能な限り生きたまま滞在することが重要になったと自身で死んだ人として認めていた。

彼の右手の2本の指はinkstainedされた。

それは正確に、あなたを裏切るかもしれない種類の詳細であった。

省のある段鼻熱中者(たぶん女性:

フィクション部門)からの小さな砂色髪の女性または暗い髪の女の子のような誰かが、なぜ彼が昼食間隔の間に書いていたか、なぜ彼が旧式なペンを使ったか、彼が何に.を書いていたかと思い始めて、それから適切な四半期にヒントを与えるかもしれない。

彼は浴室に行き、慎重に、サンドペーパーのようなあなたの皮膚をいらだたせたので、この目的によく適応した砂のダークブラウン石けんによって、向こうにインクをごしごしこすった。

彼は日記を引き出しにしまった。

それを隠すことを考えることはまったく無駄であったけれども、彼は、その存在が発見されたかどうかを少なくとも確かめることができた。

ページ終わりを横切って置かれた毛は明らかすぎた。

彼の指の先端によって、彼は白っぽい塵の同一視可能な粒を拾い上げて、それをカバーのコーナーに蒸着させた(そこで、それは、当然、その本が始動したならば振り払われた)。

Chapter 3

3章

ウィンストンは彼の母を夢見ていた。

彼の母が消えた時に、彼は10または11歳であったにちがいないと彼は思った。

彼女は遅いムーブメントと壮大なブロンドの髪を持つ背が高く、優美で、少し静かな女性であった。

彼がより漠然と日暮れと記憶していて、薄く、きちんとした暗い衣服(覚えられているウィンストン(特に彼の父の靴の非常に薄い底))と長持ちスペクタクルでいつも服を着せた彼の父。

それらの2つは明らかに50年代の最初の大きな下剤の1つにおいて飲み込まれたにちがいない。

この瞬間に、彼の母は彼女の腕の中の彼の若い姉妹と彼の下で深く減っているいくらかの場所に座っていた。

彼は大きく、用心深い目のいつも静かな小さく、弱い赤ん坊としてのを除いて全く彼の姉妹を覚えていなかった。

彼らの両方は彼で見上げていた。

それらはいくらかの地下の場所でダウンしていた。

例えば井戸の底またはまさしくその深みは.を刻むけれども、それは、彼のすでに遠い下で、自身で、下に動いていた場所であった。

暗くなる水を通して彼を見上げて、彼らは沈む船の大広間にいた。

まだ大広間に空気があったこと、彼らがまだ彼に会うことができたこと、および彼それらけれどもその間中 それらが 下に、下 永遠に別の瞬間に視界からそれらを隠さなければならない緑色の水域 に沈んでいた 。

それらが死まで吸われていて、彼が上のここにいたので、それらが下のそこにあった間、彼はライトと空気において外出していた。

彼はそれを知っていて、彼らはそれを知っていて、彼は彼らの顔の中で知識を見ることができた。

彼らの顔の中やそれらの心臓(彼が生きたまま残ることができるように、彼らが死ななければならないという、そしてこれが物の不可避の注文の一部であったという承知)だけ中で、非難が全然なかった。

彼は、何が起こったかを思い出すことができなかったけれども、彼は、ある点で、彼の母と彼の姉妹のライフが彼自身のものに捧げられたと彼の夢において知っていた。

それは、独特な夢風景を保持する間に、人の知的生活の連続であり、人が、まだ、人が目覚めていた後に、新しく、貴重であるような事実とアイデアに気づくそれらの夢の1つであった。

今や、突然、ウィンストンを打った物は、彼の母の死が約30年前、もう可能でなかった方法で悲劇的で、哀れであったことであった。

悲劇、彼は気づいていて、まだ、プライバシー、愛情、および親交があり、理由を知ることなく、ファミリーのメンバーが互いを支持した時間に、古代の時間に所属していた。

彼が、若すぎて、お返しに彼女を愛するとは利己的であった時に、彼女が、彼を愛して死に、なぜか、彼がどのようにかを覚えていなかったので、彼女が、自身を、秘密で、変えられなかった忠実の概念に捧げたので、彼の母の記憶は彼の心臓を引きむしった。

そのようなこと、彼は見ていて、今日起こりえない。

今日、恐怖、憎悪、および苦痛があったけれども、感情、無深み、またはコンプレックスのどの威厳も悲しまない。

彼が、緑色の水を通して彼を見上げていて、数百ファゾム減っていて、まだ沈んでいる彼の母と彼の姉妹の大きな目の中で見るようであったすべてのこれ。

突然、彼は、短い軽快な芝生に、斜陽がグラウンドを金めっきした夏の夕方に立っていた。

彼が見ていた景色は彼の夢においてしばしば再発したので、彼は、決して、彼が現実の世界の中でそれを見たかどうかを完全には確信していなかった。

彼の目覚めているときの考えにおいて、彼はそれをゴールデン・カントリーと呼んだ。

それを横切って迷っている足トラックとあちこちのモグラづかによってそれは古く、うさぎで噛まれた牧草地であった。

フィールドの反対側の上の不完全なヘッジにおいて、ニレの大枝は微風(まさに女性の髪のように愚鈍な庶民の中で動いているそれらの葉)において非常にかすかに傾いていた。

視界の外にあるけれども手近にどこかで近く、ウグイがヤナギの下でプールで泳いでいたクリアで、遅いストリームであった。

黒い髪の女の子はフィールドを横切ってそれらに来た。

1つのムーブメントのようであったものによって、彼女は彼女の衣服を引きはがし、それらを軽べつ的にわきへ投げた。

彼女の体は白く、スムーズであったけれども、それは彼の中で欲望を全然かきたてなく、実に、かろうじて、彼はそれを見た。

その瞬間に彼を圧倒していたものは、彼女が彼女の衣服を放棄した身振りへの賞賛であった。

その優美と不注意によって、ビッグ・ブラザーとパーティーと思想警察がすべて死の中に腕の1回の豪華な動きによって掃除されることができたかのように、それは、文化(考えのシステム全体)全体を全滅させるようであった。

それも古代の時間に属している身振りであった。

ウィンストンは彼のくちびるの上の言葉‘シェイクスピア’によって起きた。

テレビスクリーンは、30秒の間同じ注の上に続いていた耳割れ口笛を前に与えていた。

それは会社員のために715、起床する回無価値であった。

外パーティーのメンバーが毎年ほんの3,000の衣料クーポン券を受け取ったので、ウィンストンは裸にベッド.からの彼の体をねじり、パジャマのスーツは600の.であり、薄黒いアンダーシャツと椅子を横切って横たわっていたショーツをつかんだ。

運動は3分から始まるであろう。

次の瞬間に、彼は、たいてい、起きたすぐ後に、彼を攻撃した激しいせきこむ発作によって上で二倍にされた。

それはとても完全に彼の肺を空にしたので、彼は、仰向けに横たわり、一連の深いあえぎを取ることによって再び呼吸しはじめることができただけであった。

彼の静脈は咳の努力によって膨らみ、静脈瘤性潰瘍はかゆくあり始めた。

『30から40までのグループ!』はほえたてた 貫通女性の声 。

40グループに'30!

どうぞあなたの場所を占めていなさい。

‘30から40!’

ウィンストンはテレビスクリーンの前で気をつけの姿勢をとった(それの上で、チュニックとスニーカーを着ているやせこけているけれどもたくましいやや若い女性のイメージはすでに出た)。

彼女がわめいた‘曲がっていて、伸びているアーム!’。

‘私によってのんびりしなさい’。

もの、2、3、4!

もの、2、3、4!

さあほら、同僚、少しライフをそれに入れなさい!

もの、2、34!

12、3、4!

.

.

せきこむフィットの.'The苦痛は彼の夢によって与えられた印象をウィンストンの精神から追放しなく、運動のリズミカルなムーブメントは多少それを復元した。

運動の間に適切であると考えられた厳しい楽しみの表情を彼の顔の上で見せて、彼がメカニカルに前後に彼の腕を撃った時に、彼は、彼の方法を彼の幼児期の薄暗い期間の中への後ろと考えるために奮闘していた。

それは異常に難しかった。

50年代末期を越えて、すべては薄れた。

あなたが参照することができた外部のレコードが全然なかった時に、あなた自身の人生のアウトラインさえその鋭さを失った。

あなたは莫大な17を覚えていた。

それらの大気を取り戻すことができずに、まったくたぶん起こらなかったイベント、あなたは出来事の詳細を覚えていて、あなたが何も割り当てることができなかった長いブランクの期間があった。

すべては当時違った。

国とマップの上のそれらの形の名前さえ違った。

例えば、滑走路1はそのころそう電話されなかった:

ロンドンは、彼を公正に確信すると、いつもロンドンと呼ばれたけれども、それはイギリスまたは英国と呼ばれた。

ウィンストンは、間違いなく、彼の国が戦争中になかった時間を思い出すことができなかったけれども、彼の早い記憶の1つが、誰でもびっくりさせるようであった空襲をもっていたので、平和のかなり長い間隔が彼の幼年期の間にあったことは明らかであった。

たぶん、もう原子爆弾がコルチェスターの上で落ちたころであった。

彼は、急襲自身であるが彼が、下の、地球で深いいくらかの場所の中、彼の足元で鳴り、最終的に、そう、彼が泣き声で言いはじめた彼の足が疲れた螺旋階段のまわり、およびまわりの下りの下で、彼らが急ぎ、彼らが、停止し、休む必要があった時に彼自身のものをつかんで、彼の父のが手渡すのを覚えていたことを覚えていなかった。

彼の母は、彼女の遅く、夢のような方法の中で、それらの長い道のりの後ろでついて行った。

彼女は彼の妹を運んでいた。

あるいは、ひょっとしたら、彼女が運んでいたのはただの巻いた毛布であった:

彼は、彼の姉妹が当時誕生したかどうかを確信していなかった。

最終的に、それらは、彼が、地下鉄駅であるために実現した騒々しく、込んでいる場所の中に出現した。

石で旗を掲げられたフロアの至る所で座っている人々がいて、一緒に堅く詰め込まれた他の人々は金属寝台、他の上の一方に座っていた。

ウィンストンと彼の母と父は自分自身のためにフロアの上の場所を見つけて、それらの近くで、老人と老婆は並んで寝台に座っていた。

きちんとしたダークスーツと黒いハンチングの上で催された老人は非常に白髪から押し戻した:

彼の顔は緋色で、彼の目は青色で、涙でいっぱいであった。

彼はジンのにおいをぷんぷんさせていた。

それは、汗の代わりに彼の皮膚から呼吸するようで、人は、彼の目から湧き出ている涙が純粋なジンであったと思ったかもしれない。

しかし、わずかに飲まれるけれども、彼は、本物で、耐えられなかったいくらかの悲嘆の下でまた苦しんでいた。

ウィンストンがそのあるひどい物を握った彼の子供っぽい方法の中で、許しの域を超えていて、決して、治療されることができなかった何かがちょうど起こった。

また、彼に、彼が、それが何であったかを知っていたように思われた。

たぶん、 .小ささの孫娘を 老人が愛した誰かについて殺した。

数分ごとに、老人は繰り返し続けた:

‘私達で、しなかったか、するべきであるか’aveはそれらを信頼した。

私はそう言った、Maね?

それは、それらを信頼することから生じるものである。

私はずっとそう言った。

私達はせず 信頼された いやなやつ ’ave 、するべきである。

しかし、どのいやなやつでそれらがしなかったかが、ウィンストンを信頼するべきであった 現在覚えることができなかった 。

約のその時間以来、厳密に言えば、それはいつも同じ戦争であったわけではないけれども、戦争は文字どおりに継続的であった。

彼の幼年期の間の数ヶ月の間、ロンドン自身で戦っている混乱している通りがあった(彼は鮮明にそれのいくつかを覚えていた)。

どの書かれたレコードと話された言葉もこれまで既存のもの以外のどのような他のアラインメントにも言及しなくて以来、しかし、誰がいつ何時でも誰と戦っていたかを言うために全期間の歴史を作図することはまったく不可能であったであろう。

例えば、この瞬間に、1984年(それが1984年であったならば)に、オセアニアはユーラシアとの、そしてEastasiaとの同盟の中の戦争にあった。

これまで認められて、どの公的な、または私的な発言にもそれがなかった(3つの能力がいつでも、違うラインに沿って群がったことであった)。

実際、ウィンストンがよく知っていたように、オセアニアがEastasia 18との戦争にあって以来、わずか4年であった。

彼の記憶が満足ゆくようにコントロール下になかったので彼が、偶然所有した。

公式に、パートナーの変化は一度も起こったことがなかった。

オセアニアはユーラシアとの戦争にあった:

従って、オセアニアはいつもユーラシアとの戦争にあった。

瞬間の敵はいつも絶対の悪を表していて、彼とのどのような過去または未来の協定でも不可能であったことになった。

もしパーティーがその手を過去に押し込み、これまたはそのイベントで言うことができたならば、決してきっと偶然単なる拷問ほど恐ろしくなく、死であるか?

パーティーは、オセアニアが一度もユーラシアを持つ同盟の中にあったことがないと伝えていた。

彼、ウィンストンスミスは、4年前のように、オセアニアが短い時間としてユーラシアを持つ同盟の中にあったと知っていた。

しかし、その知識はどこに存在していたか?

彼自身の意識において(それはどのような場合にでもすぐ全滅しなければならないだけである)。

そして、パーティーがどれを課した-、すべてのレコードが同じ物語を話したならば、他のすべてが嘘を受け入れたならば。

それから、嘘は歴史に移り変わり、真実になった。

‘誰が過去をコントロールするか’は、パーティースローガン(‘未来をコントロールする:’)を動かした。

誰が現在をコントロールするかによりpast.'はそれなのにコントロールされる 過去 変更可能なその性質 決して変更されなかった 。

真実であった何でも現在永遠から永遠に忠実であった。

それはまったく簡単であった。

必要であったすべてはあなた自身の記憶に対する永遠の一連の勝利であった。

‘現実管理’、彼らはそれを呼んだ:

新言語において、‘二重思考’‘容易にありなさい!’はもう少し陽気に講師をどなった。

ウィンストンは彼の腕を彼の側に沈めて、ゆっくり、空気のために彼の肺を補充した。

彼の精神は二重思考の迷宮のような世界の中に流れ過ぎた。

それから即座に再びそれを忘れることが必要である:

とりわけそして同じプロセスをプロセス自身に適用するため。

それは究極の微妙さであった:

意識的な無意識を引き起こすため、それからもう一度、あなたがちょうど実行した催眠の行為に気づかないようになるため。

言葉‘二重思考’が二重思考の使用に関係していたと理解するためさえ。

講師は再び注意にそれらを呼んだ。

‘そして、現在、私達の誰が私達のつま先に触れることができるかをよく見よう!’と彼女は熱狂的に言った。

‘上で、ヒップから、どうぞ、同僚を正しなさい’。

ワンツー!

ワンツー!

...'

ウィンストンはこの運動を憎んでいた(それはうずくような痛みをずっと彼のかかとから彼のしりに送り、しばしば、結局、別のせきこむ発作を引き起こすことになった)。

半分楽しい品質は彼のメディテーションから出て行った。

過去、彼は反射し、単に変更されなく、それは実際破壊された。

あなたは、どのように、そこで存在する時に、最も明らかな事実でさえ設立できたか あなた自身のメモリーの外の無レコード ?

彼は、どんな年の時に、彼が最初にビッグ・ブラザーに関する言及を聞いたかを覚えていようとした。

彼は、それが60年代の時間であったにちがいないと思ったけれども、確信していることは不可能であった。

党履歴の中で、もちろん、ビッグ・ブラザーはそのまさに最も早い日以来革命のリーダーと保護者として現れていた。

彼の功績は19まで時間内に後方に徐々に推進された。

すでに、彼らの奇妙な円筒形の帽子の資本家がまだガラス側を持つ大きなきらめくモーターカーまたは馬の車の中でロンドンの通りを通って乗馬した時に、彼らは40年代と30年代のすばらしい世界に拡張した。

この伝説のいくらが真実であったか、そしていくらが発明したかを知ることが不可能であった。

ウィンストンは、どんな日付の時に、パーティー自身が生まれたかを思い出すことさえできなかった。

彼は、1960の前でこれまで彼が言葉Ingsocを聞いたことがあると信じなかったけれども、それは可能であった that その旧語法フォーム『イギリスの社会主義』 すなわち、 .それは より早く流通した。

すべては霧の中に溶けた。

時々、実に、あなたは明確な嘘を的確に指摘することができた。

パーティーの歴史の本の中で主張された時に、例えば、パーティーが飛行機を発明したことは真実でなかった。

彼は彼の最も早い幼年期以来飛行機を覚えていた。

しかし、あなたは何も証明することができなかった。

決して、どのような証拠もなかった。

たった一度、彼の一生涯において、彼は彼の手で歴史上の事実の偽造のまぎれもない証拠書類を持っていた。

そしてその機会に

‘スミス!’とテレビスクリーンからの口やかましい声は金切り声で言った。

‘6079のスミスW.!’

はい、あなた!

どうぞより低く曲がりなさい!

あなたはそれよりうまくがんばることができる。

あなたはトライしていない。

どうぞ下がりなさい!

それはよりよい、同僚。

‘さあ、容易さ、チーム全体を示していて、私を見なさい’。

突然の熱い汗はウィンストンの体中で突発した。

彼の顔は完全に不可解であり続けた。

決して、狼狽を示さないでください!

決して、憤慨を示さないでください!

目の1つのちらつきはあなたを授与することができた。

講師が彼女の頭の上の彼女の腕を持ち上げて、.1が優美にではなく終わっている顕著なこぎれいさと効率.適性によって言うことができて、彼女の指の最初のジョイントを彼女のつま先に押し込んだ間、彼は見て立っていた。

‘そこ、同僚!’

それは、どのように私が、あなたがそれをするのを見たいかである。

再び私を見なさい。

私は39歳であり、私は4人の子供を持っていた。

さあ、もう一度.'She適性のようでありなさい。

‘あなたは、私の膝が曲がらないとわかる’。

彼女が自身をまっすぐにした時に、彼女が追加した’上で、あなたがそうしたいならば、あなたはすべてそれをすることができる。

‘45未満の誰でも、彼のつま先に触れることが完全に可能である’。

私達は、すべて、前線で戦う特権を持っているわけではないけれども、少なくとも私達はすべて健康な状態を保つことができる。

マラバル痒疹正面の上の私達の少年を覚えていなさい!

そして浮かぶ要塞の船員!

彼らが、何を我慢する必要があるかを考えなさい。

さあ、再びトライしなさい。

それはよりよい、同僚、それはずっとよく、彼女が暴力的な突きによってウィンストンとして激励して追加した’は、膝を伸ばす状態で彼のつま先に触れることに、数年ぶりに成功した。

20

監視は、独特の人間のチップ注入




Surveillance is really getting under my skin

This unique human chip implant was supposed to protect me - but it just makes me more vulnerable

Henry Porter

London Observer


Sunday, November 19, 2006


The most shocking part of Britain's frantic rush towards a fully fledged surveillance society is not so much the threat to personal liberty, although that is important; it is the lack of security in the systems that are confidently held up to be the solution to the problems of 21st-century crime and terrorism.


While each of us is required to give more and more information about ourselves to the government's various centralised databases, and submit to increasing surveillance in our daily lives, almost no one seems to consider the risk to us if these systems are breached.


For some time now, I have been warning about the menace that these systems may come to represent in the hands of future governments, the nature of which we cannot know. But having spent the last few months making a film, Suspect Nation, with the director Neil Ferguson - about the growth of surveillance since 9/11 - I realise that the threat exists in the present. Both of us were astonished at the gaps in security that we found and the insouciance of government.


It is difficult to know whether this comes from ignorance or a failure of imagination, but as the barriers are swept away by science, ministers, few of whom have the slightest technical knowledge, place increasing faith in surveillance technologies.


What they do not grasp is that when you pool records on a national database, you are also creating a very attractive target. And sooner or later, someone will find the unmarked back door.


We spent some time in America investigating these new technologies with a sentence from Jay Stanley of the American Civil liberties Union ringing in our ears. 'There is a lot of room,' he wrote, 'for the United States to become a meaner, less open and less just place without any radical change in government. All that's required is the continued construction of new surveillance technologies and the simultaneous erosion of privacy protections.' That seems to describe perfectly the process that is underway in Britain.


監視は、独特の人間のチップ注入が仮定された私の皮膚のこの場所が私を保護することを本当に得ています - しかし、それはちょうど私をより弱くします


ヘンリーポーター

ロンドンオブザーバー

2006年11月19日日曜日


完全には育てられた監視社会の方の英国の必死の殺到で最も衝撃的な部分はそれほど個人の自由に対する脅威ではありません、しかし、それは重要です;それは、21世紀の犯罪とテロリズムの問題の解決であるために自信をもって上げられるシステムの保安の不足です。


我々の各々が政府のいろいろな中心に集められたデータベースに我々自身に関するますます多くの情報を伝えて、我々の日常生活で監視を増やすことを承伏することを要求される間、ほとんど、これらのシステムが破られるならば、誰も我々に危険を考慮するようではありません。


しばらくの間今は、私はこれらのシステムが将来の政府の手において代表するようになるかもしれない脅威について警告していました。そして、それの性質を我々は知ることができません。しかし、ディレクターニールファーガソンと映画(Suspect Nation)を製作することに最後の数ヵ月を費やしたこと - 9/11から監視の成長について - 私は、脅威が現在の中に存在すると理解します。我々双方は、我々が見つけた保安と政府の無関心の隙間に驚きました。


これが想像力についての不案内か不足から来るかどうかについてわかっていることが難しいです、しかし、バリアが科学によって一掃されて、大臣(その人の少数にしか最もわずかな技術的な知識がありません)は監視技術に対する信頼を増やすことを置きます。


彼らが握らないものは、あなたが国家データベース上で記録を共同出資するとき、あなたが非常に魅力的な目標もつくっているということです。そして、遅かれ早かれ、誰かは印がないバックドアを見つけます。


我々は、我々の耳を取り囲んでいるアメリカのCivil自由連盟のジェイスタンリーから文でこれらの新技術を調査しているアメリカで、若干の時間を過ごしました。『多くの部屋があります』、と、彼が書きました。『政府のどんな根本的な変化のないでもよりみすぼらしくて、より開いていなくて、より正当でない場所になるアメリカ合衆国のために。必要である全ては、新しい監視技術の継続的な建設とプライバシー保護の同時浸食です。』と、それが完全に、英国で進行中であるプロセスを記述するためにようです。


One of these new technologies is RFID (radio frequency identification), which are inexpensive microchips that give out information when activated by a scanner. They are used by shops to track their products and now increasingly in identification of all sorts, from building entry cards to driving licences. The problem is that it is difficult to protect the chip you are carrying from transmitting your personal details.


Take the new passport. Pressed by the US, countries around the world are introducing a passport containing an RFID chip which transmits all the particulars of your passport together with your photograph when it is scanned at a national border. But these new, 21st-century passports may be rather less secure than the 20th-century version.


In an experiment conducted for Suspect Nation, security expert Adam Laurie took just a couple of weeks to write a programme and add a scanner which would read any new British passport without it being open.


The possibility of a passport being read by someone who needs only to brush against you with a version of Laurie's equipment is obviously alarming, yet a Home Office spokesman seemed relaxed about the lack of security. 'It is hard to see why anyone would want to carry out the procedure described. Other than the photograph, which could be obtained easily by other means, they would gain no information that they did not already have, so the whole exercise would be utterly pointless.'


If the Home Office hasn't got the point, authorities in the US have, which is why they have included a metal shield in the design for their new passport. What they probably realise is that the covert reading of passport could represent a considerable threat, especially to those whose nationality terrorists want to target or those who may represent rich pickings for criminals.


The technology used in the ID card is likely to be very similar to that in the new passport. It is true that all the information you will be forced to submit to the government in the ID card scheme will be stored on a central database called the National Identity Register, but our experiment reading passports must at least open up the possibility of ID theft. Once something has been read, it is that much easier to clone it.


Looking through the ID card debates in Hansard, it becomes obvious that most MPs simply didn't understand that the threat comes not just from pooling everyone's information in one database, but from creating a single trusted identifier which is bound to become a irresistible challenge for criminals.


Everywhere you turn in America, there are frantic efforts to make Americans more secure. One solution that is gaining currency in the US is the use of an RFID implant which is shot into the body by means of a large hypodermic needle. The chip can be read when a scanner is passed over the area where it lurks in the fatty tissue below the surface of the skin.


これらの新技術のうちの1つはRFID(無線周波数識別)です。そして、スキャナで起動するとき、それは情報を伝える安価なマイクロチップです。運転免許に入場カードを造ることから、彼らがあらゆる種類の識別において、ますます、彼らの製品を追跡する店と今によって使われます。問題は、あなたがあなたの個人の詳細を送ることから持っているチップを保護することが難しいということです。


新しいパスポートをとってください。米国で困って、世界中の国は、それが国境で調べられるとき、あなたの写真と共にあなたのパスポートの全ての詳細を送るRFIDチップを含んでいるパスポートを持ち出しています。しかし、これらの新しい、21世紀のパスポートは、20世紀のバージョンよりむしろ固定されていないかもしれません。


Suspect Nationのために行われる実験では、セキュリティ専門家のアダムローリーに、プログラムを書いて、開いてそれなしでどんな新しい英国のパスポートでも読むスキャナを加えるために、ちょうど二週がかかりました。


ローリーの器材のバージョンであなたをかすって通るだけの必要がある誰かによって読まれているパスポートの可能性は明らかに警報を伝えることです、それでも、ホームオフィススポークスマンは保安の不足についてリラックスしたようでした。『誰かがなぜ記述される手順を実行したいかについて見るのは難しいです。写真(それは他の手段で簡単に得られることができました)以外の、彼らは彼らにはすでになかった情報を得ませんので、全部の運動は全く無意味です。』


内務省が点を得なかったならば、米国の当局はそうしました。そして、それは彼らが彼らの新しいパスポートのために金属シールドをデザインに含めた理由です。特にテロリストが国籍を目標としたいそれらまたは犯人のために豊かな選択を意味するかもしれない人々にとって、彼らが多分理解するだろうものは、パスポートを内密に読むことがかなりの脅威を意味することができたということです。


身分証明書で使用されるテクノロジーは、新しいパスポートでそれと非常に類似していそうです。あなたが身分証明書計画で政府を受け入れることを強制されるという全ての情報が国立Identity Registerと呼ばれている中心データベース上に格納されるというのは本当です、しかし、パスポートを読んでいる我々の実験はID窃盗の可能性を少なくとも開かなければなりません。一旦何かが読まれるならば、それのクローンをつくることはそんなにより簡単です。


ハンサードで身分証明書議論を通して見て、大部分の議員が単に脅威がちょうど1つのデータベースでみんなの情報を共同出資することからでなく、犯人のための抵抗できない挑戦になるにちがいない一つの信頼された識別子も作成することから来ると思わなかったことは、明らかになります。


どこであなたがアメリカを提出しても、アメリカ人をより安心しているようにする必死の努力があります。米国で通貨を得ている1つの解決は、大きな皮下注射針によって体に撃たれるRFIDインプラントの使用です。スキャナがそれが皮膜の表面の下に脂肪組織に潜む地域の上に動かされるとき、チップは読まれることができます。


It is promoted by the sinister sounding VeriChip Corporation of America, which is pioneering the implants (originally developed to tag animals) as a way of identifying immigrants, military personnel, casino workers and patients who suffer various degenerative diseases such as Alzheimer's. We attended a surgery run by a Dr J Musher in an anonymous Washington suburb and I was duly injected with a chip bearing a unique number. I am probably now the only living creature in Britain, other than prize cattle and show dachshunds, to be tagged in this way. I have a hint of Blade Runner about me: half-man, half-transmitter.


But it turns out that this futuristic device is rather unimpressive. It took Adam Laurie no time at all to pass a scanner over my arm, extract the information and clone the RFID.


You can see the attraction of such gimmicks. The same instinct is busy consigning us all to centralised databases and promotes the use of number-recognition cameras to track our movements. In the face of the great threats of the modern world, our leaders have become mesmerised by the promise of total and inviolate security.


But there is no such thing. Indeed, there is every reason to suppose that this technology and the huge centralised databases, with their multiple points of access, mean that we will become exposed to the very threats they seek to protect us from.


The truth is that as soon as a piece of security technology is introduced, its existence inspires an equal ingenuity among those who wish to break it. Caught in the middle of this security arms race are you and me, seen as suspects by one side and as fair game by the other.


? Henry Porter and Neil Ferguson's film, Suspect Nation, can be seen on More4 at 9pm tomorrow


それはアメリカの不吉な調査VeriChip社によって昇進します。そして、それはアルツハイマー病のようないろいろな変性疾患にかかる移民、軍人、カジノ労働者と患者を特定する方法として移植組織(当初、動物にタグを付けるために開発される)を創始しています。我々は匿名のワシントン郊外でJ Musher博士に通される手術に出席しました、そして、私はユニークな番号がついているチップを順当に注射されました。私は、現在多分、このようにタグを付けられる英国(素晴らしい牛とショーダックスフント以外の)の唯一の生きている生きものであるでしょう。私には、私についてブレードランナーのヒントがあります:半分-人、半分-送信機。


しかし、この未来的な装置がむしろ印象的でないことがわかります。アダムローリーはまったくスキャナを私の腕の上に動かして、情報を引き抜いて、RFIDのクローンをつくる時間がかかりませんでした。


あなたは、そのような仕掛けの引きつける力を見ることができます。同じ本能は我々みんなを中心に集められたデータベースに引き渡すのに忙しくて、我々の行動を追うために、数-認知カメラの使用を促進します。現代の世界の大きな脅威に直面して、我々のリーダーは、完全で神聖な保安の見込みによって催眠術をかけられました。


しかし、そんなものがありません。本当に、このテクノロジーと巨大な中心に集められたデータベースが、アクセスの彼らの複数の点で、我々が彼らが我々を保護しようとするまさしくその脅しを浴びることを意味すると仮定するあらゆる理由が、あります。


事実は、セキュリティ技術が持ち出されるとすぐに、その存在がそれを壊すことを望む人々の間で等しい発明の才を示唆するということです。中で捕えられて、このセキュリティ軍備拡大競争で中央のものは、あなたと私(一方による容疑者として、そして、他による攻撃対象としてみなされる)です。


? ヘンリーポーターとニールファーガソンの映画(Suspect Nation)は、明日の午後9時にMore4の上で見られることができます.



本当の事なのだと思わせる・。



《 11月19日放送(予定) 》

◇司会 やしきたかじん、辛坊治郎(読売テレビ解説委員)


◇パネラー 三宅久之、デーブ・スペクター、勝谷誠彦、村田晃嗣

宮崎哲弥、橋下 徹、桂ざこば、倉田真由美

◇ゲスト ベンジャミン・フルフォード(ノンフィクション作家)


アメリカにはあらゆる「陰謀説」が存在します。「9・11同時多発テロは、イラク侵攻を狙う政府が世論高揚のために攻撃を見逃した」「真珠湾攻撃を米政府は故意に見逃した」「ケネディはベトナム戦争を終わらせようとしたため軍産複合体に暗殺された」など・・・また日本が巻き込まれた陰謀説も。「ロッキード事件は中国に歩み寄った田中角栄首相に危機感を抱いた米保守派の謀略」「年次改革要望書にある郵政民営化は日本国民の資産を狙う外資系金融機関のために行われた」・・・真偽のほどはわかりませんが、そう思わせる何かがある国、アメリカ。


蛇足

ベンジャミン・フルフォードの発言を遮り、雑言、暴言を繰り返す。村田晃嗣、デーブ・スペクター、宮崎哲弥、勝谷誠彦。
そんな大した事がないなら、聞き流せばいいのにムキニなる。逆に何かあるかと思わせる・。本当の事なのだと確信させられる。


村田 晃嗣(むらた こうじ、1964年 7月13日 - )は、兵庫県 神戸市 出身の政治学者 、同志社大学 法学部 教授 。専攻はアメリカ 外交 、安全保障 政策 の研究 。 若手親米保守 派の代表的論客。同志社大学では麻田貞雄 、神戸大学では五百旗頭真 に師事した(博士論文の主査は木村修三)。学術活動の他、一般月刊誌、新聞紙上への主張の掲載に加え、『朝まで生テレビ 』などTV等でも積極的に発言している。衆参両院の憲法調査会参考人も務めた。イラク戦争 をめぐる論争では、『朝生』で「イラクが大量破壊兵器を持っているかのように装ったことがアメリカの先制攻撃を引き起こした。」と発言し、アメリカの先制攻撃の正当性を否定する東京大学教授・姜尚中 らとは意見が衝突している。この「実際には兵器を所有していなくても、そのように振舞うだけで脅威を与えている」というこの主張による村田のイラク戦争支持の論旨は物議を醸した同志社大学 法学部 卒業 。 ジョージ・ワシントン大学 留学 (1991年─1995年)。 神戸大学 大学院 法学研究科 博士課程 修了 。政治学博士 号取得。





デーブ・スペクター(Dave Spector、1954年 5月5日 - )は、テレビ プロデューサー 兼外国人タレント である。俳優 としても活躍する。アメリカ・イリノイ州 シカゴ でロシア 系ユダヤ人 の家庭に生まれた。本名はデイヴィッド・マーク・スペクター(David Mark Spector)。1972年 上智大学 に留学し、1975年 シカゴ放送学校を卒業。ABC のプロデューサーとして再来日する。テレビプロデューサーの肩書きだが、CIA のスパイ 説や、埼玉県 出身説などの俗説がある。埼玉出身説に関しては、周りに「デーブさんはアメリカ出身なんかじゃなくて、埼玉生まれの埼玉育ちじゃないですか」と振られたあとに、本人もギャグで乗ることも多い。CIA スパイ 説については、「笑っていいとも! 」に出演していた頃、当時のいいとも青年隊 だった久保田篤 が、彼が住んでいるホテルに遊びにいったところ、ホテルの部屋にテレビ用機材が多数設置されているのを見て、「デーブさんは、CIA のスパイ なんですか?」と尋ね、それを本人がギャグにしてしまった、との話がある。





宮崎 哲弥(みやざき てつや、1962年 10月10日 - )は、評論家 、コンサルティング 会社「アルターブレイン」副代表 。福岡県 久留米市 出身。男性。内閣府 経済財政諮問会議 専門委員を経て、総務省 「通信・放送の在り方に関する懇談会 」構成員を務めた。2006年 4月 より京都産業大学 客員教授。仏教者 、共同体主義者 。愛称は「てっちゃん」。「高校 までは札付きの不良 だった」と述懐しており、又、「常にナイフ を携帯していた」という。中学校の三年間はほとんど学校に行かず、「不登校児の走りだったが。県下で最低偏差値 の工業高校 に入学 。高三時に「上からの革命」を志し、勉強を始めた当初は、英語のbe動詞 も理解出来なかった程だったが高級官僚 を目指し三ヶ月間猛勉強(時には20時間も勉強したという)。早稲田大学 教育学部 に進学したが、過度の飲酒 で体調を崩してしまった事や、校風 が合わなかった事を理由に中退 。爆笑問題 と筑紫哲也 が司会を務めた番組において、番組中に流れたVTR(ブッシュ大統領がイェール大学 時代に所属した学生サークル「スカルアンドボーンズ」が、ヒトラーを信奉している陰謀組織であるといった内容や、ブッシュ大統領が信仰しているというキリスト教の右派団体が、世界征服 を企んでいるといった内容。)がデタラメであるとして激怒し、番組を収録中止に追い込むほどに、スタジオ内のセットを壊滅させた事がある。この同じ内容のVTRは、筑紫哲也 が司会を務める筑紫哲也 NEWS23 でもたびたび流されており、宮崎自身は筑紫哲也をあらゆるメディアで「報道人としてあまりに無責任だ。」と非難している。





勝谷誠彦(かつや まさひこ、1960年 12月6日 - )は、兵庫県 尼崎市 生まれのコラムニスト ・写真家 。吉本興業 所属。日本写真家協会会員。朝日新聞 の報道姿勢に対しての言及であり、彼の主張の大部分を象徴している。記事、社説、解説、不祥事、社員の資質、社内環境、報道スタンス等あらゆる部分を叩いており、報道スタンスを左巻き、築地をどり(東京本社所在地の地名から)、天声人語 担当の編集委員 を(築地をどりの)名取と皮肉っている。「日本 は利権 談合 共産主義 国家 であることの非難と、利権談合からのを脱却を主張する文面が頻繁に登場する。政治家 や公務員 、官庁 、役所 、首長 、企業 等の腐敗や不正が報道されると、利権談合共産主義の非難から人間の倫理観や遵法精神の欠如まで訴えることもある。また、記者クラブ 制度は最大の利権談合組織であることを痛烈に非難している。 ディズニーランド を毛唐鼠園、中国 を支那、亀田興毅 を亀猿、北朝鮮 ・金正日 総書記を金豚、公明党 ・創価学会 を法華 と略すなど皮肉った独特の表現が目立つ。大概このような表現をする時は批判的な主張をする時、そして自身のサイトに文章を記述する時である。テレビ出演の際は、何故か中国を「中国」と呼び、「支那」と言う呼び方は用いない。テレビではとてもそう呼べないと日記上で打ち明けた事がある。2006年10月2日の日記において秋篠宮 の親王 が悠仁 と命名されたことについて「まことに良いお名前だと思う」と「悠」の字を用いたことを賛美していたが、2005年2月15日には同じ一文字を「戦後自由平等糞教育を受けた阿呆がいかにもつけそうな一文字」と言及していた。音楽に関しては軍隊や軍歌にめっぽう詳しく、たかじんのそこまで言って委員会 ではやしきたかじん からめちゃめちゃ右翼だと揶揄され、政治評論家の三宅久之 には、戦後生まれでこれだけ歌えるというのは珍しいと不思議がられている。一方で吉田拓郎 やかぐや姫 のコンサート「つま恋 」の観客を「バリケードの中で互いに傷舐めあったあげくにこの国を潰した衆愚の塊よ」と自身のweb日記に書いている。ちなみに報道によれば当日の観客の平均年齢は49歳で勝谷の世代であった。

2006年に発覚した日本の高等学校 での全国的な履修不足に関して、当初は問題に対する当該生徒やその父母の認識、履修不足のまま卒業・進学した過去の生徒の学歴の正当性に度々言及・批判していたが、本人の母校である灘高等学校 の履修漏れ(本人は当問題を履修不足でなく単位偽装であると主張している)が発覚した途端、政府や文科省 の体質批判を行いだした。




ベンジャミン・フルフォード (Benjamin Fulford, 1961年 - )
はカナダ出身のジャーナリスト。外交官の家庭に生まれ、若くして来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。『日経ウィークリー』記者、米経済紙『フォーブス』のアジア太平洋支局長などを経て、マスターマインド所属

アメリカ同時多発テロ事件

著書『9・11テロ捏造―日本と世界をだまし続ける独裁国家アメリカ』で、「アメリカ政府は近年隠れた独裁国家になり、軍事予算の拡大や石油利権の為にテロを起こした」と、アメリカ政府が 911 テロを起こしたという主張をしている。日本の問題の大本はアメリカであると彼は指摘する。





惑星X(シュメール語Nibiru)??

The Planet X and the "JESUIT FOOTAGE" Classified "SECRETUM OMEGA". First Indirect Confirmations


by Luca Scantamburlo

Posted November 9, 2006


惑星Xと「イエズス会士の場面」は「SECRETUMオメガ」を分類しました。 最初に、間接的な確認

ルーカScantamburloによって

2006年11月9日に掲示されます


A Secretumオメガについて話しているクリストフォロBarbato。

彼の親切な許可によって使われた写真 -
www.secretum-omega.com


fter the release of the controversial 'MJ-12' files and of the 'Guardian' files, by an anonymous individual, and perhaps for the first time in history, one member of the ufological community, an Italian freelance writer and investigator, was able to check the credentials of the alleged anonymous insider, an individual that was still working for the intelligence community and had not been fired or retired. This mystery man was responsible for the release of the above classified material. He was an insider of a presumed Vatican intelligence structure and his actions were supported by his colleagues. But first of all, let me tell you something about that freelancer: Cristoforo Barbato.


Born in Naples in 1972, is an Italian independent UFO researcher; in the last 7 years he worked and written for several UFO magazines and frontier studies published in Italy: Notiziario UFO and Dossier Alieni for example. For many years Barbato was also a member of the C.U.N. (Centro Ufologico Nazionale), the main Italian ufological association. Moreover he has collaborated to the realization of two Italian encyclopedias on the UFOs subject, entitled UFO Dossier X, published by the Fabbri Edizioni and Stargate - Enigmi dal Cosmo, by Curcio Editore. Barbato has also participated as speaker at some national conventions on the UFOs, where he has had the possibility to meet different important UFOs researchers, both Italians and international: among them Col. Philip Corso, U.S. Army retired officer.


For some years Barbato was editor in charge in Rome for some Italian magazines, as Stargate, Extra Terrestrial and Stargate Magazine. During that period he wrote on the magazine "Stargate" many reports about Fatima Apparitions and the famous "Third Secret". After the publication of those reports, precisely in the year 2000, he received several e-mails from a person who qualified himself as a Vatican insider. From those e-mails rose up the story of a presumed Vatican Intelligence Agency, whose code would be S.I.V.: "Servizio Informazioni del Vaticano", which in Italian means "Vatican Information Services". In short the Vatican Secret Services. Barbato, at the beginning, was very skeptical and did not rely on him. After one year of such an epistolary contacts (in the meantime the insider revealed himself as a S.I.V. membership, belonging to the Jesuit Order and working by the Holy See), the Italian freelance demanded a meeting with him, as a necessary condition to carry on the contacts. In spite of the risks the Vatican insider accepted, and I suppose he was aware it was necessary considering his baffling revelations. Two meetings took place in a public space in Rome in 2001. After that at least his identity was clear: he was not a mythomaniac; he was really a Jesuit working by the Holy See. Of course the Italian freelance has been protecting his source, avoiding to spread his name; and very soon Barbato realized that he knew much more than what he had told him by e-mail.


物議をかもす‘MJ-12’ファイルの、そして‘ガーディアン’ファイルのリリースの後に、匿名の個人によって、そして初めてたぶん歴史において、UFO研究のコミュニティ、イタリアフリーランスライター、および調査者の1人のメンバーが、疑わしい匿名のインサイダー(まだ、情報機関関係者らのために働いていて、解雇されるか、辞めなかった個人)の証明書をチェックすることができた。

この謎の男は上記の機密事項のリリースに責任があった。

彼はバチカン知能構造と思われるもののインサイダーであり、彼の行動は彼の同僚によってサポートされた。

しかし、まず第一に、私にそのフリーランサーについて何かをあなたに話させなさい:

クリストフォロBarbato。

1972年にナポリで誕生して、イタリア人は独立なUFO研究者である;

彼が働き、イタリアで出版されたいくつかのUFO雑誌とフロンティア研究に原稿を書かれた最近の7年で:

例えばNotiziario UFOと関係書類Alieni。

何年もの間、BarbatoはまたC.U.N.(中心Ufologico Nazionale)(主要なイタリアのUFO研究の協会)のメンバーであった。

さらに、彼はファッブリEdizioniとスターゲートによって出版されたUFO主題、資格を与えられたUFO関係書類Xの上の2つのイタリア百科辞典の実現に協力した - Curcio EditoreによるEnigmiダール コズモ。

彼が、違う重要なUFO研究者、両方イタリア人、および国際と会うために可能性を持っていた所で、BarbatoはUFOの上のいくつかの全国党大会でスピーカーとしてまた参加した:

それらの間で、大佐フィリップコーソ、米国の陸軍は、役員を辞めさせた。

数年間、Barbatoはスターゲート、特別な地球人、およびスターゲート雑誌としていくつかのイタリア雑誌のためにローマで担当しているエディタであった。

その期間の間に、彼は雑誌「スターゲート」上でファティマ幽霊と有名な「3番目の秘密」について多くのリポートを書いた。

正確に2000年のそれらのリポートの出版の後に、彼は、バチカンインサイダーとして自身に資格を与えた人からいくつかの電子メールを受け取った。

それらから、電子メールはバチカン諜報機関と思われるものの話の上に上がった(そのコードはS.I.V.であるであろう):

イタリア語で、「バチカン情報サービス」を意味している「Servizio Informazioni del Vaticano」。

要するにバチカンシークレットサービス。

Barbatoは、最初に、非常に懐疑的で、彼を信頼していなかった。

1年のそのような書簡のコンタクト(その間、イエズス会士注文に所属し、教皇庁によって働いて、インサイダーはS.I.V.メンバーシップとして自身を明らかにした)後で、コンタクトを続ける必要条件として、イタリアフリーランスは彼とのミーティングを要求した。

リスクにもかかわらず、バチカンインサイダーは受け入れて、私は、彼が、彼の惑わす新事実を考慮することが必要であったことに気づいていたと思う。

2つのミーティングが2001年にローマの公的なスペースの中で行われた。

それの後で、少なくとも彼のアイデンティティはクリアであった:

彼は虚言症の人ではなかった;

彼は本当に教皇庁によって働いているイエズス会士であった。

もちろん、イタリアフリーランスは、彼の名前を広めるために避けて、彼のソースを保護していた;

そして、非常にすぐ、Barbatoは、彼が、電子メールによる、彼が彼に話したことよりずっと多くを知っていたことに気がついた。



惑星X.Objectの右へのオブジェクトのクローズアップは、ノイズを追加する状態で拡大している。

クリストフォロBarbatoの親切な許可によって使われた写真 - www.secretum-omega.com


Moreover in 2001 the Vatican insider sent to Cristoforo Barbato by post a videotape (shown for the first time during a meeting that took place in Pescara, in Italy, on 30 April 2005), containing a footage of 2 minutes regarding observations of a planetoid in the deep space (the presumed Tenth Planet, "the Planet X"), while it was approaching to the Solar System. The video, which shows an introduction of writings of classification on it, had been carried out by a secret space probe named "Siloe". The Vatican deep throat told Barbato the space probe was equipped with a sophisticated infrared camera and an electromagnetic impulses propulsion, and was assembled in Area 51(Nevada), and then orbited by an aircraft of the type "Aurora", a secret hypersonic aircraft; the space probe Siloe, always according the Barbato's contact, sent the images of the planetoid in October 1995 (after it came back to the border of Solar System to have more power of signal), to a secret radio telescope hidden in an unused oil-refining plant in Alaska, totally managed by some Jesuits belonging to the S.I.V. The radio telescope, he added, was built in 1990 to observe anomalous celestial bodies on approaching the Solar System.

さらに、2001年に、それが太陽系に近くなっている間、深宇宙(10番目の惑星「、惑星X」と思われるもの)の小惑星の観察について2分の映画フィルムを含んで、バチカンインサイダーは、ビデオテープ(2005年4月30日にペスカラの中で、イタリアで行われたミーティングの間に初めて示される)を郵便でのクリストフォロBarbatoに送った。

それの上の分類の文書の入門を示すビデオは「シロエ」と名付けられた秘密の宇宙探索用ロケットによって実行された。

バチカンの密告者はBarbatoに、宇宙探索用ロケットが洗練された赤外線カメラと電磁気のインパルス推進力を装備されて、エリア51(ネバダ)で組み立てられたし、それからタイプ「オーロラ」の航空機、秘密の極超音速機によって軌道に乗せられると言った;

彼が、電波望遠鏡が、太陽系に接近することにおける異例の天体を観察するために1990年に建てられたと付け加えたS.I.V.に所属している何人かのイエズス会士によってすっかり管理されたアラスカの未使用のオイル精製プラントに隠された秘密の電波望遠鏡に、1995年10月(シグナルのより多くのパワーを持つために、それが太陽系の境界に戻った後)に、宇宙探索用ロケット シロエは、いつもBarbatoの接触を与えて、小惑星のイメージを送った。



未知の惑星の上で移動している三角形オブジェクトのクローズアップ。

クリストフォロBarbatoの親切な許可によって使われた写真 - www.secretum-omega.com




After his conference in Pescara (Italy), Barbato spread a press release which, according to the Jesuit's information, would confirm also the story of a secret meeting of First Contact happened during the strange absence of President Eisenhower in a February evening of 1954, while the President was on holiday in Palm Springs, in California, absence officially motivated with a sudden visit by a dentist for an emergency dental treatment. As a matter of fact on Saturday night of February 20, 1954, Eisenhower's Press Secretary announced that Eisenhower had lost a tooth cap while eating fried chicken and had to be rushed to a local dentist (source: Michael Salla, PhD, http://www.exopolitics.org/Study-Paper-8.htm). Here is a passage from Barbato's press release: "[…] the meeting with an Alien delegation at Muroc Air Field Base in February 1954 in the presence of president Dwight Eisenhower and James Francis McIntyre, bishop of Los Angeles. After that incredible event McIntyre flew to Rome to refer everything to Pope Pius XII who decided to found the S.I.V with the aim to gather every possible bit of information about Aliens and how they interacted with the American Government. From then bishop McIntyre and Detroit Archbishop Edward Mooney became the main information co-coordinators between the USA and the Vatican State. Incredibly, later on there should have been some direct personal meetings between S.I.V. members and a Nordic-looking race of Aliens coming from the Pleiades. These Aliens presumably warned humans against another alien race met by the Americans in the California Desert . These meetings between S.I.V and Aliens took place mainly in the USA territory but also - twice - in the Vatican State , precisely in Vatican Gardens at the Papal Academy of Sciences in presence of Pope Pius XII. My Jesuit contact also confirmed to me the reality of the George Adamsky-John XXIII meeting and talked about some very interesting details about it. He also called "Secretum Omega" the highest secrecy level in S.I.V, equivalent to the NATO Cosmic Top Secret."


I interviewed Barbato for the Italian bimonthly magazine UFO Notiziario (UFO news), nr.62, April-May 2006, in which the magazine published some frames of the video and a very interesting presumed image (provided almost for sure by the Jesuit to Barbato), regarding the phantom "Aurora" (so far denied by U.S. officials) an American large secret hypersonic aircraft capable of a Mach 6 performance. In the presumed picture, taken by a classified STS mission in 2002, you can see a full-body shape aircraft (a black triangle) coming out from the earthly atmosphere to go into the Space. Other detailed information have been revealed on Barbato's website (www.secretum-omega.com), where last September the Italian freelance published on-line the interview to his contact, the Jesuit, taken place in 2001 in Rome. The Jesuit member of the S.I.V. told Barbato that on occasion of the secret meeting at Muroc Air Field Base, in 1954, military cameramen filmed the outstanding event "with three movie cameras (16 millimeters), detached in different places, loaded with colour film and working by spring engines; this last rather unconformable resolution, because it compelled every cameraman to change reel every 3 minutes, it was necessary since in the presence of the Aliens and of their spacecrafts, the electrical engines of the biggest movie cameras did not work. They filmed 7 rollers of 30 meters, a total of 20 minutes shot." Among the Jesuit's revelations, two of them are astonishing: about the planetoid visible in the videotape, the Vatican insider told the Italian freelance that it is the Planet X (the Sumerian Nibiru); about the "Guardian Files", he confessed him are a "dramatic truth", apart from the frames of the presumed E.B.E.


The Barbato' s researches shocked me and roused me to investigate as journalist the "Secretum Omega" enigma. Since 2005 up to now, on some magazines, websites and essays, I found out several circumstantial evidences that seem to prove the existence of the S.I.V. and the "Secretum Omega", their highest clearance. Barbato, before than me, found the most important and explicit of them on an historical essay, a book written by Mark Aarons and John Loftus, entitled "Ratlines" (see chapter 1). Anyway, above all because of the mass-media silence, I decided to baptize the Barbato's video with the name of "Jesuit Footage", to draw upon it the public attention. And finally I found an indirect remarkable confirmation of Barbato's testimony: Dr. Steven M. Greer (M.D.), in his recent book "Hidden Truth - Forbidden Knowledge", revealed in the chapter nr. 16 (passages of it have been published by Nexus New Times magazine, on the survey "Twilight Zone", nr 64, October-November 2006) that, during a meeting with some rebel insiders taken place in December 1994 in Phoenix by Wrigley Mansion, one of them confessed him that determinate Jesuits control technology on UFOs information and contacts with Aliens. So I am convinced that the disturbing inquiries carried out by Barbato deserve our maxim attention, especially to understand how much truth there is about the next Planet X's arrival.




ペスカラ(イタリア)中の彼の会議の後で、パームスプリングスで、カリフォルニア(緊急歯科治療のために歯科医による突然の訪問によって公式に動機づけられた不在)で大統領が休暇中である間、Barbatoは、イエズス会士の情報によると、また、最初のコンタクトの秘密の会合の話が1954年の2月の夕方アイゼンハワー大統領の奇妙な不在の間に起こったのを立証するであろうプレス・リリースを広めた。

実際は、1954年2月20日の土曜日の夜、アイゼンハワーの報道官は、フライドチキンを食べる間に、アイゼンハワーが歯キャップをなくし、地元の歯科医(ソース:マイケルSalla、PhD、http://www.exopolitics.org/Study-Paper-8.htm
)に急送される必要があったことを発表した。

ここにBarbatoのプレス・リリースからの通路がある:

"[..."

] ドワイト・アイゼンハワー大統領とジェイムズ・フランシス・マッキンタイヤー、ロサンゼルスの司教の面前での1954年2月のMuroc空気フィールドベースの異質な代表団とのミーティング。

その信じられないイベントの後で、すべてを、エイリアンについての情報のすべての可能なビットを集める目的を持つS.I.Vとどのように彼らがアメリカ政府と対話したかを設立すると決めたピウス12世法王に委託するために、マッキンタイヤーはローマに飛行機で行った。

その時から、マッキンタイヤー司教とデトロイト大司教エドワード・ムーニーは米国とバチカン国家の間で主要な情報共同コーディネーターになった。

信じられないほど後 時 S.I.V.メンバーとプレイアデスから来るエイリアンのノルディック注視レースの間にいくつかの直接的な個人的なミーティングがあったはずである 。

これらのエイリアンはたぶんカリフォルニア砂漠のアメリカ人によって出迎えられた別の外国の民族に対する人に警告した。

S.I.Vとエイリアンの間のこれらのミーティングは正確にピウス12世法王の存在における科学の教皇制度アカデミーのバチカン庭で主に米国領域でであるがまた--倍--バチカン国家で行われた。

私のイエズス会士接触はまた私にジョージAdamskyジョンXXIIIミーティングの現実を確認し、それについていくつかの非常に興味深い詳細について話した。

彼はまたNATO宇宙極秘事項インチと等しいS.I.Vにおいて「Secretumオメガ」を最も高い秘密レベルと呼んだ。

私は、イタリア隔月の雑誌UFO Notiziario(UFOニュース)のためのBarbato(雑誌がビデオのいくつかのフレームを出版した2006年4月-5月のnr.62)にインタビューし、まさしくその興味をもちはイメージを、(Barbatoへのほとんど確かなイエズス会士による提供)と推定し、幻影「オーロラ」(これまで米国高官によって否定される)について、アメリカ人をマッハ6パフォーマンスが可能な大きな秘密の極超音速機と推定した。

写真と思われるものにおいて、2002年に分類されたSTS任務によって取られて、あなたは、スペースに入るために完全ボディ形航空機(黒い三角形)が地球の大気から出るのを見ることができる。

他の詳細情報は、去年の9月に、イタリアフリーランスがオンラインで彼の接触(イエズス会士(ローマの2001年の取られた場所))にインタビューを出版したBarbatoのウェブサイト(www.secretum-omega.com
)上で明らかにされている。

S.I.V.のイエズス会士メンバーはBarbatoに、1954年にMuroc空気フィールドベースで合っている秘密の機会に、軍隊のカメラマンが傑出したイベント「違う場所ではずされて、カラーフィルムを積み込まれて、春エンジンによって作動している3つの映画撮影機(16ミリメートル)によって;」を薄膜でおおったと言った。

それが、3分ごとにリールを交換することをすべてのカメラマンに強制し、それがエイリアンの面前で以来必要で、彼らのspacecraftsのうちの、最も大きな映画撮影機の電気のエンジンが作動しなかったことによるこの最後のむしろ不適合の解像度。

「彼らは30メートル(20分のショットの合計)の7つのローラーを薄膜でおおった」。

イエズス会士の新事実の間で、それらの2つは驚異的である:

ビデオテープの中で見える小惑星について、バチカンインサイダーはイタリアフリーランスに、それが惑星X(シュメール語Nibiru)であると言った;

「ガーディアンファイル」について、彼は、推定されたE.B.Eのフレームを除いて彼を白状した 「ドラマチックな真実」である 。

Barbato's研究は私にショックを与えて、ジャーナリストとして"Secretumオメガ"なぞを調査することに、私を奮起させた。

2005年以来、今までのところ、いくつかの雑誌、ウェブサイト、およびエッセイの上で、私は、S.I.V.と「Secretumオメガ」、それらの最も高いクリアランスの存在を証明するようないくつかの状況証拠を見つけ出した。

前 私 歴史のエッセイ、マークAaronsにより書かれた本とジョンロフタス、「ラットライン」に与えたことでそれらで最も重要に、明示的に見つけられるというBarbato( 1章を見なさい)。

とにかく、とりわけマスメディア沈黙のため、私は、それの上で世間の注目を引き付けるために「イエズス会士映画フィルム」の名前によってBarbatoのビデオに洗礼を施すと決めた。

そして、最終的に、私はBarbatoの証拠の間接的な顕著な確認を見つけた:

スティーブンM.グリーア(医学博士)博士は、彼の最近の本「隠れた真実 - 禁じられた知識」中で、章nrの中で明らかにした。

従って、私は、Barbatoによって実行された気がかりな問い合わせが、特に、次の惑星Xの到着についてどれくらい真実があるかを理解するために私達の格言注目に値していることを確信する。

中国を懸念?


Rice: U.S. Concerned About Rising China


ANNE GEARAN

AP



Friday, November 17, 2006


The United States has some concerns about a rising China, including a military expansion that may be excessive, Secretary of State Condoleezza Rice said Friday.


Beijing has spent heavily in recent years on adding submarines, missiles, fighter planes and other high-tech weapons to its arsenal and extending the reach of the 2.3 million-member People's Liberation Army, the world's largest fighting force.


Its reported military budget rose more than 14 percent this year to $35.3 billion, but outside estimates of China's true spending are up to three times that level.


"There are concerns about China's military buildup," Rice told a television interviewer. "It's sometimes seemed outsized for China's regional role."


Beijing insists its multibillion-dollar buildup is defensive, but it has alarmed some Asian neighbors and U.S. military planners who see China as a potential threat to U.S. military pre-eminence in the Pacific.


Asked whether U.S. foreign policy toward China is aimed at containing China's ability to flex military power, Rice turned the question to politics and economics.


"U.S. policy is aimed at having China be a responsible stakeholder in international politics," she replied. "That means that Chinese energy, Chinese growth, Chinese incredible innovation and entrepreneurship, would be channeled into an international economy in which everybody can compete and compete equally."


Rice, in Asia with President Bush for a regional economic forum, said China's economic growth "has been a net gain for the international system." But she also ticked off a list of U.S. concerns including questions of economic fairness and China's record on human rights.


"There are concerns about a rising China, concerns about China's transition, concerns about whether the Chinese economy will in fact act in a way that is consistent with the level playing field that the international economy needs," Rice said in the interview with CNBC Asia.


U.S. concerns are manageable within a relationship she described as strong overall, Rice said. She visited China last month to shore up United Nations sanctions against China's ally, North Korea, and she credited Beijing with cooperation in opposing the North's nuclear development.


Bush and Rice were both meeting with their Chinese counterparts during this weekend's Asia Pacific Economic Cooperation summit.


A congressional advisory panel on Thursday questioned China's willingness to be a more responsible international player, saying world prosperity depends on China's abandoning a single-minded pursuit of its "own narrow national interests."


The U.S.-China Economic and Security Review Commission made 44 recommendations in its annual report to lawmakers. It calls on the United States to combat Chinese attempts to isolate Taiwan by supporting the island's membership in various world bodies, and urges Washington to pressure Beijing to help end the bloody conflict in Sudan's Darfur region.


"While China is a global actor, its sense of responsibility has not kept up with its expanding power," said Larry Wortzel, chairman of the commission, which Congress created in 2000 to investigate U.S.-China issues.


The panel also admonished U.S. intelligence agencies, urging the United States to set up "a more effective program" for gathering information about China's military buildup and development.


In Beijing, Chinese Foreign Ministry spokeswoman Jiang Yu said she had not seen the report, but "we are against the attempt by any country or any organization to interfere with China's internal affairs under the pretext of the Taiwan question and impede our reunification course."


The report said China's global reach extends beyond East Asia to the Middle East, Africa, South Asia and Latin America, where China "is coming to be regarded almost as a second superpower."


ライス:上がる中国を心配した米国

アンGEARAN

AP

2006年11月17日金曜日

過度であるかもしれない軍拡を含めて、米国は上がる磁器についてのいくつかの懸念を持っていると国務長官コンドリーザ・ライスは金曜日に言った。

北京は、潜水艦、ミサイル、戦闘機、および他のハイテク兵器をその兵器庫に追加し、230万メンバー人民解放軍(世界の最も大きな戦闘部隊)の届く範囲を拡張することにおいて近年重く費やした。

その報告された軍事予算は353億ドルまで今年14パーセントより多く上がったけれども、中国の真実の支出のぎりぎりの見積りは3倍そのレベルに及んでいる。

テレビインタビュアーに、「中国の軍事増強についての懸念がある」とライスは言った。

「それは時々中国の地域の役割のための特大であるようであった」。

北京は、その数十億ドルの強化が防御用であることを強く主張するけれども、それは、中国を太平洋の米国軍隊卓越への潜在的な脅威と考える何人かのアジア隣人と米国の軍隊計画者を驚かした。

中国への米国外交方針が、軍事力を曲げる中国の能力を含むことに向けられるかどうかを尋ねられて、ライスは問題を政治学と経済学に変えた。

「米国方針は、中国に国際政治において信頼できるステークホルダーであらせることに向けられる」と彼女は答えた。

「それは、中国のエネルギー、中国の成長、中国の信じられない革新、および企業力が、誰もが等しく競争し、競争することができる世界経済に伝えられるであろうということを意味している」。

ライスは、地域の経済のフォーラムのためのブッシュ大統領とのアジアで、中国の経済成長が「国際的なシステムのための純益であった」と伝えていた。

しかし、彼女はまた人権に関する経済の公正さと中国のレコードの質問を含む米国懸念のリストを数えた。

「上がる磁器についての懸念、中国の変遷についての懸念、中国の経済が、実のところ、世界経済に必要な平等な競争条件と一致している方法で作動するであろうかどうかについての懸念がある」とライスはCNBCアジアとのインタビューにおいて言った。

米国懸念は、彼女が、全体に強いと表現した関係の中で扱いやすいとライスは言った。

中国の同盟国、北朝鮮に対する国連の制裁を支えるために、彼女は先月中国を訪問し、北の核の開発に反対することにおける協力によって、彼女は北京を持つと思った。

ブッシュとライスはこの週末のアジア太平洋経済協力サミットの間に両方とも中国の彼らに相当する人と会った。

木曜日の議会の忠告の委員団は、世界繁栄が、中国がその「自身の狭い国益」の一途な追跡を捨てることを当てにすると伝えているより信頼できる国際的なプレーヤーである中国の自発性に質問した。

米国中国経済とセキュリティのレビュー委員会は議員にその年次報告書の中で44の推薦をした。

それは、様々な国連の中で島のメンバーシップをサポートすることによって台湾を分離する試みを戦闘中国人への米国の上で呼び、スーダンのダルフル地域で血まみれの衝突を終えるのを手伝うことを北京に強いることをワシントンに勧める。

「中国がグローバルな俳優である間、その責任感はその拡大パワーに付いて行かなかった」とラリーWortzel、委員会の会長は言った(米国中国問題を調査するために、議会は2000年にそれを設けた)。

中国の軍事増強と開発についての情報を集めるために「より効果的なプログラム」を設定することを米国に勧めて、パネルはまた米国諜報機関を諭した。

北京で、中国の外務省スポークスウーマン チアンYuは、彼女がリポートを見なかったと言ったけれども、「私達は、台湾問題の口実の下で中国の内政を妨げて、私達の再統合コースを妨げるどのような国またはすべての組織による試みにでも反対であることであった」。

リポートは、中国のグローバルな届く範囲が中東、アフリカ、南アジア、およびラテンアメリカに東アジアを越えて拡張すると伝えていた(そこで、中国は、「ほとんど2番目の超大国とみなされているようになる」)。

「マンフレッド・レーダーさんを迎えて」に参加された方、メッセージください・。

○十一月十五日(水)夜、、



○関西の集会を、以下の如き要領で、開催する。



  日 時 平成十八年十一月十五日(水)

           午後六時~九時(五時半開場)

  会 場 大阪府私学教育文化会館 会議室 三〇三号室

  交 通 JR東西線「大阪城北詰駅」3番出口より歩2分

  場 所 大阪市都島区網島町6-20

  講 演 マンフレッド・レーダー(通訳:大山 恵喜)

ユダヤ教:ユダヤ人(人類)に対する陰謀?

Judaism: A Conspiracy Against Jews, Humanity?


ユダヤ教:ユダヤ人(人類)に対する陰謀?


By Henry Makow Ph.D.

November 11, 2006




ヘンリー・メーコウ博士によって

2006年11月11日





On his web site
"Crescent and Cross," Mark Glenn argues that Christianity and Islam are natural allies who are being lured into a "clash of civilizations" by Neo Con Jews (fronts for Illuminati bankers) plotting to "divide and conquer."


The father of eight children, Mark, 40, sees himself as a friend and "liberator" of the Jewish people. He believes mankind will never achieve peace until Jews are freed from bondage to their leaders' hidden agenda. Judaism is a conspiracy against both Jews and the human race.


Mark's 2003 article "Israel We Bless Thee" is a classic. When it was run by Al Jazeerah, the ADL forced the Saudi ambassador Prince Bandar to issue an apology! What an honor Mark!


Last week Glenn wrote a very provocative article entitled "Judaism is Nobody's Friend."


Why is it OK to criticize Christianity and Islam but not Judaism? he asks. After all, Judaism is at the root of Zionist excesses.


Referring to the Talmud, he argues that organized Judaism is basically antagonistic to Christianity and Islam:


"While the other two Middle Eastern faiths ...elevate the virtues of humility, charity and righteousness, Judaism … legislates haughtiness, supremacism and callous disregard for other human beings...Gentiles exist to serve the Jews. Rape of gentile children, murder, lying, theft, usury, things condemned in every other religion are given full sanction in Judaism when it benefits the tribe…"



"Does anyone in the room remember …the Crucifixion of Jesus? …Judaism’s involvement in WWI and WWII? Bolshevism? The destruction of the moral, political and economic fiber of every country in the West? Hundreds of millions of dead children through abortion? The destruction of families and the elevation of sexual deviancy as a virtue?"


"And of course, last but certainly not least, the war to end all wars that is taking place in the Middle East and which bears the fingerprints of the Pharisees all over it."


"... If indeed Christianity sprang forth from Judaism, why then does Judaism maintain …that Jesus was a sorcerer and a sexual deviant who suffers in hell by being boiled in a cauldron of semen and feces for daring to oppose the Rabbis and that His holy mother Miriam was a ‘harlot who mated with carpenters’ ?"


"...It is all another ruse to get Christians to fight Judaism’s wars on the pretext that somehow [Jews and Christians] share something in common when in truth they do not..."


"Judaism is nobody’s friend, and the sooner that the rest of us?Jew and non-Jew alike?come to realize this, the better off we will be. Get rid of it. It is a cancer. Cut it out and throw it away, as Jesus instructed that we do. It has never and will never be of any benefit to mankind. We cannot live in any kind of ‘peaceful co-existence’ with it. It is a declaration of war, and as long as it exists out there, mankind will never have peace."


彼のウェブサイト「三日月と十字」では、マーク・グレンは、キリスト教とイスラム教が「分割して、征服します」と企みながらNeo Conユダヤ人(Illuminati銀行員のための前部)によって「文明の衝突」に誘い出されている自然な同盟国であると主張します。


8人の子供の父(40歳のマーク)は自分をユダヤ人の人々の友人と「解放者」であるとみなします。 彼は、ユダヤ人が束縛から彼らのリーダーの隠された動機まで解放されるまで人類が決して平和を達成しないと信じています。 ユダヤ教はユダヤ人と人類の両方に対する共謀です。





マルク2003の記事、「イスラエル、私たちがあなたを祝福する、」 はクラシックですか? アルジャジーラがそれを走らせたとき、ADLによって、サウジアラビアの王子バンダル大使はやむを得ず謝罪を発行しました! 何という名誉のマーク!


先週、グレンは「ユダヤ教はNobodyのFriendです」と題せられた非常に挑発的な記事を書きました。

ユダヤ教ではなく、キリスト教とイスラム教を批評するのはなぜOKですか?彼は尋ねます。 結局、ユダヤ教がシオン主義者の不節制の根にあります。


タルムードを示して、彼は、組織化されたユダヤ教が基本的にキリスト教とイスラム教に対立していると主張します:


「他の2つの中東の信頼である間」…謙遜、チャリティー、および正義の美徳を上げてください、そして、ユダヤ教…は他の人間の横柄、「至高-主義」、およびたこの無視を制定します…非ユダヤ教徒は、ユダヤ人に役立つように存在します。 「非ユダヤ教徒の子供のレイプ、殺人、嘘をつく、窃盗、高利、部族…のためになるとき、ユダヤ教における完全な認可を他のあらゆる宗教で非難さ「部屋のだれかが…を覚えている、イエスのキリストのはりつけ?、」 WWIとWWIIの…ユダヤ教のかかわり合い? ボリシェヴィズム? 西洋でのあらゆる国の道徳的で、政治上の、そして、経済の性格の破壊? 妊娠中絶による何億人もの死んでいる子供? 「家族の破壊と美徳としての性的な逸脱の高度?」


「そして、最後、しかし、確かに、最少でないことで、もちろん、それが取っているすべての戦争を終わらせる戦争は中東で入賞します、そして、どれがそれ全体にわたってパリサイ人の指紋に堪えるか」?


"... 「そして、キリスト教が本当にユダヤ教から跳び出したなら、ユダヤ教はなぜ…イエスが魔術師と地獄であえてRabbisに反対するためには精液と糞の大釜の中に沸騰することによって苦しむ性的な異常であり、彼の聖なる母ミリアムが‘大工と結婚した売春婦'であったと支持しますか?」


"...「クリスチャンに実は彼らがそうしないと一般的にどうにかユダヤ人とクリスチャンが何かを共有する口実とのユダヤ教の戦争で戦わせるのは、すべて別の策略です」…


「ユダヤ教が一人もの友人であり、私たちと#8211の残り; ユダヤ人、一様な非ユダヤ人、および#8211;が、より早くこれがわかるようになればなるほど、私たちは、より暮らし向きが良くなるでしょう。」 それを取り除いてください。 それは癌です。 イエスが、私たちがそうするのを命令したので、それを遠くに寄せて、投げてください。 それは、一度もなったことがなくて、人類にとってどんな利益とも決してならないでしょう。 私たちはどんな種類の‘平和な共存'もそれで生きていることができません。 「それは宣戦布告です、そして、むこうに存在している限り、人類には、平和が決してないでしょう。」




WHAT'S AT STAKE



I applaud Mark's courage and particularly agree when he writes: "There is only one thing that is truly sacred and beautiful in this fallen world, and that is the truth and even when it is at its ugliest…"


Ultimately we are not controlled by force but by our minds. The world has become a behavior modification laboratory. "Believe what you are told not your common sense or intuition."


Gradually, we are transformed into better slaves by the education system or into slugs or demons by the mass media. A malevolent occult force controls us with lies. Elite Jews play too great a role in this process and in manipulating and suppressing the truth.


"Truth" is the heart of the argument between Jesus Christ and the Pharisee Jews. Who will define it? Who will say what is right or wrong? Man or God?


Christ said that God is Reality; i.e. Truth, Love, Goodness, Perfection self evident. There is a moral and natural order. We must eschew the call of the world (which enslaves us to our lusts) and remake ourselves as better human beings in God's image.


The Pharisees want to sever our connection to God and make us worship their "experts" instead. They say man is God. Puny monkey, man is all there is. We have no relation to God, to nation, ancestors or posterity. They distract us while secretly plotting a talmudic tyranny based on their terror


Ultimately, this argument is about who will be God and who will own the world. Will it be God (represented by Christ or Mohammed or Moses) Or will it be the Pharisees who took control of Judaism in about 70 AD and based it on the Talmud and Kabbalah.


They use the "Chosen People" (among others) as pawns and scapegoats to advance the agenda of Illuminati central bankers. Rather than become complicit by denying it, Jews need to disassociate and oppose this agenda.


危機にひんしていること


私は、マークの勇気を拍手喝采して、彼がいつ書くかに特に同意します: 「この堕落している世界で本当に、神聖であって、美しく、真実といつ、それが最も醜い…にありさえするかということである1つのものしかありません」


結局、私たちは無理矢理制御されるのではなく、私たちの心でいます。 世界は行動修正実験室になりました。 「あなたの常識か直観ではなく、あなたが言われることを信じてください。」


徐々に、私たちは教育システムによる、より良い奴隷の中、または、マスメディアによるスラグか悪霊の中に変えられます。 意地の悪いオカルトの力は偽りで私たちを監督します。 エリートユダヤ人は真実をこの過程と操って、抑圧することにおけるすばらし過ぎる役割を果たします。


「真実」はイエスとパリサイ人ユダヤ人との議論の心です。 だれがそれを定義するでしょうか? だれが正しいか、または問題のことを言うでしょうか? 男性ですかそれとも神ですか?


キリストは、神がRealityであると言いました; すなわち、愛をこめて、Goodnessの、そして、Perfection自明なTruth。 教訓と自然界の秩序があります。 私たちは、世界(私たちを私たちの欲に奴隷にする)の呼び出しを避けて、より良い人間として神のイメージで自分達を作り変えなければなりません。


パリサイ人は、神に私たちの接続を断ち切って、私たちが代わりに彼らの「専門家」を崇拝しているのをしたがっています。 彼らは、男性が神であると言います。 ちっぽけな猿、男性はすべてあるということです。 私たちは神、国か、先祖か子孫に関係がありません。 彼らは秘かに彼らのテロに基づくtalmudic圧制を企んでいる間、私たちをそらします。


結局、この議論はだれが神になるだろうか、そして、だれが世界を所有するかに関するものです。 それはそれが神(キリスト、モハメッドまたはモーセによって表される)であるだろうかパリサイ人になるでしょうか?西暦およそ70年にユダヤ教を制御して、タルムードとKabbalahにそれを基づかせた


彼らは、Illuminati主要な銀行員の議題を進めるのに、歩と身代わりとして「神の選民」(特に)を使用します。 むしろ、ユダヤ人は、それを否定することによって共謀するようになるよりこの議題を分離して、反対する必要があります。





THE UGLY (BUT LIBERATING) TRUTH?


The above picture will strike many Jews as unpleasant and unjust. To understand the problem, we must turn to those branded "anti-Semites" by Jewish leaders because they don't want Jews to know the truth.


According to Edith Starr Miller, (Lady Queenborough) Pharisee Judaism is not a religion at all, but a secret society posing as a religion, a "sect with Judaism as a rite." She cites Moses Mendelssohn who wrote "Judaism is not a religion but a Law religionized."


I have also heard rabbis say the Judaism is not a religion but "a way of life." True religions oppose worldly desire and demand that we obey God. Judaism regards the accumulation of wealth and power as a sign of Divine favor. "Success" is the religion.


The God of Judaism is the Jewish people. Jehovah is the Jewish alter ego. He loves only his own tribe. Polls show most Jews don’t believe in God and define themselves as "secular humanists." Man is God and will create his own heaven on earth in defiance of the Creator's bluebrint.


In a secret society, only the adepts know the real purpose. The rank and file is manipulated with warm platitudes and lies. The "innocent" who is unfit to know the "ugly truth" becomes an valiant defender of the faith and ideal recruiter. This also applies to Freemasonry which seems to be modeled on Judaism. Both secret societies advocate killing any member who reveals its secrets.


The real purpose of Judaism and all secret societies, Miller says, is to advance the agenda of the super rich.


"Regardless of their exoteric objects, the esoteric aims of most societies are all directed toward the same end, namely: the concentration of political, economic and intellectual power into the hands of a small group of individuals, each of whom controls a branch of the International life, material and spiritual, of the world today." (Occult Theocracy, p.661)


Western society, perhaps the whole world, is based on the secret society model. You cannot rise unless you are favored (or deemed useful) by the Illuminati, the highest rung of Freemasonry. We are in the position of the rank and file, lied to and manipulated.


Miller cites an expert on Judaism Flavien Brenier who compares the goals of Judaism with Freemasonry: Securing political power and gradually modifying "the conceptions of the people in the direction of their secret doctrine." (80)


Jews are correct to deny that they consider non-Jews cattle. This esoteric knowledge contained in the Talmud and Schulhan Aruch is known only to adepts. Miller has six pages of citations from these texts but I doubt if 5% of Jews are aware of them (81-87.) (See also Michael Hoffmann, "The Truth about the Talmud
")


The Jewish author of a new book on the Yiddish language confirms Miller's finding: "The Jews are not merely out of step with Christian civilization, they hold it in utter contempt." (Michael Wex, Born to Kvetch, 2006, p.24)


What fault could they have with a gospel that preaches human brotherhood and putting others before yourself? Doing unto others as you would have them do unto you?


It denies their special claim.


Then what better people to use to destroy Christian civilization? Think of a child that doesn’t want to grow up. One who thinks he can do anything he wants. Who doesn't have to consider others. Who is never wrong or in the wrong. Who wants the State to nurse him. Think Illuminism, Communism, Modernism. Think modern man.


(しかし、解放)醜い真実?


上の絵は不快で不当であるとして多くのユダヤ人の心を打つでしょう。 問題を理解するために、私たちは自分達が、ユダヤ人に真実を知って欲しくないのでユダヤ人のリーダーによって「反ユダヤ主義」と商標を付けられたものに変わらなければなりません。


イーディス・スター・ミラーによると、(Queenborough夫人)パリサイ人ユダヤ教は全く宗教ではなく、宗教のふりをする秘密結社、「儀礼としてのユダヤ教があるセクト」です。 彼女は書いたモーセメンデルスゾーンを引用します。「ユダヤ教は宗教ではなく、religionizedされた法です」。


また、私は、ラビが、ユダヤ教が宗教ではなく、「生き方」であると言うのを聞きました。 本当の宗教は、現世の願望に反対して、私たちが神に従うのを要求します。 ユダヤ教は、蓄財とパワーをディヴァイン好意のサインと見なします。 「成功」は宗教です。


ユダヤ教の神はユダヤ人の人々です。 エホバはユダヤ人の分身です。 彼は彼自身の部族だけを愛しています。 投票は、ユダヤ人が「世俗的なヒューマニスト」として神を信じて、定義しないのを大部分に示します。 男性は、神であり、創造者のbluebrintの挑戦における彼自身の楽園を創設するでしょう。


秘密結社では、adeptsだけが本当の目的を知っています。 一般は、暖かい平凡で操られて、横たわっています。 「具合の悪い真理」を知るためには不適任な「純潔な人」は信頼と理想的なリクルーターの勇敢な保護者になります。 また、これはユダヤ教が似せられるように思えるFreemasonryに適用されます。 両方の秘密結社は、秘密を打ち明けるどんなメンバーも殺すと提唱します。


ミラーは、ユダヤ教とすべての秘密結社の本当の目的が最高の金持ちの議題を進めることであると言います。


「それらの開放的な物にかかわらずほとんどの社会の難解な目的が同じ終わりにすべて向けられる、すなわち:、」 「そのそれぞれが今日国際人生、材料、および霊歌、世界のブランチを制御する個人の小さいグループの手への政治上の、そして、経済的、そして、知的なパワーの集中。」 (オカルトのTheocracy、p.661)


西側社会(恐らく全世界)は秘密結社モデルに基づいています。 Illuminati、Freemasonryの最上段によって支持されない場合(または、役に立つと考えられます)、あなたは上昇することができません。 私たちは、一般の地位にいて、嘘をつかれていて、操られます。


ミラーはFreemasonryとユダヤ教の目標を比べるユダヤ教Flavien Brenierの専門家を引用します: 政権を保証して、徐々に「彼らの秘密の主義の向きに人々の概念」を変更します。 (80)


彼らが非ユダヤ人牛を考えるのを否定するとはユダヤ人は正しいです。 タルムードとSchulhan Aruchに含まれたこの難解な知識はadeptsだけにおいて知られています。 ミラーには、これらのテキストからの6ページの引用がありますが、私は、5%のユダヤ人が彼ら(81-87)を意識しているかどうかと疑います。 (また、マイケル・ホフマン、「タルムードに関する真実」を見ます)


イディッシュ言語の新しい本のユダヤ人の作者はミラーの調査結果を確認します: 「ユダヤ人が単にクリスチャンの文明と調子外れでない、彼らは全くの軽蔑でそれを保持します。」 (マイケルWex、KvetchへのBorn、2006、p.24)


彼らは人間の兄弟愛について説教する福音と他のものを自分の前に置くのにどんな欠点を持つことができますか? 他のものにあなたが彼らにあなたにさせるだろうのでしますか?


それは彼らの特別なクレームを否定します。


クリスチャンの文明を破壊するのに次にどんなより良い人々を使用しますか? 成長したがっていない子供を思ってください。 彼が自分が欲しいことができると思う人。 人の感情を察する必要はありません。 決して間違っていないか、または悪くはありません。 だれが、州に彼を看病して欲しいですか? 天啓状態、共産主義、モダニズムを考えてください。 新人を考えてください。



CONCLUSION


The cry of "anti Semitism" is often a dishonest and disingenuous way to disarm opposition to the Illuminati bankers' very real stealth plan for global dictatorship masked by sham democracy. This New World Order plan clearly states its intention to snuff out freedom, democracy, private property, family, nationhood, religion, and ultimately the human spirit.


The ideology of a chosen people suits the super rich and imperialists, who view the mass of humanity as cattle or "useless eaters". If history is any gauge
, Jews and Freemasons who fall under the spell of organized Jewry will be sacrificed. You can see this is the support the Illuminati gives to both Zionist and anti-Zionists forces.


A Jewish soul-searching is long overdue; I welcome Mark Glenn's challenge.

結論


しばしば「反セミティズム」の叫びはまがいの民主主義で隠されるグローバルな独裁のためのIlluminati銀行員の非常に本当のこっそりプランへの反対の武装を解除する不正直で陰険な方法です。 この新世界秩序プランは明確に、自由、民主主義、私財、家族、独立国家、宗教、および結局人間の精神を消すという意志を述べます。


選ばれた民族のイデオロギーは最高の金持ちと帝国主義者に合います。(帝国主義者は人類の集団を牛か「役に立たない食べる人」であるとみなします)。 歴史があらゆるゲージであるなら、組織化されたJewryの期間の下で転ぶユダヤ人とフリーメーソンが犠牲にされるでしょう。 あなたは、これがIlluminatiがシオニストと反シオニスト力の両方に与えるサポートであると考えることができます。


ユダヤ人の自己分析は長いときに期限が過ぎています; 私はマーク・グレンの挑戦を歓迎します。




日本人は目覚めるか??・。






「生き残りのための枢軸 東京宣言(二〇〇六、十一、九)への最初の国際的反響。
??




更新 平成18年11月14日19時15分



平成十八年(二〇〇六年)十一月十四日(火)

(第一千八百六十四回)



○十一月十三日深夜、我々は、「二〇〇六年十一月九日 東京宣言」

 の英文を、



○「アメリカン・フリープレス」紙のマイケル・コリンズ・パイパー記者

 にeメールで送信した。



○すると、間もなく、M・C・パイパー記者からeメールで返信が

 届いた。



○このマニフェスト(宣言)は、世界の未来へのためにきはめて重要

 であって、広く、人々に知らさなければならない。



○まず、この宣言を、十三日夜、私(M・C・パイパー)の持っている

 二つのラジオ番組で読み上げることにする、



○と言う。



○大多数の現在の日本人の意識では、この「宣言」は、まるでピンと

 来ないかも知れないが、



○しかし、日本以外の世界(ドイツを含む)では、

    

○この「東京宣言」は、人々の潜在意識に深い衝撃を与えるであろう。



○周知の如く(又は、周知ではないかも知れないが)、



○国際連合とは、実は第二次世界大戦の「連合国」のことであり、



○従って、この「連合国」は、日独伊三国枢軸(アクシス)」を敵

 として、第二次世界大戦を戦ったのである。



○この国際連合(連合国)の憲章はには「敵国條項」なるものがある。



○この「敵国」とは、日本とドイツである。



○イタリーは、大戦の途中で、ムッソリーニを追放して、

 バドリオ政権が出現し、



○連合国側に投降した。



○従って、連合国陣営を敵として、第二次大戦を最後まで遂行した

 のは、



○日本とドイツである。



○いはゆる枢軸(アクシス)国である。



○二〇〇六年の現在でも



○日本とドイツは、国際連合(連合国)によって、



○「敵国」とされて居る。



○第二次世界大戦後の世界構造は、日本とドイツを潜在的敵国とし、



○この「敵」を最終的には抹殺し、地上から出来るだけ早く消滅

 させるべく、



○設計されて居る。



○従って、

 日本とドイツの「枢軸」が、復活するような兆しがあれば、



○ただちに、国際連合=連合国は、これら両国を再占領すべく、

 身構えて居る。



○しかし、我々の「生き残りのための枢軸」東京宣言は、



○古い次元での「復讐」を語っては居ない。



○我々は、

 独立的な諸国家諸民族の世界の建設を呼びかけ、地球規模の自殺を

 阻止すべき、生き残りのための枢軸への結集を、呼びかけて居る。



○我々は、

 米英ソ連フランス中共中国及びイスラエルの所有する三万発近い

 核ミサイル兵器に対抗して、



○「日本とドイツの核武装」などと言うバカ気たアナクロニズムを

 呼びかけはしない。



○我々は、「完璧に新しい道が示されねばならない」



○と訴える。



○順次、我々は、この「宣言」を具体化するアジェンダ(日程)を

 全世界の人々に提示し続けるであろう。



 (了)








蛇足


日本人の日本人監視部隊(公務員制度)は廃止が一番いい・。なにしろ不正の館になっている役所だし・。


税金で、犯罪者を飼っているようなものだ・。パブリックサーバントなどとまったっく理解していない公務員などに、大事な国の舵取りは任せられない・。ボランティア民営化でよい・。


山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年11月12日

                           山本尚利



タイトル: 米国中間選挙:戦争屋から銀行屋へバトンタッチ



1.インターネットの勝利

 2006年11月7日、米国で中間選挙が行われ、予想以上の民主党圧勝に終わりました。選挙の

争点はイラク戦争持続か、撤退かというシンプルなもので、米国民の裁断は、イラク戦争撤

退という結果でした。イラク問題に関して小泉路線を引き継いだ安倍政権は米国から、今

後、はしごをはずされる可能性が大でしょう。小泉首相は、間違った戦争に日本を引きずり

込んだ張本人です。筆者は、当初からイラク戦争の欺瞞性を見抜いていました(注1)。お人

好しの一般米国民も、2年前からうすうす、イラク戦争の欺瞞性に気づいていたのです。その

ため、ブッシュ政権2期目の選挙のときから、イラク戦争の是非が大統領選の争点でしたが、

このときは、米国世論はまだ真っ二つに割れていました。当時まだ、米国民の間には、テロ

恐怖が残っており、ブッシュサイドは、オサマ・ビンラディンの応援(注2)を得て、国民に

テロ恐怖心を煽ることに成功していました。当時の大統領選挙では、民主党サイドに当て馬

候補としてケリー上院議員が送り込まれ、さらに、大規模な不正選挙が行われてかろうじて

ブッシュが再選されています。今回の中間選挙に関して、仮に、ブッシュ政権の不信任結果

がでても、大統領が交代する必要はないので、ブッシュ政権を支配する寡頭勢力(戦争屋)は

あまり小細工をしなかったようです。彼らの誤算は、インターネットの力でしょう。多くの

米国民は、米国の大手マスコミがことごとく寡頭勢力に牛耳られていることを知り、インタ

ーネットに依存する度合いが飛躍的に高まっています。この点は2年前の大統領選挙のときか

らのもっとも大きな違いでしょう。現在の米国では、下手な世論操作が効かなくなりつつあ

ります。寡頭勢力は、2000年3月頃には、インターネット発祥のシリコンバレーに電力危機を

仕掛けて、ネットバブル崩壊に成功しましたが、2006年11月現在、彼らは、ベトナム戦争以

来、アンチ戦争屋であるシリコンバレー発のネットパワーに圧倒された格好になっていま

す。



2.米国共和党と民主党:双頭の鷲の勢力争い

 ところで、米国を実質支配する寡頭勢力は大きく二つの勢力に分かれます。それは軍事・

エネルギー覇権(戦争屋)と金融覇権(銀行屋)の双頭の鷲の構造(注3)となっていると筆者は

分析しています。現ブッシュ共和党政権はどちらかといえば、2001年政権誕生以来、前者、

戦争屋に牛耳られてきました。そして、前クリントン民主党政権はどちらかといえば、後

者、銀行屋に支配されてきたといえます。今回の中間選挙結果の意味するところは、今後、

しばらく、ブッシュ共和党政権は戦争屋が仕切り、連邦議会の議決権が、共和党から民主党

に移ったため、米国政治の大勢は、戦争屋から銀行屋に、ダイナミックにパワーシフトする

ということです。このままいけば、ポスト・ブッシュ政権は、ほぼ間違いなく銀行屋の手に

落ちるでしょう。このパワーシフトは、2006年6月のビルダーバーグ・オタワ会議の決定事項

(注4、注5)だったのではないでしょうか。その意味で、今回の中間選挙結果は、近未来、

米国覇権が、戦争屋から銀行屋にパワーシフトすることを、決定付ける役割を果たしたとい

うことです。米国世論もその方向で誘導されたのでしょう。米国経済のマクロ潮流を観察す

ると、上記のように、銀行屋と戦争屋が交互に覇権をとるのですが、銀行屋はもっぱら、お

金儲けを行い、次に戦争屋がたまったお金を戦争で使い果たす、というサイクルで経済を回

しているということです。



3.ブッシュは残る任期を全うできるか

 中間選挙での共和党敗北で、ブッシュ大統領はレームダックになったと言われています

が、もうひとつの見方は、中間選挙でわざと負けたのではないかというものです。イラク戦

争を決着させないで、中間選挙に臨めば、ブッシュ政権が窮地に追い込まれることは、事前

にわかっていましたが、ブッシュ政権はなんら、打開策を打たなかったのは確かです。その

見方に立てば、世界的寡頭勢力が、米国の戦争屋を一時、引っ込ませるために、ブッシュ政

権を身動きできなくさせて、シナリオどおり、民主党を勝たせたということです。ところで

ブッシュ政権は二重構造となっています。WASP(White Anglo-Saxon Protestant)に支持され

る伝統的共和党のオモテの顔と、ネオコン支配というウラの顔です。中間選挙の共和党敗北

の責任をとって、ネオコンの先手、ラムズフェルド国防長官が辞任しましたので、ネオコン

にハイジャックされていた国防総省のWASP幹部は、何はともあれ、ほっとしているでしょ

う。ブッシュ政権は、ネオコン主導から、WASP共和党(主流)主導に化粧直しして、とりあえ

ず、再出発です。

 筆者の予想するシナリオ(期待を込めた)は、近々、チェイニー副大統領がパウエル元国務

長官(彼が同意すれば)にチェンジされ、パウエルが新たに副大統領に就任する。そしてブッ

シュが病気になるか、あるいは事故によって辞任し、副大統領パウエルが今後2年間、臨時の

大統領となるのではないかと読んでいます。イラク戦争は、WASP国防省のサポートを受けて

パウエルの手によって、決着されるでしょう。その後、2年後の大統領選挙にて、民主党か

ら、銀行屋の支配する大統領が誕生する。それはヒラリー・クリントンかもしれませんし、

新人候補かもしれません。



4.戦争屋はおとなしく引き下がるか

 ところで中間選挙前まで、ブッシュ政権を牛耳っていた戦争屋とネオコンが、このままお

となしく引き下がるでしょうか。世界的寡頭勢力から、イラン攻撃を厳禁された戦争屋とネ

オコンは、イラン戦争のために準備した兵器の在庫を一掃しなければ大損します。何として

でも、世界のどこかで戦争したいわけです。最近の北朝鮮の挑発的な動き(注5、注6、注

7)は、おそらく、キム・ジョンイルが米国の戦争屋とネオコンに脅かされての悪あがきでし

ょう。このことを、もっとも警戒しているのが、今の中国共産党政権です。

 戦争屋とネオコンが、イラン戦争の代替ターゲットとして極東戦争を狙っているのです。

中国は、靖国問題で日本と兄弟喧嘩していては、まんまと戦争屋とネオコンに嵌められるこ

とに気づいたのです。だから、2006年9月、安倍政権誕生と同時に、早々と安倍首相の中国訪

問が実現したと筆者は理解しています。ブッシュ政権がこれを認めたということは、この時

点で、ブッシュ政権内部に覇権交代が起きているとみることができます。中国政府も2008

年、北京オリンピックを控えて、極東で戦争に巻き込まれるのは真っ平御免でしょう。今の

ところ、中国政府は、北の押さえ込みに成功しています。ただし、戦争屋とネオコンは、偽

装テロ計画を含めて、あの手、この手で、いろんな仕掛けを極東でやらかす可能性が残って

います。中国政府が期待しているのは、ビルダーバーグ会議の決定に基づき、2006年6月にブ

ッシュ政権の財務長官に就任したヘンリー・ポールソン(ゴールドマンサックス出身の中国

通)でしょう。ポールソンは、世界的寡頭勢力および、銀行屋系寡頭勢力の要求によって、ブ

ッシュ政権に入った人物です。彼がブッシュ政権閣僚として、戦争屋とネオコンを牽制でき

るかどうかが、極東戦争の行方を決定します。

 日本政府は、日本海での極東戦争を何としても回避するため、心を鬼にして、イラン向け

兵器在庫は、アフガニスタン方面で一掃するよう仕掛けていく必要があります。

 安倍政権は、ポスト小泉に竹中平蔵を推した銀行屋覇権ではなく、戦争屋覇権の闇サポー

トで誕生したのですが、今や、米国の国家権力は銀行屋覇権に移りつつあります。その意味

で、安倍政権は誕生まもなく、早くも時代遅れの頓珍漢政権になってしまいました。このま

ま行くと、アジアで日本は孤立させられるでしょう。安倍内閣を成立させた多くのノー天気

の日本国民には、残念ながら、上記のような、日本に多大な影響を及ぼす世界覇権構造がま

ったく見えていないし、世界情勢の変化にもついていけてないようです。



注1:ベンチャー革命No.048『世界まれなる人道支援の武装軍隊』2003年12月28日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr048.htm


注2:ベンチャー革命No.126『ビンラディンの応援演説』2004年10月31日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr126.htm


注3:ベンチャー革命No.150『双頭の鷲:北朝鮮経済制裁とライブドアの関連性』2005年2月

19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr150.htm


注4:ベンチャー革命No.199『福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ』2006年6月21



http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr199.htm


注5:ベンチャー革命No.200『北朝鮮ミサイル:日本国民をもてあそぶ玩具』2006年7月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr200.htm


注6:ベンチャー革命No.208『朝鮮核実験宣言:日本の安全保障はどうなる?』2006年10月4



http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr208.htm


注7:ベンチャー革命No.209『北朝鮮地下核実験強行の意味とは』2006年10月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr209.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm








パパはなんでも知っている・。




キャストの支援:ブッシュ41代大統領の1991年の国家安全チーム。から、遠くに残された、スコークロフト、ゲイツ、チェイニー、クエール、ベイカー、ブッシュとパウエル。視界は写真を関連づけました。

:ネオコンチーム

Nov. 20, 2006 issue - George Herbert Walker Bush is a proud father; tears easily come to his eyes when he thinks of his children, all of them, and there is gracious deference in his tone when he talks about the son he calls, with emphasis, "The President." He is not given to boasting about or bragging on his family; he still hears his mother's voice warning him to avoid "the Great I Am," but several times over the past few years the 41st president has mentioned to visitors that the 43rd president has read the Bible in its entirety—not once, the father says, but twice, sticking two fingers in the air. If so, then the incumbent may recall the Song of Moses: "Remember the days of old, consider the years of many generations; ask thy father, and he will show thee; thy elders, and they will tell thee."





2006年11月20日号--ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュは得意の父です; 「大統領」と、彼が強調で呼ぶ息子に関して話すとき、彼のトーンに、彼が子供を思うとき、涙は容易に彼の目に来ます、彼らのすべて、上品な服従があります。 彼を彼の家族で自慢するか、またはほらをふくのに与えません; 過去数年間にわたって何度か、第41代大統領は8212を第43代大統領が聖書を全体として読ませる訪問者と#というのに言っています; 彼は、彼の母の声が、「大王」を避けるように彼に警告しているのをまだ聞いていますが、しかし、一度でなく、父は、二度、2を張り付けるのが空気中で弄ると言います。 そうだとすれば、次に、現職はモーセのSongを思い出すかもしれません: 「昔を覚えていてください、そして、何世代も数年を考えてください」; 父に尋ねてください。そうすれば、彼はあなたを示すでしょう; 「あなたの年長者、彼らがあなたを言う、」



~省略~

私たちはブッシュの悪を知っていました。 解決は頑固さに硬くなることができます; 批評を聞くことへの拒否は孤立を飼育することができます。



後知恵はもちろんぜいたくです、そして、人生はしばしば追憶で時にするより明確に見えます、アリーナで。 ブッシュが中東で作った賭けは壮大なものです、そして、歴史は作られています、そして、人々は解放されます、壮大なギャンブルで。 アメリカのFoundersは1776年にイギリスと共にばくちを打ちました; チャーチルは1940年にドイツと共にばくちを打ちました; レーガンは1980年代にソ連と共にばくちを打ちました。 勝利と悲劇の間の線は薄いものです、そして、ものはやがて、解決するかもしれません。



蛇足

お父ちゃんの悪賢いブレーンに全面的に助けられ、ここまで来ましたが・・議会は両院とも負けました・。民主と共和は、ともに裏で繋がっています・。ご苦労さまでした・。


1984年 ジョージ・オーウェル 1949年

1984

George Orwell

1949





Chapter 1

It was a bright cold day in April, and the clocks were striking thirteen. Winston

Smith, his chin nuzzled into his breast in an effort to escape the vile wind, slipped

quickly through the glass doors of Victory Mansions, though not quickly enough

to prevent a swirl of gritty dust from entering along with him.

The hallway smelt of boiled cabbage and old rag mats. At one end of it a

coloured poster, too large for indoor display, had been tacked to the wall. It

depicted simply an enormous face, more than a metre wide: the face of a man of

about forty-five, with a heavy black moustache and ruggedly handsome features.

Winston made for the stairs. It was no use trying the lift. Even at the best

of times it was seldom working, and at present the electric current was cut off

during daylight hours. It was part of the economy drive in preparation for Hate

Week. The flat was seven flights up, and Winston, who was thirty-nine and had

a varicose ulcer above his right ankle, went slowly, resting several times on the

way. On each landing, opposite the lift-shaft, the poster with the enormous face

gazed from the wall. It was one of those pictures which are so contrived that

the eyes follow you about when you move. BIG BROTHER IS WATCHING

YOU, the caption beneath it ran.

Inside the flat a fruity voice was reading out a list of figures which had

something to do with the production of pig-iron. The voice came from an

oblong metal plaque like a dulled mirror which formed part of the surface of the

right-hand wall. Winston turned a switch and the voice sank somewhat, though

the words were still distinguishable. The instrument (the telescreen, it was

called) could be dimmed, but there was no way of shutting it off completely. He

moved over to the window: a smallish, frail figure, the meagreness of his body

merely emphasized by the blue overalls which were the uniform of the party.

His hair was very fair, his face naturally sanguine, his skin roughened by coarse

soap and blunt razor blades and the cold of the winter that had just ended.

Outside, even through the shut window-pane, the world looked cold. Down

in the street little eddies of wind were whirling dust and torn paper into spirals,

and though the sun was shining and the sky a harsh blue, there seemed to be

no colour in anything, except the posters that were plastered everywhere. The

black-moustachio’d face gazed down from every commanding corner. There was

one on the house-front immediately opposite. BIG BROTHER IS WATCHING

YOU, the caption said, while the dark eyes looked deep into Winston’s own.

Down at streetlevel another poster, torn at one corner, flapped fitfully in the

wind, alternately covering and uncovering the single word INGSOC. In the far

distance a helicopter skimmed down between the roofs, hovered for an instant

~省略~


1章

4月に明るい寒い日であり、時計は13時を告げていた。

砂の塵の渦巻きが彼とともに入ることを防止するのに十分に迅速でないけれども、ウィンストンスミス(下劣な風を免れるために彼の胸の中に鼻を突っ込まれた彼のあご)は迅速に勝利大邸宅のガラスドアを滑走した。

廊下は茹でられたキャベツと古いラグ・マットを匂わしていた。

それの一端に、屋内のディスプレイのために大きすぎる着色されたポスターは壁に鋲で留められた。

それは1メートルの幅のよりもっと単に巨大な面を描き出した:

重い黒い口ひげと荒削りで立派な機能の約45の人の顔。

ウィンストンは階段に向かった。

持ち上げを試すことは無駄であった。

最良の時にあっても、それはほとんどうまく働いていなく、現在、電流は昼の時間の間に切り離された。

それは憎悪週の準備で経済ドライブの一部であった。

フラットは7階段上であり、39歳であり、彼の右の足首の上の静脈瘤性潰瘍があったウィンストンは、途中で数回休んで、ゆっくり行った。

エレベーターシャフトの向こう側の各着陸において、巨大な面を持つポスターは壁から見つめた。

それは、あなたが動く時に、目があなたに付きまとうように考案されるそれらの写真の1つであった。

ビッグ・ブラザーIS WATCHING YOU、それの下の表題は動いた。

フラットの中で、果物のような声は、銑鉄の生産と関係があった数値のリストを読み出していた。

声は、右手の壁の表面の一部となった鈍くされた鏡のような長方形金属飾り額から聞こえた。

ウィンストンはスイッチを回し、言葉はまだ区別できたけれども、声は多少沈んだ。

機器(テレビスクリーン、それは呼ばれた)は減光されることができたけれども、完全にそれを止める方法が全然なかった。

彼はウィンドウに動いた:

やや小さく、弱い数値(単に、パーティーのユニフォームであった青色のオーバーオールによって強調された彼のこくのわずかさ)。

彼の髪は、まさしくそのフェア、自然に快活な彼の顔、粗い石けんと鈍感なかみそりの刃によって荒くされた彼の皮膚、およびちょうど終わった冬の寒さであった。

閉まった窓ガラスの外で、を通してさえ、世界は冷たいように見えた。

ら旋への塵および引き裂かれた紙、および太陽が輝き、空荒い青けれども下に風の通り小渦において回転していた どこでもしっくいを塗られたポスターを除いて全然何の色でもないようにそこで思われる。

‘黒い口髭はするであろう’面はすべての命じるコーナーから下を見つめた。

すぐ向こう側で家の正面の上にものがあった。

ビッグ・ブラザーIS WATCHING YOU、表題は言った一方、暗い色の目はウィンストンの所有物を深く調査した。

streetlevelで、1つのコーナーで引き裂かれて、風の中で発作的にはためき、単一の言葉INGSOCを交互にカバーし、むきだしにして、別のポスターを下に置きなさい。

遠い距離において、ヘリコプターは屋根の間で下にすくい取り、少し1の間ただよった。

ヤグルマギクのように、そして向こうに投げられて、再び、カーブによって、飛びなさい。

それは、人々のウィンドウを詮索している警察巡視人であった。

しかしパトロールは重要でなかった。

思想警察だけが重要であった。

ウィンストンの背中の後ろで、テレビスクリーンからの声はまだ銑鉄と9番目の3年の計画の過剰な実現についてぶつぶつ言っていた。

テレビスクリーンは同時に受け取り、電波で通信した。

聞こえただけでなく、ウィンストンが非常に低いささやきのレベルの上でたてたどのような音でもそれによって拾われるであろうし、さらに、金属飾り額が命じた視界の中に、彼が残っていた限り、彼は見られることができた。

いつ何時でもあなたが見られていたかどうかを知る方法がもちろん全然なかった。

何回または、あて推量は、システム、思想警察がどのような個々のワイヤの上ででもプラグを差し込んだものの上にあった。

彼らがずっと誰でも見たことは考えられさえした。

しかし、とにかく、彼らがそうしたかった時はいつでも、それらはあなたのワイヤに差し込むことができた。

あなたがたてたすべての音が耳にされたという仮定と暗闇におけるを除いた、吟味されているすべてのムーブメントにおいて、本能.になった習慣から、.暮らすために催されたYouはライブでした。

ウィンストンは彼の背中をテレビスクリーンに向けられるようにしておいた。

彼がよく知っていて、後ろが明らかにしているかもしれなくさえあるので、しかしそれはより安全であった。

真実の省、彼の職場は汚い景色の上で広大で、白く1キロメートルの向こうにそびえていた。

これ、彼は、一種の漠然とした嫌悪.によってこれを考えた オセアニアの地方の中で3番目に人口が多くロンドン、滑走路1の主たる都市、自身であった 。

彼は、ロンドンがいつもこれにまったく似ていたかどうかを彼に示すべきであるいくらかの幼年期メモリーを絞り出そうとした。

19世紀の家、材木の障害によって支えられたそれらの側、ボール紙によってつぎ当てされたそれらのウィンドウ、および波形鉄板(すべての方向で沈下しているそれらのクレージーな庭の壁)を持つそれらの屋根を腐敗させるこれらの展望はそこでいつもそうであったか?

そして、しっくい塵が空気とアカバナの中で渦巻いた爆撃されたサイトは瓦礫の山の上で落後した;

そして、爆弾がより大きな継ぎをきれいにした場所とは養鶏場のような木製の住居の汚い植民地の上に跳ねた?

しかし、それは無駄であり、彼は思い出すことができなかった:

無背景に対して起こっていて、たいていわかりにくい一連の快活点火された絵を除いて彼の幼年期の何も残っていなかった。

視界においてどのような他のオブジェクトとでも驚くほど違うNewspeak*.wasにおけるTruth.[Minitrue]の省。

それは、輝く白いコンクリートの巨大なピラミッド構造が、上に高騰して、テラス(空気の中への300メートル)後で整備することであった。

どこから、ウィンストンがそれを我慢したかは、まさに、エレガントなレタリングにおけるその白い顔の上で選び出されて、パーティーの3つのスローガンを読むために可能であった:

戦争は平和である。

自由は奴隷制度である。

無知は力である。

真実の省は含んでいて、それは言われて、上の3000の部屋が下で水平で、対応する小区分を接地する。

同様な外観とサイズのちょうど3棟の他の建物がそこでロンドンのまわりで散乱した。

とても完全に、彼らは周囲の建物を小型化したので、勝利大邸宅の屋根から、あなたは同時に彼らのすべての4人に会うことができた。

それらは、政府機構全体が分配された4つの省の家であった。

真実の省(それはニュース、エンターテインメント、教育、および美術に関係した)。

平和の省(それは戦争に関係した)。

愛情の省(それは法と秩序を維持していた)。

そして十分の省(それは経済の仕事に責任があった)。

新言語におけるそれらの名前:

小型真実で、小型接吻板、Miniluv、および小型十分。

愛情の省は本当に恐ろしいものであった。

ウィンドウ2が全然なかった。

ウィンストンは一度も愛情の省の中、0.5キロメートルのそれの中にいたことがなかった。

それは、公用の上、それから鉄条網、スチールドア、および隠れた機関銃ネストの迷路に侵入することによるだけを除いて入ることが不可能な場所であった。

その外の障壁に通じる通りさえ、継がれた職杖によって武装して、黒い制服を着ているゴリラ顔の護衛者によって歩き回られた。

ウィンストンは突然回転した。

彼は、彼の顔を、テレビスクリーンに直面している時に身につけることが賢明であった静かな楽天主義の表現の中に設定した。

彼は小さなキッチンの中に部屋を横切った。

この時刻に省を去ることによって、彼は水筒の中で彼の昼食を犠牲にし、彼は、明日の朝食のために蓄えられることになった暗い色のパンの厚切れを除いて、キッチンに食物が全然なかったことに気づいていた。

彼はVICTORY GINとマークを付けられた普通の白いラベルを持つ無色の液体のボトルを棚から落とした。

それは中国の米心現在病弱で、油性のにおいを発した。

ウィンストンはティーカップほとんど1杯を注ぎ、ショックに奮起し、薬の一服のようにそれを飲み込んだ。

直ちに、彼の顔は緋色になり、水は彼の目を使い果たした。

物は硝酸に似ていて、さらに、それを飲み込むことにおいて、人はゴム製のクラブと頭の後ろに当たる感覚を持っていた。

しかし、次の瞬間に、彼の腹の中の燃焼は消失し、世界は、より快活であるように見えはじめた。

彼はタバコをVICTORY CIGARETTESとマークを付けられて、真っすぐにそれと不注意に考えられているもみくちゃにされたパケットから取り去り、とたんに、たばこはフロアの上に落下した。

次によって、彼はより成功していた。

彼は居間に帰り、テレビスクリーンの左で立っていた小さなテーブルについた。

テーブル引き出しから、彼はペン軸、インク・ビン、および赤い後ろと大理石のカバーを持つ厚く、四つ折り判サイズのブランクの本を取り出した。

何らかの理由で、居間のテレビスクリーンは異常なポジションにあった。

それが部屋全体を命じることができた所で、端壁で正常であったので置かれる代わりに、それはウィンドウの向こう側でより長い壁にあった。

それの片側に、ウィンストンが現在座っていて、フラットが建てられた時に、たぶん、本棚を持つことを意図していた浅いアルコーブがあった。

アルコーブに座り、よく引き返している状態を保つことによって、視界に関する限り、ウィンストンは、テレビスクリーンの範囲の外に残ることができた。

彼はもちろん聞かれることができたけれども、彼が彼の現在のポジションにいた限り、彼は見られることができなかった。

彼が現在、まさにしようとしていた事を彼に示唆したのは部分的に部屋の異常な地理であった。

しかし、彼が引き出しからちょうど取ったことはまたその本によって示唆された。

それは特に美しい本であった。

年によって少し黄色にされたそのすべすべしたクリーム状の紙は、過去少なくとも40年の間製造されなかった種類をもっていた。

彼は、しかし、その本がそれよりずっと古かったことを推察することができた。

彼は、町(彼は今やまさにどんな4分の1を覚えていなかった)のスラム街の4分の1においてそれが汚らしい小さなジャンク・ショップのウィンドウにあるのを見て、すぐ、それを所有したいという圧倒的な願望によって打たれた。

党員は、普通の店(‘自由市場の上の取引’,その、そうであったかの、電話)に入らないと思われていたけれども、どのような他の方法ででもつかまえることが不可能であったくつひもとかみそりの刃などの様々な物があったので、規則は厳密に守られなかった。

彼は通り上下で迅速な一見を与えたし、それから、中で滑り、2ドル50でその本を買った。

その時、彼は、どのような特定の目的のためにもそれを望むことに気づいていなかった。

彼は彼のブリーフケースの中でそれを罪を犯して家に運んだ。

それの中で何も書かない状態でさえ、それは妥協所有物であった。

3

彼が、まさにしようとしていた事は、日記を開くことであった。

これは、違法でなかった(もう、どのような法律もなかったので、何も違法でなかった)けれども、検出されるならば、それが死によってまたは少なくとも強制労働キャンプのtwentyfive年までに罰せられるであろうということは適度に確実であった。

ウィンストンは、ペン先をペン軸に納まらせて、グリースを降りるために、それを吸った。

サインのためにさえほとんど使われないで、ペンは古風な機器であり、彼は、単に、美しいクリーム状の紙が、インク鉛筆によってひっかかれる代わりに本当のペン先によって書かれることに値していた感じのため密かに、いくらかの困難によってものを獲得した。

実際、彼は、手によって書くことに慣れていなかった。

非常に短い注を除いて、もちろん彼の現在の目的に不可能であった話し書き込みにすべてを命じることが普通であった。

彼はインクの中にペンを少し浸し、それから、単に1秒の間ためらった。

震えは彼の腸を通り抜けた。

答案を採点することは決定的な行為であった。

小さな不器用な手紙の中で、彼は書いた:

1984年4月4日。

彼はゆったり座った。

完全な無力さの感覚は彼を急襲した。

まず第一に、彼は、これが1984年であったとどのような確信も持って知らなかった。

彼が、彼の年が39であったと公正に確信していて、彼が1944年または1945年に生まれたと信じたので、それはその日付について丸いにちがいない;

しかし、1、2年以内にどのような日付でも縛り付けることはこのごろでは決して可能でなかった。

誰のために、突然、疑うことが彼の頭に思い浮かび、彼はこの日記を書いていたか?

未来のため、胎内のもののため。

彼の精神はページの疑わしい日付のまわりでちょっとただよい、それから、新言語言葉二重思考に対してぶつけによって到着した。

初めて、彼が引き受けたもののマグニチュードは彼に帰宅した。

どうしてあなたは未来と通信することができたか?

それは不可能なその自然をもっていた。

未来は現在と似るであろう(その場合、それが彼の言うことを聞かないであろう):

または、それはそれと違うであろうし、彼の苦境は無意味であろう。

しばらくの間、愚かにも紙を見つめながら、彼は座った。

テレビスクリーンは耳ざわりな軍隊の音楽に切り換わった。

彼が、単に、自身を表現するパワーを失ったけれども彼が、元来言うつもりであったのが何であったかを忘れたことさえのようでなかったことは物好きであった。

過去数週間の間、彼はすでにこの瞬間に進んでいて、何でも勇気を除いて必要であろうということは一度も彼の心をよぎったことがなかった。

実際のライティングは容易であろう。

彼が、する必要があったすべては、文字どおりに何年もの間彼の頭の中で動いていた果てしない落ち着かない独白を紙に転送することであった。

しかし、この瞬間に、独白さえ干あがった。

さらに、彼の静脈瘤性潰瘍はたまらなくかゆくありはじめた。

彼がそうしたならば、それがいつも燃え上がったので彼はあえてそれをひっかかなかった。

セカンドは過ぎてカチカチいっていた。

彼は彼、彼の足首の上の皮のかゆさ、音楽の鳴り響き、およびジンによって起こされたわずかな酒びたり状態の前でページの空白状態を除いた何にも気づいていなかった。

突然、彼は、彼が降ろしていたものに不完全に気づいているだけの本当のパニックにおいて書きはじめた。

最初のその大文字と最後にその終止符さえ落として、彼の小さいけれども子供っぽい手書きはページ上下で落後した:

1984年4月4日。

映画への昨晩。

すべての戦争映画。

地中海のどこかで爆撃されている避難民でいっぱいの船の1つの非常によいもの。

彼(あなたが彼がネズミイルカのような水の中でのたうつのを見た一番目)後のヘリコプターとの向こうの水泳にトライしている偉大な巨大な太った人のショットによって、聴衆を多く楽しみ、それから、あなたはヘリコプター照準器を通して彼に会い、そして、彼はホールとピンク色に変わった彼のまわりの海でいっぱいで、ホールが、水(彼が沈んだ時に笑いのために叫んでいる聴衆)を入れたかのように、彼は同じくらい突然沈んだ。

もし何かが彼女に起こったら、誰も、何でプロレタリアが典型的なプロレタリア反応を言うかを気にしない それら 決して

一つには、彼がクランプに苦しんでいたという理由で、ウィンストンは、書くのをやめた。

彼は、何が彼に屑のこのストリームを注がせたかを知らなかった。

しかし、彼がしているのでまったく違うメモリーが、彼がほとんど、それを書き留めることと等しいと感じていたポイントに彼の精神において自身を浄化した間、奇妙な物はそれであった。

それはそうであり、彼が突然今日帰宅し、日記を開始すると決めたこの他の出来事のため、彼は今や実現した。

そんなにあいまいなものが、起こると言われることができたならば、それは省でその朝に起こった。

それは約1100であり、レコード部門(そこで、ウィンストンは働いた)で、それらは椅子を小部屋から引きずり出していて、2分の憎悪の準備で大きなテレビスクリーンの向こう側でホールのセンターでそれらをグループにしていた。

彼が顔だけ知っていたけれども一度も話したことがなかった2人の人々が不意に部屋に入った時に、ウィンストンはまさに中間列の1つにおいて彼の場所を占めていた。

彼らの1人は、彼がしばしば廊下で追い越した女の子であった。

彼は彼女の名前を知らなかったけれども、彼は、彼女がフィクション部門で働いたと知っていた。

たぶん、彼が、油性の手と彼女がある機構に小説執筆マシンの1台の上で売買させたスパナを運ぶことによって時々彼女に会って以来.。

彼女は濃い毛、そばかすだらけの顔、および迅速で、運動競技のムーブメントの約27の大胆な外見の女の子であった。

狭い緋色のサッシ(年下の反性のリーグの象徴)は、まさに、彼女のヒップの格好よさを持ち出すのに十分に堅く彼女のオーバーオールのウエストに数回巻き付けられた。

ウィンストンは、彼女に会うまさに最初の瞬間から彼女を嫌った。

彼は理由を知っていた。

それは、ホッケー競技場と冷気の風呂とコミュニティハイキングの大気と彼女と彼女が、どうにかして届いた一般的なクリーン心だてのためであった。

彼はほとんどすべての女性と特に若く、かわいいものを嫌った。

パーティーの最も偏屈な支持者、スローガンの飲み込む人、アマチュアスパイ、および強い向い風からの正統でない意見であったのはいつも女性ととりわけ若いものであった。

しかし、この特定の女の子は彼にたいていのものより危険な印象を与えた。

一度、彼らが廊下で通過した時に、彼女は彼を、まさに彼の中に貫通するようで、ちょっと、黒い恐怖で彼を満たした迅速な横の目で見た。

彼女が思想警察のエージェントであるかもしれないというアイデアは彼の心に浮かびさえした。

それは真実で、それは、非常にありそうになかった。

それでも、彼女が彼の近くのどこででもあった時はいつでも、彼は、奇妙な不安(それは敵意と同様にそれに関わった恐怖を持っていた)を感じ続けた。

他の人は、オブライエンという名の人、内側パーティーのメンバー、およびいくつかのホルダーがとても重要で、リモートに送るので、ウィンストンはその自然の漠然とした観念だけを持っていたことであった。

彼らが内側党員の黒いオーバーオールが近くなるのを見た時に、瞬間的な静寂は椅子のまわりで人々のグループを見落とした。

オブライエンは太い首と粗く、ユーモラスで、野蛮な面の大きく、体が大きい人であった。

彼の恐るべき外観にもかかわらず、彼に物腰の一定の魅力はあった。

彼は、もの珍しそうに文明化されて、いくらかの曖昧な方法で.をもの珍しそうに解除していた彼の鼻への、彼のスペクタクルを再植民させる悪さを持っていた。

それは、誰でもそのような用語でまだ考えたならば、18世紀の貴族が彼のかぎタバコ入れを提供したのを思い出したかもしれない身振りであった。

ウィンストンはほとんど同じくらい多くの年にたぶん1ダース回オブライエンに会った。

彼がオブライエンの都会風な方法と彼のプロボクサーの体格のコントラストによって好奇心をそそられたので、彼は単独ではなく彼に深く引き付けられたと感じていた。

ずっと多くそれが、ひそかに保持された信念.のためであったこと、またはたぶん not 信念 単に希望.そのオブライエンの政治的な正統性が完全ではなかった でさえ。

彼の顔の中の何かが抵抗できないほどそれを提案した。

そして、再び、たぶん、彼の顔ではなく単に知能の中で書かれたのは正統でない意見でさえあった。

しかし、とにかく、彼は、あなたが、何とかして、あなたがテレビスクリーンを騙すことができたかどうかと話し、一人で彼のために取ってくることができた人である外観を持っていた。

ウィンストンは、一度も、この推測を確認する最も小さな努力をしたことがなかった:

実に、そうする方法が全然なかった。

この瞬間に、オブライエンは彼の腕時計をちらっと見て、それが約1100であったとわかり、明らかに、2分の憎悪が終わるまで、レコード部門に滞在すると決めた。

彼はウィンストン、向こうの2、3の場所と同じ列の中で椅子を取った。

ウィンストンに次の小部屋で働いた小さく、砂色髪の女性はそれらの間にいた。

黒い髪の女の子は直ちに遅れて座っていた。

次の瞬間に、恐ろしく、砕くスピーチは、オイルなしで動いているいくらかの奇怪なマシン現在、部屋の終わりに大きなテレビスクリーンから破裂した。

ものの後ろの毛がいちゃいちゃすることは、人を不愉快にし、逆立ったノイズであった。

憎悪は始まった。

いつものように、エマニュエル ゴールドスタイン(人々の敵)の顔はスクリーンにぱっとついた。

聴衆の間にあちこちに歯擦音があった。

小さな砂色髪の女性は混合された恐怖と嫌悪のキーキー声を与えた。

ゴールドスタインは、一度、(誰も前どれくらいとまったく思い出していたわけではない)ずっと前に、ビッグ・ブラザー自身とのレベルのほとんど上のパーティーの大物のひとりであったし、それから反革命活動に従事した背教者と背教者であり、死刑を宣告されて、神秘的に脱出し、消えた。

2分の憎悪のプログラムは日ごとに変わったけれども、ゴールドスタインが主要な人物ではなかったどれもなかった。

彼は最初の反逆者(パーティーの純粋さの最も早い汚す人)であった。

幕のサボタージュ、異端〈逸脱〉は彼が教えることをはずれて パーティー〈すべての裏切り〉に対するすべてのその後の犯罪 直接跳ねた。

その辺で、彼はまだ生きていて、彼の陰謀をたくらんでいた:

たぶん、彼の外国の会計係の保護(たぶん.のでそれが時々オセアニア自身でいくらかの隠れ家で噂された.でありさえした)下の海を越えるどこか。

ウィンストンのダイヤフラムは圧縮された。

彼は決して感情の痛い混合物なしでゴールドスタインの顔を見ることができなかった。

それは、1対のスペクタクルが置かれた終わりの近くで、長い薄い先端の一種の高齢の愚かさによって、何とかしてそれなのに本来卑劣に、やせているユダヤ人顔〈白い毛の大きいファジー後光、および1つの賢い面あたり1つの小さいヤギ髯あごひげ.を持つ〉であった。

それは羊の顔と似ていて、声も羊のような品質を持っていた。

ゴールドスタインは、パーティー.の主義への彼の通常の有毒な攻撃に、子供が、それを通して見ることができるべきであったそう誇張されて、倒錯的な攻撃を配達していたのに、まさに、自身より分別がない他の人々がそれによってだまされるかもしれないという警告された感じでものを満たすのに十分にもっともらしかった。


実にどのような党員よりも多くの新言語言葉は通常実生活において使うであろう。

そしてその間中、ものが何の中にでもないように、ゴールドスタインがカバーされた見せ掛けだけの不誠実な発言である現実について、正確に同様な他によって取り替えられるために、そこのテレビスクリーンの上の彼の頭の後ろを、スクリーンの表面まで泳ぎ、消滅した無表情なアジア顔のいかにもしっかりした人の列の後のユーラシア軍隊.列の無限のカラムが行進したのを疑っていなさい。

兵士のブーツの鈍いリズミカルな放浪者はゴールドスタインのぐちる声に背景を形成していた。

憎悪が30秒の間進む前に、激怒の制御不可能な叫び声は部屋の半分の人々から突発していた。

スクリーンの上のセルフ充足している羊のような面とそれの後ろのユーラシア軍隊の恐ろしいパワーは、持ち運ばれるにはあまりにも多くであった:

さらに、視界またはゴールドスタインの考えさえ自動的に恐怖と怒りを引き起こした。

彼は、オセアニアが、それが他を持つ平和で一般にあったこれらの能力の1つとの戦争にあった時以来ユーラシアまたはEastasiaのどちらかより一定の憎悪のオブジェクトであった。

しかし何が奇妙であったかは、ゴールドスタインは新聞の中、本の中で、毎日と千は1日の時間を計るけれども、プラットフォームの上、テレビスクリーンの上のみんなによって憎悪されていて、軽べつされていたけれども、彼の理論が反駁されたことであり、粉々になり、嘲笑し、それらがすべてのこれにもかかわらずあった哀れな屑のために、一般的な注視に持ち上げて、彼の影響は決して、少なく成長するようでなかった。

いつも、彼によって魅惑されるまで待っている新鮮なお人よしがいた。

彼の指導のもとで行動しているスパイと計画的妨害者が思想警察によって暴露されなかった時に、1日は決して過ぎなかった。

彼は広大な暗い軍隊(国家の打倒に専念した共謀者の地下のネットワーク)の司令官であった。

兄弟関係、その名前は、そうであると思われていた。

また、ひどい本(すべての異端の解説)のささやかれた話があった(それのうちの、ゴールドスタインはその作者であり、あちこちで内々に流れた)。

それはタイトルなしで本であった。

人々はそれを単にあったとしてもその本と称した。

しかし、ものは漠然とした噂を通してだけそのようなことを知っていた。

それを避ける方法があったならば、兄弟関係とその本のどちらも、どのような普通の党員も言及するであろう主体ではなかった。

その2分目で、憎悪は熱狂に上がった。

人々は、彼らの代わりに上下に飛躍していて、スクリーンから聞こえた腹立たしいぐちる声をかき消すために彼らの声の限りに怒鳴っていた。

小さな砂色髪の女性は明るいピンクになり、彼女の口は陸揚げされた魚のそれのように開いていて、閉じていた。

オブライエンの重い顔さえ紅潮した。

彼が波の猛攻撃に耐えていたかのように、彼は、彼の椅子、彼の強力な胸はれもの、および振動の中で非常にまっすぐに座っていた。

ウィンストンの後ろの暗い髪の女の子は‘ブタ!’と叫びはじめた。

ブタ!

彼女が 重い新言語辞書を拾い上げて、それをスクリーンに浴びせたブタ!'と突然。

それはゴールドスタインの鼻にとどき、離れてバウンドした;

声は無情に続いていた。

明瞭な瞬間に、ウィンストンは、彼がその他のために叫んでいて、彼の椅子のはしご段に対して激しく彼のかかとを蹴っていると気付いた。

2分の憎悪の恐ろしいところは、人が、役を演じることを義務づけられていたけれども一方では、参加するのを避けることが不可能であったことではなかった。

30秒以内に、どのような見せかけでもいつも不要であった。

恐怖と報復(殺したいという、拷問したいという、大ハンマーによって面を打ち壊したいという願望)の恐ろしい有頂天は、しかめつらをしていて、絶叫している精神異常者の中に人の意志に反してさえものになって、電流のように人々のグループ全体を通して流れるようであった。

それなのに、人が感じた激怒は、1つのオブジェクトからブローランプの炎のような別のものに切り替えられることができた抽象的で、指示がない感情であった。

従って、ちょっとの間に、ウィンストンの憎悪は全くゴールドスタインに対して回されなかったけれども、一方ではビッグ・ブラザー、パーティー、および思想警察に対してであった;

そして、そのような瞬間に、彼がスクリーン、真実の唯一の保護者、および嘘の世界の正気の上の寂しく、あざ笑われた異端者に同情した。

それなのに、非常に次の瞬間に、彼は彼についての人々と同意見で、ゴールドスタインについて言われたすべては彼に、真実であるようであった。

それらの瞬間に、ビッグ・ブラザーの憎んでいる彼の秘密は崇拝に変わり、上がっているタワー(アジアの大群に対する岩石のように立っている無敵で、大胆な保護者)にビッグ・ブラザーは思われて、ゴールドスタインは、彼の隔離、彼の無力さ、および彼のまさしくその存在について掛かっていた疑いにもかかわらず、彼の文明の構造を破壊する声の単なるパワーによって有能ないくらかの不吉な魔法使いのように思われた。

それはこの方法のスイッチ1の憎悪または自発的な行為によるそれに時々可能でさえあった。

突然、人が悪夢の中で枕から離れて人の頭をねじる多少暴力的な努力によって、ウィンストンは、彼の憎悪をスクリーンの上の面から彼の後ろの暗い髪の女の子に移すことに成功した。

鮮明で、美しい幻覚は彼の心にぱっと浮かんだ。

彼はゴム製の職杖によって死ぬまで彼女をむち打つであろう。

彼は彼女を裸で賭け金に縛り、セバスチャン聖人のように彼女の矢の全部を撃つであろう。

彼は彼女をうっとりさせて、最高潮の瞬間に彼女ののどを切るであろう。

前よりよく、さらに、彼は、彼が彼女を憎悪していたのがなぜであったかを理解した。

彼女が若く、かわいく、無性であったので、彼が、彼女と就寝したく、決してそうしないであろうので、あなたに、あなたの腕によってそれを取り巻くように頼むようであった彼女の甘い素直なウエストのまわりに、不愉快な緋色のサッシ、純潔の攻撃的なシンボルだけがあったので、彼は彼女を憎悪していた。

憎悪はその最高潮に上がった。

ゴールドスタインの声は実際の羊のメーメーになり、少しの間、面は羊のそれに変わった。

そして、進んでいて、巨大で、ひどいようであったユーラシア兵士の数値の中に溶かされた羊面、吠えていて、スクリーンの表面から跳ねるので最前列の中の人々の何人かが実際彼らの座席の中で後方に身を引いていたような彼のサブ機関銃。

しかし、同じ瞬間に、リリーフの深いため息を誰からも引くことによって、ビッグ・ブラザー、黒髪、黒口髭の面に溶かす敵対的な数値はした それがほとんど満たした スクリーン パワーおよび神秘的な静けさと広大であることの全部 。

誰も、ビッグ・ブラザーが言っていたことを聞かなかった。

それは、激励(個々に区別できるのでなく話される事実によって自信を復元している戦いの騒音において発せられる種類、の言葉)の単に少しの言葉であった。

それから、ビッグ・ブラザーの顔は再び薄れて、代わりに、パーティーの3つのスローガンは大胆な首都で目立った:

戦争は平和である。

自由は奴隷制度である。

無知は力である。

それがみんなの眼球の上で作ったインパクトが、直ちにすり減らすには鮮明すぎたかのようにスクリーニングしなさい。

小さな砂色髪の女性は彼女の前で椅子の背の上で自身を前に投げた。

‘私の救助者!’のように聞こえていた震えたつぶやきによって、彼女はスクリーンに彼女の腕を拡張した。

それから、彼女は彼女の両手で彼女の顔をおおった。

彼女が祈りを発していたことは明白であった。

この瞬間に、民のグループ全体が'B-Bの深く、ゆっくりリズミカルな歌の中に壊れた!



何度も何度ものB-B!'. 非常にゆっくり 長い休止 間、1が裸の足の切手と鼓動を太鼓で聞くようであった背景で妙に野蛮で何とかして 。

たぶん30秒もの間、それらはそれを維持した。

圧倒的な感情の瞬間にしばしば聞かれたのはリフレインであった。

部分的に、それは知恵への一種の賛美歌とビッグ・ブラザーの威厳であったけれども、より一層それは自己催眠(リズミカルなノイズによる意識の故意の溺死)の行為であった。

ウィンストンの内臓は、冷たくなるようであった。

2分の憎悪において、彼は、一般的な精神錯乱ではなく'B-Bのこのサブ人の唱和のため分担しないではいられなかった!



いつも恐怖によって彼を満たすB-B!'。

もちろん、彼は残りによって唱和した:

それ以外のことをすることは不可能であった。

他のみんながしていたことをするためにあなたの顔をコントロールするためにあなたの感情を隠すことは本能的な反応であった。

しかし、彼の目の表現が多分彼を裏切ったかもしれない2、3秒のスペースがあった。

そして、もし本当とそれが起こったならば、それは、重要な事が起こったこの瞬間に正確にあった。

瞬間的に、彼はオブライエンの注意をひいた。

オブライエンは立ち上がった。

彼は彼のスペクタクルを取り去り、彼の独特な身振りによって彼の鼻の上でそれらを再植民させることの最中にいた。

しかし、彼らの目が合った時に、そしてウィンストンが偶然はい.を知っていて、彼が知っていたことに必要であった限り、1秒の小数部があった!

.

そのオブライエンは自身と同じ物を考えていた。

まぎれもないメッセージは通過した。

それらの2つの精神が開いたかのようで、考えは彼らの目を通して他の中への一方から流出していた。

‘私はあなたと一緒にいる’、オブライエンは、彼に言っているようであった。

‘私は、あなたが何を感じているかを正確に知っている’。

私はすべてあなたの軽蔑、あなたの憎悪、あなたの嫌悪を知っている。

しかし、心配しないでください、私は、知能のフラッシュがなくなったあなたの側の!'And thenの上にいて、オブライエンの顔は他のみんなのと同じくらい不可解であった。

それはすべてそうであり、彼は、それが起こったかどうかについてすでに確信がなかった。

そのような出来事は決してどのような続編も持っていなかった。

彼らがしたすべては、生きたまま彼の中に信念を保持するか、望むことであり、自身のほかにその他はパーティーの敵であった。

たぶん、広大な地下の共謀の噂は結局真実であった。

たぶん、兄弟関係は本当に存在していた!

兄弟関係が単に神話ではなかったことを確認することは無限の逮捕と告白と処刑にもかかわらず不可能であった。

それ、notの数日において彼が信じた数日。

証拠(何も意味するかもしれないか、何も意味しないかもしれない飛び過ぎて行く一見)だけが全然なかった:

耳にされた会話のはしばし、気絶は、それが承認の合図であるかもしれないように見えた手の、2人のよそ者が会った時の小さなムーブメントさえ洗面所壁.上で1回走り書きする。

それはすべてあて推量であった:

おそらく、彼はすべてを想像していた。

彼は、再びオブライエンを見ずに彼の小部屋に帰った。

それらの瞬時接触を追跡するアイデアはほとんど彼の心に浮かばなかった。

彼がどのようにかを知っていても、それをすることに着手することは思いもよらないほど危険であったであろう。

1秒、2秒の間、彼らは不確かな一見を交換し、それは話の終わりであった。

しかし、人が、住む必要があったロックされた孤独において、それさえ忘れられない出来事であった。

ウィンストンは奮起し、よりまっすぐ座っていた。

彼はげっぷを出した。

ジンは彼の胃から上がっていた。

彼の目はページに再び焦点が合った。

彼は、沈思しながら、彼が力なく座る間、自動的な行動によるかのように、彼がまた書いていたと気づいた。

そして、それはもう前と同じ読みにくい、無器用な手書きではなかった。

彼のペンは、大きなきちんとした首都DOWN WITHビッグ・ブラザーの中でプリントしてすべすべした紙の上で官能的に滑った。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

何度も何度も0.5ページを満たす。

彼は、パニックの激痛を感じないではいられなかった。

それらの特定の言葉のライティングが、日記を開く初期の行為より危険でなかったので、それは不合理であったけれども、ちょっと、彼は、台無しにされたページを引きちぎり、完全に企業を捨てたいとういう誘惑にかられた。

彼が、それが無駄であったと知っていたので、彼はしかしそうしなかった。

彼がWITHビッグ・ブラザーの下に書いたかどうかまたは彼が、それを書くことを控えたかどうかは、違いを全然生じさせなかった。

彼が日記を続けたかどうかまたは彼がそれを続けなかったかどうかは、違いを全然生じさせなかった。

思想警察はそれでも彼をつかまえるであろう。

たとえ他をそれ自体はすべて含んでいた必須の犯罪に紙を張るために、彼がペンを一度もセットしたことがなくても、彼は委任し、まだ委任していたであろう。

Thoughtcrime、彼らはそれを呼んだ。

Thoughtcrimeは、永遠に隠されることができた物ではなかった。

あなたは何年もの間さえしばらく首尾よく身をかわすかもしれないけれども、遅かれ早かれ、彼らは、あなたをつかまえる義務があった。

逮捕が常に夜起こったことはいつも夜.であった。

睡眠からの突然の筋肉のけいれん、あなたの肩を振っている荒れた手、あなたの目の中でぎらついているライト、ベッドのまわりのかたい面のリング。

事件の大部分の中に、トライアル、逮捕のリポートが全然なかった。

人々は単にいつも夜の間に消えた。

あなたの名前はレジスターから削除されて、あなたがそれまでにしたことがあったすべてのすべてのレコードは拭き取られて、あなたの1回の存在は否定されたし、それから忘れられる。

全滅して、あなたは廃止された:

通常の言葉は蒸発した。

ちょっと、彼は一種のヒステリーによってつかまれた。

彼は急いだだらしない走り書きを書き込みはじめた:

兄と、それらは、首i dont世話の後ろで、 下の首i dont世話の後ろのtheyll射撃私i好まないtheyll射撃私 いつも兄とあなたを撃ち落とす

彼は自身を少し恥じている彼の椅子の中でゆったり座り、ペンを置いた。

次の瞬間に、彼は激しく出発した。

戸口にノッキングがあった。

すでに!

それがあった誰でも1回の試みの後に消え去るかもしれないという無益な希望においてマウスと同じくらい静かに、彼は座った。

しかし、どのノッキングも繰り返されなかった。

最も悪い物は、遅延することであるであろう。

彼の心臓はドラムのようにどきどきしていたけれども、彼の顔は、長い習慣から、たぶん無表情であった。

彼は起床し、重く、ドアに接近した。





ジョージ・ブッシュJr.そしてその数字は13

George Bush Jr.

And The Number 13


by Robert Howard


Hard Truth/Wake Up America


July 12,2001



For the past four years I have been researching the founding of this great country of America and its involvement in Freemasonry. Most of the founding fathers were involved with Freemasonry. You can read the research here. While doing this research, the number 13 is every where. To the Masons this is considered the most Masonically correct number. You can read some of my research into the number 13 here. In this particular article I would like to concentrate on our current President George Bush Jr. He became our 43rd President when Gore conceded to default on December 13th, 2000. When it was announced, I knew the occult significance of this number 13.


E.W. Bullinger writes:


"As to the significance of thirteen, all are aware that it has come down to us as a number of ill-omen. Many superstitions cluster around it, and various explanations are current concerning them. "Unfortunately, those who go backwards to find a reason seldom go back far enough. The popular explanations do not, so far as we are aware, go further back than the Apostles. But we must go back to the first occurrence of the number thirteen in order to discover the key to its significance. It occurs first in Gen. xiv. 4, where we read 'Twelve years they served Chedorlaomer, and the thirteenth year they REBELLED.' "Hence every occurrence of the number thirteen, and likewise of every multiple of it, stamps that with which it stands in connection with rebellion, apostasy, defection, corruption, disintegration, revolution, or some kindred idea." (Bullinger, E.W. Number in Scripture, Kregel Publications, (c)1967, p. 205).


~省略~


ジョージ・ブッシュJr.

そして数字は13

ロバート・ハワードによって

アメリカの上の難しい真実/航跡

2001年7月12日

この4年の間、私はアメリカとフリーメーソンにおけるその関与のこの大きな国の設立を研究していた。

創始者のほとんどはフリーメーソンに没頭した。

あなたはここで研究を読むことができる。

この研究をする間、番号13はすべての所である。

メーソンに、これは最もフリーメーソン的に正しい数と考えられる。

あなたはここで数13についての私の研究のいくらかを読むことができる。

私が、私達の現在の大統領ジョージ・ブッシュJr.に集中したいこの特定の記事の中で、2000年12月13日に履行を怠るために、ゴアが容認した時に、彼は私達の第43代大統領になった。

それが発表された時に、私はこの数13のオカルト意義を知っていた。

E.W. ブリンガーは書く:

「13の意義について、すべては、それが多くの悪い前兆として私達に達したことに気づいている」。

多くの迷信はそれに群がり、様々な説明はそれらについて流通している。

「あいにく、ほとんど理由を見つけないために、後方に行く人々は十分に遠くまで帰る」。

私達が知り、使徒よりさらに帰る限りでは、ポピュラーな説明はしない。

しかし、私達は、その意義へのキーを発見するために数13の最初の出来事に帰らなければならない。

それは最初に将軍xivに存在している。

私達が、『それらがケダラオメル、および13番目の年に出した12年 それらREBELLED 。』を読む4

「それゆえ、数13の、そして同様にそれのすべての倍数のすべての出来事は、それが謀反、背教、脱会、腐敗、分解、革命、またはある類似したアイデアに関連してどれに対抗するかをそれに押印する」。

私は、またあなたにフランクリン・ルーズヴェルト大統領言葉を思い出させたい。

(「政治において、何も偶然起こらない」。)

(それが起こり、できるならば、それがあった賭けはその方法で."を計画した)

それは、私達の大統領のほとんどがそうであった/英国ロイヤルティと関連しているという、私がデイビッドIckeのアーカイブからの情報のこの情報にぶつかったという主張についての研究をする間であった。

選挙の成功と、王室の遺伝子が関わりがあるならば、共和党の米国の大統領候補ジョージ・W・ブッシュはホワイトハウスで次の人になるであろうと英国の貴族バイブルは火曜日に言った。(抜粋文を開始しなさい)

バークの貴族(貴族階級の繁殖への尊敬されたガイド)は、ブッシュと彼のライバルのアル・ゴアの両方が王室の出であると言ったけれども、深く彼らの遺産の調査は、ブッシュがもっとずっと高潔で、王室の接続を持っているのを示す。

ブッシュは、王位--アルバニアのキングを含める--内外のすべてのヨーロッパ君主とは近い親戚関係にあり、英国の王室、ウィンザー家のすべてのメンバーと親族関係を持っている。

彼は英国の皇太后の、そして彼女の娘エリザベス女王の13番目のいとこであり、王位、チャールズ皇太子の継承者の一度追放された13番目のいとこである。

ブッシュの家系図は15世紀初期と同じくらいずっと前に文書化されることができる。

彼は、ヘンリー3世の、そしてまた、フランスのルイ11世の妻であったヘンリー8世の姉妹メアリーチューダーの直接的な子孫を持っている。

彼はEngland.http://www.davidicke.net/newsroom/america/usa/101900a.htmlのチャールズ2世からまた下降する。

以下のすべてはブッシュJr.と関連した数13の状況であるか、偶然であるか?または、いくらかのオカルト路線についての慎重に立てられた計画であるか?

私は、あなたが、アメリカがオカルト原則に基づいていたという、私がしたのと同じ結論に至る以下の記事を読むことを提案するであろう。

フランシス・ベーコン卿は、早い1590年代から始めて、北アメリカが植民地化されるであろう詳細な計画を開始した。(抜粋文を開始しなさい)

彼はばら十字会員社会で最高の名人であり、ヘルメット[同じ本、ページのスーパー秘密のナイトを設立した。

123-129の](バラ十字会の教義のラインに沿って設立された社会)。

そして、最終的に、彼の本(Kessingerの出版によって増刷されたベーコンMasonry、ISBN1-56459-108-5の)中のフリーメーソン作者、George V. Tudhopeによって詳細であるように、ベーコンはフリーメーソンの現代の誕生に責任があった。

従って、私達は、上で述べられている私達のオリジナルのオカルト祖先のオカルト活動が、元来、「コロンバスがそもそも帆走する数千年前」と思われたオカルト計画の単に早く仕事することであったとわかることができる!

彼が心を誘導することによって彼を提供されたビジョンに従って働いて1590年代に特にフランシス・ベーコン卿によって想像されているように、私達のフリーメーソン祖先は単にオカルト計画の詳細に続いていた。

「ワシントンD.C.の話としての[Ovason、 P.62]Alsoは広がり、私達は、ランファンが都市のために計画した大通りの13本のおおよそ連続ラインが、星の刻印を受け取るためにレイアウトされて、国旗の縞を象徴していたという結論に強制される」。

[Ovason、 P. 66] さらに、7月4日は6月21日に夏至をちょうど13日求めている。

この計算において、6月22日は‘初日’と思われる。

数13はサタンの謀反の番号であり、ルシファーの伝承において顕著に目立っている。

しかし、現在、デイビッドOvasonは独立宣言について何か新しいことを私達に話す。

「これらの[占星術の]計算ははっきりと、日に、独立宣言がフィラデルフィアで合意されて、太陽がシリウスの上にあったことを示す」。

[138ページ]従って、彼らが独立宣言の表現について合意するべきである日にさえ、私達のオカルトフリーメーソン創始者は計算した。

この日は、太陽がシリウスの上にあったものであった。

この国家を設立することに成功したイベントのタイミングへのこの慎重な注意は占星術の現象に従って前もって決定された!

Ovasonはその時はっきりと、「最初に、独立宣言にサインしたメーソンは宇宙のイベントとして7月4日の特定の意義に気づいていたであろう」、http://www.cuttingedge.org/news/n1487.cfm
と論述する。

受け入れることができないあなたたちのそれらのために、米国がocculticな根を持っているというアイデアはワシントンD.C.とその意味の以下の通りレイアウトを考慮するべきである。








オカルト主義者/悪魔の主義によると、ヤギ頭(左)の上部の4ポイントは世界、火、水、地球、および空気の4つの要素を表している。

底の5番目のポイントは明けの明星の心を表している。

ヤギ頭Pentagramの上記の写真複写の中で、5番目のポイントは下りを、明けの明星を表しているヤギの精神に拡張する。

星形五角形の南の部分がホワイトハウスに落ちるワシントン通りレイアウトの上記の星形五角形に気づきなさい。

サタンの心が、暮らすことである所。

1月20日に、ほんのわずかの短い日に、大統領の就任のオカルト式典は起こるであろう。

チーフ新司令官はワシントンモニュメントとして知られている神聖なエジプトオベリスクに直面し、就任の前兆を取るであろう。

それが築かれている時に、私は就任のプラットフォームの写真を持っていて、遠くにそれの上でぼんやりと現れることは遠くにその呪わしいイメージである。

私は2つの機会に異教の太陽神へのそのエジプト記念碑の中にいて、その場所の悪の存在は筆舌に尽くしがたい。

構造のピラミッド形のトップは、夜赤いライトでイルミネーションされる2つのウィンドウを持っていて、効果は都市を見渡している2つの輝き赤目に似ている。

石造建築のこの555フィートの断片は時々州議会議事堂建物に反射プールを横切って不吉な影を落とし、それがコロンビア特別区のこのオカルト都市の上で上がるにつれて、太陽が打つのは最初のオブジェクトである。

あなたが555フィートの高さをインチに変換するならば、それが6660に出ることはまた注に興味深い(それは構造の神聖な幾何学に埋め込まれた獣の番号を明らかにする)。

それは、就任が、魔女が水瓶座の合図に入っている太陽を祝福しているまさしくその瞬間に起こるであろうこの背景とともにある。

同じ啓蒙主義者によって支配された新政権!

読書において、Svaliは啓蒙主義者である:

彼女の2番目のシリーズpt12のEx啓蒙主義者プログラマーと、彼女が以下を述べるピラミッドのトップにインタビューしなさい:

(抜粋文の開始しなさい)「米国は地理的に7つの異なる地域に分割されている」。

各地域は、ローカルなリーダーシップ協議会と調和する13人のメンバーリーダーシップ協議会を催す(あなたは今ごろアイデアを理解しているか?

(啓蒙主義者はたいそう「アムウェイ」または各メンバーのための責任のフローチャートを持つすべての他のうまく組織化された企業のように設定される)。

この協議会はこのような何かのようであろう:

協議会(1)のトップ、軍隊(2つの座席)、黒人霊歌(2つの座席)、奨学金(2つの座席)、財源(2つの座席)、トレーニング(2つの座席)、科学(2つの座席)。

合計:

「13人のメンバー」。

さあ、フリーメーソンのコントロールされたNASAからの数13についての以下の情報を考慮しなさい。

記事からのこの抜粋文はもう一度デイビッドIckeのからアーカイブする。

アポロ宇宙計画における名前、任務、着陸地、およびイベントのすべてはオカルト隠喩、儀式、および啓蒙主義者の秘密の宗教の象徴学を反復した:(抜粋文を開始しなさい)

候補者(物質的な接触のない月の軌道と観察)、問題の初期の(解決の再生、およびに死(爆発)、棺(それらの生き残りの不確実性の期間)中の配置、スピリチュアルな世界との宗派、および難解な知識の分与を巻き込んでいる入会式のための隠喩であった1970年4月13日の1:13(1313の軍隊の時間)の「水瓶座」(ニューエイジ)と名付けられた宇宙船アポロ13上の偽造された爆発は最も透明であった。

ライオン足(アポロ13のリエントリと回復)のグリップによって)と起きている上げ(フェニックス、水瓶座のニューエイジの)を修理する。

13は死者と再生、死、および再生、犠牲、フェニックス、キリスト(問題において投獄された完成した魂)、および老人から新しいものまでの変遷の番号である。

アポロ任務のフリーメーソンシンボル


13はオカルトのための不思議な数である。

そのどこでも使われたもの。







上記のより多くについては、13と33を見なさい:

フリーメーソン会員のサイン

あなたは、これのすべてが偶然の一致であると本当に思う。

オッズはどのくらいであるか?

それで、私達は何を本当に見ているか?

私達は、英国の皇太后の、そして彼女の娘エリザベス女王の13番目のいとこであり、王位、チャールズ皇太子の継承者の一度追放された13番目のいとこであるジョージ・ブッシュJr.大統領を持っている。

元来、13の植民地を持っていた国家の12月13日に公式に第43代大統領になる(それが、6月21日に夏至をちょうど13日求めているその独立日7月4日を祝福する)。

この計算において、6月22日は‘初日’と思われる。

イスラエルの13番目の種族であるために、いくつかがこの国を誰と考えるか。

エフライムはイスラエルの13番目の種族である。

メリーランドのジョージタウンロッジNo.9が、国旗の縞を象徴していた都市のために、ランファンが計画した大通りの13本のおおよそ連続ラインによって取り囲まれる式典のために、星の刻印を受け取るためにレイアウトされて、どれがまたであるかが悪魔星形五角形においてレイアウトされると理解した時に、基礎があったホワイトハウスから支配するブッシュは1792年10月13日土曜日にフリーメーソン儀式によって横になった。

サタンの心が、暮らすことである所で表している南のポイント。

チーフ新司令官はワシントンモニュメントとして知られている神聖なエジプトオベリスクに直面していて、就任の前兆を取り、あなたが555フィートの高さをインチに変換する時に、それは6660に出る(それは構造の神聖な幾何学に埋め込まれた獣の番号を明らかにする)。

私達のリーダーは、地理的に米国を7つの異なる地域に分割するために啓蒙主義者の誰に与えた。

各地域は、ローカルなリーダーシップ協議会と調和する13人のメンバーリーダーシップ協議会を催す。



1313の軍隊時間の2002年1月13日

私は、通常、予測をする人ではないけれども、オカルトリーダーが、この数13で私達の第43代大統領を取り囲むことを続行することを許されるならば、何が私達を待ち構えているか?

上記の情報によって武装し、それがアポロ13とともにあった時に、災害が風にあるならば、2002年1月13日がブッシュの大統領任期の13番目の月になるであろうということを心に留めなさい。

私達のリーダーは1月13日の1:13(13:13)軍隊時間にいくらかの災害を発表するであろう。

株式市場が、たぶん崩壊させる意志と13章、世界。

および/または、私達は聖書の予言が働き始めるのを見るであろうか?

それは、私達がキリストのリターンの日または時間を知らないことを手紙で知らせられる。

しかし、これはアンチ・キリストの日と時間であるかもしれないか?

13は死者と再生、死、および再生、犠牲、フェニックス、キリスト(問題において投獄された完成した魂)、および老人から新しいものまでの変遷の番号である。

啓蒙主義者は、最終的に、この日付に木星に点火することができるであろう。

アンチ・キリストの時代を表す新しい(星)太陽。

新事実13時13分(と彼の実現 彼maketh火が地球の天国から人の視界に降りて来ることとdoeth大きい不思議、(アンチ・キリスト) 。

および/または それ である新事実13時17分とそれ どの人も買うことができない意志 または売りなさい 保存する 獣、または彼の名666の番号のマーク、または名前を持っていた彼 。

SkinCodeを見なさい。

13のこれらの例のすべてが偶然の一致であるわけではない。

いくつかが、ジョージ・ブッシュJr.が生まれたときからたぶん第43代大統領であるように処理されている。

これはJr.をプレーヤーにする。

それは、私達が投票することについて、このこの国で何と処理すると言うか?

ショー人々のためのそのすべて。

それは、私達がホワイトハウスを急襲し、この国を人々に返すことを妨げる。

ジミー・カーター、少なくとも18、または21(あなたがどのソースを信じるかにおける依存)が近親者である前に、考慮する別の興味深い事実は米国の37人の大統領のそれである。

どのようなconspiritologist(または数学者)でもあなたに話すであろう時に偶然の一致であるために、それはに多くに48.6パーセントと56.7のパーセントの遠くの間のどこかに来る。

21人の大統領の家系図の中の224人の祖先で、私達は13ルーズベルトの、16クーリッジの、および14タイラーのを見つける。

別のソースは、どうにかして大統領の60パーセントを関連させて、彼らのほとんどを大金持ちアスター家と結び付ける。

このデータは5人の最も最近の大統領の家系を含まない。

G.ウィリアムDomhoff心理学者は、ちょうどヨーロッパのそれのような排他的なアメリカの判決の大部分が結婚によって関連させられていると主張する。

(すべてはコントロール下にある。)

ロバートアントンウィルソンpg39-40)米国大統領とフリーメーソン権力機構による共謀、カルト、および隠蔽







悪魔主義者/Setinistの合図

酒を飲んで運転するためのブッシュの逮捕歴のコピーがここをクリックするのを見るには

また見なさい:click here


See also: Occultists Worship Numbers


オカルト主義者は数を拝む。

2002年1月13日




プレッツェルを飲み込もうとして息が詰まることからの疑わしい落下の後のジョージ・ブッシュ。

彼が殴り合いのけんかをしたように、より多くのようである。

President Faints at White House
大統領は、午後5時35分ESTごろに卒倒スペルが起こったホワイトハウスで卒倒する。

これが同じ大統領になるかどうかを確かめるために密接に待ち構えている5+3+5=13!

これには話されていた以上のものがある!

明日に事件が無い事を・・。







2006年11月11日に何か政治的なモノが起こるのであろうか??無い事を祈る・。


啓蒙主義者は意識的に数字を気にして行動を起こしている。2月11日スペイン列車事故、4月11日ロンドン爆破テロ、9月11日WTCテロ事件など。記念日に行われる・。啓蒙主義者行動に触れなければならないだろう・¥。グローバルガバナンス・NWO(新世界秩序)の構築が滞るため、打開策を行う可能性はある・。


彼らの支配の構図はこれからだろう・。




蛇足


修正:3月11日スペイン列車テロ、7月7日・21日ロンドン地下鉄爆破テロですた・。(≧▽≦)すんまそん・・。


9月11日に大事件が起こらずによかったです・。でも、警戒は必要かも・。

真実を隠すための、民主党の勝利・。




9/11 Truth Is Dying 9/11の真実は死んでいる。






Paul Joseph Watson & Alex Jones

Propaganda Matrix


Thursday, November 9, 2006

Many in liberal, progressive, truth community pacified by sham re-arranging of the deck chairs, desert movement, dilute focus, as Dean and Pelosi promise to protect Bush from impeachment


ディーンとナンシー・ぺロシが、弾劾からブッシュを保護すると約束する時に、デッキチェア、砂漠の動きの偽の再打ち合せによって制圧された寛大で、進歩的で、真実のコミュニティの多くはフォーカスを希釈する。



The empty "victory" of the Democrats' sweep of Congress has injected an anesthetic of apathy into the body politic and slowed the momentum of the move to have those responsible for 9/11 and the ensuing mess in Iraq brought to justice. Many people have swallowed the fraud and the 9/11 truth movement is dying.


The mandate of the 9/11 truth movement is to educate the world on the fact that the official story is a fraud and then use closely scrutinized independent investigations to ascertain precisely the guilty parties so that they may be brought up on charges and such a horrific event, including its freedom crippling aftermath, may never be seen again.


Since leading Democrat power-brokers have already completely distanced themselves from investigating even the Iraq WMD scandal, how on earth can we expect them to look into 9/11 and it's ramifications? In that context in what way was Tuesday night a defeat of the Neo-Cons if all it has done is allowed them to escape the consequences of the last six years?


Far from being a victory for the 9/11 and alternative truth community, the mid-term elections seem to have pacified large sections of activists into believing the job has been done when in reality it's only just beginning. This is prompting a kind of desertion and a dilution in focus, which will only spell the end for the 9/11 truth movement as it withers on the vine through the lack of united anger and discontent.


Many on the political left have betrayed themselves as partisan hypocrites for not calling to task Democrats who are openly indicating they will protect Bush from criminal proceedings. The trend is becoming painfully clear as left-leaning websites across the blogosphere revel in associating their power with the newly elected Democrats while poo-pooing problems that were not fixed overnight but have seemingly evaporated into thin air for some just because Democrats were successful.


The talking points of elite sycophants Nancy Pelosi and Howard Dean are reverberating across the political spectrum - no impeachment of Bush, no investigation of Iraq and no independent inquiry into 9/11. Establishment phonies who previously railed against Bush are lining up and following orders.


Nancy Pelosi again repeated her assertion today that impeachment was "off the table," echoing Howard Dean's comments
to the Daily Show with Jon Stewart last night that, "we're not gonna do that."


The progressive community has put itself to shame by proving they only ever cared about one party and not about America. Bellwether liberal websites like Crooks and Liars
are already slavishly drooling over "Speaker Pelosi," even though that position is yet to be voted on. Bush and pro-torture Pelosi (she voted against condemning torture of Iraqis) meanwhile are busy kissing up to each other and scheming on how they can push through Bush's mass amnesty program that his own Republican House rejected.


議会の民主党の掃除の空の「勝利」は、無関心の麻酔薬を政治的統一体に注入し、9/11と裁判にかけられたイラクの続きめちゃくちゃに責任があるそれらを持つ動きの推進力を遅くした。

多くの人々は詐欺をうのみにし、9/11の真実動きは死んでいる。

9/11の真実動きの命令は、表向きの話が詐欺行為であるという事実の上の世界を教育し、それからそれらがチャージにおいて育てられることができて、余波を損っているその自由を含むそのような恐ろしいイベントが決して再び見られないかもしれないように正確に犯人を確かめるために密接に吟味されている独立な調査を使うことになっている。

民主党黒幕が、イラクWMDスキャンダルさえ調査することから自身ですでに完全に引き離した主要がどんなに一体できるので、私達は、彼らが9/11を調査することを期待していて、それは小区分である?

その文脈の中で、どんな方法の中で、それがしたすべてが、最近の6年の結果を免れるためにそれらを与えられるならば、火曜日の夜は新保守主義の敗北であったか?

9/11のための勝利と代わりの真実のコミュニティであることから遠く、中間選挙は、それがかろうじて開始している現実における時に、仕事が行われていると信じる中に活動家の大きなセクションを制圧したようである。

これはフォーカスにおいて一種の逃亡と希釈を促している(それが結合した怒りと不平の不足を通して実を結ばずに終わる時に、それは9/11の真実動きのために終わりを綴るだけであろう)。

政治的な左の上の多くは、彼らが刑事訴訟手続からブッシュを保護するであろうということを公然と示している民主党に負担をかけるために訪問しないために別動兵の偽善者として自身を裏切った。

傾向は、ただ、民主党が成功していただけで、一夜で解決されなかったけれども一見したところ薄い部分の中に蒸発したpoo pooing問題がいくつかのために放映する間、blogosphereが、それらのパワーを新しく選ばれた民主党員と結び付けることを楽しむと苦しそうに向こう側の左寄りのウェブサイトとして確信しつつある。

エリートのおべっか者ナンシーぺロシとハワード・ディーンの話すポイントは各政党を横切って鳴り渡っている - ブッシュの弾劾がなく、イラクのどの調査と9/11の独立な調査もない。

以前に、ブッシュをののしった設立偽物は整列していて、注文に従っている。

ナンシー・ぺロシは再び、今日、「私達はそれをしようとしていない」という昨晩のジョン・スチュワートとの毎日のショーへのハワード・ディーンのコメントを反復して、その弾劾が「テーブルから」であったという彼女の主張を繰り返した。

進歩的なコミュニティは、彼らがこれまでだけアメリカをではなく1つのパーティーを気にしたのを証明することによって自身を恥じ入らせた。

そのポジションがこれから、選出されることであっても、かぎとうそつきのような最先端自由主義者ウェブサイトはすでに「Pelosi講演者」に奴隷的に大喜びしている。

ブッシュとプロ拷問ぺロシ(彼女は、イラク人の拷問を非難することに反対の投票をした)はその間、互いにおべっかを使い、どのように彼らが、彼自身の共和党の議会が拒絶したブッシュのマス特赦計画を通して押すことができるかについて工夫することに忙しい。




Do we really expect Pelosi to stand up to the war-hungry Neo-Cons when she personally attacked the Iraqi President
for not supporting Israel's absolute butchery and destruction of Lebanon? Memories of liberal excuses for Bill Clinton's Serbian holocaust come flooding back.


Bush has signed into law the framework of a dictatorship under the Military Commissions Act, the updated Patriot Act and other bills, but the Democrats have not uttered a sound to suggest they will attempt to repeal any of this horrendous legislation.


The proto-dictatorship could never have been put in place without the seminal event of 9/11 and it is imperative that the 9/11 truth movement not be pacified by a sham re-arranging of the deck chairs. We must push like never before for a new independent investigation of 9/11 and if Democrats stand in our way they will be considered collaborators and part of the cover-up.


Where's the call to repeal the torture legislation? Where's the call to repeal the Patriot Act? Where's the call to stop the NSA spying on Americans? What we should be hearing is repeal, repeal, repeal, but instead it's betrayal, betrayal and more betrayal on the part of the brown nose Democrats. Meet the new boss, same as the old boss.


Lest we forget it was Bill Clinton and the Democrats who covered up the truth about the first World Trade Center bombing and the April 1995 Oklahoma City Bombing, both being pre-cursors to what happened on 9/11.


We were called right wing fascists when we opposed Clinton and left wing extremists when we slammed Bush - so now it seems we'll be labeled fascists again simply for standing up for freedom, and not the temporary power monopoly of one political party.


私達は、本当に、レバノンのイスラエルの絶対の屠殺場と破壊をサポートしなかったとして、彼女が個人的にイラクの大統領を攻撃した時にPelosiが戦争に飢えた新保守主義に耐えることを期待しているか?

ビル・クリントンのセルビアホロコーストに対する寛大な弁解のメモリーは後ろで氾濫して来る。

ブッシュは法律化のために軍隊委員会条例、アップデートされたパトリオット法、および他の法案のもとで独裁権の枠組にサインしたけれども、民主党は、彼らが、この恐ろしい立法のいくらでも廃止することを試みるであろうということを提案するために音を発しなかった。

プロト独裁権は決して9/11の独創的なイベントなしで実施されたはずがなく、9/11の真実動きがデッキチェアの偽の再打ち合せによって制圧されないことは必須である。

私達はかつてないほど9/11の新しい独立な調査を要求しなければならず、民主党員が私達の前に立ちはだかるならば、彼らは協力者と隠蔽の一部と見なされるであろう。

拷問立法を廃止する呼び出しはどこにあるか?

パトリオット法を廃止する呼び出しはどこにあるか?

NSAを止める呼び出しはどこでアメリカ人を探り出しているか?

私達が聞いているべきであるものは、廃止、廃止が廃止することであるけれども、代わりに、それは裏切り、裏切り、およびゴマすり民主党のほうのより多くの裏切りである。

高齢のボスと同じ様に新しいボスと会いなさい。

私達が忘れないように、両方が
、9/11上で起こったことへの前カーソルであって、最初のワールドトレードセンター爆撃と1995年4月のオクラホマシティー爆撃について真実を隠したのはビル・クリントンと民主党であった。

私達がブッシュを非難した時に、私達がクリントンと左翼過激論者に反対した時に、私達は右翼ファシストと呼ばれた - 従って、現在、私達が、単に、1つの政党の一時的なパワー独占ではなく自由を守るために再びファシストというラベルを貼られるようである。





We don't seek to create divisions between the progressive community and the so-called "conspiracy crowd" but unless immediate action is undertaken to ensure Pelosi does not become Speaker of the House nothing whatsoever will have been achieved by Tuesday night.


Liberals need to decide if they are on the side of a political party or the side of America. The first step is to lobby for John Conyers to take the position of speaker
. Conyers has at least raised the possibility of investigations into Iraq, illegal domestic spying and ultimately impeachment, while Dean and Pelosi have repeatedly assured Bush and the rest of his criminal cabal that they will be given safe passage.


Tony Soldo outlines the course of action required to truly achieve justice for the hundreds of thousands that have died at the hands of the Bush administration over the last six years, including the victims of 9/11.


"A Resolution , calling for the immediate with-drawing of U.S. troops from Iraq, and the Impeachment of Bush and Cheney, and the trial and prosecution of Bush , Cheney , and Rumsfeld , for war crimes, is completely valid and covered in detail in a document called the United States Constitution."


"In Article II , (the Executive Branch), section 4 , it states ; The President, Vice President, and all Civil Officers of the United States, shall be removed from office on Impeachment For, and Conviction of,


Treason , Bribery, or other High Crimes and Misdemeanors."


"If there is any doubt as to the blatant violation of the rule of law, both Constitutional and International , there can clearly be no defense for Bush, Cheney, and Rumsfeld, in their role as war criminals, and war profiteers after three years of chaos and mayhem in Iraq."


We also need to encourage Democrats to join Ron Paul's Liberty Committee
, so that Republicans and Democrats who actually believe in the bill of rights can come together and roll back Bush's trashing of the Constitution, and not scheme with him to pass legislation that the majority of Americans oppose like mass amnesty for illegals.


If mobbed-up sycophants like Pelosi and Dean block investigations into war criminals then they too should be treated as collaborators and exposed for helping aid the cover-up of the 9/11 attacks and the pre-planned invasion of Iraq under deceitful pretenses.


If America falls for this good cop bad cop theatre again the 9/11 truth movement will wither away and die and Hillary Clinton will simply inherit the unitary decidership that Bush has set up in 2008.


私達は、進歩的なコミュニティといわゆる「共謀群衆」の間で部門を作成することに努めないけれども、迅速な行動が、Pelosiが下院議長にならないと保証するために引き受けられない限り、全く何も火曜日の夜までに達成されなくているであろう。

自由主義者は、彼らが政党の側またはアメリカの側のどちらにいるかを決める必要がある。

最初のステップは、スピーカーのポジションを取るためにジョンConyersに陳情することである。

ディーンとPelosiが、繰り返し、それらが安全な通路を与えられるであろうということをブッシュと彼の犯罪の徒党のその他に保証したのに対して、Conyersは少なくともイラク、違法な国内のスパイ活動、および最終的な弾劾の調査の可能性を上げた。

トニーソルドは、9/11の犠牲者を含めて最近の6年の間にブッシュ政権の手にかかって死んだ十万のために本当に公正を達成するように必要とされている行動方針を概説する。

「戦争犯罪のためにイラクとブッシュとチェイニーの弾劾とブッシュ、チェイニー、およびラムズフェルドの裁判と起訴から米国軍の図面即時であることによるを要求している決議は完全に有効で、アメリカ合衆国憲法と呼ばれる文書の中で詳細にカバーされている」。

「記事II、(行政府の)中で、4を区分しなさいとそれは論述する;」

米国の大統領、副大統領、およびすべての文民役員は、それのための弾劾のオフィス、およびその信念から追放されることとする、

「反逆罪、贈収賄、または他の重大な犯罪と軽犯罪」。

「いくらかがあるならば、法の支配のあからさまな違反について、憲法で、そして国際的に、はっきりとブッシュ、チェイニー、およびラムズフェルドのための防御が戦犯としてのそれらの役割において全然なく、不当利得者がイラクで3年のカオスと騒乱の後で戦争するかもしれないのを疑っていなさい」。

私達はまた、アメリカ人の大多数が不法入国者のためにマス大赦のように反対する立法を通過するように、実際、基本的人権宣言を信じている共和党と民主党員が一緒に来て、ブッシュの憲法の破壊を巻き戻すことができるようにロン・ポールの自由委員会に参加し、彼と計画しない民主党員に勧める必要がある。

Pelosiとディーンのような上で襲撃されたおべっか者が戦犯の調査を妨げるならば、彼らも、協力者として扱われて、9/11の攻撃の隠蔽と人をだました主張の下のイラクへの前計画された侵略を援助するのを手伝うために露出されるべきである。

アメリカが再びこのよい警官の悪い警官劇場にだまされるならば、9/11の真実動きは向こうでしぼみ、死ぬであろうし、ヒラリー・クリントンは、単に、ブッシュが2008年に設定した単位のdecidershipを引き継ぐであろう。


蛇足


アメリカの民主党と共和党は裏表の関係だ・。政策の基本部分はどちらも、グローバルガバナンスを基本にしている。2大政党に隠れているが、10近くの少数政党があり、真実はそちらのほうであろう。


政府は、何も示さないビデオをリリースする前に、それに「より多くの時間」が必要であると言う。






Pentagon 9/11 Video Being Held Back by FBI

Government says it needs "more time" before releasing a video that shows nothing


Steve Watson

Infowars.net

Tuesday, November 7, 2006


The FBI has further delayed the release of a video that many bloggers have speculated may show the impact of flight 77 into the Pentagon on September 11th 2001.


Following last week's article detailing the imminent release of the Doubletree hotel video, a reader has informed us that after calling Judicial Watch and asking when the video would be made public, he was told:


'The Government said they needed more time'. When asked when enough time would pass before they could release the tape, they said they didn't know and it was indefinite...


Judicial Watch had previously announced that the video would be released before November the ninth and even speculated that it may be used as a political tool in order to sway mid-term election votes.


Ongoing FOIA requests and subsequent lawsuits should now have forced all known video tapes of the Pentagon attack out into the open. It seems that abiding by judicial law is something that the FBI refuses to be a part of however.


Judicial Watch Director of Investigations & Research and former military intelligence officer Chris Farrell, previously appearing on the Alex Jones show, agreed that the DoD only released the original Pentagon parking lot tape back in May 2006 because they wanted to for their own reasons. We have witnessed numerous times over the government claim national security in refusing to release evidence and they could have done the same in this instance yet they deliberately chose to relent and release the new tapes.


Why does the government need more time to release a video that is admitted by the FBI, under penalty of perjury, to show absolutely nothing? What are they cooking up? If they are not cooking anything up why are they flouting the law by refusing to release this and the other 83 tapes?






We have previously documented our concerns that the Pentagon issue may be used as a honey pot trap to bait 9/11 truthers into a distracting debate over what hit the building, deflecting attention away from the fact that whatever it was was allowed through the air defenses and performed incredible high speed military style maneuvers that even crack fighter pilots would find near impossible.


We can nip this baited trap in the bud by once again demanding the release of all videos they admit they have in their possession. We can then re-focus on demanding plausible explanations as to how the air defenses were bypassed at every stage and as to what brought the buildings down, including a 47 story building that was not attacked.


ACTION: Email and call Judicial Watch and demand they follow up on their promise to get the Doubletree and the other 83 videos released as per their ongoing lawsuit.


FBIによって抑制されている国防総省9/11ビデオ

政府は、何も示さないビデオをリリースする前に、それに「より多くの時間」が必要であると言う。

スティーブ・ワトソン

Infowars.net

2006年11月7日火曜日

FBIは、さらに、多くのブロガーが、2001年9月11日に国防総省の中に77便のインパクトを示すかもしれないのを思索したビデオのリリースを遅らせた。

ダブルツリーホテルビデオの差し迫ったリリースを詳説する先週の記事に続いて、リーダは、司法時計を呼び、いつビデオが公表されるであろうかを尋ねた後に、彼が話されたことを私達に知らせた:

‘政府は、彼らがより多くの時間が必要であると言った’。

彼らがテープをリリースすることができる前に、いつ十分な時間が過ぎるであろうかを尋ねられる時に、彼らは、彼らが知らなく、それが不明確であったと言った…

司法時計は、以前に、ビデオが11月9日以前にリリースされるであろうということを発表し、それが、中間選挙票を揺らすために政治的な手段として使われるかもしれないことを思索しさえした。

進行中のFOIA要求とその後の訴訟は現在外の国防総省攻撃のすべての既知のビデオテープを野外に押し込むべきであった。

司法の法律に従うことが、部分 of どんなに であるようにFBIが断る何かであるように思われる。

調査&研究の司法時計ディレクターと前の軍隊の諜報部員クリス・ファレルは、アレックスジョーンズショーの上で以前に出現して、彼らが彼ら自身の理由によりそうしたかったので、米国国防総省が2006年5月にオリジナルの国防総省駐車場テープをリリースしただけであったことに合意した。

私達は、証拠をリリースすることを断ることにおける政府主張国家安全保障の上で何度も立ち会い、それらはこの例において同じことをしたかもしれないけれども彼らは意図的に、和らぎ、新しいテープをリリースすることに決めた。

なぜ政府には、完全に何も示さないために偽証の刑罰の下でFBIによって認められるビデオをリリースするより多くの時間が必要であるか?

彼らは何をでっちあげているか?

彼らが何かをでっちあげていないならば、なぜ彼らは、これと他の83本のテープをリリースすることを断ることによって法律を無視しているか?

私達は、もう一度、彼らが、彼らで、彼らの所持品にあると認めているすべてのテレビのリリースを要求することによってつぼみのうちにこのいじめられたわなを摘み取ることができる。

どう防空網がすべての段階でバイパスされたかについて、そして攻撃されなかった47階建て建物を含めて、建物を倒したものについて、私達はきびしいもっともらしい説明の上のその時再フォーカスを缶詰めにする。

行動:

司法時計にメールし、呼び、彼らが、ダブルツリーと他の83のビデオをそれらの進行中の訴訟に従ってリリースさせるそれらの約束を追求するのを要求しなさい。

議論もできないとはいったい自由主義国か??

核論議 中川政調会長、改めて必要性提起 自民に不協和音



 
自民党の中川昭一政調会長は6日、二階俊博国対委員長の「自粛要請」を無視する形で、あらためて核論議の必要性を提起した。安倍晋三首相は「非核三原則を守る方針で閣僚も党幹部も一致している」と重ねて強調したが、不協和音は党内に影を落としている。



 「今は沖縄県知事選の最中だ。県民は平和を切に願っていることにご留意願いたい」



 夕方の役員会で、二階氏は唐突に切り出した。核論議をめぐる発言の自粛を間接的に求めたもので、中川氏は苦虫をかみつぶしたように押し黙った。



 これに先立ち、二階氏は国会内で下村博文官房副長官らと会談し「国会審議に支障を来すような発言を繰り返すのは控えてもらいたい」と、中川氏に同調した麻生太郎外相を念頭に閣僚の慎重な発言を求めた。



 一方、中川氏は名古屋市で講演し「批判に傾聴すべきところもあるが、そこから議論が始まる。『発言はけしからん』だけでは議論は全然深まらない。何ができて、何ができないか、今まさに真剣に考えなければならない」と述べ、発言を自粛する考えはないことを強調した。



 党執行部内の不協和音に他の幹部は頭を痛めている。中川秀直幹事長は6日夕の記者会見で「政調会長が提起するのは非核三原則を前提にした議論であり、そういう前提の議論は必要なことでもある。ただ、国会対策の責任者である二階氏の憂いも共有する部分がある」と吐露した。



 党内でも意見は分かれる。町村派は、2日の総会で核論議への批判が出されたことを、中山成彬事務総長が近く中川政調会長に伝える。谷垣、高村両派などからも自粛を求める声が相次いでいる。ただ、若手・中堅には「議論さえ認めないのであれば、日本の安全保障論議そのものが成り立たない」との声が強い。



 首相は「政府や自民党の機関で議論する考えはないが、それ以外の議論を封殺することはできない」と繰り返してきた。6日夜、都内のホテルで日本経団連の御手洗冨士夫会長ら財界人と会食した席では「だれも非核三原則に反対しているわけではないので、もうすぐ落ち着くだろう」と楽観的な見方を示したが、党内が二分される事態は避けたいところで、指導力が試されてもいる


麻生外相の罷免要求=民主・鳩山氏



 民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日夕、都内で開かれた同党都議の集会であいさつし、核保有論議を容認する発言を行った麻生太郎外相について「世界中から核をなくす運動のトップリーダーとして動かなければいけない日本の外相が、こういう発言をしたことに心から怒りを持って、罷免の要求をしていこう」と述べ、安倍晋三首相に対し外相を罷免するよう求める考えを示した。 


(時事通信) - 11月3日21時0分更新







蛇足

民主党や社民党、共産党は北朝鮮にこそ、日本国憲法9条や非核3原則について、

説明して回れ、日本国はすでに堅持してるのだから・・。核の論議は当り前だ・・相手が核を使うぞと脅しているのだから・対抗手段を考えるのは当然だ・。


朝鮮に何を遠慮するのか・・エエ加減に過去の遺物で嘘まみれな国とは、交渉などしない事だ・。敵なのだから対抗手段を持つ事こそ・・まともな議論ができる。

目には目をだ・・。











愛煙家の多事総論
から


http://blog.goo.ne.jp/bia1996/e/8af423ff2f443731369aaf0ff6730087




人ではない






人一人殺しておいて、それを恥じることも後悔する事も反省することもなく、新たな目標をいじめていく・・・。福岡でのいじめ殺人(あえて自殺とは言わない)事件で、いじめを行っていた「加害者」のガキどもは、事件後も別の生徒にいじめを繰り返していたという。



福岡いじめ自殺:事件後も別の生徒に繰り返す 同グループ




中2男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した福岡県筑前町立三輪中で、この男子生徒をいじめていたとされるグループが事件後も別の生徒にいじめを繰り返していたことが分かった。学校側は遺族側に「再発防止を目指す」と繰り返しているが、いじめ対策が進まない現状が浮き彫りになった。



 複数の関係者によると、新たないじめを受けているのは自殺した男子生徒と同じ学年の別の男子生徒。暴力的な行為はないものの、言葉によるいじめだったという。



 男子生徒の自殺後、間もなくいじめグループが別の男子生徒を対象にしたいじめを始め、見かねた他の同級生が保護者に相談し、保護者が学校側に通報した。学校側はこの保護者に「実際に新たないじめがあるかどうか調査中」と説明しているという。



 同級生の保護者によると「いじめのやり方は亡くなった男子生徒と全く同じと聞いている。学校は一体何をしているのか」と憤っている。



 自殺した男子生徒は自殺直前に7人の生徒からいじめを受けていたことが判明している。同中にはこの7人を含む多人数のいじめグループがあり、新たないじめもこのグループの生徒が繰り返しているという。



 男子生徒は死の直前まで「消えろ」など言葉によるいじめを繰り返し受け「いじめが原因です。いたって本気です。さようなら」などと記した遺書を残し、先月11日に自殺した。自殺した男子生徒の父親(40)は「また息子と同じようないじめが起きているとすれば許せない。つらい思いをするのは私たちで十分だ」と話している。【船木敬太、高橋咲子】





このガキ達は、葬式の日にもにたにたと笑
いながら棺おけを覗き込んでいた。

一昨日会社で記事中の情報に接した時、思わず、



これどもは人か



とキレたが、今もその気持ちは変わっていない。どころか、ますます怒りがこみ上げてくるのを自分でもどうしようもない。

おかげで熱が1度近く上がりそうだ。



人一人殺しておいて、他人の人生を奪っておいて、それでものうのうと笑い、また他人を貶し苛めていくこのガキども。

更正の余地があるとは思えない。さっさと刑務所にぶち込んじまえ。



少年法もさっさと改正して、こういったケースも裁くことが出来るようにするべきだ。

後、精神鑑定したほうがいいかもしれない。こいつらがまともない精神を有しているとは到底思えない。





それにしても、親の顔が見て見たいもんだ。















蛇足


おっしゃるとおり、加害ガキどもは、将来も社会の癌にしかならんやろ・・。目には目をで、全校生徒でイジメ倒せ・。





2036年から来たタイム・トラベラー:ジョン・タイター  その2







2036年に釣ることはまだ安全であるか?

はい、私達は釣ることができる。

まだ、私達がそれらのエリアで釣ることができないようにたくさんの時間を過ごすことが危険すぎるいくつかのエリアがある。

2036年に公共交通網があるか?

高速列車システムはより大きな都市を接続する。

道路はまだ車のために使われて、多くの人々は馬とバイクに乗る。

あなたはどんな音楽と本を楽しむか?

あなたは楽器を演奏するか?

私はたくさんの歴史を読んだ。

私はピアノクラシックといくらかのより古いロックンロールが好きである。

(なぜそのタイプの音楽は丘を下ってそんなに遠くまで行ったか?)

いいえ、私は自身でどのような楽器も演奏しない。

あなたは写真とビデオをとっているか?

ええ、そう。

あなたの好きな食物は何であるか?

私がここで食物を見つけることは非常に難しい。

それにすべてすごく私は脅える。

私は、私が、生の食物が安全で、私の母が私のために庭を始めたと適度に確信している2、3のローカルな農場を見つけた。

2036年の医学の進歩は、遺伝学と関わりがあるか?

再び、私は全く専門家でない。

私は、修正されたウイルスによって癌細胞を処理することにおけるたくさんの進歩があると信じる。

従って、私は、答えがはいであるのを推察する。

問題は2036年に自然災害と温度についての詳細に関係していた。

それは、私が、残念に話さないと決めた1つのエリアである。

平均的な温度は世界的に少しより冷たい。

時間旅行は2036年にウェブの上で議論されるか?

あなたは未来から現在ウェブサイトを認めているか?

時間旅行は社会的な議論の主要なポイントである。

私は、いつ私が戻るかをチェックする必要がある。

主要な都市にあったより大きなサーバーのほとんどはなくされるか、破壊された。

私は、コピーを返そうとする。

たぶん、あなたはあなたの2036年にそれをチェックすることができる。

何かが2012年に起こるか?

私は世界についての話が終わるのを聞いた。

私の2012年に、フロリダの中心部の森と川に住み、動き、隠れることに私の時間のほとんどを費やして、私は14歳であった。

内戦はその7番目の年であり、世界大戦は3年先であった。

はい、2012年に異常なイベントがあるけれども、それらは、世界を、終わらせない。

あいにく、私は、あなたまたは私が何もすることができるイベントを議論しないと決めている。

それらが驚きであることは重要である。

たぶん、あなたは紅海とエジプト人の話に精通している?

質問は多くの超常現象陰謀説をリストし、それから、2036年に気象制御についてする。

私は、私が、あなたがここに尋ねたもののほとんどに不慣れであると認めなければならない。

私はハープシステムに気づいているけれども、私は、どのように彼らがそれによって天候をコントロールするであろうかを知らない。

どうぞ、あなたが2036年に教育システムについてできるどのような詳細でも説明しなさい。

教育システムは多くの変化を通り抜けていた。

2036年の学校はもう政治教化システムではなく、学生は「どのように学ぶかを学ぶ」。

地域社会活動があちこちに変わるので、基本的な読書、数学、および言語における強調はコミュニティにこだわっているスキルによって増大する。

別のものが木工を教える間、1つの学校がすることができる 強調耕作 。

子供を持つことは少し違い、2036年により一般的でない。

大変、それがより小さなクラスと先生へのほとんどない管理者によって100年前であったように、典型的な授業日は設定に関係している。

現在より一般的でない他の研究領域は歴史、公民権、および個人的な経済学である。

あなたが未来に使われたお金の映画を発表することができたならば、それはあなたのタイムマシン写真より印象的であろう。

私は、あなたが、私が、あなたによい印象を与えようとしていると思うために失望する。

なぜ私は2036年からのお金を持って来るであろうか?

さらに、それは、容易に偽造されることができたことではないか?

私があなたに、私があなたのいとこの兄弟であったと言い、私が、あなたに納得させるであろうあなたの左脚の上のその恐怖感を知っていたならば現在。

あなたは、すべての水がすごい洪水話の中でどこから来たと思うか?

私は、最後の氷河時代の終わりに地中海の近くで起こった変化によって、「大きな洪水」話のための説明が起こると信じる。

このworldlineの上にさえ、海水面が世界的に分離されたエリアで根本的に変わったという事実を裏付けるたくさんの証拠がある。

私はまた、南極大陸の上の氷マスが今日溶けたならば、海水面が世界的に約100フィート上がるであろうとどこかで耳にした。

私は、それが真実であるけれども静かであるかどうか正確には確信がない。

エベレストは少しこじつけであるかもしれない。

私は、しかし、物質的な逆説が全然ないことについてあなたと合意するけれども、逆の推論のためである。

2036年に、社会生活は少し違う。

人々は、彼らの寄与と価値に基づいて、評価されて、判断される。

仕事はファミリーのまわりで組織されて、その仕事の価値はコミュニティの中で評価される。

ほとんどのコミュニティは1000から4000人の人々にサイズにおいて幅がある。

ファミリーが、1つのコミュニティから別のものに動きたかったならばまたは息子または娘が、別のコミュニティに引っ越したかったならば、彼らは申し込み、コミュニティリーダーシップ協議会によってインタビューされなければならない。

このプロセスの間に、ファミリーまたは個人は、それらが持っている仕事またはスキルが必要とされているか、その個々のコミュニティに必要であるかどうかについて評価される。

かつて受け入れられたが、ファミリーまたは個人は、仕事のそれらの終わりを支持し、コミュニティをサポートすると見られている。

それらがしないならば、コミュニティは、それらをサポートするのをやめて、彼らは、それらの態度を変更するか、コミュニティから転居することを強制される。

私達がしたファミリー仕事はフロリダの沿岸上下で帆船によってオレンジを摘み取っていて、分類していて、出荷していた。

私達のCLCによって同意されるように、私達は、コミュニティのための一定の量と他のコミュニティのための一定の量を生み出すことを期待されていた。

代わりに、私達は、パワー、水、ある程度の食物、および私達のコミュニティの中で生産された他の必需品を受け取った。

私はこのメッセージ・ボードを小さなコミュニティと考えて、私は、私の過去の経験が私に話すこと以外それの上の他の寄与を評価する他の方法を全然持っていない。

私は、楽しんで、私がうるさく、反復性であるか、不適当であらずに、そしてあなたたちの何人かのためにできる限り多くの質問に答えようとした。

これらの条件の下で、私は、私の投稿がこれらの議論の方向に価値があるかどうかについてあなたたち(このコミュニティの他のメンバー)のすべてから案内を求めると決めている。

彼らが気を散らすのを得ているか、反復性ならば、私は、停止し、あなたの考えとアイデアを読むのを楽しみ続ける。

誰が時間旅行のためにノーベル賞を受け取るか?

あなたが、どの2つのworldlinesも同じでないと主張するので、この情報は何も傷つけることができなかった。

時間旅行の発見によって関係している非常に多くの人々がいる。

ちょうど、私が「株秘訣」を与えないように、それが現在それらの人生に影響を与えるかもしれない時に、私は彼らの名前を明かさない。

あなたが私達に、1年かそこらに発見される技術情報を与えたならば、何が起こるであろうか?

私がいくらかを持っていて、私がそれらを出版したならば、私は、彼らが大きなインパクトを持つことができると確信している。

あいにく、私は何も持っていない。

私がしても、私は、それらが吟味されているであろうと確信している。

再び、私達は同じ問題に戻る。

あなたが時間旅行者であったならば、あなたは、あなたの信用を確立するために何をするであろうか?

(質問をしている人の名前)に何が起こるか?

私は時間旅行に関係しているか?

(武装する)抵抗の何か?

私は何があなたの将来にあなたに起こるか全く分からない。

私のworldlineの上に抵抗があったけれども、それらのゴールは、パワーを維持し、他の人々に関してコントロールすることであった。

私達は2020年までにそれらのほとんどを殺した。

2036年に静かな本があるか?

はい、本はまだ出版される。

彼らは任務に誰かを選ぶ時に何を捜すか?

任務に依存して、時間旅行者は、目標worldlineの上のゴールと関連した誰かという、協力を得る彼らの能力に基づいた特定の任務に通常選ばれる。

私の場合に、私の祖父は5100の建物とプログラミングに直接没頭した。

旅行者が悪く、殺人を犯すか、気が狂う時間がとにかくそこにあるならば、それらは思い出されることができる?

明確化されるべきである私達の哲学の違いがある。

私が、すべての可能な結果とイベントが可能で、起こり得て、確実であると信じるので、「良さ」または「悪い状態」を人または状況に割り当てることは不可能である。

他のworldlineの上で、(定期的にジョンに立ち向かうフォーラムメンバーの名前)が彼の献身的な従者の集団と私を追う間、私は破壊と死を起こしている非常識な時間旅行者である。

しかし、これの上で、私はそうではない。

両方のイベントが確実なので、それらの価値はニュートラルである。

あなたは、良さと悪い状態を、あなたが直接的なコントロールを持っているか、立ち会うイベントと経験に割り当てることができるだけである。

行動だけが人々または物のではなくよく、悪である。

私は、私が精神病の殺人者であったならば、私が私の任務を遂行し、つかまるのを免れて、刑罰なしでまだ私の起源のworldlineに戻ることができたと思う。

彼らが、何が起こったかを知る方法が全然ないであろう。

しかし、私は、行動が悪いと信じて、私は私の神に対して責任があるであろう。

どのようにあなたは、私達のworldlineとあなた方のものが同じ道をたどるであろうと知っているか?

このworldlineと私自身のものはほとんどまったくと言っていいほどよく似ている。

私達がそんなに懐疑的でないように、私達に未来についてのより詳細な情報を与えたらどうであるか?

私は、懐疑がよい物であり、誰もそれを失うべきでないと思う。

あなたは、誰も傷つけて、あなたの信頼性にまだ追加しないであろう未来についてまだ私達に詳細を説明することができた。

再び、私は、私の信頼性に追加することに努めない。

それへのポイントが全然ない。

実際、有益であった情報を提供することによって、私は、私が本当であるというあなたの集合的な心配に追加しているであろう。

その場合に、私達が「真実」についているこのサイクルはただ上昇し、より悪くなる。

なぜあなたは、あなたがあなたの時代に持っている5人の大統領を名付けることができないか?

過去のいくつかの投稿の上で、私は、私が話すであろうものとなぜの限界を説明しようとした。

ここに短い再生タイヤリストがある。

未来の投稿において、私は、なぜ私がそれを議論しないであろうかについての各問題の隣で以下の数を置く。

1. 私は、誰かに、個人的にその知識によって増加させるであろうどのような情報も明らかにしない。

これは株を全然意味していないか、秘訣を見せびらかす。

2. 私は、誰かが見込みによって死を避けることを可能にするであろうどのような詳細情報も明らかにしない。

これは地震または爆撃情報を全然意味していない。

3. 私は、個々の人々によるどのような未来の行動でも損うか、彼らの家族と幸福を脅かすかもしれないどのような情報も明らかにしない。

私のworldlineの上で、私達はもう「NWO」を恐れていない。

あなたはナチを恐れているか?

大統領の仕事が5のオフィスに分割された理由は4つの主要な理由を持っている。

5(大統領)によって、外交方針はより一貫していて、パーティーの間でさまよっているパワーは全体の政府の上にインパクトのより少しを持っていて、大統領の間の個々の力は全体のオフィスの力に追加し、1人の大統領が米国の各主要なエリアのために選ばれる。

大統領の権限の範囲は2036年に何であるか?

大統領のオフィスは、それがここにあるよりずっと希釈されて、分権化される。

政府の能力はもっと定義されて、郡と国家レベルにもっとある。

新政府は現在のものに比べて2036年にどんなふうであるか?

私は、新政府がよいと思う。

しかし、全国的に助成金を与えられた福祉の概念がなくなったので、ここのほとんどの人々はそれを高く評価してはならない。

新しい米国州議会議事堂はどこにあるか?

新しい米国州議会議事堂はオマハネブラスカにある。

どのように5人の大統領はパワーを取るか?

個々の候補者のための投票は回転スケジュールの上にある。

他の時間旅行者の行先と任務は何であるか?

私は他の任務の詳細に気づいていない。

7で、私がする前に、3はすでに去った。

私は、それらが同様な任務にあると疑っている。

時間を通してメッセージを送ることは可能であるか?

情報が物理的に人と進まない限り;

私が気づいているどれもない。

もしあなたが未来からであるならば あなたが、何が起こるか に を知っているはずである (フォーラムの人々の個人的な名前)?

私は時間旅行に関係しているか?

これは、私が、あなたが参照しているかもしれないとあなたの投稿から気付いた唯一の問題である。

再び、私はどのような可能な未来にもあなたに関する知識を全然持っていなく、また、私がしたならば、私はそれについてコメントしないであろう。

制服を着ている私の写真に関しては、私がひとつ持っていても、私は、それが何を証明するであろうか確信がない。

あなたの将来は、殺害の人々に固定されるようである。

刑事司法制度がないか?または、あなたは、まさに、人々を殺すのを楽しむか?

たぶん、あなたは問題のダイアログを取り、あなたの質問によってそれを貼り出すことができた。

しかし、私があなたを理解しているならば、あなたは私のworldlineの上の死について尋ねている。

はい、それは、私達の人生の、それがあなた方のもの(少なくとも今のところ)であり、州議会議事堂処罰が現実であるより一部である。

送られた文書はコンピュータプリンタからプリントされたけれども、マニュアルのタイピングが単に30年でもう少し一般的であることは本当にそんなに信じがたいか?

戦争の後で、マニュアルの印刷機、自転車、帆船、および手工具のような多くの物はたくさん評価された。

私は、カリフォルニアのより多くの人々が木材燃焼ストーブを取り付けていることに気づいた。

オリンピックはまだ未来にされているか?

多くの衝突の結果として、いいえ、2004年以降に公式なオリンピックが全然なかった。

しかし、それらが2040年に蘇ることができるようである。

あなたは2036年以降にどんな種類の未来を想像しているか?

私達は太陽系を植民地化するであろうか?

すべての人が破滅したわけではないけれども私達がすべて影響されたことを心に留めなさい。

人口過剰の問題が戦争の大きな原因であったことが信じられるので、スペースを植民地化することに注がれている努力がある。

個人的に、私の世代は自身を、私達の父が私達に手渡しためちゃくちゃを修理しようとして義務を持つと考える。

私達が若かった時に、私達のほとんどは、あなたが現在住んでいて、私達の唯一の夢が、それを清潔にし、まだ子供を持つことができるそれらにそれを返すことである世界の小さな趣味を持っていた。

(1) 工業化された大量生産はあなたの社会によってそんなに陽気に吸収された無駄な消費財の無数のトン数を生み出さない。

私は、私のもの(C204)のような約10のユニットと20のより大きなユニット(C206)があるのを概算するであろう。

主要な違いは敏感さと主要なセシウム時計の数である。

私は、ある種の公的な時間旅行が2045年ごろに一般的になるであろうということを概算するであろう。

(2) Iは現在どのような他の時間旅行者のでも「ここ」に気づいていない。

しかし、それらがここにあるならば、私は、彼らがもう一週間時を遡り、ウェブの上で友好的な会話を始めることができるように、彼らがスポーツの歴史の本の上で流れ込んでいると確信している。

(3) ここの「発狂した雌牛」話はこれから、始まることであるけれども、心配しないでください、実を結んだゼラチン砂漠は安全である。

(4) 私は、それがそんなに中東を解雇しやすく のために とわかることがうれしい。

はい、私は、それが全然brainerではないと思うけれども、近いうちに、それは「arrmerがいない」と「密売人がいない」になるであろう。

あいにく、歴史のスポーツの賭ける競技の勝者は2036年に人々のプライオリティリストの上で高くない。

思考実験として、私が、勝ち馬が誰であったかをあなたに言い、あなたが決勝レースの前にそれを殺したならば、それは私をうそつきにするであろうか?または、それは、私達のworldlinesが違う約2%であるという私の論述をサポートするであろうか?

あなたは、誰が30年前そのレースに勝ったかを知っているか?

あなたがちょうど今あなたの政府について1つの物を変更することができたならば、それは何であるであろうか?

米国はまだ2036年に代表する共和国であるけれども、それはしばらく触れて、行くことであった。

戦争の後で、米国はそれらの経済の、そして防御用の力に基づいた5つの一般的なエリアに分かれた。

多くの人々は戦争のために政府機関を非難し、最後の憲法会議は、公式に憲法を廃止し、最初からやり直すために2020年に催された。

幸運にも、怒りにおけるこの運動は、もっとよいものを考え出すことがどれほど難しかったかを指摘した。

文書が故障していなかったことは決められた。

結果として、少しの小さな変更が憲法と管理部門にあったけれども、あなたは容易にそれを認めるであろう。

平均的な市民は憲法についてもっと教育されて、それがそれらに与える権利と責任に気づいている。

連邦のパワーは分権化されていて、毎日の政治のフォーカスは州の上院の中にある。

連邦法はまた、効率化されているけれどもずっと追加を変更するか、しづらい。

私の給料にサインする人々は、なぜ私達が5100が必要であったか、そしてひとつ得るために、私を発送したかを私に言った。

私は、交替の提案をする立場になかった。

確か、クレイは少し大きなシステムではないか?

私達は何かポータブルなものが必要である。

5100は、その信頼性、その必要なものがAPL(UNIXと少しの不明瞭なIBMメインフレーム言語)の間で翻訳するように必要とされていない。

釣りはすばらしく、あなたは、自由に私達に参加することができるどころではないけれども、ここの「私」はほんの3である。

私は、あなたの到来を彼に話す必要がある。

あなたは私達にあなたの過去のいくつかの個人的な話を与えることができるか?

私は1998年に生まれたので私がいくつかの幼年期メモリーをあなたたちのすべてと共有する。

私は、クリスマスにディズニー・ワールドに行ったのを覚えていて、私は、デイトナのビーチに行ったのを覚えている。

文民の「衝突」が始まり、より悪くなった時に、人々は一般に、都市に滞在し、セキュリティを装って彼らの公民権のほとんどを失うか、より多くの分離されて、農村の地域に向けて都市を出発すると決めた。

私達の家は1回捜されて、通りを横切る隣人はいくらかの未知の理由のために逮捕された。

それは、都市を去ることを私の父に納得させた。

8から12の時代から、私達は都市から離れて住んでいて、連邦警察と州兵との衝突を避けている他の家族と農村社会で私達の時間のほとんどを過ごした。

その時間までに、私達が持っていたものに帰らなく、「都市」と「国」間の不一致がよく定義されたことはかなり明白であった。

12ボルトの電気系統を組み立てて、フロリダの沿岸上下で「商品」を帆走することによって、私の父は生計を立てた。

私は彼を助けることに私の時間のほとんどを費やした。

徹底的にオープンな戦いはその時までに一般的で、私は2011年に散弾銃歩兵ユニットに参加した。

私は約4年の間「戦いダイアモンドバックス」によって勤務していた。

(私の右耳の中のヒアリングは、私がそれが欲しいほどよくない)。

ロシアが米国都市(私達の敵)、中国とヨーロッパを攻撃した2015年に、内戦は終わった。

私の幼年期が思われるかもしれないほど異常で、悪く、私はそれを何とも交換しないであろう。

私は、それを、回復すると見なすであろうけれども、アフリカは、2036年にである楽しい場所ではない。

あなたが現在楽しむ音楽はまったくポピュラーで、入手可能なそれはどこの近くでも同じ量において生産されない。

「ローカルである」とクラシック音楽の復興がある。

多くの人々は、彼ら自身を演じることを学んだ。

私は個人的に1970年代と1980年代からビッグバンド、いくらかのクラシック、および興味深い叙情的な断片を楽しむ。

はい、私達はまだフットボールを持っていて、あなたは2036年に容易にそれを認めるであろう。

はい、コンピュータサイエンスの中に著しい進歩がある。

サポートシステムの多くについてどのような好奇心もなしで「マシン」自身上で固定されることがどれほど容易であるかは興味深い。

もしこれが本当に大きいニュースではないけれども、ならば/その時、出ることにあり、/のたぶん、/その時中にあるならば。

はい、私はこのworldlineの上の「私」とともにあり、彼は今3歳である。

私はその事実を、少し、人々がうまくやっていくので私が直接それを育てなくありづらいと気付く。

これは、私が「自身と会っ」た二回目である。

「マシン」は軍隊によって所有されている。

私はタンパフロリダに配置されたユニットの一部である。

本当のエネルギーは、それを操作するのではなくマシンを作成することにある。

あなたが分岐パーセンテージを育てるべきであることは興味深い。

あなたは、分岐がより敏感な重力センサーとクロックによってより正確であるかもしれないと知るためを愉快に興味深いと思うかもしれない。

C206は、6つのセシウム時計と原子の変化を調節するアクティブな方法を使う。

問題を解決するために、私達は旅行を調節する。

たくさんの努力は、環境とインフラストラクチャーを修理することに注がれている。

(1) 次の20年の間誰が(スポーツ・イベント)を勝ち取るか?

私は知らない。

私がしても、あなたはとにかく馬(s)を止めて、それを不正確にすることができた。

(2) 誰が次の20年の間大統領に選ばれるであろうか?

どうぞ、数2を見なさい。

(3) あなたが生まれる時に、まわりにまだ(ポピュラーなオートバイ)があるであろうか?

私は1998年に生まれた。

(4) どうぞ、最近の20年の間金の価格を私に話しなさい。

私はこのタイプの情報の重要性を理解していない。

どうぞ、あなたの意見を、私に、これが興味深く、30年の間覚えている価値がある理由で話してください。

(5) 私がピストルを所有することはまだ合法になるであろうか?

私は、ピストルを所有することが米国で合法であったと思った?

はい、火器(憲法の他の責任とともに)に精通していることは30年で人々のライフの重要な一部になる。

韓国ユナイテッド?

私は、あなたがそれを言うことができたのを推察する。

台湾、日本、および韓国はすべてN日の前に「力強く併合する」。

私は文民の衝突の間メディアの取材についてたくさん覚えていない。

私は、たぶん、あなたがウェーコー、ルビー色のリッジ、およびエリアのゴンザレスのカバレッジを見るのと同じ方法でそれを特徴付けるであろう。

私の観点から、はい、これは交替の年表である。

あなたの観点から

2036年から来たタイム・トラベラー:ジョン・タイター

John's Posts about the Year 2036 in his Worldline

News about this Worldline Nearing the Global Culture of John Titor's 2036









What are your memories of 2036?

I remember 2036 very clearly. It is difficult to describe 2036 in detail without spending a great deal of time explaining why things are so different.




In 2036, I live in central Florida with my family and I'm currently stationed at an Army base in Tampa. A world war in 2015 killed nearly three billion people. The people that survived grew closer together. Life is centered on the family and then the community. I cannot imagine living even a few hundred miles away from my parents.


~省略~







彼のWorldlineにおける2036年頃のジョンのポスト

ジョン・テーラーの2036年のこのWorldlineニアリング、グローバルな文化についてのニュース


あなたの2036年の記憶は何であるか?

私は非常にはっきりと2036年覚えている。

なぜ事情がそんなに違うかを説明することにたくさんの時間を費やさずに詳細に2036年を説明することは難しい。

2036年に、私は私の家族とフロリダの中心部に住んでいて、私は現在タンパの陸軍基地に配置される。

2015年の世界大戦は約30億人の人々を殺した。

生き残った人々は一緒により親密になった。

ライフはファミリー、それからコミュニティに集中する。

私は生活を私の両親から数百マイル離れさえすると想像することができない。

無駄な食物のマスとレクリエーションアイテムを作成している大きなコンビナートが全然ない。

食物と家畜はローカルに成長し、売られる。

人々は向かい合って一緒に読み、話すことにずっとより多くの時間を費やす。

宗教はまじめに取られて、誰もがそれらの頭の中で増加し、分かれることができる。

どう私達のworldlineはこれと違うか?

手始めに、私がここにいるという事実はそれを違わせる。

私は、また、違う時(他のチーム、そのような物が勝ったフットボールの試合)に起こるニュースイベントのような小さなことに気づいた。

私は、この世界ラインと私のオリジナルの間の時間的な分岐が約1または2パーセントであるのを推察するであろう。

もちろんより長い間、私がここにいるほど、その分岐は私の観点からより大きくなる。

あなたはどんな理由であれあなたの起源のworldlineに戻るように引き付けられているか?

不安定さはあなたにとって問題であるか?

私は、あなたが馬小屋によって何を言おうとしているか確信がない。

あなたが精神的に意味しているならば、ここに私を煩わす多くの物があるけれども、ちょうど今私の両親とともにあることは私に重要である。

物理的に、本当に悪い唯一の物は、私がかかる風邪の数である。

あなたは、あなたの家に戻ることができるか?

はい。

人々は、あなたがどこにいるかを知っているか?

あなたはあなたの家と通信することができるか?

私がいて、私が彼らと通信することができない所で、彼らが知らないNo.。

しかしアイデアは興味をもつ。

それらの観点から、私は、私が残したのと同じ瞬間にほとんど正確に戻る。

それらの観点から、私は予期されるよりもっと年老いているだけであろう。

あなたは歴史を書き直さない。

私は、ちょうど、できる限り容易に、何がここで起こるかに影響することができるだけである。

なぜこの時間の人々は、彼らが毎日自身でそれをすることにおける問題を全然持っていない時に、旅行者が彼らの世界ラインを破壊しているほど時間についてそんなに多く心配するか?

私のゴールは、信じられないことである。

ほとんどの人々は戦争のニュースをあまりよく取らないけれども、私は、誰もが、それが必然的であると信じると気付く。

あなた自身の歴史においてさえ、大きな発明品と発見物は、新しく、より効率的な方法で殺し、不具にするあなたの努力における戦争の時間の間に作られないか?

いいえ、私はGEまたはすべての他の会社のために働かない。

「株秘訣」は本当に、あなたが、未来に知りたい最初の物であるか?

あなたの時間の担当者として、あなたは、それがあなたについて何を言うかを理解するか?

あなたは、たぶん、今回が、その無欲さ、慈善活動、またはいっしょに働く能力のために覚えられていないと知るべきである。

なぜ私は、あなたと話したいのであろうか?

あなたが、未来に誰かに言う何か興味深いか、価値があるものを持っていると信じたらどうであるか?

いいえ、万年氷は、それらが現在そうであるより速く溶けていない。

2036年にまた、ずっと少ないスモッグと産業廃棄物がある。

あなたは北極の大浮氷群について尋ねた。

私は決して、環境が問題ではないと言わなかった。

それが凍結する時に、水は膨張しないか?

極の万年氷が溶けたならば、海水面は降りないであろうか?

私は、これが違いをするのに十分な氷があり、私が地球温暖化に関してのエキスパートではないかどうかを知らない。

はい、私は、人々が敵対的になることに気がつく。

私は、誰も私を信じることを期待していなく、私には、売るものは何もない。

私はそれによって違反を全然取らない。

まさに好奇心から、あなたが時間旅行者であったならば、あなたは、それに、人々に、あなたを信じさせるためにいくらかかるであろうと思うか?

私は、私達が、歴史におけるどの特定の時代も人間性のその開発で有名でないことに合意することができたと思うけれども、たった1回、私は、問題が、「家庭生活は未来にどんなふうであるか?」が好きであるのを聞きたい。

どのように社会は貧乏を扱うか?

「エイズ、中絶、および薬の使用はまだ問題であるか?」

なぜ私はあなたに株チップをやらないか?

あなたが得るお金は、ひとりですべて株を選ぶことにおいて、スマートな人が持っていた知能と先見を希釈するであろう。

私がどのように豊かになるかをあなたに言ったならば、私はお金をそれらから取り去っていて、それをあなたに与えているであろう。

私は私のDNAまたは「オーラ」へのどのような物質的な変化にも気づいていない。

私は、しかし風邪をよりひきやすいようである。

はい、あなたがそうしたいならば、あなたは私を覚えるであろう。

Worldlinesはその方法を変更しなく、私はあなたの歴史の取るに足りない一部になるだけである。

はい、私はイエス・キリストを信じていて、私達は教会で神に祈る。

あなたが興味をもっているかもしれないいくつかの違いがある。

宗教は2036年に人々のライフの大部分である。

苦痛と変化は、人々を呼び集めて、神により近い傾向がある。

しかし、宗教は、それが現在そうであるよりずっと個人的である。

巨大で、集中化した宗派が全然なく、人々は彼らの信念について公然と話す。

それは、礼拝の日が、土曜日(神が、安息であるつもりであった日)であり、10の命令が、神が私達に与えた「10」に回復していると知るためにまたあなたが興味をもつかもしれない。

ライフは未来のもっとずっと田園であるけれども、「高い」テクノロジーは、通信し、旅行するために使われる。

人々はたくさんの彼ら自身の食物を持ち上げて、より多くの「農場」仕事をする。

はい、現在に比べて、私達は長い時間を作動させる。

戦争の後に、フロリダの西海岸上下でオレンジを売って、私の父は生計を立てた。

「ワイアレス」インターネットノードを維持している会社のために、私の親友は馬と別の作品を育てる。

ライフは私の生涯の間とても多く変わったので、「正常な」日を縛り付けることは難しい。

私が13歳であった時に、私は兵士であった。

ティーンエイジャーとして、私は私のパパ運搬距離貨物を助けた。

私が31歳であり、私がそれの少し後で「時間旅行」に募集された時に、私は大学に行った。

再び、私は、2036年の平均的な日が農場の上の平均的な日に似ていると思う。

はい、郵便局がある。

インターネットはまだ未来に生きていて、よい。

ライフがコミュニティにもっと集中するので、人々は話すことにより多くの時間を費やす。

パワーが爆発する時に、私はここで同じタイプの効果に気づいた。

人々は、彼らの家から出て、実際彼らの隣人と時間を過ごす傾向がある。

もっと個人的な信頼とより少ないパラノイアがある。

私が私の両親と一緒にいる時に、私はフロリダの大きな川の上の「樹上の家」からなったコミュニティに住んでいる。

川は時々氾濫し、私達は湾にアクセスできる。

海からまたはボートによって貨物を動かすことにおいて、私達の隣人のほとんどは生計を立てる。

そこの新しい情報(UFOとエイリアンについての)がない。

私は、興味をもちが自身を服従させると気付く。

個人的に、私は、「UFO」が非常に洗練された歪みユニットを持つ時間旅行者であるかもしれないと思う。

しかし、それは少し風変わりであるかもしれない。

食糧生産が制限される最も大きな理由の1つは、環境が病気と放出によって影響されるためである。

私達は、それを清潔にさせることにおいて莫大な進歩をしている。

水はコミュニティレベルの上で生み出されて、私達は、私達が自身で上げる肉を食べる。

はい、遺伝子工学は使われるけれども、それはどのような他のテクノロジーにでも似ている。

それはよく、悪であるかもしれない。

私達がしなかった1つの事はよりハイブリッド種を作成することであった。

人々は何を考えているか?

私は、キリスト教徒Agnostic(HOST:ジョンはグノーシス主義者を意味していたか?)である。

私は、信頼だけが、私達を神に戻すのに十分であると信じない。

私達が死ぬ時に、私は、何が起こるか確信がないけれども、私は、かなり、それが公園で歩行ではないと確信している。

私達はそれ(HOST:宇宙旅行)に取り組んでいる。

私の最も大きな喜びは帆走している。

おもしろ半分に、私は、泳ぎ、トランプをし、読み、ネットの上でゲームをし、他の国に住んでいる人々と話すのを楽しむ。

コミュニティとして、私達はずっとより多くを祝福し、よい火事とダンスを持っている。

私の趣味は戦前ライフの古い雑誌とビデオを整理することである。

戦争の後で、早い新しいコミュニティは現在の大学のまわりに集まった。

それは、ライブラリがあった所である。

私はフォートUFで学校に行った(それは現在フロリダ大学と呼ばれる)。

軍隊が人々のライフの大部分であり、私達が「大学」またはフォートでフィールドと農場でたくさんの時間を過ごす以外、あまりにも多くは違わない。

成長している私の記憶のほとんどは優しくない。

人生は非常につらかった。

簡単な物は私を、私の母と父を抱きすくめるように幸福にする。

はい、私達はカメラを持っている。

もっとデジタルである。

絵画が今日であるように、フィルムは使われる。

無ホログラムカメラ けれども 。

はい、私達は電話を持っているけれども、サービスはウェブを通り抜けている。

最も発電は制限される。

どれくらいパワーが現在荒廃するかは私を驚かす。

はい、太陽で、大きい。

特異性ジェネレータがまた使われることができたという考えがあるけれども、ほとんどの人々はそれに反対である。

年配者はコミュニティレベルの上で高く尊敬されて、世話をされる。

孤児もそうである。

いつも、人々がすることができる何かがある 現在重要である もの 。

仕事を避けるアイデアは軽蔑される。

一緒のCOMMUNITYを強くしておくために、誰もが引く。

帽子は未来により一般的で、閃光のような色はより一般的でない。

ドレスはもっとずっと機能的で、私達がチャンスを得る時はいつでも、私達は「正装する」。

私は、それらが衣服を持っている時にさえ、今回の誰も機会のために着飾っていないことに気づいた。

なぜ人々は教会にショーツをはいているか?

人々が現在するように、私達はほとんど時間を私達の髪に費やさない。

女性は、より長い間髪をすることが好きで、男性はずっと短くそれを持っている。

それらがアクティブな兵役にある時に、男女はすべてそれを剃り落とす。

それがより高度でも未来のずっと少ない治療。

人々は死ぬ 時 それら 現在 死ぬその時間 。

レーザーがない。

遺伝の医学とクローン器官は未来に明らかな新しいtechsである。

憲法は戦争の後で変更された。

私達は、違う用語期間に選出されて、解職される5人の大統領を持っている。

副大統領は上院の社長であり、それらは別々に可決される。

私達はたくさんのそれらではなく、車を持っている。

都市から都市への公共交通網がある。

私が2036年からあなたの時間にある物質的な物を返すことができたならば、それは新しい米国憲法のコピーであるであろう。

あなたは、時間旅行の目的があなたのworldlineの上で何であるかを説明することができるか?

2036年に、たくさんの努力は、私達の環境を「修理すること」に注がれている。

私は、コンピュータシステムを得て、2036年にそれを返すために1975年に送られた。

時間旅行は2036年に秘密ではなく、私は、それがより一般的になるであろうということを予想している。

なぜ時間旅行は使われるか?

ちょうど今、ポストWWIII世界を正常な条件に戻すことについて役立っている情報または「アイテム」を得るその使用。

私のユニットにおいて7つの他の時間旅行者がいる。

時間旅行者は最もどこに行くか?

ちょうど今、私達の実用的な任務のほとんどは1960年から1980年までである。

後の方で、未来の期間についてのたくさんの研究があるけれども、あなたがより遠くなるほど世界ラインの分岐自信はより低い。

癌またはエイズはもう治療されているか?

エイズ、No.

癌、いくらかの進歩。

あなたは、何を、ちょうど今これを読んでいるかもしれないどのような世界的リーダーにでも言うであろうか?

あなたが明日勝たないであろうので、今日あなたの自信を楽しみなさい。

より早く、あなたがあなたのユニフォームの上で身につけているパッチについて、あなたは話した。

あなたは、ら旋が2つのパスを表していると言った。

一方は安全で、神への他のリードであった。

それは何を意味しているか?

あなたが、行きたい所で、安全な方法は、時間内にあなたをつかまえるために計算された一方であり、他のパスはあなたを神(死)に連れて行くであろう。

両方は各旅行の前に等しく受け入れられて、予期されている。

音楽は2036年にどんなふうであるか?

あなたが楽しむのと同じ音楽のほとんどはアーカイブの上で入手可能である。

しかし、巨大なステージの上で複数のトラックスタジオのために製作された音楽を演奏していて、アテレコしているメガスターの日はあなたの時間にだいたい分離される。

他のすべてのように、音楽はずっとそれほど集中化しない。

一般的な傾向は本当の楽器を演奏している本当の人々に「生成されたコンピュータ」音楽とその他から離れている。

音楽は個人的な経験のずっとより多くである。

より多くの人々はどのように楽譜を読むか、そして小集団の中で一緒に遊ぶかを知っている。

社会的偏見は2036年に何であるか?

はい、ある。

しかし、それは奇妙に聞こえるかもしれないけれども、それは私の時代に有益な目的にかなう。

第一に、あなたは、「先入観」とのあなたの経験と私のものが違うことに気がつかなければならない。

私は、あなたが無知と恐怖の結果としてここに持っている不寛容さを特徴付けるであろう。

私は、今回の彼らの仲間の男性についての根拠がなく、理性のない恐怖を持つ人々が、テストされた彼らの信念を持たないという贅沢を持っていることに気づいた。

戦争の後で、あなたが現在持っている先入観の多くは簡単な必要によって押し流された。

人々は、生き残るためだけに一緒に働き、戦う必要があった。

これは、仲間の人間の価値について人の目を開く方法を持っている。

あなたが、水を生き抜くか、見つけるか、食物を成長させるために両方とも同じ敵と戦っている時に、人の皮膚の色はどんな違いを生じさせるか?

私の世界ラインの上で、人がしないならば、'tはコミュニティで役割を果たし、そして、私達は私達に荷として彼に先入観を感じる。

彼がその時経験する恥辱のこの感覚は彼に彼の責任を認識させる。

医療は2036年にどんなふうであるか?

あなたはたぶん全くそれが欲しくない。

私は、それを、あなたが西洋の映画において見るものと比較するであろう。

私達は病院を持っているけれども、あなたが慣れているものに比べて、より多くのホームドクターと家の呼び出しがいる。

本当の編成された医療が全然ない。

あなたが重い病気にかかるならば、あなたは死ぬ。

しかし、これは、一般的な遺伝のプールを強化する傾向を持っていた。

医師は足の骨折、毒ヘビにかまれた傷、および配達している健康な赤ん坊のような物についてより心配している。

独善は何時までつづく・。

石田衣良=アフォ



愛煙家の多事総論
http://blog.goo.ne.jp/bia1996/e/96a7a82bc48cfc4d33af5dbf653ff6cc


アンケート結果を完全に無視して、自分ひとりの独断。都合が悪ければ自分の都合の良いように捏造するのが馬鹿左翼の悪いところだが、ココまで来ると最早極悪。

アンケートにわざわざ答えてくれた人を完全に無視している。



というか、何故「多数のサイレントマジョリティ」が、「友好派」だと決め付けられるのかがさっぱり分からない。

こいつの論理で言ったら



日本核武装論に対するアンケートの結果、大多数が反対派でしたが

サイレントマジョリティを考慮して、核武装するべきとします



今回の選挙の結果、自民党の議席獲得多数でしたが

サイレントマジョリティを考慮して、民主党と共産党と社民党に議席を与えます



首相の靖国参拝に関するアンケートの結果、反対派が多数を占めましたが

サイレントマジョリティを考慮して、賛成派が多数とします



と言う風に言えるじゃないかw





しかも、自分をジョン・レノンと比するその傲慢さ&左翼が大好きな「地球人」発言。

これは真性だなぁ。

アンケート結果に対して、「自分はこう思う」ではなく「断定」するこの男。

よくもまあ、こんな独善的な人間が作家なんてやっているもんだ・・・と思ったが、どうやらこいつ、自分の腐った人間性を売りにしているらしい。



調べてみたが、イタイ発言の多いこと多いこと。




別冊宝島『石田衣良Style』インタビューより「嫌いな物。関西人。結論からいうと品性下劣だから(笑)彼らは金さえ儲かれば何をしてもいいと思ってる。法に触れなければ、他人に何しても気にしない。自分に自信がないから、ブランド物で着飾って、自分を大きくみせようとする。こっちは眼中にないのに、関東人を目の敵にしてる。なんなんだろうね、彼らは。動物だよ。人間としてのプライドがない。というわけだから、嫌いな東京に金儲けだけのためにわざわざやってこないでください。東京の空気を下劣な振る舞いで汚さないでね(笑)これでも相当ソフトにいってるんだよね



別冊宝島『石田衣良Style』インタビューより「田舎の人、要するに田舎者が雑誌やテレビに影響されて東京に出てきて、行列の店に並ぶでしょ。あれってみっともないね。あなたたちがいなければ、私たち都会人は並ばずして、その店に入れるわけなんだけど。その田舎者のせいで、僕まで行列に並ばなくちゃならない。そのうえ、その店の物を食べて、まずいのなんの文句を言う。おまえ、俺たちが日常的に食べてるものに、なにお盆や正月みたいに期待して食べてるんだっていう(笑)しかもですね、その場合、単に田舎者の舌の肥えてなさゆえの言いがかりに過ぎないんですよね。僕は田舎に行かないから、あんたたちも東京に出てこないでね、と言いたい」「僕、田舎って大嫌いなんですよね変化がないから。行っても1日で飽きちゃう。だから、田舎者も大嫌い。変化を望まない人間は死んでるのと同じだからね。そうそう、僕のファンって都会者が多いんですよ。僕を嫌うのって、都会人を嫉妬した田舎者が多い。まあ、こっちが嫌いだから、向こうも嫌いで結構なんだけど(笑)田舎者が東京に出てきたところで、都会者になれるわけでもないしね



別冊宝島『石田衣良Style』インタビューより「僕の小説を読んでる人って馬鹿が多いんですよもう少し分かりやすくいうと本を読んでない人。そういう人のために世間の仕組みを教えてあげるのが僕の小説。読者はみんな僕の生徒なんだよね。だから、先生という呼び名には、作家の他に教師という意味合いがある







ウィキペディア参照







ああw

人としてダメな人間に何を言っても無駄だw


蛇足


左巻きがいつも(同和・在日)の人権などと大声で言うが、こやつの発言は人権無視そのものやろ・・。人間として、最悪なのだがマスコミには受けがいいらしい・・取り上げる方も問題だが・・。俺はいらんけど・。

北朝鮮は崩壊以外に・・ない。

6か国協議「日本は参加するな」…北朝鮮報道官



 【ソウル=平野真一】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は4日、同国の核問題をめぐる6か国協議について、「日本が参加しないなら、この上なく良いことだ」と述べ、日本は同協議に参加すべきでないとの立場を示した。



 北朝鮮の核実験や拉致問題で厳しい姿勢を取る日本を強くけん制するとともに、協議が進展しなかった場合の責任を日本に押しつける布石と見られる。



 同報道官は、安倍首相や麻生外相ら日本の指導者が北朝鮮を核保有国と認めないとの立場を強調していることについて、「我々はこれまで日本が協議に参加することを好ましく思わなかったが、他の参加国との関係を考慮して適当に接してきた」などとした上で、日本は米国から協議結果を知れば済むことだなどとして、日本は協議に参加しないことが望ましいと強調。「参加人員(参加国)が少なくなることは、協議の効率性を高める上でも悪くない」などと主張した。

(読売新聞) - 11月4日14時8分更新




蛇足

完全になめられた・・。目には目を・・。核には核を・・こんな北朝鮮との国交など結ぶ事なく・・。日本は憲法改正・・先制攻撃も必要になる。在日も含めてテロに対する防衛が必要だろう・。彼の国は崩壊以外には平和はこないだろう。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR