FC2ブログ

エイリアン、あなたが決して本当に、知りたくなかったもの!

?PART I


Aliens, what you never really wanted to know!


This treatise was prepared especially for the (www.garlitsdon.com) web site. Nothing in this document is to be taken personally. In my opinion, this is the history of our planet, not what you may have been taught for your entire life. This document gets an update every few weeks.


?Introduction



I assume that if you have this paper that you have more than a passing interest in UFOs, Aliens, Flying Saucers, Extraterrestrial life forms, Atlantis, Press blackouts and Government cover-ups/conspiracies. This paper in no way covers the entire subject, it is just a small sampling of information I have gathered from books, videos, friends, private sources and observations of the past fifty years. New information comes to me every week or so and when I think it has merit, I include it in this work, so check the date at the top of the page and see if you have a current copy. Now I know that this information is not 100% correct, nothing is, but it’s a hundred times better than the information you were taught in the Government Schools! So get yourself a beer, open up your mind, hang on to your "keisters" and get ready to go on a real life adventure that is in my opinion the most earth shaking news since the Human race started keeping records about 6000 years ago in Sumar.I would like to start by saying that after you have read this paper, some of you will never be the same. However some of you will think I’m a stark raving maniac, I could care less! Remember that I’m only sharing with you some of what I have learned about UFO’s, Aliens and Flying Saucers. After an intensive ten year plus study, reading over hundred plus books (the number grows each week) and fifty years of realizing the Federal Government has been lying through it’s teeth to the American people and the world, this is my conclusion. The hard evidence is the ancient stone monuments found around the world. UFO’s that’s the subject, but you cannot explain them as a separate entity, they are only a small part of the really big picture.


?Two Big Secrets


In my humble opinion, there are only two basic secrets in the universes (there are over a thousand universes, according to the Aliens) hidden from mankind, Immortality and Star Travel. Star Travel requires that you have the capability to manipulate time, space and matter. By immortality, I mean the ability to live for thousands of years, not forever, as in the Supreme Creator/God, which ever is best for you. The Aliens have mastered both of these sciences. I personally believe that the two secrets are tied together, knowing about one is automatically having knowledge about the other! We humans are quite a few years, thousands, could be millions, behind the Aliens in this department. When you have attained these two abilities, nothing else matters, except your Soul, for everything is at your disposal and your only problem is the other beings with the same abilities! But the universes are a very big places and there should be plenty of "worlds" to go around, but I’m sure there are some confrontations from time to time over special places like our earth. Considering all this, at the present time, there are many races of Aliens visiting "our" planet Earth. At the Disclosure Project a retired Sargent from the US Air Force, testified that he worked on a "Crashed UFO Retrieval Team". He had cataloged over 57 Alien species! No one knows how many races have visited Earth during the last 100 million plus years, but you can bet it’s quite a few! Retired Sgt. Dean was the UFO investigator for NATO for thirty years and he says that NATO was aware of about seven species visiting earth during that time frame. NATO thought the Aliens meant no harm to the human race because they had not attacked earth during the thirty-year investigation. Why should they, we don’t attack our cows, horses or pigs!?


The ProofHuman footprints, complete with modern shoes have been found fossilized in the strata in California, side by side with dinosaur footprints. These fossilized prints predate upright Apes/Hominids over 65 million years! This proves that intelligent human being (from where?) were on this planet doing something when the dinosaurs "roamed"(not ruled) the earth. A rock hunter’s chipping hammer was found in Texas in the stone strata, millions of years old, complete with the wooden handle partially coalified. This is the type of hammer that would be used by modern people rock hunting. This hammer has to be millions of years old, someone needs to explain this to me for I’m a little dense. If we humans have only been here for several thousand years and intelligent only ten thousand, how do we account for the modern chipping hammer? Whole books have been written about these types of abnormalities that can only be explained by Alien visitors to this planet since it came into being. There are some very old and intelligent civilizations out there. The average person, only reads the sports pages or the comic section, real books are boring. We are not alone in the Universe, and I’m sorry if that bothers you, but facts are facts.


?Atlantis


Much has been written about the legendary Atlantis, but did it really exist or was it just the ramblings of Plato? Colin Wilson and Rand Flem-Ath in their new book, "The Atlantis Blueprint" purposes it was for real. This was an advanced civilization that dealt with metallurgy, ships sailing the world's oceans and mines scattered all over the planet. Atlantis was in their opinion, what is now Antarctica, two miles under the ice! Antarctica is a continent larger than the United States. Of course when the North Pole was in the Hudson Bay, (9600 years ago) Antarctica was warm, positioned in the South Indian Ocean. This would be a perfect climate for an industrialized civilization. The United States has, as this is written, an expedition to the South Pole doing some secret exploratory work. Also, we know that there is a warm lake under the ice at the South Pole, which creates a 2000-foot high dome under the ice! At one end of this lake is a large metal object, deposit or something that cannot be explained? If it were proved that this ancient civilization existed, and I believe it did, this would explain a lot of the strange artifacts found all over the planet. When the poles started to shift, about 12,000 years ago, Atlantis was destroyed, a large number of Atlantians survived, they escaped to other continents. How else could the Mayas have known about the existence of the planets Uranus and Neptune without telescopes? This was thousands of years before Western Astronomers discovered them! The Mayas has information about the Solar system that would not shame a modern Astronomer Royal. I think that Atlantis was an Alien colony hundreds of thousands of years ago. I could go on and on but let it suffice, you need to read "The Atlantis Blueprint".


What about God?


I would like at this time to state for the record, that I believe in the Supreme Creator/God and His manifestation on Earth in the human form as Jesus Christ. Our Lord Jesus came to earth to teach the Human race how to live in peace with each other and become a civilized, loving species. I do not think the current modern Bible has the story completely correct. This is do to the hundreds of different translations, interpretations and CHANGES made through out the ages by the Kings (Constantine I) and the "Church". Whole "Books" have been removed from the original texts by "men", who did they think they were, God? No, these books were removed because they would have explained this story a little better, and the leadership did not want the masses to know the truth. Charles Darwin was full of crap with his evolution theory, as all species on this planet have suddenly appeared, sexually complete and with a DNA blueprint. Then in about a million years generally go extinct. This proves creation but by who? We just don’t know where or when it all started, no more than we could understand how God came into being in the Beginning. There may not even be a beginning, as we?humans would understand it. Just as we can’t understand how, if we could travel in any direction, in a straight line forever and never come to the end of the Universe. Even if we did come to the end, what would be on the other side of the end? This is "heavy" stuff for our "little finite" minds.


The Devil, Hell and the Church


As for the devil or hell, this is a very controversial subject. I don’t understand the devil-hell theory. Why would any all-powerful God allow something like the devil to even exist. Even stupid humans don’t allow mistakes to continue to exist in the breeding of dogs, horses, cows, etc, so why would the Supreme Creator/God? I think the "Church", in order to force people to support and promote its doctrine, invented religion and the devil. To this end the church has done an excellent job. If you are an evil person, when you die, so does your consciousness. Remember the Biblical quote, "The wages of sin are death"? I take this literally, however if you are a believer and a good person, you will join the Supreme Creator/God upon death. Your loved ones will be there to greet you on arrival. You won’t find Bundy in Heaven, even though he "Confessed" his sins before God just before he was executed. You need to think about all this logically, don’t let other people think for you, personally I prefer to think for myself. If you watch TV constantly, it is impossible to think, and all you will know is what the Government and the people who run this planet want you to know, which is very little. Stupid people are easy to rule. That is why it was against the law to teach the black slaves to read and write before the Civil War! However ignorance is bliss, and what you don’t know won’t hurt you!


?My Personal Sightings


I saw my first UFO in 1944, I didn’t know at the time that is was an Alien Craft, I was only twelve years old and as a child thought it was some kind of a secret flying machine for Army Air Corps. It appeared high in the sky over North Tampa, above some P-38"s dog fighting. The UFO was in a stationary position, with no wings, engines or rocket blast. After fifty-six years of observation of our skies, nothing like this has ever shown up as a Military Aircraft, so it must have been an Alien spacecraft. In recent years I have seen private videos of the same type of craft, that I observed in 1944, now thought to be an Alien spacecraft.


My next sighting came in 1969 as Tom Lemons and I was traveling west on I-70 in northern Ohio. We were near the infamous Wright-Patterson Air Base and the time was late afternoon, about 4 PM. All of a sudden, out of nowhere, appeared a silver disk, rolling along the tree tops about two miles north of us, the disk appeared to be traveling about two to three hundred miles per hour. The disk had no marking to identify it. It just looked like a silver pie plate. I called it to Tommy’s attention and neither of us had ever seen such an aircraft. The disk then suddenly turned on its side, taking on the appearance of two saucers put together. Then the disk sped out of sight going into deep space, in a matter of moments. We both commented on the aerodynamic shape of the craft. Also it’s maneuverability, and the speed at which it was able to attain in such a short time. We both thought at the time it was some kind of new advanced design fighter plane from the Wright-Patterson base. We searched the newspapers the next day for the story but thirty years later, nothing like this has ever been disclosed to the public. From what I remember from 1969, the craft looked exactly like the one that Bob Lazar worked on in area 51, during 1988, of which he later had a poster drawn, more on Bob Lazar later.


The third sighting occurred in 1997, around 10 AM. My wife and I were traveling South on I-75 in South Georgia, returning from a Super Chevy Show in Memphis TN. I was driving the 1996 Dodge Dually truck and I happened to notice to my left at about ten o-clock some kind of aircraft traveling through the atmosphere, not only leaving a short vapor trail, but also causing a disturbance in front of the craft. To the naked eye it looked like a giant comet, only very close to earth. I called it to my wife’s attention and she was very impressed. Then the craft appeared to stop, as the vapor trail behind it dissipated, it looked like a glowing ball with a vaporous ring around it. But now it got smaller and smaller real quick! It was headed into deep space at tremendous speed. This was the same way the craft in Ohio disappeared in 1969.


My last sighting occurred May 17th 2001 aboard a TWA flight to St Louis. I was looking out the window of the right side of the aircraft when suddenly appeared a very bright light about 2000 feet above us and it was traveling about the same speed. All of a sudden it disappeared and then reappeared about a hundred or so miles away and then it appeared to be moving very fast. Of course to get to the second position as quick as it did it would have had to attain a speed of at least 1500-MPH! During this encounter a conventional aircraft passed us in the opposite direction below our aircraft, so I know I was not confusing the bright light for a conventional aircraft. The UFO sped away and I did not see it again.


These sighting have caused me to pursue the Alien phenomenon for the last decade. As far as I know, neither my wife nor I have ever seen an Alien being or been abducted. However we can’t be certain as several races of Alien look exactly like humans, only much smarter! You know what I’m talking about, Bill Clinton and Alan Greenspan comes to mind!?


The Big Picture


This is my opinion as I see it from my studies and observations. Remember I’m only going to hit the high spots, as it would take weeks to cover the issue completely. I know this scenario is not 100% accurate, it can’t be. However it’s a lot closer than you have been taught in the Government Schools about the history of this planet and the origin of the human race. "Everything You Know Is Wrong"(This is a very good book by Lloyd Pye, 800-444-2524)?


Zechari Sitchin and the Anunnaki


Zechari says in his book "The Twelfth Planet" that we have to start by going back 432 thousand years. According to the ancient Sumerian records, a party of "humanoid" explorers touched down on planet earth somewhere in the Middle East in the area of the Sini Desert. They were a very old and intelligent race of being from a planet supposedly in our solar system! Their planet has an elliptical orbit of 3600 years. One orbit is called a "Shar" and the planet only stays in our vicinity about 20 years. During this time of close proximity, great geophysical damage is done to the earth due to the gravitational pull of this larger than earth planet. The name of this planet is "Nibiru" and its humanoid beings call themselves "Anunnaki". The last time Nibiru passed through was about 200 BC, or about the time of Christ. It should return about 3000 AD, hang on! Not to worry, we won’t be here. Their leader is called "Anu" and has been for over 500 thousand years! These beings have very long life spans to say the least. A one hundred thousand-year-old Anunnaki is considered a young man. More on this long life span theory later. Zechari thinks they look like us except they are light skinned and either blond or redhead, taller perhaps. Other researchers think these Aliens are reptiles! Sounds crazy, doesn’t it? But stay with me, there’s a lot more to come. All that I have told you so far flies right in the face of science, conventional history, and of course all modern religions. But there is proof, beyond any shadow of a doubt, read on.


この論文は(www.garlitsdon.com
)ウェブサイトのために特に準備された。

この文書の中の何も、個人的に取られることになっていない。

私の考えでは、これは、あなたがあなたのすべての人生のために教えられたかもしれないものではなく私達の惑星の歴史である。

この文書は数週ごとにアップデートを得る。

入門

あなたがUFO、エイリアン、空飛ぶ円盤、地球外の生命体、アトランティス、プレス停電、および政府隠蔽/共謀へのちょっとした興味よりもっと持っているこの紙を持っているならば、私はそれを仮定する。

この紙は少しも主題全体をカバーしなく、それは、単に、私がこの50年の本、ビデオ、友人、私的なソース、および観察から集めた情報の一部の見本抽出である。

新しい情報は毎週かそこら私のところに来て、私が、それが長所を持っていると思う時に、私はそれをこの仕事に含めていて、従って、ページのトップで日付をチェックしなさい。そうすれば、あなたが現在のコピーを持っているかどうかを確かめなさい。

私が、この情報が正しい100%ではないと知っているので、何もそうではないけれども、それは、あなたが政府学校で教えられた情報より百倍よい!

従って、自身のために、ビールを取ってきて、あなたの心を広げて、あなたの「かばん」にしがみつき、人類以来ニュースを振っている最も多くの地面がSumarにおいて約6000年前レコードを保ち始めた私の意見にある本当のライフ冒険の上に行くための用意をしなさい。

私は、あなたがこの新聞を読んだ後に、あなたたちの何人かが決して同じにならないであろうと言うことによって出発したい。

たとえ、あなたたちの何人かが、どのように、私が硬直した極端なマニアであると思うであろうても、私は全く気にしない!

私がUFOの、エイリアン、および空飛ぶ円盤について学んだもののいくつかをあなたと共有しているだけであることを覚えていなさい。

集中的な10年足す研究の後に、連邦政府が、通って横たわってあった実現の百冊のプラスの本(数は各週に増加する)と50年の上で、それがアメリカ人と世界への歯であるのを知って、これは私の結論である。

確かな証拠は世界中で見つかった古代の石碑である。

UFOは、それがその主題であるけれどもあなたが別個のエンティティとしてそれらを説明することができないことであり、それらはただの本当に大きな写真の小さな一部である。

2つの大きな秘密

私の控えめな意見において、人類、不滅性、およびTravelスターに隠された宇宙(エイリアンによると千を超える宇宙がある)に、基本的な秘密は2つしかない。

Travelスターは、あなたが、時間を処理し、間隔をおいて配置し、重要な機能を持っていることを必要としている。

不滅性によって、至高の造物主/神の中でそうであるように、私は、生きる能力を永久にでなく数千年のために意図している(ずっと、それはあなたに最も良い)。

エイリアンはこれらの科学の両方をマスターした。

私は個人的に、2つの秘密が束ねられて、一方を知ることが他について知識を自動的に持っていると信じる!

私達、人は相当数の年、数千であり、この部門のエイリアンの後ろで数百万の歳であるかもしれない。

あなたがこれらの2つの才能を達成した時に、すべてがあなたの自由に使えて、あなたの唯一の問題が同じ才能を持つ他の生き物であるので、他に何もあなたの魂を除いて重要でない!

しかし、宇宙は非常に大きな場所であり、回る多くの「世界」があるべきであるけれども、私は、私達の地球のような特別な場所の上に時々いくつかの対決があると確信している。

現時点ですべてこれを考慮するとすると、「私達の」地球を訪問するエイリアンの多くのレースがある。

ディスクロージャープロジェクトで、米国空軍からの辞めたサージェントは、彼が「失敗されたUFO検索チーム」に取り組んだと証言した。

彼は57を超える外来種をカタログに載せた!

誰も、いくつのレースが最近の1億プラスの年の間に地球を訪問したかを知らないけれども、あなたは、それが相当数であるのを賭けることができる!

辞めた軍曹ディーンは30年の間NATOのためのUFO調査者であり、彼は、NATOがその時間枠の間に地球を訪問する約7つの種に気づいていたと言う。

NATOは、彼らが30年の調査の間に地球を攻撃しなかったので、エイリアンが人類に悪意を全然持っていなかったと思った。

なぜするべきであるか それら 私達は、私達の雌牛、馬、またはブタを攻撃しないか!

証拠

現代の靴を完備していて、カリフォルニア、側の層で恐竜フットプリントによって側により化石化されることで見つけた人のフットプリント。

これらの化石化した印刷物は6500万年の間に直立した猿/原人に先行している!

これは、恐竜が地球を「歩き回った」(判決されない)時に、聡明な人間(どこからの?)が何かをしているこの惑星の上にいたことを証明する。

部分的にcoalifiedされた木製のハンドルが揃っていて、岩ハンターのはつりハンマーは、数百万年の年齢で石層でテキサスで発見された。

これは、現代の人々岩ハンティングによって使われるであろうハンマーのタイプである。

このハンマーは、数百万年の年齢である必要があり、私が少し愚鈍なので、誰かが、これを私に説明する必要がある。

1万がなければ、私達、人がここで数千年に賛成で、知的であるだけならば、どのように私達は現代のはつりハンマーを説明するか?

本全体は、それが発生して以来、この惑星への異質な訪問者によって説明されることができるだけのこれらのタイプの異常について書かれている。

世の中にいくつかの非常に古く、知的な文明がある。

スポーツ欄を読むか、喜劇のセクション、リアルの本が退屈でない限り平均的な人。

私達は宇宙で一人でなく、それがあなたを煩わすならば、私は申し訳なく思っているけれども、事実は事実である。

アトランティス

多くは伝説上のアトランティスについて書かれているけれども、それは本当に存在していたか?または、それはまさにプラトンの散歩であったか?

それらの新しい本の中のコリン・ウィルソンとランドのFlem-Ath(それがリアルのためにあった「アトランティス青写真」目的)。

これは、冶金、世界の海洋を帆走している船、および惑星の至る所で散乱した鉱山を扱った高度な文明であった。

アトランティスは、それらの意見、現在、氷の2マイル下で南極大陸であるものにあった!

南極大陸は米国より大きい大陸である。

もちろん、北極点がハドソン湾にあった時に、南インド洋で置かれて、南極大陸(9600年前)は暖かであった。

これは工業化された文明のための完全な気候であるであろう。

いくらかの秘密の探検の仕事をしている南極に米国は、これが書かれるので、遠征を持っている。

また、私達は、南極に氷の下の暖かな湖があると知っている(それは氷の下で2000年の足で高いドームを作成する)!

この湖の一端に、大きな金属オブジェクト、預金、または説明されることができないことはそうであるか?

この古代の文明が存在していて、私が、それがしたと信じることが証明されたならば、これは惑星の至る所で見つかったたくさんの奇妙な人工物を説明するであろう。

ポールが、約12,000年前変わり始めた時に、アトランティスは破壊されて、多くのAtlantiansは残存し、それらは他の大陸に脱出した。

他にどうしてマヤ族は望遠鏡なしで惑星天王星と海王星の存在を知っていたことができるか?

これは、西天文学者が彼らを発見する数千年前であった!

マヤ族は、現代人王立天文台長を侮辱しないであろう太陽系についての情報を持っている。

私は、アトランティスが数十万年前異質な植民地であったと思う。

私はずっと進むことができたけれども、それを十分であらせて、あなたは、「アトランティス青写真」を読む必要がある。

神はどうであるか?

私は、今回、私が至高の造物主/神とイエス・キリストとしての人の姿における地球の上の彼の明示を信じていることを公式に述べたい。

人類に互いに平和においてどのように生きるか、そして文明化し、愛情深い種になるかを教えるために、私達の神イエスは地球に来た。

私は、現在の現代のバイブルが完全に正しい話を持っていると思わない。

これは通って年の外で王(コンスタンティンI)と「教会」によって作られた数百の異なる翻訳、解釈、およびCHANGESにすることである。

全体の「本」は、「人」〈し それら 神 、それらがであったと思う〉によりオリジナルのテキストから取り除かれたか?

いいえ、それらがこの話をもう少しよりよく説明したであろうので、これらの本は取り除かれて、リーダーシップは、庶民に、真実を知ってほしくなかった。

チャールズ・ダーウィンは、この惑星の上のすべての種が突然出現したので、性的に完全な彼の進化論によって、そしてDNA青写真によってナンセンスでいっぱいであった。

そして、約百万年で、一般に、消えなさい。

これは作成を証明するけれども、誰でである?

私達は全く、それがすべて始まったことでまたは時に、私達だけが、どのように神が最初に発生したかを理解することができたと知らない。

私達、人がそれを理解するであろう時に、最初がありさえしないかもしれない。

ちょうど、私達がどのような方向ででも旅行することができたならば、直線の中でどのようにかを永久に理解することができなく、決して、宇宙の果てに来ないように。

私達が最後まで来ても、何が終わりの他の側にあるであろうか?

これは私達の「有限にほとんど」精神のための「重い」物である。

悪魔、地獄、および教会

悪魔または地獄について、これは非常に物議をかもす主題である。

私は悪魔地獄理論を理解していない。

なぜ全能の神の誰かが、悪魔のような何かに、存在しさえすることを許すであろうか。

愚かな人さえ、誤りに、犬、馬、雌牛などの繁殖において存在し続けることを許さないのに、なぜ至高の造物主/神はするであろうか?

その主義、発明された宗教、および悪魔を支持し、促進することを人々に強制するために、私は「教会」を考える。

この目的のために、教会は素晴らしい仕事をした。

あなたが死ぬ時に、あなたが悪い人であるならば、あなたの意識もそうである。

聖書の引用文(「罪の報いは死である」)を覚えている?

文字どおりで、しかし、あなたが信者とよい人であるならば、私はこれを取り、あなたは死の上で至高の造物主/神に参加するであろう。

あなたの愛する人は、到着時にあなたにあいさつするためにそこにいるであろう。

あなたは天国でバンディを発見しないであろうし、彼を「白状し」ても、彼がそうであるすぐ前の神の前の彼の罪は実行した。

あなたは、論理的にすべてのこれについて考える必要があり、他の人々にあなたのために考えさせなく、個人的に、私は、自分で考えることを好む。

あなたが常にテレビを見るならば、考えることは不可能で、あなたたちが知るであろうすべては、この惑星を走る政府と人々があなたに、知ってほしいものである(非常に小さい)。

愚かな人々は、支配しやすい。

そんなわけで、南北戦争の前で読み、書くことを黒人奴隷に教えることは法律に違反していた!

しかし、無知は至福であり、あなたが知らないものはあなたを傷つけないであろう!

私の個人的な目撃例

私は1944年に私の最初のUFOを見て、私は、それがそうである時間にエイリアン クラフトがいたと知らなく、私はわずか12歳であり、子供の時に、それが軍隊陸軍航空隊のためにある種類の秘密の飛行機であったと思った。

戦っているあるP-38"s犬の上でそれは北タンパの上で空に高く出た。

UFOは翼、エンジン、またはロケットの突風なしで固定のポジションにあった。

私達の空の56年の観察の後に、このような何も軍用機としてこれまでに現れたことがないので、それは異質な宇宙船であったにちがいない。

近年、私は同じタイプの技能の私的なビデオを見て、私が1944年に観察し、今や、異質な宇宙船であろうと思った。

私の次の目撃例はトムレモンとして1969において来て、私は北オハイオでI-70の上の西を旅行していた。

私達は不名誉なライト・パターソン空軍基地の近くにいて、時間は午後4時ごろに午後遅くであった。

突然、どこからともなく、銀のディスクの(私達の約2マイル北の木トップに沿った回転)のようで、ディスクは、約2から300マイル/時まで移動しているようであった。

それを識別するために、ディスクはマークを全然持っていなかった。

それはただ銀のパイ皿のように見えた。

私はトミーの注意にそれを呼び、私達のどちらもそれまでにそのような航空機を見たことがなかった。

それから、組み立てられた2つの受け皿の外観を呈して、ディスクは突然その側をつけた。

それから、重要な事柄において深宇宙に入っている視界の外でディスクは疾走した。

私達は両方とも技能の空気力学的な形についてコメントした。

また、それは、操作性とそれが、そのような短い時間に達成することができたスピードである。

私達は両方とも、それがライト・パターソンのベースからのある種類の新しい高度なデザイン戦闘機であったとその時思った。

私達は新聞社で次の日話を探したけれども、30年後、このような何もこれまで一般大衆に明らかにされていない。

私が覚えているものから、1969年、技能は、正確に、後でもっとボブ・ラーザールに、1988年の間のエリア51(それのうちの、彼は後で描かれたポスターを持っていた)で、ボブラーザールが取り組んだもののように見えた。

3番目の目撃例は午前10時ごろに1997年に起こった。

妻と私は、メンフィスTNでスーパー シェビー・ショーから戻って、サウスジョージアでI-75の上の南を旅行していた。

私は1996年のドッジDuallyトラックを運転していて、短い飛行機雲を去っているだけでなく技能の前で騒動を起こしていることも大気を通っている航空機の親切な約10のoクロックのいくつかで私が私の左に、偶然気づいた。

肉眼に、それは地球に非常に近いだけの巨大な彗星のように見えた。

私は私の妻の注意にそれを呼び、彼女は非常に感銘を受けた。

それから、船は、停止するようで、それの後ろの飛行機雲が散った時に、それはそれのまわりで蒸気のようなリングによって輝きボールのように見えた。

しかし、今や、それはますますより小さなリアルを迅速にした!

それはすさまじいスピードで深宇宙の中に向かった。

これは、オハイオの技能が1969年に消えた同じ方法であった。

私の最後の目撃例はStルイス行きのTWA飛行便に乗って2001年5月17日起こった。

私は、航空機の右側のウィンドウの外でいつかを確かめることが突然私達の約2000フィート上の非常に明るいライトのようで、それがほぼ同じスピードを旅行していたことであった。

突然、それは消えて、それから、約百マイルかそこら向こうで再発し、それから、それは、非常に速く動いているようであった。

もちろん、それがそれをしたのと同じくらいすばやく2番目のポジションに到着することは、少なくとも1500MPHのスピードに達する必要があったであろう!

従来の航空機が私達の航空機の下の逆方向で私達に手渡したこの遭遇の間、そう、私は、私が従来の航空機のために明るいライトを混乱させていなかったと知っている。

UFOは走り去り、私は再びそれを見なかった。

照準を合わせているこれらは、私に、過去10年の間異質な現象を追跡させた。

私が知る限りでは、私の妻と私のどちらもこれまでに異質な存在を見たか、誘拐されることがない。

しかし、エイリアンのいくつかのレースが正確にずっとだけより厳しく人のように見える時に、私達は確信しているはずがない!

あなたは、私が何について話しているかを知っていて、ビル・クリントンとアラン・グリーンスパンは思い浮かぶ!

大きな写真

私が私の研究と観察からそれを見るように、これは私の意見である。

完全に問題をカバーすることが数週かかるであろう時に、私が、要点だけ言おうとしているだけであることを覚えていなさい。

私は、このシナリオが正確な100%ではなく、それがそうであるはずがないと知っている。

しかし、それは、あなたがこの惑星の歴史と人類の起源について政府学校で教えられているよりたいそう近い。

「あなたが知っているすべては悪い」(これはロイド・パイ、800-444-2524の非常によい本である)

Zechariシッチンとアヌンナキ

Zechariは、私達が、43万2000年さかのぼることによって出発する必要があると彼の本「12番目の惑星」中で言う。

古いシュメール語記録によると、「人間形の」探検家のパーティーはSini砂漠のエリアの中東のどこかの地球の上で着陸した。

彼らは私達の太陽系でたぶん惑星からである非常に古く、知的な人種であった!

それらの惑星は3600年の楕円軌道を持っている。

1つの軌道は「Shar」と呼ばれて、惑星は私達の付近に約20年いるだけである。

近い近接のこの時間の間に、大きな地球物理学の損害は地球惑星より大きいこれの引力のため地球に与えられる。

この惑星の名前は「Nibiru」であり、その人間形の生き物は自身を「アヌンナキ」と呼ぶ。

Nibiruが通過した最後は紀元前200年頃またはキリストの時間頃にあった。

それは約3000ADを戻し、しがみつくべきである!

悩まないために、私達はここにいない。

それらのリーダーは「Anu」と呼ばれて、50万年以上であった!

これらの生き物は控えめに言っても非常に長い寿命を持っている。

10万歳アヌンナキが若者と考えられる。

より遅いこの長い寿命理論の上のより多く。

Zechariは、それらがライトのような肌で、ブロンドまたはたぶんより背が高い赤毛の人のどちらかである以外、それらが私達のように見えると思う。

他の研究者は、これらのエイリアンが爬虫類であると思う!

気違いじみての音ね?

しかし、私の所に泊まりなさい、発生するもっとたくさんがある。

私がこれまでにあなたに話したすべてはまさに科学、従来の歴史、およびもちろんすべての現代の宗派に反抗する。

しかし、読まれて、疑いもなく証拠がある。



NASAとフリーメーソン

NASA AND FREEMASONRY


Note the two pyramids in the NASA name.


NASAとフリーメーソン

NASA名において2つのピラミッドに注目しなさい。








Supposedly Buzz Aldron With Masonic Sash and Apron


たぶん、フリーメーソンサッシとエプロンによってAldronをブンブン鳴らしなさい。













These pictures are staged. Notice the structure in the background reflecting in the astronauts visor. This is the same pose used in the Masonic garb above. Even the arm positions are the same. The below picture is the official NASA release of the same three above. This suggests that some or all of the? moon landings were staged.


これらの写真は上演される。

宇宙飛行士面頬の中で反射している背景で構造に気づきなさい。

これは上でフリーメーソン服装において使われた同じポーズである。

アームポジションさえ同じである。

写真の下の同じ3の公式なNASAリリースである。

これは、月着陸のいくつかまたはすべてが上演されたことを示唆する。






Notice the difference?


違いに気づく?


When the astronauts landed on the Moon they tried to do core drillings. They were only able to drill down about twelve inches and they hit solid titanium! This is impossible for a naturally formed planet/moon. The Moon is an artificial satellite, built by intelligent beings. I know this sounds bazaar but what is the alternative? We have further proof, when the astronauts blasted off the Moon, they separated the first stage and let it fall back to the Moon surface. The seismographic instruments that they had put in place while on the Moon surface recorded a loud gong and the Moon reverberated for five hours after the expended rocket had hit the surface! The Moon is obviously hollow, a titanium sphere, built by someone or something and for what??


Neil Armstrong attended a scientific conference in London England a few years ago and the press knew what hotel he was to stay in and the precise room. They set up listening devises in the room next door to spy on Armstrong’s private conversations. Neil had a professor visit him one evening. The first question out of the professor’s mouth was "What happened to all the Moon projects, colonies, telescopes, low gravity factories. Neil said, "They warned us off, their ships were so much larger and much higher tech, we didn't have a chance". They told us, "scoop up a few rocks and go home, the Moon is off limits!" Aliens, what you never really wanted to know!


宇宙飛行士が月に着陸した時に、彼らは、コア掘削をしようとした。

彼らは、約12インチ下がってドリルで穴を開けることができるだけで、彼らは固体のチタンを打った!

これは自然に成形された惑星/月に不可能である。

知的な生き物によって築かれて、月は人工衛星である。

私はこの音市場を知っているけれども、選択肢は何であるか?

宇宙飛行士が月を発射し、彼らが第1ステージを隔てていて、それを月表面に後退させた時に、私達はさらに証拠を持っている。

月表面の上の間に、それらが実施した地震学の機器は、騒々しいゴングと浪費されたロケットが表面を打った後に5時間の間轟き渡った月を記録した!

月は明らかに誰かか何かによって、そして何のために築かれたへこみ、チタン球である?

ニール・アームストロングは数年前ロンドンイギリスで科学会議に出席し、プレスは、彼が、どんなホテルに泊まることになっていたか、そして精密な部屋を知っていた。

アームストロングの密談を探り出すために、彼らは隣の部屋で聞く贈与条項を設定した。

ニールは教授にある夕方彼を訪問させた。

教授の口からの最初の問題は、「すべての月プロジェクト、植民地、望遠鏡、低い重力工場に起こったこと」であった。

ニールは、「彼らは、オフの、それらの船がそんなにずっと大きく、ずっと高いテクであったのを私達に警告し、私達にはチャンスがなかった」と言った。

彼らは、「少しの岩石をすくい上げて、家に帰りなさい、月は立ち入り禁止である!」と私達に話した。

エイリアン、あなたが決して本当に、知りたくなかったもの!



ニュート世界秩序





Newt World Order






Bush and co paving the way for power mad freaks like Gingrich


Steve Watson

Infowars.net


Thursday, November 30, 2006


Newt Gingrich's latest attack on the First Amendment is a revealing insight into the long term agenda of elite minds in America today. Those who would be successors to the Bush Administration are even more bent on power and dominance and they see absolutely no place for the freedoms America was founded on to continue to exist under their leadership.


At a dinner honouring the sanctity of the First Amendment this week, Newt Gingrich stood up and gave a talk about restricting freedom of speech.


Gingrich stated:



"My Prediction to you is that either before we lose a city or, if we are truly stupid, after we lose a city, we will adopt rules of engagement that use every technology that we can find to break up their capacity to use the internet, to break up their capacity to use free speech, and to go after people who want to kill us to stop them recruiting people before they get to reach out and convince young people to destroy their lives while destroying us."


"I want to suggest to you right now that we should empanelling people to look seriously at a level of supervision that we would never dream of if it were not for the scale of this threat. This is a serious long term war and it will lead us to want to know what is said in every suspect place in the country, it will lead to us to learn how to close down every website that is dangerous."



“We should propose a Geneva Convention for fighting terrorism, which makes very clear that those who would fight outside the rules of law, those who would use weapons of mass destruction, and those who would target civilians are, in fact, subject to a totally different set of rules that allow us to protect civilization by defeating barbarism before it gains so much strength that it is truly horrendous.”


Keith Olbermann devoted a section of his Countdown program to Gingrich's abomination and commented "If you're going to destroy freedom of speech Bub, you've already lost all the cities.", whilst comparing the speech to the rhetoric of Nazi politicians in Germany in the 1930s.





ニュート世界秩序

ギングリッチのような動力おかしな異常への道を開いているブッシュとco


スティーヴワトソン

Infowars.net

2006年11月30日木曜日


憲法修正第1条へのニュートギングリッチの最新の攻撃は、今日、アメリカの選り抜きの心の長期課題に対する暴露的な洞察です。ブッシュ政府の代わるものである人々は力と優位により向けられさえします、そして、彼らはアメリカが彼らのリーダーシップの下に存在し続けるために基づいて作られたfreedomsのために全くどこにも見えません。


今週、憲法修正第1条の清浄を守っている夕食で、ニュートギングリッチは立ち上がって、言論の自由を制限することについて、話をしました。


ギングリッチは、述べました:


「我々が都市を失う前に、あなたへの私のPredictionはそれでもあります、あるいは、我々が本当にばかならば、我々が都市を失ったあと、我々は我々がインターネットを使う彼らの能力をバラバラにして、言論の自由を使う彼らの能力をバラバラにして、我々を滅ぼしている間彼らが手を伸ばして、若者に彼らの命を奪うことを説得するようになる前に、彼らが人々を入れるのを止めるために我々を殺したい人々を求めるとわかることができるあらゆるテクノロジーを使用するROEsを採用します。」


「私は、現在あなたに我々がそうしなければならない正当に深刻に、我々が決してそうしない監督のレベルを見るempanellingしている人々がこの脅威のスケールなしではを夢見ることを示唆したいです。これは大長期戦争です、そして、それは我々に国のあらゆる疑惑の場所で言われた内容を知っていたくさせます、危険であるあらゆるウェブサイトを廃業する方法を学ぶことは我々に至ります。」


「我々はテロリズムと戦うためにジュネーブ条約を提案しなければなりません。そして、それがそれが本当に恐ろしいように多くの強さを得る前に、それは法律の法則の外で戦う人々、大量破壊兵器を使う人々と一般人を対象とする人々が、実際、我々が野蛮性を破ることによって文明を保護するのを許す規則の全く異なる集合を受けることは非常に明らかになります。」、キースOlbermannは彼のCountdownプログラムの部分をギングリッチの憎悪に捧げて、コメントしました、「あなたが言論の自由Bubを破壊することになるならば、あなたは全ての都市をすでに失いました。」。そして、その間中が1930年代にドイツでスピーチをナチ政治家のレトリックと比較します。


George Washington University Law Professor and Constitutional Law Expert Jonathan Turley joined Olbermann and warned:


"This could actually happen, the first Amendment is an abstraction and when you put up against it the idea of incinerating millions of people, there will be millions of citizens that respond, like some Pavlovian response, and deliver up rights, we've already seen that. People don't seem to appreciate that you really can't save a constitution by destroying it."


This is not some crackpot peddling a nonsense idea that we should simply laugh off, this is the former speaker of the House who is also gearing up for a 2008 Presidential run. Turley continued:



"What you see here I think is the insatiable appetite that has developed amongst certain leaders for controlling American society. We saw that with John Ashcroft not long after 9/11 when he said that critics were aiding and abetting terrorists. There is this insatiable appetite that develops when you feed absolute power to people like Gingrich. And people should not assume that these are going to just be fringe candidates in this will never happen. Fear does amazing things to people and it can cause a sort of self mutilation in a democracy where we give up the very things, the very rights that define us and theoretically the very things that we are defending."




Gingrich served as a Member of Congress for 20 years and as Speaker of the U.S. House of Representatives from 1995-1999. His "Contract with America" was sold to the nation as a remedy for big government, committed to shrinking the size and cost of government. But instead the Contract called for the exact opposite: balance the budget with a loophole-filled amendment that would reflect ill of the Constitution instead of Congress; expand NATO; deliver more crime control power to the federal government; federalize a host of laws dealing with children; etc.


http://www.youtube.com/watch?v=wcSoXW5j-bk&eurl
=


ジョージワシントン大学法教授とConstitutional Law Expert Jonathan Turleyを、Olbermannに加わって、警告しました:


「これは実は起こることができました、最初のAmendmentは抽象概念です、そして、あなたが何百万人も焼却するというアイデアを困窮したようにしたとき、若干のPavlovian反応のように、応えて、権利を引き渡す何百万もの市民がいます、我々はそれをすでに見ました。人々は、あなたがそれを破壊することによって本当に憲法を保存することができないと認めるようではありません。」、Thisは我々が単に笑わなければならないナンセンスアイデアを売って歩いている一部の変わり者ではありません、これは2008の大統領の走力にも向けて準備している下院の前議長です。ターリーは続けました:


「あなたが私が考えるのをここで見ることは、アメリカの協会を支配するために特定のリーダーの間に発現した飽くなき食欲です。彼が批評家がテロリストを援助していて、教唆していると言ったとき、我々は9/11の後まもなくジョンアシュクロフトとそれを見ました。あなたがギングリッチのような人々に絶対権力を与えるとき、発現するこの飽くなき食欲が、あります。そして、人々はこれらがちょうどフリンジでありそうであるために、これの候補が決して起こらないと仮定してはなりません。恐れは人々に驚くべきことをします、そして、それは我々がまさしくそのものをあきらめる民主主義国家での一種の自身切断、我々を定めるまさしくその権利と理論的に我々が弁護しているというまさしくそのことを引き起こすことがありえます。」


ギングリッチは、20年間の国会議員として、そして、1995~1999からの米下院議長として用いられました。彼の「アメリカとの契約」は大きな政府の救済策として国に売られました。そして、政府のサイズと原価を縮小することを約束しました。しかし、その代わりに、Contractは正確な正反対を要求しました:予算を国会の代わりに憲法の病気を反映する隙間で一杯の改正と釣り合わせてください;NATOを拡大してください;より多くの犯罪支配力を連邦政府に届けてください;子供たちを扱っている多数の法律を連邦化してください;その他







In addition Gingrich is a member of the Senior Advisory Board of the United States Commission on National Security/21st Century that has produced a series of reports that document the agenda for national security challenges as far out as 2025.


So essentially when he says he "predicts" the evisceration of the First Amendment, he is quoting actual government strategy for the next twenty years.


Gingrich, a regular attendee of the annual Summer camp at the Bohemian Grove, and long term CFR member, has previously openly referred
to anyone who oppose Bush-Republican Neo-Conservative madness as being part of an "insurgency"


Gingrich also stated recently
that "It's not an insult[ ]" to compare Bush administration critics "to those who enabled Hitler"


Open and truly democratic governments don't view their political opponents as "enemies" whose opposition is looked upon as an "insurgency", and they certainly don't feel a need to be at war with the people they govern. For Gingrich, and the entire Neo-Conservative movement; however, the reality is that the American people are increasingly questioning their "right to rule" and are, therefore, considered enemies or, as Newt Gingrich more aptly said, an "insurgency".


Gingrich has also previously said the third world war has already begun
and that the United States must do everything in its power to bring about regime change in Iran
, even if it means invading that nation.



"This is 1935 and [Iranian president] Mahmoud Ahmadinejad is as close to Adolf Hitler as we’ve seen. We now know who they are -- the question is who we are. Are we Baldwin or Churchill?" Gingrich said, noting that Churchill recognized the danger from Nazi Germany and urged that Britain prepare to meet it.


No Newt, this is 2006 and YOU are the closest thing to Adolf Hitler we've seen.


Gingrich went on to state that Tehran could be planning for a preemptive nuclear electromagnetic pulse attack on America that would turn a third or more of the country "back to a 19th century level of development."


He said the "extraordinary challenge that the current regime in Iran poses to the safety of the United States" requires "extraordinary measures to meet it."


The idea that Iran has nuclear electromagnetic pulse weapons is utterly ludicrous. In Fact the CIA has concluded that there is absolutely no evidence
that Iran has any form of hostile nuclear weapons program. The level to which this traitor is twisting reality to fit his own crazy notion of the way the world operates is indicative of the Straussian
global outlook that we have come to see so clearly adopted by the so called neoconservative movement.






そのうえ、ギングリッチは2025と同じくらい外へ遠い国家の安全挑戦の計画を文書化する一連のレポートを生産したナショナルSecurity/21世紀のアメリカ合衆国委員会のシニア勧告委員会のメンバーです。


とても基本的に、彼が彼が憲法修正第1条の腸抜きを「予測する」と言うとき、彼は次の20年に対する実際の政府戦略を引合いに出しています。


ギングリッチ、ボヘミアのグローヴと長期CFRメンバーの一年の夏のキャンプの普通の出席者は、以前、「反乱」の一部でありながらブッシュ共和党のNeo保守党の狂気に反対する誰にでも、公然と言及しました


ギングリッチも、最近、その「それは、侮辱ではありません[ ]」ことが「ヒトラーに許可を与えた人々に」ブッシュ政権批評家を比較すると述べました


開いて本当に民主主義政府は彼らの政敵を反対が「反乱」として見られている「敵」として見ません、そして、彼らは確かに必要が彼らが支配する人々との戦いであると感じません。ギングリッチと全てのNeo-Conservativeな運動のために;しかし、現実は米国民がますます彼らの「支配する権利」に質問していて、したがって、敵と考えられるということです、あるいは、ニュートとして、ギングリッチはより適切に言いました、「反乱」。


ギングリッチは、3回目の世界大戦がすでに始まった、そして、アメリカ合衆国がたとえそれがその国を侵略することを意味するとしても、イランに政権交代をもたらすその権限ですべてをしなければならないと前に言いました。


「これは1935です、そして、[イランの大統領]マームドAhmadinejadは我々が見えたのと同じくらいアドルフヒットラーと親しいです。我々は現在、彼らが誰であるかについてわかっています-問題は我々が誰であるかということです。我々は、ボールドウィンかチャーチルですか?」、ギングリッチは言いました。そして、チャーチルがナチスドイツから危険を認めて、英国がそれに会う準備をすると主張した点に注意しました。

ニュートでない、これは2006です、そして、YOUは我々が会ったアドルフヒットラーに最も近いものです。


ギングリッチはテヘランが3分の1を回すアメリカへの先制の核電磁パルス攻撃に対して計画を立てていることができたと述べ続けました、あるいは、より国の、「発展の19世紀のレベルに戻ってください。」


彼は、「イランの現在の体制がアメリカ合衆国の安全に起こす驚異的な難問」が「それに会う非常手段を必要とすると言いました。」


イランが核電磁パルス武器を持っているという考えは、全く滑稽です。Factに、CIAはイランには敵対的な核兵器プログラムの少しの形もあるという証拠が全然ないと結論しました。この裏切り者が世界が作動する方法の彼自身の狂った概念にフィットするために現実をねじっているレベルは、我々がいわゆる新保守主義者運動によって採用されてとても明らかにわかりに来たリヒャルトシュトラウス愛好家世界的な展望を示します。







Like Plato, Strauss taught that within societies, "some are fit to lead, and others to be led", according to Shadia Drury, author of 1999's Leo Strauss and the American Right
. But, unlike Plato, who believed that leaders had to be people with such high moral standards that they could resist the temptations of power, Strauss thought that "those who are fit to rule are those who realize there is no morality and that there is only one natural right, the right of the superior to rule over the inferior".


We have previously exposed how many major influences on the Bush Administration and leading Neoconservative think tanks are followers of Strauss. In addition to Gingrich himself, former Deputy Defense Secretary Paul Wolfowitz, Weekly Standard chief editor William Kristol, His father Irving, and Gary Schmitt, founder, chairman and director of the Project for the New American Century (PNAC).


Leo Strauss was also a strong believer in the "Realism" form of International Relations made prominent by Thomas Hobbes
. Like Hobbes, he thought that human nature was intrinsically aggressive and could be restrained only through a State formed via a powerful military industrial complex . "Because mankind is intrinsically wicked, he has to be governed," he once wrote. "Such governance can only be established, however, when men are united - and they can only be united against other people."


"Strauss thinks that a political order can be stable only if it is united by an external threat," Drury wrote in her book. "Following Machiavelli, he maintains that if no external threat exists, then one has to be manufactured. This is what Henry Kissinger was referring to in that often quoted statement he made about creating external future threats in order to guard the world order he wishes to see become more prevalent and powerful, the system we often refer to as the "New World Order". Thus for the Neocons, when the Soviet Empire weakened and a Unipolar world order was emerging, a new threat had to be there lurking to allow them to further their Straussian vision.


プラトンの様に、シュトラウスは社会の中で、「一部は、鉛、その他に案内されることに適合します」ことを教えました。そして、Shadiaドゥルーリー(1999年のレオシュトラウスとアメリカの右翼の作成者)に一致しました。しかし、プラトン(その人はリーダーが彼らが力の誘惑に抵抗することができたような高い道徳的な標準をもつ人々でなければならないと思っていました)と違って、シュトラウスは「支配しそうである人々は、道徳がない、そして、わずか1つの生得の権利があると理解する人々(下位のものに対する支配より優勢なものの右)です」と思いました。


我々は、以前、ブッシュ政府と主要なNeoconservativeシンクタンクに対する多くの大きな影響がシュトラウスの支持者である方法を公開しました。ギングリッチ自身に加えて、前副ポールウォルフォウィッツ国防長官、Weekly Standard編集長ウィリアムクリストル、主の父アーヴィングとゲイリーシュミットは失敗します。そして、Projectの議長と責任者がNew American Century(PNAC)に賛成です。


レオシュトラウスは、トーマスホッブズによって著名にされるインターナショナルRelationsの「リアリズム」形の強い信奉者でもありました。ホッブスの様に、彼は人間性が本質的に積極的であると思って、強力な軍のコンビナートを通して作られる州だけを通って、制止されることができました。「人類が本質的に邪悪であるので、彼は支配されなければなりません」と、彼がかつて書きました。「しかし、そのような自治は確立されることができるだけである。そのとき、男性は団結します - そして、彼らは他の人に対して団結することができるだけである。」


「シュトラウスは、それが外部の脅威によって連合する場合だけ、政治秩序が安定していることがありえると思います」と、ドゥルーリーが彼女の本で書きました。「マキアベリの後で、彼は外部の脅威が存在しないならば、人が製造されなければならないと主張します。これは、ヘンリーキッシンジャーが彼が彼がより一般的で強力になるのを見たい世界秩序を守るために外部の将来の脅威をつくることについてしたそのしばしば引合いに出された声明の中で言及していたもの(我々がしばしば「New World Order」と称するシステム)です。このようにNeoconsのために、弱められるソビエト帝国とUnipolar世界秩序が出てきていたとき、新しい脅威が彼らが彼らのリヒャルトシュトラウス愛好家視野を進めるのを許すために潜んでそこになければなりませんでした。


"In Strauss' view, you have to fight all the time [to survive]," said Drury. "In that respect, it's very Spartan. Peace leads to decadence. Perpetual war, not perpetual peace, is what Straussians believe in." Such views naturally lead to an "aggressive, belligerent policy", she added.


The Bush administration is paving the way for even more authoritarian minds to take over the higher echelons of leadership in America. They are, whether wittingly or unwittingly, putting into place the tools that would be dictators know they can use to eviscerate freedom and seize power.


The Patriot Act and the Military Commissions Act and prime examples of such legislation. Whilst Bush's Homeland Security goes after the toy store owners and topless bar managers, a Gingrich Administration would look toward shutting down the entire blogosphere for engaging in critical debate.


As Keith Olbermann comments, "When you talk about closing down internet sites, who is the one who is going to decide which those are?"


The Neoconservatives currently occupying the White House are puppies compared with the ones that want to occupy it. Bush, Cheney, Rice, Bolton etc are converts to the Neoconservative vision. More than anything they have embraced Neoconservativism because its philosophy fits neatly with their goal for corporate plundering and unquestionable power. It is debatable whether they truly buy into neoconservativism or are simply using it as a tool.


The true students of the movement are the Newt Gingrich's of this world. The "Internationalists" that make up the Council On Foreign Relations and the Trilateral Commission. These people truly believe that the American people do not have the capacity to self govern and that they need to be deceived into believing they are free when in actual fact they are ruled over with an iron fist.


「シュトラウスの意見において、あなたは常に[生き残るために]戦わなければなりません」と、ドゥルーリーが言いました。「その点で、それは非常に質実剛健です。平和は、頽廃につながります。永久の戦争(永久の平和でない)は、リヒャルトシュトラウス愛好家が信じるものです。」、Such見方は当然「積極的な、好戦的な方針」につながりますと、彼女が付け加えました。


ブッシュ政権は、アメリカでリーダーシップのより高い階層を買収するというより権威主義的な気へさえの道を開いています。彼らはそうです、意識的に、または、無意識にであるにせよ、独裁者であるツールが彼らが使用を缶詰にするということを知っている場所でパットすることは自由を骨抜きにして、権力をつかみます。


そのような法律のパトリオット法とMilitary Commissions法と適例。ブッシュの国土安全保障がおもちゃの店のオーナーとトップレスのバーマネージャを求める間、ギングリッチ政府は批評の議論に乗り出すために全てのブロゴスフィアを閉鎖することの方を見ます。


キースOlbermannがコメントするように、「あなたがインターネットサイトを廃業することについて話すとき、誰がそれらがどれであるかについて決めそうである人ですか?」


現在ホワイトハウスを占拠しているNeoconservativesは、それを占めたい人と比較して子犬です。ブッシュ、チェイニー、ライス、ボルトンその他は、Neoconservative視力への転向者です。何よりも、その哲学が会社奪っていて疑いのない力のために彼らのゴールで小ぎれいに合うので、彼らはNeoconservativismを受け入れました。彼らが本当にneoconservativismに同意するか、単にツールとしてそれを使っているかどうかは、疑問の余地があります。


運動の本物の学生は、この世界のニュートギングリッチのものです。外交関係と三極委員会に関する会議を作る「国際主義者」。これらの人々は、米国民が自身への能力を支配してもらわない、そして、彼らが実際には彼らが鉄の拳でもう一度支配されるとき、彼らが自由であると思って欺かれる必要があると本当に思っています。



支配者の指示か?

Kissinger to Serve As Papal Adviser?

2006 11 30

Furthermore, like the Pope, Kissinger has analyzed the challenges of globalization and might provide advice in this area as well.



“The idea [of his appointment] sounds like a good one,” said veteran Vatican journalist Sandro Magister. “But so would it also be to consult other experts on geopolitics with different orientations.”



As possible expert advisers with different perspectives, Magister listed Catholic philosopher and former diplomat Michael Novak; Bernard Lewis, professor of Near Eastern Studies at Princeton University; and foreign policy experts such as Charles Kupchan and G. John Ikenberry.





Expert Advice



The recruitment of Kissinger would not be unprecedented. Experts from a variety of disciplines, including the realm of economics, politics and philosophy, are regularly invited to advise popes and Vatican officials on current affairs.



Pope John Paul II was close friends with Zbigniew Brzezinski, the Polish-born national security adviser to President Jimmy Carter, partly because both had a common Polish heritage (though this caused the Soviets to suspect the Vatican of “fixing” the election of Karol Wojtyla, which occurred during the Carter presidency).



Similarly to John Paul and Brzezinski, Benedict and Kissinger are close in age and were both born in Bavaria (a Jew, Kissinger and his family fled Nazi Germany before World War II).



In recent years, other figures invited to share their expertise with the Holy See have included Paul Wolfowitz, a former President Bush adviser and now president of the World Bank; Michel Camdessus, the former director of the International Monetary Fund; American economist Jeffrey Sachs and Hans Tietmeyer, former governor of Germany’s central bank.



The pontifical academies also regularly call on academic luminaries as consultants, such as Nobel laureates Gary Becker, the successor to Milton Friedman at the Chicago School of Economics, and Italian medical researcher Rita Levi-Montalcini.



In comments to the Register, Novak said that “many, maybe most” of these experts are not Catholic, but that the Pope “can call in certain experts he wants to talk to, or hear a paper from, with discussion in a small group.”



Novak said this is true of both Benedict XVI and John Paul II, whom he described as having “very curious and searching minds.”



Any appointment of Kissinger is likely to cause some unease, however. One Iranian radio station is already reporting the news as a “papal-Jewish conspiracy,” while others object to the Pope consulting with someone who has been widely identified with the realpolitik school of political analysis, an approach that places practical considerations before morality.


By Edward Pentin | ncregister.com











Pope Benedict XVI has invited Henry Kissinger, former adviser to Richard Nixon, to be a political consultant and he accepted.




Over the course of his long and controversial career, former U.S. Secretary of State Henry Kissinger has had many titles. Now he reportedly has one more ? adviser to the Pope.



According to the Italian newspaper La Stampa, Pope Benedict XVI has invited the 83-year-old former adviser to Richard Nixon to be a political consultant, and Kissinger has accepted.



Quoting an “authoritative” diplomatic source at the Holy See, the paper reported Nov. 4 that the Nobel laureate was asked at a recent private audience with the Holy Father to form part of a papal “advisory board” on foreign and political affairs.



As the Register went to press, Kissinger’s office was unable to confirm or deny the report. La Stampa stood by its story, although the Italian press is less rigorous in its authentication of stories as is the United States Press.



If true, there is speculation on which issues Kissinger would advise the Holy Father. Relations with Islam, Palestine and Israel, and Iraq ? Kissinger has been critical of the conduct of the war but opposes a quick withdrawal ? are likely to be high up on the agenda.



It has also been speculated that, in view of the Muslim hostility to Benedict’s recent Regensburg speech, Kissinger might provide advice on dealing with an increasingly fractious Islamic world.



教皇のアドバイザーとなるキッシンジャー?

2006 11 30


エドワードPentinによって | ncregister.com


ベネディクト法王XVIは政治コンサルタントであろうとヘンリーキッシンジャー(リチャードニクソンへの元アドバイザー)を誘いました、そして、彼は受け入れました。


彼の長くて論争の的となる経歴のコースの上に、前アメリカのヘンリーキッシンジャー国務長官は、多くのタイトルを持ちました。彼が伝えられるところではもう1を持つ今、 ? 法王へのアドバイザー。


イタリアの新聞ラスタンパによると、ベネディクト法王XVIは83才の元アドバイザーを政治コンサルタントである(リチャードニクソン)に招待しました、そして、キッシンジャーは受け入れました。


教皇庁で「威厳がある」外交筋を引合いに出して、新聞は11月4日に、ノーベル賞受賞者がローマ教皇との最近の個人的な公式会見で外国で政治情勢に関して教皇の「顧問の委員会」の一部を作るよう頼まれると報じました。


Registerが圧迫しに行ったので、キッシンジャーのオフィスはレポートを確かめるか、否定することができなかったです。米国のプレスのようにイタリアの新聞が物語のその認証により厳しくないけれども、ラスタンパはその物語のそばに立っていました。


本当ならば、問題キッシンジャーがローマ教皇に忠告する推測があります。イスラム教、パレスチナとイスラエルとの関係とイラク ? キッシンジャーは戦争の運営に批判的だったが、速い撤回に反対します ? かなり高い所に課題に関してありそうです。


ベネディクトの最近のレーゲンスブルグスピーチへのイスラム敵意からみれば、キッシンジャーがますます気難しいイスラム世界に対処することについてのアドバイスを提供するかもしれないと推測されました。





さらに、法王の様に、キッシンジャーは国際化の挑戦を分析して、同様にこの地域でアドバイスを提供するかもしれません。


「考え[彼の指名の]は、良いもののように聞こえます」と、古参のバチカンジャーナリストサンドロMagisterが言いました。「しかし、そして、それも異なる方針で地政学について他の専門家に意見を聞くことになっています。」


異なる展望をもつ考えられる専門家のアドバイザーとして、Magisterはカトリック哲学者と元外交官マイケルノバックをリストしました;バーナードルイス、プリンストン大学のNear Eastern Studiesの教授;そして、外交政策の専門家(例えばチャールズKupchanとG・J・アイケンベリー)。




専門家のアドバイス


キッシンジャーの補充は、前例がなくありません。いろいろな訓練(経済学、政治と哲学の領域を含む)からの専門家は、法王とバチカン当局に時事について忠告しようと定期的に誘われます。


部分的に両方とも一般のポーランドの遺産(これがソビエトが「固定」のバチカンを疑う原因になったカーター大統領の間、起こったカロルWojtylaの選挙)を持ったので、ヨハネパウロ2世法王はズビグネフブレジンスキー(ジミーカーター大統領へのポーランド人の生まれの国家の安全アドバイザー)と一緒の親友でした。


同様にヨハネパウロとブレジンスキーにとって、ベネディクトとキッシンジャー両方は、年齢に間近で、バイエルン(ユダヤ人、キッシンジャーと彼の家族は、第二次世界大戦の前にナチスドイツから逃げました)で生まれました。


近年、彼らの専門知識を教皇庁と共有しようと誘われる他の人物は、ポールウォルフォウィッツ、元大統領ブッシュアドバイザーと現在世界銀行長を含みました;ミシェルカムドシュ、国際通貨基金の元責任者;アメリカの経済学者ジェフリーサックスとハンスティートマイヤー(ドイツの中央銀行の前総裁)。


司教のアカデミーも、コンサルタント(例えばノーベル賞受賞者ゲイリーベッカー、Economicsのシカゴ学校のミルトンフリードマンの後継者とイタリアの医学研究者リタレヴィモンタルチーニ)として、定期的にアカデミックな先覚者を訪ねます。


Registerへのコメントでは、ノヴァクはこれらの専門家でとても「多くの、多分最も多く」言ったでしょうカトリックではありません、法王、「彼が話したい特定の専門家で呼び出しを缶詰にしてください、さもなければ、小さなグループの議論で、新聞を聞いてください。」


ノヴァクはこれがベネディクトXVIとヨハネパウロ2世にとって真実であると言いました。そして、その人を彼は「非常に奇妙で厳しい心を持つと言いました。」


キッシンジャーのどんな指名でも、しかし、若干の不安を引き起こしそうです。他の人が政治的な分析(道徳の前に実際的な考慮すべき問題を置くアプローチ)の現実的政治学校と広く同一視された誰かと相談している法王に反対する間、1つのイランのラジオ局は「教皇のユダヤ人の陰謀」としてニュースをすでに報告しています。




‘Different Voices’



Yet like Pope John Paul II, Benedict XVI is winning recognition for his intellectual ability and his capacity to discuss international issues with a diverse spectrum of world figures, ranging from the Dalai Lama to the late atheist polemicist Oriana Fallaci and to Mustapha Cherif, an Algerian Muslim philosopher whom he met this month.



“Such an appointment would really show Benedict XVI to be contrary to his media image, as someone who’s willing to listen to other voices not in accordance with his views,” said one Holy See diplomat about the reported enlistment of Kissinger as a papal adviser. “It’s always helpful to hear different voices offering different views.”

『異なる声』


それでも、ヨハネパウロ2世法王様に、ベネディクトXVIは国際問題を多様な範囲の世界数字と議論するために彼の知的な能力と彼の能力の評価を得ています。そして、故無神論者論客オリアーナファラーチに、そして、ムスタフCherif(彼が今月会ったアルジェリアのイスラム哲学者)にダライラマから変動します。


「彼の意見に従って他の声を聞かない気がある誰かとして、そのような指名は、ベネディクトXVIが彼のメディアイメージと反対であることを本当に示します」と、教皇のアドバイザーとしてのキッシンジャーの報告された入隊についての1人の教皇庁外交官が言いました。「異なる見解を提供している異なる声を聞くことは、常に役に立ちます。」





蛇足


キッシンジャーの爺様も健在です・。ご主人のイルミナティ上部層の番犬として活躍なされますた・。まだ、まだ、宗教を利用して人類を脅しまくらねば、シネマセン・。


古代文明は滅ぼされたのではないか??

Ancient Moon 'computer' revisited

2006 11 30

再訪問される古代の月『コンピュータ』

By Jonathan Fildes | news.bbc.co.uk







The delicate workings at the heart of a 2,000-year-old analogue computer have been revealed by scientists.

The Antikythera Mechanism, discovered more than 100 years ago in a Roman shipwreck, was used by ancient Greeks to display astronomical cycles.



Using advanced imaging techniques, an Anglo-Greek team probed the remaining fragments of the complex geared device.



The results, published in the journal Nature, show it could have been used to predict solar and lunar eclipses.



The elaborate arrangement of bronze gears may also have displayed planetary information.



"This is as important for technology as the Acropolis is for architecture," said Professor John Seiradakis of the Aristotle University of Thessaloniki in Greece, and one of the team. "It is a unique device."



However, not all experts agree with the team's interpretation of the mechanism.



Technical complexity



The remains of the device were first discovered in 1902 when archaeologist Valerios Stais noticed a heavily corroded gear wheel amongst artefacts recovered by sponge divers from a sunken Roman cargo ship.



ジョナサンフィルデスによって | news.bbc.co.uk


2,000年を経たアナログコンピュータの中心の優雅な現場は、科学者によって明かされました。

Antikythera Mechanism(ローマの難破で100年以上前発見される)が、天文サイクルを表示するために、古代のギリシア人によって使われました。


先進の映像技術を使用して、英国系ギリシアチームは、複雑なギアを入れられた装置の残りの断片を徹底調査しました。


成績(ジャーナルネイチャーで発表される)は、それが太陽で月の食を予報するのに用いられることができたことを示します。


ブロンズ製のギアの精巧な配置は、惑星情報も示したかもしれませんでした。


「これは、アクロポリスが建築のためであるのと同じくらい、テクノロジーにとって重要です」と、ギリシャのThessalonikiのアリストテレス大学のジョンSeiradakis教授とチームのうちの1つが言いました。「それは、ユニークな装置です。」


しかし、全ての専門家が、メカニズムのチームの解釈に同意するというわけではありません。


技術的な複雑さ


考古学者Valerios Staisが沈んだローマの貨物船からスポンジダイバーによって回収される人工品の間にかなり腐食された歯車に注意したとき、装置の残骸が1902年に最初に発見されました。








合計30のギアを含むメカニズムの82の残りの断片が、あります。最大の部分は、ギアのうちの27を含みます。







A further 81 fragments have since been found containing a total of 30 hand-cut bronze gears. The largest fragment has 27 cogs.



Researchers believe these would have been housed in a rectangular wooden frame with two doors, covered in instructions for its use. The complete calculator would have been driven by a hand crank.



Although its origins are uncertain, the new studies of the inscriptions suggest it would have been constructed around 100-150 BC, long before such devices appear in other parts of the world.



Writing in Nature, the team says that the mechanism was "technically more complex than any known device for at least a millennium afterwards".



Although much of it is now lost, particularly from the front, what remains has given a century's worth of researchers a tantalising glimpse into the world of ancient Greek astronomy.



One of the most comprehensive studies was done by British science historian Derek Solla Price, who advanced the theory that the device was used to calculate and display celestial information.



This would have been important for timing agricultural and religious festivals. Some researchers now also believe that it could have been used for teaching or navigation.



Although Solla Price's work did much to push forward the state of knowledge about the device's functions, his interpretation of the mechanics is now largely dismissed.



A reinterpretation of the fragments by Michael Wright of Imperial College London between 2002 and 2005, for example, developed an entirely different assembly for the gears.



The new work builds on this legacy.



Eclipse function



Using bespoke non-invasive imaging systems, such as three-dimensional X-ray microfocus computed tomography, the team was able to take detailed pictures of the device and uncover new information.



The major structure they describe, like earlier studies, had a single, centrally placed dial on the front plate that showed the Greek zodiac and an Egyptian calendar on concentric scales.


更なる81の断片は、合計30の手を切られたブロンズ製のギアを含んでいるのをその後発見されました。最大の断片は、27の歯車を持っています。


研究者はこれらが2つのドアで長方形の木のコマにしまわれたと思っています。そして、その使用のために指示においてカバーされます。完全な計算機は、手変人によって駆動されました。


その起源が不確かであるけれども、そのような装置が世界の他の部分に現れるずっと前に、銘の新しい研究はそれがおよそ紀元前100-150年に造られたことを示唆します。


ネイチャーを書き込んで、チームはメカニズムが「技術的に、少なくとも千年紀のためのどんな既知の装置よりでもその後複雑だった」と言います。


それの多くが現在失われるけれども、特に正面から、残ることは古代のギリシアの天文学の世界に研究者の世紀の真価にたまらない一見を与えました。


最も広範囲の研究のうちの1つは英国の科学歴史家デリクSolla Priceによってされました。そして、その人は装置が天の情報を計算して、表示するのに用いられたという理論を進めました。


これは、農業で宗教的なフェスティバルの時間を計ることにとって重要でした。一部の研究者は、現在また、それが教育またはナビゲーションのために使われることができたと思っています。


Solla Priceの仕事が装置の機能についての知識の国を推進するのに大いに役立ったけれども、整備士の彼の解釈は現在主に忘れ去られます。


2002~2005年のインペリアルカレッジロンドンのマイカルライトによる断片の再解釈は、たとえば、ギアのためにまったく異なるアセンブリを開発しました。


新しい仕事は、この遺産を基にしています。


食機能


注文の非侵襲性の画像処理システム(例えば三次元X線microfocusコンピューター断層撮影)を使用して、チームは装置の詳細な写真を撮って、新情報を発見することができました。


以前の調査のように、彼らが解説する主な構造は、同心の目盛りの上でギリシアの十二宮とエジプトのカレンダーを示した前部プレートの一つの、中央に置かれたダイヤルを備えていました。


On the back, two further dials displayed information about the timing of lunar cycles and eclipse patterns. Previously, the idea that the mechanism could predict eclipses had only been a hypothesis.



Other aspects are less certain, such as the exact number of cogs that would have been in the complete device.



However, what is left gives an insight into the complexity of the information the mechanism could display.



For example, the Moon sometimes moves slightly faster in the sky than at others because of the satellite's elliptic orbit.



To overcome this, the designer of the calculator used a "pin-and-slot" mechanism to connect two gear-wheels that introduced the necessary variations.



"When you see it your jaw just drops and you think: 'bloody hell, that's clever'. It's a brilliant technical design," said Professor Mike Edmunds.



Planetary display



The team was also able to decipher more of the text on the mechanism, doubling the amount of text that can now be read.



Combined with analysis of the dials, the inscriptions hint at the possibility that the Antikythera Mechanism could have also displayed planetary motions.




"Inscriptions mention the word 'Venus' and the word 'stationary' which would tend to suggest that it was looking at retrogressions of planets," said Professor Edmunds.



"In my own view, it probably displayed Venus and Mercury, but some people suggest it may display many other planets."



One of those people is Michael Wright. His reconstruction of the device, with 72 gears, suggests it may have been an orrery that displayed the motions of the five known planets of the time.



"There is a feature on the front plate that could have made provision for a bearing with a spindle, that carried motion up to a mechanism used to model the planets of Mars, Jupiter and Saturn as well," he told the BBC News website.



"That's how I see it and my reconstruction shows it works well."



Intriguingly, Mr Wright also believes the device was not a one-off.



"The designer and maker of the device knew what they wanted to achieve and they did it expertly; they made no mistakes," he said.



"To do this, it can't have been very far from their every day stock work."



The Antikythera Mechanism will be explored in an episode of Unearthing Mysteries on BBC Radio 4 on 12 December


背中の上で、2つの更なるダイヤルは、太陰周期と食パターンのタイミングに関する情報を示しました。以前、メカニズムが食を予報することができたという考えは、仮説であるだけでした。


完全な装置であった歯車の正確な数のような、他の面は、より確実ではありません。


しかし、残されることは、メカニズムが表示することができた情報の複雑さに対する洞察をします。


たとえば、他でより、月は時々空にわずかにより速く動きます衛星の楕円軌道のため。


これを克服するために、計算機のデザイナーは、必要なバリエーションを導入した2つの歯車をつなぐために、「ピンとスロット」メカニズムを使いました。


「あなたがそれを見るとき、あなたのあごはちょうど落ちます、そして、あなたは考えます:『賢い血の地獄』。それは、素晴らしい技術的なデザインです」と、マイクエドマンズ教授が言いました。


惑星表示


チームはメカニズム上でより多くのテキストを解読することができもしました。そして、現在読まれることができるテキストの量を二倍にしました。


ダイヤルの分析と結合されて、銘はAntikythera Mechanismが惑星動作を示すこともできたという可能性にほのめかします。


「銘は、それが惑星の後退を見ていたことを示唆する傾向がある語『ビーナス』と語『動かないもの』に言及します」と、エドマンズ教授が言いました。


「私自身の表示に、それは多分ビーナスと水星を示したでしょう、しかし、一部の人々はそれが多くの他の惑星を示すかもしれないように提案します。」


それらの人々のうちの1人は、マイカルライトです。装置の彼の再建は、72のギアで、それが当時の5つの既知の惑星の動作を示したオーラリーであったかもしれないことを示唆します。


「同様に火星、木星と土星の惑星をモデル化するのに用いられるメカニズムまで運動を伝えたスピンドルで関係に対する準備をすることができた前部金属板の特集記事が、あります」と、彼がBBC Newsウェブサイトに話しました。


「それは私がそれを見る方法です、そして、私の再建はそれがよく働くことを示します。」


興味をそそるように、ライト氏も、装置が一回限りでなかったと思っています。


「装置のデザイナーと製造業者は彼らが何を成し遂げたいかについてわかっていました、そして、彼らは上手にそれをしました;彼らは、間違いをしませんでした」と、彼が言いました。


「こうするために、それは彼らの毎日株仕事からあまり遠くはありえませんでした。」


Antikythera Mechanismは、12月12日にBBCラジオ4でUnearthing Mysteriesのエピソードで探検されます

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR