FC2ブログ

よい、お年を!!!!!










スポンサーサイト



山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年12月31日

                           山本尚利

タイトル: フセイン元大統領処刑のインパクト



1.イラクのフセイン元大統領処刑の意味

 2006年12月31日の新聞に、イラクの元大統領サダム・フセインが絞首刑にされたニュースが

報道されています。全世界のTVニュースはフセインが処刑される直前と直後の画像を放映し

ています。そのうち、インターネットで、処刑そのものの画像も流されるかもしれません。

このニュースは来年がどのような年になるかを占うビッグニュースであることは間違いあり

ません。フセイン処刑の直前、12月28日、ネット・ジャーナリスト田中宇氏(注1)の「半年

以内に米・イラン戦争が始まる?」というレポートが筆者のメールに配信されてきました。

すでに、米空母がペルシャ湾に配備され始めているそうです。来年3月頃、米軍はイラン攻撃

を開始するという観測が流れています。第二次イラク戦争のときも2003年の3月でした。米軍

が中東上陸作戦を行うのに、3月という時期が好都合なのでしょう。

 来年早々、戦争屋系の米国覇権主義者がイラン戦争を開始するのに、戦争嫌いの米国民の

手前、イラク問題に一応けじめをつける必要があります。そこで、戦争屋の都合で、2006年

中にフセイン処刑というイベントがどうしても必要だったということです。フセインには影

武者(暗殺に備えた身代わり)が何人もいたそうですが、処刑された人物が本物かどうか別

にして、2003年12月、わざとらしくフセインが米軍に逮捕されています。戦争屋は、それ以

降、フセインの処刑タイミングを狙っていたわけで、3年後、2006年12月にその時期が到来し

たということです。



2.フセイン処刑の波及効果

 戦争屋系の米国覇権主義者は、この時期のフセイン処刑イベントでどのような波及効果を

狙っているのでしょうか。誰もが予想できるのは、(1)中東におけるスンニ派とシーア派

の対立激化、(2)アルカイダの報復テロ活動の活発化、の二つです。中東で戦争を仕掛け

る勢力(戦争屋)にとっては、戦争を始めるための火種がたくさん生じることを意味しま

す。フセイン処刑を発表するイラクのマリキ首相の背後にはイラク国旗と並んで、米国国旗

が掲げられていました。マリキ政権は米国の傀儡政権であることは明白です。さらに、ブッ

シュ大統領は、フセイン処刑は、イラク新政権が執行したものであると声明を出していま

す。中東のフセイン支持者が、ブッシュではなく、マリキ首相を憎むように仕向けているわ

けです。

 このように、フセイン処刑イベントで来年早々、世界で何が起きるかが見えてきます。戦

争屋は、フセインを反米ヒーローとみなすスンニ派と、フセインを敵とみなすシーア派の対

立を煽り、中東が大混乱することを狙っているのが見え見えです。来年早々、両派の報復テ

ロ合戦が、今年以上に激しく仕掛けられていくでしょう。戦争屋は、様々な闇ルートを通じ

て、両派に武器弾薬を供給するはずです。その結果、両派の内戦状態が醸成され、両派の憎

しみはさらに激しくなるわけです。これこそ、戦争屋の狙い通りということです。



3.イラン攻撃にこだわる戦争屋のあせり

 上記のように、2006年末、フセイン処刑カードをあわてて切った戦争屋の狙いが見えてき

ました。すなわち、フセイン処刑をきっかけに、イラク国内に内戦を起こさせる。その間

に、イランの核燃料工場や軍事施設の攻撃を開始するということではないでしょうか。

?しかしながら、この推測には矛盾が生じます。なぜなら、2006年6月にカナダのオタワで開

催されたビルダーバーグ秘密会議で、戦争屋の牛耳るブッシュ政権のイラン攻撃計画が反対

決議をされたといわれているからです(注2)。それまで、3年がかりでイラン攻撃を計画し

ていた戦争屋にとって、ビルダーバーグ会議における米国のイラン先制攻撃反対決議は誤算

でした。世界最強の軍事力を誇る戦争屋系の米国覇権主義者といえども、さすがに、世界的

寡頭勢力の意思決定オーソライズ機関であるビルダーバーグ会議の決議に逆らうことはでき

ません。戦争をビジネスのひとつとみなす戦争屋にとっての問題は、イラン攻撃用に製造し

てきた武器弾薬をどこの現場で消費するかでした。そこで、浮上したのがセカンドチョイス

の北朝鮮でした。その意味で2006年7月の北朝鮮ミサイル発射事件(注2)は、イラン攻撃用

武器弾薬の在庫一掃作戦のトリガーとして、北朝鮮を闇から挑発した結果であると筆者は分

析しています。そのため、当時の筆者は近未来、日本海で極東戦争が勃発するのではないか

と、非常に懸念していました。われわれ日本国民にとって、実にいらだたしいのは、いった

ん戦争屋に極東戦争シナリオを計画されたら、われわれ自身にはそれを止める手立てがない

ということです。その意味で、今回の戦争屋のイラン攻撃計画復活ニュースで、ひとまず極

東戦争の危機が去ったと、ほっと胸をなでおろしているわけです。われわれは今後も、彼ら

戦争屋に一喜一憂させられ続けていくわけです。ところで筆者の16年半におよぶSRI(米国シ

ンクタンク)の経験から間違いないのは、彼らは何事も、優先順位を決めて順番に実行する

習慣があるということです。したがって、彼らのターゲットがイランに向いているときは極

東戦争が後回しとなります。

?それではなぜ、戦争屋は、来年早々、ビルダーバーグ会議の決議に反して、イラン攻撃が可

能になるのでしょうか。



4.なぜ、イラン攻撃計画が復活したか

 戦争屋系の米国覇権主義者はなぜ、いったんストップのかかったイラン攻撃作戦を復活で

きるのでしょうか。その謎を解く鍵は、2006年11月の米中間選挙結果にあると思います(注

3)。ポスト・ブッシュのヒラリー・クリントン次期大統領実現に向けて、闇の権力は着々と

準備を進めているといわれています。

 米国の次期の闇権力は、銀行屋(金融系寡頭勢力)が握ることが中間選挙でオーソライズ

されたので、余裕しゃくしゃくの銀行屋が、あせる戦争屋(ブッシュ政権でイラン戦争を計

画していた勢力)に妥協してきたということではないでしょうか。ということは、2006年7月

の北朝鮮ミサイル事件(注2)と、2006年10月の北朝鮮の核実験事件(注4)は、中国を次

期ビジネス・ターゲットと狙う銀行屋(注5)を揺さぶるために、あせった戦争屋が統一教

会などを動かして仕掛けた恫喝であったとみなせます。戦争屋は銀行屋に対し、イラン攻撃

を認めないと、極東で暴れるぞという脅しです。一方、能天気の日本政府と違って、中国共

産党政権は、戦争屋の暗躍をすべて把握している可能性が大です。なぜなら、2006年9月に安

倍政権が誕生してすぐに、中国共産党が自民党反中派である安倍新首相の中国訪問を易々と

受け入れたからです。小泉政権時代に戦争屋の差し金で悪化させられた日中関係を、速やか

に改善しておかない危ないと、戦争屋から極東戦争を仕掛けられる危険が高まったことを中

国共産党は察知したのです。ポスト・ブッシュを仕切る予定の銀行屋にとって、戦争屋から極

東戦争を仕掛けられてはたまりません。そこで、中国共産党の強い要望もあって、銀行屋は

しぶしぶ、戦争屋の当初のイラン攻撃計画に目をつぶることで、両者は手を打ったのではな

いでしょうか。そこで、北朝鮮脅威シナリオは急遽、棚上げとなり、2006年12月に北京で行

われた、茶番の6カ国協議も案の定、先送りで終わりました。そして12月末、フセイン処刑カ

ードが急遽、切られたという筋書きです。



5.来年は果たして戦争屋の筋書き通り行くのか

 2年後に引っ込むことが決まっている戦争屋は、一応、銀行屋を妥協させて、イラン攻撃計

画復活の了解をとりつけたものの、厭戦ムードの米国世論と、まだ正義感の残っている欧州

世論の反応が未知数です。これまでなら、ここで一発、アルカイダ・テロを勃発させて戦争

誘導に成功してきましたが、インターネット時代、米国と欧州の知識階層には、この手口が

色あせてみえるでしょう。その手は食わないよと。米国覇権主義者の内部にも、強引な戦争

屋に手を焼いている中道派も少なくありません。ラムズフェルド元国防長官が失脚した後の

国防総省は、むしろ中道派の牙城です。その意味で、戦争屋がイラン攻撃を実行するまでに

はまだいくつもの関門が控えています。ただ、それでも、イラン攻撃は、手ごわい中国共産

党とプーチン・ロシア政権が立ちはだかる極東戦争の実現より、はるかにハードルが低い。さ

らに、イラン攻撃には、中東石油利権とイスラエル防衛という米国国益が関係しますが、極

東戦争には、米国国益はほとんど関係しないという点も見逃せません。

 戦争屋にとってもうひとつの頭痛の種は、戦争資金です。第二次イラク戦争では、戦争資

金調達のためにブッシュ政権の発行した米国債を小泉政権がせっせと買い支えてくれたのが

幸いしましたが、イラン攻撃資金を安倍政権が貢ぐでしょうか。安倍政権は、非・親米派官

僚勢力の総攻撃にあって、風前の灯です。

 筆者の推測では、戦争屋と銀行屋の闇合意で、イラン攻撃は、すでに製造してしまったイ

ラン攻撃用武器弾薬の在庫一掃のみに限定されるのではないでしょうか。それならば、イラ

ンの損害も限定的となります。ちなみに、イランの核開発施設破壊が、表向きのイラン攻撃

の大義名分であっても、それはまったくの口実です。なぜなら、北朝鮮は核実験までやって

いるのに、攻撃されることがないわけで、二枚舌の戦争屋の屁理屈にまったく一貫性がない

からです。戦争屋はまさに戦争中毒であり、常に、世界のどこかで戦争を仕掛けざるを得な

い、危険で哀れな存在なのです。要するに、戦争することが目的化している。日本の既得権

益者がハコモノ建設中毒に罹っているのとまったく同じです。

?ところで、2006年9月、米国覇権主義者のシンクタンクのひとつ、CFR(外交評議会)は国連

演説で渡米したアフマデネジャド・イラン大統領を招待して講演させていると聞いています。

この事実から、うがった見方をすれば、イランのアフマデネジャド大統領(注6)は、北朝

鮮のキム・ジョンイル、アルカイダ指導者のオサマ・ビンラディン、ベネズエラの反米大統

領ウゴ・チャベスと同じく、戦争系の米国覇権主義者から単に悪役を演じさせられているに

すぎないのかもしれません。西部劇感覚の戦争屋にとって、悪役は不可欠なのです。その意

味で今回、処刑されたサダム・フセインも貴重な悪役であったわけです。



注1:田中宇の国際ニュース解説 
http://tanakanews.com/


注2:ベンチャー革命No.200『北朝鮮ミサイル:日本国民をもてあそぶ玩具』2006年7月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr200.htm


注3:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋へバトンタッチ』2006年11

月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm


注4:ベンチャー革命No.209『北朝鮮地下核実験強行の意味とは』2006年10月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr209.htm


注5:ベンチャー革命No.212『中国:ドル危機の救世主』2006年10月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr212.htm


注6:ベンチャー革命No.185『イランの危険な抵抗』2006年2月6日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr185.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



処刑されたサダム・フセイン




?





Saddam Hussein executed, ending era in Iraq

Iraqis cheer after deposed dictator hanged for 148 Shiite deaths in 1982

イラクで時代を終えて、処刑されたサダム・フセイン

追放された独裁者が1982年に148人のシーア派信徒死者のために絞首刑に処した後に、イラク人は喝采します。

NBC News and news services

Updated: 3:18 p.m. ET Dec. 30, 2006

BAGHDAD, Iraq - Saddam Hussein struggled briefly after American military guards handed him over to Iraqi executioners before dawn Saturday. But as his final moments approached and masked executioners slipped a black cloth and noose around his neck, he grew calm.


In a final moment of defiance, he refused a hood to cover his eyes.


Hours after Saddam faced the same fate he was accused of inflicting on countless thousands during a quarter-century of ruthless power, Iraqi state television showed grainy video of what it said was his body, the head uncovered and the neck twisted at a sharp angle.


NBCニュースと通信社

更新:

午後3:18のET2006年12月30日

バグダッド、イラク - アメリカ軍隊のガードが土曜日の夜明けの前にイラクの実行者に彼を引き渡した後に、サダム・フセインは簡単に苦闘しました。

しかし、彼の最後の瞬間が近くなり、仮面をかぶせられた実行者が彼の首のまわりで黒い布切れと引き結びを放すにつれて、彼は冷静になりました。

反抗の最後の瞬間に、彼の目をカバーするために、彼はフードを断りました。

サダムが同じ運命に直面していた数時間後に、彼は、無情なパワー(それが、彼の体、むきだしにされた頭、および鋭角でねじられた首であると伝えていたものの粒状のビデオを示されたイラクの国営テレビ)の四半世紀の間に無数の1000上で与えたことで告発されました。




Witnesses to the execution told NBC News’ Richard Engel that they were cheering around the body of Saddam after the hanging ? three years after the deposed president was hauled from a hole in the ground by pursuing U.S. forces.


実行についての証人はNBCニュースのリチャード・エンゲルに、辞任させられた大統領が、米軍を追跡することによってグラウンドの穴から運搬された3年後に、彼らが掛かっています?後でサダムのボディのまわりで喝采していたと言いました。




Propaganda Matrix.com


Saddam hanged at dawn, bomb kills 36


Reuters


Saturday, December 30, 2006


Saddam Hussein was hanged at dawn on Saturday for crimes against humanity, a dramatic, violent end for a leader who brutally ruled Iraq for three decades before he was toppled by a U.S. invasion in 2003.


In what looked like a swift response by Sunni insurgents loyal to Saddam, a car bomb killed 36 people in a Shi'ite town -- the sort of sectarian attack that has pitched Iraq towards civil war since U.S. troops broke Saddam's iron grip.


State television showed him looking composed and talking with the masked hangman who placed the noose around his neck on the gallows.


A Shi'ite-run channel aired grainy, low-quality film of the body in a white shroud, showing Saddam, who was 69, lying with his neck twisted at an awkward angle, with what appeared to be blood or a bruise on his left cheek.


"It was very quick. He died right away," one of the official Iraqi witnesses told Reuters, saying the ousted president, who was bound but wore no blindfold, had said a brief prayer.


"We heard his neck snap," Sami al-Askari, a political ally of Prime Minister Nuri al-Maliki, said after the indoor execution at a Justice Ministry building in northern Baghdad.


As Maliki's fellow Shi'ite Muslims, oppressed under Saddam, celebrated in the streets, the prime minister called on Saddam's Sunni Baathist followers to end their insurgency.


"Saddam's execution puts an end to all the pathetic gambles on a return to dictatorship," said Maliki.


State television showed him signing the order for the hanging which officials said he did not attend.


Police in Kufa, near the Shi'ite holy city of Najaf, said 36 people were killed and 58 wounded by the car bomb at a market packed with shoppers ahead of the week-long Eid al-Adha holiday. They said a mob killed a man they accused of planting the bomb.


U.S. President George W. Bush, who called Saddam a threat though alleged nuclear and other weapons were never found, said:


"Bringing Saddam Hussein to justice will not end the violence in Iraq, but it is an important milestone on Iraq's course to becoming a democracy that can govern, sustain, and defend itself."


The deaths of four troops pushed the American death toll to just four short of the emotive 3,000 mark. Bush already faces mounting public dismay at the war as Iraq slides towards all-out civil war between Saddam's fellow Sunnis and majority Shi'ites.


MUTED REACTIONS


Popular reactions were fairly muted as Iraqis woke on the holiest day of the Muslim calendar to begin a week of religious holidays for Eid al-Adha. Unlike at previous times of tension, no curfew was imposed on Baghdad.


Shi'ites danced in the streets of the holy city of Najaf and cars blared their horns in procession through Baghdad's Shi'ite Sadr City slum.


The main Sunni television channel in the capital gave little coverage to the news -- though it did show old footage of Saddam meeting former U.S. Defense Secretary Donald Rumsfeld at a time when Washington helped Iraq against Islamist Iran in the 1980s.


State broadcaster Iraqiya on the other hand ran graphic footage of Saddam's agents beheading and beating their victims.


Saddam was found guilty over the killing, torture and other crimes against the Shi'ite population of the town of Dujail after Shi'ite militants tried to assassinate him there in 1982. His appeal was rejected four days ago.


A trial witness from Dujail said he was shown the body at Maliki's office and wept for his dead relatives.


"When I saw the body in the coffin I cried. I remembered my three brothers and my father whom he had killed. I approached the body and told him: 'This is the well-deserved punishment for every tyrant'," Jawad al-Zubaidi told Reuters. "Now for the first time my father and three brothers are happy."


Before his death, the former president recited the Muslim profession of faith, one of a dozen official witnesses said.


Many Kurds will be disappointed that Saddam will not now be convicted of genocide against them in a trial yet to finish, but the rapid execution was a triumph for Maliki, whose grip on his fragile national unity coalition has been questioned.


After complaints of political interference in the trial, however, the speed of the execution may fuel further unease about the fairness of the U.S.-sponsored process.


Saddam became president in 1979, and the next year led his country into an eight-year war against Iran that cost hundreds of thousands of lives. In 1990 he invaded Kuwait, but U.S.-led forces drove the Iraqis out in 1991.


Saddam's half-brother Barzan al-Tikriti and former judge Awad al-Bander are to be hanged in January.


Saddam's daughter Raghd, in exile in Jordan, wants her father buried in Yemen, a source close to the family said.


The governor from Saddam's home town of Tikrit said his tribe was negotiating with the government to have the body interred in the village of Awja, where Saddam's sons were buried in 2003, rather than in Baghdad as the government wanted.


夜明け、爆弾の殺し36で絞首刑に処されたサダム

ロイター

2006年12月30日土曜日

サダム・フセインは、非人道的犯罪(残酷に、彼が2003年に米国侵略によってひっくり返される前に、30年の間イラクを支配したリーダーのためのドラマチックで、暴力的な終わり)のために土曜日に夜明けに絞首刑に処されました。

サダムに忠実なスンニ派反乱者による迅速な反応のように見えたものの中で、自動車爆弾はシーア派町で36人の人々を殺しました--米国軍がサダムの鉄を壊して以来ずっと、内戦にイラクを売り込んでいる種類の宗派の攻撃はつかみます。

国営テレビは、彼が構成されるようで、彼の首のまわりの引き結びを絞首台に置いた仮面をかぶせられた絞首刑執行吏と話すのを見せました。

血または彼の左のほおの上の傷であるようであったものによって、無器用な角度で彼の首をねじる状態で横たわって、69歳であったサダムを示して、シーア派で走られた海峡は白い覆いの中のボディの粒状、低品質のフィルムを放映しました。

「それは非常に迅速でした」。

縛られていたけれども目隠し布を全然身につけていなかった追い出された大統領が短い祈りを言ったと言って、公式なイラクの証人の1人はロイターに、「彼はすぐに死にました」と言いました。

「私達は彼の首が断線するのを聞きました」とサミal現地人の軍人(ヌリ・アルマリキ総理大臣の政治組織)は北バグダッドの法務省建物で屋内の実行の後に言いました。

サダムの下で圧迫されたマリキの仲間シーア派イスラム教徒が通りで祝福した時に、総理大臣は、彼らの暴動を終えることをサダムのスンニ派バース党員追従者に求めました。

「サダムの処刑は独裁権へのリターンにおけるすべての哀れなギャンブルを終らせます」とマリキは言いました。

国営テレビは、彼が、当局が、彼が出席しないと言った吊るしのための注文にサインするのを見せました。

ナジャフというシーア派聖地都市の近くのクーファの警察は、36人の人々が1週間のEid al-Adha休日の前で買物客で一杯にされた市場で自動車爆弾によって殺されて、58人が、傷つけられると言いました。

彼らは、群集が、彼らが、爆弾を設置したことで告発した人を殺すと言いました。

疑わしい核と他兵器は決して見つからなかったけれども、サダムを脅威と呼んだ米国の大統領ジョージ・W・ブッシュは言いました:

「サダム・フセインを裁判にかけることはイラクで暴力を終えないであろうけれども、自身を制御し、維持し、防御することができるのは、民主主義国になることへのイラクのコースの上の重要なマイルストーンです」。

4つの軍の死は感情の3,000の大台が不足のちょうど4にアメリカ死亡者数を押しました。

ブッシュはすでに、サダムの仲間のスンニ派と大多数シーア派の間の全面的な内戦にイラクスライドとして戦争で公的な狼狽を設置することに直面しています。

消音された反応

Eid al-Adhaのために宗教の休日の1週間を開始するように、イラク人がヒジュラ暦の最も神聖な日に起きた時に、ポピュラーな反応は公正に消音されました。

緊張の前の時のと違って、どの夜間外出禁止令もバグダッドに課されませんでした。

シーア派はナジャフという神聖な都市の通りで踊り、車はバグダッドのシーア派サドル都市スラム街を通して行列において彼らの警笛を鳴らしました。

首都の主要なスンニ派テレビチャンネルはほとんど報道をニュースに与えませんでした--それは、ワシントンが1980年代にイスラム教徒イランに対してイラクを助けた時にサダムの古い映画フィルムが前の米国の国防長官ドナルド・ラムズフェルトと会うのを見せたけれども。

国のアナウンサーIraqiyaは一方では彼らの犠牲者を打ち首にしていて、打ち負かしているサダムのエージェントのグラフィックフィート長を走りました。

シーア派武装勢力が、1982年にそこで彼を暗殺しようとした後に、サダムは殺害、拷問、およびDujailの町のシーア派人口に対する他の犯罪に関して有罪と判決されました。

彼の訴えは4日前拒絶されました。

Dujailからの裁判の証人は、彼がマリキのオフィスでボディを見せられて、彼の死んだ親族のために嘆き悲しまれると言いました。

「私が叫んだ棺の中で、私がボディを見た時」。

私は、彼が殺した私の3人の兄弟と私の父を覚えていました。

私はボディに近づき、彼に話しました:

ロイターに、「‘これはすべての暴君に対する当然の処罰です’」とJawad al-Zubaidiは言いました。

「さて、初めて、私の父と3人の兄弟は幸福です」。

1ダースの公認の証人の1人は、彼の死の前で、前大統領は信仰のイスラム教告白を暗唱したと言いました。

多くのクルド人は、サダムが現在、終わるためにまだ裁判において彼らに対して大量虐殺について有罪宣告されないであろうために失望するであろうけれども、急速な実行はマリキのための勝利でした(彼のもろい全国的な統一の連立のその把握は質問されています)。

しかし、トライアルにおける政治的な干渉の不満の後で、実行のスピードは米国で後援されたプロセスの公正さについてさらに不安に燃料を供給するかもしれません。

サダムは1979年に大統領になり、翌年は彼の国を、数十万のライフを必要としたイランに対する8年の戦争に導きました。

1990年に、彼はクウェートを侵略したけれども、米国主導の力は1991年にイラク人を追放しました。

サダムの異父兄弟Barzan al-Tikritiと前の裁判官Awad alくくる人は、1月に絞首刑に処されることになっています。

ヨルダンでの追放におけるサダムの娘Raghdはイエメンに埋められた彼女の父を望んでいるとファミリーに近いソースは言いました。

サダムの故郷Tikritからの知事は、彼の種族が、政府として、バグダッドでというよりも、サダムの息子が2003年に埋葬されたAwjaの村で埋葬されたボディを探させるために政府と交渉していると言いました。


コスタリカの石球

The Stone Spheres of Costa Rica


by Gary Vey









?


In the 1930's, the United Fruit Company was excavating the fertile, yet remote, farmlands of Costa Rica, near the Diquis Valley on the Pacific Ocean coast. United Fruit is the major importer of bananas and they became interested in this region of Costa Rica because of a blight that had killed many banana trees on the Caribbean coast. As workers dug and prepared the land for cultivation, they discovered many large stone spheres buried and impaled in the tropical soil.


The spheres were previously unknown to the local inhabitants and they could offer no explanation of who made them or how old they were. Plantation workers bulldozed them and largely ignored them until rumors started spreading that they may contain gold or precious jewels. Many balls were drilled or cracked open with dynamite, only to reveal that they were composed of solid rock.


When news of these rock balls reached the authorities, several whole specimens and parts of the fractured balls were taken to the National Museum in San Jose. Here, they attracted the attention of Doris Stone, daughter of a United Fruit executive, who photographed them and wrote an article about the phenomenon in the 1943 edition of American Antiquity.


Later, Dr. Samuel Lothrop of Harvard University was exploring an unrelated archaeological site in northern Costa Rica and had to cut his "dig" short because of civil unrest in the country. By chance, he met Doris Stone in San Jose, learned about the stones and focused his archaeological studies on the Diquis Delta region, where many more stones were discovered.


コスタリカの石球

ゲーリーVeyによって

1930年代に、結合果実会社は太平洋沿岸でのDiquis谷の近くでコスタリカの肥沃であるけれども遠い農地を掘っていました。

結合果実はバナナの主要な輸入業者であり、それらは、カリブ沿岸での多くのバナナの木を殺した疫病のためコスタリカのこの地域に興味をもっていました。労働者が栽培のために土地を掘り、準備した時に、彼らは熱帯土壌に埋められて、突き刺された多くの大きな石球を発見しました。球はローカルな住民にこれまで知られていなく、彼らは、誰が彼らを作ったかまたは彼らが何才であったかの説明を全然述べることができませんでした。大規模農場労働者は彼らをおどし、主として、彼らが金または貴重な宝石を含むかもしれないという噂が広がり始めるまで、彼らを無視しました。多くのボールに、それらが硬い岩から構成されていたと明らかにするためだけにダイナマイトによって穴を開けるか、開けられました。これらの岩ボールのニュースが当局に届いた時に、いくつかの見本と割れたボールの一部全体はサンノゼの全国的な美術館に持って行かれました。ここで、彼らは、ドリスStone(彼らの写真をとり、アメリカの古さの1943年の版において現象についての記事を書いた結合果実エグゼクティブの娘)の注意を引き付けました。後で、ハーバード大学のサミュエル・ロスロップ博士は北コスタリカで無関係な考古学の遺跡を探検していて、国の市民の不安のため彼の「発掘」を切り上げる必要がありました。偶然に、彼はサンノゼでドリス石と会い、石について学び、Diquisデルタ地帯に彼の考古学の研究の焦点を合わせました(そこで、さらに多くの石は発見されました)。







The first formal report of the stone spheres appeared in his published paper, "Archaeology of the Dilquis Delta, Costa Rica 1963."


Since then, archaeologists have been perplexed by the stones. Thousands have now been found. Some are as small as four inches -- about the size of a baseball -- while others are a massive eight feet in diameter. Estimates of their age goes back some 1,600 years, yet no one can be sure how they were made, by whom, or why.


Myths


The spherical stones certainly took a long time to make. The age of these stones places them at a time when no iron tools were known to exist in that region, meaning the spheres were somehow formed by stone implements. Yet no stone tools of this era and geographic area have been found.


All of this has lead some researchers to speculate that the stone spheres were made by aliens, a lost civilization and even the people of Atlantis.


Some local legends tell of a magic potion that was able to make the rock soften and hence be easily manipulated. This same legend persists to explain other phenomenon such as the precisely carved and fitted stones of Machu Pichu. One legend says that the spheres were formed around a coffee bean or nuggets of gold.


Other legends claim that the spheres were part of a game, once played by giants that inhabited the earth, or that the spheres represent stars of constellations in the sky.


石球の最初のフォーマルなリポートは彼の発表された論文(「Dilquisデルタ、コスタリカ1963の考古学」)に載りました。

それ以来、考古学者は石によって当惑しています。

数千は今や見つかっています。

いくつかが4インチ--ベースボールとだいたい同じサイズ--と同じくらい小さい一方、他は直径大規模な8フィートです。

それらの年進行の見積りは約1,600年バックするけれども誰も、どうそれらが誰かまたはなぜかによって作られたかを確信することができません。

神話

球形の石は確かに、作るのに長い時間がかかりました。

これらの石の時代は彼らを、どの鉄製の道具も、球が何とかして石器によって成形されたことを意味して、その地域で存在すると知られていなかった時と思います。

それでも、この時代と地理上の区域のどの石器も見つかっていません。

これのうちのすべては、リード 石球が、エイリアン、失われた文明、および均一であることにより作られたことを思索する何人かの研究者 アトランティスの人々 を持っています。

何人かのローカルな伝説的人物は、岩を軟化し、それゆえ容易に処理されさせることができた魔法の一服を話します。

Machu Pichuの正確に彫られて、適合した石などの他の現象を説明するために、この同じ伝説は持続します。

1つの伝説は、球が金のコーヒー豆またはナゲットのまわりで成形されたと伝えています。

他の伝説は、球が、一度、地球に住んだ巨人によってされたゲームの一部であったか、球が空に星座のスターを表していると主張します。







[Above: One investigator noted that the images carved on one ancient sphere corresponded to a star chart of constellations.]次の上[:

1人の調査者は、1つの古代の球に彫られたイメージが星座.]の星座表と一致していたことに注意しました。











[Left: Star chart showing exact constellation believed to be depicted on the stone.]


左[:石.]上で描き出されると信じられた正確な星座を示している星座表


1- M31 Andromeda's galaxy; 2- Mirach (Beta Andromeda); 3- Alpheratz (Alpha Andromeda); 4- Omicron Andromeda; 5- HR8632 in the Lacerta constellation (Yale catalogue of stars); 6- Scheat (Beta Pegasus); 7- Psi Pegasus; 8- Pi Pegasus; 9- Algenib (Gamma Pegasus); 10- Theta, Iota, Lambda, Kappa, Gamma and Omega Pisces; 11- Beta Pisces; 12- Eta Aquarius; 13- Markab (Alpha Pegasus); 14- Homam (Zeta Pegasus); 15- Theta Pegasus; 16- Ancha (Theta Aquarius); 17- Sadalsud (Beta Aquarius); 18- Alpha Equuleus; 19- Enif (Epsilon Pegasus); 20- HR8313 in the Pegasus constellation (Yale catalogue of stars); 21- HR8173 in the Pegasus constellation (Yale catalogue of stars); 22- Delphinus constellation; ?- Figure not yet defined in astronomical context.


It is true that the spheres are often found in groups of a dozen to twenty stones and that these groupings have shown to be aligned to North and South. A stone has also been found carved with petroglyphs that have been attributed to stellar constellations, adding to the "un-earthliness" of their origin.


1-M31 アンドロメダの銀河系;

2- Mirach(ベータアンドロメダ);

3- アルファラツ(アルファアンドロメダ);

4- オミクロンアンドロメダ;

5- とかげ座星座(星のエールカタログ)のHR8632;

6- シェアト星(ベータペガサス);

7- 超常現象ペガサス;

8- 円周率ペガサス;

9- アルゲニブ(ガンマのペガサス);

10- シータ、ごくわずか、ラムダ、カッパ、ガンマ、およびオメガ魚座;

11- ベータ魚座;

12- イータ水瓶座;

13- マルカブ(アルファペガサス);

14- ホマム(ジータペガサス);

15- シータペガサス;

16- アンカ(シータ水瓶座);

17- サドアルスウド(ベータ水瓶座);

18- アルファこうま座;

19- エニフ(エプシロンペガサス);

20- ペガサス星座(星のエールカタログ)のHR8313;

21- ペガサス星座(星のエールカタログ)のHR8173;

22- 真海豚星座;

?-数値はまだでなく天文学の文脈の中で定義しました。

球が20個の石に1ダースのグループにおいてしばしば発見されて、これらのグループが、南北に位置合わせされるために見えていたことは真実です。

石はまた、それらの起源の「非地球性」に追加して、星の星座に起因している岩石彫刻によって彫られているのを発見されています。






Many of the spheres are made of granite like rock. The closest granite quarries of similar rock are in the Talamanca Mountains, some 50 miles away. Although the stones could have been transported down the nearby Terraba River, no unfinished stones or evidence of excavation in the mountains has ever been found.


The stone spheres are almost perfect. With some weighing in at almost 32,000 pounds. Obviously some type of mechanical process was needed to form the spherical shape but it is difficult to imagine how they were handled and carved with stone tools to such precision. Also, the region is a dense tropical area with steep terrain, making their movement a task equal to their actual construction.


The leading expert on the stones is Dr. John Hoopes of the University of Kansas. Dr. Hoopes believes the majority of stones were made by local inhabitants who lived in the area from about 800 to 1200 AD. Because these ancient people had no written language, there is no record of the stones in their history. Dr. Hoopes says the stones were likely formed from granite blocks by successively heating and cooling the outside of the rock, causing it to flake away in layers. Hand tools such as a matate would have been used to refine the spherical shape with sand and leather to finish and polish the surface.


球の多くは岩のような花崗岩で作られます。

同様な岩の最も近い花崗岩採石場は約50マイルの向こうでタラマンカ族山にあります。

石は近くのTerraba川の下に輸送されたかもしれないけれども、どの未完成の石または山での発掘の証拠もこれまで見つかっていません。

石球はほとんど完全です。

ほぼ32,000ポンドの重さがあるいくつかによって。

明らかにあるタイプのメカニカルなプロセスは、球形の形を成形するために必要であったけれども、どう彼らがそのような精度に石器によって扱われて、彫られたかを想像することは難しい。

また、それらの動きをそれらの実際の建築と等しい仕事にして、地域は急勾配な地形を持つ濃い熱帯です。

石に関しての第一人者はカンザス大学のジョンHoopes博士です。

Hoopes博士は、石の大多数が、約800から1200ADまでエリアに住んでいたローカルな住民によって進んだと信じます。

これらの古代の人々が書き言葉を全然理解しなかったので、彼らの歴史において石のレコードが全然ありません。

Hoopes博士は、石が、たぶん、それを、レイヤーの中で向こうにはげ落ちさせて、岩の外を連続して熱し、冷えさせることによって花崗岩ブロックから形成されたと言います。

matateなどの手工具は、表面を仕上げて、磨くために砂と革によって球形の形を改良するために使われたでしょう。







The construction of the spheres would have required a high degree of measurement and mathematics. One perplexing question is why this same level of skill and precision has not been found in any other artifacts of this era and region.


Dr. Hoopes believes the stones were likely used as a sign of wealth or status, or perhaps in some religious or ceremonial events. But no one knows for sure. Today the stones are in danger. Many are now hoarded by wealthy people for ornaments in their gardens or for curios. The total stones are in the thousands but only 186 can be accounted for in the official records. Often the stones are dug up and moved before any attempt is made to plot their locations or configurations. Any future study of the stone spheres of Costa Rica will have to undertaken quickly, before they vanish.


球の建築は測定と数学の高い程度を必要としていたでしょう。

1つの当惑問題は、なぜスキルと精度のこの同じレベルがこの時代と地域のどのような他の人工物の中でも発見されていないかです。

Hoopes博士は、石がたぶん富またはステータスの合図としてまたはひょっとしたらいくつかの宗教のまたは儀礼的なイベントの中で使われたと信じます。

しかし、誰も確かに知りません。

今日、石は危機にあります。

多くは現在彼らの庭の装飾品のためにまたはこっとう品のために裕福な人々によって貯蔵されます。

全体の石は数千にあるけれども、ほんの186は公認記録の中で占められることができます。

しばしば、石は、堀りおこされて、試みが、それらの位置またはコンフィギュレーションを図るためにされる前に動きます。

コスタリカの石球のどのような未来の研究でも持ちます に それらが消滅する前に迅速に引き受けられる 。

SV-40, A Deadly Cure? その2

?




NEW EVIDENCE THAT AIDS WAS SPREAD DELIBERATELY

There have long been allegations that the rapid spread of AIDS, both in Africa and in the United States, was originally precipitated by various vaccine programs. A new investigation shows conclusively that HIV infection among San Francisco gay men was a result of contaminated vaccines.


If this contamination was intentional, it would represent the worst assault in American history, and probably in human history. The truth must be determined, and justice must be done.


There is strong reason to believe that the HIV contamination of the vaccines was intentional. Studies were performed to determine whether HIV could have accidentally survived the vaccine production methods. These studies showed that all traces of HIV would have been easily destroyed, without human intervention.


It does not matter whether HIV is a product of nature, or has long existed. Anthrax is also natural, and has long existed. It can, and has, also been turned into a weapon and used intentionally. The same may be true of HIV.


The "Ames" strain of anthrax, used in recent terror assaults, is a product of U.S. military labs. It may have been stolen by terrorists, or perhaps the development program was infiltrated by a mole working for some hostile foreign power.


Whether it was the work of terrorists, or hate groups, or renegades within our own government, needs to be investigated.


Demonstrating the link of HIV to the experimental vaccines is a very commonplace type of statistical analysis. It is the same principle as determining whether a vaccine is working, or produces sides effects. Two professors specializing in statistics have confirmed the validity of the methodology in this study. The full analysis can be viewed at:


http://www.bhc.edu/eastcampus/leeb/aids/aidtesk.htm
?


All concerned persons should try to learn about this issue, and help to raise a voice.


エイズが故意に蔓延したという新しい証拠

エイズの急速な蔓延が、アフリカで、そして、アメリカ合衆国で、当初いろいろなワクチンプログラムによって促進されたという申し立てが、長くありました。新しい調査は、同性愛者の男性が結果でだったサンフランシスコの間のHIV感染がワクチンを汚染したことを決定的に示します。


この汚染が意図的ならば、それはアメリカの歴史で、そして、おそらく人間の歴史で最悪の攻撃を意味するでしょう。真実は決定されなければなりません、そして、正義はされなければなりません。


ワクチンのHIV汚染が意図的だったと思っている強い理由が、あります。研究は、HIVがワクチンの製造方法を偶然に生き残ることができたかどうか決定するために実行されました。人間の干渉なしで、これらの調査は、HIVの全ての跡が簡単に破壊されたことを示しました。


HIVが自然の製品であるか、長く存在したかどうかは、重要ではありません。炭疽菌が自然でもあって、長く存在もしました。それはそうすることができます、そして、また∥武器への回して、そして、故意に使う。同じことは、HIVにとって真実かもしれません。


炭疽菌(最近の恐怖攻撃において使われる)の「エームズ」種は、アメリカの軍の研究室の製品です。それはテロリストによって盗まれたかもしれませんでした、あるいは、おそらく、開発計画は若干の敵対的な外国の大国で働いているスパイによって浸透しました。


それがテロリストの仕事であったかどうかに関係なく、あるいは、グループまたは我々自身の政府(調査される必要)内の変節者が嫌いにしてください。


HIVの関連を実験的なワクチンに示すことは、1種類の非常に当り前の統計分析です。それは、ワクチンが作用しているか、側効果を生じるかどうか決定するのと同じ原則です。統計学を専門としている2人の教授は、この研究において方法論の有効性を確かめました。完全な分析は、見られることができます:


http://www.bhc.edu/eastcampus/leeb/aids/aidtesk.htm


関係者全て人はこの問題について学ぼうとしなければならなくて、声を大きくするのを手伝います。


?


ABSTRACT

This statistical study concerns what is probably one of the most significant and overlooked issues of our time. It demonstrates proof of a strong link between the U.S. outbreak of AIDS, and hepatitis studies that were performed on gay males, starting in the late 1970s. The analysis refutes explanations that attribute the connection simply to sexual risk behavior on the part of the study participants.


The analysis also presents evidence suggesting that HIV infections occurring in the studies were more likely to have been intentional rather than accidental. This raises the question of whether the men in these studies might have been used as guinea pigs for covert experimentation, or whether a sexually-transmitted epidemic might have been deliberately induced, as a means to rid society of "undesirables". Regardless of whether the virus itself came into existence naturally, its initial spread was clearly unnatural.


The methodology used in this document is highly similar to that which is typically used to evaluate the effectiveness and safety of vaccines. The analysis evaluates differences in infection rates between a suitable control group, versus a vaccine test group.


In the first two years of the epidemic in San Francisco, between 50 and 60 percent of the earliest known AIDS cases were from persons involved in the hepatitis studies. A goal of this analysis is to calculate specific probabilities for these and other similar figures. It demonstrates that such figures cannot credibly be attributed merely to chance, or to differences in risk behaviors.


Odds of the disproportionate levels of HIV infection among men in the vaccine trial, relative to other men of similar risk behaviors, are shown to be as little as 1 in a trillion.


A statistical link exists not only to experimental vaccines, but also simply to the fact of participation in the hepatitis studies, such as simply to have blood drawn for purposes of monitoring hepatitis prevalence. Few logical or benign possibilities exist to explain why there should be such a connection, yet it exists. Odds against the higher initial rate of AIDS among study participants was as little as 1 in 300,000, when compared to men of equal or higher risk.


Various epidemiological anomalies also suggest that an artificial, simultaneous, mass-infection would have been necessary in order to produce the type of explosion in HIV that was observed in the early 1980s. Full-blown AIDS should have been evident many years earlier, before HIV was nearly so widespread Thousands of infections would have been necessary to fuel the levels of HIV growth that were observed, during years in which no retroactive evidence of HIV exists.


要約

この統計研究は、多分我々の時間で最も重要で見渡された問題のうちの1つであるだろうことに関します。それはエイズのアメリカの発生と同性愛者の男性の上で実行された肝炎研究の強い関連の証明を示します。そして、1970年代後期に始まります。分析は、単に接続を試験参加者の側の性的な危険ふるまいのものであると考える説明を論破します。


分析も、研究で生じているHIV感染がより偶然だったというよりはむしろ意図的だってそうだったことを示唆している証拠を提示します。社会から「好ましくない人間」を一掃する手段として、これはこれらの研究の男が隠れた実験のためのモルモットとして使われたかもしれないかどうか、あるいは、性的に送られた流行が故意に誘発されたかもしれないかどうか問題を上げます。ウイルス自体が自然に生まれたかどうかに関係なく、その最初のスプレッドは明らかに不自然でした。


この文書で使われる方法論は、ワクチンの効果と安全性を評価するのに典型的に用いられるそれと、非常に類似しています。分析は、適当な対照群対ワクチンのテストグループの間で感染率の違いを評価します。


サンフランシスコの流行の最初の2年で、最も初期の名の知られたエイズ患者の50~60パーセントは、肝炎研究に関係する人からありました。この分析のゴールは、これらと他の同程度の数字のために特定の可能性を計算することです。それは、そのような数字が単に可能性だけに、または、危険性質の違いだけに確かにものであると考えられることができないことを証明します。


ワクチンの裁判の男性の間のHIV感染の不相応なレベルの確率は、類似した危険性質の他の男性と比較して、1兆のわずか1であることが示されます。


統計関連が実験的なワクチンだけでなく、単に肝炎研究への参加の事実にも存在します。そして、例えば単に血を肝炎流行をモニターする目的のために採血されます。ほとんど論理的であるか良好な可能性がそこの理由がそのような接続でなければならないと説明するために存在しません、それでも、それが存在します。等しいかより大きな危険の男性と比較してとき、試験参加者の間のエイズのより高い最初の率に対する確率は300,000のわずか1でした。


いろいろな疫学的例外もそれを提案します人工の、同時の、大量感染は1980年代初期に観察されたHIVで爆発のタイプを生産するために必要でした。HIVが感染症のThousandsが、HIVの過去にさかのぼる証拠が存在しない年の間に、観察されたHIV成長のレベルを活気づけるのに必要だったようにほとんど広範囲にわたる前に、末期のエイズは何年も前に明白でなければなりませんでした。




蛇足


The?Black Americans that were knowingly infected with Syphilis・・この文書は野口英世の事である。


野口英世は黒人の子供達に生梅毒菌を注射して、多くを死なせた罪は消えている。ロックフェラー研究所は偉大なところなのだろう。何人子供を殺しても、日銀千円札になるのだから・・。

SV-40:必殺の治療?




?


Editor's Note:


by Geraldo Fuentes

Editor's Note:


When we first ran Geraldo's first story, SV-40, A Deadly Cure? we thought it was a bit on the conspiratory side, but it seemed well researched. We were pleased that many other journalists also investigated the material, proving the sad truth that Geraldo reported in ViewZone.


Research has now firmly linked many of today's cancers with tainted virus vaccinations given in the early 1950s. Could there be any more shocking and horrific revelations like this? We didn't think so - but we were wrong.


The latest horror story is posted HERE: SV40 Part Two for you to ponder. As you read it, also do not forget the Black Americans that were knowingly infected with Syphilis or the soldiers made to march through the fallout of our nuclear bomb tests...


But first, read Geraldo Fuentes original story. Also, important new information is at the end of this story.




If you received a polio vaccination in the 50's,

you may have gotten more than you know...

It was 1956. I was only six years old and attended grade school in Springfield, Massachusetts. I was too young to recollect the first round of polio vaccinations, but I have a few memories. I remember that my first grade class was escorted to the school gymnasium. There was a peculiar smell in the air. I think it was probably rubbing alcohol. And some of the other kids were crying. The shot itself wasn't so bad. I didn't cry, but my best friend did. At the end of the ordeal we all got a lollipop.


A few years later, when we marched again to the gymnasium it was different. There was no crying and no alcohol odor. Instead, there were long tables bearing neat rows of small paper cups, filled about half way with a liquid that tasted like bitter orange juice. White clad Nurses watched as each child drank the vaccine. There was no lollipop and, after we handed back the cup, we simply returned to class.


The government had initiated the mandatory polio vaccination programs in 1955. Prior to this, polio had killed or crippled thousands of children and adults all over the world. Attacking the central nervous system, this viral infection was transmitted by human contact, sewage and even by contaminated milk. Victims who contracted polio would incubate the virus in their intestines, where it would multiply and enter the lymphatic system. Eventually the virus would penetrate the nerves and travel along nerve paths, destroying neurons and rendering the muscles connected to them paralyzed.


The polio epidemic reached its height in 1952. It turned thousands of victims into cripples and confined countless children to large pressure chambers called "iron lungs," which helped them to breath when their diaphragm muscles were stilled. There was and still is no treatment for polio. Aside from attempts to maintain life functions, the disease must run its course.


And so, in 1955, just one year before I received it, Jonas Salk had performed no small miracle when he successfully mass-produced an effective polio vaccine by growing a form of the virus on the kidneys of rhesus monkeys. This virus would be harvested, killed, and given to healthy children like me, who would then develop antibodies which would kill any future invasion of the body by the polio virus.


This happy story of medical marvel has a deadly glitch. And it is especially deadly if, like me, you received your vaccinations in the 1950s, in certain states like Massachusetts.


In 1960, researchers discovered that the polio vaccine distributed to certain states was infected with another virus called "Simian Virus 40." SV-40 is a monkey virus that is not normally found in humans. Unknown at the time, it was present in hundreds of rhesus monkeys that were used to grow and harvest the polio vaccine. Injected into research animals, the SV-40 virus causes brain and lung cancers. Now, some forty years later, its effect on humans is just being investigated.




SV-40 has appeared in 61% of all new cancer patients -- patients too young to have received the contaminated vaccine being administered forty years ago!

Michele Carbone, Assistant Professor of Pathology at Loyola University in Chicago, has recently isolated fragments of the SV-40 virus in human bone cancers and in a lethal form of lung cancer called mesotheliomas. He found SV-40 in 33% of the osteosarcoma bone cancers studied, in 40% of other bone cancers, and in 60% of the mesotheliomas lung cancers. Dr. Carbone believes this study explains why 50% of the current mesotheliomas being treated were no longer occurring in association with asbestos exposure, their traditional cause.


Researchers from the Institute of Histology and General Embryology of the University of Ferrara, lead by Dr. Fernanda Martini, discovered SV-40's presence in a variety other tumors. They found the rhesus monkey virus in 83% of choriod plexus papillomas, in 73% of ependymomas, in 47% of astrocytomas, in 50% of glioblastomas, and in 14% of meningiomas.


SV-40 also has been found in 23% of blood samples and 45% of sperm fluids taken from normal individuals! Researchers have determined the SV-40 virus can be transmitted sexually and through blood transfusions.


Even more shocking, SV-40 has appeared in 61% of all new cancer patients -- patients even too young to have received the contaminated vaccine being administered forty years ago! How could this happen?


My second vaccination was from a cup. This was the brainstorm of the FDA. Instead of getting the "dead" virus in an injection, the Federal vaccination policy mandated that children should be given the new live "oral polio vaccine" (OPV). This decision was based upon the belief that the OPV recipient would "shed" the virus through body contact with other non-vaccinated children and adults, thereby spreading the "live" virus throughout the population. Since the infection was extremely small, it would produce the desired antibodies while posing no threat of contracting polio. This, it was thought, would assure the total immunization of America and the eradication of the disease. The public was never informed that this national health strategy was being implemented, despite several cases of polio which were directly attributed to the vaccine.


ジェラルドフエンテスによって


エディタの注:


我々は最初にジェラルドの最初の話、SV-40、A Deadly Cure?に肉薄しました。我々はそれがconspiratory側の上のビットであると思いました、しかし、それは研究されてよいようでした。我々は多くの他のジャーナリストも材料を調査することを喜びました。そして、ジェラルドがViewZoneで報告したという悲しむべき事実を証明しました。


研究は、今は今日のガンの多くと1950年代初期にされる汚れたウイルス予防接種を、しっかりと関連づけました。より衝撃的でものすごい意外な事実が、このようにあることができましたか?我々は、そうは思いませんでした - しかし、我々は間違っていました。


最新の恐怖物語は、HEREを郵送されます:あなたが考えるSV40パート2。あなたがそれを読んだので、また、我々の核爆弾テストの放射性降下物中を行進させられる兵士たち。梅毒を故意に染まったブラックアメリカ人を忘れないでください...


しかし、最初に、ジェラルドフエンテス原作を読んでください。また、重要な新情報は、この物語の終わりにあります。




あなたが50年代にポリオ予防接種を受けるならば、あなたはあなたが知っているより多くのようになったかもしれませんでした...

1956年でした。私はわずか6才であって、スプリングフィールド(マサチューセッツ)で、小学校に通いました。私はポリオ予防接種の第1ラウンドを回想するにはあまりに若かったです、しかし、私には2、3の記憶があります。私は、私の初の等級クラスが学校体育館に護衛されたのを思い出します。独特なにおいが、空気中にありました。私は、それが多分消毒用アルコールであっただろうと思います。そして、他の子供の何人かは、泣いていました。ショットそのものは、それほど悪くはありませんでした。私は泣きませんでした、しかし、私の親友はしました。試練の終わりに、みんなは棒キャンディーを得ました。


数年後に、我々が再び体育館に向かって行進したとき、それは異なりました。泣かないこととアルコール匂い以外がありました。その代わりに、小さな紙コップのきちんとした列を持って行っている長いテーブルがありました。そして、ダイダイジュースのような味がした液体を扱う半分の方法について満たされました。各々の子供がワクチンを飲んだので、白い着ているNursesは見ていました。棒キャンディーがありませんでした、そして、我々がカップを返したあと、我々は単にクラスに戻りました。


政府は、1955年に義務的なポリオ予防接種プログラムを始めました。これの前に、ポリオで世界中で、何千もの子供たちと大人を死んだか、不自由にしました。中枢神経系を攻撃して、このウイルス感染は、人間の接触、汚水とそばに汚染されさえしたミルクによって送られました。ポリオになった犠牲者は彼らの腸でウイルスを培養します、そこで、それはリンパ系に増やして、入ります。結局、ウイルスは神経を透過して、神経経路に沿って旅行します。そして、ニューロンを破壊して、彼らに関係がある筋肉を麻痺したようにします。


ポリオ流行は、1952年にその高さに達しました。それは何千もの犠牲者を障害者に変えて、無数の子供たちを「鉄肺」と呼ばれている大きな圧力室に限定しました。そして、彼らの横隔膜の筋肉が鎮められたとき、それは呼吸に彼らを助けました。ポリオの治療が、なくて、まだありません。生命機能を維持する試みを除いて、病気は自然な経過をたどらなければなりません。


そして、私がそれを受けた前に1955、ちょうど1年で、彼がアカゲザルの腎臓の上でウイルスの形を発達させることによってうまく効果的ポリオワクチンを大量生産したとき、ジョナスソークはかなりの奇跡を起こしました。このウイルスが集められて、死んで、私のような健康な子供たちに与えられます。そして、その人はそれから、ポリオウイルスによって体のどんな将来の侵入でも殺す抗体を開発します。


医学的な驚異のこの幸せな物語は、致命的な不具合に遭います。そして、マサチューセッツなどの特定の州で、私のように、あなたが1950年代にあなたの予防接種を受けるならば、それは特に致命的です。


1960年に、研究者は特定の州に配布されるポリオワクチンがもう一つのウイルスを「サルのVirus 40と呼んで感染しているということを発見しました。」、SV-40は人間で通常見つからない猿ウイルスです。その時に未知で、それは成長して、ポリオワクチンを集めるのに用いられた何百ものアカゲザルで存在しました。研究動物に噴射されて、SV-40ウイルスは、脳と肺がんを引き起こします。現在、約40年後に、人間に対するその影響は、ちょうど調査されています。




SV-40は、全ての新しいガン患者 ? 40年前投与されている汚染されたワクチンを受けたためにあまりに若い患者 ? の61%で現れました!

ミシェルカルボーネ(シカゴのロヨラ大学のPathologyの助教授)は、人間の骨ガンで、そして、中皮腫と呼ばれている肺がんの致死型でSV-40ウイルスの断片を最近孤立させました。40%の他の骨ガンにおいて、そして、中皮腫肺がんの60%において、彼はSV-40を調査される骨肉腫の骨ガンの33%で発見しました。カルボーネ博士は、この研究が治療されている現在の中皮腫の50%がなぜアスベスト露出(彼らの伝統的な原因)に関連してもはや起こっていなかったかについて説明すると思っています。


Histology研究所とフェラーラ大学のEmbryology将軍からの研究者はフェルナンダマティーニ博士によってリードします。そして、多様性の発見されるSV-40年代存在が他の腫瘍です。彼らは、アカゲザルウイルスを83%のchoriod叢乳頭腫で、73%のependymomasで、47%の星状細胞腫で、50%の神経膠芽腫で、そして、14%の髄膜腫で発見しました。


SV-40も、通常の個人からとられる23%の血液サンプルと45%の精子流体で見つかりました!研究者は、SV-40ウイルスが性的に、そして、輸血を通して送られることができると断定しました。


さらにより衝撃的で、SV-40は全ての新しいガン患者 ? 40年前投与されている汚染されたワクチンを受けたためにあまりに若くさえある患者 ? の61%で現れました!どのように、これは起こることができましたか?


私の第2の予防接種は、カップからありました。これは、FDAのひらめきでした。注射において「死んだ」ウイルスを得る代わりに、Federal予防接種方針は、子供たちが新しい生きている「経口ポリオワクチン」(OPV)を与えられなければならないと命じました。この決定はOPV受取人が他の非予防接種をされた子供たちと大人との体接触を通してウイルスを「放棄する」という確信に基づきました。そして、それによって人口を通して「生きている」ウイルスを広げました。感染症がとても小さかったので、ポリオになる脅威をもたらしていない間、それは望ましい抗体を生産します。これは、アメリカと病気の根絶の完全な免疫処置を保証しますと、思われました。直接ワクチンのものであると考えられたポリオのいくつかの症例にもかかわらず、市民はこの国民健康戦略が実行されていることを決して知りませんでした。


.




When we first ran Geraldo's first story, SV-40, A Deadly Cure? we thought it was a bit on the conspiratory side, but it seemed well researched. We were pleased that many other journalists also investigated the material, proving the sad truth that Geraldo reported in ViewZone.


Research has now firmly linked many of today's cancers with tainted virus vaccinations given in the early 1950s. Could there be any more shocking and horrific revelations like this? We didn't think so - but we were wrong.


The latest horror story is posted HERE: SV40 Part Two for you to ponder. As you read it, also do not forget the Black Americans that were knowingly infected with Syphilis or the soldiers made to march through the fallout of our nuclear bomb tests...


But first, read Geraldo Fuentes original story. Also, important new information is at the end of this story.




If you received a polio vaccination in the 50's,

you may have gotten more than you know...

It was 1956. I was only six years old and attended grade school in Springfield, Massachusetts. I was too young to recollect the first round of polio vaccinations, but I have a few memories. I remember that my first grade class was escorted to the school gymnasium. There was a peculiar smell in the air. I think it was probably rubbing alcohol. And some of the other kids were crying. The shot itself wasn't so bad. I didn't cry, but my best friend did. At the end of the ordeal we all got a lollipop.


A few years later, when we marched again to the gymnasium it was different. There was no crying and no alcohol odor. Instead, there were long tables bearing neat rows of small paper cups, filled about half way with a liquid that tasted like bitter orange juice. White clad Nurses watched as each child drank the vaccine. There was no lollipop and, after we handed back the cup, we simply returned to class.


The government had initiated the mandatory polio vaccination programs in 1955. Prior to this, polio had killed or crippled thousands of children and adults all over the world. Attacking the central nervous system, this viral infection was transmitted by human contact, sewage and even by contaminated milk. Victims who contracted polio would incubate the virus in their intestines, where it would multiply and enter the lymphatic system. Eventually the virus would penetrate the nerves and travel along nerve paths, destroying neurons and rendering the muscles connected to them paralyzed.


The polio epidemic reached its height in 1952. It turned thousands of victims into cripples and confined countless children to large pressure chambers called "iron lungs," which helped them to breath when their diaphragm muscles were stilled. There was and still is no treatment for polio. Aside from attempts to maintain life functions, the disease must run its course.


And so, in 1955, just one year before I received it, Jonas Salk had performed no small miracle when he successfully mass-produced an effective polio vaccine by growing a form of the virus on the kidneys of rhesus monkeys. This virus would be harvested, killed, and given to healthy children like me, who would then develop antibodies which would kill any future invasion of the body by the polio virus.


This happy story of medical marvel has a deadly glitch. And it is especially deadly if, like me, you received your vaccinations in the 1950s, in certain states like Massachusetts.


In 1960, researchers discovered that the polio vaccine distributed to certain states was infected with another virus called "Simian Virus 40." SV-40 is a monkey virus that is not normally found in humans. Unknown at the time, it was present in hundreds of rhesus monkeys that were used to grow and harvest the polio vaccine. Injected into research animals, the SV-40 virus causes brain and lung cancers. Now, some forty years later, its effect on humans is just being investigated.




SV-40 has appeared in 61% of all new cancer patients -- patients too young to have received the contaminated vaccine being administered forty years ago!

Michele Carbone, Assistant Professor of Pathology at Loyola University in Chicago, has recently isolated fragments of the SV-40 virus in human bone cancers and in a lethal form of lung cancer called mesotheliomas. He found SV-40 in 33% of the osteosarcoma bone cancers studied, in 40% of other bone cancers, and in 60% of the mesotheliomas lung cancers. Dr. Carbone believes this study explains why 50% of the current mesotheliomas being treated were no longer occurring in association with asbestos exposure, their traditional cause.


Researchers from the Institute of Histology and General Embryology of the University of Ferrara, lead by Dr. Fernanda Martini, discovered SV-40's presence in a variety other tumors. They found the rhesus monkey virus in 83% of choriod plexus papillomas, in 73% of ependymomas, in 47% of astrocytomas, in 50% of glioblastomas, and in 14% of meningiomas.


SV-40 also has been found in 23% of blood samples and 45% of sperm fluids taken from normal individuals! Researchers have determined the SV-40 virus can be transmitted sexually and through blood transfusions.


Even more shocking, SV-40 has appeared in 61% of all new cancer patients -- patients even too young to have received the contaminated vaccine being administered forty years ago! How could this happen?


My second vaccination was from a cup. This was the brainstorm of the FDA. Instead of getting the "dead" virus in an injection, the Federal vaccination policy mandated that children should be given the new live "oral polio vaccine" (OPV). This decision was based upon the belief that the OPV recipient would "shed" the virus through body contact with other non-vaccinated children and adults, thereby spreading the "live" virus throughout the population. Since the infection was extremely small, it would produce the desired antibodies while posing no threat of contracting polio. This, it was thought, would assure the total immunization of America and the eradication of the disease. The public was never informed that this national health strategy was being implemented, despite several cases of polio which were directly attributed to the vaccine.



By 1963, the estimated number of tainted polio vaccinations was estimated to be upwards of 98-million!

The SV-40 virus that contaminated the oral polio vaccine quickly spread from child to child and from child to adult, crossing state lines and national boundaries. By 1960, when the virus was first detected, it was already too late to prevent its dissemination throughout the population. The FDA quietly and gradually instituted a program to eliminate rhesus monkeys, who harbor the SV-40, and replace them with African Green monkeys that are free of the virus. By 1963 the monkeys had been replaced but the estimated number of tainted polio vaccinations was estimated to be 98-million!




According to the National Institutes of Health, high levels of SV-40 were identified in polio vaccines in Washington, Oregon, Wyoming, Utah, Minnesota, Iowa, Wisconsin, Illinois, Michigan, Pennsylvania, Washington DC, Maryland, Delaware, New York, Connecticut, Rhode Island, Massachusetts, Vermont and New Hampshire. Low levels of SV-40 were found in California, Arizona, New Mexico, Colorado, Texas, Kansas, Nebraska, North Dakota, Missouri, Louisiana, Georgia, Tennessee, Kentucky, Ohio, and West Virginia. Polio vaccines in the other states show no SV-40 present.

This revelation has only recently come to public attention. Many people, like myself, were unaware that a potential for cancer had been implanted in their body. Researchers say that, by age fifteen, the virus stops shedding to others. I cannot but wonder how many people I contacted between the age of eight and fifteen... Did I shed the SV-40 virus to my mother, who eventually died of brain cancer? Will I contract brain, lung or bone cancer? Many other people in my age group are asking similar questions.

A number of public statements have been made by the National Cancer Institute in the past few months, attempting to put their spin on these disturbing revelations. In an statement published in the January (1999) New England Journal of Medicine, the institute states that there is no evidence of an increase in humans of the types of cancers found in laboratory animals that have been injected with SV-40. But other researchers remind us that SV-40 has already been found in a wide variety of other tumors. It has been shown that individuals who received the tainted oral vaccine demonstrate a higher occurrence of these cancers.


For example: people who lived in Massachusetts and Illinois in the 1950s, and received identified lot numbers of the contaminated oral vaccine, are now contracting osteosarcoma bone tumors at a rate of ten times more than those who received the vaccine free of the SV-40.

But the National Cancer Institute has been silent about these facts.

There needs to be more demographic studies to explore the relationship of SV-40 to adult onset cancers. Not surprisingly, the US government and its agencies are reluctant to pursue this matter. In fact, requests to the National Institute for Health for grants to study the SIV and simian cyto-megalovirus (SCMV) were recently denied. Microbiologist Howard Urnovitz, Ph.D., may have an explanation as he stated in the Boston Globe:




"that almost 100 million Americans were exposed (to SV-40) through a government sponsored program, but for over 30 years, there has been virtually no government effort to see if anyone's been harmed by the exposure." He added, "The government will not fund science that makes it look culpable."

Another method used by the National Cancer Institute to divert public concern is to issue statements that "many of the cancers under suspicion were contracted by people who are too young to have received the tainted vaccine in the 1950s." This argument, although true, ignores the potential of spreading the live SV-40 by "shedding" through personal contact. The oral polio vaccine was designed to be transmitted to non-vaccinated individuals by this very method. In fact, this was the reason that OPV was preferred over injection. If SV-40 is still being spread by contact today it is not surprising that these cancers are now affecting younger people.


Regardless of blame, severe damage to world health has already been done by the unsavory practice of growing vaccination products in animals. An example of these horrors was presented by Dr. Urnovitz at the Eighth Annual Houston Conference on AIDS.


Dr. Urnovitz revealed significant evidence that human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) is a monkey hybrid virus which was produced when 320,000 Africans were injected with polio virus contaminated with live simian immunodeficiency virus (SIV) in the late 1950's.

Apparently, viral fragments combine easily with other viruses to produce these hybrids called "chimeras." Prior to this revelation, health officials were blaming AIDS on the habit of certain Africans to consume monkey flesh.

What can be done now? "Make it in anything but animals," said Barbara Loe Fisher of the National Vaccine Information Center, which criticizes vaccine safety.


"We have the technology to make vaccines in human cell lines that are clean," said Dr. Michele Carbone of Loyola University Medical Center, one of the first to discover SV-40 inside human tumors.


Until then we can only hope that researchers continue their work, regardless of the repercussions. Millions of people are already infected with SV-40 and are in danger. Many cancers do not develop until mid-life. Future generations must be protected. We must prohibit any future contamination of the world population, whether for our own good or not, by well-meaning governmental agencies.


UPDATE: October-November 2002 -- The following article appeared in the NY Times on October 22, 2002, partially quoted as follows:




Monkey Virus - Cancer Link Debated (THE ASSOCIATED PRESS)

WASHINGTON (AP) -- Despite years of study, there remains too little evidence to conclude a monkey virus that once tainted some polio vaccine can cause cancer in humans.


Still, the Institute of Medicine said Tuesday, although studies of people who received the vaccine have not shown increased cancer rates, a connection cannot be completely ruled out.


The institute, an arm of the National Academy of Sciences, recommended development of a federal response plan for dealing with contaminated vaccines and better tests for the monkey virus to determine how widespread it is.


The test in this article was to compare the group of people who got the original "live" virus in the 1950's, in school immunization programs, with the cancer rates of the general population. But, remember, the whole purpose of the mandatory "live" virus immunization program was to make sure that EVERYONE was exposed to the new batches of vaccine. This was done by having innoculated children "shed" the virus to others -- their parents, other children and virtually anyone that had contact with them after they were vaccinated. In other words, the entire American population was subjected to the SV-40 in either the original innoculation or from the shedding. So it is natural that the rates of cancer would be no different between the school children and anyone else that they infected.


On the whole, cancer rates have sky-rocketed, especially those rare forms related to the SV40, yet this type of misleading (i.e. lies) is typical of what the current administration and Federal offices are attempting to do with everything from the threat of Iraq to the infecting of its own population in the past.


If you want to get involved in a potential class action suit, you might want to contact a woman whose daughter contracted one of these rare forms of cancer (medulloblastoma), attributed to the SV40 contamination. Not only does she suffer from having her child impacted by this horrible governmental error, but she also has the uncertain guilt of possibly infecting her daughter from her own exposure to the live virus back in the 1950s.


Maybe you have had a similar experience. Are you angry? Then contact Sandy at bambitsg@winco.net
. Remember the words of Mahatma Gandhi: "Even if you are a minority of one, the truth is still the truth."


1963年までに、汚れたポリオ予防接種の推定された数は、少なくとも9800万であると見積もられました!

速く経口ポリオワクチンを汚染したSV-40ウイルスは、子供から子供たちまで、そして、子供から大人の、交差州の線と国境まで広がりました。1960年までに、ウイルスが最初に検出されたとき、人口を通してその普及を防ぐにはあまりにすでに遅かったです。FDAは、静かに、そして、徐々に、アカゲザル(その人はSV-40を隠します)を除いて、彼らをウイルスから自由であるアフリカのグリーン猿と入れ替える計画を開始しました。1963年までに、猿は代わられました、しかし、汚れたポリオ予防接種の推定された数は9800万であると見積もられました!




国立衛生研究所によると、SV-40の高水準は、ワシントン、オレゴン、ワイオミング、ユタ、ミネソタ、アイオワ、ウィスコンシン、イリノイ、ミシガン、ペンシルバニア、ワシントンDC、メリーランド、デラウェア、ニューヨーク、コネティカット、ロードアイランド、マサチューセッツ、ヴァーモントとニューハンプシャーでポリオワクチンで確認されました。SV-40の低レベルは、カリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコ、コロラド、テキサス、カンザス、ネブラスカ、ノースダコタ、ミズーリ、ルイジアナ、ジョージア、テネシー、ケンタッキー、オハイオとウエストバージニアで見つかりました。他の国のポリオワクチンは、SV-40プレゼントを示しません。

この意外な事実は、衆目に最近来るだけでした。多くの人々(私自身のような)は、ガンへの可能性が彼らの体に入れられたと知りませんでした。研究者は、年齢15までに、ウイルスが他に落ちるのを止めると言います。私は、私が8と15才の間で何人と連絡をとったかわからなからざるを得ないです...私は、結局脳ガンで死んだ母に、SV-40ウイルスを放棄しましたか?私は、脳か、肺か骨ガンになりますか?私の年齢層の多くの他の人は、類似した質問をしています。

いくつかの公式声明はここ数月に国立癌研究所によってなされました。そして、彼らの回転をこれらの不穏な意外な事実に付けようとしました。1月(1999)ニューイングランドジャーナルオヴメディシンで発表される声明において、学会はSV-40を注射された実験動物で見つかるガンの種類の人間の増加の証拠がないと述べます。しかし、他の研究者は、SV-40が多種多様な他の腫瘍ですでに見つかったと我々に思い出させます。汚れた経口ワクチンを投与された個人がこれらのガンのより高い発生を示すことを示されました。


例:1950年代にマサチューセッツとイリノイに住んでいて、汚染された経口ワクチンの確認された多く数を受けた人々は、現在、SV-40から自由なワクチンを受けた人々より、10回の率で、骨肉腫の骨腫瘍になっています。


しかし、国立癌研究所はこれらの事実について沈黙を守りました。

成人始まりガンにSV-40の関係を調査するより人口統計学の研究である必要があります。もっともなことだが、米国政府とその機関は、この問題を続行するのを嫌います。実際、国立SIVとサルのサイトメガロウイルス(SCMV)を研究する補助金のためのHealth研究所への要請は、最近拒まれました。彼がボストングローブで述べたように、微生物学者ハワードUrnovitz(博士)は説明をするかもしれません:




「そのほぼ1億人のアメリカ人は政府発起されたプログラムによって露出しました(SV-40に)、しかし、30年以上の間、誰も露出によって傷つけられたかどうか見る政府努力が実質的にありませんでした。」と、Heが付け加えました、「政府は、それを不埒に見えさせる科学に資金を供給しません。」、一般の懸念をそらす国立癌研究所により用いられるAnother方法はそれを声明に支給することになっています、「疑いをかけられているガンの多くは、1950年代に汚れたワクチンを受けたにはあまりに若い人々がかかりました。」、本当であるけれども、This引数は終わりまで個人の接触を「放棄する」ことによって有効なSV-40を広げる可能性を無視します。経口ポリオワクチンは、このまさしく方法によって非予防接種をされた個人に送られるようになっていました。実際、これはOPVが注射について好まれた理由でした。SV-40が今日接触によってまだ広げられているならば、これらのガンが現在より若い人々を襲っていることは驚くべきではありません。


非難に関係なく、世界健康へのひどい損傷は動物で発達する予防接種製品の芳しくない実行によってすでにされました。これらの恐怖の例は、エイズに関してEighth Annualヒューストン会議で、Urnovitz博士によって示されました。


Urnovitz博士は、ヒト免疫不全ウイルスタイプ1(HIV-1)が320,000人のアフリカ人が1950年代後期に生きているサル免疫不全ウイルス(SIV)で汚染されるポリオウイルスを注射されたとき、生産された猿ハイブリッドウイルスであるという重要な証拠を明かしました。

明らかに、簡単にこれらのハイブリッドを生じる他のウイルスをもつウィルス断片連合体は、叫びました、「妄想。」、この意外な事実へのPrior、防疫官は猿肉を平らげるために、特定のアフリカ人の習慣が、エイズの原因としていました。

何が、現在されることができますか?「動物以外の何ででもたどり着いてください」と、国立Vaccine Information CenterのバーバラLoeフィッシャーが言いました。そして、それはワクチンの安全を批判します。


「我々には、きれいである人間の細胞系でワクチンを行うために、テクノロジーがあります」と、ロヨラ大学Medicalセンター(SV-40内部の人間の腫瘍を発見する最初の人物のうちの1人)のミシェルカルボーネ博士が言いました。


影響に関係なくその時までは、我々は研究者が彼らの仕事を続けることを望むことができるだけである。何百万人もSV-40にすでに染まって、危険な状態にあります。多くのガンは、中年まで生じません。将来の世代は保護されていなければなりません。我々は世界人口のどんな将来の汚染でも禁止しなければなりません我々自身の利益のためにであるにせよ、善意の政府機関によって。


更新します:2002年10月~11月に-以下の記事は、2002年10月22日(部分的に以下の通りに引合いに出される)に、NYタイムズに載りました:




猿ウイルス - ガンLink Debated(AP通信)

WASHINGTON(AP)-Despiteは、勉強の何年も、かつて若干のポリオワクチンを腐らせた猿ウイルスが人間でガンを引き起こすことがありえると結論するあまりに小さい証拠のそこでままです。


しかし ? 医学研究所が、火曜日に、言った ? ワクチンを投与された人々の研究が増加したガン率を示さなかったけれども、接続は完全に除外されることができません。


学会(米国科学アカデミーの腕)は、それがどれくらい広範囲にわたるかについて決定すると汚染されたワクチンに対処する連邦反応計画と猿ウイルスに対するより良い検査の発達に勧めました。


一般集団のガン率で、学校免疫化プログラムでは、本稿のテストは、1950年代に最初の「生きている」ウイルスを得た人々のグループを比較することになっていました。しかし、思い出してください。義務的な「生の」ウイルス免疫化プログラムの全部の目的はEVERYONEがワクチンの新しいバッチにさらされることを確認することになっていました。これは、innoculatedされた子供たちに他 ? 彼らが予防接種を受けたあと、彼らと接触をした彼らの両親、他の子供たちと実質的に誰でも ? にウイルスを「放棄させ」ることによってされました。言い換えると、人口がそうであった全てのアメリカ人は、最初のinnoculationに中でもSV-40を受けさせました、あるいは、放棄することから。それで、ガンの率が彼らが感染させた学童と他の誰の間でも少しも異ならないのは当然です。


全体、率が急上昇させたガン、特にSV40に関連したそれらの珍しい形で、これまでにこの種の誤解させる(すなわちうそ)現在の管理とFederal事務所が過去にイラクの脅威からそれ自身の住民を感染させることにとって何よりも大切なものでしようとしていることに特有である。


あなたが潜在的集団訴訟スーツに関係したいならば、あなたは娘がガン(髄芽細胞腫)のこれらの珍しい型のうちの1つを契約した女性と連絡をとりたいかもしれません。そして、SV40汚染のものであると考えられます。だけでなく彼女が、彼女の子供をこの恐ろしい政府のエラーによって衝撃を与えさせることから苦しみます、しかし、彼女にも彼女自身の露出から1950年代で戻る生きているウイルスになんとかして彼女の娘を感染させる不確かな罪の意識があります。


多分、あなたは類似した経験を持ったでしょう。あなたは怒っていますか?それから、bambitsg@winco.net
でサンディと連絡をとってください。聖者ガンジーの語を忘れないでください:「たとえあなたが1の少数派であるとしても、真実はまだ真実です。」


我々は、古代史を書き直さなければなりませんか?





Must We Rewrite Ancient History?

By Gene D. Matlock

[Author of What Strange Mystery Unites the Turkish Nations, India, Catholicism, and Mexico?]


Have you ever wanted to know what mankind痴 civilizations looked like before the Great Flood? At last you can. They池e being uncovered right now in Turkey and other parts of Central Asia.


We humans have been wrongly conditioned to regard such countries as Sumeria, Greece, Egypt, and China as the parents of all human civilizations. But Archeologists in Turkey and Central Asia are now finding extensive ruins of ancient civilizations predating the Great Flood by ten thousand years and even more! We are even finding out, through digs in Iran and other places, that there was not one 哲oah痴 Ark,・but perhaps many more. Other 哲oah痴 Arks・are waiting to be discovered.

我々は、古代史を書き直さなければなりませんか?

ジーンD.マトロックによって

[どんな変なミステリーがトルコの国、インド、カトリック教とメキシコを結びつけるかという作成者?]


あなたは、これまでに、文明がGreat Floodの前にどんな人類のように見えたかわかっていたかったですか?ついに、あなたはそうすることができます。彼らは、トルコと中央アジアの他の部分でたった今見つけられます。


我々、人間はSumeria、ギリシャ、エジプトと中国のような国を全ての人間の文明の親と考えると誤って条件づけられました。しかし、トルコと中央アジアのArcheologistsは、現在古代文明の広範囲な残骸が1万年だけGreat Floodに先行しているのを発見して、より多くです!我々は1つのArkがなかったと、イランと他の場所の発掘を通して、わかっていさえします。そして、・butがおそらくより多くです。他のArksは、発見されるために待っています。







Fig. 1. Durupinar Noah痴 Ark Visitor Center. The Ark is at the far left.

図1。Durupinarノア箱舟資料館。Arkは、極左であります。







Fig. 2. Some ruins at Gobleckli Tepe, Turkey-12,500+ years old!

図2。一部はGobleckli Tepeで破滅します。そして、トルコ-12,500+年が古いです!

At one time, the Greeks and the Turks were the same people. But somewhere along the way, they came to a parting of the ways. Although they were siblings, each called the other a bastard. For millenniums, the Greeks have been able to keep the Turks swept under the rug, convincing the world that they are the parents of Western Civilization. But they can keep up the fraud no longer.


I recently wrote a historically knowledgeable Turkish woman, asking her whether she knew how such a monstrous, millenniums old fraud could have been perpetrated. She answered: "Regarding your questions about Greeks/Turks. I don't know the answer to that question. Zeus is a Turkish name. Greeks・fraud is not a secret anymore, and many researchers are now understanding that many things considered as Greek were coming from pre-Hellenistic non-Greek civilizations, such as Egypt, the Hittites, and Turks -- this is s very controversial piece of study. In fact, Professor Manfred Korfmann, the person who was heading the Troy excavations in Turkey, was once bullied in a conference somewhere in Europe for saying that Troy and other important Anatolian civilizations were not Greek at all. He said that Anatolia became Greek land at a very recent time. Until then it was home to other very important civilizations. Unfortunately Mr. Korfmann died a few years ago. Thank God he had the time to begin this important discussion in the academic world. our founder Ataturk said, "Anatolia has been Turkish land for 7,000 years." After winning in Galipoli against the British, he said that he had "avenged the Trojans." You may think that this is just politics, but the petroglyphs are there for all of us to verify.


Flavius Josephus, in his book about the history of the Jews, did not want the Septaguint translated into Greek. He said that as a result, the Greeks would then insist that Judaism was a Greek invention.


It is a historical fact that the Turkish nations were the first to accept Christianity. The reason why they converted so easily has been kept from us. Roman emperor Constantine I, who was really a Greek, did not want us to know why the Turks accepted Christianity almost unquestioningly. Therefore, through his influence, we have been denied one of the most amazing truths in all the history of mankind! I myself did not find this out until recently, a few months after I published my most recent book, What Strange Mystery, etal.

一時は、ギリシア人とトルコ人は、同じ人々でした。しかし、だいたい途中で、彼らは分かれ道に来ました。彼らが兄弟であったけれども、各々は他を野郎と呼びました。千年紀の間、ギリシア人はトルコ人を敷物の下にさっと払っておくことができました。そして、彼らが西洋のCivilizationの両親であると世界に信じさせました。しかし、彼らは詐欺をもはや維持することができません。


私は最近歴史的に知識のあるトルコの女性に手紙を書きました、彼女が方法を知っていたかどうか、彼女に尋ねますそのような恐ろしい、千年紀古い詐欺は行われることができました。彼女は答えました:「ギリシア人/トルコ人についてのあなたの質問に関して。私は、その質問に対する答えを知りません。ゼウスは、トルコの名前です。Greeks・fraudはもう秘密ではありません、そして、多くの研究者は現在、ギリシア語が予めヘレニズムの非ギリシアの文明(例えばエジプト、ヒッタイト人とトルコ人)から来ていたと、思われるその多くのものを理解しています?これは勉強のs非常に論争の的となる部分です。実際、マンフレッドKorfmann教授(トルコでトロイ発掘物の先頭にたっていた人)は、かつて、トロイと他の重要なアナトリアの文明がまったくギリシア語でなかったと言うために、ヨーロッパでどこかの大会でいじめられました。彼は、アナトリアが非常に最近の時間のギリシアの土地になると言いました。その時までは、それは他の非常に重要な文明への家でした。残念なことに、Korfmann氏は、数年前死にました。彼がアカデミックな世界でこの重要な議論を開始するために最良の時を過ごしたことを神に感謝します。我々の創設者Ataturkは言いました、「アナトリアは、7,000年間のトルコの土地でした。」英国人に対してGalipoliで勝っているAfter、彼はそれを言いました。そして、彼は持ちました「トロイの木馬に復讐しました。」、Youはこれがちょうど政治観であると思うかもしれません、しかし、岩面彫刻は確かめる私たち一同のためにそこにあります。


フラウィウスヨセフスは、ユダヤ人の履歴に関する彼の本で、Septaguintがギリシア語に翻訳されることを望みませんでした。彼は、その結果、ギリシア人がそれから、ユダヤ教がギリシアの発明であったと主張すると言いました。


トルコの国がキリスト教を認める最初の人物であったことは、史実です。彼らがとても簡単に変わった理由は、我々から隠されました。ローマの皇帝コンスタンティンI(その人は本当にギリシア人でした)は、我々にトルコ人がなぜほとんど無条件にキリスト教を認めたかについてわかっていて欲しくはありませんでした。したがって、彼の影響を通して、我々が人類の全ての履歴で最も驚くべき当り前のことのうちの1つを与えられるというわけではありませんでした!私は最近、私が私のごく最近の本を出版した2、3ヵ月後に、What Strange Mysteryまで私自身でこれがわかりませんでした。そして、etalでした。

As I have stated, the real parents of all human civilizations and the forerunners of all sciences, were the ancient Turkish peoples who extended all the way from Siberia to what is now modern Turkey. We know them as Aryans (Ari), Kurus, Turanians, Tulanians, Dannu or Tannu (Tribes of Dan), and other similar names. They were also called Pancha Krishtayas (The Five Races of mankind).


According to the ancient legends of the world, the North Pole was not the barren wasteland of ice and snow that it is now. The weather there was always mild and inviting. Food was always in plentiful supply. The Hyperboreans possessed scientific technologies so simple to learn and apply that even children could master them. . Because the oxygen levels there were much higher than now, they could live for up to a thousand years and stay free from all sicknesses. The only way they could die was by committing suicide.


They harnessed the power of the sun, which they worshipped as Almighty God, symbolized as a two-headed eagle called Krishta (Christ) and a cross (Krsti). Besides calling their religion after themselves, Krishtaya, they also called it Kristihan, meaning 鼎onqueror.・(See the online Sanskrit Lexicon) It may surprise Christians to know that their religion preceded all other existing religions. But this truth is not the only one now forcing us to rewrite ancient human history.


Doctor of Philosophy Valery Dyemin, a Russian researcher of the Arctic region, maintains that Hyperborea ("beyond the Boreas (north wind)"), a mythical land that the Greeks thought was located beyond Scythia, existed in reality.


Dr. Dyemin said, "I believe we should be looking for the traces of that civilization in Eurasia and American arctic regions, in the islands and archipelagos of the Arctic Oceans, at the bottom of some seas, lakes and rivers. Russia has the largest number of locations and artifacts that could bear relevance to Hyperborea. Some have already drawn attention of specialists; others are yet to be discovered. Active exploration is currently under way in the Kola Peninsula, in the Island of Vaigach, in Karelia, Ural Mountains, West Siberia, Khakasia, Yakutia, and a few other regions. There are good prospects for conducting research in Franz Josef Land, Taimyr, and Yamal.

私が述べたように、全ての人間の文明の本当の両親と全ての科学の前身は現在現代のトルコであることにシベリアからはるばる広がった古代のトルコの民族でした。我々は、彼らをアーリア人(アリ)、Kurus、トゥラン語族、Tulanians、DannuまたはTannu(ダンの種族)と他の類似した名前として知っています。彼らは、Pancha Krishtayas(人類のFive Races)もと呼ばれていました。


世界の古代の伝説によると、北極は氷の不毛な荒地とそれが現在そうである雪ではありませんでした。そこの天気は、常に穏やかで、招いていました。食物は、常に豊富な供給においてありました。Hyperboreansは、子供たちさえ彼らに熟達することができたように学んで、適用しやすい科学的テクノロジーを備えていました。そこの酸素濃度が現在より非常に高かったので、彼らは最高1000年のために生きることができて、全ての病気から自由なままでいることができました。彼らが死ぬことができた唯一の方法は、自殺することによってありました。


彼らは太陽の力を利用しました、そしてそれは、彼らは神として神に礼拝しました。そして、Krishta(キリスト)と十字(Krsti)と呼ばれている双頭のワシとして象徴されました。彼らの宗教と彼ら自身にちなんで命名する他に、Krishtaya、彼らもそれをKristihanと呼んだこと、onqueror.・を意味します(Seeはオンラインサンスクリット語のLexiconです)、Itはキリスト教徒を彼らの宗教が他の全ての既存の宗教に先行したということを知っていて驚くかもしれません。しかし、この真実は、現在我々に古代の人間の歴史を書き直すことを強制しているただ一人の人ではありません。


博士ヴァレリーDyemin(北極地域のロシアの研究者)は、Hyperborea(「ボレアス(北風)を越えて)(ギリシア人はスキタイの向こうに位置すると思った神話の土地)が実際は存在したと主張します。


Dyemin博士は言いました ? 「若干の海、湖と川の底で、北極Oceansの島と群島で、私は我々がユーラシアとアメリカの北極地方のその文明の跡を探していなければならないと思っています。ロシアは、Hyperboreaへの関連を持つことができた場所と人工品で最もかなりの数を持ちます。いくつかは、専門家の注意をすでにひきました;他が、まだ発見されることになっています。カレリア、ウラル山脈、西シベリア、Khakasia、Yakutiaと2、3の他の地方で、Vaigach島で、活発な探査は、コラ半島で現在進行中です。フランツヨゼフランド、TaimyrとYamalの研究を実行する十分な見込みが、あります。

典he geographic term "Hyperborean platform" is technical use. Scientists keep discussing the platform痴 dynamics in order to find out the reasons why it sank to the bottom of the ocean.


"In other words, Hyperborea may have stretched over the lands that eventually sank into the water?"


徹ne of the charts by Gerhardus Mercator, the 16th century Flemish cartographer and geographer, shows a huge continent lying in the vicinity of the North Pole. The land is an archipelago composed of several islands divided by deep rivers. A mountain sits in the center of the land (according to legends, the ancestors of Indo-Europeans lived near Mount Meru). The question is: How did that land appear on the chart? There was no information whatsoever regarding the Arctic regions during the Middle Ages. We have some reasons to believe that Mercator had used an ancient chart, the one that is mentioned in his letter dated 1580. That chart showed a continent located in the center of the Arctic Ocean, which was pictured ice-free on the chart. Mercator's chart seems to be based on the ancient chart." [http://english.pravda.ru/science/mysteries/29-11-2006/85697-Paradise-0.]






地理的学期「極北のプラットホーム」は、技術的な使用です。科学者は、それが海の底へ倒れた理由を発見するためにプラットホーム力を議論し続けます。


「言い換えると、Hyperboreaは結局水の中に沈んだ地面の上に伸びたかもしれませんでした?」


G・メルカトル(16世紀のフランダースの地図製作者と地理学者)によるチャートのTneは、北極の近くに存在している巨大な大陸を示します。土地は、深い川によって分けられるいくつかの島から成る群島です。山は、土地(伝説によれば、インド‐ヨーロッパ語族の原種は、メル山の近くで生きました)の中央に座ります。問題はそうです:どのように、その土地は、チャートに関して現れましたか?情報が、全く中世の間に北極地方に関してありませんでした。我々には、メルカトルが古代のチャート(1580付けの彼の手紙で名前があがる人)を使ったと思っているなにかの理由があります。そのチャートは北極海の中央に位置する大陸を示しました。そして、それはチャートに関して凍らなくて描かれました。メルカトル図は、古代のチャートに基づくようです。」

Our Bible calls this Hyperborean paradise Eden. But Eden is just the original word for the Russian and Siberian Steppes. Unfortunately, their earthly paradise was doomed to extinction. A huge cataclysm, perhaps a devastating meteorite crashing into the earth, caused this globe to change its orbital patterns. Hyperborea turned into an icy hell. The Hyperboreans then fled to what are now Turkey and the other central Asian republics. Legends have it that they were all united in a large Turkish confederation called Tannu Tuva (also Tewa and Tiwa). This word Tannu, also called in Sanskrit Danu, meant Victorious; Conqueror. They also called themselves Su-Tannu or S-Tannu, meaning The Superior Conquerors. In Turkish, SU also means soldier; warrior.


See the map of Tannu-Tuva below, before it was divided into many other nations. As you can see, it covered a wide area, including Afghanistan, Pakistan, Persia, Iraq, and other Central Asian nations.

我々の聖書は、このHyperborean天国をエデンと言います。しかし、エデンはロシアでシベリアのSteppesに対するまさに原語の語です。残念なことに、彼らの現実のパラダイスは、絶滅を迎える運命でした。大きな大変動(おそらく地球に衝突している破壊的な隕石)は、この球体がその軌道のパターンを変える原因になりました。Hyperboreaは、凍結した地獄に変わりました。Hyperboreansは、それから、現在トルコと他の中部アジアの共和国であることへ逃げました。伝説は、彼ら全員がTannuトゥヴァ(また、TewaとTiwa)と呼ばれている大きなトルコの連合で団結したことを持ちます。この語Tannu(また、サンスクリット語のDanuで呼ばれる)は、Victoriousを意味しました;征服者。彼らも彼ら自身をSu-TannuまたはS-Tannuと呼びました。そして、Superior Conquerorsを意味しました。トルコ語では、SUも兵士を意味します;戦士。


それが多くの他の国に分けられる前に、下記のTannu-トゥヴァの地図を見てください。ご覧の通り、それはアフガニスタン、パキスタン、ペルシャ、イラクと他の中部アジアの国を含む広い地域をおおいました。






Left: Fig. 4. Tannu-Tuva
左:図4。Tannu-Tuva

Their confederation finally fell apart. Perhaps this was the time when Greece decided to go its on way and turn its back on its Turkish brothers forever. We know them now as Tajikstan, Afghanistan, Pakistan, Kazakhstan, Kurustan (today痴 Turkey), Kyrgizstan, Uzbekistan, and other nations whose names end in 都tan.・Don稚 forget: the 都tans・derive from 都u-tannu・


Later, a devastating flood in what is now called Altai made the area even more inhospitable. From there they spread deep into India, adding their genius to a highly developed civilization that was already there. Almost immediately after their movement into India, demographic interchanges between the two regions occurred rapidly. They merged their religious beliefs. As a result, many of the people we regard as Indian-subcontinent gods, such as Shiva, Indra, Kubera (our Heber) and others, were really of Siberian or Turkish origin.


They also founded the civilizations of Egypt, Sumeria, China and every other ancient civilization. They gave us a multitude of different alphabets and even our religions. Directly and indirectly they were the fathers of the Incas, Aztecs, Mayans, and the builders of such high South American cities as Tihuanaco and Karal.

彼らの連合は、ついにばらばらになりました。おそらく、ギリシャが試みにその行われて道を決定して、永遠にそのトルコの兄弟に背を向けるとき、これは時間でした。Tajikstan、アフガニスタン、パキスタン、カザフスタン、Kurustan(今日トルコ)、Kyrgizstan、ウズベキスタンと名前がtan.・Donで終わる他の国が忘れて、我々は現在彼らを知っています:u-tannu・からtans・derive


後で、現在アルタイと呼ばれていることの猛烈な洪水は、地域をさらにより無愛想にしました。そこから、彼らがインドの中に深く散らばりました。そして、彼らの才能をすでにそこにあった非常に工業化した文明に加えました。ほとんどインドへの彼らの行動の直後に、2つの地方の間の人口統計学のインターチェンジは、速く起こりました。彼らは、彼らの宗教的な信条を合併しました。その結果、我々が、シバ、インドラ、Kubera(我々のヒーバー)その他のような、インドの亜大陸神と考える人々の多くは、本当にシベリアであるかトルコの起源でした。


彼らも、エジプト、Sumeria、中国とその他の古代文明の文明を創立しました。彼らは、我々に異なるアルファベットと我々の宗教さえの多数を与えました。直接、そして、間接的に、彼らはTihuanacoとカラルのような高い南米都市のインカ族、アステカ人、マヤ人と建築業者の父でした。







Left: Fig. 5. Tihuanacu, thought to be about 20,000 years old.

Right: Fig. 6. Karal, on the Peruvian coast. It predates the pyramids of Egypt.

左:図5。Tihuanacu(およそ20,000年経過であると思われる)。

右:図6。カラル(ペルーの海岸の上の)。それは、エジプトのピラミッドに先行します。

Even in India, the creative force of mankind and all civilizations is worshiped as the Mother Goddess. Her sacred abode is in the extreme polar regions or magnetic north.


The Koran tells us that Adam (the Turkic word for Mankind), after being cast out of Eden (the Siberian Steppes) flew to Ceylon or Serindip,・landing on what is now Adam痴 Peak. Serindip derives from the Sanskrit Ceren-dvipa. Evidently, the Adam cast out of Eden was not altogether primitive. It appears that he went to Ceylon on some kind of flying ship. From there, he traveled around the world. Finally, he returned to Central Asian, reuniting himself with Eve who had stayed behind in Jiddah, Arabia.


I mention the Hindu concept of the Mother Goddess coming from Hyperborea and Adam痴 journey to Ceren-Dwipa so that readers will not fall into the trap that such a glorious paradise also existed at the South Pole. Not one ancient myth mentions such a thing.


The creativity of the Mother Goddess went south as far as Ceylon. Human civilization then followed the sun, between the Tropics of Cancer and Capricon, around the entire world.

インドでさえ、人類と全ての文明の創造的な力は、聖Goddessとして崇拝されます。彼女の神聖な住居は、極端に極地の地方または磁北です。


エデン(シベリアのSteppes)からのキャストであることがセイロンまたはSerindip(現在Adam痴Peakであることに関する・landing)へ飛んで行ったあと、コーランは我々にそのアダム(Mankindに対するチュルク語の語)を話します。Serindipは、サンスクリット語のCeren-dvipaに由来します。明らかに、エデンから追放されるアダムは、必ずしも原始的ではありませんでした。彼が何らかの飛んでいる船にセイロンに行ったように見えます。そこから、彼は世界中を旅行しました。ついに、彼は中心アジア人に戻りました。そして、Jiddah(アラビア)で後に残ったイブと彼自身を再会させました。


読者がそのような素晴らしいパラダイスも南極に存在した罠に陥らないように、私はHyperboreaとCeren-Dwipaへのアダム旅行から生まれている聖Goddessのヒンズー概念に言及します。1つの古代の神話は、そのようなものに言及しません。


聖Goddessの創造力は、セイロンまで南に行きました。人間の文明は、それから全世界のまわりで、蟹座とCapriconの熱帯地方の間で、太陽に続きました。







Fig. 7. Map showing the east-west movement of all human civilizations around the world.

図7。世界中の全ての人間の文明の東西動きを示すことを図にしてください

After the Great Flood in Altai, the survivors took refuge near a famous mountain called Mt. Meru and Si-Yoni (Zion). But troubles among the different tribes caused them to spread out to other nations on earth. Today, Hindus revere Mt. Kailasa in Western Tibet as Mt. Meru or Si-Yoni (the origin or source of mankind).

アルタイのGreat Floodの後、生存者はメル山とSi-Yoni(シオン)と呼ばれている有名な山の近くで避難しました。しかし、異なる種族の間のトラブルは、彼らに地球上で他の国に散開させました。今日、ヒンズー教徒はメル山またはSi-Yoni(人類の起源またはもと)として西チベットでKailasa山を尊びます。







Fig. 8. Mt. Kailasa in Western Tibet.

図8。西チベットのKailasa山。

Other authorities think the original Mt. Meru may be a mountain near Herat, Afghanistan, or even some mountain in Altai, Khaskassia, or Tannu-Tuva. Some of these tribes, such as the ones who came to settle in Palestine (Pala-stan) or today痴 Israel, named two mountains near Jerusalem Zion and Moriah (Meru) in remembrance of their ancient homeland back in Central Asia. Over the millenniums they forgot all about their true origins, coming to regard Zion and Moriah as the 都ource・of their spirituality and being. They are presently trying to kill each other, ignorant that their true source and traditions, even the exact names and records of their prophets, are in India and the Steppe lands of Central Asia.


Just as the forefathers of the Arabs and Israelis became convinced that Palestine and environs were the original Meru (Mt. Moriah) and Si-Yoni (Zion), so also did the Amerindians of both North and South America take their memories of the Altai Flood with them. They also came here with the idea that the Mother Goddess lay far to the north. Centuries later, the Aztecs came to think of Southwestern United States as the northern home of the Mother Goddess. As a result, many Mexican activists, having inherited that Mother Goddess myth from their Amerindian forefathers, are laying claim to the United States as their 電ivinely inherited・homeland. Little do they know that the home of their 溺other Goddess・is at the North Pole. This is my advice to them: 韮e selfish with your ignorance. Don稚 give it away.・

他の権威者は、最初のメル山がアルタイ、KhaskassiaまたはTannu-Tuvaのヘラート、アフガニスタンまたは若干の山の近くさえの山であるかもしれないと思います。これらの種族(例えばパレスチナ(パーラ-stan)または今日にイスラエルを安定させるようになったもの)の何人かは、中央アジアに戻って彼らの古代祖国の記念に、エルサレムシオンとMoriah(メル)の近くで2つの山に名をつけました。千年紀にわたって、彼らは都ource・ofとして、彼らの本当の起源、ユダヤ民族を見る接近とMoriahについて全て彼らの精神性と存在を忘れました。彼らは、現在互いを殺そうとしています、無知な彼らの本当の源と伝統(彼らの予言者の正確な名前さえと記録さえ)が、インドと中央アジアのSteppe領域にある。


まさにアラブ族とイスラエル人の祖先がパレスチナと近郊が最初のメル(Moriah山)とSi-Yoni(シオン)であることを確信していた通りだ、そして、また、両方の北アメリカと南アメリカのアメリカ原住民もアルタイフラッドの彼らの記憶を彼らと一緒に持っていきました。彼らも、聖Goddessが北に遠いままだったという考えとともに、ここに来ました。数世紀後で、アステカ人はSouthwesternアメリカ合衆国を聖Goddessの北本場とみなしに来ました。その結果、多くのメキシコの活動家は、彼らのアメリカ原住民の祖先からその聖Goddess神話を受け継いで、彼らのivinelyなinherited・homelandとしてアメリカ合衆国に対する所有権を主張しています。ほとんど彼らがそれを知っていることをします北極の彼らのその他のGoddess・isの本場。これは、彼らへの私のアドバイスです:あなたの無知で利己的な。ドンが、それにaway.・を与えます

If what I say is true, how can we prove that all humans left Central Asia for other parts of the world? Why have we never found this out? I cannot answer those questions adequately, but the proofs of our origins are only too visible. I知 surprised that any of us would even have to ask-or doubt. For example, the ancestors of most Europeans originated in Colchis-Iberia, today痴 Georgia, and Aeria which is now present-day Albania. Georgia has been a civilized nation for many millenniums. Its civilization was flourishing long before the Great Flood.. It even had an easy-to-learn script, supposedly used as far back as 300 B.C. The tablet in the illustration dates to 5 BC and is said to be Georgia痴 first written book. Notice the Cross symbol on the center page.

私が言うものが真実ならば、どのように、我々は全ての人間が世界の他の部分のために中央アジアを出発したということを証明することができますか?なぜ、我々はこれがこれまでわかりませんでしたか?私は十分にそれらの質問に答えることができません、しかし、我々の起源の証明は本当に見えます。私は、我々のどれにでもask-orに疑いがありさえすることを驚かせました。たとえば、コルキス-イベリアで始められる大部分のヨーロッパ人の原種、今日、ジョージアと現在現代のアルバニアであるAeria。ジョージアは、多くの千年紀の間の文化的な国でした。その文明は、Great Floodのずっと前に栄えていました..それにはeasy-to-learnスクリプトがありさえしました。そして、おそらく、紀元前300年と同じくらいはるかに後ろに使われました。具体例のタブレットは、紀元前5年までデートして、最初に本を書かれるジョージアであると言われています。中心のページの上でクロスシンボルに気がついてください。







Fig. 9. Georgia痴 first book.

図9。ジョージア最初の本。







Fig. 10. Colchis-Iberia.

図10。コルキス-イベリア。

When the Georgian Iberians (Celts, Goths, Visigoths, Ostragoths, Alans, Albanians, etc.) moved into Western Europe, they named their new home Iberia (today痴 Spain), even giving the same name to Italy. From Iberia, they then migrated to England (Anguli), Scotland (Scotae or Scythia), a region of Ireland (Hibernia), etc.


Ancient England had several names, one of which is Albion, derived from 鄭lban・(ia). That other name of Albania, Aeria, became Ire-land. We also see the names of the Tannu-Tuva people in Europe, such as Denmark and Danube.


Even our American Indians are from what are now the greatly reduced nation of Tannu-Tuva, Altai, and Khakassia. Russian scientists have found that their DNA matches that of our American Indians. But do we really need DNA to prove THAT?

ジョージ王朝風のIberians(ケルト族、Goths、西ゴート人、Ostragoths、Alans、アルバニア人、その他)が西ヨーロッパへ移動したとき、彼らは彼らの新しい国内イベリア(今日スペイン)に名をつけました。そして、イタリアに同じ名前を伝えさえしました。イベリアから、彼らはそれからイングランド(Anguli)、スコットランド(Scotaeまたはスキタイ)、アイルランド(アイルランド)の地域、その他に移住しました。


古代イングランドは、いくつかの名前(その一つはアルビオンです)をlban・(ia)から引き出しておきました。アルバニア(Aeria)のその他の名前は、アイルランドになりました。我々も、ヨーロッパ(例えばデンマークとドナウ)で、Tannu-トゥヴァ類の名前を見ます。


我々のアメリカインディアンさえ、現在Tannu-トゥヴァ、アルタイとKhakassiaの大いに減らされた国であることの出身です。ロシアの科学者は、彼らのDNAが我々のアメリカインディアンのそれにマッチするとわかりました。しかし、我々はTHATを証明するために、本当にDNAを必要としますか?

DECIDE FOR YOURSELF.


Compare the following Turkish habitations with their American counterparts. You ,may have observed that the Navajo hogans (yurts) aren稚 made of felt. That痴 because the original Navajo settlers had no domesticated animals.

あなた自身に有利な決定を下してください。


以下のトルコの居住地を彼らのアメリカの対応する物と比較してください。あなた,mayは、arenが作ったナバホ族ホーガン(ユルト)が感じたと述べました。最初のナバホ族移民には飼いならされた動物がいなかったために。












Figures 11, 12, 13.


Look at the following pictures of Tuva and Altai Shamans. Whom do they resemble?

図11、12、13。


トゥヴァとアルタイShamansの以下の絵を見てください。彼らは、誰に似ていますか?







Figures 14, 15, 16.


It is a curious anomaly that the Tannu-Tuvas, Tevas, and Tivas and the Southwestern Tanoan tribe and their villages of Tewa, Tiwa and Towa are so similar. Can that be just a coincidence?

図14、15、16。


それは奇妙な例外ですそのTannu-Tuvas(Tevas)、そして、Tivas、そして、Southwesternタノ語族種族、そして、Tewaの彼らの村、Tiwaとトーワはとても類似しています。それは、ちょうど偶然の一致であることができますか?



Figure 17.


Mexican idols holding up temple roofs were called Atlantes. Notice the Atlantes standing on the ruins of the main pyramid of Tula, Hidalgo. Some people say they represent aliens from Outer Space. If this is so, why are they dressed like Shamans from the Siberian Russian province of Tula?


Why have we humans waited so long to recognize the truth of the evidence before our eyes? Is it some phenomenon of Nature, wanting to remove the cobwebs from our minds and force us to remember exactly who we are and where we come from? Is it making us evaluate what we have been doing to harm or help the world and our fellow humans? Should we improve ourselves or are we helpless to change the world for the better?


A famous New Mexico Membreno-Apache chieftain told me that we humans have now arrived at a divinely ordained and appointed moment of reflection, in which we must look back on our past. It is a pause before we get second wind and continue circumambulating throughout the universe . He said, 典he past is now.・


Do we want that past-now to have -future appended to it? We must think seriously from now on. The last time, water enveloped the world. According to the prophecies, this time it could be turned into a whirling ball of fire!

図17。


寺院屋根を上げているメキシコのアイドルは、Atlantesと呼ばれていました。Atlantesがトゥーラ(イダルゴ)の主なピラミッドの遺跡に立っているのに気がついてください。一部の人々は、彼らがOuter Spaceから外国人を代表すると言います。これがそうならば、なぜ、彼らはトゥーラのシベリアのロシアの行政区から、Shamansのように服を着ていますか?


理由は持ちます我々、人間は我々の目の前に証拠の真実を認めるためにとても長く待ちました?我々の心からクモの巣を取り除いて、我々に我々が誰であるか、そして、我々がどこから来るか正確に覚えていることを強制したくて、それはネイチャーの若干の現象ですか?それは、我々を我々が世界と我々の仲間の人間を傷つけるか、助けるために何をしていたかについて評価させていますか?我々は上達しなければなりませんか、あるいは、我々はさらによい方に世界を変えることはできませんか?


有名なニューメキシコMembreno-Apache族長は私にそれを話しました我々、人間は今は、我々が我々の過去を振り返らなければならない反射のこの上なく命じられて指定された瞬間に達しました。我々が第2の風を得て、宇宙中至る所でcircumambulatingし続ける前に、休止です。彼は言いました、過去典heはnow.・です


我々が持つそのpast-nowが欲しいことをしてください-それに追加される将来?我々は、今後深刻に考えなければなりません。この前、水は世界を包みました。予言によると、今度は、それは火の回っている球に変えられることができました!

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年12月24日

                           山本尚利

タイトル: 日本型年功序列の再考



1.若者はなぜ3年で会社を辞めるのか

 城繁幸[2006]『若者はなぜ3年で辞めるのか:年功序列が奪う日本の未来』光文社が大ヒッ

トしています(注4)。本著では、日本の年功序列についてかなり本質的問題提起がなされ

ています。若者はなぜ3年で会社を辞めるか。その答えは、現代の若者は、昭和的価値観で経

営される日本企業で働くことに耐えられないからである、というものです。この前提には、

80%以上の日本企業が、年功序列を止めて成果主義を導入している(注1)ことになっている

が、ほとんどが中途半端な成果主義となっており、昭和時代の年功序列の基本構造は本質的

に変化していないという著者の考えがあります。企業の人事制度は、その企業が存在する社

会の構造と深くかかわっています。長年かけて構築されている社会構造を一朝一夕で変える

ことは不可能です。その意味で、日本で経営される日本企業が、表面的に欧米型の経営シス

テムを導入しても、確かにその経営システムの本質は容易に変わらないでしょう。



2.年功序列と成果主義はどちらがよいか

 筆者は、1970年に典型的な日本企業、石川島播磨重工に新卒入社、1986年に転職して米国

シンクタンク、SRIインターナショナルに所属、そして2003年以降、典型的な日本型大学、早

稲田大学に所属して現在に至っています。つまり、筆者は日本型組織と米国型組織の両方を

経験しています。これまでの日本では、筆者のような両生類(アンフィビアン)は稀少でし

た。この両経験から、城氏の主張は痛いほどわかります。ここで議論を単純化するために、

日本型組織の代表的システムを、年功序列とし、米国型組織の代表的システムを成果主義と

みなせば、年功序列も成果主義も一長一短があり、絶対的にどちらが良いとは言い切れませ

ん(注3)。

 本件に関して、筆者はすでに持論を確立しています。端的にいえば、日本企業、とりわけ

グローバル競争を避けられない日本企業は、二本立て人事システムを導入すべきである、と

いうものです。すなわち、一般社員には年功序列型人事システムを適用し、ごく一部のプロ

フェッショナル社員(経営陣、幹部候補生、営業責任者など)のみに限定的に成果主義人事

システムを適用すべきである、というものです。この持論は、筆者の16年半に及ぶSRIでの経

験から得られたものです。なお、プロ社員は、職務記述書で明確に定義され、自己責任を伴

うことが大前提です。なお、MBA(経営学修士号)を発行するビジネススクールのミッション

とは、明確にこのプロ社員の資格を雇用者に提供することです。米国ではMBAと成果主義がセ

ットとなっています(注2)。ところが、日本では実に不明瞭となっています。なぜなら、

城氏の指摘どおり、成果主義を導入したつもりの多くの日本企業の成果主義が、確かに中途

半端であるからです。さらに言えば、成果主義を導入したつもりの日本企業の人事部の位置

づけは従来のままです。この点は、成果主義の米国企業の人事部の位置づけとは大きく異な

ります。現在の米国企業の人事部に人事権限はなく、単に総務・管理部門のひとつにすぎま

せん。これらの一貫性のないちぐはぐさは、丸山真男の言葉を借りれば、『近代日本(戦後

日本)は、近代(西欧型民主主義社会)と前近代(封建社会)が逆説的に結合する倒錯社会

である』ということに尽きるわけです(注6)。まさに言いえて妙です。城氏の指摘は、す

べてこの言葉に凝縮されます。



3.成果主義を導入しても年功序列の亡霊が消えないのはなぜか

 上記、城氏の脳裏には、東大体制批判(注7)、日本型組織批判、成果主義批判、そして年

功序列批判へと思考変遷がみられますが、この批判思考パターンは、城氏の卒業した東大法

学部の大先輩、丸山真男(歴史的人物)によって戦後まもなく、すでに完璧に確立された批

判思考パターンであると筆者は思います(注6)。城氏は、丸山真男を研究することなく、己

の体験に基づいて、丸山真男とまったく独立に、若くしてそのレベルに達したと筆者は評価

します。ところで城氏は日本型年功序列を、昭和的価値観と呼んでいますが、とんでもな

い。それどころか、年功序列は封建時代の日本の古層に属するものです。そう簡単に壊れる

ものではありません(注8)。

 さて日英の両生類で、国際経済学者であった森嶋通夫氏は、日本人は、戦後導入された西

欧的価値観がエートスになっていない。すなわち、戦後の日本人の遺伝子に西欧民主主義的

価値観がまだ十分、宿っていないと主張しています(注9)。ほんものの成果主義が日本に

定着するには、日本人の遺伝子に西欧民主主義的価値観がエートスとして宿ることが条件と

なると筆者は思います。それには世代を超えた非常に長い時間がかかるわけです。その意味

で、日本の年功序列的価値観を完全に払拭するにはまだまだ時間がかかります。若い城氏が

いらだつのも無理ないでしょう。



4.西欧型民主主義と格差の問題

 筆者と同じ、日米両生類の小林由美氏の著作『超・格差社会:アメリカの真実』2006年、

日経BPと、上記、城氏の著作を読み比べると実におもしろいです。表向き民主主義国家を標

榜する米国社会の格差は、年功序列を古層にもつ日本社会の格差とはくらべものにならない

くらい大きいことがわかります。日本のグローバル化の進展とともに、世代交代によって日

本人の遺伝子に西欧民主主義的価値観が宿ったあかつきにはおそらく、年功序列が完全に払

拭されるでしょう。ところが、成果主義の浸透した現在の米国社会をみればわかるように、

城氏の期待に反して、未来の日本にはもっと深刻な格差が生まれることになります。

 これはいったい何を意味するのでしょうか。筆者の見方では、年功序列も成果主義も人間

社会の本質を変えることはできないということです。日本の年功序列は端的いえば、入り口

規制です。この世の天国、竜宮城に入るのに大変な努力が必要ですが、いったん入ってしま

えば、既得権益で守られる社会システム(ぬるま湯社会)です。一方、米国の成果主義は、

出口規制です。竜宮城に入るチャンスは民主主義にのっとって、比較的、機会均等ですが、

竜宮城の中で、大変な努力を強いられます。そして厳しい競争に勝ち残ったものだけが、独

占的に権益を得られます。結果的には、入り口規制の年功序列は比較的小さい格差で収ま

り、出口規制の成果主義は、比較的大きな格差をもたらす傾向があります。いずれにして

も、両者とも大なり小なり格差を生むわけです。ただし、年功序列のほうは、組織が右肩上

がりの成長を続ける限り、格差がそれほど表面化しないにすぎません。若い城氏からみて、

年功序列が日本社会のガンのように写るのは、日本社会の産業成長が止まったからです。年

功序列そのものが悪いとは必ずしも言えないのです。それどころか、年功序列はかつて、戦

後日本の奇跡の高度成長の原動力ですらあったわけです。この意味で、日本から年功序列的

古層(封建性)が取り除かれても、日本に明るい未来が開けるとは限らないでしょう。ま

た、日本の格差問題も解決しないと思います。ところで、現在の日本には一方で、城氏の年

功序列批判に対峙するかたちで、成果主義批判あるいは、米国型の競争原理至上主義信奉者

への批判も依然、根強いわけです。しかしながら、さりとて、日本が今後とも年功序列型古

層を堅持するのは、何の問題解決にもならないでしょう(注5)。



5.ホリエモン型若者の抑圧に向けた策動

 2006年12月23日のマスコミ報道で、ライブドアの堀江貴文氏(ホリエモン)が粉飾決算の

罪で検察から懲役4年の求刑が出されていますが、国家権力のこの動きは、年功序列型古層を

堅持しようとする既得権益層による抑圧と捉えることができます。ホリエモンは、一時的

に、城氏の指摘する、日本の若者の閉塞感を打破してくれそうな時代の寵児にみえたのは事

実です(注10)。小泉政権を牛耳っていたジャパンハンドラーは、2005年の9.11郵政民営化

選挙で、ホリエモンを巧みに利用し、日本の若者の閉塞感エネルギーをまんまと、小泉支持

に誘導することに成功しました。当時、小泉支持に回った欲求不満の若者(B級と揶揄される

層)は、まんまとだまされたと気づくべきです。そのおかげで、若者の敵、既得権益層は

今、やりたい放題となってしまいました。さて筆者が東大生であった1960年代末、全国規模

で全共闘運動が起きましたが、今、振り返ってみれば、全共闘運動とは、丸山真男の指摘し

た封建的古層のもたらす閉塞感エネルギーの爆発現象であり、昨年のホリエモン・ブームと根

は同じような気がします。既得権益層を再生産する東大体制を破壊しようとした全共闘運動

は結局、東大体制を逆に強化する結果をもたらしたのです(注7)。今、ホリエモンを葬り去ろ

うとする既得権益層とは、40年近く前の全共闘世代であることは歴史の皮肉です。『今の若

いものは・・・』というせりふは、人類始まって以来、繰り返されているといいます。その意味

で、城氏やホリエモンのような生きの良い若者(跳ね上がり)は、人類始まって以来、繰り返

し出現しているわけです。40年後の城氏は、ホリエモンの2代目を抑圧する側に回っているか

もしれません(笑)。



注1:ベンチャー革命No.155「成果主義の急速な普及」2005年3月20日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr155.htm


注2:ベンチャー革命No.148「成果主義とMBA教育システムの関係」2005年2月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr148.htm


注3:ベンチャー革命No.137「MOTと成果主義」2005年1月3日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr137.htm


注4:ベンチャー革命No.100「悪者にされた成果主義:富士通」2004年8月7日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr100.htm


注5:ベンチャー革命No.60「虚妄の成果主義」2004年3月14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr060.htm


注6:ベンチャー革命No.033「丸山真男の遺言」2003年1月2日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr033.htm


注7:ベンチャー革命No.031「東大体制の原罪」2002年12月14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr031.htm


注8:ベンチャー革命No.032「1940年体制からの決別」2002年12月22日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr032.htm


注9:ベンチャー革命No.096「日本の没落:森嶋道夫の遺言」2004年7月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr096.htm


注10:ベンチャー革命No.151「ホリエモン:丸山真男の遺言執行人」2004年7月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr151.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

太田龍氏の時事寸評から






ロスチャイルドの代理人の完全管理、指揮下にある、ロックフェラー(ユースタス・マリンズ著)。
??




更新 平成18年12月21日23時14分



平成十八年(二〇〇六年)十二月二十一日(木)

(第一千九百一回)



○ 「一九五〇年、ニューヨーク・タイムズ紙の内側の小さなスペー

  スに、クーン・ローブ商会の英国経営者L・L・シュトラウスが

  ロックフェラー兄弟の財政顧問に任命されたと言う記事が載った。

  つまり、ロックフェラーの投資はすべてクーン・ローブ商会の共

  同経営者の承認を受けなければならないというわけだ。ジェイコ

  ブ・シフ以来、常にこういう風に行はれてきたのである。」



  (ユースタス・マリンズ著、天童三郎訳『世界権力構造の秘密』、

   二百~二百一頁、日本文芸社、絶版)



○クーン・ローブ商会。

 これは十九世紀末葉からずっと、ロスチャイルド家の主要米国内エージ

 ェントのひとつである。



○ 「L・L・シュトラウスは、一九五三年にJ・リチャードソン・

  ディルワースにその任務を引き継いだ。……ディルワースは、…

  ……ロックフェラー一族全体の財政担当役員となり、ロックフェ

  ラーセンター・ビルの五十六階でロックフェラー家の口座すべて

  を監督したのである。彼は一九八一年までこの地位にあった。」

  (同上)



○つまり、このようにして、ロスチャイルド家は、ロックフェラー家の

 上に君臨して居るのである。



○けれどもロスチャイルド家の支配下にあるアメリカのマスコミは、

 この事実を絶対にアメリカ市民に知らせない。



○ロスチャイルド家は、英国内にも幾つものエージェントを持って居る。



○その有力なエージェントのひとつが、あの「ローズ奨学資金」である。



○「ローズ」とは十七世紀以来、英国の国家権力中枢に位置し続けて

 居る、あのセシル家の一員、セシル・ローズである。



○ロスチャイルドのエージェントとして、

 南アフリカの支配と、その金鉱その他の資源を掠奪せしめた。



○かくして得た莫大な資産を、セシル・ローズ信託資金とし、

 その管理をロスチャイルド家にゆだねたと、言う。



○このローズ信託資金の一部は、オックス・フォード大学の

 ローズ奨学金とも成った。



○つまり、これもまた、ロスチャイルド家の指揮下の人材を全世界的に

 育成するための布石である。



○ローズ奨学金資金は、日本に無関係か、と言うと、

 そうでもないだろう。



○米国のテキサス州は、ブッシュ現米大統領の地元であり、



○そしてブッシュ家は、当然のことながら、テキサスの石油産業と縁

 が深い。



○しかし、

 

  「テキサスの石油産業を長年支配して来たのは、ロンドン・ロス

  チャイルド家であり、その手先となってきたのが、……ヒュース

  トン・ファーストシティ・ナショナル・バンクとその子会社であ

  るテキサスの五七の銀行である。」(前出二百二頁)



○要するに、日本の極悪売国奴国家権力エリートと国賊学問ドレイ、

 国賊マスコミなどなどは、



○米国について、完全になんにも知らないバカ、白痴なのである。



 (了)









アメリカではロスチャイルドの力は取るに足りない、と言う。

ロスチャイルド家が百年以上かかって作り上げて来た偽装。

??




更新 平成18年12月20日23時27分



平成十八年(二〇〇六年)十二月二十日(水)

(第一千九百回)



○ 「アメリカの金融界ではロスチャイルドもほとんど取るに足り

  ないという通念は、一世紀以上かけて合衆国で入念に育て上げ

  られてきたものである。この偽装によって、この国の政治的金

  融的発展を自分に有利に操ることができたのだ。」



  (ユースタス・マリンズ著、天童三郎訳『世界権力構造の秘密』、

   五十五頁、日本文芸社、絶版)



○ユースタス・マリンズのこの「世界権力構造の秘密」は、古典中の

 古典であるが、



○この本の日本語版の読者が、前出引用箇所をしっかり記憶に留めて

 居るかどうか。全く心許ない。



○一九八四年に出版されたマリンズのこの本は、欧米でも、



○最高水準の著作である。



○全九章からなる本書の中で、

 第二章 ロスチャイルド家の勃興と一族の世界支配



○この章は、とくに長大であり、重要である。



○ここに、一世紀以上かけて育成された、云々とある。



○従って、これは、

 一八七〇年代、つまり南北戦争以後を意味する。



○前出、第二章には、

 「米国を二分するためにロスチャイルドが仕組んだ南北戦争」



○とある。



○ロスチャイルドが、南北戦争後、米国市民の反ロスチャイルド

 感情を鎮静しなければならなかったことは自明である。



○極力、ロスチャイルドは、アメリカには全く関与しない。



○と言う、ディスインフォメーション作戦を実施した。



○のみならずそれを、百年以上に亘って継続したと言う。



○従って、



○ロスチャイルドはヨーロッパ止まり、



○ヨーロッパではロスチャイルドは成功したかもしれないが、



○アメリカではロスチャイルドは失敗した、



○と言うデマ情報をアメリカ人が信じるように工作した、と。



○ここでは省略するが、



○この際、是非、有志は、



○前出のマリンズ著の第二章を、熟読してほしい。



 (了)



【近刊予告】



○ジョン・コールマン、太田龍

 「ロスチャイルドの密謀」

 成甲書房、約四百頁、平成十九年一月下旬刊予定。


新世界秩序のための水







WATER FOR THE NEW WORLD ORDER

?


?


Derry Brownfield

May 13, 2003

NewsWithViews.com


Did you know the North American Free Trade Agreement (NAFTA) and the World Trade Organization (WTO) allows foreign countries to come into United States and buy our utility companies? Under these agreements, foreign companies now have rights and privileges to come into other countries and buy private utilities such as electric companies, water districts and other commodities that are necessary to a village or a community. Under these new trade agreements we now can have global commercial negotiations and foreign companies can get United States Small Business Administration loans with which to make the purchases. This comes under the heading of "GATTS-2000," which allows a foreign firm to purchase retail services normally owned by municipalities, such as electricity services or water works. GATTS even allows federal, state and local regulations to be challenged as barriers to trade.


This all seems impossible as no logical thinking city, county or municipality would sell its utilities to a foreign country. Guess Again! In an article written by Joyce Morrison titled, Germany Owns My Water, she states, "Can the people in the municipalities and rural areas depend on their water supply if it is foreign owned and controlled? More and more municipalities are selling their systems to privately owned companies which are now selling to foreign investors"


American Water Works Company (AWW -- now German owned) is the largest and most geographically diverse, investor owned utility enterprise in the United States. The company provides water, wastewater and other resource management services to more than 10 million people in 23 states. Peoria, Illinois and Charleston. West Virginia are customers of AWW and pay some of the highest water bills in the country. This past September RWE AG, a company from Essen, Germany paid $4.6 billion in cash and assumed a $3 billion debt to purchase American Water Works. RWE AG is a global conglomerate of 848 wholly owned companies , 300 of which are in Germany and 548 in other nations. Their goal is to expand in the United States by expanding in the utility related services of electricity, gas, water and wastewater and waste recycling. AWW, which is now German owned has been awarded a 50-year contract by the US Department of Defense for the privatization of utilities of Fort Bragg, North Carolina. The contract will result in the acquisition, operation and maintenance of the water, wastewater and gas utilities at the Army base in Fayetteville, N.C.


Joyce Morrison lives in Jersey County, Illinois and tells me that new water lines are having laid in her community that will be serviced by AWW -- a subsidiary of Thomes of London which is a subsidiary of RWE of Germany. Her final comment, "the wonders of a global market -- but which country will have to be called when there is a problem?"


新世界秩序のための水

デリーブラウンフィールド

2003年5月13日

NewsWithViews.com

あなたは、北米自由貿易協定(NAFTA)と世界貿易機関(WTO)が、外国が米国に入り、私達の公益事業会社を買うことを可能にすると知っていたか?

これらの協定の下に、他の国に入り、電力会社、水地区、および村またはコミュニティに必要な他の商品などの民間の公益事業を買うために、外国企業は現在権利と特権を持っている。

これらの新しい貿易協約の下で、私達は現在グローバルな商業用の交渉を持つことができて、外国企業は米国中小企業庁に金(それによって買い物をする)を貸すことができる。

これは、「GATTS-2000」(それは、外国商社が電気サービスまたは水道などの地方自治体によって通常所有されている小売業務を購入することを可能にする)の表題に分類される。

GATTSは、連邦、州の、そしてローカルな規則が貿易に対する障壁として問題にされることを可能にしさえする。

どの論理的な考察都市、郡、または地方自治体もそのユーティリティを外国に売らないであろう時に、これはすべて不可能であるようである。

再び推察しなさい!

タイトルを付けられたジョイス・モリソンによって、ドイツが私の水を持っているのを手紙で知らせられた記事の中で、彼女は、「地方自治体と農村地域の中の人々は、所有されていて、コントロールされて、それが外国であるかどうかに彼らの給水の上で依存することができるか?」と論述する。

「より多くの地方自治体は、それらのシステムを、現在、外国人投資家に売っている私的に所有されている会社に売っている」

アメリカの水道会社(AWW--所有されている現在ドイツ語)は米国で最も大きく、最も地理的に多様で、投資者の所有されているユーティリティ企業である。

会社は23の状態における1000万人を超える人々まで水、廃水、および他の資源管理サービスを提供する。

ピオリア、イリノイ、およびチャールストン。

ウェストバージニアはAWWの顧客であり、国で最も高い水道料金のいくつかを支払う。

この過去の9月RWE AG、エッセン、ドイツからの会社は、現金によって46億ドルを支払い、アメリカ水道を購入するために、30億ドル借金を仮定した。

RWE AGは848の100%出資の会社のグローバルな複合企業である(それの300は他の国家の中のドイツと548にある)。

それらのゴールは、電気、ガス、水、および廃水のユーティリティ関連のサービスにおいて拡大することによって米国で拡大し、リサイクルを荒廃させることである。

現在、所有されているドイツ語がフォートブラッグ、ノースカロライナのユーティリティの民営化のために米国国防総省によって50年の契約を授与されていることであるAWW。

契約はFayetteville、 N.Cにおける陸軍基地で水、廃水、およびガスのユーティリティの獲得、操作、およびメンテナンスを結果として生じるであろう。

ジョイス・モリソンはジャージー郡、イリノイに住んでいて、私に、新しい水ラインが、AWWによってサービスされるであろう彼女のコミュニティで横になったと言う--ドイツのRWEの子会社であるロンドンのThomesの子会社。

彼女の最終的なコメント(「世界市場の不思議--けれども、どの国が、問題がある時に電話される必要があるであろうか?」)

WHOは操り人形を跳ばせる。







WHO MAKES THE PUPPETS JUMP?

?
Derry Brownfield

September 3, 2006

NewsWithViews.com


Just last month (July 18th) we celebrated the 12th anniversary of the Common Sense Coalition. Twelve years ago I discussed the Constitution of the United States, but although I knew quite a lot about the World Bankers, the Bilderberg Group, the Council of Foreign Relations (CFR) and other groups working behind the scenes, that actually control our government operations, I never mentioned them. At that time, anyone who discussed the CFR or the Bilderbergers was considered by the general public to be a "conspiracy nut" because the news media had their listening audiences convinced the groups did NOT exist. Today, many Americans don't want to hear about our puppet government, and I have lost several radio affiliates because I bring these things to the forefront, however many of us with "ears to hear and eyes to see" want to learn as much as we can about the sinister plans being made to destroy our Constitution and take away our freedoms.


I recently received an e-mail asking: Derry -- who are these Central Bankers who rule the world and if the do exist, where are they? Let me begin with the CFR.


The Council of Foreign Relations, as well as the Royal Institute of International Affairs in London, came about as a result of a meeting on May 30, 1919 at the hotel Majestic in Paris, France. Some of the fifty participants were Edward M. House, Harold Temperley, Lionel Curtis, Lord Eustace Percy, Herbert Hoover, Christian Herter, plus American academic historians James Thomson Shotwell of Columbia University, Archibald Coolidge of Harvard and Charles Seymour of Yale.


Formally established in 1921, it is one of the most powerful private organizations with influence on US foreign policy. It has about 4,000 members, including former national security officers, professors, former CIA members, elected politicians, and media figures.


For further information on the CFR, you can write to the Council of Foreign Relations, 58 East 68th Street, New York, NY 10021 - or call (212) 434-9400, or just visit the website at www.cfr.org
.


How about the Bilderberg group? The Bilderberg title comes from the location of the first official meeting in 1954 - the Hotel Bilderberg in the Netherlands. The original intention of the group was to further the understanding between Western Europe and North America, through informal meetings between powerful individuals.


Each year, a steering committee devises a selected invitation list with a maximum of 100 names. The group maintains a register of attendee names and contact details with the aim of creating an informal network of individuals who could call upon one another in a private capacity.


Invitations are only extended to residents of Europe and North America. The location of their annual meeting is not secret and the agenda and list of participants are openly available to the public, but the topics of the meetings are kept secret and attendees pledge not to divulge what was discussed.


WHOは操り人形を跳ばせる。

デリーブラウンフィールド

2006年9月3日

NewsWithViews.com

まさに先月(7月18日)、私達はコモン・センス連立の12周年記念を祝福した。

12年前、私は米国の憲法を議論したけれども、私は世界銀行家、Bilderbergグループ、外交問題評議会(CFR)、およびうまくいっている他のグループについて、舞台裏で、それが実際私達の政府操作をコントロールするととてもたくさん知っていたけれども、私は決して彼らのことに言及しなかった。

その時に、報道機関が彼らの聞いている聴衆を、グループが存在していなかったことを確信させたので、CFRまたはBilderbergersを議論した誰でも、一般大衆によって、「陰謀論者」であると考えられた。

今日、多くのアメリカ人は、たとえ、どのように、「聞く耳と見る目」を持つ私達の多くが、私達の憲法を破壊し、私達の自由を取り除くために立てられている不吉な計画について、私達ができる限り多く学びたくても、私がこれらを最前線にもたらすので、私達のかいらい政権と私についてが何人かのラジオ加入者が負けたと耳にしたくない。

私は最近要求している電子メールを受け取った:

デリー--どこで、世界を支配することおよびならば the do 存在する についてのこれらの中心的銀行家が誰であるかがそれらであるか?

私にCFRから始めさせなさい。

ロンドンの王室の国際問題研究所と同様に外交問題評議会はパリ、フランスで荘厳なホテルで1919年5月30日にミーティングの結果として発生した。

50人の参加者の何人かがエドワードM.House、ハロルド・テンパリー、ライオネル・カーティス、ユースタス・パーシー卿、ハーバート・フーバー、クリスチャン・ハーター、コロンビア大学のプラスのアメリカの学究的な歴史家ジェイムズ・トムソン・ショットウェル、ハーバードのアーチボルド・クーリッジ、およびエールのチャールズ・シーモアであった。

1921年に正式に設立されて、それは米国外交方針への影響との最も強力な民間組織の1つである。

前の国家安全保障役員、教授、前のCIAメンバー、選ばれた政治家、およびメディア数値を含めて、それは約4,000人のメンバーを持っている。

CFRの上の詳細のために、あなたは外交問題評議会(58の東の68番目の通り、ニューヨークNY 10021)に手紙を書くことができる - または、(212) 434-9400を呼ぶか、
www.cfr.org
でウェブサイトを訪問しなさい。

Bilderbergグループはどうであるか?

Bilderbergタイトルは1954年に最初の公式会議の位置から来る - オランダのホテルBilderberg。

グループの最初の意図は強力な個人の間のインフォーマルなミーティングを通して西ヨーロッパと北アメリカの間のさらに協調関係にであった。

毎年、運営委員会は最大100の名前によって選択招待表を考案する。

個人の資格の中の互いを訪問することができた個人のインフォーマルなネットワークを構築することを目標として、グループは出席者名と接触詳細のレジスターを運営する。

勧誘はヨーロッパと北アメリカの居住者に示されるだけである。

それらの年次総会の位置は秘密でなく、参加者の議事日程とリストは一般大衆に公然と利用可能であるけれども、ミーティングのトピックは秘密にされて、出席者は、何が議論されたかを漏らさないことを誓約する。


The Bilderberg Group is interlocked with the Club of Rome located in Hamburg, Germany whose website is www.clubofrome.org
 


Also behind the scenes are the European Central Bankers who control our money system. Members of the Bilderberg Group are included along with George Soros and David Rockefeller. David Rockefeller is the founder of the Trilateral Commission and honorary chairman of the CFR.


~~省略~


Bilderbergグループは、ハンブルク(ウェブサイトがwww.clubofrome.org
であるドイツ)に置かれたローマ・クラブと連動する。

また、舞台裏で、私達の貨幣制度をコントロールするヨーロッパ中央銀行総裁がいる。

Bilderbergグループのメンバーはジョージ・ソロスとデイヴィド・ロックフェラーとともに含まれる。

デイヴィド・ロックフェラーは三極委員会の創立者とCFRの名誉会長である。

連邦準備銀行を所有している何人かの銀行家はパリ、クーンローブBank of New York、イタリアのユダヤ人モーゼスSeif Banks、ニューヨークのゴールドマン・サックス、アムステルダムのワールブルク銀行、および追跡Bank of New Yorkのニューヨーク、ラザールの兄弟のベルリン、レーマンのBros.のハンブルク、ロスチャイルドの銀行のロンドン、ワールブルクの銀行のロスチャイルドBankを含む。

私は、これが、誰が、操り人形を跳ばせるストリングを引くかを説明することに役立つであろうということを望む。




 


Derry Brownfield was born in 1932 and grew up during the depression. He is a farmer and a broadcaster. Derry attended the College of Agriculture at the University of Missouri where he received his B.S. and M.S. degrees. He taught Vocational Agriculture several years before going to work as a Marketing Specialist with the Missouri Department of Agriculture. Derry served as Director of the Kansas City Livestock Market Foundation at the Kansas City Stockyard prior to establishing himself in farm broadcasting.


Derry started farming when he was 16 years old and received the Future Farmers of America State Farmer degree in 1949. Since that time the Brownfield Farm has grown to over 1000 acres maintaining a herd of 200 registered Charolias cows.


In 1972, Derry and his partner established the Brownfield Network which now serves 250 radio stations throughout the Midwest with news and market information. In 1994, Derry started his own syndicated radio talk show and he is one of the most popular radio talk show hosts in America. The Derry Brownfield Show can be heard on approximately 80 radio stations in 23 states. With his entertaining sense of humor and witty commentary he has captured audiences for over 30 years. His ability to present an informative talk show while being light and colorful is why he has a large loyal listening audience.


Derry Brownfield is a practical farmer, a practical business man and a very entertaining speaker. He travels extensively throughout the country speaking about his common-sense point of view.


デリーブラウンフィールドは1932年に誕生し、不況の間に成長した。

彼は農夫とアナウンサーである。

彼が彼のB.S.とM.S.程度を受け取ったミズーリ大学で、デリーは農業大学に出席した。

ミズーリ農務省とともにマーケティング専門家としての仕事に行く数年前に、彼は農業を教えた。

自身を農場放送に落ち着かせる前のカンザスシティ家畜収容場で、デリーはカンザスシティ家畜市場財団のディレクターとして勤務していた。

彼が16歳であった時に、デリーは耕作し始めて、1949年に米国農業教育振興会状態農夫程度を受け取った。

それ以来、ブラウンフィールド農場は200頭の登録されたCharolias雌牛の群れを維持している1000エーカー以上まで成長した。

1972年に、デリーと彼のパートナーは、現在、ニュースと市場情報を中西部にわたる250の無線局に供給するブラウンフィールドネットワークを設立した。

1994年に、デリーは彼自身の配信されたラジオトークショーを始めて、彼はアメリカで最もポピュラーなラジオトークショーホストのひとりである。

デリーブラウンフィールドショーは23の状態における約80の無線局の上で聞かれることができる。

彼の面白いユーモアと機知に富んだ論評の感覚によって、彼は30年以上にわたって聴衆を魅了した。

軽く、カラフルな間の有益なトークショーを示す彼の能力は、なぜ彼がたくさんの誠実な聞いている聴衆を持っているかである。

デリーブラウンフィールドは実用的な農夫、実用的なビジネス人、および非常に面白いスピーカーである。

彼は彼の常識的な観点について話している国中を広く旅行する。

アメリカ警察は‘新世界秩序’を強制するであろう。





AMERICAN POLICE WILL ENFORCE THE 'NEW WORLD ORDER'



?


?


By Greg Evensen


October 14, 2006


NewsWithViews.com


Maynard Brazeal, the retired Director of the Kansas Law Enforcement Training Center told me privately in 1980, that the moral character of the men and women he was preparing for a career in law enforcement would determine if America remained free or would be under police state conditions. Mr. Brazeal is one of those few exceptionally talented men who knew police work well and also knows that society’s thin line between jungle rule and ordered society is but one riot away from catastrophe. Maynard was to become a very close personal friend who was admired by thousands of Kansas Peace Officers, state and federal agency heads, and politicians two numerous to count. His word was his absolute bond and when he said, “buddy, I’ll stand by you,” he meant with his life, if necessary.


Maynard was a Lieutenant for the Kansas City, Missouri, police department. He wrote the first organized riot control manual in the United States, and was involved in the great Paseo shootout that left several police officers and several more crime figures dead or wounded on Kansas City’s south-east side. Maynard was a fearless defender of society and of the men and later women he personally stood in front of and gave his extensive lifetime of experience to train. His training methods were straight forward, true to life, and absolutely left no room for ethical lapses in judgment. Maynard was a real life John Wayne in size, courage but most importantly heart. He stood by me as I fought to contain an old lawless town in Kansas, where I served as marshal after leaving the State Troopers. We stood by each other as we both endured the untimely deaths of our precious wives.


Maynard Brazeal is a legend. To Kansas Peace Officers and indeed police officers across America, he is still called on to assist in the defense of those who are on trial for split second actions that requires years of court reflection to sort out. He is a gifted public speaker, a Christian gentleman, and a very talented baritone vocalist who loves old Gospel quartet music. We have sung together many times and as Maynard would say; there are a few of us old timers “whose metal has been tested severely in the fires set by the most evil among us.” We each came through and now in the later years of our lives, Maynard has written in his own hand to me, “remember Greg, you would be a good man to walk the river with.” This saying, first uttered by a Border Patrol agent many years ago, is the final test of how brave men huddle together to share their lives. “Talk low, talk slow, and don’t talk too much,” is the unspoken rule among men who took lawful orders, used constitutional justice as their guide, and knew when to do the right thing the humane thing, the compassionate thing, when it was needed the most.


~省略~


アメリカ警察は‘新世界秩序’を強制するであろう。

グレッグEvensenによって

2006年10月14日

NewsWithViews.com

メイナードBrazeal、カンザス法の執行トレーニングセンターの辞めたディレクターは1980年に私的に私に話し、自由にアメリカにとどまっているか、警察国家条件の下にあるならば、彼が法の執行におけるキャリアの準備をさせていた男性と女性の人格が決定するであろう。

Brazealさんは、警察仕事をよく知っていて、また、ジャングル規則と注文された社会の間の社会の細いラインが大災害から離れてほんの1つの暴動であると知っているそれらの少数の非常に有能な人のひとりである。

メイナードは、カウントするために多い数千人のカンザスの警官、州と連邦のエージェンシー頭、および政治家2によって賞賛されていた非常に仲の良い個人的な友人になることになっていた。

彼の言葉は彼の絶対の証文であり、彼が、「仲間、私はあなたを支持する」と言った時に、彼は必要なら彼の人生によって意味していた。

メイナードはカンザスシティ、ミズーリ警察のための副官であった。

彼は米国でマニュアルの最初の組織された暴動制圧を書き、何人かの警察官といくつかのより多くの犯罪数値を死ぬか、カンザスシティの南東側で傷つけられるままにしておいた大きな遊歩道決闘に関係していた。

メイナードは、社会の、そして彼が個人的に立ち、トレーニングするために、彼の経験の広い生涯を与えた男性と後の方の女性の大胆なディフェンダーであった。

彼の訓練方法はまっすぐに先へ実物通りで、完全に、判断において倫理のミスのための余地を全然残さなかった。

メイナードはサイズ、勇気であるが最も重要な心臓において実生活ジョン・ウェインであった。

カンザスに古い無法の町を含むために、私が戦った時に、彼は私を支持した(そこで、州警察の警官と別れた後に、私は司令官として勤務していた)。

私達が両方とも私達の貴重な妻の急死に耐えていた時に、私達は互いを支持した。

メイナードBrazealは伝説である。

カンザスの警官と実にアメリカを横切る警察官に、彼はまだ、仕分けする何年もの法廷反射を必要としている、裂けた2番目の行動のために裁判にかけられている人々の弁護をして補助することを求められる。

彼は、古い福音カルテット音楽を愛している有能な公的な講演者、キリスト教紳士、および非常に有能なバリトンの歌手である。

私達は何度も一緒に歌い、メイナードとして、言うであろう;

合法な注文を受けて、彼らのガイドとして憲法の公正を使い、それが最も必要であった時に、いつ正しいことのために人道的な事、同情的な事をするかを知っていた人の間で、「低く話し、ゆっくり話し、あまり話さないでください」は暗黙の決まりである。

?メイナード以外、そのような立派な性格、勇敢で、しっかりとした勇気、および不安定でなく、盤石の信念の人を見つけることは難しい。

このような人の中に1平方インチの政治的正当性がなく、ありがたいことに、彼らは、決してライセンスとしてされた親切な行為を、後で略奪すると考えないであろう。

ジムSchwiesowはメイナードBrazealの鋳造において人である。

以前のアイオワ保安官として、ジムは、彼の献身を、彼の郡、およびそれらを公正に、正直に提供するために彼を任せた人々に実演した。

彼は決して彼らをがっかりさせなかった。

ジム、私へのヒーローはメイナードのようで、私は、個人的な一致を彼と共有したことを光栄に思っている。

彼を慎重に読んで聞かせられて、彼は法の執行過去と現在についての偉大な権威である。

彼は名誉の勇敢な人である。

リックShumard、ブライアンBerntson、ジョン・ダニエルズ、および私の兄弟ジェフはすべてその上そのような勇敢で、盤石の人である。

今日警察ランクにおいて多くの等しく素晴らしい男性と女性がいる;

しかし、それらのコマンドスタッフはたいてい政治家である。

現在続いていることが、私が言いやすくないであろうので、私は慎重にこの記事の中で舞台を整えた。

私は、あなたが私の私達の近い用語将来の見解を考慮することを提案する。

それはほとんど私達への未来である。

それはキャラクター、力をテストするであろうし、全く警察官による通り公正の分配は何を越えてでもメイナード、ジムを水平に調節するか、私はこれまで経験した。

私の隣人ナンシーLevantが述べた時に、私達は「暗い時代」を再入力している。

私達の来る災害にアメリカ人を起こすこの苦闘において、彼女はまたヒーローである。

法令と新しい世界秩序の完全な路線を施行しはじめるために、時間がくる時に、法の執行における私達の友人は、する選択の非常に難しいセットを持つであろう。

しかし、それらがするであろうそれらを作りなさい。

どのように、なぜ、私はあなたに説明する。

性格のこれらの男性と女性のため、結果は私達の破壊を終えるか、私達をそれから救うであろうし、どのようにか、いつか、そして本当に一般大衆に「奉仕し、保護する」WHYを知っていた。

法の支配は私達の憲法に基づかなければならない。

そこに、私達の国家の中と憲法ではない数百の「法律」でないにしても私達の州、スコアのそれぞれの中で存在している。

彼らはジョン・ジェイ(私達の米国最高裁判所の最初の最高裁判所長官)によってセットされたベンチマークを通過しない。

「私達の構成が不愉快などのような法律でも全然法律ではない。」 リンカーンの政権とウィルソンの破壊とFDRの社会主義政権とLBJの犯罪の保有とニクソンの痴呆症の大統領任期とキングジョージIIの治世の間の連邦政府の法外な拡張は、狂暴化する執行権の少しの例である。

連邦準備銀行、所得税、社会計画、宣言のない戦争、およびいつも取り締まり機関は、ビジネスと製造を、私達の岸から彼らを追いやるほど難しくすることによって提出の中にアメリカ人を角に追い詰めるつもりであった。

死ぬまで私達に課税し、思いのままに私達の家とプロパティを取りなさい、それから、「あなたの権利BACKを得るために訴えなさい!」と私達に話しなさい。

さあ、これに、国際主義者ファクター、UN独裁権、および世界の問題のすべての混合を、私達の誰も逃れることができない共同責任の中に追加しなさい。そうすれば、あなたは米国警察国家のための最終的なレシピを持っている。

政府(エージェンシーをその警察に読んで聞かせなさい)は、UN税金を徴集することを要求されるであろうし、すべての火器の義務的な没収を強制し、1回の世界学校教育を必要としていて、宗教、非代償性の土地没収物、すべてのコミュニティでのアジェンダ21抑制、および状態は電話、インターネット、クレジット、および病歴を監視した。

ここでリストされたそれらを越えて、それ(これらによってどのようなポイントででも従うことにおけるどのような失敗のための雇用の損失の絶え間ない脅威)にでも、そして規則まで、追加しなさい。そうすれば、あなたはあなたの将来を持っている。

警察官は、私達の各々が政府の命令を実行しているとわかる最終的な責任を与えられるであろう。

彼らが、最終的に「法律」を支持することを誓ったので、彼らはそうするであろうし、法律は、政治家と堕落した法廷が、それがあると言うものになるであろう。

私達の構成がはっきりと、それが実際あるか、ないのを述べないもの。

私達の漸減する権利章典になるであろう時に、正当な法の手続き保護はなくなるであろう。

極端を生き抜いた役員は権限命令との互換性のためのチェックに予備知識を与えて、彼らが出たANY命令を実行するであろうし、同じである「国家の敵」.の調査、逮捕、引き留め、起訴、および懲役を正当化するために「キャラクター」のこの新しい定義を使うであろうということを証明した人々は軍事力に当てはまるであろう。

失敗したニュールンベルグ擁護論(「私はまさに命令を実行していた」)は完全に長い間忘れられるか、見過ごされるであろう。

アメリカ警察の大部分に重要であろう唯一の物はあるであろう:

1) それらがそれらを守ったこと、およびそれらがそれらの注文を守った-2)。

それが(総体の不服従)または反乱と即時の退去と起訴に相当しているので、伝統的なコマンド構造から命令を実行しない考えは想像不可能である。

合法な命令(すべての司法権における、そしてニュールンベルグの絞首刑執行吏を避けるための軍隊の中の現在の要件であるけれども)に背く(un)ための仲間の警察官の間の裏切りのそれらの不名誉と感覚はランクにおいて緊張、混乱、およびあつれきを起こすであろう。

独自な判断、常識、同情、および不法なコマンド(彼らが火器を没収した時のカトリーナの間のニューオリンズ警察)へのそれらの役員による莫大な量の抵抗のアプリケーションを行使することによって、これらの勇敢な人々は、彼らの仕事の損失と勇敢さに対して最終の相場を支払うことを運命づけられているアメリカ愛国者のリストへの彼らの名前と私達の国家の設立心への関与の一定の追加分によって支払うであろう。

法律が公正であるか、憲法の---が連邦法の最近の歴史的な改正であるかどうかを問わず法律?を実施する警察「任務」についてこの、「グループは考える」に加えて。

私は公法109-364を参照しているか、「2007のジョンワーナー防御認可法」(HR5122)(2)は2006年10月17日にブッシュ大統領によってサインされた。

それはPRIVATE大統領執務室式典においてサインされた。

それは、大統領がアメリカのどこにでも「公的な緊急事態」とステーション軍と宣言することを可能にする。

「どのような状態、すべての暴動、家庭内暴力、それのアンルーフル・コンビネーション、または米国に対してこれらの行動を取る共謀においてでも抑制するために」公の秩序を維持している)におけるその「ごみまたは失敗」。

ポッセ国王直属の貴族団法(PCA)のこの「廃止」はローカルな論争に介入している米国陸軍部隊のこの歴史的な防止における致命的な打撃である。

1878法、保護された地方管轄、および法の執行能力における陸軍部隊によって地元住民に押し付けられている堕落したか、独裁者の管理部門注文の故意の介入からの州さえ。

予期されているように、主流プレスはこの警察国家の行動について完全に全く情報を持たないでアメリカの公開に提供した。

「代わりの」ニュースサイトのほとんどさえ、リンカーンの時間以来ずっとかろうじて最も大きな脅威を法と秩序に述べている。

バーモントのパトリック・リーイ(D)上院議員(私が完全に意見が異なっている左翼の社会主義者)は、アメリカ人に公然と、法律のこの改正が意味するであろうものの素晴らしい説明を提供するONLY政治家であった。

彼は、「暴動法をもたらし、私達の民主主義の中心的な主義のいくつかに対して法の執行活動進行のために軍隊を使う…」と言うために、.Heが行った、「私達は確かに、大統領が戒厳令を宣言することをより容易にする必要がない」と言った。



「私達は私達の憲法に失敗し、私達が、大統領が戒厳令を宣言し、ローカルで、州の主権を踏みにじることをより容易にする時に、国家の権利を無視する」と論述することによって、「.itは、法の執行における軍隊の関与を制限し、従って、大統領が戒厳令を宣言することをずっと容易にする長年の警官隊国王直属の貴族団法令を破壊する」と彼は断定した。

さて、この超寛大な左翼の上院議員がそれを得るならば、それはどこで他のみんなを政府に置いていくか?

これは直接大統領のオフィス、国防総省、または国連から来るであろう。

それは管理のすべてのレベルに私達の選ばれた役員の暗黙の恩恵を持つであろう。

この行動は共謀した州立裁判所と連邦裁判所を通して問題にされる時に事実上変更できないようになるであろう。

私達の運命は、戒厳令が宣言される瞬間に閉じ込められているであろう。

動き、購入必需品、治療、学校への出席、および職場はきつくコントロールされるであろうし、あなたは、あまりにもよく知られているフレーズの、「あなたの書類はどこにあるか?」Whenによって常に問題にされるであろうし、これが起こり、それがこの国家に失敗した帝国のランクを宣告し、外交関係の、国連上の協議会を果たし、啓蒙主義者の世紀の老人が征服を夢見るならば違う。

私達の政府は、この驚くべき偉業を遂行するために私達の没収された税金ドルを通して方法を支払っているであろう。

彼らは私達の憲法を汚し、警察国家権限のその立法上の命令のためにそれを使っているであろう。

選ばれた役員は究極のパワー修正に負けているであろう。

以前民間の州と地元の警察の中の彼らの対応するものとともに軍人と女性は、進んで、彼らの武装解除された市民の上で通り王になる彼らの注文を受け付けているであろう。

自由な人々の上で歴史においてこれまでに達成された最も大きなクーデターの成果は現実になっているであろう。

この国家を横切って、すべての情報、抵抗する本当の憲法の権限、および公的なメンタリティチーフと保安官の使用人からの案内によってこの来るイベントに抵抗するために、すべてのレベルの警察官は誓われた義務を持っている。

時間は現在である。

私達が、バッジをつけていて、彼らの誓いを与えた私達の男性と女性が、無邪気な子供を逮捕するために「注文」を出した犯罪者から本当に私達を防御するその瞬間にそこにいるであろうと信じるには、これは今起こらなければならない。

間違った事(それらの違法で、自由の殺す最終的な注文の外の射程)をするために、私達の警察が、彼らが、正しいことであると信じるものに従って、私達の政府の中の暴漢によって注文したならば、前に私達の国家の中で見られなかったスケールの上に流血があるであろう。

そして、政府がすべてのマスタになり、人々が文字どおりにそのスレーブになるにつれて、そのドラマが、展開しはじめる時に、私は、私の仲間の市民を教育し、訓練し、激励する私の努力を平和な変化のためにやめる。

誤りを全然犯さないでください、私は私の前の父の跡をたどり、正当な武装暴動においてあなたの残りに参加する。

獣はどのような状況の下でも納得することができない。

それは破壊されなければならない。

私は、彼が、制服を着ている男性と女性のキャラクターが、私達が自由に住んでいるか警察国家の中に住んでいるかを最終的に決定するであろうと言った時に、メイナードBrazealが正しかったことを神に祈る。

私はあなたたち、法の執行における私の友人を当てにしている。

どうぞ、あなたの国を下ろさないでください。

それは私達の構成へのあなたの忠誠とあなたの仲間の市民、より少ない何にも達するであろう。

賢明に選びなさい。




グレッグEvensenは、1974年に彼の大統領候補Protection Unitとともに予算の削減である前に簡単に勤務していた前の米国シークレットサービススペシャルエージェントである。

彼はその時カンザス州隊員に任命されて、1975年に英雄的素質のために知事の賞を授与された。

グレッグは教育行政と刑事裁判管理において上級の学位を保持する。

彼が彼の妻リズとあるミシガンの公立学校インストラクターとして、彼は現在彼の14番目の年である。

グレッグはアメリカの憲法の復元のために働いている約1000のアメリカ組織の全国的なサミットを要求していた。

ほとんど私達の国家の州議会議事堂の政治的な完売によって破滅させられている国民を再構築したいという人々の願望を反映しているこの重大な連立は、関係されるために市民にエネルギーを与えるであろう。

グレッグEvensen(「主権書類」著作権2006年の作者)。

どうぞ、許可によって使いなさい。

カンザスシティサミット予約フォームをダウンロードするために、www.a4ce.org
を訪問しなさい、それから、あなたが、参加する気にさせられたと感じている時に、それを私達に送りなさい。

核兵器につながっている震えを検出するために、日本は備えている

Japan gears up to detect nuclear-linked tremors


AFP

Wednesday, December 20, 2006


Japan will strengthen its ability to detect "unnatural" seismic waves, possibly from nuclear explosions, following the North Korean nuclear test on October 9, officials said Wednesday.

The Meteorological Agency would be allocated a 425 million yen (3.6 million dollars) budget in the next fiscal year for placing supersensitive seismometers about 800 meters (496 miles) underground in several complexes in central Japan, it said in a statement.


The measure "will reduce time necessary for analysis of seismic waves that are possibly not generated from natural earthquakes", it said.


The agency will also upgrade the data transfer capability between observation rooms in those complexes and the agency's headquarters.


In the wake of the declared nuclear weapons test by Pyongyang, the Meteorological Agency announced that it detected seismic waves which were different from natural waves.


It said it detected seismic waves measuring magnitude 4.9 on October 9, after North Korea said it had conducted its nuclear test.


But it took a few hours for the Meteorological Agency to determine if they were waves from a natural earthquake or unnatural ones from the test.


Japan boasts one of the world's most advanced quake-detecting systems, as the country lies at the junction of four tectonic plates and endures about 20 percent of the world's most powerful earthquakes, which frequently jolt Tokyo and other major cities.


核兵器につながっている震えを検出するために、日本は備えている。

AFP

2006年12月20日水曜日

日本は、10月9日の北朝鮮の核実験に続いて、ことによると核爆発から「不自然な」地震波を検出するその能力を強化するであろうと当局は水曜日に言った。

気象庁は、きわめて鋭敏な地震計を約800メートル(496マイル)地下に中部日本のいくつかのコンプレックスに置くための次の会計年度の4億2500万円(360万ドル)予算を割り当てられるであろうとそれはステートメントの中で言った。

手段は、「ことによると自然な地震から発生しない地震波の分析に必要な時間を減らすであろう」とそれは言った。

エージェンシーはそれらのコンプレックスにおける展望室とエージェンシーの本部の間でまたデータ転送機能をアップグレードするであろう。

ピョンヤンによる宣言された核実験の後で、気象庁は、それが、自然な波と違った地震波を検出したことを発表した。

それは、それが、北朝鮮が、それがその核実験を実施したと言った後に10月9日にマグニチュード4.9の長さがある地震波を検出すると伝えていた。

しかし、気象庁が、それらが自然な地震からの波またはテストからの不自然なもののどちらであったかを決定するのに数時間かかった。

国が4つの構造プレートの接合で横たわっていて、世界の最も強力な地震の約20パーセントに耐えている時に、日本は世界の最も高度な地震検出システムの1つを誇る(それは頻繁に東京と他の主要な都市を揺さぶる)。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年12月21日

                           山本尚利

タイトル: 本間税調会長辞任と中川反米発言



1.本間政府税調会長辞任劇の顛末

 2006年12月11日、週刊ポストのスクープ記事が発端で、本間正明大阪大学教授、政府税制

調査会会長のスキャンダルが発覚、12月21日、同氏はついに辞任に追い込まれました。本間

スキャンダルとは、原宿の高級官僚用官舎に元高級クラブママの愛人と無賃入居していたと

いうもの。国の税制を決める重要な国家機関の長が、あろうことか、税金で建てられた豪華

官舎を愛人同衾用別宅にしていたわけですから、ふざけるなと、腹を立てない国民はいない

でしょう。本間という人物は、個人のリスクマネジメントがまったくできていない能天気人

間だったのです。愛人にイイカッコがしたかったのでしょうが、コレができるのは中小企業

のオーナー社長くらいのもの。自分が税金で扶養される一介のサラリーマン(みなし公務

員)であるということをすっかり忘れていたという、とんだお笑いぐさです。こういう俗物

を国の重要機関の長に任命した安倍首相の眼力に大きな疑問符がつけられました。この人事

は元々、国家の税制を牛耳る財務省の、前税制調査会会長の石弘光、元一橋大学学長の留任

方針に逆らって、安倍首相の意思で本間教授に強引に交代させたといわれています。その意

味で安倍首相の本間教授の任命責任は実に重い。この本間スキャンダル暴露で安倍首相の権

威は地に堕ちたといってよいでしょう。安倍首相が本間教授を政府税調会長に任命する認証

式のシーンが繰り返しテレビで流されていますが、その度に安倍首相に対する国民イメージ

が悪化しています。これではさらなる内閣支持率の下落を止められません。

 しかしながら、筆者には、安倍首相の強い意思で本間税調会長が誕生したとは思えませ

ん。外部の誰かの強い要求に安倍首相が単に、従ったものでしょう。彼から見れば、とんだ

貧乏くじを引かされたと内心、怒っているのではないでしょうか。底意地の悪い財務省官僚

は本間教授のウラを前々から熟知していたのに、安倍首相にわざと黙っていて、大恥をかか

せたことになります。安倍首相もずいぶん舐められたものです。



2.本間スキャンダルの仕掛け人は誰?

 筆者の専門、技術経営(MOT)論におけるシナリオ発想の視点から、こういう事件は決して

偶然起こるものではなく、誰かが用意周到なシナリオを作って、シナリオどおり、本間教授

スキャンダルが発覚したと考えられます。その仕掛け人を推定するには、このシナリオ実行

で何が期待され、その結果、誰が利益を得るか、と考えればよいわけです。推測されるオプ

ションは二つ考えられます。(1)従米勢力残党の一掃、(2)安倍内閣の早期崩壊、で

す。まず(1)のオプションに関して、推論のポイントは、本間教授が、竹中平蔵氏の大先

輩である点にあります。小泉政権時代の従米勢力の代表が竹中氏であったわけですが、周知

のように安倍政権では完全にはずされました。日銀の福井総裁も従米勢力のひとりとして村

上ファンド事件にからめて、激しい攻撃に晒されましたが、かろうじて世間の辞任要求から

逃げ切りました。日銀のトップ人事は、もはや日本国首相にはなく、金融系国際寡頭勢力の

手にあるでしょうから、当時の小泉政権も日銀人事には手が出せなかったのではないでしょ

うか。ところで筆者は、安倍政権誕生前の2006年6月時点では、竹中氏はポスト小泉政権の総

理大臣になれなかったら、金融系寡頭勢力の対日圧力により、安倍政権内副総理(この場

合、安倍首相はダミー)か、あるいはポスト福井の日銀総裁に押し込まれると予想していま

した(注1)。

 今回の本間スキャンダル暴露の目的は、竹中氏のポスト福井の日銀総裁就任の芽を完全に

摘む効果を狙っていると推測できます。これにより、竹中氏を筆頭とする小泉政権時代の従

米勢力残党が一掃されるシナリオが出来上がったわけです。さて、現在の日本で、ブッシュ

政権も震え上がる金融系国際寡頭勢力に抵抗できるのは誰でしょうか。それは日本の金融系

官僚で構成される既得権益層しかありません。彼らは、日本を寡頭勢力の侵略から守る愛国

主義者でしょうか。とんでもありません。彼らは単に、戦後、営々と築いた既得権益を死守

したいだけです。一部に、真正愛国主義者は存在するかもしれませんが・・・。

 彼らは、安倍政権を苦境に陥れても、日銀人事を自分たちの手に取り戻したい。それほど

に強い執念です。その意味でオプション(2)の安倍政権の早期崩壊シナリオは、彼らの強

い執念の劇薬的副作用にすぎません。一方、魑魅魍魎の跋扈する自民党与党内では、安倍政

権が早期崩壊するのをてぐすね引いて待っている権力亡者が山ほどいます。早速、ポスト安

倍に向けた便乗組みの水面下の動きが起きているようです。しかしながら、金融系国際寡頭

勢力が、日本の金融系官僚主導による、竹中エージェント一派掃討作戦を許すはずがありま

せん。かつての大蔵省ノーパンシャブシャブ事件と同様の反撃が早速、開始されるでしょ

う。ただし、金融系国際寡頭勢力は、米国の軍事・エネルギー系寡頭勢力ほど、陰謀が得意で

はありません。



3.中川自民党政調会長の反米発言

 2006年12月17日、中川昭一自民党政調会長は、長崎市で講演し、第2次世界大戦で米国が

長崎に原爆を投下したことについて「ああいうものを撃ち込むという米国の判断は本当に人

道的にも許すことができない。原爆投下は犯罪だ」と述べたと報じられています。この自民

党幹部の反米発言は本間スキャンダルの陰に隠れて、マスコミのフォローが少ないですが、

これは看過できない重大発言です。中川氏の発言は、多くの戦後日本人が内心、感じている

ことですが、自民党の幹部の発言という点で極めて重大です。

 太平洋戦争時、トルーマン米大統領が、日本の降伏提案を無視して、核爆弾が開発される

まで日米戦争を意図的に引き伸ばし、原爆の実物実験とソ連の極東侵攻への威圧という二つ

の国家目的を持って、広島(ウラン型核爆弾実験ポイント)と長崎(プルトニウム型核爆弾

実験ポイント)に2種類のタイプの原爆が確信犯的に実験投下されたことは間違いないでしょ

う。当時の米国では、亡命学者のアインシュタインなど、一部の良心的な原子物理学者や知

識人が日本を実験台にした原爆投下計画に、人道的立場から反対運動していたことは有名で

す。その意味で中川氏の発言は正論であるし、戦後日本人の本音そのものです。だからこ

そ、米国のジャパンハンドラーがもっとも恐れるのが、米国の日本への原爆投下の真実を日

本人が知ることによって、日本国民に反米感情が高まることなのです。現在、日本には米軍

が駐留していますが、日本国民に反米感情が高まれば、在日米軍の真の目的(日本の軍国化

防止への監視と、日本を米国本土防衛のための前線基地化すること)が日本国民に悟られて

しまいます。戦後の自民党という政党は、元々CIAの資金援助で生まれた米国の傀儡政党です

が、米国の意図は、日本の反米化を阻止することでした。その意味で中川氏の反米発言は、

米国のジャパンハンドラーの逆鱗に触れるものです。ジャパンハンドラーの逆鱗に触れると

どうなるか。その最大の犠牲者は田中角栄氏です(注2)。

 中川氏は、これらの経緯をすべて知った上での確信犯的対米挑発なのか、それとも彼の酒

癖の悪さがもたらした錯乱的発言なのかは今のところ不明です。いずれにしても、彼はその

うち、闇の権力によって葬り去られる可能性が大です。



4.真正愛国派が台頭するか

 上記、本間スキャンダルと中川反米発言が端緒になって、過剰なまでの対米従属であった

小泉政権への反動から、いよいよ日本に真正愛国派が登場するでしょうか。そのオピニオン・

リーダーは、日本のアインシュタイン的数学者(政治的発言する学者)、藤原正彦氏といっ

てよいでしょう(注3)。

 本間スキャンダルの仕掛け人は真正愛国派を味方に引き入れようとするでしょう。しか

し、お人好しの真正愛国派はこれに惑わされてはいけません。

 ここで、筆者が愛国派にわざわざ、真正と冠したのには理由があります。日本には、上

記、中川氏の父、中川一郎氏などが70年代初頭に結成した青嵐会に代表される反共的保守主

義者(タカ派)が少なからず存在し、愛国派的ポーズをとっています。彼らは、同会出身の

石原慎太郎氏のように極めて反中国的特徴があります。現在では、この反共保守派の大勢

は、産経新聞やPHP研究所に代表されるような反中の親米右翼(注4)と化しています。現在

では、彼らは軍事・エネルギー系の米国寡頭勢力に無意識にマインドコントロールされてい

るのではないでしょうか。したがって筆者は彼らを真正愛国派とは呼びません。つまり親米

右翼は似非愛国派にほかなりません。ところで安倍首相は、祖父、岸信介氏の嫡流として、

この親米右翼に支援されてきた保守政治家です。ところが、上記、中川政調会長は、青嵐会

の先鋭、反米右翼の思想(『NOといえる日本』を書いた時代、1989年の若き石原慎太郎的思

想)の持ち主であることが、今回の中川反米発言で露呈したわけです。その意味で筆者のい

う真正愛国派は、反米右翼に近いと思います。ところが厄介なことに現代の日本右翼は屈折

していて、表向き親米右翼を装いながら、実は隠れ反米右翼であることも少なくないと思い

ます。改悪の教育基本法的愛国心ではなく、真の愛国心が強い日本人(真正愛国派)ほど、

中川氏のような反米右翼(米国にNOといえる日本人)になるはずです。その意味で中川氏の

思想には父親のもっていた愛国思想が根底に存在することがわかりました。講演直前、長崎

原爆博物館を視察して、潜在化していた根底思想が思わず吐露したということです。かつて

の細川首相も、中川氏と同じような真正愛国派的政治家であることが首相になって判明した

ため、米国ジャパンハンドラーによって、すぐに首相の座から引き摺り下ろされたといえま

す。米国寡頭勢力からみれば、自民党政治家はすべて親米右翼であってほしいわけですが、

小泉政権誕生前まで、親米右翼を装う、隠れ反米右翼が多数、自民党内に潜伏していまし

た。2005年9月11日に小泉政権が強行した郵政民営化選挙とは、穿った見方をすれば、自民党

内の反米右翼(真正愛国派に近いが、利権屋も紛れ込む)および親中保守派のあぶり出し

が、究極の目的であったといえます(注5)。この意味で、上記、中川政調会長が、親米最

右翼の小泉政権の閣僚であったことは、なんとも皮肉です。小泉内閣人事を仕切っていた米

国ジャパンハンドラーは当初、自民党内の隠れ反米右翼の抱き込みを画策していたと解釈で

きます。



注1:ベンチャー革命No.199『福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ』2006年6月21日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr199.htm


注1:ベンチャー革命No.195『裏切り者ジャップ:キッシンジャー語録』2006年5月28日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr195.htm


注3:藤原正彦『国家の堕落』文芸春秋、2007年1月号

注4:ベンチャー革命No.157『現実化する日本の孤立シナリオ』2005年4月10日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr157.htm


注5:ベンチャー革命No.176『9.11衆院選挙は茶番か』2005年9月4日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr176.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

火星

The “Over Mind” communicating through mind control and psyops?






2006 12 19


By Fredrik Palmgren | redicecreations.com


Little green men, War of the worlds, UFO’s, ET’s.


Mars, Sars, Wars of confusion and distractions, but there is a message here and that is: simplify and expand your experience, release the mind block that has been implanted in you. It is ok to be “wrong” sometimes, at least I feel it’s better to try and lose then to never try at all.


Below is a very small connection of “something” We need your help, please use the comments section and ad what ever you can and hopefully we can put something bigger and more coherent together. Thank you.


Aliens 'are frozen in ocean'

http://www.thesun.co.uk/article/0,,2-2006570381,00.html


Mars lurking with killer aliens ‘frozen’ in subterranean ‘oceans’!

http://www.zeenews.com/znnew/articles.asp?rep=2&aid=341668&ssid=27&sid=ENV


Top scientist says Mars lurking with killer aliens 'frozen' in subterranean 'oceans'!

http://www.newkerala.com/news4.php?action=fullnews&id=65362


Google video: Project Camelot interviews Duncan O'Finioan

http://video.google.com/videoplay?docid=8816519826373820792&hl=en


PS: Also I have trouble finding this: “top UK space scientist Dr. John Murray” - ”Planets expert John Murray” - “UK lead scientist with Europe’s Mars Express mission” mentioned in the articles above, I will keep looking.


?

その「心の上に」マインドコントロールおよび心理作戦を通じて通信すること

2006 12 19

Fredrikパルムグレンによって|redicecreations.com

宇宙人、世界の戦争、UFOの、ETの。

混乱と注意散漫のであるがそこの火星、サルス戦争はここでメッセージであり、それはそうである:

あなたの経験を簡素化し、拡張し、あなたに植えつけられている精神ブロックをリリースしなさい。

時々「悪いこと」はokであり、少なくとも私は、トライすることがよりよいと思い、全く決してトライしないために、その時負ける。

下は「何か」の非常に小さい接続である 私達 あなたの助けが必要である どうぞ、コメントセクションを使ってください、何であなたがすることができるかの広告およびうまくいけば、私達が、何かを、より大きく、一緒により首尾一貫するようにすることができる 。

ありがとう。

エイリアン‘海洋に凍結される’

http://www.thesun.co.uk/article/0
、、2-2006570381、00.html

地下の‘海洋’における殺人者エイリアン‘凍結される’と潜伏している火星!

http://www.zeenews.com/znnew/articles.asp?rep=2&aid=341668&ssid=27&sid=ENV


一流の科学者は、殺人者エイリアン‘凍結される’との火星潜伏を地下の‘海洋’において言う!

http://www.newkerala.com/news4.php?action=fullnews&id=65362


Googleビデオ:

プロジェクト カメロットはダンカンO'Finioan http://video.google.com/videoplay
?docid=8816519826373820792&hl=enにインタビューする。

PS:

また、私がこれを見つけることに苦労をする:

ヨーロッパのマーズ・エクスプレス任務"を持つ「トップUK宇宙科学者ジョン・マレイ博士」--「惑星エキスパート ジョン・マレイ」--“UKリード科学者は、上で、私が見続けることに記事の中で言及した。







Mars lurking with killer aliens ‘frozen’ in subterranean ‘oceans’!?

?

?London, Dec 13: A top UK space scientist Dr. John Murray has said that Mars could be lurking with killer aliens lying frozen beneath its surface.


He has said that bringing them to Earth will be catastrophic, as they will wipe out humanity. Now Dr. Murray, who is also UK lead scientist with Europe’s Mars Express mission, has said he has overwhelming evidence of the life surviving in the frozen ocean near its equator, where simple life could thrive as microbes.


Prospects for life on Mars were boosted last week by NASA’s discovery of running water on the Red Planet, reports The Sun. Dr. Murray believes the aliens are all lying in a dormant state.


As such, a rocket should be used to blast a crater into ice floes in the region ? named Elysium ? allowing access to the aliens and water should be sprinkled on the dormant creatures to revive them.


“Then we could land a follow-up probe to scoop up the soil, put it under a microscope and add water,” he said. However, the danger was in bringing them to Earth, he said.


“Both NASA and the European Space Agency (ESA) plan to bring samples of Mars 48million miles back to Earth in the next decade to be studied in a lab. That is where the danger lies,” he said.


“It is going to be extremely primitive life. We are talking about bacteria.


The only danger is if we brought it back and it escaped, we could have a War Of The Worlds situation,” he added. “Earth bacteria killed the invading Martians in that.


The Martians brought to us could kill off humans. We’d best have a good look at things on Mars before bringing anything back,” he said.


Bureau Report


地下の‘海洋’における殺人者エイリアン‘凍結される’と潜伏している火星!

ロンドン、12月13日:

一番上のUK宇宙科学者ジョン・マレイ博士は、火星がその表面の下に凍結される状態にある殺人者エイリアンと潜伏しているかもしれないと言った。

彼は、彼らが人間性を一掃するであろう時に、彼らを地球に連れて来ることが壊滅的になるであろうと言った。

さて、また、ヨーロッパのマーズ・エクスプレス任務を持つUKリード科学者であるマレー博士は、彼がその赤道の近くの凍結された海洋に残存しているライフの圧倒的な証拠を持っていると言った(そこで、素朴な生活は微生物として繁栄することができた)。

火星の上のライフのための見込みは先週火星の上の流水のNASAの発見によって押し上げられたと、マレー博士が、休止状態にあって、エイリアンがすべてあると信じる日曜日は報告する。

そのようなものとして、ロケットは、エイリアンへのアクセスを許しているエーリュシオン?と名付けられた地域?における氷原の中にクレーターを爆破するために使われるべきであり、水は、彼らを蘇らせるために眠った生き物にふりかけられるべきである。

「そして、私達は、土をすくい上げて、それを顕微鏡の下に置き、水を加えるために再度の調査を着陸させることができた」と彼は言った。

しかし、危険は、彼らを地球に連れて来ることにあったと彼は言った。

「NASAと欧州宇宙機関(ESA)両方は、火星のサンプルを、試験室の中で勉強される次の10年での地球に4800万マイル後ろで持って来ることを計画する」

「それは、危険物が横たわっている所である」と彼は言った。

「それは、極めて原始的なライフになろうとしている」。

私達はバクテリアについて話している。

「唯一の危険は、私達がそれを返し、それが脱出したかどうかであり、私達は世界情勢の戦争を持つことができた」と彼は付け加えた。

「地球バクテリアはそれにおいて侵略火星人を殺した」。

私達に連れて来られた火星人は人を殺すことができた。

「私達は、何かを返す前に火星の上に物の美貌を持つべきである」と彼は言った。

局リポート

新世界秩序を打つ 2

BEATING THE NEW WORLD ORDER,


By: JOHN GALT (condensed version)


トルーマン大統領任期(1945年-1953年)

第二次世界大戦の決算日の中で、パットン将軍はドイツを横切って急速に進んでいて、国全体を占領したかもしれない。

しかし、ロシア人が東ドイツを捕らえることができるように、アイゼンハワー(CFR)将軍は、ホワイトハウスからの注文の上で、パットンが、ためらうように命令した。

ソビエトブロック状態になっている東ドイツと東ドイツによって完全に包囲されていた国際的なゾーンになっているベルリンとこれは2か国の中にドイツの部門を結果として生じていた。

アドルフ・ヒトラーは自殺をした(それの後に、ドイツは1945年5月7日に降服した)。

1945年6月26日に、国連憲章はサンフランシスコでサインされた。

これは新世界秩序の主要なコンポーネントであった。

米国が戦争に入る前に、外交問題評議会はこの計画に取り組んでいた。

アメリカの社会主義者と共産主義者はこの会議でよく表されていた。

1945年8月6日に、世界は核戦争の時代に入った。

米国が最初の原子爆弾を広島に落としてその結果巨大な死と破壊を起こした。

3日後、8月9日に、長崎は2番目の原子爆弾によって荒廃させられた。

8月15日に、第二次世界大戦を終らせて、日本は降服した。

1946年に、議会は行政手続法を承認した。

これは、連邦政府の管理部門の行政機関が規則を書き、それらを実施し、それらを判断することを可能にした。

ここに、三権分立の原則に違反して、私達は別のはっきりと憲法違反の行為を持っている。

憲法は、議会がその排他的な立法権を委任することを許さない。

今日、私達はこのメカニズムによる毎年公表された50,000ページを超える新しい規則を持っている。

1947年に、国家安全保障法は承認された。

これは国防総省を作成し、空軍を軍隊、海軍、および海兵隊と同じレベルの上の別個の組織にした。

行為はまた国家安全保障会議を作成し、「国家安全保障」のためのあらゆる違法行為の隠蔽へのどの後の方のリード。

最終的に、世界中で隠れて、内々の操作と政治的な陰謀を続けるために操作のその指導者職として有名なOSSを含んで、法は中央情報局を作成した。

1947年3月に、トルーマン・ドクトリンは発表された(物質が外国への米国援助であった)。

1947年6月5日に、マーシャル・プランは同じ目的によって提案された。

1948年4月に、米州機構(OAS)は、北の国家、中南米の一定の活動を調整するために結成された。

1948年5月14日に、イスラエルの国家は結成された。

また、1948年に、関税および貿易に関する一般協定(GATT)は国連の下で編成された。

1994年、世界貿易機関の作成へのこのリードに。

ソビエト連邦が西ベルリンを封鎖した時に、冷戦はエスカレートした。

ベルリン空輸は1948年と1949年に続いて起こった。

ハリー・トルーマンは1948年11月に再選された。

1949年8月24日に、北大西洋条約機構(NATO)は、たぶんソビエト連邦の努力を打ち返すために結成された。

1949年に、ソビエト連邦ブロック経済を調整するためにコメコンを結成することによって、ソビエト連邦は打ち返した。

ソビエト連邦の崩壊がその存在のために真実の目的を偽った後に、NATOは存在と現在の拡張を続けている。

1950年6月25日に、国連は、韓国について秩序を回復させるように軍に頼んだ。

朝鮮戦争は6月27日に始まった。

憲法によって必要とされているように、議会が宣戦布告しなくても、米国軍は次の3年の間大きな数に参加した。

これは多くのそのような違法な戦争の一番目であった。

1952年11月1日に、最初の水素爆弾はエニウェトク島で爆発した。

1952年11月に、ドワイトD.アイゼンハワー、CFRメンバーは、アドレイ・スティーヴンソンを破って、大統領に選ばれた。

アイゼンハワー管理(1953年-1961年)

1953年7月27日に、朝鮮戦争中止火はサインされて、従って、朝鮮戦争戦いを終えた。

1953年と1954年に、リース委員会は米国で大きな非課税の基礎を調査した。

それは、これらの基礎の基本的な目的が、大学の研究に資金提供するためにそれらの広大な資源を使って、世界的な社会主義的な政府の中に米国の最終の合併を容易にするために社会主義的なラインに沿ってアメリカの考えに影響することであると気付いた。

1954年5月1日に、エリートは第3次世界大戦、静かな戦争を人々に宣言した。

これは、1979年5月1日に書かれて、極秘事項オペレーションズリサーチ技術マニュアルTM-SW9905.1(静かな戦争のための静かな武器)中で文書化される(コピーが1986年7月7日に複写機の中で発見されて、第三世界戦争の25周年記念を参照した)。

どうぞ、5月1日がまた1776年の啓蒙主義者の注文の設立の記念日であることに注意しなさい。

4月22日から1954年6月17日まで、ジョセフ・マッカーシー上院議員は米国で共産主義の上の上院聴聞会を実施した。

この調査は、グローバリストに非常に恥ずかしかった多くの発見をもたらしていた。

彼らは、1954年12月に非難されたマッカーシー上院議員を持つように手配した。

1954年5月に、現在ベトナムにあるDienbeinphuで共産主義将軍ホーチミンはインドシナでフランス軍を破った。

このイベントとベトナム、ベトナム戦争へのリードから離れている水面下の油田の発見。

5月29日から1954年31日の上で、地位が高いグローバリストの秘密の会合はBilderbergホテル、Oosterbeck(共謀者の同等なグローバルな活動へのオランダ)で催された。

オランダのプリンス・ベルンハルトはそのホストであり、デイヴィド・ロックフェラー(一番上のCFRリーダーの1人)は主要な組織者であった。

彼らは、彼らが最初に会ったホテルの名前の後のBilderbergersとして知られていて、「同盟」と「関係」としてまた知られているハイレベルのグループを結成した。

新世界秩序を設立することに彼らの次の活動をプロットするために、世界--彼らは完全に彼らの秘密の会合のために引き継ぐ--中で、彼らは排他的なリゾートで毎年会う。

1954年9月8日に、東南アジア条約組織(SEATO)はマニラのミーティングで結成された。

参加国は米国、英国、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンパキスタン、およびタイであった。

7月18日から1955年23日まで、サミットはジュネーブで保持された。

参加者は米国、英国、フランス、およびソ連であった。

1956年10月に、イスラエルはスエズ運河を占領した。

その同じ月に、ハンガリー反乱は起こった。

当然、ワシントンに社会主義者で支配された政府からの補助が全然なかった。

1956年11月に、アイゼンハワー大統領は、もう一度アドレイ・スティーヴンソンを破って、再選された。

1957年に、共同市場としてまた知られている欧州経済共同体(EEC)は結成された。

オリジナルのメンバーはベルギー、フランス、オランダ、イタリア、および西ドイツであった。

1973年に、イギリス、デンマークノルウェー、およびアイルランドは追加された。

1979年に、ギリシャ、ポルトガル、およびスペインは参加した。

12月31日92に、それは政治的な組合になり、ブリュッセル、ベルギーの本部とその名前を欧州共同体(EC)に変更した。

1957年9月に、分離危機はリトルロック、アーカンソーで起こった。

連邦の軍隊は、秩序を復元するために派遣された。

1958年7月に、米国海兵隊は、騒動をコントロールするためにレバノンに送られた。

彼らは10月までそこに残留していた。

1959年1月2日に、共産主義の革命家フィデル・カストロはキューバでF.バティスタを倒した。

カストロは今日まで権力の座に居座っているけれども、すぐ自身で倒されることができる。

また、1959年に、世界憲法と議会協会はレークウッド、コロラドでフィリップIselyによって成形された。

世界が、グローバリストがパワーをつかむ時に実施されるように、それは新しい構成を立案した。

暫定的な世界議会は、グローバルな権限への彼らの昇進まで多くの法律を承認するために大胆を持ってさえいた。

1960年5月1日に、主要な国際的な事件を作成してソ連を探り出す間に、CIAスパイ ゲーリーPowerのU-2偵察機は撃ち落とされた。

ケネディ年(1961年-1963年)

ジョン・F・ケネディの短い管理は、新世界秩序の方針を進めるいくつかの重要なアイテムを導入した。

これらの1つ、緊急バンキング統制#1は1961年に出された。

誰の銀行預金口座でもつかみ、価格を固定し、国家的緊急事態の時に配給を注文することについて、これは財務長官に権限を与えた。

もちろん、私達は1933年以来ずっと「国家的緊急事態」下にいる。

1961年4月17日に、フィデル・カストロを倒すために、CIAは特殊部隊ユニットによってキューバを侵略した。

ケネディ大統領は最後の瞬間に任務への支持を撤収した。

エピソードはピッグズ湾大失敗として知られた。

1961年8月に、西ベルリンの中に東ベルリン市民の脱出を防止するために、共産主義者はベルリンの壁を組み立てた。

1961年9月26日に、国務省出版7277は、公法87-297と関連していて、出された。

それは戦争からの自由という表題を付けられた:

平和な世界での全般的完全軍縮のための米国プログラム。

計画は、期間の間の3つのフェーズの中で世界の国家のすべての武装を解除し、国連軍の対応する強化を持つことである。

フェーズ3中で、国連はその直接的な指揮の下に(「平和維持」)軍事力のすべてを持つであろうし、個々の国家は治安のために全国的な警察だけを持つであろう。

1962年2月16日に、ケネディ大統領は、国家的緊急事態の場合に連邦政府に以下の資源のコントロールを与えるであろう10の大統領命令を出した:

10995:

通信媒体

10997:

電力、ガス、石油、燃料、および鉱物。

10998:

食物資源、農場。

10999:

交通、ハイウェー、海港。

11000:

民間人(仕事旅団)。

11001:

健康、教育、福祉。

11002:

民間人(郵政公社総裁による登録)。

11003:

空港、航空機。

11004:

住宅、コミュニティ移転。

11005:

鉄道、内陸水路、公的な貯蔵施設。

緊急バンキング統制#1と結び付けられて、それは宗教の設備を除いてほぼあらゆるものをカバーする。

これらと11の他の大統領命令は別個の注文として撤回されて、1969年10月22日にニクソン大統領によってE.O. 11490に組み入れられた。

それは次々レーガン大統領によって1988年11月18日に撤回されて、E.O. 12656に組み入れられた。

後者のE.O.は、現在、作用している指令である。

宗派への大規模な攻撃は、公立学校の所に主の祈りまたはバイブルの詩を暗唱することが憲法違反であったと考えていた(憲法の先例なしで)1963年6月17日の米国最高裁判所決定であった。

1963年8月に、ケネディー政権(第一に国防長官ロバート・マクナマラ)は、世界平和の政府への影響を評価し、人口を制御する戦争以外の方法を提案することを15人の研究者のグループによる研究に委任した。

アイアン・マウンテン(ハドソン(生き残り施設として多くの大企業によって使われたニューヨーク)中の地下の核爆弾シェルター)で特別な研究グループは、それが呼ばれたので、最初に会った。

彼らは2 1/2年の期間の間に国じゅうに様々な位置で秘密において会った。

1966年3月に、彼らはより一般的にアイアン・マウンテンからのリポートとして知られている平和の可能性と望ましさについての特別な研究グループのリポートと呼ばれる秘密の報告を書いた。

リポートは公的なリリースのために意図されていなかったけれども、メンバーの1人は、それが、隠すために重要すぎたと思い、プレスに電話するために、コピーをリリースした(それは1967年にそれを出版した)。

リポートの基本的な結論は、その永遠の平和がたぶん達成不可能で、それが達成されることができても、それが、それを達成する安定した社会の最善の利益にかなっていないであろうということであった。

この108ページのリポートは驚くべきであり、それが驚く間で、推薦はその以下である:

人々をエコロジーについて心配するようにしておくために、環境のデマを作成しなさい。

大規模な合計を宇宙開発プログラムに使いなさい。

大規模な合計を軍備管理検査プログラムに使いなさい。

地球外の敵によって侵略のUFO恐慌を作成しなさい。

「社会的な浄化」のために「血ゲーム」を促進しなさい。

どうぞ、これらの推薦のすべてが実施されていることに注意しなさい(それが、報告の信頼性を確認する傾向がある)。

1963年に、ケネディ大統領は大統領命令11110を出した(米国紙幣(銀証券)(連邦準備局の借金作成連邦準備銀行が言及して、通過することによる)の40億ドルを出すことについて、それは米財務省に権限を与えた)。

当然、これはバンキングカルテルを覆し、たぶん、彼が暗殺された主要な理由であった。

彼が米国注の分配を注文した後に、リンカーン大統領は1865年に同様な運命に遭った。

ケネディは、また、ベトナムエリアにおけるアメリカ関与を減らすことを計画していた(いっそうより、彼らが、衝突をエスカレートさせたく、CIAがピッグズ湾を忘れなかったので、それはグローバリストを妨害した)。

ケネディ大統領はダラスで1963年11月22日にたぶんリー・ハーヴィー・オズワルドによって暗殺された。

2日後、ジャックRubyはオズワルドを撃った。

ウォーレン委員会リポートが隠蔽であったという、そして本当の殺人者がFBI、CIA、シークレットサービス、およびことによると他のエージェントであったという多くの証拠がある。

とにかく、ケネディは死んでいて、リンドンB.ジョンソン副大統領は大統領として任命された。

リンドンジョンソン大統領任期(1963年-1969年)

リンドンB.ジョンソンは、連邦政府の社会福祉プログラムを拡張して、彼が大きな社会と呼んだものをスタートした。

彼の最初の公式な行為の1つは取り消しE.O. 11110にであった(それは連邦準備銀行注というよりも米国注の印刷を認可した)。

1964年8月17日に、彼はトンキン解像度を出した(それはベトナムで軍事行動を直接的な米国に認可した)。

ジョンソンは、バリー・ゴールドウォーターを破って、1964年11月に再選された。

1965年4月28日に、14,000の米国軍が、そこで内戦を抑制するためにドミニカ共和国に派遣された。

8月11日から1965年16日まで、人種的暴動はロサンゼルスのワッツセクションの中で噴き出た。

戒厳令は宣言された。

1967年6月に、アラブイスラエル人戦争は勃発した。

1968年1月23日に、電子監視船U.S.S.プエブロは北朝鮮人によってつかまれた。

大統領候補上院議員ロバート・F・ケネディはたぶんサーハン・サーハンという名のヨルダン人によってロサンゼルスのアンバサダーホテルで暗殺された。

証拠は、実際の殺人者がセザールセイン、CIAスパイであったことを強く示唆する。

ジョンソン大統領は1968年10月31日に北ベトナムの爆撃への停止を命じた。

韓国の場合のように、本当の目的は、戦争に勝つことではなく軍産複合体を供給されて、幸福であるようにしておくことであった。

また、1968年に、紙幣の銀のバックは、お金として私達に純粋な命令の償還できない紙を残して、終えられた。

1968年の銃砲規制法としてまた知られている総括的な犯罪コントロールと1968年の安全な通り法は通過された。

それは1938年のナチスドイツの銃規制法にならって作られた。

彼らのグローバルな専制政治が最小限抵抗によって実施されることができるように、グローバリストの方針の重要なポイントの1つは、アメリカ市民から彼らの銃を取り除くことになっている。

大量の銃保持反対派誤報は何年もの間政府によってリリースされているけれども、アメリカ人は、グローバリストが仮定するよりたいそうスマートである。

1968年の主要な舞台裏のイベントはローマ・クラブと呼ばれる別のグローバリスト組織の構成であった。

ニクソン年(1969年-1974年)

1969年10月22日に、ニクソン大統領はE.O. 11490を出した(それは、以前に説明されるように1962においてケネディ大統領によって出された10を含めて、国家的緊急事態と関連している21の前の大統領命令を統合した)。

それはまた連邦緊急事態管理庁を作成した。

1970年の組織犯罪取締法は承認された。

いつものように、議会は自身にその供給を免除した。

反戦のデモはケント・ステート大学キャンパスの上で突発した。

オハイオ州兵ユニットは、暴動を鎮圧するために提出された。

4人の大学生が1970年5月4日に殺された。

1971年2月21日に、ニクソン大統領と彼の外務アドバイザー、ヘンリー・キッシンジャーは北京、民族の中華民国に8日「平和のための旅」に出発した。

ダニエル・エルズバーグで、そしてアンソニー・ルッソーの「国防総省書類」は1971年6月13日からのニューヨーク・タイムズで出版された。

1971年8月15日に、ニクソン大統領は、外国人がもう米国紙ドル(連邦準備券)を金と交換することができなく、25%の金準備要件がやめられたことを述べている大統領命令を出した。

従って、金為替本位制は、存在することを止めた。

ニクソン大統領は戦略的な軍備制限についてサミットのために1972年5月22日に始まるモスクワに行った。

1972年6月17日に、ニクソン同志のグループはワシントンのウォーターゲート事件コンプレックスの民主主義全国委員会本部オフィスに泥棒に入り、従って、D.C.はウォーターゲート事件スキャンダルと隠蔽を開始した。

1972年11月の選挙において、ニクソン大統領は再選された。

ウォーターゲート事件スキャンダルは、成長し続けた。

後で学ばれた時に、事柄全体は、ニクソンを捨てるグローバリスト計画であった。

ニクソンのスタッフのアレグザンダー・ヘイグ(CFR)将軍は、情報をワシントン・ポスト(CFRでコントロールされた新聞)のボブ・ウッドワード記者に伝えた「ディープ・スロート」であった。

1973年1月22日に、米国最高裁判所はローvについてのその有名な決定を出した。

中絶を許したウェード。

1973年に、大イベントは舞台裏で起こった。

三極委員会はデイヴィド・ロックフェラー(主要なグローバリストの1人)のリーダーシップの下で結成された。

この組織の目的は、西ヨーロッパ、北アメリカ、および日本の新世界秩序協力体制を整備することであった。

第4次中東戦争と呼ばれる別のアラブイスラエル人戦争は1973年に勃発した。

1973年10月19日に、OPEC加盟国は米国への石油輸出を禁止した。

石油危機は続いて起こった。

これは、オイルと船会社の利益を増大させるために5月にスウェーデンのBilderbergerミーティングで予定された。

ニクソン大統領は1974年8月9日に辞任した。

ジェラルドR.フォード副大統領は大統領になった。

前手配されるように、フォードは1974年9月8日にニクソンを許した。

アレグザンダー・ヘイグとヘンリー・キッシンジャーは政府の仮想制御を引き継いだ。

フォード用語(1974年-1977年)

ジェラルド・フォードのオフィスの短期の主要なイベントは1975年にベトナムで共産主義の勝利であった。

舞台裏で、ローマ・クラブの米国協会は、新世界秩序への動きを早めるために1976年に結成された。

カーター大統領任期(1977年-1981年)

ジェームズE.「ジミー」カーター大統領、CFRメンバーは1977年1月に就任した。

1978年に、グローバルな2000計画はローマ・クラブ後援の下でサイラス・ヴァンスによって書かれた。

カーター大統領は1979年にそれを採用した。

その目的は、いわゆる「無駄な食う人」を取り除いて、戦争、飢饉、疫病、および病気によって大幅に世界の総人口を減らすことであった。

この計画の一部として、HIVウイルスは、フォートDetrich、メリーランドで細菌戦センターによってウシ白血病ウイルスから発展させられて、エイズの流行を起こして、多くのアフリカ人とその他に注入された。

1978年4月18日に、米国上院は、1999年12月31日付でパナマにパナマ運河を譲ることを可決した。

静かな戦争のための静かな武器は1979年5月1日に書かれた。

私達がより早く見ていた時に、それは、エリートが1954年5月1日第3次世界大戦を人々に宣言した日の25周年記念の上で書かれた。

1979年7月20日に、カーター大統領はE.O. 12148を出した。

これは13の事前の大統領命令を撤回し、より多くの緊急機能を連邦緊急事態管理庁(FEMA)に転送した。

1979年に、イランのシャーPahleviはAyatolla Khomeniによって倒された。

1979年11月4日に、アメリカ大使館のスタッフは、テヘランで、Ayatollaの学生追従者によって人質に取られた。

1980年の貨幣規制法は承認された。

履行を怠られた外債の上のバンキングカルテルを支払うためにお金と国債を作成するつもりであって、対外債務を通貨とすることについて、それは連邦準備局に権限を与えた。

1980年11月4日の選挙において、ロナルド・レーガンは大統領、破っている大統領カーターに選ばれた。

レーガンは職業による映画俳優であった。

彼はかつて自由民主党員であったけれども、彼がカリフォルニアの知事であった時に、寛大な共和党であった。

彼は、「部外者」であったフランクリン・ルーズヴェルトから現在の時間までの唯一の大統領であるCFRのメンバーではなかった。

当然、グローバリストは、彼ら自身が選ぶことでない誰かが、ホワイトハウスにいようとしていたことを心配した。

レーガンをコントロールするか、反対する方法を計画するために、ローマクラブは11月末と12月初めにワシントンで会った。

彼らは、レーガンに、約400人のCFRメンバーを重要な連邦政府機関に任命し、従ってグローバリストの方針の連続性を確実にさせることに成功した。

ローマクラブはまたより早く説明されたグローバルな2000計画を承認した。

レーガン政権(1981年-1989年)

ロナルド・レーガンは1981年1月20日に就任した大統領であった。

イランの人質は444日の間人質を判断されていて、その後直ちに解放された。

リリースのタイミングが10月の驚きとして知られている別の舞台裏の取引であったことは後で発見された。

イラン人は、選挙であるがそれが、レーガンの就任の後までリリースを遅らすために手配される前に10月に人質を見たところ快く解放した。

1981年3月30日に、レーガン大統領とジェームズ・ブレイディは、暗殺の企てが見捨てたジョンHinkley Jr.Fortunatelyによって撃たれて、ワシントンで負傷したけれども、それは銃規制法のために多くの宣伝のソースになった。

1982年に、レーガン大統領は麻薬対策本部長としてジョージ・ブッシュ副大統領を任命した。

また、1982年に、パスター・エベレットSilevenは、ネブラスカ州と彼の教会学校を登録することを断ったことで逮捕されて、拘留された。

これは宗教、特にキリスト教への政府の成長する反対の別の例であった。

1983年6月3日に、キリスト教パトリオット税金抗議者ゴードン・カールはFBIによって殺された。

国際銀行家のグループはウィリアムズバーグ、1983年のバージニアでひそかに会い、Ditchley計画を立案した。

その目的は、米国銀行制度を破壊し、私達のお金のコントロールを国際通貨基金に与えることであった。

1983年9月1日に、大韓航空007便はロシア人によって撃ち落とされた。

269は、CFRと三極委員会を露出していたラリー・マクドナルド下院議員を含めて、殺された。

1983年10月23日に、テロリストはベイルート、レバノンの米国海兵隊と海軍の施設を攻撃した。

1983年10月25日に、米国海兵隊と特殊部隊レンジャーは、グレナダを侵略するために行った。

1984年に、Lt.大佐オリバー・ノースは、国家安全保障会議のために働いて、準備運動1984(レックス84)(州と地方自治体の人員をFEMAと取り替えるテスト)を発展させた。

公法99-570はFEMAのコントロール下で米国で23の拘置所を認可した。

あと20は後で認可されていた。

戒厳令が宣言される時に、これらは、新世界秩序に抵抗するU.S.citizensを投獄することを意図している。

1984年11月6日に、レーガン大統領は、ウォルター・モンデールを破って、再選された。

パレスチナ解放戦線は1985年10月7日にエジプトの近くでイタリア観光船アキレラウロをハイジャックした。

GATT交渉のウルグアイ・ラウンドは1986年に始めた。

それらは1994年まで続いていて、22,000ページのGATT協定と世界貿易機関を結果として生じていた。

1986年4月14日に、米国軍用機はリビアを攻撃した。

米国の秘密のCIA販売はイランに武装し、ニカラグアのContrasへの利益の転換は1986年11月に明るみに出た。

イランContraヒアリングは5月から1987年8月まで実施されて、政府の卑劣な策略のいくつかを明らかにした。

国際銀行家はエスティーズ・パーク、1987年のコロラドでひそかに会った。

連邦政府の負債のために副次的であるように米国国立公園を受け入れるために、彼らは取引を考え出した。

株価は1987年10月19日に暴落した。

1988年に、モントリオールプロトコルは、大気の中のオゾン層破壊を扱う方法を開発した。

これは、後で、アイアン・マウンテンからのリポートから生じた環境のデマの1つであると明らかにされた。

1988年のAnti薬物濫用法、P.L.100-960は承認された。

この行為は私達の憲法上の権利の多くを剥ぎ取る。

1988年11月8日の選挙において、ジョージ・ブッシュは、マイケル・デュカキスを破って、大統領に選ばれた。

彼がオフィスを去る前に、レーガン大統領は1988年11月18日にE.O. 12656(緊急用意責任の割り当て)を出した。

これは全体の非常用パワープログラムの中で各連邦機関の部分を概説した。

ブッシュ大統領任期(1989年-1993年)

ジョージ・ブッシュは新世界秩序において主導者のひとりである。

彼はエール、CFR、三極委員会、およびBilderbergersの頭蓋骨&骨格の注文のメンバーである。

グローバリストの方針は彼の任期の間に急速に進んだ。

彼の第1幕の1は、何年もの間軍事力の中で使用におけるタスク・フォース概念に続いて、具体的な法の執行任務を成し遂げるために様々な連邦、州の、そしてローカルな組織のメンバーから構成されているマルチ司法上のタスク・フォース(MJTF)を作成することになっていた。

これらのタスク・フォースは、戒厳令が宣言される時に戸別の捜査押収の急襲をするためとFEMA拘置所を操作するために使われるであろう。

1989年に、私達はソ連の崩壊と冷戦のそうと思われた終結を知らせられた。

すべての社会主義経済と政治的な組合の除去に降り懸からなければならないけれども他にほとんどが変更しなかった現実における時に、経済の崩壊があったことは真実である。

共産主義者はまだ担当していて、軍事力はそのままで、実のところ育ち盛りである。

これは、あなたが思い出してもよいので、1917年の共産革命以来グラスノスチ/perostroikaの6番目の期間である。

私達は現在それらに大量の対外援助を与えていて、彼らは軍と機器を米国に派遣している。

1989年11月8日に、ブッシュ大統領は条約文書101-6を議会に送った。

これは、米国で税金を徴集することについて国連に権限を与えるであろう。

1989年12月20日に、マヌエル・ノリエガを捕らえるためと彼の政府を倒すために、米国軍はパナマを侵略した。

これはパナマのおよび米国の死傷者数は言うまでもなく24,000人の米国の兵士と1億6400万ドルの支出に関係していた。

この侵略の本当の理由が、ノリエガが、圧搾を、CIA麻薬取引のためにマネーロンダリングをしていた銀行に置いていたことであったことは後で知られた(それのうちの、ノリエガ将軍は重要な部分であった)。

1990年4月25日に、ブッシュ大統領は、金融犯罪強制ネットワーク(FinCEN)を構築した大統領命令を出した。

その任務は、マネーロンダリングと他の金融犯罪を遂行するために政府全体の知性的存在と分析的なネットワークを提供することである。

それらは財産発作に重く関係している。

1990年11月11日に、ブッシュ大統領は、国連の戦闘グループに米国に入ることを許した大統領命令を出した。

多くの外国の軍はここで見られていて、主なロシア人である。

イラクはクウェートを侵略した。

砂漠のシールドと呼ばれる操作においてブッシュ大統領は1990年8月7日に米国軍隊人員を近隣のサウジアラビアに送った。

クウェートから引っ込むために、イラクは最後通牒を無視した。

ペルシャ湾戦争としてまた知られている砂漠の嵐作戦はハイテクな爆撃によって1991年1月に始まった。

2月の4日のグラウンド猛攻撃は迅速な端を交戦状態に持って来た。

450,000人の米国の軍人が74億ドルのコストで関係していた。

ジョージ・ブッシュは、ブリティッシュペトロリアム会社の興味を保護するために後でバス勲位の中でエリザベス女王IIによって勲爵位を与えられた(それはクウェートで油井のほとんどを所有していて、主としてRothschildsによって所有されている)。

議会は1991年に全国的な薬と犯罪強制法を通過した。

それは、大統領が憲法を中断し、戒厳令を宣言することを可能にする。

1992年の春に、ひどくロドニー キングをなぐった4人の警察官が州立裁判所で無罪にされた後に、人種的暴動はロサンゼルスで噴き出た。

役員は連邦地方裁判所での公民権侵害のために後で試された。

多くは、憲法の二重の危険条項に違反して、2番目のトライアルが違法であったと思った。

しかし、この事件は、連邦政府が法律のそれ自身のセットによって50の状態と別個の別個の司法権であるという事実を確認する。

文民の、そして政治的な権利の国際的な契約は1992年4月2日に提案された。

それは、私達の権利章典(明確に、連邦政府のパワーを制限する文書)の完全な反転である。

契約は逆のアプローチを取る--人々は、政府が、彼らに与えることに決めるどのような権利だけでも持っている。

1992年6月に、一般的に地球サミットとして知られている環境と開発の上の国連会議は、さらに世界に関しての政府コントロールを計画するためにリオデジャネイロで開催された。

エドモンドdeロスチャイルド男爵とモーリス億万長者は強く、環境のヒステリーによって世界のコントロールを得る計画を概説した。

1992年8月に、Multi司法上のタスク・フォースはナポリの近くのルビー色のリッジ、アイダホの辺鄙な地域でランディウィーバー家のキャビンを攻撃した。

ランディの息子、サミーは背中を6回撃たれて、殺された。

彼女が彼女の赤ん坊を抱いている間、ランディの妻、ビッキーは頭をFBI狙撃兵によって撃たれた。

ランディの織り手と彼の友人ケビン・ハリスは傷つけられた。

約400の行政官庁がキリスト教アイデンティティ家族へのこの攻撃に関係していた。

1992年10月15日に、ドナルドP.スコットは彼の家で8つの警察機関、別のMJTF操作から31の行政官庁によって殺された。

彼の「犯罪」は、彼が、マリブ、カリフォルニアの彼の200エーカーの牧場を政府に売ることを断ったことであった。

1992年11月の選挙において、ウィリアム・クリントンはブッシュ大統領とロス・ペローを破った。

ブッシュ大統領は1992年12月5日に28,000の米国軍をソマリアに派遣した。

この営業経費ドル20億と多くのライフ。

クリントン大失敗(示す1993年)

ビル・クリントンは、積極的にグローバリストの方針を推進することを約束する別のインサイダーである。

彼はジョージタウンのキャロル キグリーの学生、オックスフォードのローズ奨学生、およびイエール大学法学部の卒業生であった。

議会は1993年の犯罪規制法を承認した。

この法は憎悪犯罪、幼児虐待、現金の使用、プライバシー、および犯罪のテロ(中絶反対の抗議者などの)を扱う。

法律の基本的な目的は、言論の自由、政府の批判、抗議者、およびデモを抑えることである。

一般的にウェーコー虐殺と称されるウェーコー、テキサス近くで、私達の国の歴史において最も法外なイベントの1つはカルメル山で枝Davidian教会へのMJTF攻撃であった。

Davidiansは安息日再臨派教会の枝である。

アルコール・たばこ・火器局(BATF)は、彼らが数年の間に多くの銃を買ったので、Davidiansが攻撃を計画しているかもしれないと疑っていた。

実際、何人かのメンバーは、彼らの生計を立てているために、銃ショーで武器を売ったライセンスされた火器ディーラーであった。

BATFは1993年2月28日に多数において教会を急襲し、Davidiansは反撃した。

各側の上の4人の人々が銃撃戦において殺された。

それから、FBIは操作の責任を取り、催涙ガス、火、および発砲による96人のキリスト教徒の殺人と施設の完全な破壊によって4月19日に終わったMJTF力による50日の病気を起こした。

1993年5月5日に、クリントン大統領は5,000の米国軍を国連平和維持活動のためのトルコ一般のコマンドに任せた。

米国軍が外国の司令官のすぐ下で役立つのは、これが米国歴史におけるはじめてであったけれども、それは最後にならないであろう。

1993年7月19日に、最初の米国軍は、ボスニアの戦争を手伝うためにマケドニアに派遣された。

1993年7月29日に、ロシア市民、キリルGoussevはアメリカ沿岸警備隊アカデミー、ニューロンドン、コネチカットで士官学校生徒として任命された。

1993年9月8日に、米国とロシアは、ヨーロッパで共同の平和維持トレーニングを実施することに合意した。

より多くの米国軍は1993年10月3日にクリントン大統領によってソマリアに派遣された。

2週間後、10月16日に、彼はハイチの海上封鎖を注文した。

1993年11月に、12月8日に法律化のために協定にサインしたクリントン大統領による集中的な陳情の後に、北米自由貿易協定は議会の僅差で通過した。

国際協定であって、上院での3分の2承認は必要とされていたけれども、政府の中の誰がこれ以上憲法について悩むか?

適所にあるためにすぐ10地域のグローバルな政府の地域1を成形して、この協定は主要なグローバリスト路線であった。

ウクライナの核兵器保有量の解体を促進するためとNATOへのかつての共産主義の敵の同化を促進するために、クリントン大統領は1994年1月11日にブリュッセルでNATOミーティングに出席した。

1986年にはじめられたGATT交渉のウルグアイ・ラウンドは1994年4月18日の22,000ページの協定によって終えた。

それは12月に議会によって批准された。

世界貿易機関は、世界征服についての彼らの計画においてグローバリストの別の主要な目標を達成して、1995年1月1日に稼動可能になるであろう。

1994年4月27日に、アフリカ民族会議のネルソンMandellaは南アフリカの大統領に選ばれた。

彼の同盟者、KGB大佐ジョー・スロヴォは官庁に任命された。

共産主義のこの大勝利は南アフリカの鉱物資源からすぐ切り離された西の世界を見つけるかもしれない。

1994年5月3日に、クリントン大統領は大統領決定指令25を出した。

指令は分類されるけれども、分類していない抜粋は、それが、大統領が彼の判断で国連に米国軍事力を譲ることを可能にすることを示した。

従って、私達は、まさに1961年に公式化された武装解除計画のフェーズIIIに入ろうとしている。

1994年5月20日に、モンタナの税金抗議者RedベックマンのランチハウスはグラウンドにIRSによっておどされた。

1994年5月25日に、後1年「国家的緊急事態」を延長し、弁解として再びボスニア衝突を使って、クリントン大統領はE.O. 12808を出した。

その間、1994年6月1日に、国連開発報告1994は出された。

これは、米国の解散と1995年3月にそれを国連の一部にすることを要求している!

1994年6月3日に、経済に関しての戦時と平時のコントロールによって自身のためにバーチャルな独裁者を作って、彼はE.O. 12919、国防産業準備にサインした。

1994年7月11日に、ボリス・エリツィンは、ナポリでG-7サミットに参加するように請われた。

たぶん、ロシアは、それをG-8にして、クラブに追加されるであろう。

1994年7月22日に、クリントン大統領は米国軍が、そこで猛威をふるっている内戦を鎮圧するのを手伝うようにルワンダの中に命令した。

この時点から、グローバリストの方針はとても速く早まるので、iiは、付いて行きづらい。

例えば、私の1994年9月14日の地方紙は以下のヘッドラインを含んだ:

- 暴力犯罪コントロールと1994年の法の執行法は通過した。

-米国軍は、ハイチを侵略することを準備する。

-180の国家が、人口増加を遅くする計画を採用する。

- 議会は各州間バンキング法案を通過させる。

- 国債は4,679,665,000,000ドル、8月の上の33,633,000,000ドルに達した。

同様に、以下の記事は1994年10月18日の版において出現した:

- 1994年のエドワーズ/リーイのデジタル電話幕は過ぎた(盗聴アクセス請求書としてまた知られている)

ビバリーヒルズでの環境のメディアの賞の贈呈の-Mikail Gorbechev、グリーンクロスインターナショナルの社長

- エリザベス女王IIとボリス・エリツィンは面(1917年の革命以来のそこの最初のそのようなイベント)のクレムリンの室の中の準正装を要する晩餐会であぶる。

- 核兵器を開発しないと約束するために米国援助において40億ドルを受け取る北朝鮮

- 不正確なデータを持つ銃暴力のコストについてのAP通信記事

あなたが明白に見ることができる時に、世界の出来事は爆発的な最高潮に加速している。

次の章の中で、私達は主要な共謀のグループとそれらの現在の活動に集中する。

新世界秩序を打つ

BEATING THE NEW WORLD ORDER,


By: JOHN GALT (condensed version)


CHAPTER ONE: THE JOURNEY


The spiritual roots of the New World Order can be traced back to the biblical stories of the expulsion of Lucifer from heaven and the building of the Tower of Babel in Babylon. The economic and political roots can be found in the great empires of the ancient world--Egyptian, Sumerian, Chinese, Persian, Roman, Byzantine, and others. All of these were based on conquest by force of arms, and all eventually perished.


The modern history of the New World Order is based on a different concept--obtaining control of the world by first gaining control of human minds and then gradually expanding economic and political control until domination of the masses by the elite is complete.


Let's begin our journey in the year 1776, when three significant events took place. Adam Smith wrote his classic treatise, The Wealth of Nations, which advocated economic freedom and free trade. In America, the Continental Congress issued the Declaration of Independence on July 4, 1776, which declared the colonies to be politically free from England and which formalized the Revolutionary War, begun the previous year by the fighting at Lexington and Concord. On May 1, 1776, Adam Weishaupt formed a secret society called the Order of the Illuminati.


The Order of the Illuminati


Adam Weishaupt (1748-1811) was born to Jewish parents but ostensibly became a Roman Catholic. He became Professor of Canon Law at the University of Ingolstadt, Munich, Bavaria, a Jesuit school. He was interested in occult religions and was really a Satanist, rather than a Jew or Christian. He conceived of an idea for world domination by way of the mind control process mentioned earlier. Being a Freemason, he adapted the Masonic concept of progression through a series of secret rituals to higher levels of inner secrets. He received financing from Meyer Amschel Rothschild, scion of the financial dynasty which has been consistently at the center of the New World Order ever since.


The Order of the Illuminati (which means illuminated or enlightened ones) had six basic objectives in its plan of world conquest: 1. abolition of all existing governments and the establishment of a one-world supergovernment, 2. abolition of inheritance, 3. abolition of private property, 4. abolition of patriotism, 5. abolition of the family, 6. abolition of freedom.


The Order was exposed in 1785 by a curious event. One of the members, Jacob Lang, was struck and killed by lightning when he was on his rounds to infiltrated Masonic organizations. Secret papers were found on his person. The Elector of Bavaria launched an investigation of the Order and banned it in 1786. The conspirators went even deeper into hiding and their plans were carried on by other secret societies. One of these was the Jacobin Society in France, which played a key role in the French Revolution in 1789 and its infamous Reign of Terror.


A later branch of the Order is the League of the Just, of which Karl Marx was a leading member. It is no coincidence that his Communist Manifesto (1848), which we will discuss later, is remarkably similar to the objectives of the Illuminati.


The present-day successor to the Order of the Illuminati is the Committee of 300, an outgrowth of the British East India Company, which today is the central coordinating organization of the New World Order.


The Rothschild Dynasty


Meyer Amschel Bauer (1743-1812) was a goldsmith in Frankfort, Germany. Goldsmiths minted and stored gold coins for their customers and gradually became merchant bankers. They developed the concept of fractional reserve banking, by which they made loans far in excess of their gold holdings, knowing from experience that only a few customers would want to take possession of their gold at any given moment of time. The symbol outside of Bauer's shop was a red shield. Bauer changed the family name to Rothschild, the German word for red shield. Thus began the largest financial dynasty in the history of the world.


Meyer had five sons. He set them up with banking businesses in five large European cities. The Rothschild family specialized in making large loans to governments, usually to finance wars and gradually came to exert enormous influence in political affairs. Their power was magnified by their influence over, or control of, central banks. They have a passion for secrecy and usually work behind the scenes through various agents. Meyer Amschel Rothschild once commented ``Give me control of a nation's money and I care not who makes the laws.''


International bankers operate on a variation of the Golden Rule: he who has the gold, rules. Throughout history, you will see the central importance of money in the big picture. A good rule for keeping track of the inner workings of the conspiracy is this: follow the money.


Events in America


Returning to our review of early American history, the Declaration of Independence in 1776 formalized the Revolutionary War with England, the world's most powerful military force at the time. George Washington lead a poorly-equipped militia which consisted of about 3% of the colonial population. He was a very devout man and prayed to God for an hour or more every day. Actually most of our founding fathers were very religious.


On November 15, 1777, the Continental Congress adopted the Articles of Confederation to coordinate the efforts of the thirteen sovereign colonies.


In 1781, the Continental Congress chartered the Bank of North America. This was our country's first central bank. Due to the exigencies of war, the bank issued paper money far in excess of its holdings of gold. The resulting inflation lead quickly to a nearly worthless currency and the expression ``not worth a Continental.''


On October 19, 1781, General Cornwallis surrendered to General Washington at Yorktown, the last major battle of the Revolutionary War. As time went on, it became apparent that the Articles of Confederation did not give the national government enough powers to be effective. A convention was called in 1787 for the purpose of amending these Articles. The convention met in Philadelphia from May 25 to September 17, 1787. It went far beyond its assigned task and drafted what is now known as the Constitution of the United States of America. This document increased the powers of the federal government, giving it the power to raise certain taxes but still left most of the power in the hands of the states and ultimately the people.


Our Constitution was ratified by the ninth state on June 21, 1788, and was declared to be effective on March 4, 1789. George Washington was inaugurated as our first President on April 30, 1789.


Congress submitted the first ten amendments to the Constitution, known as the Bill of Rights, on September 25, 1789. They were adopted on December 15, 1791. It should be emphasized that these rights were the unalienable rights granted to the people by God, not by the government. The Bill of Rights expressly prohibits the government from infringing on these rights.


Also in 1791, the Coinage Act of 1791 was passed. This Act established the exact amounts of gold or silver in each denomination of coin. This Act was never repealed.


Another event in 1791 was the chartering of the first Bank of the United States for a 20-year period. This was promoted by Alexander Hamilton, then Secretary of Treasury, one of the first advocates of big government. Actually this was our second central bank, the Bank of North America being the first.


In 1792, the Coinage Act of 1792 was passed. This allowed free coinage, by which citizens could bring their gold or silver bullion to a U. S. mint to have it made into coins for a nominal charge. It also set the relative value of gold to silver at 15 to


~省略~











新世界秩序を打つ

次によって:

ジョン・ゴールト(縮約版)

第1章:



新世界秩序のスピリチュアルな根は天国からの明けの明星の排除とバビロンのバベルの塔の建物の聖書の話に追跡されることができる。

経済の、そして政治的な根は古代世界の大きな帝国で発見されることができる--エジプト人、シュメール語、中国語、ペルシア語、陰謀うずまいているローマ人、およびその他。

これらのすべては武力によって征服に基づき、すべては結局滅びた。

新世界秩序の近代史は違う概念に基づく--最初に人の精神のコントロールを得て、それからエリートによる庶民の支配が完全であるまで経済の、そして政治的なコントロールを徐々に拡張することによって世界のコントロールを得る。

3つの重要なイベントが起こった時に、1776年に私達の旅を開始しよう。

アダムスミスは彼の古典的な論文、国家の富を書いた(それは経済的自由と自由貿易を主張した)。

アメリカで、大陸会議は1776年7月4日に独立宣言を出した(イギリスが政治的にないと、それが植民地を宣言し、レキシントンとコンコードで前年に戦いによってはじめられて、革命戦争を形式化した)。

1776年5月1日に、アダム・ワイスハウプトは啓蒙主義者の注文と呼ばれる秘密結社を結成した。

啓蒙主義者の注文

アダム・ワイスハウプト(1748-1811)はユダヤ人の両親の家庭に生まれたけれども、表面上は、ローマ・カトリック教徒になった。

彼はインゴルシュタット大学、ミュンヘン、ババリア、イエズス会士学校で教会法の教授になった。

彼はオカルト宗派に興味をもっていて、本当に、ユダヤ人またはクリスチャンというよりも悪魔主義者であった。

先に言及されたマインド・コントロール・プロセスを経て彼は世界征服のためにアイデアを思った。

フリーメーソン会員であって、彼のために、一連の秘密の儀式を通しての前進のフリーメーソン概念は奥に潜んだ秘密のより高いレベルに適応した。

彼は融資を、マイヤーAmschelロスチャイルド(それ以来一貫して新世界秩序のセンターにある金融の王朝の若枝)から受けた。

啓蒙主義者(照明されたか、啓発されたものを意味している)の注文は世界征服のその計画において6つの基本的な目的を持っていた:

1. すべての既存の政府と1世界巨大政府の設立の廃止、継承の2回の.廃止、私有財産の3回の.廃止、愛国心の4回の.廃止、ファミリーの5回の.廃止、自由の6回の.廃止。

注文は1785年に奇妙なイベントによって暴露された。

彼が浸入されたフリーメーソン組織への彼のラウンドにいた時に、メンバーの1人、ジェイコブ・ラングは雷によって殴られて、殺された。

機密書類は彼の人に見つかった。

ババリアの選挙人は注文の調査をスタートし、1786年にそれを禁止した。

共謀者は、隠れる中にいっそうより深くなり、彼らの計画は他の秘密結社によって続けられた。

これらの1つはフランスでジャコバン派社会であった(それは1789年とその不名誉な恐怖時代にフランス革命について重要な役割を果たした)。

注文の後の方の枝はJustのリーグである(それのうちの、カール・マルクスは主要なメンバーであった)。

私達が後で議論するであろう彼の共産党宣言(1848)が顕著に啓蒙主義者の目的に類似していることは全然偶然の一致ではない。

啓蒙主義者の注文の現代の後継者は300の委員会(英国東インド会社の結果)である(それは今日新世界秩序の中心的な調整組織である)。

ロスチャイルド王朝

マイヤーAmschelバウアー(1743-1812)はフランクフォート、ドイツで金細工師であった。

金細工師は彼らの顧客のために金貨を鋳造し、蓄えて、徐々に、マーチャントのバンクの業者になった。

彼らは、ほんのわずかの顧客が、時間のどのような与えられた瞬間にでも彼らの金を手に入れたいであろうと経験から知って、彼らが彼らの金保有高以上で遠く貸付金をどれにしたかによってバンクしている部分準備の概念を展開した。

バウアーの店の外のシンボルは赤いシールドであった。

バウアーは姓をロスチャイルド(赤いシールドのためのドイツ言葉)に変更した。

従って、世界の歴史において最も大きな金融の王朝を開始した。

マイヤーは5人の息子を持っていた。

彼は5つの大きなヨーロッパ都市の金融業によってそれらを設定した。

ロスチャイルド家は、政府に、通常財政戦争に大きな貸付金を作ることが専門で、徐々に、政治的な仕事において巨大な影響を及ぼすために来た。

それらのパワーはへのそれらの影響または中央銀行のコントロールによって拡大された。

彼らは秘密に対して情熱を持っていて、通常、様々なエージェントを通して舞台裏で働く。

マイヤーAmschelロスチャイルドは一度、「私に国家のお金のコントロールを与えなさい。そうすれば、私は、誰が法律を作らないかを気にしている」を批評した。

国際銀行家は黄金律のバリエーションに作用する:

金を持っている彼は支配する。

歴史を通して、あなたは大きな写真の中でお金の中心的な重要性を見るであろう。

共謀の内側の働きに絶えず注意するためのよい規則はこれである:

お金に続いていなさい。

アメリカのイベント

私達のアーリーアメリカンの歴史のレビューに戻って、1776年の独立宣言はイギリス(その時世界の最も強力な軍事力)との革命戦争を形式化した。

ジョージワシントンは、植民地の人口の約3%から成った不十分に装備されている民兵組織を導く。

彼は非常に信心深い人であり、1時間またはより多くの毎日を神に祈った。

実際、私達の創始者のほとんどは非常に宗教であった。

1777年11月15日に、13の主権を有する植民地の協力体制を整備するために、大陸会議は連合規約を採用した。

1781年に、大陸会議は北アメリカの銀行を借り切った。

これは私達の国の最初の中央銀行であった。

戦争の緊急のため、銀行は金のその所有財産以上に遠く紙幣を出した。

結果として生じているインフレは迅速にほとんど無価値の通貨と表現「Continentalに値していない」をもたらしている。

1781年10月19日に、コーンウォリス将軍はヨークタウン(革命戦争の最後の主要な戦い)で一般的なワシントンに降服した。

時間が経過した時に、連合規約が、政府に、効果的であるのに十分な能力を与えなかったことは明白になった。

会議は、これらの記事を改正するために1787年に召集された。

会議は5月25日から1787年9月17日にフィラデルフィアで開催された。

それはその割り当てられた仕事をはるかに越えて、現在、アメリカ合衆国憲法として知られているものを製図した。

この文書は、それに、一定の税金を上げるパワーを与えるけれどもまだパワーのほとんど州と最終的な、人々の手に置いていかれて、連邦政府の能力を増大させた。

私達の憲法は1788年6月21日に9番目の状態によって批准されて、1789年3月4日に有効と宣言された。

ジョージワシントンは1789年4月30日に私達の最初の大統領に就任した。

議会は1789年9月25日に最初の10回の改正を権利章典として知られている憲法に提出した。

それらは1791年12月15日に採用された。

これらの権利が政府によってではなく神によって人々に与えられた不可譲の権利であったことは強調されるべきである。

権利章典は明確に、政府がこれらの権利を侵害することを禁止する。

また、1791年に、1791の貨幣法は承認された。

この法はコインの各単位の中で金または銀の正確な量を規定した。

この法は決して廃止されなかった。

1791年の別のイベントは20年の期間の間の最初の合衆国銀行のチャーターであった。

これはアレグザンダー・ハミルトン、そして財務長官、大きな政府の最初の支持者の1人によって促進された。

実際、これは北アメリカの銀行が一番目であって、私達の2番目の中央銀行であった。

1792年に、1792の貨幣法は承認された。

市民が、それを名目のチャージのためにコインにさせるために彼らの金または銀地金をU. S.ミントに持って来ることができたこの許された無料の造幣。

それはまた1時15分前に金の相対的な価値を銀に設定した。

1796年9月19日に、ワシントン大統領は彼の別れの演説を与えた。

予言的に、私達の政府をコントロールするか、変更するために、彼は外国の勢力、大きな公債、大きな軍用基地、および少なく、巧妙で、冒険的な少数の機器によって永久的な同盟に対して強い警告を与えた。

司法帝国主義

憲法への最初の大規模な攻撃はU. S.最高裁判所訴訟、Marbury vであった。

1803年2月24日に決められたマディソン。

最高裁判所長官ジョン・マーシャルと彼の連邦主義の同僚は、最高裁判所が、議会の行為を憲法違反であると宣言する権限を持っていたことを言明した。

どの憲法の権威もこの意見のために、そして正当な理由のために表彰されなかった--どれもない。

実際このパワーは10番目の改正に従って人々と残っていて、大陪審員または試験的な陪審員として彼らの能力における市民によって実施されると思われている。

創始者は大きな知恵と政治的な経験の人であった。

彼らは政府の多くの乱用に特に気づいていて、はっきりと、9人の選ばれなかった弁護士にずっと大きな選ばれた議会を却下させるつもりは全然なかった。

法廷の適切な機能は、彼らが行く時に試合の規則を作るというよりも物としての決定を起こらせて、野球の試合における審判員に類似している能力において役立つことである。

あなたが停止し、それについて考えるならば、「判例法」のアイデア全体は少し無分別である。

あなたが終わるものは、適切な行動にガイドというよりも不可解なめちゃくちゃを結果として生じて、ほとんどすべてのポイントに関しての違う裁判官の相互に矛盾した意見から成る「法律」の巨大なボディである。

バンキングと1812の戦争

1811年に、議会は、最初の合衆国銀行のチャーターを更新することを断ったので、国家はもう一度中央銀行がなかった。

これは大いにロンドンで国際銀行家を不快にし、直接、彼女のアメリカ旧植民地を取り戻す英国の試みに、リードを不快にした。

1812の戦争は1812年6月18日に始まった。

この同じ年に、ナポレオンはロシアを侵略し、退却することを最終的に強制された。

ガン条約によって終えて、戦争は1814年12月24日まで続いていた。

米国はその最初の主要な挑戦に耐えた。

アメリカに、連邦主義者は、中央銀行を迫り続けた。

1816年に、セカンド合衆国銀行は20年の間借り切られた。

従って、私達は私達の3番目の中央銀行を持っていた。

1829年3月4日に、アンドリュー・ジャクソンは就任した大統領であった。

彼は中央銀行の強い相手とそれらの金融のいたずらのすべてであった。

それらの活動への成長するポピュラーな反対に気づいていて、現在のチャーターに当時あと4年残っていても、銀行家は議会を説得して、1832年に後20年の間セカンド合衆国銀行のチャーターを更新させた。

ジャクソン大統領はその法案を拒否し、議会は彼を踏みにじらなかった。

結果として、そのチャーターが1836年に期限切れになるまで、銀行は続いていた。

連邦準備法が議会を通してsnuckであった1913年までの1836から、米国は中央銀行を持っていなかった。

この期間が私達の国家の歴史において最も大きな本当の経済成長にマークを付けたのは全然偶然の一致ではない。

サウンドバンキングがあり、事実上どのインフレとほとんどない失業もなかった。

共産党宣言

1848年に、カール・マルクスとフレデリック・エンゲルスは共産党宣言を出版した。

より早く説明されて、それは啓蒙主義者の注文の目的の上で拡大した。

その10個の主要なポイントは追求としてであった:

1. 土地のプロパティの廃止と公的な目的への土地のすべての使用料のアプリケーション。

2. 重い進歩的な、または段階別の所得税。

3. すべての遺産相続権の廃止。

4. すべての移民と反乱軍の所有物の没収。

5. 国の首都を持つ国立銀行と排他的な独占による国家の手の中のクレジットの集中化。

6. 通信の方法の集中化と国家の手の中の輸送。

7. 国家(荒地の栽培と一般に共通の計画に応じた土の改良の中にもたらして)によって所有されている生産の工場と機器の拡張。

8. 働くために、すべての責任と等しくありなさい。

特に農業のための産業の軍隊の設立。

9. 製造業を持つ農業の組み合わせ;

全国に人口のより公平な配布による都会と田舎の違いの段階的廃止。

10. 公立学校ですべての子供のための教育を解放しなさい。

これが今日の民主党で、共和党の政党の綱領とクリントン大統領の最近の大統領命令12919のようにいくらを測るかは恐ろしい(それは大統領の出来心でアメリカ経済の上のバーチャルな独裁制を確立する)。

南北戦争

アメリカのコントロールを取り戻すことを目標として、英国の陰謀は何年もの間舞台裏で続いていた。

分割と征服の年を経ている策略を使うことによって、緊張は、奴隷制度の問題の上の北の州と南の州の間で作成された。

北で集中的な製造のほとんどと南の農業のほとんどによって潜在的な経済問題はより重要であった。

等しく、連邦政府対状態の政治権力の問題は重要であった。

エイブラハム・リンカンは1861年3月4日に就任した大統領であった。

1861年2月8日の1ヶ月前より少なく、アメリカ連邦は、別個の国家になるために団結したアメリカを離脱するために組織された。

これは連邦政府のために主要なジレンマを作成した:

それは、南の州が平和に離脱し、希望的に友好的な外国の国家になることを可能にするべきであるか?または、それは、既存の国家を守るために戦争に行くべきであるか?

前のオプションは選ばれた。

南北戦争はフォート荷馬への南軍の攻撃によって1861年4月12日に始まった。

従って、私達の国の歴史において最も悲劇の戦争を開始した。

南北戦争の中央で、1863の国立銀行法は1863年2月25日に承認された。

この法は1つの中央銀行というよりも国家的に認可された銀行のシステムを規定した。

1864年に、第一インターナショナルはヨーロッパで成形された。

これは共産主義の国際貿易組合であった。

ロバートE.リー将軍がAppomatox裁判所で降服した1865年4月9日まで、南北戦争は続いていた。

5日後、1865年4月14日に、リンカーン大統領はフォード劇場でジョン・ウィルクス・ブースによって暗殺された。

多くの研究者は、悲劇が、高金利でお金を借りることへのリンカーンの拒絶の結果が、代わりに、戦争に資金提供するために米国注を出すことを決定して、国際銀行家から評価することであったと信じる。

円卓グループ

1870年代に、ジョン・ラスキンはオックスフォード大学で教え始めた。

彼の教えの中心テーマは、オックスフォードの学生が世界で人々の最も贈られたグループの代理人になり、世界のルーラーであることが彼らの適切な場所であったことであった。

ラスキンの生徒の1人は、南アフリカで続けて金とダイヤの鉱山のコントロールを得て、巨大な財産を貯蔵するセシル・ローズであった。

1891年2月5日に、セシル・ローズは新入会者の円と呼ばれる秘密結社を設立した。

ほとんどの秘密の組織のように、それはセンターに1人の個人または非常に小集団を持っていて、コアの秘密についてはまったくわかっていなかったけれどもその目的をサポートした外のメンバーの一連の同心円によって取り囲まれた。

ロードス島は後でオックスフォードのローズ奨学金を設立した(それは今日新世界秩序のリーダーの主要なトレーニンググラウンドである)。

私達の現在の大統領、ビル・クリントンはオックスフォードの研究者である。

新入会者の円の他のメンバーはアルフレッド神バルフォア、ロスチャイルド卿、Roseberry卿、およびカーゾン卿であった。

ヘルパーの協会と呼ばれて、また円卓グループと呼ばれる外の円があった。

これらのグループは英語圏の世界のすべての国家の中で結成された。

彼らは次々国際関係のより大きな研究所を結成した。

イギリスで、現在のグループは王室の国際問題研究所である。

アメリカで、それは1919年のアメリカ人国際問題研究所を結成した(それは外交問題評議会に1921年のその名前を含んでいて、変更し、今日、米国の秘密の政府である)。

ボーア人の戦争

アフリカ(1899-1902年)のボーア人の戦争は、第一に、大英帝国が他のヨーロッパ諸国、主にドイツの費用でアフリカで拡張された一連の戦いであった。

セシル・ローズと彼の円卓グループはこれらの戦争の最前線にいた。

このようにして、共謀者は、アフリカ(特に南アフリカの金鉱とダイヤの鉱山)の多くの広大な鉱物資源のコントロールを得ることができた。

セオドアローズヴェルト大統領任期(1901年-1909年)

1901年9月14日にウィリアム・マッキンリー大統領の悲劇の暗殺に続いて、セオドア「テディ」ルーズベルト副大統領は大統領になった。

彼はまさに1904年に彼自身のものの中で再選された。

国際銀行家は、最後のものが、そのチャーターが、1836年に期限切れになることを許されて、1832年にジャクソン大統領によって精力的に反対されてていて、米国で彼らのコントロール下の中央銀行を再建することを活動的に図っていた。

1907年3月13日に、銀行家は、不況を引き起こしていた金融恐慌をたくらんだ。

1908年に、議会はオールドリッチ・ブリーランド法を承認した。

非常通貨を出すことについて、それは国立銀行に権限を与えた。

それはまた全国的な貨幣委員会を作成した(その仕事で、それは、周期的な金融恐慌に対応する計画を展開することになっていた)。

タフト管理(1909年-1913年)

ネルソン・オールドリッチ上院議員とAsstとともに1910年11月、国際銀行家の小集団に。

銀行家によってコントロールされたヨーロッパのものに類似しているアメリカでプライベート・バンキング・カルテルを計画するためのJ・P・モーガンのジキル島ハントクラブ(ブランズウィック、ジョージアから離れている私的な島保存物)で、財務長官A.ピアット・アンドリューは非常に秘密の会合において会った。

これはすぐ連邦準備制度になった。

アルフレッド・ロスチャイルド男爵は計画の後ろの指導者であった。

ポール・ワールブルク(クーン、ローブ&人前のパートナー)はミーティングでロスチャイルドの担当者であった。

この重要な徒党の魅力的な写真はG.エドワード・グリフィンの本(ジキル島からの生き物)中で提出される(それはまた、クリアで、面白い方式で金融を説明するために入手可能な最もよい本の1つである)。

非公開の銀行制度のために建築を製図して、挑戦は、米国議会に、それを承認させる方法を理解することであった。

テディ ルーズベルト、共和党員は有権者にかなり人気があり、再選されそうであるようで、銀行家の計画をサポートすることが非常にありそうにないと考えられた。

ロスチャイルドエージェント「大佐」エドワード・マンデル・ハウスの強い影響の下の彼の民主主義の相手、ウッドロー・ウィルソンはもっとずっとグローバリストの方針に賛成していた。

従って、共謀者は共和党のテディ ルーズベルトを説得して、彼にかなりの財政援助を与えて、進歩党(革新党びいき)切符の上で走らせた。

共和党の票の分割の結果として、民主党員ウッドロー・ウィルソンは大統領に選ばれた。

ウィルソン大失敗(1913年-1921年)

グローバリスト操り人形ウッドロー・ウィルソンの選挙は3つの主要な嫌悪のために道を舗装した:

所得税、連邦準備制度、および第一次世界大戦。

1913年に、憲法への16番目の改正はたぶん採用された。

この改正は所得税改正として知られている。

実際、それは税金と関連している既存の憲法の供給を廃止しなく、それから、新しい課税能力を全然作成しなかった。

さらに、ビル・ベンソンと赤いベックマンの徹底的な研究によって証明されるように、疑わしい改正はそれらの必要とされている4分の3によってよりずっと少なく存在においてその時48の状態のどれによっても適切に承認されなかったので、16番目の改正は決して承認されなかった。

それらの発見の詳細が、それらの本(Neverがあった法律)に載っている。

要点は、所得税が、法的根拠をすっかり欠いて最初からの大がかりな詐欺であったことである。

また、1913年に、連邦準備法は承認された。

議会のほとんどのメンバーがクリスマスの間帰っていて、5人の選ばれた上院議員だけが夕方会期に出席していた時に、決選投票は12月22日に米国上院に存在していた。

この行為は、彼らが何もないところからお金を作成し、より部分準備銀行によってそれを拡張し、すっかり私達の経済をコントロールすることを可能にする銀行家によって完全に所有されているプライベート・バンキング・カルテルを作成した。

私達の政府との唯一の接続は、大統領が名目上14年の期間の間メンバーを連邦準備制度理事会に任命することであるけれども、実際の場で、銀行家の候補者はいつも任命されている。

ポール・ワールブルク、ドイツ国民とジキル島共謀者の1人は1914年に連邦準備制度理事会の最初の会長になった。

彼の兄弟マックスは同時に第一次世界大戦におけるドイツの関与に資金提供していた。

現代のすべての戦争は、国際銀行家(高利貸の利率の巨額の金を政府に貸す)と国際的な実業家(気前良く、軍需資材の販売から利益を得る)の貪欲さによって扇動されている。

第一次世界大戦は全然例外ではなかった。

1914年6月23日のセルビアでのオーストリア大公フランツ・フェルディナントの暗殺はヨーロッパで戦争に対する弁解であった。

1916年に、主として、キャンペーンスローガン(「彼は私達を戦争から締め出していた」)に基づいて、ウィルソン大統領は再選された。

実際、彼は、ずっと第一次世界大戦の中に米国を入れることを計画していた。

1917年4月6日に、彼の就任とドイツ潜水艦による軍需品届き定期客船ルシタニアの意図的に引き起こされた沈みの少し後に、米国はドイツに宣戦布告した。

その間、国際的な共謀者は、ロシア政府を倒すことを図っていた。

1915年に、アメリカの国際的な企業は、共産革命に資金提供するために銀行家によって結成された。

レオン・トロツキーは、革命を誘発するためにアメリカ外交の補助によってロシアに送られた。

ニコラスII皇帝は1917年2月に退位し、ケレンスキーの下の臨時政府は樹立された。

これは一般的に2月の革命として知られている。

1917年10月25日に、一般的に10月の革命または共産革命として知られているレーニンの下でボルシェビキクーデターは起こった。

ニューヨークの国際銀行家は彼らとの預金の上の約1億ドル相当の皇帝の金を没収した。

ロシア王室は処刑された。

1918年1月8日に、ウィルソン大統領は未来の国際関係のために彼の14ポイントを発表した。

1918年11月11日に、休戦記念日、ドイツは降服し、従って交戦状態を終えた。

ベルサイユ会議は、講和条件を設定するために1918年6月まで1月から催された。

アメリカ合衆国上院は決してそれを批准しなかったけれども、国際連盟はまた設立された。

それから、グローバリスト共謀はその操作を増した。

セシル・ローズが1891年に開始した円卓グループは英語圏の世界中で様々なより大きなグループを結成した。

イギリスで、王室の国際問題研究所は1919年5月30日に結成された。

アメリカで、アメリカ人国際問題研究所(後で外交問題評議会)は結成された。

カナダで、カナダ国際問題研究所は作成されるなどした。

1920年3月19日に、米国上院は、それが私達を大英帝国に下位にするであろうということを恐れて(正しく)、国際連盟契約を批准することを断った。

ハーディング大統領任期(1921年-1923年)

1920年の選挙において、ウォレンG.ハーディングは大統領に選ばれた。

彼の管理はティーポット・ドーム・スキャンダルに当惑した(それは私達の全国的な石油埋蔵量についてインサイダーの優待に関係していた)。

ハーディングは重病になり、1923年8月2日に死んだ。

彼にカルヴィン・クーリッジ副大統領が続いた。

クーリッジ年(1923年-1929年)

カルヴィン・クーリッジの管理はまったく直接的であったけれども、2回の主要な開発が舞台裏で起こった(彼はたぶんそれに気づかなかった)。

これらの一番目はアメリカ円卓グループと国際関係のアメリカ研究所の結果として1921年7月29日に外交問題評議会の合併であった。

インサイダーは、米国が国際連盟に参加しなかったことに非常に取り乱していた。

私達の国の自由、経済の繁栄、強い体質、および精神的価値は世界征服のそれらの計画への最も大きな障害であった。

外交問題評議会(CFR)は、フェビアン社会主義の原則を使って、遅く、ゆるやかなステップの中で経済的に、政治的に、精神的に米国のコントロールを得るために作成された。

数年の間に、CFRは、パワーにおいて政党を問わずその社会主義的な方針を実施して米国の隠れた政府になった。

2番目の主要なイベントはオックスフォード大学、ロンドンでタビストック人間関係研究所の構成であった。

このグループは、国際的なスケールについての行動の研究と意見構成(脳洗浄としてまた知られている)を実施するために結成された。

1924年11月に、カルヴィン・クーリッジは再選された。

これはアメリカで大きな繁栄の期間であった - 活況を呈した20。

フーバー管理(1929年-1933年)

舞台裏で、エリートは世界征服への彼らの次の主要な動きの座標を示していた。

連邦準備制度(彼らはそれを所有していた)を通して、彼らは1929年10月29日に株式市場の暴落を作成した。

普通の投資者が拭き取られる間、手前で売ることによって、インサイダーは数百万ドルの迅速な利益を上げた。

大恐慌へのこのリード(それは1930の10年のほとんどを通して持続した)。

1932年までに、12,000,000は無職であった。

CFRは今や、大統領候補、フランクリン・デラノ・ルーズベルトになるその最初のメンバーを生んだ。

グローバリストによって設計された経済の崩壊のため、ルーズベルトは1932年11月の選挙における広い票差によってフーバーを破った。

フランクリン・ルーズヴェルト年(1933年-1945年)

1933年3月4日の彼の就任のすぐ後に、フランクリン・ルーズヴェルトはアメリカ合衆国憲法の上の直接的な正面攻撃とともに彼の社会主義的なニューディールプログラムを実行した。

弁解は、もちろん、彼のエリート同僚が作成した大恐慌であった。

1933年3月6日に、ルーズベルトは閉められたすべての米国銀行、いわゆる銀行休日が、取り付け騒ぎを防止するように命令した。

1933年3月9日に、議会は非常用パワー法を承認した(それは1917年の戦争権限法に基づき、「国家的緊急事態」の時に大統領に事実上独裁的権力を与えた)。

米国はそれ以来継続的に何らかの口実の下で全国的な非常事態の下にある。

また、1933年3月9日に、議会は緊急銀行法を通過した。

これは、連邦準備銀行注が出されて、結局取り替える銀証券であることを可能にし、ライセンスされることをすべての地方銀行に要求した。

1933年4月19日に、金本位制は落ちた。

金貨は流通から引き戻された - 丁寧な言う方法は一般大衆から没収した。

ドルはもう金のために回復されることができなかった。

ルーズベルトは一連の大統領命令を、効果が、米国政府を倒産すると宣言することになっていたこの時間枠(E.O. 6073、 6102、 6111、 6260)中に出した。

有効な私達の政府は憲法によってというよりもその債権者、商事法(後で統一商事法典)への連邦準備制度、および主題によってコントロールされた倒産した企業になった。

1933年7月12日に、内国税収入税金と監査サービスは、連邦準備局のために税金を徴集するためにデラウェア企業として成形された。

それが監査されることができないように、会社は1936年に解散された。

連邦準備局のためにまだ所得税を徴集している国税庁、財務省の一部としてそれは今日存在している。

1934年に、1934年の金準備法は承認された。

これは、市民が貨幣の価値を持つまれなコイン以外金塊またはコインを所有することを違法にした。

ヨーロッパで、その間、Coudenhave-Kalergiは、テクノロジー(1932年に世界を中世の社会に返す青写真)を通しての革命を書いた。

アドルフ・ヒトラーは1933年1月にドイツの首相になった。

また、1933年に、人本主義的な宣言は世界のすべての宗派への直接的な挑戦として書かれた。

それは、人が、神風のパワーを持っていると断言した。

それは無神論、発展(作成というよりも)、共産主義、および道徳的な相対性を促進した。

従って、私達は、神が全然いなく、バイブルと十戒が無意味なデマであり、それが「正当な理由」のためである限り、私達がする--殺人さえ--ことがすべてOKであると言われる。

ジョン・デューイ(アメリカの政府(大衆)学校制度の中の主要な影響の1つ)は人本主義の主要な支持者であった。

1935年8月14日に、社会保障法は承認された。

これはすべての時間の最も大きなポンジー計画である。

企業年金計画(それは契約上の保証とかなりの投資収益を持っている)と違って、社会保障は保証なしで現金払いシステムである(それは、結局、数百万人の人々を必死な海峡に置いていって、破産するであろう)。

1936年11月に、ルーズベルト大統領は彼の2番目の期に再選された。

最高裁判所によって憲法違反であると宣言されたニューディール立法の多くの断片があった。

ルーズベルトは、法廷の上の裁判官の数を二倍にすることによって彼自身の人々で法廷を一杯にしようとしたが、失敗したけれども、彼は、オフィスの彼の15年の間に多くの裁判官を任命することができた。

結局、法廷挑戦は向こうでしぼんだ。

ヒトラーは1939年9月にポーランドを侵略し、従って第二次世界大戦を始めた。

アメリカ人の大部分は、別のヨーロッパ戦争に関係することと対立したので、グローバリストは、しばらく待つ必要があった。

1940年に、バック幕は過ぎた。

これは、私達が、私達のそれぞれの主権国家の市民、それから連邦政府のいつも拡大する借金に責任がある連邦の大規模農場の上の奴隷というよりも連邦政府の市民であるという論駁可能な推定を作成した。

1940年11月に、ルーズベルトは未曽有の3番目の用語に再選された。

1941年1月6日に、彼は彼の4つの自由にスピーチを与えた。

1941年3月11日に、議会は貸しリース法を承認した。

最初、それは英国に戦争材料および装置の「貸し」を承認した。

11月に、それは、ロシアを含むために拡張された。

結局、私達の核の戦闘秘密の多くはこの行為の権限の下でひそかにロシア人に与えられた。

1941年8月14日に、大西洋憲章はFDRとウィンストン・チャーチルによってサインされた。

それは原則の8ポイント宣言であった。

1941年12月7日に、日本人は真珠湾を攻撃した。

ルーズベルトは事前に計画された攻撃を知っていたけれども、意図的に、それを防止し、群団に警告しさえするために、何もしなかった。

正確に、ルーズベルトが計画を立てたように、攻撃はアメリカの一般大衆の中で怒りとプロ戦争感傷を引き起こした。

議会は宣戦布告した。

これは、彼らがそうした最後であった。

第二次世界大戦中に、戦略事務局(OSS)は英国軍事情報部部門6(MI-6)(ジェームズ・ボンド話の中で描かれたスーパー秘密のエージェンシー)の案内の下で結成された。

ウィリアム「野生のビル」ドノバン将軍はそのリーダーであった。

OSSは1947年に中央情報局の一部になった。

1943年6月10日に、ルーズベルトは1943年7月1日付で所得税抑え請求書にサインした(それによって、わずかな所得税が、たぶん2年の期間の間戦争に資金提供するのを手伝うためにすべての労働者の給料に保留された)。

いくらかの奇妙な理由のために、それが憲法違反であるという事実にもかかわらず、このプロセスは今日まだ操作にある。

1944年7月に、国際的な財政家と政治家の秘密の会合はマウント成田エアポートワシントンホテル、Brettonウッズ、ニューハンプシャーで催された。

国連はまだ存在していなかったけれども、Brettonウッズ会議は国連貨幣と金融の会議と公式に名付けられた。

ジョン・メイナード・ケインズ(フェビアン協会会員社会党員)、ヘンリー・デクスター・ホワイトはリーダーに含まれていた(共産主義者、CFRメンバー、Asst。

財務長官)とVirginiusフランク・コー(共産主義者)。

彼らは連邦準備制度に国際通貨基金(国際通貨基金)、世界中央銀行、およびグローバルな対応するものを作成した。

彼らはまた一般的に世界銀行と呼ばれる国際復興開発銀行(IBRD)を金融機関として作成した。

その目的は、銀行家が抵当流れ処分によって最終的に所有するであろう不動産によって守られた戦争で荒れて、3番目の世界国家に払い戻しできない貸付金を作ることであった。

1944年11月に、ルーズベルトは4番目の用語に再選された。

これは22番目の改正のおかげで二度と再び起こらないうる。

2月3日から1945年11日まで、衰え健康にいたルーズベルトは、戦後の計画を議論するためにクリミアでヤルタでウィンストン・チャーチルとジョセフ・スターリンと会った。

スターリンは、バルト諸国(エストニア、ラトビア、およびリトアニア)、ポーランド、ハンガリー、ブルガリア、およびルーマニア(後悔するために、私達がすぐ来た取引)に関してのコントロールを与えられた。

ルーズベルト大統領は1945年4月12日に亡くなった。

彼にハリー・トルーマン副大統領、別のCFRメンバーが続いた。

環境問題、エネルギー問題の病根






Club of Rome


(Committee of 300 subversive body)


This group was organized in 1968 by the Morgenthau Group for the purpose of accelerating the plans to have the New World Order in place by the year 2000. The Club of Rome developed a plan to divide the world into ten regions or kingdoms



ローマ・クラブ

(300人の破壊するボディの委員会)

このグループは、1968年に、2000年までに適所に新世界秩序を持つ計画を加速するためにモーゲンソーグループによって組織された。

ローマクラブは、世界を10の地域または王国に分割する計画を展開した。


The Limits to Growth

The Club of Rome's depopulation agenda exposed by their own documents

Abstract established by Eduard Pestel. A Report to The Club of Rome (1972),

by Donella H. Meadows, Dennis l. Meadows, Jorgen Randers, William W. Behrens III

Short Version of the Limits to Growth


Our world model was built specifically to investigate five major trends of global concern ・accelerating industrialization, rapid population growth, widespread malnutrition, depletion of nonrenewable resources, and a deteriorating environment.


The model we have constructed is, like every model, imperfect, oversimplified, and unfinished.


In spite of the preliminary state of our work, we believe it is important to publish the model and our findings now. (...) We feel that the model described here is already sufficiently developed to be of some use to decision-makers. Furthermore, the basic behavior modes we have already observed in this model appear to be so fundamental and general that we do not expect our broad conclusions to be substantially altered by further revisions.


Our conclusions are :


1. If the present growth trends in world population, industrialization, pollution, food production, and resource depletion continue unchanged, the limits to growth on this planet will be reached sometime within the next one hundred years. The most probable result will be a rather sudden and uncontrollable decline in both population and industrial capacity.


2. It is possible to alter these growth trends and to establish a condition of ecological and economic stability

that is sustainable far into the future. The state of global equilibrium could be designed so that the basic

material needs of each person on earth are satisfied and each person has an equal opportunity to realize his

individual human potential.


If the world's people decide to strive for this second outcome rather than the first, the sooner they begin

working to attain it, the greater will be their chances of success.


All five elements basic to the study reported here--population, food production, and consumption of

nonrenewable natural resources--are increasing. The amount of their increase each year follows a pattern

that mathematicians call exponential growth.


A quantity exhibits exponential growth when it increases by a constant percentage of the whole in a

constant time period.


Such exponential growth is a common process in biological, financial, and many other systems of the

world.


Exponential growth is a dynamic phenomenon, which means that it involves elements that change over time.

(...) When many different quantities are growing simultaneously in a system, however, and when all the

quantities are interrelated in a complicated way, analysis of the causes of growth and of the future behavior

of the system becomes very difficult indeed.


Over the course of the last 30 years there has evolved at the Massachusetts Institute of Technology a new

method for understanding the dynamic behavior of complex systems. The method is called System

Dynamics. The basis of the method is the recongnition that the structure of any system--the many circular,

interlocking, sometimes time-delayed relationships among its components--is often just as important in

determining its behavior as the individual components themselves. The world model described in this book is

a System Dynamics model


Extrapolation of present trends is a time-honored way of looking into the future, especially the very near

future, and especially if the quantity being considered is not much influenced by other trends that are

occuring elsewhere in the system. Of course, none of the five factors we are examining here is independent.

Each interacts constantly with all the others. We have already mentioned some of these interactions.

Population cannot grow without food, food production is increased by growth of capital, more capital

requires more resources, discarded resources become pollution, pollution interferes with the growth of both

population and food.


Furthermore, over long time periods each of these factors also feeds back to influence itself.


In this first simple world model, we are interested only in the broad behavior modes of the population-capital

system. By behavior modes we mean the tendencies of the variables in the system (population or pollution,

for example) to change as time progresses.


A major purpose in constructing the world model has been to determine which, if any, of these behavior

modes will be most characteristic of the world system as it reaches the limits to growth. This process of

determining behavior modes is "prediction" only in the most limited sense of the word.


Because we are interested at this point only in broad behavior modes, this first world model needs not be

extremely detailed. We thus consider only one general population, a population that statistically reflects the

average characteristics of the global population. We include only one class of pollutants--the long-lived,

globally distributed family of pollutants, such as lead, mercury, asbestos, and stable pesticides and

radioisotopes--whose dynamic behavior in the ecosystem we are beginning to understand. We plot one

generalized resource that represents the combined reserves of all nonrenewable resourCes, although we

know that each separate resource will follow the general dynamic pattern at its own specific level and rate.


This high level of aggregation is necessary at this point to keep the model understandable. At the same time

it limits the information we can expect to gain from the model.


Can anything be learned from such a highly aggregated model? Can its output be considered meaningful? In

terms of exact predictions, the output is not meaningful.




~省略~

成長への限界

エドゥアルト・ペステルによって設立された抽象的な彼ら自身の文書によってローマクラブの人口減少路線は露出した。

Donella H.Meadows、デニスl.によるローマクラブ(1972年)へのリポート

Jorgenランデルス、ウィリアムW.ベーレンスIIIは、成長に限界のバージョンを短絡させる。

私達の世界モデルは、特にグローバルな懸念の5つの大勢を調査するために築かれた・、産業化、急速な人口増加、広範囲に及んだ栄養不良、更新できない資源の枯渇、および悪化する環境を促進していた。

私達が構築したモデルはすべてのモデルのように不完全で、簡略化しすぎられて、未完成である。

私達の仕事の予備的な状態にもかかわらず、私達は、現在モデルと私達の発見を出版することが重要であると信じる。

(...) 私達は、ここで説明されたモデルが、意志決定者にいくらかで役立っているためにすでに十分に開発されていると思う。

さらに、私達がこのモデルの中ですでに観察した基本的な行動モードは、とても根本的で、一般的であるようであるので、私達は、私達の広い結論がさらなる改訂によって大幅に変更されることを期待していない。

私達の結論は以下の通りである:

1. 世界の総人口、産業化、汚染、食糧生産、および資源枯渇における現在の成長傾向が不変であり続けるならば、この惑星の上の成長への限界に次の100年以内にそのうち到着するであろう。

最もありそうな結果は人口と生産能力の両方のむしろ突然で、制御不可能な減少になるであろう。

2. これらの成長傾向を変更し、未来の中に遠く持続可能なエコロジカルで、経済の安定の条件を設立することは可能である。

地球の上の各人の基本的な物質的な要求が充足していて、彼の個々の人の可能性を実現するために、各人が機会均等を持っているように、グローバルな平衡の状態はデザインされることができた。

もし1番目というよりも、世界の人々が、この2番目の結果のために努力すると決めるならば、それらが、より早くそれを達成するために働きはじめるにつれて成功のそれらのチャンスである より大きい。

ここ--更新できない天然資源の人口、食糧生産、および消費--に報告された研究に基本的な5つの要素はみな増大している。

それらの増加の量は毎年、数学者が急激な増加と呼ぶパターンに続いている。

それが一定の時間に全体の一定のパーセンテージによって増大する時に、量は急激な増加を表している。

そのような急激な増加は中の共通のプロセスである 生物学の, 金融、および世界の多くの他のシステム 。

急激な増加は動的現象である(それは、それが、時間とともに変わる要素に関係していることを意味している)。

(...) しかしさまざまな量がシステムの中で同時に増加している時とすべての量が複雑な方法で相互に関係づけられる時に、成長の、そしてシステムの未来の挙動の原因の分析は実に非常に難しくなる。

上で、そこの最近の30年のコースは、複雑系の動的な挙動を理解するための新方式をマサチューセッツ工科大学で発展させた。

方法はシステム力学と呼ばれる。

方法の基礎は、ちょうど、自身で個々のコンポーネントとしてその行動を決定することにおいて重要であるように、どのようなシステム--そのコンポーネントの間の多くの丸く、連動し、時々時間に遅らされた関係--の構造でもしばしばあるrecongnitionである。

この本の中で説明された世界モデルはシステムダイナミックスモデルである。

考慮されている量が、システムの中で他の場所でoccuringしている他の傾向によってあまり影響されないならば、現在の傾向の補外は、未来(特に非常に近い将来)と特にを見通す由緒ある方法である。

もちろん、私達がここで調査している5つのファクターの誰も独立していない。

それぞれは常に他のすべてと相互作用している。

私達はすでにこれらのインタラクションのいくつかに言及した。

人口は食物なしで増加することができなく、食糧生産は首都の成長によって増大させられて、より多くの資本はより多くの資源を必要としていて、処分された資源は汚染になり、汚染は人口と食物の両方の成長を妨げる。

さらに、長い時間の間に、これらのファクターのそれぞれはまた影響自身に返る。

この最初の簡単な世界モデルの中で、私達は人口首都システムの広い行動モードにだけ興味をもっている。

行動モードによって、私達は、時間が進むにつれて変わるシステム(例えば人口または汚染)中の変数の傾向を意味している。

それが成長に限界に到着する時に、世界モデルを構築することにおける主要な目的は、もしあればこれらの行動モードのどれが世界システムにとても特有になるであろうかを決定することであった。

行動モードを決定するこのプロセスは最も狭い言葉の意味においてだけ「予測」である。

私達が、広い行動モードの中だけのこのポイントで、この最初の世界モデルニーズが極めて詳細でないことに興味があるので。

従って、私達は、ほんの1つの一般住民、統計的に、グローバルな人口の平均的な特徴を反映する人口を考慮する。

私達は、私達が、生態系の中の動的挙動を理解しはじめている汚染物質--鉛、水銀、石綿、および安定した殺虫剤と放射性同位元素などの汚染物質の長命の、グローバルに配布されたファミリー--のほんの1クラスを含む。

私達は、私達は、各別個の資源がそれ自身の具体的なレベルとレートで一般的な動的なパターンに続くであろうと知っているけれども、すべての更新できないresourCesの結合された準備を表している1つの一般化した資源の座標を示す。

集合体のこの高いレベルは、モデルを理解できるようにしておくことにこの時点で必要である。

同時に、それは、私達が、モデルから得ることを予定することができる情報を制限する。

何かがそのような高く集められたモデルから知られることができるか?

そのアウトプットは有意義であると考えられることができるか?

正確な予測で、アウトプットは有意義でない。

一方では、限界に到着する時に人間社会の成長の原因、成長への限界、および私達の社会経済体制の挙動についてのいくらかの理解を得ることはきわめて重要である。

モデル(人口、首都、汚染など)中のすべてのレベルは1900の価値から始まる。

1900年から1970年まで、私達がそれらを知っているところまで、変数は一般にそれらの歴史的な価値と合致している。

人口は1970年に1900年の16億から35億上がる。

出生率は徐々に下落するけれども、死亡率は特に1940年の後により迅速に低下し、人口増加のレートは増大する。

工業生産、食物、およびサービスは一人当たり指数的に増大する。

1970年の資源ベースはまだその1900年の値の約95パーセントであるけれども、人口と工業生産が、増加し続ける時に、それはその後ドラマチックに傾いている。

システムの行動モードはオーバシュートと崩壊のそれである。

このランにおいて、崩壊は更新できない資源枯渇のため起こる。

資源の巨大なインプットを必要としているレベルに、産業の資本金は成長する。

その成長のまさしくそのプロセスにおいて、それは、大きな小数部から、入手可能な資源埋蔵量を枯渇させる。

資源価格が上がり、鉱山が枯渇するにつれて、より多くの資本は、未来の成長のために投資されることをより少しに任せて、資源を得るために使われなければならない。

最終的に、投資は減価償却に付いて行くことができなく、それによってサービスと農業のシステムを取って、産業の基盤は崩壊する(それは産業のインプット(肥料、殺虫剤、病院の研究所、コンピュータ、および特に機械化のためのエネルギーなどの)に依存した)。

短い時間の間、人口が、年齢構成と社会的な適応のプロセスの中で固有の遅延によって、上がり続けるので、状況は特にゆゆしい。

死亡率が上方に食物と公共医療サービスの不足によって動かされる時に、人口は最終的に減少する。

モデルの中で大きな集合体と多くの不確定要素を与えられて、これらのイベントの正確なタイミングは有意義でない。

しかし、成長が2100年の前によく停止することは重要である。

私達は、すべての疑わしい場合に未知数の最楽観的予想を作ろうとし、私達はまた戦争または伝染病などの断続的なイベントを無視した(それは、私達のモデルが示すであろうよりずっと早く成長を終わらせるために作動するかもしれない)。

すなわち、モデルは、成長が、それがたぶん現実の世界で続くことができるより長くあり続けることを可能にするために偏っている。

私達は、従って、現在のシステムの無大きな変化の仮定の下で、集団と産業の成長が確かに遅くとも次の世紀にthの中で停止するであろうといくらかの自信を持って言うことができる。

使用可能な資源についてモデル仮定をテストするために、すべての他の仮定を標準のランにおけるそれらと同一にしておいて、私達は1900年に資源埋蔵量を二倍にした。

さて、資源がそんなに迅速に枯渇しないので、産業化はより高いレベルに達することができる。

しかしより大きな産業のプラントはそのようなレートで汚染をリリースするので、環境汚染吸収メカニズムは飽和する。

汚染が非常に急速に上がってその結果死亡率の即時の増加と食糧生産における低下を起こす。

ランの終わりに、資源は最初入手可能な二倍になった量にもかかわらず厳しく枯渇する。

世界システムの未来は、成長になり、それから陰鬱で、枯渇した生活の中に崩壊するはずであるか?

私達が、物事を行う私達の現在のやり方が変わらないであろうという当初の推定をするならば。

私達は人類の精巧さと社会的な柔軟性の十分な証拠を持っている。

システムの中にもちろん、多くのありそうな変化がある(それのいくつかがすでに起こっている)。

緑の革命はnon工業国の中で農業生産力を上げている。

産児制限の現代の方法についての知識は急速に広がっている。

人の努力の歴史は、物質的な範囲内で生きることにおける人類の失敗のたくさんの出来事を含んでいるけれども、今日の世界で多くの支配的な人々の文化的な伝統を成形するのは、限界に打ち勝つことについての成功である。

この300年の間に、人類は、人口に明白な限界を押しやる印象的なレコードと一連の華々しい技術進歩による経済成長を編集した。

人間社会の大部分の最近の歴史がそんなに継続的に成功していたので、多くの人々が、無制限に物質的なシーリングを上げることにおいて技術上の躍進がなることを期待しているのはまったく自然である。

新しいテクノロジーは、成長し、崩壊する世界システムの傾向を変更するであろうか?

私達に、しかし、技術的な楽天家が正しく、核エネルギーが世界の資源問題を解決するであろうと仮定させなさい。

私達に汚染世代において縮小も仮定させなさい 4のファクターによるすべてのソース 1975年に始まる 。

私達に、また、すべての世界の土地のヘクタールあたり正常な生産高が、私達が、1975年に始まって自発的に行われて、産児制限を完成すると仮定するtwo.Besidesのファクターによってさらに増大させられることができると仮定させなさい。

すべてのこれは、私達が、ある点で成長に様々な限界を出し抜くために世界モデルのすべてのセクタで技術的な方針を利用していることを意味している。

モデルシステムは原子力を生み出していて、資源をリサイクルしていて、最もリモートの準備を採掘している;

可能な限り多くの汚染物質を抑える;

押すことは土地から夢にも思わない高さのために降伏する;

そして、彼らの両親によって活動的に探されている子供だけを生む。

結果はまだ2100年の前に成長の終わりである。

3つのsiumultaneousな危機のため。

土地の乱用は浸食を引き起こしていて、食糧生産は低下する。

資源は繁栄した世界の総人口(しかし現在の米国人口と同じくらい繁栄していない)によってseverly無くされる。

汚染は上がり、低下し、それから、劇的に再び上がってその結果さらに食糧生産の減少と死亡率における急騰を起こす。

技術的な解決策だけのアプリケーションは人口と産業の成長の期間を延長したけれども、それはその成長に究極の限界を取り除かなかった。

世界モデルの多くの近似と制限を与えられて、それが、発生させる傾向がある一連の大災害を渋く思案することに意味が全然ない。

私達は、これらの出力装置のどれも予測ではないことをほんのあと1回強調する。

私達は、私達が示したグラフのどれの中、特に崩壊モードの中の世界モデルのようにも現実の世界が動くことを期待しないであろう。

モデルは人の活動の物質的な面だけについて動的なステートメントを含んでいる。

それは、社会変数--所得配分、ファミリーサイズについての態度、商品の間の選択、サービス、および食物--が、それらが最近の歴史における世界中で続いていたのと同じパターンに続き続けるであろうと仮定する。

これらのパターンと彼らが表している人の価値は私達の文明の成長期の中ですべて確立された。

人口と収入が、減少しはじめた時に、それらは確かに大いに改訂されるであろう。

私達が、人の社会の行動のどんな新しいフォームが明らかになるかもしれないか、そしてどれほど迅速にそれらが崩壊条件の下で出現するであろうかを想像することが難しいとわかって以来、私達は、そのような社会的変化を作成することを試みなかった。

成長が、そして崩壊終わる各アウトプットグラフの中のポイントにだけ、私達のモデルが持っている妥当性が持ち上げるものは始める。

私達がこの章の中で贈ったモデルランのすべての後ろの無言の仮定はその人口であり、それらがいくらかの「自然な」限界に到着するまで、資本の成長は、続くことを許されるべきである。

この仮定はまた、現実の世界の中で現在稼動可能な人の価値観の基本的な一部であるようである。

その最初の仮定、その人口、および資本の成長が意図的に制限されるべきでないけれども「彼ら自身のレベルを捜す」ために残るべきであるので、私達は、行動の崩壊モードを避ける方針のセットを見つけることができなかった。

人口と首都の成長に限界を取り除くか、拡張するテクノロジーの能力に、技術的な楽天家の希望は集中している。

私達は、世界で、資源枯渇の明白な問題へのテクノロジーのアプリケーションまたは汚染がモデルをすることを示したか、食糧不足は主要問題への影響を全然持っていない(それは有限で、複雑なシステムの中で急激な増加である)。

モデルの中のテクノロジーの利点の最楽観的予想さえ使う私達の試みは人口と産業の最終的な低下を防止しなく、実のところ、2100年を越えてともかく崩壊を延期しなかった。

あいにく、モデルはこの段階で新しいテクノロジーの社会的な副作用を示さない。

これらの効果は人々のライフへのテクノロジーの影響でしばしば最も重要である。

社会的な副作用は新しいテクノロジーの大規模な導入の前に予期されていて、買い占められなければならない。

テクノロジーが、政治的で、社会的に急速に変わることができる間、insitutionsは一般に非常にゆっくり変わる。

さらに、彼らはほとんど決して社会的要求を予想して変わらないけれども、ものに呼応してだけである。

私達はまた社会的な遅延の存在に留意しなければならない--社会が吸収するか、変化の準備をすることを可能にすることに必要な遅延。

ほとんどの遅延、健康診断、または懇親会は世界システムの安定性を減らし、オーバシュートモードの可能性を増大させる。

急激な増加のプロセスがますますより速いレートで追加のプレッシャーを作成しているので、社会的な遅延は、物質的なもののように、ますますより重大になりつつある。

技術変革のレートは、この促進されたペースにこれまでどうにかして付いて行ったけれども、人類は、社会的で、政治的で、倫理の、そして文化的な変化のレートを増大させるために新しい発見を事実上全然しなかった。

社会の技術進歩がすべての期待を叶えても、最終的に、人口と首都の成長を終わらせるのは非常によく技術的解決策のない問題またはいくつかのそのような問題のインタラクションであるかもしれない。

テクノロジーを、環境がどのような成長プロセスに対してでも及ぼす自然なプレッシャーに適用することは過去にとても成功していたので、文化全体は、彼らと暮らすことを学ぶというよりも限界と戦う原則のまわりで発展した。

成長の上の自主規制を受け入れることによってその限界の中に生きようとすることはよりよいか?

または、その時に、別の技術的な飛躍が、成長がより長くあり続けることを可能にするであろうという希望において、他の自然な限界が生じるまで、成長し続けることは望ましいか?

最近の数百年の間、人間社会はとても一貫し、首尾よく2番目のコースをたどったので、最初の選択はほぼ忘れられている。

人口と首都の成長がすぐ止めなければならないステートメントとの多くの不一致があるかもしれない。

しかし、事実上誰も、この惑星の上の物質的発達が永久に続くことができると主張しないであろう。

人の歴史におけるこのポイントで、上に提出された選択は人間活動のほとんどすべての範囲でまだ入手可能である。

首都と人口増加を起こす強いプレッシャーのいくつかを弱めることによってまたはcounterpressuresまたは両方を設立することによって、彼が好きな時に、人はまだ彼の限界と停止を選ぶことができる。

そのようなcounterpresuresはたぶん完全に楽しくならないであろう。

彼らは、確かにprofund変化を、成長の世紀までに人類の文化の中に深く印象を与えられている社会的で、経済の構造に巻き込むであろう。

選択肢は、テクノロジーの価格が、社会が支払うことができないほどなるまでまたはテクノロジーの副作用が自身で成長を抑制するまでまたは問題が生じるまで待つことである(それが技術的解決策を全然持っていない)。

それらのポイントのどれででも、限界の選択はなくなるであろう。

すべての問題の究極の解決策としてのテクノロジーにおける信頼は、従って私達の注意を最も根本的な問題--有限系の成長の問題--からそらし、それを解決するために私達が効果的な行動をとることを妨げることができる。

一方では、私達の意思は確かに、悪いか、無益であるか、不要であることとしてテクノロジーに烙印を押すことではない。

私達は、それらが成長の上の故意のチェックと結合されるならば、ここ--リサイクル、汚染制御装置、避妊器具--言及された技術開発の多くが人間社会の未来に完全に重要になるであろうと強く信じる。

私達は、私達がここでそれらの不合理な受容を論駁するのと同じくらい強くテクノロジーの利点の不合理な拒絶を嘆くであろう。

たぶん、私達のポジションの最もよい要約はシエラ・クラブの標語である:

「進歩への盲目の反対ではなく盲目の進歩への反対」。

私達は、社会が、テクノロジーが広く採用される前に3つの質問に対する答えを設立することによって各技術進歩を受け取るであろうということを望むであろう。

問題は以下の通りである:

- この開発が大規模の上で導入されるならば、何が、物質的で、社会的に副作用になるであろうか?

- この開発が適切に実施されることができる前に、どんな社会的変化が必要になるであろうか、そして、それらを達成するのに、時間はどれくらいかかるであろうか?

- 開発が完全に成功していて、成長にいくつかの自然な限界を取り除くならば、成長するシステムは次にどんな限界に遭遇するであろうか?

社会は、この開発が、追放するようにデザインされる人よりそのプレッシャーを好むであろうか?

私達は、である世界システムを表しているモデルを検索している:

1. 突然で、制御不可能な崩壊なしで持続可能である;

そして

2. その人々のすべての基本的な物質的な要件を満たすことが可能である

ポジティブな出生率ループによって起こされた世界の総人口の圧倒的な増加は最近の現象(人類の世界的な死亡の非常に成功した縮小の結果)である。

コントロール・ネガティブ・フィードバック・ループは、ポジティブなループが強制なしで事実上動作することを可能にして、弱まっている。

結果として生じている不均衡を復元する方法は2つしかない。

出生率は、新しく、より低い死亡率と等しいために着陸しなければならないか、死亡率は再び上がらなければならない。

人口増加への自然拘束のすべては2番目の方法で動作する--それらは死を上げる。

その結果を避けることを望んでいるどのような社会でも、正のフィードバックのループをコントロールするために故意の行動をとらなければならない--出生率を減らすには。

しかし、安定人口でそれだけでは、オーバシュートと崩壊を防止することについてが十分でない;

不変資本と上がる人口との同様なランは、安定首都だけでまた十分でないことを示す。

私達が、同時に両方の正のフィードバックのループをコントロール下に至らせるならば、何が起こるか?

私達は、投資率が人口安定ものと正確に相似の追加のモデルリンクによって減価償却率と等しいことを必要とすることによってモデルの中で資本金を安定させることができる。

1975年のやむ人口増加と他の変化のない1985年の産業の資本の成長の結果は一人あたり食物、工業生産、およびサービスの比較的高いレベルでその人口と届く範囲定数資本金である。

しかし、結局、資源不足は工業生産とtemporily安定した国の堕落者を減らす。

しかし、私達は、システムの成長傾向を減らす値変化によって技術変革をconbiningすることによって大いにモデル行動を改善することができる。

そして、安定した世界の総人口は今日人口より少し多いだけである。

1970年に一人あたり平均値の倍の食物より多くがあり、世界平均寿命は約70年である。

平均的な工業生産は一人当たり今日のレベルのかなり上にあり、サービスは一人当たり三倍になった。

全体の平均所得は一人当たり(結合された工業生産、食物、およびサービス)現在の平均的なヨーロッパ収入と現在の平均的な世界収入の3倍と等しい約半分の現在の平均的な米国収入である。

それらがどのような現実的な想定の下にでもあるにちがいないようにするにつれて、資源はまだ徐々に枯渇しているけれども、枯渇のレートはとても遅いので、資源入手可能性の変化に適合させるテクノロジーと産業のための時間がある。

私達が、私達の最も非現実的な仮定をリラックスさせるならば--私達が、それらを以下と取り替えて、突然、完全に人口と首都を安定させることができる:

1. 人口は効果的な産児制限に100パーセントアクセスできる。

2. 平均的な要求されたファミリーサイズは2人の子供である。

3. 経済システムは、1975年のレベルぐらいに一人当たり平均的な工業生産を維持することに努力する。

余分な産業の機能は、減価償却率の上の産業の資本投下レートを増大させるというよりも消費財を生産するために使用される。

私達は、モデル缶の中でシステム安定性を達成することに必要な方針のその1 1つを思わないか、1975年までに世界で突然紹介されるべきである。

確かにゴールとして安定性を選んでいる社会は徐々にそのゴールに接近しなければならない。

しかし、より長く、急激な増加が、続けることを許されるほど、可能性が最終的な安定したレートのためにより少なくあり続けることに気がつくことは重要である。

多くの人々は、私達が、成長と崩壊の行動モードを避けるためにモデルに導入した変化が不可能なだけでなく不愉快で、危険で、自身の中で悲惨でさえあると思うであろう。

出生率を減らすこと、およびそれらが実施できるどのような方法によっても物質的な商品の生産から資本を転換することについてのそのような方針 思われ それらがしないので、ほとんどの人々の経験 試されるか、またはひどく提案されさえする において不自然で、想像できない 。

実に、私達が、無制限の成長の現在のパターンが未来の中に持続可能であったと思ったならば現代社会の機能のそのような根本的な変化を議論することにさえほとんど意味がないであろう。

しかし、私達に利用可能なすべての証拠は、3つの選択肢--無制限の成長、成長への自主制限、または成長への自然で課された制限--のうちの、ほんの最後の2が実際可能であることを示唆する。

成長に自主制限を達成することは多くの努力を必要とするであろう。

それは、新しい方法で多くの事をすることを学ぶのを伴うであろう。

それは人類の精巧さ、柔軟性、および自己訓練に課税するであろう。

故意で、コントロールされた端を成長に持って来ることは迎えられたeasiliyではなくすさまじい挑戦である。

最終結果はその努力に値しているであろうか?

人間性は何がsiuuchによって変遷を得るであろうか?そして、それは何を失うであろうか?

私達に、非成長の世界が何に似ているかもしれないかをより多くの詳細な記述の中で考慮させなさい。

用語「平衡」によって、一定の人口と首都の州に電話するために決められた多くの議論の後に、私達は持っている。

平衡は反対力の間のバランスまたは平等の状態を意味している。

世界モデルの動的な用語で、反対力は、人口と資本金を、増加さ(高い要求されたファミリーサイズ、低い産児制限effectivness、資本投下の高いレート)せているそれらと人口と資本金を、減少さ(食物、汚染、高い減価償却費比率、または退化の不足)せているそれらである。

言葉「首都」は、結合されたサービスの、産業で、農業の首都を意味すると理解されているべきである。

従って、グローバルな平衡の状態の最も基本的な定義は、人口と資本が、慎重にコントロールされたバランスにおいてそれらを増大させるか、減少させる傾向がある力によって本質的に安定していることである。

その定義の中にバリエーションの多くの余地がある。

私達は、資本と人口の株が一定であり続けると指定するだけであったけれども、それらは理論上ハイレベルまたは低レベルで一定であるかもしれない--または、一方は高く、他の最低水準であるかもしれない。

より長い間、社会が、平衡状態を維持することを好むほど、レートとレベルはより低くなければならない。

その存在のためのかなり長い計画対象期間と望ましいゴールとしての長い平均寿命を選ぶことによって、私達は今やグローバルな平衡の状態のための要件の最小セットに到達した。

それらは以下の通りである:

1. 首都は植えて、人口は、size.The出生率における定数が死亡率と等しく、資本投下レートが減価償却率と等しいことである。

2. すべての入出力のレート--誕生、死、投資、および減価償却--は最小限にとどめられる。

3. 首都と人口と2の比率のレベルは、テクノロジーの進歩が新しいオプションを作成する時に、society.Theyの価値に応じたセットが意図的に改訂されて、ゆっくり調整されるかもしれないことである。

このように定義された平衡はよどみを意味していない。

上の最初の2つのガイドライン以内に、企業は拡大するか、倒産することができて、地元の住民は増加することができたか、減少収入はだいたい等しく配布されるかもしれない。

技術進歩は、ゆっくり増大するために一定の資本ストックによって提供されたサービスを許すであろう。

3番目のガイドラインの中で、どのような国でも、その人口とその資本の間のバランスを変更することによってその平均的な生活水準を変更することができた。

さらに、社会は、前もって決定されたゴールを思って人口または資本金またはゆっくり、中の、管理された方法を上げるか、下げることによって変わる内部のまたは外部のファクターに順応することができた。

上の3ポイントは動的平衡を定義する(それは人口の中に世界を「凍結する」必要がなく、たぶん、そうしないであろう)

現在の時間に偶然存在する首都コンフィギュレーション。

3つ以上のステートメントを受け入れることにおけるオブジェクトは、拘束服を課すのではなく社会のために自由を作成することである。

人生はそのような平衡状態においてどんな感じであろうか?

革新は妨げられるであろうか?

社会は、私達が今日世界で見る不均衡と不正のパターンの中にロックされているであろうか?

平衡状態において社会的な条件の形式モデルが全然ないので、これらの問題の議論はメンタル・モデルに基づいて進まなければならない。

誰も、人類がこれらの新しい条件の下でどんな種類の設立を発展させるかもしれないかを予測することができない。

新しい社会が、ずっとよいか、今日存在しているそれととてもさえ違うであろうという保証がもちろん全然ない。

成長によって起こされた多くの問題と格闘することから解放された社会が、他の問題を解決することに利用可能なより多くのエネルギーと精巧さを持つかもしれないことはしかし可能であるようである。

私達は、実のところ、革新と技術開発に賛成している社会、平等に基づいた社会、および公正の発展が、それよりずっとグローバルな平衡の状態において発展しそうであることは、私達が今日経験している成長の状態にあると信じる。

人口と首都は、平衡状態において一定である必要がある唯一の量である。

かけがえのない資源の大きな流れを必要としていたり厳しい環境の悪化を引き起こしたりしないどのような人間活動でも、無制限に成長し続けるかもしれない。

特に、多くの人々が人--教育、アート、音楽、宗教、基本的な科学的研究、運動競技、および社会的な交流--の最も望ましく、満足な活動としてリストするであろうそれらの追跡は茂ることができた。

上でリストされた活動のすべては非常に強く2つのファクターに依存する。

第一に、fodとシェルターのbasixc人のニーズが満たされていた後に、彼らはある余剰生産の入手可能性に依存する。

第二に、彼らは余暇を必要としている。

どのような平衡状態においてでも、首都と人口の相対的なレベルは、人の物質的な要求がどのような要求されたレベルででも果たされることを保証するために調整されることができた。

物的生産の量が本質的に固定されるであろうので、製造方法の中のすべての改良は人口のための増大した暇を結果として生じることができた--上でリストされたそれらなど相対的にnonconSumingしていて、無公害のどのような活動にでも当てられることができた暇。

技術進歩は平衡状態において必要で、喜ばしいであろう。

私達がここで引いた平衡状態の写真は確かに理想化されている。

ここでdesribedされたフォームにおいて達成することは不可能であるかもしれず、地球の上のほとんどの人々が選ぶであろうということはそのフォームではないかもしれない。

全くそれを説明することにおける唯一の目的は、グローバルな平衡が進歩または人間発達の終わりを意味する必要がないことを強調することである。

平衡状態の中の可能性はほとんど無限である。

どの社会もプレッシャーがないはずがないので、平衡状態はプレッシャーがなくないであろう。

平衡は汚染と混雑からリリーフなどの子供の産出する無限の数または他の自由のための消費する制御されていない量の資源などの取引する確実な人の自由を必要とするであろうし、新しい自由がまた生じるかもしれないという世界システム.の崩壊の脅威は可能である--万人と無制限な教育、創造性と創造性のための暇、およびすべて、飢えからの自由、および世界の人々のそのような小さな部分によって楽しまれた貧乏の中で最も重要である。

今日。

私達は、取られるかもしれない実用的で、日の日までの処置について、グローバルな平衡の望ましく、持続可能な州に到着するように全くと言っていいほどこの時点で言うことができない。

世界モデルと私達自身の考えのどちらも、成長から平衡までの変遷のすべての意味を理解するために十分詳しく開発されていない。

世界の社会の部分が意図的にそのような変遷に乗り出す前に、さまざまな人々によって寄与されているずっとより多くの議論、より多くの広い分析、および多くの新しいアイデアがなければならない。

平衡社会は、現在の人の値の考慮によって有限の地球によって生まれているトレードオフを検討する必要があるであろうだけでなく、また、未来の世代の考慮によって、.長期目標は指定されなければならず、短期の目標が、彼らと一致させられなければならない。

私達は緊急性の注の上で終わる。

私達は繰り返し世界の人口首都システムの自然な遅れの重要性を強調した。

例えば、これらの遅延は、メキシコの出生率が徐々に2000年までにその現価から正確な置換価値まで傾いていたならば、国の人口が、2060年まで増加し続けるであろうということを意味している。

その時間の間に、人口は5000万から1億3000万まで増加するであろう。

私達は、どれくらいより長い人類が、それがコントロールのためのチャンスを失っているであろう前にその成長の故意のコントロールを開始するのを延期することができるかを確信を持って言うことができない。

成長期が後100年の間続けることができない惑星の物理的制約に関する現在の知識に基づいて、私達は疑っている。

再び、システムの遅れのため、それらの制約がまぎれもなく明白であるまで、グローバルな社会が待つならば、それはあまりにも長い間待っているであろう。

深い心配の種があるならば、また、希望のための原因がある。

意図的に制限する成長は難しいであろうけれども、不可能でないであろう。

進む方法はクリアで、必要なステップは、それらは人間社会のための新しいものであるけれども、人の機能の中でよい。

人は、世界がこれまでに知っていたことがある知識、ツール、および資源の最も強力な組み合わせを彼の歴史における小さな瞬間の間所有している。

彼は、人間社会のすっかり新しいフォームを作成することに物理的に必要なすべてを持っている--代々続くために築かれるであろうもの。

2つの行方不明の成分は、リアル、人類を、そのゴールを達成することの平衡社会および人の意志に誘導できる長期目標である。

するそのようなゴールと関与なしで

それ、短期の懸念は、地球および究極の崩壊の限界に世界システムを操作する急激な増加を発生させる。

そのゴールとその関与によって、人類は、現在成長からグローバルな平衡までのコントロールされて、整然とした変遷を開始する用意ができているであろう。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年12月13日

                           山本尚利

タイトル: 液晶パネルのカルテル疑惑:米国の逆襲か



1.液晶パネルの国際カルテル疑惑浮上

 2006年12月13日のマスコミ報道によれば、液晶パネルの国際カルテル疑惑により、液晶メ

ーカー各国の規制当局がいっせいに調査に乗り出したようです。この国際調査は、米国パソ

コンメーカーの要請を受けた米国連邦政府の規制当局が主導しているのではないかとの見方

が、韓国では広がっているようです。日本では、シャープ、東芝松下ディスプレイ・テクノ

ロジー、日立ディスプレイ、日立・東芝・松下合弁のIPSアルファ・テクノロジーなど日本勢、

そして日本以外では、ソニーに液晶パネルを供給しているサムスン電子、LGフィリップス、

友達光電などが調査対象です。

 朝日新聞(2006年12月13日朝刊)に掲載されている2006年7~9月の10インチ以上の液晶パ

ネルの国際シェア(ディスプレイサーチ調査)は、韓国サムスン電子24.1%、韓蘭合弁LGフ

ィリップス20.7%、台湾友達光電15.3%、台湾奇美電子11.6%、台湾中華映管6.1%、その他

と80%以上は韓国・台湾企業が占めています。日本のトップ液晶メーカーのシャープは6.0%

と6位です。ところで、液晶パネルを購入している大口顧客は、デル、HP(ヒューレット・パ

ッカード)、アップルなど米国PCメーカーです。その意味で、今回の国際調査が、米国PCメ

ーカーの圧力で動いているのはミエミエです。規制当局サイドは、訴えがあれば動かざるを

得ません。



2.液晶パネル技術発展の経緯

 液晶パネルの試作品は、米国RCAのデビッドサーノフ研究所で1960年代に開発されました。

筆者が1986年から2003年まで所属したSRIインターナショナルは、RCAを買収したGEのジャッ

ク・ウェルチから1987年にRCAのデビッドサーノフ研究所を研究員込みで無償譲渡されていま

す。70年代初頭、日本のシャープは電卓にRCAの液晶ディスプレイ技術を応用することに成功

しました。当時のシャープはデビッドサーノフ研究所の日本人研究員をスカウトし、液晶デ

ィスプレイの商品化に成功しました。その立役者は、佐々木正、元シャープ副社長であるこ

とは有名です。筆者の記憶によれば、シャープはそれ以降、デビッドサーノフ研究所に多く

の研究プロジェクトを委託しています。以上の経緯から、液晶パネル技術は、米国のR&Dエン

ジニアにより世界で初めて新製品化され、日本のR&Dエンジニアにより商品化された技術製品

の代表です。パイオニア的技術開発力に優れる米国人R&Dエンジニアと、改良的技術開発力に

優れる日本人R&Dエンジニアの相互補完による傑作が液晶パネル技術体系なのです。このよう

な事例は、アナログテレビやアナログビデオやデジタルビデオ分野でも観察できます。さて

DVD技術で日本メーカーは、現在、世界トップレベルにありますが、オリジナル技術DVI

(Digital Video Interactive)は、上記デビッドサーノフ研究所で80年代半ばに開発されてい

ます。

 さて、液晶パネルの量産は上記のように、2006年末現在、韓国と台湾メーカーに完全にリ

ードされています。液晶パネル商品化のリーダー企業であったシャープが6位とはなんとも情

けない限りです。液晶パネル技術の生みの親、米国RCAは今、もはや世界に存在しません。そ

の他の米国メーカーも、もはや液晶パネル事業分野には登場しません。この現状に誇り高い

米国人R&Dエンジニアはどのような感慨を抱いているでしょうか。ひさしを貸して母屋をとら

れた米国人は、日本人を含むアジア人に恨みを抱いていると考えたほうがよいでしょう。わ

れわれ日本人を含む、アジア人には、このように恨みを抱く米国人の心情に思いをはせるこ

とは皆無です。このツケが今、回ってきたといえるのではないでしょうか。



3.マイクロソフトのビスタ発売との関連性

 来年2007年早々、マイクロソフトの次世代OS(Operating System)であるビスタが発売され

ます。デル、HP、アップルなど米国PCメーカーは、ビスタ発売をトリガーとしてPCの大幅買

い替え需要の創出に手ぐすねを引いています。そのタイミングに、この液晶パネルの価格カ

ルテル疑惑が噴出したわけです。IBMはすでに中国レノボにPC事業を売却しています。残るデ

ル、HP、アップルの三大米国PCメーカーにとって、パソコンは米国の消費財製造業の最後の

砦です。PCのキーコンポーネントであるOS、マイクロプロセッサー、セキュリティソフトは

かろうじて、米国企業が押さえていますが、ハード部分は液晶パネル、二次電池を含め、ほ

とんどアジア企業に席巻されてしまいました。米国人は本音では、この現状に満足している

とは思えません。むしろ虎視眈々と逆襲の機会を窺っているとみたほうがよいでしょう。



4.ソニー製リチウムイオン電池リコールとの関連性

 ノートパソコンに内蔵されるソニー製リチウムイオン電池のリコールも、始めはデルとア

ップルから起こされています。(注1)

 この事件で不思議なのはHPからはソニーにリコール要求が起こされていない点です。HPで

は最近、経営陣の社内密偵での非合法手段採用が発覚して経営トラブルに見舞われていたこ

とが影響しているのか、それとも、なにか別の魂胆があるのかは不明です。

 ノートパソコンは、元々、航空機テロに使われる危険が高く、とりわけリチウムイオン電

池は可燃性であり、企業攻略の陰謀に利用されやすい側面をもっていました。その意味で、

今回の液晶パネルのカルテル疑惑浮上と、先のソニー製リチウムイオン電池リコール事件は

間接的に、なんらかの闇の関連性の存在を否定できません。



5.マルチメディア市場におけるアジアメーカーの台頭阻止戦略の始動

 世界規模で隆盛するマルチメディア事業分野にて、米国勢の逆襲作戦が始まるとすれば、

その開戦時期は、前述のように、ビスタ発売時期、すなわち2007年初頭でしょう。

 世界市場へのビスタの投入によって、世界に広がったPCユーザーの囲い込み戦略が始動す

ると思われます。マルチメディアのデジタル化の流れがすでに定着していますので、今後PC

とTVの融合化が限りなく進むはずです。超長期戦略で動く米国勢の次の手は、インターネッ

トの普及によりネットワーク接続された世界のPCユーザーを完全に支配するアジェンダをい

よいよ実現させようとすることでしょう。世界の人々のマインドコントロールのための現代

版バイブルとなるマルチメディア端末のキーコンポーネントとして、OS、アプリケーショ

ン・ソフト、マイクロプロセッサー、インターネット・プロトコル、セキュリティ・システム

の順に米国勢が押さえていますが、コンテンツ、ハード(液晶パネル、電池、電子部品な

ど)はまだ十分に押さえられていないわけです。

 それどころか、米国勢からみれば、放置しておくと、アジア勢が、マルチメディア技術体

系の上流部分(アンタッチャブル領域)に侵入してくる脅威が高まっているわけです。この

脅威を取り除く方法として有力なのは、米国資本によるソニー攻略のように、脅威の高いア

ジア企業を完全にアメリカナイズしてしまう方法です。(注2)

 しかしながら、米国勢にとって、アジア企業の中でソニーは別格であり、その他大勢のア

ジア企業は単に、攻略の対象でしかありません。今回の液晶パネルのカルテル疑惑国際調査

は、米国勢にとって、アジア勢の台頭阻止にむけての前哨戦のひとつと位置づけられるでし

ょう。



注1:ベンチャー革命No.207『リチウム電池リコール:ソニーの危機』2006年10月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr207.htm


注1:ベンチャー革命No.178『ソニーで占うセミ米国化』2005年9月24日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr178.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

儀式なのか?

Abraham Lincoln/Rothschild


?





The oil painting of Lincoln is by artist and sculptor Richard R. Miller.


"Did you know that Cherie Booth, England's Prime Minister, Tony Blair's wife is the great-great-great granddaughter of John Wilkes Booth, the man who allegedly assassinated Abraham Lincoln?




? Even thought he acted the tyrant in keeping Maryland from seceding and raised the Army of the Potomac to "put down the rebellion", there is evidence that he had a change of heart. Accordingly to many, Lincoln was converted to Christ after viewing the battlefield at Gettysburg. He later joined the Presbyterian Church in Washington and had several spiritual conversations with his close friend and converted priest, Charles Chiniquy. We read: "I will repeat to you what I said at Urbana, when for the first time you told me your fears lest I would be assassinated by the Jesuits: Man must not care where and when he will die, provided he dies at the post of honor and duty. But I may add, today, that I have a presentiment that God will call me to Him through the hand of an assassin. Let His will, and not mine, be done! The Pope and the Jesuits, with their infernal Inquisition, are the only organized powers in the world which have recourse to the dagger of the assassin to murder those whom they cannot convince with their arguments or conquer with the sword.


? "In the late spring of the year of 1808 Nancy Hanks, who was of the family lineage of McAdden was visiting some of her family in the community of Lincolnton, North Carolina. During her stay in the Carolina's, she visited many neighboring families she had known for many years; one such was the Springs family. The sordid details had been omitted but obviously the young Nancy Hanks had found herself in a compromised position and was forced to succumb to the lust of A.A. Springs. She became pregnant as a result. There were no details of a love affair or an act of violence on a helpless female. Abraham Lincoln was the result of that act, which leads one to wonder if the name Lincoln was real or fabricated from the area of conception which was Lincolnton. Was there really a Thomas Lincoln? Since the Springs were of the race that called themselves "Jewish", Lincoln was part Jewish and as part of the Springs family, he also became a relative of the Rothschild family by blood." Pandora's Box -- Proving Abraham Lincoln was a Rothschild


? This is the man I will present in King Lincoln ? not the incarnation of the American Idea, but an oddly concrete human being who, for some reason, never allowed his children to meet their grandfather. The Mythic Lincoln is open and universal, with nothing to hide: the real Lincoln was "secretive," "reticent," "shut-mouthed." The Mythic Lincoln quoted Scripture and talked like the King James Bible: the real Lincoln could never bring himself to believe. The Mythic Lincoln detested cruelty and violence: the real Lincoln accepted 620,000 deaths, to "save" an ill-defined "Union." The Imaginary Abe


?


John F. Kennedy / Abraham Lincoln coincidences?


Abraham Lincoln was elected to Congress in 1846.

John F. Kennedy was elected to Congress in 1946.


Abraham Lincoln was elected President in 1860.

John F. Kennedy was elected President in 1960.


The names Lincoln and Kennedy each contain seven letters.


Both presidents were particularly concerned with civil rights.


Both presidents' wives' lost children both while living in the White House, and after living in the White House.


Mrs. Kennedy advised Lincoln not to go to the theatre and Mrs. Lincoln advised Kennedy not to go to Dallas.


Both were succeeded by Southerners.


Both successors were named Johnson.


Andrew Johnson, who succeeded Lincoln, was born in 1808.

Lyndon Johnson, who succeeded Kennedy, was born in 1908.


Abraham Lincoln died in 1865.

Andrew Johnson died in 1875.


John F. Kennedy died in 1963;

Lyndon Johnson died in 1973.


Both Johnson's faced the next election against men whose names began with "G"

(Grant and Goldwater.)


Both successors left the presidency in disgrace without running for reelection.


Both presidents were shot on a Friday.


Both presidents were shot in the head.


Both presidents were shot while seated next to their wife.


Both presidents were assassinated by Southerners.


John Wilkes Booth, who assassinated Lincoln, was born in 1839.

Lee Harvey Oswald, who assassinated Kennedy, was born in 1939.


Both assassins were known by three names, both names contain fifteen letters.


Booth ran from the theater and was caught in a warehouse.

Oswald ran from a warehouse and was caught in a theater.


Booth and Oswald were assassinated before their trials.


Lincoln was shot in the Ford theatre and Kennedy was shot in a Ford Lincoln.





エイブラハム・リンカン/ロスチャイルド

リンカーンの油絵はアーティストと彫刻家リチャードR.ミラーによってにある。

「あなた、情報を知る者のために、そのシェリーブース、イギリスの総理大臣をし、トニー・ブレアの妻は、ジョン・ウィルクス・ブース(申し立てによると、エイブラハム・リンカンを暗殺した人)の大きく大きく偉大な孫娘である?」

メリーランドが離脱することを妨げることにおいて、彼が暴君を演じて、「反乱を鎮圧する」ために、ポトマック軍を上げたと思い、彼が心変わりを持っていたという証拠がありさえする。

それに応じて、多くに、ゲティスバーグで戦場を見た後に、リンカーンはキリストに転向した。

彼は後でワシントンで長老派教会に参加し、彼の親友と変換された聖職者、チャールズChiniquyといくつかのスピリチュアルな会話をした。

私達は読んだ:

「初めて、私がイエズス会士によって暗殺されるであろうないように、あなたがあなたの恐怖を私に話した時に、私は、私がアーバナで言ったことをあなたに繰り返す:」

彼が名誉と義務のポストで死ぬならば、人は、彼がどこといつ死ぬであろうかを気にしてはならない。

しかし、私は、私が、神が暗殺者の手を通して彼に私を呼ぶであろうという予感を持っていると今日付け加えるかもしれない。

彼の意志をされるようにし、私のものをしないでください!

法王とイエズス会士は、彼らの地獄の審理によって、彼らが彼らの議論によって納得させて、剣によって征服することができない人々を殺すために、暗殺者の短剣に依頼を持っている世界の唯一の組織された能力である。

「1808年のナンシー・ハンクスの年の晩春に、誰がMcAddenのファミリー家系をもっていたかはLincolnton、ノースカロライナのコミュニティで彼女の家族のいくつかを訪問した」。

彼女のカロライナの滞在中に、彼女は、彼女が何年もの間知っていた多くの近隣のファミリーを訪問した;

1つのそのようなものはスプリングス家であった。

汚い詳細は省略されたけれども、明らかに、若いナンシー・ハンクスは損われたポジションに居て、A.A.スプリングスの熱望に負けることを強制された。

彼女は結果として妊娠した。

無力な女性に恋愛関係または暴力行為の詳細が全然なかった。

エイブラハム・リンカンはその行為の結果であった(それのために、人は、名前リンカーンが本当であったかLincolntonであった概念のエリアから偽造されたかと思う気になる)。

本当に、トーマス・リンカーンがいたか?

スプリングスが、自身を「ユダヤ人」と呼んだレースをもっていたので、リンカーンはユダヤ人の部分であり、スプリングス家の一部として、彼はまた血インチによってロスチャイルド家の親族になった。

パンドラの箱--証明エイブラハム・リンカンはロスチャイルドであった。

これは、私が、アメリカアイデアの具体化ではなく何らかの理由で、決して、彼の子供に、彼らの祖父と会うことを許さなかった奇妙に具体的な人間をキングリンカーン?において贈るであろう人である。

神話的なリンカーンは、隠す何もなしに開いていて、一般的である:

本当のリンカーンは「秘密主義で」、「無口」、「ささやかれて閉じられる」であった。

神話的なリンカーンは聖書を引用し、欽定訳聖書のように話した:

本当のリンカーンは、決して自身に、信じさせることができなかった。

神話的なリンカーンは残酷さと暴力を嫌っていた:

不明確な「組合」を「救う」ために、本当のリンカーンは620,000人の死者を受け入れた。

虚数エイブ

ジョン・F・ケネディ/エイブラハム・リンカンの偶然の一致?

エイブラハム・リンカンは1846年に議会に選ばれた。

ジョン・F・ケネディは1946年に議会に選ばれた。

エイブラハム・リンカンは1860年に大統領に選ばれた。

ジョン・F・ケネディは1960年に大統領に選ばれた。

名前リンカーンとケネディは7通の手紙をそれぞれ含んでいる。

両方の大統領は特に公民権に関係していた。

ホワイトハウスに住む間とホワイトハウスに住んだ後の両方の大統領の妻の迷子。

ケネディさんはリンカーンに、劇場に行かないようにアドバイスし、リンカーンさんはケネディに、ダラスに行かないようにアドバイスした。

両方に南部地方の人が続いた。

両方の後継者はジョンソンと名付けられた。

リンカーンから引き継いだアンドリュー・ジョンソンは1808年に誕生した。

ケネディから引き継いだリンドン・ジョンソンは1908年に誕生した。

エイブラハム・リンカンは1865年に死んだ。

アンドリュー・ジョンソンは1875年に死んだ。

ジョン・F・ケネディは1963年に死んだ;

リンドン・ジョンソンは1973年に死んだ。

両方ともジョンソンは、名前が「G」(グラントとゴールドウォーター。)から始まった人に対して次の選挙に直面していた。

再選に出馬せずに、両方の後継者は大統領任期を不名誉に置いていった。

両方の大統領は金曜日に撃たれた。

両方の大統領は頭を撃たれた。

彼らの妻の隣で座っている一方、両方の大統領は撃たれた。

両方の大統領は南部地方の人によって暗殺された。

リンカーンを暗殺したジョン・ウィルクス・ブースは1839年に誕生した。

ケネディを暗殺したリー・ハーヴィー・オズワルドは1939年に誕生した。

両方の暗殺者は3つの名前によって知られていて、両方の名前は15通の手紙を含んでいる。

ブースは劇場から動き、倉庫でつかまった。

オズワルドは倉庫から走り、劇場でつかまった。

ブースとオズワルドはそれらのトライアルの前に暗殺された。

リンカーンはフォード劇場で撃たれて、ケネディはフォード・リンカーンで撃たれた。

雑感・蛇足




?




911より続く、テロへの戦争は世界を巻き込みアフガン、イラクへと進み、少し間を空けてイスラエルのレバノンへの参戦。この続きが、シリア、イランとの戦争へと続く筈であったのだろうか?。しかし、テロリストのヒズボラに自慢の世界一のメルカバ戦車は全滅の憂き目にあった。また、戦艦も沈められるに至り、戦略は頓挫した。世界の支配者は第3次世界大戦に突入するため、世界のアチッコッチに火種を用意している。だが、ネットや民族の芽生えは止めようがなく広がり続けている。


テロリストなどとテロリストの支配者に言われ、人工国家群がNWO(グローバルガバナンス)に向かって、世界人口縮小、再配置計画を実施するのをストップされている。


支配層が危機感と焦りを持っている証は、ロシアを敵に仕立て、世界戦争への出発を図る事にスパイの暗殺の嫌疑を作っていることだ。どれも、うまく機能していないように見える。


しかたなく、宗派の戦争としてイラクの分割統治を目論み、火の粉を中東に飛び火する戦略なのであろうか?


世界中の人間が目覚めつつあり、支配統治に気づき始めている事は、大きな変革の前触れなのだろうか?









太田龍氏の時事寸評より








「ファンドの資金力に比べればロスチャイルド銀行など小さいものである……」(松藤民輔)と言うこの利口ぶった白痴の妄言。
??




更新 平成18年12月08日23時50分



平成十八年(二〇〇六年)十二月八日(金)

(第一千八百八十八回)



○松藤民輔著

 「アメリカ経済終わりの始まり

  ―脱ペーパーマネー経済時代の超資産運用論」

  講談社、二〇〇六年十一月。



○この本の五十一頁に、

 「ユダヤ、ロスチャイルド、ロックフェラーはもう古い

  ―世界の金融を動かしているのは『ファンド』である―」



○と言う項目がある。



○これを読んで行くと、



○ 「ファンドの資金力に比べれば、ロスチャイルド銀行など小さな

  ものである。日本の金融機関でいえば地銀100位前後のボリュ

  ームしかない。……これは、『バブル』である。実像はかなり小

  さいのである。」



  「ロスチャイルド家、ロックフェラー家、ビル・ゲイツ、ブルネ

  イの王様がどうのこうのといっても、個人金融資産はせいぜい

  3兆~7兆円くらいのものである。……」(五十一、二頁)



○などと書いてある。



○つまり、めだかは鯨より大きい、と言うわけである。



○この本の著者は、



○自分では、羽根を伸ばして大空を高く自由自在に飛びまはって居る、



○と思って居るのかも知れない。



○しかし、現実には、このひとは、イルミナティサタニスト世界権力の

 設定したひとつの小さな檻の中でバタバタして居る一匹のネズミ以上

 のものではない。



○ここには、「ロスチャイルド銀行」とある。



○これは、何のことか。



○このひとは、国際金融について白痴同然である。



○ロスチャイルド家は、ナポレオン退陣後、



○イングランド銀行を支配して居る。



○更にその約百年後、米FRB連邦準備制度を支配して居る。



○「ロスチャイルド」については、

 「沈黙の兵器」(太田龍著、データハウス刊、一九九五年)百頁以下

 第三章が必読である。



○「魔術とイルミナティ」(一九八一年、英文、未邦訳、著者不明)

 によれば、世界権力イルミナティは、世界を支配するために、五つの

 部門を組織している。即ち、



 (1)金融部門

 (2)政治部門

 (3)シビル(知識)

 (4)オカルトと宗敎

 (5)ソーシャル部門(マスコミ、芸術、文化……)



○そして、この五部門の頂上には、ロスチャイルド家の五人の兄弟、



  フィリップ

  エドモンド

  ヴィクター

  ギー

  ナタニエル



○から成る、ロスチャイルド・トリビューナル(法廷)が置かれて居る。



○そして、その五つの部門のそれぞれに前出五人の兄弟のうちの三人が

 配置されて居ると言う(百十四頁)。



○この五部門の中には、「経済」は存在しない。



○「経済」は、「金融」部門が指揮するらしい。



○要するに、ロスチャイルド家は、日本人の常識的な見方としての単なる

 金融家、投資銀行家、金融資本家、ではないのである。



 (了)



【参考文献】



○太田龍著

 「沈黙の兵器―静かなる第三次世界大戦の宣戦布告」

  付録『静かな戦争のための沈黙の兵器』

      データハウス刊、一九九五年十一月発行、定価千三百円、

      送料二百九十円(冊子小包)



○日本義塾出版部でも取り扱い。



【近刊予告】



○ジョン・コールマン博士、太田龍。

 「ロスチャイルドの密謀」成甲書房、約四百頁、平成十九年一月刊予定。




誰が描く?新しい中東マップ




Map: click to enlarge




Plans for Redrawing the Middle East: The Project for a “New Middle East”

by Mahdi Darius Nazemroaya

?Global Research, November 18, 2006

~原文省略~

中東を再描画することについての計画:「新しい中東」のためのプロジェクト

マハディ・ダリウスNazemroayaによって

2006年11月18日のグローバルな研究

「覇権は人類と同じくらい古い…」

「-ズビグニュー・ブレジンスキー、前の米国国家安全保障アドバイザー」

用語「新しい中東」は、米国の国務長官コンドリーザ・ライス(用語を作り出すために西洋のメディアによって信用された)によってより古く、もっと印象的な用語、「より大きな中東」と引きかえに世界に2006年6月にテルアビブで導入された。

外交方針語法におけるこのシフトは東地中海のバクートビリシCeyhan(BTC)オイルターミナルの就任と同時に発生した。

「新しい中東」の用語と概念化はレバノンの英米の後援されたイスラエルの包囲攻撃の真っ盛りに米国の国務長官とイスラエルの総理大臣によって後で伝達された。

オルメルト総理大臣とRice秘書は、「新しい中東」のためのプロジェクトがレバノンからスタートされていたことを国際的なメディアに知らせた。

この発表は中東で英米イスラエル人「軍隊のロードマップ」の確認であった。

数年の間計画段階にあるこのプロジェクトは、レバノン、パレスチナ、およびシリアからイラク、ペルシャ湾、イラン、およびNATOで駐屯したアフガニスタンの境界に拡張している不安定さ、カオス、および暴力の円弧を作成することに存在している。

「新しい中東」プロジェクトは、レバノンが、中東全体を再編成するための圧点であるであろうし、従って、.「建設的なカオス」の力を解放して、米国、英国、およびイスラエルがそれらの土地で戦略的なニーズとに従って中東のマップを再描画することができるように、この「建設的なカオス」--地域中で暴力と戦闘の条件を生成する--が次々使われるであろうという予想によってワシントンとテルアビブによって公然と導入された。

目的。

新しい中東マップ

1つの国家全体の苦しみへの表現無関心(それはイスラエルの空軍によって無差別に爆撃されていた)。

中東と中央アジアの英米の軍隊ロードマップ

「新しい中東」上の米国の国務長官コンドリーザ・ライスのスピーチは舞台を整えた。

レバノン--ワシントンとロンドンによって完全に承認された--へのイスラエルの攻撃はさらに米国、英国、およびイスラエルの土地で戦略的な目的の存在を損い、有効にした。

教授マークレバインによると、新保守主義の哲学者の言葉、およびブッシュ アドバイザーマイケルレディーン、『物凄い革命力』 のために で、「ネオ寛大のglobalizersおよびネオ保守主義者、最終的 onにおいて、 ブッシュ政権が 彼らが、それらの新しい世界注文を作成することを望んだプロセスを説明するための方法として創造的な破壊にラッチが掛かる 」、およびそれ"創造的な破壊[所]米国がであった…

) 創造的な破壊…

"2"

英米の占領されたイラク、特にイラクのクルジスタンは、中東の小国分割(部門)とfinlandization(講和)のための予備のグラウンドであるようである。

すでに、立法府は接ぎ木し、イラクの議会とイラクの連合化の名前の下で、3つの部分の中へのイラクのパーティションのために、抜き取られている。

(下でマップを見なさい)

さらに、英米の軍隊ロードマップは競っているようである 中東を経た中央アジアへの入場 。

中東、アフガニスタン、およびパキスタンは、米国影響を以前のソビエト連邦と中央アジアの前ソビエト連邦共和国に拡張するために石に段をつけている。

中東はある程度中央アジアの南の層である。

中央アジアは次々また「ロシアの南層」またはロシアの「外国の近く」と呼ばれる。

多くのロシアの、そして中心的なアジア学者、軍隊の計画者、戦略家、警備顧問、エコノミスト、および政治家は中央アジア(「ロシアの南層」)を、Russian Federation.3の無防備なものと「柔らかい下の腹」であると考える。

それは彼の本、雄大なチェス盤中で言及されたそれであるべきである:

アメリカの第一およびその土地戦略的の命令法、ズビグニュー・ブレジンスキー、現代の中東 エリアのコントロールレバー 彼、ブレジンスキーが、ユーラシアバルカン諸国に電話する をほのめかす以前の米国国家安全保障アドバイザー。

ユーラシア人バルカン諸国はコーカサス山脈(ジョージア、アゼルバイジャンの共和国、およびアルメニア)と中央アジア(カザフ、ウズベキスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、アフガニスタン、およびタジキスタン)とある程度両方イランとトルコから成る。

イランとトルコはヨーロッパと以前のソビエト連邦にじりじり入り込む、中東(コーカサス山脈4を除く)の最北端の層を成形する。

「新しい中東」のマップ

中東、NATOで駐屯したアフガニスタン、およびパキスタンの相対的に未知の地図は2006年半ば以来ずっと戦略的で、政治、NATO、方針、および軍隊の団体を循環している。

それは、公然と、たぶん、コンセンサスを作り上げて、ゆっくりたぶん大変動さえの必需品のための一般大衆のために中東の変化を作る試みと浮上することを原因となって許されている。

これは「新しい中東」と認定された再描画されて、再構築された中東のマップである。

新しい中東のマップ

マップ:

拡大するクリック

注:

以下のマップは副官大佐ラルフ・ピーターズによって準備された。

それは2006年6月に軍隊ジャーナルの中で発表されて、ピーターズは米国全国戦争アカデミーの辞めた大佐である。

(マップ著作権副官大佐ラルフ・ピーターズ2006年)。

マップは公式に国防総省主義を反映しないけれども、それはシニアの陸軍将校のためにNATOの防御大学で教育プログラムに用いられた。

他の同様なマップと同様にこのマップは最もたぶん軍事の計画世界の中だけでなく全国的な戦争アカデミーで使われている。

--------------------------------------------------------------------------------

「新しい中東」のこのマップは、このマップが、マップの中に含まれている再設計された境界が根本的に同時代の中東の問題を解決するであろうと信じる辞めた副官大佐(米国陸軍)ラルフ・ピーターズの頭脳の産物として展示されて、贈られる米国の大統領ウッドロー・ウィルソンとWorld War I.の時代にさかのぼる中東の潜在的な境界のより古いマップを含むいくつかの他のマップに基づくようである。

決して、辞めた中佐の本(2006年7月10日に一般大衆にリリースされた中止、戦い)中で、「新しい中東」のマップは重要な要素ではなかった。

再描画された中東のこのマップは血境界というタイトルの下でまた出版された:

どんなに、よりよい中東はラルフPeters.5からの論評を持つ米国軍隊の軍隊ジャーナルの中で見るであろうのか。

副官大佐ピーターズが米国防衛部門の中で知能のために最後に幕僚副長のオフィスに送られたことは注目されるべきであり、軍隊のジャーナルと米国外交方針のための戦略についてのたくさんのエッセイによって国防総省の最初の作者の1人であった。

それは、そのラルフ・ピーターズの、「戦略の4冊の前の本は政府と軍隊の筋に非常に影響力があった」を書かれているけれども、ものは、実のところ正反対が起こっているかもしれないかどうかを尋ねることについて許されることができる。

ピーターズが、ワシントンD.C.とその戦略立案者が中東のために予期していたものを明らかにしていて、出していることは中佐であるかもしれないか?

再描画された中東の概念は、中東とその周辺の地域の人々(s)に役立つであろう「人道主義の」と「公正な」配置として示されている。

ラルフ・ピーターのによると:

「国境は決して完全には正しくない」。

しかし、彼らが、フロンティアが一緒に強制するか、分離する人々に与える不正の程度は巨大である違い?をしばしば自由と抑圧、寛容さ、および残忍性(法律とテロまたは平和と戦争さえの規則)の違いにする。

世界で最も任意で、歪んだ境界はアフリカと中東にある。

利己主義のヨーロッパ人(彼ら自身のフロンティアを定義することにおける十分な苦労を抱えていた)によって引かれて、アフリカの境界は、数百万人のローカルな住民の死を引き起こし続ける。

しかし、チャーチル?から借りる中東?における不公平な境界は、ローカルに消費されることができるより多くの故障を発生させる。

中東は、ずっと多くの問題 機能障害の境界だけ 必殺の宗教極端な傾向?へのあきれた不均衡を通る文化的なよどみから、領域の包括的な故障を理解している戦いにおける最も大きいタブーがイスラム教ではない を持っているけれども、私達自身の外交官により拝まれた恐ろしいけれども至聖の国際的な境界。

もちろん、境界のどの調整も、たとえどんなに過酷でも、中東のすべての少数を幸福にすることができなかった。

場合によって、民族と宗教のグループはライブで混合し、異民族間結婚した。

他の場所で、血または信念に基づいた再会は、それらの現在の提案者が予期しているほどはうれしいと判明しないかもしれない。

境界は、この記事矯正に伴っているマップにおいて、悪事 最も重要な「騙される」人口グループ〈クルド人、Baluch、アラブシーア派[イスラム教徒]などの〉により被られるけれども を投影し 別のもの 数 より小さい少数民族 、まだ、中東キリスト教徒、バハーイ教、イスマイル派信徒、Naqshbandis、および多くを適正に説明することに失敗している。

そして、1つのつきまとう不正が決して領域の報酬によって正されることができない:

アルメニア人に対して死にかけているオスマン帝国によって行われた大量虐殺。

それでも、すべての不正行為のために、境界はここで許可をそのような主要な境界の訂正なしで取り上げられないと再想像していたので、私達は決してより平和な中東を見ない。

境界を変更するトピックが大嫌いでさえある人々は、ボスポラス海峡とインダス川の間で国境のまだ不完全であるにしてもより公正な改正を抱くことを試みる運動に従事するためによいサービスを受けているであろう。

国際的な政治的手腕が、一度も、故障の境界を再調整するために戦争?が不足である有効な手段?を開発したことがないことを認めて、中東の「有機の」フロンティアを握る心的努力はそれにもかかわらず、私達が、私達が直面していて、直面し続けるであろう難題の範囲を理解するのを手助けする。

彼らが訂正された."6になるまで、私達は、憎悪と暴力を発生させるのをやめないであろう巨大で、人造の身体障害者とやりとりしている。

(追加された強調)

「必要な苦痛」

中東に「文化的なよどみ」があると信じることのほかに、ラルフ・ピーターズが、彼の提案が事実上「過酷である」と認めていることは注目されなければならないけれども、彼は、それらが中東の人々のための必要な苦痛であることを強く主張する。

必要な苦痛と苦しみのこの見方は、イスラエルの軍隊によるレバノンの荒廃が、ワシントン、ロンドン、およびテルアビブが想像する「新しい中東」を作成するための必要な苦痛または「誕生激痛」であったという米国の国務長官コンドリーザ・ライスの確信との驚くべき平行線の中にある。

さらに、アルメニアの大量虐殺の主題が、Turkey.7を傷つけるためにヨーロッパで政治化されていて、刺激されていることは注目する価値がある。

中東の民族国家のオーバーホール、分解、および再アセンブリは中東の交戦状態の解決策としてパッケージされているけれども、これは断定的に誤解を招き、間違いで、架空である。

「新しい中東」の支持者と地域の再描画された境界は避けて、同時代の中東で率直に問題と衝突の根を描き出すことに失敗する。

メディアが認めないものは、中東を苦しませているほとんどすべての大きな衝突が重なり英米イスラエル人の方針の結果であるという事実である。

同時代の中東に影響することにおける問題の多くは先在している地域の緊張の故意の悪化要因の結果である。

宗派の部門、民族間の緊張、および内部の暴力はアフリカ、ラテンアメリカ、バルカン諸国、および中東を含む地球の様々な部分で米国と英国によって伝統的に利用されている。

イラクは、「分かれて、征服しなさい」.Other例の英米の戦略の多くの例のほんの1つがルワンダ、ユーゴスラビア、コーカサス山脈、およびアフガニスタンであることである。

米国と英国の外交方針が実際意図的に遮断していた本物の民主主義の不足は同時代の中東の問題に含められる。

西欧風「民主主義」は、ワシントンの政治的な要求に対応しないそれらの中東の州のためのだけ要件であった。

常に、それは対決のために口実を構成している。

サウジアラビア、エジプト、およびヨルダンは、英米の軌道または球の中で堅くallignedされるので、米国が問題を全然持っていない非民主的な州の例である。

さらに米国は、1953年(U.S./U.K.がクーデターを後援した所はモサデグ総理大臣の民主的な政府に対して上演された)のイランから、サウジアラビア、エジプト、トルコ、英米の同盟が何らかのフォームにおいて軍隊のコントロール、絶対主義者、および独裁者を支持するアラブ人Sheikdoms、およびヨルダンまでの中東の意図的に塞がったか、取り替えられた本物の民主主義のムーブメントを持っている。

これの最新の例はパレスチナである。

ローマのNATOの軍隊大学に対するトルコ抗議

副官大佐ラルフ・ピーターズの「新しい中東」のマップはトルコで怒った反応を引き起こした。

2006年9月15日のトルコ・プレス・リリースによると、「新しい中東」のマップはローマ、イタリアのNATOの軍隊大学で表示された。

トルコ役員が直ちに、分配されて、分割されたTurkey.8のプレゼンテーションに憤慨して、それがローマのNATO役員の前で初公開される前に、マップが米国全国戦争アカデミーからある種の承認を得たことであったことはさらに報告された。

トルコ語幕僚長の、将軍Buyukanitは米国の統合参謀本部議長、ピーターPace将軍に連絡し、中東、アフガニスタン、およびPakistan.9Furthermore、国防総省の再描画されたマップのイベントと展示会が、マップが地域で公式な米国方針と目的を反映しないことをトルコに保証するその方法から出て行ったと断言したけれども、これは、中東とNATOで駐屯したアフガニスタンでの英米の行動と矛盾しているようである。

ズビグニュー・ブレジンスキーの「ユーラシアバルカン諸国」と「新しい中東」プロジェクトの間の接続があるか?

以下は重要な抜粋文と前の米国国家安全保障アドバイザー ズビグニュー・ブレジンスキーの本、雄大なチェス盤からの通路である:

アメリカ第一とその土地で戦略的な命令法。

ブレジンスキーはまた、トルコとイラン(「ユーラシアバルカン諸国」の2つの最も強力な州)両方が、その南の層に置かれて、「内部の民族紛争[小国分割]に潜在的に無防備である」であり、「それらのどちらかまたは両方が、変動したならば、地域の内部の問題は扱いにくくなるであろう」、10を述べる。

分割されて、balkanizedされたイラクが、これを遂行する最もよい方法であるであろうようである。

私達が知っているものをホワイトハウス自身の入場から取り去る;

中東の「創造的な破壊とカオス」が、中東を作り直し、「新しい中東」を作成し、中東と中央アジアで英米のロードマップを促進することへの有益な財産であるという信念がある:

「ヨーロッパ、Wordで」バルカン諸国"は民族紛争と大きな-パワー地域対抗意識のイメージを呼び起こしている。

ユーラシアもその「バルカン諸国」を持っているけれども、ユーラシアバルカン諸国はずっと大きく、住まれているより多く、宗教的に、民族的に異種のいっそうより多くである。

それらは、グローバルな不安定さの中央ゾーンの境界を示すその大きな地理の長方形の中に位置している(…

) それは南東のヨーロッパ、中央アジア、および南アジア[パキスタン、カシミール、西インド](ペルシャ湾エリアと中東)の一部の一部を抱擁する。

ユーラシアバルカン諸国はその大きな長方形の内側の中核を成す(…

) それらは1つの特に重要な方法でその外帯と異なる:

それらは力の空白である。

ペルシャ湾と中東に置かれた州のほとんどはまた不安定であるけれども、アメリカパワーは、その地域[中東のを意味する]の究極の仲裁人である。

外帯の不安定地域は従って単一のパワー覇権のエリアであり、その覇権によって調整される。

対照的に、ユーラシアバルカン諸国は南東のヨーロッパのより古く、よりなじみ深いバルカン諸国を本当に思い出させる:

その政治的実体は不安定なだけでなく、それらはより強力な隣人の侵入を誘惑し、引き起こす(それのそれぞれは、別のものによって地域の支配に反対すると決定されている)。

名称「ユーラシアバルカン諸国」を正当化するのは力の空白とパワー吸引のこのおなじみの組み合わせである。

伝統的なバルカン諸国はヨーロッパ主権のための苦闘において潜在的な地政学の賞を表していた。

ユーラシアバルカン諸国(より直接ユーラシアの最も豊かで、最も勤勉な西と東の先端をリンクすることを意図されているまたがる必然的に出現する交通ネットワーク)はまた地政学的に重要である。

さらにそれらはセキュリティと歴史の野心の見地からまた地域への増す政治的な興味を信号で伝えている中国とのそれらの最もすぐ隣で、より強力な隣人(すなわちロシア、トルコ、およびイラン)の少なくとも3人にとって重要である。

しかし、ユーラシアバルカン諸国は潜在的な経済の賞として限りなくより重要である:

天然ガスと石油の埋蔵量の巨大な集中は、金を含めて、重要な鉱物に加えて地域に置かれる。

世界のエネルギー消費は、次の2、30年の間に大幅に増えるはずである。

米国エネルギー省による見積りは、世界の需要が極東に存在している消費において最も重要な増加によって1993年と2015年の間で50パーセント以上高まるであろうということを予期している。

アジアの経済発展の推進力は新しいエネルギー源の探検と利用のためにすでに大規模なプレッシャーを生成していて、中央アジア地域とカスピ海盆地は、クウェート、メキシコ湾、または北海のそれらを小型化する天然ガスとオイルの準備を含むと知られている。

その資源へのアクセスとその潜在的な富の分担は、全国的な野心をかき混ぜて、企業の興味を動機づけて、歴史の主張を再燃させて、帝国の熱望を復活させて、国際的な競争に燃料を供給する目的を表している。

状況は、地域がただの力の空白ではないという事実によってますます不安定にされるけれども、また、内部で不安定である。

(...)



ユーラシアバルカン諸国は、いずれにしろ、潜在的な候補者としての2つの他を前述の説明に取り付けた9か国を含む。

9は、カザフスタン[カザフスタン]、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、およびそれらのジョージア?all[の代わりおよび公式スペリング]である アフガニスタンだけでなく消滅したソビエト連邦?の以前の分かれ 。

リストへの潜在的な追加分はもっとずっと政治的に、経済的に実行可能なそれら、ユーラシア人バルカン諸国の中の地域の影響のための両方ともアクティブな競争者、それから地域の両方の重要な土地で戦略的なプレーヤーの両方ともトルコとイランである。

同時に、両方は内部の民族紛争に潜在的に無防備である。

それらのどちらかまたは両方が、変動したならば、地域の内部の問題は扱いにくくなるであろう一方、ロシアによる地域の支配を制限する努力は無益である."11になりさえするかもしれない。

(追加された強調)




中東を再描画する

中東は、いくつかの敬意において、第一次世界大戦の上に導いている年の間のバルカン諸国と東ヨーロッパの中心部との著しい平行線である。

the the バルカン諸国と中心的東ヨーロッパの境界が再描画された第一次世界大戦 の航跡において。

この地域は第一次世界大戦の前と後に動乱、暴力、および衝突の期間を経験した(それは外国の経済の利益と干渉の直接的な結果であった)。

第一次世界大戦の背後にある理由はサラエボで標準の教料書説明(オーストリア・ハンガリーの(ハプスブルク)帝国の王位、フランツ・フェルディナント大公の継承者の暗殺)より不吉である。

経済的要因は1914年に大規模な戦争のための本当の動機づけであった。

ノルマン人ドッド、米国非課税基礎を調査した米国議会のための前のウォール街の銀行家、および調査者は、舞台裏でから、財源、方針、および米国の政府をコントロールしたそれらの強力な個人が実のところまた戦争における米国関与を計画したことを1982年のインタビューにおいて確認した(それは、パワーの彼らの把握を確立することに寄与するであろう)。

以下の推薦状はG.エドワード・グリフィンとのノルマン人ドッドのインタビューの記録からである;

私達は現在1908年である(それはその年に、カーネギー財団が操作を開始したことであった)。

そして、その年に、初めて会っている評議員は、彼らがその年のバランスにわたって議論した具体的な問題を非常に学ばれた流行において提起した。

そして、問題はこれである:

あなたが、人々全体の生活を改めることを望むと仮定して、戦争より効果的に知られている方法があるか?

そして、彼らはそれを締結し、その終わりまでの戦争より効果的などの方法も人間性に知られていない。

では、その時、1909年に、彼らは2番目の問題を提起し、それを議論し、すなわち、どのように私達は米国を戦争に巻き込むか?

さて、私は、戦争におけるその関与よりこの国[米国]の人々のほとんどの考察から取り除かれた主題があったかどうかをその時に疑っている。

バルカン諸国に間欠的なショー[戦争]があったけれども、多くの人々が、バルカン諸国がどこにあったかを知ってさえいたかどうかとは、私はとても思いもよらない。

そして、最終的に、彼らは次の通りその質問に答える:

私達は国務省をコントロールしなければならない。

それから それがどのように 行ない の間の問題を非常に実物のように上げて、私達がそれをする ?

言うことによって、彼らはそれに答えて、私達は引き継ぎ、この国の外交の機械をコントロールしなければならず、最終的に、彼らは、目的としてそれをめざすと決める。

そして、時間は過ぎて、私達は結局、戦争(それはその時にWorld War I.であるであろう)にいて、彼らは、彼らが、彼に、戦争があまりにも迅速に終わらないとわかるように警告している電報をウィルソン大統領に派遣する衝撃的なリポートをそれらの記録の上で記録する。

そして、最終的に、もちろん、戦争は終わっている。

その時に、第一次世界大戦が勃発した1914年に先がけて、それがあったものに米国でライフのいわゆる復帰を防止することに、それらの興味は上に移る。

(追加された強調)

レバノンとシリアの東の地中海の岸からアナトリア(小アジア)、アラビア、ペルシャ湾、およびイラン高原までの中東の再描画とパーティションは、広い経済の、戦略的で、軍隊の目的(それは地域で長年の英米で、イスラエルの路線の一部である)に反応する。

中東は、右のトリガー(ことによるとイランとシリアに対する英米で、および/またはイスラエルの空襲のスタート)によって爆発する用意ができている火薬樽の中に外の力によって調節されている。

中東のより広い戦争は、英米の興味とイスラエルに戦略的に有利な再描画された境界を結果として生じることができた。

NATOで駐屯したアフガニスタンはすべてけれども名前において首尾よく分割されている。

敵意はレバント地方で植えつけられている(そこで、パレスチナの内戦は育まれていて、レバノンの部門が、動揺している)。

東地中海はNATOによって首尾よく軍隊化されている。

シリアとイランは、軍隊の路線を正当化するつもりで西洋のメディアによって悪魔化され続ける。

次々、西洋のメディアは、イラクの人口が共同で存在することができないという、そして衝突が職業の戦争ではなくシーア派信徒、スンニ派、およびクルド人の間で国内の紛争によって特徴付けられていた「内戦」であるという不正確で、偏っている観念に毎日与えた。

中東の異なる人種が文化的なおよび宗教のグループの間の意図的に作成する敵意の試みは体系的であった。

実のところ、それらは慎重にデザインされた隠れた知能路線の一部である。

よりいっそう不吉に、サウジアラビアのそれなどの多くの中東の政府は、中東の人口の間で部門に温湿布することについてワシントンを補助している。

究極の目的は、より広い地域への英米で、イスラエルの興味を提供する「戦略を分割し、征服しなさい」を通して外国の職業に対して抵抗運動を弱めることである。

マハディ・ダリウスNazemroayaは中東の、そして中心的なアジア仕事が専門のオタワで基づいたフリーライターの中にいる。

彼はグローバリゼーション(CRG)についての研究のためのセンターの研究仲間である。

イスラエルの問題・。






Israel brushes off Iraq report, no to Syria talks


By Jeffrey Heller

Reuters

Thursday, December 7, 2006; 6:36 AM


TEL AVIV (Reuters) - Israel's prime minister on Thursday said it was wrong to link the Arab-Israeli conflict with woes in the Middle East and ruled out any immediate talks with Syria despite a U.S. report urging negotiations.


Ehud Olmert said he expected little pressure from Washington in the wake of the high profile report by the Iraq Study Group, which called on President George W. Bush to push for Arab-Israeli peace as part of efforts to ease regional tensions.


イスラエルはシリア会談にイラクリポートを全然払い落とさない。

ジェフリー・ヘラーによって

ロイター

2006年12月7日木曜日;

午前6:36

テルアビブ(ロイター) - 木曜日のイスラエルの総理大臣は、アラブ・イスラエル紛争を中東の苦難と結び付けることが悪いと言い、交渉を駆り立てている米国リポートにもかかわらずシリアとのどのような直接的な話でも除外した。

エフード・オルメルトは、彼がほとんどイラク研究グループによる高姿勢リポートの後でワシントンからのプレッシャーを予期していないと言った(それは、地域の緊張を和らげる努力の一部としてアラブイスラエル人平和を要求することをジョージ・W・ブッシュ大統領に求めた)。

"The Middle East has a lot of problems that are not connected to us," Olmert said at a conference in Tel Aviv.


"I am not convinced that this report foists all of the U.S.'s troubles on Israel's shoulders."


The report from a bipartisan commission led by former Secretary of State James Baker said the United States could not achieve its goals in the Middle East unless it dealt directly with the Arab-Israeli conflict.


While the report dealt mostly with proposed shifts of course in the unpopular war in Iraq, its key recommendations included a call for direct talks as soon as possible involving Israel, Lebanon, Syria and the Palestinians.


Olmert, referring to a meeting he held with Bush in Washington last month, said he had heard nothing that indicated a change in Washington's position not to negotiate with Syria.


"I can only say that the opinions I heard from the president and from all senior administration staff on the Syrian issue are such that he did not see a feasibility in talks on the American-Syrian track or on the Israeli-Syrian track," he said.


Olmert said the time was not ripe for talks with Syria, partly because of Damascus's support for the ruling Palestinian movement Hamas, a group sworn to Israel's destruction.


"The way Syria is acting these days, especially its subversive action in Lebanon and its support for the extremist Hamas... does not create a picture of the possibility for talks in the near future," he said.


U.S. mid-term elections last month showed deep discontent with the war in Iraq and raised speculation in Israel that Bush could try to cap his two-term presidency with progress on Arab-Israeli peacemaking.


Arab leaders say the festering Israeli-Palestinian dispute is the core of the Middle East's deepening woes.


Israeli-Palestinian peace talks foundered in mid-2000, just before the start of a Palestinian uprising. Israeli negotiations with arch-foe Syria collapsed in early 2000.


While calling for a resumption of long-stalled talks, the Iraq Study Group report said Syria must meet a list of international demands.


(Additional reporting by Nidal al-Mughrabi in Gaza and Dan Williams in Jerusalem)


「中東は、私達に接続していないたくさんの問題を持っている」とオルメルトはテルアビブの会議で言った。

「私は、このリポートが米国のトラブルのすべてをイスラエルの肩に押し付けることを確信しない」。

前の国務長官ジェームズ・ベーカーによって導かれた超党派の委員会からのリポートは、それが直接アラブ・イスラエル紛争を扱わない限り、米国が中東でその目標を達成することができないと伝えていた。

リポートがイラクの評判のよくない戦争においてもちろんたいてい提案されたシフトを扱う間、その重要な推薦はイスラエル、レバノン、シリア、およびパレスチナ人にできるだけ早く関係している直接的な話のための呼び出しを含んだ。

オルメルトは、彼が先月ワシントンのブッシュと催したミーティングを参照して、彼が、シリアと交渉しないように、ワシントンのポジションの変化を示したことを何も聞かなかったと言った。

「私は、私が大統領から、そしてシリアの問題についてのすべてのシニアの政権スタッフから聞いた意見が、彼がアメリカシリア人トラックについてのまたはイスラエル・シリア・トラックの上の話において実現可能性を見なかったほどであると言うことができるだけである」と彼は言った。

オルメルトは、一つには支配するパレスチナの動きハマス(イスラエルの破壊に誓われたグループ)へのダマスカスの支持のためシリアとの話について機が熟していないと言った。

「シリアが最近は行動している方法、特にレバノンでのその破壊する行動、および過激論者のハマス…へのその支持は近い将来話のための可能性の写真を作成しない」と彼は言った。

米国中間選挙は先月、イラクの戦争とブッシュが、アラブイスラエル人調停における進歩によって彼の2用語大統領任期にふたを被せようとすることができたというイスラエルの上げられた憶測に深く不満に見えていた。

アラブリーダーは、化膿イスラエル人パレスチナ人論争が中東の深まる苦難のコアであると言う。

イスラエル人パレスチナ人和平会議はパレスチナの暴動の開始のすぐ前に2000年半ばに倒壊した。

大敵シリアとのイスラエルの交渉は2000年の初頭において崩壊した。

長い間行き詰まらせられた話の再開を要求する間に、イラク研究グループリポートは、シリアが国際的な要求のリストと会わなければならないと伝えていた。

(ガザの病巣のalムグラビとエルサレムのダン・ウィリアムズによる追加の報告)

山本尚利氏コラムより

ベンチャー革命2006年12月7日

                           山本尚利

タイトル: 中国:ドル危機の救世主



1.中東石油決済のユーロシフト進行か

 2006年11月7日、米国中間選挙でブッシュ共和党が大敗して以来、米ドルの対ユーロ


安に歯止めがかかりません。この先の米ドル為替相場は非常に不透明です。

 さて、2003年3月に勃発した第二次イラク戦争で、米国がイラクに先制攻撃を仕掛けた


動機のひとつとして、以前からサダム・フセイン大統領(元)が、近隣の中東産油国に対し、


石油決済をユーロシフトするよう働きかけていたからであるという説があります。ブッシュ


Jr.政権はフセイン政権の打倒に成功して、イラクの石油決済のユーロシフト阻止には一


時的に成功しましたが、その後、ロシア産石油を含め、中東石油の決済のユーロシフトが


秘かに進行しているという説も根強くあります。2006年12月7日のマスコミ報道によれば、


ラムズフェルド国防長官の後任、ゲーツ新長官は、議会にてイラク戦争の成果に関して、


率直に否定的な回答をしています。このゲーツ長官発言のインパクトは実に大きいでし


ょう。なぜなら、ブッシュ政権の中東石油決済のユーロシフト阻止戦略が事実上、失敗


に終わったことをブッシュ政権自身が認めたことになるからです。現在、世界はドル経済


圏とユーロ経済圏に二分されていますが、中東石油決済がユーロシフトすることは、世


界基軸通貨としての米ドルの威信低下を意味します。さらにベネズエラなど中南米の産


油国の反米化も進行しているようです。今後、米国連邦議会の民主党優位の政治環境


下、ブッシュ政権が米軍のイラク撤退を余儀なくされれば、中東のみならず、世界におけ


る米国覇権の後退、世界経済のユーロシフト化の進行、そして米ドル危機という最悪シナ


リオが容易に描けます。



2.米国のドル防衛戦略とは

 世界覇権を握っている寡頭勢力は、ドル経済圏もユーロ経済圏も両方を支配していま


すから、ドルが崩壊しても彼ら自身は崩壊しないでしょう。しかし日本経済はドル崩壊が


起こると大変な打撃を受ける可能性が大です。そこで日本政府はドル防衛のためには、


なんでもする覚悟ができているでしょう。同時に日本政府の高官は、ブッシュ政権がドル


防衛に最善を尽くすはずだと信じて疑わないでしょう。ところでブッシュ政権を闇支配する


寡頭勢力が、最近、戦争屋から銀行屋にシフトしたと筆者はみています(注1)。

 ブッシュ政権の闇支配権が、新たに銀行屋系の寡頭勢力に交代したとして、彼らが必


死になってドル防衛に奔走してくれるでしょうか。必ずしもそうなるとは限りません。なぜ


なら、彼らはユーロも握っているからです。ドルの維持にはそれほどこだわらないでしょ


う。 ところで米国連邦政府の財政は額面上、30兆ドルの累積赤字を抱えさせられている


といわれています。そのうち日本政府や日本の金融界に対して3~4兆ドルの債務を抱え


ているといわれています。その意味で米国連邦政府自体は事実上、財政破綻しているに


等しいのです。このことから、米ドル通貨はいつ崩壊してもおかしくないのです。米ドルが


いったん崩壊すれば、連邦政府の対外債務も自動的に消滅しますから、連邦政府の通


貨政策としては、ドル防衛どころか、意図的なドル崩壊のシナリオも十分ありうるわけで


す。しかしながら、だからといって、米国に富がなくなるわけではありません。米国の国


富は連邦政府ではなく、ブッシュ政権や連邦準備銀行(米ドル発行元)を牛耳る世界的


寡頭勢力にもっぱら私有されているということです。いずれにしても、米ドル通貨を崩壊


させるか、防衛するかの選択肢を実質的に握っているのは米国連邦政府ではなく、彼ら


世界的寡頭勢力なのです。しかしながら、米国連邦政府におけるブッシュ政権という表の


顔は、米国民の手前、とりあえず、ドル防衛に動くでしょう。彼らはまず、日本や中国に


協力を求めてくるでしょう。日本政府には、ドル防衛へ全面協力以外の選択肢はありま


せんが、米ドル債権国に成長した中国は手持ちのドル準備とドル債権を対米外交の武


器に使うことは明らかです。そこで現ブッシュ政権も次期政権(おそらく民主党政権)も、


表向き、緊急ドル防衛のために、アジア地域でドル需要を高める経済戦略をとってくる


のではないでしょうか。



3.中国投資の活性化

 中間選挙以降、ブッシュ政権を支配していた戦争屋が後退した今、ブッシュ政権がと


るべきドル防衛戦略は当面、中国投資の活性化によりドル需要を高める。これしかあり


ません。中国の経済成長に伴う、地球エネルギー消費増大、地球温暖化という副作用


には、しばらく目をつぶるということになります。その意味で中国は、中短期的にはドル


危機回避の救世主となるでしょう。しかしながら中長期的には地球エネルギー危機とい


う新たな脅威を生みます。なぜなら、中国経済成長により、中国のエネルギー消費が


大幅に増大するからです。世界的寡頭勢力の描く超長期のシナリオとしては、中国投


資活性化で、中国をいったん太らせ、次には、中国を軍事的脅威に仕立てて、最後は


東アジア人同士で戦争させて、人口集中地域の東アジアを一挙につぶすことにより、


地球エネルギー危機を最終的に回避する、というものではないでしょうか。

 上記のような世界的寡頭勢力のシナリオ(新世界秩序:New World Order)に関しては


『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』(副島隆彦、2006年、徳間書店)とい


う本が出版されています。本著のタイトルを裏付けるように、GBN(Global Business


?Network)という米国の代表的なフューチャリスト集団(注2)は4つの近未来中国シナリオ


を発表しています。そのレポートによれば、近未来の中国シナリオは、(1)世界的経済大


国、(2)巨大な開発途上国、(3)アジアのみでの超大国、(4)世界的覇権国(人民元基軸


通貨)の4つです。 この4つのシナリオには、とりあえず中国崩壊も東アジア崩壊も含まれ


ていません。最悪でも中国はシナリオ(2)の巨大な開発途上国家にとどまると予測されて


います。これらのシナリオ分析から伺えるのは、いずれのシナリオでも、近未来、中国経


済が巨大化するということです。特に(4)のシナリオでは、米ドルに代わって人民元がユ


ーロと並んで世界基軸通貨となると予測されています。ところでブッシュ政権に2006年6


月に入閣した新財務長官、ヘンリー・ポールソンは、ゴールマンサックスの会長経験者で


すが、中国通として有名です。なお、ゴールドマンサックスは、現在、全米一の多額政治


献金企業であり、民主党上院議員のジェイ・ロックフェラー氏に近い企業といわれていま


す。ちなみに、民主党クリントン政権下のロバート・ルービン財務長官もゴールドマンサッ


クスの会長でした。これらの事実から、ブッシュ政権に中国通のヘンリー・ポールソンを


入閣させた寡頭勢力が、良い意味でも、悪い意味でも、いかに中国をマークしているか


が想像できます。彼らは、いったん米国経済を衰退させて、代わりに中国経済を成長さ


せて、一時的に米中の拮抗的競争状態を創出させようとしているのではないでしょうか。


そして、かつての米ソ冷戦時代と同様に、いずれ米中緊張時代に発展させようとしてい


るかもしれません。とりわけ上記のシナリオ(3)では、アジア覇権競争をめぐって日中


対立が扇動されて、下手をすると、われわれ日本人は日中戦争に引きずりこまれる


危険が大です。世界的寡頭勢力にとって、超長期的に東アジアをスマートに崩壊させ


るには、東アジア人同士で戦わせるのがもっとも効率的であると、彼らは考えている


かもしれません。



注1:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋ヘバトンタッチ』2006年11

月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm


注2:SRIでシナリオ分析法を開発したピーター・シュワルツなどフューチャリスト集団の創

業したベンチャー企業

http://www.gbn.com/




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

さもありなん・・。

FREE PRESS INTERNATIONAL


?freepressinternation alcom's photos







???




CURRENT WARS 現在の戦争       PENTAGON ペンタゴン










?

??NEW WORLD ORDER GUN????????????? 世界のリーダー

?????
????




    世界のリーダー操り人形?????????????????????????? G8 2004


同じ人形遣いの、違う糸

デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報



2006年12月03日


皆同じ人形師


Different Strings ... Same Puppeteer

同じ人形遣いの、違う糸



th_xxx.jpg



分かりやすい絵ですね。


蛇足

たしかに、わかりやすいでつ・・。/(・。・) 了解!Zzz (。-_-。)ノ ハイ




山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2006年11月12日

                           山本尚利

タイトル: 2007年のキーワード:インテリジェンス(諜報)



1.情報と諜報について

 2006年11月30日の主要新聞1面広告で、新興出版社の幻冬舎が、


大々的に新書創刊広告を出しています。その目玉新書が、手嶋龍一・


佐藤優共著『インテリジェンス 武器なき戦争』のようです。筆者が


「インテリジェンス」という言葉から連想するのは米国CIAです。CIAは

中央情報局と訳されますが、中央情報局の情報という訳語の語源は


InformationではなくIntelligenceです。CIAは本来、中央諜報局と訳す


べきですが、諜報という言葉に戦前の特高警察や陸軍中野学校(秘密


諜報員養成学校)を連想する日本人が多いので、Intelligenceに諜報で


はなく情報という訳語が採用されてきたものと推測されます。いずれに


しても戦後の日本人は、国防、外交のみならず、企業競争の領域にお


いても諜報活動を怠ってきたといえます。とにかく戦後の日本では、軍


事同盟国である米国から与えられる情報あるいは諜報のみに依存して、


政治や外交が行われてきたのです。言い方を変えれば、敗戦国日本


では、国家レベルで独自の諜報活動を行うことを米国覇権主義者が


許さなかったということです。そのために、現在の日本では産官学に


渡って、日本人エリートの諜報力(諜報収集能力と諜報分析能力)が


戦前に比べて絶望的に劣化しているといえます。この状態は、対日


攻略を専門とする一部の米国覇権主義者にとっては理想的な状況と


なっています。現在の日本を手玉にとっている彼らとしては、してやっ


たりと、さぞかし笑いが止まらないでしょう。さらに、現在の日本では


産官学において諜報に高額のお金を払う習慣がまったくありません。


なぜでしょうか。それは、日本の産官学エリートは諜報の利用方法が


わからない、そして諜報の価値評価ができないからです。要するに、


戦後の日本では、産官学の指導者に、代々に渡って諜報の戦略的な


重要性認識が欠落しているわけですから、当然ながら諜報力に優れる


日本人エリートがまったく育っていないのです。まさに、日本の戦後


エリートにはインテリジェンスのイの字もないわけです。これは戦後


日本の国家的大問題ですが、多くの国民はそれにすら気づいていな


い有様です。その意味で、上記、幻冬舎の大々的な広告は、能天気


日本国民に警鐘を鳴らす効果があります。ところで筆者の専門である


MOT(技術経営)の専門領域においても、2006年10月、研究・技術


計画学会の第21回年次学術大会において、日本大学の菅澤喜男


教授が『テクノロジーインテリジェンスからみたイノベーション』という、


注目すべき小発表をされています。同教授は日本の産官学のMOT


領域での技術インテリジェンス活動が、欧米先進国に比べて大きく


後れていると指摘されています。そのとおり、このことは日本のMOT


の由々しき大問題です。



2.MOTと諜報能力

 MOT専門領域で筆者がもっとも重視しているのが、シナリオ分析です。


欧米先進企業の経営者にとって、企業戦略構築にシナリオ発想は不可


欠です。ところで筆者は20年間、MOTの研究に携わって、シナリオ発想


と諜報力は深く関係するという結論に達しています。戦後の日本企業の


経営に欠落する最大のものとは、このシナリオ分析力と諜報力ではない


かと感じています。最近の日本企業は、外資から盛んにM&Aのターゲット


にされますが、その経営者にシナリオ発想力と諜報力が欠落していると


外資に易々と餌食にされるのでないでしょうか。戦後、60余年、シナリオ


発想力と諜報力の開発を怠ったツケがいよいよ回ってくるような気がして


なりません。諜報力強化にはシナリオ分析法を修得することが第一歩で


あると筆者は思います。世の中で起きる様々な事象を絶えず、シナリオ


発想で分析する習慣をつけない限り、諜報力は強化されないでしょう。




3.陰謀の洞察力

経営学は社会科学のひとつでしょうが、研究対象が実にインビジブルです。


ところが現在、社会科学の学問分野の研究は、実証主義に基づいています。


実証できないものは研究対象になりません。さて、いかなる国家においても、


政官財の諜報活動がターゲットとするのは、一般的に敵あるいは競争相手


の陰謀です。陰謀は、証拠隠滅を最優先するので、インビジブルであり、


実証することが困難です。したがって、陰謀は社会科学の研究対象になりま

せん。その結果、一般国民のみならず、日本ではトップエリートまでもが、


陰謀に関する正統な知識を得ることができないし、陰謀分析力も持てません。


しかしながら、既述の菅澤教授のご指摘どおり、欧米先進国のみならず、中国、


韓国、北朝鮮でも、日本よりは諜報力に長けています。したがって、それらの


国家に取り囲まれる日本国家の産官学のトップエリートにとって、陰謀の洞察力


あるいは諜報力修得は不可欠です。ところが現在の日本では、陰謀にどのように


対処すればよいか誰も教えてくれません。現在の日本では教えられる指導者


すらいません。その意味で現在の日本ほど陰謀に無防備で無力な国家はあり


ません。まさに敗戦後遺症、ここに極まれり、です。たとえば北朝鮮政府による


日本人拉致問題における日本政府の対応をみれば、それは明らかです。原田


武夫[2006]『北朝鮮外交の真実』筑摩書房にも、元外務官僚によって外務省


の無力の実態が暴露されています。 筆者は、このケースに限り、外務官僚の


選抜基準に問題があると思っていますが、米国覇権主義者によって、戦後日本


の外務省が骨抜きにされてきたことは否めません。ところで筆者は、最近、ダニ


エル・エスチューリン[2006]『ビルダーバーグ倶楽部』バジリコ社を通読しました。


この著作には新世界秩序(New World Order)計画について述べられています。


しかしながら、新世界秩序計画の存在が事実かどうか、われわれ一般人は確認し


ようがありません。なぜなら、新世界秩序計画はすべて秘密裏に行われていると


書かれているからです。もしこれが真実なら、これこそ世界最大の陰謀でしょう。


なぜ中近東で戦争が繰り返されるのか、なぜアフリカやアジアで、新型の感染症が


発生するのか、世界事象は常に不思議だらけです。世界で発生する出来事は、


どこまでが偶発的発生で、どこまでが陰謀か、われわれは再度、疑ってみる必要


があります。 世の中に偶然は存在しないという仮説があります。その仮説が正しい


ことを証明することは非常に困難ですが、世の中で起こるすべての事象を、まず


疑ってみることは可能です。そのために、シナリオ分析方法論は非常に有効です。


人類始まって以来、敵との戦いに明け暮れしてきた欧米人のトップエリートは


日本人のトップエリートと比べて、シナリオ発想に長けていると、16年半


(1986年~2003年)におよぶSRIインターナショナル(元スタンフォード研究所)での


体験で筆者は痛感しています。ちなみに、上記著作『ビルダーバーグ倶楽部』には、


筆者の所属したスタンフォード研究所(SRI)に関する記述があります。上記のシナ


リオ分析法(MOT方法論のひとつ)、そして米国人の価値観分析(VALS; Values


?and Lifestyles Program) もSRIの研究の産物です。さらにSRIは昔、超能力や念力


の研究(スタンフォード・パワーの研究)を行っていたようです。SRIは何のために、


このような研究を行ってきたのか、その研究に誰がお金を出したのか、疑問はつきま


せん。ちなみに、SRIの研究資金の大半は国防総省から出ているのは事実です。


上記著作『ビルダーバーグ倶楽部』によれば、新世界秩序計画のアジェンダには


人類のマインドコントロールが含まれているようです。たとえば、SRIの開発したVALS


のデータベースは、企業のマーケティング戦略に利用できますが、人類のマインド


コントロールにも応用できる可能性を否定できません。



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

反逆罪:新世界秩序

TREASON: THE NEW WORLD ORDER


By Author Gurudas


Interviewed By Kenneth and Dee Burke


Gurudas says, in the preface to his book, Treason: the New World Order, "I originally was drawn to write this book because of my years of involvement in alternative health. In the 1980's I founded and later sold Pegasus Products, Inc., a firm that produces and describes flower essences, gem elixirs, and homeopathic remedies. I was also a health practitioner for some years and have written four books on alternative health. FDA abuses have become the norm, and gradually I came to understand how dangerous the federal government has become to our freedoms.


"My purpose in writing this book is to awaken more people to the fact that these are very dangerous times for America. More and more of the rights we take for granted are being lost. Too many politicians have sold out to the special interests, and most people are too busy watching TV to notice or take responsibility for what is happening. In the name of stopping illegal drugs and crime, our rights are gradually being forfeited, as the federal government tightens control over the people.


"I have also written this book so that people can more easily look at the whole picture. I have focused my research on extracting information from hundreds of books, newspapers, and magazines so that people can more easily understand what is taking place in America. Some might say that several stories of government abuse that are heard in one part of the country don't appear too threatening. Yet when you look at many different incidents all across the country and grasp the full picture it is clear that something is wrong."


Gurudas' book has thirty-one pages containing 833 footnotes and an eleven page bibliography. He maintains that his book is totally documented from public records, with no theory. When asked why he wrote the book he said, "It's simple. I don't want our country to become a dictatorship. So, I did my research, and wrote my book." (Gurudas' 320 page documented book, Treason: the New World Order may be ordered by calling 1-800-255-2665 or by writing to Cassandra Press, Inc., P.O. Box 150868, San Rafael, CA 94915. Cost is $14.95 + $4.00 shipping)


LE: How did you come to write your new book?


Gurudas: This is the fifth book I have written. The first four deal with natural healing and metaphysical concepts. I wrote this book, Treason: The New World Order, because it became very clear to me that we are moving toward a police state, one which will be far more vicious than Nazi Germany or the Soviet Union, mainly because the technology is so advanced.


History shows us that there are individuals who want to control everyone and everything. My main focus was to combine lots of different information from many sources, supported by footnotes. There are 833 footnotes in all in my book. This makes it easy for people with busy schedules to investigate this subject. Our country is very much like Germany in the 1930's. At that time, in Germany, people were very busy with their personal and professional lives and did not want to get involved in politics, so a person like Hitler could take control of their country. There were some who gave warnings but they were considered negative and radical. Today, as then, gun control was brought in. Our gun control bill was taken almost word for word from the 1938 gun control law in Germany. There are a number of similarities between the two countries.


There is a plan to create confusion and fear in our country. Then bring in leaders who guide us toward a police state. One of the main focuses of my book is describing the threat to our country as a free society. This threat is created by corporations and banks. Many solutions have been suggested about how to handle this problem of centralized economic power. One suggestion is to return to our political heritage, to restore our constitutional government with its checks and balances. At one time corporations had to exist for the good of the community. In what way are these large corporations that are closing down in the U.S. and moving hundreds of thousands of jobs overseas serving the welfare of our communities? The system of checks and balances and our heritage has been gradually lost. The states have lowered their standards (for monitoring the corporations) and less and less has been required in each state now.


In hundreds of books, articles, and speeches in the 20th century, many influential and powerful people, including many in Congress, have called for a New World Order, and the surrender of U.S. sovereignty and individual freedoms to a one world government, usually involving the U.N. military and the transfer of it to a one world U.N. army.


LE: This is talked about openly in these many sources?


Gurudas: Very much so.


LE: If this information is public knowledge, why is it not filtering down more to the average person?


Gurudas: It is because the national media attacks people who discuss these issues and the media never refers to this body of literature. This is a classic example of how propaganda is used in modern times.


Throughout the 20th century this movement toward a one world government has been marching on. This is not new or recent. In his book Critical Path Buckminster Fuller gives a very impressive sweep of the 20th century, about the large corporations and their agents and the lawyers who basically control the country far more than the people understand. He talked about how all the gold was removed from Fort Knox by the 1960's.


LE: Where did it go?


Gurudas: It went to the banks. They own the country. Fuller called the CIA, "capitalism's invisible army."


Born into an English aristocratic family, the philosopher Bertrand Russell played a role in the British branch of the secret government. In his The Impact of Science On Society he discussed the planned terror: "I do not pretend that birth control is the only way in which population can be kept from increasing," he said. "War has hitherto been disappointing in this respect, but perhaps bacteriological war may prove more effective. If a Black Death could be spread throughout the world once in every generation, survivors could procreate freely without making the world too full (of people). The state of affairs might be somewhat unpleasant, but what of that? Really high-minded people are indifferent to happiness, especially other people's. There are three ways of securing a society that shall be stable as regards population. The first is that of birth control. The second is that of infanticide or really destructive wars. And the third is that of general misery, except for a powerful minority." His point is population control.


LE: That's a pretty incredible quote!


Gurudas: Yes. Various investigators, like John Coleman, report that the Club of Rome developed a plan called "Global 2000" to kill several billion people by 2050. The mass killings in Cambodia and Africa are early stages of this operation. That is their plan. They want to drastically cut back the population.


Jacques Cousteau said, "It's terrible to say this, (but) world population must be stabilized and to do that we must eliminate 350,000 people per day! In one year that would equal 128,000,000 people." Cousteau urged "drastic, unconventional decisions."


LE: By what means do these people plan to do this?


Gurudas: By radiation, and biological and chemical experiments on our unknowing population. I mention other methods in my book. Another way to end overpopulation is by controlling the family. Warren Bennis and Philip Slater said, in The Temporary Society, "One cannot permit submission to parental authority if one wished to bring about profound social change...In order to effect rapid changes, any such centralized regime must mount a vigorous attack on the family lest the traditions of present generations be preserved." The state must, the book continues, "create an experiential chasm between parents and children, to insulate the latter in order that they can more easily be indoctrinated with new ideas. The desire may be to cause an even more total submission to the state."


LE: Your documentation is certainly worthwhile.


Gurudas: There was an article in Clinical Psychiatric Psychiatry News in October, 1994 which describes a new disease that is called "government phobia." The article says, "This appears to be becoming epidemic in the U.S." This parallels the Soviet Union; if you disagree with the government, you are said to be crazy. People are beginning to be locked up in a Federal hospital in Missouri, where they are using extreme drugs on them which affect their minds, which, again, is very much like the Soviet KGB (would do).


However, there are powerful elements in the military determined to uphold the Constitution and protect the people. Gary Allen, who has written several books, openly says that he has met with several prominent military officers and they are aware of the corporate international network that seeks to enslave the world. The military may intervene to arrest key political, business and media leaders, according to my research, charging them with treason.


There has been a long, quiet standoff between the military and the secret government. Each watches the other with a full range of surveillance activities used.


LE: It is certainly excellent that your information is available to people who will take the time to read it.


Gurudas: On talk radio every day the deep anger toward the Federal government is obvious, and people are admitting that they do not want their rights taken from them. When the American people are aroused, great change can result, in my opinion.


History teaches that the secret government will not back down. In 1857 Frederick Douglas warned, "Power concedes nothing without a demand. It never did and it never will. Find out just what people will submit to and you have found out the exact amount of injustice and wrong which will be imposed upon them. The limits of tyrants are prescribed by the endurance of those whom they oppress."


LE: You have certainly given our readers a lot of "food for thought." Do you have a closing comment you would care to make?


Gurudas: I believe that enough people will awaken in time to prevent the New World Order police state, and that we as a people can continue moving closer to God's love and grace. The human race has today reached a critical turning point. We, as a people, will soon undergo great advancement in our spiritual evolution, or there will be a sharp collapse in consciousness. I pray that God's grace will continue to shine on our country and that the vision of freedom and morality the Founding Fathers so sacrificed for, will once again be restored in America. What is ultimately at stake here is whether America, and indeed the planet, will continue under a hierarchical society, where few rule the many, or we can exist under Divine law in a truly democratic republic where we are all equal before God.







反逆罪:新世界秩序

Gurudas作者によって

ケネスとディー・バークによってインタビューされる

Gurudasは彼の本の序文、反逆罪において言う:

新世界秩序(「私は独創的に、私の代わりの健康状態における関与の年のためこの本を書くために引き付けられていた」)。

1980年代に、私は設立し、後で、ペガサス製品社(花エッセンス、宝石エリキシル、およびホメオパシー療法を産し、説明する会社)を売った。

私はまた数年の間の健康開業医であり、代わりの健康の上で4冊の本を書いた。

食品医薬品局乱用はそのノルマになり、徐々に、私は、連邦政府が私達の自由にどれほど危険になったかを理解するようになった。

「この本を書くことにおける私の目的は、これらがアメリカのための非常に危険な時であるという事実により多くの人々で目覚めることである」。

私達が当然と見なす権利のより多くは失われている。

あまりにも多くの政治家は特別な興味を売却し、ほとんどの人々は、起こっていることについての責任に気づくか、取るにはテレビを見ることに忙しすぎる。

違法薬物と犯罪を止める名前において、連邦政府が人々に関してのコントロールを厳格にするにつれて、私達の権利は徐々に喪失されている。

「人々がより容易に写真全体を見ることができるように、私はまたこの本を書いた」。

人々が、何がアメリカで起こっているかをより容易に理解することができるように、私は、数百冊の本、新聞、および雑誌から情報を聞き出すことに私の研究の焦点を合わせた。

いくつかが、国の1つの部分で聞かれる政府乱用のいくつかの話があまりにも威嚇的であるようでないと言うかもしれない。

「それでも、あなたが国中いたるところですべてさまざまな出来事を見て、完全な写真を握る時に、何かが悪いことは明白である」。

Gurudasの本は833の脚注と11ページの参考文献一覧を含んでいる31ページを持っている。

彼は、彼の本が理論なしで公式の記録からすっかり文書化されると主張する。

なぜ彼がその本を書いたかを尋ねられる時に、彼は、「それは簡単である」と言った。

私は、私達の国に、独裁権になってほしくない。

「従って、私は私の研究をし、私の本を書いた」。

(Gurudasの320ページは本、反逆罪を文書化した:新世界秩序は、1-800-255-2665に電話することによってまたはカサンドラプレス,Inc.私書箱150868、サン・ラファエル、CA 94915に書くことによって注文されるかもしれない。)

(コストは14.95ドル+4.00ドルの出荷である)

LE:

どのようにあなたは、あなたの新しい本を書くために来たか?

Gurudas:

これは、私が書いた5番目の本である。

最初の4は自然治癒と形而上の概念を扱う。

私はこの本、反逆罪を書いた:

主に、テクノロジーがそんなに高度なので、私達が、警察国家(ナチスドイツまたはソビエト連邦よりずっと危険になるであろうもの)に動いていることが私には非常にはっきりしたことによる新世界秩序。

歴史は、誰でも、そしてすべてをコントロールしたい個人がいることを私達に知らせる。

私の主な焦点は、脚注によってサポートされて、たくさんの多くのソースと違う情報を結合することであった。

私の考えでは全部で833の脚注がある。

これは、忙しいスケジュールを持つ人々がこの主題を調査することを容易にする。

私達の国は1930年代にドイツに大変似ている。

ドイツで、人々が彼らの個人的で、プロフェッショナルな人生に非常に忙しく、政治に関係したくなかったその時間に、そう、ヒトラーのような人は彼らの国を掌握することができた。

警告を与えたいくつかがあったけれども、それらはネガティブで、根本的であると考えられた。

今日、その時のように、銃砲規制は採り入れられた。

私達の銃規制法案はほとんど一語一語ドイツの1938年の銃規制法から取り去られた。

2か国の間に多くの類似点がある。

私達の国に混乱と恐怖を引き起こす計画がある。

そして、警察国家に私達を誘導するリーダーを採り入れなさい。

私の本の主な焦点の1つは私達の国への脅威を自由な社会と評することである。

この脅威は企業と銀行によって作成される。

多くの解決策はどのように集中化した経済大国のこの問題を処理するかについて提案されている。

1つの提案は、そのチェック・アンド・バランスによって私達の立憲政体を復元するために私達の政治的な遺産に戻ることになっている。

昔、企業は、コミュニティのために存在する必要があった。

どんな方法の中で、米国で閉まっていて、数十万人の雇用を海外に移動させているこれらの大企業は私達の地域社会の福祉を提供しているか?

チェック・アンド・バランスと私達の遺産のシステムは徐々になくされている。

国家は、それらの標準(企業を監視するため)とより少しを下げて、より少しは今や各状態において必要とされている。

20世紀の数百冊の本、記事、およびスピーチの中で、議会の多くを含む多くの有力で、強力な人々は、1つの世界国連軍隊に通常国連軍隊とそれの転送に関係して1つの世界政府に新世界秩序と米国主権と個人の自由の引き渡しを要求していた。

LE:

これはこれらの多くのソースの中で公然と話される?

Gurudas:

大変そう。

LE:

この情報が公になるならば、なぜそれは平均的な人へのより多くの下で浸透していないか?

Gurudas:

それは、全国的なメディアが、これらの問題を議論する人々を攻撃し、メディアが決して文学のこのボディを参照しないためである。

これは、どう宣伝が現代に使われるかの典型例である。

20世紀にわたって、1つの世界政府へのこの動きは行進していた。

これは新しくないか、最近ではない。

彼の本の中で、大企業とそれらのエージェントと基本的に、人々が理解しているよりずっともっと、国をコントロールする弁護士について、最長経路バックミンスター・フラーは20世紀の非常に印象的な掃除を与える。

どうすべての金が1960年代までにフォート・ノックスから取り除かれたかについて、彼は話した。

LE:

それはどこに行ったか?

Gurudas:

それは銀行に行った。

彼らは国を所有している。

フラーは「資本主義の見えない軍隊」をCIAに呼んだ。

イギリス人の貴族のファミリーの中に誕生して、哲学者バートランド・ラッセルは秘密の政府の英国の枝で役割を果たした。

社会への彼の科学のThe影響において、彼は計画された恐怖を議論した:

「私は、産児制限が、人口が、増加することを妨げられることができる唯一の方法であるふりをしない」と彼は言った。

「戦争はここまでこの点で期待外れであったけれども、たぶん、細菌学の戦争はより効果的であると判明するかもしれない」。

黒死病がすべての世代の中で一度世界じゅうでまん延することができたならば、生存者は、世界を(人々で)あまりにもいっぱいにせずに自由に出産することができた。

事態は多少不愉快であるかもしれないけれども、それの何か?

本当に高潔な人々は幸福、特に他の人々のに無関心である。

人口について安定していることとする社会を確保する3つの方法がある。

一番目は産児制限のそれである。

2番目は、幼児殺しまたは本当に破壊的な戦争のそれである。

「そして、3番目は、強力な少数を除いて一般的なみじめさのそれである」。

彼のポイントは人口抑制である。

LE:

それはかなり信じられない引用文である!

Gurudas:

はい。

様々な調査者は、ジョン・コールマンのように、ローマ・クラブが、2050年までに数十億人の人々を殺すために「グローバルな2000」と呼ばれる計画を展開したことを報告する。

カンボジアとアフリカでの大量殺人はこの操作の初期の段階である。

それはそれらの計画である。

彼らは、大幅に人口を削減したいと思っている。

ジャック・クストーは、「これを言うことはひどく、世界(しかし)の総人口は安定しなければならず、それをするために、私達は1日あたり350,000人の人々を取り除かなければならない!」と言った。

「128,000,000人の人々と等しいであろう1年で」。

クストーは「大幅で、慣例に従わない決定」を駆り立てた。

LE:

どんな方法によって、これらの人々は、これをすることを計画するか?

Gurudas:

私達の知らない人口の上の放出と生物学と化学の実験によって。

私は私の本の中で他の方法に言及する。

人口過剰を終える別の方法は、ファミリーをコントロールすることによってにある。

ウォレンBennisとフィリップ・スレーターは、「人が、深い社会的変化を引き起こすことを望んだならば、人は親権への提出を許すことができない...急速な変化をもたらすために、現在の世代の伝統が守られないように、そのような集中化した政権は家族への強力な攻撃を仕掛けなければならない」と一時的な社会で言った。

国家はしなければならず、その本は、「彼らがより容易に新しいアイデアを教え込まれることができるために後者を絶縁するために、両親と子供の間で経験的な裂け目を作成しなさい」を続ける。

「欲望は、国家によりいっそう全体の提出を起こすことであるかもしれない」。

LE:

あなたのドキュメンテーションは確かにやりがいがある。

Gurudas:

「政府病的恐怖」と呼ばれる新しい病気を説明する1994年10月の臨床精神医学精神医学ニュースにおいて、記事があった。

記事は、「これは、米国で流行性になりつつあるようである」と言う。

これはソビエト連邦と並行する;

あなたが政府と意見が異なっているならば、あなたは、クレージーであるそうである。

人々は、ミズーリの連邦の病院に閉じ込められていはじめている(そこで、彼らは、彼らの精神に影響する彼らへの極端な薬を使っていて、再び、ソビエトKGB(するであろう)に大変似ている)。

しかし、憲法を支持し、人々を保護することを決断させられた軍隊の中に、強力な要素がある。

いくつかの本を書いたゲイリー・アレンは、彼がいくつかの突出した陸軍将校を経験し、彼らが、世界を奴隷にすることに努める企業の国際的なネットワークに気づいていると公然と言う。

彼らを反逆罪で告発して、私の研究によると軍隊は、重要な政治、ビジネス、およびメディア指導者を逮捕するために介在するかもしれない。

軍隊と秘密の政府の間の長く、静かな引き分けがあった。

監視活動の完全な範囲を使う状態で、それぞれは他を見る。

LE:

あなたの情報が、それを読むために時間をかけるであろう人々に利用可能であることは確かに素晴らしい。

Gurudas:

トークラジオの上で、毎日、連邦政府への根の深い怒りは明らかで、人々は、彼らが彼らから取り去られた彼らの権利を望んでいないと認めている。

アメリカ人が引き起こされる時に、大きな変化は私の意見において結果として生じることができる。

歴史は、秘密の政府が降りないであろうということを教える。

1857年に、フレデリック・ダグラスは、「パワーは要求なしで何も容認しない」に警告した。

それは決してしなく、それは決してしないであろう。

人々がいったい何に服従するであろうかを見つけ出しなさい。そうすれば、あなたは、彼らに課されるであろう不正と間違いの正確な量を見つけ出した。

「暴君の限界は、彼らが圧迫する人々の持続によって規定される」。

LE:

あなたは確かに私たちの読者にたくさんの「考えるべき事柄」を与えた。

あなたは、あなたが、したいと思うであろう閉まるコメントを持っているか?

Gurudas:

私は、十分な人々が、新世界秩序警察国家を防止するために時間内に目覚めるであろうし、民族としての私達が神の愛情と優美のより近くに動き続けることができると信じる。

人類は今日重大な分岐点に達した。

私達は、民族として、私達のスピリチュアルな発展においてすぐ大きな高度化を受けるか、鋭い崩壊が意識においてあるであろう。

私は、神の優美が、私達の国の上で輝き続けるであろうし、創始者がそう犠牲になった自由と道徳のビジョンがもう一度アメリカについて回復するであろうということを祈る。

最終的に、ここで賭けられているものは、ほとんどが多くを支配しない所で、アメリカと本当の惑星が階級社会の下に続くであろうか私達がすべて神の前で等しい所で、私達が本当に民主主義の共和国の中の神性の法律の下に存在することができるかである。

エイリアン、あなたが決して本当に、知りたくなかったもの!

PART III


?


The Mantell Incident


My favorite UFO incident is the Mantell crash over northern Kentucky, event occurred a short time after Roswell. This sighting and loss of one of our World War II heroes and military aircraft took place near the Godman AFB, which is very close to Wright Field, now renamed Wright-Patterson AFB. A blip was detected on the Godman Field radar screen that was unidentified by the radar operators. Captain Thomas F. Mantell, a pilot with the Kentucky Air National Guard, had been a combat veteran and World War II Ace. On January 7th 1948 he was on a training mission from Marietta Air Force Base (AFB) in Georgia, to Standiford AFB in Kentucky. Mantell and his F-51, which is a modernized P-51, was accompanied by three other pilots in F-51’s. They were, 1st Lieutenant R.K Hendricks, 1st Lieutenant A.W. Clements and 2nd Lieutenant B.A. Mammond. The aircraft were not equipped with oxygen as the three pilots were not going to exceed 15,000 feet. Captain Mantell had been in the Normandy invasion, and had won the Distinguished Flying Cross among other decorations. He was an experienced airman unlikely to be deceived by natural phenomena. Earlier that day the Kentucky Highway Patrol called the Godman AFB tower to find out if they had anything strange flying in the area. The residents of Mansville Kentucky had been reporting unidentified flying objects 250 to 300 feet in diameter in the sky. The tower said no, then a few minutes later sighted an object on the radar screen that was not a familiar aircraft! At the same time the tower sighted Mantell and the three other F-51s. The operations officer, Captain Carter, who observed the object visually said it resembled a parachute, surrounded by a red glow! The object was so bright that it could be observed through the clouds! The F-51s were sent to investigate. Mantell broke through the clouds at 15,000 feet and there it was, a huge craft, unlike anything Captain Mantell had ever seen before. Mantell, no doubt, went to "hot guns" and radioed back to Godman Field, "I’ve sighted the thing, it looks metallic, and it’s tremendous in size, now it’s starting to climb, I’m going to 20,000 feet and if I’m no closer then I’ll abandon chase". These were Mantell’s last words. Hendricks had flown on to Standiford while Hammond and Clements had joined Mantell. But at 22,000 feet Hammond and Clements broke off the chase due to lack of oxygen. Witnesses said they saw Mantell’s F-51 explode in midair, no one could figure out why the F-51 would explode, unless the UFO had caused it. If Mantell lost consciousness, then when the F-51 went into a dive it would have reached a speed that would have torn off the wings. At any rate, his F-51 was scattered over the countryside about 90 miles from the Godman AFB. Some say Mantell’s body was never found. It was a closed casket funeral, normal in an air crash like this one. One thing for sure, Captain Mantell was not chasing the planet Venus, as reported by the Air Force, he was a better pilot than that, he had seen something very strange. The Government or the Air Force doesn’t care who they discredit, so long as they keep the "gullible ignorant masses" in the dark. This was no doubt an Alien craft looking for the Roswell spacecraft and its Alien occupants/astronauts. No doubt the Aliens had every piece of hardware and the beings themselves tagged with some kind of a homing devise.


?


?


The Grey’s


These Aliens were not the Anunnaki, they were the "care takers" referred to earlier as the little "Greys". They have small bodies, large black wrap around eyes, no skeleton, just a semi-hard outer layer of skin, similar to an insect, The black eyes are only a lens covering the eye ball that allow them to see at night. This lens also shields their eyes from the bright rays of our sun during daytime. The Greys claim that they work for the owners of this planet, a Reptilian species from the Draco star system, who are over 100 light years from earth. The little Greys do the work and a large, tall species of Grey supervises, who really knows? I personally don’t think it’s the Anunnaki, perhaps they sold earth to someone else, why not, they owned it, and most of the gold was gone anyway. The Reptiles eat humans, the way we eat chickens, cows, sheep and pigs, so it would have been a good deal for both species. Can you dig it? We Humans in general have gotten a lot fatter in the last 50 years, maybe the Reptilians have bred us the same way we have bred the Black Angus cows. The Greys are very mercenary and completely devoid of compassion, like the people who work in "our" slaughterhouses. The "Bible" says we are in charge of the earth, and can do what we want with all of the less intelligent species, maybe the Aliens have a similar bible written by their god, you know what I’m talking about? You probably have heard the old saying, "sorry, nothing personal, it’s just my job". The Greys come from the constellation Reticuli, you can see it from the Southern Hemisphere. The Greys star Zeta I & Zeta II, orbit each other and the Greys occupy the 4th planet in orbit around this binary star system. Zeta I & II are 32 light years from earth and the trip in one of their spacecraft takes about 60 earth hours, according to John Lear, whose Father designed the Lear Jet and former pilot for the CIA. John is very well informed about the Alien situation. Obviously these Aliens don’t travel in a linear mode! The Greys control time, space and matter. Some of our scientists think the Greys are biological robots. The US Government refers to the Greys as EBE’s, short for Extraterrestrial Biological Entities. Sees how far behind we humans are in technology?


?


?


Betty and Barney Hill


An interesting side note about this star system is, it was not confirmed by astronomers till 1969. However, on September 19, 1961, Betty and Barney Hill claimed to have been abducted by small Grey Aliens. While on board the Alien spacecraft, they displayed a star map showing Betty Hill their home star system. Later under hypnosis, Betty Hill drew the star map, of course no such star system existed at the time. This confirmed that Betty and Barney had just imagined the entire affair. Everyone’s head in the scientific community was spun around in 1969 when the star system was confirmed!


?


?


Harry S. Truman


In the early fifties, President Truman was preparing to inform the American people, and for that matter the entire world, just what was going on. Harry was a very, "down to earth person", no pun intended. He was from Missouri and that is the "Show Me" state. Harry intended to send a tractor-trailer around the United States with Alien bodies and hardware, so the American people could see the Aliens for themselves. This was disclosed on "The Learning Channel" a couple of years ago. This was no doubt "leaked" information by the Federal Government. Before the project was finished however, Dwight Eisenhower was elected President of the United States. Harry had been dragging his feet, so to speak. I guess he was a little nervous about the disclosure. Ike, being a military man, wasted no time putting the lid on the project, because he said, "we needed a military advantage over the Russians". Plus Ike didn’t think the American people/ignorant masses could "handle" the truth, he was probably right. Ike also thought that our scientists would soon bridge the gap in technology between the human race and the Aliens. After all we had a couple of their spacecraft in our possession at the time with our top scientists going over each and every part, it wouldn’t be long till we had our own space craft, was Ike ever wrong! Ike had been aware of the Aliens for quite some time because of his military position during World War II.


?


World War II


There were many sightings during World War II by our pilots, we thought that it was German technology and the Germans thought it was ours. All the time it was "Them", the Aliens were watching our war and the human race up close. The military called the phenomena, "Foo Fighters", how silly can you get?


?


?


Eisenhower Meets the Aliens


Sometime during Eisenhower’s first term, the Aliens got a message to the White House, that they wanted a meeting with the President. This was arranged to take place at Muroc Dry Lakes, now called Edwards Air Force Base in Southern California. William Cooper in his book "Behold a Pale Horse" comments on the meeting. Ike feigned a toothache to the press, his security whisked Ike to Edwards for the meeting and Ike was out of touch with the press for 24 hours! The press speculated that the President had died! Now think about that for a minute, would the White House allow the press to run stories like that over a little toothache? As Cooper’s story goes, a deal was cut and we would get Alien technological assistance and the Aliens would get what they wanted, which would be, violation of our air space and take human beings, for experimental purposes, zoos, slaves, food, or whatever. A lot of very important people were at that meeting, the head of the Hearst newspapers, the leader of the Catholic Church and several top scientists. When the Aliens demonstrated their ability to become invisible along with mental telepathy, everyone there was terrified. To these experts, their world had just disintegrated before their eyes, everything that they had ever been taught or believed, had suddenly evaporated. It was a mind-boggling experience to these gentlemen. The Aliens need slave labor, big time, still, now before you laugh, think about it, humans are the best biological machines going. We are easily controlled, reproduce rapidly, learn quickly and are self-repairing, perfect! On February 20th 1954 Eisenhower signed a treaty with the Aliens agreeing to most of the above. Pat Bieger and I had been married exactly one year!


?


?


Missing Children


Are you aware that in the United States alone, each year, hundreds of thousands of children disappear, without a trace! Sometimes the number is as high as 800 thousand. 1984 was the last year the FBI released the figures and in that year 400 thousand children disappeared! Why won’t the FBI continue to release the missing children figures? Who do you think does all the dirty work for these intelligent being? We don’t like to do dirty work ourselves and we use the "uneducated". Do you know why lawyers are paid so much and don’t do any dirty work? I’ll tell you, they are a lot smarter than most people. The Aliens are not any different, only they are thousands of years ahead of us. In defense of Eisenhower, he thought our scientists would soon bridge the technology gap, but the Aliens are very smart. They have not given us star travel and they haven’t made us immortal, and they’re not going to, anytime soon, it would be too dangerous.


?


Colonel Corso


Colonel Corso in his book "The Day after Roswell", says we’re a lot better off now than we were in 1947, I hope so. He was in charge of the Foreign Technology Department for the US Army for many years and had hands on experience with some of the retrieved artifacts from the flying saucers. The Colonel says that the Aliens don’t have the free hand they had fifty years ago, but I wonder. His book is a must reading and it currently in print. This brings us to the present.


Robert "Bob" Lazar


My friend Bob Lazar, a Nuclear Physicist, who used to work at the infamous Los Alamos Labs in New Mexico, was a friend of Dr. Edward Teller. Dr. Teller was the Father of the Hydrogen Bomb, what a nice boy! Dr. Teller only liked things that exploded. Lazar was transferred to Area 51 in 1988 along with 22 other scientists to "back engineer" a flying saucer, or UFO. The craft was 52 feet in diameter and was capable of interstellar travel in excess of the speed of light! The craft came from the Reticuli star system, 32 light years from earth, home of the "little and the Big Greys". The craft breaks all laws of physics as we understand them, but remember just 500 years ago the Catholic church burned you at the stake for stating the earth was round and orbited the sun and was not the center of the Universe. We’ve come a long way baby! What could the Romans do with a late model Honda two thousand years ago? The 22 scientists working on the project for a year did determine how the craft operated and what made it travel through space. They were unable to duplicate the craft, the drive system or the navigational equipment, so much for our technology. But then what could the ancient Greeks have done with an F-16 fighter plane? The Federal Government has in its possession many UFO’s, the United States is the earth’s repository for Alien spacecraft. The one Lazar worked on was intact, not a crashed vehicle and Bob has no idea how the government came into it’s possession. Lazar did attend government briefing and that is my source for much of the information on the Greys. Several scientists lost their lives trying to disassemble the power plant from one of the spacecraft. This occurred in one of the Nevada Atomic underground test sites. It was reported as a low yield nuclear test. They have us covered! For his disclosure, Bob Lazar has been totally discredited, both academically and as a person.


?


?


More on the Slaves


In my opinion, in our not so distant past, say 10,000 years ago we were all slaves, bred to do a job, just like the "Blacks" were 200 years ago. We still do this with our animals. The human race has advanced tremendously in the last couple hundred years. However humans are still sold as slaves in certain parts of the world not as civilized as us, such as China, Africa and the Middle East! You see no high tech society wants to do the dirty work, such as mining operations on a cold dark planet. Humans would be perfect for this job, especially trained from childhood, and when they couldn’t do the job anymore, just put them to sleep! The same way we Humans do with the Greyhounds and Thoroughbred racehorses. There are some very intelligent "Humans" right here on earth, more Anunnaki than Ape, have you seen any lately? Most of these people are running things, while others are reaching for the stars. The Aliens know this and it’s just a matter of time till we unlock the secret of star travel. Lazar is convinced this will happen in the not too distant future. The Aliens are trying to civilize us before we get into space with the Bomb!


?


The Secret


I can read your mind, you are thinking, how in the hell has the government kept this big a secret for the last fifty years. This requires a two-part answer. First and foremost, they have not kept the secret. You are reading about it right here. Hundreds of credible people have told their story and thousands of books have been written about the subject, but the mass media has not printed it or shown it on TV, nor will they. This is because our media is totally controlled by the same powers that know all about the Alien agenda. The biggest reason the Alien secret has been so easily kept is the human race is in "denial", humans/ignorant masses don’t want to know the truth, plus the Aliens don’t want us to know the truth. We want to think we are the last word in the universe, top of the list, next to God, in His image, you know the drill! The fact of the matter is we are way down at the bottom, "Barely out of the trees" so to speak. The Aliens are near the top, very close to the Supreme Being, not God but as close as you can get and still be a physical being. Remember they have star travel and we have puny little rockets. We can hardly get off the earth and back safely. Then to top it off anyone who comes forward and tries to disclose information is branded a kook or a crazy. This is exactly what everyone wants to hear. Remember the old rule, never confess your infidelity to your spouse, and always deny, that is what they want to hear. It has worked for thousands of years and it is still working today.


?


?


PART IV


?


~~省略~


パートIII

マンテル出来事

私の好きなUFO出来事は北ケンタッキーの上でマンテル衝突であり、イベントはロズウェルの少し後で起こった。

この光景と私達の第二次世界大戦ヒーローと軍用機の1人を失ったことは、ライト・パターソンのAFBに改名された現在の、ライトFieldに非常に近い神人AFBの近くの場所を取った。

影像は、レーダーオペレータによって未確認であった神人フィールドレーダー網の上で検出された。

トーマスF.マンテルキャプテン(ケンタッキー空軍州兵を持つパイロット)は戦闘ベテランと第二次世界大戦エースであった。

1948年1月7日に、彼はジョージアのマリエッタ空軍基地(AFB)からのケンタッキーのStandiford AFBへのトレーニング任務にいた。

マンテルと現代化されたP-51である彼のF-51はF-51のにおける3人の他のパイロットを同伴していた。

それらがであったこと1番目の副官R.Kヘンドリックス、1番目の副官A.W.クレメンツ、および2番目の副官B.A. Mammond。

3人のパイロットが、15,000フィートを越えようとしていなかった時に、航空機は酸素を装備されなかった。

マンテルキャプテンはノルマンディー侵略にいて、他の装飾物の間で空軍殊勲十字章を勝ち取った。

彼は、自然現象によって欺かれていることがありそうにない経験豊かな飛行士であった。

より早く、その日に、彼らがエリアに飛行機で到着している何か奇妙なものを持っていたかどうかを見つけ出すために、ケンタッキー・ハイウェイ・パトロールは神人をAFBタワーと呼んだ。

Mansvilleケンタッキーの居住者は未確認飛行物体を空の250~300フィートの直径と報告していた。

タワーはノーと言い、それから、数分は後で、おなじみの航空機ではなかったレーダー網にオブジェクトの照準を合わせた!

同時に、タワーはマンテルと3つの他のF-51を見つけた。

オブジェクトが視覚的に、赤い光によって取り囲まれて、それがパラシュートと似ていると伝えていたことに気づいた財産運用係、カーターキャプテン!

オブジェクトはとても明るかったので、それは雲を通して観察されることができた!

F-51は、調査するために送られた。

15,000フィートでマンテルが雲を突破したこととそこでそれがであったこと、何と違って前にこれまでキャプテンマンテルが見たことがあった莫大な船。

マンテルは確かに「熱い銃」に行き、神人フィールド「私は物を見つけて、それは金属ように見えて、それはサイズにおいてすさまじく、今、それは、登り始めていて、私は20,000フィートに行き、私が全くより近くないならば、私は追跡を断念するであろう」に、戻るように無線連絡した。

これらはマンテルの最後の言葉であった。

ハモンドとクレメンツがマンテルに参加したのに対して、ヘンドリックスはStandifordにオンに飛んだ。

しかし、22,000フィートで、ハモンドとクレメンツは酸欠のため追跡を折った。

証人は、彼らがマンテルのF-51が空中で爆発するのを見ると言い、UFOがそれを起こさない限り、誰も、なぜF-51が爆発するであろうかを理解することができなかった。

マンテルが意識を失ったならば、F-51がダイビングに入った時に、それは、翼を引きはがしたであろうスピードに達したであろう。

とにかく、彼のF-51は神人AFBから約90マイルの所の地方に散乱した。

いくつかが、マンテルの体が決して見つからなかったと言う。

それはこれのように航空機墜落事故において正常な閉まった小箱葬式であった。

それよりよいパイロットが空軍、彼によって報告されて、彼が何か非常に奇妙なものを見たように、確かな1つの物、マンテルキャプテンは惑星金星を追わないことであった。

政府または空軍は、彼らが「騙されやすい無知なマス」を秘密にしておく限り、彼らが誰の評判を悪くするかを気にしていない。

これは確かにロズウェル宇宙船とその異質な占有者/宇宙飛行士を捜している異質な船であった。

確かに、エイリアンはハードウェアとある種類の帰巣能力贈与条項をつけられた生き物自身のすべての断片を持っていた。

灰色の

これらのエイリアンはアヌンナキではなく、彼らは小さな「灰色」としてより早く関連されていた「世話受取人」であった。

彼らは小さなボディを持っていて、大きな黒はまわりで目を包み、骨格(単に皮膚の半難しい外皮)を全然包まなく、昆虫に類似していて、黒い目は、ただの、彼らが夜見ることを可能にする眼球をカバーしているレンズである。

このレンズはまた昼間私達の太陽の明るい光線からそれらの目を保護する。

灰色は、地球から100光年の所で終わっているこの惑星(竜座スター・システムからの爬虫類の種)のオーナーのために、彼らが働くと主張する。

小さな灰色は仕事をし、グレーの大きく、高い種は監督する(本当に、それが知っている)?

私は個人的に、それがアヌンナキであると思わなく、たぶん、彼らは地球を他の誰かに売り、なぜ彼らはそれを所有していなく、金のほとんどはとにかくなくなった。

それがたくさん両方の種のためであったであろうように、私達がチキン、雌牛、羊、およびブタを食べる方法で、爬虫類は人を食べる。

あなたはそれを掘ることができるか?

私達、一般の人は最近の50年でたいそうより太り、たぶん、爬虫類は、私達がブラック・アンガス雌牛を繁殖させたのと同じ方法で私達を育てた。

灰色は、非常に金銭ずくで、「私達の」屠場で働く人々のように同情が完全にない。

「バイブル」は、私達が地球を担当していて、私達がより知的でない種のすべてによって望んでいることをすることができると伝えていて、たぶん、エイリアンは彼らの神によって書かれた同様なバイブルを持っていて、あなたは、私が何について話しているかを知っている?

あなたはたぶん、古いことわざ(「何も個人的でなく、それがまさに私の仕事であることは残念である」)を聞いた。

灰色は星座Reticuliから来て、あなたは南半球からそれを見ることができる。

灰色はジータI&ジータIIをスターにし、互いを軌道に乗せて、灰色はこの連星システムのまわりの軌道で4番目の惑星を占める。

ジョン・リアによるとジータI&IIは地球から32光年の所であり、それらの宇宙船の1機における旅行は地球約60時間かかる(その父はCIA行きのリアジェット機と前のパイロットをデザインした)。

ジョンは異質な状況について非常に情報に通じている。

明らかに、これらのエイリアンはリニアのモードの中で旅行しない!

灰色は時間をコントロールし、間隔をおいて配置し、重要である。

私達の科学者の何人かが、灰色が生物学のロボットであると思う。

米国政府は灰色をEBEの(地球外生物学的存在のための要点)と称する。

どのくらい後ろで私達、人がテクノロジーの中にいるかをわかる?

ベティとバーニーヒル

このスター・システムについての興味深い側の注はそうであり、それは1969年まで天文学者によって確認されなかった。

しかし、1961年9月19日に、ベティとバーニーヒルは、小さなグレーエイリアンによって誘拐されていると主張した。

異質な宇宙船に乗る間に、それらはベティ・ヒルにそれらの家庭のスター・システムを示している星図を表示した。

後で催眠の下で、ベティ・ヒルは星図を描き、もちろん、どのそのようなスター・システムもその時存在していなかった。

これは、ベティとバーニーがちょうど事柄全体を想像していたことを確認した。

科学社会のみんなの頭は、スター・システムが確認された1969年にまわりで回転した!

ハリー・S.トルーマン

50年代初めに、トルーマン大統領は、アメリカ人とその問題のための、全世界、まさに起こっていたものに知らせることを準備していた。

ハリーがであったことと非常に、意図されている無だじゃれという「地球人への下」。

彼はミズーリ出身であり、それは、「私を示しなさい」状態である。

ハリーは、異質なボディとハードウェアによってトレーラトラックを米国のまわりに送るつもりであったので、アメリカ人は自分でエイリアンに会うことができた。

これは2、3年前「学ぶチャンネル」上で明らかにされた。

これは確かに連邦政府による「漏洩した」情報であった。

プロジェクトがしかし仕上げられる前に、ドワイト・アイゼンハワーは米国の大統領に選ばれた。

ハリーはいわば彼の足を引きずっていた。

私は、彼がディスクロージャーのために少し神経質であったことを推察する。

彼が、「私達はロシア人より軍事的な利点が必要であった」と言ったので、軍人であるIkeは、ふたをプロジェクトに置いて、時間を全然浪費しなかった。

プラスIkeは、アメリカ人/無知なマスが真実を「処理する」ことができて、彼がたぶん正しかったと思わなかった。

Ikeはまた、私達の科学者が人類とエイリアンの間でテクノロジーにおいてすぐギャップを埋めるであろうと思った。

すべて、私達で、すべての部分を調べている私達の一流の科学者との時間に私達の所持品に2、3機のそれらの宇宙船があった後に、私達が私達自身の宇宙船を持つまで、それは長くないであろうし、間違ってずっとIkeであった!

Ikeは第二次世界大戦中の彼の軍事の拠点のためかなり長い間エイリアンに気づいていた。

第二次世界大戦

私達のパイロットによる第二次世界大戦中に多くの目撃例があり、私達は、それがドイツテクノロジーであったと思い、ドイツ人は、それが私達のものであったと思った。

それが「それら」であった間に、エイリアンは近くに私達の戦争と人類を見ていた。

軍隊は現象、「Foo戦闘機」を呼び、あなたはどれほど無分別になることができるか?

アイゼンハワーはエイリアンと会う。

アイゼンハワーの最初の期間の間のある時、エイリアンはホワイトハウスにメッセージを受け取り、彼らが大統領とのミーティングを望んでいた。

これは、Muroc乾湖で起こるために手配されて、今や、南カリフォルニアでエドワーズ空軍基地に電話した。

彼の本「薄い馬を注視しなさい」中のウィリアム・クーパーはミーティングについてコメントする。

Ikeはプレスに歯痛を装い、彼のセキュリティはミーティングのためにエドワーズにIkeをさっと動かし、Ikeは24時間の間プレスから遠ざかっていた!

プレスは、大統領が死んだことを思索した!

さあ、少しの間それについて考えなさい、ホワイトハウスは、プレスが少量の歯痛の上でそのような話を実行することを可能にするであろうか?

クーパーの話が進む時に、取引は結ばれて、私達は異質な技術援助を得るであろうし、エイリアンは、彼らが望んでいた(そうであるであろう)もののために私達の空隙の違反を取ってきて、人間を実験的な目的、動物園、スレーブ、食物等々と思うであろう。

たくさんの非常に重要な人々はそのミーティング、ハースト系新聞のトップ、カトリック教会のリーダー、および何人かの一流の科学者にいた。

エイリアンが、テレパシーとともに見えないようになる彼らの能力を示した時に、そこの誰もが恐れた。

これらのエキスパートに、彼らの目(彼らがそれまでに教えられるか、信じられたことがあったすべて)が突然蒸発する前に、彼らの世界はちょうど分解した。

それはこれらの紳士への驚くべき経験であった。

あなたが笑う前に、エイリアンはまだ現在奴隷労働、非常に楽しい時が必要で、それについて考えて、人は行く最もよい生物学のマシンである。

私達は容易にコントロールされて、急速に繁殖し、迅速に学び、完全にセルフ行っている!

1954年2月20日に、上記のほとんどに同意しているエイリアンとアイゼンハワーは条約にサインした。

パットBiegerと私は結婚してちょうど1年になった!

行方不明の子供

あなたは、米国だけで、毎年、数十万人の子供が消えることに跡なしで気づいている!

時々、数は80万と同じくらい高い。

1984は、FBIがデータをリリースした昨年、および40万人の子供が消えたその年でであった!

なぜFBIは、行方不明の子供データをリリースし続けないであろうか?

あなたは、誰がこれらの知的な存在のためにすべての汚い仕事をすると思うか?

私達は、自身で汚い仕事をすることが好きでなく、私達は「教育がない」を使う。

あなたは、なぜ弁護士がそんなに多く支払われるか、そして汚い仕事をしないかを知っているか?

私はあなたに話し、それらはほとんどの人々よりたいそうスマートである。

エイリアンは違わなく、彼らだけが私達より数千年進んでいる。

アイゼンハワーの弁護をして、彼は、私達の科学者がすぐ技術格差に橋を架けるであろうと思ったけれども、エイリアンは非常にスマートである。

彼らは私達に星の旅行を与えなく、彼らは私達を不滅にしなく、すぐ、それが危険すぎるであろういつででも、彼らはそうしようとしていない。

コーソ大佐

彼の本(「ロズウェルを求めている日」)中のコーソ大佐は、私達が現在、私達が1947年にそうであったよりたいそう裕福であると言うのを私はそう望む。

彼は何年もの間米国軍隊のために外国テクノロジー部門を担当していて、空飛ぶ円盤からの取り戻された人工物のいくつかの経験の上に手を持っていた。

大佐は、エイリアンが、彼らが50年前持っていた自由裁量を持っていないと言うけれども、私は疑う。

彼の本は、現在、入手可能に、必須を読むこととそれである。

これは私達をプレゼントに連れて来る。

ロバート「ボブ」ラーザール

ニューメキシコの不名誉なロスアラモスラボでかつて働いた私の友人ボブ・ラーザール、核物理学者はエドワード・テラー博士の友人であった。

出納係博士は水素爆弾の父であり、なんと良い少年!

出納係博士は、爆発した物が好きであっただけであった。

ラーザールは、「かえして」空飛ぶ円盤またはUFOを「設計し」て22人の他の科学者とともに1988年にエリア51に移された。

技能は直径52フィートであり、光の速度以上の恒星間旅行が可能であった!

技能はReticuliスター・システムから、32光年地球(「ほとんど、大きな灰色」の家)からの所で来た。

私達がそれらを理解している時に、技能は物理学のすべての法律を犯すけれども、地球が丸く、太陽を周回し、宇宙の中心ではなかったのを述べるために、カトリック教会があなたを火あぶりの刑にしたのをちょうど500年前覚えていなさい。

私達は長い道のりを来た、ベイビー!

ローマ人は2000年前新型ホンダをどうすることができたか?

1年の間プロジェクトに取り組んでいる22人の科学者は、どのように船が動作したか、そして何がそれにスペースを通らせたかを決定した。

彼らは、そんなに多く私達のテクノロジーのために技能、ドライブシステム、またはナビゲーションの機器を複写することができなかった。

しかし、古代のギリシャ人はF-16戦闘機によって何をしたかもしれないか?

多くのUFOがあるその所有において、連邦政府は持っていて、米国は異質な宇宙船のための地球の貯蔵所である。

破損された乗り物とボブは、どのように政府がそれに来たかというアイデアを全然持っていなく 所有である のでなく、オンにおいて働かせられた唯一のラーザールはそのままであった。

ラーザールは政府ブリーフィングに出席し、それは灰色についての情報の多くのための私のソースである。

宇宙船の1機から発電所を分解しようとして、何人かの科学者は命を失った。

これはネバダ原子アンダーグラウンドテストサイトの1つに存在していた。

それは低い生産高核実験として報告された。

彼らは私達をカバーさせる!

彼のディスクロージャーのために、ボブ・ラーザールはアカデミックに、人として評判をすっかり悪くされている。

奴隷へのより多く

私の意見において、私達のそんなに遠くない過去に、ちょうど、「黒人」が200年前であったように、私達がすべて、仕事をするために育成された奴隷であったと10,000年前言いなさい。

私達はまだ私達の動物とこれをする。

人類は最後のカップルですさまじく百年進んだ。

しかし、人はまだ中国、アフリカ、および中東など私達と同じくらい文明化しなかった世界の一定の部分のスレーブとして売られる!

あなたは、どのハイテク社会も、冷たい暗い惑星の上の採掘操作などの汚い仕事をしたくないとわかる。

人はこの仕事に適任であろうし、特に、幼年期からトレーニングし、彼らがもうその仕事をすることができなかった時に、ただ、彼らを眠らせた!

同じ方法で、私達、人はグレイハウンドと純血種の競走馬でする。

地球、猿よりアヌンナキ上に今この場でいくつかの非常に知的な「人」があり、あなたは最近いくらかに会ったか?

他が星に手を伸ばしている間、これらの人々のほとんどは物事を行っている。

エイリアンはこれを知っていて、私達が星の旅行の秘密の錠を開けるまで、それは単に時間の問題である。

ラーザールは、これがそんなに遠くない未来に起こるであろうということを確信する。

エイリアンは、私達が爆弾によってスペースの中に入る前に私達を文明化しようとしている!

秘密

私はあなたの精神を読むことができて、あなたは考えて、どのように地獄において政府を保持させるか 大きいこれ 最近の50年のための秘密 。

これは2部の答えを必要としている。

何よりもまず、彼らは秘密を守らなかった。

あなたは今この場でそれについて読んでいる。

数百人の信用できる人々は彼らの話を話し、数千冊の本は主題について書かれているけれども、マスメディアはそれをプリントしないか、テレビでそれを示さなく、彼らもしないであろう。

これは、私達のメディアが、すべて、異質な路線を知っているのと同じ能力によってすっかりコントロールされるためである。

異質な秘密がそんなに容易に守られている最も大きな理由は、人類が「否定」にいることであり、人/無知なマスは、真実を知りたくなく、加えて、エイリアンは、私達に、真実を知ってほしくない。

私達は、私達が神の隣で宇宙、リストのトップで最後の言葉であると彼のイメージにおいて思いたく、あなたはドリルを知っている!

事実は、私達が底(いわば「木のかろうじて外」)でずっとダウンしていることである。

神ではなく絶対者の非常に近くでけれどもあなたが得て、まだ物質的な存在であることができる限り近く、エイリアンはトップの近くにいる。

彼らが星の旅行を持っていて、私達が弱々しい小さなロケットを持っているのを覚えていなさい。

私達はほとんど地球を降りて、安全にバックすることができない。

そして、志願し、情報を明らかにしようとする誰からでもそれを上回ることは変人または変な人として烙印を押される。

これは正確に、誰もが、聞きたいものである。

古い規則を覚えていて、決して、あなたの配偶者にあなたの不倫を白状しなく、いつも、否定しなさい、それは、彼らが、聞きたいものである。

それは数千年の間作動し、それはまだ今日作動している。

パートIV

共謀

これは、みんなの注目を得る言葉であり、私はちょうど今意味している!

1994年に、私は米国の議会に立候補し、私は連邦準備金についてスピーチにおいて共謀に言及した。

非常に次の日曜日に、議会で議席を勝ち取ろうとしているフロリダで、ニューヨーク・タイムズは気違いじみた狂人について話している社説をだめにし、私達が、土地の法律を作っている「レフトの外」であった人々が必要でなかった。

私があなたに尋ねるので、何が後ろの森についてのニューヨーク・タイムズ世話のためにフロリダで減っている5番目の区をしたか?

担当している人々は彼らの目と耳を開き、彼らは毎晩テレビを見ていたりスポーツ・イベントに行ったりしない。

ハーヴェイ・オズワルド、孤独なガンマンはジャック・ケネディーを殺さなかった。

私は、オズワルドが大統領に弾丸を発射しさえしたことを本気で疑っている。

これへのとても多くの証拠があるので、それはあなたを不快にする。

音、例えばショットを持つテープは一緒にとても近いので、誰も、そんなに速く殺人ライフルをリロードすることさえできなく、まして正確にねらい、点火するなどとんでもない。

そして、コナリー知事の話があり、彼は大統領と空港からパレード車に乗っていた。

知事はケネディに、彼が何について話に行ったかを尋ねて、大統領は彼の3x5メモカードを引き出し、知事に、彼が、エイリアンについて世界に話そうとしていて、どんなに、政府が20年の間彼らとの関与を隠したと言った!

数分後、ケネディは死んでいたけれども、メモカードを死ぬ大統領のコートのポケットから取り除くために、知事に先見の明はあった。

彼はそれらを封をした封筒の中の彼の援助に与えて、彼、知事が死んでいた時に、彼に、それらをプレスに与えるように命じた。

援助はニューヨーク・タイムズを呼び、情報をそれらに提供し、彼らは彼に、その種類の屑が全国的な問い合わせに属していたと言った。

従って、援助は約50Kのためにカードを全国的な問い合わせに売った。

CIAはケネディ暗殺を取り囲んでいる事実をすべて知っている。

それから、それをしめくくるために、私は私達の地方新聞を読み取り、ケネディがなかったオカラ星印バナーはアーリントン墓地で埋葬し、彼はファミリーの要求で海で埋葬された!

貧困者は永久の炎の下のケネディ墓にある。

なぜ、決して、できなかったそう海で埋葬されたケネディのボディは、ボディが現代のテクノロジーによって再検討されることであったか。

ジェイムズ・アール・レイはマーチン・ルーサー・キング、別の共謀を撃たなかった。

CIAは良くなく、彼らは、殺すライセンスを持っている。

連邦準備銀行は連邦政府の一部ではなく、それは秘密である。

1913年に、それは、アメリカで銀行制度を引き継ぎたい銀行家のグループによってひそかに下にジョージアでまとめられて、彼らはした。

私達は、流通にあるすべてのプリントされたお金の上の利息を支払う。

彼が就任した時に、ケネディは5における議会印刷アメリカ財務省中期債券と10ドルの名称を持っていた。

この行為は、毎年300億ドル以上でアメリカ納税者を救うことになっていた。

私は米国注のいくつかを持っているけれども、ケネディが殺されると同時に、ジョンソンは大統領として彼の初期の行為の1つとして記録を回収した。

マスメディアは完全にコントロールされて、これは共謀のフォームである。

米国はすべての異質な宇宙船、協力しているすべての他の政府のための貯蔵所であり、ひそかに、共謀であるであろう。

リストはずっと続き、どのような重要性でももつ誰もが協力するか、「変人」になるか、完全に破滅する。

次のパラグラフの中のディスクロージャープロジェクトに与えられた取り扱いは、私が話しているものの別の例である。

ディスクロージャープロジェクト

2001年5月10日、ワシントンD.C.、ナショナル・プレス・クラブ、午前9時。

スティーブン・グリーアMD博士は全国的な記者会見を振っているこの世界を率いた。

彼らが異質な生き物、異質な車、または異質なハードウェアとの接触を持っていたと証言して、よい医師は20人の立派な政府側の証人を示した。

彼らはまた、私達の政府が最近の50年の間これらの生き物との進行中の関係を持っていると言った!

生き物は、それらのテクノロジーと交換に私達の領空に違反する権利を持っていた。

エイリアンが私達から望んでいるものはまったく別の質問とこの当惑質問に対するどのような答えでも贈られた証人などである。

私は記者会見に出席し、一語一語それにテープを貼り、それはなかなかの印象的なテープであり、3時間の間続く。(私はより早くあなたのためにその質問に答えた)

私は魅了されて完全に議事録全体を通して座った。

私が、これらの勇敢な人々、破壊国家安全保障、および到来を聞いてアメリカの人々にきれいにすると、それは涙を私の目 何 愛国者 に持って来た!

これらの証人の誰でもあなたを行かせたかもしれないか、私は、私達が有罪であった証言によるガス室に殺すけれども、彼らがエイリアンについて話していたので、彼らの証言はマスメディアによって間違いであると考えられた!

私は現在、これまでより、エイリアンがこの惑星の完全なコントロールにいて、それが組織であることを確信する。

私達、人は、どう物事が動くかについて言うものを全くと言っていいほど持っていない。

すべての主要なネットワークが出席にあっても、本流メディアが完全にこの世界を揺るがすイベントを暗くしたという事実を考慮する!

エイリアン、あなたが決して本当に、知りたくなかったもの!

PART II


?


Mars


This group probably colonized Mars millions of years earlier. Then when Mars became too dry for normal habitation they proceeded to earth, which by now had become inhabitable. I’m convinced something along these lines occurred. Modern science and our Government call these records "myths". So much data has been returned from our Martian probes that it is ludicrous to think otherwise. The Russian probe, before it went silent, sent back some of the most convincing photos of what appeared to be a city on the planet’s surface. I saw these pictures with my own eyes while in Canada, but they have never seen the light of day in the United States! August 21st 2001, the two moons of Mars, Phobos and Deimos, have disappeared! These two moons are very small, five miles and ten miles in diameter, so they are hard to see, but they have been visible for hundreds of years and on primitive equipment. So what has happened to them? I have always believed that due to the fact that these moons have unusual orbits and are very reflective, that they are artificial! Now they are gone, could they be spaceships? Only time will bring us the truth. If we look up in the sky in the not so distant future, and see a couple of extra moons, the cat, (Aliens) will definitely be out of the bag.


?


The Moon


This is one of the most interesting bodies in our solar system, let me explain. When the astronauts landed on the Moon they tried to do core drillings. They were only able to drill down about twelve inches and they hit solid titanium! This is impossible for a naturally formed planet/moon. The Moon is an artificial satellite, built by intelligent beings. I know this sounds bazaar but what is the alternative? We have further proof, when the astronauts blasted off the Moon, they separated the first stage and let it fall back to the Moon surface. The seismographic instruments that they had put in place while on the Moon surface recorded a loud gong and the Moon reverberated for five hours after the expended rocket had hit the surface! The Moon is obviously hollow, a titanium sphere, built by someone or something and for what? I have a dozen theories, but you think about it for a while. What is inside?


To further complicate the matter, why haven’t we built the Moon colony up there like we planned? I will answer that question. Neil Armstrong attended a scientific conference in London England a few years ago and the press knew what hotel he was to stay in and the precise room. They set up listening devises in the room next door to spy on Armstrong’s private conversations. Neil had a professor visit him one evening. The first question out of the professor’s mouth was "What happened to all the Moon projects, colonies, telescopes, low gravity factories. Neil said, "They warned us off, their ships were so much larger and much higher tech, we didn't have a chance". They told us, "scoop up a few rocks and go home, the Moon is off limits!" We are quarantined to the Earth. Have you paid attention? All the Mars probes have failed, plus Mars has two artificial satellites (which are now gone!). They, the Aliens don’t want us snooping around the solar system. There is too much information out there that establishes the truth about the human race and it’s origins. We are an engineered species, bred to do a specific job for somebody. Some say we never went to the Moon, but I don’t buy it. It would have been a little much to cover up.


?


The Sirius Mystery


How could the ancient and secret traditions of the Dogon African tribe, contain highly precise astrophysical information about invisible stars in the Sirius star system? Modern scientists using the latest scientific equipment have just recently discovered some of this information! The Dogon have always said that there was a third star in the Sirius system. The French astronomers, Daniel Benest and J.L. Duvent confirmed this in 1995. This star is a small red dwarf and has been named Sirius C. The Dogon claim that they were visited by beings from Sirius thousands of years age and gave them much information about civilization. There is a lot of evidence, both in Egyptian and Greek history to indicate that this true. The earth must have had visitors from the Sirius system thousands of years ago and by all indications, they are amphibious beings! This why so much of the ancient art shows tail fins on the "god" creatures, and this would explain the mermaids. Who is to say that all intelligent life has to be land based?


Apes/Hominids


Sitchin states, that when this small party of Anunnaki explores arrived, they were looking for gold. There were no Homo Sapiens on the planet at this time, only an upright Ape/Hominid. A Hominid is a very large Ape like creature that mates for life and raise their offspring, perhaps these apes are more civilized than some of our so-called humans, you know what I’m talking about? They also make crude tools and there are about 200 thousand on the planet at the present time, hidden in the big forests and jungles. It is a Federal crime to hunt them, capture them or in any way molest them. Why has Congress passed this Federal law? They are referred to as "Big Foot" or Abominable Snow Man.


?


The Gold


The Anunnaki use gold to manufacture a very fine gold dust, which they somehow put into their planet’s upper atmosphere. This retains the heat of the planet while it is in deep space. The gold then shields it from the burning rays of the sun while in our solar system. Nibiru may not have an Ozone layer either, and this gold dust would help to deflect the Sun’s radiation. At first gold was plentiful, the Anunnaki just placer mined it from the rivers and streams. Over the course of time, several hundred thousand years, above ground gold became scarce. They then proceeded to South Africa for underground mining operations. Believe it or not some of these abandoned mines still exist in South Africa with the mining equipment carbon dating back over 100 thousand years! You won’t read that in your local newspaper or "Scientific American". The powers to be don’t think the ignorant masses are smart enough to "handle it".


?


Copper Mines


Ancient copper mines were discovered in Michigan when the miners of modern copper mines broke through into the old mines. The owners were surprised to find these mines, for there were no records of such mines. The equipment in the abandoned mines was carbon dated and found to be at least 25 thousand years old! Who did this mining? Read "The Twelfth Planet" by Zechari Sitchin, it will open your eyes.


?


More Proof, The really Big Structures


During the last one half million years or so, the Anunnaki/Aliens have had a tremendous impact on planet Earth. They built many structures that remain to this day, the Pyramids, the Sphinx and the huge temple in Peru that is 10,000 feet above the quarry below where the big stones were obtained. However my favorite is the platform at Baalbek. This huge structure, made from stone, was no doubt a rocket launch pad. It is constructed from stone quarried from a pit 2000 feet below the platform and miles away! The huge rectangular stones that form the pad weigh over two million pounds each. They were somehow cut so precision that you can not insert a razor blade between them, then incredibly lifted, transported and put in place to fit the other stones of the platform! We high tech humans are unable to move one of these stones today with any of our mammoth earth moving equipment. Baalbek is located in Lebanon, just outside of Beirut. The government of Lebanon realizes that it is impossible for humans to build this structure, so they have made it a religious shrine. The Lebanese people think the gods built it and so they did. (What do you think a primitive race would think we were, if we arrived on a young planet with the high-tech equipment that we have today and began to build structures?) One stone lies in the quarry below, partially removed, beckoning to the Human race to finish the job and put it in place. When we do we can ring the Anunnaki up on the phone, because we will have arrived. This ancient Alien race used rockets back then to power their freighters carrying the gold up to the enormous orbiting space ship, which in turn carried it to the home planet Nibiru. There are many more such structure around the world and you can read about them in the book "The Atlantis Blueprint".


?


Creating the Slave/Human


Now this is the part that you will definitely not like! After about 100 thousand years of under ground mining the Anunnaki worker revolted, they didn’t like the dirty job of mining, they wanted a slave to do the work, can you dig it, no pun intended. These workers were here for thousands of years, at least one "Shar" which is 3600 years. The leadership needed an intelligent slave to the work, and that is where we humans come into the picture. Their scientists mixed the male Anunnaki sperm with the eggs of a Hominid, native to South Africa at the time. The scientists placed these eggs into the wombs of some female Anunnaki and Homo Sapiens were born. The Anunnaki scientists worked with these hybrids for over 35 thousand years before they were perfected to what you see today. The early men were Cro-Magnon and many of the Anunnaki bred with these hybrids for lack of a better mate and even more Anunnaki blood was injected into the human race. This all started over 200 thousand years ago, they called us the "Black Headed People", probably black skin too. No other animal has so much brains that they do not use. How did this happen? This completely blows the Darwin evolution theory. We were designed to have only about 10% use of our brain so we would never be able to challenge our masters. Is it all starting to make sense? An interesting side note is that the Hebrew word in the Bible that was translated to worship, should have been translated to "WORK"! We are supposed to be "working" for God, not worshiping Him! Think how smart you would be if you only lived 500 years, much less 500 thousand years, and on top of that you were youthful most of the time! The same theory works for humans. During the second half of the 1980s the study of "mitochondrial" DNA’ (DNA inherited only from females) science traced modern humans to a female Ape, Eve, in South Africa. I think we are starting to figure it out. Maybe in another thousand years the human race will be brave enough to accept the facts and realize that we are just a very small cog in a very large wheel. When I say this I think of how small our sun is in comparison to our Milky Way Galaxy.


When you and your spouse realize we have to work till around July 11th before any of our hard earnings are for our own use, then maybe you will understand we are still slaves and just aren’t smart enough to comprehend it.


?


Our Slaves


The dogs, cats, cows, pigs, and horses, our slaves, can never challenge us, they are not smart enough, in fact we eat the "fat ones", don’t we? The smarter, high tech species with the longevity always wins in the long run, where are the American Indians today. This species of human being lived in the Americas for over 10,000 years and never did any environmental damage, but they were not advanced technologically. High-tech always causes environmental damage that is why Algore wanted our society to revert back to the 15th century life style because he understood the high-tech problem. Read Al’s book, "Earth in the Balance" The human race uses this principle to get all the dirty work done, who do you think cleans the sewers, picks up the garbage, mines the coal, builds the towers and on and on. We call them the uneducated (we should call them slaves), probably these poor people can’t be educated any further, they have reached their limit. This is what the Aliens did to the human race in general. Interbreeding by Aliens and humans have given us a little more brainpower over the years. Edison, Ford, Einstein and Bill Gates come to mind right off the top of my head. Why were these men so different from us normal humans?


The Other Races


It is very likely that other races of Aliens colonized other parts of the planet during its early days this would account for all the different varieties of the human species, especially the Yellow races. Sometime around the time of Christ, the pure Anunnaki packed up, left earth and the human race to our own devises with the Anunnaki Hybrid Humans running things. We were then and are now a very aggressive species and love war!


?


Atomic Bombs


Now that you are certain that I should be institutionalized, lets fast forward to 1945, we humans detonated three nuclear devices, one was a test in New Mexico and two against simple human beings living in fishing villages in Japan. We did not explode the bombs over Tokyo where the war machine existed, why? I’ll answer that question, we wanted the war machine and could have cared less about the people in the villages. War is hell and the human race loves it, enough said. These explosions sent Gamma rays and Electro-magnetic pulses throughout the universe at the speed of light. The Aliens came running, but it wasn’t the Anunnaki, it was the Grey’s. Of the many different species of Alien visiting our planet at the present time, the Grey’s are the ones in charge of earth and its operations. They work for the Reptilians.


The human race had, with the explosion of the "bomb" become part of the galactic community whether the Aliens liked it or not. We had bombs and rockets now and could do all kinds of damage if we weren’t careful. It was as though you found your children playing with dynamite in the back yard.


?


?


Roswell


Several small craft, probably from a large "mother ship" in orbit, came to investigate the Atomic bomb problem. A couple crashed in Roswell New Mexico July 2, 1947. Over 300 people have testified to this fact. Some of those testifying are high-ranking military personal, government officials, who have actually seen the Aliens, the Alien Craft and the Alien hardware. The government covered up this incident, "big time", for fear of panic among the ignorant masses. But there have been leaks, so they just pass it off, as the ravings of kooks and maniacs, like this paper you are reading. The evidence that has accumulated over the years would stand up in any court in the world, if there was an honest court, which of course there isn’t.


?


High-Tech Space-Craft


What the US Government found in these crashed interplanetary vehicles was truly mind-boggling. There were no wires, only horse tail hair (fiber optics), no vacuum tubes, but transistors, night vision optical equipment, composite materials that would conduct electricity. Our top scientists did not understand how the equipment even functioned, much less how it was manufactured. Many more crashes and sightings followed the Roswell incident. The United States Government became the repository for these crashed interplanetary vehicles for the entire free world!


パートII

火星

このグループはたぶん数百万年前火星を植民地化した。

それから、火星が正常な居住のためにあまりにも乾燥した時に、彼らは地球に進んだ(それは今ごろ住居に適した)。

私は、これらのラインに沿った何かが起こったのを確信する。

現代の科学と私達の政府はこれらのレコードを「神話」と呼ぶ。

そんなに多くのデータは、違った形で考えることがこっけいな私達の火星の調査から戻っている。

ロシア調査は、それが静かになる前に、惑星の表面の上の都市であるようであったものの最も説得力のある写真のいくつかを送り返した。

カナダにいる間、私はこれらの写真を私自身の目で見たけれども、彼らは米国で一度も日の光を見たことがない!

2001年8月21日、火星、フォボスとデイモスの2つの月は消えた!

これらの2つの月は5マイルと10マイルの直径で非常に小さいので彼らが、会いづらいけれども、彼らは数百年の間と原始的な機器の上で見えた。

それで、何がそれらに起こったか?

私は、いつもそれを、これらの月が異常な軌道を持っていて、非常に反射しているという、それらが人工的であるという事実によると信じた!

彼らがいなくなったので、彼らは宇宙船であるかもしれないか?

時間だけが真実を私達に持って来るであろう。

私達がそんなに遠くない未来に空に見上げて、2、3の特別な月、猫を見るならば、(エイリアン)は間違いなくバッグの外にいるであろう。



これは私達の太陽系で最も興味深いボディの1つであり、私に説明させた。

宇宙飛行士が月に着陸した時に、彼らは、コア掘削をしようとした。

彼らは、約12インチ下がってドリルで穴を開けることができるだけで、彼らは固体のチタンを打った!

これは自然に成形された惑星/月に不可能である。

知的な生き物によって築かれて、月は人工衛星である。

私はこの音市場を知っているけれども、選択肢は何であるか?

宇宙飛行士が月を発射し、彼らが第1ステージを隔てていて、それを月表面に後退させた時に、私達はさらに証拠を持っている。

月表面の上の間に、それらが実施した地震学の機器は、騒々しいゴングと浪費されたロケットが表面を打った後に5時間の間轟き渡った月を記録した!

月は明らかに誰かか何かによって、そして何のために築かれたへこみ、チタン球である?

私は1ダースの理論を持っているけれども、あなたはしばらくそれについて考える。

何が中にあるか?

さらに問題を複雑にすることに、私達が計画を立てたように、なぜ私達はそこで月植民地を増強しなかったか?

私はその質問に答える。

ニール・アームストロングは数年前ロンドンイギリスで科学会議に出席し、プレスは、彼が、どんなホテルに泊まることになっていたか、そして精密な部屋を知っていた。

アームストロングの密談を探り出すために、彼らは隣の部屋で聞く贈与条項を設定した。

ニールは教授にある夕方彼を訪問させた。

教授の口からの最初の問題は、「すべての月プロジェクト、植民地、望遠鏡、低い重力工場に起こったこと」であった。

ニールは、「彼らは、オフの、それらの船がそんなにずっと大きく、ずっと高いテクであったのを私達に警告し、私達にはチャンスがなかった」と言った。

彼らは、「少しの岩石をすくい上げて、家に帰りなさい、月は立ち入り禁止である!」と私達に話した。

私達は地球に隔離される。

あなたは注意を払ったか?

すべての火星プローブは故障したし、加えて、火星は、2つの人工衛星(現在、なくなった!)を持っている。

彼ら、エイリアンは私達に太陽系のまわりで詮索してほしくない。

世の中にあまりにも多くの情報があり(人類について、それが真実を立証する)、それは起源である。

誰かのために具体的な仕事をするために育成されて、私達は設計された種である。

いくつかが、私達が決して月に行かなかったと言うけれども、私はそれを買わない。

それは、覆い隠すために多く少量であったであろう。

シリウスミステリー

どうしてドゴンアフリカ人種族の古代の、そして秘密の伝統はシリウス・スター・システムの中に見えない星についての非常に精密な天体物理学の情報を含むことができるか?

最新の科学の機器を使っている現代の科学者はまさに最近この情報のいくらかを発見した!

ドゴンは、いつも、シリウスシステムの中に3番目の星があったと言った。

フランス天文学者、ダニエルBenest、およびJ.L. Duventは1995年にこれを確認した。

この星は小さな赤色矮星であり、彼らが年の時代のシリウス1000から生き物によって訪問されて、それらに文明についての多くの情報を与えたというシリウスC.Theドゴン主張と名付けられている。

それ この正常 を示すために、たくさんの証拠、エジプト人およびギリシャの歴史にある。

地球は数千年前シリウスシステムからの訪問者を持っていたにちがいなく、すべてのしるしによって、彼らは二重性格の生き物である!

これなぜによる古代芸術の多くが「神」生き物の上のテール・フィンを示し、これが人魚を説明するであろう。

誰が、すべての知的生命体が、基づいた土地である必要があると言うことになっているか?

猿/原人

シッチン州〈アヌンナキのこの小さいパーティーが探検する時が到着した〉 それらは 金を捜していた。

今回惑星の上にヒトが全然なく、直立した猿/原人だけであった。

原人は、ライフと上昇のために、それらの子孫を結婚させる生き物のような非常に大きな猿であり、たぶん、これらの猿は私達のいわゆる人の何人かより文明化し、あなたは、私が何について話しているかを知っている?

彼らはまた天然のツールを作り、大きな森林とジャングルで隠されて、現時点で惑星の上に約20万がある。

それらを探し回り、それらを捕らえることは連邦犯罪であるか、何の中ででも、方法はそれらにいたずらする。

なぜ議会はこの連邦法を承認したか?

それらは「ビッグ・フット」またはひどい雪人と称される。



非常に素晴らしい砂金を製造するアヌンナキ使用金(彼らはそれを何とかしてそれらの惑星の上層大気に入れた)。

それが深宇宙にある間、これは惑星の熱を保持している。

私達の太陽系にいる間、金はその時太陽の燃えている光線からそれを保護する。

Nibiruはまたオゾン層を持たないかもしれず、この砂金は、Sunの放出をそらすことに役立つであろう。

最初は、金は豊富で、アヌンナキの正しい砂鉱は川と小川からそれを採掘した。

時間のコースの上で、上記のグラウンド金は数10万年不十分になった。

それから、彼らは地下の採掘操作のために南アフリカに進んだ。

信じられないかもしれないが、10万年の間に遡る採掘機器炭素によってこれらの廃坑のいくつかがまだ南アフリカで存在している!

あなたはそれをあなたの地方紙または「サイエンティフィックアメリカン」で読まないであろう。

そうである能力は、無知な庶民が、「それを処理する」のに十分にスマートであると思わない。

銅山

現代の銅山の坑夫が古い鉱山の中に突破した時に、古代の銅山はミシガンで発見された。

そのような鉱山のレコードが全然なかったので、オーナーは、これらの鉱山を見つけて驚いた。

廃坑の機器は、日付を書かれて、少なくとも2万5000歳であることを発見された炭素であった!

誰がこの採掘をしたか?

Zechariシッチンによって「12番目の惑星」を読んで聞かせられて、それはあなたの目を開くであろう。

より多くの証拠、本当に大きな構造

最近のひとつの50万年かそこらの間に、アヌンナキ/エイリアンは地球へのすさまじい影響を持っていた。

大きな石が得られた所に、彼らは、今日まで残っている多くの構造、下で採石場の10,000フィート上にあるペルーのピラミッド、スフィンクス、および巨大な寺院を建てた。

しかし、私のお気に入りはバールベックでそのプラットフォームである。

石から作られたこの莫大な構造は確かにロケット発射台であった。

それはプラットフォームの2000フィート下のピットから採石されて、数マイル離れている石から構成される!

パッドを成形する巨大な矩形の石に200万ポンド以上の重さがそれぞれある。

それらは何とかして、あなたが挿入することができない精度をそう切られて、そして信じられないほど持ち上がったそれらの間のかみそりの刃が、プラットフォームの他の石に適合するために輸送し、実施したことであった!

私達、ハイテク人は、装置を動かしている私達の巨大な地球のいくらとでも今日これらの石の1つを動かすことができない。

バールベックはまさにベイルートの外でレバノンに置かれる。

レバノンの政府は、人がこの構造を建てることが不可能であることに気がつくので、彼らはそれを宗教の聖地にした。

レバノンの人々は、神がそれを築き、従って、彼らがしたと思う。

(あなたは、原始的なレースが、私達が今日持っているハイテク機器によって、私達が若い惑星に到着し、構造を建てはじめたならば、私達が何であったと思うであろうと思うか?)

仕事を終えて、適所にそれを入れるために人類に合図して部分的に除去されて、1つの石が下に採石場にある。

私達がする時に、私達が到着しているであろうので、私達は電話でアヌンナキに電話することができる。

金を運んでいるそれらの貨物船を巨大な周回宇宙船にパワーアップするために、この古代の外国の民族は当時ロケットを使った(それは次々それを家庭の惑星Nibiruに運んだ)。

そのようなものが世界中で構造化し、あなたが本「アトランティス青写真」中でそれらについて読むことができる多くのより多くがある。

奴隷/人を作成する

さて、これは、あなたが明確であることでなくするであろう部分である!

約10万年、アヌンナキ労働者が不快であった下のグラウンド採掘のうちの、彼らが採掘の汚い仕事が好きでなかった後に、彼らを探していて、仕事をし、あなたを缶詰めにするスレーブは、だじゃれを全然意図していないで、それを掘る。

数千年(3600年である少なくとも1つの「Shar」)の間、これらの労働者はここにいた。

リーダーシップは仕事に聡明な奴隷を必要としていて、それは、私達、人が登場する所である。

それらの科学者は雄のアヌンナキ精子をその時南アフリカ固有の原人の卵と混ぜた。

アヌンナキとヒトが誕生したある女性の子宮の中に、科学者はこれらの卵を置いた。

彼らが、あなたが今日見るものに完成する前に、アヌンナキ科学者は3万5000年以上これらのハイブリッドによって働いた。

昔の人はクロマニヨン人とよりよい片方の不足のためにこれらのハイブリッドによって育ったアヌンナキの多くであり、いっそうより多くのアヌンナキ血は人類に注入された。

これはすべて20万年前に最初からやり直し、彼らは私達を「ブラックの率いられた人々」と呼び、たぶん、また皮を黒くする。

どの他の動物も脳をとても多く持っていないので、それらは使わない。

どのようにこれは起こったか?

これは完全にダーウィン進化論を吹き飛ばす。

私達は、私達が、決して、私達のマスタに挑むことができないであろうように私達の脳のわずか約10%の使用を持つようにデザインされた。

それは、すべて意味をなし始めているか?

興味深い側の注は、拝むために翻訳されたバイブルの中で、ヘブライ人が言葉で表現することであり、「WORK」に翻訳されるべきであった!

私達は、彼を拝んでいるのではなく神のために「働いている」と思われている!

なんと厳しく、あなたがただずっと少ない50万年500年住んでいて、それに加えて、あなたがほとんど若々しかったかどうかであるであろうと思いなさい!

同じ理論は人にとってうまくいく。

1980年代の後半の間に、女性)から、科学が現代の人を南アフリカの女性Ape、イブに追跡してない限り、「ミトコンドリアの」DNA'(DNAの研究は引き継いだ。

私は、私達が、それを理解し始めていると思う。

たぶん、あと千年で、人類は、事実を受け入れて、私達が非常に大きなホイールの中で単に非常に小さな歯車であることに気がつくのに十分に勇敢になるであろう。

私がこれを言う時に、私達の太陽が私達の銀河系星雲に比べてどれほど小さいかについて、私は考える。

いつあなたとあなたの配偶者が、私達が、私達の難しい収益のいくつかの前で7月11日ごろに現金保管用引き出しを作動させる必要があることに気がつくかは私達自身の使用のためであり、そして、たぶん、あなたは、私達がまだスレーブであると理解するであろうし、全く、それを理解するのに十分にスマートでない。

私達の奴隷

犬、猫、雌牛、ブタ、および馬、私達のスレーブは決して私達と競合することができなく、それらは十分にスマートでなく、実のところ、私達は「太ったもの」を食べるね?

スマートな方、長寿を持つハイテク種は、長い目で見ればいつも勝ち、アメリカインディアンは今日どこであるか。

人間のこの種は10,000年以上にわたってアメリカ大陸に住んでいて、決して、どのような環境被害もしなかったけれども、それらは技術的に高度でなかった。

ハイテクはいつも、なぜAlgoreが私達の社会に、彼がハイテクな問題を理解していたので15世紀のライフスタイルに戻ってほしかったかである環境被害を起こす。

私達は、教育がない(私達はそれらをスレーブと呼ぶべきである)ものをそれらに呼び、たぶんこれらの貧しい人々はさらに教育されることができなく、彼らは彼らの限界に到着した。

これは、エイリアンが一般の人類にしたことである。

エイリアンによる異種交配と人は数年の間に私達にもう少し知力を与えた。

エジソン、フォード、アインシュタイン、およびビル・ゲイツはまさにあまり考えずに思い浮かぶ。

なぜこれらの人は私達、正常な人とそんなに違ったか?

他のレース

これが人類、特に黄色人種のありとあらゆるさまざまな種類を説明するであろうその早い日の間に、エイリアンの他のレースが惑星の他の部分を植民地化したことは非常にありそうである。

物事を行っているアヌンナキハイブリッド人と私達自身の贈与条項にキリスト、まとめられた純粋なアヌンナキ、左の地球、および人類の時間ごろにそのうち。

私達はその時非常に攻撃的な種であり、今あり、戦争を愛している!

原子爆弾

あなたが、私が制度化されるべきであると確信しているので、賃貸は速く1945年に転送し、私達、人は3つの核爆弾を爆発させて、日本の漁村に住む簡単な人間に対してものはニューメキシコと2でテストであった。

私達は、軍事機構が存在していた東京の上で爆弾を爆発させなく、なぜ?

私はその質問に答えて、私達は軍事機構を望んでいて、より少なく村の人々を気にしたかもしれない。

戦争は地獄であり、人類はそれを愛していると十分は言った。

これらの爆発は光の速度で全世界中でガンマ線の、そして電磁気のパルスを送った。

エイリアンは走って来たけれども、それはアヌンナキではなく、それは灰色のであった。

現時点で私達の惑星を訪問するエイリアンのさまざまな種で、グレーのは地球とその操作を担当しているものである。

彼らは爬虫類のために働く。

人類を催して、「爆弾」の爆発によって、エイリアンがそれが好きであったかどうかにかかわらず、銀河のコミュニティの一部になりなさい。

私達は今や爆弾とロケットを持っていて、私達が慎重でなかったならば、すべての種類のダメージを与えることができた。

あなたがダイナマイトによって遊んでいるあなたの子供を裏庭で発見したかのようであった。

ロズウェル

原子爆弾問題を調査するために、いくつかの小型の船は、たぶん軌道の大きな「母艦」から来た。

カップルは1947年7月2日ロズウェルニューメキシコで壊れた。

300人を超える人々がこの事実を証言した。

証言しているそれらのいくつかが地位が高い軍隊のパーソナルである、実際エイリアン、異質な技能、およびエイリアンハードウェアに会った政府高官。

政府はこの出来事の上に無知な庶民の間のパニックに対する恐怖のために「非常に楽しい時」をカバーした。

しかし、リークがあったので、あなたが読んでいるこの新聞のような変人と狂人の戯言として、彼らはただそれを見のがす。

正直な法廷、そこのもちろんどれがないかがあったならば、数年の間に蓄積した証拠は世界のどのような法廷ででも立ち上がるであろう。

ハイテクな宇宙船

米国政府がこれらの破損した惑星間の乗り物の中で発見したものは本当に驚くべきであった。

ワイヤが全然なく、馬の末部毛(ファイバー・オプティクス)だけであり、どの真空管であるが電気を伝導するであろうトランジスタ、暗視光学機器、複合材料でもなかった。

私達の一流の科学者は、どのように装置が作動したかさえ理解していなく、まして、どうそれが製造されたかなどとんでもなかった。

さらに多くの衝突と目撃例はロズウェル出来事に続いていた。

米国政府は自由世界全体のためにこれらの破損した惑星間の乗り物のための貯蔵所になった!

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR