FC2ブログ

イラン戦争を推進しているロビー







Book: Israel, Lobby Pushing Iran War


Nathan Guttman | Fri. Dec 29, 2006

A former United Nations weapons inspector and leading Iraq War opponent has written a new book alleging that Jerusalem is pushing the Bush administration into war with Iran, and accusing the pro-Israel lobby of dual loyalty and “outright espionage.”


本:イスラエル、イラン戦争を推進しているロビー


ネーサンガットマン | 2006年12月29日金曜日

旧国連武器査察官と主要なイラク戦争相手は、エルサレムがブッシュ政権をイランとの戦争に駆り立てていて、二重忠誠と「徹底的なスパイ活動」のために親イスラエルロビーを告発していると主張している新しい本を書きました。


In the new book, called “Target Iran,” Scott Ritter, who served as a senior U.N. weapons inspector in Iraq from 1991 to 1998 and later became one of the war’s staunchest critics, argues that the United States is readying for military action against Iran, using its nuclear program as a pretext for pursuing regime change in Tehran.


“The Bush administration, with the able help of the Israeli government and the pro-Israel Lobby, has succeeded,” Ritter writes, “in exploiting the ignorance of the American people about nuclear technology and nuclear weapons so as to engender enough fear that the American public has more or less been pre-programmed to accept the notion of the need to militarily confront a nuclear armed Iran.”


Later in the book, Ritter adds: “Let there be no doubt: If there is an American war with Iran, it is a war that was made in Israel and nowhere else.”


Ritter’s book echoes recent high-profile attacks on the pro-Israel lobby by former President Jimmy Carter and by scholars Stephen Walt and John Mearsheimer. Ritter, who recently returned from a weeklong speaking engagement on The Nation cruise, speaks of a “network of individuals” that pursues Israel’s interests in the United States. The former weapons inspector alleges that some of the pro-Israel lobby’s activities “can only be described as outright espionage and interference in domestic policies.” Ritter also accused the American Israel Public Affairs Committee of having an inherent dual loyalty. He called for the organization to be registered as a foreign agent.


Representatives for both Aipac and the Israeli Embassy in Washington declined to comment on Ritter’s accusations.


In his book, Ritter also accuses the pro-Israel lobby of invoking the memory of the Holocaust and of crying antisemitism whenever Israel is accused of betraying America. “This is a sickening and deeply disturbing trend that must end,” Ritter writes.


「目標イラン、」スコットリッターと呼ばれて、イラク1991から1998までのシニアの国連武器検査官として役立ち、後で戦争の最も忠実な批評家のうちの1人になった新しい本において、テヘランの追跡政権変化にかこつけてその核のプログラムを使って、軍隊の行動のために米国がイランに対して用意していると主張します。

「アメリカの一般大衆が、多少、軍事的に核の武装したイランに立ち向かう必要の観念を受け入れるためにあらかじめプログラムされているという十分な心配を生むように核技術と核兵器についてアメリカ人の無知を利用することにおいて、ブッシュ政権は、イスラエルの政府と親イスラエルロビーの有能な助けによって、成功しました」とリッターは書きます。

その本の中でより遅く、リッターは追加します:

「疑いが全然ないようにさせてください:」

「イランとのアメリカ戦争があるならば、イスラエルで、そして他のどこでもされたのは戦争です」。

リッターの本はジミー・カーター前社長による、そしてスティーブン・ウォルト学者とジョンMearsheimerによる親イスラエル院外団への最近の目立つ攻撃を反復します。

米国へのイスラエルの興味を追求する「個人のネットワーク」について、最近、国家クルーズにおける一週間にわたった講演から戻ったリッターは話します。

前の武器検査官は、親イスラエルロビーの活動のいくつかが「徹底的なスパイ活動と言うことができて、国内政策」.リッターの「中の干渉」がまた、固有の二重忠誠を持ったことで米国イスラエル公共問題委員会を告発しただけであったと主張します。

彼は、組織が外国のエージェントとして登録されることを要求しました。

Aipacとワシントンのイスラエルの大使館の両方のための担当者は、リッターの告発についてコメントすることを断りました。

彼の本の中で、イスラエルが、アメリカを裏切ったことで告発される時はいつでも、リッターはまた、ホロコーストの、そして泣くantisemitismのメモリーをもたらしたことで親イスラエルロビーを告発します。

「これは、終わらなければならない不快で、深く気がかりな傾向です」とリッターは書きます。


According to Ritter, Iran is far from developing a nuclear weapons program and will not do so in the future if the world makes sure that stringent inspections are in place to verify that the Iranians live up to the requirements of the Non-Proliferation Treaty.


“If Iran does make a political decision to develop nuclear weapons, it will take them a decade and it won’t go undetected,” Ritter said. “But it will take the U.S. only five weeks to build up a force capable of destroying Iran by air strikes. It’s a timeline of five weeks compared to a decade, so I’m not worried about taking a risk.”


As for Israeli and American fears regarding Mahmoud Ahmadinejad, the Iranian president who vowed to “wipe Israel off the map,” Ritter dubbed the leader a “sick joke” and asserted that he does not make the decisions in Tehran.


Ritter argues that the Bush administration knows that inspections can solve the Iranian nuclear problem but, at the urging of Jerusalem and its American allies, is in reality pursuing a different goal: regime change in Tehran.


“Israel has, through a combination of ignorance, fear and paranoia, elevated Iran to a status that it finds unacceptable,” Ritter writes in his book. “Israel has engaged in policies that have further inflamed this situation. Israel displays arrogance and rigidity when it comes to developing any diplomatic solution to the Iranian issue.”


Ritter is no stranger to controversy.


As a U.N. weapons inspector in Iraq, he headed several surprise inspection missions that were denied access to suspicious sites, and led to the Saddam Hussein regime accusing Ritter of being an American spy. The frequent refusal of the Iraqis to provide Ritter and his team access to sites of interest led eventually to the abandonment of the inspection regime in Iraq. Ritter resigned his post in 1998, accusing the United States and the U.N. of caving in to the Iraqis.


But Ritter later became a leading voice warning against taking military action against Iraq, arguing that a resumption of inspections would be sufficient to contain Hussein. He accused the United States of trying to use the U.N. inspection force for spying purposes and claimed that Iraq was deliberately held to higher standards than other countries in order to justify a military invasion.


In early 2004, Ritter charged in an interview on the Web site Ynet, operated by the daily Yediot Aharonot, that Israeli intelligence had deliberately overstated what it knew to be a minimal threat from Iraq in an effort to push America and Britain to launch a war. Ritter’s accusations were roundly rejected across the Israeli political spectrum. Security officials interviewed by the Forward insisted that no branch of the military could or would deliberately skew the findings in that way, but they also said that Israeli intelligence tended to exaggerate threats because it was operating under flawed assumptions.


Now Ritter is arguing that a similar effort is under way to produce an attack against Iran.


Speaking to the Forward this week, Ritter stressed that he is not accusing all American Jews of having dual loyalty, saying that “at the end of the day, I would like to believe that most of American Jews will side with America.”


Ritter is already working on his next book, due for publication in March 2007. In this tome, he sets out to teach the anti-war movements that he supports how to wage an effective campaign to win over American public opinion.


リッターによると、イランは、核兵器プログラムを開発することから遠く、世界が、イラン人が不拡散条約の要件に従って行動することを確認するために、厳格な検査が適所にあることを確かめるならば、未来にそうしないでしょう。

「イランが、核兵器を開発する政治判断をするならば、それには10年それらにかかるであろうし、それは察知されずにいないでしょう」とリッターは言いました。

「しかし、米国が、空襲によってイランを破壊することが可能な力を増強することにわずか5週間かかるでしょう」。

「それは10年に比べて5週間の年表であるので、私は、危険を冒すことについて心配しません」。

マハムード・アハマディネジャド(「地図からイスラエルを抹消すること」を誓約したイラン大統領)についてのイスラエルのおよびアメリカの恐怖について、リッターはリーダーを「悪趣味な冗談」と命名し、彼がテヘランで決定をしないと断言しました。

リッターは、ブッシュ政権が、検査がイラン核の問題を解決することができると知っていると主張するけれども、エルサレムとそのアメリカ同盟国の督促で、違うゴールを追跡している現実にいます:

テヘランの政権交代。

「イスラエルは無知、恐怖、およびパラノイアの組み合わせを通して、それが受け入れ不可能であるのを発見するステータスにイランを持ち上げました」とリッターは彼の本の中で書きます。

「イスラエルは、さらにこの状況を燃え上がらせた方針に従事しました」。

「イラン問題のどのような外交的解決でも開発するとなると、イスラエルは傲慢さと堅さを表示します」。

リッターは議論に慣れています。

イラクの国連武器検査官として、彼は、怪しいサイトへのアクセスを許されなく、アメリカスパイであったことでリッターを告発しているサダム・フセイン政権に導かれた何人かの驚き検査使節を率いました。

リッターに提供することへのイラク人の頻繁な拒絶と興味のサイトへの彼のチームアクセスは結局イラクの検査政権の放棄を引き起こしていました。

イラク人に屈服したことで米国と国連を告発して、リッターは1998年に彼のポストを辞任しました。

しかし、リッターは後で、検査の再開が、フセインを含むことについて十分であろうと主張して、イラクに対して軍事行動をとることに対して警告している主要な声になりました。

彼は、スパイ活動目的のために国連検査力を使おうとしたことで米国を告発し、イラクが、軍事侵略を正当化するために他の国より高い水準に意図的に持たれていたと主張しました。

2004年の初頭において、リッターは毎日のYediot Aharonotによって操作されたウェブサイトYnetの上のインタビューにおいて、イスラエルの知能が、意図的に、それが、アメリカと英国に、戦争をスタートすることを強制するためにイラクからの最小の脅威であると知っていたものを強調したことを告発しました。

リッターの告発はイスラエルの各政党を横切って丸く拒絶されました。

フォワードによってインタビューされた保安担当官は、軍隊のどの枝もそんなふうに意図的に発見を斜めにすることができないか、そうするであろうということを強く主張したけれども、彼らはまた、それがひびが入った仮定の下で動作していたので、イスラエルの知能が、脅威を誇張する傾向があると言いました。

さて、リッターは、同様な努力が、イランへの攻撃を生み出すために進行中であると主張しています。

今週フォワードと話して、リッターは、彼が、「その日の終わりに、私は、アメリカユダヤ人のほとんどがアメリカに味方するであろうと信じたい」と言って、二重忠誠を持ったことですべてのアメリカ人ユダヤ人を告発しているわけではないと強調しました。

リッターはすでに2007年3月に出版を予定している彼の次の本に取り組んでいます。

この大冊の中で、彼は、反戦のムーブメントに、彼が、どのように、アメリカ世論を説き伏せる効果的なキャンペーンを遂行するかをサポートすることを教えることを試みます。

出来の悪さは同じ?

Big Surprise: Cheney Eulogizes Ford for Pardoning Nixon

Sunday December 31st 2006, 12:28 pm


I wasn’t going to comment on the passing of Gerald Ford, probably the most forgettable president of recent times. But then Dick Cheney had to open his mouth and praise Ford for pardoning Nixon.


“It was this man, Gerald R. Ford, who led our republic safely though a crisis that could have turned to catastrophe,” said Cheney, speaking in the Capitol Rotunda where Ford’s body is on display. “Gerald Ford was almost alone in understanding that there can be no healing without pardon,” reports ABC News.


Nope, and there was no healing for the Tate and LaBianca familes, as Charlie Manson, Patricia Krenwinkel, Susan Atkins, and Tex Watson were not pardoned. It should be noted that Charlie Manson didn’t actually kill anybody in August, 1969, he simply ordered his cronies to do it, just like Nixon ordered his cronies to kill countless numbers of people in Southeast Asia.


I tried to avoid all of this, but the hype about Ford, who was a doorstop of a president, is disgusting. We hear about Ford the Eagle Scout, the all-star football player. Ford worked in a paint factory, he was a top student. Ford had “the character of a rock solid man of unquestioned integrity,” according to Ben Stein, the former Nixon and Ford speechwriter turned comedian.


Ford, according to Stein, echoing Cheney, had “guts” to pardon the criminal Nixon “when the liberal media were screaming for his blood.”


Of course, all of this had nothing to do with liberals or conservatives, bricklayers or office clerks?it had to do with breaking the law, with “dirty tricks,” snooping on political opponents, sabotaging Democratic presidential candidates, going after Daniel Ellsberg for the public service he provided by bringing the Pentagon Papers to light, ordering the FBI to investigate CBS News reporter Daniel Schorr, discussing the possibility of having newspaper columnist Jack Anderson assassinated, and other crimes (evading taxes, accepting illicit campaign contributions, ordering secret bombings, and harassing opponents with executive agencies, wiretaps, and break-ins), all of it culminating in Watergate.


For Stein and Cheney, these crimes are chicken scratch, and to insist Nixon be arrested, tried, and sentenced to prison would have led to “catastrophe” for the “republic” (it is interesting Cheney chose this word, as we no longer live in a republic and his handlers and minions are steadfastly opposed to the idea of a republic, preferring instead unitary decidership, i.e., dictatorship).


Doing the time for the crime is, for the comic Ben Stein, supposedly a Republican (nowadays, all good Republicans are neocons), tantamount to a feeding frenzy by “liberals,” never mind there were no liberals at the Washington Post, where the story incubated and ultimately grew legs.


Obviously, Nixon was a liability for the ruling elite and he had to go. It had nothing to do with “liberals,” or the cultural myth portrayed by Robert Redford and Dustin Hoffman as Carl Bernstein and Bob Woodward in the role of “investigative journalists,” but had everything to do with dumping Nixon, an embarrassing and recalcitrant criminal, a liability for our rulers. It should be noted that Bob Woodward is a former military intelligence officer and the Washington Post, under publisher Phil Graham and managing editor Alfred Friendly, was a CIA asset attached to Operation Mockingbird.


Beyond the Nixon pardon, we have Jerry Ford, in 1975, conniving in an exercise of mass murder with the old mass murder pro and consummate war criminal, Henry Kissinger. On his way back from China, where he parlayed with the “communist” serial murderer Mao Zedong, Ford stopped off in Jakarta, Indonesia, to talk shop with yet another serial murderer, Indonesian dictator Suharto.


“On 4 or 5 December, while still in Beijing, Kissinger received a cable from the State Department suggesting that the Indonesians had ‘plans’ to invade East Timor,” explains National Security Archive Electronic Briefing Book No. 62. “Thus, Ford or Kissinger could not have been too surprised when, in the middle of a discussion of guerrilla movements in Thailand and Malaysia, Suharto suddenly brought up East Timor…. Ford and Kissinger took great pains to assure Suharto that they would not oppose the invasion.”


Kissinger went so far as to suggest, for the sake of public consumption, the invasion be characterized as a “self-defense” operation. Indeed, for nearly twenty years, Indonesian attacks on East Timor were all but ignored by the corporate media. Indonesia not only massacred hundreds at Dili (where unarmed protestors were slaughtered) and Liquiçá (where church parishioners were systematically gunned down), but the government also engaged in a “scorched earth” policy of burning crops, starvation, torture, targeting journalists, and other war crimes ultimately responsible for the murder of upward to 200,000 Timorese.


Prior to this, the ex-football player and Eagle Scout Ford remarked to Suharto: “We understand the problem and the intentions you have.” Indeed. Sort of like the intention a Mafia caporegime has toward a street rival.


But never mind. It is quite natural Cheney considers Gerald Ford a hero, especially considering the unlikely possibility he may need his own pardon.


Of course, before Cheney faces justice or even resignation, hell will freeze over, aliens will land and declare world peace, wave a magic wand and make all the nukes disappear, and Elvis will resurface at a black jack table in Carson City, Nevada.


大きな驚き:

2006年12月31日日曜日午後12:28


ニクソンを許すために、チェイニーはフォードを賞賛します。

私は、ジェラルド・フォード(最近の時のたぶん最も忘れられやすい社長)の通過についてコメントしようとしていませんでした。

しかし、ディック・チェイニーは、彼の口を開き、ニクソンを許すことについてフォードを賞賛する必要がありました。

フォードの体が展示されてある米国国会議事堂円形建築物で話して、「大災害に変ったかもしれない危機であるけれども、私達の共和国を安全に導いたのはこの人、ジェラルドR.フォードでした」とチェイニーは言いました。

「ジェラルド・フォードは、許しなしで癒えることが不可能であるかもしれないと理解することにおいてほとんど一人でした」とABCニュースは報告します。

Nopeおよびチャーリーマンソン、パトリシアKrenwinkel、スーザンアトキンズ、およびTexワトソンが許されないとテートとLaBianca familesのために癒えることができませんでした。

チャーリー・マンソンが実際1969年8月に誰も殺さなかったことは注目されるべきであり、ちょうど、ニクソンが彼の親友が、東南アジアで数え切れないほど多くの人々を殺すように命令したように、彼は単に彼の親友が、それをするように命令しました。

私は、これのすべてを避けようとしたけれども、大統領のあおり止めであったフォードについての大宣伝にはうんざりしています。

私達はフォードについてイーグルスカウト、オールスターのフットボールの選手を聞きます。

ペイント工場で作動させられたフォード、彼は一番上の学生でした。

フォードはベンスタイン、以前のニクソン、およびフォードスピーチ原稿作成者出身のコメディアンに従って「問題にされない完全性の岩固体人のキャラクター」を持っていました。

「寛大なメディアが彼の血を求めて絶叫していた時」、ニクソンについて犯罪者を許すために、フォードは、スタイン、反響チェイニーによると、「内臓」を持っていました。

もちろんすべて、この自由主義者または保守主義者、れんが職人、または事務員?を持ってすることがないものについて、それは、「汚い計略」によって、彼が、FBIが、CBSニュース記者ダニエル・ショアを調査するように命令して国防総省書類を明るみに出すことによって、新聞コラムニスト ジャック・アンダーソンを持つ可能性を議論することが暗殺したと規定した公務のためのダニエルエルズバーグを追いかける民主主義の大統領候補と他を妨害している政敵に詮索している法律を犯すこととの関係を持ちました。

犯罪(不法なキャンペーン寄与を受け入れていて、秘密の爆撃を注文していて、執行機関、盗聴、および不法侵入が相手を悩ましている脱税)(それのすべてはウォーターゲート事件において最高点に達しています)。

スタインとチェイニーにとって、これらの犯罪はチキンスクラッチであり、ニクソンが逮捕されて、試されて、禁固刑を宣告されることを強く主張することは、「共和国」(私達がもう共和国の中に住んでいなく、彼の取り扱い者と手先が、代わりに単位のdecidership、すなわち独裁権を好んで、共和国のアイデアにしっかりと反対するので、チェイニーがこの言葉を選んだことは興味深い)のために「大災害」をもたらしていたでしょう。

犯罪が、喜劇の山スタイン(たぶん共和党(このごろでは、すべてのよい共和党員は新保守主義者です))のために、「自由主義者」による餌の取り合いに等しいので時間をして、ワシントン・ポスト(そこで、話は生み出し、最終的に、足を成長させました)に、自由主義者が全然いなかったのは気にしないでください。

明らかに、ニクソンは支配エリートのための債務であり、彼は、行く必要がありました。

それは「自由主義者」または「調査のジャーナリスト」の役割においてカール・バーンスタインとボブ・ウッドワードとしてロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンによって描かれた文化的な神話と関係がなかったけれども、ニクソン、当惑、および反抗した犯罪者(私達のルーラーのための債務)を捨てることとの重大な関わりを持っていました。

ボブ・ウッドワードが前の軍隊の諜報部員とワシントン・ポストであり、フィル・グレアム出版社とアルフレッド編集長の下に好都合に操作マネシツグミに付属したCIA財産があったことは注目されるべきです。

ニクソン許しを越えて、私達は1975年、古い大量殺人プロを持つ大量殺人の運動における黙認、および完全な戦犯、ヘンリー・キッシンジャーにジェリー・フォードを持っています。

中国(そこで、彼は「共産主義の」連続殺人犯毛沢東と運用しました)からの帰る途中で、また別の連続殺人犯と仕事の話をするために、フォードはジャカルタ、インドネシアに途中下車しました、インドネシア独裁者スハルト。

「4日または12月5日に、まだ北京にいる間、キッシンジャーは、インドネシア人が、東チモールを侵略する‘計画’を持っていたことを示唆している国務省からケーブルを受け取りました」と国家安全保障アーカイブ電子ブリーフィング本No.62は説明します。

「従って、フォードまたはキッシンジャーは、タイとマレーシアでのゲリラ運動の話し合いの最中のいつスハルトが突然東チモールを育てたかに驚きすぎたはずがありません…」

.

「それらが侵略に反対しないであろうということをスハルトに保証するために、フォードとキッシンジャーは大きな苦労をしました」。

キッシンジャーは、侵略が「自衛」操作と見なされることを公的な消費のために提案することさえしました。

実に、約20年の間、東チモールへのインドネシア攻撃はほぼ企業のメディアによって無視されました。

インドネシアは、ディリ(非武装の抗議者が屠殺された所)、およびリキシャ(教会教区民が体系的に撃ち落された所)で数百を虐殺しなかっただけであるけれども、政府は、また、ジャーナリスト、および上方 200,000人のチモール人までの で殺人 について最終的に責任がある他の戦争犯罪をターゲットとして、燃焼作物、飢餓、拷問の「焦がされた地球」方針に従事しました。

これに先がけて、前フットボールプレーヤーとイーグルスカウト フォードはスハルトに気づきました:

本当の、「私達は、あなたが持っている問題と意図を理解しています」。

多少意図のように、マフィアの副支部長は通りライバルに持っています。

しかし、気にしないでください。

彼が彼自身の許しが必要であるかもしれないありそうにない可能性を特に考慮して、チェイニーがジェラルド・フォードをヒーローと見なすことはまったく自然です。

もちろん、チェイニーが裁判官または辞任にさえ向かう前に、地獄は凍結するであろうし、エイリアンは世界平和を陸揚げし、宣言し、魔法の杖を振り、すべての核兵器を消えさせるであろうし、エルビスはカーソンシティ、ネバダのブラックジャックテーブルで再浮上するでしょう。

民主党も同じ穴の狢

新進歩単一世界政府主義者は、公式に大統領選択キャンペーンを開始します。


Get ready for more of the same. Get ready for repackaged rigmarole. Get ready, Democrats and “progressives,” to be fooled again.


John Edwards, reborn and packaged afresh, has announced his intention to run for president in 2008. In addition to “a more progressive campaign of eliminating poverty, reducing global warming and providing universal health care for all Americans,” warm and fuzzy catch phrases targeted at easily duped “progressives,” Edwards is “apologizing for his vote to send troops to Iraq which he stood by steadfastly in the 2004 campaign and is calling for 40,000-50,000 troops to come home immediately,” according to ABC News
.?


~省略~


再パッケージされた取り留めのない長話のための用意をしてください。

再び騙されるために、用意してください、民主党員と「革新主義者」。

生まれ変わっていて、新たにパッケージされたジョン・エドワーズは、2008年に大統領に立候補する彼の意図を発表しました。

「貧困をなくし、地球温暖化を減らし、すべてのアメリカ人に一般的な医療を提供するより進歩的なキャンペーン」(容易に騙された「革新主義者」をターゲットとした暖かで、ファジーのキャッチフレーズ)に加えて、エドワーズはABCニュースに従って、「軍を、彼が2004年のキャンペーンにおいてしっかりと支持したイラクに派遣するために彼の票について謝っていて、40、000-50、000軍が直ちに帰宅することを要求しています」。

彼が今回「適量」に扮装する時に、新保守主義者のライトの無味乾燥なバージョンとは対照的で、彼がケリーの仲間として2004にいた時に、彼が「戦争」への即時の終わりを要求していないという通知。

もちろん、エドワーズが心の底では残りを持つ戦争挑発者である時に、これはプライム・タイム旗より少し多くです。

彼が最も最近レバノンへのイスラエルの侵略をサポートした時に、彼は殺害の人々、特にイスラム教徒に反対でありませんでした。

最後である選択?間に、百万人を超えるイラク人(彼らの500,000人または多く、子供)の殺人を結果として生じて、別の民主党、ビル・クリントンがイラクに対してしたように、私達が古風にこの田舎?エドワーズの中で「選挙」と呼ぶものに、「制裁」(中世の包囲攻撃を考えてください)をイランに対して課す恐れがありました。

エドワーズは当然、装着された政治的なゲームにおける鋭敏なプレーヤーとして、パンのどんな側がバターを得るかを知っています。

Haaretzは、エドワーズが、「イランがイスラエルへの、そしてイスラエルの人々への大きな脅威であるので、アメリカがイランで状況に立ち向かうことは重要です」と2004年10月に言うことを引用します。

もちろん、イランはその問題のためにアメリカまたはイスラエルへの脅威ではないけれども、それは、イスラエル(中東でアメリカ外交政策を支配する国)に敬意を払うためにすべての真面目な政治家に期待されます。

「私達は、イスラエルとパレスチナ人の間で危機にアドレスすることにおける、そしてアラブ世界中で民主主義を促進することにおけるアメリカのアクティブで、継続的な関与を要求しなければなりません」はサウスカロライナから上院議員を断言しました。

明らかにこのプロセスは、すらすらと、幼年期栄養不良とおとなである時に、レコードの失業が「占領地」(すなわち世界の最も大きな戸外の刑務所)において水平に調節するのを上流で提案しているだけでなく、イーリンによると落胆したパレスチナ人は現在UN食品クーポンをマリファナとヘロインと交換しています。

「全体に、薬警察と医師によるとパレスチナの領域の薬物依存は上昇の上にあります」。

「彼らは、これは、普通のパレスチナ人の間の絶望の感覚とディーラーをつかまえる両方とも効果的な取り締まりの、そしてすでにふけったそれらを助ける臨床の安全ネットの欠如によると言います」。

エドワーズは、平均的なアメリカ人の苦痛と中流階級からの彼らの増大するスライドを感じることについての話を論じます。

それなのに、彼は、「エリート組織の三頭政治」(特に外交問題評議会(彼のCFRの習慣的な通いの例として、このページを見てください))によってうろつくことにたくさんの時間を費やします。

確かに、エドワーズは完全に、1つの世界政府(数百万が現在中国、ネオリベラル夢社会にある時に下にスレーブ大規模農場で働いている私達のすべてを想像する計画)へのCFRとその欲望のネオリベラリズムを抱擁します。

もちろん、ジョン・エドワーズは、CFR会員として、決して、同じくらい多く、それが常識であっても、CFRite頭巾付き長外套クラフトが1953年に議会のリース委員会に話した時に、組織が「グローバリスト概念」の実現のために舞台裏で働くと認めないでしょう。

要するに、海軍のために法務課長として勤務していて、16年の間CFRのメンバーであったチェスター・ウォード提督が、CFRで単なる3,000を数えて、エリートの究極の計画を説明した時に、ジョン・エドワーズは、彼の少年らしい微笑みと「6状態発表ツアー」後ろで、完全に「グローバルな政府の補助的な管理ユニットとしての米国のユートピア水没」をサポートします。

エドワーズは実に一握りの起こり得る大統領の応召兵のひとりです。

「CFRは、そのようなものとして、両方の政党のプラットフォームを書いたりそれらのそれぞれの大統領候補を選んだり米国防衛と外交政策を支配したりするわけではありません」。

「しかし、個人としてのCFRメンバーは、他の個々のCFRメンバーと協力して行動してします」とウォードは説明しました。

すなわち、キャロル キグリーとC.ライト・ミルズが言及した時に、CFRは本来共謀の組織ではないけれども、憲法と独立宣言において列挙されるように、そのメンバーは、確かに、「米国の主権と独立を引き渡す」そのメンバーシップ「熱望[s]」としてそれで共謀?と犯罪のものに従事しています。

ジョン・エドワーズは、「貧乏に対して行動をとることをアメリカ人に求めた」のに、彼は、無情で、絶えず増大する企業の利益のためにアメリカ人を貧しくするために一貫して働いた組織とヒップで接続されるとシカゴ・トリビューンは報告します。

企業の収益性への脅威と考えられていた適度に上がる賃金の、「1973デイヴィド・ロックフェラーの中で、危機にアドレスするために、ブルッキングズ研究所(外交問題評議会とフォード基金)のズビグニュー・ブレジンスキーと担当者とともに働くことは突出したビジネス数値、大学生、および政治家のミーティングを召集しました」とシドShniadは書きます。

「外で、これらのミーティングについて、三極委員会として知られている組織ははっきりとした形をとりました」。

「メンバーシップが突出したビジネス、政治的で、学究的な数値から成っている委員会はそれ以来企業の設立に懸念の問題に対処します」(ニューヨーク大学プレス、民主主義の危機によって出版された本の中でミッシェル・クロージャー、サミュエルP.ハンティントン、およびジョージ・ワタヌキによって表現された懸念)。

「本の作者は、大きな首都を夢中にした懸念を取り上げました」。

彼らは教育、福祉、社会保障、健康、および病院の世話のエリアで財政支出の効果を嘆いていました。

「金持ちと権力者の見解を表して、彼らは、彼らが‘民主主義の超過’と名付けたものに収益性の危機の責任を負わせました」、すなわち、彼らは憲法と権利章典において出された概念にしっかりと反対しました。

それが彼らのアラブとイスラム教の憎悪イデオロギーにきちんとぴったりはまる時に、ハンティントンが「文明の衝突」(新保守主義者のどの短い数によっても取り上げられなかったペットプロジェクト)を理論化したことは驚くことでないでしょう。

しかし、ますます、彼らを、ジェームズP.タッカーJr.によって詳細であるように明らかにされた最後のBilderberg談笑での疑わしい喧嘩としてより教義上のneolibsによってトラブルに遭わせる強いイスラエルの最初のすじによるだけれども、新保守主義者はネオリベラルのバージョンです。

エドワーズと彼のCFRマスタ(政府?、すなわち北アメリカ組合政府?が、公益信託の大規模な、「民営化された」窃盗を容易にするでしょう)によって想像された未来に。

そしてその上ズビグニュー・ブレジンスキー?お偉方CFRite、キッシンジャー仲間として、三極委員会、Bilderberger?の創立者は、他の場所で、政府が、ジョン・エドワーズ、ヒラリー、またはオバマさえによって説明されるので、「共謀を防止し、家臣の間にセキュリティ依存を維持する、支流を柔軟で、保護されるようにしておき、未開人が一緒に来ることを妨げること」に努力するであろうと「戦略地政学」について言いました。

田中 宇氏の戦争

半年以内に米イラン戦争が始まる?


2006年12月28日  田中 宇


12月20日、米軍が核武装しつつあるイランを威嚇するため、ペルシャ湾に航空母艦を中心とする部隊(空母打撃群)を2組、派遣すると、アメリカのマスコミがいっせいに報じた。


 一つ目の部隊は、空母アイゼンハワーを中心とし、9月以来、ペルシャ湾外のアラビア海に駐留し、イランがペルシャ湾の入り口のホルムズ海峡に機雷を敷設して封鎖した場合に備え、機雷除去の訓練などを繰り返した。これに対しイラン側は、自国を威嚇する行為だと非難しつつ、対抗的に自分たちも軍事演習をやったりした。同空母は12月11日にペルシャ湾に入った。(関連記事


(有事に備えた船舶臨検の演習も実施され、アメリカ中間選挙直前の10月には、ペルシャ湾の内外で欧州諸国の軍隊や日本の自衛隊も参加して国際的な軍事演習が行われた。当時、日本のNHKテレビが、これを「北朝鮮などの脅威に備えるための臨検の演習」と、北朝鮮のみを強調して報じ、アメリカがイランを威嚇するために軍事演習しているという視点が視聴者に伝わらないよう、情報操作していたのが印象的だった)(関連記事


 アメリカがペルシャ湾に派遣する二つ目の部隊は、空母ステニスを中心とする部隊で、12月末にアメリカ西海岸の母港を出港し、来年1月末にはペルシャ湾に到着する予定になっている。2つの空母部隊は、少なくとも来年5月まではペルシャ湾の近辺に駐留する。イギリス軍の軍艦も行動をともにしており、2003年のイラク侵攻と同様、米英連合による軍事行動となっている。(関連記事


 空母を2隻も結集させる最大の目的は、核武装しつつあるイランを威嚇するためだと米軍が発表している。一行の中には、海から陸地への上陸作戦を挙行できる海兵隊の水陸両用艇の部隊もおり、有事の際にペルシャ湾からイラン本土へと上陸して侵攻できる準備が整っている。(関連記事


▼国連のイラン制裁決議は事態を戦争に近づけた


 米軍が空母2隻を派遣してイランを威嚇する、という記事が出た3日後の12月23日には、国連安保理で、イランの核開発(ウラン濃縮)を規制する決議案が採択された。この決議は、安保理で8月から議論が続けられていたもので、イランが決議に反してウラン濃縮を中止しない場合、国連がどのような制裁を行うべきかをめぐり、安保理の常任理事国の5カ国の中で意見が対立していた。(関連記事


 5カ国のうちアメリカは、国連軍による軍事行動を含む厳しい制裁措置をとることを決議に盛り込むべきだと主張したのに対し、ロシアと中国は軍事制裁を盛り込むことに反対し、何カ月も議論がまとまらなかった。最終的に全会一致で決議された中身は、ロシアや中国の主張を全面的に採り入れたもので、アメリカが譲歩した結果、軍事制裁は盛り込まれず、イランが決議を無視しても、ほとんど損害を受けない内容となった。(関連記事


 国連の決議後、イランは決議を無視してウラン濃縮を続けると表明し、決議を嘲笑するかのように、濃縮に使う遠心分離器を従来の300基から、一気に3000基の増設を行うと発表した。核爆弾1発分の濃縮ウランを作るのに、300基なら10年近くかかるので、アメリカやイスラエルの政府が「イランはもうすぐ核兵器を持つ」と主張しているのは従来は誇張だった。だが、3300基なら1年ほどで1発分を作れる。イラン政府は「核開発は発電用途のみ。核兵器は作らない」と表明しているが、今後、技術的には従来よりはるかに短期間で核兵器を作ることが可能になり、戦争の可能性がその分高まる。(関連記事


 またブッシュ政権は、イラン制裁の国連決議と前後して、イランの西隣のイラクに派兵している米軍の兵力数を2万-3万人増派する方針を決めた。増派の目的は、建前はイラクの治安の安定化だが、実はこれから米軍がイランを攻撃する際に使える兵力を増やすのが隠された目的なのではないか、と勘ぐる分析者もいる。(関連記事


 アメリカのキリスト教原理主義者の一部の勢力は、ブッシュ政権と共和党に対して強い政治影響力を持っているが、彼らは聖書の黙示録などの預言どおり、間もなくイエス・キリストがこの世に再降臨すると信じている。彼らは、再降臨の前に起きると書かれている大戦争が、イスラエルとアメリカによる、イランやヒズボラとの戦争のことであり、それがこれから起きるに違いない、その戦争を誘発せねばならないと考え、アメリカとイスラエルの政府に、イランを攻撃せよと圧力をかけている。(関連記事


▼「半年以内に和平できなければ大惨事」


 これらの流れから、アメリカがイランと戦争に入る可能性が高まっていると感じられるが、開戦するとしたら時期はいつなのか。最近、中東情勢をめぐる出来事や要人発言をウォッチしていると、来年3月から6月ごろに、イランとの戦争が始まるのではないかと感じさせる発言や出来事がいくつもあることに気づく。(関連記事


 最も目立つ意志は、イスラエルの右派(リクード党)と、アメリカにおける彼らの盟友であるネオコンやチェイニー副大統領から発せられている。イスラエル右派は来年3月までに、アメリカにイラン攻撃を実施させたいと考えている。逆にアメリカのネオコンは「イスラエルがシリアを攻撃してくれると信じている」というメッセージを発している。(関連記事


 また、チェイニー副大統領は以前から「07年春までにイランを攻撃する」ともらしていたと、CIA関係者によって指摘されている。前々回の記事に書いたように、チェイニー副大統領は11月にサウジアラビアを訪問し、サウジ王室に「間もなくイランを攻撃するから、その際は支持してくれ」と依頼したと指摘されている。(関連記事その1
その2


 ヨルダンのアブドラ国王は先日、日本を訪問した際「来年前半のうちに中東和平を進展させないと、大戦争の惨事が起きる」「(中東にとって)07年は非常に重要な年である。今後6-7カ月の間に和平が実現しない場合、イスラエルを含む中東全域が、破滅的な結末を結末を迎えることになる」と述べている。(関連記事


 イスラエルは最近、来年度の防衛予算として、過去最高の額を計上することを決めた。イスラエル軍内では、今夏、レバノンのヒズボラとの戦争が未決着のまま停戦に至って以来「来年(07年)夏までにはヒズボラと再び戦争せねばならなくなる。そのときにはシリアやイランとも戦争になることを覚悟せねばならない」という指摘が何度も出されており、軍事費の急増は、そのためである。(関連記事その1
その2


 これらのことからイランとの開戦時期を予測すると、現時点で最も可能性が高いのは07年3月から6月ごろということになる。


▼砂漠のイラクでは勝てても山地のイランでは勝てない米軍


 米軍はすでにイラクで疲弊し切っている。今後、イラク人はさらに反米意識を強めそうで、米軍は全力をイラクに投入せざるを得ない状況だ。イランに侵攻している余裕などない。米政界の超党派の「ベーカー委員会」(イラク研究会)も、戦火を拡大せず、イランと和解する方向に転換せよと、ブッシュに忠告する報告書を出している。だが、ブッシュは忠告を聞き入れず、イラクに兵力を増派し、イランの近海に空母を2隻も派遣して威嚇している。(関連記事


(先日、イラクのシーア派で最も尊敬されている宗教指導者システニ師が、反米強硬派のサドル師を擁護し、マリキ首相ら親米各派と、反米派のサドル師との仲直りを仲介しようとした。システニはイラクを反米の方向に動かしている)(関連記事


 イラクは砂漠の多い、兵器の力が強い米軍に有利な地形だが、対照的に、イラン西部には広大な山岳地帯があり、米軍はゲリラ戦に対応するため、兵器ではなく歩兵に頼る度合いが強くなる。イランの年齢構成は若者が多く、80年代のイラン・イラク戦争の際にも何万人もの戦死者を出しながら戦争を続けたが、アメリカはイラクで3千人の兵士が死んだだけで米国内の世論が反戦に傾いており、歩兵の戦死に耐えられないという弱点がある。イランでアメリカが勝てる確率は、イラクで勝てる確率よりさらに低い。ほとんど勝てる見込みがない。


 だから従来、軍事や外交の専門家の多くは「米軍がイランに侵攻するはずがない」と考えていた。だが今、事態はどう見てもイラン侵攻の実施へと向かっている。


▼シリアと和解すればイスラエルは助かるのに・・・


 アメリカがイランと戦争になっても、戦火が他国に広がらず、戦場がイランとイラクに限定されていれば、少なくともイスラエルに対する悪影響は少ない。しかし、イスラエルにとって運の悪いことに、イランとの戦争が近づいているのと同じタイミングで、イスラエルの北と南の隣接地域で、イスラエルを敵視するイラン傘下の武装勢力が台頭している。


 北隣のレバノンで親米派のシニオラ政権が倒されてヒズボラが台頭し、南隣のパレスチナで親米的なアッバス大統領が倒されてハマスが台頭しそうだが、これらの転換は、いずれも来年前半に起きる可能性が強くなっている。


 レバノンとパレスチナで反イスラエル勢力が強くなっても、これらの地域とイランとの間に挟まって存在しているシリアが、アメリカやイスラエルと仲直りすれば、戦火の拡大は回避され、事態は和平に向かうかもしれない。しかし、シリアとの仲直りは、ブッシュ大統領が強く拒否している。(関連記事


 建国以来最悪の危機に立つイスラエルでは、政界内の中道派が、シリアとの和解を模索している。シリアの方も、アメリカやイスラエルに攻撃されて国を戦場にされるより、和解した方が良いと考え、アサド大統領が何度も「イスラエルと和解したい」と表明している。米政界の中からも、自滅的な戦争拡大を避けたいと考える超党派の上院議員たちがシリアを何回か訪問し、和解を模索している。(関連記事その1
その2


 しかし、イスラエルのリクード、アメリカのチェイニーやネオコンといった右派連合は、シリアとの和解に強く反対しており、チェイニーの言いなりになっているブッシュ大統領がイスラエルのオルメルト首相に「シリアと和解するな」とクギを刺しているため、イスラエルは動けない。イスラエル政府内でも「シリアと和解すべきだ」という閣僚が何人もいるが、オルメルトは「ブッシュから禁じられているからダメだ」と突っぱねている。イスラエルは、ブッシュとチェイニーによって、国家存続の道を閉ざされつつある。(関連記事


 もう一人、中東における米英の覇権を守りたいイギリスのブレア首相も、何度も中東諸国を歴訪し、レバノンとパレスチナにおける親米政権の崩壊を食い止めようとしたが、もはや中東で「ブッシュの犬」としか見られていないブレアの言うことなど、誰も真剣には聞いてくれなかった。(関連記事


▼パキスタンからアフリカまでの大戦争に


 中東諸国では、来年前半に、ほかにもいくつかの戦争が激化しそうだ。アフガニスタンでは反米イスラム主義のタリバンが復活し、春の雪解けを待って、首都カブールの親米派のカルザイ政権を倒すべく総攻撃をかけると予測されている。カルザイ政権の後ろ盾であるNATO軍は、欧州で厭戦気運が強まり、すでに逃げ腰である。タリバンの支持者は、アフガニスタンの東隣のパキスタンにもたくさんおり、アフガニスタンでタリバンが勝つと、パキスタンの親米派のムシャラフ政権も危なくなる。(関連記事その1
その2


 アフリカでは、アラビア半島の対岸にあるイスラム教徒の国ソマリアの内戦を制圧するためと称して、隣のエチオピアが、ソマリアに侵攻し、占領を開始した。エチオピアはキリスト教徒が有力な国であることから、アメリカはエチオピアのソマリア侵攻を「アルカイダとのテロ戦争の一環」と認定し、支持する姿勢を見せた。しかし、エチオピアは今後、ソマリア占領の泥沼に陥る懸念がある。(関連記事


 来年前半は、パキスタンからアフリカまでの広い範囲で、アメリカ側とイスラム過激派の側での戦火がいっせいに拡大しそうである。いずれの地域でも、アメリカの側は不得意なゲリラ戦に悩まされることは確実だ。


 これまで中東では(1)スンニ派のイスラム過激派(オサマ・ビンラディン、ハマス、イスラム同胞団)、(2)シーア派のイスラム過激派(イラン、ヒズボラ)、(3)左翼(無神論)系の汎アラブ主義(イラクとシリアのバース党、アラファトのPLO)という3つの勢力が対立してきた。だがイラク侵攻後、アメリカのやり方があまりにひどく、イスラム教徒の側があまりにひどい目に遭っているので、この3つの勢力は「欧米とイスラエルを中東から追い出す」という反米統一戦線として、急速に結束しつつある。(関連記事


 すでに、スンニ派のハマスはシーア派のイランに支援されているし、レバノンのシーア派社会では左翼系のアマルがイスラム過激派のヒズボラに合流している。


▼アメリカも世界支配の憑き物がとれて楽になる?


 来年の前半に起こりそうな中東大戦争の結果、アメリカとイギリスは軍事的に疲弊して中東から撤退し、イスラエルは消滅し、親米のアラブ諸国のいくつかは倒されて混乱する可能性が高い。しかし、その後の中東は意外に安定するのではないかと私は予測している。


 これまで、スンニ派とシーア派の対立を扇動して内戦にしたり、911などのやらせくさいテロ事件を誘発したりしてきたのは、中東を支配してきたイギリス、イスラエル、そしてアメリカである。彼らがいなくなった後の中東は、今の欧米や日本での常識とは裏腹に、意外に内戦やテロの少ない安定した地域になり、石油収入で豊かになっていける可能性があると、私は考えている。


 そして、実はアメリカ自身も、イギリスが植え付けた第一次大戦以来の世界支配の戦略をやめざるを得なくなった後、いったんは混乱するが、その後の多極化された世界の中では、憑き物がとれたように、意外に安定的な西半球の国として、ある程度の繁栄を存続するのではないかと私は予測している。以前の記事「アメリカの第2独立戦争」に書いたシナリオである。(関連記事


 憑き物とは、イギリスが発明してアメリカに移植され、この80年間ほど実行されてきた、隠然とした世界支配のシステムである。そこからアメリカが解放されることは、従来は「孤立主義」と呼ばれて嫌われていたが、孤立主義という烙印名を作ったのもイギリスである。


 アメリカが世界支配という憑き物から解放されて立ち直るのは2020年ごろかもしれない。そのころには中国はアジアの盟主になっているだろう。日本が中国の威圧感から距離を置きたければ、生まれ変わった後の、自らを地域大国に格下げしたアメリカに対して従属し続けるのも、良い方法かもしれない。アメリカが日本に従属を許してくれればの話だが。





イランは核攻撃される?


2006年4月18日  田中 宇

イスラエルの核兵器開発や、イラク戦争をめぐる米政府のウソや不正について、暴露本や雑誌の特ダネ記事を書き続けてきたジャーナリストのセイモア・ハーシュが最近書いた「アメリカは間もなくイランを核兵器で攻撃する」という主旨の記事が、物議をかもしている。(関連記事


 記事は、アメリカの雑誌「ニューヨーカー」に載ったものだが、ハーシュは2005年1月にも同誌にイラン攻撃に関する特ダネ記事を書いている。前回は「米軍の特殊部隊がイランに潜入し、放射能測定機などを使いながら、イラン国内で核開発が行われている施設を探している。外交交渉が頓挫したら、探し出した核施設などに対し、ミサイル攻撃や、特殊部隊が潜入して行う破壊作戦が行われる」という記事だった。(関連記事


 今回の記事は、前回の延長線上にあるが「米軍がイランを攻撃する際には、核兵器が使われるだろう」と指摘している点が新しい。イランが核開発を行っているイラン中部のナタンズの施設は深い地下にあるとされ、通常の兵器では破壊できないので、破壊力の大きな小型核兵器(核バンカーバスター)を使う予定なのだという。


 ハーシュの記事が衝撃的なのは、ブッシュ政権は2001年の就任当初から、核兵器の実戦使用の実績を作ることを目論んでおり、この延長にイランへの核攻撃があるという点である。ブッシュ政権は、やむを得ずに核兵器を使うのではなく、なるべく早い機会に核兵器を実戦使用する実績を作りたいので、こじつけの理由でも良いからイランを核で攻撃したいと思っているという。


 核兵器は、広島と長崎で使われた後、世界の5大国が「抑止力」として保有することはできても、実際に使うことは外交上許されていなかった。だがブッシュ政権内では「アメリカは国際的な了解事項をあえて破り、核兵器を使うことがあるのだということを世界に誇示した方が、悪の枢軸など独裁的な反米国を抑制できるので良い」という考え方が強く、核兵器を使いたがっている。核問題でイランが譲歩しても、ブッシュ政権は「テロ組織支援」など他の名目に力点を移すことで、いずれイランを核攻撃する、ということである。


▼イラク開戦前と似た揺れの時期に


 4月10日にハーシュの記事が出たことを機に、アメリカとイラクの関係は、イラク侵攻前のイラクとの関係に似たものになってきた。「アメリカは必ずや軍事攻撃する」「それはいつなのか」「リスクが大きすぎる。攻撃するというのは、口だけの脅しなのではないか」といった、攻撃があるのかないのか、あるとしたらいつなのかをめぐり、切迫感の中で揺れる状態である。


 ハーシュと同じく米政界中枢の情報戦争の一環としての情報漏洩を受け、記事を書き続けているとおぼしきジム・ローブは「イラン攻撃話は、心理戦か、それとも本当の計画か?」と題する記事を書いている。(関連記事


(ハーシュもローブもユダヤ系の記者で、彼らの情報源もユダヤ系の勢力であると考えられる。アメリカのユダヤ系勢力の中には、好戦的な右派シオニストと、右派を嫌う現実派の勢力があり、米政界に対するユダヤ系の影響力の強さを背景に、アメリカの外交政策をどっちの方向に持っていくかをめぐって暗闘を続けている。おそらくハーシュやローブの情報源は右派を阻止しようとする勢力で、暗闘の一環として情報漏洩が行われている)


 ユダヤ系アメリカ人社会の中でも現実派系のオピニオン雑誌である「フォワード」も「ブッシュ政権は、イランとの戦争は不可避であると考えている」「彼らはここ数カ月、事後の悪影響を無視してイランへの激しい空爆を挙行することを検討している」「イランを攻撃するというのは口だけだという指摘もあるが、ワシントンの雰囲気は、明らかに激変した」といった内容の記事を最近出した。(関連記事


 同時期には、イギリスのサンデー・タイムスやワシントンポストなども、イラン攻撃が近いと報じている。サンデータイムスは、ブッシュは3年後の任期の終わりまでにイランを攻撃するつもりだと報じた。(関連記事


▼ブッシュを止める勢力の不在


「反米独裁国を潰すには、核兵器の使用が効果的だ」というブッシュ政権内の考え方は「悪の枢軸に対する先制攻撃」というイラク侵攻前の政権内の強硬派(ネオコン)の主張と同じである。政権の姿勢として一貫性が感じられるので、ハーシュの記事には信憑性がある。「使える核兵器」「核バンカーバスター」の開発構想は、これまでに何回も報じられている。(関連記事その1
その2
その3


 ブッシュ政権は、世界が反対してもほぼ単独でイラクに侵攻したのだから、イランに対する攻撃も、イギリスを含むEU諸国など世界中が反対しても挙行するだろうと予測できる。米国内では、野党である民主党はブッシュより強硬な政治家が中心だし、反戦運動も大して盛り上がっていない。ブッシュの核使用を止められる勢力は、どこにも存在していない。(関連記事


 米軍内では、自滅的なイラン攻撃に反対する意見が強いようで、退役将軍たちの間で最近、ラムズフェルド国防長官に辞任を求める声が相次いだ。国防長官を交代させて政権の流れを変えようとしたのだろうが、対抗的にブッシュがラムズフェルドを強く擁護する声明を出したため、辞任の可能性は減った。(関連記事


 ブッシュ政権は、米軍がイランを攻撃したらイラン国内で反政府運動が高まり、政権転覆に結びつく、という考え方に基づいてイラン攻撃をしようとしているが、これはイラクが簡単に民主化できると主張していたのと同じ路線の(故意の?)大間違いである。(関連記事


 イランには少数民族としてトルコ系(アゼリ人など)やクルド人、バルチ人、アラブ人などがおり、これらの各民族が反政府活動を起こすだろうというのがホワイトハウスの主張だが、米軍が攻撃してもおそらく彼らは決起しない(この件は、イラン社会内部の詳しい説明が必要で長くなるので、イラン訪問記の続きと絡め、改めて書く)。


▼イランの少数派は決起しない


 イラクのように、米軍の攻撃を受けてすぐに中央政府が消滅すれば、その後、クルド人やバルチ人が分離独立の動きを起こすかもしれない。だが、米軍の空爆だけではイランの政府は消滅せず、少数派による分離独立運動は起こらない。それどころか、核兵器が使われて多くの死者が出れば、シーア派に強い「殉教精神」が喚起され、イラン国内の結束はむしろ強まる。アメリカはイランを攻撃しても勝つことはできず、逆に、石油高騰と、双子の赤字と、外交的威信の失墜によってドル急落などが起こり、アメリカの方が敗北する可能性が大きい。(関連記事


 イランのアハマディネジャド大統領は「アメリカは衰退しつつある」と言い放ち、欧米マスコミは嘲笑的に報じたが、アハマディネジャドのこの発言は的確である。アメリカがイランを攻撃したら中東全域でイスラム主義の傾向が強まり、イスラエル国家の存続は危うくなる。アハマディネジャドは「イスラエルは消滅する」とも言い放ったが、この発言も正鵠をうがっている。(関連記事


 攻撃しても失敗すると分かっている以上、ブッシュ政権はイランを攻撃することはないのではないか、と考える人がいるかもしれないが、ブッシュ政権は03年3月のイラク侵攻でも、失敗すると分かっている攻撃を挙行している。多くの人は「ブッシュ政権はイラク戦争は成功すると思って挙行したが、結果的に失敗した」と考えているかもしれないが、私が見るところではそうではない。


 ブッシュ政権は「米軍兵士を見ただけでイラク人は大歓迎し、自然に民主化が進展する」という前提で、30万ー50万人の地上軍が必要なところを15万人で侵攻し、占領開始後はイラク人に嫌われそうなことを実施し続け、開戦事由の「大量破壊兵器」もウソだと開戦前から指摘されていた。イラク戦争は、開始前からうまくいくはずのなかった戦争である。私は「アメリカは、こんなおかしな戦争をするはずはない」と開戦直前まで考え、そういう分析を書いて流していた。ブッシュ政権のアメリカは、失敗すると分かっている戦争を、あえてやり続ける国になっている。(関連記事その1
その2
その3


▼攻撃するとしたらいつか


 アメリカがイランを攻撃するとしたら、それはいつなのか。最も近い時期としては、イランの核開発疑惑を長く調べてきた米カリフォルニア大学のジョージ・ヒルシュ教授が「米連邦議会が休会中である4月末までの間に、ブッシュはイラン核攻撃を実施するだろう」と予測している。ヒルシュがそう考える根拠は、後になればなるほど、イラクでの失敗などをめぐるブッシュ政権のスキャンダルが噴出し、共和党内の国際協調派が盛り返し、強硬派がイラン攻撃を挙行できる可能性が減るので、強硬派は急いでいるからだという。(関連記事


 ヒルシュの指摘には一理あるが、私が見るところ、そんなに早く攻撃は実施されそうもない。イランを攻撃するとなると、核を使うかどうかにかかわらず、イラクやカタールなどに駐留する米軍が何週間か前から攻撃準備に入るはずだ。米中枢では、イラン攻撃に反対する人が多いので、攻撃準備に入ったら、その情報はマスコミにリークされ「●月をメドに攻撃準備に入った」と具体的に報じられるはずである。そうした報道はまだないので、しばらくは攻撃はないと考えられる。


 もう少し先の話になると「ブッシュ政権は、今年11月の中間選挙での共和党勝利を実現するため、戦争で不人気を吹き飛ばす目的で、選挙前の今年7ー10月あたりにイランに戦争を仕掛けるのではないか」という予測がある。「アメリカ第一主義」の言論人パット・ブキャナンや、反ブッシュの論調で知られるMITのポール・クルーグマン教授が、この説を展開している。(関連記事その1
その2


 さらに先までの話としては、前出のサンデータイムスが、3年後のブッシュの任期満了までに攻撃が行われると書いている。


▼イランの対米協調派を潰し、強硬派を強化する


 具体的な攻撃時期の予測とは逆の方向として、ブッシュ政権は、実際に攻撃するかどうかとは関係なく「もうすぐイランを攻撃しそうだ」という雰囲気を醸し出す目的で、故意に好戦的な主張をしたり、開戦が近いという情報を意図的に漏洩しているふしもある。私が見るところ、それはイランの指導者を恐れさせて譲歩させるためではない。反対に、イランのアハマディネジャド政権を「強化」する効果を生んでいる。


 アメリカはこれまで、イランに対し、相反する2種類の姿勢を感じさせていた。一つはホワイトハウスが発する「イランとは交渉しない。戦争あるのみ」という強硬姿勢で、もう一つは連邦議会の一部の上院議員らがイラク駐在大使のカリルザドなどを動かして画策してきた「イラクの安定化という名目でイラン側と秘密交渉し、この交渉の枠内で核問題も話し合い、解決する」という協調姿勢である。議会などによる協調姿勢は、昨年末にシリアとの対立関係が厳しくなったときにも、一時表面化している。(関連記事


 ブッシュやラムズフェルドは、米軍をイラクの泥沼で自滅させたくないので、今年中に米軍のイラク撤退を開始したいが、イラクでは大混乱が続き、撤退が実現できそうもない。そこで今年2月ぐらいから、イラクのシーア派に影響力があるイランの協力を得るための交渉を開始しようという提案が協調派から出され、ブッシュも乗り気になったふしがある。(関連記事


 ところが、イランとの交渉話に対抗するように出てきたのが「ブッシュ政権は、イランを核攻撃することをあらかじめ決めており、イランは譲歩しても無駄だ」という一連の記事だった。これらの記事が出たことを機に、アメリカでもイランでも、強硬派が再台頭し、協調派の主張は弱くなり、米イラン直接交渉の構想は頓挫する気配が濃厚になった。


 アメリカ側だけでなく、イランの側も、政界中枢に協調派と強硬派がある。ラフサンジャニやハタミといった、これまで政権を担当してきた宗教学者たちは、アメリカとの関係を改善し、イラン経済を立て直したいと考えいる対米協調路線だ。これと反対に、昨夏から大統領をしているアハマディネジャドは、アメリカと徹底的に対立したがる反米強硬派で、アラブ諸国の反米的な世論を味方につけ、アラブ諸国が一つずつ親米政権からイスラム主義政権へと覆っていきそうな中で、イランの国際的な影響力の拡大を目論んでいる。


 アハマディネジャドの大統領就任後、イランでは経済が回復せず、失業率も低下せず、大統領に対する不信任が強まっていた。イラン政界内で、対米協調派が復活しそうになっていたと考えられるが、そうした中でアハマディネジャドの不利な状況を吹き飛ばす効果をもたらしたのが「ブッシュはイランを核攻撃することをすでに決めている」という一連の報道だった。


▼双方で好戦的な誇張合戦


 報道が出るのと前後して、イラン側は新型の魚雷やミサイルの発射実験をしたり、小規模なウラン濃縮に成功したと発表したりしている。ところが新型魚雷は、世界各国で一般的に装備されている魚雷より速度が3ー4倍も速く出ると発表された。レーダー追尾を許さないほど速いと発表されたミサイルの速度も、欧米の軍事専門家に疑問を抱かせる数字で、イランは新兵器の機能を大げさに誇張して発表した可能性が高い。(関連記事


 自国の新兵器の性能を誇張して発表したアハマディネジャド政権は、何とか開戦事由をでっち上げてイランを攻撃しようとしているアメリカの強硬派にとって「飛んで火に入る夏の虫」である。アハマディネジャドはアメリカに攻撃してきてもらいたいかのようだ。


 ウラン濃縮については、160器の遠心分離器をつなぎ、原子力発電用の燃料として使える3%の濃度のウランを精製したと発表されたが、これも、ウラン濃縮成功の発表直後にイランを訪問したIAEAのエルバラダイ事務局長は「イランがウラン濃縮に成功したという具体的な報告は受けていない」と述べており、誇張である可能性がある。


 世界では、実用的なウラン濃縮工程は何百台もの遠心分離器を並列させて行われることが多く、160台というのは発電用としても小規模である。核兵器用の濃縮ウランは90%前後の濃度で、発電用よりはるかに多く、1500台以上の遠心分離器を並列する必要がある。イランのウラン濃縮技術は、まだ初期段階でしかない。(関連記事


 160器の遠心分離器だと、フル操業しても核兵器1発分を作るのに13年かかる。だが、奇妙なことに、アメリカの通信社がこの件の記事につけた見出しは「イランは16日間で核兵器を作れる」だった。イラン政府は「何年か後には5万台の遠心分離器をつなげる計画だ」と述べたことを歪曲し、イランが現在5万台の遠心分離器を持っているという話にしてしまい「5万台なら16日間で核兵器1発分を作れる」というアメリカ国務省高官の話につなぎ「16日間で核兵器」という見出しをつけてしまった。(関連記事


 全く笑い話のような誇張記事の作られ方だが、話を誇張して戦争に持ち込もうという魂胆は、アメリカ側とイラン側で共通している。


 アメリカで「近くイランを攻撃する」という話が出ることで、アハマディネジャドの政権基盤が強化される展開は、今に始まったことではない。昨年夏のイランの大統領選挙前にも同様の緊張の高まりがあり、その結果、選挙で対米強硬派のアハマディネジャドが勝利した。アメリカの強硬派は、以前からアハマディネジャドをこっそり支援してきたのである。(関連記事


▼プーチン化しそうなアハマディネジャド


 アハマディネジャドは、ウラン濃縮に成功したことを「イランは世界の核クラブに入った」と宣言し、ウラン濃縮を記念して4月15日を「原子力の日」として、新たな祝日に設定すると発表した。「核クラブ」は「核兵器を保有する国々」のことだと曲解されてアメリカで報じられたが、アハマディネジャドとしては、この手の誤報はむしろ歓迎であろう。


 聖地マシャドでは、濃縮ウランの容器をかたどった金属の筒を持った青年たちが「平和利用」の象徴である鳩が描かれた幕を背景に踊りまくった。イランの権力者である宗教学者たちが政治メッセージを発することが多いテヘラン大学での金曜礼拝では、イエローケーキ(濃縮ウラン)をもじった黄色いケーキが参列者にふるまわれた。(関連記事


 アハマディネジャドは、核の「平和利用」をイランの国民的な事業にすべく、プロパガンダ戦略を突き進み、もともと大統領よりも権限が強かったイラン政界の対米協調主義者が上から権力を行使しても、もはや核開発を止められない状況を作っている。今年1月時点の世論調査によると、すでにイラン人の85%は、自国の核開発は平和利用なのだから続けるべきだと考えている。(関連記事


 アハマディネジャドは今後、ロシアのプーチンのような、ナショナリズムと反米主義を活用し、自国を強い国にするために、国内的、国際的に権力と覇権を拡大していく指導者になるのではないかと私は予測している。プーチンのロシアが周辺諸国への影響力の再拡大を画策しているのと同様、イランは中央アジア諸国への外交的影響力の拡大を図っているほか、パレスチナのハマス政権に対する資金援助も決めた。(関連記事


 イランとの戦争でアメリカを故意に自滅させようとしている米中枢の勢力の目的が、世界を多極化することであるなら、アハマディネジャドが国際社会でプーチン的な強さを発揮していくことは、むしろ多極化を推進する上で好ましい。アメリカがイランを核兵器で攻撃し、イランとの戦争でアメリカが自滅の傾向を強めることは、世界を多極化するには好都合な展開といえる。世界は、イラクに続いてイランの人々の犠牲を経て、多極化されていく。(関連記事


 そう考えると、ブッシュ政権の中枢にいる強硬派の本当の狙いが世界の多極化であるなら、アメリカはブッシュ政権の間にイランを核兵器で攻撃するだろうと予測できる。それがいつになるかは、直前にならないと分からない。すでに述べたように、攻撃実施の2ー3週間前には、アメリカの報道で実施日が分かるようになる。


 イランのマスコミは、自国民を安心させておいてスムーズに戦争に巻き込むため「アメリカは攻撃してこない」「攻撃してきても問題なく撃退できる」と報じ続け、イラン人の多くはそれを信じようとしている。イランでは平穏な日常生活が展開しているが、これは戦争が起きないことを示すものではない。


 アメリカとイランがともに戦争に向かって全速力で走り、激突しようとしている中で、以前はアメリカの戦争に協力し、ときに扇動してきたイギリスとイスラエルは、最近急に逃げ腰になってきた。負けると分かっている戦争に巻き込まれたくないのであろう。(関連記事




蛇足


イラン攻撃については、二番煎じでは無理だと思う・。本当の支配者がわかってしまうからだ・。2008年以降にしか出来ないだろう?

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR