FC2ブログ

デュポンファミリー2

デラウェアの知事

(時間順)

ジョン・コリンズ(政府1819-1822)--

コリンの家族

ケイレブP.ベネット(政府1832-1836)--フリーメーソン会員

トーマス・ストックトン(政府1844-??)

--フリーメーソン会員を高くランク付けします

チャールズC.ストックリー(政府1883-87)--フリーメーソン会員

ベンジャミン.Biggs(政府1 887-1891)--フリーメーソン会員

ピエール・サミュエルduPont、I V( 1977年- )--米下院議員と他のgov.ポジションも

米国SENATORS OFデラウェア(姓のABC順)

T. コールマンduPont(上院議員1 921-192?)

1896におけるヘンリーA.デュポン(上院議員1 895-1896)(1906年-1916年)、米国上院は不正投票の証拠のため彼の選挙とヘンリーのduPontの証明書を拒絶しました。

デラウェア立法機関(共和党)はヘンリー(共和党)を民主党員と取り替えました。

しかし、上院議席がまた1901年の入手可能で、別のものになった1899年に、ヘンリーA.デュポンとジョン・エドワーズ・オサリバンAddicks(2人の共和党のリーダー)がそんなに多く戦っていたので、それらは上院議員の選択に関するどのような合意にも達することができませんでした。

その結果、1899年に、デラウェアはただ1人の米国の上院議員を持っていて、1901年から1903年のデラウェアは米国の上院議員を全然持っていませんでした。

すべて(190345、1 919-25)またDel.as状態会計係を出されたL.H eislerB--フリーメーソン会員。

ジェームズH.ヒューズ-(上院議員1937年-42年)フリーメーソン会員で、また、デラウェアでした。

状態のSec.

リチャードR.ケニー(上院議員1897- 1901年)、フリーメーソン会員、デラウェアのadj.一般も

デラウェアのG.L.、国の上院議員(`36-39年)ものアーノルドNaudain(上院議員1830-36)、フリーメーソン会員の、雄大なマスタ

1946年の国連総会へのジョンG.タウンゼンド(上院議員1929年-42年)、フリーメーソン会員、銀行家、交替の代表。

ジェームズM.タネル(上院議員1941年-47年)、フリーメーソン会員、32度、弁護士も

ジョン・ウェールズ(上院議員1849-51)、フリーメーソン会員、ナットのPres.。

ウィルミントンとブランデーワイン(デラウェアの状態のsec.)の銀行

1845-49.

ウィリアムV.ロス。

議員ナットへのJr.(上院議員1971年-)CFR、三極委員会も。

Comm.

デュポン火薬工場は産業を支配しました。

1802を始めた後の短い時間だけ以内に、彼らは一般市場のために世界で最上品火薬を飲みました。

この昨年、侵入まで、米国が、1802年に戦争によってトリポリ(今日Ubya)とバルバリー海賊に対して始まってSomoliaにしたすべての戦争を問わずアメリカの軍隊はデュポン火薬に依存しました。

彼が38歳であった時に、ヘンリーduポント(1812-1889)は火薬製造のコマンドを引き継ぎました。

彼は非常に独裁的で、ヘンリーボスとして知られていました。

彼の度量が狭く、後ろの、そして独裁的な考察は火薬市場のそれらのコントロールにもかかわらずデュポン会社をやりすぎました。

彼が死んだ時に、アルフレッドI. duPont、ピエール・サミュエルduポントII(1870-1954年)、およびトーマス・コールマンduポント(1863-1930年)は様々なデュポン製造仕事を引き継ぎました。

この三頭政治は老朽化したデュポン工場を復活させました。

軍需産業の中でそれらに絶対独占を与えて、彼らは火薬メーカーの残りを買収しました。

彼らはデュポン工場を現代化し、一番上の形の中にデュポンビジネスを戻しました。

1857年8月22日に、du渡し舟は爆発にそれらの最初のファミリーメンバーを失いました、アレクシスduPont。

duPontsはそれらの火薬工場でいつも安全の上の最前線にあったけれども、それは、彼らが、数年の間に繰り返された爆発を被る必要があることを妨げませんでした。

火薬工場の爆発は容易に引き起こされて、非常に必殺です。

duPont子供が非常に甘やかされて、働きづらかったバージニアへの彼の手紙の中で説明されたデュポンの子供、R.ページ・ウイリアムソンに個別指導するために1852年に雇われた家庭教師。

1872年に、火薬業界団体を結成するために、ヘンリーduPontはLaflin&ランドと危険粉社を呼び集めました。

協会がしたことは、火薬の3つの最も大きなメーカーの間で競争を取り除き、このカルテルのために独占を作成することでした。

結局、デュポンは他の2足すたくさんの他の小さな火薬会社を買収しました。

私は、DuPontsとエリートのその他が資本家であると信じる誰もが歴史をもう一度見直すべきであることを提案します。

これらの人は資本主義を信じていないと彼らは独占において信じます--つまるところ、共産主義の下で起こるのと同じ物に帰着します。

これらの人々が、彼らが独占を設定するのを説明した時に、彼らはそれを「粉々にされて、無秩序な産業へのもたらす注文と安定性」と呼びます。

1889年に、アルフレッドI. duポントは、秘密を彼に与えることに無煙火薬の生産を担当しているフランス役員を買収することを試みました。

しかし、フランス人が、彼らが秘密を彼に与えたならば、彼らが命を失うであろうと知っていたので、どれほど沢山の賄賂も働かないでしょう。

英国人はよりこれ以上役立っていませんでした。

Ufeはすべてモモとクリームであったわけではありません。

フレッドは殺されました。

ウィリアムduポント(1855-1928)は結婚においてduPontいとこ5月duポントと閉じ込められて、彼ditn’tは、するために結婚したい。

ルイスCazenove du不機嫌ハンサムで、インテリジェントな若者-ウィルミントンクラブのライブラリの銃弾を持つ委任された自殺。

アルフレッドは顔をハンティング旅行における事故によって撃たれました。

duPontファミリーは心痛、壊れた結婚、精神異常などのそれらのシェアを持っていました。

メアリーBelinがファミリーに嫁いだ時に、彼女はいくらかのユダヤ人血を持って来ました。

芽を出し始める軍産複合体の大部分として、19世紀の間のDuPontsは、陸軍と海軍とともに働く必要がありました。

陸軍と海軍は、いつ式が受け取られたかが、アメリカ人がすでに生産していたものより劣っているために気付かれた無煙火薬のためにベルギーでCoopal社との契約を実施することを彼らに納得させました。

しかし、彼ら自身の式と一緒に行き、カーニーのポイント、ニュージャージで新しいプラントを作っているDuPontsとこのエピソード全体は終わりました。

これはこの国家の中のそれらの最初の100年で家族歴のハイライトを打ちます。

それらの最初の百年を祝福するために、最初のピエール・サミュエルの下降しているすべての賃金は大きな宴会に引き起こされました。

建物は、それらを収納するために建てられました。

彼らは100以上数えました。

この100周年を記念する心構えを特にして、各人のテーブル設定に金貨の特別な贈り物がありました。

1900年1月1日に、デュポン種族は祝福しました。

DuPontsはとても多くの秘密のベールに包まれるので、それらの秘密は知られてさえいません。

ユージン・デュポン、ファミリー火薬の取締役会長/高性能爆薬ビジネスが世紀の変わり目の近くで死んだ時に、他のDuPontsのどれもほとんど、会社がいくらに値していたかまたはそれがどんな財産を持っていたかの漠然とした考えを平らにしません。

(その時に、DuPontsはPA、DEL、アイオワ、およびTNにおいて火薬工場を持っていました。)

それらの財産がたぶん10倍よく部外者だけでなく自身に隠される以外、DuPontsは今日ほぼ同じです。

DuPontsは一般に他の一番上のファミリーと対比するとそれらのお金を働いていて、産出している難しい方法過ぎにしました。

時々、それらがそれらの労働者に与えたものの上で非常にきつかったならばさえ、DuPontsは、これのために賞賛されることになっています。

DuPontsは、また、それらの王朝を生かしておく驚異的な能力を示しました。

彼らの家族への増大する不可視性があるように思われます。

ヒットPAYDIRT

しかし、この組織は何ですか?

名前を除いた何もなしで、私は私の調査を開始しました。

最初の表情で、誰が革命の兵士のdescendentsであるかはいくつかの古いひしゃく家系グループのように思われました。

しかし、私が、社会の上の長期研究プロジェクトであると約束したものを運び出した時に、何か大きいことがこの組織より遅れていたようでありはじめました。

1回の参照が述べたこと、「スコットランド人、アザミのナイト、シンシナティ協会#1783#それが、どのイングランド人も思わずありそうで より大きいガーター勲爵士であることにおけるプライドの感覚 か、または、シンシナティ協会のメンバーである時にアメリカ人が感じるより。」。

うわーっ。

2倍ワウ!

ここに、本質的に、私が知っている誰も耳にしさえしなかったのにアメリカ人が、それに所属することにおいて大きな誇りと思うであろう組織があります。

興味深い。

それ以外にも、私は、ガーター勲章が何であるかを知っていました!!

ガーター勲章は、マルタ騎士団の英国の部分であるエルサレムのセント=ジョンの注文の中で、エリートグループである秘密の内側のグループです。

ガーターのナイトは300の委員会のリーダーです。

彼らは邪悪な人です。

オシリスと他の悪魔のようなグループの悪魔の注文のメンバーがガーター勲章のメンバーであることであるロードピーター・キャリントン。

パーマストン卿は、すっかり堕落していて、キリスト教徒であるふりをし、悪魔主義を行ったガーター勲爵士の別の同様な例の歴史からの例です。

私は、マサチューセッツ立法機関が、レコードの上の証拠によると、シンシナティの社会が、「共和国を破壊することに専念した米国の世襲の貴族の最初」であったので米国の福祉と安全を心配しているその上院議員と担当者の何人かを持っていたことを見つけ出しました。

マサチューセッツ立法機関はシンシナティ協会を「危険」と宣言しました。

それなのに、すべての立法者トラブルのために一般大衆のために話して、真実は、誰も、それが危険であったと知っているか、推察するどころかシンシナティ協会を耳にしさえしなかったことです。

米国が作成された時に、それは連合規約の下で動作しました。

それは、プリントされた それら 州のうちの独立な州それぞれの連合でした-お金は彼ら自身の法律などを承認しました

連邦政府は単に国際連盟タイプボディでした。

シンシナティ協会は、到着することについて部分的に責任がありました(それが変わりました)。

シンシナティの社会は非常に強い中央政府、国立銀行などに賛成していました。

フリーメーソン会員男爵フォン シュトイベンは、組織を発足させた功績があります。

その隠れたオカルトシンボルによってワシントンの都市をデザインしたメーソン ピエール・ランファンはまたシンシナティ協会のためにロゴをデザインしました。

米国のすべての大統領はシンシナティ協会のダイヤのイーグルjewellを身につけていました。

うわーっ。

そして、私がこのex-illuminatusからこの秘訣を得るまで、私はそれを耳にしさえしませんでした。

ベンジャミンフランクリンは名誉会員でした。

侯爵deラフィエットはメンバーでした。

ジョージワシントンとジェイムズ・モンローはオリジナルのメンバーでした。

少なくとも15人の大統領が名誉会員でした。

Pres.

フランクリン・ピアースとZacheryテーラー(彼の父はオリジナルのメンバーでした)は遺伝的なメンバーでした。

また、革命の中で役員であった高い位置石工の多くはオリジナルのメンバーでした。

シンシナティ協会で大きかった3人の突出したフリーメーソン会員はヘンリーBeekmanリビングストン(1750-1831)、ジェームズ・マン(1759-1832)、およびハーディMurfee(1752-1809)でした。

1789年に始めるノースカロライナのグランド・ロッジのグランドマスタとしてハーディは勤務していました。

私は、多くの非常に忙しいエリートPeopleがこの社会にたくさんのお金と時間を費やしていて、その目的に関わらず、そうであったことに気づきました。

社会はワシントンD.C.を作りつけている美術館と本部をマサチューセッツアベニュー、N.W.、および国の章の上に持っていました。

しかしなぜ?

組織の述べられた目的は、組織に入れられた興味の人々を説明しないようでした。

なぜ、目的だけが、すべてのそのメンバーが革命戦争役員のdescendentsであるという事実を記念することである組織に所属することに時間を費やします?

組織の目的は、「役員の間に存続している心のこもった愛情を永久的にするため」です。

O.K.Iは、すべて、歴戦の勇士である役員のグループが集まるのを理解することができます。

しかしそれらのdescendents?

私達は、戦いが基本的に1781年に終わった戦争について話しています。

それは200年以上前です。

私の忙しいdescendentsは、200年後の他のベトナム退役軍人の大きく大きく偉大な孫と雑談したいと思うでしょうか?

それでも、私の1983年のワールド年鑑(約1,300の協会をファイン・プリントにリストします)は2,800でシンシナティ協会のメンバーシップを与えます。

他の関係筋は、組織がフランスに系列会社組織を持っていたことを示しました。

しかしどのように?

どうして、えり抜きの革命役員のdescendentsだけに開いていた組織はfrenchmenのためにフランスの何かに目的においてそう同一であることができますか?

私はなぜかを理解することができたけれども、述べられた目的が話全体ではなかったならばだけです。

あなたが、私がシンシナティ協会を非常に怪しんでいたとわかることができる時に、私が何か大きいものの上につまずいたようです。

しかし、私は、社会を、私がduPontsについての私の研究の上に段をつけて啓蒙主義者までのと一致させることができませんでした。

私が、不明瞭な人であると判明するかもしれないと思ったものを調査しはじめた時に、啓蒙主義者とシンシナティ協会の間のタイインは来ました。

彼の名前はレイトン・コールマン(1837-19??)であり、彼はフランシス・(ファニー)エリザベス(アレクシスIrenee duポント(1816-57)の娘)と結婚していました。

アレクシスは事故で死にました。

オカルト血統パワーは女性または男性を通過することができるので、レイトン・コールマンを調査することはそれだけの価値がありました。

レイトン・コールマンは、英国聖公会のためのデラウェア州のビショップであると判明しました。

禁酒運動(私は、すでに、コントロールされた啓蒙主義者であったと気づきました)において、彼は原動力でした。

さらなるレイトンはナイト法学院法律家のペンシルベニア、雄大であることの高位聖職者の中のフリーメーソン会員のグランド・ロッジの雄大な牧師とデラウェアシンシナティ協会の牧師でした。

トップ13の啓蒙主義者ファミリーの別のものはケネディ家です。

またこのファミリーとのシンシナティ協会との接続があります。

ジャックリーヌ・ブービェ・ケネディ・オナシス(J.F.K.とアリストテレス・オナシスの両方への元妻)は、たいてい、私達の先祖として1925において自費出版であったフィクションであったファミリー家系を発明したブービェ少佐と名付けられた祖父を持っていたけれども、シンシナティ協会の中に入るために、tbeファンタジーブービェ家系はつぼみとブラックジャックを彼と彼の息子に与えました。

(C.デイビッド・ハイマン、ページによるジャッキーという名のA女性に会ってください)

18) 3つのBouviersはみなそれらのメンバーシップを非常に誇っていて、誇らしげにメンバーシップを示しているそれらのラベルの上のそれらのボタン穴にさす花を表示するでしょう。

1902年にデュポン会社を救った3人のいとこ

一緒に、火薬工場を引き継いだ成功した3Duポンド、アルフレッド、コールマン、およびピエールは数年の後にある重大な内紛に終わりました。

彼のいとこと結婚するために、アルフレッドは彼の妻と離婚し、コールマンとその他の多くは結婚に賛成しませんでした。

アルフレッドとその他はある重大なファミリー内紛の中に入りました。

1913年に、彼の激怒を彼に勝たせている1ポイントでのアルフレッドはデラウェア立法機関に、彼の最初の妻をいじめるために彼の最初の妻の息子のために名前を両替している特別法を承認させました。

特別法はアルフレッドの要求でひそかに4時間で議会を通過したけれども、他のDu渡し舟が、アルフレッドが何を試していたかを見つけ出した後に、上院の2つの票によって失敗しました。

アルフレッドは彼のいとこ妻アリシアのために東海岸での最も高価な家を建てました。

1910ドルにおいて、最も低い見積りは200万ドルであるけれども、実際原価は容易に数回それであったかもしれません。

大邸宅の名前はヌムールと名付けられました。

ヌムール地所の主要なグラウンドは9ftの壁によって囲まれた400エーカーです。

割られたガラスは壁の上でコンクリートに埋め込まれました。

地所を作る2,000エーカーは400の域を超えています。

1920年までの1906年から、duポント家は、様々なアリーナで内戦を遂行した2つの派閥に分裂しました。

アルフレッドのI.デュポンは、コールマン・デュポンの力の腐敗と戦った政治運動を導きました。

最高その時間までの政治と投票.と開票はすっかり堕落していました。

1918年4月までに、アルフレッドはデラウェアの政治のコントロールのためにコールマンを破りました。

1911年に、アルフレッドはエリアの原則日刊紙にウィルミントン・モーニング・ニュースを買いました。

1916年に、彼のおじヘンリーA. duPontが再選されるのを首尾よく防止した後に、アルフレッドduPontは1932年に9つデラウェア新聞.のコントロールを買い、エジプトのアルフレッドへの旅行において、犬が、彼の使い魔であったミイラと名付けられると気付きました。

私が読んだアルフレッドについての伝記の中で、それは、「アルフレッドは彼の姉妹マルグリットの上で得点しました」と言いました。

彼女が彼らを望んでいたならば、彼女にバージニア幽霊を収集させてください。

「彼だけが、アラジンの精霊のそれらと同じくらい大きい不思議を作り出すことができた再生したエジプトマスコットを持っていました」

(ジョセフF.Wail、ページによるアルフレッドデュポン)

593) アルフレッドL duポント自身は、「私はミイラのためにあと1つまたは2つの仕事を持っていて、それから、私が再び彼女を働かせる前に、私は彼女に休暇を与えます」をこれに彼の使い魔についてのベーカーP.リー(`32 5月23日)師への手紙の中で手紙で知らせました。

(彼の使い魔であった彼犬.の不思議な能力について、彼が話す所で、彼は少なくとももう1通の手紙を書きました。)

(CazenoveリーJr.さんはまたミイラの能力に言及している手紙を受け取りました。)

アルフレッドは1935年に死にました。

エド バリ島とジェシーBall duポント(彼の未亡人)は彼の地所のコントロールを引き継ぎました。

エドBailは、アルフレッドI. duPontの財産を増大させて、フロリダで最も強力な人になりました。

エド バリ島の富は50年代または60年代に10億ドル台を通過しました。

1960年代の末期に、政敵は、新しい立法を持つエドBallの富と基礎に隠された彼のお金の悪用のいくらかの調査を攻撃することができました。

1981年に、エドBailは1985年に.死に、エドBallの未亡人は、エドの姉妹ジェシーが実際1935年にアルフレッドI. duPontを殺したと主張しました。

彼女は、エドが生きている間、彼女が、アルフレッドの殺人について真実に話すことを恐れすぎていたと主張しました。

フォーブス誌は1965年10月に話を伝えました。

T. コールマンduPontで、ニューヨーク市にMcAlpinホテルを建てるために、1910年のタフト大統領の兄弟チャールズP.(頭蓋骨&骨格のメンバー)とビジネスにおいて行きました。

(タフトの他の兄弟ホレスは頭蓋骨と骨格の注文のメンバーでした。)

(実のところ、1679年にブレーントリー・マサチューセッツに遡るタフト家は頭蓋骨&骨格の注文を始めるのを手伝い、少なくとも8つのTaftsが注文の中にありました。)

これは一連の豪華なホテルの一番目でした。

コールマンはニューヨークエクイタブルを買いました(それはアメリカの最も大きな保険会社でした)。

N.Y.公平な生命保険会社は疑いなく他の啓蒙主義者エリートとの感触においてコールマンを連れて来ました。

彼はフィラデルフィアでリッテンハウスに所属していました。

彼はウィルミントンと少しの他の石炭とともに中心的な石炭&鉄社と鉄会社のpres.の組合国立銀行を含む多くの物のディレクターでした。

T. コールマンはデュポン火薬事業との接続においてすでに言及されています(彼はボスとして何年もの間それを営みました)。

W.W. 1の間に、Du渡し舟は造幣局に着きました。

会社はその宝庫の中に900万ドルの過剰を持っていました。

結果は、デュポンがゼネラルモーターズを吸収したことでした。

DuPontsはまた化学のビジネスに入りました。

アメリカ政府はドイツ染料信頼をつかみ、DuPontsはそれらの特許を与えられました。

Du渡し舟は、破砕防止のガラス、ペイント、レーヨン、ナイロン、染料、写真のフィルム、ゴム、化学薬品、薬などなどの合成物質の上で大きな化学の帝国を築きはじめました。

Dow Chemical会社だけがデュポン化学薬品操作とのどのような競争ででもあります。

アルフレッド・ビクターduPont(アルフレッドI.s息子)はW.W. Iの間に海兵隊員の中の兵卒としてだけ勤務していて、いくつかの船に乗っていました。

それなのに、何らかの理由で、W.W. 11が突発した時に、彼は1943年から1945年に統合参謀本部にコンサルタントにされました。

彼は監督制主義者でした。

多くのduPontsが持っているように、エミール・フランシスduPont(1898-)はエールを卒業しました。

彼は英国国教会派の教会の中で重要な一般の人でした。

ピエール・サミュエルduPontはアメリカ哲学協会に所属していました。

彼はまた役員de Ia軍隊d'Honneurのバラ結びを身につけています。

(どのようにまたは、なぜ、彼は、私が見つけ出さなかったこれを得ました。)

彼は1919年デラウェアの国教育委員会の上にいました - 21。

彼は、デュポンとGMの経営がいっしょに働いた所で、彼がアルフレッド・スローンJr.ピエール・サミュエルにそれを譲った1920年-23年からのゼネラルモーターズの社長がいわゆる「二人組制度」を始めたことでした。

デュポンはW.W.Iの後でGMを絶滅から救い、以来ずっとGMを監視しています。

ロバートL duPont、Jr.は研究精神医です。

彼はハーバードで研究をしました。

彼は麻酔薬(1973年-78年)上の国連委員会でUS.のための代表でした。

彼は、薬が人にするであろうこと、彼の研究の1つのエリアあたりどのleに特に精通しています。

そして、フランシス・マルグリットduポント(ダルース、ミネソタで1944年として誕生します)は遺伝学についての研究の中に深い。

私達が、一番上の遺伝の研究者の何人かが悪魔の一族とつながっているとわかる時に、これらの人々が、何をしたいかを知っている私達はすくみます。

すべてのアメリカ人はほとんど毎日デュポン製品を使います。

私が、デュポン産業が何を生産するかを学びはじめた時に、それはまったく驚異的です。

化学薬品に関係しているものはすべてそれらの生産の下にあります。

農業.化粧品のための草食動物と肥料と女性のためのナイロン製品、すべてのタイプの工業生産のための化学薬品、すべての種類の織物、いつあなたが衣服を着せるかが、きれいにされて乾燥することであるような洗浄液。

リストはずっと続くことができます。

私達のほとんどは日を通してすべて継続的にほとんどデュポン製品を使っています!

ゼネラルモーターズ、爆発物と火薬独占、化学の独占(どれ その数万の製品 )が、duPonts巨大な金融てこを与えます。

彼らの製品のそんなに多くが石油製品のデリバティブであってオイルので、DuPontsは明らかに、エリートとの協力が関係していた終わりにあります。

1940年に、duPontファミリーが50億ドルに値していたことは概算されていました。

今日、それらの全体の価値は、それらが行使する巨大なパワーは言うまでもなく多くの数十億ドルでなければなりません。

米国軍隊のまさしくその生き残りはDuPontsの軍隊の製品に依存しています。

デュポン会社はツールとして、米国を新オーダーに至らせたものでした。

デュポン会社がE.L.デュポンDeヌムールであるというデュポン会社-主義&Co.は、(1991の収益が387億ドルでした)-、duPontsではない多くのエグゼクティブによって動かされるけれども、duPontファミリーは背景で静かにストリングを引きます。

エグゼクティブの多くは、人生哲学がduPontsとマッチしている人です。

デュポン会社が、新世界秩序に私達を動かす大きな方法で使われていることは非常に明白です。

これ、どのようにデュポン労働者が教え込まれているかの懸念の最初のアイテム。

東のデュポン労働者が送られるSanta Fe、 N.M.の近くで、私はペーコス川トレーニングのビデオを受け取りました。

記事「走り高飛び(会社のための)を取りに行ってください」(1992年6月の盛会、ページ59-62)中のこのトレーニング(教化)について、私はまた雑誌記事を見ました。

テネシーのDuPontsのために働くキリスト教兄弟は、労働者をニューエイジ信奉者に変えるデュポン会社リーダーの努力をひそかに徐々に蝕んでいました。

プラントのキリスト教徒の助けによって、このキリスト教兄弟は、何が計画されるかを見つけ出し、それから、彼が、どうニューエイジアイデアが、彼らの考察を破壊するために採り入れられているかを労働者に検査することができるように、彼の宿題をします。

会社は、すべてのその人々を「従業員」と呼ぶことから、彼らを新入会者と呼ぶことに変わりました。

プラントの人々は、すべてデュポンによってペーコス川トレーニングに送られるけれども彼らのニューエイジ転覆の露出によることになっていて、民は、自身が意のままにされることを可能にしていません。

この兄弟はペーコス川Training.のビデオを私に送り、「よそ者」が、トレーニングが、個体の下に壊れて、グループを作成するようにデザインされるので正確なよそ者ではなく各他の井戸にキスすることが親交によって考えることである所に、それの中に場面があります。

「新入会者は教えられて、自我を殺害しなく、自我はあなたの使用人です」。

デュポン会社が、それらの人々の中で教え込もうとしていると思う5タイプについて、(1992年6月、p15-16)の別の雑誌記事は話します。

それらは1つの.水平思考です;

2. 比喩的な考察;

3.ポジティブ考察(視覚化ののまたはオカルトの魔法において);

4. 協会トリガー;

5. うっとりし、通訳することは夢を見ます。

従業員が、彼らの環境の提案を提出することによってお金を勝ち取ることができる所で、従業員環境報奨プログラムはインストールされました。

(個人的なジャーナル8月、92、pp 60-71。)

このニューズレターのリーダの多くは、すでに、どう環境問題がエリートによって考案されて、コントロールされるかに気づいています。

私達の教育秘書アレキサンダーの新agy部門が、行かせようとしたアイテムの1つは、学校から工場に移す教育のためでした。

これは、啓蒙主義者が、さらに私達を全体の奴隷州に連れて行くために実施したいプロセスです。

興味深いことに、デュポンは、デラウェアのBRTタスク・フォースについて先頭に立つことによって行動にうつっていました(それにおいて、学生はデュポン設備でセミナーに出席するでしょう)。

デュポン会社は、雇用のA.A.それが人工知能であることです。

ニューラルネットワークは、彼らがそれらの誤りから知ることができるポイントにです。

デュポンは私達をすばらしい新世界に連れて行っています。

彼らは、要求に応じたファックスと呼ばれる急速なカスタマー・サービスをファックスNOWによって開始するような最初のものでした。

デュポンは現在、すっかりグローバルになっているところです。

彼らはすでに多くの南アメリカ国、メキシコ、カナダ、US.、韓国、日本にプラントを持っています;

そしていくつかのヨーロッパ諸国。

彼らは、どのように、独立国家共同体(CIS--かつてソ連であったもの)に入るかを理解しようとしていました。

見たところ、それらのために、すでにそれにあるいくらかのお金は敬意を失いました。

イギリスとデュポンのICI(インペリアルケミカルインダストリーズで、ワールブルク家と結びついています)は植物を交換しました。

インペリアルケミカルインダストリーズはウィルミントン(このスワップの前のしばらくの間デル)にそれらの本部を持っていました。

デュポンはICIナイロンプラントを得て、ICIはデュポンのために国家の中でアクリルプラントを取ってきました。

なぜ?

従って、両社はもっと国際的になるかもしれません。

または、「それぞれがより強いグローバルなポジションを開発することができるビジネスに資源の焦点を合わせる」他の誰かの言葉において。

スワップは、デュポンに、カーペットを製造するために使われたナイロン繊維のためのヨーロッパ市場の43%を与えるでしょう。(エコノミスト、10/3の/、92、ページ76に会ってください)

デュポンはバートホンブルク、Gerに2000万ドルの研究センターを建てました。

デュポンは研究についての最近の記事ドル12億7000万に従って費やしていました。

デュポンのいくらかが「危険な」エリアでlaを研究し、それは、どのように研究が財政的に会社に役立つことができるかをわかることが難しいことを意味しています。

これは会社によって認められています。

エビエーション・ウィーク&スペース・テクノロジー、10/26/92の問題、ページ

デュポンが最先端スペースと飛行車のために生産している洗練された複合材について、64、66は話します。

(I これらの複合材のいくつかがそこで秘密のUFOベースへの道を見つけていると想像してください。そうすれば、デュポンはこれらの秘密の反重力マシンのためにパーツのいくつかを生産するのももっともです。)

記事は、ボーイング防御とスペースのグループ、Lockhead航空システム社、ゼネラル・ダイナミックス、およびデュポンとヘラクレスの社が航空学プロジェクトの上でいっしょに働いていることを述べます。

ボーイングとLockheadは空飛ぶ円盤の生産と間違いなく関わっているので、これは、デュポンがまたあるよい賦課金であるかもしれません。

記事は、デュポンが高度な米国軍隊プログラムのための主要な供給業者であったことを述べます。

DuPontsが生産している洗練された素材の例はXTCです;

水平の外部のボディパネルのための最初の再利用できて、クラスA仕上げ熱可塑性物質シート成形コンパウンド。

それは柔軟、多孔性であることです;

ポリエチレンのberephthalateで染み込んだ長いグラスファイバーの織り込まれたシート。

ゼネラルモーターズ(DuPonts)はそれらのエアインテークの上の使用のために素材を選びました。

一定の1993個のV6エンジンの上のマニホールド(現代プラスチック。

(「自動車ショーはたくさんの強くされた素材を売り物とします」、スチュアートによる、A.木材、1992年4月号、pp66-69。)

E.l. duポントdeヌムール&Co.のCEOは、1989年に引き継いだエドガー・ウラードです。

エドガーは革新的です(それが、すべての動乱が来る状態で90年代に有益になるでしょう)。

啓蒙主義者が計画した1つのアイテムは、興味深く物を私達の主要な都市給水に入れることになっていて、デュポンは、研究施設とDeepwater(水処理を扱うニュージャージ)の室の仕事施設を持っています。

6番目の啓蒙主義者レベル-巡礼者社会で表されているduポントファミリー今日i。

私は、それらのパワーがまたより高く動くのを確信するけれども、より多くの情報/研究に、野外にそれを持ち出してほしい。

1冊の本は、du渡し舟が今日米国でトップの3つの有力なファミリーのうちの1つであると伝えていました。

人がduPontsの秘密の悪魔のパワーに気づいているかどうかにかかわらず、ファミリーが理解を越えて米国で非常に強力であると断定することは不可避です。

私達の人生のすべての面は、生産がまだ最終的にコントロールのduPontファミリーのコントロール下にある製品によって影響されます。

世界が、ロスチャイルドのと本当であるRockefellers、duPontsの眺めの間で分配されるという説に賛成するそれらの人々のために、他の一番上のファミリーの独立した人はその推測を払いのけます。

それはこの強力な一族の封建制度の要塞に陽気に反響します...私達は、Du渡し舟が今日鉄手によってデラウェアを支配するという、それらの興味がある点で私達の各々の毎日の生活に影響するという、そしてファミリーが前進するという実行モードによって終わらなければなりません。

「それは今日すばらしいアメリカ統治期間です」。

「近く、議論の余地がなく、それは人と交わらず、そのスキャンダルを隠し、そのよい仕事を自慢しないけれども、アメリカ民主主義の中に、それ自身の不屈の方法を及ぼし続けます」。

ソースのレビュー

この記事を準備することにおいて使われた多くの重要な本はテキストの中の参照によって識別されることができます。

約120の雑誌記事がレビューされて、使われた多くの重要な記事はテキストの中で識別されます。

いくつかの秘密のインタビューは、また、エリートが殺した前石工とインサイダーによる原稿と同様に記事を開発することに関係していました。

これをチェックしてください。

数年前、私は、人との親交をSilvertonから発展させました。

私がビブラホンのために取ってきたその親交から、その何かがSilverton、ORについて奇妙でした。

後で、私のコンタクトを通して、私は、アントンLaVeyの教会がSilvertonにおいてそれらのオレゴン本部を設置したことを見つけ出しました。

私は、これが、Silvertonがそこですでにあるオカルト活動をしたためであったと疑っています。

Silvertonの約25から30マイルの南東、Orはミル都市とゲイツです。

これの間のエリアは樹木が茂っていて、美しい秋と大きな公園を過ごします。

さて、この話の筋道はポートランドに戻ります。

私の本The望楼&石工を見た人は私に、彼がジョン・ローレンスを知っていたと2年前言いました。

彼は、私とジョンが会いたく、そのbeがそれを手配すると言いました。

ここの週刊紙の1つはウィラメット週刊誌であり、それらは、私達の日刊紙Theオレゴン人と対比すると新世界秩序の息苦しいコントロールのいくらかがないようです。

頭蓋骨&骨格の注文についてのジョン・ローレンスの研究を毎週使っているウィラメットのための研究作家は頭蓋骨&骨格の注文についてウィラメット週刊誌の中で長い記事を書きました。

私達が両方とも秘密の悪魔のグループを調査するので、ジョン・ローレンスと私は修理個所として自然な靴中であるでしょう。

しかし、いつもジョン・ローレンスを知っていた人は私に、一緒に私達を集めると約束した後に、ジョンが消えたと言いました。

そのだけでなくこの人のオリジナルの開放性は、あるタイプの非常に敏感な秘密に触れています.を私とする多くを持ちたくないことに変りました。

ここに、私が、見つけ出すことができたものがあります。

いくつかの悪魔のグループはゲイツ、ORエリアにあります。

ジョン・ローレンスは、頭蓋骨と骨格の社会の322が意味していたものに極めて興味をもっていました。

彼は、数が頭蓋骨&骨格の社会を他のグループと結び付けたことを確信しました。

エリアで秘密の悪魔のグループを調査するために、ジョン・ローレンスと自身のような2人の他の研究者はミル都市に引っ越しました。

中からの誰かから、彼らが調査しているミル都市エリアにいる間、CIAがそれらの研究者の2人を撃ったことは判明します。

CIAはジョン・ローレンスを捜しに行きました。

そして、ジョン・ローレンスは現在、隠れることにいます。

ミル都市エリアの人々は、私の質問に答えることを恐れていました。

しかし、私は、たくさんの努力によって少量の情報を収集することができました。

いくつかのオカルトグループはゲイツ、OR近くの牧場を買いました。

グループの責任者はジム・コールです。

彼らは牧場を買いました(それはジム・コールの名前にありません)。

どのようなオカルト活動に対する最後の警察の手入れでも5年以上前であり、悪魔主義者がミル都市とゲイツの重要なポジションにいるようです。

彼らは警察の上に人を持ちさえすることができます。

コメントする最後の明らかなアイテムは、何らかの理由で、CIAが非常に混ぜられて、このオカルト活動について敏感であることです。

ジョン・ローレンスは、私のduPont記事に対する1つの反応が、義母がペンシルベニアのduPontsのために働く誰かが少し質問をし、彼女の義母が、実際の魔女(鬼ばばあの中でそうであるように、私は意味していません--魔法においてそうであるように、私は意味しています。)であることを見つけ出したことであったことでした。

この魔女はduPontsの親密な友人であり、duPontsによって点火されることから保護されています。

私にこの物全体においてとても重要なものは、彼らが自身を教えることができるように、私の記事が他の人々をどんな事件かを認識させたことです。

人々が、物に本当に感づきはじめたら、彼らは、あたり一面物を検出しはじめるでしょう(それがNWOについて起こっています)。

ほとんどのアメリカ人は、共謀についてどのような事実でも掛けるために準拠のどのような枠も持っていません。

彼らは悪魔の共謀のアイデアを嘆いていて、彼らは、それが彼らのまわりにある間中、証拠が全然ないと主張します!

引用したので、彼が人々に向かっていて、就任に手を振って合図した時に、誰かが、ビル・クリントンがしたことをつかみましたか?

答えについてはこのニューズレターの中の最後の記事を見てください。

友人はルイス・デュポン・スミス(デュポン化学薬品社の1000万ドルの財産の相続人)への中版のテレビ話に私の注意を促しました。

ルイス・デュポン・スミスは彼の家族を暴露しています。

もちろん、全国テレビ放送(それは、彼らが、多くしようとしていない啓蒙主義者によってコントロールされます)で、露出のけれども彼らは少しのヒントに通過させました。

ルイスデュポンスミスは、文を、彼が指を指し示すTV.で示されたものに置いていかせました 薬貿易の後ろの被告人としてのそれ「強力なファミリー」 。

理由The beは、これがであり、ルイスが本ドープ,Inc.の後ろの人であり、それが、彼の家族についての熱いトラブルにおいて彼をつかまえたこの関与であった声に許されました。

悪魔の共謀を本当に露出していたリンドン・ラルーシュは、イギリス女王が麻薬取引において参加者であるのを、その本が露出するよい本ドープ社に手紙で知らせました。

はい、英国の王室はエリート、オカルト、および麻薬取引について互角です。

それらは、それらの写真勧めであるので良くありません。

【翻訳不能文】

プリントされるために、ルイスはその本のために212,000ドルを提供しました。

ちょっとそれを平易にしましょう。悪魔のヒエラルキーは麻薬問題の後ろにあります。(よくやった!)

ルイスの家族は、彼が敵を助けていて、彼らが、ルイスが、彼の財務を処理することに無能力であったと判決する裁判官をつかまえたことに非常に取り乱していて、法廷は、ルイスが15,000ドル/彼の運の?をつけることができることを言明しました。

duPontsはまた、彼の結婚式を止めようとしました。

連邦の情報提供者はルイスを、拷問されて、計画されるために彼の父のヨットの上の大西洋の中に60マイル捕らえられて、持って行かれることから救いました。

彼の家族は、ルイスを誘拐するために黒いフードといくつかのCIAグリーンベレータイプによって暴走族を雇いました。

ルイスは、どうにかして計画のうわさをかぎつけて、自身を救います。

彼は、誘拐する共謀における彼の家族を得ようとしたけれども、ファミリーがトップ13の啓蒙主義者ファミリーのうちの1つとして心に留めておくduPontはこの国で公正を所有しています。

彼は、共謀罪の上の彼の家族を得ることに失敗しました。

1は詳説し、私が、duPontsの上にデラウェアC.ダグラス・バックのより最近の知事の1人があったことにオリジナルの話の中で言及しなかったことはアリスH. duPontと結婚しました。

私はまた、今世紀にデラウェアで続いた政治活動におけるたくさんの裏話を除外しました。

それはとても多くの名前によってとても詳細なので、私は、人々をそれと混同したくありませんでした。

とにかく、要点は、舞台裏で、1920年代以来の知事のすべてがduPontsによって承認されていることです。

私は、du渡し舟家系を含むかどうかを討論しました。

私はそれを持っていたので、私は、誰かがそれを使うかもしれない可能性の上でそれを与えると決めました。

家系は、アスターのようなduPontsが繰り返し終わっていて、終わっている同じ名前、bを使い、ロスチャイルドのもののようなduPontsがたくさんの実のいとこ結婚を持っていたことをいくつか物、a.に知らせます(duポントとduポントの間の結婚は、違う姓を持つ人々の間の結婚の与えられた‘しかし星印付けする’いくつかがまた実のいとこと他の関係の間にあることです。

私がたくさんの苦労をしたように見えるならば、無料で私は、あなたが何を言っているかを理解することができます。

私達は確かに、すべてのduポントを知る必要があるわけではありません。

しかし、研究所の中では、それは、原則それが、ここで私がしていることであると気づくように、多い実験の多くの正確な小さい詳細を扱います。

人々が、どのようにエリートが考えるかなどについてもっと理解するように、私は、着工しようとしています。

私は、私が、また、どの枝が啓蒙主義者とともにあるか、そしてどれが外で丸まったかもしれないかを追跡することができるかもしれないことを望んでいました。






スポンサーサイト



デュポンファミリー

The DuPont's

There has been no consistency among the Du Pont family members in the spelling they have employed to write their name. The correct variations in spelling the Du Pont name are as follows: Dupont, DuPont, du Pont, duPont, Du Pont, and du Pont de Nemours. In English the second syllable is accented. In French, neither syllable is accented. The name has tended to be spelled du Pont for the family and Du Pont for business. I decided for this article to standardize the spelling in line with this tendency.


A DYNASTY OF SATANIC ROYALTY


Sitting down to write about the du Pont.s reminded me of two other families. Recently, John Coleman, a researcher on the elite, commented to me that when he had researched the Queen of Denmark he had discovered that the royal Danish family was slipping away secretly from everyone and they were going to Satanic rituals. It is also noteworthy that 5 modern kings of Denmark have been the leaders of Freemasonry in Denmark, and the Danish royal family, princes etc. have been active Masons. John Dale wrote a book The Prince and The Paranormal which goes into the secret occult activities of the British royal family, especially Prince Charles, but also many other royal family members too. Besides the secret occult activities of the British Monarch, they have been openly leaders of Freemasonry ( see the Appendix of Be Wise As Serpents for a detailed chart on this.) The du Ponts are similar to these families in that they too are a dynasty, they too have a very public image, and they too have a totally hidden life. In fact, the du Ponts have better control over the press’s coverage of them than the British Royal Family.


One of the clues that the family is a top Satanic family are the frequency of marriages between relatives of the du Pont descendants. Few people are aware of the immense importance bloodlines play in the upper levels of Satanism. Blood is believed to carry the occult power. Unless a person has the correct blood he or she will not rise to the highest levels of Satanism. The du Ponts have intermarried with the Balls and the Gardners. These other families are known to be involved with the Illuminati and Satanism. For instance George W. Ball is on the important permanent steering committee of the Bilderbergers and has attended the Bilderberger meetings that I know of starting with the original first meeting in 1954, plus in 1955, 1957, 1963, 1964, 1966, 1967, 1968, 1974, 1975. George W. Ball is also a member of CFR and the Trilateral Commission. Eliza Cazenove (Gardner was a sister to a du Pont.) Iorsey Cazenove (Gardner was a distant cousin. Will Gardner and Bessie Gardner duPont were cousins of the duPonts. John W. (Gardner is a 60 Illuminatus and in charge of the Rockefeller Bros. Fund. I have found the (Gardners in the thick of Satanism and witchcraft.


以下~省略~ 


デュポンの

彼らが、彼らの名前を書くために使用したスペリングにおいてデュポンファミリーメンバーの間の一貫性が全然ありませんでした。

デュポン名を綴ることにおける正しいバリエーションは次の通りです:

デュポン、デュポン、duポント、duPont、デュポン、およびduポントdeヌムール。

英語で、2番目の音節はアクセント付けされます。

フランス語において、どちらの音節もアクセント付けされません。

名前は、ビジネスのためのファミリーとデュポンのための綴られたduポントである傾向がありました。

この記事がこの傾向に沿ってスペリングを規格化するように、私は有利な判決を下しました。

悪魔ロイヤルティの王朝

du Pont.sについて書くために座ることは、私に2つの他のファミリーを思い出させました。

最近、ジョン・コールマン(エリートへの研究者)は、彼がデンマークの女王を研究した時に、彼が、王室のデンマークファミリーが向こうにみんなからひそかに滑り落ちていて、彼らが悪魔の儀式に行ったと気づいたと私にコメントしました。

デンマークの5人の現代の王がデンマークでフリーメーソンのリーダーであり、デンマーク王室、王子などがアクティブな石工であったことはまた注目に値します。

ジョン・デールは本に、英国の王室(特にチャールズ皇太子であるがまた多くの他の王室メンバー)もの秘密のオカルト活動に入る王子と超常現象を書きました。

英国君主の秘密のオカルト活動のほかに、彼らは、公然と、フリーメーソン(これの上の詳細なチャートはヘビとして賢明なBeの付録を見てください。)のリーダーでした。

彼らも王朝であるという点で、du渡し舟はこれらのファミリーに類似していて、彼らも非常に公的なイメージを持っていて、彼らもすっかり隠れたライフを持っています。

実のところ、du渡し舟はそれらのプレスのカバレッジに関しての英国王室よりよいコントロールを持っています。

ファミリーが一番上の悪魔のファミリーであるという手掛かりの1つはduポント子孫の親族の間で結婚の頻度です。

悪魔主義の上層レベルにおける巨大な重要性bloodlines遊びに気づいている人々は少ない。

血は、オカルトパワーを運ぶと信じられます。

人が正しい血を持たない限り、その人は悪魔主義の最も高いレベルに立ち上がらないでしょう。

du渡し舟はボールとGardnersと異民族間結婚しました。

これらの他のファミリーは、啓蒙主義者と悪魔主義と関わっていると知られています。

例えばジョージW.BallはBilderbergersの重要な永久的な運営委員会の上にあり、1954年に足す1955年,1957年,1963年,1964年,1966年,1967年,1968年,1974年,1975年にオリジナルの最初のミーティングで始めることについて、私が知っているBilderbergerミーティングに出席しました。

ジョージW.BallはまたCFRと三極委員会のメンバーです。

イライザCazenove(ガードナーはduポントへの姉妹でした。)

Iorsey Cazenove(ガードナーは遠戚でした。

意志ガードナーとベッシー・ガードナーduPontはduPontsのいとこでした。

ジョンW.(ガードナーは60Illuminatusであり、ロックフェラーBrosを担当しています。

資金。

私は(Gardnersを悪魔主義と魔法の厚さに発見しました。

完全な事実は、発見しづらい。

ライブラリで、私はウィリアム・ダットンの本デュポンを貸し出し登録しました。

その本はf)uポント会社からライブラリに贈り物でした。

私はまたジョセフフレイジャー壁によって本のアルフレッドのI.デュポンをチェックしました。

その本の作者J.Wallは、ジェシーボールduポントFundの評議員の本を書くために資金提供されました。

外観において学者的であるけれども、本当にduポント家の歴史を理解するためにそんなに重要であるかもしれないのは、彼らが言わないことです。

ファミリーが数十億に値している時に、彼らは、それらの家系を片づけて、人々が秘密について秘密を漏らすことを妨げる余裕があります。

1893年5月16日に、プレスは大きな賞賛のコメントによってアルフレッド・ビクターduポントの死を報告しました。

アルフレッド(フレッドとして知られています)はルーイビル、KTのビジネスをしていて、博愛主義者としてエリアで広く知られていました。

アルフレッド・ビクターduポントが最も高い賞賛の多くのページとともに死んだ方法で、ルーイビルコマーシャルが一般大衆にすっかり架空の話を与えたルーイビルの主要な論文。

Enquirer(シンシナティ書類--同じ名前Enquirerによって今日の全国的なタブロイド紙と混同されないように)の正直さがなかったならば、一般大衆は、何が本当に起こったかを学ばなかったでしょう。

間違いの物語'は、彼の兄弟Bidermannを訪問する間脳卒中のためフレッドが死ぬと伝えていました。

duPont家族はまだ、ケースのすべての事実は騒々しく知られていて、ライフが、実際、起こったことと関わっていたかなり多くの人々への周知のことであったけれども、このフィクションが真実であると主張します。

フレッドduポントと彼の甥コールマンduポント両方はエリア、マギー・ペインの売春宿の最も高価な売春宿で常連客でした。

豊かであるけれども、フレッドは、取り乱した売春婦が、彼女が、彼が産んだと確信していた子供を育てるのを助けサポートにいとわなくありませんでした。

従って、彼女はフレッドの心臓を撃ちました。

マギーのと親しかったコールマンduポントはすぐマギーのまで行き、霊柩車によってボディを取り戻し、ボディをBidermanの家に持って行きました。

そこで、検死官は、死が起こされた死亡診断書に快く横たわり、コールマンがその嘘を彼の努力に値させた感情をあらわにした脳卒中.'は最もありそうです。

彼は後で、彼が殺人の本当の話を知っていて、先に進み、du渡し舟のために間違いの話をプリントしたと認めていたけれどもヘンリー・ワッターソン、クーリエ・ジャーナルの編集者。

主張--13の一番上のファミリーはプレスをコントロールします--をするために、これはこの逸話によって外で開始を箇条書きで述べて、あらゆる種類のどのようなイメージダウンにでも非常に敏感です。

それらの悪魔の活動は深く隠されるだけでなく、まさにそれらの人生のその正常な毎日の罪深さまたは人の石鹸箱ドラマさえ深く隠されます。

ところで、コールマンduPont、極めて快楽主義的な人は、強く疑わしいduPonts Iの人が悪魔主義に夢中であったことです。

さらなる秘密は、信頼されたプロキシを通して働くことによって得られています。

今日、重要なプロキシはjewアービング・ソール・シャピロです。

duポント家は、外交問題評議会の上にいるアービング・ソール・シャピロによって多くのグループで代表されます。

アービングS.シャピロは、Rockefellers、du渡し舟、およびワトソン家の活動を調整するためにその仲介者であった主要な人です(6度啓蒙主義者であるワトソンファミリーメンバーは1/1/93のニューズレターの中で言及されます。

シャピロは日本米国の上のカーターの諮問機関のメンバーでした。

経済関係は、デラウェア大学の評議員、デラウェアのユダヤ人同盟のディレクター、IBM(どれがワトソンロックフェラービジネスですか)のディレクター、Citicorp(ロスチャイルドとRockefellers--6° Illuminatus、CFRメンバー、BilderbergerウォルターWristenにより過去に向けられました)のディレクター、およびU.S./U.S.S.R.貿易と経済審議会です(どのロックフェラーがその大きい役割を果たしますか)。

シャピロは大陸アメリカ保険社、インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBMの下)のディレクターであるか、ありました。

アービング・ソール・シャピロはduポント会社の会長でした。

最初から始めます

duポント家の伝記は通常パリ、フランスで1737年にアンアレクサンドル格の詩行Montechaninにサミュエルduポントの結婚から始まります。

アンはユグノー教徒であったけれども、彼女は霊界を持つメディアでした。

アンは、Burgandy、フランスに住んでいた古代の貴族の出でした。

Du渡し舟にそれらのオカルトパワーを与えたのがアンの血統であったことはまったく可能です。

アンの血統はことによるとへのダヴィデの家について互角であるかもしれません。

とにかく、サミュエルとアンの息子は、偉くなる最初のduポントと直接啓蒙主義者に接続することができる最初のduポントでした。

サミュエルとアンの息子はピエール・サミュエルduポントでした。

彼とデュポンと名付けられた他のフランス立法機関の間で混乱を防止するために、後の方のピエール・サミュエルはdeヌムールを彼の名前に追加しました。

ピエール・サミュエルduポントは天才でした。

ピエールの母は、気分を持つメディアであることを彼に教えたけれども、早いピエールは、公然とそれを否定する必要がありました。

彼の父サミュエルは、視界でギリシャ語とラテン語を翻訳する12歳の彼の能力などの少年の天才を理解することができませんでした。

彼が16歳であった時に、ピエールの母が死んだ時に、もう催されないで、彼を理解することができた家族の中と彼のものの1つを得た後の親が彼の父から打ちに頻出し、彼が逃走し、飢餓の近くで彼のおじピエールde Monchantinによって助けられたことであってください。

Initiatially、ピエールは時計製造人であったけれども、短い時間以内に、彼らが促進されてほしかった様々な経済の、そして政治的な眺めを主張したよい地域と記事を書く彼の能力のために、彼はいくつかの一番上の啓蒙主義者の注意を引き付けました。

ピエールに参加して、フランスロッジのほとんどが適しているにつれて、フリーメーソン会員といくつかのポイントはilluminizedされました。

ピエールはフランス革命の後で厳しい金融難を通り抜けたけれども、フランスで規則的にフリーメーソン組織への支払いをされてください。

時間のすべての有名な石工と友人であることのほかに、彼の注のお偉方の1人のメーソン兄弟は、革命の間彼を隠すのを手伝ったフランス天文学者ラランドです。

非常に強力な誰かがフランス革命の間にピエール・サミュエルを保護し、Jollyは決して彼のプロテクターの名前を与えないけれども、これはピエールJolly歴史家によって暗示されます。

私は、デュポンが内側の悪魔のヒエラルキーの一部であったので、彼が保護されたと信じます。

彼はまたスイス財政家ジャック・ネッケルの娘によって保護されました。

この娘はGermalne deスタール様でした。

奥様はピエール・サミュエルの仲の良い友人であり、彼女は有名なサロン/売春宿を操作しました。

奥様deスタールはまさしく聖サイモンの親密な友人でした。

彼女は彼のオカルトの革命的なアイデアを共有しました。

アンリde聖サイモンは、フランスのピエールduポントの時間の間にいくつかのオカルトベースの革命のグループの側近グループと関連したジャックRigomerバザンの学生と友人でした。

聖サイモンは、国際的な共産主義の作成を予示した新しいキリスト教の作者でした。

彼はまたヨーロッパ単一性についてのアイデアと計画をレイアウトしている欧州共同体の地球と再編を1800年代の初期に書きました。

早い1800年代に、国家社会主義者は、日付2000年が新オーダーのための目標日時であることを早い1800年代に提案しました。

新オーダーの中に世界を組み替えるために、多くのアイテムとステージは、起こる必要がありました。

国家の間で「相互依存」を作成するそうであって、スエズを通しての2人の運河人とパナマを通してのものは必要な彼らでした。

彼らはまたナイル川の上の高いダムを提案しました。

彼らは地球の技術的な変化と新しく、両性具有の人間形ロボットの生物学の作成を提案しました。

(両性具有の生き物は、受け皿を飛ばすために使われた小さな灰色が地下の設備のそれらにおいて生み出されることです!)

進歩は一連の革命によって引き起こされるでしょう。

(どのようにオカルト団体がフランス革命以来ずっとすべての革命を作成しているかを理解するジェームズH.ビリントンでの人の意思における火から勉強してください。)

聖サイモン、Illuminatusは、反キリストになるであろうde様ストールによって子供を持ちたかった。

それは起こらなかったけれども、とにかく、個人的に、フランス革命の間に介在していて、ピエール・サミュエル・デュポンの命を救った人が奥様deスタールであったことは重要です。

ラフィエットとともにネッケルは、ビジネスにおいて、そして共産主義社会を結成することにおいて後で彼の計画の外のトライを彼のためのデュポン大金に貸すでしょう。

重農主義者ジャーナルが、レスEphemerides du Citoyen、タイトルが占星術のオカルト小声を持っていることであったことは興味深い。

1769年1月1日に、ピエール・サミュエル・デュポンはジャーナルの管理を引き継ぎました。

新オーダーを主張しているフランスで彼は主要なリーダーになりました。

ピエール・サミュエル・デュポンは、プラトンの、哲学者王を含んだ政府のアイデアを信じていました。

ピエール・サミュエルは理神論者でした。

彼は「神」について話したけれども、彼は個人的な神ではなく自然の理神論の神を意味していました。

彼は、自然が彼のマシン理神論者「神」より高い神であったと信じました。

「注目、中の独立宣言がまた書いたジェファーソン、自然の神」。

これは、ジェファーソンとデュポンのような理神論者が、自然が最も高い神であったと信じたためです。

意味の曖昧さは、人々が、ジェファーソンがキリスト教神を独立宣言に送っていたと思うことを許しました。

キリスト教徒が、彼らが使う言葉を使う他の人がキリスト教徒のように考えると仮定するのは普通のことです。

今日さえ、キリスト教徒を雪のように降らせるために、多くのニューエイジ信奉者は容易な仕事を持っています。

例えば彼らはただ、「私はキリストの存在を信じています」と言います。

10.000人の有名なフリーメーソン会員が研究のミズーリロッジによって外に出したフリーメーソン参考図書はピエール・サミュエル・デュポンについてこれを提供します:

「有名なケネーの注意を引き付けた 23 彼が財源の2つのパンフレットを出版した時。

それから、彼はケネーの学校、「重農主義者」の教義を解説しました。

国民教育の一般的なシステムを組織するために、キングスタニスワフ・アウグストゥス[フリーメーソン会員]の要求で1774年にポーランドに行きました。

テュルゴーがフランスの財源の会計検査官一般になった時には、デュポンは商業....Heの検査官一般と名付けられました 1789年に独立心を米国に与える条約 彼が米国のメンバーであったイギリスと交渉することを補助するために、ヴェルジェンヌにより思い出された 。

一般的であるけれども彼の反動的な眺めは1792年に彼の懲役を引き起こしていました…。

1799年に、彼は彼の家族とともに米国に移住し、ジェファーソンの要求で、この国で国民教育についての計画を始めました。

「彼は1802年にフランスに戻り、1803の条約を促進するのに貢献しました(それによって、ルイジアナは米国に売られました)」

両方ともポーランドで国民教育システムを作成する試みにおいて、ピエール・サミュエルは重要な人物であり、新しい米国A国民教育システムは、教育をコントロールし、それを誠実なキリスト教徒の手から取り去るフリーメーソン/啓蒙主義者のゴールでした。

有名な9姉妹ロッジと見たところ重要なIlluminatusの雄大な東洋の石工であったジェファーソンはピエール・サミュエルの仲の良い友人であり、彼が助けを必要としたピエール・サミュエルのライフにおいていくつかのキーポイントで手段となっていました。

Du渡し舟が火薬ビジネスに入った時に、ジェファーソンは、最初の火薬注文(政府命令でした)を手配しました。

ベンジャミンフランクリン、いくつかの秘密のオカルト兄弟のグループの主要なリーダーはまたピエール・サミュエルの仲の良い友人でした。

ベンジャミンフランクリンが1776年12月にフランスに到着した時に、雑談する、外で捜した最初の民族のそれはピエール・サミュエル・デュポンでした。

それの後の翌年の間、デュポンはパシーの村でフランクリンのレジデンスへの頻繁な訪問者でした。

1783年に、デュポンは、パリの条約テーブルでフランクリンと座ることを予定していたけれども、ジョン・アダムズはアメリカ人を、フランスの関与なしでBritianと条約にサインさせました。

共謀における役割が現在知られているアレグザンダー・ハミルトンは米国でデュポンの弁護士でした。

次世代

得られたLeディーへのピエール・サミュエルの結婚の2番目の年の間に、作られたビクターは彼のゴッドファーザーとして侯爵deミラボーを持って生まれました。

ビクター・マリー・デュポン(1767-1827)は1789-1792からのIlluminatusラフィエットの副官でした。

ファミリーが1800年に米国に来る前に、ビクターがフランスで石工であったかどうかにかかわらず、私は知りません。

すぐビクター・マリー・デュポンは、到着した後に米国のフリーメーソンに関係しました。

以下はフリーメーソンレコードに従って彼の秘密のフリーメーソンキャリアへのハイライトのいくつかです。

アンジェリカでロッジを作成するために、・1808-サインされます フリーメーソンの請願 NY

・ 1813--デラウェアの参加したワシントンロッジNo.1

・ ウィルミントン、デラウェアの1814参加したテンプル騎士団

・1819- デラウェア(1822、1823、1825、1827)ものグランド・ロッジの雄大なマーシャル

・1825-- デラウェアのグランド・ロッジの雄大な会計係

ピエール・サミュエルは、あと2人のポール・フランソワ(年で1ヶ月打ち抜き加工されます)とEleuthere lrenee息子を持っていました。

照明されることにおいて、Eleuthere lreneeは彼の父のステップに従いました。

Eleuthere lreneeは突出した率直なジャコバン派でした。

ジャコバン派

すべてのフランス石工、2人の他の重要な石工とともにTalleyrand、およびミラボーの頭であるラン・ドルレアン(フランスの雄大な東洋のグランドマスタ)はジャコバン派を始めました。

彼が、その両方のTalleyrandとミラボーが、啓蒙主義者をキー入力することであったのを述べるフランス革命について、ディロンが講義する教会(ジョージ・ディロンの講義から作られた本)(ダブリン、アイルランド:M.H. ジル&息子、1885)とのキリスト反対者の本The戦争によると。

ジャコバン派のオリジナルのロッジの名前はクラブ ブルトン、それからジャコバン派クラブに変更されました。

ジャコバン派は基本的にフリーメーソンのilluminizedされたタイプでした。

ジャコバン派クラブの大統領はフリーメーソン会員ジョルジュ・ジャック・ダントンでした。それは有名で、強力な9姉妹ロッジのメンバーでした(9人の姉妹または9は沈思し、プレイアデスが呼ばれるものです。)

ラフィエットはフランス革命の中の重要人物であるだけでなくジャコバン派でした。

300人の重要なフリーメーソン会員の非常に秘密のボディはウルフ・トーン(R.バリー・オブライエン、1893によってパブ.)の自伝に従ってこの期間の間にフランスをひそかに支配しました。

ロベスピエール、フリーメーソン会員とilluminatus両方はそうでした。

実のところ、彼はワイスハウプトの弟子とルソーの両方でした。

プロシア男爵アナカルシスClootzはまたフリーメーソン会員とilluminatusでした。

彼はまたワイスハウプトの弟子であり、ワイスハウプトが、何を遂行しようとしていたかをよりよく理解していました。

人が勉強するならば、これらの人があなたに教えたものは、それが、社会主義と共産主義として後で知られていたものであると気づくでしょう。

すべてのフランス革命のための独創的アイデアは悪魔のヒエラルキーで始まりました。

1793年11月に、フランスで聖職者であった誰でも殺された所で、この悪魔の引き起こされたビジネスの真実の色は宗教に対するキャンペーンにおいて見られることができて、公的な、「死は永遠の眠りです」において、啓蒙主義者はその標語のそれを送りました。

目撃者は、サタンが、彼がトップで彼のまさしくそのえり抜きの少数に任せる非常に詳細な計画を持っていると証言します。

偶然の一致のようなものの多く、無関係に、yery賢い(邪悪)計画に従って実際です。

Eleuthere lrenee デュポンはジャコバン派のための主要なプリンタでした。

彼はまた確信した理神論者と拝まれた自然でした。

爆破係は国立銀行のディレクターになります。

後で、米国では、世界の中で最もよい火薬工場を首尾よく設定した後に、Eleuthere Ireneeデュポンは、ハミルトンの作成 米国銀行 のディレクターであるように彼の友人ニコラス・ビドルとともに選ばれました。

アスターがこの「全国」銀行のディレクターとしてまた選ばれたことを覚えていてください。

チャールストン、サウス・カロライナで1788年に石造建築に加入したメーソン ステファン・ジラール(1750-1831)は1816年に米国の2番目の銀行を設立するのを手伝い、そのディレクターとして勤務していました。

ジラールは彼の死の時間までに900万ドルの富をためました。

彼はフランスで誕生し、それについて起こりました 船長 。

彼のお金が来た所は多少ミステリーです。

彼は彼のお金の大きな合計をフリーメーソン慈善活動に与えました。

アメリカの年初め

1800年1月3日に、デュポン種族は壮大な計画によって米国に到着しました。

計画の一部は、新しい社会を作成することになっていました。

ビクター・マリーと彼の父が、みじめに失敗した壮大な計画を追跡する間に、Eleuthere lreneeデュポンは、火薬企業をデラウェアに取りかからせました。

Ireneeの成功はいくつかのファクターに起因することができます:

・ french政府は彼に、その日に可能な最もよい火薬を生産する極秘事項機械と計画を与えました。

それは最先端のテクノロジーであり、スタートするのを手伝うために、彼らは人員を供給しました。

・ 融資、ビジネス、土地などを受けて、たくさんの方法で彼らを助けた様々な場所に、DuPontsは友人を持っていました。

・Eleuthere lrenee デュポンは聡明で、非常に熱心に働き、忍耐によって働きました。

彼がそんなに多くの立派な性格を持っていなかったならば、デュポン家は後ろでそれらの場所を歴史と取られた別のファミリーに投資したかもしれません。

王室の王朝

デュポンのは王の王朝です。

人々が、彼らが啓蒙主義者王の王朝であることに気づかなくても、それらは王および正しくそうであるとみなされています。

私は、どの特定の人が悪魔の儀式の間に勤務していたかを知りません。

ファミリーはいつもファミリーの頭を持っていました。

それは、最も強力なデュポンが最も高い悪魔主義者としてまたひそかに役立つかもしれないことであるかもしれません。

私は、誰が、秘密の悪魔主義(私は、それが現代にファミリーの公的な頭ではなかったと疑っているか、推測します)の最も高いレベルで家族の代理人になっていたかを知らないけれども、それが下に時間を通過した時に、私はファミリーの公的な頭をリストすることができます:

アメリカに来る世代未満--世帯主としての年--人

ピエール・サミュエルデュポン1739-1817一番目

Eleuthere lrenee デュポン1817-1834--2番目

アルフレッドビクター3番目デュポン18341850ヘンリーデュポン1850-1889--3番目

デュポン1889-4番目のヘンリーA.

これらの人はduPontsの種族に大きな権威がありました。

女性さえ投票権を持っていた所で、du渡し舟は家族会議を催しました。

ロスチャイルドが彼らの子供の結婚を設定するのを手伝い、早いものの多くがいとこにであったようなDuPonts。

例えば、多く、duPontsの喜びに、ソフィー・マドレーヌduポントは1833年に彼女のいとこサミュエルPrancisデュポンと結婚しました。

(ソフィーの図面の2つは後でこの記事に存在しています。)

ファミリーは共通にすべてを持っていて、ニーズに従って、そしてそれぞれ、家業に与えることができた寄与に従って配布しました。

ジェームズBidderman(エヴェリーナ・デュポンBiddermanの息子)はフランスに行き、彼の故人はフランスでDuPontsに家系を与えるでしょう。

異民族間結婚したファミリーのうちの1つおよびCazenovesファミリーが近かった DuPontsを持つ友人 。

両方のファミリーはトーマス・ジェファーソンとアルバート・ガラティンと親密な友人であり、私は、トーマス・ジェファーソンとアルバート・ガラティンの両方が啓蒙主義者であったと断定しました。

さらに、巻13(アルバート・ガラティンが、古代のローマ領事Callatinusから下降すると主張したページ386)におけるアメリカ政治家への40のボリュームセットにおいて、私は発見しました。

それが思われるかもしれない時に信じられず、黒い高貴さはそれらのbloodlinesに絶えず注意しました。

今日世界を支配している同じ人々は多くの点で過去の時代においてルーラーの子孫です。

アントワーヌ・チャールズCazenove、ジュネーブで誕生して、Sw.はアルバート・ガラティンとのビジネスパートナーでした。

1812の(粉会社が、破滅させる英国人のための既知の目標であったことが主要なアメリカ人であったことによるデュポン火薬工場)戦争中。

しかし、英国人は決してそれを攻撃しませんでした。

Du渡し舟はブランデーワインのレンジャーと呼ばれるローカルな民兵組織を設立しました。

興味深いことに、それらの民兵組織フラグは白い絹の上のミツバチの巣箱でした。

ラフィエットは1825のデラウェア、夏でDuPontsを訪問しました。







DuPontsを訪問するであろう別の重要な石工は、whigパーティーのアメリカ国務長官と頭であったヘンリー・クレイでした。

ヘンリー・クレイはG.L.1806-09のためのケンタッキーと雄大であることの演説者のグランド・ロッジのグランドマスタでした。

彼は、彼らが会うために、1822年3月9日に米国上院室を使ったハイレベルなミーティングに関係しているフリーメーソン会員のひとりでした。

duPontsがすでに主要な一番上のファミリーの1つであったならば、おそらく、クレーがどのように国民を導くかについての案内のために彼らのところに来ていたでしょう。

duPontsはアメリカ首都の建物についてまた役割を果たしました(それは支出されて、たくさんのオカルトパターンによって建設されました)。

THE NEXT GENERATION--ピエール・サミュエルの孫

Eleuthere lrenee du ポントは娘ソフィー・マドレーヌduポント(1810-1888)を持っていました。

ソフィーはまた彼女の母名でした。

ソフィー・マドレーヌduポント(彼女の名前のソフィー/ソフィアはモリアに人気があります)は日記、ジャーナルに多量の一致を書きました。

ソフィーは数百も引きました 図面とスケッチ、それらの多くである 文字 人々 。

彼女のスケッチで、この記事は、このニューズレターのための重要性に耐えるそれらの2つを再生します。

一番目は長い紙角と末部のサタンのように正装したduPontsの1つのソフィーduポントによる図面です。

興味深く彼女の親族の1人へのソフィーによる12/12/1829通の手紙によると、ソフィーは、サタンの衣装が「悪魔のために」誤っていたとコメントします。

(サタンとサンタの間の接続の証拠についてはこのニューズレターの中でサターンの上の記事を見てください。)

次の図面は、ソフィーからクレメンティーナスミスに手紙と一緒に行った図面、ソフィーが、「ブラッキー」(黒い使用人) who 「持ち運ばれます」(輸送) 特別な椅子の彼女の風呂への彼女 を呼ぶものの自画像である1837年7月21日です。

この図面は、デラウェアに来た後に、火薬を作っているファミリーと工場の両方のトップとして引き継いだ米国のアルフレッド・ビクター・デュポンがメタに結婚していた短い時間以内に、DuPontsがどれほど裕福であったかを示すために含まれます。

メタは、神秘主義的な宗教のフリーメーソンのタイプであったスウェーデンボリ主義の中に、それがスウェーデン石工スウェーデンボルグの教えに基づいたことでした。

アルフレッド・ビクターは見たところこれに何もネガティブなものを感じませんでした。

彼の妻Metaは町でスウェーデンボルグ教会を組織しました。

内戦時ごろに、DuPontsは理神論によってよりそれほど識別されなく、英国国教会派の教会ともっと識別されました。

ジョアンナ・スミス・デュポンはこの変化に貢献しました。

DuPontsが結婚するであろう家族の一員は、監督制主義者であったCazenovesであり、何人かのメンバーは私(啓蒙主義者と関係している容疑者)でした。

クライストチャーチは英国国教会派のサービスのためにデュポンの共同社会不動産から建てられました。

南北戦争のため、デラウェア州は、DuPontsおよびそれらの友人馬、Saulsburysのコントロールの下のロック株および樽であり、 灰色 この20世紀に、DuPontsはより堅いコントロールを得ました。

デラウェア州がDuPonts、et. alによってコントロールされるので、DuPontsと彼らのエリート友人がオフィスの中に置いた人々の何人かを試験することはやりがいがあります。

これは非常に未完成の乏しいリストであり、私はこの方向で少量の研究だけをしました。




映画「南京の真実(仮)」製作記者会見 

アジアの真実からhttp://ameblo.jp/lancer1/





2007年01月27日


・超満員の中で行われた 映画「南京の真実(仮)」製作記者会見 ~待ち望まれていた運動の開始~


テーマ:中国・南京事件
 

今朝(1月23日)、都内のホテルで歴史的な記者会見が開催された。:宮崎正弘の国際ニュース・早読み


 日本の保守陣営が大同団結し、誤謬だらけの戦後の歴史認識と中国がばらまくインチキ歴史解釈の訂正のために、映像というもっとも効果的な方法での反撃が開始されたのである。南京攻略戦の真実を伝え、中国と米国の政治謀略「南京大虐殺」の嘘を暴くドキュメンタアリー映画「南京の真実」の制作発表と記者会見が開かれた。この映画は情報戦でもあり、英語版、中国語版がつくられ世界同時公開を目指す。またインターネットの動画による配信も計画されている。公開は南京70周年の12月を目処としている。


 記者会見は超満員となった。

まずプロジューサー兼監督の水島総氏が挨拶、ひきつづき上智大学名誉教授の渡部昇一氏が「田中上奏文のインチキを当時、だれも真剣に反論しなかった。情報戦にやぶれることはかくも凄まじい結果をまねく。メディアにはメディアで、情報戦には情報戦で闘おう」。


 ▼国会議員も超党派で支援に駆けつけた


 記者会見には国会議員も多数が詰めかけ心底からの熱弁を振るった。

 まず西村真悟(衆議院)議員は、「いよいよ日本側の反撃が開始される。これまで日本の議会は中国の工作に屈服してきた。虐殺は1927年の国民党の南京入城のさいに起きた。あれこそが南京の真実である」。


鷲尾英一朗(衆議院)議員。

「若いひとに歴史の真実を残しておかなければならない。全世界を相手に、この情報戦を闘わなければならない。大変な作業となるが、ともに闘いましょう」。


松本洋平(衆議院)議員。

歴史の真実を明らかにすることは、国の名誉と誇りの回復であり、これからの日本人が世界に胸をはっていきていくためにも是非とも必要である。




▼米国でも常識と扱われている南京


さて、会場には加瀬英明、藤岡信勝、佐藤和男、中村アキラ、大高美貴、井尻千男、小山和伸、日下公人、勝岡寛次、佐藤克己、篠沢秀夫、田中英道、高森明勅、西尾幹二、西村幸祐、水間政憲、三輪和雄、八木秀次、山際澄夫氏ら、列挙できないほど夥しい有識者、大学教授、ジャーナリストが集合した。

それぞれが、この映画への期待と所信を連続的に表明した。このため、記者会見は質疑応答を含め、じつに二時間にも及んだ。


映画『プライド』をつくった経験もある外交評論家の加瀬英明氏は、

「米国では南京とナチスが同列におかれて南京虐殺は常識となっている。日本の国益を守るべきである」


教科書問題の偏向と闘う藤岡信勝氏は、

「アイリス・チャンの考証もされていない本が基礎となっているが、アイリスの翻訳さえ日本では左翼系出版社も、あまりに誤りが多いので出さなかった。こんな出鱈目本を基礎に、あのアメリカが映画を作ったのだが、日本でさえ文部省検定では南京事件があったことを書かないと検定が通らないという惨状を呈している




▼日本人いがいに日本人の不名誉は回復できない


機密文書を連続的にすっぱ抜くジャーナリストの水間政憲氏は、

「世界の反日ネット網が完成しており、こうした歴史解釈の偏向ぶりの嚆矢となったのは中国帰国者連盟だ。およそ1000人が洗脳され、命と引き替えに出鱈目な証言を72年からなしてきたからだ。82年から中国の歴史教科書に南京事件が掲載されるようになったのだ」


 篠沢秀夫(作家、学習院大学名誉教授)は、

「電車内で足を踏まれたら、足を踏んでますよ、くらいは言っても良い」


 ジャーナリストの山際澄夫氏、「日本人の名誉を回復させるのは日本人しかいない」


 大高美貴(ジャーナリスト)さんは、

恐れを知らない中国の行為は、死者への冒涜である。チベットも蒙古もウィグルも、日本が立ち上がることに大いに期待しており、そしてアジアに幸せがくる。この映画作製による思想戦は、日本の崇高な使命だ」。




▼ふりかかる火の粉は取り払わなければならない


多摩大学教授もつとめたエコノミストの日下公人氏。

「中国の反日プロバガンダは米国に主舞台。理由は日米離間。であれば日本側の反撃も米国に焦点を当てて、狙いを米中離間におくべきだろう。


(一部略)





 先日の記事で紹介した、中国の南京プロパガンダに対抗する日本映画「南京の真実」の製作発表会が行われました。多数の国会議員の他、各界の有識者も多くつめかけたようで、大きな盛り上がりを見せています。最初は小規模な運動になるかとも思っていたのですが、私の予想に反して大きな期待が持てるプロジェクトになりそうです。それだけこういった運動を待っていた人が多かったということでしょうか。長文につき随分省略しましたが、発表会中での各コメントを見ても、参加者達のこのプロジェクトへの熱い期待感が読み取れます。是非リンク先で全文を読んで見て下さい。


 その中でも、篠沢秀夫氏のコメントが印象に残ります。「電車内で足を踏まれたら、足を踏んでますよ、くらいは言っても良い」その通りです。今まで日本は足を踏まれても、何も言えなかった。しかもわざと踏まれていたのです。今回やろうとしていることは、足を踏み返そうとしているのではありません。ただ「足を踏んでいますよ。」と言い返すだけ。当たり前のことですが、今までできなかった。何人かのコメントにもありましたが、足を踏まれていることを言えないどころか、足を踏まれていることにすら気づいていない日本人が多い現在は危機的状況だと言っても良いのかもしれません。


 そして大高美貴さんのコメントもも大きく印象に残ります。「チベットも蒙古もウィグルも、日本が立ち上がることに大いに期待しており、そしてアジアに幸せがくる。この映画作製による思想戦は、日本の崇高な使命だ」


 中国に足を踏まれなていながらも、踏まれていることを言えないでいる国は日本だけではありません。力もなく、日本以上に苦しめられている国は、どこかが中国に言い返してくれることを期待しているのは間違いありません。今は出発点に過ぎませんが、この映画をきっかけに中国の横暴を糾弾する動きが広まり、日本の為だけでなく、名誉や国権を回復できる国々が出てきたとしたら素晴らしいことはないでしょうか。この映画制作を「アジアの真実」も全面的に応援したいと思います。




 制作費の協力受付も始まったようですので紹介しておきます
。1口1万円からとのことですが、もう少し1口当たりの金額が小さくなればより多くの方から募金があつまるのではないかと思います。その点は製作委員会の方へ提案してみたいと思います。


?南京 戦線後方記録映画
 B0002E4H4Y
南京事件「証拠写真」を検証する
東中野 修道 ほか




「南京大虐殺」のまぼろし


鈴木 明

4898315461





蛇足


ニューヨーク・タイムズ


http://ameblo.jp/kane55/archive-200511.html


スカル&ボーンズケリーはヒラリーのためにわきへ動きます。



Friday, January 26, 2007

Skull and Bonesman Kerry Moves Aside For Hillary


New World Order Skull and Bonesman John Kerry announces that he is stepping aside for Hillary Clinton to become the first woman President. It's ALL going according to plan ...




SKULL AND BONESMAN KERRY MOVES ASIDE FOR HILLARY

by Kentroversy


Dripping with nauseating sycophantic orgasma, John Kerry announced that he is stepping aside for Hillary Clinton, who the global elite has tapped to become the first woman President of the United States. Modelled after Margaret Thatcher, Hillary is not only running, but she will be manipulated into office. Her s'election will herald the rise of the Goddess, and will portend the full unveilling of the New World Order, at least as far as the United States is concerned.


Watch this situation very closely, because she happens to be the Senator in the state in which I live, New York, and since I began talking about her running for President after 9/11, I have taken it upon myself to ask people with whom I come into contact, in a sort of an informal poll, if they would consider voting for Hillary. Over these past five years that I have kept a file on this matter, I have yet to find a single person who plans on voting for her. Therefore, expect her election to be rife with fraud and all sorts of irregularities, which will ultimately be upheld by our corrupt judicial system, just like the two manipulations which landed Bush Jr. in the White House.


John Kerry promised that whomever the next President is, that "he would do whatever he could" to make sure that they will inherit a more unified country. This clearly shows HOW they plan on manipulating the situation. They are going to present and promote Hillary as a victory for women everywhere, when in fact, all it will be a victory for is the New World Order's one-world socialist/communist government. This also shows how out of touch these people are, because as long as the Iraq imbroglio rages onward, there is no hope of a unified country. However, this is likely to not stop the global elite from presenting this via their controlled mass media.


For those readers of THE KENTROVERSY PAPERS who are neither from New York State nor the United States, Hillary Clinton is universally hated by an embarassing majority of the population. The more she tries to soften her image, the more phony she comes across. She is detested by women especially, whom the powers that be intend on for her largest base of support. Lifelong Democrats with whom I have spoken to, are planning on voting for another candidate, or sitting out entirely in 2008.


Islamic national Barrack Obama, another Democrat, is planning on running against Clinton in the primaries, and it will certainly be interesting to see what type of opposition he is able to muster, and how formidable that opposition is going to be is anyone's guess at this point. With Farrakahn's organization behind him, it will be interesting to see if he is able to cut into Hillary's manufactured base of support.


2007年1月26日金曜日

スカル&ボーンズケリーはヒラリーのためにわきへ動きます。

新世界秩序スカル&ボーンズメンジョン・ケリーは、彼が、ヒラリー・クリントンが最初の女性Presidentになるようにわきへどいていることを発表します。

それは計画に従ってALL行きです…

SKULL AND BONESMANケリーはKentroversyのためにASIDE FORヒラリーを感動させます。

吐き気を催すへつらったorgasmaによってしたたって、ジョン・ケリーは、彼が、グローバルなエリートが、米国の最初の女性Presidentになるようにたたいたヒラリー・クリントンのためにわきへどいていることを発表しました。

マーガレット・サッチャーにならって作られて、ヒラリーは走っているだけでなく、彼女はオフィスの中にあやつられるでしょう。

彼女のs'選任は女神の上昇を伝達するであろうし、少なくとも、米国に関する限り、新世界秩序の完全なunveillingを予告するでしょう。

彼女が、偶然、私が住んでいる州の上院議員、ニューヨークであり、私が、彼女が9/11後でPresidentに立候補することについて話しはじめて以来、私が接触の中に来る人々に、彼らが、ヒラリーに投票することを考慮するかどうかを一種のインフォーマルな投票において尋ねることを引き受けたことのため、非常に密接にこの状況を見てください。

私がこの問題についてのファイルを保ったこれらの過去5年間の間に、私は、まだこれから、彼女に投票する計画を立てている1人の人を見つける必要があります。

従って、彼女の選任が、詐欺と最終的に私達の堕落した司法制度によって支持されるであろう、ちょうど、ブッシュJr.をホワイトハウスに陥らせた2回のマニピュレーションのようなすべての種類の不規則性のためにいっぱいであることを期待していてください。

たとえ、次の大統領が誰であっても、ジョン・ケリーはそれを約束し、彼らがもっと統合された国を引き継ぐであろうということを確かめるその、「彼は、彼ができた何でもするであろうということでした」。

これははっきりと、彼らが、状況を処理する計画を立てているのをHOWに知らせます。

彼らは、実のところ、それが勝利になるであろうすべてが新世界秩序の1世界社会主義者/共産主義者の政府である時にヒラリーを勝利として女性のためにどこにも紹介し、昇進させようとしています。

イラク複雑な誤解が前方に猛威をふるう限り、統一国家の見込みが全然ないので、これはまた、これらの人々がどれほど遠ざかっているかを示します。

しかし、これは、グローバルなエリートが彼らのコントロールされたマスメディア経由でこれを提出することを妨げなそうです。

またニューヨーク州、米国からであるTHE KENTROVERSY PAPERSのそれらの読者のために、ヒラリー・クリントンは人口のembarassing大多数によって一般的に憎悪されています。

彼女がたくさん、彼女のイメージを軟化しようとするほど、彼女はもっと偽物に出会います。

彼女は女性によって特に嫌われています(当局が彼女のサポートの最も大きなベースのために意図しています)。

私が誰と話したか、別の候補者に投票することにおいて計画しているか、または完全に2008年の外のひと仕事を持つ終身の民主党。

イスラムの全国的なバラック オバマ、別の民主党は、第一の物の中でクリントンと衝突する計画を立てていて、彼が、召集とその反対がどれほど手ごわくなっているかにどんなタイプの反対であることができるかがこの時点で誰にもわからないことであるとわかることは確かに興味深くなるでしょう。

彼の後ろのFarrakahnの組織とともに、彼が、ヒラリーのサポートの製造されたベースに割りこむことができるかどうかを確かめることは興味深くなるでしょう。

戦費は日本へ?

Escalation of US Iran military planning part of six-year Administration push


Larisa Alexandrovna and Muriel Kane

Raw Story

Saturday, January 27, 2007?


The escalation of US military planning on Iran is only the latest chess move in a six-year push within the Bush Administration to attack Iran, a RAW STORY investigation has found.


While Iran was named a part of President George W. Bush’s “axis of evil” in 2002, efforts to ignite a confrontation with Iran date back long before the post-9/11 war on terror. Presently, the Administration is trumpeting claims that Iran is closer to a nuclear weapon than the CIA’s own analysis shows and positing Iranian influence in Iraq’s insurgency, but efforts to destabilize Iran have been conducted covertly for years, often using members of Congress or non-government actors in a way reminiscent of the 1980s Iran-Contra scandal.


The motivations for an Iran strike were laid out as far back as 1992. In classified defense planning guidance ? written for then-Secretary of Defense Dick Cheney by then-Pentagon staffers I. Lewis "Scooter" Libby, World Bank Chief Paul Wolfowitz, and ambassador-nominee to the United Nations Zalmay Khalilzad ? Cheney’s aides called for the United States to assume the position of lone superpower and act preemptively to prevent the emergence of even regional competitors. The draft document was leaked to the New York Times and the Washington Post and caused an uproar among Democrats and many in George H. W. Bush’s Administration.


In September 2000, the Project for the New American Century (PNAC) issued a report titled “Rebuilding America's Defenses,” which espoused similar positions to the 1992 draft and became the basis for the Bush-Cheney Administration's foreign policy. Libby and Wolfowitz were among the participants in this new report; Cheney, former Defense Secretary Donald Rumsfeld and other prominent figures in the Bush administration were PNAC members.


“The United States has for decades sought to play a more permanent role in Gulf regional security,” the report read. “While the unresolved conflict with Iraq provides the immediate justification, the need for a substantial American force presence in the Gulf transcends the issue of the regime of Saddam Hussein. . . . We cannot allow North Korea, Iran, Iraq or similar states to undermine American leadership, intimidate American allies or threaten the American homeland itself.”


6年の政府プッシュの一部を計画している米イラン軍のエスカレーション


ラリッサAlexandrovnaとジョージケーン

生の物語

2007年1月27日土曜日


イランの米国の軍の計画のエスカレーションはイランを攻撃するブッシュ政府内の6年のプッシュの最新のチェスの動きだけですと、RAW STORY調査がわかりました。


イランが2002年のジョージW.ブッシュ大統領の「悪の枢軸」の部分という名前をつけられる間、イランとの対立に火をつける努力は恐怖とのポスト-9/11戦いのずっと前にさかのぼります。現在、政府はCIAの自身の分析が示すより、イランが核兵器に近いという主張を喧伝していて、イラクの反乱においてイランの影響を断定しています、しかし、イランを不安定にする努力は長い間ひそかに実行されました。そして、1980年代イランコントラ事件で追憶の方法でしばしば国会または民間の俳優のメンバーを利用します。


イランストライキに対する動機づけは、1992と同じくらいはるかに後ろに配置されました。ガイダンスを予定している分類された防御において ? 当時のペンタゴン職員Iによる当時の国防長官ディックチェイニーのために書きます。ルイス「スクーター」リビー、世界銀行がポールウォルフォウィッツチーフと国連Zalmay Khalilzadへの大使-ノミネート候補者です ? チェイニーの側近は、孤独な超大国の位置を装うアメリカ合衆国と先買権で地域の競争者さえの出現を防ぐ法令を求めました。草案文書はニューヨークタイムズとワシントンポストに漏洩されて、民主党とジョージH. W.ブッシュの政府の多くの間で騒動を引き起こしました。


2000年9月に、New American Century(PNAC)のためのProjectは「アメリカのDefensesを作り直し」てタイトルをつけられるレポートを出しました。そして、それは1992年の草案に類似した位置を支持して、ブッシュ-チェイニー政府の外交政策の基礎になりました。リビーとウォルフォウィッツは、この新しいレポートの参加者の内の一人でした;ブッシュ政権のチェイニー、元ドナルドラムズフェルド国防長官と他の著名な人物は、PNACメンバーでした。


「アメリカ合衆国は、何十年もガルフ地域安全保障でより永久の役割を演じようとしました」と、レポートがありました。「イラクとの未解決の争いが即時の正当化を提供する間、ガルフの相当なアメリカの力存在の必要はサダムフセインの体制...の問題を越えます。我々は、北朝鮮、イラン、イラクまたは類似した州がアメリカの指導部を弱らせるか、アメリカの同盟国を脅迫するか、アメリカの祖国自体を脅かすのを許すことができません。」


This approach became official US military policy
during the current Bush Administration. It was starkly on display yesterday when Undersecretary of State for Political Affairs Nicholas Burns noted
a second aircraft carrier strike force headed for the Persian Gulf, saying, "The Middle East isn't a region to be dominated by Iran. The Gulf isn't a body of water to be controlled by Iran. That's why we've seen the United States station two carrier battle groups in the region."


The Structure


Almost immediately after the Sept. 11, 2001 attacks, Iran became a focal point of discussion among senior Administration officials. As early as December 2001, then-Deputy National Security Advisor Stephen Hadley and the leadership of the Defense Department, including Rumsfeld, Wolfowitz, and Undersecretary of Defense Douglas Feith, allegedly authorized a series of meetings between Defense Department officials and Iranian agents abroad.


The first of these meetings took place in Rome with Pentagon Iran analyst, Larry Franklin, Middle East expert Harold Rhode, and prominent neoconservative Michael Ledeen. Ledeen, who held no official government position, introduced the US officials to Iran-Contra arms dealer Manucher Ghorbanifar. According to both Ghorbanifar and Ledeen, the topic on the table was Iran. Ledeen told RAW STORY
?last year
the discussion concerned allegations that Iranian forces were killing US soldiers in Afghanistan, but Ghorbanifar has claimed the conversation focused on regime change.
began passing
classified information involving United States policy towards Iran to two AIPAC employees and an Israeli diplomat. Franklin pleaded guilty to the charges in October 2005, explaining that he had been hoping to force the US to take a harder line with Iran, but AIPAC and Israel have continued to deny them.


In January 2002, evidence that Iran was enriching uranium began to appear via credible intelligence and satellite imagery. Despite this revelation ? and despite having called Iran part of the Axis of Evil in his State of the Union that year ? President Bush continued to focus on Iraq. Perhaps for that reason, throughout 2002 the strongest pressure for regime change flowed through alternative channels.


In early 2002, Ledeen formed the Coalition for Democracy in Iran, along with Morris Amitay, the former executive director of the American Israeli Public Affairs Committee (AIPAC).


In August 2002, Larry Franklin


このアプローチは、現在のブッシュ政府の間の公式米国の軍の方針になりました。Political Affairs Nicholas Burnsのための州のUndersecretaryが第2の航空母艦攻撃部隊がペルシャ湾に向かう点に注意したとき、それは昨日全く展示されていました。そして、言う。「中東は、イランによって支配される地域ではありません。ガルフは、イランによってコントロールされる水の体ではありません。そういうわけで、我々はアメリカ合衆国が2つのキャリヤー戦闘集団を地域に配置するのを見ました。」


構造


ほとんど2001年9月11日が攻撃した直後に、イランは上級政府官僚の間の議論の焦点になりました。2001年12月という早い時期に、それから代理国家安全保障担当補佐官スティーブンハドリーと国防総省(Defenseダグラスファイトのラムズフェルド、ウォルフォウィッツとUndersecretaryを含む)の指導部は、伝えられるところでは国防総省官僚と海外のイランのエージェントの間で一連の会議を認可しました。


これらの会議で最初のものが、ペンタゴンイランアナリスト、ラリーフランクリン、中東の専門家ハロルドロードと著名な新保守主義者マイケルレディーンとローマで起こりました。レディーン(その人は公式政府のポストを持ちませんでした)は、米国当局をイランコントラ武器ディーラーManucher Ghorbanifarにもたらしました。Ghorbanifarとレディーンによると、テーブルに関する話題は、イランでした。レディーンは昨年、議論がイラン軍隊がアフガニスタンでアメリカ兵を殺していたという申し立てに関するとRAW STORYに話しました、しかし、Ghorbanifarは会話が政権交代に集中したと主張しました。


2002年1月に、イランがウランを濃縮していたという証拠は、信頼できる情報と衛星イメージを通して現れ始めました。この意外な事実にもかかわらず ? そして、その年イランを彼の一般教書のEvilのAxisの一部と呼んだことにもかかわらず ? ブッシュ大統領は、イラクに集中し続けました。おそらくその理由のために、2002年の間ずっと、政権交代のために最も強い圧力は、代わりのチャンネルの中を流れました。


2002年前半には、モリスAmitay(アメリカのイスラエルのPublic Affairs委員会(AIPAC)の前専務取締役)と一緒に、レディーンはイランでDemocracyのためにCoalitionをつくりました。


2002年8月に、ラリーフランクリンは、2人のAIPAC従業員とイスラエルの外交官にイランに対する米国の政策を含んでいる機密情報を渡し始めました。フランクリンは2005年10月(彼が米国により堅い線をイランと一緒に持っていくことを強制することを望んでいたと説明すること)に容疑の罪を認めました、しかし、AIPACとイスラエルは彼らを否定し続けました


At the same time, another group’s political representatives begin a corollary effort to influence domestic political discourse. In August 2002, the National Council of Resistance of Iran ? a front for a militant terrorist organization called Mujahedin-E-Khalq (MEK) ? held a press conference in Washington and stated that Iran had a secret nuclear facility at Natanz, due for completion in 2003.


Late that summer
, the Pentagon's Undersecretary of Defense for Policy Douglas Feith and Deputy Secretary of Defense Paul Wolfowitz expanded its Northern Gulf Affairs Office, renamed it the Office of Special Plans (OSP), and placed it under the direction of Abram Shulsky, a contributor to the 2000 PNAC report.


Most know the Office of Special Plans as a rogue Administration faction determined to find intelligence to support the Iraq War. But that wasn’t its only task.


According to an article in The Forward
in May 2003, “A budding coalition of conservative hawks, Jewish organizations and Iranian monarchists is pressing the White House to step up American efforts to bring about regime change in Iran. . . . Two sources [say] Iran expert Michael Rubin is now working for the Pentagon's 'special plans' office, a small unit set up to gather intelligence on Iraq, but apparently also working on Iran. Previously a researcher at the Washington Institute for Near East policy, Rubin has vocally advocated regime change in Tehran.”


Dark Actors/Covert Activities


While the Iraq war was publicly founded upon questionable sources, much of the buildup to Iran has been entirely covert, using non-government assets and foreign instruments of influence to conduct disinformation campaigns, plant intelligence and commit acts of violence via proxy groups.


A few weeks prior to the Iraq invasion, in February 2003, Iran acknowledged that it was building a nuclear facility at Natanz, saying that the facility was aimed at providing domestic energy. However, allegations that Iran was developing a nuclear weapons program would become louder in the course of 2003 and continue unabated over the next three years.


That spring, then-Congressman Curt Weldon (R-PA) opened a channel on Iran with former Iranian Minister Fereidoun Mahdavi, a secretary for Ghorbanifar. Both Weldon and Ledeen were told a strikingly similar story concerning a cross border plot between Iran and Iraq in which uranium had been removed from Iraq and taken into Iran by Iranian agents. The CIA investigated the allegations but found them spurious. Weldon took his complaints about the matter to Rumsfeld, who pressured the CIA
to investigate a second time, with the same result.


同時に、もう一つのグループの政治代表は、国内の政治的な談話に影響する当然の結果努力を開始します。2002年8月(イランの抵抗の国家会議)に ? ムジャヒディン-EKhalqと呼ばれている好戦的なテロ集団の表の顔(MEK) ? ワシントンで記者会見を開いて、イランにはNatanz(2003年に完成予定の)で秘密の核施設があると述べました。


その夏後半、Policyダグラスファイトと国防長官ポールウォルフォウィッツのためのDefenseのペンタゴンのUndersecretaryは、その北ガルフAffairs事務所を拡大して、それをSpecial Plans(OSP)のオフィスと名前を変えて、エイブラムShulsky(2000のPNAC報告の一因)の方向の下に、それを置きました。


危険な政府派閥が情報部がイラク戦争を支持するとわかると決定したので、ほとんどはSpecial Plansのオフィスを知っています。しかし、それはその唯一の仕事ではありませんでした。


2003年5月のForwardの記事によると、「保守的なタカ、ユダヤ人の組織とイランの君主制主義者のつぼみの連立は、ホワイトハウスにイラン...に政権交代をもたらすアメリカの努力を進めるよう迫っています。2人の源[言います]イランの専門家マイケルルービンは現在ペンタゴンの『特別な計画』事務所で働いています。そして、小さな部門がイラクで知性を増すために準備されるが、イランにも明らかに取り組んでいます。以前ワシントン近東方針研究所の研究者、ルービンはテヘランの政権交代を声に出して主唱しました。」


暗い俳優/茂み活動


イラク戦争が疑わしい源に公的に基づく間、イランの宣伝の多くは偽情報キャンペーンを行って、知性を植えて、代理グループを通して暴力の行為を行うために影響の民間の資産と外国の手段を用いてまったく内密でした。


2、3週イラク侵入の前に、2003年2月に、イランはそれがNatanzで核施設を建設していると認めました。そして、施設が国内のエネルギーを提供することを目的としたと言いました。しかし、イランが核兵器プログラムを開発していたという申し立ては、2003年のうちにより大きくなって、次の3年にわたって変わらず続きます。


その春、当時の連邦議会議員カートウェルドン(R-PA)は、前イランの大臣Fereidoun Mahdavi(Ghorbanifarのための秘書)で、イランでチャンネルを開けました。ウェルドンとレディーンは、ウランがイラクから除去されたイランとイラクの間で十字境界計画に関して著しく類似した物語を話されて、イランのエージェントによってイランに連れて行かれました。CIAは申し立てを調査したが、彼らが偽であるとわかりました。ウェルドンは、同じ結果でラムズフェルド(その人はCIAに二度目に調査するように圧力をかけました)に、問題に対する彼の不満をしました。


In May 2003, with pressure for regime change intensifying within the US, Iran made efforts to negotiate a peaceful resolution with the United States. According to Lawrence Wilkerson
, then-Chief of Staff to Secretary of State Colin Powell, these efforts were sabotaged by Vice President Cheney.


"The secret cabal got what it wanted: no negotiations with Tehran," Wilkerson said.


The US was already looking increasingly to rogue methodology, including support for the Iranian terrorist group MEK. Before the US invasion, MEK forces within Iraq had supported Saddam Hussein in exchange for safe harbor. Despite this, when they were captured by the US military, they were disarmed of only their major weapons and are allowed to keep their smaller arms. Defense Secretary Donald Rumsfeld hoped to use them
as a special ops team in Iran, while then-National Security Advisor Condoleezza Rice and State Department officials argued against it. By 2005, the MEK would begin training with US forces in Iraq and carrying out bombings and assassinations
in Iran, although it is unclear if the bombings were in any way approved by the US military.


The Pressure is On: 2004 ? 2006


For a variety of reasons ? ranging from the explosion of the insurgency in Iraq following the high point of "Mission Accomplished" to Iran's willingness to admit IAEA inspectors ? the drumbeat for regime change died down over the summer of 2003. In October 2003, with Iran accepting even tougher inspections, Larry Franklin told
his Israeli contact that work on the US policy towards Iran which they had been tracking seemed to have stopped.


Yet by the autumn of 2004, pressure for confrontation with Iran had resumed, with President Bush telling Fox News
that the US would never allow Iran to acquire nuclear weapons. By then, the Pentagon had been directed
to have a viable military option for Iran in place by June 2005.


This phase of pressure was marked by increased activity directed at Congress. An "Iran Freedom Support Act" was introduced in the House and Senate in January and February of 2005. Neoconservatives and individuals linked to the defense contracting industry formed an Iran Policy Committee, and in April and May presented briefings in support of MEK before the newly-created Iran Human Rights and Democracy Caucus of the House of Representatives.


In March 2006, administration action became more overt. The State Department created an Office of Iranian Affairs, while the Pentagon created an Iranian Directorate
that had much in common with the earlier Office of Special Plans. According to Seymour Hersh, covert US operations
within Iran in preparation for a possible air attack also began at this time and included Kurds and other Iranian minority groups.


2003年5月に、米国の中で強まっている政権交代のための圧力で、イランはアメリカ合衆国で平和的な決議を協議するために努力しました。ローレンスウィルカーソン(コリンパウエル国務長官への当時の参謀長)によると、これらの努力は、チェイニー副大統領によって妨害されました。


「秘密の秘密グループは、それが欲しかったものを得ました:テヘランとの交渉でない」と、ウィルカーソンが言いました。


米国は、ますますイランのテログループMEKに対する支持を含む危険な方法論に、すでに目を向けていました。米国侵入の前に、イラクの中のMEK軍隊は、安全な港と引きかえにサダムフセインを支えました。これにもかかわらず、彼らが米国軍によって捕らえられたとき、彼らは彼らの主な武器だけを取り上げられて、彼らのより小さな腕を保ってもよいです。それからナショナルSecurity Advisorコンドリーザライスと国務省官僚がそれに反対する間、ドナルドラムズフェルド国防長官はイランの特別な軍事行動チームとして彼らを利用することを望みました。2005年までに、爆破がどんな形であれ米国軍の承認を得るならばそれが不明であるけれども、MEKはイラクの米軍隊で訓練を受けて、イランで爆破と暗殺を実行し始めます。


圧力は、あります:2004 ? 2006


いろいろな理由のために ? 「ミッションAccomplished」のハイライトの後でイラクで反乱の爆発からIAEA検査官を認めたいというイランの意欲に変動すること ? 政権交代のためのドラムビートは、2003年夏にわたって静まりました。2003年10月に、イランはより厳しい点検さえ受け入れて、ラリーフランクリンは、彼らが追跡していたイランに対する米国政策の研究が止まったようであると彼のイスラエルの連絡先に話しました。


それでも、2004年の秋までに、米国が決してイランが核兵器を得るのを許さないとフォックスNewsに話しているブッシュ大統領と、イランとの対立のための圧力は、再開しました。その時までに、ペンタゴンは2005年6月までに適所にイランのために現実的な軍のオプションがあるように指示されました。


圧力のこの時期は、国会に向けられるさらなる活動によって祝われました。「イランFreedom Support法」は、1月と2005年2月に下院と上院の中に導入されました。工業を契約している弁護側との関連がある新保守主義者と個人は、イランPolicy委員会をつくって、4月と5月に下院の新しくつくられたイランHumanライツとDemocracy Caucusの前にMEKを支持して状況説明を提示しました。


2006年3月に、管理アクションは、より明白になりました。ペンタゴンがSpecial Plansの以前のオフィスと共通する多くを持ったイランのDirectorateをつくる間、国務省はイランのAffairsのオフィスをつくりました。シーモアハーシュによると、ありうる空爆に備えてものイランの中の隠れた米国の活動は、この時に始まって、クルド人と他のイランの少数民族を含みました。


By setting up the Iranian Directorate within the Pentagon and running covert operations through the military rather than the CIA, the administration was able to avoid both Congressional oversight and interference from then-Director of National Intelligence John Negroponte, who has been vocally skeptical
about using force against Iran. The White House also successfully stalled the release of a fresh National Intelligence Estimate on Iran, which could reflect the CIA's conclusion
that there is no evidence of an Iranian nuclear weapons program.


In sum, the Bush Administration seems to have concluded that Iran is guilty until proven innocent and continues to maintain that the Persian Gulf belongs to Americans ? not to Persians ? setting the stage for a potential military strike.


Click here to read the full timeline of the decades-long buildup to Iran


ペンタゴン内でイランのDirectorateを準備して、CIAよりむしろ秘密工作を軍隊に通すことによって、管理は国立Intelligence John Negroponteの当時のディレクターから議会の不注意と干渉を避けることができました。そして、その人はイランに対して武力行使することについて声に出して懐疑的でした。ホワイトハウスもイランでうまく新しい国立Intelligence Estimateの発散を引きとめさせました。そして、それはイランの核兵器プログラムの証拠がないというCIAの結論を反映することができました。


要するに、ブッシュ政府はイランが証明された罪のない人まで有罪であると結論したようで、ペルシャ湾がアメリカ人が所有していると主張し続けます ? ペルシャ人以外に ? 潜在的軍事攻撃のお膳立てをすること。






米副大統領、早ければ来月訪日へ イラク政策など協議



2007年01月13日18時46分

 日米両国政府は、チェイニー米副大統領が早ければ来月にも訪日することで合意し、具体的な日程調整に入った。日米関係筋が12日、明らかにしたもので、副大統領は安倍首相らと会談し「日米同盟の重要性を示すこと」が最大の目的だという。「新戦略」を打ち出した後のブッシュ政権のイラク政策について、日本側に説明し理解と協力を取り付ける狙いもあると見られる。


 同関係筋によると、日程はまだ確定していないが、5月上旬に予定されている安倍首相の訪米前の方向だという。


 安倍政権発足後の日米間の首脳レベルの接触は、昨年11月、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれたベトナムで安倍首相とブッシュ大統領が初顔合わせをしただけだ。次の機会は首相訪米まで予定されていない。


 今回、両政府がチェイニー氏の訪日を決めたのは、この間の「外交的空白が長くなってしまうので、弾みを維持するためだ」(米関係筋)という。


 日米双方で一部には「首相はもっと早く訪米すべきだ」という声が出ていた。両国間では今月中の開催で調整が進んでいた外交、防衛担当閣僚が参加する日米安全保障協議委員会(2プラス2)も、米側でイラク新戦略の発表や国防長官交代があったことなどから先送りとなったばかりだ。


 チェイニー副大統領の訪日は04年4月以来、2回目となる。前回同様、首相のほか天皇陛下との会談も行われると見られる。このほか、米国の外交政策について講演し、日本国民に直接理解を求める機会もつくる考えだという。


 日本の他にも、アジア太平洋諸国を訪れる予定で、日本での滞在は前回同様3日間程度になる見通しだ。








[東京 26日 ロイター]


 中国に次いで世界第2位の規模にある日本の外貨準備が12月末に減少した。主たる原因は昨年12月中に米国やユーロ地域の債券価格が下落したことによる保有外債の評価損だ。外貨準備という国民の資産の裏には円建て短期証券という負債が対としてあり、外貨準備が急減すれば、債務超過という事態にもなりかねない。?


外貨準備を司る国の特別会計の会計システムは不明瞭であり、透明性の高い会計システムの導入を求める声が出ている。?


 <外貨準備の減少と非公表の通貨建て比率>??


 12月末の外貨準備は8953億2000万ドルで、11月末と比べ16億2900万ドル減少した。外貨準備が減少したのは昨年2月以来。要因は外貨建て債券の評価額が11月末の7509億8900万ドルから12月末に7492億9100万ドルと16億9800万ドル減少したことにある。?


昨年は外貨準備が減少したのが2月と12月だけだが、ユーロ相場が1年を通して軟調で米国金利が上下動を繰り返した2005年には、12カ月のうち計7カ月において外貨準備の減少がみられている。?


外貨建て債券の評価損には「ユーロ安によるユーロ建て債券のドル建て価格の減少もある」(財務省)という。同省が参考として提示したデータでは、11月末のユーロ/ドル相場は1.3242ドル、12月末は1.3195ドルだ。ただし、財務省は外貨準備に?


おける通貨構成比率を明らかにしていないことから、ユーロ債の評価損が外貨準備減少にどれほど影響したかは不明である。?


他方、日銀は昨年末に初めて日銀保有の外貨資産の通貨構成比率を明らかにした。それによれば、2006年9月末時点で日銀が保有する外貨資産残高は5兆2341億円であり、その通貨構成は、米ドルが最大の約65%、ユーロが約30%、英ポンドが約5%となっている。?


 「日銀は保有外債の通貨構成において、(外貨準備を運用する)財務省からかけ離れた独自のポートフォリオを持つとは思いにくく、外貨準備においても、日銀と似かよった構成比率であると推測できる」(市場関係者)という。




オバマ牽制?



Hillary the Favorite in Race for Jewish Donations

Biden, Obama Expected to Make Some Inroads



New York’s junior senator, Hillary Rodham Clinton, is expected to snare the lion’s share of the Jewish community’s substantial political donations in the race for the 2008 Democratic presidential nomination.





Democratic activists and operatives said Clinton will pull in large quantities of cash among Jewish donors not only because of what they described as her strong positions on Israel and domestic matters of interest to Jews, but also because of longtime ties with these activists dating back to her husband’s administration.


The haul is important: Strategists say that serious candidates will need to raise at least $50 million ? and probably more like $100 million ? by the end of the year. They say that money from Jewish donors constitutes about half the donations given to national Democratic candidates (an extremely large pot of gelt long coveted by the GOP).


Clinton will get most of the Jewish community’s money, “first, because she’s going to receive the lion’s share of all [Democratic] political money, and second, because she and her husband are enormously popular with the Jewish community,” said Democratic strategist Steve Rabinowitz, a Clinton supporter.


Rabinowitz, who also “has been helpful” to former North Carolina senator John Edwards, said that “sexy guy” Illinois Senator Barack Obama and Delaware Senator Joseph Biden ? “an extremely well-known quantity” to Jews ? among others, would get “a piece” of Jewish largesse. But “it just won’t compare to what she gets.”


Clinton, he said, “has personally proved herself to the Jewish community on Israel, on which she was once questioned.”


Some see the hand of former President Clinton in his wife’s expected bonanza. “The pressure is there because of longtime involvement,” one Democratic strategist said. “People feel compelled to support ‘The Clintons’ and don’t want to be left out.”


Among the top Jewish fundraisers who political hands expect to line up with Clinton’s campaign is New Jersey lawyer Lionel Kaplan, a former president of the American Israel Public Affairs Committee who raised money for the former first lady’s 2006 Senate race.


Also expected to turn up in Clinton’s camp is Massachusetts businessman Steve Grossman, another former Aipac president who chaired the Democratic National Committee in the late 1990s. Grossman told the Forward that he’s “not formally committed,” but he added that “everyone knows I’m close to the Clintons.”


The Jewish backers of the other Democratic contenders, meanwhile, refuse to lie down in the face of the Clinton juggernaut.


The chairman of the National Jewish Democratic Council, Michael Adler, is raising money for Biden’s bid. “The biggest concern the American electorate has is security,” Adler said, citing the fact that Biden has chaired the Senate Foreign Relations Committee and that he has done “tremendous work on the crime bill.”


Adler said that since Biden hasn’t pursued the presidency since 1988, “he’s not caught fire” with the public as have some other contenders. But he maintained that Biden has shown on the campaign trail that he “understands the American public” and his public performances “create a lot of loyalty and passion.”


Linda Sher, a Chicago-area Democratic activist who founded the Joint Action Committee for Political Affairs, a pro-Israel and pro-choice body, is raising money for Obama.


Several Democratic hands said Obama would attract money from the more liberal precincts of the Jewish community. That proved true during his 2004 Senate bid, when he grabbed the support of the heavily Jewish “Lakefront liberals” in his state’s hotly contested primary.


“I’m getting a good response,” Sher said of her efforts. “The people I’m calling seem enthusiastic. They want to do more than give money. They want to be part of it.”


Former vice presidential candidate Edwards, meanwhile, has been reassuring pro-Israel activists and fundraisers after naming a consistent critic of Israel, former Michigan congressman David Bonior, as his campaign manager.


It was an ironical turn of events for Edwards, who during his 2004 bid for the presidential nomination positioned himself to the right of the ticket’s eventual leader, Massachusetts Senator John Kerry, on Israel and Middle East matters.


Randall Kaplan, an Edwards supporter from North Carolina who’s active in pro-Israel causes, acknowledged in a telephone interview that Bonior’s hiring “is a concern among pro-Israel activists,” but said that “in conversations, [Edwards] has assured those [people] that his political positions relative to Israel will not change. Bonior was hired on for different reasons.”


Bonior possesses an intimate knowledge of the labor world, which Edwards hopes will become the backbone of his economic populist campaign. “He’s not there to have an impact on John’s foreign policy stances,” Kaplan said.


This week, during a speech at the Herzliya Conference, a major international gathering dedicated to Israeli security and diplomatic issues, Edwards stuck to his hawkish positions on Iran.


Also in the Edwards column is the enthusiastic, voluble Florida lawyer Mitchell Berger, who in 2004 served as finance chairman of Senator Joseph Lieberman’s presidential campaign.


“It’s definitely going to be a horse race,” Berger said, dismissing the notion that Mrs. Clinton had in any way locked up the nomination.


*


The leadership of the Republican Jewish Coalition ? a key group of fundraisers who have raised millions for GOP causes ? is splitting its support in the 2008 presidential race.


RJC board member Fred Zeidman, a Houston venture capitalist and lobbyist who’s close to Bush, will be raising money for Senator John McCain.


“I think [McCain’s] an outstanding patriot and American and will make an excellent president,” Zeidman told the Forward on Sunday. “He has a 20-year demonstrated record of support for Israel. Our community couldn’t be in better hands.”


Also helping McCain is RJC board member Ned Siegel, who was tapped to head McCain’s finance team in Florida.


The nascent campaign of former Massachusetts governor Mitt Romney, for its part, has gained the support of Mel Sembler, a big Bush donor and RJC board member from Florida who served as ambassador to Italy, and the support of RJC’s national chairman, Sam Fox, a businessman from St. Louis who was recently nominated to be ambassador to Belgium. (If Fox is confirmed to the post, his son will run the fundraising effort.)


Senator Sam Brownback of Kansas, who announced his bid for the GOP presidential nomination Saturday, is staking a claim to the most conservative element of the Jewish community ? the Orthodox.


Jeff Ballabon, an Orthodox activist and GOP fundraiser from Long Island, N.Y., who signed on to Brownback’s exploratory committee, said that Brownback is well known to the Washington representatives of the Orthodox community “because he’s been one of the top go-to guys on a range of issues,” including Israel, Jerusalem, religious liberties and faith-based initiatives.


Ballabon dismissed the notion that Brownback’s opposition to Bush’s Iraq troop surge might hurt Brownback among this most hawkish element of American Jewry. When Brownback explains his opposition in context, “the pro-Israel community will be pleased,” Ballabon said.


There is an element of the Jewish community “that believed Oslo was a fool’s errand all along,” Ballabon said. When Brownback was on the Near East subcommittee of the Senate Foreign Relations Committee, he was one of the “leaders who pointed out the weakness of that approach. Many agreed with him then, and many more agreed with him now. His instincts are outstanding.”


Fri. Jan 26, 2007






ヒラリーは、ユダヤ人の寄付バイデンのためのレースのお気に入りです、オバマがいくらかの侵入をするのを予想しました。


E.J.ケスラ | 2007年1月26日金曜日

ニューヨークの下級上院議員(ヒラリーロダムクリントン)は、2008の民主大統領候補指名のためにレースでユダヤ人のコミュニティの相当な政治献金の最大の分け前を陥れることになっています


民主党の活動家と熟練工は、クリントンが彼らがイスラエルの彼女の強い位置とユダヤ人への関心の国内の問題と言ったものだけでなく、彼女の夫の管理にさかのぼっているこれらの活動家との長年の関係のため、ユダヤ人の提供者の間で大量の現金を引き入れると言いました。


押収量は重要です:戦略家は、厳粛な候補が少なくとも5000万ドルを集める必要があると言います ? そして、おそらくより、1億ドルが好きにしてください ? 年末までに。彼らは、ユダヤ人の提供者からのお金が国民的民主党の候補(共和党によって長く望まれる1杯のとても大きな返報)に与えられる寄付のおよそ半分を構成すると言います。


クリントンは、大部分のユダヤ人のコミュニティのお金、「最初の彼女が全ての[民主的な]政治的なお金の最大の分け前を受け、二番目であるので、彼女と彼女の夫がユダヤ人のコミュニティで非常に人気があるので」、言われた民主党の戦略家スティーヴラビノウィッツ、クリントンサポーターをつかまえます。


ラビノウィッツ(その人はまた、元ノースカロライナ上院議員ジョンエドワーズに「役に立ちました」)は、その「セクシーな人」イリノイ上院議員Barackオバマとデラウェア上院議員ジョセフバイデンを言いました ? ユダヤ人への「とても有名な量」 ? その中に、ユダヤ人の気前のよさの「部分」を得ます。しかし、「それは、ちょうど彼女が得るものに、匹敵しません。」


クリントン、「彼女自身を彼女がかつて質問されたイスラエルのユダヤ人のコミュニティに、個人的に証明しました。」と、彼が言いました。


何人かは、彼の妻の期待される大当たりで元クリントン大統領の手を見ます。「圧力は、長年の関係のため、そこにあります」と、1人の民主党の戦略家が言いました。「人々は『クリントン家』を支持することを強要されると感じて、無視されたくはありません。」


最高のユダヤ人の資金調達者の間で、政治的な手がクリントンのキャンペーンの同盟者になるのを予想する人は誰でも、ニュージャージー弁護士ライオネルカプラン(前ファーストレディーの2006年の上院選のためのお金を集めたアメリカのイスラエルPublic Affairs委員会の前理事長)です。


また、中で姿を現すことになって、クリントンのキャンプは、マサチューセッツビジネスマンS・グロースマン(1990年代後期に民主全国委員会の議長をつとめたもう一人の前Aipac大統領)です。「誰でも、私がクリントン家の近くにいるということを知っています。」と、彼がそれを加えたが、グロスマンが彼が「正式にでない献身的である」Forwardに話しました


他の民主党の競争相手のユダヤ人の後援者は、一方、クリントンの巨人に直面して横になることを拒否します。


ナショナルユダヤ人の民主党の会議(マイケルアドラー)の議長は、バイデンの入札のためのお金を集めています。「アメリカの有権者にはある最大の懸念は、保安です」と、アドラーが言いました。そして、バイデンが上院外交委員会の議長をつとめたという、そして、彼が「犯罪法案の相当な研究をしたという事実を引証しました。」


バイデンが1988年以降大統領を追跡しなかった時から、アドラーがそれを言って、市民と「彼は、燃え出しませんでした」一部の他の競争相手を持つ。しかし、彼は、「多くの忠誠と情熱をつくってください。」と、バイデンが彼が「アメリカの市民を理解します」選挙遊説と彼の公開の公演の上で示しました主張しました


リンダシェール(Political Affairs、プロイスラエルと中絶権擁護派体のためにJoint Action Committeeを設立したシカゴ-域民主党の活動家)は、オバマのためのお金を集めています。


いくつかの民主党の手は、小浜がユダヤ人のコミュニティのより自由主義の指定地区からお金を引きつけると言いました。それは宣言される彼の2004年の上院の間に真実であるとわかりました。そのとき、彼は彼の州の熱く戦われた予備選挙でかなりユダヤ人の「湖畔自由主義者」の支持をつかみました。


「私は、良い反応を得ています」と、シェールが彼女の努力の言いました。「私が電話をしている人々は、熱心なようです。彼らは、お金を与えるより多くのものをしたいです。彼らは、それの一部でありたいです。」


元副大統領候補エドワーズは、一方、イスラエル(前ミシガン議員デイビッドBonior)の一貫した批判者を彼のキャンペーンマネージャに指名した後に、プロイスラエル活動家と資金調達者を安心させていました。


それはイベントのエドワーズへの皮肉な変化でした。そして、大統領候補指名への彼の2004年の努力の間のその人はチケットの最終的なリーダー(マサチューセッツ上院議員ジョンケリー)の権利に彼自身をイスラエルと中東問題に置きました。


ランダルカプラン(プロイスラエルために活発であるノースカロライナからのエドワーズサポーター)Boniorが借りている電話インタビューにおいて認めます、「懸念は、プロイスラエル活動家の間にあります」、しかし、それは言いました、「会話において、イスラエルと比較して彼の政治的な位置がそうしないそれら[人々]が変える被保険者は、そうします[エドワーズ]。Boniorは、異なる理由のためにの上で借りられました。」


Boniorは、エドワーズが彼の経済人民主義キャンペーンの背骨になることを望む労働界についての個人的知識を備えています。「彼は、ジョンの外交政策スタンスに影響を及ぼすために、そこにいません」と、カプランが言いました。


今週、Herzliya会議(イスラエルの保安と外交問題に捧げられる大きな国際的な採集)のスピーチの間、エドワーズはイランの彼のタカ派的な位置から離れませんでした。


また、エドワーズにおいて、コラムは熱心な、能弁なフロリダ弁護士ミッチェルベルガーです。そして、2004年のその人はジョセフリーバーマン上院議員の大統領選挙戦の金融司会者として勤めました。


「それは、明らかに競馬でありそうです」と、ベルガーが言いました。そして、クリントン夫人が指名をどんな形であれしまい込んだという概念を退けました。


*


共和党のユダヤ人のCoalitionの指導部 ? 共和党ために数100万を増やした資金調達者の重要なグループ ? その支持を2008年の大統領選に分けています。


RJC取締役フレッドZeidman(ブッシュの近くにいるヒューストンベンチャービジネスへの投資者とロビイスト)は、ジョンマケイン上院議員のためのお金を集めています。


「私は目立つ愛国者とアメリカ人を考え[マケインのもの]て、優れた大統領を作ります」と、Zeidmanが日曜日にForwardに話しました。「彼は、イスラエルに対する支持の20年の示された記録をとります。我々のコミュニティが、より良い手であることができませんでした。」


また、マケインを助けることはRJC取締役ネッドシーゲルです。そして、その人はフロリダでマケインの金融チームを率いるために軽くたたかれました。


元マサチューセッツ知事ミットロムニーの発展しかけているキャンペーンは、その側のために、イタリア大使として勤めたフロリダとRJCの全国委員長、サムフォックス、最近ベルギー大使であるよう候補者に指名されたセントルイスからのビジネスマンの支持からメルSembler、大きいブッシュ提供者とRJC取締役の支持を得ました。(フォックスが郵便に確かめられるならば、彼の息子は基金調達の努力を走らせます。)


カンザス(その人は土曜日に共和党大統領候補指名への彼の努力を発表しました)のサムブラウンバック上院議員は、ユダヤ人のコミュニティで最も保守的な要素に対する権利を主張しています ? Orthodox。


ロングアイランド(N.Y.)からのジェフBallabon、Orthodox活動家と共和党資金調達者は、そしてその人はブラウンバックの調査委員会に署名されて、ブラウンバックが「彼が問題の範囲の上の最高の人々のうちの1人であったので」Orthodoxコミュニティのワシントン典型には有名であると言いました。そして、イスラエル、エルサレム、宗教的な自由と信頼に基づくイニシアティブを含みました。


Ballabonは、ブッシュのイラク部隊増派へのブラウンバックの反対がアメリカのユダヤ人のこの最もタカ派的な要素の間でブラウンバックを傷つけるかもしれないという概念を退けました。ブラウンバックが前後関係で彼の反対を説明するとき、「プロイスラエルコミュニティはうれしいです」と、Ballabonが言いました。


ユダヤ人のコミュニティの構成分子があります。そして、「その信じられていたオスロは、ずっと無駄足でした」、Ballabonは言いました。ブラウンバックが上院外交委員会の近東小委員会に所属した、彼は1ででした「それの弱さを指し示したリーダーは、接近します。多くの人々はそれから彼に同意しました、そして、より多くはその時彼に賛成しました。彼の本能は顕著です。」









ただではコケない藤田?

藤田東吾0 Japan's crisis 耐震偽装を語り始める


http://www.youtube.com/watch?v=U1Jn1TNZG8s
?イーホームズの藤田社長
告発




Heaven or Hell?


2006年10月18日 (水)??????? きっこたん爆弾投下






 イーホームズの藤田社長に判決
が出るのに合わせて、「きっこの日記
」で耐震偽装事件関連の爆弾記事
がアップされた。これは昨日から予告されていたことで、予告通り11時にはアップされており、それから約2時間の間に4万1千ほどのアクセスがあっているようだ。


 う~~~みゅ、これからどう展開するのだろう。近いうちに藤田社長からも暴露本が出るらしいので、出版されたらソッコーでゲットだ!!

 イーホームズの藤田社長に関しては、あの事件の役者達の中で唯一マトモに見えた人だとは思う。




イーホームズ藤田社長に懲役1年6月・猶予3年の判決(読売新聞)

 耐震強度偽装事件に絡み、会社の資本金を不正に多く見せかけたとして、電磁的公正証書原本不実記録などの罪に問われた民間指定確認検査機関「イーホームズ」(指定取り消し)の社長・藤田東吾被告(45)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。


 青柳勤裁判長は「事業を早く立ち上げ、業績を上げるために、法令を逸脱することもいとわないという安易かつ身勝手な犯行で、酌量の余地はない」として懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役2年)を言い渡した。


 一連の耐震強度偽装事件では元1級建築士・姉歯秀次被告(49)ら6人が起訴されたが、判決が言い渡されたのは初めて。


 判決によると、藤田被告は2001年に、国土交通省から確認検査機関の指定を受けたいと考え、知り合いの司法書士などから借りた2700万円を見せ金として増資して、同社の資本金を約5000万円超に見せかけた。[読売新聞社:2006年10月18日 11時36分]










蛇足


半年遅れで、告発は成功したのか?アパホテルに痛撃が走った・。幕引きが上手くできるのだろうか??


今までは同じ穴の狢か?


イーホームズ社長、自民都議に400万円献金



2005年11月28日06時13分






 建築確認の審査で耐震強度偽装を見逃していた民間検査機関イーホームズ(東京都)の藤田東吾社長が、04年までの3年間に自民党都議に少なくとも401万円を献金していた。この都議は、偽装問題の渦中にあるマンション建築主ヒューザー(同)の小嶋進社長が国土交通省に公的資金の援助を求めた際に同席していた同党衆院議員の伊藤公介元国土庁長官の元秘書。


 都議の政治資金収支報告書によると、藤田社長は、都議が代表を務める政党支部と後援会に02年に36万円、03年に39万円、04年に326万円を寄付していた。


 献金について、都議は「藤田氏は地元の青年会議所の後輩で、20年近くの知り合い。個人的なつながりで献金してもらっている」と説明。今回の問題で藤田氏側からの相談などは「一切ない。私が手伝えるようなこともない」と話した。ヒューザーの小嶋社長については「(伊藤衆院議員の)秘書時代に1、2回会ったことがある」という。







山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年1月24日

                           山本尚利

タイトル: ファイザー日本人社員の悲哀



1.絶好調医薬ブランド、ファイザーとは

 2007年1月24日朝日新聞に、世界一の医薬ブランドメーカー、ファイザーの人員削減の記事

が掲載されました。ファイザーの日本法人(ファイザー・ジャパン)は、中央研究所閉鎖など

で最大1200人の人員削減を米本社から要求されているとのこと。現在、ファイザー・ジャパン

には6000人の日本人社員が在籍しているそうです。外資系医薬メーカーの中では、ファイザ

ーの日本市場売上金額(4000億円、2005年度)はトップです。2006年度もファイザー・ジャパン

は増収増益で、その業績は絶好調であったそうです。なるほど、それを裏付けるように、筆

者も現在、ファイザーの高脂血症治療薬、リピトールと高血圧治療薬、ノルバスクを毎日、

飲んでファイザー・ジャパンにせっせと貢献しています(笑)。筆者は40歳代の前半、要治療の

高脂血症と診断され、当初、三共(現在の第一三共)が世界で初めて開発した特効薬メバロ

チンを常用していました。しかしながら、特効薬メバロチンは服用中には確かに効果があり

ますが、服用を止めると、再び、コレストロール値が上昇します。つまり、高脂血医薬は、

別に、高脂血症を治療する根治治療医薬ではなく、単に、コレストロール値の上昇を抑制す

る対症療法的医薬であると知りました。つまり、高脂血医薬はいったん飲み始めると、一

生、飲み続けなければならない薬であるとわかり、1年くらいで服用を中止しました。その

後、筆者のコレステロール値は再び、上昇し続け、50歳代後半、一生飲み続けることを覚悟

の上、再び、高脂血薬の服用を再開しました。それが、ファイザーの世界的大ヒット医薬の

リピトールです。ファイザーの好業績の秘訣は、筆者のようなファイザー製医薬常用者が世

界中に存在するからです。特に、栄養状態のよい先進国ほど高脂血症患者が多い。それだけ

にファイザーは笑いが止まらない。さらに成人病医薬は長期服用となるので、副作用が非常

に心配です。そこで、日本の医療関係者はどうしても、世界中で常用実績の高い安全な医薬

を処方しがちとなります。世界一の医薬メーカー、ファイザーが強い理由もここにありま

す。医家向け処方医薬の銘柄は、その医薬の服用者(患者)ではなく、その医薬を処方する医

者に銘柄決定権があることがほとんどです。その意味で、日本の医療関係者の間でダントツ

のブランドを確立したファイザーが、ファイザー・ジャパンのさらなる営業効率化を計画する

のは無理からぬところがあります。



2.絶好調ファイザーのリストラ、なぜ?

 さて日本市場でダントツの高業績を誇るファイザー・ジャパンがなぜ、上記のように大規模

リストラをしなければならないのでしょうか。本件に関して、筆者は、日本一の医薬メーカ

ー、武田薬品工業と比較しながら、世界一の医薬メーカー、ファイザーについて、2007年初

頭、すでに持論を発表しています(注1)。それによれば、ファイザーは2005年4月から世界規

模で人員削減を伴う中長期リストラ戦略を開始しており、2008年までに、全世界で総額40億

ドルのコスト削減を実現する計画とのこと。上記、ファイザー・ジャパンの1200人の人員削減

計画も、このリストラ戦略の一環です。筆者の分析によれば、好業績ファイザーは近未来、

特許切れのヒット商品(リピトール含む)をいくつか抱えており、このまま推移すると、業績

悪化が避けられない。そこで、現在の好業績の間に、思い切ったリストラ戦略を打ち出した

ものでしょう。この経営戦略は、欧米企業では定石となっています。経営者の立場から、業

績が悪化してから、リストラ戦略を打ち出しても、もはや手遅れです。さすが、世界一の医

薬メーカーです。たとえば、胃がんを例にとると、自覚症状のない時期に手術すれば、胃が

んは完治しますが、自覚症状が出てから手術しても手遅れとなり易いといわれます。企業経

営もまったく同じです。将来の経営悪化が、早期に診断されたら、経営状態の良いときに前

倒しでリストラを断行するのが中長期的経営の視点から正解です。その意味でファイザーの

経営者の思い切った意思決定力はすばらしい。優柔不断になりがちな日本企業の経営者にと

ってお手本です。市場関係者からファイザーの経営者は高く評価されるはずです。ここ1年の

ファイザーのNYSE株価は25~26ドル近辺で比較的安定しています。一般的に、株主の発言力の

強い欧米企業は、短期的視点で経営されるといわれますが、ファイザーの場合、2005年度は

好業績にもかかわらず、営業利益をM&A投資やリストラ費用に振り向けて、財務上の営業利益

率を前年度比で下落させています。この意味でファイザーの場合、まさに中長期的視点で経

営されていると思います。この短期志向でないファイザーの経営戦略はおそらく同社の有力

株主にも受け入れられているのでしょう。



3.リストラに納得できない絶好調ファイザー・ジャパンの日本人社員

 ところで日本社会の常識では、絶好調の企業が人員削減するのはまったく理解できませ

ん。ファイザー・ジャパンの日本人社員とて同じです。世界一の医薬ブランド、ファイザーで

働く日本人社員はさぞかし、誇りに思っていたことでしょう。にもかかわらず、ファイザー

本社は2005年末、ファイザー・ジャパンに対し、冷酷にも300人の人員削減断行を通告してお

り、この後、ファイザー・ジャパンでは深刻な労使紛争が勃発しています。2006年3月、当時

のファイザー・ジャパンのソーレン・セリンダー社長など4人の幹部が更迭され、生え抜きの

岩崎博充氏が社長に就任して事態の収拾を図ることになったそうです(注2)。ところが、意

外というべきか、案の定というべきか、上記、朝日新聞報道のように、1年弱後の2007年1月

現在、日本法人に対する人員削減要求は300人どころか1200人と4倍に跳ね上がっています。

イラク戦略に失敗したといわれるブッシュ大統領が、2007年1月発表のイラク新戦略で、米軍

撤退どころか、2万人超の兵員増派を発表した(注3)のと酷似しています。さらに、あろうこ

とか、ホワイトカラー集団の塊であるファイザー・ジャパンの中央研究所(愛知県、400人規

模)を閉鎖すると通告したそうです。今、巷間で話題となっているホワイトカラー・エクゼン

プション(残業免除)どころではありません。まさにホワイトカラー・エクゼキューション(処

刑)です。滅私奉公的価値観の残存する日本では、想像を絶するような悪魔の宣告に等しい。

 ただ、このリストラ策は、日本法人のみを狙い撃ちしたものではなく、グローバル企業フ

ァイザーの全世界拠点を対象としています。このようにグローバル外資系企業では、日本法

人だけが特別扱いされることはないわけです。好業績下での人員削減は、日本社会の習慣に

合わないという反論はもはや通用しません。欧米社会あるいは、日本以外のアジア各国で

は、ファイザーのような企業リストラは日常茶飯事ですから、人材市場は極めて流動化して

います。日本以外では、ファイザーの研究員の市場価値が高ければ、研究所が閉鎖されれ

ば、その研究員は、競合企業からすぐさまヘッドハンティングされます。逆に、グローバル

企業の研究員は、いつでも競合他社から引き抜かれるほどの実力をつけておきたいから、現

在、所属する企業で全力を尽くすわけです。さて、ファイザー本社の経営者は、株主を含む

ステークホルダーに向けて、マニフェストとして2008年までに40億ドルのコスト削減を公約

しています。この公約が期限までに実行できなければ、経営者自身が責任を取らされるし(解

任)、公約を果たせば、40億ドルの何パーセントかの報酬が得られるわけです。ファイザー経

営者にとっては、自分がクビになるか、それとも一部の社員をクビにするかの瀬戸際に立た

されています。この意味で好業績ファイザーの日本法人リストラ計画は、われわれ日本人に

対し、グローバル競争社会の冷酷な本質を突きつけています。

 今日のグローバル社会では、いくら世界的ブランド企業であっても、雇われ社員はいつ何

時、リストラされるか知れません。ファイザーは決して例外企業ではありません。欧米やア

ジアで、ベンチャー起業する人があとを絶たない理由がここにあります。



注1:山本尚利 [2007]『技術経営ランキング500社、上位企業の業種別海外比較分析』早稲

田ビジネススクール・レビュー、第5号(2007年1月号)60ページ、日経BP刊行

注2:日経BPネット2006年3月16日『ファイザー内紛で社長解任、労使対立解消へ生え抜き日

本人を起用』

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/424/424400.html


注3:ベンチャー革命No.218『米・イラン戦争:日本のみ石油危機到来』2007年1月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr218.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

アメリッポンドットコムより

Amerippon.Com


http://namegaeshi.web.fc2.com/index.html





TRAGEDY AND HOPE

Author; Carroll Quigley


CHAPTER 1: INTRODUCTION: WESTERN CIVILIZATION IN ITS WORLD SETTING


3Page

Each civilization is born in some inexplicable fashion and, after a slow start, enters a period of vigorous expansion, increasing its size and power, both internally and at the expenseof its neighbors, until gradually a crisis of organization appears... It becomes stabilized and eventually stagnant. After a Golden Age of peace and prosperity, internal crises again arise. At this point, there appears for the first time, a moral and physical weakness.


5P

The passage from the Age of Expansion to the Age of Conflict is the most complex, most interesting and most critical of all periods of the life cycle of a civilization. It is marked byfour chief characteristics: it is a period:

a) of declining rate of expansion;

b) of growing tensions and class conflicts;

c) of increasingly frequent and violent imperialist wars;

d) of growing irrationality.


8P

When we consider the untold numbers of other societies, simpler than civilizations, which Western Civilization has destroyed or is now destroying, the full frightening power of WesternCivilization becomes obvious. This shift from an Age of Conflict to an Age of Expansion is marked by a resumption of the investment of capital and the accumulation of capital on a large scale.


In the new Western civilization, a small number of men, equipped and trained to fight, received dues and services from the overwhelming majority of men who were expected to till the soil. From this inequitable but effective defensive system emerged an inequitable distributionof political power and, in turn, an inequitable distribution of the social economic income. This, in time, resulted in an accumulation of capital, which, by giving rise to demand for luxury goods of remote origin, began to shift the whole economic emphasis of the society from its earlier organization in self-sufficient agrarian units to commercial interchange, economic specialization, and, a bourgeois class.


9P

At the end of the first period of expansion of Western Civilization covering the years 970-1270, the organization of society was becoming a petrified collection of vested interests andentered the Age of Conflict from 1270-1420. In the new Age of Expansion, frequently called the period of commercial capitalism from 1440 to 1680, the real impetus to economic expansioncame from efforts to obtain profits by the interchange of goods, especially semi-luxury orluxury goods, over long distances. In time, profits were sought by imposing restrictions on the production or interchange of goods rather than by encouraging these activities.




10P

The social organization of this third Age of Expansion from 1770-1929 following upon the second Age of Conflict of 1690-1815 might be called "industrial capitalism." In the last of thenineteenth century, it began to become a structure of vested interests to which we might give the name "monopoly capitalism. " We shall undoubtedly get a Universal Empire in which the United States will rule most of the Western Civilization. This will be followed, as in othercivilizations, by a period of decay and ultimately, as the civilizations grows weaker, by invasions and the total destruction of Western culture.


EUROPE'S SHIFT TO THE TWENTIETH CENTURY

24P

The belief in the innate goodness of man had its roots in the eighteenth century when it appeared to many that man was born good and free but was everywhere distorted, corrupted, and enslaved by bad institutions and conventions. As Rousseau said, "Man is born free yet everywhere he is in chains." Obviously, if man is is innately good and needs but to be freed from social restrictions, he is capable of tremendous achievements in this world of time, and does

not need to postpone his hopes of personal salvation into eternity.


25P

To the nineteenth century mind, evil, or sin, was a negative conception. It merely indicateda lack or, at most, a distortion of good. Any idea of sin or evil as a malignant force opposed to good, and capable of existing by its own nature, was completely lacking in the typicalnineteenth century mind. The only evil was frustration and the only sin, repression. Just asthe negative idea of the nature of evil flowed from the belief that human nature wasgood, sothe idea of liberalism flowed from the belief that society was bad. For, if societywas bad,the state,which was the organized coercive power of society, was doubly bad, and if man was good, he should be freed, above all, from the coercive power of the state.


”No government in business” was commonly called ”laissez faire” and would have left society with little power beyond that required to prevent the strong from physically oppressing the weak. This strange, and unexamined, belief held that there really existed, in the long run, a"community of interests" between the members of a society. It maintained that, in the long run, what was good for one was bad for all. It believed that there did exist a possible social pattern in which each member would be secure, free and prosperous.


26P

Capitalism was an economic system in which the motivating force was the desire for private profit as determined in a price system with the seeking of aggrandization of profits for eachindividual. Nationalism served to bind persons of the same nationality together into a tight,emotionally satisfying, unit. On the other side, it served to divide persons of different nationalities into antagonistic groups, often to the injury of their real mutual political, economic or cultural advantages. The event which destroyed the pretty dream world of 1919-1929

were the stock market crash, the world depression, the world financial crisis.


28P

The twentieth century came to believe that human nature is, if not innately bad, at least capable of being very evil. Left to himself, man falls very easily to the level of the jungle or even lower and this result can be prevent only by the coercive power of society. Along with this change from good men and bad society to bad men and good society has appeared a reaction from optimism to pessimism. The horrors of Hitler's concentration camps and Stalin's slave-labor units are chiefly responsible for this change.





悲劇と希望

作者;

キャロル キグリー

1章:

入門:

その世界設定における西欧文明

3ページ

各文明はいくらかの不可解なスタイルで誕生し、遅い開始の後に、徐々に、組織の危機が出現するまで、そのサイズとパワーを内部に、そしてその隣人の費用で増大させて、強健な拡張の期間に入ります…

それは安定し、結局停滞します。

平和と繁栄の黄金時代の後に、内部の危機は再び生じます。

この時に初めてそこで出現すること、道徳的で、物質的な弱さ。

5P

拡張の時代からの衝突の時代への通路は最も複雑で、とても興味深く、文明のライフサイクルのすべての期間にとても批判的です。

それは4つの主要な特徴によって特徴づけられています:

それは期間です:

a) 下落する膨張率の;

b) 成長する緊張と階級闘争の;

c) ますます頻繁で、暴力的な帝国主義戦争の;

d) 不合理さを成長させることの。

8P

私達が、西欧文明が破壊したか、現在、破壊している文明より簡単な他の社会の明らかにされない数を考慮する時に、西欧文明の完全な恐ろしいパワーは明らかになります。

衝突の時代からの拡張の時代へのこの変化は資本と大規模の上の資本蓄積の投資の再開によって特徴づけられています。

新しい西欧の文明において、装備されていて、戦うために訓練された小さな人数は、土を耕すことを期待されていた人の圧倒的多数から会費とサービスを受け取りました。

出現したこの不公平であるけれども効果的な防御用のシステム 政治権力の不公平な配布 と次々、社会的な経済収入の不公平な配布。

これは時間内に資本蓄積を結果として生じていました(社会の経済の強調全体を自給自足の農地のユニットにおけるそのより早い組織から商業用の交換(経済の特殊化と有産階級)に移すために、それは、リモートの起源の高級品への需要を起こすことから始めました)。

9P

年970-1270をカバーしている西欧文明の拡張の最初の期間の終わりに、社会の組織は既得権の石化されたコレクションになりつつあり、1270-1420から衝突の時代に入りました。

1440から1680まで頻繁に商業資本主義の期間と呼ばれる拡張の新しい時代において、長距離の間に商品(特に半高級品または高級品)の交換によって利益を得る努力から、景気拡大への本当のはずみは来ました。

時間内に、利益は、これらの活動を促進することによってというよりも、生産における制限または商品の交換を課すことによって捜されました。

10P

1690-1815の衝突の2番目の時代の上の1770-1929年続きからの拡張のこの老年期の社会組織は「産業資本主義」と呼ばれるかもしれません。

19世紀の最後に、それは、私達が名前「独占資本」を与えるかもしれない既得権の構造になりはじめました。

「私達は、疑いなく、米国が西欧文明のほとんどを支配するであろうユニバーサル帝国を得ます」。

これの後に、他の文明においてそうであるように、腐敗の期間が続くであろうし、最終的に、文明として、侵略と西洋の文化の完全な破壊によってより弱くなります。

20世紀へのヨーロッパのシフト

24P

多くに、人が善として誕生し、自由であったようであった時に、先天的な人間の善性における信念は18世紀にその根を持っていたけれども、悪い組織と会議によってどこでも歪み、堕落し、奴隷にされました。

ルソーが、「彼が拘束されているどこでも、人はまだ自由に誕生しています」と言った時。

明らかに、もし人がであるならば先天的によく、ニーズけれども社会的な制限から解放されるように、彼には時間のこの世界のすさまじい業績が可能で、長時間に個人的な救済の彼の希望を延期する必要はない。

25P

19世紀の精神に、悪または罪はネガティブな概念でした。

それは単に善の不足またはせいぜい、歪みを示しました。

悪性の力としての罪または悪のどのようなアイデアでも善に対抗し、それ自身の自然によって存在することが可能に、典型的な19世紀の精神を完全に欠いていました。

唯一の悪はフラストレーションと唯一の罪、抑制でした。

まさに悪の性質のastheネガティブアイデアは、人間性がよかったという確信から出てきたので、自由主義のアイデアは、社会が悪かったという確信から出てきました。

社会が悪く、社会の組織された強制力であった状態が2倍悪かったことのため、ならば、そして人がよかったならば、彼はとりわけ強制的な国家権力から解放されるべきです。

「ビジネスにおける政府がありません」は一般的に「自由競争主義」と呼ばれて、ほとんど、強いものが弱いものを物理的に圧迫することを防止するために必要とされているそれを越えるパワーなしに会を脱会したでしょう。

この奇妙で、無調査の信念は、本当に、長い目で見れば、「共通の利害関係」が協会のメンバーの間に存在していたと考えていました。

それは、長い目で見れば、ものに良かったものがすべてのために悪かったと主張しました。

それは、各メンバーが安全で、自由で、繁栄しているであろう可能な社会的なパターンが存在していたと信じました。

26P

資本主義は、各個人のための利益のaggrandizationの捜索によって価格体系の中で決定されるように、動機づけ力が私利への欲望であった経済システムでした。

ナショナリズムは、きつく、感情的に満足なユニットの中に同じ国籍の人をバインドすることに役立ちました。

反対側で、それは、しばしば彼らの本当の相互の政治的で、経済の、または文化的な利点の損傷に違う国籍の人を相反したグループに分けることに役立ちました。

1919年-1929年のかわいい夢の世界を破壊したイベントは株式市場の暴落、世界恐慌、世界金融恐慌でした。

28P

20世紀は、人間性が、先天的に悪くないならば、非常に悪いことが少なくとも可能であると信じるようになりました。

自身に残されています 人落下 非常に容易に レベル ジャングルまたはいっそう低く、社会の強制的なパワーだけのためこの結果が防止であるかもしれない 。

よい人と悪い社会から悪い人と善までのこの変化とともに、社会は楽天主義から悲観主義に対する反応のようでした。

ヒトラーの強制収容所とスターリンの強制労働のユニットの恐怖はとりわけこの変化に責任があります。

コントロールされた衝突によって作成された「マトリックス」

The "Matrix" Created by Controlled Conflict


January 19, 2007


?

By Henry Makow Ph.D.








Recently a feud between Donald Trump and Rosie O'Donnell gave their ratings?a boost. Mel Gibson and Michael Richards ?also made gratuitous attacks that?helped their bottom line.


What if the world's great conflicts?were just as phony? What if Bush and Chavez; Blair and Putin; Olmert and Ahmadinejad were all part of a giant Punch and Judy Show?


What if we were riding the roller coaster, cheering and groaning, and biting our finger nails for nothing? What if it were all staged like professional wrestling (only thousands of ?innocent people?were dying?)


Many?of us consider Ahmadinejad, Putin and Chavez the "good guys" in the fight against the New World Order.?It's possible they are controlled by the Illuminati as well. Our hidden masters?control?everything else.?Would they leave war?to chance????



I can't prove this grand hypothesis today. However, there is some?anecdotal evidence.



First, take?past wars. None of them were anything like inevitable. I have shown how World War One was made possible by
British food subsidies
to the Germans, and ended when this trade?stopped. World War Two, which Churchill called the most "unnecessary war in history" was also engineered through?loans to the Nazis and the policy of "Appeasement."
?The


Masonic bankers also engineered US entry
into WW II.


2007年1月19日


コントロールされた衝突によって作成された「マトリックス」

ヘンリーメイコウ博士によって

最近、ドナルド・トランプとロージー・オドネルの間の確執はそれらの格付けに景気づけを与えました。

メル・ギブソンとマイケル・リチャーズはまた、それらの収益を助けた不必要な攻撃をしました。

世界の大きな衝突がちょうど同じくらい偽であったとしたら?

ブッシュとシャベスたら;

ブレアとプーチン;

オルメルトとアハマディネジャドはすべて巨人パンチとジュディショーの一部だとしたら?

私達が、無料で私達の指つめに声援を送り、うめき、噛んで、ジェットコースターに乗っていたとしたら?

それが、プロレス(ほんの数千人の無実の人々は危篤でした?)のようにすべて上演されたとしたら

私達の多くは新世界秩序に対する戦いにおいてアハマディネジャド、プーチン、およびシャベスを「よい男」と考えます。

それらがその上啓蒙主義者によってコントロールされることは可能です。

私達の隠れたマスタは他のすべてをコントロールします。

彼らは戦争で運まかせにするでしょうか?

私は今日この雄大な仮説を証明することができません。

しかし、いくらかの事例証拠があります。

第一に、過去の戦争を取ってください。

彼らの誰も、何も必然的に望むことではありませんでした。

私は、どう第1次世界大戦が、ドイツ人に英国の食物補助金によって可能にされて、この得意先が停止した時に終えられたかを示しました。

「歴史における不要な戦争」がまた、たくらまれた多くと呼ばれるチャーチルがナチと「譲歩」の方針に貸す第2次世界大戦。

フリーメーソン銀行家はまたWW IIへの米国入場をたくらみました。


The war supposedly was fought for the independence of Poland yet at the end, Eastern Europe was under the?heel of the Russians, the 1939-1941 allies of the Nazis.?Instead of? Nazis, Polish nationalists?were massacred by Soviets. An improvement? Sounds to me like war for its own sake, or for Communism.


Our?War on Terror is the natural successor of the "Cold War"; both as phony as three-dollar bills.?The war on Iraq? Lebanon? Afghanistan? Iran??Do any of them make any sense? These wars are unwinnable. How do you win?a guerilla war without annihilating everyone? They are not meant to be won.


As Dick Cheney intimated
, the Iraq War will last 40 years ?i.e. as long as the Cold War.?? Both sides are subsidized and controlled by the world's central bankers and their secret societies/intelligence agencies.



War is an end in itself. It concentrates money and power in the hands of our Satan-loving elites. It provides human sacrifices to?their bloodthirsty?god and brutalizes and demoralizes humanity.



It is a waste of energy to discuss the "political reasons" for these conflicts. They are a ruse.



OUR "MISLEADERS" ( term coined by?Jordan Maxwell)



After debating for months whether the US was winning or losing in Iraq, someone decided it was losing. As the?"decider,"?Bush?stoutly accepted?responsibility and?even?shed a tear at a?soldier's funeral.???


That?didn't?prevent the?demonizing of poor?George.?His opponents assailed his sanity, intelligence, virility and honor. What?do?they expect?of an admitted satanist?
?


George is not to blame. Every President in the Twentieth Century has been a hand puppet of the Rothschild-Rockefeller cartel of cartels.?They wouldn’t?let?George?manage a gas station let alone the "Free World."?Luckily, Bush?just reads the teleprompter.


Derision?only gives?him credibility heightening the illusion that?the US has?a functioning democracy, mass media?and justice system. Remember, the US government is?ultimately responsible for the slaughter of 3000 Americans in broad daylight Sept. 11. The US ruling class and punditry?are complicit in the ongoing?cover-up. The most obvious "controlled conflict" is the two party system.


戦争はたぶん終わりにポーランドの独立のためにされていて、東ヨーロッパはロシア人(ナチの1939年-1941年の同盟者)のかかとの下にありました。

ナチの代わりに、ポーランド国家主義者はソビエトによって虐殺されました。

改良?

私への音はそれ自身のためにまたは共産主義のために戦争が好きです。

テロに対する私達の戦争は「冷戦」の自然な後継者です;

3ドル札と同じくらい両方ともにせ。

イラクの上の戦争?

レバノン?

アフガニスタン?

イラン?

彼らの誰かが意識をしますか?

これらの戦争は勝ち取れない。

どのようにあなたは、誰でも全滅させずにゲリラ戦を勝ち取りますか?

それらは、勝ち取られることを意図されていません。

ディック・チェイニーがほのめかした時に、イラク戦争はすなわち冷戦限り40年続くでしょう。

両者は世界の中央銀行総裁と彼らの秘密結社/諜報機関によって助成金を与えられて、コントロールされます。

戦争はそれ自体が目的です。

それはお金とパワーを私達のサタンを愛するエリートの手に集中します。

それはそれらの残忍な神に人身御供を提供し、人類を残忍にし、それの士気をくじきます。

これらの衝突の「政治的な理由」を議論することはエネルギーの浪費です。

それらは策略です。

私達の「MISLEADERS」(ジョーダン・マクスウェルによって作り出された用語)

米国がイラクで勝っていたか負けていたかを何ヶ月も討論した後に、誰かが、それが負けていたと決めました。

「決定者」として、ブッシュはしっかりと責任を受け入れて、兵士の葬式で涙を流しさえしました。

それは気の毒なジョージの悪魔化を防止しませんでした。

彼の相手は彼の正気、知能、男らしさ、および名誉を猛攻撃しました。

彼らは入れられた悪魔主義者に何を期待しますか?

ジョージは責任がありません。

20世紀のすべての大統領はカルテルのロスチャイルド・ロックフェラーカルテルの指人形でした。

それらは、ジョージに、ガソリンスタンド 「自由世界。」を一人で貸す を管理させません。

運良く、ブッシュはただテレプロンプターを読みます。

嘲笑は彼に、米国が機能民主主義国、マスメディア、および司法制度を持っているという錯覚を高めている信頼性を与えるだけです。

覚えていてください、米国政府は真っ昼間9月11日の3000人のアメリカ人の屠殺に最終的に責任があります。

米国支配階級と賢者の学識は進行中の隠蔽において共謀しています。

最も明らかな「コントロールされた衝突」は2政党組織です。


CREATING CONFLICT


Let's look at the "opponents" of globalization and the New World Order. Chavez, Putin and Ahmadinejad were all obscure figures handed power by a hidden hand.? Like Bush, they certainly lack the stature of real "deciders."


Chavez and Ahmadinejad vilify Bush and the USA,?but, like Chavez' mentor Noam Chomsky,?cannot?pronounce the words "Rothschild" or "central banker."








Chavez's Bolivarian Revolution is Freemasonic in origin, as is his Communism. Someone claims
he met Chavez
at a meeting of the Grand Lodge of Texas in the 1990's.?Chaevez led a failed coup but got out of jail after only 2 years. Wikipedia reports that?he later?received?campaign funds?from large banks.




Now Chavez and Ahmadinejad are busy establishing an Anti-American coalition in South America: More controlled conflict.

作成衝突

グローバリゼーションと新世界秩序の「相手」を見ましょう。

シャベス、プーチン、およびアハマディネジャドはすべて隠れた手によってパワーを手渡された不明瞭な人物でした。

ブッシュのように、それらは確かに本当の「決定者」に高さが不足しています。

シャベスとアハマディネジャドはブッシュと米国をけなすけれども、シャベス'師ノーム・チョムスキーのように、言葉"ロスチャイルド"または"を中央銀行総裁インチと宣言することができません。

彼の共産主義がそうであるように、シャベスのBolivarian革命は起源においてフリーメーソンです。

誰かが、彼が1990年代にテキサスのグランド・ロッジのミーティングのシャベスと会ったと主張します。

Chaevezは失敗したクーデターを導いたけれども、わずか2年の後に刑務所を出ました。

Wikipediaは、彼が後で大きな銀行から選挙資金を受け取ったことを報告します。

さて、シャベスとアハマディネジャドは南アメリカで反アメリカ連立を設立することに忙しい:

より多くは衝突をコントロールしました。

CONTROLLING DEBATE


I suspect that the bankers set up Nationalist and anti-Globalist spokesmen and groups in order to control both sides. The tip off is?if these people are getting corporate/government support and coverage in the mass media.?Canadian examples are Naomi Klein, Maude Barlow and Mel Hurtig.



On the other hand, you know Connie Fogal, leader of the
Canadian Action Party
is legit because she talks about the bankers and consequently gets no media. In the US, Aaron Russo is legit for the same reason.



It's apparent that political action requires money. The bankers mint it. The rest of us are too busy?making a living to be anything but?bystanders and victims.





CONCLUSION



These days you can't turn on the media without someone (usually Zionists like Charles Adler or Glenn Beck,) stirring up hostility against Iran and Muslims in general. They keep talking about how war-like Islam is when?we are?invading them! Any future conflict may?destroy Israel, but these highly paid?shills?don’t care. War for its own sake is the goal.



War is considered "revolutionary"
because it advances the Masonic bankers' goal of the New World Order. It "overturns" the natural and divinely intended development of mankind.


To have a war, the bankers?need to create and provision two sides. Thus?all wars are waged?against humanity by a small?satanic criminal network that owns 50% of the world's wealth.?The mainspring?is the world's private central bankers
.?


The Hindus?have a term for the "Matrix." They say our lives?are governed by "Maya" or "illusion."?


We didn't guess? anyone would go to so much trouble to create it. Perhaps liberation lies in recognizing that conflicts are artificially created and controlled.


コントロール討論

私は、両側をコントロールするために、銀行家が国家主義で、反グローバリストのスポークスマンとグループを設定したと疑っています。

離れる秘訣は、これらの人々が企業の/政府の支柱とカバレッジをマスメディアの中に入れているかどうかです。

カナダ例はナオミ クライン、モード・バーロウ、およびメルHurtigです。

一方では、あなたはコニー・フォーガルを知っていて、彼女が銀行家について話すので、カナダ行動党のリーダーはまともで、その結果、メディアを全然得ません。

米国で、アーロン・ロッソは同じ理由によりまともです。

政治的行為がお金を必要としていることは明白です。

銀行家はそれを鋳造します。

残りの私達は、全く傍観者と犠牲者ではないには生計を立てることに忙しすぎます。

結論

最近は、あなたは一般にイランとイスラム教徒に対する敵意をかきたてている誰か(チャールズ・アドラーまたはグレン・ベックのような通常シオニスト)なしでメディアをつけることができません。

彼らは、どう戦争風のイスラム教が、私達が彼らを侵略している時であるかについて話し続けます!

どのような未来の衝突でもユダヤ人を破滅させるかもしれないけれども、これらの高く支払われたさくらは気にしません。

それ自身のために戦争はそのゴールです。

それがフリーメーソン銀行家の新世界秩序のゴールを進めるので、戦争は「革命的です」と考えられます。

それは人類の自然で、荘厳に意図されている開発を「倒します」。

戦争を持つために、銀行家は、2側を作成し、食料を供給する必要があります。

従って、すべての戦争は、世界の富の50%を持っている小さな悪魔の犯罪のネットワークによって人間性に対して遂行されます。

主ぜんまいは世界の私的な中央銀行総裁です。

ヒンズー教徒は「マトリックス」のために用語を持っています。

彼らは、私達の人生が「マヤ」または「幻覚」によって制御されると言います。

私達は、誰でも、それを作成するためにそんなに多くの苦労をするであろうということを推察しませんでした。

たぶん、解放は、衝突が人工的に作成されて、コントロールされると認めることにあります。

何時でも敵に回る・・安い労働者・。

不二家期限切れ原料使用問題 1月5日にも期限切れ原料使用 「3秒ルール」証言も










大手洋菓子メーカー「不二家」でずさんな品質管理が明らかになった問題で、1月に入っても、期限切れの生クリームを使用していたことが新たにわかった。

さらに「落ちて3秒以内に元に戻せばOK」という驚がくの実態も、内部証言から明らかになった。

不二家社長の辞任表明から一夜が明け、ずさんな管理体制を裏づける新たな証言が出た。

埼玉工場や野木工場から運ばれてくる商品を仕分けするパート従業員は、「汚いですよ。制服というか作業着というか、そういうのは『いつ洗ってるの?』っていう感じです」と、不衛生な商品管理の実態を訴えた。

さらに、このパート従業員は、「『落ちて3秒以内に元に戻せばOK』と。そういうのは、店に配送されたらまずいんじゃないのっていう感じのことを聞いても、『大丈夫、大丈夫』って済んじゃいますしね。え! いいの? こんなの売っちゃっていいの? って思いましたよ」と話した。

街の人からは「消費者をなめてるんじゃない」、「甘く考えてますよね。あれだけ大きな雪印の問題があったのに」といった批判の声が聞かれた。

これまで不二家は、2006年11月に問題を把握し、危機管理体制を強化したとしていた。

しかし1月5日にも、埼玉工場で期限切れの生クリームを使ったショートケーキを製造・出荷していたことなどを16日夜、明らかにした。

その埼玉工場の工場長は、経過と再発防止策をまとめた報告書を保健所に提出し、期限切れの牛乳を使用したことを知りながら、本社に報告しなかったことを明らかにした。

埼玉工場の工場長は「やはりコストを意識するというのは、ある一方であります。食品の安心・安全、そういった部分のウエートが、若干下がったのではないかと」と話した。

次々と明るみに出る組織ぐるみのずさんな管理体制。

パート従業員は「自分の口に入らないから、別にいいや的なことを見てると、お金は出して買いたくないし、二度と買いたくない」と話した。





蛇足

今の景気回復は、パートやバイトに派遣(アウトソーシングを含む)の低賃金労働者で支えている。経団連は国際競争で賃金は下がるなどとほざいている。が実態は何時でも敵に回る・・危険従業員の増加なのだ・。低賃金で安く扱き使うしっぺ返しは今そこの危機だ。核になる一握りの正社員で成り立つと思っている傲慢経営者は恐怖におののいているだろう・。もう、和を重視してた昔を思っても無理だろう・。アフォな守秘義務などと誓約させられる人権無視が罷りとうる程、低賃金労働者をバカにしたものは無い。お前ぇらの好きにはなんねぇ(細腕繁盛記)・・・。イルミナティ悪魔主義?の導入で毒が回ったか??ボンクラ頭の経営者(大企業も)ども・。??? ??????????????

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年1月17日

                           山本尚利

タイトル:米・イラン戦争:日本のみ石油危機到来



1.米国ブッシュ政権のイラク新戦略:2万人超の増派

 2007年1月10日、ブッシュ大統領はイラク新戦略を発表しました。その内容は、大方の期待

を裏切って、米軍のイラク撤退どころか、なんと2万1500人の増派計画でした。マスコミ報道

によれば、イラクには現在、13万人もの米兵が駐屯しているそうです。その費用は1ヶ月にな

んと1兆円規模のようです。13万人もの米兵をつぎ込んでも、なおイラク戦争の戦後処理がで

きず、泥沼化したイラクに、さらに2万人超の米兵を追加して、イラクの混乱が解決すると思

う人がいたらお目にかかりたいくらいです。ブッシュ大統領のイラク新戦略の発表を聴いて

いると、下手なギャンブル狂が大負けを取り戻そうと、あぶない借金してまでも、さらに一

か八の大博打に打って出るというシーンを連想します。ブッシュはいったい何、考えている

のだと怪訝に思う人も多いでしょう。

 さて2006年11月の中間選挙でブッシュ共和党は大敗北しています。その敗因は、米国民の

過半数が、ブッシュ政権のイラク戦争の戦後処理が失敗であったとみなしているからだとい

われています。ブッシュ政権がまともな政権であったなら、たとえ、みずからは本心でイラ

ク戦略の失敗を認めていなくても、民主主義国家であるかぎり、米国民の意思を尊重して、

イラク撤退作戦を発表するのが常識です。ところがブッシュ大統領は、連邦議会の多数派と

なった米民主党の反対を承知の上で、この2万人超の増派というイラク新戦略を発表している

わけですから、発表時点で、ブッシュ政権と民主党との折り合いは、密かについていると思

います。つまり、米国民の意を受けて多数派となった民主党のメンツを失わせないで、ブッ

シュ政権によるイラク増派は行われるということでしょう。具体的にどうするのか知れませ

んが・・・。



2.ブッシュのイラク戦略は失敗だったのか、とんでもない!

 マスコミに登場する日本の識者の多くは、ブッシュ政権のイラク戦略は失敗であり、更な

る増派は、間違っている。イラクの泥沼化はさらに悪化するだけであるから、至急、米軍の

イラク撤退を実施すべきであるというものです。ところが筆者の見方は大きく異なります。

ブッシュ政権を闇で操る戦争屋(注1)は、イラク戦争の戦後処理をわざと泥沼化させてい

ると思います。なぜか、その理由は、戦争屋にとって、中東での長期軍事戦略目標が2007年1

月時点ではまだ達成されていないからです。戦争屋はそれほど間抜けでもないし、トンマで

もありません。実にしたたかです。さて彼らの長期軍事戦略目標とは何でしょうか。筆者の

見方では「中東産油国のイスラム原理主義政権を軍事的にすべて崩壊させて、中東の石油利

権を完全奪取する」ことなのではないでしょうか。筆者の16年半に及ぶ米国シンクタンク、

SRIインターナショナルでの経験から、彼らの思考パターンは基本的に目的志向型だと思いま

す。具体的に説明すると、米国覇権主義者の中核、戦争屋は、クリントン政権時代に、上記

のような長期軍事戦略目標をすでに設定していたと思われます。この軍事戦略目標を達成す

るための第一弾の実行計画が、ブッシュ・ジュニア政権を強引に誕生させることでした。そ

のために大掛かりな国民だましや選挙不正が行われたのです。彼らは、目的達成には手段を

選ばずの人たちですから。次に、2001年1月から2007年1月の今日まで、戦争屋が上記、長期

軍事戦略目標達成のため、ブッシュ政権存続期間を利用して実行してきたのが、2001年の

9.11事件、アフガン戦争、そしてイラク戦争であったとみなすことができます。2007年1月の

今日から、ブッシュ政権が交代する予定の2008年12月までの約2年間、戦争屋が長期軍事戦略

の最終目標達成に向けて、是が非でも、成就しなければならないのが「イランのイスラム原

理主義政権の軍事的排除」なのです。この戦術目標を達成して初めて、戦争屋の長期軍事戦

略目標が達成されるわけです。

 このような見方にたてば、ブッシュ政権のイラク戦略は失敗でも何でもありません。予定

どおり粛々と進んでいるとみなせます。ところが、緻密な戦争屋にも誤算がありました。そ

れは2006年6月のオタワ・ビルダーバーグ国際会議にて、金融系の世界的寡頭勢力中心に、戦

争屋のイラン攻撃計画を正式に反対決議されたこと(注1)でしょう。なぜ、銀行屋が反対

したかというと、単に「お前ら、金がないくせに、戦争ばかりやるな、次はわれわれ銀行屋

が世界を仕切るぞ」というものではないでしょうか。その後、世界的寡頭勢力における戦争

屋と銀行屋の間で、熾烈な闇駆け引きが行われ、最近、戦争屋のイラン攻撃計画が復活した

(注2)と筆者はみています。



3.米・イラン戦争勃発のインパクト:日本のみの石油危機

 2007年1月16日発行の田中宇氏の国際ニュース(注3)によれば、米・イラン戦争はすでに

水面下で始まっているようです。その推測を裏付ける兆候が随所にみられるとのこと。たと

えば、2007年1月9日、川崎汽船の日本向け石油タンカーが、米国の原子力潜水艦、ニューポ

ートニューズとペルシャ湾ホルムズ海峡にて接触事故を起こしたというニュースが流れまし

た。なぜ、ペルシャ湾に米原潜がうろついているのでしょうか。確かに、イラクのテロリス

ト征伐に原潜は不要です。これはただごとではない!ああー、やっぱり、いくら米国民が反

対しても、米軍のイラン攻撃計画は猪突猛進、後に引けないようです。上記のように、現

在、イラクに13万人もの米兵が駐留しているのは、ほんとうにイラクの戦後処理だけなの

か、大変疑問です。この13万人の米兵は、いつでもイラン攻撃用に振り向けられるようにし

ているのであれば、納得です。このまま行けば、米軍のイラン攻撃開始は2007年3月といわれ

ています。米・イラン戦争も、日米太平洋戦争に準じて、悪役にされるイランが先に手を出す

ように仕向けるでしょう。具体的には、イスラエルが、まずイランに挑発を仕掛けて、イラ

ンがイスラエルにミサイルを撃つ。これで、米国のイラン攻撃が正当化されます。

 ところで2007年2月には、ブッシュ政権のチェイニー副大統領が訪日するそうです。彼の訪

日目的は、自衛隊の米・イラン戦争への参加要請と、米国連邦政府のイラン戦争資金調達の

ための日本政府への出資要請(米国債購入)ではないかと推測されます。安倍政権は、

元々、チェイニーを雇っている戦争屋の闇サポートで成立した政権ですから、チェイニーの

要求を蹴ることはできないでしょう。チェイニーやキッシンジャー一派(戦争屋の先手)

は、賢明なる日本国民が、土壇場で目覚めて、自衛隊のイラン派兵に反対するかもしれない

ことを予想しています。そのときは、キム・ジョンイルを恫喝して、横田めぐみさんなど、

拉致被害者を急遽帰国させて、日本国民の目をそらすという奥の手まで用意しているでしょ

う。最近、山崎拓氏が、北朝鮮訪問したのは、このような米朝の密約が関係しているかもし

れません。戦争屋を含む世界的寡頭勢力は、日本の幕末時代にも、薩長連合軍と幕府軍の全

面戦争を仕掛けたのですが、土壇場で当時の両軍の日本人指導者が、彼らの陰謀に気づき、

最終的に徳川慶喜の大政奉還で全面戦争を回避した歴史があります。そのため、世界的寡頭

勢力のジャパンハンドラー部隊は、頭脳明晰な一部の日本人に対しては一瞬の油断も禁物と

考えているはずです。ところで米国のイラン攻撃計画への日本の対米協力が、日本国民へ与

えるインパクトとは何でしょうか。筆者は、良いインパクトと悪いインパクトと両方あると

思います。まず、良いインパクトとは、近未来の極東戦争の芽が、しばらく消えるという点

です。このインパクトは実に大きい。自衛隊員には誠にお気の毒ですが、彼らが犠牲(中東

に派兵される)になって、一般日本国民の安全がしばらく守られるわけです。イラン戦争が

米国の勝利に終わるまで、とりあえず、極東戦争は起きないといえます。何年かかるか知れ

ませんが・・・。次に、悪いインパクトは、もし米・イラン戦争が始まったら、イランがまず

ホルムズ海峡封鎖を行うであろうという点です。そうなれば、日本の中東産石油の輸入(全

石油輸入量の85%を中東依存)が全面ストップする可能性がある点です。日本の石油備蓄量は

162日分ですから、米・イラン戦争が始まって、米軍が半年以内にホルムズ海峡を制圧できな

いかぎり、世界で日本のみが深刻な石油危機に陥るわけです。そこで、日本国民がいかに反

対しようが、日本への石油輸入シーレーンの安全保障という名目で、自衛隊のイラン戦争参

戦が避けられなくなるということです。その意味でも、戦争屋にとって、日本の自衛隊を中

東に引きずり込むには、イランにホルムズ海峡を何とか封鎖させるよう仕向けたいわけで

す。こうして、日本は、戦争屋に完全に首根っこを押さえ込まれることになります。さて、

この状況には既視感(デジャヴ)があります。それは、世紀末、シリコンバレーを含むカリ

フォルニア州が戦争屋の先手、エンロンの天然ガス供給権の独占によって、電力危機に見舞

われ、その後、ネットバブル崩壊に至った現象が、さらに大規模化した形で、日本でも起き

うるということです。つまり、最悪、日本経済崩壊シナリオを想定しておく必要がありま

す。

 いずれにしても、狂った戦争屋を鎮めることができるのは、金融系の世界的寡頭勢力であ

る銀行屋のみであって、日本政府ではありません。したがって、彼らのイラン戦争実行計画

を禁止したら、単にセカンドチョイスで、極東戦争を引き起こされるのが関の山です。以上

の議論から、筆者の結論は、戦争屋に極東戦争を引き起こされるくらいなら、まだイラン戦

争を引き起こされる方が、日本国民への被害が相対的に少ないということです。東アジア人

に代わって、先に犠牲となる中東の人々には大変申し訳ありませんが、背に腹は代えられま

せんから・・・。



注1:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋へバトンタッチ』2006年11

月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm


注2:ベンチャー革命No.216『フセイン元大統領処刑のインパクト』2006年12月31日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr216.htm


注3:田中宇 国際ニュース『すでに米・イラン戦争は始まっている?』2007年1月16日

http://tanakanews.com/070116iran.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

江田島孔明コラムより

◯ 世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL134 江田島孔明


 今回は、フセインの処刑によって、新たな局面を迎える中東情勢の今後を、主に、イスラエルの立場で検討してみたい。  まず、今後の中東情勢がどのような展開をするかに関わらず、イスラエルの将来は、非常に暗いと言わざるをえないことは、私の過去のコラムをご覧いただければ、お分かりいただけるであろう。 要約すると、イスラエルの抱える問題とは、ユダヤ人口の減少、ムスリム人口の増大、アメリカにおける親ユダヤ勢力の退潮といった潜在的なトレンドの中で、イラク戦争にアメリカが敗北し、イラク撤退がほぼ確実になったことにある。  この状況は、「援軍を失った篭城戦」に等しく、時間の経過がそのまま不利に繋がる。世界史を概観しても、似たような戦略状況において、局面を打開できたのは、織田信長の桶狭間以外には、ほとんどない。逆に、攻囲側が、篭城側をあらゆる手段で篭絡し、城を落としていく例は、枚挙に暇が無い。つまり、「援軍の無い篭城」とは、本質的に負け戦なのだ。  ここで、考えなければならない点は、ランドパワー陣営にとって、イスラエルを陥落させる意味とは、どこにあるのかということだろう。この問題は、イスラエルがユダヤ人国家として発足したということ以上に、その「地政学的な位置」を理解することで、初めて明確になる。  まず、中東の地図を開いてみれば分かるが、イスラエルは、東地中海に面し、ヨルダン、レバノンと国境を接し、紅海にも面している。この事は、イスラエルが、地中海や紅海と中東を繋ぐ接点であると同時に、欧州やアフリカ、アジアといった大陸の結節点でもあることを意味する。 これは、海上交易や陸上交易の中継点として申し分の無い地政学的位置であり、本来は、東西の中継貿易により、巨万の富が約束されるべき土地なのだ。古代のエルサレムの繁栄は、その事を雄弁に物語る。そして、古代より、エルサレムを支配するの海上勢力とユーラシア内陸部の勢力の対立は意識されていた。





しかし、現実には、パレスチナ問題をはじめとする、周辺諸国との紛争を抱え、経済発展どころから、多額の軍事費の負担が重くのしかかり、アメリカの援助なしでは、やっていけないという状況だ。

 これは、ランドパワー陣営にとっては、イスラエルを陥落させささえすれば、地中海や紅海を通じた海上交易やレバノンやシリアを経由して、欧州大陸に抜ける陸路により、巨額の中継貿易の果実が得られることを意味する。その際の交易品の最大の物は、もちろん「原油」だろう。

 このような観点から、ランドパワー陣営による、イスラエル包囲網がしかれつつあり、イスラエルは、その打開のため積極策に打って出るということになるだろう。

 なお、アメリカは確かに、イスラエル建国以来、兵器や資金面での援助は欠かさなかったが、一度として、イスラエル防衛のため、米軍をイスラエルに駐留させたことは無い。この点が、日米安保が存在する日米関係と、明文の安保条約を持たない、米-イスラエル関係の決定的相違だ。

 今後の展開を予想するに、ランドパワーがシーパワーの重要拠点を包囲し、陥落させた事例として、モンゴル(元)による南宋滅亡の契機となった「襄陽の戦い」を見てみたい。

 元と南宋は長年の戦争関係にあった。元の皇帝となったクビライは、国是となりつつあった対南宋戦役も引き継いだ。その際彼が取った策は、彼本来の作戦-持久戦だった。この際周辺を固める意味から日本にも使者が送られ、それが元寇に繋がったことは有名だ。つまり、元寇は元の対南宋戦の一環なのだ。

 さて、ここでクビライの南宋戦役が行われた状況を考えよう。

 長期戦を考えた元は大軍、とはいってもその大半は華北の漢人部隊だが、を動員して襄陽を囲んだ。そして周辺に長城線を構築し包囲環を形成したのである。これはこれまでのモンゴル軍のパターンと違った。モンゴル軍は基本的に機動力を生かした短期決戦を指向することが多かったからだ。元はこういった長期戦に向かないモンゴル騎兵を督戦目的(あるいは幕僚団というべきかも)の少数にとどめ、漢人を中心とした歩兵部隊およそ10万を使って襄陽の周囲を城でとり囲み、補給を絶っての持久戦を開始したのだ。

 と、同時に襄陽陥落後の南宋本土進攻に備え、水軍の育成を開始する。ほぼ3年ほどの時間をかけ、南宋に匹敵する規模の水軍を育て上げた。10万の攻囲軍と数万という規模の水軍の育成、さらに当時新帝都の建設も始まっていた。それを可能にする元(あるいはモンゴル帝国)の経済力は恐るべきものがあることがわかるだろう。

 この事態を受けた南宋は襄陽に対し死守を命じると共に援軍を派遣した。しかし夏貴率いる援軍は敗北し、南宋は保有する唯一の野戦軍(地域を固定せず運用できる決戦部隊)にして最精鋭部隊10万を派遣する。攻囲開始から3年目のことだった。しかし彼らは敗れた。南宋の陸軍最精鋭とはいえ、元軍には及ばなかったし、そもそも襄陽周辺の長城線は、外からの援軍に対応する築城もなされていた。言うならば南宋は同数で質的にも上回る相手に対する城攻めを強要されたのである。

 さらに水軍も元側の新水軍と城郭設備(水上にも補給防止の工夫がなされていた)の前に破れ、ここに南宋最精鋭部隊は壊滅した。襄陽はあまりに本国から離れた土地であり、襄陽自身を利用できないのならば補給の困難が大きかったことも敗因として挙げられよう。

 特に水軍の敗北は大きい。それは南宋を成立以来安泰ならしめていた軍隊だからである。いかに要衝襄陽を救うためとはいえ、その大事な部隊を長大な補給線を引きつつ敵の罠に真正面から挑ましめ、損耗してしまったことは大きな禍根を残すことになった。たとえ襄陽が陥落しても、水軍さえ健在ならば敵の補給線に脅威を与えることは不可能ではないからである。以後、南宋水軍は元水軍の行動を掣肘できず、2度と歴史に登場することはなくなってしまった。

 この後、小規模な部隊が奇襲的に包囲網を突破して補給を届けることはあっても、解囲の試みがなされることはなかった。その程度の延命措置では襄陽の状況は変わらない。

 そして南宋の援軍を排除した元軍は本格的な攻城戦を開始する。とはいえ人を生身で向かわせるような強攻策は取らない。代わりに導入されたのは新兵器-投石器である。いや、投石器自体は昔から中国にもあったが、ムスリムの技術者を導入して作られたそれは、従来のものとは射程や打ち上げる石の規模という点でほとんど別物だった。

 補給の途絶と投石器による脅威。ついに攻囲6年目、襄陽は降伏した。そしてそれはそのまま南宋の滅亡への引き金となった。

 この戦いで南宋の野戦軍は壊滅しており、また水軍も大打撃を受けていた。襄陽を策源として入手した元軍の行動を牽制できなくなっていたのである。一方で元はこれまで見せていた抵抗者に対する見せしめ的虐殺を行わず、降伏したものは全て許され、中にはそのまま元軍に参加するものもあった。本来地方軍閥の連合体に過ぎなかった南宋は、この事態を受けて急速に解体した。地方軍閥からすれば、攻囲されても南宋政府は救援に来ず、またたとえ来たとしても失敗し、さらには降伏してもこれまでの地位は保証されるからである。

 地方の離反が相次ぐ南宋は13万の兵力を以って最後の決戦を挑むが、ほとんど戦闘にすらならずに崩壊した。彼らは以後抵抗らしい抵抗を見せることもなく首都を失う。襄陽陥落から2年ほどしかたっていなかった。

 その後彼らは3年ほどのゲリラ戦の後に完全に滅亡する。とはいえ最後の3年間は逃亡生活を続けただけであり、南宋は襄陽陥落から2年で滅亡したといって過言ではないだろう。クビライの持久戦プランは、わずか8年で中国南半分を領していた南宋を崩壊に追い込んだのである。

 いかがであろうか、我々は「モンゴル」というと、軽装騎兵の集団戦法を思い浮かべがちだが、南宋の攻略は、その戦略において、後世の日本の豊臣秀吉を彷彿とさせる城攻めを、その戦術において、当時の最新鋭であろうムスリム投石器を用いる等、騎馬民族のスケールをはるかに超越する戦法を生み出している。

 これは、モンゴルが、モンゴル高原の地方政権から大きく飛躍し、ユーラシア全土に関与する中で、グローバルな多国籍企業ともよぶべき連合体を築き上げたということだろう。

 このように考えると、イスラエルを巡る状況は、南宋=アメリカ、襄陽=イスラエル、モンゴル=ランドパワーという対比があることが分かる。そう考えると、レバノンで最近発生した、親シリア派の大臣暗殺は、「長城を巡る局地戦」だ。


イスラエルとしては、援軍が期待できない以上、織田信長のように、桶狭間で奇襲をかけるか、大坂夏の陣の際の真田幸村のように、絶望的状況で家康本陣に特攻をかけるかしか選択肢はない。

 この先制攻撃戦略は、当然、アメリカをはじめとする海洋国家連合が、VOL.133で述べたような中東における均衡戦略を採用するならば、衝突する可能性が高い。

 つまり、軍事的には、アメリカが「イスラエルの第一撃」を阻止できるかどうかが、中東情勢の分かれ道となる。これは、湾岸戦争のときと同じ戦略状況だ。阻止できなければ、中東における核戦争を覚悟するべき。このような、緊張状況下で、ヨルダン国王が来日した意義は、非常に大きい。狙いは、ずばり、パレスチナ問題解決による中東和平への、日本のコミットメントと、中東における核拡散阻止だ。外務省は、下記のように、中東和平のための、「平和と繁栄の回廊構想」を提示している。その構想自体は評価できるが、もう、時間はあまり残されていない。構想を計画に移し、実現していくための、十分な時間が無いのだ。

 私としては、真の中東和平には、「イスラエル問題」の解決なくしては達成できず、それには、イスラエルのユダヤ人の移住先を世話してやる方が、ランドパワー、シーパワー両陣営から喜ばれると思うのだが。

 アメリカがイラクを撤退するに際して、周辺諸国、なかんずく、イランやサウジの協力を得ようとすれば、イスラエル仕置きが、かならず条件になり、ネオコンに代表されるイスラエルシンパが政権にいない以上、「アメリカがイスラエルを見捨てる」可能性は非常に高い。それが分かっているから、イスラエル右派は、「特攻」に出るのだ。

 これは、大坂の陣の際、徳川方が「日本一の兵(つわもの)」と呼ばれた真田幸村を、「寝返れば信濃に10万石を与える」という約束で調略しようとしたことと同じだ。しかし、このような好条件を与えられても幸村は、これを断ったのである。この時の幸村の言葉がふるっている。

 「この幸村、紀州でただ命を長らえているだけのところを秀頼様に召し出され、武士としての面目を立てていただいた身、このご恩は土地や金には到底かえられない。」

 下剋上の時代に、幸村がいかに律儀で武士道を貫き通したがわかる言動である。

 もう一つの例として、立花宗茂は、関ヶ原の戦いでは家康の

<http://www.geocities.jp/senryusai/senryusai.ieyasu.html> 誘いを断って西軍に属し、大津城攻めに参加。

 一番乗りを果たしたのは立花勢だが、一発分の火薬を詰めた竹筒の束を鉄砲隊の肩にかける工夫で、他家の3倍速で銃撃する活躍をしたという。

 味方の大敗で領国に帰還するも抗戦を続け、鍋島直茂の大軍を相手に戦うが、加藤清正の勧めで降伏。島津攻めの先鋒とされるが戦いは中止となり、細川家・黒田家が取りなすも改易処分となる。

 一旦は加藤家の客分となるが、19名を率いて京都へ上り(この頃、前田家や黒田家から招かれたが断ったという)徳川家からの赦免を待った。宗茂一行は清正の斡旋でやがて京都を離れ、江戸へ出て謹慎蟄居した。

 そこで家康・秀忠父子の招きを受けることになり、それからは徳川家に忠実に仕えた。同9年(1604)5千石の書院番頭に任命され、2年後には陸奥棚倉1万石の大名に復活。次いで3万石に加増された。大坂の陣に従軍。冬の陣では浜筋に布陣して城北と対峙。夏の陣では秀忠麾下に属して戦い、その相談役となって1万5千石を加増された。元和6年(1620)には旧領の柳川10万9600石に復帰。秀忠の相伴衆にもなり、次代の家光にも重用された。

 今、イスラエルは、真田幸村のような、特攻に打って出るか、あるいは、立花宗茂のように、本領の柳川を捨て、他領で大名になるかの瀬戸際に立っている。この「対イスラエル調略」を誰が、どうやって行うか。ハルマゲドンか中東和平か世界史の運命の転換点は、まさに、そこにかかっている。



日本人が知らない 恐るべき真実から・・。



日本人が知らない 恐るべき真実


世界でもっとも観られている911ドキュメンタリー
フィルム!


もし、


世界貿易センターに激突したのは民間航空機ではなかったら?


世界貿易センターが爆破解体されていたら?


ペンタゴン
ボーイング
757型機は激突していなかったら?


93便が撃ち落とされていたら?


もし?


911事件より5年、アメリカ
国民はさらに多くの疑問を抱えている。このドキュメンタリー
はこの疑問に、証拠を示して回答を与えている。オサマ・ビンラディン
の偽物テープからペンタゴン
の757型機消滅まで、「ルースチェンジ」は動かしがたい証拠を1時間以上にわたって次々と提示する。


911攻撃とアメリカ
政府との直接的な関連を暴露。証拠はニュース映像、科学的事実そしてもっとも重要なあの悲劇を経験した者たちからの証言である。


だれもがこの映画を観る義務がある!



911事件の真相に迫るドキュメンタリー
映画『ルースチェンジ』(邦題『911の嘘をくずせ』)の日本語版が無料で配信されています。


下記からダウンロード
できます。


http://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095&amp;amp;amp;q=Loose+Change+2nd+EditionJapanese

愛国心法?

Japan Passes Landmark Patriotism Laws


The Washington Post





Prime Minister Shinzo Abe's government on Friday successfully pushed through landmark laws requiring Japanese schools to encourage patriotism in the classroom and elevating the Defense Agency to the status of a full ministry for the first time since World War II. Both measures are considered cornerstones of Abe's conservative agenda to bolster Japan’s military status and rebuild national pride in a country that had long associated patriotism with its imperialist past. The legislation cleared the upper house of parliament on Friday after winning approval in the lower house last month and will come into effect early next year.



日本は、先例となる愛国心法を可決します

ワシントンポスト


安倍晋三首相の政府は、金曜日にうまく、教室で愛国心を奨励することを日本学校に要求していて、第二次世界大戦以来初めて防衛庁を完全な省の状態まで上げている先例となる法律の中を押し分けて通りました。処置は日本の軍の地位を応援する安倍の保守的な課題の基礎と考えられて、愛国心をその帝国主義の過去と長く結びつけた国で、国のプライドを作り直します。法律は先月下院で承認を得た後に金曜日に上院から議会を取り除いて、来年始め実施されます。


Abe, Japan's first prime minister born after World War II, had made education reform a key issue during his campaign to succeed Junichiro Koizumi in September. His bid to restore patriotism in schools has drawn harsh criticism from Japanese pacifists, who have argued that such a law echoes the state-sponsored indoctrination of children practiced by Japan's past military leaders.


But Abe and other proponents have countered that a renewed embrace of patriotism is an essential step forward for Japan as it gradually emerges from a decades-long sense of guilt over World War II. In recent years, for instance, local municipalities have begun enforcing laws requiring the national anthem to be sung and the Japanese flag flown at certain school ceremonies, despite objections from teachers unions, which remain one of the last bastions of pacifism in Japan.


The education reform law is likely to dramatically increase the number of schools using revisionist textbooks that have been heralded by conservatives here but decried by Japan's wartime victims -- particularly China and South Korea -- as whitewashing its past aggression. Such books, for instance, omit reference to "comfort women," a euphemism for the thousands of Asian women forced into sexual bondage by the Japanese military during the 1930s and 1940s.


"The revision bears the historic significance of clearly showing the fundamental idea of education for a new era," Abe said in a statement lauding the law's passage.


Also approved were a key set of bills upgrading Japan's Defense Agency -- created in 1954 following the end of the American occupation of Japan -- to the status of a full ministry. The move affords greater clout to defense officials in national policymaking and budget decisions, something long considered taboo here in the decades following the war.


The primary mission of Japan's Self Defense Forces -- whose role had long been strictly defined as defense of the home islands -- will now be expanded to include overseas peacekeeping missions. Japan dispatched non-combat troops to Iraq from 2004 until earlier this year, but did so only after Koizumi won special authority from parliament.


The elevation to ministry status also paves the way for the passage of more specific laws that would give Japan greater flexibility to dispatch its forces to international hot spots. More importantly, it could open the door for a larger measure of logistical support by Japan in the event of a regional conflict. Such a move could change the balance of power in East Asia, empowering Tokyo, for instance, to assist the United States in the defense of Taiwan in the event of Chinese aggression. But officials here say it may yet take years before bills that would explicitly permit such actions are drafted and submitted to parliament.


Nevertheless, the upgrading of the defense agency underscores the increasing role of the military establishment in Japan, a nation that, under its pacifist constitution drafted by the United States following World War II, renounced the right to use force to settle international disputes. Japan has largely relied on its security alliance with the United States, which keeps some 50,000 troops in Japan, for deterrence.


But with concerns growing about regional security, particularly as a result of North Korea's pursuit of nuclear weapons, Japan has begun to shed its pacifist shell. Abe has called for the full redrafting of a new constitution that would allow Japan to officially possess a flexible military again.


安倍(第二次世界大戦の後、生まれる日本の初の首相)は、教育を9月に小泉純一郎の跡を継ぐための彼の運動の間、重要問題を改良させました。学校で愛国心を元に戻すための彼の試みは日本の平和主義者から厳しい批判を得ました。そして、その人はそのような法律が日本の前の軍のリーダーによって訓練される子供たちの州がスポンサーの教化と同じことを言うと主張しました。


しかし、安倍と他の支持者は、それが第二次世界大戦について徐々に数十年長い罪悪感から出てきて、愛国心の再開された抱擁が日本のための重要な前進であると反論しました。近年、たとえば、教員組合からの異議にもかかわらず、地方自治体は歌われることを国歌に要求している法律と特定の学校式典で翻される日本の旗を強め始めました。そして、それは日本の平和主義の最後の防衛拠点のうちの1つのままです。


教育改革法は、劇的に、その過去の攻撃を取りつくろって、ここの保守党によって告げられたが、日本の戦時犠牲者 ? 特に中国と韓国 ? によって非難された修正主義の教科書を使っている学校の数を増やしそうです。そのような本は、たとえば、「従軍慰安婦」(1930年代と1940年代の間に日本の軍隊によって性的な束縛を強いられる何千ものアジアの女性のための婉曲表現)への言及を省略します。


「改訂は、明らかに教育という新しい時代についての基本的なアイデアを示す歴史的な重要性を持って行きます」と、安倍が法律の通路を誉め称えている声明において言いました。


また、完全な省の状態に日本の防衛庁 ? 日本のアメリカの占領の終わりの後で1954年につくられる ? の格を上げている重要な組手形は、承認されました。動きは国家政策決定と予算決定において国防当局者により大きな強打を与えます。そして、長い何かが戦争の後の数十年にはここのタブーと考えられます。


日本の自衛隊 ? 役割が国内島の防衛と長く厳しく定義された ? の主要な任務は、現在、海外平和維持任務を含むために拡大されます。日本は2004年から今年始めまでイラクに非戦闘部隊を送ったが、コイズミが議会の特別な承認を得たあと、そうするだけでした。


省地位へもの昇進は、国際的なホットスポットにその軍隊を送るために日本により大きな柔軟性を与えるより特定の法律の通過への道を開きます。より重要なことに、それは地域紛争の場合には日本によって後方支援のより大きな基準のために、ドアを開けることができました。そのような動きはたとえば、東京に公的な権限を与えて、東アジアで勢力の均衡を変えることができました。そして、中国の攻撃性の場合にはアメリカ合衆国を台湾の擁護弁論で援助しました。しかし、ここの当局は、そのような行動をはっきりと許す紙幣が牽引されて、議会に提出される前に、それがまだ何年もかかるかもしれないと言います。


それでも、防御エージェンシーをグレードアップすることは、日本(第二次世界大戦の後でアメリカ合衆国によって起草されるその平和憲法によって、国際紛争を解決するために武力行使する権利を放棄した国)で、軍の設立の増加している役割を強調します。日本は、主に抑止のためにアメリカ合衆国(それは約50,000人の軍隊を日本に置いておきます)とのそのセキュリティ同盟に頼りました。


しかし、地域安全保障について高まっている懸念で、特に核兵器の北朝鮮の追求の結果、日本はその平和主義的なシェルを放棄し始めました。安倍は、日本が再び公式に柔軟な軍隊を備えていることを認める新しい憲法をいっぱいに書き直すことを要求しました。





蛇足


アングロサクソン系のマスコミはそろって日本の民族主義の台頭を危険視しております。まあ、大財閥系の理念には適わないのかもしれないけど・・同時に北朝鮮危機を煽っているのですから・・。

両刃の剣






Nagasaki bombing labelled a crime






By Chris Hogg

BBC News, Tokyo









Mushroom cloud over Nagasaki - 9 August 1945
Japan usually just says the bombing was "regrettable"



One of Japan's most senior politicians has said the US atomic bombing of Nagasaki in 1945 was impermissible from a humanitarian point of view.


One of Japan's most senior politicians has said the US atomic bombing of Nagasaki in 1945 was impermissible from a humanitarian point of view.

Shoichi Nakagawa, the policy chief of the governing party, said that the use of atomic weapons was a crime.


Mr Nakagawa has attracted controversy recently, calling for a debate on whether Japan should have nuclear arms.


He raised the possibility that North Koreans might try to attack Japan with their own nuclear weapons.


Speaking in Nagasaki over the weekend, Mr Nakagawa - a right-winger - said that atomic bombings were a crime. The American decision to drop the atomic bomb was truly impermissible on humanitarian grounds, he said.


He repeated the comments on Monday, telling Reuters news agency: "By dropping two atomic bombs, many people, including ordinary citizens, were killed... I believe that such an act can be called a crime."


Stronger stance


After the nuclear attacks in 1945, the Japanese wartime government condemned the bombings as crimes against international law.


But later on the authorities gave up any idea of pursuing the issue of criminality.


Today the phrase the government more often uses to describe the attack is "regrettable".


Mr Nakagawa appears to be going further, saying they were impermissible on humanitarian grounds.


Analysts say that Mr Nakagawa might have made the comments to simply acknowledge the understandable concern there might be in Nagasaki about his calls for a debate about nuclear weapons, and that this was an attempt to allay those fears with a strong condemnation of the use of the atomic bomb.


"Nakagawa must have said what he said in Nagasaki with a desire to 'nuance' his repeated statements that there was nothing wrong for Japan to have a debate on itself going nuclear - and make it more acceptable," said Koichi Nakano from Sophia University.


At the same time, though, he points out that Mr Nakagawa's reference to a war crime by the Americans that was never really prosecuted is a favourite theme of right-wingers in Japan.


The politician's comments were probably intended simply for a local audience and were not thought likely to be picked up elsewhere.


Mr Nakagawa also used his speech to warn of the threat posed by North Korea.


"There exists a country that appears likely to use them if it does not like something," he said.


"Japan should do its utmost to ensure that no weapon of mass destruction can be used ever again."


長崎爆破は、犯罪にラベルをつけました。

クリスホッグによって

BBCニュース、東京


日本は、通常ちょうど爆破が日本の最も上級政治家の「残念な」Oneであったと言います1945年の長崎の米国原子爆弾の投下が人道的な見解から許すことのできなかったことを言う。


日本の最も上級政治家のうちの1人は、1945年の長崎の米国原子爆弾の投下が人道的な見解から許すことのできなかったと言いました。

中川昌一(与党の政調会長)は、核兵器の使用が犯罪であると言いました。


中川氏は最近論争を引きつけました。そして、日本が核兵器を持っていなければならないかどうかに、議論を求めました。


彼は、北韓国人が彼ら自身の核兵器で日本を攻撃しようとするかもしれないという可能性を上げました。


週末(中川氏)に関して長崎で話すこと - 右翼 - 原子爆弾の投下が犯罪であると言いました。原子爆弾を落とすというアメリカの決定は人道的な敷地で本当に許すことのできなかったですと、彼が言いました。


彼は月曜日にコメントを繰り返しました。そして、ロイター通信社を言いました:「2つの原子爆弾を落とすことによって、多くの人々(普通の市民を含む)が、死にました...私は、そのような行為が犯罪と呼ばれていることができると思っています。」


より強いスタンス


1945年の核攻撃の後、日本戦時政府は、爆破を国際法に対する犯罪と非難しました。


しかし、後ほど、当局は犯罪行為の問題を続行するというどんなアイデアでもあきらめました。


今日、政府が攻撃を記述するためによりしばしば使用するフレーズは、「残念です」。


中川氏はさらに行っているように見えます。そして、彼らが人道的な敷地で許すことのできなかったと言います。


アナリストは、中川氏が単にそこの理解できる懸念が核兵器についての議論の彼の要請について長崎にあるかもしれないと認めるためにコメントをしたかもしれない、そして、これが原子爆弾の使用の強い非難でそれらの恐れを和らげる試みであったと言います。


「中川は、彼が『ニュアンス』に欲求で長崎でそんなにそこの彼の度重なる声明が日本のために間違った何でもないと言ったことがそれ自体についての議論を核武装させると言うにちがいありませんでした - そして、それをより許容できるようにしてください」と、上智大学からの中野孝一が言いました。


これと同時に、彼は決して本当に起訴されなかったアメリカ人による戦争犯罪への中川氏の言及が日本の右翼の大好きなテーマであると指摘します。


政治家のコメントは多分単に地元の観衆を対象として、どこかほかで気付かれそうであると考えられませんでした。


中川氏も、北朝鮮によってもたらされる脅威を警告するために、彼のスピーチを使いました。


「それが何かに合わないならば、彼らを利用しそうに見える国が、存在します」と、彼が言いました。


「日本は、大量破壊兵器が二度と決して使われることができないことを確実とするために、その出来るだけのことをしなければなりません。」

日本で、新しいナショナリズムは確立します。

In Japan, new nationalism takes hold


The country's post-World War II pacificism is being challenged


by a more assertive, patriotic attitude.





| Staff writer of The Christian Science Monitor


? On a pleasant November morning, some 300 Japanese executives paid $150 each to hear a lanky math professor named Masahiko Fujiwara give a secular sermon on restoring Japan's greatness. Mr. Fujiwara spoke quietly, without notes, for 80 minutes. His message, a sort of spiritual nationalism, rang loudly, though: Japan has lost its "glorious purity," its samurai spirit, its traditional sense of beauty, because of habits instilled by the United States after the war. "We are slaves to the Americans," he said.

Fujiwara's remedy is for Japan to recover its emotional strength. He says that Japan "can help save the world" - but its youths are lost in a fog of laxity and don't love Japan enough.


Fujiwara represents the milder side of an assertive discourse rising gradually but powerfully here. What direction it will take in this vibrant and complex society remains unclear. But as a new generation seeks to shed the remnants of what is commonly called the "American occupation" legacy, a range of speech and ideas previously frowned on or ignored, is showing up sharply in mainstream culture.


"We came because Fujiwara is one of few who speaks the truth to our politicians," says Hirofumi Kato, vice president of a family business who attended the talk. Those not there can buy Fujiwara's "Dignity of a Nation," a bestseller at more than 2 million copies this year, that describes how Western concepts like freedom and equality are inappropriate for Japan and don't really work in the US.


Cartoons, magazines fuel message


The new nationalist sentiment is seen in popular magazines that use provocative language to advocate a more militaristic Japan, question the legitimacy of the Tokyo war-crimes trials, and often cast racist aspersions on China and Korea. Magazines include "Voice," "Bungei-shunju," "Shokun," "Seiron," and "Sapio," among others that are widely available. Sapio issues this fall have detailed how China will soon invade Japan and advocate nuclear weapons for Taiwan and Japan. The Dec. 27 issue details which members of the US Congress "love and hate Japan," including those described by political scientist Takahiko Soejima as helping "US companies take over Japanese banks at cheap prices."


Popular manga cartoons, another example, are a vivid entry point for school children and young adult males who read them on the trains. In recent years, manga have begun to include stronger and more-open ethnic hate messages. "The 100 Crimes of China," for example, is one in a recent series put out by publisher Yushinsha, with a kicker noting that China is the "world's most evil country." One recent manga is titled, "Why We Should Hate South Korea." Drawings are graphic and depict non-Japanese in unflattering ethnic stereotypes.


New programs are emerging, like the weekly Asahi talk show hosted by Beat Takeshi, that have thrown staid political expression into satire for Japanese viewers. There's a higher profile set of "conspiracy theories" that get repeated on TV, including those by writer Hideyuki Sekioka, author of "The Japan That Cannot Say 'No.' " Mr. Sekioka says the US manipulates Japan into adopting weak policies and has a "master plan" to control Japanese business. TV Asahi broadcasts programs detailing various US manipulations, including the idea that the CIA sent the Beatles to Japan in 1966 to dissipate an anti-US mood and "emasculate" Japanese youths.


The rise of this rhetoric is often denied here. Yet by last summer, Yoshinori Katori, then-Foreign Ministry spokesman, acknowledged that nationalism, most often on the right, had become a "new phenomenon."


The Japan of 2006 has quietly adopted a tone very different from the milder pacifism of it postwar identity. Earlier this month, Prime Minister Shinzo Abe engineered two historic changes - transforming the postwar Defense Agency into a full-scale Defense Ministry, and ushering in a law requiring patriotic education in schools. The new law requires teachers to evaluate student levels of patriotism and eagerness to learn traditions. The Asahi Shimbun warns that this may "force students to vie to be patriotic in the classroom."


"A nationalistic reawakening from Japan's old pacifist identity, is leading to a domestic restructuring of Japan," says Alexander Mansourov, Asia specialist at the Pacific Center for Security Studies in Honolulu. "Along with a new defense ministry, a new national security council, and new intelligence agency, there's debate over whether to go nuclear, a debate on pre-emptive strikes on North Korea."


Pacifist sensibility still strong


The new nationalism is not coming as an especially fire-breathing exercise. Japan remains quite cosmopolitan; mildness and politeness are valued. Many Japanese don't notice the stronger messages, or are not interested in politics.


The majority retain a pacifist sensibility. There's little hint of a mass emotional patriotism seen in Japan under Emperor Hirohito. The trend may get redirected as part of a healthy rediscovery of pride.


"I see a Japan that, after the 1990s, is becoming more confident," says one American corporate headhunter who has lived here for two decades.


Still, the extent of change in Japan's discourse can be measured by the number of moderates who say that they have little ground to stand on today. Former Koizumi presidential adviser Yukio Okamoto, a moderate conservative, argues that the "middle or moderate ground" is disappearing. Mr. Okamoto says that on many subjects - membership in the UN Security Council, culpability in World War II - he finds himself without a voice. "Every time I open my mouth to say something, I am bashed by either the left or the right," he says. Recent TV appearances by the granddaughter of Hideki Tojo, a World War II leader who was later executed for war crimes, describing him as a fine fellow, also concern Okamoto, who says that, though not an exact parallel, it would be inconceivable to imagine a granddaughter of Hitler going on German TV.


Most of the current domination of media is by the harder right. Former finance minister Eisuke Sakakibara says, "The sense of nationalism is rising here. I feel threatened ... any liberal does. We worry about a loss of freedom of speech. [In the US,] the right has not taken complete control in the media, but we are not the US."


The new tone is coupled with the rise of China, fears associated with North Korea, perennial questions of identity - and comes as America, Japan's main ally and security guarantor, is bogged down in Iraq. It was given some license by the repeated visits to the Yasukuni war-memorial shrine by former Prime Minister Junichiro Koizumi. Those angered much of Asia, where they were seen as implicit support of a view that Japan's 20th-century war was justified.


Prime Minister Abe has eased that anger by not visiting the shrine, instead visiting Beijing to promote common points, like trade. But many experts see that decision as tactical.


Radical media, too, are thriving. The magazine "Will," for example, ran a discussion between the ultranationalist governor of Tokyo, Shintaro Ishihara, and Fujiwara, the author. Mr. Ishihara, who won 80 percent of the Tokyo vote in 2005, calls World War II "a splendid war." Fujiwara says Japan must replace its logic-based culture with an emotion-based culture; he pushes to eliminate the teaching of English in schools. Photos in "Will" this year depicted fascist author Yukio Mishima standing atop the high command in 1970 in a military uniform, minutes before he jumped to his death. Mr. Mishima's private army had just failed to take control of the building.


It's the "mainstreaming" of such material that raises some eyebrows. Yoshinori Kobayashi, a popular far-right cartoonist, now appears regularly on mainstream talk shows. Ishihara recently interviewed Sekioka in "Bungeishunju," a literary magazine akin to the Atlantic Monthly. Ishihara wonders why Japan lacks the spiritual strength to stand up to the Americans.


Behind such views is a shared vision: a return to pure virtues found in medieval Japan. The Tom Cruise film "The Last Samurai" captures some of this. "What we need is a return to the inherent religion and culture of Japan ... of our ancestors in the middle ages," argues Sekioka.


Japan's education bill is designed to teach such virtues. Prime Minister Abe's new book, "Toward a Beautiful Country," hearkens to the ideas of love of homeland.


The idealized samurai code was given best expression by a Japanese Christian named Inazo Nitobe. His book, "Bushido: The Soul of Japan," was written in English and translated back into Japanese after World War II. It prizes sympathy for the weak and hatred of cowardice - and has been a gold mine for present-day nationalists.


Critics say Japan must confront its wartime past. Much of its pacifist identity emerges from the view that it was a war victim, as epitomized by Hiroshima and Nagasaki. That story, reinforced by textbooks that downplay or deny Japan's role in invading Korea and Manchuria, rang loudly in the 1960s, '70s, and '80s, and ignored as the economy boomed in the late 1980s. But it has received a boost from tales of Japanese abducted by North Korea. Prime Minister Abe, who has been instrumental in promoting the abductee issue, has of late been trying to mediate between extreme nationalism while still advocating more patriotism.


日本で、新しいナショナリズムは確立します。

日本では、新しい国家主義取得は、国のポスト第二次世界大戦平和主義がより断定的な、愛国的な態度によって疑問を呈されていると考えます。

?


ロバートマークワンドによって | クリスチャンサイエンスモニターのスタッフライター



東京 ? 楽しい11月の朝に、約300人の日本の経営陣は、藤原正彦という名のひょろっとした数学教授が日本の大きいことを回復させることについて非宗教的な説教をするのを聞くために、それぞれ150ドルを払いました。80分の間、メモなしで、フジワラ氏は、静かに話しました。しかし、彼のメッセージ(一種の精神的な国家主義)は、大きくベルを鳴らしました:戦争の後、アメリカ合衆国によってしみ込む習慣のため、日本はその「素晴らしい純度」、そのサムライ勇気、その伝統的な美意識を失いました。「我々は、アメリカ人の奴隷です」と、彼が言いました。

フジワラの治療は、その感情的な強さを回復するために、日本のためです。日本が「世界を保存するのを助けることができます」ために、彼は言います - しかし、その若者はゆるみの霧に夢中になっていて、十分な日本を好みません。


フジワラは、断定的な談話のより穏やかな側が徐々に、しかし、力強くここに上がっていることを表します。それがこの力強くて複雑な社会でとるだけの方向は、不明なままです。しかし、新世代が「アメリカの仕事」と一般に呼ばれていることの残りを放棄しようとして、遺産(以前顰蹙を買うか、無視されるスピーチと考えの範囲)は主流文化において鋭く現れています。


「フジワラが我々の政治家に真実を話す少数の人のうちしかの1つでないので、我々は来ました」と、加藤宏文(会談に参加した同族会社副社長)が言います。そこのそれらはフジワラの「Nationの尊厳」を買うことができません、200万以上のベストセラーは自由と平等のような西洋の概念がどのように日本には不適当で、米国で本当に働かないかについて述べるこの年をコピーします。


漫画、雑誌燃料メッセージ


新しい国家主義の感情は、より軍国主義的な日本を主唱して、東京戦争犯罪裁判の合法性に質問して、しばしば人種差別的に中国と韓国を非難するために挑発的な言語を使用する人気の雑誌で見られます。広く利用できる他の間で、雑誌は「声」、「文芸春秋」、「諸君」、「正論」と「Sapio」を含みます。Sapio問題は、この秋、中国がすぐに日本を侵略して、台湾と日本のために核兵器を主唱する方法を詳述しました。12月27日の問題は米国国会のどの議員が「日本を好きで、憎みますか」について詳述します、助けながら政治学者副島隆彦によって解説されるそれらを含む、「米会社は、安い価格で日本の銀行を買収します。」


人気のマンガ漫画(もう一つの例)は、学童のための鮮明なエントリポイントと電車で彼らを読むヤングアダルト男性です。近年、マンガはより強くてより率直な民族の嫌がらせのメッセージを含み始めました。中国が「世界で最も不吉な国である点に注意しているキッカーと、「中国の100のCrimes」は、たとえば、出版者Yushinshaによって出される最近のシリーズの1です。」、1つの最近のマンガがタイトルを付けられて、「マンガ嫌韓流」です。

図面はグラフィックで、ありのままの民族のステロタイプにおいて非日本人を描き出します。

日本の視聴者のために落ち着いた政治的な表現を風刺に傾注したBeatタケシによって主催される毎週の朝日トークショーの様に、新しいプログラムは出てきています。作家ヒデユキセキオカによってそれらを含むテレビで繰り返される「陰謀論」のより目立つセットがあります、著者の「日本That Cannot Say、『いいえ。』」、セキオカ氏は米国が弱い方針を採用することに日本を操ると言って、日本のビジネスを管理するために「マスタープラン」を持ちます。テレビ朝日は、CIAが反米国のムードを消して、日本の若者を「骨抜きにする」ために1966年に日本にビートルズを送ったという考えを含むいろいろな米国の操作を詳述しているプログラムを放送します。


このレトリックの高まりは、ここでしばしば否定されます。それでも、昨夏までに、ヨシノリ香取(当時の外務省スポークスマン)は、国家主義が、右の上の最もしばしば、「新しい現象になったと認めました。」


2006年の日本は、それのより穏やかな平和主義と非常に異なるトーンを静かに採用しました戦後のアイデンティティ。今月始め、安倍晋三首相は、2つの歴史的な変化を設計しました - 戦後の防衛庁を実物大の国防省に変えて、学校で愛国的な教育を義務づけている法律の到来を告げること。新しい法律は、伝統を学ぶために愛国心と熱心さの学生レベルを評価することを先生に要求します。「学生に教室で愛国的であるために争うことを強制してください。」と、これがそうするかもしれないために、朝日新聞が警告します


「日本の古い平和主義的なアイデンティティから国家主義的に再び目ざめることは、日本の国内のリストラに至っています」と、アレキサンダーMansourov(ホノルルのSecurity Studiesのための太平洋センターのアジアスペシャリスト)が言います。「新しい国防省、新しい国家の安全議会と新しい情報部に加えて、核武装するべきかどうかについての議論が、あります、北朝鮮の先制攻撃についての議論。」


まだ強い平和主義的な感受性


新しい国家主義は、特に攻撃的な運動として来ていません。日本は、全く国際的なままです;温和と礼儀正しさは、評価されます。多くの日本人はより強いメッセージに気がつかないか、政治に興味がありません。


大多数は、平和主義的な感受性を保持します。ヒロヒト天皇の下で日本で見られる大量の感情的な愛国心のほとんどヒントが、ありません。傾向は、誇りの好ましい再発見の一部として向け直されるかもしれません。


「私は、1990年代の後、より自信があるようになっている日本を見ます」と、20年の間ここで生きた1人のアメリカの会社ヘッドハンターが言います。


しかし、日本の談話における変更の範囲は、彼らには今日に立っているほとんど根拠がないと言う穏健派の数で測定されることができます。元コイズミ大統領補佐官岡本行男(穏健な保守派)は、「中央であるか穏やかな地面」が消えていると主張します。オカモト氏は、多くの主題に関してそれを言います - 国連安全保障理事会(第二次世界大戦の有罪)のメンバーシップ - 彼は、声なしで彼自身を見つけます。「私が何かを言うために私の口を開くたびに、私は左か右によって殴られます」と、彼が言います。彼を立派な人と言う東条英機(戦争犯罪のために後で処刑された第二次世界大戦リーダー)の孫娘による最近のテレビ外観はまた、オカモトに関係します。そして、その人はたとえ正確な平行でないとしても、ドイツのテレビに近づいているヒトラーの孫娘を想像することが考えられないと言います。


メディアの大部分の現在の支配は、より固い右のそばにあります。元蔵相榊原英資は言います ? 「国家主義の感覚は、ここに上がっています。私は、脅されていると感じます...どんな自由主義者でもします。我々は、言論の自由の喪失について心配します。[米国で、]右はメディアで完全に管理しませんでした、しかし、我々は米国ではありません。」


新しいトーンは、中国の高まり、北朝鮮と関連する恐れ、アイデンティティの長年の問題に結合します - そして、アメリカ(日本の主な同盟国とセキュリティ保証人)がイラクで停滞して、来ます。それは、元小泉純一郎首相によって靖国戦没者記念碑聖地への度重なる訪問によって、若干の許可を与えられました。それらはアジアの多くを怒らせました、そこで、彼らは日本の20世紀の戦争が正当化されたという見方の潜在的な支持とみなされました。


エイブ首相は聖地を訪問しないことによってその怒りを和らげました。そして、その代わりに、一般の点(取引のような)を進めるために北京を訪問しました。しかし、戦術的であるように、多くの専門家はその決定を見ます。


根本的なメディアは、また、成功しています。雑誌「意志」は、たとえば、超国家主義者東京都知事、石原慎太郎とフジワラ(著者)の間で議論を走らせました。イシハラ氏(その人は2005年に東京票の80パーセントに勝ちました)は、第二次世界大戦「見事な戦争を呼びます。」、フジワラは日本がその論理に基づく文化を感情に基づく文化と入れ替えなければならないと言います;彼は、学校で英語の教授を除くために押します。「意志」の写真は、今年、軍服(彼が彼の死へジャンプする前に分)を着て1970年に最高司令部のトップに立っているファシスト著者三島幸雄を表しました。三島氏の個人的な軍は、ちょうど今建物を支配することができませんでした。


それは、若干の眉をつり上げるそのような材料の「メインストリーミング」です。小林よしのり(人気の極右の漫画家)は、現在主流トークショーに定期的に現れます。イシハラは、「文芸春秋」(アトランティックマンスリーと同類の文学的な雑誌)で、最近セキオカと面談しました。イシハラは、日本がなぜアメリカ人に立ち向かうために精神力が不足するかについて疑問に思います。


そのような見解の後に、共有展望はあります:中世の日本で見つかる純粋な長所への復帰。トムクルーズ場面「Last Samurai」は、これのいくつかを捕えます。「我々が必要とするものは、固有の宗教への復帰と日本の文化です...半ばの年齢の我々の先祖の」と、セキオカが主張します。


日本の教育議案は、そのような長所を教えるようになっています。安倍首相の新しい本は、「Beautiful Countryの方へ」、祖国に対する愛情についての考えに耳を傾けます。


理想とされたサムライコードは、新渡戸稲造という名の日本のキリスト教徒によって、最高の表現を与えられました。彼の本、「武士道:日本のSoul」、英語で書かれて、第二次世界大戦の後、日本語に翻訳されました。それは、弱いものに対する同情と臆病に対する憎悪を重んじます - そして、現代の国家主義者のための金鉱でした。


批評家は、日本がその戦時中の過去に直面しなければならないと言います。広島と長崎によって集約されて、その平和主義的なアイデンティティの多くはそれが戦争犠牲者であったという見方から出てきます。その物語(韓国と満州を侵略することでの日本の役割を重視しないか、否定する教科書によって補強される)は1960年代、70年代と80年代に大きくベルを鳴らしました、そして、1980年代後期にブームになる経済として無視されました。しかし、それは北朝鮮によって誘拐される日本人の話から、後押しを受け取りました。まだより多くの愛国心を主唱する間、安倍首相(その人は拉致被害者問題を進めるのに尽力しました)は最近極端な国家主義の間で仲裁しようとしていました。


アメリカ上院議員ロバートC.バードによって










Enough Time Has Been Wasted, Mr. President. Enough!

by US Senator Robert C. Byrd

Speech delivered on the floor of the US Senate

Thursday afternoon, January 11, 2007


?





Last night in his address to the nation, the President called for a "surge" of 20,000 additional U.S. troops to help secure Baghdad against the violence that has consumed it. Unfortunately, such a plan is not the outline of a brave new course, as we were told, but a tragic commitment to a failed policy; not a bold new strategy, but a rededication to a course that has proven to be a colossal blunder on every count. The President never spoke truer words than when he said, "the situation in Iraq is unacceptable to the American people." But he once again failed to offer a realistic way forward, instead giving us more of his stale and tired "stay the course" prescriptions.


He espoused a strategy of "clear, hold, and build" -- a doctrine of counterinsurgency that one of our top commanders, General David Petraeus, helped to formulate. Clear, hold, and build involves bringing to bear a large number of troops in an area, clearing it of insurgents, and holding it secure for long enough for reconstruction to take place. But what the President did not say last night is that, according to General Petraeus and his own military experts, this strategy of "clear, hold, build" requires a huge number of troops -- a minimum of 20 combat troops for every 1,000 civilians in the area. Applying this doctrine to Baghdad's six million people means that at least 120,000 troops will be needed to secure Baghdad alone. Right now, we have about 70,000 combat troops stationed throughout Iraq; even if they all were concentrated in the city of Baghdad, along with the 20,000 new troops the President is calling for, we would still fall well short of what is needed.


But let us assume that the brave men and women of the U.S. military are able to carry out this Herculean task, and secure Baghdad against the forces that are spiraling it into violence; what is to keep those forces from regrouping in another town, another province, even another country, strengthening, festering, and waiting until the American soldiers leave to launch their bloody attacks again?


It brings to mind the ancient figure of Sisyphus, who was doomed to push a boulder up a mountainside for all eternity, only to have it roll back down as soon as he reached the top. As soon as he would accomplish his task it would begin again, endlessly. I fear that we are condemning our soldiers to a similar fate, hunting down insurgents in one city or province only to watch them pop up in another. For how long will U.S. troops be asked to shoulder this burden?


Over 3,000 American soldiers have now been killed in Iraq, and over 22,000 have been wounded. Staggering. And President Bush now proposes to send 20,000 more Americans into the line of fire, beyond the 70,000 already there. The cost of this war of choice to American taxpayers is now estimated to be over $400 billion, and the number continues to rise. One wonders how much progress we could have made in improving education, or resolving our health care crisis, or strengthening our borders, or reducing our national debt, or any number of pressing issues, with that amount of money. And the President proposes sending more money down that drain.


On every count, an escalation of 20,000 troops is a misguided, costly, unwise course of action. This is not a solution. This is not a march toward "victory." The President's own military advisors have indicated that we do not have enough troops for this strategy to be successful. It will put more Americans in harm's way than there already are. It will cost more in U.S. taxpayer money. It will further stretch an army that many commanders have already said is at its breaking point. It is a dangerous idea.


Why, then, is the President advocating it? This decision has the cynical smell of politics to me. Suggesting that an additional 20,000 troops will alter the balance of this war is a way for the President to look forceful, to appear to be taking bold action. But it is only the appearance of bold action, not the reality -- much like the image of a cocky President in a flight suit declaring "mission accomplished" from the deck of a battleship. This is not a new course, but a continuation of the tragically costly course we have been on for almost five years now. It is simply a policy that buys the President more time: more time to equivocate, more time to continue to resist any suggestion that he was wrong to enter us into this war in this place, in this time, in this manner. And importantly, calling for more troops gives the President more time to hand the Iraq situation off to his successor in the White House. The President apparently believes that he can wait this out, that he can continue to make small adjustments to a misguided policy while he maintains the same trajectory -- until he leaves office and it becomes someone else's problem.


But if you are driving in the wrong direction, anyone knows you will not get to your destination by going south when you should be going north. You turn around. You get better directions. This President is asking us to step on the gas in Iraq -- full throttle, while he has not even clearly articulated where we are going. What is our goal? What is our end game? How much progress will we need to see from the Iraqi government before our men and women come home? How long will American troops be stationed in Iraq to be maimed and killed in sectarian bloodshed?


The ultimate solution to the situation in Iraq is political, and will have to come from the Iraqis themselves. The Iraqi government will have to address the causes of the insurgency, by creating a sustainable power-sharing agreement between Sunnis, Shias, and Kurds -- and it is far from clear that the government has the power or the willingness to do that at this point. But as long as American troops are there to bear the brunt of the blame and the fire, the Iraqi government will not shoulder the responsibility itself. And Iraq's neighbors -- especially Iran and Syria -- won't commit to helping to stabilize the country as long as they see America bogged down, and losing credibility and strength. Keeping the U.S. army tied up in a bloody, endless battle in Iraq plays perfectly into Iran's hands, and it has little incentive to cease its assistance to the insurgency as long as America is there. America's presence in Iraq is inhibiting a lasting solution, not contributing to one. The President has, once again, gotten it backwards.


What I had hoped to hear from the President last night were specific benchmarks of progress that he expects from the Iraqi government, and a plan for the withdrawal of American troops conditioned on those benchmarks. Instead, we were given a vague admonition that "the responsibility for security will rest with the Iraqi government by November" -- with no suggestion of what that responsibility will mean, or how to measure the government's capacity to handle it. The President is asking us, once again, to trust him while he keeps our troops mired in Iraq. But that trust was long ago squandered.


I weep for the waste that we have already seen. Lives, treasure, time, goodwill, credibility, opportunity. Wasted. Wasted. And this President is calling for us to waste more.


I say, enough. If he will not provide leadership and statesmanship, if he does not have the strength of vision to recognize a failed policy and chart a new course, then leadership will have to come from somewhere else. Enough waste. Enough lives lost on this President's misguided venture in Iraq. Enough time and energy spent on a civil war far from our shores, while the problems Americans face are ignored, while we wallow in debt and mortgage our children's future to foreigners. Enough. It is time to truly change course, and start talking about how we rebalance our foreign policy and bring our sons and daughters home.


There are a lot of people making political calculations about the war in Iraq, turning this debate into an exercise of political grandstanding and point-scoring. But this is not a political game. This is life and death. This is asking thousands more Americans to make the ultimate sacrifice for a war that we now know beyond a shadow of a doubt was a mistake. There were those of us who cautioned against the hasty rush to war in Iraq. And unfortunately, our cries, like Cassandra's, went unheeded. And like Cassandra, our warnings and our fears proved prophetic.


But we are not doomed to repeat our mistakes. We must learn from the past. We must understand that more money and more troops are not the answer. The clock is running on our misadventure in Iraq.


Enough time has been wasted, Mr. President. Enough!



十分な時間は浪費されています、大統領さん。

十分です!

アメリカ上院議員ロバートC.

2007年1月11日木曜日の午後米国上院のフロアの上で行われたスピーチ

国家への彼のアドレスの中の昨晩、それを消費した暴力からバグダッドを守ることに役立つために、大統領は20,000の追加の米国軍の「急増」を要求していました。

あいにく、私達が言われたけれども失敗した方針への悲劇の関与であったように、そのような計画は勇敢な新しいコースのアウトラインではありません;

大胆な新しい戦略ではなくあらゆる点での巨大な失敗であると判明したコースへの再奉納。

大統領は決して、彼が、「イラクの状況はアメリカ人に受け入れ不可能です」と言った時より真実の言葉を話しませんでした。

しかし、彼はもう一度、代わりに私達に、彼の古臭く、飽きられた、「最後までがんばってください」処方薬のより多くを与えて、進むべきリアルな道を提供することに失敗しました。

彼は、「澄み、もっていて、建築してください」の戦略を支持しました--私達の一番上の司令官の1人、デイビッドPetraeus将軍が、公式化することを手伝った反乱の弾圧の主義。

澄み、もっていてください。そうすれば、反乱者をそれから取り除き、それを、復元が起こるのに十分に長い間安全に保って、エリアで多くの軍に耐えるために、構造はもたらしに関係しています。

しかし、大統領が言わなかったことは昨晩、一般的なPetraeusと彼自身の軍事専門家によると、「空所、もっていてください、建築してください」のこの戦略が莫大な数の軍を必要としていることです--エリアの1,000人の民間人ごとの最小限20の戦闘部隊。

この主義をバグダッドの600万人の人々に適用することは、少なくとも120,000の軍が、一人でバグダッドを確保することが必要であろうということを意味しています。

ちょうど今、私達はイラク中で配置された約70,000の戦闘部隊を持っています;

それらすべてが、大統領が要求している20,000の新しい軍とともにバグダッドという都市に集中されても、私達は、まだ、必要なものに対してかなり不十分でしょう。

しかし、私達に、米国軍隊の勇敢な男性と女性が、この困難な仕事を実行し、暴力の中にそれをらせん状に動かしている力からバグダッドを守ることができると仮定させてください;

何が、それらの力が別の町、別の州、別の国さえで再組織することを妨げることになっていますか?強くなり、化膿、および再び彼らの血まみれの攻撃をスタートするために、アメリカ兵士が去るまで待ちます?

それは、彼がトップに到着すると同時に、ロールが降りると言うためだけに永遠に山腹の上の石を押すことを運命づけられていたシシュポスの古代の数値を思い出します。

彼が彼の任務を成し遂げるであろうとすぐに、それは無限に再び始まるでしょう。

私は、私達が、彼らが別のものの中で飛び出るのを見るためだけに1つの都市または州で反乱者を追い詰めて、同様な運命を私達の兵士に宣告していることを恐れています。

米国軍は、どれくらいの間、この荷を担うように頼まれるでしょうか?

3,000人を超えるアメリカ兵士が今やイラクで殺されていて、22,000より上は傷つけられています。

圧倒的です。

そして、ブッシュ大統領は現在、そこのすでに70,000を越えてあと20,000人のアメリカ人を弾道に追いやることを提案します。

アメリカ納税者への選択のこの戦争のコストは現在、4000億ドルの上にあるために見積もられて、数は、上がり続けます。

人は、私達が、教育を改善するか、私達の医療危機を解決するか、私達の境界を強化するか、私達の国債または問題を押すすべての数をその金額によって薄めることにおいてどれくらい進歩をしたかもしれないかと思っています。

そして、大統領は、より多くのお金をその排水管の下に送るのを提案します。

あらゆる点で、20,000の軍のエスカレーションは指導を誤り、高価で、浅はかな行動方針です。

これは解決策ではありません。

これは「勝利」に行進ではありません。

大統領自身の軍隊の顧問は、私達が、成功しているためにこの戦略のために十分な軍を持っていないことを示しました。

それは、すでに、あるより多くのアメリカ人を危険な所に置くでしょう。

それは米国納税者お金の中でより多く金がかかるでしょう。

それは、さらに、多くの司令官が、すでに、その破壊点にあると言った軍隊を伸ばすでしょう。

それは危険思想です。

それなら、なぜ大統領はそれを主張していますか?

この決定は私に政治のシニカルなにおいを持っています。

追加の20,000の軍がこの戦争のバランスを変更するであろうということを示唆することは、大統領が力強いように見えて、大胆な行動をとっているような方法です。

しかし、それはただの現実ではなく大胆な行動の外観です--「遂行された任務」を戦艦のデッキから宣言しているフライトスーツを身に付けたなまいきな大統領のイメージのように。

これは、新しいコースではなく私達が今やほぼ5年の間いる悲劇的に高価なコースの連続です。

大統領をより多くの回買うのは単に方針です:

あいまいなことを言うより多くの時間、彼が、この場所で、今回、この方法の中で私達をこの戦争に入れるなんて間違えていたというどのような提案にでも抵抗し続けるより多くの時間。

そして、重要に、より多くの軍を要求することは大統領に、ホワイトハウスの彼の後継者にイラク状況をハンドオフするより多くの時間を与えます。

大統領は見たところ、彼がこれを堪え忍ぶことができて、彼が同じ弾道を維持している間、彼が、的はずれな政策にわずかな調整をし続けることができると信じます--彼がオフィスを去り、それが他の誰かの問題になるまで。

しかし、あなたが間違った方向で運転しているならば、誰でも、あなたが北に行くべきである時に、あなたが、南に行くことによってあなたの目的地に到着しないであろうと知っています。

あなたは振り返ります。

あなたはよりよい方向を得ます。

この大統領は、私達に、イラクでスピードを上げるように頼んでいます--私達が行く所で、彼がはっきりとさえ連結しなかったのに対してフル・スロットル。

私達のゴールは何ですか?

私達の終盤は何ですか?

私達は、私達の男性と女性が帰宅する前にイラクの政府からどれくらい進歩を見る必要があるでしょうか?

どれくらいアメリカ軍は、不具にされるイラクに配置されて、宗派の流血において殺されるでしょうか?

イラクの状況の根本的な解決は政治的で、自身でイラク人から来る必要があるでしょう。

イラクの政府は、スンニ派、シーア派、およびクルド人の間の持続可能な権限委譲協定を作成することによって暴動の原因にアドレスする必要があるでしょう--および、政府が、パワーまたはこの時点でそれをする意向を持っていることは決して明白でありません。

しかし、非難と火の矢面に立つために、アメリカ軍がそこにある限り、イラクの政府は責任自身を負わないでしょう。

そして、彼らがアメリカが泥沼にはまり、信頼性と力を失うのを見る限り、イラクの隣人--特にイランとシリア--は、国を安定させることを手伝うことを約束しないでしょう。

米国陸軍をイラクでの血まみれで、無限の戦いにおいて縛られるようにしておくことはイランの利益を完全に図り、それは、アメリカがそこにある限り暴動へのその補助を止める誘因をほとんど持っていません。

イラクのアメリカの存在はものに寄与しているのではなく長く続く解決策を抑制しています。

大統領は後方にもう一度それを得ました。

私が、昨晩大統領から聞くことを望んでいたものは、それらのベンチマークの上で制約されたアメリカ軍の撤退についてのイラクの政府と計画から彼が予期している進歩の具体的なベンチマークでした。

代わりに、私達は、「セキュリティについての責任は11月までにイラクの政府にかかるでしょう」という漠然とした忠告を与えられました--その責任が意味するであろうものまたはどのように、それを処理する政府の能力を測定するかの提案なしで。

彼が我々の軍をイラクに陥るようにしておく間、大統領は、私達に、彼を信頼するようにもう一度頼んでいます。

しかし、その信頼はずっと前に浪費されました。

私達がすでに見た浪費のために、私は泣きます。

ライフ、宝物、時間、親善、信頼性、機会。

荒廃します。

荒廃します。

そして、この大統領は、私達がもっと無駄にすることを要求しています。

私は十分に言います。

彼がリーダーシップと政治家の資質を提供しないならば、彼が、失敗した方針を認めて、新しいコースをチャートで示すためにビジョンの力を持っていないならば、リーダーシップは、他のどこかから来る必要があるでしょう。

十分な浪費。

十分なライフはイラクでのこの大統領の指導を誤ったベンチャーについて損しました。

アメリカ人が直面している問題が無視される一方私達が借金を転げ回り、私達の子供の将来を外国人に抵当に入れる間、十分な時間とエネルギーは私達の岸から遠く内戦の上で費やしました。

十分です。

本当にコースを変更し、どのように私達が私達の外交方針を再均衡するか、そして私達の息子と娘を家に連れて来るかについて話し始める時間です。

この討論を政治的なスタンドプレーとポイント得点の運動に変えて、イラクに戦争について政治的な計算をしているたくさんの人々がいます。

しかし、これは政治的なゲームではありません。

これは生と死です。

これは、あと千人のアメリカ人に、私達が現在、誤りであったとわずかの疑念もなく知っている戦争のために究極の犠牲を払うように頼んでいます。

イラクで戦争するために、急な突進に対して警告した私達がいました。

そして、あいにく、私達の叫び声は、カサンドラのもののように、無視されました。

そして、カサンドラのように、私達の警告と私達の恐怖は予言的であると判明しました。

しかし、私達は、私達の誤りを繰り返すことを運命づけられていません。

私達は過去から学ばなければなりません。

私達は、より多くのお金とより多くの軍がその答えではないと理解しなければなりません。

時計はイラクの私達の災難の上で動いています。

十分な時間は浪費されています、大統領さん。

十分です!

本当の戦争計画から議会の気を散らします







Distracting Congress from the Real War Plan

By Paul Craig Roberts


Is the surge an orchestrated distraction from the real war plan?


A good case can be made that it is. The US Congress and media are focused on President Bush’s proposal for an increase of 20,000 US troops in Iraq, while Israel and its American neoconservative allies prepare an assault on Iran.


Commentators have expressed puzzlement over President Bush’s appointment of a US Navy admiral as commander in charge of the ground wars in Iraq and Afghanistan. The appointment makes sense only if the administration’s attention has shifted from the insurgencies to an attack on Iran.


The Bush administration has recently doubled its aircraft carrier forces and air power in the Persian Gulf. According to credible news reports, the Israeli air force has been making practice runs in preparation for an attack on Iran.


Recently, Israeli military and political leaders have described Israeli machinations to manipulate the American public and their representatives into supporting or joining an Israeli assault on Iran.


Two US carrier task forces or strike groups will certainly congest the Persian Gulf. On January 9 a US nuclear sub collided with a Japanese tanker in the Persian Gulf. Two carrier groups will have scant room for maneuver. Their purpose is either to provide the means for a hard hit on Iran or to serve as sitting ducks for a new Pearl Harbor that would rally Americans behind the new war.


Whether our ships are hit by Iran in retaliation to an attack from Israel or suffer an orchestrated attack by Israel that is blamed on the Iranians, there are certainly far more US naval forces in the Persian Gulf than prudence demands.


Bush’s proposed surge appears to have no real military purpose. The US military opposes it as militarily pointless and as damaging to the US Army and Marine Corps. The surge can only be accomplished by keeping troops deployed after the arrival of their replacements. Moreover, the increase in numbers that can be achieved in this way are far short of the numbers required to put down the insurgency and civil war.


The only purpose of the surge is to distract Congress while plans are implemented to widen the war.


Weapons inspectors have failed to find a nuclear weapons program in Iran. Most experts say it would be years before Iran could make a weapon even if the Iranian government is actively working on a weapons program. Since the danger, if any, is years away, why is Israel so determined to attack Iran now?


The answer might be that Israel has the chance now. The Bush administration is in its pocket. The White House is working with neoconservatives, not with the American foreign policy community represented by the Iraq Study Group. Neoconservative propagandists are in influential positions in the media. The US Congress is intimidated by AIPAC. The correlation of forces are heavily in Israel’s favor.


Part of the Israeli/neoconservative plan has already been achieved with the destruction of civilian infrastructure and spread of sectarian strife in Iraq, Afghanistan, and Lebanon. If Iran can be taken out with a powerful air attack that might involve nuclear weapons, Syria would be isolated and Hezbollah would be cut off from Iranian supplies.


Israel has two years remaining to use its American resources to achieve its aims in the Middle East. How influential will Israel and the neoconservatives be with the next president in the wake of a US defeat in Iraq and Israeli defeat in Lebanon? If the US withdraws its troops from Iraq, as the US military and foreign policy community recommend and as polls show the American public wants, the only effect of Bush’s Iraq invasion will have been to radicalize Muslims against Israel, the US, and US puppet governments in the Middle East. Extremist elements will tout their victory over the US, and the pressures on Israel to accept a realistic accommodation with Palestinians will be over-powering.


Now is the chance--the only chance--for Israel and the neoconservatives to achieve their goal of bringing Muslims to heel, a goal that they have been writing about and working to achieve for a decade.


This goal requires the war to be widened by whatever deceit and treachery necessary to bring the American public along.


The US Congress must immediately refocus its attention from the surge to Iran, the real target of Bush administration aggression.


ポール・クレイグ・ロバーツによる「本当の戦争計画から議会の気を散らします」

波は、本当の戦争計画から組織化された注意をそらすものですか?

よいケースは作られることができます(それがそれです)。

米国議会とメディアはイラクの20,000の米国軍の増加についてのブッシュ大統領の提案に焦点が合う一方、イスラエルとそのアメリカ新保守主義派同盟国はイランの猛攻撃を準備します。

注釈者はブッシュ大統領のアメリカ海軍提督のイラクとアフガニスタンの地上戦を担当している司令官への就任で困惑を表現しました。

管理の注意が暴動からイランへの攻撃に移ったならば、約束は意味をなします。

ブッシュ政権はペルシャ湾で最近その航空母艦力と空軍力を二倍にしました。

信用できるニュースレポートによると、イスラエルの空軍はイランへの攻撃に備えて練習走行をしていました。

最近、イスラエルの軍隊と政治の指導者は、イランの上でイスラエルの猛攻撃をサポートするか、参加するようにアメリカの一般大衆と彼らの担当者をあやつるためにイスラエルの陰謀を説明しました。

2人の米国キャリア・タスク・フォースまたはストグループが確かにペルシャ湾を混雑させるでしょう。

1月9日に、米国原子力潜水艦はペルシャ湾の日本のタンカーと衝突しました。

2つのキャリアグループが工作のための不十分な部屋を持つでしょう。

それらの目的は、イランの上の難しいヒットのための方法を提供するか、新しい戦争の後ろにアメリカ人を結集するであろう新しい真珠湾のためのカモとして勤務することです。

私達の船がイスラエルからの攻撃に報復においてイランによって打たれるか、イラン人のせいにされるイスラエルによる統合された攻撃を被っているかどうかにかかわらず、ペルシャ湾に確かに、慎重さ要求よりずっと多くの米国海軍があります。

ブッシュの提案された急増は、本当の軍事目的を全然持たないようです。

軍事的に鈍いように、そして米国軍隊と海兵隊に有害であるように、アメリカ軍はそれに反対します。

急増は、軍をそれらの置換の到着の後に配備されるようにしておくことによって遂行されることができるだけです。

さらに、このように達成されることができる数の増加は、暴動と内戦を鎮圧するために必要とされている数が遠く不足です。

計画が、戦争を広げるために実施される間、急増の唯一の目的は、議会の気を散らすことです。

武器検査官は、イランで核兵器プログラムを発見することに失敗しました。

ほとんどのエキスパートは、イラン政府が武器プログラムに活動的に取り組んでいても、イランが武器を作ることができるまで数年であるであろうと言います。

危険物がもしあれば数年先であるので、なぜユダヤ人は、現在イランを攻撃することをそう決心していますか?

答えは、現在イスラエルにチャンスがあることであるかもしれません。

ブッシュ政権はそのポケットの中にあります。

ホワイトハウスはイラク研究グループによって代表されたアメリカ外交方針コミュニティとともにではなく新保守主義派とともに働いています。

新保守主義派宣伝者はメディアの中の有力なポジションにいます。

米国議会はAIPACによって威嚇されます。

力の相互関係は重くイスラエルに有利です。

イスラエル人/新保守主義派の計画の一部はすでに民間のインフラストラクチャーの破壊とイラク、アフガニスタン、およびレバノンの宗派の紛争の広がりによって達成されています。

イランが、核兵器に関係するかもしれない強力な空襲によって連れ出されることができるならば、シリアは分離されるであろうし、ヒズボラはイラン供給品から切り離されるでしょう。

中東でその目的を達成するためにそのアメリカ資源を使うために残って、イスラエルは2年を持っています。

イスラエルと新保守主義派はイラクでの米国敗北とレバノンでのイスラエルの敗北の後での次期大統領とどれほど有力でしょうか?

米国軍隊と外交方針コミュニティが推奨する時と投票がアメリカ人に公的な望みを示す時に、米国がその軍をイラクから引き戻すならば、ブッシュのイラク侵略の唯一の効果は、中東でイスラエル、米国、および米国かいらい政権に対するイスラム教徒を急進化することであっているでしょう。

過激分子は米国に対するそれらの勝利を宣伝するであろうし、パレスチナ人とリアルな宿泊施設を受け入れることへのイスラエルへのプレッシャーは圧倒的でしょう。

現在は、イスラエルと新保守主義派が、彼らの、イスラム教徒を、かかと(彼らが、書いていて、10年の間達成するために働いていたゴール)に連れて来る目標を達成するチャンス--唯一のチャンス--です。

このゴールは、アメリカの一般大衆を連れて来ることに必要などのような偽りと裏切りによってでも広げられることを戦争に要求します。

米国議会は直ちに急増からイラン(ブッシュ政権侵略の本当の目標)までのその注意の焦点を再び合わせなければなりません。

イスラエルはイランへの核攻撃を計画します。

Revealed: Israel plans nuclear strike on Iran

Uzi Mahnaimi, New York and Sarah Baxter, Washington

?






?

ISRAEL has drawn up secret plans to destroy Iran’s uranium enrichment facilities with tactical nuclear weapons.

Two Israeli air force squadrons are training to blow up an Iranian facility using low-yield nuclear “bunker-busters”, according to several Israeli military sources.


?

?

The attack would be the first with nuclear weapons since 1945, when the United States dropped atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki. The Israeli weapons would each have a force equivalent to one-fifteenth of the Hiroshima bomb.


Under the plans, conventional laser-guided bombs would open “tunnels” into the targets. “Mini-nukes” would then immediately be fired into a plant at Natanz, exploding deep underground to reduce the risk of radioactive fallout.


“As soon as the green light is given, it will be one mission, one strike and the Iranian nuclear project will be demolished,” said one of the sources.


The plans, disclosed to The Sunday Times last week, have been prompted in part by the Israeli intelligence service Mossad’s assessment that Iran is on the verge of producing enough enriched uranium to make nuclear weapons within two years.


Israeli military commanders believe conventional strikes may no longer be enough to annihilate increasingly well-defended enrichment facilities. Several have been built beneath at least 70ft of concrete and rock. However, the nuclear-tipped bunker-busters would be used only if a conventional attack was ruled out and if the United States declined to intervene, senior sources said.


Israeli and American officials have met several times to consider military action. Military analysts said the disclosure of the plans could be intended to put pressure on Tehran to halt enrichment, cajole America into action or soften up world opinion in advance of an Israeli attack.


Some analysts warned that Iranian retaliation for such a strike could range from disruption of oil supplies to the West to terrorist attacks against Jewish targets around the world.


Israel has identified three prime targets south of Tehran which are believed to be involved in Iran’s nuclear programme:




Natanz, where thousands of centrifuges are being installed for uranium enrichment


A uranium conversion facility near Isfahan where, according to a statement by an Iranian vice-president last week, 250 tons of gas for the enrichment process have been stored in tunnels


A heavy water reactor at Arak, which may in future produce enough plutonium for a bomb

Israeli officials believe that destroying all three sites would delay Iran’s nuclear programme indefinitely and prevent them from having to live in fear of a “second Holocaust”.


The Israeli government has warned repeatedly that it will never allow nuclear weapons to be made in Iran, whose president, Mahmoud Ahmadinejad, has declared that “Israel must be wiped off the map”.

?明らかにされます:

イスラエルはイランへの核攻撃を計画します。

イスラエルは、戦術核兵器によってイランのウラニウムの濃縮設備を破壊する秘密の計画を作成しました。


何人かのイスラエルの軍隊の関係筋によると2つのイスラエルの空軍支隊が、低収益核の「バンカーバスター」を使って、イラン施設を爆破するためにトレーニングしています

攻撃は、米国が原子爆弾を広島と長崎に落とした1945年以来核兵器を持つ一番目であるでしょう。

イスラエルの武器は広島原爆の15分の1と等しい力をそれぞれ持つでしょう。

計画の下で、従来のレーザー誘導の爆弾は目標の中に「トンネル」を開くでしょう。

「小型核兵器」は、その時直ちに、死の灰のリスクを減らすために深いアンダーグラウンドを爆発させて、Natanzでプラントに撃ち込まれるでしょう。

関係筋の1人は、「青信号が与えられるとすぐに、それは1つの任務になるであろうし、1回のストとイラン核のプロジェクトが取り払われるでしょう」と言いました。

先週サンデー・タイムズに明らかにされた計画は、2年以内に核兵器をするのに十分な濃縮ウランを生み出す寸前、イランがあるイスラエルの情報機関モサドのアセスメントによっていくぶん促されています。

イスラエルの軍事司令官は、従来のストがもう、ますますよく防御された濃縮施設を全滅させるのに十分でないかもしれないと信じます。

いくらかがコンクリートと岩の少なくとも下で70ft造られています。

しかし、従来の攻撃が除外されたならば、そして米国が、介在することを辞退したならば、核弾頭を装備のバンカーバスターは使われるであろうとシニアの関係筋は言いました。

イスラエルのおよびアメリカの役員は、軍事行動を考慮するために数回会いました。

軍事アナリストは、計画のディスクロージャーが、強化を停止させて、行動の中にアメリカを丸め込むか、イスラエルの攻撃より前に世界の世論を柔らかくするようにテヘランにプレッシャーをかけることを意図することができると言いました。

何人かのアナリストは、そのようなストのためのイラン報復が西欧への石油供給の分裂から世界中のユダヤ人目標へのテロリストの攻撃に及ぶかもしれないことを警告しました。

イスラエルは、イランの原子力計画に関係していると信じられるテヘランの南の3つの主要ターゲットを識別しました:

Natanz(そこで、数千個の遠心分離機はウラニウムの濃縮のために取り付けられています)

先週のイラン副大統領によるステートメントによると、濃縮プロセスのための250トンのガスがトンネルに蓄えられているイスファハンの近くのウラニウム変換施設

アラックの重水炉(それは未来に爆弾のために十分なプルトニウムを産するかもしれません)

イスラエルの役員は、すべての3つのサイトを破壊することが、無期限にイランの原子力計画を遅らせ、彼らが、「2番目のホロコースト」を恐れて生きる必要があることを妨げるであろうと信じます。

イスラエルの政府は、それが、決して、核兵器がイランで作られることを可能にしないであろうということを繰り返し警告しました(その大統領、マハムード・アハマディネジャドは、「イスラエルはマップから消されなければなりません」を言明しました)。

Robert Gates, the new US defence secretary, has described military action against Iran as a “last resort”, leading Israeli officials to conclude that it will be left to them to strike.

Israeli pilots have flown to Gibraltar in recent weeks to train for the 2,000-mile round trip to the Iranian targets. Three possible routes have been mapped out, including one over Turkey.


?

?

Air force squadrons based at Hatzerim in the Negev desert and Tel Nof, south of Tel Aviv, have trained to use Israel’s tactical nuclear weapons on the mission. The preparations have been overseen by Major General Eliezer Shkedi, commander of the Israeli air force.


Sources close to the Pentagon said the United States was highly unlikely to give approval for tactical nuclear weapons to be used. One source said Israel would have to seek approval “after the event”, as it did when it crippled Iraq’s nuclear reactor at Osirak with airstrikes in 1981.


Scientists have calculated that although contamination from the bunker-busters could be limited, tons of radioactive uranium compounds would be released.


The Israelis believe that Iran’s retaliation would be constrained by fear of a second strike if it were to launch its Shehab-3 ballistic missiles at Israel.


However, American experts warned of repercussions, including widespread protests that could destabilise parts of the Islamic world friendly to the West.


Colonel Sam Gardiner, a Pentagon adviser, said Iran could try to close the Strait of Hormuz, the route for 20% of the world’s oil.


Some sources in Washington said they doubted if Israel would have the nerve to attack Iran. However, Dr Ephraim Sneh, the deputy Israeli defence minister, said last month: “The time is approaching when Israel and the international community will have to decide whether to take military action against Iran.”


ロバート・ゲイツ、新しい米国国防長官は、イスラエルの役員を、それが、打つために彼らに任せられるであろうと断定する気にさせてイランに対する軍事行動を「最後の手段」と評しました。

イスラエルのパイロットは、イラン目標に2,000マイルの往復旅行のためにトレーニングするようにここ数週でジブラルタルに飛んで行きました。

3つの可能なルートが、トルコの上のものを含めて、計画されています。

テルアビブの南のネゲヴ砂漠とTel NofのHatzerimで基づいた空軍支隊は、任務におけるイスラエルの戦術核兵器を使うためにトレーニングしました。

準備はEliezer Shkedi少将(イスラエルの空軍の司令官)によって監督されています。

国防総省に近い関係筋は、米国が、戦術核兵器が使われるように承認を与えることが非常にありそうにないと言いました。

1つのソースは、それが1981年に空爆によってOsirakでイラクの原子炉を損った時に、それがしたように、イスラエルが、「イベントの後で」承認を求める必要があるであろうと伝えていました。

科学者は、バンカーバスターからの汚染は制限されることができたけれども、何トンもの放射性のウラン化合物がリリースされるであろうということを計算しました。

イスラエル人は、それが、イスラエルでそのShehab-3弾道ミサイルを発射したならば、イランの報復が2番目のストに対する恐怖によって強制されるであろうと信じます。

しかし、西欧に友好的なイスラム世界の一部を不安定にすることができた広範囲に及んだ抗議を含めて、アメリカエキスパートは反響を警告しました。

サム・ガーディナー大佐、国防総省アドバイザーは、イランが、ホルムズ海峡(世界のオイルの20%のためのルート)を閉じようとすることができると言いました。

ワシントンの何人かの関係筋は、彼らが、イスラエルが、イランを攻撃する神経を持つかどうかを疑っていると言いました。

しかし、エフライム・スネー博士(副イスラエルの防衛大臣)は先月言いました:

「イスラエルと国際社会が、イランに対して軍事行動をとるかどうかを決める必要があるであろう時に、時間は近くなっています」。

ダブルスタンダード


アウトプット日本丸より・・。


最高裁は在日特権を推奨中

旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ(asahi.net)



 在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻(はたん)処理をめぐり、預金保険機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じたことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。



 訴訟記録によると、東京都内でパチンコ店を経営する男性(81)は、長年にわたり飲食店やパチンコ店の収入の一部を裏金にして脱税し、朝銀東京に設けた架空名義の口座に預金。その残高は50億円を超えた。



 朝銀東京は99年に経営破綻し、預金の一部を男性に払い戻したが、02年4月以降は架空名義だったことを理由に男性への払い戻しを拒否。同年12月、架空名義預金は整理回収機構に引き継がれた。



 これに対し男性は03年12月、34億円余の払い戻しを求め、整理回収機構を提訴。預保機構は「脱税資金を貴重な公的資金で払い戻すのは正義に反する」と反論したが、今年9月、最高裁で原告の勝訴が確定した。(以下略)





 この記事を読む前に、在日朝鮮人は「通名」という偽名をいくつも用いることができ、その通名は公的なモノに使えるという特権があることを知って下さい。

 それを用いることで、他人名義の口座の開設が可能となり脱税が容易になるのです。また通名は、何度でも変えることが可能なのです。

 つまり、このパチンコ店経営者は在日朝鮮人であり、偽名(通名)を使って架空口座を作り脱税をしていたと判断できます。

 その犯罪者(時効成立済み)に、最高裁は税金から34億円をこの人物に払う判決をしたのです。

 外国人でありながら、日本に居つづけ反日活動を行う。そして犯罪行為を行う・・・

 こういう輩の肩を持つ最高裁はどこの国の司法機関なのでしょう!



 また、経済産業省は中国人留学生の受け入れ枠を拡大し、無償で生活費や授業料を払いつづけるという方針です。

 その一方で、日本人学生にはこのような優遇措置はありません。

 さらに、留学生は経歴を偽造したり、授業にでないで雲隠れして犯罪に手を染める者が多く、中国共産党の工作員としての役割もあるという指摘もあります。

 こういう現状でありながら、留学生受け入れ枠拡大をする経済産業省はどこの国の行政機関なのでしょうか!!



 これこそ国策捜査をすべき事案ではないでしょうか!?


蛇足

与党はギャンブル、偽名、脱税の特権などの廃止法案を出せ・。戦後60年も過ぎて、不合理すぎるのではないかい・。


パールハーバーへの道?

#明治以降日本を育ててきたロスチャイルド


「近代史において英国はサタン・エリートのセンターであった。ロスチャイルドの力の下にあった大英帝国は世界の皇帝を引き下ろすことを決定した。ロスチャイルドはロシアのロマノフ王朝の皇帝(ツアー)に照準を定め、来るべき日露戦争でロシアに決定的な傷を負わせる機会を見いだしていた。英国情報部は日本にロシア軍や艦船の配置の優秀な情報を提供した。

一九○四年二月八日日本はロシア太平洋艦隊を攻撃して世界を驚かせた。日本はその二日後に宣戦布告を行った。日本艦隊は英国の情報を使って、さほどの困難もなくポート・アーサー小艦隊とウラジオストック小艦隊を全滅させてしまった。このニつの小艦隊が太平洋艦隊を形成していた。ロシアはバルチック艦隊を太平洋に派遣したが日本はこれも粉砕してしまった。

日本はアジアに陸軍を派遣し激しい戦闘の末、ロシア陸軍を十分かつ完全に打ち負かしてしまった。

日本はロシアとカイザルの政府を軍事的勝利で屈服させたけれど、彼らの戦争継続能力が限界に来ており、和平を獲得しなければならないことを知っていた。日本政府は秘密理に、セオドア・ルーズベルトに和平の場を整えてくれるように要請した。一九○五年にはルーズベルトは日本を好んでいたと言われている」我々は日露戦争の裏側についていくつかの報告は間いているが、当時(も今も)イギリスを支配していたロスチャイルド家が、日本を将棋の駒のようにあやつり、イギリス惰報部の高度のインテリジェンスの成果を与える事によってロシア艦隊を撃滅したとする、このようなあからさまな報告にはあまり接していない。

しかし、もちろんそれだけの能力が日本にあると言う事を彼らは知っていたのである。また日露戦争の、だれも見向きもしな かった戦争債を買ったクーン・ロエブ商会はもちろんロスチャイルドの手のものである。「他にも日本を助けた大統領がいる。第一八代大統領ユリシーズ・グラントである(彼の本名はヒラム・グラント、メーソンの神ヒラム・アビフから取られた)。グラントはロスチャイルドと堅く結ばれていた。どういうルートで、またどれくらいグラントがロスチャイルドと緊密であったかは私には分からない。

しか し、貧民窟の酔っ払いから大統領へ彗星のような浮上した陰には、イルミナティからの隠された引き綱

があった事は確かである。彼の任期は汚職でも悪名高い。中国と日本がいくつかの島の領有権を巡って争った時、ロスチャイルドがグラントに仲裁に入る事を許すように決定した。ロスチャイルドの忠実な僕である事を当然の事としていたグラントは、日本のためになるように取り仕切った。ロスチャイルド家は一貫して中国より日本を好んだ。一つには彼らが日本をもう一つのイギリスと見ていたからである。イルミナティは東京を重要なイルミナティの首都にしたかったのである。

彼らは、もし世界がもっ と長く存在し続けるなら、彼らの本部をロンドンから移転する積もりだった。その時には日本の東京かイスラェルのエルサレム(またはテルァビブ)が候補地だった。


 #日本にはどんな役目が課せられているか


ロスチャイルド家は日本と共に働き続けた。最近の事では、一九六○年代にユプリン・ロスチャイルドが日本と極東に多くのビジネス旅行をしている。エブリンは高い評価を受けている経済誌『エコノミスト』の議長である。ロスチャイルド家の一人は同じぐらいの身分の日本人の女性と結婚している。ロスチャイルド家はゴールドマン・サックスを通して日本に大きな影響力を持ってきた。ゴールドマン・サックスは他のイルミナティー三家族の一つフリーマン家と堅く結ばれている。加えてゴールドマン家とサックス家はイルミナティと共に働く典型的なサタン的ユダヤ家族である。

ゴールドマン・サックスは日本の証券取引所の主要なやり手である。ゴールドマン・サックス社は株の陰の取り引きも盛んにやって来た。日本の大蔵省は三つの証券会社を日本の為替取り引きに接近する事を許した。その一つはロスチャイルドのゴールドマン・サックスである◇ゴールドマン・サックスと共に、モルガン・スタンレー、ソロモン・ブラザースがいる(ウオールストリートジャーナルー九九一年三月一八日)。これらの 三つは全てユダヤ金融資本である。ゴールドマン・サックスは日本の長期国債を日本政府がかなりのものを還元するであろうと期待して沢山買った。ゴールドマン・サックスはニつの中期ファンドも準備して居る。

日本の住友銀行はゴールドマン・サックスに五億ドルの資本投資をした」このように、すでに明治時代からロスチャイルドとイルミナティは日本に注目し、利用し、育てて来たのである。日本の金融など彼らの前には子供銀行のようなものであろう。金融恐慌も戦争も革命も思いのままに起こす事ができるこれらの人々は、やがて、もっと大きな仕事のために日本を戦争にひきずり込む事になる。

#日本を太平洋戦争に誘引したユダヤ


「ロスチャイルドの極東・日本地域の代理人のひとりはヘクター・チャールス・パイウオーターであった。ヘクター・チャールス・パイウオーターは海軍公文書保管所の准会員であった。彼は一九二一年に日本対アメリカ海軍の深い比較研究をした。その研究は『太平洋の海軍力』という名で出版された。その本は実際にはイギリスで印刷されたのに表紙にはボストンと書いてある。これは奇妙な研究である。

それというのも第一次世界大戦は全ての戦争を終わらせる戦争だと公に信じさせようとしているからである。

ヘクターはここでもし日本とアメリカが戦争をすればどうなるかという事のデータを集める非常な努力を払っている。一九二五年、このロスチャイルドの代理人は『大太平洋戦争』と言う本を出版した。それは基本的に二○年後に起こった太平洋におけるアメリカと日本の衝突を描いている。この本は真珠湾攻撃を含む太平洋における日本の計画の根拠と基礎となった。ウイリアム・H‐ホナンの最近の本『醜間の幻ニヘクター・C‐バイウオーターはいかなるジャーナリストだったかの語られざる物語』はこの事を暴露した。この本はエスタブリッシュメントの注意を引いた、彼らはワシントンポストとニューョークタイムスでこの本の評論をした。


日本の真珠湾攻撃を指揮した山本五十六は、パイウオーターの本を学んだと信じられている」山本五十六はフリーメーソンであったと、故久保田政男氏の『フリーメーソンとはなにか』に書いてある。しかし、我々のだれが、パイウオーターの名を知っていただろう。そして、かの有名な山本五十六がもしかすると売国の徒であったかもしれないなどと言う事を、だれが信じるだろうか。信じられない話のついでにもっと信じられない話をしよう。前の本を読んだ読者からとんでもない電話があった。それは山本五十六が非常に高齢になり最近まで生きていた、そして日本フリーメーソンの中心的存在だったと言うのである。

山本五十六は あのブーゲンビルのジャンクルで死ななかったと言う話を間いたのは私はこれが二度目だった。私には分からない。そしてどちらでも構わない。一方、ヨーロッパではもっと複雑な計略が練られていた。それはヒトラーと言う謎の男の登場である。この研究者はヒトラーがユダヤの血を引く、それもロスチャイルド家の血縁だと言うのである。なぜ、ナチスが生れ、ヒトラーが同胞を殺したのだろうか。それは秘密中の秘密である。それはイスラエルと言う国を誕生させるための血の犠牲だったというのである。

しかし、それについてはまだ私には十分な確証がない。ここではただ日本との関わりについてだけ研究者の言葉を聞こう。

「ベルリンの高位のオカルトグルーブがもっとも強力な日本のオカルチストと接触した。両方のグルーブは悪魔的な力に頼った。高位のオカルトグルーブがロスチャイルドとヒトラーの背後で結合した。すでに私が著書の中で明らかにしているように、アドルフ・ヒトラーはロスチャイルドの血縁である。サタン主義のナチの指導者を助け、供応し、日本が真珠湾で米国を攻撃するように励ましたのはドイツの陸軍であった。真珠湾

攻撃を引き起こすために、他にも〃エリート〃の沢山の秘密の陰謀組織があった が、この記事の中では多すぎて取り上げる事は出来ない。

?要点はこうである、我々は日本を第二次世界大戦にひきずりこむためのイルミナティの舞台裏の動きを、巧みにぽかしている映像を見せられているのである。イルミナティの指今の下にあるアメリカ政府は日本をコーナーまで追い詰め、日本がしやにむに攻撃してくるだろうところまで意図的に怒らせた。日本は一九四一年一○月七日に和平とアメリカが望むどんな和平の条件も間くという意志を表明した。アメリカ政府は彼らが次に何をするかを国民には知らせなかった。ルーズベルトと他のイルミナティは日本の和解の提示を鼻歌を歌いながら無視した、そして、日本が必ず戦争で答えなければならないような最後通牒を送って拒絶した」これは今となっては良く知られた事である。

一つには彼らは日本をあなどっていた。日本人の知性と技術力を過少評価していたのである。ルーズベルトは真珠湾の被害を間いた時、泣き出したと言われている。さすがイルミナティでもいくらかは人間の心が残っていたのだろうか。彼の死はその自責の念と関係しているのかもしれない。これについてはまだいろいろと不思議な情報がある。「ルーズベルトが日本に作戦行動をさせるなどと言う事があり得るだろうか。軍事国務長官ヘンリー L スチムソンは彼の一九四一年二月二五日の日記に秘密事項として、「間題は、我々の方に余り多くの損害を受けずに、いかに奴等(日本)に最初に手を出させるかだった。それはなかなか難しい間題だった」と書いている。

読者は『ワシントンの戦争の君主たち』(真珠湾の秘密)という陸軍大佐力-チス・ダルとのインタビューを読まれると良い。(出版社Institute for Historical Review)スチムソンと他のイルミナティたちは公に知られずに、日本を怒らせた事が、どんなに巧妙なやりかただったか誇りを感じていたに違いない。ルーズベルトは彼の出来る限りのやり方で日本人を怒らせた。そしてルーズベルトから出たと思われる命今によって、日本の航空関係者は真珠湾への重要な旅行を許可された。そして真珠湾のどこが攻撃しやすいか教えられ、アメリカの係官たちはオアフ鳥は、どうすれば航空機による攻撃が最高の成果をあげるることができるかを詳細に説明するツアーを提供した」これは珍しい証言である。

当時の日本軍関係者はこのツアーをどう思っただろうか。「アメリカ人とは開けっ広げで警戒心のない連中だ」と思ったのだろうか。わざわざ敵に自分を攻撃する最良の道を教えるなど本当にあったのだろうか。しかし、真珠湾の事件は初めから彼らの作戦だったのである。ただ、少しばかり誤算だったのだ。その少しばかり の誤算がアメリカの若き三六○○人の命だったのである。彼らを殺したのは日本人ではない。彼らの大統領、そしてそれを動かしているサタンのヒェラルキーであった。

?


Pearl Harbor: Fifty Years of Controversy

Charles Lutton

At 7:49 a.m. on Sunday, December 7, 1941, 183 Japanese dive- and torpedo-bombers, accompanied by Zero escorts, launched the first of two attacks against the American base at Pearl Harbor. A second wave of 168 Japanese aircraft arrived at 9 a.m. Eighteen operational warships, including four battleships, were sunk or heavily damaged; 188 aircraft were destroyed. 2,403 Americans were killed, among them 68 civilians, and 1178 were wounded.


Although the Japanese achieved local surprise, their success was less than complete. The Pacific Fleet's three aircraft carriers were not in port. Nine heavy cruisers, all but three light cruisers, and virtually all of the destroyers remained afloat. None of the fleet's submarines was lost. And the commander of the Japanese task force, Admiral Chuichi Nagumo, refused to authorize a third strike that could have led to the destruction of Pearl Harbor's naval dockyards and oil storage tanks, the loss of which would have neutralized Hawaii as a forward base for counter-offensives against Japanese moves toward the Philippines, Malaya, and the Dutch East Indies.


The attack solved President Franklin D. Roosevelt's most pressing problem: how to overcome the American public's opposition to involvement in the war that had been going on in Europe for the previous sixteen months (on the eve of Pearl Harbor, polls indicated that 80 per cent of the people did not want the United States to enter the war as an active participant). Roosevelt received overwhelming support when he asked Congress for a declaration of war against Japan. The grass-roots America First movement quietly disbanded. On December 11th, Germany and Italy declared war against the United States. American resolve to "defeat the dictators" was near unanimous.


If the public united behind Roosevelt and Churchill in the war effort, almost from the first there were serious questions raised about the attack that had brought America into the world conflict. Who was accountable for the disaster? Was it avoidable? Why had the Japanese attacked? Had there been any American provocation? And why had Pearl Harbor's able Navy and Army commanders, Admiral Husband E. Kimmel and General Walter Short, been caught off guard? Why were they quickly retired under unusual circumstances?


To head off congressional and public criticism, Roosevelt hastily appointed a special commission to investigate the attack. Chaired by Associate Supreme Court Justice Owen J. Roberts, a leading supporter of the pro-interventionist Committee to Aid America by Aiding the Allies, the President had no fear that the commission would do anything to compromise the spirit of unity that now prevailed. Justice Roberts completed his report on Friday, January 23, 1942. The Administration released it to the public in time for the Sunday newspapers. Key members of the Washington political and military establishment were absolved of any blame. The fault, they said, lay with Admiral Kimmel and General Short.


First Revisionist Critiques

But not all were convinced. In September 1944, John T. Flynn launched Pearl Harbor revisionism when he published a forty-six page booklet entitled The Truth about Pearl Harbor. Flynn argued that Roosevelt and his cronies had been plotting war against Japan at least since January 1941. The Administration continued needlessly to provoke the Japanese government throughout the rest of the year, and on November 26, 1941, delivered a diplomatic ultimatum that no government could possibly accept. Flynn also suggested that Kimmel and Short were given the wrong instructions from Washington headquarters, thus aborting the taking of effective measures at the base.


In early 1945, a thirty-year-old historian, William L. Neumann, published a brochure, The Genesis of Pearl Harbor. He reviewed the diplomatic background to the outbreak of the war and pointed out how the Roosevelt Administration had launched an economic war against Japan in the summer and fall of 1941. Neumann concluded that both sides were responsible, but that Washington could not have been surprised by the attack at Pearl Harbor, given FDR's diplomatic activities in the months and days preceding December 7th.


Army and Navy Reports Released

After VJ-Day, President Harry Truman permitted the release of the Army and Navy special investigations of the Pearl Harbor attack. The Navy Court of Inquiry, headed by Admiral Orin G. Murfin, met from July 24-September 27, 1944. They concluded that Admiral Harold R. Stark, the Chief of Naval Operations, had failed to provide Admiral Kimmel all of the information possessed in Washington, thereby denying the Hawaii command a more complete picture of the situation. Kimmel was exonerated. His plans were judged "sound," but were dependent on "advance knowledge that an attack was to be expected." And given his limited military resources, Kimmel had conducted long-range aerial reconnaissance appropriate to the intelligence he had been given and the number of aircraft available.


Lt. General George Grunert chaired the Army Pearl Harbor Board, which met from July 20-October 20, 1944. Evidence from 151 witnesses was collected in Washington, D.C., San Francisco, and Hawaii. While the Board was critical of General Short, for the first time attention was directed toward General George Marshall and the War Department. Marshall was censured for failing to keep Short fully apprised of the deteriorating state of U.S.-Japanese relations; of failing to correct Short's "sabotage alert" preparations at Pearl Harbor (U.S. aircraft were bunched wing-tip to wing-tip on December 7th, because Washington had told Short to guard against sabotage. Had he been alerted to a possible air attack, the planes would have been scattered and sheltered in revetments to guard against bomb blast); of failing to send critical information to short on the evening of December 6th and the morning of December 7th; of failing to determine if the state of readiness at Pearl Harbor was commensurate with the potential threats to the base's security. General Leonard Gerow, the Chief of the Army's War Plans Division, was also reproved, He had failed, the Board concluded, to keep the Hawaiian command inform ed about Japanese moves that were known in Washington; of failing to make the November 27th warning clear and concise; and of failing to see that joint Army-Navy plans were properly effected.


~省略~

真珠湾:

50年の議論

チャールズLutton

1941年12月7日日曜日の午前7:49に、0人の付き添い人によって同伴されている183人の日本のダイビングと魚雷の爆破犯人が真珠湾のアメリカベースへの2回の攻撃の一番目をスタートしました。

168機の日本の航空機の第2波は4つの戦艦を含む午前9時18操作上の軍艦に到達し、沈んだか、重く、損傷しました;

188機の航空機が破壊されました。

2,403人のアメリカ人が彼ら、68人の民間人がこの間で殺されて、1178人は傷つけられました。

日本人はローカルな驚きを達成したけれども、彼らの成功は完全であるとは言えなかった。

太平洋艦隊の3つの航空母艦はポートの中にありませんでした。

9つの重巡洋艦、3つの軽巡洋艦を除いたすべて、および事実上破壊者のすべてが浮遊中であり続けました。

群団の潜水艦の誰も迷子になっていませんでした。

そして日本のタスク・フォース、チュウイチ・ナグモ提督の司令官は、真珠湾の海軍工所とオイル貯蔵タンクの破壊を引き起こしていたかもしれない3番目のストを認可することを断りました(それの損失はフィリピン、マレー半島、およびオランダ領東インド諸島への日本の動きに対する反撃のために前線基地としてハワイを中立化したでしょう)。

攻撃はフランクリン・ルーズヴェルト大統領の最も緊急問題を解決しました:

どのように、前の16ヶ月(真珠湾のイブに、投票は、人々の80パーセントが、米国に、アクティブな参加者として戦争に入ってほしくなかったことを示しました)の間ヨーロッパで続いていた戦争における関与へのアメリカの大衆の反対に打ち勝ちますか。

彼が議会に日本に対する戦争の宣言を要求した時に、ルーズベルトは圧倒的なサポートを受けました。

民衆のアメリカの最初のムーブメントは静かに解散しました。

ドイツとイタリアは米国に対して12月11日に宣戦布告しました。

「独裁者を破る」アメリカ決意はほぼ満場一致でした。

一般大衆が戦争の準備においてルーズベルトとチャーチルの後ろで結束したならば、ほとんど、初めから、アメリカを世界衝突に至らせた攻撃について提起された重大な問題がありました。

誰が災害について責任がありましたか?

それは回避可能でしたか?

なぜ日本人は攻撃しましたか?

アメリカ挑発がありましたか?

そして、なぜ真珠湾の有能な海軍と軍隊の司令官(Husband E.キンメル提督、およびウォルターShort将軍)は油断につけこまれましたか?

なぜそれらは異常な状況の下で迅速に辞めましたか?

議会の批判と世論の批判の進路を阻むために、ルーズベルトは急いで特別な委員会に、攻撃を調査するように命じました。

仲間最高裁判所裁判官オーウェンJ.ロバーツ(同盟国を援助することによってアメリカを援助するプロ内政干渉論者委員会の指導的立場にある支持者)によって統轄されて、大統領は、委員会が、今や、普及した単一性の心を損うために何もするであろうという心配を全然持っていませんでした。

ロバーツ裁判官は1942年1月23日金曜日に彼のリポートを完成しました。

管理は日曜紙に間に合って一般大衆にそれをリリースしました。

ワシントン政治機構と軍用基地の主要メンバーはどのような非難をでも赦免されました。

彼らは、障害はキンメル提督とShort将軍にあったと言いました。

最初の修正論者評論

しかし、すべてが確信したわけではありません。

1944年9月に、彼が真珠湾について真実という表題を付けられた46ページの小冊子を出版した時に、ジョンT.フリンは真珠湾修正論をスタートしました。

フリンは、ルーズベルトと彼の親友が少なくとも1941年1月以来ずっと日本に対する戦争の座標を示していたと主張しました。

管理は不必要にも、その年の残りにわたって日本政府を怒らし続けて、1941年11月26日に、どの政府もことによると受け入れることができなかった外交の最後通牒を送達しました。

フリンはまた、キンメルとShortが、ワシントン本部から間違った手順を与えられたし、従ってベースで効果的な手段の取りを中止することを示唆しました。

1945年の初頭において、30歳の歴史家、ウィリアムL.ノイマンはパンフレット、真珠湾のジェネシスを出版しました。

彼は戦争の勃発に外交の背景をレビューし、どのようにルーズベルト政権が1941年の夏と落下に日本に対する経済戦争をスタートしたかを指摘しました。

ノイマンは、両者が責任があったけれどもワシントンが、12月7日先行している数ヶ月と日にFDRの外交活動を与えられて、真珠湾で攻撃に驚いたはずがないと断定しました。

発表された陸軍と海軍のリポート

太平洋戦線勝利の日の後に、ハリー・トルーマン大統領は真珠湾攻撃の陸軍と海軍の特別な調査のリリースを許しました。

Orin G. Murfin提督によって率いられた海軍査問会議は7月24日-1944年9月27日から開催されました。

彼らは、ハロルドR.Stark提督、海軍作戦部長が、キンメル提督にワシントンで所有されている情報のすべてを提供し、従って、Hawaiiが状況のより完全な映画を命じるのを否定することに失敗したと断定しました。

キンメルは解放されました。

彼の計画は「健全です」と判断されていたけれども、「攻撃が、予期されていることになっていた事前の知識」に依存していました。

そして、彼の制限された軍事資源を与えられて、キンメルは、彼が与えられた知能に適切な長期の空中査察と入手可能な航空機の数を実施しました。

ジョージGrunert中将は軍隊真珠湾取締役会を統轄しました(それは7月20日-1944年10月20日から会いました)。

151人の証人からの証拠はワシントンD.C.、サンフランシスコ、およびハワイで収集されました。

ボードが一般的なShortに批判的な間、初めて、注意はジョージ・マーシャル将軍と戦争省に向けられました。

マーシャルは、米国日本人関係の悪化する状態について完全に知らせられたShortを保持することに失敗するために非難されました;

真珠湾でShortの「サボタージュ警告」準備を訂正することに失敗することの(ワシントンが、サボタージュを警戒するために手前で話したので、米国航空機は12月7日に翼端から翼端まで束にされました。

(彼が可能な空襲について注意をうながされたならば、飛行機は、爆風を警戒するために護岸舗装において散乱し、避難していたでしょう);

12月6日の夕方と12月7日の朝に重要情報を要点に送ることに失敗することの;

真珠湾での準備の状態がベースのセキュリティへの潜在的な脅威と同量であったかどうかを決定することに失敗することの。

レナードGerow将軍(軍隊の戦争計画部門のチーフ)はまたとがめられて、彼は失敗し、ボードは終えて、Hawaiianコマンドを保持することは、ワシントンで知られていた日本の動きをedに知らせます;

11月27日の警告をクリアで、簡潔にすることに失敗することの;

そして、共同の陸軍-海軍計画が適切にもたらされたとわかることに失敗することの。

言うまでもなく、陸軍長官ヘンリー・スティムソンと海軍長官ジェイムズ・フォレスタルは、日本の攻撃の成功に対する責任がローカルな司令官からワシントンの彼らの上司に転嫁されたことに驚きました。

軍隊真珠湾ボードのリポートを補うために、ヘンリー・クラウゼン少佐は、ワンマンの調査を率いるために選ばれました。

しかし、どの公的なリポートも出されませんでした。

フォレスタルは提督W.ケントヒューイットを持っていました 真珠湾を調査し続ける 。

どの別個のリポートも出されなかったけれども、1945年8月29日に、フォレスタルは、ヒューイットの問い合わせに基づいて、「特に11月27日から1941年12月7日の期間の間の提督夫E.キンメルとハロルドR.Stark提督は、それらの繁茂し、割り当てられた義務と同量の運動コマンドに必要な優れた判断を示すことに失敗しました」を発表しました。

1945年9月に、真珠湾の最終的な秘密という表題を付けられた15ページのリポートを出した侮り難いジョンT.フリンに、陸軍と海軍のリポートは新鮮な弾薬を提供しました。

フリンの発見は興味がある友人の小さな輪によってレビューに制限されなかったけれども、シカゴ・トリビューンのおかげで広い流通を与えられました(それは彼の仕事を強調しました)。

フリンは、フランクリン・ルーズベルトが外交の管理誤りについて責任があったと断定しました;

太平洋艦隊を不安定な真珠湾ベースに配置されるようにしておくため;

そして、真珠湾から必要な防御用の機器を取り除くため。

攻撃への外交の序曲をレビューして、フリンは、FDRが、一般的な日本人と「戦争宣伝員」が東京でパワーを取ったという日本の穏健派とそう統合されたイベントの見解を徐々に蝕んだことを説明しました。

挑発にもかかわらず、ドイツが、米国に対して宣戦布告しようとしていなかったことはクリアになりました。

ルーズベルトが日本人にねじを向けたのはこのポイント、言われたフリンでした。

フリンは、続けて、日本の外交のコードのひびが入ることが表していた「神から贈ってください」に言及しました。

フリンは、英国人が最初に日本語のコードを壊し、東京と外国の担当者の間でメッセージのコピーをワシントンに供給したという感じを抱いていました。

彼は、ワシントンが、日本が、米国と合意に達するためにその外交官に11月25日の締め切りを与えたことに気づいていたという事実の意義を強調しました。

セクション(「真珠湾の霧」)中で、フリンは、真珠湾の司令官が傍受された日本語のメッセージと急速に悪化する事態について「文字どおりの何」とも話されたことを強調しました。

Shortは、ハワイの多い日本の人口からサボタージュと内部の無秩序を警戒するように命じられて、日本の軍事行動がすぐけれどもクラ地峡半島、グアム、シンガポール、およびマレー人のような目標に対して予期されることができることを警告されました。

そして、フリンは、まだ、攻撃(すなわち、「真珠湾を保護するために、そのキンメルの群団はそこにありませんでした」)の議論においてあまりにもしばしば覆い隠されるポイントを再強調しました。

港はそれのために単に燃料と補給基地としてそこにありました。

群団は戦争の場合にそれに割り当てられた仕事を持っていました。

「ベースの保護は軍隊と基本の海軍のinstalla tionsの義務であるでしょう」。

彼の「真珠湾の前の夜」の議論において、フリンは、真珠湾への攻撃に驚いているルーズベルトについて一般大衆を与えられた話が「まったく不正であること」を告発しました。

傍受されたメッセージに基づいて、FDRは、交戦状態がすぐ、始まることになっていたと知っていました。

どんな「警告」がハワイに最終的に送られたかは顔をたてた手段としてできる限り遅い方法によって意図的に配達されました。

フリンは、続けて、どう災害に対する責任がワシントンからハワイ司令官、キンメル、および要点に賢く転嫁されたかを示しました。

彼はさらに、どのように群団が、そこに停泊したどのような船でも容易な目標であるであろうという、コンvincedであったキンメルの前任者、リチャードソン提督の反対を押し切って真珠湾で基づくようになったかを議論しました。

[*]

彼の悲劇の要約において、フリンは、そのルーズベルトが、彼らの息子を対外戦争において戦わせないアメリカ人への彼の公約にもかかわらず日本との戦争に行くと決めて、彼が、英国人に、12月7日よりずっと以前に戦うと約束したという彼の見解を繰り返しました。

攻撃が真珠湾に来た時に、「チーフアマチュア司令官」は、非難をキンメルと要点に置こうとしました。

「さて、アメリカ人中に残された体裁の切れ端があるならば、彼らは、議会が日の光に醜いビジネス全体のために開くdeマンドを望んでいます」と彼は断定しました。

[**]

議会公聴会

真珠湾攻撃の調査についての共同の議会委員会であることに持って来られた議会の同一決議。

管理は、パワーにおいて政党の立ちを守る間に、民主党の大多数を持っていた委員会が公的な好奇心を満たすであろうということを望みました。

Albenバークリー(ケンタッキー州・民主党)上院議員は会長を務めました。

5人の他の民主党員は、ウォルターF.ジョージ(ジョージア)上院議員、スコット・ルーカス(イリノイ)上院議員、J.バイヤール・クラーク(ノースカロライナ)議員、ジョンW.マーフィー(ペンシルベニア)議員、および副会長であったJereクーパー(テネシー)議員を含みました。

民主党は法律のスタッフを選びました。

4人の共和党員が委員になりました:

オーウェン・ブルースター(メーン)上院議員、ホーマー・ファーガソン(ミシガン)上院議員、バートランドGearhart(カリフォルニア)議員、およびフランクB.キーフ(ウィスコンシン)議員。

共和党の少数は彼ら自身のスタッフを提供されませんでした。

しかし、パーシー・グリーブス(共和党全国委員会の前の仲間研究ディレクター)が共同の議会委員会の共和党のメンバーを補助することを許すために、ジョンT.フリンは私的なソースから資金を集めました。

グリーブスの有能な仕事がなければ、真珠湾話の多くは一般大衆に隠されていたでしょう。

委員会は1945年11月15日から1946年5月31日に座りました。

それらが亡くなった大統領ルーズベルトからできた限り多くの批評をそらすように民主党の大多数はそのような方法で、どうにかしてヒアリングを操縦しました。

ファーガソン上院議員の粘り強さのおかげで、グリーブスによって援助されて、「不自由な」証拠は多くの証人から取り出されて、ロバーツ委員会リポートを否定した証拠はレコードに置かれました。

証拠、展示品、ヒアリング、および終えるリポートは約40巻に来ました。

「大多数リポート」は、日本のきらきらと計画された攻撃が完全に挑発されなく、ルーズベルト内閣が、議会を、宣戦布告することに押し込むために先制攻撃をスタートする中に日本を動かせたという証拠が全然なかったと断定しました。

実に、民主党は、ルーズベルト、ハル、およびスティムソンが、日本との戦争を避けるために、それらがことによるとすることができたすべてをしたと断言しました。

真珠湾の災害は、可能な攻撃を検出し、ありそうな脅迫に対応する適切な準備を維持する適正な手段を取ることにおけるローカルな司令官の失敗によりました。

リポートは、戦争省が、彼の「サボタージュ警告」手段が十分でなかったことをShort将軍に通知するべきであったことを示唆しました。

さらに、陸軍と海軍の知能は、真珠湾(軍事情報がデコードした「爆弾プロット」メッセージ)で停泊した米国戦争船の位置と並行している状態を保つ日本の努力の意義を実現するべきでした。

最終的に、攻撃の前の48時間の間に、戦争と海軍の部門は、日本人が、12月7日に午後1時ワシントン時間から効果を生じることを予定した差し迫った国交断絶についての用心深く、通知された真珠湾のより高い州の上でもつべきでした。

「少数意見書」はブルースターとファーガソンの上院議員のサインの下に出されました。

彼らは約20の「事実と責任の結論」をリストしました。

ルーズベルト大統領は、「情報を評価し、イベントが戦争の成長する切迫を示した時にクリアで、ポジティブな注文をハワイ司令官に派遣することにおいて陸軍長官、海軍長官、陸参謀総長(マーシャル将軍)、および海軍作戦部長(硬直している提督)の間の継続的で、効率的で、適切な協力を強制することにおける失敗に責任があります」に保たれました。

「機会によって必要とされていたその迅速で、即時の実行する行動をとること」に失敗するために、ルーズベルトは特に12月6日土曜日の夜と日曜日の朝、7番目の間で誤りました。

「大多数リポート」とサインされた共和党の議員Gearhart(難しい再選運動にありました)と、持った後に、フランク・キーフ議員は彼自身の「追加の眺め」を提出しました。

キーフを入れられる、その、「大西洋または太平洋で全面戦争努力の後ろの世論を統合するであろうファクターとして‘出来事’の概念は長い間ワシントンで役員の考察に影響しました」。

早くも1940年10月に、ルーズベルトは、日本を封鎖することを考慮しました。

キーフはまた、真珠湾への攻撃のほんの数日前に、ルーズベルトが個人的に海軍が、フィリピンから東南アジアに蒸気を出しているその時の日本の軍艦の進路の中に3つの小さな容器を急送するように命令したことが重要であるとわかりました。

下院議員は、この非凡な行動が、出来事が、米国を公式に戦争に至らせる必要があった時に、役立つことができたアメリカ船への「明白な」日本の攻撃を引き起こすことを意図していたと思いました。

ジョージ・モルゲンシュテルンはけんかに入ります。

議会公聴会、外交官と陸軍将校の回想録、および他の問い合わせは、攻撃の真面目な学生が、起こったことのかなりクリアな写真を得ることを可能にするのに十分な証拠を提供しました。

ジョージ・モルゲンシュテルン(戦争中に米国海兵隊のキャプテンとして勤務していたシカゴ大学のファイベータカッパ卒業生)は入手可能な素材を調べ尽くし、今日、たぶんエピソード、真珠湾の最もよいアカウントであり続けるものを書きました:

1947年にDevinアデア会社によって出版された秘密の戦争の話。

シカゴ・トリビューンのために社説面エディタとして働いて、その時までにであったモルゲンシュテルンは、ルーズベルトの無実のディフェンダーをがたつかせました。

いくつかによる厳しい攻撃を受けるか、無視を単に与えられて、民主主義の政治機構の同志ではなかった他から、モルゲンシュテルンの奨学金は称賛を勝ち取りました。

尊いチャールズA.Beardは、彼の本が長い間「真珠湾の悲劇についての理解の探求への永久的な寄与」であり続けるであろうということを述べました。

米国アジア人群団のチーフ前の司令官、H.E. Yarnell提督は、作者が、「どこに責任があるかをすべてのリーダに明らかにするようにそのような方法でこの悲劇の現有の事実を整理することについて祝われることになっている」と言いました。

ジョージタウン大学歴史家チャールズ・カランTansillは、モルゲンシュテルンが「高い能力によって秘密外交と全国的な裏切りのレッスンを明らかにする」と思いました。

モルゲンシュテルンは日本の攻撃の説明によって彼の本を開き、1932年のアメリカ海軍運動が、真珠湾がキャリアで基づいた飛行機による空襲に開いていたことを示したことに注意しました。

章全体が、なぜ群団が、1940年5月から真珠湾で家ベースであるようになったかの問題に捧げられました。

作者は、1940年10月に、アメリカ西海岸の保護水域からハワイの無防備なベースに群団を動かすルーズベルトの決定に抗議した太平洋艦隊の前の司令官、J.O.リチャードソン提督の証拠を引用しました。

リチャードソンは、彼がFDRと出会った4ヶ月後に彼の指揮者の地位を解かれて、キンメル少将によって取り替えられました。

「真珠湾ルーズベルトさんが平和について話す前の数年の間」。

何ヶ月も、彼は戦争をたくらみました。

「戦争する裏口」を扱っている彼の章の中で、「彼の行為は彼の言葉を偽っていました」と作者は断言しました。

ここに、彼は一連の出来事をリストし、ルーズベルトの10月から、1937は、彼の、彼が大西洋で遂行した米国軍隊と「宣戦布告なしの戦争」の費用の英国人の武装への「攻撃者」スピーチを「隔離します」。

モルゲンシュテルンは、米国が中国と大きな経済のまたは政治的な興味を全然持っていなかったことを証明しました(それは日本との戦争にありました)。

実に、中国は米国外国貿易の3パーセント未満を占めていたが、日本はアメリカの3番目に最もよい顧客でした。

日本がどのような興味へのでも「脅威」であったならば、それは英国、フランス、およびオランダ(広大なアジア植民地のホルダー)のそれらでした。

攻撃への外交の序曲はレビューされました。

「日本穏健派の最後」において、モルゲンシュテルンは、「外交が、戦争を回避するためではなく一定のその到来をするために使用されたので、外交は失敗しました」を強調しました。

日本ジョセフC.Grewへの引用米国の大使、作者は、どれほど主要なKonoyeが誠実な講和の申し出であるかが、アメリカが1941年の夏以来ずっと与えていた経済ののど輪攻めを壊すことに必要であった何でもすることを誓約した一般的な日本人によるKonoyeの交換を引き起こして、ルーズベルトによって拒絶されたと明らかにしました。

共同の議会公聴会は、アメリカ暗号作成者が、どうにかして秘密の日本の外交のメッセージを読んで聞かせた範囲を持ち出しました。

この「MAGIC」は、それが呼ばれたので、ワシントンが、日本人が心の中に何を思っていたか、そして彼らの時刻表が進行中の外交の努力のために最も重要なこととして何であったかを知ることを可能にしました(それの故障は必然的に軍事行動を引き起こすでしょう)。

1941年11月14日までに、ルーズベルトは、交渉が崩壊したならば、戦争が来るであろうと知っていました;

11月19日に、東京は、完全な故障が近かったことを警告し、そのワシントン大使館への特別なメッセージの中で、現在有名な「風」指示を出しました(それは規定しました):

緊急事態(私達の外交関係を切り離す危険)と国際的なコミュニケーションの切り離しの場合に、以下の警告は毎日の日本語の短い波ニュース放送の中央に追加されるでしょう:

危険にさらされた日米関係の場合:(東の風、雨)。

日本ソ連関係:(北の風、曇りです)。

日本英国人関係:(西の風、空所)。

11月22日に、東京は米国、野村吉三郎、および来栖三郎にその特使に知らせて、合意が11月29日までに米国、英国人、およびオランダ語と達せられなかったならば、それに知らせて、「締め切りは完全に変更されることができないことでした」。

「それの後で、物事は、起こるために自動的に進みます」。

別のものの中

株式日記と経済展望から・。

日本の保守なら、本来「親日保守」でなければならない。固有の

歴史や伝統文化を「保守」することで、「親米保守」は自己矛盾だ




2007年1月7日 日曜日



アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」




サンプロ一に情報操作された「年次改革要望書」



関岡

小林先生がいつもお書きになっているように、情報から知識を読み取ることが大切ですが、いまは情報すら本当に必要なものは流れないようになっている。冒頭の鳥越さんの「オーマイニュース」の件もそうですが、情報操作の動きがどんどん強まっているように思います。



小林

鳥越氏も自主規制でやっているのが、何かの圧力があるのかわからないんだよね。



関岡

二〇〇六年六月二五日に『サンデープロジェクト』が「年次改革要望書」を特集で取り上げたんですが、出演者は自民党から竹中平蔵と町村信孝、公明党の高木陽介、社民党の福島瑞穂、共産党の小池晃です。民主党からは誰が出てきたかというと、なんと代表をクビになった前原誠司がボサーツと座っている…。



与党側は当然、「年次改革要望書」はいいものだと擁護する。それを社共が批判すると、民主党の前原が冷ややかに軽くいなすのです。民主党にだって桜井充参議院議員のように「年次改革要望書」に真面目に取り組み、国会質疑で竹中を問いつめた信念ある政治家もいるのに、ですよ。



要するにこの番組の狙いは、「年次改革要望書」を批判的に取り上げているのは社共だ、左翼の奴らだ、と視聴者に刷り込むことなんです。



さらに念が入ったことに、コメンテーターとして吉崎達彦さんが出ていました。吉崎さんは某商社の調査部にいた人で、名前も似ていますが、岡崎久彦先生のお弟子さんです。以前、私は「諸君!」(文嚢春秋、二〇〇六年四月号)の企画で吉崎さんと対決させられたんですが、そのとき吉崎さんは「年次改革要望書なんてたいしたものじゃない」と、もう一所懸命に言っていたんです。その吉崎さんのほうだけが『サンプロ』に呼ばれてるんですから、番組の意図はもう見えみえです。



小林

『サンプロ』から関岡さんに声はかからなかったわけ?



関岡

はい、局からは出演の打診など、いっさいありませんでした。



小林

それもすこい話だなあ…。マスコミ関係者は「年次改革要望書」のことを知っているはすなのに、あえて関岡さんを呼ばない。そのやり方は意図的だよね。



関岡

「年次改革要望書」がテーマで吉崎さんを呼んだということは、企画の段階で「諸君!」に目を通しているということです。まあ、無位無官の私が呼ばれないのは仕方がないですが、「自民党は殺された」(ワック、二〇〇六年)を書いた堀内光雄さんや平沼赴夫さんのような自民党の保守本流の重鎮政治家が取り上げているにもかかわらす、『サンプロ』は「年次改革要望書なんてたいした問題じゃない、騒いでいるのは社共だけだ」という粉飾を凝らしたうえで「情報」を流したわけです。



ところが、しばらくしてテレ朝から家に電話が来たんです。「今度、日米関係をテーマに田原総一朗(ジャーナリスト)の特番をつくるので録画取材させてくれ」って言うんで私は激怒して、「このあいだのサンプロを見たぞ。また社共と同類扱いする気だろう」と出演を拒否すると、「あれはたしかに、何を言いたいのか…ちょっと変でしたね。今度はそんなことありませんから」と言うんで、どうも現場の感覚はちょっと違うのかなと感じたんです。それで私は、出演者のバランスを考慮することを条件に録画取材に応じました。現場に行ってみると、田原さんはいませんでしたが、スタッフはけっこう真面目で、きちんと勉強してるんですね。



その特番は、二〇〇六年八月二二日の日曜日の午後に放送されました。竹中平蔵や岡崎久彦先生も出ていて、私の『拒否できない日本』についてどう思うかという田原さんの質問に、竹中が「政策決定プロセスを知らない素人の妄想ですよ」と一笑に付すところも流されましたが、一方では、その政策決定プロセスの渦中にいた平沼赴夫さん、小林興起さん、城内実さんのインタビューもちゃんと放送している。スタッフはアメリカにまで取材に行って、「年次改革要望書」が現実に政策に影響を及ぽしていることを裏づけるアメリカ政府関係者の証言も丹念に紹介され、非常にバランスの取れた、良心的な内容になっていました。それで私は現場のスタッフの誠意に感動して、テレ朝を少し見直したんです。お盆の最中だったから、ほとんどの人が見てなかったようですが(笑)。



しかし、その後はまた、どの局もまったく取り上げなくなりました。私が全国ネットのテレビに出たのは、後にも先にもそのときだけです。別にいちいち私を呼ばなくていいから、最新版の「年次改革要望書」が公表されたときくらいは、普通のニュースの枠で客観的事実の一つとして淡々と報道すべきだと思いますがね…。



小林

『サンプロ』には、番組をつくるうえで田原総一朗の影響力がかなりあるわけだね。田原は明らかに竹中シンパで、後ろから安倍政権を支えるというくらいの勢いです。構造改革路線は田原も支持していて、気に食わないのは靖国参拝だけなんだよね。



安倍政権は「歴史の転換」の瀬戸際にある!



小林

日本固有の価値や伝統を実感させるのは難しいのよ。不文律だからね。みんな明文化されているところだけしか見ていないし、日本人の精神の中に流れているものがなんなのかということには、みんな無意識なんです。だから、ある意味、この保守崩壊の危機を迎えているという状況が、かえってわしたちにとってみれば、何かの拍子に大衆の支持を全部こっちに持ってこられる逆転の可能性があるのかもしれない。



関岡

それは先ほども話題に出ましたが、遊就館が歴史観を書き換えることに、小林先生の読者や草の根の保守がどう反応するかにかかっていると思います。



小林

岡崎久彦が「つくる会」の教科書をどう書き換えたかということを、わしは『ゴー宣』に克明にビツチリ書いて発表したわけよ。すると、ただシーンとしているだけだからね。「こんな教科書の書き換えはおかしい1」という声が上がってこない。



『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL戦争論』(幻久舎、一九九八年)など、本ができるたびに、わしは靖国神社に奉納に行くんだけど、宮司さんからはまったく正式なやり方で対応してもらえます。それで、しばらく宮司さんと話すんだけど、やっぱり、保守派の中でも対立の図式があるから用心深いね。



靖国神社で青年指導もやっている高森明勅(歴史掌者、神道史家)に聞いたんだけど、「遊就館の展示は変えるにしても、いろいろなところを変える。決してアメリカから言われたところだけを変えるだけではない」と言うんだよ。あんな小規模なところで日本の近代史を説明しようと思っても無理があることは、こちらもわかっている。これまでも変だなあと思うところがあっても、こちらも黙っていたんだよ。どんなふうに遊就館の展示を変えるか、見に行かないとね。



関岡

シーンとしているのは、おそらく脳の中で葛藤が起きているからでしょう。いま、日本人の脳の中でアメリカの洗脳が解けかかっているのかもしれない。マインド・コントロールから自我を解き放つのはすこく苦しいでしょう。でも、その葛藤を克服して、既存の思考の枠組みを打ち壊すことができれば、一気にこちらの陣営に来てくれるかもしれませんね…。



しかし、日本人は、与えられた条件に従順で、現状を肯定して受け入れ、みすから現状を変えようとしないまま、戦後六〇年が過ぎてしまいました。安全保障から外交、内政、規制緩和や構造改革に至るまで、全部アメリカ様に決めていただくのは非常に楽で居心地がいいわけですが、いま、日本人は、そこから脱却できるかどうかの瀬戸際に立っていると思います。



小林

そうだね。いま、どれだけの言挙げができるかが問題なんです。わしは安倍総理に対する批判の仕方や期待の仕方を、どんなバランスで描けばいいのか、ものすごく悩んでいるんだよね。



親米保守を批判できるメディアとは?



小林

産経新聞は絶対にアメリカにつくことは見えているし、そうなれば産経紙上という「世間」での発言はおのすと決まってくる。



「正論」(産経新聞社)や「諸君!」も産経と同様、それぞれの「世間」を持っている。彼らは「世間」の中で生きている人間で、いかにも日本人的なんだよ。西洋的な個人主義の感覚はないんだ。「世間」の反応を一番気にし、コネクションで動くでしょう。個人の倫理観では動かないんです。「世間」を断ち切ることができなければ、いまの保守論客たちは、わしたちのほうには来ないんだよ。でも、読者について言えば、そもそも分厚くて文章だらけの論壇誌を、よほどの暇人でなければ全部読む奴はいないと思うね。忙しい杜会人は、せいぜい論文を一~二本読むのが精いっぱいでしょう。やっぱりテレビで頑張ってくれるところが出てこないとね…。



関岡

民放はかなりアメリカ系企業のスポンサーに支えられていますし、日本企業だって株主にアメリカ資本が相当入っています。なにしろ経団連会長企業のキヤノンですらそうです。広告収入に頼る民放では、グローバリズム批判、アメリカ批判はなかなかできないでしょう。だから、私はNHKに期待できないかと思っているんです。



小林

先生は先日、安全保障問題の討論番組に出演されていましたね。



小林

NHKの『日本の、これから』(二〇〇六年六月一〇日放送)にわしが出たとき、日米同盟、自主防衛、外交努力の、三つの選択肢のうちどれが一番重要と思うか、視聴者からアンケートを取ったら、なんと日米同盟がビリになっちゃったんだよ。自主防衛は二位、外交努力が一位でした。



関岡

さぞNHKも慌てたでしょうね(笑)。



小林

自主防衛への投票が圧倒的に多くて、日米同盟への投票は少なかった。でも、ちゃんと話を聞けば、一般の視聴者は素朴にわかるはずなんだよ。



戦後六一年もたっているのに、日本のこの狭い領土の中に巨大な外国の基地があるということ自体、そもそもおかしい。沖縄には大きな迷惑をかけている。そのことを理解したら、さっきの三択からは自主防衛しかないことがすぐわかるはすでしょ。そのくらい、人間は情報を伝えればあっという間に意見を変えるんです。



関岡

竹中が総務大臣に横滑りしたとき、いったい何をやり出す気かと思ったら、やっぱりNHKの民営化とか、CMを解禁するとか言い出しましたよね。



受信料システムというのは、要するに日本の国民が放送局を直接所有しているわけです。だから、NHKは日本の放送局で唯一、外資のスポンサーの影響から中立なわけで、私は日本の唯一の民族系メディア、「日本のアル・ジャジーラ」(カタールのアラブ系衛星テレビ局)として国民が支援すべきだと思うんです(笑)。



NHKだって、「年次改革要望書」はいっさい取り上げようとしませんから、私はなんの義理もありませんが、必要なのは、民営化したりCMを解禁したりすることじゃなく、「受信料は払ってやる。その代わり、われわれに必要な情報は必す流せ」と国民が監視できるようなシステムをつくることで、それが担保されれば日本の国民だってきちんと受信料を払うようになると思います。



小林

NHKは、絶対に民営化なんてしちゃいけないね(笑)。(二〇〇六年一〇月一四日収録)





「親米保守」の自己矛盾



佐藤

獄に入った結果、私は共和制というものの恐ろしさを痛感しました。首相公選制の議論がありますが、万一、日本がアメリカのような共和制になってしまったら、田中眞紀子大統領とか杉村太蔵大統領が出現しかねないという恐怖を実感したんです。



関岡

私も二〇〇五年の郵政解散・総選挙で、まるで中国の文化大革命のような衆愚の恐ろしさを見せつけられ、保守的人間の一人として戦標を覚えました。



佐藤

アメリカの共和制とは、権力と権威が一体化した政治制度ですね。われわれ日本には皇室の伝統がある。私はコミンテルン用語である「天皇制」という言葉はできるだけ使いたくないのですが、言論市場で流通しているので仕方なくそう表記することもあります。皇室の伝統のポイントは何かというと、権力と権威を分離するということです。



国史をひもとけぱ、権力と権威を分離するこのシステムが、ギリギリのところで行きすぎを防いできたことがわかります。権力と権威の分離という日本のシステム、これが戦前にいわれた「国体」の概念です。いまは「国体」というと、国民体育大会のことだと誤解されてしまいますが(笑)。



冷戦期には、ソ連や中国の共産主義が日本に浸透し、日本の国体を破壊するかもしれないという現実の脅威がありました。共産主義はイデオロギーですから、対抗イデオロギーとしての反共主義があります。その反共主義を担保していたのがアメリカの存在です。この回りくどいメカニズムを前提としたうえで初めて「共産主義の脅威があるのだから、反共主義の中心であるアメリカと手を握る」というロジックで「親米保守」が成り立ちうるわけです。



しかし、ソ連が崩壊してイデオロギーの時代が終焉すると、世界各国は露骨に自国の利益を追求する時代になりました。なかでも一番強い国は、関係国に対して「さあ、競争だ、自由に競争させろ、競争を邪魔するな」と市場開放や規制改革をどんどん要求するようになった。自分と同じやり方でやれ、自分のルールを受け入れろ、と。



駆け足が一番速い人は、物事をすぺて駆け足で決めるのが一番有利です。そして「ウィナー・テイク・オール」、勝者が果実を独占する。『拒否できない日本』(文春新書、二〇〇四年)を私なりに解釈すると、そういうことだろうと思います。



関岡

正確に酌み取ってくださって、ありがとうございます。アメリカが、日本はともかく発展途上国に対してまで市場開放させて富を独占しているのは、大人が真剣な表情で小学生に「さあ、勝負しよう」と強引に迫った挙げ句、「勝った、勝った」と一人で悦に入っているようなものです。だから、みんなから嫌われるんです。



佐藤

駆け足が一番速い人は、それを悪いことだとは思ってないんです。しかし、いつもこうでは、二番手以下の人々にとっては全然おもしろくないわけですね。そういう時代になっていのんきるのに、「親米保守」なんて呑気なことを言っていられるのかと思います。



日本の保守なら、本来「親日保守」でなければならない。アメリカにおける保守なら、親米保守しかありえないんです。同様に、中国では親中保守、ロシアでは親露保守。保守とは、自分たちの固有の価値観、固有の歴史や伝統文化を「保守」することだと考えた場合、首尾一貫してそのことをわかりやすく主張しているのが大川周明です。













(私のコメント)

株式日記は愛国保守主義を主張するサイトですが、親米保守とは反共主義では共闘しても、アメリカとの関係については意見が対立している。私自身はアメリカとの同盟は肯定しても、日本国内に米軍基地を置く事には反対している。駐留なき日米安保はかつての民社党の公約ですが、アメリカはいずれアラスカからハワイまで撤退するだろう。



アメリカは中国と戦争する事はないだろうし、アメリカは朝鮮半島からも台湾からも手を引いて、日本に極東の安全保障を任せるかもしれない。日本からもアメリカは全面撤退して日本に丸投げするかもしれない。しかし親米保守派の人から見れば戦慄すべきシナリオであり考えたくない事だろう。



NHKの「日本のこれから」と言う特別番組では、日米同盟、外交努力、自主防衛の三つのうちどれが一番重要かと言うアンケートをとったら外交努力が一番であり二番目が自主防衛で、日米同盟が一番少なかった。このことは当時の株式日記でも書きました。日本に外国の軍事基地があるのは明らかにおかしい。



NHKスペシャル「変貌する日米同盟」 6月11日 株式日記




アメリカはこのような愛国主義的な保守の流れを一番警戒している。だから親米保守派を全面支援して、テレビの討論番組などには絶対に出させないようにしている。左翼はもはや言論勢力としては影響力はなくなり、保守派内の親米保守と愛国保守の二つの流れの対立の時代になっている。しかし佐藤優氏の意見によれば親米保守は自己矛盾なのだ。



『アメリカの日本改造計画』と言う本が出されましたが、愛国保守派の論客が総結集して出来た本だ。中には左翼の人も混ざっていますが、これからの日本の言論界はこれらの人が台風の目となっていくだろう。



左翼は中国や北朝鮮や韓国などの勢力と一体となる事で言論界の勢力を維持してきましたが、北朝鮮の拉致問題が表面化したことで左翼は決定的なダメージを負ってしまった。外国の勢力と手を組む事はこのようなリスクがあり、ひとつの事件で決定的なダメージを負ってしまう。



親米保守派もアメリカのバックアップを得てテレビやマスコミの主導権を持っていますが、イラク戦争などのアメリカの失敗などで親米保守派も左翼のように外国の勢力と組む事で自らの墓穴を掘っているように見える。



アーミーテージ氏などの元政府高官が靖国神社の遊就館の歴史観に対する言論弾圧はその転機になるかもしれない。もし大東亜戦争における歴史観で日本とアメリカとの論争が本格化した場合、親米保守派はアメリカの味方をするのだろうか? 東京裁判や原爆投下などの見方は日本とアメリカとでは今でも決定的に違う。



当面は外資系企業や日本の輸出産業などがテレビなどのマスコミを使って洗脳工作を続けるだろう。だから「年次改革要望書」のような事はマスコミでは報道されない。しかしネットや雑誌などで問題が大きくなれば政治家達も対応せざるを得なくなるだろう。



親米保守派はアメリカによる日本の植民地支配の道具なのだ。吉崎達彦氏や岡崎久彦氏などの評論家がいくらがんばっても愛国保守派との言論戦では勝てる見込みはない。アメリカはいずれは日本から撤退するからだ。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年1月7日

                           山本尚利

タイトル:柵か檻か:日米安保



1.柵と檻の違い

 柵とは、敵の侵入を防ぐために廻らせた防護構造物を指します。一口に柵といってもピン

からキリまであります。我が家のアルミ製のフェンスは、泥棒侵入防止の柵です。一方、北

方民族の侵入を防ぐために築かれた万里の長城は、歴史上最大の、もっとも堅牢な防護壁

(柵)のひとつでしょう。しかしながら、壮大な万里の長城(Great Wall)も、我が家のチャ

チなアルミのフェンスと設置目的は同じです。どちらも防護壁としての機能を有します。一

方、檻とは、罪人を閉じ込める頑丈な構造物ですが、場合によっては、罪人に復讐しようと

する被害関係者のリンチから罪人を守る防護壁(柵)の役割を果たします。その意味で、ア

ルミのフェンス(柵)も、鉄格子の檻も強度の違いはあっても、防護構造物という点では極

めて似通っています。だから能天気の人間には目の前に立ちはだかる防護構造物が、柵か檻

かの区別がつかないのです。

 ところで、日本は四方を海に囲まれる島国ですが、歴史的にも外敵の攻撃や侵入を防ぐに

は理想的な海洋国家として今日に至っています。われわれ日本人は有史以来、海という天然

の防護構造物によって守られてきたのは確かです。しかしながら、そのために日本人個人

が、日本から非合法で脱国するのは不可能に近い。だから、本能的に日本人は古来より村八

分を極度に恐れます。それに比して、たとえば、北朝鮮からの脱北者(非合法の脱国者)が

多数、韓国や中国に居住していますが、これは北朝鮮が大陸国であるからです。海に囲まれ

た日本では、われわれ日本人が脱北者のように非合法で脱国するのは至難の業となります。

 ところで米国サンフランシスコ湾にアルカトラス島という小島がありますが、昔はここ

に、アル・カポネなどの重罪人を収容する凶悪犯専用の孤島刑務所がありました。日本とい

う国家はアルカトラス島を巨大にした孤島国家といえなくもありません。

 このような孤島国家の文化は、常に外敵の侵略に曝される大陸国家の文化とはおのずと異

なると思います。その意味で、現代の日本人の国民性は、韓国、北朝鮮、中国の国民性とは

大きく異なるはずです。人種的には似ているにもかかわらず・・・。筆者の持論では、多く

の日本人は柵と檻の区別がつかないという『途方もない無防備性』(能天気性)を有してい

るとみています(注1、196ページ)。韓国、北朝鮮、中国の国民には、このような能天気性

(無防備性)はみられません。彼らはもっと、敵に敏感であり、抜け目もなく、したたかで

す。



2.日本人の国民性と日米安保条約

 2007年1月7日朝、フジテレビの報道2001という番組にて中曽根康弘氏(元首相)と、

手嶋龍一氏(外交ジャーナリスト、元NHKワシントン支局長)の対談がありました。両者の一

致した対米観は、一言『米国は日本の核武装を絶対に許さない!』というものでした。東ア

ジア周辺諸国のみならず日本国民の多くも、日本の核武装に反対である限り、中国、ロシ

ア、北朝鮮という核武装国に取り囲まれる日本は、米国の核の傘の下で安全保障してもらう

しか選択肢はない、と中曽根元首相が発言しました。この伝統的国家安全保障論は、日本に

蔓延する親米右翼思想の原点でもあります。一方、米国のジャパンハンドラーは、上記、柵

と檻の区別がつかない日本人の無防備な能天気国民性を、徹底的に研究し、その国民性を熟

知した上で、敗戦後の日本統治に成功してきたと筆者は思います。筆者の見方では、日米安

保条約とは、能天気日本人には安全柵と見せかけて、実は檻の機能をもたせるにはもってこ

いの『目くらまし』のひとつということです。はっきり言えば、だましのマジックです。

 さて上記、手嶋氏はTV番組で重要な指摘をしました。その指摘とは『小泉政権が国連の安

全保障理事会改革に便乗した、日本の常任理事国入り運動を最終的に阻止したのは、反日の

中国共産党ではなく、実は米国ブッシュ政権であった』というものです。米国は日本の常任

理事国入りを応援するとみせかけて、最後に裏切ったということです。小泉政権時代、外務

省は盛んに、日本の国連常任理事国入りを目指して運動していました(注2)。周知のよう

に、国連関係機関への任意拠出金ランキングはGDPに比例して、日本は米国に次いで世界第二

位(2005年130億ドル規模)です。日本の国連関連拠出金は、常任理事国である英、仏、中

国、ロシアの合計より多い(国連全体の資金の2割を日本が負担)のです。にもかかわらず、

日本は敗戦国の性(さが)で、国際的に非常に理不尽な地位(低い地位)に据え置かれてい

るのです。2005年当時の外務官僚は、国民の総意に逆らって自衛隊のイラク派兵まで断行し

た小泉政権が、あれだけ米国に忠誠を誓っているのだから、米国は当然、日本の常任理事国

入りを応援してくれるハズと信じて疑わなかったようです。しかしながら、外務官僚が本心

から、もしそう信じていたならば、このような外務官僚は、他の一般日本人同様に、途方も

ない能天気日本人です。対米観が絶望的に甘いといえます。案の定、当時の外務官僚は易々

と米国に裏切られています。やれやれ、これでは外務官僚の資格まったくなしです。米国の

このような『裏切り』というか『はしごのはずし方』は、2006年7月の北朝鮮のミサイル発射

事件、あるいは10月の地下核実験事件に対して、日本の提案した北朝鮮制裁国連決議の顛末

にも垣間見られます。要するに米国は日本に同調する格好をしているだけです。しかしなが

ら、日本の外務官僚のプロ(一部)は少なくとも、拙著(注1)に書かれているような、狡

猾な米国覇権主義者の本性に気づいていると信じます。それでも、賢明な外務官僚(一部)

とて、いかんともし難いのは、日米安保条約が存在する限り、日米関係の悪化を何より恐れ

るからでしょう。

 筆者の持論では、現時点において『米国にとってアジア太平洋地域における最大の潜在脅

威国は、中国でも北朝鮮でもなく、それは日本』であると思います。なぜかといえば、日本

の技術経営力(MOT)は、核応用技術を含めて米国の軍事技術力を凌駕するだけの潜在力を秘

めていると彼らは買いかぶっているからです(注3)。この認識にしたがえば、米国にとっ

て、日米安保条約は、日本を守る防護『柵』どころか、実は日本を封じ込める『檻』そのも

のなのです。ただし、筆者の個人的見方は、上記、中曽根氏や手嶋氏の意見と多少異なりま

す。すなわち、少なくとも現在の米国のジャパンハンドラーは昔と違って、必ずしも、現代

日本の核武装そのものに反対しているのではないでしょう。MOT的視点から厳密に言えば『日

本の軍事技術力が米国の軍事技術力を陵駕することを絶対に許さない』のです。その範囲な

ら、彼らは通常兵器でも核兵器でも、もっともっと、むしろ日本に高く米国製兵器を売りつ

けたい。そして願わくば、極東戦争を起こしてくれて東アジア人の同士討ちで自滅してくれ

ることを密かに期待しているのではないでしょうか。しかしながら、戦後の自民党幹部も外

務官僚のトップも60余年間、日本国民に日米安保の真実を正しく伝えてこなかったといえま

す。

 一部の賢明な戦後日本人は、このような日米安保の欺瞞性にうすうす気づいていたのでし

ょうが、知らぬが仏でいるしかなく、故意にだまされてきたに過ぎません。人間誰でも、い

つ死ぬか知ったら生きる意欲が湧かなくなりますから・・・。また、周辺各国も、日本は米

国に守られていると錯覚してきたので、結果的に、戦後60余年間、奇跡的に日本の平和が維

持できたということです。しかしながら、最近、北の将軍様は、日米同盟の欺瞞性のみなら

ず、その脆弱性をも、とっくに見透かしています。だから、堂々と日本に挑発を仕掛けてく

るのです。それでもなお、能天気日本国民はまだ気がつかないというか、真実から目をそら

している。



3.偽装の日米同盟の行方:日本の孤立化

 2007年初頭、上記のような偽装の日米同盟関係の今後の行方が非常に気になります。さす

がの能天気日本国民のうち、一部の賢明な人は、近年の米国の対日外交姿勢はどこかおかし

いと気づき始めています。曲がりなりにもワシントンDCのウラを垣間見た、上記、手嶋氏

は、テレビに出演して、なんとか能天気の全国民にそれを気づかせようとしているように見

受けられました。ところで筆者はすでに2006年6月、今日の安倍政権誕生前に、ポスト小泉を

占っていました(注4)。その答えは、日本の孤立化シナリオです。このシナリオは元々、

すでに1991年時点で米国人フューチャリスト、ピーター・シュワルツによって予言されてい

ました(注5)。現代の米国は共和党政権、民主党政権にかかわらず本音では、アジア太平

洋地域の外交戦略で、日本ではなく中国をすでに重視していると思います(注6)。

 要するに、近未来、日本の孤立化、すなわち『日本封じ込め作戦』の黒幕が米国単独か

ら、米中の連合体となるのです。そのシナリオ予測から、外務省の描いた夢、すなわち日本

の国連安保常任理事国入りが、夢また夢、獲らぬ狸の皮算用であったことが明々白々です。

 それでは、日本を潜在脅威国とみなす米国覇権主義者は、今後、日本ではなく、中国と半

永久的に友好関係を維持するつもりでしょうか。否、それはありえません!彼らにとって中

国は第二の潜在脅威国にすぎません。

 彼らの発想とは単に優先順位の問題です。つまり、まず日本を潰してから、中国を潰すと

いうものです。まず日本を潰すために、一時的に中国を味方につけるだけです。彼らにとっ

て常に、今日の友は明日の敵です。超長期的には当然、中国をも潰そうとするでしょう(注

6)。 

 一方、中国の指導者は、そのくらいのことはとっくに読んでいるでしょう。非常に残念な

のは、そのくらいのことも読めない日本の指導者の能天気性です。同じ東アジア人でなぜ、

これほどの違いが生じるのでしょうか。その答えのヒントは、上記、万里の長城がなぜ、日

本ではなく、中国に存在するか、に潜んでいます。万里の長城(国家安全保障の証)の存在

は、大陸国、中国の指導者が古来より能天気の遺伝子をもたないことを証明しています。

 したがって彼らは、米国覇権主義者の企みを読めるということです。だからこそ、近未

来、日本が米国に潰されても、超長期の未来、中国が米国に潰されるかどうかは定かであり

ません。



注1:山本尚利[2003]『日米技術覇権戦争』光文社

注2:外務省サイト『なぜ日本が安保常任理事国になるべきか』平成17年1月

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/un_kaikaku/j_rijikoku.html


注3:ベンチャー革命No.169『軍事・防衛技術の日本型MOT』2005年7月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr169.htm


注4:ベンチャー革命No.199『福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ』2006年6月21日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr199.htm


注5:テックベンチャーNo.98『日本人孤立のシナリオ』2002年2月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/ATT00033.htm


注6:ベンチャー革命No.212『中国:ドル危機の救世主』2006年12月7日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr212.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

陰謀説などあるのだろうか?

Conspiracy Theory?????


By Dennis Grover, American


After 8 years of hosting the Public Access television program "With Liberty and Justice For All" and interviewing hundreds of guests on a multitude of topics, I have reached my conclusions on Conspiracy Theories.


I have interviewed many doctors and talked about natural healing as opposed to "conventional" medical treatments. Case after case of heart disease, cancer, diabetes, and many other horrors have been cited that have been reversed and healed. The Conspiracy Theory people would say that pharmaceutical companies and chemical companies train our doctors to only prescribe their drugs and treatments in order to keep us sick, incoherent and paying big bucks for their drugs. I find no Conspiracy Theory.


I have talked with authors who have researched secret societies, counsels and committees directly associated with our elected leaders and their staffs. Conspiracy Theory people would say that these organizations hide behind closed doors and plan a course for our country that would give total financial, health and production control to a few elite people who believe that they should be in charge of this planet. I find no Conspiracy Theory.


I have talked to researchers about Juries and Jury nullification. Jury Nullification means that a juror can judge the law as well as the facts. The Conspiracy Theory is that juries are instructed by judges that they cannot judge the law leaving them powerless to nullify the thousands of unconstitutional laws now in existence that have even more thousands of people incarcerated for crimes against the state or victimless crimes. I find no Conspiracy Theory.


Much discussion on Attorneys, Judges and court procedures and jurisdiction has also been covered. The Conspiracy Theory is that our courts are not constitutionally inspired or governed. Judges and lawyers are all required to be members of a non-government organization called the British Aristocracy Register commonly known as the B.A.R. association that dictates their behavior. They are also given a title of nobility, Esquire, which means 1- "a man of English gentry ranking next below a knight" 2- "a candidate for knighthood serving as attendant to knight" and is "used as a title of courtesy." I find no Conspiracy Theory.


I have presented investigative reporters and researchers who have searched way beyond the government prepared stories read on the major news media. They have factually documented events such as Waco, Oklahoma City bombing, Flight 800, Gulf War one, 9-11, Gulf War two, and on and on. The conspiracy Theory folks say that these events were not presented to the American people with complete facts and many feeble attempts were made to cover up the truth of who and what was the real agenda. I find no Conspiracy Theory.


I have discussed minor parties such as the Libertarians, the Greens, the Independent American Party and compared them the major parties, Democrats and Republicans. I have found that minor parties are dismissed as misfits and complainers. Legislation has been passed at both the federal and state levels to cripple the ability of minor parties to be heard and be on ballots. We have also found out that Major parties rant and rave over minor issues, while minor parties discuss solutions to major issues. Again the Conspiracy Theory folks say that the suppression of minor parties is planned in an effort to gag those who would present the truth, provide common sense solutions to problems that were for the most part created by those in power to further the illusion that big government is necessary for all of us intellectually challenged underlings who would walk into walls without their guidance. I find no Conspiracy Theory.


I have presented volumes of documentation on the addition of Fluoride to our public water supply. The Conspiracy Theorists would have you believe that it is really hydrofluorisilic acid, an industrial waste that is unlawful to simply flush into our streams and rivers. It comes from the aluminum and fertilizer industries and is highly toxic to the human body where it ends up. These industries are using the American people as millions of filtering and storage units with the side benefit to the wannabe controllers of keeping people walking in circles. I find no Conspiracy Theory.


I have presented to you vast amount of unpublicized documentation, ingredients and explanations given for vaccinations. Those Conspiracy Theory people would have you believe that vaccination puts harmful products in your body serving only to subdue, suppress and maim those who would otherwise be capable of an independent, responsible and prosperous life with a personal thought process. They present volumes of documentation showing direct links to Autism and Sudden Infant Death Syndrome. I find no Conspiracy Theory.


I have presented all the science on Mercury and how a dentist can put it in your mouth as a filling but do jail time for putting it in the ground. The Conspiracy Theory types argue that since the American Dental Assn holds patents on mercury amalgam fillings that they don’t want their money tree to die and the side benefit of yet another neuro-toxin in the your body will surely help maintain the American peoples dumbed-down state. I find no Conspiracy Theory.


A mountain of information has been presented in regards to the drug issue or war as it’s called along with medical marijuana and its sister plant Hemp. Conspiracy Theorists say that legalizing drugs will take the profit and incentive away from drug dealers and that Marijuana has been demonized by hearsay and no proof exists for making it illegal. Furthermore they believe it is illegal in order to make the hemp plant illegal as it is a plant that grows like a weed, requires no pesticides and can be used for paper, building materials, gasoline, clothing and 1,000’s of other uses. The benefactors of removing this product from the market are the chemical companies that produce synthetic fibers and the cotton industry. I find no Conspiracy Theory.


I have had guests and researchers who have explained the various means used, from your living room TV set to project HAARP in Alaska, to manipulate and control the minds and thought processes of Americans. Conspiracy Theory types say that all this technology and media is being used to subdue Americans, instill fear in their hearts and minds, and render them complacent and compliant. I find no Conspiracy Theory.


I have interviewed Ranchers who have had their cattle seized for nonpayment of permit fees. The Conspiracy Theory groups say that the seizures are a sophisticated form of cattle rustling under the guise of protecting and preserving land for future generations of Americans. This scheme requires several bloated agencies, many new pickup trucks and lots of wannabe cowboys. I find no Conspiracy Theory.


I have questioned and discussed the daily criss-crossing trails in the sky from airplanes creating an overcast. The government finally reported that they are involved and it is to reflect the sun back to stop global warming. We have discovered that most people can’t raise their heads over 90 degrees from the ground anyway and so don’t even see them. Conspiracy Theory people however, tell us that these trails are laced with chemicals detrimental to the health of humans and other plants and animals on planet earth. I find no Conspiracy Theory.


I have discussed the National Education System, their mandates, and their grants to local school boards. Those Conspiracy Theory guys constantly harp on the fact that a large percentage of high school graduates cannot read, write or think. They believe that the wannabe controllers need it this way in order to have an obedient labor pool. I find no Conspiracy Theory.


I have presented facts on many different organized religions and charitable foundations. The Conspiracy Theory people say that these entities have been compromised by the IRS through acceptance of the dictates from IRS chapter 501( c ) 3 codes and cannot teach or express any truthful facts on government behavior. I find no Conspiracy Theory.


I have raised the issue of the many electrical co-generating plants (cogens) springing up around the country burning hundreds of tons of wood chips daily, claiming their fuel is from lumber mills that disappeared 10 years ago. The air quality people however have reassured us that they are merely firing these plants with millions of tons of "urban fuel." The Conspiracy Theory people after their investigations find out that these innocent looking facilities are actually burning garbage and the emissions are poisoning residents of communities where they are located. I find no Conspiracy Theory.


I tell you about all the county, state and federal agencies that dictate to you the use of your property. If you don’t comply with what they determine to be "community standards" put forth by yet another bureaucracy called "community development." you are penalized in any way necessary to make you fall in line. The Conspiracy Theory people come forward again with documented proof of written codes, ordinances and plans telling you that government is trying to take your property. This is a governmental takings without just compensation.....really it is "inverse condemnation". I find no Conspiracy Theory.


I have discussed the Social Security system, which by the very definition of the words means that you are zipped up at a party. I assume that its real name of "Life Long Theft for an Old Age Pittance" was to long and to hard to sell to the public. The Conspiracy Theory people however claim that no trust fund was ever set up and it is just another ponzi scheme for taxes. I find no Conspiracy Theory.


I have had shows that tell all sorts of bad things and inconsistencies about the IRS. Many guests have told their horror stories in dealing with them and trying to get answers to simple and direct questions. The Conspiracy Theory people claim that the IRS is not a government agency and the taxes they collect do not go to run the country but instead are all interest payments to the Federal Reserve System’s elite owners. They also say that the Federal Reserve with their debt money system is based in misrepresentations and our money is backed by nothing but hot air. I find no Conspiracy Theory.

陰謀説?????

デニス グローヴァー、アメリカ人によって

「すべてのための自由と公正による」パブリックアクセステレビプログラムを8年主催し、多数のトピックの上の数百人の客にインタビューした後に、私は陰謀説上の私の結論に達しました。

私は、多くの医師にインタビューし、「従来の」治療とは対照的に自然治癒について話しました。

何ケースもの心臓病、癌、糖尿病、および多くの他の恐怖は引用されています(それがリバースされていて、癒されます)。

陰謀説の人々は、製薬会社と化学会社が私達の医師が、彼らの薬のために私達を病気で、一貫せず、支払う大金に保つように彼らの薬と治療を処方するだけであるように訓練すると言うでしょう。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は、私達の選ばれたリーダーと彼らのスタッフと直接関連した秘密結社、忠告、および委員会を研究した作者と話しました。

陰謀説の人々は、これらの組織が閉まったドアの後ろで隠れて、全体の金融、健康、および工程管理を、彼らがこの惑星を担当しているべきであると信じる数人のエリートの人々に与えるであろう私達の国のために、コースを計画すると言うでしょう。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は陪審と陪審の無効化について研究者と話しました。

陪審無効化は、陪審員が事実と同様に法律を判断することができることを意味しています。

陰謀説は、陪審が、裁判官によって、彼らが、国の犯罪または被害者なき犯罪に対する犯罪のために拘置されたいっそうもっと数千人の人々がいる現在存在にある数千の憲法違反の法律を無効にするために彼らを無力であるままにしておく法律を判断することができないことを知らせられることです。

私は陰謀説を全然見つけません。

弁護士、裁判官、および法廷の手続と司法権の上の多くの議論はまたカバーされていました。

陰謀説は、私達の法廷が憲法で引き起こされたり管理されたりしないことです。

裁判官と弁護士は、すべて、一般的に、彼らの行動を命じるB.A.R.協会として知られている英国貴族階級レジスターと呼ばれる非政府組織のメンバーであることを要求されます。

それらは、また、"ナイトに叙するために付添人として役立っている騎士道への候補を次にナイト「2-」下でランク付けしているイギリス紳士階級の1インチ人を意味していて、「好意のタイトルとして使われる」高貴さ、エスクワイアのタイトルを与えられます。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は、主要な報道機関の上で読まれた話を作られた政府を越えて方法を検索した事件記者と研究者を紹介しました。

彼らは事実としてウェーコー、オクラホマシティー爆撃、800便、湾岸戦争1、9-11などのイベント、湾岸戦争2とずっとを文書化しました。

共謀理論人々は、これらのイベントが完全な事実によってアメリカ人に示されなく、多くの弱い試みが、誰か、そして本当の路線であったかのものの真実を隠すためにされたと言います。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は急進的自由主義者、緑色など少数党を議論し、独立なアメリカ党を議論し、彼ら(主要な党、民主党員、および共和党)を比較しました。

私は、少数党が不適合と不満を言う人として退けられると気付きました。

法律は、聞かれて、投票用紙の上にある少数党の能力を損うために連邦と州のレベルの両方で通過されました。

私達は、また、主要なパーティーが小さな問題の上でどなり、わめく一方少数党が主要問題の解決策を議論することを見つけ出しました。

再び、陰謀説人々は、少数党の抑圧が、真実を示すであろう人々にさるぐつわをかますために計画されると言い、大きな政府が、私達(彼らの案内なしで壁の中に入って行くであろう知的障害をもった下っぱ)のすべてに必要であるという錯覚を促進するパワーにおけるそれらによって大部分は生まれた問題に、常識解決策を提供します。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は私達の公的な給水にフッ化物の付加における大量のドキュメンテーションを提出しました。

共謀理論家は、あなたに、それが本当に、hydrofluorisilic酸(私達の小川と川の中に単にフラッシュに不法な産業廃棄物)であると信じさせるでしょう。

それはアルミニウムと肥料産業から来て、それが終わる所で、人体に非常に有毒です。

これらの産業は、数百万のフィルタリングとしてアメリカ人を使っていて、人々を円の中で歩かせ続ける熱狂的ファンコントローラに副次的利点によって記憶装置を使っています。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は予防接種のために与えられた膨大な量の公表されていないドキュメンテーション、成分、および説明をあなたに提出しました。

それらの陰謀説の人々は、あなたに、予防接種が有害な製品を、違った形で独立で、信頼できて、繁栄したライフが個人的な思考過程によって可能であろう人々を征服し、抑制し、不具にするだけに役立っているあなたの体に入れると信じさせるでしょう。

彼らは自閉症と幼児突然死症候群に直接的なリンクを示している大量のドキュメンテーションを提出します。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は、水星とどのように歯科医が詰め物としてそれをあなたの口に入れることができるかの上のすべての科学を見せたけれども、それをグラウンドに入れるための時間を拘留します。

陰謀説タイプが、彼らが、死ぬそれらのマネーツリーを望まないと主張すること that アメリカ歯音協会が特許を水銀アマルガム詰め物に保持する 、および副次的利点 of まだ、きっと、 the あなた の別の神経毒素 ボディが、アメリカの民族 レベルダウン状態 を維持するのに役立つ 。

私は陰謀説を全然見つけません。

それが医学のマリファナとその姉妹プラント麻とともに呼ばれる時に、情報の山は薬問題または戦争について贈られています。

共謀理論家は、公認薬が麻薬売人から利益と誘因を取り除くであろうし、マリファナが噂によって悪魔化されていて、それを違法にするために、どの証拠も存在していないと言います。

さらに、彼らは、麻植物を、雑草のように成長するのが植物であるので、違法にするために、それが違法であると信じて、殺虫剤を全然必要とせず、紙のために、素材を築いて使われえます 他のガソリン、衣類、および1,000 使う 。

この製品を市場から取り除く恩人は、化学繊維と綿工業を製造する化学の会社です。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は、アメリカ人の心と思考過程をあやつり、コントロールするためにあなたのリビング・ルーム・テレビからアラスカのプロジェクトHAARPに慣れている様々な方法を説明した客と研究者を持っていました。

陰謀説タイプは、このすべてのテクノロジーとメディアが、アメリカ人を征服し、恐怖を彼らの心臓と精神に教え込み、彼らを自己満足し、従順にするために使われていると伝えています。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は、彼らの牛を許認可費用の不払いのために押収させた大農場経営者にインタビューしました。

陰謀説グループは、アメリカ人の未来の世代のために土地を保護し、守ることを装って、発作が牛さらさらいう音の洗練されたフォームであると伝えています。

この計画はいくつかの膨らんだエージェンシー、多くの新しい小型トラック、およびたくさんの熱狂的ファンカウボーイを必要としています。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は曇りを作成している飛行機から空に毎日の十字交雑跡に質問し、議論しました。

政府は、それらが関係していて、それが、地球温暖化を止めるために後ろで太陽を反映することになっていることを最終的に報告しました。

私達は、ほとんどの人々がとにかくグラウンドから90度のより上で彼らの頭を上げることができなく、従って、彼らに会いさえしないと気づきました。

しかし陰謀説は植民し、私達に、これらの跡が人と他の植物の健康上有害な化学薬品と地球の上の動物を加えられると知らせています。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は国民教育システム、それらの命令、および地方の教育委員会へのそれらの補助金を議論しました。

高校卒業生の大きなパーセンテージが読み、書き、考えることができないという事実について、それらの陰謀説男は常に繰り返します。

従順な労働プールを持つために、彼らは、熱狂的ファンコントローラがこの方法でそれが必要であると信じます。

私は陰謀説を全然見つけません。

私はさまざまな設立された宗派と慈善団体の上の事実を見せました。

陰謀説の人々は、これらのエンティティがIRS章501( c ) 3コードから命令の受容を通してIRSによって損われていて、政府行動の上のどのような真実の事実も教えて、表現することができないと言います。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は、それらの燃料が、10年前消えた製材所からであると主張して毎日数百トンの木の切れ端を燃やして、国中いたるところで生じている多くの電気の共同生成プラント(cogens)の問題を提起しました。

しかし、大気の質の人々は、彼らが数百万トンの「都市の燃料」によって単にこれらのプラントに点火していることについて私達を安心させました。

彼らの調査の後の陰謀説の人々は、これらの無実の外観の設備が実際ごみを燃やしていて、排出が、彼らが位置しているコミュニティの居住者を食中毒にかからせていることを見つけ出します。

私は陰謀説を全然見つけません。

すべての郡(あなたの財産の使用をあなたに命じる州と連邦の機関)について、私はあなたに話します。

.、あなたが、彼らが、「地域開発」と呼ばれるまた別の官僚によって出された「コミュニティ標準」であると決定しているものに従わないならば、あなたは、あなたを一列に整列させることに必要などのような方法ででも罰せられます。

あなたに、政府が、あなたの財産を没収しようとしていると言っている書かれたコード、条例、および計画の文書化された証拠によって、陰謀説の人々は再び志願します。

これは、それがある正当な補償…..reallyのない政治の売上高「逆の非難」です。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は社会保障制度を議論しました(それは言葉のまさしくその定義によって、あなたがパーティーでチャックを締められることを意味しています)。

私は、「老齢わずかな手当のためのライフの長い窃盗」のその実名が、長い間に、そして一般大衆に売る荷揚げ場にであったと思っています。

しかし、陰謀説の人々は、どの信託資金もこれまで設定されなかったと主張し、それは税金についてのありふれたponzi計画です。

私は陰謀説を全然見つけません。

私は、IRSについてすべての種類の悪いことと矛盾に話すショーを持っていました。

多くの客は、彼らとやりとりし、簡単で、直接的な質問に対する答えを得ようとすることにおいて彼らの恐ろしい話を話しました。

陰謀説の人々は、IRSが政府機関ではないと主張し、彼らが徴集する税金は、国を運営するために使われないけれども、代わりに、すべて、連邦準備制度のエリートオーナーへの利払いです。

彼らはまた、それらの借金貨幣制度を持つ連邦準備銀行が誤伝において基づき、私達のお金が熱気によってしか支えられないと言います。

私は陰謀説を全然見つけません。

2大政党政治は奴隷制度








A TWO PARTY SYSTEM OF SLAVERY GOVERNS OUR VOTING CHOICES



?


By Jim R. Schwiesow


January 2, 2006

NewsWithViews.com


奴隷制度の2大政党政治は私達の投票選択を制御します。

ジムR. Schwiesowによって

2006年1月2日


A recent poll by WorldNetDaily asked the question, “Whom should be the Constitution Party nominate?” A list of names was presented, which included the following patriotic Americans:


1. Tom Tancredo

2. Ron Paul

3. Alan Keyes

4. Jim Gilchrist

5. Jerome Corsi

6. Howard Phillips

7. Chuck Baldwin



There were several other choices on the menu, which included some alternative choices to the naming of a particular candidate, they were:


1. “The name doesn’t matter so much, I’ve had it with the two major parties, and will vote for a third party.”

2. “Someone of even more profile than these names.”

3. “A vote for any Constitution candidate will virtually assure that Hillary or another Democrat will win.”



Guess which of the ten options the majority of the respondents selected. You guessed it; they chose number three from the alternative options. Nearly forty percent of the poll participants expressed that they would cast their vote for the lesser of the two evils presented by the two national parties. What an extraordinarily sad state of affairs this is. To ignore a superior third party candidate in order to vote for the less deficient of two clearly deficient candidates is ludicrous. This is just the silliest justification for a vote that I can think of. To illustrate the absurdity of such thinking, consider the following.


Suppose that you had a daughter, a beautiful young lady who was the apple of your eye. And since she was your pride and joy, you wanted only the very best for her. Now suppose that your nubile young daughter was being courted by three eligible young men about town, two of who came from very rich and influential families, but who you knew to be of reprehensible character. In fact one of these was, if possible, a tad bit more reprehensible than the other. The third suitor came from modest circumstances, and although he was not from a wealthy and powerfully influential family, he was nevertheless possessed of wonderful intelligence and character, and was imbued with unquestionable integrity. Would you, in deference to the wealth and influence of the families of the two young men with no moral scruples, encourage your daughter to marry the lesser of these two reprobates, or would you do everything in your power to see to it that your beautiful young daughter, the apple of your eye, was delivered into the capable and loving hands of the young man who would care for her, provide for her, and cherish her?


That should be a simple question to answer. If you chose the former over the latter, then there is something wrong with your thinking. You are not going to reform a reprobate, and if you think that you can, you are in for many years of misery and grief. When we choose a president, why would we not want the very best to represent our interests, and to act as our commander in chief? If we think that we can elect the lesser of two evils, and then reform him once he is in office, we deserve the grief that will surely follow. This should be clearly evident when one assesses the damage done to the people’s sovereignty by the current administration, which is headed up by a lesser of two evils.


名前の、WorldNetDaily、問題は、「誰が、憲法党を指名することであるべきですか?」を尋ねたAリストによる最近の投票は提出されました(それが以下の愛国的なアメリカ人を含みました):

1. トム・タンクレド

2. ロン・ポール

3. アラン・キーズ

4. ジム・ギルクリスト

5. ジェローム・コルシ

6. ハワード・フィリップス

7. チャック・ボールドウィン

メニュー(それは特定の候補者の名付けへのいくつかの代わりの選択を含みました)上に、いくつかの他の選択があり、それらはありました:

1.「名前はさほど重要でなく、私は二大政党とそれを持っていて、サード・パーティーに投票します」。

2.「これらの名前よりいっそう多くの側面の誰か」。

3.「どのような憲法候補者への賛成投票でも、事実上、ヒラリーまたは別の民主党が勝つであろうということを保証するでしょう」。

回答者の大多数が10個のオプションのどれを選んだかを推察してください。

あなたはそれを推察しました;

彼らは代わりのオプションから数字3を選びました。

投票参加者の約40パーセントが表現しました(彼らが2つの全国的な党によって示された2つの害悪の小さな方のために彼らの票を投げかけるでしょう)。

これがあるなんと異常に悲しい事態なのでしょうか。

より少なく2人のはっきりと不足な候補者の不足なものに賛成の投票をするために優れたサード・パーティー候補者を無視することはこっけいです。

これは、まさに、私が思いつくことができる票のためのその最も無分別な根拠です。

そのような考察の不合理を説明するために、以下を考慮してください。

あなたが娘を持っていてたら、あなたのお気に入りであった美しい若い婦人。

そして、彼女があなたの誇りと喜びであったので、あなたは彼女のためにまさしくそのベストだけを望んでいました。

さあ、あなたの妙齢の若いお嬢さんが町について3人の適格な若者によって言い寄られていたと思ってください(それの2人は非常に豊かで、有力なファミリーの出であったけれどもあなたが、ふらちなキャラクターをもっていると知っていました)。

実のところ、これらの1つは、可能ならば、少し他よりふらちなビットでした。

3番目の原告は質素な状況から来て、彼は裕福で、強力に有力なファミリーからではなかったけれども、彼はそれにもかかわらずすばらしい知能とキャラクターを所有していて、疑いない完全性を吹き込まれました。

あなたは、道徳的なためらいのない2人の若者のファミリーの富と勢力に尊敬を表して、これらの2人の道楽者の小さな方と結婚するようにあなたのお嬢さんに勧めてくれますか?または、あなたは、あなたの美しい若いお嬢さん、あなたのお気に入りが、彼女を世話し、彼女に備えて、彼女をかわいがるであろう若者の有能で、愛情深い手の中に提供されたように取り計らうためにできる限りのことをしてくれますか?

それは答えへの簡単な質問であるべきです。

あなたが後者より前者を選んだならば、あなたが考えることにおいて何か具合が悪いことがあります。

あなたは、道楽者を更生させようとしていなく、あなたができると思うならば、あなたは長年のみじめさと悲嘆のために中にいます。

私達が大統領を選ぶ時に、なぜ私達は、まさに最もよいものに、私達の興味を表し、私達の最高司令官として作動してほしくないでしょうか?

私達が、彼がオフィスにいたら、私達が2つの害悪の小さな方を選び、それから彼を更生させることができると思うならば、私達は、きっと続くであろう悲嘆に値しています。

人が、人々の主権に、上に率いられる より小ささで2つの害悪 現在の行政機関によりされた損害を評価する時には、これははっきりと明らかであるはずです。


The fact is that the political tenets of our national two-party system are contributing to the rapid decay of society, and have been doing so for some time. This necessary and brilliant contrivance ensures that the corrupted will endeavor to limit the choices for national office to a choice between the perverted and the likewise perverted. The differences in the two parties are cosmetic at best. They are horses of the same likeness internally, but with different outward appearances. These appearances are carefully devised and cultured so as to fool the people into believing that they have alternative choices within a limited two-party system. This is brilliant and effective and has serious implications for the nation.


Any of the above named potential third-party candidates would be infinitely superior to those who comprise the long list of prospects of the two national parties. Unlike all of the potentials of the Republican and the Democrat parties they are not internationalists, and are not motivated by a quest for one-world governance. They understand the implications of our continual drift into a socialistic system, and they understand the dangers of flirting with the inducements to abandon a commitment to a governance, which is guided by the principles set forth by the Constitution in order to chase after the godless dogma of international new world order advocates.


Above all else these people, unlike their contemporaries of the national parties, have a sincere and steadfast fixity of purpose in regard to the absolutes of morality, and are able to differentiate between right and wrong. The likes of Obama, Clinton, Kerry and ilk of both parties represent the evil of the godless one-world internationalists. A look at their voting habits on moral issues should convince even the most intractable that they are devoid of moral scruples. Their consistent pursuit of the legalization of abortion under any circumstance bespeaks a deviant soul. Only the most wretched of medical practitioners can coldly, and with human detachment, push a sharp instrument into the soft malleable skull of a fully-formed living baby and suction the brain in the perpetration of a most heinous act of murder. And that political leaders of any persuasion would not only condone, but also encourage, such an act points up an utterly depraved inner being.


事実は、私達の全国的な二大政党制の政治的な主義が社会の急速な腐敗に寄与していて、しばらくの間そうしていたことです。

この必要で、見事な考案は、堕落したものが、ゆがめられたものと同様にゆがめられたものの間で国内官庁のための選択を選択に制限することに努力するであろうと保証します。

2つのパーティーにおける違いはせいぜい美容です。

それらは内部でけれども違う外見によって同じ類似の馬です。

これらの外観は、彼らが制限された二大政党制の中に代わりの選択権を持っていると信じるように人々を騙すように慎重に考案されて、培養されます。

これは見事で、効果的で、国家のために重大な意味を持っています。

上記の名付けられた潜在的なサードパーティ候補者の誰でも、2つの全国的な党の見込みの長いリストから成っている人々より限りなく優れているでしょう。

共和党と民主党党の可能性のすべてと違って、彼らは国際主義者ではなく、1世界管理の探求によって動機づけられません。

彼らは社会主義的なシステムの中に私達の継続的な流れの意味を理解していて、彼らは、管理への関与を捨てる誘因を弄ぶ危険を理解しています(それは、国際的な新しい世界秩序の支持者の無神論者の教義を追うために憲法によって記述された原則によって誘導されます)。

他の何よりもこれらの人々は、彼らの全国的な党の同時代人と違って、道徳の絶対物について目的の誠実で、着実な固定物を持っていて、善と悪を区別することができます。

両当事者のオバマ、クリントン、ケリー、および種類のような者は無神論者の1世界国際主義者の悪を表しています。

道徳的な問題についてのそれらの投票習慣の眺めは、それらが道徳的なためらいがないことを最も強情なものにさえ納得させるべきです。

どのような状況の下の中絶合法化のそれらの一貫した追跡でも逸脱した魂を前もって求めます。

冷たく開業医缶で最も惨めであること人の派遣、押しだけによって 完全に成形された生活赤ん坊の柔らかい可鍛性の頭蓋骨への鋭い機器、および極悪な最も多く1幕の殺人の犯行の吸引脳 。

そして、どのような説得の政治指導者でも許すだけでなく完全に悪化した内側の存在の上のそのような行為ポイントを促進するでしょう。


I have repeatedly stated my belief that we are on the cusp of tipping over into a communistic form of governance. In fact the unsophisticated internationalists among us, whether they know it or not, promote the doctrines espoused by Marx and Lenin when they advocate for a one-world order. They are, most assuredly being used by the true believers in this evil doctrine, which advocates the destruction of humanity and the institution of worldwide slavery to a Godless system of communism. Too many of our political leaders are unwitting dupes of truly evil men who would build their utopian world upon the carcasses of untold millions of God’s people. And others are not so unwitting; they push for a one-world order knowing full well the consequences.


私は、繰り返し、私達が、管理の共産主義のフォームの中に転覆する尖端の上にいるという私の確信を述べました。

実のところ、彼らが1世界秩序のために主張する時に、私達の間の洗練されていない国際主義者は、彼らがそれを知っているかどうかにかかわらず、マルクスとレーニンによって支持された主義を促進します。

それらは、ほとんどが確かにこの悪い主義の心からの信者によって使われて、どれが人間性の破壊と共産主義の無神論者のシステムへの世界的な耽りの組織を主張するかです。

私達の政治指導者のあまりにも多くは、無慮数百万人の神の人々の残骸の上で彼らのユートピア世界を築くであろう本当に悪い人の知らず知らずのかもになります。

そして、他はそんなに無意識でありません;

結果を非常によく知って、彼らは1世界秩序を要求します。


If you, as a voter, want to hasten the fulfillment of the wishes of the utterly depraved, and usher in that new world order, keep voting for the lesser of two evils, and you will surely help bring to fruition the ultimate destruction of not only this nation, but the slavery of all mankind.


あなたが、有権者として、完全に悪化したものの希望の実現を早めて、その新しい世界秩序を案内したいならば、2つの害悪の小さな方に賛成の投票をし続けてください。そうすれば、あなたはきっとこの国家の究極の破壊だけでなく全人類の奴隷制度を達成するのを手伝うでしょう。





反論コメント

Enough of the 9/11 Conspiracies, Already

By Matthew Rothschild

すでに十分な9/11の共謀

マシュー・ロスチャイルドによって




Mr. Rothschild,


I read your commentary on The Progressive's website about 9/11

conspiracy theories and felt the need to respond.

http://progressive.org/mag_wx091106


Many well known and respected individuals with vast experience in the

intelligence services and the military, as well as by elected and

appointed government officials have also expressed severe doubts about

the 9/11 Commission Report. Some even allege U.S. government

complicity in the terrible acts of 9/11. (I think the video of Gen.

Stubblebine, former Commander of U.S. Army Intelligence is particularly

impactful.)


Listed below are highly critical statements about the 9/11 Commission

and its Report by 49 of these individuals. This group of individuals

cannot be described as irresponsible, illogical, nor disloyal, nor can

they be simply dismissed as conspiracy theorists. They include:


* Max Cleland, a member of the 9/11 Commission and former U.S.

Senator

* U.S. Congressman Curt Weldon, Vice Chairman of the U.S. House of

Representatives Committee on Homeland Security and Vice Chairman of the

U.S. House of Representatives Armed Forces Committee

* Louis Freeh, Former Director of the FBI, former Federal Judge

* Major General Albert Stubblebine, former Commanding General of

U.S. Army Intelligence

* Two different Deputy Assistant Secretaries of Defense during the

Reagan Administration

* Assistant Secretary of the Treasury during the Reagan

Administration

* Former Secretary of Defense for Canada

* Former Secretary of Defense for West Germany

* and many others.


The collective voices of these experienced government, intelligence,

and military veterans indicate that something is terribly wrong with

the 9/11 Commission Report and demonstrate that criticism of the Report

is not necessarily irresponsible, illogical, nor disloyal.


I suggest interviewing some of these individuals for a future article

on the subject.


For the sake of those who died on 9/11, their families, the American

people, and for the sake of peace in the world, please continue to seek

the truth about 9/11.


ロスチャイルドさん

私は9/11の陰謀説について革新主義者のウェブサイトについてのあなたの論評を読み、反応する必要を感じました。

http://progressive.org/mag_wx091106


選ばれて、指定された政府高官によるだけでなく情報機関と軍隊での広大な経験を持つ多くのよく知られていて、尊敬された個人はまた9/11の委員会リポートについての厳しい疑いを表明しました。

いくつかが9/11のひどい行為において米国政府共犯を主張しさえします。

(私は、Stubblebine将軍、米国軍隊知能の前の司令官のビデオが特に衝撃的であると思います。)

これらの個人の49人による9/11の委員会とそのリポートについての重大なステートメントは高く下でリストされます。

個人のこのグループは無責任で、非論理的で、不誠実であると言うことができなく、また、それらは共謀理論家として単に退けられることができません。

それらは以下を含みます:

* マックスクレランド(9/11の委員会と前の米国の上院議員のメンバー)

* 米国の下院議員カート・ウェルドン、母国セキュリティについての連邦下院議会委員会の副会長、および連邦下院議会軍隊委員会の副会長

* ルイスFreeh、前のFBI長官、前の連邦判事

* アルバートStubblebine少将(米国軍隊知能の以前の方面総監)

* レーガン政権の間の2人の異なる副補助国防長官

* レーガン政権の間の財務省の次官補

* カナダのための前の国防長官

* 西ドイツのための前の国防長官

* および多くの他。

これらの経験豊かな政府、知能、および軍隊のベテランの集合的な声は、何かが9/11の委員会リポートにおいてひどく具合が悪いことを示し、リポートの批判が必ずしも無責任でなく、非論理的でなく、不誠実でないことを証明します。

私は、話題の上の未来の記事のためにこれらの個人の何人かにインタビューすることを提案します。

9/11、それらののファミリー、アメリカ人上で死んだ人々のためと世界の平和のために、どうぞ、9/11について真実を捜し続けてください。


You government apologist make me sick, literally, your just as guilty as the monsteres who carried out these dastardly deeds.


WTC 7 was over 300 feet away from WTC 1 the damage it took compared to other buildings was nothing compared to WTC 4,5&6 plus bankers trust and the others.


Operation Northwoods?


Who warned Wille Brown,John Ashcroft,Pentagon officials not to fly before and on 9/11?


What affect did the Norad drills have on 9/11?


Who was in charge or the drills?


Who warned


あなた、政府弁護者は私を、不快で、文字どおりに、あなたはちょうど、これらの卑劣な行為を実行したmonsteresと同じくらい有罪にします。

WTC 7は300フィート以上WTC 1から離れて、それが他の建物に比べて取った損害がWTC 4(5&6足す銀行家信頼とその他)に比べて何でもなかったことでした。

操作Northwoods?

誰が、9/11前と上で飛んで行かないことをウィレブラウン、ジョン・アシュクロフト、国防総省の役員に警告しましたか?

Noradドリルは9/11上にどんな感情を持っていましたか?

誰が担当していたかまたは、そのドリルでしたか?

警告しました


From: John


Your latest article makes a few points. Essentially, you say "these

experts are unassailable, end of story."


Well, guess what? I don't need the WTC, the Pentagon or the

Pennsylvania site, at all, to prove beyond a reasonable doubt Bush

administration complicity.


You present Dr. Griffin's contributions (pretty much as if he were the

only challenge), but there are tens of thousands of researchers who

have investigated the attacks for years before Griffin ever considered

the possibility.


I personally don't trust you, your magazine, or the perspective you

purport to bring.


I do trust Paul Thompson, his Complete 9/11 Timeline, and the new film

based upon that corroborated evidence of government complicity:


9/11 Press For Truth could be the best and most credible study of

September 11th 2001 anywhere. Paul Thompson's Complete 9/11 Timeline

provides the research for this documentary.


http://video.google.com/videoplay?docid=-1016720641536424083


PS


You put a lot of faith in the American Society of Civil Engineers and

FEMA (!), who also concluded there were no bombs inside the Murrah

Federal Building.


I prefer to defer to a real "expert," Air Force General Ben Partin,

who actually investigated the bombing without an agenda, and not under

the control and influence of the government.† His conclusion is that --

AS THE LOCAL OKLAHOMA NEWS REPORTED -- there were demolition charges

inside the Murrah Federal Building, and the truck bomb could not have

done that amount of damage as claimed by authorities.


PPS


Bin Laden? You mean the fat guy in that video that didn't look like

bin Laden at all?


Or the bin Laden who told the Pakistani newspaper that he didn't do

it, and condemned the 9-11 attacks, claiming that Al Qaeda and the US

were not enemies (as the US supported Al Qaeda operations in the

Balkans).


Or this latest video purporting to show bin Laden with a hijacker

reported to be "Alive and well" in Saudi Arabia?


PPPS


To address the "proxy" headline, try investigating the Pakistani ISI,

if you give a damn at all about what happened on 9-11. I don't think

you do.


From:

ジョン

あなたの最新の記事は少しの主張をします。

本質的に、あなたは、「これらのエキスパートは難攻不落で、話の終わりです」と言います。

ああ、何を推察します?

私は、合理的疑いのブッシュ政権共犯を越えて証明するために全くWTC、国防総省、またはペンシルベニアサイトが必要でありません。

あなたは、グリフィン博士の寄与(だいたい、彼が唯一の挑戦であるかのような)を提出するけれども、グリフィンがそもそも可能性を考慮する前の数年の間攻撃を調査する数万人の研究者がいます。

私は個人的に、あなた、あなたの雑誌、またはあなたが、持って来ると主張する遠近図を信頼しません。

私はポール・トンプソン、彼の完全な9/11年表、および政府共犯のその補強された証拠に基づいた新しいフィルムを信頼します:

真実のための9/11のプレスはどこででも2001年9月11日の最もよく、最も信用できる研究であるかもしれません。

ポール・トンプソンの完全な9/11年表はこのドキュメンタリーのために研究を提供します。

http://video.google.com/videoplay?docid=-1016720641536424083


追伸

あなたはたくさんの信頼を、また、Murrah連邦ビルディングの中に爆弾が全然なかったと断定したアメリカ土木技師協会とFEMA(!)に置きました。

私は、実際、government.†His結論のコントロールと影響下ではなく議事日程なしで爆撃を調査した本当の「エキスパート」、空軍将軍ベンPartinに従うことが、Murrah連邦ビルディングの中に爆破薬があったこと--AS THE LOCAL OKLAHOMA NEWS REPORTED--であるのを好み、当局によって主張されるように、爆弾トラックはその損害額をしたはずがありません。

PPS

ビンラディン?

全くビンラディンのように見えなかったそのビデオの中で、あなたは太った男を意味しています?

または、パキスタンの新聞に、彼がそれをしなかったと言い、9-11を非難したビンラディンは、アルカイダと米国が、敵(米国がバルカン諸国でアルカイダ操作をサポートした時)ではなかったと主張して、攻撃します。

または、サウジアラビアで「生きたまま、よく」であると報告されたハイジャック犯人とビンラディンを示すと称しているこの最新のビデオ?

PPPS

「プロキシ」ヘッドラインにアドレスするために、9-11上で起こったことについて、あなたがいったい気にするならば、パキスタンのISIを調査してみてください。

私は、あなたがすると思いません。


陰謀論は???か・・・。その2

Enough of the 9/11 Conspiracies, Already

By Matthew Rothschild

すでに十分な9/11の共謀

マシュー・ロスチャイルドによって

The problems with a vast conspiracy theory are obvious. There’s the likelihood that someone along the chain would squeal. Members of the government have been engaged in far less treasonous plots (such as Bush’s designs on Iran), and whistleblowers have managed to get the information out to the likes of Seymour Hersh over at The New Yorker. And, on top of that, we’re supposed to believe that this incompetent Administration, which brought you Katrina, was somehow able to execute this grand conspiracy?


“The government is not sufficiently competent to pull off such conspiracies and too leaky to keep them secret,” said Richard Clarke, the one-time counterterrorism czar for Clinton and Bush, in a blurb for Debunking 9/11 Myths. Clarke has been a harsh critic of Bush, and he was a strong supporter of John Kerry. Don’t you think Clarke would have blown the whistle had he known? And who was in a better position than he to know?


Finally, in Pearl Harbor, Griffin acknowledges one enormous, unfillable hole in the conspiracists’ theory: If Flight 77 did not hit the Pentagon, where did it go? And where did all sixty-four people on board go? Griffin pathetically answers: “One cannot expect that the revisionists, being independent researchers with limited budgets and no power to subpoena testimony, could answer all the questions raised by their alternative scenario.” But that doesn’t stop him from speculating, in a ghoulish way, about one piece of evidence that contradicts his Flight 77 notion: the phone calls from conservative Barbara Olson, who was on Flight 77, to her husband, Ted Olson, Bush’s solicitor general. Griffin casts doubt on whether the phone calls actually happened, noting that Olson “is very close to the Bush Administration.” At least in Pearl Harbor, Griffin recognizes the weakness of this argument. The conspiracy theorists “still need to explain, of course, what became of Barbara Olson, and also whether it is plausible that Ted Olson would have participated in a plan with that outcome,” he writes. In his latest book, though, Griffin does not appear bothered in the least, as he continues to cast doubt on Ted Olson’s account. He has swept Barbara Olson and sixty-three other people under the rug.


On to some of Griffin’s most oft-cited questions.


Why did dust clouds shoot out of the Twin Towers as they fell?


Or, as Griffin poses it in Pearl Harbor: “What other than explosives could turn concrete into powder and then eject it horizontally 150 feet or more?”


Corley, who headed up the investigation for the American Society of Civil Engineers and FEMA, gives a quick response to that. “That is simply the air pressure being pushed down,” he says. “Once the collapse started, then you had roughly a twenty-story building and roughly a thirty-story building acting as a very large mass to push everything down. The air pressure gets quite something, and the windows on the lower floors break, and you see puffs of smoke coming out of them.” Debunking 9/11 Myths offers the same explanation and cites structural engineer Jon Magnusson, who says this expulsion of air and debris is fairly common when buildings collapse.


Why did the tower that was hit second fall first?


広大な陰謀説についての問題は明らかです。

チェーンに沿った誰かが悲鳴をあげるであろうという可能性があります。

政府のメンバーはずっと反逆の計略(イランの上のブッシュのデザインなどの)に加わっていなく、内部告発者は、ニューヨーカーで終わっているシーモア・ヘルシュのような者に情報をどうにかして取り出しました。

そして、それに加えて、私達は、カトリーナをあなたに連れて来たこの無能力な管理が、何とかしてこの雄大な共謀を実行することができたと信じると思われています?

9/11の神話を暴露するための宣伝文の中で、「政府は、そのような共謀をやりとげることについて十分に有能でなく、それらを秘密にするにはあまりにも漏れています」とリチャード・クラーク(クリントンとブッシュのためのかつての報復テロ行為皇帝)は言いました。

クラークはブッシュの厳しい批評家であり、彼はジョン・ケリーの強力なサポーターでした。

あなたは、彼が知っていたならば、クラークが警告を発したであろうと思いませんか?

そして、誰が、知る彼よりよい立場にありましたか?

最終的に、真珠湾で、グリフィンは隠謀家の理論の中で1つの巨大で、充填可能でない穴を認めます:

77便が国防総省を打たなかったならば、それはどこに行きましたか?

そして、乗っている64人の人々はみなどこに行きましたか?

グリフィンは痛ましく答えます:

「人は、制限された予算があり、証拠を召喚するパワーのない独立な研究者である修正論者が彼らの代わりのシナリオによって提起されたすべての問題に答えることができたことを予想することができません」.ではなくそれが、彼の77便の観念を否定する1つの証拠について彼が食屍鬼のような方法で思索することを妨げます:

77便に乗っていたバーバラ・オルソン保守主義者からの彼女の夫、テッド・オルソン、ブッシュの法務局長への電話。

グリフィンは、オルソンが真珠湾で少なくともBush Administration".「に非常に近いこと」に注意して、グリフィンがこの議論の弱さを認めている、電話が実際起こったかどうかについての疑いを抱きます。

共謀理論家は「まだ、何がバーバラ・オルソンに起こったか、そしてテッド・オルソンがその結果によって計画に参加したであろうということがもっともらしいかどうかももちろん説明する必要がある」と彼は書きます。

しかし、彼の最新の本の中で、彼が、テッド・オルソンのアカウントに疑いを投げ掛け続ける時に、グリフィンは少しも煩わされるようでありません。

彼はバーバラ・オルソンと63人の他の人々を隠しました。

オン グリフィンの最もしばしば引用された問題のうちのいくつか 。

彼らが倒れた時に、なぜ塵雲はツインタワーから撃ちましたか?

または、グリフィンが真珠湾でそれを提出する時:

「爆発物以外の何がコンクリートを粉に変えることができるか、それから、150フィート以上で水平にそれを噴出しますか?」

アメリカ土木技師協会とFEMAのために調査を率いたコーリーはそれに即答をします。

「それは押し下げられている単に気圧です」と彼は言います。

「一度、崩壊は始まり、それから、あなたは、乱暴な20階建て建物とすべてを押し下げるために非常に大きなマスとして作動している乱暴な30階建て建物を持っていました」。

9/11の神話を暴露している、「気圧はまったく何かを得て、下のフロアの上のウィンドウは壊れて、あなたはぱっと出た煙がそれらから出るのを見ます」.は同じ説明を述べて、建物が崩壊する時に、空気とがれきのこの追放がかなり一般的であると言う構造エンジニア ジョン・マグナスンを引用します。

なぜ、当たったセカンドであったタワーは最初に倒れましたか?


“All other things being equal, then, the tower that was struck first should have collapsed first. And yet, although the South Tower was struck seventeen minutes later than the North Tower, it collapsed twenty-nine minutes earlier,” writes Griffin in Pearl Harbor. The fact that the South Tower fell first, he concludes, “suggests that the collapse of these buildings was caused by something other than the fires.”


But all things weren’t equal. “The damage done to the second building was more serious than the damage done to the first,” says Corley.


The National Institute of Standards and Technology concurs. Its “Final Report on the Collapse of the World Trade Center Towers” notes that ten core columns were severed in the South Tower, whereas only six were severed in the North. And 20,000 more square feet of insulation was stripped from the trusses in the South Tower than the North. The report “found no corroborating evidence for alternative hypotheses suggesting that the WTC were brought down by controlled demolition using explosives planted prior to September 11, 2001.”


What about Building 7?


This is a favorite of the conspiracy theorists, since the planes did not strike this structure. But the building did sustain damage from the debris of the Twin Towers. “On about a third of the face to the center and to the bottom?approximately ten stories?about 25 percent of the depth of the building was scooped out,” Shyam Sunder, the lead investigator for the National Institute of Standards and Technology, told Popular Mechanics.


What’s more, the fire in the building lasted for about eight hours, in part because there were fuel tanks in the basement and on some of the floors. “The building was designed for a fire duration of no more than about three hours,” says Corley. “Eight hours was way more than what that building was designed for.” (Corley, by the way, also headed up the investigation of the Murrah Building’s collapse in Oklahoma City.)


The National Institute of Standards and Technology is still studying the collapse of Building 7, but its initial report says: “NIST has seen no evidence that the collapse of WTC 7 was caused by bombs, missiles, or controlled demolition.”


What about the Pentagon?


Conspiracy theorists will bend your ear explaining that the American Airlines Boeing 757 couldn’t possibly have made such a small hole in the Pentagon. Griffin in Pearl Harbor: “The orifice created by the impact . . . was at most eighteen feet in diameter. Is it not absurd to suggest that a Boeing 757 created and then disappeared into such a small hole? . . . Can anyone seriously believe that a 125-foot-wide airplane created and then went inside a hole less than twenty-feet wide?”


First of all, the hole was actually ninety feet wide, according to the “Pentagon Building Performance Report” of January 2003, which the American Society of Civil Engineers and the Structural Engineering Institute put out. And Professor Sozen of Purdue, one of the authors of that report, has an explanation.


“The reinforced columns of the Pentagon destroyed the wings,” says Sozen. “That’s why the hole is smaller. It had to be smaller.” Since working on that report, Sozen has designed simulations at Purdue, and his results correspond with what happened to Flight 77, he says. Sozen, who identifies himself as a progressive, says it is “ridiculous to deny” that the American Airlines plane hit the Pentagon. And, he adds, if Flight 77 didn’t hit the Pentagon, where did it go and “what happened to the people in that plane”?


But we know what happened to them. They died at the Pentagon. “All but five of the 189 people who died on the aircraft and in the Pentagon were later identified through DNA testing,” according to Debunking 9/11 Myths.


Finally, was Flight 93 shot down?


Griffin and many other conspiracists allege that Flight 93, which crashed in Pennsylvania, was brought down not by the passengers struggling with the hijackers but by a U.S. missile. But we know from cell phone conversations that passengers on board that plane planned on confronting the hijackers. And, as Debunking 9/11 Myths notes, “a Cleveland air traffic controller assigned to Flight 93 heard signs of a struggle in the cockpit, followed shortly by screaming.”


Tapes of the conversations at the northeast regional headquarters for the North American Aerospace Defense Command (NORAD) confirm this, as Michael Bronner has shown in his August article for Vanity Fair entitled “9/11 Live: The NORAD Tapes.” Major Kevin Nasypany was the facility’s mission-crew commander that day, and the tapes show him frantically trying to figure what was going on and whether he had orders to shoot Flight 93 down.


“Gimme the call sign,” he says at 10:07. “Gimme the whole nine yards. . . . Let’s get some info, real quick. They got a bomb?”


But, as Bronner reports, by then “everyone on board is already dead. Following the passengers’ counterattack, the plane crashed in a field in Pennsylvania at 10:03 a.m.”


The man who headed up the crash site investigation there was Matthew McCormick, a thirty-three-year veteran at the National Transportation Safety Board. “From my investigation there was no pre-impact stress to the airplane,” he told the Debunking authors.


To be sure, there are discrepancies and omissions in The 9/11 Commission Report, and the Pentagon and FAA appear to have not been fully truthful and forthcoming about what happened that day. Not every riddle that Griffin and other conspiracists pose has a ready answer. But almost all of their major assertions are baseless. And their own theories have such gigantic holes and require such monumental leaps of logic that they discredit themselves.


At bottom, the 9/11 conspiracy theories are profoundly irrational and unscientific. It is more than passing strange that progressives, who so revere science on such issues as tobacco, stem cells, evolution, and global warming, are so willing to abandon science and give in to fantasy on the subject of 9/11.


The 9/11 conspiracy theories are a cul-de-sac. They lead nowhere. And they aren’t necessary to prove the venality of the Bush Administration. There’s plenty of that proof lying around. We don’t need to make it up.


「そして他のすべての条件が同じであるならば、最初に行き当たったタワーは最初に崩壊するべきでした」。

「それなのに、南タワーに北タワーより17分後行き当たったけれども、それは29分早く崩壊しました」とグリフィンは真珠湾で書きます。

南タワーが最初に倒れたという事実、彼は、「これらの建物の崩壊が火事以外の何かによって起こされたことを示唆します」と断定します。

しかし、すべての物が等しかったわけではありません。

「2番目の建物に与えられた損害は一番目に与えられた損害より重大でした」とコーリーは言います。

国立標準技術研究所は一致しています。

その「ワールドトレードセンタータワーの崩壊についての最終的なリポート」は、10の中心的なカラムが南タワーで断ち切られたのに対してほんの6が北で断ち切られたことに注意します。

そして、北よりあと20,000平方フィートの絶縁体は南タワーのトラスからはがれました。

リポートは、「WTCが、2001年9月11日に先がけて設置された爆発物を使って、コントロールされた破壊によって倒されたことを示唆している対立仮説の補強証拠を全然見つけませんでした」。

7を築くことはどうですか?

飛行機がこの構造に行き当たらなくて以来、これは共謀理論家のお気に入りです。

しかし、建物はツインタワーのがれきからの損害を被りました。

「オンに、センターと底?approximatelyへの面の3番目について、外で建物の深さの10物語?about 25パーセントがすくわれました」と、シヤーム・スンダル、国立標準技術研究所のためのリード調査者は、ポピュラー・メカニクスに言いました。

その上、一つには、地階に、そしてフロアのいくつかの上で燃料タンクがあったので、建物の火は約8時間の間続きました。

「建物はたった約3時間の火期間の間設計されました」とコーリーは言います。

「その建物が設計されたものよりもっと、8時間は方法でした」.(コーリーは、ところで、またオクラホマシティーのMurrahビルディングの崩壊の調査を率いました。)

国立標準技術研究所はまだビルディング7の崩壊を勉強しているけれども、その第一次報告は言います:

「“NISTは、WTC 7の崩壊が爆弾、ミサイル、またはコントロールされた破壊によって起こされた証拠を全然見ませんでした」。

国防総省はどうですか?

共謀理論家は、アメリカン航空ボーイング757がどうしても国防総省でそのような小さな穴に着いたはずがないことを説明しているあなたの耳を曲げるでしょう。

真珠湾のグリフィン:

「インパクトによって作成された開口部」。

.

.は直径せいぜい18フィートでした。

ボーイング757が作成し、それからそのような小さな穴の中に消えたことを示唆することは不合理でありませんか?

.

.

.

「誰かが、125フィートの幅の飛行機が作成し、それから20フィートの幅のより少なく穴の中に行ったと本気で信じることができますか?」

まず第一に、2003年1月の「国防総省建築性能リポート」(アメリカ土木技師協会と土木建築工学研究所はそれを外に出しました)によると、穴は実際90フィートの幅でした。

そして、Purdue(そのリポートの作者の1人)のソウゼン教授は説明を持っています。

「国防総省の補強されたカラムは翼を破壊しました」とソウゼンは言います。

「そんなわけで、穴はより小さい」。

そのリポートに取り組んで以来、「それは、より小さくある必要がありました」.、ソウゼンはPurdueでシミュレーションをデザインし、彼の結果は、77便に起こったことと一致していると彼は言います。

自身を革新主義者だと言うソウゼンは、アメリカン航空飛行機が国防総省を打ったのが「こっけいであることへの否定」であると言います。

そして、もしフライト77が国防総省に行き当たらなかったならば、彼は、それをした追加しますか 行くことおよび「その飛行機の人々に起こったこと」 ?

しかし、私達は、何がそれらに起こったかを知っています。

彼らは国防総省で死にました。

9/11の神話を暴露することによると、「航空機の上で、そして国防総省で死んだ189人の人々のうちの5人を除いたすべてはDNA鑑定を通して後で識別されました」。

最終的に、93便は撃ち落とされましたか?

グリフィンと多くの他の隠謀家は、ペンシルベニアで墜落した93便がハイジャック犯人と格闘している乗客によってではなく米国ミサイルによって倒されたと主張します。

しかし、私達は、その飛行機に乗る乗客が、ハイジャック犯人に立ち向かう計画を立てたと携帯電話会話から知っています。

そして、暴露として、9/11の神話は、「93便に割り当てられたクリーブランド航空管制官は、絶叫することがまもなく続いていて、コックピットで格闘の形跡を聞きました」に言及します。

マイケルBronnerが「9/11の住み:」という表題を付けられたバニティ・フェアのために彼の8月の記事の中で見えていた時に、北アメリカ米空軍航空宇宙軍(NORAD)のための北東の地域の本部での会話のテープはこれを確認します。

「NORADテープ」.メジャーケビンNasypanyはその日に施設の任務クルー司令官であり、テープは、彼が、何が起こっていたか、そして彼が、93便を撃ち落とすように命令を受けていたかどうかを考えようとするのを半狂乱で見せます。

「コールサインを私に与えてください」と彼は10:07に言います。

「まるまる9ヤードを私に与えてください」。

. . .

本当にすばやくいくらかの情報を得ましょう。

「彼らは爆弾を得ました?」

しかし、Bronnerリポートとして、その時までに、「評議会の誰もがすでに死んでいます」。

「乗客の逆襲に続いて、飛行機は午前10:03にペンシルベニアのフィールドに墜落しました」

そこで事故現場の調査を率いた人はマシュー・マコーミック(運輸安全委員会の33年のベテラン)でした。

暴露作者に、「私の調査から、飛行機への前インパクトストレスが全然ありませんでした」と彼は言いました。

確かに、不一致があり、委員会リポートと国防総省とFAAが出現する9/11における省略されたものは、完全に真実で、その日に起こったことについて率直であったわけではありません。

グリフィンと他の隠謀家が提出するすべての謎が即答を持っているわけではありません。

しかし、それらの主要な主張のほとんどすべてはいいかげんです。

そして、彼ら自身の理論はそのような巨大な穴を持っていて、ロジックのそのような記念碑の飛躍を必要としているので、彼らは自身の評判を悪くします。

底で、9/11の陰謀説は深く不合理で、非科学的です。

そう、たばこ、幹細胞、発展、および地球温暖化のような問題についての科学を尊敬する革新主義者が、科学をそんなに快く捨てて、9/11の主題の上のファンタジーに従うことは通過するよりもっと奇妙です。

9/11の陰謀説は袋小路です。

彼らは何にもなりません。

そして、彼らは、ブッシュ政権の買収されやすさを証明することに必要でありません。

まわりに横たわっている多くのその証拠があります。

私達は、それを作る必要がありません。


陰謀論は???か・・・。

Enough of the 9/11 Conspiracies, Already

By Matthew Rothschild

すでに十分な9/11の共謀

マシュー・ロスチャイルドによって


At almost every progressive gathering where there’s a question and answer period, someone or other vehemently raises 9/11 and espouses a grand conspiracy theory.


If you haven’t had the pleasure of enduring these rants, please let me share.


Here’s what the conspiracists believe:


9/11 was an inside job.


Members of the Bush Administration ordered it, not Osama bin Laden.


Arab hijackers may not have done the deed.


On top of that, the Twin Towers fell not because of the impact of the airplanes and the ensuing fires but because the Bush Administration got agents to plant explosives at the base of those buildings.


Building 7, another high-rise at the World Trade Center that fell on 9/11, also came down by planted explosives.


The Pentagon was not hit by American Airlines Flight 77 but by a smaller plane or a missile.


And the Pennsylvania plane did not crash as a result of the revolt by the passengers but was brought down by the military.


問答期間があるほとんどすべての進歩的な集まりで、誰かは熱烈に9/11を上げて、雄大な陰謀説を支持します。

あなたがこれらの大言壮語に耐えていなかったならば、どうぞ、私に分担させてください。

ここに、隠謀家が信じるものがあります:9/11は内部犯行でした。

ブッシュ政権のメンバーはオサマ・ビンラディンではなくそれを注文しました。

アラブハイジャック犯人は行為をしなかったかもしれません。

それに加えて、飛行機と続き火事のインパクトのためではなくブッシュ政権がエージェントに、それらの建物のベースで爆発物を設置させたので、ツインタワーは倒れました。

7を築いて、9/11と重なっていたワールドトレードセンターの別の高層建築はまた設置された爆発物によって降りて来ました。

国防総省はアメリカン航空77便によってではなくより小さな飛行機またはミサイルによって打たれました。

そして、ペンシルベニア飛行機は乗客による反乱の結果として墜落しなかったけれども、軍隊によって着陸させられました。

“Extraordinary claims require extraordinary evidence.”





?Carl Sagan


「並みはずれた主張は並みはずれた証拠を必要としています」。

?カール・セーガン

I’m amazed at how many people give credence to these theories. Everyone’s an engineer. People who never even took one college science course can now hold forth at great length on how the buildings at the World Trade Center could not possibly have collapsed in the way they did and why the Pentagon could not have been struck by that American Airlines jet.


Problem is, some of the best engineers in the country have studied these questions and come up with perfectly logical, scientific explanations for what happened.


The American Society of Civil Engineers and FEMA conducted an in-depth investigation of the World Trade Center. The team members included the director of the Structural Engineering Institute of the American Society of Civil Engineers, the senior fire investigator for the National Fire Protection Association, professors of fire safety, and leaders of some of the top building design and engineering firms, including Skidmore Owings & Merrill in Chicago, Skilling Ward Magnusson Barkshire in Seattle, and Greenhorne & O’Mara in Maryland.


It concluded that massive structural damage caused by the crashing of the aircrafts into the buildings, combined with the subsequent fires, “were sufficient to induce the collapse of both structures.”


The National Institute of Standards and Technology did its own forty-three volume study of the Twin Towers. “Some 200 technical experts . . . reviewed tens of thousands of documents, interviewed more than 1,000 people, reviewed 7,000 segments of video footage and 7,000 photographs, analyzed 236 pieces of steel from the wreckage, [and] performed laboratory tests and sophisticated computer simulations,” the institute says.


It also concluded that a combination of the crash and the subsequent fires brought the towers down: “In each tower, a different combination of impact damage and heat-weakened structural components contributed to the abrupt structural collapse.”


私は、何人の人々がこれらの理論を信用するかにびっくりします。

誰もがエンジニアです。

決して、1つの大学の科学科目を取りさえしなかった人々は現在、いったいどうしてワールドトレードセンターの建物が、彼らがした方法で崩壊したことができないか、そしてなぜ国防総省にそのアメリカン航空ジェットが行き当たったはずがないかについて長々と前で継続することができます。

問題は、国で最もよいエンジニアの何人かが、これらの問題を勉強し、起こったことの論理的で、科学の説明を完全に考え出したことです。

アメリカ土木技師協会とFEMAはワールドトレードセンターの詳細な調査を実施しました。

チームメンバーはアメリカ土木技師協会(全国防火協会(火災安全の教授、およびシカゴのスキッドモア・オーイングス&メリル、シアトルのスキリング・ウォード・マグナスンBarkshire、およびGreenhorne&オマラを含むデザインと土建会社をメリーランドで築いているトップのいくらかのリーダー)のためのシニアの火調査者)の土木建築工学研究所のディレクターを含みました。

それは、建物の中に航空機の崩壊によって起こされた大規模な構造の損害が、「両方の構造の崩壊を引き起こすことについて十分でした」をその後の火事と結合したと断定しました。

国立標準技術研究所はツインタワーのそれ自身の43のボリューム研究をしました。

「約200人の技術のエキスパート」。は

.「数万の文書をレビューし、1,000人を超える人々にインタビューし、ビデオ映像の7,000のセグメントと7,000個の写真をレビューし、残骸から236個のスチールを分析しました[、および]、科学テストと洗練されたコンピュータシミュレーションを実行しました」と研究所は言います。

それはまた、衝突とその後の火事の組み合わせがタワーを倒したと断定しました:

「各タワーで、衝撃損傷と熱で弱まった構造のコンポーネントの違う組み合わせは突然の構造の崩壊に寄与していました」。


Popular Mechanics, first in its March 2005 cover story and now in its expanded book, Debunking 9/11 Myths, after interviewing scores of other experts in the engineering field, takes apart the most popular contentions of the conspiracists. “In every case we examined, the key claims made by conspiracy theorists turned out to be mistaken, misinterpreted, or deliberately falsified,” the book says.


I made a few calls myself, including to Gene Corley, who conducted the American Society of Civil Engineers/FEMA study, and to Mete Sozen, structural engineering professor at Purdue, who was one of the principal authors of “The Pentagon Building Performance Report” of January 2003, which was done under the auspices of the American Society of Civil Engineers and the Structural Engineering Institute. I also contacted engineering professors at MIT and other leading universities in the country, and none of them puts any stock in the 9/11 conspiracy theories. In fact, they view them as a huge waste of time. They are busy trying to figure out how to prevent buildings from falling in the future.


Of course, any conspiracy theorist worth his or her salt will claim that all these people are in on the plot.


And that I am in on it, too.


Get over it.


The guru of the 9/11 conspiracy movement is David Ray Griffin, an emeritus professor not of engineering but of philosophy and theology at the Claremont School of Theology. First in The New Pearl Harbor and then in The 9/11 Commission Report: Omissions and Distortions and now in Christian Faith and the Truth Behind 9/11, Griffin has peddled his conspiracy theory.


ポピュラー・メカニクス(その2005年3月のカバーストーリーの中とその拡張された本の今中の一番目)は、工学分野で多数の他のエキスパートにインタビューした後に9/11の神話を暴露して、異なって隠謀家の最もポピュラーな論争を取ります。

「私達が調査したすべてのケースにおいて、共謀理論家によってされた重要な主張は、誤っていて、誤解されるか、意図的に偽造されると判明しました」とその本は言います。

アメリカ土木技師協会/FEMAの研究を行った遺伝子コーリーに、そして2003年1月の「国防総省建築性能リポート」の主要な作者のひとりであった境界標ソウゼン、Purdueの土木建築工学教授に、どれがアメリカ土木技師協会と土木建築工学研究所の保護の下でされたかを含めて、私は少しの電話自身をかけました。

私はまたMITと国の他の一流大学で工学教授に連絡し、彼らの誰もどのような株も9/11の陰謀説に入れません。

実のところ、彼らは彼らを時間の巨大な無駄とみなします。

彼らは、どのように、建物が未来に倒れることを防止するかを理解しようとすることに忙しい。

もちろん、各自の塩に値しているどのような共謀理論家でも、これらのすべての人々がプロットに参加していると主張するでしょう。

そして、私がまたそれに参加しています。

それを乗り越えてください。

9/11の共謀動きのグルはデイヴィッド・レイ・グリフィン(エンジニアリングのではなく神学のクレアモント学校の哲学と神学の名誉教授)です。

新しい真珠湾の、それから9/11の委員会リポートの中の一番目:

省略されたものと歪みと現在キリスト教信仰と9/11後ろの真実におけるグリフィンは彼の陰謀説を行商しました。

“Never ascribe to malice that which is adequately explained by incompetence.”





?Napoleon


「決して、無能さによって適正に説明されるそれを悪意に帰さないでください」。

?ナポレオン


He’s not alone, of course. A myriad of websites devote themselves to this subject, and several films are circulating on it, including Loose Change. There’s even a group called Scholars for 9/11 Truth, which insists “the World Trade Center was almost certainly brought down by controlled demolitions.” Most prominent among these is Steven E. Jones, professor of physics and astronomy at Brigham Young University, whose primary field is not engineering but cold fusion, according to Debunking 9/11 Myths.


The conspiracy theories are particularly popular on the left for a couple of understandable reasons. It’s undeniable that Bush has ceaselessly seized on 9/11 to justify his warmaking abroad and his repressive policies at home. And then there’s the notorious phrase in a document of the Project for the New American Century, the fount of neoconservativism, whose members included Dick Cheney, Donald Rumsfeld, Paul Wolfowitz, Douglas Feith, and a host of other hawks who flew into the Bush Administration. That line, from the September 2000 study “Rebuilding America’s Defenses,” argues for transforming the U.S. military posture into a much more aggressive one, and for expanding the Pentagon’s budget to reach $500 billion a year. The authors recognized that this transformation would be difficult to achieve quickly “absent some catastrophic and catalyzing event?like a new Pearl Harbor.”


Griffin and other leftwing conspiracy theorists put the two together, and voila. The attacks “were orchestrated in order to pave the way for launching unprovoked wars on two countries that provided no threat, whether imminent or long-term, to the people of the United States,” he writes in Christian Faith and the Truth Behind 9/11. “The Administration and its Pentagon even planned to use 9/11 as a pretext . . . to attack still more countries. The U.S. government was planning, therefore, to use the deaths of some 3,000 people (whom itself had killed) to justify wars that would most likely kill and maim many hundreds of thousands of people, perhaps millions.”


Before taking some of the major conspiracy claims one by one, let’s examine how outlandish the conspiracy theory is on its face.


First, Osama bin Laden has already claimed responsibility for the attack several times and boasted of the prowess of the suicide bombers who hijacked those planes. Why not take him at his word? And if bin Laden were working in cahoots with the Bush Administration, why was the President warned on August 6, 2001, in a Presidential daily briefing that Osama bin Laden was about to attack the United States? Wouldn’t that risk exposing the conspiracy?


彼はもちろん一人でありません。

無数のウェブサイトはこの主題に専念し、いくつかのフィルムは、小銭を含めて、それの上で循環しています。

9/11の神話を暴露することによると、9/11の真実(それは、これらの中でとても突出している、「ワールドトレードセンターはほぼ確実にコントロールされた爆薬によって倒されました」.が、スティーブンE.ジョーンズ、物理学の教授、およびブリガム・ヤング大学(その主要なフィールドはエンジニアリングではなく低温核融合です)の天文学であるのを強く主張します)のために、グループ、呼ばれた学者さえあります。

陰謀説は特に2、3の理解できる理由のために左にポピュラーです。

ブッシュが、絶え間なく外国で交戦して彼のものを正当化する9/11と家の彼の抑圧的な方針を捕えたことは紛れもない。

それから、新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト、neoconservativismのフォントの文書の中に有名なフレーズがあります(そのメンバーは、ディック・チェイニー、ドナルド・ラムズフェルト、ポール・ウルフォウィッツ、ダグラス・フェイト、およびブッシュ政権の中に飛んで行った多数の他のタカを含みました)。

そのラインは、2000年9月の研究「アメリカの防衛を再構築します」から、米国軍事態勢をもっとずっと攻撃的なものに変換することに、そして1年に5000億ドルに達するために国防総省の予算を拡張することに賛成を主張します。

作者は、この変化が、迅速に「新しい真珠湾のようにいくつか壊滅的で、触媒作用するイベント?がない時」を達成しづらいであろうと認めていました。

グリフィンと他の左翼共謀理論家は2をまとめて、見ます。

攻撃は、「差し迫った用語または長期かどうかにかかわらず、米国の人々に、脅威を全然提供しなかった2か国の上の挑発されない戦争をスタートするために道を舗装するように統合された」と彼はキリスト教信仰と9/11後ろの真実において書きます。

「管理とその国防総省は、口実として9/11を使うことを計画しさえしました」。

.

よりより多くの国を攻撃します.。

「米国政府は、従って、おそらく多くの数十万人の人々、ひょっとしたら100万を殺し、不具にするであろう戦争を正当化するために、約3,000人の人々(自身は殺しました)の死を使うことを計画していました」。

1つずつ主要な共謀主張のいくつかを取る前に、陰謀説がその顔の上でどれほど異国風であるかを調査しましょう。

第一に、オサマ・ビンラディンは、すでに攻撃についての犯行声明を数回出していて、それらの飛行機をハイジャックした自爆攻撃者の勇気を自慢しました。

彼の言葉の通りに彼を取ってはどうか?

そして、ビンラディンがブッシュ政権とともに共同の中で働いていたならば、なぜ大統領は、オサマ・ビンラディンが、まさに米国を攻撃しようとしていることを2001年8月6日に大統領の毎日のブリーフィングにおいて警告されましたか?

それは、共謀を露出するのを思い切ってやってみないでしょうか?


Second, if the Bush Administration plotters carried out 9/11 to justify attacking Iraq, why didn’t they have Iraqi hijackers do the deed? In actuality, there was not a single Iraqi hijacker, and Bush propagandists had to do all sorts of gymnastics to link Iraq to the actual attackers.


Third, for this conspiracy to have succeeded, it would have had to have been amazingly vast: not only the high level members of the Bush Administration (including the head of the Secret Service, Griffin says in Christian Faith) and the explosives teams, but also many others.


Griffin, in Pearl Harbor, for instance, alleges that Mayor Rudolph Giuliani may have been involved. Griffin quotes Giuliani telling ABC News, “We were operating out of there [Building 7] when we were told that the World Trade Center was gonna collapse.” Griffin says Giuliani had no obvious way of knowing that, and concludes: “Giuliani’s statement provides, therefore, evidence someone, perhaps he himself, knew something that the firemen in the buildings did not know?which was perhaps that explosives had been placed in the buildings and were about to be set off.” Is that really evidence? Isn’t it much more likely that the firefighters told the mayor to leave because the fire itself was jeopardizing the building?


Griffin also alleges that Larry Silverstein, who leased the World Trade Center complex, was in on the deal so he could collect the insurance. (This claim?which he might as well have called “The Jew Cashed In”?dovetails with the anti-Semitic conspiracy theory popular in the Middle East that the Mossad blew up the towers and warned the thousands of Jews who would have been working there to stay home.)


In Pearl Harbor, Griffin quotes Silverstein in a 2002 PBS documentary recalling a conversation from the fire department commander on September 11 “telling me that they were not sure they were gonna be able to contain the fire, and I said, ‘We’ve had such terrible loss of life, maybe the smartest thing to do is pull it.’ And they made that decision to pull and we watched the building collapse.” Griffin, who writes that Silverstein “made almost $500 million in profit from the collapse of Building 7,” says by “pull it” Silverstein was recommending that the building be demolished by explosives. Silverstein has flat-out denied that. By “pulling it,” he has said that he meant giving up on the firefighters’ efforts to save the building.


Two books later, Griffin removes any ambiguity Silverstein’s “assertion that Building 7 was brought down by explosives, whatever the motive behind it, explains why and how it collapsed,” Griffin writes in Christian Faith and the Truth Behind 9/11. But Silverstein never made such an assertion, and for Griffin to claim he did is, to say the least, a distortion.


第二に、イラクを攻撃するのを正当化するために、ブッシュ政権プロッターが9/11を実行したならば、なぜ彼らはイラクのハイジャック犯人に行為をさせませんでしたか?

実際は、1人のイラクのハイジャック犯人もいなく、ブッシュ宣伝者は、イラクを実際の攻撃者と結び付けるためにすべての種類の体操をする必要がありました。

第三に、成功したこの共謀のために、それは、驚異的に広大であった必要があったでしょう:

ブッシュ政権(シークレットサービスのトップを含めて、グリフィンはキリスト教信仰において言います)のハイレベルなメンバーと爆発物チームだけでなく多くの他も。

例えば、グリフィンは真珠湾で、市長ルドルフ・ジュリアーニが関係していたかもしれないと主張します。

グリフィンは、ABCニュース(.、「私達が、ワールドトレードセンターが崩壊しようとしていたと言われた時に、私達はそこの外で[ビルディング7]を操作していました」)に、グリフィンが、ジュリアーニが、それを知っている明らかな方法を全然持っていなかったと言うと言っているジュリアーニを引用し、締結します:

「従って、建物の消防士が知らなかったジュリアーニのステートメントは、証拠誰かが、たぶん彼自身と何かを知っていたと規定し、?whichは、たぶん、爆発物が建物に置かれて、爆発することに対してまわりにあったことでした。」が、本当に 証拠 それですか?

火自身が建物を危険にさらしていたので、消防士が市長に、去るように命じたことはもっとずっとありそうでありませんか?

グリフィンはまた、ワールドトレードセンターコンプレックスをリースしたラリー・シルバースタインが、取引に関係していたので彼が保険金をもらうことができたと主張します。

「それを引いてください」によって、シルバースタインが、建物が爆発物によって取り壊されるように勧めていたと言います。

シルバースタインは急にそれを否定しました。

「それを引きます」によって、彼は、彼が、建物を救う消防士の努力に見切りをつけるのを意味していたと言いました。

より遅い2冊の本、グリフィンは、どのような曖昧さシルバースタインのでも、「ビルディング7がそれの後ろの動機に関わらず爆発物によって倒されたという主張は、なぜ、どのようにそれが崩壊したかを説明します」を除去するとグリフィンはキリスト教信仰と9/11後ろの真実において書きます。

しかし、シルバースタインは決してそのような主張をしなく、控えめに言っても、歪みは、彼がしたと主張するグリフィンのためです。

嫌われモン・を作る支配者。




December 31, 2006



Satan, Kim Jong Il More Popular than Dubya


?"I'm afraid that before we have seen the last of Dubya, he will be the most hated man in America."? --Henry Makow,? March 6, 2002

サタン、Dubya(ブッシュ大統領?)より人気の金正日


?「私は、我々がDubyaを見納めする前に、彼がアメリカで最も嫌われている男であるのではないかと思います。」-ヘンリーMakow、2002年3月6日


The War on Terror: A Bad Movie Directed by an Evil Cabal

By Henry Makow Ph.D.

March 6, 2002


If the "War on Terror" were a movie, I would give it 2 1/2 stars. Why? The plot is unbelievable and has been used many times before. The major roles are miscast.


How's this for implausible? An international terror organization, Al Quaeda, is capable of hijacking four jetliners simultaneously and crashing three into targets. Yet, in the six months since Sept. 11, this formidable organization has done practically nothing. It can't even claim credit for the anthrax-laced letters. Apparently these came from a former US government scientist.


The international oil and banking cabal (Rothschild-Rockefeller-Morgan) that directs world events should fire their scriptwriters at the Council on Foreign Relations and the CIA for recycling a tired old gimmick. It was used in the Spanish American War, World War I, and World War II (i.e. attacks on the USS Maine, the Lusitania and Pearl Harbor). Couldn't they just be honest with the American people and say: "Hey, we want an Afghanistan pipeline and control of Iraqi and Iranian oilfields. We control Saudi Arabia and Kuwait but that's not enough. We also want to alienate a billion Moslems in order to justify a permanent military and security buildup. You see, militant Muslim believers are going to replace Communism as the enemy. We will use this to consolidate elite control domestically and internationally and bring about the New World Order."


But then, who'd die for that?


I'd venture that this evil cabal has been behind both sides of every war for the last century. It financed and controlled Nazism and Communism. You can see it at work in India fostering hatred between Muslims and Hindus.


You see it at work in the Middle East. The vast majority of Israelis and Palestinians want to live in peace. There is plenty of room for everyone, especially if you include Jordan. If the cabal, which bankrolls all three countries wanted, there could be peace in an instant. But since it controls the Arabian oilfields and feels threatened by Arab nationalism, it prefers to have the Arabs and Israelis at each other's throats. Divide and conquer. This is why it supported the creation of Israel in the first place.


I believe G-d's will is that Jews and Muslims live together in peace and mutual respect. Both sides should renounce violence immediately. Right now, the devil is rubbing his hands with glee. They are falling into his trap.


The leaders on both sides of every conflict are puppets. Osama bin Laden is definitely miscast as the evil terrorist. He seems too gentle and spiritual. The cabal did a far better job when they cast Adolph Hitler for World War II. Osama bin Laden is implausible because 1) he was (is?) a CIA operative (remember the CIA works for the cabal, not for the U.S.) 2) his organization freely operates out of London, England 3) his family was/is business partner of George Bush Sr. in the Carlyle Group, a defense conglomerate.


Dubya (from "W") is also miscast as the free world superhero and avenger.


Despite our desperate desire to believe in someone, Dubya reminds us of the spoiled rich kid who partied all the time and flunked. While the role calls for someone of the stature of Winston S. Churchill, we are reminded of Alfred E. Neuman. Instead of Churchill's eloquence, we get sound bites like this one last week:


"People don't see the compassionate side of America. For example they don't know that each year we give 350,000 tons of food to the North Korean people. The North Koreans would thank us but they probably don't know where this food is coming from. In fact, I don't know if they are getting it."


I don't want to give away the plot here, but I suspect that the reason actors like Dubya are of such poor quality is that they are disposable. I'm afraid that before we have seen the last of Dubya, he will be the most hated man in America. Like a victim of Tourette's Syndrome, his administration can barely conceal its fascist agenda. Calling the emergency measures a "Shadow Government" is an example.


The cabal makes money from war. There is nothing like war to expand expenditures and borrowing. The cabal fosters war by bankrolling disgruntled minorities and extremists. It created Adolph Hitler, Joseph Stalin, and Sadam Hussein. It created Osama bin Laden. But don't think the cabal just wants money and power. It wants to kill people, the more the better. The fewer the people, the more wealth there will be for it.


The good news is that the cabal is not racist. The bad news is that it doesn't care whom it slaughters.


War is a charade, a grim toll on humanity, a meat grinder into which millions of innocent lives and dreams are fed. World War One was good for 20 million lives. World War Two topped that with 55 million. In "The New Dealers' War," Historian Thomas Fleming, not a conspiracy theorist, estimates eight million lives, including 425,000 Americans, were lost because of Roosevelt's insistence on unconditional surrender.


"Unquestionably, this ultimatum was written in blood," says Fleming. (p.467) Hitler's generals were ready to depose Hitler and make peace but FDR would have nothing to do with them. Thus they were forced to fight to the death. According to Fleming, this policy was the recommendation of Norman H. Davis, "a J.P. Morgan banker" (p.181) and a Director of the Council on Foreign Relations.


Did America require unconditional surrender because of its hatred of Nazism? Sure. That's why Nazis were put into power in post-war West Germany. No the purpose of this policy was to kill more people (and allow Russia to conquer Eastern Europe.)


War offers many opportunities for culling the race. The firebombing of German and Japanese cities served no strategic purpose unless you want to kill two million more. Eisenhower starved two million German prisoners of war to death. Another two million anti Communist Russians who fought with the Germans were turned over to Stalin by the Allies and exterminated. We'll save Allied complicity in extermination of the Jews for another time.


This is why I'm worried that this movie will not have a happy ending.


It's set up so a nuclear or biological attack can slaughter millions of Americans, and Osama bin Laden will be blamed. The terrified public will be stampeded into accepting totalitarian rule. At the same time, millions of Jews and Arabs could be consumed in a Middle East cataclysm.


You say I'm paranoid. I define paranoia as "a condition derived from reading history." Amazing as it sounds, the cataclysms of the 20th century were part of a long-term conspiracy to destroy western civilization and bring the world under pagan elite control. The strategy is to grind humanity down by fomenting conflict and war. The events of September 11 are a reminder that the same cabal is shaping the new millennium.


?


テロに対する戦争:悪い徒党によって監督されたひどい映画

ヘンリーメイコウ博士によって

2002年3月6日

「テロに対する戦争」が映画であったならば、私はそれに2 1/2人のスターを与えるでしょう。

なぜ?

プロットは信じられず、前に何度も使われています。

主要な役割は配役を誤られます。

どのようにこれ のために 信じがたい ?

国際的なテロ組織、アル・カイダは、同時に4機のジェット旅客機をハイジャックし、3つを目標に激突させることが可能です。

それでも、9月11日以来の6ヶ月で、この手ごわい組織は事実上何もしませんでした。

それは炭疽菌を入れられた手紙に対して功績を主張することさえできません。

見たところ、これらは前の米国政府科学者から来ました。

世界の出来事を導く国際的なオイルとバンキング徒党(ロスチャイルド・ロックフェラー・モーガン)は、飽きられた古い小道具をリサイクルしたことで外交問題評議会とCIAにそれらの台本作家を発射するべきです。

それはスペイン系アメリカ人戦争、第一次世界大戦、および第二次世界大戦(すなわちUSSメーン、ルシタニア、および真珠湾への攻撃)において使われました。

彼らはまさにアメリカ人に対して正直で、言うはずがありません:

「ねえ、私達はアフガニスタンパイプラインとイラクとイランの油田のコントロールを望んでいます」。

私達はサウジアラビアとクウェートをコントロールするけれども、それは十分でありません。

私達はまた、永久的な軍隊とセキュリティ強化を正当化するために十億人のイスラム教徒を疎外したい。

知ってのとおり、戦闘的なイスラム教信者は、敵として共産主義に取って代わろうとしています。

「私達は、家庭で、そして国際的にエリートコントロールを統合し、新世界秩序を引き起こすためにこれを使います」。

しかし、誰がそれのために死ぬでしょうか?

私は、この悪い徒党が前世紀の間すべての戦争の両側の後ろにあると敢えて言うでしょう。

それはナチズムと共産主義に資金提供し、コントロールしました。

あなたはイスラム教徒とヒンズー教徒の間で憎悪を養育しているインドでの仕事でそれを見ることができます。

あなたは中東での仕事でそれを見ます。

イスラエル人の大部分とパレスチナ人は、平和において残りたい。

特に、あなたがヨルダンを含むならば、みんなのための多くの場所があります。

探されているすべての3か国を資金供給する徒党がそこで瞬間に平和であるかもしれないならば。

しかし、それがアラビア風の油田をコントロールし、アラブナショナリズムによって脅かされたと感じているので、それは、互いののどにアラブ人とイスラエル人を持つことを好みます。

分かれて、征服してください。

そんなわけで、それはまず第一にイスラエルの作成をサポートしました。

私は、G-dの意志が、ユダヤ人とイスラム教徒が平和と相互の敬意において一緒に住んでいることであると信じます。

両者は直ちに暴力を放棄するべきです。

ちょうど今、悪魔は喜んで彼の手をこすっています。

それらは彼のわなに落ちています。

すべての衝突の双方のリーダーは操り人形です。

オサマ・ビンラディンは悪いテロリストとして配役を間違いなく誤られます。

彼はあまりにも優しく、スピリチュアルであるようです。

彼らがアドルフ・ヒトラーを第二次世界大戦に配役した時に、徒党はずっとよい仕事をしました。

オサマ・ビンラディンは信じがたい それゆえ 彼がCIAスパイであった(そうですか?)


1) (米国ではなく、徒党のためのCIA作品を覚えてください)

2) 彼の組織は、ロンドン、彼の家族がカーライルグループ、防御複合企業についてのジョージ・ブッシュSr.のビジネスパートナーである


3)イギリスの外で自由に動作します。

Dubya(「W」からの)は自由世界スーパーヒーローと復讐者として配役をまた誤られます。

誰かを信じたいという私達の必死な願望にもかかわらず、Dubyaは、私達に、ずっとパーティし、断念した甘やかされた金持ちの子供を思い出させます。

役割がウィンストンS.チャーチルの高さの誰かを連れに来る間、私達はアルフレッドE.ノイマンを思い出します。

チャーチルの雄弁さの代わりに、私達は先週これのようにサウンドバイトを得ます:「人々はアメリカの同情的な側を見ません」。

例えば彼らは、私達が350,000トンの食物を北朝鮮の人々に与えるとその毎年知りません。

北朝鮮人は私達に感謝するであろうけれども、彼らはたぶん、この食物がどこから来るかを知りません。

「実のところ、私は、彼らがそれを得ているかどうかを知りません」。

私は、プロットをここに授与したくないけれども、私は、Dubyaのような俳優がそのような低品質である理由が、彼らが使い捨てであることであると疑っています。

残念ながら、私達がDubyaの見納めをする前に、彼がアメリカで最も憎悪されている人になるようです。

トゥーレット症状群の犠牲者のように、彼の行政機関はかろうじてその極右の路線を隠すことができます。

緊急時対策を「影政府」と呼ぶことは例です。

徒党は戦争から金儲けします。

戦争ほど経費と借りを拡張するものは何もありません。

不満を抱く少数民族と過激論者を資金供給することによって、徒党は戦争を養育します。

それはアドルフ・ヒトラー、ジョセフ・スターリン、およびサダム・フセインを作成しました。

それはオサマ・ビンラディンを作成しました。

しかし、徒党がただお金とパワーを望んでいると思わないでください。

それは、人々を殺したく、多数であるほどよりよい。

人々がより少ないほど、もっと、そこの富はそれのためであるでしょう。

よいニュースは、徒党が人種差別主義者ではないことです。

凶報は、それが誰を虐殺するかを気にしていないことです。

戦争は見せかけ(人間性の上の厳しい使用料)です(数百万の無実の生命と夢はそれの中への肉ひき器を与えられます)。

世界大戦1は2000万の生命に奪い。

世界大戦2は5500万をそれに載せました。

「新しいディーラーの戦争」において、共謀理論家ではなくトーマス・フレミング歴史家が、425,000人のアメリカ人を含む800万の命が無条件降伏のルーズベルトの主張のため失われたことを概算します。

「疑いなく、この最後通牒は血で書かれていました」とフレミングは言います。

ヒトラーの将軍は、ヒトラーを免職し、平和を作る用意ができていたけれども、FDRは彼らと関係がないでしょう。(ページ467)

従って、彼らは、死ぬまで戦うことを強制されました。

フレミングによると、この方針はノルマン人H.デイビス、「J・P・モーガン銀行家」(ページ181)、および外交問題評議会のディレクターの推薦でした。

アメリカはナチズムに対するその憎悪のため無条件降伏を必要としていましたか?

はい。

そんなわけで、ナチは戦後の西ドイツのパワーに入れられました。

いいえ、この方針の目的は、より多くの人々(そして、ロシアに、東ヨーロッパを征服することを許してください。)を殺すことでした。

戦争は、レースを選ぶための多くの機会を提供します。

あなたが、あと200万を殺したと思わない限り、ドイツと日本の都市の焼夷弾攻撃は戦略的な目的に全然かないませんでした。

アイゼンハワーは200万人のドイツ捕虜を餓死させました。

ドイツ人と戦った別の200万人のアンチ共産主義者ロシア人は同盟国によってスターリンに譲られて、根絶されました。

私達は別の時間の間同盟した共犯をユダヤ人の根絶に保存します。

そんなわけで、私は、この映画がハッピーエンドで終わらないであろうということについて心配します。

核または生物兵器の攻撃が数百万人のアメリカ人を虐殺することができるように、それは設定されて、オサマ・ビンラディンは非難されるでしょう。

恐れた一般大衆は、全体主義の規則を容認することに殺到するでしょう。

同時に、数百万人のユダヤ人とアラブ人は中東大変動に消費されることができました。

あなたは、私が偏執病であると言います。

私はパラノイアを「読書歴史から導き出された条件」と定義します。

それが鳴る時に驚異的に、20世紀の大変動は、西欧の文明を破壊し、世界を異教のエリートコントロール下に至らせる長期共謀の一部でした。

戦略は、衝突と戦争を助長することによって人間性を砕くことです。

9月11日のイベントは、同じ徒党が新しいミレニアムを形成しているという合図です。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR