FC2ブログ

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年2月24日

                           山本尚利

タイトル:チェイニー対久間の掛け合い漫才



1.チェイニー米副大統領訪日の目的と狙い

 ディック・チェイニー副大統領は、ブッシュ政権の陰の大統領といわれますが、筆者は、米

国の軍事・エネルギー系寡頭勢力(戦争屋)(注1)の代理人と位置づけています。ネット上で

は、自作自演9.11事件の首謀者のひとりともいわれています。そのチェイニーが2007年2月20

日から22日まで訪日しました。筆者がもっとも驚いたのは、チェイニーが天皇陛下に謁見し

たことです。平和主義者の天皇陛下も米大使館より依頼されたので、やむをえずお会いにな

ったのではないかと推察されます。国際情勢に関心ある日本国民なら誰もが、この時期、チ

ェイニーの突然の訪日の目的と狙いは何だろうかと疑問に思うでしょう。日本政府は例によ

って何の公式説明もしません。最近、英国がイラク撤退の動きを見せていることから、常識

的には、属国日本に対し、日米同盟に基づき、イラク戦争協力を中止しないよう要求しにき

たのではないかと、当初、想像されました。しかしながら、筆者の見方は若干異なっていま

した。今のチェイニーの頭にはイラン攻撃しかないと踏んでいます。すなわち、2007年3月あ

るいは4月に開始されると予想される米・イラン戦争の戦費調達協力要請ではないかと受け止

めていました(注2)。ところが、チェイニー訪日旅行が終わった今、冷静に振り返ってみる

に、いささか見方が変わりました。

 まず近々、戦争屋の始めるであろうイラン戦争の戦費調達の対日要請ならば、わざわざチ

ェイニーが訪日しなくても日米外交ルートでできるはずです。そうすると、彼の訪日の主目

的は直接には、単にアジア太平洋地域に駐留する米軍兵士への慰問にすぎなかったのではな

いでしょうか。つまり、日本政府要人を訪問したり、日本国民にイラク戦争協力を呼びかけ

るのが彼の訪日の主目的では決してなく、意外にも日本に駐留する米軍兵士を慰問すること

が真の目的であったということです。訪日に続くオーストラリア訪問も似たようなものでし

ょう。米国内でイラク撤退運動が活発化している現在、チェイニーの狙いは、アジア太平洋

地域の米軍兵士に対し、動揺するなよ、たとえ米国内で厭戦ムードが高揚しても、米国の軍

事戦略に変更はない!その実質的な最高責任者は、ブッシュではなく、この俺様だぞ!とア

ピールして回ることだったのです。戦争屋代理人チェイニーにとって、このアピールは、イ

ラン戦争を控えるこの時期、確かに必要不可欠です。訪日したチェイニーの表情から類推す

るに、彼の念頭には、日本政府も日本国民もかけらも存在していないと確信しました。彼か

らみれば、日本国は、小泉政権時代にすでに陥落させた属国にすぎないでしょう。筆者が非

常にくやしいのは、大半のお人好し日本人はマスコミを含めて、チェイニーの腹の中がまっ

たく読めていないということです。筆者は16年半、SRI(米国シンクタンク)に所属してい

たので、米国人の腹の中が、一般日本人よりはよく読めると自負しています。



2.チェイニーと久間防衛大臣の絶妙な掛け合い漫才

 今回、チェイニー訪日でもっとも印象的であった点は、イラク戦争を批判している久間防

衛大臣と会わないと宣言した点です。そしてわざとらしく、横須賀米軍基地にて、自衛隊将

校と米軍将校を両脇にはべらせて、日本のマスコミにツーショット(あるいはトリオショッ

ト?)を撮らせた点です。この狙いは明確です。日本の自衛隊を実質的に指揮しているの

は、日本の防衛大臣ではなく、この俺様(米国戦争屋の代理人)であるぞ!と誇示しているわ

けです。こんな画像をお茶の間に垂れ流して屈辱感のかけらもない日本のTVマンはそれこ

そ“鈍感力”の塊です。チェイニー訪日を利用して、戦争屋は巧妙な日本人洗脳作戦を実行

しているつもりです。さらに日本のTV局はそれに忠実に従っている主従構造です。しかも、チェイニーが天皇陛下と握手するシーンまで放映することによって、日本は軍事的に米

国の属国であるという状況を天皇陛下が黙認していることを印象付けているつもりなのでし

ょう(笑)。チェイニーの背後にいる戦争屋の対日天皇観は、戦後すぐのマッカーサー統治時

代とほとんど変わっていない。日本をほとんど知らないチェイニーに親日ポーズを演技させ

ている戦争屋のかび臭い対日観が露呈して苦笑させられます。

 さて、久間防衛大臣(非親米の旧田中派出身)は、チェイニー訪日に先立ち、突然、イラク

戦争批判を始めた理由が読めてきました(注3)。すべて戦争屋のシナリオどおりでしょう。

久間防衛大臣のハッタリ芝居は、日本国内にくすぶる不完全燃焼の“反米感情のガス抜き”

だったということです。久間防衛大臣の確信犯的なイラク戦争批判は、国内親米派からは、

日米関係を損ねる暴言大臣と糾弾され、国内反米愛国派からは、よくぞ言ってくれたと喝采

を浴びています。戦争屋の狙いは、後者の国内反米愛国派に溜飲を下げさせることによっ

て、イラク戦争の戦犯的チェイニー訪日の反対運動を封じ込めたつもりでしょう。戦争屋か

らみれば、チェイニーが今、たとえば知的レベルの高い欧州先進国を訪問すれば激しい反戦

抗議デモが起きるとわかっています。チェイニーが、もし日本人の立場であれば、ウソで固

めた不正義イラク戦争で、30~40兆円相当の戦費を知らぬ間に拠出させられたことになるわ

けですから、自分が日本を訪問したら、チェイニーの悪業を知る反米日本人(彼からみればテ

ロリスト)から暗殺テロのターゲットにされるかもしれないと、内心、恐れ慄いていたはずで

す。訪日時、彼のこわばった表情から、それが窺えました。だから、自分の訪日に際しては

己の身の安全のため、日本国内の反米感情(テロのエネルギー源)を絶対に暴発させたくなか

ったのです。実際、オーストラリアではチェイニー訪豪の際、反戦抗議デモが起きたようで

す。ところが、日本に限っては、チェイニーの安全を守るための“チェイニー対久間の掛け

合い漫才”は、結果的に取り越し苦労であったようです。なぜなら、ほとんどの日本国民は

幸か不幸か、チェイニー訪日ニュースよりは宮崎県の東国原知事の演じる漫才的パフォーマ

ンスの方に関心が高かったからです。この意味で、そのまんま東は見事に、チェイニーの弾

除けの役を果たしたことになります。さすがの臆病チェイニーも、日本人は心底、能天気だ

なとあきれ返っていることでしょう。



3.イラク戦争に続き、日本はイラン戦費をまたも拠出させられる?

 イラク戦争に引き続き、イラン戦争のための重い財布役をまたも、日本が受け持つことは

避けられないでしょう。なぜなら、もし日本が戦争屋の要求を拒否すれば、彼らはイラン戦

争ができなくなり(米国連邦政府の金庫はカラッポだから)、その代替としてヤケクソで極東

戦争を引き起こされて、日本国民に甚大な戦争被害が出ると懸念されるからです(注2)。八

百長の敵、北朝鮮は、戦争屋の言うことは何でも聞きます(注4)。日本にミサイル飛ばせと

命令されれば迷わず実行するでしょう。さもないと北の将軍さまのお命が危なくなりますか

ら・・・。その恐怖のシナリオを日本政府のトップエリートは十分、承知しています。した

がって、今回のチェイニー訪日の有無にかかわらず、日本のイラン戦費拠出について、日米

政府の間で密かに話はついているのではないでしょうか。この密約の真実を日本国民が知っ

たら、腰を抜かすので、本件は最高レベルの国家機密となるはずです。その意味で戦争屋

は、今回のチェイニー訪日が、イラン戦費の無心ではないかと日本国民に勘繰られることを

むしろ嫌ったとみるほうが正解でしょう。

 その意を受けて、日本の大手マスコミは、チェイニー報道を必要最小限に抑えていたと思

われます。2003年3月に勃発した第二次イラク戦争以降、従米小泉政権は、円高対策と称し

て、大量の円売り、ドル買いで外貨準備高を急増させましたが、この手元流動化ドルは結

局、米国債購入に当てられ、回りまわって30~40兆円相当の日本から還流米ドルがイラク戦費

に流用されたと想像されます。このとき為替市場に売られた流動化円がその後、金融系寡頭

勢力(銀行屋)(注1)に流れ、低金利に保たれた円通貨が日本の不動産買収、日本企業株への

投資や、中国やインドへの投資の原資(キャリートレード活用)に化けていると筆者は思い

ます。このカラクリによって2003年以降の日本証券市場の株価のV字型回復、および、日本

企業株の外人持ち株比率の急増がもたらされています。現在の日本経済バブルは米国のイラ

ク戦争経済バブルとは、同じコイン(ドル・円通貨の象徴)の裏表の関係にあります。まさに日

米政府によって捏造された偽装好景気です。

 さて、米国では民主党がブッシュ政権の計画するイラン戦争に反対するポーズをとってい

ますが、その戦費をまたも日本に拠出させるのであれば、米国経済にとってはプラスとなる

ので、米民主党幹部は本音では、日本からまたもイラン戦費をくすねることを前提にブッシ

ュ政権のイラン先制攻撃を黙認することになるでしょう。



注1:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋ヘバトンタッチ』2006年11

月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm


注2:ベンチャー革命No.218『米・イラン戦争:日本のみ石油危機到来』2007年1月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr218.htm


注3:ベンチャー革命No.220『汚れた政権:安倍内閣』2007年2月2日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr220.htm


注4:ベンチャー革命No.83『日米対北朝鮮:八百長の敵対関係』2004年6月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr083.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

スポンサーサイト



連邦準備銀行は私的に所有されている企業です。

The Federal Reserve Is A PRIVATELY OWNED Corporation

By Thomas D. Schauf

© 1992

11-28-98









Note - Even though this was originally released in 1992, the essential information in it is more relevant today than ever.


Acknowledgements:


Our country likes to thank our forefathers for the Constitution.


I wish to thank Mr. Lou Gamboa for his research of the Constitution and our banking system. Lou Gamboa is a national speaker on the subject, and has spoken on numerous radio programs in an effort to educate the public.


I also want to thank Bob Corcoran for his research and encouragement.


I applaud the thousands of patriotic Americans who are spreading the word so we can live in economic prosperity and uphold our Constitutional rights.


ARTICLE 1, SECTION 8 OF THE CONSTITUTION STATES THAT CONGRESS SHALL HAVE THE POWER TO COIN (CREATE) MONEY AND REGULATE THE VALUE THEREOF.


IN 1935 THE SUPREME COURT RULED THAT CONGRESS CANNOT CONSTITUTIONALLY DELEGATE ITS POWER TO ANOTHER GROUP. (Reference 22, P. 168)


Rothschild, a London Banker, wrote a letter saying "It (Central Bank ) gives the National Bank almost complete control of national finance. The few who understand the system will either be so interested in its profits, or so dependent on its favours, that there will be no opposition from that class... The great body of the people, mentally incapable of comprehending, will bear its burden without complaint, and perhaps without even suspecting that the system is inimical (contrary) to their interests." [The bankers created the legislation for the FED]


In 1913, before the Senate Banking and Currency Committee, Mr. Alexander stated: "But the whole scheme of a Federal Reserve Bank with its commercial-paper basis is an impractical, cumbersome machinery, is simply a cover, to find a way to secure the privilege of issuing money and to evade payment of as much tax upon circulation as possible, and then control the issue and maintain, instead of reduce, interest rates. It is a system that, if inaugurated, will prove to the advantage of the few and the detriment of the people of the United States. It will mean continued shortage of actual money and further extension of credits; for when there is a lack of real money people have to borrow credit to their cost."


Dear American:


Pursuant to your request, I will attempt to clear up questions you have about the Federal Reserve Bank (FED). I spent much time researching the FED and these are the shocking and revealing conclusions.


THE FEDERAL RESERVE BANK IS A PRIVATE COMPANY.


Article 1, Section 8 of the Constitution states that Congress shall have the power to coin (create) money and regulate the value thereof. Today however, the FED, which is a privately owned company, controls and profits by printing money through the Treasury, and regulating its value.


The FED began with approximately 300 people or banks that became owners (stockholders purchasing stock at $100 per share - the stock is not publicly traded) in the Federal Reserve Banking System. They make up an international banking cartel of wealth beyond comparison (Reference 1, 14). The FED banking system collects billions of dollars (Reference 8, 17) in interest annually and distributes the profits to its shareholders. The Congress illegally gave the FED the right to print money (through the Treasury) at no interest to the FED. The FED creates money from nothing, and loans it back to us through banks, and charges interest on our currency. The FED also buys Government debt with money printed on a printing press and charges U.S. taxpayers interest. Many Congressmen and Presidents say this is fraud (Reference 1,2,3,5,17).


Who actually owns the Federal Reserve Central Banks? The ownership of the 12 Central banks, a very well kept secret, has been revealed:


Rothschild Bank of London Warburg Bank of Hamburg Rothschild Bank of Berlin Lehman Brothers of New York Lazard Brothers of Paris Kuhn Loeb Bank of New York Israel Moses Seif Banks of Italy Goldman, Sachs of New York Warburg Bank of Amsterdam Chase Manhattan Bank of New York (Reference 14, P. 13, Reference 12, P. 152)


These bankers are connected to London Banking Houses which ultimately control the FED. When England lost the Revolutionary War with America (our forefathers were fighting their own government), they planned to control us by controlling our banking system, the printing of our money, and our debt (Reference 4, 22).


The individuals listed below owned banks which in turn owned shares in the FED. The banks listed below have significant control over the New York FED District, which controls the other 11 FED Districts. These banks also are partly foreign owned and control the New York FED District Bank. (Reference 22)


First National Bank of New York James Stillman National City Bank, New York Mary W. Harnman


National Bank of Commerce, New York A.D. Jiullard


Hanover National Bank, New York Jacob Schiff


Chase National Bank, New York Thomas F. Ryan Paul Warburg William Rockefeller Levi P. Morton M.T. Pyne George F. Baker Percy Pyne Mrs. G.F. St. George J.W. Sterling Katherine St. George H.P. Davidson J.P. Morgan (Equitable Life/Mutual Life) Edith Brevour T. Baker (Reference 4 for above, Reference 22 has details, P. 92, 93, 96, 179)


How did it happen? After previous attempts to push the Federal Reserve Act through Congress, a group of bankers funded and staffed Woodrow Wilson's campaign for President. He had committed to sign this act. In 1913, a Senator, Nelson Aldrich, maternal grandfather to the Rockefellers, pushed the Federal Reserve Act through Congress just before Christmas when much of Congress was on vacation (Reference 3, 4, 5). When elected, Wilson passed the FED. Later, Wilson remorsefully replied (referring to the FED), "I have unwittingly ruined my country" (Reference 17, P. 31).


Now the banks financially back sympathetic candidates. Not surprisingly, most of these candidates are elected (Reference 1, P. 208-210, Reference 12, P. 235, Reference 14, P. 36). The bankers employ members of the Congress on weekends (nickname T club -out Thursday...-in Tuesday) with lucrative salaries (Reference 1, P. 209). Additionally, the FED started buying up the media in the 1930's and now owns or significantly influences most of it Reference 3, 10, 11, P. 145).


Presidents Lincoln, Jackson, and Kennedy tried to stop this family of bankers by printing U.S. dollars without charging the taxpayers interest (Reference 4). Today, if the government runs a deficit, the FED prints dollars through the U.S. Treasury, buys the debt, and the dollars are circulated into the economy. In 1992, taxpayers paid the FED banking system $286 billion in interest on debt the FED purchased by printing money virtually cost free (Reference 12, P. 265). Forty percent of our personal federal income taxes goes to pay this interest. The FED's books are not open to the public. Congress has yet to audit it.


Congressman Wright Patman was Chairman of the House of Representatives Committee on Banking and Currency for 40 years. For 20 of those years, he introduced legislation to repeal the Federal Reserve Banking Act of 1913.


Congressman Henry Gonzales, Chairman of a banking committee, introduces legislation to repeal the Federal Reserve Banking Act of 1913 nearly every year. It's always defeated, the media remains silent, and the public never learns the truth. The same bankers who own the FED control the media and give huge political contributions to sympathetic members of Congress (Reference 12, P. 155-163, Reference 22, P. 158, 159, 166).


THE FED FEARS THE POPULATION WILL BECOME AWARE OF THIS FRAUD AND DEMAND CHANGE


We, the People, are at fault for being passive and allowing this to continue.


Rep. Louis T. McFadden (R. Pa.) rose from office boy to become cashier and then President of the First National Bank in Canton Ohio. For 12 years he served as Chairman of the Committee on Banking and Currency, making him one of the foremost financial authorities in America. He fought continuously for fiscal integrity and a return to constitutional government (Reference 1). The following are portions of Rep. McFadden's speech, quoted from the Congressional Record, pages 12595-12603:


"THE FEDERAL RESERVE BOARD, A GOVERNMENT BOARD, HAS CHEATED THE GOVERNMENTOF THE UNITED STATES AND THE PEOPLE OF THE UNITED STATES OUT OF ENOUGH MONEY TO PAY THE NATIONAL DEBT.


The depredations and the iniquities of the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks acting together have cost this country ENOUGH MONEY TO PAY THE NATIONAL DEBT SEVERAL TIMES OVER."


About the Federal Reserve banks, Rep. McFadden said, "They are private credit monopolies which prey upon the people of the United States for the benefit of themselves and their foreign customers; foreign and domestic speculators and swindlers; the rich and predatory money lenders. This is an era of economic misery and for the reasons that caused that misery, the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks are fully liable."


On the subject of media control he state, "Half a million dollars was spent on one part of the propaganda organized by those same European bankers for the purpose of misleading public opinion in regard to it."


Rep. McFadden continued, "Every effort has been made by the Federal Reserve Board to conceal its power but the truth is the Federal Reserve Board has USURPED THE GOVERNMENT OF THE UNITED STATES. IT CONTROLS EVERYTHING HERE AND IT CONTROLS ALL OUR FOREIGN RELATIONS. IT MAKES AND BREAKS GOVERNMENTS AT WILL.


No man and no body of men is more entrenched in power than the arrogant credit monopoly which operates the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks. These evil-doers have robbed this country of more than enough money to pay the national debt. What the Government has permitted the Federal Reserve Board to steal from the people should now be restored to the people."


"Our people's money to the extent of $1,200,000,000 has within the last few months been shipped abroad to redeem Federal Reserve Notes and to pay other gambling debts of the traitorous Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks. The greater part of our monetary stock has been shipped to foreigners. Why should we promise to pay the debts of foreigners to foreigners? Why should American Farmers and wage earners add millions of foreigners to the number of their dependents? Why should the Federal Reserve Board and the Federal Reserve banks be permitted to finance our competitors in all parts of the world?" Rep. McFadden asked.


"The Federal Reserve Act should be repealed and the Federal Reserve banks, having violated their charters, should be liquidated immediately.


FAITHLESS GOVERNMENT OFFICERS WHO HAVE VIOLATED THEIR OATHS SHOULD BE IMPEACHED AND BROUGHT TO TRIAL", Rep. McFadden concluded (Reference 1, contains an entire chapter on http://www.myfreeoffice.com/dwi/McFadden.htmlRep
. McFadden's speech).


If the media is unbiased, independent and completely thorough, why haven't they discussed the FED? Currently, half the states have at least a grass roots movement in action to abolish the FED, but there's no press coverage. In July, 1968, the House Banking Subcommittee reported that Rockefeller, through Chase Manhattan Bank, controlled 5.9% of the stock in CBS. Furthermore, the bank had gained interlocking directorates with ABC.


In 1974, Congress issued a report stating that the Chase Manhattan Bank's stake in CBS rose to 14.1% and NBC to 4.5% (through RCA, the parent company of NBC). The same report said that the Chase Manhattan Bank held stock in 28 broadcasting firms. After this report, the Chase Manhattan Bank obtained 6.7% of ABC, and today the percentage could be much greater. It only requires 5% ownership to significantly influence the media (Reference 14, P. 56-57). This is only one of 300 wealthy shareholders of the FED. It is believed other FED owners have similar holdings in the media. To control the media, FED bankers call in their loans if the media disagrees with them (Reference 25, P. 134-137).


Rockefeller also controls the Council on Foreign Relations (CFR), the sole purpose of which is to aid in stimulating greater interest in foreign affairs and in a one world government. Nearly every major newscaster belongs to the Council on Foreign Relations. The Council on Foreign Relations controls many major newspapers and magazines. Additionally, major corporations owned by FED shareholders are the source of huge advertising revenues which surely would influence the media (Reference 14, P. 56-59). It can be no wonder why groups such as FED-UP(tm) receive minimal, if any, press attention.


How do taxpayers stop financing those whose purpose it is to destroy us? First, expose their activity, then demand change.


THE SOLUTION


Currently all we do is exchange FED money (interest attached) for real U.S. money (interest-free) dollar for dollar as Kennedy tried to do. We should not be required to pay interest on our own currency. According to Benjamin Franklin, this was one of the primary reasons we fought the Revolutionary War. Today we are still fighting the same family of bankers (Reference 4, Reference 1, P. 211, 212).


The U.S. Government can buy back the FED at any time for $450 million (per Congressional record). The U.S. Treasury could then collect all the profit on our money instead of the 300 original shareholders of the FED. The $4 trillion of U.S. debt could be exchanged dollar for dollar with U.S. non- interest bearing currency when the debt becomes due. There would be no inflation because there would be no additional currency in circulation. Personal income tax could be cut if we bought back the FED and therefore, the economy would expand. According to the Constitution, Congress is to control the creation of money, keeping the amount of inflation or deflation in check. If Congress isn't doing their job, they should be voted out of office. Unfortunately, voters can't vote the FED or its Chairman out of office.


If the government has a deficit, we could handle it as Lincoln and Kennedy did. Print money and circulate it into the economy, but this time interest-free. Today the FED, through foreign banks, owns much of our debt and therefore controls us. The FED will cease to exist as taxpayers become informed and tell other taxpayers. The news media and Congress will have no choice but to meet the demands of grass roots America. (Reference 1, P. 17, 22)


連邦準備銀行は私的に所有されている企業です。

トーマスD. Schaufによって

?1992年

11-28-98

注 - これが1992年に元来リリースされても、それの中の必須情報は今日これまでより関連しています。

確認:

私達の国は、憲法に対して私達の祖先に感謝することが好きです。

私は、彼の憲法と私達の銀行制度の研究に対してルー・ガンボアさんに感謝することを望みます。

ルー・ガンボアは主題の上の全国的なスピーカーであり、一般大衆を教育するためにたくさんのラジオ番組について話しました。

私はまた、彼の研究と激励に対してボブ・コーコランに感謝したい。

私達が経済の繁栄に住み、私達の憲法上の権利を支持することができるように、私は、言葉を広めている数千人の愛国的なアメリカ人を賞賛します。

1を箇条書きで述べてください、憲法のセクション8は、議会が、お金を鋳造する(作成してください)権限を持ち、それの価値を調節することとすることを述べます。

1935年に、最高裁判所は、議会が憲法でその権限を別のグループに委譲することができないと判決しました。

(参照22、ページ168)

ロスチャイルド、ロンドンの銀行家は、「それ(中央銀行)は国立銀行に国家財政のほとんど完全なコントロールを与えます」と言っている手紙を書きました。

システムを理解している少数はその利益にとても興味をもっているか、とてもその親切な行為に依存しているであろうので、そのクラスからの反対が全然ないでしょう…

「理解が精神的に不可能な人々の大きなボディは、不満なしで、そしてたぶん、システムが彼らの興味に不利である(正反対)と疑いさえせずにその荷を支えるでしょう」。

[銀行家はFEDのために立法を作成しました]

1913年に、上院バンキングと通貨委員会の前に、アレキサンダーさんは述べました:

「その商業用紙幣本位を持つ連邦準備銀行の全体の計画は、実際的でなく、面倒な機構であるけれども、縮小、利率の代わりに、単に、カバー〈発行お金の特権を確保し、可能なので流通についての多くの税金の支払いを回避するための方法を見つけて、それから、問題をコントロールし、維持する〉です。

開始されるならば、少数の有利さと米国の人々の損害になるであろうのはシステムです。

それは実際のお金の続いた不足とクレジットのさらに拡張を意味するでしょう;

「というのは、正金の不足がある時に、人々は、彼らのコストにクレジットを借りる必要があります」。

親愛なるアメリカ人:

あなたの要求に従っていて、私は、あなたが連邦準備銀行(FED)について持っている質問を片付けることを試みます。

私はFEDを研究することに多くの時間を費やし、これらは衝撃的で、明らかにする結論です。

連邦準備銀行は民間会社です。

1を箇条書きで述べてください、憲法のセクション8は、議会が、お金を鋳造する(作成してください)権限を持ち、それの価値を調節することとすることを述べます。

しかし、今日、私的に所有されている会社であるFEDはコントロールし、財務省を通してお金をプリントし、その価値を調節することから利益を得ます。

FEDは、オーナー(1つの株あたり100ドルで株を購入している株主 - 株は公然と売買されません)に連邦準備銀行銀行制度の中でなった約300人の人々または銀行から始めました。

彼らは比較(参照1、14)を越えて富の国際バンキングカルテルを作ります。

FED銀行制度は毎年興味において数十億ドル(参照8、17)を収集し、利益をその株主に分配します。

議会は違法にFEDに、FEDに無興味でお金(財務省を通しての)をプリントする権利を与えました。

FEDは何からもお金を作成しなく、銀行を通してそれを私達に戻るように貸し、利息を私達の通貨に課します。

FEDはまた公債を印刷機の上でプリントされたお金で買い、利息を米国の納税者に請求します。

多くの下院議員と大統領は、これが詐欺(参照1、2、3、5、17)であると言います。

誰が実際連邦準備銀行中央銀行を所有していますか?

12の中央銀行(非常によく守られた秘密)の所有権は明らかにされています:

イタリアゴールドマン(ニューヨーク(参照14、P. 13、参照12、P. 152)のアムステルダムChase Manhattan Bankのニューヨークワールブルク銀行のザックス)のパリクーンローブBank of New Yorkイスラエルモーゼスセイフ砂丘銀行のニューヨークラザール兄弟のベルリンLehman Brothersのハンブルクロスチャイルド銀行のロンドンワールブルク銀行のロスチャイルド銀行

これらの銀行家は、最終的に、FEDをコントロールするロンドン金融会社に接続しています。

イギリスが、アメリカ(私達の祖先は彼ら自身の政府と戦っていました)との革命戦争に負けた時に、彼らは、私達の銀行制度、私達のお金の印刷、および私達の借金(参照4、22)をコントロールすることによって私達をコントロールすることを計画しました。

下でリストされた個人は、次々、FEDにおいて株を持っていた銀行を所有していました。

下でリストされた銀行はニューヨークFED地区に関しての重要なコントロールを持っています(それは他の11のFED地区をコントロールします)。

所有されていて、これらの銀行はまた部分的に外国で、ニューヨークFED地区銀行をコントロールします。

(参照22)

ニューヨークジェームズスティルマンナショナルシティー銀行、ニューヨークメアリーW. Harnmanの最初の国立銀行

商業、ニューヨーク西暦のJiullardの国立銀行

ハノーバー国立銀行、ニューヨークのジェイコブ・シフ

追跡国立銀行、ニューヨークトーマスF.ライアン・ポール・ワールブルク・ウィリアム・ロックフェラー・レビP.モートンM.T.パイン・ジョージF.ベーカー・パーシー・パイン奥さんG.F.セント=ジョージJ.W.スターリング・キャサリン・セント=ジョージH.P.デビッドソンJ・P・モーガン・(公平なライフの/相互のライフ)エディスBrevour T.ベーカー(上記のための参照4、参照22は詳細(ページ92、93、96、179)を持っています)

どのようにそれは起こりましたか?

議会を通して連邦準備法を推進する前の試みの後に、銀行家のグループは社長へのウッドロー・ウィルソンのキャンペーンに出資し、職員を配置しました。

彼は、この行為にサインすることを約束しました。

1913年に、議会の多くが休暇(参照3、4、5)中であったクリスマスのすぐ前に、上院議員(ネルソン・オールドリッチ(Rockefellersへの母方の祖父))は議会を通して連邦準備法を推進しました。

選ばれる時に、ウィルソンはFEDを通過しました。

後で、ウィルソンは後悔して、「私は知らず知らず私の国を滅ぼしました」(参照17、ページ31)を答えました(FEDに関します)。

さて、銀行は財政的に同情的な候補者を支えます。

驚くことではないが、これらの候補者のほとんどは選ばれます(参照1、P. 208-210、参照12、P. 235、参照14、P. 36)。

銀行家はもうかる給料(参照1、ページ209)によって週末(木曜日…-火曜日のクラブ-外のニックネームT)議会のメンバーを雇用します。

(さらに、FEDは1930年代にメディアを買い占め始めて、今、所有するか、かなり、それのほとんど、参照3、10、11、ページ145に影響します)。

リンカーン、ジャクソン、およびケネディの大統領は、利息(参照4)を納税者に請求せずに米ドルをプリントすることによって銀行家のこのファミリーを止めようとしました。

今日、政府が赤字に陥るならば、FEDは米財務省を通してドルをプリントし、借金を買い、ドルは経済の中に流布します。

1992年に、事実上お金をプリントすることによって購入されたFEDが自由に(参照12、ページ265)必要とした借金の利子において、納税者は銀行制度2860億ドルをFEDに支払いました。

この利息を支払うために、私達の個人的な連邦の所得税の40パーセントが行きます。

FEDの本は一般大衆に開かれていません。

議会は、まだこれからそれを監査する必要があります。

ライトPatman下院議員は40年の間の下院銀行通貨委員会の会長でした。

それらの年の20のために、1913年の連邦準備銀行銀行法を廃止するために、彼は立法を導入しました。

ほとんど毎年1913年の連邦準備銀行銀行法を廃止するために、ヘンリー・ゴンザレス下院議員(バンキング委員会の会長)は立法を導入します。

それはいつも敗れて、メディアは黙っていて、一般大衆は決して真実を学びません。

FEDを所有しているのと同じ銀行家はメディアをコントロールし、莫大な政治献金を議会(参照12、P. 155-163、参照22、P. 158、159、166)の同情的なメンバーに与えます。

連邦準備局は、人口がこの詐欺に気づき、変化を要求するであろうということを恐れています。

受動的で、これに、続くことを許しているために、私達、人々は誤ります。

カントンオハイオでレジ係、それから最初の国立銀行の社長になるために、ルイスT.マクファデン(R. ペンシルベニア)議員はオフィスボーイから起き上がりました。

12年の間、アメリカで彼のために最初の金融当局の1つを作って、彼は銀行通貨委員会の会長を務めました。

彼は会計の完全性と立憲政体(参照1)へのリターンのために継続的に戦いました。

連邦議会議事録、ページ12595-12603から引用されて、以下はマクファデン議員のスピーチの一部です:

「連邦準備制度理事会、政府ボードは、GOVERNMENTOF、米国と国債を支払うのに十分なお金からの米国の人々を騙しました」。

「一緒に行動している連邦準備制度理事会と連邦準備銀行の略奪と不正行為はこの国にENOUGH MONEY TO PAY THE国債SEVERAL TIMES OVERを必要としました」。

連邦準備銀行について、マクファデン議員は、「それらは、自身のための米国の人々と彼らの外国の顧客を苦しめている私的なクレジット独占です;」と言いました。

外国と国内の投機家と詐欺師;

金持ちで、略奪した貸金業。

「これは経済的な苦境の時代であり、そのみじめさを起こした理由のために、連邦準備制度理事会と連邦準備銀行は完全に責任があります」。

メディアコントロールの主題の上で、彼は、「50万ドルが、それについて世論を誤解させるためにそれらの同じヨーロッパ銀行家によって組織された宣伝の1つの一部に使われました」と論述します。

マクファデン議員は、「すべての努力は、そのパワーを隠すために連邦準備制度理事会によってされているけれども、真実は、連邦準備制度理事会がUSURPED THE GOVERNMENT OF THE米国を持っていることです」を続けました。

それはここですべてをコントロールし、それはすべての私達の対外関係をコントロールします。

それは思いのままに政府を作り、壊します。

人のどの人とボディも、パワーにおいて、連邦準備制度理事会と連邦準備銀行を操作する横柄なクレジット独占より確立されません。

これらの邪悪行為者は、国債を支払うために十二分なお金をこの国から強奪しました。

「政府が、連邦準備制度理事会が人々から盗むことを許したものは現在人々に回復するべきです」。

「1,200,000,000ドル程度の私達の人々のお金はここ数ヶ月以内に、連邦準備券を回復するためと反逆的な連邦準備制度理事会の他のギャンブルの借金と連邦準備銀行を支払うために外国で出荷されています」。

私達の貨幣の株の大半は外国人に出荷されています。

なぜ私達は、外国人に外国人の借金を支払うと約束するべきですか?

なぜアメリカ農夫と賃金労働者は数百万人の外国人を彼らの扶養家族の数に追加するべきですか?

「なぜ連邦準備制度理事会と連邦準備銀行は、世界各地で私達の競争相手に資金提供することを許されるべきですか?」

マクファデン議員は尋ねました。

「連邦準備法は廃止されるべきであり、それらの憲章に違反した連邦準備銀行は直ちに清算されるべきです」。

FAITHLESS GOVERNMENT OFFICERS WHO HAVE VIOLATED THEIR OATHS SHOULDであるIMPEACHED AND BROUGHT TO TRIAL"〈マクファデン議員が(参照1を終えた〉は、全体の章を
http://www.myfreeoffice.com/dwi/McFadden.htmlRep
 に含んでいます。

(マクファデンのスピーチ)。

メディアが公平で、独立で、完全に完全ならば、なぜ彼らはFEDを議論しませんでしたか?

現在、FEDを廃止するために、0.5の状態は行動において少なくとも原点ムーブメントを持っているけれども、マスコミ報道が全然ありません。

1968年7月に、家バンキング小委員会は、ロックフェラーが、Chase Manhattan Bankを通して、CBSで株の5.9%をコントロールしたことを報告しました。

さらに、銀行はABCによって役員兼務を得ました。

1974年に、議会は、CBSでのChase Manhattan Bankの賭け金が14.1%とNBCから4.5%(RCA、NBCの親会社を通しての)まで上がったことを述べているリポートを出しました。

同じリポートは、Chase Manhattan Bankが28の放送会社の中で株を保有すると伝えていました。

このリポートの後で、Chase Manhattan BankはABCの6.7%を得て、今日、パーセンテージはずっと大きいかもしれません。

かなりメディア(参照14、ページ56-57)に影響することは5%の所有権を必要としているだけです。

これはFEDの300人の裕福な株主のうちのほんの1人です。

他のFEDオーナーがメディアの中に同様な所有財産を持っていることは信じられます。

メディアをコントロールするために、メディアが彼ら(参照25、ページ134-137)と食い違っているならば、FED銀行家は彼らの貸付金を回収します。

ロックフェラーはまた、唯一の目的が、外務への、そして1つの世界政府の中のより大きな興味を刺激することにおける援助にである外交問題評議会(CFR)をコントロールします。

ほとんど、すべての主要なニュースキャスターは外交問題評議会に所属しています。

外交問題評議会は多くの主要な新聞と雑誌をコントロールします。

さらに、FED株主によって所有されている大企業は、きっと、メディア(参照14、ページ56-59)に影響するであろう莫大な広告収益の源です。

なぜFED-UP(tm)などのグループが最小に受け取るか、もしあれば、注意を押すかは全然驚異ではないかもしれません。

どのように納税者は、目的で、それが、私達を破滅させることになっているそれらに資金提供するのをやめますか?

第一に、それらの活動を露出し、そして、変化を要求してください。

解決

現在、ケネディが、しようとした時に、私達がするすべてはFEDお金(付着した興味)を(本当の米国お金(無利息です)同じ金額で)と交換することです。

私達は、私達自身の通貨の上の利息を支払うことを要求されるべきでありません。

ベンジャミンフランクリンによると、これは、私達が革命戦争をした一番の理由の1つでした。

今日、私達はまだ銀行家(参照4、参照1、P. 211、212)の同じファミリーと戦っています。

米国政府はFEDを4億5000万(議会のレコードあたり)ドルでのどのような時間ででも買い戻すことができます。

米財務省はFEDの300人のオリジナルの株主の代わりに私達のお金についてその時すべての利益を収集することができました。

借金が支払われるべきになる時に、米国借金の4兆ドルはあって米国non-利付き通貨を持つ交換された同じ金額でかもしれません。

追加の通貨流通高が全然ないであろうので、インフレが全然ないでしょう。

私達がFEDを買い戻したし、それゆえ経済が拡大するならば、所得税は下げられることができました。

憲法によると、議会は、インフレまたはデフレーションの量を抑制して、貨幣の創造をコントロールすることになっています。

議会が彼らの仕事をしていないならば、それらは投票で失脚させられるべきです。

あいにく、有権者はFEDまたはその会長を投票で失脚させることができません。

政府が赤字を持っているならば、リンカーンとケネディがしたように、私達はそれを処理することができました。

お金をプリントし、無利息で経済であるが今回の中にそれを循環させてください。

今日、FEDは、外国銀行を通して、私達の借金の多くを所有していて、従って、私達をコントロールします。

納税者が知らせられて、他の納税者に話すにつれて、FEDは、存在することを止めるでしょう。

報道機関と議会には、アメリカ一般大衆の要求を満たすことを除いて全然選択の余地がないでしょう。

(参照1、P. 17、22)

日銀(中央銀行)がすべての問題だ・。

★月刊・沈黙の兵器http://www.geocities.jp/akion200104/melma/backno-00002.htm





★★ 「無税国家モデル」 ★★


この「無税国家モデル」の基本コンセプトは、当メルマガの第2号と第3号の内容とリンクしていますので、バックナンバーをぜひ読み返して頂ければ幸いである。

 第2号(日銀ではなく、国会が通貨を発行すれば、国債発行が不要):

 
http://www.geocities.jp/akion200104/melma/backno-00002.htm


 第3号(中央銀行と通貨は、「詐欺」をその起源としている):

 
http://www.geocities.jp/akion200104/melma/backno-00003.htm
 


以上をご理解いただけておれば、

 日銀ではなく、国会が通貨を発行して、一般国民は原則無税

という、通常では非常識なアイデアも、むしろ当然と受け止めてもらえることを期待します。


無税国家モデルのコンセプトを次図に示します。








≪画像が表示されない方はここをクリック≫





★現状(図の左)

 国民から徴収する税金よりも、国家事業の方が大きいから、大きな負債を抱えて増大するばかり。

 このままでは増税もやむを得ない。通貨は、日銀が発行している。

 (注: 図ではシンボリックに現金紙幣で描写しているが、そうではなく、信用創造を指す)


★無税国家モデル(図の右)

 日銀を廃止して、国民の代表としての国会が通貨を発行(信用創造)する。

 一般国民は、原則無税とする。


この「無税国家論」を説明すると通常、「そんな事したらインフレになりますよ!」という反応が返ってくる。

では少しだけ具体的に内容をあげてみますと、

 ・通貨発行量はGDPの約5%とする(つまり約500兆円×5%=25兆円)

 ・年収3千万円未満の国民の所得税は無税!(金持ちは有税)

 ・消費税は廃止する

(以上でうまく絵を描けるのですが、詳細は後日に)


GDPの5%程度の通貨発行量であれば、年5%程度のインフレになる。(!?)

 このため例えば、100万円を持っていた人の場合は95万円に目減りする。

 この目減りした5万円が、実は税金ともいえる。

 これはNHKと民放の違いに似ている。NHKは有料、民放は無料に思えるが、実は皆が買う製品に広告費としてオンされている。

 消費税が廃止されて消費を刺激し、5%という適度なインフレと円安は輸出企業を助けるだろう。


……いかがでしょう?。実現しようと思えば実現可能なモデルでしょう?

 問題は、年5%程度のインフレですむのか?、とのご心配です。

 実は、通貨を発行量だけでなく、その購買力をどの分野に配分するかが重要で、それによりインフレになるか、あるいは全くならないかが決定されると筆者は考えています。この件に関しても後日のテーマとしましょう。


なおPHP研究所が同じく「無税国家論」を論じています。しかしその内容は、多くを民営化して小さな政府にしたら、政府歳出を最小限にできるから、無税に近いことが実現できるというもので、通貨発行は日銀のまんまなのです。これには別の意図を感じます。

 筆者のポイントは、日銀を廃止して、通貨発行権を国民(つまり国会)が手にしよう、という点です。


ちなみに、日銀は国の機関であると思う人がいたら、認識を改めていただきたい。

 1889年に明治憲法発布、1885年に日本初の内閣が誕生、日銀はそれ以前の1882年に、ある欧州貴族の出資により資本金1億円で設立された民間組織なのです。1997年頃までは新聞の株式欄にも日銀株が掲載されていました。




/E




■■■国会が信用創造せよ!■■■




日本国の借金は、先日の報道によればなんと751兆円、地方自治体を含めれば1000兆円もあるという。

前回の「売ってはならない!」では、その債権者(おカネを貸している人)は、2002年の時点で:

 国内の金融機関 86.6% (うち中央銀行つまり日銀15.0%)

 海外         3.6%

であることを示した。(参照:
http://www.boj.or.jp/stat/exp/faqsj.htm#5-05


つまり★「海外からの借金はわずか数%」なのであり、日本国内だけの★「帳簿上の問題」なのである。

もしこれら国内の債権者たちが、★「返さなくても良いよ!」と言えば、たちどころに問題は解決する。

そうすれば、なにも「海外にもっと国債を売ろう!」などと考えなくてもすむのだ。

海外から大借金をすれば、独立国家としての主権に大きな影響を与えることになる。

(これが国民として、最も危惧すべき大問題となり、将来の禍根となるだろう。

 南米諸国や韓国は、外国からの巨額の借金のために苦しめられている。

 忘れてはならないのは、★「日本は世界最大の債権国」でもあるのだ。)


だがちょっと待て!、国内の債権者たちが「返さなくても良いよ!」と言えば、問題は解決する?

そのなかには国民の郵便貯金や年金があるではないか? それらの我々のカネを捨てるのか?

そういう反論がくるであろう。


では、中央銀行である日銀からの借金ならどうか?

2002年で全体の15%が、日銀からの借金だ。(現在は比率がもっと増えているはず)

日銀が国債を引き受ける場合の概念図を次に示します:





?


国家事業Sをするのに国民からの税金Tでは足りないから、(S>T)

国債Bを発行して、国家事業を行なう。(S=T+B)

政府は、日銀からの借入金Mを受け取る。(B=M)

ここからが肝心だ。では、

 日銀はその資金Mをどこから得たのか?

どこからも得ていない。

 日銀は無から資金Mを創造した!

のである。これを★「信用創造」という。

なぜ、そんなことが出来るのか?

 現在のおカネはコンピュータ上の数字!

だからである。

江戸時代のように金貨や銀貨を作る必要はない。

日銀が、「これがおカネです」と言えば、それがおカネなのである。

(2003年度にアメリカにプレゼントした33兆円も、そうやって創られた)

よって少なくとも、

 日銀からの借金は返済しなくてよい!

ことには、同意して頂けないでしょうか?

ましてや金利を払う必要などないのである(現状は払っている)。


さらなる解決策として、今回のテーマは:

 ★★国会が信用創造せよ!


その概念図を次に示します:


?





国家事業Sをするのに国民からの税金Tでは足りない点は同じ。(S>T)

国債は発行せず、日銀にも関与させず、

国会が信用創造した資金Mを使う。(S=T+M)


これでどこか都合の悪いことありますか?

知人某曰く、「政治家におカネ作らせたら、信用できない」……。

でも現状でも、政治家が国家予算を組んでいますよ?

単に、国債を発行せず、日銀に関与させないだけですよ?

じゃあ、日銀は信用できるのですか?

政治家はまがりなりにも、選挙で選ばれた国民の代表ですよ?

それに対して日銀は、日本国家の機関ではない。

1998年の新日銀法の施行以来、政府はまったくクチを出せない。

財務大臣や総理ですら、その政策に関与できないのが現状です。

経済は難しいから、専門家である中央銀行に任せるしかない?

そういう意見もあります。本当でしょうか?


選挙で選ばれた国民の代表が通貨を創造する。


こっちの方がよっぽど健全ではないでしょうか?

アメリカ合衆国憲法にも、その精神が書かれています:

 第一条 〔立法府〕 第八節 連邦議会は次の権限を有する。

 (五)貨幣を鋳造し、その価値および外国貨幣の価値を定める

(参照:
http://japan.usembassy.gov/j/amc/tamcj-071.html


ただし実際は1910年代から、連銀=FRB が通貨を創造しており、

日本と同じく、政府や財務省はまったく関与できないのが現状だ。

連邦議会はなんの権限も有せず、憲法は有名無実化している。

(この意味するところを考えてみてください)


また専門家ほど、筆者の今回のテーマに反論するでしょう。

有名国立大学経済学部教授某もそうでした。

しかしちゃんと議論すれば、解っていただけました。


学問的にちゃんとお考えになりたい方への推薦図書に、

 「虚構の終焉」(PHP研究所)

があります。 ぜひご一読を! → Amazon当該書籍にリンク




最後に、「日銀への国債以外はどうするのか?」、について。

(参照:
http://www.boj.or.jp/stat/exp/faqsj.htm#5-05


★民間の普通の銀行も、かなりの量の国債を保有しています。

これらは、この際、債権放棄してもらいましょう。

預金はどうなるの? 実は普通の銀行も信用創造できるのです。

(詳しくは上記ご紹介した「虚構の終焉」をお読み下さい)


★他の、 郵便貯金や生保・年金。

これらには、債権放棄を求めるわけにはいかないので、

国会が信用創造によって、長期返済していきましょう。

そんなことしたら、超インフレになってしまう?

もちろん「下手に」やったら、超インフレになります。

上手にやって、ほど良いインフレにしていきましょう。

★外国勢力が債権者になるより、はるかに良い選択です。


 * そんな簡単なことでウマくいけば誰も苦労しないよ!

 * 世の中、いっぱいエラい経済学者がいるのに!

 * 無名のアンタなんか信用できない!


そう思われる読者がいたとしたら、仕方ありませんが……。

でもどうか、ご自身の頭で考えてみてくださいね。m(^_^;)m

The Police State Road Map

The Police State Road Map

March 2005 Edition

Michael Nield

www.policestateplanning.com


警察国家道路地図

2005年3月の版

マイケルNield


PREFACE

What is at stake is more than one small country; it is a big idea: anew world order, where diverse nations are drawn together in common cause to achieve the universal aspirations of mankind --peace and security, freedom, and the rule of law - George H.W. Bush,State of the Union Address, 29 January 1991.There is a chance for the President of the United States to use this disaster to carry out what his father - a phrase his father used I think only once, and it hasn't been used since - and that is a new world order- Senator Gary Hart, Council on Foreign Relations meeting, 12 September 2001

Noting that the European Union was coming to a turning point in its existence, the European Council which met in Laeken, Belgium, on 14 and 15 December 2001 convened the ~省略~


序文

賭けられているものは複数の小さな国です;

それは途方もない考えです:

多様な国家が、1991年1月29日ジョージH.W.ブッシュ 人類--平和とセキュリティ、自由、および法の支配--、一般教書の一般的な熱望を達成する共通の理由において一緒に引かれる新しい世界秩序。


欧州連合がその存在における分岐点に来たことに注意して、14日と2001年12月15日にLaeken、ベルギーにおいて会った欧州理事会はヨーロッパの未来の欧州代表者会議を召集しました。

会議は、3つの主題の上の提案を作成するように頼まれました:

どのように市民をヨーロッパデザインとヨーロッパ組織に近づけますか;

拡大したユニオンでどのように政治とヨーロッパの政治的なエリアを組織しますか;

そして新しい世界秩序の中の安定化要因とモデルにどのようにユニオンを発展させますか。

ジスカール・デスタン(会議(2003年7月にヨーロッパのために憲法を規定している条約の草案への序文)の大統領)

全体主義の法律の、そして技術的な機構が設立されたら、人の存在が、法律の上で自身である排他的な小さな支配によって夢想の国からマイクロ管理される永久的な惑星の独裁権の非常に本当の見込みが存在しています。

- 11章、あなたが、まさに読もうとしている本…

‘新しい世界秩序’は世界中で長い間政治指導者、産業経営者、および知識人によって共有されたビジョンです。

『平和およびセキュリティ、自由、法律の規則』 もの すばらしいアイデア !

彼らがそれらのビジョンの現実をより広い一般大衆に隠そうとしたので、その時意外です。

30年以上、ヨーロッパプロジェクトは、私達の新しい法律のほとんどがブリュッセルから起こり、私達が、ヨーロッパ憲法の下で私達の独立のほとんどを放棄するように頼まれているという事実にもかかわらず温和な自由貿易の協定より同じくらい少しもっと英国の人々に売られました。

同じプロセスはアメリカ大陸の上で航行中です:

NAFTAとアメリカ大陸の自由貿易地域はヨーロッパモデルに基づいた上に全国的な政治的な官僚のための基礎です。

フェビアン協会が言及したように、羊の皮を着たオオカミが、昼食を得る群れで公然と唾液を分泌している彼の同僚よりかなりのチャンスをもつので、革命というよりも発展は選ばれたコースです。

終盤は1世界政府です:

大陸のメガ州と国連の下のこれらのパワー団体のユニフィケーションへの主権の廃止。

これは、その支持者が、ほとんどの人々が拒絶するであろうということに気がつく新世界秩序の土地で政治的なスケルトンです。

レバーとモーターの多くがフレームの上に組み立てられているので、デス・スターの性質と機能は明白です。

これはtheではありません

5 警察国家の、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com誕生のグローバルな自由民主主義と一般的な人権;

それはそれらの終わりです。

‘グローバルなファシズム’または‘グローバルな封建制度’はしばしばその中傷する人によって使われた用語です。

議会制民主主義、人権、経済的自由、および科学の完全性は、急速に、オーウェルの悪夢のようなビジョンをしのいでいる官僚制とテクノクラシーの私的にコントロールされた独裁権と取り替えられています。

これは、私達が、‘共謀’(それのために、インターネットは有名です)の世界に入るポイントです。

踏むために、主流意見が恐れるか、または空飛ぶ円盤または異質な誘拐との近い遭遇を恐れているこれ場所。

このeブックは、政治学、国際関係、科学、および医学において大勢を調査して、展開している雄大な計画の全景をスケッチします。

それは、リーダが、これが陰謀説または共謀事実のどちらであるかを決めることを手助けするであろう数百の参照--ほとんどはマウスのクリックでチェックされることができます--を含んでいます。

ここに提出された証拠の多くは主流プレスに出るけれども、グランドデザインを明らかにするであろう文脈解析でめったに補われません。

あまりにもしばしば、ジャーナリストは、ビッグ・ブラザーが彼らのペンに関して彼の確約を持っていると気付きます。

これは主としてインターネットに基づいた‘代わりのメディア’のためにニッチを作成しました。

前の英国環境大臣、マイケルMeacher MPは、インターネットが、‘新しい現実’(慣例に従わない問題はそれにおけるフォーラムを頼まれることができます)を主催すると言いました。

それで、未来は何を蓄えていますか?

この本(‘300兆ドルとカウント’)の最初の部分は、どう政治的なグローバリゼーションを支える原動力が金融のグローバル化であるかを記述します。

世界の銀行と複合企業を所有していて、指導する世界の大金持ちエリートは企業合併と国際的な経済の海賊行為を通して最初の金融のグローバルな帝国を作成しています。

これらの政界実力者は世界中に国への金銭的利益を持っていて、世界征服に必要な国際的な政治機構を作成するためにいっしょに働きます。

そして、メディアが人形劇のステージに集中するので、ほとんどは、ストリングを引いている隠れた貴族階級があるかもしれないと思いません。

2番目の部分(‘静かに殺すアート’)は、金融の男爵のこのカルテル、マスメディアの権力者、および重要な政治的な手先が何をしているかまたは私達にしたいかを確認します。

それは、この事実上のエリートが惑星の上のほとんどの人々を彼らの出来心で実行に値している‘無駄な食う人’とみなしていると断定します。

もちろん、それらの計画を実行している‘牛’は知らず知らずそうします。

人類が自身のために故意に刑務所を建てて、小さな支配エリートにキーをわたさないであろうので、大衆操作はお金パワーの最高のアプリケーションです。

いくつかが、‘惑星を救ってください’ために、私達が人々のほとんどを殺さなければならないことを確信しさえしました。

ジャック・クストーは、それ、1人のアメリカ人が20人のバングラデシュ住民よりずっともっと地球に積むと1991年11月のユネスコクーリエで言いました…。

世界の総人口を安定させるために、私達は、社会主義と資本主義(あなたに、許可が生きることが必要なその下の社会主義)への彼の聡明な女性のガイドの中で、これがジョージ・バーナード・ショウの合計と似ている日あたり350,000人の人々を取り除かなければならず、あなたが優雅に暮らしていなかったならば、あなたは処刑される(親切な方法の中)でしょう。

そして、そう、今日、ほとんどの方針エリアで、目的が、手段を正当化するようであるように、最高水準の上から伝わった製造された前提に基づいて私達は進みます。

オブライエンがウィンストンに説明する時に、‘真実’はパーティーによって定義されます:

あなたは自然の法則についてそれらの19世紀のアイデアを取り除かなければなりません。

‘私達は自然の法則を作ります’。

-1984、パート3、3章

6 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com

興味深いことに、故意の参加者のほとんどはまた、ちょうど、歴史を通して多くの残忍な独裁者がしたように、彼らが善をしていると信じます。

しかし、知らず知らずの参加者はクリスマスを祈っている七面鳥であるが、故意の参加者はよりしばしば、クリスマスディナーに出席しているであろう黒幕です。

これは湾曲したものによって信じやすいものの自然な愛顧です。

大衆に、彼ら自身の共同墓地を掘らせている他の何かとして方針を正装させて、新世界秩序のやり方は‘心理作戦’です。

しばしば、彼らが、彼らの思惑に好ましい解決策を課すことができるように、彼らは実際問題を生むでしょう。

これは、グローバルな‘テロに対する戦争’をスタートするために9月11日の劇的効果によって適用されて、‘問題反応解決’と呼ばれています - 実際、ハルト上院議員が促進した新世界秩序のための市民および大きな押しに対する戦争。

従って、どのように缶 『持てる者』および『慣習を持ってください』のこの国際ジェット機で飛び回りに対する普通の市民競争 ?

チーム新世界秩序は、ユートピアを追求して数百万を殺してまったくうれしい。

たとえ、どのように、詐欺のためのその気難しい要件がまたそのアキレスであっても、癒えてください:

私達は旧来の‘真実の剣’によってそれを襲うことができます。

相手チームは右翼チームまたは左翼チームまたは宗教のチームではありません;

彼らの自由と基本的な権利を評価するのは全面的であることからの普通の人々です。

ソビエトに同じくらい反体制的なウラジーミルBukovskyは言いました:

私は革命的なキャンプから、そして反動的なキャンプからではありません - 私は強制収容所からです。

メモリーの穴対応の電子投票機が国民投票の前の投票箱をヨーロッパ憲法に戻さなかったならば、スパナを重要な肉ひき器の1つの作品の中に投げる大きな機会が待ちます。

英国独立パーティーは現在、E.U.メンバーシップの現実を露出することに、そしてこの不思議な政権の存在に反対することに専念した唯一の主要な英国の政党です。

UKIPへの賛成投票は、誇大妄想狂--組合は重要な機器です--が人の存在のすべての範囲に及んでいるカーテンの後ろの‘カルテル’への反対投票です。

これは、今年8月に効果を生じるブリュッセルビタミン禁止に憤慨した数百万人のブリトン人に明白になりました。

個人的なレベルの上で、カルテルの石油化学の調剤魔法とその公衆衛生意図的誤報に関する現在容易に入手可能な知識は、私達がそのおかげで違った形で耐えるかもしれない健康大災害からの偉大な保護をもたらすでしょう。

しかし、人はまたソビエト連邦の昔からのBukovskyさんの同僚の1人の皮肉な激励に注意を払うかもしれません:

同僚の上の声援、事態はより悪くなっています!

それについて何かをすることがあまりにも遅くなる前に状況の現実に気づく機会の未曽有の窓が現在あります。

米国は、定期的に、専門知識がこの情報戦争のための弾薬である客にインタビューするインターネットの上で放送された多くの独立なラジオ番組を持っています。

7 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.comアレックス ジョーンズShow、自由放送、およびパワー時間はこの大きな資源の突出した例です。

アレックス ジョーンズのウェブサイトwww.infowars.com
www.prisonplanet.com
は世界中からすべての最新ニュースによって毎日アップデートされます。

集合的に、これらとそれらのようなあと千は変化への‘ポピュラーなめざめ’と要求に長足の進歩をしています。

しかし、インターネットはグローバルな言論の自由フォーラムとしてさほど長い間残存しないかもしれず、別の大規模なテロリストの攻撃は、私達の権利のより多くを取り除くために使われるでしょう。

たぶん、この序文を焼き付けて、それをあなたの選ばれた代表にメールするか、あなたの友人にそれにメールしてください。

あなたは非営利的な目的のためにこの本全体をコピーし、配布することができます。

希望的に、アメリカリーダは、主題と資料の両方を反映して、ヨーロッパ人と同じくらいの興味と関連の多くを見つけるでしょう。

しかし、たとえ、あなたが何をしても、速くそれをしてください!

警察国家ロードマップのこの2005年3月の版は2004年1月に出版されたオリジナルのバージョンを基にします。

リーダのフィードバックと新しい研究に基づいた多くのアップデートと改良がありました。

ウェブサイト、www.policestateplanning.com
は、その本の中で概説されたテーマを展開する記事とラジオインタビューによって規則的にアップデートされます。

同僚けれども上の声援、物は、 前の難局嘘 より悪くなっています。

マイケルNield

2005年3月

英国


パート1

300兆ドルとカウント1章

お金

西洋のお金独占は新世界秩序モノリスの心柱です。

所有権と少しのヨーロッパとアメリカの家庭による商業活動のコントロールは、政治家、方針研究所、慈善活動、教育機関、およびメディアアウトレットの吸収を通してすべてのレベルで社会政策を処理するために財力の必要な集中を作成しました。

この国際的な軍隊を維持することは非常に高価なビジネスであるので、その資金源を理解することは重要です。

1.1 お金奇術師

残念ながら、一般市民が、銀行がお金を作成することができて、すると言われることが好きでないようです…

そして、国家のクレジットをコントロールする彼らは政府の方針を指示し、1924年1月の.(1)においてミッドランド銀行の会長として株主と話しているレジナルド人々マッケンナの運命を掌中で保持します。

G. ジキル島からのエドワード・グリフィンの本The生き物は以下の説明(2)のためのソースです - バンキングと新世界秩序の主題の上のベンチマーク出版物。

西の銀行は部分準備融資システムを通してお金を作成します。

課税受け取りにおける赤字を償うために、中央銀行はお金を政府に貸します。

銀行は何もないところからお金をプリントし、お返しに利付き国債を受け取ります。

それらが、課税を通してローンを返す納税者の完全なクレジットと完全性によって支えられるので、これらの債券は「証券」と呼ばれます。

結局、商業銀行によって操作された当座勘定と普通預金口座を通してすべての囲い込みまたはドルはパスを借りました。

お金を貸すための部分準備バンキングの規則の下で、商業銀行家は、彼が預金を留めるか、比率に関わらず、中央銀行が決めるよりあと9ポンドまたはドルをプリントすることを許されます。

彼は謙虚な利率を救助者に支払い、最高10倍までの量の上のずっと高いレートを借り手に請求します。

彼の唯一のコストは彼の建物、従業員、および簿記です。

あまりにも多くの貸付金がすぐに債務不履行に陥るならば、彼が冒す唯一の危険はアカウンティングリスクです。

しかし、彼が重大なトラブルを起こすならば、中央銀行は何もないところからプリントされたより多くのお金によって彼の援助に動いて来るでしょう。

このシステムの中の公平を捜すことは虚しい。

お金が借金であるので、流通におけるすべてのペニーとセントはお金能力への利払いを必要としています。

世界的な数千億ドルは、何もないところからお金をプリントする人に毎年興味において支払われます。

よく出る質問は、‘お金は、貸付金の利息を支払うためにどこから来ますか?’です。

まったく単にどれもありません。

利息の支払い額は現物払いによってサービスされます - 通って、働いてください。

お金が、債権者と債務者の間で循環し続ける所で、これは椅子取りゲームのゲームです。

銀行からの利益は、資本と利息を返すためにお金を労働者に手渡して、商品とサービスを買うためにそれらの株主によって使われます。

そこでかつて停止した椅子取りゲームのゲームが、10のThe警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.comへの十分な通貨でないならば、興味の1ペニーまたはセントに払い戻してください。

しかし、ゲームは、永久に進むようにデザインされます。

すべてこれを言って、銀行家は、私達が商品とサービスをお金と交換することを可能にして、市場の中のパーティーの間で恒久的に、必ずはさまれます。

しかし、多くの第三世界国家が見つけ出し、結果として空想的に裕福になった時に、彼らはそれらのサービスのために高値を請求します。

このお金独占の問題は経済のものと同じくらい多く政治的なものです。

2001年の総選挙の前日に、総理大臣トニー・ブレアはBBCの主要なニュース提出者、ジェレミーPaxmanによってインタビューされました。

誰かが、お金が本当にパワーである範囲を説明することにおいてあまりにも豊かな.(3)になることができるかどうかの質問に関して、並みはずれた交換があり、この本の残りは、トニー・ブレアが、その質問に答えたくなかった理由の1つを説明します。

PAXMAN:

あなたは、個人があまりにも多くのお金を得ることができると信じますか?

ブレア:

私はしません-それはそうではありません-いいえ、私がすることが眺めではありません。

あなたは、私達が誰かの収入にふたを被せるべきであることを意味していますか?

本当であるいいえでなく

なぜ?

ポイントは何ですか?

あなたは、最も高い支払われた稼ぎ手がお金を得るのをやめさせようとすることに年を費やすことができるけれども、今日のような国際市場で、あなたはたぶん彼らを外国に追いやるでしょう。

何がその問題をしますか?

きっと、私達の社会の中に機会を持っていないそれらの人々の上で、重要なものはレベルにです。

PAXMAN:

しかしどこが、1年に£34,000を得る誰かに課税することにおける公正であるか、どれが、£3400万を得る誰かと同じレートで外ロンドンで1寝室フラットの上の抵当をカバーするのに十分にありますか。

公正はどこにありますか?

ブレア:

彼らが一番上の税率を支払っているならば、£3400万を得る人は£3400万についての£34,000上の人より遠くむしろ税金を支払うでしょう。

PAXMAN:

私はあなたに税率を尋ねています。

ブレア:

私は知っていて、私があなたに言っていることは、レートが、人々が支払うであろう税金の全体の額よりこの例においてより重要でないことです。

あなたが高い一番上の税率の日にさかのぼるならば、あなたは、何が起こるであろうかを知っています。

【翻訳不能文】

PAXMAN:

しかし、公正はそれの中でどこにありますか?

ブレア:

いつあなたがどこかを言うかはそれにおいてその公正であり、私のための公正は、きちんとした収入がないそれらの収入を持ち上げることに集中されます。

私が、デビッド・ベッカムがそれほどお金を得ないことを確かめることは燃えるような野心ではありません。

PAXMAN:

しかし、総理大臣、あなたが、office.11The警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.comにいたのに対して、貧富の間のギャップは過ぎて広がりました。

ブレア:

私達が取った手段の多くが発効する前に、数値が2、3年前基づくそれらのたくさん。

しかし、この国で最も低い収入ファミリーは政府から利益を得ています。

それらの収入は上がっています。

あなたが上端の何人かの人々にもっとPAXMANを得させておくという事実:

.. もっと利益を得ます!

ブレア:

彼らが見事により多くを得ているならば、彼らは彼らの税金を支払います。

PAXMAN:

しかし、貧富の間のギャップが広がることは容認できますか?

ブレア:

下の収入の上のそれらの人々が上げられた彼らの収入があることは容認できます。

それらがチャンスを与えられないことは受け入れ不可能です。

私に、重要な物は、国で多くを得る人と極少なものを得る人の間で、それが隙間が出来るかどうかがある人々の間のギャップかどうかにかかわらずではありません。

PAXMAN:

では、ギャップが貧富の間で広がることは容認できます?

ブレア:

貧しい人々が、彼らがライフにおいて必要なチャンスを与えられないことは容認できません。

PAXMAN:

それは私の質問ではありません。

ブレア:

私は、それがあなたの質問ではないと知っているけれども、それは、私が、それに答えることに決める方法です。

あなたが最終的に、社会に最も富むそれらの人々を追いかけるならば、あなたが実際最終的にすることは実のところ下端のそれらを助けていません。

PAXMAN:

従って、より広くする貧富の間のギャップのために容認できて、率直な質問に対する答えはそれであり、あなたが言っている答えははいです。

ブレア:

いいえ、それは、私が言っていることではありません。

私が言っていることは、私の仕事がPAXMANであることです:

あなたはノーと言っていません。

ブレア:

しかし、私は、それがその問題であると思いません。

PAXMAN:

あなたは、それがその問題であると思ってはならないけれども、それはその問題です。

ギャップがより広くなることはOKですか?

ブレア:

それはその問題であるかもしれません。

私が、それに答えることに決める方法は、政府の仕事が、底のそれらがチャンスを得ることを確かめることであると言うことです。

PAXMAN:

敬意によって、人々は、あなたが直接的な質問をされるとわかり、彼らはあなたがそれに答えないのを見ます。

ブレア:

私がそれに答えている方法でそれに答えることに決めるので。

PAXMAN:

しかし、あなたはそれに答えていません。

12 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.comブレア:

私はそれに答えています。

私が、最も重要な物であると言っているものは、下りを平らにするのではなく上に平らにすることです。

PAXMAN:

貧富の間のギャップがより大きくなることは容認できますか?

ブレア:

まさに最も金持ちの人が最終的により金持ちになるかどうかにかかわらず、私が、その問題であると言っているものは実のところではありません。

問題は、最も貧しい人が、彼らが違った形で持っていないという可能性を与えられるかどうかです。

PAXMAN:

私は、あなたが何を言っているかを理解しています。

問題はギャップについてです。

ブレア:

はい、私は、あなたの質問が何であるかを知っています。

私は、あなた方のものというよりもそれなりにそれに答えることに決めています。

PAXMAN:

しかし、あなたはそれに答えていません。

ブレア:

私はそうです。

PAXMAN:

あなたは別の質問に答えています。

ブレア:

私は、私が、それに答えたいと実際方法で答えています。

私は、なぜ私が、このようにそれに答えたいかをあなたに言います。

あなたが、いいえ、実際、私の仕事が、人がたくさんの金銭収益にたくさんのお金をもたらすのをやめさせることであると最終的に言うならば、お金を、今日の世界にある時に非常に裕福な人々から取り去って、あなたがすべてのあなたの時間とエネルギーを浪費するので、彼らはたぶん他の場所に動き、彼らのお金を得るでしょう。

あなたが私に何を尋ねていないか、どれが努力のより有益なラインであるであろうかは、最も貧しい人々が彼らに景気づけを与えるようにそれの代わりをして、あなたであるものです。

PAXMAN:

税金について話しましょう。

あなたは約束しました…

ブレア:

社会と私達がそれらのためにしていることの中で最も貧しいものについて話してはどうか。

PAXMAN:

私は、あなたが、総理大臣になりたいと思います。

私はただ、インタビュアーになりたい。

私達はその配置に執着することができますか?

1.2 バンキングカルテル

すべての他の独占の根底にある独占はバンキングカルテルです。

19世紀のロスチャイルド王朝の富は伝説上でした。

世界がこれまでに見たことがある最も強力なプライベートバンクを建てることにおいて、Rothschildsは資本主義の歴史において最も大きな私的な財産を貯蔵しました。

1919年以来、世界金価格はロンドンのN.M.ロスチャイルド&息子のオフィスに毎日固定されています。

しかし、第一次世界大戦の前で、ヨーロッパとアメリカのお金能力はすでに長く続く会社を結成しました。

ヨーロッパ金融会社を含んだウォール街の上の潜在的競争者は、ただ、彼らがヨーロッパのそれらのような機能的な中央銀行を持っていて、アメリカのお金.(4)をプリントするように協力したならば、彼らが地方銀行から競争を減らし、より高い利益を達成することができると決めました。

13 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com A中央銀行は政府の警察権によって実施された私的なカルテルです。

1913年に作成されて、連邦準備銀行‘システム’は、南と西の州の数百のより小さな銀行にビジネスの損失を停止させて、最も強力なニューヨーク銀行に役立つようにデザインされました。

システムは、パワーを等しく12個の地域の枝の間に分配するようであったけれども、現実において、それはパワーを、連邦準備法が5つのヨーロッパとアメリカで最も大きな金融会社によって作成されたのでWall Street.(5)、ジキル島計画上の金銭信託によってコントロールされたニューヨーク支店に与えました:

建築家が、わずか9年前アメリカに引っ越したドイツとスイスの金融会社のポール・ワールブルクであったロスチャイルド、ロックフェラー、モーガン、ワールブルク、およびクーンLoeb.(6)は主要です。

彼はヨーロッパの中心的なバンキングのすべての経験を持って来ました。

彼の兄弟マックス・ワールブルクはドイツの中央銀行の皇帝と後の方のディレクターの財務顧問であり、Reichsbank.(7)ポール・ワールブルクのウォール街資金運用操作はクーン・ローブ&Co.の中でRothschildsとのパートナーシップでした。

‘連邦準備局’を作成するためにいっしょに働いた後に、カルテルのメンバーは、彼らの新しく作成されたお金印刷機をパワーアップした引受手形市場を考案しました。

1920年代を通して、すべてのお金の半分の上で作成された引受手形市場は、それ以来、世界中で中央銀行のボードに位置している私的な商業銀行のエージェントが、国際的な金融政策を公式化するためにいっしょに働いているとFed.(8)によって印刷しました。

1966年 それのビル・クリントンの師 に

ジョージタウン大学、キャロル・キグリー教授は彼の本悲劇と希望においてシステムを説明しました:

(9)

世界のしっかりした財力は、…、主として彼ら自身の非法人のプライベートバンクの中の舞台裏で残っていたこれらの投資銀行家の手の中にありました。

これらは、中央銀行の中でより秘密で、より強力で、それらのエージェントのそれより秘密であった国際協力と全国的な優越のシステムを作りました…

これらの実用的なゴールに加えて、金融資本主義の能力は、別の遠い到達目的(各国の政治システムと世界全体の経済を支配することができる私的な手で財務管理の世界システムを作成することより少ない何)も持っていませんでした。

このシステムは、封建的な方式でコンサートにおける世界演技の中央銀行によってコントロールされることになっていて、秘密によって、協定はまれな私的なミーティングと会議に到達しました。

このシステムの頂点は、バーゼル(スイス(民間会社であった世界の中央銀行自身によって所有されていて、コントロールされたプライベートバンク))で国際決済銀行であることになっていました…

カルテルの国際的な性質は、アメリカ投資者の費用で英国の経済を補助するために、ニューヨーク連邦準備銀行の知事、強いベンジャミンがモンタギュー・ノーマン、イングランド銀行総裁とともに働いた1920年代の間に証明されていました。

連邦準備局が作成された時に、株式市場の大規模な思索的なブームと1929年の.(10)ウッドロー・ウィルソンにおけるウォール街大暴落に寄与されている米国マネーサプライを増大させるのは米国の大統領でした。

彼の本のThe新しい自由の中で、彼は貸出能力の集中化についてコメントしました:

私が政界に入って以来、私はとりわけ私的に私に委託された人の見解を持っていました。

米国で最も大きな人の何人かが商業と製造のフィールドで誰かを恐れていて、何かを恐れています。

彼らは、どこかでとても組織されて、とても微妙で、とても用心深く、とても連動していて、とても完全で、とても普及している能力があるので、彼らは彼らの息の上で話さないほうがよいと知っています。

14 彼らがそれの非難において.(11)を話す警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com

2003年7月に、それは、ロスチャイルド国際投資バンキンググループが、スイスに置かれて、ロスチャイルド連続所有財産A.G.と呼ばれる親会社によってコントロールされるというニュースにおいて言及されました。

競合派閥であることから遠く、イギリスとフランスのRothschildsは、新しい持株会社、コンコルディアB.V..(12)を結成することによってそれらのそれぞれの金融会社のコントロールを合併している取引を考え出しました。

それは、中央銀行方針を調整し続けるこれらのファミリーランプライベートバンクです。

1998年6月28日に、どのように、「こんなに秘密主義であるこの経済徒党….は、世界のマネーサプライをコントロールする財力をグループにします」が、次の章が問題に頼む世界の経済.(13)を形づくるかを記述している国際決済銀行(‘誰が今日本当にすべてのお金を持っているか、そして、それはどこに投資されますか?’)について、ワシントン・ポストは記事を出版しました。

これは、申し分ない精度によって答えるために可能でないけれども、あまり、考えのために食物を提供する何人かのよい指示者がいます。

1章の終わり注

1. キャロル キグリー、悲劇と希望:

私達の時間、マクミラン会社、ニューヨーク、1966年、ページ325の世界の履歴

2.G. エドワード・グリフィン(ジキル島、アメリカメディア、4番目の版、2002年からの生き物)

3. トニー・ブレア、2001年6月4日とのジェレミーPaxmanのNewsnightインタビューの記録。

BBCニュースオンライン。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/events/newsnight/1372220.stm
を見てください。

4. 同じ本、ページ437

5. 同じ本、ページ473

6. 同じ本、ページ12

7. 同じ本、ページ18

8. 同じ本、ページ482

9. キグリー、op cit.、ページ324、326-327

10. グリフィンop cit.、ページ474-475

11. グローバリゼーション、ロバート・ゲイロン・ロスSr。

http://www.4rie.com/index.html
#アンカー51540を見てください。

12. Rothschilds連続所有財産AG:

リストラクチャリング、クラリネットニュース、2003年7月9日。

http://quickstart.clari.net/qs_se/webnews/wed/de/Brothschilds-continuation.RJ1_Dl9.html
を見てください。

13. スタンレー・モンティス博士(暗闇、炉石出版、2000年の兄弟関係)

ページ33.見http://www.radioliberty.com


15 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com章2

大きな信頼

1888年に、エドワード・ベラミーは後方の注視という表題を付けられた本を書きました:

正確に、それが起こったように、彼が未来を予測した2000年-1887年:

他のすべての企業が没頭していた1つの大きな株式会社として、国家…は団結しました;

…、すべての前のおよびより小さな独占における最終的な独占が飲み込まれた他のすべての資本家の場所で、それは1人の資本家になりました…

委託物の時代は大きなTrust.(1)に終わりました。

2.1 軍産複合体

銀行家は、持ち株と指導者職を連動させることによって独占を固めて彼らの巨大な財産を商業のすべての枝に投資しました。

ジョンD.ロックフェラーの不滅のフレーズ「競争は罪です」中。

ヨーロッパアメリカ人石油化学カルテルの設立は英国のI.C.I.とシェル・オイルにドイツのI.G. Farbenの結婚によって1929年に達成されて、America.(2)のスタンダードオイルとデュポンに、I.G. Farbenが石炭からどのように石油を作るかを発見した後に、カルテルは成形されました。

I.G.は、Farbenとのパートナーとしてのがなければ、スタンダードオイルが化学産業に参入しなかった限り石油市場に参入しないことに合意しました。

WWIIの最初までに、Farbenは歴史においてヨーロッパで最も大きな産業の企業、世界の最大の化学の会社、および最も強力なカルテルの一部になりました。

‘前に言及した’会社のほかに、それは、フォードモーター社、Alcoa、ゼネラルモーターズ、テキサコ、プロクター、およびギャンブルと化学薬品に関係していた事実上すべての企業を含む世界中の2000の会社とのカルテル協定を持っていました。

ヘルマン・シュミッツ(また、主として、ドイツ銀行を導いたWWIIの間のバイエルA.GとI.G. Farbenの社長)は、癌産業のNew Jersey.(3) G.エドワード・グリフィンの調査のスタンダードオイルの中のかなりの貯蔵高が、1929年11月9日のスタンダードオイルとFarbenの間でサインされたカルテル協定が標準の株の30,000,000ドルでの石炭水添プロセスの上でFarbenの特許権のいくつかの交換に関係していると気付いたと考えていました。

ロックフェラーグループは上辺とダミーのアカウントのそのFarben所有財産を隠し、Farbenの広大な所有財産が1962年に最終的に売られて、Rockefellersが、トランザクション.(4)ポール・ワールブルク(ウォール街バンキングカルテルの別の設立メンバー)を実行することにおける支配的な力であり、また、いくつかFarben子会社.のディレクターであった時に、(5) Aカルテルは、相互会社協力を促進し、従って減るようにデザインされた契約または協定によってバインドされる会社のグループです。

それらの間の競争。

これらの協定のいくつかが業界標準と命名法などの無害な主題を扱うかもしれません。

しかし、彼らのほとんどは、特許権の交換、地域の市場の分割、価格の設定、および具体的なカテゴリー.(6)の中で製品競争に入れない協定を1937に巻き込むとフォーチュン誌は論評しました:

概して、化学産業は、ソビエト連邦人民委員さえ喜ばすであろう方法で自身を調節しました…

産業…は計画経済の1つの明確な種類の開業医です。

16 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com

1973年に、米国関税委員会は観察しました:

最も大きく、最も洗練された多国籍企業の中で、計画実現の計画とその後の監視は、皮肉にも、表面上よりもっと、共産主義国の国土計画手続と似ているスコープと詳細のレベルに達しました。

‘無料でマーケティングします’と戦っているお金能力から遠く、政府規制に対して、まったくの反対は真実です。

より小さなカルテルを解体するためまたは市場に参入している競争相手を防止するために、巨大なカルテルは政府規制と独占禁止の法律を使います。

究極の目的は、私達の自由を減少させるために、企業が政府を使う封建制度の‘comandとコントロール’社会です。

2.2 5つの独占

水、食物、エネルギー、医薬品、および情報の上のCorpororate独占は今日まさに大きな信頼のいくつかの明示です。

最近の10年の3つの私的な水公益事業会社の爆発的な成長は、人類が一握りの独占的な企業にその最も重要な資源のコントロールを失っているかもしれないという心配を上げます。

ヨーロッパと北アメリカで、アナリストは、次の15年以内に、これらの会社が、現在、公的な水道設備であるものの65パーセントから75パーセントをコントロールするであろうと予測します。

会社は、すべての大陸の上の足場を得るために世界銀行と他の国際的な金融機関と密接に働きました。

調査ジャーナリスト(ICIJ)(公的な完全性のためのセンターのプロジェクト)の国際的なコンソーシアムによる一年間の調査、(7)は、世界の3つの最も大きな水道会社--フランスのスエズとVivendi Environnementと英国人ベースのテムズウォーターはドイツのRWE AGによって所有しました--が1990年以来ずっと世界のすべての地域に拡大していると気付きました。

3つの他の会社、フランスのSaur、および米国のベクテルと連携して働いているイギリスの結合ユーティリティがまた首尾よく主要な国際的な飲み水契約を確保しました。

しかし、それらのサイズはビッグ・スリーのそれに比べて見劣りします。

水道会社は2002におけるおおよそ4000億ドルから3兆ドルの.(8)と見積もられている潜在的な歳入によってビジネスを追っていて、アメリカ小売店ウォールマートは1910億ドルのエクソンと1770億ドルのゼネラルモーターズの前の2190億ドルの取引高を持つ世界で最も大きな会社でした。

そこの英国のアメリカ食料雑貨店販売.(9)の小売店ウォールマート、セーフウェー、クローガー、Albertson's、およびアホルド獲得33 5%はいっそうより多くの合併です:

食料雑貨の60-75%は、石油産業が、5つの会社によって支配したことであるトップ5つのスーパーマーケット.(10)において購入されます:

(サイズの順に)

ExxonMobil、ロイヤルオランダシェル、ブリティッシュペトロリアムAmoco、シェブロンテキサコ、およびTotalFinaElf。

興味深いことに、最近のエクソン-モービル合併は90年前米国政府によって解体されたジョンD.ロックフェラーのスタンダードオイル独占の2つの最も大きなかなりの量を再結合しました。

モービルはニューヨークのスタンダードオイルであり、エクソンはニュージャージのスタンダードオイルでした。

(11)(12) 世界の製薬業は、ライティングの時の全体の市場価値が10億ドル(米国)について1兆1000億ドルの.(13)ランクより大きかった(米国)10の会社によって支配されます:

ファイザー・ドル244

ジョンソンとジョンソン・ドル161

メルク・ドル124

グラクソ・スミスクライン・ドル119

ノバルティス ドル113

アムジェン・ドル83

ロッシュ・ドル72

アストラゼネカ・ドル70

イーライ・リリー・ドル67

ワイエス・ドル58

1985年に、年までに米国に50のかなりのメディア複合企業がありました。

2000年、6がありました:

AOLタイム・ワーナー、ウォルト・ディズニー・カンパニー、ベルテルスマンA. G、Viacom、Newscorporation、およびVivendiユニバーサル。

VivendiユニバーサルはVivendi環境、水複合企業の親会社です。

ヨーロッパでの最近法律の判決ははっきりと、発生するより多くの大西洋横断合併があることを示します。

ロンドン・フィナンシャル・タイムズは7月21日3日に報告しました:

通信ビルの法律の中への通過は、…、国際標準、所有権の上の極めて自由主義者による、最も大きなものが、法案がある米国メディア複合企業…である非ヨーロッパの興味によるITVまたはチャンネル5への投資におけるバーの上がりを与えられたけれどもコンテンツ統制がOfcom、ニューメディアレギュレーターによって適用されるように高く構造化されたUKメディアの歴史における荒天の章を閉じます。

(14)

これは合併&買収に有利な欧州司法裁判所判決に続いていました。

2002年6月4日に、BBCはそれを報告しました それのヨーロッパ法廷

公正(ECJ)は、民営化された会社の外国人の所有の上のいくつかのヨーロッパの各国政府による制限が違法であると判決しました。

決定は、より多くの国境を越える乗っ取りと合併を可能にして、政府が国益グラウンドの上の前の国有の会社の中で海外投資を妨げることをより難しくします。

決定は、また、会社が国境を越える合併&買収をスタートすることをより容易にすることに向けられたE.U.乗っ取り法の計画されたオーバーホールを押し上げました。

改革は、2005年の.(15)によって投資サービスのために欧州単一市場を作成するE.U.計画の重要な要素です。

2.3 誰が株を所有していますか?

ロンドン・フィナンシャル・タイムズの最近の記事は、なぜ、trillionaireバンキングエリートの富の正確な見積りを得ることが不可能であるかを示します。

ロスチャイルド連続所有財産の中でイーブリン・ロスチャイルドの賭け金の販売を議論して、それは述べます:

..[これ]は、価値が一度も大衆相場の中でテストされたことがない私的に保持された財産の評価に関する協定を必要としています。

これらの財産のほとんどは世界中で税金が効率的な構造の複雑なネットワークの中で保持されます。

(16) エリザベス女王IIの持ち株はイングランド銀行指名された人アカウントの後ろで隠されています。

2002年5月に報告されたガーディアン紙

... 彼女の私有財産の評価における野生のバリエーションの理由は彼女のシェア投資のポートフォリオの上で秘密にピン留めされることができます。

彼女の主題が方法を全然持っていないので、これは、それの公的なレジスターを通って知っていることです

18 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.comによって、彼女が、それらの国家元首として、彼女のお金を投資することに決める所で興味をもちます。

民衆と今君主のメンバーと違って、女王は、毎年、彼女の興味と結果としての、彼女の主題が彼女に質問し、利害の潜在的な不一致を知ることができないのを宣言する必要がありません…

実のところ、彼女の投資が秘密であり続けると保証するために、女王は特別なメカニズムを持ってさえいます - イングランド銀行指名された人と呼ばれる証券信託会社。

シェアを買う時に匿名を彼らに与えることはすべての世界の現在の国家元首に数十年の間入手可能でした。

従って、会社が株主名簿を出版し、イングランド銀行指名された人がリストされる時に、女王、ブッシュ大統領、またはサダム・フセインさえ真実の株主であるかどうかを計測することは可能でありません。

(17)

この方法によって、フォーブス誌がビル・ゲイツとウォレンのような下の上位の億万長者を提出する間、宇宙のtrillionaireマスタは隠れています。

世界の最も金持ちとしてのBuffett。

退去した経営コンサルタントゲイロンロスSr〈グローバルエリートの紳士録の作者〉は、私的なソースから先端をつけられて、1998年のロックフェラーファミリーの結合された富は、おおよそ(米国)11兆ドルとRothschilds(米国)$100 trillion.(18)でした

「たとえ、インサイダーのエリートの隠し財産に関する知識の何かが記事の中にどのように含まれても、ドルとアメリカは8月19日に失敗に終わるでしょうか?」(ロシア新聞、プラウダ(19)の2001年7月12日号の1ページに.)。

新聞はTatyana Koryagina(米国経済の運命についての最近の会議の主題についての経済発展(Minekonom)のロシア省に従属させられているマクロ経済的研究の研究所のシニアのリサーチフェロー)にインタビューしました:

Koryagina:

文明の既知の歴史は氷山の単に可視の部分です。

闇経済、影の政治、およびconspirologistsに知られている影の履歴もあります。

国と大陸さえのために[最も強力です]止められない世界に力演技があります[非可視です]。

プラウダ:

まさにこれらの力は、8月19日にアメリカを打ち壊すつもりです?

Koryagina:

国際的な「超大国」と「スーパー政府」グループがあります。

伝統に従って、神秘主義的で、宗教のコンポーネントは人の歴史について極めて重要な役割を果たします。

現在の金融情勢の開発を予測する間に、人は闇経済、影の政治、および宗教のコンポーネントを考慮しなければなりません。

プラウダ:

それでも、私は、何が、予算が数兆ドルにおいて計算されているこの巨大な国[米国]にされることができたかを理解していません。

Koryagina:

負債総額が26兆ドルに達したU.S...への何でもすることは可能です。

一般に、西洋の経済は現在沸点にあります。

300兆ドルの影の金融活動は惑星に漂っています。

今にも、それらはどのような証券取引所ででも落ちて、パニックと衝突を起こすことができました。

ロシアに触れた東南アジアの最近の危機はリハーサルでした。

これは驚くべき新発見です:

富の300兆ドルは世界の最も豊かな家族の不特定の徒党によってひそかにコントロールされます。

ヘリコプターがWaddedson荘園(バッキンガムシャー、イギリスの彼らの祖先の家)の芝生の上で着陸した時に、ロスチャイルド家のパワーは2002年9月24日に証明されていました。

ヘリコプターから、ウォレンビュッフェ,--世界の2番目への最も金持ちとして宣伝されます--とアーノルド・シュワルツェネッガー(カリフォルニアの知事の地位への候補)が大またで歩きました。

彼らは、それによって肩をみがくために来ます

19 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.comジェームズWolfensohn、世界銀行の社長、およびニッキー・オッペンハイマー(ジェイコブ・ロスチャイルドによって主催された2日間の会議のDe Beersの会長)。

アーノルドは1年後、続けて惑星の上の最も大きな経済の1つの知事の地位を確保しました。

彼がRothschildsのイギリス国荘園の支配階級に加入したという事実はカルテルの国際的な性質とその重心の位置のより多くの証拠です。

(20)

2.4 誰がメディアを所有していますか?

1日の間、主流メディアが断片を組み立てて、すべての真実に‘話の後ろの話’と言ったならば、新世界秩序は重大なトラブルにあるでしょう。

プレスから一定のニュースを編集することはちょうどたぶんもっとそう宣伝を入れるのと同じくらい重要でした。

この日にそうし続ける以前のソビエト連邦と共産主義の中国で特に社会主義の独裁権において犯された残虐行為について、西部人は比較的小さなニュース番組を聞きます。

彼らが一般大衆に夕方ニュースにおいて聞こえてほしい最後の物は、事実 that それ 私達 お金 これらの政権を浮遊中にしておいたこと、または見つけ出す 誰 助けられる パワーへのそれら です。

1917年に、オスカー・カラウェー下院議員はそれを議会に教えて、1915年に、最も重要なものの方針をコントロールすることによって、JPモーガンの利益とそれらの補助的な組織は米国で25個の最も重要な新聞の社説を購入し、彼らは、メディア全体の総合政策をコントロールすることができました。

Rockefellersがモーガン帝国の上で取ったFirst World War.(21)を入力するために世論を変えるために、彼らはこのパワーを使い、1950年代に、彼らは彼らの調剤の会社の取締役とAP通信のディレクターとして任命されたニューヨーク・タイムズ、アーサー・ヘイズ・サルズバーガーの出版社の1人を持っていました。

彼らはまた、彼の家族が巨大な金銭的利益を持っていた医学の問題について、雑誌時間、ライフ、フォーチュン、およびNewsweek.(22)ローレンス・ロックフェラーを設定している傾向が特にリーダーズ・ダイジェスト(正統の考察のバロメータ)のディレクターであったと認めていました。

(23) メディア王のフォーブス誌の最近の経歴’の、コンラッド・ブラックは読みました:

Ravelston社、未公開の会社の67%の所有権はホリンガー社、不動産を持つ公然と売買されたカナダ持株会社、および他の投資で彼に78%の賭け金のコントロールを与えます。

ホリンガーは、次々32%ofを所有しています 彼の公平、および73% ホリンガー国際、新聞を所有しているニューヨーク株式取引所メディア会社の投票コントロール 。

このチェーンの中にまた、借金資金調達のたくさんの一服があります。

従って、ブラックは現金保管用引き出しの中の彼自身の持分貨幣のほんの1300万ドルによってメディア財産において20億ドルをコントロールします。

財産は印象的です:

ブラックの129個の新聞はシカゴ・サン・タイムズ(米国で5番目に最も大きな紙)を含みます;

110,000の発行部数を持つイェルサレム・ポスト;

そして、U.K...Directorsにおける片面刷り大判紙全国紙のための市場の40%にヘンリー・キッシンジャーのような啓蒙主義者を含ませるロンドン・デイリー・テレグラフ;

前のイリノイの知事ジェームズR.トンプソン;

ヘンリーKravis財政家の妻、マリー・ジョゼKravis;

ドイツの前大使、リチャード・バート;

「そしてリチャード・パール(防衛政策協議会の論争のメンバー)」。

(24)

彼らの富がそれぞれランク付けされた45と54であっても、フォーブスはパワーと影響で世界で数3と4の2人のメディア億万長者、シルビオ・ベルルスコーニ、およびルパート・マードックをランク付けします。

イタリアの総理大臣は、警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com影響を、Fininvest(Mediaset、イタリアの最も大きなテレビ放送網の49%を所有している彼の投資会社)に彼の20の多く負っています。

彼はまたバンキング、保険への興味を持っていて、出版.(25)マードックのメディア帝国はNewsCorporationとその英国の補助的なニュースインターナショナル、ブリティッシュ・スカイ・ブロードキャスティング・グループ、空のグローバルなネットワーク社、およびフォックスエンターテインメントグループを含みます。

T.V.ネットワークと新聞のほかに、このグループはまた、出版社HarperCollins.(26)(27)2姉妹アンとバーバラが、17個の日刊紙(含む旗艦アトランタ・ジャーナル・コンスティチューション)、15のテレビ局、78の無線局、およびケーブルシステム(650万人のユーザー)をコントロールする自身のコックス企業の98%というコックスを務めると認めています。

それらの個人的な富が、110億ドルeach.(28)であると見積もられる 現在CBS、無限放送、パラマウント、5セント映画館、MTV、および大ヒット作を所有している Viacomの投票株のうちの2/3は、個人的な富が(29) $9.7 billion.Viacomと見積もられているサムナーレッドストーンによりコントロールされます。

1980年に、テッド・ターナーはアメリカの最初の24時間のケーブル通信社、CNNをスタートしました。

Turner Broadcastingシステムは1996年であるがターナーの残りの中のタイム・ワーナーによってタイム・ワーナーの最も大きい個々の株主(2003年6月のわずか1%)を買われて、ロスチャイルドが2004年12月にフランス左翼の新聞、解放中で企業支配権を買ったデイリー・テレグラフ(31)とエドゥアールdeの取締役会の上で.(30)イーブリンdeロスチャイルド卿が、かつて座らせたその取締役会に位置しています。

(32)

1999年7月から2002年3月まで、カーライルグループ(180億ドルのプライベート・エクイティ会社)はフランスの毎日のフィガロで40%の賭け金を保持しました。

カーライルグループ投資者はフランク・カールッチ、CIAの前の米国の国防長官、および副ディレクターを含みました;

ビンラディン家;

そして前の国家元首、ジョージ・ブッシュSr.とジョン・メージャー。

2004年3月に、フィガロはセルジュダッソー、ダッソー飛行の頭により購入されて 主要な軍隊contractor.(33) しかし 、所有権、指導者職 、検閲はメディアマニピュレーションの全体の物語ではありません。

プレスに出るものの多くはジャーナリストと彼らのソースの教育によって形成されます。

‘心理作戦’の根は学校、大学、慈善活動、シンクタンク、および方針大学にあります - 次の章の主題。

2章の終わり注

1. スタンレー・モンティス博士(暗闇、炉石出版、2000年、ページ15の兄弟関係)

2.G. エドワード・グリフィン、癌のない世界:

ビタミンB17、アメリカメディア、再版1997年、ページ183の話

3. マニングP、マルティン・ボルマン:

追放におけるナチス。

セコーカス、NJ:

ライル・スチュアート、1981年、ページ29、56、69、116-17;

134-35.はhttp://www.lightstreamers.com/horowitz/Solving_The_Anthrax.html
でレナード・ホロヴィッツ博士による記事を見ます。

4.G. エドワード・グリフィン、op cit.、ページ236

5.G. エドワード・グリフィン、ジキル島からの生き物、アメリカメディア、4番目の版、2002年、ページ482、およびアントニーC.サットン、ウォール街、およびヒトラー、CSG、および仲間、1976のページ164の上昇

6. グリフィン(癌、ページ187-189のない世界)

7. 調査ジャーナリスト(ICIJ)(水男爵、リポート)の国際的なコンソーシアム

21 公的な完全性、2003年のためのセンターのための警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com。

http://www.icij.org/water/default.aspx
を見てください。

8. マースデン、コレラ、および水男爵(公的な完全性、2003年のためのセンター)の時代に請求してください。

http://www.icij.org/water/report.aspx
?sid=ch&rid=44&aid=44を見てください。

9. 小売り合併と標準化におけるウォールマート、InfosysテクノロジーLtd.のインパクト

http://www.infosys.com/knowledge_capital/
考え書類/WalMart_Impact_on_Retail-Consolidation.pdfを見てください。

10. 何がスーパーマーケットにおいて具合が悪いですか?

CorporateWatch.

http://www.corporatewatch.org.uk/pages/whats_wrong_suprmkts.htm
を見てください。

11. ジェームズA.ポール、イラク:

2002年8月(2002年12月を改訂しました)オイルの、グローバルな方針フォーラムへの苦闘。

http://www.globalpolicy.org/security/oil/2002/08jim.htm#4
を見てください。

12. ジョブズは新しいオイル巨像、BBCニュース、ロンドン、1998年12月1日を切り降ろしました。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/the_company_file/222402.stm
を見てください。

13. 2003年11月の2003のグローバルなスコアボード、BusinessWeekオンライン。

http://bwnt.businessweek.com/global_1000/2003/index.asp
を見ます?

sortCol=ind_code&sortOrder=ASC&pageNum=19&resultNum=25&country=

14. テレビの米国、グローバルな方針フォーラム。

http://www.globalpolicy.org/socecon/tncs/mergers/0721tv.htm
を見てください。

15. EU法廷は外国合併、グローバルな方針フォーラムを押し上げます。

http://www.globalpolicy.org/socecon/tncs/mergers/eucourtmerger.htm
を見てください。

16. フランスロスチャイルドは、2003年2月10日ロンドン、チャールズPretzlik築堤エディタ、フィナンシャル・タイムズ、ロンドン中で舵輪を取る用意ができています。

17. 馬、切手、車 - および見えないポートフォリオ、ガーディアン、ロンドン、5月30日

2002年. 見てください。

http://www.guardian.co.uk/jubilee/story/0
、11550、724327、00.html

18. ロバート・ゲイロン・ロスSr。

http://www.4rie.com/index.html
#アンカー51540を見てください。

19. アレクサンドルNemets博士、エキスパート:

ロシアは事前に知っていて、外ドル、Newsmax.com、2001年9月17日を現金化するように市民に勧めていました。

http://www.newsmax.com/archives/articles/2001/9/16/103951.shtml
を見てください。

20. アーノルドとBuffettのロードされたゾウは銃猟します?

Buffettはターミネーター!、ロイターによって引き返しています。

2002年9月24日。

http://www.infowars.com/print/nwo/schwartz_roths.htm
でコピーを見てください。

21. モンティス、op cit.、ページ31

22. ハンス・リューシュ、薬話。

http://www.tetrahedron.org/articles/
を見てください。

new_world_order/Rockefeller_Drug_Censor_Empire.html

23. レナードG.ホロヴィッツ博士、空中の死、グループを出版している四面体、2001のページ364。

http://www.tetrahedron.org/index.html
を見てください。

24. ロバート・レンツナー、押された新聞王、フォーブス誌、2003年5月26日。

22 警察国家、道路地図(2005年、版3月)www.policestateplanning.com

ダブルスタンダード

Target Iran: US able to strike in the spring




Despite denials, Pentagon plans for possible attack on nuclear sites are well advanced


Ewen MacAskill in Washington


Saturday February 10, 2007

The Guardian

目標イラン:春に打つことができる米国

否定にもかかわらず、核施設への可能な攻撃についての国防総省プランは上手く進行しています。


2007年2月10日土曜日

ガーディアン

F18 Hornet jet


US preparations for an air strike against Iran are at an advanced stage, in spite of repeated public denials by the Bush administration, according to informed sources in Washington.

The present military build-up in the Gulf would allow the US to mount an attack by the spring. But the sources said that if there was an attack, it was more likely next year, just before Mr Bush leaves office.


Neo-conservatives, particularly at the Washington-based American Enterprise Institute, are urging Mr Bush to open a new front against Iran. So too is the vice-president, Dick Cheney. The state department and the Pentagon are opposed, as are Democratic congressmen and the overwhelming majority of Republicans. The sources said Mr Bush had not yet made a decision. The Bush administration insists the military build-up is not offensive but aimed at containing Iran and forcing it to make diplomatic concessions. The aim is to persuade Tehran to curb its suspect nuclear weapons programme and abandon ambitions for regional expansion.






Robert Gates, the new US defence secretary, said yesterday: "I don't know how many times the president, secretary [of state Condoleezza] Rice and I have had to repeat that we have no intention of attacking Iran."

But Vincent Cannistraro, a Washington-based intelligence analyst, shared the sources' assessment that Pentagon planning was well under way. "Planning is going on, in spite of public disavowals by Gates. Targets have been selected. For a bombing campaign against nuclear sites, it is quite advanced. The military assets to carry this out are being put in place."


He added: "We are planning for war. It is incredibly dangerous."


Deployment


Mr Cannistraro, who worked for the CIA and the National Security Council, stressed that no decision had been made.


Last month Mr Bush ordered a second battle group led by the aircraft carrier USS John Stennis to the Gulf in support of the USS Eisenhower. The USS Stennis is due to arrive within the next 10 days. Extra US Patriot missiles have been sent to the region, as well as more minesweepers, in anticipation of Iranian retaliatory action.


In another sign that preparations are under way, Mr Bush has ordered oil reserves to be stockpiled.


The danger is that the build-up could spark an accidental war. Iranian officials said on Thursday that they had tested missiles capable of hitting warships in the Gulf.


Colonel Sam Gardiner, a former air force officer who has carried out war games with Iran as the target, supported the view that planning for an air strike was under way: "Gates said there is no planning for war. We know this is not true. He possibly meant there is no plan for an immediate strike. It was sloppy wording.


"All the moves being made over the last few weeks are consistent with what you would do if you were going to do an air strike. We have to throw away the notion the US could not do it because it is too tied up in Iraq. It is an air operation."


One of the main driving forces behind war, apart from the vice-president's office, is the AEI, headquarters of the neo-conservatives. A member of the AEI coined the slogan "axis of evil" that originally lumped Iran in with Iraq and North Korea. Its influence on the White House appeared to be in decline last year amid endless bad news from Iraq, for which it had been a cheerleader. But in the face of opposition from Congress, the Pentagon and state department, Mr Bush opted last month for an AEI plan to send more troops to Iraq. Will he support calls from within the AEI for a strike on Iran?


Josh Muravchik, a Middle East specialist at the AEI, is among its most vocal supporters of such a strike.


"I do not think anyone in the US is talking about invasion. We have been chastened by the experience of Iraq, even a hawk like myself." But an air strike was another matter. The danger of Iran having a nuclear weapon "is not just that it might use it out of the blue but as a shield to do all sorts of mischief. I do not believe there will be any way to stop this happening other than physical force."


Mr Bush is part of the American generation that refuses to forgive Iran for the 1979-81 hostage crisis. He leaves office in January 2009 and has said repeatedly that he does not want a legacy in which Iran has achieved superpower status in the region and come close to acquiring a nuclear weapon capability. The logic of this is that if diplomatic efforts fail to persuade Iran to stop uranium enrichment then the only alternative left is to turn to the military.


Mr Muravchik is intent on holding Mr Bush to his word: "The Bush administration have said they would not allow Iran nuclear weapons. That is either bullshit or they mean it as a clear code: we will do it if we have to. I would rather believe it is not hot air."


Other neo-cons elsewhere in Washington are opposed to an air strike but advocate a different form of military action, supporting Iranian armed groups, in particular the Mujahideen-e Khalq (MEK), even though the state department has branded it a terrorist organisation.


Raymond Tanter, founder of the Iran Policy Committee, which includes former officials from the White House, state department and intelligence services, is a leading advocate of support for the MEK. If it comes to an air strike, he favours bunker-busting bombs. "I believe the only way to get at the deeply buried sites at Natanz and Arak is probably to use bunker-buster bombs, some of which are nuclear tipped. I do not believe the US would do that but it has sold them to Israel."


Opposition support


Another neo-conservative, Meyrav Wurmser, director of the centre for Middle East policy at the Hudson Institute, also favours supporting Iranian opposition groups. She is disappointed with the response of the Bush administration so far to Iran and said that if the aim of US policy after 9/11 was to make the Middle East safer for the US, it was not working because the administration had stopped at Iraq. "There is not enough political will for a strike. There seems to be various notions of what the policy should be."


In spite of the president's veto on negotiation with Tehran, the state department has been involved since 2003 in back-channel approaches and meetings involving Iranian officials and members of the Bush administration or individuals close to it. But when last year the Iranian president, Mahmoud Ahmadinejad, sent a letter as an overture, the state department dismissed it within hours of its arrival.


Support for negotiations comes from centrist and liberal thinktanks. Afshin Molavi, a fellow of the New America Foundation, said: "To argue diplomacy has not worked is false because it has not been tried. Post-90s and through to today, when Iran has been ready to dance, the US refused, and when the US has been ready to dance, Iran has refused. We are at a stage where Iran is ready to walk across the dance floor and the US is looking away."


He is worried about "a miscalculation that leads to an accidental war".


The catalyst could be Iraq. The Pentagon said yesterday that it had evidence - serial numbers of projectiles as well as explosives - of Iraqi militants' weapons that had come from Iran. In a further sign of the increased tension, Iran's main nuclear negotiator, Ali Larijani, cancelled a visit to Munich for what would have been the first formal meeting with his western counterparts since last year.


If it does come to war, Mr Muravchik said Iran would retaliate, but that on balance it would be worth it to stop a country that he said had "Death to America" as its official slogan.


"We have to gird our loins and prepare to absorb the counter-shock," he said.


War of words


"If Iran escalates its military action in Iraq to the detriment of our troops and/or innocent Iraqi people, we will respond firmly"

George Bush, in an interview with National Public Radio


"The Iranians clearly believe that we are tied down in Iraq, that they have the initiative, that they are in position to press us in many ways. They are doing nothing to be constructive in Iraq at this point"

Robert Gates


"I think it's been pretty well-known that Iran is fishing in troubled waters"

Dick Cheney


"It is absolutely parallel. They're using the same dance steps - demonise the bad guys, the pretext of diplomacy, keep out of negotiations, use proxies. It is Iraq redux"

Philip Giraldi, a former CIA counter- terrorism specialist, in Vanity Fair, on echoes of the run-up to the war in Iraq


"US policymakers and analysts know that the Iranian nation would not let an invasion go without a response. Enemies of the Islamic system fabricated various rumours about death and health to demoralise the Iranian nation, but they did not know that they are not dealing with only one person in Iran. They are facing a nation"

Iranian supreme leader Ayatollah Ali Khamenei







ワシントンの消息筋によるとイランに対する空襲への米国準備はブッシュ政権による再三の公的な否定にもかかわらず高度な段階にあります。

湾の現在の軍隊の強化は、米国が春までに攻撃を仕掛けることを可能にするでしょう。

しかし、関係筋は、攻撃があったならば、ブッシュさんがオフィスを去るすぐ前に、それが来年よりありそうであると言いました。

ネオ保守主義者は、特にワシントンが本拠地のアメリカ企業研究所で、イランに対して新たな地平を切り開くことをブッシュさんに勧めています。

また、副大統領、ディック・チェイニーもそうです。

民主党の下院議員と共和党の圧倒的多数がそうであるように、省と国防総省は反対されます。

関係筋は、ブッシュさんがまだ決定をしていなかったと言いました。

ブッシュ政権は、軍隊の強化が攻撃用でないのを強く主張するけれども、イランを含み、外交の譲歩をすることをそれに強制することをめざしていました。

目的は、テヘランを説得してその疑わしい核兵器プログラムを抑制し、地域開発のために野心をやめさせることです。

記事は続いています。

--------------------------------------------


ロバート・ゲイツ、新しい米国国防長官は昨日言いました:

「私は、何回大統領、[国のコンドリーザ・ライスの秘書]、および私が、私達が、イランを攻撃するつもりは全然ないことを繰り返す必要があったかを知りません」。

しかし、ビンセントCannistraro、ワシントンが本拠地の諜報分析者は、国防総省計画が進行中によくあったソースのアセスメントを共有しました。

「計画を立てることはゲイツによる公的な否定にもかかわらず続いています」。

目標は選ばれています。

核施設に対する爆撃にとって、それはまったく高度です。

「これを実行する軍隊の財産は実施されています」。

彼は追加しました:

「私達は戦争の計画を立てています」。

「それは信じられないほど危険です」。

展開

CIAと国家安全保障会議のために働いたCannistraroさんは、どの決定もされなかったと強調しました。

先月ブッシュさんはUSSアイゼンハワーのサポートにおける湾に航空母艦USSジョン・ステニスによって導かれた2番目の戦闘グループを注文しました。

USSステニスは、次の10日以内に到着する予定です。

特別な米国パトリオットミサイルはイラン報復の行動を予想してより多くの掃海艇と同様に地域に送られています。

準備が進行中であるという別の合図において、ブッシュさんは、石油埋蔵量が、備蓄されるように命令しました。

危険は、強化が偶発戦争を引き起こすことができたことです。

イラン役員は、彼らが、湾で軍艦に当たることが可能なミサイルをテストしたと木曜日に言いました。

サム・ガーディナー大佐(目標としてイランと戦争ゲームを実行した前の空軍将校)は、空襲の計画を立てることが進行中であったという見解を裏付けました:

「ゲイツは、戦争の計画を立てることが不可能であると言いました」。

私達は、これが真実でないと知っています。

彼はことによると、即時のストについての計画が全然ないのを意味していました。

言い表すことは泥んこでした。

「あなたが、空襲をしようとしていたならば、ここ数週間の間にされているすべての動きは、あなたがするであろうことと一致しています」。

私達は、それがイラクで縛られすぎるので、米国がそれをすることができなかったという理解を廃棄する必要があります。

「それは航空作戦です」。

副大統領のオフィス以外の戦争を支える主要な原動力の1つはAEI(ネオ保守主義者の本部)です。

AEIのメンバーは、元来、イラクと北朝鮮とインのイランを一まとめにしたスローガン「悪の軸」を作り出しました。

ホワイトハウスへのその影響はイラクから無限の凶報の中央で昨年、低下でであるようでした(それのために、それはチアリーダーでした)。

しかし、議会、国防総省、および省からの反対に直面して、ブッシュさんは、より多くの軍をイラクに派遣するAEI計画を先月選択しました。

彼はイランのストのためのAEIの中からの要求をサポートするでしょうか?

ジョシュ・ムラブチック(AEIの中東の専門家)はそのようなストのその最も積極的に発言するサポーターの中に数えられています。

「私は、米国の誰でも侵略について話していると思いません」。

「私達はイラク、自身のようなタカさえの経験によって罰せられています」。

しかし、空襲は別の問題でした。

「それが、すべての種類の害をするために青からであるがシールドとしてそれを使うかもしれないという」核兵器を持っているイランの危険は「正しくありません」。

「私は、物理的力以外のこの事件を止めるどのような方法でもあるであろうと信じません」。

ブッシュさんは、1979年-81年の人質事件のためにイランを許すことを断るアメリカ世代の一部です。

彼は2009年1月にオフィスを去り、彼が、イランが、地域で超大国ステータスを達成し、核兵器機能を取得することに近づいた遺産を望んでいないと繰り返し言いました。

これのロジックは、外交の努力が、イランを説得してウラニウムの濃縮を止めさせることに失敗するならば、唯一の代わりの左が、軍隊に向かうことになっていることです。

ムラブチックさんは、彼の言葉にブッシュさんを押さえることに集中しています:

「ブッシュ政権は、彼らが核兵器をイランに与えないであろうと伝えていました」。

それはだまされるか、彼らはクリアなコードとしてそれを意図しています:

私達がそうする必要があるならば、私達はそれをします。

「私は、それが熱気ではないと信じるほうがよいでしょう」。

ワシントンの他の場所の他の新保守主義は空襲と対立するけれども、省がテロリスト組織としてそれに烙印を押しても、イランの武装したグループ(特にイスラム戦士e Khalq(MEK))をサポートして、軍事行動の違うフォームを主張します。

レイモンドTanter(イラン政策委員会(それはホワイトハウス、省、および情報機関からの前の役員を含みます)の創立者)はMEKへの支持の主要な支持者です。

それが空襲に来るならば、彼はバンカー破裂爆弾に賛成しています。

「私は、Natanzとアラックで深く埋められたサイトに近づく唯一の方法がたぶん、バンカーバスター爆弾を使うことであると信じます(それのいくつかが先端をつけられた核兵器です)」。

「私は、米国がそれをするであろうと信じないけれども、それはそれらをイスラエルに売りました」。

反対サポート

別のものが新保守主義に、Meyrav Wurmser(ハドソン研究所の中東方針のためのセンターのディレクター)はまた、イラン反対グループをサポートするのを好んでいます。

彼女はイランにこれまでブッシュ政権の反応にがっかりし、9/11後の米国方針の目的が、中東を米国により安全にすることであったならば、政権がイラクに停止したので、それがうまく働いていないと言いました。

「ストのための十分な政治的な意志がありません」。

「方針があるべきであるものの様々な観念があるように思われます」。

テヘランとの交渉における大統領の拒否権にもかかわらず、省はイラン役員とブッシュ政権のメンバーまたはそれに近い個人に関係している裏ルートアプローチとミーティングにおいて2003年以来ずっと関係しています。

しかし、昨年、イラン大統領、マハムード・アハマディネジャドが申し入れとして手紙を送った時に、省はその到着の数時間以内にそれを退けました。

交渉への支持は中道派の、そして寛大な頭脳集団から来ます。

Afshin Molavi(新しいアメリカ財団の人)は言いました:

「それが試されなかったので、外交がうまくいかなかったと主張することは間違いです」。

ポスト90年代とイランが、米国を断り、米国が、踊る用意ができていた時に、踊る用意ができていて、イランが断った時に今日に通っています。

「私達は、イランが、ダンスフロアを横切って歩く用意ができていて、米国が目をそらしている段階にいます」。

彼は、「偶発戦争をもたらしている計算違い」について心配します。

触媒はイラクであるかもしれません。

国防総省は、それが、イランから来たイラクの武装勢力の武器の証拠--爆発物と同様に発射体の一連番号--を持っていると昨日言いました。

高まった緊張のさらなる合図において、昨年以来ずっと彼の西の対応するものとの最初のフォーマルなミーティングであるであろうもののために、イランの主要な核の交渉者、アリLarijaniはミュンヘンへの訪問をキャンセルしました。

それが戦争に来るならば、ムラブチックさんは、イランが報復するであろうけれどもバランスの上で、彼が、その公式なスローガンとして「アメリカへの死」を持っていると言った国を止めることがそれだけの価値があるであろうと言いました。

「私達は、私達の身を引き締める必要があり、カウンターショックを吸収することを準備します」と彼は言いました。

論争

ナショナル・パブリック・ラジオとのインタビューにおいて、「イランが、我々の軍、および/または無実のイラクの人々の損害にイラクでその軍事行動をエスカレートさせるならば、私達は堅く反応します」ジョージ・ブッシュ。

「イラン人ははっきりと、私達がイラクで縛りつけられて、彼らがイニシアチブを持っていて、彼らが、多くの点で私達を押す立場にあると信じます」。

「彼らは、この時点でイラクで建設的なために何もしていません」ロバート・ゲイツ

「私は、イランが問題の多い水域で釣っていることがかなり有名であったと思います」ディック・チェイニー。

「それは完全に平行しています」。

彼らは同じダンスステップを使っています - 悪者、外交の口実を悪魔化し、交渉に入らないでいて、プロキシを使ってください。

「それはイラクリダックスです」フィリップ・ジラルディ(バニティ・フェアに、イラクの戦争への準備段階のエコーの上の前のCIAカウンターテロ専門家)

「米国政策立案者とアナリストは、イラン国家が侵略を反応なしで行かせないであろうと知っています」。

イラン国家の士気をくじくために、イスラムシステムの敵は死と健康についての様々な噂を偽造したけれども、彼らは、彼らがイランのほんの1人の人とやりとりしていないと知りませんでした。

「それらは国民に向かっています」イラン人最高指導者Ayatollahアリ・ハメネイ

日本人が知らない 恐るべき真実

日本人が知らない 恐るべき真実
 


■? 禿鷹は殺して食べる

ブログ を休んでいる間にもいろいろと事件が起きました。


既に古いネタ になってしまいましたが、見過ごしてはおけないものを、数回連続で取り上げたいと思います。


今さらという感じはしますが、大事なことなので。


まずは、不二家 による一連の不祥事 発覚について。


こう言っては何ですが、あの程度のことは食品業界では日常茶飯事のはずです。


(私たちは日常もっと危険なものを食べさせられています。この件については次回に書きます。)


マスコミ があれほど騒ぎ立てるような事ではないでしょう。


「どうもおかしいな?」と思っていたら、裏でロスチャイルド 系の投資銀行 、ゴールドマン・サックス が暗躍していたようです。


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」 の2/12号から引用 します。


<前小泉政権 からのお約束 >


前小泉政権 のときからそうだが、どちらかというと小さな問題をとりあげて、その会社を傾くようにもっていき、結末は、ゴールドマンサックス などのユダヤ 系会社が、金儲けをするようになる。


西武鉄道 のときもそうだったし、ダイエー もそうである。


不二家 もそうだし、アイフル もそうなるだろう。


すべて背後に、わなにひっかけている小泉政権 の幹部がいたのである。


<証券取引委員会は森派 の影響下にあるため調べないだろう>


ゴールドマンサックス によるインサイダー取引 については、おそらく証券取引委員会は調べないだろう。


証券取引委員会は、さんざん、植草 氏からりそな銀行 のインサイダー取引 を調べよといわれながらも、頑として調べなかった。


するとそのうち、植草 氏は痴漢 冤罪 事件に巻き込まれて口封じをされることとなった。


<有価証券 報告書で検証する>


EDINET (Electronic Disclosure for Investors' NETwork エレクトロ ニック デイスク ロージャー フォー インベスターズ ネットワーク  つまり電子 的な情報公開 制度であり、それは、投資家 のためのものであるという意味)というものを見てみよう。


ヤフー の検索でEDINET と入力。


https://info.edinet.go.jp/EdiHtml/main.htm
 


1 有価証券 報告書等の閲覧をクリック


2 メニューから提出者検索で五十音検索をクリック


3 提出者種別は内国 会社を選ぶ(不二家 を知りたいため)


 すると右側に50音検索の表が出てくるが、


4 その一番下に提出者名/ファンド 名/共同買付者名という入力欄が出てくる。


5 ここに不二家 といれて検索ボタンを押す。


 すると


50音検索結果として提出者リスト 不二家


と出てくるので、この「不二家 」の文字にクリック してみると不二家 に飛ぶ。


【EDINET コード】 184007


【正式名称】   株式会社 不二家


【英訳名】  Fujiya Co.,Ltd


発行者の提出書類および関連書類


  発行者以外の提出書類および関連書類


そこは、発行者(不二家 )の提出書類および関連書類が表示されているが、その横にある発行者以外の提出書類および関連書類の○をクリック すると閲覧したい資料が出てくる。


すると2007年提出書類としてゴールドマンサックス 提出の書類が出てくる。


<ゴールドマンサックス 証券とイギリス のゴールドマンサックス と米国 のゴールドマンサックス の3兄弟>


これをみると、ゴールドマンサックス 証券会社 (日本 )とゴールドマンサックス インターナショナル (イギリス )とゴールドマンサックス CO(ニューヨーク )の三社で行っていることがわかる。


<保有目的は、空売り のため>


きちんと保有目的は、ゴールドマンサックス は、証券業務 の一部としての借り入れ株券にかかるトレーデイン グと書いてある。


株券を322万1千株を保有して、それは不二家 すべての発行済み株式数の2.55パーセントである。


<空売り として借りたと明示>


そして当該株券等に関する担保契約など重要な契約のところに


「株券の消費貸借により321万6千株の借り入れとある。」


<空売り のためとわかる消費貸借とはなにか>


ちなみに消費貸借とは、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%B2%B8%E5%80%9F
 


消費貸借(しょうひたいしゃく,英 loan 、独 Darlehen 、仏 emprunt)とは、民法 学の用語であり、金銭や米の貸し借りのように、借りた物それ自体は借主が消費し、後日これと同種の物を貸主に返還するという契約をいう。


日本 では、当事者 の一方(借主)が種類、品等及び数量が同じ物をもって返還をなすことを約して相手方(貸主)より金銭その他の物を受け取ることによって成立する契約と定義されている(民法 587条)。


<空売り とは>


つまり、株券を「借りて」空売り をして「消費する」


しかし、6ヶ月以内にその株券を買い戻して貸主に返還しなければならない。


ということをいっているのである。


<ゴールドマンサックス 証券(日本 )は、321万株の空売り が目的>


つまり、ゴールドマンサックス は


321万6千株については、空売り のために他の株主 から一時的に借り入れた株券であり、それは消費(空売り )をして、そのあと、買い戻して、株券を貸してくれた人に返すという契約です


と言っているわけだ。


空売り のためだという意味である。


<ゴールドマンで、楽しいロンドン 、愉快なロンドン 、ロンドン 、ロンドン >


そしてロンドン のゴールドマンサックス インターナショナル は


保有目的を「証券業務 の一部としての借り入れ株券などにかかるトレーデイン グ」として296万8千株を保有している。


これは株券を借りているが、空売り などに関する取引をするためという意味である。


これは、全発行済み株式数の2.35パーセントである。


そして、当該株券等に関する担保契約等重要な契約として


「株券の消費貸借として289万7千株の借り入れをゴールドマンサックス 証券会社 等からしている」とある。


つまりロンドン のゴールドマンインターナショナル は、日本 のゴールドマンサックス 証券会社 等から289万7千株を、空売り のために、借りましたというわけだ。


そしてそれは空売り をして儲かったあとは、ゴールドマンサックス 証券に返還されることになる。(6ヶ月以内)


<ニューヨーク のゴールドマンサックス は>


そしてニューヨーク のゴールドマンサックス &COは


保有目的は「証券業務 の一部としての借り入れ株券などにかかるトレーデイン グ」(=空売り などに関するという意味)と書いており、


53万一千株を保有。


そして「株券の消費貸借により52万9千株の借り入れ」とある。


つまり空売り のために52万株を借りたというわけだ。


そしてこの3社あわせて672万株を保有して、それは全体の5.32%である。


おそろしい空売り の量である。


http://quote.yahoo.co.jp/q?s=2211&d=1y
 


ヤフー ファイナンス の株価 の動向を見ると


<230円から空売り がスタート。しかも不祥事 の公表前>


不二家 の不祥事 発表より前には230円程度だった時期から、大規模な空売り がスタートしており、急落していることがわかる。


出来高 もすごい。空売り がスタートしている時期に、4千万株も出来高 がある。


ゴールドマンサックス グループは、632万株である。


それのほぼ6倍~7倍の売りがあった。


<便乗して金儲けをしている政治家 筋の存在を疑え>


ということはこの情報を事前に入手して空売り で儲けをねらった、政治家 系のインサイダー 資金運用の存在を疑ったほうがいい。


香港 のファンド などを通じて資産 運用しているかもしれない。


しかも不二家 のメインバンク はりそな銀行 である。


そして、現在、199円である。


<ゴールドマンの金儲け>


ということは、ゴールドマンサックス は、もし632万株を売りに出していれば、


632万株×(230円―199円)=約1億9千万円


(諸手数料等は除く)


つまり不二家 のたった一日の消費期限 切れ問題を膨らますことで、


ゴールドマンサックス は約2億円近くも儲かっているのである。


<ゴールドマンに便乗して10億円も金儲けしている人たち>


そして、問題なのは、このゴールドマンサックス に便乗して空売り をしかけている、他の4千万株の出来高 の主である。


これらの人には、空売り で、


(4千万株―632万株)×(230円―199円)で


=10億4300万円も儲かっているのである。


つまり、ゴールドマングループはこの不二家 の取引で2億円近くを儲けて、それを事前に知っていて便乗している人たちが、10億円も儲かっていると推測される。


これほどインサイダー取引 だと透けて見えてくる取引なのも珍しい。





まぁ、ライブドア の時も見え見えでしたけどね。(^^;)


さすがはユダヤ 系投資銀行 。


「他民族の有する所有物はすべてユダヤ 民族に属すべきものである。ゆえになんらの遠慮なくこれをユダヤ 民族の手に収むること差し支えなし」


というタルムード の教えを見事に実行しています。


ちなみに、ゴールドマン・サックス は投資銀行 と言っても、現在は15%が投資銀行 業務からの収益で、68%はトレーディング業務(一般の株式売買や空売り など)で収益を上げているようです。


三井住友 も、この空売り で乗っ取られました。


2006年度のゴールドマン・サックス の売り上げ総額は370億6700万ドル(約4兆3802億円)で、純利益は93億4000万ドル(約1兆1037億780万円)だそうです。


社員の一人当たりの年収 は平均52万ドル(約6000万円)で、CEO を務めるロイド ・C・ブランクファイン (もちろんユダヤ人 )のボーナス 額は5000万ドル(約59億850万円)を超えるとのこと。


は~ぁ。ため息が出ますね。


普通に考えて、まともなことをしていたのでは、こんな利益をあげることは不可能でしょう。


それでも何故ゴールドマン・サックス は、「最強投資銀行 」と呼ばれ、のうのうと営業を続けられるのか。


それは、米国 政府 とゴールドマン・サックス の人脈をみれば察することができるのではないでしょうか?


たとえばレーガン 政権 時の国務副長官、ジョン・ホワイトヘッド 氏はゴールドマン・サックス の元共同会長。


クリントン 政権 時の財務長官、ロバート・ルービン 氏もゴールドマン・サックス の元共同会長。


現ブッシュ 政権 の大統領 補佐官(2002年 ~2005年 )、スティーブン・フリードマン 氏もゴールドマン・サックス の元共同会長。


首席補佐官、ジョシュ ア・ボルテン氏はゴールドマン・サックス の元エグゼクティブ ・ディレクター 。


財務長官、ヘンリー・ポールソン氏はゴールドマン・サックス 元会長兼CEO 。


また、国務副長官だったロバート ・ゼーリック氏、国家安全保障 補佐官だったファリア・シルザド氏の二人を、辞任後にゴールドマン・サックス は雇い入れています。


さらに、ニューヨーク 証券取引所 の最高経営責任者、ジョン・セインまでもゴールドマン・サックス の元社長。


これならもうインサイダー し放題ですね。(^^)


私たちがボケッとしている間に、日本 のトップ企業も、いつのまにか外資 に侵攻されています。


アジェンダ








?格差社会はいいことだ

2007-2・21号(2/14発売)


ひと握りの金持ちばかりが儲けるなんて許せない? しかし実は所得格差の拡大は経済成長を促し、中流を潤すメリットも生む。









太田龍氏の時事寸評から





「格差社会」の是非と言う現象論的論争を超越して、その先、その奥にひそむイルミナティのアジェンダは。
??







更新 平成19年02月15日23時00分



平成十九年(二〇〇七年)二月十五日(木)

(第一千九百五十八回)



○「ニューズウィーク日本版」二〇〇七年二月二十一日号、特集は、



○「格差社会はいいことだ」、



○と、ヌケヌケと、公然と、言ってのけた。



○「ニューズウィーク」誌は、イルミナティサタニスト世界権力

 の奥の院に直結した、マスコミである。



○「クーリエ・ジャポン」、二〇〇七年三月一日号(講談社、

 これは、フランス系のようだ)の特集は、



○世界に拡がる〝新・格差社会〟「中流(オレたち)」に明日はない!



○しかし、こうした記事は、

 断片的な現象を記述するに過ぎない。



○ジョン・コールマン博士は、

 「300人委員会」(KKベストセラーズ)、

 「ワンワールド」(雷韻出版、絶版)、

 「300人委員会 凶事の予兆」「バビロンの淫婦」(成甲書房)

 などによって、



○イルミナティサタニスト世界権力の奥の院たる三百人委員会

 が、実現しようとするニューワールドオーダーの青写真を刻

 明に曝露している。



○原田武夫著「仕掛け、破壊し、奪い去る、アメリカの論理」

 (ブックマン社)によれば、



○アメリカ(そしてその奥の院)は、日本を最終的には、

 何から何まで金融資本主義化され尽した社会、



○として作り変えるであろう、



○などと言う。



○この見方は、どうしようもなく甘い。



○「ファイナンス」の翻訳語としての「金融」と言う日本語に、

 問題があるだろう。



○しかし、それはここでは説明を省略する。



○「金融」が成立する前に、「貨幣」が登場していなければ

 ならない。



○「貨幣(マネー)」が問題である。



○「沈黙の兵器」は、何度も熟読しなければならない。



○「沈黙の兵器」は、(初代)ロスチャイルドの説を、

 基本テーゼとして居る。



○(初代)ロスチャイルドは、貨幣の魔術的、オカルト的、又は

 端的に言えば、詐欺的本質をテーゼとする。



○ロスチャイルド・トリビューナルの世界支配の五つの領域の中

 に、「オカルト/宗敎」部門があることを忘れてはならない。



○イルミナティの枠組に於ては、貨幣もまた「オカルト/宗敎」

 的に機能する、のである。



○そしてそのように定義されたものとしての貨幣について、

 その発行権の独占、を、イルミナティは追及する。



○彼らは、イングランド銀行、米FRBによって、英国、米国の

 通貨の発行権を独占した。



○彼らの次のアジェンダ(日程)は、



○ワンワールド=世界監獄国家=世界人間牧場の実現であり。



○その世界国家の中での単一世界通貨の発行権の完全独占である。



○このことは、

 コールマン著「300人委員会 凶事の予兆」の中で、



○キャシュレス(現金なし)社会、についての記述に詳しく

 説明されて居る。



○そこでは、現金(通貨)は廃止される。

 また厳重に禁止される。



○電子化されたカードの所有を、すべての人間(家畜人)は

 義務付けられる。



○その結果どう成るか。



○それはここでは説明しない。



○「ワンワールド」の実現。



○これは、秘密にされたアジェンダではない。



○この二百年、



○何千回となく、イルミナティサタニスト世界権力の工作員、

 エージェントなどによって、



○公言されて居る。



○しかし、イルミナティのドレイ、家畜人としての日本の白痴化

 された自称エリートインテリ権力者階級には、それが見えない

 のである。



 (了)



【参考文献】



○太田龍著、蒲原雄大翻訳

 「沈黙の兵器―静かなる第三次世界大戦の宣戦布告」

  付録『静かな戦争のための沈黙の兵器』



  データハウス刊、一九九五年十一月発行、定価千三百円、

  送料二百九十円(冊子小包)













株式日記と経済展望から・。

在日新聞社、在日テレビ局はなぜ意図的な捏造報道を繰り

返すのか? 従軍慰安婦問題誤報確定後も執拗に報道。




2007年2月15日 木曜日

TBSの報道番組の花形キャスターの正体

YouTube)それでもTBSを観ますか?Here There and Everywhere










柳沢厚労相の発言を不適切に編集=TBS「サンデー・ジャポン」 2月14日 時事通信




TBSは14日、今月11日放送の情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」で、衆院予算委員会での柳沢伯夫厚生労働相の発言を不適切に編集していたと発表した。

 番組では、同相の発言が野党の追及を受けた7日の質疑の模様を放送。結婚して子どもを2人以上持つことを「健全」とした厚労相の発言に関する民主党の小宮山洋子議員の質問の後に、女性を「産む機械」に例えた発言について厚労相が謝罪した答弁をつないで放送した。その結果、同相は「健全」発言については撤回しなかったのに、謝罪したかのような放送になった。





マスメディアの内容の真偽について 2月10日 霞が関公務員のLateral Thinking




官僚をやっていると何度となく出くわす仕事だが、自分達が所管している施策について事実誤認のある報道(しかも影響が大きいもの)が世に出た場合には、事実関係についてメモを作成して、周囲への周知を図る。加えて、電話等で外部から問い合わせなどがあった場合に備えて、どこの係の者でも一応の事は答えられるように想定問答を作成する。



 要するにマスメディアの流す情報というものは往々にして間違っているということだ。しかも、大ポカをやらかして間違えてしまったというのではなく、故意にということが多い。「こんなことも知らずに勉強不足ですよ、マスコミさん」という批判の文章を見かけることも少なくないが、勉強不足から間違えているのではないこともかなり多いのである(まぁ批判している方も分かっていて馬鹿にしていることが多いのも承知)。



 先日などは、とあるテレビ局の記者(かなり偉い立場の方)から取材を受け、とある法律の内容について説明を求められ、これについて色々と手間をかけて内容を教えたにもかかわらず、誤った内容をテレビで喋られた。取材中のやりとりでは、「こういう理解ではまちがっていますか?」と聞いてきたので、「少し違います。こうです」と正しい理解を示し、「法律の内容ですし、これから関係者にも周知を図っていく必要があるのでここで誤った情報が流れると誤解を招いて困ります」と伝えたにもかかわらずである。相手は「まぁ完全に間違いでなければいいですよね」とか、「それではニュースとして面白くないので、何とかこの内容で」とか粘ってくるのだが、結局は無視して押し切られた形である。



 事実に反することを流して番組が中止に追い込まれた例について、非常に話題になったばかりなので皆さん記憶に新しいことと思うが、それと何も違わないのだ。政府機関にわざわざ取材をして、事実を確認しておきながら、面白いニュースになるからと誤った情報を流すのは「捏造」である。残念なことに非常にこうした手合いが多い。ニュースとして面白くなく、流す価値がなければ流さなければ良いのである。間違った情報を流されるよりはよっぽどマシだ。



 役人の言うことなど、とりあえずの確認として聞いておけば良い。世の中に流してしまえばこっちのものだ。こんな考えなのかもしれないが、しっかり責任をとってもらわねば困る。政府に対する批判だとか、考えや立場の違いの表明なら全く問題ないが、紛れもない事実を捻じ曲げるのは問題のきわみである。



 ニュースの価値というものは、水とダイヤモンドの関係に似ているという。水かダイヤモンドか、人にとって欠かせない重要なものは?と問えば答えは明らかだが、貴重かつ需要があるのはどちらか?と問えば、これも明らかだ。本当に必要なものであっても、それがありふれたものであればニュースとして出てこない。それがためにメディアリテラシー、マスメディアの流す情報の真偽、質を判断できる能力が求められている。



 ちなみに、上で批判したテレビ局は「面白さ」などよりも、「正確さ」にプライオリティーを置くべきとされており、それがために視聴率などを無理矢理稼がなくても済むようなシステムをとっている局である。当然、その方には二度と情報を提供することは無いし、伝えておいた方が良いと思われる既知の方々には「こういう方がいて、これでは信用を失いますよね」と伝える措置をとる。





従軍慰安婦強制連行捏造報道


慰安婦問題の経緯

  1. 昭和58年、吉田清治が、著書「私の戦争犯罪・朝鮮人連行強制記録」の中で,昭和 18年に軍の命令で「挺身隊」として、韓国斉州島で女性を「強制連行」して慰安婦にしたという「体 験」を発表。朝日新聞は、これを平成3年から翌年にかけ、4回にわたり、報道。

  2. 同3年8月11日付け朝日新聞は、社会面トップで「思い出すと今も涙」「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」とのタイトルで、「日中戦争や第二次大戦の際、女子挺身隊の戦場に連行され,日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦のうち、一人が」名乗り出たと報じた。

  3. 同4年1月11日、朝日新聞は、一面トップで「慰安所、軍関与示す資料」、「部隊に設置指示 募集含め統制・監督」と報道。この直後の16日から訪韓した宮沢首相は首脳会談で8回も謝罪を繰り返し、「真相究明」を約束。

  4. 同5年8月4日、河野官房長官談話、政府調査の結果、「甘言、弾圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接に荷担したこともあった」と発表。

     石原副長官がすかさず軍・官の強制連行の証拠は発見出来なかった

    (今に至るも発見されていない)と発表したが時既に遅し。


 この河野談話によって日本政府は、慰安婦が軍によって強制徴集されたことを公式に認めてしまったことになる。これを契機として、中学高校のほとんどの歴史教科書に、「従軍慰安婦」が記述されることになった。 この記事に疑問をもった済州新聞の許栄善記者と秦郁彦日大教授の調査により原著書は全くの作り話であることが判明。


 自ら名乗り出た慰安婦について:この女性、金学順さんは、「女子挺身隊」として連行などされていない事を、8月14日の記者会見で自ら語り生活苦から14歳の時に平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)に売られていった。三年間の検番生活を終えた金さんが初めての就職だと思って、検番の義父に連れていかれた所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった」ことも判明。当時、内地でもよくあった気の毒な「身売り」の話なのである。国家による組織的な強制連行とは関係ない。

 そもそも「女子挺身隊」とは、昭和18年9月に閣議決定されたもので、金学順さんが17歳であった昭和14年には存在していない制度である。さらに「女子挺身隊」とは、販売店員、改札係、車掌、理髪師など、17職種の男子就業を禁止し、25歳未満の女子を動員したものであり、慰安婦とは何の関係もない。


 軍の関与について:発見された文書とは昭和13年に陸軍省通達、「軍慰安所従業婦等募集に関する件」であり、その趣旨は民間の悪徳業者による誘拐まがいの行為即ち「強制連行」を、軍が警察と協カしてやめさせようとした事なのである。


 これを原文書から都合のいい文言をツマミ食いし「慰安所、軍関与示す資料」、「部隊に設置指示 募集含め統制・監督」とした将にヒッカケ記事だった。狙い済ましたように、宮沢首相訪韓のわずか5日前に発表されたことから、絶大な効果を発揮した。ソウル市内では抗・糾弾のデモ、集会が相次ぎ、日の丸が焼かれる中で宮沢首相は事実を確認する余裕もなく、8回も盧泰愚大統領に謝罪。(後略)




<加藤駐米大使>米下院の従軍慰安婦決議案を批判 2月14日 毎日新聞




加藤良三駐米大使は13日の記者会見で、第二次大戦中の従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議案が米下院で審議されることについて、「(謝罪など)日本政府がすでに行ったことを蒸し返して注文をつけ、その結果、日米関係が本来なくてもいい悪影響を受けるのはよくない」と述べ、決議案を批判した。





(私のコメント)

従軍慰安婦問題は在日新聞社の捏造である事がはっきりしても、河野談話や宮沢謝罪がたたって未だに一人歩きしている。アメリカでは下院で日本政府に謝罪を求める下院決議まで審議されようとしている。韓国人などの執拗な謝罪要求は外交の主導権を求める為のテクニックであり、事実がどうであろうと日本政府は謝罪をいったん受け入れれば要求はエスカレートして行く。



河野自民党元総裁や宮沢自民党元総裁の事実を確かめないままの安易な謝罪は日韓外交のためにもならないし、閣議などで河野談話などの取り消し決議などではっきりとした訂正をすべきなのだ。現在の安倍総裁も河野談話を継承しているが、そろそろ日にちも経ったのだから訂正すべきものは訂正してゆくべきだ。



安倍内閣はもしかしたら短命かもしれないので、村山談話や河野談話などは日本外交にとってはマイナスなので閣議で取り消しておかないと、このままずるずると行ってしまって安倍内閣は終わってしまうかもしれない。村山談話は村山内閣によってごり押しして決議されたもので多くの議員は欠席したまま決議された。



アメリカにおいても下院でホンダと言う日系の下院議員が音頭をとっているようですが、捏造だとはっきりしているにもかかわらず決議に持ち込もうとしている。日本大使館も抗議しているようなのですが、証拠も無い出来事に対して謝罪を求める決議は下院の権威を傷つける事にしかならない。



TBSがまたしても捏造報道を繰り返しましたが、柳沢厚生大臣の国会での発言を編集して二度目の発言問題を謝罪したかのような編集が行なわれたようだ。TBSは在日の社員や洗脳カルト教団の社員が大勢居り、下請けのプロダクションの在日やカルト教団の人たちが作っているから問題はなかなか無くならない。



テレビ局の記者達にとってはニュースは取材するものではなく捏造するものであり、霞ヶ関の官庁で担当者が記者に説明しても、記者は都合のいいように理解して記事を書いてしまう。これでは報道機関とは言えずテレビはプロパガンダの道具でしかない。



朝日新聞などもセンセーショナルな記事を書こうと言うあまりに従軍慰安婦を十分な裏付けも取らずにトップ記事にしてしまった。後で学者が調べて証言者の証言は捏造であった事がわかったが、日本の政治家が軽率にも事実を調べもしないで謝罪してしまった。



中国人や韓国人にとっては歴史は政権が代わるたびに作り変えられるものであり、権力者にとって都合のいい事を捏造して歴史として残していくのだ。従軍慰安婦問題も南京の大虐殺も捏造されたものであり、日本の政治家の謝罪を勝ち取れば事実のいかんに関わらず事実として後世に歴史として残されるのだ。



宮沢氏や河野氏はこの事を知らずに日本式に謝罪する事で丸く収めようとしたのだろう。さらには歴代の総理が靖国神社参拝をしないことでこれらの捏造事件をを追認するような結果をもたらしている。さいわい小泉内閣から靖国参拝が復活しましたが、安倍総理は靖国神社参拝をするのだろうか?



朝日新聞にしてもTBSにしても捏造報道を繰り返す事で読者や視聴者の信用を失ってしまっている。昔と違ってネットの監視が効いているから捏造報道すればたちまちネットの集中砲火を浴びる事になり、左翼メディアは信用を失ってしまった。左翼が言ってきたことはみんな嘘だったのだ。



TBSでは今でも筑紫哲也(朴三寿)がニュ-スキャスターを務めている。彼の言論がりっぱならそれでかまわないが、ネットで調べるとやはり偏向したコメントが多いようだ。最近ではユーチューブなどで繰り返し見られるから誤魔化しが効かない。だからテレビはユーチューブを敵視するのだ。冒頭の
Here There and Everywhere
のユーチューブの動画や記事を見ればTBSがいかに在日に毒されているかがわかる。

アジアの真実から

アジアの真実http://ameblo.jp/lancer1/





2007年02月12日


・6カ国協議は北朝鮮の回答が焦点に ~核施設放棄の見返りを渡すのは間違っている~


テーマ:北朝鮮・核,ミサイル問題
?

6か国協議、2国間会合開く…北朝鮮の回答焦点:読売


 【北京=瀬口利一、黒見周平】北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議は5日目の12日、北京の釣魚台国賓館で、議長国・中国と北朝鮮、米国など各国との2国間会合が開かれた。


 各国とも同日が今協議で合意を達成するための最終期限と見なしており、北朝鮮が協議難航の原因となっている「法外な」(協議筋)なエネルギー支援要求を大幅に緩和するかどうかに注目が集まっている。


 ロシアのインターファクス通信は、北朝鮮が同日の協議で、エネルギー支援要求をさらにつり上げる一方、他の5か国がこれを受け入れれば、核施設の「解体」に応じるとの新たな提案を出したと伝えた。事実とすれば、核施設の「解体」をあえて持ち出すことで、エネルギー支援要求の正当性を主張するとともに、合意に失敗した場合の責任を回避する狙いとみられる。


 同通信によれば、北朝鮮は、核施設を「凍結」する場合は年間50万トンの重油と同200万キロ・ワットの電力、「解体」なら同200万トンの重油と同225万キロ・ワットの電力を要求したという。


 中国が当初提示した合意文書の草案では、北朝鮮は「初期段階の措置」として、寧辺の5000キロ・ワット実験炉など核施設の稼働停止・封印、国際原子力機関(IAEA)による監視などを受け入れる、となっている。


 日本首席代表の佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長は協議開始前の同日午前、宿舎のホテルで記者団に「今日はおそらく最終日になるだろう」と述べた。


 米国首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補も同日午前、交渉の成否は「北朝鮮がどのように返答してくるかにかかっている。北朝鮮は決断する必要がある」と強調した。





 大詰めを迎えている今回の6カ国協議ですが、焦点は核施設を凍結、または解体することでの”見返り”をどの程度にするかという段階になっています。しかし、私はこの解決方法自体が間違っていると考えています。もしこれを許せば、核兵器を開発すれば特別な制裁を受けることなく、逆に莫大な支援を世界中から受けることができるという間違った”前例”を作ってしまうことになります。


  イラクは禁止されていた大量破壊兵器保持の疑いをかけられ、その結果徹底的な軍事攻撃をされて国自体をを潰されました。しかし北朝鮮は拉致という国家犯罪を犯しながらもその大部分を未だに隠そうとし、さらには核兵器を実際に開発し、保持宣言を行い、運搬手段である弾道ミサイルを実際に発射して見せるというとんでもない行為を行いながら、傷つくことなく逆に莫大なエネルギー支援を獲得できる。この差は無茶苦茶です。この甘い前例に味をしめ、北朝鮮が再び問題を起こすことはないという保障はありません。さらに第2、第3の北朝鮮が現れないとも限りません。


 今回行うべきは核施設破棄の見返りに多大な支援を行うのではなく、「そういうことをすると痛い目を見るぞ」ということを理解させることです。何もイラクと同じように徹底的に空爆を行い国自体を崩壊させよとは言いません。今以上の徹底的な経済制裁を行うことで、軍事攻撃と同等のダメージを与えることもできます。北朝鮮の現状からすれば、今以上の経済制裁は国の崩壊にも直結し、北朝鮮はそれを最も恐れているはずです。なぜそれができないのか。アメリカ主導で流れている世界の動きの中、アメリカにとって旨みのない地域である為にイラクとはあまりにかけ離れた対応がなされるのかも知れませんが、日本としても世界としてもこの結果を許してはならないと私は考えています。本来日本はこの問題に対してはアメリカに追随するのではなく、昨年の国連における制裁決議案採択時のような強烈なリーダーシップ
を取ってこの問題を主導する立場になる必要があります。すぐ隣に住む悪人に飴を与えることで後々困るのは日本です。





蛇足


中近東には石油があり、イスラム教で嫌がらせは十分できる・。しかし、食料も資源もまったくダメで、メリットの無い国(覚醒剤と偽ドル、国民飢餓路線というメリット)に手も足も出せない??欧米のダブルスタンダードはイルミナティ様の指令なのだろうか??だろう・。(^_^)v


共謀は今日もつづく・・。2

?

Solutions - There is Great Hope - Simple Ways to Make Life Much Better

This is challengingly rare, controversial and suppressed information, so it should be interesting and new to you. It provides you with the truth and much hope. This report also suggests simple ways in which you can be made to enjoy your life and work. There are simple solutions that would enable you to work for a more efficient and uncorrupted work force. This could be of benefit to you and the whole of society. Knowing the cause of current problems will help us to avoid them, and to choose a wiser course.?


解決策 - 大きな希望があります - ライフをずっとよくする簡単な方法。

これは挑発的にまれで、物議をかもし、隠された情報であるので、それはあなたに興味深く、新しくあるべきです。

それはあなたに真実と多くの希望を提供します。

このリポートはまた、あなたが、あなたの人生と仕事を楽しませられることができる簡単な方法を示唆します。

あなたがより効率的で、堕落していない労働力のために働くことを可能にするであろう簡単な解決策があります。

これはあなたに有益で、社会の全体であるかもしれません。

現在の問題の原因を知ることは、私達がそれらを避けて、より賢明なコースを選ぶことを手助けするでしょう。


Deceptions Used to Form a One World Government

A Detailed Summary of the Big Picture

~省略~


詐欺は、大きなものの詳細な要約が描写する1つの世界政府を結成したものでした。








悪い人々は制御社会は持っています。悪魔で導入されますシンボルとシステム私達のまわり。これらの写真米国の1ドルの紙幣多くの例の1つです。



これは詳細な報告書の要約であるので、あなたはわずかな時間のたくさんの事実について読むことができます。

それはまったくさまざまなポイントを含んでいるので、すべてそれを読むことは重要です。

持っている他のページ多くの細部まで、どれがまた、十分に、それらが物事をよりクリアで、説得力があるようにするであろう時に読む価値があるかはもたらしています。

参照は、あなたがより多くの情報を見つけるであろうウェブサイトの上のこれらの共謀のソースに与えられます。

人の悪いグループは、いつも全世界を支配したかった。

過去に、征服は、敵の結果として生じている乱暴と自覚のためこれを達成することに失敗しました。

害悪が群がる私達の現在の時間に、支配する微妙であるけれども効果的な方法がトライしています。

これは、徐々に庶民を、彼らのアイデアを受け入れることに浸透させて、惑わすことになっています。

注意散漫(不要な仕事、研究、エンターテインメント、スポーツなどの)とともに効果的に使っているそのような微妙な漸進主義。

従って、起こっているものに気づいている人々は少ないでしょう。

強力な共謀者は主として国際銀行家と啓蒙主義者からなります(それは大金持ち組織です(それは主流メディア、労働力、教育システム、会社、銀行、エネルギー供給品、および政府を統括します))。

それらはロスチャイルド大金持ちとロックフェラーのファミリーなどの世界で最も金持ちの人々によってコントロールされます。

彼らはまた対外関係の上の国連、WTO、および協議会などの多くの組織の後ろで隠れます。

サタンを提供するであろう背教した1世界教会の中に多くの信条の合併を計画して、また、イエズス会士バチカン宮殿接続があります。

ニューエイジムーブメントはまた計画の一部です。

世界のお金のフル・コントロールを得ることはみんな、特に借金におけるそれらに関してのフル・コントロールを意味するでしょう。

これは正確に、国際的な銀行家陰謀がしていることです。

すべての政府は彼らに借金があります。

この借金は増大しています。

個人的な借金は非常に広範囲に及んでいて、増大しています。

それゆえ、ほとんど誰もが借金があります。

無駄な支出、借り、および借金は促進されます。

従って、彼らが、銀行家が彼らの意志に処理することができる利息を支払う必要があるにつれて、人々と政府はますます銀行家コントロールに適しています。

政府は、資産を売却し、主権を失い、彼らの借金を返すために市民を貧乏に置くことを強制されます。

共謀者は政府資産を民営化していて、購入していて、コントロールしています。

共謀者は政治献金によって政府を買収します。

彼らは世界遺産を通して土地の所有権を得ます(それはその時失敗で管理されて、限定されます)。

1つの世界政府への傾向を証明する物は含みます;

上がる量のグローバリゼーション、自由貿易、民営化、海外投資、合併、国際機関、借金、国際的なソリューションが必要な国際問題、および間違いのセキュリティを与える和平合意。

たぶん、私達が、堕落して、富と権力を独占し、結果としてより多くのパワーを得る強力な共謀者にお金とプロパティをなくすように、最も大きな謀議は、真実から私達の気を散らすことです。

真実を学び、共有することによって強力なものと戦うために私達の時間またはお金のほとんどを使う代わりに、私達は、私達が本当に、私達が強力なものにそれを失うようにする必要があるより多くのお金を保管し、得ようとするようにだまされています。

共通のコントロール手段は、ライフの目的が、金儲けするためにあなたの時間のほとんどを過ごし、それを不要な物に使うことである大多数を欺くことになっています。

共謀者は人々を欺き、制作過度なお金は、中小企業の大多数が破産するという事実にもかかわらず容易で、高収益です。

適当な支払われた仕事は、非常に見つけづらい。

それを検索し、申し込むことはお金と時間がかかります。

従って、共謀者は民族から浪費と破産の利益になります。

励みになるボランティアの代わりに、働いてください。そうすれば、人々を、自由に互いを助けて、勤める気にさせて、彼らの標語は、自身のために余分なお金を作るか、自身のために過度なお金を作るであろうことを見つけようとすることにすべてのあなたの時間を費やすことです。

「金儲けしてください」という用語は欺瞞的です。

あなたが銀行またはミントでない限り、お金を作成することは違法です。

あなたがお金を得るように、それは、どこかから他の誰かの不利に来る必要があります。

これは以下の通りであるかもしれません:

1. 政府、(あなたが公務員であるならば)から

2. 貧しい中小企業マネジャーからの賃金または貧しい人またはへのチャージとして

3. 会社から取り去られます(それはその会社に、より高いコストを貧しい人々にチャージさせます)。

しかし、あなたがあなたのお金と神の意志のための時間を使うならば、あなたは、他に損害を与えるという罪を犯していません。

よりよい方法が入手可能な時に、共謀者は、高く、しばしば、悪い習慣を教えて、使うことを人々に強制する公務を含む堕落した主流労働力に侵入しました。

人々は不要な仕事をしています。

多くの仕事、製品、およびサービスは不要で、堕落し、それゆえ、彼らに没頭する人々を堕落させます。

共謀者は、株と彼らが堕落したシステムの用語に従わなかったならば、スタッフが解雇されるであろう多くの会社と組織のコントロールを持っています。

それを使うことから人々を限定するか、阻止することによって、何かのためにお金にチャージすることは素材またはサービスを抑制します。

それが世界の人口のほとんどのために入手不可能で、お金を運ぶか、クレジットカードを持つのを必要としていて、書物による研究とトランザクションのための時間を浪費するので、非常に少ないパーセンテージは、無料でそれを使うこととは対照的に何かを買うでしょう。

また、それは貧しいものを差別します。

代わりに、彼らがお金を要求されなくても、それを持つ余裕がある人々は、寄贈することを申し出るべきです。

あなたが最初、それの代金を払う必要があったならば、あなたはこの情報を読んでいてくれますか?

強力なものは、中小企業を破壊し、破産者を彼らに送ることによって市民に損害を与えることをめざしています。

彼らはその時それらのプロパティとお金を主張します。

銀行と多国籍企業は、結局一緒に合併し、それからほとんど中小企業が、それらのシステムを迂回することを任せられないのを確かめるであろう1つの世界政府と合併するかもしれません。

たぶん、ほとんど、ただ1回の売りは、1つの世界政府によってコントロールされて多国籍企業になるでしょう。

従って、誰もが、独占に頼ることを強制されるでしょう(それは誰でも完全にコントロールするでしょう)。

上記の平均コストと賃金を持つ国で、賃上げが、コスト、インフレ、利率、中小企業破産、および失業を増大させるので、コストを下げることはよりよい。

輸出は減らされます。

しばしば、無支払いのために熱心に働く中小企業、年金受給者、無給のボランティア、および介護人から、賃上げはお金を取り除きます。

労働組合はいくつかの点で正しいけれども、彼らはまだ、失業を起こし、貧しいものを破壊し、経済を破壊する破壊的で、利己的な方針を支持します。

中小企業が製品をずっと安く生産することを可能にする代わりに、ローカルに生産されたそれらに政府は同一の製品を輸入します。

多国籍企業からの外国からの輸入の輸入は現地メーカーを破滅させていて、より多くのパワーを共謀者に与えています。

これはまた病気をまん延させています。

競争と自由貿易は裕福で、強力なもののための利点です。

Thereは、私達(楽しむ必要な真面目な競争者)が価格を保持する詐欺が多種多様な商品とサービスを持っていることです。

しかし、逆が起こっていて、冗長な製品を持つ強力な堕落した会社は利用していて、よい製品とサービスによって正直な革新者と中小企業を破滅させています。

結果として、よい製品は抑制されつつあります。

これはより小さな種類とより低品質な商品とサービスを結果として生じています。

規制緩和は、多国籍企業が製品を貧しい主要な製作者費用なら中小企業よりずっと安く手に入れることを可能にします。

それらが全滅する前に、中小企業がしたより高く、多国籍企業は価格を上げます。

誰もが裕福な所で、神の方法はみんなのための公正に調節された公正な進行です。

競争は、多くのアウトレットが同じ物を売ることを促進しています(買物客に、それが混乱を起こします)。

金儲けするために、人がキャリアまたは企業に成功するならば、彼らは、他の誰かが制限された機会のそのような競争的な環境の下で成功することを妨げます。

重大な競争はトレーニング、世俗的成功への欲望、お金、またはメダルの上で意味しています。

あなたが勝ち、神のをすることからの注意散漫がするであろうならば、プライドがあるかもしれません。

あなたが負ける時に、怒り、失望、妬み、悔い、および憤慨は結果として生じるかもしれません。

共謀者の製品の多くは、意図的に、顧客が問題によって気を散らされるように続かなく、より多くの製品または部分を買わないようにさせられます。

世界が、大きな利益をそれらに持って来るそれらの冗長で、無駄で、高価で、中毒性の製品に依存することを強制されるように、多国籍企業は発明品と発見物を抑制します。

発明者の約0.1%だけが彼らの発明品から生計を立てます。

特許はお金がかかり、期限切れになります。

ほとんど、発明者への支持は、自由エネルギー機器と自然な医学の治療を含むほとんどすべての革命的発明が抑制されていることを意味していません。

共謀者は、入手可能なずっとより多くの効率的であるけれども抑制された方法があるという事実にもかかわらずエネルギーと必須事項の製品とサービスの価格をコントロールします。

そのような計画は、システムが、よいアイデアと世界をよりよい場所にする可能性を持っているパワーまたはお金のない人々をサポートしないことが論理的であることを意味しています。

そうすることは、共謀者から、そして善をすることを望む人々の手の中に離れている富と権力の転送を意味するでしょう。

彼らが、福祉に頼ることを強制される時に、ますます多くの人々は政府によってコントロールされます。

消費税は貧しいものを傷つけて、コストを増大させて、中小企業を破壊するだけでしょう。

あまりにも多くの税金があります。

従って、従い、課税を強制するコストは、経済から消耗している主要な問題です。

国際法はよいようであるけれども、強力なものにより多くのパワーを与えるために欺瞞的に提出されます。

国が条件を受け入れないならば、それらは制裁を与えられるか、それらのリーダーは着陸します。

和平合意と国の間の共通のつながりはいくらかの利点を持っているけれども、世界に何の根拠もない安心感を与えて、1つの世界政府のためにすでに国を束ねてください。

市民が彼らに抵抗するように、武装解除はより多くのパワーを強力で、より少ないアームに与えます。

彼らが、より容易に、彼らのコントロールに抵抗する誰でも迫害し、根絶することができるように、世界政府のゴールは、正直な市民の武器を取り除くことです。

対外援助は、たいてい、より多くのパワーを得て、貧しいものを利用するために金持ちと権力者の手に変形します。

株式市場は過大評価されて、装着されます。

人々は、銀行と多国籍企業に投資するようにだまされています。

衝突は市民のプロパティを強力なものに与えるでしょう。

人々が共謀者にお金をなくすように、急成長と不況のサイクル、市価変動、および株式市場の暴落は意図的に起こります。

クリスマスと復活祭はそれらの真実の意味を失いました。

不要な支出は強力なものを助けます。

UFOのはたぶん、人が、1つの世界政府を受け入れる中に世界を騙すために使われるかもしれない技能を作ったことです。

それらは軍事基地でひそかに隠れて、テストされます。

銀行は何からもお金を作成しなく、不必要に高い利率とともにそれを返すように要求します。

彼らが興味から利益を得ることができるように、彼らはお金の無駄を促進します。

共謀者は意図的に戦争、市場不況、および他の危機などの問題を生みます。

これは、彼らが人々をコントロールし、混乱させて、それの気を散らすことができて、また、出資し、それからこれらの危機を止めるために、彼らが貸すお金の上の興味から利益を得ているようにです。

また、世界がそれらの解決策を受け入れるであろうということはそうです(それは本当にそれらの計画とそれらのコントロールのより多くへのただのステップです)。

ソースは、共謀者が、世界大戦を含めて最近の200年で戦争のほとんどの両側に出資したという確かな証拠を与えます。

それらのメンバーは私達の政府の中にいて、しばしば、様々な国の大統領を結成します。

従って、共謀者は世界の政府をコントロールします。

共謀者は細菌戦のために天候をコントロールすることができます。

彼らは、より多くのコントロールを得るために環境を意図的に滅ぼしています。

彼らの手のようにゆっくり庶民を誘惑するために、共謀者は真実を悪と混ぜます。

ゲームにおける質入れのように、多くの人々は、これを知らずに助けていて、共謀者のために働いています。

人々は故意でなくさえ彼らのファミリーメンバーを欺いています。

それらの計画を達成するために、彼らがすべてをコントロールするように、彼らは、既存の政府、私有財産、宗教、および主権を破壊することをめざしています。

多くの病気、食物、および医薬品は、人々を弱めて、コントロールするために意図的に作られます。

何十億もの人々に意図的に起こった飢餓、死と貧乏はまた強力で、より大きなコントロールを与えるでしょう。

食物、作物、集まっている種、および農夫の上で遺伝子工学は多国籍企業により多くのパワーを与えます。

人口を堕落させて、弱めることは、共謀者が人々に、彼らの条件を受け入れさせることをより容易にするでしょう。

これがされる方法は含みます;

メディア宣伝、暴力と性、悪い教育のプロモーション、および薬。

文書の中の不要な事務処理、複写、および過度な問題は時間とお金に、浪費されさせます。

矛盾は混乱を起こします。

標準は違う場所についてそんなに多く様々です。

政府の政策は選び出されたのではない官僚によって勧められて、結び付き、強力なものによって影響されます。

新しく選ばれた議員は説教されます(彼らが党命令として可決しなければなりません)。

彼らの利益を保護するために、メディアはしばしばパブリシティまたは悪いパブリシティをよいアイデアまたはよいパーティーに全然与えません。

そんなに多くの人々がこれらに気づいていない理由は、共謀者がすべての主要なメディアと教育システムをコントロールすることです。

バイブル予言は、正確な100%であると知られています。

バイブルは、獣または反キリストが、彼が、奇跡をすることによる神であり、平和に約束している多くの宗派の選ばれた者を騙すであろうと予測します。

彼は彼の和平合意を破り、すっかり世界を支配し、広範囲に及んだ迫害をもたらすでしょう。

彼は、彼を拝み、買うか、売る(rev13)ためにそれらの右手または額の上の悪魔のマークを受け入れることを誰にでも強制するでしょう。

これはたぶん埋め込まれたコンピュータチップになるでしょう。

目標を取り、悪魔の獣を拝む代わりに死に、キリストとともにあることはよりよくなるでしょう(それは、あなたに、キリストから永遠に分離させるでしょう)。

共謀者がよく悪魔の1世界政府のこのシステムを計画したという有力な証拠があります。

政府統計は人々を、物事が、彼らがそうであるよりうまく進むと思うようにだましています。

何かがおおよそ間違っていつかでなければなりません:

世界の人口の90%は財政的に平均的な年金受給者より苦しく、中小企業の95%が損をし、世界の総人口の1/3人はベッドに空腹になります。

時々約20% と が裕福な国リアル失業にあります 1つの仕事空きごとに16人の失業している人々 。

最もかたい働いていて、最も正直で、熱心に働いていて、野心的で、聡明で、革新的なキリスト教人々が貧しいかもしれない一方怠惰で、堕落した人々が金持ちであるかもしれないので、富の分配はすっかり堕落しています。

どうぞ、advantagein.com/statistics.htmで証拠を見てください。

共謀によってコントロールされた歴史の本は、なぜ多くのイベントが起こるかにおける完全な真実を話しません。

多くの事実は隠されます。

司法制度は不公平な、または遅らされたトライアルによって堕落しています。

高コスト、複写、および再トライアルは金持ちに役立っています。

利害対立と中傷法は腐敗を抑制します。

解決

解決は使徒によって行われた聖書の原則です(それは今日非常にめったに見られません)。

彼らはお金を要求したり堕落した主流システムのために働いたりしなかったけれども、神の意志をして、熱心に働きました。

彼らは分担し、不要な物にお金または時間を費やしませんでした。

解決は、私達が非常に効率的なグループを結成することができたことです。

人々は都合のよい時に彼ら自身の家から働くことができました(それがより効率的で、よりストレスになっていないでしょう)。

私達は、検索し、テクノロジーを抑制した人々と通信することができました(それは公然と入手可能なそれらよりよい)。

私達はそれらのテクノロジーから利益を得ることができて、それらは私達のグループに参加しさえすることができます。

分担し、腐敗がないグループは、他の人々が、退却し、お返しに助けたいであろうということを意味するでしょう。

これは、ほとんどすべてのためにドルを請求する現在の主流システムよりずっとよいでしょう(それは製品を抑制し、貪欲さと貧乏を起こし、より早く説明されるように、非能率です)。

買うか、多国籍企業または銀行に投資するのを避けてください。

代わりに、よりよいシステムに投資してください(それはあなたとその他を助けるでしょう)。

あなたは正直な小さな革新者を助けることができました。

あなたが別の信心深い目的のために未来にあなたの貯金を開墾することができた時に、お金を真実のキリスト教慈善活動または省に貸すことはよいアイデアです。

また、あなたのお金は信心深い目的のために使われるでしょう。

あなたが必要にいるならば、本物のキリスト教グループは、あなたを助けたいでしょう。

これは、堕落している銀行、またはあなたがあなたのライフ貯金を失うことがありそうな会社の未使用のお金をhordingするよりよい。

「金銭欲のための1人のティム6:10が諸悪の根源です:」

「いくつかがその後どの間を切望したか、それらは信頼から罪を犯し、通って多くの悲しみを自身に突き刺しました」。

十分な知識を持たない人々に真実を明らかにするためと同様な興味を持つそれらを検索するために、私達は人々が必要です。

高級品とサービスは必要であるけれども、インターネットは助けるけれども、それらは、模造品の間で見つかるのに時間がかかります。

あなたのような人々が、堕落した主流システムのために働くことからもっとずっと効率的で、楽しいシステムに変わるならば、これは達成されるだけでしょう。

堕落したシステムのために働く多くの人々は、熱心に働く正直で、聡明な人々です。

彼らがよりよいシステムのために働いたならば、彼らは世界を変えるでしょう。

人々は同様な職業において続くことができました。

例えば、先生は、キリスト教学校のために作動するように主流システムを置いていくことができました。

科学者は、利益を悪魔の共謀者に持って来るであろうことの代わりに入手可能な最もよい方法を研究することができました。

ヘルスワーカーは、劇薬または方法の主流のシステムを使う代わりに抑制された治療を研究し、使い始めることができました。

議員は、独立した人になるために主流政党の一部であることから変わることができました。

気象学者は、気象庁より多くむしろ情報、効率、および信頼性を与えるであろう家ベースの測候所、空カメラ、および天気予報係のインターネットネットワークを始めることができました。

私は、これをしようとしています。

人々は普通クラスの教育を残すことができました。

代わりに、彼らは、彼らが使うであろうことを勉強し、学びたくあることができました。

そこのより少ないストレス、悪い会社、過重労働、職場いじめ、および不幸がいくらであるであろうかを想像してください。

私達は、神の意志をする必要があります(それははっきりと、悪によって結合したり堕落した世界システムの一部であったりしないように言います)。

たぶん、その時、私達は、神に来る人々の中で大きな喜びと癒しを見ます。

私達のグループの何人かのメンバーは、真実のキリスト教を行うグループまたは個人を見つけて、研究するために働くことができました。

即時で、永久的で、一貫し、超自然の癒しとすっかり真実の予言によって使徒として委任されるように、真実のキリスト教徒または真実のキリスト教グループが世の中にいるかもしれません。

多くの模造のグループはこれを主張します。

挑戦は、誰が本物の信者であるか、そして人々が警告されることができるように、腐敗、模造のグループ、および間違いの主義を露出するかを見つけて、証明することです。

私達が、使徒のようにグループを結成するか、見つけようとすることによって最初に神の国を捜すべきである理由は無限です。

私達が使徒のように心において動くことができたならば、利点を想像してください。

人々は、間違った決定をして、折りたたまれたブラインドのまわりでつまずく代わりに神によって誘導されるでしょう。

私達は、物を捜し、決定をすることに私達の人生の長い期間を費やす必要がないかもしれません。

人々が超自然的に癒されることができた時に、伝統的な薬物療法のほとんどまたは全然必要がないかもしれません。

確信、方向、およびより少ないフラストレーションがあるでしょう。

より多くの愛情、神との大きな関係、およびほとんどない心配があるでしょう。

たぶん、彼らが事が起こるのを見る時に神に来る懐疑家さえとの復興があるでしょう。

主な焦点はこの世界にあるべきでありません(それは滅びています)。

主流システムへの著しい変化を起こすことはほとんど不可能です。

時間は、独立なシステムを作ることにずっとよく費やされるでしょう。

私達が、この世界の神について行かないことに決めることができるけれども私達が、来るためにずっとよいライフを楽しむことができるように、神を拝む時に、多くの希望があります。

どうぞ、truechristianity.comで真実のキリスト教についてのずっとより多くの情報を見てください。

あなたがこの要約における多くのトピックの上の詳細について詳細な報告書に続いていることは重要です。

あなたが、下で接続するページの中で見るであろう時に、多くの希望があります。

どうぞ、リンクし、この情報を促進し、流し、後援してください。

どうぞ、あなたが情報をあなたのメディアに置くことができるならば、私に知らせてください。









Startling conspiracies & facts of the present time.

Have we all been distracted and conned into doing the wrong thing?
現在の驚くべき共謀&事実。

私達すべては、間違った事をする中に気を散らされていて、だまされますか?

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年2月9日


                           山本尚利


タイトル:不都合な真実:アル・ゴアの復讐


?


1.アル・ゴア対ブッシュ・ジュニアの宿命の対決


 元米国副大統領アル・ゴアの地球環境問題啓発キャンペーン「不都合な真実」(本と映画)が世界中で注目されています。筆者はSRIインターナショナル(米国国際シンクタンク)勤務時代、プロジェクト業務で、90年代前半より2001年までクリントン政権時代の米国連邦政府の環境保護政策のモニタリング調査を継続していましたので、当時からアル・ゴアがいかに環境問題に熱心だったか、よく知っています。ちなみに、副大統領時代のアル・ゴアは、環境政策と並んで、NII(全米情報通信基盤)イニシャティブでも多大な功績を挙げています。今日のインターネット時代をもたらした歴史に残る政治家のひとりです。テロと戦争に明け暮れるブッシュ・ジュニアとは比べものにならないくらい平和志向の偉大なる政治家です。ところで、ポスト・ブッシュ・ジュニアの次期大統領候補の最右翼はヒラリー・クリントンといわれていますが、伏兵アル・ゴアも2008年の大統領選挙に再挑戦しようと狙っているのではないかといわれています。「不都合な真実」のキャンペーンを張っているのは、そのようなハラがあるのではないかという見方が確かに成り立ちます。しかしながら、アル・ゴアの環境運動は筋金入りであり、単に、次期大統領選挙の事前運動の一環とは断定できません。さて、アル・ゴアは、2000年11月の米大統領選挙で現大統領のブッシュ・ジュニアと大接戦を演じました。判定は翌2001年1月までもつれ込み、結局、僅差でブッシュが辛勝したことは今でも記憶に残っています。あとでわかったことですが、ブッシュ陣営はおおがかりな選挙不正を行っており、実は、アル・ゴアの方が僅差で勝っていたといわれています。アル・ゴアは徹底抗戦することもできたのですが、潔く引き下がり、ブッシュ・ジュニア大統領が誕生しました。筆者の読みでは、あのとき、もしアル・ゴアが選挙の正しい結果どおり、大統領になっていれば、暗殺か不審な事故死で、ケネディ大統領と同じく、途中で引き摺り下ろされていたはずです。なぜなら、ブッシュ政権の黒幕は絶対に、これ以上の民主党政権の続投を許さなかったからです。これは、われわれの想像を絶する恐ろしい執念です。なお、ブッシュの黒幕とは、戦争屋(注1)を指します。


 当時の戦争屋にとって、平和志向で環境運動家のアル・ゴアが大統領になることは、極めて“不都合”なシナリオであったのです。


 一方、アル・ゴアは戦争屋の怖さを冷静に熟知しており、ブッシュに楯突いてケネディの二の舞となることをとりあえず避けたと思われます。


 なぜ、戦争屋が2000年11月、政権奪回に執念を燃やしたかというと、パパ・ブッシュ時代の第一次イラク戦争(湾岸戦争)の後、1992年、ビル・クリントンを立てた銀行屋(注1)に政権を奪われたからです。そのおかげで戦争屋の描いた中長期中東戦略がすっかり狂ってしまったのです。さらにあろうことか、2000年まで2期8年に渡ってクリントン民主党に政権を獲られてしまった点も誤算でした。この間、戦争屋は、密かにイラク・フセイン政権打倒計画を練っていたのでしょう。戦争屋が所期の目的を達成するため、2000年の大統領選挙では、ポスト・クリントンの覇権を是が非でも奪回する必要があったのです。その結果、2001年1月、ブッシュ政権誕生後、同年の9.11事件、アフガニスタン侵攻、そして2003年の第二次イラク戦争と、戦争屋のシナリオどおり、堰を切ったように歴史が刻まれてきました。もし、正当な選挙結果どおり、アル・ゴアが大統領になっていれば、世界の歴史は大きく違っていたわけです。


 たとえば、アル・ゴアが大統領になっていれば、今頃は米国中心に世界的規模で自動車革命が起きていて、全世界をZEV(排気ガスゼロの車、すなわち燃料電池車や電気自動車)が走っていたことでしょう。


 ところが現実には、ブッシュ・ジュニアは2001年、大統領に就任するや、90年代にアル・ゴアの進めた環境保護政策も環境技術の研究開発も、ことごとく潰してきました。京都議定書への批准を拒否したのはその象徴的出来事です。


アル・ゴアとしては、ブッシュ政権のウラを熟知しているだけに、自分が大統領になっていたら、こんなひどい米国にはならなかったと、今日まで6年間、さぞかし悔しい思いをつのらせてきたのでしょう。このままで終わりたくない、この思いが「不都合な真実」キャンペーンとなって地球規模で爆発しているのではないでしょうか。


 しかもアル・ゴアはさすが、極めて冷静で戦略的です。ブッシュがレームダックになったのを見計らって、「不都合な真実」の花火を高々とぶち上げて反撃を開始しています。リスクマネジメントがしっかりできている。たいしたものです。


?


2.アンフェアな勝者、ブッシュへのあだ討ちか


 さて、現在のアル・ゴアの「不都合な真実」キャンペーンは世界中の人々の共感を呼んでいます。確かに、近年、世界的規模で多発する気象異常現象に、世界の誰もが不安をぬぐいきれません。最近のアル・ゴアの活動は、ブッシュ・ジュニアのイラク戦略泥沼化の闇とのコントラストをいっそう際立たせています。このような際立ったコントラストに接して、なお、アル・ゴアではなく、ブッシュ・ジュニアに人間的魅力を感じる米国民がいるとすれば、いったいどんな人なのでしょうか。そのような米国人は狂っているとしかいいようがありません。アル・ゴアの活動はブッシュ政権の最期の悪あがき、すなわちイラン攻撃戦略(注2)に対する阻止運動のようにみえます。穿った見方をすれば、汚い手で政権を奪い取ったブッシュ個人への復讐のようにもみえます。さすがのブッシュもレームダックと化した今、アル・ゴアの反撃にまったく手出しできません。ところで一般的に、負けず嫌いな米国人はわれわれ日本人の想像を超えるほど、アンフェアな行為を忌み嫌います。とりわけ正義感の塊のような潔癖アル・ゴアは、ことさらアンフェアネス(不正義)を嫌うはずです。アル・ゴアは内心、ブッシュが「アンフェアな勝者」であることを死んでも許さないでしょう。この白人の怨みのエネルギーは、淡白な日本人には理解できないほどしぶとく強い。忘れもしない2000年11月、大掛かりな不正選挙で辛勝したことを、ブッシュ自身も後ろめたく思っているはずです。アル・ゴアは「不都合な真実」キャンペーンによって、ブッシュにとっての「不都合な真実」(不正選挙によるアンフェアな勝利)をチクチク、突いているようにみえます。これほどアル・ゴアらしいスマートな復讐があるでしょうか。最近のアル・ゴアの堂々たる風貌と、支持率低下に怯える臆病ブッシュの風貌を比較すれば、アル・ゴアが、今、まさに仇を取っていることが如実に表れています。神様はやはり、最後は正義の味方なのでしょうか。ほっと救われるような思いです。


?


3.地球環境問題は米大統領選の争点となりうるか


 地球環境問題は中東問題と密接につながります。ブッシュ政権の中東戦略は、結局、中東全域の石油利権奪回にあります。有限資源である石油の産出は地球規模でコントロールしない限り、地球環境問題は決して解決できません。その意味で、地球環境問題は、十分、次期米国大統領選の争点となりうるでしょう。結局、石油、天然ガス、石炭など、化石燃料の消費量を地球規模で減らすことが二酸化炭素排出量(地球温暖化の原因といわれている)を減らすのに、もっとも効果的です。超長期的に地球を統一支配しようとする国際寡頭勢力は、戦争屋にしろ、銀行屋にしろ(注1)、世界統一政府の樹立を目指しているといわれています。その世界統一政府の下で、地球規模でエネルギー消費のコントロールを行おうとしているのではないでしょうか。もし、世界中の人々が、米国人なみにエネルギーを多消費すれば、地球は間違いなく破滅するでしょう。ちなみに米国人は一人当たり、中国人の8倍のエネルギーを消費しています。その意味で、世界支配を目指す国際寡頭勢力が、超長期計画で地球人口を半分にしたいと考えるのはもっともです。誰かが犠牲にならざるを得ない。また、中国やインドなどの人口大国が無制限に経済成長すると、地球規模でエネルギー危機が不可避となり、西欧先進諸国のエネルギー多消費型国民生活にしわ寄せがくるわけです。そこで国際寡頭勢力は当然、西欧先進国中心に居住する白人の快適生活を優先するはずであり、超長期未来、エネルギー資源争奪をめぐる白人対有色人種の対立(アルマゲドン)は避けられなくなるでしょう。


 その意味で、ブッシュ政権の黒幕、戦争屋は、きわめてリアリストであり、京都議定書批准へ協力しても、それは偽善的行為にすぎず、焼け石に水であると知っているのでしょう。彼らは、有限の石油利権を独り占めにして自分たちだけがハッピーに生き残れる理想郷を常に模索しているのです。戦争屋はおそらく、イラク戦争もイラン攻撃計画も、究極的には、その彼らの理想郷模索の道程として位置づけていると推察されます。その意味で京都議定書批准を拒否したブッシュ政権とて、決して地球環境問題に無頓着というわけではありません。否、彼らこそが、自分たちだけが快適生活できる地球環境をリアリスティックにかつ真剣に追求しているのではないでしょうか。彼らの考えは、とてもじゃないが、国際連合や環境問題国際会議で公表できないのです。なぜなら、彼らは常にこのように考えています。すなわち、国連に加盟している未開発国の人口削減あるいは絶滅、そして開発途上国の経済発展の抑制こそが、彼らにとっての地球環境維持への最善の解決策であると・・・。


 仏の顔をした偉大な政治家アル・ゴアも白人であり例外ではありません。彼本人はマジメ一本槍でも、彼のスポンサーは、ブッシュ政権の黒幕と比べて、地球環境問題の解決策に関する考え方において似たり寄ったりでしょう。


?


注1:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋へバトンタッチ』2006年11月12日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm
 


注2:ベンチャー革命No.218『米・イラン戦争:日本のみ石油危機到来』2007年1月17日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr218.htm
 


?


山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp
 


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


テクトロニクスは生きている。




007年2月1日ワシントンで米国連邦議会の上院外務委員会の前で証言するために、前の国家安全保障担当大統領補佐官ズビグニュー・ブレジンスキーは到着します。

REUTERS/ジム・ヤング(米国)







Brzezinski Suggests False Flag Event Could Kick-Start Iran War

Top globalist warns Congress of provocation or terrorist attack inside U.S.


Paul Joseph Watson

Prison Planet

Tuesday, February 6, 2007


ブレジンスキーは、間違いのフラグイベントがイラン戦争を始動させることができたことを提案します。

トップグローバリストは米国の中で議会に挑発またはテロリストの攻撃を警告します。


ポール・ジョセフ・ワトソン

2007年2月6日火曜日






Former National Security Advisor and founding member of the Trilateral Commission Zbigniew Brzezinski tacitly warned a Senate Foreign Relations Committee last week that an attack on Iran could be launched following a staged provocation in Iraq or a false flag terror attack within the U.S.


Brzezinski alluded to the potential for the Bush administration to manufacture a false flag Gulf of Tonkin type incident in describing a "plausible scenario for a military collision with Iran," which would revolve around "some provocation in Iraq or a terrorist act in the US blamed on Iran, culminating in a ‘defensive’ US military action against Iran that plunges a lonely America into a spreading and deepening quagmire eventually ranging across Iraq, Iran, Afghanistan and Pakistan.”


Brzezinski was careful to highlight the word "defensive" as if to discount its credibility, suggesting that the Bush White House itself would be behind the attack or provocation and subsequently use it as a pretext for war.


"That a man such as Brzezinski, with decades of experience in the top echelons of the US foreign policy establishment, a man who has the closest links to the military and to intelligence agencies, should issue such a warning at an open hearing of the US Senate has immense and grave significance," argues WSWS.org
.


After Senators asked Brzezinski for clarification of exactly what he meant, the Polish-American political scientist referenced the infamous White House memo in which Bush and Blair discussed staging a provocation for an invasion
of Iraq following the absence of weapons of mass destruction. Brzezinski cited how Bush "described the several ways in which this could be done," but refused to elaborate, stating only, "the ways were quite sensational, at least one of them."


Brzezinski is of course referring to the plan to fly a U2 spy plane painted with UN colors over Iraq and goading Saddam to order the aircraft shot down, resulting in widespread international support for the war. Bush and Blair openly discussed the possibility of staging this provocation along with others during their January 31 2003 meeting.


"If one is of the view that one is dealing with an implacable enemy that has to be removed, that course of action may under certain circumstances be appealing. I’m afraid that if this situation in Iraq continues to deteriorate, and if Iran is perceived as in some fashion involved or responsible, or a potential beneficiary, that temptation could arise," said Brzezinski.


前の国家安全保障アドバイザーと三極委員会ズビグニュー・ブレジンスキーの設立メンバーは、イランへの攻撃が、イラクでの上演された挑発または米国の中の間違いのフラグテロ攻撃に続いて、スタートされることができることを上院上院外務委員会に暗黙に先週警告しました。

ブレジンスキーは、「寂しいアメリカを結局イラク、イラン、アフガニスタン、およびパキスタンを横切って及んでいる広がり、深まる沼地に突っ込むイランに対する‘防御用の’米国軍隊の行動において最高点に達して、イランのせいにされた米国で、イラクでのいくらかの挑発またはテロリストは作動します。」のまわりを回転するであろう「イランとの軍隊の衝突のためのもっともらしいシナリオ」を説明することにおいてブッシュ政権が間違いのフラグトンキン湾タイプ出来事を製造する可能性をほのめかしました。

ブッシュホワイトハウス自身が攻撃または挑発の後ろにあり、戦争にかこつけて後でそれを使うであろうということを示唆して、その信頼性を割引くかのように、ブレジンスキーは、言葉「防御用」を強調するように注意していました。

「ブレジンスキーが、米国外交方針設立(軍隊への、そして諜報機関への最も近いリンクを持っている人)の上層部の経験の数十年によって、米国上院の公開審議でそのような警告を出すべきであるような人が巨大で、重要な意義を持っていますという」とWSWS.orgは主張します。

上院議員がブレジンスキーに、正確に、彼が言おうとしていたことの明確化を要求した後に、ポーランドアメリカ人政治学者は、ブッシュとブレアが、大量破壊兵器の不在に続いているイラクへの侵略のために挑発を上演するのを議論した不名誉なホワイトハウスメモを参照しました。

引用されたブレジンスキーはどんなに、「これがされることができたいくつかの方法で説明されます」にブッシュを入れるけれども、「方法はまったくセンセーショナルで、それらの少なくとも1つでした」だけと論述して、詳しく述べることを断ったのでしょうか。

ブレジンスキーは、もちろん、戦争への幅広い国際的な支持を結果として生じて、撃ち落とされた航空機を注文するためにイラクと先導サダムの上のUN色によってペイントされたU2偵察機を操縦する計画を参照しています。

ブッシュとブレアは公然と、それらの2003年1月31日のミーティングの間に他とともにこの挑発を上演する可能性を議論しました。

「ものが、人が、除去される必要がある執念深い敵を扱っているという見方をもっているならば、その行動方針は一定の状況の下でアピールしているかもしれません」。

「残念ながら、イラクのこの状況が、悪化し続けるならば、そして関係しているか、責任があるいくらかの流行または潜在的な受益者においてそうであるように、イランが気づかれているならば、その誘惑が生じることができたようです」とブレジンスキーは言いました。

After his testimony, journalist Barry Grey tried to pin down Brzezinski and get specifics on the warning, asking, "Are you suggesting there is a possibility it could originate within the US government itself?"


"I’m saying the whole situation can get out of hand and all sorts of calculations can produce a circumstance that would be very difficult to trace," responded Brzezinski.


Should an attack occur within the U.S. as Brzezinski forecasted could happen, Dick Cheney's USSTRATCOM contingency plan
calls for attacking Iran in the immediate aftermath of a 'second 9/11' - no matter who is behind it - which of course is going to be the cabal Dick Cheney fronts for itself and the same pack of murderers that are actively seeking to initiate global ethic cleansing and genocide to bring about world war three.


During his testimony, Brzezinski lamented that the invasion of Iraq represented "a historic, strategic and moral calamity."


Brzezinski's words and his desire to see the exercse of a "moral" foreign policy ring hollow, especially when it is understood that it was the former National Security Advisor to Carter himself who was responsible for drawing up the plan to arm and train the Islamic fundamentalist mujahideen at the end of the 70's and groom Osama bin Laden as a client of the U.S.


In addition, in his 1997 book The Grand Chessboard: American Primacy and Its Geo-strategic Imperatives
, Brzezinski calls for the U.S. to install itself as the world's only superpower by taking over the Middle East and using it as a lever to control what he terms the Eurasian Balkans.


Similar to the PNAC yearning for a "new Pearl Harbor," Brzezinski concludes that the realization of such an agenda will only be accomplished with the aid of "a truly massive and widely perceived direct external threat," which was helpfully provided by the events of 9/11.


So for Brzezinski to win plaudits for being critical of what's happening in Iraq is not only the height of hypocrisy, it's a myopic leap of logic that omits the past history of Brzezinski's rampant warmongering.


Whatever the reason for Brzezinski's apparent sudden change of heart, be it a pang or consciousness of simple political maneuvering, judging from his previous writings one feels it's more appropriate to take his reference to a false flag attack as a threat rather than a warning.


彼の証言の後で、バリー・グレージャーナリストは、ブレジンスキーを縛り付けて、「あなたは、それが米国政府自身中で起こることができた可能性があることを示唆していますか?」と尋ねて、警告の上の細目を得ようとしました。

「私は、状況全体が手におえなくなることができて、すべての種類の計算が、非常に追跡しづらいであろう状況を引き起こすことができると言っています」とブレジンスキーは答えました。

攻撃が万一起こるならば、中で、ブレジンスキーが予測した時の米国は起こりえて、ディック・チェイニーのUSSTRATCOM危機対策は、もちろん、自身のための徒党ディック・チェイニー正面と世界大戦3を引き起こすためにグローバルな倫理浄化と大量虐殺を開始することに活動的に努めている殺人者の同じ群れになろうとしている‘2番目の9/11’--たとえ、誰がそれの後ろですても--の直後の時期においてイランを攻撃することを要求しています。

彼の証言の間に、ブレジンスキーは、イラクへの侵略が「歴史的で、戦略的で、道徳的な大災害」を表していたことを嘆きました。

特に、70の終わりにイスラム根本主義者のイスラム戦士を武装させて、訓練し、米国のクライアントとしてオサマ・ビンラディンを訓練する計画を作成することについて責任があったのが自身でカーターの前の国家安全保障アドバイザーであったことが理解されている時に、「道徳的な」外交方針のexercseを見るブレジンスキーの言葉と彼の要望はへこみを鳴らします。

さらに、彼の1997年に、雄大なチェス盤を予約してください:

アメリカ第一とその土地で戦略的な命令法、ブレジンスキーは、米国が、中東を引き継ぎ、彼がユーラシア人バルカン諸国を名付けるものをコントロールするためにレバーとしてそれを使って世界の唯一の超大国として着席することを要求します。

「新しい真珠湾」に憧れているPNACに類似していて、ブレジンスキーは、そのような議事日程の実現が、「本当に大規模で、広く気づかれている直接的な外部の脅威」(それは有益に9/11のイベントによって提供されました)の援助によって遂行されるだけであろうと断定します。

従って、偽善の高さだけが、イラクで起こっていることに批判的であることが称賛を勝ち取るブレジンスキーのためではなく、ブレジンスキーの自由奔放な戦争挑発の過去の歴史を省略するのはロジックの近視の飛躍です。

ブレジンスキーの明白な突然の心変わりの理由に関わらず、それが簡単な政治的駆け引きの激痛または意識であるとしても、彼の前の文書1から判断することは、警告というよりも脅威として彼の参照を間違いのフラグ攻撃に持って行くことがより適切であると思います。


猿回しの猿は何時まで回る・・。

久間氏、再び米を批判「普天間問題 偉そうに言うな」

01/28 00:18?


久間章生防衛相は27日、長崎県諫早市での講演で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設問題をめぐり「米国は政府同士が決めたのだからそれをやったらいいというが、沖縄県知事がうんと言わないとできない」と、あらためて米政府の対応を批判した。

 イラク戦争をめぐる米大統領批判を含む一連の対米発言を繰り返したあと、久間氏自身が26日に発言自粛を宣言したが、すでに米側からは不快感も表明されており、日米同盟関係に現実の悪影響を与えかねない情勢。政府内では「安倍晋三首相も心配しており、対応を考えなければならない」(政府高官)と危機感も広がっている。

 講演で久間氏は、移設先の埋め立てに知事の許可が必要なことに触れ、「知事の意見を聞き入れながらやっていかなければならないのに、米国は分かっていない」と主張した上で「あまり偉そうなことを言ってくれるな。日本のことは日本に任せてくれ」と米側に伝えたと解説した。

 また、久間氏は24日の日本記者クラブでの会見で、イラク開戦について「核兵器がさもあるかのような状況でブッシュ大統領は踏み切ったのだろうが、その判断が間違っていたと思う」と発言。外務省筋によると、米側は直ちに外交ルートを通じて不快感を表明。日本側は大統領批判ではないと釈明した。国内でも、内閣不一致との指摘を受けた塩崎恭久官房長官ら官邸サイドが「政治家個人としての発言」と擁護する一方、久間氏に「誤ったメッセージを伝えることになりかねない」と注意を促していた。

 イラク戦争批判はそれ以前にもあったが、ブッシュ大統領の一般教書演説直後とあって、米国のAP通信は演説への反応の一つとして配信。「久間発言」はイラン大統領の「米国の新イラク戦略は今までの計画と同様、失敗に終わる」といった談話と同列に扱われ、米主要紙にも掲載された。




米のイラク政策は「非常に幼稚」 麻生外相

麻生太郎外相は3日、京都市内で講演し、米国のイラク政策に関して「ドンパチやって占領した後のオペレーション(作戦)として非常に幼稚なもので、なかなかうまくいかなかったから今ももめている」と指摘した。

 その上で「どうやってやるかが非常に大きなところで、日本の持っている力はかなり大きなものがある」とし、イラク復興支援に今後も日本が積極的に協力する必要があるとの認識を示した。





?蛇足


チェイニー副大統領が来るまで・・騒いで・・。お礼を渡す・・。猿回しの猿か??

名言

「私達は、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、タイム誌、およびディレクターが私達のミーティングに出席し、ほぼ40年の間彼らの裁量の約束を尊重した他の大きな出版物に感謝しています」。…

私達がそれらの年の間にパブリシティのライトを受けたならば私達が世界についての私達の計画を展開することは不可能であったでしょう。しかし、世界は現在、もっと洗練されて、世界政府に行進するために準備されます。

「知的エリートと世界銀行家の超国家的な主権はきっと前世紀に行われた全国的なオート決意より望ましい」。

デイヴィド・ロックフェラー、Bilderbergミーティング、1991年6月のバーデン、ドイツ


「私達が直ちにする不法入国者」。

「少しより長い憲法違反の獲得」。

--ヘンリー・キッシンジャー


「その人が、明けの明星を拝む誓約をするのでない限り、誰も新世界秩序に入らないでしょう」。

「彼がルシファーのイニシエーションを取るでない限り、誰もニューエイジに入らないでしょう」。

デイビッドSpangler(プラネットイニシアチブのディレクター、国連)


「次の世紀に、私達が知っている国家は時代遅れになるでしょう;」

すべての州は1人の、グローバルな権威を認めるでしょう。

「国家主権は結局そのようなすばらしいアイデアではありませんでした」。

--時間内に7月20日l992を示されるようなストロボトールボット、クリントンの国務副長官。


「あなたが征服または同意によってそれが好きであるかどうかにかかわらず、私達は世界政府を持ちます」。

--2月17日の上院上院外務委員会、l950への外交問題評議会(CFR)メンバー ジェームズ・ワールブルクによるステートメント


「今日の政府は、単に他の政府と、皇帝、王、および大臣とであるがどこにも、彼らの無法なエージェントを持っていて、最後の瞬間に、すべての政府の計画を覆すことができる秘密結社とも取り引きしない必要があります」。

--イギリスの総理大臣ベンジャミン・ディズレイリ、1876




「まさしくその言葉」秘密"は自由で、オープンな社会の中で不愉快です;

そして、私達は秘密結社に、秘密の誓いに、そして秘密の議事録に本来、歴史的に反対する民族としてです。

「私達は、関係した事実の過度で、不当な隠蔽の危険がはるかに危険にまさったとずっと前に決めました(それは、それを正当化するために引用されます)」。

--ジョン・F・ケネディ大統領

新聞社へのアドレス 1961年4月27日


「Sparticus、ワイスハウプト、カール・マルクス、トロツキー、ローザLuxemberg、およびエマ・ゴールドマンの日から、この世界共謀は着実に成長していました」。

この共謀はフランス革命の悲劇について明確な認識可能な役割を果たしました。

それは19世紀の間すべての破壊するムーブメントの主ぜんまいでした。

「そして、今や、ついに、ヨーロッパという大きな都市の下界からの並みはずれた有名人のこの集団とアメリカは彼らの頭の毛によってロシアの人々をつかみ、その巨大な帝国の明白なマスタになりました」。

--l922においてロンドンプレスに述べられたウィンストン・チャーチル。


「不況は世界お金能力によって一般大衆の計算された‘切断’であり、New York money market....The1世界政府指導者の中のコール・マネーの供給の計画された突然の不足によって引き起こし、彼らのこれまで近い銀行家は今私的に所有されている連邦準備銀行の作成経由でお金の取得されたフル・コントロールと米国のクレジット機械を持っています」。

--カーティス・ドール


「国連ははっきりと金融と経済の利益のために利益とパワーを切望している強力な1世界革命家の小集団によってセットアップされたほんの長距離、国際バンキングの装置です」。

--カーティス・ドール




「今日、米国の全体の独裁権のパスは議会、大統領、または人々によって非可視で、聞こえない厳密な法的手段によって置かれることができます」。

外見上は、私達は立憲政体を持っています。

私達の政府と政治システム(政府の別の形態を表している別のボディ)中に私達は操作を持っています - 官僚エリート。

--ウィリアム・ジェンナー上院議員、1954年


「三極委員会は、米国の政治的な政府のコントロールをつかむことによって、商業用で、バンキングの興味の多国籍の合併のための媒介物であることを意図しています」。

三極委員会は、コントロールをつかみ、政治的で、貨幣の、知的で、教会のパワーの4つのセンターを統合する熟練し、整備された協力体制を表しています。

三極委員会が意図しているものは、関係している民族国家の政治的な政府より優れている世界的な経済大国を作成することです。

「システムのマネジャーと創造者として、彼らは未来を支配するでしょう」。

--彼のl964本の中の米国の上院議員バリー・ゴールドウォーター:謝罪なしで。


「外交問題評議会」は「設立であります」。

「それは、上からの圧力をかける政府の最も高いレベルの重要な意志決定ポジションに影響とパワーを持っているだけでなく、それは個人を発表し、使い、米国を主権を有する立憲共和国から1世界独裁権の奴隷の加盟国に変換するためにハイレベルな決定を正当化するように下からのプレッシャーをもたらすために群がります」。

--前の下院議員ジョンRarick 1971




「用語国際主義は、世界政府を樹立するために連動する金融の、政治的で、経済界の力をカバーするために近年大衆化しています」。今日国際主義は、米国がその国家主権の明確な一部を引き渡さなければならない‘国際連盟’または‘連合体にされた組合’として説教壇とプラットフォームから伝達されます。

世界政府計画は‘新国際秩序’、‘新世界秩序’、‘現在の世界組合’、‘国家の世界連邦’、‘国際社会’などのような誘う名前の下で主張されています。すべての用語は同じ目的を持っています;「しかし、アプローチのラインは個人の趣味またはトレーニングに従って宗教であるか、政治的であるかもしれません」。

--ビショップの家と牧師の家に提出されるA記念物から、抜粋し、一般規約(1940年10月)で監督教会の代理人を置いてください。



「これらの(CFR)グループにおいて最も強力な派閥は共通に1つの目的を持っています:」

彼らは、主権の引き渡しと彼らが、ビジネスを増大させて、世界平和を保証するためにたぶん国境と人種と民族の義理を終えてほしい米国の国の独立を引き起こしたいと思っています。

彼らが努力するものは必然的に独裁権と人々による自由の損失をもたらすでしょう。

CFRは、「武装解除を促進する目的と全能の1世界政府の中への米国主権と国の独立の水没」のために設立されました。

--ハープ奏者、7月のl958


「…、苦闘が、世界社会民主主義に明確に漂流しているような時に、それが効率的で、慈善の世界システムになる前に、まだ非常に大きな遅延と失望があるかもしれません」。

無数の人々…は新しい世界秩序を憎悪するでしょう…と、それに抗議して、死ぬでしょう。

「私達が、その約束を評価することを試みる時に、私達は、1世代のまたはそう不平家(彼らの多くはまったく勇敢で、優美な外見の人々です)の悩みを心に留めておく必要があります」。

--新世界秩序(1939年)という表題を付けられた彼の本の中のH・G・ウェルズ


「人々は、小さなものより大嘘を信じそうです」。

アドルフ・ヒトラー


「彼らがしたならば、私が、前の革命が明朝あるであろうと信じるので、国家の人々が私達のバンキングと通貨制度を理解していないことはよい」。

--ヘンリー・フォード


「私達は、主権と呼ばれるこの神秘的な力を世界のローカルな国民国家の手中から奪うために全力で慎重に現在働いています」。

--コペンハーゲンの国際関係の研究のための研究所の前の6月のl931スピーチにおけるアーノルド・トインビー教授。


「西側諸国の政府は、君主制または共和党であるかどうかにかかわらず、金権政治、パワーにおける国際、および握りの見えざる手に移り変わりました」。

「それはそうであり、私は、提案することを敢行し、この半オカルトは、アメリカ人のマスが第一次世界大戦の大釜の中に植民するwhich....pushedに動力を供給します」。

- 英国の軍隊の歴史家MajorGeneral J.F.C.フラー、l941


「エリートによる政府のためのケースは反駁できない」

- 資格を与えられた1963年のシンポジウムでウィリアム・フルブライト上院議員(米国上院上院外務委員会の前の会長)は述べました:エリートと選挙民 - 人々による政府は可能ですか?


「政治家が安く発明するであろう次は、責任を、攻撃される国民に負わせて、横たわっていて、すべての人はそれらの良心なだめfalsitiesを喜ぶであろうし、勤勉に彼らを勉強し、彼らのどのような反駁でも調査することを断るでしょう;」

「それから、彼は、やがて、戦争が正しいことを自身に納得させるであろうし、彼がグロテスクな自己欺瞞のこのプロセスの後でエンジョイするのを神によりよい睡眠に対して感謝するでしょう」。

--マークトウェイン、神秘的なよそ者、1916年、Ch.9


「マトリックスはどこにでもあります」。

それは今でもまさしくこの部屋で私達のまわりにあります。

あなたがあなたの窓の外を見る時またはあなたがあなたのテレビをつける時に、あなたはそれを見ることができます。

あなたがあなたの税金を支払う時に、あなたが出勤する時、あなたが教会に行く時に、あなたはそれに触れることができます。

「真実からあなたを盲目にするためにあなたの目の上で引かれているのはその世界です」。

--フィルムの中のモルフェウス、行列から引用してください。


開発された社会の中で、政治権力の差し押さえは文化的なパワーの差し押さえの後まで可能でありません」。

アントニオ・グラムシ(イタリア党共産主義者リーダー)


「人間性の4分の1は社会的なボディから取り除かれなければなりません」。

私達は地球のために神の選択過程を担当しています。

彼は選び、私達は破壊します。

「私達は薄い馬、死のライダーです」。

- バーバラ・マルクス・ハバード心理学者 - タスク・フォース・デルタのメンバー;アメリカ陸軍シンクタンク

名言

「大切なのは票ではなく、それは、誰が票をカウントするかです」。

--ジョセフ・スターリン--





「人々に彼らの労役を愛させて、いわば涙なしで独裁権を生み出す中の次世代またはそう、薬学の方法があるでしょう」。

人々が実のところ彼らから取り除かれた彼らの特権を持つけれども彼らが、宣伝によって反逆したいというどのような願望からでも気を散らされるであろうので、むしろそれを楽しむように社会全体のために一種の無痛の強制収容所を生み出すか、意識改革するか、意識改革することは薬学の方法によって強化しました。

「そして、これは、最終的な革命であるようです」。

--オルダス・ハクスリー、Tavistockグループ、カリフォルニア医学校、1961年





なぜ、もちろん、人々は戦争を望んでいません」。

彼がそれから取り出すことができるベストが、1つの断片の中の彼の農場に戻ることになっている時に、なぜ農場の上のある貧しいだらしない人は、戦争において彼の命を危険にさらしたくあるべきですか?

当然、民衆は戦争を望んでいません:ロシアで、そしてイギリスで、そしてドイツのその問題のために。

それは理解されています。しかし、結局、方針を決定するのは国のリーダーであり、それが民主主義国またはファシスト独裁政治または議会または共産主義の独裁権であるかどうかにかかわらず、一緒に人々を引きずることはいつも簡単な問題です…

声、人々はいつもリーダーの入札に連れて来られることができるか、どの声、人々もことができません。

それは容易です。「あなたたちが、する必要があるすべては、それらに、それらが攻撃されていると言い、愛国心と国を危険にさらすことの不足のために平和主義者を弾劾することです」。

--彼が死刑を宣告される前のニュルンベルク裁判の主要なナチスリーダー、ヘルマン・ゲーリング


「愛国心が実に両刃の剣であるので愛国の情熱の中に市民を鞭打つために、戦争のドラムを強打するリーダーに用心してください」。ちょうど、それが精神を狭めるように、それは血を大胆にします。

そして、戦争のドラムが熱狂に達し、血が憎悪によって沸き立ち、精神が閉まった時に、リーダーは、市民の権利をつかむことにおいて必要を全然持たないでしょう。むしろ、恐怖を満たされて、愛国心によって盲目にされた市民はそうリーダーに、そして喜んで彼らの権利のすべてを捧げるでしょう。どのように私は知っていますか?私がしたことはこれのためです。

「そして、私はシーザーです」。

--ジュリアス・シーザー




「私達の仕事は、人々に、彼らが望んでいないものであるが私達が、彼らが持つべきであると決めるものを与えることです」。

--リチャードSalent、CBSニュース前社長。



「人は世論のサポートなしで現状の下で戦争を遂行することができません(それはプレスと宣伝の他のフォームによってすさまじく作りあげられます)」。

--ダグラス・マッカーサー将軍




あなたが7年の間人に正確な情報を与えるならば、彼は、彼がそうするべきであることがあなたの観点から必要な8番目の年の最初の日に不正確な情報を信じるかもしれません」。

「あなたは彼の敵であるけれども、あなたの最初の仕事は、あなたの宣伝の信頼性と真正性を築き、敵を説得してあなたを信頼させることです」。

--心理戦事例集オペレーションズリサーチオフィス

ジョンズホプキンズ大学ボルチモア(1958年)





「戦争の最初の死傷者は真実です」。

--ルドヤード・キップリング







「秩序を復元するために、国連軍がロサンゼルスに入ったならば、今日アメリカ人は憤慨するでしょう;」

明日、彼らは感謝するでしょう。

それらが、本当であるか、公表されるかどうかにかかわらず、向こうからの外の脅威があったと言われたならば、これは特に真実で、それは私達のまさしくその存在を脅しました。

世界のすべての民族が、彼らをこの悪から救うことを世界的リーダーに嘆願するであろうのはその時です。

すべての人が恐れている1つの物はその未知です。

「このシナリオを贈られる時に、個々の権利は彼らがよくそれらの世界政府によってそれらに与えられる保証のために進んで廃止されるでしょう」。

--エビアン、フランス1992年5月21日のBilderburgersミーティングで話しているヘンリー・キッシンジャー。


キッシンジャーに気づかれずに、彼のスピーチはミーティングにスイス代表によってテープでとめられました。


「人々は、彼らが、何を見る心構えをするかをわかるだけです」。

- ラルフ・ウォルドー・エマソン


「大統領の高い地位は、アメリカ人の自由を破壊するプロットに温湿布するために使われていて、私がオフィスを去る前に、私は彼の状態を市民に知らせなければなりません」。

--コロンビア大学で、彼の暗殺の10日前のジョン・F・ケネディ。





「‘共謀’の検索が動機の検索と歴史の悪行についての責任の帰属を意味しているので国家がどのようなでも‘歴史の陰謀説;’に反感をその主題に教え込むことはまた重要です」。

--国家の解剖学の中のマレーN. Rothbard





「成功への秘密は、何も持たないことであるけれども、すべてをコントロールしてください」。

--ネルソン・ロックフェラー





「私は、何も所有しなく、すべてをコントロールしたい」--J D ロックフェラーI





「Rockefellersと彼らの同盟者のドライブは、…すべて彼らのコントロール下で同じテントの下でスーパー資本主義と共産主義を結合している1世界政府を作成することです」。

私は共謀を意味していますか?はい、私はします。

「私は、そのようなプロットがあるのを確信し、範囲で国際的で、計画を立てることにおける世代の年齢であり、意思において信じられないほど悪い」。

--ソ連によって撃ち落とされた大韓航空747で、ラリーP.マクドナルド米国下院議員を1976年殺しました。



「私達の共和国の本当の脅威は、巨大なタコのように、都市、州、および国家の上でその泥だらけの長さを伸ばすこの見えない政府です」。本当の生きたタコのように、それは、自身作成スクリーン....カバーの下でこのタコの頭を操作します ロックフェラースタンダードオイルおよび一般に国際的な銀行家と称される強力な金融会社の小集団である 。

強力な国際銀行家の小さな仲間は事実上彼ら自身の利己的な目的のために米国政府を運営します。

「彼らは事実上両方の政党をコントロールします」。

- ジョンF. Hylan、1922年、そしてニューヨーク市の市長


「米国で、商業と製造のフィールドで最も大きな人の何人かが何かを恐れています」。

「彼らは、とても組織されて、とても微妙で、とても用心深く、とても連動し、とても完全で、とても普及するどこかに能力があるので、彼らがそれの非難において話す時に、彼らは彼らの息の上で話さないほうがよいと知っています」。

--ウッドロー・ウィルソン、彼の本からの、新しい自由(1913年)





「私はとても不幸な人です」。

私は知らず知らず私の国を滅ぼしました。

大きな産業国はクレジットのそのシステムによってコントロールされます。

私達のクレジットのシステムは集中的です。

従って国家の成長とすべての私達の活動は数人の人の手の中にあります。

「私達は、支配された最悪事態の1つ、文明世界の中の最も完全にコントロールされて、支配された政府の1つであるようになりました - もう、自由な意見による政府、もう、信念による政府、および大多数の票けれども意見による政府と支配的な人の小集団の強制」。

--ウッドロー・ウィルソン(政権が連邦準備法を承認した大統領)大統領





アメリカ人がいつか、プライベートバンクが最初にインフレによって、そしてデフレーションによってそれらの通貨の問題をコントロールすることを可能にするならば、彼らの子供が、彼らの父が征服した大陸の上のホームレスを起こすまで、それらのまわりで成長する銀行と企業はすべてのプロパティを人々から奪うでしょう」。

--トーマス・ジェファーソン


「与える手は、取る手の上にあります」。

お金は母国を全然持っていません;

財政家には愛国心がなく、体裁であります:

「それらの唯一のオブジェクトは利益です」。

--ナポレオンボナパルト


「ワシントンの本当のルーラーは見えず、舞台裏でからパワーを行使します」。

--フェリックス・フランクファーター、最高裁判所裁判官


「世界は、舞台裏にいない人々によって想像されているものから非常に異なる名士によって管理されます」。

--彼が1844年に出版した小説の中のベンジャミン・ディズレイリ、イギリスの最初の総理大臣はConingsby、新世代を呼びました。




「紳士、私は人に長い間あなたを見させておき、私は、あなたが、国のパンの中で思索するために銀行の資金を使ったことを確信します」。

あなたが勝った時に、あなたはあなたたちで利益を分配し、あなたが負けた時に、あなたはそれを銀行にチャージしました。

あなたは私に、私が預金を銀行から取り去り、そのチャーターを無効にするならば、私が1万のファミリーを滅ぼすであろうと言います。

それは真実であるかもしれない、紳士けれども、それはあなたの罪です!

私が万一あなたを進ませるならば、あなたは5万のファミリーを滅ぼすであろうし、それは私の罪であるでしょう!

「あなたは毒蛇と泥棒のほら穴です」。

--1836年に、そのチャーターを撤回することによる米国の2番目の銀行の終わりを強制したアンドリュー・ジャクソン大統領に起因しています。


「連邦準備銀行は、世界がこれまでに見たことがある最も堕落した組織の1つです」。

「この国家が国際銀行家によって運営されると知らない私の声中の人がいません」。

--ルイスT.マクファデン(議員Pa)下院議員


「私達は、世界がこれまでに知っていたことがある最も堕落した組織の1つをこの国に持っています」。

私は連邦準備制度理事会と関連しています。

この悪い組織は米国の人々を貧しくし、事実上私達の政府を倒産させました。

「誰がそれをコントロールするかは金持ちのハゲワシの不正行為を通してこれをしました」。

--1932年(議員Pa)のルイスT.マクファデン下院議員


「私は、どんな操り人形が、帝国を支配するためにイギリスの王位に置かれないかを気にしています…」

英国のマネーサプライをコントロールする人は大英帝国をコントロールします。

「そして、私はマネーサプライをコントロールします」。

--ネイサン・メイヤーdeロスチャイルド(1777-1836)男爵


「これらは大企業の規則です」。

彼らは私達の両親の教えに取って代り、簡単な格言に縮約できます:

独占を得てください;

社会をあなたのために働かせてください;

「そして、すべての中で最もよく、ビジネスが立法上の補助金のための政治であり、それがその利用のために精神的な、または物質的などのような労働も必要としていないので、フランチャイズ、補助金、または免税がキンバリーまたはコムストックの鉱脈より多くに値していることを覚えていてください」。

--独占者(1906年)の告白におけるフレデリックC.ハウ


「私達が単に平均の法則を扱っていたならば、私達の国家の幸福に影響しているイベントの半分はアメリカに良くあるべきです」。

私達が単なる無能さを扱っていたならば、私達のリーダーは私達に有利になるように時々誤りを犯すべきです。

「私達は偶然の一致または愚かさをではなく計画と輝きを扱っています」。

--ゲイリー・アレン彼の本からどれも、あえてそれを共謀と呼びません。




「政治において、何も偶然起こりません」。

「それが起こるならば、あなたは、それがその方法で計画されたことを賭けることができます」。

--フランクリン・ルーズヴェルト


夕方がすぐに来ない時に、どちらも抑圧をしません」。

「両方の例において、すべてが一見したところ変化がないままな所に、たそがれがあり、私達が暗闇の知らず知らずの犠牲者にならないようにたとえどのようにわずかでも、私達が空中の変化に気づいているにちがいないのはそのようなたそがれでです」。

--最高裁判所裁判官ウィリアムO.ダグラス


「一般的な偽りの時に - 真実を話すことは革命的な行為です」。

--ジョージ・オーウェル


「5000万人の人々が愚かな事を言うならば、それはまだ愚かな物です」。

--アナトール・フランス


















啓蒙主義者と魔法







John Todd, the Illuminati and Witchcraft!


The following is a talk by John Todd to the Elkton Maryland Baptist Church when Dr.Berry was pastor in Autumn of 1978.


Here is a quote from Todd's talk in this article that may interest you to read further!


Phillip Rothschild ordered one of his mistresses to write an 1100-page book that would describe to all witches how they would take control of the World through the Illuminati: It's called Atlas Shrugged. (By Ayn Rand) One of the things in it is happening on the front pages of the newspapers across the United States right now. In fact she spent a third of the book describing how they would raise the oil prices and then later destroy the oil fields & then they would also completely shut down the coal.


IT ALSO DESCRIBED HOW THEY WOULD BLOW UP GRAIN MILLS, how they would derail trains. Their sole purpose is to bankrupt their own companies and destroy their own companies until they destroyed the currency of the whole World, and still be so financially strong they would withstand it!


Berry博士が1978年の秋に牧師であった時に、以下はElktonメリーランド・バプテスト教会にジョン・トッドによる話です。

さらに読むためにあなたが興味をもつかもしれないこの記事の中に、ここにトッドの話からの引用文があります!

フィリップ・ロスチャイルドは彼の恋人の1人が、どのように彼らが啓蒙主義者を通して世界を掌握するであろうかをすべての魔女に記述するであろう1100ページの本を書くように命令しました:それは「すくめられたアトラス」と呼ばれます。

それの中の物の1つはちょうど今米国を横切って新聞の第一面の上で起こることです。(アイン・ランドによって)

実のところ、彼女は、どのように彼らが原油価格を上げるであろうかを記述している本の3分の1を使い、それから、後で、油田を破壊してください&その時、彼らはまた完全に石炭を閉鎖するでしょう。

IT ALSO DESCRIBED HOW THEYは、UP GRAINミルズで、どのようにそれらが列車を脱線させるであろうかを吹き飛ばすでしょう。

それらの唯一の目的は、彼ら自身の会社を倒産させて、それらが全世界の通貨を破壊するまで彼ら自身の会社を破壊し、まだ財政的にとても強いことであるので、それらはそれに耐えるでしょう!


John Todd (evangelist) From Wikipedia, the free encyclopedia


太田龍氏の時事寸評から







新潮45」に、ロスチャイルドについてほんの少々、批評した記事が出現した。
??




更新 平成19年01月18日22時53分



平成十九年(二〇〇七年)一月十八日(木)

(第一千九百二十九回)



○「新潮45」、平成十九年二月号。百十頁~百十七頁。

 

   落合莞爾

  「ロスチャイルド、世界経済を総べるものたち」



○この落合莞爾と言うひとについては、なにも知らない。



○「ユダヤ理解の欠落こそ日本の弱み」(百十一頁)、とある。



○これは、まあ、一應は当っている。



○石油時代が来て、金融皇帝ロスチャイルドの権力の一角は崩れ、

 ロックフェラー、アメリカで金融王と呼ばれるモルガンを含め

 て、御三家の時代となった(百十七頁)、などとある。



○このひとは、そのように本気で信じているのか、それともそう

 でもないのか。そこのところは分らない。



○もし、本気で言っているのであれば、このひとのロスチャイルド

 認識は、まことにお粗末で、浅薄である。



○ユースタス・マリンズ著

 「世界権力構造の秘密」(日本文芸社、絶版)



○ここに、詳述されている通り、モルガンは、英国ロスチャイルド

 が米国内主要代理人の一人として育成したのである。



○ロックフェラーが、ロスチャイルドの米国内代理人の一人である

 ことも、前出著に論証されている。



○更に、このひとのこの記事では、

 イングランド銀行、米FRB(連邦準備制度)、



○この二つの銀行が、ロスチャイルドの支配下にあることが

 述べられていない。



○この人はそれを全く知らないのか。



○それとも、知っているけれども、色々と利害損得を考慮して

 伏せたのか。



○それは分らない。



○しかし、新潮社と言う、日本の四大出版社(文藝春秋、講談社、

 新潮社、小学館)の一角を占める、この出版社系の月刊誌の上で、



○このような記事が登場したことは、やや問題とするに足りるで

 あろう。



○「ロスチャイルド問題」についての、英語参考文献の中の主要な

 ものの一つは、



○Witchcraft and the Illuminati (未邦訳、匿名)



○であろう。



○これは、七十九頁の小冊子であるが、にも拘わらずもっとも重要

 な著作である。



○前出の著作では、ロスチャイルドは、秘密の世界権力としての

 イルミナティの頂点であり、



○そして、世界を支配するために、五つの系統を組織すると言う。

 即ち、



  (1)フィナンシャル

  (2)政治

  (3)シビル(その主たるものはフリーメーソン)

  (4)オカルトと宗敎

  (5)ソーシャル(テレビ、映画、音楽など)



○このように見て来ると、落合と言うひとは、ロスチャイルド問題を

 「フィナンシャル」の、そのまたごく表面的な一部に限定して論じ

 ていることが分る。



 (了)



【参考文献】



○ジョン・コールマン、太田龍

 「ロスチャイルドの密謀」成甲書房、四百三十六頁、

 二千二百円+税、一月二十日発売



○太田龍著

 「沈黙の兵器」データハウス刊、

 千三百円



 日本義塾出版部でも取り扱い中。







忍の聖書解読研究室:現在の黙示録


現在のメーソンの位階







































































































































36ルシフェル及びロスチャイルド・ファミリー

最高指導部(ブナイブリス)



ロスチャイルド家、ロックフェラー家、


メロン家、デュポン家、モルガン家、


ケネディ家、オナシス家、フォード家、

オッペンハイマー家、カーネギー家、


ワールブルグ家、イートン家、


モービル家、ハリマン家、ドレフュス家、

サッスーン家他


35ロイヤル・ファミリー13人評議会パリサイ派ラビ集団
34ロスチャルド・トリビューン33人評議会最高評議会
33最高大総監

(以下は従来の古式公認

儀礼による33位階)
最高の法院

(以下は従来の古式公認儀礼

による33位階の役割及び位置)
最高会議(300人評議会)
32王者の秘密の崇高な王子最高の法院の代理長老会議(コンシストリィ)

宗教・オカルト担当



全国教会評議会、サイエントロジー、


アメリカ・サタニック教会、

ユニティ、FAM、ガーター聖団、


ガーナリアン協会、

最後の審判のプロセス教会、


ウイッカ協会、ニューエイジ・

ムーブメント他


31大審問長官
30コダシュの選ばれた大騎士
29聖アンドリューの騎士王者の秘密の王子の法院神聖会(イルミナティ)

政治・経済担当



国連、国際赤十字、ユニセフ、


CFR、TC、FRB、EC、EEC、

EFTA、CIA、FBI、NATO、


ビルダーバーグ・クラブ、IMF、

RIIA、アジア太平洋エネルギー・フォーラム、


世界医療公社、世界食糧公社、


BIS、WMWFG、WAWF、共産主義インター

ナショナル、IOC、極党右翼組織、


極党左翼組織、ロンドン・ポリシー・クラブ、


国際シオニスト・グループほか、

国際規模のすべての銀行。


28太陽の騎士
27殿堂の指揮官
26慈悲の王子
25青銅の蛇の騎士
24ユダヤ神殿の王子
23ユダヤ神殿の長
22レバノンの王子
21ノアの末裔
20崇高な大棟梁
19大司教
18薔薇十字騎士薔薇十字の王子の支部薔薇十字会

科学・社会思想担当



人工ゼロ成長会、国際人権擁護委員会、


全米科学アカデミー

、ノーベル財団、動物権利グループ、


ローマ・クラブ、

エスペラント団体ほか、


国際規模のすべての団体。


17東西騎士
16エルサレムの王子エルサレムの王子の会議
15東方または剣の騎士
14完成のスコットランド騎士完成のロッジ十全会

法律・マスコミ担当



アメリカン・ブロードキャスティング、


CBS、セントラル・ニュース

ペーパーズ、NBC、


ダウ・ジョーンズ&カンパニー、

エンサイクロペディア・ブリタニカ、


ニューヨーク・タイムズ、

CNN、プレイボーイ・エンタープライゼズ、


リーダーズ・ダイジ

ェスト・アソシエーション、


タイム・インコーポレイテッド、トリビュ

ーン・カンパニー、


20thセンチュリー・フォックス、

ワーナー・コミニュケイションズ、


BBC、ワシントン・ポスト・カン

パニー他、国際的な全ての

法律機関。


13エノクのロイヤル・アーチ
12建築の大棟梁
11選ばれた崇高な騎士
10輝かしい15人
選ばれた9人
建物の管理者
主監と判事
親密な秘書
完全な親方
秘密の親方
親方ブルー・ロッジ青の会(狭義のフリーメーソン)

一般大衆を取り込むための慈善団体



ライオンズ・クラブ、ロータリー・クラブ、


ボーイスカウト他。


職人
徒弟




山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年2月2日

                           山本尚利

タイトル: 汚れた政権?:安倍内閣



1.ヤクザと関係ある?安部政権

 2007年2月2日付け夕刊フジ、米国ハドソン研究所の日高義樹氏のレポート「もう一つの世

界の読み方」で衝撃的な発言がなされています。米国連邦政府関係者の間で、安倍政権の発

足当初は評価が高かったのに、今では、汚れた政権として評価が急落しているとのこと。米

国政府関係者の間で安倍政権はヤクザと関わりがあると噂されているそうです。日高氏のこ

のレポートは(1)日高氏が安部政権を闇支援している寡頭勢力の存在を知らずに単に、米国

政府関係者の噂をそのまま垂れ流しているだけなのか、それとも、(2)安倍政権が近未

来、闇の寡頭勢力から何らかの仕打ちを受けることを日本国民に暗示しようとしているの

か、筆者にはまだわかりません。

 これまで、筆者はポスト小泉の安倍政権は、寡頭勢力のうちの戦争屋(注1)の闇サポー

トで成立したと分析してきました。NHK出身の日高氏の所属するハドソン研究所は、保守系シ

ンクタンクですから、戦争屋につながるシンクタンクとみなせます。日高氏のレポートを真

に受けると、戦争屋系の米国覇権主義者が安倍政権に見切りを付け始めたとみなすことがで

きます。日高氏自身は、本心でそう思っているでしょうが、戦争屋の安倍政権評価がほんと

うに急落しているかどうか、筆者はまだ判断できません。



2.自民党要人の対米批判の真意

 日高氏は、表向き安倍政権を批判していますが、その直接の根拠は、2007年1月26日、米国

連邦政府が、安倍政権の久間章生防衛大臣(長崎県2区選出)の度重なる米国批判に不快感を

表明した点に端を発しています。久間氏は日本国の防衛大臣の立場で、沖縄の米軍普天間基

地移転問題に関わる対米批判や、ブッシュ政権のイラク戦略批判を繰り返しています。その

他、2006年12月17日、中川昭一自民党政調会長の長崎市での反米発言(米軍の長崎・広島原爆

投下は犯罪行為であったという意見)(注2)も影響しているでしょう。対米隷属の小泉政

権下では考えられないような変わりようです。両氏の対米批判は、至極当然の意見であり正

論そのものです。小泉政権下で、このような正論すら言えなかったことの方がむしろ異常で

あったと思います。安倍政権となって、自民党が元に戻っているとみなすこともできます。

さらに穿った見方をすれば、ベテラン自民党政治家である両氏は意図的に安倍首相の足を引

っ張っていることになります。それならば、なぜそういうことをしているか非常に気になる

ところです。好意に解釈すれば安倍政権を離米愛国主義に誘導しようとしているのでしょう

か。ところで筆者の個人的見解では、忠犬ポチの政治家より、本音を恐れず吐く、気骨の政

治家の方が、多少反米的であっても、米国人は一目置いてくれます。その意味で対米隷属一

本やりであった小泉前首相は、米国人から内心、軽蔑されている可能性が高いし、小泉氏本

人もそのことをよく自覚しているでしょう。

 さて久間氏も中川氏も戦争屋の怖さを熟知している老獪な政治家でしょうから、両氏から

反米爆弾発言(本音)が飛び出すということは、小泉政権時代に比べて、戦争屋の対日威圧

力が大きく低下しているとみることもできます(注1)。その意味で戦争屋の対日スポーク

スマンである日高氏が安倍政権をなじるのは無理ありません。しかしながら、同氏が、安倍

政権がヤクザとつながっていることを匂わすのは、近未来、逆境に置かれるであろう日高氏

の単なるヒステリックな反応にすぎないのか、それとも日高氏のバックにいる戦争屋に何ら

かの魂胆があるのでしょうか。上記、日高氏の発言がもし、戦争屋の代弁ならば、戦争屋

は、安倍政権の闇をすべて知っており、その気になれば、安倍政権はいつでも落とせること

を意味しています。



3.安倍政権を攻撃している首謀者は誰か?

 このところ、安倍政権は猛烈な攻撃に曝されています。安倍政権の引き継いだ小泉・竹中的

な部分(本間正明、元税調会長人事、大田弘子、経済財政・金融大臣人事など)、すなわち金

融戦略については、ほぼ攻略され、その首謀者は、日本の金融官僚勢力ではないかと筆者は

推察しています(注2)。さらに日高氏の発言を信じれば、安倍政権生みの親、戦争屋から

も攻撃(あるいは恫喝)を受け始めたことになります。もしそうなら、安倍政権は四面楚

歌、長く持たないことになります。ところで、安倍政権はほんとうに、戦争屋から見限られ

るのでしょか。もしそうなら、なぜでしょうか。その理由を分析するには、戦争屋が今、何

を画策しているかを知る必要があります。戦争屋は今、イラン攻撃を計画していると筆者は

思います(注3)。彼らが安倍政権に期待するのは、自衛隊の中東派兵もありますが、それ

よりむしろイラン戦争の戦費調達のための日本の産官セクターによる米国債の大量買い上げ

でしょう。

 ところが本件に関しては、2003年のイラク戦争時点と事情が大きく異なります。親米派の

竹中平蔵氏や宮内義彦氏を追放した安部政権となって日本の産官の金融戦略の覇権が、金融

官僚勢力に奪回されてしまったのです。戦争屋が安倍政権の評価を落としたとすれば、その

理由は久間氏や中川氏の反米発言などではなく、日本の金融覇権を、金融官僚勢力に奪回さ

れたからではないでしょうか。その意味で安倍政権では、確かに戦争屋の思惑どおりに米国

債を存分に買い上げてくれるかどうか定かでありません。日高氏が匂わせているように、戦

争屋の中のジャパンハンドラーは、いつでも安倍政権を落とせるのですが、ポスト安倍を誰

にするかが定まらないのではないでしょうか。親米派最右翼の竹中氏の芽がない今、小泉純

一郎氏の再登板くらいしかありませんが、飯島元首相秘書官がいくらその気でも、肝心の小

泉前首相自身にその気がないのではないでしょうか。今月2月20日、戦争屋の代理人、チェイ

ニー米副大統領の来日が予定されています。上記、日高氏のレポートは、戦争屋のいうこと

をきかないと、安部政権の闇を暴くぞという脅しと受け取れないこともありません。

 ちなみに、女性蔑視発言で窮地に追い込まれている柳沢伯夫厚生労働大臣(元大蔵官僚)

は、日本の金融官僚勢力の中でも愛国派であり、反竹中最右翼です。対米隷属の小泉政権下

で、2002年、金融系寡頭勢力の圧力で強引に更迭され、竹中氏にスイッチさせられた愛国派

人物として有名です。チェイニー訪日を控えて、すでに水面下では、米国ジャパンハンドラ

ーと日本の金融官僚勢力との間で激しい戦争が始まっているのでしょうか。



注1:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋へバトンタッチ』2006年11

月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm


注2:ベンチャー革命No.214『本間税調会長辞任と中川反米発言』2006年12月21日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr214.htm


注3:ベンチャー革命No.218『米・イラン戦争:日本のみ石油危機到来』2007年1月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr218.htm






山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

彼らに人間性はない・。

福知山線脱線 JR西、企業体質との関係否定 意見聴取会(毎日新聞)
丸尾和明副社長:
福知山線脱線 JR西、企業体質との関係否定


<福知山線脱線>意見聴取会終了 ダイヤ設定などJR西日本の企業風土への疑問が相次いだ。 


2月1日22時41分配信?毎日新聞


福知山線事故聴取会…「日勤教育」などに批判相次ぐ 学識経験者らからは、現場付近への新型ATS(自動列車停止装置)設置の遅れや、ミスをした運転士に対する「日勤教育」が恣意(しい)的に運用されていたことなど、JR西日本への批判が相次いだ。大阪大大学院の篠原一光助教授(交通心理学)は、高見隆二郎運転士(死亡)の事故直前の心理状態について、「車掌が自分のミスを報告する無線交信の内容に気を取られ、注意力が減少していた」と分析。JR西に対しては「運転士が自然に運転に集中できる環境を整えるべきだ」と指摘した。


2月2日1時14分配信?読売新聞







 


蛇足


JR西の経営陣はサタニストの所業を続けるつもりなのだろう・。前相談役、前会長、前社長は人間をただの荷物程度にしか考えていなかったのだろう・。自分達は多くの金を貰ってサッサト逃げる。その遺伝子は副社長に伝えられている。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR