FC2ブログ

寝言は寝て言え・。

世に倦む日日より・・。http://critic2.exblog.jp/3265670/


護憲派の愚行と自失 - 人権派弁護士における政治的緊張感の欠如


?




弁護士法はその第1条で「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」と定めている。一般に弁護士

の仕事は、単に裁判で弁護を引き受けた依頼人の利益をマキシマムに追求獲得し、権利の実現に尽力貢献することだと考えられていて、今回の問題でもそのような皮相的な理解が横行しているように見えるが、無論、それは弁護士の使命を見失った誤った認識である。弁護士の使命は二つ、人権の擁護と正義の実現である。今回の安田好弘と足立修一の問題は、二人が被告人の人権の擁護にのみ妄執狂奔して、正義を実現する弁護士の使命を忘れ、無視逸脱していることである。ところで、この社会正義の実現は、弁護士が単独に負う使命ではなく、司法に携わる者の全てが等しく使命として受け持つものである。したがって刑事裁判は、裁判官と検察官と弁護士の三者が共同の作業で社会正義を実現するものであり、単に対立する二者と判定者で勝ち負けのゲームを演じているのではない。弁護人は弁護を通じて社会正義を実現しなければならない。







安田好弘と足立修一の今回の所業は、社会正義の実現の弁護士の使命を最初から放棄していて、単にこの事件を「死刑制度廃止」の政治目的のために宣伝利用している。だから誰からも支持されないのだ。二人は自分の行動を崇高な信念に基づくものとして確信しているのだろうけれど、二重の意味で根本から倒錯していて、一つはこの行動が「死刑制度廃止」の世論や関心に大きく悪影響を及ぼす結果に導くであろうという政治的失敗と、もう一つは弁護士の地位や裁判制度そのものに対する国民の不信を惹起増幅せしめたことである。前回の上告審口頭弁論欠席も、国民が納得できる合理的理由はなく、明らかなルール違反である。今回の一審二審の事実認定に異議を差し挟む強引なやり方も、単に裁判の遅延と時間稼ぎを狙ったもので、麻原彰晃の延命のために裁判を混乱させている卑劣な手法と本質的に同じである。弁護士の特権を利用して、正義を捻じ曲げ、被害者遺族の人権を踏み躙り、「死刑拒絶」のイデオロギーを貫徹しようとしている。そのように見える。







二人とも、自分の主張していることが詭弁であり、社会の常識や道理に合わない姑息な便法術策であることは了解しているはずなのだ。今回の件も、死刑か無期かが争われる世間注目の裁判だから、そこに無理やり介入して、騒動を起こして、「死刑制度反対」を訴求するデモンストレーションの場にしたのである。二人はその弁護(と言うより政治)活動によって福田孝行の生命を数年間長く延ばすことができるのだが、その分、事件の解決を求める被害者遺族の救済を数年間先延ばしにする。この二人のやり方を国民は支持しない。私も支持しない。税金の無駄であり、時間の無駄であり、被害者遺族の人権侵害であるという主張に同意である。広島の弁護士である足立修一は「九条の会」のメンバーでもある。間もなく憲法記念日であり、これから教育基本法の改正や国民投票法案が国会で論議されるのだが、この問題は憲法をめぐる世論に影響を及ぼすだろう。拉致問題と同じような世論構図がマスコミによってオーガナイズされるはずで、現にネットの中ではバッシングが始まっている。







人権派弁護士の非常識と妄動を攻撃することによって、彼らの政治的立場の全体を異端化し、排撃する世論工作である。その意味では、今回の二人の行為は明らかに護憲派にとって「自失」であり、少数派に追い詰められつつある護憲派の立場をさらに不利に追い込むものである。左派の立場で人権擁護や死刑廃止を一般論として唱えてきた者でも、今回の安田好弘と足立修一の愚行を擁護できる者はいないのではないか。多数を説得することは絶対にできない。支持を調達することは不可能だ。せいぜい左翼だけが固まった身内の狭い空間で「少数意見」を言い合って納得し合う程度に止まる。外の一般社会では、護憲派=人権派弁護士=非常識=異端という方程式の観念が醸成され、通念化され、簡単に否定できなくなり、逆に改憲派=社会正義=正論=多数派という社会常識の方程式が固められてゆく。今回の安田好弘と足立修一の所業は正当化できないのだ。二人はそれを政治として敢行したのだろうが、完全にマスコミの政治によってリバースをかけられ不当化された。







二人の軽挙妄動は護憲派に深刻な打撃を与える失策であり、護憲派から改憲派に転向しようとしている(元左翼の)マスコミ文化人たちに格好の口実を与える好餌となったに違いない。転向の季節は果てしなく続く。改憲のその日まで続く。護憲から改憲への改宗(思想転向)を自己正当化するためにはイデオロギー的触媒(口実)が必要であり、人権派弁護士の妄動とそれへの国民的反発は、北朝鮮拉致問題に続く第二の効果的な思想的槓桿になる。そういうことを足立修一は自覚的に考えて、自問自答して、その上で福田孝行の弁護をどうするか考えなければならなかったはずだが、一審二審の事実認定が誤りだったというような荒唐無稽な論法で死刑回避を狙ってきた足立修一の戦術は、政治としてあまりに稚拙で惨憺たるものであり、護憲を主張する者の心を傷つけ、政治的立場の説得力を削ぐ最悪のものだったと言える。自殺行為だ。左翼の緊張感の欠如と言うか、「空気の読めなさ」というものを感じる。政治的に敗北する側は、このように正常な理性と現実感覚を喪失するのだろうか。





蛇足

戦後イルミナティの従属キャンペーンに乗って、加害者の人権を声高に叫び、日本国の秩序と家族制度を破壊する事に気がつかないアフォども・。被害者よりイデオロギーを優先する事は赤軍派と何も変わらない・裁判と言う密室で21人の過激派が騒いでいるように見える・。元日弁連会長の北朝鮮弁護士に成り下がり、元公安調査庁長官の弁護士の銭ゲバぶりを見るに付け、法制度を食い物にしている御仁たちだ・。エエ歳をこいて、この国を食い物にする怪物ども・恥を知れ。今までの死刑冤罪事件と言われる無罪になったモノを見直さねばならないだろう・。

スポンサーサイト



ただのメッセンジャーちゃうの?

太田龍氏の時事寸評より




日高義樹と言う、三百人委員会につながる唯一の日本人ジャーナリストの新著。

今の日本人には恐らく、まるで歯が立たない。??




更新 平成19年06月25日22時24

平成十九年(二〇〇七年)六月二十五日(月)

(第二千九十二回)


○日高義樹と言う在米ジャーナリストの最新著。

 

  「アメリカの新国家戦略が日本を襲う」

   徳間書店 (2007/06)


○この本が、日本人によって、まともに読まれるとは、


○筆者は全く考えない。


○このひとは、ハドソン研究所の研究員だと言う。


○日本人は、そもそも「ハドソン研究所」が何者か、


○そのことについて、何の理解もない。


○米国では、三百人委員会系統の研究所、研究機関が、

 何百何千と存在して居り、


○そしてそれらをタヴィストック研究所が統括する(ジョン・

 コールマン)。


○しかし、それら何百何千の研究機関の中で、ハドソン研究所

 は、三百人委員会に直結する、第一級の重要性を有する。


○だからこそ、このハドソン研究所から、ビルダーバーグ年次

 総会に、毎回招聘されるのである。


○このような研究所の研究員に採用される場合、

 タヴィストック研究所、そして米英諜報機関は、その人物

 についての入念な調査を実施する。


○つまり、日高義樹と言うジャーナリストは、

 三百人委員会=イルミナティによって、信用出来る彼らの

 内輪の仲間として認定されて居るわけである。


○そんじょそこらの日本のジャーナリスト、学者、エコノミスト、

 評論家、などなどの有象無象とは、この人はレベルが違う。


○このひとの前出の新著の要点は、


 (1)ソ連崩壊後、米国は、世界帝国たらんとしたが、


 (2)失敗した。


 (3)米国は、世界帝国たるべき機会を逸した。


 (4)その結果、米国の内外政策は、今、根本的変化の過程

    にある。


 (5)必然的に、米国の日本に対する政策も、


 (6)根本的に変化する(した)。


 (7)にも拘わらず、日本人は、その根本問題が全く見えて

    居ない、と。


○このひとの述べて居ることは、現象論としては、概むね、

 正しい。


○北朝鮮による日本人拉致問題。


○米国は、


○日本は、北朝鮮に軍隊を送って拉致された日本人を取り返すべし。


○と考えて居ると。


○もちろん、今の日本人には、そんなことは、白昼夢である、

 または夢にもならない。


○米国の本音は、


○日本が北朝鮮に出兵して拉致日本人を取り返すつもりがないなら、


○グダグダ、グチ、泣き言を言うな!!


○だと。


○つまり、今の日本人は、日高義樹と言うひとの本を買って

 読んだとしても、


○まるで「上の空」、なのである。


 (了)








?? 日高義樹のワシントンリポート (5/20) 7/7 Yoshiki Hidaka's...


第7セグメント。 中将へのインタビューから要点のまとめ。????

?









日高義樹(ひだか よしき、1935年 - )は、愛知県 名古屋市 出身のジャーナリスト 。


愛知県立刈谷高等学校 を経て、東京大学 文学部 英文科卒業後、東京大学新聞研究所を経て1959年 にNHK に入局。外信部、ニューヨーク 支局長、ワシントン 支局長、NHKエンタープライズ ・アメリカ代表、アメリカ総局長などを歴任して1992年NHKを退職。 1989年から1991年までNHK会長であった島桂次 の側近であった。


40年近くその報道に携わったことから、日米関係に関する著作が多数あり、共和党系の重要人物、殊に知日派やネオコン への人脈も豊富とされる。とりわけ、NHK 勤務時代から、年始にヘンリー・キッシンジャー 元国務長官に対する国際情勢予測に関するインタビューを放映しており、これは現在の日高義樹のワシントン・リポート にも引き継がれている。現在はワシントンのハドソン研究所 の客員首席研究員、全米商工会議所 の会長主席顧問を務めるほか、テレビ番組でも活躍中である。







蛇足


今年のビルダーバーグ会議に参加したマリー・ジョゼ・クラビス、上級研究員、ハドソン研究所社(米国)


日高氏も同じ穴の狢か?

イスラエル空軍攻撃準備・・







http://www.propagandamatrix.com/articles/june2007/230607strike.htm


Report: IAF preparing for Iran strike


Jerusalem Post


Saturday June 23, 2007


The Israeli Air Force (IAF) has been training on long-range flights, including refueling in mid-flight, in preparation for potential strikes against Iranian nuclear targets.


The training program has been taking place for some time but has only been released for publication Friday, the Ma'ariv daily reported.


Intelligence assessments received by the defense establishment concur that once Iran passes the point of no return in its nuclear efforts, the entire Middle East will enter a frantic nuclear armament race. Egypt and Saudi Arabia are expected to take the lead should such a scenario become reality.


At the end of 2007 the US and Israel are expected to hold a joint assessment to ascertain the influence of economic sanctions against Iran.


報告書:IAFはイラン攻撃の準備をしています。エルサレム・ポスト2007年6月23日(土)イスラエルの空軍(IAF)はイランの核目標に対する潜在的な攻撃に備えて、飛行中の燃料を補給することを含む長距離飛行で練習しています。トレーニング・プログラムは暫くの間起こっているが単に金曜日に出版のためにリリースされた、とMa'ariv日刊新聞が報告しました。防衛体制によって受け取られた諜報評価は、一旦イランがその核開発で帰還不能点を通れば、全中東が熱狂した核武装レースを参加するだろうと同意します。エジプトとサウジアラビアが優位をとると予想されます、万一、そのようなシナリオが現実になれば。2007年の終わりに、米国とイスラエルがイランに対する経済制裁の影響を確認する共同の評価を保持すると予想されます。


A new package of upgraded sanctions prepared jointly by Israel and the US, includes exerting pressure on European governments to cancel US $22 billion in loan guarantees given annually to European companies trading with Iran.


The new package also includes sanctions against banks working with Iran, non-renewal of oil infrastructure in Iran and a long series of economic actions that are meant to seriously hurt the Iranian economy.


Following the end-of-year assessment, Washington will decide how to move forward in the struggle against Iran's nuclear race.


Members of the international community - the US and Israel leading - are convinced that Iran's race to enrich uranium is aimed at producing nuclear weapons. The Islamic Republic, on its side, insists it is looking for energy sources that would be an alternative to fossil fuels.


Iran has so far remained defiant in face of the demands voiced by the international community that it make its nuclear program transparent to UN-mandated monitoring.




イスラエルと米国によって共同で準備された、改良された制裁の新しいパッケージは、イランと取り引きするヨーロッパ企業に毎年与えられた融資保証中の220億USドルを取り消すヨーロッパの政府に対する圧力をかけることを含んでいます。新しいパッケージは、さらにイランで、油インフラストラクチャーの非一新、およびひどくイランの経済を傷つけるのが目的の長い一連の経済的処置と働く銀行に対する制裁を含んでいます。年の終わりの評価に続いて、ワシントンは、イランの核兵器開発競争に対する努力の中で前進する方法を決定するでしょう。国際社会(米国および(イスラエル)リードすること)のメンバーは、核兵器の生産を、ウラニウムを濃縮するイランのレースが目指すと確信しています。イスラム共和国は、その側で、化石燃料の代わりになるのがエネルギー源のための見ることであることを要求します。イランは、ここまで国際社会によって言葉に表された要求に直面して挑戦的なまま、その核開発計画を国連に命じられたモニタリングに透明にします。


エイズは人で作られましたか?すでにワクチンがありますか?






HIV/AIDS Created by US Government!

Vaccine already developed and easy to make?


Sue Arrigo, MD

California medical license G 50197


HIV/AIDS 米国政府によって作成されます!

すでに開発されて、作りやすいワクチン?

スー アリーゴ、MD

カリフォルニア医学ライセンスG50197


As an ex- CIA physician with high level access, I wrote a report for DCI Webster in about 1991 arguing for closure of all the US Bio-Warfare Labs. I did that after reviewing the Ft. Detrick and the CIA's Langley Bio-Warfare Labs's research, looking at their own documents. That review was authorized because Bush, Sr. had sold dangerous Bio-Warfare agents to Hussein, which I ended up having to recover from Iraq. Webster, as a former judge, willing to evaluate the evidence, allowed me to research the field and write a report for him of close to 100 pages and 1000 pages of supporting documents.


Although the focus of my report was why the Bio-Warfare Labs should be closed, the issue of the HIV virus developed by the Ft. Detrick lab formed about 18 pages of my report. At the time I wrote that report, the vaccine for HIV that had been developed in 6 months of work, had already been used by the Cabal since 1983.


It was a crime against humanity that the virus was unleashed on the world, and it continues to be a crime that the vaccine has been kept secret and for private use only. Meanwhile, the outer research to get to a vaccine is an exercise in how not to arrive at a solution before millions more die. The initial "hopes" for HIV per its designers was to be able to walk into Africa and take the resources from a ghost continent. They had hyped it as killing everyone there within a year, in their pre-release reports.


The research at the Labs addressed the fastest way to make vaccines to Bio-warfare agents, both in labs, at a front, and impromptu on a battlefield. That was a pressing concern and one that was researched using millions and millions of dollars.


Vaccine so easy... it can be made in a blender!


高水準アクセスをもつex-CIA医者として、私はおよそ1991年にすべての米国Bio-Warfare Labsの閉鎖に賛成しているDCIウェブスターのためのレポートを書きました。私は、Ftをチェックした後にそうしました。DetrickとCIAのラングリーBio-Warfare Labsは研究です。そして、彼ら自身の文書を見ます。そのチェックは認可されました、ブッシュ、卿はフセインに危険なBio-Warfareエージェントを売りました、そしてそれは、私は結局イラクから立ち直らなければならないことになりました。前裁判官として、証拠を評価する気持ちがあって、ウェブスターは私がフィールドを研究して、文書を支える約100ページと1000ページの彼のためにレポートを書くのを許しました。


私のレポートの焦点がBio-Warfare Labsが閉じられなければならない理由であったが、HIVウイルスの問題はFtによって生じました。Detrick研究室は、私のレポートのおよそ18ページを作りました。その時に、私はレポート(6ヵ月の職場で開発されたHIVのためのワクチン)が1983年以降Cabalによりすでに用いられたと書きました。


ウイルスが世界に放たれたことは人道に反する罪でした、そして、ワクチンが秘密にしておかれて個人的な使用だけのためだったことは犯罪であり続けます。一方、数百万人がより死ぬ前に、ワクチンを始める外の研究は解決に到着しない方法の課題です。イニシャルが、アフリカの中に入って、幽霊大陸から資源をとることができることになっていたことをそのデザイナーにつきHIVのために「望みます」。彼らのリリース前のレポートにおいて、彼らは1年以内に誰でもそこで殺しながら、それを売り込みました。


正面で、研究室で、そして、即席に戦場で、Labsの研究は、Bio-戦争エージェントにワクチンを行う最も速い方法について述べました。それは、数100万と何百万ドルも使って研究された緊急の懸念とものでした。


とても簡単なワクチン...それは、ブレンダーで作られることができます!


??????????????





Briefly, the consensus at the time was that:


1) Any agent from a sick soldier left in a Waring Blender (or any other food blender) for 8 hours would be broken down well enough to not be infective in small doses ( ie. less than a 100 germs). The Labs had made an IgM set of antibodies to sediment out the human HLA antigens by centrifuging it. That allowed the supernatant to be used as a vaccine with little serum sickness problems. A physician in a war zone equipped with a Waring Blender, a blood specimen centrifuge, and a vial of the IgM could make a fast "fresh" vaccine and start inoculating soldiers. The labs tested that using a variety of agents and common cold agents. It was only if one wanted to store the vaccine in vials that one got into the problem of denaturing the proteins of the agent due to heat, chemicals,etc. That was where most of the problems of loss of effectiveness crop up.


2) The Labs found that causing a 1cm by 1cm abrasion until one got lymph and applying a drop of the "fresh vaccine" and a band aid, worked almost as well as an injection. The abrasion could be caused by three fast firm strokes of very fine sand paper over a template with a square of skin bulging through it. This method had much less serum sickness problem. The major problem was occasion keloid and scar formation and superficial infections.


3) The Labs also showed that it was possible to make a crude live vaccine as an emergency directly on the battlefield. The principle was that infection occurs when the body's defenses are overwhelmed but that the body can usually fend off 10 to 50 organisms even of Bio-warfare agents. It was a simple dilution to get the agent into the right ballpark, starting with a secretion of a sick person. Then a drop of that dilute live agent would be placed on an abrasion. That was also tested during war games with colds etc. The diluted material can't be stored for longer than an hour due to the risk of multiplying the agent. It was assumed that in the field it would not be known whether the agent was a virus or a bacteria. A bacteria that divided every 20 minutes could be 8 fold in quantity after an hour and risk causing the infection one was attempting to prevent. Of course, such a live agent could be extremely dangerous and except in an extreme emergency would not be used.


4) The issue of how to quickly sterilize a make-shift vaccine was also addressed in the research. The best method was to dry the agent, if time permitted. Second best was to preserve the agent in Vodka (40%), not gin, etc., and then to dilute it down to less than 2% alcohol before applying it to the abrasion.


手短に言うと、コンセンサスはその時はそれでした:


1) 8時間Waring Blender(または、いかなる他の食物用撹拌機も)に残っている病気の軍人からのどんなエージェントもわずかな投与量(100の細菌より少ない)で伝染性でないほどよく砕けているでしょう。 研究室は、人間のHLA抗原でそれを遠心分離することによって、抗体のIgMセットを沈殿物にしました。 それは、表面に浮かぶのがワクチンとして小さい血清病問題で使用されるのを許容しました。 Waring Blenderを備えていた交戦地帯、血液標本遠心分離機、およびIgMの小瓶の中の医師は、速い「新鮮な」ワクチンを作って、軍人の予防接種をし始めることができました。 研究室は、さまざまなエージェントと風邪エージェントを使用することでそれをテストしました。 1つが小瓶の中にワクチンを格納したかった場合にだけ、1つは熱、化学物質などのためエージェントのタンパク質に特性を奪わせるという問題に入りました。 それは有効性の損失の問題の大部分が現れるところです。


2) 研究室はそれに1つがリンパを得るまで1cmのすり傷で1cmを引き起こすのを見つけて、適用にほとんど注射と同様に扱われた「新鮮なワクチン」とバンド援助の1滴を見つけました。 皮膚の正方形がそれを通してふくらんでいて、すり傷はテンプレートの上に非常にすばらしいヤスリ紙の3つの速い堅いストロークで引き起こされる場合がありました。 この方法には、はるかに少ない血清病問題がありました。 大した問題は、ケロイド時と、瘢痕形成と浅薄な感染力でした。


3) また、研究室は、非常時として直接戦場で粗雑な生ワクチンを作るのが可能であることを示しました。 原則はボディーのディフェンスが圧倒されるとき、感染が起こりますが、通常、ボディーがBio-戦争エージェントさえ10から50の有機体を防ぐことができるということでした。 ちょうど球場にエージェントを届けるのは、簡単な希釈でした、傷病者の分泌から始まって。 そして、その希薄な活動的なエージェントの1滴はすり傷に置かれるでしょう。 また、それは戦争ゲームの間、風邪などでテストされました。 エージェントを掛けるというリスクのため1時間より長い間、希釈された材料を格納することができません。 分野では、エージェントがウイルスかそれともバクテリアであったかが知られていないと思われました。 20分毎に分割されたバクテリアは、1時間後の量に8倍と感染力を引き起こすと防ぐのが試みられていた危険であるかもしれません。 もちろん、そのような活動的なエージェントは、非常に危険であるかもしれなく、極端な非常時を除いて、使用されないでしょう。


4) また、すぐに間に合わせのワクチンを殺菌するかに関する問題は研究で記述されました。 最も良い方法は時間が可能ならばエージェントを乾かすことでした。 次善は、ジンなどではなく、ウオッカ(40%)にエージェントを保存して、それをすり傷に適用する前にそして、それを2%未満のアルコールまで希釈することでした。




That means that a simple vaccine for HIV can be made by virtually anyone in the world in a short period of time, though it would likely need to be repeated periodically to get and keep the titers up. But repeating it is a good idea anyway as that helps address the mutation problem. So, suppose one took 1 cc of secretions from each of 10 HIV patients in an area (without fungal infections preferably) and mixed them together to have a range of HIV agents. Then one could add 250 cc of Vodka and let it sit a week. Then one could remove a cc of that and add 20 cc of clean water to get a less than 2% alcohol solution. A drop of that could be applied to an abrasion. That, I believe, would give you about 60% protection. Repeating that at intervals of about 2 weeks to a month for 6 months and using new HIV secretions every 6 to 12 months, I think would give one fairly good protection in a person with a normal immune system to start with. Of course, that is a crude method and should be tested for efficacy etc. But it is simple enough to test on sex workers, if they were willing to volunteer. They are at such high risk that the likely benefits almost certainly outweigh the risks. The chief risk would still be sensitization with human HLA proteins. The beauty of using abrasions is that one can wash the vaccine off as soon as any untoward reaction is noticed.


If you know of people doing HIV research who are not controlled by the US govt, could you please pass this information on to them? It would be good to get it out to those who could investigate this information with the intention of saving lives with it. Bio- warfare research is immoral and illegal. Unfortunately the US govt is accelerating that research and production of secret private vaccines.


Sincerely, Sue Arrigo, MD


Editor's Note: AIDS is a terrible tragedy. It would only add to this tragedy if the above story were fabricated, possibly giving false hope to many people who suffer from this disease. When we were sent this story we checked on the background of Dr. Arrigo and could not discredit her. Further, other people have since come forward to validate certain parts of her story.


We present this material for your own insight and consideration and we welcome any contributions to the validity or inaccuracy of the information. If this is true, it eclipses the magnitude of any war crime or holocaust.


What do you think?


滴定濃度を上へ得て、保つことがたぶん定期的に繰り返される必要があるけれども、つまり、HIVのための単純なワクチンは短い期間に世界で実質的に誰によってでも行われることができます。しかし、それが突然変異問題に対処するのを助けて、それを繰り返すことはいずれにしろ良い考えです。それで、人が地域(望ましくは真菌感染なしで)で10人のHIV患者の各々から1ccの分泌物をとって、HIVエージェントの範囲を持つために彼らを混ぜ合わせたと思ってください。それから、人は250ccのウオッカを加えることができて、それを1週座らせることができました。それから、人はそれの1ccを取り除くことができて、2%未満のアルコール溶液を得るために、20ccのきれいな水を加えることができました。それの低下は、摩滅に適用されることができました。それは、たしか、あなたにおよそ60%の保護をします。6~12ヵ月おきに6ヵ月と使っている新しいHIV分泌物のための1ヵ月までのおよそ2週の間隔で、私が考えると繰り返すことは、まず第一に通常の免疫系で人で1つのかなり良い保護をします。もちろん、それは粗い方法で、有効性その他を見つけるため検査されなければならないしかし、彼らが志願する気があるならば、それは売春労働者の実験に十分に単純です。彼らは、ありそうな利益がほとんど確かに危険を上回るというそのような大きな危険でいます。主要な危険は、まだヒトHLAタンパク質による増感です。すり傷を使うことの美しさは、どんな厄介な反応でも気がつかれるとすぐに、人がワクチンを洗い落とすことができるということです。


あなたが米国政府によってコントロールされないHIV研究をしている人々を知っているならば、この情報を彼らに伝えてもらえますか?それで命を救う意図でこの情報を調査することができた人々にそれを取り出すことは、よいです。Bio-戦争研究は不道徳で、違法です。残念なことに、米国政府は、秘密の個人的なワクチンのその研究と生産を速めています。


敬具、スーアリーゴ博士、


エディタの注:エイズは、ものすごい悲劇です。上記の物語がでっち上げられるならば、それはこの悲劇を増すだけでしょう。そして、おそらく、この病気を患う多くの人々に空頼みを与えます。我々がこの物語を送られたとき、我々はアリーゴ博士の背景をチェックして、彼女の評判を落すことができませんでした。さらに、他の人は彼女の話の特定の部分を確認するために、その後進み出ました。


我々はあなた自身の洞察と考慮のこの資料を発表します、そして、我々はどんな貢献でも情報の有効性または不正確に迎え入れます。これが真実であるならば、それはどんな戦争犯罪または大虐殺のでも重大さに影を落とします。


どう思いますか?



Wartime brothels are false stories.




?He hid himself in the jungle, and he continued fighting after World War II more than 30 years. His faith is the Japanese who does not tell a lie with honesty.






Hiroo Onoda "real nature of the wartime brothels?whom I watched"




?"just argument" January issue?


 Many people are discussing Yasukuni shrine worship of the prime minister and a problem of a wartime brothel?by a false charge from other countries without a reason really. I felt that there w ill not be that I use talkativeness same as Nanjing Massacre, but am disgusted with the stupidity that an irresponsible remark / violent language does not yet pass away.?


 In the at present when the people whom I went to the front of Greater East Asia War, and lived in a battlefield were decreasing after the war in 60, I thought to leave that "the wartime brothels?" was a complete "commercial transaction" as testimony.?


 I am dispatched in a foreign land, and, for a military unit to be stationed, a problem to obstacle in peace and order maintenance and sexual desire most is rape by a soldier and plunder / arson. Therefore country of any place taking measures in its own way, as is generally known. At the time of Greater East Asia War, there was surely "the wartime brothels?" in a battlefield. Because it was the times when a registered prostitute is recognized in those days, I am quite natural.?


 Generally anyone knew the words to call "a war nurse" as common sense, but, not the officers that I went to the front of an open battle, as for the words to say with "wartime brothels?", there will not be the person whom, in addition, the person who heard it used either. It is positive that it is the coined word that I made later to look down on Japan.


~Abbreviation~


◆ "The sexual slave" whom there was nowhere?


I will introduce a story of the manager who became friendly here. It "is serious and serves it and forgets business and hurts health whether feeling goes to a Japanese as for the Japanese woman though there should be no great difference between physical strength so that words are connected with soldiers". Therefore I send back a woman, and there is little profit for a manager. When it was true to do business only with a Japanese to soldier, I wetted pants. Because there were gay quarters in the town where I was brought up, it was good and made it eyes, but even their going out figure which I was able to call with an expert woman in those days was able to distinguish a geisha and a barmaid from a general woman. It was similar in a town of Hangkow, but the women of a Korean in particular had a characteristic if I looked with the eyes.?They went out with several people, but wearing was bad, and how to walk was characteristic again, and, not folk costume, it was distinguished because of the Western clothes of the two-piece suit which was not broken-in at first sight. They seemed to take their ease really brightly. I was able to find the shadow which seemed to fall under "a sexual slave" excited about exaggeratedly now from the figure nowhere.


~Abbreviation~


I told you that there were the following statistics about "a comfort station" because I was in open battle clothing and provisions place connected with the military headquarters in Hangkow directly.? Military power of about 330,000 was stationed around Hangkow, but examined an accounts book of a soldier of the entire army for a certain reason in those days. Postal savings, a one-third were expenditure to "a comfort station" eating and drinking costs, a one-third a one-third. It was not for savings to be nice for only soldiers of a salary, but it was the fact that could not but do since I was taught as discipline by the boss. I was in Jiangxi Nanchang as a new conscript for one year, too, but I endured to want to eat and saved.? As it is said to three human avarice with an appetite, greed for sleep and sexual desire even if one soldier does it for the third prize each and did not use it, it is the number that it seems to have measured with a ruler at all when it rearranges savings for sleep. By the way, a then salary becomes about a total of 1,320,000 yen with 330,000 people when a soldier calculates the a one-third for about 4 yen in an average of around 13 yen for one month. "Zero fighter" price of one fighter was called 30,000 yen, but is really equivalent to for 44.


~Abbreviation~




There is not a thing named "Wartime brothels?" and says that but "a supplier partitioning off woman and it which sell sex" takes advantage of weakness of the armed forces in a battlefield and did good work of a profit rate. When it is excited about such a thing, is not a victim the soldier and armed forces which paid a rather high price?






My opinion(This site)


This is a war prostitute.I think that this wartime brothel?is the same in all ages.







経済行為と言う名の銭ゲバ・・。

朝鮮総連・緒方元公安庁長官が会見


★売買成立で報酬1500万 総連本部取引で緒方元長官 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181834869/




・在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物の売買取引に絡み、購入会社社長で

 元公安調査庁長官の緒方重威弁護士(73)は、売買成立時に一千万円、さらに年間百万円の

 報酬を五年間にわたって受け取る予定だったことが十四日、分かった。



 購入会社は中央本部の明け渡し猶予期間を設ける代わりに、朝鮮総連から年間三億五千万円の

 損害補償金を受け取る契約を結んでおり、この中から緒方弁護士への報酬が支払われる予定

 だったとみられる。


きち@石根
http://ameblo.jp/disclo/entry-10036604166.html




?


確かに公安と言えば


小林又三や黒岩和英の如く、北・ダブルエージェントのような人物もいますが


基本的に今回の問題は、公安問題が主軸ではないと思います。




確かに元公安トップがこのような総連偽装売買に関係するのは


大問題ではあるんですが


基本的にこの緒方元長官は検察ラインの人。




この人がここ最近やってきているのは


弁護士・元検察幹部としての銭ゲバ活動でしょう。




というかこの人、都内不動産案件に名前出すぎ




以前にも書きましたが


今、都内の大型不動産案件(例のサーベラス南青山とか)


に元検察筋の人が何人も蠢いています。


(元々暴対からなのですが)


?


この人たちっていうのは


ややこしい案件のとりまとめをして、企画料なんかをごっそり


持っていくのです。


?


しかも不動産屋じゃないから、仲介の法定報酬上限関係無し。


平気で売買の一割ぐらい持っていこうとする。


(なぜか政治家とセット)


大型案件になると数十億。


こう言うのはどう処理しているのか知りませんが


国税はどうしてるんでしょう。


調整費とか取りまとめ費とか企画料ですと。


?


これは緒方氏が何きれいごと言おうが


手数料狙いの金目当て。


(弁護士事務所は企画事務所兼用?


ところで同名の弁護士事務所は息子さんとか親戚とか?)




総連も元公安トップというより


氏のバックボーン(検察・政治家)頼りでスキム持ち込んだのでしょう。


?


つまり単純に強制執行・競売妨害関係の検察対策。


?


うかつというか間抜けというか


公安歴忘れたわけじゃないでしょうが


偽装売買に神経取られて、肝心な問題を忘れていた?


?


ところで第一報は毎日。


?


?


蛇足


安モンの浪花節を聞いてもしゃーない・。歳をとっても、経済活動は活発なようです・。


銭の為なら国を売り飛ばす輩・・

博士の独り言よりhttp://specialnotes.blog77.fc2.com/
 







日本を喰いものに!反日「ゾンビ」の弁護士






土屋元日弁連会長宅も捜索=公正証書不実記録容疑

朝鮮総連本部売却・東京地検

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物売買をめぐる問題で、東京地検特捜部は14日、電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で、総連代理人で元日弁連会長土屋公献弁護士(84)の自宅(練馬区)や弁護士事務所(中央区)を家宅捜索した。特捜部はすでに、土屋弁護士から任意で事情聴取していた。 土屋弁護士は緒方重威元公安調査庁長官らとともに5月31日付で、中央本部の土地・建物を35億円で売買する契約を締結。6月1日に所有権を総連側から緒方元長官が社長を務める投資顧問会社「ハーベスト投資顧問」(目黒区)に移転する登記をした。時事通信 6月14日 より引用/写真は「朝鮮総連中央本部の売却問題で記者会見する、元日弁連会長の土屋公献弁護士=14日午前11時ごろ、東京・霞が関の司法記者クラブ」さきがけ on the Web 6月14日 より

----------


ミイラのかげにゾンビあり!


有志ブログの多くがあつかわれている問題と思う。諸氏の英邁な論及と周知の努力に敬意を捧げ、小ブログからも短稿を呈する。件の「朝鮮総連中央本部の売却」を、緒方重威氏(ミイラになった元長官)に持ちかけ、同氏の投資顧問会社「ハーベスト投資顧問」に移転登記した土屋公献弁護士(元日弁連会長)は、あらゆる特定国の反日活動に手を貸す「ゾンビ」であった。まさに「ミイラ」と「ゾンビ」が日本を喰う。その実態が露呈した事件といえる。

日本はそれほど美味しいのか、といえば、こうした反日の怪奇集団にとってはご馳走であろう。反日政治家を利用し、朝鮮総連はじめ特定国を煽(おだ)て上げ、ネズミのようにガリガリと日本の屋台骨をかじっていたのである。

-----------


反日活動を支援


たとえば、この2月11日に、いわゆる“従軍慰安婦”の“証人”として来日した李容洙氏(78)を招いた「緊急集会」(参院議員会館)に、『「慰安婦」問題の立法解決を求める会の会長として、同氏が出席。

同じく出席した郡和子、岡崎トミ子、円より子、千葉景子、江田五月、那谷屋正義らの民主党の各氏、福島瑞穂(社会民主党)、吉川春子(日本共産党)議員らの反日国会議員らと同席し、和気藹々(あいあい)と日本を侮辱。その様子を朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報 」が伝えている。

また、「九条の会」のメンバーでもある同氏は、「元日弁連会長」の肩書きのもとに、北朝鮮の親睦組織である日教組による「君が代不起立運動」を支援し、都教育委員会の指示に従わず「不起立」で処分された教員らによる糾弾集会に度々出席している。












『「挨拶」に立つ、土屋公献・元日弁連会長』(JANJAN より)

----------


国民の「安全と生命と財産」を脅かす


わずか、これだけを観ても、同氏の実質的な国籍は、日本ではなく「北朝鮮」であろう。国民の安全と生命と財産を守る。それが弁護士の社会的立場であるはずだ。だが、同弁護士は、破防法適用の対象組織の活動を支え、絶えず支援している。いわば、国民の「安全と生命と財産」を脅かす活動に手を染めているのである。

同弁護士は、6月14日の会見で、総連本部の移転登記に関し、『仮装譲渡ではなく本気で売買するつもりだった。全く犯罪とは関係ない』と。また、『お金を出したのに万一登記できなかったら困るという出資者の意向で、先に登記した」と説明。「判決当日まで入金が必ずあると信じている』(四国新聞 )と述べている。

意味不明の釈明だが、単なる「莫迦」で済ませるわけにはいかない。あくまでも筆者の直感だが、売却資金の実体、その流れは、北朝鮮の凍結資金解除と関連があるのではないか。そう仮認識すれば、「ミイラ」と「ゾンビ」の一連の言動が判りやすくなる。これらの人物は、厳しさを増す対北朝鮮政策の施行を妨害し、金正日直下の下部組織・朝鮮総連の工作活動を助けているである。もう最低!

----------


【筆者記】


「違法ではない」。「犯罪ではない」。「ミイラ」と「ゾンビ」の口から聞こえて来る釈明の言である。すでに、人間として持つべき「神経」が壊死しているためであろう。司法の厳然とした「けじめ」を願う。

----------

読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝します。アップにやや苦心していますが、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメントをいただき感謝します。?

一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。共に闘ってくださるみなさまに心より感謝します。


 国民の手で日本を取り戻しましょう!


?


蛇足


銭の為なら国を売り飛ばす輩・・。これでは世も乱れるわ・。この御仁たちの根本基準が狂っておる。


己らの主義主張(ただ金儲けだが・・)を曲げない事で、この国と国民の大多数を悪に引き摺り込んでいることが分からないアフォ・。立派な事を言う前に、北朝鮮の憲法に日本国憲法9条を導入するように働きかけてみよ・。ただの手先に過ぎない・。

中央銀行(日銀)廃止論・。

中央銀行システムを斬る
から





銀行の本当の仕事


最大のポイントは「信用創造」というマジック


なにかしら,耳に優しい言葉ですから,だまされますね.


最近の政治家
が国民をだますやり方(*)そっくりで昔からそうなんでしょう.


準備率10%の場合の理論的な詐欺
手口の話(ややここしい)


個人や企業が手持ちのお金を銀行に預ける⇒総額一億円とする


預かったお金は一度に全部払い出し要求がないと期待されるから10%は残しておき,残りは融資
する.(この10%を「準備率」という)


この残りの90%=9000万円は世間に出回り,また銀行の預金になると期待される(ここはすごくインチキです).


再び,9000万の10%だけは,残しておき,残りの90%を融資
する.


2回目の融資
金額=一億円×0.9×0.9


みたび,このお金は銀行に預金され,再び90%を融資
する.


3回目の融資
金額=一億円×0.9×0.9×0.9


以下,同様に


4回目の融資
金額=一億円×0.9×0.9×0.9×0.9


5回目の融資
金額=一億円×0.9×0.9×0.9×0.9×0.9


6回目の融資
金額=一億円×0.9×0.9×0.9×0.9×0.9×0.9



最終的に世間に出回る金額はいくらになるか?


これは,等比級数
の和を求める数学
の問題です.


一億×0.9+一億×0.92+一億×0.93+一億×0.94+…


=一億×(0.9+0.92+0.93+0.94+…)


=一億×(0.9/(1-0.9))   …無限等比級数
の和の公式


=一億×9


=九億


こういう数字遊び(笑)が可能なわけですが,この数字遊びを経済学者
はまじめに,一般人にはわからない難しい言葉で論じているわけです.


準備率10%の場合の実際の単純な話


上で見た話は時間がかかってしょうがないから,結論が同じならもっと手っ取り早くやろうとした結果…


市中銀行が一億円を預かる


その一億円を中央銀行
(日本なら日本銀行
)に預ける


準備率10%として,日銀
は市中銀行に無から生み出した九億円を利子をつけて貸し出す.


市中銀行はその九億円を,上乗せした利子をつけて貸し出す.


この結果


一般人=一生懸命働いて利子を返済する.全員がまじめに利子を返済するとなぜかお金がない(総額九億円を借りて,市中には九億円しかないのだからはじめから全員が返せるはずがない.唯一のまともな方法は現在の自分の資産
を処分すること.なければ自殺
か逃亡.今はやりは,第三世界
の人々からの収奪)


市中銀行の株主=一般人が働いた利子を受け取ってそのお金で生活すること&資産
を増やすことが可能(やる仕事は利子を取り立てることと帳簿をきちんとつけることだが,そんなことは使用人が全部やってくれるので,遊んで暮らせる)


中央銀行
の株主=一般人が働いた利子を受け取ってそのお金で生活すること&資産
を増やすことが可能(やる仕事は利子を取り立てることと帳簿をきちんとつけることだが,そんなことは使用人が全部やってくれるので,遊んで暮らせる)


現代のグローバル化
=金融資
本家の天下=それ以外の人間の利子奴隷


中央銀行
システムは世界最大,史上最大のウソです.


「大きなうそほど人は信じる」


まったく正しい格言.


参考ページ


Wikipedia
信用創造


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E5%89%B5%E9%80%A0


大学で経済学
を学んだ人々が書いているのでしょうが,「とんちんかん」ですね.


そりゃそうでしょ.インチキをもっともらしく飾っているだけですから.


難しい言葉をあれこれ暗記させられて,肝心なことには気づかずに,大学を卒業
して「わからん,わからん」と言いながら「天寿をまっとうする」んでしょう(笑)


参考書籍


マネーを生みだす怪物 G・エドワード・グリフィン








月刊・沈黙の兵器http://www.geocities.jp/untilled/ep4.htm
から





日銀ではなく、国会が通貨を発行して、一般国民は原則無税

という、通常では非常識なアイデアも、むしろ当然と受け止めてもらえることを期待します。



無税国家モデルのコンセプトを次図に示します。








≪画像が表示されない方はここをクリック≫







★現状(図の左)

 国民から徴収する税金よりも、国家事業の方が大きいから、大きな負債を抱えて増大するばかり。

 このままでは増税もやむを得ない。通貨は、日銀が発行している。

 (注: 図ではシンボリックに現金紙幣で描写しているが、そうではなく、信用創造を指す)



★無税国家モデル(図の右)

 日銀を廃止して、国民の代表としての国会が通貨を発行(信用創造)する。

 一般国民は、原則無税とする。



この「無税国家論」を説明すると通常、「そんな事したらインフレになりますよ!」という反応が返ってくる。

では少しだけ具体的に内容をあげてみますと、

 ・通貨発行量はGDPの約5%とする(つまり約500兆円×5%=25兆円)

 ・年収3千万円未満の国民の所得税は無税!(金持ちは有税)

 ・消費税は廃止する

(以上でうまく絵を描けるのですが、詳細は後日に)



GDPの5%程度の通貨発行量であれば、年5%程度のインフレになる。(!?)

 このため例えば、100万円を持っていた人の場合は95万円に目減りする。

 この目減りした5万円が、実は税金ともいえる

 これはNHKと民放の違いに似ている。NHKは有料、民放は無料に思えるが、実は皆が買う製品に広告費としてオンされている。

 消費税が廃止されて消費を刺激し、5%という適度なインフレと円安は輸出企業を助けるだろう。



……いかがでしょう?。実現しようと思えば実現可能なモデルでしょう?

 問題は、年5%程度のインフレですむのか?、とのご心配です。

 実は、通貨を発行量だけでなく、その購買力をどの分野に配分するかが重要で、それによりインフレになるか、あるいは全くならないかが決定されると筆者は考えています。この件に関しても後日のテーマとしましょう。



なおPHP研究所が同じく「無税国家論」を論じています。しかしその内容は、多くを民営化して小さな政府にしたら、政府歳出を最小限にできるから、無税に近いことが実現できるというもので、通貨発行は日銀のまんまなのです。これには別の意図を感じます。

 筆者のポイントは、日銀を廃止して、通貨発行権を国民(つまり国会)が手にしよう、という点です。



ちなみに、日銀は国の機関であると思う人がいたら、認識を改めていただきたい。

 1889年に明治憲法発布、1885年に日本初の内閣が誕生、日銀はそれ以前の1882年に、ある欧州貴族の出資により資本金1億円で設立された民間組織なのです。1997年頃までは新聞の株式欄にも日銀株が掲載されていました。


ChemtrailsはContrails(飛行機雲)ではありません・。

Chemtrails

by Mike Blair from Spotlight

(May 14, 2004)









--------------------------------------------------------------------------------

The strange-looking streaks in the sky aren't your imagination. They are anti-bacteriological warfare chemicals being tested by the federal government. And the public has been kept in the dark.


The Pentagon [and possibly other federal government entities] is testing anti-biological warfare agents, which produce the mysterious "Chemtrails" that are appearing on an irregular basis in the skies over many American cities, towns and rural areas.


An Air Force veteran, who while on active duty was attached to the nation's top secret National Security Agency (NSA), presents compelling evidence that the Pentagon is using regular Air Force and Air Force National Guard aircraft to release anti-bacteriological warfare chemicals into the skies.


The chemtrails were detected some two years ago over central Virginia. Since the original report, thousands of people across the country have contacted this newspaper [Virginia's Spotlight] about the tell-tale streaks in the sky. Some casually look at the "contrails," thinking they are from a plane's engine exhausts condensing water vapor into a visible cloud


Unlike True Contrails


If you closely watched the trails over an extended period of time, you can tell they are unlike regular aircraft contrails. The chemtrails do not rapidly disperse. Instead they gradually spread out in a lacy pattern, ultimately forming what appear to be banks of clouds.?


Even after fanning out, the chemtrails can be readily spotted because the banks of clouds are in straight lines across the sky as they mesh together. Sometimes they turn an otherwise sunny day into one that is overcast.


The former researcher said he believes he has tracked the chemical spraying to the "unconventional pathogen countermeasures program" of the top secret Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA). The agency has funded laboratory studies and tests conducted by scientists at the University of Michigan at Ann Arbor.


DARPA Director Lawrence H. Dubois claims the agency is "not doing any large-scale or outdoor testing" and he knows of "no evidence that [the chemical substance] is being sprayed from aircraft by any agency of the federal government."


Extensive Research


"After talking to friends in Congress, government and medicine, I have been referred to the University of Michigan and Dr. James Baker Jr., his nanotechnology oil-water liquid-the same liquid developed by Dr. Craig Wright, a scientist at Novavax Inc. in Columbia, Md.," the researcher said. "I speak for thousands of American citizens who are being sprayed by military aircraft and haven't a clue why the government is spraying and lying to them. They are very concerned in light of the present?? administration."


The researcher said the government is planning for a biological attack against the United States. Government officials have referred to such an attack as "not if, but when."


A number of Third World countries hostile to the United States as well as Russia and Red China are involved in massive chemical and biological warfare development programs.


The government and its scientists claim that the chemicals being tested are harmless to humans. This researcher disagrees.


"Certain illnesses including pneumonia tracked the spraying effort across America but the American people have not been told about the project," the

researcher said. "In fact, government agencies have deliberately lied to the

citizens again and again.


"These aircraft trails appear below 10,000 feet and do not act like ice crystals. Spray from aircraft are observed cutting on and off as you would throw a switch on the aircraft control panel. Grid patterns are painted in the sky with 'X' and circles are also painted."


According to one investigator, the oil in the substance being sprayed is responsible for "rainbow-like" colorations that appear frequently during the formation of the chemtrails. The "X" found in an area being sprayed probably marks the areas for satellite study of the dispersal patterns.


Attack


Government officials are concerned about a biological attack against the United States involving the use of the deadly disease anthrax, which several countries, including Iraq and North Korea, are developing as a biological weapon.


Government officials also are concerned about the development of a pandemic outbreak of a deadly flu, similar to the so-called Spanish flu that killed tens of millions worldwide in 1918.


Recent outbreaks of a new flu strain in Hong Kong, which appears to be transmitted by chickens, has given rise to fears about a pandemic outbreak

developing and quickly sweeping across the globe.


As it turns out, the chemical substance is being tested at the University of Michigan under Baker's direction. Baker, a professor of internal medicine, serves as director of the Center for Biologic Nanotechnology at the university's medical school, which is effective at countering flu viruses and anthrax spores.


The substance, called BCTP, is a milky-white emulsion of tiny lipid drop lets suspended in solvent developed by Wright, chief research scientist at Novavax. Wright is also president of Novavax Biologics Division. Novavax is a bio pharmaceuticals company.


BCTP is made of water, soybean oil, Triton X 100 detergent and the solvent tri-n-butyl phosphate. BCTP envelops the viruses and spores, causing them to explode and thus destroying them upon contact.


Sources believe BCTP is being used as a countermeasure against anthrax, deadly influenza and other potential biological killers. If, for example, the government instituted a full-scale anthrax vaccination program, the public would panic, a researcher noted. This is particularly true in the wake of a mandatory anthrax vaccination program instituted by the military, he said.


Many critics are convinced the military is using an unsafe vaccine. "I believe the government is undertaking experiments with BCTP, a means of countering an anthrax or other biological attack without anyone being at

war," another researcher said. "It is, I think, a case of 'what they don't know

won't hurt them-it may help them.'


"But the point is, you don't experiment on the public without their knowledge and consent, or at least that is the way it's supposed to be,... in a democracy" he added.

?














Chemtrails

スポットライトからのマイク・ブレアによって

(2004年5月14日)

--------------------------------------------------------------------------------

空の奇妙な外観のすじはあなたの想像力ではありません。

それらは連邦政府によってテストされている反細菌学の戦闘化学薬品です。

そして、一般大衆は秘密にしておかれています。

国防総省[ことによるとおよび他の連邦政府エンティティ]は、反生物学の戦闘エージェント(それは、多くのアメリカの都市、町、および農村地域の上で空に不規則な基礎の上で出現している神秘的な「Chemtrails」を生産します)をテストしています。

現役勤務の間に、国家の極秘事項国家安全保障局(NSA)に付属していたことであった空軍ベテランは、国防総省が、空へ反細菌学の戦闘化学薬品をリリースするために通常の空軍と空軍州兵航空機を使っているという注目せずにはいられない証拠を見せます。

chemtrailsはバージニアの中心部の上で約2年前検出されました。

オリジナルのリポート以来、国中いたるところの数千人の人々は空の表示装置すじについてこの新聞社[バージニアのスポットライト]に連絡しました。

それらが可視の雲に水蒸気を濃縮している飛行機のエンジン排気装置からであると思って、何人かが偶然に「飛行雲」を見ます。

違った真実の飛行雲

あなたが密接に長期間に跡を見たならば、あなたは、それらが通常の航空機飛行雲と似ていないと言うことができます。

chemtrailsは急速に分散しません。

代わりに、たなびく雲であるようなものを最終的に成形して、彼らは徐々にレースパターンにおいて広がりました。

散開した後にさえ、それらが一緒に網にかかる時に、たなびく雲が空を横切って直線の中にあるので、chemtrailsはすぐに見分けられることができます。

時々、彼らは他の点では晴れた日を、曇っているものに変えます。

研究者は、彼が、極秘事項米国国防総省高等研究計画局(DARPA)の「慣例に従わない病原菌対策はプログラムします」に霧を吹いている化学薬品を追跡したと信じると言いました。

エージェンシーはアナーバーでミシガン大学で科学者によって行われた研究所研究とテストに出資しました。

DARPAディレクター・ローレンスH.デュボアは、エージェンシーが「どのような大規模な、またはアウトドアのテストもしていなく」、彼が、「[化学物質]が航空機から連邦政府のどのようなエージェンシーによってでも吹きかけられているという証拠がありません」を知っていると主張します。

広い研究

「議会、政府、および医学の友人と話した後に、私はミシガン大学とジェームズ・ベーカーJr.博士(クレイグ・ライト博士(コロンビア、メリーランドのNovavax社の科学者)によって開発された彼のナノテクノロジー水中油滴型液体)に差し向けられています」と研究者は言いました。

「私は、軍用機により吹きかけられている数千人のアメリカの市民のために代弁します 手掛かり 政府が霧を吹き、それらに嘘を言っている理由 。

「それらは現在の管理を考慮して非常に関係します」。

研究者は、政府が米国への生物兵器の攻撃の計画を立てていると言いました。

政府高官は、「違うならば,けれども、いつ」のような攻撃を参照しました。

ロシアと赤い中国と同様に米国に敵対している多くの第三世界国は大規模な化学兵器戦争と細菌戦の開発計画に関係しています。

政府とその科学者は、テストされている化学薬品が人に無害であると主張します。

この研究者は意見が異なっています。

「肺炎を含む一定の病気はアメリカを横切って霧を吹く努力を追跡したけれども、アメリカ人はプロジェクトについて話されていません」と研究者は言いました。

「実のところ、政府機関は何度も意図的に市民に嘘を言いました」。

「これらの航空機跡は10,000フィート未満のようで、氷結晶のように作動しません」。

あなたが航空機コントロールパネルにスイッチを投げかけるであろう時に、航空機からのスプレーは時々切れることに気づかれます。

「グリッドパターンは‘X’によって空に描かれて、円はまたペイントされます」。

1人の調査者によると、吹きかけられている物質の中のオイルは、chemtrailsの構成に頻繁に出現する「虹風の」彩色に責任があります。

たぶん吹きかけられているエリアで発見された「X」は拡散パターンの衛星研究のためにエリアをマークします。

攻撃

政府高官は、イラクと北朝鮮を含むいくつかの国が生物兵器として患っている必殺の病気炭疽の使用に関係している米国への生物兵器の攻撃について心配しています。

政府高官はまた、1918年に世界的に千万人を殺したいわゆるスペインかぜに類似している必殺のインフルエンザの全国的流行の発生の開発について心配しています。

香港の新しいインフルエンザ株の最近の突発(それは、チキンによって送られるようで、発展している全国的流行の突発について恐怖を起こし、世界中で迅速に掃除しています)。

分かったことに、化学物質はベーカーの指導のもとでミシガン大学でテストされています。

ベーカー、内科医学の教授は大学の医学校で生物学上ナノテクノロジーのためのセンターのディレクターとして勤務しています(それは、インフルエンザウイルスと炭疽菌胞子を打ち返す時に効果的です)。

BCTPと呼ばれる物質はライト(Novavaxの主要な研究科学者)によって開発された溶媒の中で中断された小さな脂質落下賃貸の乳状の白人の乳液です。

ライトはまたNovavax生物製剤部門の部長です。

Novavaxは調剤会社です。

BCTPは水、大豆油、トリトンX 100洗剤、および溶解力があるトリ-n-ブチルホスフェートで作られます。

BCTPがウイルスと胞子を包んでその結果それらを、爆発させて、それから、接触において彼らを破滅させます。

ソースは、BCTPが炭疽、必殺のインフルエンザ、および他の潜在的な生物学の殺人者に対して対策として使われていると信じます。

例えば、政府が実物大の炭疽菌予防接種プログラムを開始したならば、一般大衆はうろたえるであろうと研究者は注意しました。

これは特に軍隊によって開始された義務的な炭疽菌予防接種プログラムの後で真実であると彼は言いました。

多くの批評家は、軍隊が危険なワクチンを使っていることを確信します。

「私は、政府が、BCTP(誰も戦争中にいずに炭疽菌または他の生物兵器の攻撃を打ち返す方法)と実験を引き受けていると信じます」と別の研究者は言いました。

「それはおそらく、‘彼らが、彼らそれを負傷させないであろうと知らないものは彼らを助けるかもしれません’のケースです。」

「しかし、ポイントは民主主義国の…中で、あなたが彼らの知識と同意なしで一般大衆について実験しないか、少なくともそれが、それが、そうであると思われている方法であることです」と彼は付け加えました。


蛇足


最近は日本でも多く見られる・。あなたの町にもあるでしょう。・地震雲などという人もありますが・。







youtube


http://www.youtube.com/watch?v=lBjDSNWiuKQ&mode=related&search
=

http://www.youtube.com/watch?v=xCpEcHya7Jk&mode=related&search




サミット前のビルダーバーグ会議

31May07 - Turkish Daily News - 'High priests of globalization' in Istanbul


5月31日2007年 - トルコ・デイリー・ニュース - イスタンブールの‘グローバリゼーションの大祭司’


ISTANBUL - Turkish Daily News


? Some call it "the multinational government", some call it the "elite club which shapes world policies" while others say it essentially "fixes" the world's fate. It literally breeds conspiracy theories all around the world with its secrecy, while participants say it is only a private gathering that should be respected.


? Whatever it is, the mighty Bilderberg is at our door: The "high priests of globalization," as Will Hutton from The Observer once famously put it, begin their ultra-secretive annual meeting today in Istanbul. While the international media's silence gives rise to yet more conspiracy theories, the Turkish media is going nuts about it: from mass-circulation dailies to well-known weeklies, the media is Bilderberg-busy nowadays. Daily Vatan calls it "the most secretive meeting in the world," announcing: "Bilderberg in Istanbul." Weekly Aktüel says the "multinational government" is here to determine the fate of the world. It seems the hype will continue until the "high priests" end their Istanbul meeting on Sunday.


? For those who have not heard about it yet, the Bilderberg Group is an "unofficial annual invitation-only conference of around 130 guests" (Wikipedia), influential, powerful figures from the realms of economy, media and politics. The name comes from their first meeting in 1954, which was held in the Hotel de Bilderberg in Oosterbeek, Netherlands. As the date signals, Bilderberg is a creation of the Cold War. The idea came from Joseph Retinger, who was concerned about the growth of anti-Americanism in Western Europe at the time. So, Bilderberg, just like other organizations like NATO, aimed at strengthening the "unity of the West" against the "communist threat."


? With the collapse of the Warsaw Pact, the group focused on enhancing the American-led globalization. But then, the Sept. 11, 2001 attacks in New York and Washington practically resulted in another focus, which one might call the relation between "civilizations."


? Thus, after the first gathering in Istanbul (1959) and the second one in Ýzmir (1975), a third gathering in Turkey, widely regarded as a "bridge" between the East and the West, seems appropriate.


People that run the world:

? If one aspect of Bilderberg that irks many is its secrecy, another one is the identity of its participants. Looking at the list of regular "Bilderbergers," one cannot but think that these are really "the people that run the world". Veterans like Henry Kissinger, David Rockefeller and Zbigniew Brzezinski are joined every year by newcomers such as former U.S. President Bill Clinton, soon-to-be-former-PM Tony Blair, NATO Secretary-General Jaap de Hoop Scheffer, former Pentagon adviser Richard Perle and countless others. Every year, the list also includes important "media people" from influential outlets such as The Financial Times, Washington Post, The Economist, The Times, Le Figaro and Die Zeit. The picture becomes complete with CEOs from the world's biggest companies such as Coca-Cola, Fiat, Suez-Tractebel, Royal Dutch Shell and British Petroleum.


? With such a mixture, conspiracy theories abound; the most famous one being the "invisible hand" theory. According to some, those who are lucky enough to attend the meetings and get a blessing from the "inner circle" witness breath-taking career leaps. An "obscure governor" from Arkansas, one year after attending the Bilderberg meeting in 1991, became the President of the United States, while Tony Blair of Britain was elected prime minister three years after his attendance in 1993. But why did Margaret Thatcher, a regular Bilderberger, lose her job as Prime Minister in 1990? The theory says that she lost the support of Bilderberg because she did not accept the transfer of British sovereignty to a "European Super State." Of course, John Major, who took the job as Prime Minister after Thatcher, was also a Bilderberger.


? One may choose to believe or not, but the secrecy of the meetings - no cell phones, no getting out of the hotel during three days, no notes, no interviews - creates fertile ground for conspiracy theories. When senior representatives of media giants such as the FT, the Wall Street Journal and The Washington Post attend the meetings every year and next to nothing is printed in the same papers about Bilderberg, one starts to wonder.


Dedicated journalists:

? There are a few journalists who are dedicated to unveil the secret of the Bilderberg, though. People such as James P. Tucker, Daniel Estulin and Tony Gosling. The first two are in Istanbul, tracking down the participants, while Gosling, a Briton who runs the Web site
www.bilderberg.org
, could not come to the show. His Web site gets about three million hits a month, Gosling says, and attributes this great interest to the fact that "investigative journalism is pretty much dead" elsewhere. The Bilderberg is very powerful, especially financially, he told the Turkish Daily News over the phone: "So, if they come to a decision, it is effective."


? Gosling has covered the last 10 meetings, and he thinks the gathering in Istanbul is of high importance. "There is a lot of tension on the Iran-Turkey border at the moment. Iraq is also right next door. This is an area of interest for Bilderberg," he said. "[The Bilderbergers] are worried that Islamic sentiment in Turkey is not in favor of an invasion of Iran. They are here to attempt to persuade the Turkish elite and bring them on board with the neocon plan for the Middle East."


? But why the secrecy? Gosling posed the same question to David Rockefeller back in 2003. "He shrugged and said it was just a private meeting," he continues. "But the world does not buy this argument. There are politicians there and they are not private people. They are people who should be held accountable."


? Gosling's claim, that the main topic of Bilderberg 2007 is Iran, is a widely held opinion. Other topics are energy policies and Turkey's bid for European Union membership, according to the daily Vatan. The paper is optimistic about the last item; it says the Istanbul meeting is a signal that the EU has "inched open the door" to Turkey, basing this claim on unnamed "Bilderberg sources."


A veteran of Bilderberg:

? With four separate attendances in Atlanta, Ottawa, Stockholm and Lisbon, Turkey's former Central Bank governor, Gazi Erçel, is the most informed source one can find. "There are many international meetings such as Bilderberg, which have strict rules," he said to the TDN. As to the reason of the secrecy, he says it is a precaution to ensure that everyone talks sincerely on the topics, without the concern of being quoted.


? The conspiracy theories stem from ignorance about the meetings, Erçel said, quoting Confucius: "Those who produce ideas without the knowledge are harmful. As they do not know what Bilderberg is, they believe in superstitions."


? Erçel also got his share of mention in the conspiracy theories, as some accused him of "planning the 2001 financial crisis" at one of the meetings. "These are defective claims," he said. "Bilderberg is a high-level meeting. Everyone talks freely and very striking debates take place."


? Over the years Bilderberg meetings had important Turkish participants. Among them are Süleyman Demirel, the former president; Gazi Erçel, former Central Bank chief; Mesut Yýlmaz, former Prime Minister; Selahattin Beyazýt, a businessman and a "constant participant"; Mustafa Koç, the CEO of Koç Holding; former ministers Ýsmail Cem, Hikmet Çetin and Kemal Derviþ and also some well-known journalists. Among them, Fehmi Koru from the conservative daily Yeni Þafak stands out, because until last year, he had written numerous critical columns on Bilderberg. Last year, things changed and he was also invited to the meetings. Afterwards, he wrote a six-day series on Bilderberg, telling much about the environment and the participants, but certainly not much on what was discussed. Koru is invited for a second time this year, but the "jump" in his career is yet to be seen!


? As the Bilderbergers gather, probably giggling among themselves about the conspiracy theories abounding, it would be appropriate to quote Alasdair Spark, an expert in conspiracy theories, who had spoken to the BBC back in June 2004: "Should not we expect that the rich and the powerful organize things in their own interests? It is called capitalism!"


? BILDERBERG 2007 INVITED GUESTS [with the royals removed - ed.]

? Ali Babacan, Minister of Economic Affairs (Turkey)


? Kemal Derviþ, Administrator, UNDP (Turkey)


? Mustafa V. Koç, Chairman, Koç Holding A.Þ. (Turkey)


? Fehmi Koru, Senior Writer, Yeni Þafak (Turkey)


? George Alogoskoufis, Minister of Economy and Finance (Greece)


? Edward Balls, Economic Secretary to the Treasury (UK)


イスタンブール - トルコ・デイリー・ニュース

「多国籍の政府」というある呼び出し、 それは 他がそれを言う時の「世界方針を決定するエリートのクラブ」は世界の運命を本質的に「定着させる」ある呼び方である。

それは文字どおりにその秘密によって世界中で陰謀説を引き起こしている一方、参加者は、尊重されるべきであるのが、ただの内々の集まりであると言います。

たとえ、それが何であっても、強力なBilderbergは私達のドアにあります:

「グローバリゼーションの大祭司」は、オブザーバーからの発議でハットンが一度すばらしくそれを置いたので、イスタンブールで今日彼らの超秘密主義の年次総会を開始します。

国際的なメディアの沈黙がいっそうより多くの陰謀説を起こす時、トルコメディアはそれに夢中になっています:

発行部数が多い日刊新聞から有名な週刊誌まで、メディアはこのごろではBilderbergで忙しい。

それを発表して、日刊Vatanはそれを「世界で最も秘密主義のミーティング」と呼びます:

「イスタンブールのBilderberg」。

週刊Aktuelは、世界の運命を決定するために、「多国籍の政府」がここにあると言います。

「大祭司」が日曜日の彼らのイスタンブールミーティングを終えるまで、大宣伝が続くであろう。

まだそれを耳にしていない人々にとって、Bilderbergグループは「約130人の客の非公式な例年の招待客のみの会議」(Wikipedia)である、経済、メディア、および政治の領域の有力で、強力なデータ。

名前は1954年の最初のミーティングから来ます(それはOosterbeek、オランダにおけるホテルde Bilderbergにおいて催されました)。

日付目印として、Bilderbergは冷戦の作成です。

その時、西ヨーロッパの反米主義の成長について心配していたジョセフRetingerから、アイデアは来ました。

従って、Bilderbergは、ちょうどNATOのような他の組織のように、「共産主義の脅威」に対して「西欧の単一性」を強化することをめざしていました。

ワルシャワ条約の崩壊によって、グループは、アメリカ主導のグローバリゼーションを強化することに集中しました。

しかし、ニューヨークとワシントンでの2001年9月11日の攻撃は事実上、人が「文明間の衝突」と呼ぶかもしれない別のフォーカスを結果として生じていました。

従ってイスタンブール(1959年)での最初の集まりとYzmir(1975年)における2番目のものの後に、東洋と西洋の間で「橋」と広くみなされているトルコでの3番目の集まりは適切であるようです。

世界を走る人々:

多くをいらだたすBilderbergの1つの面がその秘密であるならば、別のものはその参加者のアイデンティティです。

通常の「Bilderbergers」のリストを見て、人は、これらが本当に、「世界を走る人々」であると思わないではいられません。

ヘンリー・キッシンジャー、デイヴィド・ロックフェラー、およびズビグニュー・ブレジンスキーのようなベテランに毎年前のビル・クリントン米大統領、まもなく前のPMトニー・ブレア、NATO事務総長ヤープde Hoopシェファー、前の国防総省アドバイザー リチャード・パール、および無数の他などの新来者が参加します。

毎年、リストはまたフィナンシャル・タイムズ、ワシントン・ポスト、エコノミスト、タイムス、フィガロ、およびダイスツァイトなどの有力なアウトレットからの重要な「メディアの人々」を含みます。

写真はコカコーラ、フィアット、スエズTractebel、ロイヤルダッチシェル、およびブリティッシュペトロリアムなどの世界の最も大きな会社からのCEOが参加します。

そのような混合物によって、陰謀説はいっぱいです;「見えざる手」理論である最も有名なもの。

いくつかによると、ミーティングに出席し、「側近グループ」から恩恵を得るのに十分にラッキーな人々は驚くようなキャリア飛躍に立ち会います。

英国のトニー・ブレアが1993年に彼の出席の3年後に総理大臣に選ばれる、アーカンソーからの「無名の知事」は、1991年にBilderbergミーティングに出席した1年後に、米国の大統領になりました。

しかし、なぜマーガレット・サッチャー、正会員Bilderbergerは1990年に総理大臣としての彼女の仕事を失ったか?

理論は、彼女が「ヨーロッパのスーパー状態」に英国の転換を受け入れなかったので、彼女がBilderbergのサポートを失ったと伝えています。

もちろん、サッチャーの後で総理大臣としてその仕事を取ったジョン・メージャーはまたBilderbergerでした。

人は、信じることに決めることができるけれども、ミーティング--無携帯電話、3日の間のホテルからの獲得、注、インタビュー--の秘密は陰謀説のために肥沃なグラウンドを作成します。

FT、ウォールストリート・ジャーナル、およびワシントン・ポストなどのメディアの巨人のシニアの担当者が毎年ミーティングに出席し、ほとんど何もBilderbergについて同じ書類の中でプリントされないので、人は疑い始めます。

専門のジャーナリスト:

しかしBilderbergの秘密を初公開するために献呈される数人のジャーナリストがいます。

ジェームズP.タッカー、ダニエルEstulin、およびトニー・ゴズリングなどの人々。

参加者を突きとめて、最初の2はイスタンブールにある一方、ゴズリング(ウェブサイト
www.bilderberg.org
を動かすブリトン人)はショーに来ることができませんでした。

彼のウェブサイトは1ヶ月に約300万のヒットを得て、この大きな興味を、他の場所の、「調査報道はだいたい死んでいます」という事実に帰しているとゴズリングは言います。

特に、財政的に、彼は電話でトルコ語デイリー・ニュースに、Bilderbergは非常に強力であると言いました:

「従って、彼らが結論に達するならば、それは効果的です」。

ゴズリングは前回の10のミーティングをカバーし、彼は、イスタンブールでの集まりが高く重要であると思います。

「ちょうどイラントルコ境界上にたくさんの緊張があります」。

イラクはまさに隣です。

「これはBilderbergのために関心領域です」と彼は言いました。

「Bilderbergersはトルコのイスラム感傷がイランへの侵略に賛成していないことについて心配します」。

「トルコエリートを説得し、中東についての新保守主義者の計画によってそれらをボードの上に至らせてみるために、それらはここにあります」。

しかしなぜ秘密?

ゴズリングは2003年に同じ問題をデイヴィド・ロックフェラーに出しました。

「彼はすくめて、それが単に私的なミーティングであると言いました」と彼は続けます。

「しかし、世界はこの議論を買いません」。

そこに政治家がいて、彼らは私的な人々ではありません。

「彼らは、責任があると考えられているべきである人々です」。

ゴズリングのは主張し、Bilderberg 2007の主要なトピックがイランであり、広く保持された意見です。

日刊Vatanによると他のトピックはエネルギー政策と欧州連合メンバーシップのためのトルコの努力です。

紙は最後のアイテムについて楽観的です;

それは、イスタンブールミーティングが、EUが「少しずつ動かし」たシグナルが、無名の「Bilderberg関係筋」にこの主張の基礎を置いて、トルコに「ドアを開くこと」であると伝えています。

Bilderbergのベテラン:

アトランタ、オタワ、ストックホルム、およびリスボンでの4回の別個の出席によって、トルコの前の中央銀行総裁、イスラム勇士Ercelは、人が見つけることができる最消息筋です。

「Bilderbergなどの多くの国際的なミーティングがあります(それは厳しい規則を持っています)」と彼はTDNに言いました。

秘密の理由について、彼は、それが、引用される懸念なしで誰もがトピックの上で心から話すと保証する用心であると言います。

孔子を引用して、陰謀説はミーティングについての無知から生じるとErcelは言いました:

「知識なしでアイデアを作り出す人々は有害です」。

「彼らが、Bilderbergが何であるかを知らないので、彼らは迷信を信じています」。

ミーティングの1つで、「2001年の金融恐慌を計画します」ために、いくつかが彼を告発した時に、Ercelはまた陰謀説の中で彼の言及のシェアを得ました。

「これらは不完全な主張です」と彼は言いました。

「Bilderbergはハイレベルのミーティングです」。

「誰もが率直に話し合い、非常に著しい討論は起こります」。

数年の間に、Bilderbergミーティングは重要なトルコ参加者を持っていました。

スレイマン・デミレル、前大統領はそれらの間にいます;

イスラム勇士Ercel、前の中央銀行チーフ;

Mesut Yylmaz、前の総理大臣;

Selahattin Beyazyt、実業家、および「一定の参加者」;

Mustafaコチ(コチ保持のCEO);

前の大臣Ysmail Cem、HikmetセチンとケマルのDervit、および何人かの有名なジャーナリストも。

それらの間で、昨年まで、彼がBilderbergの上でたくさんの重大なコラムを書いたので、保守的な毎日のYeni TafakからのFehmi様式化された曲線模型は目立ちます。

昨年、状況は変わり、彼はまたミーティングに招待されました。

その後、環境と参加者について多くに話して、彼はBilderbergの上で6日のシリーズを書いたけれども、確実に、議論されたものの多く上ではありませんでした。

様式化された曲線模型は今年二回目に引き起こされるけれども、彼のキャリアにおける「ジャンプ」はこれから、見られることになっています!

たぶんいっぱいの陰謀説について顔を見合わせてくすくす笑って、Bilderbergersが集まる時に、2004年6月にBBCと話したAlasdairスパーク、陰謀説の中のエキスパートを引用することは適切でしょう:

「私達は、金持ちと強力なものが彼ら自身の興味において物を組織することを予想するべきでありませんか?」

「それは資本主義と呼ばれます!」


BILDERBERG 2007年 INVITED GUESTS


アリBabacan(経済仕事(トルコ)の大臣)

ケマルDervit、管理者、UNDP(トルコ)

Mustafa V. コチ(会長(A.T.(トルコ)を保持しているコチ))

Fehmi、シニア・ライター、Yeni Tafak(トルコ)

ジョージAlogoskoufis(経済と財政(ギリシャ)の大臣)

エドワードBalls(財務省(UK)の経済秘書)

フランシスコ・ピント・バルセマン、会長兼CEO、IMPRESA、S.G.P.S.;

前の総理大臣(ポルトガル)

ホセM.ドゥラウンBarroso、大統領、欧州委員会(ポルトガル/国際)

フランコBernabe、副会長、ロスチャイルドEurope(イタリア)

ニコラスBeytout、編集長、フィガロ(フランス)

カール・ビルト、前の総理大臣(スウェーデン)

ユベール・ブルダ、出版社、CEOユベール・ブルダMedia

フィリップ・カミュ、CEO、イーズ(フランス)

アンリdeカストリーズ、取締役会の会長、およびCEO、AXA(フランス)

フワン・ルイス・セブリアン(Grupo PRISAメディアグループ(スペイン))

ケネス・クラーク、議員(UK)

ティモシーC.コリンズ、専務、およびCEO、リップルウッド・ホールディングスLLC(米国)

バートランドCollomb、会長、Lafarge(フランス)

ジョージA・ダビッド、会長、コカコーラH.B.C. S.A.(米国)

アンダースEldrup、社長、DONG A/S(デンマーク)

ジョンElkann、副会長、フィアットS.p.A(イタリア)

マーティンS.フェルドスタイン、社長兼CEO、全米経済研究所(米国)

ティモシーF. Geithner、社長兼CEO、ニューヨーク連邦準備銀行(米国)

ポールA.Gigot、社説面のエディタ、ウォールストリート・ジャーナル(米国)

Dermotグリーソン、会長、AIBグループ(アイルランド)

ドナルドE.グレアム(会長兼CEO(ワシントン・ポスト会社(米国)))

ビクター・ハルバーシュタット(経済学、ライデン大学、(オランダ)の教授)

ジャン・ピエール ハンセン、CEO、スエズTractebel S.A.(ベルギー)

リチャードN. Haass、代表、外交問題評議会(米国)

リチャードC.ホルブルック、副会長、ペルセウス、LLC(米国)

ヤープG.Hoop deシェファー、事務局長、NATO(オランダ/国際)

アランB.ハバード(経済政策のための大統領補佐官、国家経済会議(米国)ディレクター)

ジョセフ・ジョフィ、出版社エディタ、ダイスツァイト(ドイツ)

ジェームズA.ジョンソン、副会長、ペルセウス、LLC(米国)

バーノンE.ヨルダンJr.、専務、ラザールFreres&Co.LLC(米国)

アナトールKaletsky(全体として編集者、タイムス(UK))

Kinlochard(副会長(ロイヤルダッチシェルplc(オランダ)))のジョン・カー

ヘンリーA.キッシンジャー(会長、キッシンジャーアソシエーツ(米国))

バーナードKouchner、外務大臣(フランス)

ヘンリーR. Kravis、設立パートナー、コールバーグKravisロバーツ&Co.(米国)

マリー・ジョゼKravis、上級研究員、ハドソン研究所社(米国)

Neelie Kroes、委員、欧州委員会(オランダ/国際)

エドKronenburg(個人オフィス、NATO本部(国際)のディレクター)

ウィリアムJ. Luti(防衛政策と戦略のための大統領特別補佐官、国家安全保障会議(米国))

ジェシカT.マシューズ、代表、カーネギー国際平和基金(米国)

フランクマッケンナ(米国大使(カーライル・グループ(カナダ)メンバー))

ティエリーde Montbrial、代表、フランス政治大学国際関係研究中心(フランス)

マリオ・モンティ、学長、Universita Commerciale ルイジBocconi(イタリア)

クレイグJ. Mundie、主要な技官は戦略と方針、マイクロソフト社(米国)を進めました。

エギルマイクロバスト、会長SAS、ノルウェー人ハイドロASA(ノルウェー)

マティアス・ナス、編集次長、ダイスツァイト(ドイツ)

Adnrzejオレホフスキ(リーダー市プラットフォーム(ポーランド))

Jorma Ollila、会長、ロイヤルダッチシェルplc/ノキア(フィンランド)

ジョージ・オズボーン、影大蔵大臣(UK)

トマソPadoa-Schioppa、財務大臣(イタリア)

リチャードN.パール、アメリカ企業は社会政策研究(米国)

ヘザー・ライスマン、会長、およびCEO(藍色本&音楽社(カナダ))

デイヴィド・ロックフェラー(米国)

マティアス ロドリゲスInciarte、副会長、Grupoサンタンデル銀行、(スペイン)

デニスB.ロス(ディレクター(近東方針(米国)のためのワシントン研究所))

オットーSchily(前内務大臣(ドイツ))

ユルゲンE. Schrempp、前取締役会長、ダイムラー・クライスラーAG(ドイツ)

Toger Seidenfaden、実行する編集長、ポリティカン(デンマーク)

ピーターD.サザーランド、会長、BP plc、および会長、ゴールドマン・サックスのインターナショナル(アイルランド)

ジュリオTremonti(国民議会(イタリア)の副社長)

ジーン・クロード、知事、欧州中央銀行(フランス/国際)

ジョンVinocur、シニアの特派員、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(米国)

ジェイコブ・ヴァレンベリー、会長、AB(スウェーデン)投資者

マーティンH.Wolf、共同編集者、フィナンシャル・タイムズ(UK)

ジェームズD. Wolfensohn(ガザ解放(米国)のための特使)

ロバートB.ゼーリック、国務副長官(米国)

クラウスZumwinkel、会長、DeutscheポストAG(米国)

エイドリアンD.ウルドリッジ、海外特派員、エコノミスト



日本は大陸とは関係が薄い・・。

平城京遷都1300年祭が行われる2010年。しかし、大陸文化などと講釈を述べる戦後の御用学者は日本が、太平洋の端の島である事を忘れている。大和は今の沖縄のような軍事要塞地域なのではないか?


飛鳥の都への道は、大和川


 飛鳥に都がおかれていた時代の608年、遣隋使(けんずいし)小野妹子(おののいもこ)を送って大和朝廷にやって来た裴世清(はいせいせい)ら一行は、難波津から舟で大和川をさかのぼり、初瀬川から三輪山麓の海柘榴市(つばいち)に上陸し、飛鳥の宮へ至ったと、日本書紀に記されています。

 また、万葉集に残る、藤原京から初瀬川、佐保川を経由して平城京造営を行うようすを詠んだ歌の中には、「・・・隠国泊瀬(こもりくはくせ)の川に船浮けて、わが行く川の川隈(かわくま)の八十隈(やそくま)おちず・・・」とあります。「川隈の八十隈」とは、川の数多くの曲がり角の意味。このことから、奈良盆地の川が、激しく曲がりくねっていたことが示されています。同じく、万葉集には、「・・・四の船 船の舳(じく)並べ・・・」との表現もあり、この頃の水量が非常に豊富であったことがわかります。









600年ごろの大和は


歌に見る大和湖の存在


大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち


国見をすれば 国原は けむりたちたつ 海原は かまめたちたつ


うまし国ぞ あきつしま大和の国は




これは以前、読んだ事があったが気にも止めていなかった


たしかによくよく考えてみればヘンな歌だ。


あの山奥の大和平野からどうやって海が見えたというのか?


舒明天皇(第34代天皇
(在位:舒明天皇元年1月4日
629年
) - 舒明天皇13年10月9日(641年11月17日))。


がアホだったのか?いや、そういうことではない


いまならばはっきりといえる、この時まぎれもなく大和は


海に面しており(通じており)まさに陸の玄関口であった事が。




論より証拠、玄関口として有名な所はもう二つある。


推古十六年(608年)に遣隋使小野妹子は帰国する時に隋から


答礼使・裴世清(はいせいせい)と、ともに帰ってきたが


このときに彼らはなんと大和川を遡り、大和湖を渡って海石榴市(つばのいち)


で上陸したのである。その場所は現在三輪と呼ばれている。


応神天皇の時に王仁(わに)や阿直岐(あちき)などが「論語」「千字文」をもって


上陸した軽市は現在、大軽と呼ばれておりここも船着場があった。


ここは応神天皇の軽島豊明宮があったところでも知られている。


これらもすべて大和湖の存在無くしてはありえない非現実的な場所である。


湖の底に遺跡などあるはずも無い・。また、高床式の建造物は東南アジア及び太平洋の島々に極近い風景だろう・。


当時の大和は、今とは全く景観が異なっていた。大和に入った神武天皇の眼前には、びょうびょうたる湖水が広がっていたに違いない。縄文の海進・海退、隆起で、たたなづく青垣の内に取り残された、湖沼と大湿地帯が、大和盆地を覆っていたからだ




?大和盆地の大湖について判明していることは、標高60m以上まで、縄文遺跡の存在があり、それ以下は、当時、湖面・湿地帯であったこと。その後、1800年ほど前の弥生期・古墳期は、標高50m以上までが生活域であり、それ以下は湖面・湿地帯であったこと、などだ。つまり、大和地域の50m線、60m線の周縁部には、多くの遺跡が散在するが、中央の平・部には、縄文・弥生等の遺跡はないということ。それらの時代には、そこは、広く湖底であり、人が住めなかったのだから。





正倉院を見て大陸を思うほうがどうかしている。









下は東南アジアの高床式建築物である・。







この形式は朝鮮や中国の寒冷地帯には無いものなのである。


九州や三内丸山遺跡、古墳などにしても、東北まで、高床式が見られる。また、出雲神社など大建造物がある。




五重塔は物見櫓か灯台であろう。


?


大和はこのような風景であろう・。


■「山の辺の道」や「葛城古道」はなぜ山麓をめぐっているのか。古代集落の多くが奈良盆地の中央ではなく標高6 0 メートル以上の高台に位置するのはなぜか、疑問に思っていたのですが、「山辺の道」と「葛城古道」について調べを進める中で、かつての大和平野は現在とは比べ物にならないほど河川が広く、湖や沼が存在していたのではないか、という思いが強くなりました。海石榴市(つばのいち)は遣随使小野妹子たちが大陸から帰って来て上陸した港であり、王仁(わに)らが「論語」を持って上陸したのが軽市、現在の橿


原市大軽町、葛城山麓の櫛羅クジラ大湊、御所の船路、いずれも古代からの船着場であったといわれています。他にも忍海(おしみ)・船宿.海知・保津・結崎など、水(海)を連想する地名も多く、奈良県中南部の当麻御所・三輪・明日香にはかつて大和盆地に「大和湖」なる浅い湿原があり、当麻から対岸の明日香に舟で往来していたと謂う伝説があります。




米(米穀)にしても、着物(シルク)にしても東南アジアや太平洋を抜きにして考えられないだろう。


?


?


東南アジアの古代のレリーフである。

?


讃岐国出土銅鐸の表面に描かれた高床建築


太平洋や東南アジアなどは今でも日本に友好的であるが、中国や朝鮮は現在も反日、基本的民族・人種が違うのである。敵である時代が長いのだろう・。


?


湖面に浮かぶ物見櫓






?唐子・鍵遺跡は物見櫓か灯台だろう・。


?


何を警戒しているのだろうか??


奈良(平城)・・・平城は城:要塞であろう・。平城京は誰から誰を守っているのか?


後日・・。

銀行業務と紙幣

~ Illuminati News ~
http://illuminati-news.com/082706a.htm


Banking & Paper Money





"If the American people ever allow PRIVATE banks to control the issue of their currency, first by inflation, then by deflation, the banks will deprive The People of all property until their children wake-up HOMELESS on the continent their fathers conquered.? The issuing power should be taken from the banks and restored to The People, to whom it properly belongs".

--- Thomas Jefferson




「アメリカ人がいつか、プライベートバンクが最初にインフレによって、そしてデフレーションによってそれらの通貨の問題をコントロールすることを可能にするならば、銀行は、彼らの父が征服した大陸で、ホームレスな彼らの子供たちの眠りを解除するまで、人々から全ての資産を奪います。出ている力は銀行からとられなければならなくて、人々に戻されなければなりません。そして、その人にとって、それはきちんと属します」。

?トーマスジェファーソン




The Banks Lend 70 Times Their Capitals

The banks do not lend the money of their depositors - they create the money that they lend

by Alain Pilote


銀行はそれらの資本の70倍を貸します。

銀行はそれらの預金者のお金を貸しません - 彼らは、彼らが貸すお金を作成します。

アランPiloteによって









The Goldsmith Who Became a Banker




This way for the private banks of creating new money goes back to the Middle Ages, when gold was the only form of money. Those who owned gold, for fear of being robbed, deposited this gold in the strong-rooms of the goldsmiths, who gave gold owners receipts for the gold they kept for them in their vaults. So, instead of paying in gold when they purchased goods, these individuals paid with the receipts they had received from the goldsmiths, which proved that they had gold in the goldsmiths' vaults. The one who was paid with these receipts was thus becoming the new owner of the gold kept in the goldsmith's vault, and was free to go and withdraw this gold any time from the goldsmith.


The goldsmith noticed that most of the people preferred to exchange receipts instead of going to the goldsmith and withdraw their gold. For example, for one person who actually came to the goldsmith and ask for his gold, ten people did not come, preferring to exchange the receipts issued by the goldsmith. The goldsmith soon realized that he could thus issue, without risk, ten times more receipts than he had actual gold in his vault. As long as the same ratio of people did not show up at his place and ask for their gold, the goldsmith could go on with his confidence trick, but if all of his customers show up and want their gold back, the whole system collapses, and the fraud is unveiled: the goldsmith cannot repay them all, since there is ten times less gold than he pretended to have in his vault!


Today's private banks operate exactly the same way. They noticed that for one person who came to the bank and wanted to be paid in cash (paper money), about ten people only transfer figures from one account to another one, without using any cash. (Today, over 95% of our nation's monetary transactions are done by cheque, and less than 5% by cash.) This is what allows the banks to lend more money than they actually have. For example, with $1 million in cash reserve, a chartered bank can lend $10 million in credit, or bookkeeping money (not paper money, but figures written in bank accounts). The only restraint to this creation of credit is the fear that too many people show up to the bank and ask to be paid in cash, since the bank could only repay in cash about one consumer in ten. One of the ways for the banks to protect themselves against such a possibility is to encourage depositors to leave their money at the bank as long as possible, by paying higher interest in fixed deposits, which are tied up with a bank for one, two or three years.


Seventy Times


Over the recent years, the use of cheques or bookkeeping money has increased significantly, and the bankers can thus create a larger percentage of bookkeeping money. For instance, for the third quarter of 1995, the Canadian chartered banks held $3.1 billion in cash, and lent, for the same period, $216 billion (non-mortgage loans) - seventy times the amount of cash they actually held!


Until a few years ago, according to the Canadian Bank Act, the minimum reserve required in cash was 4%, but in December, 1991, the Federal Government enacted a new version of the Bank Act, which stated that as of January, 1994, the primary reserve in the form of cash that a chartered bank has to maintain is nil, zero!


In other words, chartered banks are no longer limited by law in creating credit. The only limit is the fact that some bank customers still want to be paid in cash. So, one can easily understand why banks do everything they can to eliminate the use of cash, by encouraging the use of debit cards, direct payment, to eventually eliminate all cash in circulation. They promote the existence of only one kind of money - electronic money. The citizens of our country must do their utmost to prevent the elimination of cash, for it the bankers' wish comes true and there is no more cash, it would be the greatest swindle in the history of our nation, and it would give the banks absolute control over the economy and every individual.





銀行家になった金細工師

こちらで、作成するプライベートバンクのために、金がお金の唯一のフォームであった時に、新しいお金は中世にさかのぼります。

強奪されることに対する恐怖のために金を持っていた人々はこの金を、彼らが彼らの地下室に彼らのために保持した金のために、金オーナーに受け取りを与えた金細工師の金庫室に預けました。

従って、彼らが商品を購入した時に金を払い込む代わりに、彼らが金細工師から受け取った受け取りによって、これらの個人は支払いました(それは、彼らが金細工師の地下室に金を持っていたことを証明しました)。

これらの受け取りによって支払われた人は従って金細工師の地下室に保持された金の新しいオーナーになりつつあり、自由にこの金をどのような時にでも金細工師から引き戻しに行ってよかった。

金細工師は、金細工師に行く代わりに受け取りを交換し、彼らの金を撤収することを好まれた人々のそのほとんどに気づきました。

例えば、実際、金細工師に来て、彼の金を要求する1人の人のために、10人の人々は、金細工師によって出された受け取りを交換することを好んで、来ませんでした。

すぐ金細工師は、彼が、従って、彼が彼の地下室に実際の金を持っていたより10倍多くの受け取りをリスクなしで出すことができることに気がつきました。

人々の同じ比率が彼の場所に現れなく、彼らの金を要求しなかった限り、金細工師は彼の信用詐欺を続けることができたけれども、彼の顧客のすべてが現れて、彼らの金を取り戻したいならば、システム全体は崩壊し、詐欺は初公開されます:

彼の地下室に彼が、持つふりをしたより10倍少ない金があるので、金細工師はすべてをそれらに返すことはできません!

今日のプライベートバンクはまったく同じ方法で動作します。

彼らは、銀行に来て、現金(紙幣)で支払われたかった1人の人のために、どのような現金も使わずに、約10人の人々が数値を1つのアカウントから別のものに移すだけであることに気づきました。

(今日、95%を超える私達の国家の金融取引は小切手によってされて、現金によって5%より少ない。)

これは、銀行が、それらが実際したより多くのお金を貸すことを可能にするものです。

例えば、現金準備における100万ドルによって、借り切られた銀行はクレジットまたは簿記お金(紙幣ではなく銀行預金口座の中で書かれた数値)中で1000万ドルを貸すことができます。

この信用創造への唯一の抑制は、あまりにも多くの人々が銀行に現れて、銀行が現金で10における約1人の消費者に払い戻すことができただけで以来、現金で支払われるように頼むという心配です。

銀行がそのような可能性から自身を保護する方法の1つは、預金者を、もののために銀行と連合している定期預金の中のより高い利息を2または3年支払うことによって可能な限り彼らのお金を銀行に置いていく気にさせることです。

70倍

近年間に、小切手または簿記お金の使用はかなり増大し、銀行家は従って簿記お金のより大きなパーセンテージを作成することができます。

例えば、1995年の第3四半期の間、カナダの借り切られた銀行は現金で31億ドルを保持し、同じ期間の間、2160億ドル(非抵当貸付金)を貸しました - 彼らが実際持っていた現金の額の70倍!

数年前まで、カナダ銀行法によると、現金で必要とされている最小の準備は4%であったけれども、1991年12月に、連邦政府は銀行法の新バージョンを制定しました(それは、1994年1月現在、借り切られた銀行が、維持する必要がある現金という形の一次準備金がゼロ、0であることを述べました)!

すなわち、借り切られた銀行は、もう、クレジットを作成することにおける法律によって制限されません。

唯一の限界は、何人かの銀行の顧客がまだ、現金で支払われたいという事実です。

従って、人は、結局デビット・カード、直接的な支払いの使用が流通においてすべての現金を取り除くことを促進することによって現金の使用を取り除くために、なぜ銀行が、それらができるすべてをするかを容易に理解することができます。

彼らはほんの1種類のお金の存在を促進します - 電子マネー。

私達の国の市民は、現金の除去を防止するために全力を注がなければならず、それのために、銀行家の希望は実現し、もう、現金がなく、それは私達の国家の歴史において最も偉大な詐欺であるであろうし、それは銀行に経済とすべての個人に関しての絶対のコントロールを与えるでしょう。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR