FC2ブログ

憲法違反の準備制度理事会

The Government should create, issue, and circulate all the currency and credits needed to satisfy the spending power of the Government and the buying power of consumers. By the adoption of these principles, the taxpayers will be saved immense sums of interest.”

President, Abraham Lincoln

「政府はすべての通貨を生み出さなければならなく、流通させなければなりません、そして、残高は政府の出費能力と消費者の購買力を満たす必要がありました。これらの原則の採用によって、納税者は利子という興味のある巨大な合計を節約されるでしょう。」

大統領(アブラハムリンカーン)









Money creation.

Banks create money out of nothing.

Knowing how money is created will help you understand how we can get you out of credit card debt, unsecured loans and lines of credit. Over the past 27 years the Managing Director of FDRS has done nothing but research money - how it works, who has it, how they got it and where it comes from. What changed my life was learning about how money is created. It is by far the most important financial aspect you will learn in this lifetime.


The current gross national debt is ridiculous, as you can see in the sum of personal and federal government debt, shown to the right. The counter doesn't include the Social Security and numerous other governmental debts totaling over $75 Trillion. So, everybody wants out of debt, but there is only $3.8 Trillion ($753 Billion in 02/06) in currency in the whole U.S. economy, so something doesn't add up, right? Let’s get to the bottom of it.

金銭創造。

銀行は、何からもお金を生み出しません。

お金がどのように生み出されるかわかっていることが、あなたが我々がどのようにあなたを信用のクレジットカード負債、無担保貸付との行列から出ることができるかについて理解するのを援助します。過去27年にわたって、FDRSの常務は、研究金だけをしました - なんて、それは働くでしょう、そしてその人は彼らがそれを得たように、そして、それが来る所で、それを持ちます。私の人生を変えたことは、お金が生み出される方法について学んでいました。あなたがこの一生涯で学ぶことは、はるかに重要な財政的な面です。


現在の総国債は個人で連邦政府債務の金額でご覧の通り、おかしいです。そして、右へ案内されます。カウンターは、75ドル以上のTrillionとなっている社会保障と多数の他の政府の負債を含みません。そう、誰でも借金がないことを望みます、しかし、3.8ドルのTrillion(02/06の7530億ドル)だけが全部の米国の経済で流通していてあります、何かが増さないように、ということ?それの真相を究明しましょう。

The Federal reserve.

Currently the Federal Government spends more than they can tax us each year, entirely because they’re paying all of this revenue towards interest on previous years’ loans. So, what they do is have the Treasury print U.S. Bonds to exchange for loans from the privately owned Federal Reserve System.


The private Federal Reserve owners don’t have a trillion dollars to lend the Government, nor do they need it. All they do is create it, via a bookkeeping entry, and write a check to the U.S. Government as the loan in exchange for the U.S. Bonds. The U.S. Government banks at the Federal Reserve Bank so cashing this check is very easy.


The Government now spends this newly created money into the economy by paying the Court, Postal and Military employees, etc. These consumers then deposit their paychecks in a commercial bank, Bank of America for example. The commercial banks deposit their customers’ check (newly deposited money) at their local Federal Reserve Bank and the Reserve Bank allows the commercial bank to issue up to 33 times more new electronic money, some of which is used to cover the customers’ initial deposit. This is called "Fractional Reserve Banking."

準備制度理事会。

完全に彼らが前年ローンの利子の方へこの収益の全てを払っているので、現在、連邦政府は彼らが毎年我々に課税することができるより多くのものを費やします。それで、彼らがすることは、財務省に私有連邦準備制度からローンへ交換されるために米国のボンズを印刷させることです。


民間の連邦準備制度理事会のオーナーは政府に貸すために1兆ドルを持っていませんし、彼らはそれを必要としません。彼らがするすべては、簿記記帳を通して、それをつくって、米国のボンズと引きかえのローンとしてアメリカ政府にチェックを書くことです。このチェックを現金化することが非常に簡単であるように、アメリカ政府は連邦準備銀行で銀行業を営みます。

政府は、現在、裁判所、郵便と軍隊公務員、その他にこれら消費者を支払うことによる経済、それからコマーシャルの彼らの給料小切手が金に換える保証金(Bank of Americaたとえば)にこの新しく生み出されたお金を使います。商業銀行は彼らの地元の連邦準備銀行に彼らの顧客の小切手(新しく預けられたお金)を預けます、そして、連邦準備制度理事会銀行は商業銀行が最高33回より新しい電子マネーを出すのを許します。そして、その幾つかは顧客の最初の預金をカバーするのに用いられます。これは、「わずかな連邦準備制度理事会銀行業務」と呼ばれています。

The Commercial banks.

When you sign a loan or credit card application and send it in, (say you are approved for $10,000.00) the commercial bank stamps the back of the application, as if it were a check, with the words: ’Pay $10,000.00 to the order of...;’ which changes your application into a promissory note.


?They then deposit the promissory note at the local Federal Reserve Bank as new money. This new money is now a 3% fraction of what the commercial bank may now create and do whatever they want with.


So $330,000.00, minus the original $10,000.00, is now added to the commercial bank’s coffers. They then open a demand deposit transaction account in your name, (the same as a checking account), deposit $10,000.00 of their newly acquired funds into this account and then issue you a debit or (in this case) a credit card or paper check. Remember - it’s all just bookkeeping entries, because our money is backed by nothing.


?Your asset, the original promissory note, not only funds your own supposed loan, but allows them to pocket up to 33 times the amount for doing nothing but fancy, yet fraudulent, bookkeeping entries. So, you funded your own loan, and they get to permanently keep your asset, the promissory note, along with the additional $320,000.00.


Don’t forget that when you spend your new deposit/loan, it ends up in someone else’s account and their bank gets to multiply it by up to 33, yet again. This is how fractional reserve banking works. This is the cause of inflation.

商業銀行。

あなたがローンまたはクレジットカードアプリケーションに署名して、それを提出するとき、まるでそれがチェックであるように、言葉として、商業銀行はアプリケーションの後ろに印を押します(あなたが10,000.00ドル承認されると言います):『命令に10,000.00ドルを払ってください...;』、そしてそれはあなたのアプリケーションを約束手形に変えます。


?彼らは、それから新しいお金として地元の連邦準備銀行に約束手形を預けます。この新しいお金は、現在、商業銀行が現在つくるかもしれなくて、彼らが必要とするものは何にでもするかもしれないものの3%の分数です。


それで、330,000.00ドルは、最初の10,000.00ドルなしで、現在商業銀行の財源に加えられます。彼らはそれからあなたの名前で要求払預金業務口座を開きます、この口座に彼らの新しく獲得した資金の10,000.00ドルを預けてください(当座預金と同じ)、それから、借方記入またはクレジットカード(この場合)または紙チェックをあなたに支給している。覚えていてください - 我々のお金が何によっても後退しないので、それはすべての正当な簿記エントリです。


?あなたの遺産(最初の約束手形)は、あなた自身の想定されたローンに資金を供給するだけでなく、これまでに詐欺的で、ただ簿記エントリが好きなだけのために、量の最高33倍のポケットに、彼らも許します。それで、あなたはあなた自身のローンに資金を供給しました、そして、彼らはさらに320,000.00ドルに加えて永久にあなたの遺産(約束手形)を保つようになります。


あなたがあなたの新しい保証金/ローンを使うとき、それが他の誰かの口座で終わる、そして、彼らの銀行が、再び、それに最高33を掛け算するようになることを忘れないでください。これは、わずかな予備銀行業務が働く方法です。これは、インフレーションの原因です。


The FED's Own Admissions.

The first thing to shed light on when you borrow from a bank is that no one with a bank account is sent a letter telling them that the money in their account is temporarily unavailable, because it has been lent to you. None of the original accounts in the bank have been touched or affected. Nobody else's spending power has been reduced.


Next we have Title 12 of the United States Code, §1831n which requires all banks across the country to abide by Generally Accepted Accounting Principles. According to GAAP, 2003 edition, page 41 under the section Cash and Cash Equivalents it states that “ANYTHING ACCEPTED BY A BANK FOR DEPOSIT WOULD BE CONSIDERED AS CASH”. This includes promissory notes, same as Federal Reserve Notes.


The Federal Reserve has also been very clear in their circulars that banks do not really lend money. Three examples will suffice to prove the point, although many more are offered on the Resources page.


Probably the most oft-quoted reference regarding money creation is the Federal Reserve publication, Modern Money Mechanics. On page 6 it says in rather clear language, “Of course, they (banks) do not really pay out loans from the money they receive as deposits. If they did this no additional money would be created.”


The Federal Reserve tells us in no uncertain terms in the next sentence: “What they do when they make loans is to accept promissory notes in exchange for credits to the borrower’s transaction accounts.” They add fuel to the fire in their publication Two Faces of Debt. In this publication, on page 19, they tell us that a “depositor’s balance...; rises when the depository institution extends credit - either by granting a loan to or by buying securities from the depositor.


“In exchange for the note or security, the lending or investing institution credits the depositor’s account or gives a check that can be deposited at yet another depository institution. In this case, no one else loses a deposit...; the money supply is increased. New money has been brought into existence.”


The Federal Reserve publication "How Banks Create Money" asserts: "Banks actually create money when they lend it. Here's how it works: Most of a bank's loans are made to its own customers and are deposited in their checking accounts. Because the loan becomes a new deposit, just like a paycheck does, the bank once again holds a small percentage of that new amount in reserve and again lends the remainder to someone else, repeating the money-creation process many times."

連邦準備制度理事会は、自身の入場です。

それがあなたに貸されたので、あなたがいつ銀行から借りるかについて光を投げ掛ける最初のものが預金口座をもつ誰も彼らの口座のお金が一時的に利用できないことを彼らに示している手紙を送られないということです。銀行の最初のアカウントのどれも、触れられなかったか、影響を受けませんでした。他の誰の出費力は減らされませんでした。


次に、我々は米連邦法典(通常、Accepted Accounting Principlesを守ることを国中のすべての銀行に要求する§1831n)のTitle 12を持ちます。GAAP、2003年版、セクションキャッシュの下の41ページとキャッシュEquivalentsによると、それはその「ANYTHING ACCEPTED BY A BANK FOR DEPOSIT WOULD BE CONSIDERED AS CASH 保証金のために銀行によって受け入れられる何でも、キャッシュと思われます」これは約束手形を含みます。そして、連邦準備制度理事会紙幣と同じです。


連邦準備制度理事会は、銀行がお金を本当には貸さない彼らの回覧でも、非常に明白でした。3つの例は主張を証明するために十分です、しかし、より多くはResourcesページに提供されます。


おそらく、金銭創造に関して最も度々引用された引用は、連邦準備制度理事会出版(Modern Money Mechanics)です。6ページの上で、それはむしろはっきりした言語で言います ― 「もちろん、彼ら(銀行)は彼らが保証金と認めるお金から、ローンを外へ本当に払いません。彼らがこうするならば、追加金は生み出されないでしょう。」


連邦準備制度理事会は、次の文できっぱりと我々に言います:「どの程度、彼らは彼らがローンを儲ける時が借用者の業務口座に残高と引きかえに約束手形を引き受けることになっていることをしますか。」、彼らは負債に彼らの出版Two Facesで火に油を注ぎます。この出版(19ページの上の)に、彼らは我々にそれを話します「預金者のバランス...;保管所機関が信用を広げるとき、上がります - 預金者から証券を買うこと、または、ローンを与えることによるどちらでも。


「メモまたは保安と引きかえに、貸出または投資している機関は、預金者の口座を信用するか、さらにもう一つの保管所機関に預けられることができる小切手をします。この場合、他の誰も保証金を失いません...;マネーサプライは増やされます。新しいお金は、存在にもたらされました。」


連邦準備制度理事会出版「How Banks Create Money」は、断言します:「彼らがそれを貸すとき、銀行は実際にお金を生み出します。それが働く方法は、ここにあります:大部分の銀行のローンはそれ自身の顧客に儲けられて、彼らの当座預金に預けられます。ローンが新しい保証金になるので、給料小切手がするように、銀行にはもう一度予備にその新しい量の少ないパーセンテージ入って、再び他の誰かに残りを貸します。そして、しばしば金銭創造プロセスを繰り返します。」

Dedt Termination education.

Money should be backed by real gold or silver, not created out of and backed by nothing. In this way it cannot be easily counterfeited. Our Forefathers fought to protect us from this exact same evil, and outlined it in the U.S. Constitution - Article 1, Section 10, Clause 1: No state shall enter any Treaty, Alliance or Confederation; grant Letters of Marque and Reprisal; coin Money; emit Bills of Credit; make any Thing but gold and silver Coin a Tender in Payment of Debts...


If you feel that no one should be able to counterfeit money and lend it to us, and if you also feel that whoever funded the loan (you) should be repaid the money, and realize that it is unconstitutional for private banks to control the money creation in these United States, then we have the solution for you.

負債終了教育。

お金は本物の金または銀によって後付しなければならなくて、創造されてはならなくて、何によっても後付してはいけません。このように、それは簡単に偽造されることができません。 私たちの祖先はこの正確な同じから私たちを悪から保護するために戦い、米国の憲法の中でそれ 第1条セクション10、節1状態は条約、同盟あるいは連合を入力しないものとします;操業停止免許状と報復を与えます;硬貨金;信用状を放射します;金・銀貨以外の任意のものを負債の支払として提出にしてください...

あなたが誰も偽金に有能であってはならなくて、我々にそれを貸してはならないのを感じるならば、そして、あなたもローン(あなた)に資金を供給した人は誰でもお金を返されて、個人銀行がこれらのアメリカ合衆国で金銭創造をコントロールすることが憲法に反すると理解するのを感じるならば、我々はあなたの解決を持ちます。

スポンサーサイト



偽善者

Greenspan Working To Destroy US Economy

Puppets of the elite posing as saviors once again?

??







Steve Watson & Alex Jones

Infowars.net Editorial

Tuesday, Sept 18, 2007

??


?Over the past few days Alan Greenspan has appeared in every major financial publication to explain exactly what is going to happen to the economy and what the next steps should be, while also deriding the Neocon administration for the current downturn. For this he has been lauded as some form of economic savior, yet a cursory examination of the facts reveals that the economic decline has long been in the pipeline and Greenspan and his ilk operate under the influence of those who continue to engineer the slow meltdown.


Alan Greenspan and Paul Volker, both former Federal Reserve Chairmen, along with current chairman Edward Bernanke, the Treasury Secretary Henry Paulson and Alistair Darling, Exchequer of the Treasury in England have been out in unison since last Friday announcing over and over that the economy is going to implode, there is going to be serious inflation, housing is going to go down between ten and thirty percent, and the Dollar is going to be replaced with the Euro.


See:


Greenspan: Euro Gains As Reserve Choice


Alan Greenspan warns of UK house prices drop


Greenspan alert on US house prices


Greenspan predicts falling house prices, rising inflation



With the effects of the credit crunch hitting more and more lower level lenders, it is clear to see that the fallout is spreading and propagating a general decline. We are seeing the unfolding of an overall meltdown that represents a gutting of the United States by neo-mercantilist institutions bent on the formation of a new global monopoly.






アメリカ経済を破壊するために働いているグリーンスパン

もう一度救助者のふりをしているエリートの操り人形

スティーブ・ワトソン&アレックス ジョーンズ

Infowars.net 論説

2007年9月18日火曜日

過去の数日の間に、アラン・グリーンスパンは、すべての主要な金融の出版物の中で、何が、経済に起ころうとしているか、そして現在の下降局面のためにまた新保守主義者の管理をあざ笑う間に、次のステップが何であるべきであるかを正確に説明するようでした。

これのために、彼はある種の経済の救助者として賛美されているけれども事実は通りいっぺんの調査で、経済の衰退がずっとパイプラインとグリーンスパンの中にあり、遅い溶解をたくらみ続ける人々の影響の下で、彼の種類が動作すると明らかにします。

見てください:

グリーンスパン:ユーロは準備選択として増加します。

アラン・グリーンスパンはUK住宅価格落下を警告します。

米国住宅価格の上で用心深いグリーンスパン

グリーンスパンは下がる住宅価格、高まるインフレを予測します。

より多くのより低いレベルの貸方を打っている信用収縮の効果によって、放射性物質降下が一般的な低下を広めていて、伝達しているとわかることはクリアです。

私達は、新しいグローバルな独占の構成に熱心であったネオ重商主義者組織による米国のむさぼり食いを表している全体の溶解の広がりを見ます。


We are witnessing the unfolding of a crash exactly as predicted
by Former World Bank Vice President, Chief Economist and Nobel Prize winner Joseph Stiglitz this time last year.


Stiglitz agreed that the process of hijacking and looting key infrastructure on the part of the IMF and World Bank, as an offshoot of predatory globalization, has now moved from the third world to Europe, the United States and Canada.


Stiglitz warned that the signs were there with plummeting real estate prices in the U.S., stating that a global economic depression could only be avoided if a correction was made.


But no correction will be made because the World Bank/IMF/Globalist doctrine betrays a focused agenda to deliberately foment economic turmoil, riots, and then enforced bondage to eternal debt. We have witnessed this time and time again, their own documents
even confirm this as the chosen method of social control.


The shareholders of Federal Reserve, part of the same group of elite families that owns the bank of England, created the IMF and World bank to siphon government funds. Then they effectively steal the real assets of the third world countries that take their loans in some cases at 42% interest. These global loan sharks secure the water, power and roads which are then handed over to private, piratical, letter of mark companies.


The heads of such companies, together with the central banks come together within elite institutions such as the Bilderberg group to pull together their policies and discuss how to proceed.


Bilderberg have sworn to bring about what Jose Barroso, President of the European Commission and a Bilderberg member, refers to as the "post-industrial revolution,"
which in layman's terms translates as a global economic crash, another great depression and the total evisceration of the middle class. They are intent on achieving this by ensuring oil prices soar
via a combination of conflict in the middle east and encouraging fears over peak oil.


At the 2005 Bilderberg meeting
sources inside the group told reporters Daniel Estulin and Jim Tucker, who have built up a credible reputation for accurately forecasting future events based on leaks from Bilderberg conferences, that the elite wanted to consolidate by bringing down the standard of living in the US and Europe, fearing that the middle class is out of control and has been granted too much credit which must be offset by a phase of consolidation.


We now see figures like Alan Greenspan re-iterating the exact same mantra, that there has been too much "irrational exuberance".


Greenspan is now being lauded for doing the job of publicly destroying confidence in the dollar, publicly trying to destroy confidence in the banks, and publicly trying to destroy the economy, enabling a consolidation during a recession as set out exactly in globalist blueprints.





正確に、去年の今ごろ前の世界銀行副社長、主要なエコノミスト、およびノーベル賞受賞者ジョセフ・スティグリッツによって予測されるように、私達は衝突の広がりに立ち会っています。

ハイジャックのプロセスと略奪が略奪したグローバリゼーションの枝として国際通貨基金と世界銀行のほうでインフラストラクチャーをキー入力することに合意したスティグリッツは今や第三世界からヨーロッパ、米国、およびカナダに引っ越しました。

スティグリッツは、訂正がされた場合にだけ、グローバルな経済不況が避けられることができたことを述べて、合図が米国の急落不動産価格によってそこにあったことを警告しました。

しかし、世界銀行/国際通貨基金/グローバリストの主義が、意図的に経済混乱、暴動、それから永遠の借金への強制された奴隷身分を助長する焦点が合った課題を裏切るので、どの訂正もされないでしょう。

私達はしばしばこれに立ち会い、彼ら自身の文書は社会的規制の選ばれた方法としてこれを確認しさえします。

連邦準備銀行(エリートファミリーの、イギリスの銀行を持っているのと同じグループの一部)の株主は、財政資金を吸いあげるために国際通貨基金と世界銀行を作成しました。

そして、彼らは効果的に、42%の利率で場合によってはそれらの貸付金を取る第3世界の実物資産を盗みます。

これらのグローバルな高利貸は、標的会社の私的で、海賊の手紙と一緒にその時渡される、水、パワー、および道路を確保します。

中央銀行 それらの方針をまとめて、どのように取りかかるかを議論するために、Bilderbergグループなどのエリートの組織内で一緒に動くそのような会社の社長。

Bilderbergは、ホセBarroso(欧州委員会とBilderbergメンバーの社長)が何を、「ポスト産業の革命」(それは俗人の用語でグローバルな経済恐慌、別の大恐慌、および中流階級の全体の骨抜きとして翻訳します)と称するかについてもたらすことを誓いました。

彼らは、原油価格がピークオイルの上の中東と励みになる恐怖で衝突の組み合わせ経由で高騰すると保証することによってこれを達成することに集中しています。


私達は現在アラン・グリーンスパンのような数値が正確に同じマントラを再び繰返すのを見て、あまりにも多くの「理性のない横溢」がありました。

グリーンスパンは現在、ドルへの公然と破壊する信頼の仕事をし、公然と銀行に対する信頼を損ねようとし、公然とグローバリスト青写真の中で正確に発表されるように景気後退の間に合併を可能にして、経済を破壊しようとするために賛美されています。


500 billion globally has been pumped in not to save the markets, but to ensure a slow, gradual, non-panic inducing decline
.


It is disgusting to see the very people, the elite central bankers that the founding fathers of the U.S. fought against, the very veracious criminals that took over the economy and bankrupted the country, present themselves as salvation.


It was the banks that issued the credit, the banks that overprinted the money and the banks that sent credit cards to 17 year old high school graduates. When the elite start positioning themselves, blaming the fallout of their own actions on scapegoats and posing as our guardians, alarm bells should be ringing.


Two and a half years ago they tried to pop the real estate bubble, a year and a half ago they tried again, and this year they have succeeded. While allowing credit to continue, the central banks had the larger institutions stop buying paper securities, now that has caused a major restriction in the issuance of credit. They are not the saviors, they are the perpetrators.


The crisis is an engineered one on behalf of a global elite who have long pushed for increased regionalization, a single currency and a market they can monopolize more effectively.


Listen to Alex Jones' impassioned rant on this topic here
.





5000億はグローバルに、相場を省くのではなく遅く、ゆるやかで、突然でない引き起こす低下を保証するために送り込まれています。

まさしくその人々(戦われた米国(経済を引き継ぎ、国を倒産させた非常に誠実な犯罪者)の創始者が救済として自身に贈るエリート中央銀行総裁)に会うことにはうんざりしています。

それは、クレジットを出した銀行、お金を刷り重ねた銀行、およびクレジットカードを17歳の高校卒業生に送った銀行でした。

エリートが、スケープゴートに彼ら自身の行動の放射性物質降下の責任を負わせて、私達の保護者のふりをして、自身を置き始める時に、警報ベルは鳴っているべきです。

2.5年前、彼らは、不動産泡を破裂させようとし、1年半前、彼らは再びトライし、今年、彼らは成功しました。

クレジットが続くことを可能にする間に、中央銀行はより大きな組織に、紙証券を買うのをやめさせて、今や、それはクレジットの分配において主要な制限を起こしました。

彼らはその救助者ではなく、彼らはその犯人です。

危機は、ずっと、増大した地域化、彼らがより効果的に独占することができる単一通貨、および市場を要求しているグローバルなエリートのための設計された人です。

ここのこのトピックの上のアレックス ジョーンズの熱烈な怒号を聞いてください。

負債(借金)から逃れられないお金の制度・。

> この点が原点であることは理解できるのですが、私が理解で

きないのは

> 21世紀初頭、ロスチャイルド家が中央銀行の所有権を持って

いない国は、全世界でアフガニスタン、イラク、イラン、北朝

鮮、スーダン、キューバ、リビアの七ヵ国だけでした。その後

、アフガニスタンそしてイラクに対する米国の侵攻により、現

在では残り僅か五ヵ国のみになっています。

>

日本も財務省でなく独立行政法人 国立印刷局http://www.npb.go.jp/


> で通貨を印刷・発行しているようですが、日銀にて金利を決

めていますが

> 上記の記述どおりロス家だということなのでしょうか。他に

もベネズエラも気になる国です。

> 国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(IBRD)の支配下にあ

る国は、ロス家の支配下

> にあるということでしょうか。





所有権を持つとは株券を持つということです。

一般的に株券を5%保有すると大口株主として、その企業の経

営に大きな影響力を持つと言われています。

ロスチャイルドが持っている日銀の株は20%とも40%とも言わ

れていて定かではありませんが、いずれにしても大口株主です



ただ、私は株の保有量よりも、その運営方法をロスチャの銀行

家たちに教わってきたことの方が、日銀に影響を与えていると

思います。

いわゆる弟子と師匠の関係ですね。

日銀総裁は代々「忠誠心」によって選ばれ、門外不出の「虎の

巻」を託されてきました。

【参考】

『日銀はロスチャイルドがつくった』

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20070320


『福井総裁と日銀について』

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060702


弟子は師匠に逆らえません。



それと、明治維新後も、大戦後も、日本は外資からの融資なく

して発展できませんでした。

「借りる者は貸す人の奴隷となる」(旧約聖書)

です。



さらに、大戦以降はGHQがスパイ網を日本中に配置して、日本

の支配者層のスキャンダルを握り、容易にコントロールできる

体制をつくりあげてきました。

政治家も官僚も銀行家も、高潔な人はほとんどいませんからね



言うことを聞かなければ、自分の立場(時には命)を失うこと

になりますから、そりゃ言うなりになります。(^^;

つまり、裏と表の両方からコントロールしてきたわけです。





あと、南米だけでなく途上国はほぼ全部IMFと世銀の管理下に

あると言ってよいでしょう。

IMFや世銀をつくったのは、いわゆるニューディーラーと呼ば

れるルーズベルトの側近たちですが、ニューディーラーはほと

んどイルミナティです。

【参考】

『操られたルーズベルト』

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060724




つまり、やはりロス家の支配下にあると言ってもよいと思いま

す。



これは本当に重要な動画です。

是非ご覧になってください。

http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771&hl=en





資金運用は資金提供が正しい・。

harihariderxさんより


>ホリエモンは別の話ですから、ここではどうでもいいのですが、二つの運用を託された会社は郵貯と簡保の民間会社になりますから、国民の虎の子がどの手に渡ろうと、すでに政府の管理の外であります。



運用権をいつどこに売るのも自由であります。ところが驚くべきことが行われているのです。郵政民営化法案が通るかどうかもわからない2003年11月、郵貯と簡保の資金の運用先の公募が行われました。



これは勿論、すでに現在の郵政公社で外国の投資会社への委託運用が始まっていることを意味しますが、民営化以後も同様であることが方向づけられています。翌年3月に発表されている公募の投資会社は次の通りであります。





郵便貯金資金の委託運用  2004年3月31日



(1)投資顧問会社

【国内株式】

シュローダー投信投資顧問株式会社

大和住銀投信投資顧問株式会社

日興アセットマネジメント株式会社

三井住友アセットマネジメント株式会社

メリルリンチ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

UFJアセットマネジメント株式会社



【外国株式】

興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社

以上8社(50音順)



(2)資産管理銀行

資産管理サービス信託銀行

ステイト・ストリート信託銀行

日本トラスティ・サービス信託銀行

日本マスタートラスト信託銀行

以上4社(50音順)



簡易生命保険資金の委託運用については省略



 ご覧の通り、アメリカ系の投資会社がズラーっと名前を並べているわけであります。つまり、政府は民営化法案が通る前から、このお金を外国の投資会社、運用してくれる会社を公募して許可しているわけです。



どこの新聞も書いていないですね。賭博運用の準備は既に完了しているじゃないですか。大々的にいつでも始められる、アメリカは待ちかねている。だから小泉さん、竹中さんは早く早くとせかされているわけであります。





>例えば、今までにも、生命保険の業界がアメリカにさんざん食いものにされてきたことは知る人にはつとに知られていますよね。テレビのコマーシャルが「日生のおばちゃんが自転車で♪」と歌っていたのはいつか消え、「アメリカンファミリー!」と叫ぶようになっているでしょう。

http://www.asyura2.com/0505/senkyo13/msg/736.html






オルタネティブ通信より


>郵便局=北朝鮮

 

 民営化される郵便局の郵便貯金、簡易保険の資金の「運用担当」が、米国銀行ゴールドマン・サックス社に決まった。



 ブッシュ大統領一族の経営する銀行リーマン・ブラザース(ライブドア堀江のボス)=ゴールドマン・サックスが、郵便局の全資産を「入手」した事になる。



 郵政民営化が、ブッシュ一族による「郵便局の金を全部、俺によこせ」という話であった事が明らかになった。



 ゴールドマン・サックスはさっそく郵便局の資金で、中国に今後10年以上をかけて500基を越える原子力発電所を建設する事を決定した。建設を担う企業の代表は、世界最大の原子力発電所メーカー、ベクテル等である。ベクテルはもちろんブッシュの企業である。



 ばい煙を大量に無規制に垂れ流す中国の火力発電所の例から、中国の原子力発電所500基が放射能漏れや事故を起こさず、安全に運転されるという保証は絶望的であり、日本への放射能汚染の拡がりも不可避とも考えられる。



 この原子力発電所は、当然、日本への軍事的脅威となる核兵器ミサイル原料を生み出す。



 燃料としては、世界最大規模の埋蔵量を誇る北朝鮮のウランが使用される。米国の北朝鮮「融和策」の意味がここで明らかとなる。



 今後、日本の郵便局と北朝鮮が協力し、日本を攻撃する中国の核ミサイル原料が生産される。小泉元総理の郵政民営化に大賛成した日本国民は、日本を攻撃する中国の核ミサイル大量増産に大賛成した事になる。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/54997634.html
?





ベンチャー革命2007年9月12日

                          
 山本尚利

タイトル:
ついにさじを投げた安倍首相



1.安倍首相辞任発表

 2007年9月12日午後2時過ぎ、安倍首相がついに辞任を発表しました。8月27日に改造内閣が

発足してまだ2週間です。しかも、おととい所信表明演説したばかりで、今日12日の午後から

臨時国会の与野党討議が開始される予定でした。NHKは午後1時より国会中継を予定してい

ましたが、国会はドタキャンされました。

 所信表明演説のわずか2日後に辞任発表した首相は前代未聞でしょう。この状況がいかに異

常かということです。辞任会見によれば、なぜ首相は辞任を決意したか、その理由を、テロ

特措法延長に反対している小沢民主党党首に党首会談を申し込んだが、断られたからである

と安倍首相は答えました。何という薄っぺらい辞任理由でしょうか。自衛隊が中東湾岸海域

で活動している米軍の艦船に無料給油できなくなることが安倍首相の突然の辞任理由という

こと?ええー!これを聞いて、納得できる国民がいたらお目にかかりたいほどです。参院選

惨敗でも辞任しなかった人です、安倍首相は。これなら北朝鮮拉致被害者が奪還できないの

が辞任理由であるほうがまだましです。つまり、これはとってつけた表向き辞任理由である

ことは小学生にもわかることです。ここで、すぐに起こる根本的疑問は大きく三つありま

す。(1)いつ辞任することを決めたのか、(2)なぜ、所信表明した2日後に辞任を発表し

たのか、(3)ほんとうの辞任理由は何か。

 9月10日に所信表明演説するとき、すでに辞任のハラを決めていたのなら、これほど国民を

馬鹿にした話はありません。厳粛であるべき国会の開催をオーソライズされている天皇陛下

にも失礼です。そうでないなら、辞任決断はきのう、きょうの話です。つまり実に衝動的な

辞任決断ということになります。それなら、なんと無責任な首相か、ということになりま

す。国民も現時点では唐突な話で気持ちが整理できていないでしょうが、数日すると、状況

が読めてきて、安倍首相はいったい何考えているのだと、だんだん腹が立ってくるでしょ

う。空気の読めない首相と批判されてはいましたが、このタイミングの辞任は国民を愚弄に

していることになるので、普通は避けるはずですが、それだけ彼がいかに追い詰められてい

たかを雄弁に物語っています。これはただ事ではないということをわれわれは察知しなけれ

ばなりません。

 一般国民にとっては、首相人事は雲上の出来事かもしれませんが、自分の勤務する会社の

社長が幹部の人事刷新を断行して、新体制での船出を向かえて、意気揚々と所信表明した

翌々日、早くも辞任発表したと想像してみてください。おそらく社員全員、唖然となって、

自分の会社の将来に不安を抱くでしょう。これと同様の一大事が今日、この日本で発生した

わけです。

 ところで、筆者は安倍内閣の余命は長くないとは思っていました。そのようにみていた国

民は数多くいることでしょう。しかし、所信表明してすぐに辞めることを予想した人は少な

いでしょう。テロ特措法が参院で否決されるタイミングが安倍首相辞任のタイミングでした

から・・・。安倍首相は前代未聞の極めて非常識なことをやらかした。単に彼をこきおろし

て済む問題ではありません。この点にこそ辞任の秘密をとく鍵があるとみなければなりませ

ん。



2.安倍辞任の真相とは

 ネット情報によれば、週刊現代が安倍首相の脱税疑惑を近々、スクープ記事にする予定で

あったとのこと。これで思い出されるのは、1994年4月末、佐川急便献金疑惑で突然辞任した

細川首相です。細川内閣は93年8月に発足していますから、安倍内閣同様に1年未満の短命で

した。

 筆者の読みでは、安倍政権攻撃がいよいよ本丸に迫ってきたので、万事休すの安倍氏自身

が細川首相同様に、先手をとって自決したと推測されます。安倍首相のこれまでの後手後手

の采配から、優柔不断で決断力に欠けるリーダーであると散々、非難されてきましたが、必

ずしもそうではなかったようです。彼はほんとうにやばくなったら、ちゃんと決断できる人

物でした。ただ国民への配慮は相変わらずゼロですが・・・。

 さてポスト小泉の安倍内閣は軍事・エネルギー系米国覇権主義者(戦争屋)の闇サポート

で誕生したと筆者はみなしてきました(注1)。戦争屋の対日スポークスマン、日高義樹氏

の発言を注意深く分析すれば、戦争屋が安倍内閣をどのように評価しているかが、およそ読

み取れます。自民党は結党以来、安倍首相の祖父、岸信介内閣時代の昔から、戦争屋の傀儡

政党であると筆者はみなしています。戦争屋は、自民党議員のみならず、日本の政治家全員

の弱みを継続的に探偵調査しており、彼らにとって不都合な政治家は、必要に応じてスキャ

ンダルを暴露して失脚させてきました。細川首相も例外ではなく、その手で落とされたと思

います。安倍首相は祖父の時代から、その弱みの根が深く、細川氏どころではなく、戦争屋

は安倍首相をいかようにも料理できる状態に置いていたわけです。

 ところで、なぜ、彼は戦争屋に攻撃されているのか、その訳は、一言、小泉前首相と違っ

て、戦争屋の司令どおり、仕事が果たせないことがわかったからではないでしょうか。その

仕事とは何か、テロ特措法の延長ができそうもないからでしょうか。とんでもありません。

はっきり言えば、小泉首相は、戦争屋のイラク戦争のために30兆円~40兆円を工面したのに、

安倍首相は、彼らの計画するイラン戦争の費用として、湾岸戦争時と同じレベルの1兆2000億

円しか工面できそうもないことがわかったからではないでしょうか(注2)。筆者の経験に

よれば、外資系企業のボスは日本子会社の日本人社長がノルマを達成できなかったら、ただ

ちにクビを飛ばします。それと同じことが、米国の属国、日本国レベルで起きたということ

です。非常にわかりやすい一種の外資系トップ人事です。外資系トップ人事はいつも唐突に

断行されます。



3.給油延長可否という些細な理由で辞める首相の滑稽さ

 安倍首相の説明した辞任理由を聞いて、おかしいと思わない人は、ほんとうに思考停止し

ています。自衛隊の中東湾岸海域の給油(48万kL:220億円)が戦争屋にどれほど役立って

いるでしょうか。戦争屋はイラク戦争で一ヶ月当たり1兆円使い、イラク戦費はすでに累計

100兆円規模(日本の負担分は3~4割)に達しているそうです。彼らがウラで日本政府に求め

ているのは決して給油なんかではない!それは数十兆円単位のカネ、カネ、カネです。それ

以外の何者でもありません。

 われわれの虎の子、郵便貯金・簡保、厚生年金積立金を出せ!それだけです。まだ500

兆円弱残っているはずだから・・・。ところが、安倍首相は金融官僚のコントロールに無能

で、この金を戦争屋に思う存分提供できないのではないでしょうか。ここで、二つの可能性

が考えられます。(1)安倍首相は実は対米面従腹背主義者であり、国民を騙して、われわ

れの虎の子を戦争屋に献上することがどうしてもできなかった。(2)前任の小泉首相の後

継者として、少なくともイラク戦争レベルの数十兆円の国民資産を戦争屋に献上しようと画

策したが、財布のひもを握っている金融官僚をコントロールできず、戦争屋の要求が果たせ

なかった。筆者には、安倍首相の真意がどちらであるかはまだわかりません。前者ならば、

安倍首相は愛国主義者であり、まだ救いがあります。それならばこの際、このことを国民に

向かって正直に告白すれば、安倍首相の辞任理由は国民に十分、納得・理解されるでしょ

う。

 筆者は、安倍首相が辞任会見で居直って、真実を告白してくれると期待しましたが、だめ

でした。しかしながら、突然の辞任というサプライズ行動によって、ウラに何かとんでもな

い事情があることを、国民に暗に示唆することはできました。

 いずれにしても、狂った戦争屋は安倍首相を辞任に追い込むことに成功しました。さてそ

れでは、今後、どうするのかのシナリオはまだ描けていないでしょう。戦争屋のすさまじい

要求を蹴る力は日本政府にはありません。戦争屋を牽制できるのはただひとつ、国際金融資

本系米国覇権主義者(銀行屋)だけです。日本政府に預けた500兆円弱のわれわれの虎の子

は、戦争屋だけではなく、この銀行屋も狙っています。ところで中東産油国の人々は石油と

いう天然資産のせいで彼ら米国覇権主義者に右往左往させられていますが、われわれが日本

政府に預けている500兆円弱の国民資産のせいで、われわれも彼らに右往左往させられている

ということです。

 日本政府、日本国民が彼らから解放されるのは、われわれの国富・資産がすべて消尽した

ときでしょう。

 最後に、最低われわれ国民が、日本政府に要求すべきは、とりあえず、衆院解散総選挙で

しょう。衆参ねじれ現象は早急に修正すべきです。



注1:ベンチャー革命No.220『汚れた政権?:安倍内閣』2007年2月2日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr220.htm


注2:ベンチャー革命No.242『米国覇権主義者の陽動作戦にひっかかるな』2007年9月7日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr242.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm







蛇足


米国の戦争継続資金を同盟国の日本に脅しをかけ・尚かつ、裏切りで総理も抹殺した事になるのか?


外資の運用資金は回りまわって、日本の脅威になり、日本株に回る構造改革かいな・。


どの道、官僚独裁で丸ごと無くすより、多少の運用利益がある方がマシという事か??




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





ハロルド・ジョセフ・ラスキHarold Joseph Laski, 1893年
6月30日
-1950年
3月24日
)は、多元的国家論
を唱えた英国
政治学者


マンチェスター
ポーランド
ユダヤ人
の家庭に生まれる。オックスフォード大学
で学ぶ。カナダ・マギル大学、ハーヴァード大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
(LSE)などで教鞭をとる。 


1912年、フェビアン協会
を通じて、労働党
に入党。1934年のソ連
訪問後、マルクス主義
に傾倒。英国では戦時中極めて評価が高い。日本では、戦後受容された。


“We live under a system by which the many are exploited by the few - and war is the ultimate sanction of that exploitation.” Harold Laski, 1945.


「我々は、大衆が少数派によって搾取されるシステムの下で生きます - そして、戦争はその搾取の最終的な認可です。」ハロルドラスキ、1945。


 


イラク人の犠牲者はすでに120万人





Poll: Civilian death toll in Iraq may top 1 million


Tina Susman, Los Angeles Times Staff Writer















September 14, 2007



BAGHDAD -- -- A car bomb blew up in the capital's Shiite Muslim neighborhood of Sadr City on Thursday, killing at least four people, as a new survey suggested that the civilian death toll from the war could be more than 1 million.



The figure from ORB, a British polling agency that has conducted several surveys in Iraq, followed statements this week from the U.S. military defending itself against accusations it was trying to play down Iraqi deaths to make its strategy appear successful.



The military has said civilian deaths from sectarian violence have fallen more than 55% since President Bush sent an additional 28,500 troops to Iraq this year, but it does not provide specific numbers.



According to the ORB poll, a survey of 1,461 adults suggested that the total number slain during more than four years of war was more than 1.2 million.



ORB said it drew its conclusion from responses to the question about those living under one roof: "How many members of your household, if any, have died as a result of the conflict in Iraq since 2003?"



Based on Iraq's estimated number of households -- 4,050,597 -- it said the 1.2 million figure was reasonable.



There was no way to verify the number, because the government does not provide a full count of civilian deaths. Neither does the U.S. military.



Both, however, say that independent organizations greatly exaggerate estimates of civilian casualties.



ORB said its poll had a margin of error of 2.4%. According to its findings, nearly one in two households in Baghdad had lost at least one member to war- related violence, and 22% of households nationwide had suffered at least one death. It said 48% of the victims were shot to death and 20% died as a result of car bombs, with other explosions and military bombardments blamed for most of the other fatalities.



The survey was conducted last month.



It was the highest estimate given so far of civilian deaths in Iraq. Last year, a study in the medical journal Lancet put the number at 654,965, which Iraq's government has dismissed as "ridiculous."



The car bomb in Sadr City injured at least 10 people and set fire to several shops. Also Thursday, police said they had found the bodies of nine people believed to be victims of sectarian killings across the capital.



In its latest salvo at Iran, the U.S. military accused the Islamic Republic of providing the 240-millimeter rocket that earlier this week slammed into Camp Victory, the sprawling base that houses the U.S. Army headquarters. The attack on the base near Baghdad's airport injured 11 soldiers and killed one "third-country national."



At a news conference, a military spokesman, Army Brig. Gen. Kevin Bergner, displayed a chunk of metal that he said had come from the rocket. Asked how he could be sure it was of Iranian origin, Bergner said its color and markings were unique to rockets from Iran.



The United States accuses Iran's Shiite leaders of providing weapons, training and other assistance to Shiite militias fighting U.S. forces in Iraq. Iran denies the accusation.






ポル:イラクの一般人の犠牲者数は、100万を上回るかもしれません。


ティナズースマン、ロサンゼルスタイムズスタッフライター




2007年9月14日


BAGHDAD--A自動車爆弾は木曜日にサドル市の都心のシーア派のイスラム近所で爆発しました。そして、戦争からの一般人の犠牲者数が100万以上でありえたことを示唆される新しい調査として、少なくとも4人を殺しました。


ORB(イラクでいくつかの調査を実行した英国投票エージェンシー)からの数字は、それがその戦略を成功に見えさせるためにイラクの死を軽く扱おうとしていたという告発に対して身を守っている米軍から、今週、声明に続きました。


軍隊はイスラム派閥の暴力からの一般人の死が送られるブッシュ大統領以来55%以上を落したと言いました。今年イラクにさらに28,500軍隊、しかし、それは特定の数を提供しません。


ORB世論調査によると、1,461人の大人の調査では、4年以上の戦争の間に圧倒された総数が120万以上であることを示唆しました。


ORBでは、それが反応から1つの屋根の下で生きている人々についての質問までその結論を出すことになっていました:「あなたの家庭の何人のメンバーが、あるとして、2003年以降イラクで対立の結果として死にましたか?」


家庭 ― 4,050,597 ― のイラクの推定された数に基づいて、それは120万の数字が合理的であると言いました。


政府が一般人の死の完全なカウントを提供しないので、数を確かめる方法がありませんでした。どちらも、両方とも米軍はしません。


しかし、独立組織が大いに民間人への被害の推定を誇張すると言います。


ORBでは、その世論調査が2.4%の誤りの発生する余地を持つことになっていました。その調査結果によると、バグダッドの2つの家庭のほぼ1つはwar-関連の暴力に少なくとも1人のメンバーを失いました、そして、22%の家庭は全国的に少なくとも1人が死にました。それは犠牲者の48%が射殺されると言いました、そして、大部分の他の死の原因となる爆発と軍の爆撃で、20%は自動車爆弾の結果として死にました。


調査は、先月実行されました。


それは、イラクで一般人の死のここまでされる最も高い予想でした。昨年、医学専門誌ランセットの研究は654,965で数を置きました。そして、「おかしい数字をイラクの政府は退けました。」


サドル市の自動車爆弾は、少なくとも10人を負傷させて、いくつかの店に火をつけました。また、木曜日に、警察は彼らが9人の身体が首都中の派閥の殺害の被害者であると思われているのを発見したと言いました。


イランのその最新の保全手段では、米軍は、イスラム共和国を今週始めがキャンプVictory(アメリカ陸軍本部を収容する手足を伸ばしているベース)に打った240ミリメートルのロケットを攻撃したとして非難しました。バグダッドの空港の近くのベースへの攻撃は、11人の兵士を負傷させて、1つの「第三国国民を殺しました。」


記者会見、軍のスポークスマン、軍准将でケビンベルグナー将軍は、彼がロケットから来たと言った金属のかなりの量を示しました。彼がどのように、それがイランの起源であると確信することがありえたかについて尋ねられて、ベルグナーはその色と模様がイランからロケットに特有であると言いました。


アメリカ合衆国は、イランのシーア派のリーダーを武器、トレーニングと他の援助をイラクで米軍と戦っているシーア派の民兵に提供したとして非難します。イランは、告発を許しません。


格差だけか?

岩國哲人メールマガジン


********************************************

「所得格差と教育格差」



2007/2/21

********************************************

 安倍内閣になってからのはじめての予算委員会で質問に立った。

 山積する問題は多く、とりわけ「格差」や「社会保障」「年金」をめぐる国民の関心が高く、

世論調査でも四十%。 これに対し、安倍総理は一月二十五日の施政方針演説では格差という言葉にさえ全く触れることがなかった。

 総理が演説で強調し、熱意を示した憲法問題には国民の関心はわずか四%。



 この国民と総理の「認識格差」が知れわたり、

内閣支持率が発足四ヶ月で半減するという異常な状況となっている。



(減少する地方の所得)



 「所得倍増」を掲げたのは池田勇人内閣だった。

 今は「安心倍増」を掲げる安倍晋三内閣。

 「安」心を「倍」増するから「安倍」内閣、「安倍心増」内閣という売り込みだったが、読むと書くとは大違い。

 企業に減税、国民には増税と、安心が減って心配が増える、

これではまるで「アベ」こべのアベ内閣ではないか。



 私は総理に所得格差、地域格差、教育格差についての認識をただした。



 教育予算は国の予算で見る限り、

米・英・独・仏の平均が五%であるのに対して日本はわずか三・五%と、格段に低い。



 欧米の教育予算との差、GDPの一・五%を金額に換算すれば、七兆五千億円、

 つまり、消費税の三%以上に相当する膨大な「教育目的税」を、

「第二の消費税」として両親が負担してきたことになる。



 しかもこの「第二消費税」という家計負担は収入や消費に比例するのではなく、

 どの家庭にも子供が生まれる結果、収入の少ない家庭ほど負担感が重い。



 加えて大都市と地方との所得格差の問題がある。

 県民一人当たりの県民所得統計は平成十五年度までしか発表されていないが、

 小泉内閣誕生から二年間に東京を一〇〇として地方県の所得がどのように低下したかを見ると、



 青森県     五五→五一 



 島根県・鳥取県 六〇→五五



 長野県     六七→六四



 「中央から地方へ」というかけ声とは逆に、所得は「地方から中央へ」と逆流し、

 わずか二年間に五%減少して、単純に推計すれば、

その後の三年間に島根県の所得は五〇を割っているだろう。

 半分の所得で東京と同じ学力の子供を育てるということは、

地方の両親の教育負担が約二倍となっていることを意味する。



 島根県では大学・短大進学者三千百人のうち八五%が県外へ出て行く。

 県外の特定大学へどうしても行きたいという学生も当然あるが、多くは県内に収容能力がなく、志望学部がないためである。

 島根県ほどではないが、東北、山陰、四国、九州の過疎県も大同小異である。



 これらの地域は、かつての高度成長期においては、若者を都会の労働力として送り出す人材供給県だった。

 今は進学という名のもとに再びそれが繰り返されている。

 高度成長の時と異なるのは、今は子供が二人程度しかいない点である。もし、彼らがそのまま都会で就職すれば、地方には親と年寄りしか残らない。



 一八才までの子供一人当たりの生育・学習費を二千万円とすると、

 島根県の場合、二千七百人が県外へ進学するから、五百億円の投下資産が毎年奪われていることになる。



(財政残って日本滅ぶ)



 都会への進学に伴って生じるもう一つの現象が、仕送りという形での家計からの流出である。

 島根県に例をとると、毎年二百億円以上が「仕送り赤字」として県外へ流出し、

 資産損失五百億円と合わせて「教育赤字」は年七百億円に達する。



 島根県の年間生産農家所得が二百億円だから、「教育赤字」の額は地域経済にとって軽視できない。



 大学・短大の大都市偏在が地方の若者の都会流出をもたらし、

 産業近代化を阻み、所得格差を生み「教育赤字」を増大させる。

 この「教育赤字」を抱えたままで地方は自立できるはずがない。



 現状を踏まえ、教育のあるべき未来像を描きたいなら、

 教育の「機会均等」だけではなく、教育の「負担均等」を重視すべきではないか。

 財政の健全化は子供の健全化より優先しなければならないのか。

 「財政残って日本滅ぶ」という政策は、本当に正しいのか。



 教育を重視する内閣という看板を掲げ続けるなら、

地方分権という名目に隠れて地方に負担を押しつけるのではなく、

国がクチを出すならカネもしっかりと出すべきではないか。



 地域格差だけでなく、同じ地域内でも所得格差が教育に与える悪影響も顕在化しつつある。



 貧富の格差が都市圏住民の間でも、そして中央と地方の間でも拡大してゆくことが教育にどのような悪影響をもたらすのか。

 貧富と教育の関連について示唆に富む研究が昨年発表され、

欧米各国の主要紙が取り上げている。



(「底上げ」会議に冷水)



 アメリカン大学のエコノミスト、トム・ハーツ氏が四千人を対象に三十年間の追跡調査を行った結果では、

アメリカの社会では貧富格差の固定化が進み、その主たる原因は教育だという。



 低所得層の家庭で生まれた子供が、

米国における所得上位五%の階層に行ける確率はわずか一%であるのに対し、

上位五%の家庭に生まれた子供が成人してその階層に入る確率は二二%、

つまり低所得家庭児の二〇倍も高い。

 しかもこの高所得-高教育-高所得-高教育という循環図式は再生され、

固定され、その結果、不健全でもろい社会をつくりだす危険につながることは容易に想像される。



 そういう時だからこそ、「社会的差別のない社会の実現」と「経済的格差縮小」の原動力が公教育の充実にあることを強調し、

予算的に裏付けなければならない。



 「成長あれば格差なし」というノーテンキなスローガンのもとに、

「底上げ会議」が設けられたが、その「底上げ」会議にもう一つ冷水をあびせるような米国の動きがあった。



 二月六日にネブラスカ州のオマハ市で経済人を前に、

バーナンキFRB議長は米国における所得格差の拡大傾向に警告を発し、

格差是正のための政策として教育の重要性を説いている。



 金融政策を司るFRB議長が貧富の差という経済社会問題に公の場で切りこんだ講演は、

一九八〇年代のボルカー元議長時代以来、記録がないほどに異例なことである。



 バーナンキ議長によれば、所得格差は最近顕著になった現象ではなく、

少なくとも過去三十年間兆候が見られてきた。

例えば年収の伸びを比較すると、最近二十七年間に、

トップ一〇%の高所得者は三四%、中間層は一一・五%、

最下位一〇%の低所得層はわずか四%と格差は拡大している。



 二十年近い経済成長の恩恵を受けている成長社会のお手本のような米国においてすらも、

安倍内閣の「成長あれば格差解消」とは全く逆の、「成長あれば格差拡大」という結果が出ている。

その貴重な経験を日本の政策にまじめにとり入れる方向で政策を転換すべきではないか。



 この問題は引続き今週も予算委員会でとり上げようと思う。

(衆議院議員、元出雲市長)


先の選挙は


経済格差と年金の問題が国民的関心事であった・。しかし、空気が読めないと言われても、小泉内閣以前からの経済と財政の問題を官僚に丸投げして来た付けが、現実問題として噴出したに過ぎない。


その大きな問題は金融をある一部の財閥に仕切られた世界中の中央銀行からの指令に忠実に守る日銀にこそ問題の本質がある・。米国債を財務省当局が買い続け、付けを国民の税金としてまわすことが不可能な事態になっただけだ。民主党のバラマキの復活で、多少の格差是正になるかもしれないが・。まず、根本から見直す事が出来ない以上、もっと悪くなる事は必定だ。上記のバーナキン議長が格差などと大金持ち奥の院の指令で動いている輩が言う言葉では説得力は無い。


テロ特措法に期限延期問題についても


安倍総理は責務を賭して、成立を期す事を宣言したが・・。野党は総反対に回る。


野党の民主党党首はもともと、ロックフェラーの御曹司と仲が良いらしいので・日本皇帝にして貰う為、自民党を割って出てきたが・・。細川内閣で社会党の裏切りに合い・・あえなく短命内閣に終わった・。


今回は、持病の心臓病が悪化する前に、日本皇帝の夢を実現して貰う為、大幅に援助を貰った(米国下院の従軍慰安婦問題などで、北朝鮮援助)。また、6カ国協議での北朝鮮への譲歩など・・。安倍にとって最悪な状況をセットされた。奥の院に忠実はどっちかの問題だろう・。民主にしても彼らを補強する役割には違いない。


ここへ来て、無責任にテロ特措法に反対すれば・。米国から槍玉に上げられるだろう・。自民に助け舟を出さねば、日本という国が漂流する事になり・果ては奥の院の利益に反することになる。自民のチルドレンもポリシーは無く、自民にも秋風が吹き・。民主優位では、米国も心許ない事がわかってキャンペーンを張られて、結局、法案を通すだろう・。

公務員制度廃止・。

戦後レジームからの脱却は正解だ・。


公務員制度(政治家も含め)は廃止・。


自治体不正・・社会保険庁や自治体・公金横領・着服・・などなど・。官僚制度や公務員制度は百害あって一理なし・。それでも、公務員制度を続けたいなら・・公金については中国並みに「死刑」にするべきである。




弁護士制度や医師制度など自由業か経営者なのか勤務なのか分からん・・制度もチャックが効く制度にするべきだ・。山口県光市の件でも、22人という被害者に付くのならわかるが、子供や母親をなぶり殺しした者を庇う方へひたすら従うとうい卑劣行為である・。




バランスを欠いた・・自己満足で数十年来た結果




が・・アフォと泥棒の集まりになった・。








自民(官僚支配)や民主(自治労支配)という超克した存在が必要だ。


中途半端は政権交代などという次元ではないだろう・




新しい政治家が必要だ・。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年9月7日

                           山本尚利

タイトル: 米国覇権主義者の陽動作戦にひっかかるな



1.なぜ安倍おろしか

 2007年9月7日のTVニュースに、ワシントンDCにて駐日米国大使ジョン・T・シーファー氏が

小沢民主党党首に向けて本年11月に期限を迎えるテロ特措法の延長に反対しないよう示唆す

る演説をしているシーンが映し出されました。

 同じくグッドタイミングで、9月4日のヤフー政治記事にハドソン研究所の日高義樹氏(注

1)がシーファー大使と小沢代表との会見を批判しています。日高氏が批判しているのは小

沢氏が「日本は米国と対等だ」と主張している点にあるようです。日本が戦後60余年、安全

でこられたのはアメリカ様のおかげであるぞ、そのご恩を忘れたのかと小沢氏を批判してみ

せています。

 ところでシーファー大使も日高氏も共和党系であり、軍事・石油系寡頭勢力(戦争屋)の

一派です。一方、隠れ親米である小沢氏は、ポスト・ブッシュの覇権を握る予定で、現在、

台頭しつつある国際金融資本系寡頭勢力(銀行屋)に近いといわれています。小沢氏が戦争

屋の脅しを怖がらないのは、このようにちゃんと理由があるわけです。

 もし小沢氏率いる日本の民主党や野党がテロ特措法の延長に対し断固、反対を貫けば、民

主党は参院第1党なので延長法案は衆院を通過しても参院で否決されるはずです。

 いずれにしても、戦争屋の本音では、自衛隊の後方支援(パシリ)にたいして期待してい

ません。シーファー大使の演説には何かウラがありそうです。その意味で、国内世論がテロ

特措法云々の議論にばかり注意がいくと、またも彼らの思う壷でしょう。

 ここで、おもしろいことに日高氏は小沢批判と同時に安倍首相も批判しています。安倍首

相が最近よく口にする「戦後レジームからの脱却」の真意を「安倍内閣にて日本は本格的に

米国から独立を果たす」と理解しているようです。もしそうなら、戦争屋にとって安倍首相

は隠れ対米面従腹背のウラギリモノ!ですから、戦争屋が闇勢力を活用して安倍おろしに走

るのは納得です(注2)。ただ、最近の自民党は戦争屋の覇権力の低下を見越して、小泉政

権時代以前の昔の対米面従腹背政治家主導に回帰する兆候がみられます。だから自民党内部

からの安倍おろし圧力が弱いのも合点です。今後、戦争屋と対米面従腹背政治家との確執が

みものです。今、彼らの多くが利権屋でもあるため、その弱点、経費不正をつつかれてテン

ヤワンヤとなっています。



2.米国覇権主義者の狙いは「他人のふんどしで相撲を取る」こと

 米国民主党をサポートする銀行屋は、ポスト・ブッシュをヒラリー・クリントンで行こう

としていると思われます。銀行屋は戦争屋と違って日本の政治にはそれほど関心がないかも

しれませんが、近未来、ヒラリー・クリントン時代が到来すれば、日本を民主党政権にして

もよいと考えているでしょう。小沢代表がそのことをわかっているなら、戦争屋系のシーフ

ァー大使のいうことを聞かなくても怖くないわけです。

 「日本は米国と対等だ」と小沢氏が吼えても、金儲けしか興味ない銀行屋はあまり気にし

ないでしょう。忠犬ポチ小泉前首相(戦争屋の傀儡)との対比で国民には小沢代表の方がか

っこよくみえるわけです。

 ところで、米国では住宅バブル崩壊とかで、サブプライム・ローンの焦げ付きが起きてい

るようです。そのせいか、7月上旬くらいから急激な円高(ドル安)が起きています。8月17

日のニュースでは日銀が1兆2000億円の公開市場操作を行ったと報道されています。

 同様の公開市場操作は小泉政権下、2003年春に勃発した米国のイラク先制攻撃前後にも起

きています。このとき日本政府の外貨準備高が異常に跳ね上がっています。小泉政権は当

時、イラク戦費調達のための米国債を30~40兆円規模購入したといわれています。故吉川元忠

氏の「新帝国循環」という現象の一環でしょうか(注3)。柳の下のどじょうで、現ブッシ

ュ政権は今回も意図的に円高ドル安を演出して、またも日本に米国債を大量に買わせて、イ

ラン戦争に望もうとしているのではないでしょうか。米国内でレームダック化した現ブッシ

ュ政権がイラン先制攻撃戦略を米国議会で承認を得る方法、すなわち民主党優勢の米国議会

が許す条件はただひとつ、それは「他人のふんどしで相撲を取る」ことです。たとえば、日

本政府を騙して戦争資金をださせてイラン戦争するなら、米国民の懐は痛まないから米国民

主党もやむなく認めるであろうということです。

 米国覇権主義者は共和党、民主党を問わず、常に、このような発想する人種であることを

われわれ日本人は全員、肝に銘じておくべきです。

 しかしながら、今回、政府・日銀がしぶしぶ差し出すであろう、上記、1兆2000億円ではま

ったく不足なのです。戦争屋はしびれをきらしています。何をしでかすかわかったものでは

ありません。だから戦争屋の期待を背負って誕生したはずの安部内閣は支離滅裂になった戦

争屋から散々な目に合わされているということです。

小泉政権時代と違って、現在の日本政府の金融覇権は、対米面従腹背の金融官僚(反竹中一

派)に奪還されていますから、戦争屋の思惑どおりに気前よくドル買いをするわけがありま

せん。しかも、戦争屋の米国内覇権力は低下しているので、日本の金融官僚はその足元をみ

ているわけです。この点においても、ライバル竹中平蔵氏を閣内に入れなかった安倍首相を

戦争屋は許さないということです。竹中氏をはずした安倍氏に深謀遠慮はなく、単に、ライ

バルを敬遠しただけの近視眼的采配でしかなかったのですが・・・。竹中氏とは大違いの能

天気、安倍首相は世界一狡猾な日本の金融官僚をコントロールできるはずがありません。ま

た、ポスト福井の日銀総裁の座を狙わされていた竹中氏の復活も見込み薄でしょう。



3.米国のイラン戦争を止められないか

 2007年9月7日のニュースによればイスラエルがシリアを空爆して挑発しているようです。

シリアの後ろにはイランがついているといわれています。まさに中東は風雲急を告げる情勢

です。

 2007年9月11日、9.11事件6周年記念日を控えて、またも善玉役(?)ブッシュの宿敵、悪

玉役のアルカイダのアジテーター役、オサマ・ビンラディン様が戦争屋系列メディアにご登

場されるそうです。なんとタイミングのよいことか。戦争屋は今、相当あせっています。安

倍首相が窮地に立っているということは、今の安倍政権が、小泉政権時代のように戦争屋の

思い通り動かないので、その腹いせをされているのではないでしょうか。前述の日高氏は、

戦争屋のあせりを代弁しているようなものです。

 あせる戦争屋は、あろうことか2007年10月19日にブッシュ大統領が暗殺されるという映画

(英国映画)まで製作しています(注4)。彼らは傀儡でしかないブッシュ・ジュニアに対

しても苛立っているのでしょう。ここまで来ると、もはや狂っているとしかいいようがあり

ません。その意味でテロ特措法なんて、われわれの税金で扶養されている自衛隊を狂人の下

僕に利用する法律でしかないでしょう。

 彼らは何としても、イラン先制攻撃を実行に移したい。イランの背後に控えるプーチン率

いるロシアの国力が急上昇している今、一刻も早く、イランをたたいておきたいのでしょ

う。さもないと、米国の本命の同盟国、イスラエル(米国の同盟国はイスラエルや英国であ

って、日本は決して米国の同盟国ではない。日高氏のいうとおり)が破滅させられる危険が

あるからです。狂人は狂人なりに同胞を守るために必死なのです。

 しかし、ここで断っておきたいことは、米国のイラン先制攻撃戦略は日本国民の国益には

まったく関係がないということです。戦争屋が国際貢献という言葉を口にするとき、それを

真に受けるのはトンマのお人好しでしかありません。



4.米国覇権主義者の陽動作戦はいつもの手口

 1991年、パパブッシュ政権時代に戦争屋の仕掛けた湾岸戦争の際、日本は130億ドル(当時

のレートで1兆3000億円)を戦争屋に喝上げされました。上記のように、今回、政府・日銀が

差し出すであろう1兆2000億円(米国債購入代金に相当)という数字の根拠は、湾岸戦争の拠

出金相場に合わせたのではないでしょうか。

 91年当時の海部俊樹内閣の官房長官が小沢一郎氏(実質的な自民党ボス)でしたが、対米

拠出金130億ドルを決めた張本人こそ、小沢一郎その人でした。このとき戦争屋は何といった

か、金だけ出して、自衛隊の派遣を拒否したと散々、悪態をついたのです。日本は平和憲法

を盾にして、国際貢献をお金で済ませようとする卑怯な国と罵られました。2003年のイラク

戦争では、今度こそ国際貢献しろと迫り、このテロ特措法が小泉政権主導で、でっちあげら

れたわけですが、ウラで湾岸戦争とは桁違いの拠出金が動いたのです。

 ところで、戦争屋はお得意の陽動作戦を今回もとっているような気がします。

91年の湾岸戦争のとき、日本国民の虎の子、130億ドルを喝上げした後ろめたさを糊塗するた

め、日本は国際貢献しないと非難することによって、喝上げした戦争屋の後ろめたさを、国

際貢献しない日本国民の後ろめたさに転化しています。彼らはとことんしたたかです。前ク

リントン政権の参謀で、ハーバード大学教授のジョセフ・S・ナイ氏は戦争が私有化されてい

ると述べています(注5)

 筆者は湾岸戦争もイラク戦争も戦争系米国覇権主義者による私的戦争だと思います。その

実態を知れば国際貢献も、へったくれもないのです。湾岸戦争は戦争屋がサダム・フセイン

を騙して起こしたものということです(注6)。真珠湾奇襲の罠とそっくりです。戦争屋は

フセインを騙す感覚と同じ感覚で日本国民を騙そうとするわけで、人種差別主義者としての

その感覚は、先日のブッシュ演説(注4)に実によく表れています。

 2003年のイラク戦争のときは、自衛隊のイラク派遣が憲法違反かどうかを国内世論で沸騰

させていておいて、その陰でこっそり数十兆円ものわれわれの国富を、日本国民の国益にま

ったく関係ないイラク戦争の戦費に流用したということです。

 さて、今回はどうでしょうか。国民の関心をテロ特措法の延長か、打ち切りかの議論に向

けさせておいて、またも円高ドル安を演出して、日本に米国債をしこたま買わせて、イラン

戦争の戦費に当てようという魂胆なのではないでしょうか。

 ただ、今回は、日本の金融官僚がおのれの既得権益である日本政府の金融覇権を握り締め

ていて、小泉政権時代のように易々と巨額の円売りドル買いをしないということです。いか

にも官僚らしく小出ししています。

 一方、近未来、日本の国富を中国やインドに投資してぼろもうけしようと企んでいる銀行

屋も、日本の金融官僚に向けて、戦争屋のいいなりになる必要はないと耳打ちしているので

しょう。ただ、戦争屋は、窮鼠猫を食むではないが、北の将軍様を自在にコントロールでき

るので、いくら覇権力が低下したといっても、まったく、油断できないのです。なにか悪巧

みを仕掛けているにちがいありません。非常に危険です。最も怖いのは極東で戦争を仕掛け

られることです。彼らには、世界のどこでも戦争を仕掛けて、実行する能力があるのは確か

です。この際、われわれの命を守るために、再度、ある程度、国富を犠牲にせざるをえない

かもしれません。われわれは多少、貧乏になっても、殺されるよりましですから・・・。



注1:ヤフー政治記事:日高義樹氏投稿記事(2007年9月4日)

http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20070904-02-1201.html


注2:ベンチャー革命No.233『安倍政権を攻撃しているのは何者?』2007年7月8日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr233.htm


注3:吉川元忠・関岡英之[2006]『国富消尽:対米隷属の果てに』PHP研究所

注4:ベンチャー革命No.241『戦前日本はアルカイダと同列:ブッシュ対日観露呈』2007年8

月25日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr241.htm


注5:ベンチャー革命No.075『世界私有化現象』2004年5月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr075.htm


注6:副島隆彦[2007]『ドル覇権の崩壊』徳間書店、164ページ



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

国民を欺むく私有中央銀行制度 その2

The artificial financial panics


Though currency had become more stable as a result of the National Banking Act of 1863, financial panics (orchestrated by the banking elite) and the resulting bank-runs continued to threaten the U.S. economy. Banking panics in 1893, and again in 1907 produced severe economic depressions in the United States. This gave impetus to a growing number of Americans calling for banking reforms.


Each time, legendary banking mogul J.P. Morgan intervened and not only provided the illusion of economic stability, but consolidated power for himself and the powerful banking interests, which paved the way for the establishment of a private central bank.


Knowing that the American public now looked to banking legislation to control fluctuation of economic resources, but was also distrustful of a banker-controlled society, the large banking interests were now poised to carry out one of the most audacious deceptions ever perpetuated against the American public - the so called Federal Reserve System.


人工の金融恐慌


通貨が1863年のナショナルバンキング法の結果としてより安定になったけれども、金融恐慌(銀行業務エリートによって組織化される)と結果として生じる銀行-走力は米国の経済を脅かし続けました。銀行業務は1893年にうろたえて、再び1907年にアメリカ合衆国で厳しい経済不況を引き起こしました。これは、銀行改革を要求しているますます多くのアメリカ人に、刺激を与えました。


各状況に、伝説的な銀行業務の大物J.P.。モーガンは介入して、経済の安定性の幻想を提供するだけでなくて、彼自身と強力な銀行業者のために力を強化しました。そして、それは私立の中央銀行の設立への道を開きました。


アメリカの市民がその時経済資源の変動をコントロールするための銀行業務法に目を向けたが、銀行家に制御された社会信用がなかったということを知って、大きな銀行業者は、その時、アメリカの市民に対してこれまでに恒久化される最も大胆な偽装のうちの1つを実行する準備ができていました - いわゆる連邦準備制度。




The decentralized central bank


In response to the panic of 1907, the Glass-Owen Act of 1908 was passed to provide for the issue of emergency currency during widespread financial crisis. The National Monetary Commission was also established under this act to develop a more durable solution to the nation's problematic financial and banking practices.


The commission, under the direction of Senator Nelson Aldrich proposed a banker-controlled plan. Progressives however, led by William Jennings Bryan, strongly opposed such a plan. They preferred a central bank under public (governmental), not private (banker) control. With the election of Democrat Woodrow Wilson in 1912, the plan was effectively stalled.


分散する中央銀行


1907年のパニックに対応して、1908年のグラス-オーエン条例は、広範囲の財政危機において非常通貨の問題に備えるために通過されました。 また、National Monetary委員会は、国の問題の多い財政的で銀行の習慣の、より長持ちする解決策を見いだすためにこの行為で設立されました。


コミッションであり、上院議員のネルソンの指示では、オルドリッチは銀行員によって制御されたプランを提案しました。 しかしながら、ウィリアム・ジョニングス・ブライアンによって誘導かれて、進歩的な人は強くそのようなプランに反対しました。 彼らは個人的な(銀行員)コントロールではなく、公衆(政府の)の下で中央銀行を欲しました。 1912年の民主党員ウッドロー・ウィルソンの選挙にて、事実上、プランは失速しました。




The birth of the federal reserve system


With the intention of developing a workable central banking solution, President Wilson turned to Chairman of the House Committee on Banking and Finance, Representative Carter Glass, and a former Washington and Lee University professor of Economics, H. Parker Willis. By December of 1912, they had presented Wilson with a draft proposal.


For a year this plan was debated, contested and modified. The outcome was touted as a classic example of compromise which established a decentralized central bank that balanced the competing interests of private banks and populist sentiment. The true effect was to place control of the U.S. economy squarely in the hands of the big-money private bankers who could now create endless amounts of monetary credits, backed by nothing, to be lent at will to the United States Government.


On Sunday, December 23, 1913, two days before Christmas, while most of Congress was on vacation, President Woodrow Wilson signed the Federal Reserve Act into law. Wilson would later express profound regret over his tragic decision, stating:


"I am a most unhappy man. I have unwittingly ruined my country. A great industrial nation is controlled by its system of credit. Our system of credit is concentrated. The growth of the nation, therefore, and all our activities are in the hands of a few men. We have come to be one of the worst ruled, one of the most completely controlled and dominated governments in the civilized world - no longer a government by free opinion, no longer a government by conviction and the vote of the majority, but a government by the opinion and duress of a small group of dominant men."


Less than one year later Congress declared the 16th Amendment as having been ratified, although it wasn't, creating the Internal Revenue Service which became the de-facto collection agency for the Federal Reserve System. Its only duty was to tax the income of citizens to make the interest payments for the U.S. Government loans that would soon follow.


By November 16, 1914 the Reserve Bank Organization Committee had selected twelve cities throughout the U.S. as sites for regional Reserve Banks, the existence of which served to conceal the fact that there was now a United States Central Bank
. The Federal Reserve System then began operations just as European hostilities erupted into World War I.


連邦準備制度の誕生


実行可能な主要な銀行業解決策を見いだすという意志で、ウィルソン大統領はEconomics(H.パーカー・ウィリス)のBanking、Finance、カーターグラス代表、元ワシントン、およびリー大学教授に下院Committee委員長に頼りました。 1912年12月までには、彼らは試案をウィルソンに与えました。


1年間、このプランは、討論されて、争われて、変更されました。 結果はプライベートバンクと人民党員感情の競合する利益のバランスをとった分散中央銀行を設立の妥協に関する典型例にほめ立てられました。 本当の効果は直角に米国経済のコントロールを今、合衆国政府に自由自在に与えるために無によって支持された無限の量の通貨のクレジットを作成することができるだろう大金を個人的な銀行員の手に置くことでした。


1913年12月23日日曜日に、休暇には議会の大部分がありましたが、2日間(クリスマス以前)、ウッドロー・ウィルソン大統領は法の連邦準備制度理事会条例に調印しました。 以下を述べて、ウィルソンは後で彼の悲惨な決定の上の深遠な後悔を言い表ました。


「私は最も不幸な男性です。 私は国を知らず知らず台無しにしました。 偉大な産業国はクレジットのシステムによって制御されます。 私たちのクレジットのシステムは集中しています。 国の成長、私たちの活動が数人の男性の手にあります。 私たちは、最も悪いものの1つに統治されました。完全に制御された大部分の1つということであることをもって、文明世界で政府を支配しました--もうもう善意の意見、信念による政府、および大部分の票による政府ではなく、優越な男性の小さいグループの意見と脅迫による政府である。」


1年未満より少し遅い議会で批准されたとして第16Amendmentを申告しました、それがそうではありませんでしたが、連邦準備制度にデファクト取立代理会社になった国税庁を創設して。 唯一の義務はすぐに続く米国政府ローンで利払いを作るために市民の収入に税をかけることでした。


1914年11月16日までには、準備銀行Organization Committeeは地方のReserve Banksのためのサイトとして米国中の12の都市を選定しました。その存在は合衆国中央銀行が今まであったという事実を隠すのに役立ちます。そして、ちょうどヨーロッパの戦争が第一次世界大戦に突然変わったように連邦準備制度は操業を開始しました。





The war-time FED policy


With the outbreak of war, "emergency currency", issued under the Aldrich-Vreeland Act of 1908 allowed the U.S. Federal Reserve Banks
to lend newly created money at will. Concurrently, the Reserve Bank's ability to discount bankers' acceptances allowed the United States (though officially neutral) to aid the flow of trade goods to the European war effort.


After three years of fighting, Germany had nearly destroyed England. The Federal Reserve
and the banks that privately owned it had lent billions to the English and would stand to lose all of it if she were crushed. The only solution appeared to be pulling the U.S. into the war
. The U.S. however, would not fight unless first attacked.


In 1915, J.P. Morgan and his banking associates established their plan to have the British liner, "Lusitania" with 128 American passengers onboard, laden with munitions, cruise right through the middle of the wartime shipping lanes in order to be sunk by a German submarine, thus bringing the U.S. directly into the conflagration.


It worked, and with the United States' official declaration of war on Germany in 1917, financing our own war efforts would produce astronomical profits for these private institutions. Thanks to the new income tax and IRS, taxpayer money would now flow like never before into the hands of private bankers as the government taxed the citizens and paid the interest on the finance of the war.



戦時連邦準備制度方針


戦争の勃発、米国連邦準備制度理事会銀行に許容された1908年のオルドリッチ-ブリーランド条例に基づき発行された「非常通貨」で、新たに貸すお金を自由自在に作成しました。 同時に、銀行員の承認を無視する準備銀行の能力で、合衆国(もっとも、公式に中立)はヨーロッパの戦争の加担する貿易品の流れを支援しました。

3年の戦いの後に、ドイツはもう少しでイギリスを破壊するところでした。 それを個人的に所有していた連邦準備制度理事会と銀行は、10億をイギリスに与えて、英国が鎮圧されるなら、それを皆、失うのを耐えるように。 唯一の解決策がしかしながら、米国を.戦争に引き入れしているように見えて、最初に攻撃されない場合、以外では戦わないでしょう。

1915年に、J.P.モルガンと彼の銀行業関連はイギリスのライナーを持つ彼らの計画を確立して、128人のアメリカ人の乗客がオンボードの軍需に苦しい"Lusitania"はちょうど戦時にドイツの潜水艦によって沈められるために標的になる中央を通って巡航します。その結果、直接米国を業火に運び込みます。

それはうまくいって、そして、私たち自身の戦争の準備を融資すると、合衆国の戦争の公式の宣言が1917年のドイツにある状態で、天文学の利益はこれらの民間の団体のために生産されるでしょう。 新しい所得税とIRSのおかげで、政府が戦争の財政のときに市民に税をかけて、利息を支払ったとき、納税者のお金は現在、今までなかったように個人的な銀行員の手に流れるでしょう。




The roaring 20's


The defeat of Woodrow Wilson by Warren Harding ushered in an unprecedented period of prosperity known as "the Roaring 20's. The primary engine for this economic expansion was the Federal Reserve's flooding of the economy with newly created, debt money
, borrowed by the government during WWI.


Subsequently, Fractional Reserve Banking
allowed the Fed to increase the money supply by more than 61% within three years. Money was plentiful, and a steady increase in bank loans, coupled with the worry-free attitude of the American public propelled a continued rise in the economy. Stock-market speculation was rampant and businesses expanded and became strung-out on easy credit.


Concurrently the Fed
, under the direction of Benjamin Strong, head of the New York Fed, shifted toward a monetary policy
of open market operations. Under the guise of stemming a potential recession in 1923, the Fed made a large purchase of government bonds.


This purchase strengthened the "public perception" that expanding credit and introducing more currency into the system would have a more stabilizing effect on the economy than would dependence on a gold standard. (In actuality, when the Fed buys government bonds from the public the economy will shrink by 10 to 33 times the purchased amount, depending upon what the fractional reserve rate currently is.)


At the same time, Strong further consolidated the power of the Fed by promoting a policy of relations with the Bank of England and other international central banks. The Fed and its conglomeration of huge, international member banks had now set the stage for the most massive rip-off of the nation's economy to date.


騒々しい20年代


ウォーレン・ハーディングによる「騒々しい20年代」として知られている期間の繁栄で案内されたウッドロー・ウィルソンの敗北。 この景気拡大のための第一のエンジンはWWIの間に政府によって借りられた新たに作成された負債のお金である連邦準備制度理事会の経済の氾濫でした。

次に、準備銀行は連邦政府に3年以内に通貨供給量を61%以上増加させました。 お金が豊富であって、銀行ローンの安定した増加であった。アメリカ人の無心配の態度に結びつけられた公衆は経済における継続的な上昇を推進しました。 株式市場の思惑が猛烈であり、ビジネスは広がって、金融緩和で一列に並べられるようになりました。

同時に、ベンジャミンストロングの指示に基づく連邦政府(ニューヨーク連邦政府の代表)は公開市場操作の財政政策に向かって移動しました。 1923年に潜在的不況を食い止める外観の下では、連邦政府は国債の大口の買い物をしました。

この購買は金本位への依存を強化してクレジットを広げて、システムにより多くの通貨を取り入れて、経済にさらに安定した影響を与える「公共の知覚」を強化しました。 (連邦政府が公衆から国債を買うとき、現実では、購入された量の10から33倍に従って、経済は縮まるでしょう、現在部分準備率がどのくらいであるかということによって。)

同時に、ストロングは、イギリスと他の国際的な中央銀行の銀行との関係の方針を促進することによって、連邦政府のパワーをさらに統合しました。 連邦政府とその巨大で、国際的な加盟銀行の凝集は今や、国民経済の最も大規模な盗みの必要な準備をしました。






The great depression


In August of 1929, the Fed began to tighten the money supply continually by buying more government bonds. At the same time, all the Wall-Street giants of the era, including John D. Rockefeller and J.P. Morgan divested from the stock-market and put all their assets into cash and gold.


Soon thereafter, on October 24, 1929, the large brokerages all simultaneously called-in their 24 hour "call-loans." Brokers and investors were now forced to sell their stocks at any price they could get to cover these loans. The resulting market crash on "Black-Thursday" was the beginning of the Great Depression.


The Chairman of the House Banking and Currency Committee, Representative Louis T. Mc Fadden, accused the Fed and international bankers of premeditating the crash. "It was not accidental," he declared, "it was a carefully contrived occurrence (created by international bankers) to bring about a condition of despair...so that they might emerge as rulers of us all."


He went on to accuse European "statesmen and financiers
" of creating the situation to facilitate the reacquisition of the massive amounts of gold which Europe had lost to the U.S. during WWI. In a 1999 interview, Nobel Prize winning economist and Stanford University Professor Milton Friedman stated: "The Federal Reserve definitely caused the Great Depression."





大恐慌


1929年8月に、連邦政府は、絶えず、より多くの国債を買うことによって、通貨供給量をきびしくし始めました。 同時に、時代のすべてのウォール街の巨人(ジョン・ダビッドソン・ロックフェラーとJ.P.モルガンを含む)は株式市場からはぎ取って、現金と金に彼らのすべての資産を入れ代えました。

その後すぐ、大きい仲買業は皆、同時に、1929年10月24日に、彼らの24時間「コールローン」を回収しました。 ブローカーと投資家は今や、彼らがこれらのローンをカバーさせることができたどんな価格でもやむを得ず在庫品を売りました。 「黒い木曜日」の結果として起こる相場の下落は大恐慌の始まりでした。

下院BankingとCurrency Committeeの委員長(ルイスT.Mc Fadden代表)は、クラッシュを事前に計画していたので、連邦政府と国際銀行家を起訴しました。 「それが偶然でなかった、絶望の状態を引き起こすのは、慎重に案出された発生(国際銀行家によって作成される)でした」と、彼は宣言しました…「私たちのすべての定規として現れることができるように。」

彼は、ヨーロッパが米国に負けていた大規模な量の金の「再-獲得」を容易にするために状況を作成するヨーロッパの「政治家と財政家」WWIを起訴し続けました。 ミルトン・フリードマンが述べた1999年のインタビュー、ノーベル賞勝利エコノミスト、およびスタンフォード大学教授で: 「連邦準備制度理事会は確実に大恐慌を引き起こしました。」






The bankruptcy of the u.s.


Because the government of the U.S. (a corporation) had paid its loans to the Fed with real money exchangeable for gold, it was now insolvent and could no longer retire its debt. It now had no choice but to file chapter 11. Under the Emergency Banking Act (March 9, 1933, 48 Stat.1, Public law 89-719) President Franklin Roosevelt effectively dissolved the United States Federal Government by declaring the entity bankrupt and insolvent.


June 5, 1933 Congress enacted HJR 192 which made all debts, public or private, no longer collectable in gold. Instead, all debts public or private were to be payable in un-backed Fed-created fiat currency. This new currency would now be legal tender in the U.S. for all debts public and private.


Henceforth, our United States Constitution
would be continuously eroded due to the fact that our nation is now owned "lock stock and barrel," by a private consortium of international bankers, contemptuous of any freedoms or sovereignties intended by our forefathers. This was all accomplished by design.


米国の破綻。


米国(会社)の政府が金に、交換可能な現金でローンを連邦政府に支払ったので、それは、今や、支払能力がなく、もう負債を引退させることができませんでした。 それは今や、第11章をファイルせざるを得ませんでした。 緊急銀行法(1933年3月9日、48Stat.1、Public法89-719)では、事実上、実体が破産していて支払能力がないと宣言することによって、フランクリン・ルーズベルト大統領は合衆国連邦政府を解散させました。

1933年6月5日に、議会は金ですべての公共の、または、個人的な負債をもう収集品にしたHJR192を制定しました。 代わりに、すべての公的及び個人の負債が不支持された連邦政府によって作成された不換紙幣で支払い満期であることになっていました。 現在、この新しい通貨はすべての公共の、個人的負債にとっての米国と個人の法定貨幣でしょう。

今後は、私たちの合衆国憲法は私たちの国が国際銀行家の私設の共同体でいずれも軽蔑的な現在所有されている「資本と樽に鍵をかける」自由か私たちの祖先によって意図された主権であるという事実がため絶え間なく浸食されるでしょう。 これは故意にすべて達成されました。






The confiscation AMERICA'S gold


Under orders of the creditor (the Federal Reserve System and its private owners) on April 5, 1933 President Franklin D. Roosevelt issued Presidential order 6102, which required all Americans to deliver all gold coins
, gold bullion, and gold certificates to their local Federal Reserve Bank on or before April 28, 1933.


Any violators would be fined up to $10,000, imprisoned up to ten years, or both for knowingly violating this order. This gold was then offered by the Fed owners to any foreign, non-U.S. citizen, at $35.00 per ounce. Over the entire previous 100 years, gold had remained at a stable value, increasing only from $18.93 per ounce to $20.69 per ounce.


Since then, every U.S. citizen (by virtue of their birth certificate) has become an asset of the government, pledged at a specific dollar amount to pay this debt through future taxation. Thus, every American citizen is in debt
from birth (via future taxation), and is, for all practical purposes, property of the creditors, the privately owned Federal Reserve System.


没収アメリカの金


1933年4月5日の債権者(連邦準備制度とその個人所有者)の命令の下で、フランクリンD・ルーズベルト大統領は大統領の命令6102を出しました。そして、それは1933年4月28日に、または、前にすべての金貨、金の地金と金証券を彼らの地元の連邦準備銀行に届けることをすべてのアメリカ人に要求しました。


どんな違反者でも最高10,000ドルの罰金を科されます。そして、この命令に故意に違反した者は最高10年または両者とも刑務所に入れられます。1オンスにつき35.00ドルで、この金は、それから連邦政府のオーナーによってどんな外国の、米国以外の市民にでも提供されました。全ての前の100年にわたって、金は安定した価値で残りました。そして、1オンスにつき18.93ドルだけから1オンスにつき20.69ドルだけまで増加しました。


それ以来、あらゆる米国民(彼らの出生証明書によって)は政府の遺産になりました。そして、将来の課税を通してこの負債を払うために特定のドル量で誓われました。このように、あらゆるアメリカの市民は出生(将来の課税を通して)から借金していて、実際上は、債権者(私有連邦準備制度)の財産です。





The self perpetuating cycle


Presently, the United States government (which again, is completely owned and controlled by the international bankers) continues to forfeit its sovereignty by entering into international monetary and trade agreements which abolish almost all forms of trade tariffs that previously protected not only the value of American commercial productivity and workforce labor, but which were also a substantial source of revenue for the government.


The loss of this revenue, as well as the expanding deficits created by recent massive reduction in taxation for large corporations and the very wealthiest citizens, insures continued borrowing by the government. This self-perpetuating cycle of borrowing is made possible only by the ability of the government to guarantee repayment (of only the interest, never the principal) through future taxation on the earnings of every American citizen.



自身を永続させるサイクル

現在、米国政府(どちらも、もう一度、国際的な銀行家によって完全に所有されて、支配されます)は、アメリカの商業的な生産性と労働の価値だけでなく以前に保護した取引関税のほとんどすべての形を廃止する、しかし、政府のための収益の相当なもとでもあった国際的な金融および取引協定を結ぶことによってその主権を失い続けます。


この収益(大きな会社とまさしくその最も裕福な市民のために課税の最近の大きい縮小によって生み出される拡大している赤字と同様に)の損失は、政府によって継続的な借入に保険をかけます。借りるこの無際限に継続できるサイクルは、あらゆるアメリカの市民の所得の上で将来の課税を通して返済(関心(決して主要でない)だけの)を保証する政府の能力だけによって可能にされます。





The modern day slavery


Due to our banking history of deception, fraud and counterfeiting, which only benefits the purported elite bankers and their underlings, the borrowed principal itself is being used to make the payments on our debt at interest, thus, it is mathematically impossible to pay off.


現代奴隷制度


私たちの詐欺、および偽物の銀行業歴史のため、借りられた国の主要な借金は私たちの負債で支払いをするのに使用されています、その結果、うまく行くことが数学的に不可能です。歴史はエリート銀行員と彼らの下役のためになるだけです。








国民を欺むく私有中央銀行制度 その1

?History records that?money changers have used every form of abuse, intrigue, deceit, and violent means possible to maintain their control over governments by controlling money and its issuance.”

President, James Madison





「歴史は、両替屋がお金をコントロールすることによって政府に対する彼らの影響力を維持するために可能な限りの虐待、陰謀、偽りとひどい手段のあらゆる形とその発行を使ったということを記録します。」大統領(ジェームスマディソン)





Banking History?


THE FEDERAL RESERVE SYSTEM IS PRIVATELY OWNED


Our banking history is filled with deception, fraud, larceny and treason. To understand the problem of how modern, deceptive banking policy adversely affects every American citizen and is, indeed, antithetical to our great Republic, we must begin with an examination of the historical evolution of the privately owned central banking system. A cursory exploration of this system reveals that from its very inception it, by design, undermines political will and insures a lifetime of feudal-like, debt-based enslavement.


銀行業務史


連邦準備制度は民営です

我々の銀行業務史は、偽装、詐欺、窃盗罪と反逆罪で満たされます。現代の、あてにならない銀行業務方針があらゆるアメリカの市民に悪影響を与えて、本当に、我々の偉大な共和国とは相容れない方法の問題を理解するために、我々は私有中央銀行システムの歴史の進化の検査から始めなければなりません。このシステムのおおまかな調査で、そのまさしくその初めから、それが、計画的に、政治的意志を徐々にむしばんで、feudal-like(負債に基づく奴隷状態)の有効期間に保険をかけることが分かります。




The history of deception


Beneath the yoke of an unending cycle of indebtedness which renders anyone who participates in the economy, at the consumer level, forever beholden to banks, the great majority of Americans spend a life-time of labor, often working at more than one job, not to produce a better life for ourselves and our loved-ones, but in a never-ending struggle to pay-off debt, or simply to pay interest (and very little principle) on so-called loans. This "debt" was literally created from thin air. The lenders risk nothing, because they have, in reality, lent nothing.


Fairness in an economy is defined as receiving an equal measure of compensation for an equal measure of production. Our present economic system
, completely controlled by the policies of enormous private international banking interests, by its very nature, must preclude this simple precept. This scheme exists in our economy today under the direction of a corporation known as the Federal Reserve System
.


The name Federal Reserve System is, by design, a completely false and deceptive designation given to a private corporation, the purpose of which is to allow the private creation, control and ownership of our nation's currency and assets. This insures unlimited profit for private banking
interests through the irreversible perpetuation and exponential expansion of debt, both public and private


偽装の歴史


経済に参加する誰でも提出する債務の果てしないサイクルのヨークの下で、消費者向けレベル(常に銀行のおかげを被っている)で、大多数のアメリカ人は労働の有効期間を過ごします。そして、しばしば複数の仕事に取り組みます。そして、我々自身のためのより楽しい人生と、決定的負債への決して終わらない闘いにおいて以外、我々の愛されるものを生産しないか、とてもいわゆるローンの利子(そして、ごくわずかな原則しかでなく)を払いません。この「負債」は、虚空から文字通り生み出されました。彼らが、実際は、何も貸さなかったので、貸手は何の危険を冒しもしません。


経済の公正さは、等しいかなりの補償を等しいかなりの生産で受けるように定義されます。我々の現在の経済システム(完全に巨大な個人的な国際的銀行業者の方針によってコントロールされる)は、もともと、この単純な指針を排除しなければなりません。この計画は、連邦準備制度として知られている会社の指揮中で、今日、我々の経済の中に存在します。


名前連邦準備制度は、計画的に、民間会社に伝えられる完全に間違ってあてにならない呼称です。そして、それの目的は我が国の通貨と資産の個人的な作成、制御と所有を許すことになっています。これは負債の元に戻らない恒久化と指数関数的な膨張を通して個人的な銀行業者のために莫大な利益に保険をかけます。そして、公的で、個人的です、




The goldsmith era of banking


An example of how present lending policies came into practice can be traced to goldsmiths of Medieval Europe. Rather than carrying around large quantities of cumbersome gold and silver to pay for goods and services, people found it more convenient to store or "deposit" their hard currency with goldsmiths who would then issue receipts which could be exchanged "upon demand" for the gold or silver on deposit.


?As people began to find it more convenient to simply exchange the receipts directly, among themselves, as payment, they became a widely accepted form of "currency". As this system facilitated trade within the economy, the goldsmiths found that people would hold and exchange the receipts and rarely bring them in for the actual asset - the gold or silver on deposit.

With this realization, the goldsmiths began to produce more receipts (currency) for the assets than they actually had on deposit. By this system of counterfeiting, they found that they could actually control the supply of currency in circulation. By reducing the available supply of money in circulation they would force the borrowers into insolvency and foreclose on property. This system was implemented in cycles which would impoverish the debtors and enrich the goldsmiths.


Throughout the following centuries, attempts to reform these types of practices have provided temporary relief. Through manipulation and centralization of wealth however, this practice is perpetuated in much the same form in our present money system
.


銀行業務の金細工職人時代


現在の貸出方針がどのように実行に入ったかという例が、Medievalヨーロッパの金細工職人に由来することができます。商品とサービスの料金を払うために大量の厄介な金と銀を持ち歩くよりはむしろ、人々は彼らの硬貨をそれから、貯蓄して金または銀のために「需要に」交換されることができた受取高を出す金細工職人に保存するか、「預ける」ことがより便利であるとわかりました。


?人々が単に直接受取高を交換することがより便利であるとわかり始めたので、彼ら自身の間で、支払いとして、彼らは「通貨」の広く認められた形になりました。このシステムが経済の範囲内でトレードを容易にしたので、金細工職人は人々が受取高を持って、交換して、実際の遺産のために彼らをめったに引き入れないとわかりました - 貯蓄して金または銀。


この実現で、金細工職人は彼らが実は貯蓄して持ったより多くの資産の領収書(通貨)を提示し始めました。偽造のこのシステムによって、彼らは彼らが実は流通していて通貨の供給をコントロールすることができるとわかりました。流通していてお金の利用できる供給を減らすことによって、彼らは借用者に債務超過を強いて、資産を抵当流れにします。このシステムは、債務者を貧乏にして、金細工職人を豊かにするサイクルに実装されました。


次の世紀を通して、この種の業務を改革する試みは、一時的な安心を提供しました。しかし富の操作と集中化を通して、この実行は、我々の現在の金銭システムでほぼ同じ形で恒久化されます。




The first central bank of the u.s.


In 1791, a bill sponsored by Treasury Secretary Alexander Hamilton was passed by Congress. This bill established the largest American corporation of its time, known as the First Bank of the United States. This corporation, controlled almost exclusively by big money interests, was tenured by a charter of 20 years which expired in 1811. Under popular pressure of American citizens who feared the power and influence of such a large and powerful institution, Congress rejected the renewal of this charter.


米国の最初の中央銀行。


1791年に、財務長官アレグザンダハミルトンが後援する議案は、議会によって可決されました。この請求はその時間で最も大きなアメリカの会社を設立しました。そして、First合衆国銀行として知られていました。この会社(大金利益によってほとんど排他的にコントロールされる)は、1811年に期限切れになった20年憲章によって終身在職権を持っていました。そのような大きくて強力な機関の勢力と影響を恐れたアメリカの市民の人気がある圧力の下で、議会はこの憲章の更新を拒絶しました。




The second central bank of the u.s.


In 1816, Congress (under the influence of big money supporters) once again chartered a central bank, the Second Bank of the United States. In 1828 however, an ardent and avowed opponent of the central banking concept, Andrew Jackson, was elected President and led a popular campaign against this form of institutionalized economic power which resonated with the American public. The charter expired in 1836 and was not renewed.


米国の第2の中央銀行。


1816年に、議会(大金サポーターの影響を受けている)はもう一度中央銀行(Second合衆国銀行)をチャーターしました。しかし1828年に、中心銀行業務概念(アンドリュージャクソン)の熱心で自ら認める反対者は、大統領に選ばれて、アメリカの市民に満ちあふれた施設に収容された経済大国のこの形に反対する人気がある運動を導きました。憲章は1836年に失効して、一新されませんでした。




The free banking era


During the period spanning the years 1836 to 1865, State chartered banks and privately developed "free banks" became prevalent on the American economic landscape. These banks issued their own currency,? in which only a fraction was redeemable in gold or specie, and offered demand deposits (checking accounts) to facilitate trade and commerce. A rapidly expanding system of check transactions engendered the New York Clearing House Association in 1853 as a vehicle for banks to exchange checks and settle accounts.


There was a prevailing notion (created and propagandized by the banking elite) that some system was necessary to stabilize U.S. currency. The National Banking Act of 1863 provided some remedial effect on economic stabilization, but bank failures and financial panic (a product of deliberate manipulation of the money supply
) produced widespread anxiety about the future of the American economy.


自由な銀行業務時代


1836~1865年にわたっている期間の間に、州は銀行をチャーターしました、そして、個人的に発達した「空いている銀行」はアメリカの経済景色の上で一般的になりました。これらの銀行は彼ら自身の通貨を出しました。そこにおいて、分数だけは金または正貨で買い戻しできて、取引と商業を促進するために要求払預金(当座預金)を提供しました。チェック業務の速く拡大しているシステムは、チェックを交わして、請求書を支払う銀行に向かう車両として、1853年にニューヨークClearingハウス協会を生みました。


若干のシステムが米国の通貨を安定させるのに必要だったという普通の概念(銀行業務エリートによってつくられて、宣伝される)が、ありました。1863年のナショナルBanking法は経済の安定化に対する若干の治療的な影響を提供しました、しかし、銀行倒産と金融恐慌(マネーサプライの計画的な不正操作の成果)はアメリカの経済の将来についての広範囲にわたる不安をもたらしました。




THE NATIONAL Banking ACT of 1863


This act of Congress, passed during the Civil War, established a system of nationally chartered banks and required the currency issued by them to be backed by government securities. The act was subsequently amended to also require the taxation of state currencies, but not of national bank notes. This produced the intended effect of creating a uniform national currency. State banks and their respective currency, non-the-less, continued to expand - primarily in response to the growing popularity of expedient demand deposits (checking accounts).


1863年の国家銀行業務行為


国会(南北戦争の間、通過される)のこの行為は、全国的に特許銀行のシステムを確立して、通貨が政府発行有価証券によって後退するために彼らによって出ることを義務づけました。行為は、また、州の通貨(国家紙幣でない以外)の課税を必要とするために、その後改められました。これは、均一な国家通貨を生み出す意図された影響を生じました。国立銀行と彼らのそれぞれの通貨(non-the-lessな)は、拡大し続けました - 主に好都合な要求払預金(当座預金)の発達する人気に応じて。



米軍海兵隊のイラク人虐殺

Marines Ordered To Execute Civilians In Nazi-Like Slaughter

Latest evidence compounds catalogue of war crimes

??

Steve Watson

Infowars.net Editorial

Thursday, August 30, 2007








With evidence having emerged that marines were ordered by superiors to massacre women and children in Haditha in Iraq two years ago, combined with scores of other testimonies and reports of such barbaric demands being forced upon American troops daily, it is clear that organised execution and ritual slaughter is the set policy of the architects of aggression in the middle east.


A military court heard Thursday that a US Marine was ordered to execute a room full of Iraqi women and children during the massacre in Haditha which left 24 people dead.


Following a response to roadside bomb attack in November, 2005 Marines stormed houses in the village. At the first of the houses, Marine Lance Corporal, Humberto Mendoza, has given evidence that he was ordered to execute some of the occupants under the command of Sergeant Frank Wuterich. Mendoza stated he refused to do so, when confronted with a room full of women and children. Later he found the women and children dead. Mendoza had previously admitted shooting one male occupant of the house dead, under orders.


AFP reports:


At one house Wuterich gave an order to shoot on sight as Marines waited for a response after knocking on the door, said Mendoza.


"He said 'Just wait till they open the door, then shoot,'" Mendoza said.

Mendoza then said he shot and killed an adult male who appeared in a doorway.


During a subsequent search of the house, Mendoza said he received an order from another Marine, Lance Corporal Stephen Tatum, to shoot seven women and children he had found in a rear bedroom.


"When I opened the door there was just women and kids, two adults were lying down on the bed and there were three children on the bed ... two more were behind the bed," Mendoza said.

"I looked at them for a few seconds. Just enough to know they were not presenting a threat ... they looked scared. I told him there were women and kids inside there. He said 'Well, shoot them,'" Mendoza told prosecutor Lieutenant Colonel Sean Sullivan.


"And what did you say to him?" Sullivan asked.


"I said 'But they're just women and children.' He didn't say nothing."


Mendoza said he returned to a position at the front of the house and heard a door open behind him followed by a loud noise. Returning later that afternoon to conduct body retrieval, Mendoza said he found a room full of corpses.


ナチのような虐殺において一般人を処刑するよう命令される海兵隊員

戦争犯罪の最新の証拠合成物カタログ


Steve Watson

Infowars.net Editorial

Thursday, August 30, 2007


海兵隊員が上司によって2年前イラクでHadithaで女性と子供たちを大虐殺するよう命令されたとわかってきていた証拠で、多くの他の証言と毎日米軍に押しつけられているそのような野蛮な要求の報告と結合されて、組織された実行と儀式虐殺が中東の攻撃性の建設者のセットされた方針であることは、明らかです。


軍事裁判所は、木曜日に、米海兵隊が24人を死んでいるままにしたHadithaで大虐殺の間、イラクの女性と子供たちでいっぱいの部屋を実行するよう命令されると聞いていました。


2005年11月の沿道の爆弾攻撃への反応の後で、海兵隊員は村で家を襲撃しました。家で最初のもので、海兵隊の陸士長(ウンベルトメンドーサ)は、彼がフランクWuterich軍曹の指揮下に居住者の何人かを実行するよう命令されたという証拠を与えました。女性と子供たちでいっぱいの部屋に直面しているとき、メンドーサは彼がそうすることを拒否すると述べました。後で、彼は女性と子供たちが死んでいるとわかりました。メンドーサは、以前、命令を受けて、家の1人の男性の居住者を射殺することを認めました。


AFPは報告します:


海兵隊員がドアをノックした後に反応を待ったので、1つの家で、Wuterichは直ちに撃ちなさいという命令をしたと、メンドーサが言いました。


「彼は、『彼らがドアを開いて、そして撃つまで、ちょっと待ってください』と言いました」と、メンドーサが言いました。

メンドーサは、それから、彼が戸口に現れた成人の男性を撃って、殺すと言いました。


家の以降の検索の間、メンドーサは彼が彼が後部のベッドルームで見つけた7人の女性と子供たちを撃ちなさいというもう一人の海兵隊員(スティーブンテータム陸士長)からの命令を受けると言いました。


「私がドアを開いたとき、ちょうど女性と子供がいました、2人の大人はベッドに横になっていました、そして、3人の子供たちがベッドにいました...もう2は、ベッドの後にありました」と、メンドーサが言いました。

「私は、2、3秒の間彼らを見ました。ちょうど彼らが脅威を提示していなかったということを知っているのに十分な...彼らは、怖がるように見えました。私は、女性と子供がそこにいると彼に話しました。彼は言いました、『さて、彼らを撃ってください』」と、メンドーサがショーンサリヴァン検察官中佐に話しました。


「そして、あなたは彼に何を言いましたか?」、サリヴァンは尋ねました。


「私は、言いました、『しかし、彼らはちょうど女性と子供たちです。』、Heは何も言いました。」


メンドーサは彼が家の先頭に位置に戻ると言って、ドアが大きい雑音が続いて彼の後で開くのを聞きました。体検索を実行するためにその午後遅く帰って、メンドーサは彼が部屋が死体でいっぱいであるとわかると言いました。

In previous testimony it has also been suggested that the troops stopped random passing cars, ordered passengers out and lined them up and shot them one by one at near-point blank range with M16 machine guns.


Wuterich's defense is expected to argue that he followed established combat zone rules of engagement. Given that Haditha is not an isolated incident this seems an accurate description.


A 2006 article adapted from the book “Ten Excellent Reasons Not to Join the Military,” edited by Elizabeth Weill-Greenberg, documents many other testimonies of troops on the ground who have confirmed that they are routinely ordered to kill innocent civilians.


There is constant pressure to kill Iraqi civilians, 22-year-old GI Darrell Anderson said. “At traffic stops we kill innocent people all the time. If you are fired on from the street, you are supposed to fire on everybody that is there. If I am in a market, I shoot people who are buying groceries.”


War crimes in Iraq are not mere aberrations. They emanate from official policies regarding the aims and conduct of the occupation, the article concludes:

It is official policy, for example, to use cluster bombs in populated areas. Soldiers and Marines merely carry out the policy. It was official policy, under Operation Iron Hammer, to put barbed wire around villages, to bulldoze crops, to bomb homes, and to hold families in jail until they released insurgent information. It was official policy to level Fallujah, a city of 300,000 people, as an act of collective punishment.


The list goes on. It was official policy to torture detainees at Abu Ghraib, it was official policy to "kill all military age males" in Iraq, it is official policy to use radioactive Depleted Uranium weapons and deadly white phosphorus in civilian areas in Iraq. The wanton destruction from the air of cities, towns, and villages witnessed on the first night of the war and almost everyday since is official policy in Iraq.


When will the official policies be recognized for what they are, official war crimes?


The systematic killing of civilians in Iraq and throughout the middle east by aggressive forces under the control of the elite usurpers of our governments is clear. Our controlled media is also complicit in its ignorance, its pandering spin and the outright lies we continue to have to endure and break down with every passing day.

前の証言において、それは軍隊がランダムな通過する車を止めたことをも示唆されて、乗客にも出るように命じて、彼らも一列に並べて、M16機関銃で一つずつほとんどまともな範囲を狙って彼らも撃ちました。


Wuterichの守備側は、彼が確立した戦闘地域ROEsに続いたと主張することになっています。Hadithaが孤立した事件でないとすると、これは正確な説明のようです。


本「Notがそうする10 Excellent Reasons参加... Military」(エリザベスヴァイル-グリーンバーグによって編集される)を変更して作られる2006の記事は、彼らが通常罪のない一般人を殺すよう命令されることを確認した地面で、軍隊の多くの他の証言を文書化します。


定圧がイラクの一般人を殺すためにあると、22才のGIダレルアンダーソンが言いました。「通行車停留所で、我々は常に、罪のない人々を殺します。あなたが通りから発砲されるならば、あなたはそこにいる誰にでも発砲すると思われます。私が市場にいるならば、私は食料雑貨を買っている人々を撃ちます。」


イラクの戦争犯罪は、単なる異常でありません。彼らは仕事の狙いと行いに関して公式方針から発散すると、記事が結論します:

たとえば、棲息する地域でクラスター爆弾を使うことは、公式方針です。兵士と海兵隊員は、単に方針を実行するだけです。彼らが反政府情報を公表するまで、Ironハマー作戦の下で、村のまわりに有刺鉄線を置いて、爆弾家に、収穫をブルドーザーで動かして、刑務所で家族を持つことは公式方針でした。総体的な罰の行為としてFallujah(300,000人の都市)を平らにすることは、公式方針でした。


リストは続きます。アブGhraibで抑留者を拷問することは公式方針でした、イラクで「すべての徴兵適齢男性を殺す」ことは公式方針でした、イラクの一般人の地域で放射性Depleted Uranium武器と致命的な黄リンを使うことは公式方針です。最初の上で戦争とほとんど毎日の夜を目撃される都市、町と村の空気からの理不尽な破壊は、イラクの公式方針です。


いつ、公式方針は、彼らがそうであること(公式戦争犯罪)のために認められますか?


イラクで、そして、我々の政府のエリートの強奪者の管理下の積極的な軍隊による中東中で一般人を組織的に殺すことは、明白です。我々の制御されたメディアは、その無知のcomplicit、その迎合している回転と我々が耐えなければならなくて、日に日に壊さなければならなく続ける率直なうそでもあります。

Prominent critics and commentators have blasted the mainstream media for failing to portray the brutal reality of the systematic policy of slaughter.


Acclaimed director Brian De Palma, whose new film "Redacted" has stunned audiences with its graphic telling of the horrific true story of another Iraq war crime, has stated:


"In Vietnam, when we saw the images and the sorrow of the people we were traumatizing and killing, we saw the soldiers wounded and brought back in body bags. We see none of that in this war. It's all out there on the Internet, you can find it if you look for it, but it's not in the major media. The media is now really part of the corporate establishment."

De Palma has asserted that it is only the brutal reality seen in the pictures and videos that are routinely ignored by the establishment media that will incense the public enough to force the conflict to be stopped.


Paul Craig Roberts, former Secretary to the Treasury under Reagan, has also blasted the mainstream media in a powerful piece today stating:


"The US media focuses on whether Republican Senator Larry Craig is a homosexual or has offended gays by denying being one of them. The run-up for the public's attention is why a South Carolina beauty queen cannot answer a simple question about why her generation is unable to find the United States on a map."

Roberts describes Bush as "high on the list of mass murderers of all time". With conservatively over one million Iraqis having lost their lives in this war "The vast majority of "kills" by the US military in Iraq and Afghanistan are civilians, the war criminal is in the living room, and no official notice is taken of the fact" he writes.


He warns that the same will happen in Iran very soon if this administration and the power brokers behind it are not halted right away:


"Encouraged by the indifference of both the American media and Christian churches to the massive casualties inflicted on Iraqi civilians, the Bush administration will not be deterred by the prospect of its air attacks inflicting massive casualties on Iranian civilians. Last summer the Bush administration demonstrated to the entire world its total disdain for Muslim life when Bush supported Israel's month-long air attack on Lebanese civilian infrastructure and civilian residences. President Bush blocked the attempt by the rest of the world to halt the gratuitous murder of Lebanese civilians and infrastructure destruction. Clearly, turning the Muslim Middle East into a wasteland is the Bush policy. For Bush, civilian casualties are a non-issue. Hegemony uber alles."

Every instance described here provides evidence of direct violation of the Geneva Conventions, which state (Part IV, Article 48):combatants “shall at all times distinguish between the civilian population and combatants, between civilian objects and military objectives and, accordingly, shall direct their operations only against military objectives.”


The conventions were established in the aftermath of the Nazi's indiscriminate slaughter of millions of civilians throughout Europe. It is clear that our own modern day aggressors do not believe they are bound by the conventions, nor any international laws of war that have come before, and will do whatever it takes to ensure their empire building proceeds unimpeded.


Unless we address the reality of the war crimes we have seen unfold in the last 6 years alone, and continue in our attempts to do the job that the corporate media whores are paid not to, we betray our ethical and moral principles, we betray our countries, and we betray the freedom that has been protected for so long by those before us.

著名な批評家と解説者は、主流メディアを虐殺の組織的方針の残忍な現実を描写することができないことのことで非難しました。


「編集される」フィルムがそのグラフィックでびっくりする観衆にもう一つのイラク戦争犯罪のものすごい実話の新しいものを言わせておく称賛されたディレクターブライアンデパルマは、述べました:


「ヴェトナムでは、我々が我々が外傷を与えていて、殺していた人々のイメージと悲しみを見たとき、我々は兵士が傷ついて、遺体袋で戻されるのを見ました。我々は、この戦争でそれのどれも見ません。それはインターネット上に全く向こうにあります、あなたがそれを探すならば、あなたはそれを見つけることができます、しかし、それは主な媒体の中にありません。メディアは、本当に現在会社施設の一部です。」、デパルマはそれが対立に止められることを強いるのに十分な市民を激怒させる設立メディアで通常無視される絵とビデオの中でわかられる残忍な現実だけであると主張しました。


ポールクレイグロバーツ(レーガンの下の財務省の前秘書)今日強力な部分の主流メディアも吹き飛ばします述べます:


「米国メディアは、共和党のラリークレイグ上院議員が同性愛者であるか、彼らのうちの1人であることを否定することによってゲイを怒らせたかどうかに集中します。市民の注意のための助走は、サウスカロライナ美の女王が彼女の世代はアメリカ合衆国を地図で発見することができない理由についての単純な質問に答えることができない理由です。」、ロバーツはブッシュを「古今の多勢の殺人者のリストの中で重要である」と言います。保守的にこの戦争の彼らの命が「大多数のイラクの軍隊とアフガニスタンがそうである米国によって、「殺して」一般人、犯人がリビングルームである戦争と当局者でないのは事実にかかることを気がつく」ことを失っていた100万人以上のイラク人と、彼は書きます。


彼は、この管理とそれの後のパワーブローカーがすぐに停止しないならば、同じことが間もなくイランで起こると警告します:


「イラクの一般人に課される大きい犠牲者にアメリカのメディアとキリスト教教会の無関心に励まされて、ブッシュ政権は大きい犠牲者をイランの一般人に課しているその空爆の見込みによって阻止されません。昨年の夏、ブッシュがレバノンの一般人の基盤と一般人の住居でイスラエルの一ヵ月間の空爆を支持したとき、ブッシュ政権はイスラム生命に対するその完全な軽蔑を全世界に示しました。ブッシュ大統領は、レバノンの一般人と基盤破壊の必要のない殺人を停止させる残りの世界による試みを妨害しました。明らかに、イスラム中東を荒地に変えることは、ブッシュ方針です。ブッシュのために、民間人への被害はどうでもいい問題です。覇権uber alles。」、ここで記述されるEvery例は、述べる(パート4、第48条)ジュネーブ協定の直接の違反の証拠を提供します:戦闘員「民間集団と戦闘員の間でいつでも区別します、一般人の物と軍の目的の間で、そして、したがって?軍の目的だけに対する彼らの活動を向けます。」


慣例は、ヨーロッパ中で何百万もの一般人のナチの無差別の虐殺の余波で確立されました。我々自身の現代の日侵略者が彼らが慣例も起こった戦争の少しの国際法にも束縛されると思っていないことは、明らかです、そして、良くしてください、彼らの帝国建設を確実にするのにかかるものは何でも、妨げられずに進行します。


我々が我々が単独で最後の6年で展開するのを見た戦争犯罪の現実について述べない限り、そして、やっつける我々の試みにおいて続けてください?会社メディア売春婦が、支払われない、我々が我々の倫理で道徳的な主義を裏切る、我々が我々の国を裏切る、そして、我々が我々の前にそれらによって長い間保護されていた自由を裏切る。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR