FC2ブログ

家族の崩壊:フェミニズム(イルミナティアジェンダ)

Does the Bionic Woman Menstruate?

October 23, 2007??


By Henry Makow Ph.D.





The answer is no. After a car hit Jaime Sommers, surgeons replaced her uterus with nanomachines called anthrocytes attached to stainless steel testicles. Ever since she has been kicking male butt.


NBC's resurrection of this 1970's TV series about a mutant is timely since Sommers' ordeal is a metaphor for what the Rockefeller Foundation did to her unwary sisters.


As result, women are increasingly confused, lost and desperate. Nature designed them to sacrifice for husband and children and to be cherished in return. But elite social engineers taught them that devotion to their loved ones is "oppression." They would have to compete with men and have careers. The elite's ultimate goal is to eliminate the nuclear family as a means of controlling humanity, also the purpose of the "war of terror."


MONKEY SEE; MONKEY DO


People imitate what they see. The mass media is full of mutant female role models and young women have succumbed to this mind control.


"MTV has turned young women into 90-pound whores," a male friend in his late twenties tells me. "Ten years ago, girls demanded you date them. Now at dances strangers are rubbing their breasts against you and acting like animals. They laugh if you mention dating and marriage."


A Greek reader wrote: "Women here are either professional prostitutes or 'amateur prostitutes.' True feminine women are a rare gem. Most girls begin their sexual life at 14 or earlier, and have children only after 30. They complain about men but flee in terror from a decent man or make his life miserable."


Phillip, a British man living in Denmark writes: "Something is very rotten in the State Of Denmark. They have one of the highest divorce rates in Europe. The lowest marriage count. It's all a little like the film `Invasion Of The Body Snatchers`. As if some alien entity has removed all the people and replaced them."


He describes Danish women as "scruffy men. They all have short `manly` haircuts. Almost all wear small `goggly` spectacles. They dress ...`blue collar masculine`. From Top to Toe, almost without exception. And they have the attitudes to match, born out of years of social engineering in what must be the most comprehensive `programming` module on earth, namely, the Danish Education System."


A Black reader in Washington DC is amazed: "It looks like Denmark is the projects/ghetto for Europe (Chuck D’s lyric is perfect "What is a project but another word for experiment?"). Phillip is living through the same thing I see in the black communities that surround Washington DC. It is downright eerie. I swear all you have to do is replace the names of the people because the behavior is exactly the same. Androgyny and gender bending, violence, single parenthood and lonely women in their 30-40s."


HOODWINKED


The Illuminati bankers who control the mass media and education system are programming women not to marry and have children.


Sexual attraction is a function of fertility. After age 35, it is a steep and slippery slope for most, no matter what the media says. Women "of a certain age" have a harder time finding mates. "Independent" women are liable to be alone for more than half their lives.


A Toronto woman wrote to me: "Arrested development and too late" applies to me. And many like me. I see them every day in the bus and subway. Sad, lonely and unfulfilled. I might be a little bit better off because I love to read. Even those women who have had successful careers teaching for instance, and can afford everything they need materially, are restless and unhappy. Even suicidal. There's truth in that song "You're nobody until somebody loves you." Life doesn't seem worthwhile. Some of us get religion and that helps to some extent."


My Danish correspondent writes that on weekend nights: "One is immediately confronted by `manlike` predatory `females` mostly in their late 30's or early 40's, but some older. They occupy the clubs and bars. They are lonely, sad creatures; many with extreme psychological problems caused by the identity crisis that stalks this sad little land. Few are remotely feminine, almost none would be described as attractive. They have bad attitudes, they dress badly and they are an indictment on this society."


These women got the religion of the New World Order: Feminism. They are the modern-day Communist cadre, man-hating mutants, the new face of tyranny:? This phenomenon is widespread but particularly bad in Denmark:


"All but all Danish women look the same ie. like `butch lesbians`. They are everywhere. Not a business or public institution is free of them. It is all but impossible to deal with a man these days. And a pretty woman is `persona non grata`. The `Sisters` are everywhere, and definitely doing it for themselves. Danish men have been relegated to the `minor leagues` in most careers. Schools, Town halls, Hospitals, the Public Sector, Private Sector, you name it, the `women` are everywhere.


Women are in command here. In politics, they are forcing through the NWO agenda without I fear knowing what it is they are doing. In education, androgyny is the name of the game as boys become more `girly` and girls become less so."




CONCLUSION


In an email, Humberto reflects the desperation of men: "Henry, I no longer want to impregnate any woman. I do not want to have any daughters. I do not want to breed any future internet porn meat. I do not want to breed any whores on the planet."


Don't give up! There are still good women out there. But men have to be men and that means taking charge.


The biggest mistake men make is seeing a woman (sex and romance) as an end in itself. Sex and romance are a chimera. No one is perfect and worthy of adulation. Sex without love is merely a physical function like eating.


A woman is a means to an end: home, family, companionship, life skills, emotional intimacy and security.?? Children are loved unconditionally but adults earn love by mutual support over time. Guys have got to demand more than sex so women can rediscover themselves.


?


バイオニックウーマンは月経がありますか?


2007年10月23日

ヘンリーメイコウ博士によって

答えはNo.です。

車がハイメ・ソマーズにぶつかった後に、外科医は彼女の子宮をステンレス鋼睾丸に付着したanthrocytesと呼ばれるナノマシンと取り替えました。

彼女が雄のケツを蹴っていて以来。

ソマーズのきびしい試練が、ロックフェラー基金が彼女の不注意な姉妹にしたことのための隠喩であるので、突然変異体についてのこの1970年のテレビシリーズのNBCの復活は適時です。

結果として、女性はますます混乱していて、および必死に迷子になっています。

自然はそれらを、夫と子供のために犠牲になり、お返しにかわいがられるようにデザインしました。

しかし、エリート社会工学者は彼らに、彼らの愛する人への愛着が「抑圧」であることを教えました。

彼らは、人と張り合う必要があり、キャリアを持つでしょう。

エリートの最終目的は、人間性、「恐怖の戦争」の目的もコントロールする手段として核家族を取り除くことです。

猿は見えます;猿はします


人々は、彼らが見るものを模倣します。マスメディアは変異体女の役割モデルでいっぱいです、そして、若い女性はこの心支配に屈しました。


「MTVは、若い女性を90ポンドの売春婦に変えました」と、彼の20代後半の男性の友人が私に話します。「10年前、女の子はあなたが彼らとデートするよう要求しました。現在ダンスで、知らない人はあなたに対して彼らの胸をこすっていて、動物のようなふりをしています。あなたがデートすることと結婚に言及するならば、彼らは笑います。」


ギリシアの読者は書きました:「ここの女性は、プロの売春婦か『アマチュア売春婦です。』、トゥルー女らしい女性は、珍しい宝石です。大部分の女の子には14以前時に彼らの性生活を開始して、30だけの後で子供たちがいます。彼らは男性について不満を言うが、仰天して礼儀正しい男性から逃げるか、彼の人生を惨めにします。」


フィリップ、デンマークに住んでいる英国の男性は、書きます:「何か、州Ofデンマークで非常に腐っています。彼らは、ヨーロッパに最高離婚率のうちの1つを持ちます。最も低い結婚カウント。それは、少し映画『侵入Of The Body Snatchers』のようなすべてです。若干の外国の実体がすべての人々を追い出して、彼らを替えたかどうかとして。」


彼は、デンマークの女性を「薄汚い男性と言います。彼ら全員は、短い『男性的な』カットをします。ほとんど、すべては小さな『gogglyな』眼鏡をかけます。彼らは服を着ます...『男性的な青い襟』。Topから、ほとんど例外なく、Toeまで。そして、彼らはマッチする態度をとります。そして、この世で最も包括的な『プログラミング』モジュールでなければならないこと(すなわち、デンマークのEducation System)で長年の社会工学から生まれます。」


ワシントンDCのブラック読者は、驚きます:「デンマークがヨーロッパ(チャックD歌詞は完璧です。そして、「実験に対するもう一つの語以外のプロジェクトは、何ですか?」)のためのプロジェクト/スラム街でありそうです。フィリップは、私がワシントンDCを囲むのを黒人社会で見る同じものを乗り切っています。それは、まったく不気味です。私は、あなたがしなければならないすべてがふるまいが正確に同じことであるので、人々の名前を置換することであることを誓います。中性と屈んでいる性、暴力、片親と彼らの30-40年代の孤独な女性。」

だまされます


マスメディアと教育制度をコントロールするIlluminati銀行家は、女性が子供たちと結婚しなくて、いないようにプログラムしています。


性的な引きつける力は、豊かさの機能です。時期35以後、マスコミにはたとえ何と書かれていても、それはほとんどのための急でつるつるした斜面です。「特定の年齢の」女性には、仲間を見つけているより厳しい時間があります。「独立した」女性は、彼らの命の半分以上のために一人にしやすいです。


トロント出身の女性は、私に手紙を書きました:「発育不全、そして、あまりに遅く」、私に申し込みます。そして、多くの人々は私が好きです。私は、毎日、バスと地下鉄で彼らに会います。悲しくて、孤独で、果たされていない。私が読みたいので、私は少しより裕福かもしれません。たとえば成功した経歴教育を受けて、彼らが具体的に必要とするすべての余裕を持つそれらの女性さえ、落ちつかなくて、不幸です。自殺的なさえ。真実がその歌の中にあります、「誰かがあなたを愛するまで、あなたは誰でもありません。」、ライフは価値があるようでありません。我々の何人かは宗教を得ます、そして、それはある程度助けます。」


私のデンマークの通信員は、週末夜にそれを書きます:「人は大部分は彼らの30年代後半または40年代前半の『人に似た』捕食性の『女性』にすぐに直面しているが、少しより年をとっています。彼らは、クラブとバーを占拠します。彼らは、孤独な、かわいそうな生きものです;この嘆かわしい小さい土地に広がるアイデンティティの危機に起因する極端な精神的な問題による多く。少数しか離れて女性的でありません、ほとんど、何も魅力的であると言われません。彼らは悪い態度をとります、彼らは下手に服を着ます、そして、彼らはこの社会に関する告発です。」


これらの女性は、New World Orderの宗教を得ました:フェミニズム。彼らは、現代の共産中核、人が嫌いになっている変異体、専制政治の新顔です:この現象は広範囲にわたるが、特にデンマークで悪いです:


「すべてのデンマークの女性以外はは、すなわち『男っぽいレスビアン』のような同じものに見えます。彼らは、至る所にいます。企業または公共機関は、彼らがなくありません。この頃男性を扱うことは、ほとんど不可能です。そして、かわいい女性は、『好ましくない人物』です。『姉妹』は、彼ら自身でそれを至る所で、そして、確かにしています。デンマークの男性は、大部分の職歴に『マイナー・リーグ』へ追いやられました。学校、Townホール、病院、Public Sector、Private Sector、その他何でも、『女性』は至る所にいます。


女性は、ここで指揮します。政治で、彼らは終わりまでNWO課題を強制しています。そして、私は彼らがしているものを知っていることを恐れます。教育において、男の子がより『女性ヌードに』なって、中性は主目的です、そして、女の子はそうより少なくなります。」


結論

Eメールの中で、ウンベルトは人の自暴自棄を反映します:

「ヘンリー、私はもう、どのような女性も妊娠させたくありません」。

私は、どのような娘も持ちたくありません。

私は、どのような未来のインターネットもポルノ肉に育成したくありません。

「私は、地球上のどのような売春婦も育てたくありません」。

あきらめないでください!

世の中にまだ、よい女性がいます。

しかし、人は、人である必要があり、それは、責任を取るのを意味しています。

男性が犯す最も大きな誤りは女性(性とロマンス)をそれ自体は終わりと考えます。

性とロマンスはキメラです。

誰も完全でなく、へつらいに値していません。

愛情のない性関係は食事のような単に物質的な機能です。

女性は終わりまでの方法です:

家、ファミリー、交友、生活技能、感情の親交、およびセキュリティ。

子供は無条件に愛されているけれども、おとなは時間とともに相互支援による愛情を得ます。

女性が自身を再発見することができるように、男は、性よりもっと要求しなければなりません。

スポンサーサイト



石油と食料




【共有ブログ】マスコミ報道されない真実をみんなで探そう






原油は無尽蔵にある


http://www.asyura2.com/0505/war71/msg/275.html


より転載

昔、日本の温泉はほとんど山奥にありました。

いまでは千メートル掘ればどこでも温泉が出るそうです。

昔、原油は世界でも限られた地域しか産出されませんでした。

いまでは深く掘ればどこでも原油が出てくるそうです。

この超深度掘削技術はロシアが独占しているそうです。

ロシア国内はもちろんのこと、ベトナムでこの技術を使って原油を生産しています。

それから中国と北朝鮮にも。



ロシアは、ピークオイルがシオニストの嘘だと証明した

モスクワで無尽蔵の石油生産に投資が行われている時に、

ニューヨークではアメリカの減少していく石油からの利益が車と女に浪費されている

1970年代、ロシアではKolaSG-3という、

最終的に40,230フィートの深度に達した驚くべき記録的な実験井戸が掘られた。

(1フィーとは1/3 mである。)


ユコスを含むロシアの石油メジャーは、密かに310以上の「超深度油井」を掘り、

それらから石油を生産している。

2003年、ロシアはサウジアラビアより石油生産量世界一の座を奪い取り

今世紀の世界の石油生産と販売を完全に支配しようとしている。

 

もしこのレポートの最初に

原油が地球内部に無尽蔵に埋蔵されていると主張したら、

読者はおそらく以降の全ての内容はフレデリック・フォーサイスのような作家の

馬鹿げたゴーストライティングだと思われるかもしれない。

そして、もしロシアがこの非常に驚くべき現実を

30年近くも西側諸国に気づかれることなく隠し続けてきたと言うならば、

このレポートの著者は狂信者か、

もしくはジョン・ル・カレのようなスパイ小説家の宣伝をしていると思われるかもしれない。

しかしながら問題は、石油の埋蔵は地球内部に無限と言える程の多くの量が存在し、

そしてロシアははるか昔に進んだ技術によって

これらの無尽蔵の石油を利用しているという事である。





記事投稿:ヤマト



このような、思慮深く西側諸国にとっては煩わしい確かな知識は、

石油の時代がもうすぐ終わる

より精確には、アメリカは世界全体における石油生産の「ピーク」がやってくる、

つまり世界の原油の需要量が最終的に我々が物理的に地面から取り出せる量を上回る、

という内容の事を、鬼気迫った叫び声をあげて主張している

西側諸国の大学のロビイストや「サクラ」にとっては受け入れられない事だろう。



これらの間違った主張の要点は、

2000年にロビイストのコリン・キャンプベル博士が

クラウサル大学で行った公演の中で概説されている。

「簡潔に言えば、これらは我々が理解していなければならない点である。

在来の[著者註:無限に湧き出している]石油は、

現在存在する油の95%をまかなっている。

石油は今後も供給の主品目であり続けるだろう。

これがもっとも大きな問題である。

石油の発見は1960年代にピークを迎えており

我々は現在1バレルを発見する間に4バレルを消費している計算になる。

中東への原油依存量は上昇している。

他の世界では1997年にピークが来、従って減少の一途を辿っている。

世界におけるピークは5年以内にやってくる」

[著者註:およそ2005年12月頃]


キャンプベルは突如として集団で出現し、

貴方に恐怖のニュースを届けにきた何人ものピークオイル理論

『エキスパート』の氷山の一角に過ぎない。

この集団は、サダムフセインがドルでなくユーロで取引をすると宣言し、

もしアメリカにチェックされ挑戦される事がなければ、

5年以内に容易にドル支配体制を崩壊させたであろうスイッチを押した直後に出現した。

これらの「サクラ」[囮]は

アメリカ政府とその仕えるウォールストリートの欲望と無能さにより、

人々の注意をどこか他の所に向けようと慎重に配備されている。

そして希望の持てる事に、数年後に石油価格が天井を越えて上昇した時、

アメリカには原油を購入するユーロがなく、

人々は湧出石油量の「不可避的な減少」により

一ガロン当たりプラス五ドルのガソリンに文句を言う事になるだろう。

(訳者註:これは2005年現実となった)

でなければ、ワシントンDCに銃火器を持って行進しているだろう。


キャンプベルや彼の同類がこのレポートの主題ではないが、

彼の馬鹿げた主張は容易に反証する事ができる。

我々が現在1バレルを発見する間に

4バレルを消費しているというのは公式的な事実であるが、

これは現在我々が一時的にとてつもなく高価な原油探査を停止しているからで、

それは我々が2兆バレルの埋蔵量をすでに世界中で発見しているからである

もしこれら埋蔵量が[例えば]1兆バレルにまで減少すれば

我々はもっと探しにいこうと思うのかもしれないが、

今現在それはする必要の無い事である。

そして個々の油井における生産量が年々減少しているという事も事実であるが、

これは技術的に解決できる事であり、また後で解説する。


ロシアがどのようにして

他の世界から離れて一人だけ目覚めたのかを理解するためには、

石油が地中のどこに埋まっていて、

どのようにして引き上げられ、

精製されて使用されているのかについて、多少の知識が必要である。

これは非常に複雑な事項であり、

特に超深部油井についてはそれ自体の別な分類が必要になる。

何年も以前に、私は個人的に2箇所の超深部油井の掘削

[うち一つはモスクワ掘削研究所のロシア人技術者と直接関わった]に参加したので、

この説明を私のできる限り簡潔にしてみたい。



有難い事に、下図にあるとおり、

どこに原油がありどうやってそれを見つけるかという原理を

理解する事はそう難しい事ではない。

このような地球のマントルという非常に深いところで

石油が形成されている
という理論はこのレポートの中心ではない。

なぜならロシアは既にその起源を300回以上の掘削により証明しているからである。

石油形成のプロセスに興味のある方はそれについて

200以上のロシアの文献があるので検索して頂きたい。

おそらく最初は「鉱物燃料形成におけるメタンの役割

"The Role of Methane in the Formation of Mineral Fuels",

written by A.D. Bondar in 1967」

を見ていただけるといいだろう。


このレポートで言わんとする事は、西側諸国に勝る、

ロシアによる長深部掘削の発見と技術的な成功の持つ非常な利点についてである。

私が説明しようとする最初の利点は、

2番目に説明しようとしている利点の世界的な重要性には遠く及ばない。

なぜならその2番目の利点が、

シオニストの秘密結社が主権国家イラクに侵攻することを決意させ、

我々を核戦争の瀬戸際に追い込んでいるからである。

しかしながら、私の視点では、最初に説明する利点の方が、

ウォールストリートの嫌いな人道的見地から見てより重要である。



我々が既に発見したように、

もし掘る意思のある国家に高価で[そして時に極秘の]技術と、

非常に固い岩盤を越えて超深部まで掘削するための巨額の資金があれば、

石油は事実上地球のどこからでも生産できる。

しかし20か30の超深部油井が資源を持たない国家の人々を養うことができる。

またさらに悪い場合で、西側諸国の強欲なロビイストから、

天然資源はこの国に存在しないと宣告を受ける事もある。

誰でも西側諸国が嘘をついているか

単純に間違っているかを証明する事ができれば、

永遠に信用できる友人になれる。


ベトナムは古典的な例である

60年以上の奴隷生活や領土の強奪、フランスそしてアメリカによるレイプの後、

可哀相なベトナム人はアメリカの石油多国籍企業より、

彼らの土地には何も存在しないと公式に宣言された

アメリカの「時代の最先端を行く技術」により、

彼らはアメリカの爆弾や枯葉剤や

その他の沢山のアメリカ政府からの贈り物により

荒廃した状態から財政を立て直す方法はないと告げられたのである。

ベトナムを絶望的なまでに貧しく、

以前の侵略者に対して行動できないようにしておく事は、

まさにアメリカがベトナムに対して望んでいた事であった。



ロシアは違うアイデアとかかなり異なった手段を提供した。

ベトナム人にアメリカは嘘を付いていると告げた後

石油技術者がモスクワから渡来し、無リスクの共同事業を始めたいと主張した。

ロシアは装備と技術を無料で提供し、

実際に石油が見つかり商業ベースに乗った際には

その利益の数パーセントを手数料としてもらえればいいという事であった。

ベトナムには失う物は何も無かったので、ロシアに即時に同意した。

ベトナムのホワイトタイガー石油フィールドは驚くべき成功であり

現在も良質の原油を水面下17,000フィート

バサルト岩から日量6,000バレルの割合で採集している。

ホワイトタイガーフィールドによって、

ロシアはベトナムの自信を回復する事に助力し、

ベトナムは西側諸国の凶暴な食糧援助への依存を減らすことができたのである。

突然この方法を受け入れた事により、

ベトナムは石油生産国の高級クラブへの仲間入りを果たし、

何人もの皮肉なアメリカ上院議員や議会院が「

垣根を除く」ためにホー・チ・ミンシティーへの長距離の渡来を余儀なくされた。

ベトナム人は非常にクールで、アメリカ人の賛同者を無視することに全力を注いだ。

ホワイトタイガー石油フィールドにようこそ。

アメリカが公式に何もないと宣言した地から噴出する驚異的な石油を御覧ください!


良いニュースが[CNNを通さないで]伝わる速度には驚くべき物があり、

その後すぐに中国はロシアとの超深度掘削の共同事業を開始した

話はそこで終わらない。

私がこのレポートに書いている通り、

ロシアは超深部掘削機械を貧しい北朝鮮に移しており

西側諸国の狭量な地質学者が、

原油が生産することを「認められる」ために必要な「海洋生物の屍骸」の全くない、

グラナイトとバサルトの岩盤を掘削してベトナムで起きた事を再現しようとしている。

これは少し時間がかかるだろうが、

究極的には北朝鮮は、ニューヨークのシオニスト陰謀組織の

船舶による米の援助物資を送らないという脅迫から抜け出し、

独立したビジネスを行う事ができる。

そう、実際に、南北朝鮮は最終的には自国で過剰の原油を生産する事が可能になり

究極的に狂っている「新世界秩序」を求める

大量の連中を地獄に落とすことができるようになるだろう。


ホワイトタイガープロジェクトは最初、

この超深部掘削技術及びバサルト岩からの石油生産を世界に示すために行われた物であるが、

最初の試みはインドで1983年に行われたものである。

その年、ガンジスデルタに多くの掘削機械が集合し、

バサルト岩を22,000フィート掘削する計画が実行され、

超深部の「不可能な」石油の噴出を得た。

ボドラ3号油井(訳者註:Oil well Bodra #3)は

直接にロシアの掘削技術者とモスクワ掘削研究所の科学者達の指揮によって建設され、

超深部にスムーズに効率的に至るための技術供与がなされた。

その掘削には私が西側からの唯一のメンバーとして参加した。

仮にボドラ3号が何の障害も無く掘られていたなら、

石油世界に衝撃を起こしていたことには間違いは無く、

そしてロシアに多大な名声をもたらしたことだろう。

さらに重要な事には、西ベンガルの絶望的に貧しい人々が

彼らの独自のエネルギー資源を手にしていたかも知れないという事である。



不幸な事に、ボドラ3号は障害無く掘り進める事はできなかった。

アメリカ人がそのプロジェクトを中止することを決定し、

ニューデリーの西ベンガルの社会主義国家への恐怖をかきたてたのである。

腐敗した中央政府に多額の賄賂を贈った後、

アメリカの情報局は専門の破壊工作員を送り、

著者がオーストラリアのシドニーを訪れている間にプロジェクトを破壊したのだ


ウォールストリートが非合法なイラクへの侵略を企てることの根拠と関係する、

超深部掘削の2つ目の利点の説明に移る前に、

アメリカが世界で生産される石油を大量に消費している様を簡潔に知っておく必要がある。

見てきたとおり、「ピークオイル」という虚構は、

世界の石油埋蔵量が減少しているという事や、

世界各国の人々が使うのに十分な量を産生する能力が無いという事ではない。

代わりに、ピークオイルとはアメリカの原油の個人消費が上昇していること、

そしてアメリカがその原油消費の上昇に対して

支払う金が無い事を隠蔽するためにでっち上げられた物なのである。

単純に言うと、アメリカは急速に破産へ向かって進んでおり、

ウォールストリートはその事に対して怒った民兵が武器を持って集まってくる前に、

他の対象に人々の注意を向けたいと考えているのである。



この悲惨な状況は、ベネズエラ中央大学の

ビクター・ポレオ博士によって非常によく説明されている。

彼は2004年4月、IPSに「世界の石油の価格は操作されていないが、

需要と供給についてはそうとはいえない」と語った。

ポレオ教授によれば、問題の根本は、

アメリカが「エネルギー消費の過剰を抑制できない事による犠牲者であり、

成長に見合うだけの石油や天然ガスを所有していなく


世界の人口の6%を占めるに過ぎないのに、

世界全体の25%近くの石油とガスを消費している」事にある。

ポレオ教授はさらに、1990年代の中頃には、

アメリカの石油需要は日量720万バレルで安定するはずであったが、

「それが起きる事は無かった」と言う。

「アメリカの貪欲なガソリンへの欲求のため、

消費量は2003年には日量9万バレル(??)にまで上昇し、

世界で燃やされている量の半分をアメリカが占めるまでになった。」

そして原油の家庭における要求量はさらに上昇を続けるだろう。

アメリカ政府の報告によれば、アメリカは今日、

世界で10バレル生産される石油のうちの6バレルを輸入し、

天然ガスに関しては10立方メートル産生されるうちの2立方メートルを輸入しているが、

2020年には10バレルのうち8バレル、

10立方メートルのうち4立方メートルを輸入するまでになると言う。



アメリカ情報部は既にロシアが1980年ごろより

マントルレベルの超深部油性の開発を成功させた事を知っているにもかかわらず、

アメリカの石油備蓄は遅く、高価な方法によって為されており、

それがそのうち上昇を続けるアメリカ国内の石油需要に追いつかなくなる事は明白である。

したがって、究極的には、需要量が限界を超えて増加した際に、

或いは資金がそこをついた際に、

アメリカは現在の半分の石油でやっていく事を強要されるようになるか、

誰かから力ずくで奪わざるを得なくなるだろう


ガソリンの使用量を半分に減らすと言うのは問題外の話なので、

超深部への掘削機械を100機以上生産する代わりに、

ウォールストリートの連中は何艘もの空母を作り、

中東を攻撃して支配しようと言う絶望的な目的のために金を浪費したのである。


ここに、超深部の石油掘削技術のもたらす第二の非常に大きな利点が意味を持ってくる。

石油埋蔵地の技術者が、空になったはずの石油が底から湧き出して

満タンになっていた事に非常に驚いたと言う話を覚えられているだろうか。

彼らが後に発見した事は、彼らが観察していたのは自然に湧き出してくる超深部の油井であり、

地球内部のマントルより莫大な量の原油が亀裂を通してわきあがり

地表近くに存在する我々が普段「沈降物の堆積した油田」と呼ばれる物になっているという事である。

石油生産企業がこれらの石油リザーブから石油をくみ上げる時、

圧力が少しだけ減少し、そのことがさらに深くにある

超深部の石油をマントルから上昇させる事になり、底の方から石油リザーブを充填していくのである

ロシアの超深部油性の研究及びベトナムのホワイトタイガーフィールドの事が示しているのは

非常におおよそではあるがマントルからの石油の上昇は、

大体中東の石油産出量より20-30%少ないため、

もしイラクとサウジの油性からの算出を30%低下させれば、

石油の供給と産出は永遠に続き、

減少分を常に超深部からの上昇分で補う事が出来るという事である


殆ど言うまでも無い事だが、石油の生産が30%減少しても、

アメリカの増加する石油需要に対して次の世紀まで十分に対応できる量の石油が中東にはある。

そして、それが我々の子息が中東のイラクやその他のどこかで死んでいく原因となっている。



写真にあるような「穴を広げる機械」は

基本的に車のエンジンフィルターを交換するのと同じ原理で

油井の生産速度を一定に保つ事が出来る。

我々は既に完全に嘘であるか

[もしくは我々を意図的に間違った方向に誘導しようとしている]、

現存する油井は「減少し」、油田は「干上がりかけている」と言う、

ピークオイルのサクラたちの主張を見てきた。

これは唖然とするほどの間違いである。

これは実際には車のエンジンの効率が低下していくのと同じ現象である。

車を長く走らせるほど、エンジン内のガソリンの中に不純物が多くなる。

不純物が増えれば、摩擦が増加する。

遅かれ早かれ、ピストンの周辺に糊が絡みついたのと同じ様な状態になり、

エンジンの性能はそれにしたがって落ちていく。

これは車をもつ人間にとってはよく知られている、避ける事の出来ない現象である。

ヘンリー・フォードやその他の人間は、

エンジン内部でガソリンが循環するたびに底を通過するようなオイルフィルターを発明する事によって、

エンジンの効率低下を防ごうとした。

不純物は高い割合で吸着され、

車の所有者がフィルターの交換を進められて

初めてその存在に気づくまで、エンジン効率を保つ事が出来る。

オイルは地中深くから沸きあがってくる際に、

石油リザーブのそこの岩に開いた穴を通り、

それから掘削した穴よりチューブを通って地上へと引き上げられる。

したがって当然の事であるが、

油田の底には穴が開いており、そこの油田に石油を供給しているのだが

その底の穴を形成している岩盤は常に引き上げられる力にさらされており、

また時に脆弱な岩盤で出来ており、常に乱流や幾種も不純物の影響を受けている。

例えば非常に少量の不純物でも、穴を通過しても石油と供に上昇してくる事は無く、

代わりに乱流に巻き込まれ、次第に穴の周りに堆積していく事になる

もちろん不純物の混入を防ぐ方法は沢山開発されてはいるが、

地下10,000フィートに接地するヘンリー・フォードのフィルターのような物は存在しない。

これらの不可避的な結果として、

石油ビジネスに携わる全てのオイルマンにとっては常識であるが、

時間の経過とともに初期には高かった石油産生率は徐々に低下してゆく。

しかしながら、このことはその油田が干上がったという事を示す物では決してなく


それは何千回ものその同じ石油リザーブに対して掘られた孫油井が証明している。

新しく作った油井は不純物が掘った穴の周囲に張り付いていないために、

古い油井に対し常に初期の石油産生率を保つ事が出来る。

我々が見てきたように生産中の油井の「石油交換」をして

不純物を除去し初期の生産レートを維持する事は可能であるが、

これは非常に高価なため、西側諸国で行われる事は滅多に無い。


単純な例を見てみよう。

イラクで、10の油井からそれぞれ日量1万バレルを生産していると考える。

少しの間なら、これを投資によって一箇所あたり日量10万バレルに引き上げる事ができる。

5年後、不純物が蓄積し、生産量は日量9万バレルに低下する。

ここで我々には選択肢が二つある。

非常な時間と金を費やして「石油交換」を行うか、

単純にもう1つの油井を掘り、日量10万バレルを維持するかである


99%の国内の石油生産者はもう1つの油井を掘ろうとするだろう。

このような単純なプロセスが適用できない場合もある。

例えば、24の「スロット」しかなく、これらがすべて使用中であるような、

非常に巨大で高価な外国にある石油基地のような場合である。

5年後に生産量を維持するためには、隣に20億ドルかけて新たな巨大な石油基地を作るか、

それとも存在する24個の油井に対して「オイル交換」を同時に行うかと言う選択を迫られる。

明白に今回は、多種多様な不純物が生産率を低下させる前に、

昔の生産性の高い状態に戻すために油井の底を直す作業を強いられるだろう。

この作業では、まず生産チューブを穴から抜き出し、

上手にあるような穴を広げる部品を装着したドリルを変わりに入れる。

このような穴を広げる機械(リーマー)が穴の上部に配置されると、

穴の中に入っていく前にドリルを回転させ、

ドリルの歯を中心力によって深部へと進めていくことが出来る。

これの目的は、以前の高い生産性の油井を取り戻せる深さまで、

油井に着いた不純物を切り取っていく事である。

回転する穴を広げる機械がゆっくり加工していくと、穴は拡大され、

不純物の塊が切り取られ、掘削される際の液状物とともに地上に流出してくる。

こうして新しい油井が得られ、それに掛かる費用は100万ドルか200万ドルで済む



これは喜ばしい事である。

私がこのプロセスは西側諸国では滅多に行われていないと

いったのを覚えてくださっているだろうか。

しかしながら、絶え間ない投資により

世界の石油供給を支配しようという目的のために

年月を費やしてきたロシアには当てはまらない。

毎月札束を求めてくる貪欲な株主の存在しない中で、

ロシアの石油企業は彼らの千以上の油井を10年以内に拡張しなおしながら前進してきた。

そしてウォールストリートの資産であるミハイル・ホドルコフスキーが現れ、

ユコス石油をその価値に比べたらほんのわずかの金で不当に買収し、

全ての資産をアメリカ多国籍企業に売却しようとしたところを、

プーチンにシベリアのどこかで自家用ジェットから引きずり出された。

結局、ウォールストリートは最終的にロシアの「フリーな」石油を盗もうとしたのであり、

かわいそうなミハイルは監獄の食事に慣れなくてはならない。



再掲すると、「ピークオイル」の主張は、

我々は4バレルを使用する間に1バレルしか発見できないため、

世界における備蓄は消失しようとしている、という事である。

これは完全に間違ったプロパガンダである。


ロシア[とCIA]が熟知しているように、地球マントルの石油は無尽蔵である。

「ピークオイル」はまた、我々はすぐに需要に見合うだけの十分な

石油を地中から取り出せなくなると主張する。

これも完全に誤ったプロパガンダである。

我々はもっと油井を掘る事ができるが、

ウォールストリートはそのために金を出す事が出来ず、

また中東に対し侵略と永久的な占領が現実的な可能性であると信じている間は、

永遠にそうしようとはしないだろう。

 ポレオ教授は西側諸国が長期間にわたって生き残っていくために

必要な方向性を明確に示している。

それは国内の消費量を抑制すると言うロシアの例に倣うことである。

1990年代、アメリカはロシアの日量840万バレルの消費に対し

日量およそ600万バレルを消費していたが、

現在は逆転していて、13年後の2003年には

アメリカの石油消費量は日量900万バレルに達している。

アメリカの数億の人々は家の周りにある必要でない電機のスイッチを切ったらいい。

私は1万2千マイル離れたオーストラリアに住んでいるが、

ここでもニューヨークのパイプラインを流れる石油の音が今にも聞こえてきそうなほどだ。

最後に、高圧油井に対するアメリカの破壊工作により

危うく死に掛けた我々を助けてくれた西ベンガルのボドラ3号油井で

供に働いたロシアのすばらしい掘削技術者と科学者に感謝したい。

また超深部掘削技術を何の規制もなく提供してくれたモスクワ掘削研究所にも感謝したい。

彼らなしでは、このレポートは書けなかっただろう。



現在アルコール式自動車の生産がはじまっている。アルコールで使用される穀物は、十キロで数リットルも造れない事実がある。にも関わらず、その非効率な燃料を今度は世界各国で世界標準にしようとしている。今なら水素と電気のハイブリッド方式ができるが、そのタイプなら気候が安定している地域なら問題なく使用ができる。果たしてどちらが有利かは一目瞭然で、水素方式である。穀物を使わないために、農作地帯に負担がかからない。そしてその影響で発生する食糧難も防げる。だが実際はユダヤ国際資本らが世界中でコーンの独占を初め、

アジア各国からまで収奪をし始めている。さらに、畑は何度も大量収穫をすると、土質が破壊されて硬貨してくる。そらに栄養価がなくなり、有機生物が減少し、土が死んで砂漠化をはじめるという。さらにその処理排水の影響で河川は汚染するという。このようにして、エコの二次災害が発生すると言われている。そして今後発生する砂漠化の世界大飢饉が発生した場合、穀物であるトウモロコシ畑は大被害がでるし、大量の肥料を使うために、土壌が枯れていく可能性もある
。よつて代理ではなく、即別の方式か、電気式にすべきと考える。これはレスター氏も一部提言している事実である。


蛇足


食料とエネルギーを支配すれば、食い物までエネルギーに回す事で人口減少に拍車がかかるのであろうか? バレバレの価格操作はもうすぐ終わるであろうか?


Endgame:終盤、大詰め

Endgame: Elite's Blueprint For Global Enslavement Exposed

Why The Dreams Of The Rulers Are Humanity's Worst Nightmare

Paul Joseph Watson

Prison Planet

Thursday, October 25, 2007

????




The waiting is over, the anticipation can now finally be realized - Alex Jones' End Game is here and its arrival heralds a new salvo in the infowar, a fresh new insight into understanding what the long term plans of the elite really are and why the future destiny of humanity could be won or lost within our lifetimes.


Endgame is the culmination of years of research into the documented historical record of why the rulers of the world are maniacally obsessed with controlling, dominating and enslaving humanity, wielding ferocious power for power's sake, centralizing authority into a ruthless world government system, and ultimately enacting their "final solution" of global population reduction.


The movie lays the framework for how this tyranny will unfold by highlighting the message of the mysterious Georgia Guidestones, purportedly built by representatives of a secret society called the Rosicrucian Order, which call for a global religion, world courts, and for population levels to be maintained at around 500 million, over a 5.5 billion reduction from current levels. The stones infer that humans are a cancer upon the earth and should be culled in order to maintain balance with nature.


The new elite that seek to capitalize on this blueprint for global enslavement are merely the latest generation in a long line of tyrants and their empires that have sought world domination throughout human history. The fact that powerful people have always attempted to expand their authority and rule over others is a manifestly provable historical truth, but one that is often


終盤:世界的な奴隷状態のエリートの青写真は、統治者の夢が人類の最悪の悪夢である理由を露出させました。


ポール・ジョセフ・ワトソン。

刑務所惑星

2007年10月25日木曜日

待ちは終わっていて、期待は現在最終的に実現することができます - アレックス ジョーンズの終盤はここにあり、情報戦争(エリートの長期計画が本当に何であるか、そしてなぜ人間性の未来の運命が私達の生涯の中で勝ち取られるか、失われることができたかを理解することへの新鮮な新しい洞察)において、その到着は新しい一斉射撃を伝達します。

大詰めは、なぜ世界のルーラーが、パワーのためにどう猛なパワーを行使し、無情な世界統治制度の中に権力を中央に集めて、グローバルな人口縮小のそれらの「最終的な解決」を最終的に制定して、人間性をコントロールし、支配し、奴隷にすることに熱狂的に取りつかれているかの文書化された歴史的な記録についての何年もの研究の絶頂です。

どのように、この専制政治が、約5億人の時に現在のレベルからの55億人の縮小の上に維持されるようにグローバルな宗派、世界法廷、および人口のための呼び出しが水平に調節する神秘的なジョージアGuidestones〈うわさによればばら十字会員命令と呼ばれる秘密結社の担当者により築かれた〉のメッセージを強調して展開するかので、映画は枠組を置きます。

石は、人が地球の上の癌であり、自然によってバランスを維持するために選ばれるべきであると推定します。

暴君と人の歴史を通して世界征服を捜した彼らの帝国の長いラインの中で、グローバルな奴隷化のためにこの青写真を利用することに努める新しいエリートは単に最新の世代です。

強力な人々が、いつも彼らの権限を拡張し、他を統治することを試みたという事実は、明白に立証可能な歴史の真理であるがしばしばであるものです。


Endgame explores how elite banking families like the Rothschilds were able to stay one step ahead of world events and shape the future by financing both sides in wars and use their advance knowledge to seize control of economies and governments and lay the foundations for the architecture of world government.


The documentary then explains how the two camps of world government were formed - Fabian socialism in Britain and fascism in Italy and Germany, and how General Smedley Butler discovered a plan on behalf of the fascists to take over America in a violent coup de 'tat.


?


The birth of the United Nations and the secretive Bilderberg Group segway into a tour de force feature about how the Bilderberg Group have been forced to relinquish their much cherished anonymity thanks to the efforts of the alternative media and veteran journalists like Jim Tucker and Daniel Estulin, who are interviewed at length about Bilderberg's agenda, during Alex Jones' confrontation of Bilderberg at the 2006 meeting in Ottawa Canada.


The fascinating veil of secrecy that Bilderberg still tries to impose over their gatherings despite the increased media attention is documented as Tucker and Estulin explain how moles within Bilderberg always leak their participant list and agenda because they are furious about the level of illegal scheming clearly taking place along with the Bilderberger's rude disdain for everyday people who are not members of the elite.


Estulin explains that the Bilderberg Group control the world by means of a process called systemic methodology, where they carve up the globe into numerous different pieces and then place their designated frontmen in charge of the major institutions that govern each part of the world.


?


By this method, Bilderberg were able to merge the nations of Europe into the EU under the guise of trade deals, and the same process is now unfolding with Canada, the U.S. and Mexico being conglomerated to form the North American Union - but not without committed resistance on behalf of the American people.


That resistance is being countered by the beefing of a brutal police state nationwide and the increasing use of U.S. troops in domestic law enforcement. Endgame exposes how the elite are trying to overcome opposition to their agenda by instituting the framework of martial law with executive orders that are designed to combat "domestic insurrection," as President George Bush officially announces a fiat dictatorship.


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

END GAME: Blueprint For Global Enslavement - Available first to prison planet.tv members - Just 1 day to go! Click here
to subscribe.

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Endgame documents how tyranny is the norm and why governments are the biggest killers and always have been throughout the ages - from Hitler, to Stalin, to Mao, through to genocide in Uganda, Cambodia, Guatemala, Rwanda and Turkey, and how Communist China, with its crushing of dissent, intolerance of religion, and horrific organ harvesting of political prisoners, remains the model for the global tyranny that the elite plan to entrench.


?


The scientific rationale for tyranny gives the elite an excuse for treating their fellow man like lab rats and this mindset gave rise to the emergence of eugenics in the 19th century. Endgame catalogues how the Malthusian drive to eliminate the poor developed into social Darwinism which then transgressed into the fields of racial hygiene programs and genetic screening as American citizens were forcibly sterilized by the state throughout the 19th century.


Endgame charts how the Rockefeller family exported eugenics to Germany by bankrolling the Kaiser Wilhelm Institute which later would form a central pillar in the Third Reich's ideology of the Nazi super race. After the fall of the Nazis, top eugenicists were protected by the allies as the victorious parties fought over who would enjoy their "expertise" in the post-war world.


The comments of elitists alive today who openly advocate "culling" the human population by means of mass genocide, plagues and viruses are then considered alongside Aldous Huxley's warning that ruling oligarchies would use advanced techniques of medicine and pharmacology to ensure the human population "enjoy their servitude".


Endgame documents the innumerable examples where governments have tested deadly pathogens, viruses, radiological and biological weapons on human populations without their knowledge in order to advance the progress of eugenics, including the infamous Ringworm Children, who were used as guinea pigs and subjected to lethal doses of radiation by Israeli health officials, killing 6,000 and leaving the rest with lifelong debilitating illnesses.


The hollow words of Bertrand Russell, who advocated the use of vaccines to induce partial chemical lobotomies and create a servile zombie population, are then considered alongside the soaring rates of autism in the U.S. and the increasing amount of vaccines being mandated for babies and young children.


?


Endgame highlights National Security Study Memorandum 200, a geopolitical strategy document prepared by Henry Kissinger, which targeted thirteen countries for massive population reduction by means of creating food scarcity, sterilization and war. George H.W. Bush's role in advising China on its one-child policy and the forcible sterilization of native American women is also presented as evidence of the elite's ruthless pursuit of eugenics.


Endgame rips wide open how the myth of man-made global warming is being hyped by the establishment in order to create new feudalist control methods and convince people that their every action should be regulated by the state in the interests of supposedly saving the planet, while the real environmental crises go ignored.


Endgame concludes by looking to the future and analyzing the field of transhumanism, founded by eugenicists as another trojan horse on which to piggy-back global population reduction by formulating a technologically bio-enhanced master race, leaving the rest of humanity in the dust and subject to elimination.


Finally, we return to the Georgia Guidestones and the elite's sacred mission, to thin the population leaving only an enslaved underclass who are forced to live on the poverty line in control grid cities while the overlords enjoy the bountiful paradise of the earth and evolve into super-beings with the aid of advanced life-extension technologies.


Endgame rips the lid off the elite's long term dream and explains why it will be a nightmare for the rest of humanity unless we rise up now and fight back against the systems of control that are being locked down to transform the earth into a prison planet.





終盤は、Rothschildsのようなエリートバンキング家族が世界イベントに先んじるままでいて、戦争で金融両側によって将来を形づくって、経済と政府の影響力をつかむために彼らの事前の知識を使って、世界政府の構造の基盤を置くことができた方法を調査します。


ドキュメンタリーは、それから、世界政府の2つのキャンプがどのように作られたかについて説明します - イタリアとドイツの英国とファシズムのファビアン社会主義とスメドレーバトラー将軍が狂暴なクーデターデ『安物でアメリカを支配するファシストに代わっての計画に気がついた方法。


国連の出生と離れわざへの秘密主義のBilderbergグループsegwayはBilderbergグループがどのように代わりのメディアの努力のおかげの彼らの非常に大事にしてきた匿名を放棄することを強制されたかについて大きな位置を占めます、そして、ベテランのジャーナリストはオタワカナダで2006年の会議でBilderbergのアレックスジョーンズの対立の間、ジムタッカーとダニエルEstulin(その人は詳細にBilderbergの課題について取材されます)が好きです。


彼らがエリートのメンバーでない日常的な人々に対するBilderbergerの粗野な軽蔑とともに明らかに起こっている違法な陰謀のレベルに激怒しているのでタッカーとEstulinがBilderbergの中のほくろが常にどのように彼らの参加者リストと課題を漏らすかについて説明するように、Bilderbergがまださらなるメディアの注目にもかかわらず彼らの集会について強要しようとする秘密の魅力的なベールは文書化されます。


EstulinはBilderbergグループが全体的な方法論と呼ばれているプロセスによって世界をコントロールすると説明します、そこで、彼らは多数の異なる部分に地球を分割して、それから、世界の各パートを支配する主要な機関を担当して彼らの指定の代表者を置きます。



この方法によって、Bilderbergは取引協定の装いの下でヨーロッパの国をEUに合併することができました、そして、同じプロセスは現在、ノースアメリカン連盟をつくるためにconglomeratedされているカナダ、アメリカとメキシコで展開しています - しかし、米国民に代わっての献身的な抵抗なしででなく。


その抵抗は、国内の法の執行において全国的残忍な警察国家と米軍の増加している使用の文句をいうことによって対処されています。ジョージブッシュ大統領が公式に認可独裁を発表して、終盤はエリートが「国内の反乱」と戦うようになっている行政命令で戒厳令のフレームワークを設けることによって彼らの課題への反対を克服しようとしている方法を公開します。


専制政治が基準である、そして、政府が最大の殺人者で、常に年齢を通してあった終盤文書 - ヒトラーから、スターリンにとって、マオにとって、終わりまでウガンダ、カンボジア、グアテマラ、ルワンダとトルコでの大量虐殺にとって、そして、方法共産中国は、異議のその鎮圧、宗教の狭量と政治犯のものすごい器官収穫で、選り抜きのものは確立する予定である世界的な専制政治のモデルのままです。



専制政治のための科学的な正当性はエリートに研究室ネズミのような彼らの同胞を扱うことの言い訳をします、そして、この思考法は19世紀に優生学の出現を引き起こしました。終盤は、アメリカの市民が19世紀を通して国によって強制的に不妊手術を受けたので、貧しい者を排除するマルサス学派のドライブがそれから人種的な衛生プログラムと遺伝学的スクリーニングのフィールドに法律を犯した社会ダーウィン主義に発達した方法のカタログを作ります。


終盤は、ロックフェラー家がナチ素晴らしいレースの第三帝国のイデオロギーで後で中心柱を形成するカイゼルウィルヘルム研究所に資金を出すことによって優生学をドイツに輸出した方法の図を作成します。ナチスの堕落の後、勝利を得た党が誰が戦後の世界で彼らの「専門知識」を楽しむかについて戦ったので、最高の優生学者は同盟国によって保護されていました。


今日生きているエリート主義者のコメント、大規模な大量虐殺によって人間の人口を「選別している」主唱者、流行とウイルスは、寡頭政治が医療と薬理学の上級テクニックを人間の人口を確実にするのに用いられるという判決が「彼らの奴隷状態を楽しむ」というAldousハクスリーの警告と一緒に考慮されて、それから公然と誰です。


終盤は政府が致命的な病原体をテストした数えきれない例を文書化します。そして、ウイルス(彼らの知識が優生学の進歩を促進しなさいという命令にない人間の人口の放射線学で生物学的武器)が悪名高いRingworm Childrenを含みます。そして、その人がモルモットとして使われて、イスラエルの防疫官によって放射線の致死量に服従しました。そして、6,000を殺して、生涯の衰弱性疾患で残りを残します。


バートランドラッセル(その人は部分的な化学ロボトミーを誘導して、卑屈なゾンビ人口をつくるためにワクチンの使用を主唱しました)の白々しいことばは、それから、アメリカと赤ちゃんと幼児のために命令されているワクチンの増加している量で自閉症の急上昇している率と一緒に考慮されます。



終盤は国立Security Study Memorandum 200をハイライトします。そして、地政学的な戦略文書がヘンリーキッシンジャーによって準備されます。そして、それは食物不足、殺菌と戦争を引き起こすことによって大きい人口縮小のために13カ国を目標としました。ジョージH.W。中国にその一人っ子政策と現地のアメリカの女性の強制的な殺菌について勧めることでのブッシュの役割は、優生学のエリートの冷酷な探求の証拠としても提示されます。


本当の環境危機が無視されて行く間、終盤裂け目は広く、人工地球温暖化の神話が新しい封建主義者支配方法を作成して、彼らのあらゆる行動がおそらく惑星を保存することのために国によって管理されなければならないと人々に信じさせるために設立によって売り込まれている方法を開けます。


終盤は将来に目を向けて、transhumanismのフィールドを分析して結びます。そして、技術的にバイオの強化されたマスターを明確に述べることによるピギーバック方式世界的な人口縮小へのどちらが競争するかというもう一つのtrojanの馬として優生学者によって創立されます。そして、除去にちりと主語で残りの人類のもとを去ります。


最後に、我々はジョージアGuidestonesとエリートの神聖な任務に戻ります。そして、大君が地球の豊富なパラダイスを楽しんで、先進の人生の延長技術を用いて、super-beingsに進化する間、制御格子都市の困窮線に住んでいることを強いられる隷属する最下層階級だけを残している人口を薄くします。


終盤はふたをエリートの長期夢から切りとって、我々が現在立ち上がって、地球を刑務所惑星に変えるために下ってロックされている支配のシステムに反撃しない限り、それがなぜ人類の残りの間の悪夢であるかについて説明します。


山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年10月21日

                           山本尚利

タイトル: 読売グループはなぜ、9.11事件のタブーに挑戦したか



1.9.11事件疑惑のタブーを日本国内でオーソライズした読売グループ

 2007年10月15日、日本テレビ(読売グループ)が「世界まる見え!テレビ特捜部」という

番組にて9.11事件の謎を特集しています。この番組の反響は非常に大きく、ネット上ではか

なり大きな話題となっています。この番組で放送された内容の大半は、すでにネット世界で

は常識化したものばかりで、筆者はすでにほとんど知っていました。ところが、一般の社会

人の多くは仕事に追われてか(?)、オモテの主要テレビ局の流す情報や新聞でしか9.11事

件を把握しておらず、筆者のようにネット情報を探し回る人間はまだまだ少数派のようで

す。9.11事件を仕掛けた勢力はネット世界の底なしの威力まで計算できなかったとみえ、ネ

ット世界では9.11事件疑惑は年々、高まっています。大手メディアにまったく登場しない画

像や情報がネット上にはグローバル規模で常時、アップされており、世界的寡頭勢力も、大

手マスメディアの支配には成功しているものの、ネット世界の支配にはまだ成功できていま

せん。その意味でネット利用技術に弱いことが絶対的な存在である寡頭勢力の唯一の弱点で

す(笑)。

 さて9.11事件は、2001年9月11日以降の世界情勢を大きく歪めた世界的重大事件ですが、そ

の重大性にもかかわらず、あるいはその重大性ゆえに世界の大手メディアは沈黙しており、

ネット世界の草の根メディアとのギャップが著しく乖離している政治事件のひとつといえま

しょう。もし9.11事件の真相が明らかになったら、9.11事件をタブー視し続けてきた世界の

大手メディアの信用は一挙に失墜することは明らかです。

 その意味で上記、日本テレビの番組は、好意的に解釈すれば、大手メディアの存在意義に

危機感を抱いた関係者の勇気ある挑戦(?)であるかのようにみえます。



2.親ブッシュ派の読売が9.11事件疑惑を報道する不思議

 9.11事件疑惑を取り上げたオモテのテレビ番組に関して、テレビ朝日(朝日新聞グルー

プ)も2004年9月11日、「ビートたけしのこんなはずでは!世界を震撼、9.11同時多発テロ!

ブッシュはすべてを知っていた!」という特集番組を放映しています(注1)。

表向き親米派にみえない(?)朝日グループが9.11事件の疑惑を取り上げるのならまだわか

りますが、今回、親ブッシュ政権派のはずの読売グループが9.11事件疑惑を取り上げたこと

は大きなサプライズです。

 読売グループが伝統的に親米派(親共和党)であることは周知のとおりです。なぜなら読

売グループには、自民党親米派政治家、中曽根康弘元首相と親しい渡邊恒雄氏が君臨してい

るからです。ポスト小泉に安倍首相をかつぎだした黒幕であり、また安倍首相を失脚させた

黒幕でもあるといわれています。米国国立公文書館の公文書公開により、渡邊氏の元上司、

正力松太郎氏は米国中央諜報局CIAの秘密エージェントであったことがすでに明らかになって

います(注2)。この意味で戦後日本に対する米国統治戦略における日テレ生い立ちのルー

ツの根は非常に深いといえます。

 また週刊文春2007年10月4日号によれば、中曽根氏と同じ親米派政治家、岸信介元首相(安

倍晋三元首相の祖父)も同じく、CIAの秘密エージェントであり、CIAから多額の政治資金を

もらっていたことも、すでに証拠付けられています。

 ちなみに、9.11事件がブッシュ政権の自作自演作戦であるという前提で、9.11作戦を意思

決定したと陰で囁かれるCFR(米国外交評議会)と朝日新聞はなぜか一定の提携関係があるよ

うです。

 一方、ブッシュ大統領の父、パパ・ブッシュはCIA長官経験者であり、現ブッシュ政権は

CIAと深くつながっていると考えられます。その意味で、読売グループの日本テレビが、ブッ

シュ政権の不利になるような番組を制作することはあり得ないと考えるのが常識です。



3.9.11事件は戦争屋の自作自演テロか

 9.11事件に関して、当時のブッシュ政権がCIAの報告により事前に9.11事件の発生する危険

を察知していたにもかかわらず、なんら対策を講じなかったこと(未必の故意)は2002年5月

16日、ライス大統領補佐官(当時)が緊急記者会見を開いて、しぶしぶ認めています。ちな

みに、9.11作戦実行当日、ブッシュ大統領は田舎の小学校を慰問させられ、わざとらしいア

リバイ作りが演出されましたが、一般の人が誰も観ていないはずのWTCへの1機目(AA11便)

の突入の実況中継を観たとうっかり口をすべらせたブッシュの大チョンボがあります。さら

に、9.11事件直前、エンロン・スキャンダル(注3)の発覚で政権維持が危うくなっていた

ブッシュ政権の支持率を一挙に90%まで吊り上げたのが9.11事件であったこと、そして9.11

事件自体に多数の疑惑が存在すること(注4、注5)などから、9.11事件がブッシュ政権

(戦争屋系寡頭勢力に闇支配される政権)の自作自演テロ(Inside Jobs)だったのではない

かという疑惑が当時から根強く存在して今日に至っています。世界規模でのネット利用者の

急増とともに、その疑惑は高まりこそすれ、減衰することはありません。

 10月15日、上記日本テレビの番組を観た日本人で、9.11事件になんら疑惑を感じない人が

いるとすれば、よほどの鈍感人間か、あまりに衝撃的で信じたくないという生真面目人間で

しょう。もし、9.11事件が米国戦争屋の自作自演作戦なら、2001年9月11日以降、日本の小泉

政権がとってきた対ブッシュ政権外交の正当性は根底から崩れてしまいます。

 米国の戦争の歴史をみれば、彼らの戦争は自作自演のシナリオ(仕掛け)で始まっている

ことが多いといえます。なぜなら、米国はオモテ向き民主主義国であり、米国民にかぎら

ず、どこの国の国民も、家族や知人に犠牲者のでる戦争は大嫌いです。だから、民主主義国

を装う米国では、戦争をやりたい勢力(戦争屋)に支援される大統領が選挙で勝つことは普

通ありえないのです。だからこそ、民主主義国が戦争を始めるには自作自演の仕掛けや国民

騙しの洗脳作戦が不可欠なのです。太平洋戦争しかり、ベトナム戦争しかり、湾岸戦争しか

りです。イラク戦争も例外ではないのです。



4.なぜ、親ブッシュ派の読売は9.11事件疑惑を問題提起したのか

 親ブッシュ派であったはずの読売がこの期におよんで、なぜ、9.11事件疑惑を問題提起し

たのでしょうか。9.11事件疑惑を取り上げる企画自体、9.11事件はブッシュ政権の自作自演

作戦(国家犯罪)だったのではないのかということを示唆するものです。小泉政権時代に比

べて、最近の米国では銀行屋系寡頭勢力の台頭により戦争屋系寡頭勢力の覇権力が相対的に

弱まったのは確かですから、読売はブッシュ政権(戦争屋の傀儡)が怖くなくなったのでし

ょうか。それは一理ありますが、それだけでしょうか。ブッシュ政権がレームダック化して

久しいわけですが、世界的規模での9.11事件疑惑の高まりは、ブッシュ政権の弱体化を促進

しているでしょう。そこで、日テレの上記番組放映の10月15日と同じタイミングの関連サプ

ライズを挙げてみますと、ブッシュ大統領の暗殺予告映画「大統領暗殺」の封切りが10月6日

(注6)、ブッシュ大統領の仇敵、アル・ゴア前副大統領へのノーベル平和賞授与決定が10

月12日(注7)です。これは偶然でしょうか。これらのアンチ戦争屋系寡頭勢力によるシナ

リオ展開から、近未来、ブッシュ大統領は負け犬パペットとして、戦争屋の身代わりにされ

るのではないかと筆者は読んでいます。9.11事件が国家犯罪だったのではないかという疑惑

を、ブッシュ政権が公式に認めなくても、急膨張を続けるグローバル・ネット世界から事実

上、国家犯罪とみなされつつあることは避けようがありません。ネット炎上がいつ起きても

おかしくない状況なのです。そこで、戦争屋は先手をとって、9.11事件の責任をブッシュ大

統領個人にすべて押し付けようと企んでいるかもしれません。

 もしそうならば、英国映画「大統領暗殺」の封切りと、日テレの9.11事件疑惑番組の放映

が同時タイミングであることは合点が行きます。既述のように、もっともらしく正義の味方

(?)を演じるCIAはブッシュ政権に9.11テロを警告したのに、ブッシュ大統領が闇の組織に

自作自演テロ作戦を実行させたというシナリオで決着させられる可能性がでます。なお、米

国の国家機関CIAは、事実上、戦争屋の私的諜報機関ですが、かつてCIAとつながっていた読

売グループは9.11事件疑惑を放映することによってブッシュ大統領個人の立場を不利にして

も、戦争屋との従来からの闇関係を依然、維持していることになります。否、日テレの番組

放映によって、ブッシュというトカゲの尻尾切りを企む戦争屋に暗に協力していることにな

るかもしれません。



注1:ベンチャー革命No.115『華氏911から摂氏911へ』2004年9月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr115.htm


注2:ベンチャー革命No.202『日経スクープ:昭和天皇はなぜ靖国参拝を中止されたか』

2006年7月22日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr202.htm


注3:ベンチャー革命No.152『西武とエンロンにみる日米独裁経営者の違い』2005年3月4日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr152.htm


注4:ベンチャー革命No.065『9.11以降、予断を許さない米国覇権の動向』2004年3月24日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr065.htm


注5:ベンチャー革命No.066『再度問う、9.11とは何であったか』2004年3月26日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr066.htm


注6:ベンチャー革命No.246『英国映画:大統領暗殺の黙示』2007年10月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr246.htm


注7:ベンチャー革命No.245『ノーベル平和賞:小泉氏ではなくアル・ゴア氏』2007年10月

14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr245.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm



負債終了

You are a den of vipers and thieves. I intend to rout you out, and by the Eternal God, I will rout you out... If people only understood the rank injustice of the money and banking system, there would be a revolution by morning."

President, Andrew Jackson






あなたは、毒蛇と泥棒の巣です。私はあなたを切り捨てるつもりです、そして、Eternal神によって、私はあなたを切り捨てます...人々がお金と銀行システムのランク不当性を理解するだけであるならば、革命が朝までにあるでしょう。」大統領(アンドリュージャクソン)




Debt Termination.

BANKING SECRETS THAT BANKS DON'T WANT PUBLISHED.

With debt termination/debt reconciliation, you're out of credit card debt and unsecured loans quickly and easily, once and for all! Here, you will learn the the violations that occur in the issuance of credit cards and loans, plus a touch of the legalalities employed in terminating your debts. After qualifying and receiving a telelephone presentation, you'll concur that this is the safest, fastest, most legal, lawful, honest and ethical way of getting out of debt there ever was.

負債終了。

銀行が欲しくない銀行業務秘密は、公表しました。

負債終了/負債和解で、あなたは迅速かつ容易に、これを最後に、クレジットカード負債と無担保貸付の外にいます!ここで、あなたが学んで、あなたの負債を終了する際に使用されるほんの少しの事項をプラスして、クレジットカードとローンの発行で起こる違反。資格を得て、電話プレゼンテーションを受けた後に、あなたは同時に起こります。そして、これはこれまでにそこにあった負債から出ることで最も安全で、最速で、最も法的で、合法的で、正直で、倫理方法です。

Our Proprietary Remedy.

Through extensive research and development by economists, bankers, bank auditors, CPA's, attorneys, underwriters, authors, and database programmers, we have developed a state-of-the-art legal administrative remedy, designed to anticipate and overcome nearly every variation of creditor response.

The successful termination of your debt also includes all-inclusive Credit Clean-Up of the accounts enrolled. Utilizing these abundant resources, we can work toward the termination of your debt within 18 months, with a much lower monthly payment, ending with nothing on your credit report.

With the immeasurable assistance and response from consumers nationwide, combined with our passion to do whatever it takes to neutralize this iniquity, our highly effective, proprietary system, and network of highly capable attorneys, will never cease to improve. The laws described below are the foundation of this process.

Your debt termination relies on applying Federal Laws, U.S. Supreme Court decisions, the Fair Debt Collection Practices Act, the Fair Credit Billing Act, the Uniform Commercial Code, the Truth in Lending Act, and numerous other banking and lending laws - to overcome the following banking practices...

我々の登録商標の治療。

経済学者、銀行家、銀行監査役、公認会計士、弁護士、引受業者、著者とデータベースプログラマーによる広範囲な研究開発を通して、我々は最高水準の法的行政上の救済(債権者反応のほとんどすべてのバリエーションを予想して、克服するようになっている)を開発しました。

あなたの負債の成功した終了も、登録される口座の全部込みのCredit Clean-Upを含みます。これらの大量の資源を利用して、あなたの信用調査書で何でも終わらなくて、非常に低い毎月の支払いで、我々は18ヵ月以内にあなたの負債の終了を目指して努力することができます。

計り知れない援助と全国的に消費者からの返答で、この重大な不正の効力を消すのにかかるものは何でもするために我々の情熱と結合されて、我々のとても効果的、登録商標のシステムととても有能な弁護士のネットワークは、決してよくなるのをやめません。以下に記す法律は、このプロセスの基盤です。

あなたの負債終了は、Federalローズ、米最高裁判所判決、公正債務取立法、公正信用支払請求法、統一商事法典、Lending法のTruthと多数の他の銀行業務を適用して、法律を貸すことに頼ります - 以下の銀行業務実行を克服します...

False Advertising.

Banks bombard consumers with over 6 billion mail solicitations each year. Notwithstanding newspaper, radio, television, magazine, sporting event advertising and numerous other forms of marketing, the average working class, credit worthy, American is exposed to over 75 loan solicitations per year.

These banking ads represent, in one way or another, that the bank will lend you money in exchange for repayment, plus interest. This absurd idea is completely contrary to what, in reality, transpires and what is actually intended. In actual fact, banks do not lend you any of their own, or their depositors money.

False advertising is an act of deliberately misleading a potential client about a product, service or a company by misrepresenting information or data in advertising or other promotional materials. False advertising is a type of fraud and is often, a crime.

To substantiate this premise, we will begin by examining the funding process of credit cards and loans. When you sign and remit a loan or credit card application, (say you are approved for $10,000.00) the commercial bank stamps the back of the application, as if it were a check, with the words: "Pay $10,000.00 to the order of..." which alters your application, transforming it into a promissory note.

間違った広告。

銀行は、毎年消費者を60億以上のメール要求で攻撃します。新聞紙、ラジオ、テレビ、雑誌、スポーツ競技広告とマーケティング、平均的な労働者階級、信用立派な人物の多数の他の形にもかかわらず、アメリカ人は年当たりの75以上のローン要求を浴びます。

何らかの方法で、これらの銀行業務広告は、銀行が、関心をプラスして、返済と引きかえにあなたにお金を貸すと述べます。この不合理な考えは、実際は、蒸発することと完全に反対です、そして、実際にあることは意図しました。実際には、銀行はあなたに彼ら自身のか、彼らの預金者金の何も貸しません。

間違った広告は、広告または他のプロモーションの材料で情報またはデータをゆがめて伝えることによって製品、サービスまたは会社について故意に潜在的依頼人を誤解させることの行為です。間違った広告は一種の詐欺ですそして、しばしばそうです、犯罪。

この前提を立証するために、我々はクレジットカードとローンの資金提供プロセスを調べることから始めます。あなたが署名して、ローンまたはクレジットカードアプリケーションを戻すとき、まるでそれがチェックであるように、語で、商業銀行はアプリケーションの後ろに印を押します(あなたが10,000.00ドル承認されると言います):「命令に10,000.00ドルを払ってください...「そしてそれは、それを約束手形に変えて、あなたのアプリケーションを変えます。

Fraud, Forgery & Intent to deceive

Altering a signed document, after the fact with the intention of changing the document's value, constitutes forgery and fraud. Forgery is the process of making or adapting objects or documents with the intent to deceive. Fraud is any crime or civil wrong perpetuated for personal gain that utilizes the practice of deception as its principal method.

In criminal law, fraud is the crime or offense of deliberately deceiving another, to damage them - usually, to obtain property or services without compensation. This practice may also be referred to as "theft by deception," "larceny by trick," "larceny by fraud and deception" or something similar.

Deliberate theft by deception.

Having altered the original document, the (now) promissory note is deposited at the local Federal Reserve Bank as new money. "Generally Accepted Accounting Principals" (the publication governing corporate accounting practices) states: "Anything accepted by the bank as a deposit is considered as cash." This new money is now a three to ten percent fraction of what the commercial bank may now create and do with as they please.

So, $100,000.00 to $330,000.00.00, minus the original $10,000.00 is now added to the commercial bank's coffers. With this scheme they are taking your asset, depositing it, multiplying it and exchanging it for an alleged loan back to you. This may constitute deliberate theft by deception. In reality, of course, no loan exists.

詐欺、意図を騙そうとする。

署名された文書を変えることは、文書の価値を変える意図による事実の後、偽造と詐欺を構成します。偽造は、だます意図で物または文書を作成するか、翻案するプロセスです。詐欺は、その主要な方法として偽装の実行を利用する個人の増加のために恒久化されるどんな犯罪または市民の誤りでもあります。

刑法において、詐欺は故意にもう一つをだます犯罪または不快感です。そして、彼らに損害を与えます、 - 通常、補償なしで資産またはサービスを得ます。この実行は、「偽装による窃盗」、「トリックによる窃盗罪」、「詐欺と偽装による窃盗罪」または類似した何かと呼ばれもするかもしれません。

偽装による計画的な窃盗。

原本を変えて、(現在)約束手形は、新しいお金として地元の連邦準備銀行に預けられます。「通常、Accepted Accounting Principals」(企業会計練習を決定している出版)は、述べます:「銀行によって保証金として受け入れられる何でも、現金と思われます。」、This新しいお金は、現在、商業銀行が現在つくるかもしれなくて、好きなようにするかもしれないものの3~10パーセントの分数です。

それで、$330,000.00.00引く最初の10,000.00ドルにつき100,000.00ドルは、現在商業銀行の財源に加えられます。この計画で、彼らはあなたの遺産をとっていて、それを預けていて、それを増やしていて、あなたへそれを嫌疑のかかっているローンと交換しています。これは、偽装によって計画的な窃盗を構成するかもしれません。実際は、もちろん、ローンが存在しません。

Fraudulent conveyance.

At this point in the process, they have now transferred and deposited your note (asset) to the Federal Reserve Bank. This note will permanently reside and be concealed there. Since they've pilfered your promissory note, they owe it back to you. It is you, therefore, who is actually the creditor. This deceptive acquisition and concealment of such a potentially valuable asset amounts to fraudulent conveyance.

In legal jargon, the term "fraudulent conveyance" refers to the illegal transfer of property to another party in order to defer, hinder or defraud creditors. In order to be found guilty of fraudulent conveyance, it must be proven that the intention of transferring the property was to put it out of reach of a known creditor - in this case, you.

詐欺的な乗物。

この点でプロセスでは、彼らは今は連邦準備銀行に対するあなたの注釈(遺産)を移して、預けました。このメモは、永久に住んで、そこに隠されます。彼らがあなたの約束手形をくすねたので、彼らはあなたへそれを借りています。したがって、実は債権者であるのは、あなたです。このあてにならない獲得とそのような潜在的に価値ある遺産の隠匿は、詐欺的な乗物に達します。

法律ジャーゴンでは、学期「詐欺的な乗物」は、債権者を延期するか、じゃまするか、だまし取るために、もう一つの党に資産の違法な移動に言及します。詐欺的な乗物で有罪と判決されるために、資産を移す意図がそれを名の知られた債権者の手の届かない所にすることになっていたということを証明されなければなりません - この場合、あなた

Racketeering & Money laundering

Once they have perpetrated this fraudulent conveyance, the creditor then establishes a demand deposit transaction account (checking account) in your name. $10,000.00 of this newly created/acquired funds is then deposited into this account. A debit card, or in this case, a credit card or paper check is then issued against these funds. Remember - it's all just bookkeeping entries, because this money is backed by nothing.

Money laundering is the practice of engaging in financial transactions in order to conceal the identity, source and/or destination of money. Previously, the term "money laundering" was applied only to financial transactions related to otherwise criminal activity.

Today, its definition is often expanded by government regulators (such as the United States Office of the Comptroller of the Currency) to encompass any financial transaction which generate an asset or a value as the result of an illegal act, which may involve actions such as tax evasion or false accounting.

As a result, the illegal activity of money laundering is now recognized as routinely practiced by individuals, small or large businesses, corrupt officials, and members of organized crime (such as drug dealers, criminal organizations and possibly, the banking cartel).

彼らが持つ恐喝とマネー詐欺。

一度はこの詐欺的な運搬を行いました、債権者はそれからあなたの名前で要求払預金業務アカウント(当座預金)を確立します。この新しく生み出された/獲得した資金の10,000.00ドルは、それからこの口座に預けられます。デビットカード、または、この場合、クレジットカードまたは紙チェックは、それからこれらの資金に対して出されます。覚えていてください - このお金が何によっても後退しないので、それはすべての正当な簿記エントリです。

資金洗浄は、お金のアイデンティティ、もとや目的地を隠すために金融取引に従事する習慣です。以前、学期「資金洗浄」は、それ以外は犯罪的な活動に関連した金融取引だけに適用されました。

今日、その定義は違法行為の結果として遺産または値を生み出すどんな金融取引でも含むために政府監査機関(例えば通貨監査長官のアメリカ合衆国支社)によってしばしば拡大されます。そして、それは行動(例えば脱税または間違った会計)を含むかもしれません。

その結果、通常組織犯罪(麻薬ディーラー、犯罪組織と、おそらく、銀行業務カルテルのような)の個人、小規模であるか大きな企業、堕落した当局とメンバーによって行われて、資金洗浄の違法な活動は現在認められます。

Mail Fraud & Wire Fraud.

Since receipt of your first "statement" from each of your creditors, they have perpetuated the notion of your indebtedness to them. These assertions did not disclose a remaining balance owed to you, as would your checking account. Mail fraud refers to any scheme which attempts to unlawfully obtain money or valuables in which the postal system is used at any point in the commission of a criminal offence.

When they claim you owe a delinquent payment, you are typically contacted via telephone, by their representative, requesting a payment. In some cases this constitutes wire fraud, which is the Federal crime of utilizing interstate wire communications to facilitate a fraudulent scheme.

メール詐欺と電話詐欺。

あなたの債権者の各々からのあなたの最初の「声明」の受領以来、彼らは彼らへのあなたの借りの概念を恒久化しました。あなたの当座預金がそうして、これらの断定はあなたに借りられている残りの残高を明らかにしませんでした。メール詐欺は、不当にお金を得ようとするどんな計画でもまたは郵便制度が犯罪を犯す事でいかなる点でも使われる貴重品に言及します。

彼らがあなたが滞納している支払いを借りていると主張するとき、支払いを要請して、彼らの代表によって、あなたは電話によって典型的に連絡をとられます。場合によっては、これはワイヤー詐欺を構成します。そして、それは詐欺的な計画を促進するために州の間のワイヤー通信を利用するFederal犯罪です。

Extortion & Blackmail

Throughout the process of receiving monthly payment demands, you may have been threatened with late fees, increased interest rates, derogatory information being applied to your credit reports, telephone harassment and the threat of being "wrongfully" sued.

Extortion is a criminal offense which occurs when a person obtains money, behavior, or other goods and/or services from another by wrongfully threatening or inflicting harm to this person, their reputation, or property. Refraining from doing harm to someone in exchange for cooperation or compensation is extortion, sometimes euphemistically referred to as "protection". This is a common practice of organized crime groups.

Blackmail is one kind of extortion - specifically, extortion by threatening to impugn another's reputation (in this case) by publishing derogatory information about them, true or false, on credit reports. Even if it is not criminal to disseminate the information, demanding money or other consideration under threat of injury constitutes blackmail.

強要と恐喝

毎月の支払い要求を受けるプロセスを通して、あなたは遅滞料、増加した金利、あなたの信用調査書に適用されている軽蔑的な情報、電話いやがらせと「不当に」訴えられる脅威の恐れがあったかもしれません。

強要は、人が不当にこの人、彼らの評判または資産に対する害を脅かすか、負わせることによってもう一つからお金、ふるまいまたは他の商品やサービスを得るとき、起こる刑事犯です。協力または補償と引きかえに危害をすることから誰かまで控えることは、強要(時々婉曲的に「保護」と呼ばれる)です。これは、組織犯罪グループのよくあることです。

恐喝は、1種類の強要です - 具体的には、クレジットで、本当であるか間違って、彼らに関する出版軽蔑的な情報によってもう一つの評判(この場合)を非難すると脅迫することによる強要は、報告します。たとえ情報を広めることが嘆かわしくないとしても、怪我の兆しの下の大変なお金または他の考慮は恐喝を構成します。

Lack of Contract consideration.

New money was brought into existence by the deposit of your agreement/promissory note. If you were to pay-off the alleged loan, you would never receive your original deposit/asset back (the value of the promissory note). In essence, you have now paid the loan twice. Simultaneously, the banks are able to indefinitely hold and multiply the value of your note (by a factor of 10 to 33) and exponentially generate additional profits.

For an agreement or a contract to be valid, there must be valuable consideration given by all parties. Valuable consideration infers a negotiated exchange and legally reciprocal obligation. If no consideration is present, the contract is generally void and unenforceable.

接触考慮の不足。

新しいお金は、あなたの合意/約束手形の保証金によって、存在にもたらされました。あなたが嫌疑のかかっているものは貸す報酬にいるならば、あなたはあなたの最初の保証金/遺産背中(約束手形の価値)を決して受けないでしょう。本質的には、あなたは今は二回ローンを払いました。同時に、銀行は無期限にあなたのメモ(10~33倍に)の値入って、掛け算して、指数的に追加利益を生み出すことができます。

有効であるという合意または契約のために、すべての党によって与えられる有価約因が、なければなりません。有価約因は、協議された交換と法的に互恵的な義務を推論します。考慮が存在しないならば、契約は通常、無効で強制できません。

Lack of Contract Disclosure.

The bank never explained to you what you have now learned. They did not divulge that they were not loaning anything. You were not informed that you were exchanging a promissory note (which has a real cash value) that was appropriated to fund the implicit loan.

You were led to assume that they were loaning you their own, or other people's money, which we have established as false. They blatantly concealed this fact. If you were misinformed, according to contract law, the agreement is null and void due to "non-disclosure."

Contract law states that when an agreement is made between two parties, each must be given full disclosure of what is transpiring. An agreement is not valid if either party conceals pertinent information.

契約発表の不足。

銀行は、あなたに、あなたが今は何を学んだかについて、決して説明しませんでした。彼らは、彼らが何も貸していないと明かしませんでした。あなたは、あなたが潜在的なローンに資金を供給するために横領された約束手形(それは、本当の時価を持っています)を交換していることを知りませんでした。

あなたは彼らがあなたに彼ら自身のか、他の人のお金を貸していたと仮定させられました。そして、間違ったように、それを我々は確立しました。彼らは、露骨にこの事実を隠しました。あなたが誤解させられるならば、契約法に従って、合意は「隠蔽のために無効です。」、Contract法は、合意が2つの党の間でなされるとき、各々が蒸発していることの完全な開示を与えられなければならないと述べます。どちらの党でも関係する情報を隠すならば、合意は有効でありません。

It’s time to take action.

We hope that this painstakingly, well researched material has been educational. If you weren't already, we hope you have become highly motivated to take the remedial action that is now available to you, your friends and your loved ones. Start your debt termination education program immediately, by finding out if you qualify.

行動を起こす時間です。

我々は、こんなに苦心して、よく研究された材料が教育的だったことを望みます。あなたがすでにそうではないならば、我々はあなたが現在あなた、あなたの友人とあなたの愛されるものが利用できる治療的な行動をすることを非常に希望したことを望みます。あなたが資格を得るかどうか突き止めることによって、すぐにあなたの負債終了教育プログラムを始めてください。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年10月17日

                           山本尚利

タイトル:
英国映画「大統領暗殺」の黙示



1.なんと悪趣味な映画か

 2007年8月24日の朝日新聞が衝撃的なニュースを載せました。そのニュースとは、2007年8

月22日、米ブッシュ大統領の口からカンザスシティー(ミズーリ州)にて退役軍人を前に、

アルカイダと戦前日本を同列に扱う本音発言が飛び出したというものでした(注1)。

 ちなみに米大統領スピーチはすべて管理されており、この発言は大統領個人のものではな

く、米国覇権主義者の本音(計算された上での)でしょう。

 さらに同じ8月24日の朝日新聞には、英国映画『大統領暗殺』の予告が載りました。ブッシ

ュの衝撃発言のニュースとこのブッシュ暗殺フィクション映画の予告が同じ日の新聞に載っ

たのは偶然なのか、何らかの意図があったのかは定かでありません。

 筆者は8月にこの映画の宣伝用公式サイトを見て、なんと悪趣味な映画なのだろうと怪訝な

印象を受けました。

 10月封切りの映画なのに、なぜ早々と予告を出すのかも不思議でした。その後、ずっと気

になっていましたので、封切り後、ついにこの映画を観に行きました。前もって試写会をみ

た著名人の印象は、なんとも言えず不思議な映画であるというものでした。われわれ日本国

民がそういう印象を受けるのも納得でした。



2.ブッシュはなぜ抗議しないのか

 この映画には、ブッシュ大統領とチェイニー副大統領がみずから登場します。実際は巧妙

な合成画像としても、常識的には本人たちの事前了解が得られているはずと思います。もし

この映画がブッシュ政権を自画自賛する映画ならば、本人たちが出演を了解するのは理解で

きますが、この映画は明らかにブッシュ政権を批判する内容として制作されています。たと

えフィクションとしても、実在で現役のブッシュ大統領が2007年10月19日の20時13分(米中

部時間)にシカゴのシェラトンホテルの玄関で狙撃されて暗殺されるというストーリーで

す。しかも、現在生きているブッシュ大統領本人が、近いうちに暗殺されるという映画に出

演しているわけです。常識では考えられません。人間の本能として、自分の死が予定される

ほど不愉快なことはないからです。普通なら、ブッシュ大統領が名誉毀損で、この映画制作

会社を訴えてもおかしくないほどです。ところが、現実にはブッシュ大統領はこの映画につ

いてうんともすんともコメントを出していません。いったいどうなっているのでしょうか。



3.イラク戦争の責任をすべてブッシュに押し付けるプロパガンダか

 さて、この映画を観た印象として、この映画が言いたいことを以下に列挙してみます。

(1)米国がイラク戦争を始めたせいで、米軍兵士(民間の雇われ兵含む)や多国籍軍兵士

やイラク人(軍人と民間人)が10万人規模で殺害されたが、その責任はすべてブッシュ大統

領にあり死刑に値する。したがって、ブッシュ大統領が暗殺されても何の不思議もない。

(2)ブッシュ大統領を憎んでいるのは、ブッシュ大統領からテロリストと名指しされたア

ルカイダやイラク人やシリア人や北朝鮮人だけではない。米国内で人種差別され息子、娘が

兵隊に取られ、イラクやアフガンで家族を殺された多数の米国民(黒人含む)からも憎まれ

ている。(3)テロとの闘いという名目でブッシュ大統領が愛国法を成立させたため、米国

内のイスラム系移民に対する人権無視の暴挙がまかり通っている。愛国法は結局、イスラム

教信者のテロリストを再生産している悪法に他ならない。(4)最近では米国の白人の若者

を中心に、ブッシュ大統領のイラク戦略に命を張って反対する白人系米国人が急増してい

る。彼らはブッシュ大統領が暗殺されて当然だと思っている。

 以上より、この映画の狙いを筆者なりにまとめると、米国民の多くが反対しているイラク

戦争の責任はすべてブッシュ大統領にあると大衆操作することであるという結論になりま

す。



4.ブッシュは戦争屋のパペット(操り人形)にすぎない

 ところでブッシュ大統領に対する筆者の見方は、ブッシュ大統領は戦争屋系寡頭勢力の傀

儡(パペット)であるというものです。ブッシュ大統領は戦争屋の描いたシナリオに沿っ

て、主演男優を演じているにすぎません。大多数の米国民は、ブッシュ大統領の実像に接す

ることはなく、そのイメージは映像を通して形成されています。したがって、大多数の米国

民は、映像と現実の区別がつかなくなり、映像からブッシュ大統領を暗殺されて当然の人物

像として描いてしまいます。その意味で大多数のお人好し米国民に、イラク戦争の責任はす

べてブッシュ大統領にあると信じ込ませるのが、この映画の狙いであると思われます。

 しかしながらここで、大きな疑問が生じます。ブッシュ大統領にとって、この英国映画は

イラク戦争の責任をすべて自分に押し付け、しかも暗殺されてザマーミロという、とんでも

ない映画です。こんなひどい映画(彼から見て)に出演して(あるいは、勝手に出演させら

れて)、なぜ彼は沈黙しているのでしょう。ここにこそ大きな謎が隠されています。



5.欧州系寡頭勢力の怒り爆発

 筆者の読みでは、これほど屈辱的映画をつくられてもブッシュ大統領は文句が言えないと

いうことです。つまり、ブッシュ大統領の背後に控える戦争屋系寡頭勢力を上回る、強力な

寡頭勢力の存在を想像せずにはおれません。この映画が英国発であることから、英国を中心

に欧州全域を闇支配する世界的寡頭勢力がこの映画の制作を支援したと推測することができ

ます。それならば、ブッシュは正面切って文句が言えないはずです。

 このアンチ・ブッシュ映画の封切りに合わせて、10月12日、ブッシュの仇敵、アル・ゴア

へのノーベル平和賞授与という重大決定が行われています。筆者の読みでは、この映画の闇

スポンサーとノーベル賞委員会に圧力のかけられる闇スポンサーは同じではないでしょうか

(注2)。

 欧州系寡頭勢力は、事前に米国戦争屋系寡頭勢力と調整を行ったのではないでしょうか。

2001年1月、ブッシュ政権誕生以来、9.11事件からイラク戦争に至るまでの戦争屋の数々の悪

行、所業の責任をすべて、ブッシュ大統領に押し付け、黒幕の責任は不問とすることで手を

打ったとみることができます。要するに米国民の憎むべき対象のすり替えが行われていると

いうことです。9.11事件の陰謀がバレバレとなった今、ブッシュ大統領はいずれ負け犬パペ

ット(黒幕の身代わり)として葬りさられることを暗示しているのではないでしょうか。

 この映画の封切り日程がなぜ、2008年11月の次期大統領選挙の1年前なのか。アル・ゴアあ

るいはヒラリー・クリントンへの前倒し禅譲シナリオが欧州系寡頭勢力および米民主党支持

の寡頭勢力(アンチ戦争屋)主導で始動しているのかもしれません。

 ところが、おっとどっこい、戦争屋も黙って引っ込むことはないでしょう。イランへの先

制攻撃は、ブッシュが早期に失脚しようとしまいと、何としてもやらせてくれとアンチ戦争

屋系寡頭勢力に交渉しているはずです。極東の安全のためには、狂った戦争屋を欲求不満の

まま押さえ込むのは極めて危険です。



注1:ベンチャー革命No.241『戦前日本はアルカイダと同列:ブッシュ対日観露呈』2007年8

月25日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr241.htm


注2:ベンチャー革命No.245『ノーベル平和賞:小泉氏ではなくアル・ゴア氏』2007年10月

14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr245.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年10月14日

                           山本尚利

タイトル: ノーベル平和賞:小泉氏ではなくアル・ゴア氏



1.アル・ゴア:ノーベル平和賞受賞

 2007年10月12日、ノーベル賞委員会が2007年度ノーベル平和賞をアル・ゴア氏に授与する

ことを決定したというニュースが全世界に流れました。米国クリントン政権時代の副大統領

であったアル・ゴア氏は2000年の大統領選挙で表面的には現大統領ブッシュ氏に敗れたこと

になっていますが、ブッシュ大統領の弟が知事をしていたフロリダ州などで大掛かりな選挙

不正が行われ、実際はアル・ゴア氏が僅差で勝利していたことはおおむね、公知の事実とな

っています。筆者の経験によれば、米国民は日本国民よりはるかに、アンフェアを嫌う国民

性を有しています。ブッシュ大統領は不正選挙で大統領になったのではないかという疑いは

永久に残るわけで、そのことにもっとも怒りを溜め込んでいるのが、アル・ゴア氏自身であ

るであろうことは当然、予想されることです(注1)。

 一方、ブッシュ氏自身も好き好んで不正選挙を行ったわけではなく、いかなる手段を弄し

てもブッシュ氏を大統領にしたかった寡頭勢力(戦争屋系米国覇権主義者)の差し金でそう

なったこともほぼ間違いないでしょう。これらのことは、米国のあるレベル以上の国民はう

すうす感じているはずです。現ブッシュ政権が強引に推し進めたイラク戦争の顛末から、戦

争屋の狙いがすっかり読めてしまった良識ある米国民の大半が、2007年10月現在、戦争屋に

仕切られている共和党政権がこれ以上続くことに我慢ならなくなっていると筆者は思いま

す。今回のアル・ゴア氏のノーベル平和賞受賞は、米国内はもとより、欧州でもアンチ戦争

屋の機運がことのほか高まってきたことの表れでしょう。



2.アル・ゴアは偽善者か

 今回、ノーベル平和賞受賞の根拠となった、アル・ゴア氏の地球温暖化問題啓発キャンペ

ーンにおける長期的地球環境の悪化予測は過大評価であり、偽善的であるという批判もあり

ますが、地球環境に何らかの深刻な異変が生じていることは、世界中の人々が日常的に肌身

で感じていることです。

 偽善説をとる人たちの間ではアル・ゴア氏の上記キャンペーンは原子力発電を推進するこ

とが隠された狙いではないかという指摘もありますが、筆者はそう思いません。米国シンク

タンクSRIインターナショナル勤務時代の筆者は90年代、長期に渡り、アル・ゴア氏が副大統

領を務めたクリントン政権の環境政策や電力規制緩和の動向調査を行ってきました。それに

よればクリントン政権下、米国の原子力発電は縮小・廃止の方向であったと記憶していま

す。クリントン政権は原子力発電より天然ガス発電や風力発電を推進してきたのは確かで

す。

 それでは、アル・ゴア氏は、ブッシュ大統領との対比で、ノーベル平和賞受賞者にふさわ

しい、清廉で潔癖な正義感のかたまりのような政治家なのでしょうか。政治家家系の彼の出

自から類推すれば、彼自身は、所属する米民主党を闇サポートする寡頭勢力からの影響を強

く受けるであろうことは否定できません。ただ、それはブッシュ政権を闇サポートする戦争

屋系寡頭勢力とは異なるのではないでしょうか。

 その意味で、欧州のアンチ戦争屋系寡頭勢力の強い指示で、ノーベル賞委員会が動いたと

想像されます。またアル・ゴア氏の製作した映画「不都合な真実」(注1)は2007年2月26

日、アカデミー賞(ドキュメンタリー賞)を受賞していますが、アンチ戦争屋の多いハリウ

ッドがこの映画に賞を与えるのは当然です。



3.2008年の米大統領選の行方

 今回のノーベル平和賞受賞決定直後、アル・ゴア氏へのインタビュー報道によれば、ノー

ベル平和賞を獲ったからといって、次期大統領選に出馬する予定はないが、100%それを否定

はしないとのことです。つまり今後の情勢次第で出馬する可能性が残されています。筆者の

予想では、意外にその可能性は高いと思います。これにもっとも困るのはブッシュ大統領で

はなく、ヒラリー・クリントン次期大統領候補ではないでしょうか。仮に、来年ゴア大統領

が実現したら、副大統領はヒラリーとなるでしょう。いずれにしても、もし、ゴア氏が出馬

すれば、彼に勝てそうな共和党候補は出てこないような気がします。つまりポスト・ブッシ

ュは民主党政権に交替する確率が非常に高まったということです。



4.小泉前首相:ノーベル平和賞実現せず

 ところで今年のノーベル平和賞は小泉前首相がもらうのではないかと、筆者は密かに予想

していました。なぜなら、小泉前首相を世紀の恩人と仰ぐトヨタがその活動を熱心に行って

いると思っていたからです(注2)。今回、アル・ゴア氏の予想以上の活躍がなかったら、

小泉首相がノーベル平和賞もらっていた可能性を否定できません。

 なぜなら、国連とならんでノーベル賞も、水面下では世界的寡頭勢力にある程度、牛耳ら

れていると筆者は想像しているからです。その根拠は1974年、日本国の元首相であった佐藤

栄作氏がノーベル平和賞を受賞している点にあります。その表向きの受賞理由は沖縄返還と

抱き合わせでの「日本の非核三原則」を実現した功績ということになっています。ところが

2007年10月7日の読売新聞によれば、受賞当時、ニクソン大統領と佐藤首相の間で、有事にお

いて沖縄を含む日本の米軍基地に米軍の核兵器持ち込みを認める密約が交わされていたこと

を示す米公文書が発見されたとのことです。筆者からみれば、ああ、やっぱりそうかという

程度でまったく驚きません。自衛隊のインド洋での無償給油がイラク戦争向けの米艦船に行

われていたのではないか(日米主従関係からみて当たり前)という程度の疑惑レベルです。

 さて佐藤元首相のノーベル平和賞の真の受賞理由とは何でしょうか。それは非核三原則

(核を持たない、作らない、持ち込ませない)のうち「日本は核を持たない」という公約に

あると思います。これならば日本の技術経営力(核製造力を含む)に脅威を抱く世界的寡頭

勢力を喜ばしますから・・・。一方、小泉前首相がもし今年、ノーベル平和賞をもらってい

たらどうでしょうか。その受賞理由は、表向き、日朝共同宣言(ピョンヤン宣言)あたりで

しょうか。一方、ウラの真の受賞理由は、郵政民営化の実現により、ノーベル賞委員会の背

後に控える世界的寡頭勢力の所有する国際金融資本に日本国民の国富を明け渡した功績とい

うことでしょう。彼の売国的行為をお人好し日本国民から隠蔽するのに、ノーベル平和賞は

打って付けのカムフラージュです。2007年10月1日より小泉前首相念願の郵政民営化がスター

トしましたが、今まだ、お人好し日本国民の大半が小泉前首相に騙されたことに明確に気づ

いていません。しかしながら来年の今頃、化けの皮がはがれ始めたころ、ノーベル平和賞が

いよいよ小泉前首相に手渡されるかもしれません。



注1:ベンチャー革命No.221『不都合な真実:アル・ゴアの復讐』2007年2月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr221.htm


注2:ベンチャー革命No.230『小泉シンクタンク:トヨタのスモールギフト』2007年5月13日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr230.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm





戦争は民間会社を潤す(国益に適う)??。

It’s the Oil

Jim Holt





London Review of Books


Iraq is ‘unwinnable’, a ‘quagmire’, a ‘fiasco’: so goes the received opinion. But there is good reason to think that, from the Bush-Cheney perspective, it is none of these things. Indeed, the US may be ‘stuck’ precisely where Bush et al want it to be, which is why there is no ‘exit strategy’.


Iraq has 115 billion barrels of known oil reserves. That is more than five times the total in the United States. And, because of its long isolation, it is the least explored of the world’s oil-rich nations. A mere two thousand wells have been drilled across the entire country; in Texas alone there are a million. It has been estimated, by the Council on Foreign Relations, that Iraq may have a further 220 billion barrels of undiscovered oil; another study puts the figure at 300 billion. If these estimates are anywhere close to the mark, US forces are now sitting on one quarter of the world’s oil resources. The value of Iraqi oil, largely light crude with low production costs, would be of the order of $30 trillion at today’s prices. For purposes of comparison, the projected total cost of the US invasion/occupation is around $1 trillion.


Who will get Iraq’s oil? One of the Bush administration’s ‘benchmarks’ for the Iraqi government is the passage of a law to distribute oil revenues. The draft law that the US has written for the Iraqi congress would cede nearly all the oil to Western companies. The Iraq National Oil Company would retain control of 17 of Iraq’s 80 existing oilfields, leaving the rest ? including all yet to be discovered oil ? under foreign corporate control for 30 years. ‘The foreign companies would not have to invest their earnings in the Iraqi economy,’ the analyst Antonia Juhasz wrote in the New York Times in March, after the draft law was leaked. ‘They could even ride out Iraq’s current “instability” by signing contracts now, while the Iraqi government is at its weakest, and then wait at least two years before even setting foot in the country.’ As negotiations over the oil law stalled in September, the provincial government in Kurdistan simply signed a separate deal with the Dallas-based Hunt Oil Company, headed by a close political ally of President Bush.


How will the US maintain hegemony over Iraqi oil? By establishing permanent military bases in Iraq. Five self-sufficient ‘super-bases’ are in various stages of completion. All are well away from the urban areas where most casualties have occurred. There has been precious little reporting on these bases in the American press, whose dwindling corps of correspondents in Iraq cannot move around freely because of the dangerous conditions. (It takes a brave reporter to leave the Green Zone without a military escort.) In February last year, the Washington Post reporter Thomas Ricks described one such facility, the Balad Air Base, forty miles north of Baghdad. A piece of (well-fortified) American suburbia in the middle of the Iraqi desert, Balad has fast-food joints, a miniature golf course, a football field, a cinema and distinct neighbourhoods ? among them, ‘KBR-land’, named after the Halliburton subsidiary that has done most of the construction work at the base. Although few of the 20,000 American troops stationed there have ever had any contact with an Iraqi, the runway at the base is one of the world’s busiest. ‘We are behind only Heathrow right now,’ an air force commander told Ricks.


The Defense Department was initially coy about these bases. In 2003, Donald Rumsfeld said: ‘I have never, that I can recall, heard the subject of a permanent base in Iraq discussed in any meeting.’ But this summer the Bush administration began to talk openly about stationing American troops in Iraq for years, even decades, to come. Several visitors to the White House have told the New York Times that the president himself has become fond of referring to the ‘Korea model’. When the House of Representatives voted to bar funding for ‘permanent bases’ in Iraq, the new term of choice became ‘enduring bases’, as if three or four decades wasn’t effectively an eternity.


But will the US be able to maintain an indefinite military presence in Iraq? It will plausibly claim a rationale to stay there for as long as civil conflict simmers, or until every groupuscule that conveniently brands itself as ‘al-Qaida’ is exterminated. The civil war may gradually lose intensity as Shias, Sunnis and Kurds withdraw into separate enclaves, reducing the surface area for sectarian friction, and as warlords consolidate local authority. De facto partition will be the result. But this partition can never become de jure. (An independent Kurdistan in the north might upset Turkey, an independent Shia region in the east might become a satellite of Iran, and an independent Sunni region in the west might harbour al-Qaida.) Presiding over this Balkanised Iraq will be a weak federal government in Baghdad, propped up and overseen by the Pentagon-scale US embassy that has just been constructed ? a green zone within the Green Zone. As for the number of US troops permanently stationed in Iraq, the defence secretary, Robert Gates, told Congress at the end of September that ‘in his head’ he saw the long-term force as consisting of five combat brigades, a quarter of the current number, which, with support personnel, would mean 35,000 troops at the very minimum, probably accompanied by an equal number of mercenary contractors. (He may have been erring on the side of modesty, since the five super-bases can accommodate between ten and twenty thousand troops each.) These forces will occasionally leave their bases to tamp down civil skirmishes, at a declining cost in casualties. As a senior Bush administration official told the New York Times in June, the long-term bases ‘are all places we could fly in and out of without putting Americans on every street corner’. But their main day-to-day function will be to protect the oil infrastructure.


This is the ‘mess’ that Bush-Cheney is going to hand on to the next administration. What if that administration is a Democratic one? Will it dismantle the bases and withdraw US forces entirely? That seems unlikely, considering the many beneficiaries of the continued occupation of Iraq and the exploitation of its oil resources. The three principal Democratic candidates ? Hillary Clinton, Barack Obama and John Edwards ? have already hedged their bets, refusing to promise that, if elected, they would remove American forces from Iraq before 2013, the end of their first term.


Among the winners: oil-services companies like Halliburton; the oil companies themselves (the profits will be unimaginable, and even Democrats can be bought); US voters, who will be guaranteed price stability at the gas pump (which sometimes seems to be all they care about); Europe and Japan, which will both benefit from Western control of such a large part of the world’s oil reserves, and whose leaders will therefore wink at the permanent occupation; and, oddly enough, Osama bin Laden, who will never again have to worry about US troops profaning the holy places of Mecca and Medina, since the stability of the House of Saud will no longer be paramount among American concerns. Among the losers is Russia, which will no longer be able to lord its own energy resources over Europe. Another big loser is Opec, and especially Saudi Arabia, whose power to keep oil prices high by enforcing production quotas will be seriously compromised.


Then there is the case of Iran, which is more complicated. In the short term, Iran has done quite well out of the Iraq war. Iraq’s ruling Shia coalition is now dominated by a faction friendly to Tehran, and the US has willy-nilly armed and trained the most pro-Iranian elements in the Iraqi military. As for Iran’s nuclear programme, neither air strikes nor negotiations seem likely to derail it at the moment. But the Iranian regime is precarious. Unpopular mullahs hold onto power by financing internal security services and buying off elites with oil money, which accounts for 70 per cent of government revenues. If the price of oil were suddenly to drop to, say, $40 a barrel (from a current price just north of $80), the repressive regime in Tehran would lose its steady income. And that is an outcome the US could easily achieve by opening the Iraqi oil spigot for as long as necessary (perhaps taking down Venezuela’s oil-cocky Hugo Chávez into the bargain).


And think of the United States vis-à-vis China. As a consequence of our trade deficit, around a trillion dollars’ worth of US denominated debt (including $400 billion in US Treasury bonds) is held by China. This gives Beijing enormous leverage over Washington: by offloading big chunks of US debt, China could bring the American economy to its knees. China’s own economy is, according to official figures, expanding at something like 10 per cent a year. Even if the actual figure is closer to 4 or 5 per cent, as some believe, China’s increasing heft poses a threat to US interests. (One fact: China is acquiring new submarines five times faster than the US.) And the main constraint on China’s growth is its access to energy ? which, with the US in control of the biggest share of world oil, would largely be at Washington’s sufferance. Thus is the Chinese threat neutralised.


Many people are still perplexed by exactly what moved Bush-Cheney to invade and occupy Iraq. In the 27 September issue of the New York Review of Books, Thomas Powers, one of the most astute watchers of the intelligence world, admitted to a degree of bafflement. ‘What’s particularly odd,’ he wrote, ‘is that there seems to be no sophisticated, professional, insiders’ version of the thinking that drove events.’ Alan Greenspan, in his just published memoir, is clearer on the matter. ‘I am saddened,’ he writes, ‘that it is politically inconvenient to acknowledge what everyone knows: the Iraq war is largely about oil.’


Was the strategy of invading Iraq to take control of its oil resources actually hammered out by Cheney’s 2001 energy task force? One can’t know for sure, since the deliberations of that task force, made up largely of oil and energy company executives, have been kept secret by the administration on the grounds of ‘executive privilege’. One can’t say for certain that oil supplied the prime motive. But the hypothesis is quite powerful when it comes to explaining what has actually happened in Iraq. The occupation may seem horribly botched on the face of it, but the Bush administration’s cavalier attitude towards ‘nation-building’ has all but ensured that Iraq will end up as an American protectorate for the next few decades ? a necessary condition for the extraction of its oil wealth. If the US had managed to create a strong, democratic government in an Iraq effectively secured by its own army and police force, and had then departed, what would have stopped that government from taking control of its own oil, like every other regime in the Middle East? On the assumption that the Bush-Cheney strategy is oil-centred, the tactics ? dissolving the army, de-Baathification, a final ‘surge’ that has hastened internal migration ? could scarcely have been more effective. The costs ? a few billion dollars a month plus a few dozen American fatalities (a figure which will probably diminish, and which is in any case comparable to the number of US motorcyclists killed because of repealed helmet laws) ? are negligible compared to $30 trillion in oil wealth, assured American geopolitical supremacy and cheap gas for voters. In terms of realpolitik, the invasion of Iraq is not a fiasco; it is a resounding success.


Still, there is reason to be sceptical of the picture I have drawn: it implies that a secret and highly ambitious plan turned out just the way its devisers foresaw, and that almost never happens.


それはオイルです。

ジム・ホールト

本のロンドンレビュー

イラクでは‘勝ち取れない’、‘沼地’、‘大失敗’です:

従って、一般に容認された意見である。

しかし、ブッシュ・チェイニーのパースペクティブから、それがこれらのどれでもないと思う正当な理由があります。

実に、ブッシュその他が石油があってほしい所で、米国は、正確に、‘突き刺されます’であるかもしれません(なぜ無のか‘出口戦略’は)。

イラクは1150億バレルの既知の石油埋蔵量を持っています。

それは米国で合計の5倍より多いです。

そして、その長い隔離のため、それは世界の石油資源に恵まれた国家について最も探究されます。

ほんの2000の井戸が国全体を横切って掘削されています;

アメリカのテキサスだけで、百万があります。

イラクがさらに2200億バレルの未発見石油を持つかもしれないことは外交問題評議会によって概算されています;

別の研究は数値を3000億と見積もられます。

これらの見積りが的に近いならば、米国軍は現在世界の石油資源の4分の1に座っています。

イラクのオイル(低い生産費を持つ主として軽い原油)の価値は今日の価格で30兆ドルのオーダーをもっているでしょう。

比較して、米国侵略/職業の計画された総費用は約1兆ドルです。

誰がイラクのオイルを得るでしょうか?

イラクの政府のためにブッシュ政権の‘ベンチマーク’のそれは、オイル収益を配布する法律の制定です。

米国がイラクの議会のために書いた法案はほとんどすべてのオイルを西洋の会社に譲渡するでしょう。

イラク全国石油会社は、30年の間外国の企業のコントロール下で発見されたオイル?であること、まだすべてを含む休息?に任せて、イラクの80の既存の油田の17のコントロールを保持するでしょう。

法案が漏洩した後に、‘外国企業は、それらの収益をイラクの経済に投資する必要がないでしょう’とアナリスト アントニアJuhaszは3月にニューヨーク・タイムズで書きました。

オイル法の交渉としての、‘彼らは、現在契約にサインする一方、イラクの政府が最も弱いところにあることによってイラクの現在の「不安定さ」を乗り切り、それから国で設定される少なくとも2年前に待ちさえすることさえできました。’9月に行き詰まり、クルジスタン州政府は単にダラスを本拠とするハント石油会社との別個の取引にサインし、ブッシュ大統領の親密な政治組織によって向かいました。

どのように米国はイラクのオイルの覇権を維持するでしょうか?

イラクで永久的な軍事基地を設立することによって。

5つの自給自足の‘スーパーベース’が完成の様々な段階にあります。

すべてはよく、ほとんどの死傷者数が起こった都市部から離れています。

これらのベースを報告しているものがアメリカプレスの中にほとんどありませんでした(イラクの特派員の隊は危険な状態のため自由にその漸減を移動させることができません)。

(護衛部隊なしで緑地帯を去ることは勇敢なレポーターを必要とします。)

昨年の2月に、ワシントン・ポスト・レポーター トーマス・リックスはバグダッドの40マイル北の1つのそのような施設、Balad空軍基地を説明しました。

イラクの砂漠の中央のアメリカ郊外の(よく強化されている)断片、Baladは、ファーストフードの売店、ベースで建設工事のほとんどをしたハリバートン子会社にちなんで名付けられた‘KBR土地’の間のミニチュアゴルフコース、フットボール場、映画、および別個の地域を持っています。

そこに配置された20,000のアメリカ軍のほとんどはこれまでにイラクとのどのような接触も持っていたことがないけれども、ベースの滑走路は世界の最も忙しいものの1つです。

リックスに、‘私達はちょうど今ヒースロー(忙しい)の後ろにいます’と空軍司令官は言いました。

国防省はこれらのベースについて最初内気でした。

2003年に、ドナルド・ラムズフェルトは言いました:

‘私は一度も持っていない、私が、聞かれて、どのようなミーティングにおいてでも議論されたイラクでパーマの主題がの基礎に相当しているのを思い出すことができるという’ブッシュ政権が、数年、数十年のさえ間アメリカ軍をイラクに配置することについて公然と論じはじめたこの夏。

ホワイトハウスへの何人かの訪問者は、ニューヨーク・タイムズに、大統領自身が、‘韓国モデル’を参照することを好んだと言いました。

下院がイラクの‘永久基地’のためにバー出資に投票した時に、3、40年が効果的で長時間ではなかったかのように、選りすぐりの新しい用語は‘長持ちベース’になりました。

しかし、米国は、イラクに不明確な軍事的存在を維持することができるでしょうか?

それは、もっともらしく論理的根拠を、文民の衝突が煮えたぎる限りまたは便利に‘アルカイダ’が根絶される時に、自身を焼き付けるすべての小集団までそこに滞在すると主張するでしょう。

宗派の摩擦のために表面積を減らして、シーア派、スンニ派、およびクルド人が別個の飛び地の中に引っ込む時と軍事的指導者が地方自治体を統合する時に、内戦は徐々に強度を失うかもしれません。

事実上のパーティションはその結果になるでしょう。

しかし、このパーティションは決して正当になることができません。

(北の独立なクルジスタンはトルコを転覆させるかもしれず、東の独立なシーア派地域はイランの衛星になるかもしれず、西の独立なスンニ派地域はアルカイダをかくまうかもしれません。)

このBalkanisedイラクを統轄することはバグダッドで弱い連邦政府になるであろうし、たった今構成されたのであった国防総省スケール米国大使館によって支えられて、監督されて、緑色は緑地帯の中で帯状になっています。

米国の数について、‘彼の頭の中’彼が、5つの戦闘旅団(現在の数(それは、サポート人員とともに、たぶん等しい数の金銭ずくな契約者によって伴われているまさしくその最小で35,000の軍を意味するでしょう)の4分の1)から成ることとして長期が強制するのを見た9月の終わりの議会を教えられて、軍は恒久的にイラク、国防長官により配置しました、ロバート・ゲイツ。

(5つのスーパーベースがそれぞれ10~2万の軍を適応させることができるので、彼は謙虚さの側で罪を犯していたかもしれません。)

これらの力は、死傷者数における下落するコストで文民のこぜりあいを突き固めるために時々それらの主成分を置いていくでしょう。

シニアのブッシュ政府関係者が6月にニューヨーク・タイムズに話した時に、長期は、‘すべて、私達が、アメリカ人をすべての街角に置かずに、そして飛行機で到着することができたところです。’の基礎に相当しています。

しかし、それらの主要な日常的な機能は、オイルインフラストラクチャーを保護することであるでしょう。

これは、ブッシュ・チェイニーが、次の政権に伝えようとしている‘めちゃくちゃ’です。

その政権が民主主義のものであったらば、それはベースを解体し、完全に米国軍を撤収するでしょうか?

イラクの引き続いての占領とその石油資源の利用の多くの受益者を考慮して、それはありそうにないようです。

3人の主要な民主党の立候補者ヒラリー・クリントン、Barackオバマで、そしてジョン・エドワーズは、選ばれるならば、それらがアメリカ軍を2013年以前のイラク(それらの最初の用語の終わり)から取り除くであろうということを約束することを断ってすでに両賭けをしました。

勝者の間:

ハリバートンのようなオイルサービス会社;

石油会社自身(利益は想像できないようになるであろうし、民主党さえ買うことができます);

ガスポンプ(時々、彼らが気にするすべてであるようです)で保証価格安定性になるであろう米国有権者;

両方とも世界の石油埋蔵量のそのような大部分の西洋のコントロールから利益を得るであろうし、リーダーが従って永久的な職業を見て見ぬふりをするであろうヨーロッパと日本;

そして、奇妙に、サウード家の安定性以来の十分(二度と再びメッカとメディナの聖地を冒涜している米国軍を心配する必要がないであろうオサマ・ビンラディン)はもうアメリカ懸念の間で最高にならないでしょう。

ロシアが、敗者の間にあります。それはもう支配することができません ヨーロッパのそれ自身のエネルギー資源 。

別の大きな敗者はOpecと特にサウジアラビアです(生産割当てを実施することによって原油価格を高くしておくそのパワーはひどく損われるでしょう)。

そして、イランのケースがあります(それはより複雑です)。

短期に、イランはイラク戦争でまったくうまく儲けました。

イラクの支配シーア派連立は現在テヘランに友好的な派閥によって支配されて、米国はイラクの軍隊の中でいやおうなしに最も多くの親イラン人要素を武装させて、訓練しました。

イランの原子力計画について、空襲と交渉のどちらも、ちょうどそれを脱線させそうであるようではありません。

しかし、イラン政権は不安定です。

治安サービスに資金提供し、オイル・マネーによってエリートを買収することによって、不人気な師はパワーの上にしがみつきます(それは政府収入の70パーセントを占めています)。

オイルの価格が突然、例えば1バレル(80ドルのちょうど北の現行価格からの)あたり40ドルに下がったならば、テヘランの抑圧的な政権はその安定した収入を失うでしょう。

そして、それは、米国が、必要である(たぶん契約の中にベネズエラのオイルがなまいきなヒューゴ・チャベスを落とします)のと同じくらいの長い間イラクのオイル栓を開くことによって容易に達成することができた結果です。

そして、米国に向かい合う中国人について考えてください。

私達の貿易赤字の結果として、借金(アメリカ財務省債券における含む4000億ドル)と命名された約兆ドル分の米国は中国によって保持されます。

これはワシントンの上で巨大な影響力を北京に与えます:

米国借金の大きなかなりの量を荷下しすることによって、中国はアメリカ経済をひざまずかせることができました。

中国自身の経済は公式な数値によると、1年に10パーセントで拡大しています。

いくつかが信じられるので、実際の数値が4または5パーセントにより近くても、中国の増大する重量は米国の利益にとって脅威となります。

(1つの事実:中国は米国より5倍速く新しい潜水艦を取得しています。)

そして、中国の成長の主要な強制は、世界のオイルの最も大きなシェアをコントロールする米国とともに、主としてワシントンの許容にあるであろうエネルギーへのアクセスです。

従って、中立化された中国の脅威です。

多くの人々はまだ、イラクを侵略し、占領することについて、正確に、ブッシュ・チェイニーを動かしたものによって当惑しています。

本のニューヨークレビューの9月27日号の中で、トーマスPowers(知能世界の最も抜け目ないウォッチャーの1人)は困惑の程度を認めました。

‘何が特に奇妙であるか’、彼は書き、『私は悲しんでいます』 彼は書き、誰もが知っているものを認めることが政治的に不便です:

‘イラク戦争は主としてオイルについてです’。

その石油資源のコントロールを取るためにイラクを侵略する戦略は実際チェイニーの2001年のエネルギー・タスク・フォースによって作り上げられましたか?

主としてオイルとエネルギーの会社エグゼクティブからなったそのタスク・フォースの審議が‘行政特権’のグラウンドの上の管理によって秘密にされて以来、ものは確かに知ることができません。

人は、オイルが主要な動機を供給したと確かに言うことができません。

しかし、何が実際イラクで起こったかを説明するとなると、仮説はまったく強力です。

職業は一見したところ恐ろしくやりそこなわれるようであるかもしれないけれども、『建国』へのブッシュ政権の尊大な態度はすべて を除いて 持ち、1つの必要条件あたりそのオイル富の抽出のための次の数十年の間イラクがアメリカの保護領として終わると保証しました。

米国が、それ自身の軍隊と警察によって効果的に安全を確保されたイラクで強く、民主的な政府をどうにかして作成し、当時、出発したならば、何が、その政府が中東のすべての他の政権のようなそれ自身のオイルのコントロールを取ることを妨げたでしょうか?

ブッシュ・チェイニー戦略がオイルセンタリング(団体、de-Baathificationを解散している戦術)であるという仮定の上で、内部移住を早めた最終的な‘急増’はほとんどより効果的でなかったかもしれません。

1ヶ月に数十億ドルはかかり、加えて、数十のアメリカ事故死(たぶん減少するであろうし、廃止されたヘルメット法のため殺された米国オートバイ乗りの数に匹敵しているどのような場合にででもある数値)は有権者のためにオイル富、保証付きのアメリカ地政学の優位、および安いガスにおける30兆ドルに比べて取るに足りない。

現実政策で、イラクへの侵略は大失敗ではありません;それは大成功です。

それでも、私が描いた絵について懐疑的な理由があります:

それは、まさに、その考案者が予感したその方法で、秘密で、非常に野心的な計画が外に出たことを暗示していて、それはほとんど決して起こりません。

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年10月8日


                           山本尚利


タイトル: 日経新聞:ものづくりキャンペーン転向か


?


1.ものづくり信仰論の挫折


 2007年10月8日付け日経新聞の経営の視点に、「ものづくり信仰」脱却の時というコラム(編集委員:小柳建彦氏)が載っています。同じ日の同紙に、日経ビジネス(日経BP)の広告が載っていますが、ここにも、ものづくり脱却的特集(「ものづくり大国」ニッポン幻想を捨てよ!)が組まれています。日経新聞系の日経BPは「日経ものづくり」という雑誌を発行しているし、日経産業新聞もものづくり企業中心に構成されています。その他、同系統の日刊工業新聞もものづくり企業関係者を購読対象に構成されています。産経新聞系の日本工業新聞は、フジサンケイビジネスアイと名称変更されて、すでに「脱ものづくり」を志向しているようにみえます。


 筆者は80年代後半から一貫して、ものづくり脱却論(ただし、ものづくり否定論ではない)を唱えてきました。21世紀日本は脱工業化社会を迎えているとみなせますので、当然の主張でしょう。筆者の「脱ものづくり」論とMOT(技術経営)教育の関連投稿記事は(注1)から(注11)に示すとおりです。


 ところで(注6)によれば、2004年8月時点の日経新聞はものづくり復興運動の急先鋒であったことがわかります。


 2007年10月の現時点において、日経新聞の「ものづくり立国キャンペーン」におけるスタンスは大きく変更されたのか、それとも、社内で議論が分かれているのかはまだ定かではありません。


 さて、上記の日経コラムによれば、小柳氏が「ものづくり信仰」脱却論を唱えるきっかけとなったのは、千葉幕張メッセで今年10月に開催された電子機器展示会CEATECジャパンと、米国ラスベガスで毎年1月に開催される国際ハイテク展示会CESの方向性があまりに違っているという印象を、同氏が強く抱いたことによります。


 なぜ、CEATECとCESでこのような乖離が生じているか、その原因は筆者にはクリーヤーに見えています。世界のハイテク企業は、脱工業化社会を前提にした技術戦略を模索しているのに対し、日本のものづくり企業に限って、工業化社会の技術戦略に固執しているということです。このことは(注1)、(注5)、(注11)の拙稿記事中心に繰り返し持論展開しています。


?


2.日本のハイテク企業は「脱ものづくり」をあきらめた?


 ところで日本のハイテク系ものづくり企業はこれまで、「脱ものづくり」に挑戦してこなかったでしょうか。そんなことはありません。2001年、松下電器は中村邦夫社長時代に「超・製造業」という経営戦略を打ち出したことがあります。日本のハイテク企業の中で、「脱ものづくり」にもっとも熱心であったのはソニーです。松下電器はソニーの後追いをしようとしたことがあります。ここで、決して誤解してならないことは、日本のものづくり企業のうち、とりわけハイテク系日本企業は米国モデル企業を見習って、90年代から「脱ものづくり」の願望を密かに抱いていたのは確かです。たとえば日本のIT企業のモデルであったIBMが90年代、ルイ・ガースナー時代、大胆な経営戦略転換を図り、ものづくり企業(ソフトよりハード重視)からソリューション企業(ハードよりソフト重視)に見事に変身を遂げたのですが、日本のIT企業の経営者は今でも、IBMの変身に強く影響されていることは確かです。


 にもかかわらず、2007年のCEATECで、日本のIT企業は、相変わらず横並びでフラットパネルテレビ技術体系を前面に押し出しているのはなぜでしょう。筆者の読みでは、90年代、日本のIT企業は日米ものづくり企業の技術経営ベンチマーキングを行い、「脱ものづくり」では米国コンペティターに到底、歯が立たないことを悟ったのではないでしょうか。その結果が、2007年のCEATECジャパンだったということです。さらに始末が悪いことに、職人芸的ものづくりに徹したことが奏功して、近年、産業景気が回復してしまったのです。そこで、日本のIT企業経営者は「脱ものづくり」をあきらめて、ハード一本やりの職人芸的ものづくりに徹したことは正解(結果オーライ)だったと自画自賛している可能性すらあります。


?


3.21世紀日本のものづくり立国キャンペーンの功罪


 90年代半ば以降、インターネット普及に比例して米国シリコンバレー中心に全米でハイテク企業が台頭してきました。21世紀になってハイテクベンチャー主導型の新事業創造において日本企業は米国新興企業に歯が立たないことが明らかになったのです。当時、構造不況に苦しんでいた日本製造業の経営者にとって、産官学共同路線のものづくり立国キャンペーンは「溺れる者は藁をも掴む」ことわざではありませんが、一抹の救い(自己正当化)となったのは事実です。そして日本製造業のものづくり回帰がいっそう強まりました。超・製造業戦略を掲げていた松下電器は、リストラが一巡するや真っ先にものづくり企業に回帰してしまいました。他の日本企業も大同小異でした。この一連のものづくり立国キャンペーンとMOT(技術経営)ブームはほぼ同時に到来しています。新たに設置されたMOT専門職大学院は、ものづくり立国に不可欠の人材教育システムとみなされていました。


 人間とは元来、弱い動物であり、行き詰ったとき、誰かに、無理しなくて良いのだよと、耳元で囁かれたら、ひとたまりもありません。たちまち、安易な道を選んでしまいます。この結果、上記、小柳氏が、今日、指摘するとおりとなったわけです。この責任の一端は、小柳氏の所属する日経新聞にもあると思います。今頃、脱ものづくりを唱えてもすでに手遅れの感があることは否めません。


?


4.米国覇権主義者の高笑いが聞こえる


 今日の日本のハイテク企業は、ものづくり立国キャンペーンで自己満足している間に、米国コンペティターから大きく後れを取ってしまいました。国家技術戦略を専門とする産官学の米国覇権主義者が、しめしめうまくいったと陰で高笑いしている情景が目に浮かびます。ジャパンハンドラーのひとり、エズラ・ボーゲル、ハーバード大名誉教授の著作「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(1979年)に代表されるように、戦後の日本企業の技術経営力の台頭に脅威を抱いた米国覇権主義者の対日攻略の長期戦略の第一歩は「ほめ殺し」作戦でした。日本の品質マネジメント(TQM)は世界一だと、長いことおだてられてきました。その延長線上に、今日のものづくり立国キャンペーンが存在するわけです。米国覇権主義者は日本の一部のものづくり経営の研究者をおだてあげて、日本にものづくり至上主義を蔓延させることにまんまと成功したのです。そして米国覇権主義者からみて、ハイテク系先進技術領域(覇権技術体系)からはずれる自動車(普及型燃焼エンジン車)産業、すなわち軍事・航空宇宙系ハイテクから棚卸しされたセコハン技術体系と、重厚長大型重化学産業、一般消費財産業などの伝統的な成熟技術体系に、日本製造業を封じ込めることに成功しました。たとえば、日本のIT企業の代表格、東芝が原子力プラント事業を再強化することは、彼らにとって許容範囲なのです。


 一方、21世紀日本でものづくり立国キャンペーンが盛んになるにつれて、米国覇権主義者にとって覇権技術領域である半導体産業の先進技術分野では、不思議なことに、日本企業がどんどん追いやられていったことは記憶に新しいところです。


 さて日本の技術経営(MOT)の研究・教育に関して、おもしろい「ねじれ現象」がみられます。それは東京大学に存在します。東大の経済学部にはものづくり経営(伝統的MOT)の研究拠点があります。ところが、東大工学系大学院に新たに設置された技術経営戦略専攻は、どちらかといえばハイテク系の先進型MOTとなっています。さらにおもしろいことに、東大経済学部はものづくり経営の研究をしている傍らで、シュンペーターのイノベーション理論の研究が行われています。これも、実におもしろい現象です。本来ならば、シュンペーター理論の研究を行う学部が先進型MOTを研究するのが自然です。


?


5.米国覇権主義者による対日ハラスメントという視点


 安富歩・本條晴一郎[2007]『ハラスメントは連鎖する』光文社新書によれば、ハラスメントとは、「人格に対する攻撃」と「人格に対する攻撃に気がついてはいけないという命令」という二つのメッセージの合わせ技であると定義できるそうです。このハラスメント論を日米関係に適用してみると、戦後の米国覇権主義者のうちジャパンハンドラーが日本国民に対して行ってきた行為はハラスメントそのものととらえることができるような気がします。たとえば、ジャパンハンドラー(加害者)は戦後日本のハイテク企業(被害者)が、米国の覇権技術分野において米国のコンペティターを追い抜くことが絶対にないようにあらゆる攻略を仕掛けてきました(注12)。ハラスメント論では、このジャパンハンドラーの対日攻略は、日本企業にも日本国民にも気づかれてはならないのです。そこで、彼らは「ほめ殺し」作戦をとってきたということです。そしてわれわれはまんまと嵌められたということです。


 この意味で、日本のハイテク企業の技術経営者は、ハラスメント論など非技術的学問を修得しないと国際競争に勝ち残れないといえそうです。


?


注1:ベンチャー革命No.029『日本大企業の経営者は工業化社会の遺物か』2002年12月1日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr029.htm
 


注2:ベンチャー革命No.040『日本勢の競争力はなぜ低下したか』2003年7月17日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr040.htm
 


注3:ベンチャー革命No.067『日本におけるMOT(技術経営)教育の行方』2004年3月28日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr067.htm
 


注4:ベンチャー革命No.087『MOT論争の二項対立激化の予感』2004年6月16日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr087.htm
 


注5:ベンチャー革命No.097『ものつくり論にもの申す』2004年7月22日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr097.htm
 


注6:ベンチャー革命No.109『メイドインジャパン復興はめでたいことか』2004年8月20日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr109.htm
 


注7:ベンチャー革命No.130『日本のMOTはブームで終わるか』2004年11月28日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr130.htm
 


注8:ベンチャー革命No.137『MOTと成果主義』2005年1月3日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr137.htm
 


注9:ベンチャー革命No.138『日本におけるMOTのルーツ』2005年1月4日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr138.htm
 


注10:ベンチャー革命No.147『ぐちゃぐちゃになったMOT教育コンセプト』2005年2月9日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr147.htm
 


注11:ベンチャー革命No.191『ものづくり優良企業ほど日本を滅ぼす?』2006年5月4日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr191.htm
 


注12:山本尚利[2003]『日米技術覇権戦争』光文社


?


山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp
 


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm
 




アメリカ合衆国、英国、イスラエルはちょうど植民地です

United States, Britain, Israel are Just Colonies


October 2, 2007


devilfish.jpg?

By Henry Makow Ph.D.



Hardly a day goes by without a new article on the Internet blaming the Israel Lobby and neo-cons?for the war in Iraq.


The power of the Jewish neo-cons is analogous to that of? Communist Jews?in the FDR era. Caroll Quigley wrote, "the power that these energetic left-wingers exercised was never their own power or Communist power but was ultimately the power of the international financial coterie." (Tragedy and Hope, p.954)


In my review of "The Red Dragon" last week
, I presented the hypothesis that there is only one imperial power in the world: the central banking cartel. Because it creates money out of nothing, it is obliged to buy everything it can. It hides behind the mask of British, American, French or Japanese imperialism, Nazism, Zionism, Communism, etc. but essentially the same people instigate and finance all wars, and profit from them, at the expense of humanity.


The fundamental agenda appears to be that of the "The Protocols of Zion" (a "forgery" with amazing prescient power) "to undermine all collective forces not our own" by which they mean all?nations, races, religions and family. They?intend to sow chaos until an exasperated and?exhausted humanity succumbs to their world "super government."


According to Red Dragon author?L.B. Woolfolk, this?ethnic-Jewish dominated "Money Power," operating through the Bank of England and?countless corporate fronts, tied up?most of the world's wealth as?early as 1864.?


They are colonizing the world, including the so-called imperialist powers. The most draconian repressive measures are taking place in England, the headquarters of this?cabal. They created Israel not as a Jewish homeland but?as?seat of their future Masonic world government. They instigated the Holocaust to force Jews to support Israel.?They may have used the Holocaust to?mask the true character of WWII: an attack on??Christian European civilization in general by a satanic heretical?Jewish sect (the bankers) . They owned I.G. Farben , the backbone of the Nazi war machine, which used Jewish slave labor at Auschwitz.


The US has been a colony of this financial power for a long time. In 1919, Col. Edward House, a Rothschild agent, spoke of using the League of Nations for the [quote] "peaceful return of the American colonies to the dominion of the Crown." House writes: "The League is in substance the Empire with America admitted on the same basis as our other colonies."?


The "Crown"?is a euphemism for this private cartel. Col. House boasts that the "Crown" used U.S. Treasury loans intended for war purposes to buy up oil fields in California, Mexico and Latin America.


"The war has made us custodians of the greater part of the world's raw materials... [We] now largely control the oil fields of the world and thereby the world's transportation and industry."




WE?HAVE BEEN COLONIZED


According to Wikipedia, "colonising nations generally dominate the resources, labor, and markets of the colonial territory, and may also impose socio-cultural, religious and linguistic structures on the conquered population."


We have not been invaded by a foreign army but by foreign capital. As Col. House intimates, they own a controlling interest in industry, and have used that position to buy the politicians, the media and education.


House described how their "entire system of thought control" was working relentlessly for the adoption of the League. But he could be referring to the Iraq War, Global Warming, the EU, or North American Union, today. I urge you to read this document
because their tactics haven't changed.


Back in 1919, Col. House used Canadians and Brits to persuade Americans to join the League. He also used the elite-sponsored YMCA, Red Cross, and Salvation Army.


"The League's praises are thundered by our press, decreed by our college presidents, and professed by our professors. Our authors, writers and lecturers are analysing its selected virtues... we have enlisted 8000 propagandists for the League. We have organized international and national synods, committees, conferences, convocations, conventions, councils...to herald the birth of the League as the dawn of universal peace."


"Agriculturalists, bankers, brokers, accountants, chemists, and all other functional groups capable of exerting organized professional, business, financial or social pressure are meeting to endorse the League in the name of peace, progress and prosperity...Our film concerns are preparing an epoch-making picture..."


"In short, our entire system of thought control is working ceaselessly, tirelessly, ruthlessly, to ensure the adoption of the League. And it will be adopted, for business wants peace, the righteous cannot resist a covenant, and the politicians, after shadow boxing for patronage purposes, will yield valiantly [is this a threat?] lest the fate of the wanton and wilful pursue them."


COLONIZATION OF THE MIND:?FAST FORWARD


Today, the bankers are fomenting war between Zionism and Islam as part of?their world colonization?plan. Iran is being targeted for its oil wealth, independence?and belief in God.


As in the past, they use all available means of "thought control," Jewish or non-Jewish. Most people can be tricked by a slogan or bought for?the price of a steady job.


Because?they control the?media, neo-cons haven't felt the wrath of the American people for Iraq;?and?are beating the drums for war with Iran.


Recently, the President of Iran was a guest speaker at Columbia University where angry Zionists picketed him. The President of the University, Lee Bolinger, called him "an evil petty dictator." Bollinger, who is a Zionist, apparently cleared his speech with the Israel Lobby.


Here is an example of how a university supposedly dedicated to truth has been subverted by organized Jewry?to foment war.?Throughout history, organized Jewry has?been accused of being a Fifth Column.?Unorganized Jewry needs to?repudiate Organized Jewry!


Of the eight Ivy League universities, only Dartmouth has a President who is a white non-?Jewish male. Four have Jewish presidents. The other three have militant feminists. (Feminism, today's version of Communism, envisages a total transformation of society.)


Let's see how this "system of thought control" works. At Princeton, Shirley Tilghman succeeded Judith Rodin, a Jewish feminist who is now President of the Rockefeller Foundation.


Tilghman is not Jewish but, according to an alumnus,
she "has pursued an activist feminist agenda to remake Princeton into a liberal paradise ...Princeton is rife with political correctness, multiculturalism, and liberal groupthink."


In 1945, Dartmouth president Ernest M. Hopkins declared
that his "is a Christian college founded for the Christianization of its students." In the 1970s and 1980s, Dartmouth entrusted "the Christianization of its students" to two Jewish presidents. In the 1990s, Harvard and Yale also selected presidents with Jewish backgrounds. By 1993, Jews headed five of the eight Ivy League institutions prompting some wags to refer to the "Oy Vei" League.


Whether it's education, media or business, the central bankers?appear to regard Jews are?trustworthy agents. This is not a racial thing. Jews that forget their task are fired. For example, Lawrence Sommers , the President of Harvard was replaced by a desiccated? feminist (non-Jewish) after he dared to opine that men?had?superior scientific?ability.


Of course the Freemasons are a prime example of a largely non-Jewish organization secretly devoted to subverting Western Civilization. In England, they have spawned a "charity" called "Common Purpose"
which has recruited prominent people (educators, judges, cops, churchmen) entrusted?to uphold democracy, sovereignty?and the rule of law?to undermine all three. They are run out of the office of the Deputy Prime Minister of the UK!


CONCLUSION


The New World Order is an extension of the imperialism of the "Crown", a clique of Jewish bankers and their Gentile accomplices devoted to "absorbing the wealth of the world" (in Cecil Rhodes words) and enslaving the human race.


We are being colonized by this financial power. The bogus "War of Terror" obviously is directed against?us. It is the?naked fist?of this imperialism. Our jobs?and resources are exported. Illegal aliens are imported to divide our poltical culture and dilute our job market. The education system is used for mass indoctrination. News is controlled. Entertainment is filled with trivia, drugs, violence?and pornography. Obviously our masters wish to arrest our development.


In every colonial situation, the political and cultural elite?consists of people who serve the occupying power. Thus,?let's judge people not by their race, but by the service they perform for the invisible invader. And?let's not?confuse them with the real imperialist "Money Power."


The sooner we see ourselves as colonized, the sooner we can?declare our independence.

----


アメリカ合衆国、英国、イスラエルはちょうど植民地です


ヘンリーメイコウ博士によって


日々イラクで戦争でイスラエルLobbyとネオコンを非難しているインターネットに関する新しい記事なしで経ちません。


ユダヤ人のネオコンの力は、FDR時代に共産党員ユダヤ人のそれに類似しています。「これらの精力的な左翼が働かせた力は、決して彼ら自身の力または共産主義大国でなくて、最後に国際的財政的グループの勢力でした。」と、キャロルキグリーが書きました。(悲劇とホープ(954ページ))


先週「Red Dragon」の私のチェックにおいて、私は1つの帝国の力だけが世界にあるという仮説を提示しました:中心銀行業務カルテル。それが何からもお金を生み出さないので、それはそれがそうすることができるすべてを買わなければならないです。それは英国であるか、アメリカであるか、フランスであるか、日本の帝国主義、ナチズム、シオニズム、共産主義、その他のマスクの後で隠れます、しかし、基本的に、人類の代価で、同じ人々はすべての戦争を扇動して、資金を出して、彼らで利益を得ます。


課題が「シオンのProtocols」(驚くべき先見の明のある力による「偽造」)でそばに「すべての集団を徐々にむしばむことは、我々自身のものを押しつけません」ためにそうであるように見える基本彼らは、すべての国、レース、宗教と家族を意味します。憤慨して消耗した人類が彼らの世界「スーパー政府」に屈するまで、彼らは混沌を植え付けるつもりです。


RedDragonはL.B.を書きます。ウルフォークによると、この民族のユダヤ人の支配された「金銭Power」は、イングランド銀行と無数の会社正面を通って動いて、1864という早い時期に大部分の世界の富を縛りました。


彼らは、いわゆる帝国主義の力を含む世界にコロニーを作っています。最も厳格な抑圧する処置は、イングランド(この秘密グループの本部)で起こっています。彼らは、ユダヤ人の祖国としてでなく彼らの将来のフリーメーソンの世界政府の所在地としてイスラエルをつくりました。彼らは、ホロコーストにユダヤ人にイスラエルを支えることを強制するように扇動しました。彼らは、第2次大戦の本当の特徴を覆い隠すために、ホロコーストを使ったかもしれません:悪魔の異端的なユダヤ人のセクト(銀行家)によって大方のキリスト教のヨーロッパの文明への攻撃。彼らは、I.G.を所有しました。ファルベン、アウシュヴィッツでユダヤ人の奴隷労働を使ったナチ軍事力の背骨。


米国は、長い間この財力の植民地でした。1919年に、コロラドエドワード下院(ロスチャイルドエージェント)は、[引合いに出します]「クラウンの支配へのアメリカの植民地の平和的な返還のために国際連盟を使うことを示しました。」、下院は書きます:「連盟は、実質上、我々の他の植民地と同じ原則でアメリカの余地がある帝国です。」


「冠」は、この個人的なカルテルのための婉曲表現です。コロラドハウスは、「冠」が戦争目的がカリフォルニア、メキシコとラテンアメリカで油田を買い取ることを目的とする米財務省ローンを使ったことを自慢します。


「戦争は、我々を世界の原料の大部分の管理人にしました...[我々]すぐに、主に世界とそれによって世界の輸送と産業の油田をコントロールしてください。」




我々は入植しました


Wikipediaによって、「植民地を作っている国は、一般に植民地の領域の資源、労働と市場を支配して、社会文化的で、宗教的で、言語構造を征服された人口にも押しつけるかもしれません。」


我々は、外資によって外国の軍によって以外侵入されませんでした。コロラドハウスがほのめかして、彼らは工業で支配的利権を所有して、政治家、メディアと教育を買うその立場を使いました。


下院は、彼らの「思想統制の全システム」がどのように連盟の採択のために厳しく働いているかについて述べました。しかし、今日、彼はイラク戦争、Global Warming、EUまたはノースアメリカン連盟に言及していることができました。彼らの戦術が変わらなかったので、私はあなたにこの文書を読むよう訴えます。1919に戻って、コロラドハウスは、連盟に加わるようアメリカ人を説得するために、カナダ人と英国人を利用しました。彼も、エリートがスポンサーのYMCA、赤十字と救世軍を使いました。


「連盟の賞賛は我々のプレスによって怒鳴られて、我々の大学大統領によって命じられて、我々の教授によって明言されます。我々の著者、作家と講師は、その選ばれた長所を分析しています...我々は、8000人の宣伝活動家を連盟に参加させました。我々は、国際的で国家会議、委員会、会議、集会、慣例、議会を組織しました...一般的な平和の夜明けとして、連盟の出生を告げるために。」


「農学者、銀行家、ブローカー、会計係、化学者、そして、組織化されたプロを出すことができる他の全ての官能基(ビジネス)財政的であるか社会的圧力が、平和、進歩と繁栄の名において連盟を支持するために会っています...我々の映画懸念は、画期的な絵を準備しています...


「要するに、思想統制の我々の全システムは絶え間なく、疲れを知らずに、冷酷にも機能しています。そして、連盟の採択を確実にします。そして、それは採用されます、ビジネス必要とする物平和のために、高潔な人は後援目的のために影ボクシングの後、契約(そして、政治家)に抵抗することができません、勇敢に譲ります[これは、脅威ですか?]、いわれのないものとわがままなものの運命は、彼らを追跡します。」


心の植民地化:早送り


今日、銀行家は彼らの世界植民地化計画の一部としてシオニズムとイスラム教の間で戦争を蒸しています。イランは、その油富、独立と神の信仰のために目標とされています。


過去の場合のように、彼らは「思想統制」のすべての利用できる手段を使用します。そして、ユダヤ人らしいか、非ユダヤ人らしいです。大部分の人々はスローガンによってだまされることができるか、定職の価格で買われることができます。


彼らがメディアを制御するので、新保守主義者はイラクのために米国民の怒りを感じませんでした;そして、イランとの戦いのために、ドラムスを叩いています。


近年では、イラン大統領は、怒ったシオン主義者が彼を監視したコロンビア大学のゲストの話者でした。大学(リーボーリンジャー)学長は、彼を「凶悪なささいな独裁者と呼びました。」、ボリンジャー(その人はシオン主義者です)は明らかにイスラエルLobbyで彼のスピーチをすっきりさせました。


おそらく真実を専門とする大学が戦争を蒸すために組織化されたユダヤ人によって破壊された方法の例は、ここにあります。歴史を通して、組織化されたユダヤ人は、第五列であったとして訴えられました。組織されてないユダヤ人は、Organizedユダヤ人を拒否する必要があります!


8つのアイビー連盟大学のうち、ダートマスだけには白人のnon-ユダヤ人の男性である大統領がいます。4は、ユダヤ人の大統領を持っています。他の3つは、好戦的なフェミニストを持っています。(フェミニズム(共産主義の今日のバージョン)は、社会の完全な変化を想定します。)


この「思想統制のシステム」がどのように働くかについて見ましょう。プリンストンで、シャーリーティルマンは、ジュディスロダン(現在ロックフェラー財団理事長であるユダヤ人のフェミニスト)の跡を継ぎました。


ティルマンはユダヤ人らしくありません、しかし、卒業生によると、彼女は「自由主義のパラダイスにプリンストンを作り直すために、活動家のフェミニスト政策を進めました...プリンストンは、政治的適切さ、多文化主義と自由主義の集団思考で充満しています。」


1945(ダートマス大統領アーネストM)に。ホプキンスはそれを彼のものと宣言しました、「キリスト教大学は、その学生のキリスト教化のために設立されます。」、1970年代と1980年代に、ダートマスは「その学生のキリスト教化」を2人のユダヤ人の大統領に委ねました。1990年代には、ハーヴァードとエールも、ユダヤ人の背景で大統領を選びました。1993年までに、ユダヤ人は一部の慓軽者に「孫Vei」連盟に言及することを促している8つのアイビー連盟機関のうちの5つを率いました。




それが教育、メディアまたはビジネスであるかどうかに関係なく、中央銀行総裁はユダヤ人を見ることが信頼できるエージェントであるようです。これは、人種的なものでありません。彼らの仕事を忘れるユダヤ人は、首になります。たとえば、ローレンスSommers、彼が男性には優れた科学的な能力があったと考えることをあえてしたあと、ハーヴァード学長は乾燥させたフェミニスト(非ユダヤ人らしい)によって代理を務められました。


もちろん、フリーメーソンはひそかに、西洋のCivilizationを破壊することに捧げられる主に非ユダヤ人の組織の適例です。イングランドでは、彼らは全3を徐々にむしばむために民主主義、主権と法規を支持するよう委ねられる著名な人々(教育者、裁判官、警察、聖職者)を入れた「コモンPurpose」と呼ばれている「慈善団体」を産みました。彼らは、副英国首相のオフィスのランアウトです!


結論


New World Orderは「冠」の帝国主義の拡張です。そして、ユダヤ人の銀行家と彼らの非ユダヤ人の共犯者の排他的集団が「世界の富を消耗して」(セシルローズ語で)、人類を奴隷にすることに専念しています。


我々は、この財力によって入植しています。偽の「Terrorの戦争」は、明らかに、我々に向けられます。それは、この帝国主義の裸の拳です。我々の仕事と資源は、エクスポートされます。不法入国者は、我々のpolticalな文化を分けて、我々の求人市場を薄めるために輸入されます。教育制度が、大量の教化のために使われます。ニュースはコントロールされます。エンターテイメントは、雑学、薬、暴力とポルノで満たされます。明らかに、我々の主人は、我々の発展を抑えたいです。


あらゆる植民地の状況では、政治的で文化的なエリートは、占めている大国に奉仕する人々から構成されています。このように、人々を彼らのレースで判断しないようにしましょう、しかし、サービスによって、彼らは見えない侵入者のために行います。そして、彼らを本当の帝国主義の「金銭Powerと混同しないようにしましょう。」


我々がよりすぐに我々自身を植民地化されるものとみなすほど、我々はよりすぐに我々の独立を宣言することができます。


銀行家は、ありのままにそれを言いました

Banker Told It Like It IS

October 6, 2007







?


By Henry Makow Ph.D.


( On weekends I will repost notable articles that are more relevant than ever. This is a slightly revised version of an article posted in May 2006.)


Current events are like a "Magic Eye" picture that you have to stare at for a long time. But if you know what to look for, the picture emerges as plain as day.


As incredible and bizarre as this sounds, a satanic (cabalistic) occult society has taken control of the planet through the central banking system. It seeks to impose its tyranny through the ruse of the "war on terror" and "globalization." Every war was a trick used to slaughter and brutalize humanity and to increase the wealth and power of this cabal, which is based in the Bank of England.


Another confirmation of this disturbing truth is a spine-chilling letter that is worth considering periodically. The letter, which surfaced on the Internet a few years ago, dispels any illusions that we are free citizens living in a beneficent democracy. Addressed, from "your globalist friend," the letter advises citizens of the world "you are our property" and must accept servitude "for your own good."


"The days of putting a stop to us have long since past," he writes sounding like Big Brother.


" We have full control of the earth and its finance, along with the major media propaganda, and there is simply no way any nation or power can defeat us... We can send American or European troops to wherever we like, whenever we like, and for whatever purpose we like, and you dutifully go about our business...How much more evidence do you need? ...Does it not seem reasonable that you simply obey and serve us?"


I caution you material like this can induce a kind of schizophrenia because it provides a vision of reality so different from the one we are given by the mass media.


The six-page letter was written in the autumn of 1999 but didn't receive broad circulation.?

It could be a hoax but I think it describes our present reality. It is consistent with what many conspiracy researchers have discovered independently, yet more vivid and insightful than anything they could fabricate.


THE LETTER


Our globalist friend says he wants to explain political reality so we "might know how to behave in the New Order now taking shape on the earth."


He exults in the fact that he represents a secret force that controls the world yet is invisible to all.


"We run everything, yet, you do not know who to attack. I must say this hidden hand is wonderfully devised and without any known historical precedent on this scale. We rule the world and the world cannot even find out who is ruling them. This is truly a wonderful thing. In our media we present before you exactly what it is we want you to do. Then, as if in a flash, our little servants obey."


But he does identify himself. He clearly represents the central bankers: "Your own money has served to forge the chains we bind you with, since we are in control of all money."


As I have said, the central banking cartel is the mainspring of the New World Order. By giving foreign private interests the power to create money based on our credit, our predecessors doomed Western Civilization. These private interests naturally bought control of everything and everyone and now want to institutionalize their control globally. This is behind world government and at the heart of the "war on terror."


"Our kingdom is the kingdom of money," our globalist friend writes. "We have given you a piece of paper or some numbers on a computer screen that we have termed 'money.' It is backed up by nothing and proven by nothing but what we say it is. We create it from nothing, we print it, we loan it, we give it its value, and we take its value away. All things that have to do with money are in our hands."


Our globalist friend reveals that the bankers have a symbiotic relationship with us. We produce profits by borrowing from them.


"We want you to be in the system. When you are buying a house, we not only receive the tax revenue to use for our purposes, but we gain large increases from the interest on the loan. You may pay for your house two or three times over from the interest alone. The interest is also taxed which is again placed for use in those sectors of influence we choose. We do not want you to escape free and that is why we have made it as we have."


One of those sectors of influence is education. He says our taxes pay for "the indoctrination of your children in the public schools we have set up. We want them to grow up well trained into the system of our thinking. Your children will learn what we want them to learn, when we want them to learn it, and you pay for it."


"You are our property. We will not permit you to buy or sell unless you submit to our mark of authority. If you go to court against us, we will wear you out there and in the end you will lose. If you use violence, we will end up having you in one of our labor camps, more specifically called prison industries. You need our money, our entertainments, our fuel, and our utilities to function and if you don't have them, you feel deprived. By this, you are made to yield to our will."


OUR LEADERS


Our political leaders are chosen from the ranks of criminals and perverts because they can be made to obey using blackmail. Exposing President Clinton's depravity was "very helpful in adjusting the moral habits of the youth downward."


He scoffs at attempts to impeach Clinton: "He is useful to us and he will not be removed by anyone until we are ready to have him removed...the leader we set up will be there until it serves us to have another. At that time we place our proposed leader before you and you vote for what we want. In that way we give you the vain voting exercise in the belief you had something to do with placing your president in office."


He cites Sadaam Hussein and Slobodan Milosevic as leaders who refused to obey. "There is only glory in following our purposes and doing what we say. If one does not, there will be such a sad and tragic result. I would really have you spared of such an end."


As for smaller fry, he says rebellion will merely serve as an excuse for more repressive laws. They can tie dissenters up in court, which they also control. They can destroy people like David Koresh and discredit them at the same time.


He says Liberals and Conservatives "serve with the stamp of our approval but they are not allowed to present the real issues. By creating controversy on all levels, no one knows what to do. So, in all of this confusion, we go ahead and accomplish what we want with no hindrance."


He says the media occupy the masses with sex and violence so people are programmed to fight mindlessly and "do not have the integrity or brain power to deal with the really important matters which are left entirely in our hands."


China and Russia do not present a challenge: "We have no fear of Russia or China for we are already in full control of their system of things. China knows that we can freeze any number of its corporations in America and all of its capital at the stroke of a pen."




CONCLUSION


We are taught that society is participating in an age of enlightenment and progress but this is a ruse. In fact a brutal claw reaches out of the past to impale mankind on its sharp talons.


We are witnessing the culmination of a diabolical conspiracy against mankind. Human events only make sense when we realize disciples of Lucifer are establishing a global regime dedicated to their evil god. I know this sounds too bizarre to be true. They count on that.


The "Letter from Your Globalist Friend" is consistent with the other great revelations of the invisible government: the Harold Rosenthal Interview; the House Report; the Svali Disclosures; The Soviet Art of Brainwashing; Quiet Weapons for Silent Wars, The Report from Iron Mountain, The Red Symphony and the Protocols of the Elders of Zion. Most of these can all be accessed by googling this web site.


We are living in a fool's paradise. Unfortunately people won't wake up until they take away the goodies, and then it will be too late.


Then what's the use of this information? At the very least, we are free of their mind control and can plan our lives accordingly.


銀行家は、ありのままにそれを言いました


ヘンリーメイコウ博士によって


(週末に、私はこれまでより関連する顕著な記事を再び掲載します。これは、2006年5月に送られる記事のわずかに修正された版です。)


時事は、あなたが長い間じっと見つめなければならない「魔法の眼」画像のようです。しかし、あなたが何を探すべきかについてわかっているならば、絵は日としての平野となります。


この音と同じくらい素晴らしくて、奇怪で、悪魔の(カバラ主義者の)超自然的な社会は中心銀行システムを通して惑星を支配しました。それは「恐怖との戦い」と「国際化の計略を通してその専制政治を強要しようとします。」、  全ての戦争は人類を虐殺して、ひどい仕打ちをして、富を増やすのに用いられるトリックとこの秘密グループの勢力でした。そして、それはイングランド銀行で基礎を形成されます。


この不穏な真実のもう一つの確認は、定期的に考慮する価値があるぞっとさせる手紙です。手紙(それは数年前インターネット上で浮上しました)は、我々が奇特な民主主義国家に住んでいる自由な市民であるというどんな幻想でも払いのけます。「あなたの世界主義者友人」から、申し出られて、手紙は世界の市民に「あなたは、我々の資産です」ように勧めて、「あなた自身の利益のために奴隷状態に順応しなければなりません。」


「我々に終止符を打つ日々は、ずっと以前に過去を持ちます」と、彼が独裁者のように聞こえて書きます。


「主なメディア宣伝とともに、我々は地球とその金融の完全な規制をします、そして、単に少しの国または力も我々を破ることができる方法がありません...我々が好きなときはいつでも、我々が好きなどこにでも、我々はアメリカであるかヨーロッパの軍隊を送ることができます、そして、我々が好きなどんな目的のためにでも、そして、あなたは忠実に我々の仕事をします...あなたは、どれくらいのより多くの証拠を必要としますか?...あなたが単に我々に従って、仕えるために、それは合理的なようでありませんか?」


私は、あなたにそれが我々がマスメディアによって与えられるものととても異なる現実の展望を提供するので、このような材料が一種の精神分裂症を誘発することができると警告します。


6ページの手紙は1999年の秋に書かれたが、広い配布を受けませんでした。

それはいたずらでありえました、しかし、私はそれが我々の現在の現実を記述すると思います。それは多くの陰謀研究者が独立して発見したものと一致しているが、より鮮明で、彼らが作ることができた何よりも洞察に満ちています。


手紙


我々の世界主義者友人は、我々が「現在地球で形になっているニュー勲位でふるまう方法を知るかもしれません」ように、彼が政治現実を説明したいと言います。


彼は、彼が世界をコントロールするが、すべてに見えない秘密の力を代表するという事実に歓喜します。


「我々はすべてを走らせます、それでも、あなたは誰を攻撃するべきかについて、わかりません。私はこの隠れた手が素晴らしく考案されると言わなければならなくて、どんな既知の歴史の先例なしででもこれの上で比例しなければなりません。我々は世界を支配します、そして、世界は誰が彼らを支配しているかについて知ることさえできません。これは、本当に素晴らしいものです。我々のメディアで我々が正確にあなたの前に我々があなたにして欲しいことを提示すること。ついで、すぐにのように、我々の小さい使用人は従います。」


しかし、彼は彼自身を特定します。彼は、明らかに中央銀行総裁を代表します:「我々がすべてのお金を管理している時から、あなた自身のお金は我々があなたを縛るチェーンを鍛えて作るのに役立ちました。」


私が言ったように、中心銀行業務カルテルはNew World Orderの主動力です。外国の個人的な利益に我々の信用に基づくお金を生み出す力を与えることによって、我々の前任者は、西洋のCivilizationを運命づけました。これらの個人的な利益は、自然にすべてと誰からでも支配を買って、現在グローバルに彼らの支配を施設に収容したいです。これは、世界政府の後に、そして、「恐怖との戦いの中心にあります。」


「我々の王国は、お金の王国です」と、我々の世界主義者友人が書きます。「我々は、我々が『お金と呼んだコンピュータスクリーンの上で、あなたに紙または若干の数を与えました。』、Itは何によってもバックアップされなくて、我々がそれがそうであると言うことだけによって証明されます。我々は何からもそれをつくりません、我々はそれを印刷します、我々はそれを貸します、我々はそれにその価値を与えます、そして、我々はその価値を取ります。お金に関係があるすべてのものは、我々の手です。」


我々の世界主義者友人は、銀行家には我々との共生関係があることを明らかにします。我々は、彼らから借りることによって、利益を生産します。「我々は、あなたにシステムでいて欲しいです。あなたが家を買っているとき、我々は我々の目的の用途に税収を受けるだけでなくて、我々はローンの利子から、大きな増加を得る。あなたは、単独で関心からもう一度2または3回、お宅の代金を払うかもしれません。我々が選ぶ影響のそれらのセクターのために再び置かれる関心も、課税されます。我々はあなたに自由に逃げて欲しくありません、そして、それは我々がそうして、我々がたどり着いた理由です。」


影響のそれらのセクターのうちの1つは、教育です。彼は、我々の税が「我々が建てた公立学校のあなたの子供たちの教化の代金を払うと言います。我々は、彼らに我々の考えのシステムに訓練されてよく育って欲しいです。あなたの子供たちは我々が彼らに学んで欲しいものを学びます。そのとき、我々は彼らにそれを学んで欲しいです、そして、あなたはそれの代金を払います。」


「あなたは、我々の資産です。あなたが権限の我々の跡を受けない限り、我々はあなたが売り買いすることを許可しません。あなたが我々に対して裁判で争うならば、我々はあなたを向こうに着ます、そして、結局は、あなたは負けます。あなたが暴力を使うならば、我々は結局我々の強制収容所のうちの1つであなたがいることになります。そして、より特に刑務所産業と呼ばれています。あなたは機能するために我々のお金、我々のエンターテイメント、我々の燃料と我々のユーティリティを必要とします、そして、あなたには彼らがいないならば、あなたは奪われると感じます。これによって、あなたは我々の意志に譲らせられます。」


我々のリーダー


彼らが恐喝を使うことに従わせられることができるので、我々の政治指導者は犯人と倒錯者の集団から選ばれます。クリントン大統領の堕落を暴露することは「非常に下に青春期の道徳的な衣服を直すのに有効な。」


彼は、クリントンを弾劾する試みをあざ笑います:「彼は我々にとって有用です、そして、我々が彼を追い出させる準備ができるまで、彼は誰によっても片付けられません...もう一つを持つことが我々に貢献するまで、我々がはめたリーダーがそこにいます。その時、我々はあなたの前に我々の提案されたリーダーを置きます、そして、あなたは我々が欲しいものを支持して投票をします。そのように、我々はあなたにあなたが職であなたの大統領を置くことと関係があったという確信の無駄な投票課題を与えます。」


彼は、サダムフセインとスロボダンミロシェビッチを従うことを拒否したリーダーとしてあげます。「栄光だけが、我々の目的に続いて、我々が言うことをする際にあります。人がそうしないならば、そのような嘆かわしくて悲劇の結果があります。私は、あなたを本当にそのような終わりのいたわらせます。」


より小さなフライに関しては、彼は反乱が単により抑圧する法律の言い訳として用いられるだけであると言います。彼らは裁判所で反対派を縛ることができます。そして、それを彼らも支配します。彼らはデイビッドKoreshのような人々を滅ぼすことができて、同時に彼らの評判を落すことができます。


彼は自由党と保守党を言います。そして、「我々の賛成のしるしでサーブしてください、しかし、彼らは本当の発行物を発表することは許されません。すべてのレベル上で論争を引き起こすことによって、誰もどうすべきかわからないこと。So、この混乱の全てにおいて、我々は進んで、我々が妨害なしで欲しいものを達成します。」


彼は人々が考えもなく戦うようにプログラムされるように、メディアがセックスと暴力で多数を占めると言います、そして、「完全に我々の手に残される本当に重要な問題を扱う完全性または脳力がないでください。」


中国とロシアは、挑戦を提示しません:「我々にはロシアまたは中国の恐れがありません。そして、我々は完全にすでにものの彼らのシステムの制御です。中国は、我々がペンの運びでアメリカとその首都全土で多くのその会社を凍らせることができるということを知っています。」


結論


我々は協会が啓蒙と進歩の年齢に参加していると教えられます、しかし、これは計略です。実際、残忍な爪は、その鋭い鉤爪の上で人類を突き刺すために、過去から手を伸ばします。


我々は、人類に対する悪魔のような陰謀の最高点を目撃しています。我々が魔王の弟子が彼らの凶悪な神を専門とする世界的な体制を設立していると理解するとき、人間のイベントは意味をなすだけです。私は、真実であるにはあまりに奇怪なこの音を知っています。彼らは、それを期待します。


「Your Globalist Friendからの手紙」は、見えない政府の他の大きな暴露と一致しています:ハロルドローゼンタールInterview;下院レポート;Svali Disclosures;ソビエト洗脳術;静かな戦争、鉄の山からのレポート、赤いシンフォニーとシオンのエルダースのプロトコルを守る静かな武器。これらのほとんどのすべては、このウェブサイトをgooglingすることによってアクセスされることができます。


我々は、幻の幸せで生きています。残念なことに、彼らがいいものを取るまで、人々は起きません、それから、あまりに遅いです。


そして、この情報の使用は、何ですか?少なくとも、我々は彼らの心支配がなくて、したがって、我々の命を計画することができます。

ロンドンのマネークォーター

?henrymakow.com


The Imperialism of Jewish Capital

September 25, 2007


?(I will be posting new articles mid-week instead of Fridays.)


by Henry Makow Ph.D.








A book published in 1889 "The Red Dragon" by L.B. Woolfolk suggests to me that British (and American) imperialism originated in the need of? Jewish bankers and their Gentile confederates to translate money they could create out of nothing (thanks to their control of credit), into real wealth (i.e. world ownership.)


The book confirms my assertion that "the Jewish Conspiracy is British Imperialism." (May 2004)


When these bankers finagled a credit monopoly in England in 1694, they turned into a monster that now has highjacked humanity. The London-based banking cartel literally has gobbled up the planet, and will not be content until it owns everything, and enslaves mankind, mentally and spiritually, if not physically. This, in a nutshell, is the New World Order.


The last push came from a secret society? Cecil Rhodes started in 1891 to "absorb the wealth of the world" and "to take the government of the whole world."?


A recent UN study says 2% of the world's population own 50% of the wealth, while half own barely 1% of the wealth. Needless to say, the richest 2% are mainly the London-based bankers and people associated with them.


Today British, American and Zionist imperialism manifest the banker agenda for "world government" through the destruction of religion, nation, race and family. This imperialism does not express the interests or wishes of ordinary English, American or Jewish people who are being colonized themselves.


THE RED DRAGON


L.B. Woolfolk was an American Baptist preacher who traced the machinations of the banking cartel in the decades after the Civil War. He confirmed his assertions by contacts with members of this cartel during visits to London . He says "the Great Red Dragon" is the symbol of the "Jew London Money Power."


In his book, which is on line, he describes how this cartel bought up the US economy? through intermediaries, and controlled it? long before the passage of the Federal Reserve Act in 1913.


By 1864, almost 150 years ago, Woolfolk claims the wealth of the world already was concentrated in their hands.


"The Imperialism of Capital to which I allude is a knot of capitalists?Jews almost to a man?who make their headquarters in the Money Quarter of London, in Threadneedle street, Lombard, and other streets in that vicinity, where bankers have their habitat. These Jew capitalists have succeeded in centralizing in their own hands the industry and commerce of the earth. ?They own almost all the debts of the world, ?the debts of nations, states, counties, municipalities, corporations and individuals, ?amounting in the aggregate, it is estimated, to seventy-five billion dollars, on which they are annually receiving about four billion dollars of interest. ?They own the manufactories, the shipping, and the commerce of Great Britain, and most of the manufactures, shipping and commerce of the whole world. ?They have attained control of the industry and trade of the whole earth; and are rapidly centralizing all business in their own hands. They hold possession of all the great lines of trade and business of all kinds, and they regulate all prices by their own arbitrary methods. This Money Power of the Money Quarter of London is the only grand pre-eminent Imperialism existing on the earth."


Woolfolk traces the beginnings of this cartel to the British East India Company in the early part of the Eighteenth Century.


"In 1764, the British East India Company was the grandest and richest corporation in the world. It was the only corporation, which ruled a territorial empire. It was enriched by traffic, by the extension of its trade through the conquest of the trading stations of its Continental rivals and by the wholesale plunder of India....it came to pass that the greater part of the stock of the East India Company, and of the other companies afterwards organized out of the dividends of that great company, fell into the hands of the Jews. The Jews became the great Money Kings of the world.... History presents no career of conquest, in which fraud, deceit and rapine were so blended as in the conquest of India by the East India Company. It was the first example in the history of the world of a trading corporation becoming an imperial power; and its imperial rule was marked by the rapacity, chicane and fraud that characterize a great corporation in the soulless and conscienceless pursuit of gain."


With the invention of the steam engine in 1775, only the capitalists of the British East India Company had the means to profit from the industrial revolution. They set up hundreds of joint stock companies?manufacturing companies of all kinds, coal and iron mining, railways and ships, real estate-- which concealed their ownership.


"In commercial crises, often originated, and always manipulated by them, they managed systematically to break down rival companies, and buy them out, and to rob and plunder the minority stockholders; until, in the end, these organized capitalists got into their own hands and very cheap, all, or the greater part of the stock of the various companies, manufacturing, mercantile and shipping, that originated in steam manufactures. They thus reduced to a system and a science the art of crushing rival companies, and freezing out minority stockholders."


Woolfolk speculates that the Rothschilds did not act alone but represented a syndicate of Jewish bankers.


"The rise of the house of Rothschild is memorable as the first grand combination of the Jews in a syndicate, for the transaction of a vast business in which all their capital might be combined. The Rothschilds became the head of the Jew Money Kings, and have ever since been the head of the Jews, acting as a syndicate. That house is probably at the head of the Jew Money Power of the world. The wealth of the Money Power is simply beyond calculation. It cannot amount to less than $160,000,000,000. It is probably nearer two hundred billions.... The Money Power has so much money, now, that it can not find investment for it. In one more double it will about have all the property of the earth. In the beginning of its career, a double of its capital meant $100,000,000. Now a double of its capital means $400,000,000,000. And all the property of the world is less that $600,000,000,000."


According to Woolfolk, the Rockefellers and most great American industrialist-financiers were merely agents of the London Money Power. Standard Oil is a classic example of how it established a monopoly in every enterprize. Owning the railroads needed to transport oil, the Money Power put competitors out of business by undercutting their prices.


This cartel of cartels kept the business class in line by creating the spectre of Communism:


"It is their policy to keep up a hot agitation for Communism and Socialism in the great cities; so that the businessmen, in their antagonism to those ideas, will keep on the side of the Money Power. It is a significant fact that most of the agitators for Socialism are Jews, who are most probably the agents of the Money Power to keep up this agitation for their own purposes... It is a part of the consummate craft of these Money Kings."


CONCLUSION


"The Red Dragon" is an important reminder that even 150 years ago, wealth and power were concentrated in a relatively few hands. Modern history reflects the hidden machinations of this Money Power to advance their "world government." The whole whole is being colonized.


We see evidence today that one hand directs all the great multinationals. For example, they all sing from the same songbook of diversity and feminism.? All US Presidents are front men for this banking cartel. Their Cabinets are chosen from the ranks of the Rockefeller-controlled CFR. Presidents who defy the Money Power are eliminated. (i.e. most recently JFK and Nixon.) All the Presidential candidates support Israel which was created by the banking cartel to be? their world government capital.


I have always thought this cartel was mostly motivated by a desire to consolidate its power, but I now wonder if the Sabbatean Jewish heresy is a major factor in their design. Anyone who creates something out of nothing thinks he is God, and. as the Satan promised, these bankers have inherited the whole world!


This lethal problem arose because the nations of the world apparently relied on a network of Jewish bankers to create their money supply. No nation had the power or wit to break away from this worldwide imperialist system which is tightening its grip.


We must reject this juggernaut in all its manifestations.? Common sense eventually will prevail not because it is common sense, but because continuous violation of common sense produces collapse.





ユダヤ人首都の帝国主義

2007年9月25日

(私は金曜日の代わりに中間週を新しい記事に送っているでしょう。)

ヘンリーメイコウ博士によって

1889年の「赤いドラゴン」においてL.B.ウルフォークによって出版された本は、彼らが何もないところ(彼らの信用の統制のおかげで)から本当の富(すなわち世界所有権。)中に作成することができたお金を翻訳するユダヤ人の銀行家と彼らのジェンティーレ同盟者の必要から、英国(そしてアメリカ人)帝国主義が起こったことを私に示唆します。

その本は、「ユダヤ人の陰謀団は英国帝国主義です」という私の主張を確認します。

(2004年5月)

これらの銀行家が1694年にイギリスでクレジット独占をだまし取った時に、それらは、今や、人間性をハイジャックした怪物に変りました。

ロンドンを本拠とするバンキングカルテルは文字どおりに地球を食い尽くし、それがすべてを所有し、物理的にでないにしても精神的に人類を奴隷にするまで、満足しないでしょう。

これは、要するに、新世界秩序です。

「世界」と「全世界の政府の富を吸収する」ために、セシル・ローズが1891年に始めた秘密結社から、最後の押しは来ました。

最近のUN研究は、世界の人口の2%が富の50%を持っている一方、50%が富のせいぜい1%を所有すると伝えています。

言うまでもなく、最も豊かな2%は主な彼らと関連したロンドンが本拠地の銀行家と人々です。

今日、英国人、アメリカ人、およびシオニズム帝国主義は宗教、国家、民族、およびファミリーの破壊を通して「世界政府」ための銀行家の方針を明示します。

この帝国主義は、自身で植民地化されていて普通にイギリス、アメリカ人、またはユダヤ人の関心または希望を示しません。

赤いドラゴン

L.B. ウルフォークは、南北戦争の後の数十年でバンキングカルテルの陰謀を追跡したアメリカバプテスト伝道師でした。

彼はロンドンへの訪問の時このカルテルのメンバーとのコンタクトによる彼の主張を確認しました。

彼は、「大きな赤いドラゴン」が「ユダヤ人ロンドンお金パワー」のシンボルであると言います。

彼の本(それはラインの上にあります)中で、彼は、どのようにこのカルテルが仲介者を通してアメリカ経済を買い占めたか、そして1913年に連邦準備法の通路のずっと前でそれをコントロールしたかを記述します。

1864年に、ほぼ150年前、ウルフォークは、世界の富がすでにそれらの手で集中的であったと主張します。

「私がほのめかす資本の帝国主義は、私がほのめかす資本の帝国主義は資本家の結び目です。

ロンドンのマネークォーターのThreadneedle通り、ロンバードとその付近の他の通りで彼らの本部を作る資本家

のほとんどユダヤ人(そこで、銀行家は彼らの生息地を持っています)。

これらのユダヤ人資本家は、地球の産業と商業を彼ら自身の手に集中することに成功しました。

彼らは、世界、国家、州、郡、地方自治体、企業の借金のほとんどすべての借金を所有し、毎年それらが約40億ドルの利益を受け取り個人、総計は、750億ドルに見積もられています。

彼らは工場、英国と製品、全世界の出荷、および商業のほとんどの出荷、および商業を所有しています。

彼らは産業のコントロールと地球全体の貿易を達成しました;

そして、すべてのビジネスを彼ら自身の手に急速に集中しています。

彼らは貿易のすべての大きなラインとすべての種類のビジネスの所有物を持っていて、彼らは彼ら自身の任意の方法によってすべての価格を調節します。

「ロンドンのマネークォーターの、このお金パワーは地球の上に存在している唯一の雄大な優秀な帝国主義です」。

ウルフォークは18世紀の初期の時点でこのカルテルの最初を英国東インド会社に追跡します。

「1764年において、英国東インド会社は世界で最も雄大で、最も豊かな企業でした」。

それは唯一の企業でした(それは領土の帝国を支配しました)。

それはその大陸のライバルの取引ステーションの征服を通して交通によって、その貿易の拡張によって豊かにされて、インド....その卸売りの略奪によって、東インド会社の、そしてその大きな会社の配当からその後組織された他の会社の株の大半がユダヤ人の手の中に倒すパスになりました。

ユダヤ人は世界の偉大なお金王になりました…。

歴史は征服のキャリアを全然示しません(それにおいて、詐欺、偽り、および略奪はインドの征服においてと同じくらい東インド会社によって混合されました)。

帝国の能力になっている商事会社の世界の歴史においてそれは最初の例でした;

「そして、その帝国の規則は、利益の魂がなく、不誠実な追跡において大きな企業を特徴付けている強欲、シケイン、および詐欺によって特徴づけられていました」。

1775年の蒸気機関の発明によって、英国東インド会社の資本家だけが、産業革命から利益を得る方法を持っていました。

彼らはすべての種類、石炭と鉄の採掘、鉄道、および船、不動産の数百の株式会社、製造会社を設立しました--それらの所有権を隠しました。

「商業恐慌において、しばしば始められて、いつもそれらによって処理されて彼らは体系的に、どうにかして競争会社を分類し、それらを買収し、少数株主から強奪し、略奪します」

最後に、重商主義で、出荷して製造して、これらがすべての彼ら自身の手の中に入れられて、非常に安い資本家または様々な会社の株の大半を組織化するまで、それは蒸気製品から起こりました。

「従って、彼らは、競争会社を破砕し、少数株主を絞め殺すアートをシステムと科学に還元しました」。

ウルフォークは、Rothschildsが一人で作動しなかったことを思索するけれども、ユダヤ人の銀行家のシンジケートの代理人になりました。

「ロスチャイルド家の上昇は、すべての彼らの資本が結合されるかもしれない広大なビジネスのトランザクションのためにシンジケートの中でユダヤ人の最初の雄大な組み合わせとして印象的です」。

Rothschildsはユダヤ人お金王の頭になり、それ以来、シンジケートとして作動しているユダヤ人の頭です。

その家はたぶんユダヤ人お金世界の強国の頭にあります。

お金パワーの富は計算の域を単に超えています。

それは160,000,000,000ドル未満になることができません。

それはたぶん2000億近くにあります…。

お金パワーは現在とても多くのお金を持っているので、それはそれのために投資を見つけることができません。

あと1 2倍において、それはまわりで土のすべての特性を持つでしょう。

そのキャリアの最初に、その首都の2倍は100,000,000ドルを意味していました。

さて、その首都の2倍は400,000,000,000ドルを意味しています。

「そして、世界のすべてのプロパティはより少ないその600,000,000,000ドルです」。

ウルフォークによると、Rockefellersとほとんどの大アメリカ産業経営者財政家はロンドンお金パワーの単にエージェントでした。

スタンダードオイルは、どのようにそれがすべてのenterprizeにおいて独占を設立したかの典型例です。

オイルを輸送することが必要であった鉄道会社を所有して、彼らの価格より低く値を付けることによって、お金パワーは競争相手を廃業に追い込みました。

共産主義の幽霊を作成することによって、このカルテルはビジネスクラスに規則を守らせました:

「大都市で共産主義と社会主義のための熱い扇動を維持することはそれらの方針です;」

実業家が、それらのアイデアに対する彼らの敵意の中で、お金パワーの側でもつように。

社会主義のための宣伝員のほとんどが、とてもたぶん、彼ら自身の目的のためのこの扇動を維持するお金パワーのエージェントであるユダヤ人であることは重要な事実です…

「それはこれらのお金王の完全な技能の一部です」。

結論

「赤いドラゴン」は、150年前さえ、富と権力が比較的少数の手で集中的であったという重要な合図です。

近代史は、それらの「世界政府」を進めるこのお金パワーの隠れた陰謀を反映します。

全体は植民地化されています。

私達は、今日、その1つの手がすべての大きな多国籍企業を導くという証拠を見ます。

例えば、彼らすべては多様性とフェミニズムの同じ歌謡集から歌います。

すべての米国大統領はこのバンキングカルテルのための看板役です。

それらのキャビネットはロックフェラーにコントロールされたCFRのランクから選ばれます。

お金パワーに反抗する大統領は取り除かれます。

(すなわち最も最近JFKとニクソン。)

すべての大統領候補は、彼らの世界政府資本であるためにバンキングカルテルによって作成されたイスラエルをサポートします。

私は、いつも、このカルテルが、たいてい、そのパワーを統合したいという願望によって動機づけられたと思ったけれども、私は現在、Sabbateanユダヤ人異端がそれらのデザインの中で主要なファクターであるかどうかと思っています。

何もないところから何かを作成する誰でも、彼が神であると思い、サタンとして約束して、これらの銀行家は全世界を引き継ぎました!

世界の国家が見たところ、ユダヤ人の銀行家のネットワークが彼らのマネーサプライを作成することを信頼していたので、この致命的な問題は生じました。

どの国家も、そのグリップを締めているこの世界的な帝国主義的なシステムから離れるパワーまたは知力を持っていませんでした。

私達はすべてのその明示においてこの絶対力を拒絶しなければなりません。

それが常識であるのでではなく常識の継続的な違反が崩壊を引き起こすので、常識は結局普及するでしょう。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR