FC2ブログ

デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報から・・

2008年01月28日


イラン大統領と国際化


映画の中で自分の役を演じているイルミナティのフロントマンAhmadinejad:「人類が最も必要としている世界統一政府」

snnn.jpg



2つのマスクの下には同じ顔



イランの大統領Mahmoud Ahmadinejadはグローバルゼーション研究の国立センターの記念式典で次のように語った。「今日の人類が最も必要としているのは世界統一政府である」



全世界で一つの法律は人類が最も必要としているものだと提案した後、大統領は続けて、「世界には何千もの法律があるので、国際化された社会が均衡がとれ、正義が行われ、安定した状態に到達するのを望むことは不可能だ」と語った。




スポンサーサイト



山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2008年1月27日

                           山本尚利

タイトル: 石油・穀物・防衛の国家戦略見直し急務



1.「成長の限界」が現実に

2008年1月26日、福田首相がダボス会議(世界経済フォーラム、スイス)に出席、地球環境問題について日本の方針演説(CO2排出削減の国別総量目標提案など)を行いました。本年7月に予定されているG8洞爺湖サミットにおける日本の議長国方針を事前に、ダボス会議で予告する格好となりました。

欧米各国のCO2排出削減要求に迎合するかのように、2007年10月、経済産業省は液化CO2の大規模地下貯蔵計画を発表したというニュースがありましたが、欧米各国の真の意図を考慮して、十分、慎重であるべきです。日本は原発大国かつ地震大国ですから(注1)。

 ところで筆者は1986年より2003年まで16年半、米国シンクタンク、SRIインターナショナル(スタンフォード大学系)に所属していましたので、ダボス会議と聞くと、すぐにローマクラブを連想します。ダボス会議は、どうもみてもローマクラブの発展的組織体にみえるからです。80年代当時のSRI幹部はローマクラブのメンバーでした。だから当時の筆者はSRIにてローマクラブの話題をよく聞かされていました。ローマクラブの成果とは、有名な「成長の限界」(1972)という報告にあります。このまま世界経済が成長していけば、石油消費が急増、地球環境が悪化して、21世紀前半、地球は破局を迎えるだろうという警告(一種の黙示録)です。外務省エネルギー統計資料によれば、1971年に世界の一次エネルギー消費量55億トン(石油換算)が2004年には112億トンと急増しています。特に、高度成長の真っ只中にある中国やインドの石油消費量が今後急増すると予想できます。現実世界は確実に、ローマクラブの予測どおりに推移していることは確かです。

 「成長の限界」によれば、中国、インドの高度経済成長が達成されれば、地球はエネルギー環境面で破局に向かうことになります。非常に深刻です。



2.世界の原油価格は誰かにコントロールされているか

さて、筆者がSRIにて修得した技術経営論(MOT)の骨格には、デシジョン・アナリシス(経営意思決定論)、シナリオ・アナリシス(ハイリスク経営事業環境予測法)、リアルオプション・アナリシス(技術価値評価法)に加えて、VALS(Values And Lifestyles)という(市場価値観分析プログラム)が存在します。これらの方法論は相互に関係します。

「成長の限界」報告と同時期、70年代初頭、SRIのフューチャリスト、ピーター・シュワルツ・チームは欧州石油資本、ロイヤルダッチシェルから委託されて、石油危機シナリオを開発しました。そのシナリオはずばり的中。1973年、第4次中東戦争勃発をトリガーに、1974年、第一次オイルショックが世界を襲いました。1バーレル、数ドルに過ぎなかった原油価格が一挙に10数ドルに高騰、1979年の第二次オイルショックでは30数ドルまで上昇しました。オイルショックを的中させたピーター・シュワルツは一躍、世界的に有名となり、現在、シリコンバレーで高名なフューチャリストとなっています。その後、21世紀に変わるまで、原油価格は20ドル近辺で安定化しました。クリントン政権時代、米国のガソリンは1ガロン(3.78リットル)、1ドル近辺と日本のガソリン価格の3分の一でした。国際金融資本に支援された民主党クリントン政権は、共和党系の軍事・エネルギー系寡頭勢力(戦争屋)を牽制し、米国を石油経済から金融・サービス経済に移行させたのです。そのために、石油価格をw)?ツ磴・泙┐拭・箸海蹐・☆・屋葦年、ブッシュ政権誕生とともに、再び、原油価格が高騰、2007年末、ついに、1バーレル100ドル突破を記録したのです。

ちなみに、この流れは以下の事例ともリンクしています。すなわち民主党優位のカリフォルニア州(加州)を支配するため、共和党支持の戦争屋が、90年代から2001年にかけて、子飼いのエンロンを使って、10年以上、テキサスから加州へ供給する天然ガス価格を低位に据え置き、加州の電源が大方、天然ガス発電に切り替わったところで、一挙に天然ガス価格を暴騰させ、加州の政府や電力会社を窮地に追いやったことがあります。

 さて2007年、ブッシュの宿敵、アル・ゴア元副大統領が「不都合な真実」というドキュメンタリー映画をヒットさせ、地球環境問題に警鐘をならし、その功績で彼は2007年度ノーベル平和賞を受賞しました(注2、注3)。この動きもマクロでは原油高騰とリンクしています。

最近の原油高騰の原因として、中東政情不安、中国やインドの経済成長によるアジアでのエネルギー需要の高まり、米国の石油精製設備の老朽化に加えて、サブプライムローン問題発覚で、投機マネーが原油市場の先物投資に流れているなどが挙げられています。どの理由もおおむね間違いないでしょうが、世界の原油価格を決めているのが米国産原油WTI(West Texas Intermediate)取引市場(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)であり、WTI原油は世界生産量の1~2%でしかありません。WTI先物取引が1日1億バーレルとしても、1日当たり100億ドル(1兆円規模)程度の投機資金が動けば相場が決まってしまうわけです。この仕組みは80年代後半、OPECが価格決定権を放棄して(戦争屋が放棄させた?)以来、導入されたようです。つまり、1日当たり動かす金額が1兆円程度なら、その程度は端金(はしたがね)でしかない戦争屋によって、原油相場が自由に決められるはずです。このことから日本にとって原油高騰の根本的問題は戦争屋系米国覇権主義者に価格決定権を事実上握られているということw)?「任靴腓Α・尊檗∪鐐莢阿忙抉腓気譴特太犬靴織屮奪轡綫・△砲覆辰董・玉・然覆蝋眛④径海韻討い泙后・・w)石油価格は物価水準を左右しますから、石油が値上がりすれば、コモディティ物価が軒並み上がります。現実に、日本では物価が上がり始めました。



3.原油高騰のインパクト

 これ以上の地球環境悪化を防ぐため、人口大国の中国、インドのこれ以上の経済成長は困りものであることは、日本を含め、先進国の人々の本音でしょう。ただ、自分たちは経済発展の恩恵を受け、中国、インドの経済発展は困ると表立って表明できないのです。

 石油値上がりは、あらゆる物価を押し上げ、われわれ日本人の生活を直撃するのは確かですが、同時に中国、インドの経済成長(地球温暖化を促進する)にブレーキをかけてくれます。

 その意味で、福田首相がダボスで演説したCO2削減目標を各国に割り当てる提案より、戦争屋による原油高騰戦略の方がはるかに、CO2抑制効果があるでしょう。

 500兆円にのぼるドル債権大国の日本は幸い、原油が相当程度、高騰しても、中国やインドに比べれば、経済的に耐えられると思います。しかしながら、近年、台頭著しい石油産出国ロシアなど(周辺産油国含む)が、こっそり中国、インドと取引して、戦争屋に独占された価格支配権をゆさぶる可能性もあります。ただ、今のところ、戦争屋の原油高騰戦略はロシアなどにも追い風となっていますから、あえて、戦争屋を裏切るようなぬけがけ(危ない橋を渡ること)はしないでしょう。



4.米国の対日攻略奏功:自前の石油調達権を奪われた日本

ところで戦前の日本はなぜ、満州や東南アジアに軍事進出したか。それは艦船や航空機の燃料を自前で調達するためでした。石油を米国からの輸入に全面依存していては、永久に米国の言いなりにならざるを得ない。この状況から何とか脱したいという戦前日本の国家意思は、結局、日米太平洋戦争に発展し、原爆投下などによって米国に完膚なきまで叩きのめされたのです。

戦後、民族資本の石油会社、出光興産は、石油調達の対米依存から脱却するべく、1953年、国産の原油タンカー、日章丸にてイランから原油の直接輸入を断行しました。このとき、米英覇権主義者から反発され、日章丸は米軍や英国軍から攻撃される危険があったのです。幸運なことに、この時期、朝鮮戦争末期で、米朝緊張状態にあり、日本船の攻撃によって、日本国内が反米化することは米英にとって絶対に回避したかったのです。そのため、日章丸は攻撃されずにすんだのでした。つまり、この頃から米英覇権主義者は日本が自前で石油調達することを断固阻止するハラであったのです。

1970年代、日本の産官コンソーシアムの計画したIJPC(イラン・ジャパン石油化学)によるイランからの直接石油調達プロジェクトは1979年のイラン革命で頓挫しましたが、この背後に戦争屋によるIJPC潰しがあった可能性もゼロではありません。なぜなら、1986年に発覚したイラン・コントラ事件から、戦争屋が戦後、イランで長期に渡り、おおがかりな政治工作していたと思われるからです。

 さらに1976年に発覚したロッキード収賄事件で失脚した(失脚させられた?)田中角栄は、戦後の総理大臣のなかで、日本を米国の支配から脱却させようとした画策した愛国派政治家のひとりでした。一方、ロッキード・マーチンは戦争屋の実質所有する企業ですが、暗殺されたケネディ大統領(注4)とならび、田中角栄は彼らにとって不都合な日本の首相だったのは確かです。

 戦後生まれた日の丸石油資源会社、アラビア石油は1957年以来、中東での石油資源開発事業に挑戦してきましたが、2000年にサウジとの利権協定終了、2003年にクウェートとの利権協定終了の憂き目に遭っています。このように日本資本による中東石油資源開発は必ず、何者かによって邪魔されているように感じられます。

 さらに、2003年、ブッシュ政権の忠犬ポチ内閣、小泉内閣によって石油公団が廃止されました(注5)。これも筆者は戦争屋系の米国覇権主義者の差し金ではないかと読んでいます。

また、日本の油田地帯、長岡地域で戦前から石油探査を続行しているのは日本資本ではなく、フランスのシュルンベルジェです。国産石油資源の開発がメインの国際石油開発帝石HGの活動もまったく目立ちません。釣魚島(東シナ海尖閣列島)周辺の海底油田開発においても、領海問題で中国と示談が成立する可能性は極めて低いわけです。

 このような経緯から、今日の日本は国家の生命線である石油、天然ガスのほぼ100%を輸入に依存しています。しかも、中東石油に輸入の90%近く依存し、極めて偏っています。そのため、中東石油の輸送シーレーンがどこかの国に軍事封鎖されたら、たちまちアウトです。

 要するに、日本は国家としてのエネルギー・セキュリティが極めて危ういのです。

一方、石油価格とリンクする穀物の自給率においても、日本は先進国最低レベルの28%です。世界の先進国において、どこの国も、地方経済は農業あるいは観光によって支えられています。農地の少ない島国日本の地方のみが世界でもまれの、道路中心の公共事業によって支えられています。

さらに国家安全保障の要である国防も日米安保条約に下、在日駐留米軍に全面依存しています。要するに、今回の原油高騰で気がついたら、日本は国家存立の基本である石油、食糧(穀物)、防衛すべて、自前で調達できなくされていることが露呈してきたのです。このままだと米国覇権主義者に戦前の日本と同じく、兵糧攻めされたら一発でアウトです。背筋が寒くなります。とりわけ石油と穀物はいくら値上げされても、現在の日本国家には、半年分の石油国家備蓄の取り崩しを除き、まったく打つ手がありません。完全にアンコントロラブル状態に置かれているのです。戦後、60数年経て、日本国家は米国覇権主義者のさじ加減ひとつでいかようにも料理されてしまう属国に成り下がっていたのです。これは戦後の政官財指導層の大失政にほかなりません。もちろん、そのような指導層を許した国民にも責任があります。米国が来年、ポスト・ブッシュで民主党政権が実現し、戦争屋がおとなしくなったのを見計らって、日本は至急、石油・穀物・防衛の安全保障に関する国家戦略を抜本的に見直すべきです。



注1:ベンチャー革命No.234『直下型地震の襲われた東電柏崎原発の不運』2007年7月22日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr234.htm


注2:ベンチャー革命No.221『不都合な真実:アル・ゴアの復讐』2007年2月7日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr221.htm


注3:ベンチャー革命No.245『ノーベル平和賞:小泉氏ではなくアル・ゴア氏』2007年10月14日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr245.htm


注4:ベンチャー革命No.68『20世紀最大の謎:ケネディ暗殺』2004年4月6日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr068.htm


注5:ベンチャー革命No.251『日本国民名なぜ、貧乏化しているのか』2008年1月4日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr251.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

ロンポールの影響は大きい・。



GOP candidate Ron Paul's supporters say change, not winning, is the point


Robert Nolin

Sun-Sentinel.com


Saturday January 26, 2008


Presidential hopeful Ron Paul is anything but a mainstream candidate, so it stands to reason his supporters should be a little unconventional as well.


And highly motivated.


Paul's adherents take to the street with signs, preach to neighbors, organize precinct teams and Internet fundraisers ? all for the Republican contender given little chance of becoming president by polls and pundits.


Why expend such energy and enthusiasm for what most likely is a lost cause?


Political experts, and Paul partisans themselves, say in some aspects it's a function of youth ? among whom Paul has sizable support ? along with a hunger for someone genuinely different and the desire to send a message, even in defeat.


共和党候補者ロン・ポールのサポーターは、大統領の獲得ではなく変化がポイントであると言います。

ロバートNolin

Sun-Sentinel.com

2008年1月26日土曜日

大統領候補者ロン・ポールは決して主流候補者ではないので、彼のサポーターが少し慣例に従わないようにするべきであることは当然です。そして高く動機づけられます。

ポールの支持者は合図によって通りに出て、隣人に説教し、ほとんど投票と賢者によって適している大統領のチャンスを与えられなかった共和党の候補としてすべて領域チームとインターネット資金集めの行事を組織します。

なぜ、そのようなエネルギーと熱狂を、おそらく、失われた原因であるものに費やすのでしょう?政治的なエキスパートとポールの同志自身は、それが、心底違う誰かへの熱望と敗北においてさえメッセージを送りたいという願望とともに、ポールがかなりサポートを持っている若者の機能であるといくつかの面において言います。


"We know Ron Paul's chances of getting elected are not as great as we would like them to be, but we feel we have to get out there with his message, and his message is one of truth and hope for America," said Sharon Thomann of Lake Worth, a 46-year-old auto body shop owner.


The Texas congressman's calls for an immediate withdrawal of troops from Iraq, abolishment of the Federal Reserve Board and Patriot Act, among other proposals, make him attractive to the young, said Kevin Wagner, assistant political science professor at Florida Atlantic University.


A former Libertarian, Paul has a strong pull on like-minded free thinkers.


"He has that anti-establishment thing, and then you combine that with an Internet savvy campaign and you have an appeal to the younger voter," Wagner said. "They're mostly young people looking for that nontraditional candidate and what can you say about Ron Paul? He's certainly nontraditional."


The Internet has been a strong component of what Wagner calls Paul's "viral campaigning." Through it, his followers have organized rallies and broken fundraising records, including $6 million in one day alone.


The Internet has afforded Paul a platform to highlight himself and his issues


"In a sense he's one of the first Internet candidates," the professor said. "Barring a miracle he's not going to win, but he has positioned himself as a player on a big stage, and that's pretty significant."





「私達は、ロン・ポールの選ばれるチャンスが、私達が、そうであってほしいほど大きくないと知っているけれども、私達は、私達が、彼のメッセージによって外に出る必要があり、彼のメッセージが真実あると思い、アメリカに望んでいます」とレークワースのシャロンThomann(46歳のオート車体工場オーナー)は言いました。

イラクからの軍の即時の撤退、連邦準備制度理事会の廃止、および他の提案の間のパトリオット法テキサスの下院議員の要求は彼を若者に魅力的にするとケビン ワグナー(フロリダ大西洋大学の補助の政治学教授)は言いました。

前の急進的自由主義者、ポールは同じ考えを持った自由な思想家に強い努力を抱きます。

「彼はその反体制物を持っていて、それから、あなたはそれをインターネット通のキャンペーンと結合し、あなたはより若い有権者への訴えを持っています」とワグナーは言いました。

「彼らはたいていその非伝統的な候補者を捜している若者であり、あなたはロン・ポールについて何を言うことができますか?」

「彼は確かに非伝統的です」。

インターネットは、ワグナーがポールの「ウイルスキャンペーン」と呼ぶものの強いコンポーネントでした。

それを通して、彼の追従者は、一人で1日での600万ドルを含めてラリーと破られた募金レコードを組織しました。

インターネットは、自身と彼の問題を強調するためにプラットフォームをポールにもたらしました。

「ある意味において、彼は最初のインターネット候補者のひとりです」と教授は言いました。

「奇跡がなければ、彼は、勝とうとしていないけれども、彼は大きなステージの上のプレーヤーとして自身を置き、それはかなり重要です」。

いい女・・。

日本でも有名な、ジリオーラ・チンクエッティの「雨」。イタリアのカンツォーネ代表曲です。



イタリアン・ポップス界のスーパー・スターで日本人からも愛された、ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI)。

映像は22歳の時にサンレモ音楽祭で「La pioggia(雨)」を歌った時のものです。






La Pioggia


Gigliola Cinquetti


Sul giornale ho letto che

Il tempo cambierà

Le nuvole son nere in cielo e

I passeri lassù

Non voleranno più

Chissà perchè?

Io non cambio mai

No, non cambio mai!

Può cadere il mondo ma

Ma che importa a me?

La pioggia non bagna il nostro amore

Quando il cielo è blu.

La pioggia, la pioggia non esiste

Se mi guardi tu.

Butta via l'ombrello amor

Che non serve più

Non serve più, se ci sei tu.


Il termometro va giù

Il sole se ne va

L'inverno fa paura a tutti ma

C'è un fuoco dentro me

Che non si spegnerà.

Lo sai perchè?


Io non cambio mai

No, non cambio mai!

Può cadere il mondo ma

Ma che importa a me?

La pioggia non bagna il nostro amore

Quando il cielo è blu.

La pioggia, la pioggia non esiste

Se mi guardi tu.

Butta via l'ombrello amor

Che non serve più

Non serve più, se ci sei tu.


La pioggia, la pioggia non esiste

Se mi guardi tu.

Butta via l'ombrello amor

Che non serve più

La pioggia non bagna il nostro amore

Quando il cielo è blu

Il cielo è blu






































































































































































蛇足

大阪万博の頃、日本に来ました・。彼女の歌と容姿に魅了されますた・。




バックは何者?

どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ


仏教者を自称する宮崎哲弥氏について。





フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、

「爆笑問題と筑紫哲也が司会を務めた

『拝啓ブッシュ大統領閣下!! あなたが語らない10の秘密』に出演したとき、

番組中に流れたVTR

(ブッシュ大統領がイェール大学時代に所属した学生サークル

「スカル・アンド・ボーンズ」が、

ヒトラーを信奉している陰謀組織であるといった内容や、

ブッシュ大統領が信仰しているというキリスト教右派団体が、

世界征服を企んでいるといった内容。)

がデタラメであるとして激怒し、

番組を収録中止に追い込むほどに、

スタジオ内のセットを壊滅させた事がある」

とか…。


なんともはや…、

よくそれだけ怒れるもんですねぇ…。




では、私が何故宮崎哲弥氏が


自分のプライドを守ろうとして必死に怒っている姿に


違和感を覚えるのかについて

述べさせて頂くことにいたしましょう。




「たかじんのそこまで言って委員会」に出演したときでも

ことあるごとに宮崎氏は、

「自分は仏教徒である」

というセリフを口にします。





蛇足


そんなに立派な頭をお持ちの割には、薄っぺらな物を感じるのは僕だけか?


911を隠そうとする言動は確信犯であろう・。


アメリカのサルところからの指示を受けて、電波芸者をやらされているのかしらないが???


まあ、売国奴的な物言い・・最近は方向を少し右寄りになっております。


せんたく? 余計なお世話・。

「せんたく」北川発起人代表会見(2) キーワードは「生活者起点」

2008.1.20 16:29

 「『せんたく』の活動趣旨、時代認識は、配布資料の通りでございます。これからさらなる各界の賛同者を募ってまいります。国民の意識改革、自己変革の推進、霞が関・官僚主導からの脱却、責任ある政治主導の実現、脱官僚、脱中央、地域・生活者起点の政策の作り直し、国の仕組みの作り直しがキーワードでございます。生活者が主役の、国民の、国民による、国民のための新しい政治の実現を目指す『平成の民権運動』と呼んでいただければと思います。この国の民主主義の進化を目指してまいりたいと思います」


ご挨拶



新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)は、経済界、労働界、学識者、自治体関係者、報道関係者、NPO関係者など国民各界の有志約150名が結集し、「政治を変え、日本を変える」ために活動しています。

21世紀臨調は政治改革の推進を目的とした提言体であり、運動体です。活動のスタンスはあくまでも不偏不党。各界の有志は無償のボランティアで年100回を超える会合を重ねながら、日本の政治のあるべき姿を求めて活発な議論を行い、積極的な提言活動を続けています。

また、党派を超えて改革を志す与野党の若手議員や知事、市町村長らと積極的に交流し、

日本のあるべき姿や政治改革の進め方についてともに悩み、考え、彼らの活動を後押ししつつ、政治改革を「国民と政治家との共同作業」として進めていくことも21世紀臨調に課せられた大切な役割の一つです。

2003年7月、日本の政治改革を国民の立場から牽引し続けてきた21世紀臨調は、発足以来の組織体制を全面的に改め、佐々木毅(前東大総長)、茂木友三郎(キッコーマン会長)、北川正恭(早稲田大学大学院教授)、西尾勝(国際基督教大学大学院教授)を共同代表に新しいスタートを切りました。

日本はいま、数世紀に一度の歴史的な転換期を迎えています。この数年のあり方が日本の

行く末を決める大きな分かれ道になるかもしれません。

21世紀臨調は、「国の基本の再構築」「政治の仕組みの再構築」「暮らしの仕組みの再構築」を旗印に、後に続く世代のために、国民が主役となる「新しい日本」をめざして活動を展開しています。


当面の目標

政治を変えなければ、いかなる分野の構造改革も実現することはできません。

21世紀臨調は当面、次の3つを目標に、時代の閉塞を打ち破る本格的な「政治改革運動」を推進します。

1. 政党の立て直し

政党のあり方を根本から問い直し、「責任ある政治主導体制の確立」と「政権交代可能な政党政治の実現」をめざします。その活動の一環として、前回の総選挙で初めて日本の政党政治に導入された「政権公約」(マニフェスト)のさらなる進化・発展をめざすとともに、政権公約(マニフェスト)を突破口として政党を起点となる選挙の段階から立て直し、政党政治の再構築をめざします。

2.生活者起点と分権改革

改革を求める知事、市町村長を結集し、国のかたちを変える本物の地方分権改革を推進します。そのためにも私たちは、地域や生活者の視点からこれまでの制度・政策のあり方を問い直し、「自立・連帯・選択」を基本に日本の政治・社会の仕組みと政策の体系を根本から改革する「生活者起点の構造改革」と「ローカル・マニフェスト運動」を国民運動として展開します。

3.政治インフラの再構築

政治を変えるためには、国民自身も変わらねばなりません。政治をどこか別の世界の出来事のように考える発想とは決別すべき時にきています。私たちは、政党や政治家の活動を支える基盤的なインフラ(人材、政策、情報、ファンド、シンクタンク等)のあり方を検討しながら、国民と政治の関係の再構築をめざします。


メンバー (2007年12月27日現在)

【共同代表】

佐々木   毅  前東京大学総長

茂 木 友三郎  キッコーマン会長

北 川 正 恭 早稲田大学大学院教授

西 尾    勝 東京市政調査会理事長

【副  代  表】

池 田 守 男 資生堂相談役

古 賀 伸 明 連合事務局長

福 川 伸 次 機械産業記念事業財団会長

山 田 啓 二 京都府知事

【主    査】

曽 根 泰 教 慶應義塾大学教授

飯 尾   潤 政策研究大学院大学教授

【顧問会議議長】

御手洗 冨士夫 日本経済団体連合会会長

【特別顧問】

岡 村   正 日本商工会議所会頭

桜 井 正 光 経済同友会代表幹事

北 城 恪太郎 日本アイ・ビー・エム最高顧問

奥 田   務 関西経済同友会代表幹事

瀬 戸 雄 三 アサヒビール相談役

堀 場 雅 夫 堀場製作所最高顧問

小 林 陽太郎 富士ゼロックス相談役最高顧問

宮 内 義 彦 オリックス会長・グループCEO

浜 田    広 リコー最高顧問

髙 木    剛 連合会長

小 柴 昌 俊 東京大学名誉教授

青 木 昌 彦 スタンフォード大学名誉教授

石 原 信 雄 地方自治研究機構会長・元内閣官房副長官

中 坊 公 平 日本弁護士連合会元会長

安 藤 忠 雄 建築家

三 谷 太一郎 東京大学名誉教授・日本学士院会員

佐 藤 幸 治 近畿大学法科大学院教授・京都大学名誉教授

奥 島 孝 康 早稲田大学学事顧問・前総長

安 西 祐一郎 慶應義塾大学塾長

屋 山 太 郎 評論家

中 村 桂 子 JT生命誌研究館長

船 橋 洋 一 ジャーナリスト

【運営委員】

赤 座 弘 一  読売新聞政治部長

揚 原 安 麿 日本青年会議所2003年度会頭

浅 海 伸 夫 読売新聞論説副委員長

浅 野 史 郎 慶應義塾大学教授・前宮城県知事

案 田 陽 治 サービス・流通連合副会長

安 藤 俊 裕 日本経済新聞論説副委員長

池 田 佳 隆 日本青年会議所2006年度会頭

石 井 邦 尚 弁護士

石 川 一 郎 日本経済新聞編集局次長兼夕刊編集長

伊 藤 正 次 首都大学東京准教授

乾    正 人 産経新聞政治部長

井 口 武 雄 三井住友海上火災保険シニアアドバイザー

入 倉   要 日本青年会議所2005年度副会頭

岩 井 奉 信 日本大学教授

岩 田 公 雄 読売テレビ報道局解説委員長

上 村 武 志 読売新聞論説副委員長

宇 治 敏 彦 東京新聞相談役・論説担当

内 永 ゆか子 日本アイ・ビー・エム技術顧問

梅 野   修 共同通信政治部長

老 川 祥 一 読売新聞東京本社社長・編集主幹

大久保 好 男 読売新聞編集局総務

大 塚 陸 毅 東日本旅客鉄道会長

大 野 重 男 ハーモニィセンター理事長

大 林 剛 郎 大林組取締役

岡 澤 憲 芙 早稲田大学教授

岡 田   晃 大阪経済大学大学院教授

岡 野 光 喜 スルガ銀行社長

奥 原 祥 司 日本青年会議所会頭

尾 崎 純 理 弁護士

小 田   尚 読売新聞編集局次長

片 山 善 博 慶應義塾大学教授・前鳥取県知事

勝 俣 恒 久 東京電力社長

加 藤 哲 夫 NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事

加 藤 裕 治 自動車総連会長

金 井 辰 樹 東京新聞政治部次長

金 子 仁 洋 評論家

蒲 島 郁 夫 東京大学教授

椛 嶋 裕 之 弁護士

川 戸 惠 子 TBSシニアコメンテーター

川邊  健太郎 ヤフーシニアプロデューサー

神 吉 信 之 ローカル・マニフェスト推進ネットワーク九州ブロック代表

木 内    孝 NPO法人・フューチャー500理事長

菊 池 哲 郎 毎日新聞取締役経営企画担当

岸 井 成 格 毎日新聞特別編集委員

北 岡 有 喜 国立病院機構京都医療センター医療情報部長

北 村 経 夫 産経新聞総括補佐兼秘書室長

木 全 ミ ツ 女子教育奨励会理事長

木 村 伊 量 朝日新聞社長付

清 原 武 彦 産経新聞会長

草 野 忠 義 連合総合生活開発研究所理事長

工 藤 泰 志 言論NPO代表

久 保 文 明 東京大学教授

倉 重 篤 郎 毎日新聞編集局次長

蔵 元 左 近 弁護士

グレン・S・フクシマ エアバス・ジャパン社長

黒 岩 祐 治 フジテレビ解説委員・キャスター

小 出 幸 男 JAM顧問

高 坂 節 三 コンパスプロバイダーズL.L.C.ゼネラルパートナー日本代表

河 野 通 和 中央公論新社取締役雑誌編集局長

国 分 高 史 朝日新聞論説委員

小 島 明 日本経済研究センター会長

小 松 浩 毎日新聞政治部長

米 谷 啓 和 日本青年会議所2004年度会頭

近 藤 大 博 日本大学大学院教授

西 川 孝 純 共同通信論説委員長

佐 々 木 類 産経新聞政治部次長

佐 藤 育 男 東京新聞政治部長

佐 藤 大 吾 NPO法人ドットジェイピー理事長

篠 塚   力 弁護士

四 宮   啓 弁護士

島      脩 元読売新聞常務取締役編集局長

清 水 孝 幸 東京新聞政治部次長

清 水   豊 弁護士

新 藤 宗 幸 千葉大学教授

須 網 隆 夫 早稲田大学大学院教授

菅 沼 堅 吾 東京新聞論説委員

鈴 木 勝 利 電機連合顧問

鈴 木 善 和 弁護士

關 田 伸 雄 産経新聞雑誌局次長

芹 川 洋 一 日本経済新聞執行役員大阪本社編集局長

曽 我   豪 朝日新聞編集委員

高 竹 和 明 日本青年会議所2005年度会頭

高 橋    進 東京大学教授

高 橋    進 日本総合研究所副理事長

竹 中 ナ ミ 社会福祉法人プロップ・ステーション理事長

立 木 正 夫 サントリー顧問

田 中 愛 治 早稲田大学教授

田 中 宗 孝 日本大学教授・NPO選挙管理システム研究会理事長

谷    眞 人 弁護士

谷 口 将 紀 東京大学准教授

田 畑   正 テレビ朝日政治部長

田 畑   豊 東京新聞論説委員

千 野 境 子 産経新聞取締役正論・論説担当論説委員長

千 葉 克 彦 弁護士

千 葉 茂 明 ガバナンス副編集長

辻 中   豊 筑波大学教授

坪 井 ゆづる 朝日新聞編集委員

徳 茂 万知子 自治労副中央執行委員長

飛 田 寿 一 共同通信客員論説委員

外 山 衆 司 産経新聞大阪本社取締役編集局長

中 静 敬一郎 産経新聞論説副委員長

中 島 忠 能 元人事院総裁

中 西   寬 京都大学大学院教授

中 前    忠 中前国際経済研究所代表

長 坂 嘉 昭 プレジデント編集長

長 島   徹 帝人社長

長 野 和 夫 産経新聞客員論説委員・東北文化学園大学教授

七 井 辰 男 毎日新聞編集委員

成 田 憲 彦 駿河台大学学長

成 毛   眞 インスパイア社長

西 田 睦 美 日本経済新聞編集委員兼論説委員

西 野 晃 透 日本青年会議所2003年度副会頭

西 村 陽 一 朝日新聞編集局次長

根 本 清 樹 朝日新聞政治部長

野 澤   宏 富士ソフト会長兼社長

野 中 尚 人 学習院大学教授

野 村 吉三郎 全日本空輸最高顧問

橋 本 五 郎 読売新聞特別編集委員

林   寛 子 中日新聞一宮総局長

早 野 貴 文 弁護士

早 野   透 朝日新聞コラムニスト

原 田 亮 介 日本経済新聞編集局次長兼政治部長

坂 野 潤 治 東京大学名誉教授

菱 山 郁 朗 駒澤大学マスコミ研究所研究員

広 瀬 道 貞 テレビ朝日会長

弘 中 喜 通 日本テレビ取締役執行役員

福 嶋 浩 彦 前我孫子市長

船 田 宗 男 フジテレビ報道局解説委員主幹

星      浩 朝日新聞編集委員

牧 原   出 東北大学大学院教授

増 山 幹 高 慶応義塾大学教授

丸 山 昌 宏 毎日新聞大阪本社編集局次長

道   あゆみ 弁護士

宮 川 勝 之 弁護士

三 宅   弘 弁護士

宮 島    洋 早稲田大学教授

深 山 雅 也 弁護士

村 本 道 夫 弁護士

持 田 周 三 朝日新聞社長室室長補佐

森 本   敏 拓殖大学海外事情研究所長

八 木   柾 共同通信名古屋支社長

矢 内   廣 ぴあ会長兼社長

藪 野 祐 三 九州大学教授

安河内  龍太 フォーサイト編集部

山 﨑 養 世 コンサルタント・前ゴールドマンサックス投信社長

山 本   周 フジテレビ政治部長

山 本   潤 フジテレビ経営企画局電波企画室専任局長

横 江 公 美 PACIFIC21代表

吉 田 文 和 共同通信編集局ニュースセンター整理部長

与 良 正 男 毎日新聞論説委員

安 藤 正 基 ワイドスタッフ代表取締役

【知事・市町村長連合会議】

山 田 啓 二 京都府知事

麻 生    渡 福岡県知事

飯 泉 嘉 門 徳島県知事

石 井 正 弘 岡山県知事

石 川 嘉 延 静岡県知事

泉 田 裕 彦 新潟県知事

木 下 博 信 草加市長

久 住 時 男 見附市長

熊 坂 義 裕 宮古市長

倉 田    薫 池田市長

後 藤 國 利 臼杵市長

後 藤 太 栄 高野町長

齋 藤    弘 山形県知事

潮 谷 義 子 熊本県知事

篠 田    昭 新潟市長

清 水 聖 義 太田市長

鈴 木 俊 美 大平町長

鈴 木    望 磐田市長

高 野 之 夫 豊島区長

堂 本 暁 子 千葉県知事

中 田   宏 横浜市長

中 村 時 広 松山市長

西 川 一 誠 福井県知事

福 田 富 一 栃木県知事

古 川    康 佐賀県知事

松 沢 成 文 神奈川県知事

森    民 夫 長岡市長

森       真 各務原市長


組織体制

■組織図(21世紀臨調の組織体制) ※2007年7月1日現在

>>幹事会

21世紀臨調の意思決定機関です。共同代表、副代表、主査で構成され、21世紀臨調の

活動方針や提言内容を協議します。

>>顧問会議

共同代表の諮問に応じ、大所高所から21世紀臨調のあり方を助言するもので、各界識者で

構成されています。

>>常任政策委員会

その時々の政治・経済情勢を分析し、21世紀臨調の活動や提言方針を幹事会に提案します。会議は正副代表が主宰します。

>>政権公約推進実行委員会

臨調全メンバーで支える全員委員会です。次の総選挙に向けて、

政党の「政権公約」(マニフェスト)への取り組みを促進し、選挙から政党を立て直す国民運動を展開します。

>>中央・地方政府再構築会議

日本の統治構造のあるべき姿を求めて中央政府・地方政府のトータルな見直しを行ないます。改革の理念・全体像のもと、首相を中心とする政治主導体制のあり方、中央省庁体制や国・地方関係の再構築、公務員制度改革、地方議会改革等について提言を行ないます。

>>政治改革検証委員会

1980年代末から始まった政治改革の歴史を検証・総括し、小選挙区制導入から今日のマニフェスト導入に至る政治改革の軌跡を次の世代の政治家やジャーナリストに伝えるとともに、残された改革課題を明らかにします。

>>知事・市町村長連合会議

改革を志す知事、市町村長が結集し、地方から生活者起点、地域主権による分権構造改革を推進し、この国のかたちの変革をめざします。

>>ローカル・マニフェスト推進実行委員会

臨調全メンバーで支える全員委員会です。全国の有志と連携し「ローカル・マニフェスト」を突破口として生活者起点の政策改革と地方分権改革を国民運動として展開します。



事 務 局

21世紀臨調は様々な分野で活躍されている各界の方々のボランティアなご協力によって支えられています。その事務局組織は財団法人社会経済生産性本部内に置いています。

社会経済生産性本部は、産業界労使、学識者、消費者等の各界の代表者によって構成され、生産性運動を通じて、調和ある経済社会の持続的な発展と豊かで公平な社会の実現を目指して活動しています。21世紀臨調の活動やこのホームページに関するお問い合わせは、こちらまでお願いします。21世紀臨調事務局(財団法人社会経済生産性本部・政治改革推進室)社会経済生産性本部のホームページアドレスは
http://www.jpc-sed.or.jp
をご覧下さい。



(蛇足・土足)

生活者起点が聞いて呆れる・。政財界マスコミ学識経験者の集まりで、以前政治家、今評論家と御用マスコミと法螺論説者政策集団ちゃいますか?

北川さんが知事の在任時、三重県に企業を誘致したが採用者は県外の業務請負者(ワーキングプア)だけで・・県内から17名採用という悲劇・。ISO環境政策に多額の資金を注ぎ込みローマクラブの資金源を殖やしただけの政策で・・最後は環境プラントが爆発したのは耳に新しい・。そのせいで三重県は3倍の借金を増やしただけであった・。次は日本国を借金倒れにするマニフェストをつくり・・庶民を路頭に迷わせる結果が目に見えるようだ・。


この国を縛る本質を見極める事をしないで・・。なんか変わるのでしょうか??






∥私が,三重県知事北川正恭を告発するようになったきっかけ

http://www.asyura.com/0304/nihon4/msg/280.html


投稿者 不気味な話し 日時 2003 年 5 月 25 日 10:09:44:

∥私が,三重県知事北川正恭を告発するようになったきっかけ

2003年4月2日 水曜日

拝啓。永永と春雨が続いております。

さて,ぶしつけなメールを皆様にお送りしていますが日頃感じたまま活躍される皆様のお手元にこのようなメールでお届け出来ることは何かと光栄に存じます。

私が,三重県知事北川正恭を告発するようになったきっかけは「包括外部監査人制度」導入の平成11年の暮に遡ります。はや丸3年もの歳月が経ちました。

このころ,三重県では五十鈴監査法人との「包括外部監査人推薦内規」を秘密裏に画策し,初回包括外部監査人就任の山下義夫(五十鈴監査法人代表社員,公認会計士)で保存しておりました。県民を欺き義憤を感じた私はすぐさま北川知事への是正を申し入れました。五十鈴監査法人といえば三重の重鎮。百五銀行を監査する監査法人です。この頃,三重県では百五銀行護送船団方式で三重県との癒着行政が行われていました。談合は花盛り,犯罪は垂れ流し。





Welcome!!【詐欺師が知事の三重の国】-大言壮語全国各紙に配信中‐http://www.asyura2.com/2003/nihon3/msg/108.html

この最中,新聞紙上を賑わせたのが伊賀県民局補助職員A子さんの(8.8億円奪取)知事公印有印公文書偽造行使事件でした。彼女一人が知事の手で告訴され逮捕されたのです。

私はこのころ伊賀県民局企画調整部のリーダー等との親交もあり事件は関心が手伝い県庁議会を傍聴していた時のことです。萩原量吉議員が知事北川正恭を「老人福祉法人正光会不正補助金還流疑惑」で議会追及していたのもこの頃でした。青ざめた顔で県民局リーダーが本庁の階段を駆け上がっていくではありませんか。「えらい事になりました。いま皆で集まって...」私は公印公文書偽造行使事件のことはその後,新聞で知ったのです。

ISOも変だなと思っていました。私のお世話になっている企業が下請けいじめでISO取得を強要されていたからです。エーペック・インターナショナル上島憲社長と友人の森川税理士とお邪魔し話しを聞いてみました。すると例の「なかきよの  とおのねふりの みなめざめ なみのりふねの おとのよきかな」での不気味な話しをされました。それからです。三重県知事がISOを取得できない企業は三重県では存続出来ないことになる,とフォーラムで発言した。そして,こともあろうに裏で上島憲社長と密約が生じていたのです。ことの次第をお伝えしていきたいと存じます。

敬具。

スカル&ボーンズの映画

映画 THE SKULLS  日本名 ザ・スカルズ/髑髏(ドクロ)の誓い














アメリカを陰で支配する秘密結社。その真実に迫った異色の青春映画


アメリ カを陰で支配しているといわれる謎の巨大結社“スカル ”は、未来 の指導者となる新しい人材を探していた。そんな彼らが注目したのは、名門大学のボート部を3年連続優勝に導いたルーク(ジョシュア・ジャクソン )だった。スカル は全てを可能にする組織。しかし、彼らの本性は恐怖のエリート集団以外の何者でもなかった。入会を果たしたルークは素直に幸運を喜ぶ。しかし、親友が謎の死を遂げ、事件 の裏側に“スカル ”が関与していることを突き止める…。


監督は『ドラゴン /ブルース・リー物語 』『デイライト 』のロブ・コーエン 。『飛べないアヒル 』シリーズのジョシュア・ジャクソン 、『バーシティ・ブルース 』のポール・ウォーカー 、『プライベート・パーツ』のレスリー ・ビッブ、『ゲット・オン・ザ・バス 』のヒル・ハ―パーーなど期待の若手スターが集合。アメリ カを支配する秘密 結社とはいうものの、回りに存在がバレバレなのはご愛嬌。腕にドクロの焼印が押されるなど入会するための試練の数々がゲーム のようだ。実際にありそうな設定をリアリティ無しに描いているのが楽しい。鼻持ちならないエリート集団に上流階級とは無縁の若者が立ち向かう図式は痛快だ。結社の中の権力争いが若者の運命を翻弄する展開が意外な結末を呼ぶ。








ケリー上院議員とブッシュ現大統領の、意外な共通項は、エール大学卒で2人とも「スカルズアンドボーンズ」という秘密クラブに所属していた(いる?)そうです。この映画もエール大だったような。

ケリー氏が3歳くらい年上。

このクラブは、毎年4年生から15名が選ばれて入会する、活動の内容は口外を禁じられている、とありました。(日経新聞)







この組織から逃げようとして精神病院に送られるところは本当ぽい・。


実際にはこのようにはならんのでしょうね?






 


この頃の風景はいいね・。

ストレス溜まると見たくなる・。



僕の好きな映画の一つ「ストリート オブ ファイア」

一人の人間も殺さない映画です・。



この頃のダイアン・レインはセクシーです・。3人の吹き替えで本人は口パクです。




http://www.youtube.com/watch?v=pIb6WmFI7yo&feature=related



昔の恋人を連れ戻すために、故郷に舞い戻ったマイケル・パレ・・。



2人はすれ違い別の人生を歩き出していた・。が彼女を連れ戻しても・。



彼女を振り切り、故郷を去っていく。



ただ一言「俺が必要になったら・・いつでも呼んでくれ」



アメリカの映画にしては日本的な、なんかカッコよかった・。



公務員は刑が軽くないか?






今林被告に懲役7年6月 福岡3幼児死亡事故
 
2008.1.8 10:24


このニュースのトピックス刑事裁判




福岡地裁に入る今林大被告=8日午前9時33分











 【福岡市の3幼児死亡事故】 福岡市東区の「海の中道大橋」で18年8月25日深夜、同市の会社員、大上哲央(あきお)さん(34)ら家族5人が乗った多目的レジャー車が追突され海に転落。長男紘彬(ひろあき)ちゃん=当時(4)、二男倫彬(ともあき)ちゃん=同(3)、長女紗彬(さあや)ちゃん=同(1)=が水死した。福岡県警は飲酒運転だった同市職員(当時)の今林大(ふとし)被告(23)を業務上過失致死傷容疑などで逮捕し、福岡地検が飲酒量や速度の分析結果を基に危険運転致死傷罪などで起訴した。飲酒運転による悲惨な事故の実態があらためて広く知られるきっかけとなり、昨年9月に飲酒運転の罰則を引き上げた改正道交法が施行された。


 【危険運転致死傷罪】 東京都の東名高速で飲酒運転のトラックに追突された車が炎上、女児2人が焼死した事故などが契機となり、悪質事故の厳罰化を目的に刑法に新設。13年12月から適用が始まった。(1)飲酒や薬物の影響で正常な運転が困難な状態(2)制御困難な高速走行(3)通行妨害目的の割り込みや幅寄せ(4)赤信号を殊更に無視-の理由で人を死傷させた事故が対象。法定刑の上限は現在、死亡で懲役20年、負傷で同15年。しかし故意の認識を立証するのが難しく、法務省の犯罪白書によると、14~18年、交通関係の業務上過失致死傷罪の立件は年間約82万~86万件だが、危険運転罪は年間270~379件にとどまっている。





蛇足


この件で警察は、行政処分を圧倒的に強化し、この件を通じて取締りを強化した。そのおかげで、地方の繁華街は閑散とした状況になった。車は凶器などと言いながら、運転する者が責任を負う事になる。飲酒は事故につながり、危険であると言うことであろうことから、一般人は取り締まりに従っうのであろうが。しかし、今般、一人の公務員が犯した事故は、己の自己保身のために事故現場から逃げ、己を隠蔽するため、同乗者と誤魔化し行為を行なって、業務上過失致死傷害で済んだ。公僕ならば率先して、救助を行なうのが当たり前なのだが・。裁判所も公務員である事、また、検事も公務員である事で談合しているのではないか?民間ならば適用されていただろう。裁判所と警察など行政機関で解釈がバラバラで片手落ちならば納得がいかない。公務員の方こそ重くするべきだ・。公務員の重罪は死刑にするべきである。公務員制度など廃止するべきだ・。




オバマ牽制?

るいネット


http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=154722


アメリカ→官邸→マスコミの共認支配を許すな



154722 ウォール街は、次期大統領をオバマ氏と決めている!?





次期米大統領候補では、バラク・オバマ氏やヒラリー・クリントン氏等が話題になっていますが、副島隆彦氏は、自ら運営するサイトで下記のように予想しています。


>「次の米大統領(来年の末の、2008年11月に決まる)は、民主党候補の、黒人で、イリノイ州選出の上院議員の、バラク・オバマだ。

もう彼で決まりだ。

なぜなら・・・・・”現在の真実の世界皇帝”のデイヴィッド・ロックフェラー(91歳)が、次はこいつにすると決めて、そう計画しているからだ。」

『副島隆彦の学問道場』

~気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板~6/15記事より引用リンク


☆☆上記の根拠となりそうなニュースを見つけたので、紹介します☆☆

ウォール街が、既にオバマ氏の支援に動き出しているという記事です。


>ウォール街でオバマ氏優勢、NY地盤のクリントン氏ら上回る資金集め4月17日(ブルームバーグ):2008年の米大統領選挙で民主党から出馬を目指すオバマ上院議員(イリノイ州)は、ウォール街の大手投資銀行関係者からの資金集めで、ニューヨークを地盤とするクリントン上院議員(ニューヨーク州)やジュリアーニ前ニューヨーク市長よりも優勢となっている。


連邦選挙管理委員会(FEC)への報告によると、オバマ氏は1-3月(第1四半期)に金融機関従業員から合計47万9209ドル(約5720万円)を集めた。これは、共和党のジュリアーニ氏の47万3442ドルや、民主党のクリントン上院議員の44万7625ドルを上回る。これらの数値は、献金者の勤務先別にまとめたもので、名前が不完全なものもある。


ゴールドマン・サックス・グループとUBSの従業員のオバマ氏への献金額は合計26万ドル余り。オバマ氏の資金集めの代表者らには、ゴールドマンのマネジング・ディレクター、デービッド・ヘラー氏やUBSアメリカのロバート・ウルフ最高経営責任者(CEO)が名を連ねている。ヘラー、ウォルフ両氏のコメントは得られていない。

13億ドル規模のファンド・オブ・ファンズを運用するトーリー・アソシエーツの会長兼CEOで、オバマ氏の資金集めに携わるジェームズ・トーリー氏は「献金を要請して快諾してもらえる確率がこれほど高かったことはこれまでなかった」と述べ、「金融機関に1-3人の熱狂的な後援者がいると、社内のほかの人も追随する」と指摘した。


金融機関関係者の献金額には、ゴールドマンやUBSのほか、ベアー・スターンズやシティグループ、クレディ・スイス・グループ、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、リーマン・ブラザーズ・ホールディングス、メリルリンチ、モルガン・スタンレーの従業員も含まれている。

『 Bloomberg.co.jp』~ウォール街でオバマ氏優勢、NY地盤のクリントン





蛇足


オバマさんとチェイニーさんは親戚だとか?まあ、特別ではないのは確かです・。









"FAIR & BALANCED" NETWORK BLACKBALLS RON PAUL


「公正な&釣り合いが取れている」ネットワークはロン・ポールに反対投票します。


By Cliff Kincaid


January 5, 2008

NewsWithViews.com


If the liberal media have lost much of their influence, are the conservative media beginning to lose theirs? Talk-show host Rush Limbaugh is on the defensive for attacking Mike Huckabee, the big winner in the Republican Iowa Caucuses, and Fox News is under fire for excluding Ron Paul and Duncan Hunter from its scheduled Sunday night debate.


Limbaugh has a lot of egg on his face for trying to tell Republicans
in Iowa that Huckabee was no Ronald Reagan and didn’t deserve their votes. Limbaugh, who himself never voted for Ronald Reagan, told a caller, “…how dare you compare Mike Huckabee to Ronald Reagan. That is simply intellectually vapid, and it’s grasping at straws.”


Limbaugh said about Huckabee, “He’s just not a conservative. And this is what, to be quite honest with you, offends me greatly with this attempt to compare him to Ronald Reagan.”


But Iowa Republicans either didn’t hear Limbaugh’s message or didn’t take him seriously. The entrance polls showed
that, of the Republican Iowa voters describing themselves as “very conservative,” most of them?35 percent?went for Huckabee. The next largest category of “very conservative” voters, 23 percent, went for Mitt Romney. Of the self-described “somewhat conservative” Iowa voters, most?34 percent?went for Huckabee, and 27 percent went for Romney.


In foreign policy, as AIM has documented, Huckabee has sounded like Reagan in blasting the U.N.’s Law of the Sea Treaty and calling for the impeachment of federal judges using foreign law to make rulings from the bench. But he didn’t sound like Reagan when he flip-flopped on the terrorist detention facility at Guantanamo Bay. He went from supporting it to saying that it ought to be closed down. Huckabee has adopted the John McCain position against using harsh interrogation techniques such as waterboarding, or simulated drowning, against terrorists.


クリフ・キンケイドによって

2008年1月5日

NewsWithViews.com

寛大なメディアがそれらの影響の多くを失ったならば、保守的なメディアは、それらを失いはじめていますか?

マイクハッカビー(共和党のアイオワ党員集会の大きな勝者)を攻撃するために、トークショーの司会者Rush Limbaughは守勢にあり、ロン・ポールとダンカンハンターをそのスケジューリングされた日曜日の夜討論から除外するために、フォックスニュースは砲火を浴びています。

共和党に、ハッカビーが全然ロナルド・レーガンではなく、それらの票に値していなかったとアイオワで言おうとするために、Limbaughは彼の顔の上にたくさんの卵をぶつける用意があります。彼自身が決してロナルド・レーガンのために何もしなかったLimbaughは「…」と呼びだし人に話しました。

よくも、あなたはマイクハッカビーをロナルド・レーガンと比較しますね。

「それは単に知的に無味で、それはわらを掴もうとしています」。

Limbaughは、「彼は保守主義者ではありません」とハッカビーについて言いました。

「そして、これは、あなたに対してまったく正直なために、彼をロナルド・レーガンと比較するこの試みによって、大いに私を怒らせるものです」。

しかし、アイオワ共和党はLimbaughのメッセージを聞かなかったか、彼をまじめに取りませんでした。

彼自身を「まさしくその保守主義者」と評している共和党のアイオワの有権者について、彼らの35パーセント?がハッカビーを支持した入口投票。

「まさしくその保守主義者」有権者23パーセントの次に最も大きなカテゴリーはミット ロムニーを支持しました。

自称「多少保守的な」アイオワの有権者で、34パーセント?はハッカビーに行き、27パーセントがロムニーのために行きました。

外交方針において、AIMが文書化した時に、ハッカビーは、国連の海洋法条約を爆破し、外国の法律を使っている連邦判事の弾劾がベンチから判決をすることを要求することにおいてレーガンのように聞こえていました。

しかし、彼がグアンタナモ湾でテロリスト収容所の事でくるくる変わった時に、彼はレーガンのように聞こえていませんでした。

それをサポートすることから、それが閉鎖されるべきであると言うことに、彼はしました。

ハッカビーは、waterboardingなどの荒い質問テクニックを使うことに対してジョン・マケインポジションを採用するか、テロリストに対して溺死をシミュレーションしました。


With Limbaugh under fire, Fox News, the so-called conservative cable news channel, is being heavily criticized for deciding to keep Ron Paul and Duncan Hunter out of its Sunday night debate. Activists have contacted AIM, with one saying, “When supposed news media attempt to guide the public’s decision on who to vote for in upcoming primaries by eliminating valid candidates, we, the public, are no longer experiencing a free election. By eliminating the messages of some candidates, while giving deference to other candidates, it is simply the equivalent of stifling freedom of speech. To me, it seems to qualify as an attempt to influence an election.”


Conservative leader Richard Viguerie has released a statement declaring that while he hasn’t announced his support of any candidate, the U.S. political process and the nation will be damaged if reasonable viewpoints are silenced and excluded from such a forum.


Fox News has announced that its January 6 debate will be 90 minutes in length and presented live on Fox News Channel and Fox News Radio beginning at 8:00 p.m. ET, live from the campus of St. Anselm College in Goffstown, New Hampshire. Chris Wallace will moderate the forum.


Fox said that candidates “confirmed to participate” would include Mayor Rudy Giuliani, Governor Mike Huckabee, Senator John McCain, Governor Mitt Romney and Senator Fred Thompson.


In a statement, Ron Paul 2008 campaign chairman Kent Snyder said, “Given Ron Paul’s support in New Hampshire and his recent historic fundraising success, it is outrageous that Dr. Paul would be excluded. Dr. Paul has consistently polled higher in New Hampshire than some of the other candidates who have been invited.”


Viguerie quotes Fox News chairman Roger Ailes as saying, in regard to how bias is exercised by the liberal media, “Bias has to do with the elimination of points of view, not presenting a point of view.” Viguerie responds, “Well said, Roger. However, that’s exactly what you are doing now.”





砲火をあびるLimbaughとともに、フォックスニュース(いわゆる保守的なケーブルニュースチャンネル)は、ロン・ポールとダンカンハンターをその日曜日の夜討論から締め出すと決めることについて重く批判されています。

活動家は、人が、「そうと思われた報道機関が、有効な候補者を取り除くことによって近く発表される予備選挙の中で誰に投票するかについての大衆の決定を誘導することを試みる時に、私達、一般大衆はもう自由な選挙を経験していません」と言っている状態でAIMに連絡しました。

服従を他の候補者に与える時に何人かの候補者のメッセージを取り除くことによって、それは、言論の自由を抑える事です。

「私には、それは、選挙に影響する試みとして資格を得るようです」。

保守的なリーダー リチャードViguerieは、彼が彼のどのような候補者のサポートも発表しなかったのに対して、妥当な観点が黙り、そのようなフォーラムから除外されるならば、米国の政治的なプロセスと国家が破損するであろうということを言明しているステートメントを発表しました。

フォックスニュースは、その1月6日の討論が長さが90分であるであろうし、午後8:00ETに始まるフォックスニュースチャンネルとフォックスニュースラジオの上でライブで提出されて、ゴフスタウン、ニューハンプシャーの聖アンセルム大学のキャンパスから残ることを発表しました。

クリス ウォレスはフォーラムを適度にするでしょう。

フォックスは、「参加するために確認された」候補者がルディ・ジュリアーニ市長、マイクハッカビー知事、ジョン・マケイン上院議員、ミットロムニー知事、およびフレッド・トンプソン上院議員を含むであろうと言いました。

ステートメントの中で、ロン・ポール2008年のキャンペーン会長ケント・スナイダーは、「ニューハンプシャーと彼の最近の歴史的な募金成功でロン・ポールのサポートを与えられて、ポール博士が除かれるであろうということは法外です」と言いました。

「ポール博士は、ニューハンプシャーで、招待されている他の候補者の何人かより高く一貫して投票しました」。

Viguerieは、フォックスニュース会長ロジャー・エールスが、どうバイアスが寛大なメディアによって行使されるか、「バイアスは、観点を示さないで、観点の除去でする必要があります」について、Viguerieが、「よく言われます、ロジャー」と答えると言うことを引用します。

「しかし、それは正確に、あなたが現在していることです」。





Ailes’ complete quotation, reported in a 2003 interview
about the impact of Fox News, was that “We’ve proved that we get larger audiences to cable news than anybody in American history, for one thing. We cover a broader spectrum than most people. We say it’s fair and balanced. The American people don’t actually believe we present more points of view. Everybody knows that Ralph Nader got more airtime here than any place else when he ran for president. And we present broad views. We don’t eliminate it. Bias has to do with the elimination of points of view, not presenting a point of view. So we don’t. That’s somewhat stunning to some of the people in the business. We treat all points of view with respect.”


In commenting on the orchestrated and limited Fox News debate, Viguerie asks Fox News, “Have you joined the enemy?”


The news does not look good. Indeed, in our latest newsletter
, AIM is reporting that Fox News is falling into the hands of a liberal activist. James Murdoch, who stands to inherit control of the company when his father Rupert Murdoch dies or steps down, is a personal friend of Al Gore and Bill Clinton and has led the effort to transform News Corporation, the parent of Fox News, into a “green” company committed to the U.N. agenda on climate change. That agenda includes higher taxes, energy rationing, and more government control of the economy.


フォックスニュースのインパクトについて2003年のインタビューにおいて報告されたAilesの完全な引用は、「私達は、私達が第一にアメリカの歴史における誰よりも大観衆に、ニュースを電送させることを証明しました」でした。

私達はほとんどの人々より広範囲をカバーします。

私達は、それが公正で、釣り合いが取れていると言います。

アメリカ人は、実際、私達がより多くの観点を見せると信じません。

誰もが、彼が大統領に立候補した時に、ラルフ・ネイダーが他にここでどのような場所よりも多くの放送時間を得たと知っています。

そして、私達は広い眺めを提出します。

私達はそれを取り除きません。

バイアスは、観点を示さないで、観点の除去でする必要があります。

従って、私達はしません。

それはビジネスにおける人々の何人かに多少すばらしい。

「私達は敬意によってすべての観点を扱います」。

統合されて、制限されたフォックスニュース討論についてコメントすることにおいて、Viguerieは、「あなたは敵に参加しましたか?」をフォックスニュースに頼みます。

ニュースはよいように見えません。

実に、私達の最新のニューズレターの中で、AIMは、フォックスニュースが寛大な活動家の手の中に落ちていることを報告しています。

彼の父ルパート・マードックが死ぬか、降りる時に会社のコントロールを引き継ぐ可能性があるジェームズ・マードックはアル・ゴアとビル・クリントンの個人的な友人であり、ニュース・コーポレーション(フォックスニュースの親)を気候変動における国連の方針を約束したグリーン・カンパニーに変える努力を導きました。

その議事日程はより高い税金、エネルギー配給、および経済のより多くの政府統制を含みます。

大嘘の温暖化(環境問題)・・再掲・・。













二酸化炭素地球温暖化の幻 [環境問題を考える]





蛇足


嘘も100回言えば本物になる。まあ、その嘘と付き合わなければならんのだろうか?


官僚組織といい、大企業といい、マスコミといいバスに乗り遅れることをひどく心配する。


ご苦労なことです。体でもCO2が減れば、過喚起症候群になる・体は酸性になる。唯一、CO2が血液に解け、重炭酸イオンというアルカリ性によりバランスがとれている。自然界においては過不足など無いのである。








http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/420.html

投稿者 なるほど 日時 2004 年 1 月 27 日 23:11:55:dfhdU2/i2Qkk2



No.111 (2004/01/26)二酸化炭素地球温暖化の幻



ついに自衛隊本体に防衛庁長官の派遣命令が下されました。おりしも23日には、イラクの大量破壊兵器捜索の米国調査団の前調査団長だったデービッド・ケイCIA特別顧問が、イラクには大量破壊兵器は存在せず、旧フセイン政権による差し迫った脅威はなかったことを言明しました。つまり、米国によって行われたイラク攻撃は全く正当性を欠いた、予断によるものであった事が明らかになったわけです。大義のない攻撃によって、一国の体制を破壊した米英連合軍の行動は、国家の自決権を侵害する重罪『侵略行為』であり、現在まず裁かれるべきは米英両国です。本来ならば、米英ならびにこれに加担した諸国の軍隊は即刻イラクから撤退すべきです。

 しかしながら現実には、米英を主体とする連合軍による『侵略戦争』の最終段階として、連合国(=米国)傀儡政権樹立に向けての占領政策の一翼を担うために、我国の自衛隊が戦後初めて戦闘地域に派遣されることになったわけです。自衛隊の役割は、米英を中心とする連合軍の占領政策の一環として、戦闘で破壊されたインフラを再建することによって、占領政策を円滑に進めることです。

 このイラク侵略戦争は、当初から建前だったとはいえ、イラクによる大量破壊兵器の脅威を取り除くと言う、大前提が崩れてしまったにもかかわらず、既成事実の積み重ねによって、なし崩し的に米英はじめこれに追随する国々に都合の良い政権を樹立し、その新生イラク政権の経済的利権を独占しようという企みに摩り替わっています。









 『二酸化炭素地球温暖化脅威説』をめぐる状況は、このイラク戦争と酷似した構造を持っています。まず、誰かが大声で『人為的な二酸化炭素の増加で地球が温暖化して大変なことになる』と騒ぎ立て、IPCCという国際的な権威組織のお墨付きを出して既成事実化しました。

 二酸化炭素地球温暖化脅威説が正しいことを前提に、脅威を取り除くためには二酸化炭素の排出量の削減を行うことが必要だと言うことになり、すべての政策がその方向で動き始めてしまいました。

 ところが、肝心の人為的な二酸化炭素の排出が単純に大気中二酸化炭素濃度の上昇につながるのか、二酸化炭素の大気中濃度の上昇が、近年観測されている温暖化の主因なのか、更に、二酸化炭素の温室効果による温暖化が生態系にとって本当に差し迫った脅威なのか、という根本的な問題は全く理論的に説明できていないのが現状です。

 二酸化炭素地球温暖化脅威説を支持している日本政府の公式な自然科学的な認識の現時点での到達点をまとめた資料として、『地球温暖化研究の最前線 ―環境の世紀の知と技術 2002―』(総合科学技術会議環境担当議員・内閣府政策統括官 共編/財務省印刷局/2003年3月/1500円)が発行されています。

 しかし、残念ながらこの資料は、本来最も重要なはずの、人為的に大気中に排出された二酸化炭素が、現在言われている地球温暖化の主要な原因であるかどうかという、科学的な考察に割かれた部分は、僅かに第2部1章の1節~3節のわずか15頁に過ぎません。その説明の中において、人為的な大気中二酸化炭素濃度の上昇が、近年観測されている気温の上昇傾向の原因である論理的な説明ないし、それを裏付ける決定的な観測結果はついにどこにも記されていません。

 3節冒頭で、説明抜きでいきなり『地球の温暖化は、化石燃料を消費したり森林を伐採するなどの人間活動により、大気中二酸化炭素などの温室効果ガスが蓄積されて引き起こされる。』と述べられています。







ところがそのすぐ後に、このHPでも何度か紹介している南極ドームふじにおけるアイスコアの分析による過去30万年の気温と大気中二酸化炭素濃度の変動を示したグラフを示し、『・・・二酸化炭素がどのような理由で増え地球が温暖化したのか、逆に、どのような理由で温暖化が進み、二酸化炭素が増えたのかについては、未だ議論が分かれている。』と述べています。そしてこれが、大気中二酸化炭素濃度と気温の関係に直接言及した唯一の文章なのです。つまり、この資料においては、大気中二酸化炭素濃度の上昇と気温上昇の関係は解らないというのが唯一の見解だということです。

 蛇足ですが、アイスコアの分析による気温と大気中二酸化炭素濃度の変動については、その主因はミランコビッチ・サイクルであり、気温変動の結果として大気中二酸化炭素濃度が変動するという解釈が一般的であることは、既にこのHPで触れたとおりです。

 この資料集の他の部分は、砂上の楼閣ですので、特に触れる必要もないと思いますが、興味のおありの方は、原著をお読みください。

 昨今の二酸化炭素地球温暖化脅威説ですが、現実にはこの程度の『裏付け』とも呼べないものに過ぎないのです。にもかかわらず世界は二酸化炭素排出量削減の合言葉の下、各国企業は、役にも立たない新エネルギー・クリーンエネルギー開発をビジネスチャンスと見て、熾烈な技術開発競争で、更なる工業の高度化を行い、持続的な経済成長を続けようと猛進しているのです。

 イラク侵略戦争と言い、二酸化炭素地球温暖化脅威説と言い、このような出鱈目な事がまかり通る、なんと非科学的で不条理な世界なのでしょうか。

http://env01.cool.ne.jp/frommanager/fm2004_1.htm#n111

http://env01.cool.ne.jp/index02.htm


山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2008年1月4日


                           山本尚利


タイトル: 日本国民はなぜ、貧乏化しているのか



1.日本国民の貧乏化の実態


 2008年1月4日付けの日本経済新聞の経済教室に、堺屋太一氏の論文が載りました。それによれば、21世紀となって、日本国民の一人当たりのGDP(国民総生産)が急落し、2006年は34000ドルで、OECD加盟国(経済先進国)中18位に下がったとのこと。93年には日本国民は世界一の高所得者であったにもかかわらず・・・。国際比較レベルでは、この10年、日本の国民所得が下がり続けているのです。多くのお人好し国民は毎日、満員電車に揺られ、朝から晩まで働きつめています。それなのに、世界の経済先進国でなぜ、日本のみ国民の貧乏化が進んでいるのでしょうか。堺屋氏によれば、日本国民の知価革命(注1)の遅れとのこと。筆者らはイノベーション論の観点から、日本が脱工業化社会への対応に乗り遅れているためと分析しています(注2)。


 2003年、筆者は自分の専門の技術経営論の観点から、日米技術覇権競争あるいは日米イノベーション競争に日本が見事、敗北したためとも分析しています(注3)。


 このような分析も間違ってはいないと思いますが、それだけでしょうか。



2.小泉政権時代から始まった日本国民の貧乏化


21世紀の日本国の政治は小泉内閣で始まり、2001年4月から2006年9月まで5年半続きました。ポスト小泉の安倍内閣も現福田内閣も、小泉路線をおおむね踏襲しています。ところで、統計履歴的には日本国民の所得急落は小泉政権になって顕著です。小泉政権時代、国の国民からの借金は5年で262.3兆円(2001年9月末の565.6兆円から2006年9月末の827.9兆円の差額)も増えています。


単純に考えれば、小泉政権以降の自公政権は国民からの借金を急激に増やしているわけですから、国民がそれだけ貧乏になるのは当然であると解釈できないこともありません。


財務省統計によれば、小泉政権時代、会計年度で2002年度から2006年度まで5年間の国の一般会計予算に占める国債からの歳入額合計は167.5兆円です。262.3兆円と167.5兆円の差額94.8兆円の多くは財投債発行額に相当します。国債発行残高の推移をみると、2001年度より普通国債に加えて財投債が積みあがっています。小泉政権時代に増えた借金の増分差額94.8兆円という数字は、日本政府の外貨準備残高の約100兆円(2007年11月末、9700億ドル)とほぼ一致します。つまり日本政府は財投債でドルを購入していると推測されます。それにしても、なぜ、2001年度から突然、国債残高に財投債が上積みされるようになったのでしょうか。2001年4月1日「資金運用部資金法等の一部を改正する法律案(2000年5月24日成立)」すなわち財政投融資特別会計法が施行されたからです。郵政民営化をにらんでの法律改正です。このことを知っている国民はどれだけいるでしょうか。当時のマスコミがこの法改正を国民にわかりやすく解説したという記憶はありません。それまで、われわれ国民の虎の子、郵貯、簡保、年金積立金(合計約500兆円)を大蔵省(現財務省)の采配で、国が勝手に(国民に了解なく)特殊法人運営などに流用していたのです。おそらく米国覇権主義者の圧力と思われますが、2001年1月6日に財務省に名前を変えてから、それができなくなったのです。その代わりに、財務省官僚はチャッカリ財投債発行を始めたということです。この財投債のつけも結局、国民に回されるわけですから、国民側からみると、国のやっていることは本質的に変わりませんが・・・。



3.国民滅びて山河あり


 さて、これまでの議論で、21世紀の日本国民はどんどん貧乏になっていることはよくわかりましたが、それでは、日本国全体も貧乏となっているのでしょうか。


とんでもありません。国家レベルでみると、日本国家は米国連邦政府に巨額のお金を貸している世界一の大金持ち国家(ただし、見かけ上の金持ち国家)です。日本政府あるいは日本の金融機関が米国連邦政府に貸している債権残高は今日まで4兆ドル(500兆円)に上ると推定されています(注4)。


 この額は数十年の長期に渡る日米貿易不均衡(日本の対米貿易収支の万年黒字)から辻褄合わせすれば納得のいく額です。日本がこれだけ巨額の対米債権を抱えていたら、その利子収入だけで年間20兆円超に上ります。日本国家の税収の何と半分近くの利子収入(不労所得)があるはずなのです。本来、日本国民は左団扇だったはずです。ところが、米国連邦政府に対する500兆円分の債権からの利子収入がわが国の国家予算の歳入に当てられていると聞いたことがありません。


 つまり、米国連邦政府の財政は毎年、大赤字ですから日本に米国債の利子すら払っていないのではないでしょうか。お金を貸しているのに、利子すら払わないとすれば、こんなひどい話はありません。それとも、財務省官僚が米政府から支払われた利子を埋蔵金のようにどこかに隠し持っているのでしょうか。もし、後者なら、あの抜け目のない米国覇権主義者が黙っていないでしょう。肝心のこの点が国民に正しく知らされていないことが、今日の日本の最大の問題なのではないでしょうか。本当は、われわれ日本国民はもっと楽をできるはずなのです。


 さらに言えば、現在、財務省が公表している日本政府の外貨準備高9700億ドル(100兆円超)と上記、4兆ドル(500兆円)相当の対米債権推定総額とは大きな食い違いがあります。なぜでしょうか。この500兆円分の対米債権のうち、300兆円分くらいの米国債に関して、2001年の法改正以前、旧大蔵省がわれわれ国民の郵貯、簡保、年金積立金の財布に勝手に手を突っ込んで、それを原資に大量の米国債を購入していて、われわれ国民には公表していないのではないかと考えられます。この単純な秘密がわれわれ国民に暴露されるのを最も恐れているのは日本政府ではなく、むしろ米国政府でしょう。不思議なことに、野党政治家もマスコミもこのことを国民にまったく知らせようとしません。テレビのお笑いコンビ、タカアンドトシの「お前、欧米か!」というギャグのひとつも飛ばしたくなります(笑)。



4.踏んだり蹴ったり:原油高騰による物価値上げラッシュが貧乏化国民を追い討ちする


 2008年1月4日のトップニュース、それは原油が人類歴史上初めて、100ドル/バーレルと突破したというものでした。統計履歴上、2001年9月11日のあの忌まわしい事件以来、原油価格が急騰しています。2000年と2004年、2回の大統領選挙で執拗な選挙違反までしてブッシュ政権を誕生・続投させた寡頭勢力の真の狙いが何であったか、よくみえてきました。彼らは、ブッシュ政権下、当初の戦略目標(石油利権でぼろもうけ)を達成して笑いが止まらないでしょう。問題は、派生的に、彼らの仮想敵国ロシア(産油国)、中東と中米の反米産油国にも原油高騰の恩恵が渡ることです。それでも、寡頭勢力にとって敵を育成する意味では原油高騰は決して戦略的にマイナスとは言えないわけです。彼らにとって地獄の戦争すらも事業機会ですから・・・。ちなみに敵のいない戦争は成立しません。一方、原油高騰でもっとも被害を受ける代表は、資源のない日本です。そのせいで2008年の日本は物価値上げラッシュを迎えること間違いなしです。また、原油高騰は中国やインドのバブル的経済発展の抑制効果をもっています。このように石油利権の独占を企む白人系の国際寡頭勢力にとって原油高騰の恩恵は計り知れないわけです。彼らにとって、原油高騰は、自分たちの経済的利益の急増と増大するアジア脅威の牽制という一石二鳥の効果があります。金融と軍事・エネルギーの両方に利権をもつ国際寡頭勢力にとって、サブプライムローンの損失も原油高騰でたちまち帳消しされるはずです。現状では原油がどれほど高騰しても、先進世界は石油なしで生活できない社会となっていますから、石油を買わざるを得ません。2008年は石油利権をもたない大多数の世界人民から石油利権をもつごく一部の寡頭勢力への大規模な富の移転が起きる年の始まりです。そのしわ寄せが大津波のごとくわれわれ日本国民(石油利権と無縁)を襲うでしょう。年頭から株が暴落しても決して不思議はありません。


さて、2001年以来、小泉政権が行った、あるいは小泉政権が米国覇権主義者から強制された(?)日本政府の構造改革の代表は、いうまでもなく郵政民営化ですが、その陰で小泉政権が取り潰した特殊法人(現、独立行政法人で、ほとんどの独法は上記の財投債を食いつぶす法人)がふたつあります。それは石油公団と基盤技術研究促進センターです。どちらも旧通産省の天下り型外郭団体です。前者は民族資本による石油資源開発組織であり、後者は通産省主導のハイテク・ベンチャーキャピタルでした。小泉政権は、両法人を税金垂れ流しの悪徳法人と批判しましたが、それなら特別会計や財投債を食いつぶす日本の天下り法人はほとんど、それに該当します。問題は小泉政権が選択的に取り潰した2法人の本来のミッションは日本の国益にとって極めて重要であったという点です。米国覇権主義者の傀儡であった小泉政権であったからこそ、日本の国益に直結する両法人を意図的に狙い打ちさせたとも解釈できます。


以上の議論から結論されるのは、小泉政権は国民の目を郵政民営化に釘付けにしておいて、あろうことか日本の中長期国家戦略として、日本の国益上、もっとも重要な特殊法人のみを選択的に廃止した(自殺行為)、あるいは米国覇権主義者に廃止を強制されたと思います。


この結果、今日の日本は原油価格高騰に対し、まったく打つ手を持たない国家に成り下がったわけです。気がついたら米国覇権主義者に見事に封じ込められていたということです。また資源のない日本が高騰する石油の購買力を確保するためには、高収益の期待できるハイテク製品の技術開発力と販売チャネルを強化するしかありませんが、基盤技術研究促進センターというハイテク投資のための国家リスクマネー供給体制も、小泉政権によって構造改革の名の下に、まんまとぶち壊されているわけです。万事休すとはこのことです。


 忠犬ポチと揶揄された小泉政権の反国益的所業が郵政民営化にあることは多くの愛国派の有識者から指摘されていますが、実は石油公団と基盤技術研究促進センターとセットとなった廃止にこそあることを、今日の日本で誰一人指摘する有識者が見当たりません。まったく情けないことです。なお、われわれ国民の虎の子、郵貯、簡保、年金積立金の相当部分は大蔵省・日銀によって2001年以前から、米国債購入の原資(円高対策の名目で)として当てられ、すでに取り返しのつかない国富の不可逆的移転(日本から米国へのワンウェイの国富移転)が行われていると思われます。マージャンゲームに例えれば、勝者が敗者に、台の下からコッソリ、勝った点棒を戻してゲームを維持させているようなものです。親米官僚はコレによって、初めて日米関係が維持されると信じているわけです。これでは日本国民が豊かになるはずがありません。日本全体に劣化現象がみられるのは当然です。最後に付け加えるならば、小泉政権が強引に進めた郵政民営化とは、食い尽くされて残った残渣的国富をもあらいざらい持っていこうとする肉食猛獣的な米国覇権主義者独特の強欲な所業の一環でしかありません。



注1:堺屋太一[1985]『知価革命』PHP研究所


注2:寺本義也・山本尚利『領空侵犯をも辞さない人材流動化によるイノベーションが経済不振を払拭する』早稲田ビジネススクールレビュー7号、2007年12月、日経BP、94ページ


注3:山本尚利[2003]『日米技術覇権戦争』光文社


注4:副島隆彦[2007]『ドル覇権の崩壊』徳間書店、35ページ



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


Name

陰謀説まとめ・・

現在の全ての問題は数百年前の一人の男から発生したのではないか?その名を「サバタイ・ツバイ」


その男の子孫がユダヤ人高利貸し「ロートシルト:ロスチャイルド」家であろうか・。


覚醒剤中毒のような奇異の行動取るサバタイ・ツバイはこの世のメシアと名乗りユダヤ異端宗教のサバタイ派としてロス家に受け継がれ、ロス家は高利貸しを資本主義として現在に嘘と権力で蔓延り、各王族と財閥を仕切り拡がって、各国の政治家と財務省と中央銀行と銀行団、多国籍企業群を乗っ取り、意のままに世界を支配し続けているのであろうか?。現在、この思想は多くの人間の運命を握っているかもしれない?。


ロスチャイルドの創始者アムッシェルがイルミナティとして組織化し、この世界を乗っ取る計画を実行に移した1700年代後半から秘密結社を使い悪魔教の普及に励んでいるのであろうか?


ワンワールドと一つの宗教(ユダヤ異端サバタイ)の基に10億人程度の人間(家畜人)を飼育する社会の現出を夢描いて(New World Order)、ほぼ手中に入れたのだろうか?




Who is the NWO?


The corporate portion of the NWO is dominated by international bankers, oil barons and pharmaceutical cartels, as well as other major multinational corporations. The Royal Family of England, namely Queen Elizabeth II and the House of Windsor, (who are, in fact, descendants of the German arm of European Royalty - the Saxe-Coburg-Gotha family - changed the name to Windsor in 1914), are high level players in the oligarchy which controls the upper strata of the NWO. The decision making nerve centers of this effort are in London (especially the City of London), Basel Switzerland, and Brussels (NATO headquarters).


The United Nations, along with all the agencies working under the UN umbrella, such as the World Health Organization (WHO), are full time players in this scheme. Similarly, NATO is a military tool of the NWO.


The leaders of all major industrial countries like the United States, England, Germany, Italy, Australia, New Zealand, etc. (members of the "G7/G8" ) are active and fully cooperative participants in this conspiracy. In this century, the degree of control exerted by the NWO has advanced to the point that only certain hand-picked individuals, who are groomed and selected are even eligible to become the prime minister or president of countries like England, Germany, or The United States. It didn't matter whether Bill Clinton or Bob Dole won the Presidency in 1996, the results would have been the same. Both men are playing on the same team for the same ball club. Anyone who isn't a team player is taken out: i.e. President Kennedy, Ali Bhutto (Pakistan) and Aldo Moro (Italy). More recently, Admiral Borda and William Colby were also killed because they were either unwilling to go along with the conspiracy to destroy America, weren't cooperating in some capacity, or were attempting to expose/ thwart the takeover agenda.



The NWO's Role in Shaping History


Most of the major wars, political upheavals, and economic depression/recessions of the past 100 years (and earlier) were carefully planned and instigated by the machinations of these elites. They include The Spanish-American War (1898), World War I and World War II; The Great Depression; the Bolshevik Revolution of 1917; the Rise of Nazi Germany; the Korean War; the Vietnam War; the 1989-91 "fall" of Soviet Communism; the 1991 Gulf War; the War in Kosovo; and the two Iraq wars. Even the French Revolution was orchestrated into existence by elements of the NWO.


The instigation of a trumped-up war as a cover for amassing fortunes which can be dated back to at least the 12th Century when only a core group of nine members of the Knights Templar, kicked off the The Crusades that lasted for over a century and a half.


The core group mentioned above have been reported as being the military arm of a secret society known as the Priory of Sion, but this has been proven to be a hoax
,


In 1307, the king of France, Philippe the Fair, coveted the wealth and was jealous of the Templars' power. The French king set out to arrest all the Templars in France on October 13. While many Templars were seized and tortured, including their Grand Master, Jacques de Molay, many other Templars (who had been tipped off) escaped. They eventually resurfaced in Portugal, in Malta (as the Knights of Malta) and later in Scotland as The Scottish Rites of Freemasonry, with Albert Pike
playing a key role in defining a plan for establishing a world government.


The acquisition and consolidation of ever greater wealth, natural resources, total political power, and control over others are the motivating forces which drive the decisions of the NWO leaders. The toll in human suffering and the loss of innocent lives are non issues for these individuals.





NWOとは、誰ですか?

NWOの企業部分は、国際的な銀行家、石油富豪と製薬カルテル(他の主要な多国籍企業も同様に)によって支配されます。イングランド(すなわち、エリザベス2世女王とウィンザー家)の王室(、実際、ヨーロッパのRoyaltyのドイツの直系です - サックス-コーブルク-ゴータ家族 - 1914年のウィンザーへの名前を変えます)、高水準プレーヤーは、NWOの上層を支配する寡頭政治です。この意思決定中枢は、ロンドン(特にロンドン市)、バーゼルスイスとブリュッセル(NATO本部)にあります。


国連傘下で働いているすべての機関に加えて、世界保健機構(WHO)のような、国連はこの計画のフルタイムのプレーヤーです。同様に、NATOはNWOの軍の手先です。


アメリカ合衆国、イングランド、ドイツ、イタリア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のような(「G7/G8」のメンバー)すべての主な工業国のリーダーは、この陰謀の活発で完全な協力参加者です。今世紀に、NWOによって出される支配の程度は、その特定の厳選された個人だけを適切に先進します。訓練されて、選ばれた首相またはイングランド、ドイツまたはアメリカ合衆国などの国の大統領になる資格があります。ビルクリントンかボブドールが1996年にPresidencyに勝ったかどうかは重要でありませんでした、結果は同じことでした。両方の男性は、同じボールクラブのために同じチームの上でプレーしています。チームプレーヤーでない者は、誰でも連れ出されます:すなわちケネディ大統領、アリブット(パキスタン)とA・モロ(イタリア)。最近では、彼らがアメリカを破壊するために陰謀に従う気がなかったので、ボルダ提督とウィリアムコルビーが死にもしたか、若干の能力も協力しなかったか、乗っ取り課題を露出させて/妨害しようとしてもいました。


歴史を形づくることでNWOの役割

過去100年(そして、以前の)の大部分の大きな戦争、政治大変動と経済不況/不況は、これらのエリート集団の陰謀によって、慎重に計画されて、扇動されました。彼らは、米西戦争(1898)、第一次世界大戦と第二次世界大戦を含めます;大恐慌;1917年のボルシェビキ革命;ナチスドイツのRise;朝鮮戦争;ベトナム戦争;1989-91は、ソビエト共産主義の「減少します」;1991年の湾岸戦争;コソボでの戦争;そして、2つのイラク戦争。フランス革命さえ、NWOの要素で、存在に組織化されました。


少なくとも12世紀の年代を示されることができる運命をためるためのカバーとしての捏造された戦争の扇動芯だけがテンプル騎士団員の9人のメンバーの集める、一世紀以上の間、うろつき続いた十字軍。


上記の中心的なグループはシオンの小修道院として知られている秘密結社の軍であると報じられていました、しかし、これはいたずらであることを証明されました、


1307(フランスの王様)に、フィリップはFairです、富を望んで、テンプル騎士団員の力をねたみました。フランスの王は、10月13日にフランスですべてのテンプル騎士団員を逮捕しようと試みました。多くのテンプル騎士団員がつかまって、彼らの会長を含んで、J・モレーを拷問する間、多くの他のテンプル騎士団員(情報を提供されました)は逃げました。アルバートパイクが世界政府を設立する計画を定めることで鍵となる役割を演じて、彼らは結局、ポルトガルで、マルタ(マルタ騎士団として)で、そして、フリーメーソン団のスコットランドのRitesとしてのスコットランドの後期に再び現れました。


これまでにより大きな富、天然資源、全政権と他の制御の獲得と強化は、NWOリーダーの決定をドライブする動機づけしている軍隊です。人間の苦しみの料金と純真な命の損失は、これらの個人のためには非問題です。






The Planned World War 3 - A Play in Numerous Acts


World War Three in Brief


A Three World War scenario was developed several decades ago (see Conspiratorial History
). Two World Wars have already been achieved, and the Third and final World War envisions an attack on Iraq, Iran and/or Syria as being the trigger to set the entire Middle East into fiery conflagration. Once America is firmly entrenched into the Middle East with the majority of her first-line units, North Korea is to attack South Korea. Then, with America's forces stretched well beyond the limit, China is to invade Taiwan. This will usher in the start of World War Three.


World War Definition:


What constitutes a 'world war'? How many countries need to be involved? And who decides at which point a number of regional skirmishes can be grouped together and called a World War? At the time, who called the official start of World War 1 and World War 2?


And have you noticed that although the term 'World War Three' is freely used in the alternative press and on the Internet, all the major news networks have stoically avoided using any phrase reminiscent of World War.


Since it's difficult to find a definition for an event which has only happened twice in modern history, here's my attempt at an answer to the question 'what constitutes a world war'?


A World War is a military conflict spanning more than 2 continents, in which at least 20 major countries participate in an attack against a common enemy, and which has the attention of the man-in-the-street due to the significant loss of life.



With that definition, we can agree that WW1 and WW2 were in fact World Wars (both wars involved some degree of participation from most of the world's then existing countries: Britain, France, Germany, Italy, Japan, the United States and the Soviet Union). We can also agree that we are very close to achieving World War 3. The only requirement left to fulfill the start of WW3 is that of a military conflict spanning more than 2 continents. As soon as Israel attacks Palestine, or North Korea attacks South Korea or the US, or China invades Taiwan, we will have the next World War well underway.


計画された世界大戦3。 多数の幕の演劇。

世界大戦3の要約

数十年前3世界大戦シナリオが開発されました(共謀歴史を見てください)。 すでに2回の世界大戦が達成されて、3番目および最終的な世界大戦により、イラク、イランおよび/または火の大火を中東の全体を設定するトリガーであることとしてのシリアへの攻撃が想像されます。 いったんアメリカが米軍の第一線のユニットの大多数によって中東に堅く確立されたら、北朝鮮は韓国を攻撃することになっています。 そして、かなり限界を越えて伸ばされたアメリカの限界によって、中国は台湾を侵略することになっています。 これは世界大戦3の開始に案内します。


世界大戦定義:

何が『世界大戦』を構成していますか? 関係するためには、いくつの国がする必要がありますか? そして、どのポイントで多くの地域のこぜりあいがグループ分けされて、世界大戦と呼ばれうるかで誰が決めますか? 時間を誰が公認で世界大戦1と世界大戦2で呼びましたか?


そして、あなたは気づき、それらの代わりのプレスにおいて、およびインターネットで用語『世界大戦3』が自由に使われる。すべての主要なニュースネットワークは、世界大戦を思い出させるどのようなフレーズでも使うことをストイックに避けました。


近代史において2回起こったことがあるだけのイベントのために定義を見つけることが難しいので、ここでは、質問への返答の私の試みは、『世界大戦を構成しているもの』ですか?


世界大戦は、共通の敵、および生命の重要な損失のため人の注意を持っていることへの攻撃において最低20の主要な国が参加する2つを超える大陸を関わる軍隊の衝突です。


その定義によって、私達は、実のところWW1とWW2が世界大戦であったことに合意できます(両方の戦争は、世界のその時現存する国のほとんどから数度の参加に関係しました:英国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、およびソビエト連邦)。 私達は、また、私達が、世界大戦3を達成することに非常に近いことに合意できます。 WW3の開始を果たす唯一の要件左側は、2つを超える大陸を関わる軍隊の衝突のそれです。 イスラエルがパレスチナを攻撃するか、北朝鮮が韓国または米国を攻撃するか、または、中国が台湾を侵略するとすぐに、私達は次の世界大戦に続くであろう事を感じます。



World War 3 Timeline


These are, I believe, the elements of the planned Third World War:


  • Prelude
    - The events leading up to the start of World War Three, including Sept 11, 2001.

  • Act 1
    - The Middle East. Widespread conflict to bring the entire region into the flames of war, possibly triggered by Iran or militants in Pakistan using North Korean supplied nuclear arms. The first Scene in this Act is the US Invasion of Iraq on March 20, 2003.

  • Act 2
    - Israel at War -- Against her Arab neighbors, possibly Palestine. A Palestinian State will be established, so that all Israelis will be fully separated from Palestinians (listen out for mention of a 7-year treaty to be confirmed by a World Leader - probably Bush), only for Israel to viciously attack Palestine shortly thereafter.

  • Act 3
    - Far East -- "Hair-raising nuclear confrontation that threatens mankind's existence" - Peter Lemesurier, author of The Armageddon Script, p. 223, written in 1981. Includes China invading Taiwan and a nuclear eruption on the Korean Peninsula.

  • Act 4
    - Erosion of Confidence in 'The System' so severe citizens will be panicked into giving up liberties and Constitutional form of government. The plan calls for the dissolution of the US Constitution, triggered by a significant enough 'terrorist' attack. The ultimate intent is to introduce a global government and one-world religion.

  • Act 5
    - The collapse of the US, and other Western economies and morals.



  • Act 6
    - Significant population reduction using natural and man-made disasters.

  • Curtain. Who can tell how this war will end?


Both Biblical prophecy
and the Illuminati plan state that Israel is the key. The Third World War is planned to begin when Israel goes to war against her Arab enemies. Then and only then will all the other elements begin to occur and they will occur in rapid succession. The plan is to have one disaster following another in such rapid succession that, before people can mentally and emotionally handle one disastrous news event, they will be hit with another. It is also true to say that until ALL the elements for WW3 are in place, the plan will not commence.


While it would be naive to suggest a specific timeline for the events leading up to and including World War 3, we do know that the plans for World War 3 are well advanced, and our leaders involved in this secret plan are waiting only for the right signal before all-out war begins.


We are in the last stages of the preparation to so globalize the world that the Masonic New Age Christ (Antichrist) can appear to receive all the political and economic power of the world's rulers. This is the Illuminati plan and Biblical prophecy (Revelation 17:12-17).


In the words of Peter Lemesurier, author of The Armageddon Script:


"Their script is now written, subject only to last-minute editing and stage-directions. The stage itself, albeit in darkness, is almost ready. Down in the pit, the subterranean orchestra is already tuning up. The last-minute, walk-on parts are even now being filled. Most of the main actors, one suspects, have already taken up their roles. Soon it will be time for them to come on stage, ready for the curtain to rise. The time for action will have come."



Ladies and Gentlemen, please take your seats and welcome on stage the players of this Grand Play:





世界大戦3年表

これらがあること、私が信じていること、計画された第三世界戦争の要素:


プレリュード-2001年9月11日を含む世界大戦3の開始につながっているイベント。

幕1-中東。 全体の領域を、ことによると北朝鮮の供給された核のアームを使ってパキスタンやイランまたは武装勢力により引き起こされた戦争の炎に至らせる広範囲に及んだ衝突。 この劇の最初の場面は、2003年3月20日にイラクの米国侵略です。

幕2-戦争中のイスラエル--アラブの隣人に対して ことによると パレスチナに 。 パレスチナ人国家は設立されます。すべてのイスラエル人が、パレスチナ人(世界的リーダーにより確認される7年条約の言及のために、たぶんブッシュ)から完全に分離されるように その後すぐイスラエルだけがパレスチナを悪意があって攻撃する 。

幕3-極東--「人類の存在の恐れがあるぞっとする核対決」。 朝鮮半島の核の爆発。台湾に侵略する中国を含みます。

幕4-そう、厳しい市民は、 『システム』への信頼の浸食 政府の特権および憲法のフォームを放棄することにうろたえます。 計画は、『テロリスト』攻撃が十分に重要により引き起こされた米国構成の分解を要求します。 究極の意思は、グローバルな政府および1つ世界 宗教 を導入することです。

幕5-米国、および他の西洋の経済とモラルの崩壊。


幕6-自然なおよび人造の災害を使っている重要な人口縮小。

カーテン。 誰が、どのようにこの戦争が終わるかをわかることができますか?




聖書の予言と啓蒙主義者計画の両方は、イスラエルがそのキーであることを述べます。

イスラエルがアラブ敵に対する戦争に行く時に、第三世界戦争は、始めるために計画されます。

その時初めて、他のすべての要素が、起こりはじめて、それらが急速な連続において起こるであろうということを望んでいる。

計画は、1つの災害にそのような急速な連続において別のものに続かせておくことであるので、人々が精神的に、感情的に1つの悲惨なニュース出来事を処理することができる前に、彼らは別のものによって打たれるでしょう。

WW3のためのすべての要素が適所にあるまで、計画が始まらないであろうと言うことは、また真実です。

世界大戦3につながるイベントのために具体的な年表を提案することはナイーブであろうが、私達は、世界大戦3についてのプランが上手く進行していると知っていて、全面戦争が始まる前に、この秘密の計画に関係している私達のリーダーは適切なシグナルだけを待っています。

私達は、そう、フリーメーソンニューエイジ キリスト(反キリスト)が、世界のルーラーのすべての政治権力と経済力を受け取るために思われることができる世界を国際化する準備の最後の段階にいます。

これ啓蒙主義者の計画の、そして聖書の予言(暴露17:12-17)です。

ピーターLemesurier(ハルマゲドンスクリプトの作者)の言葉において:

「それらのスクリプトは現在、最終段階の編集とト書きだけを受けて書かれます」。

暗闇だけれどもステージ自身はほとんど用意できています。

ピット(オーケストラがすでに調整している地下で働く人)の下。

最終段階で、端役の部分は今でも満たされています。

人は、主演俳優のほとんどはすでに彼らの役割を取り上げたと疑っています。

すぐ、それは、はじまりのためにカーテンの用意ができているステージの上で彼らが来る時間になるでしょう。

「行動のための時はきているでしょう」。

みなさん、どうぞ、あなたの座席に着き、ステージの上で、この雄大な遊びのプレーヤーを歓迎してください:




蛇足


イスラエルのレバノン侵攻に続く、シリア侵略、アメリカ軍のイラン侵攻が続く予定であったが、レバノンのテロリストのヒズボラに阻止された・。しかし、その犠牲者を生贄にしてまだまだ、続くのであろうか・?





プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR