FC2ブログ

支配から脱却






1)外国人参政権付与法案(日本異文化政策、属国政策延長)


2)人権擁護法案(日本人売渡政策:奴隷、隷属政策)


3)ガソリン暫定税率法案(税の維持・確保)


4)国家公務員天下り規制法案




1)、2)の中国、朝鮮等の勢力に自身と子供たちの将来を預けるバカはいないだろう。


餃子でなく、毒入り洗脳を日本人に向けてくることになるだろう。


3)国際金融ご用達の中央銀行と国税のセットの解消を考えられるか?という命題だ。


4)支配者に媚た官僚制の廃止の一理塚であろう。


戦後レジームからの脱却はまだ道半ばだ・。




1)、2)反対 3)廃止 4)賛成


の大方の日本人であるが・・。




左翼


1)、2)賛成 3)廃止 4)未定




自民 福田、加藤、谷垣


1)、2)賛成  3)堅持  4)廃止


自民 森


1)、2)反対  3)堅持 4)廃止


公明


1)、2)賛成  3)堅持 4)廃止




民主 小沢


1)、2)賛成  3)廃止 4)賛成 





民主 前原


1)、2)反対  3)廃止 4)賛成




民主 前原G及びサラリーマンGが一番利にかなっている。


国際金融Gからの命令に逆らえるか?? はなはだ心許ない・。




新しい政党が必要である・。せんたく議連ではないのはわかる・。

スポンサーサイト



何処の国も侵略を進出という。

アジアの真実より・。http://ameblo.jp/lancer1/


・公開された中国軍によるチベット人虐殺画像 ~中国が制裁を受けるとき~


四川省、甘粛省等、チベット以外の地域でデモが広がり、犠牲者も広がっています。何故チベット領内だけでなく、これらの地域でもデモが起きるかと言えば、これらチベット周辺の省には多数のチベット人が住んでいるからです。多くのチベット人が虐殺されていることを本当に悲しく思います。


 そんな中、チベット人権民主化センターというNGO団体が、中国軍に虐殺された遺体を写真で公開しました。最初から誰も信じていなかったとは思いますが、中国軍は一切武器を使用しておらず、死んだのは火災などに巻き込まれた人のみであるという共産党の発表が全て嘘であったことを証明しています。


 既にネット上では話題になっていますが、その写真はサイトは以下のURL(チベット人権民主化センター)から見ることができます。(かなりショッキングな画像です。遺体にぼかしなどは一切入っていませんので、この手の画像が苦手な方は閲覧にご注意下さい)


http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html




 この画像を見て、平常心でいられる方はいないでしょう。寒気さえ襲ってきます。おそらくこのような行為ができる国で数ヶ月後にオリンピックが開かれるという事が信じられなくなると思います。「中国」と名の付いた食費や製品すら目にしたくないと思うかも知れません。


 この写真が偽物ではないと証明され、そして世界中に広まれば世界中の人が同じ感想を抱くでしょう。




 中国は、真実の漏洩を恐れて激しい情報統制を行っています。チベットから日本に帰還した旅行者が、「中国当局に口止めされている。身を守るために話せない」と語ったという報道もあります。


 しかしいつまでも中国の思い通りに情報を隠し通すことはできません。上記のNGO団体の写真の他、新たな事実が明らかになるにつれ、中国は国際社会から相応の制裁を受けることになるはずです。





蛇足


チベットはずっと中国とは別の国々で成り立った文化圏だ・。その実情はあるときは、中国全土を占領した時期もある。中国の少林寺を見ればわかる事だ。武力を持っていた時期もあったが、中華民国との友好のために武器を持つ必要がなくなったが、いま、民族意識に裏打ちされた行動の発露がある・。中国の内政問題などと暴言を吐く人もいるが、中国共産党自体が中国を占領した異民族なのだから・。


チベットは古代から現代に続く、理想郷としてのシャンバラがあると信じられている。それはメソポタミア、古代ユダヤからドイツのヒトラーや旧日本軍までいや、アメリカや旧ソ連までも虜にしたに違いない・。中国が手放さない何かの秘密があるのかもしれない・。




弊ブログ2006年1月から


●ナチスの裏にいたチベット僧侶団は戦前の日本政府中枢にも影響力をもっていたとか。

戦前日本がドイツと同盟を結んだのもシャンバラから指令(霊的な?)を受けた宮内庁の偉いさんが

天皇を通して閣僚を操った結果だったとか。

当然地理的にロシアを挟み撃ちにする格好となるので、そのような理由も現実的には存在しますが・・・

ナチスのシンボルは仏教の卍を逆にし、日本の国旗を赤白逆にしたものであることから、ナチスと戦前日本はまるで双子の兄弟のような存在であったとも考えられます。

その親はシャンバラ・チベットか・・・




●「光を与える、光から来たもの」 これがイルミナティの和訳だそうです

光の王・李・シャンバラ・イルミナティ やばいですね・・・







蛇足

ホリエモンの株が「5倍に上がるわよ・・」と言った、どこぞの占い師ではなく、素朴であるが低層4次元に住む悪魔を見破る能力を持つ、ツル族のシャーマン ムトーワの今年のお告げなのであろう?信じるかどうかは個人の判断に待つとして・。イラン・ロシア・中国など紛争の火種にもっとも危険な人物Li(李)なる男が躍り出る・。まあ、戦争など無いに越した事はないが?


 「バットマン ビギンズ」に出てくるヒマラヤの悪の僧侶(渡辺謙が演じていた)と秘密結社が出てくる。裏世界政府の上層部は未開に住んでいるのやら??



ナチスの裏にいたチベット僧侶団は戦前の日本政府中枢にも影響力をもっていたとか。

戦前日本がドイツと同盟を結んだのもシャンバラから指令(霊的な?)を受けた宮内庁の偉いさんが

天皇を通して閣僚を操った結果だったとか。

当然地理的にロシアを挟み撃ちにする格好となるので、そのような理由も現実的には存在しますが・ナチスのシンボルは仏教の卍を逆にし、日本の国旗を赤白逆にしたものであることから、ナチスと戦前日本はまるで双子の兄弟のような存在であったとも考えられます。

その親はシャンバラ・チベットか・・・





どう見ても、不細工な日本国旗になりますね??日本の赤は朱で、ナチスドイツはワインレッドのような感じですな・。

FRB(主要各国中央銀行カルテル)の終わりのはじまり






A Vicious Circle ending in a Systemic Financial Meltdown

Roubini's Nightmare Scenario


by Mike Whitney


体系的金融危機に引き込まれてる悪循環。

Roubiniのゾッとするような筋書き

マイク・ホイットニーによって

It's another round of the credit crisis. Some markets are getting worse than January this time. There is fear that something dramatic will happen and that fear is feeding itself," Jesper Fischer-Nielsen, interest rate strategist at Danske Bank, Copenhagen, Reuters) Yesterday's action by the Federal Reserve proves that the banking system is insolvent. It also shows that the Fed is willing to intervene directly in the stock market if it keeps equities propped up. This is clearly a violation of its mandate and runs contrary to the basic tenets of a free market. Investors who shorted the market yesterday, got clobbered by the not so invisible hand of the Fed chief.In his prepared statement, Bernanke announced that the Fed would add $200 billion to the financial system to shore up banks that have been battered by mortgage-related losses. The news was greeted with jubilation on Wall Street where traders sent stocks skyrocketing by 416 points, their biggest one-day gain in five years.“It's like they're putting jumper cables onto a battery to kick-start the credit market,'' said Nick Raich, a manager at National City Private Client Group in Cleveland. ``They're doing their best to try to restore confidence.' To understand the real meaning behind the Fed's action; it's worth considering some of the stories which popped up in the business news just days earlier. For example, last Friday, the International Herald Tribune reported:“Tight money markets, tumbling stocks and the dollar are expected to heighten worries for investors this week as pressure mounts on central banks facing what looks like the “third wave” of a global credit crisis....Money markets tightened to levels not seen since December, when year-end funding problems pushed lending costs higher across the board.”


The Herald Tribune said that troubles in the credit markets had pushed the stock market down more than 3 percent in a week and that the same conditions which preceded the last two crises (in August and December) were back stronger than ever. In other words, liquidity was vanishing from the system and the market was headed for a crash.A report in Reuters reiterated the same ominous prediction of a “third wave” saying:“The two-year U.S. Treasury yields hit a 4-year low below 1.5 percent as investors flocked to safe-haven government bonds....The cost of corporate bond insurance hit record highs on Friday and parts of the debt market which had previously escaped the turmoil are also getting hit.”


Risk premiums were soaring and investors were fleeing stocks and bonds for the safety of government Treasuries; another sure sign that liquidity was disappearing."The level of financial stress is ... likely to continue to fuel speculation of more immediate central bank action either in the form of increased liquidity injections or an early rate cut," Goldman Sachs said in a note to clients.”Indeed. When there's a funding-freeze by lenders, investors hit the exits as fast as their feet will carry them. That's why the lights started blinking red at the Federal Reserve and Bernanke concocted a plan to add $200 billion to the listing banking system. New York Times columnist Paul Krugman also referred to a “third wave” in his article “The Face-Slap Theory”. According to Krugman, “The Fed has been cutting the interest rate it controls - the so-called Fed funds rate ? (but) the rates that matter most directly to the economy, including rates on mortgages and corporate bonds, have been rising. And that's sure to worsen the economic downturn.”...(Now) “the banks and other market players who took on too much risk are all trying to get out of unsafe investments at the same time, causing significant collateral damage to market functioning.” What the Times' columnist is describing is a run on the financial system and the onset of “a full-fledged financial panic.”


The point is, Bernanke's latest scheme is not a remedy for the trillion dollar unwinding of bad bets. It is merely a quick-fix to avoid a bloody stock market crash brought on by prevailing conditions in the credit markets.Bernanke coordinated the action with the other members of the global banking cartel---The Bank of Canada, the Bank of England, the European Central Bank, the Federal Reserve, and the Swiss National Bank---and cobbled together the new Term Securities Lending Facility (TSLF), which “will lend up to $200 billion of Treasury securities to primary dealers secured for a term of 28 days (rather than overnight, as in the existing program) by a pledge of other securities, including federal agency debt, federal agency residential-mortgage-backed securities (MBS), and non-agency AAA/Aaa-rated private-label residential MBS. The TSLF is intended to promote liquidity in the financing markets for Treasury and other collateral and thus to foster the functioning of financial markets more generally.” (Fed statement)


The plan, of course, is wildly inflationary and will put additional downward pressure on the anemic dollar. No matter. All of the Fed's tools are implicitly inflationary anyway, but they'll all be put to use before the current crisis is over.The Fed's statement continues: “The Federal Open Market Committee has authorized increases in its existing temporary reciprocal currency arrangements (swap lines) with the European Central Bank (ECB) and the Swiss National Bank (SNB). These arrangements will now provide dollars in amounts of up to $30 billion and $6 billion to the ECB and the SNB, respectively, representing increases of $10 billion and $2 billion. The FOMC extended the term of these swap lines through September 30, 2008.”


So, why is the Fed issuing loans to foreign banks? Isn't that a tacit admission of its guilt in the trillion dollar subprime swindle? Or is it simply a way of warding off litigation from angry foreign investors who know they were cheated with worthless toxic bonds? In any event, the Fed's largess proves that the G-10 operates as de facto cartel determining monetary policy for much of the world. (The G-10 represents roughly 85% of global GDP) As for Bernanke's Term Securities Lending Facility (TSLF) it is intentionally designed to circumvent the Fed's mandate to only take top-grade collateral in exchange for loans. No one believes that these triple A mortgage-backed securities are worth more than $.70 on the dollar. In fact, according to a report in Bloomberg News yesterday: “AAA debt fell as low as 61 cents on the dollar after record home foreclosures and a decline to AA may push the value of the debt to 26 cents, according to Credit Suisse Group.`The fact that they've kept those ratings where they are is laughable,'' said Kyle Bass, chief executive officer of Hayman Capital Partners, a Dallas-based hedge fund that made $500 million last year betting lower-rated subprime-mortgage bonds would decline in value. ``Downgrades of AAA and AA bonds are imminent, and they're going to be significant.'' Bass estimates most of AAA subprime bonds in the ABX indexes will be cut by an average of six or seven levels within six weeks.” (Bloomberg News) The Fed is accepting these garbage bonds at nearly full-value. Another gift from Santa Bernanke.


Additionally, the Fed is offering 28 day repos which -- if this auction works like the Fed's other facility, the TAF -- the loans can be rolled over free of charge for another 28 days. Yippee. The Fed found a way to recapitalize the banks with permanent rotating loans and the public is none the wiser. The capital-starved banksters at Citi and Merrill must feel like they just won the lottery. Unfortunately, Bernanke's move effectively nationalizes the banks and makes them entirely dependent on the Fed's fickle generosity.


The New York Times Floyd Norris sums up Bernanke's efforts like this:“The Fed’s moves today and last Friday are a direct effort to counter a loss of liquidity in mortgage-backed securities, including those backed by Fannie Mae and Freddie Mac. Given the implied government guarantee of Freddie and Fannie, rising yields in their paper served as a warning sign that the crunch was worsening and investor confidence was waning. On Oct. 30, the day before the Fed cut the Fed funds rate from 4.75 per cent to 4.5 per cent, the yield on Fannie Mae securities was 5.75 percent. Today the Fed Funds rate is 3 per cent, and the Fannie Mae rate is 5.71 per cent, virtually the same as in October.....A sign of the Fed’s success, or lack of same, will be visible in that rate. It needs to come down sharply, in line with Treasury bond rates. Today, the rate was up for most of the day, but it did fall back at the end of the day. Watch that rate for the rest of the week to see indications of whether the Fed’s move is really working to restore confidence.”


Norris is right; it all depends on whether rates go down and whether that will rev-up the moribund housing market again. Of course, that is predicated on the false assumption that consumers are too stupid to know that housing is in its biggest decline since the Great Depression. Housing will not be resuscitated anytime in the near future, no matter what the conditions; and you can bet on that. The last time Bernanke cut interest rates by 75 basis points mortgage rates on the 30-year fixed actually went up a full percentage point. This had a negative affect on refinancing as well as new home purchases. The cuts were a total bust in terms of home sales.Still, equities traders love Bernanke's antics and, for the next 24 hours or so, he'll be praised for acting decisively. But as more people reflect on this latest maneuver, they'll see it for what it really is; a sign of panic. Even more worrisome is the fact that Bernanke is quickly using every arrow in his quiver. Despite the mistaken belief that the Fed can print money whenever it chooses; there are balance sheets constraints; the Fed's largess is finite. According to MarketWatch:"Counting the currency swaps with the foreign central banks, the Fed has now committed more than half of its combined securities and loan portfolio of $832 billion, Lou Crandall, chief economist for Wrightson ICAP noted. 'The Fed won't have run completely out of ammunition after these operations, but it is reaching deeper into its balance sheet than before."Steve Waldman at interfluidity draws the same conclusion in his latest post:


“After the FAF expansion, repo program, and TSLF, the Fed will have between $300B and $400B in remaining sterilization capacity, unless it issues bonds directly.” (Calculated Risk)


So, Bernanke is running short of ammo and the housing bust has just begun. That's bad.


But that's only half the story. Bernanke and Co. are already working on a new list of hyper-inflationary remedies once the credit troubles pop up again. According to the Wall Street Journal, the Fed has other economy-busting scams up its sleeve:“With worsening strains in credit market threatening to deepen and prolong an incipient recession, analysts are speculating that the Federal Reserve may be forced to consider more innovative responses -? perhaps buying mortgage-backed securities directly.“As credit stresses intensify, the possibility of unconventional policy options by the Fed has gained considerable interest, said Michael Feroli of J.P. Morgan Chase. He said two options are garnering particular attention on Wall Street: Direct Fed lending to financial institutions other than banks and direct Fed purchases of debt of Fannie Mae and Freddie Mac or mortgage-backed securities guaranteed by the two shareholder-owned, government-sponsored mortgage companies. ( “Rate Cuts may not be Enough”, David Wessel, Wall Street Journal) Wonderful. So now the Fed is planning to expand its mandate and bail out investment banks, hedge funds, brokerage houses and probably every other brandy-swilling Harvard grad who got caught-short in the subprime mousetrap. Ain't the “free market” great?In fact, Bernanke is destroying the currency by trying to reflate the equity bubble. And how much damage is he inflicting on the dollar? According to Bloomberg, “the risk of losses on US Treasury notes exceeded German bunds for the first time ever amid investor concern the subprime mortgage crisis is sapping government reserves....Support for troubled financial institutions in the U.S. will be perceived as a weakening of U.S. sovereign credit.''


America is going broke and the rest of the world knows it. Timothy Geithner, President of the New York Fed put it like this:“The self-reinforcing dynamic within financial markets has intensified the downside risks to growth for an economy that is already confronting a very substantial adjustment in housing and the possibility of a significant rise in household savings. The intensity of the crisis is in part a function of the size of the preceding financial boom, but also of the speed of the deterioration in confidence about the prospects for growth and in some of the basic features of our financial markets. The damage to confidence?confidence in ratings, in valuation tools, in the capacity of investors to evaluate risk?will prolong the process of adjustment in markets. This process carries with it risks to the broader economy.”


Without a hint of irony, Geithner talks about the importance of building confidence on a day when the Fed has deliberately distorted the market by injecting $200 billion in the banking system and sending the flagging stock market into a steroid-induced rapture. Astonishing.The stock market was headed for a crash this week, but Bernanke managed to swerve off the road and avoid a head-on collision. But nothing has changed. Foreclosures are still soaring, the credit markets are still frozen, and capital is being destroyed at a faster pace than any time in history. The economic situation continues to deteriorate and even unrelated parts of the markets have now been infected with subprime contagion. The massive deleveraging of the banks and hedge funds is beginning to intensify and will continue to accelerate until a bottom is found. That's a long way off and the road ahead is full of potholes."In the United States, a new tipping point will translate into a collapse of the real economy, final socio-economic stage of the serial bursting of the housing and financial bubbles and of the pursuance of the US dollar fall. The collapse of US real economy means the virtual freeze of the American economic machinery: private and public bankruptcies in large numbers, companies and public services closing down massively.” (Statement from The Global Europe Anticipation Bulletin (GEAB) Is that too gloomy? Then take a look at these eye-popping charts which show the extent of the Fed's lending operations via the Temporary Auction Facility. The loans have helped to make the insolvent banks look healthy, but at great cost to the country's economic welfare. http://benbittrolff.blogspot.com/2008/03/really-scary-fed-charts-march.html


The Fed established the TAF in the first place; to put a floor under mortgage-backed securities and other subprime junk so the banks wouldn't have to try to sell them into an illiquid market at fire-sale prices. But the plan has backfired and now the Fed feels compelled to contribute $200 billion to a losing cause. It's a waste of time. UBS puts the banks’ total losses from the subprime fiasco at $600 billion. If that's true, (and we expect it is) then the Fed is out of luck because, at some point, Bernanke will have to throw in the towel and let some of the bigger banks fail. And when that happens, the stock market will start lurching downward in 400 and 500 point increments. But what else can be done? Solvency can only be feigned for so long. Eventually, losses have to be accounted for and businesses have to fail. It's that simple.


So far, the Fed's actions have had only a marginal affect. The system is grinding to a standstill. The country's two largest GSEs, Fannie Mae and Freddie Mac, which are presently carrying $4.5 trillion of loans on their books, are teetering towards bankruptcy. Both are gravely under-capitalized and (as a recent article in Barron's shows) Fannies equity is mostly smoke and mirrors. No wonder investors are shunning their bonds. Additionally, the cost of corporate bond insurance is now higher than anytime in history, which makes funding for business expansion or new projects nearly impossible. The wheels have come of the cart. The debt markets are upside-down, consumer confidence is drooping and, as the Financial Times states, “A palpable sense of crisis pervades global trading floors.” It's all pretty grim.


省略


それは金融恐慌の別のラウンドです。

いくつかの市場は今回1月より悪くなっています。

(Danske銀行、コペンハーゲン、ロイターで、「何かドラマチックなことが起こるであろうという心配があり、その恐怖は自分で食べています」、Jesperフィッシャー・ニールセン、利率戦略担当者)

連邦準備銀行による昨日の行動は、銀行制度が破産していることを証明します。

それはまた、それが普通株を支えられるようにしておくならば、連邦準備局が、株式市場に快く直接介入することを示します。これははっきりと自由市場の基本的な主義に反してその命令と行動の違反です。

昨日市場を短絡させた投資者は連邦準備局チーフのそう見えなくない手によってなぐり倒されました。

彼の準備されたステートメントの中で、バーナンキは、連邦準備局が、抵当関連の損失によって乱打されている銀行を支えるために2000億ドルを金融制度に追加するであろうということを発表しました。

ニュースは、トレーダーが416ポイント(5年の彼らの最も大きな1日の利益)急騰している株を送ったウォール街の上の歓喜によって迎えられました。「それは、彼らが、クレジット市場を始動させるためにバッテリーの上に導線を置いているのに似ています」とニックRaich(クリーブランドのナショナルシティー個人的なクライアントグループのマネジャー)は言いました。「それらは、自信を復元しようとしてベストをつくしています」。連邦準備局の行動の後ろの本当の意味を理解するには;それは、ほんの数日早くビジネスニュースにおいて飛び出た話のいくつかを考慮する価値があります。例えば、この間の金曜日に、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは報告しました:「今週、金融市場、転落株、およびドルがきついように見えるものに直面している中央銀行のプレッシャーマウントとして投資者のための心配事を高めることは期待されています」 グローバルな金融恐慌....Money marketsの3番目の波"が、年末の出資問題が取締役会を横切って貸与コストをより高く押した時の12月以来見られなかったレベルに締まっていました。」ヘラルド・トリビューンは、クレジット市場でのトラブルが1週間で3パーセントよりもっと株式市場を押し下げて、最後の2つの危機(8月と12月の)に先行したのと同じ条件がこれまでより強く引き返していたと言いました。すなわち、流動性はシステムから消滅していて、市場は衝突に向かっていました。

ロイターのリポートは言っている「3番目の波」の同じ不吉な予言を繰り返しました:「社債保険の避難所government bonds....コストに綿状に固まった投資者が金曜日に最高記録を打ち、以前に騒動を免れた公債市場の一部がまた当たる時に、米財務省が産出する2年は低い4年を下の1.5パーセント打ちました」。

リスクプレミアムは高騰していて、投資者は政府宝庫の安全のために株と債券から逃げていました;

流動性が消えていたという別の確実な合図。「金融のストレスのレベルは、増大した流動性注射という形のより多くの迅速な中央銀行行動または早いレートカットの憶測に燃料を供給し続けそうです」とゴールドマン・サックスはクライアントに注の中で言いました。本当に。貸方による出資凍結がある時に、彼らの足が彼らを運ぶであろうのと同じくらい速く、投資者は出口を打ちました。それは、ライトが連邦準備銀行で赤を点滅させ始めて、バーナンキが、2000億ドルをリスト銀行制度に追加する計画を作りあげたことです。ニューヨーク・タイムズ・コラムニスト ポール・クルーグマンはまた彼の記事「面平手打ち理論」中の「3番目の波」を参照しました。

クルーグマン(「連邦準備局は、それがコントロールする利率を切り下げていました - いわゆる連邦準備局資金レート?」)によると しかし、最も直接抵当と社債の上のレートを含む経済に重要なレートは上がっていました。

そして、それは、景気の下降.「…(現在)」を悪化させるために、銀行とあまりにも多くの危険をまとった他の市場プレーヤーがすべて、同時に危険な投資を出ようとしていて、重要な二次被害に、「タイムスのコラムニストが説明している」機能「なにか」をマーケティングさせることが「金融制度の上の行動と」本格的な金融恐慌インチ「の開始である」と確信しています。ポイントは、バーナンキの最新の計画が悪い賭けの1兆ドルの巻き戻しのための救済策ではないことです。クレジット市場の優勢な条件によって引き起こされた血まみれの株式市場の暴落を避けることは単に一時しのぎです。バーナンキはグローバルなバンキングカルテル---カナダ中央銀行、イングランド銀行、欧州中央銀行、連邦準備銀行、およびスイス国立銀行---の他のメンバーとの行動を調整し、連邦機関借金、連邦を含む他の証券の誓約によって既存のプログラムにおいてそうであるように、28日の期間のために確保されたプライマリ・ディーラーへの国庫証券の2000億ドルに貸すであろう機能(TSLF)を貸している一緒の新しい期間証券を修繕しました。エージェンシーの住宅の抵当で支えられた証券(MBS)と非エージェンシーのAAA/Aaaで評価されたプライベートブランドの居住用のMBS。「TSLFは、財産と他の担保のための資金調達市場で流動性を促進し、それからより一般に金融市場の機能を養育することを意図しています」.(供給されたステートメント)設計図はもちろん激しいインフレーションを誘発し、追加の下降圧力を貧血のドルに置くでしょう。

問題がありません。連邦準備局のツールのすべてはとにかく暗黙にインフレーションを誘発するけれども、現在の危機が終わる前に、それらはすべて使われるでしょう。連邦準備局のステートメントは続いています:

「連邦公開市場委員会は欧州中央銀行(ECB)とスイス国立銀行(SNB)とのその既存の一時的なスワップ協定(スワップライン)の増加を認可しました」。これらの手配は現在100億ドルと20億ドルの増加をそれぞれ表しているECBとSNBに最高300億ドルと60億ドルまでの量におけるドルを提供するでしょう。「9月30日までこれらのスワップラインの用語を示したFOMC、2008」。従って、なぜ連邦準備局は貸付金を外国銀行に配付していますか?

それは1兆ドルのサブプライム詐欺においてその有罪の暗黙の自認ではありませんか?

または、それは、彼らが無価値の有毒な束縛によって騙されたと知っている怒った外国人投資家から訴訟を防ぐ単に方法ですか?とにかく、連邦準備局の気前のいい心付けは、世界の多くのために金融政策を決定している事実上のカルテルとしてG-10が動作することを証明します。(G-10はグローバルなGDPの約85%に相当しています)施設(TSLF)を貸しているバーナンキの用語証券について、それは、貸付金と交換に最高級の傍系親族をつかまえるだけのために連邦準備局の命令を出し抜くように意図的にデザインされます。誰も、これらの三重のA不動産担保証券がドルの上の$.70より多くに値していると信じません。実のところ昨日Bloombergニュースにおけるリポートによると:“AAA借金はレコードの家庭の抵当流れ処分の後でドルの上の61セントと同じくらい低く落ちて、クレディ・スイス・グループによるとAAへの低下は26セントまで借金の値をプッシュするかもしれません。

「彼らがいる所で、彼らがそれらの格付けを保持したという事実はおかしい」と、カイル・バス・ヘイマン首都パートナー(より低く評価されたサブプライム抵当債券が価値の中で下落するであろうということを賭けて、昨年5億ドルを得たダラスを本拠とするヘッジファンド)の最高経営責任者は言いました。「AAAとAA束縛の下り坂は差し迫っていて、それらは、重要であろうとしています」。「バスは、ABXインデックスの中のAAAサブプライム接着剤のほとんどが6週間以内に平均6つまたは7つのレベルによって切られるであろうということを概算します」.(Bloombergニュース)連邦準備局はほとんど全額でこれらのごみ束縛を受け入れています。サンタ バーナンキからの別の贈り物。さらに、連邦準備局は、--このオークションが連邦準備局の他の施設、TAFのように働くならば--、貸付金が後28日の間無料で転がされることができる28日の買い戻し不動産を提供しています。連邦準備局は、永久的な回転貸付金によって銀行を再び大文字で書く方法を見つけて、一般大衆は少しも賢明でありません。

Citiとメリルの首都に飢えているbankstersは、彼らがただ宝くじに当たったように感じるにちがいありません。

あいにく、バーナンキの動きは効果的に銀行を国営化し、彼らを連邦準備局の移り気な寛大な心に完全に依存させます。ニューヨーク・タイムズ・フロイト ノリスはこのようなバーナンキの努力を合計します:

「連邦準備局の動きは今日とこの間の金曜日に、ファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社によって支えられたそれらを含めて、不動産担保証券の中で流動性の損失を打ち返す直接的な努力です」。フレディとファニーの暗示されている政府保証を与えられて、バリバリいう音が悪化していて、投資者の信頼が衰えていたという警告の合図として、彼らの論文の中の上がる生産高は役立ちました。10月30日に、連邦準備局が4.75パーセントから4.5パーセントまで連邦準備局資金レートを切り下げる前の日に、ファニー・メイ証券の上の生産高は5.75パーセントでした。今日、連邦準備局資金レートは3パーセントであり、10月に、連邦準備局の成功または同じの不足の..A合図がそのレートにおいて見えるであろう時に、ファニー・メイ・レートは5.71パーセント、事実上同じです。

それは、長期債券レートに沿って急激に降りて来る必要があります。今日、レートは一日のほとんどの間上がっていたけれども、それは結局のところ後退しました。「連邦準備局の動きが、自信を復元するために本当に働いているかどうかのしるしを見るために、週の残りの間そのレートを見てください」。ノリスは正しい;

それはすべて、レートが下がるかどうか、そしてそれが、瀕死の住宅が再びマーケティングする回転速度を上げを望んでいるかどうかに依存します。もちろん、それは、消費者が、住宅が大恐慌以来その最も大きな低下でであると知るために愚かすぎるという間違いの仮定に基づいています。住宅は条件がどうであろうと近い将来いつでも生き返らないでしょう;そして、あなたはそれに賭けることができます。

実際固定された30年の75のベーシス・ポイント・モーゲージ金利によってバーナンキが利率を切り下げた最後は完全なパーセンテージポイントの上に過ぎました。これは新しい家庭の購入品と同様に再資金調達においてネガティブな感情を持っていました。カットは家庭の販売で全体のバストでした。それでも、普通株トレーダーはバーナンキの道化役者を愛していて、次の24時間かそこらの間、彼は決定的に演技について賞賛されるでしょう。

しかし、より多くの人々がこの最新の工作を考察する時に、彼らは、それが本当にあるもののためにそれを見るでしょう;パニックの合図。バーナンキが彼の振動においてすべての矢を迅速に使っているという事実はよりいっそうやっかいです。それが選ぶ時はいつでも、連邦準備局がお金をプリントすることができるという誤った確信にもかかわらず;バランスシート制約があります;連邦準備局の気前のいい心付けは有限です。

MarketWatchによると:「外国の中央銀行によって通貨スワップをカウントして、連邦準備局は今やその結合された証券の半分と8320億ドルのローンポートフォリオより多くを委任した、ルー・クランドールとライトソンICAPのための主要なエコノミストは注意しました」。「‘連邦準備局はこれらの操作の後に完全に弾薬を使い果たさなくているであろうけれども、それは前よりそのバランスシートの中に深く達しています’」。

相互流動性のスティーブ・ウォルドマンは彼の最新のポストにおいて同じ結論を引き出します:

「FAF拡張、買い戻し不動産プログラム、およびTSLFの後に、連邦準備局は、300ドルBとそれが直接債券を出さない限り殺菌能力であり続けることにおける400ドルBの間に持つでしょう」.(計算済みのリスク)

従って、バーナンキは弾薬が不足していて、住宅バストは始まったばかりでした。それは悪い。

しかし、それは半分の話だけです。クレジットトラブルが再び飛び出たら、バーナンキ・アンド・カンパニーはすでに超インフレーション救済策の新しいリストに取り組んでいます。ウォールストリート・ジャーナルによると、連邦準備局はその袖の上に他の経済破裂詐欺を持っています:「初期の景気後退を深くし、長引かせる恐れがあるクレジット市場で緊張を悪化させることによって、アナリストは、連邦準備銀行が、たぶん直接抵当で支えて証券を買っているより革新的な反応する-?を考慮することを強制されるかもしれないことを思索しています」。

「クレジット圧力が強くなる時に、連邦準備局による慣例に従わない政策オプションの可能性はかなりの興味を得たとJ・P・モーガン追跡のマイケルFeroliは言いました」。彼は、2つのオプションがウォール街の上の特別な注意を手に入れていると言いました:銀行以外の金融機関に貸していて、直接的な直接的な連邦準備局はファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社の借金の購入品または2つの株主が所有し、政府で後援された抵当金融会社によって保証されている不動産担保証券に供給しました。(「レートカットは十分ではないかもしれません」、デイビッド・ウェッセル、ウォールストリート・ジャーナル)

すばらしい。従って、現在、連邦準備局は、その命令を拡張し、投資銀行、ヘッジファンド、証券会社、およびサブプライムネズミ取りの中でつかまれる要点を得たたぶんすべての他のブランデーがぶ飲みハーバードの卒業生を保釈することを計画しています。「自由な市場」はすばらしくありませんか?

実のところ、バーナンキは、公平泡を膨張させようとすることによって通貨を破壊しています。

そして、彼はどれくらい損害をドルに与えていますか?Bloombergによると、「米国の問題の多い金融機関が米国君主クレジットの弱まりと見なされるであろうので、サブプライム抵当危機が政府reserves....Supportを掘り進んでいる投資者懸念の最中に、アメリカ財務省中期債券の上の損失のリスクはこれまでで初めてドイツ堤防を越えていました」。アメリカは破産していて、世界の残りはそれを知っています。

ティモシーGeithner、ニューヨーク連邦準備局の代表はこのようにそれを置きました:

「金融市場の中のセルフ補強原動力は、住宅と家族の貯金における重要な上昇の可能性においてすでに非常にかなりの調整に立ち向かっている経済のために成長に値下がりリスクを強めました」。

危機の強度はいくぶん先行している金融のブームのであるが成長のための見込みについての自信における、そして私達の金融市場の基本的な機能のいくつかにおける悪化のスピードもサイズの機能です。

リスク?を評価する投資者としての評価ツールへの格付けへの自信。自信への損害は市場で調整のプロセスを延長するでしょう。「このプロセスはそれによってより広い経済にリスクを伴います」。

皮肉のヒントなしで、連邦準備局が、銀行制度の中で2000億ドルを注入し、たれ下がる株式市場をステロイドによって引き起こされた有頂天の中に送ることによって意図的に市場をゆがめた日に自信を築く重要性について、Geithnerは話します。驚異的です。株式市場は今週衝突に向かっていたけれどもバーナンキが、どうにかして道路からはずれて、正面衝突を避けます。しかし、何も変わりませんでした。

抵当流れ処分はまだ高騰していて、クレジット市場はまだ凍結されて、資本は歴史におけるどのような時間よりも速いペースで破壊されています。経済状態は、悪化し続けて、市場の無関係な部分さえ今サブプライム感染に感染しています。銀行とヘッジファンドの大規模なdeleveragingは、強くなりはじめていて、底が見つかるまで、早まり続けるでしょう。それはまだずっと先で、ここから先の道は穴だらけです。

「米国で、新しい転覆ポイントは実体経済、住宅の連続した破裂の最終的な社会経済学のステージ、および金融のバブルの、そして米ドルの落下の追求の崩壊に変わるでしょう」。アメリカ実体経済の崩壊はアメリカ経済の機械のバーチャルな凍結を意味しています:「非常に閉まっている多数、会社、および公務における私的なおよび公的な破産」(グローバルであるヨーロッパ期待公報(GEAB)からの(ステートメント)それは陰鬱すぎますか?

そして、一時的なオークション施設経由で連邦準備局の融資活動の範囲を示すこれらの目をむくほどのチャートをちらりと見てください。貸付金は、破産した銀行を健全であるように見せることに役立っていたけれども、国の経済的福祉.http://benbittrolff.blogspot.com/2008/03/really-scary-fed-charts-march.htmlへの莫大なコストでです。連邦準備局はまず第一にTAFを設立しました;銀行が、特価で現金化しにくい相場の中にそれらを売ろうとする必要がないであろうようにフロアを不動産担保証券と他のサブプライムがらくたの下に置くには。

しかし、計画は逆効果となり、今、連邦準備局は、2000億ドルを負け原因に寄付することを強制されたと感じています。それは時間の無駄です。

UBSは6000億ドルでサブプライム大失敗から銀行の全損を置きます。

それが真実ならば、その時、私達は、それがそうであるのを予想しています。いくらかのポイントで、バーナンキが、あきらめて、より大きな銀行のいくつかを倒産させる必要があるであろうので、連邦準備局はついていない。

そして、それが起こる時に、株式市場は400と500ポイントのインクリメントの中で下に傾斜し始めるでしょう。

しかし、他に何がされることができますか?支払い能力はそんなに長い間装われることができるだけです。

結局、損失は、説明される必要があり、ビジネスは、失敗する必要があります。それはそんなに簡単です。

これまで、連邦準備局の行動は境目の感情だけを持っていました。システムは停止に砕いています。

現在貸付金の4兆5000億ドルをそれらの本の上に運んでいる国の2つの最も大きなGSE、ファニー・メイ、および連邦住宅金融抵当公社は破産にぐらついています。両方は厳粛に十分に大文字で書かれていなく、バロンのショーにおける最近の記事としての公平はたいてい煙と鏡です。投資者が彼らの束縛を避けているのも不思議ではない。さらに、社債保険のコストは現在歴史においていつでもより高い(それはほとんど不可能な事業拡張または新しいプロジェクトのために出資を作ります)。ホイールはカートの来ました。

公債市場はさかさまで、消費マインドはうなだれていて、フィナンシャル・タイムズが「明白な危機感はグローバル・トレーディング・フロアに行きわたります」と論述する時に、それはすべてかなり厳しい。銀行は、それらを、資本で枯渇し、貸ししぶったままにしておく「体系的追証請求」に直面しています。従って、クレジット市場は閉鎖されていて、大きなプレーヤーによる出口に殺到があります。バーナンキの傾向を逆転するチャンスはゼロです。

金に困っている銀行はヘッジファンドから貸付金を回収しています(それが大規模なdeleveragingを起こしています)。数兆ドルのクレジットデフォルトスワップおよび他のてこ入れされた賭けの無秩序な巻き戻しを次々引き起こしています。それは災害 。「クレジット市場が焼き付き、偉大な巻き戻しが始まる6ヶ月前に、Nouriel Roubiniエコノミストはイベントの連続全体を予測しました」。議会の前にここに彼の最近の証言のサンプリングがあります:

議会の前のRoubiniの証拠:「現在、「壊滅的な」金融と経済の結果の上がる見込みがあります」;深刻な景気後退が財務上の損失をより厳しくし、次に、大きく、成長する財務上の損失と金融危機が景気後退をよりいっそう厳しくする悪循環。連邦準備局は、根本的な価格の下で、損失とさらなる信用収縮の滝のように落下し、登る集成をもたらすことが続いて起こるであろうということについてこの悪循環について、そして財産の体系の金融のmeltdown....Capital縮小、信用収縮、強制清算、およびファイア・セールのリスクについてひどく心配します。

現金化しにくい相場において、実際の市場価格は現在、それらが今や経済においてクレジット問題に与えた下の根本的な価値よりいっそう低い。悲しんだ金融資産を支えている原資産のクレジットと根本的な問題のため、市場価格はディスカウントの上に大きな非流動性ディスカウントを含みます。資本損失は、現在、それらのポジションをマーケティングするためにマークすることを強制されるさまざまな金融機関によって追証請求と危険負担のさらなる縮小を引き起こすでしょう。現金化しにくい相場における財産のそのような強制されたファイア・セールは、さらにクレジットを短縮し、さらに追証請求とクレジットの直接投資を引き起こすであろうさらなる損失を引き起こすでしょう。金融制度が今日直面しているリスクを理解するために、私は、世界中の連邦準備局と金融の役員が現在心配する「悪夢」または「壊滅的な」シナリオを見せます。たとえ起こる上がり、重要な見込みのどのように極端なそのようなシナリオ?。「従って、それは、あまり低い確率事象ではなくむしろ、まったく可能な結果を説明します」。Roubiniはまさしくその最初から正しく、彼は今再び正しい。バーナンキは水際で自身を置き、反抗して彼の手を上げることができるけれども、潮はさしてきて、とにかく海に彼を洗い落とすでしょう。市場は訂正していて、何も、それを止めようとしていません。




マイク・ホイットニーはグローバルな研究への頻繁な貢献者です。

マイク・ホイットニーによるグローバルな研究記事

結論



CONCLUSION

Diet, injections, and injunctions will combine, from a very early

age, to produce the sort of character and the sort of beliefs that the

authorities consider desirable, and any serious criticism of the powers

that be will become psychologically impossible

- Bertrand Russell, The Impact of Science on Society


結論

権威者が望ましいと思う種類の性格と種類の信条を生じるために、非常に初期の年齢から、ダイエット、注射と禁止命令は組み合わさります、そして、権力者のどんな重大な批判でも心理的に不可能になります -






バートランドラッセル、科学の社会への影響

THE FUTURE

Aired in 1984-5, the BBC serialization of John Christopher's novels, The

Tripods, was one of the longest adaptations on British television. In this sci-fi drama, The City of The Masters was home to an unseen elite who occasionally ventured out into the countryside in giant three-legged machines to lord it over the technologically impoverished populace. Children would be taken up into the Tripods to undergo 'capping', the surgical attachment of an electrical circuit to their skulls.

Unlikely as it is that we will open the curtains one morning to find a 30

metre tall metal leg in front of the window, the Tripods contains the essential

theme of our current predicament: The dawn of a new dark age of global

technocratic feudalism.

Most human beings are targeted for extermination and the remainder will be

indentured on the global plantation. The 'sort of character' that the authorities consider desirable is the diseased, impoverished, infertile, sexless, dumbed down automaton, whose function in life is merely to enact the Masters' business plan.

Some of the character-altering weaponry already at their disposal includes:

Media brainwashing; water fluoridation; vaccination; gender altering foods and

chemicals; neurotoxic food additives; and psychotropic drugs. Life expectancy is

being gradually reduced by the modern day concentration camp which

masquerades as the public healthcare system. On the horizon are: Implantable

microchips; vaccines to alter brain chemistry; genetically modified

pharmacological food; human cloning; and nanotechnology

Under pending U.K. legislation, the process of generational transformation will

be monitored on a special children's database. Family life will be replaced by a

gigantic welfare apparatus and state controlled childcare.

Privacy will become an alien concept. Citizens will be permanently logged on

to the Big Brother surveillance grid, through their implanted microchip, the face scanning CCTV in the street, the RFID tracking chips in every supermarket

product, and the biometric identification that accompanies every transaction.

Government will have instant access to all public and private sector databases.

Don't think of getting in your car and heading for hills. Under current

proposals, Big Brother will be able to track cars by satellite and disable them by remote control. Think you can escape to another country? Sorry, under world

government, there is no 'other country'. The Tripods series ended with the

heroes fleeing across the Alps with their giant three-legged oppressors in hot

pursuit. If you want to escape, think about becoming an astronaut.

将来

1984-5で放送されて、ジョーンクリストファーの小説(Tripods)のBBC連続物は、英国のテレビで最も長い脚色のうちの1つでした。このSFのドラマでは、マスターズのシティは、時折、技術的に貧困民衆にいばるために巨大な三脚の機械で田園地方に乗り出した目に見えないエリートへの家でした。子供たちは、『被る』ことを経てTripodsが始められます。彼らの頭への電気回路の外科付属品。

それが我々がウインドウの前で高さ30メートルの金属足を見つけるためにある朝カーテンを開けるということでありそうもないがTripodsは我々の現在の苦境の重要なテーマを含みます:世界的な技術者支配の封建主義の新しい暗黒時代の夜明け。

大部分の人間は根絶のために対象とされます、そして、残りは世界的なプランテーションで契約書で取り決められます。権威者が望ましいと思う『品格の部類』は、人生における機能が単にマスターズのビジネス計画を法律にするだけであることになっている病気にかかった、貧困、不妊の、セックスレス、沈黙する下のロボットです。

すでに彼らの自由の性格を変えている兵器のいくつかは、以下を含みます:

メディア洗脳;水フッ素添加;予防接種;食品と化学製品を変えている性;神経毒食品添加物;そして、向精神剤。寿命は、公共ヘルスケアシステムに仮装する現代の日強制収容所によって、徐々に減らされています。地平線で、あります:移植可能なマイクロチップ;脳化学を変えるワクチン;遺伝子が組み替えられた薬理学的食物;人間クローン;そして、U.K.法律までの微小工学Under、世代の変化のプロセスは、特別な子供たちのデータベース上でモニターされます。家庭生活は、巨大な福祉装置と州の制御された育児と取り替えられます。

プライバシーは、外国の概念になります。彼らの入れられたマイクロチップ(通りでCCTVを調べている顔、あらゆるスーパーマーケット製品でチップを追っているRFIDとあらゆる業務を伴うバイオメトリック認証)を通して、市民は独裁者監視ネットワークに永久に記録されます。

政府は、すべての市民と民間部門データベースへの即座のアクセスをします。

あなたの車を入れて、丘に向かうことについて考えないでください。現在の提案に従って、独裁者は衛星によって車を追跡して、遠隔操作によって彼らを動けなくすることができます。あなたがもう一つの国に逃げることができると思います?残念に思って、世界政府の下で、『他の国』がありません。Tripodsシリーズは、英雄が激しく追跡していて彼らの巨大な三脚の圧制者とアルプス山脈の向こうへ逃げて終わりました。あなたが逃げたいならば、宇宙飛行士になることしかありません。

How about joining the rebel forces? Well, this may land you in some serious

hot water. Literally in hot water, because already, the U.S. Government is

shipping out 'terrorists' to foreign countries to be tortured. With distinction

between ordinary crime and terrorism swept aside, rebels can expect the

harshest treatment. Orwell observed that,' reprisals against prisoners which

extend even to boiling and burying alive, are looked upon as normal, and, when they are committed by one's own side and not by the enemy, meritorious.' What about voting the regime out? Votes cast on electronic voting machines will disappear straight down the memory hole.

反乱軍に加わることはどう?さて、これは若干の重大なお湯の中にあなたを着陸させるかもしれません。文字通りお湯の中は、アメリカ政府が拷問されるために外国に『テロリスト』を船で送っている。すでに、もう。優秀性は一蹴される普通の犯罪とテロリズムの間にあって、反乱軍は最も無情な処置を予想することができます。オーウェルは、それを観察しました』、沸騰さすことに及ぶ囚人と生きたまま埋めることに対する報復は、いつものように見られます、そして、彼らがその人の自身の側によって、そして、敵によってでなく専念していて、賞賛に値する時。』、体制を否決することはどうですか?電子投票機で投じられる票は、歴史的事実の歪曲の下でまっすぐに消えます。

A DIFFERENT COURSE

How did we get into this mess? Observing that the gap between rich and poor was getting wider, the BBC's Jeremy Paxman wondered whether someone could become too rich. The capitalist system is destined to create a financial elite as the big fish get bigger and bigger. The financial barons provide the money and organization for all the utopian dreamers who believe in a command and control society. But the Devil's greatest trick is to persuade man that he does not exist.

The ablility of the hidden hand to manipulate policy depends upon concealment.

It has been assisted by the widespread apathy towards public affairs, generated largely by the relative tranquillity of life in the West over the last sixty years. However, through the internet, it is becoming much easier to demonstrate and communicate both the existence of the cartel and the cumulative toxicity of its various activities. Support for the party line will dwindle as soon as its real purpose and its beneficiaries are exposed.

異なるコース

どのように、我々はこの混乱になりましたか?富める者と貧しい者間のギャップがより広くなっていたと述べて、BBCのジェレミーPaxmanは、誰かがあまりに裕福になることができるかどうか疑問に思いました。大物がより大きくてより大きくなって、資本主義体制は財政的エリートをつくる運命にあります。財政的男爵は、お金と組織を命令と支配社会を信じる全ての空想的な夢想家に提供します。しかし、Devilの最もすばらしいトリックは、彼が存在しないよう人に説き伏せることです。

方針を操る隠れた手のablilityは、隠蔽に依存します。

それは公共問題の方へ広範囲にわたる無関心によって援助されました。そして、この60年にわたって西側での生活の相対的な静けさによって主に発生しました。

しかし、インターネットを通って、カルテルの存在とそのいろいろな活動の累積的な毒性を示して、伝えることは、非常により簡単になっています。その本当の目的とその受益者が露出するとすぐに、共同加入線に対する支持は減少します。




蛇足


現在、日銀は国際金融オルガルキー機関の出島として存在し続けてきた・。1888年より日本を今のように影から仕切ってきた存在は正義の味方の振る舞いではない・。誰が総裁になったところで、命令はFRBやEUから出される・。頭はだれでも同じ事である・。それは廃止が一番なのだから・。

山本尚利氏コラムより

ベンチャー革命2008年3月16日


                           山本尚利


タイトル:円高、イラン戦争と関係する?日銀総裁人事の行方



1.日銀総裁人事の混迷


2008年3月19日に任期切れとなる福井俊彦日本銀行総裁の後継人事を巡って、与野党がもめています。自公与党福田政権は武藤敏郎、現日銀副総裁を推薦しましたが、民主党優勢の参議院で不同意決議が通り、日銀総裁人事は暗礁に乗り上げた格好になっています。


もうひとつの民主党の選択は、副総裁候補、伊藤隆敏(東大教授)に不同意、白川方明(京大教授、日銀出身)は同意というものでした。この選択には意味があります。米国留学組の伊藤氏は米国ジャパンハンドラーにとってコントロラブルであり、国内派、武藤氏(旧大蔵官僚の代表)と米国ジャパンハンドラーの間を取り持つメッセンジャーと位置づけられます。この事実から、小沢民主党党首は、武藤案を持ち出した福田政権の黒幕にノーを突きつけたことは明らかです。


 民主党の反対理由(オモテ向き)は、武藤氏が財務省事務次官の出身で、財政と金融の分離という行政原則に反するというもの。しかし、この程度の理由では、国民に対する説得力はゼロです。そのため、民主党は参院多数党という立場を利用して日銀総裁人事を政局にしていると批判されています。さて日銀総裁人事に衆参の同意が求められるのはなぜか、それは日銀総裁が、総理大臣に次いで国家運営に重要なポストだからです。戦後、日銀総裁ポストは、大蔵省出身者と日銀生え抜き(プロパー)が交互に座るポストでした。今回の武藤氏は財務省が全省をあげて推薦する人物のようです。



2.米国覇権主義者に闇支配される日銀総裁人事


 日銀総裁で思い出されるのはかの「前川レポート」です。1985年、中曽根政権時代、日銀総裁、前川春雄氏による「前川レポート」が出され、自民党与党はその内需拡大政策を金科玉条にして、地方自治体を土建工事中毒に陥れて今日に至っています。前川レポートは日本の自爆(オウンゴール)を演出する悪夢のシナリオだったのです。前川レポートは、今日、米国政府により毎年だされる年次対日規制改革要望書のルーツと筆者はみています。すなわち、前川レポートは元々、米国覇権主義者の中のジャパンハンドラーの誘導によって提案されたものと思われます。


 この時以来、日銀総裁人事に対する米国覇権主義者の院政的影響は強まったとみなせます。そして、日本国民資産の利権(レント)を巡って、米国覇権主義者と大蔵官僚の綱引きが行われてきたということです。1998年、大蔵省・日銀はノーパンしゃぶしゃぶ事件を仕掛けられ、上記、福井氏と武藤氏はいったん更迭された過去(前科)があります。ここがミソです。


 98年、大蔵・日銀のスキャンダル混乱に乗じて、同年、大蔵省から金融機関の監督権力が分離され、別個、金融庁が生まれました。そして2001年、郵政民営化実現のために生まれた小泉政権誕生の直前、大蔵省は財務省に名称変更を余儀なくされました。これは米国ジャパンハンドラーが、日本攻略の難攻不落の砦であった大蔵省の分割・弱体化に成功した歴史的瞬間でした。


米国覇権主義者の常套手段は、攻略ターゲット・サイドの目ぼしい人材の懐柔とエージェント化です。たとえばA級戦犯免除と引き換えにエージェント化された岸信介元首相(安倍首相の祖父)(注1)や、島圭次NHK会長の懐刀として対米ロビー活動を担い、ミイラ取りがミイラになった日高義樹氏(注2)がそれに該当するでしょう。ジャパンハンドラーに弱みを握られた福井氏(本性は対米面従腹背人物か)(注3)も武藤氏も筋金入りのエージェントとまでいかないまでも、国民資産利権(レント)の争奪戦を巡って、米国覇権主義者と日本の金融官僚集団の微妙な権力バランス(悪対悪の駆け引き)を保つための妥協の産物でしょう。その結果、ジャパンハンドラーは財務省の要望を一定程度、受け入れて、武藤氏の日銀総裁就任を黙認することで密談が成立していたと思われます。だから、福田政権はそのお墨付きをもらって強気になり、武藤案(財務省の意向)を強引に発表したのでしょう。



3.円高、イラン戦争とリンクする(?)日銀総裁人事


ブッシュ政権の好戦派チェイニー副大統領は、2008年3月11日、イラン攻撃反対の急先鋒、ウィリアム・ファロン国防総省総司令官を辞任に追い込むことに成功し、いよいよイラン攻撃タイミングを虎視眈々と狙っています。それと呼応して、イスラエル対レバノン・ヒズボラの緊張(中東戦争のトリガー)は極度に高まっているようです。しかしながら、チェイニーにとってイラン攻撃計画実行のネック、それは戦争資金調達です。米国連邦政府の財政は危機ですから、自腹の戦争資金は底を突いています。そこで、当てにされている財源はまたも、われわれ日本国民の預貯金しかありません(注4)。これなら米民主党も反対できませんから。そこで今、彼らは全力を挙げてドル安・円高環境を演出し、3月14日、1ドル99円台を記録しました。チェイニーの腹は、新日銀総裁の下、間髪を入れず、日銀に大量の円売りドル買いオペを実行してもらい、一刻も早く米国債と交換にドルキャッシュを還流してほしいわけです。少なくとも小泉政権の提供したイラク戦争資金30~40兆円規模で。ところがどっこい、それを邪魔するセクターが登場しました。それが小沢民主党です。小沢民主党はなぜ、福田政権の武藤人事を拒否できるのか。普段なら、小沢党首は福田政権の黒幕に楯突けば、田中首相、竹下首相、小渕首相、橋本首相など旧田中派政治家あるいは松岡農林大臣と同様、不審な死を迎える危険がありますが、彼はなぜ、強気なのでしょうか。単に小沢党首は能天気なのでしょうか。とんでもありません。すべて計算しつくされています。彼の後ろ盾、それは米民主党上院議員ジェイ・ロックフェラー(自民党の黒幕、デビッド・ロックフェラー(ジェイのおじ)の宿敵で国際金融資本の支援する銀行屋系寡頭勢力の代表)が控えているからでしょう。ちなみに、ブッシュ政権の現財務長官ヘンリー・ポールソンは、ブッシュ政権を牛耳る戦争屋系寡頭勢力のライバル、銀行屋系寡頭勢力の配下です。ジェイにとって敵の陣地の一角はすでに乗っ取っているのです。



4.竹中日銀総裁シナリオの行方


さて小沢党首の後ろ盾の眼が光っている限り、チェイニーの黒幕(戦争屋系寡頭勢力)は簡単に、小沢党首を無力化(暗殺するか失脚させる)できないということです。


 小沢党首に待ったをかけられた福田政権は、武藤案を引っ込め、次は竹中平蔵案を持ち出すかもしれません。このとき、小沢党首がどのような反応を示すかです。小沢党首は当然、その竹中総裁シナリオを読んだ上で、武藤案の参院の不同意決議を決行したはずです。


 小沢党首の寄らば大樹の後ろ盾が竹中氏をどのように位置づけるかによって、竹中日銀総裁誕生シナリオ実現の有無が決まります。小泉政権時代、竹中経済財政担当大臣のハンドラー(指南役)であったロバート・ゼーリック元国務副長官(現在、ブッシュ政権のネオコンであったポール・ウォルフォヴィッツの後釜の世界銀行総裁)は、上記ポールセンの出身母体、ゴールドマンサックス(ブッシュ政権への最大献金企業)出身です。上記、小沢党首と親しいジェイ・ロックフェラー民主党上院議員はゴールドマンサックスと関係が深いといわれています。


 以上の背景から、もしジェイが竹中氏を容認すれば、福田政権が武藤案の代替案として竹中案を小沢党首にぶっつけ、小沢党首が同意する可能性もゼロではありません。それこそが小沢党首の裏ミッションにつながりますから(注5)。


 もし、紆余曲折を経て竹中日銀総裁シナリオが実現すれば、旧大蔵省系金融官僚集団は完全なる敗北でしょう。このシナリオ展開は、小渕首相から、森首相を経て、小泉首相を実現させたシナリオ展開(実は自民党内の旧田中派一掃作戦)と酷似します。



注1:ベンチャー革命No.247『読売グループはなぜ、9.11事件のタブーに挑戦したか』2007年10月21日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr247.htm


注2:ベンチャー革命No.145『MOT論の視点からみたNHK会長辞任劇』2005年1月31日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr145.htm


注3:ベンチャー革命No.145『福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ』2006年6月21日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr199.htm


注4:ベンチャー革命No.222『チェイニー対久間の掛け合い漫才』2007年2月24日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr222.htm


注5:ベンチャー革命No.190『小沢民主党新代表のミッションとは』2006年4月11日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr190.htm



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


環境問題は人類滅菌の陰謀だ






14.3 ENVIRONMENTALISM


14.3の環境保全主義

The environmental movement has been an important tool for justifying

population
reduction. As The Daily Telegraph recently reported, banning the

pesticide DDT in the early 1970s was a huge victory for the population

controllers. DDT was introduced as an insecticide in the 1940s and promised to

eradicate malaria, one of the world's biggest natural killers. Despite all the

scientific evidence to the contrary, the powerful environmental lobby declared it

dangerous, and so it was banned. As a result, hundreds of millions of lives have

been lost to malaria unnecessarily.(12) Alexander King, president of the The Club of


Rome, confirmed the real purpose of the ban:

My own doubts came when DDT was introduced. In Guyana, within two

years, it had almost eliminated malaria. So my chief quarrel with DDT,in

hindsight, is that it has greatly added to the population problem.(13)

環境運動は、人口縮小を正当化するための重要な道具でした。デーリーテレグラフが最近報告したように、1970年代初期に農薬DDTを禁止することは人口コントローラの巨大な勝利でした。DDTは1940年代に殺虫剤として紹介されて、マラリア(世界最大の自然の殺人者のうちの1人)を根絶しそうでした。反対のすべての科学的な証拠にもかかわらず、強力な環境ロビーはそれを危険であると宣言しました、そして、それは禁止されました。その結果、何億もの命は、マラリアunnecessarily.(12)アレキサンダーキングに迷いました、代表のローマクラブ、禁止の本当の目的を確かめます:

DDTが持ち出されたとき、私自身の疑いは来ました。ガイアナでは、2年以内に、それはマラリアをほとんど排除しました。それで、それが人口問題を大いに増したためにDDT,環境ロビーとの私の主要な不和があります。(13)

14.4 PUBLIC HEALTH POLICY AND WESTERN MEDICINE

THE DRUGS TRUST

14.4

薬が信頼する公衆衛生方針と西洋の医療


The pharmaceutical industry is a multi-trillion dollar business, and healthcare

spending consumes a significant proportion of Western GDP. One family in

particular has played a key role in the development of the pharmaceutical

industry - The Rockefellers. As described in chapters 2 and 4, the Rockefellers

invested in the German chemical and pharmaceutical giant, I.G. Farben in the

1930s. Sterling Drug, Inc., was the main cog and largest holding company in the

Rockefeller drug empire during the first half of the 20th Century.(14)Today,

Rockefeller owned Bristol- Myers Squibb Inc. accounts for nearly half of the

chemotherapy sales in the world.(15)

The five leading private medical research institutes in the U.S. are either

controlled by, or affiliated to, the Rockefellers: Rockefeller University, Memorial

Sloan-Kettering Cancer Center, Aaron Diamond AIDS Research Center, Howard

Hughes Medical Institute and Cold Spring Harbour Laboratories. These institutes

conduct cutting edge medical research which affects the world's entire health
care system.


製薬産業はマルチ兆ドルビジネスです、そして、ヘルスケア出費は有意な量の西洋のGDPを消費します。1つの家族は特に、製薬産業の開発で、鍵となる役割を演じました - Rockefellers。章2と4で記述されて、Rockefellersはドイツの化学で製薬巨人(I.G.)に投資しました。1930年代のファルベン。スターリングドラッグ社は第20のCentury.(14)トゥデーの前半の間のロックフェラー薬帝国の主な歯車と最大手の持株会社でした、ロックフェラーはブリストルを所有しました-、あるいは、加入されて、5つの主要な個人的な医学研究がアメリカで設けるworld.(15)のほぼ半分の化学療法セールスのためのマイヤーズSquibb社の顧客はRockefellersによっても支配されます:ロックフェラー大学、記念のスローン-ケッタリング癌センター、アーロンダイヤモンド援助リサーチセンター、ハワードヒューズ医学学会と寒さは、港研究所をはねさせます。これらの学会は、世界の全健康管理システムに影響を及ぼす最先端の医学研究を実施します。

A brief chronology of the establishment of health and educational institutions

by John D. Rockefeller:

・ 1889 -1909 The University of Chicago

・ 1901 The Rockefeller Institute For Medical Research, now Rockefeller

University

・ 1909 Rockefeller Sanitary Commission for Eradication of Hookworm Disease

・ 1910 In partnership with the Harriman family, funded the Station for

Experimental Evolution and Eugenics Records Office in Cold Spring Harbour.

・ 1914 The China Medical Board (16)

The $65 million endowment of the Rockefeller Institute dwarfed the

budget of the Public Health Service in the first three decades of 20th century.(17)

Rockefeller University is a world leading centre for pharmaceutical medicine. Its

website boasts:

健康の設立の短い年代順配列とジョンD・ロックフェラーによる教育機関:

・1889-1909が、シカゴ大学です

・1901が、ロックフェラー医学研究(現在ロックフェラー大学)研究所です

・鉤虫症の根絶のための1909年のロックフェラー衛生上の委任

・ハリマン家との協力で1910は、Cold Spring HarbourでExperimental EvolutionとEugenics Records Officeのために駅に資金を供給しました。

・1914が、中国医学委員会です(16)

ロックフェラー研究所の6500万ドルの特質は、20世紀の最初の30年で、公衆衛生局の予算を小さくしました。

ロックフェラー大学が製薬医療の世界主要なセンターである。

そのウェブサイトは自慢します:

In its history, Rockefeller has been associated with 22 Nobel laureates and 18

Lasker Award recipients. Five faculty members have been named MacArthur

Fellows and 11 have garnered the National Medal of Science, the highest science

award given by the United States. And, 34 Rockefeller faculty are elected

members of the National Academy of Sciences... Rockefeller forges collaborations

with biotech and pharmaceutical companies as needed to speed research findings

into development to improve patient care.(18)
その歴史において、ロックフェラーは22人のノーベル賞受賞者と18人のラスカー賞受取人と関係していました。5人の教職員はマッカーサーフェローズという名前でした、そして、11はScienceの国立Medalを得ました。そして、最も高い科学賞がアメリカ合衆国によって与えられました。そして、34人のロックフェラー教職員は、米国科学アカデミーのメンバーに選ばれます...ロックフェラーは、患者の看護を改善するために発展に研究調査結果の速度を上げるために、必要に応じて生物工学と製薬会社との協同を創り出します。(18)

The world's premier AIDS research institution, Aaron Diamond AIDS Research Centre, is affiliated to the Rockefeller University by academic, infrastructural, and

administrative ties.(19) Established in 1991, ADARC is the world's largest private

research laboratory devoted solely to biomedical research on HIV/AIDS and is

currently co-leading China's largest AIDS 'treatment programme'.(20) Rockefeller

owned Time magazine voted their man at ADARC, Dr David Ho, 'Man of The Year'

in 1996.

The Howard Hughes Medical Institute has worked in partnership with the

Rockefeller University since 1986.(21) Founded in 1953, at close of financial year

2002, Howard Hughes Medical Institute endowment was $10.3 billion making it

the second largest philanthropy in the USA after the $24 billion Bill Gates

Foundation.(22) HHMI currently employs seven Nobel prize winners. (23) Current

Trustees include James A Baker III and CEO of the Hughes Corporation, William

R Lummis. In 1987 World Bank President, James D Wolfensohn, was elected as

trustee. (24
)世界の第一のエイズ研究機関(アーロンダイアモンドエイズResearchセンター)はアカデミックで、インフラで、管理によってロックフェラー大学に属します創立1991で、ADARCは単にHIV/エイズの生医学的な研究だけに捧げられる世界最大の私立の研究所で、現在共同主要な中国の最大のエイズの『処置プログラム』です。(20)ロックフェラーが所有するTime誌は、1996年にADARC、デービッドホー博士、『Yearの人』で彼らの部下に投票しました。

ハワードヒューズMedical研究所は、1953年に1986.(21)Foundedから、ロックフェラー大学と協力して働きました、会計年度2002の終わりで、240億ドルのビルゲイツFoundation.(22)HHMIが現在7つのノーベル賞受賞者を使用したあと、ハワードヒューズMedical研究所寄贈はそれに米国で2番目に大きな慈善をしている103億ドルでした。(23)Current Trusteesが、ヒューズ社(ウィリアム)のジェームズAベーカーIIIとCEOを含みます

Rラミス。1987の世界銀行で、頭取(ジェームズDウォルフェンソン)は受託者に選ばれました。(24)The Rockefeller University has close ties with Memorial Sloan-Kettering

Cancer Center.(25) During early 1970s Laurence S. Rockefeller sat on the board of

the Memorial Sloan -Kettering Cancer Centre and was trustee of the Sloan

Foundation.(26)The Rockefeller University archive reveals that the Rockefellers

provided substantial endowment for Memorial Sloan-Kettering. The New York

Cancer Hospital, founded in 1884, was one of the first hospitals devoted entirely

to the research and treatment of cancer. Later known as the General Memorial

Hospital for Cancer and Allied Diseases (1899-1916), and then as Memorial

Hospital, it was vastly expanded and modernized in 1936 as a result of

contributions by John D. Rockefeller II and the General Education Board. The

Sloan foundation was founded in 1934 by Alfred P. Sloan Chairman of General

Motors. In 1945, the Sloan-Kettering Institute was created to conduct intensive

research in oncology. In 1960 the Memorial Sloan-Kettering Cancer Center was

formed to serve as an administrative umbrella for the hospital and institute.(27)

Rockefeller's modernization involved relocating Memorial to a new site just across

the street from Rockefeller University. (28) Nelson A. Rockefeller was a Member of

Westchester County (NY) Board of Health from January 1933 to June 1953.(29)

Westchester became home to the Phelps Hospital founded in 1952 with

Rockefeller money. With a donation of 66 acres on the Hudson River and

$500,000 by the Arthur Curtis James Foundation, along with a pledge of

$800,000 toward the project by John D. Rockefeller II, the new hospital was

born.(30) The Phelps Hospital is now one of the sites of Memorial Sloan-Kettering

Cancer Centre.(31) James Robinson III, Chairman of the MSKCC board of

Overseers and Managers, is also a director of Bristol-Myers Squibb. Richard Gelb,

Vice-Chairman of the MSKCC board, is also Bristol-Myers Chairman of the Board.

Richard Furlaud, another MSKCC board member, recently retired as Bristol-

Myers' president.(32)
ロックフェラー大学には、Memorialスローン-ケッタリングとの緊密な関係があります

Memorialスローンの板の上で座るガンCenter.(25)During 1970年代初期ロレンスS.ロックフェラー-ケッタリング蟹座センター、そして、ロックフェラー大学アーカイブがRockefellersが相当なMemorialスローン-ケッタリング基金に提供したことを明らかにするスローンFoundation.(26)の受託者でした。ニューヨーク蟹座病院(1884年に創立される)は、完全に研究とガンの治療に捧げられる最初の病院のうちの1つでした。後で蟹座と連合Diseases(1899~1916)のためのMemorial病院将軍として知られて、それから、Memorial病院として、それはジョンD・ロックフェラーIIと一般Education委員会によって非常に拡大されて、貢献の結果として1936年に現代化されました。スローン基礎は1945年にMotors.将軍のアルフレッドP.スローン会長によって1934年に設立されました、スローン-ケッタリング協会は腫瘍学の強い研究を実施するためにつくられました。病院とinstitute.(27)ロックフェラーの現代化のための管理傘下がロックフェラー大学からMemorialをちょうど通りを渡った新しいサイトへ再配置することが必要だったので、1960年に、Memorialスローン-ケッタリング癌センターはサーブするために作られました。(28)ネルソンA.ロックフェラーはそうでしたウェストチェスター郡(NY)1933年1月から1953年6月へのHealth委員会の議員。(29)ウェストチェスターはロックフェラー金で1952年に設立されるフェルプス病院に家に帰るようになりました。ハドソン川の上の66エーカーとアーサーカーティスジェームズ財団による500,000ドルの寄付で、ジョンD・ロックフェラーIIによるプロジェクトの方の800,000ドルの誓約とともに、新しい病院は、Memorialスローン-ケッタリング蟹座Centre.(31)ジェイムスロビンソンIII(OverseersとマネージャーのMSKCC会議の議長)のサイトのうちの1つがブリストル‐マイヤーズスクイブの責任者でもある今、フェルプス病院がそうであるborn.(30)でした。リチャードゲルブ(MSKCCボードの副議長)は、ブリストルマイヤーズ取締役会長でもあります。

最近引退されるリチャードFurlaud(もう一人のMSKCC取締役)ブリストル-マイヤーズの代表。(32)The Station for Experimental Evolution and The Eugenics Records Office was

endowed with funds from the Rockefeller and Harriman families in 1910.(33) Since

the 1970s, the re-named Cold Spring Harbour Laboratories have been home to

the world's cutting edge research programmes on cancer as well as research in

neurobiology, plant genetics, genomics, and bioinformatics. James Watson, codiscoverer

of DNA, was its Director from1969 to 1994 and it is undertaking work

to map the human genome on behalf of The Human Genome Project.(34) The

early research into eugenics at Cold Spring was mirrored by the Rockefellers'

funding of racial hygiene research in Germany at the Kaiser Wilhelm Institute for

Psychiatry in Munich and The Kaiser Wilhelm Institute for Anthropology, Eugenics, and Human Heredity in Berlin in the late 1920s.(35)

However, the roots of this pharmaceutical stranglehold penetrate deep into

the American education system. In 1910, a report was produced by the American

Medical Association that changed the course of medical history. Previously,

American medical education had been unregulated and suffered a bad reputation.

Seeing an opportunity, the Carnegie Foundation offered to produce guidelines

and qualifications for medical schools on behalf of the AMA. The Flexner Report,

named after Abraham Flexner of the Carnegie Foundation, included

recommendations to strengthen courses in pharmacology. Rockefeller and

Carnegie then commenced to pour money into those institutions which

conformed to the new requirements. To date, Rockefeller, Carnegie, Ford, Sloan,

kellogg and other foundations have showered over a billion dollars on the medical

schools of America. (36)

According to The Drug Story by Maurice Bealle, an investigation into

Rockefeller influence on medicine, the Rockefeller Foundation was the single

largest contributor to American medical education:


Experimental EvolutionとEugenics Records Officeのための駅は、そうでした

資金が1970年代から1910.(33)のロックフェラーとハリマン家からにあって与えます、名前を変えますCold Spring Harbour Laboratoriesが、神経生物学の研究、植物遺伝学、ジェノミクスとbioinformatics.と同様にガンに関する世界の最先端の研究プログラムへの家でしたジェイムスワトソン(DNAの共同発見者)は1994へのそのディレクターfrom1969でした、そして、ヒトゲノム解析計画に代わってヒトゲノムを図にすることは仕事を引き受けています。初期のものはCold春で優生学に研究する(34)は1920s.(35)後期にカイゼルウィルヘルムミュンヘンとカイゼルウィルヘルムAnthropology研究所のPsychiatry研究所のドイツの人種的な衛生研究のRockefellersの資金提供、EugenicsとHuman Heredityによってベルリンに映りました。そして、しかし、この製薬完全な支配のルーツはアメリカ人の中に深く教育制度を看破します。1910年に、レポートは医学歴史のコースを変えた米国医師会によって生産されました。以前、アメリカの医学教育は無秩序で、悪評で苦しみました。

機会がわかって、カーネギー財団は、AMAに代わって医学部のためのガイドラインと資格を作り出すと申し出ました。フレクスナーレポート(カーネギー財団のA・フレクスナーの名をとって名づけられる)は、薬理学のコースを強化するために、推薦を含みました。ロックフェラーとカーネギーは、それから、お金を新しい必要条件にかなったそれらの機関に注ぎ込むことを始めました。現在まで、ロックフェラー、カーネギー、フォード、スローン、kelloggと他の基礎は、アメリカの医学部に、10億ドル以上を注ぎました。(36) モーリスBealle(医療に対するロックフェラー影響の調査)によるDrug Storyによると、ロックフェラー財団はアメリカの医学教育の独りの最大の貢献者でした:

Harvard, with its well-publicized medical school, has received $8,764,433 of

Rockefeller's Drug Trust money, Yale got $7,927,800, Johns Hopkins

$10,418,531, Washington University in St. Louis $2,842,132, New York's

Columbia University $5,424,371, Cornell University $1,709,072, etc., etc.(37)
ハーヴァードは、そのよく公表された医学部とともに、ロックフェラーのDrugトラスト金、7,927,800ドルつかまえられるエール、ジョンズホプキンスの8,764,433ドルを迎えました

10,418,531ドル、2,842,132ドルセントルイスのワシントン大学、ニューヨークのもの

5,424,371ドルコロンビア大学、1,709,072ドルコーネル大学、その他、その他(37)


The Rockefellers and their alumni have held key positions directing American

public health, and were directly involved with the establishment of American

public health institutions. In 1938 Jewish German researchers fleeing Hitler were

welcomed at the newly founded National Institutes of Health, built on a private

estate in Bethesda donated by John D. Rockefeller.(38)This is still the home of the

NIH today.Nelson A. Rockefeller was Under Secretary of Department of Health,

Education, and Welfare from June 1953 to January 1955. Prior to this

appointment he was Chairman, Special Committee on Defense Organization from

February to April 1953 and afterwards, Consultant to Secretary of Defense on

Organization of the Department of Defense from January to April 1958. Between

January 1953 and December 1958 he was Chairman of the President's Advisory

Committee on Government Organization. Rockefeller took the HEW job to

reorganize the health department to meet the secrecy requirements of U.S.

biological, chemical, and nuclear weapons programme which required substantial

testing on unwitting American and Canadian citizens, as described in the section

on AIDS below.(39) Laurence S. Rockefeller was also on the board of the

Community Blood Council of Greater NY, funded by the Sloan Foundation. (40)

Rockefeller University faculty boasts 34 National Academy of Science members

and eight of the New York Academy of Sciences' Council currently work for

Rockefeller connected companies or institutions. (41)
Rockefellersと彼らの卒業生は、アメリカの公衆衛生を指示している重要な位置を占拠して、アメリカの公共保健機関の設立と、直接関係していました。1938年に、ヒトラーを避けているユダヤ人のドイツの研究者は新しく設立された国立衛生研究所で歓迎されました、これがまだ家であるジョンD. Rockefeller.(38)によって寄付されるベセズダの個人的な地所の上に築き上げられて、NIH today.Nelson A.ロックフェラーは1953年6月から1955年1月への保健教育福祉省のUnder秘書でした。この指名の前に、彼は議長、1953年4月までの、そして、その後2月からのDefense機構のSpecial委員会、1月から1958年4月への国防総省の機構に所属する国防長官への顧問でした。1953年1月と1958年12月の間で、彼は大統領の政府組織諮問委員会の議長でした。ロレンスS.ロックフェラーがまた、グレーターNYのCommunity Blood会議の板の上であったエイズbelow.(39)に関するセクションで記述されて、スローン財団によって資金を供給されて、ロックフェラーは生物学的アメリカ(知らないアメリカでカナダの市民の上で相当なテストを必要とした、化学で、核武器プログラム)の秘密条件を満たすために健康部を再編成するためにHEW仕事を引き受けました。(40) ロックフェラー大学能力はScienceメンバーの34の国立Academyを誇ります、そして、ニューヨーク科学アカデミーの会議のうちの8つは現在ロックフェラー接続した会社または施設で働きます。(41)

THE BUSINESS WITH DISEASE

病気にかかったビジネス

Charges of genocide against the Drugs Trust are appropriate on three counts:

1) Most pharmaceuticals do not cure diseases; 2) Pharmaceuticals kill and injure

vast numbers of people; 3) Pharmaceuticals are forced upon the public by

governments and effective alternatives are denied.

Given the first two charges, it might seem impossible for the third to be

accomplished in a free society. This is how it's done: 1) Laws and regulations controlling medical treatments, mainly administered by agencies such as the

Food and Drug Administration in the U.S. and The Medicines Control Agency in

the U.K. mandate which treatments are safe, effective, and legal; 2) Professional

medical associations who licence doctors dictate what treatments can be

prescribed; 3) The British and European model of socialized medicine allows the

government health departments to decide health policy and purchase treatment

on behalf of the public which very rarely includes non-drug based treatments; 4)

Medical research bodies controlled by the Drugs Trust and the government,

influence the policies of the previous three. 1, 2, and 3 are the enforcement arm

of the cartel whilst method 4 is the propaganda arm. In this way western public

health-care system is the epitome of fascism: The corporations use government

to enforce a cartel at the expense of the public interest.

Recent articles in the mainstream media and medical journals have revealed

the tip of the public death-care iceberg. Killing 250,000 patients a year, doctors

are the third leading cause of death in the U.S. according to the Journal of

American Medical Association.(42)

A recent editorial in The Lancet (Vol. 359, No. 9313; 2002) warned of the

corruption of Western medicine by drug companies. The editors of this most

esteemed scientific journal asked, "Just how tainted has medicine become [by

pharmaceutical industry payoffs]?" They concluded, "Heavily, and damagingly

so," urging "doctors who support this culture for the best of intentions" to "have

the courage to oppose practices that bring the whole of medicine into disrepute."

(43)Up to half the articles on drugs which appear in mainstream medical journals

are written by ghost writers employed by drug companies not the named

authors.(44)

Congressman Dan Burton has been investigating vaccines for four years as

Chairman of the Dan Burton Committee on Government Reform on The Status of

Research into Vaccine Safety and Autism. He believes that conflicts of interest at

the Centers for Disease Control (CDC) are a problem, particularly on the vaccine

advisory panel:

This presents a real paradox when the CDC routinely allows scientists with

blatant conflicts of interest to serve on influential advisory committees that make

recommendations on new vaccines, as well as policy matters... All the while

these same scientists have financial ties, academic affiliations, and other vested

interests in the products and companies for which they are supposed to be

providing unbiased oversight.(45)

Dr Matthias Rath, research colleague of Nobel Laureate Linus Pauling and

Director of Cardiovascular Research at the Linus Pauling Institute in Palo Alto,

California, is a world expert in nutritional medicine.(46) On 14th June 2003, Dr

Rath filed a complaint at the International Criminal Court in The Hague against

the pharmaceutical industry. The charges brought were 'genocide' and other

'crimes against humanity', committed in connection with the pharmaceutical

industry's business with disease:Drugs


トラストに対する大量虐殺の容疑は、3つのカウントに関して適切です:

1)大部分の医薬は、病気を治療しません;2)医薬は、人々の膨大な数を死傷させます;3)医薬は政府によって市民に押しつけられます、そして、効果的選択肢は否定されます。

最初の2つの告訴があれば、第3が空いている社会に堪能であることは、不可能なようかもしれません。これは、それがされる方法です:1)治療(主に処置が安全であるU.K.委任でアメリカとMedicines Control Agencyで食品医薬品局のような機関によって管理される)をコントロールしていて、合法的な法規;2)医者に免許を与えるプロ医学協会は、処置が処方されることができるものを口述します;3)医療社会化制度の英国でヨーロッパのモデルは政府健康部が健康方針を決定するのを許します、そして、非薬をあまりめったに含めない市民に代わっての購入処置は処置の基礎を形成しました;4)Drugsトラストと政府によって制御される医療研究本体は、前の3つの方針に影響します。方法4が宣伝腕である間、1、2と3はカルテルの施行腕です。このように、西の公共健康管理システムは、ファシズムの典型です:会社は、公共利益の代価でカルテルを強めるために、政府を使います。

主流メディアと医学専門誌の最近の記事は、公的な死-世話氷山のてっぺんを明かしました。1年につき250,000人の患者を殺します、医者はアメリカ医師会雑誌によるとアメリカに死因を導いている第3です。ランセットの(42) A最近の社説が、(第359巻、No.9313;2002)製薬会社によって西洋の医療の腐敗を知られます。この最も尊ばれた科学的なジャーナルの編集者は尋ねました、「ちょうど損なわれる方法は、医療をなって[製薬工業報酬によって]おきます?」、They(「重く、そして、そうdamaginglyしてください」)は結びました「意図で最善にこの文化を支持する医者」をせきたてます、「不評に医療の全体を持ってくる実行に反対する勇気があってください。」、主流医学専門誌で見かける薬に関する半分の記事への(43)Upは名前を挙げられたauthors.(44)連邦議会議員ダンバートンがVaccine SafetyとAutismへのResearchのStatusの上の政府Reformの上のダンバートン委員会の議長としての4年、ワクチンを調査していなかった製薬会社によって雇用される幽霊ライターによって書かれます。特にワクチンの諮問委員会の上で、彼はDisease Control(CDC)のためのセンターズの利害対立が問題であると思っています:

CDCが通常露骨な利害対立をもつ科学者が新しいワクチン(方針問題と同様に)で推薦をする有力な諮問委員会に勤めるのを許すとき、これは本当のパラドックスを提示します...ずっと、これらの同じ科学者には、製品で財政的なタイ、アカデミックな提携と他の既得権があります、そして、彼らがいる会社は、パロアルト(カリフォルニア)でライナスポーリング研究所で公平なoversight.に(45)聖マッテヤラト博士、ノーベルLaureateライナスポーリングの研究同僚とCardiovascular Researchのディレクターを提供していることが2003年6月14日に栄養的なmedicine.(46)Onの世界専門家であると仮定しました、ラト博士は、製薬産業に対してハーグで国際刑事裁判所で不満を提出しました。もたらされる告訴は『大量虐殺』と他の『人道に反する罪』でした。そして、病気で製薬産業のビジネスと関連してゆだねられました:


The accused willfully and systematically maintain cardiovascular diseases,

including high blood pressure, heart failure, diabetic complications and other

diseases, cancer, infectious diseases including AIDS, osteoporosis and many

other of today's most common diseases that are recognized to be largely

preventable by natural means. The accused have deliberately caused the

unnecessary suffering and premature death of hundreds of millions of people. The accused systematically and deliberately prevent the eradication of

cardiovascular disease, cancer and other diseases by obstructing and blocking

the dissemination of life-saving information on the health benefits of natural

non-patentable therapies. Thereby, the accused have deliberately caused further

unnecessary suffering and the premature death of hundreds of millions of

people. The accused deliberately and systematically expand existing diseases

and creating new diseases by manufacturing and marketing pharmaceutical

drugs with short-term symptomatic relief but with known and detrimental longterm

side-effects. Thereby the accused have deliberately caused further

unnecessary suffering and premature death of hundreds of millions of people.

(47)被告人は、故意に、そして、組織的に、高血圧、心臓麻痺、糖尿病性合併症と他の病気を含む心血管疾患、ガン、エイズを含む伝染病、骨粗鬆症と主に自然の手段で防止できると認められる今日の最も多くの一般的な病気の多くの他を維持します。被告人は、数億人のも不必要な苦しみと早死にを故意に引き起こしました。被告人は、自然な非特許性のある治療の健康効果に関する救命情報の普及を妨げて、妨げることによって、組織的に、そして、故意に、心血管疾患、ガンと他の病気の根絶を防ぎます。それによって、被告人は数億人のもさらに不必要な苦しみと早死にを故意に引き起こしました。被告人は、既知で有害なlongterm副作用で、短期徴候的な安心で製造とマーケティング製薬によって故意に、そして、組織的に、既存の病気とつくっている新しい病気を以外拡大します。それによって、被告人は数億人のもさらに不必要な苦しみと早死にを故意に引き起こしました。

(47)In 1996 the U.N. Codex Alimentarius Commission launched a world-wide

initiative to restrict access to natural medicines. The Codex has been translated

into hard law by the E.U.(48) In August 2005, The European Food Supplements

Directive will become law across the E.U. including the U.K.. This will remove

over 5000 vitamin formulations from U.K. shops and dramatically cut the dosage

of many others. The Herbal Medicines Directive under consideration by the

European Parliament will prevent any new herbal formulas ever coming onto the

market and remove any herbal product which hasn't had a proven track record in

the E.U.. The Pharmaceuticals Directive seeks to expand the scope of the drug

classification. In its current wording even food or water can be included as a

substance which 'restores, corrects, or modifies physiological functions'.

The banning of over-the-counter natural medicine will create a two tier

planetary health system as the E.U. laws are imposed in other countries under

World Trade Organization 'harmonization' rules which will include America.

Natural Medicines will be available on prescription only for those that can afford

to pay for private consultations whilst the state-run health-care systems will

continue to prescribe pharmaceuticals to the public. In this way, the elite will

blatantly deny most people access to ground-breaking life-extension herbal and

vitamin formulations that they themselves will continue to enjoy.

Dr Rath states that 'No sinister dark men stand behind the unethical plans of

the 'Codex Alimentarius" commission, but unscrupulous shareholders and

investors of the pharmaceutical industry bank on it'. (49) However, the controlling

stake in the pharmaceutical industry is held by the same tiny cabal that controls

all other major industries. They are committed to planetary de-population as

their policy papers show. It is not, therefore, just about making money.

A challenge to the E.U. Food Supplements Directive is currently being mounted

in the European Court of Justice by the Alliance for Natural Health (see

http://www.alliance-natural-health.org/
). 1996年に、国連Codex limentarius委員会は、アクセスを自然の薬に制限するために、世界的なイニシアティブを開始しました。Codexは2005年8月にEU(48)によって難しい法律に変換されました、ヨーロッパのFood Supplements Directiveは英国を含むEUの中の法律になります。これはU.K.店から5000以上のビタミン製剤を取り除いて、劇的に多くの他の適用量を減らします。欧州議会で審議中のHerbal Medicines Directiveは、市場の上にこれまでに来ているどんな新しいハーブの公式でも防いで、EUの証明された実績がなかったどんなハーブの製品でも除去します。Pharmaceuticals Directiveは、薬分類法の範囲を拡大しようとします。その現在の言い回しで食物さえまたは水さえ物質として含まれることができること、そしてそれは、『生理的機能を元に戻すか、修正するか、修正します』。

EU法がアメリカを含む世界貿易機関『調和化』規則の下で他の国で押しつけられて、店頭自然医学を禁止することは2つの段地球保健制度を構築します。

自然なMedicinesは、国営健康管理システムが医薬を市民に定め続ける間、個人的な協議の料金を払う余裕を持つことができる人々だけに対する処方で利用可能です。このように、エリートは彼らが彼ら自身楽しみ続ける草分け的な人生の延長植物標本集とビタミン製剤に大部分の人々アクセスを露骨に許しません。

ラト博士は、『不吉な暗い男性は、写本Alimentariusの非倫理的な計画の裏に立っていませんと述べます」委任、しかし、配慮が足りない株主、そして、それの上の製薬工業バンクの投資家』。(49)しかし、製薬産業の経営支配権は、他の全ての主力産業をコントロールする同じ小さい秘密グループによって持たれます。彼らは、書類が示す彼らの方針として、地球人口減少に関与します。それは、したがって、まさに金を儲けていません。

EUへの挑戦食物Supplements Directiveは、Natural Health(http://www.alliance-natural-health.org/
を見ます)のために、AllianceによってEC司法裁判所で現在開始されています。

警察国家への道:最終章

The Police State Road Map





Chapter 14

POPULATION CONTROL

Gradually, by selective breeding, the congenital differences

between rulers and ruled will increase until they become almost different

species. A revolt of the plebs would become as unthinkable as an

organized insurrection of sheep against the practice of eating mutton.


- Bertrand Russell, The Impact of Science on Society


第14章人口抑制

徐々に、品種改良され、彼らがほとんど異なる種になるまで、統治者と支配された意志の先天的な違いは増加します。庶民の反乱は、羊肉を食べる習慣に対する羊の組織化された反乱と同じくらい考えられなくなります。


・・・バートランドラッセル、科学の社会への影響


With the restraints of moral conventions and democracy dispensed with, the

new utopia offers the holy grail of all dictators: Control over life itself. Yet some

of that control has existed for decades in spite of our notionally free and

democratic societies. Science offers the great advantage that very few people

can understand it. Whoever pays for its conduct and its presentation in the

popular media can dictate the consensus on any given issue, simply by asserting

that his committee of experts are the most distinguished. The less well funded

and represented dissenters are labeled the dangerous 'quacks' and 'junk

scientists'.

And this is how the petrochemical-pharmaceutical cartel has killed, injured,

and sterilized millions of people over the last hundred years. The same forces

that supported Hitler have continued to operate covertly ever since.

Population control is multi-faceted. It includes: Reducing the number of

people; eugenics; reducing intelligence levels; mind control; increasing poverty;

and creating financial dependence on the pharmaceutical industry. Various facets

of the population control agenda can be served simultaneously by the same

device.

Facing up to this 21st century holocaust merely requires an acknowledgement

of the moral position of its elevated sponsors. Some might be unashamedly evil

but most are Malthusians who believe that the there is no sanctity in human life.

To 'save the planet' we must kill off most of the people, so said Jacques

Cousteau in the UNESCO Courier of November 1991:    


道徳的な慣例の制限と不要とされる民主主義で、新しいユートピアは、すべての独裁者の神聖なやすりを提供します:生命自体の制御。それでも、その支配のいくらかが、我々の抽象的に空いていて民主主義の社会にもかかわらず、何十年も存在しました。科学は、極めて少ない人々がそれを理解することができる大きな利点を提供します。単に専門家の彼の委員会が最も優秀であると主張することによって、人気のメディアでその振る舞いとそのプレゼンテーションの料金を払う人は誰でも、どんな所定の問題についてのコンセンサスでも口述することができます。よりよく資金を助成されなくて見受けられる反対派は、危険な『偽医者』と『ジャンク科学者』とラベルがついています。

そして、これは石油化学製品、製薬カルテルが最後の百年にわたって何百万人も殺して、負傷させて、断種した方法です。ヒトラーを支えた同じ軍隊は、それ以来ずっとひそかに軍事行動をし続けました。

人口抑制は多面的です。それは以下を含みます:人々の数を減らすこと;優生学;知性を減らすことは水平になります;支配に注意してください;貧困を増やすこと;

そして、製薬産業に対する財政的な依存を確立すること。人口抑制課題のいろいろな側面は、同じ装置で同時に間に合われることができます。

この21世紀の大虐殺を直視することは、単にその高いスポンサーの道徳的なポストの承認を必要とするだけです。いくつかはあからさまに凶悪かもしれないが、最も、それを信じているマルサス主義者です人の生命の清浄です。

『地球を保存する』ために、我々は大部分の人々をつぶさなければならなくて、それで、1991年11月のユネスコCourierで、ジャッククストーは言いました:


The damage people cause to the planet is a function of demographics - it is equal

to the degree of development. One American burdens the earth much more than

twenty Bangladeshes ... This is a terrible thing to say. In order to stabilize world

population, we must eliminate 350,000 people per day. It is a horrible thing to say,

but it's just as bad not to say it. (1)


地球上で損害を受ける人々の原因は、実態的人口統計学の機能です。 - それは、発展の程度と等しいです。アメリカの1つは、20のバングラディシュより非常に、地球に負担をかけます...これは、ものすごい言い分です。世界人口を安定させるために、我々は1日350,000人を排除しなければなりません。それは恐ろしい言い分です、しかし、それを言わないために悪いように、それは当然です。(1)


Bertrand Russell, one of the twentieth century's most eminent philosophers,

said the same in his book, The Impact of Science on Society:


バートランドラッセル、第20の世紀の最も著名な哲学者のうちの1人、


彼の本で(科学の社会への影響)同じことを言いました。


At present the population of the world is increasing ... War so far has had no great

effect on this increase ... I do not pretend that birth control is the only way in which

population can be kept from increasing. There are others ... If a Black Death could be

spread throughout the world once in every generation, survivors could procreate freely without making the world too full...(2)


現在、世界の人口は、増加しています...

戦争は、ここまでこの増加に大きな影響を及ぼしませんでした...

私は、産児制限が人口が増加して慎まれることができる唯一の方法であると偽りません。

彼らはそこにいました...

黒死病かつて、世界中至る所に広げられても、人類の生存者は、世界をあまりにいっぱいにすることなく、自由に生むことができました...。


Russell also supported the idea of engineering human beings to meet social

requirements:


ラッセルも、社会的な要求を満たすために、エンジニアリング人間に関する意見を支持しました:


Scientific societies are as yet in their infancy. . . . It is to be expected that

advances in physiology and psychology will give governments much more control over

individual mentality than they now have even in totalitarian countries. Fitche laid it

down that education should aim at destroying free will, so that, after pupils have left

school, they shall be incapable, throughout the rest of their lives, of thinking or acting

otherwise than as their schoolmasters would have wished. . . . Diet, injections, and

injunctions will combine, from a very early age, to produce the sort of character and

the sort of beliefs that the authorities consider desirable, and any serious criticism of

the powers that be will become psychologically impossible.

The Nazis were more scientific than the present rulers of Russia. . . . If they had

survived, they would probably have soon taken to scientific breeding. Any nation

which adopts this practice will, within a generation, secure great military advantages.

The system, one may surmise, will be something like this: except possibly in the

governing aristocracy, all but 5 per cent of males and 30 per cent of females will be

sterilized. The 30 per cent of females will be expected to spend the years from

eighteen to forty in reproduction, in order to secure adequate cannon fodder. As a

rule, artificial insemination will be preferred to the natural method. . . .

Gradually, by selective breeding, the congenital differences between rulers and

ruled will increase until they become almost different species. A revolt of the plebs

would become as unthinkable as an organized insurrection of sheep against the

practice of eating mutton.


学会は、まだ彼らの幼少...です。生理学と心理学の進歩が政府に彼らが現在全体主義国にさえ持つより非常に多くの個々の心理の制御を与えると予想されます。Fitcheは教育が自由意志を破壊することに向けなければならないそれを置きました、そのため、生徒が学校を出たあと、彼らは無能です、ずっと、残りの彼らの命は彼らの教師としてより考えるか、さもなければ行うことで望みました...。権威者が望ましいと思う種類の性格と種類の信条を生じるために、非常に初期の年齢から、ダイエット、注射と禁止命令は組み合わさります、そして、権力者のどんな重大な批判でも心理的に不可能になります。

ナチスは、ロシアの現在の統治者...より科学的でした。彼らが生き残ったならば、彼らはおそらく科学的な育ちがすぐに好きになったでしょう。この実行を採用するどんな国でも、生成の範囲内で、大きな軍の利点を確保します。

システムは、このような何かであると、人が推測するかもしれません:支配している上流階級でおそらく除外してください、男性と30パーセントの女性の5パーセント以外はは不妊手術を受けます。女性の30パーセントは、十分な砲弾の餌食を確保するために、再生において18から40まで年を過ごすことになっています。概して、人工授精は自然の方法...より好まれます。

徐々に、品種改良によって、彼らがほとんど異なる種になるまで、統治者と支配された意志の先天的な違いは増加します。庶民の反乱は、羊肉を食べる習慣に対する羊の組織化された反乱と同じくらい考えられなくなります。


The progressively dumbed down society described in Brave New World is

desirable to those in the ruling class who believe in 'command and control'.

However, with the internet serving as a counter-weight to official disinformation,

we can now afford ourselves some protection against a health catastrophe we

might otherwise endure at their hands.


素晴らしい新世界で記述される次第に沈黙する下の社会は、『命令と支配』を信じる支配階級で、それらに望ましいです。

しかし、公式偽情報との釣合いとして用いられているインターネットで、我々は現在我々自身に我々がさもなければ彼らの手で耐えるかもしれない健康大災害からのいくらかの保護を与えることができます。


14.1 FUNDING POPULATION CONTROL


14.1人口抑制への資金提供

Displayed on Rockefeller University's website homepage on 3 December

2003, was a picture of a crowded city market with the following caption beneath:


ロックフェラーに表示されて、2003年12月3日の大学のウェブサイトホームページは、以下のキャプションによる混雑した都市市場の絵でした:


It took from the beginning of time until 1950 to put the first 2.5 billion people

on the planet. Yet in the next half-century, an increase that exceeds the total

population of the world in 1950 will occur, So writes Joel E. Cohen, Ph.D.,

Dr.P.H., professor and head of the Laboratory of Populations at The Rockefeller

University and Columbia University, in a Viewpoint article in the November 14

issue of the journal Science.(4)


最初の25億人の人々を惑星に住ますことは、1950年はじめでした。

それでも、次の半世紀には ― 1950年に世界の全人口を上回る増加が、思いつく ― 科学ジャーナルの11月14日の問題のViewpoint冠詞で、そのようにロックフェラー大学とコロンビア大学でジョエルE・コーエン、博士、Dr.P.H.、教授とPopulationsのLaboratoryの上部を書きます。(4)


Limiting population growth has been a preoccupation of the European and American elite throughout the twentieth century. The Population Council was established in 1952 by John D. Rockefeller III. The multi-billion dollar World

Wildlife Fund is sponsored by British and Dutch Royalty and the elite environmental think-tank, The Club of Rome, counts several world leaders amongst its members. The U.N.'s population control activities receive funding from all the major charitable foundations, especially the Ford Foundation and Rockefeller Foundation. Ted Turner's $1 billion United Nations Foundation and the

$24 billion Bill and Melinda Gates Foundation are entirely devoted to population

control activities although they are disguised as public health campaigns.

The United Nations Population Fund (UNFPA) is the single largest international

source of overt funding for population and reproductive health programmes.

Since it began operations in 1969, the Fund has provided nearly $6 billion in 'assistance' to developing countries.(5)The UNFPA only manages one quarter of the world's population control budget for developing countries, which is in excess

of $1 billion per year.(6) The Netherlands, Britain, and Japan were by far the biggest funders of UNFPA in 2001, providing almost 50% of the total $396million.(7) Meanwhile the U.S. Agency for International Development (USAID) gives substantially more money to population control programmes than to

healthcare and food assistance.(8)


制限する人口増加は、20世紀を通した欧米のエリートの没頭でした。Population会議は、ジョンD・ロックフェラーIIIによって1952年に確立されました。数十億ドル世界野生生物基金は英国でオランダのRoyaltyが後援します、そして、選り抜きの環境シンクタンク(ローマクラブ)はそのメンバーの間に数人の世界的リーダーを数えます。国連の人口抑制活動は、すべての大きな慈善の基礎、特にフォード財団とロックフェラー財団から資金提供を受け取ります。公衆衛生が運動して彼らが偽られるが、テッドターナーの10億ドルの国連財団と240億ドルのビルとメリンダゲイツ財団は人口抑制活動にまったく専念しています。

国連人口基金(UNFPA)は、人口と生殖の健康プログラムのための明白な資金提供の一つの最大の国際的なもとです。

それから、1969年の活動は始まったと、FundはUNFPAが国を開発して世界の人口抑制予算の4分の1を管理するだけであるcountries.(5)を開発することに『援助』においてほぼ60億ドル、定めました、そしてそれは、year.(6)につき10億ドル以上、オランダ(英国)です、そして、日本は断然2001年のUNFPAで最も大きいfundersでした。そして、アメリカ国際開発庁(USAID)がヘルスケアと食料援助により人口抑制プログラムへのかなりより多くのお金に与える総$396million.(7) Meanwhileのほぼ50%を提供します。(8)


14.2 AIMS AND METHODS - THE ART OF KILLING QUIETLY

The population control agenda is presented to the public as a universal

concern for planetary resources and environmental pollution, and to a lesser

degree, socio-economic deprivation, women's rights, and reproductive health.

Whatever the truth of these arguments, the point is that population 'control' is

coercive. The policy papers on population control contain objectives that are so

extreme that coercion would certainly be needed to meet them. The 1972

benchmark environmentalist publication, The Limits To Growth, predicted

planetary meltdown by 2050 unless radical limits to population growth were

imposed. In 1974, this was translated into hard U.S. national security policy by

National Security Advisor, Henry Kissinger. His lengthy National Security Study

Memorandum 200 laid out the aims, timescale, and methods of U.S. foreign

policy for limiting the population growth of 'lesser developed countries'.(9)

Measures were to be taken to keep the world's population growing beyond 8

billion, meaning 500 million fewer people by year 2000 and 3 billion fewer by

2050. However, many suspect that this is nowhere near the real target of the

elite and their Malthusian collaborators, which is to cut the world's current

population in half. The American population control think tank, Negative

Population Growth Inc., recommended in 1992 that the population of the U.S.

should be 125-150 million, requiring a 50% cut from its current level.(10) In 1995,

the same think-tank published a study recommending an 80% reduction in global

population. (11)

In NSSM 200, Henry Kissinger stated that no single approach would 'solve'

the population problem. Multiple and seemingly unconnected approaches are also

less likely to attract attention. Here follows a short-list of these approaches
.


14.2狙いと方法 - 静かに殺す技法

人口抑制課題は、地球資源と環境汚染に対する一般的な懸念として、そして、より小さい程度、社会経済剥奪、女性の権利と生殖健康に市民に提示されます。

これらの議論の真実がどうであれ、点は人口『支配』が強制的であるということです。人口抑制に関する方針レポートは、強制が確かに彼らに会うために必要であるように極端である目的を含みます。人口増加に対する根本的な制限が押しつけられなかった限り、1972年のベンチマーク環境保護主義者出版(Limits To Growth)は2050年までに地球メルトダウンを予測しました。1974年に、これは国家安全保障担当補佐官(ヘンリーキッシンジャー)によって、難しい米国の国家の安全方針に変換されました。彼の長い国立Security Study Memorandum 200は、『より小さい先進諸国』の人口増加を制限するために、狙い、timescaleと米国の外交政策の方法を配置しました。(9) 処置は世界の人口を80億を越えて増大させ続けるためにとられることになっていました。そして、年2000と30億5億人のより少しの人々を意味することが2050年までにより少しでした。しかし、多くの人々はこれがまったくエリートと彼らのマルサス学派の協力者の本当の標的でないと思います。そして、それは半分に世界の現在の人口を減らすことになっています。アメリカの人口抑制シンクタンク(Negative Population Growth社)はアメリカの人口が、1995年にその現在のlevel.(10)から50%のカットを必要として、1億2500万~1億5000万でなければならない1992年に勧めました、同じシンクタンクは世界的な人口の80%の縮小は魅力的になっている調査を公表しました。(11) NSSM 200に、ヘンリーキッシンジャーは一つのアプローチも人口問題を『解決しない』と述べました。複数で一見接続していないアプローチは、注意をひきそうになくもあります。ここ続きます最終選抜候補者名簿に載せますこれらのアプローチの。

あべよしひろ講演会









日本は今、大きな転換点を迎えています。逼迫する財政状態、政治の混迷と官僚や企業の相次ぐ不祥事、一向に良くならない改革、経済格差に始まる格差社会、社会的弱者の切り捨て、衰退し続ける地方経済、等々、まったく希望が見えません。





また、世界に目を向ければ、米国発の世界的不況、混沌とする中東情勢、猛威をふるう疫病、深刻な貧困と環境破壊、現実化し始めた水不足と食糧危機、等々、やはり暗澹たる状況です。こんな「お先真っ暗」な状態をどうすれば打開できるのか?





それには、世界の≪仕組み≫を正しく理解し、諸問題の根源にある≪お金≫のシステムを変えていく必要があります。





オルタナティブな経済システムを研究する反ロスチャイルド同盟の主催者、安部芳裕が「人間らしく生きられる持続可能な経済システム」を提案します。是非ご参加ください。





















日時2008年3月22日(土)14:00~16:30
場所環境パートナーシップオフィス EPO会議室

東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F

(東京ウィメンズプラザの下、青山ブックセンターの入口から入って右側奥の会議室)

http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
共催レインボーリング 環境と経済の両立を考える会
参加費一般 2000円 レインボーリング会員 1500円+500R

※当日、受付けでお支払ください。
申込み先info@anti-rothschild.net


※「講演会参加希望」と書いて、お名前と人数をお知らせください。

交流会への参加も希望される場合は、「交流会参加希望」の記載も合わせてお願いいたします。

満席の場合は、お断りする場合もございます。なるべくお早めにご予約ください。

交流会 17:00~19:00

講演後に参加者同士の交流を深めるために懇親会をおこないます。(会場の近くで予定)

参加費:3000円

参加を希望される方は、講演会への申し込みの際、必ず「交流会参加希望」と書いてください。


※交流会のみの参加はお断りいたします。

また、当日の急な参加はお断りする場合もございます。何卒ご了承ください

 山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2008年3月2日


                           山本尚利


タイトル:イージス艦事故: 見事にミッションを果たした?防衛省



1.防衛省のミッションは国体護持?


2008年3月2日朝、TBSのサンデーモーニングにゲスト出演した佐高信氏が衝撃的発言を行いました。それは防衛省のミッション(使命)に関してのコメントです。1977年から78年、防衛庁の制服組トップの統合幕僚会議議長を務めた人物、栗栖弘臣氏が2000年に出版した「日本国防軍を創設せよ」(小学館)にて、自衛隊の究極のミッションは「日本国民の生命、安全を守ること」であるという国民理解は誤解である。自衛隊の究極のミッションとは「日本国の国体(国家の基本体制)を守ること」であると述べていると佐高氏は紹介しました。栗栖氏の経歴をウィキペディアにてチェックすると、戦前の帝国海軍の法務大尉出身者でした。天皇制時代の戦前教育を受けた人物ならではの発言でした。彼は幕僚会議議長時代、いわゆる超法規発言で更迭された過去があります。戦後の日本は国防に関してシビリアンコントロールを建前としてきたのに、自衛隊のトップが、有事には首相の命令がなくても軍事行動に出ることは許されるべきと週刊ポスト記事で発言したからです。


70年代の日本では、このような倒錯思想を持った人物が戦後の自衛隊のトップに昇進できたわけです。この点こそが戦後日本の最大の国家問題です。この事実から、この当時から防衛庁の存在理由にオモテとウラの二重構造が内蔵されていたことが判然とします。今回のイージス艦事故が起きる背景をここに垣間見ることができます。



2.防衛省のあるべきミッションとは


戦前日本の帝国日本軍の最高位ミッション「国体を守ること」の真意は「天皇を守ること」であったのは明らかで、天皇が敵に攻撃されたら、日本軍は首相の命令を待たずに反撃することは認められたでしょう。しかしながら、敗戦国日本の戦後の自衛隊の最高位ミッションは「国民を守ること」です(ちなみに、戦前日本の帝国日本軍の最高位ミッションも、本来は「国民を守ること」であったはずですが)。それなら栗栖氏の超法規発言には一理あったでしょうが、彼自身は「天皇(国体)を守ること」を自衛隊の最高位ミッションに置いていたわけです。それならば彼の超法規発言はまったく国民に理解されないし、更迭されて当然です。繰り返しますが、戦後日本の自衛隊の最高位ミッションは「国民の生命・財産を守ること」これ以外にありません。忘れてはいけません、防衛省5兆円の予算は国民の血税です。栗栖氏のような根本思想を間違っている人物を自衛隊トップに据えた過去を持つ防衛省の体質が、今回、イージス艦事故を引き起こした遠因であることは明らかです。



3.イージス艦による漁船撃沈事故の教訓


 2008年2月19日早朝、大島沖にて、イージス艦「あたご」が漁船に衝突、二人の漁師親子の行方不明者を出しました。3月2日の今日まで、その後の防衛省における二転三転の見苦しい対応にマスコミ批判が集中しています。この衝突が事件ではなく偶然の事故であるなら、自動車事故にたとえれば、酒酔い、居眠り運転のひき逃げ事故に等しく、「あたご」サイドに抗弁の余地はゼロです。責任者は絶対に有罪です。この衝突事故が国民に教えたもの、それは国民を守るはずの防衛省は、まったく信頼できないお粗末集団であることが露呈したことです。前回の守屋防衛事務次官の収賄事件に次いで、皮肉にも日本国民が自国の防衛指導層のお粗末さを垣間見る上において、非常に参考となった事件であると総括できるでしょう。日本がこのような堕落国家になった原因は国民にもあることをわれわれは真摯に学ぶべきだと思います。民主主義国家とは、国民が指導層を監視し、国民益にかなう指導層を選ぶ権利が国民全員に与えられた国家を意味します。ところが、戦後日本において、国民の一部はその貴重な権利を行使してこなかった。そのツケが回っているということです。まず防衛省の幹部自身が能天気の極致であり、民主主義の何たるかがまったくわかっていない。真の民主主義思想をこれまで誰にも教わってこなかったということです。教えられる日本人がこれまで日本にいなかったということでもあります。



4.見事にミッションを達成した?防衛省


 今回のイージス艦事故の対応に関して、イージス艦責任者、防衛省幹部、石破防衛大臣を非難するのは簡単ですが、なぜ、彼らはこれほどまでに幼児的対応に終始しているのかという疑問が消えません。一見すると、官僚独特の責任逃れ、自己防衛の結果にみえますが、それにしてはあまりにお粗末です。彼らはそんなにお粗末な人たちなのでしょうか。同じ日本人として、それは信じたくありません。深刻な薬害事件を放置した厚生省官僚にもそれが言えます(注2)。この日本指導層のリーダーシップ、危機管理のあまりのお粗末さで思い出される直近の事例は、安倍前首相辞任前後の醜態(注1)と福田首相の薬害肝炎訴訟における醜態(注2)です。今回のイージス艦事故にまつわる防衛省のお粗末さと酷似しています。これら日本指導層の醜態に共通するのは、米国覇権主義者のジャパンハンドラーの暗躍ではないでしょうか。今回のイージス艦事故対応の醜態あるいは前防衛事務次官の犯罪あるいは前防衛大臣の失言(注3)を国民に見せ付けて、いったい誰が得をするか、それは明らかに、米軍の日本駐留を正当化したい人たちです。今回の事故で、国民に対し、防衛省も自衛隊もまったく頼りにならないという事実(?)が痛いほど見せ付けられたのは確かです。そこで、日本国民の間に、いくら在日米軍が基地周辺で不祥事を起こしても、米軍が日本に駐留していることを認めざるを得ないという感情が生まれる可能性が高いでしょう。米国覇権主義者にとって、この事故は効果抜群でした。


 そこで、防衛省の真のミッションが「国民を守ること」ではなく、実は「米軍の傭兵となること」であれば、一連の防衛省幹部のお粗末対応はすべて説明がつくわけです。そういえば、米国覇権主義者の代表、ディック・チェイニー米副大統領訪日時の自衛隊幹部とのツーショットを思い出します(注3)。今日の防衛省は米国覇権主義者に実質、支配され、すでに彼らによって、自衛隊の最高位のミッションは「米軍の傭兵となること」として洗脳されている可能性すらあります。もし、そうであれば、ハワイ沖で米軍との共同演習からの帰途であった「あたご」が漁船と衝突直後、海上に投げ出された日本人漁師の救助活動を行わなかったのはあり得ることです。自衛隊には「日本国民の生命を守る」というミッションはすでにないからです。つまり、70年代から自衛隊のウラミッションは前述のように「国体を守る」ことであったのです。言い換えれば、栗栖氏がはしなくも吐露したように「国民を守る」ミッションは元々、自衛隊にはなかったということです。それが、親米の小泉政権時代に、「米軍を助ける」ことにすり替えられた。その結果が、イラクへの自衛隊派遣であり、インド洋での米艦船への無償給油活動となって具体化しています。


さて今回の漁船撃沈事件と酷似しているのが、1988年7月23日、自衛隊潜水艦「なだしお」の釣り船撃沈事件に次いで、2001年2月10日、ハワイ沖で米海軍潜水艦に撃沈された「えひめ丸」事件(宇和島水産高校練習船の撃沈事故)です。筆者は個人的に、後者の事件は、その後の日本の国運を決したと思っています。2000年4月、小渕首相(旧田中派)の不可解な突然死、次いで密室談合による森首相(親米の旧福田派)の誕生と計画的ワンポイント・リリーフ、すなわち「えひめ丸」事件で森首相の失脚、そして落としどころが、2001年4月、小泉変人首相(根っからの親米派)の誕生という一連の絵に描いたような見事なシナリオのトリガーとして「えひめ丸」事件が位置づけられると思っています。このときも「えひめ丸」を撃沈した米原子力潜水艦「グリーンヴィル」は海上に投げ出された日本人の救助活動をしなかったと記憶しています。彼らには、はなから、「日本人の生命を守る」ミッションは存在していませんから。「あたご」も「グリーヴィル」も世界最新鋭の実質、米国製艦船であり、未確認物体にそう簡単に衝突はしないでしょうが、撃沈させることは容易にできるでしょう。



5.ヒューマンエラーを回避するための自動操船モードでの漁船衝突とは大きな疑問


最後に東大船舶工学卒業生として個人的疑問を呈しておくと、血税1400億円を投入した「あたご」において、その操船システムを含むハイテク装備は1000億円程度でしょう。これらはすべて、米国防総省と癒着する米国軍需企業からの輸入です。したがって、「あたご」を米国の軍事衛星でGPS誘導することは技術的に十分可能です。ところで9.11事件でハイジャックされたボーイング767と757にはハイジャックテロを想定して強制的な遠隔操縦システムが装備されていたといわれています。その意味で、米国から他国に輸出されるイージス艦(軍事技術のかたまり)の操船システムにも、万が一、輸出先国が敵国に寝返った事態を想定して米国の軍事衛星による強制的な遠隔操船システムのプログラムが密かに装備されていてもおかしくありません。米国覇権主義者なら、当然そうするでしょう。


「あたご」が漁船と衝突した際、自動操船モードになっていたといわれていますが、自動操船システムとは、ヒューマンエラーで見逃すような障害物であっても回避して安全操船するシステムですから、自動操船モードが健全に機能していれば、艦長や当直仕官や見張りがウッカリ寝込んでいても、むしろ衝突事故は自動的に回避されるはずなのです。自動操船モードだったから、衝突したという一部のマスコミ論理は明らかにおかしい。



注1:ベンチャー革命No.243『ついにさじを投げた安倍首相』2007年9月12日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr243.htm


注2:ベンチャー革命No.250『薬害肝炎訴訟:福田首相の翻意とは』2007年12月24日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr250.htm


注3:ベンチャー革命No.222『チェイニー対久間の掛け合い漫才』2007年2月24日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr222.htm



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm





ベンジャミンの動画














今回はフリーランスジャーナリスト・ノンフィクション作家のベンジャミン・フルフォードさんをゲストにお招きしました。








http://www.768.jp/ondemand/viproom/archive/16.php

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR