FC2ブログ

映画製作者は911の攻撃を「デマ」と呼びます。

Filmmaker Calls 911 Attacks "a Hoax"

May 29, 2008


映画製作者は911の攻撃を「デマ」と呼びます。

2008年5月29日

by Henry Makow Ph.D.

On Sept. 11 2001,
filmmaker Paul Cross was doing post-production work in Washington DC when he heard about the "terrorist" attack. He visited the crash-site just five hours after impact and could plainly see the official story was a lie.

ヘンリーメイコウ博士によって

2001年9月11日にポール・クロス映画製作者は彼が「テロリスト」攻撃を耳にした時にワシントンD.C.で次のプロダクションの仕事をしていました。

彼はインパクトのちょうど5時間後に事故現場を訪問し、明白に、表向きの話が嘘であったとわかりました。

"There was no passenger jet wreckage; the lawn wasn't scorched; lamp posts, fences and construction materials in the path of the jet were untouched." Cross told me. "If this was a hoax, then the attack on the World Trade Centre was also a hoax."

Cross, 45, characterizes his pre-9-11 self as a "flag- waving patriot" who "voted Republican all my life."

「旅客ジェットの残骸が全然ありませんでした;」

芝生は焦げていませんでした;

「ジェット機の進路の街灯、フェンス、および建設材料は無事でした」。

クロスは私に話しました。

「これがデマであったならば、国際貿易センターへの攻撃もデマだろう」。

クロス(45才)「国旗を振っている愛国者」としての彼のpre-9-11自身を特徴づける「生涯ずっと投票する共和党員」。


He was crushed. "I love my country. I was in mourning for weeks, literally in tears for what has become of this country."

彼は押しつぶされました。

「私は私の国を愛しています」。

「私は、何週間も悼み、文字どおりに、この国に起こったもののための涙にむせんでいました」。

He decided to alert his fellow citizens by making the feature film
"Severe Visibility" about a Pentagon accountant, Major Stanley Kruter, who is slightly injured in the attack. He "has his head buried in the sand" but questions the official story when approached by a British investigative reporter.

彼は、攻撃でわずかに負傷した国防総省会計士スタンレーカーター少佐についての長編映画「厳しい視界」にすることによって彼の仲間の市民に警報を出すと決めました。

彼は「彼の頭を砂に埋めさせる」けれども、英国の事件記者によって接触された時に表向きの話の質問をされます。

Cross opted to make a feature instead of a documentary because he felt documentaries preach to the converted. He wanted to reach ordinary Americans who could identify with the cognitive dissonance his hero experienced as he tried to comprehend the implications of the hoax and its mass acceptance.

彼がドキュメンタリーが変えるものに説教するのを感じたので、クロスはドキュメンタリーの代わりに特徴を作ることを選びました。彼は、彼がデマとその大規模な受理の意味を理解しようとしたので、彼のヒーローが経験した認知的不協和と一体感を持つことができた普通のアメリカ人と連絡をとりたかったです。




Cross raised over $500,000 from friends and family. Many actors etc. wanted to participate and worked for less.



Cross wrote, directed and starred in the 90-min. feature. The film describes his own coming to terms with political reality.


クロスは、友人と家族から500,000ドル以上を集めました。

多くの俳優たちは、参加したくて、ほんの少し働きました。

クロスは書いて、監督して、90分の特徴できらめきました。


フィルムは、彼自身が政治的な現実との折り合いをつけるのを説明します。



Cross insists he identifies with the investigative reporter, not Kruter. But in an uncanny way, his own life now resembles the accountant who refused to pretend he saw a passenger plane.



Cross can't find a distributor for the movie. He can't get it shown at film festivals in the US.

They say their corporate owners or sponsors would not permit it.


クロスは、彼がカーターではなく事件記者と自分を同一視することを強く主張します。

しかし、異様な方法で、彼自身の人生は現在、彼が旅客機を見たふりをすることを断った会計士と似ています。

クロスは映画のためにディストリビュータを見つけることができません。

彼はそれを米国の映画祭で上映することができません。

彼らは、それらの企業のオーナーまたはスポンサーがそれを許さないであろうと言います。


"I feel like I am in Nazi Germany the way some people in Hollywood are reacting to it. What is everyone so afraid of? Everyone seems to like the film but... most of the distribution companies I have approached... don't want to release a film with so strong a statement."



He can't get interviews or reviews in the mainstream press. This is tangible proof of how art and information are controlled in our supposedly "free" society.

「ハリウッドの何人かの人々がそれに反応しているので、私がナチスドイツにいるよう感じます」。

誰もが何をそんなに恐れているのか?

「誰もが、フィルムが好きであるようであるけれども、私が近づいた配給会社のほとんど、そんなに強いステートメントによってフィルムをリリースしたくないという」。

彼は主流プレスの中でインタビューまたはレビューを得ることができません。

これは、どうアートと情報が私達のたぶん「フリー」社会の中でコントロールされるかの物的証拠です。

(Many politically sensitive movies never see the light of day. For eg. director Henry Bean had to show his wonderful movie, "The Believer" about a Jewish neo-Nazi, to a rabbi and some matrons at the Simon Wiesenthal Center in LA. They didn't like it and it never reached theaters.)



(多くの政治的に敏感な映画は決して日の目を見ません。eg.のために、ディレクター ヘンリー・ビーンは、ロサンジェルスのシモン・ヴィーゼンタール・センターのユダヤ教牧師と何人かの既婚夫人に彼のすばらしい映画にユダヤ人のネオ・ナチについての「信者」と知らせる必要がありました。彼らはそれが好きでなく、それは決して劇場に到着しませんでした。)

Paul Cross has received hate mail, and death threats. "The truth hurts," Cross says. "People can't face it."


But the film has been embraced abroad. "The media tells people the truth in other countries," he said.


Cross has joined the select minority of Americans who awoke on 9-11. We are the child who says the Emperor has no clothes surrounded by conformists who won't believe their own common sense and eyes.


ポール・クロスは嫌がらせの手紙と殺しの脅迫を受け取りました。

「真実の傷」とクロスは言います。

「人々はそれに直面することができません」。

しかし、フィルムは外国で歓迎されています。

「メディアは他の国で真実を人々に話します」と彼は言いました。

クロスは、9-11の事で目覚めたアメリカ人のえり抜きの少数に参加しました。

私達は、皇帝が順応者によって取り囲まれ衣服を全然持っていない言う彼ら自身の常識と目を信じないであろう子供です。

The other 9-11 movies like "Flight 93" and "World Trade Centre" are propaganda. They perpetuate the myths that 9-11 shattered. Oliver Stone is a shadow of the man who made "Platoon" and "JFK."

「93便」と「国際貿易センター」のような他の9-11の映画は宣伝です。

彼らは、9-11が粉砕した神話を永続させています。


オリバー・ストーンは、「プラトーン:一団」と「JFK」を作った男の影です。


THE FILM



フィルム


"Severe Visibility" is hard to watch. Cross said he meant it so. He wanted viewers to confront what happened on Sept 11, 2001. He wanted them to mourn the innocent victims and the demise of freedom.



The main character has a childish faith in his country. He addresses his diary to Thomas Jefferson as if the founding fathers were pristine. The dialogue and action are stilted. There isn't much of a plot and Cross is pretty long-winded. Incongruously, Kruter doesn't change the blood-stained bandage on his forehead.

「厳しい視界」は、見るにはつらいです。

クロスは、彼がそれをそう意味していると伝えていました。

彼はビューアに、2001年9月11日に起こったことに立ち向かってほしかった。

彼は彼らに、無実の犠牲者と自由の崩御を悼んでほしかった。

主要なキャラクターは彼の国への子供っぽい信頼を持っています。

創始者が純粋であるかのように、彼は彼の日記をトーマス・ジェファーソンに提出します。

ダイアログと行動は竹馬に乗っています。

たいしたプロットがなく、クロスはかなり長たらしい。

不適当に、カーターは彼の額の上の血がついた包帯を交換しません。


I have passed the "cognitive dissonance" phase. I wished Kruter had been less naive and had told his interrogators, "Hey, I wasn't looking out the window."



Christ said: "See, I am sending you out like sheep among wolves. So be as cunning as serpents and as innocent as doves." (Mathew 10:16)

私は「認知的不協和」フェーズを通過しました。

私は、カーターがよりナイーブでなく、彼の質問者に「へい、私は窓の外を見ていませんでした」と言ったらばよかったのにと思いました。

キリストは次のように言いました:

「見て、私はオオカミの中で羊のようにあなたを送ります」。

「従って、ヘビと同じくらいずるく、鳩と同じくらい無実です」。

(マシュー10:16)


In spite of all this, the film is for some undefinable reason quite gripping. Kruter becomes a symbol of the much-lied-to and-abused American people. I was glad the film ended but I was also glad I had seen it.



"Severe Visibility" contains a lot of information about the Pentagon attack. For example, the 9-11 scenario had been rehearsed as a "terror exercise" numerous times. This is why the military allowed it to take place. (As if the "terrorists" would have been privy to this information.)

すべてのこれにもかかわらず、フィルムはまったくつかんで、いくらかの限定可能でない理由のためです。

カーターは多く嘘を言われたしおよび虐待されてアメリカ人のシンボルになります。

私は、フィルムが終わったことがうれしかったけれども、私は、また、それを見たことがうれしかった。

「厳しい視界」は国防総省攻撃についてのたくさんの情報を含んでいます。

例えば、9-11シナリオは何度も「恐怖運動」としてリハーサルされました。

そんなわけで、軍隊は、それが起こることを可能にしました。

(「テロリスト」がこの情報に内々関与していたであろう事のように。)



CONCLUSION



結論

We have been colonized by an alien financial power, the London-based central banking cartel and their instruments, the colonial elite: corporations, intelligence agencies, government, the two political parties, universities, Freemasons, the churches, organized Jewry, Marxist Jews; Neo Cons; feminists, foundations; think tanks, and of course the mass media.



The "truth will set you free" so they suppress it.. That's why we must honor and support courageous if flawed works like "Severe Visibility." The only deterrent against another false flag terrorist attack, possibly leading to martial law, is for everyone to know the truth about 9-11.

--------

Paul Cross will be interviewed Sunday 10 PM CT June 1 on my Internet radio show at www.republicbroadcasting.org

--

私たちは、外国の金融力:ロンドンの中央銀行業務カルテルおよびそれらの道具(植民地のエリート)によって植民地化されました:企業、情報局、政府、2つの政党、大学、フリーメーソン、教会、組織されたユダヤ人、マルクス主義者ユダヤ人;ネオコン;フェミニスト、財団、シンクタンク、そしてもちろん、マスメディア。


「真実はあなたを解放するであろう」ので彼らがそれを抑制します。。

それは、私達が尊敬し、もしひびが入った作品「厳しい視界」が好きならば勇敢にサポートしなければならない理由です。


恐らく戒厳令に結びつく別の偽者のフラグ・テロリスト攻撃に対するただ一つの抑制物は、
誰でも9-11に関する真実を知ることです。


--------

ポール・クロスはwww.republicbroadcasting.org
で私のインターネットラジオショーの上で6月1日日曜日午後10時CTインタビューされるでしょう。

--










スポンサーサイト



花言葉:返礼

一青窈 - ハナミズキ


川田さんの日記から

20080522


仕事の合間 一番苦痛であります。昔は本を読んだりお茶をしたり、ぽーとしたり。楽しかったのに…今はせつないです。豪華なホテルのロビーで優雅に幸せそうにしている方々を眺めてながら、移りゆく景色に胸がきゅーとしめつけられます




20080521


眠れぬ夜に、今宵の満月が見えていますか?徒然草に、『花は盛りに、つきはくまなきをのみ見るものかはとかいへるは、いかにぞや。』 兼好法師が徒然草で、「花は盛りの時のみ、月は曇りなく輝ている時のみを見るものであろうか。そうではない。」と。。。 今宵はかけていく満月を堪能しますか。。。。






20080521


言葉が…でてこないので、今日は書くのをやめようと思います夜風に吹かれながら、たそがれ、ほんの少しの幸せを感みなさんにとっても素敵な夜になりますように。。。。




20080520


移動しているときって好きなんです。移動しているから…。わかるかな…車窓から 電車の中から …動いている風景。こうしてメイクをして仕事の準備をして移動しない空間にいると取り残されている感じでも頭はしっかり動かしていますよ




20080519


おはよう挨拶したくて…おはよう




20080517


喝!うーん 体がまだ元気!といかないようです。中国四川大地震では多くの方が一生懸命生きているのに!情けない今日もがんばらないと!




20080516


この頃、体調が悪く、元気がないなか仕事を下さった方、一緒にして仕事をして下さる方、みなさんに感謝の気持ちと元気になりました。と報告したく、書かせていただきました。これからもよろしくお願いします。


20080514


やっぱり、自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね。こっそり書いてしまいました。頑張って仕事行ってきます。




20080514


すみません、みなさんからたくさんたくさん元気をいただいていたのにもかかわらず、あまりにも沢山の方に心配をかけるということで、元気になるまで、皆さんとこうしてお話をするのを休憩させていただきます。本望ではないのが、残念です。。でも私は本当に皆さんに助けていただいています。どうか信じて下さい。みなさんの幸せをいつも願っています。

川田亜子








20080504


明日 5月5日、銀座7丁目にありますビルで、東京FM、ラジオ公開生放送をすることに決まりました。急でこんな時間に報告となってしまいましたが、なんとか今から出来る限り勉強をして、明日頑張りたいと思います。










蛇足



死人に口なしとは言うが、川田亜子さんの苦悩が日記にでています。自分を元気づけ、何か孤独感を感じ、身体の不調が相乗効果でスパイラルになっています。5月4日までは前向きな日記の書き込みですが、その後、14日から署名までして誰に謝っているのか・・。誰かに振り回されたとの噂がありますが・。何かに取り残されたような本人の心情を吐露していると思われる・絶望感なのかはわかりませんが・・。しかし・。






stand by me

Ben E King - Stand By Me






John Lennon stand by me

















スタンド・バイ・ミー   ベン・E・キング

When the night has come 夜になって

And the land is dark あたりは暗く

And the moon is the only light we see 月明かりしか見えなくても


No, I won't be afraid いいや 怖くない

Oh, I won't be afraid ああ 怖くないさ

Just as long as you stand 君がいてくれさえすれば

stand by me, 君がそばに いてくれさえすれば


So, darling darling だからダーリン ダーリン 

Stand by me そばにいてほしい

Oh stand by me そばにいてほしい

Oh stand そばにいてほしい

Stand by me そばにいてほしい

Stand by me ボクをささえてほしい


If the sky that we look upon 見上げている空が

Should tumble and fall 万一 崩れ落ちてきても

Or the mountain それとも 山が

Should crumble to the sea 万一 崩れて海になっても

I won't cry, I won't cry 泣きはしない 泣きはしない

No, I won't shed a tear いいや 一粒だって 涙なんか流さない

Just as long as you stand 君がいてくれさえすれば

stand by me 君がそばに いてくれさえすれば


Darling darling ダーリン ダーリン 

Stand by me そばにいてほしい

Oh stand by me そばにいてほしい

Oh stand now そばにいてほしい

Stand by me そばにいて

Stand by me.. ボクをささえてほしい


(instrumental break)


Darling darling ダーリン ダーリン 

Stand by me そばにいてほしい

Oh stand by me そばにいてほしい

Oh stand now そばにいてほしい

Stand by me そばにいて

Stand by me ボクをささえてほしい


Whenever you're in trouble 君が困っている時はいつだって

Won't you stand by me, そばにいてくれないか

Oh stand by me そばにいてほしい

Oh stand now そばにいてほしい

Oh stand そばにいて

Stand by me.. ボクがささえてあげるから





反ロス あべ氏の講演から





米国による日本占領政策


米国による日本占領政策は、基本原則である3Rと重点的施策5D、それに補助政策である3Sから成っています。


アメリカ(イルミナティ・ユダヤサバタイフランキスト)にとっての日本人解体政策として

3R=基本原則

  1. 復讐(Revenge)

  2. 改組(Reform)

  3. 復活(Revive


5D=重点的施策

  1. 武装解除(Disarmament)

  2. 軍国主義の排除(Demilitarization)

  3. 工業生産力の破壊(Deindustrialization)

  4. 中心勢力の解体(Decentralization)

  5. 民主化(Democratization)


3S=補助政策

  1. スポーツの奨励

  2. セックスの解放

  3. スクリーン





3S政策には、日本人は見事にはまっていますね。

この3Sは、大衆を夢中にさせて政治に関心を向けさせないという効果と、日々の労働の辛さを緩和する鎮痛剤の役割を持っています。

実にシンプルかつ効果的で、上手い政策であると思います。


この占領政策を立案したのは、ルーズベルト政権下で二―ディールを実施した、いわゆるニューディーラーと言われる人たちで、彼らは国際共産主義者であり、ほとんどがユダヤ人でした。




ルイス・ブランダイス




同じ年の1917年、米国で、アメリカ・シオニスト機構が誕生します。

アメリカで最も尊敬されていた非ユダヤ人(マラーノだという説がありますが一般的には非ユダヤ人とされていた)の法律家ルイス・ブランダイス(のちに最高裁判事)が総裁となり、シオニスト運動に精力を注ぐようになってから影響力が増大しました。このブランダイスは、日本国憲法の事実上の草案作製者でもあります。



日本国憲法草案作りの実務責任者はGHQ民政局次長のチャールズ・ケーディスで、ケーディスの師匠が、あのルイス・ブランダイスというです。





蛇足


まあ、フィリピン政府用の憲法を手直ししただけであるから短期間で成立したが


GHQによる日本洗脳政策


1945年9月21日に「日本新聞遵則」(プレス・コード)と「日本放送遵則(ラジオ・コード)」が報道関係者に公表されました。


〈日本出版法〉

第1条 報道は厳に真実に則するを旨とすべし。

第2条 直接又は間接に公安を害するが如きものは之を掲載すべからず。

第3条 聯合国に関し虚偽的又は破壊的批評を加ふべからず。

第4条 聯合国進駐軍に関し破壊的批評を為し又は軍に対し不信又は憤激を招来するが如き記事は一切之を掲載すべからず。

第5条 聯合国軍隊の動向に関し、公式に記事解禁とならざる限り之を掲載し又は論議すべからず。

第6条 報道記事は事実に則して之を掲載し、何等筆者の意見を加ふべからず。

第7条 報道記事は宣伝の目的を以て之に色彩を施すべからず。

第8条 宣伝を強化拡大せんが為に報道記事中の些末的事項を過当に強調すべからず。

第9条 報道記事は関係事項又は細目の省略に依つて之を歪曲すべからず。

第10条 新聞の編輯に当り、何等かの宣伝方針を確立し、若しくは発展せしめんが為の目的を以て記事を不当に顕著ならしむべからず。


1945年9月29日には「新聞と言論の自由に関する新措置」を発令。

連合国に不都合な記事はすべて封じ込められました。


太平洋陸軍総司令部参謀第二部民間検閲支隊内に新聞映画放送部(PPB)が新設され、主要新聞は事前検閲、それ以外の新聞は事後検閲となります。

あらゆる形態の印刷物、通信社、ラジオ放送、映画、宣伝媒体に属する他の娯楽も検閲を受けることになりました。

これにより、マスコミは日本国に対する忠誠義務から解放されます。


「削除または掲載発行禁止の対象となるもの」として30項目からなる検閲指針がまとめられました。


  1. SCAP-連合国最高司令官総司令部に対する批判

  2. 極東軍事裁判批判

  3. SCAPが憲法を起草したことに対する批判

  4. 検閲制度への言及

  5. 合衆国に対する批判

  6. ロシアに対する批判

  7. 英国に対する批判

  8. 朝鮮人に対する批判

  9. 中国に対する批判

  10. 他の連合国に対する批判

  11. 連合国一般に対する批判

  12. 満州における日本人取り扱いについての批判

  13. 連合国の戦前の政策に対する批判

  14. 第三次世界大戦への言及

  15. ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及

  16. 戦争擁護の宣伝

  17. 神国日本の宣伝

  18. 軍国主義の宣伝

  19. ナショナリズムの宣伝

  20. 大東亜共栄圏の宣伝

  21. その他の宣伝

  22. 戦争犯罪人の正当化および擁護

  23. 占領軍兵士と日本女性との交

  24. 闇市の状況

  25. 占領軍軍隊に対する批判

  26. 飢餓の誇張

  27. 暴力と不穏の行動の扇動

  28. 虚偽の報道

  29. SCAPまたは地方軍政部に対する不適切な言及

  30. 解禁されていない報道の公表


こうして連合国批判や東京裁判批判につながる一切の言論が封じ込められたのです。


ウォー・ギルド・インフォメーション


ウォー・ギルド・インフォメーションとは、日本人に戦争の罪悪感を植えつけ、民族の誇りと自尊心を奪い、再び米国および連合国の脅威とならないよう、無力化、弱体化させることを目的とした民間情報教育局(CI&E)の計画です。

検閲と民間情報教育局による宣伝が相乗効果を発揮し、戦前の日本人の歴史観・道徳観を変えられました


太平洋戦争史


1945年12月8日から新聞各紙で『太平洋戦争史』の連載が開始しました。

連合軍司令部が提供したその記事は、日本軍がいかに残虐であったか、日本の軍国主義者がいかに非道であったかを強調する内容でした。

『太平洋戦争史』連載開始から1週間後に「大東亜戦争」という呼称は禁止され、日本人の立場による大東亜戦争史観を封印し、連合国の立場による太平洋戦争史観が植え付けられました。

民間情報教育局は『太平洋戦争史』を基にラジオ番組『真相はかうだ』の放送を開始。この番組は名称を変えながら1948年1月まで続きます。

更に、1945年12月31日に民間情報教育局は、修身・国史・地理の授業を即時中止するように命令。

翌年4月、文部省は『太平洋戦争史』を国史等授業停止中の教材として使用するよう通達し、太平洋戦争史観が教育現場に浸透することになります。


戦後、日本のコントロール


1946年から日本の戦後復興が始まります。

米国は占領地域に対して、ガリオア(占領地域救済政府基金)とエロア(占領地域経済復興基金)という2つの基金を持っていて、日本は、これらの基金から救済・復興支援を受け、合計18億ドル(現在価値で約12兆円相当、内13億ドルは無償)が、国鉄、電気通信、電力、海運、石炭などインフラ整備の原資となりました。

1953年からは世界銀行の借款受入を開始。

1966年までの間に、計34件、合計8億6,290億ドルの借款契約を締結。インフラ及び基幹産業(道路、電力、鉄鋼など)の整備に使われています。

そして、この世界銀行の債務は、1990年7月になってようやく完済しています。

これらの借金について、どんな条件が課せられたのか定かではありませんが、おそらく何かしらの条件は付けられていたものと思われます。


1950年、朝鮮戦争が勃発し、日本の逆コース(GHQの戦略だった日本の民主化・非軍事化に逆行する動き)が始まります。

推進したのはジャパンロビーのアメリカ対日協議会(ACJ)で、首謀者は『ニューズウィーク』の記者ハリー・F・カーンでした。

『ニューズウィーク』は、モルガン、メロン、ゴールドマン、ハリマンなどが大株主となっていますが、当時の『ニューズウィーク』の実権を握っていたのはアヴェレル・ハリマンだったと言われています。

マッカーサーは、この逆コースに強く反対したのですが、ディロン・リード社の副社長だった陸軍次官ウィリアム・H・ドレーパーがマッカーサーを説得し、日本を経済大国にすることで“反共の砦”にしようとしました。

その結果、日本は朝鮮特需から高度経済成長へと経済大国の道を歩み始めます。

ちなみに、GHQとの交渉を担当した大蔵省の渡辺武氏によれば、GHQが最初に持ち出してきた案件は、ディロン・リードへの返済をどうするかという話だったそうです。日本は1931年には財政破綻をしていたので、第二次大戦を戦う戦費がなく、ディロン・リードから多額の借金をしていたようです。このディロン・リードの支配者は、ディロン家、オーガスト・ベルモントのベルモント家、そしてペリー提督のペリー家です


話を戻して、A級戦犯に指名されていた児玉誉士夫、笹川良一、岸信介が釈放され、CIAのエージェントとして“政界のフィクサー”となります。

1968年には、統一教会の主導により、児玉誉士夫・笹川良一・岸信介らが「勝共連合」を結成、CIAと連携プレーをするようになりました。

その後、この統一教会が政治家や秘書として日本の国政に潜入していきます。

統一教会は、日本のマスコミでは合同結婚式とか霊感商法での壺売りとか、怪しい宗教団体として話題になっていますが、米国の傀儡だった朴正熙政権の時代に、韓国の情報機関KCIAにフロント機関として取り込まれています。のちに朴正熙は米国に刃向ってKCIAに暗殺されていますから、CIA=KCIA=統一教会と見ても良いと思います。




巣鴨プリズン(拘置所)から釈放された三人のコネクションを図で表してみました。

のちに首相となった岸信介の傍らには、いつもロビイストのハリー・カーンがくっついていたと言われています。つまり、お目付け役だったのでしょう。

岸信介の娘婿が安倍晋太郎、その息子が前・首相の安倍晋三です。

親戚には吉田茂がいて、その孫が麻生太郎ですね。

岸の弟がノーベル平和賞を受賞した佐藤栄作。

岸派を継承して福田派となった福田赳夫の息子が現・首相の福田康夫です。

福田派は、三塚派、森派となり、森派からは森喜朗、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫と最近の首相が四人連続で出ています。

ちなみに、小泉純一郎の父親、小泉純也は岸信介の忠僕と言われていた人物です。


右翼の大物、笹川良一は、日本船舶振興会の会長で、競艇で稼いだ金を政界工作につぎ込んできました。

親戚には大富豪の糸山英太郎がいて、糸山の親友が石原慎太郎。石原の親戚に小泉純一郎がいるという関係です。ただ、この石原―小泉は、最近、遠い親戚となったばかりなので、あまり関係ないと思います。

笹川が友好関係を結んでいたのが、山口組、創価学会の池田大作、統一教会の文鮮明、それに日テレの正力松太郎です。


児玉誉士夫もやはり右翼の大物で、笹川の紹介で外務省に入り、中国に渡ってスパイ網を完成させました。

また、満州で阿片を栽培し、それを中国で販売して、得た資金でタングステンやラジウム、コバルト、ニッケルなどの戦略物資を大陸で調達する役割を担っていた人物です。

戦後、児玉は、その資産をダイヤモンドや貴金属に換え、日本に持ち帰ったとされています。

その資産の一部を鳩山一郎に提供、鳩山は自民党の前進である自由党を設立します。

その鳩山一郎の孫が、一人は民主党幹事長の鳩山由紀夫で、その弟が最近ヘンな発言を繰り返している現・法務大臣の鳩山邦夫です。

児玉が友好関係を結んでいたのが、住吉会、稲川会、渡辺恒雄、中曽根康弘で、ナベツネさんと中曽根さんは笹川良一とも親密な関係でした。

あと、住吉会と親密なのが石原慎太郎、稲川会と親密なのが小泉純一郎という関係ですね。


こうして見ると、如何にこのコネクションが戦後から現在にかけて大きな影響を持ってきたかがおわかりいただけると思います。

この図ではかなり省略していますが、このコネクションには財界の大物、官界の大物たちが、まだまだぞろぞろ連なって出てきます。


洗脳政策の一環としてのテレビ放送


戦犯として公職追放中だった正力松太郎が突如追放解除となり、それを機にテレビ開局計画が急ピッチで具現化します。


カール・ムント米上院議員が1951年4月に上院議会で行った演説をみてみましょう。

「共産主義は飢餓と恐怖と無知という三大武器を持っている。こうした共産主義に対する闘いにおいて米国が持っている最大の武器はテレビである。我々は『アメリカのビジョン』なるテレビ・ネットワークを海外に普及させる必要がある。それを最初に試験的にやるべき地域はドイツと日本で、例えば日本の隅から隅まで行き亘らせるためのテレビ網建設費は460万ドル。これはB29爆撃機を2機つくるのと同じ金額である


1951年9月4日に、正力松太郎は日本テレビ放送網設立構想を発表し、翌年7月31日には日本最初のテレビ放送予備免許を取得します。

この正力松太郎がCIAから与えられた暗号名は「PODAM」と言います。





蛇足


日本のマスコミは日本人搾取システムの推進者として日本人を再教育という洗脳を始めるための売国機関であることがわかる。共産主義と社会主義の嘘はイルミナティ世界支配を広める方便の役割を担い・いまだに存在するが、本家は新しいステージ(テロとの戦い)へと移っていった。


だが、いまだにこの呪縛を頭から再構築できない日本マスコミの売国的所行は救いようがない・。



Belinda Carlisle - Heaven Is A Place On Earth



Ooh, baby, do you know what that's worth ?
Ooh heaven is a place on earth
They say in heaven love comes first
We'll make heaven a place on earth
Ooh heaven is a place on earth

このことがどれだけ価値あるかわかるかしら
天国はこの地上にあるものなのよ
天国では愛が一番大事なの
私達でこの地上に天国をつくるの
天国はこの地上にあるのよ


When the night falls down
I wait for you
And you come around
And the world's alive
With the sound of kids
On the street outside

夜の訪れとともに
あなたを待つの
あなたが訪ねてくれるとき
世界は生き生きしてくるの
表の通りは
子供達の声であふれるの

When you walk into the room
You pull me close and we start to move
And we're spinning with the stars above
And you lift me up in a wave of love...

あなたは部屋に入りながら
私を近くに引き寄せ、そして二人は動き出すの
空高くある星とともに二人は踊りだし
あなたは愛の波動の高みに私を押し上げてくれる

Ooh, baby, do you know what that's worth ?
Ooh heaven is a place on earth
They say in heaven love comes first
We'll make heaven a place on earth
Ooh heaven is a place on earth

このことがどれだけ価値あるかわかるかしら
天国はこの地上にあるものなのよ
天国では愛が一番大事なの
私達でこの地上に楽園をつくるの
天国はこの地上にあるのよ

When I feel alone
I reach for you
And you bring me home
When I'm lost at sea
I hear your voice
And it carries me

私が一人ぼっちのとき
あなたへ手を伸ばすの
あなたは私を家に連れて行ってくれるから
私が海の上で途方にくれていると
あなたの声を聞くの
私を導いてくれるから

In this world we're just beginning
To understand the miracle of living
Baby I was afraid before
But I'm not afraid anymo

天国はこの地上にあるのよ

When I feel alone
I reach for you
And you bring me home
When I'm lost at sea
I hear your voice
And it carries me

私が一人ぼっちのとき
あなたへ手を伸ばすの
あなたは私を家に連れて行ってくれるから
私が海の上で途方にくれていると
あなたの声を聞くの
私を導いてくれるから

In this world we're just beginning
To understand the miracle of living
Baby I was afraid before
But I'm not afraid anymore

この世の中で二人は始めたばかり
生きることの奇跡をわかってきたの
今までは恐れがあったけど
もう二度と恐れはしないわ

Ooh, baby, do you know what that's worth ?
Ooh heaven is a place on earth
They say in heaven love comes first
We'll make heaven a place on earth
Ooh heaven is a place on earth

このことがどれだけ価値あるかわかるかしら
天国はこの地上にあるもののよ
天国では愛が一番大事なの
私達でこの地上に楽園をつくるの
天国はこの地上にあるのよ

民主党のロゴ







デザイン意図


2つの円。2つの球。


それは「民の力」の結合の象徴です。


円は、球は、止まっていない。みなぎる力で動いてゆく。育ってゆく。生命体のように、成長しつつ、融合しつつ、新しい形を生みだしていく。


円は和でもあります。語り合い、論じ合いながら、ひとつの力になっていく。その無限大 ∞ の形に、未来の限りない可能性を示しつつ、真紅に、「民の力」は結合されていくのです。
















ルーセント・テクノロジー社


 「AT&Tの新しい、赤ちゃんベルには角があるのだろうか?」

 今年、AT&Tは、ルーセント・テクノロジー社が誕生したことについて発表した時に、ミステリアスな新しい会社のロゴを公開した。それは、赤い丸形のロゴで、縁がぎざぎざになっていた。私はさきほどの疑問の答えとして、次のように書いた。

「オカルティストにとって、円は彼らの悪魔的な神、偉大で恐ろしい“太陽の蛇”を表している。燃える赤い太陽、円はその蛇の姿である。聖書では、その蛇は“赤い大きな竜”と書かれており、蛇のグローバルなシステムは、“緋色の(赤い色をした)獣”と書かれている。」(黙示録12:3,17:3-5)

 ルーセント・テクノロジー社のロゴが赤い円形だということは、非常に興味深い。もちろん、AT&Tが、輝かしい新たな分社であるルーセント・テクノロジー社のマークとして、ぎざぎざした秘儀的な感じの赤い円を選んだことは、単なる偶然の一致かもしれない。確かに、この強大な多国籍企業を、21世紀の雄々しい“新世界秩序”に向けて引っ張っている、有力で利他的なお偉方が邪悪な考えを持っているはずがない。また、AT&Tの管理職をしているある紳士が、私に対して、「ルーセント(Lucent →Luc ent)は、間違いなく、ルシファーの企業(Lucifer's Enterprises)を表していると思います」という手紙をくれたのだが、その紳士は見当違いをしているに違いない。じゃないか?








蛇足


ただの偶然だろうけれど・・赤の円のギザギザは蛇のサークルとして緋色の獣黙示録12:3,17:3-5)と書かれている。竜や蛇など悪魔主義やオカルトなどに通じるモノである。知らずにしているのか、知っているのかは分からないが??





Eagles - Hotel California







On a dark desert highway, cool wind in my hair

Warm smell of colitas, rising up through the air

Up ahead in the distance, I saw a shimmering light

My head grew heavy and my sight grew dim

I had to stop for the night

There she stood in the doorway;

I heard the mission bell

And I was thinking to myself,

'This could be Heaven or this could be Hell'

Then she lit up a candle and she showed me the way

There were voices down the corridor,

I thought I heard them say...


Welcome to the Hotel California

Such a lovely place

Such a lovely face

Plenty of room at the Hotel California

Any time of year, you can find it here


Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes bends

She got a lot of pretty, pretty boys, that she calls friends

How they dance in the courtyard, sweet summer sweat.

Some dance to remember, some dance to forget


So I called up the Captain,

'Please bring me my wine'

He said, 'We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine'

And still those voices are calling from far away,

Wake you up in the middle of the night

Just to hear them say...


Welcome to the Hotel California

Such a lovely place

Such a lovely face

They livin' it up at the Hotel California

What a nice surprise, bring your alibis


Mirrors on the ceiling,

The pink champagne on ice

And she said 'We are all just prisoners here, of our own device'

And in the master's chambers,

They gathered for the feast

The stab it with their steely knives,

But they just can't kill the beast


Last thing I remember, I was

Running for the door

I had to find the passage back

To the place I was before

'Relax,' said the night man,

We are programmed to receive.

You can checkout any time you like,

but you can never leave!


暗く寂しいハイウェイ

涼しげな風に髪が揺れる

コリタス草の甘い香りがほのかに漂い

はるか前方には かすかな灯りが見える

頭は重く 視界かすむ

どうやら今夜は休息が必要だ

礼拝の鐘が鳴り

戸口に女が現れた

僕はひそかに問いかける

ここは天国? それとも地獄?

すると 女はローソクに灯を灯し

僕を部屋へと案内した

廊下の向こうから こう囁く声が聞こえる


ようこそホテル・カリフォルニアへ

ここはステキなところ

お客様もいい人たちばかり

ホテル・カリフォルニアは

数多くのお部屋をご用意して

あなたのお越しをいつでもお待ちしています

ティファニーの宝石のように繊細で

高級車のように優雅なその曲線美

美しいボーイたちはみな

彼女たちに心を奪われている

中庭では香しい汗を流して

ダンスを踊っている人々

思い出を心に刻もうとする者

すべてを忘れるために踊る者そこで僕は支配人に告げた

「ワインを持ってきてくれないか」

すると彼は「そのようなスピリットは1969年以降一切ございません」

それでも人々が深い眠りについた真夜中でさえ

どこからともなく 声が聞こえてくる


ようこそホテル・カリフォルニアへ

ここはステキなところ

お客様もいい人たちばかり

どなたもホテルでの人生を楽しんでいらっしゃいます

口実の許すかぎり せいぜいお楽しみください

鏡を張りめぐらせた天井

グラスにはピンクのシャンペン

誰もが自分の意思で囚われの身となった者ばかり

やがて 大広間では祝宴の準備がととのった

人々は 鋭いナイフを突き立てるが

誰ひとり内なる獣を殺せない

気がつくと僕は出口を求めて走りまわっていた

もとの場所に戻る通路を

なんとかして見つけなければ・・・

すると 夜警がいった

「落ち着いて自分の運命を受け入れるのです

チェック・アウトは自由ですが

ここを立ち去ることは永久にできません」




なんか『秘密結社』や『NWO』や『オカルト』の様な歌詞だな・・・








中央銀行という奴隷制度






If the american people ever allow private banks to control the issue of their currency, first by inflation, then by deflation, the banks...will deprive the people of all property until their children wake-up homeless on the continent their fathers conquered... The issuing power should be taken from the banks and restored to the people, to whom it properly belongs."

President, Thomas Jefferson


アメリカ人民がいつか、プライベートバンクが最初にインフレによって、そしてデフレーションによってそれらの通貨問題をコントロールすることを可能にするならば、銀行…は、彼らの父が征服した大陸上の彼らの子供からホームレスまですべての財産を人々から奪うでしょう…

「問題のパワーを銀行から取り去り、人々に回復するべきです(その権利はアメリカ人民に適切に付属しています)」。

大統領、トーマス・ジェファーソン





日本人民がいつか、国際金融資本家の傘下の日本銀行(特殊法人)と官僚と銀行団が最初にインフレにし、そしてデフレにすることによって通貨問題をコントロールする事を可能にするならば、日本銀行(特殊法人)とその銀行団は日本人の子供からワーキングプアー、ホームレスまですべての財産を人々から奪うでしょう・・・そして、それを国際金融資本家に貢ぐでしょう。「通貨発行権を日本銀行と官僚から奪い取り、人々に回復するべきである。」







東南アジアで有名な歌

ちあきなおみ:喝采

東京芸大の押し売り先生の作品でなく・・公平に...

2008/05/20 () 投票をお願いします♪


例の奈良県の不気味なキャラクター「せんとくん」は、奈良県民だけでなく、全国で不評の嵐が巻き起こっていますが、「もっとみんなに愛されるキャラクターを公平に投票で選ぼう」という趣旨で投票が始まりました。



以下の投票サイトに、公募で集まった30のキャラが公開されていますので、良いと思ったものに投票してください。



Albert Hammond - It Never Rains In Southern California
しめきりは25日です。



「オリジナルキャラクターWeb投票」

http://creators-yamato.net/vote/kiyoki.cgi






蛇足

僕は18番(表示のメタボ鹿)がええです・。




Albert Hammond___It Never Rains in Southern California

なんかパッとしない世の中ですが・。

アメリカンパイ

American Pie


Words & Music by Don McLean.

(1971年発表)




(原題直訳 「アメリカン・パイ」(パイの種類))



Performed by Don McLean.

You can listen to Don McLean album, "American Pie".

名作アルバム度 ☆☆☆

「アメリカン・パイ」 (ドン・マクリーン)




歌詞は、次のURLから

http://www.don-mclean.com/guitars/preview.asp?id=115200360154AM




名曲度 ☆☆☆☆☆




邦題 「アメリカン・パイ」 (ドン・マクリーン)






A long long time ago

ずっとずっと昔のこと

I can still remember how that music used to make me smile

まだ音楽が人を笑顔にしてくれるものだった頃のことを

ぼくはいまでもよく覚えている

And I knew if I had my chance

そして、機会さえあれば自分も

That I could make those people dance

そんなふうに人々を踊らせることをしたいと思っていた

And maybe they'd be happy for a while.

そうすれば、きっと人々はしばらくの間はハッピーでいるだろう

But February made me shiver

だけど、あの2月にぼくは凍てついてしまった

With every paper I'd deliver

Bad news on the doorstep

ぼくが玄関ごとに配達していたどの新聞にも

悪い知らせが載っていた

I couldn't take one more step

やっとのことでぼくは仕事を終えた

I can't remember if I cried

When I read about his widowed bride

未亡人になってしまった彼の新妻の記事を読んだとき

ぼくは自分が泣いたかどうかは覚えていない

But something touched me deep inside

だけど、心の中の奥深くで何かがぼくに触れたのだ

The day the music died

音楽が死んだあの日に





So bye-bye, Miss American Pie

そうさ、バイバイ、ミス・アメリカン・パイ

Drove my chevy to the levee

ぼくのシヴォレーに乗って土手に行こう

But the levee was dry

でも土手ではしらけてしまった

And them good old boys were drinkin' whiskey and rye

幼馴染の仲間たちもウィスキーやライを飲んでいた

Singin' this'll be the day that I die

きょうはオレが死ぬ日だと歌いながら

This'll be the day that I die

きょうはぼくの死ぬ日になるんだ





Did you write the Book of Love

きみが「愛の書」を書いたのかい

And do you have faith in God above

きみは天の神への信仰を持っているのかい

If the Bible tells you so

もし聖書に書いてあったら

Do you believe in rock 'n roll

きみは信じられるかい、ロックンロールが*5

Can music save your mortal soul

人間の魂を救済するんだと。

And can you teach me how to dance real slow

そして、ぼくに教えてくれるかい

チークタイムのスローなダンスを

Well, I know that you're in love with him

うーん、きみが好きなのは彼のことだって

おれ、知ってるよ

'Cause I saw you dancin' in the gym

だって、体育館で踊ってるきみたちを

ぼくは見たもの

You both kicked off your shoes

ふたりとも靴を脱ぎ捨てて踊っていたよね

Man, I dig those rhythm and blues

なあ、オレはいまリズム&ブルースに夢中なんだ

I was a lonely teenage broncin' buck

ぼくは群れを離れた孤独な牡鹿

With a pink carnation and a pickup truck

カッコつけてナンパしまくり

But I knew I was out of luck

だけど、ぼくにはわかったんだ、

おれには運がないんだってね

The day the music died

音楽が死んだあの日だよ





I started singin'

ぼくは歌いはじめたんだ

So bye-bye, Miss American Pie

だから、バイバイ、ミス・アメリカン・パイ

Drove my chevy to the levee

ぼくのシヴォレーに乗って土手に行こうぜ

But the levee was dry

でも土手ではしらけてしまった

And them good old boys were drinkin' whiskey and rye

幼馴染の仲間たちもウィスキーやライを飲んでいた

Singin' this'll be the day that I die

きょうはオレが死ぬ日だと歌いながら

This'll be the day that I die

きょうはぼくの死ぬ日になるんだ





Now for ten years we've been on our own

あれから10年間、ぼくらは自分たちだけでやってきた

And moss grows fat on a rollin' stone

転がる石にも贅肉のように苔が生えてた

But that's not how it used to be

だけど、まえはそんなじゃなかった

When the jester sang for the King and Queen

あの道化師が王様と女王様のために歌った

In a coat he borrowed from James Dean

ジェームズ・ディーンから借りたコートをまとって

And a voice that came from you and me

きみやぼくらの中から出て来た声と言葉で

Oh, and while the King was looking down

あゝ、王様が軽視している間に

The jester stole his thorny crown

その道化師は茨の王冠を盗み出し

The courtroom was adjourned

法廷はは休廷延期となってしまって

No verdict was returned

評決は出なかった

And while Lennon read a book of Marx

そしてレノンがマルクスの本を読み

The quartet practiced in the park

四重奏団は公園で練習していた

And we sang dirges in the dark

そしてぼくらは暗闇で葬送の歌を歌っていた

The day the music died

あの音楽が死んだ日に





We were singing

ぼくらは歌っていたんだ

So bye-bye, Miss American Pie

そうさ、バイバイ、ミス・アメリカン・パイ

Drove my chevy to the levee

ぼくのシヴォレーに乗って土手に行こうぜ

But the levee was dry

でも土手ではしらけてしまった

And them good old boys were drinkin' whiskey and rye

幼馴染の仲間たちもウィスキーやライを飲んでいた

Singin' this'll be the day that I die

きょうはオレが死ぬ日だと歌いながら

This'll be the day that I die

きょうはぼくの死ぬ日になるんだ





Helter Skelter in a summer swelter

酷暑の夏の阿鼻叫喚

The birds flew off with a fallout shelter

鳥たちは放射能シェルターを出て飛び立った

Eight miles high and falling fast

高度8マイルのハイな気分と急降下

It landed foul out on the grass

草むらに違法な着陸をする

The players tried for a forward pass

選手たちはフォワードにパスをしようとする

With the jester on the sidelines in a cast

ギプスをはめたベンチの道化師に

Now the half-time air was sweet perfume

ハーフタイムの雰囲気は甘い香り

While the Sergeants played a marching tune

よそでは軍曹たちが行進曲を演奏した

We all got up to dance

ぼくらはみんな踊ろうと立ち上がった

Oh, but we never got the chance

おゝ、しかし、ぼくらにはとうとうチャンスはなかった



'Cause the players tried to take the field

選手たちはグランドを奪おうとしたが

The marching band refused to yield

軍楽隊は明け渡しを拒んだのだ

Do you recall what was revealed

暴かれたことをきみたちは思い出せるかい

The day the music died

音楽が死んだあの日





We started singing

ぼくらは歌いはじめた

So bye-bye, Miss American Pie

だから、バイバイ、ミス・アメリカン・パイ

Drove my chevy to the levee

ぼくのシヴォレーに乗って土手に行こうぜ

But the levee was dry

でも土手ではしらけてしまった

And them good old boys were drinkin' whiskey and rye

幼馴染の仲間たちもウィスキーやライを飲んでいた

Singin' this'll be the day that I die

きょうはオレが死ぬ日だと歌いながら

This'll be the day that I die

きょうはぼくの死ぬ日になるんだ





Oh, and there we were all in one place

あゝ、あそこでぼくらみんなはひとつの場所にいた

A generation Lost in Space

宇宙空間で迷子になった世代だった

With no time left to start again

再出発をする時間もなしに

So come on, Jack be nimble, Jack be quick

だから、さあ、来いよ、ジャック、素早くやれ

ジャック、早くしろ

Jack Flash sat on a candlestick

燭台にすわったジャック・フラッシュ

'Cause fire is the Devil's only friend

炎こそが悪魔の唯一の友だから

Oh, and as I watched him on the stage

おゝ、そしてぼくらはステージの彼を見つめるうちに

My hands were clenched in fists of rage

ぼくの手は怒りの拳となったのだ

No angel born in hell

地獄に生まれた天使などには

Could break that Satan's spell

悪魔の呪いは解けやしない

And as the flames climbed high into the night

そして宵闇に向けて炎が高く燃え上がる中

To light the sacrificial rite

生贄の儀式を照らし出し

I saw Satan laughing with delight

歓びに満ちた悪魔の笑いをぼくは見た

The day the music died

音楽が死んだあの日





He was singing

彼は歌っていたのだ

So bye-bye, Miss American Pie

だから、バイバイ、ミス・アメリカン・パイ

Drove my chevy to the levee

ぼくのシヴォレーに乗って土手に行こうぜ

But the levee was dry

でも土手でしらけてしまった

And them good old boys were drinkin' whiskey and rye

幼馴染の仲間たちもウィスキーやライを飲んでいた

Singin' this'll be the day that I die

きょうはオレが死ぬ日だと歌いながら

This'll be the day that I die

きょうはぼくの死ぬ日になるんだ





I met a girl who sang the blues

ブルースを歌う女の子にぼくは会い

And I asked her for some happy news

彼女が嬉しいニュースをもたらしてくれることを期待した

But she just smiled and turned away

でも、彼女はただ微笑んだだけでいなくなった

I went down to the sacred store

ぼくは聖なる店を訪れた

Where I'd heard the music years before

何年もまえにぼくが音楽を聴いていたところだ

But the man there said the music woudn't play

でもそこにいた男が言ったよ、

もう音楽はやらないんだと

And in the streets the children screamed

そして街路では子供たちが騒いでいた

The lovers cried, and the poets dreamed

愛し合う者たちは叫び、詩人たちは夢を見た

But not a word was spoken

だが、一言も口にされはしなかった

The church bells all were broken

教会の鐘はすべて壊れていた

And the three men I admire most

そしてぼくがもっとも敬服する三人の男たち

The Father, Son and the Holy Ghost

父と子と、そして精霊と

They caught the last train for the coast

その彼らは彼岸への最終列車に乗ったのだ

The day the music died

音楽が死んだ日に






But not a word was spoken

だが、一言も口にされはしなかった

The church bells all were broken

教会の鐘はすべて壊れていた

And the three men I admire most

そしてぼくがもっとも敬服する三人の男たち

The Father, Son and the Holy Ghost

父と子と、そして精霊と

They caught the last train for the coast

その彼らは彼岸への最終列車に乗ったのだ

The day the mus
終列車に乗ったのだ

The day the music died

音楽が死んだ日に






But not a word was spoken

だが、一言も口にされはしなかった

The church bells all were broken

教会の鐘はすべて壊れていた

And the three men I admire most

そしてぼくがもっとも敬服する三人の男たち

The Father, Son and the Holy Ghost

父と子と、そして精霊と

They caught the last train for the coast

その彼らは彼岸への最終列車に乗ったのだ

The day the music died

音楽が死んだ日に





And they we
ont>見た

But not a word was spoken

だが、一言も口にされはしなかった

The church bells all were broken

教会の鐘はすべて壊れていた

And the three men I admire most

そしてぼくがもっとも敬服する三人の男たち

The Father, Son and the Holy Ghost

父と子と、そして精霊と

They caught the last train for the coast

その彼らは彼岸への最終列車に乗ったのだ

The day the music died

音楽が死んだ日に





And they were singing

そして彼らは歌っていた

So bye-bye, Miss American Pie

だから、バイバイ、ミス・アメリカン・パイ

Drove my chevy to the levee

ぼくのシヴォレーに乗って土手に行こうぜ

But the levee was dry

でも土手はしらけきっていた

And them good old boys were drinkin' whiskey and rye

幼馴染みのよい子たちもウィスキーやライを飲んでいた

Singin' this'll be the day that I die

きょうはオレが死ぬ日だと歌いながら

This'll be the day that I die

きょうはぼくの死ぬ日になるんだ

商売人が誘導する暗黒社会・。

きっこの日記から


ちなみに、2004年度の輸出戻し税額のベスト10は、次のようになってる。




1.トヨタ自動車 1964億円


2.ソニー 1048億円


3.日産自動車 856億円


4.本田技研工業 824億円


5.キャノン 718億円


6.日本電気 565億円


7.マツダ 534億円


8.松下電器産業 498億円


9.東芝 471億円


10.日立製作所 249億円




‥‥そんなワケで、この数字は、国に納めてる消費税じゃなくて、国からもらってるお金なのだたとえば、トヨタの場合なら、2004年度の国内売り上げに対して、本来、納めるべき消費税が、332億円ある。だけど、輸出した車に対する「輸出戻し税」が2296億円も返ってくるから、差し引きで1964億円も濡れ手にアワでもらってるってワケだ。あたしたち庶民は、100円のものを買うんだって5%の消費税を払ってるって言うのに、ニポンを代表する大企業が、本来は332億円を納税しなきゃなんないのに、それをたったの1円も納税してないどころか、逆に、1964億円もの莫大な税金を返還されちゃってるのだ。


この上位10社だけでも、合計すると7727億円もの税金が返還されてる上に、10位以下の企業もすべて合計すると、年間に約2兆円もの消費税が、大企業へと返還されてる。消費税による国の収入は、年間で約10兆円だから、あたしたち庶民や中小企業が必死になって払い続けてる消費税の約20%は、トヨタやキャノンを始めとした大企業へと流れてるってワケだ。


これで、経団連の前会長の奥田碩や、現在の会長の御手洗冨士夫が、「消費税の大増税」を連呼し続けてる謎が分かったと思う。奥田碩や御手洗冨士夫は、来年、2007年度のうちに、消費税を現在の2倍の10%に引き上げて、その後も段階的に引き上げてくって案を支持してるけど、消費税が2倍になれば、トヨタに返還される2000億円もの「輸出戻し税」も2倍の4000億円になるワケだし、キャノンに返還される700億円もの「輸出戻し税」も2倍の1400億円になるワケだ。そして、消費税が、15%、20%って引き上がってけば、それにともなって、コイツラのとこに転がり込むアブク銭も、どんどん増えてくってスンポーなのだ。


‥‥そんなワケで、あたしは、消費税が10%になろうとも、15%になろうとも、今のニポンの状況を考えたら、一概に「反対!」とは言えない部分もあると思う。だけど、それは、あくまでも、政府の無駄づかいや不公平税をすべて見直して、やることをやってからの「消費税引き上げ」だと思う。ニポンを代表する大企業が、軒並み消費税を払ってないどころか、払うべき消費税の何倍ものお金を返還してもらってんのに、なんであたしたちだけが増税されなきゃなんないの?その上、今のままのシステムで増税したら、増税されたうちの20%は、国じゃなくて、トヨタやキャノンに納めることになるんだよ?こんなバカな話ってあるか!


すごく分かりやすく言うと、今、あたしたちが1000円のものを買うと、50円の消費税がかかってるけど、この50円は、すべて国に納められてるんじゃなくて、このうちの20%にあたる10円は、大企業に返還されてるってワケだ。だから、消費税が2倍の10%に引き上げてられたら、あたしたちは1000円のものに対して2倍の100円の税金を取られるワケだけど、そのうちの20円は大企業に流れるワケだし、消費税が4倍の20%になれば、200円のうちの40円は、トヨタやキャノンへと流れるってワケだ。そして、奥田碩や御手洗冨士夫は、笑いが止まらなくなるってワケだ。奥田碩は、自分が経団連の会長をやってた時に、「消費税は2012年までに15%~16%に引き上げるべきだ」とかってノタマッてたけど、今でも年間に2000億円ももらってるクセに、その3倍ものアブク銭をもらおうだなんて、盗っ人たけだけしいとは、まさに、このことだろう。


だから、あたしは言いたい! 消費税を増税するんなら、まずは、「輸出戻し税」を廃止しろ!


「輸出戻し税」を廃止すれば、それだけで年間に2兆円もの税収が増えるんだから、逆に、消費税なんか増税しなくたって良くなるじゃん。それなのに、格差社会を作るために国民を騙し続けて来たペテン師のコイズミは、トヨタやキャノンには何千億円もオオバンブルマイしときながら、消費税の「事業者免税点」を引き下げて、それまでは免除されてた零細企業からも、冷酷に税金をむしり取るようにした。だけど、家族経営の小さな商店や工場なんて、引き上げられた消費税ぶんをそのまま上乗せしてお客さんに請求したら、お客さんはヨソに行っちゃう。だから、商品の売値や仕事の単価は今までのままで、引き上げになった消費税ぶんは、わずかな利益の中から捻出するしかない。そして、全国で50万もの中小企業が倒産して、10万人もの自殺者が出た一因にもなったのだ。だけど、その裏には、1円の消費税も納めない上に、何百億円、何千億円もの税金を返還してもらって、笑いの止まらない大企業が林立してたってワケだ。


‥‥そんなワケで、あたしは、この国を食い物にしてる史上最低の奥田碩が、やっとこさ経団連の会長の座から下りてくれたと思ったのもトコノマ、今度は、もっと終わってるキャノンの御手洗冨士夫なんかが会長になっちゃったから、この国の経済はますます破滅へと突き進むことになった。これって、やっとこさコイズミが辞めてくれたと思ったのもチョイノマ、今度も、もっと脳みその回路がショートしちゃってるアベシンゾーなんかが総理大臣になっちゃったのとおんなじパターンじゃん。どっちにしても、何百万と言う零細企業、中小企業からナケナシの利益を巻き上げ、それを政治家と官僚と一部の大企業とで山分けする社会、これぞ、コイズミが理想とした格差社会の姿であり、アベシンゾーが作ろうとしてる「美しい国」の姿なんだから、誰が総理大臣でもおんなじだけど、こんな腐りきった売国奴どもに、「愛国心」なんて言葉はコンリンザイ使ってもらいたくないと思った今日この頃。
















2008/05/19-18:51 消費税率、「10%で収まらず」=社会保障の目的税化で-御手洗経団連会長


日本経団連の御手洗冨士夫会長は19日の記者会見で、消費税を基礎年金や医療、介護などの財源に充てる社会保障目的税化した場合、「例えば、2020年とか25年になれば、10%で収まるとは思っていない」と述べ、将来は税率が10%を大きく上回るとの見通しを示した。

 御手洗会長はこれまで「15年度までに消費税を10%に引き上げるべきだ」との考えを表明してきたが、10%を超える水準に言及したのは初めて。

 経団連は14日、基礎年金を全額税方式とし、財源に消費税を充てるとともに、医療、介護保険制度への公費投入の拡大を盛り込んだ社会保障制度改革の提言を公表した。御手洗会長は社会保障費が毎年1兆円拡大している現状も踏まえ、医療、介護制度も消費税を財源にすれば、「10%ではやがて済まなくなる」と強調した。









消費税率は最大18% 


政府が「基礎年金の税方式」を初試算


政府は19日、基礎年金
の税方式化に関する財政シミュレーションをまとめ、社会保障国民会議
雇用・年金
分科会に提示した。税方式化した場合、追加的に必要となる税財源は2009年度時点で9兆~33兆円で、これをすべて消費税でまかなうと、消費税率は現行税率分などを含め9.5~18%まで引き上げが必要となることが分かった。年金財源に消費税率引き上げ
分の大半を回すことになれば、医療や介護保険の給付増に対する財源手当を別途検討せざるを得ず、今回のシミュレーションは、税方式導入のハードルの高さを印象付ける結果となった。


 シミュレーションは、与党内や日本経団連
など各団体の税方式をめぐる各案について、50年度までの財政を試算する形で行われた。政府が税方式を本格試算したのは今回が初めて。


 現行制度での保険料納付分と税負担分を上乗せ支給するケースを採用した場合、制度を移行する09年度時点での追加税額は33兆円にのぼり、消費税率換算で12%の引き上げが必要なことが分かった。


 最も追加税額が少なくて済む、現行制度で未納期間があった人を減額するケースを採用しても3.5%アップしなければならない。ただ、このケースでは、無年金者や低年金者がなくならないことも分かった。




蛇足


為替や政府系資金からノンリスク補助金を貰っている経団連が偉そうに国民の生命や財産の事に商売人が口や手を出すんじゃねぇ・・。己らはグローバルに展開しているのかしらんが・・。日本人から搾り取った金で回っているだけだ・。いやなら・・さっさと出て行けば中小企業が発展する道ができるというものだ・。日本国民をなめるんじゃねぇ・・。



再掲: 偉人に祭り上げられたマルクス



THE RISE OF KARL MARX


Heinrich Karl Marx (Moses Mordecai Marx Levy, 1818-83) was born of wealthy parents (his father was a lawyer), and much of his personal life has never been revealed. Professor M. Mtchedlov, Vice-Director of the Marx Institute, said that there were 100 volumes in his collection, but only thirteen have ever been reprinted for the public. When he was six, his family converted to Christianity, and although he was once a believer in God, after attending the Universities of Bonn and Berlin, Marx wrote that he wanted to avenge himself “against the One who rules above.” He joined the Satanist Church run by Joana Southcott, who was said to be in contact with the demon Shiloh. His early writings mentioned the name “Oulanem,” which was a ritualistic name for Satan. A friend of Marx wrote in 1841, that “Marx calls the Christian religion one of the most immoral of religions.” His published attacks against the German government caused him to be ejected from the country.


He received a Doctorate in Philosophy in 1841, but was turned down for a teaching position, because of his revolutionary activities. In 1843, he studied Economics in Paris, where he learned about French communism. Again he was expelled for revolutionary activities. In 1844, he wrote the book A World Without Jews even though he was Jewish. In 1845, he moved to Brussels, where, with German philosopher, Friedrich Engels (the son of a wealthy textile manufacturer, 1820-95), who he met in Paris in 1844, they reorganized the Communist League.


カール・マルクスの上昇


ハインリヒ・カール・マルクス(1818-83のモーセ・モルデカイ・マルクス・レビィ)は裕福な親に生まれました。


そして、(彼の父は弁護士でした)彼の私生活の多くが一度も明らかにされたことがありません。 M.Mtchedlov教授、マルクス研究所の副長官は、彼の収集には100巻のボリュームがあったと言いましたが、13巻だけが今までに、大衆のために増刷されたことがあります。 彼が6歳のときに、彼の家族はキリスト教に改宗しました。そして、かつて彼は神の信者でしたが、ボンとベルリンの大学に通った後に、彼は「上層で統治する支配者」に復讐をしたがっていると書きました。 彼はJoanaサウスコットに誘われ悪魔主義者の教会儀式に参加しました。(サウスコットは、悪霊Shilohに接触していると言われました)。 彼の初期の文章は名前"Oulanem"について言及しました。(それは、魔王のための儀式主義の名前でした)。 マルクスの友人は1841年に、「マルクスは最も不道徳な宗教のキリスト教信者と呼びます。」と書きました。 ドイツの政府に対する彼の発行物による攻撃で、ドイツ政府は彼を追放しました。


彼は、1841年に哲学の博士号を受けましたが、彼の革命的な活動のため教職は拒絶されました。彼はパリで経済を研究しました。そこでは、彼がフランスの共産主義に関して学びました。 一方、彼は革命を目指す活動によって追放されました。 1844年に、彼はユダヤ人でしたが、彼は「ユダヤ人のいない世界」という本を書きました。 1845年に、彼はブリュッセルに移りました。(彼は1844年にパリでエンゲルスに会いました)。そこでは、ドイツ人の哲学者、フリードリヒ・エンゲルス(1820-95の裕福な織物業者の息子)と共に、彼らが共産党員リーグを再編成しました。


Engels had joined the ‘Young Germany’ group (which had been established by Giuseppe Mazzini) in Switzerland in 1835. He later became a 32nd degree Mason (as did Marx). In 1842 he was sent to England to manage the family’s mill in Manchester. A journalism student, in 1843 he published a treatise on economics called Outlines of a Critique of Political Economy; and in 1844, wrote a review of Thomas Carlyle’s Past and Present, and also a booklet called The Condition of the Working Class in England in 1844. It was Engel’s philosophy that established the basis for the ideas which were developed by Marx.


エンゲルスは1835年のスイスの‘若いドイツ'というグループ(ジュゼッペ・マッツィーニによって設立された。)に加わりました。 彼は後で第32階位フリーメイスン(マルクスのような)になりました。 1842年に、マンチェスターに家族所有の工場を管理するために彼はイギリスに行かされました。 ジャーナリズムの学生であり、1843年に、彼は「政治経済学の評論のアウトライン」と呼ばれる経済学についての論文を出版しました。 そして1844年にとトマス・カーライルの「過去と現在のレビュー」とさらに1844年にイギリスで「労働者階級の条件」と呼ばれる小冊子を書きました。マルクスによって開発された資本論のアイデアの基礎を固めたのはエンゲルス哲学でした。

In 1848, Marx published his Communist Manifesto (which he was working on from 1830-47), from an Engel’s draft (which was an extension of Engel’s Confessions of a Communist), which also borrowed heavily from Clinton Roosevelt’s book, The Science of Government Founded on Natural Law which echoed the philosophies of Weishaupt. It had been commissioned by the Communist League in London. The League, formerly known as the League of the Just (or the League of Just Men), which was an off-shoot of the Parisian Outlaws League (which evolved from the Jacobin movement), was founded by Illuminati members who fled from Germany. The League was made up of rich and powerful men from different countries that were behind much of the turmoil that engulfed Europe in 1848. Many researchers consider them either a finger organization of the Illuminati, or an inner circle. Originally introduced as the Manifesto of the Communist Party in London, on February 1, 1848, the name was changed to the Communist Manifesto, and the name of Karl Marx was added as its author twenty years later, after a series of small revolutions failed.


Marx wrote in 1848: “The coming world war will cause not only reactionary classes and dynasties, but entire reactionary peoples, to disappear from the face of the earth.” Friedrich Engels, that same year, wrote: “The next world war will make whole reactionary peoples disappear from the face of the earth.”


1848年に、マルクスは彼の共産党員マニフェスト(彼が1830-47に取り組んでいた)を発行しました。エンゲルの草稿(共産党員へのエンゲルス告白の拡大であった。)から、ワイスハウプトの人生観を反復した自然法に基づいている政治学(また、草稿はクリントン・ルーズベルトの本から大いに拝借しました)。 それはロンドンで共産党員リーグによって任命されました。 パリジャンの無法者リーグ(ジャコバン党員運動から発展した)の分枝であった。ちょうどまさに、以前から知られていたリーグは、ドイツから逃げたイルミナティメンバーによって設立されたものでした。 リーグは、1848年にヨーロッパを飲み込んだ騒動の多くの後ろにあったさまざまな国からの金持ちで、強力な人からなりました。 多くの研究者は彼らをイルミナティの指組織または側近グループのどちらかと考えます。

元々、1848年2月1日のロンドンの共産党の宣言(マニフェスト)として導入されて、名前は共産党宣言に変更されて、一連の小さな革命が失敗した後に、カール・マルクスの名前は20年後その作者として加わりました。

マルクスは1848年に書きました:

「次の世界大戦は反動的な階層と王朝である反動的な民族全体を地球の表面から消すために引き起こすであろう」とフリードリヒ・エンゲルスはその同じ年に書きました:「次の世界大戦は反動的な民族全体を地球の表面から姿を消すだろう」。




The Manifesto was described by Marxians as “The Charter of Freedom of the Workers of the World,” and it was the platform of the Communist League. It advocated the abolition of property in land, and the application of all land rent to public purposes; a heavy progressive or graduated income tax; abolition of all rights of inheritance; the confiscation of all the property of immigrants and rebels; centralization of credit in the hands of the State with a national bank; centralization and State control of all communication and transportation; expansion of factories to cultivate waste lands, and create industrial armies, especially for agriculture; gradual abolition of the distinction between town and country to have a more equitable distribution of the population over the country; the elimination of child factory labor and free education for all children in public schools.


This revolutionary plan for socialism, which included the abolition of all religion, was reminiscent of the doctrines of Weishaupt. It was basicaIly a program for establishing a ‘perfect’ state, and it called for the workers (proletariat) to revolt and overthrow capitalism (the private ownership of industry), and for the government to own all property. Marx, felt, that by controlling all production, the ruling power could politically control a country. After the communist regime would take over, the dictatorship would gradually “wither away” and the result would be a non-government. The final stage of communism is when the goods are distributed on the basis of need. Leonid Brezhnev, when celebrating the 50th anniversary of the U.S.S.R., said: “Now the Soviet Union is marching onward. The Soviet Union is moving towards communism.”

宣言はマルクス主義者によって「世界の労働者の自由の憲章」と評されて、それは共産主義リーグのプラットフォームでした。

それは公共の目的のため土地の所有権の廃止とすべての小作料の適用を主張しました;

重い進歩的な、または段階別の所得税;

すべての遺産相続権の廃止;

移民と反乱軍のすべての所有物の没収;

国立銀行を持つ国家の手の中のクレジットの中央集権;

集中化とすべての通信と交通の国家管理;

荒地を洗練し、特に農業のために産業の軍隊を作成する工場の拡張;

全国に人口のより公平な配分を持つ都会と田舎の違いの段階的廃止;

公立学校のすべての子供のための子供工場労働と自由な教育の除去。


すべての宗教の廃止を含んだ社会主義についてのこの革命的な計画はワイスハウプトの主義を思い出させました。

‘完全な’国家を設立するために、それは基礎的プログラムであり、それは、資本主義(産業の私有)を打倒する労働者(プロレタリア階級)と政府のためにがすべての所有権を要求しました。

マルクスはすべての統治権を制御することによって政治的に国を制御することができるだろう感じられた。

共産主義の政権が引き継ぐ後に、独裁権は「遠くで徐々にしぼむ」であろうし、結果は非政府であるでしょう。

共産主義の最終ステージは、商品が必要に基づいて配布される時です。

ソ連の50周年記念を祝福するレオニード・ブレジネフは次のように言いました:

「さて、ソビエト連邦は前方に行進しています」。

「ソビエト連邦は共産主義に接近しています」。

Meanwhile, Professor Carl Ritter (1779-1859), of the University of Berlin, a co-founder of modern geographical science, was writing a contrasting view, under the direction of another group of Illuminists. The purpose of this was to divide the people of the world into opposing camps with differing ideologies. The work started by Ritter, was finished after he died, by German philosopher Friedrich Wilhelm Nietzsche (1844-1900), who founded Nietzscheism, which later developed into Fascism, and then into Nazism, which was later used to ferment World War II. Although the Nazis, in quoting from Nietzsche, considered themselves to be the Master Race, Nietzsche did not. Nietzsche tried to stir things up at the top of the social order, while Marx hammered away at the bottom, concentrating on the lower class and working people. Nietzsche wanted to keep the uneducated in a state of slavery, while Marx wanted to neutralize the elite, and pushed for the rights of the people.


Marx worked as a correspondent for the New York Tribune (whose Editor was Horace Greeley, 1852-61), covering the 1848 European revolutions. One source has reported that even these articles were written by Engels. In 1857 and 1858, Marx wrote a few articles for the New American Cyclopedia.

その間、ベルリン大学(現代の地理の科学の共同設立者)のカール・リッター(1779-1859)教授はイルミナティ主義者の別のグループの指導のもとで批評を書いていました。

これの目的は、世界の人々を、異なるイデオロギーによってキャンプに分割することでした。

リッターによって始まり、ニーチェ哲学(それは後で、ファシズムに、それからナチズムに発展しました)を設立したドイツの哲学者フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)に、彼が死んだ後にそれは、第二次世界大戦を興奮させるために後で使われました。

ナチは、ニーチェから引用することにおいて、ナチ自身を、マスタ人種であると考えたけれども、ニーチェが考えたことではありません。

ニーチェは、社会秩序のトップに揺さぶりをかけようとした一方、マルクスは下層階級、労働者階級と勤労者に集中して、揺さぶりをかけた。

ニーチェは、奴隷制度の状態において無教育を保持したかった一方、マルクスは、エリートを中立化したくて、人々の権利を要求しました。


マルクスはニューヨークトリビューン(編集長はホラティウス・グリーリー、1852-61年)の通信員として働いていました。1848年のヨーロッパの革命をカバーしていたが、ある情報筋は、これらの記事さえエンゲルスによって書かれたと報告しました。

1857年と1858年に、マルクスは新しいアメリカ百科事典のために少しの記事を書きました。

On September 28, 1864, Marx and Engels founded the International Workingmen’s Association at St. Martin’s Hall in London, which consisted of English, French, German, Italian, Swiss, and Polish Socialists, who were dedicated to destroying the “prevailing economic system.” It later became known as the First Socialist International, which eight years later spread to New York and merged with the Socialist Party. The statutes they adopted were similar to Mazzini’s, and in fact, a man named Wolff, the personal secretary of Mazzini, was a member, and pushed Mazzini’s views. Marx wrote to Engels: “I was present, only as a dumb personage on the platform.” James Guillaume, a Swiss member, wrote: “It is not true that the Internationale was the creation of Karl Marx. He remained completely outside the preparatory work that took place from 1862 to 1864...” Again, we find evidence that the Illuminati did in fact control the growing communist movement, but not to deal with the problems of workers and industry, rather it was to instigate riot and revolution. The Marxist doctrine produced by the Association was accepted and advocated by the emerging labor movement, and soon the organization grew to 800,000 dues-paying members.


Even though Marx publicly urged the working class to overthrow the capitalists (the wealthy who profited from the Stock Exchange), in June, 1864, “in a letter to his uncle, Leon Phillips, Marx announced that he had made 400 pounds on the Stock Exchange.” It is obvious that Marx didn’t practice what he preached, and therefore didn’t really believe in the movement he was giving birth to. He was an employee, doing a job for his Illuminati bosses.


1864年9月28日に、マルクスとエンゲルスは、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、およびポーランドの社会党員〈後に、「優勢経済のシステム」を破壊することが専門であった最初の社会主義インターナショナルでそれは8年後、ニューヨークに広ろがり社会党と合併される 〉から成ったロンドンのセントマーティン教会ホールで国際労働者協会を設立しました。

それらが採用した法令はマッツィーニに類似していて、実のところ、ウォルフ、マッツィーニの秘書という名の人物がメンバーであり、マッツィーニの見解を推進しました。

マルクスはエンゲルスに書きました: 「私は単に馬鹿な著名人としてプラットホームに出席していました。」 ジェームス・ギヨーム(スイス人のメンバー)は書きました: 「インターナショナルがカール・マルクスの作成であったことは真実でありません。」 「彼は1862年から1864年まで行われた準備作業の外に、彼は完全取り残されていた」… 一方、私たちはイルミナティが事実上増加している共産主義運動を制御しましたが、労働者と産業の問題に対処しないように、暴動と革命を扇動することになっていたという証拠を見つけます。 協会によって作り出されたマルクス主義は明らかになる労働運動によって受け入れられて、主張されて、組織は80万人の会費を支払うメンバーまで成長しました。


マルクスは、資本家(証券取引所から利益を得た裕福者)を打倒するように公的に賃金労働者階級に促しましたが、1864年6月に「彼のおじ、レオンフィリップスへの手紙では、マルクスは証券取引所で400ポンドを稼いだと書いていました」。 マルクスが彼が説いたことを本当は信じなかったのは明白です。 彼はイルミナティのボスのために仕事して、彼は従業員であったからです。


Nathan Rothschild had given Marx two checks for several thousand pounds to finance the cause of Socialism. The checks were put on display in the British Museum, after Lord Lionel Walter Rothschild, a trustee, had willed his museum and library to them.


In 1867, Marx wrote the first volume of Das Kapital, which became known as the “Bible of the Working Class.” Marx felt, that as the workers achieved various reforms, there would be a possibility for the peaceful evolution towards socialism. A little known fact, is that Marx’ beliefs were gleaned from the writings of Weishaupt, Babeuf, Blanc, Cabet, Owen, Ogilvie, Hodgkin, Gray, Robert Thompson, William Carpenter, and Clinton Roosevelt; which he discovered from his hours of research in the Reading Room of the British Museum. The second volume appeared after Marx’ death, edited by Engels from Marx’ notes, in 1885; and volume three appeared in 1894.


When Marx died in March 14, 1883, only six people attended his funeral. He never supported his family, which had produced six children. Three of them died of starvation in infancy and two others committed suicide. Actually, Engels supported Marx with income from his father’s cotton mills in England. Marx was buried in London, at Highgate Cemetery.

ネイサン ロスチャイルドは、数千ポンドが社会主義者に資金提供するようにマルクスに2つのチェックを与えました。

ライオネルウォルターロスチャイルド卿(受託者)が彼らに彼の博物館と図書館を遺贈したあと、チェックは大英博物館に展示されているようにされました。

1867年に、マルクスは、労働者が様々な改革を達成した時に、平和な発展のための可能性が社会主義にあるであろうとダス・カピタル:資本論(それは「労働者階級のバイブル」として知られるようになりました)の第1巻に手紙で知らせました。

既知の事実は、マルクスの信念が、ワイスハウプト、バブーフ、ブラン、カベー、オーウェン、オギルビー、ホジキン、グレー、ロバートトンプソン、ウィリアムカーペンター、およびクリントンルーズベルトの文書から収集されたことです。

彼の大英博物館の図書閲覧室の研究の時間から発見されました。


1885年にエンゲルスによって編集された第2巻はマルクス死後に出版されました。そして、第3巻は1894年に出版されました。

マルクスが1883年3月14日に死んだ時に、6人の人々だけが彼の葬式に出席しました。

彼は決して彼の家族を養いませんでした(それは6人の子供を生みましたが)。

それらの3人は幼少において飢餓で死に、2人は自殺しました。

実際、エンゲルスはイギリスの彼の父の紡績工場からの収入によってマルクスをサポートしました。

マルクスはハイゲート共同墓地でロンドンに埋葬されました。


The Social Democratic Party in Germany, in 1869, was the first Marxist aligned political Party. They favored an independent working class. It grew rapidly, despite the effort of Chancellor Otto von Bismarck to break it up through the enactment of anti-socialist legislation. In 1877, they elected a dozen members to the Reichstag. In 1881, they had 312,000 members; and by 1891, 1,427,000. In 1891, they eliminated their earlier leanings toward State-aid for co-ops, and aligned themselves with the Marxist goal of “the abolition of class rule and of classes themselves.”


Some of the early Socialist Parties were: Danish Social Democratic Party (1870’s), Swedish Socialist Party (1889), Norwegian Labor Party (1887), Austrian Social Democratic Party (1888), Belgian Labor Party (1885), Dutch Socialist-Democratic Workers Party (1894), Spanish Social Labor Party (1879), Italian Socialist Party (1892), and the Social Democratic Federation of Great Britain (1880’s).


In 1889, the Second International was formed, with their headquarters in Brussels, Belgium. Their main responsibility was to create some sort of unity within its ranks. It was totally organized along Marxist philosophies.

ドイツの社会民主党は、1869年に、最初のマルクス主義の立場に立った政治的な政党でした。

彼らは独立な労働者階級に賛成しされていた。

反社会主義の立法の制定を通してそれを解体するオットー・フォン・ビスマルク首相の努力にもかかわらず、それは急速に成長しました。

1877年に、彼らは国民議会に12人のメンバーを選出しました。

1881年に、彼らは312,000人のメンバーを持っていました。

そして1891年、1,427,000人になった。

1891年、彼らは生活協同組合のために国庫補助金への傾向を取り除き、「階級規則の、そして階級自身の廃止」のマルクス主義者ゴールに合わせました。

初期の社会党のいくつかが以下の通りでした:

デンマーク社会民主党(1870年代)、スウェーデン社会党(1889年)、ノルウェー労働党(1887年)、オーストリア社会民主党(1888年)、ベルギー労働党(1885年)、オランダの社会党員が民主主義労働党(1894年)、スペインの社会的な労働党(1879年)、イタリア社会党(1892年)、および英国(1880年代)の社会主義の同盟。

1889年に、第二インターナショナルはブリュッセル、ベルギーに本部を置き組織されました。

それらの主要な責任は、そのランクの中である種の統一を生み出すことでした。

それはマルキシストの哲学に沿って完全に組織化されました。

後期高齢者医療  いつできたのか?

03/07/16 第1回社会保障審議会医療保険部会議事録



                  第1回                  

             社会保障審議会医療保険部会             





         日時: 平成15年7月16日(水)13:30~15:30        

         場所: 厚生労働省 省議室



北川企画官

 ただ今から医療保険部会を開催したいと思います。委員の皆様方には本日はご多忙の

折、お集まりいただきまして御礼を申し上げます。

 まず最初に、委員のご紹介を事務局よりさせていただきたいと思います。五十音順に

て紹介させていただきたいと思います。

 まず、青柳 俊 委員です。日本医師会副会長でいらっしゃいます。

 浅野史郎委員。全国知事会社会文教調査委員会委員長、宮城県知事でいらっしゃいま

す。

 井伊雅子委員。横浜国立大学大学院国際社会科学研究科助教授でいらっしゃいま

す。

 磯部 力 委員。東京都立大学法学部教授でいらっしゃいます。

 井堂孝純委員。日本歯科医師会副会長でいらっしゃいます。

 岩村正彦委員。東京大学大学院法学政治学研究科教授でいらっしゃいます。

 岩本康志委員。一橋大学大学院経済学研究科教授でいらっしゃいます。

 上野昭二委員。日本経済団体連合会社会保障委員会医療改革部会長でいらっしゃいま

す。

 漆畑 稔 委員。日本薬剤師会常務理事でいらっしゃいます。

 岡谷恵子委員。日本看護協会専務理事でいらっしゃいます。

 下村 健 委員。健康保険組合連合会副会長でいらっしゃいます。

 西村周三委員。京都大学大学院経済学研究科教授でいらっしゃいます。

 北郷勲夫委員。国民健康保険中央会理事長でいらっしゃいます。

 星野進保委員。総合研究開発機構客員研究員でいらっしゃいます。

 村上忠行委員。日本労働組合総連合会副事務局長でいらっしゃいます。

 なお、大内尉義・東京大学大学院医学系研究科教授にも委員をお願いしておりますが

、本日は遅れてご到着との連絡をいただいております。(※注 大内委員は欠席された

。)また、本日ご欠席でいらっしゃいますが、家 篤 委員・慶應義塾大学商学部教授

、松尾徹人委員・全国市長会国民健康保険対策特別委員会委員長・高知県高知市長、山

本文男委員・全国町村会会長・福岡県添田町長
の3名の方にも委員をお願いしておりま

す。

 続きまして、厚生労働省幹部をご紹介させていただきたいと思います。

 保険局長の真野でございます。大臣官房審議官の阿曽沼でございます。社会保険庁運

営部長の磯部
でございます。

 それでは第1回目でございますので保険局長のほうからあいさつを申し上げます。
北川企画官


間杉課長

 保険局の総務課長でございます


特にその中で一番上の箱でございます。(

1)保険の統合及び再編を含む医療保険制度の体系の在り方。(2)新しい高齢医療制度

の創設。(3)診療報酬体系の見直しというようなことで、この点については右にあります

ように、政府が平成14年度中にその具体的内容等を明らかにした基本方針を策定する。

特に高齢医療制度の創設については、概ね2年を目途に所要の措置を講ずるものとす

るということに相成った次第でございます。そしてこの(1)、(2)についてさらに深めた

ご議論をしていただこうというようなことで、この部会の発足と相成ったわけでござい

ます。








蛇足


すでにこの場で、後期高齢者医療制度が叫ばれ、実質、なんの意見も出ず、日本のエリートと言われる方々が認め、実行に移す算段がしかれている。


テレビではこの問題に口を挟んでいる浅野元知事など二枚舌であることがわかる。労働者連合や経団連なども参加しているのだが・・別に仕方がないような意見・。反対意見はありません・。


ことほど左様にええ加減なエリートたちなのである・。




それからの官僚たち


・真野  章   こども未来財団理事長


・阿曽沼慎司 厚生労働省老健局長


・磯部文雄  立教大学講師(社会保障
担当)、こども未来
財団常務理事




増税派と道路・東アジア利権派の合併

<自民党>古賀、谷垣派が合流…会長に古賀氏就任


5月13日21時24分配信 毎日新聞










<自民党>古賀、谷垣派が合流…会長に古賀氏就任

宏池会のパーティーで握手をする自民党の古賀誠選対委員長(右)と谷垣禎一政調会長=東京都内のホテルで2008年5月13日午後6時15分、佐々木順一撮影




 自民党古賀派(46人)と谷垣派(15人)は13日、国会近くのホテルで合同パーティーを開き、正式に合流した。会長に古賀誠選対委員長が就任し、ナンバー2の代表世話人に谷垣禎一政調会長が就くことも決めた。旧宮沢派(宏池会)の流れをくむ両派の合流で、計61人の党内第3派閥が発足する。



【関連記事】
政治の“いろは”:「『ポスト福田』の本命は?」




 パーティーには約3000人が出席。古賀氏はあいさつで「福田政権と政治を支えるため汗をかく。時が来れば宏池会を機軸とした政権を誕生させるため結束したい」と語り、今後の政権で主導権を握りたい考えを示した。谷垣氏は「国民を大事にする政治を徹底的に追求したい」と抱負を述べた。【西田進一郎】



 自民党の他派閥の勢力は次の通り。(河野洋平衆院議長と山東昭子参院副議長を除く。党四役は出身派閥に含めた)



 町村派86人▽津島派69人▽山崎派41人▽伊吹派28人▽麻生派20人▽二階派16人▽高村派15人▽無派閥51人



 ◇古賀派と表記します



 自民党古賀派と谷垣派が合流し、古賀誠選対委員長が会長に就任しました。このため、毎日新聞は今後、古賀派と表記します。







蛇足


どっちに転んでも、日本の不幸だ・。


国債は実質、民間金融機関が持っているわけだが・元をたどれば日銀紙幣発行へと行くわけである・。公共と個人の借金で日銀から紙幣が回ってくるが・。利子分(末端の利子)だけ、破綻を生じる。いつまでも公的資金という借金は無くならない。財政健全などできる訳がない・。日銀が国債・地方債を買い取って塩漬けにするのが一番である・。税の負担も解消する。

国際金融資本家

詐欺
的な手口で世界を支配する国際金融資
本を告発しています!


これもとっても重要な動画です。


前回ご案内した『Money As Debt』
と合わせて観れば、なぜ反ロスチャイルド
なのかがご理解いただけると思います。


是非ご覧になってください。Monopoly Men


http://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288&hl=en
目目叫び





そしてこちらも、ご紹介の程よろしくお願い致します。


 


【Part3】世界を支配する国際金融資本 


http://video.google.com/videoplay?docid=3110632096599506988
目叫び目










Monopoly Men


この国の成長 我々の全ての活動は一握りの男たちの手に握られている。

死が近づいた頃 ウィルソンは「騙されてFRB法案に署名した」と言い、

今際の際には「私はうっかりしてこの国を滅亡させてしまった」と言ったそうだ

盗みを働くためにできた組織はその後 合法化されたとしても犯罪組織以外の何ものでもない事態は今そういう所にあるのです。FRB誕生は米国が国際金融資本家たちに乗っ取られたことを意味するのか?もちろんFRBは誰かの目的のためにあるか?誰の?米国内の銀行家たちではなく 国際金融資本家だ。モルガン一族は英国で富を築きロンドンのロスチャイルド家と縁組みをして今は各国に広がっている。FRB草案を部下に書かせたのも彼らだ。世界有数の大金持ち ロスチャイルド家は

19
世紀初めにはヨーロッパ中で最も重要な銀行家となり、19世紀終わりには世界中の富の半分を支配していたとされる。伝記作家デレク・ウィルソンによるとロスチャイルドを批判する人の心配ももっともで彼らはどの金融帝国よりも圧倒的に強大で政府を裏から操ることができるそうだ。「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ、そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い」という。

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの言葉通りになるように経済力と政治力が協力し合っている

ロスチャイルド家がFRBを支配していると言ってもFRBは通貨供給量を支配はしていない影響を与えるだけだ。それはつまり あなたの頭にピストルを突き付けた強盗にあなたがお金を渡すように影響を与えているだけと言っているようなものだ。もちろん命が惜しいので あなたはお金を渡すだろう。でも 渡したお金は もうなくなっているのだ。ここ3040年 金融界の国際化に伴いFRBの活動も国際化した国内の活動だけでは米国の通貨供給量を調節できない。FRBは世の中に起こる全てのことの心臓部を握っているお金は全てに関与するからだ。そして全ての人々が欲しがる唯一のものだからだ。私的な組織にお金の創造の独占権を与えてしまったらその組織に全ての支配を委ねることになるのだ。お金があれば どんな法律でもつくれる。誰が大統領でも 誰が上院議員でも 同じことだ。もう一枚小切手を切れば 別の議員を買収できるのだから。このFRBを所有するのは誰なのか?ロンドンが全てを仕組んだ。それは主にロンドンにある英国の中央銀行公認の五つの投資銀行だ。

最近は米国の政治的な取り巻きと思われがちな英国だが、実は裏から糸を操っているのだ。重要なのは誰がFRBを所有するかではなく。誰が支配しているかだ。政府は銀行に独占権を与えた。司法省は銀行の合併について何も手を打たない。独占は政府の援助なしには成り立たない。そして彼らは銀行の独占に多大な援助をしてきた。FRBに対する最も大きな批判は 20世紀最大の悲劇、第一次大戦 第二次大戦 そして世界大恐慌を引き起こしたことに対してであろう。

戦争はとても儲かる。実に戦争は国際金融業者にとって一番に儲かる仕事だ。彼らはこの三百年以上の間に北米や欧州で戦いの敵・味方 両方を支援してきた。1895年から 彼らは欧州で戦争をしたがっていた。しかし 欧州の中央銀行は破産していたので、戦費を捻出できなかった。無傷で お金を持っていたのが米国である。そのお金を得るためには米国に中央銀行を設立しなければならなかった。

米国経済に安定をもたらすという謳い文句で通過したFRB法案だったが、そのほんの十数年後に世界最大の恐慌が起こった。1929の大暴落までの16ヵ月間FRB通貨量を62%増やした。当時の人々は何をしていたか?今日と同じように 人々は借金をしてまでも投資した。良い時は終わらないと思っていた。恐慌の時 彼らは通貨量を激減させた。その結果 株式 債券 家 預金口座など担保に入れた物を全て失った。一方に銃を売り もう一方に金を貸す、これは戦争における彼らの常套手段だ。ジェイコブ・シフ マックス・ウォーバーグ、J.P.モルガンなどは儲けが少なくなってくると、どうすれば再び利益を出せるか心得ていた。驚くなかれ 彼らは 何十憶ドルもの支援をトロツキーやレーニンに送り ロシア革命を始めさせたのだ。革命のためロシアが第一次大戦から抜けて

米国が参戦し 終戦は少なくとも二年は延びた。泥沼化した二年間に 武器の売買と戦費の貸付けが行われその利息が何年も彼らの懐に流れ込んだ。間違いなく戦争は儲かる商売だ。第一次大戦の後 ジェラルド・ナイ上院議員が公聴会に大銀行家や大資本家を引きずり出して彼らが戦争で得た利益を調査したのは有名な話だ。戦争が儲かると言わないのは 嘘つきか愚か者か どちらかだ。彼らは米国を第一次大戦に参戦させるのに成功した。実に戦争は わざと二年以上も引き延ばされたのだ。彼らはそれを計画的に 故意に自分たちの銀行の利益を得るためにおこなった。多くの人が 今世紀に起きた全ての戦争は実質的には ビルダーバーグ・クラブや三極委員会など少数の財界グループに利益をもたらすために起こされたと考えている。たとえばコソボ紛争でNATOの爆撃を受けたミロシェビッチに軍事的な支援をしてきたのは誰か?ソビエトだ。そして ソビエトは欧米の銀行から支援を受けてきた。このように銀行家たちは大きな紛争の双方に融資をしてきた。戦争は儲かる。





蛇足


私的に乗っ取られている中央銀行制度はこの国にもある。1888年にヨーロッパ貴族(ろすちゃ)に出資してもらってできた日本銀行である。50%を現在、国が持ち続けていると言われるが、嘘くさい(国が持っていても行使できないなら同じ)・ほぼ独占されているだろう。日銀の廃止は政治と官僚に阻まれて無理だろう・・。

再掲:この国で人と伴に生きる。

2006-02-10 00:58:32

政治は人と伴(共)に生きる知恵を捨てたのか?


テーマ:波乱と平静


蛇足

今の時代、「人を蹴落とす能力」に「人と共に生きる知恵」は勝てるか?。

グローバリズムと言う日本語を作って、貧乏人と金持ちの差を確定する動きを見逃してはいない。リストラに打ち勝てとラッパを吹く者も怪しいものだ。今までの官製ビジネスの失敗を反故にする構造改革マガイも同一。この国のシステムとお隣の差はあまり無い。着実に3分類されつつあるこの国に未来はあるのか?。小さな政府とグローバルな資本主義の矛盾は誰が説明するのか?。西洋の請売りは自己矛盾でしかない。専門性を問うならば、もっと身近に専門性を普及する装置の役割が必要だ。しかし、根底に人と共に生きる社会の構築が無ければ、ただの私利私欲である。官僚機構という私利私欲をグローバリストのハゲタカ外資に潰して貰うしか方法は無いのか?。民営化という私有化で、この国は救われるのだろうか?。







暗ければ灯火を輝かそう・。

テーマ:波乱と平静

中村さんは九州大学医学部卒業後、1984年からパキスタン北西辺境州の州都ペシャワールに赴任した医者で、癩病のコントロール計画を柱にしたアフガン難民の診療に17年間携わってきた。そして、「国外に難民を出さぬ活動」を目指し、アフガニスタンの首都カブールで診療活動を行ってきた。

 この中村医師の活動を支援することを目的として結成された『ペシャワール会』のホームページ
に、中村医師が毎日新聞に寄せた一文が掲載されている。そのなかに次ぎのような一節があるので抜粋する。


「…いまさら『構造的経済危機』を嘆かずとも、カネ社会全体が貨幣経済の終着する世界規模の巨大なバブルなのであって、崩壊する日が来るだろう。だが、それが何だ、と言いたい。貧しくても人間の品性までが堕ちるとは限らない。破局は恐れるに足りない。未来の処方箋を描くことはできない。ただ、どんな極限状態に置かれても、人間が人間である限り失われないもの、いたわりと相互扶助の感覚、侵してはならぬ共通の聖域は、確かに存在する。不条理は世の初めからあった。だが、これを見つめて対峙する人々もまた、時と所を超えて存在した。それが人々の狂気を鎮め、慰めと勇気を与え続けてきた。私たちもまた、暗ければこそ灯火を輝かせ、蔓延する不安や狂気と対決しようとしている。…」


 「カネ社会全体が崩壊する日」は来る。来て当たり前だ。だが、「それが何だ。貧しくても人間の品性までが堕ちるとは限らない。破局は恐れるに足りない」と、言い切れるところが見事だ。


 物質文明にドップリと漬かった自らの"浅ましさ"に思いを至すことのない無様な日本人には、錯覚と幻想によって膨張を加えた「失うもの」の大きさに怯えている自らの姿を決して直視することはできない。


 もう一人、見事な日本人がいる。この人は、1986年にローマ法王をバチカンに訪ね、法王さま、ご立派な法衣を着て祈っているだけで世界は救えません。あなたも作業着を着て沙漠に立ってください。そうしなければ人は救えませと、並み居る人々の前で淡々と法王を説教した人として、知る人ぞ知る人である。


 遠山柾雄博士の岳父で、ゴビのクブチ沙漠で10数年間にわたって植林活動を行った遠山正瑛・鳥取大学名誉教授(97歳)である。2004年2月25日、肺炎で死去。享年97歳。「遠山教授の精神は人々に感動を与え、人々から尊敬を勝ち取った」と、人民日報は最大の賛辞を贈っている.。


蛇足


貧しい人、障害や病の人、絶望と挫折の日々を送っている人たちに手を差し伸べる。そんな当り前の社会を早く到来させよう・。支配者からの卒業を・。












蛇足


2年前と少しも変わらない世の中・・宗教法人の母体の政党ににして福祉や医療より道路優先とは恐れ入る。財務大臣は福祉・医療の切り捨てにご熱心である。自民にして幹事長の増税と負担の正当化に余念がない・。根本を改革する勇気も見通しも持ち得ない・。官僚主導と言われる仕組みから脱する事ができない・合わせ鏡だからしょうがない。支配機構は官僚組織に網を被せているのだから・無理か?。






マスコミ受けは何を洗脳するのか?

<夜スペ>成績問わず3年生希望者全員に 杉並・和田中


5月11日22時8分配信 毎日新聞







 進学塾講師による成績上位者を対象とした夜間と土曜日の補習「夜スペシャル」(夜スペ)を1月に始めた東京都杉並区立和田中学校(代田昭久校長)が今月下旬から、成績にかかわらず3年生の希望者全員に受講の機会を与えることにした。新たに家庭教師派遣業大手のトライグループ(千代田区)と提携し、進学塾のペースに合わない生徒に対応する。



 代田校長によると、4月に3年生の生徒・保護者と面談した際、「夜スペを受講したい」との声が未受講の生徒から多くあった。このため、希望した生徒24人に学力テストを実施したところ、習熟レベルに開きがあったため、個別指導が必要なケースがあると判断しトライ側と話を進めてきた。



 新たに受講する24人は2カ月間、進学塾「サピックス」(中央区)の講師による現在の夜スペを体験する。その後、「合わない」と感じた生徒はトライによる個別指導に近い形態の補習を受ける。



 これまでの夜スペ同様、授業は月、水、金曜の夜と土曜の午前で、授業料は企業側の協力で個人で受講する場合の半額程度となる。



 これまで成績上位者以外の補習は、土曜日に地域住民らのボランティアが受け持っていたが、3年生になると物足りなく感じる生徒も出ていたという。



 代田校長は「もっと勉強をしたいという多様な子供たち全員にチャンスを与えたい」と話している。【真野森作】




蛇足

前任者の藤原和博氏に引きずられて、マスコミ受けするネタで、教育の改革などと言うのであろうが・。リクルートなどのビジネスで大いに変更させられた進学・就職などの恐怖ビジネスで何を今度は洗脳しようとしておるのか?日教組やNHKや朝日新聞が絶賛するほど怪しいモノはない・。何かにお茶を濁さず、丁寧に授業する先生こそ必要だ・。マスコミ受けや金儲けや目立つ事に精力を使うんじゃねぇ・・。


ピークオイルと環境問題は出来レース。

Exxon Plays Greenpeace


... Like a Fine Violin




Greenpeace is convincing the world that global warming scepticism is a mouthpiece for ExxonMobil.(1) Superficially this seems plausible, but it does not stand up to scrutiny under closer inspection. Greenpeace has a website called www.exxonsecrets.org
which lists all the global warming-sceptic organizations which Exxon has connections with or has directly funded. Absent from the list is The Oregon Institute of Science and Medicine, which in 1998 obtained 17,000 signatures to a petition claiming that the global warming hypothesis was not based on sound science.(2) Over half of the signatories were scientists with relevant qualifications in the fields of physics, geophysics, climate science, meteorology etc.(3) The Science and Environmental Policy Project initiated a much smaller petition in 1997. According to Greenpeace, it received two grants from Exxon, $10,000 in 1998 and $10,000 in 2000. (4) So, in the last six years, Exxon's funding for organizations conducting surveys on scientific opinion on global warming has averaged $3333 per year. Exxon is clearly the hidden hand behind global warming-scepticism says Greenpeace.

Were Exxon serious about funding scientific studies debunking global warming, or about canvassing scientific opinion, they would perhaps provide a little more investment. It would be easy for Exxon to counter the argument that the Oregon petition lacks credibility because it is run from"a tin shed", by moving the Institute into a New York skyscraper and have them produce glossy brochures. It has not done so.

Token five figure grants from Exxon to some of the 100 plus global warming-sceptic groups does not constitute a credible opposition. Most of these organizations are not household names. Their pronouncements on global warming do not affect the balance of public opinion because their voices are crowded out by the hugely influential environmental organizations like Greenpeace. Total funding for the environmental movement in the U.S. is estimated at $4 billion annually. Exxon's objective is to smear global warming scepticism by throwing it a few crumbs and declaring itself an ally. Who would trust a petition or movement supported by an oil company? And so it's guilt by association, trumpeted by Greenpeace and others which enters public consciousness. The science presented by the Oregon Institute receives little media attention.

Even Greenpeace's factsheets cannot disguise which side Exxon is really on. Their factsheet on Stanford University reads :




On November 20, 2002 Exxon Mobil announced it would give $100 million to a groundbreaking Stanford University project dedicated to researching new options for commercially viable, technological systems for energy supply and use which have the capability to substantially reduce greenhouse emissions." Other corporate sponsors to The Global Climate and Energy Project included General Electric and Schlumberger.....The project is not intended to further explore climate science, instead focusing on development of new energy technology and carbon sequestration technology(5)




The same ruse was used in 1913 to get Congress and the public behind the plan for the Federal Reserve System. Unknown to the public, the Federal Reserve Act was drawn up in secret by Wall Street in 1910. Rockefeller and friends knew that there was great public mistrust of Wall Street 's involvement with the Glass-Owen Bill placed before Congress. The only way to swing public opinion in favour of the Bill was for Wall Street to come out in the press vehemently against it. And so anti-establishment feeling helped to win the day for Wall Street.(6). This is a warning from history that Rockefellers deny with their lips what they are doing with their hands.

So what are they doing with their hands, or more importantly with their wallets? Besides the Stanford University example, under the umbrella of Rockefeller Family Fund 136 foundations formed the Environmental Grant makers Association (EGA) in 1987 which has grown to over 200 by the end of the twentieth century. It donates hundreds of millions of dollars annually to environmental groups. In a dazzling display of raw power, foundations with interlocking directorates funded the Nature Conservancy in 1996 to the tune of $203,886,056, or 60 percent of its annual revenue. The Earth Charter, written by Stephen Rockefeller is the Ten Commandments for the Green Religion. It was a development of an earlier Rockefeller initiative, the 1972 Rockefeller Brothers Fund report entitled Use of Land: A Citizen's Policy Guide to Urban Growth. This was a bench-mark publication on subjecting property rights to government censure.(7)

The truth is that the big oil companies are controlled by the same people who finance the environmental movement through tax exempt foundations. Their objective is to monopolize the world's fossil fuel reserves and turn the tap off. They want to charge you £1 a mile to drive your car, whilst they traverse the globe in private jets and helicopters. With their vast holdings in banks, pharmaceuticals and media companies, the Rockefellers are not going to have one less creature comfort or any less political power if their oil company is worth $100 billion rather than $200 billion. Exxon may even grow in size if oil prices increase exponentially whilst consumption falls. Either way, the Money Trust will massively increase their power over the rest of us by reducing our standard of living.(8)

Greenpeace has swallowed Exxon's bait hook, line and sinker. And thanks to Greenpeace, the public have swallowed global warming whole.





Michael Nield




September 2004





エクソンはグリーンピースと出来試合をします。



素晴らしいバイオリンのように

グリーンピースは、地球温暖化懐疑がExxonMobilのための口実であることを世界に納得させています。 (1) 表面上、これはもっともらしいようであるけれども、それはより近い調査の下で精査に耐えれません。グリーンピースは、エクソンが接触しているか、直接出資したすべてのグローバルな温暖化懐疑家組織をリストするwww.exxonsecrets.org
と呼んでいます。科学と医学のオレゴン研究所はリストに欠けています(地球温暖化仮説が隠健な科学に基づかなかったと主張している請願で1998年に17,000名の署名を得ました)。

(2) 署名人の半分以上は物理学、地球物理学、気候科学、気象学などの分野で関連した資格を持つ科学者でした。

(3) 科学と環境方針プロジェクトは1997年にずっと小さな請願を開始しました。

グリーンピースによると、科学と環境方針プロジェクトはエクソンから1998年の10,000ドル、および2000年の10,000ドルから2つの補助金を受け取りました。

(4) 従って、最近の6年で、地球温暖化についての科学の意見上で調査を実施している組織のためのエクソンの出資は年あたり平均3333ドルになりました。エクソンははっきりと、グローバルな温暖化懐疑の後ろの隠れた手がグリーンピースだと言うことです。 エクソンが、地球温暖化を暴露している科学の研究に出資することについてまたは科学の意見を聞いて回ることについて真面目であったならば、それらはたぶんもう少し投資を提供するでしょう。 エクソンがオレゴン嘆願書が信憑性が不足するという議論に反論することは簡単です。 ニューヨーク超高層ビルへ研究所を移動させることにより「流された錫」のように発信し、 そして、彼らに光沢紙のパンフレットを出版させる。それは、そうしませんでした。 5つの数値がエクソンから100以上のグローバル温暖化懐疑家グループのいくつかへの与えるトークンは信用できる反対を構成していません。

これらの組織のほとんどは有名人ではありません。

それらの声がグリーンピースのような大いに影響力のある環境組織によって押し出されるので、地球温暖化におけるそれらの宣言は世論のバランスに影響しません。

米国での環境運動のための合計出資は毎年40億ドルと見積もられています。

エクソンの目的は、少しのクラムをそれに投げて、自身を同盟と宣言することによって地球温暖化懐疑を汚すことです。誰が石油会社によってサポートされた請願または動きを信頼するでしょうか?そして、そう、グリーンピースと大衆の頭に浮かぶように吹聴され事は協会による有罪です。オレゴン研究所によって示された科学はほとんどメディアの注目を受けません。 グリーンピースでさえ、データ表はできない。偽装、それでエクソン側に実際につきました。スタンフォード大学のデータ表は次のものを読みます:「2002年11月20日に、エクソンモービルは、それが、1億ドルを、大幅に温室排出ガスを減らす機能を持っているエネルギー供給と使用のために商業的に実行可能で、技術的なシステムのために新しいオプションを研究することに専念したスタンフォード大学プロジェクトの起工に与えるであろうということを発表しました」。

地球気候とエネルギープロジェクトへの他企業のスポンサーはゼネラル・エレクトリックを含み、シュルンベルジェ…..プロジェクトは代替新エネルギー技術と炭素隔離テクノロジーの開発に集中して、さらに気候科学を探究することを意図していません。

(5)

同じ策略は、議会と連邦準備制度の計画の後方で一般大衆を得るために1913年に使われました。一般大衆に知られず、連邦準備法は1910年にウォール街によって秘密に作成されました。ロックフェラーと友人は、ガラスオーウェン法案を議会に提出する状況でウォール街関与の偉大な公的な疑惑があると知っていました。法案に有利に世論を揺り動かす唯一の方法は、ウォール街がそれに対して熱烈にマスコミの中で出ることでした。

そして、反体制感覚は、ウォール街のために栄光を勝ち取ることに役立っていました。 (6).

これは、ロックフェラーが、自身の手によってしていることを自身の口びるによって否定するという歴史からの警告です。従って、彼らはそれらの手をまたはさらに重要なこととして自信の財布をどうしていますか?スタンフォード大学の例のほかに、ロックフェラー・ファミリー・ファンドの保護の下で、20世紀の終わりまでに、1987から200以上に、また136の財団が環境グラントメーカー協会(EGA)を組織しました。数億ドルを毎年環境保護団体に寄贈します。現実のパワーの目もくらむばかりの表示の中で、役員兼務を持つ基金は203,886,056ドルで、その歳入の60パーセントを1996年に自然管理委員会に出資しました。スティーブンによって、ロックフェラーがグリーン宗教のために十戒であることを手紙で知らせられた地球憲章。ロックフェラーイニシアチブ(土地の使用という表題を付けられた1972年のロックフェラー兄弟資金リポート)の開発でした:

都市成長への市民の方針ガイド。これは、財産権を政府非難に服従させることにおけるベンチ・マーク出版物でした。

(7)

真実は、大きな石油会社が、非課税の財団を通して環境運動に資金提供するのと同じ人々によってコントロールされることです。それらの目的は、世界の化石燃料準備を独占し、栓を消すことです。彼らは、あなたの車を運転するために1マイルあたり£1をあなたに請求したいと思っている一方、彼らは私有ジェット機とヘリコプターに乗って地球を横切っています。銀行、製薬、およびメディアの中のそれらの広大な所有財産によって、ロックフェラーは、それらの石油会社が1000億ドルより2000億ドルに値している利益を享受して、より大きな権力を持とうとしている。

消費量が低下する間に原油価格が指数的に増大するならば、エクソンは規模を拡大成長するかもしれない。どちらにしても、金銭信託は、私達の生活水準を減らすことによって数少ないエリートにパワーを非常に増大させるでしょう。

(8)

グリーンピースはすっかりエクソンの餌を飲み込みました。

そして、グリーンピースのおかげで、一般大衆は地球温暖化全体をうのみにしました。


マイケル 二ールド  2004年 9月










お馬鹿な人類

若干蛇足的俯瞰


我々は、文明を立ち上げ進歩してきたと言われる・。他の動物よりは幾何かの進歩をしてこの地球に増え続けている。がしかし、我々の頭、脳は素晴らしい技術を生み出し、発展しているように思われるけれども、実はたかがしれている容量と記憶と知識しかないのではないか?  どうしてこのように進歩できたのか? これも幻にすぎない大馬鹿ではないのか? 如何に我々、人間種が増え続けるとしても一個人は小さい存在である・。そのヒントは分散、分業、分類という少ない容量を複雑に絡ませる事により発展してきたように思える。


現在、大企業においても合併や連携などと規模の拡大を優先している。その衝動は利益を得る事とリーダーシップを取ることであろうが・。これは人類の進歩としては間違いではないだろうか? 人間の視力や知力などのインプットはあまりにお粗末である・。にもかかわらず、規模を追求する姿勢は一体なんであろう?まもなく崩壊する兆しなのか?生物としての集団自殺なのだろうか?優秀な人間などたかがしれていると言うことだ・。人間は頭の悪さを複雑に絡む人間関係により新しいモノを生んできた・。知識より知恵を求めるとはそういう事ではないか?インターネットの情報過多は別にゴミではないであろう。それは新しいモノへの素材かもしれない・・。取捨選択は容量の小さいお馬鹿な人間には難しいであろうけど・。





世界最低の国、日本【アリ@freetibetさんの日記】・・帰り道、僕らは泣いた。


この後TBSの取材が来た。

チベットサポーターの1人が、

「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。

アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」

と吐き捨てて消えた。


街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。

そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。


交差点で中国人と僕らが入り乱れた。

突然Mちゃんが顔面を殴られた。

僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。

「こいつ殴ったぞ!!」

警察は何もしなかった。


ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。

警察と目が合った。

警察は何もしなかった。


ババアが僕の顔面を殴ってきた。

周りのチベットーサポーターが、

「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」

と言ったのに、

警察は何もしなかった。


これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。

でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。


Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、

中国人が叩き落とした。

拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。

「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。

2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。


街中いたるところで抗議合戦。

救急車が来たり大騒ぎ。

僕らはひたすら抗議活動をした。

(動画あり)


雨が降ってきた。

それでも誰も抗議を辞めなかった。

中国人がかたまってる交差点を、

Tさんと旗を振りながら渡った。

沿道の中国人は蹴りを入れてくる。

とても沿道に入れず、車道を歩いていた。

警察が来て言った。

「早く沿道に入りなさい!!」

は?今入ったらボコられるじゃん。

なんで日本人の安全を守ってくれないの?

「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。

警察は「ご協力お願いします」と言った。


雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。

何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。

警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。

嘘だった。

ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。

聖火なんか、どこにもなかった。

目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。

こんな場所じゃ、声すら届かない。

数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。

国境無き記者団もこちら側に来させられていた。

代表がマスコミのインタビューに答えていた。

(裏から撮影した動画あり)


聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、

土砂降りの中僕らは叫び続けた。

この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。

MちゃんもF君も泣いていた。

こんなのってあんまりだ。

せめて伝えて欲しいだけなのに。

この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。


チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。

涙が止まらなかった。

内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。

涙がとまらなかった。


伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。

悔しい。悔しい。


日本は最低な国だ。

平和だ、人権だと騒ぐ割には、

中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。

警察を使って。


帰りに携帯でニュースを見た。

「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」

「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」


僕は愕然とした。

この国のマスコミは終わったと感じた。


あの怒号は、

僕らが受けた痛みは、

彼らの悲痛な叫びは、

どこに反映されたのだろう。


警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、

そこをマスコミは撮影し、

中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。

これが日本のやることか?

ここは本当に日本なのか?

中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?


この国は最低な国です。

チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、

僕は彼らに謝りたかった。

初めて日本人であることを恥じた。


帰り道、僕らは泣いた。


これが真実です。

僕は日本政府は中国以下だと思った。

弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。


4/26日長野。

そこには言論の自由はなかった。

歩行の自由すらなかった。

中国人を除いて。


追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。

報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。

動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。

マスコミの嘘つき。大嫌い。

FREE TIBET!!





蛇足


昔は日本人に足蹴にされてた中国人民が懐かしいのか?(ほぼどこにも居ませんが・・)。現在でも贖罪に悩まされるようにしている売国政治家及びマスコミなどのアフォを見るにつけ、つける薬が見あたらない・。弱いのは日本人民だし、祖国を奪われた少数民族(どこ何処ぞの、どさくさ紛れに出稼ぎにきた者たちではない)なのだ・。人類の馬鹿さ加減には嘘や虚言が蔓延り、本当の事が隠される・。ある種洗脳技術なのであろう・これを駆使する国はゴメンである。・。

Life After the Oil Crash  その3

石油文明後の人生




"Are We 'Running Out'? I Thought


There Was 40 Years of the Stuff Left"

我々は『尽きていますか』?私は考えました

残ったもの40年分が、ありました」













どの大手の金融サービス会社またはメディアアウトレットも長い間騒々しくどのような声も「ピークオイル!」と宣言するのを許容しないでしょう。

その甲高い声のそばで他の投資または広告をマーケティングすることがかなり難しいであろうから、「経済は運命づけられます!」。

主要な主流メディアアウトレットのほとんどが全体においてまたはいくぶん大きなエネルギー複合企業または不動産投資者によって所有されていると指摘して、それが値している。

いくつかの例は以下を含みます:

NBC、CNBC、およびMSNBCはゼネラル・エレクトリックによって所有されています。

CBSはウェスティングハウスによって所有されています。

フォックスニュースはサウジアラビア持株会社によっていくぶん所有されています。

L.A.timeは億万長者不動産権力者サム・ツェルによって所有されています。

ウォールストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、またはワシントン・ポストのどのような問題の中の広告のほとんどでも大きな自動車、大きな郊外の家、または高価な[任意]消費財のためです。

一般大衆のどのような重要な部分でも万一、手近な危機のマグニチュードを理解するようになるならば、これらの会社と個人の金銭的利益は厳しく影響を与えられるでしょう。

気づいているジャーナリストのhandfullは、パニックを引き起こし、および/または彼らの仕事を失わずに「公開される」ことができません:

状況の重大さが一般に認められていたら、パニックは、市場で広がり、生産が実際ピークに達しなくてもカードの家全体を倒すでしょう。

この理由により、主流メディアは、主として平均的な人のために恐ろしい結果を糊塗せずにこの問題を議論することができません。

彼らが真実を話したならば、人々はうろたえるであろうし、市場は壊れるでしょう。

市場アナリスト スティーブンLaguvulinは説明します:

オイル市場自身で万一、‘これらのドットを接続します’に始まるならば、生涯は、激しく、直ちに影響を与えられようとしています。

そんなわけで、あなたは決して「ピークオイル」が尊重されたメディアアウトレットによってカバーされるのを見ないでしょう。

そして、実際的には、状況が私達の上にあることが認められているとすぐに、visciousな「資源つかみ」は開始されるでしょう。

市場のオイルの価格は、劇的に上がりはじめるでしょう。

これは大きなエンドユーザー、政府、および多国籍企業の中で丸いヘッジする/hordingするメンタリティを開始するでしょう。

これはその時無数の破壊的な効果があるであろうけれども、ジョーConsumerが、気づこうとしているすべての平均は、ポンプの価格が上方に短く、ドラマチックな影像を経験するであろうし、ガス管線がコーナーステーションで少しの間形を成すであろうし、それから突然、コーナーガソリンスタンドが善のために乾燥するであろうということです。

優位が暖房用の油、重大な政府、および商業的利用、公共交通網、食物の輸送、および商品などに認められる時に、ガソリンは単に個々のドライバーに利用可能にならないでしょう。どんなに、状況はその後展開しますのか(あなたが、ちょうど、できる限りうまく想像することができます)。

.

このシナリオが過剰にドラマチックに聞こえるならば、私が話しているものが、多くのアナリストがすでにわかってきたものの判りはじめる認識であることを心に留めます:

「オイルグラブ」が実のところすでにオンです。

●自動車と航空産業は、真実またはすべての大規模な緩和がプログラムすると認めることによって破壊されるでしょう:

私達が、少なく運転するか、より少ない消費財を買うなど、これを扱うために思う必要がある処置のほとんどは厳しくアメリカ経済の大きなセクタを傷つけるでしょう。

例えば、人々が少なく運転していて、従って彼らの車の寿命を増大させているであろう時に、攻撃的な燃料保存プログラムは新しい車への需要を下げるでしょう。

あなたが、おおよそ、米国での10の仕事のうち1が新しい自動車の製造に直接または間接的に依存していることに気がつくまで、これは完全に妥当で、常識の緩和計画のように聞こえています。

自動車産業の中の互いの仕事は他の産業の中で2人~9人の雇用を創出します。

既の自動車の巨人GMを持つおよびフォード 窮地に陥り 、保存のどのような攻撃的なプログラムでもそんなに鈍感にします それらが、破産に、送られるらせん状に動かしを送られるという新しい車への要求 。

これは国内経済に破壊的な影響を及ぼすであろうし、たぶん、その経済が崩壊した1920年代に、ドイツに起こったことと違わない政治的なムーブメントを過激論者の上昇に導くでしょう。

同様な問題は航空産業となると存在しています。

国際航空輸送協会によると、飛行は、間接的に、経済活動の中で1兆3000億ドルのドルを生成する4000億ドルのドルの産業です。

全部のソース、それはグローバルなGDPの9%を占めています。

積極的に飛行機旅行を減らすために、何でも計画することは、自動車旅行を減らす攻撃的な計画によって引き起こされるであろう同じ種類の思いがけない結果を生み出しそうです:

大規模な社会不安が後に続くひどい経済的混乱。

詳細について見ます:

ウォールストリート・ジャーナルは、LATOCの2ページに行くために言葉「ピークオイル」オイル、鉄三角形、およびEnron効果ここをクリックを発する勇気がないでしょう。

2ページにカバーされたトピックは以下を含みます:

イラク、イラン、シリア、およびベネズエラ、徴兵、解決法、および準備する方法で、代替エネルギー、ソーラー風、地熱、波、水素、核、石炭、エタノール、バイオディーゼル、熱の解重合、太陽ナノテクノロジー、スペースベースの太陽電池、ハイブリッド車、保存、およびエネルギー効率、Jevonの逆説は戦争します。

. . .

米国国防総省は、すでに、どれくらいあなたが食物または水をなしですますことができるかまたはどのようにあなたがテレビ放送された宣伝に反応するであろうかを見るために交替の現実においてあなたのコピーを作成しているかもしれません。

感覚がある世界シミュレーション(SWS)と呼ばれて、プログラムは金融機関、ユーティリティ、メディアアウトレット、および通り角の店を複製します。

経済学と人の心理学の理論を適用することによって、その開発者は、彼らが、どのように個人と群集が様々なストレッサに反応するであろうかを予測することができると信じます。

国の給水をぐいと引っ張ります。軍事クーデターを上演します。

SWSは、何が次に起こるかをあなたに言うでしょう。

母国セキュリティは、米国本土の上の危機をシミュレーションするためにすでにSWSを使っています。

国防総省は、また、危機が打ったら、軍事部門、および/または私的な契約者が大規模な国内の再生可能エネルギー設備をつかむであろう「エネルギー島化」戦略を開発しました。

ジャーナリスト マイク・ケインは説明します:

米国国防総省は、それらの国内の設備が緊急事態に対処し、不足に燃料を供給するように「島化戦略」を実施するためにユーティリティと一緒に作動することを計画します。

これを、軍隊があり、あなたがない「エネルギー島」とみなしています。

大きな風と太陽の農場がオンラインで来る時に、それらは国防総省のマップに置かれて、そのエネルギーが結局それらの設備または工業生産者の1つのためのneedeである時に、それらは巨大な私的なエネルギー会社とよく統合された同盟を通して単にそれを取るでしょう。

イギリス政府は、同様な準備をしているようです。

2007年4月にプレスに漏らされた軍隊のリポートによると、イギリス政府は、資源不足の結合されたプレッシャーの下の経済崩壊と気候変動として中流の市民「フラッシュ群集」をコントロールすることを準備しています:

詳細について見ます:

エネルギーファシズムは、国防総省が、気候変化が、グローバルな無秩序状態 米国都市を、準備している「見る作戦地帯」NORTHCOMに変える国防総省計画 を生み出すことができたと言う地球のすべての人をほとんどもたらすところです

大規模な国内の軍事行動のために、英国の燃料暴動は、壊滅的な電力不足「どう石油産業はこれに反応していますか?」に直面しているアメリカの未来NSAの身も凍るプレビューを提供します。


あなたが、オイルの未来について真実を知りたいならば、単に、石油産業の行動を見ます。

マサチューセッツ工科大学のテクノロジーレビューの中の最近の記事が示すように:

脳に植えつけられた情報チップ。電磁波武器。

革命的な[回転中]「flashmobs」になっている中流階級。

犯罪のギャングまたはテロリストグループによって急速に駆り集められたグループ。

これは国防省によって考察された30年以内の世界です。

あなた(石油会社が、「人工的な不足」を作成し、人工的で従って価格を上げるために自身で共謀している容疑者)が自身に以下の質問をするならば:

#1に質問します。

石油会社の行動は、価格をつり上げて、石油ゲームを続けさせるために互いで共謀しているいい競争相手の行動ですか?

または

#2に質問します。

石油会社の行動は、彼らの収入源が急速に漸減していることに十分に気づいて、現在、「立っている最後の人」のゲームにおける互いを餌食にしているライバルの企業の命知らずの凶漢の行動ですか?

石油産業インサイダーからの最近のディスクロージャーが、独立な業界アナリストが現在、大きな石油会社が、ピークオイルが私達の戸口にあると信じると断定している間、私達が実に、「ピークに達することのひどい近く」であることを示す時に、あなたは、あまり考える必要がありません。

原子科学者の公報が最近観察した時に、ExxonMobilさえ現在、「静かなピークオイルアラームを鳴らします」です。

「エネルギーの見通し」という表題を付けられたそれらの2005年のリポートの中で、ExxonMobilは、需要増がより大きな燃料効率を通して最初に満たされていることを提案します。

ExxonMobil--世界で最も大きな石油会社の1つ--が現在高い燃料効率を推奨しているという事実は、危機がこの時点でどれほど差し迫っているかをあなたに示すべきです。

等しく、シェブロンが今や、公然とこれらの問題に対処する驚くほど率直なキャンペーンを始めたという事実は驚くほどです。

キャンペーンが失敗する間、「ピークオイル」に言及するか、どんなに、大幅に薄められたオイルが供給するのを説明することは平均的な人に影響するであろうし、それは、オイルの最初の1兆バレルを通して燃えるのに125年かかったのに対して、次に兆を通して燃えるのに、30年かかるだけであろうと認めます。

詳細については見ます:

新値にもかかわらず、大手石油会社は重大な脅威をオイルを絞り出す生産費コストにおける上昇を荒廃させているピーク石油危機石油会社面が2001年以来ずっと80%増大していることを議論するために、大きな石油会社が秘密の会合を考えている石油供給の方に向けます。

「どのように私は、ピークオイルが、人工的な不足を作成するポンプで私達を彫るのを正当化するために使われている大手石油会社宣伝ではないと知っていますか?」

ピークオイルが「大手石油会社宣伝」(いくらかの主張としての)であるならば、なぜ検閲されたソノマ州立大学のプロジェクトはそれを2003年-2004年の最も検閲された話の1つと宣言しましたか?

きっと、「ピークオイルは大手石油会社宣伝です」ならば、大手石油会社は、数年前検閲されたプロジェクトのような融資不十分な出版物のページから、そして24/7のテレビニュースサイクルの中にそれを外す方法を見つけたでしょう。

同様に、「ピークオイルは、高価が当然のために食い意地が張った石油会社によって伝達された神話です」ならば、彼らが高いガソリン価格について議会の前で証言した時に、なぜ食い意地が張った石油会社CEOの誰かは高いガソリン価格のための部分的な根拠として「世界石油生産のピークに達します」を提供しませんでしたか?

それでも、「ピークオイル」は彼らに質問しているエグゼクティブまたは上院議員のどちらかによるヒアリングの間に決して言及されませんでした。

問題の明らかな重要性が与えられて、どのような妥当な人でも助けることができないだけではなく、「なぜ、地獄?」と尋ねるために。

答えは簡単です:

ピークオイルの真実の結果は、金融市場に失敗するか、明らかなまだ政治的に危険で、「愛国的に不正確な」問題をかわさずにそのような非常に公的なフォーラムで認められることができません:

「イラクの戦争は本当に世界の最後の残っている重要なサイズの石油層のための戦争ですか?」

この質問に対する答えは明らかであるべきであるけれども、そのような非常に公的なフォーラムで問題を切り出すことになっていた議会のどのようなメンバーでもたぶん政治的に、個人的に極端な結果を直視するでしょう。

最終的に、ピークオイルがまさに「大手石油会社」宣伝であったならば、自身に尋ねます:

#1) なぜエクソンモービルは、ピークOillのような物が全然ないのを人々に納得させるために数百万ドルを使っていますか?

(エクソンのanti-ピークオイル広告キャンペーンを見ます)#2)Whyは、MSNBCと否定ピークオイルの上に行っているそのCEO、レックスTillersonです?

#3) なぜシェルは同様にしていますか?

あなたが、どれほど公然と取引されて、オイルcomapniesが働くかを理解しているならば、これらの質問に対する答えは簡単です。

石油会社の株価値は、オイルの価格によってではなくその会社が準備においてどれくらいオイルを持つのを報告するかによって何よりもまず表されています。

会社は、その準備がピークに達しているか、誰がより豊富な準備を報告するかが、他の会社と関連しているその株価落下を見るのを思い切ってやってみると認めることができません。

従って、大きい石油会社は完了に動機づけられます-下-それらがいくらのオイルを予備に持っているかを報告します。

例えば、シェルは現在ひどく過剰にその準備を報告したことで5億ドルの罰金を科されています。

同様な注の上で、多くが、サウジアラビアが過剰にその準備を2000億バレルも報告したと信じる間、クウェートは、過剰にそれらの準備を500億バレルも報告したと信じられています。

「ピークオイルが、まさに人工的なscarityを促進する石油会社宣伝である」という主張が真実であったならば、これらの会社と国家は、ずっと過剰にそれらの準備を報告して代わりに過小報告であったでしょう。

彼らが、これとしての豊富さの大気が、買い続けるために一般大衆をつかまえることに、そして引き付けている投資者に貢献していると伝達したかったので、彼らは過剰に報告しました。

人々が真実を知っていたならば、彼らはたぶん彼らのオイルの消費を大幅に短縮しはじめるでしょう(それは減って価格をするでしょう)。

消費者は、まさに「同じ高齢同じ老人のより多く」のような、彼らが現行価格スパイクに気づいているのと同じくらい長い行動をとることがありそうになく、未来について自信があります。

「私達は石油を求めてより多くを探査することができませんか?」

グローバルな石油の発見は1962年にピークに達し、過去数年で事実上何にも傾いていませんでした。

私達が見つけるすべての樽のために、私達は現在6バレルのオイルを消費します。


シェブロンがその株を現行利率で買い戻し続けるならば、会社はおよそ2023年までにすべてのその株を清算しているでしょう。

エクソンモービルは毎年その株の約300億ドルを買い戻しています。

それが続いているならば、エクソンはおよそ2024年までにすべてのその株を買い戻しているでしょう。

2011年までにまたはそう、ロイヤルダッチシェル株式会社と米国の英国、フランスの全体SA、およびコノコフィリップスのBP株式会社を含むこれらの会社はもう、それらの生産を増大させることができないでしょう。

.

.

2014年までに、それらのアウトプットは長い低下を開始するであろうと、たいていアナリストとして50年の間産業に関係しているマクスウェルは言います。

「‘それらは清算にあるでしょう’」と彼は言います。


1977年のCIA文書は枯渇、抽出テクノロジー、パイプライン、ありそうな新しい発見のエリア、既存の準備の品質、およびグローバルなオイル市場の力学を含む石油株のクリアで、詳細な自覚を示します。

CIAは明らかにしばらくの間オイルを非常に慎重に調べていて、従ってグローバルなオイルピークの問題を理解しなければなりません。

1982におけるソース、国務省は、述べたそれ自身のリポートを発表しました:

. . .

世界石油生産は、究極の資源を2兆1000億バレルと見積もっている状態で1日あたり8000万-1億0500万バレルで1990年-2010年の間隔でピークに達するでしょう。

ソースのアルプスのエア貯蔵可能な食物はNitro-Pakから確保します:

ccc

マブンテンハウスは、Nitro-Pakから食物を凍結乾燥させました:

ccc

先に述べたように、スピーチにおいて、ハリバートン、ディック・チェイニーの静かなCEOが述べる、彼は1999年に与えました:

LATOC店を訪問します:

私の個人的なサボリ屋バッグは以下を含みます:

ccc

「私達は、‘尽きます’ですか?」

私は考えました。

「残された40年の物がありました」

すべての石油生産がベル曲線に続いているので、オイルはまさに「尽きない」でしょう。

私達が個々のフィールド、国についてまたは地球全体について話しているかどうかにかかわらず、これは真実です。

オイルはベル曲線の上り坂の上でますます豊富で、下り斜面の上でますます不十分で、高価です。

曲線のピークは、オイルの寄付が50パーセント枯渇しているポイントと一致します。

ピークが過ぎられたら、コストが、上がりはじめる間に、石油生産は、下がりはじめます。

実用的で、かなり簡略化しすぎられた期間で、これは、2005年がグローバルなピークオイルの年であったならば、2030年の世界的な石油生産が、それが1980年にそうであったのと同じになるであろうということを意味しています。

しかし、2030年の世界の人口は、ずっと多く(約倍)、それが1980年にそうであったよりずっと工業化されて(オイル依存に)なるでしょう。

その結果、オイルへの世界的な需要は重要なマージンによってオイルの世界的な生産を追い越すでしょう。

結果として、価格は急騰するであろうし、オイル依存の経済は砕けるであろうし、資源戦争は爆発するでしょう。

私達の飲食物の歴史の本:

ccc

マイクロ自然農法

裏庭の納屋の周囲の庭

変遷を大文字で書くために健全で、頑強な金融市場と結び付けられたオイルの入手可能な供給品なしで、無秩序でない順応化フェーズは原料としてありそうになく、そのような大規模な変遷に燃料を供給することに必要な投資資本は蒸発しているでしょう。

(注:オイルへの代案は2ページに徹底的に議論されます)

「銀行制度は増え続ける量の安いオイルに完全に依存していますか?」

はい。

オイルと天然ガスの供給とグローバルな金融制度の働きの間の関係は間違いなく、robostとしてピークオイルを扱うことへの重要な問題であり、なめらかに、functiongグローバルな資本市場は、変遷プロセスに動力を供給するために存在しなければなりません。

実のところ、この関係は、エネルギー、省エネルギー、または新しいエネルギー技術(そのすべては要するにこのサイト.の2ページに詳細に議論されます)の開発の代わりのソースよりずっと重要で、グローバルな金融制度はオイルと天然ガスの常に増大する供給品に完全に依存しています。

コリン・キャンベル博士は、この、複雑な(そしてしばしばエレガントに説明しづらい)関係の理解できるモデルを次の通り提出します:

. . .

現代社会の中で現在使われたすべての他のエネルギー源はオイルからかなりの「エネルギー補助金」を得ます。

例えば、ちょうど、日光がソーラーパネルを作らないように、ウラニウム採掘と反応炉建築において使われたエネルギーは原子力というよりもディーゼルから来ます。

めったに、気づかれているようでないものは、産業界の中で代替エネルギー生産の未来への[preemptievelyサボタージュ]石油生産を辞退する挑戦によって、これらの「エネルギー補助金」が交差する方法です。

すばらしい生き残りと災害の用意本:

ccc

食物の貯蔵と準備のすばらしい本:

ccc

私が推奨する投資と財政の本:

ccc

あなたが、読んでいてはならない本:

ccc

有機的に庭を手入れし、堆肥化することを学びます:

ccc

I reccomend、以下の本:

cc

私が推奨するアメリカの文化の本:

ccc

来る経済Collpase

安全な家

DVD:

オイル衝突

基本的な国スキル

それがカウントするガーデニング

再生可能エネルギー

持ち家所有者のガイド

自給自足ライフ

カントリー・リビング

手によって作られた世界

「Bakken油母頁岩はどうですか?」

「私は、それが完全に巨大であると耳にしました」。

Bakken油母頁岩フィールドは1953年に発見されました。

2008年の春に、Bakken頁岩についての一連の無風のリポートはインターネットで広まりはじめました。

リポートが真実でも、たぶんその中に含まれている43億バレルはグローバルなピークをわずか21億5000万バレル押し戻すでしょう。

それは、グローバルな需要の現在のレベルで約1ヶ月の価値に相当しています。

実際に、Bakken「オイル発見」は実際のオイルでさえなく、いつか莫大な費用によって絞り出されるかもしれないその中の微量のオイルを持っているのが9,000フィート地下に埋められた頁岩岩です。

トロントの記事は説明します:

43億バレルがみな取り出されることができたと仮定して、それは米国で9ヶ月のオイル消費を表すでしょう。

さあ、Bakkenオイルの性質を考慮しましょう。

それは、あなたが金属ストローの中で破裂し、それを吸い出すことができる大きな地下のプールに座っていません。

このオイルは頁岩のレイヤーに閉じ込められます 沈殿物の岩石は最高3,000メートルの深さである 。

ちょうど、それがその「ジャック」井戸の水のキロメートル下でメキシコ湾で発見した3から150億バレルを抽出することを望むならば、シェブロンが、束を支払う必要があるであろうように、それは、Bakkenオイルを追いかけるために心からコストを見積もるでしょう。

テクノロジーは、それのためにそれのうちの最低いくつかを取ってくるために存在します。

私達が本当に、その代金を払いたかったならば、私達は火星への有人ミッションを持つこともできます。

すべてがまさに正しく壊す、Bakken油母頁岩は莫大なコストのだけれども1日あたり数十万バレルのmaximimumを生産するかもしれません。

石油産業アナリスト デイブ・コーエンはさらに説明します:

中間Bakkenの他の部分がニレ渓谷の穴を開けた一部と同じくらい生産的で、活動を西のウィリストン盆地に開けることにおける絶え間ない大きな投資が続いているならば、私達は1日あたり100,000バレル以上にどこかでピーク生産高を見るかもしれません。

これは経験による推定であるけれども、この見積りは1オーダーによってオフでなく、すなわち、私達は1日あたりオイルの数百万ではなく非常に低い数十万個の樽の中のピーク生産率について話しています。

現在、マイクロソーラー機器に投資する時間です:

Life After the Oil Crash  その2

石油文明後の人生




"Are We 'Running Out'? I Thought


There Was 40 Years of the Stuff Left"

我々は『尽きていますか』?私は考えました

残ったもの40年分が、ありました」


















差し迫った天然ガス危機の解決策があるかどうかを尋ねられる時に、シモンズは反応しました:

私は、あると思いません。

解決は、祈ることです。

最良の状況の下で、すべての祈りがかなえられるならば、たぶん2年間の危機が全然ないでしょう。

その後で、それは確信です。

2004年5月に、シモンズは、需要が適切にコントロールされるために、オイルの価格が、1バレルあたり182ドルに達する必要があるであろうということを説明しました。

シモンズは、1バレルあたり182ドルの原油価格によって、ガソリン価格がたぶん1ガロンあたり7.00ドルまで上がるであろうということを説明しました。

あなたが、200ドル/樽範囲における原油価格がアメリカ経済のためにまさにどれほど破壊的であろうかを考えたいならば、オサマ貯蔵箱Ladenの主要なゴールの1つが、原油価格を200ドルの範囲に押し込むことであったという事実を考慮します。

ソース

100ドル/樽のそんなに遠く北の原油価格は、ほぼ確実に、オイルがあり続けている何でもつかむ世界争奪戦の工業国として大規模で、絶対絶命のグローバルな資源戦争を引き起こすでしょう。

これは、なぜ義務兵役のディレクターが最近、徴兵が、両方のジェンダー、18ー35才を含むために拡張されるように勧めたかを説明するかもしれません。

米国エネルギー省のために準備された2005年3月のリポートは投資銀行業界の恐ろしい警告を立証しました。

資格を与えられた「世界石油生産のピークに達することの緩和」とリポートは述べました:

適時の緩和なしで、世界供給/需要のバランスは、莫大なオイルの値上げ(その両方は世界的に重要な経済の困難な長い期間を作成するでしょう)によって伴われていて、大規模な需要破壊(不足)を通してみられるでしょう。

突貫計画緩和を開始する前の従来の石油生産ピークを世界まで待つことは20年間またはより長い間重要な液体燃料赤字によって世界を去ります。

リポートは、続けて、強調が追加したと伝えました:

世界で石油生産でピークに達することと関連した問題は一時的にならないであろうし、過去の‘エネルギー危機’経験は比較的小さな案内を提供するでしょう。

リスクが十分に理解されているには、オイルでピークに達することの挑戦は即時で、真剣な注目に値していて、タイムリーベースで開始されるには、緩和は値しています。

.

世界はこれのような問題に一度も直面したことがありません。

事実、10年以上前の大規模な緩和なしで、問題は普及するであろうし、一時的にならないでしょう。

前のエネルギー変遷はゆるやかで、進化的でした。

オイルでピークに達することは突然で、革命的になるでしょう。

1人の解説者が最近観察した時に、私達のリーダーが命知らずの凶漢のように行動している理由は、私達が私達の手の上に絶望的な状況を持っているためです。

明日が全然ないように、あなたが、なぜブッシュ政権が小使銭であったかと思っていて、社会計画をカットしていて、戦争を起こしているならば、現在、あなたはあなたの答えを持っています:

それらに関する限り、明日が全然ありません。

2003年に、BBCは、3つの部分(イラクを侵略し、占領する彼らの決定について、ピークオイルに関するブッシュ政権の知識が果たした役割についての相対的に政治に無関係で、ドキュメンタリーの資格を与えられた「オイルのための戦争」)を薄膜でおおいました。

ドキュメンタリーが説明する時に、プライベートで、ブッシュ政権はイラクの戦争を「生き残りのための戦い」と考えます。

まったくマキャベリ主義見地から、それらは、たぶん彼らが考えることにおいて正しい。

真価がわからないけれども、ブッシュのクローフォード牧場は2002年以来ずっと完全にグリッドオフです。

牧場は省エネルギーで、更新できるパワーシステムの中の最新流行品がついています。

それは「家の環境保護活動家の夢」と評されています。

ブッシュとして石油産業に浸っていたこととしての人が、そのような家が何かをあなたに話すべきであると認めているという事実。

同様な注の上で、ディックChenyの個人投資は、彼(または、より正確に、誰でも彼のお金を処理します)が経済の崩壊を予期していることを示します。

ブッシュとチェイニー(本当です,どのような政権でも)のどちらも、広がっているものの深刻さについてアメリカ人に対して正直であるはずがありません。

それらが国と正直であったならば、半分の国家は、それらを信じることを断るであろう一方、残りの半分はたぶんうろたえるでしょう。

詳細については、見ます:

ディック・チェイニーの銀行家は市場崩壊を見ます。

なぜディック・チェイニーは、イラクを侵略することについて彼の考えを変えましたか?

CIAの前のディレクター:

1956年に出版されたピークオイルについてのChase Manhattan Bankによる「ピークオイルは経済の恐怖を引き起こすでしょう」秘密の報告

「どのように私は、これが、まさに、狂気の環境保護活動家の、そして‘終わりは近くです’タイプによって売られいる恐怖ではないと知っていますか?」

あなたがこのページに読んでいるものが狂気の左のナットの製品であると思うならば、代表するロスコー・バートレット(共和党、メリーランド)が、議会へのスピーチにおいて言うために何を持っていたかまたは億万長者投資者リチャードRainwaterが、フォーチュン誌のページの中で何を言う必要があったかを考慮します。

2005年3月14日に、バートレットはピークオイルの恐ろしい小区分について議会に極めて完全なプレゼンテーションをしました。

彼のプレゼンテーションの時に、元来このサイト上で出版されたいくつかの類似と例を使用する間に、議会の最も保守的なメンバーであるかもしれない代表するバートレットは、たくさんの機会に名前によって作者(マットSavinar)を引用して、広くこのサイトから引用しました。

あなたは、ここをクリックすることによって代表するバートレットのプレゼンテーションの完全な議会のレコードを読むことができます。

あなたは、あなたが現在、ここをクリックすることによって未来(極めて有力なDCシンクタンク)ために資源に読んでいる記事を推奨しているバートレットのビデオを見ることができます。

2005年4月19日に、代表するバートレットは全国テレビ放送でインタビューされました。

再び、彼は、あなたが現在読んでいる記事を参照しました:

‘親愛なる読者 私達が知っている文明はすぐ終わるでしょう’と言うことによって、これの作家の1人は彼の記事を始めます。

さて、あなたの最初のインパルスは、記事を下に置くことです。

この男はナットです。

しかし、あなたがそれを下に置かず、記事を通読しないならば、あなたは、彼の結論と議論するのにひどく苦労しています。

このウェブサイトが彼を「活気付けた」と述べて、2005年5月12日の担当者バートレットへのソースは下院のフロアのピークオイルについて別のプレゼンテーションをしました。

2005年7月19日に、次のように言うために、彼は以下を持っていました:

議長殿、あなたが今晩あなたのコンピュータに行き、ピークオイルのGoogle検索をするならば、あなたはそこで記事とコメントの大きな取り合わせを見つけるでしょう。

すべての問題のように、あなたは、極端の上にいる数人の人々を見つけるであろうけれども、たくさんの主流観察がそこにあるでしょう。

あなたがそこで見つけるであろう記事の1つはマットSavinarによって書かれました。

マットSavinarは技術の人ではありません。

彼は弁護士、よきものであり、彼は、弁護士がすることをします。

彼はソースに行き、彼のケースを築きます。

彼が、「親愛なる読者、私達が知っている文明はすぐ終わります」と言った時に、マットSavinarは正しいかもしれません。

私は、彼の記事を引き上げて、それを読むようにあなた、議長殿に勧めるでしょう。

それは本当に非常に落ち着いています。

その後のスピーチにおいて、代表するバートレットは公式な米国議会レコードの中に全く同じにこのサイトの大きな抜粋文を読みました。

彼はまた「エネルギー傾向と米国軍隊設備のためのそれらの意味」という表題を付けられた米国陸軍工兵隊から頻繁に2005年9月のリポートを引用しました。

リポートは説明します:


エネルギー消費は、軍隊がその任務を実行する私達の生活水準と必需品に不可欠です。

しかし、現在の傾向は持続可能でありません。

過度で、持続不可能なエネルギー消費のインパクトは、それがサポートするまさしくその文化と活動を徐々に蝕むかもしれません。

.


国防総省によって委任された 2007年リポートは、現代の軍事行動を動かすことに必要な燃料の量を詳説します:

リポートによると、第二次世界大戦において、米国は1日あたり1人の兵士あたり燃料の1ガロンについて消費しました。

1990年-91年のペルシャ湾戦争において、1人の兵士あたり約4ガロンの燃料は1日あたり消費されました。

2006年に、イラクとアフガニスタンでの米国操作は前の年のほとんど倍で、多くは1人の兵士あたり約16ガロンの燃料を1日あたり平均に使用しました。

リポートは、続けて手近な問題の重要性を説明したと、強調的に付け加えました:

しかし、迅速に軍隊を化石燃料から引き離すことは困難な仕事であるでしょう--特に、米国兵器庫(世界の最も高度なもの)の大部分が化石燃料に依存していて、それらの軍用システムの多くが、少なくとも数十年のサービスにとどまるようにデザインされているので。

大規模な代替エネルギーソースに動くことは「部門の最も深く保持された仮定、興味、およびプロセスのいくつかと競合する」であろうとリポートは認めます。

フォーチュン誌{リチャードRainwater、(ジョージ・W・ブッシュのマルチ億万長者投資者、および友人)}の2005年12月26日号に応じたソースは規則的にこのウェブサイトを読みます。

記事の中で、資格を与えられた「運命のエネルギー予言者」フォーチュンレポーター オリバー・ライアンは書きます:

「Rainwater」を電話での音声を発表します。

「さあ、ヤフーの中にL-A-T-O-Cをタイプし、7番目のアイテムに下にスクロールします」。

Rainwaterは電子メールを使いません。

むしろ、彼がウェブの上で毎朝発見する福音を広めるために、彼は矢継ぎ早の電話を使います。

ある日、それはマレーシアで耕地の低下であるかもしれません。

次にそれは一人当たり エネルギー消費 Olduvai理論 であるかもしれません。

「L-A-T-O-C」はサンタローザ、カリフォルニアのLifeAfterTheOilCrash.net(マットSavinar、27によって編集されたブログ)を表しています。

ソース、フォーチュン記事は、続けて、Rainwaterが次のように言うのを引用します:

私達が知っている世界は社会保障、年金、メディケア(高齢者公的医療保険)について解けています。

私達は、私が、私達が、より多くの敵意である世界の中に行くと信じる米国に増税をドラマチックに持とうとしています。

より多くの人々は、‘なぜ神は私達にこれをしましたか?’と尋ねようとしています。

彼らが拝むどのような神でも。

アルフレッド・スローンはゼネラルモーターズでずっと前にそれを言い、私達がよい時にこれらを与えています。

何が悪い時期において起こりますか?

私達は、それらを戻す必要があるであろうし、それから、誰もが暴動を起こすでしょう。

そして、彼は正しい。

「西洋の政府はこれの効果の準備をしていますか?」

はい。

2006年1月に、国土安全保障省はHalliiburton補助的なケロッグ、ブラウン&根に、米国の中で広大な新しい国内のために捕虜収容所を建てる4億ドルのドル契約を与えました。

キャンプは表面上は家に建てられていて、「移民の緊急流入」(それはまさに、米国がメキシコの石油生産崩壊として2008年と2012の間に直面しているであろうものです)を処理します。

また:

「オイル枯渇と不法入国」

この「移民の緊急流入」はほぼ確実に国内のグループを燃え上がらせるであろうし、この解けの予想を米国の中の自警行為と小国分割に導くことは、過酷な警察国家スタイル立法を通過するためにブッシュ政権のドライブに少なくとも部分的に責任があるかもしれません。


2007年6月に、UKレジスターは、国防総省が、どのように何十億もの人々が、食物に反応し、米国母国の不足を含めて、不足な燃料を供給するであろうかをシミュレーションするために「最も雄大なスケールの戦争ゲーム」を実行していることを報告しました:

オイルビジネスの主要なプレーヤーの行動--言葉というよりも--どのように彼らが未来を見るかの最もよいゲージを提供するならば、以下を考えます。

原油価格は2001年以来二倍になるけれども、石油会社は、小さな小数部だけによって新しい油田を探検するためのそれらの予算を増大させました。

同様に、米国精製所は能力の近くで働いているけれどもどの新しい精製所も1976年以来ずっと建設されていません。

そして、タンカーは予約がいっぱいであるけれども、旧式な船は、新しいものが築かれているより速く退役しています。

2004年10月のニューヨーク・タイムズ記事に応じたソースは、「トップオイルグループは、探索費を埋め合わすことに失敗します:」に資格を与えました。

. . .

上位10のオイルグループは結合された約80億ドルを昨年探検に使ったけれども、これはわずかな40億ドル未満の正味現価によって商業用の発見をもたらしていただけでした。

前の2年はよりドラマチックでないけれども同様な不足を示します。

ソース

すなわち、重要な新しい石油の発見はとても不十分なので、それらを捜すのは貨幣の敗者です。

その結果、多くの主要な石油会社は現在自身が、それらの急速に無くす準備を取り替えることができないと気付きます。

2006年6月のリポートは、世界の最も大きな5つの石油会社が現在、「既存の準備を発展させることにおける焦点が合い」であることを示しました。

それは、「それらを捜すのに、それを私達の時間に値させるために発見するために残された十分な重要なサイズの油田とお金がない」と言う良い方法です。

上記のチャートをちらりと見ます。

例えば、1960年代に、1年あたり約300億-600億を見つけるのに、私達は1年あたり約60億バレルを消費しました。

それらの数を与えられて、なぜ「外の運転」の恐怖が根拠がないとしてしばしば退けられたかを理解することは容易です。

残念なことに、それらの消費/発見の比率は近年ほとんど自身をリバースしました。

私達は現在1年あたり300億バレルの近くに消費するけれども、1年あたり40億より少ない発見です。

これらの傾向を考慮して、ジョンCヘロルド社--Enronの崩御を予告した会社--のエネルギーアナリストが最近、私達が前例のない危機の寸前、ある業界の噂を確認したことはほとんどない驚きとして来るべきです。

「その巨大なオイル発見はメキシコ湾ですか?」

「それは、巨大なためにsuppossedされます」。

「ジャック2」とニックネームを付けられたメキシコ湾のシェブロンの最近の発見物は、3billiionと150億バレルのオイルであると見積もられます。

ソースは、150億バレルのシェブロンの最も楽観的予想が最も正確な見積りであると説明のために仮定します。

150億バレルのフィールドはグローバルなピーク(中間点)を75億バレル延期します。

これは消費の現行利率で4ヶ月の供給品より少ない。

2015年のオイル消費の計画されたレートで、それは3ヶ月の供給品より少ない。

これは、この「莫大な発見」が海洋のほぼ6マイル下にあり、それから発展するために、オイルが一般に最初に発見される時に地表面に泡立つ伝統的な油田よりずっと高価であるという事実を説明しさえしません。

真実は、ジャック2フィールドが本当に、それらの急速に漸減する準備ベースを取り替えるとなると、大きな石油会社がどれほど必死になっているかの合図であることです。

270マイル沖でオイルを捜す理由が全然なく、海洋表面の6マイル下で、より安く、より抽出しやすくない限り、ソースはすでに疲れています。

これは、ポイントピークオイル「チキンlittles」全体が約50年に進んでいることです:

ピークに達したら、オイルはまだ入手可能になるであろうけれども、すさまじいエネルギッシュで、金融のコストだけです。

「どうしたら私は、これがまさにより多くの1970年代の破滅と暗闇ではないと確信することができますか?」

1970年代のオイルショックは政治的なイベントによって作成されました。

1973年に、OPECはイスラエルの米国サポートに対する報復としてその製品を切りました。

1979年に、「偉大なサタン」を損う希望において、イランはその製品を切りました。

両方の場合に、米国は、危機を緩和するためにベネズエラなどの他の産油国に向かうことができました。

グローバルな生産がピークに達したら、向かう誰もいないでしょう。

「運命と暗闇」が、広く尊重されたドイツ銀行が、「石油時代の後のエネルギー見込み」という表題を付けられた最近のリポートの中でピークオイルについて何を言う必要があったかを考慮する限り、危機は年ごとにますますより悪くなるでしょう:

従って、化石の炭化水素の終わりのシナリオは、運命と暗闇の写真が過ぎて悲観して終わり世界予言者を塗ったことではないけれども、まじめに取られなければならない次の年と数十年の不足の眺めです。

「危機の樽をにらみつけます」という表題を付けられた2005年1月の記事の中で、ソース、オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューはドイツ銀行の意見を反復しました:

世界の石油生産は、まさに永久にそのピークに達しようとしているかもしれません。

そのような黙示録の予言はしばしば北半球冬の間に浮上します。

異常なものは、今回、地球最後の日のシナリオが尊敬されたアナリストと解説者の間で重大な信頼性を得たことです。

ソース「オイルサンドはカナダでどうですか?」

オイルの従来のソースと違って、これらのオイルサンドから引き出されたオイルは抜粋に極めて財政的に、エネルギッシュに集中的です。

従来のオイルが約30から1の「注ぎ込まれたエネルギーの上のエネルギーリターン」(EROEI)のレートを享受したのに対して、オイルサンド利益率は約1.5から1までただよいます。

これは、私達がオイルの従来のソースからするのと同じ量のオイルをオイルサンドから発生させるために20倍多くのエネルギーを費やす必要があるであろうということを意味しています。

楽観的なリポートさえ2020年ごろにオイルサンドから来るオイルの日あたり400万バレルのピーク生産高を予期しているので、どこでそのような莫大な額の資本を見つけるかは主として未解決のポイントです。

楽天家が正しくても、すでに、1年あたり2から5mbdのレートの85mbdと成長が、offestに次の低下を多くしようとしていないことであるグローバルな需要の文脈の中の4mbdのピーク。

詳細について見ます:

オイルサンド生産費は急騰します。

55%上がるオイルサンド生産費

「油母頁岩はアメリカ西部でどうですか?」

アメリカの西の油母頁岩の莫大な準備は同様な問題から損害を被ります。

シェル・オイルが実験的な油母頁岩プログラムを持っているのに対して、次の衝突を軟化する油母頁岩の能力について質問される時に、スティーブMut--それらの慣例に従わない資源ユニットのCEO--さえ楽観的であるより少なく鳴りました。

ジャーナリスト スチュアートStanifordのピークオイルの最近の会議の記事によると:

質問に呼応して、スティーブは当て推量した(油母頁岩生産量がまだ2015年かなりごくわずかでしょう)けれども、物事が本当にうまく進むならば、2030年までに5mbpdに到着するかもしれません。

公平無私なオブザーバーは油母頁岩についていっそうより楽観的でありません。

ウォルターYoungquist博士地質学者は示します:

平均的な市民は、油母頁岩が「回復可能なオイル」を「世界の全体の証明された原油準備の64パーセントより多く」と等しく保つ時に、米国が本当に石油供給問題を全然持っていないと信じる気になります。

たぶん、米国はいつでもこの大きな石油埋蔵量を活用することができました。

これは全く真実でありません。

頁岩からこの「オイル」を取り出すすべての試みは経済的に失敗しました。

さらに、「オイル」(そして、原油がそうであるように、それはオイルではないけれども、これは述べられません)は回復可能であるかもしれないけれども、回復された正味エネルギーは、それを回復するために使われたエネルギーと等しくないかもしれません。

オイルが「回復される」けれどもネットエネルギー損失にあるならば、操作は失敗です。

これが、従来のオイルを油母頁岩と取り替えるどのような試みでも実際プロジェクトとしてより悪く私達の状況をするであろうということを意味している。価格がどれほど高くなるかを問わず、それが産出するであろうより多くのエネルギーを消費するでしょう。

しかし、ほとんどの投資者が一般の住民と同じくらいのエネルギー文盲であるので、多くのお金は、たぶん、油母頁岩を開発する試みに投じられるでしょう。

油母頁岩についてのさらなる問題は、書くエコノミストProfessorジェームズ・ハミルトンによって文書化されています:

最近のランド研究は、油母頁岩が生産生長率フェーズに達するまで少なくとも12年かかるであろうと断定しました。

そして、それは環境のレビュープロセスへの参照ではなく技術評価です。

到着するのに15年かかるならば、製油所はうまく知られているテクノロジーとうまく理解されている環境問題にもかかわらず建築し、油母頁岩を、ごく近い未来に世界のエネルギー供給品に主要な寄与をすることができたものとみなすことが非常に非現実的であるようであるのを是認しました。

これはもちろんオイルを生産している会社のためにいくらかのお金を作るであろうけれども、低下が本当に始まったら、グローバルな供給が1年あたり1日(またはより多く)あたり250万バレル落ちているであろうという事実を示されて、1日あたり10万 2、3バレルは全体の市場にあまり違いを生じさせないでしょう。

1日に200,000バレルを把握するために、世界が現在1秒あたり1,000バレルを使うという事実を考慮します。

これが意味している何かは、Bakken油母頁岩が1日あたり200秒--または3分強--の追加のオイルについて世界に提供するかもしれない最も楽観的なシナリオの中にあります。

「呼ばれた‘準備成長’はどうですか」?

近年、USGSと他のエージェンシーは石油埋蔵量のそれらの見積りを上方修正しました。

ピークオイル「否認者」はしばしば、世界的な石油不足の恐怖が根拠がないという証拠としての改訂をこれに向けます。

あいにく、 上方のこれら 改訂は「紙のように薄い樽」として最もよく分類されて、現実の世界にではなく、紙だけにおいてそれらが存在するのを意味しています:

USGS 貧しい実績

つい最近の1972年、USGSは、概算されている米国国内石油生産が21世紀に十分入り、ことによると22世紀まででなくピークに達しないであろう回覧をリリースしていました。

これは、ちょうど、Hubbertが予測したように、米国生産が1970年にすでにピークに達したという事実にもかかわらずでした。(シアボールドに会います、シュヴァインフルト&ダンカン、米国地質調査研究所回覧650)

リチャードHeinbergは、私達に、「1973年に、その失敗が1970の米国石油生産ピークを予感するように、議会はUSGSの調査を要求しました」を思い出させています。

2000年3月に、USGSはより多くの「準備成長」を示しているリポートを発表しました。

私達に1960年代と初期1970年代にUSGSによって外に出されたこっけいな見積りを思い出させることによって、コリン・キャンベルはリポートに反応しました:

枯渇のHubbertの研究の評判を悪くするために、McKelvey(USGSの前のディレクター)が1960年代に行政の圧力に負けたことを忘れないようにしましょう(Hubbertが予測した時に、米国生産が実際ピークに達した後に、それは早い1970年代に後で立証されました)。

首尾よく、この先何年もの間多くのエコノミストと計画者を誤解させた非常に有害なリポートの中で、それはそうしました。

USGSが政治団体であり、楽観的予想が政治家と市場の両方によって好意的に見られるので、これらの深くひびが入った上方の見積りは発表されました。

EIAは、その帳簿をごまかしたと認めます。

1998年に、EIAは重要な石油埋蔵量成長を示しているリポートを発表しました。

報告する脚注の中で、EIAは説明しました:

見積りへのこれらの調整は、予測需要量レベルと会うことに必要なレベルに、国内の供給成長をサポートする非技術の考慮に基づきます。

すなわち、彼らは、彼らが、私達が、いくら必要であろうと思うかを予測し、それから、「悩ます何のまわりでも、何かを推察しません - それは、私達がいくらを得たかです!」と私達に話しました(EIA、年間エネルギー展望1998、ページ17)

OPECの「偽の改訂」AKA「帳簿をごまかします」

1980年代の間に、いくつかのOPEC国は石油のそれらの確認埋蔵量のいくつかのむしろ「興味深い」上方の改訂された見積りを出しました。

ロン・スウェンソン、ウェブサイトHubbertsPeak.comの所有者は説明します:

多くのOPEC国は、率直に非常に奇妙な準備番号を発表しています。

新しい発見が正確に生産とマッチしていることを示唆して、それらの報告された準備は毎年毎年同じであり続けるか、それらは非実行できるように大量に突然それらの報告された準備を増大させました。

このページのずっと下のテーブル1/2はグラフィックでスウェンソンのポイントを説明します。

どう準備サイズのそのような大きな増加は対応して大きな発見なしで可能でしたか?

それが、ソビエト連邦を崩壊させるレーガン政権の驚異的に簡単な戦略と接続する時に、答えはまったく魅力的です:

オイルの値段を下げます。

リチャードHeinberg Professorは説明します:

1981年に任務に就いたすぐ後に、レーガン政権は、ソビエト連邦とデタントを追跡する定められた方針を放棄し、代わりに、大規模な軍備増強を設立しました;

絶望的に必要なオイル機器とテクノロジーをソ連に許さない間に、それはまたソビエト連邦の影響のエリアで代理戦争を助長しました。

それから、1980年代の中頃に、ワシントンはサウジアラビアを説得して、世界市場を安いオイルであふれさせさせました。

その存在の最後の10年にわたって、収入(軍拡競争においてそれに付いて行き、アフガニスタンでその戦争を遂行します)を得るために、ソ連はできる限り最大のレートでそのオイルを汲み上げて、売却しました。

それでも、安いサウジアラビアのオイルであふれている市場とともに、まさに、それらがより多くを汲み上げた時に、ソ連はより少しを得ていました。

それらの石油生産がピークに達した2年後に、ソ連の経済は砕けて、その政府は崩壊しました。

ソ連を崩壊させるレーガンの戦略が、それが効果的であったのと同じくらい簡単な、それは捕獲物と一緒に来ました:

サウジアラビアなどのOPEC加盟国が汲み上げることができたオイルの量は、それが他のOPEC加盟国に比べて報告した確認埋蔵量の量に縛られました。

サウジアラビアが、レーガンの戦略のサポートにおいて市場に殺到し続けることができた唯一の方法は、ドラマチックにその石油埋蔵量見積りを上方修正することでした。

(彼らがそうしなかったならば、レーガンadiministrationはサウジアラビアの王室のそれらの軍隊の保護を撤収したでしょう。)

OPECの比例した輸出規則の下で競合しているめに、他のOPEC加盟国は同様ににせの上方の見積りを出しました。

従って、中東のいわゆる「準備成長」の、すべてでないとしてもほとんどはグラウンドでではなく紙の上だけにあります。

詳細について見ます:

サウード家の中に詐欺がありますか?

50%OPECの衝撃的な準備つまらない仕事によって強調されたクウェートの報告された石油埋蔵量を崩壊させることに近い急降下サウジアラビアの石油生産におけるサウジアラビアの石油生産

「環境保護活動家ならば、私達はANWRにおいてドリルで穴を開けることができませんか?」

何人かの人々が絶望的に、オイルが再生できる資源であるという確信に固執する間、他は、北極の全国的な野生生物保護区域をたたくことが解決するか、少なくともこの危機を遅らすであろうという等しく妄想的なアイデアを保持します。

ANWRにおけるオイルのための掘削が確かに掘削をしている会社のためにたくさんのお金を作るであるのに対して、それは、3つの理由により全体の状況を助けるために多くをしないでしょう:

#1を論じます。

ANWRにおけるエネルギー省、掘削の一致は原油価格を50セント未満下げるだけでしょう;

#2を論じます。

ANWRは100億バレルのオイルを含んでいます - または、量について、米国は1年よりもう少し多くにおいて消費します。

#3を論じます。

すべてのオイルプロジェクトと同様に、ANWRは、オンラインで来るために約10年かかるでしょう。

それがしたら、その生産は1日あたり875,000バレルでピークに達するでしょう - けれども、2025年を耕しません。

その時までに、世界が、1日あたり1億2000万バレルが必要であると予測される間、米国は、1日あたりばかでかい3500万バレルが必要であると予測されます。

「市場と需要供給の法則はこれにアドレスしないでしょうか?」

一般に、商品が不十分になる時に、価格は上がります。

これは人々に、商品のより少しを使い、それのために選択肢のために表情を開始させます。

残念なことに、エネルギーはただの商品ではありません。

代わりのエネルギー源の世代を含めて、それがすべての経済活動のためのまさしくその基礎である時に、それはちっともほとんどの商品と同じくらいの「伸縮自在」です。

エコノミスト アンドリューMcKillopは説明します:

直接または経済成長を湿らすことによって、その「高価は需要をカットしました」と主張するアナリストと「エキスパート」のIEA、EIA、およびホストに直面することにおける最も大きな問題の一つは、これが現実の世界の中で起こらないことです。

1999年初め以来、原油価格は約350%上がりました。

約4%の2004年のオイル需要成長は25年で最も高かった。

これらは、はっきりと、「価格弾力性」について受け取られた観念と矛盾している簡単な事実です。

世界オイル需要は、「極端な」価格が達成される時の、およびもし達成「高い」オイルとガス価格により支えられる傾向があります。

数百万人の人々が、ピークオイルがある写真を差し迫らせて、彼らが、きっと自身と彼らファミリーを保護する処置をpowerdownに持って行きはじめて、低下がそれらのすべての民族の総計の行動の結果として遅れるならば、それは新しい情報への古典的な市場反応であるでしょう。

それが、その利益を非常に高くしておくつもりならば、大手石油会社は、これが起こることを可能にすることができません。

人々が、オイルが永久に豊富であると信じるならば;

それらが大手石油会社によってねじ止めされています;

そして、政府が、彼らを救うために今にも介入するであろうし、彼らがpowerdownに誘因を全然持っていません。

石油産業で指弾と結び付けられた抗生のオイル宣伝は、人々が下で動力を供給し始めないと保証する完全な策略です。

ピークオイルは石油産業の宣伝ではありません。

抗生のオイルは石油産業の宣伝です。

興味深く十分な(納税者が大手石油会社にサービス品に出資したように彼の本の「石油の輪攻め」音における率直な抗生のオイル支持者ジェローム・コルシによってされた7つの政策提言のうちの5つ):

(追加されたイタリック体の中の論評)#1。

代わりの理論を調査するために、科学的研究を促進します。

#2.

石油探査を促進するために、沖合で、そしてアラスカでリースを促進します。

(誰がこれから利益を得ていますか?)

#3.

深掘石油探査のために税額控除を提供します。

(誰がこれから利益を得ていますか?)

#4.

石油産業情報の情報センターとして勤務するために、オイル研究所を作成します。

(誰がこれから利益を得ていますか?)

#5.

石油産業に捧げられた公共放送テレビシリーズを開発します。

(誰がこれから利益を得ていますか?)

#6.

金で支えられた国際貿易ドルを再建します。

#7.

米国(誰がこれから利益を得ていますか?)で、新しい精製所を開くための税制上の優遇措置を設立します。

数1&6を除いて、それらが石油産業wishlistから来たかのように、コルシの政策提言は読みました。

コルシが石油産業のためにそんなに精力的に税制優遇措置を主張するであろうということはほとんどない驚きとして来るべきです:

2004年に、彼は、多くが、削減に取りつかれている税金を助けたと信じて、オイルの産業で支えられたブッシュ政権がオフィスで止める「迅速に、真実のためにベテランをボートに乗せます」攻撃本をcoauthoredしました。

彼の本の中で、油田が自身を補充するという証拠として、コルシはユージン330島油田を挙げます。

見たところ、のどぼとけをするために失敗した彼または彼の研究スタッフは、「ユージン島330。」のための検索をイメージします。

彼がそのような検索を実行したならば、彼は、明白に、この25年の間低下においてユージンに330島の石油生産を示す以下のグラフに出会ったでしょう。

コルシの「補充フィールド」の主要な例は、それがそのピークで生み出したオイルの量を1/6について生み出しているだけです:

「なぜメディアはこれについてアラームを鳴らしていませんか?」

いくつかの理由により:

ほとんどのジャーナリストは問題の重要性に単に気づいていません。

経済新聞の中でさえ、ほとんどの人々と組織は問題のサイズまたは切迫に単に気づいていません。

投資銀行家アダム・コーエンは説明します:

ウォール街と金融のメディアは、まさに、あなたが知っているほとんどの人々と同様にピーク石油株に興味をもっていない人間からなります。

最近の3年間に株と債券の提供物の上でエネルギー会社とともに働いている私の個人的な経験において、私は決してどのようなエネルギー会社従業員またはエネルギー投資銀行家もフレーズ「ピークオイル」を使うのを聞きませんでした。

私がフレーズを私的に銀行家に述べた数回、反応は、「それは何ですか?」でした。

. . .

Life After the Oil Crash  その1

石油文明後の人生




"Are We 'Running Out'? I Thought


There Was 40 Years of the Stuff Left"

我々は『尽きていますか』?私は考えました

残ったもの40年分が、ありました」

Dear Reader,

Civilization as we know it is coming to an end soon. This is not the wacky proclamation of a doomsday cult, apocalypse bible prophecy sect, or conspiracy theory society. Rather, it is the scientific conclusion of the best paid, most widely-respected geologists, physicists, bankers, and investors in the world. These are rational, professional, conservative individuals who are absolutely terrified by a phenomenon known as global "Peak Oil."

親愛なる読者

私達が知っている文明はすぐ終わります。

これは終末論を唱えるカルト、黙示バイブル予言セクト、または陰謀説社会の風変わりな宣言ではありません。

むしろ、それは世界で最もよい納税者で、最も広く尊敬された地質学者、物理学者、銀行家、および投資者の科学の結論です。

これらは、グローバルな「ピークオイル」として知られている現象を完全に恐れる理性的で、プロフェッショナルで、保守的な個人です。

蛇足

ピークオイル後について書いてあります。これを基にピークオイル政策が出されているのであるが・・果たして真実なのであろうか?

長文により訳のみ




オイルクラッシュ後の生活

現実を扱います。さもないと、現実はあなたとやりとりするでしょう。

最新ニュースブログ&アーカイブはまわりで手紙を準備し&議論リチャード・ダンカン博士に連絡します:

世界石油生産とオルドゥヴァイ峡谷(PDFフォーマット)Ultimatelyへの道のピーク、エネルギー集約型の産業の時代は人の歴史の流れにおいて影像より少し多くであるかもしれません:

グラフ:

歴史のエネルギー曲線?

ピークオイル最新ニュース








親愛なる読者

私達が知っている文明はすぐ終わります。

これは終末論を唱えるカルト、黙示バイブル予言セクト、または陰謀説社会の風変わりな宣言ではありません。

むしろ、それは世界で最もよい納税者で、最も広く尊敬された地質学者、物理学者、銀行家、および投資者の科学の結論です。

これらは、グローバルな「ピークオイル」として知られている現象を完全に恐れる理性的で、プロフェッショナルで、保守的な個人です。

ピークオイルは、シェル地質学者マリオン・キングHubbert博士にちなんで名付けられて、また「Hubbertのピーク」と呼ばれます。

1956年に、Hubbertは、米国国内石油生産が1970年にピークに達するであろうと正確に予測しました。

彼がグローバルな生産も予測したソースは、2000年ごろにピークに達します。それは、約5-10年間、遅らされなかった1970年代の政治的に作成されたオイルショックを持っているであろう ピーク 。

詳細については:

石油生産における単なる15%の不足は原油価格を550%押し上げるでしょう。

「大きな取引」。

ガソリン価格が高くなるならば、私は運転を減らすでしょう。

「なぜ私は気にするべきでしょうか?」

石油化学が単なるあなたの車の中のガスよりずっとすごいものまでのキーコンポーネントである為です。

2002年現在、約10カロリーの化石燃料は、米国で食べられた1カロリーごとの食物を生産するために必要とされています。

現代の食糧生産のすべてのステップが化石燃料と石油化学の駆動であるという事実から、この比率のサイズのソースは生じます:

殺虫剤と農業用化学物質はオイルから作られます;

化学肥料はアンモニアから作られます(それは天然ガスから作られて、近い将来またピークに達しています)。

トラクターとトレーラーなどのソースの最も耕作する器具は、オイルで引き出された燃料を使って、組み立てられて、動力を供給されます。

冷蔵庫などの加圧ストレージシステムは、オイル駆動の工場で製造されて、オイル駆動の交通ネットワークを使って、配布されて、電気で通常実行されます(それはとてもしばしば天然ガスまたは石炭から来ます)。

オイルと天然ガスのように、石炭も近い将来ピークに達しています。ソース

米国で、それがあなたのプレートに到着する前に、食物の平均的な断片はほぼ1,500マイル輸送されます。

カナダのソース、食物の平均的な断片は、それが消費される所が生産される所から5,000マイル輸送されます。

ソース

CNNにより出版された最近の記事は、 まさに、私達の食物を生産するために、いくらの化石燃料エネルギーが用いられるかを文書化しました。

追加された強調:

米国で、国の化石燃料消費の最高20パーセントは、開発された世界の食物システムによる化石燃料使用が「しばしば自動車のそれと競争すること」を指摘する食物連鎖に入ります。

食べるために、平均的な開発された世界の4人家族は1年に930ガロンのガソリンに相当するものを使い果たします - 同じファミリーが、それらの車に動力を供給するために毎年使い果たすであろう1,070ガロンにわずかに及ばない程度です。

有機の業界団体によると、1枚の通常の綿ジーンズの生産は3つの0.25個のポンドの肥料と殺虫剤を取ります。

要するに(人々は2本足のSUVのような七面鳥の鳴き声で化石燃料がいる)。

詳細について:

オイルの終わりが食物の終わりであるほど、なぜ私達の食物がオイル意志にそんなに依存していますか?

どのように私達はピークオイルの後で食物を成長させるでしょうか?

天然ガス「現代のテクノロジーのすべてのフォームは実際石油製品ですか?」を熱望します。

はい。


豊富で、安いオイルに完全に依存しているのは交通と農業だけではありません。

現代医学、配水、および国防はオイルによって完全にそれぞれ動かされて、石油は化学薬品を引き出しました。

交通、食物、水、および現代の医薬品に加えて、オイルのマス量はすべてのプラスチック、すべてのコンピュータ、およびすべてのハイテク機器のために必要とされています。

いくつかの具体的な例は、私達の技術的なベースが化石燃料に依存している程度を説明することに役立つかもしれません:

自動車:

平均的な車の製造はエネルギーで約20バレル(840ガロン)のオイルに相当するものを消費します。

最終的に、車の製造は、2倍の車の最終的な重量と等しい化石燃料の量を消費します。

平均的な車の製造がほぼ120,000ガロンの淡水を消費することはまた何にも値していません。

淡水はまた急速に無くしていて、ガソリンの各ガロンが、精製するためのほぼ2ガロンの淡水を必要としている時、偶然石油精製プロセスに絶対に必須です。

コンピュータ

平均的なデスクトップ・コンピュータの製造はその重量の10倍を化石燃料に消費します。

マイクロチップ:

1グラムのマイクロチップの生産は630グラムの化石燃料を消費します。

アメリカ化学協会によると、単一の32メガバイトのDRAMチップの建築は70.5ポンドの水に加えて3.5ポンドの化石燃料を必要としています。

環境リテラシー協議会は「純粋さ」のためそれを私達に話し「素材(の精巧化に)のためにマイクロチップが必要でした」。

.

「9または10台のコンピュータを生産する時に使われたエネルギーは、自動車を生産するために十分です。」

彼の本「北アメリカの9つの国家」中の作者ジョエル・ガロウは、典型的なマイクロプロセッサーを作ることがまさにどれくらいエネルギーを取るかをあざやかかつ詳細に説明します:

..マイクロチップは1つずつ作られません。

それらは直径例えば4インチのシリコンウェハーの上のバッチにおいてプリントされます。

物のレイヤーがこのシリコンウェハーの上でプリントされるたびに、ウェハーは扱われなければならないのであなたが課した物がそこに滞在するでしょう。

このプロセスはエネルギーの記念碑の量のアプリケーションを通して達成されます。

事実上、回路の各レイヤーが課される時に、ウェハー全体は、テクノロジーのギリギリの限界に達するのに十分に高く時々温度で「焼かれます」。

インターネット:

世間一般の考えに反して、インターネットはものすごい量のエネルギーを消費します。

作者ジョンマイケル・グリーアは説明します:

インターネットの爆発的な広がりは最終的にまた超安いエネルギーの時代の製品でした。

最も大きなインフラストラクチャープロジェクトがこれまで歴史における20年の期間に作成し、装備した時に、その世界的な接続、その広大なサーバー農場、およびその数十億台の連結された家庭とビジネスのコンピュータを持つインターネットのハードウェアはたぶんカウントします。

インターネットを作成し、維持するために注ぎ込まれた本当の量のエネルギーは想像力を貧乏にします。

最近の推定は、インターネットをサポートすることに必要なインフラストラクチャーが米国でされたすべての発電の10%を消費することを示します。

この電気のソース、圧倒的多数は、石炭または天然ガスを使って、生産されます(その両方は、瞬間的に説明されるので、またそれらのグローバルな生産ピークの近くにあります)。

コンクリート、アスファルト、ハイウェー、および現代都市:

いくらのエネルギーが、現代の都市を建設し、維持するのに必要であるかを正確に定量化することが困難です。

しかし、都市のNASAの最近のイメージのいくつかが、現代の都市に注ぎ込まれたボリュームエネルギーがほとんど計りがたく巨大であることをほのめかします。

例えばロサンゼルスの以下のNASAイメージを考慮します:











ロサンゼルスのイメージ(NASAの可視の地球サイトの好意)

上記のイメージを勉強する時に、1トンのセメントの製造がエネルギーの470万のBTUを必要としていることを心に留めます(それは約45ガロンのオイルまたは420ポンドの石炭の中に含まれている量です)。

ソーラーパネルと風力タービンのような代替エネルギーシステム?

「それらは、石油と石油の引き出された資源を使って、製造されますか?」

はい

現代のテクノロジーの生産においてオイルの役割を考慮する時に、ソーラーパネル/太陽のナノテクノロジー、風車、水素燃料電池、バイオディーゼル生産設備、原子力発電所などを含むエネルギー?のほとんどの代わりのシステムがすべて冶金の洗練されたテクノロジーとエネルギー集約型のフォームに依存していることを覚えています。

実のところすべて電気の機器は銀、銅、アルミニウム、およびプラチナを利用します(そのそれぞれは、オイルまたは天然ガスの駆動の機械を使って、発見されて、抽出されて、作られます)。

例えば、彼の本の中の、不況の年:

不足の政治、作者リチャードJ.バーネットは書きます:

産出するために、銅の1トンは1億1200万BTUのまたは17.8バレルのオイルの同等の人を必要としています。

アルミニウムのエネルギー費コンポーネントは20倍高い。

ジョエル・ガロウ作者は、上で引用された彼の本「北アメリカの9つの国家」の同じ章の中で、アルミニウムの製造がどれほどエネルギー集約型であるかを説明します:

アルミニウムの製造はその最も重要な原料として安価なエネルギーを必要としています。

1ポンドのアルミニウムを作成するには、1ポンドの鉄を作ることがするのの12倍のパワーが必要です。

大きなアルミニウムプラントは175,000人の人々の都市と同じくらい多くのパワーを使います。

ソース

核エネルギーはウラニウムを必要としています(それは、オイル駆動の機械を使って、また発見されて、抽出されて、輸送されます)。

金属不足とエネルギー生産の上の詳細については、見ます:

アルミニウムの不足、銅は、高く精製されたシリコンの太陽の設備不足が、希少金属の供給を小さくしているソーラ産業が金属ぼんやりと現れのプラチナの、共通の要素のグローバルな不足からの革新世界運転を危険にさらすと脅迫すると脅迫します。

バイオディーゼルとエタノールなどのバイオ燃料のための原料(大豆、トウモロコシ)のほとんどは、上で説明された農業のハイテクで、オイル駆動の現金収支割引法を使って、成長します。

要するに、オイルへのいわゆる「選択肢」は実際オイルの「デリバティブ」です。

アナリストジョンマイケル・グリーアはこのしばしば見過ごされた関係の以下の少し明瞭な説明を述べます:

私達の経済を動かせ続けるのに十分に、それが持っていないほど多く、問題は「外の運転」のそれではありません。

この点で、私達の文明のためのピークオイルの小区分は人体のために脱水の小区分に類似しています。

人体は70パーセントの水です。

従って、200ポンドの人のボディは140ポンドの水を保持します。

水がすべてにとても決定的なので、人体はその男が脱水のため倒れる前にすべての140ポンドの水体重を減らす必要があるわけではありません。

たった10-15ポンドの水の損失は、彼を殺すのに十分であるかもしれません。

同様な感覚において、私達のオイルで基づいた経済は、その準備全体から、それが、崩壊しはじめる前にオイルを枯渇させる必要がありません。

まったくオイル依存の経済を粉砕し、その市民を貧乏に減らすのに十分に、10~15パーセントがそうであるのと同じくらい小さい需要と供給の間の不足。

生産における小さな落下の効果は破壊的であるかもしれません。

例えば、1970年代のオイルショックの間に、5%と同じくらい小さい生産における不足はオイルの価格を、ほとんど4倍になりました。

同じ事は天然ガスによって数年前カリフォルニアで起こりました:

5%より少しの生産落下は価格を、400%急騰させました。

幸運にも、それらの価格ショックは一時的であるだけでした。

次のオイルショックはそんなに短命にならないでしょう。

彼らは新しく、永久的な条件の開始を表しています。

低下が始まったら、生産は毎年1年あたり3%落ちる(保守的に)でしょう。

戦争、テロ、悪天候、および地政学の「地上」が因数分解する他は、たぶん1年あたり10%を過ぎて効果的な低下等級を推進し、従って7年で50%全供給をカットするでしょう。

これらが評価するソースはたくさんのソースから来ます(それの中の大きなものはディック・チェイニー副大統領自身です)。

1999年のスピーチにおいて、ハリバートン、チェイニーの静かなCEOが述べる間、彼は与えました:

いくつかの見積りによると、平均2パーセントの年間の成長が保守的な、既存の準備からの生産における3パーセントの自然な低下とともにこれからの数年の間のグローバルなオイル需要においてあるでしょう。

それは、私達が1日あたり5000万バレル追加が必要であることを2010によって意味しています。

それがすでにしなかったならば、チェイニーの評価は、たくさんの政治的でなく、辞めて、今公平無私な科学者(その多くは、グローバルな石油生産がピークに達するであろうと信じて、次の5年以内に末期的な衰弱します)の見積りによってサポートされます。

多くの業界関係者は、1999年に予期されているチェイニーよりずっと高く低下が意志を評価すると思います。

例えば、アンドリュー・グールド(巨大なオイルサービス会社シュルンベルジェのCEO)は最近、「8%の正確な平均低下レートは不当な仮定ではありません」と述べました。

Some業界アナリストは1年あたり13%と同じくらい高く低下レートを予期しています。

13%の毎年の低下レートは、11年未満でgobal生産を、75%落ちさせるでしょう。

生産における5%の低下が価格を、1970年代に三倍にならせたならば、あなたは、50%または75%の低下が、何をしようとしていると思いますか?

石油産業から出ている見積りは、生産におけるこの落下がすでに始まったことを示します。

結果はほとんど想像できない。

私達がグローバルな石油生産曲線の下り勾配斜面を滑り下りる時に、私達は、自身が、「産業の石時代を発表します」と最もよく評された何かの中に滑っていることに気付くかもしれません。

何人かの人々は、どの新しい精製所も環境保護活動家の努力に起因して造られていないと信じます。

人が、石油産業が環境運動に比べてどれくらいお金と政治的な影響を持っているかを考慮する時に、この信念は無分別です。

あなたは、ロナルド・レーガンとジョージH.ブッシュが、うるさい環境保護活動家の束を、石油会社が、本当に彼らを築きたかったならば建てられている製油所の邪魔にならせようとしていたと本当に思いますか?

どの新しい精製所もほぼ30年に建てられていない本当の理由は簡単です:

彼らが、精製するますますより少ないオイルがあるであろうと知っている時に、高収益なままいたいどのような石油会社も、新しい精製所に投資しようとしていません。

石油探査と精製所拡張へのそれらの投資を下げることに加えて、産業がなんとか生き延びているかのように、石油会社は合併しています:

多くの人々が、世界的な石油不足の話が、価格をつり上げて、「人工的な不足」を作成する「大手石油会社」による単に共謀であると信じる。上でリストされた合併の頻発は違う話をします。

合併&買収は人食いの実業界のバージョンです。

どのような産業でも、短縮します/崩壊しはじめる時に、より大きく、より強力な会社はより小さく、より弱い会社の財産を取り上げて/つかむでしょう。

(注:石油産業の外のこの現象の最近の例については、航空会社と自動車産業を見ます。)

大きな石油会社はまた彼ら自身の株を驚くほどのレートで買い戻しています(quitely)。

2007年10月1日付のBloombergニュース記事によると:

先に述べたように、これはまさに、1970年代のオイルショックの時に起こったことです - 5%と同じくらい小さい供給品における不足は400%の近くでオイルの価格をつり上げました。

世界が大恐慌以来最も厳しい景気停滞に陥るまで、需要は低下しませんでした。

経済危機を緩和した唯一の物はベネズエラとサウジアラビアのような国家からの増産と同様に北海とアラスカの世界の最後のいくつかの「ゾウ」サイズの油田の発見でした。

新しい供給源に変っているかつてグローバルであった石油生産ピーク(それがすでにしなかったならば)はオプションにならないでしょう。

入手可能なオイルがパワーに必要でエネルギーの代わりのソースへの転換 のどのような重大な試みでも、これらの極端な価格はもしそうでなければ厳しく妨害します-完全に損います-これらの問題を処理する市場の能力。

従って、ほぼ確実な地政学の高価意志からの経済の放射性物質降下は大規模な代わりのエネルギー源の開発を妨げているモノへとぴんと張ります(すなわち戦争)。

より悪く、まだ、大規模なエネルギー戦争によって特徴付けられている地球環境において、世界の金融資本の大部分は、代替エネルギーテクノロジー上で武器テクノロジーにおいて不釣合に投資されそうです。

詳細については、見ます:

市場を武器メーカーに投資することによってピークオイルの準備をしている大きな銀行はピークオイルに直面しはじめます。

私達の非常に効率的な経済は、「実際、オイルが、更新できる資源であるというこの理論?」というエネルギーについて自由市場イデオロギーの大災害根本的エラーに非常に影響され易い。

一握りの人々は、オイルが実際地中深くで「抗生の」プロセスによって継続的に産せられた再生できる資源であると信じます。

この理論がそうであるかもしれないのと同じくらい感情的にアピールして、まったく、その証拠がありません。

この理論を信じている人々の多くが自身を「異端者」と考えるのに対して、尊敬された地質学者は彼らを変わり者と見なします。

さらに、それらは、各会社の株主価値が、主として、それが準備においてどれくらいオイルを保持するかに基づく時にオイルの無限のソースを見つけるために誰よりも動機づけられるけれども、石油会社はこの理論に信用の少しのビットも与えません。

それを市場に持って来ることを断ることを除いて、こっけいな金額(それらのすべてを意味しています)を稼ぎたいどのような石油会社でも単にオイルのこの無限のソースを見つけることができました。

彼らが、それを市場に持って来ないことによって同時に人工的な不足を維持することができる間、それらの株価は莫大な発見の結果として急騰するでしょう。

しかし、彼らの誰もそれをしていません。

「無限のオイル」の異端者/変わり者の理論が真実でも、生産量が中東の外でだいたいすべての国家の中で下落している時に、それらは現実の世界の中でここの外で私達にとってあまり利益になっていません。

それは確かにここ米国で私達にとって何のためにもなっていません。

私達の国内の石油生産は1日あたり1000万バレルで1970年10月にピークに達しました。

それはその後毎年わずかに傾いていて、今、1日あたり約500万バレルを示しています。

これは、オイルを見つけるために、米国石油探査会社がだいたい誰よりも多くのお金、より多くの力、およびより多くの動機づけを持っているという事実にもかかわらずです。

オイルが再生できる資源であるならば、なぜそれはここ米国で自身を更新していませんか?

(「私にオイルを見せます」を見ます)

さらに、油田が本当に自身を補充するならば、なぜ抗生のオイル理論の支持者は独立な石油探査会社に自身を賃貸していませんか?

これらの会社が居住し、不思議に補充するフィールドから利益を得るのを手助けすることによって途方もなく裕福になることできました。

たぶん、抗生オイル支持者が石油会社に自身を賃貸していない理由は、抗生オイル理論が賢い石油会社宣伝より少し多くであるためです。

ジャーナリストポーラは説明する:.

金融と投資のコミュニティが、ピークオイルの現実を受け入れはじめることは明らかになりつつあります(それはオイルの時代の前半を終えます)。

彼らは、安い油のエネルギーによって燃料を供給された明日の拡張が今日の借金のための適正な担保であったことを確信していて、彼らが預金の上でしたより多くを貸すことによって、銀行がこの時代の資本を作成したことを認めます。

オイル(経済成長の主要なドライバー)の低下は、次々、証券取引所で引用されたほとんどのエンティティの評価を侵食するその担保の妥当性を徐々に蝕みます。

ソース解説者ロバート・ワイズは次の通りエネルギーとお金の間の接続を説明します:

それは物理学ではないけれども、それは真実です:

お金はエネルギーと等しい。

本当で、液状の富は使用可能なエネルギーを表しています。

それは燃料と、仕事と、または人または燃料駆動のマシンの仕事によって築かれた何かと交換されることができます。

実質原価は、何かをするエネルギー費を反映します;

本当の価値は、何かを築くために費やされたエネルギーを反映します。

世界経済、すべての製造、建築、および交通においてされたほとんどすべての仕事は燃料から引き出されたエネルギーによってされます。

人の筋力によってされた実際の仕事は比較すると非常に小さい。

そして、その燃料の最大のシェアはオイルと天然ガス(世界の富の主要なソース)から来ます。

2005年10月のソース、普通保守的なロンドン時は、私達が技術的で、経済の「暗い時代」を入力する時に、世界の富がじきに蒸発するかもしれないと認めました。

記事の中で、資格を与えられた、「ライトが消えるのを待ちます」時事コラムニスト ブライアンAppleyardは報告しました:

オイルは尽きようとしています;

気候は潜在的に壊滅的なレートと交替しています;

不足しがちな資源の上の戦争は起こりかけています;

最終的に、すべての中で最も衝撃的に、私達は、どのようにこれらのいくつかを直すかについて十分なアイデアを持っていないようです。

新しい暗い時代が自身と私達の子供を待ち伏せしているという、進歩がもう当然と見なされることができないというほとんど毎日で、新しい証拠は明らかになっています。

.

.成長は終わるかもしれません。

私達の金融全体が、利率から、株式市場への年金基金、保険が成長に基づいているように命じるので、社会的で、経済の影響は大変動であるかもしれません。

あなたが、これらの結果がまさにどれほど大変動であるかもしれないか、「来るアトラクションのプレビュー」としてUKにおける現在の危機を考えるかを理解したいならばこちら。

ロンドン電信は最近報告しました:

政府は、英国じゅうの会社が、燃料不足のためこの冬に閉まることを強制されるかもしれないと認めていました。

「エネルギーのための需要と供給の間のバランスは心地悪くきつい」。

「私は、私達が供給不足を与えられたより寒い-普通冬を過ごすならば、一定の産業が本当の難題を被ることができたと思います」。

この新聞が、冬が平均より冷たいならば、英国がエネルギー不足によって麻痺させられることができることを明らかにした後に、告白はされました。

気象庁は、暖かな冬のほぼ10年の後に今年延長した冷気の67パーセントの可能性があると伝えています。

高い燃料価格と結び付けられたそれは、産業が、対処することができないであろうという心配を引き起こします。

2007年5月に、ロンドン時は英国の電気のグリッドの未来について研究から抜粋文を出版しました。

研究によると、次の10年以内の壊滅的なエネルギー危機の恐怖はもう「apoclypticなファンタジー」として退けられることができないと強調は付け加えました:

英国を横断して、都市は暗闇に突入します。

ロンドンで、うろたえた通勤者を制圧的に熱い車の中で立ち往生したままにしておいて、アンダーグラウンドは騒々しく止まります。

オフィスビルの中で、エレベーターは、動作するのをやめて、空調は閉鎖されます。

条件を抑えることにおいて、従業員は蒸し暑さに苦しみます。

これはある映画製作者のポスト黙示録のビジョンではないけれども、英国としてのリアルなシナリオはぼんやりと現れるエネルギー危機と組み合います。

統計は恐ろしい。

コンサルタントロジカCMGによる研究によると、わずか8年で、エネルギー需要はピーク時に供給を23%追い越すことができました。

経済への損失は毎年£1080億であるかもしれません。

これらの不足のソースの厳しい結果は、戸別の捜索経由で「エネルギー警察」の力によって強制されるであろう過酷な省エネルギー手段を調査するようにUK政府を促しました。

米国の一部は同様に恐ろしい可能性に直面しています。

例えば、米国ニュースと世界リポートは最近、北アメリカを横断して広がるためにすぐ悪夢のようなシナリオを文書化している6ページの記事を出版しました。

普通保守的な出版によると、北東の米国の人々はすぐ暖房用の油と天然ガスの不足の結果として公務の中で大規模な一時解雇、回転停電、永久的な産業のシャットダウン、および壊滅的な故障に直面しているかもしれません。

詳細については:

技術革命の時代は終わり国防総省物理学者に来ます:

「私達は革新の暗い時代に入っています















これのすべては私のために何を意図していますか?」

これのすべてが要するに意味しているものは、ピークオイルの余波が、遠く、あなたがガスにいくら払うであろうかを越えて拡張するであろうということです。

説明するには:

シカゴ・トリビューンによって出版された2006年7月の特別レポートにおいて、Pullitzer賞受賞ジャーナリスト ポールSalopekは次の通りピークオイルの結果を説明しました:

結果は想像できないでしょう。

永久的な燃料不足は世代の長さの経済不況に世界を傾けるでしょう。

産業が内破する時に、数百万は彼らの仕事を失うでしょう。

農用トラクタは、大規模な飢饉を引き起こして、燃料の不足のために空転するでしょう。

エネルギー戦争はゆらゆらと燃えるでしょう。

そして、自動車がない郊外居住者は、世界中で安く輸送された中国の作られた衣類を買うのではなく人の住まなくなった建物からガラスと銅線を清掃するために彼らの最も近い大きなボックス店に重い足取りで歩くでしょう。

ソースジャーナリスト ジョナサンGatehouseはオックスフォードの訓練された地質学者ジェレミー・レゲット(空のタンクの作者)の結論を要約しました:

オイル、ガス、熱気、および次のような2006年のマックリーンズ記事の中の次の金融大災害、強調は追加しました:

真実がもう覆い隠されることができない時に、価格は急上昇するであろうし、経済急降下と私達の文明の土台はドミノのように転び始めるでしょう。

「家の価格は下落するでしょう」。

株価は暴落するでしょう。

「短期以内に、人の富--トレーダーの間で高い未来についての自信を持ちさえして最良の時にあっても紙の山よりもっと小さい--は縮むでしょう」。

緊急サミット(外交のイニシアチブの、至急の探検努力)があるであろうけれども、騒動は沈下しないでしょう。

数千の会社は倒産するであろうし、数百万は失業するでしょう。

「通りカフェを持つかつての支流の都市は物乞いの無料食堂と軍隊に列を持つでしょう」。

犯罪発生率は急上昇するでしょう。

「地球はいつも危険な場所であったけれども、現在、それは火口箱になるでしょう」。

レゲットは、2010年までに、民主主義は逃走中になるであろうと予測します。

経済の困難は人々の最悪の部分を引き出すでしょう。

ファシストは、新たに困難に陥った貧しいものの怒りを食べて、サポートに鞭を入れて、立ち上がるでしょう。

これらの新しいルーラーはすでに適所にある抑制--緊急法、捕虜収容所、拷問へのリラックスした態度--(テロに対する戦争の好意)のツールを見つけるでしょう。

そして、そのシナリオが十分に悪夢のようでないならば、レゲットは、「大きな監督ナンバー・ワン」--気候変動--が同時に「復讐によって」感じられたその出席をしているであろうと予測します。

それらの急速な破産のすぐ後に、人々は「現在彼らの食物として仰天している時計を望んでいて、曲がって行く気候の面前において給水は漸減します」。

長引いた干ばつは、収穫の多くを殺して、広がるでしょう。

あなたがポンプで価格にだけ集中していて、ハイブリッド・カーを買っているか、それらのエネルギーで効率的な電球のいくつかを得ていて、あなたがより大きな写真を見ていないならば。

詳細については、見ます:

ピークオイル:

現在世紀の最も大きいイベントが、私達にある あなたが「ピークオイル」について知らない最も重要な物を問わず、現在の金融恐慌・永久的エネルギー危機のピークオイルの無言の役割は急速に発展させています。

「ブッシュ政権はこれに気づいていますか?」

もちろん、それらはそうです。

米国国家安全保障と防衛装置の重要な要素は、CIAがそれについての現在機密種別からはずされたリポートを準備した少なくとも1977年以来ピークオイルに気づいていました。

リチャードHeinberg教授は説明します:

平均2パーセントの年間の成長が保守的な、既存の準備からの生産における3パーセントの低下とともにこれからの数年の間のグローバルなオイル需要においてあるでしょう。

それは、私達が1日に追加の5000万バレルのオーダーの上で困窮することを2010によって意味しています。

チェイニーのステートメントを把握するために、世界の産油国が全能力で現在汲み上げているけれども1日あたり8500万バレルよりずっと多くを生み出すために奮闘していることを覚えています。

そのような莫大な量によってその生産を引き起こしている世界の可能性がこっけいな境界線である時に、チェイニーのステートメントはピークオイルの深刻さと切迫の暗黙の自認でした。

チェイニーによって委任されて、2001年4月に発表されたリポートは同じくらい気がかりでした:

最も重要な違いは現在と10年前エネルギーチェーンのクリティカル・セグメントで予備の資格の異常に急速な浸食です。

今日、不足は、特有であるようです。

予備品のこれらの損失の中で最も並みはずれたものの間で、能力はオイルアリーナにあります。

この情報を考慮して、チェイニーは、西洋の国際石油資本が国際石油資本を引き止める唯一の方法が、中東に置いていかれるものをつかみ、それからそのオイルを汲み上げる契約を国際石油資本に与えるために力を使うことであると知っていました。

イラクへの侵略の4年後に、これはまさに、起こっていることです。

英国独立のジャーナリスト ジェフリーLeanは説明します:

「従って、このオイルは、どこから来ようとしていますか?」

チェイニーは彼の答えを尋ねました:

中東は、「賞品が最終的に横たわっている所」でした。

賭けられていたものについてのどのような疑いでもないように、イラクへの侵略の最も強力な提案者の1人になることになっていた男は進みました:

「それが事実上そんなに戦略的なので、オイルはユニークです」。

私達はsoapflakesまたはレジャーウェアについて話していません…

「湾岸戦争はその現実の反射でした」。

さて、7年経って、差し迫った石油危機のチェイニーさんの解決策は実施されることに向かってかなり進んでいます。

別の戦争の余波において、イラクの欧州共同体閣僚理事会は、今日、主要な中東の製作者が最初にそうする時に国の石油埋蔵量--世界で最も大きい3番目--への道を民間会社に開放すると見られています。

驚くことではないが、ジョージ・W・ブッシュはディック・チェイニーの意見を反復しました。

2001年5月に、ブッシュは、「人々が、大きな声ではっきりと聞く必要があるものは、私達がアメリカのエネルギーを使い果たしていることです」と述べました。

ジョージ・W・ブッシュのエネルギーアドバイザーの1人(エネルギー投資銀行家マシュー・シモンズ)は差し迫った危機について十分に話しました。

例えば、2003年8月のインタビューにおいて、シモンズは、ピークオイルが社会政策討論の一部になる時間であったかどうかを尋ねられました。

彼は反応しました:

それは過去の時間です。

私が言ったように、エキスパートと政治家は、頼る計画を全然持っていません。

エネルギーがピークに達して特に一方世界の65億人の人々の5人が現代のエネルギーのほとんどまたは全然使用を持っていないならば、それは、私達の経済的福祉への、そして誰でも想像することができたより大きい私達健康?へのすさまじい動揺になるでしょう。




こっちの君が代行進曲の方がエエで・。

道路作って車走らず・。

<暫定税率復活>渦巻く不満と歓迎…1カ月振り回され


4月30日21時27分配信 毎日新聞










<暫定税率復活>渦巻く不満と歓迎…1カ月振り回され

総理官邸に向かってガソリンの暫定税率復活に反対する人たち=東京・永田町で2008年4月30日午後0時29分、丸山博撮影




 失効からわずか1カ月。租税特別措置法改正案が30日、衆院で再可決され、ガソリン税などの暫定税率が復活した。1日以降、店頭のガソリン価格上昇は必至だ。「車を手放せということか」「政党の都合で振り回されてばかり」。生活必需品の値上げが続く中、暮らしへの重しがまた一つ増え、ドライバーの口からは次々と不満が漏れる。一方、道路財源の確保に光が差した地方自治体や建設業界からは歓迎の声も聞かれた。【まとめ・井上英介】



【関連記事】
ガソリン、大幅値上げへ!暫定税率が復活




 ◇「10年乗った愛車手放す」



 「10年乗った車を手放します。維持費が高過ぎて」。30日、東京都江戸川区のセルフ式ガソリンスタンド(GS)で愛車の日産・サニーに給油しながら同区の会社員、青柳達明さん(47)は話す。2人の高校生の息子がいる。長男は来年大学を受験する予定で、出費がかさみそうだ。



 ガソリン代は3月まで月1万円強だったが、4月は2回の満タンで約8000円にまで下がった。暫定税率復活で価格が過去最高になると予想されるうえに、下がると期待した車検代も従来のまま。5月で車検が切れるのを機に決断した。「やはり1カ月の夢だったんですね」。皮肉な言い回しに悔しさをにじませる。「普通のサラリーマンは車を持てないのでしょうか」



 千葉市中央区。「4月の値下げで経費が月5000円浮いた。ありがたかったのに」。国道沿いのセルフ式GSでワゴン車に給油した運送業、猪股(懋つとむ)さん(62)が顔をしかめた。給油は月10回。大手の下請けをこなす個人事業主で、ガソリン代は自己負担だ。値上げはそのまま家計にはね返る。



 暫定税率や道路財源は必要だと思う。「でも、無駄遣いを放置しての復活は認めがたい」。不満そうにハンドルを握った。



 札幌市南区の自営業、辻千恵子さん(60)は、駆け込み需要で混雑する中央区のGSで30分かけて給油した。「値段が下がったり上がったりで、もう政治不信です」。90歳の母と同居し、月1回軽乗用車で自宅と病院を往復する。「5月から節約意識を強めないと。自転車や徒歩でなるべくガソリンは使わないようにする」



 大阪市北区天満橋のGSで給油していた兵庫県宝塚市の会社員、吉岡秀和さん(51)は、エアコンの取り付け・販売の仕事帰り。「ねじれ国会が悪いとは思わないが、与野党とも政局ばかり気にして市民のことを考えていない。ちゃんと話し合いをしてほしかった」と厳しい表情だ。「税率をそのまま復活させるのではなく、景気に配慮して柔軟に対応してほしかった」と話した。





蛇足


与党の増税主義者と官僚とは即刻退場させねばならんでしょう・。これからジワジワと石油価格が上がるのはピークオイルの国際支配者の皆さんの描いたとうりのシナリオであろう・。道路のアスファルトなど石油からの副産物なので、道路価格も所詮たかどまり・。税を廃止する勇気も根性もありません・。国会が紙幣を供給するにはあまりにもお馬鹿議員どもだ・。税のない1日4時間労働で飲めや歌えの縄文時代の方がもっと豊かだったのよ・。君たち・。

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR