FC2ブログ

国連は支配層の道具・。

死刑廃止、前向きに検討を=日本政府に勧告-国連委


10月31日5時42分配信 時事通信







 【ジュネーブ30日時事】日本の人権状況を審査してきた国連の自由権規約委員会は30日、死刑制度の廃止を前向きに検討するよう日本政府に勧告した最終意見書を公表した。第2次世界大戦中の従軍慰安婦問題でも、謝罪と補償措置を求めるなど、日本に厳しい注文が多く出された。

 同意見書は、日本での死刑の執行件数が近年、増加したことに懸念を表明。執行当日まで事前の告知がないことや、高齢者に実施されたことなども問題視し、「日本は死刑廃止を前向きに検討すべきだ」と勧告した。

 従軍慰安婦問題では、これまで行われた元慰安婦への補償措置を、「十分ではない」と批判。日本政府に対し、同問題での法的な責任を受け入れるとともに、被害者の大半が受け入れるような十分な謝罪と適切な補償措置を早急に講じるよう求めた。 


蛇足

イルミナティ支配の国連は日本国の台頭には偉く干渉する。民族派が台頭する事に60年前の思考回路が働くようだ・。

世界190カ国の内、独裁国家が100数国ある中、人権無視や裁判もなく処理される事に関して、そちらには何も言わないのはどういう事か?また、大国の介入による戦争や紛争での人権介入や無視についてはどういうダブルスタンダードで対応しているのか?日本の事をことさら激しく向かってくるのは、国連費用分担の面でも筋違いだろう・。死刑廃止すれば、ポリス国家への道を歩むことになり、警察権力の増大にするしか方法がない・。凶悪犯は現場で射殺が国際ルールなのだから・。日本の優しさは時に誤解を生む。それほど、言いやすい国もないのだろう・。

アジア共同圏の構築が国連の指名や命令だろうから、日本を弱体化し、東アジアの中に取り込まれる事で、NWOへの道を模索できるからだ。

日本の独立を阻止する事が国連支配層(ダブルスタンダード)の命題だからである・。



国連は日本への敵国条項を廃ししてからモノを言え・。

スポンサーサイト



まだ、アメリカ人は楽観的です・。

Wake Up America?Home Prices ARE Falling

Posted By:Diana Olick

価格が落ちているアメリカの住宅を目覚めさせてください。

:ダイアナオリック







Am I not doing my job? Or is nobody listening? How is it possible, in the midst of the worst credit crisis in history, which is predicated on one of the biggest housing crashes in history, that nearly half of all Americans still don’t get that home prices are falling?

私は自分の仕事をしていませんか?

または、誰も聞いていませんか?

すべてのアメリカ人のほぼ半分がまだ、住宅価格が下がっていることを理解しているわけではないことは、歴史(それは歴史において最も大きな住宅衝突の1つに基づいています)において最も悪い金融恐慌の真っ直中にいるのですか?

A new survey from Zillow.com finds that a full 49 percent of those surveyed think their home has either retained its value or even gained value in the past year. According to Zillow, 74 percent of all U.S. homes have lost value in the last year. Don’t believe Zillow? How about the National Association of Realtors: Home prices down 9 percent nationwide in the past year. How about the government’s Office of Federal Housing Enterprise Oversight: Home Prices down 5.9 percent since last year. How about any real estate agent in the phone book??

Zillow.comからの新しい調査では、調査されたそれらの内49パーセントが、彼らの家がその価値を保持しているか、過去1年で価値を得たと思うと気付きます。

Zillowによると、すべての米国家の74パーセントが昨年価値を失いました。

Zillowを信じませんか?

全米不動産業者協会はどうです:

住宅価格は過去1年で全国的に9パーセントのダウンしました。

連邦住宅企業監督の政府のオフィスはどうです:

住宅価格は昨年以来5.9パーセントのダウンしました。

不動産業者は電話帳の中ではどうです??

Ok, I get it, all real estate is local, and a lot of folks simply believe that those national numbers don’t apply to their neighborhood. Yep, there’s some truth to that, there are some neighborhoods in some cities that are still strong. But not half the homes in the country!!!

Ok、私はそれを見て、すべての不動産はローカルで、たくさんの人々は、不動産会社の全国番号が彼らの付近にあてはまらないと単純に信じます。

はい、それはいくらかの真実があり、まだ、強いいくつかの都市と、いくつかの地域があります。しかし米国の半分の家でない!!!

Who’s most deluded? Many of you folks in the Northeast. Apparently about 55 percent of you think your home would sell for the same or more than it would a year ago. Zillow says 71 percent of homes in the Northeast have lost value. Thankfully Westerners are a little more grounded in their property valuations…but not all of you! Despite the fact that home prices in California, Nevada and Arizona have fallen upwards of 40 percent regionally, 35 percent of Westerners think they haven’t lost a dime in their homes. According to Zillow, 85 percent of all homes in the West have lost value.

誰が最も惑わされていますか?

あなたたち、米国北東部の人々の多く。

見たところ、あなたの約55パーセントが、あなたの家が、同じまたはそれが1年前より多く価値が上がり販売されるであろうと思います。

Zillowは、米国北東部の家の71パーセントが価値を失ったと言います。

有り難いことに、西部人は彼らの資産評価に少し基づいています…

しかしあなたたちのすべてでない!

カリフォルニア、ネバダ、およびアリゾナの住宅価格が地域的に40パーセント以上下がったという事実にもかかわらず、西部人の35パーセントが、彼らの家では10セント硬貨ほども下がってなかったと思います。

Zillowによると、西欧のすべての家の85パーセントが価値を失いました。

So what’s up with the numbers? Clearly Americans get that something bad in the economy is going on. Consumer sentiment is in the toilet and consumer spending is swirling around the same venue. Are we all so wrapped up in the credit crisis and the stock market mayhem that we forgot from whence all this madness was born, i.e. housing??


それで、何が数字上、上がっていますか?

はっきりと、アメリカ人は、経済において何か悪いことが起こっていることを理解しています。

消費者の心理はトイレのように個人消費おいては不安を渦巻かせています。

私達はみな、このすべての狂気が誕生して、すなわち住む家、私達が忘れた金融恐慌と株式市場騒乱の中でそのように包まれますか??

Look, I’m all for optimism, and yes, I do think the media can tend to go a bit overboard in reporting a crisis, but all indicators suggest we are in a housing crisis. Anyone has a right to think anything they want about their home, but any real estate agent will tell you, one of the biggest barriers to home sales and a housing recovery is the seller’s over-inflated perception of the home price.

ほら、私は楽天主義に大賛成で、はい、私は、メディアが、危機を報告することにおいて少し実際経済から反らす傾向があると思うけれども、すべてのインジケータは、私達が住宅危機にいることを示唆します。

誰でも、彼らが彼らの家について望んでいることを何でも考える権利を持っているけれども、どのような不動産業者でもあなた(家庭の販売への最も大きな障害の1つ)に話すであろうし、住宅回復は売り手の住宅価格の過度に膨張した知覚です。

Price a home correctly, even aggressively, in today’s market and it will sell, and that’s the road to recovery my friends, not listing your home for sale right in the heart of la la land.

今日の市場で正しく、攻撃的にさえ、家に値をつけてください、そして、それを売ります。まったく、回復への道は、私の友人です、ララランドの中心に売物のあなたの家を正確にリストしないことです。

日銀の国営、廃止し政府紙幣の発行機関とする・案。

215     日銀のデイスクロ         03.6.1


527日、日銀が14年度の決算を発表した。報告書は30ページちかくにわたり、おなじ日に発表された372ページの業務概況書とあわせて、日銀のデイスクロージャヤーはゆきとどいたものである。


日銀の貸借対照表で、資産・負債の部の最大項目は発行銀行券 71.05兆円(75.61兆円)である。これが3月末における日本の紙幣の総額だ。紙幣は我々にとっては資産だが、日銀にとっては負債だ。ただし金利がゼロという負債である。

資産の部の最大項目は国債 88.65兆円であり、この利息が日銀にはいる。54.1兆円保有している長期国債はまだ2.71%にまわっている。



損益計算書で、普通の会社の売上高にあたる経常収益は2.01兆円だが、そのうち国債利息が1.46兆円をしめる。あとは外国為替の利息、売買償還益、為替差益など0.36兆円が大きいだけである。2.01兆円の経常収益から1.34兆円(0.9311兆円)の経常費用が引かれる。中身は国債売却償還損 7307億円、外国為替売買償還損 3411億円など、経常収益と益損が両建てになっている分が大きい。それを除けば、銀行券製造費607億円をふくめた一般経費は2316億円しかない。

こうして経常利益6620億円(6873億円)がうまれて、特別損益を差引いて5988億円(6866億円)の税込利益が残る。



日銀は資本金1億円(うち政府出資55%)の株式会社だが、特殊な点が多い。まず法人税が減免されている。だから税込み利益5988億円に対し、5944億円(6407億円)の当期剰余金(税引利益)がのこる。法定準備金を積立て、株主にたいして5%の配当金を支払ったあと、剰余金は国庫に納入する(6087億円)

14年度の納入金額は13年度の13904億円から激減している。


紙幣を発行している日銀は紙幣製造費と管理経費を引いたのこりが、すべて造幣益になると思っている人もいる。このコラムにたびたび書いたようにそんなことはない。発券業務、国庫の管理、決済システムの維持、金融政策の実行という業務をおこなっている日銀の利益は、14年度はわずか6000億円弱にすぎない


日銀の使用総資本は141.1兆円(113.4兆円)である。これにたいして売上高は2.01兆円である。総資産回転率は1.4%にすぎない。

日銀の企画室が147月に発表した資料によれば、日銀の使用総資本は米国のFRBの65.5兆円、欧州中央銀行の81.4兆円にくらべて巨額である。このように大きくなってきたのは90年代以降で、それまで日銀の使用総資本はその年の名目GDP10%を超えたことはなかったが、97年あたりから急増し、いまは名目GDPの30%に近づいている。

その理由は次回に書きます


しかし売上高純利益率は29%と高い。金融機関としては、大手銀行は赤字だが消費者金融大手はまだ巨額の利益をあげている。武富士の売上高利益率は22.5%、総資産回転率は0.21%と収益構造は日銀と似ている。両者の共通点は金融機関の生命である利ざや(資金運用益と資金調達コストの差)が大きく、経費率が低いということである。


いま異常な経済・金融情勢がつづいている。その影響は政府の財政赤字にあらわれているが、中央銀行の財務諸表にもそれが雄弁に反映されている。


216        日銀にあるリスク           03.6.3


14年度に日銀が行った金融政策は以下のものが大きい。

1)物価が前年比マイナスだが、せめて前年比ゼロにする。

2
)長期国債を毎月、12000億円を上限として、買い入れる。1030日。

3
)金融機関の保有株式を上限3兆円として買上げる。



3月末まで11604億円 実施。

4
)日銀当座預金を新たに入る郵貯分2兆円を含めて1722兆円にする。



345日。

5
)オペ対象証券の担保掛目の引上げおよび証券の範囲拡大。1030日。



この異例の金融政策の影響が前14年度の決算にどう影響しているかを検証する。


1)国債の損益

日銀は国債を期末で88.6兆円保有し、売上高の73%が国債の利息である。

うち平残で54.1兆円の長期国債の利回りは2.701%31.1兆円保有の短期国債は0.006%。利息は入るが、国債の売買・償還益20.7億円にたいして7307億円の売却償還損がでている
。利息が多いといって喜んではおられない。期末56.2兆円保有している上場国債は、3月末で1兆4824億円の評価益がでている。ながく保有していたものが多いのだろう。しかし、国債価格はバブルの絶頂にあり、これからは下落するしかないと、私はみている。日銀でも保有国債の評価損が発生するだろう。

2)株式の損益

日銀は銀行が保有している株式を買取った。実際には信託銀行がその業務をやり、日銀の貸借対照表には「金銭の信託」という項目で表示してある。3月末の簿価は1兆2075億円で時価は11417億円だ。いまのところ評価損が658億円でている。これは、心配する必要はなく、日銀にとって、やがて大きな利益になるだろう。



中央銀行が国債、株式の大仕手である国、それ自体が異常であるが、そのことが日銀の財務諸表にこれから投影されよう。


3)日銀当座預金

日銀の使用総資本が141兆円とバカでかいのは、負債の部の預金の膨張による。14年度末は
32.05億円で前年比3.15兆円増加した。12年度末には5.83兆円しかなかった。

日銀は金融政策の手段として、これ以上金利はさげられないから、量的緩和に専心してきた。市場から国債を買い上げ、銀行の株式を買い取り、大量の現金が日銀から銀行に渡された。発行銀行券の推移は、12年度末58.6兆円、13年度末67.8兆円、14年度末71.0兆円と名目GDPが減り続けた経済としては、異常なふえかたである。

銀行はせっかくの現金を貸出しにむけることなく、金利ゼロの日銀当座預金においてある。これが減ることが経済の活性化であり、景気好転のシグナルだ。

 


日銀の剰余金は14年度、大幅に減少した。外国為替売買償還損益が、13年度

プラス7507億円にたいして、14年度はマイナス1638億円になったことが大きい。



けれども、これからは外国為替だけでなく、日銀が保有する国内資産の価格変動に、日銀が翻弄される日がくるだろう。日銀の決算には注目を怠れない。




蛇足



結果として発行銀行券は数兆円分増えている(平成14年から19年度)。毎年1兆円規模で資金の流動性は高まっている。借り換え国債により、残高は一定を保っている。日銀の純利益の95%近くは国庫に納入されている・。5%の配当を株主に払い(政府及び外人に300億円ぐらい・)。と言うことは別に発券は政府で十分であろう・




日銀を国営化しても大して変わらないであろう。国債の利子で利益を得ているので、国債の発行がない分、政府紙幣の発行が効果的であり、公務員の数も減らせる。



これだと外国勢力の干渉も減らせる・。


権利というわがままな公立教員貴族たち・。

なめ猫 さんのブログより・。

橋下知事vs教員 教育問題討論会で渦巻く怒号、やじ

府民らとの討論会で、参加者からのヤジに語気を強めて反発する大阪府の橋下知事=26日午後、堺市中区 橋下徹大阪府知事と公募で集まった府民らが教育問題について意見を交わす討論会が26日、堺市中区の大阪府立大学で開かれた。橋下知事が学力テストの自治体別結果を公表させたことについて賛否が寄せられたほか、職業教育の重要性や授業を面白くする必要性を訴える声があがった。一方で知事の発言のたびに、現場教員らから「『くそ教育委員会』発言を撤回しろ」などとヤジが飛び、会場は終始騒然とした雰囲気。知事も「こういう先生に子供たちを任せられない」と発言をエスカレートさせた。

 討論会は府教育委員会と府が主催。約700人の府民が参加し、このうち事前の抽選で決まった代表者15人が、教育施策についての意見や質問を述べ、橋下知事や生野照子教育委員長らが応じた。

 最初に日教組の組合員という女性が、「中山成彬前国交相の(日教組の強いところは学力が低いという)発言について知事は『本質を突いている』と述べたが、どういうつもりか。大阪の場合、学力の問題の背景には離婚率の高さなどさまざまな背景があるはずだ」

と質問した。

 これに対し橋下知事は「どんな理由があろうとも、大阪の学力が全国からするとかなり低い。そのことから逃げてはならない」と切り出し、「私には子供たちの学力を上げる責任がある。そのために知事に立候補し、当選させてもらった」と訴えた。


 しかし発言中はヤジが多く、たまりかねた橋下知事は「まず人の話を聞きなさい。いい大人なんだから」。続く言葉で「こういう先生に子供たちを任せておくことはできない。中山前国交相の発言こそ正しいじゃないですか」と持論を述べると、知事の発言を支持する他の参加者たちから大きな拍手がわいた。

 「まず教員の数を増やせ」「予算を減らすな」…。その後も橋下知事が発言するたびに怒号に包まれる会場。知事の発言も徐々にエスカレートし、「学校の先生は(学力低迷の問題について)責任を取らなくても一生公務員としてぬくぬくとやっていける」。

 さらに「トップの方針に学校の先生が従わない。どこの会社に、社長の方針に従わない部下がいますか。そんな部下がいたらクビになる」と持論を展開、「9割の先生は一生懸命やっている。地域や家庭の皆さんが学校運営にかかわり、1割のどうしようもない先生を排除してください」と呼びかけた。

 このほか橋下知事は「先生がちょっと子供の頭をゴッツンとしようものなら、やれ体罰だと叫ばれる。これでは教育はできない」とし、「(こうした行為を)どこまで教育と認めていくか、家庭、地域と合意を形成することが必要」と主張。会場からは「弁護士が法律違反の体罰を認めるのか」との声もあがった。

 15人の発言者の一人で、職業教育の充実などを訴えた同府泉大津市の会社員、笠井大三さん(45)は「発言中のやじなど、会話の基本中の基本ができていない人がいた」と不満を口にした。

また「冷静に話し合えない姿を子どもに見せたくはなかった」と言う小学5年の息子と訪れていた大阪府泉南市の主婦(40)は「学力テストの結果公表には賛成。社会に出て困らない人を作るために、学力を上げていかなければいけない」と橋下知事を支持。

 一方、会場で知事批判のビラを配布した教員らの団体「橋下行財政改革にNO!の会」の女性教員(55)は「結果公表でランク付けが進めば、子供たちへの悪影響は計り知れない。知事は教育現場の現実を見ていない」と話していた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20081027-OHT1T00084.htm

橋下知事もはや恒例の過激発言「中山前国交相は正しい」 

大阪府の橋下徹知事(39)が26日、府民らと教育問題を話し合う討論会に出席、教育関係者とみられる人たちからのヤジに「子供たちをこんな先生方に任せてられない。(日教組批判で国土交通相を引責辞任した)中山成彬氏の発言こそまさに正しい」などとやり返した。また体罰容認ともとれる発言も飛び出すなど過激な橋下節が全開。会場は拍手とどなり声が交錯する異様な雰囲気に覆われた。

 大阪府立大(堺市)のホールで行われた「大阪の教育を考える 府民討論会」。橋下知事は、参加者の質問や意見に対して「必ず子供たちの学力を上げる」と持論を展開していた。そこに飛んできたのは教育関係者とみられる一部来場者からのヤジ。

 すぐさま戦闘モードに切り替わった知事はヤジった来場者を一喝した。「まず黙りなさい。保護者に聞こえない。いい大人なんだから」

 日教組組合員を名乗る質問者の1人は中山発言を「なかなか本質をついている」と擁護した知事に真意を問いただし、その上で「くそ教育委員会」など“橋下語録”を列挙。「知事の暴言こそルール違反」とかみついた。

 会場からは「質問に答えろ」などと激しい怒号が。これに知事は完全にヒートアップ。「子供たちをこのような先生方に任せてられない。中山成彬氏の発言こそまさに正しい。安心して預けるわけにいかないんです。みなさん、これが学校の現場の現状ですよ! 地域でちゃんと学校をコントロールしてください」

 さらに「どこの会社に社長の命令を聞かない部下がいますか。9割は一生懸命やってる先生がいる」と指摘。すると反発の罵声(ばせい)をかき消すような拍手も巻き起こり、会場は異様な雰囲気に包まれた。「地域や家庭が学校に入っていって、1割のどうしようもない先生を排除していってください!」



昨日の大阪府教育委員会主催の討論会はかなり激しいバトルが繰り広げられたようです。

参加された方からひどいやじが飛んだとの報告を複数いただいています。
日本会議大阪の丸山氏のメールによると、教職員組合と学力の相関関係を丸山氏が尋ねたところ、激しいやじが飛んだとのことです。



人の話も聴けない人が教師だと子供たちの前に立っているのかと思うと不安に感じた保護者や府民は多かったと思います。テレビで放送されたニュースを見る限りでも、知事が「人の話は聞きなさい」と発言すると、多くの拍手がありました。



蛇足

公立学校には1年契約の講師が一杯いるのに、終身雇用のァフォ教員はやり放題とは、ちとおかしいのではないか・・。給料手取り40万以下は安いとほざく教員など・。日雇い労働者の爪の垢でも飲め・。

教員の迷惑行為は普通の社会人の100倍という高率であり、児童を指導などという猥褻な事に使う輩が実にに多い。私の最近の例では、特急電車の唯一の喫煙車両に、こともあろうに酔っぱらった教員の集団が、指定席の空いたところを占拠し、大声でわめく「たばこ臭いな・・」と当たり前のやろ・。喫煙席やし・。ごちゃごちゃと、あげく、切符も買わずに、乗り込んできたので、車掌に買う事になっても、言い分だけぬかす。日教組など、こんな非常識な団体など、免許も廃止し、解散し、1年契約の社員として雇用すればええンとちゃいますか・。

・ 女性教諭 勤務中に乗馬通い
・ 「うざい」生徒殴った中学教師を停職処分
・ 先生が占い師に相談 児童の情報漏らす
・ 死亡児童HP掲載の元教諭、学校侵入で無罪主張
・ 死亡児童写真をHP転載の元教諭 小学校への侵入罪でも起訴
・ 執行猶予中、懲りずに盗撮狙う? 「クラブきっず」元教諭が小学校運動会に侵入、逮捕
・恐喝容疑で小学校女講師逮捕=元交際相手から5万円-茨城県警(時事通信)28日 - 18時6分
・<窃盗>温泉脱衣所で現金抜き取った疑い 中学教諭逮捕 振り替え休日に(毎日新聞)28日 - 15時35分
・コイン窃盗:容疑で中学校講師を逮捕--七尾署 /石川(毎日新聞)27日 - 16時1分
・痴漢:電車内で行為 臨時講師を懲戒免職 /大阪(毎日新聞)24日 - 14時1分
・<痴漢>電車内で女子高生に 容疑の中学教諭逮捕 神奈川(毎日新聞)24日 - 13時43分
・県教委:男子生徒に暴力、個人情報紛失など2教諭を懲戒処分 /群馬(毎日新聞)22日 - 13時1分
電車内で女子高生触る 高校教師を逮捕 (産経新聞)22日 - 12時53分
・<淫行容疑>防犯巡回中に女子中生誘う 埼玉の臨時教諭逮捕(毎日新聞)22日 - 12時14分
・<強制わいせつ>電車内の未遂容疑で神奈川県立高の教諭逮捕(毎日新聞)22日 - 12時8分
・夏祭りパトロール中に中3ナンパ わいせつ行為の小学校教諭を逮捕(産経新聞)

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2008年10月26日


                           山本尚利


タイトル:世界同時金融危機:ブラック=ショールズ公式の功罪



1.先の見えない世界同時金融危機


 現在、世界は株安、ドル安、ユーロ安に陥っています。米国発のデリバティブ金融バブル崩壊が今日に金融不安の要因であることは間違いありません。このあおりを受けて、日本も深刻な株安、円高に陥っています。2008年10月24日の日経平均株価7624円、1ドル95円と、株価は2003年4月28日の日経平均株価7607円(過去の底値)に迫っています。この状態が続けば、来年の日本の景気(製造業の支える日本経済の景気)は大きく後退するでしょう。2008年10月26日の日経新聞によれば2003年の株価収益率PER(時価総額/純利益)109倍に対し、今回は10.3倍です。この数値から前回は構造不況による株価低迷であったのに対し、今回は世界同時金融危機による株価下落であることが明らかです。日本企業の実力に比べて、異様に株価が下がっているということです。この状態はどうみても健全ではありません。もうひとつおかしなことに、前年度比(2007年10月末との比)の株価下落率が日本は54.3%(世界第8位)に対し、金融危機震源地の米国は39.8%(18位)にとどまっている点が挙げられます。また、対ドル騰落率(最近1週間)に関し、多くの国がマイナス(ドル高)となっているのに、日本のみプラス8%(ドル安)となっています。これはいったいどういうことでしょうか。日本の大幅な株安の原因は日本企業株主の30~50%を占める外人投資家の換金売りといわれており、日本株騰落の原因はよくわかります。さらに外人投資家は海外の持ち株も換金売りして、手にした各国通貨にて円買いしていることになります。ドル、ユーロに次ぐ世界通貨の円が今、投機の対象となっているわけです。ドルもユーロも信用できないので、消去法でやむを得ず円が選択されているのでしょう。このまま行くと、次に日本株が反転してV字型急騰する可能性すらあります。なぜなら、日本企業の業績は決して悪くないからです。日本の投資家あるいは日本政府が日本株を外人投資家から買い戻す絶好のチャンス到来です。



2.ノーベル経済学賞理論の功罪


 今回の世界同時金融危機はかつての日本の資産バブル崩壊と違って、米国中心のデリバティブ金融商品(金融派生商品)に対する信用の崩壊であるといわれています。そこで、デリバティブ金融商品について考えてみます。米国にてデリバティブ金融商品が普及した背景にはブラック=ショールズ・フォーミュラ(BSF)に代表される金融オプション理論があります。この理論は、後に、筆者の専門の技術経営(MOT)におけるハイリスクな技術投資プロジェクトや研究開発プロジェクトの評価法に応用されてきました。その関係で筆者は20年前の1988年ころから金融オプション理論に関心を抱き、当時、『オプション理論と応用』(大村敬一著、1988年、東洋経済新報社)を購入して勉強していました。ちなみに、この著者は2004年に早稲田大学大学院ファイナンス研究科(日本橋キャンパス)を立ち上げた教授です。


 さてスタンフォード大学教授のマイロン・ショールズ博士はBSF導出の功績により、1997年にノーベル経済学賞を受賞しています。ところが、彼の関与したヘッジファンドLTCM(Long Term Capital Management)が1998年、巨額損失を出して破産し、BSFの正当性に疑問がもたれました。にもかかわらず、その後、BSFを理論的バックグラウンドにしたデリバティブ金融商品市場は世界規模で普及していきました。


 ところでBSFとは何でしょうか。それは巨大な証券市場で日々、変動する多数の銘柄の株価を統計的母集団とみなして、その株式に投資する際のリスクとリターンを定量化表示する数式です。すべての株式銘柄に関する情報が完全に公開され、それに基づいて、多数の投資家が経済合理的に株を売買するという前提が成立すれば、BSF理論そのものに間違いはないと思います。要するに、今日の金融危機に関してブラック=ショールズ理論が悪いのではなく、BSF成立の前提条件を無視して、それを意図的に誤用した国際金融資本に責任があります。



3.ブラック=ショールズの理論が成立する範囲


 BSFの理論をわかりやすくいえば、サラ金の利子を想定すればよいでしょう。サラ金を借りる人は返済不能になる確率が高い。すなわちハイリスクの借り手です。そこで多数のサラ金の借り手を統計的母集団とみなせば、過去の経験に基づき借り手母集団の返済不能者の発生率が推定できます。そして貸し手が損しないレベルの利子率が容易に計算できます。オプション理論のオプション価額がサラ金利子率(しばしば高金利)に相当します。オプション理論を応用したデリバティブ金融商品にはその市場価格の変動リスクを引き受ける胴元(保険組織)が存在します。胴元はおのれが損しない範囲のオプション価額分だけ前金でもらうことによって、その金融商品の値下がりリスクを保証します。たとえば投資家は元本10億円のデリバティブ金融商品に投資する際、そのオプション価額、たとえば1億円の前金を胴元に払えばよく、市場価格が1億円以上値下がりしても損失は1億円どまりです。1億円を超える損失分は胴元が被ります。逆に、値上がりすれば1億円の捨て金で数億円あるいは数十億円を一瞬でもうけることができます。まさにバクチそのものです。


 ところでデリバティブ向け金融理論は、すべての企業は業績向上を目指すという前提で成り立つ会社株や社債、誰もが死を怖がるという前提で成り立つ生命保険、故意に交通事故を起こすドライバーはいないという前提で成り立つ自動車損害保険などには適用できるでしょう。なぜなら、これらの金融商品にはいっせいに価格暴落を起こす要因がほとんど存在しないからです。しかしながら、投機対象となりやすい住宅や不動産の購入ローンの証券化商品はデリバティブ金融商品として不向きです。なぜなら、住宅や不動産市場は不況などでいっせいに価格暴落を起こす要因が存在するからです。案の定、米国で2007年後半よりサブプライムローンの証券化商品の暴落がまず起こったのです。全世界でデリバティブ金融商品を販売してきた国際金融資本はこのリスクをあらかじめ予想していたでしょう。だからこそ自分がババを引かないよう、住宅ローンのデリバティブ金融商品を、さまざまな複合商品(CDOやCDS)に組み替えて転売し、おのれに降りかかるリスクの分散を図ったのです。



4.誰が悪いのか、証券化商品の暴落


 今回の世界同時金融危機をもたらした証券化金融商品の暴落は起こるべくして起きたものです。いったい誰が悪いのでしょうか。やはり、それはブラック=ショールズ理論の成立する前提条件を理解できなかった人たちです。つまりBSFの成立する前提条件からはずれる証券化商品を喜々として買った投資家たちです。世界の金融機関で資金運用する人たちは必ずしも統計数学に精通していないでしょう。BSFの本質がわかれば、到底、買えない商品が住宅ローン証券化商品を組み込んだデリバティブ金融商品でしょう。その意味でそれらを買った方が悪い。日本の金融機関は、プライムローンはともかく、少なくともサブプライムローンの証券化商品の危うさには気付いていたらしいので、幸いその被害は少なかったようです。しかし、今はサブプライムローン証券化商品を含むデリバティブ金融商品市場全体への信用がすっかり失われてしまったということです。


 しかし、だからといってBSF理論を全面否定してはならないでしょう。この理論は依然として、企業の株式市場、ハイテクベンチャー株式市場、将来的には知的財産権の売買市場の投資理論には十分有効です。



お知らせ:


 改正特定電子メール法(迷惑メール防止法の強化)が2008年12月より施行されるときいています。法というものは常に両刃の剣ですから当局によって悪用されるリスクがあります。したがって、今回のメールをもってメルマ配信をいったん休止します。完全廃止するかどうかは、今のところ未定です。なお、下記のジオシティへの『ベンチャー革命』記事アップロードは続行するつもりです。



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp
 


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

私物金融制度の崩壊

THE COLLAPSE OF A 300 YEAR PONZI SCHEME:

THE REAL DEBATE IS CRONY SOCIALISM OR FINANCIAL SOVEREIGNTY

300年のポンジー計画の崩壊(ねずみ講計画の崩壊):

本当の討論は縁故社会主義または金融主権です。

Ellen Brown, October 16th, 2008

エレンブラウン、2008年10月16日

The Collapse of a 300 Year Ponzi Scheme

All the king’s men cannot put the private banking system together again, for the simple reason that it is a Ponzi scheme that has reached its mathematical limits. A Ponzi scheme is a form of pyramid scheme in which new investors must continually be sucked in at the bottom to support the investors at the top. In this case, new borrowers must continually be sucked in to support the creditors at the top. The Wall Street Ponzi scheme is built on “fractional reserve” lending, which allows banks to create “credit” (or “debt”) with accounting entries. Banks are now allowed to lend from 10 to 30 times their “reserves,” essentially counterfeiting the money they lend. Over 97 percent of the U.S. money supply (M3) has been created by banks in this way.5 The problem is that banks create only the principal and not the interest necessary to pay back their loans. Since bank lending is essentially the only source of new money in the system, someone somewhere must continually be taking out new loans just to create enough “money” (or “credit”) to service the old loans composing the money supply. This spiraling interest problem and the need to find new debtors has gone on for over 300 years -- ever since the founding of the Bank of England in 1694 ? until the whole world has now become mired in debt to the bankers’ private money monopoly. As British financial analyst Chris Cook observes:


“Exponential economic growth required by the mathematics of compound interest on a money supply based on money as debt must always run up eventually against the finite nature of Earth’s resources.”6


The parasite has finally run out of its food source. But the crisis is not in the economy itself, which is fundamentally sound ? or would be with a proper credit system to oil the wheels of production. The crisis is in the banking system, which can no longer cover up the shell game it has played for three centuries with other people’s money. Fortunately, we don’t need the credit of private banks. A sovereign government can create its own.

300年のネズミ講の崩壊

それがその数学的な限界に達したネズミ講である単純な理由のために、すべての王の部下が、二度と個人的な銀行システムをまとめることができるというわけではありません。ネズミ講は、新しい投資家がトップで投資家を支援するために底で絶えずだまされなければならないネズミ講式販売の形です。この場合、新しい借用者は、トップで債権者を支えるために、絶えずだまされなければなりません。ウォール街ネズミ講は「わずかな蓄え」貸出の上に築き上げられます。そして、それは銀行が会計エントリで「信用」(または「負債」)をつくるのを許します。銀行は現在、10から彼らの「蓄え」の30倍まで貸してもよいです。そして、彼らが貸すお金を基本的に偽造します。米国のマネーサプライ(M3)の97パーセント以上は問題がそうであるこのway.5で銀行によって生み出されました。そして、その銀行はそれらのローンを返すことに必要な利息でないものをつくります。銀行貸出がシステムの新しいお金の基本的に唯一のもとであるので、どこかの誰かはちょうど古いものはマネーサプライを組み立てて貸すサービスに十分な「お金」(または「信用」)を生み出すために新しいローンを絶えず取り出していなければなりません。この新しい債務者を見つける関心問題と必要を螺旋形にすることは、300年以上に近づきました ― これまでに1694年にイングランド銀行を設立してから ― ? 全体まで、世界は今は銀行家の個人的な金銭独占に借金しているミレッドになりました。クリスクックが観察する英国の財政的アナリストとして:

“Exponential economic growth required by the mathematics of compound interest on a money supply based on money as debt must always run up eventually against the finite nature of Earth’s resources.”

「負債が結局地球の資源の有限性質に常にぶつからなければならなくて、指数関数的な経済成長はお金に基づくマネーサプライの複利の計算によって要求しました。」

The parasite has finally run out of its food source. But the crisis is not in the economy itself, which is fundamentally sound ? or would be with a proper credit system to oil the wheels of production. The crisis is in the banking system, which can no longer cover up the shell game it has played for three centuries with other people’s money. Fortunately, we don’t need the credit of private banks. A sovereign government can create its own.

寄生虫は、その食物源が最終的に尽きました。しかし、危機は経済そのものでありません。そして、それは基本的に丈夫です ? あるいは、生産の歯車に注油するために、適当な信用システムです。危機は銀行システムです。そして、それはそれが他の人のお金で3世紀の間したいかさまをもはや隠蔽することができません。幸いにも、我々は個人銀行の信用を必要としません。主権を有する政府は、それ自身のものをつくることができます。

The New Deal Revisited

Today’s credit crisis is very similar to that facing Franklin Roosevelt in the 1930s. In 1932, President Hoover set up the Reconstruction Finance Corporation (RFC) as a federally-owned bank that would bail out commercial banks by extending loans to them, much as the privately-owned Federal Reserve is doing today. But like today, Hoover’s plan failed. The banks did not need more loans; they were already drowning in debt. They needed customers with money to spend and to invest. President Roosevelt used Hoover’s new government-owned lending facility to extend loans where they were needed most ? for housing, agriculture and industry. Many new federal agencies were set up and funded by the RFC, including the HOLC (Home Owners Loan Corporation) and Fannie Mae (the Federal National Mortgage Association, which was then a government-owned agency). In the 1940s, the RFC went into overdrive funding the infrastructure necessary for the U.S. to participate in World War II, setting the country up with the infrastructure it needed to become the world’s industrial leader after the war.


再登場されるニューディール

今日の信用危機は、1930年代にフランクリンルーズベルトと向き合って、それと非常に類似しています。1932年に、非常に私有連邦準備制度理事会が今日をしていて、フーバー大統領はローンを彼らまで広げることによって商業銀行を救済する連邦によって所有の銀行としてReconstruction Finance Corporation(RFC)を準備しました。しかし、今日の様に、フーバーの計画は失敗しました。銀行は、より多くのローンを必要としませんでした;彼らは、負債にすでに圧倒されていました。彼らは、使って、投資するお金で、顧客を必要としました。ルーズベルト大統領は、彼らが最も必要だったローンを広げるために、フーバーの新しい政府が所有する貸出機能を使いました ? 住宅、農業と工業のために。多くの新しい連邦機関は、HOLC(Home Owners Loan社)と連邦国民抵当協会(それから政府が所有する機関であった連邦国民抵当協会)を含むRFCによって設立されて、資金を助成されました。1940年代には、RFCは第二次世界大戦に参加するためにアメリカのために必要な基盤に資金を供給していて、それが戦争の後の世界の産業のリーダーになるために必要とした基盤で国を準備している過熱状態になりました。


The RFC was a government-owned bank that sidestepped the privately-owned Federal Reserve; but unlike the private banks with which it was competing, the RFC had to have the money in hand before lending it. The RFC was funded by issuing government bonds (I.O.U.s or debt) and relending the proceeds. The result was to put the taxpayers further into debt. This problem could be avoided, however, by updating the RFC model. A system of public banks might be set up that had the power to create credit themselves, just as private banks do now. A public bank operating on the private bank model could fan $700 billion in capital reserves into $7 trillion in public credit that was derivative-free, liability-free, and readily available to fund all those things we think we don’t have the money for now, including the loans necessary to meet payrolls, fund mortgages, and underwrite public infrastructure.


RFCは、私有連邦準備制度理事会を回避した政府所有の銀行でした;しかし、それが競争していた個人銀行とは異なり、RFCはそれを貸す前に手元にお金を持っていなければなりませんでした。RFCは、国債(I.O.U.または負債)を出して、収益を再び貸しすることによって資金を供給されました。結果は、負債に更なる納税者を置くことになっていました。この問題は、しかし、RFCモデルを更新することによって避けられることができました。個人銀行が現在するちょうどその時、銀行がそれの上で課されるかもしれない市民のシステムには彼ら自身信用をつくる力がありました。個人銀行モデルに手術をしている公共銀行は派生物がなくて、責任がなくて、我々は我々が今のところお金を持っていないと思うというすべてのそれらのことに資金を供給するためにすぐに利用できた公的な残高で7兆ドルに資本準備金で7000億ドルに風を送ることができました。そして、従業員名簿(基金抵当)に会って、公共基盤の保険を引き受けるのに必要なローンを含みました。


Credit as a Public Utility

“Credit” can and should be a national utility, a public service provided by the government to the people it serves. Many people are opposed to getting the government involved in the banking system, but the fact is that the government is already involved. A modern-day RFC would actually mean less government involvement and a more efficient use of the already-earmarked $700 billion than policymakers are talking about now. The government would not need to interfere with the private banking system, which could carry on as before. The Treasury would not need to bail out the banks, which could be left to those same free market forces that have served them so well up to now. If banks went bankrupt, they could be put into FDIC receivership and nationalized. The government would then own a string of banks, which could be used to service the depository and credit needs of the community. There would be no need to change the personnel or procedures of these newly-nationalized banks. They could engage in “fractional reserve” lending just as they do now. The only difference would be that the interest on loans would return to the government, helping to defray the tax burden on the populace; and the banks would start out with a clean set of books, so their $700 billion in startup capital could be fanned into $7 trillion in new loans. This was the sort of banking scheme used in Benjamin Franklin’s colony of Pennsylvania, where it worked brilliantly well. The spiraling-interest problem was avoided by printing some extra money and spending it into the economy for public purposes. During the decades the provincial bank operated, the Pennsylvania colonists paid no taxes, there was no government debt, and inflation did not result.

公共事業としての信用

「信用」は全国公益企業でなければなりません。そして、公益事業が政府によってそれが貢献する人々に提供されます。多くの人々は政府を銀行システムに巻き込ませることに反対です、しかし、実のところ、政府はすでに関係されます。現代のRFCは、実は、より少ない政府関係と政策担当者が現在話しているより効果的なすでに取っておかれた7000億ドルの運用を意味します。政府は個人的な銀行システムに干渉する必要はありません。そして、それは前の通り続けることができました。財務省は銀行を救済する必要はありません。そして、それは今までとてもよく彼らに貢献したそれらの同じ自由な市場実勢に任せられることができました。銀行が破産するならば、彼らはFDIC財産管理状態に入れられることができて、帰化することができます。政府はそれから銀行の列を所有します。そして、それが保管所と残高がコミュニティの必要とするサービスに使われることができました。これらの新しく国営化された銀行の社員または手順を変える必要が、ありません。彼らが現在するちょうどその時、彼らは「わずかな蓄え」貸出に係わることができました。唯一の違いはローンの利子が政府に戻るということです。そして、民衆への税負担を負担するのを助けます;そして、銀行は元のきれいなセットで始めるので、最初の資本の彼らの7000億ドルは新しいローンで7兆ドルにあおがれることができました。これはペンシルバニアのベンジャミンフランクリンの植民地で使われる種類の銀行業務計画でした。そこで、それはよく見事に働きました。螺旋を描いている関心問題は、若干の追加お金を印刷して、経済にそれを一般の目的に費やすことによって避けられました。地方の銀行が営業した10年の間に、ペンシルバニア入植者は税を払いませんでした、政府債務がありませんでした、そして、インフレーションは起こりませんでした。


Like the Pennsylvania bank, a modern-day federal banking system would not actually need “reserves” at all. It is the sovereign right of a government to issue the currency of the realm. What backs our money today is simply “the full faith and credit of the United States,” something the United States should be able to issue directly without having to draw on “reserves” of its own credit. But if Congress is not prepared to go that far, a more efficient use of the earmarked $700 billion than bailing out failing banks would be to designate the funds as the “reserves” for a newly-reconstituted RFC.

ペンシルバニアバンクの様に、現代の連邦銀行システムは、実はまったく「蓄え」を必要としません。領域の通貨を出すことは、政府の主権的権利です。今日我々のお金を後退させることは、単に「アメリカ合衆国の十分な信頼と信用」(アメリカ合衆国がそれ自身の信用の「蓄え」を引きあげなければならないことなく直接出すことができなければならない何か)です。しかし、議会がそんなに遠く進行する準備ができていないならば、失敗している銀行を救済することより効果的な取っておかれた7000億ドルの運用は資金を新しく再構成されたRFCのための「蓄え」と呼ぶことになっているでしょう。


Rather than creating a separate public banking corporation called the RFC, the nation’s financial apparatus could be streamlined by simply nationalizing the privately-owned Federal Reserve; but again, Congress may not be prepared to go that far. Since there is already successful precedent for establishing an RFC in times like these, that model could serve as a non-controversial starting point for a new public credit facility. The G-7 nations’ financial planners, who met in Washington D.C. this past weekend, appear intent on supporting the banking system with enough government-debt-backed “liquidity” to produce what Jim Rogers calls “an inflationary holocaust.” As the U.S. private banking system self-destructs, we need to ensure that a public credit system is in place and ready to serve the people’s needs in its stead.

別々の公共銀行業務会社をつくることがRFCを読み上げたよりはむしろ、国の財政的装置は単に私有連邦準備制度理事会を国営化することによって合理化されることができました;しかし、また、議会はそんなに遠く進行する準備ができていないかもしれません。これらのような時間にRFCを確立することのすでに成功した先例があるので、そのモデルは新しい一般の信用機能の議論の必要がない出発点として用いられることができました。G-7国の個人資産運用コンサルタント(その人はワシントンD.C.この週末に会いました)はジムロジャーズが「インフレ大虐殺と呼ぶものを生産するのに十分な政府債務に後援された「流動性」で銀行システムをサポートすることに集中しているように見えます。」として、アメリカ個人的な銀行システムは自滅します、我々は公共信用システムが実施されていてその代わりに人々のニーズを満たす準備ができていることを確実とする必要があります。

世の中、気分転換が必要だ・。

君のために」 sakura



蛇足

悪い夢から覚めて、ため息ついて、心を埋められなくて、せつなくて・。
選んだ道を受け止められず、さびしかった・。
振り向かずに飛び立とう・。
少しの涙こぼし、何も無かったように・。

危機を作成中・・?。

Colin Powell Warns Of Coming Crisis "We Don't Even Know About Right Now"Echoes Biden comments that Obama will be tested in early days of his term
コリンパウエルは、危機に近付くことで、「我々は、本当の事を知りません」と警告します。バイデンの反響はオバマが彼の任期の初期にテストされるとコメントします。


Steve Watson
Infowars.net
Tuesday, Oct 21, 2008





Colin Powell has made bizarre comments that echo the recent declaration by Democratic VP candidate Joe Biden that there will be an "international crisis" early into Barack Obama's presidency that will test the new president by forcing him to make unpopular decisions.
コリンパウエルは、「国際的な危機」が新大統領に嫌われる決定をすることを強制することによって新任の大統領を試験するためバラクオバマの大統領候補の民主党のVP候補ジョーバイデンによって最近の言説を繰り返す奇怪なコメントをしました。
Speaking on meet the press two days ago, Powell officially endorsed Obama and also made the following statement:
2日前プレス協議会で話したパウエルは公式にオバマを支持して、そのうえ以下の声明をしました:
"The problems will always be there and there's going to be a crisis which will come along on the 21st, 22nd of January that we don't even know about right now.

So I think what the President has to start to do is to start using the power of the oval office and the power of his personality to convince the American people and convince the world that America is solid, that America is going to move forward, we are going to fix our economic problems, we're going to meet out overseas obligations."

「問題が常にそこにあります、そして、第21(我々がたった今知りえない1月22日)の上で進行する危機がありそうです。

私は大統領が開始しなければならないことが米国民を納得させて、アメリカが固いと世界に信じさせるために卵形のオフィスと彼の個性の力を使い始めることになっていると思えるようにアメリカは前進しそうです。我々は我々の経済問題を解決するつもりです、我々は海外義務に従うつもりです。」

Watch Powell make the comment at 2.35 into the following video:
パウエルが以下のビデオに2.35でコメントをするのを見てください:

Is Colin Powell referring to a theoretical crisis that could occur at any time? If so why does he choose a specific date, within the first two days after the inauguration? Also why does he refer to general problems that the new president will have to deal with in a separate context? We are already in an economic crisis, everyone knows that, so what new crisis is Powell talking about?
コリンパウエルはいつでも起こりえる可能性に理論的な危機に言及していますか?もしそうならば、就任の後の最初の2日以内に、なぜ、彼は特定の日付を選びますか?また、なぜ、彼は新任の大統領が別々の前後関係で対処しなければならない一般的な問題に言及しますか?我々はすでに経済危機にあります、誰でもそれを知っています、そう、パウエルはどんな新しい危機について話していますか?
Whatever you read into Powell's comments, they sound somewhat bizarre, particularly as they come on the back of Joe Biden's "guarantee" of a "generated crisis" to "test the mettle" of the new leader within six months of the new presidential term:
あなたがパウエルのコメントにたとえ何を読みとったとしても、特に彼らが新しい大統領の任期の6ヵ月以内に新任のリーダーの「気概をテストする」ために「発生する危機」のジョーバイデンの「保証」の裏の彼らの発言はいくぶん奇怪に聞こえます:

What does Biden mean by "generated crisis"? It is an undeniably strange term to use.

His reference to John F. Kennedy indicates that Biden may have been referring some kind of geopolitical crisis in the vain of the Cuban missile crisis of April 1961. The confrontation between the United States, the Soviet Union, and Cuba at the height of the Cold War came within the first four months of JFK's presidency.

バイデンは、「発生する危機」によって何を言いいたいのでしょう?この言葉を使う疑う余地のない変な時期です。

ジョンF・ケネディへの彼の言及は、バイデンが1961年4月のキューバ危機を自慢しているもので地政学的な危機の数種類照会していたかもしれないことを示します。冷戦の頂点のアメリカ合衆国、ソビエト連邦とキューバとの対立は、JFKの在任期間の最初の4ヵ月以内に起こりました。

Obama's running mate made the comments at a fundraising event in Seattle two days ago, on the same day Powell also spoke of a coming crisis.

We shouldn't be surprised at Powell's comments however, given that the former Secretary of State seemingly has a knack for predicting events before they take place.


パウエルも来たるべき危機の話をした同じ日に、オバマの副大統領候補は、2日前、シアトルで基金調達のイベントでコメントをしました。

彼らが事前に前国務長官は表面上のイベントを予測するこつがあるとしても、しかし、我々はパウエルのコメントに驚いてはいけません。


Previous to the beginning of the Iraq war in February 2003, an audio tape containing a voice described as that of Osama Bin Laden was touted as proof positive of Al Qaeda links with Saddam Hussein.

Hours before the tape was discovered and aired by TV channel Al Jazeera, Powell announced in the US Senate that a “Bin Laden tape is coming proving Iraq’s links with Al-Qaeda.”

前の2003年2月(アルカイダの確証がサダムフセインとつながってオサマビンラディンの宣伝がされたと、言われる声を含んでいる音声テープ)のイラク戦争の始まりに。

テレビチャンネルアルジャジーラは、テープを数時間前に見つけて放送されられました。パウエルは米国上院でそれを発表しました「ビンラディンテープは、アルカイダとのイラクのつながりを証明しています。」


This led some to raise the question how does Colin Powell know what Al Jazeera are going to broadcast before they do?

In an amazing and timely coincidence, the tape came barely a week after Powell's attempts to link Al Qaeda and Saddam in his botched presentation of lies and exaggerations before the UN Security Council.

この方法を導くためにコリンパウエルに役立つという疑問を起こすいくつかは、アルジャジーラが彼らが発表する前に、放送しそうであると知っていましたか?

ところが驚くべき事にタイムリーな偶然の一致において、テープの中身は国連安全保障理事会の前にうそと誇張の彼の中途半端なプレゼンテーションとしてアルカイダとサダムを結ぶパウエルの試みの1週後に、かろうじてアルジャジーラが発表しました。


蛇足
気分転換にどうぞ・。
永井真理子 ZUTTO

他におらんのか??

10-20 2008










蛇足

金儲け監督には反対だ・。星野以外なら誰でもエエがな・。

どちらに転んでも同じ・。







When the Federal Government Fails the People

Joel S. Hirschhorn

連邦政府が人々の期待を裏切るとき、

ジョエルS.ハーシュホーン


The hardest thing for Americans to do right now in this presidential election season is to fight distraction and, instead, focus on the failure of all three branches of the federal government. And also to resist the propaganda masquerading as patriotic obligation that voting will fundamentally fix the federal government. The real lesson of American history is that things have turned so ugly that electing a new president and many new members of Congress will at best provide band-aids when what is needed is nothing less than what Thomas Jefferson wisely said our nation would need periodically: a political revolution.


この大統領選挙シーズンにたった今,アメリカ人のための最も堅いものは、気が散ることと戦って、その代わりに、連邦政府の全3つの支所の倒産に集中することです。そのうえ、愛国的な義務に仮装している宣伝に抵抗するために、その投票は、連邦政府を基本的に固定します。アメリカの歴史の本当のレッスンは、ものが必要であることがトーマスジェファーソンが賢明に我が国が定期的に必要とすると言ったこと以外の何物でもないとき新任の大統領と多くの新任の議員を選ぶことがバンドエイドをせいぜい提供するように醜くなったということです:政治的な革命。


The basis for this view is that the institutions of the three branches have been so corrupted and perverted that they no longer meet the hopes and aspirations embedded in our Constitution.


It is easy to condemn George W. Bush as the worst president in history. The larger truth is that the presidency has accumulated far too much power over the past half century. This has resulted from the weakening of the Congress that no longer, in any way, has the power of an equal branch of government, not that any recent Congress has shown any commitment or capability to execute its constitutional authorities. Concurrently, we have become accepting of a politicized Supreme Court that has not shown the courage to stop the unconstitutional grabbing of power by the presidency and in 2000 showed its own root failure in choosing to select the new president.

この見方の根拠は、3つの枝の制度が彼らが我々の憲法に埋められる望みと抱負にもはや会わないように崩壊して、ゆがめられたということです。


ジョージW.ブッシュを歴史で最悪の大統領と非難することは、簡単です。より大きな事実は、大統領が過去の半世紀に対する遠いあまりにたくさんの支配力を蓄えたということです。これは、どんな形であれ、政府の等しい支所の力がもはやない議会を弱めることから生じたと、その少しも最近の議会がその憲法当局を実行するいかなる約束または能力にも明らかにしませんでした。並行して、我々は大統領によって、そして、2000年に力を憲法に反しつかむことを止める勇気が新任の大統領を選ぶほうを選ぶ際にそれ自身の根本の失敗を示したことを示さなかった政治化された最高裁判所を受け入れていました。


Worst of all, modern history has vividly shown Americans that the federal government has usurped the sovereignty of the “we the people” and of the states, and has even sold out national sovereignty to a set of international organizations and the greed of corporate-crazed globalization.


The current economic and financial sector meltdown is just another symptom of deep seated, cancerous disease of government that has sold out the public because of the moneyed influence of the corporate and wealthy classes of special interests. The serious disease is a long festering unraveling of the constitutional design of our government. Each of the three branches of the federal government is totally unequal to each other and completely incapable of ensuring the constitutional functioning of each other. Checks and balances have become a fiction.

何よりも悪いことには、近代史は連邦政府が主権を奪わせるアメリカ人を鮮やかに示しました「我々が、人々です」、そして、国の、そして、一組の国際組織と会社の狂った国際化の貪欲への国家主権さえ売却します。


現在の経済で財政的なセクターメルトダウンは、ちょうど特別利益の会社で裕福な種類の金銭の影響のため、市民を売り払った政府の深い着席する、ガン病気のもう一つの徴候です。重病は、我々の政府の憲法デザインの崩れることを悩ましている長い時間です。連邦政府の3つの支所の各々は、互いと全く異なって、互いに合法に機能することを確実にすることが完全にできません。抑制と均衡は、フィクションになりました。


These sad historic realities have been produced because of an all too powerful and corrupt two-party political machine that has prevented true political competition and real choices for voters. This two-party system has thrived because of corruption from money provided for Democrats and Republicans to maintain the status quo that is the ruination of our constitutional Republic.


Yet the hidden genius of the Founders and Framers was to anticipate how the Republic would most likely unravel under the pressures of money and corruption. Unknown to nearly all Americans is a part of the Constitution that all established political forces have worked hard to denigrate over our entire history. They fear using what is provided as a kind of escape clause in the Constitution, something to use when the three branches of the federal government fail their constitutional responsibilities. What is this ultimate solution that those who love and respect our Constitution should be clamoring for?


これらの嘆かわしい歴史的な現実は、あまりに強力なすべてと有権者を得るための本当の政治的な競争と本当の選択を防いだ不正な二大政党の政治的な機械のため、生じられました。この二大政党制は、我々の立憲的な共和国の破壊の原因である現状を維持するために民主党と共和党に対して用意されているお金から、腐敗のため、成功しました。


それでも、FoundersとFramersの隠れた才能は、共和国がお金と腐敗の圧力の下でたぶん崩れる方法を予想することになっていました。ほとんど全てのアメリカ人への未知数は、すべての確立した政治勢力が我々の全歴史について中傷するのが難しくなった憲法の部分です。彼らは、憲法(連邦政府の3つの支所が彼らの憲法責任に失敗する時を使う何か)の一種の免責条項として提供されることを使うことを恐れます。我々の憲法が好きで、守る人々がそうでなければならないこの最終的な解決は、何を求めていますか?


It is the provision in Article V to create a temporary fourth branch of the government ? in the form of a convention of state delegates ? that operates outside the control of Congress, the President and the Supreme Court, and that has only one single function: to consider proposals for constitutional amendments, just like Congress has done over our history, but that must also be ratified by three-quarters of the states. One of the most perplexing questions in American history that has received too little attention is simple: Why have we never had an Article V convention?


One possible answer might be that what the Constitution requires to launch a convention has never been satisfied. But this is not the case. The one and only requirement is that two-thirds of state legislatures apply to Congress for a convention. With over 600 such state applications from all 50 states that single requirement has long been satisfied. So why no convention?

政府の一時的な第4の支所をつくることは、第V条の供給です ? 州の代表の慣例の形で ? それは議会、大統領と最高裁判所の影響力の外で動きます、そして、それには1つの機能だけがあります:憲法改正の提案を考慮するために、議会が我々の歴史をやり直したように、しかし、それは国の四分の三によっても批准されなければなりません。あまりに小さい注意を受けたアメリカの歴史で最も面倒な問題のうちの1つは、単純です:なぜ、我々には第V条慣例がこれまでありませんでしたか?


1つのありうる答えは、憲法が慣例を開始することを要求するものがこれまで満たされなかったということであるかもしれません。しかし、これは本当でありません。唯一の必要は、州議会の3分の2が議会に慣例を申し込むということです。600以上で、一つの必要条件が長くそうであったすべての50州からのそのような州のアプリケーションは、満足させました。それで、慣例理由なし?


Because Congress has refused to honor the exact constitutional mandate that it “shall” call a convention when that requirement has been met. Simply put, Congress has long broken the supreme law of the land by not calling a convention, and virtually every political force on the left and right likes it that way. Why? Because they have learned to corrupt the government and fear an independent convention of state delegates that could propose serious constitutional amendments that would truly reform our government and political system to remove the power of special interests and compel all three branches to follow the letter and spirit of the Constitution.


議会がそれが「そうする」正確な憲法上の委任を守ることを拒否したので、その必要条件が満たされたとき、大会を招集してください。簡単に言えば、議会は大会を招集しないことによって最高の現行法を長く破りました、そして、実質的に、左右の上のあらゆる政治権力はそのようにそれに合います。なぜ?彼らが政府を腐敗させて、州の代表の独立した慣例を恐れることを学んだので、それは本当に特別利益の力を除去するために我々の政府と政治制度を改革して、全3つの枝に憲法の字義と勇気に続くことを強要する重大な憲法改正を提案することができました。




With great irony, the public has been brainwashed to fear an Article V convention despite many hundreds of state constitutional conventions that have never wrecked state governments, and that in countless cases have provided much needed forms of direct democracy that have empowered citizens and limited powers of state governments.

すばらしい皮肉で、市民は州政府をこれまで破壊しなかった、そして、無数のケースの市民に公的な権限を与えて、州政府の勢力を制限した直接民主主義の非常に必要とされた形を提供した公式憲法制定会議の多くの何百にもかかわらず第V条慣例を恐れるために洗脳されました。


There is only one national, nonpartisan organization with the single mission of educating the public about the Article V convention option and building demand for Congress to convene a convention. It is the Friends of the Article V Convention group that has done something that neither the government nor any other group has ever done; it has been collecting all the hundreds of state applications for a convention and making them available to the public at www.foavc.org
.

1つの全国、無所属の組織だけが、第V条慣例オプションについて市民を教育して、議会が慣例を召集する要求を構築する一つの任務です。それは、政府も他のどのグループもこれまでにしなかった何かをした第V条大会グループのFriendsです;それは州のアプリケーションのすべての何百を慣例のために集めていて、www.foavc.org
で彼らを市民が利用できるようにしていました。


With a new president and many new members of Congress, now is the ideal time for Americans that see the need for obeying the Constitution and seek root reforms to rally behind this mission of obtaining the nation’s first Article V convention. The new Congress in 2009 should give the public what the Constitution says we have a right to have and what Congress has a legal obligation to provide. Always remember that the convention cannot by itself change the Constitution, but operating in the public limelight it could revitalize what has become our delusional and fake democracy. The main thing to fear is not a convention, but continuation of the two-party plutocracy status quo. Sadly, no presidential candidate, not even third-party ones, has spoken out in support of Congress obeying the Constitution and giving us the first Article V convention.

新任の大統領と多くの新任の議員と、現在、理想は憲法を遵法することの必要がわかって、同国初の第V条慣例を得るこの任務の後で回復するために根本の改革を求めるアメリカ人のための時間です。2009年の新しい議会は市民に憲法が我々には権利があると言うことを与えなければなりません、そして、議会には法律義務があるものは備えをします。常に、慣例が憲法を単独で変えることができないのを思い出してください、しかし、一般のスポットライトでそれを運営することは我々の妄想で偽の民主主義になったことを甦らせることができました。恐れる肝心なことは、慣例でなく、二大政党の金権政治現状の継続です。悲しいことに、大統領候補(第三者のものさえでなく)は憲法を遵法していて、我々に最初の第V条慣例をしている議会を支持して意見を述べませんでした。




蛇足


連邦政府の3つの支所は3権(司法、行政、立法)

その2

Using panic to centralize power

パワーを集中化するためにパニックを使います。

As I document in my forthcoming book, Power of Money: The Rise and Decline of the American Century, in every major US financial panic since at least the Panic of 1835, the titans of Wall Street?most especially until 1929, the House of JP Morgan?have deliberately triggered bank panics behind the scenes in order to consolidate their grip on US banking. The private banks used the panics to control Washington policy including the exact definition of the private ownership of the new Federal Reserve in 1913, and to consolidate their control over industry such as US Steel, Caterpillar, Westinghouse and the like. They are, in short, old hands at such financial warfare to increase their power.

私が今度の本の中で文書化することによる、金の力:

1835年のパニック(特に1929年までのウォール街が最も多く(米国バンキングの彼らの把握を統合するための舞台裏で‘JPモーガンは引き起した’意図的に引き起こされた銀行パニックの家)のタイタン)以来のすべての主要な米国金融恐慌におけるアメリカ世紀の景気の上昇と低下。

1913年の新しい連邦準備銀行の私有の正確な定義を含むワシントン方針をコントロールするためと米国スチール、キャタピラー、ウェスティングハウス、およびそのような産業に関してのコントロールを統合するために、プライベートバンクはパニックを使いました。

彼らのパワーを増大させる金融の戦闘で、彼らは要するに熟練者です。

Now they must do something similar on a global scale to be able to continue to dominate global finance, the heart of the power of the American Century.

さて、彼らは、グローバル金融(アメリカ世紀のパワーの心臓)を支配し続けることができるためにグローバルなスケールで同様なことをしなければなりません。

That process of using panics to centralize their private power created an extremely powerful, concentration of financial and economic power in a few private hands, the same hands which created the influential US foreign policy think-tank, the New York Council on Foreign Relations in 1919 to guide the ascent of the American Century, as Time founder Henry Luce called it in a pivotal 1941 essay.

パニックを彼らの個人的な力を集中するのに用いられるそのプロセスをとても強力な、2、3の個人的な手は作り、有力な米外交政策シンクタンクを作った同じ手は:アメリカの世紀の上昇を導く1919年の外交問題評議会のニューヨーク会議の財政的で経済力の集中として(タイム紙創設者ヘンリーリュースが重要な1941年のエッセイでそう呼ばれている)。

It’s becoming increasingly obvious that people like Henry Paulson, who by the way was one of the most aggressive practitioners of the ABS revolution on Wall Street before becoming Treasury Secretary, are operating on motives beyond their over-proportional sense of greed. Paulson’s own background is interesting in that context. Back in the early 1970’s Paulson started his career working for a rather notorious man named John Erlichman, Nixon’s ruthless adviser who created the Plumbers’ Unit during the Watergate era to silence opponents of the President, and was left by Nixon to ‘twist in the wind’ for it in prison.


ところで、財務省長官になる前に、ウォール街のABS革命の最も攻撃的な経営者のひとりであったヘンリー・ポールソンのような人々が彼らの過剰に比例した貪欲さの感覚を越えて動機に作用していることはますます明らかになりつつあります。

ポールソン自身のバックグラウンドはその文脈の中で興味深い。

1970年代の初期、ポールソンの背後は、ジョン・アーリックマン(大統領の相手を黙らせるために、ウォーターゲート事件の時に配管工のユニットを作成したニクソンの無情なアドバイザー)という悪名高い男のため彼のキャリアを始めて、そのあと刑務所で‘風の中のツイスト’ために、ニクソンによって遠ざけられました。

Paulson seems to have learned from his White House mentor. As co-chairman of Goldman Sachs according to a New York Times account, in 1998 he forced out his co-chairman, Jon Corzine ‘in what amounted to a coup’ according to the Times.

ポールソンは、彼のホワイトハウスの師から学んだようです。ニューヨークタイムズ記事に従うゴールドマンサックスの共同会長として、1998年に、彼は彼の共同議長(『クーデターに達したことで』タイムズによるジョンコルジン)を外へ押し出しました。

Paulson, and his friends at Citigroup and JP Morgan Chase, had a strategy it is becoming clear, as did the Godfather of Asset Backed Securitization and deregulated banking, former Fed Chairman Alan Greenspan, as I have detailed in my earlier series here, Financial Tsunami, Parts I-V.

私がここで私のより早いシリーズ(金融の津波、部分のI-V)において詳説した時に、アセットバックの証券化と規制解除されたバンキングのゴッドファーザー、前の連邦準備局会長アラン・グリーンスパンがしたように、ポールソンとシティグループとJPモーガンの彼の友人にはそれが明らかになっている戦略がありました。

Knowing that at a certain juncture the pyramid of trillions of dollars of dubious sub-prime and other high risk home mortgage-based securities would come falling down, they apparently determined to spread the so-called ‘toxic waste’ ABS securities as globally as possible, in order to seduce the big global banks of the world, most especially of the EU, into their honey trap.

それらのハチミツわなの中に世界の、最も特にEUの大きなグローバルな銀行を魅惑するために可能な限りグローバルにいわゆる‘有毒廃棄物’ABS証券を広めるために、一定の連結で、数兆ドルの疑わしいサブプライムのピラミッドと他の高リスクが抵当ベースの証券の危険を冒すということを知っていることは失敗して落ちて来ると彼らは確定しました。

They had help. In recent testimony under oath by Mr Lynn Turner, Chief Accountant of the Securities & Exchange Commission (SEC) testified that the SEC Office of Risk Management which had oversight responsibility for the Credit Default Swap market, an exotic market worth nominally some $62 trillions, was cut in Administration ‘budget cuts’ from a staff of one hundred down to one person. Yes, that was not a typo. That’s one as in ‘Uno.’

彼らは助けを受けました。

リン・ターナー氏による誓いの下の最近の証拠において、Securities & Exchange Commission (証券取引委員会)の会計課長は、クレジットデフォルトスワップ市場(名目上約62兆ドルに値しているエキゾチックな市場)についての監督責任を持っていた危機管理の証券取引委員会オフィスが100人のスタッフからの1人に‘予算の削減’において管理費が切られたと証言しました。

はい、それは誤植ではありませんでした。

それは、‘ウノ’においてそうであるようなものです。

Vermont Democratic Congressman Peter Welsh queried Turner, ‘... was there a systematic depopulating of the regulatory force so that it was impossible actually for regulation to occur if you have one person in that office? ...and then I understand that 146 people were cut from the enforcement division of the SEC, is that what you also testified to?’ Mr. Turner, in Congressional testimony replied, ‘Yes…I think there has been a systematic gutting, or whatever you want to call it, of the agency and it's capability through cutting back of staff.’

バーモントの民主党の下院議員ピーター・ウェールズはターナーに質問し、'…はそこで規制部門の組織的な担当者を激減させることで、あなたがそのオフィスに1人だけならば、規制することが実際不可能でしたか?... それから 私は146人が証券取引委員会の強制部門から減らされたと思います。それはあなたも証言したものですか?』 、ターナー氏は議会の証言の中で答えました ― 『はい…私の考えでは組織的なむさぼり食いがあったと思う、または能力があると叫ぶものは何でも問わずに機関とスタッフの削減である。』

Was that just ideological budget cutting fervor, or was it deliberate? Was former Goldman Sachs man, the man who convinced the President to hire Paulson, Bush’s former Director of the Office of Management and Budget (OMB), Joshua Bolten, now the President’s Chief of Staff, responsible for insuring there was no effective government oversight on the exploding securitization of mortgage assets?

そのまさにイデオロギーの予算は熱情をカットしていましたか?それとも、それは故意でしたか?前のゴールドマン・サックス、ポールソン(ブッシュの行政管理予算局(OMB)(ジョシュアボルトン、現在大統領の陸軍参謀総長)の前のディレクター)を雇うことを大統領に納得させた男は、抵当財産の爆発証券化において効果的な政府監督が全然なかったと保証することについて責任がありましたか?

These are perhaps some questions which the good Congressmen in both parties ought to be asking people like Henry Paulson and Josh Bolten, and not such red herring questions as how large Richard Fuld’s bonus pay at Lehman was. Are Mr Bolten’s fingerprints on the corpse here? And why is no one questioning the role of Paulson as CEO of Goldman Sachs, then the most aggressive promoter of exotic and other Asset Backed Securitization products on Wall Street?

これらはおそらく、両党の良い連邦議会議員がヘンリーポールソンとジョシュボルトンのような人々にしているべきであるいくらかの質問です、そして、そのような燻製ニシンはリーマンのリチャードフルドのボーナス賃金がどれほどの大きななものあったかについて疑いません。ボルトン氏の指紋は、ここの死体の上にありますか?そして、なぜ、誰もゴールドマンサックスのCEOとしてのパールソンの役割、そしてエキゾチックで他のアセットバックの証券化製品の最も攻撃的プロモーターにウォール街に関して質問していませんか?

Why did Henry Paulson single out one Wall Street firm, a bitter rival of his when he was CEO of Goldman Sachs according to market reports, and let it, as his mentor Erlichman was fond of saying, ‘to twist in the wind.’ It is the Lehman Bros. unwinding and its huge portfolio of Credit Default Swaps which is reportedly leading hedge funds and banks around the globe into panic selloffs.

なぜ、ヘンリーポールソンが1つのウォールストリート会社(彼が市場報告によるゴールドマンサックスのCEOであった彼の恨み重なるライバル)を選び出して、そして、彼の師アーリックマンが「風の中のツイスト」でしたように、リーマンをそうさせたのか。

それは、解体しているリーマンブラザーズの伝えられるところでは世界中のヘッジファンドと銀行を突然の売却に導いているクレジットデフォルトスワップ(CDS)のその巨大なポートフォリオです。

It now would appear that the Paulson strategy was to use a crisis?a crisis that was pre-programmed and predictable as far back as 2003 when Josh Bolten became head of OMB?when it exploded, to panic the more conservative European Union governments into rushing to the rescue of US toxic waste assets.

ジョシュボルトンが米国有毒無駄財産の支援に急いで行くことにより保守的な欧州連合政府がうろたえるようにそれが爆発したOMBの頭になった時には、現在、2003年として、ポールソン戦略はあらかじめプログラムされたこと、およびはるか背後で予測できることについての危機を使う必要があったようです。

Were that to have happened, it would in the process destroy what was left of sound EU banking and financial institutions, bringing the world one step closer to a global money market controlled by Paulson’s cronies?US-style Crony Capitalism. Crony Capitalism is certainly appropriate here. Paulson’s predecessor at both Goldman Sachs and at Treasury, Robert Rubin, liked to accuse the Asian bankers of Thailand, Indonesia and other lands hit with the speculative attacks of US-financed hedge funds in 1997 of ‘crony capitalism,’ leaving the impression the crisis was home grown in Asia and not the result of a deliberate executed attack by US-financed financial institutions to eliminate the Asia Tiger model among other goals, and turn Asia into the funder of US debt.

それがもしも起こったならば、それはプロセスにおいて、世界をポールソンの親友として米国スタイル・植民地資本主義(クローニーキャピタリズム)によってコントロールされたグローバルな金融市場に1歩近づけて、EUバンキングと呼ばれる金融機関の残りであったものを破壊するでしょう。

縁故資本主義(クローニー・キャピタリズム)はここで確かに適切です。

両方ともゴールドマン・サックスの宝庫、ロバート・ルービンのポールソンの前任者は、タイ(インドネシア危機が帰っていたという感じをアジアで成長したままにしておく‘クローニー・キャピタリズム’の1997年に米国で資金提供されたヘッジファンドの投機攻撃によって当たった他の領土)のアジア人銀行家を米国借金のために告発することが好きで、他のゴールでアジアタイガーモデルを取り除き、アジアを投資に変える米国で資金提供された金融機関による故意の実行された攻撃の結果を告発することが好きでありませんでした。

Interesting to note is that Rubin is now a Director of Citigroup, obviously one of Paulson’s crony bank ‘survivors,’ and the bank which to date has had to write off the largest sum in toxic waste securitized assets.

ルービンが現在、シティグループ(明らかに、ポールソンの親友銀行‘生存者’と今までに、有毒な無駄な証券化された財産において最も大きな合計を帳消しにする必要があった銀行のそれ)のディレクターであることは、注目するに値します。

If the allegation of pre-planned panic, a la the Panic of 1907 is accurate, and it is a big if, then the plan worked…up to a point. That point came over the weekend of October 3, coincidentally the national unification holiday of Germany.

もしも前に計画されたパニックの主張が1907年のパニック風に正確で大きなものであるならば、計画はうまくいっていました…ある程度までは。

その点は、10月3日(偶然の一致でドイツの国家統一休日)の週末を襲いました。

暗躍する国際金融資本家 その1






Behind the Panic: Financial Warfare and the Future of Global Bank Power

パニックの背後:

金融戦闘とグローバルな銀行パワーの未来

by F. William Engdahl

What’s clear from the behavior of European financial markets over the past two weeks is that the dramatic stories of financial meltdown and panic are deliberately being used by certain influential factions in and outside the EU to shape the future face of global banking in the wake of the US sub-prime and Asset-Backed Security (ABS) debacle. The most interesting development in recent days has been the unified and strong position of the German Chancellor, Finance Minister, Bundesbank and coalition Government, all opposing an American-style EU Superfund bank bailout. Meanwhile Treasury Secretary Henry Paulson pursues his Crony Capitalism to the detriment of the nation and benefit of his cronies in the financial world. It’s an explosive cocktail that need not have been.

F. ウィリアム・エングダール


ここ数日で最も面白い展開はドイツの首相、蔵相、ドイツ連邦銀行と連立政府の統一で強いポストでした。そして、すべてがアメリカンスタイルのEUスーパーファンドバンク緊急援助のじゃまをしました。一方、財務長官ヘンリーパールソンは、金融界で国と彼の仲間の利益を損なうほど彼のクローニー・キャピタリズムを追い続けます。それはそうである必要がなかった爆発性カクテルです。

Stock market falls of 7 to 10% a day make for dramatic news headlines and serve to foster a broad sense of unease bordering on panic among ordinary citizens. The events of the last two weeks among EU banks since the dramatic state rescues of Hypo Real Estate, Dexia and Fortis banks, and the announcement by UK Chancellor of the Exchequer, Alistair Darling of a radical shift in policy in dealing with troubled UK banks, have begun to reveal the outline of a distinctly different European response to what in effect is a crisis ‘Made in USA.’

ハイポ不動産の劇的な州政府救済以来のEUの銀行の間の過去2週の出来事、Dexiaとフォルティス銀行、そして英国大蔵大臣アリスター・ダーリングが発表した1つの根本的に危機の英国の銀行と取り引きする方針の政策が変わます。何が有効に「アメリカで作られた」危機に対する明確に異なるヨーロッパの反応のアウトラインを明らかにし始めました。

There is serious ground to believe that US Goldman Sachs ex CEO Henry Paulson, as Treasury Secretary, is not stupid. There is also serious ground to believe that he is actually moving according to a well-thought-out long-term strategy. Events as they are now unfolding in the EU tend to confirm that. As one senior European banker put it to me in private discussion, ‘There is an all-out war going on between the United States and the EU to define the future face of European banking.’


米国ゴールドマン・サックスex CEOヘンリー・ポールソンが財務長官として、愚かではないと信じる重大な根拠があります。よく考え抜かれた長期戦略によって彼が実際に動いていると信じるさらに重大な根拠があります。それらが今、EUで展開しているとともに出来事は、それを確認する傾向があります。1人の上級のヨーロッパの銀行家が私的な議論で私に「全面戦争があります、アメリカとEUの間に次にヨーロッパの銀行業務の将来の顔を定義することです。」


In this banker’s view, the ongoing attempt of Italian Prime Minister Silvio Berlusconi and France’s Nicholas Sarkozy to get an EU common ‘fund’, with perhaps upwards of $300 billion to rescue troubled banks, would de facto play directly into Paulson and the US establishment’s long-term strategy, by in effect weakening the banks and repaying US-originated Asset Backed Securities held by EU banks.

これにおいて、銀行家の眺め(問題の多い銀行を救うためにたぶん3000億ドル以上によってEU共通‘資金’を得るイタリアの首相シルビオ・ベルルスコーニとフランスのニコラス・サルコジの進行中の試み)であり、実質上銀行を弱めて、EU銀行によって保持された米国で始められたアセットバックの証券に払い戻すことによって事実上直接ポールソンと米国の中に設立の長期戦略に組み込まれるでしょう。




Using panic to centralize power

パワーを集中化するためにパニックを使います。




次回





歴史を捏造する隣国勢力






いまだに学校では捏造歴史を覚えさせられている。これも日教組の朝鮮半島崇拝から来ているのであろうか・。


現在の経済、文明国は過去からの脈々たる伝統と文化がある・。ヨーロッパしかり、地中海周辺しかり。アメリカはヨーロッパの新天地としての移民(船で)から出現した近代であるが、元はヨーロッパ文明である・。


しかし、アジアの文化的、歴史的遺跡は中国にしても偏りがあり、まして朝鮮には何もない・。


朝鮮半島の暦書は西暦1200年の捏造本しかない・。それ以前は、文化が廃れたそこには文明とは呼べない半島しかないだろう・。


何時からか渡来人は半島からとなっているがミトコンドリアDNAからして遺伝子が日韓は違う民族同士である。


過去、アメリカ大陸の奴隷売買か新天地などがない限り、人の行き来は難しいのは歴史が証明している。日本は最近になって多くの遺跡が、大陸より古い年代から見つかっている。また、遺伝子的に近いのは、アメリカインデアンや南米インディオなどである・。マヤ人とも近いとされる。それは遙か以前から海の交流の方が盛んであるからである・。


結論から言うと日本は海洋民族国家群の集団である。


古くは海のシルクロードであろう。シルクは温暖な地帯、東南アジアやインドからまた、中国の上海より南であろう。


古代文明と周辺国のその証明は日本のここかしこにある・。捏造国家の朝鮮半島にすっかり騙され、国際金融資本家のようにすべてを作り替えている勢力がいる・。まあ、嘘は嘘でしかないからであろう。


シルクロードもドイツの学者の戯言が本当になったが、本人はまったく検証をしていない・。冬はめちゃくちゃ寒い半島には石油がない時代、人は生活できないし、草木も生えない・。シルクなど全く役に立たず、綿もない所では現在もそうだが皮や羊毛が必要だろう・。いまでも北朝鮮は食べれないのだから・。


遙か昔、海洋民族は日本列島や朝鮮半島の一部に進出して国を形成して来た・。遺伝子的にも近い民族であっただろう・。その事により言葉は共通で、意思の疎通があったが、唐の進出により滅亡の憂き目にあったようだ。


それが海を渡り、同じ民族として渡来(住所変更)した訳である・。


朝鮮半島の南部に前方後円墳が日本より少し遅れてできたのも、同じ民族構成であるからだ・。


朝鮮から帰化したのでは無く、戻ってきただけである。だから、後に唐が連れてきた現朝鮮民族の新羅が普通に読めば「しら」であるが「ぎ」という奴らを意味する言葉になったのだろう・。


唐が滅亡して、朝鮮はまた、未開文明に逆戻りしただけである・。なので、歴史的な建造物(寺院や宮殿、町並み)などが皆目なくなり、歴史から消えていった・。遙か故郷を偲び、乗っ取られた国をなつかしみ日本に定着した百済遺民ということと、あいつらという新羅といったのだろう。







19世紀後半のソウル





百済は「くだら」と読み、「しらぎ」や「かん」などとニュアンスが違う・。


クンダーラと呼ばれるガンダーラの周辺というインド語が起源であろう・。


唐招提寺の鑑真もがんじんであるがガンジーであろう・。


それほど、海の交流は盛んであり、インド、東南アジア、中近東、アフリカやヨーロッパからも進出してきた事であろう・。


半島は近いように見えるだけであり、北京を中心にした黄海を湾と思えば、東京の中心から外れる半島にはひといレジャー施設しかないであろうし、当然、人も住まない所になる。


それほど、大陸を横断する事は現在でも難しいのに、昔にはそんな山あり、谷あり、川ありの過酷な道なき道をいく方が難しい・。アメリカの移民も船だし、船の方が早かったであろう・。


日本にはポルトガルの船も来た事だし、歴史も見ればほぼ船の移動が一番ポピュラーな乗り物である・。


まあ、こんな新興国による歴史認識の修正を行わなければならないだろう・。





海洋民族日本として太平洋・東南アジア、中国南部など高床式の住居や倉庫は古くから日本に定着している。





吉野ヶ里遺跡





からこかぎ遺跡









正倉院




日本海洋民族学会(日本海洋民族同好会)を作ろうと思いますが、興味がある方ご連絡ください・。



前から分かっていた経済恐慌






You Saw It Here First; Economic Crash, Banker Stick-Up Predicted Long Ago


あなたは、最初にそれをここで見ました;経済恐慌、ずいぶん昔に予測された銀行家強盗

While mainstream corporate media lied to Americans claiming economy was strong, we were warning about a "global crash" and a faux solution of "predatory globalism" nearly two years in advance

我々はほぼ2年前に主流メディア社は「経済が堅調だった」と主張してアメリカ人に嘘をつく時、「世界的な事故」と「略奪する世界化」のにせの解決策について警告していました。

Paul Joseph Watson

Propaganda Matrix

Wednesday, October 8, 2008

ポールジョセフワトソン

プロパガンダマトリックス

2008年10月8日水曜日

The global economic crisis and the centralization of power that would be implemented under the pretext of fixing it were predicted by this website as well as regular guests who appeared on The Alex Jones Show for the past three years-plus.

世界的な経済危機とそれを固定化する口実の下でインプリメントされる力の集中化は、過去3年-プラスアルファに「アレックスジョーンズショー」このウェブサイトに訪れた普通の客と同様に予測されました。

This compilation is not an attempt to blow our own trumpet and say "we told you so," we were merely warning about the obvious consequences of what was unfolding as well as shining a light on what the elite were saying behind closed doors

この編集は我々自身のトランペットを吹奏して、「我々は、そうあなたに言いました」と言う試みでないと、我々がエリートが密室で言っていたものに光を照射していただけでなく、展開していたことの明らかな結果についてただ単に警告させたもらいました。

It is offered, however, as a reminder of the fact that while the mainstream corporate media were lying to the American people in continually claiming "the economy was strong," we were pointing out that the foundation of the financial system was crumbling to the ground, leading to the chaos that we see ensuing today.

しかし、それは主流マスコミが絶えず「経済は堅調でした」と主張して米国民に嘘をつく時、我々が金融システムの基礎の地面が崩壊していると指摘していたという事実を思い出させるものとして提供されます。そして、我々が今日起こっているのを見る混沌に至ります。

NY Wall St  セレナーデ







ヘンリーメイコウ博士より

Freemasons Stage Our Political Charade


October 4, 2008


ahmedKING1.jpg
by Henry Makow Ph.D.



When you shake hands, the thumb naturally extends upward or straight ahead. When it points downward, you are signaling that you are a member of the world's largest satanic cult, Freemasonry, and are committed to its goal of world government under the anti Christ.



Read what Stephen Knight wrote about the Masonic handshake in "The Brotherhood" (1983): "The Master Mason applies distinct pressure with his right thumb between the knuckles of the other's middle and third finger." (p. 132)



Compare Larry King's recent Ahmadinejad handshake with the one of the cover of Stephen Knight's book. I know Ahmadinejad is supposed to be one of the "good guys" for many. This is just to get Americans to abandon their country. He was dealt this role. The Masons (i.e. Illuminati)
control both sides of every conflict
.



Stephen Knight was poisoned and died just two years after publishing "The Brotherhood." What he said about British society no doubt applies to the whole world: Culture and politics are a charade quietly controlled by these disciples of Lucifer. In other words, mankind is in the thrall of a Satanic cult. Millions are complicit in their own enslavement.



Knight shows how Masons secretly control every aspect of British society. There are 500,000 Masons in England. Lodges are associated with every local government, police, bank, military unit, hospital, university, church, court and of course Westminster. What passes for politics is basically members of the same Lodge contending for office to decide how to enact the Masonic agenda. Knight documents how Masons give each other preferment in hiring, promotion and business. Non-Masons are continually hassled. It is no understatement to say that the UK is a Masonic tyranny. (
This website
takes on the Mason's "Common Purpose" front.)



brotherhood.jpgThe irony is that low-rank Masons don't realize this. They were officially forbidden from reading Knight's book. This is how secret societies work--by duping their members.



Freemasonry represents a conspiracy against society that has gone so far as to make treason the norm, and outlaw mention of conspiracy. Freemasonry is an extension of the "Jewish" conspiracy, basically creating a Gentile establishment to do its bidding. The Jewish conspiracy in turn is an instrument of the Central bankers who wish to use Jews and Masons to protect their monopoly on credit (money creation) and turn that monopoly into control over
every aspect of your life
. Hence the bogus "war on terror."



Every candidate running for US President or Vice President must be a puppet. Otherwise they would renounce the debt and insist on the US controlling its own credit (i.e. creating money.) The mass media is run by Freemasons. Jewish Mason Bill Maher has just released a film "Religuousity" dissing religion. There are three monkeys on the posters (hear-no-evil etc.) each wearing the symbols of Judaism, Christianity and Islam. I believe that religion is God (i.e. your conscience) speaking to you. Apparently Luciferians like Maher object to anything that gives people independence from their tyranny. It's fine to be tolerant of homosexuality and pornography but not the Spirit of God that helps people distinguish right from wrong.



BillMaherSatanicSign1.jpgCheck out this
video of Bill Maher making the Satanic "horned goat"
sign and exchanging Masonic handshakes with the likes of Ben Affleck and Ron Paul.



The Masonic bankers couldn't carry off this charade if they didn't own the mass media. They couldn't use perverts and criminals as Presidents and Senators if the press were free. They couldn't carry off an atrocity like 9-11 if the media could speak the truth. Instead, the media covers up their crimes. In my own city, the Winnipeg Free Press is pontificating on "toxic 9-11 truthers" who
believe the Mossad played a role.
Guess what -- the "Free" Press is owned by two B'nai Brith'ers, i.e. Jewish Masons, Bob Silver and Ron Stern. What a coincidence!



Here's
a BBC video
of Treasury Secretary Henry Paulson giving the Masonic "triangulation" sign (a pyramid with the fingers) around the 3.20 min mark. Paulson succeeded in raising the national debt
to $11 Trillion last week. Under the administration of Illuminati member George W. Bush, the national debt has doubled! He has spent as much as every administration that preceded him. He has done more to enslave Americans through fictitious debt than any President. Remember a dollar of new debt is a dollar in the pocket of the central bankers.



Here is a story about
Dr. Charles Smith
, an incompetent Toronto Pediatric Pathologist who over a 10-year period was responsible for 13 wrongful convictions. Yet he was protected by his superiors! My hunch is this man and his superiors are Freemasons. They take a vow to protect each other even when it involves breaking the law. How much more corruption in society can we trace to them?





CONCLUSION



The public will continue to believe there is a difference between the buffoons running for public office. It will continue to have faith in the mass media. But a few of us know that the human race is in the thrall of a vicious Satanic cult. And when it is too late, the rest of the public will know too. In the meantime we must prepare for the worst.

----


フリーメーソン会員は私達の政治的な見せかけを上演します。

2008年10月4日

ヘンリーメイコウ博士によって

あなたが手を握る時に、親指は当然上方またはまっすぐ前に拡張します。

それが下を向いている時に、あなたは、あなたが世界の最も大きな悪魔のカルト、フリーメーソンのメンバーであり、アンチキリストの下で世界政府のそのゴールを約束する合図をしています。



スティーブンナイトが「兄弟関係」(1983年)におけるフリーメーソン握手について何を書いたかを読んでください:

「フリーメーソンは他の中間の指間接と薬指の間で彼の右の親指によって別個の圧力をかけます」。



ラリー・キングの最近のアハマディネジャドとの握手をスティーブンナイトの本のカバーのそれと比較してください。私は、アハマディネジャドが、多くの人から「よい男」のひとりであることになっていると知っています。

これは、ただアメリカ人に、彼らの国を捨てさせることになっています。

彼はこの役割を分配されました。

メーソン(すなわちイルミネティ)はすべての衝突の両側をコントロールします。


スティーブンナイトは食中毒にかかり、「兄弟関係」を出版したちょうど2年後に死にました。

彼が英国の社会について言ったことは確かに全世界にあてはまります:

文化と政治は明けの明星のこれらの弟子によって静かにコントロールされた見せかけです。

すなわち、人類は悪魔のカルトの奴隷の中にいます。

数百万は彼ら自身の奴隷化において共謀しています。


ナイトは、どのようにメーソンがひそかに英国の社会のすべての面をコントロールするかを示します。

イギリスに500,000人のメーソンがいます。

ロッジはすべての地方自治体、警察、銀行、部隊、病院、大学、教会、法廷、およびもちろんウェストミンスターと関連します。政治として通るものは基本的に、どのようにフリーメーソン路線を制定するかを決めるためにオフィスと戦っている同じロッジのメンバーです。ナイトは、どのようにメーソンが雇用、昇進、およびビジネスにおいて互いに昇進を与えるかを文書化します。非メーソンは継続的にいじめられます。

UKがフリーメーソン圧政であると言うことは全然控えめな表現ではありません。

(このウェブサイトはメーソンの「共通の目的」正面をまといます。)


皮肉は、低ランクメーソンがこれを実現しないことです。

彼らはナイトの本を読むことを公式に禁じられました。

これは、どのように秘密結社が働くかです--それら(低ランクメーソン)のメンバーを騙すことによって。


反逆罪をそのノルマにし、共謀に関する言及を禁止することさえした社会に対して、フリーメーソンは陰謀団を代表します。基本的にその入札をするためにジェンティーレ施設を作成して、フリーメーソンは「ユダヤ人」の陰謀団の拡張です。ユダヤ人の陰謀団は次々、クレジット(貨幣創出)上の彼らの独占を保護し、その独占をあなたの人生のすべての面に関してのコントロールに変えるためにユダヤ人とメーソンを使うことを望む中央銀行総裁の機器です。それゆえにせの「テロに対する戦争」。


米国大統領または副大統領に立候補しているすべての候補者は操り人形であるにちがいありません。

さもなければ、彼らは借金を放棄し、それ自身のクレジット(すなわちお金の作成。)をコントロールしている米国を強く主張するでしょう。

マスメディアはフリーメーソン会員によって動かされます。

ユダヤ人のメーソン・ビル・マーヘルはたった今、宗教を非難しているフィルム「Religuousity」をリリースしました。

それぞれユダヤ教、キリスト教、およびイスラム教のシンボルを摩耗させているポスター(悪でないその他を聞いてください。)上に3匹の猿がいます。私は、宗教があなたと話している神(すなわちあなたの良心)であると信じます。見たところ、マーヘルのようなルシフェリアンは、人々に彼らの専制政治からの独立を与える何にでも反対します。同性愛とポルノを容認していることは素晴らしいけれども、人々が良いことを悪いことと区別するのを手助けする神の心を容認していることはありません。




悪魔の「角のあるヤギ」をサインさせていて、フリーメーソン握手をベン・アフレックとロン・ポールのような者と交換しているビル・マーヘルのこのビデオをチェックしてください。




彼らがマスメディアを所有していなかったならば、フリーメーソン銀行家はこの見せかけを勝ち取ることができませんでした。プレスが自由であったならば、彼らは大統領と上院議員として背教者と犯罪者を使うことができませんでした。メディアが真実を話すことができたならば、彼らは9-11のような残虐行為を勝ち取ることができませんでした。代わりに、メディアはそれらの犯罪を押し隠します。

私自身の都市で、ウィニペグ・フリー・プレスは、モサドが役割を果たしたと信じる「9.11事件の真相を追究する人々」を横柄に言っています。何かを推察してください--「自由な」プレスは2つのブナイブリス、すなわちユダヤ人のメーソン、ボブシルバーおよびロン・スターンによって所有されています。なんという偶然の一致なのでしょうか!





ここに3分20秒辺りにフリーメーソン「三角測量」合図(指を持つピラミッド)を与えているヘンリー・ポールソン財務省長官のBBCビデオがあります。

ポールソンは、先週11兆ドルまで国債を上げることに成功しました。

イルミナティメンバー ジョージ・W・ブッシュの管理の下で、国債は二倍になりました!

彼は、彼に先行したすべての管理費と同じくらい多く費やしました。

彼は、架空の借金を通してアメリカ人を奴隷にするためにどのような大統領よりも多くしました。

新しい借金の1兆ドルが中央銀行総裁のポケットの中で1ドルであるのを覚えていてください。


ここに、チャールズ・スミス博士(10年の期間、13の悪い信念に責任があった無能力なトロントの小児科病理学者)についての話があります。

それでも、彼は彼の上司によって保護されました!

私の予感はこの人であり、彼の上司はフリーメーソン会員です。

それが、法律を犯すのを伴っている時にさえ、彼らは、互いを保護する誓約を立てます。

私達はあとどれくらい社会の中の腐敗をそれらに追跡することができますか?


結論




一般大衆は、官庁を信じ続ける、走っている道化者の違いがあるけども。

それは、マスメディアへの信頼を持ち続けるでしょう。

しかし、私達の少数派は、人類が危険な悪魔のカルトの奴隷の中にいると知っています。

そして、もう遅すぎるけれども、一般大衆の残りも知るでしょう。

その間、私達は最悪事態の準備をしなければなりません。

続き

Allianz, others consider buying AIG's Japan units: reports Sat Oct 4, 3:52 AM ET









TOKYO (AFP) - Germany's Allianz Group and other major insurers are considering buying American International Group's three life insurance units in Japan, news reports said Saturday.


On Friday, the embattled insurance giant announced plans to sell off "non-core" assets, possibly including its three Japanese units -- Alico Japan, AIG Edison Life Insurance and AIG Star Life Insurance.


Allianz and Aegon N.V. of the Netherlands have shown strong interest in buying the three firms, Kyodo News reported, quoting unnamed sources close to the deal.


Japan's top non-life insurer Tokio Marine Holdings was also showing interest and had already started collecting information about their finances, according to the evening edition of the Asahi Shimbun.


AIG has started to narrow down candidates for the sale by soliciting bids behind the scenes, Kyodo reported, adding that negotiations for the deal were expected to conclude by the end of this year.


Alico Japan is expected to be priced at around two trillion yen (19 billion dollars), with AIG Star and AIG Edison seen to sell for at least 500 billion yen, respectively, Kyodo reported, quoting its sources.


The US Federal Reserve last month agreed to a loan of up to 85 billion dollars to stave off collapse at AIG. The deal gave the US government a 79.9-percent stake in the insurance behemoth.


Allianz、他は、AIGの日本のユニットを買うことを考慮します: リポート10月4日(土)午前3:52ET




TOKYO (AFP) - ドイツのAllianz(アリアンツ)グループと他の主要な保険業者は、日本でアメリカン・インターナショナル・グループの3つの生命保険ユニットを買うことを考慮しているとニュースレポートは土曜日に言いました。






金曜日に、布陣した保険巨人は、ことによるとその3つの日本のユニットを含めて、「非コア」財産を売り払う計画を発表しました--アリコジャパン、AIGエジソン生命保険、およびAIGスター生命保険。


DEAL.comに近い無名のソースを引用して、オランダのAllianzとAegon N.V.は、3つの会社を買うことへの強い興味を示したと共同通信社は報告しました。


朝日新聞の夕刊によると、日本の一番上の非ライフ保険業者東京海上ホールディングスはまた興味を示していて、すでにそれらの財源についての情報を収集し始めました。


DEAL.comのための交渉が、今年末によって終えると見られていたと付け加えて、AIGは、舞台裏で入札を求めることによって、販売への候補を絞り込み始めたと共同は報告しました。


その関係筋を引用して、アリコジャパンは、AIGスターおよび少なくとも5000億円でそれぞれ売るのを見られたAIGエジソンと約2兆円(190億ドル)で価格設定されると見られていると共同は報告しました。


AIGの崩壊を食い止めるために、米国連邦準備銀行は先月最高850億ドルの貸付金に同意しました。 DEAL.comは保険巨獣が株式の中で米国政府に79.9パーセントの持ち分を与えました。

速報 AIG to sell・・・・・












AIG to sell Alico businesses

[Posted on October 3, 2008 at 12:58 PM]

Alicoビジネスを売るAIG

[午後12:58に2008年10月3日に投稿されます]

It's not really a surprise that American International Group Inc. is looking to sell off some international assets to repay its $85 billion government loan. What is surprising is the selling off of its foreign life insurance operations, after newly appointed CEO Edward Liddy said that the insurer was staying in the life insurance business.


In a press release and Webcast Friday Liddy said the company plans to retain its U.S. property and casualty and foreign general insurance businesses, and it will sell its life insurance operations in the U.S., Europe, Latin America, South Asia and Japan. AIG's property and casualty businesses generated approximately $40 billion in revenues in 2007 and will remain the core business.


アメリカンインターナショナルグループ社がその850億ドルの政府借款を返すために若干の国際的な資産を売却するのを期待していることは、本当に思いもかけないことではありません。新しく指定されたCEOエドワードLiddyが保険業者が生命保険会社にとどまっていると言ったあと、驚くべきであることはその外国の生命保険事業の停止です(国際的な財産を売り払う事を実際に表している)。


金曜日にプレスリリースとウェブキャストでは、Liddyは同社がそのアメリカの資産と犠牲会社と外国の一般的な保険企業を保持する予定であると言いました、そして、それはアメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、南アジアと日本でのその生命保険事業を売ります。AIGの資産と犠牲者会社は、2007年に収益でおよそ400億ドルを生み出して、コアビジネスのままです。


"We plan on focusing on and retaining our U.S. property and casualty opportunities, our foreign general insurance business, and continue ownership interest in foreign life insurance businesses and pursue divestitures for our remaining high-quality assets," Liddy said.

私達は私達のアメリカ資産と犠牲会社売却機会(私達の外国の一般的な保険ビジネス)を集中して、保持するつもりで、外国の生命保険会社に対する所有権を持ち続けます、そして、我々の残りの高品質の資産のための剥奪(売却)を追い続ける」と、Liddyが言いました。


AIG will keep a stake in an overseas unit that sells life policies in China (AIG owns 19.8% of People's Insurance Company of China), South Korea (AIG Korea Insurance, with AIG Korea Life Insurance and AIG Korea General Insurance) and India (AIG is the minority partner with the Tata Group in two insurance companies in India, holding 26% each in Tata AIG Life Insurance Co. Ltd. and Tata AIG General Insurance Co. Ltd.). He specified that "large slices'" of AIG will be sold to "brand-name" companies because that strategy will hasten divestitures and benefit customers and employees. AIG's global coordinators for the divestiture program are the Blackstone Group LPand J.P. Morgan Chase & Co.

AIGは、中国(AIGは人民中国の保険会社の19.8%を所有しています)、韓国(AIG韓国生命保険とAIG韓国一般保険を持つAIG韓国保険)、およびインドで、生命保険を売る海外のユニットにおいて投資を保持するでしょう(タタAIG生命保険社で26%をそれぞれと考えて、AIGはインドの2社の保険会社でタタグループ(タタAIG生命保険社とタタAIG一般保険社)を持つ少数派のパートナーです。

彼はその戦略が売却剥奪を早めて、顧客と従業員に役立つであろうから、AIGの「‘大きなスライス’」が「商標名がついた」会社に売られるであろうと指定しました。

売却剥奪プログラムのためのAIGのグローバルなコーディネーターはブラックストーングループ、LP and J.P.モルガン・チェース・アンド・カンパニーです。

"We want to retain a majority interest in AIA. ... There are other businesses in our Alico operations. Those businesses are for sale," Liddy said.

「私達はAIAの支配権(株)を保持したいです。…他の企業は私達のアリコ事業にあります。それらの企業は売りに出されています」と、Liddyが言いました。

AIA Singapore is a wholly owned subsidiary of AIG in Singapore. It has more than 2 million policies in force, more than 3,800 financial services consultants and 800 employees in its Singapore offices. Alico conducts business in more than 55 countries and regions, including Japan; Western, Central and Eastern Europe; the Middle East; South Asia; Latin America; and the Caribbean, according to the Web sites.

AIAシンガポールはシンガポールでAIGの完全子会社です。

それはそのシンガポールオフィスの3,800人を超える金融サービスコンサルタントと800人の従業員で力において200万を超える顧客を持っています。

日本を含めて、Alicoは55か国と地域以上においてビジネスを実施します;

ウエスタン、Central、および東ヨーロッパ;中東;南アジア;ラテンアメリカ;そしてウェブサイトによるカリブ。

The life insurance and retirement business is the most valuable part of AIG's business, according to The Deal's Michael Rudnick, and could pay off almost half of the Federal Reserve's loan. AIG's domestic life operations could generate at least $41 billion from a sale, a source told The Deal. AIG's foreign life insurance business could alone sell for $50 billion, Gary Ransom, an analyst with Fox-Pitt Kelton, told The Associated Press. Bidders for the life businesses might include Allianz SE, Sun Life Financial Inc., Munich Re, AXA Group, Manulife Financial Group and Prudential Financial Inc. Other potential bidders, according to Bloomberg, could include Chubb Corp., Ace Ltd. or Allianz's Fireman's Fund Insurance unit, which might be interested in buying AIG's unit that sells coverage to individuals through independent agents.

DEALのマイケル・ラドニックによると生命保険と退職のビジネスはAIGのビジネスの最も貴重な部分であり、連邦準備銀行の貸付金のほぼ半分を清算することができました。

ソースはDEALにAIGの家庭生活ビジネスは売却販売から少なくとも410億ドルを生成することができると言いました。

ゲーリーランソム(フォックスピットケルトンのアナリスト)はAP通信に、AIGの外国の生命保険事業は500億ドルで一人で売却販売されることができたと言いました。

生命保険ビジネスのための入札者はBloombergによるとAllianz SE、サン・ライフ金融社、ミュンヘンRe、AXAグループ、Manulife財団、およびプルデンシャル金融Inc.他の可能性入札者を含むかもしれず、Chubb社、エースLtd.、またはAllianzの消防士の資金保険ユニットを含むことができました(それは、独立なエージェントを通して保険補償を個人に売るAIGのユニットを買うことに興味をもっているかもしれません)。

So let's take a look at the life businesses (on Wikipedia) that might be up for sale:

従って、売りに出されているかもしれないライフビジネス(Wikipediaの上)をちらりと見ましょう:




The insurer sold its 50% stake in London City Airport to its joint venture partner, Global Infrastructure Partners, for an estimated £250 million ($460 million), according to The Times Online. AIG and GIP originally bought City for £750 million. London's City Airport is the first actualized sale of a rumored 15 to 20 businesses the company may sell. - Maria Woehr

タイムオンラインによると、保険業者はロンドン都市空港でのその50%の持ち分を概算されている£2億5000万(4億6000万ドル)でのそのジョイント・ベンチャー・パートナー、グローバルなインフラストラクチャーパートナーに売りました。

AIGとGIPは元来£7億5000万で都市空港を買いました。

ロンドンの都市空港は、会社が売るかもしれない噂された15から20ビジネスの最初の実現した販売です。

- マリアWoehr

あってもおかしくない・。

McCain's Last Hope Is Osama Bin Laden

October surprise, appearance of mythical terror leader only factor that can rescue a 7 point deficit

マケインの最後の希望はウサマ・ビン・ラーディンです。

神話的な恐怖リーダーの10月の驚き、外観は因数分解します(それが7ポイントのマイナスを救うことができるだけです)







Paul Joseph Watson

Propaganda Matrix

Thursday, October 2, 2008

ポール・ジョセフ・ワトソン

プロパガンダ・マトリックス

2008年10月2日木曜日


With just 31 days left until the presidential election, attention has turned to the widely anticipated "October surprise." There is only one man that can now prevent Barack Obama from becoming the next President of the United States - and it isn't John McCain.


The establishment media is certainly entertaining the probability that a late political development will impact voters, with the Associated Press today reporting, "The specter of an October surprise has already factored into the 2008 campaign."

ちょうど大統領選挙まで残る31日となる状況で、国民の関心は広く予期されていた「10月の驚き」に変りました。

現在、バラク・オバマが米国の次の大統領になることを妨げることができる人は1人しかいません - そして、それはジョン・マケインではありません。

独立系メディアは、確かに、ゆっくりした政治的な展開が、今日、「10月の驚きの幽霊はすでに2008年のキャンペーンに加味されました」と報告したAP通信と有権者に影響を与えるであろうという見込みを考慮しています。

But with the latest polls now showing Obama ahead by at least 7 points on the back of the financial crisis, and leading McCain by as much as 15 points in key states like Pennsylvania, it's reasonable to speculate that the only beneficiaries from any potential October surprise would be the McCain campaign.


And judging by past history it seems that there's only one man who could help McCain overturn such a significant deficit - Osama Bin Laden.

しかし、現在財政危機の後の少なくとも7ポイント近く先のオバマを目立たせていて、主なマケインのペンシルバニアのような主要な州における最大15ポイント目立たせる最新の投票で、どんな潜在的10月の驚きで唯一得する者はマケインキャンペーンであると推測するのは妥当です。


そして、過去の歴史から判断すると、マケインがそのような重要なマイナスをひっくり返すのを助けることができる1人の男性しかいないように思えます--オサマ・ビン・ラディン。


以下省略

特亜を斬るさんより


特亜を斬る
さんより



日本の参政権欲しいニダ!  任せなさい!


                   民主の小沢ッシがやってくれるニダ!



小沢一郎
秘書・キム・スクヒョン



しかも~


小沢ッシの秘書は同胞・韓国
人ニダ!


情報は全部韓国
に漏れてるニダ!


 




お国のために頑張りまつ!在日参政権よろしくニダ!



民主党
小沢一郎
代表は18日、韓国
李明博
イ・ミョンバク
)次期大統領の特使として来日した李相得(イ・サンドゥク)国会副議長と党本部で約30分間会談した。

永住外国人の地方参政権の付与問題について協力を呼びかけた李氏に、小沢氏は「党内での議論をまとめて実現していきたい」と応じ、協力を約束した。

小沢氏は「個人的にも賛成で、早くやるべきだと考えている」と語った。






民主党
の言う埋蔵金
は外貨準備だったんですね~


http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK019426420081002



世界経済を混乱させるつもりのようで・・・・






[東京 2日 ロイター] 民主党の大塚耕平・金融対策チーム座長は2日、財務省の視察後に記者会見し、外貨準備の規模が大きすぎるとした上で、現状で国内総生産(GDP)比で約20%に達する外貨準備の規模を、約10年間で10%程度まで半減を目指すべきとの考えを示した。







 大塚座長ら金融対策チームは同日、外国為替資金特別会計の実態と運用の実情の把握するため財務省為替市場課を視察した。いわゆる「埋蔵金」を財源として活用することを視野に、1)外貨準備の規模の圧縮、2)外貨準備の運用の透明性――について財務省から意見を聴取した。視察には、菅直人代表代行も同行した。











 財務省視察後に会見した大塚座長は、米欧に比べて日本の外貨準備高の対GDP比が高すぎると強調し「20%の比率を10%に半減することをターゲットに10年の計画は十分に立てられる」と述べた。ただ、大塚座長は、ドル売り・円買いを「いますぐ大々的にやることは必ずしも適切ではない」とも述べた。











 財務省によると、2007年末現在、日本の外貨準備高は9541億ドルで対GDP比は21.8%となっている。同時点の米国は740億ドルで同0.5%、英国が495億ドルで同1.8%。欧州中央銀行とユーロを導入している各国の中央銀行で構成するユーロ圏でも2349億ドルで同1.9%。











 ただ、財務省の杉本和行次官は同日の定例会見で、外貨準備について「適正規模についての国際的な意見の一致は見られていない」とし、「外貨準備を減らすと、外貨準備を売却することになる。為替市場に不測の影響を与えかねない。慎重に考える必要がある」と否定的な見解を示した。











 <外準の情報公開を>











 民主党は、外為特会による米政府系住宅金融機関(GSE)債の保有状況が非公開になっていることを問題視している。大塚座長は、外貨準備の規模圧縮を計画的に進めるためにも「外為特会の情報開示が重要だ」と強調した。











 また、金融対策チームの大久保勉事務局長は記者会見で、外為特会について「約100兆円の資金をわずか18人で運用している。大手金融機関のディーリングルームに比べて(財務省の)設備は貧弱だ」として、リスク管理体制の問題を指摘した。さらに、運用の手法について「米国債だけでなく、他にどんな運用ができるかがまったく議論されていない。これを明らかにして、専門家の知恵を入れながら、より正しいリスクコントロールが必要だ」と述べた。

















 <埋蔵金として活用可能>











 さらに、2006年度決算では、外為特会の利益部分となる剰余金は3兆5322億円。このうち一般会計に1兆6290億円を繰り入れている。大塚座長は、外為特会の「埋蔵金」の認識について、剰余金の約3.5兆円を指摘し、「フローの果実として財源になり得る」との認識を示した。さらに、約100兆円の外貨準備の残高部分についても規模が大きすぎるとして「ストックをスライスして減らす中で埋蔵金として使える」と述べた。











 菅代表代行は2日の記者会見で、外為特会の剰余金から一般会計への繰り入れを除いた積立金について「19兆円余りあると財務省も認めている。最終的に国会あるいは政府で判断すべきものということで、この活用は可能だということを確かめた」として、財源としての活用に前向きな考えを示した。











 (ロイター日本語ニュース 村井 令二記者、伊藤 純夫記者、志田義寧記者) 








蛇足


民主も終わってるニダ・。自民もソウダケド・。まともな選択デキナイニダ・。

おかしくはないかい・。

bailout package:緊急援助一括法案





日本の各マスコミは緊急安定化法案という事で金融安定の法案であることを強調している。安定に反対するアメリカ国民はおかしいように世論を誘導しております。


金食う援助が金融機関への国民負担としてFRBからドルを借りる短期財務証券の肩代わりに反対しているのです・。500兆ドルのバブルに7000億ドルでは0.14%です・。これをどんどん増やす法案だからアメリカ国民は怒っておるのです(アメンバー第1弾で紹介)・。


アメリカ財務大臣がゴールドマン出身であり、FRBのバーナキとツーカーであるからだ・。ゴールドマンはFRBの有力な株主であるし・。負担だけ国民が被るのはおかしいと思っているのです・。






朝ズバの毎日新聞の与良正男論説委員「反対するのおかしいですよね・・安定化に反対するのは」


ぼけたことをのたまっております・。本質の見えない論説は糞です・。






なんなんかなぁ・。

<光母子殺害>橋下氏に賠償命令 元少年の弁護士への発言で


10月2日10時22分配信 毎日新聞







 山口県光市の母子殺害事件(99年)を巡り、橋下徹弁護士(現・大阪府知事)のテレビ番組での発言で懲戒請求が殺到し業務に支障が出たなどとして、被告の元少年の弁護士4人(広島弁護士会)が計1200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、広島地裁であった。橋本良成裁判長は原告の訴えを認め、橋下氏に原告1人当たり200万円、計800万円の支払いを命じた。



 光市事件を巡っては、被告の元少年側弁護団が差し戻し控訴審で「(事件の動機は)失った母への恋しさからくる母胎回帰によるもの」などと主張。一部世論が反発する中、橋下氏が昨年5月放送の情報バラエティー番組「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)で「許せないと思うなら一斉に弁護団の懲戒請求をかけてもらいたい」などと発言した。直後から弁護団メンバーが所属する弁護士会への懲戒請求が急増。日弁連によると、07年末までに計8095件の請求があった。



 橋下氏を提訴した今回の訴訟で、原告側は「被告人の利益を最大限主張することが刑事弁護人の職責。橋下弁護士も理解しているはずなのに、懲戒請求を促したのは極めて悪質」などと主張。多数の懲戒請求と橋下氏の弁護団批判で「請求への対応に追われて業務に支障を生じ、弁護士としての信用を傷つけられるなど精神的な苦痛を受けた」として1人当たり300万円の損害賠償を求めていた。



 一方、橋下氏側は「懲戒請求は(請求者の)自発的意志に基づくもの」として、発言が請求を誘発したことを否定。更に「07年4月の最高裁判決は懲戒請求の根拠を調査・検討する義務を示しているが、その対象は実際に請求した者。(呼びかけただけの)被告に義務はない。仮にあったとしても調査・検討を尽くした」と反論した。また、「懲戒請求で負担が生じたのは弁護士会の責任」などと原告側の損害との因果関係も否定した。【矢追健介】




蛇足


この弁護団はあくまで、嫌いな者を排除しようと法律オタクのように、筋違いの裁判を起こし、国民の権利を奪っているように思う。日本の司法は本当に国民の為に大丈夫かと思われる。凶悪犯の元少年の弁護に本人を誘導したかのような発言を繰り返し、被害者遺族を愚弄しつづけた責任を転嫁する手段を労する事は弁護士とはなにゃ?とそれこそ弁護士の品位を下げる行為としか見えない・。懲戒請求という制度を紹介しただけで、沢山の国民がNOと言ってる訳であるから己を恥じるしかないだろう・。橋下知事のイメージダウンを仕掛けたのだろうが、ブーメランは己の方に向かってくるだろう・。それほど国民はアフォじゃない・。


こんな勝手な人たちに死刑廃止を解かれても、被害者家族は逆ギレ起こす逆撫でにしかない・。欧米は裁判以前に警察の下で裁かれているのである(銃で)。

日本警察は警察官の被害があっても発砲しない凶悪犯の天国なのであるから・・。


アメリカの変革 アメンバー第二弾

Bare-Assed Naked in a Pig Skin Suit


Les Visible



For quite some time I’ve been saying here and elsewhere that those responsible for the problems of our time are going to be exposed and hung out to dry. It’s a given that most people wouldn’t understand how this could be possible when those responsible control the media that manufactures both the news and the viewpoints which are spoon fed to the public. It seems even more impossible when the foxes run the chicken house as their own poultry farm and when the laws that were designed to protect the public have been suspended or re-engineered to the point where they look like Michael Jackson’s face.


However… it’s happening. It’s happening the way the weather changes when one season moves into another. Increasingly as the days go by it becomes more of what is coming and less of what it was. It’s like ice cracking… here a crack …there a crack and soon it’s a spider-web of many cracks until one day the ice is gone altogether. Change is a constant.


Let’s not concern ourselves with why people are suddenly being exposed and ‘seen’ for what they are as opposed to what has been the case for so long. For far too long, a criminal mentality has prevailed over the worlds of politics and business and the engines of disinformation have dutifully pumped out their daily doses of Dairy Queen swirly ice cream that has not been ice cream at all but bullshit, flavored according to the tastes of what the public has been accustomed to. It’s still shit and if you were in your right mind it would still taste like shit. The reason it didn’t was because the public was on stage at a hypnotist performance, acting out according to the suggestions of the hypnotist. The spell is being broken. This isn’t the forum where I discuss the invisible causes of visible events. Let’s just assume this is happening because you can see it happening.


John McCain takes credit for a bail-out that then fails. Sarah Palin is by degrees shown to be a clueless twit with a dangerous capacity to believe whatever she is told by people more dangerous than herself and these things are being revealed to the public, in many cases by the same people who were concealing it from the public. The people who were responsible for the de-regulation that caused many of these problems are getting caught in their own webs of denial. The rapacious and greedy machinations of Wall Street are screening in the theaters on Main Street. And this isn’t just happening in America… all across the world in every country, the fortunes of those abroad are being compromised by the Big Tuna whose carcass is rotting in the sun.


This is stage one… or stage two but it’s only one of the preliminary stages. In this stage, the bad actors are now being given the opportunity to posture in even more humiliating performances while they do all the wrong things, instead of the right things but… once again, let’s not concern ourselves with why this is. Now Congress is being given an opportunity to strut their stuff and- true to their rigorous code of self-interest are betraying the businessmen and women who bought them in an earlier stage. Consonant with that, others are supporting the bail-out which will give their opponents the deciding edge in each campaign as they trumpet to their constituents how their competitor for office worked to sell out the American people.


This bail-out… though it is made to look complex, is quite simple. Certain forces from the business and political world want to give the publics money to the very agencies that caused the problem which the bail-out is supposed to fix. What the bailout accomplishes is to give these criminals the wherewithal to prop up their stocks before they dump them. However you may understand this situation, however nuanced your perceptions may be, one thing is clear… you don’t throw money at the people who created the problem in the first place. The real issue here is not what it appears. The real issue is that the Federal Reserve is in trouble and that makes me feel like I just took a good dose of oxycodone.


Let me point a few other things out… 700 billion will not fix this problem. The problem is much greater and you have to look at derivatives to understand why. Actually, the real problem is unbridled greed and shifting paper, inflating values, packaging and repackaging and selling and re-selling debt until nothing is what it seems. Nothing is what it seems.


The Bush legacy is now a dead skunk in the middle of the road. The Republican idea that wealth trickles down is bankrupt and always was a lie. The democrats have shown themselves to just be the other side of the face of a bare-assed naked pig. Ron Paul is totally redeemed. Day by day, the perpetrators of world misfortune are now being given the opportunity to lie and point fingers at each other and plead and beg with outstretched hands for the camera that is recording all of it.


What does this kind of a system do whenever it gets into this kind of a situation? It goes to war.


This is early days and you are getting a real glimpse at the sort of folk that got turned loose on you by the people you elected to protect you. It’s going to get more and more revealing as more and more stupid things get done and said, as the rats begin to desert the ship… as the empire crumbles… as the dollar begins to appear on rolls in the toilet stalls. Something is in the wind and it is opening doors where people are doing things to each other that they made against the law for everyone else.


Here’s an interesting read
. I make no claims about it. You’re hearing a lot of things. Some will tell you that all of this has been engineered by a few for the sole purpose of enriching themselves. This could well be true. Some will tell you that there’s nothing we can do because they’ve got control of everything. What you have just seen from the public’s reaction to the bail-out suggests otherwise. Nobody really knows what’s going on but… a whole lot of people and conditions are being exposed and a lot of the criminals are being made to dance like a chicken on a griddle. This will keep happening and they will keep looking for new ways to frighten and confuse you. Meanwhile, something they don’t understand is going on at the same time.


Some of you think there’s going to be an election in November. Some of you think that one of the two choices you can make is going to make a difference. Both of these candidates are whores to the very interests who brought this situation about. I’m not going to talk about solutions now… it probably isn’t my job anyway. But it is interesting that I and others know better what should be done than those entrusted to do it. Of course, we aren’t wearing sexual restraints with gag reflex ping pong balls in our mouths and waiting for a taste of what’s in store in that basement of the pawn shop in Pulp Fiction at the hands of agents from a nasty little abortion in the Middle East.


What I will say is that we are in the denouement of a Shakespearean play that the actors are unaware of. They think all it’s going to take is to throw some victims to the mob and point a few fingers and tell a few lies and then it’s back to business as usual… au contraire. Things are not what they were and this is only the beginning of the ice cracking and the unexpected doing a Jack in the Box in the most unexpected places. Meanwhile, the sleeping classes are waking up. Pardon me a little shadenfreude as the miscreants expose themselves with every effort they make to conceal themselves.


As much as there are going to be some storms and fury, there is going to be positive change. There’s going to be more change than Obama or anyone else intended or expects and it’s going on, right in front of you, right now. The scales are adjusting and nothing anyone does is going to alter that.


It’s Changing




裸で尻丸出しのブタ皮スーツを着て


私は相当な時間、我々の時間の問題の責任者が露わになりそうであるとここで、そして、どこか他で掲げられようとしていると言っておりました。責任者が一般大衆にさじで食べさせられるニュースと視点の両方を製造するメディアをコントロールする時に、ほとんどの人々が、どうしてこれが可能であるかを理解しないであろうということは既知の事実です。きつねは彼ら自身の家禽農園として養鶏場を面倒見る時と一般大衆を保護するために作られた法律が、彼らがマイケル・ジャクソンの顔のように見えるところまで中断されるか、作り変えされた時、それはよりいっそう理解は不可能です。


しかし…それは起こっています。1つの季節がもう一つへ移動するとき、天気が変わる方法で、それは起こっています。日々が過ぎるにつれて、それは、来るものより多くとそれがそうであったものより少しになります。

ひびが入ることは、氷のようです…はい、隙間、…隙間、そして、すぐに、氷が全くなくなるまで、多くの隙間のクモの巣です。変化は、定数です。


人々が突然露わになって、彼らが長い間本当だったことと対照的にあることについて『参照されている』理由に関心がないようにしましょう。あまりにも長い間、犯罪のメンタリティは政治とビジネスの世界に打ち勝ち、意図的誤報のエンジンは、忠実に、一般大衆が慣れているものの味に従って味つけされて彼らの一日量を忠実に大量に送り出したアイスクリームではないデアリークイーンの渦巻いたアイスクリーム。

それはまだクソであり、あなたが正気であったならば、それはまだクソの味がするでしょう。

それができなかった理由は、催眠術師の提案に従って実演して、一般大衆が催眠術師パフォーマンスでステージの上にいたためでした。

呪縛は解かれています。

これは、私が可視のイベントの見えない原因を議論するフォーラムではありません。

ちょっと、あなたがそれが起こるのを見ることができるので、これが起こっていると仮定しましょう。


ジョンマケインは、それから失敗する緊急援助を自分の手柄にします。サラパリンは彼女が彼女自身より危険な人々によって話されるものは何でも信じている危険な能力をもつ手がかりのないバカであることが次第に示されます、そして、それを市民から隠していた同じ人々による多くの訴訟では、これらは市民に示されています。これらの問題の多くを引き起こした規制緩和に対して責任があった人々は、否定の彼ら自身の網に引っかかっています。ウォール街の強欲で、食い意地が張った陰謀は目抜き通りの上の劇場でスクリーニングしています。

そして、これはただアメリカで起こっているのではありません…

世界中のすべての国で、外国のそれらの財産は、残骸が日なたで腐敗している大きなツナによって損われています。


これは、ステージ1です…または、2を示します。しかし、準備段階のうちのわずか1つです。このステージで、彼らがすべての間違ったことをする下手な俳優が現在さらに屈辱的な公演で姿勢に機会を与えられていること、妥当なものの代わりに、しかし、…もう一度、これがある理由に関心がないようにしましょう。議会が彼らのいいところを見せる機会を与えられている今、利己主義のそれらの過酷なコードに真実のそれらの物を誇示する機会は、より初期の段階において彼らを買ったビジネスマンと女性を裏切っています。それに調和して、他の人は彼らが職のための彼らの競争相手が米国民を売り払うことに取り組んだ彼らの有権者にトランペットを吹いて、彼らの敵に各キャンペーンにおいてそれらの相手に決定的なエッジを与えるであろう緊急援助を支持しています。本当の問題は、連邦準備銀行がトラブルに遭遇していて、それが私に、私がただオキシコドンのよい一服を取ったように感じさせることです。

私に2、3の他のものを指し示させてください…7000億はこの問題を解決しないでしょう。

問題はずっと大きく、あなたは、なぜかを理解するためにデリバティブを見る必要があります。

実際、現実の問題は抑制されない貪欲さであり、紙幣をシフトし、価値を膨らまし、何も借金をパッケージせず、再パッケージせず、売らず、再び売らないことは、見かけどおりです。

何も、見かけどおりではありません。

ブッシュ遺産は、現在道の中央の死んだスカンクです。富が下にしたたるという共和党の考えは、破産していて、常にうそでした。民主主義者は、彼ら自身がちょうど尻丸出しの裸のブタの顔の向こう側であることを示しました。ロンポールは、正論です。日々、世界不幸の犯人は、現在、お互い会って、互いを非難して、弁論する機会を与えられていて、全てを記録しているカメラのために、いっぱいに伸ばした手で物乞いをします。


それがこの種類の状況の中に入る時はいつでも、この種類のシステムは何をしますか?

それは戦争に行きます。


これは初期です、そして、あなたはあなたがあなたを保護するために選んだ人々によってあなたの上で不安定にされた種類の人々で本当の一見を得ているのです。


ネズミが船を捨て始めて、ますます多くのバカなことがされて、言われて、それはますます暴露的になりそうです…帝国が崩壊してドルが、トイレの個室の中のロールの上で出現しはじめる時。

何かが風にあり、それは、人々が、彼らが他のみんなのために法律に反してした互いに物事を行っているドアをあけています。

ここに興味深い読書があります。私は、それについて主張をしません。あなたは、多くのものを聞いています。幾人かはあなたにこれらのすべてが、あなた自身を豊かにする唯一の目的のために少数によって設計されていると言うでしょう。

これは真実である可能性が十分あります。

いくつかが、あなたに、彼らがすべてをコントロールしているので、私達にできることが何もないと言うでしょう。

あなたが大衆の反応から緊急援助までたった今見たことは違った形で示唆します。

誰も何かを本当は知りません。

…たくさんの人々と状況は露出しています、そして、多くの犯人は鉄板の上で鶏のように踊らせられています。これは起こり続けます、そして、彼らはあなたを怖がらせて、混乱させる新しい方法を探し続けます。一方、彼らが理解しない何かが同時に続いています。


あなたたちの何人かが、選挙が11月にあろうとしていると思います。

あなたたちの何人かが、あなたがすることができる2つの選択のうちの1つが、違いを生じさせようとしていると思います。

これらの候補者の両方は、この状況を引き起こしたまさしくその興味への売春婦です。

私は、現在解決策について話そうとしていません…

それはたぶんとにかく私の仕事ではありません。

しかし、それをするために、私とその他が、何がされるべきであるかを任せられたそれらよりよく知っていることは興味深い。

もちろん私達は、私達の口の中で咽頭反射ピンポンボールとの性的な抑制を身につけていなく、中東のきたない小さな中絶からのエージェントの手のパルプ・フィクションの中の質屋のその地階の店にあるものの味を待っていません。

私が言うとしている事は、私達が、俳優が気づかないシェイクスピア劇の大詰めでいるということです。

彼らは取り掛かろうとするすべては何人かの犠牲者を群集に投げて、数人を指し示し、少しの嘘を言うことであり、それからそれがいつものようにビジネスに戻っていると思います…

これに反して。

状況は以前と同じではなく、これは、ただの、最も予期せぬ出来事におけるハスノコギリが作る氷ひびが入ることと予期しない行ないの最初です。

その間、眠るクラスは起きています。

隠れるために、彼らがするすべての努力によって、極悪人が自身を露わにする時に、小さなshadenfreude(ほくそ笑む)について私を許してください。

いくつかの嵐と憤怒があろうとしているのと同じくらい、ポジティブな変化があるでしょう。

オバマまたは他の誰でも意味したか、予想するより多くの変化がありそうです、そして、それは、正にあなたの前で、たった今続いています。目盛りは調整されています、そして、誰でもすることは何も、それを変更しようとしていません。


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR