FC2ブログ

金融安定化という目くらまし・。

英語一口メモhttp://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200810070059262
より


Bailout、Rescue


“War on terror”(テロ戦争)などの言葉を作り出して、議論をコントロールすることを”framing the issue”という。巨額の公的資金を投入して金融機関から不良資産を買い取ることを柱とした法案をめぐっては、米政府は”framing the issue”ができなかったようだ。政府側は法案をrescueと表現し、メディアにbailoutは使わないように求めた。しかし、bailoutと呼ぶメディアが圧倒的であった。Bailoutもrescueも救済を意味するが、なぜ政府はbailoutという言葉を避けたのか。(鳥居英晴) 




Bailoutとrescueはどのように違うのか。ウェブスターによれば、動詞としてのbail outは1: to parachute from an aircraft(飛行機から落下傘で降下すること)2: to abandon a harmful or difficult situation(困難、危険な状況から脱すること)。名詞としてのbailoutはa rescue from financial distress(金融上の困難からの救済)。Rescueはto free from confinement, danger, or evil(監禁、危険、悪から解放すること)とある。 





(海事とパラシュート降下の言葉である、軽蔑的な言葉のbailoutは、1940年に証券取引委員会の一人の職員によって金融的工夫が加えられた。それは、「破産を防ぐ方法」を意味する。だが、「倒産したら、恐らくパンを求めて列ができたり、少なくとも厄介な低迷をもたらす民間や自治体の企業へ税金を投入する」という冷笑的な意味を得た) 





(まず言いたいことは、それをbailoutと言わないことにしよう。Rescueと言うことにしようということだ。なぜなら、それはrescueだからだ。一般の米国人をrescueすることだ) 




(「船の事故の故意でない犠牲者をrescueすると言う。嵐を知りながら出帆した経験のある船長をbailoutすると言う。米国の納税者を除いて、罪のない犠牲者はいない。より良く知っているはずのウォールストリートがbail outされている」) 

 


 (これはウォールストリートのbailoutではない。ウォールストリートのCEOのbailoutではない。経済全体に影響を持つ凍結された資産の問題を解決する努力である) 





(ジョージ・オーウェルは、政治的言語は「嘘を本当らしくし、殺人を立派なものにさせ、ただの風に立体感を与えるように意図されている」と書いている) 








蛇足


日本のマスコミは一様にbailout packagesを金融安定化法案という事になった・。


この法案の名称はthe Emergency Economic Stabilization Act of 2008 (EESA)。


米国でLPTAPMRAからTARAからEESAで日本ではbailout packagesをそのまま金融安定化法案としている・。

この法案の名称は当初、ポールソン財務長官の提案と同じLegislative Proposal for Treasury Authority to Purchase Mortgage-Related Assets(財務省当局が住宅ローン関連資産を買い取るための法案)であった。短い名称はTroubled Asset Relief Act of 2008(不良資産救済法)。それが審議の過程でEESA(緊急経済安定化法)に変わった。ページ数も財務省原案の3ページが下院で110ページに増え、上院の修正でさらに451ページに膨らんだ。



スポンサーサイト



まずは一歩前進か?

なめ猫
さんのブログより





<国籍法改正案>会期中は参院採決見送りで一致 自民と民主

11月26日19時52分配信 毎日新聞 の記事が出たとのお知らせを頂きました。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000105-mai-soci





<国籍法改正案>会期中は参院採決見送りで一致 自民と民主


11月26日19時52分配信 毎日新聞







 自民党の鈴木政二、民主党の簗瀬進両参院国対委員長は26日、国会内で会談し、未婚の日本人男性と外国人女性の間の子に対し、父親が出生後に認知すれば日本国籍の取得を認める国籍法改正案について、30日までの会期中は参院での採決を見送ることで一致した。与野党内に「偽装認知」などを懸念する声があることを踏まえ、会期延長後の来週にも、入管審査の徹底を求める付帯決議とともに成立させる方針だ。



 改正案は、6月の最高裁の違憲判決を受けて今国会に提出され、今月18日、衆院を全会一致で通過した。しかしその直前になって、自民党内の有志議員が「偽装認知を防止する手立てがない」と見直しを要求。衆院解散ムードの中、党内議論が不十分だったとも訴えた。民主党内にも同様の意見があり、両党間で協議した結果、会期末ぎりぎりの駆け込み採決を回避することにした。



 ただ、こうした改正慎重論に対して「審議は普通の党内手続きで行われた。法案を知らなかったというのは、さぼっていたのと同意語だ」(河野太郎元副法相)という指摘も出ている。【山田夢留】




国籍法改正案の採決先送り=参院法務委


11月27日11時29分配信 時事通信







 参院法務委員会は27日午前の理事会で、国籍取得の要件から父母の結婚要件を外す国籍法改正案の同日中の採決を見送ることを決めた。自民、民主両党内の一部に、虚偽の認知による国籍取得のおそれが強まることを懸念する声があるため、偽装認知の防止に向けた付帯決議を検討する。

 与野党各党とも賛成のため、会期が延長される今国会での成立は確実だ。






この毎日新聞が報じている内容は、下記、水間さん情報によると、明日午前中に確定

するとのことです。岡本明子



【国籍法炎上】インターネットの力 (水間政憲)

本日(26日)、午後4時からの緊急集会に参加しました。

佐藤正久参院議員によると

「皆さんからのFAXによって、自民党参院政調審議会も慎重審議が圧倒的になり、自

民党参院議員の9割は、慎重審査派になっている。しかし、委員会採決並びに本会議

採決の日程は、参院法務委員会理事と委員長の判断になる。27日午前中の参院法務

委員会理事の判断で最終的判断する。……」と、現況を説明した。



私は、インターネットの力の影響力を披瀝しました。その内容は次の2点です。

1、『週刊新潮』が明日(27日)、5頁の「国籍法改正案」を批判した平沼赳夫議員

と櫻井よしこ氏の対談特集が発売されることを明らかにした。



2、集会前に北海道新聞の取材を受けたこと。それは、全国紙と北海道新聞、中日新

聞、西日本新聞が報道しないことをメールでの批判をネットにお願いしたところ、朝

日新聞より左の北海道新聞が動き出したことを報告しました。



皆さん一人一人の力が、直接国会を動かした歴史的出来事として記録されることで

しょう。明日午後6時まで、参院民主党法務委員会理事と法務委員長に集中的に「慎

重審査」をFAXで要請して下さい。また、A級戦犯にFAXをお願いします。



ジャーナリスト水間政憲。ネットだけ転載フリー

水間さんからの依頼によるメールです。

下記の麻生首相のお話は、昨日、お会いした時に、水間さんが話しておられたことな

のですが、麻生さんが「村山談話はフシュウする」と述べたのなら、逆手に取って

「踏襲したって言ってないよ」、【村山談話は腐臭する】って言ったと言えばいいん

だよと聞いて、大笑いしました。

麻生さんには、本当に、【村山談話】を・・・腐臭させてほしいです。

一方、自民党でクーデターを起こして、リベラル路線へ持って行こうとしている河

野、渡辺、中川、与謝野氏らには、私も抗議を送りました。

岡本



キャラが立つ麻生首相 (水間政憲)

麻生首相が、「村山談話は踏襲する」と、報道したマスメディアが、掌を返す報道を

している。それは、麻生首相が誤読して「トウシュウ」を「フシュウ」と読み間違い

をしたと、云うのである。それならば、何故、時間が経過してから報道するのでしょ

うか。保守人脈の知人友人も「踏襲」したと報道されたことで、一様に落ち込んでい

ます。



メディアは、事実を正確に報道することが使命です。麻生首相が「フシュウ」と、発

言した時、なぜすぐに報道しないのか。そこに悪質の意図を感じるのです。

私は、マンガオタクと揶揄されている麻生首相の「キャラが立つ」発言と解釈してい

ます。マスメディアが、麻生首相は「村山談話はフシュウする」と読み間違えたと、

ネガティブキャンペーンをやっているが、それが事実報道であれば、保守層にとって

待望の麻生首相の発言だったのです。

麻生首相の発言は、【村山談話は腐臭する】と、破棄するべき趣旨での発言と捉える

べきなのです。それは、マンガ通の麻生首相でなければ出来ない、超一流の裏技なの

です。「キャラが立つ」とは、こういうことなのです。


蛇足


ネットの威力で付帯決議を付けられたのは一歩前進のようである・。私も官邸にメールをしました・。


その他議員秘書へも慎重な対応を求めました・。ネット社会は本当にモノ言う大衆がいるという事が証明されました・。何も考えずに衆議院を通すとは議員は大丈夫かと思われる。

隣国には関わるな・・議員殿

ジンボルト
ブログより・。


韓国政府、ウォン支援介入は行うべきでない─大統領=国内メディア


 [ソウル 21日 ロイター] 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は21日、急落しているウォン相場を支援する政府の為替市場介入に反対する姿勢を示した。複数の国内メディアが伝えた。




 聯合ニュースやオンラインメディア2社によると、同大統領は訪問中のペルーで記者団に対し「政府は外国為替市場に関与すべきではない、距離を置くべきだ」と述べた。




 21日の外為市場では世界的な株安によるリスク選好の一段の後退を受け、ウォンの対ドル相場<KRW=>が約11年ぶりの安値を付けた。







http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnJS832099520081121







 これが記事にされたのが、2008年 11月 21日 13:23 JSTなので、宣言したと同時にウォンの介入をしている。どういうことだ・・・韓国大統領が姿勢が記事になった途端、いきなり大規模な介入がスタートしている。







 これをだまし討ちというのではないだろうか。麻生さんの失言問題より、よほどこっちのほうが立ち悪いな・・・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おかしい。さきほどロイターあたりで介入を行うべきではないとか、ニュースがあったのだが・・・これは結果報告の記事なので、そのニュースは後で掲載するが、まずは結果を報告しよう。







 ストックが直った途端、猛烈な介入でウォンは一気に上がっていく。明らかに介入である。そして、終値、1492-4.0(-0.27%)。







 KOSPIはまだ決まっていない。15時に終わりはなくなったのか、今、1011.91、これも年金で支えたのか。







 どうやら、意地でも1500ウォンの終値は怖いらしい。やはり、KIKOなどのオプションがまだまだあるということか。というか、韓国経済もまた目が離せないな。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 まずはこのチャート見ていただきたい。







 










 すでに多くの読者は知っていると思うが、まったくもって機能していない。朝からずっとこんな感じであるが、今、朝鮮日報を見ると1519ウォンらしい。KOSPIのほうは943.44である。







 他のところでも、正確な情報が出てないようで、情報は錯綜している。もはや、14時50分とかの注目とかではなく、一体、どうなっているか、管理人の私ですら、さっぱりわからない状態である。







 とにかく、このまま動向に注視していく。








蛇足


韓国経済破綻は間近の様相である・。竹島、対馬など嘘と捏造で反日に終始して日本を足元に置きたい国民だけに、まさか、日本に援助を頼まないだろうし?日本国も距離感を持って接するかと思いきや・。


民主党はIMFとセットで特定国支援策を提案している・。また、日本政府も東アジアの金融支援を別途に考えている・。日本自体が大変なときに、反日に援助してどうするのか?また、たかりや嫌がらせのオンパレードだ。半島とは関わらないのが一番である・。自分らで何とかするでしょうから・無理かも。これで困る議員が与党と野党に沢山いるのはどうゆう訳であろうか・(利権があるのであろう)。


IMF支援で再建をお勧めします・2度目ですけど・。





国際的金融詐欺への暴動の兆し・。

Iceland Riots Precursor To U.S. Civil Unrest?
Demonstrators call for government to resign in wake of financial collapse

米国市民の不安のアイスランド暴動先駆け?
デモ参加者は金融崩壊の結果責任で辞任するよう政府に求めます

Paul Joseph Watson
Propaganda Matrix
Tuesday, November 25, 200

ポールジョセフワトソン
プロパガンダマトリックス
11月25日火曜日



Riots and protests in Reykjavik calling for the government of Iceland to resign have increased following a financial catastrophe that has wiped out half of the krona's value and put one third of the population at risk of losing their homes and life savings. Could similar scenes of civil unrest be repeated in the United States as the economy continues to implode?
アイスランド政府の辞任を要求しているレイキャビクの暴動と抗議は、クローナの価値の半分を拭き取り、人口の3分の1を、彼らの家と生活貯金を失う危険にさらした財政的な大災害の後で増加しました。経済が内側に破裂し続けて、市民の不安の類似した場面はアメリカ合衆国で繰り返されるでしょうか?
"It was the latest in a series of protests in the capital since October's banking collapse crippled the island's economy. At least five people were injured and Hordur Torfason, a well-known singer in Iceland and the main organiser of the protests, said the protests would continue until the government stepped down," reports the Scotsman.
「10月のバンキング崩壊がアイスランド島の経済を損って以来、それは首都での一連の抗議において最新のものでした」。
「少なくとも5人は負傷しました、そして、Hordur Torfason(アイスランドの有名な歌手と抗議の主な主催者)は政府が退くまで、抗議が続くであろうと言いました」とスコットランド人は報告します。

As crowds gathered in the drizzle before the Althing, the Icelandic parliament, on Saturday, Mr Torfason said: "They don't have our trust and they are no longer legitimate."
群衆が土曜日にアイスランド国会(アイスランド議会)の前に霧雨の中、集まったデモ参加者にTorfason氏は言いました:「彼らには我々の信頼がありません、そして、彼らはもはや合法的でありません。」
Hundreds more gathered in front of a local police station, pelting eggs at the windows, using a bettering ram to force the doors open and demanding the release of a protester.
卵をウィンドウに投げつけて、ドアをこじあけるために改良ラムを使い、抗議者の釈放を要求して、数百人は地元の警察署の前に集まりました。
A banner hung from a government building read "Iceland for Sale: $2,100,000,000," the amount of the loan the country will receive from the IMF.
政府建物にぶら下がった垂れ幕は「販売されるアイスランド:」を読みました。
「$2100000000」(同国がIMF(国際通貨基金)から受け取る(借りる)ローンの総額。)。

Gudrun Jonsdottir, a 36-year-old office worker, said: "I've just had enough of this whole thing. I don't trust the government, I don't trust the banks, I don't trust the political parties, and I don't trust the IMF.
グドルーンジョスドッター36歳の会社員は次のように言いました:
「私はこのモノ全体にたった今うんざりしました」。
私は政府を信頼せず、私は銀行を信頼せず、私は政党を信頼せず、私は国際通貨基金を信頼しません。

"We had a good country and they ruined it."
「我々は良い国を持っていました、そして、彼らはそれを損ねました。」
These aren't the actions of unwieldy mobs in third world countries, we're talking about a country that had one of the highest living standards in Europe and a relatively wealthy and sedate population, the vast majority of whom are now in revolt over mass redundancies and the fast disappearing values of their paychecks and savings.
これらは第3世界の国で扱いにくい群集の行動ではなく、私達は、ヨーロッパで最も高い生活水準と相対的に裕福で、もの静かな人々の1つの国について話しています。
その人達の大多数は、現在大規模な余剰人員解雇と彼らの給料小切手と貯金の速い価値の下落について反抗しています。

More peaceful protests against the Federal Reserve during the End the Fed events over the weekend were largely ignored by the U.S. corporate media, but the potential for wider chaos exists should the dollar finally cave in to the hyperinflationary bubble that is being created by the ceaseless printing of money to fund the multi-trillion dollar bailout.
週末の終わり、連邦準備局イベントの連邦準備銀行に対するより平和な抗議は主として米国の企業のメディアによって無視されたけれども、ドルが万一、マルチ兆ドルの緊急援助に出資するためにお金の絶え間ない印刷によって作成されているハイパーインフレのバブルに最終的に落ち込むならば、より広い混沌への可能性は存在しています。
Those who continue to assert, "It can't happen here," only need to look at the scenes in Reykjavik to realize that similar events could unfold across the U.S., where the reaction of militarized riot cops and even the military itself may be a little more heavy handed to say the least.
「それはアメリカで起らないであろう」と主張し続ける人々は、同様なイベントが米国を横断して展開することが可能であると気がつくためにレイキャビクの場面を見る必要があります(そこで、軍隊化された暴動警官と軍隊自身の反応は控え目に言ってももう少し高圧的かもしれません)。
With top Russian analysts predicting the breakup of the U.S. into different parts, allied with people like deadly accurate trends forecaster Gerald Celente warning of food riots and tax rebellions, the scenes in Reykjavik may be amplified in the U.S. should a significant portion of the public wake up to the monumental fraud of the bailout and begin to feel the impact of its consequences as we enter 2009.
食物暴動と税反乱の致命的で正確な傾向を予告するジェラルドセレンティのような人々と同盟しているロシアの最高アナリストが違う部分で米国の崩壊を予測している状態で,
一般大衆のかなりの人は万一、緊急援助の記念碑の詐欺に気付き、私達が2009年に入る時にその結果のインパクトを感じはじめるならば、レイキャビクの場面は米国で拡大されるかもしれません。



マスコミの凋落



The planet earth
さんのブログより




朝日新聞が初の赤字転落 産経新聞


2008.11.22 01:49



大手新聞社の朝日新聞社が21日発表した平成20年9月中間連結決算によると、最終損益が前年同期の47億円の黒字から103億円の赤字に転落した。営業損益も74億円の黒字から5億円の赤字となった。朝日新聞社が中間決算で最終損失と営業損失を計上したのは、中間決算の公表を始めた12年9月以来初めて。



 原材料である紙の価格が大幅に値上がりしていることに加え、広告収入、部数ともに減少したことが響き、営業損失を計上。またグループ会社のテレビ朝日株などを売却したことによる投資有価証券売却損として44億円を計上したことなどから103億円の最終損失となった。



 売上高は前年同期比4・4%減の2698億円。減収は中間決算としては4期連続。



中国や韓国、北朝鮮寄りの記事を書けば読者も減ってくる。保守系議員を嫌がり、自虐史観から脱却する動きを牽制して、左翼系議員や左翼系マスコミの大きな原動力になっているが、国民からは飽きられてきたようだ。これはTVの視聴率低下にも繋がっている。NHK、民放も朝日新聞色が強く、中国や韓国寄り、あるいは中韓のどちらかの影響が強い。これでは国民も飽きてくる。思想は自由だが、政治やマスコミは保守でないと支持されなくなっていて、田母神俊雄前航空幕僚長の件で左翼色が強い政治や左翼系マスコミの論評に多くの国民は嫌気がさしている。既存政党に保守政党がないのが政治を混乱にさせている。保守系議員は居るが少なく、どの政党も左翼系なので村山・河野談話を破棄できない。自民党や民主党はアメリカ寄りの親米左翼がいるのが特徴。政治は経済や景気と並行しながら内政干渉や主権侵害に毅然として、自衛隊を国防軍に変えていく政府が国民の支持を絶大にさせる。


蛇足


ネットでもそうだが、保守系がかなり増大していて、マスコミや政治家からかなり懸け離れた状況である。


民主党に政権を変えても、保守系は少なく、周辺諸国配慮と利権議員ばかり目に付く・。


国籍法改正はマスコミや政治家の遡上に乗らず、一般大衆を茅の外に置き去りにしては支持を得られていない・。


このまま、TVや新聞の左翼的論評を続ければ、ますます解離がでて聴衆からそっぽを向かれるのは必定でしょう・。


日本国と日本人を最優先する政策やオピニオンを出さなければ、この景気後退と同時にマスコミにはパチンコ業界などの偏ったCMが流され続け、結果まともな企業からCM費用面や内容により撤退など考えられる・。


日本の大マスコミはデジタル化と同時に再編が起こるであろう・。


アメリカも3大ネットワークから有料多角化の道になり、日本の状況もそに追随するのは目に見えている・。


既存政党やマスコミの洗脳もすでに剥げ落ち、凋落の流れである・。


そのまま放置すれば、極右政党が登場する事が考えられる・。


日本人自体が食えなくなる状況で周辺諸国に配慮する事や役人利権、大企業、マスコミなど私利私欲のばからしさがある。これを変革するのはかなり独裁的になるやもしれぬ・。

政府紙幣の発行の実現性





政府紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

政府紙幣(せいふしへい)とは、政府が直接発行し通貨としての強制通用力を与えられた紙幣のことである。日本では中央銀行である日本銀行が開業する前の明治通宝などが発行されたほか、銀貨の代用として政府紙幣が発行されたことがある。また最近では政府が発行すると債務にならないとして、財政再建のために提案されたことがある。




[編集] 概要









*1945年(昭和20年)の靖国神社50銭政府紙幣

現在、紙幣を発行するのは中央銀行であり、その中央銀行が発行する銀行券が紙幣である。ただし
シンガポールなど一部の国家では政府機関が紙幣を発行している場合がある。


日本では、前述のように日本銀行が開業するまでは政府紙幣が発行されており、1883年(明治16年)に発行された旧紙幣と交換された神功皇后が描かれた各種紙幣は「大日本帝国政府紙幣」であった。この時代の紙幣は政府が濫発したためインフレーションを招いていた。


第一次世界大戦中には、戦争により銀価格が急騰したため、銀貨の発行継続が困難になり50、20、10銭の政府紙幣が発行されたほか、1938年以降は銭単位の補助通貨が金属物資の戦争優先使用のために発行できなくなり、50銭の政府紙幣が発行されたが、10銭、5銭は日本銀行券扱いであった。なお、50銭の政府紙幣は銭単位が1953年に廃止されたため、日本では政府紙幣は完全に廃止された。




[編集] 近年の論議

21世紀初頭に一部の経済学者が財政支出のために政府紙幣を発行し活用すべきとの主張があった。日本では政府が財政支出の資金を集める手段として国債発行があるが、これは債務として残る上に利子が付くという弱点がある。そこで政府が資金として政府紙幣を発行することで調達し活用しようというものである。2003年4月16日にコロンビア大学のスティグリッツ教授(2001年にノーベル経済学賞を受賞)が関税・外国為替等審議会で、「日本の政府はデフレ克服策として紙幣を増刷すべき」と提唱したが、これは政府紙幣発行の薦めであった。同様な主張は他の者も行っていたが、政府が紙幣を直接発行すると信用力のない通貨を濫発し、ひいては猛烈なインフレーションを引き起こす危険性もあるため、否定的な意見もある。また実際に政府紙幣が発行される計画も存在しない。






ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報http://amesei.exblog.jp/8588080/


高橋洋一はやはり「竹中バネ」が強すぎるくせ者


アルルの男・ヒロシです。


 自民党の中川秀直元幹事長の懐刀の一人、高橋洋一氏ですが、最近は「外為資金=埋蔵金を使って、アメリカ金融市場を救済せよ」という提案をしています。


◎ 外為資金でアメリカの金融危機を救うべし 高橋洋一(2008年9月号)

http://www.shinchosha.co.jp/foresight/


 これは盟友の竹中平蔵が、「民営化した郵政はアメリカを救え」と「ダイヤモンド・オンライン」で発言していたのと被りますね・・・。


◎ サブプライム危機の真実 民営化した郵政はアメリカに出資せよ


(ダイヤモンドオンラインより引用開始)


 竹中 そこで今回、ニッポンの作り方として、「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」とぜひ申し上げたい。さきほどキャピタル・クランチの話をしましたが、アメリカではここ半年くらい、俄然一つの問題が浮かび上がっているんです。アメリカの金融機関が資本を受け入れるときに、誰が出するかということです。そこで、最近のキーワード、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)があります。政府系ファンド、つまり国が持っている基金です。アメリカの金融機関がSWFからお金を受け入れるケースが増えていますが、一方で、他国政府から資金を受け入れてもよいのかという問題がある。ある国が政治的な意図をもってアメリカの金融機関を乗っ取ってしまったら、アメリカ経済が影響を受けるのではという懸念も出てきています。


 翻って考えると、日本にはかつてとんでもなく巨大なSWFがありました。それが今の日本郵政なんです。資金量でいうと300兆円。他のSWFとは比べ物にならないほどのSWFがあったんです。民営化したので、今はSWFではない。だからアメリカから見ると安心して受け入れられる、民間の資金なんです。アメリカに対しても貢献できるし、同時に日本郵政から見ても、アメリカの金融機関に出資することで、いろいろなノウハウを蓄積し、新たなビジネスへの基礎もできる。


http://diamond.jp/series/nippon/10003/?page=3


(引用終わり)


 


救国人:2008/04/20(日) 22:42:40

500円玉千枚引き換え証券等貨幣の2.6兆円増発でガソリン税暫定税率の復活を中止しないと民主党政権ができ紙幣の大乱発による超インフレその他の悪政を行うだろう。

選挙民の6割以上は自分の懐から直接払わなくちゃならないガソリン代にしか関心が無いか こっちの方を優先し民主党が圧勝するからだ。

 日銀が発行している札と違って、政府自ら発行する「政府紙幣」の実現に向け、自民、民主 両党を軸にした超党派の国会議員有志が四月下旬にも動き始める。04年4月6日北海道新聞、小野盛司氏、3人のノーベル賞受賞者、等専門家が「政府紙幣を発行すべし」と言っている。


ガソリン税を再増税せずに道路予算 2.6兆円を作る事はできる。政府紙幣、又は1万円札を印刷すれば良い、アメリカでドルを刷りまくっているのでこっちも刷るべきだ。欠乏を補うものなので又 GDPの 0.5%程度の額ではインフレは起きない。でなければ政権維持の為 同額の所得税減 税をすべきだ、政府貨幣である補助貨幣500円玉 大量発行と言う手もある。千枚又は強制通用力のある20枚引換証券の発行と言う手もある。

精神病のハッカーが電子マネー2.6兆円と厚生年金何兆円かを製造して振り込んだら無罪?ホログラム、透かし等で簡単には偽造できない証明書付きの 登録番号付き昭和天皇陛下10万円金貨、再度発行(純金材料費現在6万円前後値上がり中 よりは高い)、(14万円で売られている) 又はICチップ入り百万円美智子皇后陛下白金硬貨を20万円分の白金で 作り発行する。白金なので偽物を簡単に鑑定出来る。

貨幣の増発は侵略される危機でも迫っていない限り 国にとって最善の策でも現金、預貯金を大量に持っていてインフレによる損を恐れる人々は反対するだろう。これらの人達に民主党が政権を取ると多くの社会主義政権同様、自分達の利益の為に紙幣を大乱発し超インフレが起きると言う事を認識して貰う必要がある。

民主党のマニフェストは財源が無いと批判されているが、ある、紙幣大乱発だ。


 与謝野と青木がナベツネと組んで大連立の「与謝野政権」といっている記事が今週発売の週刊誌にあった。小沢は今回は大連立には乗らない。最後の戦いを小沢はやっているのだから、ここで腰砕けにはならない。


 いずれにせよ、高橋洋一氏がやはり竹中民営化路線を無批判で受け入れている、無自覚なアメリカの手先である事が分かったので、「フォーサイト」の記事は有益でした。





政府紙幣発行の財政金融上の位置づけ ―実務的観点からの考察―


大久保和正 著

http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kenkyu/ron086.pdf




日本を守るのに右も左もない

http://blog.trend-review.net/blog/2008/10/000884.html


2008年10月24日

政府紙幣の発行も現実味を帯びてきた?








写真〈大日本帝国政府紙幣〉


とうとう株価が8000円台を割り込んだ。可能性はあると思っていたが、あまりにもあっさり安値を更新した。24日の東京株式市場の日経平均株価は3日続落し、一時、前日終値比813円91銭安の7647円07銭まで下落した。03年4月28日につけたバブル経済後の最安値(終値7607円88銭)を更新するまで約40円に迫る安値水準となった。


円高と株安で、日本の輸出産業は大打撃である。アメリカ発の株価暴落は、いよいよ大恐慌の様相を呈してきた。ある意味では、無理やり拡大し続けてきた市場原理主義の終焉と言えるかもしれない。


国の借金も850兆を超える日本に打つ手はあるのだろうか?

政府紙幣というのを聞いたことがあるだろうか?

普通は、日銀が紙幣を発行しているわけだが、国家が直接紙幣を発行してしまおうということである。そんな乱暴な・・・と思う人もいるかもしれないが、今、真剣に検討する政治家もいるようだ。

民主党の岩国哲人(てつんど)氏も、氏のHPの中で「政府紙幣の発行」を含む政策を展開している。


民主党の肩を持とうということではないが、ちょっと、引用させていただきたい。http://www.iwakuni.ws/policy1kinkyu2008.10.15.html


~引用~

「発想の転換を」―緊急政策提言―             2008年10月15日 衆議院議員 岩國哲人

 年初からのサブプライム問題に端を発した米国経済悪化は、9月のリーマン・ブラザーズの破綻から金融危機の様相を呈し、世界にその影響が波及している。

 10月3日、金融機関から不良債権を買い取る金融安定化法が米国で成立したが、資産の買い取り方法の実効性や国家財政に与える影響など、同法の効果を疑問視する意見もあり、株価は引き続き下落傾向にある。

 米国発の金融危機は、欧州などの世界経済にも波及しており、円は対ドル、対ユーロともに高値をつけ、輸出関連産業の業績悪化懸念が高まり、幅広い銘柄で売りが広がって、日本の株式市場は1年間に50%という世界最大の急落に見舞われて、景気の先行き不安が一挙に高まった。

 株価下落を喜ぶ人は誰もいない。いないどころか、株価の下落は株式を所有する企業、銀行、投資家のみならず、年金、保険などの一般国民の安心を奪い、不況による雇用削減で若い人の職場を奪い、暮らしの大量破壊兵器となってしまう。

 この未だかつてない強力な大量破壊兵器から日本経済と国民生活を守るための答えは、どの教科書にも見つけることはできない。

 異常な事態には異常な発想が必要だ。

 日本の経済と国民生活を守るためには政治と経済の仕組みを変える、発想の大転換が必要ではないか。政治も変える、経済も変える、「日本の政経手術」である。

 このような株式暴落・金融混乱の中で、私はバラマキ的発想ではなく、構造的改革を伴う8項目の緊急経済対策を提言したい。


              1 転換国債発行

              2 企業の自社株買い

              3 政府紙幣発行

              4 高速道路無料化

              5 第二次農地開放

              6 「消えない年金」

              7 食料品減税

              8 軽老ではなく「敬老の時代」を

~引用ここまで


氏はこの中で、政策の柱の1つとして政府紙幣の発行を政策提言しているが、これはどういうことなのか氏の言葉を借りて簡単に説明すると・・・・

「政府紙幣とは、政府が直接発行し通貨としての強制通用力を与えられた紙幣のことであり、政府が後に委任して発行する日銀紙幣とは異なる。
政府が発行すると債務にならないとして、財政再建のため提案されたことがある。日本では、政府が財政支出の資金を集める手段として国債発行があるが、債務として残り、利子が付くという弱点がある。そこで政府が府紙幣を発行することで資金を調達し活用しようというものである。

 2003年4月16日には、2001年にノーベル経済学賞を受賞したコロンビア大学のスティグリッツ教授が関税・外国為替等審議会で、「日本政府はデフレ克服策として紙幣を発行すべき」と提唱したこともある。  

 政府が紙幣を直接発行すると信用力のない通貨を濫発し、ひいてはインフレーションを引き起こす危険性もあるとして、否定的な意見もあるが、もともと国債と同じく発行額は国会や日銀の直接・間接のコントロール下にあるので、そのリスクを回避することは可能である。」


だそうだ。


実は、かつて歴史上、このような政策は試みられているが、いずれもインフレが起きた。しかし、それは、まだ貧困が残る物不足の時代の話だ。今は物が売れないから「無理やり市場拡大」した顛末としての経済恐慌であり、かつてとは状況が違う。現に市場にお金が猛烈にだぶついているのに日本ではインフレにならないではないか?

 

政府紙幣で国の借金もチャラに出来るということだ。


ところで政府紙幣の使い方として重要なのは、国の借金さえチャラにすればいいということではない。「必要か否か」の判断で、農業や福祉や子育て、コミュニティ形成など、市場原理では割が合わないとされてきた必要なことにお金を投入すればいいのではないか?そうすれば、狂った金融経済から脱却し、人々が本当にやりがいを持って活動できるような社会が来るとは言えないだろうか?


頼りない民主党の中からも、このような発想が出てくる時勢である。真剣に考える価値があるのではなかろうか?


ちなみに、岩国氏の経歴は1936年生まれ、59年に東大法学部卒業後、日興證券、モルガンスタンレー、メリルリンチ日本法人会長兼社長を経て、出雲市長選当選、その後96年に新進党公認で衆議院初当選、以後民主党公認で衆議院に3期当選し現在に到っている。


経歴を見る限りは、かつて資本主義の真っただ中を歩んだ人という印象だが、資本主義の表も裏も知り尽くした上での政策提言ということなんだろうか?

ちょっと気になるのは、資本主義のシステムを守るための最終手段としての政府紙幣とも取れることか?

「なんで屋」的には、資本主義に変わる新たな経済システムに軟着陸するための「政府紙幣発行」と捉えたいところだ。




反ロスチャイルド同盟HPから<政府紙幣はなぜ発行できないか>

「政府紙幣が無視し続けられる理由」は、“あまりにも虫が良すぎるから”ではない。


「政府紙幣」が、経済支配層の経済利益を脅かすものだからである。


この理解ができなければ、近代経済システムを理解することもできないだろう。


農業を含むあらゆる経済活動が、通貨をより多く稼ぐことを目的とするようになったのが近代経済システムである。 そのような経済システムを構築したのは、金融家である。


金融家は、中央銀行制度を確立することで、経済社会を貨幣経済化し、日々の経済活動が自分たちの利益に直結するようにしたのである。


貨幣流通が中央銀行の貸し出しから始まるのが近代経済の特質である。


イングランド銀行の創設まで遡らなくとも、米国で1913年に成立した連邦準備法(私的中央銀行制度の確立)をめぐるどろどろした謀略を顧みれば、その経済的権益の大きさがわかるし、それへの執着度合いもわかる。


(リンカーン大統領の暗殺も“中央銀行制度”問題が絡んでいると言われている)


“あまりにも虫が良すぎる”政府紙幣をほいほい発行されることになってしまったら、世界経済を支配している国際金融家の厖大な権益が失われることになる。


国際金融家にとっては、国民生活がどうなるかはどうでもいいことで、国民経済がどうなるかも利潤が最大化できるかどうかが判断基準である。


銀行制度を通じた全般的な「信用創造」が最大の経済権益だが、世界的なデフレ不況のなかで、厖大な保有通貨の運用先は先進諸国の国債に傾斜していくと予測している。


「政府紙幣」は、国債の発行をなくしてしまうものである。


「政府紙幣」は、世界経済支配層にとって、「近代経済システム」を根底からひっくり返してしまう“害毒”なのである。




政府紙幣論をめぐって - るいネットhttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=190305


しかしこの数ヶ月、金融破綻により、状況は全く変わった


1.近代→現代が行き着いた金融システムの崩壊が誰の目にも明らかに。金融幻想は完全に吹き飛ばされた(金融先進といわれた米英×、金融立国といわれたアイスランド、スイス×)。


2.今後どこまで続くかわからない金融機関の損失補填→公的資金のためには、大量の国債発行が不可避。国債の金利負担増→財政圧迫をどうする?⇒そもそもなんで国債?という議論は当然出てくる。あるいは、国債引き受け先は実質中央銀行しかなくなる⇒そもそもなんで国債?(国家紙幣と同じ)という議論は当然出てくると予想される。


3.より大きくは、米国覇権の終焉が世界共認になりつつある。金融優遇から金融規制へと潮目が変わりつつある。さらには、反金貸し共認がひろがりつつある。


こうした状況下で、今後どこかの段階で、政府紙幣実現の動きが出てくるのが必然ではないかと思う。




蛇足


今後、欧米をはじめ政府紙幣(欧米では独立紙幣)の発行について市民レベルで大きな動きとなってくるだろう。


米国では金融についてはベイルアウトパッケージス(金融安定化法案)でNOを唱えた下院での否決をはじめ、FRB(中央銀行)の株主のリーマンブラザーズの倒産など、今回の金融不安は国民の金融機関不信と相まって、うねりのように動き始めている。遅ればせながら、金融不安を経験した日本においては例外的に米国経済学者がこっそり教えてくれた代物である政府紙幣の発行について竹中ファミリーの高橋にして25兆円の発行すべしとしている。また、自民・民主の有志による提言がある。当の米国は市民レベルでは憲法違反の中央銀行の権限を縮小していく動きが、選挙により示されている・。当のバーナンキの政策にしても市民勢力拡大に躊躇しだしているからである。支配層についてはそのパワーの源を奪われる事について最善策を提示できていない・。EUなどの超大国化した統一通貨のユーロにして暴落するという事態を迎え、次期基軸通貨の役割は後退している。ユーロは各国の通貨を交代させ、ユーロによる一元支配の二重借金体制で高税金負担を強いて来た事への反発が市民レベルで動きがでるであろうし、EU中央銀行は両替屋に変貌するかもしれない・。




この日本においては国債と地方債の残高について各民間金融機関の保有高は高まり(他に投資先がない)がある。当然、国債残高の国際公約により、政府紙幣の発行は可能な状況を迎えつつある。




それとクリントンの政策の高所得者への課税を強化する方が景気回復の近道である・。




「日本の最高税率、84年70%、87年60%、89年50%、99年37%15年間でほぼ1/2」

「アメリカの最高税率、88年28%、91年31%、98年39.6%、」

世界政府は市民ではなく支配層の理想形

World government (Wikipedia)

世界政府


World government is the concept of a political body that would make, interpret and enforce international law. Inherent to the concept of a world government is the idea that nations would be required to pool or surrender (depending on point of view) sovereignty over some areas. In effect, a world government would add another level of administration above the existing national governments or provide coordination over areas national governments are not capable of adequately addressing as independent polities. The authority granted this level and how it relates to national governments and/or citizens is debated by both adherents and opponents to world government.


Some people see international institutions (such as the International Criminal Court, United Nations and International Monetary Fund) and various supranational and continental unions (such as Organization of American States, European Union, African Union, Union of South American Nations and Association of Southeast Asian Nations) as the beginning elements of a world government system. An organization comprising legislators from various nations known as Parliamentarians for Global Action have promoted ideas of democratic global governance, though such promotion has varied in its scope and intensity during the organization's history.


世界政府は、国際法を作り、解釈し、実施するであろう政治団体の概念です。

国家が、いくつかのエリアの上で主権に共同出資するか、引き渡すこと(観点の上の依存)を要求されるであろうというアイデアは世界政府の概念に固有です。

効果において、世界政府は、管理の別のレベルを既存の政府の上に追加するか、政府が、独立な政治形態として適正にアドレスすることが可能でないエリアの上で統合を提供するでしょう。

権限はこのレベルを与えて、どのようにそれが政府、および/または市民と関連しているかは世界政府に支持者と相手の両方によって討論されます。

何人かの人々は世界統治制度の最初の
要素としての国際的な組織(国際刑事裁判所、国連、および国際通貨基金などの)と様々な超国家的で、大陸の統合ユニオン(米州機構、欧州連合、アフリカ連合、南アメリカ国家の組合、および東南アジア諸国連合などの)を見ます。

そのようなプロモーションは組織の歴史の間にその範囲と強度について様々であったけれども、グローバルな行動のための議院法学者が民主主義のグローバル・ガバナンスのアイデアを促進した時に知られている様々な国家からの立法者から成っている組織。


Criticism

Depending on one's point of view, a world government could be more or less a sovereign-erasing superstate, an idea that is under heavy debate. Many critics say that any such formation of a world government would be essentially useless unless the reason relates to an event or conflict that could very well lead to a serious threat to the planet. This is based on nationalist ideas, or the fact that world-governmental candidates like the European Union (EU) and United Nations have not succeeded in stopping events like the Crisis in Darfur, or other such worldwide troubles.


Furthermore, the point of contention for many can be seen as to how nationalistic such a formation would be. A common criticism is that it could lead to an effective return of Imperialism; proponents, however, feel that a federated world government could still respect the cultures which contribute to it, and perhaps be more multi-cultural than current nation-states.


A common point of contention is that a dictatorship would be formed to enforce a world government, which can either be seen as beneficial (see H.G. Wells' The Shape of Things to Come) or to be detrimental. This is because of the natural human compulsion for self-determination, which a world government would abolish in national terms. The argument that organisations like the United Nations could work is often criticised by Realists who feel that such an organisation has little or no real control, and is only a de jure World Government and not the de facto needed.


Furthermore, conflicts such as the Second World War involving all of Earth led to the breakup of near World Governmental countries like the British Empire and other Great Powers; this shows that such large organisations and countries only spread problems to a more global scale. Furthermore, The League of Nations could not prevent the Second World War, and thus failed its true mission, having been established following the First World War to prevent such a conflict.


A disappearance of autonomy is perhaps the most widely cited reason for the current disdain for the idea of world government. Euroscepticism, particularly in the United Kingdom is popular, under a general dislike of other countries running their own, with the EU being perceived by many as being run by its more dominant members, and not a true democratic union. It is key to note that parties like UKIP oppose the EU because of its emerging possibility of becoming a superstate rather than a Free Trade organisation as it originally was in the form of the European Economic Community.


批判

人の観点に依存して、世界政府は、多少、君主の消去超大国(激しい討論中であるアイデア)であるかもしれません。

多くの批評家は、理由が、地球への重大な脅威をもたらす可能性が十分あるイベントまたは衝突と関連しない限り、世界政府のそのような成立が本質的に無駄であろうと言います。

これは国家主義のアイデアに基づくか、世界政治の候補者が欧州連合(EU)が好きであるという事実と国連は、ダルフルの危機または他のそのような世界的なトラブルのようなイベントを止めることに成功しませんでした。

さらに、多くの人のための論点は、そのような構成がどれほど国家主義的であろうかについて見られることができます。

共通の批判は、それが帝国主義の効果的なリターンを引き起こすことができたことです;

しかし、提案者は、連合体にされた世界政府が、まだ、それに寄与している文化を尊重し、たぶん現在の民族国家よりマルチ文化的であることができたと思います。

共通の論点は、独裁権が、世界政府を強制するために形成されるであろうということです(それは、有益である(今後現れる物のH.G.ウェルズのThe Shape of Things to Comeを見てください)か、有害なためと考えられることができます)。

世界政府が全国的な用語で廃止するであろう自決のために、これは自然な人の強制のためです。

国連のような組織が作動させることができた議論は、しばしば、そのような組織がほとんどまたは全然本当のコントロールを持っていなく、ただの正当な世界政府であり、事実上必要なものではないと思う現実主義者によって批判されます。

さらに、地球のすべてに関係している第二次世界大戦などの衝突は大英帝国と他の大きな能力のような近い世界政治国の崩壊を引き起こしていました;

これは、そのような大きな組織と国が問題をよりグローバルなスケールに広げただけであったことを示します。

さらに、国際連盟は第二次世界大戦を防止することができず、それから、そのような衝突を防止するために、第一次世界大戦に続いて、設立されて、その真実の任務に失敗しました。

自律性の消失はたぶん最も広く世界政府のアイデアのための現在の軽蔑に挙げられた理由です。

EUが多くによって真実の民主主義の統合組合ではなくそのより支配的なメンバーによって運営されると見なされる状態で彼ら自身を走らせている他の国の一般的な反感の下で欧州統合消極論、特に中のイギリスはポピュラーです。

それが元来欧州経済共同体という形でであった時に自由貿易組織というよりも超大国になるその明らかになる可能性のため、UKIPのような政党がEUに反対することに注意することはキーです。








蛇足


NWO(新世界秩序)はオーダー=秩序でなく命令だから、上位下達の命令系統であるから市民は無視される可能性が大きい・。裏政府は表に出たがっているが、もうバレバレであるから、マスコミ洗脳や経済摩擦、テロなどをでっち上げるしかないが・・。経済破綻は金融に行き着き、政府紙幣発行へと流れ出すであろうから、支配層はコントロールし難くなるであろう・。パワーの源の独占的金融支配が終わろうとしていることである・。翻って、我が日本は今回の事務次官殺害をテロという発想自体(政府官僚からマスコミへのオーダーも)がまだまだ民主主義にはほど遠い感があるけれども・。

SingSingSing

ちょい寒くなりました・。懐も寒い今日この頃です・。
天下りに精を出していた官僚さんも怯える日々になりました・。お悔やみ申し上げます・。


スウィングガールから

早々とテロと言うには何かあるのか??

基礎年金導入時の担当幹部=2人の元厚生次官、経歴に共通点




11月19日0時16分配信 時事通信










 刺殺された山口剛彦氏と、妻が刺されて重傷を負った吉原健二氏の両元厚生事務次官は、基礎年金制度の導入を柱とする1985年の年金改正に担当幹部としてかかわった接点がある。また吉原元次官は社会保険庁長官も務めた。 基礎年金の導入は、それまで厚生年金、国民年金などに分かれていた年金制度で全国民共通の基盤を作った点で画期的だった。吉原元次官は当時年金局長として、また山口元次官は年金課長として大改正に取り組んだ。 年金制度をめぐってはその後約20年を経て、基礎年金番号に統合されていない「宙に浮いた」年金記録が約5000万件に上ることが2007年に発覚。同年の通常国会は同問題で大荒れとなった。 吉原元次官が社保庁長官を務めた86-88年当時はちょうど、年金記録管理のオンラインシステムへの切り替えが行われていた時期に当たる。年金記録のミスはオンライン化時に多数発生したとみられている。 両氏はまた、小泉純一郎元首相が2度厚相を務めた時にそれぞれ事務次官だった共通点もある。 現役の厚生労働省幹部は「年金問題が関係しているのか分からない」と話し、犯行の動機が不明なだけに不安を募らせていた。







*テロリズム(テロル、テラー、テロリズム=Terror, Terrorism)とは、一般に恐怖心を引き起こすことにより、特定の政治的目的を達成しようとする組織的暴力

行為、またはその手段を指す。





現代では行政

組織・国家権力

・社会・文明に対する過激派

の暴力行為・冒険主義をさす事例が多く、最近ではその動機が多様化し、攻撃目標も要人から一般市民に変わってきている。歴史的には国家

・行政

組織側による暴力的抑圧(恐怖政治

、粛清等)を含み、体制・反体制を問わず暴力と恐怖を活用することで大衆

世論を支配する手段を意味した。>恐怖政治

、粛清等)を含み、
体制・反体制を問わず暴力と恐怖を活用することで大衆

世論を支配する手段を意味した。











蛇足




元厚生労働省(旧厚生省)の官僚で今は天下りでがっぽと稼いでいた故人でした・。卑劣な行為には違いないが、政治的意図など分からぬうちから、これをもってテロ行為と言うのはどうか? ひょっとして平成の仕置き人がいるのかもしれない・?? 。




連続 元厚生事務次官襲撃事件 疑わしい説はどっち? - livedoor リスログ

http://lislog.livedoor.com/r/17026


なめ猫氏のブログから

緊急拡散【偽国籍改正案】手続で止める方法
2008年11月17日 (月) | 編集 |
午前3時までファックスを送信しておりました。また新たにメールが届いていましたので、転載いたします。

時間がありません。

チャンネル桜動画








大阪の根屋 です。
水間政憲→岡本明子→根屋のルートで送信しています。


非常事態です!転送・転載歓迎!!

FAX送付活動をして下さっていることに感謝申し上げます。

ジャーナリストの水間政憲さんから、新たな依頼を頂きました。
下記の文章で、この法案が出てきた、水面下の動きについて、可能な限り書いておら
れます。

今回FAXして頂きたいのは、下記の方々ですが、文章を読んで頂ければ分かります
が、それぞれ立場が違いますので、文面のニュアンスを変えて頂ければと思っており
ます。
宜しくお願いいたします!!

塩崎恭久議員  FAX: 03-3508-3619
大島理森自民党国対委員長 FAX: 03-3502-5082
島村宜伸自民党代議士会会長 FAX: 03-3508-3718
谷公一議員 FAX: 03-3502-5048

緊急拡散【偽国籍改正案】手続で止める方法 (水間政憲)

皆様、動画サイトは2日間だけで3万数千件のアクセスになっているようです。
最後の最後にお願いして頂きたく、手続きに関する矛盾点と対策を列記します。
衆院法務委員会で、まだ、採決が行われていない「国籍法一部改正案」が、本会議で
緊急決議することになったことは、大島理森自民党国対委員長のところに、衆院法務
委員会自民党から持ち込まれたからです。
一般的に考えれば、その責任者は、塩崎恭久筆頭理事になるでしょう。
大島理森国対委員長は、この法案の危険性をよく理解していないと思われます。
また、自民党総裁選麻生候補推薦人代表の島村宜伸自民党代議士会会長も、同じよう
な状態だと推察できますので、お願いのFAXをして頂けると幸いです。

そして、これは難しいことかも知れませんが、18日13時から本会議場で「議長ー
…」と発声する呼び掛け人の、谷公一議員が「国籍法一部改正案」と発しなければ、
採決されません。谷議員にお願いするのも一案です。
本来これほどの重要法案は、法務委員会で採決された後に、各議員にプリントが配ら
れ、2~3日後に本会議で採決されることが普通です。
今回の件は異常中異常です。
ジャーナリスト水間政憲。転載フリー。

NPO法人家族の絆を守る会(FAVS)
事務局長 岡本明子
FAVSブログ http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/

<参考>

今回も公明党は積極推進をしています。鳩山法相(当時)に申し入れまでしています。

日本アンチキムチ団さんより~

http://antikimchi.seesaa.net/article/109692738.html

国籍法改正案はバグだらけだよ公明党の大口善徳(大口よしのり)議員。(w
バグだらけの国籍法改悪案反対、二重国籍は条件付賛成
http://antikimchi.seesaa.net/article/109689093.html

発端はどうやらココラ辺りのようですね・・・(w



<以下略>


衆議院法務委員名簿 連絡先

<委員長>
[自民] 山本幸三   TEL 03-3508-7085 FAX 03-3501-9303 kozo-y@sirius.ocn.
ne.jp yamamoto-office@seagreen.ocn.ne.jp

<理事>
[民主] 加藤公一   TEL 03-3508-7457 留守電 042-390-4315 FAX
03-3508-3287 koichi@katokoichi.com
[民主] 細川律夫   TEL 03-3508-7513 FAX 03-3593-7148 h04091@shugiin.go.
j
[公明] 大口善徳   TEL 03-3508-7017 無し          
mail@t-okubo.jp

<委員>
[自民] 赤池誠章   TEL 03-3581-5111 FAX 03-3508-3733 ・
http://akaikemasaaki.spaces.live.com/(ブログ)
[自民] 近江屋信広  TEL 03-3508-7405 FAX 03-3508-3885 無し
[自民] 大前繁雄   TEL 03-3508-3725 FAX 03-3508-7275 sigeo@oomae.jp
[自民] 河井克行   TEL 03-3508-7518 FAX 03-3508-3948 h01373@shugiin.go.
jp m_kawai@opal.famille.ne.jp
[自民] 木村隆秀   事務所 TEL 052-331-6611 FAX 052-331-2600 
info@kimutaka.org
[自民] 桜井郁三   TEL 03-3508-7326 FAX 03-3508-3326 
ikuzo@shonan.cityfujisawa.ne.jp
[自民] 笹川 堯    TEL 03-3508-7526 FAX 03-3502-8865 
info@e-sasagawa.com
[自民] 清水鴻一郎  TEL 03-3508-7051 FAX 03-3508-3211 
s-5160@crest.ocn.ne.jp
[自民] 塩崎恭久   TEL 03-3508-7189 FAX 03-3508-3619 
shiozaki@y-shiozaki.or.jp
[自民] 杉浦正健   TEL 03-3508-7124 FAX 03-3597-2771 ・
http://www.seiken-s.jp/
[自民] 平将 明    TEL 03-3508-7297 FAX 03-3508-3507 
taira001@nifty.com
[自民] 棚橋泰文   TEL 03-3508-7429 FAX 03-3508-3909 
e-mail@tanahashi-yasufumi.com
[自民] 谷畑 孝    TEL 03-3508-7276 FAX 03-3508-3726 
g02813@shugiin.go.jp
[自民] 長勢甚遠   TEL 03-3508-7107 FAX 03-3592-9048 ・
https://ssl.n-jinen.com/form/voice.php
[自民] 萩山教嚴   TEL 03-3508-7278 FAX 03-3593-7103 無し
[自民] 町村信孝   TEL 03-3508-7117 FAX 03-3502-5061 info@machimura.net

[自民] 武藤容治   TEL 03-3508-7029 FAX 03-3508-3829 h08648@shugiin.go.
jp
[自民] 森山眞弓   TEL 03-3508-7527 FAX 03-3597-2753 無し
[自民] 矢野隆司   TEL 03-3508-7212 FAX 03-3501-8818 無し
[自民] 柳本卓治   TEL 03-3508-7167 FAX 03-3597-2801 h04664@shugiin.go.
jp
[民主] 石関貴史   TEL 03-3508-7286 FAX 03-3508-3736 info@ishizeki.jp
[民主] 枝野幸男   TEL 03-3508-7448 FAX 03-3591-2249 yukio@edano.gr.jp
[民主] 河村たかし  TEL 03-3508-7902 FAX 03-3508-3537 g01403@shugiin.go.
jp
[民主] 中井 洽    TEL 03-3508-7263 FAX 03-3592-9044 
nakai@mie.email.ne.jp
[民主] 古本伸一郎  TEL 03-3508-7262 FAX 03-3502-5075 
h07030@shugiin.go.jp
[公明] 神崎武法   TEL 03-3508-7225 FAX 03-3503-2388 ・
http://www.kanzakitakenori.org/voice2in.htm
[社民] 保坂展人   TEL 03-3508-7070 FAX 03-5511-7877 
GAF06452@niftyserve.or.jp
[無 ]  滝 実     TEL 03-3508-7081 FAX 03-3508-3861 
makoto-t@m4.kcn.ne.jp

-----Original Message-----
ai@mie.email.ne.jp
[民主] 古本伸一郎  TEL 03-3508-7262 FAX 03-3502-5075 
h07030@shugiin.go.jp
[公明] 神崎武法   TEL 03-3508-7225 FAX 03-3503-2388 ・
http://www.kanzakitakenori.org/voice2in.htm
[社民] 保坂展人   TEL 03-3508-7070 FAX 03-5511-7877 
GAF06452@niftyserve.or.jp
[無 ]  滝 実     TEL 03-3508-7081 FAX 03-3508-3861 
makoto-t@m4.kcn.ne.jp

-----Original Message-----
From: 根屋 
Subject: 緊急事態発生  国籍法18日(火)衆議院通過か?

大阪の根屋 です。
本日の産経新聞でも記事が載っていますが、日本の国籍を実質的に自由に売買できる
法律案が今国会で通ろうとしています。
 この自民、民主両党の動きに対して、自民党の有志議員が立ち上がり、反対の議員
署名運動を始めました。

閣議決定がなされ、18日の法務委員会で3時間の審議ののち18日の本会議で可決
するという予定となっているそうです。

遮二無二ゴリ押ししているのは枯れかわかりますが、今はなんとしても阻止するしか
ありません。

早急に国籍法改正反対派の議員で慎重審議を求める署名を自民・民主で100名集
め、今日に国会対策委員長へ申入れをしています!

18日は、同志である衆議院議員 稲田朋美先生が質問に立ちます。

 先日水間政憲様のブログよりお伝えしましたが、今日は産経新聞の阿比留記者が詳
しく書いていますので、ご紹介します。

直ちに、「国籍法改正案大反対」 だけでも結構です。FAXでお願いします。

日本崩壊をくいとめましょう。

自民党も民主党も信頼することは出来ません。
良識議員にお願いしましょう。



参考
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/795468/

蛇足
密かにイルミナティアジェンダを履行しているようだ・。日本国と日本人を徐々に薄め、消し去る事だ。アジア経済圏の名の下に、IMFを利用して、日本吸収の意図は着々と進んでいる・。それを知らないのは当の日本人である・。

日本人はユダヤ秘儀(カバラ)のルーツを知ってか知らずか過去から引き継いでいる。それは2面性として本音と建前として生活の中に深く根ざしている。それで、耐えたり、我慢したりするが、世界の大方は一面性(一神教)に洗脳されている。世界のトップエリートはその2面性を兼ね備えるために多くの秘密結社が存在する・。
日本人は元々備わっている複眼視する能力が在るはずである。マスコミはその1面性を強調する事に明け暮れている・日本人が目覚めるのが怖い事なのだ・。

特亜を斬るさんより

特亜を斬るhttp://killkorea.iza.ne.jp/blog/





対馬強奪宣言!不動産買い占めはその序章だ!



馬山市議会発行「対馬島に対する正しい歴史意識」


聯合ニュース11月13日





"対馬島は見て楽しむ観光地ではなく歴史意識で捉えなければならない私たちの地です"


2005年日本島根県議会の '竹島の日
条例' 制定に対抗してその年 '対馬島の日条例'を制定した慶南馬山市議会が小冊子 '対馬島に対する正しい歴史意識'を発行した。


条例制定4年目に合わせて出したこの本は対馬島の日記念事業推進委員会副委員長である市議会朴スンチョル議員が編集した。78ページ分のこの本は大きさも小さくて簡単に大きな懐の中に入れ持ち運べるように作った。

本頭には
「対馬島の日条例は歴史と文化的背景の同質性を持った対馬島が私たち領土である事を対内外に刻印させて領有権確保をその目的とする」 など市議会が制定した条例などが紹介されている。




対馬は我が領土!を啓蒙させる妄想冊子



引き続き上古時代から光復以後まで「対馬島は私たちの地であった」と記録した三国志
、魏志倭人伝、三国史記、新羅本紀などを詳しく紹介した。


この本には特に 「日本は対馬島をどうして我が地だと言うか」「日本の地なのに対馬島を尋ねて行くことができるか」 などの問答形式で見る対馬島に対する歴史意識と今後の私たちの対応まで盛り込まれている。


また付録に対馬島が私たちの領土として表示された多様な古地図を一緒に紹介した。




頭のイカレた議会・・・・目先の経済破綻より対馬が大事



朴議員は 「対馬島に対する国民の感情を陷沒させる政府の一方的な外交政策が変わらなければならない。新しい声を支援して多様な声を保障する雰囲気を誘導する時に外交力と実効性が確保される」と主張した。彼はまた「釜山の一中学校で対馬に対する歴史授業がもう始まった。教育を通じて対馬が元々私たちの地だったが日本が奪ったという領土回復意識を植え付けなければならない」と強調した。


馬山市議会はこの日午後、姉妹都市である忠北提川市議会を訪問して「対馬島に対する正しい歴史意識」を主題として講演及びシンポジウムを持つ。




垂れ幕には「独島は我が領土、対馬も我が領土」



盧議長は「対馬島に対して老若男女誰もが簡単に歴史意識を持つように来年はマンガ本を発刊するなど多様な対馬島領土回復運動を展開する計画」と明らかにした。


市議会条例に制定された「対馬の日」は1419年 6月19日世宗1年に李宗務将軍が昌原出身である崔将軍などとともに対馬島を征伐するために馬山浦を出発した6月19日を記念日に決めて各種記念事業を推進している。





対馬侵略を進める泥棒民族・バ韓国



政府ももっと危機感を持って欲しい!






経済破綻しても韓国
に対しては絶対に救済無用!



盗人に追銭は止めて欲しい!





蛇足


イルミナティに相手にされてない国なのに、未だに戦後どさくさ紛れのアジェンダから逃れられない・。


世界の支配層はダブルスタンダードが標準だ。

The Credit Crisis: Colonization of the Developed World?

金融恐慌:開発された世界の植民地化?

November 14, 2008

by Henry Makow Ph.D.

"Economic crises have been produced by us for the goyim by no other means than the withdrawal of money from circulation."

-- Protocols of Zion, 20

2008年11月14日

ヘンリーメコウ博士号によって

「経済危機は流通からのお金の撤退により、別の手段によって異邦人のために私達によって引き起こされています」。

--シオン、20のプロトコル






How did the Rothschilds
manage to emerge relatively unscathed from the financial meltdown?


"You could say that we may have more insights than others," Baron David de Rothschild coyly told a reporter during a recent visit to Dubai.

どのようにロスチャイルド家は、金融危機から相対的に無傷にどうにかして出現しましたか?

「あなたは、私達が他より多くの洞察を持つかもしれないと言うことができました。」とデイビッド デ ロスチャイルド男爵は恥ずかしそうにドバイへの最近の訪問の間にレポーターに言いました。

Does "more insights than others" include being personally responsible for the financial meltdown? "World events do not occur by accident," Denis Healey, former British Defense Secretary said. "They are made to happen... staged and managed by those who hold the purse string." According to another insider, the Illuminati were responsible for the last Depression too.

「他より多くの洞察」は個人的に金融危機に責任があることを含みますか?

「世界の出来事は偶然起こりません」、デニス・ヒーリー前の英国の国防長官は言いました。

「彼らは、…、財布ストリングを持っている人々によって上演されて、応対されて、起こらされます」。

別のインサイダーによると、イルミナティはまた最後の不況に責任がありました。

For hundreds of years, mankind has been force-fed a diet of depression, war, Communism, division, depravity and dysfunction by central bankers like the Rothschilds. They want to translate their monopoly over our government's credit into a total monopoly over power, culture and religion, i.e. the New World Order.

数百年の間、人類はロスチャイルド家のように中央銀行総裁によって不況、戦争、共産主義、部門、堕落、および機能不全のダイエットを無理強いされています。

彼らは、パワー、文化、および宗教、すなわち新世界秩序上の全体の独占の中に私達の政府のクレジットの上でそれらの独占を翻訳したいと思っています。

The Protocols of Zion: "It is indispensable to...utterly exhaust humanity with dissension, hatred, struggle, envy and even by the use of torture, by starvation, by the inoculation of diseases, by want, so that the "goyim" see no other issue than to take refuge in our complete sovereignty in money and in all else." (Protocol 10:19)

シオンのプロトコル:

「それは、…への不可欠な物が完全に意見の相違、憎悪によって人類を疲れさせていて、拷問の使用によって、飢餓によって、病気の接種によって苦闘し、妬み、および均一であることです」

「異邦人」が、お金の中で私達の完全な主権に避難し、欠乏によって他のすべて"を受け入れること以外に問題を全然見ないように。

(プロトコル10:19)

According to the Dubai interview, "Baron Rothschild shares most people's view that there is a New World Order. In his opinion, banks will de-leverage and there will be a new form of global governance."

ドバイインタビューによると、「ロスチャイルド男爵は、新世界秩序があるというほとんどの人々の見解に同調します」。

「彼の意見において、銀行は非力であろうし、グローバル・ガバナンスの新しいフォームがあるでしょう」。

Referring to Dubai's Muslim character, Rothschild said, "There is no debate that Rothschild is a Jewish family, but we are proud to be in this region."

ドバイのイスラム教の文字を参照することによって、ロスチャイルドは、「ロスチャイルドがである討論が全然なく ユダヤ人のファミリーである けれども、私達は、この領域にあることを誇っています。」と言いました。

If the "Baron" is just an innocent businessman plying his trade, I owe him an apology. However, I suspect he (or his siblings) belong to the Illuminati Council of Thirteen. The Illuminati are generational satanists and their agenda is to impoverish and enslave humanity. Naturally, I want to be wrong but the "credit crisis" may be the beginning of a plan to reduce the developed world to permanent third world status.

「男爵」が単に彼の商売を営んでいる無実の実業家であるならば、私は彼に詫びなければなりません。

しかし、私は、彼(または彼の兄弟)が13の啓蒙主義者協議会に所属していると疑っています。

啓蒙主義者は世代的な悪魔主義者であり、彼らの行動計画は、人間性を貧しくし、奴隷にすることです。

当然、私は、間違いたいけれども、「金融恐慌」は、開発された世界を永久的な3番目の世界ステータスに減らす計画の最初であるかもしれません。

THIRD WORLD STATUS


In 1992, Maurice Strong, head of the UN Conference on Environment and Development, laid out the real intent behind the global warming campaign: "Isn't the only hope for the planet that the industrialized civilizations collapse? Isn't it our responsibility to bring that about?"

第三世界ステータス

1992年に、モーリス・ストロング、国連環境開発会議のトップは地球温暖化キャンペーンの後ろの本当の意思をレイアウトしました:

「工業化された文明が、崩壊させる地球のための唯一の希望はそうではありませんか?」

「それは、それを引き起こす私達の責任ではありませんか?」

Could this be behind the credit crunch also?

これはまた信用収縮の後ろにあるかもしれませんか?

We are familiar with the specter of the IMF forcing third world nations to restructure their economies. For example, Pakistan recently agreed to raise taxes and cut subsidies in return for an IMF loan. How long before the IMF makes similar demands on the US and Europe? (If the government controlled its own credit, it could create money without repaying it, or interest.)

我々は、第3の世界国家に彼らの経済を改革することを強制しているIMFの恐ろしさをよく知っています。たとえば、パキスタンは最近、税を上げて、IMFローンの返済に助成金を減らすことに同意しました。IMFが米国とヨーロッパに対する類似した要求をする前に、どのように切望しますか?(政府がそれ自身のクレジットをコントロールしたならば、それは、それに払い戻さずにお金を作成するか、興味をもつことができました。)

According to Webster Tarpley, a "confidential strategy paper aims to impose [an IMF] dictatorship on the entire planet, wiping out all hope of economic recovery, the modernization of the developing countries, and national sovereignty" as well.

ウェブスタータープレイによると(「秘密の戦略紙は、景気回復、開発途上国の近代化、および国家主権のすべての希望を拭き取って、地球全体に[国際通貨基金]独裁権を課すことをめざしています」)。

It proposes the usual form of IMF orthodoxy - "austerity, sacrifice, deregulation, privatization, union busting, wage reductions, free trade, the race to the bottom, and prohibitions on advanced technologies."

それは国際通貨基金(IMF)正統性の通常のフォームを提案します - 「厳しさ、犠牲、規制緩和、民営化、破裂している組合、減給、自由貿易、底へのレース、および先端技術の禁止令」。

Stephen Lendman adds: "Economist Michael Hudson reports that 1% of the US population owns 70% of its wealth, a huge increase over earlier periods. This plan aims to increase it. To turn the US and world economies into banana republics. To make its workers de facto serfs. To crush competition and empower corporate giants. Mostly ones in America."

スティーブンレンドマンは追加します:

「エコノミスト マイケル・ハドソンは、米国人口の1%がその富(より早い期間の莫大な増加)の70%を所有していることを報告します」。

この計画は、それを増大させることをめざしています。

アメリカと世界の経済をバナナリパブリックに変えるには。

その労働者を事実上の農奴にするには。

競争を鎮圧し、巨大企業をエンパワーメントするには。

「たいていアメリカのもの」。

Tarpley is hopeful that the BRIC-bloc (Brazil, Russia, India and China) will stop this initiative but I doubt they are independent of Illuminati control.

タープレイは、BRIC団体(ブラジル、ロシア、インド、および中国)がこのイニシアチブを止めるであろうということを期待しているけれども、私は、彼らがイルミナティコントロールから独立していることを疑っています。

This "third world " scenario is consistent with the Illuminati's longstanding plan for colonization of the earth. For example, the Protocols envisions: "There should be in all the States of the world, besides ourselves, only the masses of the proletariat, a few millionaires devoted to our interests, police and soldiers." (7)


この「第三世界」シナリオは地球の植民地化についてのイルミナティの長年の計画と一致しています。

例えば、プロトコールは心に描きます:「我々自身、プロレタリアートの多数だけ、我々の利益に捧げられる2、3の大富豪、警察と兵士の他に、世界のアメリカが、全部でなければなりません。」)。

IMPERIAL INSPIRATION


The source of this conspiracy against mankind is the Cabala -- "Jewish mysticism" -- which dates back to Egyptian and Babylonian mystery religions. The Illuminati are Cabalists, also known as Zoharists or the "Illuminated" from their adherence to the Zohar (part of the Cabala) or "book of light."

帝国インスピレーション

人類に対するこの共謀のソースは、エジプトの、そしてバビロニアのミステリー宗派に遡る秘義--「ユダヤ人神秘主義」--です。

啓蒙主義者は、ゾハール(秘義の一部)または「光の本」への彼らの固執から、ゾハリストまたは「照明されます」としてまた知られているカバラ学者です。

The Cabala currently enjoys a vogue in Hollywood. It is Satan's Bible, the source of all Western occult, witchcraft, black magic, ritual human and animal sacrifice, numerology and sorcery. It is the source of the so-called "New Age" religious movement.

秘義は現在ハリウッドで人気を博します。

それはサタンのバイブル(すべての西洋のオカルト、魔法、黒魔術、儀式の人の、そして動物の犠牲、数占い、および魔法のソース)です。

それはいわゆる「ニューエイジ」宗教動きのソースです。

"Cabalism is true Illuminism," Texe Marrs writes. It teaches that evil is transformed into righteousness, and that "Lucifer is Lord. Satan is the true and only god. That is the essential doctrine of Cabalism [and Freemasonry.]" (Codex Magica, p. 426)

「カバラ主義は真実のイルミニズムです」とテクスマーズは書きます。

それは、悪が正義に変換し、「明けの明星は神です」を教えます。

サタンは正常と神だけです。

「それはカバラ主義[とフリーメーソン]の必須の主義です」[。](古写本マジカ、ページ

(426)


In each generation there is a "Ba'al Shem," a Cabala adept who claims magical powers, bilks the faithful and lives in luxury. He is known as "Chief of all the Jews." Does he advise the financiers?

各世代の中に、「Ba'alセム」(不思議な能力を主張し、信者の借金を踏み倒し、贅沢に暮らしている秘義名人)があります。

彼は「すべてのユダヤ人のチーフ」として知られています。

彼は財政家に助言しますか?

In the 18th Century the Ba'al Shem of England was Samuel Jacob Falk (1710-1782.) In Sept. 1762 a Dr. Adler published an account of Falk's activities in "The Gentleman's Magazine." He described the Cabalist as "a Christened Jew and the biggest rogue and villain in all the world." The Cabalist offered to teach Adler certain mysteries if he could procure "one pound of blood out of the veins of an honest Protestant."

18世紀に、イギリスのBa'alセムはサミュエル・ジェイコブ・ファルク(1710-1782.)でした。

1762年9月に、アドラー博士は「紳士の雑誌」においてファルクの活動のアカウントを出版しました。

彼はカバラ学者を「洗礼をされたユダヤ人とすべての世界で最も大きな悪漢と悪人」と評しました。

彼が「正直なプロテスタントの静脈からの1ポンドの血」を獲得することができたならば、カバラ学者は、一定のミステリーをアドラーに教えることを申し出ました。

Adler took his own blood to Falk who used it to paint occult symbols and the name of God and the angels around his garden. He then peformed "cruelties on a he-goat too loathsome to describe." (This account is from "Secret Societies and Subversive Movements" 1924, by Nesta Wester pp. 184-188.)

アドラーは彼自身の血を、オカルトシンボルと神と彼の庭のまわりの天使の名前にペイントするために、それを使ったファルクに持って行きました。

それから、彼は、「説明するには嫌いすぎる雄ヤギの残虐行為」を上演しました。

(このアカウントはネスタ西風ページ184-188で1924年「秘密結社と破壊するムーブメント」からです。)

Cabalism is a satanic cult and the central bankers belong to it. Our leading politicians, including George Bush and Barack Obama, also belong.

カバラ主義は悪魔のカルトであり、中央銀行総裁はそれに所属しています。

ジョージ・ブッシュとバラク・オバマを含む私達の有力な政治家はまた属しています。

In Nesta Webster's words, "it is in the Cabala, still more than in the Talmud, that the Judaic dream of world domination occurs with the greatest persistence." (371) The Zohar relates that the Messiah will declare war on the whole world: "They will all perish when God visits them in His wrath." ...the Holy One, blessed be He, will exterminate all the goyim of the world. Israel alone will subsist..." (374)


ネスタ ウェブスターの言葉において、「世界征服のユダヤ人夢が最もかなりのねばり強さによって起こるのはタルムードにおいてよりもっとカバラ秘義の中です」。

(371) ゾハールは関連させて、メシアは全体の世界で宣戦布告します:

「神が彼の憤りにおいてそれらを訪問する時に、それらはすべて滅びるでしょう」。

... <聖者1人であること 彼 を祝福する〉は、世界のすべての異邦人を根絶します。

「イスラエルだけが存続するでしょう…」

(374)

CONCLUSION


The Cabala portrays the "Jews" as kings with the world offering up its wealth and slave service. In practice, the "Jews" refers to the Illuminati Order (Freemasons) which consists of Jews and non-Jews. The Cabalists have no use for outsiders including non-believing Jews.




結論


カバラは、「ユダヤ人」をその富と奴隷サービスを提供している世界をもつ王のように描写します。実際には、「ユダヤ人」ユダヤ人と非ユダヤ人から構成されているイルミナティ秩序(フリーメーソン)に言及します。カバラ指導者は、カバラを信じていないユダヤ人を含む部外者に用はありません。

Interview 100 Jews and I doubt if 10 are acquainted with the sources of the Illuminati's hatred of humanity, the Talmud and Cabala. I doubt if 10% have any interest in world domination. Nevertheless the Illuminati control organized Jewry including Zionism as well as most other religions and organizations. Humanity is in their grip.

100人のユダヤ人にインタビューしてください。そうすれば、私は、10人がイルミナティの人間性、タルムード、および秘義に対する憎悪のソースを知っているかどうかを疑っています。

私は、10%が世界征服への興味を持っているかどうかを疑っています。

それにもかかわらず、イルミナティコントロールは他のほとんどの宗派と組織と同様にシオニズムを含むユダヤ民族を組織しました。

人類はそれらのグリップの中にあります。

I ask myself if the Illuminati is genuinely motivated by this demented Satanic/Jewish ideology or whether it just serves as a useful pretext/vehicle for their political and economic domination.

私は、イルミナティがこの発狂した悪魔の/ユダヤ人のイデオロギーによって本当に動機づけされるかどうか、あるいは、それがちょうど彼らの政治的および経済的な支配の役に立つ口実/伝達手段として用いられるかどうか私自身に尋ねます。


Certainly we are seeing a Talmudic control being imposed on the world similar to the bondage Jews suffered from their rabbis in Medieval times. Increasingly, there is a web of trivial government regulation in the name of "equality," "communitarianism" or fighting "terror."

確かに、私達は、ユダヤ人が中世において彼らのユダヤ教牧師から被っていた束縛状態に類似している世界に課されているタルムードのコントロールを目の当たりにしています。

ますます、「平等」、「コミュニタリアニズム」、または戦い「恐怖」の名において些細な政府規制のウェブがあります。

According to the Protocols of Zion (5): "We shall create an intensified centralization of government in order to grip in our hands all the forces of the community. We shall regulate mechanically all the actions of the political life of our subjects by new laws."

シオン(5)のプロトコルによると:

「私達は、私達の手でコミュニティのすべての力をつかむために政府の強められた集中化を作成します」。

「私達は新しい法律による私達の主題の政治生命のすべての行動をメカニカルに調節します」。

Mankind is victim of a hoax of unspeakable proportions. All wars are contrived and orchestrated. Our politics, culture and values are similarly contrived and controlled. We are entering a Dark Age unless we expose the Satanists who are pulling the strings.

人類は極度の釣り合いのデマの犠牲者です。

すべての戦争は考案されて、統合されます。

私達の政治、文化、および価値は同様に考案されて、コントロールされます。

私達が、ストリングを引いている悪魔主義者を露出しない限り、私達は暗い時代に入っています。

輸出戻し税を払ってから言いなさい・。

「厚労省叩きは異常」とトヨタ奥田氏 報復でスポンサー降りる?

11月13日0時0分配信 産経新聞






拡大写真







奥田碩氏(写真:産経新聞)



 トヨタ自動車の奥田碩相談役は12日、首相官邸で開かれた政府の有識者会議「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」で、年金記録問題などで厚労省に対する批判的な報道が相次いでいることについて、「朝から晩まで厚労省を批判している。あれだけ厚労省がたたかれるのはちょっと異常。何か報復でもしてやろうか。例えばスポンサーにならないとかね」とメディアへの不満をあらわにした。


 奥田氏は同懇談会の座長を務めているが、会合の最後になって突然「個人的な意見だが、本当に腹が立っている」と厚労省に関する報道への不満を切り出し、こうした番組などからのスポンサー離れが「現実に起こっている」と述べた。


 懇談会メンバーの浅野史郎・前宮城県知事が「マスコミは批判するために存在している。事実に反することを言われたら、スポンサーを降りるというのは言い過ぎだ」ととりなしたが、奥田氏は「(マスコミの)編集権に経営者は介入できないといわれるが、本当はやり方がある」と収まらない様子だった。


 懇談会後、奥田氏は記者団に対し「批判はいいが、毎日、朝から晩までやられたら国民だって洗脳されてしまう。改革はしなければいけないが、厚労省はたたかれすぎだ」と語った。





蛇足


中国でハニートラップにひっかかり金玉握られた御仁にしては珍しく、厚生労働症に肩を持たねば、支配層のご意志にさからうからか??

世界はこの一家に振り回される・。



Baron David de Rothschild sees a New World Order in global banking governance

デイビッド デ ロスチャイルド男爵はグローバルなバンキング管理において新世界秩序を見ます。







Baron David de Rothschild, the head of the Rothschild bank. The Rothschilds have helped the British government since financing Wellington’s army to fight the French in 1815.

デイビッド デ ロスチャイルド男爵(ロスチャイルド銀行の頭取)。

ロスチャイルド家は、ウェリントンの軍隊に資金提供して以来ずっとイギリス政府が1815年にフランス人と戦うことを手助けしています。

“We provide advice on both sides of the balance sheet, and we do it globally. There is no debate that Rothschild is a Jewish family, but we are proud to be in this region. However, it takes time to develop a global footprint.“

「私達はバランスシートの両側のアドバイスを提供し、私達はグローバルにそれをします」。ロスチャイルドである討論が全然なく ユダヤ人のファミリーであるけれども、私達は、この領域にあることを誇っています。「しかし、グローバルなフットプリントを開発するのに時間がかかります」。

Banks will deleverage and there will be a new form of global governance.

銀行はデレバレッジ(巻き戻し)を望んでいて、グローバル・ガバナンスの新しいフォームがあるでしょう。








The first barons of banking

バンキングの最初の男爵

By Rupert Wright

ルパート・ライトによって

Among the captains of industry, spin doctors and financial advisers accompanying British prime minister Gordon Brown on his fund-raising visit to the Gulf this week, one name was surprisingly absent. This may have had something to do with the fact that the tour kicked off in Saudi Arabia. But by the time the group reached Qatar, Baron David de Rothschild was there, too, and he was also in Dubai and Abu Dhabi.

今週のガルフへの彼の資金集め訪問における英国の総理大臣ゴードン・ブラウンに同伴している会頭、報道対策アドバイザー、および財務顧問の間で、1つの名前は驚くほど休んでいました。これは、ツアーがサウジアラビアでキックオフしたという事実と関係があったかもしれません。しかし、グループがカタールに到着した時には、デイビッド デ ロスチャイルド男爵もそこにいて、彼はまたドバイとアブダビにいました。

Although his office denies that he was part of the official party, it is probably no coincidence that he happened to be in the same part of the world at the right time. That is how the Rothschilds have worked for centuries: quietly, without fuss, behind the scenes.

彼のオフィスは、彼が公式なパーティーの一部であったことを否定するけれども、彼が適切な時間に、偶然世界の同じ地域にいたことはたぶん全然偶然の一致ではありません。それは、どのようにロスチャイルド家が数世紀にわたって働くかです:

静かに、大騒ぎなしでの、舞台裏で。

“We have had 250 years or so of family involvement in the finance business,” says Baron Rothschild. “We provide advice on both sides of the balance sheet, and we do it globally.”

「私達は金融ビジネスにおけるファミリー関与の250年かそこらを持っていました」とロスチャイルド男爵は言います。「私達はバランスシートの両側のアドバイスを提供し、私達はグローバルにそれをします」。

The Rothschilds have been helping the British government ? and many others ? out of a financial hole ever since they financed Wellington’s army and thus victory against the French at Waterloo in 1815. According to a long-standing legend, the Rothschild family owed the first millions of their fortune to Nathan Rothschild’s successful speculation about the effect of the outcome of the battle on the price of British bonds. By the 19th century, they ran a financial institution with the power and influence of a combined Merrill Lynch, JP Morgan, Morgan Stanley and perhaps even Goldman Sachs and the Bank of China today.

1815年にワーテルローでそれらがフランス人に対してウェリントンの軍隊と、そして勝利に資金提供して以来、ロスチャイルド家は英国の政府および金融の穴の外の多くの他を助けています。長年の伝説的人物によると、ロスチャイルド家は最初の百万のそれらの運を英国の債券の価格への戦いの結果の効果についてのネイサン ロスチャイルドの成功した憶測に負っていました。19世紀までに、彼らは今日結合されたメリルリンチ、JPモーガン、モーガン・スタンレー、およびたぶんゴールドマン・サックスと中国銀行さえのパワーと影響によって金融機関を運営しました。

In the 1820s, the Rothschilds supplied enough money to the Bank of England to avert a liquidity crisis. There is not one institution that can save the system in the same way today; not even the US Federal Reserve. However, even though the Rothschilds may have lost some of that power ? just as other financial institutions on that list have been emasculated in the last few months ? the Rothschild dynasty has lost none of its lustre or influence. So it was no surprise to meet Baron Rothschild at the Dubai International Financial Centre. Rothschild’s opened in Dubai in 2006 with ambitious plans to build an advisory business to complement its European operations. What took so long?

1820年代に、流動性危機を回避するために、ロスチャイルド家は十分なお金をイングランド銀行に供給しました。

今日システムを同じ方法に保存することができる組織が一つもありません;

米国連邦準備銀行でさえない。しかし、ちょうど、そのリストの他の金融機関が最後である数ヶ月において去勢されたので、ロスチャイルド家はそのパワーのいくつかを失ったかもしれないけれども、ロスチャイルド王朝はその光沢または影響のどれも失いませんでした。従って、ドバイ国際金融センターでロスチャイルド男爵と会うことは全然驚きではありませんでした。ロスチャイルドは、そのヨーロッパ操作を補足するために忠告の企業を建てる野心的な計画によって2006年にドバイで開かれます。何がそんなに長い間かかりましたか?

The answer, as many things connected with Rothschilds, has a lot to do with history. When Baron Rothschild began his career, he joined his father’s firm in Paris. In 1982 President Francois Mitterrand nationalised all the banks, leaving him without a bank. With just US$1 million (Dh3.67m) in capital, and five employees, he built up the business, before merging the French operations with the rest of the family’s business in the 1990s.

答えは、多くの物がロスチャイルド家と接続したので、歴史に大いに関係しています。ロスチャイルド男爵が彼のキャリアを開始した時に、彼はパリで彼の父の会社に参加しました。1982年に、銀行なしで彼と別れて、フランソア・ミッテラン大統領はすべての銀行を国営化しました。ほんの資本100万(Dh3.67m)米ドルと5人の従業員によって、フランスの操作を1990年代のファミリーのビジネスの残りと合併する前に、彼はビジネスを増強しました。

Gradually the firm has started expanding throughout the world, including the Gulf. “There is no debate that Rothschild is a Jewish family, but we are proud to be in this region. However, it takes time to develop a global footprint,” he says.

徐々に、会社は、ガルフを含めて、世界中で拡大し始めました。「ロスチャイルドである討論が全然なく ユダヤ人のファミリーであるけれども、私達は、この領域にあることを誇っています。「しかし、グローバルなフットプリントを開発するのに時間がかかります」と彼は言います。

An urbane man in his mid-60s, he says there is no single reason why the Rothschilds have been able to keep their financial business together, but offers a couple of suggestions for their longevity. “For a family business to survive, every generation needs a leader,” he says. “Then somebody has to keep the peace. Building a global firm before globalisation meant a mindset of sharing risk and responsibility. If you look at the DNA of our family, that is perhaps an element that runs through our history. Finally, don’t be complacent about giving the family jobs.”

60代半ばの都会風な男、彼は、ロスチャイルド家が、一緒にそれらの金融ビジネスを手入れすることができた理由が全然ないと言うけれども、それらの長寿のために2、3の提案を提供します。「生き抜く家業のために、すべての世代はリーダーが必要です」と彼は言います。「そして、誰かが、平和を保持する必要があります」。リスクと責任を共有することの、世界化の前にグローバル企業を築くことは思考様式を意味していました。あなたが私達の家族のDNAを見るならば、それはたぶん、私達の歴史を走り抜ける要素です。「最終的に、ファミリーに仕事を与えることに無関心でないでください」。

He stresses that the Rothschild ascent has not been linear ? at times, as he did in Paris, they have had to rebuild. While he was restarting their business in France, his cousin Sir Evelyn was building a British franchise. When Sir Evelyn retired, the decision was taken to merge the businesses. They are now strong in Europe, Asia especially China, India, as well as Brazil. They also get involved in bankruptcy restructurings in the US, a franchise that will no doubt see a lot more activity in the months ahead.

彼は、ロスチャイルド上昇が時々リニアではなく、彼がパリでしたように、彼らが、再構築する必要があったと強調します。彼がフランスでそれらのビジネスを再スタートしている間、彼のいとこイーブリン卿は英国のフランチャイズを築いていました。イーブリン卿が退職した時に、決定は、ビジネスを合併するためにされました。

それらは現在ブラジルと同様にヨーロッパ、アジア、特に中国、インドに強い。

それらはまた、米国(確かに数ヶ月のうちにもっとたくさんの活動を見るであろうフランチャイズ)での破産リストラクチャリングに関係します。

Does he expect governments to play a larger role in financial markets in future? “There is a huge difference in the Soviet-style mentality that occurred in Paris in 1982, and the extraordinary achievements that politicians, led by Gordon Brown and Nicolas Sarkozy, have made to save the global banking system from systemic collapse,” he says. “They moved to protect the world from billions of unemployment. In five to 10 years those banking stakes will be sold ? and sold at a profit.”

彼は、政府が未来に金融市場についてより大きな役割を果たすことを期待していますか?「1982年にパリに存在していたソビエトスタイルのメンタリティとゴードン・ブラウンとニコラ・サルコジによって導かれた政治家が、グローバルな銀行制度を体系の崩壊から救うために上げた並みはずれた業績における巨大な差があります」と彼は言います。「何十億もの失業から世界を保護するために、彼らは動きました」。

「5~10年で、それらのバンキング持ち分は売られて、儲けで売却されるでしょう」。

Baron Rothschild shares most people’s view that there is a New World Order. In his opinion, banks will deleverage and there will be a new form of global governance. “But you have to be careful of caricatures: we don’t want to go from ultra liberalism to protectionism.”

ロスチャイルド男爵は、新世界秩序があるというほとんどの人々の見解に同調します。彼の意見において、銀行はデレバレッジを望んでいて、グローバル・ガバナンスの新しいフォームがあるでしょう。「しかし、あなたは、風刺画に注意している必要があります:」「私達は、極端な自由主義から保護貿易政策に行きたくありません」。

So how did the Rothschilds manage to emerge relatively unscathed from the financial meltdown? “You could say that we may have more insights than others, or you may look at the structure of our business,” he says. “As a family business, we want to limit risk. There is a natural pride in being a trusted adviser.”

従って、どのようにロスチャイルド家は、金融危機から相対的に無傷にどうにかして出現しましたか?「あなたは、私達が他より多くの洞察を持つかもしれないと言うことができたか、あなたは私達のビジネスの構造を見てさしつかえありません」と彼は言います。「家業として、私達は、リスクを制限したい」。

「信頼されたアドバイザーであることにおいて自然な誇りがあります」。

It is that role as trusted adviser to both governments and companies that Rothschilds is hoping to build on in the region. “In today’s world we have a strong offering of debt and equity,” he says. “They are two arms of the same body looking for money.”

ロスチャイルド家が、地域の上で高まることを望んでいるのは政府と会社の両方の信頼されたアドバイザーとしてのその役割です。

「今日の世界に、私達は借金と公平の強い提供を持っています」と彼は言います。

「お金を捜して、彼らは同じ体の2つのアームです」。

The firm has entrusted the growth of its financing advisory business in the Middle East to Paul Reynolds, a veteran of many complex corporate finance deals. “Our principal business franchise is large and mid-size companies,” says Mr Reynolds. “I have already been working in this region for two years and we offer a pretty unique proposition.

会社は、それが中東で忠告のビジネスに資金提供する成長をポール・レイノルズ(多くの複雑な企業金融取引のベテラン)に任せました。「私達の主要なビジネスフランチャイズは大きく、中型の会社です」とレイノルズさんは言います。「私はすでに2年の間この部分の中で働いていて、私達はかなりユニークな提案を提供します」。

“We work in a purely advisory capacity. We don’t lend or underwrite, because that creates conflicts. We are sensitive to banking relationships. But we look to ensure financial flexibility for our clients.”

「私達はまったく顧問の資格で働きます」。私達は、それが衝突を作成するので貸したり保険業を営んだりしません。私達はバンキング関係に敏感です。「しかし、私達は、私達のクライアントに財務的弾力性を保証することを考えます」。

He was unwilling to discuss specific deals or clients, but says that he offers them “trusted, impartial financing advice any time day or night”. Baron Rothschilds tends to do more deals than their competitors, mainly because they are prepared to take on smaller mandates. “It’s not transactions were are interested in, it’s relationships. We are looking for good businesses and good people,” says Mr Reynolds. “Our ambition is for every company here to have a debt adviser.”

彼は、具体的な取引またはクライアントを議論ししぶっていたけれども、彼が「どのような時間日または夜の信頼されて、公平な資金調達アドバイスでも」を彼らに提供すると言います。主に、彼らが、より小さな命令をまとう心構えをするので、ロスチャイルド男爵は、それらの競争相手より多くの取引をする傾向があります。

「それはトランザクションではなく であった 中で興味がある 、それは関係です。

「私達はよいビジネスとよい人々を捜しています」とレイノルズさんは言います。

「私達の野心は、借金アドバイザーを持つここのすべての会社のためです」。

Baron Rothschild is reluctant to comment on his nephew Nat Rothschild’s public outburst against George Osborne, the British shadow Chancellor of the Exchequer. Nat Rothschild castigated Mr Osborne for revealing certain confidences gleaned during a holiday in the summer in Corfu.

ロスチャイルド男爵は、ジョージ・オズボーン、英国影の大蔵大臣に対して彼の甥ナット・ロスチャイルドの公的な爆発についてコメントすることを渋っています。

コルフで夏に休日の間に収集された一定の打ち明け話を明らかにするために、ナット・ロスチャイルドはオズボーン氏を懲戒しました。

In what the British press are calling “Yachtgate”, the tale involved Russia’s richest man, Oleg Deripaska, Lord Mandelson, a controversial British politician who has just returned to government, Mr Osborne and a Rothschild. Classic tabloid fodder, but one senses that Baron Rothschild frowns on such publicity. “If you are an adviser, that imposes a certain style and culture,” he says. “You should never forget that clients want to hear more about themselves than their bankers. It demands an element of being sober.”

英国のプレスが「ヨットゲート」と呼んでいるものの中で、物語は、ロシアの最も金持ちの人、オレグ・デリパスカ、マンデルソン卿、たった今政府に戻った論争の英国の政治家、オズボーン氏、およびロスチャイルドに関係していました。

古典的なタブロイド新聞のネタであるがものは、ロスチャイルド男爵がそのようなパブリシティに不賛成を示すと感知しています。「あなたがアドバイザーであるならば、それは一定のスタイルと文化を課します」と彼は言います。「あなたは、決して、クライアントが、彼らの銀行家よりもっと自身について耳にしていたいことを忘れるべきでありません」。「それは要素をまともであることに要求します」。

Even when not at work, Baron Rothschild’s tastes are sober. He lives between Paris and London, is a keen family man ? he has one son who is joining the business next September and three daughters ? an enthusiastic golfer, and enjoys the “odd concert”. He is also involved in various charity activities, including funding research into brain disease and bone marrow disorders.

職場でではない時にさえ、ロスチャイルド男爵の味はまともです。

彼はパリとロンドンの間に住み、鋭敏なマイホーム主義の男で熱狂的なゴルファーです。 彼は 次の9月ビジネスに参加する1人の息子および3人の娘を持ち、「奇妙なコンサート」を楽しむ 。彼は、脳の病気と骨髄の不法行為についての研究に出資するのを含めて、また様々な慈善活動活動に関係しています。

It is part of Rothschild lore that its founder sent his sons throughout Europe to set up their own interlinked offices. So where would Baron Rothschild send his children today?

彼ら自身の連結されたオフィスをたち上げるために、その創立者がヨーロッパ中で彼の息子に送ったのはロスチャイルド伝承の一部です。

従って、ロスチャイルド男爵は今日彼の子供をどこに送るでしょうか?

“I would send one to Asia, one to Europe and one to the United States,” he said. “And if I had more children, I would send one to the UAE.”

「私はアジアへ1人、ヨーロッパへ1人、および米国へ1人を送るでしょう」と彼は言いました。「そして、私がより多くの子供を持っていたならば、私は子供をUAEに送るでしょう」。

2面性

Obama Ready To “Rule” According to Transition Team Leader
政権移行準備チームリーダーによると「支配する」準備ができているオバマ
The decider makes way for the ruler
決定者は、統治者に道をあけます.

Steve Watson
Infowars.net
Monday, Nov 10, 2008

スティーヴワトソン
Infowars.net
2008年11月10日月曜日
Almost eight years ago the incumbent president uttered one of his first Bushisms, a phrase that would crop up again and again during his two terms in office; “If this were a dictatorship, it would be a heck of a lot easier, just so long as I’m the dictator.”
ほぼ8年前、現職大統領は彼の最初のブッシュイズムス(彼の2つの任期の間に何度も生ずるフレーズ)のうちの1つを口にしました;「これが独裁であるならば、ちょうど私が独裁者である限り、それはとんでもなくもっとより簡単でしょう。」
In early 2006 Bush delivered perhaps his second most memorable verbal spout by announcing to the world that he was “the decider”.
2006年前半には、ブッシュは世界に彼が「決定者」であったと発表することによって、おそらく彼の2番目に忘れがたいことばの噴流を集めました。
This weekend president elect Obama became known as “the ruler”.
この週末大統領選ばれた人オバマは、「統治者」として知られていました。
Valerie Jarrett, Co-Chair of the Obama transition team, appeared on Meet the Press this weekend and used the phrase in describing the working model for the transition between the Bush administration and the new Obama regime.
バレリー・ジャレット(オバマ政権移行作業チームの共同議長)はこの週末にミート・ザ・プレスに出て、ブッシュ政権と新しいオバマ政権の間の変遷にワーキングモデルを記述することにおいて、フレーズを使いました。
“Given the daunting challenges that we face, it is important that president elect Obama is prepared to really take power and begin to rule day one,” Jarrett told Tom Brokaw.
「我々が取り組む気が重い難問があれば、大統領選ばれた人オバマが本当に就任して、1日目から支配し始める用意ができていることは、重要です」とジャレットはトム・ブローコーに言いました。
“We will be working closely with his [Bush's] administration, we will be reviewing the agencies now, he will be making key personnel decisions, he gets national security briefings everyday now as well.” she said
私達は彼の[ブッシュ]政権と密接に働いているであろうし、私達は現在エージェンシーをレビューしているであろうし、彼は重要な人員のために決定を作っているであろうし、彼はその上現在毎日国家安全保障ブリーフィングを受けます。」と彼女は言いました。
Watch the clip:


Clearly Jarrett is not aware that the very foundation of the United States of America consists of a government of the people, by the people, for the people. No one is ruled over and no one does any ruling, unless this is part of the “change” agenda, which already seems to be changing itself.
はっきりと、ジャレットは、アメリカ合衆国のまさしくその基礎が人々のために人々による人々の政府から成ることに気づいていません。
誰も統治されず、これが「変化」の方針の一部でない限り、誰もどのような判決もしません(それはすでに、自身を変更しているようです)。

アフォはほざくな・・。

1 :早よ説教部屋に来い → ブルーベリーうどんφ ★:2008/11/10(月) 14:37:47 ID:???0

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081110/plc0811101353003-n2.htm




--朝日の世論調査では6割以上が給付金は必要ない、と。



 「別に必要ない、オレはいらないというなら、取りにいかないという人がいるなら、

それはそれで結構。その分だけもっとよそにまわせる。あまった分が別のところにつかえるなら、

かまわない。貧しいところは必要だと思っている方も多い。目先しんどくなったら、

貧しいところはお金は必要
。朝日の購読者はあなたも含めて、所得高いんだろうなあ
マスコミは誰もこの金を受け取らないんだろうね

もしマスコミやテレビ局の人間が受け取ればそれは凄い事だろうね

テレビに出てるコメンテーターも誰も受け取らないはずだと思うんだけどね


蛇足

給付金出すといってるだから貰えばええ・。後の事(消費税上げ)に契約するのではない・。


この政府が出す給付金は政府紙幣の発行を知るエエ機会や・・。


日銀に金玉取られているイルミナティ洗脳マスコミや野党は与党の禁じ手が見えないらしい・。


やっぱ、変える事ができない現状維持の国民不在政治家だらけだ・。






おめでたい日本人を誰が守ってくれるのだろうか?

独り言
さんのブログから


大スクープ!


関西テレビ『ぶったま!』11/8 青山繁晴氏の解説



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今日は普段言わない事を敢えて最初に申したいと思います。さっきまで、これを明かすかどうか、僕もまだ胸にどーんと来てる想いがあって、日本と世界の物凄く動いてる世界で、今、本当は何が起きてるのかという事を後でお知らせしたいと思います。



今これ自分で言ったのは、もう逃げられないぞと自分に『たが』を嵌めました(笑)



(中略)



僅か三日前の事、僕は早朝に久しぶりに本当に椅子から転げ落ちそうになった話があります。

それは、



【愛知県の医師団が訪朝し金正日総書記を治療】



話す以上は正確に話します。

これ、過去形になってないのは意味があって、今、なんです。今現在も平壌に居ると思われます。

この、たった今、11:15JST現在に居るかどうかはわかりませんけれども。

つまり進行形の話です。



フランスのルーさんをはじめとした医師団が行ってる事、中国人民解放軍の軍医5人くらいが行ったんじゃないかという事はメディアにも出てます。

中国と北朝鮮の関係が深いのは当たり前の事。

フランスは実は、水面下でビジネスで非常に北朝鮮と濃い関係にあうるから、それも当たり前の事。

ところが、中国が行き、フランスが行き、仕上げに一番大事な所を日本人・・・これは在日の方々じゃないんです。日本人の医師団で、本当は病院名も医師名もわかってます。今日は申しませんがこの医師名自体が驚きの名前で、例えば週刊誌に「日本の名医100選」とかいう企画で殆どの場合必ず入ってくるような脳外科の権威と、更に循環器の医者が医師団を組んで、愛知県からこっそり訪朝してるんです。



この医師団の訪朝は今回が初めてではなくて、昨年にも訪朝してて、これを日本の当局は・・・これ皆さん胸を張って下さい。この動きを世界中で日本の当局だけが前から完全に掴んでたんです。どう掴んだかと言うと、この医師団の方々が前から北朝鮮と深い関係にあって、連絡も取り合っていて、急に出来た話じゃない

「深い関係」という事は、北朝鮮の工作活動がもう日本の名医と言われる方々にも及んでいると云う事なんです。

その工作活動の中身も具体的に聞いてますが、これも僕は敢えて伏せます。

その工作の上で・・・はっきり言うと逃げも隠れも出来ない関係を作った上で、今回金正日さんの、仕上げか最終段階かわかりませんけど、北京経由で平壌に入れた。



平壌に入れた時の理由が国際学会の出席って事になってるんですが、今、平壌のような閉鎖都市で国際学会披くって事は事実上ありえませんから、それ自体おかしいんですが、実は、学会に行くという医師団の手荷物の中に、例えば内視鏡があったという事実を日本政府の情報機関が把握してます。これは正しく治療に行ったと思われる。

更に、日本の医師団の治療の結果かどうかわかりませんが、金正日さんの病状がやや好転してきた、と。それは僕の方に昨日(11/7)午後2時頃に連絡がありました。



何れにしろ、やや好転したと言っても、秘密の医者を入れるほど金正日さんの病状は深刻だと。

それだけ北朝鮮の状況は不安定になってる。



それと、もう一度言いますが、私達の、私達が頼りにするお医者さんの所まで北朝鮮の工作活動が十分浸透してるって事は、僕自身もショックですけども、私達自身の問題として考えなきゃいけないと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これ、各マスコミは取り上げないんだろうか?



以前から青山さんは指摘している。

北朝鮮の工作活動は日本にかなり広く浸透している。

経済界の要人や国会議員にまで。



工作活動って、要するに色仕掛け。ハニートラップだろ。

それとカネ。

昔から日本でも裏家業の人達、が使ってきた古典的な手法だ。



やっぱり極道国家北朝鮮。だな。

でも、世界には警察は居ない。誰も取り締まってはくれない。

俺達は自分でこの日本のを守る術を身に付け、頑張るしかないんだなぁ。







蛇足

工作員と反日外国人がごく近くに沢山存在して、国会議員までぶら下がる。毎度どうしようもない。自分で身を守るしかないのだろうか??テロ国家の日本人拉致はこの国に工作員が多数いるからだ・。

米国これから・・。

j若干蛇足




米国の雇用不安から見えてきたこと・。減税では解決ならない・。新たな雇用対策は国によるニューディール政策のようなケインズ方式か戦争か、外国企業誘致かヒューマンソフト産業創出などが考えられる・。





そこで、米国の開発は国内ではほぼ無い。金融不安による税金投入により投入資金が細る。また、公共事業へのシフトがあまり効果が期待できない・。となると戦争か新産業か労働依存性の産業育成かの選択となる。





戦争は新大統領はイラク撤退からアフガンへシフトしてもほぼ横ばい・。戦争継続資金は日本に頼るのかもしれないが、世界的な不況感ではあまり無茶な事もできない・。新たな火だねを中東へ持って行くとますます経済が疲弊する。支配層も国際的な戦争は望めないであろうから、新たな冷戦によるしかないだろうか?





ロシア包囲網を構築して冷戦を作っても経済的にはさほど効果がない・。


やはり、外国企業誘致も世界的な不況の為、覚束ない。オーソドックスに新産業創出が一番ベターである。しかし数年の準備期間を要するため、米国民の失望が増大し、ますます株価や実体経済の悪化を引き起こすだろう・。





次の大統領は結果が見える形で、NAFTA北米経済圏の構築を打ち出し、新紙幣の発行を模索する可能性は大である・。悪く言えばモンロー主義の復活やブロック経済になり、争いが発生する事も考えられる。

明確になりつつある米国雇用不安・・。

U.S. INITIAL JOBLESS CLAIMS ROSE HIGHER THAN FORECAST


Posted On: November 6th, 2008

Source: Bloomberg.com

予測されるより高く米国の初期の失業保険受給申請は上がりました。


2008年11月6日

ソース:Bloomberg.com






More Americans than anticipated filed first-time claims for unemployment benefits last week and total jobless rolls climbed to the highest level in 25 years, indicating further deterioration of the labor market.

予期されるより多くのアメリカ人は先週失業手当についての初めての受給申請手続きで、さらに労働市場の悪化を示して、全体の失業状態の者は25年で最も高いレベルに上昇しました。

Some 481,000 workers filed initial claims in the week ended Nov. 1, the Labor Department said today in Washington, exceeding the 477,000 projected by economists surveyed by Bloomberg News. The number of people staying on benefit rolls was the most since February 1983.

Bloombergニュースによって調査されたエコノミストによる報告を越えて477,000人に上りました。11月1日までの週に約481,000人の労働者が初期の申請を申し立てたと労働省はワシントンで今日言いました。失業中の人々の数は1983年2月以来、最も多い数でした。

Companies are facing reduced access to credit alongside the biggest slowdown in consumer spending in 28 years. The government may report tomorrow that the economy lost 200,000 jobs in October, the most in five years and bringing the total drop so far this year to almost 1 million.

会社は28年の個人消費の中に最も大きな減速とクレジットへの減少したアクセスに直面しています。政府は、最近5年で最も多く、今年ここまでほぼ100万人増え、全体の低下をもたらしています。経済が10月に200,000人の雇用を失ったことを明日報告するかもしれません。

``The underlying trend in claims is rising, and we'll see confirmation tomorrow that the job market is deteriorating rapidly,'' said Nigel Gault, chief U.S. economist at IHS Global Insight in Lexington, Massachusetts. ``Consumer spending will continue to fall sharply. This recession will be substantially deeper than the last two.''

「雇用喪失における基調は上がっていて、私達は、求人市場が急速に悪化させている明日の確認を見ます。」とナイジェル・ゴー(レキシントン、マサチューセッツのIHS Global Insightの主要な米国のエコノミスト)は言いました。「個人消費は、鋭く低下し続けるでしょう。」。「この景気後退は最後の2より大幅に深刻になるでしょう」。

The economists' forecast was based on the median of 39 projections in the Bloomberg survey. Estimates ranged from 460,000 to 491,000. The prior week's claims were revised up to 485,000 from an initially estimated 479,000.

エコノミストの予測はBloomberg調査における39の予測の中央値に基づきました。

予想見積りは460,000人から491,000人に及んでいました。

事前の週の推定は最初概算されている479,000人から最高485,000人まで改訂されました。

Credit Losses

信用損失

Standard & Poor's 500 Index futures declined 1.9 percent while the MSCI World Index lost 2.4 percent to 959.52 at 1:33 p.m. in London, extending this year's decline to 40 percent. More than $27 trillion has been erased from the value of global equity markets as credit losses and writedowns exceeded $690 billion in the worst financial crisis in seven decades.

今年の低下を40パーセントに拡張して、MSCIワールドインデックスがロンドンで午後1:33に959.52を2.4パーセント失い、スタンダード・アンド・プアーズ社500種株価指数先物取引は1.9パーセント減少しました。

融資貸し倒れと償却が70年で最も悪い金融恐慌における6900億ドルを越えて、27兆ドルより多くがグローバルな公平市場の価値から消されています。

The hurricanes that hit the Gulf Coast earlier this year are no longer having a ``significant'' influence on claims, a Labor spokesman said.

今年早く湾海岸を襲ったハリケーンはもう「重要な」影響を及ぼさないと労働スポークスマンは言いました。

Separately, the Labor Department reported that worker efficiency rose in the third quarter at a slower pace than in the previous three months as the economy slumped, a sign employment may take a bigger hit.

別に、労働省は経済が落ち込んだので、労働者効率が前の3ヵ月でより遅いペースで第3四半期に上がったと報告しました、徴候は労働市場がより大きい打撃を受けるかもしれません。

Productivity, a measure of employee output per hour, rose at a 1.1 percent annual rate, more than forecast. Labor costs climbed at a 3.6 percent pace, also more than anticipated.

予想より、生産性(1時間あたり従業員アウトプットの手段)は1.1パーセントの年率で上がりました。また、予想されるより、人件費は3.6パーセントのペースで上昇しました。

The four-week moving average of initial claims, a less volatile measure, was unchanged at 477,000. So far this year, weekly claims have averaged 398,000, compared with an average 321,000 for all of 2007.

初期の主張(より不安定でない手段による)の4週間の移動平均は477,000人で不変でした。今年これまで、毎週の報告は2007年のすべての平均321,000人に比べて平均で398,000人になりました。

The unemployment rate among people eligible for benefits, which tends to track the jobless rate, increased to 2.9 percent, the highest level since 2003. These data are reported with a one- week lag.

失業率を追跡する傾向が利益をもたらす資格をもっている人々の間の失業率は2003年以来2.9パーセント、最も高いレベルまで増大しました。これらのデータは1週間の遅れによって報告されます。

New Claims

新しい主張

Forty states and territories reported an increase in new claims, while 13 reported a decrease.

Initial jobless claims reflect weekly firings and tend to rise as job growth -- measured by the monthly non-farm payrolls report -- slows.

40州と領土が新しい主張の増加を報告した一方、13の州は減少を報告しました。

初期の失業保険受給申請は毎週の解雇を反映し、雇用増大-毎月の非農場給与支払台帳リポートによって測定されます--が遅れる時に、上がる傾向があります。

The economy probably lost 200,000 jobs in October, the most this year, according to economists surveyed by Bloomberg before the Labor Department report set for Nov. 7. The unemployment rate may jump to its highest level in more than five years, the survey showed.

労働省リポートが11月7日に設定する前にBloombergによって調査されたエコノミストによる経済はたぶん今年10月に200,000人の雇用を失ったでしょう。

失業率はその5年以上で最も高いレベルに跳ぶかもしれないと調査は示しました。

Companies are trimming staff to offset a slowdown in consumer spending. GlaxoSmithKline Plc, Europe's largest drugmaker, said yesterday it will eliminate 1,000 sales positions in the U.S. to cut costs.

会社は、個人消費の中で減速を相殺するためにスタッフを調整しています。

グラクソ・スミスクライン株式会社、ヨーロッパの最も大きな製薬業者は、それが、コストを減らすために米国で1,000の販売のポジションを取り除くであろうと昨日言いました。

The company said revenue in the U.S. last quarter dropped 13 percent.

Consumer spending declined at a 3.1 percent annual pace during the third quarter, the first decrease since 1991 and the biggest since 1980, the Commerce Department said Oct. 30.

グラクソ・スミスクライン社は、米国での最終四半期の収益が13パーセント低下すると言いました。

個人消費は第3四半期、1991年以来の最初の減少、および1980年以来最も大きなものので3.1パーセント年間ペースで下落傾向になったと商務省は10月30日言いました。

期待は裏切られる?







・100%妊娠中絶合法化反対で100%家族擁護。


・憲法に反する戦争に反対して投票をしました。


・支援者からの大部分の寄付金。


・100%バランスのとれた予算に投票。


・増税を決して賛成しません。


・強く違法な出入国管理に対して。


・100%自由の防衛に必要なら、武器を持つ権利。


・国連にUSA主権を進めます。


・正直な資産担保通貨のために。


・100%政府を制限する。

戦争は外交戦の延長上にあり、始まればどこの小国でも戦うものである。

なめ猫さんのブログより
憂国の防衛省幹部を野党・公明党・マスコミに屈し、更迭した浜田防衛相に抗議を
2008年11月02日 (日) | 編集 |
今回の防衛省幹部の罷免はわが国がいまなお占領中のマインドコントロール下におかれ続けている実態が全世界に知れ渡ることとなった。
舌なめずりして近隣諸国やアメリカは見ていることだろう。font>

今朝の読売新聞の社説などは、自社のナベツネの意向で使用している「昭和戦争」なる造語を使い、こう断じている。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20081101-OYT1T00763.htm
《論文は、事実誤認や、歴史家の多くが採用していない見方が目立っており、粗雑な内容だ》

読売新聞は故意にかソ連共産党、コミンテルンの謀略について言及を避けているが、それこそ粗雑な社説であろう。問題は浜田防衛相の姿勢だ。新テロ特措法改正法案が参議院で審議されている最中に野党の揚げ足取りを避けようという逃げた姿勢で、国を憂いた幹部を庇うことをしない。
罷免すべきはこの大臣のほうではないか。




「自衛隊は再教育が必要」 公明・山口政調会長 

 公明党の山口那津男政調会長は1日午前のTBS番組で、先の大戦を日本の侵略とする見方に疑問を示す論文を発表したとして、政府が航空自衛隊の田母神(たもがみ)俊雄幕僚長を更迭したことについて、「自分の発言がどう社会に影響するかの判断力がない。こういう人を自衛隊のトップに就ける任免のあり方に問題がある」と述べ、更迭は当然との考えを示した。
そのうえで、「自衛隊のトップもそれ以下も同じような考え方だとすれば、再教育しないといけない」と強調した。



それから、毎日新聞の社説はひどかった。ここぞとばかり麻生首相の発言にまで言及している。文民統制とは欧米では財政上の問題だけだ。
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20081102ddm005070003000c.html
社説:空幕長更迭 トップがゆがんだ歴史観とは
航空自衛隊のトップがゆがんだ歴史認識を堂々と発表する風潮に、驚くばかりだ。「我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)である」などと主張する田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長の論文である。政府がただちに更迭を決断したのは当然である。
政府は戦後50年の95年8月15日、当時の村山富市首相が、戦前の植民地支配と侵略について「国策を誤り」「アジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた」とし、「痛切な反省」と「心からのおわび」を表明した。歴代政府は、この村山談話を踏襲してきた。
田母神氏の論文は、この政府見解を真っ向から否定するものだ。旧満州や朝鮮半島の植民地支配を正当化し、「大東亜戦争」を肯定する内容で貫かれている。
同時に、憲法が禁止している集団的自衛権の行使や、武器使用の制約などを「東京裁判のマインドコントロール」と批判している。
こうした認識を公表して悪びれない人物がなぜ空自の最高幹部に上り詰めたのか。大いに疑問である。
田母神氏は安倍政権の昨年3月に空幕長に就任し、福田政権の今年4月には、イラクでの空自の活動を違憲と判断した名古屋高裁の判決について、お笑いタレントの言葉を引用して「そんなの関係ねえ」と語り、物議をかもした。自衛隊内では、政治や安全保障に関してストレートな発言を繰り返していたことで知られていたという。
このような人物がトップの組織では、同様の考えを持つ人が多数を占め、正論と受け止められているのではないかとの疑念がわく。同氏を空幕長に据え、今回の事態を招いた政府の判断に文民統制(シビリアンコントロール)の機能不全を感じ、同氏を昇進させた防衛省に体質的な問題を覚える国民は多いに違いない。
また、同氏の言動を許してしまった政治の現状も指摘せざるを得ない。
歴史認識をめぐっては、過去、閣僚が植民地化や侵略を合理化する発言をし、辞任する事態が繰り返されてきた。麻生太郎首相も自民党政調会長だった03年、日韓併合時代の「創氏改名」について「朝鮮の人たちが名字をくれと言ったのが始まりだ」と語ったことがある。一方、安倍晋三元首相は、首相就任後に村山談話を踏襲する考えを表明したが、就任前は「適切な評価は歴史家に任せるべきだ」と、日本の戦争責任への明言を避けていた。首相就任前後の落差を本音と建前の使い分けと受け取る国民は多かった。
こうした政治家の姿勢や言動が、問題の背景にあるのではないだろうか。
今回のような事態を避けるには、文民統制の強化が必須である。現在、自衛隊の統合幕僚長、陸海空の幕僚長人事は閣議の了承事項である。これらの人事決定に国会が関与する道を探るのも一策であろう。



問題とされた論文はPDFで読むことができますが、三島由紀夫の檄文(昭和45年11月25日)が重なる人は少なくないと思う。

日本は侵略国家であったのか
田母神俊雄
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf

三島がいう「もっとも名誉を重んずべき軍が、もっとも悪質の欺瞞の下に放置されて来た」ことへのジェネラルの率直な思いの表れだ。

戦後63年、三島先生の義挙から38年が経過し、ようやく防衛省幹部、直接の指揮をとる航空統幕長から三島の訴えに応える将官が現れた。


蛇足
国民の生命と財産を守るため謀略、知略を尽くし戦争を起こさないようにするものであるが、頭から外交を捨てた国では占領占拠されて一番に消されるのが政治家なので、相手に縋るような太鼓持ちが今の日本の売国政治家の集まりだろう。


やしきたかじん TOKYO

緊張感の無いのは今に始まった事ではないが・。

【円・ドル・人民元】「狡(こす)いぞ日銀」

2008.11.2 18:58

産経新聞

このニュースのトピックス:金融危機

 白川方明(まさあき)総裁にはあぜんとさせられた。10月31日の政策金利の0・2%引き下げ決定後の記者会見で、総裁は「経済情勢、金融情勢自体がこの1カ月弱の間に大きく変化した」と言いのけた。1カ月弱前とは前回の日銀政策決定会合が開かれた10月6、7日を指す。9月15日の米証券大手リーマン・ブラザースの経営破(は)綻(たん)をきっかけに米国発の危機は全世界に飛び火し、ただちに日本にも及んでいた。なのに日銀は情勢を甘く見ていた。それを示すのが「幻の緊急声明」事件である。


 10月7日午後6時半、麻生太郎首相は、11日にワシントンで開かれる先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)出席のため出発する中川昭一財務・金融担当相と並んで白川総裁を首相官邸に呼んだ。首相の意図は、「日本のバブル崩壊時の教訓を米側に伝えよ」という指示だとされるが、首相の手元にはある素案があった。


 「金融危機に対する日本の決意のほどを緊急声明にして発表しようというもので、日銀によるふんだんな資金供給がその柱の一つだった」(政府筋)。ところが、日銀は同案に返事をせず、事実上無視。結局声明案は流れた。雑誌ファクタ11月号では「(危機への対応は)やくざな性分でなきゃできないな」との麻生首相の発言を紹介しているが、このときも出たに違いない。

8日にはさらに、米欧など世界10カ国の中央銀行が協調利下げにも踏み切ったが、日銀は米連邦準備制度理事会(FRB)などからの要請を断っていた。


 結果は、その後の急激な円高、株安。そしてすでに下降局面に入っている景気の先行き不安へのだめ押し。10月末の銀行間の短期資金融通市場(コール市場)の残高は、6月末比で25%も減った。金融機関は企業向けに貸せない。


 今回の0・2%利下げは何を意図するのか。もとより、金利水準は「超低金利」である。わずかに下がっても、実体経済への刺激効果に乏しい。信用収縮とデフレ懸念でいつ一部金融機関が破綻してもおかしくない今、日銀に求められるのは、緊急措置としての「量的緩和」のはずである。ところが、日銀の意図はあいまいだ。


 日銀は日銀券を刷って市場に流し込む。この上限を大幅に引き上げるのが量的緩和なのだが、そうするとコール市場では資金があまり、短期金利は下落を続け、究極的には金利ゼロになる。日銀はそうなると短期金融市場を操作できなくなるので嫌う。


 従来の0・25%の利下げ幅を拒否したのは、もう一度利下げすればゼロになるからだ。ご丁寧なことに、銀行の日銀への当座預金に金利を付け、短期市場金利がそれ以下にならないようにした。日銀は量的緩和に歯止めをかけゼロ金利を避ける、というのが今回の利下げの真相なのである。とすれば、日銀は自身の利害を優先して危機対策という大局を見ない、狡(こす)いやり方ではないか。(編集委員 田村秀男)





蛇足


大局より小曲へ、全体より部門へという日本エリートと言われる人間の能力は最低なのであろう・。日銀と政府を統合し、立法府の下で最大限に能力を使わす仕組みを構築するべきであろう・。

ヘンリーメイコウ博士より

The Satanist Banker Conspiracy


October 27, 2008





by Henry Makow Ph.D.



悪魔主義者銀行家陰謀

2008年10月27日


ヘンリーメイコウ博士によって






"Economic crises have been produced by us for the goyim by no other means than the withdrawal of money from circulation."

-Protocols of Zion -20

「経済危機は流通からのお金の撤退及び別の手段によって異邦人のために私達によって引き起こされています」。

- シオン(長者議定書)-20のプロトコル

Recently, on his internet radio show, Alan Stang asked me if there is such a thing as a Jewish conspiracy. He gets email from people blaming Jews, Jesuits, the Vatican, Freemasons etc.

アラン・スタングは最近、彼のインターネットラジオ番組でユダヤ人の陰謀のようなものがあるかどうか、私に尋ねました。彼は、ユダヤ人、イエズス会士、バチカン、フリーメーソンその他を非難している人々から、電子メールを受けとります。

I replied that the central banking cartel is the only group that has both the motive and the means to take over the world. Consisting mainly of Cabala-believing Jews and Freemasons, it is the head of the octopus. Zionism, Freemasonry, organized Jewry, Western Imperialism, Jesuits,Vatican, Intelligence agencies, mass media etc. are among countless octopus arms.

私は、中心的なバンキングカルテルが、世界を制覇する動機と方法の両方を持っている唯一のグループであると答えました。

主にカバラを信じているユダヤ人とフリーメーソンから構成されて、それはタコの上部です。シオニズム、フリーメーソン、組織されたユダヤ民族、西洋帝国主義、イエズス会士、バチカン宮殿、諜報機関、マスメディアなどは無数のタコの脚に含められます。

The "motive" is to protect its fraudulent private monopoly over public (government) credit (money creation) which is worth trillions and trillions. They need a "world government" to ensure that no nation creates its own money or defaults on the loans the bankers created out of nothing.

「動機」は、兆と兆に値している公的な(政府)クレジット(貨幣創出)上でその不正な私的独占を保護することになっています。

国家がそれ自身のお金を生み出さないことを確実とする「世界政府」または銀行家が何からも生み出さなかったローンの不履行を必要とします。

The "means" of course is unlimited money funneled through their network of cartels, which allows them to own the government, mass media, education etc. Anyone who succeeds in public life is their puppet or unconsciously serves their agenda. Their Zionist-Freemason-Communist-Socialist-MI-5/6 network allows them to exercise covert control on the ground.

「手段」はもちろんカルテルのそれらのネットワークを通して注がれた無限のお金です(それは、彼らが政府、マスメディア、教育などを所有することを可能にします)

公的な生活で成功する誰でもそれらの操り人形であるか、無意識に、彼らの行動計画を勤めます。彼らのシオン主義者-フリーメーソン-共産党員-社会党員-MI-5/6ネットワークによって、彼らが地上で隠れた支配を行うことができます。

About 1770, a syndicate of bankers led by Mayer Rothschild started the "Illuminati", a satanic cult designed to subvert society. According to Edith Starr Miller, the Rothschild syndicate included Jewish financiers such as Daniel Itzig, Friedlander, the Goldsmids and Mosses Mocatta. ("Occult Theocracy" p. 184.)

1770年において、マイヤーロスチャイルドによってリードされる銀行家のシンジケートは、「イルミナティ」(社会を破壊するようになっている悪魔のカルト)を始めました。エディススターミラーによると、ロスチャイルドシンジケートは、ユダヤ人の財政家(例えばダニエルアイティング、フリードレンデル、ゴールドスミスとモーゼスモカッティス)を含みました。(「オカルト神権政治」184ページ。)

According to Miller, the goals of the Illuminati (Communism and the NWO) were the destruction of Christianity, monarchies, nation-states (in favor of their world government or "internationalism"), the abolition of family ties and marriage by means of promoting homosexuality and promiscuity; the end of inheritance and private property; and the suppression of any collective identity in the spurious name of "universal human brotherhood" i.e. "diversity." (p.185)

ミラーによると、イルミナティ(共産主義とNWO)のゴールは、キリスト教の破壊、君主制、国家(彼らの世界政府または「国際性」に賛成して)、同性愛を進めることによる家族の絆と結婚の廃止と混乱でした;遺産と私有財産の終わり;そして、「一般的な人間の兄弟の関係」(すなわち「多様性」)の偽の名前のどんな総体的なアイデンティティの抑制でも。(185ページ)

SATANISM


The ideology behind this world tyranny, Illuminism, derives from the Jewish Cabala which conveniently preaches that man (i.e. the bankers) can usurp the place of God and redefine reality. Thus, the goal of world banker conspiracy is to enshrine Satan as God. The Illuminati uses revolution, war and financial turmoil to inaugurate their "New World Order."

悪魔崇拝主義

この世界専制政治(イルミニズム)の背景のイデオロギーは、便利に、その男(すなわち銀行家)が神の場所を強奪し、現実を再定義することができると説くユダヤ人カバラから派生しています。従って、世界銀行家共謀のゴールは、神としてサタンを祭ることです。それらの「新世界秩序」を開始するために、啓蒙主義者は革命、戦争、および金融の騒動を使います。

The world government tyranny is the only conquest to take place without the knowledge of the conquered. In the First Protocol of the "Protocols of the Elders of Zion," the author says three times, our "countersign" is "Force and Make-believe." By "Make-believe" he means mass deception or "magic."

世界政府専制政治は、征服されたものに関する知識なしで起こる唯一の征服です。

「シオンの年長者のプロトコル」の最初のプロトコルの中で、作者は、私達の「カウンターサイン」が3回「力と見せかけ」であると言います。

「見せかけ」によって、彼は大衆詐欺または「魔法」を意味しています。

When alien bankers control the national purse strings, inevitably the State becomes synonymous with these bankers. The State is a ruse used to manipulate the masses, "public" in name only. This is the truth behind the "make-believe" face of the Communist NWO.

外国の銀行家が全国的な財布のひもを握っている時に、必然的に、国家はこれらの銀行家と同義になります。国家は、国民にとって名目だけは「公的です」を処理するために使われた策略です。これは共産NWOの「偽りの」様相の背後の真実です。

This tyranny is also the first in history which people cannot mention for fear of being labeled "anti Semitic" and a "hater." Trust me, the hatred is entirely on the Cabalist side.

この専制政治は、人々が「セム族の反対者と嫌悪者とに分類されることを恐れて言及することができない歴史で最初のものでもあります。」。私を信頼し、憎悪は完全にカバラ学者側にあります。

This ruse is achieved by blaming all Jews for the machinations of a relative few. It's as though all Italians were blamed for the Mafia. As a Jew, I can testify that very few Jews are aware of how they are used by Illuminati-sponsored movements such as the B'nai Brith (Freemasonry); Zionism; Communism; Socialism, Neo-conservatism, Feminism and Liberalism.

この策略は、相対的な少数の陰謀のためにすべてのユダヤ人を非難することによって達成されます。すべてのイタリア人がマフィアのために非難されたかのようです。

ユダヤ人として、私は、ほとんどのユダヤ人が、どう彼らがB'nai割礼(フリーメーソン)などの啓蒙主義者で後援されたムーブメントによって使われるかに気づいていないと証言することができます;シオニズム;共産主義;社会主義、新保守主義、フェミニズム、および自由主義。

Blaming all Jews naturally makes them run interference for the Rothschilds, thus confirming they are all in collusion. Talk about walking into the line of fire! What would we think of Italians if they defended Al Capone and organized crime on a racial basis? The bankers have always run organized Jewry and used Jews as their pawns and pitchmen.

自然にすべてのユダヤ人を非難することは彼らのためにロスチャイルド家のために干渉を作り、従って彼らがすべて共謀していることを立証します。弾道の中に入って行くことについて話します!彼らがアル・カポネと人種ベースの組織犯罪を防御したならば、私達はイタリア人について何を考えるでしょうか?銀行家はいつも組織されたユダヤ民族を運営し、彼らの駒として大道商人としてユダヤ人を使いました。

"Anti-Semite" and "hate" are used like a witch doctor's curse from which all shrink in horror. To neutralize this voodoo, we should wear the badge of anti-Semite with pride, by asserting that it stands for opposition to the disproportionate Jewish (and crypto-Jewish) role in advancing the New World Order. (No one is advocating or condoning genocide.) Thus, anti-Semitism will become a legitimate political (not racial) movement directed against specific Jewish (and non-Jewish) Illuminati-pawns and policies.

「反ユダヤ主義者」と「憎悪」は、すべてが恐怖で萎縮する呪術師ののろいのように使われます。このブードゥー教を中立化するために、私達は、それが、新世界秩序を進めることにおける不釣合なユダヤ人(そして秘密ユダヤ人)役割への反対を表していると断言することによってプライドによって反ユダヤ主義者のバッジをつけるべきです。(誰も大量虐殺を主張していなく、許していません。)

従って、反ユダヤ主義は具体的なユダヤ人(そして非ユダヤ人)イルミナティの駒と方針に向けられた合法な政治的な(人種でない)ムーブメントになるでしょう。

Like everyone else, Jews are kept in a bubble and told anti-Semitism is an irrational Gentile sickness. They have been brainwashed to see themselves as innocent victims. Most have suffered from the machinations of their Zionist "leaders." But many others were Bolshevik murderers and oppressors. And Jews and Masons are the administrators of the New World Order.

他のみんなのように、ユダヤ人は、バブルに引き留められて、反ユダヤ主義が不合理な非ユダヤ人の病気であると言われます。それらは、自身を無実の犠牲者と考えるために意識改革しています。多くはそれらのシオニズム「リーダー」の陰謀に苦しみました。しかし、多くの他はボルシェビキ殺人者と抑圧者でした。そして、ユダヤ人とメーソンは新世界秩序の管理者です。


THE BIGGEST REVELATION


The biggest revelation for me was realizing that Judaism is not a religion but a pagan racial creed at best, and a Satanic secret society at worst. The nature of a secret society is that the membership is fed idealistic platitudes and not told the real agenda. I expand on this discovery in my forthcoming Illuminati-The Cult that Hijacked the World.

最大の意外な事実


私のために最も大きい意外な事実は、ユダヤ教が宗教でなくせいぜい異教徒の人種的な信条と最悪の場合の悪魔の秘密結社であると秘密結社の性質は、メンバーシップが理想主義的な陳腐な文句を与えられて、本当の路線を教えられないことです。私は私の間近のイルミナティーカルトの中のこの発見の上でそのハイジャックを世界に拡張します。

Most Jews are unaware that Judaism largely eschews the Old Testament (Torah) in favor of the Talmud and Cabala. Very few Jews read these books. If they did, they might realize that the Talmud is full of hate and contempt for non-Jews. They would discover that the Cabala is the basis of modern witchcraft, astrology, numerology, tarot cards, black magic, androgyny, and much of the New Age movement. It is the basis of Illuminism which teaches that good and evil are one and that black is white and vice-versa. They operate by doing evil while espousing good.

ほとんどのユダヤ人は、ユダヤ教が主としてタルムードとカバラのために旧約聖書(律法)を避けることに気づかない。ほとんどのユダヤ人はこれらの本を読みませんでした。彼らが読んだならば、彼らは、タルムードが憎悪と非ユダヤ人に対する軽蔑でいっぱいであることに気がつくかもしれません。彼らは、カバラが現代の魔法、占星術、数占い、タロットカード、黒魔術、両性具有、およびニューエイジ動きの多くの基礎であると気づくでしょう。それは、良いものが悪く、黒が白く、逆もまた同様であることを教えるイルミニズムの基礎です。善を支持する間に、悪をすることによって、彼らは働きます。

The Cabala is the basis of the cult of sex worship that has engulfed the world. Cabalistic Jews can't do anything mundane on the Lord's Day but conjugal sex is a prescribed ritual. Physical desire supposedly increases a man's love for God, and intercourse is an instrument for uniting with God. (This, of course, is rubbish. You unite with God by doing His Will seven days a week. Sex is a physical function like eating.)

カバラは、世界を飲み込んだ性の礼拝のカルトの基礎です。神秘的なユダヤ人は主日(ローズクリケット競技日)の日は何も現世のことをすることができないけれども、夫婦の性は規定された儀式です。肉欲は、たぶん、神への人の愛情を増大させて、交際関係は、神と結合するための器具です。(これはもちろん屑です。)

1週間に7日彼の意志をすることによって、あなたは神と結合します。

(性は食事のような物質的な機能です。)

Cabalist Jews tell this joke privately: "An orthodox Jew is interviewing three applicants for a job. He asks them, 'What is 2 plus 2?' The first two answer 4 and 22. He kicks them out. The third answers "What ever you want it to be.' He is hired." This is what we are up against in the NWO, an attempt to reshape truth itself according to self-interest.

カバラ研究家ユダヤ人は、個人的にこの冗談を言います:「正統派ユダヤ教徒は、仕事のために3人の申込者と面接しています。彼は、彼らに尋ねます、『2プラス2は何ですか?』最初の2人の答え4と22。彼は、面接者を追い出します。第3番目は、答えます、「どの程度、あなたはそれがそうであることを望みますか。彼は雇われます。」、これは我々がNWO(利己主義によって真実そのものを再構築する試み)で直面しているものです。

The arc of Western Civilization has been from worship-of-God (rise) to worship-of-Satan (fall.) I suspect the Cabala is the blueprint of post-Christian civilization, the reason we are drowning in media-generated filth, violence, occultism and fear. The apex was the so-called "Enlightenment" when men were taught they could use "reason" (i.e. expedience) and ignore God's natural and spiritual (moral) order. Typically, the consequent decline into moral darkness is represented by Luciferians as light, sunrise (i.e. Obama's logo.)

西欧文明のアークは、神の礼拝(上昇)から、サタンの礼拝(落ちます。)まででした。

私は、カバラ秘義が、ポストキリスト教文明(私達がメディアで発生した汚物、暴力、神秘学、および恐怖で溺れている理由)の青写真であると疑っています。

人が、彼らが「理由」(すなわち都合)を使い、神の自然で、スピリチュアルな(モラル)命令を無視することができるのを教えられた時に、頂点はいわゆる「教化」でした。

一般に、道徳的な暗闇の中への結果的な低下は光(ライト)としてのルシフェリアンズ(日の出(すなわちオバマのロゴ。))によって表されています。

According to Texe Marrs, the Cabala teaches that the "holy serpent is the true God; that all the evil that a person does, through alchemy is magically transformed into righteousness; and that yes, Lucifer is Lord. Satan is the true and only god. That is the essential doctrine of Cabalism." (Codex Magica p. 426.)

Texe Marrsによると、カバラ秘義は、「神聖なヘビは真実の神です;」をそれに教えます。人がするすべての悪が錬金術を通して正義に魔法にあったように変貌します;そして、はい、明けの明星は神です。サタンは本当であるものと神だけです。「それはカバラ主義の必須の主義です」。(古写本Magica426ページ)






PUBLIC LIFE


The fraudulent nature of our public life all stems from the fundamental fraud, private Illuminati control of public credit. Thus we have a government-sponsored depopulation program in the guise of feminism and gay rights. Thus we have the spectacle of two mind-controlled Illuminati puppets vying for the US Presidency. The case of Barack Obama is the most egregeous. He cannot even prove he is an American citizen. His real father, Communist activist Frank Marshall Davis, was a rapist and pedophile who probably sexually abused his son. Bill Ayers ghostwrote Obama's 1995 autobiography "Dreams of My Father." Did a promising Harvard Law Review President warrant a six-figure advance from the Illuminati Jewish Simon & Schuster?

公的な生活

私達の公的な生活の不正な性質はすべて根本的な詐欺(公信用の私的なイルミナティコントロール)から生じます。従って、私達はフェミニズムとゲイの権利の外観において政府スポンサーつきの人口減少プログラムを持っています。従って、私達は米国大統領任期について競っている2つの精神でコントロールされたイルミナティ操り人形のスペクタクルを持っています。バラク・オバマのケースは最悪です。

彼は、彼がアメリカ市民であるのを証明することさえできません。彼の本当の父、共産主義者活動家フランク・マーシャル・デイビスは、たぶん、性的に、彼の息子を虐待した強姦者と小児性愛者でした。ビル・エアーズは、オバマの1995年の自伝「私の父を夢見ます」を代作しました。見込みがあるハーバード法律レビュー社長は イルミナティユダヤ人のサイモン&シュスターから6桁の進歩を保証しましたか?

Larry Sinclair claims he has had sex and smoked crack with Obama in the late 1990's. Oddly, this resume is perfect for the Illuminati. Obama can be easily controlled or the Illuminati media will stop ignoring these stories. (To see a puppet malfunctioning, check out the You Tubes of Obama without a teleprompter.)

ラリー・シンクレアは、彼が遅い1990年代にオバマと性と吸飲されたクラックを持っていたと主張します。奇妙に、このレジュメはイルミナティに最適です。オバマは容易にコントロールされることができるか、イルミナティメディアは、これらの話を無視するのをやめるでしょう。(操り人形が誤動作するのを見るために、テレプロンプターなしでオバマのYouTubeをチェックします。)

Now Joe Biden is prophesying that Obama will be severely tested after coming to office and will betray his supporters and plummet in the polls. He seems to be describing something like martial law. An odd thing to say before the election. (Notice the Republicans are ignoring all this- suggesting they are in collusion.)

さて、ジョーバイデンは、大統領オフィスに来た後に、オバマが厳しくテストされるであろうし、彼のサポーターを裏切り、投票において落ちるであろうと予言しています。

彼は、戒厳令のようなものを説明しているようです。選挙の前に言う奇妙な事です。(共和党が、彼らが共謀においてこのすべての勧めを無視していることに気づきます。)

CONCLUSION


If your ethnic or religious group is being used secretly for evil, you had better distance yourself from it or you will be left holding the bag. This applies to almost everyone, not just Jews. As an ethnic Jew, I ask, does the Jewish god represent a universal moral order or a primitive tribal egregore (i.e. projection of group psyche?) Is the Jewish egregore now Lucifer?


The world has been taken over by a satanic cult. We are under constant occult attack. Instead of fighting among ourselves like they want, we must recognize that there are only two sides --God's and Satan's.

結論

あなたの民族または宗教のグループが悪のためにひそかに使われているならば、あなたはそれから自身を引き離したほうがよい。さもないと、あなたは貧乏くじを引かされるでしょう。これはユダヤ人だけでなくほとんどみんなにあてはまります。

私は、少数民族ユダヤ人として、ユダヤ人の神は一般的な道徳的な命令または原始的な部族のばか者(すなわちグループ精神の投射?)を表していると尋ねます。

ユダヤ人ばか者は現在明けの明星ですか?世界は悪魔のカルトによって引き継がれています。私達は絶え間ないオカルト攻撃の下にいます。彼らが望んでいるように自身の間で戦う代わりに、私達の側は2つしかないと認めなければなりません--神とサタンの。

だまされている民主主義 その1

PAUL B. FARRELL

Wall Street's 'Disaster Capitalism for Dummies'

14 reasons Main Street loses big while Wall Street sabotages democracy

ポールB.ファレル

ウォール街の‘ダミーのための災害資本主義’

14の理由は、ウォール街が民主主義を妨害する間に、目抜き通りが大きく負けると論じます。

ARROYO GRANDE, Calif. (MarketWatch) -- Yes, we're dummies. You. Me. All 300 million of us. Clueless. We should be ashamed. We're obsessed about the slogans and rituals of "democracy," distracted by the campaign, polls, debates, rhetoric, half-truths and outright lies. McCain? Obama? Sorry to pop your bubble folks, but it no longer matters who's president.

アロヨグランデ、カリフォルニア

はい、私達はダミーです。

あなた。私。私達のすべての3億人。

手掛かりがない。

私達は恥じるべきです。

私達はキャンペーン、投票、討論、レトリック、半面だけの真理、およびまったくの嘘によって散らされた「民主主義」のスローガンと儀式について取りつかれています。

マケイン?

オバマ?

あなたのバブル家族を破裂させることは残念であるけれども、誰が大統領であるかはもう重要でありません。

Why? The real "game changer" already happened. Democracy has been replaced by Wall Street's new "disaster capitalism." That's the big game-changer historians will remember about 2008, masterminded by Wall Street's ultimate "Trojan Horse," Hank Paulson. Imagine: Greed, arrogance and incompetence create a massive bubble, cost trillions, and still Wall Street comes out smelling like roses, richer and more powerful!

なぜ?

本当の「ゲームチェンジャー」はすでに起こりました。

民主主義はウォール街の新しい「災害資本主義」によって取り替えられています。

それは、歴史家が、2008年ごろに覚えているであろう大きなゲームチェンジャーです。ウォール街の究極の「トロイの木馬」によって巧みに操られた(ハンク・ポールソン)首謀者とされます。

想像します:

貪欲さ、傲慢さ、および無能さは大規模なバブルを作成し(コストは兆)かかり、静かなウォール街はより豊かで、より強力なバラのような匂いになります!

Yes, we're idiots: While distracted by the "illusion of democracy" in the endless campaign, Congress surrendered the powers we entrusted to it with very little fight. Congress simply handed over voting power and the keys to trillions in the Treasury to Wall Street's new "Disaster Capitalists" who now control "democracy."

はい、私達は馬鹿です:

無限のキャンペーンにおける「民主主義の幻覚」によって気を散らされ、議会は、私達が戦いがほとんどなくそれに任せた能力を引き渡しました。

現在、「民主主義」をコントロールするウォール街の新しい「災害資本家」に、議会は単に財務省で議決権と兆までのキーをわたしました。

Why did this happen? We're in denial, clueless wimps, that's why. We let it happen. In one generation America has been transformed from a democracy into a strange new form of government, "Disaster Capitalism." Here's how it happened:

なぜこれは起こりましたか?

そういうわけで、我々は否定(手がかりのない弱虫)中です。我々は、それを起こらせました。

私達はそれを起こらせました。

1世代で、アメリカは民主主義国から政府、「災害資本主義」の奇妙な新しい形態の中に変えられています。

ここに、どのようにそれが起こったかがあります:

・Three decades of influence peddling in Washington has built an army of 42,000 special-interest lobbyists representing corporations and the wealthy. Today these lobbyists manipulate America's 537 elected officials with massive campaign contributions that fund candidates who vote their agenda.

ワシントンでの30年間の収賄汚職は企業と裕福なものを代表している42,000人の特殊利益ロビイストの軍隊を築きました。

今日、これらのロビイストは、彼らの課題を投票で決める候補に資金を助成する大量のキャンペーン投稿で、アメリカの537人の選択当局を操ります。

・This historic buildup accelerated under Reaganomics and went into hyperspeed under Bushonomics, both totally committed to a new disaster capitalism run privately by Wall Street and Corporate America. No-bid contracts in wars and hurricanes. A housing-credit bubble -- while secretly planning for a meltdown.

この歴史的な増強はレーガノミックスの下で速まって、ブッシュノミックス

の下で超スピードに使われました。そして、双方とも個人的にウォール街とアメリカの産業界に通される新しい災害資本主義に全て関与しました。無入札契約は戦争とハリケーンで縮みます。住宅信用 ― ひそかにメルトダウンに対して計画を立てられた期間 ― バブル。

・Finally, the coup de grace: Along came the housing-credit crisis, as planned. Press and public saw a negative, a crisis. Disaster capitalists saw a huge opportunity. Yes, opportunity for big bucks and control of America. Millions of homeowners and marginal banks suffered huge losses. Taxpayers stuck with trillions in debt. But giant banks emerge intact, stronger, with virtual control over government and the power to use taxpayers' funds. They're laughing at us idiots!

最終的に、とどめの一撃:計画されて、住宅信用危機は来ました。プレスと市民は、否定(危機)を見ました。災害資本主義者は、巨大な機会がわかりました。はい、大金の機会とアメリカの影響力。何百万もの住宅所有者と辺境の川岸は、巨大な損失を被りました。納税者は、借金している兆に固執しました。しかし、巨大な銀行は無傷で出てきます。そして、政府に対する仮想影響力と納税者の資金を使う力で、より強くなっています。彼らは、我々のばかを笑いながら言っています!

Amazing isn't it, Wall Street's Disaster Capitalists screwed up, likely planned or let happen this meltdown and recession. Yet America's clueless taxpayers just reward them by giving the screw-ups massive bailouts, control over more than $2 trillion of tax money, and the power to clean up the mess they made. Oh yes, we are dummies!

それは驚異的でなく、ウォール街の災害資本家は大失敗し、たぶん、この溶解と景気後退を計画したか、起こらせました。

それでも、アメリカの無知な納税者は、へまで大規模な緊急援助の税金の2兆ドルより多くに関してのコントロール、および彼らが作った混乱をきれいにする力を与えることによって、彼らに報います。

ええ、そう、私達はダミーです!

This end game was planned for years in secret war rooms on Wall Street, in Corporate America, in Washington and the Forbes 400. Democracy is too cumbersome. It had to be marginalized for Disaster Capitalism to take over. Reagan, Bush and Paulson were Wall Street's "Trojan Horses."

この終盤はワシントンとフォーブス400でウォール街の秘密の作戦室で、企業のアメリカで何年もの間計画されました。

民主主義は面倒すぎます。

それは、災害資本主義が引き継ぐように主流から取り残される必要がありました。

レーガン、ブッシュ、およびポールソンはウォール街の「トロイの木馬」でした。

Naomi Klein summarizes the game in "Shock Doctrine: the Rise of Disaster Capitalism." This "new economy" generates enormous profits feeding off other peoples' misery: Wars, terror attacks, natural catastrophes, poverty, trade sanctions, subprime housing meltdowns and all kinds of economic, financial and political disasters. Natural (Katrina) or manmade (Iraq), either way "disaster capitalism" creates fortunes.

ナオミ クラインは「ショック主義:」においてゲームを要約します。

「災害資本主義の上昇」。

この「新しい経済」は他の民族のみじめさを利用している莫大な利益を上げます:

戦争、テロ攻撃、天災、貧乏、通商制裁、サブプライム住宅溶解、およびすべての種類の経済、金融の、そして政治的な災害。

自然である(カトリーナ)か、人造(イラク)、どちらにしても、「災害資本主義」は財産を作成します。

So you, me and the other 300 million better get out of denial. America is no longer a democracy. Voting is irrelevant. Best case scenario: We're a plutocracy, a government ruled by the wealthy, the richest 1%, the Forbes 400, the influential wealthy elite, while the other 99% are their "servants." Meanwhile, the inflation-adjusted income of wage-earners has declined for three decades.

それで、あなた、私と他3億人は、よりよく否定から出ます。アメリカは、もはや民主主義でありません。投票は無関係です。最高のケースシナリオ:我々は金権政治であると、他の99%が彼らの「使用人である。政府が富裕層、最も豊かであるもの1%、フォーブズ400、有力な裕福なエリートによって決定しました。」、その間、賃金労働者のインフレーションを調整した収入は、30年間下落しました。

Worst case scenario: America's no democracy and as a result of the meltdown and the surrender of our power to Wall Street's new Disaster Capitalism we are morphing into what one WWII dictator called "corporatism," a "merger of state and corporate power," kind of like what's going on now with Goldman Sachs' ex-boss as de facto president.

最悪のケースシナリオ:アメリカはもはや民主主義ではなく、溶解の結果と私達が、1人の第2次世界大戦独裁者が「協調法人主義」と呼んだものの中に変化させているウォール街の新しい災害資本主義への私達のパワーの引き渡しとして、「州と法人のパワーの合併」は事実上の大統領としてゴールドマン・サックスの前ボスと現在起こっているものが好きです。

Wolves in sheep's clothing

Yes, a strong charge. But like a lot of our readers, I don't like what's happening to America. I'm a patriot. I volunteered for the Marines. Served four years. Volunteered for Korea. I don't like how our freedoms, rights and value system are being subverted in the name of greed, arrogance, self-righteous intolerance and other false gods.

羊の皮を着たオオカミ

はい、強気の代金。

しかし、多くの我々の読者の様に、私はアメリカに起こっていることが好きでありません。私は、愛国者です。私は、海兵隊員に志願しました。4年務めました。韓国に志願しました。私は、我々の自由、権利と価値体系が貪欲、傲慢、独善的な狭量と他の間違った神に誓って破壊されている方法が好きでありません。

We know for the last eight years disaster capitalists ignored obvious warnings of a coming meltdown. They apparently planned it. They road the bull, got very rich. Now they have the ultimate disaster capitalist weapons, trillions in tax money, virtual control of government.

私達は、災害資本家が来るメルトダウンの明らかな警告を無視したと最近の8年間を知っています。

彼らは見たところそれを計画しました。

彼らロード・ザ・ブル(非常に豊かにされる)だ。

さて、彼らは究極の災害資本家兵器(政府の税金、バーチャルのコントロールにおける兆単位)を持っています。

That's why I fear we're on the edge of a dangerous line between Wall Street's version of disaster capitalism and a toxic "merger of state and corporate power." The wolf is in sheep's clothing. Wall Street pretends we're a democracy. Yet America more closely resembles the kind of "corporatism" that Laurence W. Britt wrote about five years ago in Free Inquiry magazine.

We adapted his historical analysis of 14 key traits for today's discussion. Notice how they have a huge impact your investments and retirement:

そんなわけで、私は、私達が災害資本主義のウォール街のバージョンと有毒な「州と法人のパワーの合併」の危険なラインの縁にいるのを恐れています。

オオカミは羊の衣類の中にいます。

ウォール街は、私達が民主主義国であるふりをします。

それでも、アメリカはより密接に、ローレンスW.ブリットが自由な問い合わせ雑誌の中で約5年前書いた種類の「協調法人主義」と似ています。

私達のために、彼の14の重要な特色の歴史の分析は今日の議論に適応しました。

どのように彼らが莫大にあなたの投資と退職への衝撃を与えさせるかに気づきます:





つづきはアメンバーで紹介

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR