FC2ブログ

ポールB.ファレル:ウォール街が民主主義を妨害する間・・・・


New Kid In Town~Eagles




ポールB.ファレル
ウォール街が民主主義を妨害する間、目抜き通りは大きく損なわれる14の理由

1. Wall Street rich get first priority
Think "bailout." Wall Street's greedy con game spins out of control globally. Millions of homeowners misled, lose. Who gets hundreds of billions first? Wall Street's con men.
2. National security obsession
Think of the expansio
lly. Millions of homeowners misled, lose. Who gets hundreds of billions first? Wall Street's con men.
2. National security obsession
Think of the expansion of execut
Who gets hundreds of billions first? Wall Street's con men.
2. National security obsession
Think of the expansion of executive powers in the name of national security: Preemptiv
ion
Think of the expansion of executWho gets hundreds of billions first? Wall Street's con men.
2. National security obsession
Think of the expansion of executive powers in the name of national security: Preemptive wars, wiretapping private citizens, Gitmo, torture; driven by a dark wealthy neocon elite.
3. Superpower with massive military
Think of our $3 trillion Iraq/Afghan War. Disaster capitalists love the thrill of military power. We outspend all nations, over half the federal budget to strut before the world.
4. Extreme nationalism
Signs are everywhere: Flags, lapel pins, "support the troops" slogans, all to get huge military budgets passed. Challenge them and you're un-American and unpatriotic.
1. 豊かなウォール街は最初の優先事項を得ます。
「緊急援助」を考えてください。
ウォール街の食い意地が張った詐欺事件はグローバルにコントロール不能状態で回転します。
数百万人の持ち家所有者を誤解させて、失うさせます。
誰が数千億ドルの一番目を得ますか?
それはウォール街の詐欺師。
2. 国家安全保障妄想
国家安全保障の名における執行権の拡張について考えてください:
先制攻撃、盗聴している民間人、グアンタナモ拷問;
暗い裕福な新保守主義者のエリートによって動かされます。
3. 大規模な軍隊と超大国
私達の3兆ドルのイラク/アフガニスタン人の戦争について考えてください。
災害資本家は軍事力のスリルを愛しています。
世界の前で誇示する半分の国家予算で、私達はすべての国家より多く金を遣います。
4. 極端なナショナリズム
合図はどこにでもあります:
フラグ、ラペルピン、「軍をサポートしてください」スローガン、莫大な軍事予算を手渡させるすべて。それらに挑んでください。そうすれば、あなたは反米的で、非国民的です。
5. Rally the masses by scapegoating enemies
Think "axis of evil," mushroom clouds, "Islamofascists," more terrorist attacks on the homeland.
Propaganda creates "enemies" in the public's mind and distracts from real issues.

6. Corruption and cronyism
Think earmarks, no-bid defense contracts, paid mercenaries outnumbering military in Iraq,
superlobbyist Jack Abramoff, biofuels, bridge to nowhere, millions donated to campaigns.

7. Obsession with crime
Think of prison-building as just another investment opportunity, rather than focusing on reforming our criminal justice system. Stoke irrational fear of criminals and extremists.
8. Labor and low wages
Think corporate earnings versus the wages paid to workers. No "trickling down," leaves more for tricklers: Rich insiders, stockholders. Wages dropping as CEO salaries skyrocket.
5. 敵をスケープゴートにすることによって、庶民を結集してください。
「悪の枢軸」、きのこ雲を「イスラム教ファシスト」(母国へのより多くのテロ攻撃)と考えてください。
宣伝は大衆の精神において「敵」を作成し、本当の問題から気を散らします。
6. 腐敗と依怙贔屓
目印、ノー入札防御契約、イラクで軍隊より多くなっている雇われた傭兵、スーパーロビイスト・ジャック・アブラモフ、生物燃料、どこにも橋がない、キャンペーンに寄付される数100万を考えてください。
7. 犯罪についての強迫観念
我々の刑事司法制度を改革することに集中するよりはむしろ、刑務所建設をちょっともう一つの投資機会とみなしてください。犯人と過激派の不合理な恐れをかき立ててください。
8. 労働と低賃金
企業収益対賃金が労働者に支払ったと思ってください。労働者は反対に「下にしたたって」。そして、トリックを使う者がより多くです:
金持ちのインサイダー、株主。CEO給料として落ちている賃金は、急上昇します。
9. Contempt for human rights
Think of abuses of habeas corpus, loss of right to trial, bogus charges, plus "demonizing" the victims, all in the name of national defense and homeland security.
10. Mass media manipulation
Think of leaking false information, Joseph Wilson, Valerie Plame, Scooter Libby, Colin Powell's United Nation's testimony, Condoleezza Rice's mushroom clouds, WMDs, all to suppress the truth.
11. Obsession with sexism
Think of paternalism, antigays, antiabortion, subordinate women -- then codify the system as the law of the land reinforcing a male-dominated society, punish violators.
12. Disdain for intellectuals
Think of conservative intellectuals Francis Fukuyama and Bill Buckley. Contrast them to Sarah Palin and Joe Sixpack conservatism, Bush's funding cuts for arts and science education.
13. Religion in government
Think of all the faith-based programs versus antiscience in drug approvals, creationism vs. evolution, Ten Commandments enshrined in public buildings, public money to churches.
14. Fraudulent elections
Think of police and prosecutorial intimidation and threats to voters, challenging minority voters, ballots disappearing, party election officials committing outright fraud.
9. 人権に対する軽蔑
人身保護令状、試験的で、にせのチャージへの権利喪失、加えて全部で国防と母国セキュリティの名前で犠牲者を「悪魔化すること」の乱用について考えてください。
10. マスメディアマニピュレーション
漏ることの、真実を抑制するために、偽情報(ジョセフウィルソン、バレリープラウム、スクーター リビー、コリン・パウエルの団結した国家の証言)をすべてのコンドリーザ・ライスのきのこ雲、WMDと考えてください。
11. 男性至上主義についての妄想
温情主義、反ゲイ、反中絶について考えてください、下位の女性--そして、男で支配された社会を補強している土地の法律としてシステムを成文化し、違反者を罰してください。
12. 知識人のための軽蔑
保守的な知識人フランシス・フクヤマとビル・バックリーのことを考えてください。
サラパリンとジョーの半ダース入りパック保守主義(アートと科学教育のためのブッシュの出資カット)にそれらを対比してください。
13. 政府の中の宗教
薬承認、特殊創造説対発展(公共の建物に安置された十戒、教会への公金)におけるすべての信頼ベースのプログラム対科学排撃について考えてください。
14. 不正選挙
警察について考えてください。そうすれば、有権者、挑戦的な少数派の有権者への検察官の威嚇と脅威は消え、(徹底的な詐欺を犯している党選挙役員)を投票で決めます。
スポンサーサイト



マスコミの派遣問題に異議アリ

蛇足


確かにマスコミは派遣労働の悲惨な結果を伝えている。しかし、期間労働は月40万前後で、今年の春先には出ていたはずである。最近切られて仕事がないと言う事だが寮と食事が支給されて地方から集められている。その間に辞めたのなら金は貯まらないだろうが、金融問題発生からまだ2ヶ月の時点での大量解雇なのは確かに異常だが、その間に一銭もなくなる方がもっと異常だ。派遣は確かに契約が結ばれなければ収入も無いのが現状であろう。その間はどこかへ就職活動などするであろうし何かするのが当たり前。仕方無しに親になきつく場合もあるだろう。私も派遣労働をした事があるが、こんなシステムはすぐに理解したし、また、派遣業をした時には、それを生かす事を考えるものだ。しかるに、350円しか持ってない期間労働者や派遣労働者などいる訳がない・。それは数百種ある働き方のパターンが違うであろうし、一律にすべて悲惨な光景なのだろうか?


どうも違う労働者を集めてはいないか?中間の派遣業者はどうなのか?まったく雲を掴む話ではないか?マスコミの意図は違うところにあるのではないか?


もっとちゃんと整理して伝える義務があるのではないか?・。

原点に戻らなければ大手企業と言えども潰れる。

株式日記と経済展望
より


経済至上主義は、人間不在、人間の奴隷化を生み、それは、

回りまわって自分の首を絞め、結局、自分をも不幸にしていく。




2008年12月26日 金曜日



「ハケン切り」の品格 12月24日 小田嶋隆



 メディアの報道ぶりを見ていると、派遣社員を解雇した受け入れ先企業の冷血を責めるテの議論が目立つ。突然過ぎるじゃないか、と。


 でも、本当のところ、現行法からすれば、雇用責任の過半は、派遣先企業にではなくて、派遣労働者として彼らを登録している派遣会社にあるはずだ。


 なのに、派遣会社の責任を追及する論調はほとんど出て来ない。

 不思議だ。


 あるいは、「解雇より先に、なによりもまず役員報酬のカットが第一で、その次が従業員の給与の見直しであるべきだ。解雇という選択肢は最後の手段であるべきなんではないのか」式の、昔ながらの正論も、一向に主張されていない。


 ただただ、「かわいそうですね」「身につまされますね」「がんばってほしいですね」という情緒的な画面を流すばかり。彼らはやる気があるんだろうか。


 というよりも、そもそも、テレビ局は、派遣労働についてとやかく言える立場の職場ではない。


 あの業界(私も「派遣ディレクター」として籍を置いていたことがある)は、正規の派遣ですらない偽装出向や二重派遣やピンハネアルバイト労働の温床であり、タダ同然で働く業界ワナビーのアシスタントディレクター(彼らの中には「マスコミ業界で働けるなら時給なんか無くても良い」と思っている子たちが常に一定数いて、このことがADの最低賃金を引き下げている)や、スタジオの机の下で寝起きしているサービス残業スタッフみたいな人たちに支えられている、どうにもならないタコ部屋だからだ。


 でなくても、事実上の実働部隊であるところの制作会社の社員は、局社員の半分以下の給料で働いている。


 それでも、その制作会社の仕事を差配している局の社員たちが額面通りに優秀な人々であるのなら、それはそれでかろうじて細いスジは通る話ではある。が、どっこい、そうはイカの禁断症状で、局社員は、優秀であるよりは、むしろ良血な人々であるに過ぎない。具体的に言うと、毎年、テレビ局に入社する社員(数十人に過ぎない)の中には、少なからぬ数の政治家の子弟やクライアントであるところの一部上場企業重役の子女が含まれているのだ。で、これに、同業マスコミの関係者(Mのもんたの息子とかT原S一朗の娘さんとか)や、ミスコン優勝者が加わって、そうやってあらかじめ採用枠が埋まっている。よって無コネの試験突破組による就職倍率は実質数千倍になる。


 で、先頃、発表された「2008年全上場企業3733社年収ランキング」によれば、


《1位に輝いた朝日放送(大阪)は平均年収1556.7万円! 2位はTBS、3位はフジ・メディアHDと、ベスト3はテレビ局が独占。日本テレビ放送網も6位に入った。》(《》内、ZAKZAKより。リンクはこちら
)てなことになっている。


 おそろしいことである。


 さて、労働者派遣法が改正されたのは小泉政権下の2004年のことだった。


 肝要なのは、法改正の事実そのものではない。法改正に先だってどんな議論があったのかということだ……と思うのだが、私の記憶では、たいした議論はなかった気がするのだね。


 一部に、低賃金労働の固定化や、派遣労働者の安易な解雇を危惧する議論があったのは事実だ。が、当時それらの意見はさして問題にされなかった。というのも、そのテのお話をする人たちは、あらゆる政策に対して常に危惧の念ばかりを表明している一派の人々で、一般人であるわれわれの多くは、いつも文句ばっかり言っている彼らの悲観的な語り口にうんざりしていたからだ。


 で、今回、彼らの懸念はモロなカタチで現実になった。

 突然の解雇という蟹工船以来の伝統的な筋立てで、だ。


 さよう。われわれは、彼らの声に耳を傾けておくべきだったのかもしれない。


 でも、多くの国民は、悲観論者の声をうるさがり、むしろ、もうひとつの声に耳を傾けていた。


 もうひとつの声というのは、具体的にはこんな感じのお話だった。


「圧倒的に安い労働力を背景に、シェアを拡大しつつある新興工業国の追い上げに対応するためには、派遣労働の解禁はもはや避けて通れない」


 なるほど。


 この話も、実は、現在、米国を舞台に、モロなカタチで現実化しつつある。すなわち、強い組合を容認し、労働者の待遇を高い水準に保ち、不況下でも雇用を確保する政策を維持し続けた結果、世界一の大企業であるGMは、ほとんど倒れかけているのである。のみならず、ビッグ3と呼ばれたアメリカの自動車業界がまるごと、ツブれようとしている。これまた、非常に深刻な事態だ。


 われわれはどうすれば良かったのだろうか。


 労働者の権益を守れば製造業が経営危機に陥るし、かといって業界の要望を反映して派遣労働を解禁すれば失業者が大量発生する。


 難しい問題だ。


 って、このセリフはいつものことながら、何の解答にもなっていない。


 が、私は、解決策を提示する立場の人間ではない。


 その代わりに(代わりにも何にもならないのだが)邪推を述べることにする。


 お国は、雇用問題の闇を隠蔽しようとしている。


 われわれパンピーも、一番やっかいなところからは目をそむけている。


 で、路上に放置されている猫の死骸を見なかったことにして通り過ぎる通行人みたいに、われわれは、息を止めて、早足で過ぎ去ろうとしている。(後略)






ねたみは自分を不幸にする 12月25日 ミレニアム




会社に入って働いた経験から分かるのは、この社会は、人々を奴隷にしようとしているということだ。



円安で輸出が進み、史上最大の黒字を出した自動車メーカーが、この米国の経済破綻による売り上げ減が始まると、とたんに非正規雇用の従業員を解雇しはじめた。



しかし、円安の時代に蓄えた巨額のお金を救済のために使用することを拒否している



企業の社会性を完全に無視した暴挙である。



こういう「人のために会社がある」という発想のない利己的な企業が長期的に繁栄するはずはないのだ。



今、解雇された従業員は、未来の顧客候補でもある。血も涙もない会社に仕打ちに対して抱いた恨みは、将来の不買につながる



だから、こういう愚かな利己的な企業は敵を増やしているのだが、それに気づかない。



歴史上、経済至上主義の人間不在は、共産主義の台頭を許してきた。



実際は、共産主義は、人間不在の権化のようなものなのだが。



解決は、「聖書倫理の復活」以外にはない。



経済至上主義は、人間不在、人間の奴隷化を生み、それは、回りまわって自分の首を絞め、結局、自分をも不幸にしていく。



こういう長期的な大局からものを見れない根本には、宗教の不在にある。



宗教といっても、悪霊が作った擬似宗教ではだめだ。



聖書啓示に基づく宗教以外、ことごとく我々を奴隷化するだけだ。



悪魔の究極の野望とは、殺人と奴隷化である。



よく再建主義の批判者は、「聖書律法を回復すると奴隷制度が復活する」というが、逆だ。



聖書律法を復活することによって、人間は解放される。



「だって、聖書の奴隷制度を復活せよと言うのではないですか?」と聞くだろうか。



「聖書の奴隷制度」とは、「犯罪の加害者が、被害者に対して強制労働によって負債を支払うための拘束制度」である。



それは、「償い」のためだ。



人に害を加えた人間に自由などない。



賠償するまで自由を奪われて何がおかしい?



自由とは、法を守る人間にのみ与えられる。



逆に、聖書律法を拒否するならば、「法を守る人間すらも奴隷にされる」奴隷制度が復活する。



聖書律法を拒否する共産主義体制を見たまえ。



ソ連では、個人的・社会的倫理が崩壊した。



十戒は徹底して無視された。



それによって、社会は混沌化した。



その社会的混沌を収めるために何が利用されたか?



警察と軍隊だ。



レニングラードの中心街のネフスキー大通りには、50m間隔で警察官が立っていた。



いたるところに尾行と盗聴があった。



クリスチャンは投獄され、礼拝の自由は奪われた。



聖書律法を嫌う社会とは、「まともに法を守る人間、まともに生きようとしているまじめな人間が不自由を被る」社会なのだ。



これは、共産主義社会だけではない。



日本のように、擬似共産主義社会でも同じだ。



官僚組織や大企業の組織に属するならば、お金はもらえるが、自由は束縛される。



週休2日は与えられるが、夏休みは5日だけ。



休みといっても、会社に毎日報告義務があるから、精神的に休養できない。



自営業になればかなり自由は増えるが、逆に自由にできる金がない。



年収1000万から3000万くらいの人間にもっとも重い税金がかかる。



贅沢税といって、車には重量税などいろんな税金がかかる。



この国の法律は、自由と金を両立できないように仕組みができている。



こういう人間を幸せにしたくない社会を作ったのは、「国が金を集め、それを再配分する」という共産主義の思想である。



誰が利益を受けているかというと、利権政治家と企業、ヤクザである。



山口組の利益はトヨタに匹敵するという。



もし、我々が自由と金の両方を得ようと心から願うならば、累進課税制度や相続税をはじめとする、「国のぼったくり制度」を否定することだ。



これはねたみの制度だ。ねたみは、のろいであり、人をのろえば穴二つ。自分にのろいが返ってくる。



人をねためば、そのねたみは自分の首を絞める。



人を祝福せよ。そうすれば、自分も祝福される。



人に金と自由と時間を与えよ。そうすれば、自分にもそれがやってくる。



クリスチャンは、金と自由が両立する制度を目指すべきである。



そして、個人的にそれを求めるならば、それは必ずやってくる。



クリスチャンの体は神殿であり、神殿からは祝福の水が流れ出る。



だから、クリスチャンであることを十分に発揮するならば、必ず祝福は他人を潤し、また自分をも潤す。



今の共産主義のねたみの体制を認めるならば、自分をも奴隷化することをわきまえるべきだ。












蛇足


業務請負のグッドウィルの日雇い派遣が問題になり、その代わりに派遣の日雇いが主流になっていただけであり・。日々雇用や人夫出しには手を付けていない片手落ちを続けてきたからだ・。高利貸しの規制も闇金などには至っていない現状では全てが人夫出しと高利貸しのとタイアップビジネスになっただけだ。戦後間もない頃ならいざ知らず、連合など労働組合も目をつぶり続けたあげく、公務員、大手企業労使の談合に他ならない・。自分らさえ良ければ他は野垂れ死のうがどうでもよいのだ・。その自民党や民主党がよく言いゥと思える。


既存政党ではこのような闇には手が出せないし、出そうとしない。献金や口利きで成り立っているのであるから、高級労働者の利権にしか関心がない。公務員の天下りに民間大手がエリート層として君臨し続ける構図を続けたいだけであろう。


経団連はイルミナティのご託宣とうりに日本人を家畜化するために日々努力してきた。10数年前からトヨタの次期エリート養成により一部の人間だけが仕切る仕組みをづっーと続けた結果だ・。トヨタ生産システムなどは旧フォードシステムから何も学んでいない・。人間性なきビジョンでは世界相手では苦戦するし、既にトヨタ離れが加速度に進んでいるのであろう・。遅れてきたレショナリズムはもう過去のモノである。それを理解できなければ遠からず破産するだろう。


(私のコメント)

「派遣切り」が流行語のようになっていますが、派遣労働者は最初から契約が切れればいつでもクビにされる労働者の事であり、それが問題になっているから問題なのだ。小泉内閣の時に製造業にも派遣労働が認められるようになり、自動車や電気産業の工場では派遣労働者の割合が急激に増えて三分の一にも達している。



企業にすればこれほど好都合な法律はなく、労働法などの問題も無く雇用調整ができる。賃金も正社員の半分以下に出来るのだから企業は儲かって仕方がないだろう。経営の幹部は利益が多くなれば成果報酬としてボーナスなどに反映されるから、雇用調整型のリストラがこの数年で大きく行なわれてきた。



現代の若年労働者は奴隷になるために生まれてきたようなものであり、10代の7割が非正規雇用でフリーター化が進んでいる
。非正規労働で身につくのは単純作業でありキャリアにはならず、仕事でステップアップしていく事は不可能だ。このような使い捨ての若年労働者の奴隷化は日本の将来を不安定化するだろう。



一番の問題は派遣先企業よりも派遣元の派遣会社にあるのですが、ピン撥ねが酷いらしい。派遣会社といえば聞こえがいいのですが、ヤクザの手配師が会社化したような業態であり、1日15000円の派遣料金に対して5000円がピン撥ねされて本人には10000万円が支払われる。ピン撥ね率33%のぼろい商売
だ。



それでも若年労働者は羊のようにおとなしくデモ一つしようとはしない。多くが働くのを止めて家庭に引き篭もりニート化していく。若いときが一番技術が身につく時期を無駄に過ごして、気が付いて一生懸命働こうとしても、出来る技術も無ければ就職口は無い。



先日、麻生総理がハローワークで若者に何がしたいと聞いていましたが、引き篭もりのニートに何がしたいと聞いても意味がないだろう。彼らには労働意欲も無ければ勉強意欲も無く生きていく気力も無い。このような若者が増えたのは家庭や学校にも原因があるのですが、正社員として採用しても多くが仕事が勤まらずに3年以内に辞めて行く。「株式日記」では二年前に次のように書きました。

おー日本版サブプライム  5周遅れのランナー








政府・与党は18日、大分県の一部を特区として


失業して住居を失った非正規雇用者向けの特別優遇型住宅ローン」

を実施する方針を固めた。大分県ではキヤノンらが数千人規模の派遣労働者を解雇し、社宅からの即時退去などを求めて社会問題となっている。今回の措置はその救済にあたるものだが、大きな経済効果成果を見込めることから全国に広げる予定もあるという。



18日までに決まったのは、

下位価値証券型住宅ローン」

という制度。今回社宅を追い出された派遣社員らは、通常ならローンを組んでの持ち家購入など審査に通ることはまずない。新制度では、まず国が専業金融機関として「ジェイソンモス住宅公社」を立ち上げ、緩い審査条件で信用度の低い派遣とのあいだでローンを組む。ジェイソンモスは、そのローンを証券化して金融市場に販売することで利益を上げるしくみだ。



下位価値証券型住宅ローンなら、レオパレスのベニヤ板製派遣向け社宅に住んでいるようなワーキングプアも、気軽に家を持てるようになるという。もちろん住宅着工数を大幅に押し上げ、内需拡大につながる効果も期待できる。証券購入した投資家らも、公社がバックアップするという信頼感はもとよりローン支払いに延滞があった場合は担保である住宅を直接差し押さえられるという利点がある。



自民、公明両党では

米国発の世界的不況に対抗するには内需の拡大が不可欠。下位価値証券型住宅ローンは日本経済のカンフル剤となり、景気復調のきっかけになってくれるのは間違いない」

としている。まずは月内にも大分県内で事業を開始し、来年度をめどに全国展開していく予定だ。


蛇足

どうでもいいけど、ほとぼりも醒めやらぬと言うか真っ直中の、この状況で数年後破綻するサブプライムを導入するとはこれはビックリというより学習効果がないのか・・ァフォか・政府保証なのかさっぱりわからんが・・。金利減免と減税処置でゆるゆるにして長ーイローンでやればできるかもしれん? ひとつやってみるのもええでしょう・。

The Cranberries - Dreams ( Directors Cut )

NWOへの道 その3

Regionalism





The report discusses the topic of regionalism in different areas of the world: “Greater Asian integration, if it occurs, could fill the vacuum left by a weakening multilaterally based international order but could also further undermine that order. In the aftermath of the 1997 Asian financial crisis, a remarkable series of pan-Asian ventures?the most significant being ASEAN + 3?began to take root. Although few would argue that an Asian counterpart to the EU is a likely outcome even by 2025, if 1997 is taken as a starting point, Asia arguably has evolved more rapidly over the last decade than the European integration did in its first decade(s).” It further states that, “movement over the next 15 years toward an Asian basket of currencies?if not an Asian currency unit as a third reserve?is more than a theoretical possibility.”

地域主義

リポートは世界の違うエリアで地域主義のトピックを議論します:

「より偉大なアジア統合は、それが起こるならば、多角的に弱まることに基づいた国際的な秩序によって置かれた電気掃除機を満たすことができ、さらにその秩序を徐々に蝕むこともできる」。

1997年アジア金融恐慌の余波において、ASEAN+3で最も重要な汎アジアの顕著なシリーズが、根を取りはじめました。

ほとんどは、1997年が出発点として必要とされるならば、EUへのアジアの対応するものが2025年までに起こりそうな結果であると主張しないであろうけれども、アジアは間違いなく、過去10年の間に、理論的で可能性より."3分の1の‘準備’は‘ある’と多くのアジア単位通貨でないにしてもアジアバケットへの次の15年間に、その最初の10年に「それはさらに進む」ムーブメントにおいて、ヨーロッパ統合がしたより急速に発展します。

The report elaborates on the concept of regionalism, stating that, “Asian regionalism would have global implications, possibly sparking or reinforcing a trend toward three trade and financial clusters that could become quasi-blocs (North America, Europe, and East Asia).” Such blocs “would have implications for the ability to achieve future global World Trade Organization agreements and regional clusters could compete in the setting of trans-regional product standards for IT, biotech, nanotech, intellectual property rights, and other “new economy” products.”So these three main regional blocs will make up the initial structure of international governance by 2025, progressing toward the ultimate goal of a global government.

それ(「アジア地域主義は、ことによると、準共同体になるかもしれない3つの貿易と金融のクラスタへの傾向を引き起こすか、補強して、グローバルな意味を持つでしょう(北アメリカ、ヨーロッパ」)を述べて、リポートは地域主義の概念を細かく練ります。

.そのような共同体(「そして東アジア」)「未来の国際的な世界貿易機関協定を達成する能力のために意味を持つであろうし、地域のクラスタはバイオテクノロジー、ナノテクノロジーのために地域横断製品基準の設定において競争することができる」

知的所有権と他「新しい経済」製品でこれらの3つの主要な地域の共同体が、グローバルな政府の最終目的に進歩して、2025年までに国際的な管理の初期構造を作るでしょう。

The Decline of Democracy





The report states that with democratization around the world, “advances are likely to slow and globalization will subject many recently democratized countries to increasing social and economic pressures that could undermine liberal institutions.” Part of this reasoning is that “the better economic performance of many authoritarian governments could sow doubts among some about democracy as the best form of government. The surveys we consulted indicated that many East Asians put greater emphasis on good management, including increasing standards of livings, than democracy.” Of great significance, the report also states that, “even in many well-established democracies, surveys show growing frustration with the current workings of democratic government and questioning among elites over the ability of democratic governments to take the bold actions necessary to deal rapidly and effectively with the growing number of transnational challenges.”

民主主義の低下

リポートは世界中の民主化「進歩は、遅れそうで、グローバリゼーションは、多くの最近民主化された国の寛大な組織を徐々に蝕むことが増大する社会的で経済のプレッシャーに服従させるでしょう」によって、この推論の一部が「その多くの独裁的な政府のよりよい景気動向は政府の最もよい形態として民主主義についていくつかの疑いをまくことができる」であると述べます。

私達が参照した調査は、東アジア人が、賃金の増大する標準を含むよい管理における、多くの確立した民主主義国、民主的な政府の現在の働きに対するフラストレーションを成長させている調査ショー、および急速に、効果的に増加する数を扱うことに必要な大胆な行動をとる民主的な政府の能力のエリートの質問の中でさえ民主主義「大きな意義で、リポートは、またそれを述べます」より大きな重点があるようにしたその多くを示しました。「国境を越える挑戦」。

This is a very important point, as among many “well-established democracies” are the United States, which is already experiencing a massive shift away from democracy. China, which has been able to emerge rapidly as a result of Western-controlled globalization, and which remains authoritarian, can essentially be viewed as a model for the international system being shaped, as democracies take a turn toward authoritarianism and other rising powers choose to pursue development in the same manner. Essentially, the new international system will mark a move away from democracy and towards international authoritarianism.

多くの間で「確立した民主主義国」が米国である時に、これは非常に重要なポイントです(それは民主主義から離れてすでに大規模なシフトを経験しています)。

西欧でコントロールされたグローバリゼーションの結果として急速に出現することができた独裁的であり続ける中国は本質的に民主主義国が権威主義に回転を取り、他の上昇能力が、同じ方法で開発を追跡することに決める時に形成されている国際的なシステムのためにモデルとみなされることができます。

本質的に、新しい国際的なシステムは民主主義から、そして国際的な権威主義に向かう動きをマークするでしょう。

Conclusion





It is important, when reviewing the above information provided by the report, to understand the perspective of the authors. The US intelligence community worked closely with businesses, prominent academic institutions and powerful think tanks, all of which play extremely significant roles in shaping our current world order. Thus, the perspectives outlined in the report come with an inherent bias, and so it is important to “read in between the lines.” The report does NOT state what the objectives of the US intelligence community, academic institutions, businesses or think tanks will be in this future 2025 scenario, but you can be assured that they will not play backseat roles and merely observe situations. These are among the most powerful players in the international arena, and this vision of 2025 is the world they are shaping.


結論

リポートによって提供された上記の情報をレビューする時に、作者のパースペクティブを理解することは重要です。

米国情報機関関係者らはビジネス、突出した学究的な組織、および強力なシンクタンクと密接に働きました(私達の現在の世界秩序を形成することについて、そのすべては極めて重要な役割を果たします)。

従って、リポートの中で概説されたパースペクティブは固有のバイアスと一緒に来て、従って、リポートが米国情報機関関係者ら、学究的な組織、ビジネス、またはシンクタンクの目的がこの未来の2025年のシナリオの中で何であろうかを述べないことを「ライン」.「間で知ること」は重要であるけれども、あなたは、彼らが脇役を演じて、単に状況を観察しないであろうと確信しているかもしれません。

これらは国際的なアリーナで最も強力なプレーヤーに含められて、2025年のこのビジョンは、彼らが形成している世界です。

従って、リポートがパキスタンのありそうな小部分化を示唆する時に、彼らは、そうすることが米国目的であるけれどもむしろ、それが、そのようなシナリオが起こるであろうというありそうな可能性であると言いません。

従って、リポートを書き、そうであり、現在であり、すべての可能性において、するであろう人々が、世界秩序と新しい国際的なシステムを形成している最も強力な俳優に含められ続けるという理解によってこの情報を理解することは重要です。

彼らは大きな「国境を越える問題」後ろにいて、現在、それらの「国際的な解決策」を提案しています。









蛇足


彼ら(イルミナティエリート)が考えている東アジアの統合はEUより早くすすむと予言している・。なぜか?以前から私は、これらの動きに胡散臭さを感じ注目している・。そこで現れた日本民主党。その党綱領はイルミナティ御用達なのであろう(幾度も変えられるはずのタイミングでそれを変えない:不動のモノ)。2025年へ向け、着々とゴールに誘導されている。現在、マスコミと世界経済不況の煽りを受け・・。日本国民は自ら、その方向を選択しつつある・。民主党が悪いのではないだろうが、民主党の成り立ちがイルミナティの指図であろう・。弊ブログで民主党のロゴに言及しているが、悪魔の龍と蛇を形作る文様・(聖書)。日本国民はいよいよ抜けられない方向へと進んでいる・。



若干蛇足


authoritarianism


権威主義(けんいしゅぎ)とは、


意思決定や判断において自分の頭で考えたり情報を集めずに権威
に盲従する態度。あるいは意思決定の場において、論理的説明を省略し、権威に対する盲従を他者に要求する態度を指す。


権威主義とファシズム


社会心理学の分野ではファシズム
支持と権威主義的パーソナリテイが深く結びついていた事が指摘されている。帝政に慣れ親しんだ民衆が帝政の崩壊、民主制への移行にともない自分で考え選択して責任を負うことに恐怖を感じ「自由からの逃避」が起こった結果、「頼れそうな権威」に見えたファシストが支持を集めてしまったと言う指摘である





★厳選!韓国情報★

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/36608a3306b1227e315338338642949d


投稿記事より




民主党に支持投票できない理由(日本人の方は拡散願う)

●日本の国家主権を他国に委譲すること唱える岡田克也のような勢力が党内に潜伏

●民主党の憲法提言中間報告にも国家主権の委譲を記載

●国会休んで韓国の反日デモに参加する岡崎トミ子が副総裁

●朝鮮総連にパーティー券を販売→読売に取り上げられ自粛

●角田や近藤のように金正日が拉致問題を認めた時期に朝鮮総連から献金受け取ってる議員がいる(角田の息のかかった群馬県大田市は朝鮮総連関連の施設は非課税)

●北朝鮮への経済制裁反対

●成立すれば反日国家の人間でも首相になれる事を隠しながら外国人参政権推奨

●言論規制&外国人参政権が連鎖的に通る人権擁護法案推奨

●証拠がないにも関わらず党利党略の為だけに慰安婦の強制はあったとし日本を貶める輩が多数所属

●過去の言動を統括すると中国と韓国に終えてる戦後補償を再度行う可能性大(資金の出所は日本人の税金)

●沖縄に中国人3000万人の受け入れる沖縄ビジョン

●中小企業の事情は無視の最低賃金1000円法案

●掛け金払ってない在日コリアを救済する年金改正案

●国民に権利を戻す国民投票法案を党利党略の為、直前でごねる

●中国共産党と蜜月の関係、国防費の米国への資金提供60億円は非難し追及する一方、常時、日本の主要都市に核弾頭向けている中国への4000億円ODAに関しては審議もせず

●政治資金で15億の不動産を買う小沢が党首

●年金問題の社会保険庁は民主党の支持母体なのに自民党に責任押し付け責任逃れ&解体阻止

●日本の地形事情で9条改正しなければ国防が難しいこと知りながら、国民にデメリット伏せたまま自民党との対決姿勢の為に9条改正反対ポーズ

(9条が現行のままだと日本にミサイル発射される兆候を確認しても何もできず戦争が始まれば日本の国土が戦場になる可能性が極めて高い)

●朝鮮人帰化人で拉致問題も邪魔した福島瑞穂、辻元清美が所属する社民党と連立

●在日コリアの利権の為に手を挙げた朝鮮日報日本支社長の白真勲氏を参院選で擁立

●マルチ業者から多額の資金提供を受ける

「民主党を支持せよ!」 暴力団・山口組、全国の直系組長に“民主党の応援”を通達…捜査当局も注目

汚染米をばら撒いた農政事務所@民主党支持団体の全農林(笑)



他にも沢山あるが割愛する。

朝鮮総連から金の流れがある民主党が政権とったら、

安倍首相がせっかく衰退させたパチンコやサラ金がまた復活し経済制裁も解きかねません。

日本の皆さん、こんな民主党に投票しようと思いますか?


選挙でどっちに転んでも同じ・。

特亜を斬るさんより・。


韓国
旅行は危険が一杯!冬でも食中毒は日常茶飯事



残飯再使用しない運動に期待


韓国
毎日新聞12月20日




健福祉家族部と環境府が19日意味のある協約を結んだ。‘残った食べ物再使用しない運動’を共同で指導して行うという協約だ。この協約には韓国
消費者団体協議会、韓国
消費資源、韓国
飲食業中央会、食品医薬品安全庁なども同参した。食堂が食べ残しを別の客に再利用する慣行の根を絶つために政府と消費者団体、食堂運営者たちが意見を集めた。彼らは ‘残った食べ物再使用しない運動に積極的に参加して安全できれいな食べ物確保のために最善をつくす’と言う憲章に署名した。


再使用おかずは我が国の食中毒事故の主犯と数えられている。再使用おかずからは食中毒を起こすとされる大膓菌、サルモネラ菌
などが大量に検出されるからだ。今年だけでも去る10、11月の二ヶ月間 61件の食中毒事故で 856人の患者が発生した。最近はある放送局が有名飲食店さえ食べ残しのおかずを使い回し、再使用する現場報道を通じて消費者と飲食店事業主の注意を促したりした。







それでもかなり多くの数飲食店事業主たちが何の罪の意識なしに残飯を再使用している。景気
低迷で商売が難しくなって原材料価格が上がったと言って残飯を再使用する行為が正当化されることはできない。


過去には飲食店の質を食べ物の味とサービス、清潔さも判断して来たが今は衛生が最も重要と認識される時代に私たちは住んでいる。それでも消費者がキッチンをいちいち確認することができないという理由で他人が食べ残した残飯を出すことは消費者を欺瞞するのだ。


政府は来年から飲食店の残飯再使用と係わった店を営業停止1ヶ月、同じ行為を1年に 3回摘発されれば営業取り消しという処罰条項を施行すると言う。


もちろん政府機関と消費者団体、飲食店事業主たちが集まってキャンペーンをして残飯を再使用する業店に対して処罰を強化するのが残飯再使用を減らす手助けになることができる。


しかしこれよりもっと重要なことは飲食店事業主たちの意識変化だ。適量のおかずを提供して食べ物を残さないようにしなければならない。今度のキャンペーンをきっかけで飲食店事業主たちの認識が変わって無条件に多量のおかずを要求する消費者の行動にも変化があるのを期待する。




何度も使い回された残飯はいつ作られたかわからなくなると言う・・・・



食中毒だけでなく肝炎などの感染も報告されている



特に日本人観光客の場合、何をされているか・・・


考えただけでも恐ろしい





韓国
・ゲロゲロ食べ物事情!




カップ麺から・・・・ ネジ                


ゴキブリ




サンマの缶詰からミミズ              


ロッテ
ビスケットに蠅



蛇足


その韓国を助けるためにマスコミを通じて、与党と野党は利権に走り回り、献金を受けて、日本人の金を回す売国議員の群れ・。


小沢民主党は在日献金と韓国利権を通じて、外国人参政権と人権擁護法(民主党案)を最優先課題に据えいる。韓国経済破綻は在日に波及してくる韓国法案の前に震え上がる。もし破綻が回避できないならば、資産を差し出すか、強制送還される。それをされては困る為、総選挙の応援をして資金提供を貰うことになった。来年春まで総選挙が無いのなら、まず、韓国経済は破綻する。与野党逆転しようが、もちろん日本人の事などどうでも良いのだ・。新政権は韓国・朝鮮傀儡政権となるであろう。


売国政党と議員を一掃するべきである。となると今の議員はほぼいなくなる。


来年春までに選挙がないならば・。小沢は党首を辞めるだろう・?。

金融などというイリュージョン

平成21年度予算政府案 1000万分の1にして家計にたとえると…


12月25日8時1分配信 産経新聞







 ■来年度末の借金総額5800万円



 景気悪化で財政再建から財政出動に大きくかじを切った平成21年度予算政府案を1000万分の1の規模にしてアソウさんの家計に例えてみた。来年度の主な出費をみると、おじいちゃんやおばあちゃんの世話や病院代(=社会保障)が14%も増えて240万円となり、食費、雑費などの費用(=一般歳出)は520万円に膨らんでしまった。節約に努めたが、その台所事情は厳しい。



 「生活が苦しい」と助けを求める子供への仕送り(=地方交付税)も160万円に増えた。ローン返済(=国債費)の200万円も合わせた支出は計880万円と景気が悪いのに出費はかさむばかりだ。



 一方、頼りのアソウさんの収入(=税収)は会社業績が悪く13・9%減の460万円に落ち込んでしまうという。新たな借金をなんとか減らそうと、家中を探し回ってへそくり(=特殊法人からの納付金など税外収入)で90万円を見繕ったものの、結局、銀行から330万円を借金(=国債発行)して必要な歳出を賄うことにした。



 アソウ家の借金の残高は(=国債発行残高)は21年度末には5800万に達する見込み。給料の13年分に近い額に膨らんでしまう。



 近所のナカガワさんの話では景気低迷で22年度の収入が増えることは期待できないというが、親の世話などで家計費は膨らむ一方だ。今回はなんとか90万円のへそくりを発見したが、どのくらい残っているのか。「来年度よりも再来年度が心配」とため息をついている。





蛇足


政府予算を借金に例えるるなど愚の骨頂である。そもそも民間金融機関がほぼ国債を引き受けて、利率で運用している。また、紙幣発行機関の日銀も政府の金利で運用しているという・。もともと、必要性のない組織である。


国債と金利分を国民負担として税金で徴収しているわけであり、国税庁の回収機関にも税金が投入されることになる。金利分と徴税に係る費用分だけ国民負担が増える。


この5800万の借金はバーチャルな数字であり、国が発行すればゼロである・。


460万の税収は=国債発行分と相殺して130万円をそのまま公共事業に投下できる。逆に言えば130万円の税収で国は賄えるのであり23万分の利子を払わずにすむ。


ようするに130万円分=25兆円の税収で国は十分運用できる。




その前に官僚と政治家と企業エリートを一掃せねばダメだろうが・・。

NWOへの道程 その2

Russia: Boom or Bust?



The report’s focus on Russia stresses two possible scenarios. One in which Russia triumphs as an international player in the new international system, with the “potential to be richer, more powerful, and more self-assured in 2025 if it invests in human capital, expands and diversifies its economy, and integrates with global markets. [Emphasis added]” However, Russia could also take another path, where “multiple constraints could limit Russia’s ability to achieve its full economic potential,” such as a shortfall in energy investment, an underdeveloped banking sector, and crime and corruption. It also points out that a “sustained plunge in global energy prices before Russia has the chance to develop a more diversified economy probably would constrain economic growth.”[11] Could this be a veiled threat to Russia to either join into and merge with the international system, which is directed by Western elites, or face a possible economic backlash, perhaps in the form of manipulating oil prices? This strategy has not by any means been unheard of, as a look at the 1973 oil crisis and the lead up to the first Gulf War in 1991 have proven.


ロシア:急成長するか、破裂します?



ロシアに対するレポートの関心は、2つの可能なシナリオを強調します。ロシアが新しい国際的なシステムの国際的なプレーヤーとして勝利を収める1つ(「それが人的資本に投資して、その経済を拡大して、多様化して、世界市場と一体化するならば2025年により豊かで、より強力で、より自信がある可能性による)。[加えられる強調]「しかし、エネルギー投資、発育不十分な銀行業務部門と犯罪と腐敗の不足分のような、「複数の制約は、その完全な経済可能性を成し遂げるロシアの能力を制限することができました」所で、ロシアはもう一つの経路をとることもできました。それも、それから「ロシアの前の世界的なエネルギー価格の継続された突入には、多分より多角化された経済を拡張するだろうことが経済成長を束縛するという可能性があります。これが、どちらの接点へのロシアに対する無言の脅威ででもあることができましたに、そして、国際的なシステム(それは西側のエリート集団によって指示されます)で結合してまたは、おそらく石油価格を操ることの形で、可能な経済反発を向かいますを示します?1973年のオイルショックの観察と1991年の最初の湾岸戦争までのリードが証明して、この戦略は決して聞いたことがありませんでした。


In contemplating Russia’s likely future, the report states that with a more “proactive and influential foreign policy” Russia could become an “important partner for Western, Asian, and Middle East capitals; and a leading force in opposition to US global dominance.” However, it states that, “shared perceptions regarding threats from terrorism and Islamic radicalism could align Russian and Western security policies more tightly.” In other words, perhaps increased incidents of terrorist activity in or near Russian territory can force it to align more closely with the West, if only at first in security integration. It also elaborates on the other potentiality for Russia, saying that it is “impossible to exclude alternative futures such as a nationalistic, authoritarian petro-state or even a full dictatorship.”


ロシアのありそうな将来を考える際に、レポートではより多くの「率先的で影響力のある外交政策」で、ロシアが「西部劇、アジア人と中東首都のための重要なパートナーになることができたとしています;そして、米国の世界的な優位に反対した主要な力。」、しかし、それはそれを述べます、「テロリズムとイスラム急進主義からの脅威に関する共有認識は、よりきつくロシアで西洋のセキュリティポリシーを一列に並べることができました。」、他の語で、最初は保安において統合ならばだけおそらく、ロシアの領域の、または、の近くのテロ活動の増加した事件はそれにより西側で密接に整列することを強制することができます。それもロシアのために他の潜在性を詳しく述べます。そして、それが「他の将来(例えば国家主義的な、権威主義的な国営石油または完全な独裁さえ)を除外するために不可能なと言います。」


Iran



The report states that there are alternatives with Iran. In one instance, “political and economic reform in addition to a stable investment climate could fundamentally redraw both the way the world perceives the country and also the way in which Iranians view themselves.” This could move Iran away from “decades of being mired in the Arab conflicts of the Middle East.”[13] Or the other option is Iran starts a nuclear arms race, continues to become the object of Western alienation, and may even become unstable and mired in conflict.


イラン

リポートは、イランとの選択肢があると述べます。

一方の例において、これが、「中東のアラブ衝突に陥る数十年。」または他のオプションから離れているイランが、イランが核兵器開発競争を始めて、西洋の疎外のオブジェクトになり続けて、不安定で、陥られるようになりさえするかもしれないことであるのを提案することができた、「安定した投資熱に加えて政治的で、経済の改革は、根本的に、世界が国に気づいている方法とさらに、イラン人が自身を見る方法の両方を再描画することができました。」は矛盾しています。


A Post-Petroleum World?



The report states that by 2025 there will likely be a “technological breakthrough that will provide an alternative to oil and gas, but implementation will lag because of the necessary infrastructure costs and need for longer replacement time.” In this instance, it states that “Saudi Arabia will absorb the biggest shock,” and “In Iran, the drop in oil and gas prices will undermine any populist economic policies,” and that, “Incentives to open up to the West in a bid for greater foreign investment, establishing or strengthening ties with Western partners ? including the US ? will increase.” The report also states that, “Outside the Middle East, Russia will potentially be the biggest loser, particularly if its economy remains heavily tied to energy exports, and could be reduced to middle power status. Venezuela, Bolivia, and other petro-populist regimes could unravel completely, if that has not occurred beforehand because of already growing discontent and decreasing production.”[14] Again, this raises the issue of the manipulation or control of oil prices for political purposes, as the states all likely to be affected negatively by a plunge in oil prices also happen to be the states most at odds with the West, and specifically, the United States.


ポスト石油界?



レポートではそこの2025年までのそれがたぶんそうであるとしています「技術革新は選択肢を油とガスにとても提供します、しかし、実施は必要な基盤経費とより長い交替時間の必要のため、遅れます。」、この例に、それは「サウジアラビアは、最大のショックを吸収します」と述べます、そして、「イランでは、油とガソリン価格の下落は、どんな人民主義経済政策でも徐々にむしばみます」、いやはや、「より大きな対外投資への努力において西側に開放される誘因(西側のパートナーとの関係を確立するか、強化する)、 - アメリカ合衆国-を含むことは増加します。」レポートも、それ(「中東の外で、ロシアは特にその経済がエネルギー輸出にかなり拘束されるままであるならば、潜在的に最大の敗者で、中央の力の地位になることができます。)を述べますそれがすでにふくらむ不満と減少している生産のため、前もって起こらなかったならば、ベネズエラ、ボリビアと他の石人民主義体制は完全に崩れることができます。また、全く石油価格でも否定的に突入に影響を受けそうな国が偶然西側で、そして、特に最も争っている国(アメリカ合衆国)であるので、これは政治目的のために操作または石油価格の統制の問題を持ち出します。


Africa: More of the Same



The report starts off by saying that “Sub-Saharan Africa will remain the most vulnerable region on Earth in terms of economic challenges, population stresses, civil conflict, and political instability. The weakness of states and troubled relations between states and societies probably will slow major improvements in the region’s prospects over the next 20 years unless there is sustained international engagement and, at times, intervention. Southern Africa will continue to be the most stable and promising sub-region politically and economically.” This seems to suggest that there will be many more cases of “humanitarian intervention,” likely under the auspices of a Western dominated international organization, such as the UN.


アフリカ:より多くの同じこと



レポートはそれを言うことから始めます。そして、「サハラ以南のアフリカは、経済挑戦、人口ストレス、内戦と政治的不安定に関する地球で最も弱い地域のままです。継続された国際的な約束と、時々、干渉がない限り、州の弱さと州と社会の困った関係は多分次の20年にわたって地域の見通しの大きな改善を遅らせるでしょう。南部アフリカは、政治的に、そして、経済的に最も安定して有望な小区域であり続けます。」と、Thisが、たぶん西洋の支配された国際組織(例えば国連)後援で、「人道的な干渉」のより多くのケースがあることを示唆するためにようです。


Further, the region will “continue to be a major supplier of oil, gas, and metals to world markets and increasingly will attract the attention of Asian states seeking access to commodities, including China and India.” However, “Poor economic policies?rooted in patrimonial interests and incomplete economic reform?will likely exacerbate ethnic and religious divides as well as crime and corruption in many countries.”


さらに、地域は、「世界市場へのオイル、ガス、および金属の主要な供給業者であり続けて」であろう「と、ますます、中国とインドの.」しかし(「先祖伝来の興味における貧しい経済の方針定着と不完全な経済の改革意志はたぶん多くの国での犯罪と買収と同様に民族と宗教の分割を悪化させます。」)を「含めて、商品へのアクセスを捜しているアジア州の注意を引き付けるでしょう」

It also states that there will likely be a democratic “backslide” in the most populous African countries, and that, “the region will be vulnerable to civil conflict and complex forms of interstate conflict?with militaries fragmented along ethnic or other divides, limited control of border areas, and insurgents and criminal groups preying on unarmed civilians in neighboring countries. Central Africa contains the most troubling of these cases, including Congo-Kinshasa, Congo-Brazzaville, Central African Republic, and Chad.”


それはまた、たぶん、民主主義の、「逆戻り」が最も人口が多いアフリカの国にあるであろうし、「地域は文民の衝突に無防備になるであろうし、少数民族または他の分割(境界エリアの制限されたコントロール)と近隣諸国の中の非武装の民間人を餌食にしている反乱者と犯人グループに沿って各州間の衝突による軍隊の複雑なフォームは粉々になりました」と述べます。

「中央アフリカはコンゴキンシャサ、コンゴブラザビル、中央アフリカ共和国、およびチャドを含むこれらのケースの中の最も厄介を含んでいます」。


Resurgent Mercantilism and the “Arc of Instability”



The report states that there is a likely possibility of the resurgence on the world stage of mercantilist foreign policies of great powers, as access to resources becomes more limited. Perceptions of energy scarcity “could lead to interstate conflicts if government leaders deem assured access to energy resources to be essential to maintaining domestic stability and the survival of their regime.” In particular, “Central Asia has become an area of intense international competition for access to energy.”


再起した重商主義と「不安定さの円弧」

リポートは、資源へのアクセスがもっと制限されるにつれて、大きな能力の重商主義者外交方針の世界の舞台の上に再起のありそうな可能性があると述べます。

特にエネルギー不足、「政府指導者がエネルギー資源への保証付きのアクセスを、維持している家庭の安定と彼らの政権の生き残りに必須であると考えているならば、各州間の衝突をもたらすことができました」.「中央アジアはエネルギーへのアクセスを争う強烈な国際競争のエリアになりました」の認知。


The report also states that, “The Middle East and North Africa (MENA) will remain a geopolitically significant region in 2025, based on the importance of oil to the world economy and the threat of instability.” It gives a positive and negative scenario. In the positive, where economic growth becomes “rooted and sustained,” regional leaders will ensure stability both economic and political. However, “in a more negative scenario, leaders will fail to prepare their growing populations to participate productively in the global economy, authoritarian regimes will hold tightly to power and become more repressive, and regional conflicts will remain unresolved as population growth strains resources.”




また、それは、「中東と北アフリカ(メナ)は、世界経済と不安定さの脅威にオイルの重要性に基づいて、2025年に地政学的に重要な地域であり続けるでしょう」と述べる.Itがポジティブで、ネガティブなシナリオを与えるという報告。

ポジティブ(そこで、経済成長は、「根付き、維持されています」になります)において、地域のリーダーは経済の、そして政治的な両方を安定性に確保するでしょう。

しかし、「よりネガティブなシナリオの中で、リーダーは、彼らの増加する人口に、生産的に世界経済に参加する心構えをさせることに失敗するであろうし、独裁的な政権はパワーを堅く固守し、より抑圧的になるであろうし、人口増加が資源を緊張させる時に、地域紛争は未解決であり続けるでしょう」。


The report elaborates that, “youth bulges, deeply rooted conflicts, and limited economic prospects are likely to keep Palestine, Yemen, Afghanistan, Pakistan, and others in the high-risk category. Spillover from turmoil in these states and potentially others increases the chance that moves elsewhere in the region toward greater prosperity and political stability will be rocky. The success of efforts to manage and resolve regional conflicts and to develop security architectures that help stabilize the region will be a major determinant of the ability of states to grow their economies and pursue political reform.” In other words, expect continued destabilization of the region.


リポートは、それ(「若者膨らみ、深く定着した衝突、および制限された経済見通しは、ハイリスクのカテゴリーにおいてパレスチナ、イエメン、アフガニスタン、パキスタン、およびその他を保持しそうです」)を念入りに作ります。

これらの州と潜在的な他の騒動からの流出は、より大きな繁栄に地域の他の場所に動くチャンスを増大させて、政局安定は岩が多くなるでしょう。

すなわち、「地域紛争を管理し、解決し、地域を安定させることに役立っているセキュリティアーキテクチャを開発する努力の成功は、それらの経済を成長させて、政治改革を追跡する州の能力の主要な決定因子になるでしょう」は地域の続いた不安定化を予期しています。

It states of Iran, that its “fractious regime, nationalist identity, and ambivalence toward the United States will make any transition from regional dissenter toward stakeholder perilous and uneven. Although Iran’s aims for regional leadership?including its nuclear ambitions?are unlikely to abate, its regional orientation will have difficulty discounting external and internal pressures for reform.”


それはイランで述べて、米国へのその怒りっぽい政権、国家主義のアイデンティティ、およびアンビバレンスは、危険で、でこぼこのステークホルダーへの地域の反対者からどのような変遷でも作ります。

「イランのは、弱まることがありそうになくその核で‘野心はあります’を地域のリーダーシップ含みのために向けるけれども、その地域のオリエンテーションは改革のために外圧と内圧を割引くのに苦労をするでしょう」。


In relation to Afghanistan, the report states that, “Western-driven infrastructure, economic assistance, and construction are likely to provide new stakes for local rivalries rather than the basis for a cohesive Western-style economic and social unity.” Further, as “Globalization has made opium Afghanistan’s major cash crop; the country will have difficulty developing alternatives, particularly as long as economic links for trade with Central Asia, Pakistan, and India are not further developed.” It states that sectarian conflicts will continue and increase.


アフガニスタンに関連して、より、「グローバリゼーションはアヘンをアフガニスタンの主要な換金作物にしました;」として、リポートは、それ(.、「ウエスタン主導のインフラストラクチャー、経済援助、および建築は、統一感がある西欧風経済の、そして社会的な統一体のための基礎というよりもローカルな競争のための新しい賭け金を提供しそうです」)を述べます。

「特に、中央アジア、パキスタン、およびインドとの貿易のための経済のリンクがさらに開発されない限り、国は二者択一を発展させるのに苦労をするでしょう」.Itは、宗派の衝突が続き、増大するであろうと述べます。


The report describes Pakistan as a “wildcard,” especially in relation to conflict in Afghanistan. It states that its Northwest Frontier Province and tribal areas “will continue to be poorly governed and the source or supporter of cross-border instability.” It states that, “If Pakistan is unable to hold together until 2025, a broader coalescence of Pashtun tribes is likely to emerge and act together to erase the Durand Line,” and fractionalize Pakistan into ethnic divides. Essentially, expect Pakistan to be broken up into ethnically divided countries and territories.


リポートは特にアフガニスタンの衝突に関連してパキスタンを「ワイルドカード」と評します。

それは、そのノースウェストフロンティア州と部族のエリアが、「不十分に管理されます、」「パキスタンが、2025年まで団結することができないならば、パシュトゥーン族種族のより広い融合は、デュアランド線を消去するために一緒に明らかになり、作動しそうです」.が述べる「国境を越える不安定さのソースまたはサポーターであり続けて」と民族の分割の中にパキスタンを分割して「でしょう」と述べます。

本質的に、パキスタンが民族的に分割された国と領域に解体することを期待していてください。


It also stipulates that Iraq will continue to be plagued by sectarian and ethnic conflicts, which will spillover into other countries of the region, as “Iran, Syria, Turkey, and Saudi Arabia will have increasing difficulty staying aloof. An Iraq unable to maintain internal stability could continue to roil the region. If conflict there breaks into civil war, Iraq could continue to provide a strong demonstration of the adverse consequences of sectarianism to other countries in the region.”[18] Put another way, Iraq will collapse into civil war, break up and become an example to the rest of the region regarding what happens to countries that pursue divergent policies from those of the West.


それはまた、イラクが、宗派の衝突と民族紛争によって悩まされ続けるであろうということを規定します(「イラン、シリア、トルコ、およびサウジアラビアは冷淡なままいるのに増大する苦労をするでしょう」として、それは地域の他の国の中に流出を望んでいます)。

内部安定性を維持することができないイラクは、地域を濁らせ続けることができました。

そこの衝突が内戦の中に壊れるならば、イラクは、別の方法で置かれた地域."[18]における他の国にセクト主義の反対の結果の強いデモンストレーションを提供し続けることができて、イラクは、内戦の中に崩壊し、解体し、西欧のそれらから分岐した方針を実行する国に起こることについて地域の残りに例になるでしょう。


Nuclear War



The report states that there is a likely increase in the risk of a nuclear war, or in the very least, the use of a nuclear weapon by 2025. “Ongoing low-intensity clashes between India and Pakistan continue to raise the specter that such events could escalate to a broader conflict between those nuclear powers.” Further, “The prospect of a nuclear-armed Iran spawning a nuclear arms race in the greater Middle East will bring new security challenges to an already conflict-prone region, particularly in conjunction with the proliferation of long-range missile systems.” The report also brings up the prospect of nuclear terrorism as an increased risk.


核戦争

リポートは、2025年までに核戦争のリスクまたはまさに極少なものにおける、核兵器の使用においてありそうな増加があると述べます。

さらに、「インドとパキスタンの間の進行中の低強度衝突は、そのようなイベントがそれらの核保有国の間のより広い衝突にエスカレートすることができたという不安を呼び起こし続けます。」、リポートが、また、増大されたものとして核のテロの見込みの上に至らせる、「より大きな中東で核兵器開発競争を産んでいる核を装備したイランの見込みは特に長距離ミサイルシステムの増殖と連携して新しいセキュリティ挑戦をすでに衝突が多い地域にもたらすでしょう。」

リスク。


Terrorism



The report states that terrorism will by no means disappear from the international stage by 2025. It interestingly postulates that there is a possibility of Al-Qaeda’s influence as a terrorist group greatly diminishing, or all together disappearing, being replaced with new terrorist threats.[20]



It discusses the actions that will likely be pursued by countries in reaction to terrorist threats, saying that many governments will be “expanding domestic security forces, surveillance capabilities, and the employment of special operations-type forces.” Counterterrorism measures will increasingly “involve urban operations as a result of greater urbanization,” and governments “may increasingly erect barricades and fences around their territories to inhibit access. Gated communities will continue to spring up within many societies as elites seek to insulate themselves from domestic threats.”[21] Essentially, expect a continued move towards and internationalization of domestic police state measures to control populations.


テロ

リポートは、テロが2025年までに決して国際的なステージから消えないであろうと述べます。

それは、新しいテロリストの脅迫と取り替えられて、大いに減少しているか、すべて一緒に消えているテロリストグループとしてアルカイダの影響の可能性があることを興味深く仮定します。

それは、するであろう行動がたぶん、多くの政府が「国内の保安軍、監視機能を拡張している」であろうと言って、テロリストの脅迫に対する反応における国によって追跡されることを議論し「、」、「特別なオペレーション・タイプ力」.対テロ手段「の使用はより大きな都市化の結果として」ますます「都市の操作に関係する」であろうし、政府は、「アクセスを抑制するためにそれらの領域のまわりでますますバリケードとフェンスを築くかもしれません」。

エリートが、本質的に国内脅威."から自身を絶縁することに努めて、続いた動きを予期していて、人口をコントロールするために、国内の警察国家の国際化が測定する時に、ゲートでコントロールされたコミュニティは、多くの社会の中で生じ続けるでしょう。


Global Pandemic



The report states that there is a distinct possibility of a global pandemic emerging by 2025. In this case, “internal and cross-border tension and conflict will become more likely as nations struggle?with degraded capabilities?to control the movement of populations seeking to avoid infection or maintain access to resources.” It states that such a likely candidate for a pandemic would be the H5N1 avian flu.



It states that in the event of a global pandemic, likely originating in a country such as China, “tens to hundreds of millions of Americans within the US Homeland would become ill and deaths would mount into the tens of millions,” and “Outside the US, critical infrastructure degradation and economic loss on a global scale would result as approximately a third of the worldwide population became ill and hundreds of millions died.”


グローバルな大流行病

リポートは、2025年までに明らかになっているグローバルな大流行病のはっきりした可能性があると述べます。

この、ケース、「そうする国家の苦闘による低下した機能が、伝染を避けるか、資源へのアクセスを維持することに努めている人口動態をコントロールする時に、内部の、そして国境を越える緊張と衝突はよりありそうになるでしょう」.において、それは、大流行病のそのような有力候補がH5N1鳥インフルエンザであるであろうと述べます。

たぶん、中国、「米国母国の中の10から数百の数百万人のアメリカ人は病気になるであろうし、死は数千万中に高まるでしょう」、および「米国の外で、おおよそ、世界的な人口の3分の1が病気になり、億が死ぬにつれて、グローバルなスケールの上の重大なインフラストラクチャーデグレードと経済的損失は結果として生じるでしょう」などの国に端を発して、それはグローバルな大流行病の場合にそれを述べます。


A New International System Is Formed



In discussing the structure and nature of a new international system, the report states that, “By 2025, nation-states will no longer be the only ? and often not the most important ? actors on the world stage and the ‘international system’ will have morphed to accommodate the new reality. But the transformation will be incomplete and uneven.”



The report states that under a situation in which there are many poles of power in the world, yet little coordination and cooperation between them all, it would be “unlikely to see an overarching, comprehensive, unitary approach to global governance. Current trends suggest that global governance in 2025 will be a patchwork of overlapping, often ad hoc and fragmented efforts, with shifting coalitions of member nations, international organizations, social movements, NGOs, philanthropic foundations, and companies.” In other words, by 2025, there won’t be an established global government, but rather an acceleration of the processes and mechanisms that have been and currently are underway in efforts to create a world government.



The report also interestingly points out that, “Most of the pressing transnational problems ? including climate change, regulation of globalized financial markets, migration, failing states, crime networks, etc. ? are unlikely to be effectively resolved by the actions of individual nation-states. The need for effective global governance will increase faster than existing mechanisms can respond [Emphasis added].”[23] In other words, due to the growing threat of international problems, which are essentially the result of Western political-economic-intelligence activities and policies, the solution is a move toward international governance, which will be overseen and run by those same Western interests.



In discussing the rise of the emerging powers, particularly China and India, the report observes that their economic progress has been “achieved with an economic model that is at odds with the West’s traditional laissez faire recipe for economic development.” So the question is, “whether the new players ? and their alternative approaches ? can be melded with the traditional Western ones to form a cohesive international system able to tackle the increasing number of transnational issues.” It continues, saying that “the national interests of the emerging powers are diverse enough, and their dependence on globalization compelling enough, that there appears little chance of an alternative bloc forming among them to directly confront the more established Western order. The existing international organizations ? such as the UN, WTO, IMF, and World Bank ? may prove sufficiently responsive and adaptive to accommodate the views of emerging powers, but whether the emerging powers will be given ? or will want ? additional power and responsibilities is a separate question.”[24] So, as the new powers emerge, as a result of Western elite-directed globalization, they will likely merge with the Western controlled world order as opposed to becoming an alternative or opposition force to it.



新しい国際的なシステムは作られます。

構造と新しい国際的なシステムの性質を議論することにおいて、リポートは、それ(「2025によって、民族国家はもう、世界の上の最も多くの重要な俳優が上演せず、‘国際的なシステムが、’新しい現実を適応させるために変化させているであろうし、しばしばにならないでしょう」)を述べます。

「しかし、変化は不完全で、でこぼこになるでしょう」。

リポートは、世界(まだ小さな統合とそれらすべての間の協力)にパワーの多くのポールがある状況の下で、それが、「グローバル・ガバナンスへのアーチをかけて、包括的で、単位のアプローチを見ることがありそうにない」であるであろうと述べます。

そこのすなわち2025年までに、「現在の傾向は、加盟国、国際機関、社会運動、NGO、慈善財団、および会社の連立をシフトすることによって、2025年のグローバル・ガバナンスが重複(しばしばその場限りで、粉々にされた努力)のパッチワークになるであろうということを示唆します」は、樹立されたグローバルな政府ではなくむしろ、そうであり、現在、世界政府を作成する努力において航行中のプロセスとメカニズムの加速になるでしょう。

リポートはまた興味深く指摘します 押している国境を越える問題包括気候の"ほとんどが変わり、州がなければ、 国際化された金融市場の調節、移住 犯罪ネットワークなど-が個々の民族国家の行動によって効果的に解決されることがありそうにない 。

効果的なグローバルな管理の必要は既存のメカニズムが、[強調が追加した]と答えることができてすなわち、本質的に西の政治的経済知能活動と方針の結果である国際的な問題の増大恐れのため、解決が国際的な管理への動きであるより速く増大し、監督されて、それらの同じ西の興味により動かされます。

明らかになる能力、特に中国とインドの上昇を議論することにおいて、リポートは、「新しく、プレーヤー-彼らの選択肢がアプローチします-、.」それが続ける「国境を越える問題の増大する数に取り組むことができるまとまった国際的なシステムを作るために伝統的な西洋のものによって併合されることができるかどうかにかかわらず」、それらの経済成長が、「経済発展のためのウエストの伝統的な自由競争主義レシピと争っている経済モデルによって達成されます。」であったので問題がそうであることに気づきます。

「明らかになる能力の国益は十分に多様で、そこに、直接より多くの確立された西洋の秩序に立ち向かうためにそれらの間で形を成している代わりのブロックのチャンスようにほとんど思われない十分に注目せずにはいられないグローバリゼーションへのそれらの依存です」と言います。

組織UN、WTO、国際通貨基金などの既存の国際および十分に反応がよく、出現することの眺めを適応させるために順応的であると世界銀行判明するかもしれず 能力 けれども、出現能力または望み追加のパワーと責任が、別個の問題であるかどうかにかかわらず。

「従って、新しい能力が西洋のエリートで指示されたグローバリゼーションの結果として明らかになる時に、彼らは、たぶん、それへの代案または反対勢力になることとは対照的に西洋のコントロールされた世界秩序と合併するでしょう」。




NWOへの道程 その1

From Global Crisis to “Global Government”


世界的な危機から「世界的な政府」まで


US Intelligence: A Review of Global Trends 2025


米国諜報機関:グローバルな傾向2025のレビュー


Andrew G. Marshall

Global Research


Saturday, Dec 20, 2008


Introduction


アンドリューG.マーシャル

グローバルな研究

2008年12月20日土曜日

入門


The United States’ National Intelligence Council has released a report, entitled Global Trends 2025: A Transformed World
“. This declassified document is the fourth report of the Global Trends 2025: The National Intelligence Council’s 2025 Project
,


米国の国家情報会議は、「グローバルな傾向2025:」という表題を付けられてリポートを発表しました。

「変えられた世界」。

この機密扱いから外された文書はグローバルな傾向2025の4番目のリポートです:

国家情報会議の2025年のプロジェクト


The report outlines the paths that current geopolitical and economic trends may reach by the year 2025, in order to guide strategic thinking over the next few decades. The National Intelligence Council describes itself as the US Intelligence Community’s “center for midterm and long-term strategic thinking,” with the tasks of supporting the Director of National Intelligence, reaching out to non-governmental experts in academia and the private sector and it leads in the effort of providing National Intelligence Estimates.


リポートは、現在の地政学の傾向と経済動向が、次の数十年の間に戦略的な考察を誘導するために2025年までに到着するかもしれないパスを概説します。

国家情報会議は米国情報機関関係者らの「考えている戦略的な中間の用語と長期のためのセンター」として、国家情報のディレクターをサポートする仕事によって、学界と民間部門の中の非政府のエキスパートに手を差し出すのを自身で説明し、国家情報見積りを提供する努力において、それは導きます。

The report was written with the active participation of not only the US intelligence community, but also numerous think tanks, consulting firms, academic institutions and hundreds of other experts. Among the participating organizations were the Atlantic Council of the United States, the Wilson Center, RAND Corporation, the Brookings Institution, American Enterprise Institute, Texas A&M University, the Council on Foreign Relations and Chatham House in London, which is the British equivalent of the CFR.


リポートは米国情報機関関係者らだけでなくたくさんのシンクタンク、コンサルタント会社、学究的な組織、および数百人の他のエキスパートものアクティブな参加によって書かれました。

米国、ウィルソンセンター、ランド研究所、ブルッキングズ研究所、アメリカ企業大学、テキサスA&M大学、外交問題評議会、およびチャダム家の大西洋協議会はロンドンで参加組織に含まれていました(それは英国でCFRに相当するものです)。


Among the many things envisioned in this report to either be completed or under way by 2025 are the formation of a global multipolar international system, the possibility of a return of mercantilism by great powers in which they go to war over dwindling resources, the growth of China as a great world power, the position of India as a strong pole in the new multipolar system, a decline of capitalism in the form of more state-capitalism, exponential population growth in the developing world, continuing instability in Africa, a decline in food availability, partly due to climate change, continued terrorism, the possibility of nuclear war, the emergence of regionalism in the form of strong regional blocks in North America, Europe, and Asia, and the decline of US power and with that, the superiority of the dollar.


多くの間で、2025年までに、完成するこのリポートの中でまたは進行中に想像された物は、グローバルな多極の国際的なシステム(資源を小さくする上で、彼らが戦争に行く大きな能力による重商主義のリターンの可能性)の構成です。

大きな大国としての中国の成長、新しい多極のシステム(続いているより多くの国家資本主義(発展途上の世界の指数の人口増加)という形の資本主義の低下)中の強いポールとしてのインドのポジション

アフリカ(一つには気候変動、続いたテロ、核戦争(北アメリカ、ヨーロッパ、およびアジアの強い地域のブロックという形の地方主義の出現)の可能性、および米国パワーとそれとともに、ドルの優越の低下による食物入手可能性における低下)の不安定さ。


The Economics of Change



The discussion of global economics begins with analyzing the potential repercussions of the current global financial crisis. It states that the crisis “is accelerating the global economic rebalancing. Developing countries have been hurt; several, such as Pakistan with its large current account deficit, are at considerable risk. Even those with cash reserves?such as South Korea and Russia?have been severely buffeted; steep rises in unemployment and inflation could trigger widespread political instability and throw emerging powers off course.” However, it states, “if China, Russia, and Mideast oil exporters can avoid internal crises,” they may be able to buy foreign assets, provide financial assistance to struggling countries and “seed new regional initiatives.” It says that the biggest change for the West will be “the increase in state power. Western governments now own large swaths of their financial sectors and must manage them, potentially politicizing markets.” It continues in saying that there is a prospect for a new “Bretton Woods,” to “regulate the global economy,” however, “Failure to construct a new all-embracing architecture could lead countries to seek security through competitive monetary policies and new investment barriers, increasing the potential for market segmentation.”


変化の経済状態



世界的な経済学に関する議論は、現在の世界的な財政危機の潜在的影響を分析することで始まります。それはそれを述べます危機、「速まることは、世界的な経済リバランシングです。発展途上国は傷つきました;いくつかは、パキスタンのようなその大きな流れで赤字をしたと思って、かなりの危険です。


現金準備などの韓国およびロシアが持っていさえしても厳しく打たれます;

「失業率とインフレの急激な上昇は広範囲に及んだ政治的な不安定さを引き起こし、コースから明らかになる能力を投げることができました」。

それは、「中国、ロシア、および中東のオイル輸出業者が内部の危機を避けることができるならば」、たとえ、彼らは、どんなに外国資産を買うことができるかもしれなくてとも述べて、苦闘する国に財政援助を提供してください。そうすれば、「種の新しい地域のイニシアチブ」.それは西欧のための最も大きな変化が「国家権力の増加」になるであろうと伝えています。

「西の政府は現在それらの金融部門の大きな刈り幅を所有していて、市場を潜在的に政治化して、それらを管理しなければなりません」。

それは、新しい「ブレットンウッズ」の見通しがあると言う際に続けます、しかし、「グローバル経済を管理する」ために、「新しい広範囲にわたる建築を構成することに関する怠慢は国に競争的金融方針と新しい投資バリアを通して保安を求めさせることができました。そして、市場分割への可能性を増やしました」。


The report states that as a result of the major financial disruptions under-way and those still to come, there is a need to rebalance the global economy. However, “this rebalancing will require long-term efforts to establish a new international system.”[3] It states that major problem to overcome will be a possible backlash against foreign trade and investment by corporations, particularly in “emerging economies,” with the potential of fueling “protectionist forces” in the US; an increasing competition for resources between emerging economies such as Russia, China, India and even Gulf states; a decline in democratization, as the China-model for development becomes attractive to other emerging economies, authoritarian regimes and even “weak democracies frustrated by years of economic underperformance”; the role of Sovereign Wealth Funds (SWFs) in providing more financial assistance to developing countries than the World Bank and IMF, which could lead to “diplomatic realignments and new relationships” between China, Russia, India and Gulf states with the developing world; the loss of the dollar as the “global reserve currency,” as “foreign policy actions might bring exposure to currency shock and higher interest rates for Americans,” and a “move away from the dollar” which would be precipitated by “uncertainties and instabilities in the international financial system.”


リポートは、航行中の主要な金融の分裂の結果と発生するそれらの静寂として、世界経済を再均衡するニーズがあると述べます。

しかし、「この再均衡は、新しい国際的なシステムを設立する長期努力を必要とするでしょう」.それは解決する主要な問題が、米国で「保護貿易主義の力」に燃料を供給する可能性との特に「明らかになる経済」の企業による外国貿易と投資に対して可能な反発になるであろうと述べます;

ロシア、中国、インド、および湾岸諸国さえなどの明らかになる経済の間の資源を争う増大する競技会;

開発のための中国モデルが他の明らかになる経済、独裁的な政権、および「何年もの経済の株価の下げによってイライラさせられた弱い民主主義国」さえに魅力的になるにつれて民主化の中の低下;

世界銀行と国際通貨基金(それは発展途上の世界と中国、ロシア、インド、および湾岸諸国の間で「外交の再調整と新しい関係」を引き起こすことができました)より多くの財政援助を開発途上国に提供することにおける主権を有する富Funds(SWF)の役割;

「グローバルな準備通貨」としての、「外交方針行動はアメリカ人のために通貨ショックとより高い利率への露出をもたらすかもしれません」としてのドルと「国際金融システムの中の不確定要素と不安定さ」によって促進されるであろう「ドルから転居してください」の損失。

The dollar’s decline as a “global reserve currency” will be relegated to “something of a first among equals in a basket of currencies by 2025. This could occur suddenly in the wake of a crisis, or gradually with global rebalancing.”


「世界的な予備通貨」としてのドルの低下は、「2025年までの通貨バスケットの同等の間のちょっとした最初に分類されます。これは、危機に続いて、または、徐々に世界的なリバランシングで突然起こることができました。」


It states that for the first time in history, the financial landscape will be “genuinely global and multipolar,” and that, “redirection toward regional financial centers could soon spill over into other areas of power.”[6] It states that there is potential for a divide within the West between the US and EU, so long as they continue divergent economic policies, where Europe is more state-centric and with the US as more market-based. However, “the enhanced role of the state in Western economies may also lessen the contrast between the two models.”[7] This enhanced role of the state in economic matters is largely due to the current financial crisis.


初めて、歴史において、金融の景色が、「心底グローバルで、多極です」とそれ(ヨーロッパが市場ベースのより多くとしてより州中心と米国とともにある所に、それらが分岐した経済政策を続けている限り、米国とEUの間の西欧の中の分割のための可能性があることが述べる、「地域の金融センターへのリダイレクションはパワーの他のエリアの中にすぐこぼれることができました。」)になるであろうということは述べます。

しかし、経済的問題における状態の、「西洋の経済における状態の強化された役割はまた2つのモデルのコントラストを減らすかもしれません」.これは強化された役割が主として現在の金融恐慌によります。


Latin America



In outlining Latin America’s path for the next two decades, the report states that many countries will have become middle income powers, however, “those that have embraced populist policies, will lag behind?and some, such as Haiti, will have become even poorer and still less governable.” It says Brazil will become the major power of the region, but that, “efforts to promote South American integration will be realized only in part. Venezuela and Cuba will have some form of vestigial influence in the region in 2025, but their economic problems will limit their appeal.” However, it said that many parts of Latin America will remain among “the world’s most violent areas,” and that, “US influence in the region will diminish somewhat, in part because of Latin America’s broadening economic and commercial relations with Asia, Europe, and other blocs.”






ラテンアメリカ

次の20年の間ラテンアメリカのパスを概説することにおいて、リポートは、多くの国が中間所得層の能力になっているであろうと述べて、しかし、「ポピュリスト的な方針を抱擁したそれらはーに遅れをとるであろうし、ハイチなどのいくつかがいっそうより貧しく、より統治可能でなくなっているでしょう。」それはブラジルが地域の主要国であるがそれになるであろうと伝えていて、南アメリカ統合を促進する"努力はいくぶんだけ実現するでしょう。

「ベネズエラとキューバは2025年に地域にある種の痕跡の影響を持つであろうけれども、それらの経済問題はそれらの訴えを制限するでしょう」。

しかし、それは、ラテンアメリカの多くの部分が「世界の最も暴力的なエリア」間に残るであろうし、「地域の米国影響は一つにはアジア、ヨーロッパ、および他のブロックとのラテンアメリカの広がる経済の、そして商業用の関係のため多少減少するでしょう」と伝えていました。


Europe



In discussing the issue of Muslim immigration into the European Union, the report states that, “Countries with growing numbers of Muslims will experience a rapid shift in ethnic composition, particularly around urban areas, potentially complicating efforts to facilitate assimilation and integration.” Further, “the increasing concentration could lead to more tense and unstable situations, such as occurred with the 2005 Paris suburban riots.” This mass immigration and reactions of Europeans, among other factors, “are likely to confine many Muslims to low-status, low-wage jobs, deepening ethnic cleavages. Despite a sizeable stratum of integrated Muslims, a growing number?driven by a sense of alienation, grievance, and injustice?are increasingly likely to value separation in areas with Muslim-specific cultural and religious practices.”


ヨーロッパ

欧州連合の中にイスラム教移住の問題を議論することにおいて、リポートは、それ、より遠い、「多くのイスラム教徒を成長させることによる国は、特に、都市部、同化を容易にする潜在的な複雑にする努力、および統合のまわりで民族の構成において急速なシフトを経験するでしょう」.「増大する濃度は、2005年のパリ郊外居住者暴動によって起こったようなより神経質で、不安定な状況をもたらすことができました」を述べます。

他のファクター(「民族の分裂を深くして、低ステータス、低賃金の仕事に多くのイスラム教徒を閉じ込めそうです」)の間のヨーロッパ人のこの大量移民と反応。

「統合したイスラム教徒のかなりの層にもかかわらず、疎外感によって動かされた増加する数ー、不平、および不正ーは、ますますイスラム教徒固有の文化的で、宗教の習慣によってエリアで分離を評価しそうです」。


The report also states that by 2025, Europe “will have made slow progress toward achieving the vision of current leaders and elites: a cohesive, integrated, and influential global actor able to employ independently a full spectrum of political, economic, and military tools in support of European and Western interests and universal ideals. The European Union would need to resolve a perceived democracy gap dividing Brussels from European voters and move past protracted debate about its institutional structures.” In other words, the move toward a European superstate will revolve around convincing the public that it is not a threat to democracy or sovereignty.


リポートはまた、2025年までに、ヨーロッパが、「現在のリーダーとエリートのビジョンを達成することへの遅い進歩をしているであろう」と述べます:

ヨーロッパと西洋の興味と一般的な理想のサポートにおいて独立して政治的で、経済、および軍隊のツールの完全なスペクトルを使用することができる統一感があり、統合し、有力なグローバルな俳優。

「欧州連合は、ヨーロッパ有権者からブリュッセルを分割している気づかれている民主主義ギャップを解決し、その制度上の構造についての過去の長時間の討論を動かす必要があるでしょう」(すなわちヨーロッパ超大国への動き)は、それが民主主義または主権への脅威ではないことを一般大衆に納得させることのまわりを回転するでしょう。

It further states that Europe should and likely will take in “new members in the Balkans, and perhaps Ukraine and Turkey. However, continued failure to convince skeptical publics of the benefits of deeper economic, political, and social integration and to grasp the nettle of a shrinking and aging population by enacting painful reforms could leave the EU a hobbled giant.”


それはさらに、ヨーロッパが「バルカン諸国とたぶんウクライナとトルコの新しいメンバー」を受け入れるべきであり、たぶん、そうするであろうと述べます。

「しかし、より深い経済の、政治的で、社会的な統合を利益の懐疑的な政府に納得させることにおける、そして痛みを伴う改革を制定することによって収縮のイラクサと高齢化人口を握ることにおける続いた失敗は妨げられた巨人をEUに残すことができました」。





ドバイの終演




海外

ドバイにも金融危機の影…止まったクレーン・解雇の波


12月21日23時52分配信 読売新聞










ドバイにも金融危機の影…止まったクレーン・解雇の波

建設中のビル群(13日、ドバイで)=奥西義和撮影




 世界一高いビル、世界一豪華なホテルなど「世界一」を冠する建築物を次々に登場させ、21世紀に入って猛烈な勢いで発展を続けてきたドバイ。中東の物流・金融センターとして、200に及ぶ国籍の労働者や投資家を引きつけてきたこのペルシャ湾岸の小さな首長国にも、金融危機の影は忍び寄っていた。その現場を歩いた。



 ドバイ北東部にあるアラブ首長国連邦(UAE)労働省。「カスタマーサービス局」待合室に、沈んだ表情の外国人労働者が目立つようになった。解雇通知を受け、苦情を申し立てに来た人々だ。



 ドバイの中堅建設会社で工事現場監督を務めてきたインド人のV・ヒレマタさん(45)は今月12日、1枚の紙を手渡された。「あなたが提供するサービスは必要なくなりました。滞在許可も1か月後に失効します」



 クレーンを操縦していた同郷のスンニル・Bさん(40)も解雇された。ドバイには世界のクレーンの3割が集まっていると言われてきたが、「今は多くが止まっている。再び職を得るチャンスはまずない」と、帰国の覚悟を決めたようだった。



 ドバイ居住者の8割を占める外国人労働者の滞在許可証は、仕事や労働許可証と不可分に結びついている。職を失えば、雇用主が労働局への解雇届け出を遅らせるなど特別な措置を講じない限り、1か月以内に出国しなければならない。「ドバイには失業者がいない」と言われるゆえんだ。



 ドバイの海岸には、上空から3本のヤシの木に見える群島が沖合に延びる。埋め立てでつくったリゾート・居住用地だ。100万人の住空間ができあがると言われる最大の木「パーム・デイラ」では、クレーンの多くが動きを止めていた。



 ドバイを代表する政府系デベロッパーで、「3本のヤシ」のプロジェクトを推進する「ナヒール」社は11月30日、総従業員の15%にあたる500人を削減する方針を明らかにした。



 同社で工期やコストを管理する仕事を担当してきたスリランカ人のSさんはこの日、上司に、1月31日付での解雇を言い渡された。資金繰り悪化によるプロジェクト停止が理由と説明された。「オフプラン(設計図段階)の事業の大半が停止された」とSさん。「年明けには、さらに人員削減されるのは間違いない」



 ナヒール社だけではない。民間最大のデベロッパー「DAMAC」も11月、200人の解雇を発表、解雇の波は確実に広がっている。(ドバイで 宮明敬、加藤賢治)




最終更新:12月21日23時52分




読売新聞
 













クリスマスソング

Please Come Home for Christmas - The Eagles



amy grant - winter wonderland Lyrics

日本はどこぞの外国勢力に蝕まれている・。

皇国の興廃、この一文にあり
さんのブログより・。





憂国の情を持つ同志の皆さまは、羽を休める暇がないだろうかと思う。



そんな皆さまの体を労る気持ちすら、左翼は持っていないようだ。

はて、彼らは何処の国のためにやっているのだろうか?





近年、「地方自治条例」や「まちづくり基本条例」なる耳障りの良い名の条例が、全国各地で制定されている。



稀代の悪法とは正にこの事!



その聞こえの良い条例は、自治体の最高規範と位置付けられ「市民による自治」と謳い、選挙権や納税の義務も無いような人や団体を「市民」に含めたり、定住外国人にも、住民投票の請求権や参加を求めることが可能であるなど、左翼のいわゆる「プロ市民」と呼ばれる、左翼の政治勢力から支援を受けていたり、特定の宗教、海外の政府が背景にいるような人などを地方政治への介入を許してしまう危険性がある条例である。



この条例は、社会党の村山富市内閣時代に制定された「地方分権推進法」による地方分権推進委員会の勧告を経て、平成12年4月から、機関委任事務制度を廃止した「地方分権一括法」の施行が元になっています。



北海道ニセコ町の「まちづくり基本条例」(平成13年4月施行)が全国第一号と言われ、その後同じような内容で「まちづくり基本条例」などの名称のものを含めると、既に140以上の自治体で制定されてしまっているのが、現状だ。



政令指定都市では、札幌市川崎市静岡市の3市が制定しています。



(1)最高規範性



 自治体の最高規範として位置づけ、他の条例や規則は自治基本条例との整合性を図らなければならないとしているものが多い。条例の内容によっては、外国人の参政権や子供の権利条例、地方レベルの人権擁護法案、男女共同参画条例の根拠になる。また、自治基本条例と矛盾する個別条例は制定できないため、条文の内容が左翼色の強いものであれば、過去に制定された条例の洗い直しが行われ、全ての条例が左翼色で統一される可能性がある。



(例)神奈川県大和市の条例では、 『第29条に、厚木基地移転が実現するよう強く求めるものとする。』とあるなど国の安全保障政策と対立するようなものもある。





(2)曖昧な「市民」の定義



条文として『市民 市内に居住し、通学し、又は通勤する個人及び市内において事業を行い、又は活動を行う個人又は法人その他の団体をいう。』(静岡市)などが盛り込まれているなど、自治体に出入りする国籍・年齢を問わないあらゆる個人・団体を対象にしている。極端に言えば、外国人や左翼の活動団体、宗教団体、北朝鮮の工作員なども市民とされ政治介入が可能になる。





(3)住民投票



住民投票など直接民主主義的な仕組みを定め、「プロ市民」などの地方政治介入への道を開いている。これにより、左派は自治体を国策に抵抗する拠点とする可能性がある。また、外国人にもその権利を与えている場合がある。



(例)静岡市自治基本条例 『第26条 本市に住所を有する年齢20歳以上の者(永住外国人を含む。)は、その総数50分の1以上の連署をもって、その代表者から市長に対して前条の住民投票の実施を請求することができる。』等。 







(4)法令の上書き権



国の法令を上書きし、法律によって定められた要件を条例によって変更することなど、国内の法律を自治体が勝手に曲げたり解釈したりする可能性がある。



(5)左翼のプロ市民などの特定の意見が市民の意見になる可能性がある



左翼のプロ市民などの特定の意見が市民の意見になる可能性がある。

条例の策定に市民公募が義務付けた場合、左翼のプロ市民又は特定の意思を持った団体が参加し、会議の組織運営を牛耳り、自分達の政治的主張を実現する手段とする可能性がある。

 

(例)市民委員会、市民会議、市民協議会と名称は異なるが、いずれも市民が公募でなどで集まり、市の重要事項について、議論・検討して、市民の意見として議会に報告する制度。



以上のことから、自治基本条例とは左翼プロ市民による政治支配が進められてしまう危険性が高いものであることに疑問の余地はありません。



また、これを根拠に地方レベルから、外国人の地方参政権や地方レベルの人権擁護法案、夫婦別姓、子供の権利条例、無防備都市宣言などを勧めることが可能(強力なツール)となる
『国家解体促進条例』というべき代物です!





「自治基本条例」「まちづくり基本条例」=『国家解体促進条例』

あなたの街も制定されてませんか?

『国家解体促進条例』が。






今すぐ、あなたのお住まいの自治体名と

「自治基本条例」

「まちづくり基本条例」

「市民参加推進条例」

「まちづくり理念条例」

「市政運営基本条例」

「行政基本条例」

「パートナーシップのまちづくり基本条例」

「みんなでつくるまちの基本条例」

「情報共有と市民参加のルール条例」

「自治の推進に関する基本条例」などで検索してみてください。

お住まいの自治体の実態がわかります!



自治基本条例に「待った」の声を!


蛇足


現在、日本国は国連の詐欺師たちとマスコミのラッパのもとに・・特定アジアに組み込まれつつある。


国レベルで、国籍法の改正法案、外国人参政権付与法案、人権擁護法案が民主党、公明党、社民党、共産党、自民党多くが法案に賛成しております。


地方では自治基本条例で最高位に位置づける条例の制定をしかけ、


地方分権はどこかの外国勢力が日本人を仕切るピラミッドが出来つつある。


その結果は、地方分権で日本国及び日本人は解体される運命である・。


議員は経済情勢や保身に汲々している間に徐々に蝕まれている構図が見えない・。


議員やマスコミ・・どちらを向いておるのか?

若干蛇足


当たるも予言

『1999年以後 ─ ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図』



(祥伝社/五島勉著/1988年10月出版)に



書かれている「ヒトラーの予言」の紹介





ドイツ国民にあてた「ヒトラー最後のメッセージ」http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/b1fha400.html#05





「国民諸君、同志諸君、最後まで戦い続ける諸君に敬意を表する。すでに戦況は……私はベルリンと運命をともに……しかしナチスは不滅である……たとえ米ソがいったんは勝つように見えようとも……。





そうなのだ、それは砂の上の勝利だ。彼らは世界の真の支配者ではないからだ。彼らの背後で操る者……ユダヤ……イスラエル……世界的なユダヤ国際資本……。





米ソは……おそらく1990年代ごろまで、対立と妥協を繰り返しつつ、世界を運営しようとする。しかししょせん……ヨーロッパと日本、東アジア、イスラム諸国、インド……いずれ世界は米ソの手に負えなくなる。そのときユダヤはみずから……に乗り出す。





あわれなアラブ4カ国……最終戦争。東西が激突するだろう。ユダヤはそれに勝って全世界……なぜならそれが彼らの『旧約聖書』の約束だからだ。黙っておけば必ずそうなる。しかし、私がそうはさせない。そのための手を、私は死ぬ前に打っておく。それが最後の秘儀である。それによって人類はわれわれを受け継ぐことになる。





しかも見よ、そのあと、わがナチスの栄光、ラストバタリオン……。それが真のハーケンクロイツの日だ。カギ十字の日だ。そのときラストバタリオンが現われる。ユダヤを倒す。世界を支配する。永遠に……そしてナチスは甦る。真のヒトラーの時代が来る。必ずだ。





甦ったナチスの軍団とその強力な同盟がそのとき来る。宇宙からの復讐のカタストロフィとともに来るぞ。それからが真の究極だ。真の終わりで真の始まり、真の淘汰、天国の地獄、21世紀のその年に、人類の驚くべき究極の姿……ではそれを明かそう。諸君、それは人類……」







ここで空襲警報のサイレンがけたたましく入った。そのためヒトラー最後の放送も、ここでプツンと途絶えてしまった。





その日が1945年の4月2日だったなら、彼はこのあとなお、4週間ほど生きる。しかしともかく、彼の国民への最後の呼びかけは、こういう重大で狂おしい、しかし不完全な形で終わってしまったのだ。





 





 第二次世界大戦末期のこのとき、ユダヤ民族は世界中に散らばっていた。ヨーロッパにいたユダヤ人たちはナチスに迫害されていた。そして1948年にユダヤ民族が建てることになるイスラエル国家は、まだ世界のどこにもなかった。





だのにヒトラーは、ラジオ放送の中で、「イスラエル」という国名をちゃんと挙げている。





つまりヒトラーは、ナチスによるユダヤ民族抹殺が成功せず、かえって彼らが建国して世界に隠然たる力を持つようになるのを見抜いていたのだ。しかも建国の場所がどこになるかも読んでいたものと思われる。ということは、イスラエルと、イスラエルに割り込まれる周囲のアラブ・イスラム諸国の間に、血で血を洗う運命が当然待っているだろうことも。







(以上、『1999年以後』より)





若干蛇足




蛇足



予言が当たる、当たらないは数打ちゃ当たると思います・。1つの予言で1つを当てるのは至難な技です・。最後の放送の内容が本当であれば、可能性はゼロではない・。もし、継ぎ足しているのなら、現在の状況を無意識に入れ込んでいるので当てにはなりませんが・。



ラストバタリオンは最後の部隊である・。第三帝国ドイツ軍(現在のドイツ軍ではないく)が復活して攻めて来るのだろうか?宇宙人の同盟軍がくるのであろうか?


陰謀説は精神障害なのか?

What's Behind Internet Conspiracy Empires?


何がインターネット陰謀帝国の後ろにありますか?

As Conspiracy Communities Grow, Mental Health Docs Are Left With Big Questions


陰謀コミュニティが成長するにつれて、精神衛生ドッグは大問題を残されます。

By LAUREN COX

ABC News Medical Unit

Dec. 12, 2008




若干蛇足




A man standing on a street corner with a sign reading "the lizard people rule you all," or, "my neighbors are spying on me for the government" isn't likely to get many supporters.


「トカゲの人々はすべてあなたを支配します」と読める合図または「私の隣人は政府のために私を探り出しています」をもって街角に立っている人は、多くのサポーターを得そうではありません。

But give that man a Web site template, or let him produce some slick videos on YouTube and, lo and behold, he may have thousands of people across the world supporting him.


しかし、その人にウェブサイトテンプレートを与えるか、彼にYouTubeのいくつかのすごいビデオをプロディースさせてください。そうすれば、見てください、彼には彼をサポートしている世界中の数千人の人々がいることがわかります。

Such is the story of several extraordinarily popular conspiracy theorists and theories online today.


それは、今日、数人のとても人気の陰謀理論家とオンラインの理論の物語です。


Take the victims of gang stalking -- a subculture of people who think their friends and neighbors are all secret government spies ready to turn them over to the authorities. The movement has recently spawned gang stalking support groups, forums and advice Web sites
.


ギャングストーキング ― 彼らの友人と隣人が彼らを当局に引き渡す準備ができているすべての秘密の政府スパイであると思う人々のサブカルチャー ― の犠牲者を連れて行ってください。運動は、支援グループ、フォーラムとアドバイスウェブサイトに広がっているギャングを最近生みました。


Or take the former journalist and BBC sports announcer, David Icke, for example.


または、たとえば元ジャーナリストとBBCスポーツアナウンサー(デービッドアイク)を連れて行ってください。


Icke was laughed out of the public eye in the early '90s when he started wearing only turquoise and explaining that voices had sent him on an important mission to save the earth.


アイクは彼がターコイズだけを着始めた90年代初期に世間の目をさけて、声が地球を保存するために重要な任務で彼を送ったと説明していました。


Decades later, Icke has written books, has fans in 47 countries and can gather a crowd of 2,500 people in a city simply by posting a date for a lecture on his Web site.


数十年後に、アイクには本を書いて、47カ国でファンがいて、単に彼のウェブサイトについての講義の日を掲示することによって、都市で大勢の2,500人の人々を集めることができます。


The cornerstone of Icke's theories
is that a malicious race of lizard people -- the "shadowy elite" -- rules the world and all its political leaders primarily by controlling the media and orchestrating fear-mongering catastrophes, such as Sept. 11. Icke said he already has speeches lined up for 2009 in Los Angeles, Mexico, Croatia, New Zealand and Australia.


アイクの理論の基礎は、トカゲ類 ― 「暗いエリート」 ― の悪意のあるレースがメディアを制御して、恐れ-憂き身をやつすこと大災害(例えば9月11日)を組織化することによって主に世界とすべてのその政治指導者を支配するということです。アイクは、彼がすでにスピーチをロサンゼルス、メキシコ、クロアチア、ニュージーランドとオーストラリアに2009年の間一列に並べておくと言いました。


"I knew about the mainstream media, and that the mainstream media has a stunning level of myopia so that only that which is in the mainstream will be presented," said Icke. "What the Internet has done [is that it] has allowed information to flow outside of the myopia. ... The Internet has been absolutely essential."


「私は主流メディアを知っていて、主流にあるそれだけが提出されるように、主流メディアが近視のすばらしいレベルを持っていますという」とアイクは言いました。

「インターネットがしたことは、それが情報が近視の外で流れることを可能にしました」。



「インターネットは絶対に必須でした」。


The Internet has always been a forum for fringe ideas, but success like Icke's, and subcultures built on paranoid theories like gang stalkers, points to an understudied corner in psychiatry: Who are the people who believe such theories in the quiet of their homes, and what does such behavior mean for a person teetering on the edge of mental illness
?


インターネットは常に周辺的な考えのためのフォーラム、しかし、アイクのもののような成功でした、そして、サブカルチャーはギャングストーカー(精神医学の代理をつとめられた角への点)のような妄想性の理論を基にしていました:彼らの家で静かであるものと精神病に瀕している人のためにすごいそのようなふるまいをすることでそのような理論を信じている人々は、誰ですか?


"It's not an area that has been studied very well," said Angus MacDonald, a spokesperson for the mental health charity NARSAD, and an associate professor of psychology at the University of Minnesota in Minneapolis.


「それは、あまりよく調査された地域でありません」と、アンガスマクドナルド、精神衛生慈善事業NARSADのスポークスマンとミネアポリスのミネソタ大学の心理学の准教授が言いました。


Does Conspiracy Always Equal Delusion?


陰謀は、常に妄想に等しいですか?


MacDonald cautioned that not everyone who believes in a conspiracy plot is mentally ill. They just may be suggestible or just suspicious of authority.


マクドナルドは陰謀計画を信じる誰でも精神障害があるというわけではないと警告しました。彼らちょうど影響をうけやすいかもしれないかちょうど権限を疑っているかもしれません。


For the healthy in mind, MacDonald said, "it's a wild card about whether this is going to improve people's state or not. It may turn out that the value of the community is greater than the destructive nature of the narratives that are spun out of them.


精神において健康なもののために、マクドナルドは、「それは、これが、人々の状態を改善しようとしているかどうかについてのワイルドカードです」と言いました。

コミュニティの価値が、それらから紡がれる物語の破壊的な性質より大きいことを判明させるかもしれません。


"But on the same point, this is a domain that didn't need more wild cards," he added.


「しかし、同じ点に関して、これは、より多くのワイルドカードが必要でなかったドメインです」と彼は付け加えました。


Whether or not conspiracy theories
harm people who are susceptible to mental illness is a matter of debate among psychiatrists.


陰謀説が、精神病に影響され易い人々を傷つけるかどうかは精神医の間で討論の問題です。

"Most people with major mental illness don't believe in conspiracy theories," said Dr. Ken Duckworth, medical director of the National Alliance of Mental Illness.


「主要な精神病を持つほとんどの人々は陰謀説を信じていません」とケンダクワース博士(精神病の国民同盟の医長)は言いました。


Duckworth likes to imagine a Venn diagram with one circle representing people with paranoid psychosis and another circle representing people who believe conspiracy theories.


ダクワースは、妄想性精神病ともう一つのサークルをもつ人々が陰謀説を信じている人々を代表していることを表している1つのサークルでベン図を想像するのが好きです。


"They do overlap, but I can't tell you how big the overlap is," he said. "And, lizard people? Many people who are hearing voices would think that's crazy."


「彼らは重なります、しかし、私は共通部分がどれくらい大きいかについて、あなたに話すことができません」と、彼が言いました。「そして、トカゲ類?声を聞いている多くの人々は、それがおかしいと思います。」


Duckworth argued that most mentally ill people create conspiracy theories that are self-centric, such as, "the mailman is after me," not inclusive such as, "the postal workers are all out to get us by 2015."


ダクワースは、ほとんどの精神障害の人々は「郵便局員はすべて、2015年に私達をつかまえることを熱望しています」など包括的でない「郵便配達人は私を求めています」など、自己中心である陰謀説を作成すると主張しました。

But others who treat schizophrenics and people with paranoia think there is a risk in circulating online conspiracies.


しかし、分裂病患者と人々をパラノイアで待遇する他の人は、危険がオンライン陰謀を回す際にあると思います。


"Paranoid is wide category -- it's another way of being separate with reality -- but in our culture, we've made it synonymous with persecutory delusions," said MacDonald.


「偏執症は広いカテゴリーです-それは現実で別々のもう一つの方法です-しかし、我々の文化において、我々はそれを被害妄想と同義にしました」と、マクドナルドが言いました。


The Making of a Conspiracy: Delusion or Not?


陰謀製作:妄想?




According to MacDonald, most delusions begin with general, unexplained feelings of discontent that are caused by a problem with the brain. It's only when someone tries to search for an explanation for their feelings that a delusion forms.


マクドナルドによると、大部分の妄想は、脳に関する問題に起因する不満の一般的な、不可解な感情から始めます。妄想が生まれるのは、誰かが彼らの感情の説明を捜そうとする時だけです。


"Then over time, the delusions become crystallized -- meaning they take on particular narratives, story lines and people's motives begin to be fleshed out," said MacDonald. "When one thing isn't explained, it's never abandoned. The plot just thickens ... and you credit your persecutor with a tremendous amount of power."


「それから時間とともに、妄想は結晶化します-彼らが特定の物語を引き受けることを意味して、筋書きと人々の動機は肉づけされ始めます」と、マクドナルドが言いました。「1つのものが説明されないとき、それは決して捨てられません。計画は、ちょうど厚くなります...そして、あなたはあなたの迫害者が力の相当な量を持っていると信じます。」


MacDonald said it can make it difficult to do talk therapy when delusional people feed their story from outside sources or find evidence with other conspiracy plots.


マクドナルドは、妄想の人々が外側の源から彼らの話を供給するか、他の陰謀計画で証拠を見つけるとき、それが話合い療法をすることを難しくすることができると言いました。


"You're sitting across from your therapist and they say, 'Well why would they do all of this?' And you've got the answers because you've studied online," he said.


「あなたは、あなたのセラピストの向かいに座っています、そして、彼らは言います、『なぜ、彼らはこれの全てをしますか?』あなたがオンラインで勉強したので、あなたが持つ答えを得ました」と、彼が言いました。


Icke said that sort of danger is not his responsibility.


アイクは、その種類の危険が彼の責任でないと言いました。


"You can't stop information because it might be misused by people," he said.


「それが人々によって不正使用されるかもしれないので、あなたは情報を止めることができません」と、彼が言いました。


"What people think of my information is none of my business; it's their business," he added. "I'm not saying, 'This is how it is, you must believe it.' I'm saying, 'This is another way to look at the world. What do you think?'"


「人々が私の情報をどう思うかは私のビジネスのどれでもありません;」

「それはそれらのビジネスです」と彼は付け加えました。

「私は、‘これは、それがどうであるかであり、あなたはそれを信じなければなりません’と言っていません。」

私は、‘これは、世界を見る別の方法です’と言っています。

「‘あなたは何を考えますか?’」


Icke said he has run into psychiatrists analyzing why people believe his theories in television interviews.


アイクは、彼が人々がなぜテレビ取材において彼の理論を信じているかについて分析している精神科医に出会ったと言いました。


To them, Icke says, "Check it out. Check it out. Then [decide]: Do the facts stand up? Don't go into this psychological babble after you first dismiss the information by reflex action."


彼らに、アイクは言います ― 「それをチェックしてください。それをチェックしてください。そして[決めます]:事実は立ち上がりますか?あなたが反射的な行動によって最初に情報を退けたあと、この精神的な喧騒に入らないでください。」


Icke believes his popularity on the Internet is a testament to the validity of his ideas, and that people feel that his predictions have come to pass.


アイクはインターネットの彼の人気が彼の考えの有効性の証拠であると思っています、そして、その人々は彼の予測が起こったのを感じます。


"What you do as you continue to research and you continue to travel is you hone it down," he said. "I've never come across anything that questioned the themes of what I'm talking about. ... With every day that passes, you just get more information."


「あなたが、研究し続けて、あなたが、旅行することがあなたであると続ける時に、あなたがすることは下でそれを研ぎます」と彼は言いました。

「私は、一度も、私が話しているもののテーマに質問した何にも出会ったことがありません」。



「過ぎる毎日によって、あなたはただより多くの情報を得ます」。


"If the information over a period of time does not stand up to scrutiny and fact checking, it doesn't matter how far it will circulate, it's going to be dropped," he said.


「期間の間の情報が精査と事実のチェックに耐えず、どのくらいそれが循環するであろうかが重要でないならば、それは、落ちようとしています」と彼は言いました。


After studying conspiracy theorists, Michael Barkun, professor of political science at Syracuse University and author of the book, "Culture of Conspiracy: Apocalyptic Visions in Contemporary America," said he thought image and packaging is actually key to attracting followers.


陰謀理論家、マイケルバークン、シラキュース大学の政治学の教授と本(「Conspiracyの文化)の著者を研究した後に:Contemporaryアメリカの黙示録的なVisions」、彼はイメージと包装が実は、支持者を引きつけることへのキーであると思うと言いました。


"Even someone whose ideas are deviant can produce a Web site that looks sleek and professional," said Barkun. "Those who have conspiracy theories to peddle can do it very easily. And if they're reasonably sophisticated, [they] can do it in a way that gives those ideas the appearance of validity."


「アイデアが逸脱している誰かさえ、滑らかで、プロフェッショナルに見えるウェブサイトを作り出すことができます」とバークンは言いました。

「行商するために、陰謀説を持っている人々は非常に容易にそれをすることができます」。

「そして、それらが適度に洗練されているならば、[彼らは、]それらのアイデアに妥当性の外観を与える方法でそれをすることができます」。

Whether those who make conspiracy theories for the masses are themselves mentally ill, Barkun said it depends on the conspiracy theorist.


多数のために陰謀説を作る人々が彼ら自身精神障害があるかどうかに関係なく、バークンはそれが陰謀理論家に依存すると言いました。


"I don't think you can generalize," he said. "Certainly, in terms of conspiracy theorists, they're all quite different."


「私は、あなたが一般論を述べることができると思いません」と、彼が言いました。「確かに、陰謀理論家に関して、彼ら全員は、全く異なります。」


As for Icke, he has long heard people accusing him of being a mentally-disturbed conspiracy theorist.


アイクに関しては、彼は人々が彼を精神障害のある陰謀理論家であったとして訴えているのを長く聞きました。


"I went out on a limb," he said. "What's happened within a period of 20 years is that the world has come to me. ... As people have seen it coming to pass, the laughter has stopped.


「私は危ない橋を渡りました」と彼は言いました。

「20年の期間以内に起こったことは、世界が私のところに来たことです」。



人々がそれが起きるのを見た時に、笑いはやみました。

"I take a different view," he added, "and if that's at odds with mainstream society to the point of being crazy, then I'm fine with that."



「私は、異なる見方をとります」、と、彼が付け加えました。「そして、それがおかしいことの一歩手前まで主流社会と争っているならば、私はそれで元気です。」







無策・。

ウォン安対策、韓国に2.8兆円融通 日本政府方針、通貨危機防止
 日本政府は通貨ウォン相場の急落で外貨不足の恐れのある韓国を支援するため、日韓で結んでいる協定を拡充する方針を固めた。ウォンと引き換えに円やドルを韓国に融通する通貨交換(スワップ)協定の資金枠をいまの130億ドル(約1兆2000億円)から300億ドル(2兆8000億円)規模に広げる方向で最終調整しており、中国も人民元の供給枠を増額する方向。13日の日中韓首脳会議で正式合意する。金融危機の打撃でウォンがアジア通貨危機以来の安値に急落する中で、連携強化により危機再発を防ぐ。
日韓が結んでいる現在の通貨交換協定には、中央銀行間でいつでもウォンと引き換えに円を融通する協定と、国際通貨基金(IMF)が緊急融資を発動するような「危機」時にドルを供給する協定の2種類がある。それぞれの枠は円が30億ドル分、ドルが100億ドルで、合わせて130億ドル相当になる。これを2.3倍に引き上げる方向だ。 (07:00) NIKKEI NET

 蛇足

IMFに10兆円拠出し、尚かつ別途で日韓の協定で上限を改訂して3兆円を融通する・。て国債発行の増税政策ではないか・。たばこや消費税や赤字国債増でごまかしているが、日韓に協調などあるのか?反日で竹島や対馬に色気を出している国に・・。歴史捏造、社会的無策な国に・・なぜ、日本人の血税を投じるのか?10年前の残高が返済不能なのに・。ゆすりたかりの所業を改めてからにして貰いたい・・と言うより関わるな・。民主はもっと直接に融資する案をだしているが・・。

IMFというルールがあって、なぜに破綻を回避して迂回融資をせねばならないのでしょう。中国政府系の金融機関が最大の債権をもっているので、日本が肩代わりするのは広い意味の今回のサブプライムにおけるCDSだ・。
企業で失敗した方法をなぜに東アジアで国レベルで繰り返すのか理解に苦しむ・。
国民負担はあくまで国民の為に使うべきもの・。
在内外外国人の利権や献金のメリットに目がくらむ・右も左も売国政治家ばかり・。アジア属国政策など放棄しろ・。


HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

カジノを助ける:金融もカジノですから・。

Is a bailout for Vegas casinos next?
ベガスカジノのための緊急援助は次ですか?

Think Progress
Tuesday, December 9, 2008
Congress and the White House say they are moving closer towards an agreement on a $15 billion rescue plan for the auto industry. On CNBC this morning, Sen. John Ensign (R-NV) said he would be inclined to filibuster the auto rescue deal. “I think that not only myself but several of us will be looking at possibly blocking this package,” he said. But when the host asked Ensign whether the government should also rescue Ensign’s home state’s gaming industry, the Nevada senator left the door open:

議会とホワイトハウスは、彼らが自動車業界についての150億ドルの援助計画に関する協定により近々ベガスにもあるだろうと言います。
今朝のCNBCで、上院議員ジョンエンサイン(R-NV)は、彼が、自動車救済の通過を阻止したいと思うと言いました。「私は私自身だけでなくそれを考えます、しかし、我々の何人かはなんとかしてこの一括法案を妨害することを見ています」と、彼が言いました。
しかし、ホストがエンサインに、政府がまたエンサインの自分の州のゲーム産業を救うべきであるかどうかを尋ねた時に、ネバダの上院議員はドアを開けっ放しにしました:
Q: Las Vegas is quiet. If the gaming industry ever came to you and said we need some sort of assistance…where do we stop in all this?
Q:ラスべガスは静かです。ゲーム産業があなたのところへ行って、我々がある種の援助を必要とすると言うならば、…どこで、我々はこういうことで立ち止まりますか?
ENSIGN: That’s exactly right. The gaming industry and the hotel industry are hurting and hurting very very bad. And by the way, the hotel industry across the United States, not just in Las Vegas, employs a lot more people than the auto industry does. … And we don’t hear people saying let’s bail out the tourism industry, and it’s hurting.
エンサイン:
それは正確に正しい。
ゲーム産業とホテル産業は非常にひどく痛んでいます。
ところで、そして、米国を横断するホテル産業は、ラスベガスでだけでなく、自動車業界よりもっとたくさんの人々を雇用します。

そして、私達は、人々が、観光業界を救済しようと言うのを聞かず、それは痛んでいます。

日朝戦争シュミレーション






若干蛇足




外国人参政権の付与から数十年後、20XX年


日本は分権が進み、関畿州の知事に在日4世の金制登が州知事になった。


「我々は統一朝鮮政府のもとに日本国から離脱する」と宣言した。統一朝鮮政府は同民族保護の下に軍を派遣した。日本政府は弱腰の態度を取り続け、関畿州の離脱も止む無しの態度をとった。


十万の朝鮮軍属が関畿州に集結して、戒厳令を敷いた。日本人数百万人を交渉の材料として、関畿州の統一朝鮮政府の下に置くことを宣言した。


日本人を他の州に移住させる事を金知事と交渉を続け、その代わり半島の数百万人をここに移住させる事に同意することになった。


これに反発した日本人は、ゲリラとして民族戦線を結成した。同時に自衛隊の民族派は関畿州周辺を陸海空軍で封鎖する作戦を立てた。


戦闘は局部から徐々に中心都市へと広がり、本格的な戦闘を開始した。


統一朝鮮政府は中国の後押しにより、「戦闘の終結を直ちに止めないと原爆の使用も辞さず」と最後通牒を突きつけた。日米安保条約により米軍の出動をこうたが、米軍は本国に殆どの軍備を引き上げ、本国の混乱のため、出動はできないと言ってきた。


孤立無援の日本国政府は、国民の意思を尊重して、開戦を決断した。


首都に向かって、数発の弾道ミサイルが発射され、迎撃ミサイルにて反撃を開始した。関畿州の周りを取り囲み進撃を開始して、瞬く間に主要都市を押さえた。


それに反抗して統一朝鮮軍は市民を攻撃して、多くの犠牲者がでた。


自衛隊の陸海空軍は迎撃して朝鮮軍を打ち負かす戦果を挙げた。


関畿州は日本の手に落ちるのは時間の問題であったが、条約のもと中国政府の参戦で尖閣諸島および沖縄に中国軍は上陸を開始し始めた。・・





あの時、外国人参政権を付与する法案を・・・


パレスチナ、クルド、コソボ、南オセチアなどの国内民族紛争を他人事のように見てきた無能な議員の為に日本国を売り渡すことになろうとは・・・子孫はどう思うだろうか?。




人権擁護法案や1000万移民法案・・・それに付随する右翼的言論の封じ込め法案が成立したら、危険人物の拘束や思想教育の結果、日本は分権と同時にバラバラになるかもしれない・。

国内国家?





<民団>参政権実現へ賛同候補を全面支援
2008-11-27
















17日の第45回関東地方協議会でも地方参政権実現へ「衆院総選挙」に総力をあげて臨むことを確認した

総選挙へ根回し着々

民主、公明とも「付与」強調



 与党内から年内衆院解散を否定する発言が相次ぎ、麻生太郎首相(自民党総裁)が来春以降の解散を示唆することにより年内解散・総選挙は遠のいたとされる。政権交代の可能性をはらんだ
「政権選択選挙」とされる今度の総選挙を、永住外国人の地方参政権獲得に向けた天王山と位置づける民団は、付与に賛同する候補者を中央・地方・支部が連携して積極的に支援し、選挙後に召集される国会での地方参政権法案の早期提出・成立をめざしている。



 12日に開かれた民団中央権益擁護委員会の第11回地方参政権獲得専門委員会(柳時悦委員長)では、今度の総選挙が地方参政権実現の最大のヤマ場になることを再確認し、全団をあげての取り組みをあらためて強調するとともに、「付与賛同候補者への効果的支援」策を中心に論議した。



 これに先立ち鄭進中央本部団長は、10月のソウルでの「全国幹部研修会」で、総選挙を念頭に地方参政権の早期獲得に向け万全の態勢で臨むことを表明、参加者は「全力傾注」の決意を新たにしている。



 今月6日の第34回中国地方協議会(岡山県地方本部主管)に続き17日に開かれた第45回関東地方協議会(群馬県地方本部主管)でも、民団中央地方参政権推進委員長の呂健二副団長と徐元喆国際局長が地方参政権運動と衆院総選挙対策について報告し、総力をあげて取り組むことを確認した。



 永住外国人への地方参政権付与法案は、すでに連立与党の公明党から国会に提出されているが、衆院解散時には自動廃案となる。



 野党・民主党は「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」が「付与に関する提言」をまとめ(5月)、「地方参政権検討委員会」も「付与すべきだ」との検討結果を小沢一郎代表に答申(9月初め)。今度の総選挙用のマニュアルにも「付与」をうたっている。



 ちなみに、民主党は98年の結党時に策定した「基本政策」の中で「定住外国人の地方参政権などを早期に実現する」と明記しており、同年10月に「永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権等の付与に関する法律案」を公明党と共同提出。2000年7月には民主党単独で法案を再提出した。



 民主党は、昨年7月の参議院選挙の結果、参院第1党となっており、小沢代表は「(衆院)総選挙で民主党が多数を獲得したならば、『付与』公約を必ず実現する」と強調している。



 99年の自民党との連立に当たり「地方参政権付与」を「与党3党合意」に盛り込んでいる公明党は、今年に入り、民主党による「付与法案」の提出を歓迎すると表明。民主党案が出されれば、調整してでも「付与」を実現させると明言している。



 それだけに、今度の解散・総選挙は、民団、そして在日同胞、永住外国人にとり長年の懸案だった地方参政権を実現させるうえでの最大のヤマ場となる。



 民団では、この好機を逃すことなく、各党に積極的に働きかけ、候補者および解散時期が確定次第、付与賛同候補者に対する最大限の支援を行うことにしている。そのため現在、中央・地方・支部連携のもとに、商工会議所、婦人会など傘下団体と協力しての支援態勢づくりを推進中だ。



(2008.11.26 民団新聞)


蛇足


ここはどこの国なのやら??外国人に応援して貰う、日本国議員たち・>ァフォらし。





憲法


第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。





 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。





 公務員の選挙については成年者による普通選挙を保障する。




逆に読めば、公務員(地方、国の議員を含む)の選挙については、一部の奉仕者ではなく、国民固有の権利である。

選択肢を惑わす者達

Smoking gun! Rockefeller Official Revealed NWO Plot in 1969

動かぬ証拠!ロックフェラー当局者は、1969年にNWO計画を明らかにしました.


December 5, 2008

by Henry Makow Ph.D.

2008年12月5日

ヘンリーメイコ博士によって




若干蛇足




Our political and cultural "leaders" are accomplices in a plot to re-engineer humanity to serve the Judeo-Masonic central banking cartel. Wars, terrorism, depressions, political and social change, entertainment and fads are all contrived to gradually bring about an Orwellian police state. Many people have said this but last week, I learned of another "smoking gun."

我々の政治的で文化的な「リーダー」は、ユダヤフリーメーソンの中心銀行業務カルテルに奉仕するために人類を再設計する策略の共犯者です。戦争、テロリズム、経済の落ち込み、政治的社会的変化、エンターテイメントと流行のすべては、徐々にオーウェル風の警察国家をもたらすために目論まれます。多くの人々はこれを言いました、しかし、先週、私はもう一つの「動かぬ証拠」について知りました。

Randy Engel, the President of the US Coalition of Life sent me a tape she made in 1988 with Dr. Lawrence Dunegan, a Pittsburgh pediatrician who died in Jan. 2004. It consists of his recollection of a speech given March 20, 1969 by Dr. Richard Day, the National Medical Director of the Rockefeller-sponsored "Planned Parenthood" to a meeting of the Pittsburgh Pediatric Society. It describes "A New World System," already in place which would permanently transform the world. Dr. Day wanted the eighty or so physicians present to be prepared. The transcript of Dunegan's recollections has been posted here and should be read in full. However, I'll provide a summary here.

ランディエンゲル、米国生命保護活動家連盟のトップは、ローレンスデゥネガン博士(2004年1月に死んだピッツバーグの小児科医)と、彼女が1988年に作ったテープを私に送りました。

それは彼の1969年3月20日リチャード・デイ博士(ピッツバーグ小児科社会のミーティングへのロックフェラーで後援された「家族計画」の全国的な医長)によってされたスピーチの記憶から成ります。

それは、すでに、恒久的に世界を変えるであろう場所にある「新世界システム」を説明します。

デイ博士は出席している80人ほどの医者が準備されることを望みました。デゥネガンの記憶の写しは、ここに送られて、完全に読まれなければなりません。しかし、私は概要をここで提供します。

Much of what Day promised in 1969 is like looking into a rear-view mirror today. But ominous events have yet to transpire. They do want to implant a chip in us so they can find and identify us, as well as monitor and control our purchases. They are weaning us off national allegiance and will resort to terrorism to win our assent to their global police state. They may use "one or two nuclear bombs to convince people we mean business," Day said. He refrained from mentioning who "we" are but said the names are recognizable. Given that he worked for the Rockefellers, I assume he meant the Rockefellers and their bosses, the Rothschilds.

デイが1969年に約束したものの多くは、今日バックミラーを調査することに似ています。

しかし、不吉なイベントは、まだこれから発散する必要があります。

彼らが私達の購入品を監視し、コントロールするだけでなく私達を見つけて、識別することができるように、彼らは、チップを私達に植えつけたいと思う。

彼らは全国的な忠誠から私達を離乳させていて、それらのグローバルな警察国家への私達の同意を勝ち取るためにテロに行くでしょう。

彼らは、「私達が本気であるのを人々に納得させる1つまたは2つの核爆弾」を使うことができるとデイは言いました。

彼は、「私達」が誰であるかを述べることを控えたけれども、名前が認識可能であると言いました。

彼がロックフェラー家のために働いたと仮定すると、私は、彼がロックフェラー家とそれらのボス、ロスチャイルド家を意味していたと思っています。

This adds weight to the widely-held view that the central bankers are responsible for most terrorism, using MI-6, Mossad and the CIA. Dr. Day also said that "war is obsolete" given the danger of nuclear exchange so terrorism would be used instead. This was 1969.

これは、MI-6、モサド、およびCIAを使って、中央銀行総裁がほとんどのテロに責任があるという広く支持された見方に重みを加えます。

テロが代わりに使われるであろうように、核の交換の危険を与えられて、デイ博士はまた、「戦争が時代遅れです」と言いました。

これは1969年でした。

He said that there are always two reasons for anything the Rockefellers do: the pretext which makes it palatable to the gullible public and the real reason. Thus, as I argued in my book "Cruel Hoax" (2007), we are being turned into homosexuals in the name of "women's and gay rights." Gender-neutered and promiscuous, fewer people are still able and willing to bond permanently with the opposite sex for the purpose of having children.

彼は、ロックフェラー家がする何か2つの理由がいつもあると言いました:

それを騙されやすい一般大衆と本当の理由に美味にする口実です。

従って、私が私の本「悪質な捏造」(2007年)中で議論した時に、私達は「女性とゲイであることの権利」の名における同性愛者に変っています。

ジェンダーで去勢されて、乱雑に、より少ない人々はまだ子供を持つために異性と恒久的に快く接合することができます。

Dr. Day said sex will be separated from marriage and reproduction ( i.e. "sexual liberation") to break up the family and reduce population. Abortion, divorce and homosexuality will be made socially acceptable. "Homosexuals will be given permission to act out. Everyone including the elderly will be encouraged to have sex. It will be brought out into the open. Anything goes." [The "Stonewall Riots" which unleashed the "gay rights" movement, took place three months later.] The ultimate goal is to have sex without reproduction. Reproduction without sex will occur in laboratories. Family size will be limited as in China.

デイ博士は、性が、ファミリーをばらばらにし、人口を減らすために結婚と再生(すなわち「性の解放」)から分離されるであろうと言いました。

中絶、離婚、および同性愛は社会的に容認されるでしょう。

「同性愛者は、実演する許可を与えられるでしょう」。

年配者を含む人はみな、セックスをするように勧められるでしょう。

それは表に出されるでしょう。

「何でも許容される。」

[「ゲイの権利」動きを解放した「暴動を妨害してください」は3ヶ月後起こりました。]

最終目的は、再生なしでセックスをすることです。

性のない再生は研究所に存在するでしょう。

ファミリーサイズは、中国でそうであるように制限されるでしょう。

It will be made more difficult for families to stay together. More women will work outside the home and more people will remain single. Sports instead of dolls will be promoted to girls so they will seek achievement instead of family. Girls will be taught they are the same as boys.

それは、ファミリーが一緒に暮らす事がより難しくされるでしょう。

より多くの女性は家の外で働くであろうし、より多くの人々は独身でいるでしょう。

人形の代わりにスポーツは女の子に昇進するであろうので彼らがファミリーの代わりに達成を捜すでしょう。

女の子は、彼らが少年と同じであることを教えられるでしょう。

In general, international sports like soccer and hockey will be pushed so Americans will see themselves as "world citizens." American sports like baseball and football will not be similarly encouraged.

一般に、サッカーとホッケーのような国際的なスポーツは推進されるであろうしアメリカ人が自身を「世界市民」と考えるでしょう。

野球とフットボールのようなアメリカのスポーツは同様に促進されないでしょう。

Pertinent now that US automakers are hurting, Day said America will be de-industrialized. Each part of the world will have a specialty and thus become inter-dependent. He said American industry will be undermined and shown to be uncompetitive. The US will remain a center for agriculture, high tech, communications, and education.

今や、米国自動車メーカーが痛んでいる事に関係して、デイは、アメリカが不工業化されるであろうと伝えていました。

世界の各地域は特色を持ち、それから相互依存するでしょう。

彼は、アメリカの産業が、徐々に蝕まれて、競争力がないと明らかにされるであろうと言いました。

米国は農業、ハイテク、通信、および教育のためのセンターであり続けるでしょう。

Pornography, violence and obscenity on TV and in movies will be increased. People will be desensitized to violence and porn and made to feel life is short, precarious and brutish. Music will "get worse" and will be used for indoctrination.

テレビでの、そして映画におけるポルノ、暴力、およびわいせつは増大するでしょう。

人々は、暴力とポルノに感度が下がり、生命が短く、不安定で、粗野であると思わされるでしょう。

音楽は「より悪くなる」であろうし、教化のために使われるでしょう。

There will be unemployment and mass migration in order to uproot long established (conservative) communities. Social change will be introduced in port cities and work its way to the heartland. (Thus, the east and west coast are liberal.)

失業があり、長い設立された(保守主義者)コミュニティを根絶するために移住がひとかたまりになるでしょう。

社会的変化は港湾都市で導入されて、中心地域に進むでしょう。

(従って、東と西海岸は寛大です。)

He said a cure to cancer exists in the Rockefeller Institute but is kept secret for purposes of depopulation. He said there will be an increase in infectious man-made diseases.

彼は、癌への治療がロックフェラー研究所で存在しているけれども人口減少の目的のために秘密にされると言いました。

彼は、伝染性の人造の病気の増加があるであろうと言いました。

Dr. Day, who worked in weather modification during the war, said weather can be used to wage war or create drought and famine. The food supply will be monitored so no one can get enough food to "support a fugitive from the New System." Growing your own food will be outlawed under the pretext of it being unsafe.

戦争中に気象調節において働いたデイ博士は、天候が、戦争を遂行するために使われるか、干ばつと飢饉を作成することができると言いました。

誰も、「逃亡者をサポートする」のに十分な食物を「新システムから」得ることができないように、食品供給は監視されるでしょう。

あなた自身の食物を成長させることは危険なその口実の下で禁止されるでしょう。

He said people are controlled by means of the information they are given. Thus, information will be selective. Not everyone will be allowed to own books. "Certain books will disappear from libraries." Literary classics will be subtly altered. People will spend longer in school but not learn anything. There will be restrictions on travel; and private home ownership will disappear.

彼は、人々が、彼らが与えられる情報によってコントロールされると言いました。

従って、情報は選択的になるでしょう。

誰もが、本を所有することを許されるわけではないでしょう。

「一定の本はライブラリから消えるでしょう」。

リテラリー・クラシックは微妙に変更されるでしょう。

人々は学校でより長い間費やすであろうけれども、何も学びません。

制限が旅行においてあるでしょう;

そして、私的な家庭の所有権は消えるでしょう。

He said people who don't want to go along will be "disposed of humanely." He said there will be no martyrs--"people will just disappear."

彼は、一緒に行きたくない人々が「慈悲深く殺される」であろうと言いました。

彼は、殉教者が全然いないであろうと言いました--「人々はまさに消えるでしょう」。

CONCLUSION

結論

Dr. Day says politicians are manipulated "without their even knowing it." Their failure to protect us from this Satanic conspiracy is a betrayal of the first order. We have to alert the sincere ones and reach soldiers and police too. Civilization hangs in the balance. We are in real danger and should organize in small independent units.

デイ博士は、政治家が、「彼らがそれを知りさえせずに」処理されると言います。

この悪魔の共謀から私達を保護することにおける彼らの失敗は最初の命令の裏切りです。

私達は、誠実なものに警報を出し、また兵士と警察に達する必要があります。

文明は五分五分です。

私達は本当の危機にいて、小さな独立なユニットにおいて団結するべきです。

People are hurting now and are more receptive to this information. This "economic downturn" is deliberate and part of the police state agenda. We have to educate people who think these events are random. The Rockefellers and their traitorous lackeys won't bring this off if the intelligentsia and masses are aware of the truth.

人々は現在痛んでいて、この情報を受け入れています。

この「景気の下降」は故意で、警察国家の方針の一部です。

私達は、これらのイベントがランダムであると思う人々を教育する必要があります。

知識階級と大衆が真実に気づいているならば、ロックフェラー家とそれらの反逆的な下男はこれを救助しないでしょう。

Progressives and Leftists need to learn that "progress" and "change" really refer to totalitarian world government. This is the change they "believe in." Dr. Day said in 1969, "people will have to get used to constant change." I used to be a Liberal-Leftist myself. If I can see the real meaning of "changing the world," others can too.

革新主義者と左翼は、その「進歩」を学ぶ必要があり、「変化」は本当に全体主義の世界政府を参照します。

これは、彼らが「信じている」変化です。

デイ博士は、「人々は、絶え間ない変化に慣れる必要があるでしょう」と1969年に言いました。

私は、かつて自身に寛大な左翼でした。

「私が世界を変更します」の本当の意味がわかることができるならば、他もできます。

We also have to take practical steps to defend ourselves, our families and our freedom.

私達はまた、自身、私達の家族、および私達の自由を防御する実用的な処置を取る必要があります。

Our society and culture are a fraud based on one central fraud, the monopoly over government credit in the hands of Cabalist private bankers. They are using this power to extend their monopoly over every aspect of our lives by manipulating world events and social behavior. The only way to save civilization from failure is to nationalize the Central Banks.

Our society and culture are a fraud based on one central fraud, the monopoly over government credit in the hands of Cabalist private bankers. They are using this power to extend their monopoly over every aspect of our lives by manipulating world events and social behavior. The only way to save civilization from failure is to nationalize the Central Banks.


私達の社会と文化は1回の中心的な詐欺行為(カバラ学者個人銀行の手中の政府借款の独占)に基づいたぺてん師です。

彼らは、世界の出来事と社会的行動を処理することによって私達の人生のすべての面でそれらの独占を拡張するためにこのパワーを使っています。

文明を失敗から救う唯一の方法は、中央銀行を国営化することです。





蛇足

今の日本において、民主党への政権交代はいかにも良い選択肢に思えるよう誘導されている。その実、悪魔主義に変貌する一里塚であることは、アメリカ合衆国と同じ運命をたどっている。

中央銀行制度の変革こそ、最重要課題であり、日本を解体する悪魔主義に売り渡すようなマスコミと似非知識人達の後ろの支配者層に意のままに操られようとしている・。

自由をはき違え、マスコミの垂れ流す嘘の情報に洗脳されないよう自分自身で選択をするべきだ・。


日本の民主党が自主独立の気概があれば問題は無いが、イルミナティのご託宣どうりではどうしようもない・。

戦争意識

戦争


意識調査





隣国はやる気満々でつ・。が日本は逃げるがダントツです・。


少しは改善されたか?日本が軍国主義国などというァフォ・。




若干蛇足



蛇足


戦後教育のおかげで、日本とドイツは戦争アレルギーを注入され、マスコミや行政、はては企業団体まで忌避して洗脳されたが・ようやく目醒めた。


右傾化や極右などたわごとだと分かる。


もともと、公務員労働組合があることもおかしいのであるが、内容が少数派擁護に終始し、平和や人権を叫ぶのも変な話しである。大多数の資本主義社会に生きて、税金を払っている日本人へのサービス提言など皆無である・。人権、人権などと騒ぐ方が人権を知らないのではないか?ヒューマンライツは人権ではない・。人間としての平衡の比重の問題なのである・。


造語日本語にだまされるな・。

主義はイズムであるから個人の問題である。


よって、日本は軍国主義ではない・。大変な韓国・中国は軍国主義だ・。





ぶっちゃけ(100-1)


日本の片隅で基本的人権とは何かを考える





 昨今、人権や報道の自由、それに伴う権利や義務ということについて議論されることが多くなったが、一つ確認しておかなければならない重要なことがある。


 それは日本人が理解している「法」を巡る思想である。言葉にすると難しいが、要は、人権とはなにか平等とはなにか云々の話である。大部分の日本人はこのような言葉の意味を曲解していることを理解していない。

 人権や平等、権利や義務という言葉は、これらの言葉をどのように定義するかでさえ世界的には大きな論争を繰り広げているというのに…。

 だから、このような抽象的な言葉に基づいて議論する際、立場がははっきりしなくなるのだ。


 ここでは敢えて長くなるが、その思想対立を紹介したい。


 以下の文章は副島隆彦氏の世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち
第4章「法」をめぐる思想闘争と政治対立の構図を私なりにまとめ、少し加筆したものであることをはじめにお断りしておく。(以下引用部は通常の白い文字を、私が加筆し意見にしたものは青い文字で示すことにする)


①自然法(ナチュラル・ロー)

 

 アリストテレスに遡る大思想で、「
人間社会には、それを成立させて、社会を社会、人間を人間とたらしめている自然のきまり、おきてがある。」というところから始まり、この自然法は必ずあるのだと、西欧政治思想の中ではずっと考えられてきた。

 

 さらに中世では「自然法を定めるのは、やはり神であるとトマス・アクィナスが説明し直した。

 

 その後、エドマンド・バークがこの流れを受け、「この世に在るもの、在るがままにあるもの、それらを全てを認める。」と主張した。


 詳しく言えば、この世の中の秩序を成り立たせているものを「永遠の相の下における」「自然秩序そのもの」とし認めるということであり、これらは決して目に見えず、人間という愚かな生き物の、その人智を超えて、永遠のものであり、捉え難いものであるとする。


 彼はその著書「フランス革命の省察」において、フランス革命を激しく非難した。それは人間の自由の解放でもなんでもなく、ただの民衆暴動であり、国王や貴族たちを大量に断頭台に送った巨大な秩序崩壊、文明破壊に過ぎないと断じたのである。




②自然権(ナチュラル・ライツ)


 自然権をはじめて主張したのはジョン・ロックで、彼も自然の掟を認めている。しかし、彼はそれよりも「自然権」(ナチュラル・ライツ)を「人間一人一人の個人に生まれながらの固有の権利として”天”あるいは”神の摂理”から、ナチュラル・ライツを与えられているのであり、これは何人も奪うことができない生得の諸権利である」としてこの「自然権」の方を「自然法」よりも重視した。


 ロックの思想はアメリカ独立宣言やフランス人権宣言、ひいては日本国憲法典や国際連合の「世界人権宣言」などを作りるに至っている。そして、このロックの「自然権」から始まった、「憲法が定める基本的人権」をまるで「自明の、実在の権利としての、国家に対する請求権だ」と考えるに至り、現在世界の多くの人々がこの考えを持っている。


 しかし、ロックのいう「自然権」においては憲法典は「生命・身体・及び財産所有の国家からの自由・独立・不可侵」だけ保障宣言しており、憲法典は全ての人間の社会福祉まで保障している」も言っていない。とは一言


 日本国憲法第二十五条の「生存権、国の生存権保障義務」までロックの思想によると保障しているわけではないこのことこそが、ロックの思想と現代日本のリベラルな思想(ヒューマンライツ)が大きく異なり、民主主義の意味を曲解している所以である。



 この①ナチュラル・ローと②ナチュラル・ライツが西欧政治思想における一つの争点であり我々が論ずる場合のリベラルな思想とは異なるということをまず認識しなければならない。



 さらに言えば、①ナチュラル・ロー②ナチュラル・ライツ③リベラルな思想(ヒューマンライツ)は全て①のナチュラル・ローという存在を認めるものの③ヒューマンライツ、特に日本のリベラルな思想は戦後の人権尊重・平等思想と相まって②ナチュラルライツを拡大解釈し曲解していることを指摘しておく。


 ②ナチュラル・ライツの現実的官僚的保守派は彼らが握り締めている現実の政治権力を維持するために表立って否定しにくい人権という言葉を巧みに利用し、③ヒューマンライツをうまく取り込む。

 この結果、ばらまき福祉と各種援助とその結果として税金を取れるだけ取ろうという役人根性丸出しの行動法則を行なう。これが利権大連合を形成するのである。

 だから、いつまでたっても、天下りは減らないし、税金が無駄に使われるシステムの変化が起きないのである。このような理解に乏しいため、全て国が悪い、官僚が悪いという議論に終始し、建設的で実効性のある改革案がでてこないのだということだけは明確に指摘しておきたい。


 日本では、①ナチュラル・ローという政治思想そのものが、ごく一部の政治学者だけに共有されてきた思想で、一般人にはほとんど知られないまま現在に至るだけでなく、この②ナチュラル・ライツと③ヒューマンライツが明確に区別・認識されていない。


 私たちの憲法が規定する基本的人権の内容そのものが、近代国家成立の過程で争われた法という概念の基本的枠組みと異なるものだという理解が乏しい。

 
つまり、私たち日本人が持つ法律概念には①ナチュラル・ローという存在は意識されず、②ロックの主張する自然権すなわち、ナチュラル・ライツを拡大解釈した③リベラルな思想(ヒューマンライツ)として共有、曲解されているのである。

 この大いなる西欧の政治思想との格差を私たちは痛感、認識すべきではないだろうか。


 


蛇足


アリストテレス以来のレシオナリズムが自然法(ナチュラル・ロー)である。究極の合理主義なのです。この現在社会の全てを覆っている思想なのです。


その究極が金儲けであり(成功者)、出世欲(競争勝者:オリンピックなども)など優勝を称える思想のベースになっている。自然権として「生命、身体、財産の国家からの自由」なのであり、ヒューマンライツ(人権という造語)はナチュラルライツの枠組の中の一部に過ぎない。公共の福祉などという概念はなく・。日本の人権は「差別や公共福祉」という事を通した、人権と騒ぐただの人間欲のレショナリズムの発露でしかない・。



アメリカ2009年の大変動?



若干蛇足


From The “Panic” Of 2008 To The “Collapse” Of 2009

2008年の「パニック」から2009年の「崩壊」まで

Top trends forecaster gives chilling prediction for next year

最高の傾向予告官は、来年の恐ろしい予測をします

Paul Joseph Watson

Prison Planet.com

Tuesday, December 2, 2008

ポール・ジョセフ・ワトソン

刑務所惑星.com

2008年12月2日火曜日

The country’s top trends forecaster, who accurately predicted the “panic” of 2008 nearly a year before it unfolded, is now ominously suggesting that next year will come to be known as “the collapse of 2009″.

正確に、それが広がる約1年前に、2008年の「パニック」を予測したアメリカでのトップの傾向予告官は来年が、「2009年の崩壊」として知られているようになるであろうということを不吉に示唆しています。

Gerald Celente, CEO of Trends Research Institute, sent out a letter to his subscribers announcing that he had purchased a domain name called “Collapseof09.com”.

彼が「2009年の崩壊.com」と呼ばれるドメインネームを購入したことを発表している彼の加入者に、ジェラルド・セレンテ、トレンドリサーチ研究所のCEOは手紙を送りました。

Around this time last year, Celente sent the following message to his subscribers;

去年の今ごろ、セレンテは以下のメッセージを彼の加入者に送りました;

In 2008, Americans will wake up to the worst economic times that anyone alive has ever seen. And they won’t know what hit them. Just as they were in a state of shock on 9/11, they’ll be frozen in fear when the Economic 9/11 strikes at the heart of Wall Street.

2008年に、アメリカ人は、誰でも生きたままこれまでに見ていたことがある最も悪い経済の時に気付くでしょう。

そして、彼らは、何が彼らに打撃を与えられるかを知らないでしょう。

ちょうど、それらが9/11上のショック状態にあったように、経済の9/11がウォール街の中心を直撃する時に、それらは恐怖で凍結されるでしょう。

Dismiss this trend forecast at your own peril. If you believe everything will be all right, and that the ship of state is sailing along just fine, toss this out and go about your business.

あなた自身の危険で予測されるこの傾向を忘れ去ってください。あなたはすべてが問題ない、そして、国家が正当な航路に沿って出航していると思っているならば、これを捨てて、あなたの仕事をしてください。

Having correctly forecast the “Economic 9/11″, Celente is warning that people should prepare for something much worse in 2009.

正しく予測します「経済的な9/11″、セレンテは人々が2009年に更に悪いことに何かに備えなければならないと警告しています。

As we reported last month, Celente recently told Fox News that by 2012 America will become an undeveloped nation, that there will be a revolution marked by food riots, squatter rebellions, tax revolts and job marches, and that holidays will be more about obtaining food, not gifts.

我々が先月報告したように、セレンテは2012年までに、アメリカが未開発の国になる、食物暴動、不法占拠者反乱、税金反乱と仕事デモ行進によって祝われる革命がある、そして、休みが食物(贈り物でない)を得ることについてより多くなると最近フォックスニュースに話しました。

Celente’s accuracy is widely heralded since he correctly predicted the 1997 Asian Currency Crisis, the subprime mortgage collapse and the massive devaluation of the U.S. dollar.

彼が正しく1997年のアジア通貨危機、サブプライム抵当崩壊、および米ドルの大規模な切下げを予測して以来、セレンテの精度は広く伝えられています。

In 2007, Celente forewarned that “giants (would) tumble to their deaths,” which is exactly what we have witnessed with the collapse of Lehman Brothers, Bear Stearns and others.

2007年に、セレンテはその「巨人は(するでしょう。)彼らの死に転落する」ことを前もって注意しました。そして、それは正確に我々がリーマンブラザーズ、ベアースターンズその他の崩壊で目撃したものです。

Celente has stated that the current financial downturn will ultimately lead to nothing less than revolution.

セレンテは、現在の金融の下降が最終的にまさしく革命をもたらすであろうと述べました。

“There will be a revolution in this country,” he said. “It’s not going to come yet, but it’s going to come down the line and we’re going to see a third party and this was the catalyst for it: the takeover of Washington, D. C., in broad daylight by Wall Street in this bloodless coup. And it will happen as conditions continue to worsen.”

「革命がこの国にあるでしょう」と彼は言いました。

「それは、まだ来ようとしていないけれども、それは、ラインを降りようとしていて、私達は、第三者に会おうとしていて、これはそれのための触媒でした:」

この無血クーデターにおけるウォール街による真っ昼間のワシントンD. C.の乗っ取り。「そして、条件が、悪化し続ける時に、それは起こるでしょう」。




民主党の何が問題か?

2005年マ二フェスト


外交・安全保障


全ての無年金障がい者を「特定障害者特別障害給付金」の救済対象とすることにより、 無年金障がい者に基礎的な所得保障を行います。また国籍要件などの影響で、無年金、低年金となった高齢者(在日外国人、在外邦人)に対しても、老齢福祉年金などに準じた給付を行えるようにします。




2007年マ二フェスト


4. アジアの一員として

アジアの一員として、中国、韓国をはじめ、アジア諸国との信頼関係の構築に全力を挙げ、国際社会においてアジア諸国との連携を強化します。特に、エネルギー・通商・環境分野において、アジア・太平洋地域の域内協力体制を確立します。


2005年マ二フェスト


○日本はかつて戦争への道を選び、国民に深刻な犠牲を強いたのみならず、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して植民地支配と侵略によって大きな損害と苦痛を与えました。私たちは、この歴史の事実を謙虚に受け止め、率直な反省と謝罪の気持ちを忘れません。60年前の戦争の検証を政府が中心になって行います。


○これまでに戦争で犠牲になった方々や、国際公務に携わる中で不幸にして命を落とした方々のための国立追悼施設を建立します。


(2)平和で豊かなアジアをつくります。

1.近隣諸国との信頼醸成を図ります。

2.日中関係を再構築します。

3.日韓関係を強化します。

4.東アジア共同体の構築をめざします。



2007年マ二フェスト


6. 人権侵害救済機関の創設

民主党は、「人権侵害による被害の救済及び予防等に関する法律案」(人権侵害救済法案)を提出しましたが、政府は対案となる「人権擁護法案」の提出を拒み、審議を忌避する状況が続いています。民主党の法案は、内閣府の外局として中央人権委員会を、また、各都道府県に地方人権委員会を設置し、人権侵害に係る調停・仲

裁等の手続きを定める
とともに、特別救済手続については報道機関等を対象としないことを内容としており、引き続きその成立をめざします。


2005年マ二フェスト


(7)差別の解消をめざす法律を制定します

 法務省から独立した人権委員会の設置などを盛り込んだ「人権侵害救済法案」 を成立させます。




2007年マ二フェスト


5. 公務員制度の抜本改革

真の行政改革のためには国と地方のあり方を抜本的に見直し、地方分権をすすめることが不可欠です。民主党は、各省庁や自治体に対して情報提供を求めることができる強力な権限を持った「行政刷新会議」を設立し、国の役割を大幅に限定して事務事業の多くを地方へ移譲するという観点からの見直しを集中的に行います。国の機関の組織及び定員は、行政刷新会議の提言に基づいて抜本的に改めます。大胆な地方分権の結果国家公務員の定数も大幅に減少し、国家公務員総人件費を3年間で2割以上削減することが可能になります。また、納税者である国民の理解を得るため、非常勤の国家公務員人件費及び勤務実態に関する情報公開をすすめます。労働基本権は労働者本来の権利であり、重要な労働条件などは当事者抜きに決められてはなりません。しかし、日本の法令及び慣行は公務員の労働基本権を制約しており、国際労働機関(ILO)も1965年以降、このような日本の状況がILO条約の規定に違反しているとの厳しい勧告を出しています。民主党は、公務員の職務の特性にかんがみて特に異なる取扱いが必要となる場合を除き、公務員の労働基本権を回復します。

その結果、労働条件は民間と同様、交渉で決められるようになります。それに伴い、一般職の公務員には労働基準法及び判例法理に準じた雇用保障制度を導入します。政府全体の統一的人事管理及び使用者としての機能を担う担当大臣を置き、同大臣が労働組合との交渉等を行います。また、能力・実績に応じた処遇を可能にする人事管理制度を導入します。




書いてないこと





・外国人参政権


・金融特定国支援





蛇足


・あくまでも人権擁護法(人権侵害救済法)で政府(内閣府)と都道府県に中央人権委員会及び人権委員会を設立して人権の回復処置をする。 一般国民に馴染まない、おどろおどろしい強力な組織の構築が含まれている。権限の範囲は不明で不気味な存在と写るのが分からないのだろうか?。


・常に東アジアとの共生が含まれ、反日については相手方に理がある解釈をしている。その事に伴う、日本国と日本人の不利益はどうするのか?日本人として立脚できない政策では是々非々の対応ができるのだろうか?。


・公務員は地方に移し、国家公務員の削減をして公務員総数及び賃金の削減が明記されていない。また、一般公務員に労働権を与え、尚かつ、身分保障を明記する事は公務員改革になるのか?


また、公務員制度自体の存続を図る事は先進諸外国とは逆向きの政策ではないか?


また、日々雇用、パート、外郭団体職員は給与水準は現在低いままの処遇で、それを明記していない事で、一般公務員との格差の解消になるのか?また、切り捨てるのか?公務員自体を外郭職員並にする政策はないのであろうか?


・最後に、外国人参政権を明記していないのにそれに賛成なのか、反対なのかが示されていない・。統一した見解が出せないのではないか?結果として法務省の言いなりになって賛成するのなら国民不在ではないか?


外国人参政権の法案提出中。マニュフェストには載っていないのはなぜか?


国籍法改正


金融特定国


マニフェストに書いてない事をドンドン進めるのは本気で日本人の為の改革をする気があるのか疑たがわしい。特定外国人を支援しようとしているのがまるわかり・です。


民主党の良識派はちゃんと正すようにして貰いたい・。




プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR