FC2ブログ

前から同じような話は一杯ありますた・。

『第三次世界大戦のシナリオとは・・・』佐藤優 1/2






『第三次世界大戦のシナリオとは・・・』佐藤優 2/2




蛇足
居酒屋談義のようなこのオッサンですが・。真実はどこか?
まあ、北朝鮮にはイギリス大使館があるのでMI6などで、すぐ米国に分かるだろうし、ある御仁(ロック)の意向で北朝鮮を生かしているだろうから・。バレバレの戦略などみんな知っているし、この人が言うことで何かがあるのであろうか?
スポンサーサイト



ABBA - Mamma Mia

ABBA - Mamma Mia



ABBA-DANCING QUEEN

中共様、韓国様の経済大崩壊のはじまりはじまり・。

中国からの撤退が続出

http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/china-research/topics/2008/no-80.html


こうした背景のもとで、中国の沿海地域にある労働集約型、低付加価値産業における外資系輸出企業、とくに加工貿易の経営形態をとっている外資系企業では大規模な撤退が始まった。

広東省ではおもに香港系と台湾系企業が加工貿易の形で労働集約型の製品を生産・輸出しているが、工場閉鎖と移転が増えている。例えば、広東省では、昨年の1年間、香港系と台湾系を中心に輸出向けの靴生産企業約1,000社が閉鎖された。そのうち、約50%は内陸地域に移転し、約25%はベトナムなど東南アジアに移転した。

山東省では、装飾品、アパレル、かばん、靴などの労働集約的分野において、韓国系輸出企業の閉鎖が目立つ。そのなか、賃金を支払わず、債務も残して、経営者が突然消えて、いわゆる「夜逃げ」も大量に発生している。

中国において日系企業も他の企業と同様に労働集約的製品の生産・輸出も行っているが、比較的高付加価値の分野に集中している。日系企業もコスト上昇の影響を受けているが、現段階に撤退することがまだ少ない。コスト上昇が今後も続くため、コスト削減策と移転を含めて、対応策を早急に講じなければならない。




日系企業が撤退する幾つの原因|アジアビジネス再生支援機構日系企業が撤退する幾つの原因

http://www.asia-saisei.org/evacuation/evacuation2.html




日本企業における中国進出の撤退率は95年前後約2割で現在では約4割まで急激に高まっている。

中国政府のWTO公約の履行による市場環境の変化、欧米の外資や現地の資本との競争が激化のため、中国市場 における競争に耐えられなくなる企業が増加しているからである。

日本以外の各国の撤退率は、韓国企業4割余、米国 企業5割、台湾企業6割弱、香港企業6割というデータが出ており、中国市場がますます厳しくなりつつある。




1、中国で事業完了による撤退。


改革開放初期に中国進出した日本企業は中国側の企業との合弁・合作は一般的である。

その契約期間は、10年、15年、20年、25年、50年様々ある。

改革開放も30年位経った現在では80、90年代の主流である合弁企業が契約期間の切れによる撤退は相当な数である。


China Report 中国は今

 消費減退、外資撤退、株価・不動産の暴落、

 中国経済に来るべき時が来たのか

http://bizex.goo.ne.jp/column/ip_1/52/11/


 2009年1月29日

「下がるだけ下がれば、後は上がるだけ」――。


上海株価指数も1700ポイント台にまで下がった今、「底か」とばかりに証券会社で口座を開く上海人も少なくない。失望と希望が交錯し、上海市民の気持ちは揺れる。崔さん(仮名・40歳)もそのひとり。それを見て年老いた父親がこう言った。


「中国の場合、ゼロが底じゃない。“地下室”もあるから注意しなさいよ」


笑うに笑えないブラックジョーク。現に中国は今、好循環が一転して悪循環に振れ始めた。北京五輪までのあの勢いはどこへ行ったか、新聞紙面も恐ろしく暗い。「台湾企業が夜逃げ」「アディダス中国撤退」「自動車部品産業が打撃」など、ここ10年来見たことのないタイトルが踊るようになった。


消費欲も消え失せ

高級店には閑古鳥


上海では、あれほどにぎわっていた高級レストランから往時のにぎわいは消えた。名物だった行列が忽然としてなくなった有名店もある。今となっては広すぎる営業面積、客のいないフロアの電気は消され、開店休業状態の店も。こと「食」に関しては糸目をつけなかった市民が、ついに食費を削り出した。つい最近までは奪い合うようにして乗ったタクシーだが、運転手は「乗客がだいぶ減った」と話す。


高級ブランドも出口を失った。従来は季節ごとのクリアランスが在庫を調整してきたが、最近は見本市会場を借り切って叩き売りをする風景がお目見え。中国人の爆発的人気を享受した、あのバーバリーもある。その奥にはB級ブランド衣料が山のように積み上がる。


あれだけ旺盛だった「消費意欲」と言うものはどこへ行ったのか。


高額所得者を顧客に持つ外資系銀行の担当者はこう言う。「100万元(1元=約15円)をファンドで預けていたお客さん、今は30万元に減ってしまった。つまり、上海市民の資産は3分の1に目減りしてしまったのです」


「息子の預金も抱き合わせて、10万元をファンドで運用したんだけど、今じゃ価値は半分以下。怖くて家族に言えません」と泣くに泣けない庶民もいる。


ちょうど昨年の今頃、上海市民は2度目の6000ポイントを夢見ていた。バクチ好きな中国人、中にはポートフォリオも組まず、すべてをドカンとファンドにつぎ込んだ高額所得者もいた。恐らく、今年のクリスマスからは、例年繰り返されたあのバブリーな消費は消えるだろう。





蛇足

以前2005年8月にも書きましたが、「中共様の経済成長はどうよ・・。>各国経済アナリスト。かなり、底上げの模様です。GDP換算で西暦1997年、98、99、00まで2~3%のマイナス成長。01~03まで2~3%成長、04はゼロ。


8%で成長中は絵に描いた餅でした。日本企業さんご苦労さん・後はどうなんでしょう??。


08過ぎるとマイナスかいな・・。」とそのとうりに動いております。今年は10%のマイナス成長いな縮小になると思われる。

小沢、岡田路線はすでに破綻しており、民主政権は中共様や韓国様の破綻のつけを拭うために成立するのであろう・。

馬鹿を見るのは、日本国民である・。毎度マスコミの左翼宣伝に騙され嘘をつかれて誘導されるのはゴメンである・。小泉改革を煽ったのは

他でもないマスコミであり、今頃はその反省もなしにまたぞろ国民を窮地に陥れる・。



ファシズム思考

マスコミや政治家のサヨクは嘘偽りを笠に着て、ゾンビのように現れる。


サヨクって何


http://www9.big.or.jp/~cumy/cgi/list.cgi?number=sayoku


 ありゃ、俺たちの国日本に、普通の国には見られないヘンな連中がいるぞ。外国の左翼とも違うおかしな連中が。


 テレビや新聞などの報道や、学校教育を受けていると素朴な疑問がわく。日本や日本の軍事行動のみをこき下ろす妙な報道や教育がなされることである。この報道や教育を行っているのがサヨクである。

 「従軍慰安婦強制連行」とか「ナンキン大虐殺」とか聞いたことがあるだろうか。既にこれらは、でっちあげであることが証明されている。
こういったでっちあげをしてでも世界で反日宣伝を行い、日本人への差別感情の熟成に貢献する日本人がいる。これがサヨクである。

 ひたすら自民族、自国をこき下ろすことに情熱を注ぐ変態、サヨク。もちろんこんな連中は外国にも例が無い。日本でしか見られない病理集団だ。

 本来左翼とは、日本では伝統的には社会主義者や共産主義者を指した。しかし、社会主義は悲惨と絶望しかもたらさないことは、旧ソ連や東欧、支那や北朝鮮等の例からも明らかになった。自らの思想が誤っていることを総括したくない左翼は、かつて占領軍が投下した憲法や反日デマゴギーを武器にひたすら自民族をこき下ろすことに情熱を注ぐ変態、すなわちサヨクに成り下がった。冷戦終結による左翼全体主義体制における数知れない蛮行の露呈を誤魔化すため。

 こんな連中が、今なお我が国の議会、公的媒体、教育界のある程度を牛耳っている。敗北してなんら処理されることがなかった冷戦の残党が、我が国でのみ、時を経てより醜悪に退化しかつ強大になった。


 そして我が国はこういう国になった。

@ 徴兵した政府が日本軍兵士など我々国民の祖先に何一つ感謝のできない国。

@ 感謝するどころか、徴兵した政府が我々国民の祖先を「グンブに騙された愚者」「騙した悪人」と決め付ける国。

@ 役人が我々国民の祖先を「グンブに騙された愚者」「騙した悪人」と決め付けた教育を行う国。

@ ナンキンダイギャクサツなど、こういう決め付けのための嘘八百が教育現場でまかり通る国。

@ 公共媒体が我が国の祖先の冤罪捏造に情熱を燃やす国。

@ 外務省官僚や政府が我々の祖先に冤罪を着せて、その冤罪をネタに外国に土下座外交を繰り返す国。

@ つまり政府が国民の気持ちより外国の政府の利益を重視する国。

@ 政府が我々国民の子孫から大量の資産を毟り取って、支那など外国にばらまく国。

@ 政府がまともな危機管理もできず、膨大な災害犠牲者を生み出し続ける国。

@ 大量の日本人を拉致されてなお、政府が何一つ外国による諜報活動を取り締まれない国。

@ ミサイルを発射されてなお、政府が発射した国に米援助をする国。

@ 政府がテロリストの要求に従い続け、国民が恰好のテロ標的になった国。

@ こういう大人を見続けて誇りを失った子供が凶悪犯罪や援助交際を行う国。





サヨク いえ、平和主義者の考えている意味と通常人の意味の比較を考えたいと思います。

http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/hitori021212.htm
















































言葉サヨクの人の意味(定義)通常の意味
自由権力者の自由国民の自由
平和侵略者が武力攻撃を受けないこと国民が武力攻撃を受けないこと
歴史自分たちが理想とする過去現実の過去
民主主義一党独裁で個人の発言を認めないこと個人の意見が自由に発言できること
楽園独裁者が酒池肉林を楽しめること勤労者が応分の楽しみを得られるところ
権利独裁者が行使できる範囲国民が行使できる範囲
憲法を守れ!憲法の中で自分が好きなところだけ主張し、都合の悪いところを無視すること憲法に則り、日本を良くするために憲法の精神を推進すること
謝罪中国人、朝鮮人にひたすらぺこぺこすること

西洋人には決してペコペコしないのが不思議?
法、道徳に照らし自分に非がある場合神に誓い詫びること(必ずしも弁償を含まない)
平和社会主義を標榜する国家あるいは団体が権力をもつこと、戦争または戦闘状態でないこと
平等実際には結果の平等も与えず、権力者が平等であると宣言すること大多数の構成員が納得できる範囲で機会の平等あるいは結果の平等を保証すること



この世には相手に誤解させて同調させようとする詐欺的行為をする人々がいます。

なぜか、平和!とか愛!を叫ぶ方の中に多く見受けられます。

お気をつけましょう。

そういうのを正しくは「うそつき」と言います。



ハーイ、ではこの定義でもってサヨクの皆さん、いえ平和を愛する人たちの言葉を解釈しましょう。

まずは軽い練習問題から・・・・




























良心的軍事拒否国家

言葉サヨクの人の意味(定義)通常の意味
良心的自虐史観に基づいて原罪を恥じ入ること神に誓ってうそ偽りないこと
軍事自国が持つ力、社会主義を標榜する(現実には単なる独裁国家)が国家が持つ武力を除く国家としての責任を果たすための手段として保有する力
拒否自ら否定すること

ちょっと待てよ? 要求されないことをしないのは普通拒否とは言わんぞ、
要求を断ること
国家国民の権利と安全を脅かし、他国に攻めこもうとする悪しきシステム

しかし一党独裁の国家は正しいと評価する。
国民の権利と安全を守るために人間が発明したシステム
ハイ、そうしますと・私たちは罪人だから、武装してはいけない。中国様が攻めてきたら、喜んで殺されますという支離滅裂な宗教自虐史観を持ち、共産主義国家が軍備を増強するのは良いが、自由主義国家が軍備を持つのはいけないと思い込んで国民の安全を脅かす反動思想





蛇足


所詮、サヨクは外国勢力の手先になった売国奴でしかない・。いま、形を変えてサヨクは盛り返して新たにファシズム思考に落ちている。





ありがとう、オルメルト首相・・





若干蛇足
 


ガザの子供達へのIDF(イスラエル国防軍)殺人



医師はガザで恐怖のIDFの戦争を文書化します。

by URUKNET

Most of the victims who came to Naser Medical Center in Khan Yunis, where he and other colleagues worked, were impossible to rescue.


Doctors Document IDF's War of Horrors in Gaza


The kind of injuries they received were so abnormal and enormous that several teams of specialists used to band together to save the life of one victim.

彼と他の同僚が働いたハンユニスのナセル・メディカル・センターに来た犠牲者のほとんどは、救うことが不可能でした。

それらが受けた種類の損傷はとても異常で、巨大であったので、専門家のいくつかのチームは、1人の犠牲者の命を救うために一緒に縛ったものでした。

One of the pictures el-Sheriey brought with him showed the internal and bloody contents of a human body that has lost its lower part and was left with the upper part only.


Shreds of flesh dangled from the body and revealed a totally devastated being, while the doctors stood around it ・hands full of blood ・not knowing which way to turn or which part to save.

持って来られた写真エルーセェリーの人は、その下の部分を失った人体の内部の、そして血まみれの内容を示し、上部のみを残すのみでした。

肉の切れ端はボディからぶらさがり、すっかり腐敗した身体を明らかにした一方医師が血でいっぱいに・どの方法を使うかまたはどの部分を救うかを知らずに身体は手のまわりにありました。

Never-seen-before


Images of destruction on TV or newspapers shocked millions of people around the world, astounded human rights activists and numbed relief workers.


Even to men whose profession taught them to come to term with death, the scenes were hard to comprehend.

以前には決して見られません。

テレビまたは新聞での破壊のイメージは世界中で数百万人の人々にショックを与えて、人権活動家を仰天させて、交替の労働者を麻痺させました。

職業で彼らに、死と妥協することを教えた人にさえ、場面は、理解しづらかった。

They saw people admitted to hospital with burnt organs and lacerated tissues or even without the lower half of their bodies.


One of the victims ・currently laying at the Egyptian Red Crescent Hospital in Cairo ・received a wound in his right cheek.


The wound, which was almost two inches big, continues to grow bigger and bigger by the hour.

彼らは火傷した器官と引き裂かれた組織でまたは彼らの体の下半分なしでさえ病院に人々が収容されるのを見ました。

犠牲者は現在カイロのエジプト赤新月病院に受け取られたもので彼の右のほおに大きな傷をつけられた1人です。。

大きいほぼ2インチであった損傷は、時間でますますより大きくなり続けます。

"When we shut off the light, the wound becomes luminous," said Rashid Emam, a medical specialist from al-Azhar University.


"This can never happen without the presence of banned materials in the bombs and rockets Israel fired against the people of the Strip."


Norwegian doctor Mads Gilbert, who worked in Gaza's main Shifa hospital during the first weeks of the Israeli blitz, accused Israel of using the Dense Inert Metal Explosive (DIME) that shreds the victims' bodies in pieces.


Under international pressures, Israel admitted Saturday using white phosphorous, a chemical that burns away human flesh to the bone, in shelling Gaza.

「私達がライトを止める時に、損傷は発光します」とラシド・エマム(アルザール大学からの専門医)は言いました。

「これは決して、イスラエルが無防備の人々に対して点火した爆弾とロケットの中の禁止された素材の存在なしでは起こりえません」。

イスラエルの爆撃の最初の週にガザの主要なシフ病院で働いたノルウェー医師マッズ・ギルバートは、断片の中に犠牲者の体を切り刻む濃い不活発な金属爆発物(DIME)を使ったことでイスラエルを告発しました。

国際的なプレッシャーの下で、イスラエルは、ガザを砲撃することにおいて、白燐(骨まで人の肉を焼失する化学薬品)を使ったと土曜日に認めました。

Documenting Brutality


Emad Fahd, an Iraqi doctor, went to Gaza and came to Cairo to take part in documenting the Israeli atrocities.


"What happened in Gaza is a copy of what happened in Iraq," he believes.


"The Americans were using weapons for the first time in Iraq and the Israeli have done the same in Gaza. This is a crime humanity will never forget."

記述残忍性

イマッド・ファハド、イラクの医師はガザに行き、イスラエルの残虐行為を文書化することに加わるために、カイロに来ました。

「ガザで起こったことは、イラクで起こったことのコピーです」と彼は信じます。

「アメリカ人はイラクで初めて武器を使っていて、イスラエル人はガザで同じことをしました」。

「これは、人間性を失った決して忘れないであろう犯罪です」。

Fahd and other doctors say Israel had a plan to usher in a new generation of handicapped Palestinians who would never be able to defend their land.


"The Israelis hate life, they hate beauty and greenery," says Ahmed Nada, a bone specialist and one of the members of the Egyptian medical delegation to Gaza.


"They致e uprooted the trees, destroyed the fields, and devastated all homes."


The Palestinian Central Bureau of Statistics says 4,100 homes have been totally destroyed and 17,000 others damaged in the Israeli air, sea and land bombing.

ファハドと他の医師は、イスラエルが、決して、彼らの土地を防御することができないであろう新世代のハンディキャップを持ったパレスチナ人を案内する計画を持っていたと言います。

「イスラエル人は生命を憎悪していて、彼らは美と青葉を憎悪しています」とアーメド・ナダ(骨専門家、およびガザへのエジプト医学の代表団のメンバーの1人)は言います。

「それらは木を根絶し、フィールドを破壊し、すべての家を荒廃させました」。

パレスチナ中央統計局は、4,100の家が完全に破壊されていて、17,000軒の他の家が、イスラエルの空爆、海上攻撃、および陸上爆撃の中で破損したと言います。

About 1,500 factories and workshops, 25 mosques, 31 government buildings and 10 water or sewage pipes were also damaged.


The bureau estimates the physical damage so far to about $1.9bn (」1.4bn), including about $200m (」140m) of damage to infrastructure.


The Palestinian Holocaust Memorial Museum, an online museum that aims to pay tribute to the victims of the war and tell their story, is joining hands with the Arab Doctors Union in documenting the Israeli crimes.

約1,500の工場とワークショップ、25のモスク、31棟の政府建物、および10個の水または下水のパイプがまた破損しました。

インフラストラクチャーへの損害は約2億ドルから、局は約19億ドル

までこれまで物的損害を評価します。パレスチナホロコースト記念美術館(戦争の犠牲者に敬意を表し、彼らの話を表すことをめざしているオンライン美術館)は、イスラエルの犯罪を文書化することにおけるアラブ医師組合と手を組んでいます。

We are done this documentation in order to let the world know what happened in Gaza," said Dallia Youssef, one of the supervisors of the museum.


They are contemplating the possibility of turning the online project into a real museum in an Arab capital or even in place of one of the UN-run schools bombed out by Israel to exhibit the photos of the victims and their stories.


"The victims have their own stories and these stories are worth telling."

「私達は、世界に、ガザで何が起こったかを知らせるためにします。 このドキュメンテーションで 」と話しているダリア・ユーゼフ美術館のスーパーバイザのうちの1人 。

彼らは、アラブ首都で、または、犠牲者と彼らの話の写真を展示するためにイスラエルによって爆破される国連経営の学校のうちの1つの代わりにオンラインプロジェクトを本当の博物館に変える可能性を考えています。

「犠牲者は彼ら自身の話を持っていて、これらの話は話す価値があります」。







なめ猫氏のブログから

対馬市が自衛隊増強を防衛省に陳情  
2009年01月27日 (火) | 編集 |
遅いとはいえ、今からでもやらなければならないことです。

自衛隊の増強こそが韓国の侵略に対抗する手段です。

自衛隊基地の周辺の土地を韓国人が所有しているなどそのままにしておいてよいものではありません。

対馬に早急に自衛隊の増強を行い、本土との格差是正にもつとめるべきでしょう。

私は歴史的にかかわりの深い福岡県に編入すべきとも思っています。

クリックお願いします♪



http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090126/plc0901262150007-n1.htm

【対馬が危ない】自衛隊増強を市が陳情 「抑止力不十分」

 長崎県対馬市で防衛施設の周辺などに韓国資本が進出している問題で、同市と同市議会は26日、防衛体制が不備だとして、自衛隊の増強などを求める要望書を防衛省に提出した。

 要望書によると、陸上自衛隊について、現在の部隊規模では侵攻に対して抑止効果が不十分であり、実効的な対応は極めて困難であるとして、1個連隊規模の常駐▽航空部隊の配置▽演習場の確保▽弾薬庫の新設と要員の配置▽装備品・弾薬の事前集積地の確保-が必要としている。

 海上自衛隊については、イージス艦や護衛艦、輸送艦、ミサイル艇隊の専用岸壁整備のほか、哨戒ヘリ・ミサイル艇の臨時的展開と支援部隊の常駐やLCAC(エアークッション型揚陸艇)揚陸適地の確保を要請。航空自衛隊については、大型の航空自衛隊輸送機が離着陸できるように対馬空港を整備することや、超低高度隠蔽(いんぺい)目標攻撃訓練など各種訓練ができる訓練場の誘致を求めている。

 同市は「対馬はロシアや朝鮮半島、中国と対峙(たいじ)する国境最前線で、防衛の要であり、普段から有事の核となる態勢をとっておく必要が重要である」としている。





不定在日との対決動画


日教組・自治労の公務員労組不正、同和在日特権、男女共同参画に巣食うフェミニストなどとの戦いを展開中です。人権擁護法案・国籍法改正などの動きは彼らの策動と法務官僚とがつながっているから起きていることです。

蛇足
おもろい動画である・・誰が考えても・
論理がまったくない輩的・在日特権を自治労や日教組などという日本国民の税金で食っている奴らが支援するか??ァフォな事するなら公務員辞めろ・・。税金返せ・ボケ。

ハザル族はユダヤ12支族(パレスチナ)とは何の関係もない・




若干蛇足




The Khazar Empire & Today's Jews (continued)



by SOCIO-ECONOMICS HISTORY



社会経済学歴史によるハザル族帝国&今日のユダヤ人


Rejecting both, they converted to Judaism.





The second part of Mr. Koestler・s book deals with the Khazar migration to Polish and Lithuanian territories, caused by the Mongol onslaught, and their impact on the racial composition and social heritage of modern Jewry. He produces a large body of meticulously detailed research in support of a theory that sounds all the more convincing for the restraint with which it is advanced.



(キリスト教とイスラム教)両方を拒絶して、彼らはユダヤ教に衣替えしました。



モンゴルの猛攻撃によって起こされたポーランドの、そしてリトアニアの領域と現代のユダヤ民族の人種の構成と社会的遺産へのそれらの影響にケストラーさんの2番目の本の部分はハザル族移住を扱います。



それが高度な抑制のために説得力があるように聞こえる理論の裏づけとして、彼はこつこつと詳細な研究の大きなボディを産します。



Mr. Koestler concludes: 典he evidence presented in the previous chapters adds up to a strong case in favour of those modern historians - whether Austrian, Israeli or Polish - who, independently from each other, have argued that the bulk of modern Jewry is not of Palestinian, but of Caucasian origin.





The mainstream of Jewish migrations did not flow from the Mediterranean across France and Germany to the east and then back again. The stream moved in a consistently westerly direction, from the Caucasus through the Ukraine into Poland and thence into Central Europe.



ケストラーさんは結びます:



全てで、独立して互いに、現代のユダヤ民族の大部分がパレスチナを起源にもっているのでなくコーカサス起源をもっていると主張したそれらの現代の歴史家--オーストリア人であるかどうかにかかわらずイスラエル人またはポーランド語--のために、前の章の中で提出された証拠は強いケースになっています。



ユダヤ人移住の主流は東にフランスとドイツを横断して地中海から流出しなかったし、それから再びバックしません。



ストリームはポーランドの中と中欧のそれゆえウクライナの中を通るコーカサス山脈から一貫して西寄りの方向に進みました。



When that unprecedented mass settlement in Poland came into being, there were simply not enough Jews around in the west to account for it, while in the east a whole nation was on the move to new frontiers・( page 179, page 180).





"The Jews of our times fall into two main divisions: Sephardim and Ashkenazim. The Sephardim are descendants of the Jews who since antiquity had lived in Spain (in Hebrew Sepharad) until they were expelled at the end of the fifteenth century and settled in the countries bordering the Mediterranean, the Balkans, and to a lesser extent in Western Europe. They spoke a Spanish-Hebrew dialect, Ladino, and preserved their own traditions and religious rites. In the 1960s, the number of Sephardim was estimated at 500000.





The Ashkenazim, at the same period, numbered about eleven million. Thus, in common parlance, Jew is practically synonymous with Ashkenazi Jew."



ポーランドののその先例のない大量の和解が生まれたときに、東で、国家全体がニューフロンティア・(179ページ、180ページ)への動きにあり、十分なユダヤ人がそれを占めるために西のまわりにいませんでした。



「私達の時のユダヤ人は2つの主要な部門に陥ります:」



セファルディムとアシュケナジム。



セファルディムは、古代以来、それらが15世紀の終わりに吐き出されて、地中海、バルカン諸国と接している国に、そして西ヨーロッパのより小さな範囲まで落ち着くまで、スペイン(ヘブライ人セパラデの)に住んでいたユダヤ人の子孫です。



彼らはスペインヘブライ人方言、ラディーノを話し、彼ら自身の伝統と宗教上の儀式を守りました。



1960年代に、セファルディムの数は500000人と見積もられていました。



アシュケナジムは、同じ期間に、約1100万人を数えました。



「従って、普通の言い方で、ユダヤ人はアシュケナジ・ユダヤ人と事実上同義です」。



In Mr. Koestler's own words, "The story of the Khazar Empire, as it slowly emerges from the past, begins to look like the most cruel hoax which history has ever perpetrated."





As expected, "The Thirteenth Tribe" caused a stir when published in 1976, since it demolishes ancient racial and ethnic dogmas... At the height of the controversy in 1983, the lifeless bodies of Arthur Koestler and his wife were found in their London home.





Despite significant inconsistencies, the police ruled their death a suicide...





ケストラーさん自身の言葉において、「ハザル族帝国の話は、それがゆっくり過去から出現するので、歴史がこれまでに行ったことがある最も残酷なデマのように見えはじめます」。



予期されているように、それが古代の人種と民族の教義を取り払うので、「13番目の種族」は1976年に出版される時に物議をかもしました…



1983年の議論の真っ盛りに、アーサー・ケストラーと彼の妻の死体は彼らのロンドン家で発見されました。



重要な矛盾にもかかわらず、警察は彼らの死を自殺と判定しました…







若干蛇足







一方を見れば他方も同じと気づく・。

バルセロナより愛をこめてhttp://doujibar.ganriki.net/index.html
  より






なお、この「反ユダヤ主義」に関しては、私は『《9・11利権》にたかる「専門家」たち
』の中で次のように書いた。





 こういった連中にとって事実などは消し去るもの、無視するもの、あってはならないものなのだろう。この卑しい大嘘つき達は事実を示す者を指して「陰謀論者」と呼び「反ユダヤ主義者!」と叫ぶ。「陰謀論者」はたぶん「正直者」という意味だろうと解釈するにしても、利権屋どもの大嘘と矛盾と虚構を弁護し、自分の嘘つきぶりを覆い隠す目的でユダヤ人を利用するというのなら、それこそユダヤ人に対する侮辱に他なるまい。そもそも民族としてのユダヤ人とツインタワー崩壊との間にいったい何の関係があるというのか? この者達こそが自分の嘘を誤魔化すために無理やりにそれらを関連付けているのだ。

 事実、9・11事件に疑問を投げかけるユダヤ人たちは大勢いる(多数派とは言わないが)。彼らもまたこの「対テロ戦争」という政治神話の被害者の一部になっているのだ。





 そしてまた、嫌でも気付かざるを得ないことがテレビや新聞といったマスコミの態度の奇妙さである。これについてはやや昔の話から起こさなければならない




蛇足


反ユダヤ主義者と陰謀論者を軍国主義、日帝などに変えれば在日、韓国、北朝鮮、中共と同じ構図である事に気づく・・。陰謀問題は左右から支配されてる大嘘八百の構図なのである・。


選択肢の提示はほぼ、状況が悪くなると覚悟した方がいい・。

懲りない公務員

公務員65人居座り 雇用促進住宅 規制から3年


1月26日2時2分配信 産経新聞







 厚生労働省所管の独立行政法人「雇用・能力開発機構」が所有する雇用促進住宅に、本来、入居ができないはずの公務員65人が居座り続けていることが分かった。雇用促進住宅の家賃は平均3万円で民間よりも安く、昨年末には政府の緊急雇用対策として、住宅を失った失業者の受け入れ施設にも指定された。昨年3月末時点でも公務員124人が入居していたが、いまだその半数以上が個人的な理由で退去を拒否しており、その“厚顔無恥”な姿勢に批判が集まりそうだ。



 厚労省などによると、雇用促進住宅は、本来の趣旨にあった利用をさせるため、平成17年12月に公務員の退去が閣議決定された。しかし、65人はその後も3年以上にわたり住み続けている。65人が住んでいるのは北海道や宮城など計40カ所の施設。内訳は国家公務員2人、道県職員19人、市町村職員44人で、教員や警察官が多いという。



 15年11月に制度が変わり2年が限度の定期借家契約となったが、それ以前は1年ごとに自動更新される契約。現在、居座っている公務員はいずれも15年以前に入居した。借地借家法の規定により、施設老朽化による建て替えなど、正当な理由がなければ契約を打ち切ることができないという。



 各ハローワークはこれまで何度も退去の指導をしてきたが、「子供が小学校を卒業するまで待ってほしい」「近くに適当な場所が見つからない」など、ほとんどが個人的な理由で居住を続けているという。



 退去の進まない現状に、同機構は昨年5月、各戸に契約の更新を拒絶する通知を出しており、21年度中の完全退去を目指している。



 雇用促進住宅は本来、仕事を求めて遠隔地に移住する人のための施設だったが、資産の有効活用のため、各ハローワークの所長が認めれば、一般人や公務員でも借りることができるように法改正された。しかし、「職を失うことのない公務員が入居するのは不適切」という指摘から、17年12月に公務員の入居を規制する閣議決定が行われた。



 一方、昨年末から派遣切りなどで、職と住居を失う人が大量に発生したことから、政府は緊急雇用対策として、失業者に貸し出し、今月15日の時点で2383人が利用しているという。


蛇足

誰の為の雇用促進なのであろうか?雇用能力開発機構の持ち物で、それ以前の天下り特殊法人から引き継ぎ、一般国民が住宅に入れない代物である。税金で養っている国民の公僕などと言うインチキ公務員(自治労)たち、法律無視に対しては厳罰を持って望むべきである。政治活動などもっての他である。一般人より重い責任と給与を払っているのだから・公務員はチェックの効く有期契約社員で良いのではないか?。

また、公務員の特別会計失業給付金など辞めるべきである・。一般雇用保険に入れて一本化すべきだ・。

ネットゲリラさんより




グッドウィル・グループ 折口帝国の金融サバイバルは続く ~ 国税、地検の追及はいかに(下)



[特別取材]



 折口氏は国外から帝国を管理する腹積もりだが、それがうまくいくかどうかは予断を許さない。というのも、国税庁と東京地検が内々に捜査に動いているからだ。

 狙われるのは、京都の人材派遣業者クリスタルの買収をめぐって不透明な金銭の流れが存在しているからである。グッドウィル・グループは、コリンシアン投資事業有限責任組合弐号に883億円を出資し(出資比率は約75%)、このコリンシアンがクリスタルのオーナー一族から91%の株式を買い取っている。ところがクリスタルのオーナー一族に渡ったカネは約500億円で、差額の383億円((1))の行方が分からない。

 それだけではない。グッドウィル・グループのコリンシアンへの出資比率が約75%であることから分かるように、コリンシアンの背後には約25%の出資比率にあたる約310億円((2))を投じた謎の投資家グループが存在している。この75:25という出資比率に応じてコリンシアンが保有したクリスタル株が分配されたため、グッドウィル・グループが手に入れたクリスタル株式は67%に過ぎない。91%から67%を差し引いた24%のクリスタル株((3))が、謎の投資家グループに分配されたとみられる。

 つまり上記の(1)、(2)、(3)の合計で約690億円と24%のクリスタル株の行方がよく分からないのだ。「どうも背後に暴力団関係者や格闘家集団がいるようです」と、大手買収ファンドの代理人を務める外資系証券会社の幹部は打ち明ける。消えたカネをめぐって国税と東京地検は大掛かりな脱税やマネーロンダリングを想像しているという。もし強制捜査が入って、折口氏の逮捕に至るようなことがあれば、そのとき帝国は一気に解体へと突き進むであろう。





グッドウィル欺き380億円、買収仲介の会計士ら中抜き


1月26日3時4分配信 読売新聞










グッドウィル欺き380億円、買収仲介の会計士ら中抜き

読売新聞




 総合人材サービス会社で東証1部上場だった旧グッドウィル・グループ(GWG)による人材派遣会社の買収に絡み、GWGが支払った883億円のうち約380億円が取引を仲介したファンド運営会社ら3者に流れていたことがわかった。



 実際の買収価格は1株あたり96万円だったが、運営会社は倍以上の231万円と提示。GWGを欺いて、買収に乗じて巨利を手にしていた。



 GWGの開示資料によると、同社は2006年10月、業界大手の「クリスタル」を買収するため、別のファンドを通じて「コリンシアン投資事業有限責任組合弐号」(コリンシアンファンド)に883億円を出資、同ファンドがクリスタルの創業者から取得した同社株91%分のうち67%分を手にして子会社化した。出資のため、みずほ銀行から871億円の融資を受けた。



 関係者によると、契約書に記されたファンドの組合員(出資者)はGWGのほかファンド運営会社「コリンシアンパートナーズ」、格闘技団体代表、投資事業会社の元代表の3者。



 パートナーズの社長だった公認会計士(51)はGWGに対し「ファンドへの出資額は1185億円で、GWGの出資比率は74%。残り302億円はほかの投資家が出資する」と説明したが、実際にはGWG以外の出資金はゼロだった。



 買収話はそもそもクリスタル側から売却の意向を聞きつけた会計士が、格闘技団体代表らを通じてGWGの折口雅博元会長(47)に提案した。



 会計士らは実際には発行済み株式の91%にあたる5万1825株を約500億円(1株96万円)で取得し、即日、GWGに対し、説明した架空の出資比率に基づいて3万8190株(1株231万円)を提供。ファンドに残った約380億円のうち約180億円と1万3635株(約131億円相当)をパートナーズが受け取り、約200億円を格闘技団体代表らが分け合った。



 コリンシアンファンドは07年7月に解散。パートナーズは180億円から経費を差し引いた収益を08年4月期の所得として申告したが、法人税など約40億円を滞納している。



 GWGから社名変更したラディアホールディングスは「株の取得価格は適正だったと考えている」としている。公認会計士らは取材申し込みに、25日までに応じていない。





最終更新:1月26日3時4分





ネットゲリラhttp://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/09/220_a2e6.html


コリアンファンド


グッドウィル 企業買収で謎の383億円 投下資金と売買代金の差額 ファンドの利益に
という報道が出ているんだが、コレだ。


 人材派遣大手グッドウィル・グループ(折口雅博会長、GWG)が二〇〇六年、ファンドを通じて同業のクリスタルを買収した際、投下資金は八百八十三億円なのにクリスタル創業者側が受け取った売却代金は五百億円にすぎなかったことが四日、関係者の話で分かった。


 GWGの説明によると、同社は100%出資の「人材サービスファンド」を通じ、「コリンシアン投資事業有限責任組合弐号」というファンドに、クリスタル買収資金の八百八十三億円を拠出。外部の投資家も三百三億円をコリンシアンファンドに出資した。ファンドの資金は計千百八十六億円で、GWGの出資割合は約74%となった。


 一方、関係者によると、クリスタルの創業者と資産管理会社は、発行済み株式の約91%をコリンシアンファンドに売却したが、代金は五百億円だったという。GWGはファンドへの出資割合に応じ、クリスタル株の67%を取得した。



結局、383億円ほど、誰かが楽して儲けたわけだ。この件は、実は以前から折口問題の「本命」と言われていて、コレがヤクザへの利益供与ではないか、と言われているわけだ




303億円分の出資者は「在日」の有力者だといわれており、広域暴力団の陰もちらついているのだが、「出資者リスト」でもなければ、謎は解明できない。警視庁とは別に証券取引等監視委員会が、「二つのファンドの謎」をインサイダー取引(実際の買収は昨年10月末なのに発表は11月18日だった)に絡めて調査しており、そちらで解き明かされる可能性もある。



で、グッドウィルが払った883億円はみずほ銀行が貸したんだが、クリスタルのオーナーは同業者には売らないという態度だったので、折口は事前に相手の調査をほとんどしてない。また、みずほ銀行は「ABCマートの三木正浩前会長に、TBS株の買収資金265億円を融資した」という実績もあったりして、そこはかとなくアレなんだが、そこで月刊ベルダの2007年10月号
なんだが、


 第3の疑惑はそれにつながるもので、「グッドウィルから投資家への利益供与があったのではないか」というものだ。「そこにはこんな現実がある」というのは、折口会長と親しい証券関係者である。

「折口会長の取り巻きのなかに、昨年暮れから今年にかけて、急速にカネ回りがよくなった連中がいる。挌闘界で著名なMやその友人の若手経営者のAなど。彼らは出資者の人選、割当などに『汗』をかき、クリスタル買収が思ったよりうまくいったので、巨額のグッドウィルマネーを手にした。
その一部はMが世話になっている

山口組有力組織にも
流れたようだ」



というわけで、まぁ、謎というほどのモノでもない、ちょっと調べりゃすぐ判るネタなので、そのうち出てくるだろう。で、買収から発表まで間があいたので、インサイダーがあったんじゃないか、とも言われているんだが、そこら辺も期待したいところですね。で、そこから先なんだが、山岡俊介さんちでヒントになるようなネタがあるんだが、有料サイトなので詳しくは紹介できない。ただ、菊地一久、中澤秀夫公認会計士、鬼頭和孝、なんていう名前が出てくるわけだ。で、この鬼頭とかいう人なんだが、株式会社ボルテックス・アドバイザーズの最高経営責任者という事になっておりまして、この会社は、2709タスコシステムという会社の第三者割当増資で名前が
出てくる。とともに、タスコシステムは

大株主・・・・ある意味すごい面々ですネ」と書かれているのが気になるんだが、
こちらをご覧いただくとして
、お馴染み、ジェイ・ブリッジなんてのが出ているわけだな。で、その凄い面々とかいう企業の株価の推移をグラフで並べてみると笑えるんだが、


機動建設工業(株)
 2005年10月頃に最高値800円、現在84円

ジェイ・ブリッジ
 2005年7月頃に最高値2100円、現在38円

トランスデジタル
 2000年2月頃に最高値14000円、現在14円

タスコシステム
 2001年12月頃に最高値500000円、現在3270円






ミスター・ボージャングル   ニッティ・グリッティ・ダート・バンド

Nitty Gritty Dirt Band - Mr. Bojangles

(´0ノ`*)


ミスター・ボージャングル   ニッティ・グリッティ・ダート・バンド


I knew a man Bojangles and he danced for you
in worn-out shoes
Silver hair and ragged shirts and baggy pants
The old soft shoes
ボクが知っているボージャングルさんはみんなのために踊るような人だった。
擦り切れた靴でね。
白髪とボロボロのシャツとダブダブのスボン。
古いタップダンスの靴。


Jumped so high, jumped so high
Then he lightly touched down
おじさんは高く跳んだ, 高く。
そして軽やかに着地した。


I met him in a cell in New Orleans,
I was down and out
He looked to me to be the eyes of age
as he spoke right out
おじさんとはニューオリンズの留置所で会ったんだ。
ボクはどん底だった。
おじさんは年季の入った目で世の中を見ているようだった。
堂々と意見を言ったりすると。


He talked of life, talked of life
He laughed, slapped his leg and stepped
おじさんは人生を語ってくれたんだ。 人生を。 
笑ったり,脚をぴしゃりと叩いたり,ステップを踏んだりして。


He said his name, Bojangles, then he danced a lick
across the cell
He grabbed his pants, a better stance, oh, he jumped so high
Then he clicked his heels
「名前はボージャングル」と言うとおじさんはちょっと踊った。
留置所の端から端までね。
ズボンをつまみ,立ち位置を変えると 今度は高く跳び
それから踵と踵をカチッと合わせた。


He let go a laugh, he let go a laugh
Shook back his clothes all around
おじさんは声を上げて笑った。 声を上げて。
そして乱れた服を後ろに払った。


Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, dance
ボージャングルさん, ボージャングルさん, ボージャングルさん, 踊って。


He danced for those at minstrel shows and county fairs
throughout the South
He spoke with tears of fifteen years how the dog and him
had traveled about
おじさんは旅芸人のショウや郡の祭りに来る人たちために踊ったんだ。
南部じゅうでね。
そして涙ながらに話したんだ 15年間の犬とおじさんの
旅回りの暮らしを。


His dog up and died, up and died
After twenty years he still grieves
愛犬が突然死んだんだ。 突然。
20年経ってもおじさんはまだそのことを悲しんでいる。


He said, "I dance now at every chance in honky-tonk
for drinks and tips
But most time I spent behind these county bars
'Cause I drink a bit ."
おじさんは言った。「安い酒場で機会があれば踊っているよ。
飲み代やチップ 目当てさ。
でもほとんど郡の留置所にいるけどね。
ちょっと飲みすぎるんだよ。」


He shook his head, and as he shook his head
I heard someone ask him “Please, please,
おじさんは頭を横に振った。 そうしたら
だれかがこう頼むのが聞こえた。 「どうかお願いだから


Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, dance."
ボージャングルさん, ボージャングルさん, ボージャングルさん, 踊ってください。」

訳: HideS
http://www.eigo21.com/03/pops/73.htm

なめ猫さんのブログから

http://genyosya.blog16.fc2.com/




世界覇権の富豪、E・ロスチャイルドが死去


2009年01月23日 (金)

英国は、アメリカとともに国際金融資本の拠点の一つであり、英国王室自体がその国際ネットワークの頂点に存在しています。



オバマ誕生の背景にもユダヤ系資本の関与が指摘されており、当然、ロスチャイルドがバックにいることは間違いないだろうと思います。


E・ロスチャイルド氏死去 英国の銀行家

 

エドマンド・ロスチャイルド氏(英国の銀行家)21日のAP通信によると、英国南部ハンプシャーの自宅で17日死去、93歳。死因は不明。世界的な大富豪ロスチャイルド家の一員で、70年からロスチャイルドグループの銀行の会長を務めた。



 資金提供などで日本の戦後復興に貢献したとして勲一等瑞宝章を受けた。自宅のある広大な庭園「エクスベリー・ガーデン」を一般公開した園芸家としても知られる。


Patrick MacGoohan さん さようなら・。

BREAKING NEWS: Patrick MacGoohan has died (1928-2009)


Submitted by Republibot 3.0 on Wed, 01/14/2009 - 13:29
I’m stunned. I’m speechless. The biggest of my three role models from sixties ? in many ways, my model of how to behave politically ? has died.

Owing to bad planning on the part of his Irish parents, MacGoohan was actually born in New York, during a brief and ill-conceived attempt to improve their lot in life. It failed, and they moved back to Ireland shortly thereafter. Some years later, they moved to Ireland. After University, he got in to acting as a trade.

An unlikely leading man, MacGoohan was simultaneously rough-hewn and smooth, handsome and yet kind of awkward and gangly, a man of unconventional looks and a thoughtful delivery who seemed brooding and thoughtful even when playing happy roles. He was a guy who seemed to have a lot going on behind his eyes at all times, and from all accounts, he actually was. Orson Wells considered him one of the best stage actors of his generation, feeling he had an odd gravity unlike most of his peers.

He first came to prominence when he won the role of John Drake in “Danger Man,” the first in the soon-to-be-ubiquitous genre of sixties spy shows. It was, however, unlike any of its eventual imitators: A serious show, with a fairly high degree of logic and attention to plausible spy procedures. Echoing the actor who played him, Drake was a deeply moral man who opposed bloodshed, and avoided violence whenever possible. Unique among all spy shows, Drake almost never carried a gun, and when he did it was with great reluctance and he frequently went the extra mile to try and find ways to avoid it. It was also unique in that occasionally its protagonist failed, and they had to send in a ‘cleaner’ to fix the mess.

The show was a modest success at the time, but when it ended it had brought MacGoohan to the attention of Albert Brocoloi who was in the early stages of casting and preproduction for the first Bond film. The first person they offered the role to was Cary Grant, who rather famously turned it down feeling that this ‘Bond’ fellow was a horrible person. The next person they offered the part to was Patrick MacGoohan, who had similar objections to the nature of the character: A man who uses women illicitly, kills people indiscriminately, yet is portrayed as a good guy was not someone MacGoohan wanted to be associated with. He was merely a thug, a brutish, loutish, oversexed, thug.

“Oh. Well, can you suggest anyone who might be interested in playing the part?” Brocoli asked in desperation.
“Oh, yes, have you thought about Sean Connery? He’d be perfect for the part.”

In 1964, after the Bond films ended up becoming a cultural phenomenon, “Danger Man” was revived on TV in a slightly different format, and with a new theme song. In the ‘States, where the original series was all-but-unknown, it was renamed “Secret Agent” and given the famous Johnny Rivers theme song. The show started out strong, though somewhat less brooding and more conventional than in its original two seasons, but ultimately it went the way of all mid-sixties spy shows (and the Bond Franchise itself) by descending in to camp and self-parody. Early on in the fourth season, MacGoohan simply quit.

The show was a huge and lucrative hit at the time, and a massive focus of media speculation and gossip was the question of “Why did he quit?”

MacGoohan was fascinated with people’s fascination for his motivations, and though he already had another idea for a series he was working on, he decided to incorporate that question in to it as one of the fundamental hooks of the show: “Why did you resign?” That show, of course, was “The Prisoner,” conceived of as televisions’ first miniseries, it was to ask the question of what happens to spies when they want out of the game. Conceived of as a final farewell for the John Drake character, they were unable to use that name as the rights were controlled by a rival studio. Thus, in the words from the song, “They’ve given you a number and taken away your name,” Drake became “Number Six” and the show actually probably benefited from this. Drake’s relation to “6” became akin to the Charlton Comics character’s relations to “The Watchmen” ? identical, but oddly not the same, and just as “Watchmen” transcended the superhero comic book genre and format, redefining and perfecting it in the process, so “The Prisoner” completely transcended and completed the spy genre: there is simply nothing left to say about it, or do in the genre anymore; everything else is simply variations on a theme.

Though all spy shows eventually wandered in to Science Fiction territory, “The Prisoner” started out there by design, and became, in the process, the most thought provoking, relevant, socially aware, science fiction series of all time; a show so good that despite the frequent use of clones, artificial life forms, virtual reality, rocket ships, technological resurrection of life, and mind control, most people don’t even recognize it as being SF. Rather it staked out a part of the genre that Philip K. Dick and the late Thomas Disch would have been comfortable with: The death (or myth) of privacy, What is human? What is the nature of one’s responsibility to society? What is the nature of societies’ responsibility to the individual? Is there such a thing as a just revolution, or are all these damn hippies just jerking around? Can a leader ever be anything other than an Antichrist? And so on. It’s a heady show to watch, even today. In fact, Disch himself later wrote a novel based on it.

Following the end of the series, he moved back to the US and lived there most of the time up until his death. Following the George Lazenby debacle, he was apparently offered the Bond role again, and he again turned it down for the same reasons as before. Apocryphally, he’s said to have suggested Roger Moore for them, this time.

In the forty-odd years since it ended, The Prisoner has affected every aspect of Science Fiction ? “6” on the new Galactica is named after him, there are numerous nods to the show on Babylon 5, reflections of the series in “Lost” and elsewhere. Even the non-genre world has been influence by it, in shows like “Fantasy Island” and even “The Simpsons.”

Though continuing to act here and there ? some TV appearances, and most notably playing the bad guy in “The Silver Streak” and a memorable role in “Scanners” ? MacGoohan increasingly turned to behind-the-camera pursuits. After striking up a lifelong friendship with Peter Falk, Peter asked him to contribute more and more to “Columbo,” writing, directing, and acting in dozens of episodes of the series. Falk openly stated that much of the success of Columbo rested on MacGoohan’s ability to handle the character. He also was an active stage director and occasional actor, he was still on a short list of senior English thespians aggressively sought for high-profile projects. Mel Gibson jumped at the chance to give him his last great screen role as Edward Longshanks in “Braveheart.” Even so, in his later years, MacGoohan became known almost as much for roles he didn’t take as the ones he did, as you can see from his page on “Not Staring.Com” here http://www.notstarring.com/actors/mcgoohan-patrick He had also agreed to take the part of the Psicop Alfred Bester from Babylon 5, but had a heart attack shortly before filming was about to begin. Walter Koenig stepped in to the role as a personal favor at the last minute. I, personally, have always felt cheated by that. As great as Koenig was in the part, MacGoohan would have chewed the scenes and mopped the floor on that show. Having become close friends on “Braveheart,” Gibson and MacGoohan spent much of the late-90s trying to make a cinematic continuation of “The Prisoner,” in which he would have reprised his role as 6. Alas, this fell apart when financing couldn’t be found.

Surprisingly foul-mouthed in interview, but always a deeply religious man, he took his Catholicism seriously, and was a devoted husband and father for fifty-eight years. Though never evangelical about his beliefs, he never shied away from including obvious Christian allegory in The Prisoner when possible, and he proved that a man can have a strong sense of right and wrong and still make it in Hollywood while holding on to those values; but more than that, the focus of his most famous work was the notion that the individual drives society, and not the other way ‘round. He was an uncommon man who had the grounding to name his production company “Everyman Films.”

Goodbye, Mister MacGoohan: our prayers
n have a strong sense of right and wrong and still make it in Hollywood while holding on to those values; but more than that, the focus of his most famous work was the notion that the individual drives society, and not the other way ‘round. He was an uncommon man who had the grounding to name his production company “Everyman Films.”

Goodbye, Mister MacGoohan: our prayers go with you, and your family. You will be missed. Goodbye, and thank you for all you’ve given us.

蛇足
プリズナーNO6を使わせていただいてありがとうございます。
役があまりにも嵌り過ぎて、ストーリー展開が楽しみでした・。
オカルトチックな情景をカッコ良く演じているマックグーハンに憧れもありました。
自分のブログイメージはこれしかありませんでした。惜しい人を亡くしました。


若干蛇足
若干蛇足
若干蛇足

NWO アジアへ触手

Zeitgeist - Asian Union NWO update





Rudd keen for Asia-Pacific alliance
Posted Thu Jun 5, 2008 5:52am AEST

Prime Minister Kevin Rudd has called on Asian and Pacific nations to form a regional alliance similar to the European Union.

Mr Rudd says a strong multilateral body is needed to help the region maintain security, foster trade and respond to natural disasters and terrorism.

He said Asia needs to react quickly to cope with changes brought about by rapid economic growth in the region.

"The European Union does not represent an identikit model of what we would seek to develop in the Asia-Pacific, but what we can learn from Europe is this - it is necessary to take the first step," he said.

But he concedes getting Asian nations together will be much tougher than the task faced by the architects of the European Union last century.

"Our special challenge is that we face a region with a greater diversity in political systems and economic structures, levels of development religi
an the task faced by the architects of the European Union last century.

"Our special challenge is that we face a region with a greater diversity in political systems and economic structures, levels of development religious beliefs, languages and cultures than our counterparts in Europe," he said.

"But that should not stop us from thinking big."

The Government will appoint experienced diplomat Richard Woolcott as an envoy to discuss Mr Rudd's idea with other countries.

Mr Rudd says the institution should span the entire Asian-Pacific region including the United States, Japan, China, India and Indonesia.

"The danger in not acting is that we run the risk of succumbing to the perception that future conflict in our region may somehow be inevitable," he said.

Foreign Affairs Minister Stephen Smith says a new alliance will ensure countries like India are no longer neglected by Australia.

"I think there are a range of areas where frankly Australia's relationship with a number of countries or a range of areas has frankly been underdone," he said.

"I mentioned India earlier. I frankly think that Australia's been neglecting its relationship with India for about 30 years."

Opposition foreign affairs spokesman Andrew Robb says the Government is being presumptuous and its first job is to mend damaged ties with countries in the region.

"Once he's (Mr Rudd) demonstrated a capacity to build and maintain and grow strong bilateral relationships with all these countries, repair the damage he's already done with some of these countries, then we can start to have some credentials, look forward and maybe influence the broader architecture that shapes the region," he said.

Mr Rudd will use his vi
region.

"Once he's (Mr Rudd) demonstrated a capacity to build and maintain and grow strong bilateral relationships with all these countries, repair the damage he's already done with some of these countries, then we can start to have some credentials, look forward and maybe influence the broader architecture that shapes the region," he said.

Mr Rudd will use his visit to Japan and Indonesia next week to lobby Asian nations on the proposal.

若干蛇足

アジア太平洋同盟のために鋭敏なラッド
2008年6月5日(木)午前5:52

ケビン・ラッド総理大臣は、欧州連合に類似している地域連携を結ぶことをアジアの、そして太平洋の国家に求めました。
ラッドさんは、強い多角のボディが、地域がセキュリティを維持し、貿易を養育し、自然災害とテロに対応するのを手助けするために必要であると言います。
彼は、アジアが、地域の急速な経済成長によって引き起こされた変化に対処するために迅速に対応する必要があると言いました。
「欧州連合は、私達が、アジア太平洋で開発することに努めるであろうもののモンタージュ写真作成装置モデルの代理にならないけれども、私達がヨーロッパから知ることができるものはこれです - 最初の処置を取ることは必要です」と彼は言いました。
しかし、彼は、一緒にアジア国家を集めることが欧州連合の創設者が前世紀に直面している仕事よりずっと難しくなるであろうと容認します。
「私達の特別な挑戦は、私達が政治システムと経済構造、開発、宗教的信仰のレベル、言語、および文化の中でヨーロッパの私達に対応するものより大きな多様性によって地域に直面していることです」と彼は言いました。
「しかし、それは大きい考察から私達を妨げるべきでありません」。
政府は、経験豊かな外交官リチャードウールコットに、ラッドさんのアイデアを他の国と議論するように特使として命じるでしょう。
ラッドさんは、組織が米国、日本、中国、インド、およびインドネシアを含むアジア太平洋地域全体を測定するべきであると言います。
「作動しないことにおける危険は、私達が、私達の地域の未来の衝突が何とかして避けられないかもしれないという知覚に負けるリスクを冒すことです」と彼は言いました。
外務大臣スティーブン・スミスは、新しい同盟が、インドのような国がもうオーストラリアによって無視されないと保証するであろうと言います。
「私は、率直に、多くの国またはエリアの範囲とのオーストラリアの関係が率直に生焼けであったエリアの範囲があると思います」と彼は言いました。
「私は先にインドに言及しました」。
「私は、オーストラリアが約30年の間インドとのその関係を無視していると率直に思います」。
反対外務問題スポークスマン アンドリュー・ロブは、政府が無遠慮で、その最初の仕事が、地域で国との破損したつながりを修理することであると言います。
「彼が、これらのすべての国との強い両側の関係を築き、維持し、成長させる能力を示したら(ラッドさん)、彼がこれらの国のいくつかによってすでにした損傷を修理してください、そして、私達は、いくつかの証明書、前の表情を持ち始めることができて、たぶん、地域を形成するより広いアーキテクチャに影響します」と彼は言いました。
ラッドさんは、提案のアジア国家に圧力をかけるために来週日本とインドネシアへ彼の訪問を使うでしょう。

ISTANBUL: Asian finance ministers took another step toward creating an Asian monetary fund on the fringes of this year's annual meeting of the Asian Development Bank in Istanbul in the first week of May.

Appropriately, they were meeting on the edge of Europe, for it is a kind of European-style financial union that proponents of closer cooperation in Asia are striving for.

However, while the channel that divides Asia from Europe in this ancient city is narrow, the gulf that Asia needs to bridge before establishing anything like a European-style financial union is dauntingly wide.

Common wisdom has it that Asia is dreaming if it thinks economies as diverse and as far-flung as China, Japan, South Korea, the countries of the Association of South East Asian Nations and now India can emulate Europe.

For one thing, Europe has settled the question of hegemony; Asia has not. "There is no hegemon in Europe," argues Norbert Walter, chief economist for Deutsche Bank. "There are three in Asia: China, Japan and India."
マイケルバチキオチス:
1つのアジア通貨?
イスタンブール:
5月の第1週にイスタンブールでアジア開発銀行の今年の年次総会の周辺のアジア貨幣の資金を作成することに向けて、アジア大蔵大臣は別の処置を取りました。
適切に、アジアでのより近い協力の提案者が努力しているのが一種のヨーロッパスタイル金融一致であるので、彼らはヨーロッパの縁で会っていました。
しかし、この古代の都市でヨーロッパからアジアを分割するチャンネルは狭いが、アジアが、何かヨーロッパスタイル金融組合のようなものを設立する前に橋を架ける必要がある湾は恐ろしいほど広い。
共通の知恵は、アジアが、それが経済を、中国、日本、韓国、東南アジア諸国連合の国、および今インドがヨーロッパをエミュレートすることができる限り多様で、広範囲に渡ると考えるかどうかという夢を見ていると言います。
第一に、ヨーロッパは覇権の問題を解決しました;
アジアはしませんでした。
「ヨーロッパに覇権者が全然いません」とノルベルト・ウォルター、ドイツ銀行のための主要なエコノミストは主張します。
「アジアに3があります:」
「中国、日本、およびインド」。


蛇足
北朝鮮、韓国や中国に色気をだす左翼政治家や団体、マスコミ、有識者?、右派左翼などは知ってか知らずかNWOに加担している者どもだ・。韓国で日本国旗を焼くおばさんの政党が躍進して、正義が通じない馬鹿、ァフォの家畜にされるのが落ちだ・。マスコミも政治家も企業も団体も中立的な日本派はいないであろう・。NWOは以外と早く訪れようとしている。それは日本家畜人(家畜人ヤプー)への道なのだ・。

独立した日本を作らねば、アジアユニオンとは日本にとって下記のような地獄でしかない・。

EUはユーロ、NAFTA(北米)はアメロ、asian union(アジア)はアジオ、
そして究極の世界通貨はグロボ

新世界秩序(NWO)概観|若干蛇足
http://ameblo.jp/kane55/entry-10008886158.html
若干蛇足

the o'jays-back stabbers

若干蛇足
若干蛇足

特亜を斬るさんより・。

もっと騒いで中止にして欲しい!関わるとロクな事はない!



三菱重'アリラン3号'発射受注'論難


dcnewsin1月15日



'韓国
航空宇宙
研究院(KARI)が'アリラン3号'衛星発射事業者に日本の三菱重工業を選定して論議がおきている。


韓-日首脳会談に合わせて12日発表された今回の選定にはイ・ミョンバク
大統領の意向が反映されたと分かって'日本にむやみに与える'疑惑が起きていて該当企業が戦犯企業の中の一つであるだけに被害者らが荒々しく反発しているためだ。





13日日本メディアによれば韓国
は当初ロシアのロケットで発射する予定だったが大統領が事業者を交替し、このような背景には日本との経済関係強化が重要だという判断だ。 その上、三菱重工
業側はロシア
競争業者よりはるかに安い価格を提示、昨年10月優先交渉対象者に選ばれた。
これと関連して日本メディアらは日本の団体や企業が外国衛星発射を受注したことは初めてとし嬉々として受け入れている。 2007年衛星発射および衛星製造業民営化された以後、日本の主力ロケットの'H2A
'による外国衛星発射を受注したことは今回が初めてだ。 'H2A
'は日本政府の主導で開発されたロケットで去る2001年1号機発射に成功した以後総14回の中で13回発射に成功したと伝えられた。


衛星発射は2011年中日本の主力ロケットH2A
ロケットによって,鹿児島(鹿児島)県にある宇宙
航空研究開発機構の種子島(種子島)宇宙
センターでなされる予定であり,JAXAの'GCOMW'も共にのせる予定だと知らされた。


しかし三菱重工
業はロシア
とは違い技術移転を拒否
したと分かって長期的に見る時、韓国の宇宙産業発展に対する期待効果は落ちるという指摘が出ている。 ネチズンらも'H2A
'の性能を問題にして"日本よりは安全性と経験が多いロシア
と契約しなければならない"という反応だ。
現政権の'実利外交'を批判する意見も多かった。 国民感情や歴史意識は眼中にないという理由からだ。 太平洋戦争当時13~15才朝鮮少女300人余りを'朝鮮人勤労挺身隊'という名前で名古屋の航空製作所に強制動員させた後、賃金と食事をまともに提供しなかった三菱は現在まで被害者に対する謝罪と反省をしないでいる。






合わせて三菱は日本の代表的な右翼企業で右翼政治勢力の主導している'新しい歴史教科書を作る集い'に財界
を代表する主要資金源になっただけでなく、現在日本最大の軍需業者として虎視耽々と軍国主義復活を夢見ているという主張が提起されて、これに対する世論が否定的に変わる雰囲気だ。
これと共に,'勤労挺身隊ばあさんと共にする市民の会'等9の市民団体は12日三菱重工
業受注糾弾声明を出して"過去に対する反省と謝罪もないモデル企業がどのように国家の宇宙航空産業を任せられるか?"と反発して出た。
反面、今回の選定を肯定的に評価するネチズンらは"実利を問い詰めて選定したのを置いて反日感情を前に出して無条件反対するのではない"という意見を現わした。 イ・ミョンバク
政権が'親日政府'という非難世論が起きて掲示板政治,社会'ギャラリー利用者らは"過去ノ・ムヒョン政権でも三菱重工
業を仁川新空港軽電鉄事業者で選定したのに続き光明軽電鉄事業者にも選定した"と反論した。




最初から技術を盗む気満々だったわけですね~



ロシア
宇宙
旅行ではバ韓人が機密を盗んで追い出されていた位だからね・・・





蛇足


偽装、捏造、妄想、嘘八百がまかりとうる朝鮮半島では、人間が摩れてくるのだろう。数千年かけての変人格は治るはずもない・関わるだけ無駄だす・。

ガザでのイスラエルの戦争犯罪を止めてください。

STOP ISRAEL'S WAR CRIME IN GAZA



イスラエル(ユダヤ人)の残虐行為

Has Israel Turned Gaza into Weapon Testing Lab?

イスラエルはガザを武器実験室に変えましたか?

by PRESS TV



若干蛇足



The victims may also subsequently contract cancer from the micro-shrapnel embedded in their body tissue within just four to six months.


"This is a new generation of very powerful small explosives that detonates with an extreme power and dissipates its power within a range of five to 10 meters (16-98 feet)," said Gilbert.

犠牲者はちょうど4~6ヶ月以内に彼らの体組織に埋め込まれたマイクロ榴霰弾から後になって癌に感染するようになることです。

「これは、極端な能力によって爆発し、5から10メートル(16-98フィート)の範囲の中でそのパワーを撒き散らす新世代の非常に強力な小さな爆発物です。」とギルバートは言いました。

"We have not seen the casualties affected directly by the bomb because they are normally torn to pieces and do not survive, but we have seen a number of very brutal amputations... without shrapnel injuries which we strongly suspect must have been caused by the DIME weapons," he added.


The weapon "causes the tissue to be torn from the flesh. It looks very different (from a shrapnel injury). I have seen and treated a lot of different injuries for the last 30 years in different war zones, and this looks completely different," said Fosse, .


「彼らが通常、身体を引き裂かれて、生き残れないので、私達は死傷者数が直接爆弾によって影響されるのを見なかったけれども、私達は…、私達がDIME武器によって起こされたにちがいないと強く疑っている榴霰弾損傷なしでは考えられない多数の非常に野蛮な切断を見ました」と彼は付け加えました。

武器は「体組織を肉からもぎ取らせます」。

それは(榴霰弾損傷と)非常に違うように見えます。

「私は違う交戦地帯で最近の30年の間さまざまな損傷を見て、治療してきて、これは完全に違うように見えます。」とフォッシーは言いました。

"If you are in the immediate (vicinity of) a DIME weapon, it's like your legs get torn off. It's an enormous pressure wave and there is no shrapnel," he explained.


Israel had also used the weapon in the 2006 war with Lebanon and previously in Gaza.


"We are not soft-skinned when it comes to war injuries, but these amputations are really extremely nasty and for many of the patients not survivable," he added.


Following reports on the use of suspected chemical weapons in Gaza, the United Nations Human Rights Council decided to dispatch a fact-finding mission to investigate human rights violations committed in the territory.


UN High Commissioner for Human Rights Navi Pillay said on Tuesday that "Accountability must be ensured for violations of international law," suggesting that the Council consider a mission to assess violations committed by both sides in the conflict.


The latest casualty figures according to Health officials have topped 940 since the operation began on 27 December, while some 4,400 others have been wounded.


Senior United Nations officials have expressed grave concern about reports that over 40 per cent of the Palestinians killed in the Israeli offensive, and almost half of the wounded, are women and children.


The new report comes on top of earlier reports which revealed the Israeli military had used controversial white phosphorus shells on Gazans.


The Times said on Thursday that it had identified stockpiles of M825A1, a US-made White Phosphorus munition, from high-resolution pictures taken from Israeli artillery units on the Gaza border.


A phenomenon characteristic of the chemical -- also known by the military as WP or Willie Pete is that it can burn through flesh to the bone and leave bodies "entirely shriveled with black-green skin."


Earlier last week, Gilbert's team, told Press TV that medics had found depleted uraniumin some Gaza residents.


The reports of profound human sufferings come as Israel continues to reject the fact that it has imposed a humanitarian crisis among the battle-hardened 1.5 million population of Gaza.


「あなたが、突然に付近にいて、DIME武器があるならば、それは、あなたの足が引き千切られるのに似ています。」

「それは巨大な圧力波であり、榴霰弾がまったくありません。」と彼は説明しました。

イスラエルはレバノンとの2006年の戦争において、そして以前にガザにて武器を使用しました。

「私達は戦傷となると柔らかい肌でないけれども、これらの切断は本当に極めてきたなく、生存不可能な多くの患者ために必要なのです。」と彼は付け加えました。

続いて、ガザ(領域で犯された人権侵害を調査する実情調査の任務を急送するために決められた国連人権協議会)の疑われている化学兵器の使用を報告します。

協議会が、双方の衝突における犯された違反行為を評価する任務を考慮することを提案して、国連人権高等弁務官ナビピレイは「責任は国際法の違反に対処しなければなりません」と火曜日に言いました。

最新の死傷者は、約4,400人が負傷したのに対して、戦闘が12月27日に始まって以来死亡者は940人を超えていると健康担当はわかりました。

シニアの国連役員は、イスラエルの攻勢において殺された40パーセントと負傷者のほぼ半分を超えるパレスチナ人が女性と子供であるという報告について重大な関心を表明しました。

新しいリポートは、イスラエルの軍隊がガザ地区住民への物議をかもす白燐弾を使用したことを明らかにしたより最新リポートがあります。

タイムスは、それがガザ境界のイスラエルの大砲部隊を捉えた高解像度写真からM825A1(米国製の白燐弾)の資材を識別したと木曜日に伝えていました。

化学薬品に特有な現象--WPまたはウィリー・ピートが、それが骨まで肉を通して燃えて、「完全に縮んだ」ボディを「黒い緑色の皮によって」覆い被さることであると軍隊では知られています。

先週の早く、ギルバートのチームはプレステレビに、枯渇したウラミュームを医者と何人かのガザ居住者と気付いたと言いました。

イスラエルはガザの戦いで無情になった150万人の人々の人道の危機を課したという事実を拒絶し続けるけども、ここに深い人間の苦悩のリポートがあります。


蛇足


ユダヤ人シオニストは全人類の敵になろうとしている・。 自分らの正当性の為に、他民族を虫けらのように抹殺する事は、自身が受けたホロコーストを自分で否定する事と等しい・。

イスラエルについての真理(神の存在?)

The Truth about Israel by DAVID ICKE

イスラエルについての真理 デービッド・アイク




若干蛇足


According to 2007 figures, the United States government gave more than $6.8 million to wealthy Israel every day while to the desperate and devastated Palestinians of the Gaza Strip and the West Bank they gave just $300,000.


US military 'aid' to Israel increased by more than a quarter to an average $3 billion a year in 2007 - a figure guaranteed for ten years. This and other support makes Israel the biggest recipient of United States foreign military funding since the Second World War.

2007年の数値によると、米国政府は毎日680万ドル以上を裕福なイスラエルに与えた一方、ガザ地区とヨルダン川西岸地区の必死で、打ちのめされたパレスチナ人には、ほんの30万ドルしか与えません。

イスラエルへの米国軍事援助は2007年の1年も4分の1の平均的な30億ドル以上へ増大しました - 10年間の保証されている数値です。

これらのサポートはユダヤ人を第二次世界大戦以来の米国外国軍隊への出資額が最も大きな受領者にしています。

The United States is also Israel's biggest supplier of fighter planes, weapons and other military technology. As a result, Israel has the world's largest F-16 fleet outside the US Air Force.


In their book, "The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy," John J. Mearsheimer and Stephen M. Walt write:

米国はまた戦闘機、武器、および他の軍事技術のイスラエルの最も大きな供給業者です。

結果として、イスラエルは米国空軍の他で世界で最も大きなF-16群団を持っています。

「イスラエルロビーと米国外交方針」の本の中で、ジョンJ. Mearsheimer、およびスティーブンM.ウォルトは書きます:

'Since the October War in 1973, Washington has provided Israel with a level of support dwarfing the amounts provided to any other state. It has been the largest annual recipient of direct U.S. economic and military assistance since 1976 and the largest total recipient since World War ll. Total direct U.S. aid to Israel amounts to well over $140 billion in 2003 dollars.


Israel receives about $3 billion in direct foreign assistance each year, which is roughly one-fifth of America's entire foreign aid budget. In per capita terms, the United States gives each Israeli a direct subsidy worth about $500 per year.

1973年の10月戦争以来、ワシントンはイスラエルに他の国内のどの州にも提供される総計が小さく見える支持のレベルを提供しました。それは、1976年以降直接的なアメリカ軍事援助で最も大きな一年の受取人で第二次世界大戦から最も大きな受取人でした。イスラエルへの完全な直接の米国の援助は、2003年までで1400億ドル以上に達します。


イスラエルは毎年直接の外国の援助においておよそ30億ドルを受けます。そして、それはアメリカの全ての対外援助予算のおよそ5分の1です。一人当たりの条件には、アメリカ合衆国はイスラエル人に1年につき一人当たりおよそ500ドルの価値がある直接的な助成金を渡します。

.


Israel receives about $3 billion in direct foreign assistance each year, which is roughly one-fifth of America's entire foreign aid budget. In per capita terms, the United States gives each Israeli a direct subsidy worth about $500 per year.


This largesse is especially striking when one realizes that Israel is now a wealthy industrial state with a per capita income roughly equal to South Korea or Spain.'


Why do they do this? Because the House of Rothschild controls Israel and the House of Rothschild controls the political system of the United States.


The network that links the two is called 'Zionism', a Rothschild creation - just like Israel itself.

‘イスラエルが現在一人当たり韓国またはスペインとほぼ等しい収入を持つ裕福な産業国家であることに気がつく時に、この気前のいい心付けは特に著しい’。

なぜ彼らはこれをしますか?

ロスチャイルド家がイスラエルをコントロールし、ロスチャイルド家が米国の政治システムをコントロールするので。

2つをリンクするネットワークは‘シオニズム’ロスチャイルド作成と呼ばれます - ちょうどイスラエル自身のように。

イスラエル、米国、ヨーロッパをまたいでいるこのシオニズム勢力は、さらに再び、小さな子供を攻撃して、それがある遊び場のがき大将のようです - ガザの人々にとって。

死亡者数を書く時に1000人の負傷者(多くは命が危険な)と800人を超えるパレスチナの男性、女性、および子供がいます。

彼らは、信用できる反抗が全然ないであろうと知っている非武装の無邪気な子供を爆撃しています - すべてのあばれ者が働く方法。

おお、イスラエルの人に立ち向かってください;

おお、どんなに、ヤハウェはそんなに誇り高いのであろうか:

‘あなたの神があなたにこれらの国家を手渡す支配者とあなたがそれらを征服する時に、あなたは完全に彼らを破滅させなければなりません’。

‘それらと条約を全然結ばず、それらにどの慈悲も示さないでください’。

Deuteronomy 7:1-4


What we are seeing in Gaza, and have seen so many times, both there and in the Lebanon, is merciless Old Testament slaughter: cold, calculated, heartless slaughter.


'So they sent twelve thousand warriors to Jabesh-gilead with orders to kill everyone there, including women and children. "This is what you are to do," they said. "Completely destroy all the males and every woman who is not a virgin".'


Judges 21:10-24


'Then I heard the LORD say to the other men, "Follow him through the city and kill everyone whose forehead is not marked. Show no mercy; have no pity! Kill them all - old and young, girls and women and little


省略・・・・・.

申命記7:1-4

私達がガザで見ていて、そこで、そしてレバノンで何度もそう見たものは無慈悲な旧約聖書屠殺です:

冷たく、計算されて、無情な屠殺。

‘従って、女性と子供を含めて、そこでみんなを殺す注文によって、彼らは1万2000人の戦士をJabesh-gileadに送りました’。

「これは、あなたが、することになっていることです」と彼らは言いました。

「‘完全に、処女ではないすべての男とすべての女性を破滅させてください’」’。

士師記21:10-24

‘それから、私は、支配者が他の人に「都市を通して彼について行き、額がマークされない人すべてを殺してください」と言うのを聞きました。’

慈悲を全然示さないでください;

哀れみを全然持たないでください!

彼らすべてを殺してください - 老人と若者(女の子、および女性と小さな子供)。

しかし、マークによって誰にも触れないでください。

‘「寺院で今この場であなたの仕事を開始してください」’。

エゼキエル9:5-7

‘従って、彼らは、70人のリーダーを殺すことから始めました’。

「寺院を汚してください!」と支配者は命じました。

「あなたが殺すそれらの体で、その中庭を満たしてください!」

「行ってください!」

‘従って、彼らは都市中で行き、彼らが言われたようにしました’。

エゼキエル9:5-7

平行線は、旧約聖書の残忍な‘神’と従って、魂、共感、彼らの行動の結果のためのデスクトップ・コンピュータよりむしろ慈悲を全然持っていないユダヤ人(最も特にロスチャイルド家の生物学ロボット)をコントロールする無情で、魂がない人工知能の行動の無限です。

イランまたは他の誰か外のイスラエルと米国(両方のロスチャイルド財産)が、イスラエルの軍隊がガザでしていることをしていた場合を想像してください。

特に、イスラエルと米国(当事国と制裁の必要性の話または‘無邪気な子供を救ってください’への軍事介入を凶暴に攻撃している国連安全保障理事会で通過された決議案)からグローバルな非難があるでしょう。

しかし、イスラエルがそれをする時に、私達は、停戦、‘理解のあるユダヤ人のポジション’暴力の終わり、およびまもなく‘変化’オバマ大統領での沈黙のための空の呼び出しを持っています。

イスラエルがロスチャイルド家の完全所有の財産であり、従って、他の誰かと同じ規則にしばられないので、それはすべて、他の者が直面するであろうものの小数部です。

前のイスラエルの総理大臣、アリエル・シャロンが次のように言った時:

‘イスラエルは、他の者を裁判にかける権利を持つことができるけれども、確かに、誰も、ユダヤ人の人々とイスラエル国を裁判にかける権利を持っていません’。

そして、ゴルダ・メイア総理大臣は同じシオニズムの傲慢さを裏切りました:

‘神によって自身でされた約束の履行としてこの国は存在しています’。

‘それに、その合法性を説明するように頼むことはこっけいでしょう’。

ああ、それはすべて旧約聖書にあります?

さて、あなたがその時望むようにしてください。

‘ユダヤ人母国’は、啓蒙主義者として知られているファミリーを異種交配するグローバルな秘密結社ネットワークを通して、ロスチャイルド領地が統合した開始からでした。

During the Israeli military attacks on the Lebanon in 2006, the Israeli writer, Barry Chamish, told of a meeting with Evelyn Rothschild's grandson, who abandoned the family to be a Mormon (so actually he didn't, even if he thought he did).


Chamish said he learned that just seven families were enjoying the 'fruits of the war' with the Lebanon.


The grandson had said of the Rothschilds: 'They created Israel as their personal toy. It makes them richer and gives them more control. It's not going to be destroyed.'


The Rothschilds funded the early European settlers in Israel, manipulated events in Germany that led to the horrific treatment of Jewish people and others, and then used that as the excuse to reach their long-term goal - a Rothschild-Illuminati stronghold in Palestine using the Jewish population as fodder to be used and abused as necessary.


They called their plan 'Zionism'. This term is often used as a synonym for Jewish people when it is actually a political movement devised and promoted through the House of Rothschild and opposed by many Jews.


The Israeli bully-boys spend most of their time condemning the terrorism of others and yet their very State was created through terrorism of the most grotesque kind via groups like Irgun, Haganah and the Stern Gang, which bombed and terrorised Israel into being and from which came the Israel Defence Forces, the IDF, which is bombing Gaza today.


省略・・・・・


2006年のレバノンへのイスラエルの軍事攻撃の間に、イスラエルの作家、バリーチャミッシュは、モルモン教徒(従って、実際、彼がしたと思っても、彼はしませんでした)であるために、ファミリーを捨てたイーブリン・ロスチャイルドの孫とのミーティングを話しました。

チャミッシュは、彼が、ちょうど7つのファミリーがレバノンと‘戦争の成果’を楽しんでいたことを知ったと言いました。

孫はロスチャイルド家に関して言いました:

‘彼らはそれらの個人的なおもちゃとしてイスラエルを作成しました’。

それは彼らをより金持ちにし、彼らにより多くのコントロールを与えます。

‘それは、破壊されようとしていません’。

ロスチャイルド家はイスラエルで初期のヨーロッパ入植者に出資し、ユダヤ人の人々とその他の恐ろしい扱いをもたらしていたドイツのイベントを処理し、それから、彼らの長期目標に達する口実として、それを使いました - 必需品として使われて、乱用される使用物としてユダヤ人の集団を使っているパレスチナのロスチャイルド啓蒙主義者要塞。

彼らはそれらの計画を‘シオニズム’と呼びました。

それが実際ロスチャイルド家を通して考案されて、促進されて、多くのユダヤ人によって反対された政治的なムーブメントである時に、この用語はユダヤ人の人々の類義語としてしばしば使われます。

イスラエルのあばれ者少年が、他のテロを非難するのにそれらの時間のほとんどを費やす 今日ガザを爆撃しているIDF それらのまさしくその状態は、イルグーン団、ハガナー、およびシュテルン団〈爆撃したことおよび来たこと イスラエル防衛軍 についてのテロを用いられたイスラエル〉のようなグループを経た最もグロテスクな種類のテロを通じて作成されました。

メナヘム・ベギン、イツハーク・シャミール、およびアリエル・シャロン(イスラエルの総理大臣になり、アラブテロを非難する神経を持っていた肉屋)はこれらにおける導灯と他のテロリストグループに含まれていました。

そして、今日まで、パレスチナの人々を破滅させるゴールによって、屠畜業は続きます。

ロスチャイルドにコントロールされたシオニズムテロリストが1948年に存在中にイスラエル国を爆撃した後に、約800,000人のパレスチナ人が避難民にされて、彼ら自身の国であったものから逃げました。

それらの避難民は約400万を数えるそうです。

そして、ユダヤ人が自分の思うとおりに振舞っていて、従って、公正さ、体裁、および慈悲のような期間があてはまらないので、世界は単に傍観した--ちょうど、それが今日までするように。

Palestinian families fleeing the newly-imposed Israel after their country was occupied by Zionist terrorism in 1948.


The idea was always to destroy the Palestinian people step-by-step long before Israel was even created. The Balfour Declaration of 1917, in which the Rothschild-controlled British government supported the establishment of a 'Jewish' homeland in Palestine, said that 'nothing shall be done which may prejudice the civil and religious rights of the existing non-Jewish communities in Palestine'.


But the Rothschild sidekick Chaim Weizmann would later say: 'With regard to the Arab question - the British told us that there are several hundred thousand Negroes there but this is a matter of no consequence'. Nor have they been ever since and the goal of destroying them is closer today than ever before.


The first Prime Minister of Israel, yet another terrorist called David Ben-Gurion, made no secret of this fact within his inner circle.


Former Israel Prime Minister, Yitzhak Rabin, said in an uncensored version of his memoirs, published in the New York Times on 23 October 23rd, 1979: 'We walked outside, Ben-Gurion accompanying us. Allon repeated his question - What is to be done with the Palestinian population?' Ben-Gurion waved his hand in a gesture which said "Drive them out!"'


The current bombing campaign against the Gaza Palestinians is just the latest step to that end. They have forced Palestinians into a Gaza Strip that is little more than a massive concentration camp in which they control all that goes in and out, people or supplies of food, medicines and other essentials.


When the Israelis close the border posts, that's it, the Palestinians are trapped and at the mercy of the soulless and heartless that control the Tel Aviv government and military under Rothschild direction.


One writer recently described conditions in Gaza:


省略・・・・


それらの国が1948年にシオニズムテロによって占領された後に新しく課されたイスラエルから逃げているパレスチナのファミリー。

イスラエルが作成されるずっと前に、アイデアはいつも、段階的にパレスチナの人々を破滅させることでした。

ロスチャイルドにコントロールされたイギリス政府がパレスチナで‘ユダヤ人’母国の設立をサポートした1917年のバルフォア宣言は、‘何もされないこととします(それがパレスチナの既存の非ユダヤ人のコミュニティの文民と宗教の権利を偏らすかもしれません)’と伝えていました。

しかし、ロスチャイルド仲間ハイム・ヴァイツマンは後で次のように言うでしょう:

‘アラブ問題について - 英国人は私達に、そこに数十万人の黒人がいると言ったけれども、これはどうでもよいことです’。

また、それらはそれ以来でなく、彼らを破滅させるゴールは今日これまでより近い。

イスラエル(ダヴィド・ベン-グリオンと呼ばれるまた別のテロリスト)の最初の総理大臣は彼の側近グループの中でこの事実を秘密にしませんでした。

1979年10月23日にニューヨーク・タイムズで出版されて、前のイスラエル総理大臣、イツハク・ラビンは彼の回想録の無検閲のバージョンの中で言いました:

‘ベングリオが私達に同伴していて、私達は外を歩きました’。

‘アロンは彼の質問を繰り返しました - 何が、パレスチナの人々にされることになっていますか?’

‘「それらを追放してください!」と言った身振りにおいて、ベングリオは彼の手を振りました’

ガザ パレスチナ人に対する現在の爆撃はその終わりまでのまさにその最新のもののステップです。

彼らは、パレスチナ人を、彼らが、出入りするすべてをコントロールする大規模な強制収容所より少し多く(食物、医薬品、および他の必須事項の人々または供給品)であるガザ地区に押し込みました。

イスラエル人が国境警戒区域を閉じる時に、それはそれであり、パレスチナ人は閉じ込められて、ロスチャイルド指導のもとでテルアビブ政府と軍隊をコントロールする魂がなく、無情なものの慈悲にいます。

1人の作家が最近ガザで条件を説明しました:

' ...

イスラエル釘は、栄養不良人種がサハラ以南のアフリカのそれらと競争し、下水が通りですり傷を動かし、海洋を汚染するように着実に強くなって約3年続いていた包囲攻撃の下で、ガザである棺を閉じて、家はまだ、集合的な処罰において集合的な処罰をスーパー追加するためにブルドーザーでならされています;

男性、女性、および子供はまだ狙撃されていて、殺されています;

‘子供は、衝撃音を続けることによって聾されていて、彼らの大部分は心的外傷後ストレス障害から損害を被り、その大多数の多くは「殉教者」以外に野心を全然持っていません…’

そして、それは現在ずっと悪い。

How can anyone inflict such a lack of mercy on an entire people? The question can only be answered when we understand that Zionist extremists really do believe they are God's Chosen People and that therefore the Palestinians are little more than cattle.


The Israel Prime Minister and terrorist, Menachem Begin, described the Palestinians in a speech to the Israeli parliament as 'beasts walking on two legs'. Another Prime Minister and terrorist, Yitzhak Shamir, told Jewish settlers in 1988 that the Palestinians 'would be crushed like grasshoppers ... heads smashed against the boulders and walls.'


Prime Minister and terrorist, Ariel Sharon, then Israeli Foreign Minister, confirmed in 1998 what the plan really was for the Palestinians:


'It is the duty of Israeli leaders to explain to public opinion, clearly and courageously, a certain number of facts that are forgotten with time. The first of these is that there is no Zionism, colonialisation, or Jewish State without the eviction of the Arabs and the expropriation of their lands.'


The plan is to kill or drive out the Palestinian people using poverty, hunger and war and so allow the Zionists to expand into 'Greater Israel'. That plan is now well advanced.


In early 2008, the United Nations' leading humanitarian affairs official said he was 'shocked' by the 'grim and miserable' conditions in Gaza. Undersecretary General John Holmes blamed this on Israel closing the border crossings and so limiting the supply of food and other materials - just as they are doing today.


He said: 'All this makes for a grim human and humanitarian situation here in Gaza, which means that people are not able to live with the basic dignity to which they are entitled'.


But they are just 'beasts walking on two legs', right?


省略・・・・・・




どうしたら誰かがそのような慈悲の不足を民族全体に与えることができますか?

私達が、シオニズム過激論者が本当に、彼らが神の選ばれた人々であり、従って、パレスチナ人が牛より少し多くであると信じると理解している時に、質問は答えられることができるだけです。

‘2つの足で歩いている獣’としてのイスラエルの議会へのスピーチにおいてイスラエル総理大臣とテロリスト、メナヘム・ベギンはパレスチナ人を説明しました。

別の総理大臣とテロリスト、イツハーク・シャミールはユダヤ人の移住者に、パレスチナ人が‘バッタ(石と壁に対して打ち壊された…頭)のように押しつぶされるであろう’と1988年に言いました。

総理大臣とテロリスト、アリエル・シャロン、そしてイスラエルの外務大臣は、計画がパレスチナ人のために本当に何であったかを1998年において確認しました:

‘時がたつにつれて忘れられるのは、はっきりと、勇敢に一定数の事実を世論に説明するイスラエルのリーダーの義務です’。

‘これらの一番目は、アラブ人の立ちのきと彼らの領土の収用なしでシオニズム、植民地化、またはユダヤ人国家が全然ないことです’。

計画は、貧困、飢え、および戦争を使っているパレスチナ人を殺すか、追放し、そう、シオニストがより大きなイスラエル’に拡大することを可能にすることです。

そのプランは現在上手く進行しています。

2008年の初頭において、国連の主要な人道主義の役員は、彼がガザで、‘厳しく、みじめな’条件により‘ショックをうけた’と言いました。

次官将軍ジョン・ホームズは境界横断を閉じていて、食物と他の素材の供給を制限しているイスラエルにこれの責任を負わせました - ちょうど、それらが今日しているように。

彼は次のように言いました:

‘これはガザで厳しい生活の人と人道主義の状況に進みます(それは、人々が、彼らが与えられる基本的な威厳をもって住むことができないことを意味しています)’。

しかし、それらはまさに‘2つの足で歩いている獣’ですね?

リチャード・ファルク(占領地の国連人権の協議会の特別な書記)はガザでのその行動のためにイスラエルを非難しました。

彼が古い好きな‘反ユダヤ主義’として解雇されることができないので、彼はユダヤ人およびイスラエル政府にとってずっと危険であることです。

あるいは、ひょっとしたら、イスラエルに抗議するそれらのユダヤ人にこれらの病人によってタグを与えて、彼は‘自身を嫌う人’です。

国連役員として、あえて約束の地を批判することに対するファルクの処罰は、20時間の間拘束されて、それから国への入国を許されないことになって、従って、彼は現在の空襲のパレスチナの人々のために条件を報告する仕事をすることを妨げられます。

彼が入ることは12月半ばに否定されました - 彼らが知っていた最新の爆撃のためにそこに完璧なタイミングは来ました。

最近の8年のブッシュ政権は、新保守主義、または『新保守主義者』ネットワーク である, 米国/イスラエル人決闘市民および/またはポール・ウルフォウィッツ、リチャードPearle、Dov Zackheim、ウィリアムクリストル、ロバートカガン、エリオットエイブラムズ、ダグラスフェイト、ジョンボルトン、ロバートBゼーリック、ディック・チェイニー、ドナルド・ラムズフェルト、および他のようなシオニストが支配しました。

新保守主義ゴッドファーザーは、人々が‘信心深いエリート’によって制御されなければならないと信じた亡くなったレオ・シュトラウス(ドイツ生まれのユダヤ人‘哲学者’)です。

しかし、きっと‘チェンジさん’が現在‘パワー’に来るので、シオニズム優越のそれらの日々は終わっています。

ただであるにして。

バラク・オバマはラーム・エマニュエル、彼の大統領首席補佐官のようなシオニストで彼の新政権を一杯にしました。

エマニュエルの父、ベンジャミンは、私が先に言及したパレスチナのイルグーン団テロリストグループのメンバーであったシオニズム過激論者であり、私達は、はっきりと、オバマ政権がそのイスラエル/パレスチナ人の方針の上で釣り合いが取れていて、公正であることを期待することができません。

オバマがガザのイスラエルの爆撃において黙っていたのも不思議ではない。

オバマはガザ危機に関してはっきり話します:『おい、私はなにも得てない』、私がここは等しくチャンスがあります...私の参謀長に尋ねてください、彼は過激なシオン主義者です、そして、彼のおとうさんはイスラエルが爆撃するのを手伝った経験があります。彼は、何が進行中になっているかについてわかっています。』


大統領任期を守るために、彼が米国で本当に大規模なシオニズムロビーの制裁が必要であったので、オバマ政府は、奴隷的に親イスラエルになろうとしています。

彼の副大統領、ジョーバイデンはイスラエルのための長期のバッグキャリアです。

彼はイスラエルのテレビで言いました:

‘私はシオニストです - あなたは、シオニストであるユダヤ人である必要がありません’。

それが神の選ばれた国への核の攻撃をスタートしたならば、国務長官ヒラリー・クリントンは、‘消してください’イランに誓約した別のイスラエル人形です。

彼女は、それがイランへの核の攻撃をスタートしたならば、彼女がイスラエルを消すであろうと言うでしょうか?

とんでもない。

テーブルが重量を増されて、ゲームが装着されて、それがいつもそうであったので、パレスチナ人には一度もチャンスがあったことがありません。

第一次世界大戦の時に、ロスチャイルドにコントロールされたイギリス政府はパレスチナアラブ人に、彼らがオスマントルコと戦い、パレスチナと他の領土を去ることをそれらに強制したならば、彼らが独立なパレスチナと報いられるであろうと言いました。

パレスチナのアラブ人は合致していて、トーマス・エドワード・ローレンス--‘アラビアのロレンス’--中佐を通しての英国人からのサポートによって、オスマン帝国は敗れました。

しかし、それらの報酬は独立ではありませんでした。

それは英国の‘命令’による最初の規則、それからシオニズムイスラエルによる職業でした。

ローレンスが後で認めて、彼らがそれ以来嘘を言われているように、アラブ人は嘘を言われました。

これらのすべての‘道路地図’と‘和平プロセス’は、いつも、何にもならないようにデザインされます。

パレスチナ人が基本的にもうこの世にいなくなるまで、彼らは、まさにポジションを、現状を維持すると考えています。

イスラエル人はいつも、コントロールは、何と誰が出入りするかを決めているイスラエルとの言葉とはとてもいえないけれども、彼らが、公式に、ガザ‘権限’をコントロールするパレスチナのグループ、ハマスによる攻撃のために‘報復’において人々を殺していると言います。

ハマススパイは、これまで4人の人々を殺したローテクなロケットをひどく発射しています。

ひどく、はい、それは起こっているべきでありません。

ハマス(それはそれなりに別の圧政です)に、私は要約を全然抱かないけれども、これを自身に尋ねます:

あなたが、世界が何もしない間60年の抑圧と迫害の後に、パレスチナ人がいる状況に直面していたならば、あなたは何をするでしょうか?

あなたが不正を取り除くならば、あなたはその不正への暴力的な反応のために動機づけを取り除きます。

彼らが彼らの哀れな状態を受け入れるか、銃撃を開始し、いくつかが、後者を選ぶはずの所で、人々をポジションに置いてください。

しかし、根本原因、不正に取り組む代わりに、800人よりもっと殺し、数日で数千を傷つける最先端の砲撃によって、イスラエルは応じます(その少なくとも90%が、ロケット攻撃と全く関係を持っていない男性、女性、および子供です)。

2007年に、25人のパレスチナ人がすべてのイスラエル人のために殺されました。

それは、単なる、‘自身を保護します’以上のものです。

同じくらいユダヤ人の国連代表、リチャード・ファルクは地上攻勢の前の最近の2週間で言いました:

‘占領国群の義務について、そして戦争の法律の要件において、ジュネーブ協定の中で定義されることとして、ガザ地区のイスラエルの空爆は国際人道法の厳しく、大規模な違反を見せます…’

それらの違反は以下を含みます:

* 集合的な処罰:

混んでいるガザ地区に住んでいる150万の人々全体が少しの武装勢力の行動のために罰せられています。

* 民間人をターゲットとします:

空爆は世界の土地の最も混んでいる一帯の1つにおける民間住居地域、確かに中東の最も人口が密集しているエリアに向けられました。

* 不釣合な軍事的な反応:

空爆はガザの選挙で選ばれた政府のすべての警察とセキュリティオフィスを破壊しただけでなく、数百人の民間人を殺し、傷つけました;

‘伝えられるところでは、少なくとも1回のストが、大学から家まで行進を試みている学生のグループを攻撃した’。

シオニズムテログループが、イスラエル国の安全を確保する彼らの暴力のキャンペーンを開始して以来、パレスチナ人へのこの野蛮さは進み、この進行中の悪のスケールはしばしば‘反ユダヤ主義’と呼ばれることに対する恐怖によって抑制されています。

ロスチャイルド王朝は、米国の中と他の場所であえてイスラエルまたはマニピュレーションのそのネットワークを露出するか、非難する誰にでも‘反ユダヤ主義’または‘人種差別主義者’としてラベルを貼るために反中傷リーグ(ADL)と多くの他のような‘反憎悪します’グループの高く出資されたネットワークを構築しました。

直ちに、政治家(けれども すべて を除いて 少しである 沈黙に恐れているか、または報いられる )、大学教授、私のような人々、およびどのような種類の公的な段階でも持つ誰でもそうです

ADLによって非難されて、それらが、イスラエルまたは偶然ユダヤ人である誰かを露出するならばロボット‘左’のロボット過激派からのサポートによって‘人種差別主義者’として汚されます。

選ばれた人々であると主張していて、他の何よりも人種差別のために他の誰かを告発しているそれらの皮肉は、血まみれの精神をびっくりさせています。

見事なノーマン・フィンケルシュタインのように専制政治に挑むユダヤ人の人々は‘自身を嫌う人’と命名されて、しばしば、結果として彼らの仕事と生計を失います。

ロスチャイルド‘反憎悪します’グループはどのようなビッグ・ブラザーでも恥じ入らせました。

しかし、私達が自身のために結果を恐れているので、私達はパレスチナ人の状態について沈黙を守っているままいることができない--および決していけない。

私達は何ですか、マウス??

これは人種差別についてではありません;

それは無力で、悲劇の民族に対してファシズムと毎日の猛攻撃についてです。

私は残念ながらADLが私が言うものについて考えるものを与えません、また、その宣伝をおうむ返しに言う『左翼』のそれらは彼らがそうである青少年を好みません。

それは言う必要があり、従って、誰かが、それを言う必要があります。

ところで、そして、啓蒙主義者ファミリーを持つリーグの中でずっと大きなグローバルな路線の一部であるシオニズム路線を動かしているそれらは一般にユダヤ人の人々のためののろいを与えません。

それらも単により大きなゴールへの消耗の見当違いの言葉です。

最初のイスラエルの総理大臣として、テロリスト、ダヴィド・ベン-グリオンは次のように言いました:

『私が彼らをイングランドへ輸送することによるドイツと彼らをイスラエルのランドへ転勤させることによる半分だけの全ての子供たちを救うことが可能であるということを知っているならば、私は後者を選ぶでしょう、なぜならば、我々の前に、これらの子供たちの数だけでなくイスラエルの人々の歴史の計算もあります。』

それは、それを言うためにどんな種類の病んだ精神を持っていますか?

1948年以来ずっとイスラエルを運営している種類は、その答えであるでしょう。

私達は、こっけいで、子供っぽく、ユダヤ人とジェンティーレとイスラム教徒のラベル、およびこんな架空のナンセンスのものを落とし、すべてのために一緒に平和と正義の名に入る必要があります。

ユダヤ人不正行為またはパレスチナの不正行為がなく、単に不正があります。

もののための公正は誰のための‘公正’でもあり、別のもののためのどの公正もありません。

それがすべてにあてはまり、世界が静かなままいて、目をそらす間、それが決してパレスチナ人にあてはまらないであろう場合を除いて、公正が意味を全然持っていません。

さすが貧困ビジネスに明るい人はやる事が違います。

新.義によりて勇を馳せる、保守派へ
さん より




若干蛇足


これまでの派遣村村長湯浅の最大の収入源は、アパート賃貸保証会社の「リプラス」(社長は在日の姜裕文)。 リプラスは保証人のいない人のために、保証料をとって保証人を代行することで利益を上げてきた。




湯浅はリプラスに大量に顧客を紹介し、リプラスはその謝礼名目で湯浅に送金していた。 リプラスは去年の9月、賃貸保証用の資金を


リプラス
との関係は、NPO法人「もやい」がネットカフェ難民
ホームレス
として苦しんでいる生活困窮者をリプラス
に連れてきて、もやいが連帯保証人
になり、その時点で8,000円を生活困窮者から(というか生活保護
費などから)徴収し、リプラス
が家賃保証をし、家具などは関連NPO法人リサイクル
屋の「あうん」から『一人暮らし家具パック』を1万円から40,000円高の間で購入してもらう。で、その生活困窮者が夜逃げ
をすれば彼らが入居していた部屋に残した『一人暮らし家具パック』をもやいが引き取りそれをまた再販する。


すなわち、すべてとりっぱぐれなしの究極のリサイクル
システムが完成していた。それがリプラス
が倒産したお陰で「家賃保証」をする役割を担う担当部署がなくなっただけであるから、寄付集めにやっきになるより、第二のリプラス
役を探せばいいだけのことでは・・・?まあ、リプラス
のように提携したから即座に1,300万円というどういう意味合いの金かわからん報酬をもやいに支払う家賃保証会社もそうそういないとは思うが・・・。


貧困層
喰い(下) 2008.10.10 Friday


http://brog.keiten.net/?eid=928336




サブプライムローン
関連で運用していたため、リーマンショックの直撃を受けて破産した。


湯浅が派遣切り問題で大げさに動き始めたのはこの頃から。リプラスというバック・収入源を失った湯浅は、面倒を見切れなくなったホームレス連中(顧客)の対処に相当切羽詰まっていた。

そこで降ってわいたのが「派遣切り騒動」。

これに乗じて自分の抱えたホームレス連中も、すべて行政に押しつけて逃げようってのが目的。

湯浅の尻拭いに派遣連中は明らかに利用されてる。







湯浅誠は貧困層を喰らう「貧困ビジネス」の成功者!


http://antikimchi.seesaa.net/article/112262249.html





この湯浅誠といえば、朝生などに出演し、与党議員などを罵倒する輩だが、在日企業で働き、派遣問題などに首を突っ込み『貧困ビジネス』をしていたとは、、、



やはり、派遣村の諸君は、こういう輩に食い物にされているのである。




ホント、左翼って、善人の顔をして近づいて、内心では『カネ』しか考えてないんだな。




ちなみに、2315万円も、カンパが派遣村に集まったそうです。人件費は、全員ボランティアなのでかからないし、場所代も公共の場を不法占拠しているのでタダです。儲かりますね、湯浅サン!


これは、もはや、派遣を食い物にしたビジネスと言って過言ではないでしょう。





蛇足


東大出の詐欺師に上手いことマスコミと野党を利用して、プロ組合の談合で政治闘争にしようなどという腹が見える・。


小賢しい奴が多い・。




レジスタンス・・。

レバノンからも砲撃「南北から挟み撃ち」 イスラエルに衝撃
1月9日8時4分配信 産経新聞


 【エルサレム=黒沢潤】レバノン南部からイスラエル北部を狙ったロケット弾攻撃は、パレスチナ自治区ガザ地区でイスラム原理主義組織ハマスと交戦を続けているイスラエル軍に大きな衝撃を与えている。ロケット弾攻撃の背後に控える組織の正体は不明だが、こうした攻撃が続けば、イスラエルは「二正面作戦」を迫られる可能性もある。エジプト政府が軸になって進めるイスラエル軍とハマスの停戦にも、暗い影を落としかねない。

 ≪「二正面作戦」≫

 ロイター通信によると、今回のミサイル攻撃で、イスラエル北部のリゾート都市、ナハリヤなど数カ所の街で、2人以上が負傷した。ナハリヤの市長は「すべての子供を学校に避難させ、それ以外は各家庭のシェルター内に滞在させる方針だ」と強調した。

 今回の攻撃は、ハマスとイスラエル軍の停戦を前に、軍事力の観点からは圧倒的に不利に立たされているハマスを支援する“援護射撃”であるのは間違いない。「南北からの挟み撃ち」(英民間放送局、スカイニュース)作戦が、イスラエル政府に与える心理的打撃は決して小さくなく、ハマスにすれば、エジプトでの8日からの停戦交渉を有利に進められるという点でも大きな意味を持つ。

 ≪組織の正体不明≫

 攻撃の背後にいる組織の正体は今のところ不明だ。

 レバノンにはイスラム教シーア派組織、ヒズボラ(神の党)のほか、ハマスの関係組織など、反イスラエルの諸勢力が存在する。2007年には、レバノン内部のパレスチナ人勢力が、2発のロケット弾をイスラエルに撃ち込んだ。ただ、今回の攻撃の主体がヒズボラであった場合、問題は深刻化する。

 ヒズボラは06年夏、イスラエルと約1カ月にわたって激戦を展開した。ヒズボラ側
織、ヒズボラ(神の党)のほか、ハマスの関係組織など、反イスラエルの諸勢力が存在する。2007年には、レバノン内部のパレスチナ人勢力が、2発のロケット弾をイスラエルに撃ち込んだ。ただ、今回の攻撃の主体がヒズボラであった場合、問題は深刻化する。

 ヒズボラは06年夏、イスラエルと約1カ月にわたって激戦を展開した。ヒズボラ側にも約1100人の死者を出したものの、イスラエルに対して4000発ものロケット弾を撃ち込んだほか、イスラエル兵士ら約160人を殺害、イスラエルのオルメルト政権の弱体化を引き出した。

 ヒズボラはハマスと同じく、学校や病院を作るなど、社会福祉・教育にも力を入れており、貧困層からの人気が特に高い。06年のイスラエル軍との交戦後も、約3万発のロケット弾を所持していると指摘されるなど、軍事部門はハマスよりも強大だ。ハマスとともに、イランを“後ろ盾”としており、イスラエルは今後、「違ったゲーム」(英メディア)を強いられることになりかねない。

 ロイター通信によれば、イスラエル軍は北部地域での警戒を強めているが、ハマスとの対決に集中したい同国軍にとって、現時点ではレバノン南部にまで戦線を拡大したくないのが本音だ。今後、状況を慎重に見極めるとみられるが、ガザでの攻撃増強がレバノンからさらなる攻撃を招きかねず、これまで以上の民間人の犠牲者が出ることが予想されるガザ市街地への侵攻作戦にも「ブレーキ」がかかる可能性がある。

 今回のロケット弾攻撃は、エジプト提案の停戦の行方にも冷水を浴びせている。

 ≪ハマスを“援護”≫

 エジプトのアブデルアジズ国連大使は7日、「(交渉では)前進がなければならない。つまり停戦だ」と語り、パレスチナ自治政府も、2日以内の停戦が可能だとの見方を示していた。だが、今回のレバノンからの攻撃により、圧倒的に劣勢に立たされていたハマスが、心理的にも勢いを盛り返すのは確実とみられ、停戦交渉では、イスラエル側が到底応じられない強硬な停戦条件を突き付けてくる可能性もある。
戒を強めているが、ハマスとの対決に集中したい同国軍にとって、現時点ではレバノン南部にまで戦線を拡大したくないのが本音だ。今後、状況を慎重に見極めるとみられるが、ガザでの攻撃増強がレバノンからさらなる攻撃を招きかねず、これまで以上の民間人の犠牲者が出ることが予想されるガザ市街地への侵攻作戦にも「ブレーキ」がかかる可能性がある。

 今回のロケット弾攻撃は、エジプト提案の停戦の行方にも冷水を浴びせている。

 
蛇足

ハマスはヒズボラとの連携がはっきりした・。イスラエル軍はこれから相当なダメージを食らうかも知れない・。100両の世界一戦車メルカバを破壊し、F16戦闘機を撃墜し、イスラエル戦艦も沈めたロシア製ロケット砲の威力を忘れはしまい。

弱いモノいじめをするとしっぺかえしはきついモノになる・。

メルカバ戦車の破壊

特亜を斬るさんより・。

嘘吐き韓国政府よ!日本に謝罪と賠償せよ



韓国
政府は韓米同盟のため巨大なヒモだ


Pressian1月8日



"私の人生に対して考えれば考えるほど私のような女性らは韓米同盟の最大犠牲者だった気がする。 顧みれば私の体は私のものでなく韓国
政府と米軍のものだった。"


韓国
は2次大戦当時、自国女性らを性的奴隷に引っ張っていった日本を非難しているけれど、そのような韓国
政府が実は1960年代から80年代まで東豆川(トンドゥチョン)など基地村女性と米軍らを連結する'ヒモ'の役割をしていたとインターナショナルヘラルドトリビューン(IHT)が報道した。
この新聞は基地の村女性の数奇な人生を詳細に紹介する8日付記事で過去、韓国
政府の政治指導者が
北朝鮮の南への侵略を止める米軍のために売春をするように奨励したし、性病拡散を防ぐために基地の村女性らを診療して治療する体系をそろえるのに
韓国
政府と米軍当局が直接協力したと伝えた。





"韓国
政府,日帝慰安婦非難する資格あるか"


基地の村女性の中の一つであったキム・エラン(58)氏はこの新聞とのインタビューで"わが政府は米軍のため巨大なヒモであった"として政府が朝鮮戦争
後廃虚になった韓国
経済を支える商品として自分たちを感じたと話した。


基地村の女性はまた政府が自分たちがよく'売れるように'するために基本的な英語とエチケットを教える授業を支援しただけでなく、当局者を送って基地村女性らが外貨を儲けていると祝賀してくれたと話した。


キム氏は"彼ら(政府当局者)は私たちを見て'ドルを儲ける愛国者'と褒めながら、できるだけ体をたくさん売れと催促した"と話した。





新聞はまた1960~80年代米軍憲兵と韓国
公務員たちが性病を移す女性を探し出すとして米軍クラブを取り締まったという話もあるとし米軍が自分の売春パートナーを簡単に調べてるために番号札を付けるようにしたとも伝えた。


キム氏は病気になったと見える同僚女性を韓国
警察が捕まえて行って'モンキーハウス'と呼ばれた窓に桟ある部屋に閉じ込めて病気が治る時まで強制的に薬を飲ませたと証言した。
2次大戦当時慰安婦と自身を比較するキム氏は韓国
政府と米軍の謝罪と補償がなければならないと要求しながら、自分たちが基地の村に入ってきたのが自らの選択や必要によってであろうが強制によってであろうが皆政府政策の犠牲者だと話した。




米軍撤収に対する憂慮で性病管理徹底して


この問題を研究する学者らは韓国
政府が基地村の運営に積極的だった理由の中の一つは米軍らが韓国
から撤収するかも知れないという憂慮のためだったとし、韓国
政府は米軍撤収を防ぐためにどんな事でもしようと思ったと話す。ウェレスリー
大学のキャサリン・ムン教授は"韓国
政府が基地村の売春に関わっていてそれを支援したかと尋ねると答は'そうだ'"と話した。
しかし韓国の女性家族部はこの問題に対して返答を拒否したし,在韓米軍
司令部は"私たちは人身売買や売春のような不法行為を見過ごしたり支援しない"という一般的な返答だけだと新聞は伝えた。


新聞は当時韓国
と米国の文書を検討してみた結果、インタビューに応じた8人の女性が話す内容を後押しする一部資料を発見できたと伝えた。 しかしこの女性は政府が売春にどれくらい深く介入したのか一般市民はほとんど知らないと話した。





これと関連して過去公務員で米軍との高位級連絡業務を引き受けたキム・キジュ氏は2006年あるテレビインタビューで"私たちがたとえ売春を積極的に奨励してはいないがそのことが国のために悪いことではない話したりした"と打ち明けて、基地村女性の主張を後押しした。


当時国会聴聞会記録を見ても最小限一部政治指導者らは米軍に対する売春は必要なことという認識をしていたものとみられる。1960年の国会記録を見れば、同盟国軍人の「自然な必要」に応じるように売春女性を供給して日本にドルが漏れるのを防がなければなければならないと二人の国会議員が発言したことになっている。 これにイ・ソンウ当時内務部次官
韓国
政府が"売春女性供給"と米軍のための"遊興システム"を増やす措置を取った
と答えた。


キム氏とムン教授は韓米両国政府が売春に介入することになったことは性病管理のためだったとし、リチャード・ニクソン米大統領が1969年米軍縮小計画を明らかにした後、韓国
政府は米軍撤収を心配し始め売春に対する両国の協力が明確になったと話した。
新聞は最近東豆川(トンドゥチョン)など基地の村にはフィリピン
から来た女性が米軍を相手にした売春に従事しているとしながら、しかし過去この仕事をしていた多くの韓国女性らが貧しい状態で基地の村に住んでいて米軍人との間で産んだ後、養子縁組
送った子供たちに対する記憶に苦しめられていると伝えた。




さて・・・・韓国
政府は何と答えるのでしょう




少なくとも朝鮮売春婦は自ら進んで売春しても



謝罪と賠償を求めるようです






ヘラルドトリビューンの記事を引用してYNTに掲載



韓国
政府は巨大なポン引き告白・波紋


Newsis1月8日



韓国の元売春婦らが過去韓国
政府が米軍基地村の'売春(Sex Trade)'を許したとニューヨークタイムズとのインタビューで明らかにして波紋が生じている。
ニューヨークタイムズは8日(現地時間) Aセクション6面にソウル発記事で“韓国
政府は過去米国の保護を受けるために売春婦らが米軍らに体を売るようにした”としながら“韓国
政府と米軍は60年代から80年代まで基地の村売春婦らが米軍に性病を移さないように直接管理した”と大きく報道した。これと共にタイムズは“韓国
は日本軍が性のオモチャとした慰安婦のみにくい歴史を猛攻しているけれどこれはまた他の虐待の姿で批判を受けている”と基地村売春婦と日本軍慰安婦の歴史を遠回しに言って,新しい波紋も予想されている。





タイムズは今年80才で酸素呼吸器に依存して生きるペ某さんの写真とインタビューをのせて元基地村売春婦らの惨めな人生を浮上させた。タイムズは“韓国の元売春婦らは売春が強制的になされたが抗議できなかったし,過去から今まで韓国
政府自身のみにくい歴史を顧みないで日本に対して慰安婦賠償を要求する偽善を見せていると非難する”と伝えた。学者らは韓国
政府が米軍が韓半島を離れることを恐れて,これを防げる方法は何でもするように没頭したと指摘している。しかしこれら売春婦らは韓国
政府が朝鮮戦争
以後疲弊した経済を助けるのに自分たちを活用したとして政府が効率的な基地の村売春のために英語とエチケットを教えて体売って,ドルを用意するのを褒めたと話した。 タイムズは金某氏(58)の話を引用,“韓国
政府は米軍のため‘巨大なポンビキ(Big Pimp)’であった”としながら“彼らは私たちが米軍に可能なだけ体をたくさん売るように促したし、ドルを儲ける愛国者と呼んだ”と話して衝撃を与えた。




さて・・・・どうする?バ韓国

なめ猫さんのブログから

中共製兵器をイスラム原理主義ハマスが使用


中東情勢も緊迫の度を増していますが、ここでも中共の影がちらついているようです。



複雑怪奇な中東問題はなかなか私たち日本人には理解しがたいものがあります。



宮崎正弘先生のMLを転載しておきます




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 

    平成21年(2009年) 1月5日(月曜日) 

        通巻第2442号

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△



 ハマスの武器=カチューシャ・ロケットはやはり中国製だった

  地上戦に突入したイスラエルの強気と国内事情

****************************************



 オルメルト(イスラエル首相)率いる与党「カディマ」政権は死に体だった。

 パレスチナ自治政府のアッバス「政権」は、イランが胴元といわれる「ハマス」に屋台骨を乗っ取られ、アラブ世界で、あたかも王兆銘政権の末期のごとしだった。

 「ハマス」をブッシュ政権はいまもテロリスト集団と規定している。



 イスラエルは二月の総選挙をひかえ野党リクードの圧勝ムードだった。

与党連立「カディマ」は前首相のシャロンがリクードを割り、野党「労働党」の一部を吸収して政権を維持するために便宜的に発足させた与党である。

 リブニ外相が次期首相として内定し、秋に連立工作を進めたが失敗、二月十日、総選挙と決まった。パレスチナに強硬姿勢のリクードは、前首相ベンジャミン・ネタニヤフが人気投票で、リブニを上回っていた。



 労働党率いるバラク(首相経験あり)がカディマ連立政権で国防相となり、タカ派軍事路線に傾斜したため、ここで労働党の人気も回復、リクード、労働党の復権で「カディマ」は解体の危機が囁かれた。



 米国はバラク・フセイン・オバマ次期大統領が中東問題に対してほぼ白紙、外交をヒラリー・ローダム・クリントンに丸投げしようとしていた。

 オバマは父親がイスラム教徒、インドネシアではイスラム教の学校に通っていた。その過去を消すために、オバマはミドルネームの「フセイン」を敢えて省略して選挙戦に臨んできた。



 次期国務長官が予定されるヒラリーに新しいスキャンダルが浮上した。

夫君ウィリアム・ジェファーソン・クリントン(ビル・クリントンの本名)が世界中、とくに産油国と中国から怪しげなカネをあつめる「クリントン・イニシアティヴェ」の活動停止を条件に、ヒラリー国務長官が指名されたのだった。

 ヒラリーはNY州選出の上院議員でベテランだったモイニハンの後釜、地盤を継承した。その選挙区のシュラキーズにあるデベロッパーと組んで開発工事発注に便宜をはかった疑惑が浮上したのだ(ヘラルド・トリビューン、1月5日付け)。





 ▲死の商人=中国製武器が中東で“活躍”



 さて、こうしたタイミングを狙ってハマスはイスラエルにロケット砲撃を開始した。ロケットはエジプトとガザの「国境」に何本かの密輸トンネルを通じて大量に運ばれ、「モスク」や「大学」などに隠匿されてきた。殆どのカチューシャ・ロケットは、今回の攻撃で、中国製と認定された。

 中国の「死の商人」ぶりが、またもや露呈された。



 さてさて、問題はイスラエルがガザ空爆のあと、地上戦に突入し、事態の長期化泥沼化を躊躇していないのは国内の選挙事情がおおきく絡む。

 げんに空爆以降、世論調査をみれば、圧倒ムードだったリクードと、カディマ率いるリブニ外相との人気が伯仲し、バラク国防相率いる「労働党」の議席も伸びそうな情勢となる。

 選挙日の二月十日をひかえ、ここでフランス仲介の停戦にイスラエルが応じることはないだろう。

 また地上戦のイスラエルの戦車にはPLAアッバス派が協力しており、要するにアッパス政権がガザにおいてハマスからの主導権回復を便乗して狙っていることも明らかになった。



 イスラエルも、パレスチナ各派も、それぞれの秘めた思惑のもと、乾坤一擲の賭にでたのだ。

平和ぼけ日本から見れば、この中東の現実、権謀術数は理解しがたい世界だろう。

      △

蛇足


中国製ロケット兵器は精度が悪いのか、あまり効果を上げていない・。やはり、ロシア製とイラン製の方が優秀ということであろう・。


中国も軍事大国であるが、兵器は今一の感はぬぐえない・。ハマスもヒズボラを見習った方が良かったのかもしれない。こんな兵器で調子に乗って、イスラエルの暴虐にさらされる民衆が災難である。




ヘンリーメイコー博士より 

Unplugging the New World Order

新世界秩序のプラグを抜きます


January 4, 2009 by Henry Makow Ph.D.



若干蛇足




If there were a webcam in the Monkey House at the local zoo, would you watch it?


Then, why watch TV or go to the movies? Why cruise the Internet or listen to most music? It's the same thing: the chest pounding, screeching, defecating and copulating of monkeys. Of course humans outdo monkeys with mindless killing and mayhem.


If not a Monkey House, then the world increasingly resembles a hive which, thanks to the mass media, vibrates at the same frequency. For example, when the stock market is plummeting, everyone is panicking. (When Money is God, an economic downturn becomes a spiritual crisis.)

ローカルな動物園に猿の檻にウェブキャムがあったならば、あなたはそれを見るでしょうか?

そして、なぜ、テレビを見るか、映画に行いくか?

なぜ、インターネットを巡航するか、ほとんどの音楽を聞くか?

それは同じ物です:

猿の胸強打、金切り声をたて、浄化、および交接。

もちろん、人は無知な殺害と騒乱によって猿にまさっています。

猿の檻でなければ、世界はますます、マスメディアのおかげで、同じ頻度で振動する巣箱と似ています。

例えば、株式市場が落ちている時に、誰もがうろたえています。

(お金が神である時に、景気の下降はスピリチュアルな危機になります。)

But there are other causes for the gloom: the spreading knowledge that our institutions (government, media, education, religion etc.) have been subverted and society now has no way of self-correcting.


The world feels like a roller coaster and we are holding on for dear life. Perhaps we need to let go. Perhaps we need to vibrate at our own unique frequency.


Perhaps I would be more effective if I devoted more energy to my private life. The external world is negating my private world even though it hasn't physically impinged on it yet. I have impoverished myself by my constant focus on the Monkey House. I don't think I am alone in this.

しかし、暗闇により他の原因があります:

私達の組織(政府、メディア、教育、宗教など)が破壊されたこと、および現在社会が自動制御方法を全然持っていないことについての理解は広がっている。

世界はジェットコースターの感触を持っていて、私達は必死でそのまま待っています。

たぶん、私達は、行く必要があります。

たぶん、私達は、私達自身のユニークな頻度で振動する必要があります。

たぶん、私がより多くのエネルギーを私の私生活に捧げたならば、私はより効果的でしょう。

それはまだ物理的にそれに衝突していないけれども、外界は私の私的な世界を取り消しています。

私は猿の檻の上の私の一定のフォーカスによって自身を貧しくしました。

私は、私がこれについて一人であると思いません。

Our minds are like blotters, hoping to find a reflection of our ideals in the world. We need to turn the mirror around so the back faces the world. We need to use our personal lives (not the world) to reflect our ideals.


I envy people who can make God, Jesus or Mohamed the focus of all their thoughts. I often resolve to read the lives and saying of mystics. Clearly I need another focus. Family. Sports. A hobby. I'd like to hear from readers about how they have changed their focus.

私達の精神は、世界で私達の理想の反射を発見することを望んでいる吸い取り紙のようなものです。

私達は、鏡の向きを変える必要があるので世界の背後に直面しています。

私達は、私達の理想を反映するために私達の私生活(世界でない)を使う必要があります。

私は、神、イエス、またはモハメドをすべての彼らの考えのフォーカスにすることができる人々をうらやみます。

私は、しばしば神秘主義者の生活と教えを読むことを決心します。

はっきりと、私は別のフォーカスが必要です。

ファミリー。

スポーツ。

趣味。

私は、どのように彼らが彼らのフォーカスを変更したかについて読者から連絡をいただきたい。

TIME OUT


Feeling fatigued recently, I resolved to unplug the world for 24 hours. I would be a Robinson Crusoe of the soul. I put on a Gregorian chant and tried to meditate. It's all about where we direct our attention minute-by-minute. I would focus on God. Order. Peace. Truth. Sanity. A calm came over me.


At the same time, I had to resist temptations which made me realize how addicted I am to my computer terminal. From that monitor l try to satisfy all my greed and desire. Down that chute come the corn niblets of encouraging news, email, book sales, stock quotes etc. I have to agree with the yogis who say suffering is due to seeking happiness outside ourselves.

タイムアウト

最近疲労したと感じて、私は、24時間の世界のプラグを抜くと決めました。

私は魂のロビンソン・クルーソーであるでしょう。

私はグレゴリオ聖歌をつけて、暝想しようとしました。

私達が分刻みで私達の注意を指示する所で、それはすべてまわりにあります。

私は神に集中するでしょう。

注文。

平和。

真実。

正気。

静けさは私の上に来ました。

同時に、私は、私に、私が私のコンピュータターミナルにどれほど中毒状態であるかを理解させた誘惑に抵抗する必要がありました。

そのモニタから、すべての私の貪欲さと欲望を満たそうとしています。

そのシュートの下に励みになるニュース、Eメール、本販売、株式相場などのトウモロコシ房が来ます。

私は、苦しみが自身の外でシーキングハピネス(捜索幸福)によると言うヨーガ行者に合意する必要があります。

Yet that's all we do: manipulate the world to make us feel good. When will we realize we cannot feel good unless we are good?


How we hate to be alone. That's why we are constantly talking on cell phones or watching TV. Why do we self-evade? As Paul Elmer More said, "we exhaust a great effort and expense to be poorly entertained." Let us enjoy our selves.


After about four hours of meditating, I felt quite detached and refreshed, and started getting bored. So I broke down and checked my e-mail and the latest headlines on Rense. (I want to be in the world but not of it. I don't want to be stranded in a limbo between two worlds.)

それでも、それが私達がするすべてです:

私達をよいと感じさせるために、世界を処理してください。

いつ私達は、私達がよくない限り、私達がよいと感じることができないことに気がつくでしょうか?

どんなに、私達は、一人であることを嫌っているのでしょうか。

そんなわけで、私達は携帯電話で常に話しているか、テレビを見ています。

なぜ私達は自身を回避しますか?

ポール・エルマーは「私達は、不十分に楽しませられる偉大な努力と費用を排出しする」と言いました。

私達に私達自身を楽しませてください。

約4時間暝想した後に、私は、全く客観的であると感じ、リフレッシュされると感じていて、退屈し始めました。

従って、私は取り乱し、私の電子メールとRenseの最新のヘッドラインをチェックしました。

(私は、世界にいたいけれども、それでありたくありません。)

(私は、2つの世界の間で不確実な状態において座礁したくありません。)

CONCLUSION


If we are engaged in a spiritual war, perhaps detaching from the world for set periods of time is the way to fight it. They seem to want to keep us in a state of high anxiety. They have been promising to invade Iran for six years. Is this the real agenda -- to keep us at the edge of our seats?


I'm going to continue to fight the good fight. But maybe we can partially win if we don't let the enemy into our home and heart.

結論

私達がスピリチュアルな戦争に従事しているならば、たぶん、設定された期間に世界からはずれることは、それと戦う方法です。

彼らは、私達を強い不安の状態に引き留めたいようです。

彼らは、イランを侵略すると6年間約束しています。

これは本当の路線です--私達を私達の座席のエッジに引き留めるには?

私は、よい戦いをし続けようとしています。

しかし、たぶん、私達が敵を私達の家と心臓に入れないならば、私達は部分的に勝つことができます。



Eagles - Lyin' Eyes

ガザ犠牲者に対して劣化ウランを使っているイスラエル

Israel Using Depleted Uranium Against Gaza Victims




More evidence of war crimes being committed



Paul Joseph Watson

Prison Planet.com


Monday, January 5, 2008


Medics have found traces of depleted uranium in victims of Israel’s brutal attack on Gaza, according to a Press TV report, meaning the ultimate death toll could be far higher as future generations are plagued by cancers and birth defects.


“Norwegian medics told Press TV correspondent Akram al-Sattari that some of the victims who have been wounded since Israel began its attacks on the Gaza Strip on December 27 have traces of depleted uranium in their bodies,” states the article
.


Following the conclusion of the first Gulf War in 1991, in which depleted uranium was used by U.S. forces, cancers and birth defects in Iraq soared
and many veterans organizations agree that the weapon was responsible for the emergence of Gulf War Syndrome that has plagued hundreds of thousands of Gulf War veterans.


Depleted uranium shell holes at the infamous Highway of Death in Iraq showed measurements 1,000 times more radioactive than background radiation. The residue of a DU weapon can be spread by the wind and infect humans not in the immediate area as well as the entire food chain.


The image below shows some of the shocking effects of depleted uranium and how its use leads to horrific birth defects.



In 1999, the UN called for the use of depleted uranium to be banned worldwide but efforts to downplay its effects led by the Pentagon have blocked such a ban.


Former head of the Pentagon’s 1994 U.S. Army Depleted Uranium Project Maj. Doug Rokke has faced constant harassment, including murder attempts, after going public in 1997 to expose the health effects from depleted uranium that the U.S. government and the World Health Organization have consistently dismissed.


Israel’s use of depleted uranium against victims of the Gaza bombing campaign provides further evidence that war crimes are being committed with the tacit approval of both the current administration as well as president elect Barack Obama.



ガザ犠牲者に対して劣化ウランを使っているイスラエル


犯されている戦争犯罪のより多くの証拠



未来の世代が癌と先天的障害によって悩まされる「究極の死亡者数がずっと高いかもしれない」を意味して、プレステレビリポートによると医者はガザへのイスラエルの野蛮な攻撃の犠牲者の中に劣化ウランの跡を発見しました。

「ノルウェーの医師はプレステレビ特派員Akram al-Sattariに、イスラエルが12月27日にガザ地区へのその攻撃を開始して以来ずっと、傷つけられている犠牲者の何人かが彼らの体の中に劣化ウランの跡を持っていると言いました」と記事は述べます。


1991年最初の湾岸戦争の結論(それにおいて、劣化ウランは米軍によって使われました)に続いて、イラクの癌と先天的障害は急上昇し、多くの退役軍人協会は、武器が、数十万人の湾岸戦争退役軍人を悩ました湾岸戦争症候群の出現に責任があったことに合意します。


イラクの死の悪名高いハイウェーの劣化ウランシェルホールは自然放射能より1,000倍放射性の値を示しました。

DU兵器の残骸は風によって広められて、食物連鎖全体と同様に至近距離ででなくとも人を感染させることができます。


下の画像は、劣化ウランの衝撃的な効果のいくつかとその使用がどのような恐ろしい先天的障害を引き起こしているかを示します。


1999年に、国連は、劣化ウランの使用が世界的に禁止されることを要求したけれども、アメリカ国防総省によって導かれたその効果を軽くみる試みでそのような禁止を妨げました。


米国政府と世界保健機構が一貫して退けた劣化ウランから健康被害を暴露するために1997年に公開された後に、国防総省の1994年の米国軍隊劣化ウランプロジェクト少佐の前のトップ、ダグロッケは殺人の企てを含む不断のいやがらせの全面にいました。



ガザ爆撃の犠牲者に対する劣化ウランのイスラエルの使用は、戦争犯罪が大統領に選ばれた者バラク・オバマと同様に両方とも現政権の黙認によって犯されているという追加の証拠を提供します。





蛇足


誰がアメリカの大統領になろうが、同じ穴の狢であるし、日本においても政権が変わろうが同じ穴の狢以下(小沢氏が攻撃を非難したという話しは聞いたことがない)、麻生首相は12月31日にイスラエル首相に電話で注文つけているだけましと言うモノだ。

ロン・ポールはガザへのイスラエルの侵略を非難します。

Ron Paul Condemns Israeli invasion of Gaza

Campaign For Liberty
Sunday, January 4, 2009

Dr. Paul discusses the invasion of Gaza on January 3, 2009 and its implications for America.




イスラエル戦車はガザの中を進みます。

Israeli tanks roll into Gaza




January 04, 2009




Article from: Agence France-Presse

ISRAELI tanks rolled into Gaza overnight and troops clashed with Hamas fighters in a step-up to an eight-day offensive that has killed hundreds of Palestinians and caused widespread destruction.


A burning fuel depot lit up the night sky soon after tanks and troops crossed the border and the air force carried out more raids in the biggest Israeli military operation since its 2006 war in Lebanon.

Dozens of Hamas fighters were killed in the initial battles, an Israeli military spokesman said. The Islamist group said on its television station that Israeli soldiers had also been killed and vowed to turned Gaza in a "cemetery'' for the invading force.


The claims could not be immediately confirmed.


The Israeli government called up thousands of reservists to join the ground offensive aimed at ending rocket and mortar attacks by Hamas and its militant allies from the enclave sandwiched between Israel and Egypt.


Israeli tanks were reported to be in battles around Gaza City, and the northern towns of Beit Lahiya and Jabaliya. Hamas forces fired back with mortars and rockets, witnesses said.


Gaza emergency services said one child was killed and 11 other children were wounded in one tank attack.


"Large numbers of forces are taking part in this stage of the operation including infantry, tanks, engineering forces, artillery and intelligence,'' a military spokesman said.


The military said a 20-nautical-mile naval blockade would be enforced along the coast.


In a statement, Prime Minister Ehud Olmert's office said the army would take over sites in Gaza used to fired rockets at Israel and vowed to deal a "hard blow'' at the Islamists.


"It will not be easy or short but we are determined,'' Israeli Defence Minister Ehud Barak said.

Hamas remained defiant, vowing the Gaza would become a "cemetery'' for the Israeli army that would pay a "high price'' for its invasion.




"Your incursion into Gaza will not be a walk in the park and Gaza will become your cemetery God willing,'' Hamas spokesman Ismail Radwan said reading a statement on Hamas television.


"You will not enjoy security as long as our people don't have any,'' he said, addressing Israelis.

Thousands of Israeli troops and tanks had encircled Gaza and artillery guns fired shells ahead of the offensive.


Militant rocket fire from Gaza into Israel on Saturday left three people slightly wounded. Six were fired after the start of the land offensive, the Israeli police said.


Hours before the ground offensive, in one of the deadliest strikes of the campaign, an Israeli jet hit a mosque in the northern town of Jabaliya, killing at least 16 people among more than 200 people at prayer, medics and witnesses said.


Four children -- two brothers aged 10 and 12 and two cousins under 16 -- were among the dead at the Ibrahim al-Maqadna mosque, medics said. Dozens of wounded were dragged from the rubble.


Two Hamas military commanders were also killed in air strikes earlier on Saturday.

Israel has staged nearly 800 air raids against Hamas leaders and targets since "Operation Cast Lead'' began on December 27.


Gaza medics say more than 463 Palestinians have been killed - including 75 children -- and 2,310 wounded.


Four people have been killed in Israel by more than 500 rockets fired from Gaza over the same period.


The United Nations Security Council announced it was to hold a special meeting on the situation.

Washington has given its key Middle East ally free rein to launch a ground operation.


In his weekly radio address, President George W. Bush called on Hamas "to turn away from terror'' and rejected calls for a unilateral ceasefire that he said would allow the Islamists to continue hitting Israel with rockets.


US president-elect Barack Obama made no immediate comment. Many international leaders condemned the offensive however.


Palestinian president Mahmud Abbas said the offensive will have ``grave consequences'' for the Middle East, a senior aide said.


Concern mounted over how the ground operation would affect the humanitarian situation in Gaza.

Ahead of the invasion, UN agencies have said there is a "critical'' emergency in Gaza, where 80 percent of the 1.5 million population relies on international food aid.


Jordan's King Abdullah II told Quartet Middle East peace envoy Tony Blair that the world's "silence'' on the humanitarian crisis in Gaza was unacceptable.



若干蛇足


2009年1月4日

次からの記事:

AFP通信

イスラエル戦車は一夜でガザの中に進み、数百人のパレスチナ人を殺し、広範囲に及んだ破壊を起こした8日間の攻勢に、軍は増加してハマス闘士と衝突しました。

戦車と軍が境界を越えて、空軍がレバノンでの2006年の戦争以来の最も大きなイスラエルの軍事行動においてより多くの急襲を実行した。すぐ後に燃えている燃料貯蔵庫は夜空を照らしました。

数十人のハマス闘士は初期の戦いにおいて殺されたとイスラエルの軍のスポークスマンは言いました。

イスラム教徒グループは、イスラエルの兵士がまた侵略軍のためのガザで殺されて「墓地」なるだろうと誓約されたとそのテレビ局の上で伝えていました。

主張は直ちに確認されることができませんでした。

ハマスとイスラエルとエジプトにはさまれた飛び地から、その戦闘的な同盟国によって、ロケットと迫撃砲の攻撃を終えることに向けられた地上攻勢に参加するために、イスラエル政府は数千人の予備兵を召集しました。

イスラエルの戦車は、ガザ都市のまわりの戦いとバイトラヒヤとジャバリヤの北の町にあると報告されました。

ハマス軍はレンガとロケットによって反撃したと証人は言いました。

ガザ救急サービスは、1回の戦車攻撃において1人の子供が殺されて、11人の他の子供が傷つけられたと伝えていました。

「多くの戦力は歩兵、戦車、エンジニアリングフォース、大砲、および諜報機関を含む操作でこのステージに加わっています」と軍のスポークスマンは言いました。

軍隊は、航行上の20マイルの海上封鎖が沿岸に沿って強制されるであろうと言いました。

ステートメントの中で、エフード・オルメルト首相は、軍隊が使われたガザのサイトをイスラエルに発射されたロケットを持っているのでイスラム教徒に「強烈な打撃」を分配することを誓約しました。

「それは容易であるが、短くないであろうけれども、私達は決定されます」とイスラエルの防衛大臣エフード・バラクは言いました。

ガザが、その侵略に対して「高価」を支払うであろうイスラエルの軍隊のために「墓地」になるであろうということを誓って、ハマスは反抗し続けました。

ハマステレビでステートメントを読んで、「ガザへのあなたの侵入は公園で歩行にならないであろうし、ガザは事情が許せばあなたの墓地になるでしょう」とハマススポークスマン イスマイル・リドワーンは言いました。

イスラエル人に話して、「私達の人々が何も持っていない限り、あなたはセキュリティを楽しまないでしょう」と彼は言いました。

数千のイスラエルの軍隊と戦車はガザを取り巻き、大砲は攻勢の前でシェルを発射しました。

ガザからの土曜日のイスラエルの中への戦闘的なロケット発射は3人の人々をわずかに傷つけられただけでした。

6個のロケットは土地に落ちましたとイスラエルの警察は言いました。

キャンペーンの最も必殺のストの1つにおいて不快なグラウンドの数時間前に、祈りの最中に200人を超える人々の間で少なくとも16人の人々を殺して、イスラエルのジェットはジャバリヤの北の町でモスクに当たったと医者と証人は言いました。

4人の子供--10と12歳の2人の兄弟と16歳未満の2人のいとこがイブラヒムアル-マクダナモスクに死者としての中にいたと医者は言いました。

数十人の負傷者は瓦礫から引きずり出されました。

2人のハマス軍事司令官が土曜日の空襲において殺されました。

「オペレーションキャストリード」が12月27日に始まって以来ずっと、イスラエルはハマスリーダーと目標に対して約800の空襲を行なっています。

ガザ医者は、463人を超えるパレスチナ人が、殺されていて--75人の子供を含めます--、2,310人が、傷つけられると言います。

4人の人々が同じ期間にガザから発射された500機を超えるロケットによってイスラエルで殺されています。

国連安全保障理事会は、それが、状況の上の臨時会議を催すことになっていたのを発表しました。

ワシントンは、グラウンドオペレーションをスタートするためにその重要な中東同盟国に行動の自由を与えました。

彼の毎週のラジオ演説において、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、「恐怖から顔をそむけること」をハマスに求めて、彼が、イスラム教徒がロケットによってイスラエルに攻撃を可能にするであろうと言った一方的な停戦のための呼び出しを拒絶しました。

米国大統領当選者バラク・オバマは直接的なコメントを全然しませんでした。

しかし多くの国際的なリーダーは攻勢を非難しました。

パレスチナ大統領マハムード・アッバスは、攻勢が中東のために「重要な結果」を持つであろうと言ったと上級補佐官は言いました。

どのようにグラウンドオペレーションがガザで人道主義の状況に影響するであろうかに関して、懸念は深まりました。

侵略の前で、UNエージェンシーは、ガザに重大緊急警報があると言いました(そこで、150万人の人口の80パーセントが国際的な食糧援助に依存しています)。

ヨルダンのキング・アブドラIIは中東の和平特使トニー・ブレアに、ガザの人道の危機の上の世界の「沈黙」が受け入れ不可能であったと言いました。



若干蛇足




若干蛇足




若干蛇足




若干蛇足






プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR