FC2ブログ

今年はアテネでビルダーバーグ達が会合



若干蛇足


Reports: Bilderberg To Meet in Athens


リポート:アテネで会うビルダーバーグ達

Greek media outlets state that elite luminaries will convene on luxury resort in mid May


Steve Watson

Infowars.net

Tuesday, March 24, 2009

ギリシャメディアアウトレットは、エリート輝く者達が5月半ばに豪華なリゾートの上で会合するであろうと述べます。

スティーブ・ワトソン

Infowars.net

2009年3月24日火曜日

Reports circling in the Greek media have suggested that the location of this year’s secretive Bilderberg meeting will be Athens, Greece.


GR Reporter, a Greek based website that gathers information from different print and electronic media in Greece, reports that the Elefterios Tipos newspaper recently announced the location and date of the meeting as Athens between 14th and 16th of May.

ギリシャメディアの中で駆け巡るリポートは、今年の秘密主義のビルダーバーグミーティングの位置がアテネ、ギリシャになるであろうということを示唆しました。

GR記者(ギリシャでの違う印刷と電子メディアから情報を集めるギリシャ語で基づいたウェブサイト)は、エレフテリオス チポス新聞が最近5月の14日と16日の間でミーティングの位置と日付をアテネと公表したことを報告します。

A second report in another Greek newspaper, Tovima, has also suggested that the confab will be held in Athens in the same area that hosted the 1993 conference.


According to the reports, invited guests include the Queen of Netherlands Beatrix, the Spanish Queen Sophia, Lawrence Summers, head of the National Economic Council and James Jones, head of the US National Security Council.

別のギリシャ新聞、トビマの2番目のリポートは、また、談笑が、1993年の会議を主催したのと同じエリアでアテネで保持されるであろうということを示唆しました。

リポートによると、招待された客はオランダ・ベアトリックスの女王、スペイン女王ソフィア、ローレンス・サマーズ、国家経済会議のトップ、およびジェームズ・ジョーンズ(米国国家安全保障会議のトップ)を含みます。

Meanwhile, researchers have also picked up on an article by Andrew Rettman in the EU Observer alleging that the meeting would take place in Europe sometime in June. Rettman has not responded to emails requesting additional information.


If the meeting does take place in Athens, it is likely that the group will use the Nafsika Astir Palace (pictured), the resort that was previously used by the heads of global business, banking and politics.

この間、研究者は、ミーティングが6月中にヨーロッパで行われるであろうと主張しているEUオブザーバーの中でアンドリューレットマンによる記事の上でまた復活しました。

レットマンは追加情報を要求しているEメールに反応しませんでした。

ミーティングがアテネで行われるならば、グループが、ナフシカアスティル宮殿(描かれます)(以前にグローバルビジネス、バンキング、および政治のトップによって使われたリゾート)を使うであろうということはありそうです。

Situated in Vouliagmeni, a few miles south of Athens, the hotel is built along a cliff side and features a private beach at sea level, with a business center and a large conference room.


It must be stressed however, that such reports may be mere conjecture, or even a disinformation campaign by Bilderberg itself, in an attempt to throw researchers and journalists off their scent.



若干蛇足


アテネの数マイル南のボウリアグメニに位置させられて、ホテルは断崖側に沿って建てられて、ビジネスセンターおよび大きな会議室と海水面でプライベート・ビーチを特徴とします。

そのようなリポートが、彼らの臭覚から研究者とジャーナリストを興味を引く単なる推測またはビルダーバーグ自身による意図的誤報キャンペーンでさえあるかもしれないことはしかし強調されなければなりません。

Bilderberg usually convene at the end of May into early June. The 2005 meeting in Germany was in early May but every other meeting over the last decade has been later in the month of May or in early June.


Similar reports were circulated prior to last year’s conference, also pinpointing the location as Athens. However, the actual location turned out to be the Marriott Hotel in Chantilly, Virginia, a few miles from Washington DC.

ビルダーバーグは通常6月初めか5月の終わりに会合します。

ドイツの2005年のミーティングは5月初めであったけれども、過去10年間のすべての他のミーティングは5月の月にまたは6月初めより遅かった。

同様なリポートは、アテネとしてまた位置をピンポイントで狙って、昨年の会議に先がけて流布しました。

しかし、実際の位置は、シャンティイー(ワシントンD.C.から数マイルの所のバージニア)でマリオットホテルであると判明しました。

Both Barack Obama and Hillary Clinton were thought to have attended the meeting, which took place at the height of the run in to the national party nominations and the Presidential election.


The hectic scenes outside last year’s Bilderberg conference were documented in filmmaker Alex Jones’ newly released feature The Obama Deception.

バラク・オバマとヒラリー・クリントンの両方は、ミーティングに出席したと考えられました(それは全国的な党任命と大統領選挙にラン花の真っ盛りの場所を取り入れました)。

昨年のビルダーバーグ会議の外の忙しい場面はアレックス・ジョーンズ映画製作者の新しくリリースされた機能オバマ詐欺において文書化されました。

In 2006 Alex Jones traveled to Ottawa, Canada after gaining intelligence that the Bilderberg meeting would take place there. Jones and his team were detained by Canadian immigration on orders of the Bilderberg Group for a 15 hour nightmare of interrogation, accusations and threats of arrests in anticipation of the conference.


However, Jones made it to the Brookestreet Hotel in Ottawa, met up with veteran Bilderberg investigator Jim Tucker and Daniel Estulin, author of The True Story of the Bilderberg Group, to capture footage that would later appear in his seminal film Endgame.

2006年に、オタワ(ビルダーバーグミーティングがそこで行われるであろうという情報を得た後のカナダ)に、アレックス ジョーンズは旅行しました。

ジョーンズと彼のチームは会議を予想する捕まえた質問、告発、および脅威の15時間の悪夢のためのビルダーバーググループの秩序の上のカナダ移住者によって足止めされました。

しかし、ジョーンズはオタワのブルーケストリートホテルにたどり着き、ベテランビルダーバーグ調査者ジム・タッカーおよびダニエルエスチュリン(彼の独創的な映画大詰めにおいて後で出現するであろう映画フィルムを捕らえるビルダーバーググループの実話の作者)と出会いました。

It was mainly due to the efforts of the three activists combined that elements of the Canadian media produced a rash of reports about the Ottawa meeting.


Media moguls who attend Bilderberg, such as Washington Post CEO and Chairman Donald E. Graham, swear an oath of secrecy and fulfil a promise each year to omit any coverage of Bilderberg from their news outlets.


At the time Estulin stated that inside sources had informed him that the elite group was seeking to artificially inflate the subprime housing sector over a course of 18 months, in order to lure investors back into the market, before bottoming it out and consolidating the gains (see the video below). Now this has happened exactly as predicted.

カナダメディアの情報がオタワミーティングについてリポートの頻発を生じたのは主に結束された3人の活動家の努力のためでした。

ワシントン・ポストCEOと会長ドナルドE.グレアムなどのビルダーバーグに出席するマスメディアの権力者は秘密の誓いをたてて、彼らのニュースアウトレットからビルダーバーグのどのような報道でも省略する毎年1つの約束を果たします。

その時、エスチュリンは関係筋が、エリートグループが、人工的に、それに底をつけて、増加(下でビデオを見てください)を統合する前に市場の中に背後の投資者をおびき出すために18ヶ月のコースの上でサブプライム住宅部門を膨らますことに努めていたことを彼に知らせたと述べました。

さて、これは、予測されるとおりに起こりました。


2007 saw the elite confab head to Istanbul in Turkey under an increased media lockdown.


Insiders at Istanbul revealed that the Bilderberg agenda for 2007/2008 included a hiking of oil prices towards the $200 mark, something that seemed unbelievable at the time but again consequently happened exactly as predicted.

2007年はエリート談笑が増大したメディアの厳重な監禁の下でトルコイスタンブールに向かうのを見ました。

イスタンブールのインサイダーは、200ドルの大台(その時信じられないようであったけれども再び、当然、予測されるとおりに起こったこと)に、2007/2008ためのビルダーバーグの方針が原油価格のハイキングを含んだことを明らかにしました。






蛇足


今年のビルダーバーグ会議に日本人が参加するかどうか気になります。日銀白川総裁は行かないのであろうか?最近、中国人が数名参加しているので、金融不安の少ない日本に期待をかけているだろう・。





日本の政府紙幣発行に待ったをかけた支配者層


竹中平蔵氏に対する理論的指導者であったと見られる元財務省職員の高橋洋一氏が窃盗容疑で書類送検されたとの報道があった。





事件の真偽を直接確かめたわけではないので、事件そのものの詳細な内容と事実関係は分からない。報道は、「いい時計だったのでどんな人が持っているのか興味があり盗んだ。大変申し訳ないことをした」と供述していると伝えている。供述の意味が極めて分かりにくいが、報道は高橋氏が犯行を認める供述をしていると伝えている。





警察は高橋氏を逮捕していない。逮捕するかしないかについて、警察には「裁量権」がある。逮捕の有無は「天国と地獄を分ける」と言っても過言ではない。





新聞報道によると、容疑事実は「24日午後8時ごろ、練馬区にある天然温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、鍵のかかっていなかったロッカーから同区の会社員男性(67)の現金約5万円入りの財布やイタリア製ブルガリ高級腕時計(数十万円相当)などを盗んだ疑い」である。





森ビルの回転ドアで死亡事故が起きた際も、森ビル関係者は逮捕されなかった。これらの問題については、拙著『知られざる真実-勾留地にて-』
第一章「偽装」第7節「摘発される人・されない人」に詳しいので、ご高覧賜りたい。





新聞報道によると、高橋氏は「逃走の恐れがないことなどから逮捕しなかった」と言うが、小沢民主党代表秘書の大久保隆規氏も逃走の恐れはなかったと思われる。





余罪の可能性を考えるなら、逮捕して家宅捜索しなければ、罪証隠滅の恐れがあると言わざるを得ない。私の場合、逮捕され、132日間勾留され、家宅捜索を受けた。





警察行政には巨大な「裁量権」が付与されている。これが、警察の巨大権力の源泉になる。警察が巨大な「天下り利権」を保持している最大の背景に、この「裁量権」が存在する。





ここでは、全国紙と通信社報道のタイトルと冒頭部分を引用して比較する。





読売新聞
:「小泉政権ブレーン・高橋洋一教授を窃盗容疑で書類送検」

警視庁練馬署は30日、温泉施設のロッカーから財布や腕時計を盗んだとして、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)を窃盗容疑で書類送検した。・・・





朝日新聞
:「小泉政権ブレーンの高橋洋一教授 脱衣所で窃盗容疑」

温泉施設の脱衣所のロッカーから高級時計などを盗んだとして、警視庁は、元財務官僚の高橋洋一・東洋大教授(53)=東京都板橋区=を窃盗の疑いで30日に書類送検した。・・・





毎日新聞
:「窃盗:元竹中氏補佐官を書類送検 腕時計など盗んだ容疑」

脱衣所ロッカーから他人の財布や時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)=東京都板橋区=を窃盗容疑で書類送検した。・・・





産経新聞
:「
竹中元総務相のブレーン置き引きで書類送検」

日帰り温泉施設の脱衣所で財布や腕時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、窃盗の疑いで元財務官僚で東洋大教授、高橋洋一容疑者(53)=東京都板橋区=を書類送検した。・・・







スポンサーサイト



原点回帰

民主党の成り立ちこそが、NWOの要請の一環から生まれたのであろう・。対極的に見れば、大アジア主義であり、日本の自立よりアジアへの憧憬と尊重というシナリオどうりに動いている・。マニフェストや党首が変わっても、その主張は常に変動しない新世界秩序への道に他ならない・。アジア太平洋において唯一の特殊国家としての位置付けに、国民はマスコミの流す情報操作でほぼ完全に家畜へと進み、日本民族解体は時間の問題であったが、ここへ来て、金融崩壊から世界支配層の筋書きは家畜の国民をコントロール不可能な状況に陥った。


小沢党首の官僚破壊というデタラメもばれて来た。これはある意味良い傾向であると思われる。民主社会主義なる中途半端な思想は看板の架け替えを余儀なくされている。


大アジア主義の一翼は半島系と大陸系に別れ、多くの野党と自民党の一部はこれに属している・。


直接の支配層の指示が属国体制維持として残りの自民党の中心であろう・。


しかし、麻生政権の立場はどちらにも距離をおいている民族主義に立ち返りつつあると私は思う・。

若干蛇足










民主党終わりのはじまり

政権交代で何が変わるのかさっぱり分かりません・。


ベストの選択は政界再編しかないだろう・。




若干蛇足


オズの魔法使いは日本人には難解だ・。

Secrets of the Wizard of Oz

オズの魔法使いの秘密

By Rumeana Jahangir

BBC News


ルメアナジャハンギールによって

BBCニュース



若干蛇足


The Wonderful Wizard of Oz is one of the world's best-loved fairytales. As Judy Garland's famous film nears its 70th birthday, how much do its followers know about the story's use as an economic parable?


Dorothy in Kansas conjures up nostalgic thoughts of childhood Christmases hiding behind the sofa from the Wicked Witch of the West. Or those flying monkeys.

すばらしいオズの魔法使いは世界の最もよく愛されているおとぎ話の1つです。

ジュディ・ガーランドの有名な映画がその70歳の誕生日に近づく時に、どのくらいその追従者は経済の寓話として話の内容を知っていますか?

カンザスのドロシーは西の悪い魔女からソファの後ろに隠れている幼年期クリスマスのノスタルジックな考えを呼び起こしています。またはそれらの飛んでいる猿。

It's unlikely its young fans will have been thinking about deflation and monetary policy.

その若いファンがデフレーションと金融政策について考えていているであろうということはありそうにない。

But the story has underlying economic and political references that make it a popular tool for teaching university and high school students - mainly in the United States but also in the UK - about the economic depression of the late 19th Century.

しかし、話は、19世紀の後期の経済不況について大学と高校の生徒-主に米国のであるが英国における--にも教えるために、それをポピュラーなツールにする潜在的な経済の、そして政治的な参照を持っています。

At a time when some economists fear an onset of deflation, and economic certainties melt away like a drenched wicked witch, what can be learnt from Oz?

何人かのエコノミストがデフレーションの開始を恐れていて、経済の確信がびしょぬれになった悪い魔女のように消え去る時に、何がオズから知られることができますか?

The 1939 film starring a young Judy Garland was based on Lyman Frank Baum's book, The Wonderful Wizard of Oz, published in 1900. It told of an orphaned Kansas girl swept by a tornado into a fantastical world, but who wants to return home to her aunt and uncle.

若いジュディ・ガーランド主演の1939年の映画は1900年に出版されたライマン・フランク・ボームの本、すばらしいオズの魔法使いに基づきました。

それは、女の子が空想的な世界の中にトルネードによって掃除したけれども彼女のおばとおじに帰宅したい孤児になったカンザスを話しました。

Thinking the great Wizard of Oz can grant her wish, she sets out to meet him with her beloved dog, Toto, joined by a scarecrow, a tin woodman and a lion.

大きなオズの魔法使いが彼女の希望を聞き届けることができると思って、彼女は、かかし、すずきこり、およびライオンが参加した彼女の愛する犬、Totoと彼と会うことを試みます。

Baum published the book in 1900, just after the US emerged from a period of deflation and depression. Prices had fallen by about 22% over the previous 16 years, causing huge debt.

米国がデフレーションと不況の期間から出現したすぐ後に、ボームは1900年にその本を出版しました。

価格は、莫大な借金を起こして前の16年の間に約22%下がりました。

Farmers were among those badly affected, and the Populist political party was set up to represent their interests and those of industrial labourers.

農夫はひどく影響されたそれらの間にいて、人民党員政党は、彼らの興味と産業の労働者のそれらを表すために設定されました。

The US was then operating on the gold standard - a monetary system which valued the dollar according to the quantity of gold. The Populists wanted silver, along with gold, to be used for money. This would have increased the US money supply, raised price levels and reduced farmers' debt burdens.

米国はその時金本位制に作用していました - 金の量に従ってドルを評価した通貨制度。

人民党員は銀に金とともに、お金のために使われてほしかった。

これは米国マネーサプライを増大させて、価格水準を上げて、農夫の借金負担を減らしたでしょう。

Yellow brick code


In 1964, high school teacher Henry Littlefield wrote an article outlining the notion of an underlying allegory in Baum's book. He said it offered a "gentle and friendly" critique of Populist thinking, and the story could be used to illuminate the late 19th Century to students.

黄色いれんがコード

1964年に、ヘンリー・リトルフィールド高校教師はボームの本の中で潜在的な寓意の観念を概説している記事を書きました。

彼は、それが人民党員考察の「優しく、友好的な」評論を提供すると言い、話は、学生に19世紀の後期を照明するために使われることができました。

Since its publication, teachers have used this take on the tale to help classes understand the issues of the era.

その出版以来、先生は、クラスが時代の問題を理解するのを手助けするために物語上のこの獲得を使いました。

And Littlefield's theory has been hotly debated. He believed the characters could represent the personalities and themes of the late 1800s,with Dorothy embodying the everyman American spirit.

そして、リトルフィールドの理論は熱く討論されています。

彼は、登場人物が、ドロシーが並の人アメリカ人の心を具体的に示している状態で1800年代末の有名人とテーマの代理人になることができると信じました。

US political historian Quentin Taylor, who supports this interpretation, says: "There are too many instances of parallels with the political events of the time.

この解釈をサポートする米国政治史研究家クエンティン・テーラーは次のように言います:

「時間の政治的なイベントとの平行線のあまりにも多くの例があります」。

"The Tin Woodman represents the industrial worker, the Scarecrow is the farmer and the Cowardly Lion is William Jennings Bryan."

「ブリキのきこりは工員を表していて、かかしはその農夫であり、臆病ライオンはウィリアム・ジェニングズ・ブライアンです」。

Bryan was a Democratic presidential candidate who supported the silver cause. But he failed to win votes from eastern workers and lost the 1896 election. In the same way, the Lion's claws are nearly blunted by the Woodman's metallic shell.

ブライアンは、銀の原因をサポートした民主主義の大統領候補でした。

しかし、彼は、東の労働者から票を勝ち取ることに失敗し、1896選挙に敗れました。

同じ方法の中で、ライオンの鈎爪はほとんどきこりの金属のシェルによって鈍くされます。

The Wicked Witch of the West is associated with a variety of controversial personalities, chief among them the industrialist Mark Hanna, campaign manager to President William McKinley.

西の悪い魔女が各種の論争の個性と関連すること、それらの間のチーフ 産業経営者マーク・ハンナ、ウィリアム・マッキンリー社長へのキャンペーンマネジャー 。

In this scenario, the yellow brick road symbolises the gold standard, the Emerald City becomes Washington DC and the Great Wizard characterises the president - and he is exposed as being less than truthful.

このシナリオの中で、イエロー・ブリック・ロードは金本位制を象徴していて、エメラルドの都はワシントンD.C.になり、大きなウィザードは大統領を特徴付けています - そして、彼は真実であるとは言えないこととして露出します。

Off to see the President


Yet none can help Dorothy return home. Eventually she discovers that her silver shoes (changed to ruby for the film) have the power to take her back to Kansas.

大統領に会えない

それでも、どれもドロシーが帰宅するのを手助けすることができません。

結局、彼女は、彼女の銀の靴(フィルムのためにルビーに変更されます)が、彼女をカンザスに戻すパワーを持っていると気づきます。

The possible implication is that gold alone cannot be the solution for the problems facing the average citizen. But Professor Taylor thinks it's unlikely the book took sides. Instead he says it was merely explaining the story of the Populist movement, some of whom marched on Washington DC in 1894 to demand government improve their plight.

可能な意味は、金だけでは平均的な市民に向かうことにおける問題の解決策であることはできないことです。

しかし、テーラー教授は、その本が味方をしたことがありそうにないと思います。

代わりに、彼は、それが単に人民党員動きの話を説明していたと言います(政府がそれらの状態を高めることを要求するために、そのいくつかが1894年にワシントンD.C.に向かって行進しました)。

Their demand for the use of silver with the gold standard was not met, although within a few years, inflation returned after discoveries of gold in South Africa and other parts of the world.

数年以内に、インフレは南アフリカと世界の他の地域の金の発見の後で戻って来たけれども、金本位制を持つ銀の使用への彼らの要求は満たされていませんでした。

In Baum's story, Dorothy loses her silver slippers in the desert before she reaches home - a possible reflection of the decline of the silver cause after 1896.

ボームの話の中で、彼女が家に達する前に、ドロシーは砂漠で彼女の銀のスリッパをなくします - 1896後の銀の原因の低下の可能な反射。

But not everyone believes The Wonderful Wizard of Oz includes any hidden meanings.

しかし、誰もが、すばらしいオズの魔法使いがどのような隠れた意味も含むと信じるわけではありません。

"Nobody ever suggested it until 1964," says Bradley Hansen, who is a professor of economics at the University of Mary Washington.

「誰も決して1964までそれを提案しませんでした」と、メリーワシントンの大学で経済学の教授であるブラッドレー・ハンセンは言います。

"There's no solid evidence that Baum had written it as a monetary allegory," he adds. "While it may have grabbed students' interests, it doesn't really teach them anything about the gold standard and, in particular, the debate about the gold standard."

「ボームが貨幣の寓意としてそれを書いたという確実な証拠が全然ありません」と彼は付け加えます。

「それは学生の興味をつかんだかもしれないが、それは本当は金本位制についての何にも金本位制についての特に討論も彼らに教えません」。

Professor Hansen thinks the author was just trying to create a new kind of fairytale, the "Harry Potter of its time".

ハンセン教授は、作者が、新しい種類のおとぎ話(「その時間のハリー・ポッター」)を作成しようとしているだけであったと思います。

Soon after publication, Baum adapted his book into a stage musical for adults which opened in 1902. Ranjit Dighe, who wrote The Historian's Wizard of Oz, says it poked fun at Theodore Roosevelt and the Populists, but Baum was playing for laughs, like Jay Leno.

出版のすぐ後に、ボームのために、1902年に開いたおとなのために、彼の本はステージミュージカルの中に適応しました。

歴史家のオズの魔法使いを書いたランジットデッゲは、それがセオドアローズヴェルトと人民党員をからかったと言うけれども、ボームはジェイ・レノのように笑いのために遊んでいました。

Little can be learnt from Baum about the modern economic crisis, says Professor Taylor, although in both instances people have demanded more government action.

両方の例において、人々はより多くの政府の行動を要求したけれども、ほとんどは現代の経済危機についてボームから知られることができないとテーラー教授は言います。

The Bank of England has - as the Populists more than 100 years ago demanded - provided a boost to the monetary supply, although the term "quantitative easing" was probably little known in the 1890s. And ultimately the US defeated deflation by creating money from new discoveries of gold abroad.

用語「量的な容易化」はたぶん1890年代にあまり知られていなかったけれども、イングランド銀行はマネー・サプライに景気づけを提供した--人民党員が100年以上前要求したように。

そして、最終的に、外国で金の新しい発見からお金を作成することによって、米国はデフレーションを破りました。

future appeal to eL Frank Baum died before the debates over his true intent had started. But in the book's introduction, he stated that he was only writing to please children.


He was no doubt unaware of its conomics students.

彼の真意についての討論が始まる前に、Lフランクボームは死にました。

しかし、本の入門において、彼は、子供を喜ばすために手紙を書いているだけであったと述べました。

彼は確かに経済学学生へのその未来の訴えに気づかなかった。

SYMBOLISM OF CHARACTERS

Dorothy: Everyman American

Scarecrow: Farmer

Tin Woodman: Industrial worker

Lion: William Jennings Bryan, politician who backed silver cause

Wizard of Oz: US presidents of late 19th Century

Wicked Witch: A malign Nature, destroyed by the farmers' most precious commodity, water. Or simply the American West

Winged Monkeys: Native Americans or Chinese railroad workers, exploited by West

Oz: An abbreviation of 'ounce' or, as Baum claimed, taken from the O-Z of a filing cabinet?

Emerald City: Greenback paper money, exposed as fraud

Munchkins: Ordinary citizens


キャラクターの象徴化

ドロシー:並の人アメリカ人

かかし:農夫

ブリキのきこり:工員

ライオン:ウィリアム・ジェニングズ・ブライアン(銀の原因を支えた政治家)

オズの魔法使い:19世紀遅くの米国社長

悪い魔女:農夫の最も貴重な商品、水によって破壊された有害な性質。

または単にアメリカ西部

翼の猿:西部によって利用されたアメリカ先住民または中国の鉄道職員

Oz:‘オンス’のまたは書類だなのO-Zから取り去られて、主張されたボームによる短縮?


エメラルド都市:米ドル紙幣(詐欺であるとあばかれる)


マンチキン:普通の市民






蛇足


人間の内面を3つの僕で表している・。能無しのブリキ男、感情のない案山子、勇気のないライオン


日本人は心か気持ちですべてを解釈する。だから、騙される。


ブレイン(マインド)、フィーリングス、スピリット(スピリチャル)の3つに対応している。


精神科、カウンセリング、信仰心


日本ではぐちゃぐちゃですけど・。

小沢氏は何処の人?

特亜を斬るさんより・・・





小沢済州島
発言擁護


メディアdaums討論【バ韓国
掲示板】から



(前略)


読んでみると... 今メディアに出てくる言葉が実際のところ


その初めてと終わりを切って刺激的なことだけ選んで載せたことが分かりました。


小沢は日本左翼勢力の民主党の代表であり母親が韓国
人だ。


母親の墓が済州道にある。


選挙が近づくや日本右翼らが陰謀を計画したのだ。日本左翼と在日企業の支援を断ち切ろうと小沢VS韓国の対決を材料にした陰謀であろう。


それも知らずに韓国
メディアは全体の対話を出さないで一部分を切って報道し、3
チラシ新聞と日本の右翼勢力にもてあそばれた格好だ。 小沢は「独島は日本の領土」に対して反対した。 そのような彼が韓国
に妄言をしたか? (中略)



私は島国民主党
代表母が韓国
人なので


それを口実として島国保守馬鹿が陰謀を計画したのかどうしたかは私もよく分かりません。


向こう側の政治状況をよく分からないですから...


そして自民党
でない民主党だとしてまたは民主党代表母が韓国
人だとして


特別に韓国
を考えることと思うこともありません。 国対
国(島)のことですから..




皆さんも興奮を押さえて引用された記事の事実性に関しひとまず疑って、日本国内の関連記事も探して読まれるように願います。







ナイス ショット!やはり大韓民国
チラシは信じることがて゜きないね...大統領府で上手く騒ぐのも理由があったよ..やはり信じられないミョンバクさん..



とにかく小沢が韓国
に好感を持っていて日本政治家の中で最初に韓国
人補佐官(キム・スクヒョン氏)を雇用したりもしました。



あらゆる事を隠して隠すのが特技ですからね~ ^^ とにかくそちら側でも政治工作が途方もなくなされているということは確実に見えます!!!  





他国の民から好かれる小沢氏・・・・・


さよく原理主義者は高齢化で認知症になったのであろうか?



私の主張 ひとりの日本人として




自衛隊や米軍関連の時だけ抗議行動を起こす9条の会




北朝鮮が弾道ミサイル「テポドン2号」改良型を4月4日~8日までの間に発射することを明らかにしているが、例によって、わが国の自称平和団体は沈黙をしており、偏向マスコミは、そのような団体のどんな小さな集会やデモなどを報道してきたからして、それがないとなれば、北朝鮮に関しては自称平和団体は反応しないことになっているらしい。



 このような平和団体が行動を起こすのは自衛隊や米軍に関連することに限定されているようであり、この団体の連中にとって、平和を脅かすのは米軍や自衛隊であり、それ以外の例えば特亜国などは平和の象徴であるかのように思っているのであろう。



 ソマリア沖の海賊対策のため海自の護衛艦が14日呉基地を出港したが、自称平和団体の一つである「9条の会」がゴムボートを出して、護衛艦の航行を妨げようとしたようだが、強風に煽られ転覆し、海に投げ出されたそうである。9条を信じていれば安全であった筈なのに、もう若くはないであろうから抗議行動は無理をして行わなくとも、どこかに集まって、海自派遣について仲間同士で愚痴を言い合っていれば良いではないか。



 毎日新聞石川版が報じたところによると、今回の海自派遣に関して、「9条の会石川医療者の会」の白崎良明さん(66)が、「ソマリアでは、日本など豊かな国の漁業に押されて生計が成り立たなくなった漁民が海賊になっていると聞いた。問題の背景が何なのか知られないままの派遣は納得できない」と話しているとのことである。



 白崎さんは「聞いた」と言っているだけで、日本の漁業のせいでソマリアの漁民が海賊になった証拠を示していないが、これでは漁民が何かの理由で職を失うことになったら海賊になっても良いと思っているも同然で、世界各地には漁獲量の減少など様々な理由で職を失った漁民がいるであろうからして、そうであれば海賊はソマリア沖だけでなく、世界のあらゆる海に出没しているのではあるまいか。



 また「海賊の取り締まり行為は自衛隊ではなく警察組織がやるべきでは」と注文したそうであり、これは海保で対応すべきではないかと理解するが、ソマリア沖に出没している海賊は海保では対処出来ないような武装をしていることすら知らないようだ。



 「9条の会」は全国各地にあるようだが、「武力で平和は守れない」として、9条をご本尊にして祈ってさえいれば戦争はないとする空想的平和論を訴えるおかしな連中として有名であり、今や9条真理教とまで言われ新興宗教の仲間に入っているかも知れないが、宗教法人として届け出をした方が良いのではないか。



 会の目的と言うか方針にも一貫性がなく、「武力で平和は守れない」と言うのであればすべて国の軍事力を否定し、武力で紛争を解決しようとしたり、威嚇するような国には批判の声を上げてもよさそうだが、抗議行動や批判するコメントを出すのは前述したように自衛隊や米軍に関連した時だけに限定されており、支那や韓国の軍艦が日本に寄港してもダンマリで、ロシア軍機が領空侵犯をしても「緊張を高める」とは決して言わない。



 「9条の会」の「9条」とは日本の憲法第9条のことを指すようだが、ならば、そのような憲法を持っている日本が好きかと思えば全く反対で、日本を叩くことによって生き甲斐を感じているようであり、まさに反日日本人として典型的な連中であると断じても良いであろう。 










国旗国歌に敬意を示さない元教師は現代の化石的人物



未だに現代の化石的人物と言われるような元教師がいるようであり、昨年3月、東京都立板橋高校の卒業式で、国歌斉唱時の着席を呼び掛け、開式を遅らせたとして、威力業務妨害罪に問われた元同校教師の藤田勝久被告(67)に対する控訴審判決が東京高裁で29日行われ、須田賢裁判長は罰金20万円とした一審判決を支持、被告側の控訴を棄却したとのことである。



化石に例えたのは、自国の国旗国歌に敬意を示さないとの思想を、時や場所、また立場などをわきまえることなく、平然とアピールする良識を持った社会人として終わっている遺骸みたいなものであるからであり、その行動によって他人に迷惑が掛かろうと、また一生に一度しかない門出の場であっても、構わないと思っているのだから、まことに貴重な存在であって、精神科の診察を受けることをお勧めするし、また古代生物学の分野でも注目されるような方かも知れない。



藤田被告は、同校の教師をしていたようであり、定年を迎えた後に何をしていたのか分からないが、卒業式が行われることを知って、卒業生の保護者でもないにも関わらず、同校に押し掛け、卒業式に強引に参加していたようであり、それをもってしても、卒業式を妨害しようという意図を持っていたものと推認される。



退職前の藤田被告のことを知っている現職の校長や教師などは「何か騒ぎを起こすのではないか」と危惧したことであろうが、案の定、藤田被告は「この卒業式は異常。君が代、着席して」と叫び、校長らに退場を求められると「触るんじゃない。おれは社会科の教師だ」などと大声を上げたことから、式の進行が遅れるなどした訳で、よって威力業務妨害罪の成立は明らかである。



「この卒業式は異常」と叫んだ藤田被告は国旗・国歌を認めないとの思想を持っていて、それをアピールしたいのであろうが、その場にいた卒業生やその保護者などにも「教育を受ける権利」がある筈であり、自国の国旗・国歌は勿論のこと外国のそれにも敬意を表すること身に付け、良識を持った社会人となりたいとする権利が、この藤田被告の異常な行動のために侵害されていることに関して、藤田被告はどのように考えているのか知りたいものだ。



自らの思想を押しつけることだけを認めるように迫り、卒業生らの「教育を受ける権利」は認めようとせずして、今回の有罪判決を「不当判決」として認めようとしないのだから話にならないが、このような化石的人物にしてみれば、自らの考えが認められないのはすべて「不当判決」となるようで、裁判だから有罪になることもあれば無罪になることもあるだろうからして、このように自らの思想を押しつける連中に共通するのは、無罪ならば「司法の良識が示された」と言うが、有罪ならば「不当判決」と言って抗議をすることは忘れないようであり、決して「主張が認められず残念だが、判決に従わざるを得ない」とは言ったためしがない。



しかし、藤田被告は既に退職して教師でもなく、国歌斉唱が行われような場所には出掛ける機会もないだろうから、家にじっとしていれば気分も爽やかであろうが、にも関わらず、卒業式が行われている母校に出向けば、嫌いな国旗が掲揚され、国歌斉唱が行われること位は承知の上であったろうし、それでも家にじっとしていらないとして、わざわざ出向いて異常な行動をとった訳であり、これではどう考えても、他人に不愉快な思いをさせることで喜びを得たいとする精神的欠陥を持った人間であるとしか言いようがない。



ともかく、藤田被告はすでに教師ではないのだから、国歌斉唱の際に起立しなかったとしても、現職教師のように処分されることはないからして、自分一人だけ座ってままで、その思想をアピールするだけにすれば、周囲の保護者らからは冷たい視線に晒されであろうが、少なくとも威力業務妨害罪に問われることはなかったであろう。




世界単一通貨の画策

FROM JEROME CORSI'S RED ALERT

One-world currency emerges ... again

'Acmetal' considered as solution to global economic recession

ジェローム・コルシの空襲警報から

1つの国際通貨が…再び出現します。

‘Acmetal’はグローバルな不景気の解決策として考慮しました。

若干蛇足



Canadian economist and Nobel-prize winning professor Robert Mundell, who is credited with formulating the intellectual basis for creating the euro, is pushing for a one-world currency, Jerome Corsi's Red Alert reports.


"This prominent endorsement is yet another indication that globalists are advancing global governance and structures, including the idea of a global currency, as solutions to the worldwide economic recession," Corsi writes.


Mundell has endorsed Kazakhstan President Nursultan Nazarbayev's idea to create the "acmetal" as a world currency.

ユーロを作成するための知的な基礎を公式化した功績があるカナダエコノミストとノーベル賞受賞ロバート・マンデル教授は1つの国際通貨を要求しているとジェローム・コルシの空襲警報は報告します。

「この突出した承認は、グローバリストが、世界的な不景気の解決策としてのグローバルな通貨のアイデアを含めて、グローバル・ガバナンスと構造を進めているというまた別の徴候です」とコルシは書きます。

マンデルは、国際通貨として「acmetal」を作成するためにカザフの大統領ヌルスルタン・ナザルバエフのアイデアを承認しました。

"I must say that I agree with President Nazarbayev on his statement and many of the things he said in his plan, the project he made for the world currency, and I believe I'm right on track with what he is saying," Mundell told the Australian News.


Nazarbayev and Mundell called on the G-20 to form a working group to study the proposal at its April 2 meeting in London.


Nazarbayev explained that his coining of the name "acmetal" comes from the Greek word "acme," meaning "peak" or "best," and "capital."

「私は、彼のステートメントと彼の計画(彼が国際通貨のために作ったプロジェクト)において、彼が言った事の多くで、私がナザルバエフ大統領に合意し、私が、まさに、彼が言っていることを持つトラック上にいると信じると言わなければなりません」とマンデルはオーストラリアニュースに言いました。

ナザルバエフとマンデルは、ロンドンでその4月2日のミーティングの提案を検討するためにワーキンググループを組織することをG-20に求めました。

ナザルバエフは、「ピーク」または「最もよい」と「首都」を意味して、彼の名前の「acmetal」の鋳造がギリシャ言葉「絶頂」から来ることを説明しました。

A one-world currency presupposes the creation of a one-world central bank that would manage the currency, thereby superseding the authority of nation-state central banks, such as the Federal Reserve in the United States and the European Union Central Bank, Corsi writes.

1つの国際通貨が、通貨を管理し、従って米国と欧州連合中央銀行の連邦準備銀行などの民族国家中央銀行の権限に取って代るであろう1つの世界中央銀行の作成を前提とするとコルシは書きます。

As WND reported, Benn Steil, a senior fellow and director of international economics at the Council of Foreign Relations, wrote in the May/June 2007 issue of the Council of Foreign Relations' Foreign Affairs magazine an article entitled, "The end of national currency," in which his major conclusion was that "countries should abandon monetary nationalism." Steil tempered his embrace of one-world currency, writing, "Governments should replace national currencies with the dollar or the euro or, in the case of Asia, collaborate to produce a new multinational currency over a comparably large and economically diversified area."

WNDが報告した時に、記事が、「国の通貨の終わり」(それにおいて、彼の主要な結論は、その、「国は通貨国民主義を捨てるべきです」でした)に表題を付けた外交問題評議会の外務雑誌の5月/2007年6月号の中で、ベンスティール(外交問題評議会の国際経済学の上級研究員、およびディレクター)は書きました。

「政府は国の通貨をドルまたはユーロと取り替えるべきであるか、アジアの場合に、比較できるほど広く、経済的に多彩なエリアの上で新しい多国籍の通貨を生産するために協力します」と書いて、スティールは彼の1つの国際通貨の抱擁を調整しました。

Red Alert has reported that the finance chiefs of five of the six-member, oil-rich Gulf Cooperation Council approved a proposal to create a monetary union as a move toward adopting a single currency.


The six Islamic states constituting the Gulf Cooperation Council are Bahrain, Kuwait, Oman, Qatar, Saudi Arabia and the United Arab Emirates

空襲警報は、6ヶ国メンバーの、石油資源に恵まれた湾岸協力会議の5つの財政チーフが、単一通貨を採用することへの動きとして通貨同盟を作成するという提案を是認したことを報告しました。

湾岸協力会議を構成している6つのイスラム国家はバーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア、およびアラブ首長国連邦です。

In 2002, the finance ministers of the Gulf Cooperation Council states sought out the assistance of the European Central Bank as the model for their single currency.


WND has also documented a move by the 53-nation African Union to create an African continental currency called "the gold Mandela."


Former Mexican President Vicente Fox also confirmed on CNN's Larry King television show in October 2007 a plan he conceived with President Bush to create a new regional currency in the Americas.

2002年に、湾岸協力会議国の大蔵大臣は彼らの単一通貨のためのモデルとして欧州中央銀行の補助を捜し求めました。

WNDは、「ゴールドマンデラ」と呼ばれるアフリカ大陸の通貨を作成するためにまた53国家アフリカ連合による動きを文書化しました。

前のメキシコ大統領ヴィセンテ・フォックスはまた、アメリカ大陸で新しい地域の通貨を作成するブッシュ大統領と、彼が考案した計画を2007年10月のCNNのラリー・キング・テレビ番組の上で確認しました。

国民に労働貴族は税金返せ・。




農水省ヤミ専従、秘書課長が口止め?「組織維持できない」

 農林水産省が農政事務所の職員などによる組合のヤミ専従疑惑を隠していた問題で、組合対応などを担当する本省の秘書課長が昨年4月、全国の農政事務所長ら46の出先機関の幹部を前に、「このようなことが明るみにでたら地方組織は維持できない」などと発言していたことがわかった。




 発言があったのは、同課が内部調査で、全国で142人の職員にヤミ専従の疑いがあるとの結果を得た4日後。発言を「口止め」と感じた事務所長もおり、同課が直後に「再調査」したところ、疑惑対象の職員数をゼロと報告した事務所長もいた。


 問題の発言をしたのは松島浩道秘書課長(51)。


 複数の関係者によると、昨年4月7日、東京・霞が関の本省で、全国の7の農政局や39の農政事務所の幹部を集め、出先機関の職員の配置転換計画などを説明する会議が開かれた後、農政局の総務部長や農政事務所長が残された。


 この席では、農政事務所長らに、社会保険庁のヤミ専従について報じた新聞記事のコピーが配布され、松島課長が「他省庁に『農水省にもヤミ専従がある』という投書があったので調査をしたところ、地方の驚くべき実態が明らかになった」などと発言。政府の地方分権改革推進委員会などで、地方農政局を含めた国の出先機関の統廃合案が議論されていることを受け、「このようなことが明るみにでたら、とても地方組織を維持していくことはできない」などと話したという。


 この数日前、同課では各農政局と各農政事務所に対し、4月1日時点での全農林労働組合(全農林)幹部の勤務実態を報告するよう指示。それをもとに、同月3日には142人の職員にヤミ専従の疑いがあるという結果を得ていた。このため翌4日、松島課長が、全農林に「再調査」することを予告したうえで、同課が9日付で全国の農政局と農政事務所に「再調査」をするよう文書で指示していた。


 松島課長の発言について、農政事務所長の一人は「ヤミ専従について実態に近い数を報告されて、怒りながら困っているという感じだった。あれでは、本当の報告はするなという圧力と受け取っても仕方がないだろう」と話し、別の事務所長も「その後の再調査ではゼロと答えた」としている。


 この指摘に対し、松島課長は「発言の内容を詳細に覚えているわけではないが、ヤミ専従は是正する必要があるという趣旨だった。もし、口止めと受け取った人がいたとしたら本意ではない」と釈明している。


(2009年3月16日14時40分 読売新聞)



「組合怖い」農水省ヤミ専従黙認…組織率97%、管理職威圧

3月15日3時13分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000154-yom-soci








<農水省>ヤミ専従142人 省ぐるみ隠ぺいか

3月15日19時40分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000039-mai-soci


 農林水産省で、給与を受け取りながら無許可で労働組合活動に専念する「ヤミ専従」の疑いのある職員が142人いたにもかかわらず、組合を通じて調査を2度繰り返し、結果的にゼロにしていたことが分かった。ヤミ専従は国家公務員法で禁じられており、省ぐるみで隠したとも受け取られることから、石破茂農相は再調査のやり直しを指示した。


 同省によると、08年3月に電子メールによる内部告発があり、全国46の地方農政局・事務所などの組合幹部1395人を対象に4月1日付で勤務しているかどうか調べた。


 その結果、全員がその日組合活動をしていたが、事前の許可を得ていたのが17人で、許可はないが国家公務員法で認められた範囲の活動をしていたのが1236人だった。残りの142人はいずれも該当せず、ヤミ専従の疑いがあったという。


 ところが、同省は組合側に調査日を事前通告した上で4月9日、142人の再調査を実施。17農政事務所で48人のヤミ専従の疑いを再確認した。さらに、今度は組合側に調査日や調査内容を事前に伝え同23日に改めて調査したところ、48人全員がその日は自席で勤務していたり許可を得ており、ヤミ専従の職員はゼロになった。同省秘書課は「調査前に組合側に伝えたのは混乱を避けるため。結果として省全体でヤミ専従隠しをしようとしていたと誤解されても仕方がない」と話している。


 社会保険庁職員のヤミ専従問題で厚生労働省は、背任容疑で職員と上司の計40人を刑事告発。東京地検は先月、「弁償を済ませている」などとして起訴猶予にした。【奥山智己】








「ヤミ専従」隠しの疑い=調査やり直し-農水省

3月15日14時24分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000034-jij-pol


 農水省職員が、国家公務員法で禁止されている勤務時間帯の無許可の組合活動「ヤミ専従」を行ったにもかかわらず、同省が組織ぐるみで隠ぺいした可能性のあることが15日、明らかになった。同省がヤミ専従の有無をめぐり昨年4月に3回実施した調査では、1回目は職員142人に疑いがあるとされたが、3回目はゼロとなった。調査の妥当性について省内で異論が出たことなどから、同省は今月上旬から調査をやり直しており、月末までに結論を出す予定。 




農水省が「ヤミ専従」隠しか 事前告知したうえで調査

3月15日14時20分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000516-san-soci


 公務員が勤務時間に無許可で労働組合活動を行う違法な「ヤミ専従」について、農林水産省が職員計142人に疑いを確認したのに、労働組合側に事前告知したうえで再調査を繰り返した結果、疑いのある職員は0人となり、総務省にも「ヤミ専従は確認できなかった」と報告していたことが分かった。ヤミ専従隠し疑惑ともとれるこうした調査手法に、石破茂農水相は「問題がある」として、再調査を関係部局に指示した。


 同省秘書課によると、農水省は昨年3月、ヤミ専従などの疑いについて、匿名の通報が外部機関に寄せられたのを受け、4月1日に本省や全国の出先機関で、全農林労働組合(全農林)の幹部1395人について調査。その結果、142人が勤務中に無許可で組合活動をするなど「ヤミ専従」行為をしていた疑いが浮上した。


 これを受け、同課では同月4日に、組合に対して再調査を行うと告げた上で、省幹部に後日の142人の勤務実態を調べ、報告するように指示した。その結果、ヤミ専従の疑いがあると報告された人数は48人に減った。


 秘書課ではさらに21日に組合に対して、再々調査を行うと告げ、翌々日の23日にこの48人に対して、直接聞き取り調査などを実施。その結果、この日は、全員が自席で通常勤務するか、短期専従許可をとって合法的に組合活動をするなどしていたことが確認された。


 農水省は5月に入って、総務省に報告を求められたが、「ヤミ専従は確認できなかった」などと回答した。


 一連の経緯について、農水省は「総務省はヤミ専従を『1年以上許可を受けずに組合役員として活動している』などとしており、そういうヤミ専従は確認できなかった。ただ、疑念を生じさせる調査方法だったのは確か」としている。







若干蛇足




「ヤミ専従」問題で記者会見する農水省の井出道雄事務次官=16日午後、農水省





蛇足


こんな仕事もろくにせず、組合活動という遊びに精をだす公務員など・・首にしろ・。


民主党の支援団体というデタラメ・。




キーワード

小沢、西松建設、


在日(聡連系)秘書、北朝鮮、麻薬、


済州島を買え、カジノ、パチンコ


ゼネコン


日本人拉致の拠点となった北朝鮮の港(南甫港)を整備、


日朝国交正常化、


拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』、


マスコミ北朝鮮利権、


秘書逮捕、


在日支援、


外国人参政権、


国策捜査、


民主党容認、


二階俊博パーティ券、


北朝鮮衛星ミサイル発射強行





蛇足


東アジア利権とゼネコン、マスコミ、アジア経済圏編入、日本国・日本人解体


が見えてくる。





小沢を代表とする政治家・政府・企業・マスコミの売国所業が見え隠れする・。


アフォを見るのは国民と言う事であろう・。








「あまりに汚らしい毒電波を吐き続けるブサヨ達や反日団体を生温かく眺めるブログ」





全国ニュースにもなったが、県の赤字を解消するために病院の無床化を提案した知事が提案を否決され、ぶざまな土下座姿をさらした。

こいつはなぜ土下座したのか?

これには深いわけがある。



そもそも、なぜ病院の無床化を選択したのか? それは、入院できる病院があると不都合な団体があったからだ。

パチンコ等の遊戯場は近くに有床の病院があると規制を受けて設置できないのだ。

つまり、
知事にはパチンコ関連団体からアプローチがあったということ

ちなみに逮捕された小沢の大久保秘書は実家が総連系のパチ屋で、知事は周知の通り小沢の元側近。

もう何もかも真っ黒。

夜汽車よジョージアへ

Gladys Knight & The Pips "Midnight Train To Georgia" (1974)




夜汽車よジョージアへ  グラディス・ナイト&ピップス
LA
proved too much for the man
(too much for the man)
(He couldn't make it)
So he's leaving the life
he's come to know
ロサンジェルスは
あの人には向かないのがわかって
(あの男にはきつ過ぎた)
(目的も達せられなかった)
だから生活を捨てる
やっと覚えた生活を

(He said he's going)
He said he's going back to find
(going back to find)
woo woo woo what's left of his world,
the world he left behind
not so long ago
(これからどうするかと言ったらば)
あの人は見つけるために戻るって
(見つけるために戻る)
自分の世界に置いてきたものを見つけるために
あの人の置いてきた世界
そんな昔のことじゃないけれど

He's leaving
(leaving)
on that midnight train to Georgia
(leaving on a midnight train)
Said he's going back
(going back to find)
to a simpler place and time
(and when he takes that ride)
oh yes he is
(guess who's gonna be right by his side)
あの人は旅立つ
(旅立つ)
あのジョージアに行く夜汽車に乗って
(夜汽車に乗って)
もとに戻るって言っているわ
(見つけるために戻る)
もっと素朴な場所と時間
(あの列車に乗ったら)
そう乗るの
(彼の脇にいるのは誰だかあててご覧)


I'll be with him
(I know you will)
on that midnight train to Georgia
(leaving on a midnight train to Georgia)
(whoo whoo)
私があの人といっしょに
(それくらいわかっているさ)
あのジョージアに行く夜汽車に乗って
(ジョージアへ夜汽車に乗って行く)
(ポッポー)

I'd rather live in his world
(live in his world)
than live without him in mine
(world, world)
(it's his, his and hers alone)
彼の世界で暮らしたい
(彼の世界で暮らす)
彼のいない私の世界よりも
(世界, 世界)
(彼の世界 彼と彼女だけの世界)

He kept dreaming
(dreaming)
that some day he'd be a star
(a superstar but he didn't get far)
But he sure found out the hard way
that dreams don't always come true
(dreams don't always come true)
oh no
(uh uh no uh uh)
あの人は夢を見つづけた
(夢を見つづけた)
いつかスターになるって夢
(スーパースターにね, でもいい所までも行かなかった)
でもきっと身に染みてわかったのよ
夢は必ずしも叶わないってことが
(夢は必ずしも叶わない)
叶わない
(そう そう そう)

So he pawned all his hopes
(whoo whoo whoo whoo)
and he even sold his own car
(whoo whoo whoo whoo )
And bought a one way ticket back
to the life he once knew
oh yes he did
he said he would
だから夢を全部質屋に入れて
(ポッ ポッ ポッ ポー)
自分の車さえ売ってしまって
(ポッ ポッ ポッ ポー)
帰りの切符を1枚買った
昔馴染んだ生活に戻る切符
そう昔知っていた暮らし
あの暮らしに戻るって言っていた

He's leaving
(leaving)
on that midnight train to Georgia
(leaving on a midnight train)
Said he's going back to find
(going back to find)
a simpler place and time
(and when he takes that ride)
oh yes he is
(guess who's gonna be right by his side)
あの人は旅立つ
(旅立つ)
あのジョージアに行く夜汽車に乗って
(夜汽車に乗って)
見つけるために戻るって言っているわ
(見つけるために戻る)
もっと素朴な場所と時間
(あの列車に乗ったら)
そう乗って行くの
(彼の脇にいるのは誰だかあててご覧)


Now I'm gonna be with him
(I know you will)
on that midnight train to Georgia
(leaving on a midnight train to Georgia)
(whoo whoo)
私があの人といっしょに
(それくらいわかっているさ)
ジョージアに行く夜汽車に乗って
(ジョージアへ夜汽車に乗って行く)
(ポッポー)

I'd rather live in his world
(live in his world)
than live without him in mine
(world, world)
(it's his, his and hers alone)
彼の世界で暮らしたい
(彼の世界で暮らす)
彼のいない私の世界よりも
(世界, 世界)
(彼の世界 彼と彼女だけの世界)

He's leaving
(leaving)
on that midnight train to Georgia
(leaving on a midnight train)
Said he's going back to find
(going back to find)
a simpler place and time
(and when he takes that ride)
oh yes he is
(guess who's gonna be right by his side)
あの人は旅立つ
(旅立つ)
あのジョージアに行く夜汽車に乗って
(夜汽車に乗って)
見つけるために戻るって言っているわ
(見つけるために戻る)
もっと素朴な場所と時間
(あの列車に乗ったら)
そう乗って行く
(彼の脇にいるのは誰だかあててご覧)
I've got to be with him
(I know you will)
on that midnight train to Georgia
(leaving on a midnight train to Georgia)
(whoo whoo)
あの人といっしょでなくちゃだめ
(それくらいわかっているさ)
あのジョージアに行く夜汽車に乗って
(ジョージアへ夜汽車に乗って行く)
(ポッポー)

I'd rather live in his world
(live in his world)
than live without him in mine
(world, world)
(it's his, his and hers alone)
彼の世界で暮らしたい
(彼の世界で暮らす)
彼のいない私の世界よりも
(世界, 世界)
(彼の世界 彼と彼女だけの世界)


(Whole love)
Whole love,
(on aboard)
on aboard the midnight train to run
(on aboard the midnight train to go)
(みごとな愛)
みごとな愛
(汽車に乗って)
夜汽車に乗る行く
(夜汽車に乗って行く)


Whole love
(whole love)
on aboard
(on aboard)
gotta board the midnight train to go
(on aboard the midnight train to go)
(みごとな愛)
みごとな愛
(汽車に乗って)
夜汽車に乗って行かなくちゃ
(夜汽車に乗って行く)

おめでとうございます。秘密結社への入会

英紙「世界の50人」日本は寂しい結果に

3月11日20時25分配信 産経新聞


【ロンドン=木村正人】英紙フィナンシャル・タイムズは11日付の特集記事で、「グローバリズムが初の試練を迎えている」として、金融・経済危機に取り組む世界の50人をリストアップした。オバマ米大統領を筆頭に、中国の温家宝首相、欧州の首脳らが顔をそろえる中、日本人としては日銀の白川方明(まさあき)総裁だけが選ばれる寂しい結果となった。


 4月にはロンドンで20カ国・地域(G20)の金融サミット(首脳会合)が開かれる予定。同紙は「危機を克服するためには、政治の指導力に加えて国際的な協力も必要だ」と指摘し、「明日への道を開く50人」の横顔を紹介している。


 その中で政治指導者としてオバマ大統領をトップに掲げたほか、2番目には温首相を挙げ、世界が中国の経済力などを必要としている実情を改めて印象づけた。続いてメルケル独首相、サルコジ仏大統領、ブラウン英首相、プーチン露首相が名前を連ねている。


 中国からは温首相のほか、王岐山副首相▽中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁▽外貨準備2000億ドル(約19兆6000億円)を運用する政府系ファンド、中国投資有限責任公司(CIC)の楼継偉会長-の3人が入った。


 金融危機対策として国際通貨基金(IMF)に最大1000億ドル(約9兆8000億円)を拠出する日本からは、麻生太郎首相の支持率低迷や“酩酊(めいてい)会見”で辞任した中川昭一前財務相の件が響いたのか、政治家は選ばれなかった。




大和湖大学校




Future of Capitalism: 50 people who will frame the debate

By Steven Bernard, Jeremy Lemer and FT Reporters


Published: March 10 2009 19:59 | Last updated: March 10 2009 19:59

資本主義の未来:

討論を形成するであろう50人の人々

スティーブン・バーナード、ジェレミーレーマーおよびFTレポーターによって

最終更新日:

3月10日2009 19:59

The credit crisis has placed the global financial system under almost unprecedented strain.


Tackling the many problems and charting a course through them to a new world order is a daunting challenge. It will require impressive political leadership and vision as well as concerted international cooperation.

金融恐慌はほとんど前例のない緊張の下でグローバルな金融制度を設置しました。

多くの問題に取り組み、新しい世界秩序にそれらを通してコースをチャートで示すことは難しい挑戦です。

それは協調された国際協力と同様に印象的な政治的なリーダーシップとビジョンを必要とするでしょう。

Networks and institutions will matter as much as individuals.


In this graphic we explore the experiences and systems that connect the 50 people likely to be most influential in shaping the world debate.

ネットワークと組織は個人と同じくらい多く重要でしょう。

このグラフィックにおいて、私達は、世界討論を形成することにとても影響力がありそうな50人の人々を接続する経験とシステムを探究します。

The Group of Thirty for example, a nonprofit group founded in 1978 that comprises leading financiers, academics and officials and aims to “deepen understanding of international economic and financial issues”, is one interesting connection between these players.

財界の巨頭、学識者および役員から成っていて「国際的な経済と金融の問題についての理解を深くすること」をめざしている30のグループ(例えば1978において設立された非営利的なグループ)はこれらのプレーヤーの1回の興味深い接続です。

Use the control panel to divide the leaders by age, nationality and network. Mouse over the photos for profiles.


You can read the rest of the series, including Lionel Barber’s overview of the fifty to watch, on our Future of Capitalism page.

年齢、国籍、およびネットワークがリーダーを分割するコントロールパネルを使ってください。

プロフィールのための写真上のマウス。

あなたは、私達の資本主義ページの将来の、ライオネル・バーバーの見る50の概要を含むシリーズの残りを読むことができます。




大和湖大学校



オバマ大統領(47)、温家宝首相(66)、メルケル首相(54)、サルコジ大統領(54)、ブラウン首相(58)、プーチン首相(56)、ガイトナー財務長官(47)、サマーズ元財務長官(54)、ビン・ジャセム・アル・タニ首相(カタール 50)、バーニー・フランク(68)、ステーブン・チュウ(61)、オリバー・べサンテノート党首(34)、バーナンキFRB総裁(55)、ジーン・クラウデ・トルシエEU中銀総裁(66)、王岐山副首相(60)、(中央銀行)周小川総裁(61)、マービーキング英国中銀総裁(60)、白川日銀総裁(59)、マリオ・トラッジ伊中銀会長(61)、マークカーニーカナダ中銀総裁(43)、ミゲ-ルオルドネッツスペイン中銀総裁(63)、ウイリアムラドリーNY連銀総裁(56)、ジャックエス・ラロシェールフランス中銀役員(79)、ターナーFSA会長(53)、マリーシャピロSEC会長(53)、シーラベアーFDIC会長(54)、ジェイミーカルアナ世界開発銀行役員(56)、ドミニクストラウスカーンIMF役員(59)、ロバートゾエリック世界銀行総裁(55)、パスカルラミーWTO役員(61)、(中国開発公社)楼継偉会長(58)、ジョージソロス(78)、ウォーレンバフェット投資会社会長(78)、ローレンスフィンク投資会社CEO(56)、ロバートシラー(エール大学教授)(62)、アルワリア(インド開発庁長官65)、ポールボルカーERAB会長(81)、ポールクルッグマン(プリンストン大教授56)、ロウビニRGEM会長(49)、バルセロビッチワルシャワ大学院教授(62)、ロイドブラックフェイン(ゴールドマンサックス会長54)、ジェミーディモンJPモルガン銀行総裁(52)、ステファングリーンHSBC会長(60)、マイケルぺベルーBNPパリバ会長(67)、カルロスゴーン日産ルノー会長(55)、インドラノーイペプシコCEO(53)、エリックシュミットgoogleCEO(53)、アリアナフフィングトン新聞社社主(58)、ラッシュリンボーTVホスト(58)、キショウマンブバニー(リークワンユー大学教授)60




蛇足


白川氏は支配層から日本国管理を任されたのであろう・。日本人の生血を吸って名声を貰うただのゾンビと化している人物に過ぎない・命を懸けるのは国家・国民では無く自分自身のために売国奴とあいなった。




泥酔大臣の記者会見の様子を見ればわかる(その仕掛けは財務省やマスコミにも及ぶ・)。




若干蛇足







副島隆彦氏の見解

【転載開始】<前略>


副島隆彦です。http://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi
 


 まず、書いておかなければならないことは、今度の事件を始めに仕掛けたのは、朝日新聞である。朝日新聞が、西松建設の裏金の問題と、不正献金の疑惑と称して、ずっと早くから紙面でキャンペーンを張っていた。


 朝日は、日本国民の普通の理解では、読売新聞と争って、リベラル派で、進歩的で、アメリカに批判的な立場だということになっている。そんなことはない。今の朝日新聞は、読売や産経、文藝春秋などと同じで、巧妙な、アメリカの手先である。小泉・竹中改革(アメリカの言うとおりの日本からの資金強奪計画だった)を一番、応援したのは朝日新聞だ。


 朝日の現場の記者たちには、まだ、左翼リベラルであり、小泉改革で、貧しい国民が、どんどん会社を辞めさせられてゆく現状を批判している一線の現場の記者たちがたくさんいる。


 しかし、私は前にも何度も書いたが、朝日の一番上から、経営陣(社長たち)さえも押さえつけて、主筆(役員待遇、前ワシントン総局長)の船橋洋一・玲子夫妻が、内部で記事の統制をやっている。船橋洋一はデイヴィッド・ロックフェラーの日本の忠臣のひとりだ。だから朝日新聞が、反米のリベラル派である、というのはウソである。そういう型にはまった見方は、今は通用しない。朝日の内部の良心的な記者たちが、船橋体制を突き崩してほしい。


 西松建設の裏金への検察の計画的な摘発については、あとの方の記事に全体概要を転載する。


 こんどの事件は、「検察の勇み足」ということで、終わるだろう。西松建設の裏金摘発事件として、ずるずると検察はやるだろうが、小沢一郎つぶしの策動としては、アメリカの完敗である。


 あとの方に載せる記事の通り、小沢が、この23日に、「アメリカ軍の日本駐留は、第七艦隊(横須賀基地他)で十分だ。防衛でも日本のことは日本人で出来る」という発言があって、それに、アメリカの日本管理対策班(ジャパン・ハンドラーズ)たちが、カリカリしただろう。


 駐日大使になるだろうと数週間前に一斉に日本の新聞で報道された(が、いっこうに日本にやってこない)、ジャパン・ハンドラーズの一人、ジョゼフ・ナイ(クリントン政権の国防副長官だった男だ)は、去年の12月末に日本にやってきて、民主党の中のアメリカと近い勢力の、前原誠司副代表に対して、「今の民主党の外交政策がそのまま政権を取ったときに採用されたら、アメリカはそれを反米行為と見なす」と脅しつけた。


 アメリカは、日本が、小沢一郎民主党のもとで、アメリカから自立して「正常な国」(ノーマル・カントリー)としてやっていこうとする動きを感じ取って、国策捜査を仕掛けて小沢一郎をたたきつぶすことを、それとなく指示したのだろう。田中角栄元首相が、中曽根康弘の代わりにロッキード事件で逮捕されて以来、日本の政治家の中には「アメリカの虎の尾を踏んだら大変なことになる」という考えが生まれた。アメリカで「米国債を売りたいという誘惑に駆られる」とニューヨークで発言した、橋本龍太郎元首相に対しても、執拗(しつよう)なアメリからのスキャンダル攻撃が仕掛けられた。


 これらの政治家はアメリカとの距離を取ろうとしているので、中国に接近しているのは確かだろう。しかし、重要なのは日本がどこの国からも操られないと言うことだ。今回の、小沢一郎に対する捜査がこれほどに急に行われたのは、背後にアメリカの怒りがある。


 今、鳩山邦夫総務大臣が中心となって、麻生太首相と連携して、アメリカの手先の竹中平蔵と小泉純一郎元首相が、アメリカの要求を忠実に実行した、郵政民営化の見直しを始めている。先週の田原総一郎の「サンデー・プロジェクト」には、2005年の郵政選挙でホリエモンを「刺客」(刺客)に送り込まれた、亀井静香・国民新党代表代行が、竹中平蔵の郵政疑獄を検察庁に訴えると凄んでいたが、その翌日に小沢事務所への特捜部の強制捜査が入ったのだ。


 その前の、2月17日の、ヒラリーとの小沢の会談で、「日米同盟は、対等の関係でなければならない。そのことを、日本側が、(勝手に卑屈になって)アメリカに言わなかったことが問題だ」と、ヒラリーに、直接、言い放ったことも重要だ。


小沢一郎は、偉いのだ。本当に偉いのだ。 「自分のことは自分でします。できない分だけ、ご支援ください」という、生き方、考え方が、人間として、まっとうなものだ。まず、始めにこのことを言えない、考えない人間が、他の事をあれこれ、言い出すのは間違っている。 まず、頭から、始めに、アメリカ軍が、日本を守ってくれるのが当然で、自然で、当たり前だ。という考えをする者たちは、大間違いだ。売国奴どもだ。


 産経新聞(フジ産経グループ)や、読売新聞の幹部ども(ナベツネ派)や、文藝春秋(ついに、ゴロ雑誌の「諸君」が廃刊になる)や、新潮社(どうして、こうなったのか)などに、心酔して、「そうだ、そうだ、日米同盟が最優先だ。アメリカと共に、中国と戦うのだ」と、言わないと済まない馬鹿たちを、今こそ、あぶりだして、順番に、筆誅(ひっちゅう)を加えなければいけない。


 「自分のことは、自分でします」「自分の国は、自分たちで守ります」と、素朴に、きっぱりと言えないような、人間は、おかしいのだ。 洗脳されているのだ。この一行が言えないような人間は、愚か者たちだ。卑怯で、卑劣で根性の曲がった人間どもだ。


 産経・読売・文春右翼たちは、自分たちのことを、愛国者(民族主義者)で、現実主義者(リアリスト)だと、考えている。そして、その実態は、盲目的な、アメリカの手先、子分どもである。会って話しても、実に卑しい人間たちだ。 


 それに対して、比較相対的に、頑張っているのが、毎日新聞だ。毎日新聞が、今は、日本国民の利益にたって記事作りをしている。毎日新聞とTBSは、朝日、読売に対する第三勢力である。しっかりした記者たちがまだまだたくさんいる。政治家の近くに寄っていって、毒を盛ったり、スキャンダル記事で刺し殺したりするようなことはしない。頑張れ、毎日、TBSだ。


 が、TBSの朝の、あの、みのもんた の アホ野郎を、何とかしろ。このふてぶてしい、電波芸者の顔を見るだけで、私は、不愉快だ。TBSも今は、相当に公共放送としての良心をなくしている。デイヴィッド・ロックフェラー=電通(ヤング・アンド・ルビカム)の軍門に下っている。


 小沢一郎の、今日の記者会見の全文が、毎日新聞のネットにあったので、これを、あとで、貼り付けます。


 日本の検察までを、使って、小沢潰(つぶ)し、追い落とし、を狙ったのは、ヒラリー派(シティバンクが、遂に潰れそうで、株価がついに1.5ドルで、さらに1ドル割れになって、気が狂いそうになっているデイヴィッド・ロックフェラーの直属)だ。ヒラリーの直接の対日官僚たちが、今回の、小沢への司法攻撃を、画策してやらせた


 だから、「公権力を不正に使った検察による日本のデモクラシー(民主政治、国民政治)に対する攻撃」という小沢一郎の、表明も、控えめなものである。小沢は、自分を、ヒラリー派(2年後には、オバマを追い落として大統領になるだろう)が狙って仕掛けたのだということを知っている。山岡や興石(おきいし)たち忠臣たちだけでなく、鳩山由紀夫までが、「検察を使った政府の陰謀だ」と公言した。以下の新聞記事の中にある。 


 今の自民党・麻生政権には、そういうことをやっている暇はない。麻生を支えている、森喜朗系の暴力団的政治家集団も、野中広務系(小渕優子、野田聖子、石破茂、古賀誠、二階俊博たち)も、こんなきたないことはしない。 アメリカと連携している、小泉純一郎、竹中平蔵、武部勤たちが、アメリカからの連絡をもらっている。


 これに中川秀直、小池百合子グループが、「小沢を倒して、民主党を乗っ取って、自分たちが政権を取る」という、策を、ヒラリー派対日アメリカ官僚たちに、教育、指導されながら、実行に移している。 そして、この動きは、緒戦で、失敗している。彼らは、今、困っている。


 それでも何食わぬ顔をして、次の新たな手を考えている。 きたならしい、自分を現実重視の、きたない政治家(リアリスト)だ、と、自覚もしている。アメリカ(帝国)の大きな力に従うのが、勝ち組の当然のお作法だと、信じ込んでいる。この長年染み付いた、日本人の奴隷根性(属国根性)が、直らない。それを、小沢一郎は、日本国民に、改めよう、自立しよう、自分の力で堂々と、平和国家として、生きてゆこうと、私たちに訴えている。偉い。 私、副島隆彦の考え、生き方と、完全に、一致する。


小沢が偉いのは、今度の総選挙(遅くとも、5月か)で、民主党が、比較第一党(220議席ぐらいか。 自民党を、106議席減らして、200議席割れにする)になったら、ある種の連立政権を作って、それで、官僚たちを、たたきのめそうとしていることだ。 今回の、法務省・検察官僚どもの、醜悪な行動もそうだ。 


 財務官僚、金融庁、厚生労働省、総務省(戦前の内務官僚ども)、国土交通省、などの官僚たちが、アメリカの意向と指図で動いて、愛国派の政治家や財界人たちに襲い掛かるのだ、という今の、日本の恐ろしい構造を、徹底的に、破壊しようとしている。これがすばらしいのだ。


 小沢一郎は、なんとか政権を取ったら、貧乏で金が無くてろくに政策・政治手腕の勉強をしていない若い民主党の政治家たちを、副大臣だけでなく、各省の本省の局長 のポストにも、すべて100人ぐらいを座らせようとしている。そうすれば、日本の官僚体制、官僚支配、官僚どもによる愚劣なる政治は、終わる。本当に終わる。


 官僚(高級公務員)どもが、政治をやってはいけないのだ。政治は、国民の代表である、議員=政治家たちが、公務員たちを、しっかりと使って、やらなければいけないのだ。この、基本のところを、小沢一郎は、やろうとしている。アメリカが、自分の忠実な、ワンコロ、手先にしてしまっている日本の各省の官僚どもに権限を、徹底的に、奪い取り、解体しなければいけないのだ。


 この小沢一郎の官僚体制(日本の宿痾(しゅくあ)、重病)打倒、官僚どもを皆殺しにしようとする政策が、今度の選挙の争点として、一番、なによりもすばらしいのだ。 


 それに対して、「そんなことは、どうせできない。官僚制を無くすことはできない絶対にできない。官僚たちは必要だ。試験に優秀な成績で受かったのだから、彼らの能力を認めるべきだ(一般大衆は、それに従っていればいい)。政治家たちはワルモノ(悪者)だ」という、愚劣な、リアリスト(きたない現実重視の考えをする人たち)たちとの、言論戦、思想闘争に私たちは負けてはいけない。


 選挙で選ばれた国民の代表者たちである政治家(議員)たちに、本当の権力を与えなければいけないのだ。 それが、アメリカの日本支配を打ち破る最短の、そして、真っ当な正面からの戦略となる。


 今の日本の政治家(国会議員)たちは、偉いのだ。たとえ共産党であろうと、社民党でも、公明党でも政治家は、どぶ板を踏んで、選挙区の有権者たちを抱えて、彼らに膝まづくようにして、一票、一票をいただいているから、決して傲慢になることがない。有権者(国民)の代表でである自覚がある。それに対して、官僚どもには、顔がない。たとえ、事務次官(各省のトップ)でも、全く顔がない。


 表に出てこないで、裏方(うらかた、黒子、くろこ)に徹しているとされているので、だから、国民の見えるところで、動かない。それで、悪いことばかりする。官僚になっている者たちの、やることのえげつなさ、と悪辣(あくらつ)さを、自分の職業(業界)の実務を通して、知っている人から上が、この世の中の大人(おとな)だ。このことを、実感で知らない人間は、自分のことを、この国のひよこ、小児 だと、思ったほうがいい。実社会の苦労というのを、していない人間だ。馬鹿な家庭の主婦と同じだ。


 旦那に捨てられて、自立するしかなくなって、それで、子供を抱えて必死で生きている女たちのような苦労もなく、馬鹿テレビ番組を、昼間も見て、それで、それらの共感している程度の、愚か者たちだ。

「小泉さーん、かっこいいー」と嬌声(きょうせい)をあげた、女どもから、選挙権を奪い取れ。


 小沢一郎は、顔が悪いから、女に人気がない、と悪口を言われている。私、副島隆彦だって、顔が悪いから女にずっと好かれなかった。そんなことはどうでもいいか。 それで、日本国民が、自分の国の政治家たちを信頼しないように、「政治家というのは、悪者(わるもの)がなる職業で、政治家というのは、悪人(あくにんだ)」と、日本国民を、洗脳した。


 テレビと、それから、学校教育(アメリカのニューディーラー=初期グローバロストどもの日本国民洗脳道具が文部省だ。日教組攻撃をしていれば、自分は愛国者だと思い込める愚劣なゴロツキ・タイプの右翼人間を、長年、はびこらせ、増長させた。産経、読売右翼どもだ ) のせいである。


 だから、私たちは、私たちの政治家(私たちの代表)を大事にしなければいけない。自民党の中にも、立派な政治家(幹部では堀内光雄氏たち)は、今もたくさんいる。 政治家たちに、アメリカの手先になって、暗躍、跳梁(ちょうりょう)している官僚どもを、成敗させなければいけないのだ。


 官僚が一番怖いのは、政治家たちが、団結して、官僚どもの権限を、奪い取り、たたきのめす、と決めたときだ。国家体制上は、官僚(高級公務員)は、閣僚、国会議員の家来(けらい)、子分である。


 政治家たちが、官僚の任免権(人事権)を握っているのだ。アメリカの手先になって、小泉・竹中たちと、さんざん日本国民の資産をアメリカに捧げた、売国奴どもを、本当に、これから処罰せねばならない。


 風向きはもう大きく変わっているのだ。潮(しお)の流れが変わった。アメリカは没落、衰退を始めたのだ。この大きな動きは変わらない。地球上の誰にももはや変えることはできない。 小泉純一郎が、最後の、悪あがきをしているが、こいつの画策も、今度がおしまいだったのだ。中川秀直、小池百合子(ヒラリー派。「あなたなら出来る。私といっしょにやりましょう」とヒラリーに言われたのだろう )との連携も、うまくいかなくなっている。


 日本の官僚どもも、自己保身で、小泉・竹中には、もう近づかない。いまこそ、流れは、変わったのだ。 今度の小沢への検察を使った卑劣な攻撃程度(小さなクープ coup 、小型クーデター)で、小沢が倒れるものか。馬鹿野郎どもめ


 それよりも、今のうちに、テレビでの発言とかで、新たなアメリカ屈従派の若手の自民党政治家とか、それよりも悪質な、日本の民主党内の、アメリカの手先どもで、小沢執行部に、楯突いて、小沢を、アメリカと連携して、倒そうとしている連中だ。この連中を、今のうちに、識別して、一覧表にして、この者たちの背後からの攻撃を、国民監視の下の置いて、封じ込めなければいいけないと、私は、戦略家として思います。


 その他に、各省官僚(警察、検察、裁判所を含む)の官僚たちで、アメリカ留学をさせてもらっている連中で、アメリカの息が掛かっている者たちの、一覧表を作成しなければいけない。


 彼らの中には、財務省や、金融庁の幹部になっている者たちや、その先輩たちで、IMFや世界銀行の理事でニューヨークに出向、駐在していた連中を、数千人、リストアップして、彼らの暗躍と、うごめきを、調査しなければいけないと思います。


 検察、警察、司法官僚であれば、痴漢冤罪(ちかんえんざい)で、大企業の幹部の中の、愛国者(アメリカにこれ以上、お金を貢ぐのは、おかしいと言う者たち)を、どんどん 嵌(は)め落とす係の、警察、検察官そして裁判官たちまでがいる。特殊なチームを作っている。全員が、アメリカのCIAとか財務省シークレットサービス(理財局)などへの出向、留学組である。恐ろしいことだ。


 この者たちを、あぶりださなければならない。 そうしないと、大組織にいる、日本の愛国者たちが、恐ろしい危険に晒(さら)される。通勤電車の中で、痴漢をしたというでっち上げで、逮捕、勾留して、起訴して、社会的に辱めを与えて、失脚させる、という鬼のような手法を取る。アメリカの政治官僚、弾圧官僚、国家情報組織の、恐ろしい手口を、日本にも「輸出、教育」しているのである。

 

 まず私が、この者たちの一覧表を作っている。私の真実を大きく見抜く力と、政治・体制分析の眼力を甘く見るな。 なんなら情報公開請求してやろうか。野党の政治家も国政調査権を使えば、このリストアップができるはずだ。しかし、民主党の中にも小沢一郎の背中を後ろから突き刺そうと考えている政治家もいるから、それができないのだろう。


 ただし、このあと日本に小沢民主党政権が、出来たからといって、景気が回復するとか、日本人が皆、幸せになれる、というようなことはない。民主党政権が出来ても、諸外国と同じように、日本も、この先、もっともっと大不況が続くのだ。国民にとってはもっと厳しい時代になる。 それはどうにもできないのだ。


 だから、すぐに民主党政権に対する、国民の不満が高まったとして、半年ぐらいで、民主党政権を、打倒するという動きが出てくるだろう。利権を奪われる官僚もが仕組む。アメリカの手先どももそれに連携する。現実主義の、きたないことの大好きな、生来の右翼体質の、ユダヤ人的な強欲人間の経営者層の人間たちが、「もとの自民党の方がよかった。自民党の政権に戻せ」という策動をするだろう。


 だから、それらに対して、今のうちから、「民主党政権が出来たからといって、急に景気はよくなりませんよ。もっとひどい政治混乱がおきるでしょう。その時でも国民は我慢して、民主党政権を支えよう」


 「今は、生みの苦しみのときだ。アメリカがあやつる汚れた自民党政治家たちと官僚たちから、日本の本当の民主政治を取り戻すための、苦しい時期だ。この苦しみを国民が共に味あわなければ済まないのだ」ということを、国民的な合意として、今のうちから話し合わなければいけない。


 そして、アメリカの悪質な日本支配を辞めさせ、官僚ども(裏の暴力団、警察、税務署=公設暴力団)による政治を廃止し、アメリカによる日本国民のお金の更なる奪い取りを、なんとしても阻止しなければならないのだ、ということを、日本国民の意思の一致として皆で理解し、大きく団結しなければいけない。 


私、副島隆彦は、このように考えています。 今日は、これぐらいにしておきます。 副島隆彦拝


 <後略>


【転載終了】





蛇足


確かにアメリカの策謀やそれに加担する自民党や官僚とマスコミの陰謀であろうと推測するが、私は小沢氏はそんな人物では無いと断言する・。馬鹿を見るのは国民でしょう。


どちらも同じ穴の狢ですから・・。

基地外に刃物・。

ミサイル迎撃なら日米韓に報復=南北の通信遮断-北朝鮮


3月9日9時16分配信 時事通信







 【ソウル9日時事】北朝鮮の朝鮮中央通信によると、朝鮮人民軍総参謀部スポークスマンは9日、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射準備を進めている長距離弾道ミサイルを日米韓が迎撃すれば、「(日米韓の)本拠地に対する正義の報復打撃戦を開始する」との声明を発表した。朝鮮通信(東京)が伝えた。

 声明はさらに、9日に始まった米韓合同軍事演習を「北侵戦争演習」と非難。韓国との間で唯一残っていた連絡網である軍当局間の通信回線を9日から20日までの同演習期間中、遮断すると宣言した。

 これまでも北朝鮮は米韓合同軍事演習に反発してきており、5日には北朝鮮周辺の日本海上空を通過する韓国の民間航空機の「安全を保証できなくなった」との声明を出し、緊張を高めている。9日の声明はミサイル迎撃について「われわれの平和的な衛星に対する迎撃はすなわち戦争を意味する」と主張した。




蛇足


わがまま独裁ァフォ政権維持に貧乏軍事大国が衛星など上がるのか?まずは国民の幸せを優先しなければ国などいらない・。日本のサヨクのァフォ政党とマスゴミは擁護するな・・どちらも基地外に刃物だ¥・

この体制なのだろう・。



若干蛇足




自民党も民主党も、社民党、公明党、共産党も同じ手の裏表に過ぎない。


出所の根は同じ・・。1党5弱党の構図しかこの国には似合わないのであろう・。


独裁にしない間接独裁にしかならない国なのだから・・。


麻生批判するマスコミと小沢擁護し批判するマスコミは装置・。


この日本はこの体制が理に適っているのだろう・。


戦後レジームの変換は過去への成り立ちに戻るのだろう?


日本の安定化とは2大政党は似やわない・のだろう。




推古天皇に対する聖徳太子


天皇にたいする蘇我氏




天皇(権威)に対する藤原氏




天皇(威光)に対する武家 平氏、源氏、北条氏、足利氏、織田・豊臣氏、徳川氏




天皇(神)に対する薩長




戦後


天皇(人間民主主義)に対する政府(自民党・官僚)




天皇(象徴)に対する?新(小沢)没・・旧(麻生自民)没 再編?






日本の支配層は思想などの日本人の中にある潜在意識なのかもしれない?


支配層を朝鮮半島経由や世界支配層などと考えるより合理的な


連綿と続く古日本の思想かもしれない。


すべては歴史の設計図どうりなのだろうか?





Story AI


Story AI

そんなアフォな・。



若干蛇足



白人目線の最低の反日映画


2009/02/15 




アボリジニを娯楽のためにハンティングで虐殺しまくった白人がアボリジニと心の交流をしてました、なんていう白人目線に貫かれたオーストコリアの駄作映画ww



しかも最後は差別主義者の日本人が主人公のアボリジニを殺して、全てを日帝と日本人のせいにするという印象操作の映画です。

日本人なら胸がむかつくだけなので見に行かない方が良いかと思います。


実は当時の日本軍はアボリジニ
を虐殺するどころか、オーストラリア
に上陸すらしていません。
 



 アボリジニ
を虐殺したのは、後から入植してきた白人
のはずなのです。しかし、映画の中ではその場面は描かれていません。


 オーストラリア
に上陸すらしていない日本軍が、どうやってアボリジニ
を虐殺できるというのでしょうか。歴史を捻じ曲げようとする行為はやめて欲しいです。





http://movies.foxjapan.com/australia/






蛇足


日本陸軍がオーストラリアに上陸するはずもなし・・嘘八百のプロパガンダ映画です・。


まして、アボリジニを虐殺する事も皆デタラメな映画だし・・。


いまさら、何をトチ狂ったのか・。クジラを殺す国は野蛮と言うイメージ戦略なのだろう・。


韓国といい、中国といい、嘘八百が世間に出まくる・。抗議しろよ・。





国民は先が見えない・。



若干蛇足



麻生はまともである、にもかかわらずマスコミにしてやられた。民主を勝たせるコメントをだすが、


民主党は人材不足・・小沢は首相にならない、いなれない・。


混乱の先の次の首相の目はだれでしょう・。女性首相だろう・。

NWOの道筋は不透明

The world must forge a new order

世界は新しい秩序を作り上げなければなりません。




若干蛇足



Henry Kissinger ヘンリー・キッシンジャー

As the new US administration prepares to take office amid grave financial and international crises, it may seem counterintuitive to argue that the very unsettled nature of the international system generates a unique opportunity for creative diplomacy.

That opportunity involves a seeming contradiction. On one level, the financial collapse represents a major blow to the standing of the United States. While American political judgments have often proved controversial, the American prescription for a world financial order has generally been unchallenged. Now disillusionment with the United States’ management of it is widespread.

At the same time, the magnitude of the debacle makes it impossible for the rest of the world to shelter any longer behind American predominance or American failings. Every country will have to reassess its own contribution to the prevailing crisis. Each will seek to make itself independent, to the greatest possible degree, of the conditions that produced the collapse; at the same time, each will be obliged to face the reality that its dilemmas can be mastered only by common action.

新しい米国管理が、重要で、国際的な金融恐慌の中央で就任することを準備する時に、国際的なシステムの非常に不安定な性質が、創造的外交のためのめったにないチャンスを発生させると主張することは反直観的であるかもしれません。

その機会は表面的な否定に関係しています。

1つレベルの上で、金融崩壊は主要な打撃を米国存立を説明します。

アメリカの政治的な判断がしばしば物議を醸したのに対して、世界金融秩序のためのアメリカの処方箋は一般に挑戦されなかった。

さて、その米国の経営に対する幻滅は広範囲に及んでいます。

同時に、破壊のマグニチュードは、世界の残りがアメリカの支配またはアメリカの欠点の後ろでさらに避難することを不可能にします。

すべての国は、優勢な危機へのそれ自身の寄与を再評価する必要があるでしょう。

それぞれは、崩壊を引き起こした条件のできる限り大きな役割に自身を独立にすることに努めるでしょう;

同時に、それぞれは、その難問題が共通の行動によってだけマスターされることができるという現実に直面することを義務づけられるでしょう。

Even the most affluent countries will confront shrinking resources. Each will have to redefine its national priorities. An international order will emerge if a system of compatible priorities comes into being. It will fragment disastrously if the various priorities cannot be reconciled.

The nadir of the international financial system coincides with simultaneous political crises around the globe. Never have so many transformations occurred at the same time in so many different parts of the world and been made accessible via instantaneous communication. The alternative to a new international order is chaos.

最も豊富な国でさえ減少する資源に立ち向かうでしょう。

それぞれは、その国家的優先課題を再定義する必要があるでしょう。

互換の優先事項のシステムが発生するならば、国際的な秩序は明らかになるでしょう。

様々な優先事項が調和することができないならば、それは悲惨にも粉々になるでしょう。

国際金融システムの天底は世界中で同時の政治的な危機と一致します。

決して、そんなに多くの変化は世界の多くの様々な地域で同時に存在していて、瞬時通信経由でアクセス可能にされたことがありません。

新しい国際的な秩序への代案はカオスです。

The financial and political crises are, in fact, closely related partly because, during the period of economic exuberance, a gap had opened up between the economic and the political organisation of the world. The economic world has been globalised. Its institutions have a global reach and have operated by maxims that assumed a self-regulating global market. The financial collapse exposed the mirage. It made evident the absence of global institutions to cushion the shock and to reverse the trend. Inevitably, when the affected publics turned to their political institutions, these were driven principally by domestic politics, not considerations of world order. Every major country has attempted to solve its immediate problems essentially on its own and to defer common action to a later, less crisis-driven point.

一つには、経済の横溢の期間に、ギャップが世界の経済のものと政治団体の間で開けたという理由で政治的な金融恐慌は実のところ密接に関連しています。

経済界は国際化されています。

その組織はグローバルに届く範囲を持っていて、自動調節の世界市場を仮定した格言によって動作しました。

金融崩壊は蜃気楼を露出しました。

ショックを和らげるためと傾向を逆転するために、それはグローバルな組織の不在を明らかにしました。

必然的に、影響された政府がそれらの政治制度に変った時に、これらは主として世界秩序の考慮ではなく国内の政治によって動かされました。

すべての主要な国は、それ自身で本質的にその差し迫った問題を解決し、共通の行動を後の方で、危機より主導でない時点に延期することを試みました。


So-called rescue packages have emerged on a piecemeal national basis, generally by substituting seemingly unlimited governmental credit for the domestic credit that produced the debacle in the first place, so far without achieving more than stemming incipient panic. International order will not come about either in the political or economic field until there emerge general rules toward which countries can orient themselves.

In the end, the political and economic systems can be harmonised in only one of two ways: by creating an international political regulatory system with the same reach as that of the economic world; or by shrinking the economic units to a size manageable by existing political structures, which is likely to lead to a new mercantilism, perhaps of regional units. A new Bretton Woods kind of global agreement is by far the preferable outcome.

いわゆる総合救済政策は、初期のパニックをせき止めるより多くを達成せずにこれまでに、一般に、一見したところ無限の政治のクレジットを、まず第一に破壊を引き起こした国内のクレジットに代用することによってこま切れの全国的ベースで出現しました。

国が順応することができる原則が出現するまで、国際的な秩序は政治的な、または経済のフィールドで発生しないでしょう。

最後に、政治と経済システムは2つの方法のうちのほんの1つにおいて調和することができます:

経済界のそれと同じ届く範囲によって国際的な政治規制のシステムを作成することによって;

または、既存の政治機構によって扱いやすいサイズに経済のユニットを縮ませることによって(それは、新重商主義に、たぶん地域のユニットについて先導しそうです)。

新しいブレトンウッズ体制の国際的な協定はたいへん望ましい結果です。

America’s role in this enterprise will be decisive. Paradoxically, American influence will be great in proportion to the modesty in our conduct; we need to modify the righteousness that has characterised too many American attitudes, especially since the collapse of the Soviet Union. That event and the subsequent period of nearly uninterrupted global growth induced too many to equate world order with the acceptance of American designs, including our domestic preferences. The result was a certain inherent unilateralism ? the standard complaint of European critics ? or else an insistent kind of consultation by which nations were invited to prove their fitness to enter the international system by conforming to American prescriptions.

Not since the inauguration of president John F Kennedy half a century ago has a new administration come into office with such a reservoir of expectations. It is unprecedented that all the principal actors on the world stage are avowing their desire to undertake the transformations imposed on them by the world crisis in collaboration with the United States.

この企業におけるアメリカの役割は決定的になるでしょう。

逆説的に、アメリカの影響は私達の行為における謙虚さに比例して大きいでしょう;

私達は、特にソビエト連邦の崩壊以来ずっとあまりにも多くのアメリカの態度を特徴付けている正義を修正する必要があります。

そのイベントとほとんど絶え間ないグローバルな成長のその後の期間は、私達の国内の好みを含めて、世界秩序をアメリカのデザインの受容と同等視するにはあまりにも多くを引き起こしました。

結果が一定の固有の一方的軍備撤廃論?であったこと ヨーロッパの批評家?の標準の不満 、またはアメリカの規定に対応して国際的なシステムに入ることのためのそれらの適合性を証明するために国家が招待されたしつこい種類の相談。

ジョン・F・ケネディ大統領の就任以来、半世紀前、新政権は予想のそのような貯蔵所と一緒にオフィスの中に来ませんでした。

世界の舞台の上のすべての主要な俳優が、米国との協力における世界危機によって彼らに課された変化を引き受けたいという彼らの願望を素直に認めていることは前例がない。

The extraordinary impact of the President-elect on the imagination of humanity is an important element in shaping a new world order. But it defines an opportunity, not a policy. The ultimate challenge is to shape the common concern of most countries and all major ones regarding the economic crisis, together with a common fear of jihadist terrorism, into a strategy reinforced by the realisation that the new issues like proliferation, energy and climate change permit no national or regional solution.

The new administration could make no worse mistake than to rest on its initial popularity. The role of China in a new world order is crucial. A relationship that started on both sides as essentially a strategic design to constrain a common adversary has evolved over the decades into a pillar of the international system. China made possible the American consumption splurge by buying American debt; America helped the modernisation of the Chinese economy by opening its markets to Chinese goods.

Each side of the Pacific needs the cooperation of the other in addressing the consequences of the financial crisis. Now that the global financial collapse has devastated Chinese export markets, China is emphasising infrastructure development and domestic consumption. It will not be easy to shift gears rapidly, and the Chinese growth rate may fall temporarily below the 7.5 per cent that Chinese experts define as the line that challenges political stability.

新しい世界秩序を形成することにおいて、人間性の想像力への次期大統領の並みはずれた影響は重要な要素です。

しかし、それは方針ではなく機会を定義します。

究極の挑戦は、新規発行が増殖が好きであるという認識によって補強された戦略の中への聖戦テロに対する共通の恐怖とともに経済危機についてのほとんどの国とすべての主要なものについて、エネルギーと気候変動が全国的な、または地域のソリューションを全然許さない共通の懸念を形成することです。

新政権は、その初期の人気に載ることより悪い誤りを全然犯すことができませんでした。

新しい世界秩序の中の中国の役割は重要です。

両側で、本質的な戦略的なデザインとして、共通の相手を強制し始めた関係は数十年の間に国際的なシステムの柱に発展しました。

アメリカの借金を買うことによって、中国はアメリカの消費みせびらかしを可能にしました;

中国の商品にその市場を開くことによって、アメリカは中国の経済の近代化を助けました。

金融恐慌の結果にアドレスすることにおいて、太平洋の各側に他の協力が必要です。

今や、グローバルな金融崩壊が中国の輸出市場を荒廃させたので、中国はインフラストラクチャー開発と内需を強調しています。

急速に方法を変えることは容易でないであろうし、中国の成長率は、中国のエキスパートが、政局安定と競合するラインと定義する7.5パーセントを一時的に下回るかもしれません。

What kind of global economic order arises will depend importantly on how China and America deal with each other over the next few years. A frustrated China may take another look at an exclusive regional Asian structure, for which the nucleus already exists in the ASEAN-plus-three concept. At the same time, if protectionism grows in America or if China comes to be seen as a long-term adversary, a self-fulfilling prophecy may blight the prospects of global order. Such a return to mercantilism and 19th-century diplomacy would divide the world into competing regional units with dangerous long-term consequences.

The Sino-American relationship needs to be taken to a new level. This generation of leaders has the opportunity to shape relations into a design for a common destiny, much as was done with trans-Atlantic relations in the postwar period ? except that the challenges now are more political and economic than military.

The complexity of the emerging world requires from America a more historical approach than the insistence that every problem has a final solution expressible in programmes with specific time limits not infrequently geared to our political process. We must learn to operate within the attainable and be prepared to pursue ultimate ends by the accumulation of nuance. An international order can be permanent only if its participants have a share not only in building but also in securing it. In this manner, America and its potential partners have a unique opportunity to transform a moment of crisis into a vision of hope.

The author was National Security Adviser, 1969-75 and US Secretary of State, 1973-77.

どんな種類のグローバルな経済秩序が生じるかは、どのように中国とアメリカが次の数年の間に互いを扱うかに重要によるでしょう。

イライラした磁器は排他的な地域のアジア構造をもう一度見直すかもしれません(それのために、核はすでにASEANプラス3概念において存在しています)。

同時に、保護貿易政策がアメリカで成長するならばまたは中国が、長期相手と考えられるようになるならば、自己成就的予言はグローバルな秩序の見込みをだめにするかもしれません。

重商主義と19世紀の外交へのそのようなリターンは危険な長期的影響によって世界を競合する地域のユニットに分けるでしょう。

中国・アメリカ関係は、新しいレベルに持って行かれる必要があります。

リーダーのこの世代は、挑戦が現在軍隊より政治的で、経済である以外、戦後である期間?における大西洋横断関係によってされたのと同じくらい共通の運命のために関係をデザインに形づくる機会を持っています。

出現する世界の複雑さは、すべての問題がまれに私達の政治的なプロセスと連動しなかった具体的なタイムリミットによってプログラムの中で表現可能な最終的なソリューションを持っているという主張より歴史のアプローチをアメリカに要求します。

私達は、到達可能なものの中で働き、ニュアンスの蓄積によって究極の目的を追求する心構えをすることを学ばなければなりません。

建物にだけでなくそれを確保することにおいても、その参加者がシェアを持っているならば、国際的な注文は永久的であるかもしれません。

この方法で、アメリカとその潜在的なパートナーは、危機の瞬間を希望のビジョンに変換するめったにないチャンスを持っています。

作者は1973年-77年国家安全保障担当大統領補佐官、1969年-75年、および米国国務長官でした。

本音が出てきた・。

 ■ささやかれる「総・代分離論」


 2月上旬、都内で開かれた民主党
議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。


 「拉致問題は北朝鮮
に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」


 日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させる-。あまりにもドライ
な小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。


 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。


 2月24日、記者団に「米海軍第7艦隊で米国の極東の存在は十分だ」と語り、波紋を広げた。「対等の日米同盟」を土台に、日本の防衛力増強を志向すると受け取れる発言の真意を、側近は「安保論議を活性化させようとして投じた一石だ」と代弁する。だが、党内にも「先を見据えない、浅はかな言葉だ」(幹部)との批判が出ている。


 「民主党
に国民は不安も抱いている」。1月18日、民主党
大会で国民新党
代表、綿貫民輔
はこう指摘した。民主党
が政権に王手をかけたいま、小沢が唐突に繰り出す持論は、野党の足並みも乱している。





蛇足


日本人より大陸隣国支援に躍起な姿は何処を向いて政治を考えているのやら、サヨク・政治家とマスゴミと自称有識者は隣国へ移住すればよかろうに・








特亜を斬るさんより





京畿道楊州市では・・・・






京畿道華城市では・・・堤岩里事件映画化を記念して



堤岩里事件のパフォーマンスまで!








韓国
は365日一年中が日本を恨む日



メディアの韓国マンシェーは在日に毒されているマスゴミの目眩まし



マスゴミはバ韓国
のこのような実態は絶対に報道しません




韓国
は友好国ではありません



韓国
にとって日本は敵国です



韓国
が破綻しようと関係ありません


韓国のスポンサー民主党
小沢にNO!を


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR