FC2ブログ

中国の没落近し・。



中国が「IT情報強制開示」日本に通告 影響1兆円…WTO提訴も


4月25日7時57分配信 産経新聞







 中国政府が日本に対し、中国国内でIT(情報技術)関連商品を販売する際、ソフトウエアの設計図など詳しい情報の提供を義務付ける「強制認証制度」の導入を通告してきたことが24日分かった。一昨年8月に中国が導入方針を表明して以来、日米欧は反対してきたが、中国側は今回、5月1日までに制度の内容を公表して導入を強行する姿勢をみせている。日本などの関係業界は知的財産権保護などの観点から強く反発しており、日本は世界貿易機関(WTO)への提訴も辞さない構えだ。



 中国政府は、家電製品などの安全性を審査する強制認証制度の対象にネットワークのセキュリティー関連の機器やソフトを加える考え。ICカードの基本ソフト(OS)や、コンピューターウイルスの侵入を防ぐソフトなど計13種類で、これらを組み込んだデジタル家電などが幅広く含まれる可能性がある。現地法人も含め日系企業の関連製品の中国出荷は、計1兆円にのぼるとの試算もあるが、認証を受けなければ販売できなくなる。



 中国側の認証を得るためには「ソフトの設計図である『ソースコード』の開示を求められる可能性がある」(電子情報技術産業協会=JEITA)とされている。中国政府は開示された情報は外部に漏らさないとしているが、仮に流出すれば、ハッキングやコピー商品製造などで「知的財産の権利が侵害されかねない」と日本の電機業界は懸念している。



 中国は一昨年8月、制度導入をWTOに通告。「情報セキュリティー対策に必要だ」と主張し、今年5月1日から導入する方針を示していた。その後、制度の詳細を明らかにせず、今年3月にいったんは導入を延期するとしていた。しかし、最近になって「制度の詳細について5月1日までに公表する」と日本側に通告してきたという。関係業界への周知や準備期間を設けたうえで、導入に踏み切る意向とみられる。



 これまで日米欧は「国際的に例がなく、貿易を阻害する」と強く反発してきた。二階俊博経済産業相は24日の記者会見で「あらゆるレベルで中国に再考を求めている。近く行われる日中首脳会談でも日本の関心事項として言及されるだろう」と述べた。



 経産省は、制度内容によっては、WTOの「貿易の技術的障害に関する協定」(TBT協定)違反での提訴も検討する。
















中国の景気動向


多くのエコノミストは中国経済の先行きを悲観し始めており、多くの人が2009年のGDP成長率が5~6%程度というほぼ20年ぶりの低成長になると予想している。


 中でも悲観的な見解を示しているのは、中国は景気後退に陥りつつあると考えている仏ソシエテ・ジェネラルのアルバート・エドワーズ氏だ。同氏は昨年第4四半期の中国の発電量が前年比6%減少しており、それ以前の5年間の年間平均伸び率15%から激減していると指摘する。



 これまで、GDPの伸び率と電力使用量は連動する傾向があった(図参照)。エドワーズ氏に言わせると、政府発表の統計がどうであれ、発電量の減少はGDPが縮小していることを意味している可能性がある。


 同様に心配なのが、経済協力開発機構(OECD)が算出している中国の経済活動に関する先行指標が、指標を算出し始めて以来、過去26年間で最悪の水準に落ち込み、天安門広場での抗議行動と虐殺事件が起きた1989年の不況当時をも下回ったことだ。


スポンサーサイト



新しいウイルス兵器か?

メキシコ、米で豚インフルエンザの感染が広がる=WHOが世界的拡大を懸念





若干蛇足
若干蛇足


【メキシコ市24日AFP=時事】メキシコと米国で人への豚インフルエンザの感染が広がり、両国の当局者は24日、緊急の予防対策に乗り出した。メキシコではこれまでに約60人が死亡し、米国でも8人の感染者が確認されている。(写真は、豚インフルエンザの予防措置として人々にマスクを配るメキシコの兵士)

 メキシコのホセ・アンヘル・コルドバ保健相は24日夜、20人が豚インフルエンザで死亡し、ほかにその症状で死亡した40人の遺体を調べていると語った。保健当局は学校を閉鎖し、人々に大勢の人がいる公共の場に出掛けるのを控えるよう促すなど、大々的な予防キャンペーンを開始した。

 豚インフルエンザの疑いで検査を受けている人は943人に上り、在メキシコ米大使館は抵抗性のあるH1N1型ウイルスに感染した可能性のあるケースが数件あると述べた。

 一方、米CNNテレビによると、ニューヨークである学校の生徒75人に豚インフルエンザに似た症状が表れたため、検査を行っている。

 世界保健機関(WHO)は豚インフルエンザの感染が世界的に拡大するのではないかと警戒を強めており、メキシコ、米両国に専門家チームを派遣した。 〔AFP=時事〕(2009/04/25-16:57)





新手の生物兵器か?イアトロジェノサイトの進攻か?鳥から豚への方向転換か?




蛇足

巨人(8分の1計画か?)

Giant Human Skeleton Found in Arabian Desert
Netlore Archive: 'Recent gas exploration activity in the southeast region of
the Arabian desert uncovered skeletal remains of a human of phenomenal size...'


アラビア砂漠で発見された巨大な人間の骸骨
‘アラビアの砂漠の南東の地域での最近のガス探査活動は驚異的なサイズの人のがい骨の残りをむきだしにしました…’

19 April 2004:
FYI. Just got this Email, only God knows better about this story, but check it out:

Recent gas exploration activity in the south east region of the Arabian desert uncovered a skeletal remains of
a human of phenomenal size. This region of the Arabian desert is called the Empty Quarter, or in Arabic,
'Rab-Ul-Khalee'. The discovery was made by the Aramco Exploration team. As God states in the Quran that
He had created people of phenomenal size the like of which He has not created since. These were the people
of Aad where Prophet Hud was sent. They were very tall, big, and very powerful, such that they could
put their arms around a tree trunk and uproot it. Later these people, who were given all the power,
turned against God and the Prophet and transgressed beyond all boundaries set by God. As a result they were destroyed.

Ulema's of Saudi Arabia believe these to be the remains of the people of Aad. Saudi Military has secured
the whole area and no one is allowed to enter except the ARAMCO personnel. It has been kept in secrecy,
but a military helicopter took some pictures from the air and one of the pictures leaked out into
the internet in Saudi Arabia. See the attachment and note the size of the two men standing in the picture
in comparison to the size of the skeleton !!

ご参考まで。
アラビアの砂漠の南東地域での最近のガス探査活動は驚異的なサイズの人のがい骨の残りをむきだしにしました。
アラビアの砂漠のこの地域は4分の1またはアラビア語における、‘Rab-Ul-Khalee’と呼ばれます。
発見はアラムコ探検チームによってされました。
神が、彼がような者、以来ずっと作成していない驚異的なサイズの人々を作成したとコーランの中で述べる時。
Hud予言者が送られた所で、これらはAadの人々でした。
彼らが彼らの腕を木の幹のまわりに置き、それを根絶することができた、彼らは非常に背が高く、大きく、非常に強力でした。
すべてのパワーを与えられた後でこれらの人々は神と予言者を裏切り、神によって設定されたすべての境界を越えて違反しました。
結果として、彼らは破滅しました。
ウラマーはサウジアラビア信用されています。 これらはAadの人々の残りである 。
サウジアラビア軍隊はエリア全体を確保し、誰も、アラムコ人員を除いて入ることを許されません。
それは秘密において保持されているけれども、軍用ヘリコプターは空からいくつかの写真をとり、映画の1つはサウジアラビアのインターネットの中に漏れました。
アタッチメントを見て、スケルトンのサイズに比べて写真の中で立っている2人の人のサイズに注目してください!!

Giant Human Skeletons -Truth and Falsehood

若干蛇足

オバマとシャベスの秘密の握手

ヘンリーメーコー博士から

Illuminati Will Pretend to Lead Resistance to NWO

イルミナティ(啓蒙主義者)は、NWOへの抵抗を導くふりをするでしょう。


(Texas Governor, Rick Perry left)


by Henry Makow and Richard Evans


(テキサス知事リックペリー)


ヘンリーメーコーとリチャード・エヴァンスによって






若干蛇足




Secession has been a verboten issue in the United States since the end of the Civil War. Any group who've brought it up have been targeted by press and government as 'militant fringe groups" All of a sudden in 2009, we're seeing it endorsed by career politicians in several states simultaneously, and the media is giving them good press.



Last week, Rick Perry, Texas Governor since George W. Bush's departure in 2000, raised secession of Texas from the Federal Union at a Ron Paul type 'Tea Party" to protest Federal spending and the tax burden on the little guy.


分離脱退は、南北戦争の終わりからアメリカ合衆国の禁止事項問題でした。それをあげたどんなグループでも、『好戦的な周辺グループとして新聞と政府によって目標とされました」、2009年の突然のすべての出来事、我々はそれが同時にいくつかの州で職業政治家によって支持されるのを見ています、そして、メディアは彼らに良い報道をしています。



連邦支出とテキサスの小さい人への税負担に抗議するために先週、リックペリー(2000年のジョージW.ブッシュ以来のテキサス知事)は、ロンポールタイプ「ティパーティ」で、連邦政府からテキサスの脱退分離を起こしました。



Clearly the Illuminati intend to harness and divert popular discontent to advance their own secret agenda, i.e. the melding of the USA into their world government. Many people think the tea party movement in general exhibits a suspicious amount of organization and media acceptance. (Contrast Fox TV's coverage of this with "9-11 Truth.")


Perry later told the Star-Telegram that he "never specifically said that Texas should consider trying to secede." Technically he's correct. He got cheers telling the Tea Party rabble that the Republic of Texas legislature left a provision in the 1845 agreement to cede with the US Federal government.



明らかに、イルミナティは彼ら自身の秘密の課題(すなわち彼らの世界政府に米国を併合すること)を進めるために大衆の不満を利用して、そらすつもりです。


多くの人々は、一般のティーパーティの動きが怪しい量の組織とメディア受容を表していると思います。


(これについてのフォックステレビの報道を「9-11の真実」と対比してください。)


ペリーは後でスターテレグラムに、彼が「決して、テキサスが、離脱しようとすることを考慮するべきであると特に言わなかった」と言いました。


技術的に、彼は正しい。


彼は、ティーパーティ群衆に、米国連邦政府と譲渡するために、テキサス立法機関の共和国1845協定において供給を残したと言っている声援を得ました。


But Perry is no populist. In May 2007, Dallas Morning News reported, "Gov. Rick Perry is flying to Istanbul, Turkey, today to speak at the super-secret Bilderberg Conference, a meeting of about 130 international leaders in business, media and politics." All the Governor's press secretary had to say was, "He's looking forward to learning the secret handshake." And, "It's their conference, and I suppose they can run it anyway they want." Perry's expenses were officially paid by the PAC group 'Texans for Rick Perry'.


Although he's never cared what the voters want, Perry intends to run for an unprecedented third term for Governor in 2010


Perry's gubernatorial resume includes supporting 'Open Borders'; proponent of the $145 billion+ Trans-Texas (NAFTA) Highway to the dismay and anger of central Texas residents who have never been consulted on whether they want or need it. (Thousands of square miles of land has been seized by the State of Texas under eminent domain for this project in Central Texas from the Mexican border just west of San Antonio, Austin, and and Dallas and North Texas.) Perry helped set it up so the project is being built by the Spanish contractor Cinta, and paid for by new toll highways all over the State.


しかし、ペリーは全くポピュリスト的でありません。


2007年5月に、ダラス・モーニング・ニュースは、「知事リック・ペリーは、スーパー秘密のビルダーバーグ会議、ビジネスにおける約130人の国際的なリーダーのミーティング、メディア、および政治を話すために今日、イスタンブール、トルコに飛行機で行っています」と報告しました。


発言のために催されたすべての知事の報道官は、「彼は、秘密の握手を学ぶのを楽しみにしています」でした。


そして、「それはそれらの会議であり、私は、彼らが、とにかく彼らが望んでいるそれを実行することができると思います」。


ペリーの経費はPACグループ‘リック・ペリーのためのテキサス州の人’によって公式に支払われました。


彼は、一度も、有権者が何を望んでいるかを気にしたことがないけれども、ペリーは、2010年に知事に前例のない3期目に立候補するつもりです。


ペリー州知事のレジュメは、‘通行自由の国境’をサポートするのを含みます;


1450億ドル以上の提案者、一度も、彼らがそれを望んでいるか必要であるかを相談されたことがない中心的なテキサスの居住者の愕然としたことには、テキサス横断(NAFTA)ハイウェー。


(数千平方マイルの土地は、中心的テキサスのこのプロジェクトのためメキシコの境界から、サンアントニオ、オースティン、およびダラスと北テキサスのすぐ西に土地収用権の下のテキサス州により押収されました。)


ペリーはそれを設定するのを手伝ったのでプロジェクトがスペインコントラクターチンタによって築かれていて、国家の至る所で新しい道路によって代金を払らっています。


Perry further alienated Texas parents and Legislators by attempting to override a "No" decision on mandatory vaccination of 11-year-old girls with an vaccine for an STD, venereal & warts (the $350 a pop "slut shot.") Perry invoked Executive Order in Feb 2007, but families filed class action suit and many financial connections between Perry and big pharma corporation Merck came out. Perry backed down but a new bill has been introduced that will make Gardasil mandatory "as an admission requirement for all primary and secondary schools."


STDのためのワクチンを11歳の女の子の義務的な予防接種についての「NO」決定を無効にすることを試みることによって、ペリーはさらにテキサスの両親と立法者を疎外し、性病&いぼ(ポップな「だらしのない女が撃った」350ドル。)ペリーは2007年2月に大統領命令をもたらしたけれども、ファミリーは、集団代表訴訟とメルクがペリーと大きな製薬企業の間の多くの金融の接続を起こしました。


ペリーは降りたけれども、新しい法案は提出されています(それがGardasilを「すべての小学校と中等学校のための入学資格として」義務的にするでしょう)。


THE REAL SECESSIONISTS


The real secessionist movement were arrested, one killed in 1997. Old school Texans will remember there was a genuine grass roots secessionist movement during the 70's through the 90's. They called themselves the Republic of Texas. During the 80's one couldn't miss seeing thousands of 'SECEDE!' bumper stickers in Houston and Austin traffic. Few people took the Secessionists seriously, but the Federal and Texas governments did. Secessionist movement leaders were hunted down and arrested or killed in West Texas in 1997.


The story made the New York Times and CNN, referring to them as 'militant secession group' and 'fringe group'. The group, led by Richard McLaren, stated historical fact that the original Republic of Texas legislature had never ratified Texas becoming a territory or State of the United States. The Republic of Texas was chartered as a sovereign nation recognized by the United States government at the time.


All the Republic of Texas members had been calling for was an official state wide public referendum so citizens could decide whether they wanted to remain under Federal government or reclaim Republic status.


本当の脱退分離主義者


1997年に人を殺して、本当の分離主義者動きは阻止されました。


古い学校のテキサス州の人は、90年代を通して70年代の間に本物の原点脱退分離主義者ムーブメントがあったのを覚えているでしょう。


彼らは自身をテキサスの共和国と呼びました。


80年代の間に、人は、ヒューストンとオースティンの交通において数千人の‘脱退分離賛成!’とバンパー突く人は沢山いました。


ほとんどの人々は脱退分離主義者をまじめに取らなかったけれども、連邦とテキサスの政府はまじめに取組みました。


脱退分離主義者リーダーは追い詰められて、1997年にウエストテキサスで逮捕されるか、殺されました。


それらを‘戦闘的な脱退グループ’と‘反主流派’と称して、話はニューヨーク・タイムズとCNNは作りました。


リチャード・マクラレンによって導かれたグループは、テキサス立法機関のオリジナルの共和国が一度も領域になってテキサスまたは米国の州を批准したことがなかったという歴史上の事実を述べました。


テキサスの共和国はその時米国政府によって認知された主権を有する国家として借り切られました。


メンバーが要求していたテキサスのすべての共和国は公式な国の広い公的な国民投票であったので市民が、彼らが、連邦政府の下にとどまりたかったか共和国ステータスを開墾したかったかを決めることができました。


One secessionist was killed in the Davis Mountains by Texas State Police helicopter snipers. No other witnesses. How is it that Governor Rick Perry is getting full media support using the same arguments as did a 'militant fringe group' ?


1人の脱退分離主義者がデイビス山でテキサス州警察ヘリコプター狙撃兵によって殺されました。


他に証人がいません。


リック・ペリー知事が‘戦闘的な反主流派’と同じ議論を使っている完全なメディアサポートを得ているのはどうしてですか?




若干蛇足


MEANWHILE IN TRINIDAD





The melding of the United States into the world government continues apace at the Latin American Summit. Obama is offering Cuba a "new beginning" and exchanging Masonic handshakes with Chavez of Venezuela. He is telling them that the US is no longer a senior partner but an equal in the hemisphere.


None of this should be a surprise. Obama, Chavez and Castro are all Freemasons and Communists, and the New World Order is Masonic and Communist. Insider Christian Rakovsky said the purpose of Freemasonry is to bring about Communism.


The Agenda will advance without a glitch as long as the Illuminati can continue to pretend to represent their own opposition.

-----


トリニダード島の合間


世界政府の中へ米国の併合はラテンアメリカサミットで早いペースで続いています。


オバマは「新しい始まり」をキューバに提供していて、フリーメーソン握手をベネズエラのシャベスと交換しています。


彼は、それらに、米国がもう北半球でシニア・パートナーであるが同等のパートナーではないと言っています。


これのどれも驚きであるべきでありません。


オバマ、シャベス、およびカストロはすべてフリーメーソン会員と共産主義者であり、新世界秩序はフリーメーソンと共産主義です。


インサイダー クリスチャンラコースキーは、フリーメーソンの目的が、共産主義を引き起こすことであると言いました。


イルミナティが、彼ら自身の野党の代理人になるふりをし続けることができる限り、議事日程は不具合なしで進むでしょう。


-----

本当の意味での自己啓発、勇気が必要だ。

日本の教育は戦後のGHQ指導の洗脳(脳みそに記憶させる)マインドコントロールをズッーと施してきた。偏った忠実なハチ公(日教組)のお陰で、ほぼ、魂まで奪われたようだ。その最たる東大から官僚への道は拡大再生産をつづけ・・日本人自体を思考停止にしている。

これは戦前の神(現人神)の元での平等意識をお上意識に変えただけかもしれない・。

応用に対しての自由を与えられ、考えること(頭)と勇気を教えて貰えていない。

自由な発想などできる訳がないのです。

日本はこれまでも官制指導の大企業が中小企業を食う形で存続している経済でGNPの大半を政府財政からの支出なのである。

民間などと言ってはみても、その実は官制利潤に他ならない・。

業界や団体、協会、自治会などの情報伝達システムが異様に発達している。

今般の漢字検定協会などは官制私物化の見本のようなありようであるが、それまで違和感がないのも不思議な構図である。来年の清水寺の住職の一筆は終の字になるのであろうか?

ことほど左様に誰かにもたれて生きる術を与えられている日本人ではあるが、これを生き方だなどと騙されてはならない。長いものに巻かれる奴隷にすでになっているだけかもしれない。

やはり人々を覚醒させる事は難しい事なのであろう・。


下のスピーチでfreedomと言っているのは脳味噌(神が宿る)のfreeなのであり、それは人間としての内面
を自由にし行動を自由にすることなのだ(独立)←自分で考えて行動する国を作る事に他ならない。

我々はもうそろそろ日本人を日本教育の軛から逃れる時だと思う。
Braveheart

新世界秩序:まだ陰謀説?

New World Order: Still A Conspiracy Theory?


Wikipedia still thinks so, despite hundreds of pronouncements during G20 summit

新世界秩序:まだ陰謀説?

WikipediaはまだG20サミットの数百の宣言にもかかわらずそう考えます。



若干蛇足


Paul Joseph Watson

Prison Planet.com

Friday, April 3, 2009

Despite the fact that the term “new world order” was mentioned in connection with the G20 this week hundreds of times by both global leaders and in news reports, it is still regarded as a “conspiracy theory” by that bastion of truthiness, Wikipedia.


British Prime Minister Gordon Brown himself yesterday announced that the G20 heralded the creation of a “new world order” which would involve increased global regulation of economic markets.

用語「新世界秩序」がG20に関連して今週両方のグローバルなリーダーによって、そしてニュースレポートにおいて何百回も言及されたという事実にもかかわらず、それはまだtruthiness、Wikipediaの要塞によって「陰謀説」とみなされています。

イギリスの総理大臣ゴードン・ブラウン自身は昨日、G20が、経済の市場の増大したグローバルな統制に関係するであろう「新しい世界秩序」の作成を伝達したことを発表しました。

A Google News search provides well over a thousand results of reports including the term “new world order” over the past couple of weeks.


Despite the fact that world leaders have been talking about a “new world order” for decades, in the context of the political agenda to diminish the power of sovereign states in favor of a move towards global governance, it was still regarded as a delusion of paranoid conspiracy theorists by the establishment media until relatively recently.


Now even Fox News and Sean Hannity are throwing their arms in the air and admitting that the “conspiracy theorists were right” as the agenda for global government is openly announced.

Googleニュース検索は過去の2、3週の用語「新しい世界秩序」を含むリポートの1000より上の結果を提供します。

世界的リーダーが、グローバル・ガバナンスへの動きのために主権国家のパワーを減少させる政治路線の文脈の中で数十年の間「新しい世界秩序」について話しているという事実にもかかわらず、それはまだ相対的に最近まで設立メディアによって偏執狂の陰謀論者の惑わしとみなされていました。

さて、フォックスニュースとショーンハニティさえ、放送中に彼らの腕を投げて、グローバルな政府のための課題として「陰謀論者は正しかった」が公然と発表されると認めています。

However, the online encyclopedia Wikipedia, which is notorious for being completely infested with maniacally obsessive trolls, crooked insiders, and establishment apologists, claims that in its warped version of reality, the “new world order” as a sinister concept is still a nebulous conspiracy theory.

しかし、熱狂的に執拗な輪唱、悪徳インサイダー、および設立弁解者が完全に横行しているために有名なオンライン百科事典Wikipediaは、現実のその反ったバージョンの中で、不吉な概念としての「新しい世界秩序」がまだあいまいな陰謀説であると主張します。

若干蛇足




New World Order: So-called “conspiracy theorists” had to endure decades of ridicule for daring to claim such a political agenda existed - now it’s openly discussed in every major news outlet.

新世界秩序:

いわゆる「陰謀論者」は、勇気で、そのような政治路線が存在していたと主張するように嘲笑の数十年に耐える必要がありました - さて、それはすべての主要なニュースアウトレットの中で公然と議論されます。

But according to Wikipedia, it’s still a “conspiracy theory”.


Wikipedia attempts to make the differentiation by claiming that the new world order in the context of a sinister, undemocratic, and ultimately totalitarian political agenda, is a characterization embraced only by paranoid conspiracy theorists.


Presumably, Wikipedia is only willing to accept the fact that an agenda to create a new world order exists if that new world order equates to a happy, loving, positive move, where world bankers and global elitists really have the best interests of all of us at heart. Forgive us for being somewhat skeptical of that conclusion.


In reality, as we have exhaustively documented, the new world order has nothing to do with saving the world and everything to do with centralizing power and control into the hands of a gaggle of criminal globalists who are concerned about nothing other than increasing their domination over the planet - at the expense of the rest of the population.

しかし、Wikipediaに従って、それはまだ「陰謀説」です。

Wikipediaは、不吉で、非民主的で、最終的な全体主義の政治路線の文脈の中の新しい世界秩序が偏執狂の陰謀論者によってだけ抱擁された説明であると主張することによって区別をすることを試みます。

たぶん、Wikipediaは、世界銀行家とグローバルなエリートが本当に心の底では私達のすべての最もよい興味を持っている所の、その新しい世界秩序が幸福で、愛情深く、ポジティブな動きに同等視するならば、新しい世界秩序を引き起こす課題が存在しているという事実を快く受け入れます。

私達がその結論について多少懐疑的であったことを許してください。

現実において、私達が徹底的に文書化した時に、新しい世界秩序は、世界とパワーを集中化することによって地球上で、彼らの支配を増大させる以外の、何でもないことに関して心配している犯罪のグローバリストの騒々しい集団の手の中でコントロールするすべてを救うことと関係がない - 人口の残りの犠牲において。

The new world order is totalitarian by its very nature - shifting power away from sovereign countries to global institutions which have no accountability to the general public whatsoever, and through which the public has no voice or influence. That cannot be defined as anything else but undemocratic. There is no such thing as a “benign” new world order.


This very agenda was again enunciated this week by World Bank President and and Bilderberg elitist Robert Zoellick, who openly admitted the plan to eliminate national sovereignty and impose a global government during a speech on the eve of the G20 summit.


Speaking about the agenda to increase not just funding but power for international organizations on the back of the financial crisis, Zoellick stated, “If leaders are serious about creating new global responsibilities or governance, let them start by modernising multilateralism to empower the WTO, the IMF, and the World Bank Group to monitor national policies.”


Proponents of a new world order have always disguised their rhetoric with flowery notions of achieving some kind of global utopia, but behind the scenes the real agenda has always been sinister, nepotistic and anathema to any reasonable notion of democratic freedom.


It’s about time the establishment media stopped parroting the words of globalists and blithely repeating the term “new world order” like it was going out of fashion, and actually started asking real questions about what it really means.

新しい世界秩序はそのまさしくその性質による全体主義です - 全く一般大衆に責任を全然持っていなく、一般大衆が声または影響を全然持っていないグローバルな組織にパワーを主権国から新世界秩序に移します。

それは他の何とでも定義されるのでなく非民主的であることです。

「温和な」新しい世界秩序のような物は全然ありません。

また今週このまさしくその議事日程が世界銀行総裁により発表されたこと、およびビルダーバーグエリート 全国的な主権を取り除き、G20サミットのイブにスピーチのグローバルな政府を課す計画を公然と認めたロバート・ゼーリック 。

出資を増大させる課題だけでなく金融恐慌の後ろの国際機関のためのパワーについて話して、ゼーリックは、「リーダーが、新しいグローバルな任務または管理を作成することについて真面目ならば、彼らに、多国間共同政策を現代化することによってWTO、国際通貨基金、および世界銀行グループに、国策を監視するための権限を与え始めさせてください」と述べました。

新しい世界秩序の提案者は、ある種類のグローバルなユートピアを達成する花が多い観念によっていつも彼らのレトリックをごまかしたけれども、舞台裏で、本当の路線はいつも民主主義の自由のどのような妥当な観念にでも不吉で、身内びいき的で、のろいでした。

もうそろそろ、設立メディアが、グローバリストの言葉を単純に繰り返し、そのような用語「新しい世界秩序」が流行遅れになっていたことを愉快に繰り返すのをやめて、実際、それが本当に意味しているものについて本当の質問をし始めるころです。

不可解さだけ残る・。

北野誠さんのブログが消滅


4月13日9時53分配信 ITmediaニュース










北野誠さんのブログが消滅

削除直前の北野さんのブログ




 芸能活動を休止すると報じられているタレント・北野誠さんのブログ「サイキックブラザーズ1号」が、4月13日までに削除されている。



 ブログのURLにアクセスすると、「ブログが存在しません」と表示される。



 北野さんのブログは、「オタクの電脳blog」内に設置。オタクの電脳blogには、北野さんとともにラジオ番組のパーソナリティーを務めていた作家の竹内義和さんなどが参加しており、竹内さんは11日に更新した記事で、北野さんへの思いをつづっている。




No.10 by 匿名さん10(匿名) 3時間前 (09/04/13 09:54)




諸々の情報を総合すると、どうやら●価学会の件と断定して間違いないですね。



ユーチューブを聞きました。(もう削除されてるかもしれませんが)

サイキックの最終回(この回の放送が北野氏自身が最終回となるとは

知らされていないにもかかわらず、自分のイベントが「諸々の事情により」中止に

なることを号泣しながら詫びて報告しています、聞いててすごく不自然)。

それから次週のサイキックの時間になったときのアナウンサーによる

サイキックの終了のお知らせと「申し訳ございませんでした」の連呼。

理由の発表一切なし。聞いてて、北朝鮮かと思ったよ。明らかにおかしな放送でしたよ。



思想・良心の自由があるというなら、その某団体の教義を「信じない」のも

また自由。表現の自由は最大限保障されなければならない。また、個人を

芸能界から抹殺しようとしているこの圧力団体をゆるすべきではない







蛇足

嫌いな者は抹殺では陰謀論以上に不可解です・。そんな事をすれば仏教語の因果応報として戻ってきます。

権力と思われてもしょうがない・。



国連の政治宣伝組織IPCCの地球温暖化ファンタジー

Rise of sea levels is 'the greatest lie ever told'

The uncompromising verdict of Dr Morner is that all this talk about the sea rising is nothing but a colossal scare story, writes Christopher Booker.

海水面の上昇は‘これまでに言われた最も大きな嘘’です。

モーナー博士の妥協しない判断は、海の上昇についてのこのすべての話が巨大な恐ろしい話以外の何でもないことであるとクリストファー・ブッカーは書きます。


Christopher Booker

Last Updated: 6:31PM GMT 28 Mar 2009

If one thing more than any other is used to justify proposals that the world must spend tens of trillions of dollars on combating global warming, it is the belief that we face a disastrous rise in sea levels. The Antarctic and Greenland ice caps will melt, we are told, warming oceans will expand, and the result will be catastrophe.


Although the UN's Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) only predicts a sea level rise of 59cm (17 inches) by 2100, Al Gore in his Oscar-winning film An Inconvenient Truth went much further, talking of 20 feet, and showing computer graphics of cities such as Shanghai and San Francisco half under water. We all know the graphic showing central London in similar plight. As for tiny island nations such as the Maldives and Tuvalu, as Prince Charles likes to tell us and the Archbishop of Canterbury was again parroting last week, they are due to vanish.

1つの物がどのように他よりももっと、世界が、数十兆ドルを、地球温暖化と戦うことに使わなければならないという提案を正当化するために使われるならば、私達が海水面における悲惨な上昇に直面していることはその信念です。

南極とグリーンランドの氷冠は溶けるであろうし、私達は聴かされ、暖まる海洋は拡大するであろうし、結果は大災害になるでしょう。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2100年に59cm(17インチ)(20フィートについて話し、水面が上海とサンフランシスコなどの都市のコンピュータ・グラフィックスを半分で示して、不自由な真理がずっと遠くまで行った彼のアカデミー賞受賞のフィルムの中のアル・ゴア)の海水面上昇を予測するだけであるけれども。

私達はみな同様な状態においてロンドンの中心部を示しているグラフィックを知っています。

モルジブとツヴァルなどの小さな島国については、チャールズ皇太子が、私達と大司教に、再び、おうむ返しで先週カンタベリーにおいて言うことが好きな時に、それらは、消滅する予定です。


But if there is one scientist who knows more about sea levels than anyone else in the world it is the Swedish geologist and physicist Nils-Axel Morner, formerly chairman of the INQUA International Commission on Sea Level Change. And the uncompromising verdict of Dr Morner, who for 35 years has been using every known scientific method to study sea levels all over the globe, is that all this talk about the sea rising is nothing but a colossal scare story.


Despite fluctuations down as well as up, "the sea is not rising," he says. "It hasn't risen in 50 years." If there is any rise this century it will "not be more than 10cm (four inches), with an uncertainty of plus or minus 10cm". And quite apart from examining the hard evidence, he says, the elementary laws of physics (latent heat needed to melt ice) tell us that the apocalypse conjured up by

Al Gore and Co could not possibly come about.


しかし、世界の他の誰よりももっと、海水面を知っている1人の科学者がいます、それはスウェーデン地質学者と物理学者ニルス・アクセルモーニングセックス(海水面変化におけるINQUA国際委員会の以前会長)です。

そして、35年間、地球の至る所で海水面を調べるためにすべての既知の科学的方法を使っていたモーナー博士の妥協しない意見は、海の上昇についてのこのすべての話が巨大な恐ろしい話以外の何でもないことです。

変動にもかかわらず、上昇だけでなく下降で、「海は上がっていません」と彼は言います。

「それは50年間上がりませんでした」。

今世紀に上昇があるならば、それは「プラスマイナス10cmの不確実性によって10cm(4インチ)より多くにならない」でしょう。

彼は、そして、まったく、確かな証拠を検討することは別として、物理学の基本法則(氷を溶かすために必要であった潜熱)は私達に、アル・ゴア アンド・カンパニーによって呼び起こされている黙示がどのようにも発生することができなかったと知らせていると言います。

The reason why Dr Morner, formerly a Stockholm professor, is so certain that these claims about sea level rise are 100 per cent wrong is that they are all based on computer model predictions, whereas his findings are based on "going into the field to observe what is actually happening in the real world".


When running the International Commission on Sea Level Change, he launched a special project on the Maldives, whose leaders have for 20 years been calling for vast sums of international aid to stave off disaster. Six times he and his expert team visited the islands, to confirm that the sea has not risen for half a century. Before announcing his findings, he offered to show the inhabitants a film explaining why they had nothing to worry about. The government refused to let it be shown.


Similarly in Tuvalu, where local leaders have been calling for the inhabitants to be evacuated for 20 years, the sea has if anything dropped in recent decades. The only evidence the scaremongers can cite is based on the fact that extracting groundwater for pineapple growing has allowed seawater to seep in to replace it. Meanwhile, Venice has been sinking rather than the Adriatic rising, says Dr Morner.


モーナー博士、以前ストックホルムの教授がとても確信している、海水面上昇についてのこれらの主張は100パーセント悪い理由は、それらがすべてコンピュータモデル予測に基づくのに対して、彼の発見が「何が実際現実の世界の中で起こっているかを観察するためにフィールドに入ります」に基づくことです。

海水面変化における国際的な委員会を運営する時に、彼はモルジブの特別なプロジェクトをスタートしました(そのリーダーは20年間、災害を食い止めるために国際的な援助の巨額を要求していました)。

海が半世紀間上がらなかったことを確認するために、彼と彼の専門家のチームは島を6回訪問しました。

彼の発見を発表する前に、彼は、住民に、なぜ彼らに、何も心配することがないかを説明しているフィルムを見せることを申し出ました。

政府は、それを示されることを断りました。

同様に、ツヴァル(そこで、ローカルなリーダーは、住民が20年間避難させられることを要求していました)に、何かが最近の数十年で落ちたならば、海に沈みます。

デマを飛ばす人が引用することができる唯一の証拠は、パイナップル成長のための抽出地下水が、それを取り替えるために、海水が漏出する可能にした事実に基づきます。

その間、ベニスはアドリア海上昇というよりも沈みであったとモーナー博士は言います。

One of his most shocking discoveries was why the IPCC has been able to show sea levels rising by 2.3mm a year. Until 2003, even its own satellite-based evidence showed no upward trend. But suddenly the graph tilted upwards because the IPCC's favoured experts had drawn on the finding of a single tide-gauge in Hong Kong harbour showing a 2.3mm rise. The entire global sea-level projection was then adjusted upwards by a "corrective factor" of 2.3mm, because, as the IPCC scientists admitted, they "needed to show a trend".


When I spoke to Dr Morner last week, he expressed his continuing dismay at how the IPCC has fed the scare on this crucial issue. When asked to act as an "expert reviewer" on the IPCC's last two reports, he was "astonished to find that not one of their 22 contributing authors on sea levels was a sea level specialist: not one". Yet the results of all this "deliberate ignorance" and reliance on rigged computer models have become the most powerful single driver of the entire warmist hysteria.


?For more information, see Dr Morner on YouTube (Google Morner, Maldives and YouTube); or read on the net his 2007 EIR interview "Claim that sea level is rising is a total fraud"; or email him ? morner@pog.nu
? to buy a copy of his booklet 'The Greatest Lie Ever Told'

彼の最も衝撃的な発見の1つは、IPCCが、1年に2.3mm上がっている海水面を示すことができた理由でした。

2003年まで、それ自身の衛星ベースの証拠さえ上昇傾向を全然示しませんでした。

しかし、突然、IPCCの賛成されているエキスパートが2.3mmの上昇を示している香港港の1つの検潮器の発見を活用したので、グラフは上方に傾きました。

全体グローバル海面投射は、その時、上昇に、2.3mmの「矯正のファクター」として、それゆえ IPCC科学者が認めた「傾向を示すことが必要です」により調整されました。

私が先週モーナー博士と話した時に、どのようにIPCCがこの重要な問題について恐怖感に与えたかで、彼の継続する狼狽を表現しました。

IPCCの最後の2つのリポート「専門家の評者」として作動するように頼まれる時に、彼は「海水面でそれらの22人の貢献する作者のうちの1人が海水面専門家ではなかったと気付いて驚きます」。それでも、装着されたコンピュータモデルへのこのすべての「故意の無知」と依存の結果はワーミストヒステリー全体の単独で最も強力なドライバーになりました。

詳細についてはYouTube(Googleモーニングセックス、モルジブ、およびYouTube)上でモーナー博士に会えます;

または、彼の2007年のEIRインタビュー「海水面が上がっているという主張は全くの詐欺行為である」をネットの上で読めます;

または、彼の小冊子‘最も大きな嘘はこれまで話しました’のコピーを買うために、彼にmorner@pog.nu
をメールします。

Fined, frozen and now jailed


The Marine Fisheries Agency was certainly onto a winner when it enlisted the aid of the Assets Recovery Agency in its ruthless war against our fishermen. In December 2007 Charles McBride and his son Charles, from Kilkeel in Northern Ireland, were fined £385,000 for under-declaring catches of whitefish and prawns in the Irish Sea, threatening the loss of their homes and boat. But the Assets Recovery Agency, using powers designed to recover money from drug dealers, also froze all their assets. To pay the fines, the McBrides tried to borrow against their assets. Now, for this effort to pay the fines, Liverpool Crown Court has sentenced the two men to two and three months in gaol for “contempt of court”.


精錬されて、凍結されて、今拘留されます

それが私達の漁師に対するその無情な戦争において財産回復エージェンシーの援助を求めた時に、海水産庁は確かに金の卵を得ていました。

彼らの家とボートの損失を脅かして、アイルランド海の白身魚とクルマエビの宣言捕獲物のための澄んだ£385,000は2007年12月のチャールズ・マクブライドと北アイルランドのキルキールからの彼の息子チャールズの中にありました。

しかし、財産回復エージェンシーは、麻薬売人からお金を再生するようにデザインされた能力を使って、またすべての彼らの資産を凍結しました。

罰金を支払うために、マックブリッジェスは、それらの財産に対して借りようとしました。

さて、罰金を支払うこの努力のために、リバプール刑事裁判所は「法廷侮辱」のための刑務所に懲役2ヶ月と3ヶ月を2人の人に宣告しました。

Blown away


The Climate Change Secretary, Ed Miliband, timed his jibe impeccably last week when he said that opposing wind farms is as “socially unacceptable” as “not wearing a seatbelt”. Britain’s largest windfarm companies are pulling out of wind as fast as they can. Despite 100 per cent subsidies, the credit crunch and technical problems spell an end to Gordon Brown’s £100 billion dream of meeting our EU target to derive 35 per cent of our electricity from “renewables” by 2020.


Meanwhile the Government gives the go-ahead for three new 1,000 megawatt gas-fired power stations in Wales. Each of them will generate more than the combined average output (700 megawatts) of all the 2,400 wind turbines so far built. The days of the “great wind fantasy” will soon be over.

吹き飛ばされます

彼が、風力発電地帯に反対することが、「シートベルトを着用しません」と同じくらい「社会的に受け入れ不可能です」であると言った時に、気候変動セクレタリー、エド ミリバンドは先週無欠に彼の嘲笑を調節しました。

英国の最も大きな風力発電基地会社は、できる限り速く風力から撤退しています。

100パーセントの補助金にもかかわらず、信用収縮と技術的問題は、ゴードン・ブラウンの2020年までに私達の電気の35パーセントを「再生可能エネルギー」から引き出すために私達のEU目標を満たす£1000億夢の終わりを綴ります。

その間、政府はウェールズの3つの新しい1,000メガワットのガスの火発電所のために進行許可命令を与えます。

彼らのそれぞれはこれまで築かれたすべての2,400個の風力タービンの結合された平均的なアウトプット(700メガワット)より多くを生成するでしょう。

「大きな風ファンタジー」の日々はすぐ終わるでしょう。

日本の世界新秩序的な思想

The New World Order is completed when all countries are merged into a One World Communistic/Socialistic Super State similar to Red China, but more controlled, with a microchipped population, who can not think independently, but whose thoughts are monitored and forced upon each individual so he/she can't rebel against the system. The purpose is that nobody will even be able to think in terms of rebellion. If someone falls through the crack anyway, or for some reason will be able to beat the system, he/she will have no place to hide, due to the global surveillance system. Each person will support the New World Order without questioning anything and if he/she no longer can serve the system, he/she will be terminated. Breeding will only be allowed amongst the physically best fitted, so the next generation can make even better slave labor.


諸国が、共産主義のような1つの世界/独自に考えることができない彼/彼女がシステムに反逆することができないように監視されて、各個人に押し付けられる赤い中国に類似しているけれどもマイクロチップを埋められた人々によってもっとコントロールされた社会主義的なスーパー国家状態の中に統合される時に、新世界秩序は完遂されます。

目的は、誰も、謀反で考えることができなくなるであろうということです。

誰かがとにかくクラックを抜けて落ちるか、何らかの理由で、システムを攻撃することができたとしても彼/彼女は、隠れる場所をグローバル監視システムのため全然んないでしょう。

各人は、何にも質問せずに新世界秩序をサポートするであろうし、彼/彼女がもうシステムを勤めることができないならば、彼/彼女は終わるでしょう。

繁殖することは物理的に最もうまく合われたもので許されるだけであろうので、次世代はいっそうよりよい奴隷労働をすることができます。





蛇足


これから選挙を迎えるシーズンであるが、政権交代が如何にきちがいじみてるかは、NWOへの道から推察される。北朝鮮の暴力国家を認めるマスコミを先頭に社民党や共産党、民主党の大半、自民党の過半数は支配層(精神異常)の手下か使いパシリでしかない。NHKの日本否定報道番組や国連(支配層誘導機関)至上主義の異常さは日本中に渦を巻いている。北朝鮮化が支配層の理想であると思う。中国の北朝鮮化が進行しているに過ぎない。「全てが環境破壊、地球を救うために、貪欲と資源の開発を止めるために、犯罪を除くために、飢えと貧困を除くために、人間の福祉を助けるために、人間の生活水準を増やすために、人権のために、子供たちを助けるために、」の不自然さは言うに耐えない事である。

新世界秩序チェックリスト

A New World Order Checklist

How the New World Order is Planned and the Current Status

1984USA.com




新世界秩序チェックリスト

どのように新世界秩序は計画されるのか、そして、現在はどの状態であるのでしょうか・。

Based upon Documents, Laws, Video Clips, Speeches, Papers & Publications, Historical Trends, Quotes, and other readily available Data...


This is what is happening or is planned. Save this table, print it out or do whatever you want to do with it. Follow the news and mark off this list as you go along. Hopefully, people will wake up and be able to stop this insanity before the list is complete!


文書、法律、ビデオクリップ、スピーチ、書類&出版物、歴史傾向、引用文、および他のすぐに入手可能なデータに基づきます…

これは、起こっているか、計画されることです。

このテーブルを保存し、それをプリントアウトするか、あなたが、それによってしたい事は何でもしてください。

ニュースに続いていて、あなたが一緒に行動する時に、このリストを計画してください。

希望的には人々は目覚め、リストが完全になる前にこの精神異常を止めることができるでしょう!






























































































































































Event





State of Event


Martial Law will be used as a Control Mechanism within the U.S.


戒厳令は米国の中で制御機構として使われるでしょう。


In Progress


進行中


There will be an Economic Collapse in the U.S. leading to new currency


新しい通貨につながる米国に経済崩壊があるでしょう。


In Progress


進行中


私的には完成




There will be an AGREEMENT to develop a North American Union consisting of Canada, United States, and Mexico, similar to the E.U., without public involvement or involvement of Congress


公的な関与または議会の関与なしでE.U.に類似しているカナダ、米国、およびメキシコから成る北アメリカユニオンを開発する協定があるでしょう。


Completed


完成


Agreements will be established for Canadian, Mexican, and U.S. Troops to cross-borders to cooperate with domestic issues anywhere within North America


協定は、北アメリカの中でどこででも国内問題と協力するために横断的にカナダ、メキシコ、および米国の軍のために設立されるでしょう。


Completed


完成


For the first time a Pentagon General will be given command of a new theater of war known as the North American Theater and this will be headquartered in Colorado in order to handle domestic takeover and NAU Integration.


初めて、国防総省一般は北アメリカシアターとして知られている新しい交戦圏のコマンドを与えられるであろうし、これは、国内の乗っ取りとNAU統合を処理するためにコロラドに本部を置くでしょう。


Completed


完成


You will be forced to pay a Global Tax to a Global Authority, starting with the Carbon Tax to set precedent


あなたは、先行している炭素税を払い始めて、グローバルな権威にグローバルな税金を支払うことを強制されるでしょう。


In Progress


進行中


All Religion will come under attack and eventually be Banned, except for the new religion of the New Order, and you will be REQUIRED to follow it.


すべての宗教は攻撃を受けて、結局新しい秩序の新しい宗教を除いて禁止されるであろうし、あなたは、それに続くことを要求されるでしょう。


In Progress


進行中


The global population will be killed off scientifically by various methods (some perceivable, most others not) to reach a world population of about 500,000,000.


グローバルな人口は、約5億人の世界の総人口に達する様々な方法(ある感知可能な,最も多い他)によって科学的に殺されるでしょう。


In Progress




進行中




Adoption of a single North American Currency known as the AMERO as the SOLUTION to the engineered economic collapse


設計された経済の崩壊の解決策としてアメロとして知られている1つの北アメリカ通貨の採用


Planned


計画中


私的にはほぼ完成


The Constitution of the United States of America, the supreme law of the land, will be interpreted to be SUBORDINATE to the United Nations Charter


アメリカ合衆国憲法(国の最高法規)は、国連憲章の下位に解釈されるでしょう。


Completed


完成


The Constitution of the United States of America will be repealed and replaced with a New Constitution for the North American people


アメリカ合衆国憲法は北アメリカ人々のために廃止されて、新しい憲法と取り替えられるでしょう。


Planned


計画中


Draft versions of new constitutions will be produced that have provisions to take away gun ownership and replace unalienable rights with civil rights


新しい構成のドラフトバージョンは生みだされるでしょう(銃所有権を取り除き、不可譲の権利を公民権と取り替えるために、それが供給を持っています)


Completed


完成


There will be a Universal Identification System for all inhabitants of the Earth based on RFID technology


RFIDテクノロジーに基づいた地球のすべての住民のためのユニバーサル識別システムがあるでしょう。


Planned


計画中


私的には進行中


You will work in assigned Birth-to-Grave Education and Occupational Programs assigned by the New Order and will NOT be allowed to choose your occupation freely


あなたは、新しい秩序によって割り当てられた墓への教育ため誕生して、そして職業上のプログラムの中で働くであろうし、自由にあなたの職業を選ぶことを許されないでしょう。


Planned


計画中


日本的には進行中


You will have NO right to privacy or private property; Everything will be administered and controlled by the New World Order


あなたはまさにプライバシーまたは私有財産に何もないでしょう;すべては新世界秩序によって管理されて、コントロールされるでしょう。


Planned


計画中


日本的には進行中


All Humans will be subject to Genetic Profiling and Screening; Only those chosen by the New Order will be allowed to live


すべての人は遺伝プロファイリングとスクリーニングに左右されるでしょう;新しい秩序によって選ばれたそれらだけが、生きることを許されるでしょう。


Planned


計画中


All currencies will be consolidated into a single, global currency; It will be tracked and executed as a Cashless System using RFID technology and taxed automatically from your account number


すべての通貨は1つの、グローバルな通貨の中に統合されるでしょう;それは、RFIDテクノロジーを使って、キャッシュレスのシステムとして追跡されて、実行されて、あなたの口座番号から自動的に課税されるでしょう。


Planned


計画中


私的には進行中


Police will have full Military Powers and License to do with you as they see necessary, along with cooperation from Military and funding from the Federal Government


警察は、彼らが軍隊からの協力と連邦政府からの出資とともに必需品を見るように、完全な軍事力とあなたに協力させるライセンスを持つでしょう。


In Progress


進行中


Local Police will be given access to shared Spy Satellite intelligence data for domestic purposes


地元警察は国内の目的のために共有された偵察衛星知能データへのアクセスを与えられるでしょう。


Completed


完全


You will be told all of this is for your own good, for helping the children, for human rights, for increasing the human standard of living, for helping human welfare, for eliminating hunger and poverty, for eliminating crime, for stopping greed and exploitation of resources, for saving the Earth from environmental damage, etc. and that everything will be O.K., that any problems that arise will be blamed on the other party, and any dessent will be labled as cooky conspiracy nuts to ignore.


あなたは、これら全てが環境破壊、地球を救うために、貪欲と資源の開発を止めるために、犯罪を除くために、飢えと貧困を除くために、人間の福祉を助けるために、人間の生活水準を増やすために、人権のために、子供たちを助けるために、あなた自身の利益のためであると、そして、すべてがO.K.になるでしょう

どのような問題が生じても他の集団とすべての異議のせいにされ、無視するクッキー陰謀論者としてラベルされるでしょう。


In Progress


進行中


日本的にはマスゴミのお陰で完成


The Asian Union, American Unions, and European Unions will be merged into a single global union, under a single global currency, under a single global governmental entity - starting with harmonization of trade laws, the establishment of a Tri-Lateral Commission, and the convergence of ID systems and currencies.


アジアユニオン、アメリカユニオン、およびヨーロッパユニオンは1つのグローバルな政治のエンティティの下で1つのグローバルな通貨の下で1つのグローバルなユニオンの中に合併されるでしょう - 貿易法、三極委員会の設立、およびIDシステムと通貨の収斂の調和で始めます。


In Progress


進行中


日本的にはマスゴミのためにかなり進行中


You will be forced to give up your guns and the right and ability to protect yourself or overthrow a tyrannical government as part of the integration into the North American Union あなたは、あなたの銃と自身を保護する権利は北アメリカユニオンの中に統合の一部として専制君主的な政府を倒す権利と能力を放棄することを強制されるでしょう


In Progress


進行中


You will be forced to work for the endeavors of the New Order against your will; Your obedience will be mandatory.


あなたは、あなたの意志に反して新しい秩序の努力のために働くことを強制されるでしょう;あなたの従順さは義務的になるでしょう。


In Progress


進行中


日本的には以前から完成


95% of the sheeple will be made to go along with the New Order and be happy about it


羊人間の95%が、新しい秩序とともに行かされて、それについて幸福でしょう。


In Progress


進行中


Private Security Contractors will be used to carry out domestic operations against the American People involving police functions and intelligence gathering operations


私的なセキュリティ契約者は、警察機能と情報収集作業に関係していてアメリカ人に対して国内事業を実行するために使われるでしょう。


Completed


完成


Police will begin drawing blood on the side of the road during "Checkpoints"


警察は、「チェックポイント」の間、道の端に出血させ始めます


Completed


完成


The teachings of the Founding Fathers will be demonized by the schools and press, and Federal Agencies


創始者の教えは学校とプレスと連邦政府関係機関によって悪魔化されるでしょう。


In Progress


進行中


Under UN Agenda 21 and subsequent similar programs, you will be force evacuated from the wilderness areas to urban population centers


国連アジェンダ21と以降の類似したプログラムの下で、あなたは自然環境保護区から都市部の人口密集地まで空にされる力です


In Progress


進行中


The UN Biosphere Program (MAB) will create permanent "buffer zones" around areas to be totally devoid of human presence (except for military and law enforcement); Home and property will be confiscated


国連生物圏プログラム(MAB)は、人の存在(軍隊と法の執行を除いた)がまったくないエリアのまわりで永久的な「緩衝地帯」を作成するでしょう;家とプロパティは没収されるでしょう。


In Progress


進行中


Genetically Modified food will be used to control the production of global food and thus people


遺伝子組み替え食品は、グローバルな食物、それから人々の生産をコントロールするために使われるでしょう。


In Progress


進行中


The majority of manufacturing jobs will be shifted overseas to make NAU merger with Mexico and Canada streamlined in terms of economies


製造業の大多数は、経済で効率化されたメキシコとカナダとのNAU合併をするために海外に移るでしょう。


Completed


完成


There will be a National ID Card in the U.S. utilizing RFID as a stepping stone to the Global ID System


グローバルなIDシステムへの踏み石としてRFIDを利用している米国に全国的なIDカードがあるでしょう。


In Progress


進行中


The U.S. Dollar will be devalued to acclimate a NAU Currency Merger.


米国ドルは、NAU統合通貨を順応させるために価値を減じられるでしょう。


In Progress


進行中


私的には完成


Internet 1 will be replaced by Internet 2 where content can be sensored anywhere, at anytime, by "Thought Police," and all access will be governed by Biometric ID or RFID technology


インターネット1は、コンテンツがどこででもいつでも「思想警察」によって検閲されることができるインターネット2によって取り替えられるであろうし、すべてのアクセスはバイオメトリックのIDまたはRFIDテクノロジーによって制御されるでしょう。


In Progress


進行中


All U.S. Citizens will be required to submit DNA to a National Database at Birth


すべての米国の市民は、誕生でDNAを全国的なデータベースに提出することを要求されるでしょう。


In Progress


進行中


All infants will be implanted with microchip(s) from birth. Via remote control/satellites the government can then control the thoughts of each individual on the planet, thus creating totally obedient robots/slaves, unable to even think the word "rebellion". Spiritual progress will be obsolete.


すべての幼児は誕生からマイクロチップ(s)を植えつけられるでしょう。リモートコントロール/衛星経由で、政府は、その時地球の上の各個人の考えをコントロールし、従って言葉を「謀反」と考えさえすることができない従順なロボット/スレーブをすっかり作成することができます。

スピリチュアルな進歩は時代遅れになるでしょう。


Planned


計画中


Vehicles in North America will be taxed by the mile using GPS technology


北アメリカの車は、GPSテクノロジーを使って、マイルで課税されるでしょう。


Planned


計画中


Health Insurance rates will be adjusted according to your Genetic Profile obtained from DNA screening.


DNAスクリーニングから得られたあなたの遺伝プロフィールに従って健康保険レートは調整されるでしょう。


Planned


計画中


You will be required to turn in all weapons.


あなたは、すべての武器を提出することを要求されるでしょう。


Planned


計画中


Laws will be passed to put Americans into Labor Camps


法律は、アメリカ人を強制収容所に入れるために承認されるでしょう。


Completed


完成


Laws will be passed to Relocate Americans geographically


法律は、地理的にアメリカ人を再配置するために承認されるでしょう。


Completed


完成


Laws will be passed for Federal takeover of all Highways


法律は、すべてのハイウェーの連邦の乗っ取りのために可決されます


Completed


完成


Laws will be passed for Registering All U.S. Citizens


法律は登録するためにすべての米国の市民情報を手渡されるでしょう。


Completed


完成


All International law will be "Harmonized" for future Merger


すべての国際法は、未来の統合のための、「調和します」になるでしょう。


In Progress


進行中


Video Surveillance systems will be put in place everywhere by the State to track your every move


監視テレビ装置は、あなたのすべての動きを追跡するためにどこでも国家によって実施されるでしょう


In Progress


進行中


South and Latin America will be merged into the South American Union


南とラテンアメリカは南アメリカユニオンの中に統合されるでしょう。


Planned


計画中


The Asian countries will merge into the Asian Union


アジア諸国はアジアユニオンに次第に変わるでしょう。


Planned


計画中


日本ではマスゴミのお陰で進行中


The African nations will merge into the African Union


アフリカ国家はアフリカユニオンに次第に変わるでしょう。


Planned


計画中


A global catastrophe will be staged so that the European Union, North American Union, South American Union, Asian Union and African Union need to be merged into a World Super State where all countries will be like small provinces, answering to this Super Union, and a centralized One World Government and a One World Banking System will be formed. NATO will develop into a World Police with absolute authoritarian power.


諸国が、このスーパーユニオンに答えて小さな国のようになるであろう所で、欧州連合、北アメリカ連合、南アメリカ連合、アジア連合、およびアフリカ連合が、世界スーパー国状態の中に合併される必要があるように、グローバルな大災害は上演されるであろうし、集中化した1つの世界政府と1つの世界銀行制度が組織されるでしょう。

NATOは絶対の独裁的なパワーによって世界警察に発展するでしょう。


Planned


計画中


一部進行中


The New World Order is completed when all countries are merged into a One World Communistic/Socialistic Super State similar to Red China, but more controlled, with a microchipped population, who can not think independently, but whose thoughts are monitored and forced upon each individual so he/she can't rebel against the system. The purpose is that nobody will even be able to think in terms of rebellion. If someone falls through the crack anyway, or for some reason will be able to beat the system, he/she will have no place to hide, due to the global surveillance system. Each person will support the New World Order without questioning anything and if he/she no longer can serve the system, he/she will be terminated. Breeding will only be allowed amongst the physically best fitted, so the next generation can make even better slave labor.


諸国が、共産主義のような1つの世界/独自に考えることができない彼/彼女がシステムに反逆することができないように監視されて、各個人に押し付けられる赤い中国に類似しているけれどもマイクロチップを埋められた人々によってもっとコントロールされた社会主義的なスーパー国家状態の中に統合される時に、新世界秩序は完遂されます。

目的は、誰も、謀反で考えることができなくなるであろうということです。

誰かがとにかくクラックを抜けて落ちるか、何らかの理由で、システムを攻撃することができたとしても彼/彼女は、隠れる場所をグローバル監視システムのため全然んないでしょう。

各人は、何にも質問せずに新世界秩序をサポートするであろうし、彼/彼女がもうシステムを勤めることができないならば、彼/彼女は終わるでしょう。

繁殖することは物理的に最もうまく合われたもので許されるだけであろうので、次世代はいっそうよりよい奴隷労働をすることができます。


Planned


計画中


一部進行中


それは


東アジア






一発かまされた・。

With a rocket, Obama's hope is shot back down to earth


ロケットによって、オバマの希望は撃たれて地に落ちました。


While the US president's pull may help change the world, North Korea won't be the only state needing a lot of work to convince


米国大統領の後ずさりは世界を変更することに役立つかもしれないが、北朝鮮は、納得させるたくさんの仕事が必要な唯一の州にならないでしょう。

Michael Tomasky in Washington The Guardian, Monday 6 April 2009 Article history


History may one day record it as a stark irony - and let us hope an amusing one rather than the tragic kind - that on the very day that Barack Obama
was sketching out to an adoring throng in Prague his vision of a post-nuclear world, North Korea
launched a rocket that may one day give it the capacity to fire a nuclear warhead as far as 3,700 miles. This means, to get down to brass tacks, that it could hit Alaska.


The juxtaposition is worth dwelling on. Symbolically, it describes an age-old tension in statecraft, something scholars and writers have argued about down the ages. Is history made by great, mould-breaking leaders, or is change - both for the better and for the worse - more likely the result of a coming together of larger social forces?


まさしくその日に、そのバラク・オバマ崇拝に描写していた純然たる皮肉な結果--そして、私達に悲劇の種類というよりも面白いものを望ませてください--プラハで彼のポスト核の世界のビジョンに群がる時に、歴史はある日それを記録するかもしれず、北朝鮮は、ある日それに、3,700マイルまで核弾頭に点火する能力を与えるかもしれないロケットを打ち上げました。

それがアラスカを攻撃できた、核心に触れるこの方法。

並置は思案する価値があります。

象徴的に、政治的手腕(学者と作家が年の下で議論したもの)において、それは古くからの緊張を説明します。

歴史は偉大で、型壊れの指導者によって作られますか?それとも、変化--さらによいもののための、そして悪い方へ--はよりたぶんより大きな社会的な力の一緒の到来の結果ですか?


I'll spare you the discussion of Carlyle and Spencer, about whom you no doubt learned a lot more in school than I did, and stick to contemporary matters. Many people want to believe, after Carlyle, that Obama can change the world dramatically in the next four years. It's been a long time since a US president has been so admired. And it's never been the case that a president so admired has directly succeeded a president so reviled. So the idea has taken root, in America and to a considerable extent elsewhere, that the rest of the world should be so grateful to be dealing with Obama and not Bush that they'll at least come to the table and see reason.


But as the North Korea episode shows, not everyone is so reasonable. To the men of Pyongyang, Obama is just another imperialistic swine. In fact, if they're dialecticians worth their salt, then they surely think of Obama as all the more dangerous than Bush for the precise reason that he gives imperialism a friendlier face. North Korea, like any state, has national interests, carved out by decades of history (fear of unification) or centuries (fear of China). The fact that it's a genocidal and secretive police state only exacerbates matters. The bottom line is, the North Koreans are going to do what they think they need to do. Having obviously never read their Carlyle, they couldn't care less who the American president is.


私は、あなたが、カーライルとスペンサー(それについて、あなたは確かに私より学校でもっとたくさんを学びました)の議論を免れて、同時代の問題に執着します。

多くの人々は、オバマが次の4年で世界をドラマチックに変えることができるとカーライルの後で信じたいと思っています。

米国大統領がそう賞賛されていて以来、長い時間が過ぎています。

そして、そう賞賛されている大統領が直接そうののしられた大統領から引き継いだことは一度も事実であったことがありません。

従って、世界の残りが、ブッシュではなくオバマとやりとりしていてとても感謝しているべきであるので、彼らは少なくともテーブルに来て、理由をわかるであろうというアイデアはアメリカで、そして他の場所のかなりの範囲まで定着していました。

しかし、北朝鮮エピソードが示しているように、誰もがそんなに手頃なわけではありません。

ピョンヤンの人に、オバマはありふれた帝国主義的なブタです。

実のところ、もしそれらが、それらの塩に値する弁証家であるならば、それらは、きっと、ますます危険なより彼が帝国主義により友好的な面を与えるという精密な理由のためのブッシュ オバマについて考えます。

歴史(ユニフィケーションに対する恐怖)または世紀(中国に対する恐怖)の数十年によって努力して得られて、北朝鮮は、どのような状態のようにでも、国益を持っています。

それが組織的大量虐殺の、そして秘密主義の警察国家であるという事実は問題を悪化させるだけです。

収益はそうであり、北朝鮮人は、彼らが、する必要があると思うことをしようとしています。

明らかに一度もそれらのカーライルを読んだことがなく、彼らは、アメリカ大統領が誰であるかを全く気にしませんでした。


Neither could the Iranians, and neither, probably, could the Syrians. Obama wants certain things out of both of them - the former to give up its nuclear ambitions and move toward a more open society, the latter to come to some kind of terms with Israel and to reach a permanent accommodation on Hezbollah and the Lebanese question. But are they going to wake up one day and say to themselves: by golly, this Obama fellow is the most popular president in maybe all of history, we'd better do what he says? Not likely.


Neither are the Pakistanis and the Indians. Nor are Likud and Hamas. And we learned last week that adoration has its limits even among the closest of friends. Europe is not helping out much militarily on Afghanistan. This isn't because Obama wasn't persuasive enough. It's because nations have interests as they perceive them, and they will act to protect those interests (and because democratic societies have public opinion, which is strongly against such assistance across Europe). No single leader, not even one as popular and symbolically potent as Obama, can change that easily.


イラン人もできず、また、たぶん、シリア人はできました。

オバマはそれらの両方から一定の物を望んでいます - その核の野心をやめて、よりオープンな社会に動かす形成具、イスラエルとのある種類の関係に来て、ヒズボラに関しての永久的な和解に達する後者、およびレバノンの問題。

しかし、ある日起きて、考えようとしているそれらです:

おやおや、このオバマ研究員はたぶん歴史のすべてにおいて最もポピュラーな大統領であり、私達は、彼が言うことをしたほうがよい?

ありそうでありません。

パキスタン人とインド人もそうではありません。

そしてまた、リクードとハマスはそうではありません。

そして、私達は、崇拝が友人の中で最も近いものの間にさえその限界を持っていることを先週知りました。

ヨーロッパはアフガニスタンの上で軍事的に多くを助けていません。

これは、オバマが十分に説得力がなかったためではありません。

それは、彼らがそれらに気づいていて、彼らが、それらの興味(そして、民主的社会が世論を持っていることによる(それは強くヨーロッパを横断してそのような補助に対してです))を保護するために行動するであろう時に、国家が興味を持っているためです。

オバマと同じくらいポピュラーで、象徴的に強力なものさえではなくどのリーダーもそんなに容易に変わることができません。


Pending his time in Istanbul and Ankara, Obama is about to complete a maiden world trip that obviously has to be called a success. Here in the States, the expedition seems to have gone down quite well among all but the 27% or so of people who fret that he's taking the US down the path to socialism. He opened what might someday be a very important door with Russia's Dmitry Medvedev, who called him "my new comrade" (that'll make the outlying 27% happy!). Abroad, the reception accorded to him and his wife has been gratifying indeed to the other 73% of us.


The majority of America is delighted to see that it once again has a leader who is respected and admired, and even loved, around the world. But beyond those surface images, the real lesson of the trip is that there is no magic pixie dust. There is only the pedestrian reality of long and difficult work and diplomacy. North Korea will abandon its nuclear ambitions, if at all, when the US and other six-party member nations put a deal on the table that all sides can accept. India and Pakistan will come to terms on Kashmir only when the US brokers a deal that makes it in their interests to do so. And so on and so on and so on. This will take time, and it will happen far away from television cameras.


Meanwhile, Obama's popularity can at least give him more authority to start these processes than Bush ever had. There's an old saying in American politics, something about how you can bring 'em to the prom but you can't make 'em dance. Obama can use his standing to get Pakistan and India, Israel and the Palestinians, Iran, Syria and maybe even North Korea into the ballroom. Getting them to dance will be the work of years.


イスタンブールとアンカラの彼の時間まで、オバマは、まさに明らかに、成功と呼ばれる必要がある未婚の世界旅行を完遂しようとしています。

アメリカのここでの遠征は、彼が社会主義へのパスの下に米国を取っていることにいらいらする人々の27%かそこらを除いたすべての間でまったくうまく降りたようです。

彼を、「私の新しい同僚」(それは外部の27%を幸福にするでしょう!)と呼んだロシアのドミトリー・メドベージェフと、彼は、いつか非常に重要なドアであるかもしれないものを開きました。

外国で、彼と彼の妻に与えられたレセプションは私達の他の73%まで実に満足でした。

アメリカの大多数は、それがもう一度、尊敬されて、賞賛されていて、世界中で愛されてさえいるリーダーを持っているとわかって嬉しい。

しかし、それらの表面のイメージを越えて、旅行の本当のレッスンは、魔法の小妖精塵が全然ないことです。

長く、難しい仕事と外交の歩行者の現実だけがあります。

米国と他の6カ国が取引を、すべての側が受け入れることができるテーブルに置く時に、北朝鮮はあったとしてもその核の野心を捨てるでしょう。

米国が、そうするために、それらの興味においてそれを作る取引の仲介業を行う時だけに、インドとパキスタンはカシミールの上の折り合いがつくでしょう。

などなどなどで。

これには時間がかかるであろうし、それはテレビカメラからずっと離れて起こるでしょう。

その間、オバマの人気は、少なくとも彼に、これらのプロセスを始める、ブッシュがこれまでしたより多くの権限を与えることができます。

アメリカの政治において古いことわざがあり、どのようにあなたが彼らを遊歩道に連れて来ることができるかには、何かがあるけれども、あなたは彼らを踊らせることができません。

オバマは、舞踏室の中にパキスタンとインド、イスラエル、およびパレスチナ人、イラン、シリア、およびたぶん北朝鮮さえ入れるために彼の立ちを使うことができます。

彼らを、踊らせることは年の仕事になるでしょう。

UNが主導するNWOの理想型:北朝鮮




UN: No Immediate Action Against N Korea
国連:北朝鮮に対する迅速な行動がありません

Sky News
Monday, April 6, 2009
There will be no immediate action against North Korea by the UN Security Council although the country breached council resolutions when it launched a rocket over Japan.
An emergency meeting agreed instead to continue discussions on what response it should make given the “serious situation.”
“Members of the Security Council agreed to continue consultations on the appropriate reaction by the council in accordance with its responsibilities given the urgency of the matter,” Mexico’s U.N. Ambassador Claude Heller said.

それらは日本上空にロケットを打ち上げた時に、この国は6カ国協議会の決議を破ったけれども、国連安全保障理事会による北朝鮮に対する迅速な行動が全然ないでしょう。
緊急会議は、代わりに、それがどんな反応を「由々しき状況」を与えさせるべきであるかについての議論を続けることに合意しました。
「安全保障理事会のメンバーは、問題の緊急性を与えられたその責任に従って6カ国協議会による適切な反応上の相談を続けることに合意しました」とメキシコの国連大使クロード・ヘラーは言いました。
North Korea, which has tested a nuclear device and is in stalled six-party talks about ending its nuclear program, is banned from firing ballistic missiles.
The US President said Pyongyang must pay a price for the launch.
“Rules must be binding, violations must be punished, words must mean something,” Barack Obama said.


核爆弾をテストし、その原子力計画を終えることについての行き詰まらせた6者会談にある北朝鮮は、弾道ミサイルを発射することを禁止されます。
アメリカの大統領は、ピョンヤンがスタートに対して対価を支払わなければならないと言いました。
「規則はバインドしているにちがいなく、違反は罰せられなければならず、言葉は何かを意味しなければなりません」とバラク・オバマは言いました。

蛇足
人の感性と喜びを破壊するNWOへの道・・。

両頭支配体制打破はまず左から・。

北朝鮮ミサイル「2段目切り離しに失敗」…防衛省が見解


4月7日3時7分配信 読売新聞







 北朝鮮が「人工衛星打ち上げ」の名目で発射した弾道ミサイルについて、防衛省が軌道を解析した結果、ミサイルには、レーダーの監視範囲を超える日本の東約2100キロまで、2段目のブースターが付いていたことが6日、明らかになった。



 北朝鮮が2段目ブースターが落下する危険海域に指定したのは、同じく約2150キロの海上で、その直前までブースターが付いていたことが確認されたため、同省は、切り離しに失敗したとの見方を固めた。



 同省によると、日本海に展開していた海自のイージス艦「こんごう」と「ちょうかい」が弾道を計算した結果、ミサイル発射から7分後の5日午前11時37分に、1段目のブースターが秋田沖約280キロの日本海に落ちると推定。二つ目の落下物の着水地点については、日本の東約1270キロの太平洋と発表した。



 これをもとに、太平洋上に展開していたイージス艦「きりしま」がミサイルをレーダーで追尾したものの、ミサイルは2段目のブースターを切り離さないまま、探知可能な日本の東約2100キロを超えて水平線上に消えた。同省は6日も、レーダーの探知結果を精査したが、落下は確認できず、同省幹部は「切り離しに関しては失敗だ」と述べた。



 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)も5日、「(1段目以外の)残りの数段は搭載物とともに太平洋に落ちた」として、切り離しが失敗だったと指摘している。







共産党や社民党は北朝鮮のミサイル発射に対してどのような主張をしているのでしょうか?


国会で、社民党の福島委員長の発言が物笑いの種になっていると聞きます。



テレビの報道では 「もし撃ち落した時、その破片が落ちてきて誰か怪我でもしたどうするの!」 といったような内容だったと思います。

で、ちょっと不思議に思ったのですが、「では社民党は、北朝鮮のミサイル発射に対して、日本国としてどう対処すべきと考えるのか?」 という事なんです。

「北朝鮮の主張 (あくまでも平和利用の人工衛星の打ち上げ) が正しいのだから、撃ち落すなんて正に戦争行為だ」 と徹底的に政府を批判する

あるいは

日本の憲法9条の精神を北朝鮮に親切に教えてあげて 「そんな事をしたらダメでしょう」 と、やさしく諭す

あるいは

大嫌いなアメリカにお願いして 「日本は非武装中立が基本だから、アメリカが日本の身代わりになって北朝鮮と対決してよ」 と迫る ・・・・・

どれも馬鹿馬鹿しくて、頭がおかしいと批判されるように思います。

となると、一体、社民党や共産党は北朝鮮のミサイル発射に対してどのような主張をしているのでしょうか?











建前的には、抗議的なコメントや賛同できないとのポーズをとっていますが・・・。



本音は、反政府・反米であれば善というダブルスタンダード、我が国&国民の生命安全を守る使命・気概も覚悟も無い、口先で平和を憲法9条だけで→世界の国が賛同・特別待遇し、我が国の主権と独立を侵すことは絶対にあり得ないという。

まるで学級会や団地の管理組合レベルの対応姿勢であり、寝ぼけ眼の夢見る極楽トンボが寄り合うカルト集団である。



彼らに言わせると、何でも話し合えば解決出来るという、国益も国威も時間も忖度しないで、それが解決?国民の信託に応える対応?



しかも、共産&社会主義国の原爆保有も北方4島問題も尖閣諸島や東シナ海の海底資源問題・拉致事件・チベット弾圧等に何らコミットしないのである。



彼らの過去の理想国家→現在の友好国&兄弟党の行う矛盾には、現実に目を背け、見たくない・聞きたくない・言いたくないの「日光の3匹の猿」状態で思考停止した、我が国にとって政府批判と行政不祥事へのチェック機能以外には全く無能無益な、むしろ国民世論へ、ミスジャッジ&ミスリードは獅子身中の虫集団です。




その上、汗もかかず、リスクも負わず、キレイ事と実務社会や政府批判だけで→民主党に寄生、マスコミや言論界にも蔓延り、質量共に勢力を拡大している。

不況・不祥事・テロへの恐れ、人々の不平不満や疑心暗鬼やストレスを棲家にし食い物にして増殖蔓延しているのは、嘆かわしく憂うべき状況、この国の行く末である。





蛇足


社民党は別に無くてもどうでもええ党ですが・マスコミの学生運動上がりの幹部や反日利権を持つモノには受けるのであろう・。日本国内に工作員を引きずり込む事に汗をかいているとしか見えない・。


この党や民主党、共産党などにはNWO構築の手先が沢山おります。アジア共同体(中国社会主義化大アジア)を夢見るァフォどもにしか見えない。


両頭支配からの脱却はまずは左翼思想(インチキ思想)からの逸脱後、保守の再構築しか日本は奴隷状態から抜け出せなく世界改革はまず覚束ない・。

NHK金返せ・・。



つれづれなるままに、気のおもむくままに、まっすぐに
さんより


NHK偏向新番組「プロジェクトJAPAN」は日本の150年を「ネガティブ」にみつめます





NHKの新番組「プロジェクトJAPAN」の宣伝番組を先ほど見ました。






ほんの短い番組解説をみても 反日番組であるということがわかります。歴史を切り取り自分勝手に解釈することを「グローバルな視点」と言い換えているようです。かつそれはこれを偏向と反論するなら世界に聞いてまわってくれという予防線の為の「グローバルな視点」って言い方ってこと。






ここのところ劣勢の左巻き史観が 金をかけて大反撃ということなのでしょう。






番組HPをチェックすると




プロジェクトJAPAN プロローグ 戦争と平和の150年


(2009年4月4日(土)午後7時30分~8時45分/9時~9時59分)

NHK


3年間に放送する様々な番組に通底するテーマ「戦争と平和の150年」。
日本は、いかにこの150年の水脈をたどってきたのか。

世界に船出した日本が直面したのは、戦争に次ぐ戦争の時代であったが、一方で世界は「平和」構築の試みも始めた。2回にわたるハーグ世界平和会議で「戦争のルール化」が図られたが、第一次大戦の勃発で時代は「ルール化」から「違法化」へと舵をきる。しかし、第二次大戦は防げなかった。

戦後、「冷戦」、「冷戦後」、「9・11後」と大きく時代はうねり、今や「新しい戦争」の時代を迎えている。日本は世界の平和構築にたいしてどのような貢献ができるのか。歴史から教訓を探る。

キャスター 五十嵐公利(解説委員)



1859年、世界に船出した日本が直面したのは、戦争に次ぐ戦争の時代であった。その一方で世界は、「平和」構築の試みも始める。「戦争と平和の150年」というテーマを描く。







先ほど流れたナレーションでは






開国以来戦争に次ぐ戦争を経てきた日本・・・・世界が築こうとして来た平和への長い道のり・・・






世界は平和を求めているのに 日本は戦争マシーンであったと 日本国憲法前文ポイ感じですかね。ネガティブに誘導する気まんまんのようです。







NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」


(2009年4月5日(日)午後9時~10時13分)

NHK


1895(明治28)年、日清戦争に勝利した日本は、台湾を割譲され、初の植民地統治を始める。

英のインド統治やフランスのアルジェリア統治にならい、植民地をもつことで“一等国”をめざした日本。

1910年、ロンドンで開かれた日英博覧会では、台湾のパイワン族を“展示”し、統治の成功を世界に誇示

する。日本は「格差と同化」という矛盾した台湾統治を続け、1930年代後半からは「皇民化運動」で

日本文化を強制する。

半世紀におよぶ統治はどのように変遷していったのか。2万6千冊におよぶ『台湾総督府文書』、近年発見

されたフィルム、欧米に埋もれていた文書などを手がかりに近代日本とアジアの関わりの原点を探ってい

く。




150年前世界にデビューした日本は、ひたすら“坂の上”をめざし、第一次大戦後には五大国のひとつ

になる。日本が明治以来、欧米列強に伍していこうとする時に命運を握った4つのテーマ、「アジア」、

「天皇と憲法」、「貿易」、「軍事」に焦点をあて、いったんは世界の“一等国”になった日本がなぜ

国際社会の中で孤立し、焼け野に立つことになったのかを、世界史的な視点から検証する。







ちょっと前のパリの万博では世界各国が 珍しい民族を展示してたり オリンピックとかのイベントでも「今の基準」からすりゃ酷い人種差別的な「みせもの」をやっていた時代 そんな時代の一場面を切り取り「展示」と今強調することこそ 過去を卑しめる手法であり 軽蔑すべき偏向と言えるのではないか?






それに開国以来の日本の150年を「なぜ国際社会の中で孤立し、焼け野に立つこと」というようなことに集約して語らなければならないのか






台湾統治も 侵略の為の南進む基地、差別と皇民化だけに視点を集中して描くようです。






NHKのプロジェクトJAPANは 日本の150年を「ネガティブ」にみつめる偏向番組であると 断言する





蛇足


真っ赤な左翼思想で作られたデタラメ


プロパガンダ放送でつ・。



テポドン失敗だろう・。

私の主張 ひとりの日本人として
さんより



2009.3.30


北の弾道ミサイルを批判せずPAC3展開に抗議とは



対ミサイル誘導弾、首都圏で展開開始 反対運動も




2009年3月27日21時0分



弾道ミサイル破壊措置命令を受け、航空自衛隊入間基地(埼玉県)など首都圏4カ所に配備されている空自の地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)の4個高射隊が27日夜、東京・市谷など展開予定地へ移動した。一部で交通規制を敷くなどものものしい雰囲気の中、大型特殊車両や護衛車が隊列を組み、夜の首都圏の高速道路を走り抜けた。



 首都圏でPAC3が展開するのは、空自市ケ谷基地(東京都)と陸上自衛隊朝霞駐屯地(同)、同習志野演習場(千葉県)。



 入間基地からは午後8時過ぎ、レーダー装置や発射機を積んだ深緑色の大型車両、電源車、燃料タンク車、「危」マークが入った小型車など約30台の車列が出た。基地内の道路脇では約50人の隊員らが並び、敬礼で見送る中、関越道で東京方面に向かった。



 習志野演習場には、市民団体「パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会」のメンバーが駆けつけた。吉沢弘志代表は「今後、防衛省などに抗議していきたい」と話した。



 朝霞駐屯地には午後9時10分ごろから、入間基地や霞ケ浦駐屯地からの車両が続々と到着。「開門、開門」と声が飛ぶと、小銃を右手に握る2人の自衛隊員が左手で黒い門を開けた。十数台が門内に入り、そのまま訓練場の暗い闇の中へと次々に吸い込まれていった。

(朝日新聞)




(引用終了)






 北朝鮮は4月4日から8日の間に弾道ミサイル「テポドン2号」改良型を発射する準備を進めているようだが、この発射計画とは別に中・短距離ミサイルの発射準備を進めているとのことであり、このことは「テポドン2号」に対して迎撃態勢をとっている日本への牽制であると思われ、北朝鮮の人民軍総参謀本部が「迎撃を企てた米国・日本・韓国の本拠地に正義の報復を開始することになるだろう」と言っていることからして、報復とは中・短距離ミサイルを発射することかも知れない。



 確か北朝鮮は「テポドン2号」改良型のロケットで「人工衛星を打ち上げる」と言っていたような気がするが、中・短距離ミサイルの発射準備を進めていることが本当ならば、人工衛星ではなく弾道ミサイルであることは明らかであり、もし迎撃して破壊すれば日本は北朝鮮の中・短距離ミサイルによる攻撃を受ける恐れがあるかも知れないが、だからと言って日本の領土領海に落下してくる「テポドン2号」を迎撃しない訳にはいかないであろう。



 弾道ミサイル破壊措置命令を受けた海自は日本海にイージス艦を展開させ、また 空自の地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)が首都圏では空自市ケ谷基地などに、また弾道ミサイルの落下が予想されている秋田、岩手などの陸自駐屯地に、それぞれ展開しており迎撃に向けた準備は整いつつあるようである。



 偏向マスコミもイージス艦の出港の様子や、PAC3の車列がどこを通って、どの方面に向かったなどとの映像を流しているが、このような軍事情報を報道して敵に手のうちをさらけ出すようなことをしても良いのかとの疑問があるものの、政府が破壊措置命令を出したことを敢えて公表していることから、国民を安心させる意味からも自衛隊が展開している様子を知らせているのではと良い方に解釈したい。



 だが朝日新聞は、PAC3が展開する陸自習志野演習場には、市民団体「パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会」のメンバーが駆けつけ、同会の吉沢弘志代表は「今後、防衛省などに抗議していきたい」と話していることを報じている。これはいつものように自衛隊が動くと必ず出て来て抗議する連中のことを敢えて取り上げて、報道のバランスをとろうとしているつもりなのであろうが、「パトリオットミサイルはいらない」とは北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するなと言っているも同然であるからして、このような基地外団体のことをわざわざ紹介するまでもないだろう。メンバーと書いてあるだけで人数まで書いてないが、おそらく数人であろうし、そのような少人数でも記事にしないと連中から抗議があるから仕方なく紹介しているかも知れない。



 この習志野基地行動実行委員会のメンバーは、抗議するのであれば朝鮮総連の前で行えば良いのであり、北朝鮮の弾道ミサイルに対しては何ら批判せず、PAC3などで迎撃しないと日本に落下して被害が出るかもしれないが、その点はどのように考えているのか知りたいものだ。この会のメンバーは日本人でないかも知れず、もしそうであっても北朝鮮の工作員であることは確かであろう。



 それにしても、この朝日の記事を読むと、自衛隊に対する姿勢が良く分かるが、それは「朝霞駐屯地には午後9時10分ごろから、入間基地や霞ケ浦駐屯地からの車両が続々と到着。『開門、開門』と声が飛ぶと、小銃を右手に握る2人の自衛隊員が左手で黒い門を開けた。十数台が門内に入り、そのまま訓練場の暗い闇の中へと次々に吸い込まれていった。 」との部分であり、夜間だから「黒い門」とか「暗い闇の中」と書いても間違いではないが、これでは自衛隊が恐ろしいことを行おうとしているかのような印象を与えるし、日本が弾道ミサイルによって攻撃されるかも知れないのに、それでも朝日はいつもの朝日であった訳である。

(2009/03/30)


蛇足

日本の左翼は日本人より特亜を大事にし、根本的に破綻した精神を唯一感情でバランスをとっている。

早く、この国から彼の国へ移住する事をお勧めします。

ところで、発射後爆破したのではないかいな? 飛翔体を追尾する衛星はいろいろあるでしょうから・・どこも黙っているところを見ると失敗と推測する方がベターである。



天使と悪魔  イルミナティ

天使と悪魔


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



天使と悪魔』(てんし と あくま、ANGELS & DEMONS)はダン・ブラウン
サスペンス
小説


『ダ・ヴィンチ・コード』と同様、ロバート・ラングドン
を主人公とする小説である。テーマは「宗教と科学の対立」であり、本作でも知られざるキリスト教
世界に関するうんちくがたくさん披露されている。ヴァチカン市国
を含むローマ
の町を舞台に繰り広げられるこの物語は、『ダ・ヴィンチ・コード』よりもアクション要素が強い。次々と起こる殺人
にも犯行予告が出ていることから、タイムリミットの設定による緊張感・臨場感の演出にも成功しているといえるだろう。





ハーバード大学のロバート・ラングドン教授は、ある日セルンの所長、マクシミリアン・コーラーからとある紋章についての説明を求められる。同研究所の科学者、レオナルド・ヴェトラが何者かによって殺害された際、その紋章が彼の胸に焼印として押されていたからである。レオナルドは最近、核エネルギーを凌駕する反物質の精製に成功しており、その反物質も犯人によって盗まれていたことが判明する。ラングドンはその紋章を、伝説的な秘密結社
・イルミナティのものと断定するが、犯人と結びつけることには躊躇していた。彼は手がかりを求め、殺害されたレオナルドの娘、ヴィットリア・ヴェトラとともにローマへと向かう。


一方ローマでは、新しい教皇を選出するコンクラーベ
の真っ最中であった。にもかかわらず、新教皇の有力候補(プレフェリーティ)の4人が揃って失踪していることに、コンクラーベ進行役の枢機卿であるモルターティは苛立ちを覚える。さらに、離れた場所では、ヴァチカンの警護を任されたスイス衛兵隊
隊長、オリヴェッティのもとに監視カメラから奇妙な映像が映し出されていた。そんな中、前教皇の侍従、カルロ・ヴェントレスカのもとにイルミナティを名乗る者から突然の電話が鳴る。かつて科学者を弾圧したキリスト教会に復讐するため、1時間に1人ずつ、拉致した新教皇候補を殺害してゆくという。


殺害が行われる場所のヒントに気付いたラングドンは、殺害を阻止し、盗まれた反物質を発見すべく推理と追跡を開始する。







若干蛇足





蛇足


秘密結社イルミナティがでてくる映画です・。でもちょい違うような気がします・。


イルミナティは秘密でもなくマスコミに出まくっているサミットしたばかりの人たちですから・・。

胡散臭い・生駒市立病院民間経営に異議を唱える。

生駒市立病院建設(徳州会経営)の見直しを求める市民の会より・・。>応援してます。





全国版で報じられた奈良県内の病院に断られて、生駒市民が病院たらい回しにあった件は、結果として特州会に収容されたが死亡状態だったニュース:


早期に結論を出したい生駒市長派の自作自演だった。>なんじゃそれ・・


ネオコンばりの極左・反日・カルト団体支援の生駒市山下市長の唯一の公約・・・


1年以内に病院を建てるという・。>すでに破綻している・。


よりにもよって自由連合の徳州会に経営を任すという


極左(カルト&法律オターク・北朝鮮マンセー)市長と右翼のコラボレーション・。>すごい変節・・自我崩壊しないように祈る・。





奈良市の一等地に住んでいる生駒市長さん・外車でご通勤ご苦労様です。

不況・リストラ・退職と生駒経済も生駒市歳入も住民税増税も

市民負担は悪化の一途ですよ・

良くなったのは市長さんあなただけでしょうね・・

奈良県1位2位の給料はおいしいですね・





市立病院にすれば・・

個人病院など一般的な医療法人の税率は30%

、特定医療法人は22%。と法人

市民税が14.7%免除されます。


おいしい事業です

また株式会社徳州会では物品販売など収益事業の展開

や借金できる。

    補助金や裏金と

    なんら変わらない・。

・他の病院には補助金を出さなくて、よいのか?。

・市長はそんな長期にわたる契約を締結し不履行など起

 こした責任はどうなるのだろう?

20年もの長期間、一民間病院に過ぎない特州会になぜ

 に肩入れするのであろうか?

医師会が反対しているが、また近隣自治会の反対を、どう

 調整するのか。




若干蛇足



山梨県出身


東京大学卒業


平成4年 朝日新聞社


平成12年 弁護士登録(大阪弁護士会)





気にくわない市職員にはペットボトルを投げつける・・。


優し顔してキレると怖いらしい・。


カルト団体やプロ市民、環境利権派などなどの応援ご苦労様です・。


左翼政治よさようなら・・。普通の人がいいです・。








普通の生駒市民の声


生駒市から奈良市に転居された山下市長。全国の市長で他市にお住まいの首長も異例です。次回の生駒市長選挙には生駒を愛する!生駒のすべての事を分かった方に投票したい。現在の市長さんは生駒に数年しかお住まいになっていないらしいし!現在は奈良市民(笑)どれだけ生駒の事を理解して当選されたのか?前市長にNOの票が彼に入っただけと私は思います。市長になり三年間。勝手は手法で!各問題でも話し合いも持たない(>_<)病院問題は結論が出る感じがしない(◎-◎;)混乱を招いた市長様に責任はないのか?そう言いたい!





朝日系反日コミニスト弁護士市長様でつ・・。>マンセー





8ヶ月しかいなかった朝日新聞を辞める時には朝日をボロクソに言って辞めたらしい・。


最近は、時間経ったし蜜月なのでしょうね・(知らんだけでしょう)。




プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR