FC2ブログ

虚構だとほざく、キャリアOBなどに負けるな検察!

虚構だとほざく、キャリアOBなどに負けるな!

トカゲの尻尾だけで終わらすな!!


厚生労働省の元部長と女性課長とノンキャリア平職員

もはや腐臭組織でしょうね・。


障害者団体向けの郵便割引制度が悪用された事件で、大阪地検特捜部に郵便法違反容疑で再逮捕されている自称・障害者団体「白山会」(東京)代表の倉沢邦夫容疑者(73)が04年春、白山会の前身団体「凛の会」への団体の証明書発行を求めて厚生労働省幹部と面会した際に、民主党副代表の石井一・参院議員の事務所関係者であることを告げた、と特捜部の調べに供述していることが関係者の話でわかった。





障害者団体向け郵便料金割引制度の悪用事件で、自称障害者団体「白山会」(東京・文京)代表、倉沢邦夫容疑者(73)=郵便法違反容疑で再逮捕=が前身の「凜(りん)の会」を設立した当時、凜の会の活動実態を裏付ける証明書発行について「国会議員に厚生労働省への働き掛けを頼んだ」などと話していたことが31日、捜査関係者らの話で分かった。





石井議員の事務所によると、倉沢代表は83年ごろ、当時は自民党の衆院議員だった石井一議員の私設秘書を数カ月間務めた。関係者によると、その後は、東京の出版社の経営にかかわり、03年、知人で「凛の会」元幹部の河野克史(こうの・ただし)容疑者(68)=虚偽公文書作成・同行使容疑で逮捕=らとともに同会を設立し、倉沢代表が会長に就いた。


 特捜部の調べなどによると、凛の会は04年、障害者団体としての活動実態はなかったのに、郵便割引制度の適用を受けるために必要な障害者団体の証明書の発行を厚労省側に求めていた。その際、倉沢代表が同省との交渉の責任者となったという。河野元幹部は逮捕前の取材に「石井議員の元秘書だったので、役所とのやりとりにも強いと思った」と話していた。


 


さらに河野元幹部によると、倉沢代表は04年5月末まで複数回にわたり、厚労省幹部らと面会し、団体認可を繰り返し依頼したという。


 特捜部はこうしたなかで、同省障害保健福祉部企画課係長の上村勉(かみむら・つとむ)容疑者(39)=同容疑で逮捕=が、凛の会への証明書発行を了承したとするうその決裁文書を作成した疑いもあるとみて調べる。





白山会は、鳩山邦夫の選挙地盤だった文京区の団体

牧議員は、鳩山大臣の元秘書

倉沢代表は、石井議員の元秘書

(石井議員の弟の元秘書でもあった)





倉沢代表は83年ごろ、当時は自民党の衆院議員だった石井一議員の私設秘書を数カ月間務めた。」という。その程度の人が『04年5月末まで複数回にわたり、厚労省幹部らと面会し、団体認可を繰り返し依頼できた』などありえない。私は誰か大物政治家の口利きがなかった筈はない』と断言する







若干蛇足


厚生労働省の係長らが、郵便の割引制度を悪用していた、自称、障害者団体のために内部文書を偽造したとして逮捕された事件で、この団体の代表が大阪地検特捜部の調べに対し「係長の上司と会った際、上司が郵便局の幹部に、電話で『政治案件なのでよろしく』と伝えていた」などと供述していることが、関係者への取材でわかりました。


若干蛇足
この事件は、厚生



労働省の係長、上村勉容疑者(39)ら2人が、障害者団体のための郵便の割引制度を悪用していた、自称、障害者団体の「白山会」のために、厚生労働省の内部文書を5年前に偽造したなどとして逮捕されたものです。これまでの調べで、当時「凛の会」と称していた「白山会」を障害者団体として認めた厚生労働省の証明書も偽造されていたことがわかっていますが、この団体の代表で、郵便法違反の罪で起訴された倉沢邦夫被告(73)が特捜部の調べに対し「証明書の発行を働きかけるため、上村係長の当時の上司と会った際、この上司がその場で郵便局の幹部に電話して『政治案件なのでよろしく』と伝えていた」などと供述していることが、関係者への取材で新たにわかりました。倉沢被告は、この際、国会議員の関係者であることを示す名刺を出したなどとも話しており、特捜部は、厚生労働省側の対応について慎重に調べを進めるとともに、郵便局の幹部からも事情を聴くことにしています。





倉沢被告は、この際、国会議員の関係者であることを示す名刺を出したなどとも話しており、特捜部は、厚生労働省側の対応について慎重に調べを進めるとともに、郵便局の幹部からも事情を聴くことにしています。




蛇足


許認可の件ではいろいろ美味しい事があったようで・・風俗の常連のキャリアOBが何を寝言いっているのか!


金をせびり、天下りしている役人がのさばる事をなくすのが民主党ではなかったか?


民主党の幹部が絡むとなかった事になるとは矛盾した対応だ・。




若干蛇足




スポンサーサイト



トヨタの傲慢は奥田が極めた・。>病状は末期

トヨタを百回提訴した辣腕弁護士が警告

「これは理不尽なバッシングに非ず!

米国人はトヨタに狼少年を見た」





 もしトヨタが世界経済においてグローバル・リーダーになりたいのなら、トヨタ自動車本体の役員にアメリカ人かオーストラリア人、あるいはヨーロッパの人を入れるべきだ。設計やエンジニアリング上の意思決定を外国人にもやらせるべきだ。そういう意思決定のプロセスを世界に開放しないといけない。そこまで閉鎖的であってはいけない。


―トヨタは米国で昨年夏場に実施されたCash for Clunkers(中古車買い替え補助金)プログラムでかなり儲けたと思うか。


 それは儲けただろう。その当時多くの人が経営破綻後のクライスラーやGMの車を買うことに警戒心を持っていたことを忘れてはならない。


 フォードとトヨタとホンダは、本当に儲けたと思う。


―今のアメリカではトヨタに対して、一般的にどんな雰囲気か。反感か同情か。


 今トヨタが直面しているのは信用問題だ。繰り返すが、あまりにも矛盾することを言い過ぎたからだ。


 会社の上層部は中層部や下層部が知っていることを知らないようにすら見える。この問題は半年前にトヨタのレーダースクリーンに急に持ち上がったものではない。10年近くも前に分かっていた問題だ。


―でもトヨタは特に何もしなかったと?


 何もしなかっただけでなく、NHTSAに対して何の問題もないと説得した。(その後問題が次から次へと明るみに出て)、信頼性の崩壊が生じた。


―信頼を取り戻すのに何年もかかると思うか。


 トヨタ(のこの問題)が、新聞の一面やニュースから消えることは近い将来にはないと思う。リコールはもっと広がるだろう。最後はNHTSAがやってきて、これはペダルに関するメカニカルな問題以上の問題だと思うと言われるのではないか




 最後は他の車でも、ブレーキ・ペダルに関連する違う問題が浮上し、電子系統、ソフトの問題も関係してくるのではないか。そうなれば、影響を受ける車は1500万台になるだろう。


―では、トヨタは今、何をなすべきだというのか。


 今彼らは大出血している状態だが、それをバンドエイドでおさえようとしている。大出血しているときは、手術して縫って傷を閉じなければならない。


 もし、電子系統やソフトの問題があれば、トヨタはそれを明らかにしなければならない。影響を受けている車をすべてリコールして、短期間で悪評をメディアから消さないといけない。そして昔のように本業に専念しないといけない。


 ものの見方も変えないといけない。つまり企業風土を変えなければならない。まず安全を第一に置かないといけない。安全は我々にとって重要であると口で言うだけではだめだ。1日に24時間、週に7日、年に365日証明しなければならない。真剣であることをみんなに証明しなければならない。


 LS 460やLX 570に搭載されているハイテクのブレーキ技術は、これまでは他の車種には使われてこなかった。これからは、すべての車種にそうした安全技術を採用する必要がある。10万ドルの車にそうした安全システムをつけるのなら、2万5000ドルの車にもつける必要がある。10万ドルの車が買えないからと言って、あなたや家族が重傷や死亡のリスクにさらされるべきではない。だからトヨタはそういう印象、つまり安全を第一に考えている印象をもう一度作り直さなければならない。


 また、トヨタは、変化を求めて外部の人をもっと入れるべきである。さらに、繰り返しになるが、アメリカの法制度や安全を監視している様々な政府機関に不信感を抱くのをやめることだ。





蛇足


民主党など政権党に言えることだが、自分らの悪さを他人に転嫁して居直る事を平気でいる感覚がグローバルでは通用しないということだ。グローバルを一番に言っていた奥田トヨタの経団連の悪巧みも、もう足下で崩壊してしまったようだ・。

中国経済は絶好調だよ>悪魔のささやき・・。

北京東京趣聞博客(ぺきん・とうきょうこねたぶろぐ)




■というわけで、身銭をきって中国経済に飛び込む前に、中国経済に対する整理をやっておこう

■先月に2009年の経済統計が発表された。昨年の成長率は前年比8・7%。その総額は49090億ドルだそうで、日本に肉薄し、2010年には世界2位に踊りでることは確実、といわれている。しかも、クレジット・デフォルト・スワップの日本国債に対する保証料率が年初に中国を上回るようになった、つまり債務不履行に備えた保険料が日本国債の方が高い=日本国債の方が信用度が低い、ということで、いよいよ今年、日本経済は中国<経済の後塵を拝すことになった、と多くの専門家が思ってらっしゃるようだ。で、中国経済が日本を買いたたく!といった論調の記事も、見かけるようになった



■そういう中で、中国経済は前途多難だ、あぶない、などと言おうものなら、こいつはアジア経済をぜんぜんわかっていない!と批判にあってしまう。




■で、気がついたのだ、今一番中国
経済に対し厳しい評価をしているのは、中国人自身なのだ。GDP
発表後に発表された中国人学者らの論評を、ちょっとのぞいてみよう。




■まず、産経新聞の石平さんのコラムでも紹介されていた在野の人気評論家、牛刀氏
の「GDP
が日本を超えるのが、なにか?」と題された論評。



■、引用開始


GDP
中国
庶民にとって魔法の呪文となった。しかし、外国メディアがいかにウソをここうが、GDP
にこだわる必要はない


「誰もが知っているように、中国
GDP
は3年連続で重大な誤差が生じている。地方と中央の統計の誤差だけでなく、中央統計そのものにも誤差がある。年間を通しての誤差は3兆を超えているだろう。そんななんの信用もないGDP
が日本を超えたとて、どんな意味があるのか」



■「(中国
GDP
は)官僚の出世の指標でしかなく、大量の偽GDP
を生みださざるをえない状況で、これをデータとして使うなんて、荒唐無稽どころか恥知らずだろう。」


「さらに悪辣なのは、この指標を完遂するために、そして抜擢や重用を得るのに便利だからと、人民の利益を好き勝手に脅かし、暴力で強制立ち退きさせ、古い町を改造するやり方でいたるところに建築物をつくる、それで高めたGDP
だ」



■「中国のマクロ経済はすでに破たんしており、消費と輸出は重大調整局面にはいり、ただ貨幣を乱発することで投資を増やしているだけだ」「(都市部の平均収入はやや上がっているが、為替価値の要素などを考慮すると)実際の購買能力は27%減少している」「中国
に前途があるとしたら、徹底して投機目的の不動産売買をやめさせることであり、全国民を投機に走らせ基本的良知を失わせることではない」(引用おわり)



■この牛刀氏ははっきりと「GDP
は外国の投機商と恥知らずな政客がさわいでいるだけ。彼らの事情でいっていることなのだ」と断言している。



■次は新華社
ネットが掲載した評論家、
李北陵氏
の論評。



■引用開始


中国
GDP
世界第二位を誇張していう必要はまったくない。」


「中国人の一人当たりGDP
はたったの3700ドルで、世界で100番目以降に位置しており、平均4万ドルの日本と比べてもまだまだ差は大きい。国が富んでも民は貧しく、今後はもっと問題解決への努力が必要だ。強国富民の日本と比べて、中国
は前向きに努力し、ほらを吹かずにもっと実行すべきである」



「(経済は国力のひとつであるが)科学、軍事、ソフトパワーももちろん総合国力のうちだ。そのいずれをとっても中国
はまだ日本に一定の距離がある。」「日本は1000グラムのオイルで10・5ドルと等額の価値を生む。これは中国の7~10倍である」「中国
はまだまだ困難と挑戦の多い発展途上国である」(以上)



■李氏の論評は日本通でしられる元外交官、唐家セン
さんの発言を引用しているのだが、だいたい日本通とよばれる中国人は、「中国が日本を超えたなんて、とんでもない、そりゃちょっとは差が縮まったかもしれないけれど」というレベルの感想しかもっていない。もちろん、謙遜や日本に対する慰めではない。中国人はあまり謙遜をしない人たちなのだ。



■中国では最近、国の発展というのは、GDP
の大きさじゃなくて国力なんだ、という表現をこのんで使う。中国
GDP
が大きくても、国力はまだまだ低い、と思っているのだ。社会科学院が昨年末にだした「国際情勢イエロー
ブック」によれば、国力総合力では米、日、独が世界のトップスリーで、中国
は第7位としている。この場合、国力とは領土・自然資源、人口、経済、軍事、科学技術の五要素による、社会発展、持続性、安全・国内政治および国際貢献の四分野に対する影響を含めて評価したもので、ベストテンは米日独加仏露中英印でイタリア
ブラジル
が同点10位。



■ちなみに米国
は軍事、経済、科技でトップ(くさってもタイですのよ)。日本は領土資源、人口で当然低く、軍事の順位もうしろのほうだが、軍事についてはわざわざ特別表記していて、「総量としての評価は後ろの方になるが、典型的な少数精鋭軍であり、実質の順位はもっと前になるはず」としている。ちなみに軍事の2位は中国となっているが、性能や質ではなく、単純に兵士の数と武器の量で順番を付けているふしがある。中国
は人口で一位、ロシア
は領土資源で一位。



■最近聞いた話では、ある中国
官僚が、中国で長らく仕事をしてきた日本の財界人にこんなことをいったそうだ。「国力とは、軍事、経済、人口、文化、交渉力の五つの要素からなりますが、中国
は軍事と経済でまだまだおよばない」。国際社会であれほど、軍事費増大がさわがれ、中国
経済がもてはやされていながら、これが中国人の本音の自己評価だと思う。



■話がずれたが、なぜ中国
経済が国際社会でもてはやされているのに、中国人自身が危機感をもっているかを、もう一回整理すると、ひとつには統計数字のいい加減さを肌で感じているからだ。



■作年、中国ではやった言葉に「被統計」というのがある。「被(~される)」というのは最近の中国でよく使われる流行語で「被河蟹(被和諧)」「被自殺」なんて言葉が以前はやった。いうまでもなく、被和諧(和諧される)とは胡錦濤
政権のスローガンである和諧社会(調和しのとれた社会)を本当は実現していないのに、実現していることにされる、という意味で、ネット上の反動的言論を削除されたりすることを指す。和諧を発音の同じ河蟹に言い換えているのは、一種のネット隠語、つまり「被和諧」の書きこみ自体を削除されないように表現を隠すためだ。同じように、政治的警察的圧力で無辜の市民が自殺に追い込まれたり、あるいは他殺なのに自殺だと報告された社会事件などについて「被自殺了」(自殺させられた)と表現したりする。



■「被統計」というのは、統計させられる、つまり政府目標数値にあわせて統計をねつ造されるという意味だ。中国の統計がいいかげんというかでたらめ、というのは今に始まったことではないが、昨年はその事実を公的な場で批判する学者が多く、「被統計」問題が突出した一年でもあった。



たとえば、国家統計局が「昨年上半期の都市部の平均サラリー増加率が前期比12・9%増、農村部で8・1%」と発表したら、「そんなわけあるか!」と非難が殺到。あとで「実は国営企業と外資企業の給料を平均しただけの数字です」といいわけした事件があり、これについてネット上では統計局によって「被統計」「被増長」(統計させられた)(成長させられた)と批判の声があふれた。



■その前には国家統計局が発表した経済統計で、消費電力量がむしろ減少しているのに、工業生産が急激に増加しているのは整合性がないという指摘が社会科学院の学者も含めた各方面から起きた。たとえば五月の全国の発電量増加率は前年同期比-3・5%、なのに工業生産成長率は8・9%。「世界中、どこをさがしても電力消費と工業生産の増加幅に10ポイント以上の差がある、こんな統計ありえない」(社会科学院経済研究所の袁鋼研究員)というわけだ。




■で、その批判をうけて下半期に急に電力消費が伸びたりして、普通のバランス
に調整しなおしたりするのだ。こんな調子で就職率や内需、自動車販売数、環境データなども、政府目標や世論のために作られているとすれば、そのデータを真剣に分析して中国経済を論じている世の経済学者やアナリストの見立てはどのくらい信用できるのか。



■先日、ながらく日中の政治・経済関係の最前線で働いていたとある人物がこんなことをおっしゃっていた。「日経新聞は罪深い。中国
経済の未来がさも薔薇色であるかのように、ミスリード
している」「あの国は為政者ですら、自国の経済実態をつかめていないのだ」「「リーマンショックの前から中国
経済は事実上破たん寸前だった。リーマンショックで世界がきゅうに悪くなったため、中国
は結果的にめだたなくなった」



■確かに、リーマンショック以前、中国
は過剰流動性の問題が限界ぎりぎりで、温家宝
首相は本当に余裕のない表情をしていた。それがとりあえず、リーマンショックで延命した感はあるが、中国の経済構造が根本的に改善されたかというと、そうではない。いずれ、過剰流動の問題、バブルの問題は表面化してくるだろう。



■しかし、こうもおっしゃっていた。「市場に金をジャブジャブ流しているのだから、今いけば、儲かるのはあたりまえ。中国
経済の未来が明るいかどうかというのと、中国
にビジネスチャンスがあるかどうか、というのは別問題」という。



■付け加えておくが、中国
はおそらく市場に流れているマネーの量を正確に把握しているのかどうかは疑わしい。精巧な偽札が流通紙幣全体の2割を占めるといわれているうえ、中国の裏経済を支えている銭庄といわれるヤミ金
は、正規の銀行より資金力があるといわれている。中国の緩和政策も引き締め政策も、きっちりしたデータを根拠に行っているというよりは、なんというか野性のカンに頼っているっぽい。




■経済が持続的に安定して発展していることと、その市場でもうけられるかはまったく別の次元のことである。前述の中国通は「経済の混乱した国共内戦時代だって、儲ける企業はぼろ儲けしていた」という。ようするに、国が不安定になり、規制がザル化した国の方が、荒稼ぎに適している、ともいえる。



■やはり中国
に通じたある企業家はこう言った。「政府や党との人脈を重視する人が多いけれど、うちは政府や党内の役職ではなくて、ファミリー(華僑の一族)との関係の方を重視します。彼らは政府が転覆しても金儲けをできるだけのネットワークを築いているので、彼らとの信頼関係ができていれば、中国がどうなろうと、ビジネスはできる」。



■というわけで中国
はまさしく鉄火場のような、腕と勘をたよりに生き抜くか、かもにされて骨をしゃぶられるか、の世界のようだ。もちろん、見た目はだんだんソフィスティケートされてきたけど



■そんな中国
経済が、国際社会からものすごく期待され評価されているのは、牛刀氏が指摘しているように「恥知らずな政客と外国の投機商が自分たちの事情で」やっているだけなのだろう。中国
経済はすばらしい!みんなこっちへおいで、と手招いているが、それはハゲタカがカモを呼び込む甘いセールストークかもしれない。




中国
は持続的安定的に発展の道を進んでいるというよりは、波乱含みの鉄火場の様相である。しかし、世界中の経済がおちこんで、今までのやり方でまじめに働いても金にならん、と思ったら、中国
市場で一発あてるぜ、というのも正しい選択の一つなのだろう。ただ、負けがこんできたとき、チャカを持ち出すヤツがいそうなのが、こわいよね。(胴元が持ち出す場合もあるが)。





蛇足


そんな訳はありませんが、電気の消費量と経済活動には大きな開きのある統計を鵜呑みにするァフォやバカは日本にいっぱいいます・。政権からして中国の宣伝隊ですし、マスコミも朝日、毎日、NHK、TBSを中心に日本人を嵌める為に日夜活動をしております。



WITHOUT YOU by Mariah Carey


悪いことは聞きたくないバカ集団・。

だまされるな!溢れる情報の中で漂流するあなたへ! 


<選対幹部が有罪の民主・小林千代美氏、議員辞職否定>民


主党の議員~倫理観のメルトダウン!ここまで! ・・・鳩山・小沢の犯罪者指導部ではこうなるのも必定



<選対幹部が有罪の民主・小林千代美氏、議員辞職否定>




昨年8月の衆院選・北海道5区で当選した民主党の小林千代美氏派の選挙違反事件で、公職選挙法違反(買収の約束、事前運動)の罪に問われた連合北海道札幌地区連合会(連合札幌)の元会長山本広和被告(60)=札幌市東区=に対し、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)は12日、懲役2年執行猶予5年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡した。
検察側は連座制適用の対象となる「組織的選挙運動管理者等」と判断している。禁固もしくは懲役の刑が確定すれば、検察側は連座制の適用を求めて、小林氏の当選を無効にする行政訴訟を起こす。

<北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査>  (産経新聞)


日本教職員組合(日教組)傘下の北海道教職員組合(北教組)側から1千万円を超える裏金を受け取り、選挙費用に充てていた疑いのあることが14日、関係者への取材で分かった。札幌地検は、政治家個人への企業・団体献金を禁じた政治資金規正法違反や、選挙費用の収支報告を義務付けた公職選挙法違反の疑いが強いとみて、小林氏側の立件を視野に詰めの捜査を進めているもようだ。



さすが、首相は脱税しても平気の平左。
幹事長は土建屋から巨額の裏金もらいながら「遺産だよ!」と嘯き、政治資金報告書から抹消。
その罪は秘書におっ被せて知らん顔。
こんな連中が、指導する政党だけあるね。
完全に所属する政治屋は、モラルハザードをおこし、倫理観などメルトダウン・・・。
上が上なら、下も下。
小林千代美なんていう労組ゴロ政治屋も何の責任もとりゃしない。
何が起こっても政治屋は、「責任も取らない」し「辞めもしない」という時代に、完全に逆戻りしてしまいました。
一般の下々の国民が暮らす世の中でさえ、コンプライアンス・アカウンタビリティーの時代なのに・・・
横綱も品格を問われ引退するのにね。
政治屋の世界だけは、政権交代で50年ぐらい後退してしまいましたね。

 上記の記事の小林千代美なんていう労組ゴロも労組ぐるみの選挙違反が明らかになり、選対幹部が有罪でも、辞めやしない。
連座制で失職するまで居座る腹なのでしょう。
そして民主党も党として、何の対処も無い。
(小沢・鳩山じゃ出来るわけも無いね、人に何か言える立場じゃないからね。)
どこまでも根性汚い下衆ばかりだね。
開き直りだけはゴロツキ並み・・・たいした心臓だわ。
このズーズーしさなら、この労組ゴロも結構大物カモね!
さすが政治ゴロの本場!北海道だけある。
ムネオぐらいは行けるんじゃない?

しかし、教師の労組が裏金で政治屋に裏献金か・・・
こんな教師だらけだから、日本の公立教育はガタガタなんだね。
教師がこんな犯罪行為を犯す神経だから・・・生徒がマトモな倫理観のある人間になる訳無いね。

 結局のところ、民主党に政権とらせれば、少しはまともになるかと期待していた国民が「アホ」だったということでしょう。
所詮は、薄汚い「政治屋」の集まりですから・・・
目を光らせるべき「マスコミ」も近視眼的で、役に立たないことこの上ない。
マスコミは、継続的に問題を取り上げる姿勢に欠けています。
たとえば、民主党が野党であった時代には、豪華な新しい議員宿舎の問題を「税金の無駄が・・・」「これこそ無駄、民主党が与党なら即刻、売却・・・」などと言って、マスコミも一緒に批判していました・・・。
みのもんたの番組なども派手に騒いでいたものです。
それが今では、無かった事の様に取り上げません。
民主党が政権取ったのだから、今こそ豪華宿舎を売却すれば良いのにね。

今では、その「高級ホテル並み議員宿舎」は、民主党議員で溢れていますから・・・残念。
このような手のひら返しの所業もチャンと国民は認識しておくべきですね。
マスコミも報道しなさいよ。
チェック機能にナリャしない。役に立たんね。

 所詮、「民主党になったから政治がクリーンに・・・」などというのは幻想に過ぎません。
国民は、納税者として厳しい目を向けていないと、やりたい放題の無駄使いになりますね。

政権をとって以来、民主党は完全に奢り高ぶり、国民の声など聞く耳持たない政党に成り下がりました。
そして、民主党議員が必死になって、その顔色を窺っているのは有権者ではなく、土建収賄政治屋「小沢」ですから・・・
破綻した財政を無視して、過去最大に膨れ上がらした来年度予算。
この土建政治屋が、どれだけ私腹を肥やすことやら・・・

 「事業仕分け」とか言って自分に裏金が入ってこない事業は削り、バカな国民の目を誤魔化しながら・・・
「景気対策が・・・」とか言って国債発行。
過去最大に予算を膨れ上がらせる。
そして、自分に裏金の入ってくる地元の全く必要性の無いダムだけは、湯水のごとく公金を投入し続ける。
そして、小沢の私腹だけがドンドン肥えていく!
これが、民主党政権の基本的な構図です。

蛇足


民主私物政権などいらないであろう・。小林議員の後援者の北海道教職組合は「竹島は韓国領」などと国益より組合益を考えるカルト集団なのである・。


利己主義を個人主義などと言い換えているバカどもです・。




charlene-i've never been to me

Outer Limits アウターリミッツの思い出・。

ガラスの手を持つ男 ~『アウターリミッツ(1964)』

2007-11-12 20:38:12

トレントは夜の街にいた。

何故ここに居るのか、ここはどこなのか、全く思い出せなかった。

分かっているのは何者かに狙われている事だけ。

左手の手袋を外すと、彼の手はガラス製で、しかもコンピューターが内臓されているのだった。

彼はコンピューターに尋ねる。

~1000年後の未来、宇宙から来たカイバン人に地球は1ヶ月足らずで征服されてしまった。

だが、人類はカイバン人に全滅させられる前に一夜にして消失した。

ただ一人を残して...

残された男トレントは、与えられたガラスの手と共に、カイバン人のタイムミラーを通り抜け1000年前の世界にやってきたのだ。



コンピューターであるガラスの手は、指を3本奪われたため機能不全だった。

カイバン人がトレントを狙う理由、消失した人類の行方、そして何故トレントだけが残されたのか?

全ての謎は、指を取り戻した時に解明されるのだった。

カイバン人は鍵となるガラスの手を追っている。

まずは、これ以上カイバン人が過去に来れない様にタイムミラーを破壊しなければならない...





第33話『38世紀から来た兵士』と共にSF作家ハーラン・エリスンの原作・脚本。

ジェームズ・キャメロン監督『ターミネーター』公開時に、エリスンが『38世紀から来た兵士』と、本作品『ガラスの手を持つ男』のパクりだと訴え、結局『ターミネーター』のクレジットに原作として表記する事で決着を見たのは有名な話。



『38世紀から来た兵士』は38世紀の未来、戦争のためだけに育てられた兵士が現代にタイムスリップして人々と触れ合い、人間性を取り戻していくが、そこに彼と共に過去に飛ばされた敵兵士が現れる...



こちらは『ターミネーター』との類似度はかなり高く、アウターリミッツの2作品に、以前紹介した人間そっくりのロボットが登場する『スクリーマーズ』の原作、フィリップ・K・ディックの『変種第二号』を足して割るとかなり近い物が出来上がる...気がする



ただ、確かに似てると言えば似ているのだが、過去(特に子供時代)に観た作品から多少なりとも影響を受けるのは当たり前と言えば当たり前。

過去に観た断片の組み合わせでも、それがオリジナリティを感じさせれば、オリジナルとして成立するのではないかと思われる。

現に『ターミネーター』は以降の作品に影響を与えている訳だし。



『ガラスの手を持つ男』はTV作品のためか、ビジュアルでSF的な要素は、ガラスの手とカイバン人のみ。

カイバン人は人間に姿を変えているという設定のため、登場するのは目の周りを黒塗りしたパンダメイクの人間

たまにストッキングも被っている

人間モドキか



SFガジェットに頼らず、アイディアとショッキングな結末で勝負した作品。

ほろ苦い結末が印象的だ。今リメイクしても、内容的には充分通用するだろう(それ以上かも)。





一本、そしてまた一本と指を取り戻していくトレント。

謎も明らかになっていく。



カイバン人に破れた地球人だが、切り札があった。

99年間に渡り効果が持続する殺人放射能。

だがそれの使用は、カイバン人だけでなく地球人の死も意味する。

地球人は地球から放射能の効果が消えるまで200年間姿を隠すことにした。

全人類を電気信号に変換、金属製のワイヤーに保存した。



5本の指が揃った時、完全となったコンピューターがトレントに告げる。

『君はロボットだ』

全人類はトレントの体内に保存されていた...

彼は人類の守護神として作られたのだった。



危機を共にくぐり抜け、彼に淡い愛情を抱いた女性は、それを知り彼の元を去った。

彼は、これからの1200年間を孤独に生き続けなければならない..
.







蛇足


アウターリミッツは子供の頃見たTVドラマだ・。ある意味、人生を大きく左右された。 なぜか記憶の潜在意識の中に埋め込まれたようだ。今、このTVを再生して見ると、ちゃっちな子供騙しのようにしか見えないが、斬新な発想と苦い結末が何か考えされる秀作だと思う。




ガラスの手を持つ男「DEMON WITH A GLASS HAND」

若干蛇足
最後に自分の事と使命を知り、人類700億人の生命の為に1200年間を孤独に生き続けなければならないトレント。




38世紀から来た兵士「SOLDIER」



若干蛇足





10秒間の未来「THE PREMONITION」

若干蛇足






 昆虫美人「ZZZZZ」


若干蛇足
等々は記憶の中に息づいている。 







後に次の世代の監督が


ターミネーターやブレードランナーやマトリックス、スタートレック、スターワォーズなど影響されたと思われる映画が生まれている。







民主悪党艦隊全滅




嘘吐き3馬鹿の終わり・・。

この世界は過去数十億年の遺産として人は人として生きる世界であって、たかだか150年の歴史の共産や社会主義のエゴイスト達のインチキで無茶な政治(ソ連や東欧で失敗は実験済み、東アジアの劣悪思想(利己主義の我侭政治)は言うに及ばず・。)はもう、終わりにしましょう・。

不正をのさばらせていいのか!!

民主党の「個所付け」不適切だと思う?


どこの公共事業にどれだけ予算をつけるかを示したものが「個所付け」

与党の力を組織的にアピールする狙いといえるが、党内からは「政権党のおごりと思われかねない」と危ぶむ声も。

既に出回っている「個所付け」表では、夏の参院選で民主党の苦戦が予想される地区に手厚く配分してあるという。

82%





石川知裕議員は議員辞職するべきだと思う?






民主党を12日にも離党の意向。自民党の石破氏は「当然、離党。少なくとも議員辞職に値する」


77%


小沢氏の態度は「居直り」/穀田国対委員長「証人喚問を要求」


日本共産党の穀田恵二国対委員長は9日、国会内で会見し、民主党の小沢一郎幹事長が前日の会見で、自身の資金管理団体の土地購入資金をめぐり不起訴処分になったことについて、「不正なことをしていないとの主張が明白になった」「これ以上の説明はない」などと発言したことを、「居直りとしかいいようがない」と批判しました。 穀田氏は、「小沢氏本人の資金管理団体の政治資金報告書にウソがあり、秘書が関与していたというのは動かぬ事実だ。








小沢の不正をほっかぶりの民主政権など解散せよ・。





永田町には謎の鳥

永田町には謎の鳥がいる。その正体はよく判らない


中国から見れば、その鳥は「カモ」に見える。


アメリカから見れば、その鳥は「チキン」に見える。


日本国内では、その鳥は「サギ」だと思われている。


でも鳥自身は、自分のことを「ハト」だと言い張っている。


そして賢者は言う、「その鳥の名前はガンである」と。





若干蛇足








プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR