FC2ブログ

亀井郵政改革は大賛成!



金の値段の裏のウラ
』 鬼塚英昭氏 以下抜粋



20世紀のある時点で〔金の戦争〕という名の秘密戦争を仕掛けたときから、世界を支配するグランドデザインが出来ていたはずである。
新しい通貨フェニックスという名称かどうかは別にして)は、スイスの国際決済銀行(BIS)で研究され、
一部はすでに印刷されているのではないかと思っている。



新しいBIS規制が通貨と結びつくのである。バブルの崩壊はBIS 規制によった私は書いた。BISはIMFと結託して世界を裏から動かしてきた。



新BIS規制が2007年の3月から導入された。日本を根底から揺さぶる規制をBISが一方的に決めた。



--各国の根底から

国のエネルギーを殺(そ)ぐべく

爆弾を投げ込んできた--



朝日新聞('07,05,01)

『金融機関の資産や負債のリスクをより厳格にみる国際決済銀行(BIS)の
新しい自己資本比率規制(新BIS規制)が2007年3月から導入され中小金融機関に不安が広がっている。



これまでリスクが無い資産として金融機関が買い増ししてきた国債の扱いが、一転して金利変動リスクの高い資産に変わったのだ。「国債問題」は、10月に民営化が始まる日本郵政にも重い課題になる可能性がある。』



今までは、国債や地方債はBIS規制では「リスクがゼロ」で計算できた。しかし、新BIS規制では、金利が急上昇すると、国債の利回りと預金金利とが「逆ざや」になる恐れがあるとして、保有する国債の金利リスク(損失)の計算が義務付けられたのである。



これは
信用金庫などに国債を買わせないようにする、BISの悪企(わるだく)みである。BISはついに、その醜悪な正体を現わしたのである。それは裏を返せば、金を独占したチューリッヒの小鬼たちの将来への布石の一つである。





補足


リーマン破綻は日本の金融機関に巨額の貸し倒れももたらした。金額の大きさで目を引くのはあおぞらと新生の準大手2行だ。両行とも98年の一時国有化を経て外資傘下となった銀行。折から業績低迷に陥っているだけに今回の貸し倒れは痛い。

また、金額は小さいものの、紀陽
ホールディングスの71億円を筆頭に、地方銀行が運用難の中かなり広範にサムライ債(円建て外債)を購入している事実も注目される。



地方経済の疲弊で地銀の経営はどこも苦しい。リーマン破綻がボディブローとなり、

生き残りのため大きな経営判断を迫られる可能性もある。


国内主要金融機関のリーマン向け債権 一覧


'08,09,23
東洋経済

      



BISは一民間銀行である。しかし、今や世界の中央銀行といわれるようになった。新BIS規制を黙って受け入れることは日本という国の破滅が近いということを意味する。



補足


【ゆうちょ銀行を標的にした新BIS規制、そして今後の動き】南風小僧氏


ゆうちょ銀行の今後の予定は、・来年09年に株式上場予定。17年までには国は、全ての株を売却予定。株式上場ともなれば、外資が大挙して群がってくる。そして、株主の声として、信用度が低いと烙印をおされた日本国債を購入することは難しくなる。ちゃんとリスク評価せよ、新BIS規制を適用せよという声が高くなるだろう。その時、日本の貯蓄は外国投資に向かって流れ出す

日本国債は暴落→日本もIMF管理に置かれ、実質支配されるシナリオか?



 

新しい通貨づくりの一つの布石が、新BIS規制であることを認識し、一民間銀行の暴挙に挑戦すべきである。ロンドンとチューリッヒの小鬼たちは 次々と手を打っている。新しい通貨を流通させるために、BISが 動き出している





蛇足


小泉政権当時の竹中がやろうとした売国政策は、現在、亀井大臣が止めた形だ。国債を暴落させて、国内金融機関の国債離れを起こさせて、実質、国際金融資本家たちにくれてやる政策を画策していた。


郵貯銀行が唯一、保有資金を国債8割で運用している。これを崩壊させてしまう事は国債暴落を画策して混乱を起こさせる。予定が狂ったが竹中ァフォ売国奴が今でもマスコミ誘導している。


亀井さんは分かっているのであろう・。





今回の件で、日本をスルーして中国のバブルに影響するだろう・。

スポンサーサイト



中国政府にゆるーい抵抗





■これは、昨年のグリーンダム事件のときに、ネットユーザー
たちが書いたイラスト。グリーンダム(緑●=土貝)とは、2009年7月1日以降の新規販売パソコンすべてに搭載が義務付けられようとした検閲ソフト。エロ(ポルノ)などの有害情報から若者を守るという建前で導入されようとしたが、政治や宗教、思想など中国共産党にとって有害な情報から若者を守ることも目的といわれていた。ただし、この導入計画はユーザー
、メーカーからの抵抗だけでなく、ソフト自体に大きな問題があり無期延期となった。



■このグリーンダム問題がネット上でたけなわのとき、若いネチズンはこういう、日本のエロゲームに出てくる妹系キャラを描いて「グリーンダムたん」と名付けて、ゆる~い抵抗の意志を表現していた。


■このイラストをみるとわかるのだが、「グリーンダムたん」の衣装はちょっと紅衛兵風。帽子のマークは赤い星ならぬ、赤い河蟹(和諧と同じ発音の隠語=胡錦濤政権が打ち出しているスローガン・和諧社会を揶揄している)。手に持っているのは醤油桶。


これは去年の流行語「打醤油(醤油を買う)」(ノーコメント、俺は関係ないの意)からきている。中国のテレビニュースで、エジソン・チャンのエロ写真流出問題を報じているとき、通りがかりの広州市民に、テレビがマイクを向けてコメントを求めたときた「俺は醤油買いに来ただけなんだ」とコメントを拒否したことから、「打醤油」はノーコメントを意味する言葉になった。


■髪のチョウチョリボン
はおそらく、雅蠛蝶(ヤーミィーディー)。日本のエロビデオで女性が叫ぶ言葉を中国語の音にあてたもの。


で、このエロげー妹キャラのグリーンダムたんは、「エロなんて一番きらい、絶対絶対みせてあげない!」とかわいくセリフを吐いている。ちなみに胸にだいている兎はグリーンダム検閲ソフトのキャラクター。


■ネット上で使われる隠語で有名なのは草泥馬(ツウォウニィマァ=ふぁっくゆあまざーを意味するののしりことば)だが、


これは安徽省の毒粉ミルク事件のときに流行し始めたらしい。粉ミルク会社の責任者が、「責任は草にある」といったことを受け、「ミルクが悪いのは草のせい、草が悪いのは泥のせいだといいだすんだろう!ふぁっくゆあまざ~」と言う感じで、ネットで批判が広がり、「草泥馬~!」というののしり言葉がはやったとか。


■中国では、リーマンショック後の世界の混乱に自由主義の限界をみて、中国の特色ある社会主義こそ、米国式自由主義の次にやってくる新しい世界秩序、との自信を深めている気配がある。中国こそ、メディアもネットも金融も株も完璧に管理できる持続的発展可能な初の独裁国家となるのだ、と。少なくとも党内ではそういう期待がをうまれ、最近の中国の国際社会における強気な姿勢、人権活動家や民主活動家や少数民族への弾圧強化傾向に反映されているのではないだろうか。



■ものの本で読んだ神話によれば、中国でヒトを作ったのは女媧という女神だそうだ。最初は泥をひとつひとつ手でこねて丁寧にヒトをつくっていた女神も途中で面倒くさくなって、縄を泥に浸してぶんぶん振りまわして、その泥の飛び散ったのを、一粒一粒ヒトにしたと。だから中国人には、君子と呼ばれる優秀な少数のリーダー(丁寧に作られた泥人形)と、どうしようもない大量の愚民(泥の飛び散ったしずく)ができたとか。こういう神話ののこる中国では、愚民は英雄や君子とよばれるリーダーに支配されることの方が安心するのだ、といった考えが根強くある。


■貧富の格差が広がり、その格差に対する民衆の不満が地方暴動という形で頻発、社会の不安定化が民主化運動につながるとか、市場経済と民主集中制政治という矛盾する体制では経済成長は限界に達し、経済破綻が現体制の変化を余儀なくさせるとか、そういう予測を言う人も以前より減った。国民の格差への不満は、民主主義への政治改革を望むよりむしろ、「毛沢東時代はよかった」という懐古趣味的新左派に流れている。


毛沢東時代の恐怖政治を知らない若い世代の間では「中国が国際社会で軍事的にも経済的にもより強大になることが今の社会の閉そく感を打破する方法」という、なにやら戦前の日本をほうふつとさせる危険思想も見受けられるようになってきた。



■私はもちろん、中国の政治体制が今後劇的に変わる可能性も信じている。しかし、それは五輪開催で中国が国際化し、ネットの発達で情報統制が緩んで、社会の民主化要求が盛り上がるという形で進められる可能性は、低くなったな、と感じている。



■もし、可能性があるとしたら、中国のきわめて伝統的な手法、つまり中央の権力闘争、路線闘争の中に、民主化(どちらかというと民主的な)の流れが生まれる、という形しかないかもしれない。そして権力・路線闘争が激化するかどうかは、過去の歴史からみて国内のインフレ具合が大きく影響する。そうなったとき、どういった権力・路線が4億(そのころは6億かもしれないし、7億かもしれないが)のネット世論を味方につけるか、あるいはうまく誘導するか。


■それは、世界が新たな中国的秩序に支配される時代の幕開けとなるか、それとも私たちがすでになじんでいる民主と自由の秩序が守られるかの分水嶺かもしれないと、想像力をたくましくすれば、いやがおうでも、中国の経済や政治の動きを注意するとともに、中国ネチズンが愚民化していくのか、それともゆる~い言動のうちに、自由への希求や闘志をひめているのかを、みきわめたいと思うのである。



蛇足


日本的なマンガキャラクターはある意味すごいでつ・。オタクは世界共通になりつつあるのか知らんが、まあ、彼らは政府の規制にゆるーい抵抗をしている。中国インターネットの中には政府の工作員が多く存在する。中国政府の管理がこれからもうまく行くとはとても思えないけど・、中国バブルも弾け始めている。国内の混乱が始まるか?沈静するかはまだ分からないけど。




The Rubettes - Sugar baby love

中国は100年前の世界なのか?


2010年03月26日 (金) | Edit
|

中国、18分野の報道禁止 グーグル撤退直前に通達


http://www.asahi.com/international/update/0324/TKY201003240478.html


人民元の切り上げをめぐる対中批判や食品安全事件など、18分野の報道や独自取材を禁じる通達を報道各社に出していたことがわかった(中略)大手新聞社関係者は「読者の関心が高い内容がほとんど禁止され、何を報道すればいいのかわからない」と話す。インターネットニュース幹部は「グーグル問題が中国のメディア規制を結果として強めてしまった」とみている

言論の自由も報道の自由もない検閲国家の姿がここにあります。共産主義国家の中国はしょせんこんな国。こういう国に経済的に加担している国も企業も同罪ですよ。




asahi.comより




【北京=峯村健司】中国メディアを管理する共産党中央宣伝部が、人民元の切り上げをめぐる対中批判や食品安全事件など、18分野の報道や独自取材を禁じる通達を報道各社に出していたことがわかった。米インターネット検索最大手のグーグルが中国本土での検索事業の撤退を表明する直前、大衆が不満を募らせる問題の報道を抑え込む異例の通達に踏み切っていた。中国筋が明らかにした。

 通達は劉雲山・共産党中央宣伝部長名で、21日に主要な新聞、テレビ、ラジオ、インターネットニュース各社にファクスで送られた。日曜日にこうした動きがあるのは異例。グーグルが22日に撤退を発表するとの情報を中国当局が事前につかんだため、急きょ通達を出したのだという。


 規制の内容は、2008年の北京五輪の直前に実施された規制を上回る「過去最大規模」(中国メディア幹部)。グーグル問題で米国は中国のネット検閲の中止を求めていたが、こうした敏感な問題で国内の世論を統一し、メディア規制を緩めることはしないという姿勢を明確に示す狙いがあったとみられる。


 劉部長は通達の中で、特に重要な事項として、米国が中国への圧力を強めている人民元の対ドルレート切り上げ問題を挙げた。米議員らによる中国批判の発言などを報じることを禁止。グーグル問題と同様、基本的に新華社通信の記事だけを使うよう定め、評論記事を書く場合は「米国の対応を批判する内容にするように」と強調した。


 このほか対象となった分野は、いずれも庶民が不満を募らせている問題で「報道が過熱すれば当局批判につながりかねない」(党関係者)との危機感がうかがえる。


 大手新聞社関係者は「読者の関心が高い内容がほとんど禁止され、何を報道すればいいのかわからない」と話す。インターネットニュース幹部は「グーグル問題が中国のメディア規制を結果として強めてしまった」とみている。


 中国外務省の秦剛・副報道局長は23日の定例会見で「国家の安全を害する情報を防ぐため、法にのっとったネット管理を緩めることはありえない」と断言している。


    ◇


 〈報道規制の対象〉


■人民元切り上げ問題


■官僚の腐敗


■高額な医療費


■食品安全問題・事件


■新疆ウイグル騒乱


■チベット騒乱


■貧富の格差


■戸籍制度改革


■食用油の価格高騰


■党幹部の人事予想


■大学の自治権拡大


■大学生の就職難


■四川大地震の学校倒壊問題や復興の遅れ


■山西省の不良ワクチン注射事件


■吉林省の製鉄所社長の殴殺事件


■重慶の警察と暴力団の癒着


■不動産価格の上昇と住宅難


■地価高騰をあおる不動産開発業者





蛇足


中国政府は、言論の自由など無きに等しい。NHK、TBS、TV朝日や、これを伝える朝日、毎日、日経などの左翼マスコミが伝えるのはパンダの事しかなくなるで・。


*人民解放軍の横暴は書けるみたいやね・・。


売国、民主党幹部に朝鮮系社民党が言うな!

海兵隊


アメリカ合衆国
の法律の規定に基づき、海外での武力行使を前提とし、国の権益を維持・確保するための緊急展開部隊として行動す。また、必要に応じて水陸両用作戦上陸戦
)を始めとする軍事作戦を遂行することを目的とする。本土の防衛が任務に含まれない外征専門部隊であることから「殴り込み部隊」とも渾名される





第3海兵師団(だいさんかいへいしだん、
: 3rd Marine Division)は、アメリカ海兵隊
の師団の一つ。第3海兵遠征軍
所属。司令部は沖縄県
うるま市
キャンプ・コートニー
。アメリカ海兵隊で現役である3個海兵師団の中では、唯一アメリカ本土以外に司令部および主力部隊を展開している。また、沖縄にいる海兵隊の大多数は同師団か、上級司令部にあたる第3海兵遠征軍所属の部隊である。


創設は1942年9月16日。多くの将兵を第2海兵師団
から抽出する形で編成された。 太平洋戦争
では、ブーゲンビル島
を皮切りに、グアム
硫黄島
の激戦に参加。多くの損害を出している。 朝鮮戦争
においては直接戦地には展開せず、主に補充兵の提供や、前線に展開していた第1海兵師団
の後方支援を行った。 ベトナム戦争
にも参加し、多くの作戦に従事した。


第3海兵師団は、他の海兵師団
と比較して戦力が少ない。戦車大隊が配備されていないほか歩兵連隊も1個少なく、多くの部隊が編成に入っていない。





海兵隊飛行場


普天間基地


  • 第1海兵航空団
    司令部飛行隊

  • 第36海兵航空群普天間航空基地飛行隊

  • 第36海兵群第152海兵給油輸送飛行隊

  • 第36海兵群第262海兵中型ヘリコプター飛行隊

  • 第36海兵群第265海兵中型ヘリコプター飛行隊

  • 第36海兵航空群軽/攻撃ヘリコプター飛行隊

  • 第36海兵航空群重/ヘリコプター飛行隊

  • 第31海兵遠征部隊第262及び265中型ヘリコプター混成飛行隊

  • その他


蛇足


アメリカ海兵隊は3軍あり、その最前線部隊が第3軍の沖縄基地である。他はアメリカ本土の西海岸と東海岸にあり、ローテーションで回ってくる・。有事の場合、まっさきに行動する展開部隊である・。当然、気も荒いとなる。


沖縄基地とひとくくりにする事で、中身が見えなくしている。どうして沖縄に拘るのかは、台湾と朝鮮半島の中間であり、最前線部隊に取っての息抜きの場として沖縄本土に拘っているのである。


普天間基地を国外、県外とさけぶ民主党や社民党は当然、中国や北朝鮮の手先として動いているだけだろう・。他の米軍基地の移転の方が筋が通る。フィリピンは米軍基地の撤退後、南沙諸島を中国軍に取られている。


日本も尖閣諸島に左翼がよく使う侵略を進出と言い代える事を中国軍が行うであろう。中国政府は北京の迎賓館の名前を魚釣台と尖閣諸島の魚釣島を連想させるように国民、国際的にプロパガンダしている。


沖縄海兵隊をターゲットにする事は誰の目にも、特定アジア3カ国にとって有難い事である。


キャンプシュワブ沿岸の方が筋が通っていた。

教師という名の詐欺師たち・。

だまされるな!溢れる情報の中で漂流するあなたへ! 


子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 → 先生たちよ、政治信条とか思想の問題じゃなく人間として恥ずかしくないのか?
 


<子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 政治行為? 首相「調査必要」>  2010年3月19日 産経新聞

 日本教職員組合(日教組)が交通遺児らの支援を行う「あしなが育英会」などに寄付するとして、「子ども救援カンパ」名目で集めた寄付金の6割近くを占める1億円を、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付していたことが18日、明らかになった。このうち3750万円が逆に連合から日教組側に「助成金」として交付され、朝鮮学校へ通う子どもの就労支援に使われたとの報告例もあった。

 自民党の義家弘介氏が18日の参院予算委員会で指摘した。鳩山由紀夫首相は「政治的活動に対し資金カンパをすることは禁じられている。政治的なカンパでないと信じたいが、文部科学省を通じて調査する必要がある」と述べ、地方公務員法で制限された政治的行為に当たるかどうか調査する考えを示した。

 日教組は昨年3月の中央委員会で、就学が困難な子供のいる家庭を支援する目的でカンパの実施を決定。使途として主にあしなが育英会への寄付を挙げ、そのほか「保護者の厳しい就労状況で就学できない子供」らを支援する「NPO団体など」への寄付を連合を通じて行うことを掲げた。

 日教組に所属する教員らが全国で街頭募金などを行った。15日の日教組臨時大会に提出された最終報告によると、カンパは総額1億7624万円で、あしなが育英会には7195万円が寄付された。

 ところが、連合には育英会を大きく上回る1億円が送られていた。日教組の雑誌「月刊JTU」昨年10月号は、子ども救援カンパの「一部」を連合に寄付したと記載していた。

 連合はカンパを元手に日教組傘下の地方19教職員組合の申請に基づき、30事業に計3750万円を助成した。最終報告によると、7事業は地方の教職員組合への直接支給で、徳島県教組は「朝鮮学校へ通う子どもの就労支援」として150万円を受け取った。

 義家氏は「街頭に立ったりした教師は、育英会の活動にプラスになるとの思いだったことが聞き取り調査でも明らかだ」と述べ、募金の使途に疑問を呈した。

************************************************************

 日本の公立学校がドンドンダメになっていく理由がよく分かりますね。

~「あしなが育英会」などに寄付するとして、「子ども救援カンパ」名目で集めた寄付金の6割近くを占める1億円を、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付していたことが18日、明らかになった。~

こんなことを学校の先生が、ヌケヌケとおこなうとは…

 教師だからとか言う以前の問題です。

よくある偽募金団体と同じではないですか?

オレオレ詐欺をやっている輩と心根は、まったく同じですね。



それどころか「学校の先生」という看板で、募金者を信じさせることができる分、その辺の街中で怪しげな募金活動している団体よりタチが悪い。

まさか、学校の先生が、目的を偽って募金活動をおこなうとは、普通の人は思いませんから…

こんな詐欺的犯罪行為をおこなって、善良な募金者を騙して、「先生」は心が痛まないのだろうか?

先生に連合活動費を騙されて募金させられた父兄はどんな気持ちなんでしょうか…



「可哀想な交通遺児の為に募金を…」とお願いしながら…、心の中では「これで労組活動費が集まるぜ、シメシメ!」と舌をペロッと出していたのでしょうね。

もう、“教師”というより“人間”としてダメです。

どんな政策を展開しようが、どんな仕組みを取り入れようが、実際現場の教師たちが、こんな人間では、日本の教育など良くなるワケが無い。

教育など所詮は「ヒト」です。

教師自身が、「ためらいも無く法を犯す…」「目的のためには手段を選ばない…」「うそをついてヒトから募金を巻き上げる…」こんな状態で、良い教育ができることを期待する方が無理というもの!

こんな教師が、生徒を正しく導くことなどできるわけがありません。

子供というのは、その大人が信頼に足るかどうか、本能的に嗅ぎ分けます。

こんな人間として底の浅い教師は、アッという間に見透かされ、尊敬の対象はおろかバカにする対象となるだけです。



 日教組は、以前から一貫して日本の教育が良くならないのは…

・「40人学級が実現されない…」

・「学習内容が多い…指導要領減らせば余裕が出来て良い教育が…、オチコボレ無くなり…」

・「教師も週休二日になれば余裕が出来て…」

~といった外部環境・労働条件的な課題に問題をすり替えて主張しては、要求を達成してきました。



しかしながら、結果はどうでしょう?

40人学級になろうが、週休二日で教師が楽になろうが、ゆとり教育で教育内容が減ろうが、一貫して全く日本の教育は良くなりませんでした。

・学力は低下し、イジメは減らず、現場はイジメ隠し、性犯罪教師は増加の一途、採用試験は情実ワイロのインチキ…etc

   ↓

どうしてでしょうか?

答えは明らか!

何をどう変えようが…

公立学校の教師の質自体が悪すぎる。

「ヒト」として親や生徒が尊敬できないような人間しかいないのに、マトモな教育などできるワケがない。

その上、教育現場は、いまだ労働組合などという存在価値の無い組織に多数が参加するような、1960年代みたいな組織風土と来ています。



 あらためて、今回のエセ募金事件で、ますます日本の公立教師のダメさを思い知らされましたね。

やはり、厳しい時代とは言え、この有様では…

自分の子供については、リスクを考えれば、私立に行かせないと大変なことになりますね!



日本の公立学校の教育現場はマトモではないですから…

国旗や国歌という法定されたものすら阻害する偏った思想…。

左翼思想という、もはや現在では、何の役にも立たない亡霊のような思想が跋扈しています。

いまどき、赤旗振って、「プロレタリアが…」「階級闘争が…」って、笑いしかでません。(中国やキューバですら、そんな思想は遠い過去の話)

そんな思想で何とかなると考えた時代は、100年前に終っていますから…

マルクス・レーニンの亡霊を、まだ本気で信じているようでは、オウムを本気で信じている連中と変わりません。

ほとんどカルトに近いです。

そんな偏った思想が蔓延る教育現場で、子供たちが健全に育つわけありません。

マルクス・レーニンの亡霊から我が子を守るには、自分の子はやはり私立に行かせるしかないのでしょうね…


蛇足


良い先生もいるなどという幻想は捨てた方がよさそうだ・。性犯罪は一般人の25倍だそうで・。犯罪者集団と代わらない・。その根本思想がすでに我が儘でしかない・。現実はどんどん進んで行きますが、まるで進歩がない教職という存在は質の悪い輩と化しています。

規制問題は表向きだろう・。

By Myself
さんより


中国がgoogleに撤退、とどまるなら法律順守を???


  • 2010/03/13(土) 01:47:49


中国政府筋の正式コメントのようだ。

コピー放置国家が法律の遵守をgoogleに言ってるらしい

常識で言えばまず自国の世界的な批判を真摯に受け止めてから言え

というのが本音だよな。

現在でも中国のコピーモノは蔓延るばかり

そしてまた、おざなり的な取締りを行ってるだけで

本腰をいれてるわけではないようだ。

そのいい加減な国家が一企業であっても世界のgoogleに

自国の法律遵守を要求なぞ、常識人からすれば片腹痛い事だと思う。


ましてやサイバー攻撃をも仕掛ける始末で手に負えないようだ。

まあ、googleにすれば広告料の収益も大きい事だと思うので

撤退せずに中国にいたほうが利口だと思うね。

別に検閲されてもああそうですかといえばいいだけで

広告料だけ取得すれば損して得かもしれないな。

しかし、中国と言う国には呆れるというか、開いた口が塞がらない


蛇足


googleの撤退の裏事情は多分、儲からないから・。中国経済がいよいよダメになりそうだからだろう・。


欧米系金融のお金の引き上げが進んでいるのであろうか?


アカデミー賞はSF映画の評価は低い・。

最優秀作品賞                ノミネートの中のSF映画

2009年 ハートロッカー               アバター

2008年 スラムドッグ$ミリオネラ      

2007年 ノーカントリー

2006年 デパーティド


 |


2003年 SF ロードオブザリングス(王の帰還)

2002年                      ロードオブザリングス

2001年                      ロードオブザリングス


  |

1990年 ダンスウィズウルブス           ゴースト/ニューヨークの幻

 |


1982年 ガンジー                   ET

1981年 炎のランナー               レーダース(失われたアーク)
 







若干蛇足



蛇足


米国アカデミー賞は興行収入の割には、SF映画の評価が低すぎる・。歴代SF映画はロードオブザリングスだけです・。それも3年間毎年ノミネートしてやっと・・・。ターミネーター、スターウォーズ、マトリックス、2001年宇宙の旅、ブレードランナーなどノミネートにもなっていない・。なんか偏ったおもろない映画に賞を出しているような・・。

グローバリストのマスコミ出演者

サンプロの出演者


NWOの後援者たちの手先が一杯言いたい事を言っている。


それだけ、イルミナティグローバリストは焦っているのだろう・。


中国・韓国などは、もうすぐ破綻が起こる。それを回避するため、日本を利用する計画を実行に移しているだけだ。


中国は流通紙幣の3割が偽札であり、経済成長の3割が嘘である。韓国は経済破綻寸前でウォン安で海外へ資金が逃避しているのだ・。


東アジアで唯一健全な日本を取り込むために、ババを引かす作戦をTVで宣伝しまくる。


EUの20%以上の消費税が普通のように見えるのは、ある意味取り込み詐欺的手法の経済政策である。


ギリシャやアイスランド、スペインなど襤褸が出てきている。


EU中央銀行への貢物は環境税やCO2税であり、EU諸国の通貨益を搾り取られているのを域内で誤魔化しているだけだ・。


日本の現政権や旧政権は同じグローバリストの下にあり、経済政策という名の足かせを履かすためのものだ・。


日銀出身の財務副大臣に大蔵出身のブレーン、小泉内閣当時の売国奴などなど・。


勝手な意見で国をミスリードしていく・。


経団連や労働側も国内中小企業へは何も考えていない・。


環境などの経済減少計画を着実に実行してしていく事をお題目にしている。


あまり見る価値がないけど・。





簡単に言えば、GNPは見る角度によって変わるだけ。(1ドル=130円から80円まで50%も動いている)


また、90%は国内の事です。


海外の動向と商売は日本と何も関係がない。


仕事と給与しか働く者にとっては興味がない。


グローバル企業と国とは何も関係がないのである・。


減税したから、海外のグローバル企業が来るとでも思っているのか?


利益を国民に分配しているのか?(今のところ、国民への還元は税金でしかないだろう)


国際競争と国内競争はまるで次元の違う話だ。


企業利益であり、国益ではない。
















映画ブレードランナーのエンディングが好きです。

Blade Runner Ending


Ending of Blade Runner


『ブレードランナー』 (Blade Runner)は、1982年公開のアメリカ映画。
2019年、地球環境の悪化により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ都市部での生活を強いられていた。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発された「レプリカント」と呼ばれる人造人間が、奴隷として過酷な作業に従事していた。レプリカントは、外見上は本物の人間と全く見分けがつかないが、過去の人生経験が無いために「感情移入」する能力が欠如していた。ところが製造から数年経てば彼らにも感情が芽生え、人間に反旗を翻す事態にまで発展した。しばしば反乱を起こし人間社会に紛れ込む彼等を「処刑」するために結成されたのが、専任捜査官“ブレードランナー”である。

タイレル社が開発した最新レプリカント"ネクサス6型"の男女6名が人間を殺害し脱走。シャトルを奪い、密かに地球に帰還し潜伏していた。人間そっくりなレプリカントを処刑するという自らの職に疑問を抱き、ブレードランナーをリタイアしていたデッカードだったが、その優秀な能力ゆえに元上司ブライアントから現場復帰を強要される。捜査の為にレプリカントの開発者であるタイレル博士に面会に行くが、タイレルの秘書レイチェルの謎めいた魅力に惹かれていく。

レプリカントを狩ってゆくデッカードだが、やがて最後に残った脱走グループのリーダーであるバッティとの対決の中で、彼らが地球に来た真の目的を知る事になる。


蛇足
レプリカントのレーチェルは自分が人造人間なのか本物なのか迷う・。デッカードにレプリカントだと見抜かれ感情が芽生えるが、しかし自身を受け入れる。純真なレーチェルにデッカードも惹かれいく・。レプリカントは地球では存在できない抹殺の対象になっている。4年間という短い命に自分は何者なのかを迷うレプリカントたち。デッカードはレプリカントの抹殺の為に雇われている。当然レーチェルもその対象ではあるが、自分にはできないと思う。そして、レーチェルと駆け落ちしていく。このシーンはいつ見ても新鮮だ・。(Trust me :どこかの首相とはだいぶ趣が違う。覚悟がある)レイチェル:ショーン・ヤングはレプリカントポイ格好だが、髪を下ろすと別人のように綺麗である。
「君を守る」とはよく言う台詞だが、先を考えればどうなるのだか?これからどうなるか分からないのは人間も同じだという事・。$若干蛇足
$若干蛇足
$若干蛇足
$若干蛇足

NWOは着実に実行されている。

蛇足


日本は昨年政権交代が行われた。結果は大幅な後退にしかならなかった。


NWOの指令通りに動く駒が蠢く集団にリードされている状態だ。





・日本は日本人だけの国では無い・・NWO


・東アジア共同体・・・NWO


*外国人参政権、人権擁護法案


・友愛=人口削減・・・NWO


*子供手当=増税


・イギリス議会を見習う・・・ロスチャ・NWO





・地球環境CO2:25%削減=人口縮小・・・NWO


・リサイクル=レデュース・・・人口縮小





・少子高齢化・・・人口削減


・経済危機・・人口削減


・医師不足(小児科・産婦人科)・・・人口削減


・水産資源管理強化・・・人口削減


*モナコ・・・NWO




若干蛇足
若干蛇足




現在の民主党政権は社会主義であり、ファシズムである。


解決策は地方分権ではなく、中央銀行廃止と国税庁解体しかないだろう・。


地方分権はNWOにとっての地均しであり、国という概念を奪うための方便ではないか?

ゲイツワクチンの続き・。

A new form of eugenics?


Gates’ interest in inducing population reduction among black and other minority populations is not new unfortunately. As I document in my book, Seeds of Destruction, since the 1920’s the Rockefeller Foundation had funded the eugenics research in Germany through the Kaiser-Wilhelm Institutes in Berlin and Munich, including well into the Third Reich. They praised the forced sterilization of people by Hirtler Germany, and the Nazi ideas on race “purity.” It was John D. Rockefeller III, a life-long advocate of eugenics, who used his “tax free” foundation money to initiate the population reduction neo-Malthusian movement through his private Population Council in New York beginning in the 1950’s.

優生学の新しいフォーム?

残念なことに、黒人と他の少数派民族間で人口縮小を引き起こすことへのゲイツの興味は新しくありません。

ドイツ第三帝国においては、私がロックフェラー基金がベルリンとミュンヘンのカイザー・ウィルヘルム研究所を通してドイツの優生学研究に出資したと私の本「破壊の種」の中で1920年代以来の事を記述している。

彼らは、1950年代から始めているニューヨークの彼らの私的な人口協議会を通して人口縮小新マルサス主義者運動を起こすために、彼らの「免税の」財団寄付金を使ったのがジョンD.ロックフェラーIII(優生学の生涯の支持者)でヒトラー・ドイツと人種「純粋さ」におけるナチスアイデアによる人々の強制された殺処分に感謝しました。

The idea of using vaccines to covertly reduce births in the Third World is also not new. Bill Gates’ good friend, David Rockefeller and his Rockefeller Foundation were involved as early as 1972 in a major project together with WHO and others to perfect another “new vaccine.”


The results of the WHO-Rockefeller project were put into mass application on human guinea pigs in the early 1990's. The WHO oversaw massive vaccination campaigns against tetanus in Nicaragua, Mexico and the Philippines. Comite Pro Vida de Mexico, a Roman Catholic lay organization, became suspicious of the motives behind the WHO program and decided to test numerous vials of the vaccine and found them to contain human Chorionic Gonadotrophin, or hCG. That was a curious component for a vaccine designed to protect people against lock-jaw arising from infection with rusty nail wounds or other contact with certain bacteria found in soil. The tetanus disease was indeed, also rather rare. It was also curious because hCG was a natural hormone needed to maintain a pregnancy. However, when combined with a tetanus toxoid carrier, it stimulated formation of antibodies against hCG, rendering a woman incapable of maintaining a pregnancy, a form of concealed abortion. Similar reports of vaccines laced with hCG hormones came from the Philippines and Nicaragua.

第三世界でひそかに赤ん坊誕生を減らすためにワクチンを使うアイデアはまた、新しくありません。

ビル・ゲイツのよい友人、デイヴィド・ロックフェラー、および彼のロックフェラー基金は、別の「新しいワクチン」を完成するためにWHOとその他とともに早くも1972年主要なプロジェクトに関係していました。

WHOロックフェラープロジェクトの結果は1990年代前半の人間モルモット上のマスアプリケーションに入れられました。

WHOはニカラグア、メキシコ、およびフィリピンで破傷風に対する大規模な予防接種キャンペーンを監督しました。

Comite Pro Vida de Mexico、ローマ・カトリック一般の組織はWHOプログラムの後援の動機を怪しみ、ワクチンのたくさんのガラスびんをテストし、ヒト絨毛性ゴナドトロピンまたはhCGを含むために組織を設立すると決めました。

それは、さびた釘の刺し傷を持つ伝染または土の中で発見された一定のバクテリアとその他の接触から生じている開いた傷口から人々を保護するようにデザインされたワクチンのための奇妙なコンポーネントでした。

破傷風病は実は少しまれな病気でした。

hCGが妊娠を維持するために必要な天然ホルモンであったので、それも好奇心が強かったです。

しかし、破傷風トキソイドキャリアと結合される時に、女性を、妊娠期間(隠された中絶のフォーム)を維持することを不可能にして、それはhCGに対して抗体の構成を刺激しました。

hCGホルモンを加えられたワクチンの同様なリポートはフィリピンとニカラグアから出てきました。

Gates’ ‘Gene Revolution in Africa’


The Bill and Melinda Gates Foundation, along with David Rockefeller’s Rockefeller Foundation, the creators of the GMO biotechnology, are also financing a project called The Alliance for a Green Revolution in Africa (AGRA) headed by former UN chief, Kofi Annan. Accepting the role as AGRA head in June 2007 Annan expressed his “gratitude to the Rockefeller Foundation, the Bill & Melinda Gates Foundation, and all others who support our African campaign.” The AGRA board is dominated by people from both the Gates’ and Rockefeller foundations.

ゲイツの‘アフリカの遺伝子革命’

ビルとメリンダ・ゲート財団は、デービッド・ロックフェラーのロックフェラー財団(GMOバイオテクノロジーの創作者)に加えて、前国連事務総長(コフィ・アナン)によって進められたアフリカ(AGRA:最愛の人)での緑の革命のための同盟と呼ばれているプロジェクトの資金を調達してもいます。AGRAが2007年6月にアナンが先頭にたって、役割を引き受けるたアナンは「ロックフェラー財団、ビルとメリンダ・ゲイツ財団と我々のアフリカのキャンペーンを支持するすべて人への感謝を表しました。」、AGRAボードは、ゲイツのものとロックフェラー財団寄付から人々によって支配されます。

Monsanto, DuPont, Dow, Syngenta and other major GMO agribusiness giants are reported at the heart of AGRA, using it as a back-door to spread their patented GMO seeds across Africa under the deceptive label, ‘bio-technology,’ a euphemism for genetically engineered patented seeds. The person from the Gates Foundation responsible for its work with AGRA is Dr. Robert Horsch, a 25-year Monsanto GMO veteran who was on the team that developed Monsanto’s RoundUp Ready GMO technologies. His job is reportedly to use Gates’ money to introduce GMO into Africa.


To date South Africa is the only African country permitting legal planting of GMO crops. In 2003 Burkina Faso authorized GMO trials. In 2005 Kofi Annan’s Ghana drafted bio-safety legislation and key officials expressed their intentions to pursue research into GMO crops. AGRA is being used to create networks of “agro-dealers” across Africa, at first with no mention of GMO seeds or herbicides, in order to have the infrastructure in place to massively introduce GMO.

モンサント、デュポン、ダウ、Syngenta、および他の主要なGMOアグリビジネスの巨人は、AGRAの心臓部で、欺瞞的なラベル下でアフリカを横断するそれらの特許を取得したGMO種として『生物工学、』を広め、内密にそれを使用して婉曲的に特許を取得した種で遺伝的に設計したと報告されてます。

AGRA:アグラとその仕事に責任があるゲイツ財団からの人間は、ロバートHorsch博士(モンサントの総括で迅速なGMO技術を開発したチームに属した、25年のモンサントのGMOのベテラン)です。

伝えられるところでは、彼の仕事は、GMOをアフリカに導入するためにゲイツのお金を使うことです。

今までのところ、南アフリカはGMOを植えて収穫を得る事についての法律上の使用を許している唯一のアフリカの国です。

2003年に、ブルキナファソはGMOトライアルを認可しました。

2005年に、コフィ・アナンのガーナは生物学的研究における安全性立法を立案し、重要な役員は、GMOの収穫についての研究を進める彼らの意図を表現しました。

アグラは、非常にGMOを導入するために適所にインフラストラクチャーを持つ必要性のために最初はGMO種または除草剤に関する言及なしでアフリカを横断して「農業ディーラー」のネットワークを構築するために使われています。

GMO, glyphosate and population reduction


GMO crops have never been proven safe for human or animal consumption. Moreover, they are inherently genetically ‘unstable’ as they are an unnatural product of introducing a foreign bacteria such as Bacillus Thuringiensis (Bt) or other material into the DNA of a given seed to change its traits. Perhaps equally dangerous are the ‘paired’ chemical herbicides sold as a mandatory part of a GMO contract, such as Monsanto’s Roundup, the most widely used such herbicide in the world. It contains highly toxic glyphosate compounds that have been independently tested and proven to exist in toxic concentrations in GMO applications far above that safe for humans or animals. Tests show that tiny amounts of glyphosate compounds would do damage to a human umbilical, embryonic and placental cells in a pregnant woman drinking the ground water near a GMO field.13


One long-standing project of the US Government has been to perfect a genetically-modified variety of corn, the diet staple in Mexico and many other Latin American countries. The corn has been field tested in tests financed by the US Department of Agriculture along with a small California bio-tech company named Epicyte. Announcing his success at a 2001 press conference, the president of Epicyte, Mitch Hein, pointing to his GMO corn plants, announced, “We have a hothouse filled with corn plants that make anti-sperm antibodies.”

GMO、グリホサート剤、および人口縮小

GMOの収穫は一度も人のまたは動物の消費に安全であると証明されたことがありません。

さらに、それらが、その特色を変更するためにバシラス-スリンジエンシス(bt)または与えられた種のDNAの中への他の素材などの外国のバクテリアを導入する不自然な製品であり、それらは本来遺伝的に‘不安定’です。

おそらく、GMO契約の義務的な部分として売られる『対』化学除草剤は等しく危険です。モンサントのラウンドアップのような製品は世界で広く除草剤として使われました。それは、独立して、テストされて人間または動物にとって安全で、それをはるかに越えるGMOアプリケーションで中毒の集中に存在するために非常に知られている有毒なグリフォセート合成物を含みます。

テストは、微量のグリホサート剤化合物が人の臍の緒に(GMOフィールドの近くの地下水を飲んでいる妊娠した女性の中の胎児と胎盤のセル)に被害を与えるであろうということを示します。

米国政府の1つの長年のプロジェクトは、トウモロコシ(メキシコと多くの他のラテンアメリカ国の国の主要産物)の遺伝子組み換えされた遺伝的多様性を完成することでした。

トウモロコシはEpicyte:細胞外被と名付けられ、小さなカリフォルニアバイオテクノロジー会社とともに米国農務省によって資金提供されたテストの中で実地で試験されています。

Epicyte:細胞外被の社長、ミッチ・ハインは、2001年の記者会見で彼の成功を発表して彼のGMOドラセナを指し示して「私達は、反精子抗体を作るドラセナでトウモロコシを満たした温室を持っています」を発表しました。

Hein explained that they had taken antibodies from women with a rare condition known as immune infertility, isolated the genes that regulated the manufacture of those infertility antibodies, and, using genetic engineering techniques, had inserted the genes into ordinary corn seeds used to produce corn plants. In this manner, in reality they produced a concealed contraceptive embedded in corn meant for human consumption. “Essentially, the antibodies are attracted to surface receptors on the sperm,” said Hein. “They latch on and make each sperm so heavy it cannot move forward. It just shakes about as if it was doing the lambada.”15 Hein claimed it was a possible solution to world “over-population.” The moral and ethical issues of feeding it to humans in Third World poor countries without their knowing it countries he left out of his remarks.


Spermicides hidden in GMO corn provided to starving Third World populations through the generosity of the Gates’ foundation, Rockefeller Foundation and Kofi Annan’s AGRA or vaccines that contain undisclosed sterilization agents are just two documented cases of using vaccines or GMO seeds to “reduce population.”

ハインは、彼らが免疫がある不妊症として知られているまれな条件によって抗体を女性から取り去ったことを説明し、それらの不妊症抗体の製造を調節した遺伝子を分離し、遺伝子工学テクニックを使って、遺伝子を、ドラセナを生み出すために使われた普通のトウモロコシの種に挿入しました。

この方法で、現実において、彼らは人の消費のために意図されているトウモロコシに埋め込まれた隠された避妊器具を生産しました。

「基本的に、抗体は精子の上で表面のレセプターに引きつけられます。」と、ヘインは言いました。「彼らはとらえて、各々の精子をそれが前進することができないように重くします。まるでそれがランバダをしているように、それはちょうどあたりを震えます。」ヘインはそれが世界人口過剰の解決策である可能性を主張しました。

彼らがそれを知ることなく第三世界貧困国の人間にそれを与える彼の意見から残した道徳的および倫理的な問題です 。

ゲートの財団寄付、ロックフェラー基金、および未公開の殺菌エージェントを含んでいるコフィ・アナンのアグラまたはワクチンの寛大な心を通して飢えている第三世界の人々に提供されたGMOトウモロコシに隠された殺精子剤は「人口を減らす」ためにワクチンまたはGMO種を使用する2つの文書化されたケースです。

新世界秩序(再開)ジキルとハイド

Bill Gates talks about

‘vaccines to reduce population’




By F. William Engdahl, 4 March 2010




‘人口を減らすワクチン’についてビル・ゲイツは話します。


F.ウィリアム・エングダール、2010年3月4日によって

Microsoft founder and one of the world’s wealthiest men, Bill Gates, projects an image of a benign philanthropist using his billions via his (tax exempt) Bill & Melinda Gates Foundation, to tackle diseases, solve food shortages in Africa and alleviate poverty. In a recent conference in California, Gates reveals a less public agenda of his philanthropy―population reduction, otherwise known as eugenics.

マイクロソフト創立者と世界の最も裕福な1人、ビル・ゲイツは病気に取り組み、アフリカで食糧不足を解決し、貧乏を緩和するために(免除されている税金)彼のビル&メリンダのゲイツ財団経由で彼の十億を使って温和な博愛主義者のイメージを計画します。

カリフォルニアの最近の会議の中で、ゲイツは彼の博愛より公益でない路線を明らかにします―優生学として違った形で知られている人口縮小。


Gates made his remarks to the invitation-only Long Beach, California TED2010 Conference, in a speech titled, “Innovating to Zero!.” Along with the scientifically absurd proposition of reducing manmade CO2 emissions worldwide to zero by 2050, approximately four and a half minutes into the talk, Gates declares, "First we got population. The world today has 6.8 billion people. That's headed up to about 9 billion. Now if we do a really great job on new vaccines, health care, reproductive health services, we lower that by perhaps 10 or 15 percent." (author’s emphasis).

ゲイツは彼の意見を述べて、人工的なCO2排出を世界的に2050年までのゼロ(話の中ではへの約4.5分)に減らすことについて、ゲイツは「私達が人口増加のために取ってきた一番目」を宣言するという科学的には不合理な提案を彼のスピーチにおける招待客へのみのロングビーチ、カリフォルニアTED2010会議では「0まで革新します!」にタイトルを付けました。

世界に今日68億人の人々がいます。

それは最高約90億に向かっています。

さて、私達が新しいワクチン、医療、妊娠・出産に関わる健康のサービスにおける本当にすばらしい仕事をするならば、私達はそれをたぶん10または15パーセント下げます。(作者の強調)。

In plain English, one of the most powerful men in the world states clearly that he expects vaccines to be used to reduce population growth. When Bill Gates speaks about vaccines, he speaks with authority. In January 2010 at the elite Davos World Economic Forum, Gates announced his foundation would give $10 billion (circa ?7.5 billion) over the next decade to develop and deliver new vaccines to children in the developing world.

やさしい英語で、世界で最も強力な1人、彼がワクチンは人口増加を減らすために使われることを期待しているとはっきりと述べます。

ビル・ゲイツがワクチンについて話す時に、彼は権威を持って話します。

2010年1月に、エリートダボス世界経済フォーラムで、ゲイツは、彼の財団が、発展途上の世界の子供に新しいワクチンを展開させて、輸送する次の10年の間に100億ドル(およそ?75億)を与えるであろうということを発表しました。

The primary focus of his multi-billion dollar Gates Foundation is vaccinations, especially in Africa and other underdeveloped countries. Bill and Melinda Gates Foundation is a founding member of the GAVI Alliance (Global Alliance for Vaccinations and Immunization) in partnership with the World Bank, WHO and the vaccine industry. The goal of GAVI is to vaccinate every newborn child in the developing world.

彼の数十億ドルのゲイツ財団の主要なフォーカスは特にアフリカと他の後進国での予防接種です。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は世界銀行、WHO、およびワクチン産業とのパートナーシップにおいてGAVI同盟(予防接種と免疫化のためのグローバルな同盟)の設立メンバーです。

GAVIのゴールは、発展途上国においてすべての生れたての子供に予防接種することです。

Now that sounds like noble philanthropic work. The problem is that the vaccine industry has been repeatedly caught dumping dangerous―meaning unsafe because untested or proven harmful―vaccines onto unwitting Third World populations when they cannot get rid of the vaccines in the West.3 Some organizations have suggested that the true aim of the vaccinations is to make people sicker and even more susceptible to disease and premature death.

さて、それは高潔な慈善事業のように聞こえています。

問題は、それらが西欧のワクチンを取り除くことができない場合に、繰り返し、ワクチン産業が、知らず知らずに第三世界人口に危険な--試されていないので危険な意味または有害に証明される--ワクチンをダンピングするのが見つけられたことです。

いくつかの組織は、予防接種の真の目的が、人々をより不快で、病気と時期尚早の死によりいっそう影響され易くすることであることを示唆しました。

Dumping toxins on the Third World


In the aftermath of the most recent unnecessary Pandemic declaration of a global H1N1 swine flu emergency, industrial countries were left sitting on hundreds of millions of doses of untested vaccines. They decided to get rid of the embarrassing leftover drugs by handing them over to the WHO which in turn plans to dump them for free on select poor countries. France has given 91 million of the 94 million doses the Sarkozy government bought from the pharma giants; Britain gave 55 million of its 60 million doses. The story for Germany and Norway is similar.

第三世界に毒素をばらまくこと

グローバルなH1N1ブタインフルエンザ緊急事態の最も最近の不要な全世界的流行の宣言の余波において、工業国は試験されていないワクチンの数億本はそのままにしておかれました。

彼らは、次々、えり抜きの貧しい国で無料で彼らをダンピングすることを計画するWHOに彼らを引き渡すことによって恥ずかしい残り物薬を取り除くと決めました。

フランスは、サルコジ政府が製薬巨人から買った9400万は無試験のうちに9100万を与えました;

英国はその6000万の無試験のうちの5500万を与えました。

ドイツとノルウェーも同様です。

As Dr. Thomas Jefferson, an epidemiologist with the Cochrane Research Center in Rome noted, “Why do they give the vaccines to the developing countries at all? The pandemic has been called off in most parts of the world. The greatest threat in poor countries right now is heart and circulatory diseases while the virus figures at the bottom of the list. What is the medical reason for donating 180 million doses?”6 As well, flu is a minor problem in countries with abundant sunshine, and it turned out that the feared H1N1 Pandemic “new great plague” was the mildest flu on record.

トーマス・ジェファーソン博士(ローマのコクラン研究センター)流行病学者は、「なぜ、彼らはワクチンを開発途上国に与えますか?」と指摘しました。

大流行病は世界のほとんどの地域で無くなっています。

ウイルスがリストの底で描写する時、貧しい国で最も大きな脅威はちょうど今、心臓と循環器系の疾患です。

その健康診断であるものは、1億8000万の無試験ワクチンを寄贈するために、「その上、インフルエンザが豊富な日光の国では小さな問題である」と論じて「、恐れられていたH1N1一般的である」新しい大きい疫病がレコードの上の最も穏やかなインフルエンザであったこと「は判明しました」。

The pharmaceutical vaccine makers do not speak about the enormous health damage from infant vaccination including autism and numerous neuro-muscular deformities that have been traced back to the toxic adjuvants and preservatives used in most vaccines. Many vaccines, especially multi-dose vaccines that are made more cheaply for sale to the Third World, contain something called Thimerosal (Thiomersol in the EU), a compound (sodium ethylmercurithiosalicylate), containing some 50% mercury, used as a preservative.


In July 1999 the US’ National Vaccine Information Center declared in a press release that, "The cumulative effects of ingesting mercury can cause brain damage." The same month, the American Academy of Pediatrics (AAP) and the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) alerted the public about the possible health effects associated with thimerosal-containing vaccines. They strongly recommended that thimerosal be removed from vaccines as soon as possible. Under the directive of the FDA Modernization Act of 1997, the Food and Drug Administration also determined that infants who received several thimerosal-containing vaccines may be receiving mercury exposure over and above the recommended federal guidelines.

調剤のワクチン製造会社は、ほとんどのワクチンの中で使われた有毒なアジュバントと防腐剤に追跡されている自閉症とたくさんの神経で恐ろしい変形を含む幼児の予防接種からのばく大な健康被害について話をしません。

多くのワクチン(特に、第三世界への販売のためにより安く作られるマルチ一服ワクチン)は、防腐剤として使われた約50%の水銀を含んで、チメロサール(EUのThiomersol)(化合物(ナトリウムethylmercurithiosalicylate))と呼ばれた何かを含んでいます。

1999年7月に、米国の全国的なワクチン情報センターは、それ(「水銀を摂取する累積効果は脳傷害を起こすことがある」)をプレス・リリースの中で宣言しました。

チメロサール含みワクチンと関連した可能性の健康効果について同じ月、小児科学(AAP)のアメリカアカデミー、および疾病管理・予防センター(CDC)は一般大衆に警報を出しました。

彼らは、チメロサールができるだけ早くワクチンから取り除かれるように強く勧告しました。

1997年の食品医薬品局近代化法の指令の下で、食品医薬品局はまた、いくつかのチメロサール含みワクチンを受け取った幼児が推奨された連邦のガイドライン上と水銀暴露を受けているかもしれないと決めました。

昨日の続き・。

Geomagnetic Storm Warning in Effect, Chile Blackout

影響、チリ停電における地磁気暴風雨警報











若干蛇足





Current Space Weather Warnings 現在のスペース気象警報




A Geomagnetic Storm is heading to earth on or about March 17th, 2010- St. Patrick’s Day.

磁気嵐は、2010年3月17日 ― 聖パトリック祭 ― に、または、それについて地球に向かっています。

Known to cause electrical interruptions and blackouts, last night in Chile millions of people were in a blackout with no power. The above chart illustrates the current warnings coming from space.

電気中断と停電を引き起こす事が知られて、昨晩チリで、何百万人も、電力なしで停電でいました。上記のチャートは、宇宙から来ている現在の警告を例示します。

A massive power failure h as plunged quake-hit Chile into darkness, stretching 2,000km (1,250 miles) and affecting up to 90% of the population. …Chile’s infrastructure was devastated by the quake on 27 February . The operators of the electricity grid said the blackout was caused by the failure of a high-voltage transformer about 700km south of the capital. Officials said the blackout was not directly related to the earthquake.

地震に遭われたチリを暗闇に陥れた大量の停電(2,000km(1,250マイル)を広げて、居住人口の最高90%に影響を及ぼす)。 …チリの地盤は、2月27日に地震によって破壊されました。電気格子のオペレーターは、停電が首都の700kmの南の高圧変圧器の故障に起因すると言いました。当局は、停電が地震に直接関連がないと言いました。

If the power outage wasn’t related to the earthquake, was the reason the high-voltage transformer failed due to interference from the geomagnetic storm or just a mechanical malfunction?

停電が地震と関連していなかったならば、高電圧変圧器が故障した理由は磁気嵐または単に機械的故障からの干渉でしたか?




若干蛇足



Rather inconveniently- Real-Time Prediction of Large Geomagnetic Storms by A joint product of the Plasma Physics Division, Naval Research Laboratory, the WIND MFI team of the NASA Goddard Space Flight Center, and the World Data Center C2 (WDC-C2) for Geomagnetism, Kyoto University, Japan, is not working!

A結合生産物プラズマ物理学部門、海軍研究試験所、NASAゴダード宇宙飛行センターのWIND MFIチーム、および地球磁気学のための世界データセンターC2(WDC-C2)、京都大学、日本による大きい地磁気嵐の少し不便なリアルタイム予測はうまくいっていません!

Exceeding a threshold?


Is this an indicator that the solar activity is so increased that the predicted geomagnetic storm approaching Earth is far more than what scientists are letting on?


The Journal of Geophysical Research on March 6, 2010 released reports of a study that claims, “Satellite observations often show that relativistic electron fluxes that decrease during a geomagnetic storm main phase do not recover their prestorm level even when the storm has substantially recovered.”

入り口を上回ること?

これは、地球に接近している予測された磁気嵐が、科学者が進行しているものよりず以上の太陽の活動が増大するというインジケータですか?

2010年3月6日の地球物理研究ジャーナルは、「人工衛星観測はしばしば、嵐が大幅に回復した時にさえ、地磁気の嵐メインのフェーズの間に減少する相対主義的な電子束がそれらの前嵐レベルを回復しないことを示します」と主張する研究のリポートを発表しました。

They don’t recover? Whiskey Tango Foxtrot. WTF.


Another study claims that, “ Using observations and two different global MHD simulations, we demonstrate that the solar wind speed controls the magnetospheric response such that the higher the speed, the more dynamic and irregular is the magnetospheric response.”

それらは回復しません?ウィスキー・タンゴ・フォックストロット。WTF。


もう一つの研究は、それ(「観察と2つの異なる世界的なMHDシミュレーションを使用して、我々は太陽の風速が磁気圏反応をコントロールすることを証明します、より高いものは速度(より多くの力)です、そして、不規則な磁気圏反応です。」)を主張します。

Finally something that makes common sense- the faster the sun’s wind speed, the more the magnetosphere can be altered.

最終的に、太陽が、曲がりくねっていることである感覚より速いものを一般的に疾走し、むしろ、磁気圏は変更されることができます。




若干蛇足




Sunspot 1054 is so big, you can see it without a telescope March 14, 2010

黒点1054は大変大きく、あなたは2010年3月14日望遠鏡なしでそれを見ることができます。


The Sydney Morning Herald reports that, “With the beginning of a new 11-year cosmic cycle, the number of sunspots will increase along with the possibility of a solar super storm. NASA data show the peak of solar activity will be in 2015. …Sunspots were discovered by Galileo Galilei in 1610.

シドニー・モーニング・ヘラルドでは(新しい11年の宇宙サイクルの初めで、太陽黒点の数は、太陽の素晴らしい嵐の可能性とともに増加します。)を報告しますNASAデータは、太陽活動のピークが2015年にあることを示します。 …太陽黒点が、1610年にガリレオ・ガリレイによって発見されました。

Forget about waiting until 2015, March of 2010 is suddenly proving to be an active time for the sun. If you are into shortwave radio you can tune in for a listen. “We are currently in the beginning of cycle 24. Each cycle has been numbered since the cycle was first observed by scientists. So far, “24″ has been slow to get busy, and ham-radio operators and shortwave listeners have been looking forward to better conditions for the last few years.

2015年まで待つこと、2010年の3月、突然、太陽の活動期間であると判明していることを忘れてください。

あなたが短波ラジオに夢中ならば、あなたはラジオを聴くことができます。

「私達は現在サイクル24の最初です」。

サイクルが最初に科学者によって観察されて以来ずっと、各サイクルは番号を付けられていました。

これまで、「24″は、なかなか仕事にかからなく、ハムラジオオペレータと短波無線受信者は過去数年の間よりよい条件を楽しみにしていました」。

There are signs that 24 might be getting ready to put on a show. While talking on a local repeater several nights ago, Ken Blume (K2UPI) noted that he had recently experienced abnormally good HF conditions.

24がショーを行おうと準備しているかもしれないという徴候が、あります。毎夜(元地元)のリピーターの上でいくつかを話している時、ケン・ブルーム(K2UPI)は彼が異常に良いHF状況を最近経験した点に注意しました。

Not only can you listen in but depending on where you live, just look outside to see the effects from the sun on Earth.

あなたは聴取することができるだけでなく、どこにあなたが住んでいるかに依存して、ただ、地球への太陽からの効果を見ることを外部で考えてください。




若干蛇足



The Sky Over Tromso, Norway March 15, 2010

トロムセ、ノルウェー2010年3月15日の上の空


Other parts of the world weren’t so lucky to observe such beauty without destruction.

世界の他の地域は、破壊なしでそのような美を観察することについてそんなに幸いでありませんでした。

”massive hydrogen sulfide gas eruption from the ocean floor kills fish, exposes local people to a major rotten egg stench, and causes ecological havoc in the ocean,” as was witnessed this week by the OrbView-2 SeaWiFS satellite.

OrbView-2 SeaWiFS衛星によって今週目撃されたように、「海底からの大規模な硫化水素ガス噴火で、魚は死んで、地元の人々を主要な腐った卵悪臭にさらして、海で生態学的な荒廃を引き起こします」。

It looks good from space and, “Natural, perhaps, but given the stakes to the critical fishing industry, and the suspicion that the eruptions may be getting more frequent and intense, an international collaboration is starting to examine possible links to global warming or other large ecological disturbances.


We already know Ecological Disturbances can be a result of any number of things from HAARP, EISCAT, LHC, etc, Solar Flares, and just maybe influenced by geomagnetic storms.

それは宇宙からよく見えて、「自然に、けれども重大な水産業と爆発がより頻繁で、強烈になっているかもしれないという疑惑を与えられて、国際的な協力は、地球温暖化または他の大きなエコロジカルな騒動への可能なリンクを調査し始めています」。

私達はすでに、エコロジカルな騒動がHAARP、EISCAT LHCなど、フレアからの任意の数の物の結果であるかもしれず、まさにたぶん、磁気嵐によって影響したと知っています。

世界的に3月17日ー18日が無事に通過すると良いが・・。

Magnetic Storm Prediction for St. Patrick’s Day, CME Approaching Earth
聖パトリックの日、地球に接近しているCMEの磁気嵐予測


This morning, the Solar and Heliospheric Observatory recorded a halo CME emerging from the vicinity of sunspot 1054: movie. The cloud appears to be heading toward Earth and it could spark geomagnetic storms when it arrives on or about March 17th. High-latitude sky watchers should be alert for auroras.



今朝、黒点1054の付近から出現して、太陽とHeliospheric観測所は後光CMEを記録しました:ムービー。
雲は、地球に向かっているようで、それが3月17日に到着する時に、それは磁気嵐を引き起こします。
高緯度天体観測家はオーロラに用心深くしなければなりません。



Uh, oh.


This Coronal Mass Ejection or CME’s appear to be related to the impact of a series of comets that plunged into the sun and disappeared on March 14, 2010.


CME’s are known to wreak havoc with the Earth’s magnetosphere, often causing interruptions in radio transmissions, causing power outages (blackouts), and causing damage to satellites and electrical transmission lines.
おおあーあ。
このコロナガスの噴出またはCMEは、太陽に突入し、2010年3月14日に消えた一連の彗星の衝突と関連しているようです。
CMEは、無線送信の中でしばしば割込みを起こし、停電を起こし、衛星と電気の送電線への損害を起こし


て、地球の磁気圏に大破壊をもたらすと知られています。




In March 1989, a geomagnetic storm triggered the collapse of a power grid in Quebec, leaving an estimated 6 million people without electricity for nine hours. And in 2006, a burst of solar radiation disoriented virtually all GPS receivers on the lighted half of the Earth, the National Weather Service said via.


そして、2006年に、突然の太陽輻射で地球のGPS衛星の半分が実質的にGPSレシーバー機能の方向感覚を失わせました。それは米国気象庁が述べています。



~省略~




Some claim that there is a magnetic reversal going on as illustrated in the above video. A perfect storm for the 2012 doomsday believers.


Among other things that could alter the magnetosphere are experiments from HAARP, who temporarily excite a limited area of the ionosphere by beaming what it claims is very low frequency radio waves (VLF’s).


いくつかが、上記のビデオの中に説明されるように続いている磁気反転があると主張します。
(2012年の地球最後の日信者のための完全な嵐)。
他で、磁気圏を変えることができたものはHAARPからの実験です。そして、ある人は一時的に、それが超長波電波(VLFのもの)を放射することによって電離層の限られた地域を興奮させると主張があります。




According to the HAARP website, it’s transmitter “becomes useless during a geomagnetic storm. During these common solar induced events, the natural variations reach a level that is more than 10,000 times stronger than any variation that HAARP could produce… The Earth’s static magnetic field, in turn, is more than 1,000 times stronger than the variations that occur during a magnetic storm and more than 10,000,000 times stronger than the variations that HAARP could produce.”


HAARPウェブサイトによると、それは送信機が「磁気嵐の間、役に立たなくなるということです。これらの一般の太陽の誘導されたイベントの間に、自然なバリエーションは、HAARPが生じることができたどんなバリエーションよりも10,000倍以上強いレベルに達します…地球の静磁場は、次に、磁気嵐の間、起こるバリエーションより1,000倍以上強くて、HAARPが生じることができたバリエーションより10,000,000倍以上強いです。」



heat the atmosphere, and CERN and FERMI do heat the underground. Up and down the Earth is being bombarde


In turn, if HAARP really has, could, would or had influence on earthquakes; it is clearly giving warning that a magnetic storm could greatly impact the earth.


HAARP and EISCAT do d by artificially created energy that has to go somewhere. Noting correlations between experiments occurring on or near the same days as the Chile and Haiti quakes t http://ahrcanum.wordpress.com/2010/03/12/lhc-shutting-down-half-assed-power-earthquake/


次々とHAARPが本当にそのようにしたならば、または地震に影響を及ぼしたならば;
それは、はっきりと、磁気嵐が大いに地球に衝突するかもしれないと警告しています。
HAARPとEISCATは大気を熱し、CERNとフェルミはアンダーグラウンドを熱します。
地球は人工的につくられたエネルギーによって衝突されています。
チリとハイチが震えるのと同じ日にまたは近くで起こっている実験の相関関係に注意すること。


We know this is where the antennae tin foil hats come on.


我々は、これがアンテナ(スズ箔帽子)がやって来るところであるということを知っています。


To be precautionary, first unplug anything connected to the electrical grid to prevent power surges. Next head out for some green eggs, and corned beef then wash it down with a green beer or two. When we see the Leprechauns running for cover, and the sky turning green we’ll know if the luck of the Irish holds out for Earth’s electronic grids.


用心のために、最初に、電力サージを防止するために電気のグリッドと接続された何のプラグでも抜いてください。
次はいくつかの緑色の卵とコンビーフのため1、2個の緑色のビールによってそれを洗い流します。
私達がカバーと空のために動いているレプレコン(老人の姿の小妖精.)が緑色になるのを見る時に、私達アイルランド人の運が地球の電子格子を強く要求するかどうかわかっています。


The current outlook for the aurora borealis, in the mean time remains calm to low the next few days.


北極光の、平均時間の現在の見通しは次の数日最低水準に静かであり続けます。


Wonder if we have the technology to dye them green for Saint Patrick’s Day?


我々にはそれらを聖パトリックの祭日に緑に染めるためにテクノロジーがあるかどうか疑問に思います?。




蛇足


聖パトリックの日は3月17日です。CMEは太陽嵐です。 地震はプレートのエネルギーが溜まった後に周期的に起こるといわれるが、実はプレートの合流に溜まる物質に太陽などの放射線が電子レンジの作用のように沸騰させるから地震が起こると言われる。もし、この事が人工的(Haap研究所など)に起こしているのならば、どこでも地震が起こる可能性がある。また、太陽嵐が数十年周期で起こっている事と比例しているならば、今回のような彗星の衝突は人工的なものを大きく上回ると思われる。

在日参政権など必要なし

日本の心を伝えるブログ
より



みなさんの手による拡散を希望します。



若干蛇足


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「在日のタブー、朝鮮進駐軍」




※「朝鮮進駐軍(ちょうせんしんちゅうぐん)」とは

在日朝鮮人は日本と戦争をした事実は無いにもかかわらず、終戦と同時に「朝鮮進駐軍」を自称し、日本各地において婦女暴行、暴行、略奪、警察署の襲撃、土地・建物の不法占拠、鉄道の不法乗車等、横暴の限りを尽くした。



●終戦後 「朝鮮進駐軍」武装部隊が首相官邸襲撃●
------------
「朝鮮進駐軍」部隊2000人による「首相官邸襲撃事件」が1946年起きた。


約2000人 の在日朝鮮人「朝鮮進駐軍」部隊が完全武装して首相官邸に突入。
日本の警官隊は当時武器の所持は禁じられていため、米軍憲兵隊に応援を頼んだ。
そこで米軍憲兵隊と「朝鮮進駐軍」との間で大銃撃戦闘へと発展した。


戦後の在日朝鮮人は、なんの国際法上の地位もないにも関わらず、勝手に自分たちを「戦勝国民である朝鮮進駐軍」であると詐称し、三万人もの武装集団となって全国主要都市に出現し暴れまくった。


在日朝鮮人集団は、武装解除された日本軍の武器と軍服を盗用して武装し、勝手に「朝鮮進駐軍」と名乗り、無差別に多くの日本人市民を殺害した。
GHQの 記録に残っているだけでも四千人以上の殺害記録が残されている。


戦後の治安が整っていない空白を良いことに、「朝鮮進駐軍」と名乗った在日朝鮮人は、土地の不法略奪、金品略奪、強姦、銀行襲撃、殺略、警察襲撃など暴れ放題の限りを尽くした。


「朝鮮進駐軍」と名乗る暴徒たちは、個々に部隊名を名乗り、各地で縄張りを作り暴れた。
これら「朝鮮進駐軍」 元締め組織が「朝鮮総連」、ヤクザなどになっていった。


国有地も、都心駅前一等地周辺も、軒並み不法占拠した。そしてそのまま、パチ ンコ屋、飲み屋、風俗店等々が出現し、そのまま彼らの土地として登記され現在に至っている。


農家、農協倉庫を襲い、貨車を襲撃、商店街、国の食料倉庫も襲い、食料や商品を根こそぎ 奪って行き、それらは全て戦後の闇市で売りさばき、暴利で財を成したのは彼らであった。


財を成したのは彼らは分派し、政治組織として社会主義、共産主義組織へと発展し、政界にも進んだ。

「朝鮮進駐軍」と名乗る在日朝鮮人暴徒たちは、通りすがりの市民に言いがかりをつけ集団暴行をはたらく。無銭飲食は当たり前、白昼に目に付いた婦女子を路上で集団強姦するなどを、日常茶飯事に繰り返した。


在日朝鮮人は「朝鮮進駐軍」部隊と名乗り、武装して、町をのし歩いた。
彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩した。


腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を振り回しては、手当たり次第に日本人を殺傷、暴行し、略奪の限りを尽くした。


通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、無銭飲食をし、白昼の路上で婦女子にいたずらをした。


善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。


こうした不良分子は旧日本軍の陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って街をのし歩いた。


警官が駆けつけても手も足もでない。
終戦後の警官が、一切の銃器の所持が許されていなかったのをよいことにして、


「おれたちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人がなにをいうか」と、丸腰警官を殴り、ド突き回し、警備用の木刀や飾りのサーベルをヘシ曲げた。


戦後当時の「朝鮮進駐軍」は今日の朝鮮総連本部である。


今の朝鮮総連となる「在日朝鮮人連盟中央総本部」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
引用ここまで


残りは「ねずきちのひとりごと」かyoutubeの動画にてお読みください。


そして拡散大奨励です(^ω^)ノ


オマケ・・・・既出ですが(^ω^;)すごく好きなので


蛇足
東北のおしんの物語をご存知でしょう・。日本は東北などを犠牲にして大陸に投資してきた。その額は国家予算の30%以上・。人口の半分が奴隷身分の奴隷制度の朝鮮半島に病院、学校、水道、都市を建設するために。日本に併合された当時、平均寿命が25歳という現在のアフリカよりひどい環境である。名前もろくに無い人々が人口の50%という、人口が1千数百万人で日本が併合しなければ数十年後に朝鮮人は滅亡していた。女奴隷制度の売春しか産業がないところで、まともに仕事を作った。終戦直後、朝鮮の人口は2700万人に膨れ上がっていた。未だに植民地や搾取などとデタラメな事を言う。日本国があわれである・。
ありもしない強制連行の物語をつくり、土地の不法占拠で財をなし、本国では禁止されているパチンコ賭博で儲け、高利のサラ金で搾り取り、挙句は払わない年金をよこせといい、選挙権をくれというユスリタカリなどにこれ以上の権利など必要ないと私は思う・。朝銀や韓国系銀行の不良債権処理に日本国は2兆円も出してるのである

まず、借金を返してからモノを言え(韓国と在日)

相変わらず反日運動に喜びを感じる韓国人たち・・。

$若干蛇足
$若干蛇足
$若干蛇足
今年は、いや、これからすぐに米ドルの下落が始まるだろう。
「3月危機」 が訪れることで、更に一層売られるだろう。
日銀と韓国中央銀行は、4月30日まで通貨スワップを延長した。
原則猶予期間は、たった3カ月しかない。
この間ズルズルウォン安が進行したら、明らかに韓国は日本に借
りた額以上の返済を迫られることになる。
短期対外債務も1800億ドルあるというから、尋常な額ではない。
再度の通貨スワップ延長がなければ、韓国経済の息の根が止ま
るであろう。

ハッキリ言おう。
2月1日で日韓の通貨スワップ協定を終了したとしても、タッチ
の差で韓国はデフォルトを免れた。
普通ならここで終了させればよかったと思うかもしれない。
しかしそうすれば韓国ウォンは、今以上の急激な安値となり、
金利が急上昇する。
つまり今のギリシャと同じように、CDSスプレッドが上がること
を意味するのだ。
さらに通貨が連鎖的に下落し続けるのは明らか。

韓国にとって金利の上昇は、決して通貨高を生まない。
ハードカレンシーから程遠い韓国通貨なんて、誰も欲しがらない
からだ。一時的に面倒をみているのは、日・米・中くらいなものだ。
この中で、昨日をもって米国が脱退した。
韓国の延命措置は、日本と中国の通貨スワップ協定継続しかあ
り得ないということだ。

韓国の2度目のIMF入りは、今年実現する可能性がある。
そうは言っても、資金的に余裕があり、性格的に優しい日本は再
度の延長も考えるだろう。
韓国の政府や中央銀行の要人がいつも通り、何度も頭を下げて
お願いに来ると思われるからだ。

日本の多くの議員は社会主義者です。

THE FAILURE OF SOCIALISM

社会主義の失敗


By Jack H. Swift, Esq.

January 10, 2010

NewsWithViews.com




若干蛇足



~省略~





Our great national experiment in socialism was and remains doomed on several counts.


Thanks to our socialists masquerading as environmentalists, we are committed to an economy of less and less production. Prong one. Thanks to our socialists dedicated to social justice and fair

distribution of the wealth, those who obtained something for nothing are being protected from giving it up through the use of dollars to be paid by future taxes on whatever production is left. Prong two. Socialism is failing and collapsing around our ears
.

社会主義における私達の大きな国家的な実験はいくつかの計算において悲しく運命づけられて、まだ続きます。

環境保護活動家に仮装している私達の社会主義者のおかげで、私達はますます減少していく生産の経済を約束されます。


富の社会正義と公正な分配にささげられた私達の社会主義者のおかげで、ただで手にはいる物を得た人々は、将来の税によって残されるどんな生産でも払われるドルを用いることによりそれをあきらめることから保護されています。


社会主義は私達の耳のまわりで失敗が聞こえていて、崩壊しています。


The sole answer of the socialists is that we really need more socialism. If that mindset prevails in Congress, we are doomed to be a third world nation. Socialism cannot work in a complex society. It never has worked. It never will.

社会主義者の唯一の答えは、私達が本当により多くの社会主義が必要である事なのです。

その思考が議会に普及するならば、私達は、第三世界の国家であることを運命づけられています。

社会主義は複雑な社会の中で働くことができません。

社会主義は決してうまく行った事がありません。

社会主義は決してしないでしょう。








蛇足


日本の民主党、社民党、国民新党、連立政権の多くの議員や野党の多くの議員は社会主義者であり、決定先送り、未来絶望政策の持ち主です。アフリカなどの第三世界を夢見ているバカやアホどもの集まりでしょう・。


国が何でもできるなどと本気で信じているカルトに近い・。日銀の廃止や財務省や国税庁の解体などできないのでまるで整合性はありません・。


自分の餌はがっちりいただいている動物園の見せ物ゴリラと変わりません・。

民主党「日本解体新書」

【「日本解体法案」反対の最新記事】




蛇足


民主党へ政権が変わって非常に世の中が悪くなり、まだ自民の方がましだったとは後の祭り・。


小沢(岩手県と関係がない外国人の倅)と鳩山(一郎と血縁が無い)の民主日本解体が始まったが、古層日本人から総反発をくらい頓挫してる。民主の議員はおしなべて、ひ弱でサラリーマンの議員ばかり・・。外国勢力に簡単に取り込まれている。

狼少年ケンの主題歌ですた・。

ロッテ Fit's CM




狼少年ケン

原作 大野 寛夫キー局 NET (テレビ朝日)製作 東映動画放映期間 S.38.11.24 ~ 40.7.12 放映期間 日曜 PM6:15 ~ 6:45 形式

蛇足
どこかで聞いた曲だと思ったら昔のマンガの主題歌ですた・。
アレンジが変わると、何か新鮮ですけど・・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR