FC2ブログ

暗躍する国際金融資本家 その1






Behind the Panic: Financial Warfare and the Future of Global Bank Power

パニックの背後:

金融戦闘とグローバルな銀行パワーの未来

by F. William Engdahl

What’s clear from the behavior of European financial markets over the past two weeks is that the dramatic stories of financial meltdown and panic are deliberately being used by certain influential factions in and outside the EU to shape the future face of global banking in the wake of the US sub-prime and Asset-Backed Security (ABS) debacle. The most interesting development in recent days has been the unified and strong position of the German Chancellor, Finance Minister, Bundesbank and coalition Government, all opposing an American-style EU Superfund bank bailout. Meanwhile Treasury Secretary Henry Paulson pursues his Crony Capitalism to the detriment of the nation and benefit of his cronies in the financial world. It’s an explosive cocktail that need not have been.

F. ウィリアム・エングダール


ここ数日で最も面白い展開はドイツの首相、蔵相、ドイツ連邦銀行と連立政府の統一で強いポストでした。そして、すべてがアメリカンスタイルのEUスーパーファンドバンク緊急援助のじゃまをしました。一方、財務長官ヘンリーパールソンは、金融界で国と彼の仲間の利益を損なうほど彼のクローニー・キャピタリズムを追い続けます。それはそうである必要がなかった爆発性カクテルです。

Stock market falls of 7 to 10% a day make for dramatic news headlines and serve to foster a broad sense of unease bordering on panic among ordinary citizens. The events of the last two weeks among EU banks since the dramatic state rescues of Hypo Real Estate, Dexia and Fortis banks, and the announcement by UK Chancellor of the Exchequer, Alistair Darling of a radical shift in policy in dealing with troubled UK banks, have begun to reveal the outline of a distinctly different European response to what in effect is a crisis ‘Made in USA.’

ハイポ不動産の劇的な州政府救済以来のEUの銀行の間の過去2週の出来事、Dexiaとフォルティス銀行、そして英国大蔵大臣アリスター・ダーリングが発表した1つの根本的に危機の英国の銀行と取り引きする方針の政策が変わます。何が有効に「アメリカで作られた」危機に対する明確に異なるヨーロッパの反応のアウトラインを明らかにし始めました。

There is serious ground to believe that US Goldman Sachs ex CEO Henry Paulson, as Treasury Secretary, is not stupid. There is also serious ground to believe that he is actually moving according to a well-thought-out long-term strategy. Events as they are now unfolding in the EU tend to confirm that. As one senior European banker put it to me in private discussion, ‘There is an all-out war going on between the United States and the EU to define the future face of European banking.’


米国ゴールドマン・サックスex CEOヘンリー・ポールソンが財務長官として、愚かではないと信じる重大な根拠があります。よく考え抜かれた長期戦略によって彼が実際に動いていると信じるさらに重大な根拠があります。それらが今、EUで展開しているとともに出来事は、それを確認する傾向があります。1人の上級のヨーロッパの銀行家が私的な議論で私に「全面戦争があります、アメリカとEUの間に次にヨーロッパの銀行業務の将来の顔を定義することです。」


In this banker’s view, the ongoing attempt of Italian Prime Minister Silvio Berlusconi and France’s Nicholas Sarkozy to get an EU common ‘fund’, with perhaps upwards of $300 billion to rescue troubled banks, would de facto play directly into Paulson and the US establishment’s long-term strategy, by in effect weakening the banks and repaying US-originated Asset Backed Securities held by EU banks.

これにおいて、銀行家の眺め(問題の多い銀行を救うためにたぶん3000億ドル以上によってEU共通‘資金’を得るイタリアの首相シルビオ・ベルルスコーニとフランスのニコラス・サルコジの進行中の試み)であり、実質上銀行を弱めて、EU銀行によって保持された米国で始められたアセットバックの証券に払い戻すことによって事実上直接ポールソンと米国の中に設立の長期戦略に組み込まれるでしょう。




Using panic to centralize power

パワーを集中化するためにパニックを使います。




次回





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR