FC2ブログ

その2

Using panic to centralize power

パワーを集中化するためにパニックを使います。

As I document in my forthcoming book, Power of Money: The Rise and Decline of the American Century, in every major US financial panic since at least the Panic of 1835, the titans of Wall Street?most especially until 1929, the House of JP Morgan?have deliberately triggered bank panics behind the scenes in order to consolidate their grip on US banking. The private banks used the panics to control Washington policy including the exact definition of the private ownership of the new Federal Reserve in 1913, and to consolidate their control over industry such as US Steel, Caterpillar, Westinghouse and the like. They are, in short, old hands at such financial warfare to increase their power.

私が今度の本の中で文書化することによる、金の力:

1835年のパニック(特に1929年までのウォール街が最も多く(米国バンキングの彼らの把握を統合するための舞台裏で‘JPモーガンは引き起した’意図的に引き起こされた銀行パニックの家)のタイタン)以来のすべての主要な米国金融恐慌におけるアメリカ世紀の景気の上昇と低下。

1913年の新しい連邦準備銀行の私有の正確な定義を含むワシントン方針をコントロールするためと米国スチール、キャタピラー、ウェスティングハウス、およびそのような産業に関してのコントロールを統合するために、プライベートバンクはパニックを使いました。

彼らのパワーを増大させる金融の戦闘で、彼らは要するに熟練者です。

Now they must do something similar on a global scale to be able to continue to dominate global finance, the heart of the power of the American Century.

さて、彼らは、グローバル金融(アメリカ世紀のパワーの心臓)を支配し続けることができるためにグローバルなスケールで同様なことをしなければなりません。

That process of using panics to centralize their private power created an extremely powerful, concentration of financial and economic power in a few private hands, the same hands which created the influential US foreign policy think-tank, the New York Council on Foreign Relations in 1919 to guide the ascent of the American Century, as Time founder Henry Luce called it in a pivotal 1941 essay.

パニックを彼らの個人的な力を集中するのに用いられるそのプロセスをとても強力な、2、3の個人的な手は作り、有力な米外交政策シンクタンクを作った同じ手は:アメリカの世紀の上昇を導く1919年の外交問題評議会のニューヨーク会議の財政的で経済力の集中として(タイム紙創設者ヘンリーリュースが重要な1941年のエッセイでそう呼ばれている)。

It’s becoming increasingly obvious that people like Henry Paulson, who by the way was one of the most aggressive practitioners of the ABS revolution on Wall Street before becoming Treasury Secretary, are operating on motives beyond their over-proportional sense of greed. Paulson’s own background is interesting in that context. Back in the early 1970’s Paulson started his career working for a rather notorious man named John Erlichman, Nixon’s ruthless adviser who created the Plumbers’ Unit during the Watergate era to silence opponents of the President, and was left by Nixon to ‘twist in the wind’ for it in prison.


ところで、財務省長官になる前に、ウォール街のABS革命の最も攻撃的な経営者のひとりであったヘンリー・ポールソンのような人々が彼らの過剰に比例した貪欲さの感覚を越えて動機に作用していることはますます明らかになりつつあります。

ポールソン自身のバックグラウンドはその文脈の中で興味深い。

1970年代の初期、ポールソンの背後は、ジョン・アーリックマン(大統領の相手を黙らせるために、ウォーターゲート事件の時に配管工のユニットを作成したニクソンの無情なアドバイザー)という悪名高い男のため彼のキャリアを始めて、そのあと刑務所で‘風の中のツイスト’ために、ニクソンによって遠ざけられました。

Paulson seems to have learned from his White House mentor. As co-chairman of Goldman Sachs according to a New York Times account, in 1998 he forced out his co-chairman, Jon Corzine ‘in what amounted to a coup’ according to the Times.

ポールソンは、彼のホワイトハウスの師から学んだようです。ニューヨークタイムズ記事に従うゴールドマンサックスの共同会長として、1998年に、彼は彼の共同議長(『クーデターに達したことで』タイムズによるジョンコルジン)を外へ押し出しました。

Paulson, and his friends at Citigroup and JP Morgan Chase, had a strategy it is becoming clear, as did the Godfather of Asset Backed Securitization and deregulated banking, former Fed Chairman Alan Greenspan, as I have detailed in my earlier series here, Financial Tsunami, Parts I-V.

私がここで私のより早いシリーズ(金融の津波、部分のI-V)において詳説した時に、アセットバックの証券化と規制解除されたバンキングのゴッドファーザー、前の連邦準備局会長アラン・グリーンスパンがしたように、ポールソンとシティグループとJPモーガンの彼の友人にはそれが明らかになっている戦略がありました。

Knowing that at a certain juncture the pyramid of trillions of dollars of dubious sub-prime and other high risk home mortgage-based securities would come falling down, they apparently determined to spread the so-called ‘toxic waste’ ABS securities as globally as possible, in order to seduce the big global banks of the world, most especially of the EU, into their honey trap.

それらのハチミツわなの中に世界の、最も特にEUの大きなグローバルな銀行を魅惑するために可能な限りグローバルにいわゆる‘有毒廃棄物’ABS証券を広めるために、一定の連結で、数兆ドルの疑わしいサブプライムのピラミッドと他の高リスクが抵当ベースの証券の危険を冒すということを知っていることは失敗して落ちて来ると彼らは確定しました。

They had help. In recent testimony under oath by Mr Lynn Turner, Chief Accountant of the Securities & Exchange Commission (SEC) testified that the SEC Office of Risk Management which had oversight responsibility for the Credit Default Swap market, an exotic market worth nominally some $62 trillions, was cut in Administration ‘budget cuts’ from a staff of one hundred down to one person. Yes, that was not a typo. That’s one as in ‘Uno.’

彼らは助けを受けました。

リン・ターナー氏による誓いの下の最近の証拠において、Securities & Exchange Commission (証券取引委員会)の会計課長は、クレジットデフォルトスワップ市場(名目上約62兆ドルに値しているエキゾチックな市場)についての監督責任を持っていた危機管理の証券取引委員会オフィスが100人のスタッフからの1人に‘予算の削減’において管理費が切られたと証言しました。

はい、それは誤植ではありませんでした。

それは、‘ウノ’においてそうであるようなものです。

Vermont Democratic Congressman Peter Welsh queried Turner, ‘... was there a systematic depopulating of the regulatory force so that it was impossible actually for regulation to occur if you have one person in that office? ...and then I understand that 146 people were cut from the enforcement division of the SEC, is that what you also testified to?’ Mr. Turner, in Congressional testimony replied, ‘Yes…I think there has been a systematic gutting, or whatever you want to call it, of the agency and it's capability through cutting back of staff.’

バーモントの民主党の下院議員ピーター・ウェールズはターナーに質問し、'…はそこで規制部門の組織的な担当者を激減させることで、あなたがそのオフィスに1人だけならば、規制することが実際不可能でしたか?... それから 私は146人が証券取引委員会の強制部門から減らされたと思います。それはあなたも証言したものですか?』 、ターナー氏は議会の証言の中で答えました ― 『はい…私の考えでは組織的なむさぼり食いがあったと思う、または能力があると叫ぶものは何でも問わずに機関とスタッフの削減である。』

Was that just ideological budget cutting fervor, or was it deliberate? Was former Goldman Sachs man, the man who convinced the President to hire Paulson, Bush’s former Director of the Office of Management and Budget (OMB), Joshua Bolten, now the President’s Chief of Staff, responsible for insuring there was no effective government oversight on the exploding securitization of mortgage assets?

そのまさにイデオロギーの予算は熱情をカットしていましたか?それとも、それは故意でしたか?前のゴールドマン・サックス、ポールソン(ブッシュの行政管理予算局(OMB)(ジョシュアボルトン、現在大統領の陸軍参謀総長)の前のディレクター)を雇うことを大統領に納得させた男は、抵当財産の爆発証券化において効果的な政府監督が全然なかったと保証することについて責任がありましたか?

These are perhaps some questions which the good Congressmen in both parties ought to be asking people like Henry Paulson and Josh Bolten, and not such red herring questions as how large Richard Fuld’s bonus pay at Lehman was. Are Mr Bolten’s fingerprints on the corpse here? And why is no one questioning the role of Paulson as CEO of Goldman Sachs, then the most aggressive promoter of exotic and other Asset Backed Securitization products on Wall Street?

これらはおそらく、両党の良い連邦議会議員がヘンリーポールソンとジョシュボルトンのような人々にしているべきであるいくらかの質問です、そして、そのような燻製ニシンはリーマンのリチャードフルドのボーナス賃金がどれほどの大きななものあったかについて疑いません。ボルトン氏の指紋は、ここの死体の上にありますか?そして、なぜ、誰もゴールドマンサックスのCEOとしてのパールソンの役割、そしてエキゾチックで他のアセットバックの証券化製品の最も攻撃的プロモーターにウォール街に関して質問していませんか?

Why did Henry Paulson single out one Wall Street firm, a bitter rival of his when he was CEO of Goldman Sachs according to market reports, and let it, as his mentor Erlichman was fond of saying, ‘to twist in the wind.’ It is the Lehman Bros. unwinding and its huge portfolio of Credit Default Swaps which is reportedly leading hedge funds and banks around the globe into panic selloffs.

なぜ、ヘンリーポールソンが1つのウォールストリート会社(彼が市場報告によるゴールドマンサックスのCEOであった彼の恨み重なるライバル)を選び出して、そして、彼の師アーリックマンが「風の中のツイスト」でしたように、リーマンをそうさせたのか。

それは、解体しているリーマンブラザーズの伝えられるところでは世界中のヘッジファンドと銀行を突然の売却に導いているクレジットデフォルトスワップ(CDS)のその巨大なポートフォリオです。

It now would appear that the Paulson strategy was to use a crisis?a crisis that was pre-programmed and predictable as far back as 2003 when Josh Bolten became head of OMB?when it exploded, to panic the more conservative European Union governments into rushing to the rescue of US toxic waste assets.

ジョシュボルトンが米国有毒無駄財産の支援に急いで行くことにより保守的な欧州連合政府がうろたえるようにそれが爆発したOMBの頭になった時には、現在、2003年として、ポールソン戦略はあらかじめプログラムされたこと、およびはるか背後で予測できることについての危機を使う必要があったようです。

Were that to have happened, it would in the process destroy what was left of sound EU banking and financial institutions, bringing the world one step closer to a global money market controlled by Paulson’s cronies?US-style Crony Capitalism. Crony Capitalism is certainly appropriate here. Paulson’s predecessor at both Goldman Sachs and at Treasury, Robert Rubin, liked to accuse the Asian bankers of Thailand, Indonesia and other lands hit with the speculative attacks of US-financed hedge funds in 1997 of ‘crony capitalism,’ leaving the impression the crisis was home grown in Asia and not the result of a deliberate executed attack by US-financed financial institutions to eliminate the Asia Tiger model among other goals, and turn Asia into the funder of US debt.

それがもしも起こったならば、それはプロセスにおいて、世界をポールソンの親友として米国スタイル・植民地資本主義(クローニーキャピタリズム)によってコントロールされたグローバルな金融市場に1歩近づけて、EUバンキングと呼ばれる金融機関の残りであったものを破壊するでしょう。

縁故資本主義(クローニー・キャピタリズム)はここで確かに適切です。

両方ともゴールドマン・サックスの宝庫、ロバート・ルービンのポールソンの前任者は、タイ(インドネシア危機が帰っていたという感じをアジアで成長したままにしておく‘クローニー・キャピタリズム’の1997年に米国で資金提供されたヘッジファンドの投機攻撃によって当たった他の領土)のアジア人銀行家を米国借金のために告発することが好きで、他のゴールでアジアタイガーモデルを取り除き、アジアを投資に変える米国で資金提供された金融機関による故意の実行された攻撃の結果を告発することが好きでありませんでした。

Interesting to note is that Rubin is now a Director of Citigroup, obviously one of Paulson’s crony bank ‘survivors,’ and the bank which to date has had to write off the largest sum in toxic waste securitized assets.

ルービンが現在、シティグループ(明らかに、ポールソンの親友銀行‘生存者’と今までに、有毒な無駄な証券化された財産において最も大きな合計を帳消しにする必要があった銀行のそれ)のディレクターであることは、注目するに値します。

If the allegation of pre-planned panic, a la the Panic of 1907 is accurate, and it is a big if, then the plan worked…up to a point. That point came over the weekend of October 3, coincidentally the national unification holiday of Germany.

もしも前に計画されたパニックの主張が1907年のパニック風に正確で大きなものであるならば、計画はうまくいっていました…ある程度までは。

その点は、10月3日(偶然の一致でドイツの国家統一休日)の週末を襲いました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR