FC2ブログ

私物金融制度の崩壊

THE COLLAPSE OF A 300 YEAR PONZI SCHEME:

THE REAL DEBATE IS CRONY SOCIALISM OR FINANCIAL SOVEREIGNTY

300年のポンジー計画の崩壊(ねずみ講計画の崩壊):

本当の討論は縁故社会主義または金融主権です。

Ellen Brown, October 16th, 2008

エレンブラウン、2008年10月16日

The Collapse of a 300 Year Ponzi Scheme

All the king’s men cannot put the private banking system together again, for the simple reason that it is a Ponzi scheme that has reached its mathematical limits. A Ponzi scheme is a form of pyramid scheme in which new investors must continually be sucked in at the bottom to support the investors at the top. In this case, new borrowers must continually be sucked in to support the creditors at the top. The Wall Street Ponzi scheme is built on “fractional reserve” lending, which allows banks to create “credit” (or “debt”) with accounting entries. Banks are now allowed to lend from 10 to 30 times their “reserves,” essentially counterfeiting the money they lend. Over 97 percent of the U.S. money supply (M3) has been created by banks in this way.5 The problem is that banks create only the principal and not the interest necessary to pay back their loans. Since bank lending is essentially the only source of new money in the system, someone somewhere must continually be taking out new loans just to create enough “money” (or “credit”) to service the old loans composing the money supply. This spiraling interest problem and the need to find new debtors has gone on for over 300 years -- ever since the founding of the Bank of England in 1694 ? until the whole world has now become mired in debt to the bankers’ private money monopoly. As British financial analyst Chris Cook observes:


“Exponential economic growth required by the mathematics of compound interest on a money supply based on money as debt must always run up eventually against the finite nature of Earth’s resources.”6


The parasite has finally run out of its food source. But the crisis is not in the economy itself, which is fundamentally sound ? or would be with a proper credit system to oil the wheels of production. The crisis is in the banking system, which can no longer cover up the shell game it has played for three centuries with other people’s money. Fortunately, we don’t need the credit of private banks. A sovereign government can create its own.

300年のネズミ講の崩壊

それがその数学的な限界に達したネズミ講である単純な理由のために、すべての王の部下が、二度と個人的な銀行システムをまとめることができるというわけではありません。ネズミ講は、新しい投資家がトップで投資家を支援するために底で絶えずだまされなければならないネズミ講式販売の形です。この場合、新しい借用者は、トップで債権者を支えるために、絶えずだまされなければなりません。ウォール街ネズミ講は「わずかな蓄え」貸出の上に築き上げられます。そして、それは銀行が会計エントリで「信用」(または「負債」)をつくるのを許します。銀行は現在、10から彼らの「蓄え」の30倍まで貸してもよいです。そして、彼らが貸すお金を基本的に偽造します。米国のマネーサプライ(M3)の97パーセント以上は問題がそうであるこのway.5で銀行によって生み出されました。そして、その銀行はそれらのローンを返すことに必要な利息でないものをつくります。銀行貸出がシステムの新しいお金の基本的に唯一のもとであるので、どこかの誰かはちょうど古いものはマネーサプライを組み立てて貸すサービスに十分な「お金」(または「信用」)を生み出すために新しいローンを絶えず取り出していなければなりません。この新しい債務者を見つける関心問題と必要を螺旋形にすることは、300年以上に近づきました ― これまでに1694年にイングランド銀行を設立してから ― ? 全体まで、世界は今は銀行家の個人的な金銭独占に借金しているミレッドになりました。クリスクックが観察する英国の財政的アナリストとして:

“Exponential economic growth required by the mathematics of compound interest on a money supply based on money as debt must always run up eventually against the finite nature of Earth’s resources.”

「負債が結局地球の資源の有限性質に常にぶつからなければならなくて、指数関数的な経済成長はお金に基づくマネーサプライの複利の計算によって要求しました。」

The parasite has finally run out of its food source. But the crisis is not in the economy itself, which is fundamentally sound ? or would be with a proper credit system to oil the wheels of production. The crisis is in the banking system, which can no longer cover up the shell game it has played for three centuries with other people’s money. Fortunately, we don’t need the credit of private banks. A sovereign government can create its own.

寄生虫は、その食物源が最終的に尽きました。しかし、危機は経済そのものでありません。そして、それは基本的に丈夫です ? あるいは、生産の歯車に注油するために、適当な信用システムです。危機は銀行システムです。そして、それはそれが他の人のお金で3世紀の間したいかさまをもはや隠蔽することができません。幸いにも、我々は個人銀行の信用を必要としません。主権を有する政府は、それ自身のものをつくることができます。

The New Deal Revisited

Today’s credit crisis is very similar to that facing Franklin Roosevelt in the 1930s. In 1932, President Hoover set up the Reconstruction Finance Corporation (RFC) as a federally-owned bank that would bail out commercial banks by extending loans to them, much as the privately-owned Federal Reserve is doing today. But like today, Hoover’s plan failed. The banks did not need more loans; they were already drowning in debt. They needed customers with money to spend and to invest. President Roosevelt used Hoover’s new government-owned lending facility to extend loans where they were needed most ? for housing, agriculture and industry. Many new federal agencies were set up and funded by the RFC, including the HOLC (Home Owners Loan Corporation) and Fannie Mae (the Federal National Mortgage Association, which was then a government-owned agency). In the 1940s, the RFC went into overdrive funding the infrastructure necessary for the U.S. to participate in World War II, setting the country up with the infrastructure it needed to become the world’s industrial leader after the war.


再登場されるニューディール

今日の信用危機は、1930年代にフランクリンルーズベルトと向き合って、それと非常に類似しています。1932年に、非常に私有連邦準備制度理事会が今日をしていて、フーバー大統領はローンを彼らまで広げることによって商業銀行を救済する連邦によって所有の銀行としてReconstruction Finance Corporation(RFC)を準備しました。しかし、今日の様に、フーバーの計画は失敗しました。銀行は、より多くのローンを必要としませんでした;彼らは、負債にすでに圧倒されていました。彼らは、使って、投資するお金で、顧客を必要としました。ルーズベルト大統領は、彼らが最も必要だったローンを広げるために、フーバーの新しい政府が所有する貸出機能を使いました ? 住宅、農業と工業のために。多くの新しい連邦機関は、HOLC(Home Owners Loan社)と連邦国民抵当協会(それから政府が所有する機関であった連邦国民抵当協会)を含むRFCによって設立されて、資金を助成されました。1940年代には、RFCは第二次世界大戦に参加するためにアメリカのために必要な基盤に資金を供給していて、それが戦争の後の世界の産業のリーダーになるために必要とした基盤で国を準備している過熱状態になりました。


The RFC was a government-owned bank that sidestepped the privately-owned Federal Reserve; but unlike the private banks with which it was competing, the RFC had to have the money in hand before lending it. The RFC was funded by issuing government bonds (I.O.U.s or debt) and relending the proceeds. The result was to put the taxpayers further into debt. This problem could be avoided, however, by updating the RFC model. A system of public banks might be set up that had the power to create credit themselves, just as private banks do now. A public bank operating on the private bank model could fan $700 billion in capital reserves into $7 trillion in public credit that was derivative-free, liability-free, and readily available to fund all those things we think we don’t have the money for now, including the loans necessary to meet payrolls, fund mortgages, and underwrite public infrastructure.


RFCは、私有連邦準備制度理事会を回避した政府所有の銀行でした;しかし、それが競争していた個人銀行とは異なり、RFCはそれを貸す前に手元にお金を持っていなければなりませんでした。RFCは、国債(I.O.U.または負債)を出して、収益を再び貸しすることによって資金を供給されました。結果は、負債に更なる納税者を置くことになっていました。この問題は、しかし、RFCモデルを更新することによって避けられることができました。個人銀行が現在するちょうどその時、銀行がそれの上で課されるかもしれない市民のシステムには彼ら自身信用をつくる力がありました。個人銀行モデルに手術をしている公共銀行は派生物がなくて、責任がなくて、我々は我々が今のところお金を持っていないと思うというすべてのそれらのことに資金を供給するためにすぐに利用できた公的な残高で7兆ドルに資本準備金で7000億ドルに風を送ることができました。そして、従業員名簿(基金抵当)に会って、公共基盤の保険を引き受けるのに必要なローンを含みました。


Credit as a Public Utility

“Credit” can and should be a national utility, a public service provided by the government to the people it serves. Many people are opposed to getting the government involved in the banking system, but the fact is that the government is already involved. A modern-day RFC would actually mean less government involvement and a more efficient use of the already-earmarked $700 billion than policymakers are talking about now. The government would not need to interfere with the private banking system, which could carry on as before. The Treasury would not need to bail out the banks, which could be left to those same free market forces that have served them so well up to now. If banks went bankrupt, they could be put into FDIC receivership and nationalized. The government would then own a string of banks, which could be used to service the depository and credit needs of the community. There would be no need to change the personnel or procedures of these newly-nationalized banks. They could engage in “fractional reserve” lending just as they do now. The only difference would be that the interest on loans would return to the government, helping to defray the tax burden on the populace; and the banks would start out with a clean set of books, so their $700 billion in startup capital could be fanned into $7 trillion in new loans. This was the sort of banking scheme used in Benjamin Franklin’s colony of Pennsylvania, where it worked brilliantly well. The spiraling-interest problem was avoided by printing some extra money and spending it into the economy for public purposes. During the decades the provincial bank operated, the Pennsylvania colonists paid no taxes, there was no government debt, and inflation did not result.

公共事業としての信用

「信用」は全国公益企業でなければなりません。そして、公益事業が政府によってそれが貢献する人々に提供されます。多くの人々は政府を銀行システムに巻き込ませることに反対です、しかし、実のところ、政府はすでに関係されます。現代のRFCは、実は、より少ない政府関係と政策担当者が現在話しているより効果的なすでに取っておかれた7000億ドルの運用を意味します。政府は個人的な銀行システムに干渉する必要はありません。そして、それは前の通り続けることができました。財務省は銀行を救済する必要はありません。そして、それは今までとてもよく彼らに貢献したそれらの同じ自由な市場実勢に任せられることができました。銀行が破産するならば、彼らはFDIC財産管理状態に入れられることができて、帰化することができます。政府はそれから銀行の列を所有します。そして、それが保管所と残高がコミュニティの必要とするサービスに使われることができました。これらの新しく国営化された銀行の社員または手順を変える必要が、ありません。彼らが現在するちょうどその時、彼らは「わずかな蓄え」貸出に係わることができました。唯一の違いはローンの利子が政府に戻るということです。そして、民衆への税負担を負担するのを助けます;そして、銀行は元のきれいなセットで始めるので、最初の資本の彼らの7000億ドルは新しいローンで7兆ドルにあおがれることができました。これはペンシルバニアのベンジャミンフランクリンの植民地で使われる種類の銀行業務計画でした。そこで、それはよく見事に働きました。螺旋を描いている関心問題は、若干の追加お金を印刷して、経済にそれを一般の目的に費やすことによって避けられました。地方の銀行が営業した10年の間に、ペンシルバニア入植者は税を払いませんでした、政府債務がありませんでした、そして、インフレーションは起こりませんでした。


Like the Pennsylvania bank, a modern-day federal banking system would not actually need “reserves” at all. It is the sovereign right of a government to issue the currency of the realm. What backs our money today is simply “the full faith and credit of the United States,” something the United States should be able to issue directly without having to draw on “reserves” of its own credit. But if Congress is not prepared to go that far, a more efficient use of the earmarked $700 billion than bailing out failing banks would be to designate the funds as the “reserves” for a newly-reconstituted RFC.

ペンシルバニアバンクの様に、現代の連邦銀行システムは、実はまったく「蓄え」を必要としません。領域の通貨を出すことは、政府の主権的権利です。今日我々のお金を後退させることは、単に「アメリカ合衆国の十分な信頼と信用」(アメリカ合衆国がそれ自身の信用の「蓄え」を引きあげなければならないことなく直接出すことができなければならない何か)です。しかし、議会がそんなに遠く進行する準備ができていないならば、失敗している銀行を救済することより効果的な取っておかれた7000億ドルの運用は資金を新しく再構成されたRFCのための「蓄え」と呼ぶことになっているでしょう。


Rather than creating a separate public banking corporation called the RFC, the nation’s financial apparatus could be streamlined by simply nationalizing the privately-owned Federal Reserve; but again, Congress may not be prepared to go that far. Since there is already successful precedent for establishing an RFC in times like these, that model could serve as a non-controversial starting point for a new public credit facility. The G-7 nations’ financial planners, who met in Washington D.C. this past weekend, appear intent on supporting the banking system with enough government-debt-backed “liquidity” to produce what Jim Rogers calls “an inflationary holocaust.” As the U.S. private banking system self-destructs, we need to ensure that a public credit system is in place and ready to serve the people’s needs in its stead.

別々の公共銀行業務会社をつくることがRFCを読み上げたよりはむしろ、国の財政的装置は単に私有連邦準備制度理事会を国営化することによって合理化されることができました;しかし、また、議会はそんなに遠く進行する準備ができていないかもしれません。これらのような時間にRFCを確立することのすでに成功した先例があるので、そのモデルは新しい一般の信用機能の議論の必要がない出発点として用いられることができました。G-7国の個人資産運用コンサルタント(その人はワシントンD.C.この週末に会いました)はジムロジャーズが「インフレ大虐殺と呼ぶものを生産するのに十分な政府債務に後援された「流動性」で銀行システムをサポートすることに集中しているように見えます。」として、アメリカ個人的な銀行システムは自滅します、我々は公共信用システムが実施されていてその代わりに人々のニーズを満たす準備ができていることを確実とする必要があります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■今日の新聞で

ASEMアジア欧州首脳会議の終了後の記者会見で中国の温家宝首相が「仮想経済が実体経済に悪影響を与えるようなことがあってはならない」と言ったそうで。
日本は麻生を始め、ねずみ講経済推進派ですから呆れて言葉がありませんね。

2 ■ありがとうございます・。

ねずみ講の崩壊は各国で認知されつつあるでしょうから、政府紙幣の発行は意外と簡単にできるかも知れません・。次回、日銀の財務内容の分析をご紹介します・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR