FC2ブログ

世界はこの一家に振り回される・。



Baron David de Rothschild sees a New World Order in global banking governance

デイビッド デ ロスチャイルド男爵はグローバルなバンキング管理において新世界秩序を見ます。







Baron David de Rothschild, the head of the Rothschild bank. The Rothschilds have helped the British government since financing Wellington’s army to fight the French in 1815.

デイビッド デ ロスチャイルド男爵(ロスチャイルド銀行の頭取)。

ロスチャイルド家は、ウェリントンの軍隊に資金提供して以来ずっとイギリス政府が1815年にフランス人と戦うことを手助けしています。

“We provide advice on both sides of the balance sheet, and we do it globally. There is no debate that Rothschild is a Jewish family, but we are proud to be in this region. However, it takes time to develop a global footprint.“

「私達はバランスシートの両側のアドバイスを提供し、私達はグローバルにそれをします」。ロスチャイルドである討論が全然なく ユダヤ人のファミリーであるけれども、私達は、この領域にあることを誇っています。「しかし、グローバルなフットプリントを開発するのに時間がかかります」。

Banks will deleverage and there will be a new form of global governance.

銀行はデレバレッジ(巻き戻し)を望んでいて、グローバル・ガバナンスの新しいフォームがあるでしょう。








The first barons of banking

バンキングの最初の男爵

By Rupert Wright

ルパート・ライトによって

Among the captains of industry, spin doctors and financial advisers accompanying British prime minister Gordon Brown on his fund-raising visit to the Gulf this week, one name was surprisingly absent. This may have had something to do with the fact that the tour kicked off in Saudi Arabia. But by the time the group reached Qatar, Baron David de Rothschild was there, too, and he was also in Dubai and Abu Dhabi.

今週のガルフへの彼の資金集め訪問における英国の総理大臣ゴードン・ブラウンに同伴している会頭、報道対策アドバイザー、および財務顧問の間で、1つの名前は驚くほど休んでいました。これは、ツアーがサウジアラビアでキックオフしたという事実と関係があったかもしれません。しかし、グループがカタールに到着した時には、デイビッド デ ロスチャイルド男爵もそこにいて、彼はまたドバイとアブダビにいました。

Although his office denies that he was part of the official party, it is probably no coincidence that he happened to be in the same part of the world at the right time. That is how the Rothschilds have worked for centuries: quietly, without fuss, behind the scenes.

彼のオフィスは、彼が公式なパーティーの一部であったことを否定するけれども、彼が適切な時間に、偶然世界の同じ地域にいたことはたぶん全然偶然の一致ではありません。それは、どのようにロスチャイルド家が数世紀にわたって働くかです:

静かに、大騒ぎなしでの、舞台裏で。

“We have had 250 years or so of family involvement in the finance business,” says Baron Rothschild. “We provide advice on both sides of the balance sheet, and we do it globally.”

「私達は金融ビジネスにおけるファミリー関与の250年かそこらを持っていました」とロスチャイルド男爵は言います。「私達はバランスシートの両側のアドバイスを提供し、私達はグローバルにそれをします」。

The Rothschilds have been helping the British government ? and many others ? out of a financial hole ever since they financed Wellington’s army and thus victory against the French at Waterloo in 1815. According to a long-standing legend, the Rothschild family owed the first millions of their fortune to Nathan Rothschild’s successful speculation about the effect of the outcome of the battle on the price of British bonds. By the 19th century, they ran a financial institution with the power and influence of a combined Merrill Lynch, JP Morgan, Morgan Stanley and perhaps even Goldman Sachs and the Bank of China today.

1815年にワーテルローでそれらがフランス人に対してウェリントンの軍隊と、そして勝利に資金提供して以来、ロスチャイルド家は英国の政府および金融の穴の外の多くの他を助けています。長年の伝説的人物によると、ロスチャイルド家は最初の百万のそれらの運を英国の債券の価格への戦いの結果の効果についてのネイサン ロスチャイルドの成功した憶測に負っていました。19世紀までに、彼らは今日結合されたメリルリンチ、JPモーガン、モーガン・スタンレー、およびたぶんゴールドマン・サックスと中国銀行さえのパワーと影響によって金融機関を運営しました。

In the 1820s, the Rothschilds supplied enough money to the Bank of England to avert a liquidity crisis. There is not one institution that can save the system in the same way today; not even the US Federal Reserve. However, even though the Rothschilds may have lost some of that power ? just as other financial institutions on that list have been emasculated in the last few months ? the Rothschild dynasty has lost none of its lustre or influence. So it was no surprise to meet Baron Rothschild at the Dubai International Financial Centre. Rothschild’s opened in Dubai in 2006 with ambitious plans to build an advisory business to complement its European operations. What took so long?

1820年代に、流動性危機を回避するために、ロスチャイルド家は十分なお金をイングランド銀行に供給しました。

今日システムを同じ方法に保存することができる組織が一つもありません;

米国連邦準備銀行でさえない。しかし、ちょうど、そのリストの他の金融機関が最後である数ヶ月において去勢されたので、ロスチャイルド家はそのパワーのいくつかを失ったかもしれないけれども、ロスチャイルド王朝はその光沢または影響のどれも失いませんでした。従って、ドバイ国際金融センターでロスチャイルド男爵と会うことは全然驚きではありませんでした。ロスチャイルドは、そのヨーロッパ操作を補足するために忠告の企業を建てる野心的な計画によって2006年にドバイで開かれます。何がそんなに長い間かかりましたか?

The answer, as many things connected with Rothschilds, has a lot to do with history. When Baron Rothschild began his career, he joined his father’s firm in Paris. In 1982 President Francois Mitterrand nationalised all the banks, leaving him without a bank. With just US$1 million (Dh3.67m) in capital, and five employees, he built up the business, before merging the French operations with the rest of the family’s business in the 1990s.

答えは、多くの物がロスチャイルド家と接続したので、歴史に大いに関係しています。ロスチャイルド男爵が彼のキャリアを開始した時に、彼はパリで彼の父の会社に参加しました。1982年に、銀行なしで彼と別れて、フランソア・ミッテラン大統領はすべての銀行を国営化しました。ほんの資本100万(Dh3.67m)米ドルと5人の従業員によって、フランスの操作を1990年代のファミリーのビジネスの残りと合併する前に、彼はビジネスを増強しました。

Gradually the firm has started expanding throughout the world, including the Gulf. “There is no debate that Rothschild is a Jewish family, but we are proud to be in this region. However, it takes time to develop a global footprint,” he says.

徐々に、会社は、ガルフを含めて、世界中で拡大し始めました。「ロスチャイルドである討論が全然なく ユダヤ人のファミリーであるけれども、私達は、この領域にあることを誇っています。「しかし、グローバルなフットプリントを開発するのに時間がかかります」と彼は言います。

An urbane man in his mid-60s, he says there is no single reason why the Rothschilds have been able to keep their financial business together, but offers a couple of suggestions for their longevity. “For a family business to survive, every generation needs a leader,” he says. “Then somebody has to keep the peace. Building a global firm before globalisation meant a mindset of sharing risk and responsibility. If you look at the DNA of our family, that is perhaps an element that runs through our history. Finally, don’t be complacent about giving the family jobs.”

60代半ばの都会風な男、彼は、ロスチャイルド家が、一緒にそれらの金融ビジネスを手入れすることができた理由が全然ないと言うけれども、それらの長寿のために2、3の提案を提供します。「生き抜く家業のために、すべての世代はリーダーが必要です」と彼は言います。「そして、誰かが、平和を保持する必要があります」。リスクと責任を共有することの、世界化の前にグローバル企業を築くことは思考様式を意味していました。あなたが私達の家族のDNAを見るならば、それはたぶん、私達の歴史を走り抜ける要素です。「最終的に、ファミリーに仕事を与えることに無関心でないでください」。

He stresses that the Rothschild ascent has not been linear ? at times, as he did in Paris, they have had to rebuild. While he was restarting their business in France, his cousin Sir Evelyn was building a British franchise. When Sir Evelyn retired, the decision was taken to merge the businesses. They are now strong in Europe, Asia especially China, India, as well as Brazil. They also get involved in bankruptcy restructurings in the US, a franchise that will no doubt see a lot more activity in the months ahead.

彼は、ロスチャイルド上昇が時々リニアではなく、彼がパリでしたように、彼らが、再構築する必要があったと強調します。彼がフランスでそれらのビジネスを再スタートしている間、彼のいとこイーブリン卿は英国のフランチャイズを築いていました。イーブリン卿が退職した時に、決定は、ビジネスを合併するためにされました。

それらは現在ブラジルと同様にヨーロッパ、アジア、特に中国、インドに強い。

それらはまた、米国(確かに数ヶ月のうちにもっとたくさんの活動を見るであろうフランチャイズ)での破産リストラクチャリングに関係します。

Does he expect governments to play a larger role in financial markets in future? “There is a huge difference in the Soviet-style mentality that occurred in Paris in 1982, and the extraordinary achievements that politicians, led by Gordon Brown and Nicolas Sarkozy, have made to save the global banking system from systemic collapse,” he says. “They moved to protect the world from billions of unemployment. In five to 10 years those banking stakes will be sold ? and sold at a profit.”

彼は、政府が未来に金融市場についてより大きな役割を果たすことを期待していますか?「1982年にパリに存在していたソビエトスタイルのメンタリティとゴードン・ブラウンとニコラ・サルコジによって導かれた政治家が、グローバルな銀行制度を体系の崩壊から救うために上げた並みはずれた業績における巨大な差があります」と彼は言います。「何十億もの失業から世界を保護するために、彼らは動きました」。

「5~10年で、それらのバンキング持ち分は売られて、儲けで売却されるでしょう」。

Baron Rothschild shares most people’s view that there is a New World Order. In his opinion, banks will deleverage and there will be a new form of global governance. “But you have to be careful of caricatures: we don’t want to go from ultra liberalism to protectionism.”

ロスチャイルド男爵は、新世界秩序があるというほとんどの人々の見解に同調します。彼の意見において、銀行はデレバレッジを望んでいて、グローバル・ガバナンスの新しいフォームがあるでしょう。「しかし、あなたは、風刺画に注意している必要があります:」「私達は、極端な自由主義から保護貿易政策に行きたくありません」。

So how did the Rothschilds manage to emerge relatively unscathed from the financial meltdown? “You could say that we may have more insights than others, or you may look at the structure of our business,” he says. “As a family business, we want to limit risk. There is a natural pride in being a trusted adviser.”

従って、どのようにロスチャイルド家は、金融危機から相対的に無傷にどうにかして出現しましたか?「あなたは、私達が他より多くの洞察を持つかもしれないと言うことができたか、あなたは私達のビジネスの構造を見てさしつかえありません」と彼は言います。「家業として、私達は、リスクを制限したい」。

「信頼されたアドバイザーであることにおいて自然な誇りがあります」。

It is that role as trusted adviser to both governments and companies that Rothschilds is hoping to build on in the region. “In today’s world we have a strong offering of debt and equity,” he says. “They are two arms of the same body looking for money.”

ロスチャイルド家が、地域の上で高まることを望んでいるのは政府と会社の両方の信頼されたアドバイザーとしてのその役割です。

「今日の世界に、私達は借金と公平の強い提供を持っています」と彼は言います。

「お金を捜して、彼らは同じ体の2つのアームです」。

The firm has entrusted the growth of its financing advisory business in the Middle East to Paul Reynolds, a veteran of many complex corporate finance deals. “Our principal business franchise is large and mid-size companies,” says Mr Reynolds. “I have already been working in this region for two years and we offer a pretty unique proposition.

会社は、それが中東で忠告のビジネスに資金提供する成長をポール・レイノルズ(多くの複雑な企業金融取引のベテラン)に任せました。「私達の主要なビジネスフランチャイズは大きく、中型の会社です」とレイノルズさんは言います。「私はすでに2年の間この部分の中で働いていて、私達はかなりユニークな提案を提供します」。

“We work in a purely advisory capacity. We don’t lend or underwrite, because that creates conflicts. We are sensitive to banking relationships. But we look to ensure financial flexibility for our clients.”

「私達はまったく顧問の資格で働きます」。私達は、それが衝突を作成するので貸したり保険業を営んだりしません。私達はバンキング関係に敏感です。「しかし、私達は、私達のクライアントに財務的弾力性を保証することを考えます」。

He was unwilling to discuss specific deals or clients, but says that he offers them “trusted, impartial financing advice any time day or night”. Baron Rothschilds tends to do more deals than their competitors, mainly because they are prepared to take on smaller mandates. “It’s not transactions were are interested in, it’s relationships. We are looking for good businesses and good people,” says Mr Reynolds. “Our ambition is for every company here to have a debt adviser.”

彼は、具体的な取引またはクライアントを議論ししぶっていたけれども、彼が「どのような時間日または夜の信頼されて、公平な資金調達アドバイスでも」を彼らに提供すると言います。主に、彼らが、より小さな命令をまとう心構えをするので、ロスチャイルド男爵は、それらの競争相手より多くの取引をする傾向があります。

「それはトランザクションではなく であった 中で興味がある 、それは関係です。

「私達はよいビジネスとよい人々を捜しています」とレイノルズさんは言います。

「私達の野心は、借金アドバイザーを持つここのすべての会社のためです」。

Baron Rothschild is reluctant to comment on his nephew Nat Rothschild’s public outburst against George Osborne, the British shadow Chancellor of the Exchequer. Nat Rothschild castigated Mr Osborne for revealing certain confidences gleaned during a holiday in the summer in Corfu.

ロスチャイルド男爵は、ジョージ・オズボーン、英国影の大蔵大臣に対して彼の甥ナット・ロスチャイルドの公的な爆発についてコメントすることを渋っています。

コルフで夏に休日の間に収集された一定の打ち明け話を明らかにするために、ナット・ロスチャイルドはオズボーン氏を懲戒しました。

In what the British press are calling “Yachtgate”, the tale involved Russia’s richest man, Oleg Deripaska, Lord Mandelson, a controversial British politician who has just returned to government, Mr Osborne and a Rothschild. Classic tabloid fodder, but one senses that Baron Rothschild frowns on such publicity. “If you are an adviser, that imposes a certain style and culture,” he says. “You should never forget that clients want to hear more about themselves than their bankers. It demands an element of being sober.”

英国のプレスが「ヨットゲート」と呼んでいるものの中で、物語は、ロシアの最も金持ちの人、オレグ・デリパスカ、マンデルソン卿、たった今政府に戻った論争の英国の政治家、オズボーン氏、およびロスチャイルドに関係していました。

古典的なタブロイド新聞のネタであるがものは、ロスチャイルド男爵がそのようなパブリシティに不賛成を示すと感知しています。「あなたがアドバイザーであるならば、それは一定のスタイルと文化を課します」と彼は言います。「あなたは、決して、クライアントが、彼らの銀行家よりもっと自身について耳にしていたいことを忘れるべきでありません」。「それは要素をまともであることに要求します」。

Even when not at work, Baron Rothschild’s tastes are sober. He lives between Paris and London, is a keen family man ? he has one son who is joining the business next September and three daughters ? an enthusiastic golfer, and enjoys the “odd concert”. He is also involved in various charity activities, including funding research into brain disease and bone marrow disorders.

職場でではない時にさえ、ロスチャイルド男爵の味はまともです。

彼はパリとロンドンの間に住み、鋭敏なマイホーム主義の男で熱狂的なゴルファーです。 彼は 次の9月ビジネスに参加する1人の息子および3人の娘を持ち、「奇妙なコンサート」を楽しむ 。彼は、脳の病気と骨髄の不法行為についての研究に出資するのを含めて、また様々な慈善活動活動に関係しています。

It is part of Rothschild lore that its founder sent his sons throughout Europe to set up their own interlinked offices. So where would Baron Rothschild send his children today?

彼ら自身の連結されたオフィスをたち上げるために、その創立者がヨーロッパ中で彼の息子に送ったのはロスチャイルド伝承の一部です。

従って、ロスチャイルド男爵は今日彼の子供をどこに送るでしょうか?

“I would send one to Asia, one to Europe and one to the United States,” he said. “And if I had more children, I would send one to the UAE.”

「私はアジアへ1人、ヨーロッパへ1人、および米国へ1人を送るでしょう」と彼は言いました。「そして、私がより多くの子供を持っていたならば、私は子供をUAEに送るでしょう」。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR