FC2ブログ

世界の支配層はダブルスタンダードが標準だ。

The Credit Crisis: Colonization of the Developed World?

金融恐慌:開発された世界の植民地化?

November 14, 2008

by Henry Makow Ph.D.

"Economic crises have been produced by us for the goyim by no other means than the withdrawal of money from circulation."

-- Protocols of Zion, 20

2008年11月14日

ヘンリーメコウ博士号によって

「経済危機は流通からのお金の撤退により、別の手段によって異邦人のために私達によって引き起こされています」。

--シオン、20のプロトコル






How did the Rothschilds
manage to emerge relatively unscathed from the financial meltdown?


"You could say that we may have more insights than others," Baron David de Rothschild coyly told a reporter during a recent visit to Dubai.

どのようにロスチャイルド家は、金融危機から相対的に無傷にどうにかして出現しましたか?

「あなたは、私達が他より多くの洞察を持つかもしれないと言うことができました。」とデイビッド デ ロスチャイルド男爵は恥ずかしそうにドバイへの最近の訪問の間にレポーターに言いました。

Does "more insights than others" include being personally responsible for the financial meltdown? "World events do not occur by accident," Denis Healey, former British Defense Secretary said. "They are made to happen... staged and managed by those who hold the purse string." According to another insider, the Illuminati were responsible for the last Depression too.

「他より多くの洞察」は個人的に金融危機に責任があることを含みますか?

「世界の出来事は偶然起こりません」、デニス・ヒーリー前の英国の国防長官は言いました。

「彼らは、…、財布ストリングを持っている人々によって上演されて、応対されて、起こらされます」。

別のインサイダーによると、イルミナティはまた最後の不況に責任がありました。

For hundreds of years, mankind has been force-fed a diet of depression, war, Communism, division, depravity and dysfunction by central bankers like the Rothschilds. They want to translate their monopoly over our government's credit into a total monopoly over power, culture and religion, i.e. the New World Order.

数百年の間、人類はロスチャイルド家のように中央銀行総裁によって不況、戦争、共産主義、部門、堕落、および機能不全のダイエットを無理強いされています。

彼らは、パワー、文化、および宗教、すなわち新世界秩序上の全体の独占の中に私達の政府のクレジットの上でそれらの独占を翻訳したいと思っています。

The Protocols of Zion: "It is indispensable to...utterly exhaust humanity with dissension, hatred, struggle, envy and even by the use of torture, by starvation, by the inoculation of diseases, by want, so that the "goyim" see no other issue than to take refuge in our complete sovereignty in money and in all else." (Protocol 10:19)

シオンのプロトコル:

「それは、…への不可欠な物が完全に意見の相違、憎悪によって人類を疲れさせていて、拷問の使用によって、飢餓によって、病気の接種によって苦闘し、妬み、および均一であることです」

「異邦人」が、お金の中で私達の完全な主権に避難し、欠乏によって他のすべて"を受け入れること以外に問題を全然見ないように。

(プロトコル10:19)

According to the Dubai interview, "Baron Rothschild shares most people's view that there is a New World Order. In his opinion, banks will de-leverage and there will be a new form of global governance."

ドバイインタビューによると、「ロスチャイルド男爵は、新世界秩序があるというほとんどの人々の見解に同調します」。

「彼の意見において、銀行は非力であろうし、グローバル・ガバナンスの新しいフォームがあるでしょう」。

Referring to Dubai's Muslim character, Rothschild said, "There is no debate that Rothschild is a Jewish family, but we are proud to be in this region."

ドバイのイスラム教の文字を参照することによって、ロスチャイルドは、「ロスチャイルドがである討論が全然なく ユダヤ人のファミリーである けれども、私達は、この領域にあることを誇っています。」と言いました。

If the "Baron" is just an innocent businessman plying his trade, I owe him an apology. However, I suspect he (or his siblings) belong to the Illuminati Council of Thirteen. The Illuminati are generational satanists and their agenda is to impoverish and enslave humanity. Naturally, I want to be wrong but the "credit crisis" may be the beginning of a plan to reduce the developed world to permanent third world status.

「男爵」が単に彼の商売を営んでいる無実の実業家であるならば、私は彼に詫びなければなりません。

しかし、私は、彼(または彼の兄弟)が13の啓蒙主義者協議会に所属していると疑っています。

啓蒙主義者は世代的な悪魔主義者であり、彼らの行動計画は、人間性を貧しくし、奴隷にすることです。

当然、私は、間違いたいけれども、「金融恐慌」は、開発された世界を永久的な3番目の世界ステータスに減らす計画の最初であるかもしれません。

THIRD WORLD STATUS


In 1992, Maurice Strong, head of the UN Conference on Environment and Development, laid out the real intent behind the global warming campaign: "Isn't the only hope for the planet that the industrialized civilizations collapse? Isn't it our responsibility to bring that about?"

第三世界ステータス

1992年に、モーリス・ストロング、国連環境開発会議のトップは地球温暖化キャンペーンの後ろの本当の意思をレイアウトしました:

「工業化された文明が、崩壊させる地球のための唯一の希望はそうではありませんか?」

「それは、それを引き起こす私達の責任ではありませんか?」

Could this be behind the credit crunch also?

これはまた信用収縮の後ろにあるかもしれませんか?

We are familiar with the specter of the IMF forcing third world nations to restructure their economies. For example, Pakistan recently agreed to raise taxes and cut subsidies in return for an IMF loan. How long before the IMF makes similar demands on the US and Europe? (If the government controlled its own credit, it could create money without repaying it, or interest.)

我々は、第3の世界国家に彼らの経済を改革することを強制しているIMFの恐ろしさをよく知っています。たとえば、パキスタンは最近、税を上げて、IMFローンの返済に助成金を減らすことに同意しました。IMFが米国とヨーロッパに対する類似した要求をする前に、どのように切望しますか?(政府がそれ自身のクレジットをコントロールしたならば、それは、それに払い戻さずにお金を作成するか、興味をもつことができました。)

According to Webster Tarpley, a "confidential strategy paper aims to impose [an IMF] dictatorship on the entire planet, wiping out all hope of economic recovery, the modernization of the developing countries, and national sovereignty" as well.

ウェブスタータープレイによると(「秘密の戦略紙は、景気回復、開発途上国の近代化、および国家主権のすべての希望を拭き取って、地球全体に[国際通貨基金]独裁権を課すことをめざしています」)。

It proposes the usual form of IMF orthodoxy - "austerity, sacrifice, deregulation, privatization, union busting, wage reductions, free trade, the race to the bottom, and prohibitions on advanced technologies."

それは国際通貨基金(IMF)正統性の通常のフォームを提案します - 「厳しさ、犠牲、規制緩和、民営化、破裂している組合、減給、自由貿易、底へのレース、および先端技術の禁止令」。

Stephen Lendman adds: "Economist Michael Hudson reports that 1% of the US population owns 70% of its wealth, a huge increase over earlier periods. This plan aims to increase it. To turn the US and world economies into banana republics. To make its workers de facto serfs. To crush competition and empower corporate giants. Mostly ones in America."

スティーブンレンドマンは追加します:

「エコノミスト マイケル・ハドソンは、米国人口の1%がその富(より早い期間の莫大な増加)の70%を所有していることを報告します」。

この計画は、それを増大させることをめざしています。

アメリカと世界の経済をバナナリパブリックに変えるには。

その労働者を事実上の農奴にするには。

競争を鎮圧し、巨大企業をエンパワーメントするには。

「たいていアメリカのもの」。

Tarpley is hopeful that the BRIC-bloc (Brazil, Russia, India and China) will stop this initiative but I doubt they are independent of Illuminati control.

タープレイは、BRIC団体(ブラジル、ロシア、インド、および中国)がこのイニシアチブを止めるであろうということを期待しているけれども、私は、彼らがイルミナティコントロールから独立していることを疑っています。

This "third world " scenario is consistent with the Illuminati's longstanding plan for colonization of the earth. For example, the Protocols envisions: "There should be in all the States of the world, besides ourselves, only the masses of the proletariat, a few millionaires devoted to our interests, police and soldiers." (7)


この「第三世界」シナリオは地球の植民地化についてのイルミナティの長年の計画と一致しています。

例えば、プロトコールは心に描きます:「我々自身、プロレタリアートの多数だけ、我々の利益に捧げられる2、3の大富豪、警察と兵士の他に、世界のアメリカが、全部でなければなりません。」)。

IMPERIAL INSPIRATION


The source of this conspiracy against mankind is the Cabala -- "Jewish mysticism" -- which dates back to Egyptian and Babylonian mystery religions. The Illuminati are Cabalists, also known as Zoharists or the "Illuminated" from their adherence to the Zohar (part of the Cabala) or "book of light."

帝国インスピレーション

人類に対するこの共謀のソースは、エジプトの、そしてバビロニアのミステリー宗派に遡る秘義--「ユダヤ人神秘主義」--です。

啓蒙主義者は、ゾハール(秘義の一部)または「光の本」への彼らの固執から、ゾハリストまたは「照明されます」としてまた知られているカバラ学者です。

The Cabala currently enjoys a vogue in Hollywood. It is Satan's Bible, the source of all Western occult, witchcraft, black magic, ritual human and animal sacrifice, numerology and sorcery. It is the source of the so-called "New Age" religious movement.

秘義は現在ハリウッドで人気を博します。

それはサタンのバイブル(すべての西洋のオカルト、魔法、黒魔術、儀式の人の、そして動物の犠牲、数占い、および魔法のソース)です。

それはいわゆる「ニューエイジ」宗教動きのソースです。

"Cabalism is true Illuminism," Texe Marrs writes. It teaches that evil is transformed into righteousness, and that "Lucifer is Lord. Satan is the true and only god. That is the essential doctrine of Cabalism [and Freemasonry.]" (Codex Magica, p. 426)

「カバラ主義は真実のイルミニズムです」とテクスマーズは書きます。

それは、悪が正義に変換し、「明けの明星は神です」を教えます。

サタンは正常と神だけです。

「それはカバラ主義[とフリーメーソン]の必須の主義です」[。](古写本マジカ、ページ

(426)


In each generation there is a "Ba'al Shem," a Cabala adept who claims magical powers, bilks the faithful and lives in luxury. He is known as "Chief of all the Jews." Does he advise the financiers?

各世代の中に、「Ba'alセム」(不思議な能力を主張し、信者の借金を踏み倒し、贅沢に暮らしている秘義名人)があります。

彼は「すべてのユダヤ人のチーフ」として知られています。

彼は財政家に助言しますか?

In the 18th Century the Ba'al Shem of England was Samuel Jacob Falk (1710-1782.) In Sept. 1762 a Dr. Adler published an account of Falk's activities in "The Gentleman's Magazine." He described the Cabalist as "a Christened Jew and the biggest rogue and villain in all the world." The Cabalist offered to teach Adler certain mysteries if he could procure "one pound of blood out of the veins of an honest Protestant."

18世紀に、イギリスのBa'alセムはサミュエル・ジェイコブ・ファルク(1710-1782.)でした。

1762年9月に、アドラー博士は「紳士の雑誌」においてファルクの活動のアカウントを出版しました。

彼はカバラ学者を「洗礼をされたユダヤ人とすべての世界で最も大きな悪漢と悪人」と評しました。

彼が「正直なプロテスタントの静脈からの1ポンドの血」を獲得することができたならば、カバラ学者は、一定のミステリーをアドラーに教えることを申し出ました。

Adler took his own blood to Falk who used it to paint occult symbols and the name of God and the angels around his garden. He then peformed "cruelties on a he-goat too loathsome to describe." (This account is from "Secret Societies and Subversive Movements" 1924, by Nesta Wester pp. 184-188.)

アドラーは彼自身の血を、オカルトシンボルと神と彼の庭のまわりの天使の名前にペイントするために、それを使ったファルクに持って行きました。

それから、彼は、「説明するには嫌いすぎる雄ヤギの残虐行為」を上演しました。

(このアカウントはネスタ西風ページ184-188で1924年「秘密結社と破壊するムーブメント」からです。)

Cabalism is a satanic cult and the central bankers belong to it. Our leading politicians, including George Bush and Barack Obama, also belong.

カバラ主義は悪魔のカルトであり、中央銀行総裁はそれに所属しています。

ジョージ・ブッシュとバラク・オバマを含む私達の有力な政治家はまた属しています。

In Nesta Webster's words, "it is in the Cabala, still more than in the Talmud, that the Judaic dream of world domination occurs with the greatest persistence." (371) The Zohar relates that the Messiah will declare war on the whole world: "They will all perish when God visits them in His wrath." ...the Holy One, blessed be He, will exterminate all the goyim of the world. Israel alone will subsist..." (374)


ネスタ ウェブスターの言葉において、「世界征服のユダヤ人夢が最もかなりのねばり強さによって起こるのはタルムードにおいてよりもっとカバラ秘義の中です」。

(371) ゾハールは関連させて、メシアは全体の世界で宣戦布告します:

「神が彼の憤りにおいてそれらを訪問する時に、それらはすべて滅びるでしょう」。

... <聖者1人であること 彼 を祝福する〉は、世界のすべての異邦人を根絶します。

「イスラエルだけが存続するでしょう…」

(374)

CONCLUSION


The Cabala portrays the "Jews" as kings with the world offering up its wealth and slave service. In practice, the "Jews" refers to the Illuminati Order (Freemasons) which consists of Jews and non-Jews. The Cabalists have no use for outsiders including non-believing Jews.




結論


カバラは、「ユダヤ人」をその富と奴隷サービスを提供している世界をもつ王のように描写します。実際には、「ユダヤ人」ユダヤ人と非ユダヤ人から構成されているイルミナティ秩序(フリーメーソン)に言及します。カバラ指導者は、カバラを信じていないユダヤ人を含む部外者に用はありません。

Interview 100 Jews and I doubt if 10 are acquainted with the sources of the Illuminati's hatred of humanity, the Talmud and Cabala. I doubt if 10% have any interest in world domination. Nevertheless the Illuminati control organized Jewry including Zionism as well as most other religions and organizations. Humanity is in their grip.

100人のユダヤ人にインタビューしてください。そうすれば、私は、10人がイルミナティの人間性、タルムード、および秘義に対する憎悪のソースを知っているかどうかを疑っています。

私は、10%が世界征服への興味を持っているかどうかを疑っています。

それにもかかわらず、イルミナティコントロールは他のほとんどの宗派と組織と同様にシオニズムを含むユダヤ民族を組織しました。

人類はそれらのグリップの中にあります。

I ask myself if the Illuminati is genuinely motivated by this demented Satanic/Jewish ideology or whether it just serves as a useful pretext/vehicle for their political and economic domination.

私は、イルミナティがこの発狂した悪魔の/ユダヤ人のイデオロギーによって本当に動機づけされるかどうか、あるいは、それがちょうど彼らの政治的および経済的な支配の役に立つ口実/伝達手段として用いられるかどうか私自身に尋ねます。


Certainly we are seeing a Talmudic control being imposed on the world similar to the bondage Jews suffered from their rabbis in Medieval times. Increasingly, there is a web of trivial government regulation in the name of "equality," "communitarianism" or fighting "terror."

確かに、私達は、ユダヤ人が中世において彼らのユダヤ教牧師から被っていた束縛状態に類似している世界に課されているタルムードのコントロールを目の当たりにしています。

ますます、「平等」、「コミュニタリアニズム」、または戦い「恐怖」の名において些細な政府規制のウェブがあります。

According to the Protocols of Zion (5): "We shall create an intensified centralization of government in order to grip in our hands all the forces of the community. We shall regulate mechanically all the actions of the political life of our subjects by new laws."

シオン(5)のプロトコルによると:

「私達は、私達の手でコミュニティのすべての力をつかむために政府の強められた集中化を作成します」。

「私達は新しい法律による私達の主題の政治生命のすべての行動をメカニカルに調節します」。

Mankind is victim of a hoax of unspeakable proportions. All wars are contrived and orchestrated. Our politics, culture and values are similarly contrived and controlled. We are entering a Dark Age unless we expose the Satanists who are pulling the strings.

人類は極度の釣り合いのデマの犠牲者です。

すべての戦争は考案されて、統合されます。

私達の政治、文化、および価値は同様に考案されて、コントロールされます。

私達が、ストリングを引いている悪魔主義者を露出しない限り、私達は暗い時代に入っています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR