FC2ブログ

世界政府は市民ではなく支配層の理想形

World government (Wikipedia)

世界政府


World government is the concept of a political body that would make, interpret and enforce international law. Inherent to the concept of a world government is the idea that nations would be required to pool or surrender (depending on point of view) sovereignty over some areas. In effect, a world government would add another level of administration above the existing national governments or provide coordination over areas national governments are not capable of adequately addressing as independent polities. The authority granted this level and how it relates to national governments and/or citizens is debated by both adherents and opponents to world government.


Some people see international institutions (such as the International Criminal Court, United Nations and International Monetary Fund) and various supranational and continental unions (such as Organization of American States, European Union, African Union, Union of South American Nations and Association of Southeast Asian Nations) as the beginning elements of a world government system. An organization comprising legislators from various nations known as Parliamentarians for Global Action have promoted ideas of democratic global governance, though such promotion has varied in its scope and intensity during the organization's history.


世界政府は、国際法を作り、解釈し、実施するであろう政治団体の概念です。

国家が、いくつかのエリアの上で主権に共同出資するか、引き渡すこと(観点の上の依存)を要求されるであろうというアイデアは世界政府の概念に固有です。

効果において、世界政府は、管理の別のレベルを既存の政府の上に追加するか、政府が、独立な政治形態として適正にアドレスすることが可能でないエリアの上で統合を提供するでしょう。

権限はこのレベルを与えて、どのようにそれが政府、および/または市民と関連しているかは世界政府に支持者と相手の両方によって討論されます。

何人かの人々は世界統治制度の最初の
要素としての国際的な組織(国際刑事裁判所、国連、および国際通貨基金などの)と様々な超国家的で、大陸の統合ユニオン(米州機構、欧州連合、アフリカ連合、南アメリカ国家の組合、および東南アジア諸国連合などの)を見ます。

そのようなプロモーションは組織の歴史の間にその範囲と強度について様々であったけれども、グローバルな行動のための議院法学者が民主主義のグローバル・ガバナンスのアイデアを促進した時に知られている様々な国家からの立法者から成っている組織。


Criticism

Depending on one's point of view, a world government could be more or less a sovereign-erasing superstate, an idea that is under heavy debate. Many critics say that any such formation of a world government would be essentially useless unless the reason relates to an event or conflict that could very well lead to a serious threat to the planet. This is based on nationalist ideas, or the fact that world-governmental candidates like the European Union (EU) and United Nations have not succeeded in stopping events like the Crisis in Darfur, or other such worldwide troubles.


Furthermore, the point of contention for many can be seen as to how nationalistic such a formation would be. A common criticism is that it could lead to an effective return of Imperialism; proponents, however, feel that a federated world government could still respect the cultures which contribute to it, and perhaps be more multi-cultural than current nation-states.


A common point of contention is that a dictatorship would be formed to enforce a world government, which can either be seen as beneficial (see H.G. Wells' The Shape of Things to Come) or to be detrimental. This is because of the natural human compulsion for self-determination, which a world government would abolish in national terms. The argument that organisations like the United Nations could work is often criticised by Realists who feel that such an organisation has little or no real control, and is only a de jure World Government and not the de facto needed.


Furthermore, conflicts such as the Second World War involving all of Earth led to the breakup of near World Governmental countries like the British Empire and other Great Powers; this shows that such large organisations and countries only spread problems to a more global scale. Furthermore, The League of Nations could not prevent the Second World War, and thus failed its true mission, having been established following the First World War to prevent such a conflict.


A disappearance of autonomy is perhaps the most widely cited reason for the current disdain for the idea of world government. Euroscepticism, particularly in the United Kingdom is popular, under a general dislike of other countries running their own, with the EU being perceived by many as being run by its more dominant members, and not a true democratic union. It is key to note that parties like UKIP oppose the EU because of its emerging possibility of becoming a superstate rather than a Free Trade organisation as it originally was in the form of the European Economic Community.


批判

人の観点に依存して、世界政府は、多少、君主の消去超大国(激しい討論中であるアイデア)であるかもしれません。

多くの批評家は、理由が、地球への重大な脅威をもたらす可能性が十分あるイベントまたは衝突と関連しない限り、世界政府のそのような成立が本質的に無駄であろうと言います。

これは国家主義のアイデアに基づくか、世界政治の候補者が欧州連合(EU)が好きであるという事実と国連は、ダルフルの危機または他のそのような世界的なトラブルのようなイベントを止めることに成功しませんでした。

さらに、多くの人のための論点は、そのような構成がどれほど国家主義的であろうかについて見られることができます。

共通の批判は、それが帝国主義の効果的なリターンを引き起こすことができたことです;

しかし、提案者は、連合体にされた世界政府が、まだ、それに寄与している文化を尊重し、たぶん現在の民族国家よりマルチ文化的であることができたと思います。

共通の論点は、独裁権が、世界政府を強制するために形成されるであろうということです(それは、有益である(今後現れる物のH.G.ウェルズのThe Shape of Things to Comeを見てください)か、有害なためと考えられることができます)。

世界政府が全国的な用語で廃止するであろう自決のために、これは自然な人の強制のためです。

国連のような組織が作動させることができた議論は、しばしば、そのような組織がほとんどまたは全然本当のコントロールを持っていなく、ただの正当な世界政府であり、事実上必要なものではないと思う現実主義者によって批判されます。

さらに、地球のすべてに関係している第二次世界大戦などの衝突は大英帝国と他の大きな能力のような近い世界政治国の崩壊を引き起こしていました;

これは、そのような大きな組織と国が問題をよりグローバルなスケールに広げただけであったことを示します。

さらに、国際連盟は第二次世界大戦を防止することができず、それから、そのような衝突を防止するために、第一次世界大戦に続いて、設立されて、その真実の任務に失敗しました。

自律性の消失はたぶん最も広く世界政府のアイデアのための現在の軽蔑に挙げられた理由です。

EUが多くによって真実の民主主義の統合組合ではなくそのより支配的なメンバーによって運営されると見なされる状態で彼ら自身を走らせている他の国の一般的な反感の下で欧州統合消極論、特に中のイギリスはポピュラーです。

それが元来欧州経済共同体という形でであった時に自由貿易組織というよりも超大国になるその明らかになる可能性のため、UKIPのような政党がEUに反対することに注意することはキーです。








蛇足


NWO(新世界秩序)はオーダー=秩序でなく命令だから、上位下達の命令系統であるから市民は無視される可能性が大きい・。裏政府は表に出たがっているが、もうバレバレであるから、マスコミ洗脳や経済摩擦、テロなどをでっち上げるしかないが・・。経済破綻は金融に行き着き、政府紙幣発行へと流れ出すであろうから、支配層はコントロールし難くなるであろう・。パワーの源の独占的金融支配が終わろうとしていることである・。翻って、我が日本は今回の事務次官殺害をテロという発想自体(政府官僚からマスコミへのオーダーも)がまだまだ民主主義にはほど遠い感があるけれども・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■この

△発想支配が微妙です。(´A`)

2 ■数百年かけて

家畜化政策をしているいるみなティさんたちが必死になっているのです・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR