FC2ブログ

選択肢を惑わす者達

Smoking gun! Rockefeller Official Revealed NWO Plot in 1969

動かぬ証拠!ロックフェラー当局者は、1969年にNWO計画を明らかにしました.


December 5, 2008

by Henry Makow Ph.D.

2008年12月5日

ヘンリーメイコ博士によって




若干蛇足




Our political and cultural "leaders" are accomplices in a plot to re-engineer humanity to serve the Judeo-Masonic central banking cartel. Wars, terrorism, depressions, political and social change, entertainment and fads are all contrived to gradually bring about an Orwellian police state. Many people have said this but last week, I learned of another "smoking gun."

我々の政治的で文化的な「リーダー」は、ユダヤフリーメーソンの中心銀行業務カルテルに奉仕するために人類を再設計する策略の共犯者です。戦争、テロリズム、経済の落ち込み、政治的社会的変化、エンターテイメントと流行のすべては、徐々にオーウェル風の警察国家をもたらすために目論まれます。多くの人々はこれを言いました、しかし、先週、私はもう一つの「動かぬ証拠」について知りました。

Randy Engel, the President of the US Coalition of Life sent me a tape she made in 1988 with Dr. Lawrence Dunegan, a Pittsburgh pediatrician who died in Jan. 2004. It consists of his recollection of a speech given March 20, 1969 by Dr. Richard Day, the National Medical Director of the Rockefeller-sponsored "Planned Parenthood" to a meeting of the Pittsburgh Pediatric Society. It describes "A New World System," already in place which would permanently transform the world. Dr. Day wanted the eighty or so physicians present to be prepared. The transcript of Dunegan's recollections has been posted here and should be read in full. However, I'll provide a summary here.

ランディエンゲル、米国生命保護活動家連盟のトップは、ローレンスデゥネガン博士(2004年1月に死んだピッツバーグの小児科医)と、彼女が1988年に作ったテープを私に送りました。

それは彼の1969年3月20日リチャード・デイ博士(ピッツバーグ小児科社会のミーティングへのロックフェラーで後援された「家族計画」の全国的な医長)によってされたスピーチの記憶から成ります。

それは、すでに、恒久的に世界を変えるであろう場所にある「新世界システム」を説明します。

デイ博士は出席している80人ほどの医者が準備されることを望みました。デゥネガンの記憶の写しは、ここに送られて、完全に読まれなければなりません。しかし、私は概要をここで提供します。

Much of what Day promised in 1969 is like looking into a rear-view mirror today. But ominous events have yet to transpire. They do want to implant a chip in us so they can find and identify us, as well as monitor and control our purchases. They are weaning us off national allegiance and will resort to terrorism to win our assent to their global police state. They may use "one or two nuclear bombs to convince people we mean business," Day said. He refrained from mentioning who "we" are but said the names are recognizable. Given that he worked for the Rockefellers, I assume he meant the Rockefellers and their bosses, the Rothschilds.

デイが1969年に約束したものの多くは、今日バックミラーを調査することに似ています。

しかし、不吉なイベントは、まだこれから発散する必要があります。

彼らが私達の購入品を監視し、コントロールするだけでなく私達を見つけて、識別することができるように、彼らは、チップを私達に植えつけたいと思う。

彼らは全国的な忠誠から私達を離乳させていて、それらのグローバルな警察国家への私達の同意を勝ち取るためにテロに行くでしょう。

彼らは、「私達が本気であるのを人々に納得させる1つまたは2つの核爆弾」を使うことができるとデイは言いました。

彼は、「私達」が誰であるかを述べることを控えたけれども、名前が認識可能であると言いました。

彼がロックフェラー家のために働いたと仮定すると、私は、彼がロックフェラー家とそれらのボス、ロスチャイルド家を意味していたと思っています。

This adds weight to the widely-held view that the central bankers are responsible for most terrorism, using MI-6, Mossad and the CIA. Dr. Day also said that "war is obsolete" given the danger of nuclear exchange so terrorism would be used instead. This was 1969.

これは、MI-6、モサド、およびCIAを使って、中央銀行総裁がほとんどのテロに責任があるという広く支持された見方に重みを加えます。

テロが代わりに使われるであろうように、核の交換の危険を与えられて、デイ博士はまた、「戦争が時代遅れです」と言いました。

これは1969年でした。

He said that there are always two reasons for anything the Rockefellers do: the pretext which makes it palatable to the gullible public and the real reason. Thus, as I argued in my book "Cruel Hoax" (2007), we are being turned into homosexuals in the name of "women's and gay rights." Gender-neutered and promiscuous, fewer people are still able and willing to bond permanently with the opposite sex for the purpose of having children.

彼は、ロックフェラー家がする何か2つの理由がいつもあると言いました:

それを騙されやすい一般大衆と本当の理由に美味にする口実です。

従って、私が私の本「悪質な捏造」(2007年)中で議論した時に、私達は「女性とゲイであることの権利」の名における同性愛者に変っています。

ジェンダーで去勢されて、乱雑に、より少ない人々はまだ子供を持つために異性と恒久的に快く接合することができます。

Dr. Day said sex will be separated from marriage and reproduction ( i.e. "sexual liberation") to break up the family and reduce population. Abortion, divorce and homosexuality will be made socially acceptable. "Homosexuals will be given permission to act out. Everyone including the elderly will be encouraged to have sex. It will be brought out into the open. Anything goes." [The "Stonewall Riots" which unleashed the "gay rights" movement, took place three months later.] The ultimate goal is to have sex without reproduction. Reproduction without sex will occur in laboratories. Family size will be limited as in China.

デイ博士は、性が、ファミリーをばらばらにし、人口を減らすために結婚と再生(すなわち「性の解放」)から分離されるであろうと言いました。

中絶、離婚、および同性愛は社会的に容認されるでしょう。

「同性愛者は、実演する許可を与えられるでしょう」。

年配者を含む人はみな、セックスをするように勧められるでしょう。

それは表に出されるでしょう。

「何でも許容される。」

[「ゲイの権利」動きを解放した「暴動を妨害してください」は3ヶ月後起こりました。]

最終目的は、再生なしでセックスをすることです。

性のない再生は研究所に存在するでしょう。

ファミリーサイズは、中国でそうであるように制限されるでしょう。

It will be made more difficult for families to stay together. More women will work outside the home and more people will remain single. Sports instead of dolls will be promoted to girls so they will seek achievement instead of family. Girls will be taught they are the same as boys.

それは、ファミリーが一緒に暮らす事がより難しくされるでしょう。

より多くの女性は家の外で働くであろうし、より多くの人々は独身でいるでしょう。

人形の代わりにスポーツは女の子に昇進するであろうので彼らがファミリーの代わりに達成を捜すでしょう。

女の子は、彼らが少年と同じであることを教えられるでしょう。

In general, international sports like soccer and hockey will be pushed so Americans will see themselves as "world citizens." American sports like baseball and football will not be similarly encouraged.

一般に、サッカーとホッケーのような国際的なスポーツは推進されるであろうしアメリカ人が自身を「世界市民」と考えるでしょう。

野球とフットボールのようなアメリカのスポーツは同様に促進されないでしょう。

Pertinent now that US automakers are hurting, Day said America will be de-industrialized. Each part of the world will have a specialty and thus become inter-dependent. He said American industry will be undermined and shown to be uncompetitive. The US will remain a center for agriculture, high tech, communications, and education.

今や、米国自動車メーカーが痛んでいる事に関係して、デイは、アメリカが不工業化されるであろうと伝えていました。

世界の各地域は特色を持ち、それから相互依存するでしょう。

彼は、アメリカの産業が、徐々に蝕まれて、競争力がないと明らかにされるであろうと言いました。

米国は農業、ハイテク、通信、および教育のためのセンターであり続けるでしょう。

Pornography, violence and obscenity on TV and in movies will be increased. People will be desensitized to violence and porn and made to feel life is short, precarious and brutish. Music will "get worse" and will be used for indoctrination.

テレビでの、そして映画におけるポルノ、暴力、およびわいせつは増大するでしょう。

人々は、暴力とポルノに感度が下がり、生命が短く、不安定で、粗野であると思わされるでしょう。

音楽は「より悪くなる」であろうし、教化のために使われるでしょう。

There will be unemployment and mass migration in order to uproot long established (conservative) communities. Social change will be introduced in port cities and work its way to the heartland. (Thus, the east and west coast are liberal.)

失業があり、長い設立された(保守主義者)コミュニティを根絶するために移住がひとかたまりになるでしょう。

社会的変化は港湾都市で導入されて、中心地域に進むでしょう。

(従って、東と西海岸は寛大です。)

He said a cure to cancer exists in the Rockefeller Institute but is kept secret for purposes of depopulation. He said there will be an increase in infectious man-made diseases.

彼は、癌への治療がロックフェラー研究所で存在しているけれども人口減少の目的のために秘密にされると言いました。

彼は、伝染性の人造の病気の増加があるであろうと言いました。

Dr. Day, who worked in weather modification during the war, said weather can be used to wage war or create drought and famine. The food supply will be monitored so no one can get enough food to "support a fugitive from the New System." Growing your own food will be outlawed under the pretext of it being unsafe.

戦争中に気象調節において働いたデイ博士は、天候が、戦争を遂行するために使われるか、干ばつと飢饉を作成することができると言いました。

誰も、「逃亡者をサポートする」のに十分な食物を「新システムから」得ることができないように、食品供給は監視されるでしょう。

あなた自身の食物を成長させることは危険なその口実の下で禁止されるでしょう。

He said people are controlled by means of the information they are given. Thus, information will be selective. Not everyone will be allowed to own books. "Certain books will disappear from libraries." Literary classics will be subtly altered. People will spend longer in school but not learn anything. There will be restrictions on travel; and private home ownership will disappear.

彼は、人々が、彼らが与えられる情報によってコントロールされると言いました。

従って、情報は選択的になるでしょう。

誰もが、本を所有することを許されるわけではないでしょう。

「一定の本はライブラリから消えるでしょう」。

リテラリー・クラシックは微妙に変更されるでしょう。

人々は学校でより長い間費やすであろうけれども、何も学びません。

制限が旅行においてあるでしょう;

そして、私的な家庭の所有権は消えるでしょう。

He said people who don't want to go along will be "disposed of humanely." He said there will be no martyrs--"people will just disappear."

彼は、一緒に行きたくない人々が「慈悲深く殺される」であろうと言いました。

彼は、殉教者が全然いないであろうと言いました--「人々はまさに消えるでしょう」。

CONCLUSION

結論

Dr. Day says politicians are manipulated "without their even knowing it." Their failure to protect us from this Satanic conspiracy is a betrayal of the first order. We have to alert the sincere ones and reach soldiers and police too. Civilization hangs in the balance. We are in real danger and should organize in small independent units.

デイ博士は、政治家が、「彼らがそれを知りさえせずに」処理されると言います。

この悪魔の共謀から私達を保護することにおける彼らの失敗は最初の命令の裏切りです。

私達は、誠実なものに警報を出し、また兵士と警察に達する必要があります。

文明は五分五分です。

私達は本当の危機にいて、小さな独立なユニットにおいて団結するべきです。

People are hurting now and are more receptive to this information. This "economic downturn" is deliberate and part of the police state agenda. We have to educate people who think these events are random. The Rockefellers and their traitorous lackeys won't bring this off if the intelligentsia and masses are aware of the truth.

人々は現在痛んでいて、この情報を受け入れています。

この「景気の下降」は故意で、警察国家の方針の一部です。

私達は、これらのイベントがランダムであると思う人々を教育する必要があります。

知識階級と大衆が真実に気づいているならば、ロックフェラー家とそれらの反逆的な下男はこれを救助しないでしょう。

Progressives and Leftists need to learn that "progress" and "change" really refer to totalitarian world government. This is the change they "believe in." Dr. Day said in 1969, "people will have to get used to constant change." I used to be a Liberal-Leftist myself. If I can see the real meaning of "changing the world," others can too.

革新主義者と左翼は、その「進歩」を学ぶ必要があり、「変化」は本当に全体主義の世界政府を参照します。

これは、彼らが「信じている」変化です。

デイ博士は、「人々は、絶え間ない変化に慣れる必要があるでしょう」と1969年に言いました。

私は、かつて自身に寛大な左翼でした。

「私が世界を変更します」の本当の意味がわかることができるならば、他もできます。

We also have to take practical steps to defend ourselves, our families and our freedom.

私達はまた、自身、私達の家族、および私達の自由を防御する実用的な処置を取る必要があります。

Our society and culture are a fraud based on one central fraud, the monopoly over government credit in the hands of Cabalist private bankers. They are using this power to extend their monopoly over every aspect of our lives by manipulating world events and social behavior. The only way to save civilization from failure is to nationalize the Central Banks.

Our society and culture are a fraud based on one central fraud, the monopoly over government credit in the hands of Cabalist private bankers. They are using this power to extend their monopoly over every aspect of our lives by manipulating world events and social behavior. The only way to save civilization from failure is to nationalize the Central Banks.


私達の社会と文化は1回の中心的な詐欺行為(カバラ学者個人銀行の手中の政府借款の独占)に基づいたぺてん師です。

彼らは、世界の出来事と社会的行動を処理することによって私達の人生のすべての面でそれらの独占を拡張するためにこのパワーを使っています。

文明を失敗から救う唯一の方法は、中央銀行を国営化することです。





蛇足

今の日本において、民主党への政権交代はいかにも良い選択肢に思えるよう誘導されている。その実、悪魔主義に変貌する一里塚であることは、アメリカ合衆国と同じ運命をたどっている。

中央銀行制度の変革こそ、最重要課題であり、日本を解体する悪魔主義に売り渡すようなマスコミと似非知識人達の後ろの支配者層に意のままに操られようとしている・。

自由をはき違え、マスコミの垂れ流す嘘の情報に洗脳されないよう自分自身で選択をするべきだ・。


日本の民主党が自主独立の気概があれば問題は無いが、イルミナティのご託宣どうりではどうしようもない・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■この記事が

規制対象になる理由がよくわからないですが 昔から正論は闇の中。

2 ■たしかに・。

新世界秩序へジワジワとカバラ教(異端ユダヤ教)のラビと金融覇者の思想と金銭で支配しようと考えていて、議員も経営者も自分だけ生き残る事を知らず知らず行動しているのであろうか?
真のカバラはこの日本にあるのだが・・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR