FC2ブログ

陰謀説は精神障害なのか?

What's Behind Internet Conspiracy Empires?


何がインターネット陰謀帝国の後ろにありますか?

As Conspiracy Communities Grow, Mental Health Docs Are Left With Big Questions


陰謀コミュニティが成長するにつれて、精神衛生ドッグは大問題を残されます。

By LAUREN COX

ABC News Medical Unit

Dec. 12, 2008




若干蛇足




A man standing on a street corner with a sign reading "the lizard people rule you all," or, "my neighbors are spying on me for the government" isn't likely to get many supporters.


「トカゲの人々はすべてあなたを支配します」と読める合図または「私の隣人は政府のために私を探り出しています」をもって街角に立っている人は、多くのサポーターを得そうではありません。

But give that man a Web site template, or let him produce some slick videos on YouTube and, lo and behold, he may have thousands of people across the world supporting him.


しかし、その人にウェブサイトテンプレートを与えるか、彼にYouTubeのいくつかのすごいビデオをプロディースさせてください。そうすれば、見てください、彼には彼をサポートしている世界中の数千人の人々がいることがわかります。

Such is the story of several extraordinarily popular conspiracy theorists and theories online today.


それは、今日、数人のとても人気の陰謀理論家とオンラインの理論の物語です。


Take the victims of gang stalking -- a subculture of people who think their friends and neighbors are all secret government spies ready to turn them over to the authorities. The movement has recently spawned gang stalking support groups, forums and advice Web sites
.


ギャングストーキング ― 彼らの友人と隣人が彼らを当局に引き渡す準備ができているすべての秘密の政府スパイであると思う人々のサブカルチャー ― の犠牲者を連れて行ってください。運動は、支援グループ、フォーラムとアドバイスウェブサイトに広がっているギャングを最近生みました。


Or take the former journalist and BBC sports announcer, David Icke, for example.


または、たとえば元ジャーナリストとBBCスポーツアナウンサー(デービッドアイク)を連れて行ってください。


Icke was laughed out of the public eye in the early '90s when he started wearing only turquoise and explaining that voices had sent him on an important mission to save the earth.


アイクは彼がターコイズだけを着始めた90年代初期に世間の目をさけて、声が地球を保存するために重要な任務で彼を送ったと説明していました。


Decades later, Icke has written books, has fans in 47 countries and can gather a crowd of 2,500 people in a city simply by posting a date for a lecture on his Web site.


数十年後に、アイクには本を書いて、47カ国でファンがいて、単に彼のウェブサイトについての講義の日を掲示することによって、都市で大勢の2,500人の人々を集めることができます。


The cornerstone of Icke's theories
is that a malicious race of lizard people -- the "shadowy elite" -- rules the world and all its political leaders primarily by controlling the media and orchestrating fear-mongering catastrophes, such as Sept. 11. Icke said he already has speeches lined up for 2009 in Los Angeles, Mexico, Croatia, New Zealand and Australia.


アイクの理論の基礎は、トカゲ類 ― 「暗いエリート」 ― の悪意のあるレースがメディアを制御して、恐れ-憂き身をやつすこと大災害(例えば9月11日)を組織化することによって主に世界とすべてのその政治指導者を支配するということです。アイクは、彼がすでにスピーチをロサンゼルス、メキシコ、クロアチア、ニュージーランドとオーストラリアに2009年の間一列に並べておくと言いました。


"I knew about the mainstream media, and that the mainstream media has a stunning level of myopia so that only that which is in the mainstream will be presented," said Icke. "What the Internet has done [is that it] has allowed information to flow outside of the myopia. ... The Internet has been absolutely essential."


「私は主流メディアを知っていて、主流にあるそれだけが提出されるように、主流メディアが近視のすばらしいレベルを持っていますという」とアイクは言いました。

「インターネットがしたことは、それが情報が近視の外で流れることを可能にしました」。



「インターネットは絶対に必須でした」。


The Internet has always been a forum for fringe ideas, but success like Icke's, and subcultures built on paranoid theories like gang stalkers, points to an understudied corner in psychiatry: Who are the people who believe such theories in the quiet of their homes, and what does such behavior mean for a person teetering on the edge of mental illness
?


インターネットは常に周辺的な考えのためのフォーラム、しかし、アイクのもののような成功でした、そして、サブカルチャーはギャングストーカー(精神医学の代理をつとめられた角への点)のような妄想性の理論を基にしていました:彼らの家で静かであるものと精神病に瀕している人のためにすごいそのようなふるまいをすることでそのような理論を信じている人々は、誰ですか?


"It's not an area that has been studied very well," said Angus MacDonald, a spokesperson for the mental health charity NARSAD, and an associate professor of psychology at the University of Minnesota in Minneapolis.


「それは、あまりよく調査された地域でありません」と、アンガスマクドナルド、精神衛生慈善事業NARSADのスポークスマンとミネアポリスのミネソタ大学の心理学の准教授が言いました。


Does Conspiracy Always Equal Delusion?


陰謀は、常に妄想に等しいですか?


MacDonald cautioned that not everyone who believes in a conspiracy plot is mentally ill. They just may be suggestible or just suspicious of authority.


マクドナルドは陰謀計画を信じる誰でも精神障害があるというわけではないと警告しました。彼らちょうど影響をうけやすいかもしれないかちょうど権限を疑っているかもしれません。


For the healthy in mind, MacDonald said, "it's a wild card about whether this is going to improve people's state or not. It may turn out that the value of the community is greater than the destructive nature of the narratives that are spun out of them.


精神において健康なもののために、マクドナルドは、「それは、これが、人々の状態を改善しようとしているかどうかについてのワイルドカードです」と言いました。

コミュニティの価値が、それらから紡がれる物語の破壊的な性質より大きいことを判明させるかもしれません。


"But on the same point, this is a domain that didn't need more wild cards," he added.


「しかし、同じ点に関して、これは、より多くのワイルドカードが必要でなかったドメインです」と彼は付け加えました。


Whether or not conspiracy theories
harm people who are susceptible to mental illness is a matter of debate among psychiatrists.


陰謀説が、精神病に影響され易い人々を傷つけるかどうかは精神医の間で討論の問題です。

"Most people with major mental illness don't believe in conspiracy theories," said Dr. Ken Duckworth, medical director of the National Alliance of Mental Illness.


「主要な精神病を持つほとんどの人々は陰謀説を信じていません」とケンダクワース博士(精神病の国民同盟の医長)は言いました。


Duckworth likes to imagine a Venn diagram with one circle representing people with paranoid psychosis and another circle representing people who believe conspiracy theories.


ダクワースは、妄想性精神病ともう一つのサークルをもつ人々が陰謀説を信じている人々を代表していることを表している1つのサークルでベン図を想像するのが好きです。


"They do overlap, but I can't tell you how big the overlap is," he said. "And, lizard people? Many people who are hearing voices would think that's crazy."


「彼らは重なります、しかし、私は共通部分がどれくらい大きいかについて、あなたに話すことができません」と、彼が言いました。「そして、トカゲ類?声を聞いている多くの人々は、それがおかしいと思います。」


Duckworth argued that most mentally ill people create conspiracy theories that are self-centric, such as, "the mailman is after me," not inclusive such as, "the postal workers are all out to get us by 2015."


ダクワースは、ほとんどの精神障害の人々は「郵便局員はすべて、2015年に私達をつかまえることを熱望しています」など包括的でない「郵便配達人は私を求めています」など、自己中心である陰謀説を作成すると主張しました。

But others who treat schizophrenics and people with paranoia think there is a risk in circulating online conspiracies.


しかし、分裂病患者と人々をパラノイアで待遇する他の人は、危険がオンライン陰謀を回す際にあると思います。


"Paranoid is wide category -- it's another way of being separate with reality -- but in our culture, we've made it synonymous with persecutory delusions," said MacDonald.


「偏執症は広いカテゴリーです-それは現実で別々のもう一つの方法です-しかし、我々の文化において、我々はそれを被害妄想と同義にしました」と、マクドナルドが言いました。


The Making of a Conspiracy: Delusion or Not?


陰謀製作:妄想?




According to MacDonald, most delusions begin with general, unexplained feelings of discontent that are caused by a problem with the brain. It's only when someone tries to search for an explanation for their feelings that a delusion forms.


マクドナルドによると、大部分の妄想は、脳に関する問題に起因する不満の一般的な、不可解な感情から始めます。妄想が生まれるのは、誰かが彼らの感情の説明を捜そうとする時だけです。


"Then over time, the delusions become crystallized -- meaning they take on particular narratives, story lines and people's motives begin to be fleshed out," said MacDonald. "When one thing isn't explained, it's never abandoned. The plot just thickens ... and you credit your persecutor with a tremendous amount of power."


「それから時間とともに、妄想は結晶化します-彼らが特定の物語を引き受けることを意味して、筋書きと人々の動機は肉づけされ始めます」と、マクドナルドが言いました。「1つのものが説明されないとき、それは決して捨てられません。計画は、ちょうど厚くなります...そして、あなたはあなたの迫害者が力の相当な量を持っていると信じます。」


MacDonald said it can make it difficult to do talk therapy when delusional people feed their story from outside sources or find evidence with other conspiracy plots.


マクドナルドは、妄想の人々が外側の源から彼らの話を供給するか、他の陰謀計画で証拠を見つけるとき、それが話合い療法をすることを難しくすることができると言いました。


"You're sitting across from your therapist and they say, 'Well why would they do all of this?' And you've got the answers because you've studied online," he said.


「あなたは、あなたのセラピストの向かいに座っています、そして、彼らは言います、『なぜ、彼らはこれの全てをしますか?』あなたがオンラインで勉強したので、あなたが持つ答えを得ました」と、彼が言いました。


Icke said that sort of danger is not his responsibility.


アイクは、その種類の危険が彼の責任でないと言いました。


"You can't stop information because it might be misused by people," he said.


「それが人々によって不正使用されるかもしれないので、あなたは情報を止めることができません」と、彼が言いました。


"What people think of my information is none of my business; it's their business," he added. "I'm not saying, 'This is how it is, you must believe it.' I'm saying, 'This is another way to look at the world. What do you think?'"


「人々が私の情報をどう思うかは私のビジネスのどれでもありません;」

「それはそれらのビジネスです」と彼は付け加えました。

「私は、‘これは、それがどうであるかであり、あなたはそれを信じなければなりません’と言っていません。」

私は、‘これは、世界を見る別の方法です’と言っています。

「‘あなたは何を考えますか?’」


Icke said he has run into psychiatrists analyzing why people believe his theories in television interviews.


アイクは、彼が人々がなぜテレビ取材において彼の理論を信じているかについて分析している精神科医に出会ったと言いました。


To them, Icke says, "Check it out. Check it out. Then [decide]: Do the facts stand up? Don't go into this psychological babble after you first dismiss the information by reflex action."


彼らに、アイクは言います ― 「それをチェックしてください。それをチェックしてください。そして[決めます]:事実は立ち上がりますか?あなたが反射的な行動によって最初に情報を退けたあと、この精神的な喧騒に入らないでください。」


Icke believes his popularity on the Internet is a testament to the validity of his ideas, and that people feel that his predictions have come to pass.


アイクはインターネットの彼の人気が彼の考えの有効性の証拠であると思っています、そして、その人々は彼の予測が起こったのを感じます。


"What you do as you continue to research and you continue to travel is you hone it down," he said. "I've never come across anything that questioned the themes of what I'm talking about. ... With every day that passes, you just get more information."


「あなたが、研究し続けて、あなたが、旅行することがあなたであると続ける時に、あなたがすることは下でそれを研ぎます」と彼は言いました。

「私は、一度も、私が話しているもののテーマに質問した何にも出会ったことがありません」。



「過ぎる毎日によって、あなたはただより多くの情報を得ます」。


"If the information over a period of time does not stand up to scrutiny and fact checking, it doesn't matter how far it will circulate, it's going to be dropped," he said.


「期間の間の情報が精査と事実のチェックに耐えず、どのくらいそれが循環するであろうかが重要でないならば、それは、落ちようとしています」と彼は言いました。


After studying conspiracy theorists, Michael Barkun, professor of political science at Syracuse University and author of the book, "Culture of Conspiracy: Apocalyptic Visions in Contemporary America," said he thought image and packaging is actually key to attracting followers.


陰謀理論家、マイケルバークン、シラキュース大学の政治学の教授と本(「Conspiracyの文化)の著者を研究した後に:Contemporaryアメリカの黙示録的なVisions」、彼はイメージと包装が実は、支持者を引きつけることへのキーであると思うと言いました。


"Even someone whose ideas are deviant can produce a Web site that looks sleek and professional," said Barkun. "Those who have conspiracy theories to peddle can do it very easily. And if they're reasonably sophisticated, [they] can do it in a way that gives those ideas the appearance of validity."


「アイデアが逸脱している誰かさえ、滑らかで、プロフェッショナルに見えるウェブサイトを作り出すことができます」とバークンは言いました。

「行商するために、陰謀説を持っている人々は非常に容易にそれをすることができます」。

「そして、それらが適度に洗練されているならば、[彼らは、]それらのアイデアに妥当性の外観を与える方法でそれをすることができます」。

Whether those who make conspiracy theories for the masses are themselves mentally ill, Barkun said it depends on the conspiracy theorist.


多数のために陰謀説を作る人々が彼ら自身精神障害があるかどうかに関係なく、バークンはそれが陰謀理論家に依存すると言いました。


"I don't think you can generalize," he said. "Certainly, in terms of conspiracy theorists, they're all quite different."


「私は、あなたが一般論を述べることができると思いません」と、彼が言いました。「確かに、陰謀理論家に関して、彼ら全員は、全く異なります。」


As for Icke, he has long heard people accusing him of being a mentally-disturbed conspiracy theorist.


アイクに関しては、彼は人々が彼を精神障害のある陰謀理論家であったとして訴えているのを長く聞きました。


"I went out on a limb," he said. "What's happened within a period of 20 years is that the world has come to me. ... As people have seen it coming to pass, the laughter has stopped.


「私は危ない橋を渡りました」と彼は言いました。

「20年の期間以内に起こったことは、世界が私のところに来たことです」。



人々がそれが起きるのを見た時に、笑いはやみました。

"I take a different view," he added, "and if that's at odds with mainstream society to the point of being crazy, then I'm fine with that."



「私は、異なる見方をとります」、と、彼が付け加えました。「そして、それがおかしいことの一歩手前まで主流社会と争っているならば、私はそれで元気です。」







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR