FC2ブログ

NWOへの道程 その1

From Global Crisis to “Global Government”


世界的な危機から「世界的な政府」まで


US Intelligence: A Review of Global Trends 2025


米国諜報機関:グローバルな傾向2025のレビュー


Andrew G. Marshall

Global Research


Saturday, Dec 20, 2008


Introduction


アンドリューG.マーシャル

グローバルな研究

2008年12月20日土曜日

入門


The United States’ National Intelligence Council has released a report, entitled Global Trends 2025: A Transformed World
“. This declassified document is the fourth report of the Global Trends 2025: The National Intelligence Council’s 2025 Project
,


米国の国家情報会議は、「グローバルな傾向2025:」という表題を付けられてリポートを発表しました。

「変えられた世界」。

この機密扱いから外された文書はグローバルな傾向2025の4番目のリポートです:

国家情報会議の2025年のプロジェクト


The report outlines the paths that current geopolitical and economic trends may reach by the year 2025, in order to guide strategic thinking over the next few decades. The National Intelligence Council describes itself as the US Intelligence Community’s “center for midterm and long-term strategic thinking,” with the tasks of supporting the Director of National Intelligence, reaching out to non-governmental experts in academia and the private sector and it leads in the effort of providing National Intelligence Estimates.


リポートは、現在の地政学の傾向と経済動向が、次の数十年の間に戦略的な考察を誘導するために2025年までに到着するかもしれないパスを概説します。

国家情報会議は米国情報機関関係者らの「考えている戦略的な中間の用語と長期のためのセンター」として、国家情報のディレクターをサポートする仕事によって、学界と民間部門の中の非政府のエキスパートに手を差し出すのを自身で説明し、国家情報見積りを提供する努力において、それは導きます。

The report was written with the active participation of not only the US intelligence community, but also numerous think tanks, consulting firms, academic institutions and hundreds of other experts. Among the participating organizations were the Atlantic Council of the United States, the Wilson Center, RAND Corporation, the Brookings Institution, American Enterprise Institute, Texas A&M University, the Council on Foreign Relations and Chatham House in London, which is the British equivalent of the CFR.


リポートは米国情報機関関係者らだけでなくたくさんのシンクタンク、コンサルタント会社、学究的な組織、および数百人の他のエキスパートものアクティブな参加によって書かれました。

米国、ウィルソンセンター、ランド研究所、ブルッキングズ研究所、アメリカ企業大学、テキサスA&M大学、外交問題評議会、およびチャダム家の大西洋協議会はロンドンで参加組織に含まれていました(それは英国でCFRに相当するものです)。


Among the many things envisioned in this report to either be completed or under way by 2025 are the formation of a global multipolar international system, the possibility of a return of mercantilism by great powers in which they go to war over dwindling resources, the growth of China as a great world power, the position of India as a strong pole in the new multipolar system, a decline of capitalism in the form of more state-capitalism, exponential population growth in the developing world, continuing instability in Africa, a decline in food availability, partly due to climate change, continued terrorism, the possibility of nuclear war, the emergence of regionalism in the form of strong regional blocks in North America, Europe, and Asia, and the decline of US power and with that, the superiority of the dollar.


多くの間で、2025年までに、完成するこのリポートの中でまたは進行中に想像された物は、グローバルな多極の国際的なシステム(資源を小さくする上で、彼らが戦争に行く大きな能力による重商主義のリターンの可能性)の構成です。

大きな大国としての中国の成長、新しい多極のシステム(続いているより多くの国家資本主義(発展途上の世界の指数の人口増加)という形の資本主義の低下)中の強いポールとしてのインドのポジション

アフリカ(一つには気候変動、続いたテロ、核戦争(北アメリカ、ヨーロッパ、およびアジアの強い地域のブロックという形の地方主義の出現)の可能性、および米国パワーとそれとともに、ドルの優越の低下による食物入手可能性における低下)の不安定さ。


The Economics of Change



The discussion of global economics begins with analyzing the potential repercussions of the current global financial crisis. It states that the crisis “is accelerating the global economic rebalancing. Developing countries have been hurt; several, such as Pakistan with its large current account deficit, are at considerable risk. Even those with cash reserves?such as South Korea and Russia?have been severely buffeted; steep rises in unemployment and inflation could trigger widespread political instability and throw emerging powers off course.” However, it states, “if China, Russia, and Mideast oil exporters can avoid internal crises,” they may be able to buy foreign assets, provide financial assistance to struggling countries and “seed new regional initiatives.” It says that the biggest change for the West will be “the increase in state power. Western governments now own large swaths of their financial sectors and must manage them, potentially politicizing markets.” It continues in saying that there is a prospect for a new “Bretton Woods,” to “regulate the global economy,” however, “Failure to construct a new all-embracing architecture could lead countries to seek security through competitive monetary policies and new investment barriers, increasing the potential for market segmentation.”


変化の経済状態



世界的な経済学に関する議論は、現在の世界的な財政危機の潜在的影響を分析することで始まります。それはそれを述べます危機、「速まることは、世界的な経済リバランシングです。発展途上国は傷つきました;いくつかは、パキスタンのようなその大きな流れで赤字をしたと思って、かなりの危険です。


現金準備などの韓国およびロシアが持っていさえしても厳しく打たれます;

「失業率とインフレの急激な上昇は広範囲に及んだ政治的な不安定さを引き起こし、コースから明らかになる能力を投げることができました」。

それは、「中国、ロシア、および中東のオイル輸出業者が内部の危機を避けることができるならば」、たとえ、彼らは、どんなに外国資産を買うことができるかもしれなくてとも述べて、苦闘する国に財政援助を提供してください。そうすれば、「種の新しい地域のイニシアチブ」.それは西欧のための最も大きな変化が「国家権力の増加」になるであろうと伝えています。

「西の政府は現在それらの金融部門の大きな刈り幅を所有していて、市場を潜在的に政治化して、それらを管理しなければなりません」。

それは、新しい「ブレットンウッズ」の見通しがあると言う際に続けます、しかし、「グローバル経済を管理する」ために、「新しい広範囲にわたる建築を構成することに関する怠慢は国に競争的金融方針と新しい投資バリアを通して保安を求めさせることができました。そして、市場分割への可能性を増やしました」。


The report states that as a result of the major financial disruptions under-way and those still to come, there is a need to rebalance the global economy. However, “this rebalancing will require long-term efforts to establish a new international system.”[3] It states that major problem to overcome will be a possible backlash against foreign trade and investment by corporations, particularly in “emerging economies,” with the potential of fueling “protectionist forces” in the US; an increasing competition for resources between emerging economies such as Russia, China, India and even Gulf states; a decline in democratization, as the China-model for development becomes attractive to other emerging economies, authoritarian regimes and even “weak democracies frustrated by years of economic underperformance”; the role of Sovereign Wealth Funds (SWFs) in providing more financial assistance to developing countries than the World Bank and IMF, which could lead to “diplomatic realignments and new relationships” between China, Russia, India and Gulf states with the developing world; the loss of the dollar as the “global reserve currency,” as “foreign policy actions might bring exposure to currency shock and higher interest rates for Americans,” and a “move away from the dollar” which would be precipitated by “uncertainties and instabilities in the international financial system.”


リポートは、航行中の主要な金融の分裂の結果と発生するそれらの静寂として、世界経済を再均衡するニーズがあると述べます。

しかし、「この再均衡は、新しい国際的なシステムを設立する長期努力を必要とするでしょう」.それは解決する主要な問題が、米国で「保護貿易主義の力」に燃料を供給する可能性との特に「明らかになる経済」の企業による外国貿易と投資に対して可能な反発になるであろうと述べます;

ロシア、中国、インド、および湾岸諸国さえなどの明らかになる経済の間の資源を争う増大する競技会;

開発のための中国モデルが他の明らかになる経済、独裁的な政権、および「何年もの経済の株価の下げによってイライラさせられた弱い民主主義国」さえに魅力的になるにつれて民主化の中の低下;

世界銀行と国際通貨基金(それは発展途上の世界と中国、ロシア、インド、および湾岸諸国の間で「外交の再調整と新しい関係」を引き起こすことができました)より多くの財政援助を開発途上国に提供することにおける主権を有する富Funds(SWF)の役割;

「グローバルな準備通貨」としての、「外交方針行動はアメリカ人のために通貨ショックとより高い利率への露出をもたらすかもしれません」としてのドルと「国際金融システムの中の不確定要素と不安定さ」によって促進されるであろう「ドルから転居してください」の損失。

The dollar’s decline as a “global reserve currency” will be relegated to “something of a first among equals in a basket of currencies by 2025. This could occur suddenly in the wake of a crisis, or gradually with global rebalancing.”


「世界的な予備通貨」としてのドルの低下は、「2025年までの通貨バスケットの同等の間のちょっとした最初に分類されます。これは、危機に続いて、または、徐々に世界的なリバランシングで突然起こることができました。」


It states that for the first time in history, the financial landscape will be “genuinely global and multipolar,” and that, “redirection toward regional financial centers could soon spill over into other areas of power.”[6] It states that there is potential for a divide within the West between the US and EU, so long as they continue divergent economic policies, where Europe is more state-centric and with the US as more market-based. However, “the enhanced role of the state in Western economies may also lessen the contrast between the two models.”[7] This enhanced role of the state in economic matters is largely due to the current financial crisis.


初めて、歴史において、金融の景色が、「心底グローバルで、多極です」とそれ(ヨーロッパが市場ベースのより多くとしてより州中心と米国とともにある所に、それらが分岐した経済政策を続けている限り、米国とEUの間の西欧の中の分割のための可能性があることが述べる、「地域の金融センターへのリダイレクションはパワーの他のエリアの中にすぐこぼれることができました。」)になるであろうということは述べます。

しかし、経済的問題における状態の、「西洋の経済における状態の強化された役割はまた2つのモデルのコントラストを減らすかもしれません」.これは強化された役割が主として現在の金融恐慌によります。


Latin America



In outlining Latin America’s path for the next two decades, the report states that many countries will have become middle income powers, however, “those that have embraced populist policies, will lag behind?and some, such as Haiti, will have become even poorer and still less governable.” It says Brazil will become the major power of the region, but that, “efforts to promote South American integration will be realized only in part. Venezuela and Cuba will have some form of vestigial influence in the region in 2025, but their economic problems will limit their appeal.” However, it said that many parts of Latin America will remain among “the world’s most violent areas,” and that, “US influence in the region will diminish somewhat, in part because of Latin America’s broadening economic and commercial relations with Asia, Europe, and other blocs.”






ラテンアメリカ

次の20年の間ラテンアメリカのパスを概説することにおいて、リポートは、多くの国が中間所得層の能力になっているであろうと述べて、しかし、「ポピュリスト的な方針を抱擁したそれらはーに遅れをとるであろうし、ハイチなどのいくつかがいっそうより貧しく、より統治可能でなくなっているでしょう。」それはブラジルが地域の主要国であるがそれになるであろうと伝えていて、南アメリカ統合を促進する"努力はいくぶんだけ実現するでしょう。

「ベネズエラとキューバは2025年に地域にある種の痕跡の影響を持つであろうけれども、それらの経済問題はそれらの訴えを制限するでしょう」。

しかし、それは、ラテンアメリカの多くの部分が「世界の最も暴力的なエリア」間に残るであろうし、「地域の米国影響は一つにはアジア、ヨーロッパ、および他のブロックとのラテンアメリカの広がる経済の、そして商業用の関係のため多少減少するでしょう」と伝えていました。


Europe



In discussing the issue of Muslim immigration into the European Union, the report states that, “Countries with growing numbers of Muslims will experience a rapid shift in ethnic composition, particularly around urban areas, potentially complicating efforts to facilitate assimilation and integration.” Further, “the increasing concentration could lead to more tense and unstable situations, such as occurred with the 2005 Paris suburban riots.” This mass immigration and reactions of Europeans, among other factors, “are likely to confine many Muslims to low-status, low-wage jobs, deepening ethnic cleavages. Despite a sizeable stratum of integrated Muslims, a growing number?driven by a sense of alienation, grievance, and injustice?are increasingly likely to value separation in areas with Muslim-specific cultural and religious practices.”


ヨーロッパ

欧州連合の中にイスラム教移住の問題を議論することにおいて、リポートは、それ、より遠い、「多くのイスラム教徒を成長させることによる国は、特に、都市部、同化を容易にする潜在的な複雑にする努力、および統合のまわりで民族の構成において急速なシフトを経験するでしょう」.「増大する濃度は、2005年のパリ郊外居住者暴動によって起こったようなより神経質で、不安定な状況をもたらすことができました」を述べます。

他のファクター(「民族の分裂を深くして、低ステータス、低賃金の仕事に多くのイスラム教徒を閉じ込めそうです」)の間のヨーロッパ人のこの大量移民と反応。

「統合したイスラム教徒のかなりの層にもかかわらず、疎外感によって動かされた増加する数ー、不平、および不正ーは、ますますイスラム教徒固有の文化的で、宗教の習慣によってエリアで分離を評価しそうです」。


The report also states that by 2025, Europe “will have made slow progress toward achieving the vision of current leaders and elites: a cohesive, integrated, and influential global actor able to employ independently a full spectrum of political, economic, and military tools in support of European and Western interests and universal ideals. The European Union would need to resolve a perceived democracy gap dividing Brussels from European voters and move past protracted debate about its institutional structures.” In other words, the move toward a European superstate will revolve around convincing the public that it is not a threat to democracy or sovereignty.


リポートはまた、2025年までに、ヨーロッパが、「現在のリーダーとエリートのビジョンを達成することへの遅い進歩をしているであろう」と述べます:

ヨーロッパと西洋の興味と一般的な理想のサポートにおいて独立して政治的で、経済、および軍隊のツールの完全なスペクトルを使用することができる統一感があり、統合し、有力なグローバルな俳優。

「欧州連合は、ヨーロッパ有権者からブリュッセルを分割している気づかれている民主主義ギャップを解決し、その制度上の構造についての過去の長時間の討論を動かす必要があるでしょう」(すなわちヨーロッパ超大国への動き)は、それが民主主義または主権への脅威ではないことを一般大衆に納得させることのまわりを回転するでしょう。

It further states that Europe should and likely will take in “new members in the Balkans, and perhaps Ukraine and Turkey. However, continued failure to convince skeptical publics of the benefits of deeper economic, political, and social integration and to grasp the nettle of a shrinking and aging population by enacting painful reforms could leave the EU a hobbled giant.”


それはさらに、ヨーロッパが「バルカン諸国とたぶんウクライナとトルコの新しいメンバー」を受け入れるべきであり、たぶん、そうするであろうと述べます。

「しかし、より深い経済の、政治的で、社会的な統合を利益の懐疑的な政府に納得させることにおける、そして痛みを伴う改革を制定することによって収縮のイラクサと高齢化人口を握ることにおける続いた失敗は妨げられた巨人をEUに残すことができました」。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR