FC2ブログ

NWOへの道程 その2

Russia: Boom or Bust?



The report’s focus on Russia stresses two possible scenarios. One in which Russia triumphs as an international player in the new international system, with the “potential to be richer, more powerful, and more self-assured in 2025 if it invests in human capital, expands and diversifies its economy, and integrates with global markets. [Emphasis added]” However, Russia could also take another path, where “multiple constraints could limit Russia’s ability to achieve its full economic potential,” such as a shortfall in energy investment, an underdeveloped banking sector, and crime and corruption. It also points out that a “sustained plunge in global energy prices before Russia has the chance to develop a more diversified economy probably would constrain economic growth.”[11] Could this be a veiled threat to Russia to either join into and merge with the international system, which is directed by Western elites, or face a possible economic backlash, perhaps in the form of manipulating oil prices? This strategy has not by any means been unheard of, as a look at the 1973 oil crisis and the lead up to the first Gulf War in 1991 have proven.


ロシア:急成長するか、破裂します?



ロシアに対するレポートの関心は、2つの可能なシナリオを強調します。ロシアが新しい国際的なシステムの国際的なプレーヤーとして勝利を収める1つ(「それが人的資本に投資して、その経済を拡大して、多様化して、世界市場と一体化するならば2025年により豊かで、より強力で、より自信がある可能性による)。[加えられる強調]「しかし、エネルギー投資、発育不十分な銀行業務部門と犯罪と腐敗の不足分のような、「複数の制約は、その完全な経済可能性を成し遂げるロシアの能力を制限することができました」所で、ロシアはもう一つの経路をとることもできました。それも、それから「ロシアの前の世界的なエネルギー価格の継続された突入には、多分より多角化された経済を拡張するだろうことが経済成長を束縛するという可能性があります。これが、どちらの接点へのロシアに対する無言の脅威ででもあることができましたに、そして、国際的なシステム(それは西側のエリート集団によって指示されます)で結合してまたは、おそらく石油価格を操ることの形で、可能な経済反発を向かいますを示します?1973年のオイルショックの観察と1991年の最初の湾岸戦争までのリードが証明して、この戦略は決して聞いたことがありませんでした。


In contemplating Russia’s likely future, the report states that with a more “proactive and influential foreign policy” Russia could become an “important partner for Western, Asian, and Middle East capitals; and a leading force in opposition to US global dominance.” However, it states that, “shared perceptions regarding threats from terrorism and Islamic radicalism could align Russian and Western security policies more tightly.” In other words, perhaps increased incidents of terrorist activity in or near Russian territory can force it to align more closely with the West, if only at first in security integration. It also elaborates on the other potentiality for Russia, saying that it is “impossible to exclude alternative futures such as a nationalistic, authoritarian petro-state or even a full dictatorship.”


ロシアのありそうな将来を考える際に、レポートではより多くの「率先的で影響力のある外交政策」で、ロシアが「西部劇、アジア人と中東首都のための重要なパートナーになることができたとしています;そして、米国の世界的な優位に反対した主要な力。」、しかし、それはそれを述べます、「テロリズムとイスラム急進主義からの脅威に関する共有認識は、よりきつくロシアで西洋のセキュリティポリシーを一列に並べることができました。」、他の語で、最初は保安において統合ならばだけおそらく、ロシアの領域の、または、の近くのテロ活動の増加した事件はそれにより西側で密接に整列することを強制することができます。それもロシアのために他の潜在性を詳しく述べます。そして、それが「他の将来(例えば国家主義的な、権威主義的な国営石油または完全な独裁さえ)を除外するために不可能なと言います。」


Iran



The report states that there are alternatives with Iran. In one instance, “political and economic reform in addition to a stable investment climate could fundamentally redraw both the way the world perceives the country and also the way in which Iranians view themselves.” This could move Iran away from “decades of being mired in the Arab conflicts of the Middle East.”[13] Or the other option is Iran starts a nuclear arms race, continues to become the object of Western alienation, and may even become unstable and mired in conflict.


イラン

リポートは、イランとの選択肢があると述べます。

一方の例において、これが、「中東のアラブ衝突に陥る数十年。」または他のオプションから離れているイランが、イランが核兵器開発競争を始めて、西洋の疎外のオブジェクトになり続けて、不安定で、陥られるようになりさえするかもしれないことであるのを提案することができた、「安定した投資熱に加えて政治的で、経済の改革は、根本的に、世界が国に気づいている方法とさらに、イラン人が自身を見る方法の両方を再描画することができました。」は矛盾しています。


A Post-Petroleum World?



The report states that by 2025 there will likely be a “technological breakthrough that will provide an alternative to oil and gas, but implementation will lag because of the necessary infrastructure costs and need for longer replacement time.” In this instance, it states that “Saudi Arabia will absorb the biggest shock,” and “In Iran, the drop in oil and gas prices will undermine any populist economic policies,” and that, “Incentives to open up to the West in a bid for greater foreign investment, establishing or strengthening ties with Western partners ? including the US ? will increase.” The report also states that, “Outside the Middle East, Russia will potentially be the biggest loser, particularly if its economy remains heavily tied to energy exports, and could be reduced to middle power status. Venezuela, Bolivia, and other petro-populist regimes could unravel completely, if that has not occurred beforehand because of already growing discontent and decreasing production.”[14] Again, this raises the issue of the manipulation or control of oil prices for political purposes, as the states all likely to be affected negatively by a plunge in oil prices also happen to be the states most at odds with the West, and specifically, the United States.


ポスト石油界?



レポートではそこの2025年までのそれがたぶんそうであるとしています「技術革新は選択肢を油とガスにとても提供します、しかし、実施は必要な基盤経費とより長い交替時間の必要のため、遅れます。」、この例に、それは「サウジアラビアは、最大のショックを吸収します」と述べます、そして、「イランでは、油とガソリン価格の下落は、どんな人民主義経済政策でも徐々にむしばみます」、いやはや、「より大きな対外投資への努力において西側に開放される誘因(西側のパートナーとの関係を確立するか、強化する)、 - アメリカ合衆国-を含むことは増加します。」レポートも、それ(「中東の外で、ロシアは特にその経済がエネルギー輸出にかなり拘束されるままであるならば、潜在的に最大の敗者で、中央の力の地位になることができます。)を述べますそれがすでにふくらむ不満と減少している生産のため、前もって起こらなかったならば、ベネズエラ、ボリビアと他の石人民主義体制は完全に崩れることができます。また、全く石油価格でも否定的に突入に影響を受けそうな国が偶然西側で、そして、特に最も争っている国(アメリカ合衆国)であるので、これは政治目的のために操作または石油価格の統制の問題を持ち出します。


Africa: More of the Same



The report starts off by saying that “Sub-Saharan Africa will remain the most vulnerable region on Earth in terms of economic challenges, population stresses, civil conflict, and political instability. The weakness of states and troubled relations between states and societies probably will slow major improvements in the region’s prospects over the next 20 years unless there is sustained international engagement and, at times, intervention. Southern Africa will continue to be the most stable and promising sub-region politically and economically.” This seems to suggest that there will be many more cases of “humanitarian intervention,” likely under the auspices of a Western dominated international organization, such as the UN.


アフリカ:より多くの同じこと



レポートはそれを言うことから始めます。そして、「サハラ以南のアフリカは、経済挑戦、人口ストレス、内戦と政治的不安定に関する地球で最も弱い地域のままです。継続された国際的な約束と、時々、干渉がない限り、州の弱さと州と社会の困った関係は多分次の20年にわたって地域の見通しの大きな改善を遅らせるでしょう。南部アフリカは、政治的に、そして、経済的に最も安定して有望な小区域であり続けます。」と、Thisが、たぶん西洋の支配された国際組織(例えば国連)後援で、「人道的な干渉」のより多くのケースがあることを示唆するためにようです。


Further, the region will “continue to be a major supplier of oil, gas, and metals to world markets and increasingly will attract the attention of Asian states seeking access to commodities, including China and India.” However, “Poor economic policies?rooted in patrimonial interests and incomplete economic reform?will likely exacerbate ethnic and religious divides as well as crime and corruption in many countries.”


さらに、地域は、「世界市場へのオイル、ガス、および金属の主要な供給業者であり続けて」であろう「と、ますます、中国とインドの.」しかし(「先祖伝来の興味における貧しい経済の方針定着と不完全な経済の改革意志はたぶん多くの国での犯罪と買収と同様に民族と宗教の分割を悪化させます。」)を「含めて、商品へのアクセスを捜しているアジア州の注意を引き付けるでしょう」

It also states that there will likely be a democratic “backslide” in the most populous African countries, and that, “the region will be vulnerable to civil conflict and complex forms of interstate conflict?with militaries fragmented along ethnic or other divides, limited control of border areas, and insurgents and criminal groups preying on unarmed civilians in neighboring countries. Central Africa contains the most troubling of these cases, including Congo-Kinshasa, Congo-Brazzaville, Central African Republic, and Chad.”


それはまた、たぶん、民主主義の、「逆戻り」が最も人口が多いアフリカの国にあるであろうし、「地域は文民の衝突に無防備になるであろうし、少数民族または他の分割(境界エリアの制限されたコントロール)と近隣諸国の中の非武装の民間人を餌食にしている反乱者と犯人グループに沿って各州間の衝突による軍隊の複雑なフォームは粉々になりました」と述べます。

「中央アフリカはコンゴキンシャサ、コンゴブラザビル、中央アフリカ共和国、およびチャドを含むこれらのケースの中の最も厄介を含んでいます」。


Resurgent Mercantilism and the “Arc of Instability”



The report states that there is a likely possibility of the resurgence on the world stage of mercantilist foreign policies of great powers, as access to resources becomes more limited. Perceptions of energy scarcity “could lead to interstate conflicts if government leaders deem assured access to energy resources to be essential to maintaining domestic stability and the survival of their regime.” In particular, “Central Asia has become an area of intense international competition for access to energy.”


再起した重商主義と「不安定さの円弧」

リポートは、資源へのアクセスがもっと制限されるにつれて、大きな能力の重商主義者外交方針の世界の舞台の上に再起のありそうな可能性があると述べます。

特にエネルギー不足、「政府指導者がエネルギー資源への保証付きのアクセスを、維持している家庭の安定と彼らの政権の生き残りに必須であると考えているならば、各州間の衝突をもたらすことができました」.「中央アジアはエネルギーへのアクセスを争う強烈な国際競争のエリアになりました」の認知。


The report also states that, “The Middle East and North Africa (MENA) will remain a geopolitically significant region in 2025, based on the importance of oil to the world economy and the threat of instability.” It gives a positive and negative scenario. In the positive, where economic growth becomes “rooted and sustained,” regional leaders will ensure stability both economic and political. However, “in a more negative scenario, leaders will fail to prepare their growing populations to participate productively in the global economy, authoritarian regimes will hold tightly to power and become more repressive, and regional conflicts will remain unresolved as population growth strains resources.”




また、それは、「中東と北アフリカ(メナ)は、世界経済と不安定さの脅威にオイルの重要性に基づいて、2025年に地政学的に重要な地域であり続けるでしょう」と述べる.Itがポジティブで、ネガティブなシナリオを与えるという報告。

ポジティブ(そこで、経済成長は、「根付き、維持されています」になります)において、地域のリーダーは経済の、そして政治的な両方を安定性に確保するでしょう。

しかし、「よりネガティブなシナリオの中で、リーダーは、彼らの増加する人口に、生産的に世界経済に参加する心構えをさせることに失敗するであろうし、独裁的な政権はパワーを堅く固守し、より抑圧的になるであろうし、人口増加が資源を緊張させる時に、地域紛争は未解決であり続けるでしょう」。


The report elaborates that, “youth bulges, deeply rooted conflicts, and limited economic prospects are likely to keep Palestine, Yemen, Afghanistan, Pakistan, and others in the high-risk category. Spillover from turmoil in these states and potentially others increases the chance that moves elsewhere in the region toward greater prosperity and political stability will be rocky. The success of efforts to manage and resolve regional conflicts and to develop security architectures that help stabilize the region will be a major determinant of the ability of states to grow their economies and pursue political reform.” In other words, expect continued destabilization of the region.


リポートは、それ(「若者膨らみ、深く定着した衝突、および制限された経済見通しは、ハイリスクのカテゴリーにおいてパレスチナ、イエメン、アフガニスタン、パキスタン、およびその他を保持しそうです」)を念入りに作ります。

これらの州と潜在的な他の騒動からの流出は、より大きな繁栄に地域の他の場所に動くチャンスを増大させて、政局安定は岩が多くなるでしょう。

すなわち、「地域紛争を管理し、解決し、地域を安定させることに役立っているセキュリティアーキテクチャを開発する努力の成功は、それらの経済を成長させて、政治改革を追跡する州の能力の主要な決定因子になるでしょう」は地域の続いた不安定化を予期しています。

It states of Iran, that its “fractious regime, nationalist identity, and ambivalence toward the United States will make any transition from regional dissenter toward stakeholder perilous and uneven. Although Iran’s aims for regional leadership?including its nuclear ambitions?are unlikely to abate, its regional orientation will have difficulty discounting external and internal pressures for reform.”


それはイランで述べて、米国へのその怒りっぽい政権、国家主義のアイデンティティ、およびアンビバレンスは、危険で、でこぼこのステークホルダーへの地域の反対者からどのような変遷でも作ります。

「イランのは、弱まることがありそうになくその核で‘野心はあります’を地域のリーダーシップ含みのために向けるけれども、その地域のオリエンテーションは改革のために外圧と内圧を割引くのに苦労をするでしょう」。


In relation to Afghanistan, the report states that, “Western-driven infrastructure, economic assistance, and construction are likely to provide new stakes for local rivalries rather than the basis for a cohesive Western-style economic and social unity.” Further, as “Globalization has made opium Afghanistan’s major cash crop; the country will have difficulty developing alternatives, particularly as long as economic links for trade with Central Asia, Pakistan, and India are not further developed.” It states that sectarian conflicts will continue and increase.


アフガニスタンに関連して、より、「グローバリゼーションはアヘンをアフガニスタンの主要な換金作物にしました;」として、リポートは、それ(.、「ウエスタン主導のインフラストラクチャー、経済援助、および建築は、統一感がある西欧風経済の、そして社会的な統一体のための基礎というよりもローカルな競争のための新しい賭け金を提供しそうです」)を述べます。

「特に、中央アジア、パキスタン、およびインドとの貿易のための経済のリンクがさらに開発されない限り、国は二者択一を発展させるのに苦労をするでしょう」.Itは、宗派の衝突が続き、増大するであろうと述べます。


The report describes Pakistan as a “wildcard,” especially in relation to conflict in Afghanistan. It states that its Northwest Frontier Province and tribal areas “will continue to be poorly governed and the source or supporter of cross-border instability.” It states that, “If Pakistan is unable to hold together until 2025, a broader coalescence of Pashtun tribes is likely to emerge and act together to erase the Durand Line,” and fractionalize Pakistan into ethnic divides. Essentially, expect Pakistan to be broken up into ethnically divided countries and territories.


リポートは特にアフガニスタンの衝突に関連してパキスタンを「ワイルドカード」と評します。

それは、そのノースウェストフロンティア州と部族のエリアが、「不十分に管理されます、」「パキスタンが、2025年まで団結することができないならば、パシュトゥーン族種族のより広い融合は、デュアランド線を消去するために一緒に明らかになり、作動しそうです」.が述べる「国境を越える不安定さのソースまたはサポーターであり続けて」と民族の分割の中にパキスタンを分割して「でしょう」と述べます。

本質的に、パキスタンが民族的に分割された国と領域に解体することを期待していてください。


It also stipulates that Iraq will continue to be plagued by sectarian and ethnic conflicts, which will spillover into other countries of the region, as “Iran, Syria, Turkey, and Saudi Arabia will have increasing difficulty staying aloof. An Iraq unable to maintain internal stability could continue to roil the region. If conflict there breaks into civil war, Iraq could continue to provide a strong demonstration of the adverse consequences of sectarianism to other countries in the region.”[18] Put another way, Iraq will collapse into civil war, break up and become an example to the rest of the region regarding what happens to countries that pursue divergent policies from those of the West.


それはまた、イラクが、宗派の衝突と民族紛争によって悩まされ続けるであろうということを規定します(「イラン、シリア、トルコ、およびサウジアラビアは冷淡なままいるのに増大する苦労をするでしょう」として、それは地域の他の国の中に流出を望んでいます)。

内部安定性を維持することができないイラクは、地域を濁らせ続けることができました。

そこの衝突が内戦の中に壊れるならば、イラクは、別の方法で置かれた地域."[18]における他の国にセクト主義の反対の結果の強いデモンストレーションを提供し続けることができて、イラクは、内戦の中に崩壊し、解体し、西欧のそれらから分岐した方針を実行する国に起こることについて地域の残りに例になるでしょう。


Nuclear War



The report states that there is a likely increase in the risk of a nuclear war, or in the very least, the use of a nuclear weapon by 2025. “Ongoing low-intensity clashes between India and Pakistan continue to raise the specter that such events could escalate to a broader conflict between those nuclear powers.” Further, “The prospect of a nuclear-armed Iran spawning a nuclear arms race in the greater Middle East will bring new security challenges to an already conflict-prone region, particularly in conjunction with the proliferation of long-range missile systems.” The report also brings up the prospect of nuclear terrorism as an increased risk.


核戦争

リポートは、2025年までに核戦争のリスクまたはまさに極少なものにおける、核兵器の使用においてありそうな増加があると述べます。

さらに、「インドとパキスタンの間の進行中の低強度衝突は、そのようなイベントがそれらの核保有国の間のより広い衝突にエスカレートすることができたという不安を呼び起こし続けます。」、リポートが、また、増大されたものとして核のテロの見込みの上に至らせる、「より大きな中東で核兵器開発競争を産んでいる核を装備したイランの見込みは特に長距離ミサイルシステムの増殖と連携して新しいセキュリティ挑戦をすでに衝突が多い地域にもたらすでしょう。」

リスク。


Terrorism



The report states that terrorism will by no means disappear from the international stage by 2025. It interestingly postulates that there is a possibility of Al-Qaeda’s influence as a terrorist group greatly diminishing, or all together disappearing, being replaced with new terrorist threats.[20]



It discusses the actions that will likely be pursued by countries in reaction to terrorist threats, saying that many governments will be “expanding domestic security forces, surveillance capabilities, and the employment of special operations-type forces.” Counterterrorism measures will increasingly “involve urban operations as a result of greater urbanization,” and governments “may increasingly erect barricades and fences around their territories to inhibit access. Gated communities will continue to spring up within many societies as elites seek to insulate themselves from domestic threats.”[21] Essentially, expect a continued move towards and internationalization of domestic police state measures to control populations.


テロ

リポートは、テロが2025年までに決して国際的なステージから消えないであろうと述べます。

それは、新しいテロリストの脅迫と取り替えられて、大いに減少しているか、すべて一緒に消えているテロリストグループとしてアルカイダの影響の可能性があることを興味深く仮定します。

それは、するであろう行動がたぶん、多くの政府が「国内の保安軍、監視機能を拡張している」であろうと言って、テロリストの脅迫に対する反応における国によって追跡されることを議論し「、」、「特別なオペレーション・タイプ力」.対テロ手段「の使用はより大きな都市化の結果として」ますます「都市の操作に関係する」であろうし、政府は、「アクセスを抑制するためにそれらの領域のまわりでますますバリケードとフェンスを築くかもしれません」。

エリートが、本質的に国内脅威."から自身を絶縁することに努めて、続いた動きを予期していて、人口をコントロールするために、国内の警察国家の国際化が測定する時に、ゲートでコントロールされたコミュニティは、多くの社会の中で生じ続けるでしょう。


Global Pandemic



The report states that there is a distinct possibility of a global pandemic emerging by 2025. In this case, “internal and cross-border tension and conflict will become more likely as nations struggle?with degraded capabilities?to control the movement of populations seeking to avoid infection or maintain access to resources.” It states that such a likely candidate for a pandemic would be the H5N1 avian flu.



It states that in the event of a global pandemic, likely originating in a country such as China, “tens to hundreds of millions of Americans within the US Homeland would become ill and deaths would mount into the tens of millions,” and “Outside the US, critical infrastructure degradation and economic loss on a global scale would result as approximately a third of the worldwide population became ill and hundreds of millions died.”


グローバルな大流行病

リポートは、2025年までに明らかになっているグローバルな大流行病のはっきりした可能性があると述べます。

この、ケース、「そうする国家の苦闘による低下した機能が、伝染を避けるか、資源へのアクセスを維持することに努めている人口動態をコントロールする時に、内部の、そして国境を越える緊張と衝突はよりありそうになるでしょう」.において、それは、大流行病のそのような有力候補がH5N1鳥インフルエンザであるであろうと述べます。

たぶん、中国、「米国母国の中の10から数百の数百万人のアメリカ人は病気になるであろうし、死は数千万中に高まるでしょう」、および「米国の外で、おおよそ、世界的な人口の3分の1が病気になり、億が死ぬにつれて、グローバルなスケールの上の重大なインフラストラクチャーデグレードと経済的損失は結果として生じるでしょう」などの国に端を発して、それはグローバルな大流行病の場合にそれを述べます。


A New International System Is Formed



In discussing the structure and nature of a new international system, the report states that, “By 2025, nation-states will no longer be the only ? and often not the most important ? actors on the world stage and the ‘international system’ will have morphed to accommodate the new reality. But the transformation will be incomplete and uneven.”



The report states that under a situation in which there are many poles of power in the world, yet little coordination and cooperation between them all, it would be “unlikely to see an overarching, comprehensive, unitary approach to global governance. Current trends suggest that global governance in 2025 will be a patchwork of overlapping, often ad hoc and fragmented efforts, with shifting coalitions of member nations, international organizations, social movements, NGOs, philanthropic foundations, and companies.” In other words, by 2025, there won’t be an established global government, but rather an acceleration of the processes and mechanisms that have been and currently are underway in efforts to create a world government.



The report also interestingly points out that, “Most of the pressing transnational problems ? including climate change, regulation of globalized financial markets, migration, failing states, crime networks, etc. ? are unlikely to be effectively resolved by the actions of individual nation-states. The need for effective global governance will increase faster than existing mechanisms can respond [Emphasis added].”[23] In other words, due to the growing threat of international problems, which are essentially the result of Western political-economic-intelligence activities and policies, the solution is a move toward international governance, which will be overseen and run by those same Western interests.



In discussing the rise of the emerging powers, particularly China and India, the report observes that their economic progress has been “achieved with an economic model that is at odds with the West’s traditional laissez faire recipe for economic development.” So the question is, “whether the new players ? and their alternative approaches ? can be melded with the traditional Western ones to form a cohesive international system able to tackle the increasing number of transnational issues.” It continues, saying that “the national interests of the emerging powers are diverse enough, and their dependence on globalization compelling enough, that there appears little chance of an alternative bloc forming among them to directly confront the more established Western order. The existing international organizations ? such as the UN, WTO, IMF, and World Bank ? may prove sufficiently responsive and adaptive to accommodate the views of emerging powers, but whether the emerging powers will be given ? or will want ? additional power and responsibilities is a separate question.”[24] So, as the new powers emerge, as a result of Western elite-directed globalization, they will likely merge with the Western controlled world order as opposed to becoming an alternative or opposition force to it.



新しい国際的なシステムは作られます。

構造と新しい国際的なシステムの性質を議論することにおいて、リポートは、それ(「2025によって、民族国家はもう、世界の上の最も多くの重要な俳優が上演せず、‘国際的なシステムが、’新しい現実を適応させるために変化させているであろうし、しばしばにならないでしょう」)を述べます。

「しかし、変化は不完全で、でこぼこになるでしょう」。

リポートは、世界(まだ小さな統合とそれらすべての間の協力)にパワーの多くのポールがある状況の下で、それが、「グローバル・ガバナンスへのアーチをかけて、包括的で、単位のアプローチを見ることがありそうにない」であるであろうと述べます。

そこのすなわち2025年までに、「現在の傾向は、加盟国、国際機関、社会運動、NGO、慈善財団、および会社の連立をシフトすることによって、2025年のグローバル・ガバナンスが重複(しばしばその場限りで、粉々にされた努力)のパッチワークになるであろうということを示唆します」は、樹立されたグローバルな政府ではなくむしろ、そうであり、現在、世界政府を作成する努力において航行中のプロセスとメカニズムの加速になるでしょう。

リポートはまた興味深く指摘します 押している国境を越える問題包括気候の"ほとんどが変わり、州がなければ、 国際化された金融市場の調節、移住 犯罪ネットワークなど-が個々の民族国家の行動によって効果的に解決されることがありそうにない 。

効果的なグローバルな管理の必要は既存のメカニズムが、[強調が追加した]と答えることができてすなわち、本質的に西の政治的経済知能活動と方針の結果である国際的な問題の増大恐れのため、解決が国際的な管理への動きであるより速く増大し、監督されて、それらの同じ西の興味により動かされます。

明らかになる能力、特に中国とインドの上昇を議論することにおいて、リポートは、「新しく、プレーヤー-彼らの選択肢がアプローチします-、.」それが続ける「国境を越える問題の増大する数に取り組むことができるまとまった国際的なシステムを作るために伝統的な西洋のものによって併合されることができるかどうかにかかわらず」、それらの経済成長が、「経済発展のためのウエストの伝統的な自由競争主義レシピと争っている経済モデルによって達成されます。」であったので問題がそうであることに気づきます。

「明らかになる能力の国益は十分に多様で、そこに、直接より多くの確立された西洋の秩序に立ち向かうためにそれらの間で形を成している代わりのブロックのチャンスようにほとんど思われない十分に注目せずにはいられないグローバリゼーションへのそれらの依存です」と言います。

組織UN、WTO、国際通貨基金などの既存の国際および十分に反応がよく、出現することの眺めを適応させるために順応的であると世界銀行判明するかもしれず 能力 けれども、出現能力または望み追加のパワーと責任が、別個の問題であるかどうかにかかわらず。

「従って、新しい能力が西洋のエリートで指示されたグローバリゼーションの結果として明らかになる時に、彼らは、たぶん、それへの代案または反対勢力になることとは対照的に西洋のコントロールされた世界秩序と合併するでしょう」。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR