FC2ブログ

NWOへの道 その3

Regionalism





The report discusses the topic of regionalism in different areas of the world: “Greater Asian integration, if it occurs, could fill the vacuum left by a weakening multilaterally based international order but could also further undermine that order. In the aftermath of the 1997 Asian financial crisis, a remarkable series of pan-Asian ventures?the most significant being ASEAN + 3?began to take root. Although few would argue that an Asian counterpart to the EU is a likely outcome even by 2025, if 1997 is taken as a starting point, Asia arguably has evolved more rapidly over the last decade than the European integration did in its first decade(s).” It further states that, “movement over the next 15 years toward an Asian basket of currencies?if not an Asian currency unit as a third reserve?is more than a theoretical possibility.”

地域主義

リポートは世界の違うエリアで地域主義のトピックを議論します:

「より偉大なアジア統合は、それが起こるならば、多角的に弱まることに基づいた国際的な秩序によって置かれた電気掃除機を満たすことができ、さらにその秩序を徐々に蝕むこともできる」。

1997年アジア金融恐慌の余波において、ASEAN+3で最も重要な汎アジアの顕著なシリーズが、根を取りはじめました。

ほとんどは、1997年が出発点として必要とされるならば、EUへのアジアの対応するものが2025年までに起こりそうな結果であると主張しないであろうけれども、アジアは間違いなく、過去10年の間に、理論的で可能性より."3分の1の‘準備’は‘ある’と多くのアジア単位通貨でないにしてもアジアバケットへの次の15年間に、その最初の10年に「それはさらに進む」ムーブメントにおいて、ヨーロッパ統合がしたより急速に発展します。

The report elaborates on the concept of regionalism, stating that, “Asian regionalism would have global implications, possibly sparking or reinforcing a trend toward three trade and financial clusters that could become quasi-blocs (North America, Europe, and East Asia).” Such blocs “would have implications for the ability to achieve future global World Trade Organization agreements and regional clusters could compete in the setting of trans-regional product standards for IT, biotech, nanotech, intellectual property rights, and other “new economy” products.”So these three main regional blocs will make up the initial structure of international governance by 2025, progressing toward the ultimate goal of a global government.

それ(「アジア地域主義は、ことによると、準共同体になるかもしれない3つの貿易と金融のクラスタへの傾向を引き起こすか、補強して、グローバルな意味を持つでしょう(北アメリカ、ヨーロッパ」)を述べて、リポートは地域主義の概念を細かく練ります。

.そのような共同体(「そして東アジア」)「未来の国際的な世界貿易機関協定を達成する能力のために意味を持つであろうし、地域のクラスタはバイオテクノロジー、ナノテクノロジーのために地域横断製品基準の設定において競争することができる」

知的所有権と他「新しい経済」製品でこれらの3つの主要な地域の共同体が、グローバルな政府の最終目的に進歩して、2025年までに国際的な管理の初期構造を作るでしょう。

The Decline of Democracy





The report states that with democratization around the world, “advances are likely to slow and globalization will subject many recently democratized countries to increasing social and economic pressures that could undermine liberal institutions.” Part of this reasoning is that “the better economic performance of many authoritarian governments could sow doubts among some about democracy as the best form of government. The surveys we consulted indicated that many East Asians put greater emphasis on good management, including increasing standards of livings, than democracy.” Of great significance, the report also states that, “even in many well-established democracies, surveys show growing frustration with the current workings of democratic government and questioning among elites over the ability of democratic governments to take the bold actions necessary to deal rapidly and effectively with the growing number of transnational challenges.”

民主主義の低下

リポートは世界中の民主化「進歩は、遅れそうで、グローバリゼーションは、多くの最近民主化された国の寛大な組織を徐々に蝕むことが増大する社会的で経済のプレッシャーに服従させるでしょう」によって、この推論の一部が「その多くの独裁的な政府のよりよい景気動向は政府の最もよい形態として民主主義についていくつかの疑いをまくことができる」であると述べます。

私達が参照した調査は、東アジア人が、賃金の増大する標準を含むよい管理における、多くの確立した民主主義国、民主的な政府の現在の働きに対するフラストレーションを成長させている調査ショー、および急速に、効果的に増加する数を扱うことに必要な大胆な行動をとる民主的な政府の能力のエリートの質問の中でさえ民主主義「大きな意義で、リポートは、またそれを述べます」より大きな重点があるようにしたその多くを示しました。「国境を越える挑戦」。

This is a very important point, as among many “well-established democracies” are the United States, which is already experiencing a massive shift away from democracy. China, which has been able to emerge rapidly as a result of Western-controlled globalization, and which remains authoritarian, can essentially be viewed as a model for the international system being shaped, as democracies take a turn toward authoritarianism and other rising powers choose to pursue development in the same manner. Essentially, the new international system will mark a move away from democracy and towards international authoritarianism.

多くの間で「確立した民主主義国」が米国である時に、これは非常に重要なポイントです(それは民主主義から離れてすでに大規模なシフトを経験しています)。

西欧でコントロールされたグローバリゼーションの結果として急速に出現することができた独裁的であり続ける中国は本質的に民主主義国が権威主義に回転を取り、他の上昇能力が、同じ方法で開発を追跡することに決める時に形成されている国際的なシステムのためにモデルとみなされることができます。

本質的に、新しい国際的なシステムは民主主義から、そして国際的な権威主義に向かう動きをマークするでしょう。

Conclusion





It is important, when reviewing the above information provided by the report, to understand the perspective of the authors. The US intelligence community worked closely with businesses, prominent academic institutions and powerful think tanks, all of which play extremely significant roles in shaping our current world order. Thus, the perspectives outlined in the report come with an inherent bias, and so it is important to “read in between the lines.” The report does NOT state what the objectives of the US intelligence community, academic institutions, businesses or think tanks will be in this future 2025 scenario, but you can be assured that they will not play backseat roles and merely observe situations. These are among the most powerful players in the international arena, and this vision of 2025 is the world they are shaping.


結論

リポートによって提供された上記の情報をレビューする時に、作者のパースペクティブを理解することは重要です。

米国情報機関関係者らはビジネス、突出した学究的な組織、および強力なシンクタンクと密接に働きました(私達の現在の世界秩序を形成することについて、そのすべては極めて重要な役割を果たします)。

従って、リポートの中で概説されたパースペクティブは固有のバイアスと一緒に来て、従って、リポートが米国情報機関関係者ら、学究的な組織、ビジネス、またはシンクタンクの目的がこの未来の2025年のシナリオの中で何であろうかを述べないことを「ライン」.「間で知ること」は重要であるけれども、あなたは、彼らが脇役を演じて、単に状況を観察しないであろうと確信しているかもしれません。

これらは国際的なアリーナで最も強力なプレーヤーに含められて、2025年のこのビジョンは、彼らが形成している世界です。

従って、リポートがパキスタンのありそうな小部分化を示唆する時に、彼らは、そうすることが米国目的であるけれどもむしろ、それが、そのようなシナリオが起こるであろうというありそうな可能性であると言いません。

従って、リポートを書き、そうであり、現在であり、すべての可能性において、するであろう人々が、世界秩序と新しい国際的なシステムを形成している最も強力な俳優に含められ続けるという理解によってこの情報を理解することは重要です。

彼らは大きな「国境を越える問題」後ろにいて、現在、それらの「国際的な解決策」を提案しています。









蛇足


彼ら(イルミナティエリート)が考えている東アジアの統合はEUより早くすすむと予言している・。なぜか?以前から私は、これらの動きに胡散臭さを感じ注目している・。そこで現れた日本民主党。その党綱領はイルミナティ御用達なのであろう(幾度も変えられるはずのタイミングでそれを変えない:不動のモノ)。2025年へ向け、着々とゴールに誘導されている。現在、マスコミと世界経済不況の煽りを受け・・。日本国民は自ら、その方向を選択しつつある・。民主党が悪いのではないだろうが、民主党の成り立ちがイルミナティの指図であろう・。弊ブログで民主党のロゴに言及しているが、悪魔の龍と蛇を形作る文様・(聖書)。日本国民はいよいよ抜けられない方向へと進んでいる・。



若干蛇足


authoritarianism


権威主義(けんいしゅぎ)とは、


意思決定や判断において自分の頭で考えたり情報を集めずに権威
に盲従する態度。あるいは意思決定の場において、論理的説明を省略し、権威に対する盲従を他者に要求する態度を指す。


権威主義とファシズム


社会心理学の分野ではファシズム
支持と権威主義的パーソナリテイが深く結びついていた事が指摘されている。帝政に慣れ親しんだ民衆が帝政の崩壊、民主制への移行にともない自分で考え選択して責任を負うことに恐怖を感じ「自由からの逃避」が起こった結果、「頼れそうな権威」に見えたファシストが支持を集めてしまったと言う指摘である





★厳選!韓国情報★

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/36608a3306b1227e315338338642949d


投稿記事より




民主党に支持投票できない理由(日本人の方は拡散願う)

●日本の国家主権を他国に委譲すること唱える岡田克也のような勢力が党内に潜伏

●民主党の憲法提言中間報告にも国家主権の委譲を記載

●国会休んで韓国の反日デモに参加する岡崎トミ子が副総裁

●朝鮮総連にパーティー券を販売→読売に取り上げられ自粛

●角田や近藤のように金正日が拉致問題を認めた時期に朝鮮総連から献金受け取ってる議員がいる(角田の息のかかった群馬県大田市は朝鮮総連関連の施設は非課税)

●北朝鮮への経済制裁反対

●成立すれば反日国家の人間でも首相になれる事を隠しながら外国人参政権推奨

●言論規制&外国人参政権が連鎖的に通る人権擁護法案推奨

●証拠がないにも関わらず党利党略の為だけに慰安婦の強制はあったとし日本を貶める輩が多数所属

●過去の言動を統括すると中国と韓国に終えてる戦後補償を再度行う可能性大(資金の出所は日本人の税金)

●沖縄に中国人3000万人の受け入れる沖縄ビジョン

●中小企業の事情は無視の最低賃金1000円法案

●掛け金払ってない在日コリアを救済する年金改正案

●国民に権利を戻す国民投票法案を党利党略の為、直前でごねる

●中国共産党と蜜月の関係、国防費の米国への資金提供60億円は非難し追及する一方、常時、日本の主要都市に核弾頭向けている中国への4000億円ODAに関しては審議もせず

●政治資金で15億の不動産を買う小沢が党首

●年金問題の社会保険庁は民主党の支持母体なのに自民党に責任押し付け責任逃れ&解体阻止

●日本の地形事情で9条改正しなければ国防が難しいこと知りながら、国民にデメリット伏せたまま自民党との対決姿勢の為に9条改正反対ポーズ

(9条が現行のままだと日本にミサイル発射される兆候を確認しても何もできず戦争が始まれば日本の国土が戦場になる可能性が極めて高い)

●朝鮮人帰化人で拉致問題も邪魔した福島瑞穂、辻元清美が所属する社民党と連立

●在日コリアの利権の為に手を挙げた朝鮮日報日本支社長の白真勲氏を参院選で擁立

●マルチ業者から多額の資金提供を受ける

「民主党を支持せよ!」 暴力団・山口組、全国の直系組長に“民主党の応援”を通達…捜査当局も注目

汚染米をばら撒いた農政事務所@民主党支持団体の全農林(笑)



他にも沢山あるが割愛する。

朝鮮総連から金の流れがある民主党が政権とったら、

安倍首相がせっかく衰退させたパチンコやサラ金がまた復活し経済制裁も解きかねません。

日本の皆さん、こんな民主党に投票しようと思いますか?


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR