FC2ブログ

拷問の国でオリンピック

2 December, 2005

2005年12月2日

CHINAー UNITED NATIONS

中国ー国連

Torture still widespread in China



中国でまだ広範囲にわたる拷問



Manfred Nowak, UN Rapporteur on Torture who led the inquiry, accuses Chinese authorities of obstructing his work. Victims and witnesses were threatened in an atmosphere of palpable fear with constant surveillance during the hearings.

マンフレッドノワク(質問を導いたTortureの国連Rapporteur)は、中国当局を彼の仕事を妨げたとして訴えます。犠牲者と目撃者は、審理の間に不断の監視で明白な恐れの空気で脅かされました。





Beijing (AsiaNews/Agencies) ? The use of torture is widespread in China and many trials are not fair, top UN Special Rapporteur on Torture Manfred Nowak said on Friday after a 12-day inquiry into the country’s judicial and penal system.

北京(AsiaNews/Agencies)、拷問の使用は中国で広範囲にわたります、そして、多くの裁判は公平ではありませんと、Torture Manfred Nowakの最高の国連Special Rapporteurが国の司法で刑事上のシステムの12日の調査の後、金曜日に言いました。


Despite a certain decline, “torture remains widespread in the country,” he told a news conference.

特定の低下にもかかわらず、「拷問は、国で広範囲にわたるままです」。そして、彼が記者会見を話されます。


“There is much that still needs to be done, there is a need for many more structural reforms,” he added. “Criminal procedures need to come into line with international standards of fair trial”.

「まだされる必要がある多くがあります、より多くの構造改革の必要があります」と、彼が付け加えました。「犯罪的な処置は、公平な裁判の国際標準に同調する必要があります」。


Torture methods include use of electric shock batons, cigarette burns, submersion in pits of water or sewage and exposure to conditions of extreme heat or cold.

拷問方法は、感電棒、タバコ火傷、水または汚水のくぼみの浸水と最大の熱または寒さの条件への露出の使用を含みます。


Nowak’s visit also included stops in Tibet and Xinjiang, regions notorious for police violence against residents accused of separatism.

ノワクの訪問も、停止をチベットと新疆(分離主義で非難される居住者に対する警察暴力で有名な地方)に含みました。


His visit was the first one granted to the UN in a decade.

彼の訪問は、10年で国連に与えられる最初のものでした。


He complained that his team was under frequent surveillance, especially when meeting victims and their relatives. And government officials and security authorities tried to obstruct or restrict his fact-finding attempts.

彼は、特に犠牲者と彼らの親戚に会うとき、彼のチームが頻繁な監視の下にあったと不平を言いました。そして、官僚とセキュリティ権威者は、彼の実情調査の試みを妨げるか、制限しようとしました。


Nowak said he also received reports that victims’ family members were prevented from meeting him as they were either put under house arrest, stopped physically from seeing him, or simply intimidated.

ノワクは、彼らが自宅監禁中にされたか、身体的に彼に会うのを止められたか、とてもおびえたので、彼も犠牲者の家族が彼に会うことができられなかったというレポートを受け取ったと言いました。


There was “a palpable level of fear and self-censorship,” he said.

「恐れと自己検閲の明白なレベル」がありましたと、彼が言いました。


He and his team were not allowed to bring photographic and electronic equipment into the prisons. And all inspections were announced in advance.

彼と彼のチームは、刑務所に写真で電子機器を持ってくることは許されませんでした。そして、全ての点検は、前もって発表されました。


China has the largest prison population and is responsible for more than 90 per cent of all executions in the world.

中国は最もかなりの刑務所人口を持って、世界で全ての処刑の90パーセント以上に対して責任があります。


In early 2005 the National People’s Congress imposed mandatory punishment for police officers who torture prisoners during interrogation.

2005年前半に、全国人民代表大会は質問の間、囚人を拷問する警官に対する義務的な処罰を強要しました。


Still, China’s judicial authorities are often charged with extorting confessions from prisoners.

しかし、中国の裁判の当局は、しばしば供述書を囚人から強奪することの責任を負います。


In April, a man who spent 11 years in jail for allegedly murdering his wife was freed after the woman turned up alive. The man, She Xianglin, said he had confessed the crime under torture.

4月に、女性が生きていて現れたあと、伝えられるところでは彼の妻を殺害するために刑務所で11年を過ごした男性は自由にされました。男(She Xianglin)は、彼が拷問をうけて犯罪を自白したと言いました。


In June a woman showed up after her alleged murderer, Teng Xingshan, was executed despite his pleas of innocence. The man’s sentence read that “Teng confessed to the crime of his own initiative”.

彼女の嫌疑のかかっている殺人者(トウ興山)が無実の彼の申し立てにもかかわらず処刑されたあと、6月に、女性は現れました。男の文は、「トウは、彼自身のイニシアティブの犯罪を白状しました」とありました。


Although China is a signatory to the 1998 International Convention on Civil and Political Rights, a key treaty on human rights protection, it has not yet ratified it. (PB)

中国がCivilとPoliticalライツ(人権保護に関する鍵となる条約)の1998のインターナショナル大会への署名者であるけれども、それはそれをまだ批准しませんでした。(Pb)




25 November, 2005

2005年11月25日

CHINA

中国

UN official investigating torture unable to visit Shandong for lack of time

時間が無いために山東を訪問することができない拷問を調査している国連当局者



Millions of Falun Gong members are victims of relentless persecution in this province.

何百万もの法輪功メンバーは、この行政区での厳しい迫害の犠牲者です。




Beijing (AsiaNews/SCMP) ? UN special rapporteur on torture yesterday said he was unable to visit Shandong province to investigate claims of torture mostly against Falun Gong practitioners during his China tour because of time constraints.

拷問に関する北京(AsiaNews/SCMP)国連スペシャル報告者は、昨日、彼は時間制約のため、彼の中国旅行の間、法輪功開業医に対して大部分は拷問の主張を調査するために山東省を訪問することができないと言いました。


Manfred Nowak, the first UN official invited to visit Chinese prisons, said he cancelled yesterday's trip to Jinan, the capital of Shandong, because he needed to spend more time in Beijing and Tibet.

マンフレッドノワク(中国の刑務所を訪問しようと誘われる初の国連当局者)は、彼が北京とチベットでより多くの時間を過ごす必要があったので、彼が済南(山東の中心地)への昨日の旅行をキャンセルしたと言いました。


“I had to take this decision because there are so many people who want to see me in Beijing,” he said. “I really wanted to go to Shandong, but I think this was a good decision.”

「北京で私に会いたいそれだけの人々がいるので、私はこの決定をしなければなりませんでした」と、彼が言いました。「私は本当に山東に行きたかったです、しかし、私はこれが良い決定であったと思います。」


Falun Gong is a spiritual movement that involves meditation and practices inspired by Buddhism and Taoism such as callisthenics and breathing exercises to improve health and seek immortality, peace and harmony.

法輪功は、瞑想を含む精神的な運動と健康を増進して、不死、平和と調和を捜すために柔軟体操と呼吸するエクササイズのような仏教と道教の影響を受ける実行です。


On April 15, 19999, more than 10,000 adepts demonstrate peacefully in Beijing against the violation of their rights. But beginning in July of that year on the urging of the President Jiang Zemin a vicious persecution was launched against the group, which at the time had about 100 million followers, on the grounds that it was an “evil cult” that “threatened social and political stability”.

4 月15日、19999、名人が彼らの権利の侵害に対して北京で平和に示す10,000以上の上で。しかし、江沢民大統領をせきたてることにその年の7月に猛烈な迫害を開始することは、グループに対して開始されました、その時におよそ1億人の支持者を持っていました、それが「凶悪なカルト」であった、その「脅されている社会的・政治的安定性」。


Since then Falun Gong members have been defamed, imprisoned and tortured (more than 38,000 documented cases according to the Falun Gong); some have even been killed.

それ以来、法輪功メンバーは中傷されて、収監されて、拷問されました(法輪功に従う38,000以上の文書化されたケース);何人かが、死にさえしました。


Between July 1999 and April 2005 Falun Gong collected the names of 1,880 victims, including details about the circumstances of their death, often a result of physical and psychological torture. However, the total number is probably higher since such deaths are deemed state secrets and releasing any information about them constitutes a crime punishable by incarceration.

1999 年7月と2005年4月の間で、法輪功は彼らの死(しばしば身体的で精神的な拷問の結果)の状況について、詳細を含む1,880人の犠牲者の名前を収集しました。しかし、そのような死が州の秘密とみなされる、そして、彼らに関するどんな情報でも公表することが監禁によって罰すべき犯罪を構成する時から、総数は多分より高いでしょう。


Hundreds of thousands of followers, including whole families, are in fact in prison, and more than 200,000 have been sent without trial to labour camps for re-education.

何十万人もの支持者(全家族を含む)は実際刑務所にいます、そして、200,000以上は再教育のために強制労働収容所に裁判なしで送られました。


Many have been sent to mental hospitals and subjected to virtual “brainwashing” and medication dangerous to the nervous system in order to get them to forsake the movement.

多くは精神病院に送られて、彼らに運動を放棄させるために、神経系に危険な仮想「洗脳」と薬物投与を受けました。


After deciding against finding the truth in Shandong, Mr Nowak arrived today in Lhasa, Tibet’s capital, where he is scheduled to visit prisons, government staff and civilians. He will then travel from Lhasa to Xinjiang.

真実を山東で見つけないことに決めた後に、ノワク氏は今日ラサ(チベットの資本)に到着しました、そこで、彼は刑務所、政府スタッフと一般人を訪ねる予定です。彼は、それからラサから新疆まで旅行します。


The United Nations insisted on visiting these two autonomous regions known for the violence security forces visit upon local prisoners accused of separatism.

国連は、治安部隊が分離主義で非難される地元の囚人に与える暴力に知られているこれらの2つの自主的な地方を訪問すると言ってゆずらなかったです。


The UN envoy announced that he was going to stay on in Beijing because of statements received from different sources according to which people who were willing to testify were placed under house arrest or taken away.

国連使節は、彼が証言する気があった人々が自宅監禁中に置かれたか、連れ去られた異なる源から受け取られる声明のため、北京にとどまりそうであると発表しました。


“Such statements are hard to prove and I am trying to solve the problem with Foreign Ministry,” Nowak said.

「そのような声明は証明するのが難しいです、そして、私は外務省に関する問題を解決しようとしています」と、ノワクが言いました。


But the ministry itself has been co-operating with him since his arrival on November 21.

しかし、省は11月21日に彼の到着以来彼と協力していました。


The two-week trip is scheduled to end on December 2 when he will hold a press conference to take stock of the situation.

彼が状況をじっくり検討するために記者会見を開くとき、2週旅行は12月2日に終わる予定です。


A written report should be ready next year for the UN Commission on Human Rights.

報告書は、Humanライツの上で国連委員会のために来年準備ができていなければなりません。





蛇足


日本には日本の嫌いな日本人により、逆差別を国連にご注進する輩が多数存在します。人権・民主主義など無い国のように言われる。確かに、大手経営者の中には労働者を使い捨てにする事を生きがいにしている奴もいる。しかし、普通の日本人にはそんな感覚は無い。中国となると、人権については見て見ない振りをしても平気です。厚顔無恥でオリンピックを開催しますが、どうなることやら・・。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

c 国連人権委、改善求める

中国の刑務所内で「拷問」 国連人権委、改善求める 国連人権委が訪中終了、特別調査官「依然広く拷問」 『中国での人権弾圧や拷問被害を調査するため訪中していた国連人権委員会のマンフレッド・ノワク特別報告者は2日、北京で記者会見し、中国各地の刑務所や収容施設.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR